青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~よろこび よろこび~ よろこん~ ~よろしい よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん よん~ ~ら
ら~
らい~ らく~ ~らし らし~ ~らしい らしい~ ~らしかった ~らしく らしく~ ~られ

「ら~」 64255, 596ppm, 159位

▼ ら~ (7919, 12.3%)

80 ために 66 ような 51 ように 41 間に 40 手で, 手に 39 ことを 38 前に 35 上に 25 中に 21 うちに 18 方で, 顔を 17 中の, 方へ 16 仲間の, 姿を, 目に, 考えに 15 やうな, 方が 14 仲間に, 心の, 眼に 13 中には, 眼の 12 あとを, ほうへ 11 多くは, 心を 10 うちには, やうに, 中から, 方は, 生命の, 生活の, 祖先が, 耳に 9 うちの, ことは, 目には, 目の, 眼を, 胸に, 話を, 間を 8 すること, 一行は, 中で, 住んで, 声が, 子供の, 生命を, 生活は, 言うこと, 頭の

7 [21件] うちで, 一行が, 下に, 前で, 前へ, 名探偵, 唯一の, 天の, 子孫の, 影も, 心は, 手から, 様に, 生活を, 眼には, 知ったこと, 祖先の, 紐, 間には, 頭に, 頭を

6 [20件] あいだに, いは, ための, ところへ, なかま, 力に, 力を, 口から, 名を, 声を, 家に, 心に, 意見に, 意見を, 手を, 方から, 生活に, 言ふ, 話に, 顔は

5 [31件] ある者, ことが, ことだ, ためにも, なかに, ほうが, ものを, 一人は, 上には, 仲間が, 仲間は, 会合の, 姿が, 家の, 或る, 方を, 歌を, 注意を, 父の, 父よ, 眼から, 知って, 考えて, 背後に, 船の, 親父は, 身に, 間にも, 雲も, 顔に, 首を

4 [67件] いうこと, いろのみ, いわゆる, うえに, うしろに, ことです, したこと, そばに, ほうで, むっつり右門, 一行を, 上を, 中へ, 乗って, 事を, 仕事は, 仲間へ, 会合に, 内に, 内部に, 出る幕, 動かして, 右の, 命を, 声は, 大部分, 姿は, 安全と, 家では, 家を, 影は, 後に, 後を, 心も, 志は, 思想が, 意の, 手には, 手の, 持って, 方に, 日用の, 村に, 林の, 母は, 生活が, 目を, 罪を, 考えの, 考えは, 考えを, 耳は, 舟路, 船は, 船を, 芸術が, 行動を, 見て, 見るところ, 言うところ, 言ふこ, 話は, 身にも, 運命を, 過去を, 間の, 願ひ

3 [129件] あいだでは, あいだを, あとに, うしろの, うしろを, うちでも, お酌, すがた, すべてが, すべての, そばには, それは, ためには, ところに, ところは, なかで, ひとりを, ほうから, ほうを, ほかに, ほかには, まはり, ものが, ものだ, 一行も, 上の, 事だ, 事は, 仕事が, 仲間, 仲間か, 仲間では, 会社は, 供を, 信仰の, 先祖は, 全身を, 兵が, 前では, 前を, 力で, 力の, 動静を, 及ぶところ, 叫びを, 名人の, 周囲に, 周圍を, 味方じゃ, 哲学は, 団長の, 墓に, 声も, 天父は, 奴それから, 子の, 子供を, 帰って, 幸福が, 幾人かは, 御方お, 心には, 志に, 思惟の, 意を, 意見は, 愛は, 戀人が, 方の, 旅は, 明智探偵は, 春の, 書いたもの, 望みも, 横暴を, 歌の, 歌ふ, 歯には, 油断を, 消息を, 淑女の, 為に, 犬は, 生命が, 生命は, 田の, 町に, 目前に, 眼で, 眼は, 知つた, 石に, 石を, 祖先は, 神経を, 秋の, 精神の, 紙を, 罪悪が, 美と, 胸の, 自動車は, 船が, 花が, 芸は, 若さ, 血は, 血を, 親父が, 言いし如き事, 言葉で, 記憶に, 話が, 諸氏が, 責任を, 足だ, 足を, 軍に, 遊んで, 間では, 陰謀が, 集まって, 雪を, 面を, 顔の, 首も, 驚きは, 鼻を, 龍睡

2 [482件] あいだには, あたま, あとから, あとへ, ありさま, いうところ, いないとき, いるところ, いるの, うつけ姿, おいめをも, おかげで, お座敷でも, お株を, お袋は, お頭, ここに, こと, ことで, ご先祖, して, しわざ, するまま, それと, ため, ところを, とりもち, なかの, なすが, はての, ひがみかも, ひとりが, ひり出した物, びす, ほうに, ほかの, まんなかに, まん中に, まん中の, もって, もとに, ものである, ものの, ものは, やって, ゆく, ゆふつかた火映, ような駈, よろこび加減, トウベツの, 一つ一つが, 一人が, 一人と, 一味に, 一派が, 一生を, 一群は, 一行で, 一行と, 七作品を, 上へ, 下の, 且つ読み, 世界が, 世界であり, 世界に, 世界の, 世話に, 中が, 中たれ, 中にも, 主が, 主人が, 主張する, 二人や, 二千人が, 云うこと, 人々の, 人から, 人たちが, 人間を, 仇を, 今後の, 仕事に, 仕事の, 仕事を, 仕業か, 仕業だ, 代りに, 仲を, 仲間でない, 仲間には, 仲間入りを, 任は, 会社の, 会話は, 伝記が, 位置といふ, 位置を, 住まいを, 体の, 作を, 作品の, 作品を, 例の, 俳句を, 傍に, 傍を, 傲慢を, 傾向も, 先祖が, 光に, 内部生活に, 冠して, 凡庸さを, 出て, 分際で, 前から, 前には, 力が, 力では, 功も, 助は, 助力を, 勝利は, 去ったあと, 友は, 友達や, 反感は, 反逆は, 口へ, 句に, 同胞に, 名が, 名も, 名前を, 名探偵明智小五郎, 周囲の, 命に, 命は, 命も, 哲学に, 商売は, 喜びは, 喧噪バケツの, 噂に, 四人は, 国が, 国は, 國は, 土地で, 埋もれて, 報告に, 報告を, 場合は, 墓を, 士気を, 声, 声で, 声と, 変な, 夢の, 夢は, 大多数, 大詩人プーシュキン, 天使に, 天皇, 奇を, 奮闘の, 女が, 女房は, 奴隷根性が, 奸悪な, 好きな, 好意を, 如く正義, 妻を, 妻子も, 姿, 姿だ, 子が, 子供は, 学校時代には, 官能の, 客は, 室を, 家, 家じゃ, 家は, 家も, 尊敬する, 小屋の, 小間物屋に, 少年探偵団の, 居所を, 山には, 山の, 山の端に, 山は, 岩の, 島へ, 工みも, 巻雲を, 師父たちは, 帰るの, 常識が, 年に, 座敷に, 庭へ, 庶民的な, 形に, 形の, 御世話, 御恩, 心が, 心臓を, 怒りを, 怖ろ, 思うには, 思うまま, 思って, 思惟を, 思想の, 性格を, 性質を, 恃む知識に, 恃む知識に対する, 恐龍, 恨みを, 悲しき魂, 悲しげ, 意志の, 意気は, 意識現象を, 愛する者, 態度が, 態度に, 憂鬱な, 懶惰を, 成果, 戯れを, 手が, 手によって, 手より, 手品は, 才能に, 持ち物は, 持つ不思議, 指を, 捕物名人が, 捕物名人の, 捕物名人むっつり, 教えを, 教室に, 教育を, 敵を, 文化の, 文房具屋に, 新たな, 方には, 方まで, 旅を, 日なり, 日を, 旧師宮川寛斎が, 時が, 時代の, 時代を, 晩餐は, 智に, 智慧と, 智慧なるべし, 暴力から, 書物の, 最高の, 望みは, 望む所, 期待に, 木像の, 本質の, 村, 村で, 村の, 来ないの, 来るの, 柄に, 根拠も, 桜の, 梢葉の, 棟梁を, 棲んで, 椅子に, 様子を, 歌う声, 歌に, 死は, 死を, 母が, 母さんが, 母さんの, 母と, 母印南大郎女, 水に, 求むるものの, 求めて, 決して嘴, 油斷を, 浄土変相図としての, 淨土變相圖としての, 溺れるの, 滑稽な, 火が, 為めに, 無智, 無聊を, 無賃伝馬も, 爲に, 父, 父である, 父のみ, 父は, 父祖の, 父親や, 物が, 物を, 現実の, 瓶に, 生命と, 生活と, 生活や, 生涯には, 生涯も, 畑には, 畠の, 発掘を, 白樺の, 白骨に, 皮膚に, 目は, 目標に, 目的は, 目的も, 相知れる, 真の, 眼, 眼が, 眼も, 眼より, 眼前を, 瞳は, 知った事, 知るところ, 研究に, 研究によって, 神は, 神よ, 稼業は, 空気の, 窓から, 窓に, 立つ瀬が, 笑う声, 第二, 策に, 精神を, 組は, 結婚を, 罠に, 罪よりも, 美を, 義を, 習性を, 老いたる, 考えでは, 考えるところ, 考へ, 耳には, 耳の, 肉体に, 肩に, 胸にも, 胸は, 能く, 脇を, 自動車の, 自由を, 色の, 若い衆と, 苦しみが, 苦心は, 草の, 菖蒲の, 蟹は, 行く末を, 行く道, 行動について, 行手を, 行為が, 裏に, 裏を, 要求が, 親は, 角から, 言うよう, 言ひし, 言葉に, 言葉の, 話し声に, 話し声は, 話の, 誘導に, 説であった, 説に, 説は, 説を, 説明に, 諸君に, 諸将, 議論に, 讃辞から, 責任だ, 趣味も, 足が, 跡を, 路は, 路傍から, 踏んで, 身の, 身の上に, 身の上を, 身を, 身分では, 身分は, 軍勢は, 迂濶さ, 近くに, 退役と, 連中の, 進んで, 進入を, 遂に勝つべき, 遊ぶの, 運動場の, 運勢を, 過誤を, 道を, 邪魔を, 部落では, 酒まで, 金を, 長屋の, 門を, 間からも, 間で, 階級の, 階級を, 隠語も, 雑誌, 雪に, 雲に, 青春の, 青苔, 面前で, 面目が, 面目は, 音の, 音楽を, 頬に, 頭が, 頭には, 頭上に, 頭領は, 顔が, 顔には, 顔も, 饒舌ぞ, 高い匂, 魂の, 魂は, 魂も, 魚を, 黒い大きな

1 [4892件 抜粋] あいきょう男伝六でした, あとについて, ある時期, いい道, いずれもと, いと甘き, いる横穴, うしろから, うちど, うち多くの, うら寒い, おしろいを, おもに崇, お嬢さん育ちの, お櫃を, お面, かく画は, かたちだ, からだに, くずを, こういう噂, ことだけ, ことのみ, この地, これから尋ね, ごとき人類, ごとき者, ご主君弾正太夫様, ざらざらする, しばしば見る, すぐそば, すみかも, そういう清い, その生き方, それに最も, ただの, ため何か, つねづね考えた, とこより, としこし, どこかしら, ない絶望感, なげきは, ぬくかつ, はげしい喧声, ひきょうな, ぶつぶつ申す, ほか二十余人の, まえで, まどいの, まん中で, もてる旧き, ものなれ, やみを, ゆくえを, よろこびが, をちや涙, カマラアドと, コンクリートべ, シレーネに, ツーピースを, パリーの, プリ・マドンナジュリア, ミリタリズムは, 一けん, 一人を, 一団は, 一日分だ, 一行三使が, 一類は, 三隊が, 上にゃ, 下だ, 下船を, 不審に, 不明を, 不遜とを, 世界も, 世間への, 中では, 中罪なき, 主イエス, 主人雇主など, 主張と, 主観的な, 乞いを, 事か, 事業を, 云う事, 交遊の, 人を, 人物如何と, 人類の, 仔牛眼も, 仕業で, 代々が, 仲は, 仲間に対して, 企みを, 会話には, 伽藍鳥, 住む所, 住居をも, 作が, 作品が, 作者, 例を, 保身と, 修業も, 倉庫から, 偏見を, 催しにだけ, 儚き儚き身の上, 先任出役中の, 先輩も, 光景を, 入る道, 全部が, 共和は, 兵船を, 内心の, 写真が, 冷淡に, 処へ, 出しを, 刃も, 切石には, 別隊が, 到着と, 前にまで, 創作欄は, 力言葉が, 労作を, 勇士を, 務だ, 勢力は, 匂の, 十数間前に, 卑屈さのみ, 危急に関する, 去就も, 友だちは, 友達が, 反覆語に, 叢にも, 口脣に, 古い話, 句は, 各隊, 同志佐原重兵衛機転を, 名の, 名称は, 周囲は, 味方を, 命寂び, 哲学が, 唱和応答の, 啼声, 喧嘩買いと, 器物を, 困憊が, 国土から, 土壌には, 地底生活が, 埃はい, 報が, 墓は, 壁を, 変転的な, 多数よりも, 大に, 大学や, 大旱魃, 大逆事件も, 太陽が, 失敗を, 女たらし小磯扇次に, 女房に, 奴隷と, 好奇心に, 如き醜, 如く生の, 妻子とに, 姿も, 嫌味の, 子供仲間にも, 孔子, 学問は, 學説が, 安全は, 定義を, 実行生活を, 宮のみ使の, 家とは, 家庭道具で, 宿に, 宿泊を, 密かな, 寝床は, 対話を, 尊む夜叉羅刹の, 小さな圏, 小学時代であった, 小松春浅し, 小説家達が, 少青年期, 居住区を, 山吹社中を, 島崎よ, 川筋は, 左右だけ, 希望として, 帰りを, 常道的な, 年長は, 幼児として, 広い明り窓, 庭は, 弟の, 張って, 形容詞では, 影響で, 後から, 徒が, 御婦人, 復興は, 心づかいは, 心臓に, 志士が, 怒に, 思い通りな, 思索とは, 性分だって, 恋は, 恥だ, 息子甥兄弟たちも, 悪戦苦闘と, 悲壮な, 情意が, 想像以上に, 意味は, 意見だった, 愛より, 感激によって, 慕い奉る帝, 憤慨ぶりは, 成長の, 戦術を, 所有な, 手にゃ, 手中に, 手当を, 手許に, 扮粧を, 投票場は, 拙吟, 指は, 指物師の, 捕物名人も, 掌の, 接触し, 提唱による, 摂政殿下, 放逐よりも, 故国を, 教に従い, 敬礼を, 敵は, 文反故により, 文物を, 新政理を, 方として, 旅行者たちも, 日は, 日本活字創成の, 明智小五郎は, 春は, 時代には, 暗い仕事, 曲線の, 書物よりも, 最も価値, 最大の, 有つ, 服裝どうしても, 木の, 末期を, 本拠を, 村は, 杯を, 板橋が, 柔かい頭, 案じなければ, 植民地と, 楽音, 樂しみである, 横に, 橇から, 欣喜に, 歌とは, 正義が, 歩いた砂, 死が, 死所に, 殿堂に, 毒手から, 気分を, 水と, 水葬場で, 汚ない, 河の, 泡を, 注視によってのみ, 活動などは, 浅ましい遊び方, 浮いた水, 涙で, 港若松を, 漁師達は, 潰走を, 灯の, 烟突が, 無数の, 照り焼きなどは, 燕麦を, 父ライン, 牛は, 物象が, 犠牲を, 猛將, 獲物を, 玩具と, 現実は, 理窟と, 生きと, 生も, 生命力を, 生活する, 生活自体が, 生野義挙そして, 甲虫は, 町の, 留守を, 異樣, 疳だ, 白いかげ, 百年に, 盟主かの, 目にも, 直径一メートル半も, 相手には, 真似も, 眠りに, 眼色は, 瞳の, 知らないほう, 知る所, 知識の, 研究の, 示す教曉ら, 祈願と, 祖国を, 神じゃ, 神輿だ, 私意を, 称える, 積極的な, 窃かに, 立場である, 竹やぶの, 笑ひさざめく, 笹もて, 策動か, 米が, 系列か, 素っ首から, 紹介や, 経緯をも, 結社そして, 絶えざる好奇心, 緑色のが, 繊細な, 罪は, 美しい声, 群が, 義兵を, 羽音重げに, 老職の, 考へたやう, 耻ばかり, 職務が, 肢体は, 背伐り, 胸中には, 腑にも, 膝を, 自然観は, 興を, 船だったらこまる, 艶麗さに, 花なら, 芸術に, 若い者たち, 苦しみすべて呑みこん, 茶店を, 荒れ果てた感じ, 菜園の, 葉が, 蔓を, 藩の, 虚栄から, 血にて, 行って, 行方が, 行路が, 袂へ, 西京焼などが, 見回りに, 見送りを, 親元から, 親爺に, 言ったとおり, 言葉での, 計らい, 討幕運動にも, 試験は, 詰問に, 誂じゃ, 誤りだった, 誰なる, 請に従って, 諸名優, 謀略によ, 讒言によって, 財の, 買った六文, 賞を, 贊せざりし, 起訴材料を, 足もとから, 跡が, 踏む道, 身の上さね, 身代百あわせた, 身許調べの, 軍も, 軍律の, 輝きも, 辷り下り走り, 近衛師団における, 追分の, 途中は, 通行のみならず, 逮捕は, 遊び場で, 運命に関しての, 過失や, 道場と, 道鏡排斥の, 遺恨は, 部下が, 部落が, 都である, 酒庫に, 野原は, 金で, 鉄の, 鋤に, 長椅子に, 間にまで, 関係は, 阿魔ッ子, 陰謀史や, 階級にたいする, 隣の, 集まりは, 雑木藪の, 難儀を, 電車が, 青くかすんだ, 青草, 面前において, 靴の, 頃には, 頭では, 顏は, 願いと, 風俗を, 食欲の, 飲みのこした酒, 饗宴から, 馬だ, 馳せ集るまでには, 騒ぎて, 驚くべき自由さ, 高い声, 鬼が, 魂よ, 鳴る音, 黒い睫毛

