青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一つ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ヶ~ ヶ月~ ・~ ー~ ~一 一~ ~一々 一々~ ~一しょ ~一つ
一つ~
~一ぱい 一ぱい~ 一事~ ~一人 ~一体 一体~ ~一個 ~一切 一切~ 一刻~

「一つ~」 63585, 687ppm, 127位

▼ 一つ~ (22158, 34.8%)

79 ことを 54 事件が 49 ものを 48 声が 47 重大な 44 ものに 40 例を 37 ものである, 理由は 36 重要な 34 人影が 33 問題を, 特殊な 31 ことが 29 ことは, ものが, 考えが 28 部屋に 27 ために, 世界を, 仕事を, 疑問が 26 方は 25 不思議な, 問題が, 影が 24 事を, 顔が 23 ものの, ように, 作品を, 理由が 22 原因は, 場合に, 窓から 21 型を 20 ことに, 事実を, 方向を, 有力な, 立派な, 言葉を, 道を 19 ものと, 部屋が 18 根本的な, 椅子に, 黒い影 17 もので, 例として, 問題に, 夢を, 疑問を, 窓が, 顔を 16 大なる, 手が, 方向に, 方法を, 特色は, 道は 15 事実が, 大切な, 新らしい, 方法である, 本を, 条件が, 目的を, 窓の, 鍵を 14 仕事に, 例である, 力を, 生活を, 話が, 部屋の

13 [12件] 世界が, 例は, 力が, 思い出が, 意見を, 有機体, 物語を, 理由である, 窓に, 結論に, 言葉が, 話を

12 [12件] 上に, 問題は, 型に, 家に, 家の, 巨大な, 形式である, 扉が, 方の, 生命が, 眼を, 顕著な

11 [20件] ものは, 事に, 事件を, 例に, 共通な, 力と, 変化が, 完全な, 小説を, 形を, 星が, 特徴を, 発見を, 眼が, 石の, 穴が, 考えしか, 観念を, 面を, 魂を

10 [31件] ことしか, ものとして, ドアが, 事実は, 人影を, 全体として, 出来事が, 原因が, 原因に, 国が, 奇妙な, 島が, 形に, 役割を, 心の, 意味を, 方法として, 方法は, 村に, 椅子を, 点に, 物の, 目的の, 石が, 石を, 私の, 窓を, 興味ある, 道が, 門を, 魂が

9 [32件] ドアの, 中に, 人間の, 偉大な, 原因であった, 名前を, 問題である, 場合が, 場合を, 声は, 声を, 大事な, 女の, 建物の, 影は, 必然的な, 所に, 方を, 檻には, 特徴が, 特徴は, 現在として, 現象の, 現象を, 目的に, 真理を, 秘密が, 芽生, 言葉の, 部屋を, 鉄の, 首が

8 [42件] ことで, イデオロギーである, イデオロギーとして, ドアを, 世界に, 事件に, 事実である, 仕事が, 他の, 作品が, 別な, 力に, 名を, 嘆きは, 姿を, 実例を, 客観的な, 山の, 思想の, 情景が, 方法が, 歌を, 歴史が, 歴史の, 決心を, 点で, 点を, 焦点を, 特徴である, 特殊の, 特色が, 社会的な, 箱を, 精神の, 花の, 観念が, 車に, 重大なる, 鍵が, 革命が, 音が, 音を

7 [64件] しごと, はっきりした, ほうの, ものだ, やうに, テーブルに, 不思議を, 仕事の, 作品から, 作品は, 全体を, 具体的な, 単純な, 原因である, 原因であろう, 型の, 場面が, 姿が, 存在である, 室が, 小説が, 山が, 山を, 希望が, 影に, 心が, 心を, 意匠である, 扉の, 手段として, 方法だ, 方法では, 星を, 時代の, 時期を, 望みは, 条件と, 案を, 欠点を, 民族の, 法則を, 注目すべき, 点が, 点は, 物が, 特別な, 現われに, 理想を, 理由と, 理由を, 生命を, 疑問に, 社会の, 秘密を, 穴を, 窓は, 立場を, 箱の, 結論を, 線を, 考えを, 証拠である, 試みである, 音に

6 [87件] かたまりに, ことから, テーマを, ヒントを, 不安が, 不思議が, 不思議は, 世界から, 世界的世界を, 事が, 仕事として, 仮説を, 体系を, 作品に, 例で, 例と, 例外を, 信仰を, 光景が, 典型を, 出来事を, 別の, 前に, 動機を, 包みを, 原因と, 問題として, 噂が, 国を, 坂を, 型が, 場所に, 大きな原因, 妙な, 姿で, 小さな島, 屋根の, 工場が, 希望を, 幻影を, 思想が, 思想に, 想念が, 感情が, 感情を, 手段に, 指紋が, 文化の, 方には, 時代を, 暗示を, 望みが, 極は, 楽しみだった, 楽しみを, 機会が, 機会を, 歴史的な, 物に, 物語が, 独立した, 現実的な, 現象である, 現象として, 理由で, 生活として, 生活の, 目的が, 社会を, 神を, 空想に, 絵を, 職業を, 要素である, 計画を, 記憶が, 話題を, 象徴である, 道しか, 道だ, 道である, 道に, 部屋で, 部屋には, 頭が, 風景を, 魂の

5 [140件] あらわれだ, あらわれに, ささやかな, できごと, ところに, もの, よい見てくれ, んで, 不幸が, 世界の, 丘の, 中心を, 主要な, 主題を, 事件の, 事実として, 事実に, 事柄を, 仕事である, 仕事と, 代表的な, 仮定を, 例だ, 例であります, 例外が, 例外も, 光が, 入口に, 共通した, 原因では, 可能性を, 名は, 品物を, 問題について, 器の, 困難が, 型で, 型として, 場合, 場合は, 場所を, 壺を, 大きな目的, 奇蹟が, 奇蹟を, 契機に, 存在の, 実相であります, 実験を, 室に, 室の, 巨大なる, 希望は, 建物が, 建物に, 形式を, 心に, 心は, 性格である, 悲劇が, 情景を, 戸が, 手段で, 提灯が, 文学の, 方向へ, 明瞭な, 星の, 普遍的な, 月に, 有利な, 机の, 材料に, 村の, 条件である, 条件として, 条件に, 条件を, 枝に, 楽しみである, 楽しみに, 橋を, 死を, 気分に, 注意を, 流れの, 物を, 特徴として, 特色であった, 特色として, 特色を, 独立な, 独自な, 現実の, 理由であった, 理論を, 生命の, 疑問として, 疑問は, 癖が, 癖は, 目的である, 目的は, 眼で, 石に, 神の, 秘密の, 穴に, 精神が, 組織の, 結果に, 結果は, 結果を, 線の, 美の, 聲が, 色に, 花が, 花を, 芸術の, 茶碗を, 表現である, 表現として, 要素と, 要素を, 角を, 言葉で, 言葉である, 試みを, 謎として, 證據に, 貨幣を, 運動の, 運動を, 部落を, 門が, 閾を, 非常に, 音と, 黒い人影

4 [248件] あかりに, あらわれである, お話が, お願いが, こと, ことについて, ちりの, は, はけ口を, ふしぎな, ほかは, ものから, ものであった, ような, よりどころ, イデオロギーの, エピソードを, エポックを, カットの, トリックに, 不思議として, 世界的世界に, 世界的空間に, 丘が, 中で, 主張を, 事は, 事実の, 事情が, 事柄に, 人生を, 仮名に, 使命を, 例が, 例では, 例外は, 傾向が, 光明を, 入口から, 共通の, 典型である, 典型と, 写真を, 出口が, 分枝, 制限を, 力は, 動機に, 包を, 危機が, 原因だ, 原因で, 原因を, 原理と, 口が, 可能性は, 嘆きに, 嘆きよ, 困難に, 国で, 国に, 国の, 国家に, 場合である, 塊に, 塊り, 塔を, 壁が, 声で, 夢に, 大きな力, 大きな問題, 大きな特徴, 大きな理由, 妙案を, 姿は, 完結した, 宗教である, 封筒を, 小さな平たい, 小さな星, 小石が, 小窓, 小説の, 小説も, 山である, 山越しの, 峰を, 島に, 島を, 巣を, 工場の, 平屋根, 幸福と, 建物を, 形である, 影を, 心理を, 心配が, 心配は, 必要な, 思想しか, 性質を, 情念を, 態度を, 慰めだった, 懸念が, 或る, 扉を, 手がかりを, 手に, 手柄を, 手段を, 才能である, 技術が, 故障が, 教訓を, 文字を, 新しい世界, 新しい力, 新しい経験, 方が, 方法しか, 方法で, 方法の, 日本の, 最後の, 本の, 村が, 村落を, 根から, 案が, 森の, 椅子が, 概念が, 概念に, 模倣である, 欠点が, 欠点は, 歴史的世界に, 死体が, 池が, 決定的な, 沼が, 法は, 波が, 洞穴が, 流れと, 灯は, 物として, 物語に, 物語の, 物語は, 特徴と, 特殊的世界を, 現れである, 現象が, 現象と, 理由に, 環に, 生命は, 生活に, 男の, 異様な, 疑問, 疑惑が, 病気の, 発明を, 目が, 目標が, 目標を, 相を, 眞理を, 矛盾的自己同一的現在として, 研究を, 社会が, 神が, 種類が, 端を, 箱に, 範疇に, 簡単な, 籠を, 粗末な, 精神的な, 純潔と, 経験として, 経験を, 絵は, 緑いろ, 罪を, 義務を, 考え方が, 職業から, 職業が, 肉体に, 自分の, 自我を, 興味と, 芸術を, 葉が, 行き方, 行動の, 行動を, 行為を, 街燈が, 袋を, 裸に, 観念の, 角に, 言葉, 言葉に, 記事が, 記憶を, 記録に, 証拠には, 証拠は, 詩が, 詩の, 詩を, 話は, 認識の, 謎の, 谷が, 象徴として, 質問を, 赤い色, 路は, 車が, 転機を, 途である, 進路を, 運命が, 過程として, 適例と, 部屋へ, 門の, 隅に, 電燈が, 面が, 面影を, 音であった, 音楽会を, 頭の, 顔は, 騒ぎが, 魅力が, 黒影が

3 [523件 抜粋] あらはれ, あらわれとして, い, お皿, お願いは, かぎを, かたまりが, ことすな, ことすなわち, ことだけ, ことと, ことも, すがた, ところへ, なかへ, びを, ものだった, ものという, ゆたかな, イズム, イデオロギーに, グループを, コップを, ジャンルである, スイッチを, センセーションを, テオリーを, テントが, テーブルの, トリックである, ビジネスである, プランを, ベッドに, ベンチの, ポケットを, ランプが, リンゴを, 一般的な, 上部構造として, 下で, 下に, 不審が, 不幸な, 不思議です, 不思議と, 世界だ, 世界である, 中心が, 中心は, 主張は, 予感が, 事がらの, 事実と, 事実な, 事實の, 事業を, 事物に, 人形の, 人影は, 人影も, 人格として, 人物を, 仕事な, 仕事は, 他は, 仮名が, 仮説として, 仮説に, 任務を, 伝説の, 何か, 作が, 作に, 作品の, 作品への, 例です, 例外として, 信仰が, 信念に, 信念を, 俵を, 停留所に, 偶然が, 偶然な, 傷も, 傾向として, 傾向は, 働きを, 光明であった, 光景である, 光景を, 全体としての, 共同の, 典型, 典型として, 冒険の, 冒険を, 分野に, 刺戟である, 前へ, 創作である, 劇団を, 力で, 力であり, 力である, 力として, 力の, 動作を, 動機は, 卓を, 卓子が, 卓子と, 卓子を, 印象を, 危機を, 原因でも, 原稿を, 古井戸, 叫びが, 可能性として, 名所に, 名物に, 哲学的な, 商品である, 商品の, 商売に, 問いを, 問題と, 問題の, 器に, 器にも, 困難は, 固定した, 固有名を, 国と, 国家として, 土地に, 型と, 城が, 基本的な, 基礎に, 基礎を, 場合として, 場面から, 場面の, 場面を, 境地に, 墓から, 墓が, 墓を, 壮大な, 声に, 声の, 声ばかりが, 壺に, 壺の, 夢, 夢の, 大きい花, 大きなけむり, 大きな洞穴, 大きな部屋, 大失敗, 大工場, 奇蹟である, 契機を, 姿である, 姿として, 姿な, 存在であった, 存在として, 存在を, 季節を, 学問である, 学校の, 学説を, 安心を, 宗教的な, 実が, 実例として, 室では, 室を, 家が, 家で, 家でも, 家庭の, 寝台を, 小屋が, 小箱, 山に, 岩が, 岩の, 峰から, 川に, 川の, 巣の, 席が, 常識に, 常識は, 常識的な, 平面に, 床に, 店の, 弱点を, 強大な, 形が, 形として, 形式に, 形態である, 役を, 役目を, 彼の, 微妙な, 心から, 必然に, 思い出は, 思想を, 性格が, 性格として, 性格に, 性格の, 性格を, 息を, 想像が, 想像に, 意味では, 意味においては, 意味は, 意義を, 感情の, 感想を, 態度が, 慰めは, 慾望が, 戸を, 戸棚を, 扉に, 扉は, 手から, 手がかりである, 手がかりに, 手がかりは, 手だ, 手で, 手段の, 手紙が, 手紙の, 手紙を, 才能が, 抽象的な, 拳が, 政治的な, 教室に, 文化である, 文句を, 文章に, 文章を, 新しい問題, 新しい境地, 新しい道, 新たな, 方へ, 方向が, 方法であろう, 方法と, 方法としての, 方法としては, 方程式, 方針を, 明確な, 昔噺を, 星と, 時計の, 暗示として, 暗示に, 曲の, 曲線を, 有力なる, 望みを, 木の, 本に, 本当の, 本能である, 本能と, 本質的な, 材料と, 村で, 村には, 村へ, 村を, 条件で, 林檎を, 柱を, 核を, 楽しさ, 楽しみであった, 楽しみの, 概念である, 概念の, 様式を, 橋の, 機会である, 機械を, 次元として, 欲求であり, 歌が, 歓びと, 歴史である, 死体の, 死骸は, 段階から, 民族として, 水槽の, 氷の, 泉が, 法則と, 活, 流に, 流れに, 淵を, 火の玉が, 灯が, 灯の, 点である, 焦点に, 物影が, 物語である, 特徴だった, 特徴とも, 特有な, 特異な, 特色ある, 特色でも, 特質を, 独自の, 玉と, 現われであろう, 現実は, 現象形態に, 理想が, 理想に, 理由として, 生命過程である, 生活しか, 生活である, 生活という, 用語例に, 町に, 町を, 画期を, 画面に, 異変が, 病気を, 病的な, 癖あり, 癖であった, 発展の, 発見が, 発見であった, 皺も, 目に, 目は, 目標に, 目的であった, 目的として, 目的へ, 盲点が, 相談が, 眞理から, 真実の, 真実を, 眼は, 矛盾である, 矛盾に, 確かな, 示唆を, 社会現象として, 神だ, 神に, 神秘的な, 種類に, 穴の, 窓には, 立場である, 立場は, 立札が, 竹の, 笑顔を, 筋の, 策が, 糸に, 系統に, 約束が, 約束を, 組合が, 絵が, 絵の, 罪である, 罪悪だ, 美しさ, 美として, 美を, 美徳である, 習慣が, 考えだ, 考へが, 考へ方, 聲で, 職業である, 腰折が, 自然現象である, 自覚を, 興味が, 舞台が, 舟に, 船を, 花に, 芸を, 茶碗が, 茶碗に, 薔薇の, 蚊帳に, 術だ, 表現だ, 表象が, 裸で, 襞の, 襞も, 要求に, 要素だ, 要素として, 見かた, 見事な, 見識を, 規範を, 観念である, 観念に, 解説を, 言葉も, 記事を, 記念すべき, 記録を, 証拠と, 証拠として, 証拠にも, 証拠を, 誇りで, 説明を, 課題として, 課題は, 調子が, 諧調を, 謎です, 貴重な, 資料として, 趣味として, 足跡を, 身を, 身体に, 車を, 車輪を, 軒燈が, 輪が, 途が, 遊星に, 運動が, 運命の, 運命を, 道へ, 部屋, 重さ, 重要なる, 錯覚が, 鍋の, 長音に, 関所が, 階級が, 階級の, 集団としての, 集団の, 集団を, 雑誌の, 雪の, 雰囲気は, 霊感を, 霊魂を, 非の, 面は, 音の, 頼みの, 顔に, 顔の, 願いしか, 飛躍を, 馬の, 駕籠を, 驚異であった, 魅力で, 黒子を, 鼻と

2 [1522件 抜粋] あらしは, うちに, おもしろい実験, お床, お願いを, かたみだ, こちょうでありました, ことだけは, ことである, ことよりも, ご質問, しるしである, たたみ寝台, たのしみを, ちゃんとした, なかに, ほうは, まとまったもの, みじめな, ものであり, ものも, やや大きな, よろこびでなければ, われわれの, イデオロギー, イデーの, グループが, シーンの, ストライキを, センチメンタリズムに, テイブルの, テーブルと, トリックを, ハッキリした, パンを, ベッドの, ボールからは, ミカン箱を, レンズは, 不安な, 不平は, 不思議である, 世界史的世界即ち, 丘に, 主義が, 主観を, 主題の, 事で, 事件という, 事例を, 事実だ, 事実についても, 二階に, 交響曲を, 人に対する, 人格が, 什器で, 仕事であった, 仕組を, 仮説である, 任務である, 伝説が, 体で, 作品である, 作物と, 例しか, 価値ある, 便利な, 俤が, 個性に, 假説である, 停車場に, 傘に, 傷を, 傾向を, 光は, 入口は, 全生涯, 具体化が, 内に, 出來事に, 出来事の, 別系統, 刺戟を, 割合で, 創造の, 劇場が, 功を, 勇壮な, 動きにも, 動機である, 勝利を, 卓の, 危険な, 卵が, 原因から, 原理である, 原理は, 参考と, 反乱である, 口実に, 古典として, 句が, 吊台, 名, 名物を, 名譽, 命が, 命令を, 品が, 唯物論的概念でなく, 問題から, 善言を, 嘆きと, 器が, 器物にも, 回心を, 団体を, 国家と, 土蔵の, 地点に, 型な, 城を, 場合だ, 場所から, 場面に, 塔の, 墓の, 壁に, 変化で, 外では, 夢が, 大きい仕合わせ, 大きい輪, 大きなかたまり, 大きな勢力, 大きな希望, 大きな新しい, 大きな流れ, 大きな美しい, 大きな道, 大欠点, 大胆な, 天幕には, 太陽が, 奇蹟について, 契機と, 好い例, 妙計を, 姿勢を, 子音と, 字が, 存在です, 孤立した, 学問の, 学科として, 安堵を, 完成の, 宗教を, 定義を, 宝の, 実証的な, 実験であった, 宣言, 家だ, 家族に, 宿屋を, 寝台, 寝室へ, 寶なる, 対象に, 小さい箱, 小さな板橋, 小品を, 小屋を, 小徑, 小規模な, 少女の, 屋根に, 山から, 岩も, 峠に, 峯から, 島と, 島民少年を, 川を, 布片は, 帝国主義と, 常識だ, 平和な, 幸福を, 幻影では, 広大な, 座席を, 建築が, 張合にな, 形の, 形式の, 形態に, 形見の, 影, 復讐であった, 徳に, 徴候とも, 心残りは, 心頼みは, 必要なる, 怖ろ, 思想も, 思想家と, 思考実験として, 性質である, 怪異が, 恐らく最大, 悔恨を, 悪戯を, 情念でなく, 情熱を, 意力と, 意味における, 意志が, 意義が, 愛情を, 感情から, 感想が, 慣例と, 成句を, 戯曲を, 手がかりだ, 手も, 手掛りには, 手段と, 手紙に, 技巧に, 抽斗から, 指針を, 挿話が, 提案を, 支持を, 政治形態の, 教訓だ, 文化と, 文学としての, 文学的出家遁世だ, 文芸の, 断面が, 新しい夢, 新しい方法, 新しい現象, 新しい試み, 新工夫, 新聞に, 方向から, 方法には, 旋律に, 昂奮を, 明白な, 時代は, 時計が, 智慧が, 暴風雨が, 最も大きな, 有りうべき場合, 有機的な, 木は, 机に, 松の, 枝を, 根で, 根本特色は, 棺に, 植物園を, 極めて小さい, 楽しみな, 概念と, 様式と, 様相として, 標本を, 橋が, 機会と, 機構が, 機運を, 欠点であった, 欲望しか, 歌声が, 歴史も, 歴史的, 歴史的部分である, 死骸と, 段階に, 毒を, 毬を, 民族である, 水が, 汚い女房, 河口湖畔いまの, 波を, 洞穴を, 活路と, 流行だ, 流行語に, 深淵である, 溝が, 漆器を, 漫画の, 火山が, 灰色に, 焦點, 熱情の, 物から, 物体と, 特徴, 特徴に, 特殊である, 特色と, 特質として, 狂的な, 独立の, 珍事が, 現われである, 現実だ, 現実に, 球を, 理由から, 理由であろう, 理由も, 理論も, 環境において, 生きた人間, 生業として, 生活様式が, 生理的問題に, 由来は, 画期的な, 異常である, 畸形的な, 疑いを, 疑問の, 疲れの, 癖である, 発展への, 発熱を, 白い梯子, 盆地の, 目方が, 目的と, 直接な, 真実, 真昼の, 眼も, 矛盾と, 知的性質は, 研究に対して, 確信だけは, 社会に, 社会問題として, 社会身分にまで, 神とも, 神秘な, 科学の, 秘密な, 秘密結社が, 種を, 種類では, 穴へ, 空間, 穽が, 窯鼎を, 端役を, 答を, 箱が, 節が, 精神である, 系列, 紙づつみを渡し, 細胞の, 組織が, 結び目を, 統一に, 続起, 線こそ, 罪の, 美しい封筒, 美であり, 義務が, 習慣は, 考えにばかり, 考は, 耳の, 肉体を, 脣づけ, 腫物が, 臆測である, 自慢に, 自然現象に, 自由を, 興味は, 船に, 花から, 花園と, 芸術である, 芸術的な, 茂みの, 荷物を, 著しい特徴, 薬を, 虫の, 行いに, 行事の, 行為の, 表現と, 袋に, 被造物, 要件が, 要塞の, 要素としての, 見方だ, 親愛な, 角度を, 解答を, 言葉にも, 訓戒を, 記録である, 詩境を, 話題として, 誇りである, 認識は, 語に, 誤りに, 誤記が, 説を, 調和ある, 調子を, 諺を, 證據を, 谷の, 貧弱の, 資格である, 赤い屋根, 足を, 身の, 軒燈の, 軸を, 轎に, 返事を, 途を, 通路であった, 速度が, 進化である, 進歩だ, 逸話が, 遊びを, 遊星と, 過渡期の, 過程である, 道でも, 道具として, 道楽は, 選択が, 部分は, 部曲を, 都市に, 量に, 鉢を, 錯覚である, 鍵の, 鐘が, 長衣, 閑静な, 関係を, 階級でなく, 障害が, 隱れ, 集団が, 難題が, 雲と, 非人間的, 面白い問題, 革命として, 音として, 響が, 頑丈な, 頼みは, 顏が, 顔であった, 顔面が, 類型的な, 風変りな, 風流である, 首を, 馬車が, 駕を, 驚きを, 驚異は, 高い窓, 魂に, 魅力であり, 魚だに, 黒い堅い冷たい手, 黒点が

1 [11610件 抜粋] あかがねの, あらわれと, いきさつが, うそである, おそるべき方向, お刀, お菓子の, かみ切ること, きまった形, こさぬすがすがし, ことばかり, ごく日常生活, しゃりこうべの跡方, すばらしい藝術品, それ自身は, たよりです, つながりが, なくて, のび, は紫色, へやが, まじないだから, まとまりが, みどりなす孤山を, もどっち, もののみが, ようです, わきの, アルコールである, イデオロギー現象として, オペラを, カーブにまで, クライマックスと, コースに, ショットとしての, ステキも, タイプである, テエブルに, デスデモーナの, ドラマを, バッジを, ピリオドが, プラスに, ペリオドを, ポーズである, メンタルテストの, ラウンジでは, レモンを, 一致した, 下から, 不可解なる, 不徳とでも, 不知哉丸の, 世界ある, 世界観へまで, 中心点を, 主人が, 主題である, 事がらを, 事実くらゐ, 事實も, 事物と, 亜種として, 人二つの, 人格は, 人間性を, 仏行でござる, 仕掛を, 仮定に, 企らみ, 伝統気風という, 体内に, 余儀なさ, 作品よりも, 作詩をも, 例外です, 侵透でなけれ, 信念と, 俳優的な, 假想現象である, 側面から, 傷は, 僕の, 兄弟なる, 光景でしょう, 公園だ, 共通性という, 内容に, 冒涜だった, 凄愴感, 出入り口の, 出発であります, 分野の, 別世界という, 制度である, 前例と, 割目な, 劇団又は, 功徳であった, 動かないもの, 動機でさえ, 勢力お, 区切りが, 半面を, 印刷物が, 危險が, 原因としては, 原義から, 反対学説の, 収穫では, 古いベンチ, 古典的な, 叫びを, 台所を, 合法政党を, 同じ建物, 名前な, 否定態でなく, 呼気は, 品物について, 哲学説としての, 商店は, 啓示で, 喜悲劇が, 嚔が, 団体規律の, 固定し, 国民として, 團體社會といふ, 在り方である, 地球儀を, 型だ, 基礎概念であるであろう, 場合だけの, 場面だけが, 境いで, 増上慢心から, 声なり, 変動であった, 外何物も, 夢幻的な, 大きいピリオド, 大きい文壇的, 大きい訓練, 大きなコプラ, 大きな円, 大きな小屋, 大きな損失, 大きな深い, 大きな白い, 大きな良い, 大きな防寨, 大事のみ, 大山脈, 大群が, 天才である, 奇怪きわまる, 契機であり, 好い刺激, 妨げと, 威脅と, 子音の, 存在概念である, 学校しか, 安らけさここに, 宗教であり, 定本を, 実体化, 実行である, 実験用水槽として, 室は, 家族であった, 宿駅を, 寝台数脚の, 対外的動向である, 専門技術家の, 小さい家, 小さい記録, 小さな反語的, 小さな楽句, 小さな赤い, 小広い, 小説的な, 尾に, 展開として, 岡部が, 島群最も, 工場と, 市場の, 帯, 平均点に, 幸い吾に, 幻影という, 広間には, 座談会を, 弁当を, 弱いところ, 強い決意, 当惑は, 形式と, 彫像に, 役所を, 御忠義, 微分である, 心だけ, 心理が, 心象にとって, 忍耐という, 快楽な, 思い出も, 思想問題として, 性器に, 怪しい謎, 恐しい答え, 恐慌であった, 息詰まるよう, 悪くない, 悲しみで, 情事だけは, 情趣である, 意味が, 意義でも, 愛しか, 感動を, 慈善が, 慰めに, 憤怒を, 成句すら, 戦争骨身を, 戸口と, 扉へ, 手先きの獲得物だ, 手柄に, 手紙と, 批評が, 技術な, 抵抗術を, 拳を, 振動体が, 探求が, 推量を, 擦り傷が, 攻めかける方法, 政治的勢力が, 救命袋だった, 教育法です, 數では, 文化潮流が, 文壇の, 文学流派として, 文章でも, 断定を, 新しい人間的, 新しい感動, 新しい発展, 新しい認識能力, 新味として, 新聞小説勃興期でも, 方便斬, 方法という, 旅と, 日だまりも, 明るいショウ, 星雲が, 時代色にな, 景物と, 暗示である, 曲は, 書目を, 最高峰を, 服を, 木偶と, 本から, 杉戸に, 条件の, 板挾み, 柩が, 根ぐらい, 根本特色な, 案は, 棚は, 業には, 楽しみが, 楽章で, 様式である, 模範とさえ, 樹が, 機構である, 櫛を, 歌であった, 正しい方向, 歩み出した積極, 歴史的存在である, 歴史社会的条件の, 段である, 毒川だ, 民族一つの, 気力で, 氣持だつた, 汗という, 汽笛の, 沼貝が, 法螺が, 洞が, 流儀を, 流麗な, 海老塚医師が, 深き宗教的罪悪, 清泉と, 湖で, 準備行動として, 演劇であっ, 潮流に, 火山系の, 灯火だけを, 点と, 無限の, 熱情に, 爲事です, 物事を, 物語だ, 特徴だ, 特殊分科の, 特色の, 犯罪に, 独創的発見でも, 猴が, 玩具であっ, 現われで, 現実に対して, 現象形態の, 理想より, 理解が, 環が, 生きた体験, 生命しか, 生活背景を, 生面を, 田は, 画面の, 異変, 疑問だった, 病型が, 瘤から, 発明として, 發見された, 的確な, 盥で, 目標である, 目覚めの, 相対的遊歩を, 真っ白な, 真面目くさった顔, 眼使いとさえ, 矜持として, 短篇, 石塊の, 研究劇団が, 碑文を, 礎石では, 社会一つの, 社会現実の, 社会的条件に, 社会身分として, 神なる, 神隠しの, 私室の, 秘事を, 移りから, 稲株を, 空き樽が, 空虚が, 窓と, 立場からの, 端初に, 笠しかも, 答解は, 節回しが, 籠が, 糟粕を, 約束です, 紙が, 素裸である, 終局だった, 経済理論であっ, 結晶で, 統一体を, 絶対境を, 緊急動議が, 縁しか, 纒まつた, 美しいもの, 美です, 美術品として, 習作では, 考いやな, 考察が, 職場に, 肉塊に, 背負い方, 脈絡と, 膏薬の, 自己批判の, 自由詩運動が, 舞台芸術と, 色で, 花は, 芸術が, 芸術的形式である, 苦痛なり, 草鞋ものは, 落ち着きを, 著述が, 薄気味悪い証言, 虎の, 蜘蛛の, 行事に, 衒学的な, 衝立と, 表情をも, 装置じゃ, 褥の, 要素が, 見かたそのもの, 見方の, 見識を以て, 親切を, 角面堡とも, 解釈で, 言葉でありました, 計画された, 記憶も, 証拠であろう, 試みが, 詩情で, 誇りをしか, 語では, 誤謬をも, 課題という, 論理学的ヴァリエーションに, 謎である, 譬への, 谷へ, 負数が, 貴族的な, 質的規定にまで, 赤旗を, 趣味に, 路では, 車には, 転換期に, 輪に, 辻で, 迷ひ, 逃避的概念である, 逞しい裸体, 進む道, 遊星の, 運命的寂寥すらが, 道としての, 道徳論としては, 遠心力が, 邦字新聞が, 部屋だけには, 都市であり, 重点を, 金額と, 鉢も, 錯視現象な, 長い流行語, 長篇論文を, 間を, 閻魔面で, 限界が, 隅へ, 階級化は, 隠れ家である, 集団的な, 離れ島に, 雰囲気で, 震えが, 青春, 面明りで, 革新團體を, 音楽にさえ, 頂上は, 頭を, 額を, 願いに, 類型を, 風潮です, 食味の, 首人形を, 駕籠は, 驚くべき矛盾, 高い圓屋根, 高次の, 魅力らしかった, 麗は, 黒い瞳

▼ 一つ~ (3604, 5.7%)

27 自分の 12 彼の, 私の 9 日本の, 私が 7 そのため, 確かに, 私を 6 それが, それを, 彼が, 自分が 5 いって, これは, これも, 人に, 先生の, 宮廷の, 有名な, 現在の, 男たちの

4 [13件] それは, つきり, 一般に, 主人の, 今の, 以て, 僕の, 娘の, 彼女の, 文学の, 明らかに, 歴史の, 親の

3 [41件] あなたの, あの日, あるの, お絹, ここに, ここにも, この人, これに, そこに, その家, それも, ですね, 之を, 人の, 人間の, 今日の, 何か, 作者の, 例の, 僕が, 先生が, 前に, 博士の, 女の, 子供の, 年の, 当時の, 彼女が, 彼等が, 彼等の, 我々の, 日本人の, 時代の, 普通の, 村の, 父の, 直接に, 私は, 結婚の, 西に, 身に

2 [184件] あの家, ある, いつて, おせい様, お前の, お島, お染, お縫, かう云, かくなりき, かつて, こうである, このせい, この地方, これが, これまで, これらの, さう, そういう場合, そうする, そう云う, そのこと, その仮作物語, その内容, その周囲, その時, その男, その結果, その辺, その頃, それから, それと, それに, それより, それ等の, そんなこと, たしかにそこ, とれて, どうしても剣舞, どれに, ふだんかけつけない, ほんとうの, またこの, みぬま, もって, アフリカの, サン, ブルジョア, ボタンの, 一つと, 一つより, 一人の, 三千代と, 上衣の, 下田の, 二つと, 二人とも, 二羽の, 人肌の, 今は, 仕事を, 他に, 他の, 代表的な, 何と, 余が, 作家の, 作者が, 俳優が, 俳優の, 個性と, 個性を, 兄の, 先に, 凱旋門に, 前述の, 助からないかも, 十二支組の, 友人の, 口やかましい阿, 右へ, 吉利橋下に, 君が, 吾, 唐の, 国民の, 土の, 地方の, 多くの, 多勢の, 夢幻に, 大きく一つ, 天道さまが, 女を, 孔子を, 存在する, 宇宙の, 家蠅で, 寝室に, 居所の, 山の, 山を, 岩波文庫の, 平岡と, 年齢の, 広義に, 底ぬけに, 彼を, 彼女に, 彼女は, 御前は, 心の, 慥か二度目の, 或る, 戦争という, 所謂, 扇の, 敵の, 文字の, 斉彬の, 新らしい, 日に, 日本には, 昼間の, 書いて, 有形的の, 有想, 材料が, 東水の, 松田さんの, 棟の, 次の, 死の, 母と, 民衆の, 水の, 水を, 河井龍之介の, 流行を, 消極的の, 渠の, 漁師の, 演劇と, 演劇の, 無想に, 煩悩に, 熱で, 特別に, 現代的である, 生活の, 田舎の, 男と, 町裏の, 病気の, 白く一つ, 石油を, 確に, 社会の, 神を, 積極的の, 立派な, 竹の, 純然たる, 美奈子に対する, 自分自身の, 荒々しい愛惜, 葡萄色の, 藍色の, 藩侯の, 蘇州の, 言ふまで, 財産という, 酒を, 酒一つは, 鉄の, 阿波の, 青くぬっ, 非常に, 音だ, 頭の, 馬琴の, 駕にて, 骸骨の, 鮮明な

1 [2902件 抜粋] 〇・五しか, あたしの, あのうちしおれ, あの日以来吉蔵, あまり毎日二人, ある時, ある藥品, あんまり猛烈, いかにも相撲通, いけないの, いつ行っ, いまだ脱し得ない, いろいろの, いわゆる出世, うたが, おげん, おふみ, お前さんの, お嬢さんに, お玉ヶ池と, お蝶, かかる職業, かの歎, きまった勉強室, こういう日常的, ここで, ことさらに, このまま, この不可解, この反, この如意輪観音, この山, この感傷, この書物, この残忍性, この生涯, この種, この虫, この龍造寺主計, これでした, こわさ, さいほうと, さつき貰はれ, しかるに星學上, すぐ前, すでに述べた, ずっと西, ぜひお, そこで, そのふざけた, その下, その利害, その境遇, その引っこみ思案, その文学, その本, その為, その耳底, その言葉, その避けられる, それこそ, それだつた, それほど厳密, たいへんゆかい, たしかにフランス人, ただながめる, だるが, ちょうど鏡, つまらない細工, とても食べられなかった, どうしてもその, どう見, どこに, どんな大きな声, なまめかしい紅扇子, なア, ひとの, ふもとより, まあそうした, また一般出版界, また耳, まだ彼, まって, みちびく人, むりにでも彼女の, もう一つ, もと此地, ゆくりなく蕗の薹, より人間的, わしも, アカデミーの, アメリカの, イギリスで, エナメル開け, オールバックの, カメラなんか, ガンデンという, クロオド・パスカルという, コヒルガオ, サン・タントアーヌ郭外の, シユウを, ジルノルマン氏で, セーヌ河一つは, チョモ・ラハリと, テレーズ人形の, ドレッスを, ニヴェルから, バッハの, ヒョータン池と, フィルポッツの, フランス旧, プレスビテリアン宗に, マタ・アリの, メソジスト宗に, ヤマフジ, ライプツィッヒの, リストの, ロス大佐からの, ヴィジゴートの, 一九四六年中は, 一八九〇年の, 一巡試験した, 一時新造に, 七年前に, 三人の, 三段に, 上の, 上部を, 不しあわせ, 与八が, 世間の, 両股, 中戸川吉二氏の, 主人公の, 久左衛門が, 九つの, 事務所で, 二世も, 二月二十三日の, 五六丈の, 享楽に, 人も, 人為的存在即ち, 今では, 今年小学校へ, 今日日本の, 今迄, 他から, 令息に, 伊水を, 休養の, 体の, 何だか絹, 何にても, 何時もの, 余今一つは, 作者は, 俗に, 信州の, 修道院に, 俺をからか, 個性に, 健康で, 催眠薬です, 僕のだ, 優れて, 兄が, 光輝の, 全国各地に, 八五郎の, 公安委員の, 六天山塞の, 其に, 其後と, 内より, 再度死者, 冬は, 出して, 初めて本然, 利益の, 前の, 前記の, 劇場文化の, 労力の, 動詞の, 匕首を, 医者の, 千葉の, 南方の, 単に文芸, 却って正に夫, 厳格に, 又不幸, 反対側から, 取柄を, 古くから, 句稿を, 台詞が, 史記が, 各社や, 同種の, 君を, 呉淞クリイクを, 咸亨酒店で, 唯物論者の, 善に, 嚢中の, 因果性であり, 国家または, 圏境の, 土地の, 地中の, 地方官である, 坩堝であり, 城内で, 墓海, 墺国製で, 売られない, 外でも, 外国に, 夜っぴて踏み止まっ, 大きくもう, 大きな移住, 大劇場公演, 大方の, 大義名分の, 天に, 太平時代の, 夫の, 奈良時代に, 女人である, 妙なひ, 姪の, 嫉妬の, 子供等の, 学校の, 安心し, 完全流体の, 宗次郎を, 実は自分の, 宮廷其他官辺に, 家具などの, 密陀僧, 富士見から, 寝転んで, 専ら著しい, 小さい優しい足音, 小宮山清三氏の, 小羊, 少し厄介, 尼の, 屍体の, 山寄りの, 岸の, 崖の, 川手庄太郎氏が, 左岸を, 市場から, 帆船の, 常に活動的, 平次の, 幼時から, 広い道幅, 庚申父丁角として, 建禮門院の, 弦楽合奏用に, 強き雨の, 当代の, 彫物職人氣質とでも, 彼れ, 律文一つは, 御容姿, 徳本峠を, 必ずこの, 忠臣藏鹽谷判官切腹の, 思想の, 性格の, 恋である, 恐怖心に, 悪魔の, 想定された, 愛に, 慥かに, 懐疑で, 我邦に, 戦争抛棄という, 戸棚に, 所謂祝詞と, 手帳から, 技巧の, 持って, 捕虜を, 損害に対して, 支那一つは, 改革の, 故殿, 数字的な, 文化各, 文学である, 文科, 斯う, 新作品, 新聞社間の, 旅愁を, 既に出, 日常性という, 日本人は, 日独防共協定である, 早く良人, 星章を, 昭和初年山形県の, 時折わが, 普遍的内容の, 暗にその, 曲つた, 書棚の, 最早避け, 有るであろう事, 朝市であっ, 末の世の, 本来の, 本野氏一つは, 村で, 東京帝室博物館の, 松の, 某将軍, 柳秋雲の, 植物である, 極めて驚くべき, 榴弾を, 横なぐり, 樹明君から, 機械への, 次章, 正しい, 正岡子規の, 此を, 此御祭は, 此為でも, 歴史であります, 死という, 殺し方, 毎日午後三時頃に, 毒薬の, 氏の, 民衆と, 気疲れが, 水晶細工で, 永の, 汚さ, 決定の, 油の, 泥坊を, 活力を, 浩一郎殿へと, 消えて, 淋しい平凡, 渓に, 湖水の, 源太郎の, 滑らかな, 漢魏以後の, 濃紅姫, 火花を, 無定形な, 無残にも, 焼いて, 燕女の, 片面の, 牛肉一つは, 物好きな, 犠牲を, 独木舟を, 猿曳という, 玉子一つは, 現代人は, 理智の, 生き残るから, 生来の, 生産組合によって, 用の, 田山氏の, 男の, 町会の, 病室内の, 癲癇で, 白くし, 白雲そのものの, 皇室の, 監獄費国庫支弁案に, 直江津の, 真に価値, 眼の, 矢張り, 知識人の, 石神の, 破れた紙鳶, 社会主義を, 神, 神社仏閣へ, 神経衰弱も, 福島県伊達郡小国村で, 私などの, 科学で, 種々雑多, 空中放電現象の, 突然息, 端書で, 節子の, 精神的にも, 純粋に, 素晴らしい特種, 終って, 結婚式の, 継母を, 緑の, 編集者の, 總論である, 置かねば, 美妙斎の, 習慣ならざる, 考えなければ, 肉を, 能登の, 脳髄に, 自分だけが, 自分を, 自己肯定の, 自然成長による, 興味一つは, 船ぞ, 良心を, 芭蕉の, 芸術の, 若葉萌え, 茂野吉之助氏の, 草津方面へ, 莫迦げて, 葉の, 蒙古人, 薪を, 蚊だ, 蟆人の, 表の, 西洋模倣の, 見つかったという, 親を, 観客席が, 言は, 評論家による, 読み物で, 誰人も, 諦めて, 議事堂の, 貧民の, 資本の, 赤い袖無, 赤星ジュリアの, 越前の, 足許に, 身飾み, 農地の, 農民の, 近来持ち上った, 通俗大学であった, 運び入れると, 道庵先生に, 遠くに, 都市が, 釈迢空の, 金銭には, 銀座の, 鑑賞法が, 長崎県下壱岐島の, 開けっ放しに, 陶器の, 隠居, 雜誌, 雪枝さんの, 霰弾を, 青に, 青梅線の, 面白い考, 音楽でございまし, 領内の, 額へ, 顕勢力と, 食堂一つは, 飽くまでも豪宕, 養父の, 馴れぬ冬, 高い土地, 高さ二尺, 高知や, 鬼だ, 鳥打これは, 鹿である, 黄昏時の, 黒ん, 黴菌性

▼ 一つ~ (2664, 4.2%)

245 なって 125 して 25 なつて 19 なる, 数えられて 17 数へ 13 腰を 12 なつた, 数えて 11 したよう, 過ぎない 10 かかって, しても, なった, なると, なるの 9 まとめて, 相違ない, 集めて 8 なること, 他ならない 7 ちがいない, なったの, 溶け合って, 相当する, 纏めて, 融け合って 6 あるの, かたまって, したもの, すぎない, なりました, 就いて, 手を, 數へ, 私は 5 おれの, なるよう, 収めて, 感じたの, 畳んで, 疊んで, 腰かけて

4 [17件] あった, ある, した, するもの, なっても, ほかならない, 乗って, 住んで, 加えて, 外ならない, 寄せて, 水の上に, 眼を, 算え, 納めて, 結び付いて, 結合し

3 [30件] あること, さへ, したやう, しようと, する, とけ合って, なるかも, なる時, なろうと, もつれて, 例の, 就て, 帰する, 溶けて, 目を, 立って, 算えられ, 結ばれて, 結びつけて, 繋がって, 纒めて, 腰掛けて, 自分の, 融けて, 見ること, 身を, 違いない, 違ひない, 集まって, 集中し

2 [127件] あなを, あらゆる身上, あると, おさめて, くつついた, こぐらかって, この華, こめて, されて, したいと, したが, したの, したる講筵, した時代, しては, しながら, しました, しろそれ, すべての, すること, するため, すると, するの, それを, そんなもの, ちがいありません, つながって, なったとき, なったよう, なったり, なった時, ならうとして, ならずには, ならぬ, ならねば, なりその, なりて, なり候半, なり全, なり脈々, なるか, なるまで, なるまでは, なるもの, なるを, なる機会, まとまって, もつて, よると, 一人の, 一家の, 他ならなかった, 何か, 依つて, 入れて, 凡そ二三歳で, 加へ, 努力し, 励む世, 合して, 向ひ, 命あり, 固まり合って, 塊まっ, 奇瑞を, 嫌悪を, 定まって, 寝て, 小さな小家, 就ての, 属して, 帰して, 帰着する, 当って, 彼が, 彼の, 彼は, 成つて居る, 扱うて, 救ひ, 数うべき, 数えられた, 数えられねば, 数えられる, 数えられるかも, 数えられるだろうし, 数えられると, 数えること, 数へて, 於て, 暮して, 書いて, 決めて, 流れて, 相違なかっ, 私の, 空けて, 算える, 紺色の, 組み上げた大, 結ばれた, 結合する, 統一されかかり, 綯われて, 纏まって, 考へられ易い, 育てられて, 蓋に, 融けあって, 融け合つて, 融合し, 見えた, 見て, 見られて, 触れて, 触れると, 足一つずつ, 身体を, 近づいて, 過ぎないが, 過ぎなかった, 過ぎぬと, 限られて, 陣取って, 集めること, 離して, 頭を

1 [1519件 抜粋] あったの, あつまって, あみ込まれた客観物, ありましたが, ある事, ある美しい, いうなら何故, いつ何時, いのちを, いられぬほど, いるの, いわく昔, うす靄, うれし野と, お庄, かういふ事, かかる, かかわって, かぞえられた, かぞえられるか, かたまつて了つたの, かたまつて馬乗, かためて, きまって, きめて, ぎらしたボーイは, くるまった透きとおるほど, こういう個条, こだわること, この千鳥城, この秘密, こまかい赤い汗, これが, これを, こんな実例, ごつた, されたあと, されては, しこの, したことば, したッ, した忘れられたよう, した様, した相対死, した風, してを, しばつて片, しまって, しようぞ, しろ何とか, しろ衛生的, し得るよう, し良心, すがらなければ, すぎないわけ, すぎなかったの, すだれ, すべく考えられる以上, するであろう, するなれば, するやう, する勝頼, する気乗り, する籔塚鉱泉, すれば, ぜひ加, その作者, その村, その男, それぞれに, それぞれ順々に, ぞくすこと, たった一つ, たばねて, ちぎりとらるるとも, つけられて, つながり合った模様, つなぎ合わせた, とけあって, とても鋭い, とりて, どうした, どつかり, なったかも, なったとでも, なったもの, なった中条, なった女優, なった心, なった木乃伊親爺, なった肩, なってたて, なつてく, ならずに, ならないに, ならなかつた理想, ならぬかるき, ならねえ, なりあくまで, なりお, なりきって, なりしたがって, なりそして, なりたい就いては, なりましょう, なり一本, なり切らずにはを, なり力, なり工場全体, なり得たこと, なり悔いても, なり明るく, なり純化, なり聖地, なり離すこと, なり飛下, なるが, なるだろう, なるといった, なるべきもの, なるやう, なる外国, なる様子, なる生活, なる騒ぎ, なれぬこの, なれるの, ぬー, はいったまま, はっきりと, ひっかかったが, ぶちこんで, ぶつかること, まけて, まとまったもの, まとまりましたよ, まとまる, まとめた有難味, まとめるきっかけ, まとめる指導者, みて, むこう鉢巻, もっともっと深い, もと河原細工人, やがて腰, やんわりと, よじれ合って, われを, ウィルスンは, エーアシャー種や, カラカサダケとも, クジャクソウ, シロアカザとも, ジャン・ヴァルジャンが, ジーッと, セリー酒が, ダンブリバナが, トウグルミとも, ハッキリと, ビスケット砂糖で, ムギナデシコという, 一つ, 一つ萱穂を, 一切を, 一脈の, 丈夫な, 三箇月も, 上には, 不思議に, 並べるを, 中尾という, 主膳の, 乗りこみまして, 乗ると, 二三の, 二本の, 云ひ, 人が, 今しも, 今朝は, 付いて, 仮面舞踊劇が, 似て, 体の, 何故とも, 作る折, 依つて自己防禦的, 倒れて, 値段が, 働いて, 先祖の, 入ってるん, 入る白檜, 全身隠れ, 其が, 具った, 冬子は, 凝まって, 凝結する, 出ること, 出羽様の, 切り離しその, 刺されて, 加えられて, 加って, 勿体を, 包む迄, 化し去って, 午後三時の, 原づい, 収まるという, 取たて, 取り憑かれたよう, 取入れる神, 古賀さんが, 司法主任と, 合うの, 合する, 合せ船頭二人, 合わさった囚人隊, 合わせたその, 合わせること, 合体し, 合流は, 向って, 吸い込まれわたし, 吹き寄せること, 命中する, 問題の, 四人いっしょに, 団結し, 固まらうとして, 固め貴女, 在るの, 坐りました, 堺真柄さんの, 塗の, 売られて, 外ならなかった, 大きい未練, 大きな騒ぎ, 大海の, 女の, 始祖日本人の, 娘さんが, 子供の, 宇佐宮八幡大, 宋の, 定める, 客あしらひ, 家族一同が, 宿って, 寄りかたまった, 寄り合った所, 密着し合っ, 寸分の, 小さいの, 小桜橋, 尽きるん, 展覧会が, 属すると, 山姥が, 工合よく, 帰し立命, 庫裡一つそれから, 引き取って, 当る一隅, 当る狸, 彼地にて, 彼奴を, 従属する, 御考, 徹底する, 思い出して, 思つてゐた, 怪しい者, 意味が, 感心し, 成ったが, 成つてホーレーキを, 成つて笊に, 成りきって, 成る婚姻, 我目と, 扱へ, 投出して, 抜萃し, 押しこめられて, 括つて婆さん, 持ったよう, 指定せられ, 振り向きながら, 掛けられた, 掻きあげて, 握られて, 支えられて, 收め置い, 数うべきである, 数えたが, 数えられたから, 数えられましょう, 数えられるであろう, 数えられる大川筋, 数え上げられるよう, 数字が, 文学者美術家音楽家より, 料理屋と, 新劇協会という, 於ては, 日光を, 昏く, 時々生, 暮らして, 曰く小野頼風の, 期待を, 木暮山といふ, 束ね稍冠下, 果汁アイスクリームを, 格言が, 椅子が, 検討し, 極めねば, 極めること, 模糊と, 欠かされないこと, 止ると, 武士体の, 歩み寄るもの, 歸着せし, 残って, 母を, 気の, 氷の, 決してただちに実行, 決った実在的, 沈んで, 泥菖蒲とも, 注意を, 活流し, 流義, 海部代官所という, 深い理由, 混ぜ合せて, 混和した, 減らしても, 溶かしこむよう, 溶けあったいわゆる, 溶けた大岡忠相, 溶け合いだして, 溶け合った彼女, 溶け込む運命的, 漕座占む, 火事の, 炭の, 烏山行が, 煙って, 燃えさしめよ, 父よ, 片付けるの, 物臭太郎が, 犠牲のみ, 珠數一聯のみ, 瓦解した, 生命が, 留めを, 番号を, 當つてゐた, 疊んだ, 発表された, 登って, 白服の, 百姓と, 盆へ, 相倚, 相違なく, 看護婦から, 真白な, 眺め入った, 着更, 砂糖を, 社会の, 神社の, 祭って, 科が, 秤座といふ, 移転し, 積極的に, 窓の, 立ち塞がったいたずら者, 立て石, 算えられた, 米は, 糸の, 素子が, 組みついた, 組み合わせて, 結ばれた世界, 結ばれ合う場所, 結び付いたもの, 結び合せようと, 結束し, 絡み合って, 統べたるもの, 絵を, 綯い合わして, 綯われ得ないもの, 縛りつけて, 縮めた処, 繰り上げ黒い, 纏めただけの, 纒つて來る, 美くしい, 考えられねば, 考える, 考へられて, 考へ遂に, 耳を, 職業野球が, 育つたか, 育てられ努力奮闘, 能書が, 腰かけあたり, 腰かけ小林君, 自分を, 至るまで, 舞謡の, 茶呑茶碗を, 菅笠一つづつ下げ, 落ちて, 落ち込んで, 著作権に関する, 蒐め彼自ら手を, 藤代博士の, 虫類に, 融けあったところ, 融け合うか, 行はる, 裁判の, 見えて, 見えるという, 見ては, 見まわして, 見られるの, 見上げ見下して, 覗き込みつつ, 解け合, 触れること, 言い知れぬ芸術的, 誓う輩, 調べはじめた, 譯の, 買占めた事, 赤化防止の, 赤蛙は, 起伏しはじめ, 跳び込んだから, 躑躅矢車草金蓮花など, 較べて, 辿って, 近づかうと, 近世始め, 送られて, 通された, 造りかけたりき, 連れこまれたと, 過ぎないかも, 過ぎぬ, 過ぎません, 違った料理, 遣つた, 還すといふ, 都入り, 重なって, 重なり合って, 銅か, 長椅子の, 関係が, 附着合っ, 限らずもっと, 陣どった彼, 隠されて, 集まり半円, 集まり表門, 集まるまい, 集めたよう, 集めた夕月, 集めるの, 集るよう, 集合する, 雪つけ, 電池を, 静かな, 頭が, 顔を, 飛びついて, 飛移る, 養育され, 鬘だけは, 鴇色ぶさ, 黒ビロードの

▼ 一つ~ (2481, 3.9%)

241 ない 122 なかった 85 ありません 62 ないの 21 ないと, 無い 19 無かった 16 なかつた 15 して 14 ありませんでした 13 見えない, 見えなかった 12 持って, 残って 11 ないよう, なし 10 ありませんが, ないん 9 ないという, ないので, 出て 8 ありは, なくて, 無いの, 無かつ, 見当らない 7 ついて, ないが, 見当らなかった 6 ないこと, ないのに, ないよ, ない筈 5 あるまい, ないから, ないじゃ, 心に, 手に, 無いと, 発見する, 聞いて, 身に

4 [14件] かけて, なく, なくなって, もって, 手を, 持つて, 無いよ, 無いよう, 私の, 見えぬ, 見られなかった, 見ること, 覚えて, 読んで

3 [22件] ありませぬ, する事, ないで, ないです, なかつたの, なくしかも, 入って, 出やう, 出來, 存在しない, 平次の, 建てて, 書いてない, 目に, 見えなかつた, 見られない, 覺え, 記憶し, 誤りなし, 開いて, 間違いは, 間違ひ

2 [128件] あなたお, あらぬ水色ぎぬ, ありそう, ありませんから, ありませんでしたが, あり得ない, あるか, ある筈, あれば, いいこと, いい事, しない, しません, しようと, しようという, そこに, それが, つけて, ないくらい, ないすべて, ないだらう, ないぢ, ないであろう, ないといふ, ないな, ないばかり, ないみょう, ないわ, ない代り, ない何処, ない夢幻, なくただ, なくとも, なくな, なくなっては, なくまた, なく人間, なければ, ねえじゃ, やって, 上げて, 二つも, 伝わって, 何にも, 備は, 傷か, 傷つかず水, 出した渠, 出ては, 取らなかった, 取柄といふ, 同じもの, 名前が, 売れないの, 外へ, 女の, 子供たちの, 巻かなくてはと, 建って, 御座いません, 思い出すこと, 手が, 投げて, 拵えなければ, 持たない, 持っては, 持合せが, 挙げること, 捻つて, 掛けて, 掛けても, 掴んで, 施して, 映画には, 暑い盛り, 書いて, 書いてないん, 書きつけて, 歌うよう, 武器といふ, 残して, 殘つては, 減って, 無いから, 無いでしょう, 無い事, 無くて, 無し, 現れて, 現われて, 直接に, 知らないん, 知らない虫, 知らなかった, 私は, 稱へて, 考えて, 聞かした事, 聞かせて, 自身に, 良いこと, 花を, 見あたらなかった, 見えないでは, 見えないと, 見えなかったり, 見えなくなって, 見えません, 見せずに, 見たこと, 見つかりませんでした, 見て, 見られなかつた, 見れずに, 見当が, 見当たらない, 見当らなかったの, 見舞って, 触れて, 言って, 言ふ, 証拠が, 読んだこと, 證據が, 足跡は, 間違いが, 頭の, 黙って

1 [1238件 抜粋] あいた椅子, あがらぬこと, あてが, あなたに, あまさずその, あまさず書き終って, あやまりが, ありましねえだ, ありませぬが, ありませんですけれども, ありませんわ, ありゃしないうれしくっ, あるといった, あるべきところ, あるもの, あるブルジョア達, あろうとは, いいたいよう, いうて, いけて, いつわらずに, いで二人, いない, いらぬ, いわず涼風, うっかり建てられない, うれし思はぬ, おきたの, おっこっ, お仕損じ, お見舞い, かかないで, かきません, かけないという, きかないの, きりたいよう, くれずに, くれなくなつ, くれませぬそれ, こういうもの, こしらえて, こっちへは, この小説, これが, これと, ござりませぬ, さきの, させて, した覚え, してと, しないが, しないと, しなかったが, しまりが, しようもの, じっくり入りこん, するの, せず安心, そのままに, その小僧さん, その掴ませよう, その表出, たしかにこんな, たよりに, だいたい同じ, つかまらないの, つかめなかった, つくること, つと小さな, できて, できぬ奴, とれないなんて, ないうす暗い小, ないけれど, ないし, ないそういう, ないぞ, ないてんじょう, ないとね, ないはなやか, ないまた, ないよいこと, ない上, ない初め, ない又, ない外套, ない奴, ない室, ない廊下, ない数年前弥之助, ない時候, ない欧洲, ない環境, ない由, ない論文, ない陳述, なかったでしょう, なかつたからでも, なかつたといふ, なかつたよ, なかりけり云々, なき唐山, なくぐっすり, なくしごく, なくただ力, なくなっちゃった, なくなりました, なくなる故, なくまことに, なく人, なく僅, なく山, なく強いて, なく從つて火, なく感情, なく片々, なく第, なく見渡した, なく隣, なし下らぬ, ならぬの, ねえっていう, ねえん, のこさずつたえて, のこって, はずれて, ふれられて, へんな, また戦時, まだ聞かない, まとまらない所, みじんも, もし然やう, もたらし得なかった, やつて, やらず月給十円, やりそう, やる風流気, よごれた水, よもうと, わからない, わからないまま, わからん, わが生命, セリフが, ハッキリした, ヒネクリたくなる, ブン擲らず, モノに, 万に, 上がらなかった, 上演されなかった, 不安恐怖を, 世に, 世態の, 主君忠之公の, 云いよらん, 云ってなかった, 云つたら, 云わないで, 云わなかったもの, 亦, 享有しない, 人影は, 今では, 仕損じは, 仕損ずること, 他に, 伐つては, 似たところ, 作らうといふ, 作るしか, 作る人, 使わないで, 例外が, 信じずに, 候わずと, 借りなかったくらい, 傳はらない, 光子さんに, 入りません, 全く仕損ずる, 具体的事実について, 出くわさないの, 出して, 出たこと, 出なかったの, 出なくなったのに, 出るでしょう, 出席せず, 出来ずただ, 出来ないお, 出来なかった, 出来ようはず, 出現しなかった, 分るもの, 切れて, 判然らんけに, 刺されなかった, 功を, 加へる, 助からねえと, 助けて, 動かさない眼, 動かされず平然, 動かず風の音, 動かなかった, 勝目の, 千兩箱らしい, 参考資料には, 取ってないの, 取り落しなく, 取交すの, 取逃すやう, 受け外すという, 口に, 叩かう所, 同じの, 同人に, 同意する, 吸収摂, 吹飛ばしそう, 咲いて, 咲かなくなって, 唄うという, 唱えられます有難う, 唱わないで, 唸り出したいよう, 問題に, 喋舌れない, 喰へ, 在りませんでした, 執ること, 壁の, 売れてね, 売れようもの, 大きく書い, 失わずに, 女らしい女, 嫌な, 字の, 学理に, 実が, 実を, 実行されなかった, 実行出来ない, 実際の, 小説を, 居なくな, 届かぬ, 差さないが, 平和への, 建てないで, 弄するやう, 弛められなかった, 張り飛ばして, 当たらぬその, 役に立つやう, 後に, 得られないで, 御座いませんが, 御所持御座, 必要と, 忍ばせて, 忘れないで, 思いつきでは, 思ふ事, 息ある, 想起する, 感じたこと, 慌て, 懸けてないらしかった, 成功した, 手紙に, 手離した, 打ってない, 打つ男, 抜いては, 拝めないと, 拾つたと, 持たず兵力, 持たない聲, 持ち出す事, 持ち合わせて, 持ち込みが, 持つまじきもの, 持つ身, 振られなかつた, 振舞われたら時, 捕まりません, 捕まる惧, 捻る親爺, 掛けられると, 掴まれなかったらしいの, 握らせて, 損ぜず, 教えようという, 新奇でありません, 映画に, 書いたこと, 書かず古詩, 書かなかつたところ, 書き抜いて, 書けなかつたので, 有つて, 有力と, 期待出来ず, 未だ小説, 本質へ, 来なかったの, 検出されなかった, 欠かさずに, 歌えるよう, 歌って, 歌つてや, 武門にとっては, 残さず唄い終って, 残さなけりャ外聞, 残っとらん, 残らずとって, 残らずギギー, 残らず全, 残らず調べて, 殘さず, 殘さねえ, 殘つて居らずし, 殘つて居りませぬ, 毎日の, 気の, 決定されない, 注目する, 洩らさず書いて, 浮かみ上がらない, 浮んで, 消えたので, 消滅は, 深く受入れられない, 減つて居ない, 源氏の, 準備しなかつた, 点の, 為せて, 無いが, 無いこと, 無いとき, 無いに, 無いやう, 無い家, 無い荒涼たる, 無かったなら, 無くなって, 無く多勢, 無く自分, 無く首, 無駄と, 父上樣に, 物音が, 玄蕃に, 現われないの, 現象の, 甘やかされずに, 生んで, 生物学上の, 申したくなるもの, 画いてないの, 発しないよう, 発展しない, 発表しなかつた, 発見されなかった, 発見し得ない, 発見出来ませぬ, 發見できなかつた, 百合に, 盗まれなかったの, 盗み出して, 盜まれては, 直接証拠が, 眺めた事, 知らずに, 知らない, 知らないよ, 知らない物許, 知る自由, 破裂の, 確証の, 示されて, 秀子のと, 称えるもの, 空いて, 窓が, 筋の, 紋の, 経験し, 結わなくちゃ, 纏らない, 置かれてない, 置換えられても, 翻案は, 考えず自然, 聞えては, 聞えなくなる, 聞かされずに, 聞かれなかった, 聞き洩さずに, 聞こえなかつた, 肉の, 腰に, 致しませんでしっかり, 色の, 落ちない, 落ちのこされて, 行うこと, 行き当らず小銃, 行当らない, 見えず騎馬, 見えないで, 見えない上, 見えない水平線, 見えない苦しまぎれ, 見えなかつたの, 見えぬ連, 見えませんわ, 見せず警戒, 見せない路傍, 見たもの, 見つからなかった, 見ない, 見なかつたやう, 見のがさないし, 見のがすまいと, 見られは, 見出されないの, 見出せず骨, 見出せなかったの, 見当たらなかった, 見当らないの, 見当らない時, 見当らぬと, 見當ら, 見落とさずに, 見逃さない様, 覚えたろうし, 覚ること, 覺えて, 解かれて, 言いたくなって, 言い忘れなかった, 言えそう, 言つて死顏を, 言ひ, 言わして, 言わなかったよう, 言葉を, 記憶に, 許さず嚴罰, 証拠は, 詠んで, 話さない, 誘い出すため, 誤り答うる, 読めそう, 諦めて, 謡ひもせず, 讀めぬ旦那, 買えなかったので, 買って, 賞められなかつた, 赤い柿, 起らないですみましたもの, 越えたもうか二郎, 踏み出したが, 踰えて, 転って, 返り血, 送りませんか, 逃れやう, 通って, 通らないん, 連絡が, 過たぬ, 道理に, 違約なく, 遣り損じは, 配分されなかった, 鐚一文も, 開かれず戸口, 間違いの, 間違うこと, 間違ったこと, 隠すところ, 電燈が, 面白いの, 音を, 願ひ, 類の, 食えなかったの, 食って, 食べては, 食わして, 馬で

▼ 一つ一つ~ (1617, 2.5%)

14 見て 13 の言葉, の音 9 の作品 8 のもの, の小さな, 消えて 7 のこと, 調べて, 開いて 6 が皆, に就い, の顔 5 が私, の事実, の問題, の場合, はっきりと 4 に相当, に私, の事がら, の室, の文字, の本, の部屋, を覗い, 読んで

3 [24件] がほ, が妙, が珠玉, くっきりと, にその, に彼, のシーン, の上, の事柄, の仮名, の動作, の品物, の場面, の情景, の穴, の絵, の線, の花, の葉, の表情, を吟味, 挙げて, 覗いて, 辿って

2 [110件] あげて, かけながら, が, がきわめて, がこの, がどれ, がはっきり, がまた, がわたし, が世界, が今, が他, が日本, が生き, が繰り返し繰り返し, が貴重, が鮮やか, とって, ともして, と切り, と消え, ながめた, に, にあな, にこの, にすべて, には既に, にハッキリ, に何, に命, に嫌悪, に数, に日光, に注意, に炭, に自分, に諸, に離し, の, のお, のこまかい, のぞいて, のカット, のショット, の中, の事項, の例, の内容, の写真, の出来事, の区切り, の図板, の境地, の字, の実際, の家, の層, の意味, の指, の毛孔, の毛穴, の灯, の物, の現象, の石, の私, の範疇, の経験, の蟹, の行い, の要素, の言語, の語, の跡, の轎, の運動, の間, の面, の響き, はつ, ひらいて, ほぐして, までがまるで, をふるわせ, を登っ, を聴く, を自分, を見, を調べ, を開け, 出して, 取って, 叩いて, 合せて, 大きな笠, 思いだして, 拭いて, 拾って, 摘みし土筆, 書いて, 浮んで, 片づけて, 生きて, 異った, 眺めて, 見せて, 覚えて, 覚えては, 開けて, 離れて

1 [1152件 抜粋] あけて, あの島, いうたら懺悔, いそいそと, いや肋骨, うなずいて, おして見, お取り, から共通, から悲し, から毛糸, から驚くべき, がいま, がおなじ, がこんなに, がその, がそれぞれ, がそれぞれ前後二台, がどこ, がまるで, がみなそうでした, がみな汝, がもっ, がゆったり, がシューマン, がバラバラ, が一つ一つ, が丁度, が二類, が互に, が何処, が余韻, が先ず, が具体的, が出来る, が又, が呼び起す, が固有名詞, が夢以上, が字, が宝石, が少年, が強い, が彼, が微細, が恰, が意外, が持つ, が新しい, が映っ, が暗い, が独立, が生きた, が皿, が眼, が神, が紅い, が細心, が花びら, が薄い, が見える, が踏みへらされ, が遅々, が重なっ, が鑑別, が面白い, きちんとならべました, きりはなせないもの, こういう風, こまかく何, さすよう, しらべて, しらみつぶし, ずつ検, そのテーマ, その強, その看板, その鉄棒, たぐって, たしかめて, だんだんついて行く, つけては, つなぎまして, つみかさなって, であると, ではなく, で岡, といふ, としての, としてより, とつまん, とふ, とまじめ, とりあげて, とわたしども一人一人, と不思議, と作品, と失われ, と思いつい, と新しい, と破産, と紙, と読み深め, と逃げ, と飛び飛び, ながめそれから, なげこみました, にあたるそれぞれ二つ, にいろいろ, にかたまる, にこだわる, にし, にそれぞれ, にそれぞれ所有主, にちぎりとらるる, についていえない, についてこの, について何とか, について優れた, について可, について吟味, について研究, について見られるべきで, について話, になった, にはさじ, にはっきり, にはもはや, には十重ね, には子供, には胡粉絵, には違つた名, にまで折しも, にもそれぞれ様々, にも及んだ, にも徳川, にも皆, によつて, にガン, にスヤリスヤリ, にポケット, に一二ヶ月, に一脈, に丈夫, に云い知れぬ, に何等, に値段, に先祖, に具, に処女, に別, に取, に向っ, に咒文, に外し, に室, に寄せ, に就, に彼女流, に愕, に拾い出した, に揺らめき, に教わっ, に新た, に書い, に木, に検め, に比べ, に水, に注目, に深い, に漲つ, に熱き, に現れ, に生命, に番号, に登っ, に白浪, に目先, に看護婦, に眺め入った, に知ったかぶり, に窓際, に考慮, に背景, に脳髄, に落城, に處, に西, に見まわし, に見廻, に言い知れぬ, に譯, に躑躅, に辿っ, に違った, に陽, に雪, に音色, に魅せられた, のせりふ, のつば, のなか, のぼうふら, のみじめ, のゆたか, のカテゴリー, のシブ味, のブック・レヴュー, のレコード, の下, の主題, の人生, の伝統, の作曲, の個々事象, の先端, の兵, の切札, の動き, の卓, の原子, の取調べ, の名前, の味, の唄, の型, の報道, の墓, の奇蹟, の姿, の学問, の家門ごと, の対象, の小さい, の小天地, の島, の布, の常識的, の座席, の形, の役目, の徴候, の思い出, の怪談, の態度, の我が, の扉, の托鉢先, の挿話, の撥音, の文章, の方程式, の日, の星, の曲線, の書棚, の林檎, の桐箱, の桟, の椅子, の樹, の機械人間, の歯, の段階, の水玉, の波, の活用形, の瀑, の焦点, の燭, の物質分子, の珍妙, の現実, の生活の, の画面, の発展, の皺, の相次ぐ, の短, の石塊, の種族, の範囲内, の紋, の組み立て, の綴り, の縫目, の美し, の能, の自動車, の花冠, の花弁, の葡萄, の薄い, の蜜蜂, の衝撃, の表象, の記述, の語調, の象形文字, の跳躍, の邸宅, の重み, の銭, の陰, の青空, の音韻, の顏附, の駅, の鱗, の鳥肌, は, はかつて, はずれ, はその, はそれぞれ一つ, はっきり分る, はっきり聴取, はよしんば, は丁度, は伸子, は其後, は単なる, は嘉吉, は寸刻, は書い, は白い, は真実, は自分自身東京, は話されなかった, は青玉, ひろいあげ波, ひろっては, ふくらみを, へさし当てられる, へ南無妙法蓮華経, へ学問, またよごし, まで叩き割られ, まで聴きとる, むしり取り黄色い, も意義, も気づかれぬ, も野心そのもの, やがて隙間, や一つ, よごし鉢, よって居る, をかぞえ, をくわしく, をざっと, をその, をそれ, をぢ, をとっ, をはっきり, をひろいあつめ, をみまっ, をみんな肉体的, をも知っ, をシンミリ, を丹念, を具体的, を冷静, を切り離し, を動かし, を取っ, を含味反芻, を味わいかみしめ, を問題, を圍つた, を実際, を念, を思いだし, を意地, を感ずる, を手あたり, を指し示し, を支配, を模写, を正しい, を注意, を点画, を物語っ, を眺める, を知りつくし, を究極, を自ら, を表わす, を複雑, を見立て, を訂正, を貪慾, を辿っ, を順々, ガタンガタンと, ハッキリ段々, 並べて, 云って, 何やら円い, 入っては, 其の頂いた, 出て, 刻み遺された, 剥いだり, 動き出すよう, 収めこもうとして, 取り上げ得るとは, 取り出しては, 取り立てて, 取上げて, 取出して, 合せた紐, 堆み上げ, 塞がれた形, 変って, 外しながら, 失くなった, 尋ねて, 崩れだした, 広げて, 引合せて, 引抜いては, 強く胸, 思いかえして, 思いだしながら, 思い出しては, 思ひ出しまた, 恐ろしい強烈, 想いだして, 我が子等, 手厚く葬っ, 投げ出されて, 押し戴くよう, 拾いあげて, 持ちだされるの, 指さされた星, 捕える事, 捻つた器具, 掛けて, 探ねて, 接ぎ合せて, 揺れて, 数えながら, 数えられそう, 数えられるくらい, 数えるよう, 数え挙げるの, 新しく想い出された, 書きとって, 書き込む, 次々に, 殖えるの, 注意深くむすこ, 浮き上がって, 消えたそして, 消え行くにつれて, 消して, 渡されると, 爆ぜ割れるの, 片付けて, 甚だしい必要, 異なった色, 登って, 皆蟹, 眺めやった, 積み重ねて, 窪みの, 紅い貝がら, 組み立てて, 綴り始めた, 置いて, 罰せられること, 聴いて, 落ちて, 行こう, 見たり, 見つめながら, 見わけられるくらいよ, 見回って, 見廻わ, 見終って, 解いて, 訪ねて, 認められるとともに, 読み返しては, 調べると, 起るたび, 踏み越えて, 軽く踏み, 逃げて, 逆毛, 通りすぎて, 進んで, 違ったトリック, 違った方向, 集めて, 青い動悸, 飛び越して, 黒い陰

▼ 一つ~ (1305, 2.1%)

16 取って 13 とって 12 手に 9 なして 8 持って 6 指して, 混ぜます, 自分の, 見ても, 覗いて, 隔てて 5 入れて, 取つて, 取り上げて, 抂げさせる, 示して, 見て, 選ばなければ, 選ばねば, 選んで, 開けて 4 あけて, たよりに, なすもの, もって, 下げて, 加えて, 境に, 登って, 私に

3 [14件] とっても, 借りて, 占めて, 彼は, 拾って, 挙ぐれ, 提げて, 考えて, 見出した, 読んで, 踏んで, 身に, 通って, 選んだ

2 [75件] あげて, いえば, えらんで, おいて, かかえて, これに, さしだした, すすめそれに, ぢつと, とつて, ぶら下げて, ぷつんと押した, もぐ, カンタベリー大, グッと, ヨーク大, 両手に, 予言する, 今し, 代表する, 使って, 例にとっても, 写生した, 出して, 加えます, 加へて, 占領し, 取っても, 取上げて, 口に, 口へ, 吟味するなら, 問題に, 執りたいと, 思い出した, 惜しまめやゆめ, 把って, 抛たう, 抛つこと, 抱いて, 抱えて, 持つて, 指さした, 指さして, 指した, 指差した, 挙げて, 振子の, 断念しなけれ, 是非とも, 机に, 榻へ, 欠いた片, 歩かせて, 残して, 犠牲に, 申せと, 着て, 示す, 私の, 細かく切っ, 聴くたび, 脱れ, 自分自身よく, 調べ, 諸君に, 辿って, 選ぶと, 選ぶに, 門へ, 開いて, 開けた, 開けると, 除いては, 隔て

1 [933件 抜粋] あごで, あの娘, ある晩, いかにし, いっても, うけとった, うって, うるさがっ, おかみさんに, おつた, おれは, おろしたて, おろしたよう, お幸ちやん, かがんで, かぞえて, かっと照りつけ, かれら, くぐった, くわしく言っ, ぐる, こういう天然, ここに, ここへ, この家, これだけに, こわきに, こんな俺, ごまかした爲, ご紹介, さぐるよう, さして, ざっと並べなおし, しばしば選ばなけれ, しみじみと, すすめ平一郎, するにも, そして最後, そっと竪穴, そのままもう一度夫, その手, その時, その男, その袋, それが, それを, たどらなければ, たんねんに, つかみだすこと, つかむと, つかんで, つくるのに, つけ加えた, つまみ上げて, でさえも, とった, とどめずという, とらなければ, とりあげて, とりあげ無意識, とり出して, とるため, どうにか探し出した, なしかつ, なすの, なす炊事飲食, のこして, のぼる度毎, はずしまた, ひきずりおろして, ひきよせて, ひつ捉へる, ひろいあげて, ひろ子は, ふるわせて, へだてたひろ子, へだてて, まくらもとに, また始める, まっすぐに, みっしりよく理解, みれば, むしった, めがけて, もう一度読みなおし, もう少し詳しく, もぎとった, もつよう, もとと, やって, やっと食べた, やにわに握る, やらかしさ, やろうと, ゆっくり観察, わきへ, わたくしに, カチッと, クリストフ・デトレェヴの, サスペンスとして, ジイドは, ソッと, ドアの, ドクタア・ビゲロウが, ヒネクり廻す, ボウル箱に, マキに, ミツバアケビと, リクに, リンシーと, 一つの, 一度と, 一式様が, 丁寧に, 三途河の, 下に, 下りて, 与えられて, 中に, 主人の, 九兵衛の, 事實として, 人に, 今でも, 今日今此処に, 今私は, 仕事の, 代表した, 仰いだ, 伸せば, 伺い得たと, 何度も, 作ったの, 作りは, 俊彦の, 僕が, 元来た, 先刻書いた, 入れるほどの, 入れる丈, 六畳に, 具体的に, 冗談に, 冷静に, 出そう, 出でないの, 出ないという, 出来る丈, 切って, 切り破っ, 切ると, 別挙, 前の, 剰して, 割譲させた, 力を, 加へる, 動かさなかつた, 勘定し, 匿し, 十五人前位の, 半ば潰し, 占めたが, 占めるべきであり従って, 取つた, 取りそれ, 取りに, 取り上げると, 取り上げ床, 取り出して, 取り決して, 取り落したれ, 取るん, 取ろうとして, 取上ると, 取落したま, 受けとって, 受賞作品と, 口の, 台なし, 各, 吐き出すまでにも, 含味反芻する, 周防に, 味ひ尽す, 味わわせて, 味方二万が, 呼ぶに, 咸宜観と, 唯一無上の, 啓示の, 啜って, 四つ切りに, 四十五銭から, 國の, 土臺に, 堺奉行の, 売り父, 多聞天の, 大きい注文, 大事に, 天にも, 夫婦の, 失うては, 失ったと, 失はねど, 失ふも, 奪い合いしなければ, 如何にも注意深い, 娘の, 子供の, 学校へ, 宛に, 実例として, 実際に, 宮は, 尋ねて, 小脇に, 少年に, 山伏は, 左の, 左手に, 差すの, 己で, 巳之助は, 平げて, 建て階下, 引いたので, 引っぱりだした, 引張りだした, 弟様に, 強調しすぎる, 当てるの, 彼が, 彼へ, 彼女の, 彼自身が, 待って, 得るが, 御参考, 御紹介, 御願ひ申し, 心理療法と, 必死に, 念入りに, 思いつめた世界, 思ひ浮べるとも, 怠っては, 恭しくお, 惜んだ, 想いおこした, 意味し, 意地悪げに, 感じました, 感知する, 成るべくそれ, 手にとって, 手ば, 手当り次第に, 手折つて見る, 打ち砕いて, 打割っ, 扱い終わる, 投げた, 投り出し, 投り出す, 抜いたの, 択ばなければ, 択ぶべきもの, 択んだであろうと, 抱えながら, 押すと, 担うて, 拒絶すれ, 拭いたり, 拾うため, 持たせて, 持ちさ, 持ち帰りしに, 持った者, 持て餘, 指さきで, 指さしますと, 指した訳, 指し示して, 指先で, 指差し, 挙げれば, 挾んでの, 捕えて, 捜し出して, 捧げて, 捨て切れず残した好み, 捻ったが, 掌面に, 排して, 採つて卯平, 採れ, 探すの, 探り出す糸口, 掴みとったの, 描写の, 提供する, 握って, 携えて, 摘みて, 撮んで, 支配する, 攻めあぐねて, 救済, 教養に, 敵から, 敷き一つ, 既婚婦人にのみ, 旧蹟も, 春風ふき霞たなびき, 時々編輯会議, 書いただけでも, 書いてるの, 最近の, 朗読し, 木箱に, 村の, 林助手に, 枝から, 棄てる必要, 楢夫に, 極めて, 榻に, 模写する, 横ぎって中, 欠いた男, 欠いても, 欠けば, 欲しそう, 止めて, 正しい名, 歩む新劇協会, 死地として, 残したらしいと, 残し他, 殻共に, 母に, 毒々しく嘲笑的, 注意ぶ, 海からは, 混ぜて, 混ぜれば, 渡し銀貨, 湯煮, 溜漉と, 潜って, 烏に, 無くして, 無意識に, 無視し, 熱い昼飯, 燒いた, 片付けさせて, 特にイヌタデ, 犯してさえ, 現わす, 生み出す能力, 生徒に, 生理療法と, 生者の, 申しますと, 申し上げた次第, 画会の, 界に, 異端視する, 疑ひ出すと, 発止と, 皆の, 皮を, 盗む, 目撃する, 相手は, 看過すれ, 眺めて, 眼に, 睨まえて, 知りつくして, 石多く, 研究し, 研究する, 示した, 示しては, 私が, 秋川徳子の, 究極まで, 窓の, 童子に, 粉に, 素早く捕へ, 紹介しよう, 経験した, 緑の, 練習する, 繰りひろげても, 缺いた, 考えただけでも, 考へて, 耳に, 聴いては, 背に, 脱いた, 脱ぎたま, 膝そばに, 自らの, 自身の, 花弁と, 落すを, 行動する, 表わす万葉仮名, 袂に, 裏に, 裸で, 見いだし何, 見つめて, 見ながら, 見まいとして, 見まもる八人, 見立てて, 覗いても, 親しく手, 解く方, 言えば, 言葉に, 託し召使たち, 記載し, 訪問し, 詠んで, 認めること, 説く為, 読む心地, 識って, 譲の, 負って, 貰って, 買い取るには, 買うに, 買って, 資本として, 質に, 赤き毛氈, 越えさらにもう, 越すの, 足で, 踏みそれから, 踏み消して, 身体の, 身動きも, 迎えるごと, 追いはじめた, 逐ふ, 運びますから, 過去何千年かの, 遠慮し, 遡航, 選ばんければ, 選びとって, 選ぶしか, 選ぶばかり, 選ぶほか, 選べって, 選ぼうとも, 選み出した, 選むよりほかはないので隠密は, 選んでも, 選択する, 避け一つ, 鍵穴に, 開けたり, 開けるには, 間近に, 降ろした円覚寺, 除く他, 除けば, 陽あたりの, 隔てして, 隔てた所, 隔てた直前, 隔てた講堂, 隕石の, 隣村の, 雪之, 静かに, 頂戴する, 順々に, 預かって, 頼みに, 顔に, 食っても, 食べるま, 飾り文字, 養いかねて, 駈け上って, 鳥が, 黙認すれ