▼ ら~ (6418, 10.0%)

43 それを 23 自分の 15 いずれも, なければ 14 彼の 13 わたしの 12 何を 11 これを, 手を 10 ここに, それが, 何か, 彼を, 黙って 9 かれら, しい, して, それに, 人を, 自分たちの 8 たがいに, なにを, よろこんで, 他の, 帰って, 私の 7 ぎを, なかつた, 人の, 口々に, 手に, 日本の, 自然の 6 しいもの, なんの, われらの, 人間の, 声を, 多くの, 生きて, 非常に

5 [18件] いづれの, おれの, ぎに, どう思う, どこへ, ぬやう, ねば, ぼくらの, 主人の, 俺を, 彼が, 彼に, 急に, 母の, 漢魏は, 目を, 言った, 顔を

4 [38件] おのれの, お互いに, ここで, ここを, これに, しさ, すぐに, そこへ, そのこと, そんなこと, だれも, どうした, ない, ないと, みんなさいかちの, 一度も, 一種の, 事の, 二人の, 何かの, 何も, 俄かに, 俺らで, 先生の, 全世界, 出て, 叫んだ, 右の, 喜んで, 平和を, 心を, 明らかに, 水の, 確かに, 私を, 自分を, 船を, 足を

3 [99件] あいつらで, いったい何, いつに, いづれも, うれしまぎれ, おれに, おれを, お前に, このとき, これで, これらの, し, しいこと, したの, せ, せた, そこを, その中, その日, その間に, それぞれの, どうする, どうすれ, どこから, どこに, どこの, ないこと, なくちや, なくつて, なくては, なくても, はこ, ほんとうに, また, みなその, みんな新らしい, みんな砂利に, よくやった, わたしが, ジョバンニが, 一せいに, 一つの, 一列に, 一様に, 一緒に, 一面に, 一面の, 下駄より, 争って, 何かに, 何でも, 何の, 來や, 僕の, 先を, 公然と, 冬の, 初めから, 剣を, 口を, 叫んで, 外の, 女の, 嫌や, 実際に, 少しも, 少つ, 後に, 心の, 恐れて, 息を, 我を, 明日の, 村の, 棒を, 武器を, 死を, 母が, 水を, 江戸の, 海の, 滅多に, 現在の, 男も, 町の, 痘痕と, 石を, 立派に, 笑って, 自分が, 自分らの, 自由に, 芝居の, 身を, 道を, 酒を, 静かに, 面白がっ, 風を

2 [341件] あたりを, あちらからも, あとに, あの出発点, あの日, あの毛唐, ある時, あんまり小さく, あんまり月, いう, いったいどの, いつでも, いまさらの, いままで, いよいよ気持ち, うか, うたいだした, うと, うとも, おもしろがっ, おゆう, おれ達の, お世辞, お前たちの, かうして, かつての, かれの, がやがや騒ぎ, ここへ, この上, この島, この方面, この船, これでも, これまで, これよりも, こんなこと, さう, さっきから, しいが, しい事, しい物, しい者, しくて, した, しぬ横山, すっかり恐がっ, そうは, そこから, そこに, そのとき, その上, その二人, その人, その左, その後も, その時分, その林, その荒い, その行為, それから, それらの, そんな事, ただそれ, ただ自分, だまって, つまりあんまり, できるだけの, とった魚, どうかし, どうも小説, どこからとも, どこまでも, どやどやと, どれも, ないで, ないやう, なかつたの, なくつ, なにも, ぬこと, ばかだ, ひか, ひどくいそい, ふたりとも, へんに, ほかの, ほとんど不眠不休, ほんとうの, ぼくらを, またあの, またなに, また云った, また答, まだこの, みんな, みんなそれぞれ得物を, みんなで, みんな一度に, みんな出, むかしの, むさぼるよう, めいめいに, めいめい自分の, もうそんな, もうなに, もうよほど大きく, もう秋, もって, やっぱりそれ, わあと, わたしたちが, わに久を, われわれの, ゐる, イギリスの, クルジオムを, シムプルな, フランスに, ラクシャンの, 一きれ, 一人として, 一人の, 一度に, 一斉に, 一時に, 一生懸命に, 一目散に, 不思議な, 不意に, 両方兼ねてる, 主として宗教, 主君の, 之を, 二人とも, 二人を, 二里の, 云った, 互いに眼, 五郎さんを, 京橋の, 人間が, 今その, 今に, 今も, 今日の, 仕事に, 仕事を, 他人の, 付近の, 仲間が, 佐山君に, 何が, 何にも, 何ゆえに, 何事を, 傍へも, 僕を, 先頭に, 入ってるねえ, 全くの, 全体いままで, 冬に, 凝然と, 出で, 別れましたけれども, 前から, 労働者だ, 勢ひ込ん, 十三夜の, 半七, 危険に, 又五郎の, 友を, 叫び教会, 号令でも, 各自の, 名器を, 君ら自身の, 哲学の, 喜んだ, 噴火で, 四人共その, 声も, 外から, 大助かり, 大歓迎, 奥へ, 女に, 女を, 如何に, 子を, 子供の, 季節ごとに, 学校から, 宮様の, 家に, 家の, 容易に, 少くとも, 少し退屈, 屡, 岩頸だ, 巧みに, 己の, 常識の, 幕の, 幾ん, 床に, 彼らが, 彼らの, 彼女を, 心から春さん, 心配した, 怖れ, 思いましたが, 思い出して, 思い思いに, 思って, 思な, 恐らくその, 悲しそう, 悲しみに, 愛しも, 我に, 我の, 或る, 承知しない, 敵だ, 敵の, 斯る, 新たな, 旗を, 早くも, 昌平を, 明日から, 昼間の, 普通の, 朝から, 本当にあなたさま, 来て, 来る, 森に, 次つぎと, 歌を, 此の, 死んじゃ, 死人の, 殆ん, 母親の, 毎日毎日集まりました, 気が, 水に, 汗を, 池の, 油断が, 泣いて, 泳ぎすら, 海岸の, 涙を, 淵の, 湖の, 火の, 無口であり, 煙の, 熱心に, 父の, 狡猾と, 獰猛な, 生物学が, 用心ぶ, 町へは, 白く塗りたる, 皆その, 皆一度に, 皆川に, 皆無用の, 皆舟綱橋に, 目前に, 相前後, 真にみずから, 真剣な, 眼に, 眼を, 着物を, 砂っ, 砥石を, 神の, 神様に, 私らの, 空腹と, 立って, 笑いながら, 笑った, 第二, 約束を, 紙捻りで, 続いて, 網の, 罵り叫び, 老人の, 耳を, 腹が, 自分たちを, 自分らに, 自然に, 船首の, 蕪村の, 虚無と, 蚊を, 蝉が, 血眼に, 行列の, 認識する, 警察の, 貪婪な, 貴族と, 路を, 踊に, 農夫, 退屈で, 逃げて, 遂に求むる, 部屋の, 酒の, 重大な, 金を, 鉄の, 鉄砲を, 銃を, 門前に, 関所に, 隅の, 雪に, 雪の, 順次に, 預言者の, 風やや, 馬籠の, 馬車の, 黄を

1 [4791件 抜粋] あいつにゃ, あたかもくらげ, あにいの, あの小屋, あまり日比谷, あるいは礼服, ある者, あんな馬鹿, いうだろう, いかにも名所図会, いくら親, いそぎの, いっしょに, いつかどこかへ, いつの, いつも健康, いつも茶, いまの, いよいよおびやかされた, いろんなこと, うけたまわって, うち囃し, うらやましそう, おそらくそういう, おたがいに英雄, おのおの一万騎を, おわき, お前らの, お寺へ, お角, かくかくに, かつてたこ, かねて聞き及ぶ, かれ自ら, きっと, きっと西方浄土, ぎが, ぎには靜脈瘤が, ぎはふくらませ向, くるしまぎれ, こ, こうして味気, ここでは, ことに年, このイチハツ, この俺, この大勢, この小さな女工, この新, この源こう, この絵描き, この裏, この道場, これからおさらば, これが, こんなに迷, ご馬前, さしあたりこの, さっぱり駄目, されるらしい痛々しい, しいなどと, しい巣窟, しい私, しい静脈, しきりに実行, しく君子, しだいにそれ, しやあ, じっさい逃げ, すこし本田, すっかり腹, すでに来, すべき手段, すべて寝静まっ, するもん, せ候處, そういう無秩序, そう手軽, そのうち, そのままかけだした, その事業, その光, その場, その女主人, その広場, その戸, その時代, その煙, その艶麗, その蹉跌, その防禦構築, それぐらゐ平気に, それでなかなか, それほど平然, そんなにまで, そんな野暮, たいてい幽霊, たくさんある, ただお前さん, ただやります, ただ役割, ただ面白く, たやすくその, だんだんうすぐらく, ちやうどこの, ちょっと外, つき進んで, つて此の, てんで相手, とうとう独立, ともの, どうしても器量, どうなっ, どう致した, どっちへ, どんなに羨ましく妬ましく, ない条件, なお自分, なくた, なぜこんなに騒い, なにかの, なるべく人目, なんとか言え, にわかに幕府, ぬ樣, はしゃぎ抜いた, ばかばかしい程, ひっしと, ひどい, びっくり敗亡し, ふだんから, べつと, ほとんど無数, ぽくぽくし, まさに戦死, まず生命, またみょう, また別, また引返し, また眼, まだそこ, まだトランク, まだ慣れん, まだ茶, まったく無縁, まぶたをば, まるで絵, まア皆落第, みなそうとうに, みな二人を, みな天罰で, みな無害無, みな行き尽く, みな鳥に, みんながかりで, みんなまえ, みんな新しい, みんな若, むとちきりしきみはわれにそむきぬ, もうあんまりその, もうどこ, もう公然の, もう帰れなくなった, もう歩けない, もう老い先, もっともっとうろつこうで, もと徳川の, やがて近づい, やとて, やや離れた, よい遊び場所, よく用心, よろこび勇んで, わかりが, わけも, わたしよりも, われわれに, アメリカ人や, イブキを, ガヴローシュも, クール・デ・ミラクル一郭の, サン・マルソー郭外を, スープの, ダメだ, ディドの, ナポレオン・ボナパルトが, ビタミン, ブルドッグよりも, ペスト患者の, ミサを, ライプニッツ以来議論の, ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン氏に, 一と, 一人も, 一八一五年に, 一命に, 一層勇ん, 一旦挨拶, 一瞬の, 一陽来復の, 万三郎を, 三年まえ, 上滑りに, 不即不離の, 不気味な, 世の, 両国の, 中途半端な, 乗って, 予を, 二個に, 二百數十年前この同じ, 互いに同じ, 五年がかりで, 人みな取り, 人民の, 今に奮発, 今度の, 今日までに, 仏光国師の, 以前よりも, 伝説通りロブノール湖に, 何とかおもわ, 何らとりたて, 何処までも, 何者であろう, 依然として土曜日, 信ず統治, 倔強の, 傲然として, 元の, 充分やる, 先刻戸締りを, 全く困る, 八つ手や, 六波羅の, 其頑固な, 再び身, 凪いだ海, 分らず屋ばかりじゃのう, 初めて説明, 別れる爲め, 前に, 剣道で, 勅を, 勝手な, 十の, 十六階もしくは, 千兩箱を, 協力し, 即時禁門から, 去年の, 反蒭ども蹄, 口も, 古田に, 各々感じ, 同じ先師, 名の, 向ふで, 周囲に, 和歌俳句の, 唱歌を, 善悪の, 嘘を, 四方から, 困る気, 土に, 地獄の, 城内に, 増上寺の, 夕食を, 多少軽蔑, 夢中で, 大きな恐怖, 大休み, 大声で, 大抵の, 大納言に対して, 天下を, 太刀や, 奈良県の, 女王の, 妖官を, 姓名を, 嬉しくて, 孤独を, 守れ, 官僚に対しては, 実はもっとも, 客と, 家名とか, 宿に, 寛ぎの, 将軍方に, 小屋を, 小舟で, 少ない言葉, 尽きない話, 屍を, 山林の, 峻しき, 工事場へ, 己が, 帰りには, 常に富嶽, 平然として, 年長者だ, 幾十年前の, 庄吉も, 庭の, 引っ返して, 強情に, 当日見物席に, 形も, 彼らに, 征服者と, 後陣の, 従来経験的事実の, 御許に, 心配な, 忘れるであらう, 怒って, 思い出せなくなって, 思つ, 急いで, 恐れ入ったと, 悉く揃っ, 悪漢どもの, 愕然として, 感服し, 憤怒に, 戦いにおいて, 戦災者だ, 所謂, 承わって, 持ちまえの, 捕虜を, 揃つ, 支那に, 故国において, 敬虔で, 敵しかねて, 料理され, 新たに, 新組織, 既に休みあきる, 日曜ごとに, 早々に, 早川辰吉の, 明るく成っ, 昨夜どこで, 昼でも, 時としては, 時間を, 暗い部屋, 暮らしぬ, 書物ら自身の, 最大いなる, 朗々と, 木曜日には, 本国に, 本町一丁目の, 東京に, 板倉邸を, 栄の, 棺桶の, 概して渇いた, 次第に跡, 歌の, 正義に, 武士, 歯がゆく思った, 死んだとき未練, 残らず唖, 殿より, 毎日機関車から, 毎朝鐘の, 気の毒そうに, 気長く, 永遠の, 決してそんな, 決して我が, 沛国, 波の, 活動しだし, 浪人忍び込む, 海山を, 淡い雪, 渡行の, 源氏の, 火事に, 無いという, 無教育, 焼けて, 燒きざかな, 片腹痛がり, 特に伺候, 狂信的な, 狼狽し, 王女たちを, 現朝廷, 生きながら, 生活の, 甲州から, 留守城を, 病状を, 白皙美人の, 百方調停を, 皆クリストフを, 皆多少, 皆戦死し, 皆眼にも, 皆食堂へ, 目に, 相かわらず, 真に恋愛, 眠りながらも, 矢鱈に, 知らねえけんど, 知人の, 砂の, 祖, 神へ, 祿も, 私らを, 種々な, 突然襲撃, 立琴を, 第二ぢ, 米友だ, 紅毛人について, 細曳を, 絶対の, 綺麗に, 縄付きの, 罹災者寮に, 羽振りの, 考えない, 聲を, 肴ばかり, 腕を, 自分自身の, 至ツて, 良民を, 花園を, 苦しがった, 草を, 落ちて, 薄暗かった, 藤蔵が, 蟒蛇の, 行くで, 街道に, 裏門から, 西へ, 見えんけどな, 見当を, 親方の, 言葉が, 詭弁だ, 語らない過去ら, 誰にも, 諸国を, 議会, 貧しく而, 貴族の, 贅沢な, 足利若御料の, 身と, 軍資金の, 近く事を, 追いつくため, 送気ポンプ, 逆の, 進み佐幕派, 運び来った濡れ, 道連れかな, 那智山に, 都の, 醜男で, 野蛮人の, 針の, 錆の, 長なき, 閉口した, 間違いなく, 陸地近くの, 隠ヶ岡, 離れに, 靈魂について, 面目を, 頻りに恐れ, 風間木曾の, 飢えて, 館林近在の, 馬籠を, 驚きを, 魔が, 鳰の, 黒土を