▼ 一つ~ (1191, 1.9%)

77 あつた 35 あらう 10 あつて, どうにでも 7 成立つ音 5 これは, せう, 育てて 4 それは, それを, 何でも, 歩いて, 沢山だ

3 [11件] あつたらしい, あとは, あらうか, いいから, お前の, これを, たくさんだ, やって, 八五郎は, 私の, 私は

2 [49件] あつたの, いい, いっぱいに, いつでも, いろいろな, いろんな味, おれは, ござりまする, さへ, そこから, その上, それが, たくさんな, 七里ばかり, 三つの, 二人の, 今日まで, 何う, 何うで, 何んとでも, 働いて, 僕は, 半襟半, 又この, 夜具の, 婆さんと, 定まるの, 平気で, 店を, 御先祖樣, 快刀乱麻の, 我々は, 是は, 有名に, 此時先生に, 気の毒な, 河合家の, 漕いで, 澤山だ, 物に, 生きて, 男の, 着させても, 私が, 立派に, 笑ったり, 育て, 英雄シイザアの, 辞書を

1 [886件 抜粋] あ, あしらいあしらい, あちこちに, あっさり踊っ, あつたさうである, あつた様, あとから, あなたの, あのとおり美人, あの低音, あの生物, あらうが, あらうそれ, ある大, あんな重く, い, いいの, いいや, いくらも, いつだって, いつまでも, いなさったの, うちわを, うまく片づく, おせい様, おどけた四角, およそ一週間, お前は, お前達は, お千勢, お梅, お蝶, お風呂, かあるいは, かうも, かたまりあって, かの土, きまりそう, きまる, きまるの, きッぱりと, こう云う, ここに, こっちが, このくらい, この勝負, この家, この山, この語義, この頃, これが, これと, これも, ござりませぬ, さまよいあるき眼引き袖引き後, さも老いぼれた, しのいで, すぐに, すぐれた内容, すぐ変る, すぐ通り, すっかり取り決められ, すなわち深川八幡, せめて電話, そうし, そこに, そして今, そのひと, その一つ, その何れ, その勝ち負け, その後を, その斬っ尖, その新しい, その末期, その生涯, その箱, その結果, その表情, それからこれ, それも, そんなこと, たくさんです, たぶん彼, たんのうできなけれ, ちょうどテイジョ河口, ちんちんお, つないだやや, できなければ, とうとう議政官, とうに寝床, とめて, どうで, どうとも, どうにかお茶, どうにかこうにか, どうにもなる, どう変化, どこの, どっちへでも, どんな名工, どんな立派, なるたけ向う, な頭ア胴, ね, ねんねこ半纏を, はっきりと, ぶるぶる震え, ほかには, ぼくは, まず凝った, また出来得る, また同時に, また彼, また自分, むくいられて, もう一つの, もう生, もしもはじめ, もってから, やった事, やつて, やめよう, やり通すと, やる素人洗濯, よいから, よい訳, よく自ら葛藤, らちあけよう, わけなく片づけられて, わけも, わずかばかりの, ゐたが, カイミアラは, ガラツ八を, サルワトル・ロザ以下その, スケッチに, タクサンだ, トルストイの, ハヌマン猴王実に, ビゼーは, フワフワと, モザンビイクへ, 一つの, 一人の, 一円五十銭二円も, 一家を, 一家族の, 一手に, 一旗揚げようという, 一日十銭が, 一番下である, 一首の, 七八名の, 三之丞の, 三田の, 上から, 上方の, 上衣も, 下に, 下手人が, 下端の, 世界中何処へでも, 世間を, 両国から, 中山数馬の, 中毒らん, 中野を, 之が, 之また, 事が, 事足るすべて, 二つでは, 二十人の, 二千年来同じ, 二階を, 五十六億万年とは, 亡者が, 交渉された, 人を, 人柄や, 人間分身術という, 人麿歌集所出である, 人麿歌集所出の, 今時珍しい木深, 仕切られて, 仕込んだ上, 他の, 仮にそういう, 伸子が, 何が, 何でもい, 何の, 何もかも料理, 余りにやすやすとわ, 作業賃は, 作者は, 俺達三人の, 傑士荀淑の, 元気に, 兄と, 充分昼食, 光景が, 入口から, 全教室, 共に出, 内地より, 円門の, 出掛ける簡単, 出掛ける簡單, 出来上がった時, 切り払え, 切り盛りするなら, 列国間に, 別に珍, 前者が, 加害者側へでも, 助けた訳, 勇壮に, 動くよう, 勝手を, 勝負が, 医者にも, 十五まで, 十分だった, 十分に, 十分裏書された, 南極圏と, 危険思想も, 又蒙, 受附の, 叩き上げた, 吊台, 向うに, 向ふ, 君の, 吹きとばしても, 呼出せる, 品野の, 喉笛だ, 四人の, 四百万ドルの, 囲みを, 土地の, 地主の, 坂の, 堪えて, 壁際に, 売れ口の, 壺全体を, 夕飯, 外れたらすぐ, 多くは, 多勢の, 多数の, 大きくなっ, 大きなもの, 大福餠屋の, 大衆向きの, 天才でなけれ, 奇妙な, 女中や, 女湯に, 好いから, 如何なる理由, 子供の, 学問と, 安心し, 室の, 家じゅう明るく, 家の, 富本の, 寝て, 小作から, 小柄な, 山の, 岡に, 市場で, 平家建てながら, 幸福にも, 庭の, 延して, 張繍一族を, 当事者の, 彼は, 彼女たちが, 彼女を, 往来の, 後から, 御先祖様, 心許ないなどと, 思いがけねえ出世, 思いも, 恋人の, 悪い意味, 意味は, 慣例の, 懐疑の, 成立つか, 或いは半, 戦った, 戸外へ, 手塩に, 折畳の, 押し切つて來, 押し通したわけ, 抽斎は, 持ちこたへて, 捕まらないやう, 損害の, 操られて, 支倉さんは, 支配され, 故杉村大使, 教室も, 数万数十万が, 斗酒を, 斯う, 新米記者の, 方角を, 既う, 日本全員の, 春を, 是を, 時によっては, 時代を, 普通なら, 暗いもの, 曲者を, 最も六本木, 月丸が, 朝鮮民族を, 木刀を, 本人を, 本館に, 机に, 来たわけ, 東京へ, 東西きっ, 東都の, 松本さんの, 柳吉を, 梅が, 極度に, 樂, 標品を, 止めに, 此方が, 死か, 死の, 殺そうと, 母屋と, 母親一人くらいは, 水に, 水中へ, 江戸つ, 決して殺す, 沢山と, 泉太や, 泥だらけに, 洗ふ, 海水へ, 深夜海底を, 済まして, 済む犠牲, 温められるよう, 演奏も, 漸く學校, 火を, 火蓋を, 無理に, 無造作に, 熱湯の, 父さんも, 片田舎の, 物珍しく見せかけた, 犬にも, 独占しよう, 猛然と回転, 王仁の, 王子の, 現代型観念論の, 現在の, 生きながらえること, 用の, 男子専用の, 病父や, 益々所領, 相当の, 相当見せられる, 眞裸で, 眼は, 短刀くわえ, 確か武侠世界, 神によって, 神氏鴨氏等の, 禁を, 秀吉の, 私も, 私達を, 立てられて, 立派な, 立過し, 箱は, 簡単に, 純小説, 紛々と, 終日海に, 結束も, 統一され, 綿糸を, 繋がれて, 美味しくも, 群がりたって, 老人や, 考えるん, 育った私, 育つたが, 育てられたの, 育てられた其の, 育て上げは, 育て上げられた彼, 胡坐を, 脳味噌も, 腕が, 自分の, 自分も, 舞台が, 船の, 若しそれ, 苦に, 茶人遠, 菌類中担子菌門の, 華嚴に, 落馬させ, 蓋し傑作, 蔵元屋の, 蕨や, 蝶々も, 行くつもり, 行こうと, 行なわれ得ると, 表で, 襲いかかるよう, 見る女, 見當, 見究わめ, 親しみ深い, 親類に, 解釈のみが, 計らって, 訳なく, 話が, 誰も, 誰一人として, 豊富に, 起つたこと, 足らずすぐ, 跛足リンプが, 踊つたさうです, 軽井沢の, 辿る外, 追い出されました, 追っかけて, 通じて, 造作も, 逢つてゐる, 遁げて, 遊んで, 遠州見付, 邪道とも, 金言を, 釜山に, 銃声に, 鏡台の, 長さ五インチ, 間に, 間に合う鍵, 阿母, 陸稲の, 隅田川の, 集つてくる, 雛祭りの, 青流亭を, 革命前は, 靴の, 頭を, 額の, 飛びだして, 飛び出したの, 飛び込んで, 飛込んで, 食ふ, 飽くまでも親, 首尾よく, 駒井自身も, 高有明も, 魂の, 鳥であったら, 鳥獣を

▼ 一つには~ (959, 1.5%)

12 彼の 9 私が 6 それが 5 いって, さう, 確かに, 私の, 自分が, 自分の 4 これも, 娘の, 彼女の, 相違ない 3 この小娘, ならない, 今度の, 今日の, 例の, 定めかねるて, 時代の, 父は, 現代の, 私を

2 [56件] あたりが, あなたが, ここで, このため, これによって, これは, そこを, その二人, その倶楽部, その表現, それを, そんなこと, また環境, もう人力車, わたくしの, わたくしも, われわれの, 不運の, 人間の, 今の, 今日何にも, 何故かこの, 全く宗教, 其れ, 出世しなけれ, 出版者の, 出雲屋の, 前にも, 収め切れない不安, 国家の, 奉納の, 女が, 女の, 好奇心から, 孤独という, 官吏の, 彼が, 彼らが, 彼等は, 彼自身の, 放浪への, 新聞社の, 既に新生, 時代が, 未だ子, 横綴の, 洩れぬ, 父が, 私は, 私自身の, 端の, 茅葺の, 身体の, 身勝手な, 運が, 長島も

1 [744件 抜粋] あっしの, あの中島歌子, あの時, あの祖父江出羽守, あまりでき, いいわけする, いとしい人, いわゆる地の利, おいよさん, おきわ, お作, お千絵, お島さん, お常, お父上, お登和さん, お鳥, かなは, かの女, かの熊吉, かれら, がり, げんに金払い, こ, こういう日付, こういう観世物, こうした道筋, ここに, このじっと, このたび, このまま彼, この世では, この作者, この労働, この古色, この国, この地方, この増税, この娘, この家, この年, この庭, この晩床の間, この楊梅, この泰西科学, この点, この版画, この畏怖, この相手, この短時間, この福田門下, この訴訟, この話, これほど, これらの, これ以上小沢に, こんなこと, さうに相違, さじに, しかし寒い, して, そういう家庭, そうしたやるせない, そうすれ, そうでも, そこに, そこの, そのせい, そのため, そのモデル, その上, その人々, その土地, その思い出, その所業, その次郎兵衛, その水茎, その爲, その独創的計画, その男, その男たち, その自慢, その記者, その鉄太郎, その長命, その青地錦, その點, それぞれの, それは, それらが, たしかにその, ただの, だいたい私, ちが, とる年, どうで, なにかの, ならないでしょうか, ならぬ, ならん殺し, なれない, なれなかった, ひつて, ふだんから, まずあの, また, またこの, またそんな, また今日, また和船, また物理学, また絶えざる, また買おう, まだ奉公, まだ徳川, まだ醒め切らない, もうすっかり頭, もう表, もとの, もともとこの, やうやく, やがて地球, やはり女, やはり日本人, よく日, わが家が, わが日常生活, わが青春, アメリカには, イズムの, インドから, カフカの, ガラスや, シナの, シルヴァーや, チマ子が, ナオミが, ヒロポンを, フリーダを, ペエテル様の, ボンヤリ明るい, マッグだけは, マツグだけは, ヤケクソの, 一ルーブリ銀貨ばかりが, 一匹の, 一同が, 一脚の, 万一お, 三井寺参詣と, 三志様の, 上等の, 上記の, 不実な, 不意に, 世の中全体が, 世故が, 中婆さん, 丸多の, 主として先入觀, 主として口誦, 之まで, 九代目団十郎に, 二三日後には, 二重の, 井上先生の, 京吉が, 京都弁その, 人が, 人も, 人間が, 仇の, 今まで, 今頃こんな, 伊太夫の, 会社員と, 伝記を, 住めぬこと, 何かの, 何と, 何処へも, 余の, 余りにも, 余り見慣れ, 依然として又は, 俗に, 個人主義が, 借金で, 僕で, 僕の, 僕自身も, 兄の, 先手を, 先生の, 光りかがやく日本国, 光り輝く日本国, 全七年, 全七年間, 内地における, 冒険を, 切脱ける, 初心読者の, 加瀬谷部隊長の, 助手たちの, 北朝に, 北極の, 医者として, 十人に, 十重ねずつの, 十銭に, 博士が, 又一杯, 又其複雜多樣, 又寸刻, 友江さんの, 古来の, 可哀そうな, 可愛がられるという, 吉助が, 同人に, 同宿の, 名誉の, 君たち劣等な, 哲学思想の, 唐本と, 唯物史観に, 善昌の, 四つに, 四畳半の, 団菊左と, 囮に, 国民多数の, 土耳古玉の, 地域的な, 地理的関係が, 堕落し, 堪へざれども, 壁に, 壮丁が, 壽阿, 夏の, 外国人たる, 多年仲よく, 夢によって, 大へん, 大原さんの, 大戦の, 大毎慈善団の, 大阪で, 大陸へ, 天然の, 天皇に, 夫に, 奥羽地方人の, 女優の, 女性の, 妾にとりまして, 妾の, 姉も, 娘は, 婆やと, 嬉しいよう, 字の, 孤独といふ, 学期試験が, 学生と, 官の, 実用の, 実際の, 客としての, 家から, 家自身の, 寒い夜道, 将軍家へ, 小田の, 小説と, 山桜一つには, 山野夫人に, 島田の, 峻自身の, 市街が, 帰雁と, 幕府の, 幕間が, 平生から, 年という, 年輩も, 幸いに, 幽冥の, 広間を, 建築の, 建築様式の, 引手茶屋なんて, 当人の, 当将軍家, 当時他に, 形づくつて來, 彼のけいず, 彼は, 彼女が, 彼女は, 彼等の, 彼等町人が, 彼自身体裁屋な, 後日の, 得体も, 御鷹場あらしを, 心の, 心底彼女に, 忠告する, 思想と, 恋する者, 恐らく此考, 恩義の, 息の, 情夫と, 惡戯から, 慾に, 我慢し, 所在な, 抑え切れない嬉し, 折角ここ, 抱月氏が, 採光や, 支倉が, 支配階級である, 政治プロパーについては, 教え子の, 教育という, 文法上の, 料理法を, 斯る, 新らしい, 日夜当面の, 日暮に, 日本に, 日本魂の, 日清戦争で, 明治以来日本が, 昔から, 昨今評論と, 是が, 時と, 時世のちが, 時代一般の, 暗にこの, 木曾川下流の, 木造の, 本當, 本読みを, 東京市民が, 松村先生の, 柳原で, 柳田さん日本魂と, 椎茸の, 極りが, 次の, 歌に, 歡迎會などの, 止まらなかった, 此等の, 死骸が, 母は, 母を, 毎夜徹夜同然な, 比較的大きな, 毛の, 気味が悪いの, 水を, 水道が, 江口冴子への, 江戸っ子の, 油断し, 沿岸の, 津多子夫人の, 流石に, 流行の, 温泉町の, 満州帝国の, 無腰であった, 然う, 爺やに, 犬を, 王さまの, 理屈でなく, 生きるに, 生憎寒川家, 男が, 男女の, 画壇への, 留まらで主立つたる町, 病的に, 発見者たる, 盜伐者と, 目の, 目黒を, 相違なかっ, 睡眠を, 睡眠剤を, 矢張頭の, 石工が, 研成学院の, 社会的政治的観念からの, 私たちの, 私にも, 竹の, 笠を, 筑摩家の, 糊口の, 紋切型に, 納め得ず知られで永く, 純な, 純粋の, 細川に, 経済学が, 緋縮緬の, 織田家の, 美術史を, 義理が, 義雄の, 老先, 老子の, 耳順の, 職員等の, 肉入団子が, 肌膚の, 胆吹山入りを, 胡粉絵の, 膳部の, 自ら動く, 自分にも, 自己弁解の, 自棄が, 自然主義を, 良心の, 芸者時代の, 若崎, 苺作が, 菊五郎と, 葉巻の, 藤原氏の, 藤枝の, 蛍を, 行儀見習い, 装飾や, 西洋人の, 見られないやはり, 見方が, 親分の, 親戚には, 記憶の, 詩歌は, 誘導される, 読者も, 警官の, 警察署の, 讀書によ, 谷川が, 貴様も, 貸席の, 足利時代の, 身に, 軌条から, 近ごろ養父や, 近頃や, 退屈と, 透きとおるよう, 遊びの, 遊芸師匠の, 違つた名を, 遣る瀬, 都の, 配給機構の, 酒商ブュルトーと, 里好も, 金儲けという, 金次郎様の, 金銭を, 鉄の, 銀象嵌の, 鍋島の, 閑却し, 防衛の, 階下の, 際立った特徴, 雪子の, 電車の, 青いレッテル, 青年の, 非常な, 非常に, 音楽が, 順序の, 頭文字だけを, 風鈴が, 食物の, 飯が, 魏の, 黒っぽい着物, 鼠の

▼ 一つとして~ (771, 1.2%)

9 私は 6 見るべきもの 5 いいところ 4 これを, 同じもの, 存在し, 彼の, 彼は, 日本人の 3 それを, なかった, 彼女の, 私の

2 [32件] いつでも, のこって, よいところ, わが眼, われわれの, われわれ文化の, 不思議でない, 世界に, 先方に, 功を, 危険でない, 女の, 存在しない, 彼から, 愛されて, 手を, 新ならぬ, 書かれて, 欲し, 歴史に, 炎熱地獄の, 生きて, 町役人に, 知らないもの, 私どもの, 絶対に, 自分の, 見ること, 見当りません, 述べられて, 過ぎ去らないもの, 鑑賞品では

1 [651件 抜粋] ああそう, あげられる素朴, あの女, あらせようと, ありやしない, ある一つ, あれだけの, いいと, いえないの, いつも一人, いつも社会全体, いは, いわれるけれども, うけとられるらしかった, うつらぬ, うまくは, うれしくない, おなじ顔, お上りさんの, かぞえて, かたみ, かちとった婦人, くだんの, ここに, ここには, ことの, このよう, この両部, この二人, この女房, この家, この屏風, この理, この私, この誤謬, これに, これは, これほど, こんな心支度, ござりませ, さし加えた, しからざるはなし, しばしば説教, しんこ細工は, そこでは, そのつど相当, そのものを, その人, その侍, その抱擁, その濁つた, その真面目, その蘊奥, その調査書, その起原, それが, それに, それは, そんな風, たのしんで, ちえ子さんを, ちょっとした隙間, つまらないもの, つみ重ねられて, なるもの, のびぬ, のみこんで, はつきりした, ふとこの, ほんのわずか, まだ吉左衛門, まっすぐに, まとまった事, まとまった服装, まとまらない爲め, まともな, みずからを, むだの, もの, ものに, やはり保守一点ばり, やぶれざるはなし, やれるだけの, よく知られ, よく草, より巨大, より澤山, ろくなこ, ろくな事, わからずそれ, わが国の, わが子の, われわれすべて良心と, われわれに, ゐる, キャデイズ占領の, シュミット博士一行の, ソルボンヌ大学附近の, ダンスが, ヅーフの, デュティー・ファーストと, ハッキリした, ハバロフスクに, フルハタの, ホームズの, リビングストンの, 一人の, 一日に, 一致した, 一致しない, 一行さえも, 三百年前に, 上品でない, 上國に, 不安に, 世に, 世の中の, 世俗な, 両性関係を, 並べては, 之に, 予審判事に, 云われて, 五圓の, 人の, 人格を, 人生の, 人間としての, 今なほ朧ろげに, 今は, 今云った, 今日の, 今日まで, 今日私たちが, 今特記しよう, 仏性, 付け加えるかも, 以前から, 伝えられて, 似ては, 位置さえ, 何百町歩かの, 作った人, 作品の, 作用し, 信じられるよう, 偶然では, 傍観的に, 僕が, 僞ならず, 兄は, 先人の, 先日美津子さんは, 先生は, 全からず, 八十万人と, 公認され, 公認せられた, 其処には, 写生せずん, 出された, 分かって, 利権と, 利用しよう, 助けに, 効果の, 動いて, 動くもの, 勝太郎レコードの, 十分の, 十分認識されなけれ, 博士を, 博覧会は, 厳然たる地位, 反駁なんか, 収穫が, 叔父さんの, 取り上げられること, 取り所が, 取るに, 取上げられねば, 取柄の, 叙述する, 口の, 古い私小説, 古名人, 史册中の, 各国の, 同じ人, 同じ小説, 同じ形, 同じ棋譜, 同じ癖, 同じ筆, 同一の, 同様の, 名の, 名瀬間切に, 含まれて, 吾儕は, 唱門進退の, 回想の, 困難でない, 図書館が, 国際的な, 園の, 土壁を, 地上に, 坐禅を, 堕獄の, 声の, 多くの, 多年十八文で, 大きくひろい全般, 天理には, 奇怪でない, 奪われた理性, 妥当しない, 婦人公論に, 子豚, 孔明は, 学者から, 安彦さんらしくありませんや, 完全なる, 宗教の, 定子に対する, 家の, 富者の, 将来に, 将来の, 尊敬する, 尋ねなかった, 小さなラジオ店, 小泉さんは, 岩波新書の, 岸本の, 工夫を, 常住なる, 広く行為, 庄内町に, 建造された, 影を, 役に立たない, 役に立たぬつまらぬもの, 役立てば, 彼に, 彼女は, 後日の, 得られないの, 必ず何, 忘れて, 思い出した事, 思い出し得ないの, 思い出すこと, 性愛と, 患者らしい, 想像し, 意味が, 意味の, 意味を, 愛と, 感じうるだけの, 感じて, 感じる能力, 慙愧の, 憂愁を, 成功しなかった, 成果を, 我々の, 我を, 戦争の, 戦時らしい, 房枝には, 所謂ケットの, 手ぬかりの, 手数が, 手配され, 扱ったから, 批判された, 批判主義とも, 持つて, 挙げて, 挙げなければ, 挙げられて, 捨てるもの, 推して, 描かれて, 提出される, 提出したい, 摂取し, 政府は, 教えられるところ, 教学の, 教授の, 敬うべく尊, 数えて, 数えても, 数えられた唯一つ, 数えられて, 数えられよう, 数えられること, 数ふる, 数へ, 数学の, 文字を, 文学の, 文学理論即ち, 新しいもの, 新聞の, 新聞現象を, 日本の, 日頃大事に, 旧物は, 昔の, 書いて, 書物を, 曾て, 最近に, 有名である, 有名な, 朝寝夜更かし, 本も, 本当の, 本部に, 松露饅頭といふ, 果されたもの, 柔かくて, 楽しくない, 様々の, 樹木の, 欠け損じ, 止揚し, 正しく位置, 武田麟太郎氏の, 歸納法の, 死線の, 残されて, 殘つて居る, 母が, 民衆の, 永遠に, 江戸の, 注意しなけれ, 洩れて, 浮び上って, 深刻な, 温かみの, 満足に, 滑らかな, 漢文の, 炉の, 無い, 無いじゃ, 無いやう, 無かった, 無意義で, 煙の, 燃焼する, 燈り, 物理学の, 物的証拠は, 特別に, 特性神の, 珍しいもの, 珍しくない, 珍らしい, 現われて, 現代の, 現在の, 現地で, 理解できない, 甘受すべき, 生きた歴史, 生れて, 生気の, 生活に, 産児制限が, 用ゐられた, 申しのべましょう, 疲労で, 目あてなく, 相対的の, 相当な, 矢場を, 知って, 知らるるもの, 知られて, 研究と, 確固信を, 確実なる, 社会哲学という, 神を, 私たちの, 私に, 私には, 私達は, 科学が, 積極的に, 空腹では, 立ちかえって, 笏の, 算えられた, 精神の, 細君には, 絵に, 絵葉書で, 繁昌記の, 繪に, 纏った仕事, 美しいもの, 美麗なる, 義理に, 羽の, 考えられて, 考えられるの, 考えられ扱われて, 考へられないの, 考へられるやう, 考へるの, 聞えて, 聞き流して, 聞くこと, 聴く, 胸に, 胸の, 腐った池, 自分は, 自然科学乃至, 舊主の, 若殿様の, 著者の, 行きわたるの, 行はれ, 行われるべきもの, 表現される, 製造部いわゆる, 見えては, 見せる必要, 見て, 見る人, 見れば, 見当が, 見当らず皆, 見当らないの, 見物に, 見落とされては, 親藩たる, 観衆に, 言葉が, 記述する, 記録される, 試みに, 詩集の, 誇るに, 認められない, 認められ得るの, 語り伝へられて, 誰でも, 論理に, 識らざるなく, 識らない, 識らなかつた, 讃えられて, 象形文字的に, 貴方様は, 贅沢でない, 足りない取引, 辞世ならざる, 農に, 追求し, 追求した, 退屈に, 逍遙子が, 連夜の, 遂に避, 遊んで, 過した月日, 過らなかった, 過去に, 遠い異国, 選ばれた時, 選んだ昔, 郵便局へ, 郷里の, 野性に, 金光り, 間違って, 間違つた事が, 電気局を, 電磁気と, 非の, 非再建, 音の, 頗る賞翫, 領主から, 頼みに, 颯爽と, 飽かず眺めました, 高尚高貴上品な, 黄金の

▼ 一つ~ (760, 1.2%)

10 彼の 6 ある 5 他の, 私の 4 今の, 妙に 3 ひ, ほご, 彼女の, 急に, 欠けて, 此の, 立派な, 自分の, 飛んで

2 [34件] あった, あります, かの男, どうした, どれも, ひの, ゆるんで, わたしに, スイと, ノオトル・ダムの, 一つに, 不意に, 世界の, 今も, 八十を, 勝平の, 可なり, 咲き今, 外の, 女房の, 常にこの, 文学だ, 日本の, 朽ちかかる頃, 欠けたため, 残って, 珠玉の, 生きて, 私に, 繰り返し繰り返し洗練, 茲に, 貴重な, 開かれて, 鮮やかに

1 [631件 抜粋] ぁんとやられた, あいて, あたりに, あったから, あったの, あって, あつた, あの子, あらわれしかも, ありました, あるの, あるばかり, あるん, あんなにまで, いかにものんき, いが記内の, いきなり飛びこん, いしかも, いったいどうした, いつて, いつも必要, いとも悲し, いままでとは, い二つがい, い何, おかれて, おくれて, おなじやう, おろそかに, お紺殺し, お頼み, お駒ちゃん, かえって前, かれを, かわりばんこに, がたんと, きしるはず, きわめて迅速, きわめて長大, くりと, こういうところ, ここにも, ここまで, こちらの, この, このにんにく, この世の, この会社, この場合, この家, この戦争, この母, この諸, この通念, これだ, これで, こわれたもの, こわれる, こんなに澤山, ござりまし, さっとあお白く, さつと東坡, さとも, しみじみと, すべての, すべて疑わしかっ, ずっと質, その万人, その儘, その場, その声, その後絶えず, その時首, その空気, それぞれの, それぞれ前後二台の, それだった, それであった, それと, それを, たえず不規則, たしかにそこ, たとえ民法, ちがった色, ちょうどサア・クリストファ・ブラウント, ついその, できれば, とうとうこうやっ, とうとう斯, どういふ, どこまでも, どのよう, どふ, なおると, なくなったなんて, なくなったら地球, なまずの, はいって, はっきり見分けられる, ぱっと消える, ぱつと, ひしか, ひどく気に入った, ひどく磨滅, ひに, ひ岩, ひ松葉, びっこの馬へ, ふいに, ぷつんと切れた, ほえると, ほえ声, ほとんど死なん, ぽかっとともる, ぽかつと, ぽつねんと今日, ぽつんと存在, まぐれ当りに, またそれぞれ, またもや急速, また別, また減った, まだ済まない, まだ目新しい, まだ真新しい, まるで東洋三千年, みごと円満具足の, みなそうでした, みな汝の, みんな水晶の, めいめいに, もう塚本老人自身, もつれると, やがて全, やがて多, ゆったり出来, わかるはず, わずかに, わたしにも, わたしの, シューマンの, ショパンの, スリ替えられ, スーッと, ティンダル教授の, ドイツ人の, バラバラに, マリー・ロジェエという, ユラユラと, ヨーロッパに, ランドセルほどの, 一つの, 一つ一つの, 一冊の, 一册の, 一回の, 一廉の, 一挺の, 一番上達する, 一瞬間火も, 一階に, 丁度舞姫, 三カラット以上も, 三文, 上の, 上述の, 不吉な, 並木道の, 中ったの, 中村遊郭に, 乙で, 予想どおりの, 二つに, 二つの, 二十五円, 二十面相の, 二銭八厘する, 二類に, 互に囁き, 五十ガロン入り故, 五十両だ, 五十兩だ, 亡くなつた母, 人間以外の, 今かの, 今きまる, 今壊れた, 今清子の, 今私の, 仙人掌の, 似て, 何といふ, 何ものによ, 何処か, 何等かの, 余りに順序よく破綻, 余韻の, 使われて, 依然として, 価値において, 価格騰貴を, 働き出す, 働き掛けるもの, 元手の, 充分な, 兆しでも, 先ず其姿, 入念な, 八十文で, 六藝と, 六銭, 其の可憐, 具わること, 具体的な, 内国産業を, 凍りつくほどの, 刻んで, 前後と, 前後関係から, 加えられて, 動いても, 動かなかった, 動き出した, 動き出して, 動けば, 北条の, 十二文, 十二文あれは, 単独に, 即ち現代, 即ち空間, 又ソックリ, 双方の, 取りも, 取り去られようと, 台の, 右へ, 司馬道場の, 各派の, 同時にこの, 向うの, 向こうの, 君と, 和蘭商館に, 問題に, 四五貫の, 四文四文が, 固有名詞を, 地の, 壊されて, 変形した, 夕風に, 夙く文献の, 夢以上に, 大きな音響, 大力を, 大通りの, 天に, 失はれた, 如何に, 始まったの, 始めての, 姿を, 嫡系で, 字の, 存在し, 孤立し, 学生の, 宝石の, 実に最後, 実際の, 室の, 家の, 寝ながら, 小さく内, 少年の, 屈服する, 峨々たる, 左の, 己れ, 常磐の, 幾値に, 幾度も, 幾百両にも, 座頭の, 強い橙色, 弾丸の, 形や, 彼に, 後醍醐時代の, 微妙な, 微細な, 心配ものじゃ, 必要であり, 怒鳴った, 怠けて, 恐ろしくては, 息づき乍ら, 恰かも, 悪いと, 想像しえた, 意外に, 慾しかった, 我国の, 技術である, 投機思惑に, 折から, 抽き, 持つ生命, 挙げて, 振向いた, 捻られて, 描いて, 改良され, 救ひ, 数百年の, 敵と, 數へ, 文公の, 旅で, 日本では, 日本封筒で, 昂進し過ぎ, 明いたので, 明らかに, 昔だれかに, 映って, 昨夕ここに, 普通名詞である, 晴れ殘, 暁の, 書けなければ, 最う耳, 最も意外, 有り合せの, 本で, 本板, 本艇の, 東宮の, 林檎である, 林田老人の, 果たせるか, 枯れて, 極度に, 横あいから, 欠けること, 次の, 欲しい, 正しくて, 正しければ, 死ぬの, 残されて, 残した絹, 残つてゐた, 母に, 母の, 気に, 気持悪く, 水分川の, 水飲みに, 永遠の, 沈んで, 津軽な, 流れて, 消えて, 消されると, 消滅したら, 無くなったの, 無くなって, 焼け崩れて, 煙を, 物置き, 特に大, 独立した, 珍しい旅, 珠玉を, 環と, 生きたジョージ, 生命を, 生活を, 由の, 画家パウル・ビハリと, 疊の, 痛み出す, 白かった, 白梅屋敷の, 白雲の, 百二十円一対で, 皆この, 皆その, 皆な, 皆少し, 皆違った, 皿よりも, 目指す唐松尾, 盲目の, 相対論の, 眞物で, 真に特色的, 真理である, 眼の, 眼を, 眼目でも, 短かく, 砕けて, 確りと, 示すしなやか, 神であり, 神奈川県丹沢山と, 禍いだ, 私には, 私ん, 私達との, 私達御, 空間直観であった, 立って, 竹藪にあたって, 笑って, 答えました, 答へ, 籃の, 米糠中に, 紅庵の, 紙な, 細心に, 紳士道唯一絶対の, 結核菌に, 続いて, 美しいその, 羽蟻の, 職員の, 肝要で, 背中にあたり, 脱落した, 臆面も, 自分で, 船の, 良寛さんの, 花弁の, 英国の, 荷物の, 葉子を, 蕗子の, 薄い金, 藤太と, 行くえ, 行なわれる時, 裂けたもの, 見えた, 見える, 見える筈, 見やすい, 見覚えの, 言へば, 誤って, 貴女の, 資本でございます, 起して, 路傍なり, 跳ねかへ, 身上だ, 身上一つじゃ, 軍服を, 輝かしい光, 辛うじて年中行事, 遅々として, 運よく, 道, 遠い所, 適中した, 遺物と, 避けるべからざる必然性, 重なって, 重吉の, 釣鐘だ, 鉢から, 鑑別されない, 長い廊下, 長い長い間, 開いたやう, 開いて, 開けは, 闘鶏の, 隔てだ, 際立って, 障子の, 離れてでも, 音も, 頬に, 頭の, 頭を, 頼みな, 額口に, 風に, 風土という, 食糧研究所の, 駄目なら, 高くとも, 高く大きくなった, 鳴ろうと

▼ 一つ~ (701, 1.1%)

64 なって 18 して 12 なった, なつた 8 もって 7 してない, 見て 6 なったの, なつて 5 いって, されて, 思ふが, 考えて, 言って 4 云って, 思って, 角砂糖を

3 [13件] した, してないの, すること, なったこと, なったもの, なりました, なること, なるだろう, なるに, 椅子が, 考えられて, 考えられるの, 言つ

2 [20件] いうに, いつてよ, いわねば, お今さん, しよう, する, なったわけ, なる, なるであろう, なると, なるの, 二つ, 云うの, 云えよう, 外に, 庖丁を, 消えて, 窓が, 考えたの, 考へられて

1 [445件] あとは, あと二十九日と, あなたの, あなどるなよ, あのデスク, あらわれて, いうても, いうので, いうべきでしょう, いうまでに, いえここ, いえども, いえましょう, いえます, いえよう, いえる, いえるし, いえるであろう, いえ彼, いくつかの, いつて, いはれる揚豆腐, いふよりも, いわれて, いわれるほど, いわれるわけ, うけとって, うるしの, おっしゃるの, おって, おもうので, おもって, おもへども, かえられたの, かけ代え, かや, きめて, こざ, この四つ, こまかに, されてる工科大学, され安政震火, したいの, したい考え, した作品, してないでしょう, してないと, しなかったと, しながら, しなければ, しを, し二度と, し或, す, するか, するから, するならば, するに, するまでに, する雑誌, すれば, せ, せられたの, そち達は, そのまた, その下, その側, その横, その男, それからそこ, それから白銀, それだけが, それだけ入れ, そんな風, たのんで, ちょっとした買物, つぎつぎにが, つくりと, つくりとこの, つづけて, つてジヨバンニたちの, つて一寸と, つて來て, つて手ランプを, つて見る, つて貰ふ, つまんで, てない, てなく全くつるつる, である, ないから, ない無限, なしたもの, なったという, なった刹那, なった観, なってから, なってしも, なってるの, なつたらしい, ならんと, なりあるいは, なりお, なりその, なりそれ, なりて, なります, なりやがて, なり崇敬, なり得たの, なり得た時代, なり得るもの, なり東京, なり糧食, なり経験, なるかも, なるから, なるそういう, なるだろうと, なるだろうという, なるであろう程, なるもの, なる事, なる日, なる社会発展, なる限り, なれそう, なろうと, のこって, ひらめき過ぎ空気, ぴかぴか光る, ふに, ぶら下って, ほした, ほせん坊, まじめに, まつて, まとめて, みなされて, もう寸分, や, やあ, やせんあらずと, やはり新しい, よって, りきんで, わたしども一人一人が, んとして, イスが, キャラメルの, クロアティアの, サン・レモに, シカチェの, シャツ一枚の, チベット銅鍋一つその他いろいろ, チューリップのを, チーズを, ニンニク少し, ヌーヴ・サント・ジュヌヴィエーヴ街に, ピストルを, ピラミツド型に, フランスで, ベッド兼用に, ボスニア・ヘルツェゴビナ州の, マッチを, ミルクセーキ一ぱい早い, メリケン粉一杯とを, メリケン粉大, ワナを, 一つと, 一つ副, 一スーの, 一升ブラ下げ, 一向に際限, 一抱の, 一生懸命谷へ, 一緒に, 丁寧に, 三つと, 三千五百石の, 三角型に, 上等兵に, 不思議な粘り, 並びに黄道状態, 並べて, 並んで, 二つと, 二つ落ちれ, 二つ電燈が, 二階にも, 二階の, 云うと, 云う廉, 云う御, 云える, 云った風, 云はず, 云ふ, 云へ, 云へども, 云へば, 云われて, 五つ食べました, 人間の, 仕事用の, 仰しゃらず, 何か, 何の, 作品を, 信じて, 信仰した, 八つの, 八畳とを, 六人分の, 六波羅の, 円形劇場の, 刀を, 切りとうとう, 切りは, 化しはじめて, 古い赤, 只二つ, 台所側に, 合してる鉄道, 合つた, 同音に, 名を, 呼び做, 呼んで, 営々と, 塩漬けの, 塩胡椒とを, 売られて, 夜具だけ, 夜具布團が, 夥しく取っ, 大さわぎし, 大福餅を, 失われて, 奉納の, 契約を, 嬉しくも, 存じ候, 定って, 定め元日, 実行に, 小さい机, 小匙一杯, 屑籠が, 差される盃, 布団の, 幾つかの, 幾册かの, 幾分の, 床の間に, 店を, 引換へに, 形の, 彼らを, 徳利が, 心がけて, 心に, 心得ましたもの, 思いあった二人, 思いついて, 思いつめて, 思い充分, 思い心, 思う, 思うが, 思うて, 思うと, 思うの, 思うま, 思える, 思ったら風呂屋, 思ったん, 思ってね, 思つてつい, 思はれよ, 思ひ, 思ひ充分, 思ふ, 思ふに, 思わるるもの, 思われる, 情熱的に, 感じられた題目, 成って, 成り上がったの, 所望された, 所望した, 押入れと, 推賞した, 描き始めます, 数うべき, 数えられた, 数え二つ三つ, 数個の, 数脚の, 數へ, 新しい景観, 新しい木, 昆布とを, 明日からは, 時刻は, 木の, 木枕二つ掛蒲団と, 机一つと, 村正の, 来る商人今ここ, 椅子二つと, 樽を, 歌った, 武蔵は, 歯を, 母音一つから, 毛髪とが, 水で, 水盤が, 決定, 沁, 沙漠を, 涎掛が, 焼パン二十瓦即ち, 片すみに, 申さなければ, 申されたもの, 申しますの, 申すの, 痛みが, 白木の, 皿に, 短篇小説を, 破産させられた, 社会と, 私たちの, 秋子の, 称えたの, 称すべく知恵, 称せらるる, 穴掘り, 笑って, 筆入れは, 箒を, 算える, 節を, 約したはず, 紙に, 紙の, 組立てられて, 続いて, 美味しがっ, 考えたい, 考えたのみ, 考えなければ, 考えますが, 考えよと, 考えらるる, 考えられ得ようが, 考える, 考えること, 考え小南, 考へ, 考へたのみ, 考へられたらしい, 考へられるの, 考へられる駿河町, 考へる, 考へる様, 聞いて, 聞かされたには, 胡桃を, 膝を, 自分は, 舳に, 花束が, 苦心を, 虎視眈眈と, 西洋人参一つとを, 見えた, 見えたる長範, 見えた傷, 見えて, 見えるもの, 見え又, 見え山, 見ない限り, 見られるの, 見るべきこと, 見るべきでせうワイセツ感, 見る事, 見る観点以外, 見過ごしたで, 覚悟し, 覚悟した, 観て, 言いたげな顔つき, 言うけれど, 言う身, 言えば, 言えるの, 言った時, 言っても, 言つて彼は, 言は, 言はれ, 言ひ直した, 言わるる青山, 言われるほどの, 評判の, 認めねば, 認め日本, 認定し, 誓い参らす臣等, 読み深めて, 読んで, 謂うべきである, 謂って, 買ったよ, 逃げて, 通じて, 運び込まれ彼女, 都合三ヶ所作りました, 都合五つの, 重ねさせるお蔭, 金の, 金時計, 鏡つきの, 鏡付きの, 間違えられそう, 限って, 限るべきに, 雖も, 音韻の, 顕微鏡とを, 風呂敷包が, 風呂敷包一つとに, 飛び飛びに, 食べるうち, 香木と, 高いところ, 黒い大きな, 鼠の, 鼠一疋携え

▼ 一つだけ~ (411, 0.6%)

9 では 5 である 4 だ, 残して 3 あった, ある, であって, 残って, 訊いて

2 [33件] あいて, あります, あるん, ただ一つ, つけて, つまんで, であります, でいい, です, で胸, なの, のこって, わたしの, 不思議な, 余分に, 余計に, 例を, 君の, 嘘を, 変ったこと, 多くの, 小三郎が, 持って, 残つて居る, 点いて, 私の, 聞きたいこと, 聴くと, 良いこと, 訊きたい, 訊くが, 足りないもの, 頼みが

1 [308件] あいたまま, あげて, あげる, あなたに, あなたの, あるそれ, あると, あるという, あるもの, ある女, ある薄暗い, いいこと, いうこと, いけないところ, おせっかいに, おたずねします, おゆるし, お伺い, お前さんに, お尋ね申します, お弾き, お願いが, お願いし, お願いしたい, くれました, こ, ここに, こっそり貰っ, このやり, この世に, この布袋和尚, この村, こんな形, ございました, ござります, さし当り買いたい, しめて, しるすと, その側, たいせつに, たかい梢, たずねます, だすが, だそう, だったが, だよ, だらしなく開い, ぢや, つけたまま, つけ加えて, であった, であと, でありました, でありますが, でこの, でさも, でしかも, ですが, ですわ, でそれ, で二十三年間, で他, で昔通り, とり離して, どうにも, なくなるわけ, なのよ, ならい, ならいい, はっきりと, ふっつりと, ほんのわずか, ぽつねんと四方, ぽつりと, ぽつんと残つて, まだお話, まだ灯影, まったくちがったす, まっ黒な, もって, もっともらしい, やって, やや方面, れ共生, アドバイスと, アリランの, イバニエス氏の, カケた, ジージーと, レコードされ, ンど, 丁寧な, 上がった方, 不足の, 中から, 予め答え, 五七音の, 今でも, 今にも秘密, 今度の, 他の, 伊勢物語に, 伸子に, 伺いますが, 伺ひますが, 似た例, 何処か, 例外が, 例外の, 例示し, 信子の, 僕の, 優秀な, 入れて, 入れます, 全然多鶴子, 出されたの, 出来たの, 切り離すと, 前の, 副作用の, 割れずに, 加えて, 助かる工夫, 千鶴子は, 卵を, 厚く綿, 叔父さんに, 取って, 取り離しました, 取柄が, 古い書物, 可い, 合点の, 君が, 君に, 君を, 含まれて, 味い残した, 困ること, 土にでも, 埃が, 埃がちつ, 埃を, 埋合せ, 変って, 変わって, 外は, 多くなった, 大きくなった, 大きな収穫, 失ったの, 失敗し, 娘の, 嫌ひなところが, 存在し, 安心し, 将来性の, 小さい穴, 届く事, 山を, 年を, 年上だった, 年上だつた, 床, 店に, 引き離して, 彼の, 彼は, 彼女から, 微笑を, 心配し, 必ず上部一二尺, 念入りに, 恩恵を, 悪いこと, 意味も, 手で, 手抜, 打ち明けて, 打った, 抜けたところ, 拵えて, 持つ, 挙げて, 捻って, 探偵小説を, 携えて, 携へ, 摘まみ出すです, 教えて, 教へて, 断って, 明かるく, 明るい窓, 明白に, 明確に, 是非言いたい, 書いて, 書きつけて, 書きましょう, 最後に, 来て, 柿の, 栄えて, 楕円形に, 標本として, 模様の, 殆ど不良少女, 残った蛇頭, 残つてゐた, 残りました, 殘つた, 殘つて居ます, 気がかりの, 気に, 気を, 気休めが, 永久に, 深い感動, 準備が, 点した混沌, 無上の, 無理し, 無理でも, 無理を, 燧石が, 特に農業経済, 特別な, 用ゐられる, 申し忘れましたが, 申上げたい, 発射され, 盆に, 盗まれたという, 確信し, 祝祭日の, 私が, 私たちに, 私は, 突き出して, 立って, 細々した, 羂に, 美麗な, 聞いて, 聞かして, 聴衆は, 聽い, 肚へ, 背の, 自信の, 芳ばしくない, 薄暗いところ, 見えた, 見せて, 覚えてて, 解ってるの, 言い添えたいこと, 言うぞ, 言つて置き, 言つて置く, 訊きたいこと, 記憶し, 註文を, 試みに, 話さして, 話さないこと, 話を, 語ること, 説き立てずに, 読みました, 貰って, 貴公に, 買うこと, 買って, 買ふこ, 身に, 近い例, 造つ, 遠州島田, 選べと, 酌を, 重大な, 釣って, 鈍く鳴つた, 鏑木さんにも, 鑑賞の, 開いて, 附け加, 離して, 離すこと, 電気の, 非常な, 非常に, 革命的ロマンティシズムが, 頭の, 頭を, 顔の, 願って, 風呂敷包みに, 食はせろ, 食べて, 餓鬼どもから, 駕籠に, 高いところ, 鳴つて, 齢上である

▼ 一つである~ (401, 0.6%)

17 ことを 12 ことは 7 ように 5 かも知れない, ということ 4 がこの, がこれ, ことが, とすれ, のだ 3 からである, が, がその, ところの, と思われる, と私, と考えた, に相違, やうに

2 [22件] から, からし, からその, からで, がそれにしても, が久しい, が静物, ところに, ともいえる, と信じる, と思います, と思つて, と思われた, と考え, ので, のを, ような, 事は, 事を, 事此美しい, 以上は, 私の

1 [264件] あれが, いわば衣更え, か, かあるいは, かに就い, かのやう, かのよう, かの名だたる, かの如く思わしめる, かはやっ, かもしれない, かも知れなかつた, かも知れませぬ, からあらゆる, からここ, からだ, からどこ, から一筋, から一遍, から十分一例, から従って, から持物, か一つ, か人間, か否, がうち, がここ, がしかし, がその他, がその後, がそれ, がそれ以外, がたまたま, がどのみち, がほんとう, がぼく自身, が三様, が中, が事件そのもの, が作者, が併, が元来, が前夜, が博士, が危険, が原惣右衞門, が同時に, が多く, が大正十五年, が實際僕, が就中大浪, が彼, が彼ら, が彼女, が彼等, が悲しい, が手入れ次第, が文, が是, が最近日本, が本来, が歌舞妓, が此方, が水温, が海仙, が源氏, が然, が空中村, が美, が羽前, が興, が近ごろ, けれど, けれども方法, こと, ことだけは, ことには, こと自分は, このこと, この公訴, しその, し弁証法, し遠縁, そのしぐさ, その神, ぞよ, だけにまた, だけに何等, だけに外国, と, といい, という, というかたい, というの, という点, という自覚, という言葉, という論拠, といえよう, といっ, といふこと, といふ丸盆, といふ事, といふ特別, とお, とおもう, とお前, とか云われる, ところまでは, とさえ教わった, としてもこの, としてカソリック, とするなら, とともに多く, となし, との条件, とは主張, とは思ふ, とも言いたくなる, とわたし, と云, と云い得よう, と云え, と云っ, と信じつ, と共に又, と判断, と同時に, と同様, と思, と思う, と思ふ, と悟りました, と書い, と申しまし, と考えられ, と考えられる, と聞いた, と見, と見られた, と見る, と言われた, と認める, と述べ, な, にすぎない, にちがい, にはちがい, によって可能, に反し, に対して一方, に止まらず, に過ぎない, のだった, のである, ので之, のに, のに維新以後, のに談話, のは, のみならず, はもちろん, ばかりでなく, ほか全く, ものを, ようだ, ようです, ようにさえ, わけだ, わずかな, アメリカ商船業の, カール, シレでは, ジャーナリズム, タタール民族が, ニージニ・ノヴゴロド市に, ニージュニ・ノヴゴロド市に, パスカル少年の, フィヒテの, フレロン要塞の, ポケット, ヤグラ岳の, ユウタナジイの, 九世紀頃の, 事によって, 事実を, 事更に, 二人は, 五仏頂に, 人間生活における, 以上こうした, 以上その, 以上今日までの, 仮表装, 光景は, 北歐神話は, 十九世紀の, 印度エジプト希臘羅馬文明と, 受持教師の, 古代法律と, 地球その, 地蔵祭が, 場合には, 大きなマント, 大夕立, 太孤山に, 奈良井川は, 女らしさ, 女子解放運動を, 存在が, 家庭生活が, 富士川に, 寺の, 工場とを, 性器の, 意気張りという, 所の, 指南力に, 支那の, 故に主体, 文化的形而上学も, 文学主義に対して, 文明社が, 新聞社に, 新開門, 東京の, 杼を, 松竹国民移動演劇隊の, 此処の, 河海抄に, 海岸開きに, 渾河, 湯島坂下三ツ又稲荷の, 無量観に, 熊野権現の, 爆竹が, 猿葉山の, 王道主義でなけれ, 現実感は, 癇癪に, 盛遠袈裟切りの, 着氷の, 神の, 禿を, 秀吉に, 私は, 組織が, 聖ジュリアンの, 自我の, 自記湿度計の, 蓄音機の, 訪問に, 謙虚の, 財閥の, 資本主義的な, 輯略は, 近代科学に関して, 重厚さであった, 限りイデオロギーも, 飲馬河も, 高岩山, 鬪爭の, 鳥の, 黒河河畔の

▼ 一つずつ~ (394, 0.6%)

11 持って 6 置いて 3 丁寧に, 乗せて, 二人に, 作って, 出して, 出て, 分けて, 取って, 落して

2 [16件] ある, それを, 人形を, 入れて, 区切って, 取っては, 売って, 懐中電灯を, 手に, 手を, 水を, 睡って, 私の, 踏むは, 重ね直して, 順次に

1 [318件] あげよう, あった, あって, あらわれた, あり, ありこの, あるという, いえば, いっしょに, いつでも, いつと, おいて, おとうさんの, お辞儀し, かかえて, かじりました, かついで, かわるがわる吠, きえて, きのう使った, くれた, くれて, この器械, こわごわ口, ごく静か, さげて, さじきを, しゃくりあげる, そういうもの, そういう顔, そっと道, そのふしぎななぞをといてゆくのも, そのアメリカ, その一束, その両端, その中, その小さい, その差しだされた, その熱帯植物, その馬, そびえ立って, たべて, だ, だったが, だよ, ちがった経験, ちゃんと懸け, つけて, です, では, とび越えて, とりだして, とり去る, ながめては, なくなって, なめて, ならずいぶん, ならべて, のせて, のせる事, のぞいたとしても, のもうよ, はげちょろの, はしから, はずれて, はっきりと, ひらくから, ひろいそれ, ひろがる流れ, ひろって, ふれて, ぶらさがって, ぶら下がって, ほぐれて, ほじくってる勤勉, みょうな, もらったの, やって, やっと席, わきだして, わけ始めて, わたして, オパール色の, オモチャを, ナフキンが, ナースチャの, パンフレットも, ポロリと, モーティブと, 一つずつ, 一ヶ所一体の, 一座の, 上げた, 上って, 下げて, 下さいました, 下って, 両股, 並いる, 丸い窓, 乗りかえて, 事を, 二人掛りで, 五六カラットから, 人々が, 付けて, 伸子と, 伸子の, 位を, 位非常に, 備えて, 備われる木彫, 僕の, 僕らの, 凋落し, 出しては, 出そうという, 分けるまでじゃ, 包む, 化物の, 十二ヶ所一時に, 千人針の, 反覆し, 反覆する, 取りのけて, 取り上げ窓, 取り出して, 取るが, 取出しながら, 叩いて, 叩きつけるよう, 吊されて, 喰込む, 器用に, 四つの, 地面に, 増すこと, 増加し, 声を, 売ったに, 多く縫いつけさせた, 大きなの, 大きな切れ, 大人の, 失われて, 対に, 小さい木, 小さい水の泡, 小さな婦人部屋, 小石を, 履かせたよう, 山深き, 嵯峨流の, 左右の, 年を, 廻り出したとき, 彫れという, 影を, 得意そうに, 御前試合を, 御辞儀, 思い起した, 想い出すまま, 懸けて, 所有し, 扉を, 手で, 投げた, 投げ入れた, 抜いて, 抱いて, 押して, 拾い取りその, 拾って, 持たれて, 持ち, 持ち上げて, 持ち最後, 持った提燈, 持った箸, 持込まれたかの, 指で, 据えて, 探しながら, 描き残して, 提灯に, 握って, 握らして, 放して, 放って, 数えたら爪, 数えて, 数えながら, 数えるよう, 数え始めて, 文字が, 文身した, 新発見, 施したり, 日光を, 明く切り抜かれ, 時計の, 書いて, 木箱と, 杯を, 棚立ちの, 検べ, 次々に, 残して, 殖えて, 気に入りそう, 永くなる, 没頭し, 海に, 海の, 消えて, 消した, 消しますが, 深くナイフ, 渡った, 渦を, 滑車綱で, 漸, 潜んで, 瀬戸の, 火に, 灯の, 点くよう, 無くなって, 無の, 煙に, 照らすだろうさ, 物語を, 珈琲を, 現われる, 理解する, 生きて, 用い草, 男たちに, 発電所が, 的中し, 皆さんの, 目の, 目籠から, 真偽を, 硝子針で, 碑石を, 祕密が, 神社の, 私は, 空に, 空席が, 窓が, 結びつけて, 綿密に, 縁側へ, 縮尻を, 置いた, 置き前方, 老婆の, 聞いて, 聞かせて, 聞かせでも, 胸の, 膚に, 舌を, 芸術を, 落した, 落ちて, 落とされて, 蔵し, 薄すり塵, 襖の, 見て, 見ると, 覗き出した, 覗き眼鏡みたいな, 親方から, 計りながら, 調べて, 谷へ, 負担を, 貰いました, 貰うつもり, 買えました, 買って, 起き上った, 起るん, 載せて, 輪に, 返信を, 進める, 進級した, 運んで, 選ぶけれども, 鍵が, 鍵を, 開きかけて, 開く, 開けるの, 間に合わせの, 降ろし出しまだ, 離したやや, 離して, 離せるだけ, 雨戸の, 電灯が, 静かに, 頂戴する, 順々に, 頭を, 食って, 食べて, 飴チョコを, 饅頭を, 首を, 鮮かに, 黄金どく

▼ 一つ二つ~ (361, 0.6%)

4 して 3 と勘定, のこと, を書い

2 [22件] あるの, あるん, した, と切らせた, と数える, と話す, の手紙, は据え, を読ん, 小さな光, 持って, 挙げて, 教えて, 残って, 若くて, 見えた, 見えて, 見るの, 訊きたいが, 越えて, 越して, 飛んで

1 [304件] あげて, あって, ありました, ある, あるいは事態そのもの, あること, あるだけ, ある腰高障子, お若う, お食, かき鳴らした, かけられ本棚, がさながら, が掠めた, が既に, が現われた, が見えた, が鶴, ぐらいだ, ぐらいは越え, ぐらいも越し, ぐらい減らず口, こえて, さむらい, しか咲かなかった, しなくっちゃ, すっと長い, ずつ置い, その誠意, それとも三つ位年下, ぞっとする, だ, つまむきり, でなくあること, ではありませんでした, ではこまる, ではすまない, ではなく, と, とさき, としみったれ, とはなし合, とゆれ, と三十, と夢中, と左手, と彼, と心, と手すさみ, と指, と摘みとっ, と散り出した, と数, と数えました, と数えれ, と数え出し, と時, と消え, と減り行く, と灯, と点され, と燦, と盃, と笄, と重ね, と鐘, と集っ, と頭数, と飛ぶ, と餘韻, ないの, ないわけ, なぐられる, ならずあったこと, ならず会得, なんぞは恐らく, には原文, に割っ, に過ぎない, に過ぎなかった, のそれ, のできもの, のの水量, のぼろ, のもの, のエピソード, の事, の仰せ, の作品, の使いかた, の例, の例話, の光景, の場合, の場面, の墓, の変更, の変死事件, の外国語, の家具, の寝具, の尾根, の幸福, の弟, の思い出, の思ひ, の慰め, の手廻り, の数, の數, の文学, の文芸ジャンル, の星, の楽器, の法則, の犯罪捜査, の現われ, の疑問, の瘡蓋, の直しもの, の真, の短篇, の笑い, の美事, の腰掛, の色, の花, の若い, の見聞, の言葉, の記憶, の質問, の身ごなし, の逸話, の鈎, の銅貨, の隙間, の顔, はあった, はませ, はやっ, はやられる, は下, は二重, は却つて, は口, は実際, は必ず, は殘, は消え, は減るであろう, は知っ, は石山, は若い, は若く, は避けました, は鑿, ひらく, また三つ四つ, まんざらない, みえた, も並べ, も云っ, も越えたらしい, も越した, や, やがては, や血, わからない事, をいいます, をいっ, をその, を丹念, を云え, を取っ, を喰, を喰う, を山, を手, を手早く, を抽, を拙, を拾い, を拾つて, を早速, を横腹, を次に, を爪, を知った, を見, を頬張つ, 仕上げて, 作って, 光る瞳, 出たばかり, 取り出して, 呼び交し, 咲いて, 咲きはじめた日, 唸つて, 問いただした, 多少見るべき, 大きく振る, 奪い取りたい所存, 奪つて, 射かけましたところ, 小さい手落, 少いと, 建てて, 廻すと, 廻って, 廻るうち, 弾いた, 悪いところ, 想い出して, 手馴れたの, 打った時, 拾い上げて, 拾って, 持ち上って, 持つては, 挙げた, 摘ままれ, 播き与ふるに, 擧げて, 散って, 斬込んだ後, 新しく架けられ, 書いたもの, 書くこと, 書く間, 歌って, 残れる広き, 段々段々と, 浮いて, 浮かぼうも, 浮び出て, 消えて, 淋しそう, 点って, 獲った処, 現われると, 申しますなら或, 白い衣服, 白っぽく光, 瞬き始めます, 知って, 短い文章, 短かい, 続けるその, 綻び初, 老けても, 聞き出す方, 聞くが, 若いでしょう, 若からう, 若く従って, 若く矢, 荒い息, 落ちた, 落ち始めた, 見える, 見えるだけ, 見えるという, 見かけたもの, 見た, 見りゃうんざり, 見る, 覗いて, 言い争い, 言うより, 訊いて, 訊かして, 訊き度, 訪ねて, 話すと, 話そうか, 語り合つて, 誤りやすき, 読んだこと, 読んで, 謳って, 貰って, 買わせて, 賜りたいの, 起こらない日, 起こらない月, 越したらしい顔, 転がした絵, 軽く手, 輝いて, 輝いで, 輝き残ってるらしい仄か, 輝く星, 通るぐらゐなところで, 造られたもの, 過ぎて, 開いて, 青白いひかり, 面白い事実, 飛ぶの, 食った, 食べて, 飾って

▼ 一つしか~ (359, 0.6%)

49 ない 20 ないの 19 なかった 11 ありません 10 ないと 5 ないという, ないもの, 無い, 無かった 4 ないから, ないこと, ないよう, ないん 3 ありませんでした, ない眼, なくて, 違は

2 [18件] あっては, ないので, ないやう, ないわ, ない机, ない生命, ない窓, なかつたので, 小説を, 愛し方, 打たない, 持って, 残って, 無いもの, 無いん, 無い宝物, 無かつ, 聞かないと

1 [166件] あかりが, ありませんかった, あり得ない, いわぬ, おいてないきたない, ございませぬ, ございません, ございませんから, ございませんし, ついて, ないいきさつ, ないおかしな, ないお前, ないけど, ないこの, ないし, ないじゃ, ないそれ, ないそれでも, ないぞ, ないため, ないだけの, ないといふ, ないとしても, ないに, ないね, ないはず, ないべ, ないやね, ないよ, ないわけ, ないんでね, ないガラス窓, ないドア, ない不, ない僕, ない入口, ない六疊, ない勘定, ない印刷業, ない右眼, ない名古屋, ない四疊半, ない大男, ない安楽椅子, ない官立音楽学校教授, ない宝石, ない寝床, ない小さいオルガン, ない小径, ない市立, ない幅, ない従って, ない怪物, ない手, ない手拭, ない暗いへや, ない樂屋, ない殺風景, ない甲種農學校, ない留置場, ない目, ない短い生命, ない秋, ない窓いっぱい, ない筈, ない自分, ない薬, ない衣裳箪笥, ない表, ない部屋, ない鏡, ない鼻, なかつたの, なく, なくその, なくそれ以外, なくつて, なくなるまで, なく合鍵, なく左手, なく当時それ, なく然し, ねえかも, ねえもの, のこって, もって, もつて, よしんば書けない, テーブルの, パンを, レコードされ, 与えなかったり, 中学は, 伴れ, 例が, 入口が, 出て, 出来て, 呉ねえだ, 呉れないの, 売らなくなった, 子は, 年の, 弱点を, 御座いませずその, 御座いませぬ大切, 手段は, 打たなくなった筈, 拝見した, 持たない小屋, 持たなかった, 持ち合, 持つてないこの, 持つてないらしかつ, 持つては, 授けられて, 書かないよう, 有たなかつた, 梗概してない, 椅子が, 残されて, 残して, 残つてゐなかつた, 残つてゐませんで, 残つて居ない, 演じ方, 火の, 点つてゐない, 無いこと, 無いという, 無い地底機関車, 無い大樹, 無い目, 無い窓, 無い諸, 生つて, 発表してない, 盃を, 眼の, 知らなかった, 空いて, 窓が, 籠めて, 置いて, 聞き取れない, 聞こえない, 聞こえなくとも, 聴え, 自由に, 花の, 見て, 覚えて, 設けなかつたの, 話さない人, 認めること, 読んだこと, 貰わないと, 買わないん, 返事を, 這入らない狭い, 道が, 違わんじゃ, 附いて, 鳴らないと, 鳴りません

▼ 一つでも~ (308, 0.5%)

8 あった 7 二つでも 6 あつた 4 いいから, 多くの 3 あれば, それを, 余計に, 自分の

2 [15件] あったし, ありは, ありますか, あるかの, あると, あるの, い, よい, 他家には, 完全な, 持って, 欠けて, 自分が, 買って, 餘計に

1 [237件] あったかと, あったが, あったこと, あったであろうか, あったの, あったのに, あったらお, あって, あっては, あつたら, あの家, ありさ, ありました, ありますから, あり名人たる, ある, あるから, あること, あるだろうか, あるよう, あればという, あろうか, いい, いいと, いい作品, いけぞんざいには, いけませんせっかく, いただくの気, いろいろと, うっかり家の, うまく写つたの, おのれに, お分り, お前に, お役に立つ, かの草心尼母子, この銀貨, これから橋, これらの, これを, こんな蜜柑, したでしょう, しようもん, すでに欠点, する所, そう擲ら, その半片, その犯罪, その部屋, その都度, たしかにこの, となえて, どうにかわが子, どっしりした, なかなか堂々と, なかなか買えない, なくなったり, のこして, はつきり久助君の, はぶいたならば, ほとんどなかっ, ものを, ゆるんで, よいから, よい小説, よくいわれる, よく三軍, よけいに, よけい考へようで, よけい頭, わかるよう, わたしが, われわれに, ケチに, ビスケットを, プロレタリア文学の, ヨーロッパの, レコードされる, 一冊でも, 一応は, 一生懸命に, 世間に, 中ったらな, 中身は, 二百円以上三百円位する, 五千円や, 人の, 人並の, 今から, 今日の, 似寄つた事, 何十人の, 余裕を, 作を, 作方が, 俺に, 借りたいところ, 僕は, 充分に, 充分シューベルト, 兇器に, 免ぜられる見込, 入場料だけの, 全篇, 出し惜, 出たという, 出て, 出来ては, 出来る仕事さ, 分ります, 創意を, 劃期的な, 勇気と, 動かないもの, 包みから, 千世子が, 半分ずつ, 半分でも, 双方の, 取ったという, 取らせて, 取りのけるが, 取除けること, 古い命名, 古い玉子, 可いこ, 咲かせ得たらそれ, 善いから, 善きこと, 墜落し, 士気の, 多く上演, 多く仕上げ, 多く傑, 多く出た, 多く家庭, 多く拾わせ, 多く持てる, 多く書かれなけれ, 多く書かれる, 多く舞台, 多く見出し得る, 多く話させたい, 大きな影響, 大の, 大人国の, 失うこと, 失うよりは, 孔子の, 安心出来る, 安物は, 実が, 実行され, 寂しくなく, 崩れたり, 平生の, 年上の, 年中行事の, 式は, 弱い呼吸, 当ったらお, 当りましょうならば, 役に立つもの, 後から, 得られたろうか, 忘れられる筈, 恐れて, 恟々と, 悪い事, 惜しいさ, 成し遂げたよう, 打く, 折り取るの, 持ちこたえて, 挿まつ, 掘り出し物が, 掛けて, 探り出して, 撲り返さなかつたの, 教会へ, 新しい事実, 書いたよう, 有する作家, 有りは, 有るの, 有利な, 柔いの, 様々な, 樂に, 欲しか, 此の, 歪んで, 残したいもの, 残すこと, 残って, 残れば, 気の, 沢山に, 油断なりません, 洩して, 消しますでしゅ, 物音さえ, 現在の, 理解する, 盗めないじゃ, 真面目に, 眼や, 私が, 私に, 私の, 結構ありがたく, 線に, 置きどころ, 置き場所, 義仲と, 自慢に, 良い心持, 落しこんで, 見おとしを, 見つけて, 見苦しいもの, 見逃す訳, 視覚的な, 覚えるよう, 設けられたらと, 買うこと, 赦さないからな, 足らなん, 配給を, 間違えようもの, 間違つた事を, 間違ひ, 間違わないよう, 預かってると, 頑丈な, 頼朝は, 養分が

▼ 一つ~ (285, 0.4%)

11 ということ 108 と思う 6 と私 5 からである, というの, と思ふ 4 から, が, そうである, つたのです, という, とすれ, と云う, と思います 3 からね, がその, といふ, と思った, と思われる

2 [18件] か分りません, がこの, がそれでも, が例, し, つたかも, つたのである, つてない, つて覚え, て頼んだ, と思つて, と申し, と考え, と考える, と言, と謂っ, ね, 懺悔が

1 [152件] いや貧乏人, からここ, からであった, からと案内, からと言っ, からと言つて其, からまあ, からまして, から何, から何ん, から好い, から敬遠, から然, から行つて, から首里, があの, がお, がしかし, がとにかく, がとりわけ, がどう, がなか, がね, がもっと, がバリトン, が中でも, が今, が元来, が先頃, が兵馬, が其の, が唯難, が外, が拓く, が日本主義, が時, が毎年, が策, が米国, が而, が表現方法, が音, が高嶺, けれどもこんな, けれども思い, けれど中, けれど顔, しそう, そうです, ぞ, つたそこは, つたで, つたと, つたのに, つた昨日の, つてあり, つてある, つてこれは, つてございません, つてつけや, つてとても, つても, つて合法的に, つて喜びや, つて外へ, つて発明出来や, つて見えや, つて見当らない, つて買ふこ, つて金目の, つて食つ, て, とあたし, というよう, というん, という一神論, という事, という位, という建前, という感じ, という気, という点, という考え, という自覚, という金庫, といっ, といつかだれ, といふ風, といわね, といわれ, とかいわれる, として伝へられ, とそんな, とでもいう, とのこと, との断定, とはっきり, とは学生時代, とは決して, とも共通, と云っ, と云わん, と仰しゃいます, と伝えられ, と伝へられ, と信じ, と信じます, と心得, と思いこん, と思え, と思えた, と思っ, と思ひ, と思ひ込ん, と思わなけれ, と思われ, と思われた, と意気込ん, と昔, と杜, と深く, と申す, と申すなら, と矢代, と知れた, と称, と考へられた, と自分, と観察, と観念, と言えよう, と谷村, なあ, などといった者, なんぞと言われ, のと, のという, のに, はかないを, もう一つ, ものです, も贏, よ一つ位, わい, ッて, 堆雪, 怪しい館, 磨きを, 私は, 自分を, 若し逃げ出す, 道ばたの

▼ 一つある~ (279, 0.4%)

14 きりで, んだ 8 だけで, んです 7 のです, のを 6 きりだった, きりの 5 きりだ, のだ 4 きりです, だけだった, だけである, よ 3 だけだ, だけです, のは, のみで, のよ, ばかり

2 [18件] が, ことは, ことを, さうだ, じゃなし, ために, だけだつた, とすれ, と思う, にちがい, にはある, のである, のみである, のも, ばかりだ, わけでなく, んで, 節穴が

1 [129件] お化けを, かも知れない, から, からそれ, からね途中, からよけい, から行っ, から誰, か二つ, がお前, がその, がそれ, がんだ, が到底, が労農党, が此, が気がつい, きり, きりであった, きりは, きりよ, ぎりだ, ぎりでした, くらゐです, けれどもと末, ことが, ことと, ことには, しかしこれ, じゃない, じゃア, その左手, その部屋, それは, それを, ぞ, ただ幾百年, たった一つ, だけ, だけじゃない, だけでございます, だけでした, だけでも世間, だけ二階, ぢや, とい, といい, という, ということ, というの, という話, といふ, といふこと, ところに, としましょう, とは全く, と信じます, と普通, と申しました, と考えた, と考へた, と蕗, と言う, と言った, の, のが, ので, のであります, のでせう, のでなく, ので急, のと, のとで, のに目, のみじゃ, のみそれ, のみと, のみなり, のみにすぎなかった, はずだ, はずは, ばかりこれ, ばかりであった, ばかりである, ばかりゆか, ばっかりで, ほかには, ほか明りの, ようなれ, わ, わい, わけで, わその, んぢやあない, テーブルの, ベッドの, ホテルの, 一間きりの, 丈である, 丈の, 位で, 何でも, 切りだ, 即ち, 叔父さんかなんかの, 場合に, 墨絵の, 外には, 手がかりは, 教会の, 時が, 本を, 歯と, 産土の, 由, 窓の, 筈だった, 筈だつた, 筈です, 者が, 茶店は, 触角は, 許の, 赤本類は, 部屋の, 鏡を, 開拓使旗を, 頑丈な, 風景

▼ 一つ~ (260, 0.4%)

5 上り, 頼みが 4 目に 3 あがりなさいませ, 上がり, 上りなさいまし, 訊ねしますが, 願が

2 [21件] あがり, あがりなは, あがりやへえ, 受けください, 叩頭を, 土産を, 得意の, 探しを, 盃を, 眼に, 耳に, 聞きしたい, 聞きに, 菊の, 貸しなすっ, 酌を, 頼みしたいこと, 願ひ, 願ひしたい, 駄賃に, 骨折りを

1 [189件] あがりな, あがりやす, あがんなさい, あがんなさいな, ありでご, かかり願いたい, かみさんそれを, かめと, ききします, くみに, さらいし, たしなみの, たずねします, たずねしますが, たずねするが, つきあいくだされ, つけなさいとばかりに, つし, つまみなさいな, つまみなされ, ともを, のぶの, はいりなさい, ほ儲け, めえ, めに, やり, やりなさい, やりに, 三方の, 上りなさいな, 上りよ, 主の, 互に演説, 仕事を, 任せなね, 休みなさいを, 会い下さるまいか, 伺いいたします, 伺いいたしますこと, 伺いし, 伺いします, 元は, 兄様が, 内儀は, 出掛が, 出来に, 分りに, 前方に, 力添え致しまし, 勝手口からは, 化粧や, 取りください, 取りなしを, 取りに, 受け下さい, 受け下されませ, 合ひ, 名前を, 呉な, 喫りやし, 喰べ, 土産, 土産に, 土産品を, 圧しなさい, 城に, 城の, 墓が, 夕方に, 女中に, 好きな, 孃さん, 孃さんには, 孃さんの, 屋敷に, 屋敷風に, 座りの, 庭に, 建てに, 引きに, 引きよ, 忘れなされましたよ, 悔みに, 手を, 手合せを, 手掛けなすって, 手配を, 抓み, 拵えなす, 拵えなすっ, 授けに, 揃ひ, 撮みなすって, 救いに, 教へ, 敷かせに, 料理を, 断わりしなくては, 星さん, 書きください, 書きにな, 染の, 染を, 歌いよ, 気の毒です, 淋しげ, 濕り, 濠を, 灸を, 熱を, 父さまに, 町が, 目にかけて, 目にかけても, 相手しましょう, 相手を, 祖父さまの, 立てなさらないん, 立てに, 約束を, 絹と, 絹には, 考え直されて, 考へ, 聞かせしましょうか, 聞かせ下さいな, 聞かせ申したら何, 聞き申したいの, 聴かせ願うこと, 聴きに, 膳で, 舟は, 花見にでも, 若いの, 若い時, 茶菓子でも, 蓮さんに, 蝋を, 見せに, 角の, 言いつけに, 訊きしますが, 訊ね致しますが, 詣りして, 試しなすっ, 試し下さい, 調べを, 講じ下さいますまいか, 譲りいたしとうございます, 譲りねがえない, 讀みに, 負けです, 買いなさい, 買いなさいヨ, 買いなさんし, 買いなすっちゃ, 買いに, 買い下すった, 買ひなさい, 貸し下さいまし, 辭儀を, 近い中, 造らせなすったらいい, 部屋が, 酌さし, 酌し, 酌をね, 酒が, 重ねなさいまし, 釜の, 附合ひなす, 零しなく, 静の, 頼みしたい事, 頼み申します, 題目一つ称えた, 題目一つ稱へ, 願えが, 願ひいたします, 願ひ申します, 願ひ致したい, 風呂を, 食べな, 飲みなさい, 餅でも, 餅を, 館に, 鳥の

▼ 一つでは~ (188, 0.3%)

24 ない 12 なかった 11 あるが 6 あったが, ないか 5 ないかと 4 ないでしょうか, なくて 3 ありませんか, あるまいか, 今の

2 [12件] あった, ありますが, ありません, あろう, いけません, ないの, なかつた, なかろうか, なくても, なく従って, 一生代用教員を, 殺害も

1 [83件] あったかも, あつた, あまり大きい, あらうが, ありえない, ありながら, ありますけれども, ありません二つ, あり得ない, あり得ないか, あるかも, あるけれども, あるに, あるの, あるまいかの, あろうが, いくらか手, こちらにも, こんな天井, ございませんかしら, すぐ喧嘩, その場, その影響, それも, とんと河鹿, どうする, ないから, ないが, ないし, ないだろうか, ないであろう, ないと, ないという, ないまでも, ないよう, ないらしかった, ないわ, ない前者, ない清澄, なくまた, なく一つそれ自身, なく七つ, なく今, なく前者, なく左右, またあまりに, まわり切れない, むずかしい, ものすごい物, 久しい習慣, 乳首啣えて, 人の, 人様の, 仁参が, 何故かを, 備中備後の, 動搖する, 向後この, 四人で, 安全でない, 小染, 座敷牢に, 恐らく意味, 有るが, 毎年七月十六日の, 火葬が, 目に, 眞黒な, 私は, 穀屋を, 結末が, 美しい感じ, 聖人にも, 肺の, 足らず毛布, 足りないで, 足りなくなる, 過失を, 遣切れませんから, 間に合わないので, 隨分只では, 餘り, 鳥とでも

▼ 一つその~ (168, 0.3%)

6 上に 3 中に 2 前に, 御本尊, 手を, 本来の, 話を, 鉢の

1 [147件] あとで, あとに, おじいさんの, ことだけ, ことでございます, ことの, こはぜを, さかずきの, ついでに, つけひ, つぶつぶに, ときばかり, とき気がついた, ほか二三の, ゆくへを, ような, よし頼む, アッタレーア・プリンケプスを, テムポの, テーマを, 一つに, 三度の, 三本の, 三百兩の, 上には, 下には, 下調べを, 中で, 中には, 中心核を, 事の, 事件から, 二つが, 人に, 仲間入りを, 使い方を, 例外と, 偉大なる, 偶然の, 先が, 出發點, 判断が, 前の, 厳重に, 双峰を, 取引を, 口惜しがっ, 右寄りに, 名人振りを, 向うに, 向うを, 周りに, 品物に, 問題について, 嘘を, 地蔵様に, 墓を, 夏の, 外側には, 大井とか, 大頭株, 子の, 室を, 寝所に, 審判官に, 小作料を, 幾らでも, 底に, 底の, 強さ, 彫刻の, 彫刻を, 御婦人, 御発見, 御馳走の, 心の, 怒りを, 感じは, 感銘を, 手紙もね, 手配を, 探検隊の, 支配を, 文章の, 新しい宗教, 新作を, 方の, 日は, 昔, 時卓子の, 時嫉妬の, 曲馬団の, 月ぢうに書きあげなけれ, 朝盛さまに, 正反対の, 此の, 比較を, 灰汁柴の, 熊ん蜂目がけ, 犠牲と, 生血の, 病人を, 癖が, 白テロを, 相州三浦を, 看板を, 種を, 空中文化村を, 空想が, 窓から, 窓の, 筋肉の, 紙面にだけ, 義務を, 翌る, 背中に, 腹鼓を, 苦痛する, 蛇の, 袖から, 裏を, 裾が, 計略の, 証拠を, 話は, 説明を, 豪華な, 赤格子の, 農業の, 辺へ, 通りに, 酒なる, 重みで, 金を, 鉄棒に, 階下には, 青い肌, 音楽会で, 頂いた幻, 頃の, 頭の, 顔の, 顔へ, 類話を, 飛行機の, 馬鹿者と, 駱駝の

▼ 一つ~ (162, 0.3%)

38 のだ 30 のである 20 のです 14 んだ 10 んです 8 のだろう 5 のかも 3 のであっ, のであります 2 ので, のであった, のでございます

1 [25件] このあたり, のか, のかなあ, のさ, のじゃ, のだらう, のであり, のであろう, のでこの, のでご, のでしょう, のでひと, ので世間, ので見なれない, のにね, のに僕, のに小説, のは, のも, もんか, やみが, んだろう, んでいまさらどう, んでさあ, 筈である

▼ 一つ~ (158, 0.2%)

9 にい, の中 7 に住ん 6 に居 3 に住む, に寝起き, に遊女, の前 2 がある, にゐる, に暮し, のよう, の鬼, の鬼女, の鬼婆

1 [101件] から見まもられ, があり, でありわすれ去られた古, でそれ, でたのしく, で机, で男ふたり, で竈, で軒, というもの, といったよう, としか思われない, と云った, などでの経験, にいてたら, にいる, においた, におさまっ, にこんな, にとじこめられ, にどう, にはいられない, には父ひとり, には痩せ, に一人, に並び, に久しく, に今, に住み, に住もう, に住んだ, に住んでる, に信じない, に偕, に到る, に十年, に十日, に同じ, に向っ, に啄木鳥飼, に姉妹, に寝, に居る, に暮らし, に暮らした, に棲む, に母, に私, に立ち寄っ, に結婚, に置い, に育っ, に訪ねた, に静か, に顔, に鳴り物, のあるじ, のうち, のこと, のつい, のともし, のなか, のばばあだな, の人, の内, の内外, の四方, の図, の土間, の場面, の婆, の婆さん, の寒, の寶物, の屋, の庭, の棟, の灯, の灯びがもとでございました, の石山, の秋, の老媼, の見え, の軒, の軒下, の遊女, の遊女ら, の鬼婆あや, の黄昏, はけし飛ぶ, は実は, は消滅, は鬼, は鬼婆ア, へは持っ, へも館, へ戻っ, へ泊る, へ追い込まれ, へ送られる, も今日

▼ 一つ~ (152, 0.2%)

39 二つは 21 二つの 17 二つでは 3 二つ, 二つじゃ 2 つて見よう, つて見る, 二つぐらい, 二つでない, 二つに

1 [59件] そこい, つてくれん, つてみよう, つて来, つて見たうござる, つて見ねえ, つて見ろ, つて見ん, な, らっせえ, ろか, わ, ッつけろ, ッて, 一つの, 二つある, 二つが, 二つくらいは, 二つで, 二つできた, 二つでなく, 二つどころか, 二つなら, 二つには, 二つのより, 二つひとりでに, 二つひらきたい, 二つを, 二つパッチじゃ, 二つ上であっ, 二つ位必ず, 二つ何か, 二つ何とか, 二つ何の, 二つ出来た, 二つ加減し, 二つ叩き潰しや, 二つ夢中と, 二つ岩が, 二つ忘れ, 二つ拾っ, 二つ新種の, 二つ書いた, 二つ残つてゐ, 二つ混じった, 二つ盗った, 二つ聞いた, 二つ蹴飛ばされた, 二つ載せ, 二つ違った, 二つ頬を, 二つ顔を, 二つ飛ぶ, 半分私し, 可愛い色眼, 変銭の, 置炬燵, 落花生の, 足の

▼ 一つ~ (143, 0.2%)

154 てそれから 3 ていた, てから 2 ていない, てすぐ, てそのまま, てそれ, て云った, て行きません, て見よう, て話, て起き

1 [100件] てあたり, てお, ておい, てからまた, てから切り出した, てから本だらけ, てから静か, てく, てくださらない, てくれず, てくれた, てこう, てさて, てさらに, てしまいました, てそれで, てつづい, てとなり, てはいなかった, てぺたんと四つ脚, てまことに, てまた, てみせ, てもきっと, てもけし飛ん, てもだ, ても普通, ても雲, てやっ, てやらない, てゐる, てクンクン, てコーヒー, てシャッポ, てフッ, て一膝押, て七時三十五分, て上げよう, て上体, て両, て二三歩, て例, て傍ら, て去りゆくおう, て又, て反り身, て右手, て唯, て声, て大の字形, て始末, て小さな, て小袖, て帳簿, て廊下, て引っこみ, て徐ろ, て握り拳, て机, て来ない, て来なかった, て板一枚草一把, て気味わるげ, て海野, て涙, て火鉢, て疲びれ, て百姓ども, て立ち去った, て簾, て縁側, て自分, て荒々しい, て荘重, て見え隱, て見ず, て見せた, て言った, て診察所, て讀み, て起き上った, て起っ, て軈てぷいと, て途中, て通り過ぎた, て附け加えた, て静か, ながら, ながらいきなり, ながら煙草入れ, ながら紅葉坂, ながら頭, に行く, ばいを, やがらねえ, やくつ, やくり上げ, やべら, よひ, 徐ろに

▼ 一つ~ (134, 0.2%)

6 にじっと 4 に長く, を見つめ 3 にいる, をじっと 2 で渦, にあつめ, におる, にかたまっ, にこびりついた, に立つ, に落ちついた, を復習, を瞶め, を見詰め

1 [94件] から視線, で, ではなく, で働く, にあつまっ, にい, にお, におろし, にし, には長く, に並べ, に中心, に人馬, に佇立, に住む, に住ん, に住んでる, に働き居り, に動かない, に動き, に十年以上, に取りまとめ, に固, に坐っ, に坐った, に定め, に定めた, に定めよう, に定められ, に寄り集まる, に居れ, に括りつけられなけれ, に持ちきたされ, に持っ, に据えた, に据わった, に映, に映っ, に来, に泊っ, に泥鰌, に浸っ, に留まっ, に留まつ, に積み, に積ん, に立ち止まっ, に立っ, に立ってる, に置く, に聚つて, に腰, に落ちつき, に落ち合っ, に落付, に落合った, に落着けず, に葬, に象, に起き伏し, に足掻い, に這入っ, に集っ, に集った, に集まっ, に集め, に集められ, に集める, に静まっ, に駈けよっ, のようす, のアワ苗, はいけません, ばかりぐるぐる, へかたまっ, へばっかり引きよせられ, へ八九軒建て, へ帰着, へ泊っ, へ考, へ蔵, へ行っ, へ運ん, へ集まっ, をくるくる, をつる, を凝, を合点, を廻つて, を廻る, を見つめた, を見つめてる, を見つめる, を視凝

▼ 一つこの~ (119, 0.2%)

3 ような 2 へんから, 家に, 手を, 日の, 男の

1 [106件] お人, ことを, たびだけは, たびだけはごかんべんのうえ, ように, ウィスキーを, レベル以上に, 三つの, 三号といふ, 上から, 与助が, 中で, 主張を, 事を, 事件は, 事件を, 仕事が, 仕事の, 何年も, 作品が, 傘を, 勢いで, 勤務と, 和尚さんに, 問題を, 喧嘩の, 国が, 土地では, 地方語そのものが, 場合の, 失敗の, 女の, 娘の, 家から, 家を, 宿屋の, 少女が, 島の, 席で, 帳面に, 度第, 庭で, 弁当屋に, 弁解に, 役目で, 復興の, 心痛が, 意気組みで, 手紙は, 拳を, 探検は, 文庫に, 新聞記事で, 方を, 早川辰吉という, 昔馴染の, 晩あるく, 晩は, 暴女王が, 曲を, 材木の, 村では, 東塔ある, 植物志を, 機会という, 機会に, 池の, 法則を, 法外な, 洋館の, 流言蜚語に, 海へと, 炉の, 物語の, 物語は, 犬がの, 珍菓を, 瑞巌寺の, 瓦斯に関する, 男に, 病気の, 百姓姿の, 矛盾を, 秋頃に, 窓の, 紙に, 紙面から, 群生動物を, 船室へ, 茶瓶に, 象牙を, 質素な, 身体を, 辺で, 辺には, 辺の, 逆立だけには, 部屋に, 野郎は, 附近の, 際こちらから, 際の, 際踏ン張る, 電子の, 頃考え, 頃聞いた

▼ 一つない~ (112, 0.2%)

5 のです 2 のだ, のは, ように, 下に, 子供で

1 [97件] あたりに, うえに, うちへ, お身体, がその, ことだけは, ことに, ことや, この場所, その路, た, ただ私たち, では, と云う, と思われた, と淋しい, なんて, にも拘らず, のが, ので, のである, のには, はずそれまでに, ほとんど濃淡, よ, ようだ, ような, ようん, らしい部屋, わけだ, んだ, んでご, ガランと, 三千メートルの, 上に, 世界だった, 倦怠の, 卑屈な, 因業な, 土間に, 地上に, 坦々たる, 場合に, 墓地を, 大男です, 奥の, 婚礼の, 家の, 寂莫たる, 山だった, 平野を, 張り切つた老人, 快晴であった, 感じである, 日の, 晩だけに, 有樣, 水色の, 洗耳房な, 洞内では, 海上の, 海面, 清らかな, 湖水の, 照りの, 牢屋の, 田舎では, 町に, 百円札の, 眞暗, 真ッ, 真一文字の, 真昼だった, 真暗な, 真白な, 稲田の, 穏やかな, 空から, 空に, 空気の, 空部屋に, 粗末な, 粧り, 素っ裸で, 自分の, 通りを, 鋼鉄色の, 鋼鐵色の, 闇夜であった, 闇夜である, 雪原が, 青空から, 青空で, 青空である, 青空に, 青空には, 靜けさだ

▼ 一つ~ (110, 0.2%)

4 の心 2 が平岡君, のところ, の上, の注意, の耳, は欧洲大戦以前

1 [94件] から折, があの, がうけとった, がその, がヘッセ, が天井, が家, が感心, が敏子, が教え, が知っ, が神様, が自分, が衣裳戸棚, としては思ひ, としては飲み過ぎた祟りであり, とは全, と一緒, にはどうも, には出来る, には判らない, には感じられた, には気, には音楽, にも不老不死, に命令, に執っ, に意義, に滿, に献, に獻, に譲っ, に附き合っ, のため, のどうしても, のよんだ, のアルバム, のオーヴァ以外, の不, の不満, の作った, の別荘, の前, の大事, の妻, の家内, の幼時, の念頭, の悪い, の懺悔話, の方, の気, の物, の生活, の算盤, の考える, の背中, の脱獄, の腑, の腰, の観た, の言う, の計画, の記憶, の身, の身の上話, の近所, の郷里, の面, はあなた様, はいつ, はこの, はほっと, はもう, は三造, は失敗, は妙, は忘却, は念, は悟り, は書き, は最近, は東京帝国大学, は父親, は知人, は秋山名義, は長い, も燒, も縁談, をお, を引き留め, を散々, を案内, 共に解釈

▼ 一つところ~ (108, 0.2%)

5 を見つめ 3 へ集っ 2 にい, にいる, に寄せあつめた, に立ちつくした, に立っ, に集り, をぐるぐる, を凝視め, を見

1 [82件] からもう, であばれ, で上下, で何, で働い, にあつまっ, にあつめ, にかかっ, にかけ集った, にかたまっ, にかろうじて, にじっと, にじっとしては, にすくん, にそれ, にた, にぢ, にと, にとどまらない, にとどまろう, にとまっ, にはいられなかった, にやはり, に佇立つて, に停滞, に入れられ, に固まっ, に在る, に塊, に多く, に寄り, に封じ, に居, に悉く, に据え, に暮し, に止っ, に止つて, に止まっ, に母親, に浮いてる, に漂っ, に突っ, に立ちどまっ, に給仕, に置いた, に群生, に落ち, に落ち合う, に集っ, に集まっ, に集め, に集められた, のよう, の凝視, へかた, へとまっ, へ合致, へ眼, へ集った, へ集め, へ集める, をくるくる, をこま, をじいッ, をにらみつけ, をみつめ, をみつめた, を低徊, を何度, を使う, を歩い, を消し, を見すえ, を見つめる, を見つめ初めた, を見入つて, を見入つてお出で, を見詰めつづけ, を間違え, を馳せ, を馳せめぐり

▼ 一つであった~ (99, 0.2%)

4 ことは, のだ 3 ことを, に相違, のだろう, のである, ように 2 かもしれない, が, がしかし, ということ, と思う

1 [66件] あのヴェスヴィアス, かと思う, かと思った, かも知れぬ, からだ, か二つ, がこの, がこれら, がその, がほか, がわけても, が主, が之, が今頃, が実際, が実際いかにも, が彼ら, が文学, が既に, が本来, が総て, が表, が要するに, が誰, ことから, ことそして, ことと, ことに, しそして, そうです, という, というのみで, という証拠, という関係, といえない, ところから, とするなら, とすれ, と思われる, と行者, と見え, にちがい, には相違, のかも, のが, のであります, のであろう, のです, のでそれ, ので今, ので時々, ようだ, ようです, ような, よと折, フィンランダー式火術弩が, ヤマト地方の, 一同は, 一木枢相攻撃が, 亀甲絣の, 川柳落首の, 時に, 時代には, 遊女や, 釣堀で, 黒子が

▼ 一つ~ (88, 0.1%)

5 腰を 2 んな, 手を, 砂糖を, 身を

1 [75件] いきなり鋏, さし当てられる朝日, しきりに水, しまった, その長身, たどりついて, だてつ, だてながら, つっ伏して, つり下ろされた, はいると, はった, ザラリザラリと, 丁寧に, 上って, 中匙半分, 何気なく独り, 僕の, 入つて, 入り込むってね, 入れられるの, 凄い勢い, 千鶴子も, 南無妙法蓮華経の, 合祀すべき, 周三を, 命の, 咲いて, 多量の, 学問という, 小田島は, 往って, 我々は, 投げ込まれたが, 攻めかかって, 是非君に, 松の, 歩みよった, 死んで, 沈めて, 流れこんで, 漕ぎ入れ例, 火を, 痩せさらばえた片足, 目を, 眸を, 砂糖小匙一杯入れ, 硝子の, 立てかけて, 納まった, 組みついて, 縛りつけた, 腰かけた, 自分の, 致死量の, 行ったが, 行って, 行つた, 行つて一しよ, 走って, 跳びこんで, 辿り着いた時, 追い打ちに, 這入った時, 通った, 進歩の, 運びました, 階段と, 飛びこんで, 飛び込もうと, 飼猿みたいに, 駈けこみましたっけ, 駈けた, 鼠の, 鼻を

▼ 一つ~ (84, 0.1%)

6 二つか 5 二つしか, 二つの 3 二つかを 2 二つずつ, 二つで, 二つに, 二つ手前の, 二つ紺紫色の, 二つ若い

1 [53件] かつてゐた, こいで, して, とにかく土上門, どうか, ないので, なにか知らない, ぶりを, または子音一つ, ア, 一つも, 二つある, 二つある云う, 二つくらゐ, 二つぐらい, 二つぐらいずつは, 二つである, 二つでも, 二つという, 二つとぶ, 二つほど, 二つも, 二つ上かも, 二つ上位に, 二つ下だった, 二つ下り, 二つ位づつ掘られ, 二つ位本道の, 二つ出た, 二つ出来る, 二つ初物として, 二つ又は, 二つ在る, 二つ小さな, 二つ年上だろう, 二つ年下で, 二つ徳川時代に, 二つ撲りどく, 二つ歳かさでも, 二つ残し, 二つ積ん, 二つ見附け, 二つ越し, 二つ過ぎた, 二つ隙間が, 五軒に, 共通か, 其處までは, 千に, 半分で, 取るべき者, 当年の, 汝其の

▼ 一つから~ (84, 0.1%)

4 かって 2 だに, 一つへと, 出て, 私の, 見られた, 起って, 離れようと

1 [66件] うめきとも, かってや, ご上人様, すこし灯, だったらしい, だを, で火事場, どんな因果, ひどく酔っぱらっ, もう一つ, ものすごく火, もれる光, やっと二十俵, ザアッと, ツクツクという, 一つと, 一つの, 一つへ, 上着を, 下りたらしい何十人, 九つまで, 今では, 今にも父, 他の, 他のにと, 何と音楽, 共通した, 出たこと, 出る生命, 化ものが, 取り出した羽織, 園絵が, 城内へ, 奥羽地方縄紋式石器時代遺蹟から, 姉妹が, 小樽を, 悲しさ, 成る音, 成立って, 斜に, 根原を, 森を, 構成せられる, 毛糸の, 沁みて, 沢山の, 灰色の, 現れたので, 現われて, 硝子粉浸剤硫黄単, 空を, 突然小さい, 立ち上り大, 繁殖し, 艶色無類で, 血を, 見て, 貴女の, 走り降りる, 起るの, 起る事, 軍服や, 金兵衛を, 驚くべき物, 高声器, 髪の毛一筋までを

▼ 一つ~ (83, 0.1%)

10 の橋 4 の口, の方, の浜 3 についた 2 の味, の妖怪, をつけるべき

1 [52件] ありの, お旅, からすぐ, がひらけた, が敗北, が月光, が現われる, くばせすると, じゃねえ, だよ, でありさらに, で終っ, で,人, ということ, といっ, と二つ目, にした, につく, にとまりました, になり, にはいらない, には止まらなかつた, にゃ目, に三つ輪, に囲われ, に対して三つ, に沁みる, に浮かん, に立つ, に見えぬ, に這入った, のお, のキクロオプス, の仮面, の前, の大入道, の家, の岬, の巨人, の恐し, の橋ぎわ, の神様, の禿, の越後屋, の顔, へ行く, ぼしい証拠, も心, をまた, をもっと, を引く, 小ぞう

▼ 一つにも~ (81, 0.1%)

1 [81件] お眼, かなり明瞭, きわめて自然, じつは千人, そこに, それが, それぞれ様々の, それを, たれて, ちゃんと特等, つながって, とどめては, どことなくぎごち, なります, なるもの, なろう, のれません, へどもどと, ゆる, 一人の, 一人は, 一貫し, 不如意な, 五十円の, 五十圓の, 代えられまい, 価しない, 價しない, 其の地方, 出て, 勝れたもの, 又理論, 及んだ, 可なり, 問題は, 夫, 夫は, 如かざりき, 威厳と, 宝石か, 少しの, 屋根の, 巌流に, 当たる, 当らない, 彼を, 復一は, 徳川から, 心してよい, 心を, 忘れられない思い出, 思えない, 思想の, 愛惜を, 手間どりがち, 数えられた福神, 數へ, 月の, 杖を, 淋しからず, 漂わぬという, 烈々として, 無関係だ, 狂いは, 現われて, 理論の, 皆そうした, 相当する, 眼が, 神経は, 科学的成果の, 節が, 絡まれて, 自分の, 行き悩んだ意気地, 見限り, 諸大陸, 豊かな, 足らなかった, 金が, 鼻の

▼ 一つ~ (81, 0.1%)

4 から容易, に執する, を考 3 にか, を考え 2 ではない, に熱中, ばかり云っ, をし, をする, を繰返し

1 [51件] が起る, しか考え, で, であつ, である, であるから, でせう, ではある, で共に, なの, にかかわっ, にかぞへ, に全身, に取付, に夢中, に対しての興味, に心, に歸, に迷執, のま, の二様, の語り分け, ばかりを思っ, ばかりを考えなく, ばかり繰り返した, ばかり考へ, ばっかり考え, も起らぬ, をくどくど, をぐる, をぐるぐる, をそう, を何時, を十通り, を反覆, を思いふけっ, を感じ, を欠かぬ, を気, を永く, を演じ, を繰り返される, を考えつめ, を考えてる, を考え続け, を考へ, を考へる, を聞い, を訊い, を話し合った, を長く

▼ 一つ目小僧~ (79, 0.1%)

9 の仮面 3 のよう 2 のおばけ, の正体, や三つ目小僧

1 [61件] かもしれない, か大入道, か頭, が, がこっち, がどぶろく, がみんないっしょ, がウジャウジャ, がサッと, が出, が出る, が小林君, が顔, じゃなかった, だとか, だのがま入道, でした, ですか, というもの, という怪物, とか三つ目小僧, とは考えた, などといっ, などに化け, などはそれ, などは正に, なんぞと云, におどされ, にされちゃった, についてはずっと, になっ, にばけ, にばけた, に傘, に化け, に逢う, の, のどたま, のはり, のばけ, のほう, の付近, の味, の変装, の大きな, の如き, の如く実感, の感じ, の按摩, の本質, の目, の領域, の首, は赤い, やろくろ, や大入道, をさがしあてた, を勤めた, を滑稽, を生, を見せる

▼ 一つこれ~ (76, 0.1%)

3 に似た 2 は大した, は大事, は少し, は後

1 [65件] かと思う, が天下, が第, こそは浅草独特, だけが残りました, だけは永久, だけは漁り続け, だけは確実, でお, でも喰はん, でも飲, で中段, で御覧, で飛ん, とちがった, と連想, には困る, は, はちと, はまえ, はやや, はピカ一, は今, は出来るなら, は多分, は宴会, は小さい, は山城, は年来, は普通, は未, は本, は母, は甚だ, は申, は確か, は神通力, は私, は義元, は聞いた, は迷惑, は陸奥, は黙っ, へ判, へ帰っ, もまた, も大江戸文化, も御, も洗, も貸, をお, をお話し, をかし, をどう, をどうぞ, をやっ, を代表, を売, を持っ, を書い, を最後, を着, を知つて, を聞いたら, を頸

▼ 一つ~ (72, 0.1%)

2 上り, 尽力を, 承知を, 承諾を, 無心を, 相談が, 紹介を, 褒美を

1 [56件] よこしなさいと, 上りなすつ, 主人と, 信者の, 儲けに, 入会の, 内々に, 勘弁を, 勘考下さい, 取極, 受けなすつて, 叩頭を, 奉納します, 奮発が, 奮発なすっ, 奮発は, 奮発願いたい, 奮発願ひたい, 威光を, 尋ねしたいの, 工夫なすっ, 当人の, 当家の, 心配を, 承諾くださいませんでしょう, 承諾下さいませ, 指南を, 指導下さい, 援助を, 損かけ, 撮みなさい, 書きなすっ, 棄てなさるる分別肝要, 無心が, 用意願いまし, 目にかけ, 相伴しない, 相談したい, 立腹でも, 紹介いたしたい, 耳に, 自分の, 藩に, 見せ, 解決を, 話して, 話し申しましょうか, 説明を, 読みなすって, 賞翫なすっ, 賢察願いまし, 辺を, 造作に, 酌し, 霊廟の, 風味ねがいたい

▼ 一つ持っ~ (71, 0.1%)

7 ていた 6 て来 5 ている 3 てい

2 [11件] ていない, ています, てお, て出, て参りました, て帰っ, て来た, て来ました, て来よう, て来る, て来ん

1 [28件] ていなけれ, ていました, ているだろう, ていれ, ておりまし, ておりました, てき, てきた, てくれ, てこさし, てまた, てプラットフォーム, て出かけれ, て千人力, て居た, て床几場, て新橋, て旅, て来させりゃ, て来てる, て来ない, て片, て甲州, て箱, て行く, て行った, て襤褸, て貰っ

▼ 一つであり~ (70, 0.1%)

3 日本の 2 さらにその, それ自身進化主義に

1 [63件] いかにもよく深山, およそ世, かつまた熟し, しかも前, しかも士分, そしてこの, そしてその, そして一等高価, そして之, そして多読, そのまま校訓, その味, その振, その真理性, それが, それだけで, それに, それの, どうしても, ながらその, ながら美, はしない, またこの, またその, またマルクス, わが思想, ア段は, 且つ同じ, 世紀の, 之が, 乱を, 予が, 人間の, 健康を, 分化の, 又は稲耕作, 又一つ, 吉備真備弘法大師等の, 土地に, 塵捨場には, 大伴古, 大学正門の, 実体概念と, 實體概念と, 将来の, 悪人に, 慎重に, 抒情詩の, 文武天皇様の, 新たなる, 特色の, 現代に, 生活に, 用意深い, 留守番も, 皇室の, 破獄の, 空爆を, 茶は, 西洋道徳の, 読者の, 身体の, 非常に

▼ 一つ大きな~ (70, 0.1%)

4 構への, 欠伸を 3 あくびを, 伸びを 2 円を, 声で, 大仏さんで, 息を, 笠を

1 [46件] うねりが, うねりを, くさめ, くしゃみを, ことでも, ことを, ものを, もの音の, シャボン玉を, スタジオだけは, スプラッシュを, 仕事を, 函様の, 勉強部屋あと八畳, 原因として, 呼吸を, 問題が, 困難を, 声では, 岩が, 川の, 御殿が, 手ぬかりが, 星が, 構えの, 溜息を, 濁った声, 理由が, 疑問に, 痴夢を, 白い粒, 碼頭を, 秘密が, 秘密を, 空洞の, 素木の, 船が, 蜻蛉が, 過ちを, 過誤を, 達磨を, 願い事が, 風呂敷包が, 黄金の, 黒子の, 鼓動が

▼ 一つきり~ (66, 0.1%)

3 だった, の眼 2 しかない, なかった, の室

1 [54件] ありませんそれ, あるので, ある人間的, ある窓, かそれとも, か一つきりぢ, さ, しか, しかいけ, しかなかっ, しかなかつた, しか私, しか鳴らない, だ, だこれ, だったそう, だった灯, だつた, だりっぱ, で, であつ, である, でご, でした, でそれさ, でもかまわん, で何もかも, で唱歌席, で彼, で立てない, ない, ないもの, ない二階, ない左腕, ない左膳, ない目, なの, になっ, になる, のこの, の小料理屋, の引出し, の窓, の粗末, の義足, の裸体, の電燈, ぽかんとある, 取らなかった, 教えられないと, 明るく點, 歌わなかった, 残って, 覚えて

▼ 一つする~ (66, 0.1%)

4 者も 3 じゃなし, と, ものが, ものも 2 ことも, 者が, 間に

1 [44件] が早い, ことが, ためにも, とこれ, とすぐ, とそのまま, とそれ, とそれから, とちょうど, とのろのろ, とまた, ともう, とガラツ八, とドクトル, とパッ, と一緒, と共に眼, と又, と同時に, と固く, と憤然, と手, と机, と直ぐ, と真っ青, と窓, と立ち上がった, と繊細, と翡翠, と見る見る, にもそれ, にも笑われ, ので, のである, ものは, んじゃ, 人でなかつた, 人なし, 便宜が, 役である, 者さえ, 者の, 者は, 訳はねえ

▼ 一つなく~ (66, 0.1%)

2 なって, 清掃され

1 [62件] あるもの, おまけに, きちんとそろっ, しかも法水, しずまりかえって, その名, その濃い, ただ大きな, ただ大丸渡し, ただ白紙, つて見, てでも, てひもじい, て人間, ときお, なったため, なっただけ, なったればこそ, なったわけ, なった物, なつて, なつて埃だらけ, またなんら, まにあわせの, やがて一輪, やはり敬四郎配下, ガランと, シインと, 一直線に, 両側の, 僅かに, 半枚づつ, 唯白紙, 大樹の, 太平洋の, 太陽が, 女中の, 寺と, 平坦な, 彼等の, 懷紙も, 日光に, 晴れわたって, 暮れて, 月まろし, 桃金花と, 死相を, 氏の, 泥と, 浄められた, 海上には, 無限の, 照りつづけ午, 犬の, 箒目の, 紙幣ばかりが, 育たせしに, 血潮の, 近隣の, 過して, 遙の, 首筋も

▼ 一つしない~ (64, 0.1%)

6 のである 4 でじっと 2 ので, のは

1 [50件] か, かかる真夜中, それは, でいつ, でいる, でこう, でただ, でむずかしい, でバカ, で助かり, で呆れ返ってる, で堅く, で壁, で小幡氏, で待っ, で昨日, で濟, で牧師, で真剣, で突伏, で立っ, で見た, で見下し, で話しだした, で遥か, のだ, のだろう, のよ, ほどしんかん, まま一心に, まま未亡人の, やうな, ような, んだ, 不思議な, 叔父の, 古い校舎, 同じ姿勢, 堅い男, 変な, 山の, 死の, 癆症といふ, 鋭い眼, 鎧が, 閑寂さである, 静かさだった, 静かさで, 静けさである, 鼠が

▼ 一つ~ (64, 0.1%)

3 なの 2 な人間, な方, の駒

1 [55件] であるべきだという, なお手紙, な例, な光景, な声, な心, な新しい, な有名, な溝, な目的, な角度, な解決方法, な記憶, な連絡方法, に, に彼, に盛岡, のにおい, の事実, の事情, の人物, の人間, の仕事, の例, の合い, の名称, の問題, の宇宙, の岬, の息, の意味, の新しい, の方向, の朝鮮人, の楽しみ, の清水, の狡, の理由, の目的, の石灯籠, の研究, の箱, の美しい, の羞恥, の自分, の興味, の舟, の芸術境, の袋, の要素, の見方, の鉄, の電車, の顔, の食い違い

▼ 一つ残らず~ (63, 0.1%)

1 [63件] あの世から, いまだに, いやその, こうした, ことごとく知っ, このあたし, この赤い, さっさとのみこみ, じいッと, すっかりやっ, その人間, その場, にせ, ばらばらに, まるで魔術, みんなも, みんな話し, やすやすと, ガラ空きに, ハッキリと, モデルの, 仁右衛門に, 兎だった, 古くて, 嘘偽りぢや, 四つ辻に, 外部の, 大きな正札, 大阪の, 娯楽百科全書という, 完全で, 常識で, 引っくり, 引っ捩っ, 彼には, 心の, 手で, 手製な, 探索された, 攻撃を, 昔の, 最初に, 未亡人が, 未定稿として, 校門へ, 没取娘の, 海の, 満員し, 満員で, 看破られ, 眼に, 破毀され, 空に, 立上っ, 米船に, 西洋人の, 見るつもり, 記憶え, 象棋倒し, 遺伝的に, 青森までの, 顔馴染だ, 鮮かに

▼ 一つ~ (62, 0.1%)

2 あっても, あつて, の割, はあっ, はある, はかけ

1 [50件] あったらよかろ, いいとこ, い此, えブン, かけて, がのっ, がのぼっ, が生育, きて, くれたところ, ではこの, で人生, と思ふだらう, に候, のこと, のもの, の事業, はあの, はどうしても, はまとめたい, は取っ, は地方, は拵ら, は捻り, は掛け, は新しい, は棒, は歌っ, は粗忽, は習わさん, は覚え, ひの, まぎれ込むもの, もうあっ, ゐ, ゐあの, ゐは, ゐやりたかつたが, 入れて, 多い処, 建てても, 拵えて, 持つて, 掛けんこと, 描いたって, 殴って, 見出さなかったの, 見当りそう, 買入れる熱心, 面白い事件

▼ 一つ~ (62, 0.1%)

5 の形 4 の時代 32 はどう

1 [48件] である, に, になる, にはこれ, には初春, には古語, には布, には日本, には漁民, にまず, にも岩野泡鳴, に云った, に友人, に居る, に当然, に書いた, に置いた, に見た, に起こる, に連結, に遡ぼらせ, に霊魂, のいわゆる, のこと, のもの, の一等室, の人一代, の俗信, の前身, の動坂, の十一句目, の古い, の名, の姿, の日光行, の日本語, の晩, の暦, の村, の民謡, の用語例, の第, の考へ, の花ざかり, の電車, の飛鳥, 半生記と, 時代の

▼ 一つ置い~ (62, 0.1%)

19 てある 8 てあった 4 てあっ, てあつ 3 て行った 2 てあり, てありました, てお, て手前

1 [16件] てあ, てあります, てくれ, てその, てみました, てむこう, て先, て前, て原稿紙, て向こう, て小道具, て油, て見, て走っ, て遣ります, て隣り

▼ 一つもの~ (59, 0.1%)

3 のよう 2 と見, の中

1 [52件] おぼえを, がなる, だ, だぜ, だと, だという, であります, であること, であるとは, でおっ, でない, でないという, では, で間に合わ, としてま, として女, として解放, として解決, とする考へ, となっ, とは思えない, とは言, と思はれる, と成っ, と理解, と誤解, なること, なる事, にしがみつく, にそれ, になつて, にも人形, に溶け合っ, に眼, に結晶, に考え, に考へられ, に考へられた, に見え, に見られた, に見られる, の二つ, ばかり着, みたいに, をたびたび, を二つ, を憶え, を教えられた, を目あて, を見始める, を覚えた, を言

▼ 一つ~ (59, 0.1%)

5 て貰 4 てやろう 2 ている, てやれ, て来よう, て歩いた, て貰いたい

1 [40件] たりしまいに, てあるく, ていく, ていった, ていれ, ておくん, ておこう, てかえる, てくん, てまわっ, てみよう, てもみなそう, てもらいたい, ても京都, ても判る, ても大抵, ても女, ても日本婦人, ても見方, てやる, てゆく, て下さらん, て回っ, て来た, て歩い, て歩き, て歩く, て行く, て行つて貰, て貰いなさい, て貰おう, て頂き, て頂きたい, に行かう, に行っ, へない, ゆ, 窄らしい, 算って, 遁す事の

▼ 一つ~ (57, 0.1%)

5 に入れた 4 に入れ, を拍 2 にとる, に持ち, は一本

1 [38件] からすべり落ち, がほしい, が二本, つけて, でい, でいじられ, でさぐっ, でつまみあげ, で丸め, にぎる小さき, にし, にした, にしなかつた, につかん, にとって吹き消しはじめた, にとって指頭, にとつて接吻, にとりあげ, にはいれ, に下げた, に入れたい, に入れる, に取, に取つ, に取り上げ, に取る, に納め, の不器用, まえの, をしめ, をたたきました, を借り, を働かせる, を振りまわし, を繋いだ, を触れ, を貸し, 捕りに

▼ 一つにな~ (56, 0.1%)

3 つてし 2 つて嘲る, つて居ります

1 [49件] せり, つたお時さん, つたのかも, つたのは, つていろ, つてこの, つてしつかり, つてしまつ, つてそれを, つてどよめきにな, つてどんなに, つては, つてふくれ, つてまざまざ, つてむんと鼻へ, つても, つてゐた, つてを, つて今の, つて例の, つて元日の, つて十四日, つて国風を, つて奈良島と, つて居, つて居り, つて居りました, つて広, つて後には, つて後世の, つて御霊の, つて御霊会が, つて心頭から, つて戀と, つて檣樓へ, つて江戸まで, つて泳い, つて流るれ, つて濡し, つて燃え, つて畑の, つて祭儀の, つて空の, つて立ちは, つて衝と, つて裸體に, つて詰り, つて關東を, つて雲雀の

▼ 一つ~ (56, 0.1%)

2 にかかり, の二十三, の十九, の千位, の姉, の枝

1 [44件] から大股, が, が萬年橋, だ, だが, だけれど, だし, だったよう, だって話した, だとて, であった, でしたが, でしたけれど, なる姉, にあげ, にのぼる, には斜め, に上之橋, に二つ, の, のお, のさっき, のクラス, の二十八歳, の二十六歳, の二十四, の五歳, の十五, の半蔵, の四十七歳, の彼女, の数字, の次元, の甲板, の第, の級, の農村, の階, の階段, へ掛けた, よ, を向いた, 亡くなったの, 釣った女

▼ 一つ隔てた~ (56, 0.1%)

2 だけで, ところに

1 [52件] ここ後, のに, のみである, ばかりの彼方, 一棟に, 上と下とに, 下の, 向い側暁橋の, 向うに, 向うには, 向うの, 向うは, 向う側の, 向かい側に, 向ひ, 四つ角の, 塔の, 外縁の, 奥の, 女の, 妻籠より, 小さな村, 小城の, 小松原の, 山から, 岡の, 広場に, 彼方が, 本家から, 東の, 東隣の, 此島には, 母屋の, 津島の, 狸穴の, 田圃なかに, 町はずれの, 直ぐ前, 組合礼拝堂, 苔香園という, 茶の間の, 藪や, 街道側の, 西の, 近山ながら, 里の, 野州の, 隣同士に, 隣室に, 隣座敷には, 露台の, 高い土手

▼ 一つです~ (55, 0.1%)

1132 か, から, が, がそれ, もの

1 [31件] からこっち, からこの, からつまり, からねえ, からねおそらく, から一本占地茸, がこの, がごらん, がついで, がどなた, がもう, がわりあいゆっくり, が上流社会, が人間, が或, が測定者, けれど, けれどねフランス, けれどもともかく, けれど否, しそこ, って, と云い, と思う, と眼, な, よ嘘, 一度直せ, 其の機, 毛筋の, 近くお送りしましょう

▼ 一つ自分~ (55, 0.1%)

3 の胸

1 [52件] からは手, がしつこく, が一番, が仲, が御礼, が持ち, が正, だけの考え, でやっ, で実行, で積みあげ, で運ばなく, で闘い取らね, として問題, と同じ, にとつ, には女性, に在る, に許された, のいっ, のうち, のため, のスリッパー一足, の一生, の事業, の他, の妹, の学生時代, の學力, の家, の家庭, の寝床, の左, の弁当, の弱味, の心, の思う, の悪かっ, の手, の気に入った, の番号, の睫, の研究所, の記憶, の身, の遺言, の鶴嘴, はうしろ, はこれ, もやっ, も上っ, も相当

▼ 一つあっ~ (54, 0.1%)

6 てそれ 5 てその 4 てそこ 2 てそれから, てもよ

1 [35件] て, てかなり後, てすぐ, てときどき, てどこ, てね, てね丸く, てもいけない, ても二つ, ても車, ても非, て不完全, て二つ, て井戸, て人影, て今, て修道院, て俯向, て側, て刈り入れ, て各地, て四角, て大いに, て少し, て左手, て振, て残り三方, て流れ動く, て狭い, て眠る, て軌道, て通じ合っ, て長, て長い, て首

▼ 一つそれ~ (54, 0.1%)

2 より大分, を助長, を聞こう

1 [48件] からは知る, から三つ, から珍しい, から高島屋, がきっかけ, だけが浮ん, だけで完成, として完成, とその, と上, と並ん, と同じ, と覚しく, にふわり, にもまして, にも劣らず切, に似た, に向き合った, に大臣, に編み, に輪, に附け加え, はぐっすり, はた, は例, は降る, へ乗せました, やア, より外, より小さい, をきい, をさう, をすっぱり, をなん度, を助ける, を固める, を市民博物館, を手伝った, を拭き払う, を摘ん, を書い, を現代, を知られる, を私, を見つけ, を読み, を諳記, を黙っ

▼ 一つだって~ (54, 0.1%)

4 ありは 2 ない, ないの

1 [46件] あの娘以外, ありませんもの, ありませんよ, ありゃしない, ありゃしないん, あり得ない, あるかい, いいこと, いいもの, いうつもり, うっかり買われ, うなずけます, ことよ, ございませんわ, するとは, それと, ちゃんとゴム製, ちょろまかせば, ですか, ないのに, なかった, ぼくの, わしは, ソヴェトの, 与えませんわ, 余計に, 作るの, 入れて, 分けちゃ, 吾, 実際の, 手に, 次から, 歴史が, 無いこと, 無いの, 生れる訳, 直接に, 私は, 穴が, 算哲様を, 見つからなかった, 見つかりません, 見当りませんよ, 起こりませんよ, 重くて

▼ 一つやっ~ (53, 0.1%)

6 てみる 5 てみよう 4 てくれ 3 てみましょう 2 てごらん, てみ, てみろ, てやろう, て見, て見たい, て見よう

1 [21件] てあげ, てお, ておく, てさて, てみたい, てみたら, てみない, て下さい, て下さらん, て下せえ, て猛然と, て見せず, て見たまえ, て見たら, て見ましょう, て見ます, て見ません, て見る, て見ん, て逃げ, て電光

▼ 一つ~ (51, 0.1%)

6 にじっと 3 に落ちついた, を見つめ

1 [39件] で気勢, にあ, にい, にいた, にいつ, にかた, にかたまる, にはいない, にゐ, に両部, に住居, に停止, に固まっ, に居る, に帰つて, に永く, に沈着, に浮い, に漂つて, に用, に繋い, に置い, に翼, に落, に落着, に長く, に集め, に集る, へ仕舞っ, へ纏め, へ親子三人, をじいっと, をドウドウ廻り, を上りけり, を二三度, を動かなかつた, を幾度, を見, を見つめた

▼ 一つせず~ (50, 0.1%)

2 一言も

1 [48件] さっさと帰っ, じっとし, じっと聞き澄まし, その顔, たまに午, にお茶, にさっさと, にじっと, にただ, にチャント, に克服, に固く, に成長, に日, に暗く, に杯, に済んだ, に畳, に眼, に私, に立つ, に立去り得る, に童女, に聞い, に育っ, に虎, に見, に見惚れ, に過ごす, に頭, ひっそりと, 主人を, 傲然と, 六兵衛の, 勿論極り, 唾一つひっかけなかった, 客には, 彼の, 感じ悪い, 新賀や, 楼婢には, 着物も, 窓わくの, 葦の, 身動き一つしない, 適當な, 黒眼鏡から, 默つた

▼ 一つ残っ~ (50, 0.1%)

26 ている 12 ていた 5 ています 1 ていく, ていなかった, ていました, ておりまし, ておる, ては居りません, て居る

▼ 一つという~ (48, 0.1%)

5 のは, ような 4 ことに, 風に 3 ように

1 [27件] お客, ことが, ことです, ことは, ことも, ことを, しごく簡単, ところが, ところで, まことに小規模, ものじゃ, わけです, ギリギリの, 世帯道具で, 剰余なし, 名高い寺, 山賊の, 工合で, 時を, 様子で, 法天山城址とか, 珍品は, 男ざかりだった, 美しい玉, 訳でなく, 誂え向き, 風な

▼ 一つ部屋~ (48, 0.1%)

3 にい, の中 2 がある, なので, に寝, に暮し, に暮らし

1 [32件] があったら来い, があり, があるらしく, でお, で一晩, にいた, にいる, にこそいた, にて東向, にて東向き, にゐ, に二日, に休みなさる, に取つ, に寝ませ, に寝る, に寢, に居, に居る, に居合わせた, に応接間, に眠る, に集っ, に集まっ, のよう, の畳, の真中, の隅, へ机, もなるたけ, をもたそう, を鍵

▼ 一つだった~ (47, 0.1%)

7 のである 5 のだ 4 んだ 2 かも知れない

1 [29件] かという想像, かもしれない, かも知れぬ, から, からだ, からである, が彼, が火影, くらいだ, けれど他, ことは, その場所, という, ということ, とも云, と今, にはちがい, のか, ので, のであろう, のでございます, ので或, のに違い, のは, ように, りっぱな, 本尊が, 為であろう, 集団が

▼ 一つづつ~ (47, 0.1%)

2 入れる, 提げて, 消えて, 重ね直して

1 [39件] が喰, の小さな, の柿, は入, は必ず, は持てなかつた, 下げて, 作らせほか, 借り受けたるのみにて, 出て, 分けた, 分けるぞ, 取つて, 取りて, 取り妻, 吹き消されて, 失はれて, 小さな築山, 持つて, 持てば, 挾んだ, 新発見, 殖えて, 流れて, 燃え上らせて, 現れて, 睡って, 睡つて, 突き出て, 置いて, 見えなくなつ, 見える, 見つめて, 載せた, 釣れるので, 附けたの, 食べて, 食べ直すもの, 高いところ

▼ 一つ不思議~ (46, 0.1%)

14 なこと 7 な事 5 なの 4 がつき添う 2 に思われる

1 [14件] が増えた, だつたの, でならないこと, というの, ともいえ, な性質, な故障, な現象, な談, な錯覚, な願, に思った, に思つたの, に思はれし

▼ 一つ落ち~ (46, 0.1%)

8 ていた 6 ている 4 てゐる 3 ていました, て来る 2 ていない, て居ります

1 [18件] てい, ておらず, てきた, てこわれた, てたん, てゐ, てゐた, てゐない, てゐなかつた, て居ない, て居らない, て居りませぬ, て居る, て川, て来, て音, にけり, 散る藤浪

▼ 一つした~ (45, 0.1%)

7 ことの 3 がそれ, ことは, ような 2 ことも, と言

1 [25件] あとは, かの女, がそれから, がふと, がやがて, ことが, それを, と思いました, と思ふ, ので私, の渠, ばかりで, まひき, まひつるは, ように, んだ, 事が, 事がねえ, 事のね, 事は, 事も, 二人は, 例しがない, 春日長次郎は, 白い息

▼ 一つ買っ~ (45, 0.1%)

4 て来た 2 てくれた

1 [39件] てあげよう, ていただきたい, ていただきません, ていらっしゃい, ておい, ておくれ, ておこう, てしゅっ, てそこ, てその, てそれ, てそれから, ては提げ込ん, てもこれ, てもらえなかった, てやっ, てやる, てやれず, て一円七銭, て一里, て上げる, て勇ん, て十銭, て参りましょう, て少女, て戻った, て来, て来ない, て来なかった, て来ます, て来る, て私, て自分, て行った, て試し, て貰う, て進げ, て遣る, て釣銭

▼ 一つお願い~ (44, 0.1%)

11 がある 7 があります 4 がございます 3 したいこと 2 があっ, しなくては

1 [15件] がご, がござる, が御座います, が有りやすだ, したいん, して, しましょう, しましょうか, します, するかな, はあなた, をし, 申しあげましょうか, 申したいもの, 申すこと

▼ 一つ~ (43, 0.1%)

1 [43件] がし, がその, がリキー, が不思議, が実感, が当惑, が心配, が賛, と一緒, と握手, にはわからん, には分らない, には意見, には苦しい, に心配, に教え, に新しい, に見せ, のこんど, のつくった, のモデル, の公明正大, の家族, の杯, の橋渡し, の父, の秘密, の腑, の言う, の郷里, の顔, はお前, はその確固たる, はビール, は僕, は麻布, もその, もよく, も俳句, も拝見, も積ん, も賊, を慰め

▼ 一つ~ (41, 0.1%)

4 持つて 2 空けて, 運んで

1 [33件] ある毎年卒業生, こんな珊瑚, すつと, つけて, つ投, でもやりたい, なぐり付けますと, に分けた, のもどき役, の小さな, の枠, の石, の行灯, はある, もたせた, 出すさ, 受け持たせる, 含ませて, 吹いて, 履かせたよう, 懸けるの, 持って, 殖えて, 渡された茶呑茶碗, 煮て, 立つて, 締めて, 置いて, 置いてるのよ, 軽々と持つ, 軽く息, 零れおちるやう, 青い壺

▼ 一つ~ (40, 0.1%)

2 の心, は一種

1 [36件] がかなり, がはっきり, が私, が考えた, が菓子以外, が近代, と此, と違, には不安, には人, に手紙, に投げ, に残された, に示そう, に聞かし, に誤算, のところ, の大きな, の好き, の幻覚, の惧, の気, の生きた, の眼, の腑, の言葉, の詩的人生観, の足もと, の非常, は手先, は知らず, は考えた, へ吹っかけ, れの, をおびやかした, を恐れさせた

▼ 一つ書い~ (39, 0.1%)

3 て置きたい, て見たい 2 てしまう, てみろ

1 [29件] てあげましょう, てある, ている, てお, ておかね, てくれません, てさらに, てし, てその, てそれ, てみたい, てみました, てみません, てみよう, てみる, てもらおう, てやらう, てやりたい, てやろう, てゆく, てゐる, てん, て戴きたく, て置かね, て置こう, て行く, て見よう, て貰ひたい, て頂きたい

▼ 一つ考え~ (39, 0.1%)

3 て見ましょう 2 てくれ, てみましょう, てみよう, てみるべき, て置こう, て見る

1 [24件] ていただこう, ている, ておい, ておきたい, てくれました, てごらん, てみた, てみない, てみなけれ, てみませんけれ, てみる, てもそれ, て書い, て来ましょう, て見, て見たい, て見たら, て見ようじ, て貰いたい, ねばらならぬこと, のこした, を変える, 残して, 落してること

▼ 一つずつの~ (38, 0.1%)

2 大きな窓, 芽を

1 [34件] かたた, 人生が, 作品を, 作業に, 例に, 印象が, 卵を, 塊を, 字を, 室を, 小さな現在, 年上の, 幾何学が, 座敷用雑巾を, 怪談を, 悪魔は, 星が, 桟敷の, 極めて乏しい, 燭が, 燭台を, 物語を, 石臼は, 肉的な, 肉眼では, 芽すなわち, 見解輿論の, 記憶の, 課題に対して, 議論が, 軒燈が, 部屋が, 部屋を, 音の

▼ 一つだけは~ (38, 0.1%)

2 このまま, 小説を

1 [34件] ある, きいて, くぐること, こしら, した人間, ずっとわし, その仮名, その目方, それに, ただなんとなく, つけること, とにかく生きられる, どうにかし, なして, まっ白な, まとめた技術, 中味が, 何にも, 噛んでも, 春らしい, 望みを, 本当の, 現物の, 生命がけ, 用意し, 確かに, 私にも, 締めて, 締めてゐた, 聞かして, 聞きいれて, 越さなければ, 願いごとが, 骨折り賃

▼ 一つ~ (37, 0.1%)

2 きに, の横丁

1 [33件] かそれとも, がすなわち, が即ち, にある, になる, にのり出し, に十五, に在, に来る, に止める, に進ん, のため, の世, の小山, の尖った, の山, の形, の球体派, の町, の病棟, の社会, の立場, の笑わせる, の茶屋, の角, の辻, の道, の銭瓶橋, へやっ, へ越し, へ進ん, を往, を考へ

▼ 一つ大きく~ (37, 0.1%)

4 息を 2 伸びを

1 [31件] うなずいた, うなづくと, くわつと, さきひらい, して, ふり, やつて, ゆれたかと, ゆれて, カーブした, 傾いた, 切って, 吐かれた, 吐息を, 呼吸した, 呼吸する, 呼吸づいた, 左右に, 抜けて, 描いて, 揺すった, 揺れて, 横に, 溜息を, 背中を, 胴震いし, 言ふと, 震えて, 響かせたかと, 頷いた, 鳴るや

▼ 一つ~ (37, 0.1%)

4 を下げ 3 を下げた 2 の中, をさげた, を下げる

1 [24件] でもやられたら, で鍛へた声, にかぶっ, に刻まれた, に書入れ, に残らない, に泛, に泛ん, に浮かんだ, に浮べ, のいい, の上, の大きな, へ衝ろうもの, をこつんだ, をさげ, をちょん, をぶち, をもたげました, を下げました, を叩く, を強く, を打つ, を捻向け

▼ 一つあつ~ (36, 0.1%)

193 たの

1 [14件] たが, たこと, たはず, たらどんな, たん, た事, た私, ちの路を, て二つ, て円テーブル, て咲子, て左右, て槍, て着物

▼ 一つここ~ (36, 0.1%)

2 に問題, に妙, へ来

1 [30件] からとん, から転ん, で, でいただきます, でうんと, では人通り, で御, で心, で是非, で注意, で生, にある, には守屋大臣, に困つた, に姑, に懸念, に書き漏らす, に注意, に流れ, に特記, に置かれ, に記す, に起こっ, の一隅, の特徴, へ向けましょう, へ引張っ, へ来る, より天野山金剛寺, を海岸

▼ 一つこと~ (36, 0.1%)

2 だ, ばかり, を繰り返し

1 [30件] が二つ, しかない, じゃから, です, でないところ, として女, にかかれ, にながく, にはならないだろう, に凝らせた, に帰し, に気, に精根, に讃えられ, の周り, ばかりを繰り返し, を, をくよくよ, をし, をぢ, を一体, を二人, を二度, を云う, を数年根気, を歌い出す, を申しまし, を考え出す, を詠ん, 云うてるの

▼ 一つであっ~ (36, 0.1%)

2 てこの, てそれ, て二つ

1 [30件] たり対立, て, ていよいよ, てお, てかつ, てかつてずっと早くから, てこれ, てその, てつまり, てまた, ても所謂非人, てわれわれ, てタカマガハラ, て乱暴, て以前, て例えば, て同じ, て外面, て宋朝, て当時, て技術的, て文化, て構内, て水, て絵, て自然科学, て苦悶, て貴婦人階級, て質, て釈迦牟尼

▼ 一つであろう~ (36, 0.1%)

6 か, と思う 3 と思われる 2 と思います

1 [19件] が, がそのまま, がそれ, が一銭銅貨一枚, が大川橋, が当然, が朝鮮, ぞ, という, という事, という評判, という説, とのこと, と信じます, と半, と彼ら, と思っ, と言う, 無理心中で

▼ 一つ~ (36, 0.1%)

2 かいい, か懐しい

1 [32件] うぞ, うや, かあった, かいひ, かお, かがある, かしたい, かしら分らない, かやつ, か乾いた, か在る, か宿題, か形, か彼, か御覧, か教わっ, か絵, か見せ, か記念, か遺し, でもというわけ, でも大きな, でも結構, とあっ, とも分らない, と云っ, に投資, の場合, の焼, を啓坊, を据える, 喰わぬ顔

▼ 一つ年上~ (36, 0.1%)

3 の甥 2 の十九

1 [31件] だった筈, であった, であったが, であつ, であるが, ですよ, で加奈子, で気, で郡, なだけ, の, のいとこ, のお松, のすし屋, のその, のオムスメさん, のワンパク者, の三十六, の夫, の子供, の安, の恭一君, の息子, の方, の死んだ, の男, の童, の自前, の舞子, の輝, ばかりに貴

▼ 一つ面白い~ (36, 0.1%)

4 ことが, 話が, 話を 3 ことは, ことを, のは 2 事が, 事は

1 [11件] ことはね, と思う, と思っ, と思つたの, 事に, 事を, 例が, 実験を, 挿話が, 處を, 逸話を

▼ 一つさえ~ (35, 0.1%)

2 動かさなかった

1 [33件] あまり飲む, あれば, うんと腹, かけて, その通り, ない, ないほど, ない安物, なかった, はっきりと, ノーマ号へ, 今では, 元も, 全力を, 変えずに, 懸けないで, 手に, 持って, 捧げまする, 残らないの, 満足に, 砕けて, 祭の, 置いてなかった, 聞えない, 聴きませんでした, 茶の, 見えなかった, 見おとすまいと, 見出されないの, 見当らなかった, 返って, 驚嘆の

▼ 一つ~ (35, 0.1%)

2 ぽかんとし

1 [33件] がどう, が過ぎ, だつた, であつ, である, でも, でも舞台, とする, ねらひを, の平和, はそこ, はほんに, ぼんやりその, ぼんやり立つ, も我慢, も眼, も退屈, をよみがえらせた, を与へ, を二階, を初瀬, を彼, を忍べ, を愉し, 白けた沈黙, 続いた後, 続くと, 縺れるやう, 考へて, 若やいだ気分, 見つめて, 重苦しい沈黙, 静まり返つた夜

▼ 一つあの~ (34, 0.1%)

2 男に

1 [32件] いやな, お妾, お寺の, さみだれの, スミス嬢を, 一句には, 丘の, 人は, 人形には, 仲間を, 古銭と, 哀れな, 女には, 子に, 客人に, 山に, 山の上へ, 島の, 師匠の, 応接室へ, 日道灌山へ, 時には, 殿様の, 淵へ, 省吾に, 短刀の, 脅かしの, 舟を, 藤助と, 話を, 通り奉公人達の, 鳥打帽の

▼ 一つ動かさず~ (34, 0.1%)

1 [34件] しいていうなら, そのまま立, にいた, にいった, にいる, にお金, にその, にむしろ, に下, に云った, に冷然, に冷酷, に大勢, に客間, に揮毫, に洋一, に淡い, に答えた, に聞き終った, に言った, に青白い, ぴったり顔, 咳一つせず, 嘲笑ふ, 子路を, 孤独で, 廻転する, 強いて言うなら, 徐々に車, 最新式大型拳銃の, 殉教者の, 終に幕, 色は, 非常に

▼ 一つ手前~ (34, 0.1%)

2 の, の部屋

1 [30件] で窓, にある, には伯耆大山, に狩太, に達した, のもの, のオーステルリッツ, の三角点, の作品, の保土ヶ谷, の六号室, の原因, の原料, の台所, の四辻, の新居町驛, の横町, の畳屋町筋, の石鳥谷, の細い, の角, の通り, の部落, の隣室, の革命的段階, の馬堀海岸駅, の駅, の驛, へのび, までは誰

▼ 一つ~ (34, 0.1%)

6 になる 5 にかかる 3 の付いた 2 のついた, をそろえ

1 [16件] がつかなかった, が付いた, にかかっ, になった, になつて, になりまし, になります, に掛かる, に掛け, のい, の付い, を大きく, を悪く, を締め, 懸かりなは, 懸りなもの

▼ 一つあった~ (33, 0.1%)

2 のだ, のである, のです

1 [27件] かも知れぬ, からそれ, からです, が, がね, がひじ, けれどもいずれ, ことは, ことも, そうで, っけ紋切り形, ということ, と漸く, ね, の, のかという, のでした, のは, のみである, のを, はずだ, ばかりで, ばかりであった, 方が, 是れ, 筈だ, 箪笥も

▼ 一つより~ (33, 0.1%)

2 ない, 他には

1 [29件] かけが, ないこと, ないんで, ない場合, ない太陽, よい作品, 一つへと, 他に, 低き方, 出はいりする口, 外ない, 外に, 外は, 外無い, 多くある, 多くも, 多く殺す, 大きな驚愕, 家の, 成るもの, 楽しい思い, 歌が, 残つてゐない, 残りませんが, 無き櫓, 生きる道, 知らぬ讃美歌, 知らぬ讚美歌, 立つ煙

▼ 一つあなた~ (31, 0.0%)

2 にお

1 [29件] お助け下さいません, なる里, に, に上げたい, に伺います, に全く, に全力, に判断, に弁護士, に御, に思い出し, に申, に頼み, のお, のお祈り, のよう, のれい, の子供, の役, の心持, の意匠, の政敵, の木彫り, は常に, へ獅噛, もあっ, もお, もよろしく, を驚かす

▼ 一つつい~ (31, 0.0%)

6 ていた 4 ている 3 てゐる 2 ていない, ていなかった

1 [14件] て, てい, ていました, ています, てから言った, てその, てはいない, てゐた, てゐなかつた, て古い, て居りました, て居る, て汽車, て鉛筆

▼ 一つ~ (31, 0.0%)

5 をあげる 3 を挙げ, を挙げる 2 をあげます, を挙げれ

1 [16件] にあげた, のつづき, の村山知義氏等, の洲浜形, の男, の運動, の顔合せ, をあげれ, をとっ, を加えよう, を引こう, を挙げます, を挙げよう, を掲げ, を示さうなら, を言

▼ 一つ~ (31, 0.0%)

4 つた 3 つて, ふにも 2 つたところ, ふの

1 [17件] はう, はせて, はなけれ, ひて, ひには, ひました, ひ不二家, ひ取つた, ひ戻したいと, ひ置きの, ふ, ふおかね, ふことに, ふんだつて, へない, へぬ, へん癖

▼ 一つなる~ (30, 0.0%)

1 [30件] がその, が如し, こと論な, に相違, めどに, ものよし, ゆに, をや, ツァーリーに, ミノガレという, 夕べの, 大町に, 尾州ですら, 弘智法印の, 心にも, 心澄み, 本所大川端邸が, 決意のみを, 治療條件は, 瓦堂の, 男女間の, 節, 自叙伝作者も, 草香流や, 行燈を, 謡曲を, 農産呪術で, 遊芸の, 金銀も, 陰陽町が

▼ 一つ~ (30, 0.0%)

4 て来た 3 ている 2 て來, て来ました

1 [19件] そうとも, てい, ていた, ていない, ています, てきた, てこない, ては來, てひょいと, てみよう, てもらえない, てゐ, てゐた, て来, て来ない, て来る, て行っ, て見る, て鬼

▼ 一つ~ (30, 0.0%)

2 奮發を, 盥で

1 [26件] あばれに, それた望, な蛍, に行ら, へん, 事件が, 作品を, 地主の, 宴会の, 家族主義で, 掃除を, 景気な, 暴風雨が, 歌に, 歌所か, 決心が, 爆発を, 白蓮の, 窓が, 聲が, 般若の, 芝居を, 英帝国という, 變な, 變化を, 長編を

▼ 一つ屋根~ (30, 0.0%)

26 の下 1 で裏手, にいた, に数日, を葺き下し

▼ 一つぐらい~ (29, 0.0%)

1 [29件] あいた部屋, あったって, ありそう, きっとかんどころ, こつんと, こぼれるよう, しくじったって, しとか, しめ忘れること, たのしみが, で年貢, はいったかも, ほうれらア, ほめられること, わなを, 中りは, 作りたくなったかも, 取って, 取られたって, 取換え次官, 唱えなさい, 失ったとて, 引くり覆ったって, 手紙さしあげ, 棄てて, 知る者, 要るだろうから, 見つかるころ, 言って

▼ 一つ~ (29, 0.0%)

2 には俺, の二十一, の十九

1 [23件] すったお, だから, だが, だった, だつたけれど, であった, であつ, である, でも本妻, で世間, にあった, に在る, の一枚, の三階, の十七, の十七歳, の十六, の妹, の弟, の橋, の級, の義光ちゃん, の電文

▼ 一つ向う~ (29, 0.0%)

1 [29件] だな, で熾っ, になる, には懐しい, にコンクリート, に夜中, に狼, に見える, の, のオロンガボオ軍港, のシナ人, のチュンビー・サンバ, のテエブル, の三島, の宿, の山々, の座敷, の悪, の煙突, の町, の病室, の窓, の薬棚, の駅, はもう, へ越さなけれ, へ跳んだ, へ隔てた, を敵国

▼ 一つ~ (29, 0.0%)

2 の腕, を結婚

1 [25件] からこの, がいる, が飛行靴, にお礼, にたのん, によく, に上げる, に呈しましょう, に教訓, に相談, に聞い, に言っ, に話し, に貰っ, に霊媒, に面白い, に頭, のうしろ, の御, の手紙, の立場, の計らい, の説明, は懇意, も東京あたり

▼ 一つ~ (29, 0.0%)

2 の奥, をもち

1 [25件] だ, で笑い, で送迎, に上つたの, に合点, に同居, に咎め, に咎める, に寂しく, に感じた, に懸らぬ, に殘つた記事, に満ち足りない, に置いとい, に願っ, の一隅, の中, の四, の底, の残党, は千々, は斯, も一つ, を以て護る, を惹かない

▼ 一つ~ (29, 0.0%)

2 をあけた

1 [27件] から唸っ, があい, があいた, があっ, だ, だからな, だ當, で, でこつこつ, にくらし牝豹, にやどる, のあいてる, のお, のむじなどもが安, のむじなにひとしい官兵衛孝高, の動物, の浪人, の狸, の獸, の貉, の貍みたい, へはまっ, へ葬られる, をあけ, を三つ, を埋めれ, を開け

▼ 一つあり~ (28, 0.0%)

1 [28件] そこには, その両側, その又, それに, それは, たえずそれ, て登る, はしないだろう, ふと栗栖, また穴, ゃあそれですみさ, ゆふぐれ, クヌギすなわち, ベートーヴェンの, 厚さ二寸, 大きな庭石, 廊下で, 彼は, 枯木立, 橋から, 此河の, 眼円かに, 米の, 而し, 苔の, 遠く能登, 面会人は, 頸筋にも

▼ 一つそれから~ (28, 0.0%)

2 もう一つ, 又離れた

1 [24件] むしパン一つそれから, やあ此処, ゆば, トラム, ビスケットの, ベッドの, レモン・スクォッシュが, 小さいお, 御新造の, 新橋際の, 映画の, 春雨, 木を, 楕円形の, 楽の, 水を, 油蝉の, 物置が, 真ん中に, 磯合寄りに, 窓の, 舞台の, 荷物の, 頭や

▼ 一つ出し~ (28, 0.0%)

32 てから手, て見せました

1 [21件] たり入れ, てくれる, ても, てもその, てやる, てやろう, てガレージ, てラムネ二本, て仕舞いました, て娘, て渡した, て百姓, て私, て蓋, て見せ, て見せる, て見る, て貰, て貰いたい, て貰う, て買い足さした

▼ 一つ取っ~ (28, 0.0%)

3 て来

1 [25件] て, てある, ていない, ておく, ておまえ, てかじりました, てくれ, てせっせと, てそれ, てもし, ても千両, てクリシュナ神, て下さい, て千歯, て半分, て口, て娘, て左, て捨て, て炉, て置い, て自分, て頬張りました, て食いました, て食べ

▼ 一つあれ~ (27, 0.0%)

3 ばいい 2 ばそれで, ば事足る

1 [20件] に書き洩らした, の胸, ば, ばあと, ばだいたい, ばロンドン, ば万, ば十人, ば周囲, ば彼, ば私, ば胴体, ば自分, ば訳文, ば野原, ば間に合う, ば随分, ば高野, をやろう, を捺し

▼ 一つ見えない~ (27, 0.0%)

1 [27件] あたりの, そして漂動, で磯, ときわたしは, と偵察船, のである, のでした, また四国地, やみの, アスフアルトの, 位細かい, 地下牢みたいな, 大灘, 家は, 寂しい屋敷, 暗の, 暗黒の, 木戸を, 気味の, 水晶宮殿の, 渦の, 焼野で, 田舎道を, 空に, 空間にも, 闇夜だった, 静かな

▼ 一つ訊く~ (27, 0.0%)

53 がその 2 がこの, ことが

1 [15件] があの, がお前, がね, が一昨日, が今日, が今朝姉さん, が叔母, が夜中, が大和, が文箱, が曙井戸, が源次, が猪之吉, が谷五郎, んだ

▼ 一つ同じ~ (26, 0.0%)

10 ような 2 やうな

1 [14件] ことが, ことを, のが, ものは, パラソルが, 作者に, 原因から, 合図を, 型の, 寸法の, 形に, 様な, 櫛を, 角度において

▼ 一つ年下~ (26, 0.0%)

2 のお, の美津子さん

1 [22件] であった, であったから, であり魯迅, である, であるが, です, ですが, ですひどく, ではない, で今に, で十七, で未だ, の十三, の十九歳, の名, の妹, の妹信, の姪, の少女, の弟, の誠吉, よ

▼ 一つだけが~ (25, 0.0%)

1 [25件] いつまで, それこそ, どこにも, ぽつんと咲い, まだほうぼう, まだ寝具, よく支え, われわれ一同を, パッカリ, ビールの, 余って, 完全に, 戸が, 掛金が, 残った, 殘され, 気に入る歌, 煙が, 現実的な見透し, 用いられ他, 破格だけに, 紛失した, 絶えず道臣, 触れて, 髢を

▼ 一つ~ (25, 0.0%)

1 [25件] でもない, で大きな, にはなん, には何ん, にもある, に原因, に大きな, に聞かれた, に聞かれたら, のこと, の全て, の別, の室, の山, の影, の影響, の枝影, の水松, の理由, の言葉, の部屋, の部落, の集落, の雜談, の頁

▼ 一つ持つ~ (25, 0.0%)

5 てゐる, て來 4 て来

1 [11件] ことが, て, ては居ません, てゐた, て古い, て外, て居るだらう, て帰, て方向さ, て歸, て近く

▼ 一つ欲しい~ (25, 0.0%)

2 と思う, と思っ, 物が

1 [19件] から君先, ところだ, とも思わなかった, と云った, と思いまし, と思いません, と思い立った, と思った, と思つて, と思ひません, と思わせ, な, の, ばっかりに病人, ものが, ものじゃ, や, わ, 物を

▼ 一つ聞い~ (25, 0.0%)

3 て見, て見よう 2 てやろう

1 [17件] ていた, ていただかなく, ていただきたい, てみ, てみたい, てみたくなった, てみよう, てもらわない, てやっ, てやらう, て來, て戴きたい, て置きたい, て見たまえ, て見なけれ, て見ませう, て貰ひたい事

▼ 一つ重大~ (25, 0.0%)

9 なこと 2 な発見

1 [14件] なお, なる発明, な事, な欠陥, な注意, な注進, な点, な用件, な疑点, な言づてがありますよ, な誤謬, な贈り物, な関係, のこと

▼ 一ついい~ (24, 0.0%)

4 ことを 2 ことは

1 [18件] かあと, ことが, ご機嫌, ところが, ところを, のを, ぶんが, 事を, 医者に, 場所を, 所へ, 換ゆれ, 模型を, 残したこと, 残して, 短刀が, 考えが, 部屋が

▼ 一つだけを~ (24, 0.0%)

2 極度に, 残して

1 [20件] ここに, のべそれ, もって, 使って, 使は, 入り口として, 取って, 取りあと, 取り上げて, 忘れなければ, 搬ばう, 片付けたという, 知って, 突き止めて, 素直に, 聴けば, 見本の, 覚えるのみ, 譲れば, 選み取っ

▼ 一つなかっ~ (24, 0.0%)

164 たの 2 たもの 1 たこの, たです

▼ 一つ~ (24, 0.0%)

3 だと

1 [21件] である, であるなどを, で民間, と思はれる, と言, の修辞表現, の分化, の影, は相談, も言わず, をいはない, をつくる, を入れる, を失い, を拵える, を決め, を見つめ, を見据える, を言わず, を買う, 足らないもの

▼ 一つ~ (24, 0.0%)

2 つて, はない, はぬ, はね

1 [16件] つたこと, はれず, ひたいこと, ひたいの, ひ当てて, ひ残した事, ふことも, ふぢ, ふでなく笑顔さ, ふの, ふ積り, へない, へなかつた, へば俳句精神, へば自然, をいっ

▼ 一つ頼み~ (24, 0.0%)

21 がある 1 があります, というはねえ, まっさ

▼ 一つかも~ (23, 0.0%)

8 知れない 4 知れません 2 知れぬ 1 しれない, しれないが, しれねえ, 知れないが, 知れないけれど, 知れないぜ, 知れないので, 知れない金, 知れなかった

▼ 一つどう~ (23, 0.0%)

6 です 3 だね 2 したと, だい, だ大 1 か, したな, だそれ, だ高等下女, ですと, ですな, とか斯, 見ても

▼ 一つ蚊帳~ (23, 0.0%)

6 の中 5 のなか 3 に寝 1 に寝た, に寢, に居たい, に眠った, に這入っ, に這入つた, に這入る, へはひつ, を嫌います

▼ 一つおい~ (22, 0.0%)

6 て隣り 5 てある 3 てありました 2 てあっ, てあった 1 てあり, てき, てつぎ, て二人

▼ 一つじゃ~ (22, 0.0%)

3 ないか

1 [19件] ありませんね, い, ございませんか, ない, ないだろ, ないでしょうか, ないの, ないん, なくなるん, なア, ねいか, ねえか, よく見, 侍でも, 大変だ, 斬り結ぶわけ, 有りませんか, 無いん, 無理だ

▼ 一つそこ~ (22, 0.0%)

2 いら, へ行っ

1 [18件] から眩しい, から部屋, でうたつてごらん, で揚った, で腹, には古い, には見いだされる, に下っ, に写し取っ, に欠け, に欲しき, に死, に見え, に見えた, は花, へ落ち, へ行きませう, も水

▼ 一つについて~ (22, 0.0%)

1 [22件] あらゆる可能性, いえない, こ, この字, これから考え, ヘーゲルが, 一枚ずつ, 何とか対策, 作者は, 優れたレコード, 反駁し, 可なり心, 可能と, 吟味し, 少し話し, 心に, 研究し, 考えて, 見られるべきで飛躍, 見れば, 言って, 話を

▼ 一つ仕事~ (22, 0.0%)

2 に手, をすれ

1 [18件] がすみ, が残っ, が殖えた, が済む, して, にたずさわり, についてい, に打ちこみだす, に集つて, の片付いた, をしてやらう, をしなかつた, をしました, をはさみ込みます, をもっ, を当て, を發見, 終って

▼ 一つ~ (22, 0.0%)

2 にしない, にする, に入れ, に入れた, に出し

1 [12件] がある, が殖える, と耳, にく, にしなかった, に出さなかった, に申したら, はそこ, へ入れるで, を出さう, を開く, を開ける

▼ 一つ~ (22, 0.0%)

9 上れ 8 上って 1 上られては, 上りませぬか, 上りませんか, 上れな, 上れまア

▼ 一つ隔て~ (22, 0.0%)

3 て向う 2 ている

1 [17件] てうしろ向き, てこう, てすぐ, てそこ, てゐる, て一軒家, て兩側, て向こう, て姿, て娘達, て室生岬, て対峙, て幾つ, て本陣, て物置同然, て直ぐ, て直に

▼ 一つ~ (21, 0.0%)

2 を賑

1 [19件] があっ, がある, がほしい, でいい, でひどい, で食事, にいる, にばかり暮し, によく, にギューギュー, に塊, に寝, に居る, に床, に落ち合った, のすみっ, の中, の中央, の真中

▼ 一つ新しい~ (21, 0.0%)

3 のを 2 事実を, 動議が

1 [14件] たつきをと, ものが, フランス譯が, 世界という, 傾向として, 切り炭を, 判決例が, 提案が, 校歌を, 物理学の, 発見を, 空気でも, 興味ある, 話題で

▼ 一つ~ (21, 0.0%)

2 したの, れて

1 [17件] いて, がつい, がつく, がはいっ, が地獄, が消え, が這入っ, が音, にかざし, にただ, にぼや, に松ただ一つ, のはいった, の下, の許, は逝き, へ向っ

▼ 一つこういう~ (20, 0.0%)

3 事が 2 顔を

1 [15件] ことに, ことは, のが, のを, ものを, 主観語を, 寓話を, 段どり, 気持ちが, 物が, 考え方も, 記憶だけが, 詩が, 話が, 風な

▼ 一つだに~ (20, 0.0%)

2 ない, なきぞ, 美しき作

1 [14件] あらましかば, ありしこと, なかりき, なし, 取りつかせること, 思うよう, 昔に, 無きこと, 無き宿, 物見ぬ, 見えぬ大空, 見られぬと, 跡には, 遺らざる時

▼ 一つお前~ (19, 0.0%)

2 に向っ

1 [17件] からすっかり, が豊年さん, っ方, と踊っ, にも読ん, に聞い, に聞かせ, に言つて, に訊い, の命, の妹たち, の姿絵, の手, の金, は丁子風呂, もそれ, も頂い

▼ 一つぐらいは~ (19, 0.0%)

1 [19件] あっても, あるの, いいもの, お見限り遊ばし, かなりな, きれいな, さして, さしても, なさるかも, はいりこめるの, 傑作が, 善い事, 完全に, 持って, 潰しても, 私ねむりたい, 自分の, 読んで, 誰でも

▼ 一つとしての~ (19, 0.0%)

1 [19件] 仕掛と, 入浴等に, 品川砲台を, 在郷軍人団である, 女角力, 実験な, 感想でした, 所謂, 政治学には, 文学現象である, 日本が, 日本人の, 注目を, 演劇が, 禅の, 芸術的関心は, 趣味を, 非社会性, 音色を

▼ 一つまた~ (19, 0.0%)

3 一つと

1 [16件] ここに, ともっ, よごし鉢, 一つ, 一つそれから, 一つまたまた, 一つヤヨイ号を, 一つ二つ三つと, 一つ惜しみなく, 一つ氷上に, 三四の, 二つを, 時間的の, 暢気な, 次の, 解けた

▼ 一つ~ (19, 0.0%)

1 [19件] なりだった, なりの, なりのめくら壁, なりの彌次, なりの文学作品, なりの日本文学, なりの松林, なりの跡づけ, なりの顫, なりの食糧問題解決, になり, に中, に住ます, に流れとな, に渺々, に空, に赤, の, 過ぎゆく町の

▼ 一つ困った~ (19, 0.0%)

6 ことが 3 ことには, 事には 2 ことは, 問題が 1 事が, 事に, 事は

▼ 一つ注意~ (19, 0.0%)