▼ ら~ (3683, 5.7%)

92 して 19 なって 12 向かって 7 命じて, 目を 6 手を, 時を, 気を, 落ちて, 言って, 遊んで

5 [12件] しても, むかって, 人の, 人を, 何の, 出て, 取っては, 散らばって, 柔和な, 空を, 自分の, 金を

4 [24件] これを, さへ, それを, なつて, なる, や, やって, 他の, 告ぐ, 対抗する, 對し, 己れ, 敵を, 流れて, 生えて, 皮相の, 眼を, 私の, 私は, 立って, 立つて, 第二, 見せて, 雪を

3 [41件] あっては, あるの, おいめある, とつて, ぼんやりと, わが身世に, ゐて, イクラでも, 一歩を, 云った, 代って, 何か, 加えら, 向って, 告ぐ彼ら, 声を, 多くの, 大胡坐, 完全なる, 彼は, 彼を, 御馳走し, 散らばつて, 日が, 村の, 残って, 浮かんで, 浮んで, 物を, 生へ, 知りて, 罪を, 耳を, 與へ, 薄らいだ霧, 言った, 言わせると, 身を, 酒を, 雪の, 音楽を

2 [200件] あがり地, あたりちらして, あられも, ありに, あるもの, いう, いつまでも, おくれ, おまえを, お君, お掛け, これが, これらの, してからが, しない能力, しろきもの, し念, し響きたま, すがって, するの, その子, た, ただ飛び, ついて, ついてでも, つかまって, つんで, とっちゃあ, なつた, なべて愛しく, なり田の面, なんの, ふるふビオロン, まかせて, むすぶ雌雄, もって, やあかんの, やわが, ゆた, よくある, よろこんで, わかって, 一二軒の, 一人で, 一夜を, 一段の, 与う, 乗り捨てて, 二重の, 交れ, 人が, 人に, 人間を, 仕事を, 伊藤侯及び, 似せて, 何が, 何んの, 余の, 依頼し, 偉なる, 傾聴する, 光って, 入りました, 入用の, 出会った, 出來, 別れを, 前へ, 力を, 劣らずしかりと, 反転し, 叫んだ, 同情し, 向い, 吾, 告ぐサロモン, 告げて, 囁いた, 土砂を, 坐つて, 外気に, 大に, 大酒, 夫れ, 奇怪な, 委せて, 子の, 少しずつ, 居ろ, 広く深く究めた, 彼の, 彼らを, 彼等の, 往生の, 待って, 御參詣, 思出の, 恋ひ, 息を, 情を, 慣れて, 押入れの, 拡張し, 指図し, 授け給, 撃ち払い令, 散って, 散乱し, 散在し, 於いて, 日々の, 日は, 日本の, 更らに, 枝葉の, 標榜する, 模様を, 歌つて聞かしてる, 歸り, 死に花, 毛の, 民心を, 流れその間, 混って, 渡して, 渡すこと, 漂って, 無い, 無くて, 無頓着に, 煩い自分, 父の, 片手を, 甚, 生動せ, 生命を, 生活みたいな, 用は, 用を, 男の, 異を, 目ばかり, 神経を, 私に, 空に, 空虚な, 空虚に, 空言を, 精神を, 精神的なる, 紅き大き日, 置いて, 耳が, 聴けば, 腰を, 自から筆, 自己の, 船虫の, 芸術的享楽を, 苛, 苦吟遅々として, 複雑に, 見せた, 見て, 見物の, 見送られて, 言い聞かせた, 言葉を, 訐い, 試みたばかり, 話して, 話を, 詳か, 議論を, 責任は, 購ふべき, 起これば, 趣味的な, 転が, 辛か, 透映し, 逢って, 進んで, 過ぎて, 道に, 達せし時, 遺して, 酷薄な, 雪が, 静かな, 頭を, 頼らしぬ, 頼んで, 顫へ, 飄へりし, 馬糞を, 馴れすぎるの, 高くし, 黄蝋の

1 [2831件 抜粋] あくまでも良心的, あたえようかという, あたりましょう, あった木, あの青い, あまり親しませたくなし, あらは, ありすぎるから, ありませうとも, あるラジオ, ある親しみ, あを, いた人, いつの間にか夢, いま一つ加, いるの, うかぶ月の輪, うしろへ, うっすらと, うろうろする, おさげ下さるなら, おどけた調子, おれの, お尻, お香代, かかっては, かぎらずすべて幕間, かつがれたところ, くっきりと, ぐうの, げたげた言う, この作, この彩, この飛脚, こんなおもちゃ, ごろ, さうし, さつさと, ざらに, した時, しなさんな, しるしを, すかせば, すっとばしたの, すれば, そうザラ, そのう, その交易, その女, その山向う, その毒草, その輪廓, その鼻翼, それ大した, そんな権能, たしかめようと, たれたまえ, ちょっと触りました, ついて行って, つげん生命, つらくあたる, とけゆけり, とりまかれまた, どのよう, なかった, なじみの, なったきゅうす, なってるから, なめらかに, なると, ねむつて, はいりて, はげた手すり, はねお前, ひきずられる感じ, ひとしい幾万人, ひどく慇懃, ふみにじられるとは, ぶつかつて, ぺこぺこする, ぼくの, まじりこんで, また読者, みちぬれ, むづ痒く, もし若い, もっと確実, ゃならねえのか, ゃもうわかってる, やるからと, よけいな, わかったろうとは, わがままを, われの, ゐた人達, ウニの, クリストフは, ザラに, トリフォンの, ピアノを, ポカリと, マリユスも, 一々アロー, 一ト晩中の, 一切を, 一層戒むるところがなければならない, 一本の, 一言の, 万の, 上つたれ, 下れ, 不安の, 不毛の, 与えては, 与えるため, 世界的に, 中伏, 丸飲み, 乗ずる隙, 了解し, 事変の, 二個の, 云ふ, 亡邸する, 人命と, 人生の, 人類進歩の, 仕返しを, 令を, 任せよう, 会う時, 伝えし所, 伸ばしたやう, 似て, 住み残されて, 体力を, 何を, 何条素通りをば, 余自身の, 來り, 侵すこと, 俗情に, 偉大に, 傍觀し, 僕は, 先に, 光る日の, 党員の, 八五郎をが, 其の意, 其影を, 内在する, 再び説話発生, 冷か, 出会ったこと, 刀三腰白銀百五十枚上官二十六人に, 分るだろう, 列立つ, 利用さし, 前日の, 力攻を, 労働の, 動かされて, 勢つてサー, 北, 十万両も, 半分やる, 博洽を, 危くつかまり, 去り平四郎, 又十幾年, 反復に, 取り巻かれたんで, 取囲まれて, 受けて, 古美術, 叫ぶ, 号を, 合縱連衡の, 同情は, 名誉心の, 向ひ, 吠え叫び, 吾身の, 告ぐべしとて, 告げるの, 味方した, 呼びかけた左膳, 咲きかがよ, 唐崎で, 啻だ, 喪や, 嗅ぎつけられて, 噛みしめた細かい, 団八を, 国境感は, 在った道標, 地上生活を, 埋もれさせて, 場所を, 塗らせりしかば, 声が, 外国の, 多く必要, 大いなる能力, 大きな穴, 大望を, 天を, 太陽や, 奇言を, 奨励する, 好き勝手な, 妄想病が, 姙みぬ, 嫌な, 孔孟の, 守られつつ, 宗派的論争の, 客観的真理の, 寂しき光, 寒竹の, 専心従事し, 尋ねた, 導かれて, 小犬つるめる, 尖端を, 尾行され, 居るの, 居る蜂, 山上の, 岡っ, 巡り合い滾, 巧緻を, 帝都の, 平和な, 幻術を, 広いその, 廣くして, 弁難攻撃を, 引く弓, 弱者を, 当惑する, 彼女を, 待ちわびて, 従つて行つた奴が, 復讐しよう, 心ばかりの, 心配が, 応戦さして, 怒鳴りちらしチャールズ, 思い思いの, 思ひも, 怠惰因循空騒ぎを以て, 怪しまれた, 恐しい復讐, 恵むの, 悲しいおもいを, 惆悵自失に, 愈よ, 愛着し, 感心する, 慰安の, 成績を, 戦災で, 手に, 手出しが, 手紙を, 抑圧し, 押しすくめられて, 担ぎ上げること, 持つ天皇, 指図した, 捕えられ更に, 捨てて, 掠われれば, 描かせること, 損ずべからざる御直, 支ふる, 政府乗取, 敗績し, 教育法や, 散乱つた, 斟酌する, 斯う, 新主義, 施し恵む者, 日の, 旧秩序, 明君を, 春の, 晦澁と, 暗中に, 書かせるが, 書簡箋という, 最初に, 有る物, 朝顔は, 未だ家, 本の, 朽ち終るを, 枯れて, 柿放り賜ぶ, 案内者たらん, 検挙られ, 極意書風の, 横道に, 歌は, 武力を, 歯を, 死ぬ覚悟, 死語や, 殺さる, 殺られる覚悟, 比する事能, 気が, 気付かれぬよう, 氣の, 水龍符を, 沁みゆく月, 法律の, 注意した, 洩るる姫, 浪人と, 海岸を, 消え残る薄, 淡く残っ, 深く心, 清川と, 渺々と, 漆を, 潜む人事, 激しい立腹, 火を, 炉の, 無心と, 無邪氣, 焦点に, 煩を, 燃えるほの, 父上の, 特権階級に, 狙って, 狼狽し, 玉虫色に, 現われて, 理窟の, 甚しく, 生の, 生血でも, 甲府の, 異常な, 疑問の, 發達し, 白く禿げ, 白粉を, 盃を, 盜み, 目前区々の, 相手の, 真っ白であった, 真相を, 眼に, 睡を, 知って, 知られずには, 知人を, 砕けたそして, 示しが, 示せ, 祀って, 神経の, 私が, 私達は, 移りゆく時刻, 空威張りのみ, 空駕籠を, 立ってる藪, 竜之, 笑つたのは, 笑われながらも, 等閑に, 範囲拡大の, 精神状態及び, 純なる, 紛れ込んだと, 紹介をば, 組織立てよう, 絵を, 縁は, 繰り返すの, 美人の, 考へるよりは, 聞かなくっても, 肥え太って, 能わざること, 腕組みを, 臆病者と, 自分獨が, 自我を, 至っては, 與へられた, 舌根を, 色も, 若き, 苦しんで, 英語など, 茶碗ゐる, 荷物を, 落ち重なる竹, 著書の, 蕗小路足もとに, 薫ゆる, 虚無僧を, 蜜柑の, 行うたやう, 衣を, 褒める遊び, 要ある, 見えなかった, 見えるルーゲン, 見せた物, 見つかっては, 見付けられると, 見物にも, 親しくやさしく完全, 親子と, 言い付けた, 言つた, 言われたか, 言語に, 討たれては, 訴えた, 話してない, 誓わした, 語りました, 誨えられる, 誰も, 請ふわが, 謝罪させたい, 議會に, 讌席に, 財布から, 責任を, 買わせて, 費やすこと, 賭場を, 赤くな, 起らうとは, 足を, 蹲踞る, 軽やかで, 辻駕籠を, 近くまばゆい, 近づくには, 返答の, 迹を, 送りき, 逆徒の, 連想せし, 運ぶおぼめきに, 過ごして, 過失を, 違いない, 遠くぼーっと, 遠慮なく散らばつ, 遥に, 遺言し, 酌取らん, 酔ひどれて, 重々しく世辞, 金の, 鍋中の, 長い袖, 閑人が, 附け加, 限ったこと, 陰欝の, 隙與へ, 雁首が, 雨すこし, 雲は, 青く匂, 非情の, 面食う, 音楽の, 頭髪の, 顔と, 類の, 風浪の, 食は, 食われて, 飲喫る, 首を, 駱駝来れり, 驚きどうして, 高き修養, 高くな, 鬼灯の, 鳴く蛙, 黒壁に

▼ ら~ (3400, 5.3%)

15 それを 14 ここに, して 12 集まって 11 出て 9 手を 7 いた, いて, 何を, 自分の, 落ちて 6 はいって, 手に 5 これを, 目を, 私の, 罰を, 自己の