3 して 2 しなくては, すべきこと, すべきは, すべき事 1 さるべきこと, すべきである, すべき事実, までに申します, をしてやろう, をせず, を喚起, を要する

▼ 一つ見え~ (19, 0.0%)

6 ていた 2 てゐた

1 [11件] そのあたり, てい, てき, てきました, て居た, て来た, ながら両人, なくって, はしない, も聞え, 初めていた

▼ 一つでなけれ~ (18, 0.0%)

10 ばならない 5 ばならぬ 1 ばいけない, ばならなかった, ばならなかつた

▼ 一つ入れ~ (18, 0.0%)

2 ておく, てよく

1 [14件] さえすれ, てあります, ていきました, てのむ, ても持ち, てやっ, てやる, てジャガ芋, て丸め, て外, て炊い, て貰はん, て達治さん, て頂きましょう

▼ 一つ問題~ (18, 0.0%)

3 となる 2 がある, にし, になる 1 があっ, があります, が始まる, が持, が起こる, なの, の核心, をぐるぐる, を柳田先生

▼ 一つ打つ~ (18, 0.0%)

2 毎に

1 [16件] ことならざしり, ことならね, ごとに, じゃなし, てあと, てやん, てよこせ, と一そう酒, と遙, なり湯気, にも細心, んだ, 内に, 真似を, 間の, 音までが

▼ 一つ見せ~ (18, 0.0%)

2 ていた, てくれ, て下さい

1 [12件] ずつん, てあげましょう, てくれない, てくれよう, てくれろ, てみ, てもらいたい, てもらおう, てやりてえ, てやる, て素直, て貰った

▼ 一つ訊きたい~ (18, 0.0%)

5 ことが 3 のは 2 が, が四日前, が翁屋 1 が三河屋, が下女, ことは, んだ

▼ 一つ~ (18, 0.0%)

6 の飯 3 のもの 2 を突 1 で三度, で煮込み, で軍鶏, に向い合っ, の御飯, の栗, を突ッ

▼ 一つ開い~ (18, 0.0%)

2 ている

1 [16件] ていった, ておりまし, てびっくり, てみ, てみたなら, てもらい, てゆく, てゐ, てゐた, て中, て危険, て居ります, て居る, て彼, て検分, て男

▼ 一つお辞儀~ (17, 0.0%)

9 をした 5 をし 1 した, する, をする

▼ 一つとしては~ (17, 0.0%)

1 [17件] あるいは次, けっしてふさわしい, づれつこありません, ましだ, サンスクリットで, 上記の, 不十分な, 例えば東北線, 国粋哲学が, 孝道を, 孤立無援で, 市電が, 無いに, 西洋お伽噺の, 逆に, 電車の, 音楽が

▼ 一つとっ~ (17, 0.0%)

3 てみ, てジョバンニたち

1 [11件] ておい, てくれない, てこの, てふっと, て口, て手早く, て投げました, て来ました, て見せる, て見れ, て貰う

▼ 一つはっきり~ (17, 0.0%)

2 と見え

1 [15件] させて, した一番, して, しないので, とこの世, と世間, と申せ, と見えた, と見出される, と頭, 分るし, 名前を, 心に, 聴取れる, 見えた

▼ 一つほか~ (17, 0.0%)

1 [17件] ないと, ないので, ない小, ない彼女, にあったら, にある, にお願い, に同じ, に理由, に謝罪, のこと, のイナゴ, の事実, の例, の縁談, の者, の見世物

▼ 一つをも~ (17, 0.0%)

1 [17件] いら, くりと, それと, なしたもの, 創りたしと, 口外させる, 大して変った, 差し押さえること, 欠こうとは, 濫り, 知って, 缺き, 見つけた, 見逃さない能力, 遮らない御, 選択せず, 遺憾なく

▼ 一つ~ (17, 0.0%)

2 以て

1 [15件] から四十年前, でもハッキリ, のお, のよう, の合の手, の日本人, までと違った, まで一年間, まで見当らなかった, も我々, も沈みいる, も記憶, 倫敦の, 自分たちが, 草を

▼ 一つ入っ~ (17, 0.0%)

6 ている 3 ていた 2 てい 1 ていない, ては桶, てみ, て居た, て居る, て見よう

▼ 一つ困る~ (17, 0.0%)

5 ことが, のは 4 ことは 2 事は 1 事には

▼ 一つ大切~ (17, 0.0%)

8 なこと 2 な事 1 なことば, なご用, なもの, な一部署, な点, な発見, にし

▼ 一つ彼女~ (17, 0.0%)

1 [17件] が庸介, が誇っ, と同じ, にとって未練, の事, の姿, の寝台, の弱い, の真上, の眼, の胸, の話, は二十一, は他人, は噛みしめる, を借り, を待っ

▼ 一つ心配~ (17, 0.0%)

4 なこと, なの 1 があつ, が出来た, して, しやしょう, だったの, なん, な事, になる, にぶつ

▼ 一つ~ (17, 0.0%)

4 の馬吉 2 の真

1 [11件] から帰っ, から新町, にのぼる, に腰, のほう, の兵営, の叉ぶり, の宮志多亭, の寄席, の寄席宮志多亭, の高橋義雄氏

▼ 一つ発見~ (17, 0.0%)

2 した

1 [15件] いたしました, がある, されずただ, されたん, されて, されなかったの, したよ, したり, したん, した水仙, して, すること, するその, をした, 出来ませぬ

▼ 一つ置き~ (17, 0.0%)

1 [17件] ちょうど, と極めて, にいろは歌, にアクセント, に一致, に並ん, に左, に張っ, に張った, に暗く, に片足, に糸, ばなしに, 一条の, 人は, 学士と共に, 忘られ

▼ 一つ覚え~ (17, 0.0%)

8 ている 2 てはいられなかった 1 ていった, ていない, てはおりません, てます, てゐた, て居ます, プレスコする

▼ 一つ試し~ (17, 0.0%)

3 てみよう, てみ給え 2 て御覧, て見る 1 てお, てみ, てみる, て見, て見よう, に嵐村次郎, に韮

▼ 一つ足りない~ (17, 0.0%)

5 ものが 3 ような 1 が, と云っ, と言, なんてもの, ので思う, のを, 事と, 北斗七星を, 気持が

▼ 一つ違い~ (17, 0.0%)

2 の十八, の義弟

1 [13件] がある, ぐらいでお, だという, です, ですね, で兄弟, のお, の兄, の十八歳, の妹, の市子, の年上, の藻

▼ 一つかけ~ (16, 0.0%)

2 てはやりません

1 [14件] てある, ていない, てくれない, てくれなく, てくれぬ, てやった, てやる, てやろう, て上げましょう, て下さいませんでした, て貰つて飯, ながらここ, ながら異常, にくいよう

▼ 一つ~ (16, 0.0%)

2 うやつ, へづつてゐる, へ動かさなかつた 1 ういふ, うして, つそく酒, と答えなけれ, へあげ, へうごかさない, へかけ, へない, へ滿足, へ食

▼ 一つたる~ (16, 0.0%)

3 ことを 2 地球も

1 [11件] を失はない, アゴウ族は, ディクサンにおいては, 中尾であった, 法成寺座を, 清水坂の, 白拍子の, 資格を, 越知家栄が, 鉾大明神部落の, 高御門

▼ 一つにて~ (16, 0.0%)

2 終わらん

1 [14件] その入口, わらはの, 一錢餘る, 出ださんと, 在りなんもし, 存らん, 悪筆なりとも, 惡筆なりとも, 我れ, 支へ, 決すること, 育だちたる, 飯も, 黒髪一筋乱さず

▼ 一つのみ~ (16, 0.0%)

1 [16件] あると, いずれか, かえった, である, であると, では, なりき, なる榾, のこして, マリヤは, 仏を, 免るる, 目に, 破りし人, 著る, 願ひ遂げ得

▼ 一つ動かす~ (16, 0.0%)

2 ことも, 事が, 事を 1 ことなし, ときは, とそれ, と干からびた, にも足りない, ほどの力, んで, 時にも, 気色さえ, 気色も

▼ 一つ叩い~ (16, 0.0%)

3

1 [13件] ていわれた, てそれ, てまわりました, てみせた, てみた, てみる, てやった, てやります, て打っ, て新, て見せた, て言った, て貰える

▼ 一つ小さな~ (16, 0.0%)

1 [16件] せきば, せきばらひ, プロペラを, 円球が, 切窓が, 嘘を, 木碗二つガラス瓶二本, 灯の, 灯影が, 硝子窓が, 穴の, 穴を, 竹笛が, 足跡すら, 隠れ家を, 鼻が

▼ 一つ最後~ (16, 0.0%)

1 [16件] と思つて, にこんな, に久能, に扮装, に揺れる, に欧弗同盟側, に申したい, に言っ, に訊きたい, に読もう, に開けた, に附け, の伝説, の手段, の方法, の最も

▼ 一つ~ (16, 0.0%)

3 あせを, の下 1 から揺り落し, がある, と呼ばれよ, に化生, のもと, の木の間, の枝, の行事, よ, を見る

▼ 一つ消え~ (16, 0.0%)

4 二つ消え 2 てゆく 1 ていく, ていっ, てし, て不思議, て仕方, て行きます, て行った, また一つ, 一つ消え, 段々消え

▼ 一つ~ (16, 0.0%)

2 てた向う

1 [14件] て, てただけ, てた奥, てた女世帶, てた日本海, てた猿屋町, てた眼, てた組屋敷, てた高台, てている, てて前方一面, てて母屋, てて静か, てを取除いた

▼ 一つ飛ん~ (16, 0.0%)

5 で来 3 で来ました 2 で来た 1 でもねえ, でも宮殿, で來, で子罕, で居る, で行こう

▼ 一つくらい~ (15, 0.0%)

2 持って

1 [13件] ありそう, あるの, でその, どうでも, どうのこうのと, なくなったって, わたしの, 別の, 懸命に, 手に, 素通りし, 結実し, 続けさせねば

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

2 ざりませぬ

1 [13件] ざりますので, んごろ鐘をめぐって, オん, 伝授申しあげましょう, 勘弁を, 同伴願いたい, 家老は, 指南番にでも, 注意までに, 英断に, 見物なすっ, 親類という, 記憶を

▼ 一つでない~ (15, 0.0%)

3 ことは 2 ということ, 二つでも 1 か, かも知れぬ, それに, と同じ, ものと, 事は, 国民の, 証拠を

▼ 一つとも~ (15, 0.0%)

4 なって 2 なった 1 いうべきだろうか, されて, つてゐる, なるべきもの, なるもの, 一つは, 申すか, 見るべきもの, 言うべきであろう

▼ 一つもっ~ (15, 0.0%)

3 ている 2 ていた 1 ていない, ていなく, ています, てます, てゆきました, てタクシー, て来, て来た, て行く, て鷺

▼ 一つ一つ手~ (15, 0.0%)

2 にとる

1 [13件] でい, でいじられ, でさぐっ, で丸め, にとって吹き消しはじめた, にとって指頭, にとつて接吻, にとりあげ, に取, に取り上げ, に取る, に納め, を繋いだ

▼ 一つ丁寧~ (15, 0.0%)

2 にお辞儀

1 [13件] にきい, にしめ, につまみ込んだ, にパラフィン紙, に拡げ, に描い, に檳榔樹, に片, に結び束ね, に見, に読み返, に調べ, に部屋

▼ 一つ取り出し~ (15, 0.0%)

2 て, てそれ, て掌面 1 てかちり, てそこ, ては眺め, て主膳, て元, て友吉, て婆, て米友, て黙っ

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

3 はせて 2 はし, はす, べない 1 はさう, はされた, はせました, はせられない, べてやれ, べ度

▼ 一つ大いに~ (15, 0.0%)

2 愉快に

1 [13件] はやらせて, ハリキレの, 仲善く, 墨流しの, 奮発し, 愉快な, 意見を, 祝賀の, 考える必要, 蘊蓄を, 責めなくちゃ, 面白かった, 頼まれようと

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

2 の方

1 [13件] が一枚襖, にはいっ, にはこの, には天照大御神様, に妙, に生き, の交際, の作者, の扉, の現実, の間, の防毒室, の髷

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

1 [15件] であるという, でないこと, としての微妙, にでき, の傍, の先, の声, の帯, の手, の服装, の死体, の職人, の話, の身許, を買い当てた

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

3 の中 2 を蹴 1 から拾っ, で寝る, におちました, に二人, に手, に枕, に臥す, へあとさき, へ入っ, を並べ

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

2 して, つた

1 [11件] さず讀み耽つた, されし, された信仰, したあと, したこと, つたきり, つてるところ, るは, る縁, る行燈, る黒い

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

3 のさ緑

1 [12件] が燃え, で煮炊き, と称する, に見え, のま, は消え, ばち, をいれ, を入れた, を点じ, を焚く, を燧つてくん

▼ 一つ無い~ (15, 0.0%)

2 のであります

1 [13件] じゃありません, と, というの, のが, のは, ものに, ように, らしい, 小部屋, 暑熱盛りの, 海面だ, 空気が, 空氣が

▼ 一つ~ (15, 0.0%)

1 [15件] がぎらっと, だけギロリ, だけ笑っ, という怪物, と言, なら全, に入りました, に残っ, に落ち, の前, の狂った, の言い伝え, をどる, を天, 眩くよう

▼ 一つ言っ~ (15, 0.0%)

2 ておく, て置きたい, て置く 1 ちゃもらえない, ておかなけれ, ておかね, てもそれ, て聞かしょう, て聞かせる, て聞かそう, て見よう, て見給え

▼ 一つ調べ~ (15, 0.0%)

3 てみた

1 [12件] ている, ておく, ておこう, てくれません, ては元通り, てみましょう, てみよう, てもらいたい, てやろう, て上げましょう, て見, て見よう

▼ 一つ越す~ (15, 0.0%)

2 ともう

1 [13件] とすでに, とそれ, とまた, と劒, と天狗, と天蓋山, と思わぬ, と竜野, と縄張違い, と路, の暇, んです, 毎に

▼ 一つ間違え~ (15, 0.0%)

1 [15件] ていつも, てヘエヅル沢, ば, ばお前, ばこの, ばすべて, ばどこ, ばどんな, ばまるで, ば伝馬町, ば御, ば新聞, ば死, ば死ぬだろう, ば空中

▼ 一つ食べ~ (15, 0.0%)

2 あなうま, て見

1 [11件] ていきましょう, てください, てしまっ, てしまふ, ては後, てみたい, てみよう, てみ給え, て下せえ, て又, 二つ食べ

▼ 一つくれ~ (14, 0.0%)

3 給へ 21 そうに, てやった, てやろう, て言った, て言葉, といった, と云った, と云ったら, や

▼ 一つ~ (14, 0.0%)

42 やない 1 かに栖鳳氏, つとして, やあつまらない, やありません, やといふ, やグロテスク, や三年目, や斬り結ぶ

▼ 一つ小さい~ (14, 0.0%)

2 のが

1 [12件] のを, ホテルが, 一歩の, 丘の, 二重, 台が, 密室が, 影の, 感想が, 煉瓦工場が, 端の, 記事が

▼ 一つ~ (14, 0.0%)

2 がひらめきはじめました, の光, を見 1 あの星ひとつがた, が書きこん, が生れ, が輝い, が青白く, のごとく見ゆる, の全盛, もまたたき出しました

▼ 一つ殘ら~ (14, 0.0%)

2 ず開けて

1 [12件] ずだよ, ずやるん, ず何, ず叩き割つて, ず叩き潰す, ず御, ず持つて, ず灯, ず當つて, ず空, ず纒め, ず讀み

▼ 一つ~ (14, 0.0%)

2 を投げ, を投げる 1 から数層, でこしらえた, と笑み, に腰, の塊, の成長, の集落, をより分け, を彫っ, を接ぐ

▼ 一つ立っ~ (14, 0.0%)

4 ている 2 てい, ていた, ていない 1 ていました, ています, て歩い, て障子

▼ 一つ~ (14, 0.0%)

2 を上

1 [12件] か, から出, から生れた, でやった, で抽斎, にいれ, に覚え, のなん, の仲間, の兄妹達三人, より出でたる, を立てさせ

▼ 一つ買う~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことが, ことの, ことは, ことも, だけは残った, てくりょ, てくれません, と店, にもまず, にも二里近く, にも値切らず, にも鳥居屋, のにも, 事には

▼ 一つ越えた~ (14, 0.0%)

1 [14件] がなあ, すぐむこう, すぐ向う, とこに, ばかりです, 伝馬町の, 北に, 向うの, 四ツ菱屋の, 村に, 海鼠塀の, 町の, 隣国では, 麦谷といふ

▼ 一つ越し~ (14, 0.0%)

1 [14件] すぐ取付, てしまった, ては川沿, て先, て十里, て急, て杉林, て柳, て武藤大将邸, て深い, て父, て青空, て響く, 豊世も

▼ 一つ~ (14, 0.0%)

11 の飯 2 のお 1 の御飯

▼ 一つだけでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] うまさ, ずいぶんひどい, そこに, もし私, やれば, 世界中の, 充分な, 兇器の, 大店の, 彼女の, 往来の, 日本史最大の, 登山の

▼ 一つづき~ (13, 0.0%)

3 のもの 1 にもう, に並ん, のこと, のレコード, の小高い, の悲しい, の方向, の深緑, の鉛色, の関係

▼ 一つもう~ (13, 0.0%)

4 一つと 1 いっぺんあの, 一つ, 一つは, 一つ何か, 一つ小さい, 一つ私, 一つ酌いで, 一遍右へ, 埃に

▼ 一つ働い~ (13, 0.0%)

3 てくれ 1 てくれない, てみ, てみる, てもらいたい, て見せる, て貰いたい, て貰いてえ, て通る, て銀之助, て頂こう

▼ 一つ先生~ (13, 0.0%)

2 のお

1 [11件] が見つけ, にお願い, に助け, に媒妁, に白黒, に聞い, の代理, の書斎, の薄茶, をやっ付け, を訪問

▼ 一つ動かさない~ (13, 0.0%)

2 松林の

1 [11件] で, でじっと, ですわっ, でその, でそれ, でそれでも, で彫像, で突っ, のである, ように, ポオル叔父さんの

▼ 一つ大きい~ (13, 0.0%)

1 [13件] のが, ので, のなら, のを, ほうを, シャンデリアが, 不満が, 声で, 実が, 家の, 本棚が, 溜息を, 顔が

▼ 一つ越え~ (13, 0.0%)

1 [13件] て, てここ, てこの, ての甲州国内, てひょっと上, てみる, てもうやがて, て一ヶ月, て嘉川, て妻, て甲斐, て行く, て關町

▼ 一つ越した~ (13, 0.0%)

1 [13件] あちらの, だけでも親たち, だけ多分, ところに, やうな, 二三軒先の, 先です, 向うには, 明神下に, 横町が, 次の, 此の, 谷間の

▼ 一つあります~ (12, 0.0%)

521 が土地, めえ, よ親分, わ, ンで

▼ 一つくら~ (12, 0.0%)

2 ゐづつ, ゐは 1 はせました, ゐあつて, ゐが, ゐに, ゐジアナリズム, ゐ減らして, ゐ積極的, ゐ積極的仕事

▼ 一つこんな~ (12, 0.0%)

2 ことが, ことも, 事が 1 ことを, のを, もの, 名幅, 工合の, 御話

▼ 一つでなく~ (12, 0.0%)

4 てはならぬ 1 ちゃならない, てもよろしい, て二つ, もう二つ, 二つに, 尊氏は, 蟄居中の, 面だましい

▼ 一つどこ~ (12, 0.0%)

1 [12件] かでお呼び, かで荷, かの小, かの海辺, かへうまい, かへなくなっ, からか彼, からともなく, か気, か近所, の兵営, までも耐え

▼ 一つならず~ (12, 0.0%)

2 二つ三つと 1 のドイツ, の教訓, の文化, も二つ, 一方をもって, 二つならず, 二つも, 様々の, 自分の, 鼠を

▼ 一つのこらず~ (12, 0.0%)

1 [12件] きれいに, この丸福商店, これこれか, まるでかき消す, 五斛納釜へ, 出して, 塗りかえたという, 憶えて, 手に, 河の, 消えて, 負けて

▼ 一つへだてた~ (12, 0.0%)

1 [12件] すぐ向う, だけで, だけで中央郵便局, フランスの, 中学校の, 中西屋の, 北伊賀町の, 向ひ, 向側の, 淡路国の, 男湯から, 食堂の

▼ 一つよく~ (12, 0.0%)

1 [12件] わかって, 似た現象, 整理し, 気を, 眺めたら旅, 考えて, 考えなおして, 考へて, 見るため, 見届けて, 覚えて, 調べて

▼ 一つ一つ丁寧~ (12, 0.0%)

1 [12件] にきい, にしめ, につまみ込んだ, にパラフィン紙, に拡げ, に描い, に檳榔樹, に結び束ね, に見, に読み返, に調べ, に部屋

▼ 一つ下げ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ていた, ていない, てわり込ん, てボーイ, て家, て戻, て立っ, て通過, て降りた, ながら帽子, 落着か, 藍子は

▼ 一つ不足~ (12, 0.0%)

1 [12件] して, しても, してるもの, すること, です, というもの, なき貴, なの, なもの, のない, のもの, はし

▼ 一つ~ (12, 0.0%)

1 [12件] から落, から落散つた小判, がから, にさしはさん, にともした, に平, に浸みこませない, のお客さん, の梁, へはいっ, を調べ, を開け

▼ 一つ借り~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出来た, これから働い, ておどおど, てかくれ, てくれ給え, てそこ, てそれ, て來, て来, て見なくつ, 姉の, 度い

▼ 一つ出来た~ (12, 0.0%)

2 訳だ 1 からすぐ, ぞ, だけだった, といっ, のであります, のです, のを, わけだ, 事は, 今度は

▼ 一つ大事~ (12, 0.0%)

5 なこと 1 なパーウェル・イワーノヴィッチ, な役目, な情愛, な条件, な目的, な話, の目的

▼ 一つ奮発~ (12, 0.0%)

10 して 1 さつし, しようと

▼ 一つ強く~ (12, 0.0%)

1 [12件] たたいて, ひっぱって, やって, パチリと, 叩いて, 引き締めること, 振った, 突こうと, 胸を, 踏んだ, 響き渡って, 頼む

▼ 一つ忘れ~ (12, 0.0%)

6 ていた 3 てならない 1 てならぬ, てならん, てゐる

▼ 一つ打っ~ (12, 0.0%)

1 [12件] て, てあるで, ていただきやしょう, てき, てご, てござんす, てすまし返りました, てその, てひっくりかえり, てやろう, て上げよう, て御覧

▼ 一つ拾っ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ていた, ていました, てき, てくれた, てそれ, てなつかし, て下さい, て噛, て懐, て手, て水中, て載せ

▼ 一つ描い~ (12, 0.0%)

2 てある 1 てあった, てお貰い, て下さい, て下さいません, て戴け, て置い, て見た, て見ましょう, て見ろ, て頂けますまい

▼ 一つ点い~ (12, 0.0%)

4 ている 3 てゐる 1 ていた, ていなかった, てなんとなく, てゐ, てゐた

▼ 一つ話し~ (12, 0.0%)

1 [12件] それから辞し, ておくれ, てくれない, てみましょう, てみませう, てみる, てやる, て御覧, て置きたい, て聞かせ, て聞かせよう, て見ましょう

▼ 一つ間違~ (12, 0.0%)

1 [12件] つたら相手, ひなく仕組んだに, ひは, ふと大, ふと天下, ふと日本, ふと誠に面倒, へば下手人, へば伊之助親方, へば命, へば御, へば殿樣

▼ 一つ離れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] ていった, ている, てね夏, てぽつんと, てゐ, て三階, て向う, て大きい, て居る, て建っ, て滑り落ち, て立っ

▼ 一つ~ (12, 0.0%)

4 がし 2 がした 1 いろの, が加わった, が粘り強い, である, をたてた, を何度

▼ 一ついかが~ (11, 0.0%)

6 でございます 3 です 1 で, でございます茶飯

▼ 一つお話し~ (11, 0.0%)

3 すること 1 いたして, いたしますが, して, しますからね, する, をし, 申しましょうか, 致しましょう

▼ 一つかかっ~ (11, 0.0%)

4 ている 1 てありまし, てある, てい, ていた, ていない, ていなかった, てきた

▼ 一つころがっ~ (11, 0.0%)

5 ていた 4 ている 1 ています, てこよう

▼ 一つせぬ~ (11, 0.0%)

3 位お袋は, 静けさである 2 山の上水の, 靜けさである 1 手練の

▼ 一つだけの~ (11, 0.0%)

2 意味を 1 お願いと, こととは, ものだ, ものとして, ブランコでは, 事でなく, 出入り口からは, 因子が, 愉しみ

▼ 一つなら~ (11, 0.0%)

1 [11件] ばこの, ばま, ば創作, べの状態, べ立てた, まだしもだ, バターを, 一分間で, 丹生系に, 大明を, 熱海の

▼ 一つにさえ~ (11, 0.0%)

2 考えて 1 その歴史, なるかも, 充分現われ, 影を, 数えて, 昔の, 燃えて, 神経を, 議論まちまちな

▼ 一つまたは~ (11, 0.0%)

1 [11件] それ以上によって, それ以上の, ベーコン二片と, 二つが, 二つを, 全部は, 多くにおいて, 多くの, 数個の, 数箇または, 眼に

▼ 一つ作っ~ (11, 0.0%)

2 てくれ 1 ておき, てくれません, ても真心, てやらう, てやろう, てわが国, て売出すか, て置く, て見た

▼ 一つ分け~ (11, 0.0%)

2 てやりました 1 ていただい, てもらっ, てやっ, てやる, てやろう, て上げます, て申します, て貰, やうと

▼ 一つ古い~ (11, 0.0%)

2 刀箪笥が 1 かも知れない, ということ, ものが, ものの, フィルマグを, 名を, 形であった, 祝詞が, 解釈が

▼ 一つ困つた~ (11, 0.0%)

3 ことは, 問題が 2 ことには 1 ことが, ことに, 事は

▼ 一つ宿~ (11, 0.0%)

2 に滞在 1 におい, におりまし, に寝泊り, に泊まっ, に泊まり合せ, へ泊っ, へ泊り合わせた, をし, を出た

▼ 一つ座敷~ (11, 0.0%)

2 にいる, も同じ 1 で後口, で盃, に吊った, に芥川龍之介, の年下, の広い, の広助

▼ 一つ浮い~ (11, 0.0%)

2 て出た 1 ちゃいない, ていた, ていない, ている, てき, てもすぐ, てゐた, てゐる, て来た

▼ 一つ確か~ (11, 0.0%)

4 なこと 1 なの, なもの, な手掛り, な真理, にある, に覚え, りやって

▼ 一つ空い~ (11, 0.0%)

5 ている 1 てい, ていた, ていたら, てゐ, てゐない, てゐる

▼ 一つ聞きたい~ (11, 0.0%)

7 ことが 1 ねおまえ, のだ, ものだ, んです

▼ 一つ見える~ (11, 0.0%)

2 ばかりで, 一つ灯に 1 ことに, ぞ, だけであった, ね, ので, 人の, 小座敷に

▼ 一つ説明~ (11, 0.0%)

6 して 1 してなかった, しながら, すること, 出来ないでは, 致そう

▼ 一つ読ん~ (11, 0.0%)

2 でいた, ではじっと 1 だりし, でいただく, でみ, でやろう, で直ぐ, で行く, で見る

▼ 一つ貸し~ (11, 0.0%)

3 て下さい 2 てくれ 1 ていい, ていただきたい, ておく, てくれない, てもらう, て頂戴

▼ 一つ重要~ (11, 0.0%)

3 なこと 1 なの, なもの, なる問題, な傾向, な先手, な差別, な点, な見物場處

▼ 一つうんと~ (10, 0.0%)

1 おもしろいこと, お礼を, とっちめて, 力を, 勉強し, 承知を, 文句を, 殴りとばして, 美人を, 調子を

▼ 一つしなかった~ (10, 0.0%)

1 がやがて, が二人, ということ, と云う, のだ, ばかりか中国, ものは, ようです, 自分の, 隣室で

▼ 一つしよう~ (10, 0.0%)

3 としない, ともしない 1 とさえしない, としなかった, ともしなかった, ものなら

▼ 一つだけで~ (10, 0.0%)

1 他に, 仙子氏の, 何にも, 充分に, 出て, 十分な, 弥生町門外の, 数十金は, 結婚生活に, 鳴りつづけて

▼ 一つといふ~ (10, 0.0%)

1 ことに, ことは, のであります, のは, やうな, 事にな, 剰余なし, 大難場, 金銀細工の, 風に

▼ 一つとは~ (10, 0.0%)

1 いへ, どうして考え出した, ないと, なりけり, なれり, また別, 全くここ, 察せられたが, 知られませぬか, 限らない

▼ 一つによって~ (10, 0.0%)

1 あのよう, その心, どうにでも, どのよう, わたくしは, 代表されるべく置かれ, 司教の, 命助ける, 或は散文, 電波操縦で

▼ 一つまで~ (10, 0.0%)

1 ことごとく拾った, はっきりと, よく覚え込ん, 勘定する, 叩き割られ城内一面大根畑, 素早く春, 綿密に, 聴きとる装置, 視線を, 違ふしお

▼ 一つやる~ (10, 0.0%)

1 かいお, かな, かなどと笑った, から聞い, ぞ, とかコン吉, と堪能, よ, 仕事が, 間に

▼ 一つわからない~ (10, 0.0%)

3 ことが 2 のは 1 ことは, のが, ものが, 事が, 機械が

▼ 一つわたし~ (10, 0.0%)

1 が手段方法, とし, にとって忘れる, に強い, に考え, のまずい, の注意, の洋室, の研究, の頼み

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

2 はし, はぬ 1 はせて, ひこめて, ひたいこと, ひます, ふ, やしない

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

2 の目 1 に彫, に話し, のため, の住家, の愛情, の気, は時々, を莫迦

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

4 をする 3 をし, をした

▼ 一つ場所~ (10, 0.0%)

2 に集合 1 から他, であると, ではせいぜい, にうずくまっ, に一週間, に三十分, に決め, に漂っ

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

6 なこと 1 な事件, な父親, な癖, な箱

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

3 をした 2 を吐いた 1 ごん, をし, をつく, を入れた, を呑

▼ 一つ悪い~ (10, 0.0%)

2 事が 1 くせが, くせを, ことが, ことを, ところが, のは, 事には, 事は

▼ 一つ拵え~ (10, 0.0%)

2 て頂きたい 1 てお, てくれろ, てくん, てはくれず, てもらおう, て其処, て呉れ, て御覧

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

2 の先 1 でさし, でふさい, にはめ, の尖, の跡一つ, を触れた, を鳴らす, 差して

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

1 に添, に発見, らしい事件, らしい外套, らしい考える気持, らしく発見, ダイヤが, 時代的の, 機軸を, 麹町の

▼ 一つ書き~ (10, 0.0%)

1 かけたの, かけて, が殘つて, たき事, にくく電話一つ, に絵, のこされ, もらせないの, 添うべき大事, 終って

▼ 一つ椅子~ (10, 0.0%)

2 が一つ, が二つ 1 が三四脚, が二三脚, と小, にかたまっ, に腰, を仕上げる

▼ 一つ残し~ (10, 0.0%)

1 てあたり, てあと, ておきたいらしく見えました, てくんし, てはいません, て庄十郎, て往, て置い, て行かなかった, て行った

▼ 一つ残った~ (10, 0.0%)

1 のが, 坤竜丸が, 手だてとしては, 最後の, 木之, 木小屋を, 灯を, 燭台の, 茶わんが, 記念だ

▼ 一つ無く~ (10, 0.0%)

2 なつて, 春風に, 東向の 1 しても, とも飽和, 窓の, 義弟の

▼ 一つ皆さん~ (10, 0.0%)

1 で御, にお話し, にこの, にその, に訊い, のお, のはつ, の御, の西洋流, へ申し上げ

▼ 一つ置かれ~ (10, 0.0%)

2 てある, ていた, ていました 1 てあった, ていない, ている, て居る

▼ 一つ行っ~ (10, 0.0%)

1 てためし, てみましょう, てやれ, てよく, て御覧, て見, て見たい, て見ましょう, て見よう, て見る

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

1 からでも眼, か他, がこれ, には三つベル, にもつけた, にもわかる, にも気づかれぬ, の考え, もおらぬ, も試み

▼ 一つ越せ~ (10, 0.0%)

1 ばいい, ば二驛め, ば可, ば木曾, ば武州, ば淨心寺, ば直ぐ, ば見える, ば軽井沢, ば雪

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

2 にのっ 1 で上野, で役所, で高森, に寝起き, の中, の横, の腰掛, へ乗せよう

▼ 一つ進ん~ (10, 0.0%)

1 でいった, で云え, で人, で其時分, で十億弗, で御, で更に, で罵倒, で行く, で言

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

4 ひの 1 ですよ, で健三, ひでしたが, ふだけ, ふ丈, ふ点

▼ 一つ違った~ (10, 0.0%)

1 ところが, ところは, トリックを, 例を, 刺戟を, 意味を, 方向に, 方面から, 煙の, 観察を

▼ 一つ~ (10, 0.0%)

1 が出た, でもなぐられたら, でも洗, の左半面, の色, ばかり見, をあらっ, をだす, を出し, を立て

▼ 一つ飲ん~ (10, 0.0%)

1 でくださんせ, でみたく, でもう, で下さい, で置け, で羽織, で落着, で行く, で行け, で行っ

▼ 一つあい~ (9, 0.0%)

3 ている 2 てました 1 てある, ていた, てゐ, て居た

▼ 一つおかしい~ (9, 0.0%)

3 のは 2 ことが, ことは 1 と思う, 話が

▼ 一つおれ~ (9, 0.0%)

1 から頼ん, がうなっ, が代っ, でなくっちゃ, につき合う, の性欲, の鉄腕, も試み, をこの

▼ 一つお尋ね~ (9, 0.0%)

1 いたしますが, したいこと, したい事, して, しますが, しますがね, 申すが, 致します, 致す

▼ 一つお話~ (9, 0.0%)

2 して 1 したいと, しましょうかね, しましょうすこし, しますわ, するを, でも承はらう, をきかせ

▼ 一つくらいは~ (9, 0.0%)

1 しますからね, ぺしゃんこに, 午後に, 少しは, 差し上げても, 必ずある, 描けたり, 洩らして, 義務にも

▼ 一つこちら~ (9, 0.0%)

2 へ支店 1 からのお願い, からタンゲイ, で一つ飛びこんでくるぐらゐのもので, で暇つぶし, には, にも茅屋, の窓下

▼ 一つだろう~ (9, 0.0%)

1 か, しまた, じゃねえ, ということ, という噂, と女たち, と思われる, と考え, な

▼ 一つわし~ (9, 0.0%)

1 がそれ, がメントル・テスト, が心配, にも説明, の問い, の女房, の志, は君, は訊きたい

▼ 一つ二つ三つ~ (9, 0.0%)

1 かぞえて, と, とボール, と三ヶ所, と口, と自分, の赤いまるい, までつまん, 見廻せば

▼ 一つ以前~ (9, 0.0%)

2 の状態 1 からの持ち越し, と違っ, には力, の, の世相, の素朴, を想像

▼ 一つ余計~ (9, 0.0%)

1 だった, なこと, につけ加える, に女, に巻きつけた, に年, に打たれる, に打つ, に附く

▼ 一つ出来る~ (9, 0.0%)

2 だけでございます 1 だけ尽力, だけ自給自足, といふ, 冗じゃ, 当はねえ, 所を, 馬じゃ

▼ 一つ厄介~ (9, 0.0%)

2 なこと, なの 1 な仕事, な破目, な重荷, な頼み, になろう

▼ 一つ拝見~ (9, 0.0%)

2 致しましょう 1 いたしたいもの, させて, しましょうか, しませう, しやしょう, するか, せず

▼ 一つ教え~ (9, 0.0%)

3 てやろう 1 ていただきたい, ていただく, ておい, て上げましょう, て下さいまし, て貰いたい

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

3 に離れ浮く 2 の雲 1 から咲き分, くらべを, といいます, に

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

2 たはり 1 から照, ずっぽう, たおしに, だおれ, にころげた, の鍵, へ出す

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

1 に近い, の予備門, の学士会館, の方, の東京高等女学校, の青山二郎, へ通う, を出よう, を向う

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

1 でも遣っ, のタワシ, の人, の傘, の老人, の観光協会, の首, は作者名, へ呼ん

▼ 一つ残さず~ (9, 0.0%)

1 に, にこそこそ, に死んだ, に花, に首, コトリと, 絶対永久の, 肯定し, 自分が

▼ 一つ殖えた~ (9, 0.0%)

2 ことに 1 おかげで, のであった, のを, わ, わけだ, わけです, 事に

▼ 一つ流れ~ (9, 0.0%)

1 から只, ついて, ていた, てき, て来ます, て気, て消える, となっ, の民族

▼ 一つ火鉢~ (9, 0.0%)

2 が一つ, に手 1 にあたり, にさし, のまわり, の両側, をかこむ

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

2 に投 1 に, にあらわれ, に光, に声, に帰らん, に星, を飛ん

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

2 があった 1 が狭く, に向っ, の中, の戸, の明, は下, へ顔

▼ 一つ立てず~ (9, 0.0%)

1 とろりと, に八九時間, に唇, に声, に庭, に忍び寄っ, に棺, に薄, 手足を

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

2 に包ん, 入一つ 1 で包ん, で拭う, にひねっ, に包んだ, へ計算

▼ 一つ考へ~ (9, 0.0%)

2 て見る 1 ていた, てみ, てみる, て御覧, て見, て見よう, て見るべき

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

2 ばかりの燕子花 1 が十二三枚, と葉, の一つ, の端, も枝, も殘つて, や花

▼ 一つ訊き~ (9, 0.0%)

3 度い 2 度いが 1 度いがお前さんの, 度いが主人は, 度いが昨夜兩國橋へ, 度いが殺された

▼ 一つ記憶~ (9, 0.0%)

4 に残っ 1 が奏, して, すべき事, せられる言葉, にのこっ

▼ 一つ買つて~ (9, 0.0%)

2 来て 1 かへりました, もい, も五十銭, やらうか, 呉れいと, 大きな煙草入, 遣らうと

▼ 一つ質問~ (9, 0.0%)

2 がある 1 したいこと, し度, する, をしたい, を思いついた, を注意, を許し

▼ 一つ転がっ~ (9, 0.0%)

4 ていた, ている 1 ています

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

1 がある, だよ, に帰し, に成る, も白く, をさえぎる, を歩い, を歩ん, を聞いた

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

3 をし 1 いで, いでみて, いでやって, いで欲しい, こう, して

▼ 一つ非常~ (9, 0.0%)

1 な特質, な難点, な高い, に不審, に僕, に印象, に困つ, に困つた, に滑稽

▼ 一つ頼みたい~ (9, 0.0%)

5 ことが 2 事が 1 がな, ね

▼ 一つ~ (9, 0.0%)

1 でもあり, ねっこに, の附根, を据え, を捻り考える, を捻れ, を揮った, を横, を竪

▼ 一つおじぎ~ (8, 0.0%)

4 をし 2 をした 1 をしました, をする

▼ 一つおまけ~ (8, 0.0%)

31 がつい, なすって, にぶっ, に是, に詩集用

▼ 一つすら~ (8, 0.0%)

1 して, 他人に, 動かなかった, 獲ぬほを, 素直に, 著いて, 読めなん, 養い得ぬ宿世

▼ 一つたたい~ (8, 0.0%)

21 て出, て恐縮, て文次, て歩き出した, て苦笑い, て見せる

▼ 一つであります~ (8, 0.0%)

1 からちょっと, から安死術, がこれ, が悪魔, が文学作品, が漢訳, ことが, ぞ

▼ 一つでございます~ (8, 0.0%)

1 からね, が一番私, が私, が頭, けれども遺し, し今日, の, のにそれ

▼ 一つでしょう~ (8, 0.0%)

321 ねえ, ピョンピョンはねろ, 本郷の

▼ 一つとを~ (8, 0.0%)

1 だして, グルリと, 入れるだけの, 持って, 混ぜて, 発見し, 置くだけの, 置換し

▼ 一つどうしても~ (8, 0.0%)

1 不思議な, 今後こちらの, 宗教に, 定太郎に, 智慧袋を, 理解の, 私には, 考えつかないこと

▼ 一つなれ~ (8, 0.0%)

1 かも三河なる, ども更科, ば, ばまた, ば四人, ば我が, ば茅屋, やリング

▼ 一つにまで~ (8, 0.0%)

1 なって, ならねば, なるという, なろう一つ, 愛惜を, 折しも西山, 江戸人の, 行かなければ

▼ 一つふえた~ (8, 0.0%)

1 がやっぱり, そしてだんだん, だけで, ということ, のである, もんだ, ように, わけです

▼ 一つぺん~ (8, 0.0%)

2 だつて仕事, に爆発 1 に二階, に周囲, に気絶, に階段

▼ 一つほしい~ (8, 0.0%)

1 というた, とねだったら, と思う, と思っ, と思つて, と考, わ, んです

▼ 一つぽつり~ (8, 0.0%)

1 と咲き残っ, と建っ, と柱, と灯, と灰白色, と立ってる, と立つ, と黒い

▼ 一つやつ~ (8, 0.0%)

1 た, たこと, てみない, てみる, て下さい, て見, て見たい, て見る

▼ 一つテーブル~ (8, 0.0%)

3 の上 2 をかこん 1 に向いあっ, のあちら, へ寄っ

▼ 一つ今度~ (8, 0.0%)

2 はまだ 1 こそ思い切っ, といふ今度, の事件, はアイヌ語研究, は触る, は飛騨

▼ 一つ伺いたい~ (8, 0.0%)

2 ことが 1 ことは, な, のです, のは, もんです, 言葉が

▼ 一つ伺ひます~ (8, 0.0%)

2 が御 1 がお, が下女, が十, が旦那, が此三軒長屋, が高木樣

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

1 が口説いたら, と一緒, にも善根, の配下, はあの, もまね, もやっ, れが

▼ 一つ出す~ (8, 0.0%)

1 から見, にしろ, にも彼, のは, ものだに, ものも, ように, 方が

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 になっ 1 が欲しい, の源, をいれ, を入れた, を入れる, を貸し

▼ 一つ叩く~ (8, 0.0%)

2 者が 1 と, と一同, と忽ち, と肩, と表, にも只

▼ 一つ咳払い~ (8, 0.0%)

4 をし 2 をした 1 して, をやらかし

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

1 から飛び出した, には軍刀, によせ, に真赤, のところ, の中, の前, の高い

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

1 つたところ, なこと, なの, な気持, な物, な物音, に思った, へようと

▼ 一つ変えず~ (8, 0.0%)

1 そんなこと, にこりとも, にさっさと, に兇行, に大きく, に言った, に鼻, 今さら驚く

▼ 一つ屋敷~ (8, 0.0%)

2 の者 1 で朝, にいる, に居りました, に睨み合っ, のうち, の侍

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 で別々 1 で分店, に奉公, のストーブ, の内部, の金, を出し

▼ 一つ必要~ (8, 0.0%)

2 だった, なこと 1 であつ, な条件, になっ, になる

▼ 一つ感心~ (8, 0.0%)

3 なの 2 したところ, すること 1 したの

▼ 一つ摘ん~ (8, 0.0%)

1 で, では, で嗅げ, で見た, で食べた, で食べる, で香り, で齒

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

1 が非, とやや, に向, の前座, は, はやや, は同じ, まで注意

▼ 一つ書く~ (8, 0.0%)

1 ことに, ことの, ごとに, のが, ほうが, んだ, 気力も, 氣が

▼ 一つ条件~ (8, 0.0%)

4 がある 1 をだした, を出された, を出しましょう, を持出し

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 てゐた 1 ています, てくれ, てやっ, てラサ府, て二つぢ, て瞼

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 におく, の下 1 にい, にお住い, に住ん, に来

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 か発句 1 でも聞かせ, はう, ふど, へさ, を作つて道子, を歌っ

▼ 一つ残された~ (8, 0.0%)

1 その道, ものが, ハンモックを, 休息所の, 問題が, 慰安です, 義務を, 難問題が

▼ 一つ残つて~ (8, 0.0%)

2 ゐる, ゐるばかり 1 ゐたが, ゐたの, ゐる話題, 居なかつた

▼ 一つ残念~ (8, 0.0%)

5 なこと 1 だったの, ながら御行先, なの

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 の面 1 について流れ去る, に晒され, に近く晃ら, の中, の景色, を堰い

▼ 一つ深く~ (8, 0.0%)

1 うなずいた, なったよう, なれないの, 心に, 心の, 感じたこと, 感銘した, 鼻息を

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

1 った人情味, った例, った場合, った心持, った性質, った病気, なこと, 樣な

▼ 一つ白い~ (8, 0.0%)

1 ものが, ダマスク絹の, 口を, 峰が, 布の, 手ぶくろを, 石膏の, 絹らしい

▼ 一つ立たない~ (8, 0.0%)

2 池に, 池の 1 で阿漕ヶ浦, まっ青な, 日は, 静かな

▼ 一つ紹介~ (8, 0.0%)

2 しよう, する 1 して, するであろう, をしよう, を書い

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 の中 1 で鞍, にのっ, に乗せ, に乗っ, へ来, を押せ

▼ 一つ落し~ (8, 0.0%)

1 あり, ている, てはありません, てやろう, てゐる, て来, て続ける, 込んだ

▼ 一つ見つけ~ (8, 0.0%)

1 さへ, ていくら, てくれた, てはかの, ても大きな, て來, て力一杯, 二つ見つけする

▼ 一つ言葉~ (8, 0.0%)

1 からの分化, が心, をささやきこむ, を思い出しました, を換え, を真顔, を補わなけれ, を選ん

▼ 一つ造る~ (8, 0.0%)

1 と思え, などということ, なんて約束, にも漆, のだ, のに, のに日數二千八百四十五日, 信濃と

▼ 一つ違う~ (8, 0.0%)

2 だけで 1 が幸福, ことは, ても真に, ところの, に相違, んで困った

▼ 一つ頼ん~ (8, 0.0%)

1 でおくん, できた, でくれ, でくれません, でみ, で置き, で置きたい, で見

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 ひ足りない 1 えッて, つた為, つて, はせるより, ふもの, りなさい

▼ 一つ驚いた~ (8, 0.0%)

3 ことに 2 ことは 1 ことには, のは, 事を

▼ 一つ~ (8, 0.0%)

2 を折っ 1 をおっ, を折っとい, を折つて, を折つて貰, を折らう, を折る

▼ 一つ黒い~ (8, 0.0%)

1 ものが, 影が, 汚点の, 炭を, 点が, 点の, 石が, 陰を

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

2 つて室毎に 1 たまを, つて別れ, つて話に, つと言, 死人の

▼ 一ついや~ (7, 0.0%)

2 なこと 1 さ二つ, な事, 二つ足りない, 日本全国を, 肋骨の

▼ 一つうち~ (7, 0.0%)

1 の者, の雑誌, へ來, へ来, 次にぼう, 止めて, 直させても

▼ 一つうまく~ (7, 0.0%)

2 やって 1 やつて, やろうじゃ, ゆかないこと, 着が, 行きそう

▼ 一つおき~ (7, 0.0%)

2 の監房 1 かせいたしましょう, に並び, に布, に散らし, に読ん

▼ 一つお前さん~ (7, 0.0%)

2 に頼み 1 に仕方噺, に相談, に見せたい, の占, の占い

▼ 一つこいつ~ (7, 0.0%)

2 は大事 1 が酷い, の方, は雇人, を喧嘩, を見きわめないで

▼ 一つぜひ~ (7, 0.0%)

1 みたいもの, 御辺, 忘れては, 検定を, 見せて, 見たいと, 見たいもん

▼ 一つそして~ (7, 0.0%)

1 あとの, その家, 中には, 他の, 労働が, 句二つ, 挿して

▼ 一つちょっと~ (7, 0.0%)

1 困ったこと, 変だ, 調和を, 通りへ, 開けは, 面白い方法, 面白い話

▼ 一つぱし~ (7, 0.0%)

1 の事務家気取り, の労働者, の大, の専門家, の教祖姿, の英国通, の財産

▼ 一つふえ~ (7, 0.0%)

2 ていた 1 ている, て八十八, て八十八類, て行く, やがった

▼ 一つへと~ (7, 0.0%)

1 だんだんかの, 上って, 書きまわろうとも, 白い影, 語って, 進んで, 高まらなければ

▼ 一つぽつんと~ (7, 0.0%)

2 置いて 1 あたりの, ただよって, 立って, 立つて, 置かれて

▼ 一つもらっ~ (7, 0.0%)

2 て桃太郎 1 てあと, てかえった, てたべた, て道, て頭

▼ 一つ一つ自分~ (7, 0.0%)

1 だけの考え, で実行, で積みあげ, で運ばなく, で闘い取らね, の睫, の身

▼ 一つ以上~ (7, 0.0%)

1 あって, あること, あるとは, の, の世帯, の対象, の邦人経営

▼ 一つ何とか~ (7, 0.0%)

4 して 2 工夫しましょう 1 やつて

▼ 一つ作る~ (7, 0.0%)

3 ことが 1 ことで, ことを, ために, となる

▼ 一つ出来~ (7, 0.0%)

1 せし由, ていた, ていなかった, ていました, てしまった, てはいません, はしない

▼ 一つ出来ず~ (7, 0.0%)

1 にいた, に威張った, 只黒光り, 唾液一つ呑み込み得ない, 愛の, 涙さえ, 自分の

▼ 一つ動かない~ (7, 0.0%)

1 からね, で隱居, やうな, 不思議に, 森林を, 深海の, 閑寂そのものの

▼ 一つ取出し~ (7, 0.0%)

1 てそれ, ては捨て, ては溝, て小, て強い, て見る, て言う

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 ふで妙チキリン, ふで熾つて, ふで長屋, ふには, ふの, へ渡る, 岸に

▼ 一つ向こう~ (7, 0.0%)

3 の山 1 の六畳, の席, の通り, へ越した

▼ 一つ増えた~ (7, 0.0%)

1 が, ことを, ってわけ, のである, のを, わけじゃ, わけね

▼ 一つ変っ~ (7, 0.0%)

5 ている 1 てい, て隣

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 から撫で廻し, ずせませんか, に何, に何やら, の原因, の友人, の言葉

▼ 一つ多い~ (7, 0.0%)

1 ね, のであります, 三十二綴音から, 上に, 甲虫とか, 積極的自由である, 餅を

▼ 一つ奇妙~ (7, 0.0%)

3 なこと 1 なもの, な事, な事実, に感じた

▼ 一つ小説~ (7, 0.0%)

1 が書けたら, でも書い, というもの, のつもり, の好き, を書い, を書き上げた

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 が加わった, が若い, の下, をかくして, をとる, を取つた, を越す

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 があっ, があつ, には充実, の泥, の真相, まで聞きたかった, をわる

▼ 一つ廊下~ (7, 0.0%)

2 に通ずる 1 に向っ, の行き止り, をまがっ, を照らし, を通った

▼ 一つ弾い~ (7, 0.0%)

2 てごらん, て頂戴 1 てあげ, てから, てもらおう

▼ 一つ彼方~ (7, 0.0%)

1 に伯母さん, に白, の天井下, の如意ヶ岳, へといった体, へ越します, までも伝わらなかった

▼ 一つ思い切っ~ (7, 0.0%)

1 てもっと, てやり, て君, て本, て決行, て置き, て閑静

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

2 があった 1 があり, がアンナ, に機械的装置, を叩い, を抽

▼ 一つ投げ~ (7, 0.0%)

2 てくれる 1 てはまた, てやった, てやつ, てわたりし, て直後

▼ 一つ挙げ~ (7, 0.0%)

2 て置きたい 1 ている, てののしり, て置くべき, て見る, て説明

▼ 一つ曲る~ (7, 0.0%)

2 と突然 1 とかすか, とそこ, と次, と私達, 毎に

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

2 は漢文 1 の再, をよん, を買おう, 當で, 當の

▼ 一つ東京~ (7, 0.0%)

1 で, でこれ, で開い, にもちたく思ひます, に帰ったら, の住所, へ出

▼ 一つ欠け~ (7, 0.0%)

2 ている 1 ても他, ても忽ち, ても成功, ても縁, てゐる

▼ 一つ深い~ (7, 0.0%)

1 ところの, 味だ, 太息を, 心理的な, 所へ, 溜息を, 絵の

▼ 一つ溜息~ (7, 0.0%)

2 をし, をした 1 をする, をつい, を吐く

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

2 の遺物 1 に談判, の命, の子, の求むる, の身代り

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

3 上げて 2 上げること 1 上げましょうお, 上げます

▼ 一つ申し~ (7, 0.0%)

2 て置きます 1 ておきます, て本題, て置きたい, て置く, 添へ

▼ 一つ相談~ (7, 0.0%)

3 がある 1 だが, に乘, をし, をしよう

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

2 に破れ鍋 1 であるよりも, とやらに前, と糞壺, にし, の飯

▼ 一つ立てない~ (7, 0.0%)

2 のは 1 でいる, で街燈, ように, 事に, 無氣味

▼ 一つ美しい~ (7, 0.0%)

2 のは 1 お駒, ものを, モヨ子, 思い出を, 扉が

▼ 一つ聞え~ (7, 0.0%)

2 て来なかった, て来なかつた 1 て來, て来ない, て来ぬ

▼ 一つ聞かし~ (7, 0.0%)

2 て頂きたい 1 てあげる, てやる, てやろう, て上げよう, て下せえ

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 でしゃくり上げ, へ当った, をたたかれ, をゆす, をゆすり上げた, を揉ん, を揺り上げ

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 にこたえた, につけ, に応, に思ひあたる, に抱い, に持っ, に有っ

▼ 一つ蒲団~ (7, 0.0%)

2 にくるまっ 1 と机, に何時, に抱き合っ, のなか, の中

▼ 一つ見つけた~ (7, 0.0%)

1 ことだ, さつ, のでありました, ばかりであった, ものが, 折の, 日は

▼ 一つ覗い~ (7, 0.0%)

1 てい, ては驚異, てみたい, て廻つた, て臆病そう, て行っ, て見ませう

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

3 を曲る 1 をまがっ, を曲っ, を曲った, 折れたるが

▼ 一つ言わず~ (7, 0.0%)

1 いやな, にこの, にじき, 再び渾身, 梶棒の, 腫物にでも, 袖に

▼ 一つ諸君~ (7, 0.0%)

1 にお, にお尋ね, に見せる, のほし, の志願, をアッ, 連れて

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

4 なこと 1 だと, つたこと, な癖

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

1 が一つ, でぎゅうっと, と称し, なしに, をあげ, を試し, を踏み鳴らした

▼ 一つ~ (7, 0.0%)

2 ってい, っていた 1 がつて, って居坐り, ると

▼ 一つ軽く~ (7, 0.0%)

1 たたいて, ふわりと, 叩いて, 圧え, 擲られ, 背を, 踏みやがてすっかり

▼ 一つ遠く~ (7, 0.0%)

2 の店 1 にあった, に見えず, に見えた, へ出, へ吹き送る

▼ 一つ遣っ~ (7, 0.0%)

3 てみ給え 1 てくんねえ, てみたい, てみよう, て来やしない

▼ 一つ長屋~ (7, 0.0%)

1 に住ん, に居, に居た, のお, の佐治兵衛殿, の内, の者

▼ 一つ間違う~ (7, 0.0%)

1 と兇暴, と向こう, と大変, と日本, と気違い, と物笑い, と訴訟

▼ 一つ頂戴~ (7, 0.0%)

1 いたしたい, して, しましょう, しようじゃ, する, な, 致しましょうと

▼ 一つあけ~ (6, 0.0%)

2 て見よう 1 てみ, てやろう, て見たら, て隣

▼ 一つあげ~ (6, 0.0%)

1 てい, てつまらなく, てみる, て來, て考え, やう

▼ 一つあて~ (6, 0.0%)

1 がはれ, てごらん, てみよう, てみる, はさまること, みを

▼ 一つあと~ (6, 0.0%)

1 から蝦蟇口, で家, で気がついた, の, は見ずけり, をつけ

▼ 一つあらわれ~ (6, 0.0%)

1 そしてもう, そのまわり, てい, ている, てこない, てふとった脂ぎった

▼ 一つありました~ (6, 0.0%)

31 ね, のでねずみ, ようです

▼ 一ついくら~ (6, 0.0%)

1 いくらでなく, だ, です, なの, 小さくても, 鼻の

▼ 一ついつも~ (6, 0.0%)

1 ちやうど睡り, とはぐ, とはちがっ, と違う, 円い影, 気に

▼ 一つうしろ~ (6, 0.0%)

1 のボツクス, の女, の岡, の席, の机, の麹町十一丁目

▼ 一つうなずい~ (6, 0.0%)

2 て見せ 1 て居た, て箱, て菜ッ葉服, て見せました

▼ 一つかと~ (6, 0.0%)

2 思つて 1 思いぽかっと, 思う, 思ふ, 思われるその

▼ 一つくらいの~ (6, 0.0%)

2 もので 1 ものだった, ものであった, 芸が, 芸の

▼ 一つこっち~ (6, 0.0%)

1 にも, に一つ, に一本クレーン, の群れ, へ, へちょうだい

▼ 一つこぼさず~ (6, 0.0%)

1 この厄介者, に何, に殺し合う, 三味線の, 癒る, 言ふ

▼ 一つそう~ (6, 0.0%)

2 おっしゃらずに 1 いって, して, やって, 云う女

▼ 一つそういう~ (6, 0.0%)

2 のを 1 人を, 密航を, 方面で, 歴史を

▼ 一つだけに~ (6, 0.0%)

3 して 1 なりました, 優先権を, 出くわしても

▼ 一つでさえ~ (6, 0.0%)

1 この通り, 困難に, 思うまま, 推定時間に, 満足に, 購うこと

▼ 一つでした~ (6, 0.0%)

4 わねえ 1 が生徒, が籠

▼ 一つなり~ (6, 0.0%)

1 けれども吹迷, 二つ三つなりの, 二度と郷地, 加えれば, 天台宗と, 水車場を

▼ 一つぶらさげ~ (6, 0.0%)

1 て, てあっ, て三崎, て出かけた, て戻, て芝居見物

▼ 一つぼた~ (6, 0.0%)

6 んて

▼ 一つドア~ (6, 0.0%)

1 があい, があっ, があった, があります, がつい, をあける

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 お願, けお前, け主, け申, け足跡, け遠く

▼ 一つ主人~ (6, 0.0%)

1 の前, の孫右衞門, の床, の形見, の部屋, は和助

▼ 一つ今日~ (6, 0.0%)

1 の当番, はやっつけよう, は善い, は私, は空中, まで全く

▼ 一つ光っ~ (6, 0.0%)

2 ていた, ている 1 て, て見えたらしかった

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 つては, つてゐない, つて來ませう, つて居る, つて来ない, つて見

▼ 一つ出る~ (6, 0.0%)

2 事なく 1 じゃあ, ところが, とまた, ので十一男

▼ 一つ出來~ (6, 0.0%)

1 あが, た, たら渠等, た譯, てる處, るまで

▼ 一つ切っ~ (6, 0.0%)

1 てあっ, てその, ても頭, てやろう, て代えられる, て其許

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 うる毎, ふる, へてやり, へる, へるなど, ると

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

3 一つと 1 ある時, 八景については, 別の

▼ 一つ取り~ (6, 0.0%)

1 か, かへても線, その中, て剥き始めける, て試み, 下ろして

▼ 一つ取る~ (6, 0.0%)

2 者は 1 ごとに, し違ったら, 事を, 為に

▼ 一つ可笑しい~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことには, ことは, と云う, のは, 話

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 に曲り込む, の上, の拇指, へ入り, へ曲った, へ曲る

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 が指摘, も一つ, をつけ, を呼ん, を命, 探偵と

▼ 一つ咲いた~ (6, 0.0%)

21 ここに, と, と叔父, のを

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 がございました, の説明, をいつた, をいへる, をつきました, をつけ

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 が懸る, をかけ, を出し, を句切っ, を掛け, を掛ける

▼ 一つ売れぬ~ (6, 0.0%)

5 日は 1 日も

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 でないこと, を何度, を持っ, を見, を見た, を見る

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

2 をする 1 となります, もせず, をしたろう, を拒む

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

2 れの 1 が世話, が膝, に望み, の全部

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 にう, に九大精神病科, に地震, に奧方綾野樣, に書い, に鷹ヶ峯

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

2 のよう 1 には白し, に二つ, に瞿麦, へよせ

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 が添っ, になつて失踪, は三つ, もささなかった, もささなかつた, を持っ

▼ 一つ御馳走~ (6, 0.0%)

2 して, をし 1 しては, になった

▼ 一つ或は~ (6, 0.0%)

2 數個の 1 僅かの, 大同小異の, 幾つか, 数箇の

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

2 へてくれ 1 へさせ, へてそこ, へて持たせ, へなけれ

▼ 一つ持たず~ (6, 0.0%)

1 に乗った, に光明寺, に利, に帰っ, に平気, に池

▼ 一つ持たない~ (6, 0.0%)

2 丸焼けの 1 でその, といふ不都合, 女が, 薄色の

▼ 一つ振っ~ (6, 0.0%)

21 ておい, てにやりと, てみせる, て道

▼ 一つ据え~ (6, 0.0%)

3 てあった 1 てあっ, てある, てしまう

▼ 一つ掛けた~ (6, 0.0%)

2 のを 1 がそれ, だけだ, 丈で, 声が

▼ 一つ文句~ (6, 0.0%)

1 がある, であった, であつ, のこの, ばかりで, を書い

▼ 一つ断っ~ (6, 0.0%)

2 て置きたい, て置く 1 ておかなけれ, て置かなけれ

▼ 一つ新しく~ (6, 0.0%)

1 なった, 性欲の, 想い出された, 教わると, 知った事実, 設らえ

▼ 一つ是非~ (6, 0.0%)

2 とも列 1 とも聽, やって, 言い添えたいこと, 買いましょう

▼ 一つ書きたい~ (6, 0.0%)

1 と始終, と思う, のは, ものだ, 小説の, 短篇小説が

▼ 一つ最も~ (6, 0.0%)

1 めぼしいよう, 不利な, 基本的で, 怖るべき, 私が, 重大な

▼ 一つ木彫り~ (6, 0.0%)

1 だけが残っ, の方, の猿, の製作, をお, をお願い

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 があっ, でお, で由子, に男の子, のところ, を二人

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 のよう, の世, の室, の扉, の最初, の最後

▼ 一つ次手~ (6, 0.0%)

1 につけ加えれ, に例, に書き, に田舎, に紹介, に考へられる

▼ 一つ歳下~ (6, 0.0%)

2 の十九 1 だが, であったから, の二十三, の十八

▼ 一つ求め~ (6, 0.0%)

1 てい, ていた, てそちら, てそれ, て理想, ながら軽い

▼ 一つ消し~ (6, 0.0%)

1 てあった, てたつた, て行った, わすれたよう, 忘れたかの, 残された行燈

▼ 一つ満足~ (6, 0.0%)

1 なこと, なの, なもの, なる心, にかけられない, に貰えず

▼ 一つ用意~ (6, 0.0%)

3 して 1 させて, させると, すること

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

2 がえ 1 かえますかな, てすべり, て見せたら, に黒繻子

▼ 一つ聞かせ~ (6, 0.0%)

1 たまえ, てはくれまい, てもらいたい, て下さいません, て呉れ, 玉へ

▼ 一つ肝腎~ (6, 0.0%)

3 なこと 1 な物, な用件, の願い

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

4 に落ちない 1 に落ちぬ, に落ちねえ

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 にかけて云わし, に縒, を振います, を振っ, を揮っ, を揮つて

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

4 のもの 1 ではございません, を選っ

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 につながっ, に染んだ, のつい, も涙, をもっ, を吐きました

▼ 一つ言う~ (6, 0.0%)

1 てみよう, て置きたい, でもなく, と僕, に言えない, ようには

▼ 一つ訊い~ (6, 0.0%)

1 ておきたい, ておこう, てみなけれ, てみましょう, て置き, て見ようで

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

3 はなかつた 1 くるにおいては, つて行つても, はない

▼ 一つ身体~ (6, 0.0%)

2 を捻る 1 になっ, の上, を丈夫, を振っ

▼ 一つ載せ~ (6, 0.0%)

2 てある 1 それからまた考え, てあった, て置いた, て蓋

▼ 一つ違っ~ (6, 0.0%)

3 ている 1 ちゃ無理, ていない, ております

▼ 一つ間違い~ (6, 0.0%)

1 があれ, などある, のない, の種, はない, をし

▼ 一つ頼む~ (6, 0.0%)

1 けに俺, ことが, ぜ八, ということ, ように, よ父

▼ 一つ~ (6, 0.0%)

1 から洩らす, が半分, の良い, の頭, をかみ, を塞い

▼ 一つああ~ (5, 0.0%)

2 いう防弾設備 1 いう文学者, いう風, まだこの

▼ 一つありゃ~ (5, 0.0%)

1 たくさんだ, ほかに, 本所一つ目じゃ, 沢山だ, 百人の

▼ 一ついかにも~ (5, 0.0%)

1 ソヴェト同盟らしい, 人なつこそう, 厳重に, 大きくふくれた, 日本太郎らしい

▼ 一つおまえ~ (5, 0.0%)

1 にいい, に白状, に約束, に聞きたい, に話し

▼ 一つおもしろい~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 ことには, 事が, 個人的な

▼ 一つきく~ (5, 0.0%)

1 が, がお前, ことが, ので, 事が

▼ 一つくるり~ (5, 0.0%)

1 と宙返り, と巻いた, と廻, と廻った, と返し

▼ 一つこしらえ~ (5, 0.0%)

1 てくれ, てこの, てもらいてえ, てやる, て見ましょう

▼ 一つころ~ (5, 0.0%)

4 がつて 1 がされた

▼ 一つごと~ (5, 0.0%)

1 にそれ, に一つ, に変わる, に戦争, に穴

▼ 一つさき~ (5, 0.0%)

1 じゃなかったです, の下諏訪, の群衆, の角, を相手

▼ 一つするで~ (5, 0.0%)

3 もなく 1 なし隠し男, はありません

▼ 一つずつを~ (5, 0.0%)

1 上げるがな, 左右の, 森成さんと, 透しながら, 配布した

▼ 一つたて~ (5, 0.0%)

3 ないで 1 なかった, につい

▼ 一つたべ~ (5, 0.0%)

2 て見ません 1 てしまっ, てみた, て見たうございます

▼ 一つだけしか~ (5, 0.0%)

1 ありません旦那様, なかった, ゲームの, 実が, 拵へて

▼ 一つちがい~ (5, 0.0%)

2 の十六 1 でしかない, の兄妹, の兄弟

▼ 一つつぎ足し~ (5, 0.0%)

4 て歌 1 て歌っ

▼ 一つつけ~ (5, 0.0%)

1 ていました, ておい, てさ, てはその, ても秘密

▼ 一つづゝ~ (5, 0.0%)

1 に思案, に纏め, の段階, の気分, はう

▼ 一つであったろう~ (5, 0.0%)

1 かという想像, が話, とも考えられぬ, と思う, に袋中大徳

▼ 一つであるなら~ (5, 0.0%)

3 ば彼 1 ばそれ, 普段使いの

▼ 一つとさえ~ (5, 0.0%)

2 見做 1 いえる程, なった, なって

▼ 一つとる~ (5, 0.0%)

2 ために 1 ことも, ね, ように

▼ 一つどころ~ (5, 0.0%)

1 じゃない, では, にかたまっ, に坐りつ, を見つめた

▼ 一つなき~ (5, 0.0%)

2 天に 1 今の, 飽まで, 高原に

▼ 一つにでも~ (5, 0.0%)

1 ひそんで, 屬し, 新しい創意, 納まって, 誰かが

▼ 一つばかり~ (5, 0.0%)

2 では 1 して, である, なのよ

▼ 一つひとつ~ (5, 0.0%)

1 取りました, 大きな口, 書き記されると, 染め抜きたるを, 調べるよう

▼ 一つひねっ~ (5, 0.0%)

2 て云, て云いました 1

▼ 一つびとつ~ (5, 0.0%)

2 取り出して 1 あらためて息, 凝つた名前, 消えて

▼ 一つふしぎ~ (5, 0.0%)

2 なこと 1 なの, なるは, に崩れず

▼ 一つへだて~ (5, 0.0%)

1 てのっ, て目, て辛うじて, て通り, て鞍地河岸

▼ 一つべつ~ (5, 0.0%)

1 な事情, にあろう, の変装服, の奇妙, の煖炉

▼ 一つまだ~ (5, 0.0%)

1 出来ないの, 聞こえず鳥, 見ぬメキシコ, 見られない, 開けない孔

▼ 一つゆっくり~ (5, 0.0%)

1 のんで, 坂途を, 考えて, 見て, 読んで

▼ 一つよろしく~ (5, 0.0%)

1 お願いします, ないもの, 桐山の, 頼むぜ, 願いますよ

▼ 一つわたくし~ (5, 0.0%)

2 が気 1 がひま, が想像, の身体

▼ 一つをば~ (5, 0.0%)

1 それは, ドメニカ聖母なら, 云ふ, 切りつめぬ, 廚と

▼ 一つトン~ (5, 0.0%)

1 と叩き, と叩く, と打つ, と敲いた, と當

▼ 一つハッキリ~ (5, 0.0%)

1 した奇妙, 心に, 感じられる, 段々に, 言った

▼ 一つポン~ (5, 0.0%)

2 と叩く 1 とはたき, と投げだした, と拍

▼ 一つ一つそれ~ (5, 0.0%)

1 だけで完成, として完成, と覚しく, を諳記, を黙っ

▼ 一つ一つ丹念~ (5, 0.0%)

1 にそれ, にめくっ, に噛み味わい, に試み, に読む

▼ 一つ一つ別々~ (5, 0.0%)

1 に描かれ, に活動, に浮ん, に見れ, に離し

▼ 一つ一つ念入り~ (5, 0.0%)

1 に拡大鏡, に比較, に消す, に眺め出した, に私

▼ 一つ一つ指~ (5, 0.0%)

1 でさし, でふさい, にはめ, を触れた, 差して

▼ 一つ一つ頭~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に書入れ, に泛, に浮べ

▼ 一つ不便~ (5, 0.0%)

2 な点 1 が起った, と不愉快, なこと

▼ 一つ丹念~ (5, 0.0%)

1 にそれ, にめくっ, に噛み味わい, に試み, に読む

▼ 一つ二つ年上~ (5, 0.0%)

1 だつた筈, であった, に見え, の亀さん, の息子

▼ 一つ人間~ (5, 0.0%)

1 であろうなどとは, の性格, の特質, の理性, の目

▼ 一つ仲間~ (5, 0.0%)

1 になっ, にならない, の奴, の遊民, の食人種

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 で歩い, で歸つて, で連立っ, に肩, の下

▼ 一つ光つて~ (5, 0.0%)

3 ゐる 1 はゐなかつた, ゐた

▼ 一つ入口~ (5, 0.0%)

1 にあせた, に四角, のドア, の潜戸, の食器口

▼ 一つ其の~ (5, 0.0%)

1 中に, 妖怪に, 次の, 頂いた幻, 餅を

▼ 一つ写真~ (5, 0.0%)

1 があった, が出来, が来てる, にうつし, を撮っとい

▼ 一つ出かけ~ (5, 0.0%)

3 て行っ 1 てなおし, て下さい

▼ 一つ別々~ (5, 0.0%)

1 に描かれ, に活動, に浮ん, に見れ, に離し

▼ 一つ加えた~ (5, 0.0%)

1 が, ことに, のであった, は何より, ものが

▼ 一つ加わった~ (5, 0.0%)

1 ことに, そうでなく, ので今, ので遂, 若君を

▼ 一つ動い~ (5, 0.0%)

1 ていた, てゐた, てゐる, て来る, て騒ぎ組

▼ 一つ動かさう~ (5, 0.0%)

4 としなかつた 1 とはせぬ

▼ 一つ動かさぬ~ (5, 0.0%)

1 けれどもいかにも, ルパンを, 代り取次い, 国民の, 春日の

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 つていただけません, つて籃に, つて耳に, つて袂へ, 繕は

▼ 一つ召上~ (5, 0.0%)

2 って御覧 1 っていらせられませ, って私, つて

▼ 一つ合点~ (5, 0.0%)

2 の行かない 1 のゆかない, のゆかぬ, の行かぬ

▼ 一つ吐い~ (5, 0.0%)

21 てからガラリ, てまた, て幾日

▼ 一つ咲い~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てそれ, てゐる, て枯れた

▼ 一つ咳払~ (5, 0.0%)

4 ひを 1 ひして

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 にもまみれず, に溶け合う, のなか, の附いた, を捏ね

▼ 一つ如何~ (5, 0.0%)

2 でございます, ですか 1 です

▼ 一つ学校~ (5, 0.0%)

1 でも出し, で姉妹, に行っ, の同級, へご

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

32 とぞ

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

2 にふうわり 1 に投, に飛びました, を舞う

▼ 一つ実際~ (5, 0.0%)

1 にあった, 上の, 的な, 的に, 的の

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 なるを, 当たりに, 応接室が, 衝いて, 錨より

▼ 一つ少し~ (5, 0.0%)

1 ずつ分け, でもいじらしい, 上に, 偃松の, 離れたところ

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 でぐずぐず, で手, に流されける, に集まっ, の収容所

▼ 一つ工夫~ (5, 0.0%)

2 をし 1 がある, しながら, しました

▼ 一つ建っ~ (5, 0.0%)

1 ていない, ていなかった, ている, ております, て夫婦者

▼ 一つ当て~ (5, 0.0%)

2 がって 1 がわれた, て見せよう, て見る

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 が変化, である, となり, の上, をつける

▼ 一つ御覧~ (5, 0.0%)

1 になっ, を願, を願いたい, を願いましょう, 下さい

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

4 のため 1 を入れました

▼ 一つ念入り~ (5, 0.0%)

1 に拡大鏡, に比較, に消す, に眺め出した, に私

▼ 一つ思い~ (5, 0.0%)

1 うかべながら, に満ちた, 浮べたり, 浮べて, 附いたは

▼ 一つ思い出し~ (5, 0.0%)

1 ことに眠れない, ていただきたい, ていただきましょう, ては銀子, てみる

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 な攀上り, な段々, に住職, に歌, に起き

▼ 一つ恐ろしい~ (5, 0.0%)

1 ことが, と思った, のは, 強烈な, 心配が

▼ 一つ意外~ (5, 0.0%)

1 なこと, な思ひを, な方面, な話, の出来事

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 る漠然と, る相当, る連中, 人に, 思いが

▼ 一つ手紙~ (5, 0.0%)

1 をかい, を出し, を書い, を遣ろう, 書いて

▼ 一つ抱え~ (5, 0.0%)

1 ている, て一生懸命, て裏, 下ろして, 釜山鎮という

▼ 一つ押し~ (5, 0.0%)

2 ハンドルを 1 てあった, ておい, てみた

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 ひ, ひて, ひ上げて, ひ上げました, ひ上げる事

▼ 一つ持ち~ (5, 0.0%)

1 來て, 合は, 塵を, 奉公人も, 居る

▼ 一つ持った~ (5, 0.0%)

1 きりで, ことの, だけで, ままで, 事の

▼ 一つ持ってる~ (5, 0.0%)

2 きりな 1 ことも, はずだ, 方が

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

2 に牛 1 にのせ, に受け, の上

▼ 一つ掛け~ (5, 0.0%)

1 さえすれ, てあった, てあります, てながむる人, て下さい

▼ 一つ探し~ (5, 0.0%)

1 てみよう, てみれ, て行く, て見た, て見る

▼ 一つ接吻~ (5, 0.0%)

2 して 1 させて, をさせ, をしてやる

▼ 一つ掴ん~ (5, 0.0%)

2 で逃げ出した 1 では又, で引込みました, で食

▼ 一つ新調~ (5, 0.0%)

1 した, すること, するに, のもの, をいたす

▼ 一つ曲っ~ (5, 0.0%)

2 て見ろ 1 ていた, て暗い, て此処

▼ 一つ曲った~ (5, 0.0%)

2 所に 1 ところに, のを, 横通りで

▼ 一つ最近~ (5, 0.0%)

1 にあった, において, に於, のアメリカ, 更に多く

▼ 一つ本当~ (5, 0.0%)

1 のお雪ちゃん, の事, の生活, の私, の肖像画

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 をふくみ, を半分, を取り上げ, を持っ, を献そう

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 にする, の上, の横, を二つ, を引

▼ 一つ欠点~ (5, 0.0%)

1 がある, があれ, がご, がござる, は顔

▼ 一つ歌っ~ (5, 0.0%)

1 て, てお, てきかせよう, てくれ, てくれない

▼ 一つ此処~ (5, 0.0%)

1 でぐっと, で黒星, に一つ, に一つ僅か, を見給え

▼ 一つ残され~ (5, 0.0%)

2 ている 1 ていた, ていなかった, て居る

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 に大がかり, に此, に活躍, に白い, に緊張

▼ 一つ洩す~ (5, 0.0%)

5 ので

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 に浮かん, に近い, の中, の岬, の近い

▼ 一つ添え~ (5, 0.0%)

1 てあるです, ていよいよ, てくれた, てくれたです, て父

▼ 一つ渡し~ (5, 0.0%)

1 ていつ, てやる, てゐた, て給, 若干円を

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 ずに, ず身動き一つ, たと, た事, 別段唐桟

▼ 一つ片づけ~ (5, 0.0%)

1 てから彼ら, て下さい, て行こう, て行つて, 渋茶を

▼ 一つ特に~ (5, 0.0%)

1 お断りし, 注意しない, 私が, 紹介せなけれ, 胸に

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 で天文学者谷村博士邸, の衆, 乳房の, 思うこと, 蟹に

▼ 一つ皮肉~ (5, 0.0%)

1 な微笑, にせんだって使者, に注意, に聞こえ, を言った

▼ 一つ眺め~ (5, 0.0%)

21 ていました, てみた, まは

▼ 一つ知っ~ (5, 0.0%)

1 ていなかった, ていなけれ, ている, ていれ, ての通り

▼ 一つ知らない~ (5, 0.0%)

1 でも品行, で美しい, といふ變, んだ, 野人では

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 が斧, だと, のことば, の国, の玉座

▼ 一つ立つ~ (5, 0.0%)

1 てゐ, てゐる, て居る, のを, 絵の

▼ 一つ立て~ (5, 0.0%)

1 てはいなかった, て見よう, て貰, て貰おう, 續けに

▼ 一つ立てる~ (5, 0.0%)

1 ものは, やうな, ような, 者が, 者も

▼ 一つ約束~ (5, 0.0%)