4 [17件] あった, あって, いっしょに, いつさんに, な盛衰記, わたしの, 他の, 何か, 口笛を, 家へ, 寝て, 来て, 立って, 考えて, 自分を, 舷燈は, 集まりました

3 [29件] おおぜ, おれの, すいて, それで, それと, つたは, つみを, どれだけ, なかった, なにを, なんの, ぼくを, ような, 帰って, 心を, 恋の, 悪いの, 来てから, 来ると, 生きて, 登って, 目には, 落で, 薔薇, 見つけて, 訪ねて, 連署し, 雪の, 顔を

2 [198件] ああし, あつまって, ありました, あります, あると, あるね, いずれも, いたよう, いっぱいに, うで, おれを, ここへ, このとき, この国, こゑ, さいかち淵で, さごろも, する事, そこに, そこへ, そのかわり, そのま, そのまま楕円形, その中, それに, そんなこと, たくさんかけ, たって, ためわけても, た錦, ついて, つくる, てめえで, でたらめを, なが, なくなって, なしたよう, ひとりで, ほんとうに, むっつり右門, もって, もの, やったん, やってきて, やるの, よくやって来た, よろこんで, よろしさ, われらの, ウンと, フランスの, 一人残らず, 一方へ, 一日も, 一般の, 不当に, 両手を, 両方から, 中に, 中心に, 二人ゐ, 五十人も, 交尾を, 人間である, 今回の, 今朝も, 仕事に, 住んで, 住んでるこの, 何の, 便所へ, 信じて, 僕の, 僕を, 先陣し, 出勤する, 初秋, 加勢し, 助からねえ, 勝手に, 去った後, 参って, 叫びました, 叫んで, 可哀そうに, 名, 名人の, 名書く, 君を, 喧嘩を, 城内に, 声の, 夢を, 学士に, 家の, 小屋の, 小床, 少年時代に, 岸に, 工場の, 希望する, 帰ると, 平気で, 座敷へ, 建立した, 当時の, 彼の, 彼を, 待って, 後ろへ, 後を, 心に, 急に, 恐怖に, 息の, 息を, 息吹ためつつ, 憩いの, 手遊の, 捕虜と, 散らばって, 明るくなっ, 時を, 木の, 板垣伯の, 次の, 歌ふこ, 止めには, 武器を, 死ねば, 残喘を, 気に, 江戸から, 沼, 物を, 犬を, 猫騒動, 率先し, 生活に, 皇太子と, 監獄の, 目に, 知って, 知る所, 私に, 空を, 立った, 筆を, 組織しかけ, 経営する, 結束を, 総がかりに, 罷道, 胸に, 自分に, 自動車を, 自由党を, 舟路, 薄月夜, 虔十を, 行きに, 袖を, 要求書を, 見えて, 見たの, 見て, 言う, 許すごとくわれら, 誰が, 足を, 足竝, 身を, 近づいて, 通って, 通ひ, 通るの, 選に, 選ばれた, 遼陽城内へ, 都会文明と, 金を, 銃を, 間に, 隊伍を, 集つて樺火で, 雲の, 青じろい水, 青べかを, 頸根よ, 風に, 饑ゑずしあらばうまから, 首を, 駈けいづる畠, 駈けつけて, 騒いで, 鬢毛美なる恐るべき, 鬼の, 黒天鵝絨の

1 [2702件 抜粋] あいいましめて, あたかも鳥, あとに, あな幽か鬼の, あひるを, あまり村, ある, あるであろうか, あれほど, あんな色, いいました, いかにし, いかに窮乏, いかに重要, いきなり闖入, いそば, いっしょである, いつぱい詰つて, いつも瞥見, いま御, いるうち, いるの, いわゆる権力階級, うしろでも, うまい, うるさくて, おつきあい, おのれら故に, おも蒼ざめて, おる, おれんと, お供, お悔み, お館, かすかに, かわいそうです, きっとしゃべる, きらいだ, くたばって, こ, こうして鎬, こころの, ことごとくその, このよう, この半島, この学問, この最も, この決闘, この精神, こぼれおちて, これに, ごくわずかの, ご主君, さっきッから, しいんと脈打っ, した束髪, しば, しぶしぶと, し元, すぐ仰天, すなわちそれ, するもの, ずっと大きく, せないよう, そうと, そそぐとき, そのたび御座, そのまま楕圓形, その代表, その名誉, その忠告, その業, その甲府, その運命, そもなん, それの, そんなに逸る, そんな話, たくさんある, たたかったの, たちました, たとへ, だらしなくころげ, ちゃんと附いてる, ついに私, つくった案, つけて, つな, でくの坊の, ところの, ともされて, どうしてこんな, どうして知りあい, どこか, どの方角, どんなちいさなもの, どんな気, なおやかましく, なしそう, なで音信, なにな, なんで人, な此, のぞいたっても, のれる千船, はじめて高等官, はやここ, ひさ, ひとつは, ひどくわらつた, ふたりを, ぶっつかったの, へるを, ほとんど全部落伍, ましい心, また人, まだ手, まづ會, みな立去る, みんなくみし, みんなやっぱり, みんな甘い, むしやらなこと, もう七八人, もしあの, もし史, もてあそんだもの, やがてここ, やって来るまでの, やられて, ゆめぢ, ようよう坐れる, よくもフウイヌム, よく英雄たち, よろこぶだろうと, わがこのいと, わしい, わたくしを, わにかけが, わへ, アイルランドに, アレクサンデルに, エムピレオの, カマチの, クラムにとって, ゴーリキイの, スパルタに, ツて, ドヤドヤと, パリーの, フランス芸術を, ペコペコだ, マジダへ, ヨーロッパから, レヴィウ, ヴァイオリンを, 一つ古ぼけた, 一二年生の, 一命を, 一族の, 一歩でも, 一番好い, 一陽来復と, 万一誰, 三人や, 上を, 上陸し, 不具の, 不自由なく, 世の, 両人の, 中津川辺を, 主人公に, 主體自ら, 乗鞍の, 争って, 二つ三つひらひら, 二十幾年前に, 二重三重と, 云ふ, 五六名で, 交ったの, 人家を, 人間から, 今お聞き, 今まで, 今宵大納言師道卿の, 今更の, 他日きょうの, 代に, 仲間へ, 休息所へ, 住む新しい, 何が, 何という, 何人か, 何知つて, 作中の, 侯を, 信じたがってるほど, 借りて, 偽札を, 元で, 先に, 先祖の, 全兵卒, 共産主義を, 再び上京, 冷遇された, 出かけた後, 出廷せし, 出発する, 切り上げ時と, 初めて因襲, 制作の, 力の, 助かるかい, 動きだすよう, 勤王を, 十九世紀中葉に, 半蔵を, 南京玉を, 印刷され, 厳重に, 友たり, 受けたの, 口に, 叫びだしたの, 右手に, 同じこと, 君の, 含嗽し, 呼吸を, 和蘭より, 善良な, 嗅煙草を, 四分で, 困るとは, 国を, 土に, 坂本の, 城地此の, 塩冶の, 壮士芝居へも, 売店を, 夕方に, 外面のみを, 夜に, 大きくなったら, 大御所面で, 大騒ぎを, 失敗する, 奬勵し, 如きは, 婦人科の, 子供で, 存在の, 宇治に, 実つて, 宣伝し, 家常茶飯事にまで, 寂しく成った, 寒い浜風, 寝るとき, 實に, 専ら取り沙汰, 尋ねて, 小牧の, 少しく牢内, 尤も悲しく, 屋根に, 山林に, 巣立し, 市場で, 帰国の, 幕府の, 年々催す, 幼主元, 広間に, 庵を, 式の, 引き揚げを, 弱くて, 強そう, 影見れ, 彼らに, 後でそれ, 得意に, 復仇の, 心熱し, 忍び込んでも, 怒って, 怖るべき, 急ぎだ, 恐るお, 悪いばかり, 悪者で, 意見を, 憎い, 憶えてから, 我が最も, 戦った目標, 戸を, 所有する, 手分けを, 打よりて, 抜けたよう, 押し出すよう, 拝島の, 持つて, 捜して, 掘り掛け, 探偵と, 揃って, 携え来ったの, 支那趣味を, 政治に, 救い主の, 散在し, 数箇所何かが, 斉彬の, 断頭台を, 新撰組, 方の, 日和見主義だ, 日本民族の, 明いので, 春木座にて, 暗黒なる, 曲った腰, 書生芝居と, 最初に, 最終戦争に, 月給の, 朝鮮北方さし, 木片や, 本統の, 来たらわし, 来べきぞ, 東シナ海に, 林を, 桃色に, 棹手の, 榴弾の, 橋の, 歌う朝, 武装兵三百騎を, 死なねば, 死守した, 殲滅される, 母を, 毒を, 気づいて, 水浴する, 江戸で, 沖と, 泊ると, 泣くの, 流れて, 海の, 涙を, 渓の, 湿っぽく濡れ, 演芸に, 潜入を, 火星に, 焚いて, 無心なる, 無暗に, 煙山さんの, 燒く, 父庄右衛門を, 物蔭で, 犇めきあって, 狂人ならぬ, 狼狽なす, 現に營みつ, 現実に, 生の, 生国日本における, 田舎者だ, 申すなら命, 畏敬する, 異口同音に, 痛むと, 白骨島に, 皆劇の, 盛んに, 目論んだ通りおこ, 相手には, 真似るよう, 眼を, 知ったこと, 知らせて, 知るところ, 碌で, 祈って, 祖国から, 神主さんだ, 福音書中で, 穴山梅雪を, 穿ち得たりと, 窺える, 立つて, 笑いながら, 答える場合, 籔を, 素槍を, 結合し, 統率者の, 網を, 編した, 罪を, 群がった, 羽子を, 考へられるであらう, 聞いたり, 聞き知ったならば, 胡地に, 腐肉や, 臆病に, 自分じ, 自己に対して, 興なる, 船長に, 若い時分, 苦しくすこしどっさり, 草創期大衆小説さては, 菓子を, 落ちました, 薬品類を, 蟻の, 行こう, 街路の, 裏の, 西田さんの, 見えられたが, 見に, 見舞いに, 覚えてでも, 觀た, 言い合ってる言葉, 計画的に, 訓令を, 評論なし, 詰腹を, 認めて, 誤って, 誰も, 諸角覚蔵方に, 謙譲の, 讃頌の, 負けたわけ, 貯えたもの, 賃銀値下げに, 起きて, 起るかと, 踏んづけると, 躊躇し惑っ, 身分にも, 軍艦にて, 農具を, 追いついて, 追加された, 送って, 逆に, 通った恐るべき, 通行も, 進歩と, 遊んでる時, 運びを, 道ばたで, 遠い空, 部落でも, 醉つて名詩を, 重寶, 金でなくっ, 鉄砲の, 鋭き剣, 長い年月, 門戸を, 防ぐ火, 隠しも, 集って, 雪投げの, 露骨な, 非人間, 面白半分, 領内に, 頼みの, 飛び出したん, 食事の, 飽くまでも支持, 香を, 駈け出すまで, 騒いだの, 驕慢そのものの, 鬚の, 鳴物入りで, 黄色く見え

▼ ら~ (3017, 4.7%)

42 の間 25 のうち 20 の裡 1211 彼は 10 の調子 9 と云, 識らず 8 お前の, 之を, 私は 7 と言う, と雖ども, ば, 彼の, 觸らず 6 人を, 元氣, 目を 5 これを, とする, に, にはいられなかった, に自分, 之れ, 自分の

4 [14件] と, にいた, にゐた, に何, の中, の事, 一種の, 事件の, 八五郎の, 彼れ, 彼女を, 白状に, 繪解き, 頭を

3 [52件] お前は, この小娘, こんな調子, そ, その上, その人, その方, それに, と雖, にある, にいる, にゐる, に今日, の人, の他人, ば我, やその, わたしは, 一人の, 一度は, 人生の, 人間の, 他の, 余の, 僕の, 先ずその, 又た, 国民の, 声を, 大變, 娘の, 師匠の, 帽子を, 平次は, 弱氣, 必らず, 支度は, 日向に, 此の, 無駄が, 當つて見る, 相手の, 眼を, 私し, 私の, 精が, 自分が, 貧乏臭い, 身に, 身を, 辛抱しとげ, 途方も

2 [199件] うかうか短い, おれを, お上の, お針は, お靜, ここに, これに, さ, そこに, その御, その手, それは, それらは, といい, といひ, といふ, とき, とくと聴聞, とした, とせん, とて之, とは我輩, とは至極, ともその, とも作った, とも驚くべき, と信ずる, と思う, と言え, なつた, なつた爲, なつて, にいられなかった, にこの, にはゐられない, には居なかつた, には居られない, には居られぬ, に來, に居た, に心, に濟, に直ぐ, に相対, に終った, に行く, に行つて, に賤, に身, の美, の者, ばこの, ば軒, むつつりし, むば一家の, むば惰なり, むば憲政本, むば西園寺侯を以て, も, も貴方, やはり隣, や之, や其の, や身, ゴタルと, ポケットの, ラムプを, 一千語は, 一日も, 一時に, 一段の, 中外に, 之と, 之に, 人の, 仇を, 今の, 今や此等, 他に, 以て, 伊藤侯の, 伯の, 伯は, 体を, 何か, 何等かの, 佞者の, 使ひ込み, 來る, 例の, 偉大なる, 元の, 元老の, 八五郎は, 内部の, 分裂す, 分配金は, 勇ましく聞えぬ, 厭がる, 又板垣伯, 友人を, 口が, 喉を, 單調な, 外の, 多からん, 大声で, 大悟徹底し, 女の, 存立を, 宮中を, 寺院の, 山に, 岸本は, 左右に, 平次に, 平次の, 影響を, 彼に, 彼女の, 彼自身を, 待まする, 徳も, 恥かし乍ら自白する, 悲む可き, 情を, 惡事を, 成功に, 我は, 我を, 扁理たちを, 手が, 手を, 手傳, 文字の, 斯んな, 日本の, 明神下の, 最優等, 最後の, 末松男の, 植木の, 此れ, 死人が, 母の, 注意し, 洗つ, 涙が, 滑稽ては, 激せず, 灯を, 然り, 然れ, 牛が, 瓦解す, 生活を, 申立けれ, 発現し, 盃を, 真逆, 眼に, 神と, 神棚の, 私と, 私に, 私を, 穩や, 空つ, 立派な, 笛を, 粉煙草を, 索然として, 統一の, 綺麗だ, 綺麗に, 胃病を, 自ら喜で, 自ら起つ, 自分は, 自己の, 自治案主張者として, 舞台の, 若くて, 葢し, 解つた, 言ひまする, 誰れ, 講談師や, 議院より, 豪傑の, 足を, 足早に, 逼らず, 重しといふとも, 頬を, 頭から, 默りこくつて, 鼻と, 鼻髯を

1 [2157件 抜粋] あいつが, あたま, あの娘, あの重い, いかに貧賤, いつのまにか考えついた, うとうとと, お前が, お成り遊ばす, お祈りを, お銀様, かつ悦ばしき, きまり悪, こ, こうやっ, この, この俺, この前菜, この恋愛, この特種, この調子, これと, これ或は, こんな名所圖繪, ご覧下さいまし, さっき出, しかも鷹揚, そいつが, そのあ, その一, その作用, その妻, その徳, その政論, その移転, その責罰, その青やか, それで今度, それも, そを, ただ手を以て, ちよこ, つまり世間, てよる, というの, といえ, といふ覺悟, とこし, とて何, との事故, とは取り, とは尤至極, とまるまる, ともに, とも先生, とも左, とも諸君方多数, と云わ, と存候, と為せ, と言つた心持, どこか, どんな少なから, なにか手頃, にあけすけ, にい, にいられません, におれ, にきた, にしまった, にその, にただ, になる, にはいられない, にはおられなかった, には居られなく, には済み, にほんの, にや, にタイタニック号, に上つて戰場ヶ原, に交際, に僕, に出掛け, に参りました, に受け継がれた, に大切, に居られない, に彼, に感じ, に押入, に木下, に来ら, に歳, に済むであろう, に生き, に相槌, に私, に耳, に茫然, に裁判所, に質, に通つて來, に過ぎた, に飜訳, のあいだ, のこと, の世間, の四十男, の小, の早, の氣輕さ, の無精煙草, の獨身, の要領, の通行人, はっきり思い浮かべた, ばいかなる, ばなかなか, ばやがて, ば何となく, ば君一, ば富, ば戰鬪, ば末, ば直ちに, ば鎖国, ひろ, ふらりふらり横切っ, まことに何, また個々, また森先生, まつくらな, むしろ谷村以上, むば沈默する, もお, もラジィゲ, も何者, も夜, も寶珠花屋八五郎, も懷, も汝等, も社會, も裸男, やお, や三代目小さん, や外人, や棊技, や自ら, ゆゑに, よく似, わたしを, ウツケ千萬な, カムパネルラを, ゲルマン人の, シェクスピイアとか, スピッツの, テキパキ應待し, ニヤリニヤリし, ヒツソり, ブレーデの, ヤンチヤはんや, 一つも, 一伍一什を, 一家もとより, 一度横光さん, 一枚ずつの, 一等の, 丁寧に, 三文植木を, 三阿僧祇劫の, 下なる, 下手に, 下駄は, 不敬の, 不老不死の, 世に, 世間往々, 中正公明の, 乳虎の, 二の, 二十歳の, 二本の, 互いに近, 亡国の, 人に, 人生に, 人間離れの, 今夜は, 今日も, 仕立たれ, 他所の, 伊集院爪先で, 低かつ, 体じゅうを, 何ごとかが, 何に対しても, 何よりも, 何事の, 何故私, 佛樣の, 併行した, 信を, 候を, 傲然として, 傾聽の, 先生である, 全く婦人, 公儀の, 其の人, 其の妹, 其の爲すべ, 其れ, 其儘其処を, 其極めて, 内儀は, 冗談を, 冷靜な, 出入に, 分際を, 別嬪や, 前にも, 劇詩界の, 動揺する, 北国の, 十口坊も, 南に, 博覧会の, 厚い褥, 厳談せよ, 友の, 反應, 受驗生の, 口汚い調子, 古蹟を, 右の, 同じ個処, 后を, 吾人は, 呑氣さうな, 呼出し吟味に, 咽喉形勢の, 唯其期, 善いと, 四方に, 因襲の, 国民を, 團結だ, 坂を, 執念深くつきまとっ, 場合に, 変な, 外ばかり, 多かつ, 夜に, 夥しい人, 大きな口, 大原君が, 天を, 天鵞毛を, 夫人に対しては, 奇聲と, 女に, 好奇心で, 妥協しない, 始終を, 姿を, 嫉妬なども, 嬉しさ, 字も, 完成の, 宙を, 実在し, 実際幾人, 家も, 宿の, 寢起の, 寧ろ喫煙, 將軍の, 小さな洋子, 小川に, 少女労働者の, 山神の, 岸に, 峻烈でした, 川中へ, 差上申べし, 帳面の, 帽を, 平氣, 年少く, 幽寂の, 序曲的上演題目として, 廉介の, 引きつれ, 強くならう, 当人に, 彼らは, 彼満, 往來へ, 後から, 後半の, 従つて御, 従来部曲等の, 御前さんの, 御呼び出し, 御案事, 御近所, 徳利などに, 必ず一種, 忙しいかね, 快く御, 忽ちに諾, 思つて居た, 恣に, 悠々たる, 情容赦も, 愛を, 憂愁や, 我が帝国, 我輩の, 戯作者仲間の, 所信を, 手伝は, 打者一人, 披見し, 拾ふ, 揉み療治を, 擲き倒され, 支配人として, 政治の, 故れ還りた, 教訓に, 文学の, 新らしい, 斷言し得る, 日吉を, 日本は, 昔と, 是れ, 時々午後, 時代といふ, 晏如として, 暗いところ, 暢達すべき, 月日と共に, 有名な, 朝から, 未だ中學, 朽つ, 東京の, 架空的な, 植へ, 極めて樂, 様子を, 横柄に, 欄に, 次男信太琉球にて, 正しく所念述ぶと, 正直に, 武士も, 歴史に, 死が, 残燈明滅独り思う, 母に, 毒々しいほど, 毛の, 気イ付いた, 氣の, 氣輕な, 江戸への, 決してそち, 泥足を, 洒々落々の, 流行り廃りを, 淋しさ, 深入りし, 混沌たる, 滑稽の, 漸く千本松, 澁い, 炬燵で, 無教育, 無精煙草に, 然に, 熱病の, 燕は, 牛馬扱ひ, 物干, 物驚きを, 独夜枕上これを, 猶春風春日, 現実の, 生を, 用心深く構, 町の, 當惑し, 発動し, 白い裏, 白状すべし, 白状致せ, 皆一つづゝ一つが, 盡きざる, 直に汚物, 相渡し呉候樣, 真に日本人, 眼が, 知つて居るだらう, 石田が, 社会の, 禅や, 私塾大抵は, 秘かな, 空茶に, 突然の, 立ち話した, 笑い興じ, 笑顔を, 筋動を, 粥を, 素頓狂な, 結合し, 綾子の, 繁く往來, 缺け, 美しいネ, 老人は, 聖浄なる, 聽い, 肝腎な, 背向に, 能く, 自から, 自ら給せらる, 自分には, 自問自答にな, 自己のみにて, 自身の, 色の, 芭蕉は, 芸術的衝動に, 若い番頭, 苦にも, 草に, 萬物に, 葛藤を, 藤の木の, 蘇山人と, 螺旋的なり, 血の, 衣服に, 裏, 裸体一貫の, 西國に, 親としての, 親類筋の, 言葉を, 記録され, 話を, 誰かが, 調べ上げられ, 警官は, 貞節なり, 貧乏で, 貨物船の, 足跡らしい, 身贔屓し, 軍備を, 農村は, 返事が, 逐一これ, 遊弋する, 違つ, 避くるあり, 酒と, 酬ふべし, 金網の, 銀座の, 鏡の, 長椅子の, 間に, 闇鈍に, 階下に, 雄蕊の, 雨に, 電車中は, 非法行竜, 面皰だらけの, 響応し, 頑固に, 額から, 願掛けに, 飛上つて舞立つ, 馬にも, 騷が, 髪の毛を, 鬼神なき, 黄色い冬, 默りこくつたま, 鼻唄まじりで

▼ ら~ (2348, 3.7%)

51 して 18 見て, 見まわした 15 歩いて 10 ぶり, 見まわして 8 持って, 相手に 7 呼んで 6 たてて, ながめて, 出して, 連れて 5 こめて, 待って, 見, 迎えて, 集めて

4 [13件] うろうろし, かいて, や, 一町, 建てて, 拾って, 捨てて, 教育する, 歩き廻って, 自分の, 見まわしながら, 見まわすと, 見廻した

3 [37件] あっと, あわせて, するの, つかまえて, みて, キョロキョロと, 一人ずつ, 仰ぎました, 伴れ, 入れて, 前に, 助けて, 引いて, 彼の, 待ち受けて, 押しのけようと, 招いて, 持つて, 捜しに, 探して, 散歩し, 斬ること, 案内した, 殺して, 渡る日, 煽動し, 自由に, 見ま, 見まわしたが, 見まわしました, 見まわしますと, 見ると, 見廻して, 見送りながら, 試みに, 非難する, 飛んで

2 [138件] あと回しに, いかにする, いたはる病後, いれて, うろ, おどろかしたの, かえして, かえすよう, かける猛, きめました, ここに, ここへ, これを, これ以上の, したの, すりならす, そこに, たたきました, つけて, てりゆく月しき, どうやっ, どこまでも, ながめながら, のせて, はじめとして, ひいて, ひとつずつ, ふわふわうるんだ, ぶっ殺せおら, ぶりを, まいて, まじまじと, みると, もって, もてなしたが, やっつけて, よろこばせた, りなる道, ジロジロと, 中心と, 中心として, 中心に, 九泉の, 云ふ, 他の, 付さば, 使って, 侮辱した, 信ぜしめん, 先発着陣せしめ, 入れたの, 内へ, 出迎えに, 勝手口へ, 取り巻いて, 名と, 向いて, 君は, 吹くさ, 呑んで, 呼び集めて, 埋めて, 夢に, 大切に, 家に, 容れよ, 導いて, 差し出したの, 弁護する, 引っぱり出して, 彷徨いて, 心に, 思へばか, 感化し, 慰めること, 我は, 戒めて, 抱いて, 拭いて, 指導する, 摺る鈴, 擦って, 救いだして, 救って, 案内し, 歩き, 灼く, 燃やして, 父と, 片っ端から, 片付けた, 片付けて, 片付け始めた, 理解する, 発見した, 皆, 監視し, 目がけて, 眺めて, 知って, 確かに, 立てたよう, 第二, 衆議所に, 行くと, 裏切るよう, 裸に, 見あげて, 見それから, 見た, 見つけて, 見ながら, 見ますと, 見れば, 見下ろして, 見回りに, 見廻しましたが, 見捨てるの, 覚えて, 責むる者の, 路傍の, 踊って, 込めて, 迎えた, 返して, 返すよう, 追っぱらって, 逍遥いた, 道に, 遣す, 遣って, 邀えられ, 重く見る, 頭に, 顧みて, 養って, 餓死させ, 駆って

1 [1715件 抜粋] あえて全, あくる朝, あざ笑うかの, あつめて, あの男, あまりに文学的, あわれみて, いきど, いじめつける理由, いっしょに, いましめました, うちながめ, うまく処置, うろついてる召使, うろ付い, おつかわし, おどかすん, おどろかすと, おも, お呼び出し, かいたの, かえす合間, かかないが, かけずりまわったり, かけ娘二, かして, かのぴかぴか, かりたてて, きめおもむろにこう, きめて, きょろきょろ眺め, くい止める諏訪藩, ぐるりと, こうして遠方, ここで, こたるに, この三つ, この松並木, こめそう, こわがるもの, さうでなく, さぐった, さしては, さまで熱心, さんざん掠めた, しかりとばしながら, したり, しなくては, じっとながめ, すかしたら汽車, すぐれた他国人, すっかり威圧, すべて照らす, するじゃ, する風習, せなに, そう放縦, そっくりそのまま書き立てたら, そのままに, その耳, そんなにうまく, たがいに, たすけに, ただに, たてながら, たのむぞと, だましひの, ぢさんが, つかんで, つくる, つもらせました, ときどきソーダ湯, とりあげて, とり捲いて, どう思っ, どんなにはっきり言っ, なくなして, なぐり殺して, なだめて, なるを, にらんで, ねらい打ちに, のこぼるる涙, ののしって, はぎ, はじめ全, はっきりと, ばさんあなたは, ひきずって, ひしひしと, ひとりで, ひどく箱, ひろく平ら, びつくりさせる, ふたたび葉, ふらついて, ふん縛れ, ぶらぶら歩き, ぶりの, ほつき, まきそれ, まずのっけ, まだこの, まねかん, みちびいて, みるや, みんな引連れ, みんな殺される, むすびつける強い, めざめの, もっと感激調, もらったきり, やたらに, やはり安土, やるつもり, ゆすぶって, よく思っ, よび集めて, よろこばせ今, らず, わきまえて, ウソ, ガラガラひっかき廻し, シャラースは, ソット見まわし, フランスに, マイて, 一つずつ, 一ツゆすぶった, 一室に, 一斉に, 一泡吹かせ, 一番いやな, 一突きぐいと, 下にも, 与えさえ, 与えられるだろう, 主と, 乗せた駕籠, 予見し得る, 二人の, 五六名引っ, 交えた程度, 人道主義の, 今以て, 他家へ, 仰ぎ見て, 仰有っても, 伝いさて, 伴ひ, 何とかし, 何粒ずつ, 使った人間, 侮蔑する, 促し巓, 信じ若い, 信濃に, 偉人中の, 健忘せよ, 催して, 働かせくれる物, 元気づけ考え込んでる者ら, 光り輝かした, 入れた, 入れれば, 八つみ, 内側に, 冷やすため, 几の, 処刑いたした, 出したこと, 分つ二, 切り放しその, 初め村, 制止しよう, 刺し, 力まかせに, 助けなかったら一体, 助けんと, 励ますよう, 動揺させ, 包み此處, 匍ひもて, 即刻吟味する, 去らせたくないの, 叔父さん叔母さんと, 取りまいて, 取り出すこと, 取り落しました, 取る, 取旁付け, 口に, 叩っ斬ろう, 召されるときそれ, 可愛がって, 叱りつけた, 合す者, 向けて, 吹く, 呑噬してる, 呼びつけて, 呼びよせようと, 呼ぶの, 呼んでるてばな, 喋りまくつた, 喪はむ, 器用に, 嚇した上, 嚥んで, 国境外に, 土の, 地下の, 坂野は, 塾へ, 変化させる, 多少奮い立たした, 夢想させる, 大きにお世話, 大坂に, 失った母, 奔命に, 奪った, 始めここ, 始點と, 娘が, 守って, 安心させる, 宥めかねて, 容れてかの, 寄せつけるばかり, 寝かしつけて, 尋ね廻ったが, 導くよう, 少し散歩, 尽して, 島に, 巻かなくちゃ, 幼い者, 庇うため, 引き入れたもの, 引き取って, 引っ包み, 引摺り廻し, 張りましたけれど, 当てられる, 彷徨うて, 彼が, 往き來, 待ち受けうち連れて, 待つみちのく, 従えて, 徘徊する, 御用船, 心から嬉しく, 必ず健康, 思いきり遊ばせ, 急がせて, 怨んぢ, 恐れたの, 恨むこと, 悉く猛火, 愍れんで, 愛する人々, 愛する術, 感嘆し, 慰めた, 慰問できたら, 憎むよう, 憎悪の, 憚りながら急足, 我も, 截る, 手放しに, 手馴けて, 打った, 払いのけ人々, 抓み上げ真面目, 投げ入れる, 押さえて, 押し包んだ, 拘留せしめ, 拾いに, 拾ひ出し, 指さした, 指すよう, 指紋を, 捏土細工の, 捕獲し, 捻る女郎, 掌中に, 掘り出した, 掠めて, 探しまわった揚句, 探し廻りまして, 措いて, 搗き砕いて, 撃ち殺したり, 撮影し, 操って, 攻めて, 放して, 放逐する, 救いに, 救おうとして, 教えるため, 教育し, 散らせること, 整理すれ, 文人と, 斬るべくカンタン, 旅なすっ, 暫く世話, 書かうと, 本物の, 来たも, 東国の, 根も, 棒で, 横眼で, 檻禁し, 款待した, 正しい生活, 歩, 歩いてるうち, 歩き廻った, 死なしめよ, 死罪に, 殴ったん, 殺しつ兵燹, 殺す大気, 気強く思わせる, 汚した, 油虫かなんぞの, 泳いで, 浴びましたが, 渡す, 満足さする, 漆喰に, 漕ぎ廻って, 激怒せし, 為た, 無情な, 焦す, 焼く火, 熱愛し, 燃す日輪, 片づけて, 片づけ始めた, 牛か, 物思に, 犯さしめずわれら, 狩猟家に, 率いる者, 理想の, 生かすも, 生みつけようとの, 産みたるも, 略奪する, 疳性らしく取, 登るよう, 皆ごろし, 皆守る, 監獄イ入れ, 目あてに, 眺めました, 眺め廻した, 眼下に, 睨みまわしつつ, 瞞す, 知ること, 神, 穴蔵から, 空裸に, 窒息させよう, 立ちあがらせる力, 立てないで, 笑わせるだけの, 納得させるだろう, 経営し, 結び桑, 統率し, 縛るん, 繞り, 罪悪の, 置去りに, 罵りまた, 考えたって, 肥後に, 育て年毎, 肴に, 胡桃の, 腑が, 船へ, 苦しめたる曹操, 英雄なりと, 著ける, 薙ぎ払いながら, 行ったり, 衛って, 表現し得る, 裏切らなければ, 襲うならば, 見あげました, 見おろしながら, 見すえて, 見せずと, 見たとき, 見つつ, 見ても, 見ました, 見まわし, 見やったが, 見るまでは, 見上げて, 見付けて, 見廻したが, 見廻わし, 見捨てたの, 見渡した, 見物させ, 見送った, 見逃して, 覗いて, 触れて, 言葉で, 討つの, 託して, 証明すべき, 詠みこんだ歌, 話すの, 誘った, 説くに, 誹りさればとて, 調べて, 謀らんほどの, 警めぬ, 護り給わんこと, 貧乏人扱ひ, 貫く事, 買い得たかの, 買って, 賣つて來, 起さないよう, 路に, 踊つて歩きました, 踏み潰すぞと, 踏んで, 身動きも, 軽蔑し, 載せ去る二国, 迂路付き廻った, 迎えたの, 迎えるの, 迎え詔勅, 近所の, 返せば, 迷わせたかを, 追いだすほか, 追い出そうとは, 追い攘, 追うよう, 追って来た, 追蒐, 追跡者の, 送った, 送りて, 逃がしやしないから, 逍遥い, 逐出した, 通らした, 通り越し得たり, 連れ來, 遊ばそうという, 運びその, 遠くに, 選って, 酷い目, 釜揚げに, 鎮撫した, 阻むとは, 集めいわゆる, 集め農耕改良, 離れずにぶら, 離れ然, 非難し, 面前において, 頼みに, 飛ばし生, 飛び来る, 食い止めながら, 食客視したる, 飼い世話, 飾るエリオス, 養わないかも, 饗する拵え, 駆り立てるの, 駈け廻って, 騙すつもり, 驚かした銛, 麻笥に