3 して 1 がある, しましょう

▼ 一つ紛失~ (5, 0.0%)

1 したの, したもの, しても, った物, りました金

▼ 一つ綺麗~ (5, 0.0%)

1 なところ, に拾い集め, に洗っ, に清算, に結った

▼ 一つ置いた~ (5, 0.0%)

1 ところで, ところでは, ような, 石が, 隣座敷へ

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 と足, はそれ, を休む, を休めい, を伸し

▼ 一つ聞えず~ (5, 0.0%)

2 玄関に 1 にひっそり, 室内は, 表を

▼ 一つ聞く~ (5, 0.0%)

1 がお前, が昨夜, ことが, ぢや, とはっと

▼ 一つ聳え~ (5, 0.0%)

2 そこへ 1 ていました, ている, てその

▼ 一つ聴い~ (5, 0.0%)

1 ていただきたい, て戴きます, て来よう, て見なく, て頂きたい

▼ 一つ背中~ (5, 0.0%)

1 でもどやし, の上, をぶっ, を叩い, を叩きました

▼ 一つ自由~ (5, 0.0%)

1 にならない, には動かせなくなっ, に腕, の確立, の身

▼ 一つ舞台~ (5, 0.0%)

1 で芸, に並べなかった, に立たせる, に立つ, のそば

▼ 一つ芝居~ (5, 0.0%)

1 に出, の科白, をしてやらう, を打っ, を書い

▼ 一つ行つて~ (5, 0.0%)

2 見て 1 きいて, 聞いて, 見よう

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

2 から取出した, に入れ 1 の底

▼ 一つ見る~ (5, 0.0%)

1 にし, にも異国, までもない, 暑いの, 気も

▼ 一つ親分~ (5, 0.0%)

1 にお, にパチパチ, に出向い, の耳, へ變

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 にし, のよう, の中, をつくりました, を読ん

▼ 一つ貴女~ (5, 0.0%)

1 から中川君, から貰った, にお尋ね, のとこ, の顔

▼ 一つ買い~ (5, 0.0%)

1 あとは, これを, それで今日一日, にすら行けなかった, に出られやしない

▼ 一つ越える~ (5, 0.0%)

1 と, とすぐ, とぱっと, と文化, と藤左衛門

▼ 一つ開け~ (5, 0.0%)

1 てその, てもらいましょう, て行った, て見る, 一カ月五タンガー

▼ 一つ電燈~ (5, 0.0%)

1 がつい, が点い, が点る, が部屋, のもと

▼ 一つ食っ~ (5, 0.0%)

1 て, てまた, てみろ, て見なせえ, て見よう

▼ 一つ食卓~ (5, 0.0%)

3 の上 1 で食事, に対

▼ 一つ~ (5, 0.0%)

1 のいる, の代, の居る, の蹄, の靴

▼ 一つ鳴らし~ (5, 0.0%)

2 て青い青い 1 て次にすぐ, て見せた, て見た

▼ 一つあったら~ (4, 0.0%)

1 あれだけの, 本当にいい, 私が, 結構で

▼ 一つあまさず~ (4, 0.0%)

1 ニコヤカに, 廃墟であった, 所持品という, 目に

▼ 一つあるいは~ (4, 0.0%)

1 いくつかを, 両方が, 二つ位ずつ, 二尺四方の

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 て角, の字, の木, はし

▼ 一ついう~ (4, 0.0%)

1 じゃなし, でなし, でもなく, ときたい

▼ 一ついけない~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことには, ことは, 男はな

▼ 一つうなずいた~ (4, 0.0%)

1 がその, きり後ろに, だけで, と思う

▼ 一つおどかし~ (4, 0.0%)

2 てやろう 1 てくれる, てやらう

▼ 一つおぼえ~ (4, 0.0%)

1 でそん通り, ということ, の, のある

▼ 一つかい~ (4, 0.0%)

1 てやっ, て終り, て置い, 八

▼ 一つかけるで~ (4, 0.0%)

3 はなし 1 もない

▼ 一つかすか~ (4, 0.0%)

1 な星, になっ, にひびく, に乾い

▼ 一つかの~ (4, 0.0%)

1 うわば, 女の, 御分別, 狂いで

▼ 一つからは~ (4, 0.0%)

1 小高い石垣, 浅薄な, 海岸が, 砂洲に

▼ 一つきい~ (4, 0.0%)

1 ておきたい, てみた, て見よう, て頂きたい

▼ 一つぐらゐ~ (4, 0.0%)

2 殖やしたかて 1 取つて, 行き渡らんこと

▼ 一つこれから~ (4, 0.0%)

1 先の, 白昼の, 私と, 酒でも

▼ 一つございます~ (4, 0.0%)

1 が, けれどとうから, のです, のね

▼ 一つさぐっ~ (4, 0.0%)

1 ている, てみ, てみよう, て欲しい

▼ 一つさげ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て改札口, て見せ

▼ 一つさし~ (4, 0.0%)

1 ている, 上げましょう, 出しました, 示しながら

▼ 一つしっかり~ (4, 0.0%)

1 と封じた, と飲ん, 考え直して, 願いたいん

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 つと締める, つと覗きこみで, や, やアん

▼ 一つずつに~ (4, 0.0%)

1 分けたもの, 水を, 潜在し, 物語を

▼ 一つそんな~ (4, 0.0%)

1 ことが, はかない趣味, 場合が, 醜いもの

▼ 一つだつた~ (4, 0.0%)

21 が小さな, が持つ

▼ 一つだにも~ (4, 0.0%)

2 忠心あり, 懲の

▼ 一つだらう~ (4, 0.0%)

21 と思つて, と気づい

▼ 一つちゃんと~ (4, 0.0%)

1 ろかいを, 持って, 知ってるん, 結んで

▼ 一つついで~ (4, 0.0%)

1 ながら米原氏, にあれ, に聞い, 飲み干すと

▼ 一つつけず~ (4, 0.0%)

1 にいつ, に使, に使い, に雷

▼ 一つつまり~ (4, 0.0%)

1 それだけ反動期, 十五兩出たら, 女王の, 往來へ

▼ 一つつまん~ (4, 0.0%)

1 で, で真白, で見, で鹽

▼ 一つでありました~ (4, 0.0%)

2 のです 1 がその, がそれ

▼ 一つでさえも~ (4, 0.0%)

1 そこに, 一端は, 優に十五, 眼に

▼ 一つとこ~ (4, 0.0%)

1 で働いてる, に居る, に止まっ, を見つめ

▼ 一つとても~ (4, 0.0%)

1 てれくさいお願い, ないも, 可笑しいこと, 私が

▼ 一つにても~ (4, 0.0%)

2 完全に 1 多からん, 多かれ

▼ 一つぬい~ (4, 0.0%)

1 で, であつ, でいく, でうしろ

▼ 一つのみが~ (4, 0.0%)

1 九穴の, 意志の, 素晴らしく大きな, 開かれて

▼ 一つはく~ (4, 0.0%)

2 のにも, よ

▼ 一つひどく~ (4, 0.0%)

1 キワ立ちはじめた, 君に, 変った経験, 小さく遠眼鏡

▼ 一つぼく~ (4, 0.0%)

1 の友達, の奇術, の家, の生家

▼ 一つまるで~ (4, 0.0%)

1 卓から, 夕方の, 方角の, 横に

▼ 一つみつけた~ (4, 0.0%)

1 はお, はかぶら, は帆, は木いちご

▼ 一つみょう~ (4, 0.0%)

3 なこと 1 な形

▼ 一つもしくは~ (4, 0.0%)

2 二つの 1 二つ限りの, 幾つかの

▼ 一つもっと~ (4, 0.0%)

2 大事な 1 よくない, 重大な

▼ 一つよい~ (4, 0.0%)

1 ことは, ことを, 方法が, 映画が

▼ 一つよこさない~ (4, 0.0%)

1 という呑気, のである, のは, ものは

▼ 一つよせぬ~ (4, 0.0%)

4 美しいこの

▼ 一つよりも~ (4, 0.0%)

1 さらにはかない, はるかに, よいし, 十の

▼ 一つわるい~ (4, 0.0%)

2 ところは 1 ことを, のを

▼ 一つパッ~ (4, 0.0%)

2 としない 1 とせず, と火光

▼ 一つ一つ別~ (4, 0.0%)

1 であるべきだという, な解決方法, の名称, の理由

▼ 一つ一つ紙~ (4, 0.0%)

1 で包ん, で拭う, にひねっ, へ計算

▼ 一つ上げ~ (4, 0.0%)

1 て, ていただきましょう, てえ, てくれ

▼ 一つ上等~ (4, 0.0%)

1 に拵え, のヤツ, の卷莨, の巻莨

▼ 一つ下さい~ (4, 0.0%)

3 お供しましょう 1

▼ 一つ与える~ (4, 0.0%)

1 が好い, と買食, の光栄, 約束でも

▼ 一つ二つ三つ四つ~ (4, 0.0%)

1 あります, と云, と穴, 合わせて

▼ 一つ二つ下~ (4, 0.0%)

1 か小次郎, であるらしかった, のいたずら, のやはり

▼ 一つ云う~ (4, 0.0%)

1 ことを, だけやっ, までもない, 事が

▼ 一つ五貫目~ (4, 0.0%)

2 もある 1 あるとしても, は下りません

▼ 一つ今夜~ (4, 0.0%)

1 の事, はお, は罪ほろぼし, は見届けよう

▼ 一つ作らせ~ (4, 0.0%)

1 ていました, てくれました, てそれ, てもらいました

▼ 一つ例外~ (4, 0.0%)

2 がある 1 として不思議, ともいふべき

▼ 一つ俳句~ (4, 0.0%)

1 でもつく, になほし, を作ろう, を遣っ

▼ 一つ借りる~ (4, 0.0%)

1 だけの金, と庭先, にし, 五日ぶりに

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 にあった, にある, に出来あ, の木机

▼ 一つ入れた~ (4, 0.0%)

2 ことの 1 方が, 状袋を

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

3 安の 1 軍の

▼ 一つ具体的~ (4, 0.0%)

1 な形, な細部, に話したい, に説明

▼ 一つ出来ない~ (4, 0.0%)

1 ことが, たちの, ままに, 気持で

▼ 一つ分らない~ (4, 0.0%)

2 のは 1 ことが, 点は

▼ 一つ割っ~ (4, 0.0%)

1 て, てくん, てみましょう, て見よう

▼ 一つ動き~ (4, 0.0%)

3 の取れない 1 そうにも

▼ 一つ動く~ (4, 0.0%)

2 ものが 1 ともなく, ものの

▼ 一つ十銭~ (4, 0.0%)

1 だぞう, とか二十銭, と聞き, の歯ブラッシ

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 でも蒼く, 九郎を, 平らげた, 鉦の

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 の海, へ流れたら, へ越えました, へ進出

▼ 一つ原因~ (4, 0.0%)

1 があった, がある, が感じられる, はあった

▼ 一つ取つ~ (4, 0.0%)

1 てやらう, て乞, て疊, て袂

▼ 一つ取れ~ (4, 0.0%)

1 てい, ていた, てひじ, ば赤壁

▼ 一つ受け~ (4, 0.0%)

1 ていない, てくれ, てはいませんでした, ても倒れる

▼ 一つ吉野~ (4, 0.0%)

2 に揶揄つて 1 に対して好, に對

▼ 一つ唄っ~ (4, 0.0%)

1 てみたい, てやろう, て聞かし, て頂きます

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 をかけられる, を吐きかけた, を呑ん, を飲み込ん

▼ 一つ喰らわせた~ (4, 0.0%)

1 ところであった, に過ぎなかった, のです, 上に

▼ 一つ在る~ (4, 0.0%)

2 んだ 1 てや, のだ

▼ 一つ地方~ (4, 0.0%)

4 にばかり行く

▼ 一つ変えない~ (4, 0.0%)

21 で元, で医者

▼ 一つ変った~ (4, 0.0%)

1 のが, 事に, 道楽が, 雨の

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 の微, を語り合っ, を遥, 終ります

▼ 一つ大変~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 な事, な秘密

▼ 一つ存在~ (4, 0.0%)

2 すると 1 すること, する事

▼ 一つ実例~ (4, 0.0%)

1 について調べ, をもち, を並べ, を挙げる

▼ 一つ寝台~ (4, 0.0%)

1 に寝ない, の上, の下, の中

▼ 一つ寝床~ (4, 0.0%)

1 がある, に寝, へ女, をのべ

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 がある, の垣根

▼ 一つ小さく~ (4, 0.0%)

1 包んだもの, 潤んだ門燈, 畳むと, 鳴らした

▼ 一つ小屋~ (4, 0.0%)

1 がある, で稼いだ, に一緒, をもたし

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 によせ, の四つ角, の手首, へ傾けた

▼ 一つ巨大~ (4, 0.0%)

1 なためいき, なため息, な目, の像

▼ 一つ平次~ (4, 0.0%)

2 には不思議 1 の手, の手許

▼ 一つ建物~ (4, 0.0%)

1 です, に住ん, に棲ん, の中

▼ 一つ引い~ (4, 0.0%)

1 てから, てみよう, て何ん, て行きましょう

▼ 一つ引かず~ (4, 0.0%)

1 にともかく, に出, に暗い, 巌畳な

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 から一足, に残る, の理由, を言

▼ 一つ微か~ (4, 0.0%)

1 な輪, にともっ, にもれ, に響いた

▼ 一つ忘れた~ (4, 0.0%)

1 か落した, ことそれは, というの, 大切な

▼ 一つ忘れられない~ (4, 0.0%)

1 ことを, 思い出が, 清らかな, 話が

▼ 一つ思いだし~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 てもらいたい, ながら答えた

▼ 一つ思い出した~ (4, 0.0%)

1 ことが, のが, のだ, 事が

▼ 一つ怪しい~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことの, ものは, 事実を

▼ 一つ意味~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 ありげ, を与え

▼ 一つ戸外~ (4, 0.0%)

1 から大きく, から雨戸, の明り, の様子

▼ 一つ払っ~ (4, 0.0%)

1 て, ておとなしく, てはならない, て帰っ

▼ 一つ折れ~ (4, 0.0%)

1 て, て台, て奥の院参道, て奧

▼ 一つ指摘~ (4, 0.0%)

1 したいと, して, するならば, する事

▼ 一つ振る~ (4, 0.0%)

1 と自分, と鬢, なり駈け出し, やつも

▼ 一つ提供~ (4, 0.0%)

2 して 1 されたの, した

▼ 一つ撫で~ (4, 0.0%)

21 てからその, 廻し

▼ 一つ撲っ~ (4, 0.0%)

2 てから軽部 1 てふりかえる, て置い

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 へてやらう 1 へてくれる, へて下さいません

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 う云 1 ういう, う縛る

▼ 一つ新た~ (4, 0.0%)

1 なる先存事件, な水源, な絆, に生れ

▼ 一つ方向~ (4, 0.0%)

2 に進む 1 にむすばれた, をかえ

▼ 一つ方法~ (4, 0.0%)

1 がある, が私, を採つた, を運ら

▼ 一つ日本~ (4, 0.0%)

1 の大審院判決, の方, の有様, を知らなかった

▼ 一つ明い~ (4, 0.0%)

1 ていません, ている, てます, てゐた

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 のまま 1 のこと, の我々

▼ 一つ時計~ (4, 0.0%)

1 をやろう, を持つてる, を止め, を買っ

▼ 一つ書いた~ (4, 0.0%)

1 お金の, ことが, だけで, と思ふ

▼ 一つ朝鮮~ (4, 0.0%)

1 の酒, の食い物, へ行く, や満

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 に結びつけ, に長い, の上, を登れ

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 にでもゐる 1 があった, のなか

▼ 一つ正体~ (4, 0.0%)

1 のわからない, を捕まへ, を確かめ, を見届け

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 で有ろ, にかけて腹, に花, の床

▼ 一つ殖える~ (4, 0.0%)

1 かも知れない, のを, 丈け, 度毎に

▼ 一つ殘つて~ (4, 0.0%)

1 はをりません, は居ません, 居た汁粉, 居ります

▼ 一つ浮ん~ (4, 0.0%)

1 できます, でくる, でゐる, で来ます

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 だけだった, ひぬもの, をのんだらし, を誘う

▼ 一つ減った~ (4, 0.0%)

1 とは山葵醤油, のだ, わけだ, 位では

▼ 一つ点っ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てい, ていた

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 がついて行った, はしから, 附いたので, 附くと

▼ 一つ特殊~ (4, 0.0%)

1 な, な境遇, な形, の技能

▼ 一つ珍しい~ (4, 0.0%)

1 ものを, 事も, 料理を, 者が

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 を弾く 1 をつけた, を上げる

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 が開展, くに無意味曰くなく, で食, やさしい族党

▼ 一つ生き~ (4, 0.0%)

3 ている 1 上らし

▼ 一つ生活~ (4, 0.0%)

1 であったよう, で鍛へた声, の礎石, の頼り

▼ 一つ異様~ (4, 0.0%)

2 な音 1 にお松, に思った

▼ 一つ登れ~ (4, 0.0%)

1 ばそのまま次に, ば一軒, ば下, ば昔

▼ 一つ目入道~ (4, 0.0%)

1 が出ました, つたら, の正体, は見

▼ 一つ瞬き~ (4, 0.0%)

2 をし 1 もせず, をした

▼ 一つ短い~ (4, 0.0%)

2 方のを 1 ものが, 階段が

▼ 一つ研究~ (4, 0.0%)

2 して 1 したいという, をし

▼ 一つ私たち~ (4, 0.0%)

1 が出発, が大変不思議, で探索, にわかっ

▼ 一つ秘密~ (4, 0.0%)

3 がある 1 を書かなく

▼ 一つ空いた~ (4, 0.0%)

1 から弥之助, とします, ので李, 卓子を

▼ 一つ立たぬ~ (4, 0.0%)

2 水槽の 1 附近唯一の, 黒い池

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 だが, のおとなしい, の人間嫌ひと自覚, 偉さ

▼ 一つ笑っ~ (4, 0.0%)

1 てくれる, て下せえまし, て御覧, て見せた

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 三の, 二には, 二回目の, 四に

▼ 一つ組まれ~ (4, 0.0%)

4 てその

▼ 一つ考えなけれ~ (4, 0.0%)

3 ばならぬ 1 ばならない

▼ 一つ考えね~ (4, 0.0%)

3 ばならぬ 1 ばならない

▼ 一つ考える~ (4, 0.0%)

1 と芸術家, にもいや応なし, 必要が, 材料が

▼ 一つ聞いた~ (4, 0.0%)

1 ことも, ことを, 名は, 話が

▼ 一つ背負っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ている, て万太郎山, て強盗

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 を屈め 1 を伸し, を入れ

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 の上 1 は師匠, を控え

▼ 一つ自動車~ (4, 0.0%)

1 だけは好かない, で帰宅, の漫画, を呼びとめ

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 で大川, に乗, へ運びおろす, をもつ

▼ 一つ良い~ (4, 0.0%)

1 ことを, ところが, 証拠を, 證據を

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 が咲いた, にもつれ, の内, の慰問隊

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 たちまちそろえた, だ, なん, の名

▼ 一つ若い~ (4, 0.0%)

1 ぞとか何とか, 婦人と, 平次の, 時に

▼ 一つ英語~ (4, 0.0%)

1 でやっ, で咳払い, で読んだ, で諸君

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 いっぽん, とおもっ, の葉, を銜えた

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 をあける, をつけ, を拂, を拂つて

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 に落ちついた 1 にあり, にと

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

3 がある 1 を教え

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 でもこの, で覆う, に夢, に眠っ

▼ 一つ見えず~ (4, 0.0%)

1 そこは, もちろん煙, 地には, 病院の

▼ 一つ見本~ (4, 0.0%)

1 がある, にその, をださう, をだそう

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 えに 1 えで, えみたい

▼ 一つ解決~ (4, 0.0%)

1 いたしました, しただけ, できないのに, の方法

▼ 一つ触れさせ~ (4, 0.0%)

4 てなる

▼ 一つ言つて~ (4, 0.0%)

1 おきたいこと, 置かねば, 置くがな, 聞かせる事

▼ 一つ試み~ (4, 0.0%)

1 てくれ, て呉れ, て見ませう, て見よう

▼ 一つ話したい~ (4, 0.0%)

3 ことが 1 ことだって

▼ 一つ調子~ (4, 0.0%)

1 に進行, の長閑, をつける, を取る

▼ 一つ談判~ (4, 0.0%)

2 して 1 せうぢ, をしてやろう

▼ 一つ貴方~ (4, 0.0%)

1 から澄子さん, が昔, に御, に教え

▼ 一つ買った~ (4, 0.0%)

1 きりで, よ, んです, 事も

▼ 一つ越さなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばならなかった, ばなりません, ば成らなかった, ば手

▼ 一つ身震い~ (4, 0.0%)

2 をした 1 をし, を禁じ得なかった

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

3 がつて 1 がり落ちた

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 と転ばう, にて作り, に換算, も何

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 のかかっ, をかけ, を作らせた, を渡したくない

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 に並ん, のぐあいの, のついた, の中

▼ 一つ長い~ (4, 0.0%)

1 のあと, のが, 影を, 腰掛が

▼ 一つ間違つた事~ (4, 0.0%)

2 をした 1 はござらない, はない

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 の室 1 だったら妾たち, に老人

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 して, し藝, すため, せるものぢ

▼ 一つ頷い~ (4, 0.0%)

2 て見せた 1 て, てみせた

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 のもと, の上, は貴方がた, を読みあげ

▼ 一つ飲む~ (4, 0.0%)

1 かな, ことも, のです, 事の

▼ 一つ飼つて~ (4, 0.0%)

4 居た馬

▼ 一つ飾っ~ (4, 0.0%)

1 てあっ, てあります, てある, てみとい

▼ 一つ高い~ (4, 0.0%)

1 崖の, 座敷が, 税を, 身分の

▼ 一つ鳴い~ (4, 0.0%)

1 てゐない, てゐました, てゐる, て御

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

1 いて, けると, し一, る

▼ 一つ~ (4, 0.0%)

2 のこぼす 1 の欠点, をお

▼ 一つあっち~ (3, 0.0%)

1 が二つ, の春江, の路

▼ 一つあやしい~ (3, 0.0%)

1 ことが, 事件が, 個所は

▼ 一つあら~ (3, 0.0%)

1 はれて, ば江戸八百八町どこ, 縄で

▼ 一つありません~ (3, 0.0%)

1 が欄干, でも何となく, よ

▼ 一つあるで~ (3, 0.0%)

1 なし夜ふかし夜遊び一つ, はなく, はなし

▼ 一ついずれ~ (3, 0.0%)

1 もある, も壁ぎわ, も手

▼ 一ついっ~ (3, 0.0%)

1 ておきたい, て置く, て見

▼ 一ついつ~ (3, 0.0%)

1 てごらん, でも中部甲板, 江戸を

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 こそ語らね 1 くぼ

▼ 一つお断り~ (3, 0.0%)

2 して 1 しなければ

▼ 一つお祝い~ (3, 0.0%)

1 に, にダンス, に踊り

▼ 一つかえず~ (3, 0.0%)

1 にのんき, に僕, 髪一本ゆるがせない

▼ 一つかが~ (3, 0.0%)

1 あるいはいくつ, ロスチャイルド一門に, 回転を

▼ 一つかた~ (3, 0.0%)

1 かたと, がついた, ともせず

▼ 一つかなり~ (3, 0.0%)

1 に彼, の広い, 気に入った絵

▼ 一つからでも~ (3, 0.0%)

1 このガラス, この家屋, 気押され

▼ 一つかり~ (3, 0.0%)

1 ておい, てそこで, てその

▼ 一つきれい~ (3, 0.0%)

1 なところ, なもの, な結晶

▼ 一つくっきり~ (3, 0.0%)

2 と見え 1 と見せ

▼ 一つくっつい~ (3, 0.0%)

1 てい, ていた, ている

▼ 一つくる~ (3, 0.0%)

2 もあり 1 とど

▼ 一つくれる~ (3, 0.0%)

1 ことに, と淺井朝丸, ものも

▼ 一つくん~ (3, 0.0%)

21 ねえ

▼ 一つぐるり~ (3, 0.0%)

1 とま, と急, と振っ

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 さへて 1 をおき

▼ 一つこえ~ (3, 0.0%)

1 ていく, てしまう, て痛切

▼ 一つこし~ (3, 0.0%)

3 らへても

▼ 一つこしらえる~ (3, 0.0%)

1 ことも, と世間, 意向が

▼ 一つこれら~ (3, 0.0%)

1 の基底, の悪戯者, の群れ

▼ 一つさえも~ (3, 0.0%)

1 なくて, 文学に, 身には

▼ 一つしゃくっ~ (3, 0.0%)

1 てガラッ, て通し, て頬被り

▼ 一つじゃが~ (3, 0.0%)

1 そこは, まずは勘当, 心の

▼ 一つずつは~ (3, 0.0%)

1 分かたれるよう, 持って, 見えた

▼ 一つそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 に鏃形, の場所, の意味

▼ 一つそれでも~ (3, 0.0%)

1 事足りる, 振りも, 振りもぎっ

▼ 一つそれ等~ (3, 0.0%)

1 がご, のもの, を跡づけ

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 これなる, 凧, 燃えに

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 ことを, のみがある, よた

▼ 一つためし~ (3, 0.0%)

1 てやれ, て見る, に据付け

▼ 一つたん~ (3, 0.0%)

1 ねんに取っ, ねんに検査, ねんに珍重

▼ 一つちらりと~ (3, 0.0%)

2 燈火の 1 見える

▼ 一つついた~ (3, 0.0%)

1 が誰, その小さなへや, のだった

▼ 一つつけない~ (3, 0.0%)

1 でなぜやすやす, で真暗, 彼の

▼ 一つつるりと~ (3, 0.0%)

2 撫でた 1 むいたが

▼ 一つづきである~ (3, 0.0%)

1 ことは, のは, 祖先語だ

▼ 一つていねい~ (3, 0.0%)

1 におしえ, におじぎ, にのぞきました

▼ 一つできた~ (3, 0.0%)

1 こと人間が, と云う, のを

▼ 一つできる~ (3, 0.0%)

1 ことなら, と, ように

▼ 一つでございまし~ (3, 0.0%)

1 てまた, てやはり, て今日

▼ 一つでしか~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 ない

▼ 一つとか~ (3, 0.0%)

2 縁側の 1 で絞死体

▼ 一つとて~ (3, 0.0%)

1 さほどの, まえも, 疑えも

▼ 一つともし~ (3, 0.0%)

1 ている, てはそれ, てゆく

▼ 一つとりだし~ (3, 0.0%)

1 てこれ, てみせました, てアングリ

▼ 一つとりつけ~ (3, 0.0%)

2 てある 1 てあった

▼ 一つとんと~ (3, 0.0%)

1 ろと, 拍って, 支く

▼ 一つどしん~ (3, 0.0%)

1 と叩き付けた, と叩く, と抛り出した

▼ 一つどんと~ (3, 0.0%)

1 叩くと, 突いて, 鳴った

▼ 一つにしか~ (3, 0.0%)

1 使って, 映らないという, 見えなかつた

▼ 一つにと~ (3, 0.0%)

1 して, もう誓う, 争って

▼ 一つによ~ (3, 0.0%)

1 つて救はれ, つて知る, つて神様ケン族の

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 えご牢屋住まい, え始末, 返りを

▼ 一つのぞい~ (3, 0.0%)

1 てやろう, て歩きました, て見た

▼ 一つのっ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 一つのみに~ (3, 0.0%)

1 とどまらず, なって, 注意し

▼ 一つのりくつ~ (3, 0.0%)

1 だと, だな, である

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 さりと 1 さっとはばたい

▼ 一つばん~ (3, 0.0%)

1 で遠い, もある, 隣りの

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 げこ, ゅうと鳴らしました, よい

▼ 一つひそか~ (3, 0.0%)

1 に俺, に咲き返った, に私

▼ 一つへん~ (3, 0.0%)

1 なお土産, なこと, な話

▼ 一つほど~ (3, 0.0%)

1 な近距離, よむ, 気に

▼ 一つぼう~ (3, 0.0%)

1 と燈, と白い, と赤く

▼ 一つぼんやり~ (3, 0.0%)

1 とあたり, として, と浮き出した

▼ 一つぽか~ (3, 0.0%)

3 りと

▼ 一つぽん~ (3, 0.0%)

1 とたたかれる, と叩いた, と落したら

▼ 一つまあ~ (3, 0.0%)

1 お一つ, 端から, 見て

▼ 一つまがる~ (3, 0.0%)

1 とそこ, と岩, 所まで

▼ 一つまでが~ (3, 0.0%)

1 まるで, まるで久しく, 皆空の

▼ 一つみんな~ (3, 0.0%)

1 で行っ, を驚かせる, 覚えて

▼ 一つむい~ (3, 0.0%)

1 て佳味, て呉れ, て食べる

▼ 一つもつ~ (3, 0.0%)

1 て来, と小さい, なんていう

▼ 一つもので~ (3, 0.0%)

2 あつた 1 更にはちまき

▼ 一つやがて~ (3, 0.0%)

1 二つそれから, 死んで, 隙間なく

▼ 一つやり~ (3, 0.0%)

1 ねえ, 座へ, 次には

▼ 一つやろう~ (3, 0.0%)

21 と云った

▼ 一つらしい~ (3, 0.0%)

1 からかえって, がどうせ, 暗くて

▼ 一つを以て~ (3, 0.0%)

1 これを, 代表させる, 優に彼以上

▼ 一つガン~ (3, 0.0%)

1 となぐられた, と喰わせる, と食わせました

▼ 一つコップ~ (3, 0.0%)

1 から好き, の酒, へ重ね

▼ 一つジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 に渡しました

▼ 一つピン~ (3, 0.0%)

2 と来ない 1 と刎

▼ 一つ一つお前~ (3, 0.0%)

2 に向っ 1 の命

▼ 一つ一つたん~ (3, 0.0%)

1 ねんに取っ, ねんに検査, ねんに珍重

▼ 一つ一つ何~ (3, 0.0%)

2 か懐しい 1 か遺し

▼ 一つ一つ入念~ (3, 0.0%)

1 にしらべ, になで廻し, に調べた

▼ 一つ一つ思い~ (3, 0.0%)

1 うかべながら, 浮べたり, 浮べて

▼ 一つ一つ検討~ (3, 0.0%)

1 して, し弟, する

▼ 一つ一つ灯~ (3, 0.0%)

1 がつく, が消え, にかざし

▼ 一つ一つ眼~ (3, 0.0%)

1 だけギロリ, の前, 眩くよう

▼ 一つ一つ胸~ (3, 0.0%)

1 にこたえた, に応, に思ひあたる

▼ 一つ一つ説明~ (3, 0.0%)

2 して 1 しながら

▼ 一つ一人~ (3, 0.0%)

1 で暴れ, には小さな, も人

▼ 一つ一銭~ (3, 0.0%)

1 のアンパン, のペン, のマッチ

▼ 一つ三銭~ (3, 0.0%)

1 そして焼酎一合十銭也, と見, にもなりやしない

▼ 一つ下げる~ (3, 0.0%)

1 ことさえ, ことさへ, とさっさと

▼ 一つ不審~ (3, 0.0%)

1 があった, な挙動, に思った

▼ 一つ与え~ (3, 0.0%)

1 ておく, て下さる, ながら言った

▼ 一つ事件~ (3, 0.0%)

1 が起った, が起らなけれ, を纏め

▼ 一つ事情~ (3, 0.0%)

1 がある, にある, を推定

▼ 一つ事業~ (3, 0.0%)

1 から枝, を始める, を成し遂げ

▼ 一つ二つ例~ (3, 0.0%)

2 をあげ 1 を挙げ

▼ 一つ二つ自分~ (3, 0.0%)

1 の作, の方, の顔

▼ 一つ二つ詞~ (3, 0.0%)

3 を交

▼ 一つ云っ~ (3, 0.0%)

1 てもらいたい, て置こう, て見給え

▼ 一つ云わない~ (3, 0.0%)

1 し自分, でくれる, んだ

▼ 一つ井戸~ (3, 0.0%)

1 があります, を授けよう, を掘らなけれ

▼ 一つ伝説~ (3, 0.0%)

1 がある, としての答, によれ

▼ 一つ位置~ (3, 0.0%)

1 かれる様, に据ゑて, のかわった

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 に悪い, を動かす, を沈め

▼ 一つ何処~ (3, 0.0%)

1 かの, かイイ, とかから途方

▼ 一つ余分~ (3, 0.0%)

1 な部屋, になっ, の制限

▼ 一つ作った~ (3, 0.0%)

1 のみだ, ばかりな, んだ

▼ 一つ借り切っ~ (3, 0.0%)

1 てこれ, てそこで, て遊覧

▼ 一つ備え~ (3, 0.0%)

1 てあった, ていた, 芝居の

▼ 一つ充分~ (3, 0.0%)

2 に彼 1

▼ 一つ入れる~ (3, 0.0%)

1 かあるいは, とがらがら, の

▼ 一つ入念~ (3, 0.0%)

1 にしらべ, になで廻し, に調べた

▼ 一つ入用~ (3, 0.0%)

1 であるべきはず, という場合, なもの

▼ 一つ八五郎~ (3, 0.0%)

1 が泥棒, のやう, を掻きのけ

▼ 一つ共通~ (3, 0.0%)

1 でないもの, なタイプ, な大きな

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 なる光, へは置けない, を見せ

▼ 一つ内儀~ (3, 0.0%)

2 のお 1 と手代

▼ 一つ写し~ (3, 0.0%)

1 てみたい, て置け, て貰

▼ 一つ出さず~ (3, 0.0%)

1 に, ば成るまい, 建前が

▼ 一つ出した~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことも, 茶碗へ

▼ 一つ出来ぬ~ (3, 0.0%)

1 後家だった, 忙しさ, 癖に

▼ 一つ切り~ (3, 0.0%)

1 じゃ無いでしょう, はなされ, ひらかれた戸棚

▼ 一つ制限~ (3, 0.0%)

2 がある 1 を加えましょう

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 しい号令, でも揮, を奮

▼ 一つ勉強~ (3, 0.0%)

1 したこと, して, 出来るよう

▼ 一つ動かぬ~ (3, 0.0%)

1 証拠を, 静かな, 靜かな

▼ 一つ勘弁~ (3, 0.0%)

1 して, なすって, 願いてえ

▼ 一つ北海道~ (3, 0.0%)

1 でやりたい, の木材, をもま

▼ 一つ卓子~ (3, 0.0%)

1 でこの, の紅茶, を叩い

▼ 一つ即ち~ (3, 0.0%)

1 一厘五毛で, 人間の, 各細胞共通

▼ 一つ参考~ (3, 0.0%)

1 として教育者, になる, の為

▼ 一つ又は~ (3, 0.0%)

1 二つの, 二つ基督教の, 唯一つ

▼ 一つ取柄~ (3, 0.0%)

1 がある, なこと, の無い

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 油壺に, 薪木や, 釘一本も

▼ 一つ叩かれ~ (3, 0.0%)

1 ては五円, て來, て蛇

▼ 一つ召し上がっ~ (3, 0.0%)

2 て見 1 てとしつこく

▼ 一つ合せ~ (3, 0.0%)

1 てみ, てみた, て七条西朱雀

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 台二つ, 台二つである, 鐘が

▼ 一つ名物~ (3, 0.0%)

2 がふえた 1 の間

▼ 一つ吐息~ (3, 0.0%)

1 した, のかげ, を洩し

▼ 一つ吹い~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てごらん, てみる

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 ってくれ給え, ってみよう, にたより過ぎる

▼ 一つ呼ん~ (3, 0.0%)

1 でいただきたい, でこい, で取

▼ 一つ啼き~ (3, 0.0%)

2 またこもごも 1 てをり

▼ 一つ困っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てもいない

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 におりたつ, に祠, に落ちた

▼ 一つ地上~ (3, 0.0%)

1 に承った, に生活, を紅白二つ

▼ 一つ埋み残し~ (3, 0.0%)

2 て若葉かな 1 て青葉

▼ 一つ報告~ (3, 0.0%)

1 いたしました, しなければ, しましょう

▼ 一つ増す~ (3, 0.0%)

1 からである, ごとに, ものでない

▼ 一つ壊れた~ (3, 0.0%)

1 から小さく, だけで駄目, 箇所は

▼ 一つ売っ~ (3, 0.0%)

1 て一厘, て今, て貰いたい

▼ 一つ売り~ (3, 0.0%)

2 二つ売りし 1 に行っ

▼ 一つ外し~ (3, 0.0%)

1 ていっ, ても後続, ながら思った

▼ 一つ夜具~ (3, 0.0%)

2 の中 1 を被

▼ 一つ大急ぎ~ (3, 0.0%)

1 で書い, で路地, にお

▼ 一つ天下~ (3, 0.0%)

1 に掛替え, のため, を取っ

▼ 一つ天井~ (3, 0.0%)

1 から下っ, から抜出した, が出来

▼ 一つ太陽~ (3, 0.0%)

1 とたれ, の寂しい, の道

▼ 一つ奇怪~ (3, 0.0%)

1 な出来事, な思い, な現象

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 つたのです, はれたよりも, られるやう

▼ 一つ好い~ (3, 0.0%)

1 ところを, 事は, 事を

▼ 一つ好き~ (3, 0.0%)

1 で日ごろ, なもの, も一つ

▼ 一つ姿~ (3, 0.0%)

1 に足拍子, を持つ, を顕した

▼ 一つ威嚇~ (3, 0.0%)

2 の必要 1 するよう

▼ 一つ子供~ (3, 0.0%)

1 の持ってる, の足跡, の遊び場

▼ 一つ存分~ (3, 0.0%)

1 にお, に働い, に話しあっ

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 の入る, をチョキン, を結んだ

▼ 一つ実験~ (3, 0.0%)

2 して 1 をしよう

▼ 一つ将棋~ (3, 0.0%)

1 のたとえ, をする, を一番

▼ 一つ尋ねる~ (3, 0.0%)

1 があの, がその, が赤ブイ仙太

▼ 一つ届け~ (3, 0.0%)

1 てくる, て呉れた, て寄越しました

▼ 一つ屍体~ (3, 0.0%)

1 がある, が埋まっ, が埋まつ

▼ 一つ帆村~ (3, 0.0%)

1 が特に, の注意, は変

▼ 一つ希望~ (3, 0.0%)

2 がある 1 を失った

▼ 一つ帽子~ (3, 0.0%)

1 が娘, のボール箱, の話

▼ 一つ干し~ (3, 0.0%)

1 て, てある, て返した

▼ 一つ平手~ (3, 0.0%)

1 ではたいた, でピシャリ, で叩きました

▼ 一つ序で~ (3, 0.0%)

1 に, にその, に言

▼ 一つ廻る~ (3, 0.0%)

1 とゴトゴト, と一寸, 中に

▼ 一つ強い~ (3, 0.0%)

1 お注射, 光を, 響きを

▼ 一つ当っ~ (3, 0.0%)

2 てみよう 1

▼ 一つ形容~ (3, 0.0%)

1 すると, すれば, の拭巾

▼ 一つ往来~ (3, 0.0%)

1 に落とした, に面した, 飛び越えて

▼ 一つ得意~ (3, 0.0%)

2 なの 1 の猥談

▼ 一つ心当り~ (3, 0.0%)

2 がある 1 を問合せ

▼ 一つ必ず~ (3, 0.0%)

1 ご懸念, 有りそう, 話の

▼ 一つ忠告~ (3, 0.0%)

1 したいこと, しよう, を試みよう

▼ 一つ思いきり~ (3, 0.0%)

1 きびしくいっ, よくことわっ, 騒ぎましょうよ

▼ 一つ思い出す~ (3, 0.0%)

1 が妾, ことが, ことは

▼ 一つ思ひ切~ (3, 0.0%)

1 つてその, つて洒落た, つて虎に

▼ 一つ思想~ (3, 0.0%)

2 が胸 1 から来た

▼ 一つ悲しい~ (3, 0.0%)

1 ことが, 不思議は, 事件が

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

3 いこと

▼ 一つ想像~ (3, 0.0%)

1 されるの, して, を逞しく

▼ 一つ意見~ (3, 0.0%)

1 がない, を聞い, を聞く

▼ 一つ感想~ (3, 0.0%)

1 をかい, を口, を持った

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 れも 1 ばかりを残し

▼ 一つ戰車~ (3, 0.0%)

1 に並び, に身, の上

▼ 一つ手近~ (3, 0.0%)

2 な具体的 1 かに起こる

▼ 一つ批評~ (3, 0.0%)

1 して, するもの, でもし

▼ 一つ承りたい~ (3, 0.0%)

1 が象, 事が, 点が

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 り上げる, り出せば, り込んで

▼ 一つ投げ出し~ (3, 0.0%)

1 てある, て出, て板の間

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 入つて 1 入っての

▼ 一つ抱い~ (3, 0.0%)

1 て一気に, て満腔, て見

▼ 一つ担い~ (3, 0.0%)

1 でいた, でやろう, で此

▼ 一つ拙者~ (3, 0.0%)

1 に指南, の心境, の手

▼ 一つ掘っ~ (3, 0.0%)

1 ては鳴動, てやろう, て見る

▼ 一つ探偵~ (3, 0.0%)

1 し直し, の真似, をしてやろう

▼ 一つ提げ~ (3, 0.0%)

1 て乗込んだ, て兄清作, て静か

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 つて置きたい, ツて, 拳を

▼ 一つ握っ~ (3, 0.0%)

1 ている, ておりました, てもらい

▼ 一つ握らせ~ (3, 0.0%)

1 たり, てくれる, ながら

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 られ自転車, りつけた, るぞ

▼ 一つ改めて~ (3, 0.0%)

1 そして注意深く, 我輩が, 言は

▼ 一つ数える~ (3, 0.0%)

1 ことは, と, ように

▼ 一つ断わっ~ (3, 0.0%)

1 ておかなけれ, ておきます, ておく

▼ 一つ方角~ (3, 0.0%)

1 に向い, を見詰め, を變

▼ 一つ旦那~ (3, 0.0%)

1 あの連銭葦毛, に頼ん, の威光

▼ 一つ早い~ (3, 0.0%)

1 ところを, ところ上陸し, 汽車を

▼ 一つ明け~ (3, 0.0%)

2 て春 1 て口惜しい

▼ 一つ明日~ (3, 0.0%)

2 は狸狩り 1 まで貸し

▼ 一つ書き上げる~ (3, 0.0%)

1 ことが, 度毎に, 所を

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 ぞ自分, ての太政大臣, ての夫喜田川三郎氏

▼ 一つ最初~ (3, 0.0%)

1 の手口, の簑, は河内山

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 というもの, を見る, を飾る

▼ 一つ有った~ (3, 0.0%)

1 からとて大した, 筈だ, 縞の

▼ 一つ望み~ (3, 0.0%)

1 がある, に依り, のもの

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 とは, にあり, の中

▼ 一つ検討~ (3, 0.0%)

1 して, し弟, する

▼ 一つ極めて~ (3, 0.0%)

1 大切な, 明瞭で, 楽しい心秘か

▼ 一つ楽しみ~ (3, 0.0%)

1 が出来ました, に命, を持ち合せ

▼ 一つ欠い~ (3, 0.0%)

2 て見せる 1 てもスペイン

▼ 一つ欠けた~ (3, 0.0%)

2 ものが 1 受信機に

▼ 一つ欲し~ (3, 0.0%)

1 うおま, がって, と思へり

▼ 一つ歌う~ (3, 0.0%)

1 んだ, んだい, んだって

▼ 一つ止っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てしまった

▼ 一つ此家~ (3, 0.0%)

2 に風呂場 1 の人達

▼ 一つ此方~ (3, 0.0%)

2 から押しかけ 1 に一つ

▼ 一つ此處~ (3, 0.0%)

1 で互, で伺ひます, へ若旦那

▼ 一つ武蔵~ (3, 0.0%)

1 にとって有利, のあれ, を自重

▼ 一つ死体~ (3, 0.0%)

1 があります, の仕, を沈める

▼ 一つ残した~ (3, 0.0%)

1 けれどもクリヴォフ夫人, その傍, だけだ

▼ 一つ残す~ (3, 0.0%)

1 とがっくり, もの, 自分の

▼ 一つ残る~ (3, 0.0%)

1 ものが, 白い光, 縁の

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 が枕許, の代り, の手

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 のついた 1 が付いた

▼ 一つ江戸~ (3, 0.0%)

2 へ出 1 へ帰る

▼ 一つ汽車~ (3, 0.0%)

1 にものり合わせました, に乗っ, に乗り合せた

▼ 一つ注文~ (3, 0.0%)

1 があら, した奴, を出した

▼ 一つ洒落よう~ (3, 0.0%)

1 かな, かの, か是

▼ 一つ洗っ~ (3, 0.0%)

2 ては傍ら 1 てみよう

▼ 一つ浮き~ (3, 0.0%)

1 上って, 上らせる雲, 上るよう

▼ 一つ淡泊~ (3, 0.0%)

2 と遊 1 と遊ばし

▼ 一つ済まない~ (3, 0.0%)

1 のは, 事が, 事と

▼ 一つ渡っ~ (3, 0.0%)

1 てほのか, て内地, て山

▼ 一つ渡る~ (3, 0.0%)

1 と直ぐ, と道, 氣配なく

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 ってごらん 1 っている

▼ 一つ演説~ (3, 0.0%)

1 をしなけれ, を作っ, を願

▼ 一つ片付け~ (3, 0.0%)

1 さっし, てゆかね, て仕舞つて

▼ 一つ特別~ (3, 0.0%)

1 ななら, な神聖, な遊星

▼ 一つ犯人~ (3, 0.0%)

1 が女, の母親がた, の跡

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 の子, の話, をやめた

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 はれて 1 わして

▼ 一つ申したい~ (3, 0.0%)

1 ことが, と思う, のは

▼ 一つ申します~ (3, 0.0%)

1 が今, とやはり, と茶碗

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 を半分 1 がお

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 にすわりこんだ, の上, へ刀

▼ 一つ疑え~ (3, 0.0%)

1 ばいくつ, ばお, ば疑える

▼ 一つ疑問~ (3, 0.0%)

2 がある 1 がございます

▼ 一つ登っ~ (3, 0.0%)

1 て行っ, て見ましょう, て鑑識研究所

▼ 一つ白状~ (3, 0.0%)

1 したいこと, しましょうか, すると

▼ 一つ目小僧さん~ (3, 0.0%)

1 に, の方, は

▼ 一つ目小僧ども~ (3, 0.0%)

1 がまっすぐ, がパッ, はみんな

▼ 一つ目橋~ (3, 0.0%)

2 の方 1 の袂

▼ 一つ直接~ (3, 0.0%)

1 ではない, の動機, 当って

▼ 一つ真実~ (3, 0.0%)

1 なの, のこと, の告白

▼ 一つ真面目~ (3, 0.0%)

1 に漢学, に考え, に考へ直したい

▼ 一つ着た~ (3, 0.0%)

1 だけでそっと, なりで, 二十四五の

▼ 一つ石段~ (3, 0.0%)

1 を上っ, を登り, を登る

▼ 一つ確実~ (3, 0.0%)

1 なるもの, な事, に知っ

▼ 一つ社会~ (3, 0.0%)

1 のため, の枠内, を風靡

▼ 一つ秀吉~ (3, 0.0%)

1 が挫折, のやつ, の横山城

▼ 一つ空席~ (3, 0.0%)

1 があっ, があった, がありました

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 つつく, つ立つて, つ込んで

▼ 一つ立派~ (3, 0.0%)

1 なもの, な家, に頼まれましょう

▼ 一つ答え~ (3, 0.0%)

1 てくれた, てくれません, て参りましょう

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 にはさん 1 で撮み上げる

▼ 一つ紅い~ (3, 0.0%)

1 りんごを, 傷口が, 貝がらの

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 がふえた, はねえ, らしい罪

▼ 一つ美味しい~ (3, 0.0%)

2 肉を 1 柿ナマスを

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 へのもの, へ合, へ直し

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 が一つ, に澄ん, のあたり

▼ 一つ聞えない~ (3, 0.0%)

1 ひつそりした, 部屋であった, 閑けさである

▼ 一つ聞こえ~ (3, 0.0%)

1 てこない, てこなかつた, て来

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 えて, えなかっ, えなく

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 いて 1 き度

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 の低い, の別様, の高い

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 れて 1 で背中

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 から二寸, の中, の所

▼ 一つ苦労~ (3, 0.0%)

3 の種

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 に入れ, をわかし, を飲む

▼ 一つ落した~ (3, 0.0%)

1 がそれ, だけだ, 程にも

▼ 一つ落ちた~ (3, 0.0%)

1 とて焼けた, やうである, 時に

▼ 一つ落着~ (3, 0.0%)

1 いたの, いた咳ばら, が悪く

▼ 一つ葉子~ (3, 0.0%)

1 の乗った, を倉地, を崕

▼ 一つ著しい~ (3, 0.0%)

1 ものは, 変化の, 特徴が

▼ 一つ薄暗く~ (3, 0.0%)

2 煤けて 1 光って

▼ 一つ蘭軒~ (3, 0.0%)

1 の女長三十六, の女長二十八, の遺

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

2 のお話 1 をうまく

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 がとん, の好かない, 尽しにて

▼ 一つ行く~ (3, 0.0%)

1 とする, んだ, 俥の

▼ 一つ西~ (3, 0.0%)

1 になった, の峰, の方

▼ 一つ見えぬ~ (3, 0.0%)

1 大海原, 暗黒界でなけれ, 深夜だった

▼ 一つ見えよう~ (3, 0.0%)

3 ともしない

▼ 一つ見せる~ (3, 0.0%)

2 ものが 1 義理は

▼ 一つ見付けた~ (3, 0.0%)

1 のです, ものなら, 樣子で

▼ 一つ見物~ (3, 0.0%)

1 して, してやろうと, に行く

▼ 一つ言わない~ (3, 0.0%)

1 から関守, で怒る, 真剣さであった

▼ 一つ訊きます~ (3, 0.0%)

21 がね君

▼ 一つ記念~ (3, 0.0%)

1 にこの, に民芸館, の為め

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

3 めして

▼ 一つ試験~ (3, 0.0%)

1 して, をし, をする

▼ 一つ詳しく~ (3, 0.0%)

1 知る所, 聞出して, 説明します

▼ 一つ読んだ~ (3, 0.0%)

1 あとで, のだ, 記憶も

▼ 一つ財布~ (3, 0.0%)

3 で暮した

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 はう, ふ, へなかつた

▼ 一つ買えない~ (3, 0.0%)

1 じゃない, んだ, 主人という

▼ 一つ賭け~ (3, 0.0%)

2 てみよう 1 をしましょう

▼ 一つ赤く~ (3, 0.0%)

1 しず考え, 光って, 色映え

▼ 一つ起し~ (3, 0.0%)

2 て嚔一つ 1 て東京劇壇

▼ 一つ起っ~ (3, 0.0%)

2 てくる 1 て参りました

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 えて其南, えなけれ, え前後七里

▼ 一つ軍人~ (3, 0.0%)

21 は忠節

▼ 一つ輝い~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐた

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 に吹, をかきました, をかけた

▼ 一つ辿っ~ (3, 0.0%)

1 て行け, て見, て誤字

▼ 一つ述べ~ (3, 0.0%)

2 ておきたい 1 ておこう

▼ 一つ送っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てやっ, て真情

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 に出, に撫で, 毛立っ

▼ 一つ這入っ~ (3, 0.0%)

1 ていない, ている, て聴い

▼ 一つ造っ~ (3, 0.0%)

1 ておくれ, てくる, てくれました

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 が好く, だめし, の惡

▼ 一つ違え~ (3, 0.0%)

1 ばどんな, ば県庁, ば自分

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 つて見, てみ給え, て御覧

▼ 一つ選ん~ (3, 0.0%)

1 でくれ, でくれた, で毎晩二人

▼ 一つ遺憾~ (3, 0.0%)

1 なの, な事, はない

▼ 一つ都合~ (3, 0.0%)

1 して, ついたら告別式, のよい

▼ 一つ針仕事~ (3, 0.0%)

3 で通せない

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 という男, の寝台, の黒い

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 にした, に散り, の花

▼ 一つ鉢巻~ (3, 0.0%)

1 の頭, をし, をした

▼ 一つ開ける~ (3, 0.0%)

1 と忽然と, にもそうっと, 位窃盗常習犯にとっては

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 を置い, を置いた, を長く

▼ 一つ閣下~ (3, 0.0%)

1 にお, におかれ, にお願い

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 加えるべきもの, 加えれば, 添えたいの

▼ 一つ附い~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, てゐる

▼ 一つ附け~ (3, 0.0%)

1 てやっ, 加へ, 加へる

▼ 一つ降りる~ (3, 0.0%)

1 と申す, 処でも, 毎に

▼ 一つ隠し~ (3, 0.0%)

1 てあります, て籠, に入れ

▼ 一つ難儀~ (3, 0.0%)

1 であったの, なこと, な事

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 の夜, の粒, を降らせる

▼ 一つ~ (3, 0.0%)

1 か何, が出, の人たち

▼ 一つ電話~ (3, 0.0%)

1 という武器, を切られた, を貸し

▼ 一つ青い~ (3, 0.0%)

1 動悸で, 尾を, 絹紐の

▼ 一つ静か~ (3, 0.0%)

1 な咳払い, に落ち, に頭

▼ 一つ頷いた~ (3, 0.0%)

1 が, きりだった, きりであった

▼ 一つ頷く~ (3, 0.0%)

1 とこんど, ともう, と微笑

▼ 一つ願いたい~ (3, 0.0%)

1 って, のは, もので

▼ 一つ騰り~ (3, 0.0%)

2 雲の 1 の宮

▼ 一つ驚かし~ (3, 0.0%)

1 てくれよう, てやらう, てやれ

▼ 一つ驚くべき~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 はさっき不思議

▼ 一つ鳴る~ (3, 0.0%)

1 とまた, と満場, のを

▼ 一つ黒く~ (3, 0.0%)

1 じっと立っ, はつきり見えた, 消えかけた星

▼ 一つあがっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て見

▼ 一つあくび~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 一つあげず~ (2, 0.0%)

1 じっと船頭, ドーンと

▼ 一つあげましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ 一つあげよう~ (2, 0.0%)

1 か, これは

▼ 一つあげる~ (2, 0.0%)

1 から, よ

▼ 一つあたし~ (2, 0.0%)

1 だけよ, に分らない

▼ 一つあたっ~ (2, 0.0%)

2 てみよう

▼ 一つあちら~ (2, 0.0%)

1 に寝室, の通

▼ 一つあやまて~ (2, 0.0%)

1 ば二つ, ば人

▼ 一つあらためて~ (2, 0.0%)

1 見ちゃ, 見ること

▼ 一つあるでなく~ (2, 0.0%)

2 善とか

▼ 一ついたずら~ (2, 0.0%)

1 をし, を初める

▼ 一ついづれ~ (2, 0.0%)

1 の登り口, もある

▼ 一ついない~ (2, 0.0%)

1 ああここ, のです

▼ 一ついれ~ (2, 0.0%)

2 てみました

▼ 一ついわず~ (2, 0.0%)

1 いっこう平気, さっぱりと

▼ 一ついわない~ (2, 0.0%)

1 お君, ように

▼ 一つうまい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事が

▼ 一つうめる~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一つええ~ (2, 0.0%)

2 と鎌田

▼ 一つえり~ (2, 0.0%)

1 とつて, をしごき

▼ 一つおあ~ (2, 0.0%)

2 がんなさいまし

▼ 一つおいた~ (2, 0.0%)

1 奥の, 隣座敷の

▼ 一つおかしな~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことを

▼ 一つおかず~ (2, 0.0%)

1 がある, に此

▼ 一つおく~ (2, 0.0%)

1 なはれ, の部屋

▼ 一つおっことし~ (2, 0.0%)

1 ています, てくれ

▼ 一つお前さんゴム靴~ (2, 0.0%)

2 を一足工夫

▼ 一つお前たち~ (2, 0.0%)

1 と一緒, に貸し

▼ 一つお座敷~ (2, 0.0%)

1 で色々, に出た

▼ 一つお手伝い~ (2, 0.0%)

1 しましょう, せず

▼ 一つお知らせ~ (2, 0.0%)

1 するの, 致します

▼ 一つお茶~ (2, 0.0%)

1 なと入れましょう, の趣味

▼ 一つお雪ちゃん~ (2, 0.0%)

1 という子, に取っついた

▼ 一つかえない~ (2, 0.0%)

1 でじっと, ままこうした

▼ 一つかけた~ (2, 0.0%)

1 ことも, 儘しどけない

▼ 一つかけない~ (2, 0.0%)

1 そうだ, のも

▼ 一つかけ離れ~ (2, 0.0%)

1 て喜阿弥, て星

▼ 一つかげ~ (2, 0.0%)

2 を消し

▼ 一つかたまり~ (2, 0.0%)

1 に引っ, のやう

▼ 一つかとも~ (2, 0.0%)

1 思って, 思われた

▼ 一つかは~ (2, 0.0%)

1 さなかつた兄嫁, して

▼ 一つかぶる~ (2, 0.0%)

2 女に

▼ 一つからも~ (2, 0.0%)

1 喬之, 白んだ向う

▼ 一つがい~ (2, 0.0%)

1 の紅雀, の鳥

▼ 一つがん~ (2, 0.0%)

1 となぐられた, と殴られた

▼ 一つきいた~ (2, 0.0%)

1 ことも, って女

▼ 一つきかず~ (2, 0.0%)

1 におのおの, 本ばっかり

▼ 一つきかない~ (2, 0.0%)

1 のである, 葉子自身の

▼ 一つききます~ (2, 0.0%)

1 がその, が薬

▼ 一つきちんと~ (2, 0.0%)

1 かこんだ小屋, ならべました

▼ 一つきみたち~ (2, 0.0%)

1 が見のがし, の手

▼ 一つきめ~ (2, 0.0%)

1 ておきませう, て置かなけれ

▼ 一つぎり~ (2, 0.0%)

1 しか解らなかつた, ですよ

▼ 一つくつ~ (2, 0.0%)

1 ついて, 附けて

▼ 一つくびれ~ (2, 0.0%)

1 てば, てぼう

▼ 一つくらべ~ (2, 0.0%)

1 てみ, てみた

▼ 一つくらわし~ (2, 0.0%)

1 てく, てやった

▼ 一つくれない~ (2, 0.0%)

1 か, のでつい

▼ 一つくれん~ (2, 0.0%)

1 か, かそんな

▼ 一つぐいと~ (2, 0.0%)

1 引きしめながら, 抉って

▼ 一つぐっと~ (2, 0.0%)

1 干したが, 押さえること

▼ 一つぐらゐづつ~ (2, 0.0%)

1 渡されると, 讀めて

▼ 一つぐらゐは~ (2, 0.0%)

1 こつちから, 預る腕

▼ 一つこうして~ (2, 0.0%)

1 ここに, 見ましょう

▼ 一つこしらえなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならない

▼ 一つこぼす~ (2, 0.0%)

1 どころか横着者, のだつた

▼ 一つこまった~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一つこもり居る~ (2, 0.0%)

2 薔薇の

▼ 一つこわし~ (2, 0.0%)

1 て一つ形, アンソーの

▼ 一つこわれた~ (2, 0.0%)

1 ところの, の

▼ 一つこんど~ (2, 0.0%)

1 の事件, の本郷座復興

▼ 一つごく~ (2, 0.0%)

1 ていねいに, 丸いもの

▼ 一つごまかし~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, て来

▼ 一つささない~ (2, 0.0%)

1 が家, というの

▼ 一つさせる~ (2, 0.0%)

1 と同時に, ものは

▼ 一つさらに~ (2, 0.0%)

1 また一つ, 古くアイヌ

▼ 一つしき~ (2, 0.0%)

1 や無, や無い

▼ 一つしず~ (2, 0.0%)

1 にいる, にこの

▼ 一つしよ~ (2, 0.0%)

1 に, に渋

▼ 一つしらべ~ (2, 0.0%)

1 ていられました, て特別記事

▼ 一つじっと~ (2, 0.0%)

1 立って, 見て

▼ 一つすえ~ (2, 0.0%)

1 たり, てある

▼ 一つするする~ (2, 0.0%)

1 っと頬, と本流

▼ 一つずしり~ (2, 0.0%)

1 と揺れ, と膝近く

▼ 一つずっと~ (2, 0.0%)

1 強くどんと, 遠くの

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 なたの, へてくれ

▼ 一つそっと~ (2, 0.0%)

1 その家, その蟇口

▼ 一つぞと~ (2, 0.0%)

1 結んで, 覺悟の

▼ 一つたいへん~ (2, 0.0%)

1 なお願い, 用心を

▼ 一つたしか~ (2, 0.0%)

1 なこと, 五階かに

▼ 一つたずねる~ (2, 0.0%)

1 が, がトラ十以外

▼ 一つたたない~ (2, 0.0%)

1 のでした, 生活だ

▼ 一つたとえ~ (2, 0.0%)

1 命を, 現在蟠

▼ 一つたのもう~ (2, 0.0%)

1 あすこを, と思いつき

▼ 一つたのん~ (2, 0.0%)

1 で又, で来

▼ 一つたより~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 一つたり~ (2, 0.0%)

1 とも省い, ないが

▼ 一つだんだん~ (2, 0.0%)

1 ついて行く形, 赤らんで

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 がひ

▼ 一つちがっ~ (2, 0.0%)

1 ている, ても二度と

▼ 一つちがった~ (2, 0.0%)

1 図案を, 意味で

▼ 一つちぎっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て口

▼ 一つちょうど~ (2, 0.0%)

1 メダルの, 腹の

▼ 一つちょっぴり~ (2, 0.0%)

1 この辺, と書い

▼ 一つつかまえ~ (2, 0.0%)

1 てただし, て乗ろう

▼ 一つつく~ (2, 0.0%)

1 とカーテン, と彼

▼ 一つつくっ~ (2, 0.0%)

1 てあげたい, て下さいませ

▼ 一つつくる~ (2, 0.0%)

1 だけのお金, には足りなかった

▼ 一つつけた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 一つつける~ (2, 0.0%)

1 とかいうこと, と赤く

▼ 一つつけ加~ (2, 0.0%)

1 へて置く, へました

▼ 一つつけ加え~ (2, 0.0%)

1 ておかない, てそれ

▼ 一つつまみ出し~ (2, 0.0%)

1 てやる, て割る

▼ 一つつまらない~ (2, 0.0%)

1 と云われる, 事が

▼ 一つづしりと~ (2, 0.0%)

1 揺れて, 搖れて

▼ 一つづつみんな味~ (2, 0.0%)

2 はひ

▼ 一つづつ丁寧~ (2, 0.0%)

1 に數, に讀ん

▼ 一つづつ二人~ (2, 0.0%)

1 に送っ, に送つ

▼ 一つづつ分明~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ 一つづつ私~ (2, 0.0%)

1 の兵士, は脅かされ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 がらを, まえの

▼ 一つであったなら~ (2, 0.0%)

2 それらの

▼ 一つでありまし~ (2, 0.0%)

1 てお蔭, て日本

▼ 一つであるらしい~ (2, 0.0%)

1 のだ, 一種の

▼ 一つでき~ (2, 0.0%)

1 はしない, はしません

▼ 一つできない~ (2, 0.0%)

1 有様です, 男な

▼ 一つでございました~ (2, 0.0%)

1 のかも, よ

▼ 一つでし~ (2, 0.0%)

1 てねこれ, て腰

▼ 一つでっち上げ~ (2, 0.0%)

2 て世間

▼ 一つでと~ (2, 0.0%)

2 ぼとぼと深山幽谷

▼ 一つでもが~ (2, 0.0%)

1 何かの, 先生の

▼ 一つとしても~ (2, 0.0%)

1 千針に対しては, 直接苦しみの

▼ 一つとてつもない大きい~ (2, 0.0%)

2 音を

▼ 一つとでも~ (2, 0.0%)

1 云うよう, 思って

▼ 一つとどめず掃き清められ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 一つとの~ (2, 0.0%)

1 二つの, 間に

▼ 一つとばし~ (2, 0.0%)

1 てし, てしまひ

▼ 一つとや~ (2, 0.0%)

1 言おうか, 言わんか

▼ 一つとりあげ~ (2, 0.0%)

1 ても好ましからぬ, て独り

▼ 一つとりあげた~ (2, 0.0%)

2 からこんな

▼ 一つとりません~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つとり合わせ~ (2, 0.0%)

2 て見よう

▼ 一つとれた~ (2, 0.0%)

1 ジャケツの, 造花の

▼ 一つと共に~ (2, 0.0%)

1 悠々自適, 車に

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 うんと惣七, 胆を

▼ 一つどうか~ (2, 0.0%)

1 いふ日, すると

▼ 一つどうして~ (2, 0.0%)

1 あの密閉, 二十三日の

▼ 一つどうも~ (2, 0.0%)

1 変な, 面白くない

▼ 一つどうやら~ (2, 0.0%)

1 熟して, 確実らしい

▼ 一つどころか~ (2, 0.0%)

1 億に, 皆ウソなり

▼ 一つどちら~ (2, 0.0%)

1 かに決め, にし

▼ 一つどなっ~ (2, 0.0%)

1 てやれ, て釣鉤

▼ 一つなお~ (2, 0.0%)

1 してやろう, 油断の

▼ 一つなかつた~ (2, 0.0%)

1 と云つて, んです

▼ 一つなく美しく~ (2, 0.0%)

1 光り輝いて, 片づいて

▼ 一つなさいました~ (2, 0.0%)

1 と申しました, のは

▼ 一つなっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見たまえ

▼ 一つなどは~ (2, 0.0%)

1 それでも林, まずしくじり

▼ 一つなりと~ (2, 0.0%)

1 思い図らずも, 言は

▼ 一つにおける~ (2, 0.0%)

1 人間の, 利潤を

▼ 一つにかぞ~ (2, 0.0%)

1 へて, へられて

▼ 一つにすら~ (2, 0.0%)

1 はっきりと, 堪え得まいと

▼ 一つについては~ (2, 0.0%)

1 また実にいろいろ, 右の

▼ 一つについても~ (2, 0.0%)

1 あるべき社会的, なおたやすく

▼ 一つにゃ~ (2, 0.0%)

1 流元, 焼いたり

▼ 一つにや~ (2, 0.0%)

1 はらか, 成れぬ身

▼ 一つによる~ (2, 0.0%)

1 ことな, もので

▼ 一つぬれぬ~ (2, 0.0%)

1 という大力, といふ大力

▼ 一つのべっ~ (2, 0.0%)

2 こうぶち

▼ 一つのぼり~ (2, 0.0%)

2 こだかき所

▼ 一つのみと~ (2, 0.0%)

1 云って, 獨り

▼ 一つはいっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, ている

▼ 一つはな~ (2, 0.0%)

1 をまがった, をまわれ

▼ 一つひかない~ (2, 0.0%)

1 ですくすくと, 上に

▼ 一つひっぱたい~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つひどい~ (2, 0.0%)

1 ひきつれの, 目を

▼ 一つひょっこり~ (2, 0.0%)

1 と現われました, と顔

▼ 一つひらい~ (2, 0.0%)

1 て中, て見

▼ 一つひろっ~ (2, 0.0%)

1 ては泥, て小さい

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 におちない

▼ 一つふえる~ (2, 0.0%)

1 ことに, のさ

▼ 一つふっ~ (2, 0.0%)

1 て仙二, て椅子

▼ 一つぶっ~ (2, 0.0%)

1 つぶすの, 放して

▼ 一つぶつかっ~ (2, 0.0%)

1 てやれ, て驚く

▼ 一つぶら下げ~ (2, 0.0%)

1 て参る, て置く

▼ 一つぶん~ (2, 0.0%)

1 とまた, 撲って

▼ 一つへる~ (2, 0.0%)

1 ことに, わけで

▼ 一つべろりと~ (2, 0.0%)

1 嘗めましたが, 甞めました

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 のあかるい, のお

▼ 一つほぐし~ (2, 0.0%)

2 て行く

▼ 一つほどの~ (2, 0.0%)

1 でっかいもの, 値打も

▼ 一つほめられ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていい

▼ 一つほんの~ (2, 0.0%)

1 もう一つ, 一つだけ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 のたたき, ーんと

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 つくりと, つと小さく

▼ 一つぽたり~ (2, 0.0%)

2 と落ちた

▼ 一つぽつねんと~ (2, 0.0%)

1 あるだけ, 燈って

▼ 一つぽとりと~ (2, 0.0%)

1 氷の, 落ちた

▼ 一つまじっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 一つまとめた~ (2, 0.0%)

1 手帖を, 物を

▼ 一つまわった~ (2, 0.0%)

1 ところまで, ような

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ても力, ょうじをけがせば先祖にたいして

▼ 一つみずから~ (2, 0.0%)

1 の真実, 語り始めた

▼ 一つみたい~ (2, 0.0%)

1 であった, ものっ

▼ 一つみなさん~ (2, 0.0%)

1 にお礼, にお願い

▼ 一つむき~ (2, 0.0%)

2 てむ

▼ 一つむけず~ (2, 0.0%)

2 そんな妓

▼ 一つめいめい~ (2, 0.0%)

2 の理想

▼ 一つもうすこし~ (2, 0.0%)

2 分り易い

▼ 一つもぐ~ (2, 0.0%)

1 とそれ, 香気ふくいく

▼ 一つもし~ (2, 0.0%)

1 としいえ, 幸いに

▼ 一つもっとも~ (2, 0.0%)

1 だと, 狭い橋

▼ 一つもと~ (2, 0.0%)

1 の子ども, はさる

▼ 一つもらす~ (2, 0.0%)

1 ことさへ, と子路

▼ 一つもんどり~ (2, 0.0%)

1 打ちキャン, 打って

▼ 一つやった~ (2, 0.0%)

1 じゃない, のおとうさん

▼ 一つやはり~ (2, 0.0%)

1 この浮浪少年, 発作中には

▼ 一つやら~ (2, 0.0%)

1 つせえ, れん心も

▼ 一つやらう~ (2, 0.0%)

1 か, と云つた

▼ 一つやらない~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つやります~ (2, 0.0%)

1 から少々, とすぐ

▼ 一つやり過し~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て待っ

▼ 一つやれ~ (2, 0.0%)

1 ばかえす, よ

▼ 一つゆらゆら~ (2, 0.0%)

1 と明滅, と舞い落ちる

▼ 一つようよう~ (2, 0.0%)

1 にし, 体の

▼ 一つよそ~ (2, 0.0%)

1 から借り, ではあまり

▼ 一つよらない~ (2, 0.0%)

1 美しいこの, 衣裳を

▼ 一つよりしか~ (2, 0.0%)

1 ないもの, ないよう

▼ 一つよりは~ (2, 0.0%)

1 一つへと, 他の

▼ 一つよろける~ (2, 0.0%)

1 と片手, 毎に

▼ 一つらしく~ (2, 0.0%)

1 この部屋, 光秀は

▼ 一つれい~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 宗教人としての, 生活者

▼ 一つわかった~ (2, 0.0%)

1 ことは, のはね

▼ 一つわかる~ (2, 0.0%)

1 とわかったわかった, のだ

▼ 一つわが~ (2, 0.0%)

1 上を, 成城地方の

▼ 一つわざと~ (2, 0.0%)

1 したもの, したよう

▼ 一つをすら~ (2, 0.0%)

1 この詩人, 常にたたみこん

▼ 一つアッ~ (2, 0.0%)

2 といわせる

▼ 一つウン~ (2, 0.0%)

1 とおまけ, と突

▼ 一つエセックス~ (2, 0.0%)

1 に対して反対, はその

▼ 一つカヤ~ (2, 0.0%)

2 にねた

▼ 一つカン~ (2, 0.0%)

1 と刎, を掘り出し

▼ 一つカーン~ (2, 0.0%)

1 だと, と叩い

▼ 一つコロムビア~ (2, 0.0%)

1 にデュボア, のロンの

▼ 一つシャボン玉~ (2, 0.0%)

1 のよう, を吹い

▼ 一つチェーホフ~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 一つチヨン~ (2, 0.0%)

1 と切り落す, と剪

▼ 一つッきり~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の眼

▼ 一つドン~ (2, 0.0%)

1 と敲いた, と食わせる

▼ 一つピカピカ~ (2, 0.0%)

1 光る黄金, 金色を

▼ 一つピシッ~ (2, 0.0%)

1 とやる, と豚

▼ 一つフラフラ~ (2, 0.0%)

1 と人魂, と流れ出した

▼ 一つフロックコート~ (2, 0.0%)

1 で患者, を十年

▼ 一つフロツクコート~ (2, 0.0%)

1 で患者, を十年

▼ 一つブッタマゲルの~ (2, 0.0%)

2 はヘルマン先生

▼ 一つブラ~ (2, 0.0%)

1 下がって, 下げる力

▼ 一つペコン~ (2, 0.0%)

1 と下げた, と頭

▼ 一つボタン~ (2, 0.0%)

1 つけて, で合され

▼ 一つボンヤリ~ (2, 0.0%)

1 した輪, 見えた

▼ 一つポカリ~ (2, 0.0%)

1 と食わせました, 殴つた

▼ 一つポッツリ~ (2, 0.0%)

1 と現われた, 点いて

▼ 一つポツリ~ (2, 0.0%)

1 とつい, と額

▼ 一つポツン~ (2, 0.0%)

1 とつい, とついた

▼ 一つポナペ島~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に之

▼ 一つマネ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 一つマリヤン~ (2, 0.0%)

2 の住ん

▼ 一つラジオ~ (2, 0.0%)

1 の場合, の拡声器

▼ 一つ一つかすか~ (2, 0.0%)

1 な星, になっ

▼ 一つ一つそれぞれ~ (2, 0.0%)

1 の場所, の意味

▼ 一つ一つていねい~ (2, 0.0%)

1 におしえ, にのぞきました

▼ 一つ一つテーブル~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 一つ一つ具体的~ (2, 0.0%)

1 な細部, に説明

▼ 一つ一つ処理~ (2, 0.0%)

2 するだけで

▼ 一つ一つ宝石~ (2, 0.0%)

1 を売っ, を選り分け

▼ 一つ一つ実例~ (2, 0.0%)

1 について調べ, を並べ

▼ 一つ一つ屍体~ (2, 0.0%)

1 が埋まっ, が埋まつ

▼ 一つ一つ山~ (2, 0.0%)

1 や林, や森

▼ 一つ一つ心~ (2, 0.0%)

1 で送迎, の底

▼ 一つ一つ思出~ (2, 0.0%)

1 があり, して

▼ 一つ一つ拾~ (2, 0.0%)

1 ひ上げて, ひ上げる事

▼ 一つ一つ數~ (2, 0.0%)

1 へあげる, へられた

▼ 一つ一つ星~ (2, 0.0%)

1 が生れ, の光

▼ 一つ一つ気~ (2, 0.0%)

2 にかかる

▼ 一つ一つ浮き~ (2, 0.0%)

1 上って, 上らせる雲

▼ 一つ一つ火~ (2, 0.0%)

1 は消え, を点じ

▼ 一つ一つ点検~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ一つ片~ (2, 0.0%)

1 がついて行った, はしから

▼ 一つ一つ物~ (2, 0.0%)

1 を失い, を見据える

▼ 一つ一つ独立~ (2, 0.0%)

1 させて, して

▼ 一つ一つ病的~ (2, 0.0%)

2 な好奇心

▼ 一つ一つ目~ (2, 0.0%)

1 に浮かん, の前

▼ 一つ一つ石~ (2, 0.0%)

1 をより分け, を投げる

▼ 一つ一つ石段~ (2, 0.0%)

1 を上っ, を登り

▼ 一つ一つ私~ (2, 0.0%)

1 とは全, には感じられた

▼ 一つ一つ空~ (2, 0.0%)

1 に帰らん, に星

▼ 一つ一つ紫水晶~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 一つ一つ結晶~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ一つ綺麗~ (2, 0.0%)

1 に拾い集め, に洗っ

▼ 一つ一つ言葉~ (2, 0.0%)

1 が心, を選ん

▼ 一つ一つ記憶~ (2, 0.0%)

1 が奏, して

▼ 一つ一つ釘~ (2, 0.0%)

1 で打ちつけ, で打ち附け

▼ 一つ一つ錠~ (2, 0.0%)

1 がかかる, をはずし

▼ 一つ一つ間~ (2, 0.0%)

1 を置い, を長く

▼ 一つ一つ順々~ (2, 0.0%)

1 に之, に侵害

▼ 一つ一つ食卓~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 一つ一つ首~ (2, 0.0%)

1 の附根, を据え

▼ 一つ一本松~ (2, 0.0%)

2 こそ場所屈竟

▼ 一つ一緒~ (2, 0.0%)

1 に出かけ, に行っ

▼ 一つ丁度~ (2, 0.0%)

1 平衡を, 彼の

▼ 一つ上げる~ (2, 0.0%)

1 からと言う, までもなく

▼ 一つ上っ~ (2, 0.0%)

1 てい, て見

▼ 一つ上った~ (2, 0.0%)

1 二階の, 時車は

▼ 一つ上れ~ (2, 0.0%)

1 ば体操教師, ば麥畑

▼ 一つ上手~ (2, 0.0%)

1 になれ, の得體

▼ 一つ下がった~ (2, 0.0%)

1 だけで取り扱う, ように

▼ 一つ下げた~ (2, 0.0%)

2 まま東海道の

▼ 一つ下つて~ (2, 0.0%)

2 ゐる

▼ 一つ下り~ (2, 0.0%)

1 てみよう, て行った

▼ 一つ下る~ (2, 0.0%)

1 と吉崎, ように

▼ 一つ下ろした~ (2, 0.0%)

1 ような, 筈の

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 仕合わせや, 氣味な

▼ 一つ不可思議~ (2, 0.0%)

1 な世界, な疑は

▼ 一つ不器用~ (2, 0.0%)

2 に急い

▼ 一つ不安~ (2, 0.0%)

1 と言え, なの

▼ 一つ不意~ (2, 0.0%)

1 な訪問, の來臨

▼ 一つ与吉~ (2, 0.0%)

1 の横面, を突きとばした

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つ世話~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 口屋嘉右衛門の, 沿岸の

▼ 一つ両端~ (2, 0.0%)

1 の二本, へ各々一つ

▼ 一つ丸ごと~ (2, 0.0%)

1 入るくら, 入る位

▼ 一つ久しぶり~ (2, 0.0%)

1 にと大反, に知りたい

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に加える, まで商売人

▼ 一つ乾杯~ (2, 0.0%)

1 しましょう, しようじゃ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 さないで, れては

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 つかいて, つなぐつた

▼ 一つ二つお話~ (2, 0.0%)

1 したが, を願

▼ 一つ二つここ~ (2, 0.0%)

1 で懺悔, に思い出し

▼ 一つ二つそれ~ (2, 0.0%)