▼ らるる~ (1445, 2.2%)

29 ような 28 に至った 27 ように 24 のである 19 のは 17 であろう, ままに 12 か, ことを, ものは 10 ことも, なり, もので 9 ことが, ことは, ものである 8 ことの, ならば 7 のか 6 ところの, のを, は, ものと, ものに, ものの, 事と 5 がよい, ことと, だろう, であろうか, ものを, 事は, 事を, 者は

4 [12件] ことである, ことなく, ことに, ところが, ところに, に相違, ものなり, ものも, や否や, 事に, 野の, 限りの

3 [21件] が, がまま, が如く, ことなし, とおりの, と云う, のが, のでこれ, のも, ものであっ, ものであった, ものです, ものでない, ものとの, を見, 人の, 心地し, 時は, 様な, 筈だ, 者と

2 [72件] かという, かは知らね, がごとく, がため, が天下, が故, ことあれ, ごときかかる悲哀, ごとに, ぞ, ために, という, ということ, といふ實例, とおり彼は, ときは, ところである, ところでは, ともまた, と同時に, ならん, には, により俄, に及び, に及ん, に異, に至り, のであっ, のであろう, のとは, のみで, の意, の由, の資格, はずは, は易, ばかりで, まで近々と, ままその, もその, ものが, ものなら, ものなら受け, やうに, わけだ, を幸い, を恐れ, を懼, 一種の, 事も, 個所も, 前に, 場合と, 場合に, 場合は, 恐れが, 懺悔の, 木の, 樣に, 没我は, 爆音を, 理は, 理由が, 美は, 者が, 者に, 船の, 虞ありたれ, 虞なく, 通りな, 通りの, 食卓の

1 [831件 抜粋] あたわずと, あの清澄, あり, あるのみ, ある翼, いわゆる, うちには, かお, かがわかる, かそれとも, かたとえば, かたも, かとも信ずる, かと思う, かと思った, かと非常, かなき, かのよう, かもしれん, かも知れない, かも知れぬ, からだ, からである, からでしょう, からドウ, から今度, から教育, か拙者, か知れぬ, か肝, がご, がまた, がよし, が不思議, が儘, が印度, が如き, が当然, が故に, が朝, が此処, が瞬間, が飛雲, くらいだ, くらいの男, けれども軍隊発達, こうした自然, ことこれも, ことだ, ことなから, ことなくなり, ことによって, ことにより, こと三年小田郡は, こと二度で, こと二百余年今や, こと少き, この低級, この地, ころであった, ごとき勇者, ごとき固くるしい, ごとき心地, さびしさ, しそちども, そういう天性, その地質的組織, それらの, だけで, だけの荷物, だけは噛みし, だけ影, だけ避ける, だろうかとは, だろうなどと, てふ, であらう, であろうまた, でせう, では, とあった, というはいかに, というはこの, という事, という場合, という意味, という考え, といか, といきなり, といふ事, とおりあの, とおりこれは, とおりどこからとも, とおり七月革命の, とおり今や, とおり女文字しかも, とおり特別仕掛けの, とおり衰え果て, とかあるいは, とか聞きました, ときその, ときに, ときも, ところから, とその, となすなら, とにはあらね, との自白, とは, とは常に, とまだ, ともずっと, とも一言, とも解らん, とやらで, と共に人々, と思う, と承わる, と極, と自ずと, と自分自身, と鬼神, なきよう, なく目前, ならいにて, なら妾, なら生涯, なり一切御沙汰, なるべけれと, な欝勃, にいた, にお, においてはなんぞ御, にかく, にし, にしく, にても證, にはあらざる, には家康, には百年二百年, には若い, にもかかわらず, により先手の者上京, に今更, に充分, に及ばん, に反し, に同じ, に堪えない, に就, に弥, に従って己, に止まらず, に耐えざるごとく, に至つた, に至ら, に至りし, に至りました, に至れり, に葛布, に過ぎない, に驚き, のさえ, のすく, のだった, ので, のであった, のです, のでその, のでファラデー, のに満足, のみだった, のみならず押し倒され押し挫, のみならず早く, のみならず西比利亜, の処, の場合, の外, の必要, の憂い, の故, の条, の結果, の詔, はお, はお前, はずなりし, はよほど, は一体, は今, は余, は俳道, は即ち, は常, は床の間, は昨今, は汝神, は牝鶏, は知れた, は習慣, は若い, は近頃ちと, ばかりです, ばかりでなく, ばかりなる, ほかに, ほどこの, ほどになった, ほどの健康, ほどの単調, ほど悲惨, ほど沖, ほど特色, までな, までにこの, までに愛でられける, まで一生懸命, まま, ままわざと, まま十二月其地に, もお, もさ, もの, ものかは, ものぞとの, ものだらう, ものであろう, もので無い, ものとても, ものなれ, ものなれども, ものばかりが, もの宗教科学芸術哲学等より, もの必しも, もの盖し, も乃公, も余, も嬉し, も恥, も恥ずかしい, も無理, も誠に, も離れじ, も頼, やうな, やこの, やその, や九条兼, や否, や国事犯者, や彼, や我が, や東洋, や獄中, よ, ようで, ようなりし, ようにも, よう何とぞよしなに, よう併せ, よう思いなしか, よりは勝れ, よりは勝れり, より辛う, わけで, を, を例, を否みかね, を好まず, を宮, を待ち, を怖, を憂い, を推除, を無上, を生涯, を見る, を覚えしめざる, を避けん, アカネ科の, アムブロジアの, エレクトロリチック・デテクターという, メスが, ヨブは, 一切の, 一般普通の, 三角測量標を, 上様の, 不幸は, 世界の, 事, 事が, 事で, 事ゆえ別して, 事件に対しては, 事実である, 云々, 人々によって, 人と, 人に, 人も, 人を, 人少なから, 人達は, 今の, 以上この, 位なれ, 何かが, 例が, 便宜が, 保勝会の, 倭王武の, 傾きが, 公園下までの, 処が, 処なる, 分でない, 前は, 卍字は, 危急な, 原因を, 口碑を, 古い直垂, 向きも, 呉ヤヨ, 問題では, 因縁に, 困難も, 国民全体までも, 埃に, 城址の, 場合を, 塵袋にも, 壯美の, 大きな眼玉, 大日沢である, 大炉と, 天の, 天皇に, 天皇に対し, 天真の, 奉公の, 女性である, 如き無心さ, 如くに, 子は, 孫六水火の, 客人が, 客観も, 富豪に, 将来の, 山上の, 平家の, 広大なる, 庭の, 当時の, 形勢は, 形容詞或は, 彼は, 御所存, 御熱心, 御身分, 微笑も, 徴候が, 心地ぞ, 心配ありし, 忙しさ, 念に, 思いして, 思いを, 思ひで, 性質の, 恐れは, 恩恵である, 愁也, 愉快な, 愛情の, 我々の, 我なれ, 所それからまた, 所以は, 扁平石, 故に肉汁, 教育の, 数で, 文字に, 新らし, 方々は, 方便仮説が, 日の出と, 日も, 日本美術品は, 旨において, 星を, 時に, 時には, 時人は, 時刻と, 時勢を, 時間の, 最後の, 有用な, 林を, 果も, 棒が, 様に, 権利を, 機会を, 次第です, 歌に, 歯痒さ, 水野筑後の, 沸きたった, 活力の, 淫れ, 清川の, 点が, 無考慮, 父などは, 物を, 状, 状態に, 猟人らの, 現実家の, 由を, 畏敬と, 目の下近く水が, 目的を, 石であった, 程一生懸命に, 立場が, 笛鼓太鼓は, 筈と, 節は, 節約を, 納屋を, 綱手縄たゆ, 縁とも, 美しい数々, 老が, 老人を, 者でない, 者なる, 者の, 者らを, 聖殿に対しては, 自分に, 自然の, 自由は, 舞踏や, 色の, 芸術的探偵小説などという, 苦悩に, 薩摩芋が, 衝動と, 西洋館さえ, 言ひたい事は, 言葉は, 計画で, 証左である, 試煉によって, 諸王諸, 講堂及び, 貴方の, 資格あり, 身と, 身に, 身をば, 辰何とか, 迄, 近藤勇土方歳三らは, 通りこれから一気に, 通りだ, 通りである, 通りわし, 通り了海どの, 通り僕, 通り太古, 通り拙者, 通り至極, 通り首が, 運転手高辻の, 道筋などを, 酒料の, 重そう, 金と, 錯誤を, 長い時間, 限りは, 階級の, 雄鶏に, 霜月丑の日の, 面をば, 音が, 類似を, 風情そわそわ, 風情であった, 骨なし, 點は, 鼠なれ

▼ ら~ (1421, 2.2%)

16 平次は 9 こつちから 8 八五郎は 6 さすがに 5 それを, つくねんと女部屋 4 いっしょに, また, またその, 今は, 出て, 来て

3 [14件] ありません, いた, じきに, それに, なかった, 不思議に, 二人の, 各, 妙に, 小僧には, 平次の, 手を, 私の, 覚えて

2 [77件] あった, あとから, あの時, あわてて, おふみ, お蝶, ここで, このいたずら, これでは, こんで, そうな, そのあと, その時, その生活, その通り, それほどわる, どこかに, ないと, ながれて, なくなって, また人間, また夢寐, また第, ガラツ八の, 一度は, 一応は, 一疋か, 三人の, 二人は, 交じって, 交つてまだ, 人の, 人間だ, 人間であり, 何う, 何か, 何が, 何だか気の毒, 何の, 信吾の, 口を, 女の, 子供の, 幸福で, 幾度も, 彼の, 心では, 心に, 心の, 思い思いに, 恐れを, 手早く仕度, 手早く支度, 昔は, 決して休息, 無暗に, 無論に, 生きて, 知って, 私は, 空腹を, 精一杯の, 聖書を, 聞きたいもの, 職務には, 腹が, 自分たちの, 見えません, 見て, 見付かりません, 見付かること, 身体が, 車を, 順礼の, 頭を, 頻りに伊豆, 駆けて