1 に噴水, も全く

▼ 一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つ~ (2, 0.0%)

2 と順々

▼ 一つ二つ上~ (2, 0.0%)

1 の二十歳そこ, らしく非常

▼ 一つ二つ世間話~ (2, 0.0%)

1 があっ, をし

▼ 一つ二つ口~ (2, 0.0%)

1 に入れた, に含んだ

▼ 一つ二つ年~ (2, 0.0%)

1 が上, を取つ

▼ 一つ二つ星~ (2, 0.0%)

1 がキラ, の光

▼ 一つ二つ気~ (2, 0.0%)

1 の付いた, をつけ

▼ 一つ二つ瞬き~ (2, 0.0%)

1 をし, を致しました

▼ 一つ二つ頸筋~ (2, 0.0%)

2 は垢

▼ 一つ二ペンニイ~ (2, 0.0%)

2 で二つ

▼ 一つ二人~ (2, 0.0%)

1 の亭主, の身

▼ 一つ二階~ (2, 0.0%)

1 の雨戸, へ押し上っ

▼ 一つ云いたい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 一つ云はず~ (2, 0.0%)

1 に我慢, はき

▼ 一つ五弗~ (2, 0.0%)

2 しますだ

▼ 一つ交さない~ (2, 0.0%)

1 でさ, のだ

▼ 一つ交した~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にのぼり, へ上っ

▼ 一つ亭主~ (2, 0.0%)

1 が素裸, の寝

▼ 一つ人々~ (2, 0.0%)

1 に奇異, の注意

▼ 一つ人形~ (2, 0.0%)

1 がある, に添えられ

▼ 一つ人間らしい~ (2, 0.0%)

2 情愛の

▼ 一つ今年~ (2, 0.0%)

1 の夏四国, は暴れ廻っ

▼ 一つ今晩~ (2, 0.0%)

1 このところ, のお

▼ 一つ今朝~ (2, 0.0%)

2 の味噌汁

▼ 一つ仕掛け~ (2, 0.0%)

1 がある, の種明し

▼ 一つ仕立~ (2, 0.0%)

1 って上げた, つと微笑んだ

▼ 一つ付い~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐなく

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をし, を頼ん

▼ 一つ伸び~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 一つ伸子~ (2, 0.0%)

1 にある, の内耳

▼ 一つ伺っ~ (2, 0.0%)

2 ておきたい

▼ 一つ低く~ (2, 0.0%)

1 して, 苔や

▼ 一つ佐渡屋~ (2, 0.0%)

2 の跡取り

▼ 一つ何と~ (2, 0.0%)

2 自分にも

▼ 一つ何やら~ (2, 0.0%)

1 円い扁, 壺の

▼ 一つ何故か~ (2, 0.0%)

2 気に

▼ 一つ何時の間にか~ (2, 0.0%)

1 住居へ, 慶子が

▼ 一つ何處~ (2, 0.0%)

1 かで食らう, とかから途方

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の合点, の心

▼ 一つ余外~ (2, 0.0%)

1 な弱味, な思案

▼ 一つ作つて~ (2, 0.0%)

1 やるやう, 見るか

▼ 一つ作られ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 一つ作家~ (2, 0.0%)

1 にとつ, の作物

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 た日, るので

▼ 一つ信心~ (2, 0.0%)

1 して, をやつ

▼ 一つ個性~ (2, 0.0%)

1 にかたまる, をより

▼ 一つ倒れ~ (2, 0.0%)

1 ている, 御座候尤も

▼ 一つ偶然~ (2, 0.0%)

1 にその, 抜け落ちて

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 が殖えた, を重ね

▼ 一つ僻遠~ (2, 0.0%)

2 諸離島

▼ 一つ儲け~ (2, 0.0%)

1 て城内, て家

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の御, をふやせ

▼ 一つ元気~ (2, 0.0%)

1 をだし, を出し

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に教, の筈

▼ 一つ兄さん~ (2, 0.0%)

1 が毎日, にうむ

▼ 一つ先刻お勝手~ (2, 0.0%)

2 の落し

▼ 一つ先祖~ (2, 0.0%)

1 から出た, から岐

▼ 一つ入った~ (2, 0.0%)

1 ものです, 跡が

▼ 一つ全身~ (2, 0.0%)

1 に長い, の力

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 っちゃ, の字

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 から今一つ, は庄馬鹿

▼ 一つ内側~ (2, 0.0%)

1 から簾, のもっと

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 っこい, を描いた

▼ 一つ円い~ (2, 0.0%)

2 腕時計の

▼ 一つ冗談~ (2, 0.0%)

1 でも云っ, を言った

▼ 一つ写生~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 一つ処理~ (2, 0.0%)

2 するだけで

▼ 一つ出させ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て女

▼ 一つ出さぬ~ (2, 0.0%)

1 様な, 樣な

▼ 一つ出せない~ (2, 0.0%)

1 ほど窶れ, ンです

▼ 一つ出た~ (2, 0.0%)

1 ので管理人, のを

▼ 一つ出ました~ (2, 0.0%)

1 のには, よ

▼ 一つ出来なくなっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 一つ出来ねえ~ (2, 0.0%)

1 もんで, 人だ

▼ 一つ出現~ (2, 0.0%)

1 したこと, すること

▼ 一つ切り落す~ (2, 0.0%)

1 事が, 事は

▼ 一つ切符~ (2, 0.0%)

1 で見よう, をどうぞ

▼ 一つ判らない~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一つ判らねえ~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 一つ利いたで~ (2, 0.0%)

2 はなし

▼ 一つ利かず~ (2, 0.0%)

1 にい, にその

▼ 一つ利かない~ (2, 0.0%)

1 でやっぱり, で行った

▼ 一つ利かれない~ (2, 0.0%)

2 青年は

▼ 一つ利口~ (2, 0.0%)

1 なところ, になりました

▼ 一つ利用~ (2, 0.0%)

1 しては, してやろうと

▼ 一つ刺し二つ刺し竹~ (2, 0.0%)

2 の小

▼ 一つ前の~ (2, 0.0%)

1 に間に合った, よりも激しく

▼ 一つ剥い~ (2, 0.0%)

1 だりした, て見たい

▼ 一つ加え~ (2, 0.0%)

1 て三つ, ながらいつ

▼ 一つ加える~ (2, 0.0%)

1 ことだ, と極めて

▼ 一つ加わっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てつまり

▼ 一つ勇敢~ (2, 0.0%)

1 にもぐんぐん, に話

▼ 一つ動かした~ (2, 0.0%)

2 ためしがない

▼ 一つ動かそう~ (2, 0.0%)

1 とは致しません, ともしません

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 としてあります, の中

▼ 一つ包ん~ (2, 0.0%)

1 でもらった, で来る

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の尾根, の通り

▼ 一つ北の方~ (2, 0.0%)

1 ですから, に在る

▼ 一つ十分~ (2, 0.0%)

1 に, におこる

▼ 一つ博多人形~ (2, 0.0%)

2 の夜叉王

▼ 一つ印象~ (2, 0.0%)

1 に残つて, に殘つて

▼ 一つ厚い~ (2, 0.0%)

1 木の, 鉄のと

▼ 一つ原稿~ (2, 0.0%)

2 を頂戴

▼ 一つ厳然~ (2, 0.0%)

1 としてある, と控え

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 いました

▼ 一つ反し~ (2, 0.0%)

1 つるりとよ, 二つ反し

▼ 一つ反動~ (2, 0.0%)

1 をなし, をなし止った

▼ 一つ反対~ (2, 0.0%)

1 しないで, にし

▼ 一つ取った~ (2, 0.0%)

1 が一つ, そうすると米

▼ 一つ取っておき~ (2, 0.0%)

1 のせりふ, の因縁ばなし

▼ 一つ取って置き~ (2, 0.0%)

1 のタネ, の面白い

▼ 一つ取られた~ (2, 0.0%)

1 そうです, 由を

▼ 一つ取上げ~ (2, 0.0%)

1 てはそっと, て演芸欄

▼ 一つ受け取る~ (2, 0.0%)

1 ことだけ, ことだけを

▼ 一つ叩いた~ (2, 0.0%)

1 ぐらい大した, ような

▼ 一つ召し~ (2, 0.0%)

1 上つ, 上りに

▼ 一つ召し上っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, て御覧

▼ 一つ可愛い~ (2, 0.0%)

1 妹に, 指で

▼ 一つ可能~ (2, 0.0%)

1 なもの, な善

▼ 一つ台湾~ (2, 0.0%)

2 は中国

▼ 一つ叱っ~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て下さい

▼ 一つ叱られれ~ (2, 0.0%)

2 ばこと

▼ 一つ右手~ (2, 0.0%)

1 でしごい, の山

▼ 一つ吃驚~ (2, 0.0%)

1 するて, するもの

▼ 一つ吊し~ (2, 0.0%)

1 て狭苦しい薄暗い, て蔓

▼ 一つ吊下げられ~ (2, 0.0%)

1 てある, てゐた

▼ 一つ名前~ (2, 0.0%)

1 があるだろう, についていへ

▼ 一つ名古屋~ (2, 0.0%)

1 にも持っ, まで行っ

▼ 一つ吐いた~ (2, 0.0%)

1 が, が老

▼ 一つ吟味~ (2, 0.0%)

1 して, しなければ

▼ 一つ含まれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐる

▼ 一つ吹き上げ~ (2, 0.0%)

1 て, ながら

▼ 一つ吾輩~ (2, 0.0%)

1 の健康, の正体

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 鳴った, 鳴りつけて

▼ 一つ呼吸~ (2, 0.0%)

1 をする, を入れた

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 が危ない, だもの

▼ 一つ品物~ (2, 0.0%)

1 の種類, を色々

▼ 一つ唸る~ (2, 0.0%)

1 だけの隙, とかくし

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ひを, を重ね

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 かさない大統領, べなさい

▼ 一つ喰ら~ (2, 0.0%)

1 はせた, はせること

▼ 一つ嗅い~ (2, 0.0%)

1 でみた, で來

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にそそぎ入れ, の食物

▼ 一つ噴火~ (2, 0.0%)

2 をやっ

▼ 一つ団扇~ (2, 0.0%)

1 で敲く, で煽ぎ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 つたのは

▼ 一つ困難~ (2, 0.0%)

1 なの, なは

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にあたったら, を描きました

▼ 一つ固唾~ (2, 0.0%)

2 を飲んだ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 だ, の民主国民

▼ 一つ土産~ (2, 0.0%)

1 を出し, を持っ

▼ 一つ地面~ (2, 0.0%)

1 で足踏み, に泌

▼ 一つ堪忍~ (2, 0.0%)

1 して, ならぬこと

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 で一つ, の

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にまみれ, も置かず

▼ 一つ増える~ (2, 0.0%)

1 ともううかうか, と思え

▼ 一つ増した~ (2, 0.0%)

1 ぞ, だけ互選

▼ 一つ壊れ~ (2, 0.0%)

1 ており, て落ち

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 によってその, を奪還

▼ 一つ変える~ (2, 0.0%)

1 ことなく, 事が

▼ 一つ変らぬ~ (2, 0.0%)

1 もの, ものとして

▼ 一つ変わった~ (2, 0.0%)

1 哲学が, 所が

▼ 一つ外側~ (2, 0.0%)

2 に椰子林

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 一つ多く~ (2, 0.0%)

1 与えたのみ, 云いつける

▼ 一つ多少~ (2, 0.0%)

1 の崩れ, 皆を

▼ 一つ夜空~ (2, 0.0%)

1 に口, をかすめた

▼ 一つ大声~ (2, 0.0%)

1 が響いた, を上げました

▼ 一つ大道~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 一つ大阪~ (2, 0.0%)

1 で一つ堺, で買う

▼ 一つ太く~ (2, 0.0%)

1 ない声, 頭を

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の言葉, をお客

▼ 一つ失敗~ (2, 0.0%)

1 した, をした

▼ 一つ失策~ (2, 0.0%)

1 ってしまいました, つて

▼ 一つ妙案~ (2, 0.0%)

1 が浮ん, が浮んだ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ですね, の幸子

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の前, を彫つ

▼ 一つ威勢~ (2, 0.0%)

1 よく叩く, よく引っこぬい

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 からは訊けなかった, の見込

▼ 一つ婚約~ (2, 0.0%)

1 の二人, の指輪

▼ 一つ嬉しい~ (2, 0.0%)

1 ことが, のは

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 を勘定, を書いた

▼ 一つ安定~ (2, 0.0%)

2 した時代

▼ 一つ安楽椅子~ (2, 0.0%)

1 が二つ, のそば

▼ 一つ完全~ (2, 0.0%)

1 な字典, に治る

▼ 一つ宛茶碗~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 一つ宝石~ (2, 0.0%)

1 を売っ, を選り分け

▼ 一つ実に~ (2, 0.0%)

1 おかしいこと, 素晴らしい見もの

▼ 一つ実地~ (2, 0.0%)

1 にその, に繰り返さなく

▼ 一つ家計~ (2, 0.0%)

2 の補助

▼ 一つ寄せ~ (2, 0.0%)

1 てみ, て見

▼ 一つ寄っ~ (2, 0.0%)

1 てみよう, てやろう

▼ 一つ寝返り~ (2, 0.0%)

1 をうちました, をうつ

▼ 一つ対象~ (2, 0.0%)

1 ではある, に抱く

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 てくれよう, て立

▼ 一つ尋ねたい~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 一つ小僧~ (2, 0.0%)

1 に投げ与えた, もしくは一つ目小僧

▼ 一つ小島~ (2, 0.0%)

2 の風致

▼ 一つ小箱~ (2, 0.0%)

1 には自分, に入れ

▼ 一つ小鈴~ (2, 0.0%)

2 かオイチョカブ

▼ 一つ少年~ (2, 0.0%)

1 にとつて珍, にはあつ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 てかなり, はしません

▼ 一つ居處~ (2, 0.0%)

2 をたしかに

▼ 一つ山の端~ (2, 0.0%)

1 に大, に立つ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の壁, をのり

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の凸凹道, の野山

▼ 一つ川上~ (2, 0.0%)

1 より流れ下る, を見

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をくつ, を掘る

▼ 一つ左手~ (2, 0.0%)

1 に持っ, へ曲る

▼ 一つ差し~ (2, 0.0%)

1 くべつつ, てこなかった

▼ 一つ差し上げる~ (2, 0.0%)

1 事に, 品が

▼ 一つ差上げたい~ (2, 0.0%)

1 と御前, と申します

▼ 一つ差出人~ (2, 0.0%)

1 は表, をしらべ

▼ 一つ市中~ (2, 0.0%)

2 へ出

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にいた, に落合っ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ツたい, 太夫が

▼ 一つ幸い~ (2, 0.0%)

1 なこと, なは

▼ 一つ幾ら~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 海さんまで, 海子爵に

▼ 一つ広げ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, て見

▼ 一つ床の間~ (2, 0.0%)

1 におい, の隅

▼ 一つ度胸~ (2, 0.0%)

1 をきめね, を据

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の内, の紵巻太夫

▼ 一つ建て~ (2, 0.0%)

1 てみる, ねば

▼ 一つ建てた~ (2, 0.0%)

1 という, 人が

▼ 一つ廻転~ (2, 0.0%)

1 させまして, した

▼ 一つ引いた~ (2, 0.0%)

1 ことの, ことも

▼ 一つ引かない~ (2, 0.0%)

1 ぢや, と云う

▼ 一つ引き~ (2, 0.0%)

1 も致しません, 違えても

▼ 一つ引き受け~ (2, 0.0%)

1 てお, てしまつた

▼ 一つ引っ~ (2, 0.0%)

1 とらえて, 叩いて

▼ 一つ引抜い~ (2, 0.0%)

1 ては眺め, て細か

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の油, んところ

▼ 一つ張っ~ (2, 0.0%)

1 てありました, てある

▼ 一つ張りつけ~ (2, 0.0%)

1 てやった, てやりたかった

▼ 一つ弾ませ~ (2, 0.0%)

1 てもいない, てもゐない

▼ 一つ弾み~ (2, 0.0%)

2 をつけ

▼ 一つ当れ~ (2, 0.0%)

1 ばお, ば五寸二分

▼ 一つ当家~ (2, 0.0%)

1 のお嬢様, の秘密

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にたたない, 替でも

▼ 一つ役者~ (2, 0.0%)

1 にしたら, らしい取柄

▼ 一つ彼ら~ (2, 0.0%)

1 の異様, は美しく

▼ 一つ待つ~ (2, 0.0%)

2 ことに

▼ 一つ後で~ (2, 0.0%)

2 鶴吉の

▼ 一つ後ろ~ (2, 0.0%)

1 の座席, の首筋

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 て見参, も言えない

▼ 一つ御免~ (2, 0.0%)

1 を蒙っ, 蒙って

▼ 一つ御用~ (2, 0.0%)

2 を勤め

▼ 一つ御苦労~ (2, 0.0%)

1 だが, でもたのむ

▼ 一つ微笑~ (2, 0.0%)

1 して, してから

▼ 一つ心持~ (2, 0.0%)

1 の上, よく万事

▼ 一つ心當~ (2, 0.0%)

1 りが, りを

▼ 一つ心臓~ (2, 0.0%)

1 が打った, が高い

▼ 一つ忠別川~ (2, 0.0%)

1 の集水区域, を選定

▼ 一つ怖い~ (2, 0.0%)

1 話は, 話を

▼ 一つ思いだした~ (2, 0.0%)

1 けれど妾, ことが

▼ 一つ思いついた~ (2, 0.0%)

1 が最後, ことそれは

▼ 一つ思い出しました~ (2, 0.0%)

1 がチベット, わ

▼ 一つ思い切った~ (2, 0.0%)

1 事を, 反逆を

▼ 一つ思い当たる~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 一つ思う~ (2, 0.0%)

1 存分な, 存分に

▼ 一つ思ひ~ (2, 0.0%)

1 きりたしなめ, きり忠告する

▼ 一つ思ひ出し~ (2, 0.0%)

1 また日頃, 殊に眠れない

▼ 一つ思ひ切り~ (2, 0.0%)

1 懲しめ, 腕を

▼ 一つ思出~ (2, 0.0%)

1 があり, して

▼ 一つ恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 かけ離れて, 煤に

▼ 一つ恭しく~ (2, 0.0%)

1 伊太夫の, 私たちの

▼ 一つ恵み残され~ (2, 0.0%)

2 冬籠

▼ 一つ悟れ~ (2, 0.0%)

1 ばキチガヒ, ば泥棒

▼ 一つ惜しい~ (2, 0.0%)

1 ことに, ものが

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に値する, の動機

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ありもっと, に打たれた

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 な事

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をいふ, を云え

▼ 一つ懸かっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 一つ懺悔話~ (2, 0.0%)

2 をしよう

▼ 一つ我々~ (2, 0.0%)

1 が古書, の仲間

▼ 一つ我慢~ (2, 0.0%)

1 しがたい, して

▼ 一つ我知らず熱心~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 一つ戴い~ (2, 0.0%)

1 て何程, て帰りましょう

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をあけ, を開けさせ

▼ 一つ戻っ~ (2, 0.0%)

1 てはこない, てゆかない

▼ 一つ所望~ (2, 0.0%)

1 した小松君, を申し

▼ 一つ手ぬかり~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 一つ手段~ (2, 0.0%)

1 がありました, がある

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 振って, 萎れて

▼ 一つ打たれ~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, てしまいました

▼ 一つ打ち~ (2, 0.0%)

1 やがら, 聳えたこの

▼ 一つ打った~ (2, 0.0%)

1 ままで, んです

▼ 一つ批点~ (2, 0.0%)

2 を打つべき

▼ 一つ抓ん~ (2, 0.0%)

1 であんぐり, で自分

▼ 一つ投げこめ~ (2, 0.0%)

2 ば鬼

▼ 一つ投げつけ~ (2, 0.0%)

1 てみたい, てやる

▼ 一つ折檻~ (2, 0.0%)

1 して, の種

▼ 一つ抛り出された~ (2, 0.0%)

1 のを, ように

▼ 一つ抜き~ (2, 0.0%)

1 捨てて, 討ちを

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 へてふい, へて干

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 破って, 被せたが

▼ 一つ押せ~ (2, 0.0%)

1 ばたちまち, ば忽ち

▼ 一つ拝借~ (2, 0.0%)

1 して, すると

▼ 一つ拡大鏡~ (2, 0.0%)

1 でうんと, でも仕入れ

▼ 一つ拭い~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 一つ拾う~ (2, 0.0%)

1 が早い, て戻つた

▼ 一つ拾った~ (2, 0.0%)

1 こと拾っ, 気に

▼ 一つ持ち上げ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見ました

▼ 一つ持ち出し~ (2, 0.0%)

1 ても首, て簡単

▼ 一つ持ち合わせない~ (2, 0.0%)

1 ときには, 職場の

▼ 一つ持ち来~ (2, 0.0%)

1 てこれ, てメフィストフェレス

▼ 一つ持出した~ (2, 0.0%)

1 のは, 奴と

▼ 一つ持出す~ (2, 0.0%)

1 ことが, のは

▼ 一つ指先~ (2, 0.0%)

1 で物, へ

▼ 一つ挙げる~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つ挙げるなら~ (2, 0.0%)

1 ば恐らく, ば海部

▼ 一つ挙げん~ (2, 0.0%)

1 にオエン, に今

▼ 一つ振り~ (2, 0.0%)

1 下ろした, 動かして

▼ 一つ振れ~ (2, 0.0%)

1 ば五万十万, ば曳舟

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 まつて, まなかっ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 まえたの, り來

▼ 一つ捌けました~ (2, 0.0%)

2 ので

▼ 一つ捨て~ (2, 0.0%)

1 てあった, てあつ

▼ 一つ据えられ~ (2, 0.0%)

1 たり, てその

▼ 一つ捺し~ (2, 0.0%)

1 てあげた, てある

▼ 一つ掘り出す~ (2, 0.0%)

1 こと, にいつ

▼ 一つ掛けぬ~ (2, 0.0%)

2 といふ性

▼ 一つ探偵小説~ (2, 0.0%)

2 を書い

▼ 一つ提げた~ (2, 0.0%)

2 お仲間体

▼ 一つ提案~ (2, 0.0%)

1 がある, をいたします

▼ 一つ握り合わなかった~ (2, 0.0%)

2 清い仲

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 上げて, 直して

▼ 一つ揺っ~ (2, 0.0%)

1 てチチン, て行こう

▼ 一つ揺った~ (2, 0.0%)

1 がすぐくるり, が敷石

▼ 一つ揺り上げ~ (2, 0.0%)

1 ざま事もなげに, て椅子

▼ 一つ揺れ~ (2, 0.0%)

1 ていく, て一つ一つ

▼ 一つ揺れる~ (2, 0.0%)

1 とウ列, と走り出した

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 して, すもの

▼ 一つ摘み~ (2, 0.0%)

1 て水, ながら言った

▼ 一つ摘みし~ (2, 0.0%)

2 土筆を

▼ 一つ撮ん~ (2, 0.0%)

1 でかり, で隣

▼ 一つ撲されたなら~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ 一つ擦っ~ (2, 0.0%)

1 ておい, て貰えない

▼ 一つ放し~ (2, 0.0%)

2 て見る

▼ 一つ放つ~ (2, 0.0%)

1 たかと, と共に夜来

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 として雪枝, よしない儀

▼ 一つ教会~ (2, 0.0%)

1 の信用, へ押しかける

▼ 一つ散歩~ (2, 0.0%)

1 がてら見, に出掛けう

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に渡さない, に立てさせない

▼ 一つ敷い~ (2, 0.0%)

1 てあった, てある

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 へあげる, へられた

▼ 一つ文字~ (2, 0.0%)

1 を射ぬい, を現

▼ 一つ文学~ (2, 0.0%)

1 といっ, にとって積極的

▼ 一つ断案~ (2, 0.0%)

2 を下し

▼ 一つ新聞~ (2, 0.0%)

1 に出, に広告

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に出る, のヱピソード

▼ 一つ旅籠~ (2, 0.0%)

1 に逗留, へ集まっ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の下, を挙げよう

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にこぼれ, を示した

▼ 一つ日本人~ (2, 0.0%)

1 の勇気, の常食

▼ 一つ日記~ (2, 0.0%)

1 に書く, をつけ

▼ 一つ早く~ (2, 0.0%)

1 どろんを, 帰って

▼ 一つ早速~ (2, 0.0%)

1 やつたら, 実行て

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 らしくやろうじゃ, を迎えた

▼ 一つ時彼女~ (2, 0.0%)

1 の顔, はため

▼ 一つ時眼~ (2, 0.0%)

1 を細く, を閉ぢ

▼ 一つ時緊張~ (2, 0.0%)

1 させる, したやう

▼ 一つ時躊躇~ (2, 0.0%)

1 するが, はした

▼ 一つ時間~ (2, 0.0%)

1 が抜け, をのばす

▼ 一つ景気~ (2, 0.0%)

1 よく前祝, をつけたい

▼ 一つ暗示~ (2, 0.0%)

1 を与え, を得た

▼ 一つ曲らず~ (2, 0.0%)

1 しゃんとし, 流石に

▼ 一つ曲者~ (2, 0.0%)

1 は証拠, は證據

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に加えられた, に極度

▼ 一つ書け~ (2, 0.0%)

1 そうに, との事

▼ 一つ書こう~ (2, 0.0%)

1 じゃない, としても図書館

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 つたから, よし

▼ 一つ有っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てそこ

▼ 一つ有る~ (2, 0.0%)

1 んだ, 絶えず山

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 かな蚯蚓, かに冴え

▼ 一つ望遠鏡~ (2, 0.0%)

1 が一つ, をのぞかせ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に同じ, もなかなか

▼ 一つ未知~ (2, 0.0%)

1 の世界, の扉

▼ 一つ本気~ (2, 0.0%)

1 でやろう, に考え

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の漆, を流し

▼ 一つ材料~ (2, 0.0%)

1 になる, を得たよろこび

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 で生, の中

▼ 一つ村方~ (2, 0.0%)

1 でも上下, へ回っ

▼ 一つ村長エヴトゥーフ・マコゴニェンコ~ (2, 0.0%)

2 に対する命令

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 一つ枕許~ (2, 0.0%)

1 にある, の行燈

▼ 一つ果して~ (2, 0.0%)

1 ほつと, チブスだった

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 をポン

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の実, の花

▼ 一つ案内~ (2, 0.0%)

1 して, を頼みたい

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に下り, をうっ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の唸り声, の奥

▼ 一つ検分~ (2, 0.0%)

1 された上, して

▼ 一つ極めつけ~ (2, 0.0%)

2 て叱り飛ばせ

▼ 一つ極端~ (2, 0.0%)

1 な想像, になります

▼ 一つ横たわっ~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 一つ橋神田橋~ (2, 0.0%)

1 から鎌倉河岸, に及び

▼ 一つ欄干~ (2, 0.0%)

2 を越し

▼ 一つ欠伸~ (2, 0.0%)

1 をした, を洩らした

▼ 一つ次に~ (2, 0.0%)

1 はこの, は河北郡木越

▼ 一つ欲しかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たので

▼ 一つ欲望~ (2, 0.0%)

1 が増した, を抑え

▼ 一つ正直~ (2, 0.0%)

1 のこと, のところ

▼ 一つ此地~ (2, 0.0%)

1 で伝道, で傳道

▼ 一つ此栓~ (2, 0.0%)

1 を捻, を捻つ

▼ 一つ歪んだ~ (2, 0.0%)

1 斜かけの, 気色も

▼ 一つ歴史的研究~ (2, 0.0%)

1 についての危険, に対して非難

▼ 一つ死に際~ (2, 0.0%)

2 まで生

▼ 一つ死ん~ (2, 0.0%)

1 でおる, でのけよう

▼ 一つ死んだ~ (2, 0.0%)

1 女房に, 気で

▼ 一つ死骸~ (2, 0.0%)

1 の下, の後ろ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 つたきり, つて

▼ 一つ残らず拾い集め~ (2, 0.0%)

1 て文房具, なお銃火

▼ 一つ残らず消え~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまひ

▼ 一つ残らず見~ (2, 0.0%)

1 ている, ておかなけれ

▼ 一つ残り~ (2, 0.0%)

1 二時アダリンの, 伝わって

▼ 一つ殖え~ (2, 0.0%)

1 て話し, でもした

▼ 一つ殘念~ (2, 0.0%)

2 なの

▼ 一つ殴っ~ (2, 0.0%)

1 てやりたい, て家

▼ 一つ殺さぬ~ (2, 0.0%)

1 げに見えた, 顔を

▼ 一つ殺し~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て貰おう

▼ 一つ比べ~ (2, 0.0%)

1 てみません, て見よう

▼ 一つ気がかり~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 一つ気がついた~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事です

▼ 一つ気づいた~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ 一つ気味~ (2, 0.0%)

1 のわるい, の悪い

▼ 一つ永久~ (2, 0.0%)

1 に恥ずかしい, のお

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 でも取

▼ 一つ沈ん~ (2, 0.0%)

1 でい, でぎらっと

▼ 一つ油屋~ (2, 0.0%)

1 のお, の佐吉

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に外れる, に触れる

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の長, を見せ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 一つ注意深く~ (2, 0.0%)

1 きいて, むすこを

▼ 一つ注目~ (2, 0.0%)

1 しなければ, を要する

▼ 一つ洩れ~ (2, 0.0%)

1 ていなかった, て来ない

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をいれた, を入れ

▼ 一つ流させ~ (2, 0.0%)

1 て呉れ, て貰

▼ 一つ浮いた~ (2, 0.0%)

1 旗雲には, 灯火の

▼ 一つ海軍~ (2, 0.0%)

1 に入, に入っ

▼ 一つ消すでなく~ (2, 0.0%)

2 スラスラと

▼ 一つ淋しく~ (2, 0.0%)

1 片寄って, 瞬いて

▼ 一つ深刻~ (2, 0.0%)

1 な事実, な問題

▼ 一つ混じっ~ (2, 0.0%)

1 ている, てはいなかった

▼ 一つ添える~ (2, 0.0%)

1 ことが, ものが

▼ 一つ渓流~ (2, 0.0%)

1 から湧き出でる, へ落ち

▼ 一つ減らした~ (2, 0.0%)

1 ことも, とて幸福

▼ 一つ減り~ (2, 0.0%)

1 二つ減っ, 二つ減りし

▼ 一つ減りました~ (2, 0.0%)

2 が問題

▼ 一つ渡されり~ (2, 0.0%)

1 ャ華族様も, ヤ華族様も

▼ 一つ温泉~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にはひらう, 煮て

▼ 一つ溜つて~ (2, 0.0%)

1 は居りません, ゐなかつた

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 があるらしい

▼ 一つ潰した~ (2, 0.0%)

1 っていい, ところで

▼ 一つ火燭~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ灯っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ている

▼ 一つ炬燵~ (2, 0.0%)

1 に五人, へ起き揃う

▼ 一つ点され~ (2, 0.0%)

1 ていない, ている

▼ 一つ点された~ (2, 0.0%)

1 赤い灯, 鈍い裸電燈

▼ 一つ点検~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 かつた, 雑作に

▼ 一つ無心~ (2, 0.0%)

1 しました, をしてやらう

▼ 一つ無理~ (2, 0.0%)

1 な御, に穴

▼ 一つ無造作~ (2, 0.0%)

1 に入れ, に打つ放し

▼ 一つ焼く~ (2, 0.0%)

1 にも一生, ので

▼ 一つ照らし~ (2, 0.0%)

1 て墨, て理解

▼ 一つ燈火~ (2, 0.0%)

1 を分った, を分つた

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 く星, とし

▼ 一つ燭臺~ (2, 0.0%)

1 が二つ, の蝋燭

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 でくれぐれも, の景色

▼ 一つ牡蠣船~ (2, 0.0%)

1 のほう, の方

▼ 一つ物音~ (2, 0.0%)

1 があっ, がしなくなった

▼ 一つ特種~ (2, 0.0%)

1 がある, を市内版

▼ 一つ犠牲~ (2, 0.0%)

1 にしてやろう, になっ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 っころ, のかたい

▼ 一つ独立~ (2, 0.0%)

1 させて, して

▼ 一つ狸囃子~ (2, 0.0%)

2 を聞かせた

▼ 一つ狸退治~ (2, 0.0%)

2

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に関する信仰, の人間

▼ 一つ獄門~ (2, 0.0%)

1 に首, の横木

▼ 一つ王様~ (2, 0.0%)

1 にとつて心配, の人形

▼ 一つ現れ~ (2, 0.0%)

1 て夜, 真二つ

▼ 一つ現われ~ (2, 0.0%)

1 ていきなり, てきらきら

▼ 一つ理由~ (2, 0.0%)

1 があつ, がある

▼ 一つ生れた~ (2, 0.0%)

1 ように, 故郷は

▼ 一つ生命~ (2, 0.0%)

1 だけが取り残された, の展開

▼ 一つ用事~ (2, 0.0%)

1 がありました, が出来た

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に育った, を越した

▼ 一つ町内~ (2, 0.0%)

1 でそういう, に出る

▼ 一つ留めぬ~ (2, 0.0%)

1 塋域の, 庭と

▼ 一つ當つて~ (2, 0.0%)

1 見ませう, 見ると

▼ 一つ疑わしい~ (2, 0.0%)

1 ところは, 事実が

▼ 一つ病的~ (2, 0.0%)

2 な好奇心

▼ 一つ癒し~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て頂きませう

▼ 一つ発掘~ (2, 0.0%)

1 されただけ, では焼物

▼ 一つ発明~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 一つ発表~ (2, 0.0%)

1 したらゾクゾク, した事

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 が二つ, 睨んで

▼ 一つ白き~ (2, 0.0%)

1 蛇の, 蝶

▼ 一つ百姓~ (2, 0.0%)

1 なんかやめ, をし

▼ 一つ皆んな~ (2, 0.0%)

1 に訊き, の手

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をむい, を剥い

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 がおい, に載せ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に捧げ, の上

▼ 一つ盗ん~ (2, 0.0%)

1 でも禁固, で二重マント

▼ 一つ盗んだ~ (2, 0.0%)

1 ことは, ということ

▼ 一つ目小僧様~ (2, 0.0%)

1 すなわち眼一つ, と様付け

▼ 一つ目立つ~ (2, 0.0%)

2 て凄

▼ 一つ盲点~ (2, 0.0%)

1 があった, が残され

▼ 一つ相手~ (2, 0.0%)

1 になっ, をし

▼ 一つ省略~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ瞬い~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ 一つ石印~ (2, 0.0%)

2 が二つ三つ

▼ 一つ破れた~ (2, 0.0%)

1 孔の, 肱掛け椅子が

▼ 一つ硝子戸~ (2, 0.0%)

2 に鮮

▼ 一つ祝杯~ (2, 0.0%)

1 を挙げ, を挙げよう

▼ 一つ神様~ (2, 0.0%)

1 に感謝, の尻尾

▼ 一つ私達~ (2, 0.0%)

1 の前, はどうしても

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 がふける, が匂

▼ 一つ秋山~ (2, 0.0%)

1 を呼ん, を沈黙

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 へたこ, へるでも

▼ 一つ稲妻~ (2, 0.0%)

1 が閃, に似

▼ 一つ空け~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て貰った

▼ 一つ突い~ (2, 0.0%)

1 て, て転げ出した

▼ 一つ突っ込ん~ (2, 0.0%)

1 で見る, で調べ度

▼ 一つ立たず~ (2, 0.0%)

1 ひっそりと, 飛魚一つ躍らぬ

▼ 一つ立てよう~ (2, 0.0%)

1 とはしない, ともしない

▼ 一つ立合診察~ (2, 0.0%)

1 をし, を爲

▼ 一つ立身出世~ (2, 0.0%)

1 でもする, なんて事

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の皮, の簀子

▼ 一つ竹刀~ (2, 0.0%)

2 で打たれる

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 かしいこと, ひ話

▼ 一つ笑った~ (2, 0.0%)

1 が, がやがてそろそろ

▼ 一つ箪笥長持~ (2, 0.0%)

2 はもとより

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の形

▼ 一つ粗末~ (2, 0.0%)

1 と言っ, な木造

▼ 一つ系統~ (2, 0.0%)

1 から分岐, で仮に

▼ 一つ納得~ (2, 0.0%)

1 して, できないこと

▼ 一つ紫水晶~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 一つ結び~ (2, 0.0%)

1 にし, のダラリ

▼ 一つ結晶~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に見える, を描い

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にある, の下がっ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の上, をひきました

▼ 一つ締め~ (2, 0.0%)

1 ていない, て三階

▼ 一つ縁側~ (2, 0.0%)

1 の上, をたたい

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 のより目, はゾロゾロ

▼ 一つ習慣~ (2, 0.0%)

1 ができ, を破った

▼ 一つ翻訳~ (2, 0.0%)

1 したこと, して

▼ 一つ老人~ (2, 0.0%)

1 から貰い, に聞い

▼ 一つ考えず~ (2, 0.0%)

1 にあっさり, にいっ

▼ 一つ考へられる~ (2, 0.0%)

1 ことは, 橋は

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 して, も今

▼ 一つ聞えた~ (2, 0.0%)

1 ときは, ばっかりで

▼ 一つ聞こえない~ (2, 0.0%)

1 のであった, 位シインと

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をとても, を抜い

▼ 一つ肝心~ (2, 0.0%)

1 なこと, なもの

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に一つ宛, の下

▼ 一つ脅かされる~ (2, 0.0%)

2 とペラペラ

▼ 一つ脅かし~ (2, 0.0%)

1 ておきやしょう, ておく

▼ 一つ脱線~ (2, 0.0%)

2 するが

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に抱い, の上

▼ 一つ自慢~ (2, 0.0%)

1 できること, の鼻

▼ 一つ至急~ (2, 0.0%)

1 にこしらえろ, に歸郷

▼ 一つ興味~ (2, 0.0%)

1 のある, をもっ

▼ 一つ舌打ち~ (2, 0.0%)

1 して, をし

▼ 一つ良人~ (2, 0.0%)

1 たる人, にとり

▼ 一つ芝生~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 一つ苦しめ~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て遣れ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に帆村, に考慮

▼ 一つ茶碗一つ~ (2, 0.0%)

1 と共に悠々, ない

▼ 一つ荒れ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て来る

▼ 一つ荒涼たる~ (2, 0.0%)

1 光を, 焼野原

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の花, 見の

▼ 一つ萱穂~ (2, 0.0%)

1 が立て, を挿し

▼ 一つ蝋燭~ (2, 0.0%)

1 ででも焼い, にはりつける

▼ 一つ蝶々~ (2, 0.0%)

2 がとん

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 されると, しましたよ

▼ 一つ行かう~ (2, 0.0%)

1 か, よ

▼ 一つ行ける~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ところまで

▼ 一つ行灯~ (2, 0.0%)

1 が一つ, の火

▼ 一つ行燈~ (2, 0.0%)

2 が一つ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 から食べ, をうけ

▼ 一つ西洋風~ (2, 0.0%)

1 の二階, の机

▼ 一つ覆さつ~ (2, 0.0%)

2 て引いた

▼ 一つ見せた~ (2, 0.0%)

1 ことの, ことは

▼ 一つ見せない~ (2, 0.0%)

1 でそん, んだ

▼ 一つ見せなかった~ (2, 0.0%)

1 から痒い, ものだ

▼ 一つ見せよう~ (2, 0.0%)

1 かしらと思案, じゃあ無し

▼ 一つ見た~ (2, 0.0%)

1 ということ, ばかりで

▼ 一つ見たい~ (2, 0.0%)

1 な, ものだ

▼ 一つ見つかった~ (2, 0.0%)

1 からそれ, ような

▼ 一つ見ましょう~ (2, 0.0%)

1 と云い, と立ち上った

▼ 一つ見よう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と銀座映画劇場

▼ 一つ見れ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば歌舞伎

▼ 一つ見事~ (2, 0.0%)

1 にあおっ, に成功

▼ 一つ見付け~ (2, 0.0%)

1 てうれし, て博士世

▼ 一つ見出し~ (2, 0.0%)

1 て吉岡, て近

▼ 一つ見台~ (2, 0.0%)

1 のやう, を叩い

▼ 一つ見届け~ (2, 0.0%)

1 てやれ, てやろう

▼ 一つ見当らない~ (2, 0.0%)

1 のは, ばかりかその

▼ 一つ見落し~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておった

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ぐれれば, つてるの

▼ 一つ解く~ (2, 0.0%)

1 ことが, とまた

▼ 一つ解らない~ (2, 0.0%)

1 ことが, 事が

▼ 一つ解釈~ (2, 0.0%)

1 して, し直して

▼ 一つ触れ~ (2, 0.0%)

2 てはならぬ

▼ 一つ言いたい~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことは

▼ 一つ言い添える~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 一つ言えなかった~ (2, 0.0%)

1 弱気の, 弱気を

▼ 一つ言ひたい事~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 一つ訊かし~ (2, 0.0%)

1 てもらいたい, て下さい

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 くれば

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てやらう

▼ 一つ註文~ (2, 0.0%)

1 がある, しました

▼ 一つ註釈~ (2, 0.0%)

1 を加えね, を施し

▼ 一つ証拠~ (2, 0.0%)

1 の裏付け, を御覧

▼ 一つ試みたい~ (2, 0.0%)

1 ことは, カフェという

▼ 一つ試みる~ (2, 0.0%)

1 かな, つもりで

▼ 一つ詩人~ (2, 0.0%)

1 と云う, の健啖

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 がある, しあって

▼ 一つ読者諸君~ (2, 0.0%)

1 の裁断, もご

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 がふえた, の大石

▼ 一つ警察~ (2, 0.0%)

1 で話し忘れ, をへこまし

▼ 一つ議論~ (2, 0.0%)

1 をた, を吹きかけ

▼ 一つ譲っ~ (2, 0.0%)

1 てくれない, て頂きたい

▼ 一つ讀み~ (2, 0.0%)

1 て聞せ, 合は

▼ 一つ讀めない~ (2, 0.0%)

1 でその, やうな

▼ 一つ象牙~ (2, 0.0%)

1 の札, を試み

▼ 一つ豪遊~ (2, 0.0%)

1 しようじゃ, でもし

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 阿に, 阿にとって

▼ 一つ負っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, ていません

▼ 一つ負わなかった~ (2, 0.0%)

1 ということ, のだ

▼ 一つ貰い~ (2, 0.0%)

1 に来た, 受けて

▼ 一つ貰いたい~ (2, 0.0%)

1 ものが, よ

▼ 一つ貰おう~ (2, 0.0%)

1 か, と云う

▼ 一つ貰っ~ (2, 0.0%)

1 てき, て閏八月

▼ 一つ貰った~ (2, 0.0%)

1 けれども勿体なく, のです

▼ 一つ貴様~ (2, 0.0%)

1 に調べる, の仕業

▼ 一つ買い取る~ (2, 0.0%)

1 ことに, のに半時

▼ 一つ買おう~ (2, 0.0%)

1 かと云っ, とした

▼ 一つ買つて來~ (2, 0.0%)

1 た, て下さい

▼ 一つ買わない~ (2, 0.0%)

1 かね, ではいられないでありましょう

▼ 一つ赤あか~ (2, 0.0%)

1 と炎, と空

▼ 一つ赤い~ (2, 0.0%)

1 もの, 半襟が

▼ 一つ起り~ (2, 0.0%)

1 から出た, はせぬ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 ゆれば

▼ 一つ越さね~ (2, 0.0%)

1 ばならぬで, ば成らなかった

▼ 一つ足らない~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ 一つ跨いだ~ (2, 0.0%)

1 処に, 時無気味な

▼ 一つ路地~ (2, 0.0%)

1 に居着い, の中

▼ 一つ踊っ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て次

▼ 一つ踊る~ (2, 0.0%)

1 にも女, 様に

▼ 一つ蹴っ~ (2, 0.0%)

1 てころころ, て行った

▼ 一つ蹴落し~ (2, 0.0%)

1 てよこす, ながら荒神

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 い咳, く蜿つて

▼ 一つ輾げ~ (2, 0.0%)

2 出す

▼ 一つ近畿地方~ (2, 0.0%)

1 にある, に多

▼ 一つ近頃~ (2, 0.0%)

1 お父さんと, の相撲好き

▼ 一つ返されねえ~ (2, 0.0%)

2 品物が

▼ 一つ送別会~ (2, 0.0%)

1 をしなき, を開こう

▼ 一つ通っ~ (2, 0.0%)

1 てつぎつぎ, て行った

▼ 一つ通り~ (2, 0.0%)

1 ません, 抜けようとは

▼ 一つ通りすぎ~ (2, 0.0%)

1 ていっ, ても来なかった

▼ 一つ通り越し~ (2, 0.0%)

2 て父

▼ 一つ通る~ (2, 0.0%)

1 から又, ごとに

▼ 一つ進げ~ (2, 0.0%)

1 て御覧, ましょう

▼ 一つ過ぎ去った~ (2, 0.0%)

1 かのよう, 人生そのものの

▼ 一つ違つた例~ (2, 0.0%)

1 は皇, を引きませう

▼ 一つ遣り~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 に住ん, のうち

▼ 一つ都会~ (2, 0.0%)

1 においてすら言語衒, によき

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 この極めて, をやめ

▼ 一つ重ね~ (2, 0.0%)

1 てフェルト, て手のひら

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 で打ちつけ, で打ち附け

▼ 一つ針箱~ (2, 0.0%)

2 が一つ

▼ 一つ銜え~ (2, 0.0%)

1 あっち向い, 喉へ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, を入れる

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 がかかる, をはずし

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 につながっ, につながれ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 を叩く, 鳴器

▼ 一つ鑑定~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 一つ長く~ (2, 0.0%)

1 吐いた, 引いた

▼ 一つ開いた~ (2, 0.0%)

1 ような, 落花生の

▼ 一つ閑却~ (2, 0.0%)

1 すること, 出来ないの

▼ 一つ間違っ~ (2, 0.0%)

1 て暗い, て竜

▼ 一つ間違わ~ (2, 0.0%)

1 ば操, ば末代

▼ 一つ関所~ (2, 0.0%)

1 があった, を守っ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 の中, をきっ

▼ 一つ附いた~ (2, 0.0%)

1 だけの家, ものである

▼ 一つ附けた~ (2, 0.0%)

1 あの原始的, 老人が

▼ 一つ階段~ (2, 0.0%)

1 が作られ, を登る

▼ 一つ随分~ (2, 0.0%)

1 困ること, 飲めるから

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 いて, だて

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にし, を云え

▼ 一つ電報~ (2, 0.0%)

1 で驚かし, をナゴヤ

▼ 一つ電灯~ (2, 0.0%)

1 が薄暗く, のつい

▼ 一つ電車~ (2, 0.0%)

1 の中, へ乗

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 を撫でおろし, 喰らわせて

▼ 一つ面白~ (2, 0.0%)

1 半分に, 半分吝嗇漢と

▼ 一つ面白く~ (2, 0.0%)

1 ない慣習, も可笑しく

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

2 が虎松

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ががめずらしく, の曲

▼ 一つ頂かせ~ (2, 0.0%)

2 て下さい

▼ 一つ頂く~ (2, 0.0%)

1 んは, 事も

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 でもございましたらう, でもございましたろう

▼ 一つ順々~ (2, 0.0%)

1 に之, に侵害

▼ 一つ順序~ (2, 0.0%)

1 を間違える, 正しく釈い

▼ 一つ預かっ~ (2, 0.0%)

1 ていました, ております

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 っぺた, へ一つ

▼ 一つ頼まれ~ (2, 0.0%)

1 て下さらないでしょう, て下さらんじゃろう

▼ 一つ頼みます~ (2, 0.0%)

1 ぜ, よ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 をし, をしゃくっ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 ひたしと, をかけた

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 にふるえ, ばかりだ

▼ 一つ颯と~ (2, 0.0%)

1 冷い, 振った

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 越えた覚え, 越えて

▼ 一つ飛び出し~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ 一つ飛び越し~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, て見たい

▼ 一つ飛び離れ~ (2, 0.0%)

1 て同じ, て直ぐ

▼ 一つ食った~ (2, 0.0%)

1 きり, 為に

▼ 一つ食べた~ (2, 0.0%)

1 のだ, ばかりで

▼ 一つ食べよう~ (2, 0.0%)

1 とする, とは思わない

▼ 一つ食わし~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくれました

▼ 一つ飲まん~ (2, 0.0%)

1 か, かい

▼ 一つ飲もう~ (2, 0.0%)

1 か, じゃない

▼ 一つ養鶏~ (2, 0.0%)

1 を始めましょう, を実行

▼ 一つ餌食~ (2, 0.0%)

1 を狙っ, を狙つて

▼ 一つ馬籠~ (2, 0.0%)

1 へ出す, へ手紙

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 でも五分, へ停っ

▼ 一つ駕籠~ (2, 0.0%)

1 をかつい, を離れ

▼ 一つ騒動~ (2, 0.0%)

1 が沸いた, が降っ

▼ 一つ驚かされた~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 一つ骨折つて~ (2, 0.0%)

2 呉れる樣

▼ 一つ高く~ (2, 0.0%)

1 さ, 草の

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 でも釣り, をあげましょう

▼ 一つ鳥居前~ (2, 0.0%)

2 の堀田忠吉

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 つたと, つたのを

▼ 一つ鳴き二つ鳴き~ (2, 0.0%)

2 ころころと

▼ 一つ鳴っ~ (2, 0.0%)

1 たって訳さ, て

▼ 一つ鳴れ~ (2, 0.0%)

1 ば出帆, ば祖

▼ 一つ黙っ~ (2, 0.0%)

1 て咲い, て置かれ

▼ 一つ~ (2, 0.0%)

1 きは, み河沿

▼1* [6385件]

一つぁんお上りやす, 一つあいた席に, 一つあいつの女房, 一つあいてるそうだ, 一つあおって白い, 一つあおられると参っ, 一つあおりをくれる, 一つあかしがある, 一つあかず何という, 一つあからめずにこの, 一つあかり一つないうえ, 一つあかるみに持出された, 一つあがったのです, 一つあきらめ安いの, 一つあくどいまねを, 一つあぐらでくつろいだ, 一つあけすけに書い, 一つあけ殘して, 一つあげないこと, 一つあげよか, 一つあげられた時には, 一つあすは二つ, 一つあずかって置い, 一つあそこに出れる, 一つあたし恰好なお話相手, 一つあたり一面に豊満, 一つあたり前でないもの, 一つあちこちと揺れ動き, 一つあちら側に戸口, 一つあったなら幾十人前の, 一つあつらえて美味, 一つあづかつておい, 一つあとヴェトーヴェンの第, 一つあにきの, 一つあばれてやる, 一つあぶないものだ, 一つあぶなくてまわせません, 一つあぶら虫を飼っ, 一つあまさず出してすっかり, 一つあまさず見とどけて的確, 一つあまり世間に, 一つあまりに周囲と, 一つあまり従来記録されて, 一つあむと, 一つあやかりに, 一つあらかじめ注意したい, 一つあらたに御社, 一つあらためていました, 一つあらぬ方角へ, 一つあらゆるシェークスピアの, 一つありありと思い出させられる, 一つありがたいことは, 一つありき涙す我は, 一つありゃあ好いの, 一つありゃええなんて元気, 一つありやしねえ, 一つありやしないか, 一つあり次ぎには結婚問題, 一つあるしょうこです, 一つあるであろうとは思う, 一つあるねんで, 一つあるべきものだ, 一つあれ二つこれ一つというお客, 一つあんなのを, 一つあゝもう無い, 一ついいきらぬ器量なし, 一ついいたいことが, 一ついいつけることが, 一ついいますればそれ, 一ついい掛けるでもなく, 一ついうたら懺悔申す, 一ついえば某, 一ついえないで堅く, 一ついえることは, 一ついおうやはり同, 一ついかあさま, 一ついかなる故にか, 一ついかりをおろし, 一ついかん事がある, 一ついきましょうシッシッと, 一ついけよという調子, 一ついこうじゃない, 一ついじってやっ, 一ついそいそと撫でたい, 一ついたばかりで, 一ついただかないことには, 一ついただきたいものです, 一ついただきましたがこれ, 一ついただきませんので, 一ついただくよありがたう, 一ついただけばそれで, 一ついただけませんでせう, 一ついただこうではございません, 一ついっしょに出かけ, 一ついったのでみんな, 一ついっぱいに拡がった, 一ついつの間にか行衛が, 一ついつもいつもかかって, 一ついづこよりか, 一ついのちでも喰う, 一ついまは申さず, 一ついまだに自分の, 一ついま拙者がその, 一ついま築地の異人館, 一ついま蒋介石がゐる, 一ついやしくも天才的事情が, 一ついよいよこのついで, 一ついりくんだ四次元世界の, 一ついれますかな, 一ついれるからの, 一ついろいろ見せて, 一ついろは屋の親分, 一ついわねえでけんつく食わせるた, 一ついわれただけで何日, 一つうかがいたいものです, 一つうかんでくる, 一つうきうきと漂い流れ, 一つうけて夜明け, 一つうけとるとまた, 一つうずくまっている, 一つうたふでも, 一つうたいもしない, 一つうたいおわるとすぐ, 一つうたいやすからかんべん, 一つうたうそれから床, 一つうたって聞かし, 一つうたないのに, 一つうたわせまだ終り, 一つうち二つうち三つ四つや五つ六つうち, 一つうつひまがなかっ, 一つうつむいて草鞋, 一つうつろふ野, 一つうなずける叔母の, 一つうなったたよた, 一つうなづいて大人, 一つうなづいたきりで, 一つうなづく石の, 一つうねらしてねそれから, 一つうまそうな, 一つうらなわせてみよう, 一つうるんでみえる, 一つうんざりしたらしい, 一つえらくないこと, 一つおいしくお茶を, 一つおうかがいをします, 一つおかのさんと呼ばれ, 一つおかみの言つて行つた言葉, 一つおかれている, 一つおきたいね, 一つおくられぬ紙の, 一つおしいことが, 一つおして見て, 一つおじさんから聞い, 一つおすと一回, 一つおちてはいなかった, 一つおっかさんも食べられ, 一つおとし差しに, 一つおとしたことを, 一つおとなしく中ほどに, 一つおどってみせ, 一つおどろいたことが, 一つおなじような, 一つおねがいです, 一つおのずからぼんやりと, 一つおばさんを安心, 一つおふくろさんの顔, 一つおまえさんに話し, 一つおましたけどあんな, 一つおまじないさえし, 一つおもいきりこの危難, 一つおもしろく感ずるの, 一つおやりよわたしは, 一つおよそ彫刻でも, 一つおれたちより強い, 一つおろされてそれ, 一つおろしてふた, 一つおろしたやうな, 一つお上んなさいまし, 一つお供につれ, 一つお前達二十人位は楽, 一つお客に受けさせ, 一つお母さまから貸し, 一つお母様のため, 一つお気をつけなさい, 一つお浚い遊ばせ, 一つお父さんのこと, 一つお父つぁんに頼もう, 一つお玉が自分, 一つお礼にうんと, 一つお神酒とお, 一つお祭の名称, 一つお笑い下さいまし, 一つお萩とお, 一つお見舞したいもん, 一つお見舞一つもらわなくて, 一つお許しを得, 一つお辞儀みたいなこと, 一つお返しして, 一つお送りして, 一つお過ごしあそばされませ, 一つお鍋をかこん, 一つかいた様子を, 一つかいたら山一ぱいになつてしまつた, 一つかえしてこっち, 一つかかえて三鷹, 一つかかげてあった, 一つかかると四十幾本, 一つかがやいていた, 一つかきこれは, 一つかけたかったりいたします, 一つかけないではいっ, 一つかけようとしない, 一つかけられないとそれ, 一つかけられなかった古里の, 一つかけるのです, 一つかけ合ってみ, 一つかげねえもんだ, 一つかざりつけをしてない, 一つかしこに一つ, 一つかじって淋しい, 一つかぞえあげてみよう, 一つかぞへあげて, 一つかたりとあく, 一つかっぱらって来, 一つかっぽれさん, 一つかつて肌身離さなかった, 一つかというつまらなそう, 一つかなへさし, 一つかなわずに消え, 一つかに胡座を, 一つかべにぶつかると, 一つかやの実, 一つからかッて, 一つからだって見るその, 一つからになると, 一つかれの眼, 一つかわして芝生, 一つかわしたことも, 一つかわってください, 一つかんで差配, 一つかんさんは二階, 一つがくふと安心, 一つがさつか無え桑畑, 一つがどさっと先ず地, 一つがら五俵ずつ穫れ, 一つがんみして, 一つてそれから, 一つきかせてちょうだい, 一つきかせないで一人, 一つきかなくちゃならない, 一つきき訊したいの, 一つきく者はない, 一つきけない恭一で, 一つきこうとしない, 一つきこえずなんの, 一つきこえないばかりか人, 一つきたない嚢包みだけは, 一つきたないあつかましい仕打ちを, 一つきっと帰って, 一つきついた, 一つきびしく言って, 一つきまりをこしらえ, 一つきみは気がつい, 一つきょうきいた話, 一つきりそれに木, 一つきりぢやお話, 一つきりはなされた作品の, 一つきりはなせないものだ, 一つきり二つきり小さい利益, 一つきり窓のそ, 一つきり連れがある, 一つきわめて率直な, 一つぎゆツとつねつて, 一つぎりぎりと死, 一つぎりでほとんど裸, 一つぎろりとさしてそれから向う, 一つくくっただけの, 一つくぐって鳩尾, 一つくぐったすぐ向こう側, 一つくぐりぬけるごとに, 一つくぐりゃすぐと, 一つくぐると谿, 一つくさびを入れました, 一つくしゃみをしました, 一つくださいな, 一つくださらないか, 一つくつきりとまつ, 一つくべとくと火持ち, 一つくらいずつそういう参考品, 一つくらいにはまさにのぼり, 一つくらしつけられでもした, 一つくらわされてその, 一つくらわしたうえ足を, 一つくらわせさえすれ, 一つくりひろげられる貧しい農家, 一つくり返して訊かれる, 一つくるっとま, 一つくれたんです, 一つくれぬかと所望, 一つくれませんか, 一つくれろくれなかったら汝を, 一つくわされてしまい, 一つぐうっと口から吐きました, 一つぐしゃっと彼の, 一つぐらいじゃあ償われないもの, 一つぐらいずつ質問書を, 一つぐらいという訳で, 一つぐらいな味が, 一つぐらいのうちこんな, 一つぐらいも年下かと, 一つぐらいを必ず持ち去った, 一つぐらひ戴けば, 一つぐらりとゆれる, 一つぐらゐの外國語は今日, 一つぐるんとぶ, 一つぐるぐるとまわっ, 一つぐれて感情的, 一つぐれると明日演奏会, 一つけっ点が, 一つけむたそうに, 一つこう行くかな, 一つこえたではない, 一つここらで手柄, 一つこころからのお願い, 一つこころみませんか, 一つここんところの, 一つこさえてやる, 一つこさえられるぜ, 一つこさえるには百疋, 一つこしらえてるんだ, 一つこしらえましたそれが, 一つこしらえ出さずにはいられなかった, 一つこっそり取り変, 一つことづけてよこそう, 一つことわつておく, 一つこのごろはあまり, 一つこのごろ厄介になっ, 一つこの小さな事件だけは, 一つこの間の御, 一つこの間此処のお, 一つこの間此處のお, 一つこぼすでもなく, 一つこまを小山, 一つこまかく何か, 一つこみいった事情が, 一つこらえてやる, 一つこらしめてやらなけれ, 一つこりゃ半さんに, 一つころがり八疊の, 一つころがり出たのには, 一つころころところげ出, 一つころりとのっ, 一つこツちで見つけなければ, 一つごくごく珍しいもの, 一つございまして空恐ろしく, 一つございましたある坊さん, 一つござってな, 一つごとんと揺れ, 一つごろりと描いて, 一つご存じないとは, 一つさう願ひます, 一つさういふ戯曲家は, 一つさがして借りだし, 一つさきで相手が, 一つさきほど申したよう, 一つさぐつてみてゐるうちに昨夜夜ふけてひとり, 一つさげた留吉は, 一つささえるものが, 一つささず明るいまま, 一つささやかなともすると, 一つさされたくないのです, 一つさしあげたいが参詣, 一つさして上げなさいな, 一つさし上げたるがその, 一つさすように, 一つさせやがら, 一つさせず再び監禁同様, 一つさせぬような, 一つさだ子の所, 一つさっきのお, 一つさながら布袋和尚が, 一つさびしさうにし, 一つさびしく立って, 一つさまよい歩くという道理, 一つさらさらと書き流し, 一つさらって来た, 一つさらつた子供は船, 一つさりげなく咳払い, 一つさわってゆける, 一つさわやかに騒ごう, 一つさわりゃアしなかった, 一つさ子供だって可愛い, 一つざくりと掘りました, 一つざしきに枕, 一つしあがるたびに, 一つしかしこの歌, 一つしかねエこの雁首, 一つしかめず怺えて, 一つしか使はない, 一つしきゃないのを, 一つしきゃ通っていない, 一つしきらぬ中お, 一つしたためて封, 一つしづかに過ぎる, 一つしでかした御飯を, 一つしなかつた騎士が, 一つしなくなつて, 一つしなくなっている, 一つしなければ眉毛ひとすじ, 一つしねえと思う, 一つしのこしている, 一つしばたたいて欅, 一つしばらく空に, 一つしぼってくれません, 一つしまして, 一つしましたが腹の中, 一つしませんでしたがやがて, 一つしまってあった, 一つしまっとくんじゃ, 一つしみじみと味, 一つしめるから音頭, 一つしめろと, 一つしゃくると真面目くさっ, 一つしゃべれないでヘドモド, 一つしょせんは命, 一つしょっ引いて行っ, 一つしょんぼりとかけ, 一つしよう訳がなかっ, 一つしらべると雑記帳, 一つしらみつぶしに, 一つしられをあげる, 一つしんじつ未曾有雲散霧消の結末, 一つしんぼうするの, 一つしんみりと子路, 一つしんみり為ようともしなかった, 一つし損じのない, 一つし残した事の, 一つし給いつるは, 一つじっくりと考えましょう, 一つじゃあないか, 一つじゃからな, 一つじゃけに議論し, 一つじゃと左大臣どのも, 一つじゃまがあった, 一つじゃろて, 一つすうウッと, 一つすうっと宙, 一つすえずにきちんと, 一つすえられていた, 一つすえられないような, 一つすがりたるがいと, 一つすきまもなく逃げだす見こみ, 一つすぎるごとに, 一つすすって彼, 一つすすめて頂戴, 一つすすり上げてそのまま, 一つすっかり云って, 一つすっと何処かへ, 一つすなわち政治的革命的哲学的の, 一つすばらしい蔵書印を, 一つすべての局面転換, 一つすべてきれいにはたかれる, 一つすべて生活と直接, 一つすべり戸が, 一つすぼめてアイルランド, 一つすましのかわり, 一つすむとみんな夢中, 一つすらも見いだされなかった, 一つすらりと反, 一つすりやう, 一つすればこそ, 一つッと, 一つずつか二つずつか, 一つずつがみんな異, 一つずつしかないと, 一つずつとそれから金銭, 一つずつには線の, 一つずつも手みやげに, 一つずり下りざまに叩頭, 一つずり落ち二つ落ちし, 一つせいぜい毅, 一つせきばらい, 一つせしめ上げたものと, 一つせすただしずか, 一つせずねんごろに, 一つせず叱言を, 一つせず静まりかえっていた, 一つせっかく引受けた大, 一つせっせと地面掘っ, 一つせまい湯船の, 一つせめてその眼, 一つせんといは, 一つせんべいでも買っ, 一つそいつをあげ, 一つそういった意味での, 一つそこで馬春堂の, 一つそしてただ一つしか, 一つそちに対して申しわけ, 一つそっちからきこえ, 一つそつと中, 一つそつくりひとまとめにした, 一つそなえつけてある, 一つそなえてる小さな石だたみ, 一つそのちょっとした呼吸ひとつで, 一つその他いろいろ旅中, 一つそり返りざま胸の, 一つそれからまた一つと, 一つそれだけソックリ譲っ, 一つそれで沢山だ, 一つそれほど大切に, 一つそれらの整理, 一つそれ口塞ぎというやつ, 一つそれ自身の一つ, 一つそろいがあった, 一つぞや父樣はやく, 一つたいせつなこと, 一つたぐって行く, 一つたぐりながら探っ, 一つたしかに実感と, 一つたしかめて来, 一つたしかめ得たことは, 一つたすかる秘法が, 一つたずねてくれ, 一つたずねたいことが, 一つたたくとこの, 一つたたまれてあった, 一つただ一つそこに, 一つただし何という, 一つたっていた, 一つたったそれっきりあんたも, 一つたつた一つが, 一つたてずに汗みどろ, 一つたてずじつとしてゐた, 一つたてぬ筈が, 一つたてられて二人, 一つたどたどしさう, 一つたのむよ, 一つたびをかわるがわる, 一つたびたびくり返される質問, 一つたぶんはほか, 一つたべるとその, 一つたべ終るごとに, 一つたまらねえ變な, 一つたまりかねたような, 一つたむけようともせずほったらかし, 一つため息をしました, 一つたらしも酒, 一つたらないところが, 一つたん一つ出ない, 一つだいじなことが, 一つだけじゃない, 一つだけででも幕府としては, 一つだけとは何の, 一つだけについて見ても, 一つださうだが配水裝置, 一つだったならばどうせ, 一つだったら如何でしょう, 一つだったらしいのを, 一つだつて彼, 一つだつたさうですが女, 一つだつたらもつと始末, 一つだまかして聞く, 一つだらりと短尺, 一つだれにもできぬ, 一つだんなの悪い, 一つちかり, 一つちぎつて口に, 一つちくりとやられた, 一つちぢみあがるような, 一つちひさい小屋が, 一つちゃんとした, 一つちやんと空中, 一つちょっくらお願い, 一つちょうだいしたが, 一つちょこなんと置いて, 一つちょっとした試みを, 一つちょろまかして世間, 一つちょろまかすことを, 一つちょんと乗っかっ, 一つちようどそんなの, 一つちらかっていない, 一つちらちら洩れて, 一つちんまり森の, 一つっきりあみを持ってない, 一つついてるきりで, 一つつかってしまっ, 一つつかないような, 一つつかまえねばなりません, 一つつかんでいない, 一つつがせてのち床, 一つつき込んで, 一つつきつめてはっきり, 一つつくり上げるように, 一つつくろうね, 一つつくろったのが, 一つつけっ放しになっ, 一つつついてみ, 一つつつき始めるとその, 一つつつましげに, 一つつづいて一つ肩, 一つつなぎまして長い長い, 一つつねってみ, 一つつねるんだ, 一つつぶやこうとはしませんでした, 一つつぼみがつきました, 一つつまみ臍の緒の, 一つつまみあげて古, 一つつまみあげたのでもちろん, 一つつまみあげようとする, 一つつまみ上げて大切相, 一つつまんだきりだった, 一つつみかさなって行く, 一つつや子のベッド, 一つつれてゆく, 一つつれたように, 一つづつあて私にも其の, 一つづつあるのが今ではそれ, 一つづつうごめくを見申し候, 一つづつがその風に動いた, 一つづつがゆつくりと, 一つづつけんどんがくつついてゐるので戸をあけ, 一つづつその立派な菓子, 一つづつの店を持つ, 一つづつみんなで考へ, 一つづつめくりながらその一齣, 一つづつもらつて行くの, 一つづつわしから真珠, 一つづつボーボー吹き出すガス, 一つづつポタリと落ち, 一つづつ一つづつ流れて, 一つづつ上へ, 一つづつ上のを讀ん, 一つづつ中指と薬指, 一つづつ五位の心, 一つづつ僕の視野, 一つづつ僕等の前, 一つづつ前へ置き, 一つづつ反芻しながら, 一つづつ四本折つて見せました, 一つづつ子孫のため, 一つづつ左樣ならを, 一つづつ年を取る, 一つづつ得意さうに説明をする, 一つづつ文身したん, 一つづつ氷の上, 一つづつ男女の手, 一つづつ盜つて行くん, 一つづつ穴をあけ, 一つづつ結節が無く, 一つづつ縮尻を重ね, 一つづつ腰高の菓子臺, 一つづつ花を訪ね, 一つづつ貰ひましたから, 一つづつ輪になつて, 一つづつ透明な空, 一つづゝお手料理を拵, 一つづゝくだいて食ふんだ, 一つづゝとつて行つた, 一つづゝについて詳しく話し, 一つづゝはめた両手を餉台, 一つづゝ一つがひ, 一つづゝ展けて來, 一つづゝ心をつかん, 一つづゝ星はあらはれ, 一つづゝ減つて行つた, 一つづゝ順上りになつて, 一つてこ盛りで勧め, 一つであったらしいなそれとも, 一つであった働けるだけ食べられる, 一つでありしことは, 一つであり研く道も, 一つであるき廻ったほどの自然児, 一つであるずゐぶん簡単な, 一つであるべきアジアと, 一つであるべく思われるにかかわらず, 一つであるよびこの笛, 一つであればまた, 一つできぬ自分が, 一つできれば雪, 一つでき上がるには十三遍, 一つでございまするから, 一つでございます憤りを鎮める, 一つでさえが眼に, 一つです見える世界見えない, 一つでずずっとひきずり得る, 一つでなかったことな, 一つでのこ, 一つでもといかに彼, 一つでもを取り上げて, 一つといへ同じ, 一つというは嬌態であっ, 一つといったような, 一つといふだけでた, 一つとかいうような, 一つときどき何処かから, 一つときほぐしてその, 一つところのをみんな, 一つところ三月だわね, 一つとしか見えないが, 一つとしてかの逍遙子が, 一つとしてしか見て, 一つとすらいえる程, 一つとずつを草の, 一つとっくり御説明, 一つとっただけであり, 一つとったおぼえはございません, 一つとっちめて遣らなく, 一つとっても権力の, 一つととのへること, 一つとどめず絵三昧の, 一つとどめない箇所を, 一つとどめぬ白い農園道, 一つとに区分させ, 一つとばかりだれに, 一つとばず熱の, 一つとびきりいいところ, 一つとぼけてやれ, 一つとまでなって, 一つとまでは推定し, 一つとまり二つとまり, 一つともかくお送りしました, 一つともしたまま, 一つともり其の灯, 一つとやか人の, 一つとよみながらわたし, 一つとられますとあと, 一つとり高らに, 一つとりあげるべきことは, 一つとりませんでした無精に, 一つとり上げて全然, 一つとり殘された叔父, 一つとり離して見れ, 一つとれています, 一つとれる勘定に, 一つとろうとしない, 一つとんで次, 一つとんでもねえ立派, 一つとんぼがえり, 一つどうもちかごろ頭が, 一つどすんどすんと大きく, 一つどっかへ出かけよう, 一つどやしつけて置い, 一つどやしつけられたがその, 一つどれとし, 一つどんと素気なく鳴る, 一つどーんと, 一つないしょ倉がご, 一つない白い壁を, 一つない穢い街路から, 一つない青い空が, 一つなからうと, 一つながめそれから急, 一つなくっちゃいけない, 一つなく深い静寂の, 一つなく黒い上げ汐の, 一つなぐって逃げ, 一つなぐっただけの傷, 一つなぐりつけてやりました, 一つなぐり付けますと馬, 一つなげうたなければならない, 一つなさらず日頃慈悲善根の, 一つなしに皆, 一つなすつても, 一つなすべきことが, 一つなぞが解けたかと, 一つなつかしいものを, 一つなどには青い砂糖, 一つなにかのかん詰め, 一つなにか吹いて, 一つなまなましい死体を, 一つなまめかしいお後室さま, 一つなみに呼ばれる, 一つならざればこれ, 一つならずあるものだ, 一つならねば浮かべる, 一つならべに陳列, 一つなりとも顫えず, 一つなりなのを, 一つなりを変えて, 一つなるほどこいつは, 一つなんだかにおったこと, 一つなんて鳥は, 一つなんでそれが, 一つなんでも幼い夏目先生, 一つなんと言って, 一つなんとかならないもん, 一つにあたるそれぞれ二つの, 一つにおいて労働を, 一つにおいてもその真, 一つにかへつた, 一つにがつかりした様子, 一つにさえも一万円近い, 一つにだけ名の, 一つについての私たちの, 一つにては貴かるべき, 一つになどは考えて, 一つにやにや笑って, 一つにより塊った, 一つに対して先ず事実, 一つに関する実際的, 一つぬぐべき皮を, 一つぬけ道が, 一つねえのに断食, 一つねえっていう変な, 一つねえなんてそんな馬鹿, 一つねがひませんかな, 一つねがいと言っ, 一つねじこみたい位です, 一つねじって低め, 一つねじれば水, 一つねじ切ったらよかろう, 一つねと云える, 一つねばってやれ, 一つねんねして, 一つのうなっとらん, 一つのがれたと思え, 一つのきはめて小さな, 一つのけいりゃくをおもいついたのでござりました, 一つのさざなみもなく海の, 一つのせてある, 一つのそのそ這ひ出し, 一つのって居た, 一つのとはまたどういう, 一つのねがひは, 一つのの腕に, 一つのびあがり手で, 一つのぶきみな事件, 一つのべてみます, 一つのぼっては引き外し, 一つのぼったことで, 一つのぼればそこ, 一つのむこうに, 一つのめないので, 一つのり出して来る, 一つのるつぼの中, 一つのんで下さい, 一つはかなくも, 一つはくりす型といふ劍, 一つはさみこんで隱, 一つはしやぎ倒れるまで, 一つはじめるんだ, 一つはずされるごと, 一つはずして内懐, 一つはずつと下田寄りの, 一つはずんで遣り, 一つはずんだ後これも, 一つはたと落ちて, 一つはつきり空中に浮き出し, 一つはなしを幾度, 一つはなはだ特異な, 一つはなはだしく不満に, 一つはなばなしく露国を, 一つはね妹がね, 一つはねくらがり坂へ, 一つははばの, 一つはばかりまでついて, 一つはばたきの音, 一つはへの字の, 一つはまやの国, 一つはめさしてやろう, 一つはよございますが, 一つはるか遠くに, 一つばかりに見る影, 一つばかりは聞いて, 一つばかりも超えたるならん, 一つばかりを記憶し, 一つばたばた動いて, 一つばらの花束, 一つばらばらにおこっ, 一つぱい溜って, 一つぱいのお扮りなん, 一つぱいはいつたかごをあの子, 一つぱい吸ひ込まうとして, 一つぱたりと地, 一つぱちっと入れると, 一つぱちんとやつたらどうかと言ひその, 一つひいてさえ気, 一つひかえてい, 一つひかしたことは, 一つひかって翔ける, 一つひかぬ正月なりし, 一つひきうけて海魔, 一つひきしめてやろう, 一つひこがつい, 一つひさしぶりで相撲, 一つひざにこぼし, 一つひそやかに, 一つひだちの山の中, 一つひっからまっ, 一つひっかかってきました, 一つひっくりかえしてここ, 一つひっくり返したんだ, 一つひっぱってみましょう, 一つひっぱり出してその, 一つひっ叩くと鬣, 一つひっ背負ったのも, 一つひつかかりて, 一つひつぱたいてやりなさいよ憎らしい, 一つひとりの力, 一つひねると手, 一つひねればこんこん, 一つひび破れる音, 一つひみつの出入り口, 一つひやかしてやれ, 一つひゆうと鳴らしました, 一つひょっとかすると, 一つひらきはじめたらその花, 一つひらくとガラン, 一つひらひらと空中, 一つひるむところを, 一つひろいあげ波に, 一つひんまがって掛っ, 一つびくりと, 一つびっくりすること, 一つびとつに針金を貫, 一つびとつの小さな花, 一つびとつのうへに輕い眠り, 一つびとつの動作の中, 一つびとつの死なぞはうまい, 一つびとつの物が目ざめ, 一つびとつの語を感じた, 一つびとつ小粒の実, 一つびとつ肌の上, 一つびとつ離ればなれに孤独, 一つびとつ飯粒を掴ん, 一つびょうがとれた, 一つぴしゃりと鳴らし, 一つぴしゃんと擲って, 一つぴしりと張倒して, 一つぴたりとのっ, 一つぴょんと湧いて, 一つぴんとひねって, 一つふえ二つふえして, 一つふかい溜息を, 一つふき消されて, 一つふきとばしてやれ, 一つふくらみを帯び, 一つふさいだ所で, 一つふすまに, 一つふっと咲いてるの, 一つふとんへ, 一つふところに入れ, 一つふやしでもした, 一つふやす元は, 一つふらふらと揺れ, 一つふるって白銅三枚と, 一つふれさせないで主さん, 一つふろしき包みが一個, 一つふろ敷包みをこしらえ, 一つふわりと飛ん, 一つふんで子ども, 一つふんじばつて浅草公園第, 一つふんじばって浅草公園, 一つぶそつとのみました, 一つぶたせて二, 一つぶたせりゃ十両に, 一つぶち拔い, 一つぶらさがっている, 一つぶらさげただけ, 一つぶらりと下がって, 一つぶら下がっている, 一つぶるツと, 一つぶるぶると掉, 一つぶんなぐって, 一つぶん殴ってやりたい, 一つぷいと浮び出して, 一つぷつうりと突いて, 一つへでも押しこんだもの, 一つへとへとになつ, 一つへの質の, 一つへは死の, 一つへばりついている, 一つへもつからうと, 一つへやのすみ, 一つへんてこの部屋, 一つぺん言つて, 一つほがらほがらと赤い, 一つほしがるもの, 一つほしゅうございます, 一つほじくりかえして見, 一つほっかり, 一つほつたてようと思つて, 一つほどに装わざりき, 一つほどにも思わず未練, 一つほねをおっ, 一つほのかに微笑む, 一つほほばりしとき, 一つほほえんでから彼, 一つほぼ断定し, 一つほめていい, 一つほら穴の中, 一つほんとの事, 一つほんとうに前の, 一つほんとにほしかった, 一つぼうばくたるなか, 一つぼうんと鳴る, 一つぼくらの歸, 一つぼやいて六斤, 一つぼんやり燈っている, 一つぽかんと口を, 一つぽかッと浮び, 一つぽっかりと同じ, 一つぽっかりぽっかり流れて, 一つぽっくりと礼, 一つぽっちりと見える, 一つぽろりぢや, 一つなぐ東京, 一つまいて呉れる, 一つまいりませんからお, 一つまいろうか, 一つまかり違へば, 一つまじなつて, 一つまじなって下さい, 一つまじらないように, 一つますます高く月, 一つまたぐと次の間, 一つまたたきながら彼, 一つまたまた一つと, 一つまだガラッ八にも, 一つまちがやどろ, 一つまちがえばその, 一つまっ赤な, 一つまっ黒に大きく, 一つまつよよくわし, 一つまでを一々手, 一つまとっていない, 一つまとまッた, 一つまとまって七八十枚, 一つまとまる仕事は, 一つまとめてやろう, 一つまばたいてもいず, 一つまぶしを一つ, 一つまるく敏感な, 一つまろまろと, 一つまわっていち, 一つまア七厘宛に, 一つみえてゐた, 一つみえないのである, 一つみたってあんなに, 一つみつ子はレツテル, 一つみやげに結いつけられ, 一つみんごと人質を, 一つむかしの熊野, 一つむき出しの床, 一つむこうのテーブル, 一つむしってたべ, 一つむしり取り黄色い雄蕊雌蕊, 一つむずかしい問題が, 一つむちをくれることにするからそう思え, 一つむづかしいことには他人の作品, 一つと二つめ, 一つめいめい自己紹介をする, 一つめぐってそれをすてるか守るか, 一つめしあがったあとで, 一つめしあがれ話が, 一つめったに見に, 一つもいでやる, 一つもうけていない, 一つもうけたらそれまで, 一つもかかつてゐない, 一つもが何も, 一つもしかしてあの弁信さん, 一つもしやほんとうの, 一つもたず柔順な, 一つもたない花子の, 一つもたらして象, 一つもちあわしていない, 一つもちあわせていない, 一つもちろん裸足で, 一つもった男を, 一つもて大地を, 一つもと果敢い細い, 一つものかげからとびだし, 一つもらいそれは, 一つもらうと明け方, 一つもらえやしないぞ, 一つもらおうか, 一つもらさずいつも真剣そのもの, 一つもらわなくてそちら, 一つもれてきません, 一つやけないのが, 一つやっつけてみよう, 一つやっと見付かりました, 一つやっとくなはれ, 一つやにわに刀とから, 一つやは君が, 一つやや明るい所, 一つやらかさうか, 一つやらかして, 一つやらかしたのでたちまち, 一つやらずに私, 一つやらねばならない, 一つやられるとこの世, 一つやりとりするにも, 一つやりましたが感心, 一つやりましょうかね, 一つやりませうかね, 一つやり出したことです, 一つやり込めて置い, 一つやわらかくなるの, 一つゆうべ私は親分, 一つゆかしい苔の, 一つゆがめずやさしくいたわっ, 一つゆきがけの駄賃, 一つゆきやしょうかな, 一つゆすぶってからふくらんだ, 一つゆすぶるとプザートゥイ・パツューク, 一つゆるい坂を, 一つゆるがせなかった女君は, 一つゆるゆる見物する, 一つゆれてそれ, 一つゆれれば自分, 一つぢれた, 一つようぞんじて, 一つよかったと, 一つよこさねえのは, 一つよこすじゃなし, 一つよごし鉢を, 一つよし此処に, 一つよせてはかえす, 一つよちよち歩いて, 一つよって居る間, 一つよませて上げたい, 一つよむことなし, 一つよめば女, 一つよめなくておどおど, 一つよりこそ愁ひ, 一つよりもっとなまめかしいはだの, 一つよろめけば四重層, 一つよんでみる, 一つらしく続いて現われた, 一つりっぱにつくっ, 一つろくなものが, 一つろくに知らない初心, 一つわからねえことが, 一つわかりゃアしない, 一つわが国にて見るべからざる, 一つわが身だけの見得, 一つわきだしていました, 一つわけてもらっ, 一つわしらのよう, 一つわたしたちのその, 一つわたしどもの顔, 一つわっしに, 一つわびしい音を, 一つわらじの旅, 一つわりながら, 一つわりあいに早く, 一つわれらにその, 一つわれわれの大きな, 一つてとほる, 一つゐる葭切の, 一つゑぐらうといふ數寄屋がかりの座敷, 一つをしか止めること, 一つをだに描き得なかった, 一つを通じてさえ今日の, 一つまたチョボ, 一つアアと安心, 一つアイツを乗り越し, 一つアウルヤ派の宗教原理, 一つアカーキイ・アカーキエウィッチに代っ, 一つアクをぬいた, 一つアラジンに心配, 一つアルコールの壺, 一つアルミのよう, 一つアンミツ一つをたべました, 一つイズムと云, 一つインターラーケンに持っ, 一つインドにはごく古く, 一つウェセックス賞杯争覇戦出場の名馬, 一つエピソードがある, 一つエヘンと咳払い, 一つエレキテルや火浣布, 一つオシャベリをし, 一つオペラ一つ喜劇数種そのなか, 一つオマケのお慰み, 一つオヤッ二つになった, 一つオルノーコでも書い, 一つオーケストラ部員につたえ, 一つカアと聞え, 一つカサッと行く, 一つカットしちまった, 一つカッフェに勤め, 一つカテゴリーに入れ, 一つカミソリの刃, 一つカラクリを考えついた, 一つカンテラの光, 一つカーテンも引かず, 一つガス焜炉は二つ, 一つガソリンの量, 一つガタリと動い, 一つガタンガタンと外し, 一つガラガラっと来た, 一つガラツ八に持たせ, 一つキイを叩く, 一つキッパリしようと, 一つキヤラメルを摘み, 一つキユビイさんの顔真似, 一つクイロスの文書, 一つクシャミをしました, 一つクラノフェルの面, 一つクルクルと丸め, 一つクルクルッとお, 一つクルリと元, 一つクローヂヤスに依, 一つグチ無し生活と行かう, 一つグッと押した, 一つグッもう一つのも, 一つグルリと廻った, 一つグンとゆれた, 一つケレンを仕組ん, 一つケースを覗い, 一つゲェと言っ, 一つコスモスの花, 一つコスリ上げた, 一つコックの工合, 一つコツンと頭, 一つコロンブスになる, 一つコンドルのかよう, 一つコンマが三つ, 一つコーヒーでも準備, 一つコーヒー沸しは, 一つコーリヤには心配, 一つゴックリとうなずい, 一つゴンとやった, 一つゴーヅン・クレイグの演劇論, 一つサア覗いて, 一つサイダアの空瓶, 一つサラセン模様のかさ, 一つサロンを落す, 一つサンバイサンのこと, 一つサービスをやかましく, 一つザクリと切っ, 一つザブリと浴びせる, 一つシェクスピアという例外, 一つシズカ夫人のこと, 一つシッカリその綱, 一つシナ官吏の住む, 一つシャクリ上げた切り一言, 一つシャスチナに一つ, 一つシャツが欲しかっ, 一つショックを受けたら, 一つシロコイエの連中, 一つシワギツケられて, 一つシンガポールと香港, 一つジャガタラ薯というの, 一つジヨバンニに渡しました, 一つジロリと青白い, 一つジンタになっ, 一つスイッチを切っ, 一つスウィッチを入れ, 一つスウーと飛んだ, 一つスケジュールにのこっ, 一つスケッチを試み, 一つスゴイよ, 一つスタンド一つなかった, 一つステキな美人, 一つストーヴが一つ, 一つスバラシイ思い切った事, 一つスモレット船長のため, 一つスレートの間, 一つスーと扱いた, 一つズックのカバン, 一つズツの股, 一つズドンとやっ, 一つセツセと羽, 一つセニョオラ・MIURAのガナデリア, 一つセメントの山, 一つセラ大寺へ直接, 一つソオファを占領, 一つソヨがぬ, 一つソヴイエット・システムだけがヨーロッパ的理念, 一つソヴェトの文学研究会, 一つソーダ松魚のローソク焼, 一つタイプを作った, 一つタカノコモコと願いたい, 一つタタキ上げて, 一つタタキノメされたよう, 一つタッタそれだけの世界, 一つタルマの遺物, 一つダンスをやらう, 一つチカチカ光って, 一つチッチッと一秒, 一つチャブ台でたべ, 一つチャンスをつかん, 一つチョンとやる, 一つチョンポリと立っ, 一つチリの特色, 一つチリンと鳴つた, 一つチースソフレーというお, 一つヂャパンの方, 一つッ切りであった, 一つツルツル広い道, 一つテエブルを囲み, 一つテニスでもやっ, 一つテレフンケンに入っ, 一つディヴァンがある, 一つデスクが一つ, 一つデニー塔のあった, 一つトゥーサンの荷物, 一つトク名で注意, 一つトラックにいた, 一つトルコ帽をかぶっ, 一つトンネルを抜ける, 一つトーキー映画会社をやります, 一つドウゾ今晩私に読まし, 一つドエライ研究材料が吾輩, 一つドオデエのプロォヴァンス, 一つドカンと敲い, 一つドキツと変つた鼓動, 一つドキンとした, 一つドシンとどやし付けた, 一つドッと突き, 一つドヤシ付けて, 一つドンナお金持ち, 一つナオミの体, 一つナサケないこと, 一つニコとなされた, 一つニタリと含み笑い, 一つニッコリとし, 一つニューアフォー島のこと, 一つニラ人という語, 一つヌッと現れた, 一つネズミの起原, 一つネタが残っ, 一つネマキ姿というわけ, 一つネ行長も頷いた, 一つノクチュルヌを弾いた, 一つノズドゥリョフのところ, 一つノンセンスにした, 一つハサんでいきなり, 一つハネ上がつて, 一つハンモックが一つ, 一つバアナア街事件の場合, 一つバクダンをおっことし, 一つバケツ二つ水を汲む, 一つバスケツトを持つ, 一つバタ工場がある, 一つパウロの言葉, 一つパチッとやる, 一つパツと火光, 一つパデレフスキーも私同様, 一つパリの三越, 一つパリーを有する, 一つパンチを入れ, 一つパン屑を見付け出した, 一つヒョイと化け, 一つヒョコヒョコ脱け出し, 一つビクターのモントゥ, 一つビールを奢りましょう, 一つピエロ的グロテスクのワキ役, 一つピクイック・クラブというの, 一つピシとしめれ, 一つピシャリとなぐりました, 一つピシャンと食らわせた, 一つピッポちゃんの, 一つピッケルでステップ, 一つピッシャリやったよう, 一つピョイとお辞儀, 一つピョコリとやった, 一つピンセットでぬい, 一つピースの箱, 一つフィジー島で話す, 一つフィナーレが欲しい, 一つフウとはい, 一つフォークのついた, 一つフラスカテイであります, 一つフラッとした, 一つフラリと外, 一つフランスに負け, 一つフリュートのコンチェルト, 一つブウス氏の場合, 一つブッと放し, 一つブトンに枕二つ, 一つブドウをつまみました, 一つブラブラさせながら, 一つブランコを注文, 一つブリェンツの湖水, 一つブリキのやかん一つ, 一つブレツのお腹, 一つブロンドーの奴, 一つブン殴って, 一つブーッとやりました, 一つプロレタリア文学の誤った, 一つプロレタリア革命に勝利, 一つプールに停, 一つベットがあっ, 一つベッドには白い, 一つベルトを巻い, 一つベンチから身, 一つベントレイ夫人方に居, 一つベーカー街の彼女, 一つベーリング島で壞血病, 一つペテルブルグへ出かけ, 一つペンが一本, 一つページを眺め, 一つホコリのたかっ, 一つホッと溜息, 一つホテルの部屋, 一つホモイのお母さん, 一つホーッと吐き, 一つボクリとして引退, 一つボソリと立っ, 一つポウポウつてなくとき二つ, 一つポコンと露わに, 一つポタリと垂れた, 一つポチと見える, 一つポツコリと口, 一つポツネンと発見, 一つポルジイ中尉が再び, 一つポーとほえ, 一つポーツと燒, 一つポーンと跳ねかえり, 一つマア坊に真面目, 一つマッチで焼き, 一つママの愛情, 一つミサ子さんの会社, 一つミスがイギリス人, 一つミミズやカエル, 一つムキ出しに出, 一つメグやジョウ, 一つメロスの弟, 一つメンゲルベルクがニューヨーク・フィルハーモニック管弦団, 一つメンタルテストに出かけ, 一つメール社の巡遊相談, 一つモオゼのピストル, 一つモギ取って, 一つモスクワと日本女, 一つモツァルトの, 一つヤソの穴, 一つヤットコサと伸ばし, 一つヤマアイこれはよく, 一つヤミのこと一つ, 一つヤヨイ号をおどかす, 一つヤンヤといわせる, 一つユスリ上げた, 一つユラユラと揺れ立っ, 一つヨイと, 一つヨハネと違, 一つヨーロッパの秘密, 一つラシイヌ達にとって心, 一つラッサを取り巻いた, 一つラノン海賊の手なみ, 一つランプの下, 一つリウサン参謀の作り首, 一つリズムのなか, 一つリンピイがりす, 一つレコードに頻繁, 一つロシア印象でカシ皿, 一つロシヤ革命のこと, 一つロッパの面倒, 一つロバアト・セシルからの手紙, 一つローゼンタールの, 一つヴォルガ下りをやりたい, 一つヴォルテエルとシェイクスピヤ, 一つ一しょに行こう, 一つ一つあなたに全く, 一つ一つあれを捺し, 一つ一つおかみの言つて行つた言葉, 一つ一つおふくろさんの顔, 一つ一つおまえさんに話し, 一つ一つがんみして, 一つ一つきれいな結晶, 一つ一つくつきりとまつ, 一つ一つここに記す, 一つ一つこれをお話し, 一つ一つさうして, 一つ一つさぐつてみてゐるうちに昨夜夜ふけてひとり, 一つ一つさし示しながら, 一つ一つすべてきれいにはたかれる, 一つ一つそれ等を跡づけ, 一つ一つどれとし, 一つ一つばらばらにおこっ, 一つ一つひそかに咲き返った, 一つ一つふき消されて, 一つ一つほら穴の中, 一つ一つみつ子はレツテル, 一つ一つみんな覚えて, 一つ一つものを憶え, 一つ一つオーケストラ部員につたえ, 一つ一つカンを掘り出し, 一つ一つキイを叩く, 一つ一つケースを覗い, 一つ一つコスモスの花, 一つ一つスイッチを切っ, 一つ一つセツセと羽, 一つ一つヒョコヒョコ脱け出し, 一つ一つピッケルでステップ, 一つ一つピンセットでぬい, 一つ一つベルトを巻い, 一つ一つボタンつけて, 一つ一つマッチで焼き, 一つ一つムキ出しに出, 一つ一つランプの下, 一つ一つ不可思議な疑は, 一つ一つ不満足であった, 一つ一つ両端の二本, 一つ一つ中味を拔, 一つ一つ主人の形見, 一つ一つ事件を纏め, 一つ一つ事実を確め, 一つ一つ事情を推定, 一つ一つ二つに割っ, 一つ一つ二十人へお, 一つ一つ互い違いについ, 一つ一つ五竜の渓, 一つ一つ人並みになっ, 一つ一つ人形に添えられ, 一つ一つ人間の目, 一つ一つ仔細に調べ, 一つ一つ他の室, 一つ一つ似合はしい, 一つ一つ余等の前, 一つ一つ作品を重ね, 一つ一つ併列して, 一つ一つ來た日, 一つ一つ保存されるもの, 一つ一つ信心して, 一つ一つ倉地の心, 一つ一つ値をききはじめました, 一つ一つ傍の木机, 一つ一つ克服しながら, 一つ一つ児島の美しい, 一つ一つ兩手を掻き廻し, 一つ一つ具足を調べ, 一つ一つ内側から簾, 一つ一つ円か環の中, 一つ一つ冬夜の空間, 一つ一つ出入り大名の屋敷, 一つ一つ分け前をとつて, 一つ一つ分類し解剖, 一つ一つ切りはなされ, 一つ一つ刎ね板, 一つ一つ前歯の間, 一つ一つ前足ではさん, 一つ一つ劃然とこまかく, 一つ一つ効力を失っ, 一つ一つ包の中, 一つ一つ十分におこる, 一つ一つ千兩箱は掘り出されました, 一つ一つ単独に切り離し, 一つ一つ印をつけ, 一つ一つ厳重に処罰, 一つ一つ去年の苅株, 一つ一つ反すうして, 一つ一つ反対しないで, 一つ一つ口を開く, 一つ一つ口まねして, 一つ一つ口調のいい, 一つ一つ各々違った文体, 一つ一つ吉の焼印, 一つ一つ名をつけ, 一つ一つ吟味しなければ, 一つ一つ品物の種類, 一つ一つ唇を慄, 一つ一つ唾を吐きかけた, 一つ一つ嘴を入れ, 一つ一つ土産を出し, 一つ一つ地に落ちた, 一つ一つ地面に泌, 一つ一つ塩で磨い, 一つ一つ墨を塗る, 一つ一つ夕靄の中, 一つ一つ外から撫で廻し, 一つ一つ夜の微, 一つ一つ夢思想の国, 一つ一つ大切な一部署, 一つ一つ大次郎には決っ, 一つ一つ子供等に分配, 一つ一つ字を勘定, 一つ一つ完了して, 一つ一つ実地に繰り返さなく, 一つ一つ客車の窓, 一つ一つ宮殿の一部, 一つ一つ家のなか, 一つ一つ小枝の中, 一つ一つ小蒲団で包まれた, 一つ一つ小説を書い, 一つ一つ山森岩の形, 一つ一つ岩をのり, 一つ一つ巣を掘る, 一つ一つ工夫しながら, 一つ一つ差しくべつつ, 一つ一つ差出人をしらべ, 一つ一つ市中へ出, 一つ一つ平次の手許, 一つ一つ年月をかけ, 一つ一つ床から拾っ, 一つ一つ座蒲団をもっ, 一つ一つ廓の内, 一つ一つ弁解しなくちゃ, 一つ一つ影を持っ, 一つ一つ彼は手先, 一つ一つ彼らは美しく, 一つ一つ彼女は噛みしめる, 一つ一つ征服して, 一つ一つ忠実な銀蠅, 一つ一つ息をつく, 一つ一つ意味を与え, 一つ一つ意識的に動かし, 一つ一つ我ままがきい, 一つ一つ戸を開けさせ, 一つ一つ戸外の明り, 一つ一つ扉を叩い, 一つ一つ批判的に厳密, 一つ一つ折つて, 一つ一つ択り出して, 一つ一つ拡大鏡でうんと, 一つ一つ指摘する事, 一つ一つ指輪を取り出し, 一つ一つ文字通り陳の心臓, 一つ一つ新に発見, 一つ一つ新聞包みを出し, 一つ一つ日本の有様, 一つ一つ日附が書い, 一つ一つ明らかに, 一つ一つ明確に私, 一つ一つ時計を止め, 一つ一つ曲り角へ出る, 一つ一つ札を取りあげ, 一つ一つ東空から天頂, 一つ一つ松竹梅の蒔絵, 一つ一つ板で隔て, 一つ一つ果のよう, 一つ一つ枝の上, 一つ一つ枠架を喰い締め, 一つ一つ梢に下り, 一つ一つ椅子を仕上げる, 一つ一つ検した, 一つ一つ検分された上, 一つ一つ検束せず女, 一つ一つ検査しつぎ, 一つ一つ樹皮の皺, 一つ一つ次第次第に呼び覚され, 一つ一つ次郎の鼓膜, 一つ一つ欲望を抑え, 一つ一つ歓喜の詩, 一つ一つ正規の順序, 一つ一つ武田の演説, 一つ一つ死人を見, 一つ一つ水玉がつい, 一つ一つ氷のよう, 一つ一つ涙を誘う, 一つ一つ演っている, 一つ一つ濤に呑まれ, 一つ一つ灰色の垢, 一つ一つ無理に穴, 一つ一つ熟視する時, 一つ一つ熱心に読みはじめた, 一つ一つ燦とし, 一つ一つ特別な遊星, 一つ一つ特殊な境遇, 一つ一つ特色づけが, 一つ一つ珠數を數, 一つ一つ現実に眼, 一つ一つ理解し尽すこと, 一つ一つ生活の礎石, 一つ一つ番号をつけ, 一つ一つ異らねば, 一つ一つ異変畜類な声, 一つ一つ畳の上, 一つ一つ発見して, 一つ一つ百千と数, 一つ一つ皆思うこと, 一つ一つ皆こっちを向いた, 一つ一つ皆丁寧に彼女, 一つ一つ皮を剥い, 一つ一つ皮肉に聞こえ, 一つ一つ目測して, 一つ一つ真偽の区別, 一つ一つ真鍮磨きで磨かれ, 一つ一つ眺めまは, 一つ一つ眺め浅瀬を対岸, 一つ一つ石油をついで, 一つ一つ破壊されて, 一つ一つ破砕して, 一つ一つ硯が出, 一つ一つ神が斧, 一つ一つ私達の前, 一つ一つ種ものを投げこん, 一つ一つ稲妻に似, 一つ一つ積み畳ねて, 一つ一つ積極的な意欲, 一つ一つ空洞になった, 一つ一つ突つつく, 一つ一つ窓の中, 一つ一つ算盤玉に当られる, 一つ一つ箸で撮み上げる, 一つ一つ粒になっ, 一つ一つ紋章を調べ, 一つ一つ納得して, 一つ一つ細かに描い, 一つ一つ紹介するであろう, 一つ一つ結果を吟味, 一つ一つ結集して, 一つ一つ絵に見える, 一つ一つ絵馬を視, 一つ一つ綴つてゐる時間, 一つ一つ織り目が合わせ, 一つ一つ繩のより目, 一つ一つ羽目板を揺すぶった, 一つ一つ耳に澄ん, 一つ一つ聲を立て, 一つ一つ肯定するやう, 一つ一つ胎児の現在, 一つ一つ舟へ運びおろす, 一つ一つ花片となり, 一つ一つ芸術品を造り出す, 一つ一つ若者の前, 一つ一つ苦労の種, 一つ一つ茨になっ, 一つ一つ落ち道路にはそれ等, 一つ一つ葉子を倉地, 一つ一つ蓋をつけ, 一つ一つ虱潰しに当っ, 一つ一つ蝦を殺し, 一つ一つ行灯の火, 一つ一つ街の灯, 一つ一つ袋をうけ, 一つ一つ覗きこんで, 一つ一つ計算するの, 一つ一つ記述したらどういう, 一つ一つ註釈を施し, 一つ一つ証拠の裏付け, 一つ一つ話の端, 一つ一つ読書術を教える, 一つ一つ誰にもわかる, 一つ一つ講釈付で御馳走, 一つ一つ谺に響く, 一つ一つ象牙の札, 一つ一つ買ひ戻したいと, 一つ一つ質問を注意, 一つ一つ赤インキをブチ, 一つ一つ赤染衞門に語つて行, 一つ一つ趣のかはるの, 一つ一つ跳ね飛ばして, 一つ一つ身にしみ, 一つ一つ近眼の彼女, 一つ一つ返事なければ, 一つ一つ返答して, 一つ一つ追求して, 一つ一つ逆説的な誠, 一つ一つ過程の曲折, 一つ一つ道理に合っ, 一つ一つ道義と良心, 一つ一つ違いがある, 一つ一つ遠くへ吹き送る, 一つ一つ部分的にとりあげた, 一つ一つ部屋を鍵, 一つ一つ金に換算, 一つ一つ金包を鎧櫃, 一つ一つ針を植ゑたやうである, 一つ一つ銭ほどの葉, 一つ一つ錦の糸, 一つ一つ鍵をかけ, 一つ一つ階段を登る, 一つ一つ電鍵を握る, 一つ一つ音いろの, 一つ一つ音読して, 一つ一つ順序正しく釈い, 一つ一つ順番に腹, 一つ一つ順繰りに書き上げ, 一つ一つ題を読みあげ, 一つ一つ駅へ停っ, 一つ一つ鮮に浮ん, 一つ一つ鮮やかな感情, 一つ一つ黄金白銀の線, 一つ一ト握りの砂, 一つ一ペンスである, 一つ一ルーブル半で買っ, 一つ一丁おいて, 一つ一万円もする, 一つ一人児で育った, 一つ一休の一行物, 一つ一圓とは驚くべし, 一つ一抹の白烟, 一つ一昨年の事, 一つ一昨日の晩, 一つ一時を打った, 一つ一本燈芯で薄, 一つ一杯にし, 一つ一死を以てこれ, 一つ一燈園で托鉢, 一つ一生の御願, 一つ一番恐ろしい番犬, 一つ一番頂辺に出し, 一つ一般に誤っ, 一つ一途に, 一つ一銭五厘で, 一つ一騎打の勝負, 一つ丁字形に入組んだ, 一つ七つ五つ孫の数, 一つ七兩は大膳坊, 一つ七兵衛の方, 一つ七弗五十仙づつにしときます, 一つ七曲峠という, 一つ七銭のお, 一つ万事うまく行っ, 一つ万国寝台会社の到れり尽せり, 一つ万年筆をかいました, 一つ万年筆型の望遠鏡, 一つ万燈を立て, 一つ万葉にあっ, 一つ万障繰り合わせて, 一つ丈お願いがある, 一つ丈けが病室から孤立, 一つ丈わたしは飲みました, 一つ三つのピアノ, 一つ三丁に一つ, 一つ三上は恋愛, 一つ三世紀に一つ, 一つ三人を驚かせた, 一つ三十カラット程のやや, 一つ三十五歳以上四十歳以下という時代, 一つ三叉箭と蕪菁, 一つ三宝荒神の前立, 一つ三度の米, 一つ三文で売り, 一つ三日前に八五郎, 一つ三木をめがけ, 一つ三番白洲へ臨ん, 一つ三貫目はあった, 一つ三輪の萬七, 一つ三郎さんたちにお, 一つ三銭三つ食べた, 一つ三階がある, 一つ上がってお, 一つ上げよか, 一つ上げられてゐた, 一つ上げんかい, 一つ上りし心地に, 一つ上り端に置い, 一つ上伊那郡小野村の年中行事篇, 一つ上手くやって, 一つ上方唄でもどうぞ, 一つ上海へ渡っ, 一つ上海郊外に欲しい, 一つ上演目録作製の標準, 一つ上総屋吉兵衛の死骸, 一つ上達したの, 一つ上野へ出かけましょう, 一つ下げやうの足りない, 一つ下さいましな, 一つ下さらんか, 一つ下さればい, 一つ下し壁の, 一つ下すつただけ, 一つ下っている, 一つ下のを見, 一つ下らざりし西直門をも, 一つ下りるごとに, 一つ下河原さんへ行っ, 一つ下甲板へ馳, 一つ下秀吉より一つ年上, 一つ下腹で落着, 一つ不可能だった, 一つ不得手であつ, 一つ不抜の仏殿, 一つ不正事が発覚, 一つ不死に非, 一つ不満なの, 一つ不満足であった, 一つ不自然なお辞儀, 一つ不自由のない, 一つ不調和に見える, 一つへなかつた, 一つ与えたのみで, 一つ与えられたる素材を, 一つ与ろうとする, 一つ世の中に住みたくねえ, 一つ世界にはまりこむ, 一つ世直しに花やか, 一つ両人をいつ, 一つ両者の間, 一つ両親の心, 一つ並べてゐる, 一つ並んである, 一つ並んだ同じやう, 一つ中って見ましょう, 一つ中古で買おう, 一つ中味を拔, 一つ中国や日本, 一つ中国地方は鳥取, 一つ中堅の力, 一つ中央の, 一つ中川君の御, 一つ中年者の武家姿, 一つ中庭の隅, 一つ中庸を尊ぶ, 一つ中役ぐらいな, 一つ中心的な仕事, 一つ中程から折つて帶, 一つ中里真杉静枝円地だけ, 一つ中門から中, 一つ丸い軒燈が, 一つ丸く白に, 一つ丸木を呼出し, 一つ丸窓の障子, 一つ丹党の一族安保, 一つ丹波のもの, 一つ主任としての私, 一つ主客席に着く, 一つ主義に片づけられる, 一つへ呑ん, 一つ乃公の方, 一つ乃至二つの, 一つ久六が橋場, 一つ久米野の家, 一つ之は私が, 一つ乗せてやる, 一つ乗っている, 一つ乗らない空車を, 一つ乗りきりさえすれ, 一つ乗り捨てられてあった, 一つ乗り込んでは, 一つ乗るか反る, 一つ乗組まなくてはと為吉, 一つつてる, 一つの数, 一つ九つと九つ, 一つふと是, 一つ乱さないでやがて, 一つ乱離とした, 一つ乳房を含むでゐた, 一つ予備のある, 一つ事がらを意味, 一つ事ぢや, 一つ事実を確め, 一つ事項が残っ, 一つ二つあとつづけて, 一つ二つあなたなる大塚辻町, 一つ二つお話しいたしましょう, 一つ二つづゝよみてはかき付けて, 一つ二つよけいに寄っ, 一つ二つわしの家, 一つ二つわれわれの見落し, 一つ二つサアビスして, 一つ二つミツ子の手, 一つ二つ丈け申, 一つ二つ三つ五つ六つ並んで, 一つ二つ三つ四つ五つおおやっぱり, 一つ二つ三つ四つ五つひじょうなはやさで銀座通りをよこぎっ, 一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つ八つ十だらう, 一つ二つ三つ私のたもと, 一つ二つ下室で言葉, 一つ二つ不思議なこと, 一つ二つ世間の人, 一つ二つ今でも比べ, 一つ二つ伝記としてよんだ, 一つ二つ作つてからにし, 一つ二つ処女の肉, 一つ二つ出會つてゐた, 一つ二つ前の汽車, 一つ二つ匙で取, 一つ二つ古色蒼然たる画布, 一つ二つ向うの丘, 一つ二つ君たちに言う, 一つ二つ夢のよう, 一つ二つ大人に見えた, 一つ二つ大戦後の作品, 一つ二つ婦たちは落人, 一つ二つ字句を直し, 一つ二つ小間を隔てた, 一つ二つ席の空いた, 一つ二つ平手が飛んだ, 一つ二つ平次は當ら, 一つ二つ年かさであったに, 一つ二つ年嵩の妻木右, 一つ二つ年齢が下, 一つ二つ庭に転がっ, 一つ二つ心当りをしらべた, 一つ二つ感想を申上, 一つ二つ慰めの言葉, 一つ二つ成功するの, 一つ二つ手をかけ, 一つ二つ手帳へ記し, 一つ二つ抜萃する, 一つ二つ拳でたたいた, 一つ二つ拾つて向ふ, 一つ二つ料理をし, 一つ二つ春よしの, 一つ二つ曖昧なの, 一つ二つ朗読して, 一つ二つ枯葉の上, 一つ二つ棧の上, 一つ二つ横町へそれた, 一つ二つ樹の間, 一つ二つ歯のため, 一つ二つ残りたる梢, 一つ二つ殘つただけそれ, 一つ二つ気がかりなこと, 一つ二つ気味のわるい, 一つ二つ永萬元年鎭西八郎が運, 一つ二つ汀に打ち上げられ, 一つ二つ河原撫子のいたいけ, 一つ二つ淀みがちな挨拶, 一つ二つ灯が見える, 一つ二つ灯火がみえだした, 一つ二つ物を言う, 一つ二つ皮肉なそして, 一つ二つ盃を取りやりし, 一つ二つ目星い骨董物, 一つ二つ真珠の飾り, 一つ二つ空気孔のついた, 一つ二つ素振りをくれる, 一つ二つ紹介するが, 一つ二つ縁を取つ, 一つ二つ翅重げに飛べり, 一つ二つ腰折がまとまりかけた, 一つ二つ臨終そのままの, 一つ二つ芝居の話, 一つ二つ茶碗を壊し, 一つ二つ著作して, 一つ二つ蓮の巻葉, 一つ二つ藝を遣りました, 一つ二つ蛇足を添, 一つ二つ袋の中, 一つ二つ話をかけ, 一つ二つ證據が手, 一つ二つ買はせて, 一つ二つ買つて来て, 一つ二つ踰えたる, 一つ二つ鉛筆入れが一個, 一つ二つ電燈がスッ, 一つ二つ面皰が出来, 一つ二つ頬ばったところ, 一つ二つ餌をあさっ, 一つ二つ魔法を使っ, 一つ二つ鶫が鳴きはじめ, 一つ二つ齢上のトリ, 一つ二セントずつで買った, 一つ二三寸左のほう, 一つ二上りを行こう, 一つ二十両の金, 一つ二十五日の晩, 一つ二十五銭というの, 一つ二十人へお, 一つ二子山の巓, 一つ二尺ほどの鉄, 一つ二尺四方ぐらいの小, 一つ二百いくらかで緑地, 一つ二百七十円政府へ上納, 一つ二葉亭は洞察, 一つ二銭の栄螺, 一つ二銭五厘で又, 一つ二錢の榮螺, 一つ二駄ばかりの荷物, 一つ云いながら椅子, 一つ云いまへんがあの, 一つ云い添えるということ, 一つ云い聞かせて置く, 一つ云い落してはならぬ, 一つ云う云わなければならない, 一つ云えば某, 一つ云えず笑う時も, 一つ云おうか白山前, 一つ云ったことの, 一つ云つても十日, 一つ互いの間, 一つ互い違いについ, 一つ五つに一つ, 一つ五人に一つ, 一つ五六百匁のもの, 一つ五十フランするの, 一つ五十年後になっ, 一つ五十日目に島一つ, 一つ五十金を路用, 一つ五厘の野菜天婦羅, 一つ五時間の授業, 一つ五燭の街燈, 一つ五百万円もする, 一つ五竜の渓, 一つ五色揚を揚げ, 一つ五軒に一つ, 一つ五部のがあった, 一つ五銭だつた, 一つ井伏さんに就い, 一つ亜米利加の経済状態, 一つ亜米利加人の観光客みたい, 一つ亞米利加の經濟状態, 一つ亡くなっていた, 一つ亡くなった妹の, 一つ亡霊の間, 一つ交していなかった, 一つ交つてゐるの, 一つ交換といふこと, 一つ交易による世界一統, 一つ交際って下さらない, 一つ京都へ送っ, 一つ人さまから恨み, 一つ人一人の命, 一つ人並みになっ, 一つ人参二つセロリー少々を, 一つ人声半分聞かんじゃった, 一つ人心を救う, 一つ人穴城へぬける, 一つ人間的反省を基礎, 一つれ二つ仆, 一つ仇討に成りまする, 一つ今にも満開に, 一つ今夜あたり口説いて, 一つ今夜お話して, 一つ今度彼が決行, 一つ今日只今課長さんによく, 一つと一つ, 一つ仏間に仏壇, 一つ仔細に調べ, 一つ殘した, 一つ仕上て置かない, 一つ仕上げていった, 一つ仕上げる約束を, 一つ仕事部屋がある, 一つ仕出かしてみたい, 一つ仕方がない, 一つ仕止めたのでございます, 一つ仕止める方法は, 一つ仕残した手段が, 一つ仕立て直してもらっ, 一つ仕終ったと思っ, 一つ仕込んで行く, 一つ仕込んだろか, 一つ仕遂げてやらう, 一つ他人の考, 一つ他目に見, 一つ付いたばかりにいわゆる, 一つ付き合わないか, 一つ付けてもいなけれ, 一つ付け加えておこう, 一つ付け加えたいことは, 一つ付け加えましょうその人, 一つ付け加えられるような, 一つ付加えれば夏目さん, 一つ付記して, 一つ仙台は江戸時代, 一つ仙台家に, 一つ代々伝わる家宝, 一つ代りにやる, 一つ代作して, 一つ代用食にも手, 一つ以前何かまた, 一つ仮りに女, 一つ仮名まじり文, 一つ仰ぎ渡すとき謎に, 一つ仰向けに沈ん, 一つ仰有らぬ真面目な, 一つ好くやりましょう, 一つ仲よくそのうち, 一つ仲良く行きましょう, 一つ仲間入りをさして, 一つ之吉, 一つ伊勢詣にでも, 一つ伊勢久へも寄っ, 一つ伊勢参宮にでも上ろう, 一つ伊勢物語の例, 一つ伊東の話し, 一つさって, 一つ休もうじゃありません, 一つ会ってごらん, 一つ会員にし, 一つ会社に十何年間, 一つ伝えられている, 一つ伝わるたびに, 一つ伝六を驚かし, 一つ伯母さんに歌っ, 一つ伯爵閣下に御, 一つ伸して文字花, 一つ伸しましょうよ, 一つ伸べて二つ, 一つ伺いてえのは, 一つ伺いましょうか, 一つ伺いますが左, 一つ伺い度いの, 一つ伺うがあなた, 一つ伺えばそれ, 一つ伺おうと思っ, 一つ伺つておきたいも, 一つ伺ひたいのは, 一つ伺ひませう御主人, 一つ伺へば譯, 一つ伺わせて戴きたい, 一つ寄つたのに, 一つ似たところは, 一つ似合はしい, 一つという人間, 一つ位いはどやすだろう, 一つ位ひでは律しられぬ, 一つ位ほん俵の上, 一つ位ポカと喰ら, 一つ位上に置い, 一つ位仕事がある, 一つ位代表作として展覧, 一つ位余分な卓子, 一つ位余計にあった, 一つ位切れといえ, 一つ位営利を離れ, 一つ位山葵卸しで, 一つ位年が行っ, 一つ位拵へて置く, 一つ位枝が生えるです, 一つ位殆ど天照といふ字, 一つ位気永に構えた, 一つ位道楽がなく, 一つ位高価な物, 一つ低きオボ山, 一つ住まぬかの山荘, 一つ住み当てた自分の, 一つ住宅を拵え, 一つ住居に住みとおし, 一つ佐々伸子さんがプロレタリア, 一つ佐々木様に来, 一つ佐川さんにお願い, 一つ体中諸機関, 一つ体系に摂取, 一つ何んのため, 一つ何事もない, 一つ何人にも応用, 一つ何故こんな無理心中, 一つ何物かが引去られ, 一つ何百円とか新, 一つ何等の理由, 一つ何者かが彼女, 一つしげ, 一つ余さず平らげてとうとう, 一つ余さず食べつくした挙句やがて, 一つ余るからこれ, 一つ余念はなかっ, 一つ余等の前, 一つ余興にやっ, 一つ作つて御子をその, 一つ作らなかつたけれど以前, 一つ作らなけりやあ, 一つ作られたというで, 一つ作られないことが, 一つ作り別に灰汁, 一つ作り上げてみたい, 一つ作り添へ給, 一つ作れさ, 一つ作ろうと思った, 一つ作品を重ね, 一つ作者の思想, 一つ併列して, 一つ使ひかけの, 一つ使い分けて草, 一つ使い歩きだけで, 一つ使おうとしない, 一つ使つて御覧なすつて, 一つ使わぬようじゃ, 一つ使わねばならない, 一つ使われてみまし, 一つ使賃で豆腐, 一つ例えばマルクス主義は, 一つ例へば今日も, 一つへず, 一つ依然として活躍し, 一つ便所ねがいます, 一つ係蹄をかけ, 一つに, 一つ俗身のとき, 一つ保存されるもの, 一つ保守するため, 一つ保証人になっ, 一つ信ずる力を, 一つ信一さんにつけ, 一つ信州の南部, 一つ信州松本への廻り道, 一つ信長をし, 一つに同乗, 一つ修業をしよう, 一つ俳優の芸術, 一つ俳聖芭蕉とあの世, 一つ俺たちに腕, 一つ倉地の心, 一つ倉地さんをびっくらさして, 一つ借りうけるとただちに, 一つ借りたことは, 一つ借り受けそこに, 一つ借問させて, 一つをききはじめました, 一つ値いを払う, 一つ倹約して, 一つ偉いのは, 一つ停留所を過ぎた, 一つにあつ, 一つ側面から刺戟, 一つ偵察して, 一つ傍証して, 一つ傍道に這入っ, 一つ傑作のエピソード, 一つへてはある, 一つ備えた小卓, 一つ備わっていない, 一つ催促でもし, 一つ傷ついたルパンが, 一つ傷跡に梵字, 一つ傾いたまま置い, 一つ傾げてしずか, 一つ僅かにくつ, 一つ働かずまるで木偶, 一つ働きを見せ, 一つ働くことが, 一つ僕たちの前, 一つ僕らの家, 一つ僕等の組織, 一つ僻まうとする, 一つ儀式の変化, 一つ儀礼である, 一つに一つ, 一つ優しい言葉を, 一つ優越者はお, 一つ元日から勉強, 一つ兄上の胸底, 一つなる可, 一つ先きの山ですよ, 一つ先きの駅なの, 一つ先日来の日記, 一つ先比遣候修法, 一つ先生様の御, 一つ先祖代々のノレン, 一つ先隣の病室, 一つの見えない, 一つ光らせて, 一つ光らないんだ, 一つ光りはいまだ, 一つ光り輝いてまるで, 一つ光る湖NO, 一つ光照弾が投下, 一つ光秀一人ほかに小姓, 一つ克服しながら, 一つ兎角商売も, 一つ児島の美しい, 一つ児童を愛する, 一つ入らなかったのである, 一つ入ることと, 一つ入れないで落葉, 一つ入れなくちゃいけない, 一つ入れなければ売る, 一つ入れますで, 一つ入江の岸, 一つ入質するよりは, 一つ全体の上, 一つ全速力で直方, 一つ兩手を掻き廻し, 一つ八十吉と清松, 一つ八卦の天惠, 一つ八層高楼の帝劇会館, 一つ八文で, 一つ八番目には六法, 一つ八畳ばかりな, 一つ八銭の玉子, 一つにされたつ, 一つ公正なるあなた, 一つ公衆電話がおま, 一つ公魚をスキー場霧ヶ峯近く蓼, 一つ六十になっ, 一つ六畳間があつ, 一つ六疊ほどの控, 一つ六疊間があつ, 一つ六銭の玉子, 一つ共に武田家の, 一つ共通点がある, 一つ共鳴し得る心, 一つ兵士たちを彼等, 一つ兵役にたいする恐怖, 一つ兵道家の心得, 一つ其お隣の, 一つ其例を擧げ, 一つ其婦人を貰, 一つ其方に明かせ, 一つ其然る所以, 一つ其角の句, 一つへて御子, 一つ具足を調べ, 一つ兼吉だつたら血刀, 一つ内壁があった, 一つ内密でこの, 一つ内心ホクホクの, 一つ内科呼吸器科の医者, 一つ円か環の中, 一つ円くて芸名, 一つ円覚の一院, 一つ再犯が重なる, 一つ再現して, 一つ冒険をし, 一つ写したまへ, 一つが落ち, 一つはどてら一枚, 一つ冬夜の空間, 一つ冴えていた, 一つ冷汗三斗の生涯, 一つ冷笑をする, 一つ凋んだことの, 一つ凝って更に, 一つ凡そ女の, 一つ凡そ十軒ばかり先方, 一つ処置をつけね, 一つ出して, 一つ凹ましてやりたい, 一つ出かかっています, 一つ出かけることに, 一つ出さうとする, 一つ出さず誘えばどこ, 一つ出さなかつたので, 一つ出さなければますます, 一つ出さんから何, 一つ出したいと思っ, 一つ出しっぱなしになっ, 一つ出しつぱなしになつて居り, 一つ出しますとこちら, 一つ出し入れするの, 一つ出すでもなし, 一つ出せばいつ, 一つ出でて, 一つ出ぬと云いふらした, 一つ出ますべえ, 一つ出ればはァ, 一つ出入りの者, 一つ出入り大名の屋敷, 一つ出入口が付い, 一つ出向いて栄三郎, 一つ出掛けましょうか, 一つ出放題に鮮明, 一つ出方一つじゃ, 一つ出来あがるまで何処, 一つ出来ず微睡むことも, 一つ出来たら書き若し出来兼ねたら, 一つ出来なかったからでしょう, 一つ出来ましたので厚く, 一つ出来やしねえんだ, 一つ出来よう筈が, 一つ出来ればそれ, 一つ出来上がればあと, 一つ出来上つた翻訳に少し, 一つ出来二つ出来それから, 一つ出没して, 一つ出物になつ, 一つ出這入りの戸, 一つ出鱈目な議論, 一つが顔, 一つで手, 一つは竹内先生, 一つ分からんことが, 一つ分け前をとつて, 一つ分っていた事, 一つ分ったのは, 一つ分らねばならない, 一つ分り易いよう, 一つ分隔てをしない, 一つ分離して, 一つ分類し解剖, 一つ切つてありますが, 一つ切らさず楽を, 一つ切り出したものです, 一つ切り捨てて行つて, 一つ切り開けてある, 一つ切ればよろしき, 一つ切離して言つてごらん, 一つね板, 一つ列べてある, 一つ初めがある, 一つ初初しい光を, 一つ判じて頂き, 一つ判つてないん, 一つ判らんことが, 一つ別にこの畷, 一つ別れの盃, 一つ別室で, 一つ別荘でも建てませう, 一つ利いて見ろ, 一つ利かなかったが朝, 一つ利く余裕も, 一つ利こうとしない, 一つ利害に立っ, 一つ利発な弥七郎め, 一つ刳り拔い, 一つ刺戟を受ける, 一つ剃って貰おう, 一つ剃った痕か, 一つ剃刀櫛油元結といふやう, 一つ削って読み下す, 一つ削りはじめたというの, 一つ前のめりに転がった, 一つ前回に掲げた, 一つ前夜馬を軛, 一つ前後の事情, 一つ前栽に稲荷様, 一つ前歯の間, 一つ前節の最初, 一つ前足ではさん, 一つ前述の記憶, 一つ前途を仕切っ, 一つの舞いだ, 一つ剣一腰で時雨, 一つ剣舞の時, 一つ剥がれたと思った, 一つ剥げかけた一閑張の, 一つ院長は, 一つ剰す所の, 一つ割らせて下さい, 一つ割れておりました, 一つ割れた獅噛火鉢芯の, 一つ割れ目がつい, 一つ割合大きい疣, 一つ創り得ずに止む, 一つ創作が出来上らない, 一つ劃然とこまかく, 一つ劇場側の弁明, 一つの枕もと, 一つ力作を書く, 一つ力強いものが, 一つ力強く人生に, 一つ力松はそのまま, 一つ力比べをやろう, 一つを欠いた, 一つ加えられたところから, 一つ加はつた年齡, 一つ加わろうとまでは思い及ばなかった, 一つ加持をし, 一つ助かることは, 一つ助けてやらう, 一つ助手の手, 一つかし, 一つ励みを出そう, 一つ効力を失っ, 一つ勇気を起し, 一つさないで, 一つ動かさずぼそんと, 一つ動かさず凝乎と, 一つ動かさず嘲笑うように, 一つ動かさず破れた壁を, 一つ動かさず聴いて居た, 一つ動かさず黙つて聞い, 一つ動かさず黙って聞い, 一つ動かさない済ました顔で, 一つ動かさなかつたが唯, 一つ動かさねえでニコニコ, 一つ動かされずそのまま踏み板, 一つ動かされず済まし切って先, 一つ動かし物芽出づ, 一つ動かしする度に, 一つ動かず毎日ナースチャの, 一つ動かせばたくさん, 一つ動かせず落ついたおだやかな, 一つ動かせない無力の, 一つ動き出してがらがらがら, 一つ動き出すような, 一つ動物園をやろう, 一つ勘定をまち, 一つ勘査して, 一つ勘考して, 一つ勝って見せ給え, 一つ勝安房様を御存じ, 一つ勝手に択ん, 一つひを, 一つ勤めてくれ, 一つ勧めて見ましょう, 一つ勿体で, 一つ勿論貴女は, 一つ包みてありけり, 一つ包みかけながら何時の間にか, 一つ包む大く, 一つ匕首は誰, 一つ化けて現われました, 一つ北の峰まで行った, 一つ北上して, 一つ北側の唐紙, 一つ北条氏に比肩, 一つ北海道中をま, 一つ区別のつく, 一つ医師が振った, 一つされあると, 一つ十キロのもの, 一つ十両で平然と, 一つ十二歳の少年, 一つ十五匁七分づゝだ粒は小, 一つ十五貫もある, 一つ十五銭位一斤余あります, 一つ十兩で吉三郎, 一つ十六匁七分づゝだ大けえ, 一つ十円以上もする, 一つ十分の根拠を有し, 一つ十分気をつけ, 一つ十年前に飛んだ, 一つ十法で買っ, 一つ十燭光の電灯, 一つ千兩箱は掘り出されました, 一つ千草さん殺しの場合, 一つ千鶴子さんにお願い, 一つ午後から出かけ, 一つ半位の割合, 一つ半分に落した, 一つ半江の密画山水, 一つ半紙を二つ折り, 一つ半纏の襟, 一つ半開となった, 一つ半間四方の小さい, 一つ卑近な例, 一つ卓一がいう, 一つ卓上を飾った, 一つ南さん自身を冷たく, 一つ南京放送局の婦人アナウンサー, 一つ単独に切り離し, 一つ単独行動に辻斬, 一つ博士がどうしても, 一つ博士邸の訪問, 一つ占ってくれ, 一つ占筮をし, 一つ占領して, 一つ卯平が野田, 一つをつけ, 一つ印されている, 一つ印されないに相違, 一つ印して下さい, 一つ印刷所を持ちたい, 一つ印度風のライスカレー, 一つ印籠というこしらえ, 一つ印籠何とかの助, 一つ印籠駒下駄穿き眉, 一つ危なつかしい手付き, 一つ危ふく水に落ち, 一つ危険が伴つて, 一つに聞こう, 一つ即席にこしらえた, 一つ卸しながら考えた, 一つ厄介者が有, 一つに会っ, 一つ厳重に処罰, 一つ去年の苅株, 一つ参らぬかまあ, 一つ参らねばなるまい, 一つ及ぶ者が, 一つ友情というもの, 一つ友達から土産, 一つ双手を掛け, 一つ反すうして, 一つ反逆なの, 一つ収めこもうとして居る, 一つ叔母さまのお, 一つ取おろして, 一つ取ったら南蛮国中で, 一つ取っ組んでみよう, 一つ取つたぢや, 一つ取らせず役人たちでは, 一つ取らせないやうに, 一つ取られるのだ, 一つ取りあげて自分, 一つ取りかえても線, 一つ取りこんでやれ, 一つ取りだすと, 一つ取りつけてある, 一つ取りましょうか, 一つ取りまとめて私, 一つ取り上げてさらさら, 一つ取り上げるとはじ, 一つ取り上げ得るとは云わない, 一つ取り出したがどう, 一つ取り出し冒って眠る, 一つ取り出だしつ, 一つ取り外すと聴衆一, 一つ取り柄があった, 一つ取り残されて小さく, 一つ取り残された赤革の, 一つ取り残しておいた, 一つ取り殘された梅, 一つ取り消していただきたい, 一つ取り立てて美しい, 一つ取り纒めて一册, 一つ取り逃がしていた, 一つ取り闕ぎて一つ火燭して, 一つ取り附けるにも頭, 一つ取り集めている, 一つ取るでもなく, 一つ取れたのを, 一つ取れないような, 一つ取れる奴か, 一つ取ろうとした, 一つ取出で, 一つ取出させ灯りまで, 一つ取捕まへて固着, 一つ取残して珍重, 一つ取落しても安, 一つ取落したのが, 一つ取逃がしてしまった, 一つ取遺された建物の, 一つ受けさせてやろう, 一つ受けずに来た, 一つ受けそこなってとり落とす, 一つ受けないことだって, 一つ受けようかと思っ, 一つ受けられん奴が, 一つ受けるにも整然と, 一つ受けるでもなし, 一つ受け取り得々と, 一つ受取ったので彼女, 一つ受取つて秋の果実の, 一つ口まねして, 一つ口惜しいことが, 一つ口説いて見る, 一つ口調のいい, 一つ古くいって, 一つ古びた仮面が, 一つ古ぼけた小机が, 一つ古事記の上, 一つ古人に対して愧, 一つ古代図書館へいっ, 一つ古島さんには天成, 一つ古着でも上げたい, 一つしつけた, 一つ叩かず花を, 一つ叩き破って, 一つ叩きつけたような, 一つ叩きましたところがおお, 一つ叩きますとその, 一つ叩き折つた, 一つ叩頭をし, 一つ只今より申述, 一つ叫んで岩手山, 一つ召しあがれなとか何とか, 一つ召し上れと私, 一つ召上がってごらん, 一つ召上がれな, 一つ召上つてから, 一つ叮嚀に頭, 一つ可愛らしいお新, 一つ可笑な話, 一つ可笑い事がある, 一つ可笑しなこと, 一つ可笑しかった事, 一つの上, 一つ台所の板敷, 一つ台湾風の大きな, 一つ叱られて見たい, 一つ右肩から左乳下, 一つ右門殿が川, 一つ右門流というドス, 一つ叶えてやっ, 一つ号外のよう, 一つ逆を, 一つ各々違った文体, 一つ合している, 一つ合せた紐を, 一つ合わして手, 一つ合作を武見国手, 一つ合作運動が, 一つ合理的に言, 一つ合計すると, 一つの焼印, 一つ吉原へ這入っ, 一つ吉右衛門さんに, 一つ吉報を申しあげます, 一つ吉川の黒い, 一つ吊ったサックに, 一つ吊りさげられている, 一つ吊るされた丸型の, 一つ吊下げてある, 一つ時代の, 一つ同じく覆面姿の, 一つ同族を聞き合し, 一つ同行を願っ, 一つ名乗りをしよう, 一つ名案が浮かん, 一つ名誉賛成員になっ, 一つ名越でいたぶっ, 一つ吐かず健康の, 一つ吐かない男が, 一つ吐きながらコンナ奇妙, 一つ吐きかけるでもない, 一つ吐き得なかつたジヨオージ・ワシントンが, 一つ吐くにし, 一つ吐けないやうな, 一つ向いの三角点, 一つ向う側に半ば隱, 一つ向けたことの, 一つ向日葵かい, 一つ君のを見せ, 一つ君らのその, 一つ君方の見込, 一つ君達美人がみんな, 一つが応, 一つ否定証明を考えついた, 一つ含んでいる, 一つ含月荘へはいらぬ, 一つ吸わず帳簿の, 一つ吸わせて戴きます, 一つ吹くと上, 一つ吹っきれば素晴らしい, 一つ吹込みは古い, 一つ吾人の気に入る, 一つ呉れて置い, 一つ呉れないか, 一つ呉れようか, 一つ呑みおわりてまた, 一つ呑みこんでは, 一つ呑みこんだか呑み込まん, 一つ呑み込み得ないままに, 一つ呑み込んでは水鉢, 一つ呑めますぜ, 一つ呑んだからである, 一つ周さんと話, 一つ周囲と調子外れ, 一つ呪うことは, 一つ味わって見る, 一つ呶鳴ってやろう, 一つ呶鳴り返して, 一つ呼びとめてその, 一つ呼ぼうではない, 一つ呼んだは, 一つ呼子鳥がある, 一つ命令を下す, 一つ命懸けで猛, 一つ命題をつけ, 一つが多勢, 一つ和らかにま, 一つ和服に長靴, 一つ和歌を作った, 一つ咲かすにも程よい, 一つ咲かぬロータリーは, 一つ咳ばらいをし, 一つ咳半分響いて, 一つ咳拂ひを, 一つせた, 一つ咽喉元につかえます, 一つ哀愁がなつかしい, 一つ品川の女郎屋, 一つ哄笑されると, 一つ哲学の議論, 一つ哲学者の一考, 一つ哲學の議論, 一つ唄い拍手された, 一つ唄いますけんねその後, 一つ唄うことに, 一つ唄えなかった筈だに, 一つ唄つて聞せろつてこと, 一つ唄らんか, 一つを慄, 一つ唐更紗御布団地一つ, 一つ唐櫃の蓋, 一つ唐草の透し, 一つ唯一つゆかしい苔, 一つひます, 一つ唱えるにつれ太鼓, 一つ唱門の本職, 一つ唸らせてし, 一つ唸り声をたて, 一つ唾液を嚥, 一つ賣替を, 一つ問いをかけた, 一つ問い合わせの返事, 一つ問答しようじゃ, 一つ啓坊二三日あずかって, 一つ啖らわせました, 一つ啖呵をきつ, 一つ啼いて通らない, 一つ啼かぬ神々しき幽邃, 一つ啼く茅蜩と, 一つ善い事を, 一つ善きも惡, 一つを刺され, 一つ喋ってやろう, 一つ喘いだ彼の, 一つ喚いてワッ, 一つ喚きの中, 一つ喚くとがたがた, 一つ喜劇で面白い, 一つ喜劇数種そのなか, 一つ喜界島の昔話集, 一つ喰って居ない, 一つ喰ったのが, 一つ喰はんかと握り飯, 一つ喰らうと, 一つ喰らわしたもんだ, 一つ喰らわせながら, 一つ喰わして電気炬燵, 一つ喰わずに門司, 一つ喰わせたかも知れません, 一つ喰わせられましたが一足, 一つ嗅ぎ出して來, 一つ嘗め損うた, 一つを入れ, 一つつたが, 一つ噛みつぶして又, 一つ噛み殺すと, 一つ噛らなくなる, 一つ器械を買, 一つ器用にさばきやしょう, 一つをし, 一つ噺家になつて, 一つかしてやろう, 一つ囃子方になり, 一つ四五分ずつの売買, 一つ四十スー銀貨がはいっ, 一つ四十恰好の女, 一つ四文錢が三枚, 一つ四方を見廻しました, 一つ四方屋の跡, 一つ四王院がすでに, 一つ四畳半がのらない, 一つ四辺を見廻した, 一つ四重奏曲で, 一つ回り道をし, 一つ回想録でも書き出し, 一つ団子坂をのぼらなけれ, 一つ団結性の進歩, 一つ困まったことが, 一つ困らしてやろうという念, 一つ囲むのに水, 一つ囲んでそこ, 一つ図書館をやっ, 一つ国一郡知行されたほどの, 一つ国中でどれ, 一つ国体に憚, 一つ国元の養蚕収益, 一つ国家が新聞記者, 一つ国芳の戯画, 一つ国防という見地, 一つの人間, 一つ圖拔けて大きい, 一つ土中にうめ, 一つ土台からやっ, 一つ土団子をこし, 一つ土地では海金魚, 一つ土手にくつ, 一つ土瓶が描い, 一つ土肥の土産物, 一つえて, 一つ圧倒してやろうと, 一つの方, 一つ在れば五十人, 一つ在来の趣向, 一つ地の利を対手, 一つ地べたに落ちました, 一つ地形によつて, 一つ地所のうち, 一つ地球の東側, 一つ地盤の上, 一つ地面内におります, 一つがあるだろう, 一つ坐っている, 一つ坐り机が一つ, 一つ垂つた涙を見つけ, 一つ垂らしてここ, 一つ垂直に二フィート近く, 一つであるが, 一つをほ, 一つのたまっ, 一つ埋めて行きぬ, 一つ城介が居残り, 一つ城壁を築いたです, 一つ城門の上, 一つ埒入に鼻, 一つ執行うよう, 一つ基準のもと, 一つ堅固にやっ, 一つみ上げて, 一つ堕落しそう, 一つ報いてゐた, 一つ報謝して, 一つ場処に長く, 一つの中, 一つのよう, 一つを築きました, 一つ塗ってもおりません, 一つ塗らずに克明, 一つ塗らせても解る, 一つ塞がれた形で, 一つで磨い, 一つの先生方, 一つにし, 一つを彫っ, 一つ墓石が立つ, 一つ増したるだけの, 一つ増加すること, 一つを塗る, 一つ壁側に手ごろ, 一つ壁際によせ, 一つえて落ち, 一つ壊したり樽, 一つ壱銭一つ見つけたこと, 一つ又貸, 一つ売った絵を, 一つ売つた後で今度, 一つ売らない習慣が, 一つ売り払いたいと申しかけた, 一つ売るという風, 一つ売れば二三日, 一つ売店があり, 一つ売物が出た, 一つ壹圓の印度林檎, 一つ変えていない, 一つ変えたものすら, 一つ変えぬ主水, 一つ変えるではなかっ, 一つ変じて一個, 一つ変つた流れがある, 一つ変つた話をしませう, 一つ変らないものが, 一つ変事があった, 一つがめぐっ, 一つ夕空に浮く, 一つ夕立が来る, 一つ夕闇の中, 一つ夕陽の射し, 一つ夕靄の中, 一つ外した事が, 一つ外れちゃ自分, 一つ外れませんし, 一つ外れるところが, 一つ外交官にしてやろう, 一つ外国にも送っ, 一つ外国人からの注文, 一つ外国語の問題, 一つ外科の方, 一つ外秩父の吾野村, 一つ多かっただけ, 一つ多田院參詣の話, 一つ夜中になる, 一つ夢思想の国, 一つ夥しい星の, 一つ大きく荒々しく輪を, 一つ大事のが殘つて, 一つ大体見当のつい, 一つ大作を討取る, 一つ大入りを取っ, 一つ大入道にばけ, 一つ大原君に説い, 一つ大変心配して, 一つ大学教授にしてやろう, 一つ大学病院へ行っ, 一つ大局から見る, 一つ大廻りに廻る, 一つ大次郎には決っ, 一つ大理石のアーチ, 一つ大目に見なけれ, 一つ大笑いをした, 一つ大胆な仮説, 一つ大臣の鼻, 一つ大菩薩峠を出版, 一つ大衆小説を書い, 一つ大袈裟な息, 一つ大野田家は金之助, 一つ大釜から盛つて, 一つを拝, 一つ天候を豫知, 一つ天国の名, 一つ天堂一角に出世, 一つ天才がある, 一つ天麩羅四杯なり, 一つ息を, 一つ太い物が, 一つ太った奴を, 一つ太平洋の郵便配達, 一つ夫人のそば, 一つ夫婦のいさかい, 一つ失い後世の, 一つ失くなったことに, 一つ失せ鼻を, 一つ失っても其の, 一つ失ったとてやわか, 一つ失ふわけである, 一つ失敗譚を持つ, 一つ失望した, 一つ失神した人間, 一つ奇々妙々の進物, 一つ奇態なこと, 一つ奇癖のある, 一つ奇麗にぶち, 一つ奈良の町, 一つ奢っていただく, 一つ奢るかな, 一つ奢ろうかの, 一つ奥十五六軒の山家, 一つ奥様に見つかっ, 一つ奥深く覗いて, 一つ奧方は昨日確か, 一つ奮つて御揮毫, 一つ奮發しろよ, 一つ女らしい点の, 