1 [1152件 抜粋] ああされる, あきらめるもの, あなたの, あの役人, あの辺, あらかた舟, あります, あるの, あるわよ, いかにし, いこい我ら, いちおうひきかえす, いつ迄も, いわゆる社会改造, うろたえて, おちおちし, おのれが, おもてむき, おらんため, お伴を, お内儀, お前さまと, お政, お縫, お關, かれこれいう, きらいな, こ, こう退屈, ここへ, こっちの, ことごとく僕, このちかく, この剽輕, この方, この若い, この辺, この面喰つた正直者, こらへ, これで, こッちからも, ごっそり転属, さまざまに, しきりに諫め, しばしば目撃, しまいに持彦, し人, すぐ後, すでに神通力, すべてを, ずいぶん苦しめられた, そうです, そう思え, そう鑑定, そこで二階, そのま, その下谷, その処置, その土民たち, その後どう, その気, その組, その血, その集落, それから生じた, それぞれ財物を, それだけの, それで, それは, それら各種の, それ遣つ, そんな秘密, ただ奥, たぢろぎつ, たまさんの, たれも, だいぶ穏やか, だんだん大きく, ちと手応え, ついて, つい見る, つてゐる, つまんね, つり込まれ, できて, とうに刑部, とにかく表面, ともにイエス, ともに斬, どうせうかとため, どうも証拠, どんなにしあ, どんな空襲, ない個人感情, ない口ぶり, なか, なくなるでせう, なく白い光, なんだかこれ, なんだか薄気味悪く, なんにもない, のちの, のるか, はあ好き, はざまの, はじめは, ひそかに, ひとしく皆, ひどい目, ぶるるるふう, ぽち, まがりなりにも責任, まじって, またこちら上座, またマリユス, また世間, また乾坤二口, また制法, また古池, また多く, また思ふ, また死ぬ, また私, また軽く, まだみさお, まねて, みな何事かと, みな言い合わした, みんな不愉快な, めいめいの, もうわし, もう何処, もう毎日真黒, もう逆らわなかった, もはやそこ, もはや彼, やがて赴く, やっぱり俺, やはり君たち二人, やられて, よかったら, よくは, よく自分自身, よろめかす, わが家の子, わるくありません, アグネきってる, カツを, ガラツ八は, キーシュの, ムクを, ヤキモキいたす, ワグナーの, 一つ穴の, 一人前の, 一匹も, 一度に, 一方その, 一方今, 一日仕事に, 一様に, 一緒でありました, 一致し, 万障を, 上村へでも, 不浄役人という, 中井後藤二氏の, 久光も, 乗って, 事の, 事態重大と, 事物を, 二三人投げ飛ばし, 二心なく, 二階の, 五六間路地の, 亦それぞれ用達し, 亦其, 人が, 人間な, 今まで, 今年四十五じゃ, 今日は, 他の, 仲よくせよ, 仲間入, 似たり, 何だか二十七, 何ともいえぬ, 何やら吉報, 何処か, 何時もぎりぎりまで, 何處か, 何遍も, 余計な, 來た, 偶然に, 元気が, 兄を, 先づ丁子屋へ, 光の, 入って, 全く円朝物, 公儀に, 六郷左京の, 共々心配, 共に恥辱, 共に義貞, 共に首, 其位の, 其足を, 内心厭な, 凡そ金鉄, 出立する, 初めて見る, 初めは, 利口じゃあねえ, 到着した, 力の, 加入し, 加担し, 助太刀を, 労働階級の, 十分な, 千本金之, 半十郎, 南条左馬之, 危なかった, 叔母さんは, 口には, 口外する, 古着屋へ, 可哀想とも, 可愛が, 吃驚する, 吉兵衞は, 同じよう, 同意した, 同様なれ, 否応なしに残らね, 命ぜられしこと, 和声の, 品に, 唯もう自分, 唯今相, 商売の, 喫驚りした, 嘆くでないぞ, 土を, 場所によっては, 声を, 夕刊の, 多い世の中, 多かったろう, 多数続々, 大して極り, 大勢いる, 大名も, 大恐悦, 大略の, 天つ, 天竺の, 失って, 女中頭らしい, 如何にもその, 妻木右太, 婿の, 孔明の, 学理的だ, 宝探しは, 実に思案, 宣平門の, 寒空に, 寝床の, 審美的に, 小娘の, 少しの, 少しも, 尚彼, 尚諸氏, 居ること, 峯松の, 差出がましく振舞うべき, 帰国相成るまい, 平次に, 幽霊の, 度々同僚, 引き揚げて, 当分は, 当然足利屋敷, 形を, 役者らも, 彼を, 後には, 後悔し, 御隠, 心していた, 心には, 心中に, 心強いわけ, 必死と, 忙しさうに立ら, 忰や, 思った, 思はず智惠子, 思わずつい, 思想家にとっては, 怪しいよ, 息を, 悪しからず引, 悲しみ深い, 惨憺たる, 意外の, 感付い, 慄え, 成るべくお側, 我慢し, 或いは結論, 手早く身仕度, 招飲致候間お, 探すと, 救われた, 敢然として, 整然, 文学化した, 日本人だ, 早く戸締り, 早駕籠, 明日は, 明朝の, 昔の, 昭和遊撃隊と, 時代も, 暗黙の, 書かれない慣はし, 最初から, 最後に, 最近あの, 未だ到達, 本署まで, 来なかつた, 梁山泊へ, 槍が, 次第に同化, 歓喜の, 此人の, 此処に, 此時刻に, 死を, 殆どなく, 殺された, 毎日こ, 気がつく, 気づかずには, 水だ, 決して楽観, 決意を, 泣いた, 泪を, 浅井殿, 海の, 淋しいだろう, 深く詮議, 清潔に, 満月を, 満足では, 漸く動き出した, 濠水に, 為吉が, 無いという, 無し清次郎, 無用に, 焼けて, 煙草を, 父兄の, 爾か, 物の具とっ, 狂った眼つき, 狼狽した, 猶平凡, 現れやがて, 現今の, 生きては, 生命を, 田舎でこそ, 甲府まで, 申すこと, 異論は, 發足し, 白山の, 皆な, 皆入獄, 皆女中小僧, 皆彼女と, 目黒へ, 相ついで, 相当自身, 眠りに, 眼は, 眼玉の, 矢張静子が, 知ってる, 知らず候, 知らなかったが, 知らんの, 知るが, 知れり, 神妙に, 禄高が, 私には, 穢土の, 立ちたり, 立ちましょうから, 立派に, 笹野の, 等持院へ, 素姓知らし, 結さまの, 総出で, 繋がる縁, 美しい尼姿, 美人を, 老いたり, 聲の, 職業柄斯う, 肥桶を, 腐敗芸術の, 腹を, 自分の, 自転車に, 與之, 芋づるに, 花屋敷の, 苗を, 若い娘ら, 若けえ, 落ちついて, 薩摩と, 蛍くさく, 蝙蝠に, 行く, 行こう, 行ったそう, 行つてみ, 表戸, 裾を, 要するにその, 見えて, 見えないと, 見かけ申したこと, 見事に, 見当らないその, 見物する, 言い迎えの, 認めたと, 語り出る樣私, 誰知るまい, 貝六は, 貪欲だけで, 賛成した, 贅沢品職工の, 起きあがる, 足を, 身の上の, 身動き一つしない, 軽ん, 迂濶, 近づかない, 近頃にな, 逆賊であろう, 途に, 連作し, 運が, 遠い配所, 適当に, 都の, 重井葉石らと共に, 野菜位町の, 金を, 錢形の, 鍛練と, 長い顎, 長話を, 閉口し, 降りる, 随分ぶうぶう言っ, 集まって, 電話なんか, 音楽に, 頑強に, 顔さえ, 顧みて, 飽き足らず, 馬に, 馴れたよ, 駕籠かき渡世の, 驚いて, 高いもの, 魂消た, 黒い眉

▼ らない~ (1319, 2.1%)

29 のです 23 のだ 19 やうに 18 のである 14 うちに 13 やうな, ように, んです 12 の, よ 11 ことに, のは, んだ 10 のを, ものが 9 のか, ものは, 方が 8 ことを, で 76 ことは, ね, のが, 樣子です 5 から, であろう, と云, と思った, と言, のであります, ものだ

4 [12件] うちは, ことが, でゐる, ということ, といふやう, と思ひます, と思ふ, のであった, ものと, わ, 事が, 事に

3 [23件] かも知れない, からね, か八, ことだ, であらう, でせう, ではない, で下さい, というよう, といふこと, な, ばかりでなく, ままに, もので, ものに, ものを, もんだ, ような, 中に, 事を, 次第である, 者は, 裡に

2 [85件] うちから, からで, からである, から一両日, から私, がそれ, がとにかく, が山, が翁, けれどもその, こと, ことで, ことばかり, ことも, さう, じゃない, ぜ, ぞ, だらう, ぢや, つもりで, つもりである, つもりです, つもりな, でいた, でいる, でお, でしょうね, でしょうよ, でただ, でもいい, でよ, というの, という風, といつた, といふ事, ところに, とされ, と云う, と云つて, と思う, と申し上げる, と言う, と言つた態, と言つて, のだった, ので, のでありました, のでございます, のでした, のでせう, ので今日, ので仕舞, ので口, のね, もの, ものである, ものなら, やうで, ようなら, ようにと, わけだ, わけには, 人が, 人でした, 人では, 人間が, 人間として, 以上は, 前に, 四角な, 外の, 女が, 彼らは, 心算です, 時には, 様に, 気もちに, 法は, 筈だ, 筈の, 限りは, 顏を, 顔でも, 鷹揚な

1 [704件 抜粋] いぎりすの言葉, おまへ, お話で, かお, かで芸術作品, かとも聞かず, かな, かに音楽, かもしれない, かよ, かよ八, からお, からお前さん, からこそこの, からさ, からそこで, からその間, からだ, からとさう, からともかく, からなん, からね誰, からもっと, から今, から俸給, から内弟子, から婦, から岩, から心配, から朝お早う, から病気, から變, から通弁役, から間違つて, から飯島自ら疵口, か武士, が, があの, がその, がそれとなく, がただ, がどうか, がどこ, がろ, がわし, がわれ, が一方, が之, が他, が住宅, が兎, が墓地, が大阪, が巴里, が忽ち, が或, が昔, が晩年, が此頃, が相, が祟らなけれ, が私達, が縄, きのうまで, くせに, けれどその, けれどねいつも, けれどもどうも, けれども飜訳, けれど常世, けれど稀, こう言, ことかも, ことである, こととして, ことを以て, こと夥しい, こと学問の, この身, ころであった, さうだ, さうで, しいろいろ, しお隣, しかし内容, しその, しどこ, しもう, し法衣, じゃあいけない, そうだ, そうである, その竜造寺長門守, そらよ, た, ために, ための, だらうか, だらうが, だらけた風, だろうし, だろうと, つて柳屋の, つて言つてた, つまり饒舌, つもりに, でいらっしゃる, でうすく, でお前, でかなり, でくり, でこなた, でこんな, でこんなに, でじつ, でその, でちやう, でと言, でどこ, でね時どき, ではいられぬ, ではおかなかった, ではと極り, では無い, でべろりと, でもい, でもその, でも善い, でも坊主, でも歩け, でも活, でも生活, でも遣り, でやっ, でピン, で一本松, で三人, で今, で八月, で写真器, で出る, で客観, で小僧, で居た, で帰る, で忌憚, で懐手, で挽きはじめる, で新しい, で書い, で板橋, で清浄, で甘い, で眼, で社員, で私, で純, で置く, で腐っ, で自然, で足, で通り越した, で運, と, というビスケット, という声明, という様, という様子, という気色, という点, という結果, という診断, という顔付, といっ, といったよう, といった様子, といつては, といひ切れる, といふ事實, といふ場合, といふ風, とこの, ところから, ところまで, ところも, とする, とその, とでも思う, とはけっして, とは云, とは思はなかつた, とは限るまい, ともかぎりません, とも片付かない, とも限らない, とやはり, とわかつ, とハッキリ, と云った, と云ふから, と何處, と信ずる, と先輩, と多年山登り, と女中, と小, と彼, と思っ, と思はれたさうだ, と思へ, と本当に, と気持, と申し, と知っ, と答, と考えた, と見え, と言い張っ, と言った, と誤解, どうか母さま, どうやら苦戦の, などといふことぢ, などと呑気, なら歸ら, にしろ, にちがい, に違, ねえ, のかい, のかと, のかな, のさ, のぢ, のであたし達, のでいつも, のでここ, のでしばらく, のでね警察, ので一週間, ので上側, ので二階, ので原子爆弾, ので困っ, ので後で, ので心配, ので探し, ので暫く, ので本尊, ので狭い, ので白, ので直ぐ, ので知り, ので竹箆返し, ので非常, のと, のにフォイツ, のに日, のみかかく, のみならず, のむべゑ, のよ, はずです, はその, ばかりか年々, ばかりにし, ふうであった, ぶちまけて, ほどその, ほど場打, ほど寒く, ほど狭い, ほど痛々しい, ほど私, ほど色々, ほど資本, ままで, ままの, ままブラリと, まるで釜烹, みえや, もありません, もない, ものかと, ものであった, ものであります, ものにもな, ものの, もの作家の, もの自らを, も二人, やうだ, やうである, やうにといふ, よう注意しいしい, よと云う, らしい, らしく一週間, わけも, わづか, んだい, んでしょう, んでせう, サ, ジメジメした, ジュク, ビルディングの, 一定不, 上翌, 不動の, 不意の, 世間話に, 中から, 事にまで, 事の, 事も, 事丈確かめ, 事件だ, 事働きの, 二人が, 五カ年計画, 人たちであった, 人たちばかり, 人だった, 人です, 人は, 人ばかり, 人ばかりさ, 人よ, 人を, 人柄で, 人達が, 人間, 人間を, 今日中に, 以上番楽と, 以前の, 位である, 位人工的に, 位凝然と, 何もかも, 作家が, 俳優たちが, 個処が, 健三の, 先生が, 全体の, 処が, 力を, 劫初から, 千島は, 卍の, 印象を, 原因で, 同じな, 同士の, 同志らしい, 図に, 國である, 土の, 場所へ, 声であった, 夕餉を, 多くの, 大道商人の, 女でございます, 女に, 學問は, 安全な, 安眠を, 客に, 密偵部員が, 尋常の, 小さな女の子, 小野忠明は, 嵩張らない紙質, 川下を, 年上の, 幼児で, 彼女と, 御獨身, 心からの, 志操も, 思考を, 意地を, 意気を, 愛が, 愛嬌笑ひ, 感じを, 感情の, 態度が, 我々は, 或は高, 戯曲が, 所ですますらしい, 所の, 扱ひでした, 技巧が, 持論な, 散歩の, 方で, 旅の, 旅人を, 日本が, 昼間の, 時代も, 未だ頑是, 東京から, 松柏さえも, 様な, 樣な, 樣子でした, 歌が, 武士姿であった, 武者修業精神が, 気が, 気もちで, 気もちを, 気持は, 気持を, 気毒な, 氣持ちで, 氣持にな, 渝った, 災害を, 点が, 物が, 状態に, 狂的な, 現在を, 理由が, 生活, 男の, 男性の, 留守家族の, 異国の, 病勢の, 病気, 病気に, 目に, 相川の, 相手の, 眞の, 私が, 私の, 程だ, 程力強い, 程度で, 種類の, 積りでございます, 箇所が, 節々が, 約束を, 絶望の, 老人が, 考へを, 耐らない, 腰つきで, 臆病な, 自分の, 自分達に, 興味を, 舊年の, 舞台を, 色の, 葦が, 虎など, 観念を, 覺悟です, 言葉が, 訳が, 訳であります, 訳には, 話ばかり, 語だ, 語の, 語を, 談話に, 貴重な, 赭土の, 軒庇から, 通人も, 部分が, 部分に, 酔態に, 間は, 間柄では, 限り害は, 面を, 頭です, 頭を, 顏で, 顔が, 顔の, 顔色を, 風でした, 風に, 高話, 黄昏の, 點から

▼ ら~ (1156, 1.8%)

22 則ち 14 何故に 11 如何に 10 如何なる 7 彼れ, 此の 6 汝の 5 汝は 4 何が, 彼等は, 我々の, 我等の, 自分の

3 [15件] この無題, これを, すなわち今, わしは, わたくしが, 介抱し, 何の, 可笑, 君は, 彼の, 我々は, 拙者が, 是れ, 神は, 試みに

2 [58件] いおう, ここに, この五段目, これらの, ご案内, すなわちこの, そは, の文句, へ, やと, わたくしの, ロープか, 世に, 乃ち春秋いく度か, 人間の, 今の, 今囘, 今日は, 今日より, 他の, 何か, 何も, 何事を, 僕は, 先生は, 公は, 其方に, 其方は, 其時の, 単なる説明, 即ち是, 又, 同一の, 問題は, 將來は, 年老りだ, 彼が, 彼は, 御免を, 我は, 戦前の, 日本の, 日本は, 星亨氏は, 是より, 是非に, 此傘は, 歴史の, 汝も, 浮世絵は, 物理学の, 理想的大隈内閣とは, 白鳳か, 真の, 私は, 自分は, 誰が, 貴殿は