一つ女国二十安十二琴九つ柏軒の妾春三十九, 一つ女性的観点から付け加え, 一つ女房に説い, 一つ女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 一つ女神堂へ参った, 一つ女車が来ました, 一つ女長六つ良四つ全安, 一つ女長十四良十二, 一つ奴さんおどかして, 一つ好くなれば, 一つ如何に日本の, 一つ妨げてやろうで, 一つの苦労, 一つ妾あんたが好き, 一つ始めたらいいでしょう, 一つ始めるかな, 一つ始末が出来ない, 一つ委しく聞かして, 一つが肩, 一つ姫君は劣っ, 一つかつく, 一つ威張つてやりませう, 一つ娑婆へ悪い, 一つ婀娜な声, 一つの膝, 一つ婆さんにこっそり, 一つ婦人客の方, 一つ媒酌人にならう, 一つのお, 一つ嫌がらせることが, 一つ嬰児の拳, 一つの吉三郎, 一つ子どもを種, 一つ子供たちに与え, 一つ子供用らしい勉強用, 一つ子供等に分配, 一つ子宮が紛失, 一つ孟宗の藪, 一つ孤独と仲直り, 一つをしやした, 一つ孵させるのは, 一つの門脇, 一つ宇津の心, 一つ守って貰わね, 一つ守り得ないくらいなら, 一つ守れない者達であった, 一つ安らかでありません, 一つ安全剃刀の刃, 一つ安売したつて, 一つ安心なの, 一つ安斉先生をおどかし, 一つ安村宗一という名, 一つ安積へ行っ, 一つ安藤の考, 一つ完了して, 一つ宗教というもの, 一つ官製の通信社, 一つ官銜燈らしい灯, 一つ宙返りをし, 一つ定まっていなけれ, 一つ定吉の臀, 一つ宛つきや呉れない, 一つ宛アゲること, 一つ宛デパート式のデパート, 一つ宛メダルを残し, 一つ宛位は必ず, 一つ宛位中学校があっ, 一つ宛克明に拾, 一つ宛別々でなけれや, 一つ宛四つのもの, 一つ宛四ツの鼓箱, 一つ宛小石が載っかっ, 一つ宛山や谷, 一つ宛年齢を殖やし, 一つ宛弥兵衛は仙辰一座, 一つ宛御祖師様へ五つ, 一つ宛抱へて浮, 一つ宛拵へて貰, 一つ宛振舞はれるので, 一つ宛棺を入れ, 一つ宛漬物石を結び付け, 一つ宛花を持つ, 一つ宛英語を書い, 一つ宛落ちたるは烏, 一つ宛買ひ込んだので, 一つ宛買つて一本点けて, 一つ宛買つて一本點けて出た, 一つ宛赤丸が付け, 一つ宛身体をぶつ, 一つ宛運び酒倉につ, 一つ宛都合三つ取付けられて, 一つ宛鄭寧に丼, 一つ宛雁や雨, 一つ宛魚の習性, 一つ宜しく頼む, 一つ宝生流を福岡, 一つ実物について試験, 一つ実物教授をしてやろう, 一つ客車の窓, 一つ客間に一つ, 一つ宣命から分化, 一つ宮中の阿礼, 一つ宮殿の一部, 一つ家並を外れた, 一つ家中に弓, 一つ家内を紹介, 一つ家庭内のこと, 一つ家族の心持, 一つ家誰が来よう, 一つ家重代取って置きの怪談, 一つ宿さないばさけた, 一つ宿主の古道具屋, 一つ宿場の問題, 一つ寄さないといふ, 一つ寄せ鍋を囲み, 一つ寄るぢや, 一つ寄宿舎の建物, 一つ寄席があった, 一つ寄贈して, 一つ密事も打ちあけなかった, 一つ富士春仕込みの怪しげ節, 一つ富永の墓, 一つ寒々と響き渡った, 一つ寒き欅の, 一つ寝る蒲団が, 一つ寝入った風を, 一つ寝言と云, 一つ寢床へ這入り込む, 一つ審判の機関, 一つ寵愛なされける, 一つ寺田自身も, 一つ対手取つて訴訟を提起, 一つ対流渦による週期的現象, 一つ寿平次さんに見せます, 一つに入れ, 一つ封じたのは, 一つ封じ込んで置く, 一つ封書があった, 一つ封筒に入れた, 一つ専売でも取る, 一つ専門をきめ, 一つ将軍にした, 一つ将軍家光の寝所, 一つ尊氏だった, 一ついて, 一つ尋ねて知り, 一つ尋ねようか, 一つ小きざみの足, 一つ小さい可愛いインディアンシューズが, 一つ小さな同じような, 一つ小使いを儲け, 一つ小僧区域からこの, 一つ小判を沓脱, 一つ小喜劇があつ, 一つ小型の関所, 一つ小太郎さんをお, 一つ小峰がある, 一つ小川が山川, 一つ小木という町, 一つ小杉未醒氏の, 一つ小林さんに話し, 一つ小枝の中, 一つ小栗が死ぬ, 一つ小歌に望む, 一つ小気味の良い, 一つ小田島の行手, 一つ小石に躍っ, 一つ小突いて嚇し, 一つ小突いたが彼女, 一つ小突かれて伊之助, 一つ小窓があった, 一つ小蒲団で包まれた, 一つ小門を潜った, 一つ小鳥のとまつ, 一つ小鼻をツーン, 一つ少くなりは, 一つ少ない蝶とかを, 一つ尤も羽織も, 一つつぺたをぴしやりと, 一つを動かし, 一つ尾越が普通, 一つ古垂れた, 一つ居処をたしかに, 一つ居合抜き軍歌とこれ, 一つ居直りの応援, 一つなどに住む, 一つ屋敷内に居る, 一つ屏風を見, 一つ展けた原の方, 一つ展らかれたの, 一つや林, 一つ山々に反響, 一つ山家の酒, 一つ山森岩の形, 一つ山椒魚という珍動物, 一つ山男を呼び出し, 一つ山葵卸しで, 一つ屹立して, 一つ岡倉さんの家, 一つ岡崎十次郎を案内, 一つ岡田に相談, 一つに繋い, 一つ峠会というもの, 一つが抽出, 一つに突立, 一つ島一つもない, 一つなる文章, 一つ崩さずにいま猿, 一つ崩さないで銚子, 一つ崩れるような, 一つ嵌めているで, 一つ嵌込まれてあります, 一つであるの, 一つを越した, 一つ川狩りから出た, 一つ工場に勤め, 一つ工場学校を比べ, 一つ工面をし, 一つ左襟下を貫い, 一ついこと, 一つ差しあげとうございますさあどうぞ, 一つ差しかけて下さいません, 一つ差し上げたそうです, 一つ差し上げましょうこの後, 一つ差し出すやうに, 一つ差上ましょうか, 一つ差上げ度いと, 一つ差上げましょう何ぞ粗末, 一つ差上げるとしましょう, 一つ差出局が, 一つ差押へて行きませう, 一つ之松, 一つのよう, 一つ巷談に扱いたい, 一つを追っ, 一つ巻きあげてこんど, 一つ巻き上げたものも, 一つ巻子の実家, 一つへ出かけなきゃなりません, 一つをかぶっ, 一つ布団に寝た, 一つ布團一と組, 一つ布地で買おうっ, 一つをこしらえ, 一つ帆柱もなけれ, 一つ希有な大, 一つ帝室が亡ん, 一つ帝都を襲撃, 一つ師走かな, 一つ帯揚の無い, 一つ帯留を買う, 一つつて, 一つ帰ってから闇, 一つ帰依して, 一つ帰朝すれば, 一つ帰雁に血膏, 一つ帳簿のほう, 一つ帳面が五六册, 一つ常に朗読と, 一つ常談の出ない, 一つのひろい, 一つ幅広い煙を, 一つ幕府に対して御, 一つ平げて往来, 一つ平たい箱を, 一つ平均律を支持, 一つ平家の四疊半, 一つ平生私の感じ, 一つ平田はかけ, 一つ平面に並ん, 一つ平馬殿の器量, 一つ年かさの中年増, 一つ年上位の美人, 一つ年下わしなどには負けられん, 一つ年取った女の, 一つ年号があっ, 一つ年月をかけ, 一つ年長ですが, 一つにのこっ, 一つ幸ひなことには, 一つ幻影を見せ, 一つ幾らか出来の, 一つ幾何ほどです, 一つ幾何酔つた時, 一つ幾日も懸っ, 一つ幾重にもお詫, 一つ広い暗の中, 一つ広告もした, 一つ広告課へそう, 一つ広谷ヶ原へ出かけ, 一つ度し難い動物に, 一つ度膽を拔, 一つにあつまっ, 一つ座蒲団をもっ, 一つを建てる, 一つ庭先で丹石流, 一つ庭前の樹上, 一つ庭球試合を申込ん, 一つ庵崎數馬といふ浪人者, 一つが付きません, 一つ建たず石塔一つない, 一つ建ちようの, 一つ建つてゐた, 一つ建てたいとまた, 一つ建てられまた小さい, 一つ建てるので, 一つ建てろとおっしゃっ, 一つ建白書を出そう, 一つ建設した, 一つ廻してやれ, 一つ廻って立ち直る, 一つ廻った塀外が, 一つ廻らなければならず, 一つ廻りかけた時後から, 一つ廻れば久一さん, 一つ弁えていない, 一つ弁天様のお, 一つ弁当が残っ, 一つ弁解しなくちゃ, 一つ弓なりに彎曲, 一つ続いて, 一つ引かなかったので竜子, 一つ引きさかれお前の, 一つ引きたててやらなく, 一つ引き出してき, 一つ引き受けたのが, 一つ引き寄せるとこれ, 一つ引き違へてももう, 一つ引っくくってくる, 一つ引っぱたくと頭, 一つ引つ張つて来い, 一つ引受けてくれない, 一つ引合せてみた, 一つ引撲く勢ひだ, 一つ引攫って二人, 一つ引用して, 一つ引越しの手伝い, 一つ弘前の面目, 一つ之丞, 一つ弱いことは, 一つ張り放しに, 一つ張り飛ばされるとそのまま, 一つ張合がなく, 一つ強打を喰わし, 一つ弾かれたら何でも, 一つ弾けぬ芸妓が, 一つ弾丸を放った, 一つ弾条を捲い, 一ついて, 一つ当たるととかく, 一つ当たろうものなら, 一つ当てましたから, 一つ当て擦って裁判, 一つ当りさえすれ, 一つ当り毎年どのくらい亡者, 一つ当り物をこしらえよう, 一つ当り矢という店, 一つ当ると死ぬ, 一つ当惑したこと, 一つ当日手洗場の水, 一つ当時評判の疑獄, 一つ形式に見られ, 一つ形成され造られのこされて, 一つ彫っていただきたい, 一つ彫つてあつた, 一つ彫らすので, 一つ彫刻を頼みたい, 一つ影像になりきれ, 一つ役人にならぬ, 一つ役所に椅子, 一つ役目があった, 一つ彼処に一つ, 一つ彼奴らの万歳, 一つ彼笠森仙太郎にも支配, 一つ彼等の眼, 一つ彼達の晒された, 一つ征服して, 一つ待ち伏せしてやろうと, 一つ待っていない, 一つ後ろ矢を射つけ, 一つ後生大事に胸, 一つ後見役を叔父さん, 一つ徐ろに其紺碧, 一つ徒ら半分かいて, 一つ従軍記者は一社一人, 一つ得ずこうして田舎, 一つ得ましたよ, 一つ得るためには, 一つ御地では夏, 一つ御存じない, 一つ御家人の株, 一つ御寮人やお, 一つ御座いますの, 一つ御座候得共小屋木等朽居候故年限難, 一つ御座候此分人数四五人計も住居, 一つ御旗の下, 一つ御殿から一人, 一つ御礼とお嬢さん, 一つ御簾のうち, 一つ御見舞申して, 一つ御酒徳利が一対, 一つ御願ひが, 一つ微妙なもの, 一つ徹底的な捜査, 一つ心がかりがあり, 一つ心係りはどうして, 一つ心強いことはね, 一つ心得て置くべき, 一つ心恃みなのは能登守, 一つ心機一転したところ, 一つ心残で御座いましたので, 一つ心酔しきった手紙, 一つ忍び足のある, 一つ忍べることだらう, 一つ志賀唐崎の一つ松, 一つられない事実, 一つ忘れられぬ事は, 一つ忘れることの, 一つ忠助は外, 一つ忠実な銀蠅, 一つ忠誠の置き, 一つ心事が, 一つ怒鳴ったそうです, 一つ怒鳴りつけてやらう, 一つ怒鳴ると思う, 一つのま, 一つ思いあたることが, 一つ思いかえしてゆく, 一つ思いがけなく金博士も, 一つ思いつかないうちに, 一つ思い切ってたもらんとないません, 一つ思い切り派手に, 一つ思い切り勢いよく腰掛け, 一つ思い当りますのは, 一つ思い掛けぬ驚きを, 一つ思い浮かべるとその, 一つ思い浮んだのは, 一つ思ったこと, 一つ思つてゐること, 一つ思ひついてゐない, 一つ思ひ切つてこの, 一つ思われるのは, 一つ思ッてかねがね, 一つ思切って味噌, 一つ思案して, 一つ急ぎましょうね, 一つ性根を入れ, 一つ性能のものみたい, 一つ性質のもの, 一つ怪しげなこと, 一つず怯, 一つ怯めず臆せず, 一つができる, 一つ恋愛や婦人, 一つ恋愛事件が起った, 一つ恐いものが, 一つをかかせ, 一つ恨むらくは, 一つ恩人の顔, 一つ息つぎに唸る, 一つ恵み給うも功徳, 一つ悟ったのであった, 一つ悩んでいる, 一つ狐を, 一つ悪くなると, 一つ悪事を働く, 一つ悲むべきこと, 一つ悲劇を背負つて, 一つを罩め, 一つ情事に関する相談, 一つ惜しみなく生命, 一つみたま, 一つ想いだしてみ, 一つ想い出すのは, 一つ想像史が成立, 一つに沈ん, 一つ愉しみに, 一つ愉快なこと, 一つ意地くね悪く, 一つ意気に感じ, 一つ意識の民主的, 一つ意識的に動かし, 一つ愛国婦人会の幹部, 一つ愛鷹のてつぺん, 一つ感じのよい, 一つ感じた事が, 一つ感じることは, 一つ感激に震え, 一つ態と三つまで, 一つしい事, 一つ慰めてやらう, 一つを頒, 一つ憚りだが, 一つ憶えのよう, 一つ懐しさを, 一つ懐しいものの, 一つ懐中時計をポケット, 一つ懐中電燈を携え, 一つしめて, 一つ懲しめのため, 一つ懲らしめのため, 一つつてゐた, 一つ懸けて下さい, 一つ懸けられずに育つた, 一つ懸ってい, 一つ成った機会に, 一つ成り立ちはしない, 一つ成仏して, 一つ成功して, 一つ我々日本人の民間暦, 一つ我が子等の, 一つ我ままがきい, 一つ我善坊に置い, 一つ我国のよりも優れた, 一つ我手にわたし, 一つ我掌に留りぬ, 一つ我田引水をすれ, 一つ我眼にとまれる, 一つ我身に覚え, 一つ或いは二つの, 一つ戦いの深, 一つ戦ひませうか, 一つ戦争が始, 一つ戦場に捲き落した, 一つ戦死ということ, 一つ戯曲的対話といふもの, 一つ戴きますよ, 一つ戴きませうか, 一つ戴く事も, 一つ戸籍簿だけは満足, 一つ房枝なん, 一つ所司代へ訴え出, 一つ所持いたしてを, 一つ所謂欧州哲学だけな, 一つ手の平位の大き, 一つ手並を見せ, 一つ手伝いましてねなかなかどうして, 一つ手伝っておくれ, 一つ手傳あなんちや, 一つ手前あたりで間に合った, 一つ手前芸を御覧, 一つ手厚く葬って, 一つ手品を知っ, 一つ手役が付いてる, 一つ手拭を家族同志, 一つ手拭肩にプイ, 一つ手文庫が一つ, 一つ手柄話が出来た, 一つ手燭に立てた, 一つ手相を見せ, 一つ手繰ってみよう, 一つ手習ひに, 一つ手落ちなしに, 一つ手酌して, 一つ手際を御覧, 一つ手首をぴしゃり, 一つ打たせず入って行く, 一つ打たれただけで, 一つ打たれるよりもと喉, 一つ打ちつけてあっ, 一つ打ちのめすと, 一つ打ちまわしてやったら, 一つ打ち明けて話, 一つ打ち砕いて見ました, 一つ打ち込んである, 一つ打ったら正気が, 一つ打ってない庭に, 一つ打つたことも, 一つ打てば許し, 一つ打てやしめえしと与惣次, 一つ打払うとぱたー, 一つ打診器で肺部, 一つ打開策はござるまい, 一つひに, 一つ扱いて見る, 一つ扱いたものなり, 一つ扱きましたが成, 一つ扱くと早, 一つ扱つてやらうといふ, 一つ批判的に厳密, 一つ批評家があります, 一つ承らせていただきまする, 一つ承り度い, 一つ承知させて, 一つ抉って置い, 一つ抉られては半身, 一つ抑圧それに外, 一つ投げかけたのです, 一つ投げこんであわ, 一つ投げつけるものも, 一つ投げられて終生, 一つ投げ入れむを願ひて, 一つ投げ出さなければならないだろう, 一つ投げ出されて来た, 一つ投げ受けしただけで, 一つ投げ込めばそれで, 一つ投げ込んでやりたい, 一つ投ずれば折, 一つ投入して, 一つ投書が来てる, 一つ投薬簿の方, 一つ折っても由, 一つ折るほどの間, 一つ折れた通りで, 一つ折入て頼み, 一つ折角引受けた大, 一つげ與へ, 一つ抛っとくれ, 一つ抛り込んでやる, 一つ抛るように, 一つ抜かせるとこだった, 一つ抜き取られて死し, 一つ抜けば宜, 一つ抜けずにいた, 一つり出して, 一つ抱えたまま先に, 一つ抱える位の, 一つ抱え出したらしゅうが, 一つ抱え込んでこちら, 一つ抱ッこして, 一つ抱擁をさせ, 一つ押し戴くように, 一つ押し立てその先頭, 一つ押し立てればよろしい, 一つ押すとパッ, 一つ押売するかも, 一つけ落ちたる, 一つ担ってそれ, 一つ拍子を狂わせる, 一つ拙い音楽が, 一つ拙者らと行動, 一つ拙者不孝ながら孝, 一つ拙者側の注文, 一つ拜借いたしたうございますが, 一つ拝ませてもらおう, 一つ拝聴して, 一つ拡りこんでから私, 一つげにいえ, 一つ括しつけてある, 一つ拭き込んでてらてら, 一つで勝誇っ, 一つ拳固で頭, 一つ拳銃と時計, 一つ拳骨で頭, 一つ拵えたじゃありません, 一つ拵えよう思い立ちました, 一つ拵えられないどうも味噌汁, 一つ拵らえておかなけれ, 一つ拾いながら話した, 一つ拾いあげて食べた, 一つ拾い出して御覧, 一つ拾い取って打ちながめ, 一つ拾うたからとて手渡し, 一つ拾つて投げ込むと, 一つ拾つて帰つてきたが, 一つ拾つて行つて, 一つ合さないの, 一つ持たされる位の, 一つ持たせておくで, 一つ持たせず出てきた, 一つ持たせられて自分, 一つ持ちこんでいつも, 一つ持ちだされるのは, 一つ持ち上がりましたぜ, 一つ持ち出されたがいずれ, 一つ持ち出せばいい, 一つ持ち出せるものぢや, 一つ持ち静かにあらん, 一つ持ってたけれど転ん, 一つ持つてをりました, 一つ持つてない輩が, 一つ持てない肉体うまい, 一つ持てなくなるし自分, 一つ持て居ないのである, 一つ持上げては踏, 一つ持参して, 一つ持薬がはり, 一つ指さされた星を, 一つ指図して, 一つ指導して, 一つ指揮官へ無線電話, 一つ指環を下, 一つ指紋をとらせ, 一つ指紋一つ発見すること, 一つ指輪を取り出し, 一つ按摩をさせ, 一つ挙げようじゃない, 一つ挟んでいる, 一つつてから, 一つ振っただけで, 一つ振つたり, 一つ振らうものなら, 一つ振りまわしたからで, 一つ振り立てると, 一つ振り落されその時, 一つ振舞うて遣ろ, 一つ振舞ってもらいてえ, 一つ振舞はず既での事, 一つ挽くのが, 一つ挽回してやろうという, 一つ挾み出してがぶり, 一つ挿され一見至極単純, 一つ捕える事が, 一つ捕ってやろう, 一つ捕へてやらう, 一つ捕まえた経験の, 一つ捕ることが, 一つ捕物帳を書い, 一つ捕虜にしてやろう, 一つ捜さないじゃ, 一つ捜して戴けない, 一つ捜し出して貰, 一つ捜し尋ねて人名, 一つ捨てずに来た, 一つ捨てたいものは, 一つぎ除った, 一つ捩った姿で, 一つ捩れてあゝ, 一つ据え付けたもんです, 一つ据ゑた前に一脚, 一つ据ゑてあつてそれが断えず, 一つ捻ってあげる, 一つ捻つた器具の, 一つ捻りさえすれ, 一つ授けて行く, 一つ授けられた機会において, 一つ授産所一つ作られないこと, 一つると, 一つ掘ったらみんなが, 一つ掘りさげたような, 一つ掘りぬいた芸術的重, 一つ掘り下げはじめると際限, 一つ掘り返しに出かける, 一つ掘り返した土塊の, 一つ掘るというの, 一つかつてゐる, 一つ掛けし中單着, 一つ掛けるにも折釘, 一つ掛け合って見る, 一つ掛って来ない, 一つ掛り人のお, 一つ掛合って御覧, 一つ掛物一本売っても, 一つ掛軸と額, 一つ採って私, 一つ採ったことの, 一つ險に, 一つ探さなければなるまい, 一つ探し出して下駄, 一つ探し出せばそれで, 一つ探し当てたのだ, 一つ探し忘れた場所が, 一つ探すことだ, 一つ探ねて歩いた, 一つ探りを入れ, 一つ探りあててやろう, 一つ探りあてたのは, 一つ探り出さうとした, 一つ探検に出かけ, 一つ探見していらつ, 一つ探険をし, 一つ接ぎ合せてみ, 一つへたれ, 一つ控えて上手, 一つ推理のタネ, 一つ掬って御覧, 一つ掲げた電燈で, 一つえて, 一つ掴まえて為事, 一つ掴み二三兩も, 一つ掴みとって深井, 一つ掴み出して鼻紙, 一つ掴み取って紙, 一つ掴むや否, 一つ込んで, 一つ掻き立てて見, 一つ掻切って置い, 一つ揉ぎって食おうか, 一つ揉むと見事, 一つ揉んで見, 一つ描かせて下さいません, 一つ描かれ水楊の, 一つ描きあげようと一生懸命, 一つ描きかけの自画像, 一つ描き上げれば少し, 一つ描き入れないと人間, 一つ描き忘れてあった, 一つ描くかな, 一つ描写しなければ, 一つ提灯の灯, 一つ提灯狸ばやし足洗い屋敷ぐらいのもの, 一つ提燈をつけ, 一つした, 一つ插話がある, 一つ揚げていなかった, 一つ揚っている, 一つ換えることの, 一つ換言すれば, 一つ握み出そうと, 一つ握り万一の, 一つ握るのも, 一つ握手して, 一つ揮って看板絵, 一つ揮ったさしかし, 一つ揺がすことは, 一つ揺がない静まり返った夜であった, 一つ揺げば千尋, 一つ揺すっている, 一つ揺つてまた肉体, 一つ揺りあげながらぶらりと, 一つ揺れたがそのまま, 一つ搗けるじゃなし, 一つみついたよう, 一つ携帯して, 一つ摘まむと仏像の, 一つ摘みあげてはパネル, 一つ摘みとっても歌, 一つ摘み出されたが三藏, 一つ摘み出してさいぜん, 一つ摩擦のない, 一つ摺って御覧, 一つ撃ち懲せ, 一つ撃ちおろさうとした, 一つ撃つことならぬ, 一つ撓めておい, 一つ撓直して扉, 一つ撞かすといふ処, 一つ下げた, 一つ撫でると慧敏, 一つ撫で卸してやる, 一つ撮ってもらった, 一つ撮みて紀州, 一つ撮み取って食べる, 一つ撮らうぢや, 一つ撮らせて下さい, 一つ撮りたいの, 一つ撲ったが督郵, 一つ撲られたその痛, 一つ撲られると二三間, 一つ撲りつけていた, 一つ撲りつけたらと憎々しく, 一つ撲りつける眞似, 一つ撲り飛ばしておい, 一つ擔いで見, 一つ擦り上げて腮, 一つ擲げますと, 一つへるの, 一つ攫んでは肩, 一つ攫んだら金時計は, 一つ支峰を越える, 一つ支店を持っ, 一つ支那から大, 一つ支配人總兵衞が見えなく, 一つ改良しなくちゃあ, 一つ攻めとるのに何で, 一つ攻めるにかく, 一つ放ったらかしで豆電灯, 一つ放り出してあった, 一つ故障のない素晴らしい, 一つふ途, 一つ救助に出かけよう, 一つ敗鼓皮丸という難物, 一つ教えこむように, 一つ教えることに, 一つ教場に出る, 一つ教科書に代る代る, 一つて山, 一つ散らかっていなかった, 一つ散らしてないように, 一つ散らばっていない, 一つ散り居たり, 一つ散髪をやっ, 一つ敬太郎の耳, 一つ敬意を表し, 一つ敬礼をし, 一つ敬語があった, 一つへりや, 一つ数えながら奥深く, 一つ数えられそうに, 一つ数えられるくらいだ, 一つ数え挙げるのが, 一つ数学の問題, 一つ数学的次元として云い換えれ, 一つ数珠一つに見すぼらしい, 一つ整理がついた, 一つ敵討物を書い, 一つ敷地にし, 一つ數字についての感想, 一つ文字どおりの肘鉄, 一つ文字通り陳の心臓, 一つ文学的なところ, 一つ文庫蔵が残された, 一つ文明の進歩, 一つ文章に出, 一つ文章そのものに感情, 一つ料って石部, 一つ料理屋へでも行っ, 一つに空, 一つ斜坑にでも叩きこん, 一つ斧一梃を持っ, 一つ斬って見せる, 一つ斬り落して元, 一つ断じていただきたいこと, 一つ断つておきたい, 一つ断層の研究, 一つ新しく素晴らしいものを, 一つ新橋にある, 一つ新橋二五〇九という俥屋, 一つ新潟は生えぬき, 一つ新田さんへ紹介, 一つ新聞包みを出し, 一つ新開地の横浜, 一つ方姉さんでしたが, 一つ旅行をしない, 一つ旅館のペーパー, 一つ日の出の, 一つ日参でもし, 一つ日曜日の大, 一つ日本一の大, 一つ日本刀をお見舞, 一つ日本建の二階家, 一つ日本料理を差上げたら, 一つ日本橋の某, 一つ日本武尊の御, 一つ日本浪曼派の同人諸兄, 一つ日本男兒の腕前, 一つ日本菓子の製造, 一つ日本長崎で護り, 一つ日附が書い, 一つ旨い事を, 一つ咲で, 一つ昇るのに麦酒, 一つ昌造の場合, 一つ明かないばかりか砲弾, 一つ明けると直, 一つ明らかに, 一つ明りが見え, 一つ明るさなつかし, 一つ明るく灯かげの, 一つ明星を煌めかし, 一つ明治二十二年以来つ, 一つ明滅して, 一つ明確に私, 一つ昔イラン国で麻薬, 一つ星めつけた, 一つつてゐた, 一つ映っていた, 一つ映らなかったならそうしてその, 一つ映画なんか見, 一つ昨夜見た夢, 一つ昨夜君の讃え, 一つ昨日と違つて, 一つ昨日此處で留守居, 一つ昭公と大衆, 一つ是非あなたに折, 一つ是非そこのところ, 一つ是非とも何か, 一つ是非君に見せたい, 一つ是非回向をし, 一つ昼飯を祝っ, 一つ時々ここを, 一つ時しんとした, 一つ時亭の方, 一つ時代にぶっつけ, 一つ時休憩室の寝台, 一つ時価数万円のダイヤモンド, 一つ時口が利けなかつた, 一つ時席を外した, 一つ時思案に暮れ, 一つ時支那の上下, 一つ時暇をつぶさない, 一つ時曇つたとみえる, 一つ時林の中, 一つ時母親の顔, 一つ時沈黙が続いた, 一つ時相手の顔, 一つ時自分の今, 一つ時輝きを増した, 一つ時道ばたに佇ん, 一つ時静かになつ, 一つ晒されていた, 一つ晩老の模範, 一つ晩飯がある, 一つ普通の泥坊, 一つ普通教育を受けた, 一つ景品としてやった, 一つ景物おもしろしとても, 一つ智惠を絞りました, 一つ暖まらしておく, 一つ暖炉の上, 一つ暗くともって, 一つ暫く御報謝, 一つ暮し方を, 一つ暮しかたというもの, 一つ暮らし方の工夫, 一つ暮れ残ったものの, 一つ暴力による手段, 一つ暴風雨と来る, 一つ曲がると背後, 一つ曲げるわけには, 一つ曲り角へ出る, 一つ更に強烈な, 一つの如く, 一つ書いたら当分威張っ, 一つ書いたら死んでもいい, 一つ書かうと思つて, 一つ書かなくちゃならなくなっ, 一つ書かれぬ言葉, 一つ書きとって見た, 一つ書きとめて置きたい, 一つ書き写していたら, 一つ書き出さうかと机, 一つ書き割りなどよりもず, 一つ書き取りをいたしましょう, 一つ書き文芸時評をかき, 一つ書き添へなけれ, 一つ書き漏らしてならぬ, 一つ書き留められている, 一つ書き直すだけの力, 一つ書き続けてみたい, 一つ書き落としてはならない, 一つ書けないくせに, 一つ書ける人間が, 一つ書斎の方, 一つ書棚が一つ, 一つ書物のとりちらかされた, 一つ書物卓の外, 一つ書留てくれ, 一つ替えてやる, 一つ替えず娘ごころに, 一つ月々五十枚位載せて, 一つ月見に行こう, 一つ有つてゐる, 一つ有りましたんで紛れ咲, 一つ有りやんして前, 一つ有り余るほどな, 一つ有力家の家, 一つ有様で作物, 一つ有難いとはなぜ, 一つまない, 一つ朗読すべき脚本, 一つ望遠鏡様のレンズ装置, 一つ朝五時半までも寝床, 一つ朝寝坊の癖, 一つ朝賀式とを兼ねた, 一つ朝酒それは花見酒, 一つ朝鮮系統のもの, 一つ朦朧と濁っ, 一つ朧げな輪廓, 一つ木島君が持っ, 一つ木戸番の横面, 一つ木柵が引廻, 一つ木花咲耶姫へのお礼, 一つ未だにはっきりしない点, 一つ未来の時期, 一つ未熟な点, 一つ本式の料理法, 一つ本当に彫刻らしい, 一つ本町二丁目の呉服屋, 一つ本箱を買おう, 一つ本職の探偵, 一つを取りあげ, 一つ杉山さんがはいっ, 一つ村一つが数百年, 一つ村上義清のため, 一つ村落に斯, 一つをつき返し, 一つ来たのみであった, 一つ来ましたので旦那, 一つ来ますよ, 一つ来よつた嫁入りぢや, 一つ来るので渠, 一つ来年を待っ, 一つ東京朝夕新報という新聞, 一つ東京風に結っ, 一つ東側に二つ, 一つ東方に一つ, 一つ東空から天頂, 一つ東莱温泉へ案内, 一つ東軍にお, 一つ東面に一つ, 一つ松人にありせ, 一つ松吾兄を, 一つ松島君を操縦, 一つ松愛護がしるし, 一つ松本山の南方, 一つ松竹梅の蒔絵, 一つ松葉の紋, 一つで隔て, 一つ板一枚が案外, 一つ板前の苦心談, 一つ枕一つの生活, 一つ枕元にそつ, 一つ林檎がある, 一つ林檎二つを平げ, 一つのよう, 一つ枝笛と名, 一つ枝葉の点, 一つ枠架を喰い締め, 一つ枯木に繋い, 一つ枯草の中, 一つ架かっている, 一つ架っている, 一つ架つてゐる, 一つ柏軒と妻俊, 一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 一つ某氏へ身体, 一つ柝木に打つ, 一つといいます, 一つ柳下恵の試験台, 一つ柳橋まで持運ぶ, 一つ柳田国男氏が書かれ, 一つ栄三郎への手切れ, 一つ校歌祭でもやる, 一つ株分けをやりましょう, 一つ根ざしと見る, 一つ根岸君に加勢, 一つ根所の神, 一つ根拠のある, 一つ格子戸である, 一つ格物究理の洋学, 一つの離宮, 一つ桃色の破れスリッパ, 一つに置い, 一つを立て, 一つ案内役を引き受け, 一つの葉, 一つの縫い, 一つ桟敷で見物, 一つ桶屋に拵えさし, 一つの木の下, 一つ梅干をたった, 一つ梅花の気品, 一つして, 一つと朝日, 一つ梶棒の先, 一つ棒鼻の先, 一つ森下と云う, 一つ棲まないやうな, 一つに入れ, 一つ椅子一つ社長一人の社長, 一つ植木一本ない有様, 一つ植木屋の代理, 一つした, 一つ検事らしからぬ返事, 一つ検束せず女, 一つ検査しつぎ, 一つると, 一つの無い, 一つ楽しい目も, 一つ楽しみたいんだ, 一つ楽しむ点で, 一つ楽みなことには自分, 一つ楽屋にい, 一つ楽屋口へ行く, 一つ構えの中, 一つの音, 一つである, 一つ様子を見, 一つ様相変化して, 一つ標本用にしまつ, 一つ樣式となつ, 一つ権八の横顔, 一つ横たえて武士, 一つ横倒しになっ, 一つ横町を曲る, 一つ横看板がつい, 一つ横頬を撲, 一つ横顔を撲りつけ, 一つ樹木がこんもり, 一つ樹枝の影, 一つ樹皮の皺, 一つ樺太定期ブラゴエ丸の二等料理人, 一つに呼吸, 一つ橄欖島の附近, 一つが通った, 一つ橋二十の橋, 一つ橋出らしい郵船, 一つ橋家の手づる, 一つ橋様だと, 一つ橋越しに透かし, 一つ機嫌を直し, 一つ機械油の, 一つ機長の, 一つ機関室を見, 一つの如輪木, 一つ欝金木綿の袋, 一つ欠きにせ猿の, 一つ欠く時それは, 一つ欠けないのも, 一つ欠ける老齢に, 一つ欠ければ女, 一つ欠席日数超過二つ教師の反感, 一つ欠所がある, 一つ次々に松, 一つ次の間へお松, 一つ次思いという語, 一つ次第次第に呼び覚され, 一つ次郎の鼓膜, 一つして, 一つ歌おうと云い出した, 一つ歌つて聽かせませうか, 一つ歌ふかなア, 一つ歌わず青春の, 一つ歌わなかったがよく, 一つ歓びを感じた, 一つ歓喜の詩, 一つ歡迎會をやる, 一つ止めて貰いたい, 一つ止めずげそり, 一つ止めてない庭には, 一つ止めない寂しさ, 一つ止刀を刺し, 一つ正しい機会を, 一つ正吉が面くらった, 一つ正太の心, 一つ正夫は生, 一つ正式の召喚状, 一つ正月らしく怠けようか, 一つ正月物に長谷川一夫, 一つ正義は大義, 一つ正規の順序, 一つ正面の建物, 一つ此作での特色, 一つ此城預け申す証文, 一つ此窓の大岩柱, 一つ此等の底, 一つ此箱を開け, 一つ此脇差に御, 一つ武田の演説, 一つ武田君が尾瀬, 一つ武芸の型, 一つ武芸者ではなかりし, 一つ歩き出してみよう, 一つ歩道の上, 一つの間, 一つ歳の市をやった, 一つ歳上であった, 一つ歳下中村時蔵が二つ歳下, 一つ歳下輝勝より一つ歳上, 一つ歴史の両面, 一つ死なないように, 一つ死ぬる前に, 一つ死人を見, 一つ死力をつくし, 一つ死所を得た, 一つ残さずとりつくされてどちら, 一つ残さず取りさり, 一つ残さず平らげてし, 一つ残さず掘り曝いた, 一つ残さず断ち切つて巧み, 一つ残さず調べてくれ, 一つ残さず食べてしまいました, 一つ残されたる信仰が, 一つ残し得たかなしい自, 一つ残つた必至の垣, 一つ残つた瞳を見れ, 一つ残らずそろえてあっ, 一つ残らずながめはじめ点検しはじめた, 一つ残らずなくなってしまっ, 一つ残らずなくなってるではありません, 一つ残らずむしり取り引っこ抜いてしまう, 一つ残らずやるんだ, 一つ残らず使ったのだった, 一つ残らず卸し立てである, 一つ残らず売れてしまった, 一つ残らず思い出す未練とは, 一つ残らず拾いあとで, 一つ残らず拾い上げて手巾, 一つ残らず捜して行き, 一つ残らず携えて諸所, 一つ残らず曲ってい, 一つ残らず歩いてみた, 一つ残らず登りたいものだ, 一つ残らず盗まれていた, 一つ残らず聞いた事, 一つ残らず行ったんだ, 一つ残らず調べてみ, 一つ残らず賭けてしまう, 一つ残らず開けたまんまに, 一つ残らず食ってしまった, 一つ残らなかった事が, 一つ残りましたのでその, 一つ残れる最後の, 一つ残ツて居た, 一つしたこと, 一つ殖えましたね, 一つ殖えればどう, 一つ殖やすのも, 一つ殖ゑて居た, 一つ殘つた灯の下, 一つ殘つて居ツた, 一つ殴られたような, 一つ段一パイになる, 一つ殺されたお皆, 一つ殺生を戒め, 一つが裂け, 一つ殿様の本当, 一つ殿艦がつい, 一つ毀すでもなかっ, 一つ毀れた所も, 一つ毀れると, 一つ母親が息子, 一つ毎日の夕方, 一つ毎朝の時事, 一つ毒薬硫酸ストリキニーネの小瓶, 一つ比翼指輪の上, 一つ比較的正確な, 一つの色, 一つ毛唐に宣伝, 一つ毛布にくるまつた, 一つ毛沼博士の変死事件, 一つ毬酸漿では遊べない, 一つ民衆ダンス場を拵, 一つ民間の文化勲章, 一つ気がついておもしろい, 一つ気に入ったのが, 一つ気ままな植物学, 一つ気らくな感じ, 一つ気取ってくれ, 一つ気合を掛け, 一つ気味悪く笑うと, 一つ気張つて彼, 一つ気張つて叩いた, 一つ水あかをきつ, 一つ水戸に語るべき, 一つ水戸記者がかかる, 一つ水揚水車を拵え, 一つ水晶の珠, 一つ水水しい光, 一つ水泳自慢に泳ぐ, 一つ水源を見つけれやい, 一つ水玉がつい, 一つ水草一本さえ数えられる, 一つ水蔭氏の相撲マニヤ, 一つ水車禁止の理由, 一つのよう, 一つ氷上にとびだし, 一つ氷嚢をぶら下げさせた, 一つ永く保存せられる, 一つ永久的の取りきめ, 一つ永井に大, 一つ求めたいと富岡, 一つ求めなかったのは, 一つ求める事に, 一つ汚れちゃおりません, 一つ汚れなく光っている, 一つの貧しい, 一つ江戸住と改正, 一つを渫っ, 一つ汲まぬ者なり, 一つ汲もうにも手さぐり, 一つ汲んで呉れず, 一つ決心を致しまする, 一つ汽車中の駄洒落, 一つ沖縄語と日本語, 一つの上, 一つ沢山に描き, 一つ河一つ隔てて, 一つ河岸の横町, 一つ沸らせて, 一つ油絵で描きましょう, 一つ治る奇蹟が, 一つがあっ, 一つ沼田へ行つて, 一つれて, 一つ法会をする, 一つ法廷がある, 一つ法水さん永い間費, 一つ法王政府に私, 一つ波瀾とかエピソード, 一つ波立たぬ海の, 一つ泣きごと一つ立てるでは, 一つ注いで貰ひま, 一つ泰軒先生に申しあげ, 一つ洋ちやんにもつ, 一つ洋傘一本東京を出る, 一つ洋杖が立てかけ, 一つ洒落に田舎芸妓, 一つ洒落れてみた, 一つ洗う気色は, 一つ洗吉さまにお, 一つの中, 一つ洞穴を抜ける, 一つ洩さずに, 一つ洩らさず握りつぶしていた, 一つ活動写真小屋がある, 一つ活字だけが二十數年後, 一つを近く, 一つ流しても百荷, 一つ流石にここ, 一つ流行らしてやろう, 一つ流行文様に染めましょう, 一つ流鏑馬が出る, 一つ浄智寺の境内, 一つ浅瀬は, 一つ浅田と一緒, 一つ浅草寺へお, 一つ浚って走る, 一つの月見, 一つ浮かべようとはしなかった, 一つ浮かんでゐる, 一つ浮き上がってきた, 一つ浮べぬといふ風, 一つ浮出している, 一つ浴びせたのです, 一つ海中に立つ, 一つ海外へ出かけ, 一つ海面をすべり行く, 一つ海鰻を焼い, 一つ消えかかってくる, 一つ消えたそしてたった, 一つ消えるとすべて, 一つ消え失せて二つ眼, 一つ消え失せるように, 一つ消え行くにつれてそれ, 一つ消されていき, 一つ消す又一つ, 一つ涼し過ぎるの, 一つ涼しい風に, 一つ淀君から秀頼, 一つ淋しそうに, 一つ淡く光って, 一つあい呼吸, 一つ深く深く吸いこみさて, 一つ深めてみ, 一つ混ぜて上げ, 一つい谷, 一つへてくれた, 一つ添え目ざす方へと, 一つ清三郎の前, 一つ清太郎がお父さん, 一つ清月亭の女中たち, 一つ清流を隔てた, 一つ清浄無垢な光, 一つ清潔な教育, 一つ済みませんがね, 一つ済むと灯心, 一つ済めば直ぐ次, 一つりて, 一つ減じることは, 一つ減っていた, 一つ減ってるぞ, 一つ渡されると女郎たち, 一つ渡った所で, 一つ渡つた切りで幸, 一つ渡らねばならぬ, 一つ渡ればいい, 一つ渦潮のまんなか, 一つ温めよう遣ったり, 一つ温泉場がある, 一つ測って見給え, 一つ湖天に浮い, 一つ湧いて来た, 一つ湧き出して右, 一つ湧き起りましたそれは, 一つ湯呑で茶, 一つ湯呑一つ綿の出た, 一つ湯槽の中, 一つ鉄へでも, 一つ溜っていない, 一つ溜めて戻っ, 一つ溜めてないね, 一つ溯って美醜, 一つ溯るけれども自然主義的態度, 一つ滑ったと言った, 一つ滑ったら土左衛門だ, 一つ滝人の身体, 一つ滝山さんが昨夜, 一つ滝本に渡す, 一つさうでも, 一つ滾れ落ちたぞわし, 一つ漂うている, 一つ漂っている, 一つ漂つてゐるの, 一つ漂わされぬものが, 一つ漂わない底澄んだ, 一つ漆黒の, 一つ漏る家も, 一つ演つてみようぢやご, 一つ演劇そのものに対する愛情, 一つ演奏した, 一つ漬物樽が一つ, 一つのベット, 一つ潔く率直に, 一つ潜り扉があつ, 一つがある, 一つ潰されては何, 一つ潰された怨みの, 一つ潰して平次, 一つ潰すのは, 一つ潰そうと思え, 一つ澄めるあればすだき, 一つ澄んでゐる, 一つ澄んだ音とともに, 一つれ出た, 一つ澱んだ白雲に, 一つ激しくたたいた, 一つ濃い闇を, 一つ濟めば又, 一つ濡れた音響と共に, 一つに呑まれ, 一つ火の気の少ない, 一つ火事はどう, 一つ火入に火, 一つ火加減を御覧, 一つ火屋の燻った, 一つ火打ち石と火打ち鎌, 一つ火柱が立った, 一つ火箸で挾ん, 一つ火蛍息つかししとど, 一つ灯されている, 一つ灯影一つ見えない寂しい, 一つ灯影一つ見えも聞え, 一つを浴せた, 一つ灰色の垢, 一つが出来ます, 一つ炉棚の上, 一つを焼き初めよう, 一つ炭取りを買っ, 一つ炭竈を築い, 一つの打, 一つ点けて忙, 一つ点頭いてみせる, 一つ為る者も, 一つ烈風のなか, 一つべてすう, 一つ焚いてん, 一つ無い暑さ盛りの, 一つ無かった, 一つ無くって毒, 一つ無くなっている, 一つ無くなったのである, 一つ無くなり隙間が, 一つ無事に救, 一つ無作法なの, 一つ無意味に中空, 一つ無敵艦隊を再建, 一つ無気味にもそっと, 一つ無沙汰の親類ども, 一つ無邪気にシカメッ面, 一つ無類飛び切りの謡曲好き, 一つ焼けてしまう, 一つ焼けず怪我も, 一つ焼けた灰の, 一つ焼け残ったお茶々, 一つ焼物を取り上げ, 一つ煉瓦塀を越し, 一つ煎じ詰めるとどうも, 一つ煖炉の前, 一つ煙草盆一つ行灯が一つ, 一つ煙草盆一つ行燈が一つ, 一つ煙草銭をせしめ, 一つ煩わせて展覧会, 一つて見ました, 一つ煮るので, 一つ煽いでやろう, 一つ煽ってす, 一つ熊吉には合棒, 一つ熟視する時, 一つ熟語の主部, 一つで破, 一つ熱き水流の, 一つ熱心に読みはじめた, 一つ熱海の適当, 一つの下, 一つきすてた反古紙, 一つ燭つてゐる屋根裏, 一つ爆ぜ割れるのを, 一つ爆弾を投じ, 一つ爆撃して, 一つ爆笑がほしい, 一つ爲事しようかと, 一つ爲出來すこと, 一つが団子, 一つでないの, 一つにあきました, 一つ片すみにあっ, 一つ片づいてやれ, 一つ片づいたまだ二つ残つて, 一つ片づき二つ片づきし, 一つ片づけるのは, 一つ片付きましたからやがて, 一つ片寄せてあった, 一つ片手にはリンゴ, 一つ片頬に映る, 一つが割合, 一つ牛肉でも喰っ, 一つ牛込の瀬川さん, 一つ牡牛を一疋貰つて, 一つ牧野さんだと, 一つ物好きのよう, 一つ物干場の戸, 一つ物置の隅, 一つ特別室がある, 一つ特筆大書しなければ, 一つ特色づけが, 一つ特記すべきこと, 一つ特賞を貰っ, 一つ犬コロ一匹通って, 一つ犯したことは, 一つ狂うと二つ, 一つ狂わねえや, 一つを彫ろう, 一つ独軍の塹壕, 一つい獣に, 一つ猪口が二ツ, 一つ献上します, 一つて帰った, 一つ獲るために, 一つ獲物らしいもの, 一つ玄文社から出た, 一つ玄竹が但馬守, 一つ率直に云え, 一つ玉島を張り飛ばした, 一つ玉座かなんぞのよう, 一つに求め, 一つ王應麟の注意, 一つ玩具を買っ, 一つ玩具箱に投げこまれ, 一つらしいもん, 一つ珍物を喰, 一つ珍談がある, 一つ珠數を數, 一つ珠運が作意, 一つ現れる度毎に, 一つ現われたがそこ, 一つ現われるにも性格, 一つ現在持って, 一つ現場に落ち, 一つ現実に眼, 一つ現実的なる理論的意識, 一つにはゆかない, 一つ理屈のわからぬ, 一つ理解し尽すこと, 一つ瑠璃ヶ岳の谷, 一つを引くり返し, 一つ瓦斯ストーブ書棚には沢山, 一つ甘いものの, 一つ甘んじて諸君, 一つ甚だしい必要に, 一つ生えたのを, 一つ生え際に止められ, 一つ生きた鶏を, 一つ生き残った大きなダイヤ, 一つ生まれている, 一つ生み落としました, 一つ生むことを, 一つ生れて初めて, 一つ生れようとしてる, 一つ生れる方が, 一つ生命がけで勧告, 一つ生唾を呑んだ, 一つ生存競争の単位, 一つ生絹の障子, 一つ生菓子へ入れた, 一つ生蕃を助け, 一つ生身を変じ, 一つ生長の反対, 一つ産んだわけである, 一つをたのもう, 一つ用いやがったかな, 一つ用件が添え, 一つ用達と云う, 一つ田舎へ行っ, 一つ田舎者らしい人, 一つ由兵衛は子供, 一つ由紀子が作らせず, 一つ甲州の軍勢, 一つ甲野君を驚かせる, 一つ甲高に響いた, 一つ申し上げたいのは, 一つ申し残しがございまする, 一つ申し置き候ふ, 一つ申上げ度いの, 一つの向う脛, 一つ男らしく立って, 一つにし, 一つ畔柳芥舟が何, 一つ留ったのは, 一つ留らない透き徹る, 一つ留保をし, 一つの隅, 一つ番人についてい, 一つ番号をつけ, 一つ番太が見張り, 一つ番組を買おう, 一つ異うのは, 一つ異なっていた, 一つ異なった色の, 一つ異なるところは, 一つ異らねば, 一つ異体なの, 一つ異変畜類な声, 一つ異種の交媒, 一つ畳み込んで懐中, 一つ畳んだ事が, 一つてがある, 一つ當分の間, 一つのかわり, 一つ疎らな人家, 一つ疑いがある, 一つ疑って見よう, 一つのある, 一つまず元気一杯, 一つ病気にお, 一つ病院の中, 一つ痕らなかつた, 一つ痛めずに済む, 一つ痴遊の言, 一つがあった, 一つ癖話をする, 一つしない冷淡さ, 一つ発奮みました, 一つ発見者の面子, 一つ登った高台に, 一つ白くわき出た雲, 一つ白じろとかすか, 一つ白布で本, 一つ白帆がある, 一つ白洲で会わせ, 一つ白石をつまん, 一つ白粉一壜買うにも, 一つ白藤の木, 一つ白足袋の足, 一つ百万石の昔, 一つ百千と数, 一つ皆こっちを向いた, 一つ皆なに西洋料理でも御馳走, 一つ皆丁寧に彼女, 一つ皆様方の, 一つ皆目知れないこと, 一つ益満の畜生, 一つ盗まれたものは, 一つ盗むのも, 一つ盛り上つてゐた, 一つ盛り合わせてコンコドス・カクテル, 一つ盜らなくたつ, 一つ盜んだ, 一つで行水, 一つ目さはにあり, 一つ目まぐるしく動いて, 一つ目三つ目大入道見越入道等は狸, 一つ目小僧さまの領分, 一つ目小僧フラリフラリと提灯, 一つ目小僧物語の評, 一つ目小路です, 一つ目当てにし, 一つ目新しい酒屋ぞめき, 一つ目様に焼印, 一つ目測して, 一つ目潟の姫神, 一つ目的にひたむき, 一つ目辺に住ん, 一つ目金をかけ, 一つ助の, 一つ直すことの, 一つ直せないやうぢや, 一つ直に談合しよう, 一つ直接庭の方, 一つ直江志津と行く, 一つ直観空間は規範性, 一つ変らず宙, 一つ相宿ということ, 一つ相尋ぬるが, 一つ相州さまと火, 一つ相応な嫁, 一つ相打になる, 一つ相撲をとりましょう, 一つ相生町の煎餅屋, 一つ省く事が, 一つ眉間に当る, 一つ看護婦の役, 一つ看過さないという, 一つ眞物の下手人, 一つの芸術, 一つ真っ白な雪, 一つ真中へちょうど, 一つ真偽の区別, 一つ真宗に附属, 一つ真情です, 一つ真暗な天地, 一つ真理らしく思われたの, 一つ真白なちぎれ雲, 一つ真白きがはつ, 一つ真紀子に云っ, 一つ真裸でぶらつく, 一つ真鍮磨きで磨かれ, 一つ真顔でチャーン, 一つ眠い顔を, 一つ眠つた港の灯, 一つ眩いほどもう, 一つ眺め浅瀬を対岸, 一つ眼ざめて動く, 一つ眼入道め荷馬車にでも轢き殺され, 一つ眼前にわだかまっ, 一つ眼薬の広告, 一つ眼鏡にとりつい, 一つ着けたもの小手脛当てだけ, 一つ着られまいかと思う, 一つ着るんじや無し, 一つ着付人形を買う, 一つ着更えるか, 一つ着物を着通し, 一つ睡り後れて眼, 一つ睨んで置い, 一つ睫毛一本動かさないで, 一つ瞞着したとか, 一つかなこと, 一つが重っ, 一つ矢倉石に幾組, 一つ知らずにここ, 一つ知らなくてもかまう, 一つ知らぬ百姓共を, 一つ知らねえ奴の, 一つ知らんでのよろしく, 一つ知りたいことが, 一つ知りゃあしない, 一つ知るなんていう, 一つ知る知らぬから生じたらしい, 一つ知んなはらん, 一つ知んねえからな, 一つ短刀であるが, 一つ短句一つをそれぞれ, 一つ石ころを拾った, 一つ石塊一つに至る, 一つ石楠花を持つ, 一つ石榴の実は, 一つ石油をついで, 一つ石炭をうんと, 一つ石舟斎から清正, 一つの上, 一つ砂糖二杯とゼラチン三枚, 一つ砂糖十一万飛んで, 一つ研ぎ澄まされた疑心によ, 一つの頂, 一つ砲丸を擲げ, 一つ草履で, 一つ破けておらず, 一つ破らまほしき, 一つ破られてし, 一つ破壊されて, 一つ破砕して, 一つ破裂して, 一つ硝子窓の側, 一つが出, 一つ碁石を置き, 一つなこと, 一つい光, 一つなこと, 一つ確かめてみる, 一つ確かめられたことは, 一つ確りやって, 一つ確信したこと, 一つ確実性を持っ, 一つ磯崎町というところ, 一つ磯崎神社の林, 一つ示すことを, 一つへ籍, 一つ社中の人, 一つ社員を驚かし, 一つ社長に会っ, 一つ社長一人の社長, 一つ社長宛に来た, 一つ祈祷をし, 一つ祕密がある, 一つ祖師の法然上人, 一つ祝うでなし, 一つ神さまの前, 一つ神尾氏の御, 一つ神秘の門, 一つを共に, 一つ禁断の鍼, 一つ禁煙だけはどうにも, 一つ福日へ申訳, 一つ禽獣の書いた, 一つ秀子のと思われる, 一つ私達夫婦からお願い, 一つ科学的国防の常備軍, 一つ科白の受け渡し, 一つ秘策を授け, 一つにかけて考えなけれ, 一つ秩父の同じ, 一つ称えたことも, 一つ移動させたこと, 一つ程よい装飾を, 一つ蒔きや, 一つ種あかしをし, 一つ種ものを投げこん, 一つ種族の様, 一つ種明しを致しましょう, 一つ稲荷様を見, 一つ稽古をつけ, 一つ積みあげていっ, 一つ積み畳ねて, 一つ積み重ねていった, 一つ積んでは父, 一つ積極的な意欲, 一つでも伐つ, 一つ穢れざるものあり, 一つ穴師大兵主神社といふの, 一つ空いてる場所が, 一つ空きができ, 一つ空中サーカス道具を手, 一つ空室をおい, 一つ空弾を打つ, 一つ空洞になった, 一つ空駕籠を拾っ, 一つ空魔艦がなぜ, 一つ穿たれもはやこの, 一つ穿っていた, 一つ突いたんだろう, 一つ突かれて仰, 一つ突きやられ紅, 一つ突きましたから仰むけ, 一つ突き出ている, 一つ突き出してい, 一つ突き出でたる上に, 一つ突き進められてゐる, 一つ突き飛ばしてやらん, 一つ突く間には, 一つ突っ立って, 一つ突っ込んだ心理的な, 一つ突つき乍らおめ, 一つ突当って折屈, 一つ突止めてやらなく, 一つ突起して, 一つ突込んで云え, 一つ突飛ばして大輪, 一つ窓ぎわへ押し, 一つ窕子に取, 一つがある, 一つ窪みの出来, 一つったの, 一つであろうが, 一つに破れ鍋, 一つ立たせてやろう, 一つ立たないだろうただ空しい, 一つ立たなかったのだ, 一つ立ちどまつている, 一つ立ちのぼっている, 一つ立ち入って考えれ, 一つ立つるにもあらで, 一つ立てなかったがその, 一つ立てぬほど緊張, 一つ立てられず暴力に, 一つ立てられた事が, 一つ立てられないのは, 一つ立てるではなし, 一つ立てるでなく苦悶の, 一つ立体組成電子機の縮図, 一つ竜神さんに一生懸命祈願, 一つ駈を, 一つ競作をやりましょう, 一つ競技会へ出す, 一つ竹棒の先, 一つ笑いましたが, 一つ笑い話を附け加えよう, 一つ笑われるような, 一つ笑止千万なの, 一つに似た, 一つに這つて, 一つ筆幸に油御用, 一つ筆記に載つ, 一つの譚, 一つ算盤玉に当られる, 一つ管理人に訊ね, 一つ箪笥がある, 一つの底, 一つをつけ, 一つ節穴がある, 一つ範囲に入る, 一つ築かれてある, 一つ築港の夜釣, 一つ篠田様にお, 一つ簑笠に關, 一つ簡便な方式, 一つ簡単な御, 一つ簡單に當局大臣, 一つ簡易で便利, 一つ簡略にし, 一つ籐椅子から一間, 一つに入れぬ, 一つの値, 一つ米一升の豆五ン合, 一つ米友の面, 一つ米国の話, 一つ粉本を常に, 一つ精しくおきき, 一つ精一杯なじって, 一つ精密に言う, 一つ精気を吹き込ん, 一つ精神的なもの, 一つ精神的故郷とも云うべき, 一つ糠星が瞬い, 一つ糸まきが一つ, 一つ糸ナデと称する, 一つ糺してみよう, 一つの色, 一つ紅絹の犢鼻褌, 一つ紅色に塗った, 一つ紅蓮峰の大, 一つで振り, 一つ紋兵衛は五千石, 一つ紋章を調べ, 一つ納めて置きませう, 一つ納めるようにと, 一つ納め物をしよう, 一つ納税なるもの, 一つ納経帖をもつ, 一つが切れ, 一つ紐一本落ちては, 一つな芽生え, 一つ純金らしい光, 一つ紙包を下げ, 一つ紙面にその, 一つ紛糾を起さぬ, 一つ素人芝居でもやっ, 一つ素子は女, 一つ素引いて, 一つ素敵な芝居, 一つ素早く頬張った, 一つ素晴しく面白い, 一つ素晴らしいのを, 一つ素晴らしく大成しない, 一つ素材をもつて, 一つ細い横町の, 一つ細かに描い, 一つ細かい個条の, 一つ細っかい事, 一つ細巻の状紙, 一つ細帯代りに前, 一つ細心且沈着にいこう, 一つ紺絣を着, 一つ終えるごとに, 一つ終ってまた, 一つ終ると本当にのうのう, 一つ組み立てて行く, 一つ組んで両手, 一つ経営の下, 一つ経済的な問題, 一つ結えて白, 一つ結って見たくなった, 一つ結びつけてしまう, 一つ結んで物置, 一つ結果を吟味, 一つ結構な智惠, 一つ結節が残され, 一つ結集して, 一つ絞ってみた, 一つ絡げるにさえ彼, 一つ絡まり掛けると, 一つ給われかし御無心, 一つ絵図面にあった, 一つ絵馬を視, 一つ絶対に信用, 一つ絶對的なるもの, 一つ絶望と狂躁, 一つに描かし, 一つ続いて又, 一つ綱吉は刄物, 一つ綴つてゐる時間, 一つ綴ろうと思い立った, 一つ綻びかけている, 一つ綻びたのを, 一つ綾さんに喜ん, 一つ綿の出た, 一つ綿入れに長じゅばん, 一つ綿羊の大群, 一つ総てを貫き流れ, 一つ総体的に興味, 一つ緑ぢやない, 一つ緑色に塗られた, 一つ練習室に一つ, 一つ縁先に籐椅子, 一つ縁談があった, 一つ縄緒の栗, 一つ縋っている, 一つ縋りてさびし, 一つ縛ってあっ, 一つ縫つて貰つても身, 一つ總勘定をつけます, 一つ繋ぎ留めて, 一つ織り目が合わせ, 一つ繕ってもらった, 一つり飛ぶ蜂, 一つ繰り返すという退屈, 一つ纏めることも, 一つ纏めれば死ん, 一つ缶詰一つもちあわせて, 一つくれば, 一つ罌粟の実に, 一つ置いた隣りの室, 一つ置いといて頂け, 一つ置かしてくださいません, 一つ置かない夜店に, 一つ置かれた燭台の, 一つ置きざりにされ, 一つ置き並べるような, 一つ置き忘れてある, 一つ置き忘れた致命的の, 一つ置き残したかと思ふ, 一つ置くと小鴨, 一つ置土産がある, 一つ罰せられることなく, 一つ署内へ持っ, 一つ署名ということ, 一つの番, 一つしかつたの, 一つ美くしい人, 一つ美しい紅いの日傘, 一つ美しかったの, 一つ美しく輝いて, 一つ美人像の頬, 一つ美作の特徴, 一つ美津子の部屋, 一つ美貌の若, 一つをぬきんで, 一つ群馬県の特色, 一つ羨ましい事が, 一つ義務というもの, 一つ義太夫とか常磐津, 一つ義雄があはれ, 一つ羽ばたきをしました, 一つ羽目板を揺すぶった, 一つ羽黒の裸祭, 一つ翻筋斗うった, 一つ主人の, 一つ老師の子息, 一つ考えおよばなかったとすれ, 一つ考えさせてもらわなけりゃ, 一つ考えさせられている, 一つ考えさせられたことは, 一つ考えついたことが, 一つ考えてることが, 一つ考えといてくれ給え, 一つ考えものだぞ, 一つ考えようがある, 一つ考えられることは, 一つ考へなければならない, 一つ考へねばならぬ, 一つであ, 一つ聖像と書物数巻, 一つねば, 一つ聞えないではない, 一つ聞えなかったのが, 一つ聞かない巴里の, 一つ聞かなくてはのう, 一つ聞き度い, 一つ聞きたくって来た, 一つ聞き置くがその, 一つ聞き耳を立てる, 一つ聞こうじゃない, 一つ聞こえよがし, 一つ聞出して貰, 一つを立て, 一つ聳やかしたゴティク様式の, 一つ聴き度い, 一つ聴きのがすものじゃ, 一つ聴けない島流しの, 一つ聴こえませんのでした, 一つ職員と生徒, 一つ職業が有ります, 一つ職業人としての誇り, 一つ肉太の二, 一つ肉料理を出し, 一つ肛門に油, 一つ肩書が殖えた, 一つ肯くと素早く, 一つ肯定するやう, 一つ育て上げてみよう, 一つ太くドッシリ, 一つ背伸びして, 一つ背後へ越した, 一つ背景の中, 一つ背負いだしたとか月並, 一つ背負うて後, 一つ背負つた恰好の佐太郎, 一つより生れ出, 一つ胎児の現在, 一つ胡桃大の結節, 一つ胤長の屋敷, 一つ胴巻の中, 一つ胴廻りを為る, 一つをすっかり, 一つ脂肉をぎゅっと, 一つ脅迫して, 一つ脆弱な短所, 一つ脇差の蝋塗鞘, 一つ脇構えになる, 一つでも引つ, 一つ脚本でも書い, 一つ腕前を奮っ, 一つ腫物が出来た, 一つ腰掛に三人, 一つ腰衣のうち, 一つ腰骨のところ, 一つの中, 一つ腹ごしらえして, 一つ腹ひとつ胤の姉妹, 一つを叩く, 一つ膝掛に纏まった, 一つを掩, 一つ臥床に並んだ, 一つ臨時放送局となっ, 一つ轉車で, 一つ自らが仕事, 一つ自信がない, 一つ自分一身で如何, 一つ自分自身に満足, 一つ自力でうんと, 一つ自殺だけを残し, 一つ自然の光, 一つ自然主義の説明, 一つ自然淘汰説に関連, 一つ自転車が出会ひがしら, 一つ致さぬとは, 一つ致しまして, 一つ致しませずに姿, 一つ興して見よう, 一つ興行者にし, 一つを鳴らしました, 一つ舌うちをする, 一つ舌なめずりをした, 一つへりこ, 一つ舞いながらちらちら, 一つ舞い下りて来た, 一つ舞ってやれ, 一つ舞台裏の稽古ピアノ, 一つ舞臺か舞臺裏, 一つ舞踊というもの, 一つを採り損ねる, 一つを廻す, 一つ船がかりをし, 一つ船出をご覧, 一つ船醉をしない, 一つ良寛さんの話, 一つ色彩の一つ, 一つ色懺悔をなさいまし, 一つ色氣が加はり, 一つ色紙一枚紛失しても, 一つつぽい, 一つも燒, 一つ芥子粒ほどのプライド, 一つ花一つおいてない, 一つ花供養といったよう, 一つ花嫁のお世話, 一つ花束の絵, 一つ花活け一つ置いてなかった, 一つ花片となり, 一つ花環が来てたらおごる, 一つ花見一つしねえと, 一つ花道から走, 一つ芸当をし, 一つ芸能書きにうそ, 一つ芸術でも味わっ, 一つ芸術分野の会合等, 一つ芸術品を造り出す, 一つ芸誓願寺の曲, 一つ黨の, 一つ若くなるん, 一つ若旦那お由羅さん, 一つ若杉さんの心理, 一つ若様に申しあげたい, 一つ若者の前, 一つ苦しげに, 一つ苦勞の種, 一つ苦手は音楽, 一つ苦笑して, 一つ英漢數教授といふこと, 一つになっ, 一つ茫漠としてゐる, 一つ茶の間へ膝, 一つ茶代に置いた, 一つ茶入れが一つ, 一つ茶入れ一つしか貰わない, 一つ茶席が建ちます, 一つ茶碗を手, 一つ茶碗酒を二杯, 一つ茶色のシミ, 一つで名, 一つ草鞋を穿いちまい, 一つ荒々しい東国男の, 一つ荷物を分け, 一つに月, 一つ菓子食って, 一つ菓子折を持っ, 一つ菜一葉とれないの, 一つ華やかにし, 一つ萎んだりと声, 一つ萬人に一つ, 一つ萬年青の鉢, 一つ落さなかつた兄, 一つ落されていた, 一つ落ちかかりさえすれ, 一つ落ちし音にも, 一つ落ちなかったので, 一つ落ちるほどの変化, 一つ落ちれば一つ, 一つ落ち二つ落ちて, 一つ落ち殘つて居る, 一つ落ち道路にはそれ等, 一つ落っこちて来る, 一つ落つこつて来まし, 一つ落とさず汁一滴こぼさず, 一つ落としてからはあと, 一つ落とす程の, 一つ落城と見え, 一つ葉擬寶珠など名, 一つけるの, 一つ著者の調子, 一つの上, 一つ蒲公英が咲い, 一つ蒼々と流れ, 一つ蓄音機を買っ, 一つのうて, 一つ蔵書印のすばらしく, 一つ蕎麦をふるまっ, 一つを開い, 一つボンヤリと, 一つ薄き氷にて, 一つ薄儀金二万五千円なり, 一つ薄団で眠つた, 一つ薄暗い納戸から, 一つ薄笑いをし, 一つ薄縁の上, 一つ薩摩芋のお, 一つを下さい, 一つ薬食いとやる, 一つ藁屋根の頂點, 一つ藤作は見事, 一つ蘇鉄の鉢, 一つ虐めようというところ, 一つ處刑になる, 一つ處理して, 一つをうかがっ, 一つ虚心坦懐なリスト, 一つ虚構の事実, 一つけている, 一つ虱潰しに当っ, 一つ蚊帖で眠る, 一つに化け, 一つ蜂矢が気がついた, 一つった青い, 一つ蜜柑箱は机, 一つ蜻蛉返りをし, 一つの声, 一つ蝠女とかいふ巫女, 一つを殺し, 一つをつくり, 一つ融通して, 一つを獲る, 一つ蠢いていた, 一つ血腥い事件が, 一つて教え, 一つ行かなくてはならず, 一つ行き続いて, 一つ行つて来とくれ, 一つ行つて様子を見, 一つ行事である, 一つの灯, 一つ衝いてさ, 一つ衝突らないやう, 一つ衝立があり, 一つ衣嚢からつまみ出さなかつた, 一つ衣服箱が一つ, 一つ衣装や仮面, 一つ表現方法として珍, 一つ表裏がない, 一つ表門だけが開い, 一つ被らず定斎の, 一つ被らせてみた, 一つ被害者の身, 一つ裁いてやろう, 一つ裁ち損ねてもまるで, 一つ裂くことは, 一つ装飾のない, 一つを返し, 一つ裏道に入った, 一つ補助学科としての民俗学, 一つになる, 一つ裸木の物倦げ, 一つ裸電燈を残した, 一つ裹んだ手巾, 一つ裾野までとん, 一つ複雑したいきさつ, 一つ複雜である, 一つ褐色の革張り, 一つ褒められたことは, 一つに水鳥, 一つ褪朱色の火星, 一つを開け, 一つ襲撃するにも, 一つ西の沢へ入っ, 一つ西側にあいた, 一つ西口の増富道, 一つ西寄りの通り, 一つ西洋人参三つジャガ芋三つとを細かく, 一つ西洋出来の玩具, 一つ要ると言った, 一つ要るしアトラクション部門も, 一つ要求する権利, 一つ覆うものも, 一つ覆面頭巾だけは藤波, 一つ見いだされたがそれ, 一つ見えうぐひすぞ啼く, 一つ見えたがそれ, 一つ見えだした八幡の, 一つ見えなかったものだ, 一つ見えませんが, 一つ見え二つ見えて, 一つ見え二つ見えして, 一つ見え出しやがった, 一つ見おとしていた, 一つ見ずかえるの哀れ, 一つ見せしめに僕, 一つ見せずにむしろ, 一つ見せずしぼみ冷やかだった, 一つ見せたいもんだ, 一つ見せてたも, 一つ見せねえというん, 一つ見せられないし親しく, 一つ見つかつての, 一つ見つかるとあと, 一つ見つけだされてそれ, 一つ見つけましたので令嬢, 一つ見つけられんなんて, 一つ見つけると急い, 一つ見つけ買うか買わぬ, 一つ見つめながら大空, 一つ見とくなはれ, 一つ見とどけてやらう, 一つ見どころがある, 一つ見ない睡眠を, 一つ見なれないものが, 一つ見のがさないのでなんとまあ, 一つ見ませずに安, 一つ見るでもなし, 一つ見れない雪模様です, 一つ見わけられるくらいよ, 一つ見わけることの, 一つ見付からない最上等, 一つ見付からなかつたのです, 一つ見付ける毎に, 一つ見出さなかった彼は, 一つ見出されれば充分, 一つ見出せなかったということ, 一つ見分けられるのです, 一つ見回って愛人, 一つ見学しましょう, 一つ見守っている, 一つ見届けなければ気がかり, 一つ見届けようか, 一つ見廻わし, 一つ見当もつきます, 一つ見当たらなかったものでした, 一つ見当らずこういう折, 一つ見極めるのだ, 一つ見知らぬものばかりの, 一つ見終って, 一つ見舞ってやろう, 一つ見舞われたような, 一つ見落としてはならぬ, 一つ見覚えがねえ, 一つ見込みが難しい, 一つ見逃がしてはならぬ, 一つ見逃がせないものは, 一つ見逃すことの, 一つ見過ごしながらその, 一つ見附けたのでとにかく, 一つ見附けましたので珍し, 一つ見附ける訳にゃ, 一つ見馴れた顔を, 一つ規則ですから, 一つ視野のうち, 一つ覗いたことが, 一つ覗きこんで, 一つと書け, 一つ覚えたのであります, 一つ覚えぬまに, 一つ覚えるのは, 一つ覚束ない光, 一つ親分大事な聽, 一つ親愛なるお, 一つ親類のゴタゴタ, 一つて戴きたい, 一つ観るとしても私たち素人, 一つ観察して, 一つ観念の眼, 一つたいも, 一つ角力のやう, 一つ角錐状に張られ, 一つ解いていった, 一つ解きたり, 一つ解せないことは, 一つ解っている, 一つ解らん事がある, 一つ解り難いこと, 一つ解放しても, 一つ解析的に表わし, 一つ触ってみせた, 一つ触つてゐない, 一つ触らずにゐた, 一つ触らせる旦那様で, 一つ触れずに大木, 一つ触れなかったような, 一つ触れようとはしなかった, 一つ触れるので, 一つ觸つてゐないこと, 一つ言いもしない, 一つ言いつけるにもまず, 一つ言い加えて置きたい, 一つ言い当てて見せやしょう, 一つ言い忘れた事が, 一つ言い換えれば主客, 一つ言い残してならない, 一つ言い添えるべきだと思われる, 一つ言うべきは想像力, 一つ言えば一体, 一つ言ったのだ, 一つ言つた事のない, 一つ言はずに精進潔齋, 一つ言はず頭をペコリ, 一つ言わせていただきます, 一つ言わねえがこんた, 一つ訂正して, 一つ四品於御納戸頂戴, 一つ計ってみよう, 一つ計りでございます是, 一つ計画がある, 一つ計算するの, 一つ訊かせて下さい, 一つ訊けないの, 一つ訊ねるがここ, 一つ記して置かなかつた, 一つ記し付くべき事あり, 一つ記事があった, 一つ記憶式の一念, 一つ記述したらどういう, 一つ訝しいことが, 一つ訣らないと, 一つ訪ねて行った, 一つ訪れて見よう, 一つ訪問服を誂ら, 一つ設けられて矢, 一つ許してもらいたい, 一つ許し給へといひぬ, 一つ許すことぐらいの, 一つ訳したい小説が, 一つ訴える小鳥の, 一つ訴状の筋, 一つ診ませうかな, 一つ診察を願おう, 一つ証人を見付けなけれ, 一つ証拠品が手, 一つ証明するため, 一つ試みばやと答, 一つ試みようと枝, 一つ試みられてはいかが, 一つ試合を申しこん, 一つ試食を願う, 一つ試驗をし, 一つ詩化あるのみ, 一つまら, 一つ詰つて上から降りる, 一つ話されもせず, 一つ話しかけたことは, 一つ話しましょうか御, 一つ話し声一つきこえないばかりか, 一つ話すかな, 一つ話題のくどくど, 一つ詳細なる伝記, 一つ認めざりしこそ幸, 一つ認められてゐた, 一つ認められるとともにまた, 一つ誓ったことは, 一つ誘って見る, 一つであ, 一つ語るのを, 一つ語ろうとしない, 一つ語原である, 一つ語部職の分化, 一つ誤りをあげるなら, 一つ誤解を防ぐ, 一つ誤魔化しやがつたな, 一つ説いて見よう, 一つ説き立てて行く, 一つ読みさした本の, 一つ読みたれども難, 一つ読み返しては小さく, 一つ読む間も, 一つ読めないのには, 一つ読もうともせず, 一つ読書にも倦, 一つ読書術を教える, 一つ読本の中, 一つ読者の反響, 一つ誰かをつれ, 一つ調べるとこう, 一つ調度を何回, 一つ調馬場がある, 一つ談話にするなれ, 一つ請合って下さい, 一つ請負うことに, 一つがあります, 一つ諦めて貰わなけれ, 一つ諦められないのは, 一つがある, 一つ講演の速記, 一つ講釈付で御馳走, 一つ謝肉祭用の炬火二, 一つの一節, 一つ謡いませんかと云い出した, 一つ謳う元気も, 一つ證據があつ, 一つ識別すること, 一つを作っ, 一つ警察部長を持ち出し, 一つ讀んでくれ, 一つ讀者の參考, 一つ變つたのがある, 一つ變つた矛盾を演繹, 一つ變つて居るの, 一つへ飛ぶ, 一つに響く, 一つ豆油の天麩羅, 一つ豊橋のさる, 一つ豪胆にうまく, 一つ豪華な物凄く, 一つと云い出した, 一つ豹一にも案外, 一つの食べる, 一つ負うことなく, 一つ負うただけで, 一つ負わしておく, 一つ負わしなば伊達五十四郡, 一つ負わずににっこり, 一つ負わせることが, 一つ負わないのにどうして, 一つ貧乏神を見まし, 一つ貧困の時代, 一つ責めるとみんな正直, 一つ貰いましょうと云っ, 一つ貰い受けるような, 一つ貰うなんてと非難, 一つ貰えませんか, 一つ貰えると話しました, 一つ貰つただけで我慢, 一つ貰つてトンネルを抜けた, 一つ貰つて口へ入れ, 一つ貴下が天, 一つ買いますと切り別け, 一つ買い取って自分, 一つ買い求めようと思った, 一つ買い置きの新しい, 一つ買い込んだあとで, 一つ買えずにいる, 一つ買えませんからね村, 一つ買おう思うてもうっかり, 一つ買ったらその商人曰く, 一つ買つたからモトデ, 一つ買つたのは毛, 一つ買つた一銭也宿で味噌, 一つ買つて私に持たせた, 一つ買つて配はうと, 一つ買わなくちゃ, 一つ買わぬタダ金の, 一つ買われぬかのう, 一つ買入れたよ, 一つ貸さないんだ, 一つ貸そうともせず, 一つ貼り紙でもする, 一つ貼付けてあつ, 一つ貼紙がある, 一つ賃貸しにし, 一つの給仕, 一つ資金をさお願い, 一つが逮捕, 一つかに園遊会みたい, 一つ賑やかに年越し, 一つ賛成して, 一つ賣り二つ賣り, 一つ賣る店も, 一つ賣れば南蠻紅毛, 一つ質素な板囲, 一つをし, 一つ購つて置きたいと, 一つ贈つたものだ, 一つ贈物にしました, 一つ贔屓にし, 一つ黄色く熟れ, 一つ赤インキをブチ, 一つ赤染衞門に語つて行, 一つ赤蜻蛉の飛ぶ, 一つ赤銅の撞鐘一口, 一つ赤銅色にはっきり, 一つ赤飯の代り, 一つ赤鬼をひっ掴ん, 一つ走っていた, 一つ走りて冬, 一つ起こさないしなに一つ手落ち, 一つ起こらぬ泰平の, 一つ起すとその, 一つ起たず油を, 一つ起たぬのに空, 一つ起ったのである, 一つ起つて大変失礼, 一つ起るたびに, 一つ超えて東俣, 一つ超えた会津では, 一つ越えなければならぬ, 一つ越えねばならぬ, 一つ越えましたわいの, 一つ越えればすぐ, 一つ越したら後の, 一つ越しゃへえ誰一人, 一つ越へた音無村に父祖, 一つ越後屋の伜, 一つをかへてお, 一つ趣のかはるの, 一つ趣味一つにも思想, 一つ足もとにころげ落ち, 一つ足らなくなっている, 一つ足らぬ山の神の, 一つ足らんもんで, 一つ足りなかったので誠意, 一つ足りなくなって行く, 一つ足りねえぞこりゃ, 一つ足一つだなどといった, 一つ足下の力, 一つ足場を拵, 一つ足留稲荷の向う, 一つ足蹴にされる, 一つ足音を忍ばせ, 一つの横町, 一つを上げ, 一つ跨げば事, 一つ路上に棄て, 一つ路面に頭, 一つって下, 一つ跳ね飛ばして, 一つ跳ねあがると糸, 一つ跳ねるが最後, 一つ跳ね上る有様は, 一つ跳躍したばかり, 一つ踊らしてくん, 一つ踊りのよう, 一つ踊ろうか, 一つ踊一つ居合抜き軍歌とこれ, 一つえて, 一つ踏み越えて行く, 一つ踏み込んでやっ, 一つ踏んで出, 一つ踏んづけておい, 一つ踏外すと皆, 一つ蹈張らんけりゃ, 一つ蹉躓が来れ, 一つまって, 一つ蹴とばすと子, 一つ蹴るのである, 一つ躍らぬと云う, 一つ躓いてとっぱぐったじき傍, 一つ躓きながら框, 一つ躓けば一敗地, 一つを翻し, 一つ身の毛のよだつ, 一つ身ぶるいして, 一つ身命を拗, 一つ躯幹になつ, 一つ車上から望まれる, 一つ車軸を上, 一つ車輪の上, 一つ軍用ビスケットを製造, 一つ軍隊をこさえ, 一つ軍鶏も面白い, 一つの下, 一つ軒下に住ん, 一つ転がし落してしまった, 一つ転がり方が, 一つ転げおちて草, 一つ転じて読者, 一つの廻転, 一つ機関銃で, 一つつてゐた, 一つ載せると肩, 一つ載っていた, 一つ載つてゐる, 一つ輝いたパール作りの, 一つ轉げ出た, 一つ辛抱せと, 一つ辛辣な手段, 一つ辞世だけは贅沢, 一つ辰代も我慢, 一つ農会の尽力, 一つ農学士様の話す, 一つ農家があり, 一つ辷って足, 一つ近づいて来, 一つ近づいたかと思ふ, 一つ近代文明への関点, 一つ近代絵画の技法, 一つ近寄らなければよい, 一つ近眼の彼女, 一つ近視眼を据え, 一つ返さずに老, 一つ返されたことは, 一つ返事なければ, 一つ返答して, 一つ述べられない程あの, 一つ述べ立てることは, 一つ述べ置くは藻, 一つ迷宮入りが殖えた, 一つ迷惑なこと, 一つはれる者, 一つ追いかぶさったように, 一つ追いついてふん, 一つ追ってくる, 一つ追想のボンボン, 一つ追求して, 一つ退治して, 一つつて寄した, 一つ送りながら急, 一つ送る事を, 一つ逃げてゆく, 一つ逃げきるという戦法, 一つ逃げた奴が, 一つ逃げだしてやろう, 一つ逃げる内容だっ, 一つ逃れてまた, 一つ逆襲して, 一つ逆説的な誠, 一つ透いて見える, 一つ透しては見, 一つ途上辨当行李をなくした, 一つ這入つてない, 一つ這入つてゐる, 一つ通さねえのだ, 一つ通してやっ, 一つ通ったものが, 一つ通らないといふこと, 一つ通らなければならなかった, 一つ通り越したのでヘヾライ, 一つ通り越すと大きな, 一つ通り越せば海上用語, 一つ通人に腕貸し, 一つ通名があっ, 一つ通過しなきゃなりません, 一つ造り主によって作られたる, 一つ造り花も生花, 一つ逢えない顔が, 一つ逢ってやっ, 一つ逢つて貰ひ度, 一つ連歌を遊ばし, 一つ進むにつれだんだん, 一つ進らする途中, 一つ進歩した作品, 一つ遊んで見せる, 一つ遊芸といったよう, 一つ運び出されたのを, 一つ運び出し一つは, 一つ運んだのである, 一つ運動して, 一つ運試しをやっ, 一つ過ぎたと思う, 一つ過ぎると丹波, 一つ過ちをし, 一つ過失をした, 一つ過程の曲折, 一つ道中姿に無く, 一つ道具に机わき, 一つ道場のお嬢様萩乃, 一つ道夫さんの方, 一つ道寄りをせなかった, 一つ道理に合っ, 一つ道義と良心, 一つ違いますのは, 一つ違い五つ六つの叔父甥, 一つ違うた側が, 一つ違えると味方, 一つ違つた分類に従, 一つ違つた祭りがある, 一つ違ひで兄妹と言つて, 一つ違ひとは思へぬ, 一つ違わないと云う, 一つ遠い方で, 一つ遠慮しなければ, 一つ遠江の石神村, 一つ遡りますと高句麗, 一つ遣つ付けませうかな, 一つ遣りたいことしとげたい, 一つ遣れば立派, 一つ遣ろうじゃありません, 一つに先刻, 一つ適当な方法, 一つ適確に否定, 一つみ取っただけ, 一つ選ばなければならない, 一つ選ばれたのであつ, 一つ選び取るよりも, 一つ選びだして君, 一つ選び出す事は, 一つ選ぶにも手間暇, 一つ選べもし第, 一つ選り出すやうで, 一つ選り分けている, 一つ選定したり, 一つ選挙の事, 一つ遺させて戴きたい, 一つ遺してゆこう, 一つ遺すものを, 一つ遺言がある, 一つ遺蹟踏査よりも雪, 一つ邪魔気なの, 一つ部分的にとりあげた, 一つ郷党の親愛こまやか, 一つの方, 一つ都々逸が浮んだ, 一つ都合二つあり, 一つ都府に二人, 一つ酌量して, 一つ酒盞の酒, 一つ酔ったとはいっ, 一つ酔っ払い式の, 一つ酔わせなけりゃ不可, 一つ酔わせなければいけない, 一つ酬いることも, 一つ酷いのが, 一つ醉つたとは言つて, 一つ醤油砂糖米の入物, 一つ釈然と笑っ, 一つ重い空気の, 一つ重くなるよう, 一つ重たさうにぞ, 一つ重光さんに唄, 一つ重大任務をさずける, 一つ野次ってやらう, 一つ野蛮な仕事, 一つ野郎だよ, 一つ金もうけをし, 一つ金之助は本, 一つ金五十銭也これなら安心, 一つ金五郎さんに逢いたい, 一つ金包を鎧櫃, 一つ金唐革の叺, 一つ金平さんのビックリ, 一つ金庫の蓋, 一つ金槌でとんと, 一つ金田屋は拔, 一つ金米糖でも頂い, 一つ金縛りにし, 一つ金色の星, 一つ金藏の嚴重, 一つ釘抜の出幕, 一つ釜一つの外, 一つを植ゑたやうである, 一つにでも出かけ, 一つ釣り上げてくれ, 一つ釣り上げられてそれでも, 一つ釣るしてあっ, 一つ鈍い音を, 一つ之助, 一つ鉄拳を下し, 一つ鉄枷をつけられるし, 一つ鉄面皮に出かけ, 一つ鉛筆のよう, 一つ鉢卷をした, 一つ鉢植の蘭, 一つをお見舞, 一つを叩い, 一つの桔梗, 一つ銀座の怪事件, 一つ銀色燦と光る, 一つほどの葉, 一つ銷夏法だと, 一つ鋳つぶしてこころみ, 一つ錆鉈一挺一同不審の思, 一つの糸, 一つ錦絲と二人, 一つ錦襴の表装, 一つ鍍金しながら, 一つと柄, 一つをもうけた, 一つ鎖ごと取り出して, 一つの鞘, 一つ鎧一領頸結うたる俵一つ, 一つ鐵瓶と茶道具, 一つ鐵鉢の中, 一つで刻み出す, 一つ三十一正宗院七十四で, 一つ長三度くらい高い, 一つ長崎屋の紋, 一つ長州萩の岩国屋敷, 一つ長左衛門様の魂魄, 一つ長椅子の上, 一つ長沢無人というの, 一つ長火鉢の角, 一つ長腰掛に三人一, 一つの中, 一つ門中に三つ, 一つ門口に一面, 一つ閃いてゐた, 一つ閃いたものと, 一つてるごと, 一つ開かれたといふこと, 一つ開きしままに, 一つ開くだけだ, 一つ開くではなく, 一つ開けたまま小松原は, 一つ開けるであらうといはれる, 一つ開け放された窓を, 一つ開け放ち身体を, 一つ開業すると, 一つ開港場の様子, 一つ間接療法として天気, 一つ間違えると命がけ, 一つ間違った日にゃ, 一つ間違ったら腹切り道具だ, 一つ間違つてすねだしたら最後, 一つ間違つて手が滑る, 一つ間違つて面倒な事, 一つ間違ひもしなかつたの, 一つ関七流の祖孫六, 一つ関東風の鋭い, 一つ関野君が高麗尺, 一つ閻魔堂の心細, 一つけていたら, 一つ闕候ても目, 一つ防堤に来る, 一つ父様に, 一つ附ける電灯の, 一つ附け加えますと職業人, 一つ附加して, 一つ附記せねば, 一つ附近に洞穴, 一つ附録がある, 一つ降って来た, 一つ降りて車, 一つ降りたところに, 一つ降るかも知れねえ, 一つで何処, 一つ限り持たずゴム, 一つで, 一つ陣幕のうち, 一つ除いたのみに止め, 一つ除き去ること, 一つ除けるのも, 一つの底, 一つ陰惨な瞬き, 一つ陰気にぼんやり, 一つ陽子の胸, 一つ陽気に騒い, 一つつこに, 一つ隅田川にその, 一つの仲間, 一つ隔たつて居ります, 一つ隔たって居ります, 一つ隔たりて牛乳屋, 一つ隔てたる燈火の, 一つ隔てた隣りの浪宅, 一つ隔てなくていい, 一つには申せませぬ, 一つ際立って不思議, 一つ際立つ芸術上の, 一つ障子一枚の出入り口, 一つ隠されている, 一つ隠したぞと言っ, 一つ隠し芸のない, 一つ隠そうとしない, 一つ隠れたる功績を, 一つ隠れ座敷があっ, 一つ隣りに登富津, 一つの宿, 一つ集まってチチコフ, 一つ集まることに, 一つ集めてだんだん, 一つ集会をやらね, 一つ雇人の四十人, 一つ雑種にはない, 一つ雑草園へいっ, 一つ離して横, 一つ離れたように, 一つ離婚に終つて, 一つ離座敷へは聞え, 一つ難問にぶつかっ, 一つ難癖をつけた, 一つ難関がある, 一つ難關を透過, 一つ難題が残っ, 一つの日, 一つ雪あんちゃんにええ, 一つ雪団子が落ち, 一つ雪子を不仕合せ, 一つ雲霧の顔, 一つ雲鶴楼へでも行っ, 一つ零すじゃなし, 一つ零時半を報ら, 一つの神, 一つ雷訃を報ず, 一つ電柱につい, 一つ電気の初期, 一つ電気蓄音機のかなり贅沢, 一つ電鍵を握る, 一つ霊洞院の庭, 一つがやってくる, 一つ露西亜の文学, 一つ露骨に云う, 一つ青々と炎, 一つ青年大角力がある, 一つ青鉛筆の痕, 一つ静坐つて御覧になつて, 一つ静子を擲つた, 一つ靜子を擲つた, 一つ非の打ち所のない, 一つ靡いてゐた, 一つ面倒な歴史, 一つ面白うない事, 一つ面目ない話, 一つ靴みがきをさせよう, 一つをあけ, 一つに岩角, 一つへまたがった, 一つをピチッ, 一つ音楽をおきかせいたします, 一つ音楽家にとって不満足, 一つ音楽的な律動的要素, 一つ音読して, 一つ響いて来た, 一つ響いたと思う, 一つ響かないくらいそれ, 一つ頂かして下さい, 一つ頂きましょうかね, 一つ頂戴ウム実に美味い, 一つ順番に腹, 一つ順繰りに書き上げ, 一つ頑丈な鋼鉄, 一つけてくれい, 一つ頓首すれども, 一つ領分の中, 一つを壓, 一つ頬げたをくらわせた, 一つ頬張つて風呂敷と空, 一つ頬張り乍ら軈て, 一つ頭風の持病, 一つを聴い, 一つ頼もうか, 一つ頼んだ筈だ, 一つ頼元鼎の新, 一つ題目の会話, 一つ額縁が曲っ, 一つ額部を叩い, 一つ顔つき全体を活気, 一つ顕微鏡で見, 一つ顕著な状況, 一つ願いましょうかな, 一つ願いますかな, 一つ願おうじゃございません, 一つ願掛けのお話, 一つ風並が直り, 一つ風変りな時計, 一つ風流な土左衛門, 一つ風船が浮い, 一つ飛ばしにピヨコン, 一つ飛ばないかナ, 一つ飛ばなければならない, 一つ飛ばねば致し方, 一つ飛び電車線路の, 一つ飛びこしてこの, 一つ飛びこんできた, 一つ飛びこんでくるぐらゐのものでまして二人, 一つ飛び上ったかと思う, 一つ飛び出したがうまく, 一つ飛び越え羽搏つ, 一つ飛び越えれば何, 一つ飛ぶが如く, 一つ飛べば敬拝, 一つ飛んだらば必, 一つ飛入に落語, 一つ飛切り面白いもの, 一つ飛沫をあげぬ, 一つ飛白と見える, 一つ飛騨の山, 一つして, 一つ食いそこなうの, 一つ食いたいと口, 一つ食うてしまわん, 一つ食えと云っ, 一つ食える天の, 一つ食べあてればそれで, 一つ食べさせてあげたい, 一つ食べさせようと思つて, 一つ食べたら胸が, 一つ食べなさいと口, 一つ食べぬか, 一つ食べると腹, 一つ食べれば体, 一つ食らったらどうする, 一つ食らわしてやる, 一つ食らわせたから見, 一つ食らわせればそれで, 一つ食わせてしまった, 一つ食わないか始, 一つ食わねえか, 一つ食物です, 一つ飲まずにいられます, 一つ飲ませてやっ, 一つ飲ませようじゃあ無し面白い, 一つ飲み場へ, 一つ飲みなおそうよ, 一つ飲み明かさうぢや, 一つ飲めそんなふざけた, 一つ飼いけるが両, 一つ飼って居た, 一つ飾つてない, 一つ餅菓子を喰い合っ, 一つひ娘, 一つ養命保身ですな, 一つにありつこう, 一つ餘分に眼玉, 一つ餘計に入れ, 一つ餞別にする, 一つ首実検といふこと, 一つ首実験をし, 一つ首首より三つ, 一つ香いは中, 一つ香爐一つ殘したあと, 一つ馨子生きて, 一つ馬車に乗つた, 一つ馬鹿に大きい, 一つ馳せ下りて脚, 一つ駄目を押しました, 一つ駄賃の代り, 一つ駅夫のもっ, 一つ駆けで顱巻, 一つ駆け上がったような, 一つ駈けっくらを, 一つ駒三郎か元助, 一つって居る, 一つ駛つて居る, 一つ騒ぎを起し, 一つ騒ぐことに, 一つ騒ごうじゃありません, 一つ驚いて元, 一つ驚かせてやろう, 一つ驚かそうではない, 一つ驚くことが, 一つ驚嘆する事, 一つ骨折ってごらん, 一つ骨折りをやる, 一つになりたる, 一つ脚を, 一つ高大之進に厳重, 一つ高山の本, 一つ高村さんから君, 一つ高松城の主力, 一つ高次の四次元世界, 一つ高等飛行をやっ, 一つ髣髴として浮び出した, 一つでも洗っ, 一つ髪結さんだったん, 一つの毛一本搜, 一つを格子, 一つを格子, 一つ鬼子母神様と摩利支天様, 一つに映る, 一つ魔法のよう, 一つ魚河岸の甚兵衛所有, 一つに浮ん, 一つ鮮やかな感情, 一つ鮮明りと, 一つのらしい, 一つ鳥一つ捕ること, 一つ鳥居庄兵衛作の絵, 一つ鳥追女太夫といふもの, 一つ鳳仙花一本でもその, 一つ鳴き出でて, 一つ鳴つてゐなかつた, 一つ鳴らすとこの, 一つ鳴らずに引拔, 一つ鳴響いた時小さい, 一つ鵜呑みにし, 一つを飼, 一つ鶴見がいよいよ, 一つ鶴雄君のこと, 一つ鹿島大明神の神話, 一つ麗艶の言葉, 一つ麹町から牛込, 一つ麾下の人, 一つ黄いろと青緑, 一つ黄檗宗に属す, 一つ黄色に照っ, 一つ黄金白銀の線, 一つに青, 一つ黒い黒い髪が, 一つ黒ずんだ五重塔が, 一つ黒塗金蒔絵の小さな, 一つ黒子のある, 一つ黒木の御, 一つ黒船おっ払い, 一つ黒襟を突きあげ, 一つ黒鉢巻の経木真田, 一つ黒髪のありし, 一つつてお辞儀を, 一つ鼻先に落ちた, 一つ鼻血の出る, 一つ鼻面を打ちました, 一つをかき, 一つ齢下の従妹, 一つの中, 一つDOPEというの