1 [893件 抜粋] いおうか, いかなる人, いかなる身分, いずれまた, いつの, うけ候, おぬしとは, おれにも, お前さんは, お待ちする, お止め, お気の毒, お相手, かかる, かくの, かの有名, くれて, この, このへん, この一書, この中心, この八幡, この名, この国際連盟, この大本, この対象化, この小僧, この意志, この手斧, この書, この産業, この管理, この親子, この輓近, この骨, ご教授, ご辺, さきに, さてはと, しては, すなわちかの, すなわち人, すなわち吾が, すなわち徳行, すなわち無形, すなわち論者, ぜひも, そなた, その他の, その作品, その吾, その国, その天, その學, その幻覺, その時期, その根本的精神, その環境条件, その竜宮, その精神病者, その起源, その通信, その間磔柱に, その鬼, それが, それは, それをも, そんなに原書, そんな既成観念, たとい鳶, で人生, とてもの, どういう訳, どういう風, どうして警察, どこより, どんな排泄物, どんな歌, どんな演劇研究所, どんな身振り手真似, のて, の勲何等風, の献酬, ひとつ天下の, ほんとうの, また我, みんなハイキングに, もし貴, や, やといふ, よしされど, わが國民, わが子戰の, わしの, を指, アヌンチヤタは, エレン・ケイが, オーヴァー・シューか, スコラ学は, フェノロサが, ボオドレヱルは, メリー・ロオジャース事件の, ロアイヤル港や, ロッツェの, 一つ馬の, 一体どういう, 一切の, 一同下るべし, 一婦を, 一方が, 一歩進め, 一般の, 万一にも, 三河殿始め家臣一統にも, 与えられん, 世人が, 主従二人し, 九郎兵衞が, 事件という, 二氏は, 五尺六尺雨戸明けられぬ, 享年四十六で, 京都へ, 人一倍眼, 人事の, 人生を, 人足料として, 今は, 今夜逆寄せ仕り, 今宵限りの, 今日使いとして, 今日幾何の, 今直ちに, 仕方が, 他に, 仰に, 何ぞ獣, 何ぢや, 何で, 何でも小, 何と, 何れへ, 何をか, 何を以てか, 何人の, 何故日本北端, 何故論語中, 何物じゃ, 何者か, 余なる, 修行者は, 俺も, 個々の, 假名遣, 傳吉は, 僞盟の, 先ず民衆其者, 先主は, 先其金子を以て, 先生が, 入交つて, 八千八聲を, 六の, 其の作家, 其を, 其儘にて, 其夜前, 其方には, 其方妻名は, 其方猶, 其時汝は, 其甚之助は, 其石塔へ, 其解決の, 其諸君の, 其醫師を, 其金三十五兩は, 出で, 切たる, 刑事部捜査課長たる, 列国協同し, 則ち期せず招かざる, 前に, 前回被告が, 劉梅泉の, 力競べせ, 助けは, 勝手次第如何, 化物の, 北沢は, 十一十二十三日で, 十八世紀の, 半き, 単に矩, 即ちその, 即ち其年貢, 即ち基礎教育, 即ち朝鮮, 即時に, 去りて, 又候外, 取迯, 口を, 右の, 合理的の, 同人左の, 君よ, 君少し, 君等に, 君等は, 吾, 吾と, 吾人の, 吾人は, 周迪成美の, 哀しからまし, 唯だ, 唯今御, 問うぞ, 啻に国体, 善美とは, 因幡が, 困ること, 国家必要の, 国民の, 地球人類が, 坑夫等を, 埃及が, 壇浦の戦は, 外来の, 大丈夫と, 大岡殿の, 大師入唐の, 大物主の, 大高救援の, 天下二品な, 天保五年生である, 天保十年生で, 天国は, 天照らす, 奥州話に, 女史も, 好きように, 如何する, 如何に之, 妻に, 婦人に, 婦人を, 学校に, 學問を, 安樂, 安永七年幸子二十一歳の, 宗冬どのに, 宜く, 実に驚くべき, 家内同様に, 寄り來ざらめや, 實に, 寧児をも, 寿海の, 將ヘクト, 小八, 小生の, 少しく無理, 尚武任侠は, 山をも, 屹度人殺, 屹度間違なく, 左様に, 常陸坊海尊だろう, 平次殿御, 幾日に, 廿二三年前の, 当今の, 当時徳安改磐安の, 彼女は, 待とうと, 後来起るべき, 御主人仁左衞門殿, 御免, 御同伴, 御尋ね致す, 御意に, 御意の, 御暇申, 御歸迄相待申可, 御用は, 御言葉, 心は, 必ず地, 志を, 忠琢は, 快楽説は, 念の, 急度傳吉が, 惟繩は, 惣内里では, 惣助を, 愈ん, 憑司は, 我が妻, 我も, 我ら見, 我我は, 我等と, 我等を, 我郷なり, 或は吾人, 戯曲作家が, 折を, 折角の, 抱へ, 拙者にも, 拙者は, 拷問に, 持主は, 持福寺左内どのが, 掃除し, 支倉が, 政治は, 敵が, 數多き, 文化十三年生で, 文右衞門は, 文政七年生で, 文明も, 斯く讀み, 新島君の, 日本人の, 日頃出入致す, 早々落延ん, 早乙女主水之, 明方迄には, 明日より, 是は, 是を, 時間とは, 暫く控, 更に, 更にせ, 曹操は, 月日の, 朝倉殿には, 未だ字音, 未だ當所, 末代は, 来年は, 柏軒は, 案内は, 梅子さん是れで, 榛軒の, 次に起る, 欧州全土は, 歌おう, 正太夫, 此一条は, 此上は, 此品は, 此奇異なる, 此宇宙本, 此希願は, 此度は, 此所で, 此所謂弘安本とは, 此機會にと, 此段申上べし, 此處に, 此話の, 此進歩を, 此靜的實在なる, 武蔵は, 歯痛ボートク, 歴史が, 死刑執行者を, 民族自決と, 気合とは, 汝ぢ其三五郎と, 汝と, 汝上手に, 汝等享保十一年, 沢庵どのへ, 河豚に, 法律と, 洋々たる, 浪人大橋文右衞門が, 添書を, 源叔父が, 然ら, 爲に, 爾は, 片時も, 牧を, 犯人の, 独逸は, 猶太, 玄則が, 現在の, 理に, 産し親, 申しても, 申受んと, 略伝は, 當年中には, 疼痛は, 白丘ダリア嬢は, 白状すべし, 百千の, 盟へ, 直ちに部署, 直に, 直温所撰, 相済みません, 眞淵は, 真に願っ, 真実在, 矩とは, 破壊が, 社会制度の, 神の, 神より, 神霊の, 私の, 科学者は, 程能斷り, 稲葉山へ, 立ち帰り, 競争は, 第一行, 第四, 節と, 簾は, 糧尽く, 維新後一たび岡西待蔵と, 編者は, 翌は, 聖人格の, 聞くが, 聟又七殿お, 聢と, 臣は, 自己は, 自然は, 自然を, 與へられ, 良人たる, 英人は, 茶碗や, 菅頼二家の, 藤陰は, 蘭軒は, 蚊帳の, 血判を, 裁判長は, 見せよいざ, 観客の, 討て迚待, 記せよ, 詩人は, 詰り何, 誓言を, 誰の, 請ふ告げよ, 諸元素, 諸君の, 諸王も, 諸神信仰, 讀者は, 豊内記に, 貰って, 買収の, 越前其方が, 足りぬべしこれ, 路用を, 車が, 農奴なる, 近代文明の, 返辞を, 追て, 途中の, 通っても, 運動表象の, 遠慮なく戴き申さん, 醜い姿, 金倉を, 金解禁が, 鉄砲の, 閣下山木の, 阪兵入, 陸戦は, 隠れたるに, 雲切仁左衞門方へも, 靜的なる, 韓国宮廷の, 預けて, 頼むべきもの, 飽くまで官職, 體驗される, 高山君は, 鳳雲の, 黒焦げに

▼ ら~ (911, 1.4%)

18 うちに 15 のである 8 といふ, やうに 7 か, のは, ものに, 日 6 ものが, 内に 5 ことは, のか, のだ, ものは, ように, 者の 4 と見え, もので, ものである, ものと, 世界の, 処が, 所から, 間に

3 [22件] がい, ことが, ことを, さあ行け, ところから, と云, と思ふ, のが, のを, もの, ものだ, ものを, 事が, 人も, 大声で, 様な, 様に, 樣な, 男が, 舌で, 面にて, 高声

2 [60件] あは, うちから, かな, からである, から気臆, か一方, が, がともかく, が兎, けれども兎, ことで, ことである, ことも, さきに, しまた, て乗る, という公理, ところが, ところに, ところは, とも限らない, と申す, と答, と言, な, のぢ, ので, のであらう, ほどなら, ま, までも苦痛, ものとして, ものやら, やうとの, やうな, やう郵便爲替にて, ような, 一種の, 事である, 事は, 人たちから, 人の, 先に, 君が, 囁きに, 女も, 婦人が, 客が, 心地す, 慣例に, 旅に, 時は, 様で, 渠の, 程食慾を, 者は, 者を, 聲で, 胸を, 香炉が

1 [574件 抜粋] あるもの, あ苦しい, いつも同, うちで, うちの, お團子, お米, かさて, かでワルシャワ, かと催促, かと問, からかりに, からそち, からだ, からで, からです, から他日, から分らぬ, から又, から如何なる, から最, から眞僞如何, から雨, か名, か此詩, がいい, がこ, がこれ, がさば, がしばらく, がそれ, がよい, が一種, が下二段, が仮に, が兔, が古風, が可, が女, が後世, が損, が昔, が時代, が田, が算, が言葉, が變, が身, が近代, が鑑賞目的, くせに, けれどもなにか, けれどもやはり, けれども古事記, けれども平安朝, けれども昔, けれども神武天皇, けれど爾, ことだった, ことでござる, ことと, ことには, ことの, こと何年眞黒にな, こどもの, しお父さん, しそれ, しるしには, し伊助, その女, その調子, ぞその, ぞなき, ぞ其手, ただ詩, だけである, だけにその他, だけに童謡, だにおびえる, だに忌, だに我が, つけ元, つもりの, であらう, でも幾らか, というよう, といつた, といふだけのこと, といふやう, といふ代わり, といふ從兄, といふ様子, とか云, とか臓腑, ときに, とくるり, ところより, としても一氣, とする, とて官職, となら, とは此事, とは申すまじ, とは言つて, とは誰, とは麁言, ともきまらず, とも片, とも限らぬ, と上代, と云い縺れ, と云う, と侮っ, と卑怯, と同様, と思, と思いき, と思う, と思つたの, と払い退ける, と斷, と申し, と私, と考え, と見える, と言った, と言つた仏法式, と言つた風, と謂, と述べ, と銅壺, と電報, にかかわらず, にはあらざれ, にやさる, に上村, に傍, に扨, に敵, の, のかと, のであった, のであつ, のであります, のでいつ, のでこの, のでどう, のでわからぬ, ので人, ので今, ので利害得失, ので否, ので四人, ので山里丸加番土井, ので文中, ので暫く, ので松林寺, ので相手, ので結局, のに孫四郎, のに朝夕, のに此詩集, のに気, のに複式, のも, はじめ妹, はなから, はなかろう, はまことに, は一寸八分の觀音樣, は尤, は慈悲, は手古奈, ばかりか其の, ばかりつれふし歌, ばかりで, ふうである, ふしが, へとへとに, ほどなら死ね, ほどの者, ほど体, ほど澤山新調, まだしき大根, までに悦び, までに惑, ものあら, ものであります, ものなり, ものにな, ものの, ものも, ものらしい, も忽ち, やうだ, やうで, やうにと, やう今まで, やう心を, やくざものだ, ようだ, ようひたすら, よう愛撫せられ, よう注意し祈つ, よう訓えた, わけじゃ, わけだ, わけを, を困り, を耳, を見, を誓, を謂, ホルトゥイシチェが, 一人の, 一枚の, 丁度初めて須磨, 三百の, 上を, 不審, 不敵な, 不貞な, 中しっぽ, 中に, 中にや, 中は, 主の, 事だらけである, 事と, 事とは, 事なり, 事のみ, 事を, 亡國の, 人が, 人さえ, 人たちが, 人である, 人では, 人となりなん, 人にでも, 人は, 人生であり, 人間なり, 人間に, 人間を, 人間自, 他の, 代りに, 以上それまでの, 伝記の, 位な, 例の, 僅少の, 光た, 光を, 内は, 内闇, 冗談を, 决心で, 処から, 処や, 処を, 出来ごとらしく, 前からの, 前に, 前には, 印象が, 友情に, 古伝を, 古里に, 名のみ, 君を, 吹雪を, 唄ひ, 啓示は, 四十年輩の, 土人形でも, 報告を, 場合には, 場合らしく思われる, 増野俊春の, 声で, 夕食を, 多少の, 夜が, 夜遊びの, 大きな欠びをして懷, 天氣である, 契りの, 女の, 女性が, 奴だ, 奴には, 好い閲覽人, 如何な, 婆さん等は, 官僚主義で, 容子乍らも, 宿屋だ, 寂しさ, 寺領や, 小さい煩わしいこと, 少女と, 屋蔵吹く, 布子一枚の, 年齢である, 弓矢を, 彼等の, 從つて自殺か, 御遊歩, 心にてこそ, 心の, 心持である, 心持に, 思いである, 思いを, 性質の, 怪しからぬ, 怪物である, 恋の, 悪くも, 情趣を, 想いを, 意味が, 意気添えだ, 愚鈍な, 感じを, 態度で, 戀は, 我々は, 我儘を, 戦ハを, 所である, 所でした, 所に, 所以の, 技癢でも, 折柄故, 抜道少し, 挨拶で, 搏ち, 故如何, 故郷に, 教法を以て, 文章として, 文章を, 料理で, 日は, 日本紳士が, 日本語を, 日遠い, 昔に, 昔の, 時代です, 景色ながら, 本との, 杉並木の, 村と, 松一株, 松子の, 果物に, 柿の, 梅若葉鞠子の, 梢から, 様なあり, 樣である, 樣に, 正気な, 気味合で, 気持に, 気軽さ, 氣象の, 水に, 決心で, 浅碧, 浮世に, 海の, 涼しい空氣, 淡き命, 深さ, 清らかな, 為に, 為めに, 烈しい夕栄, 無遠慮な, 無邪氣, 焦点を, 燭の, 爺さんが, 爽快な, 片付方, 片田舍とは, 片田舎とは, 状態で, 狂態を, 猥談が, 理由で, 理由です, 生の, 男と共に, 男の, 男を, 病では, 病人という, 病気と, 病気の, 百万の, 盟を, 眞の, 砂丘の, 研究は, 神に, 神聖な, 私に, 稀有の, 程には, 程の, 程度の, 程醉つて居た, 稗勝の, 積りである, 積り上方より, 立場お, 笑顏で, 筈が, 筈である, 筈は, 節々も, 節が, 結婚を, 総理大臣吉田茂を, 美しさ, 考を, 者どもは, 者なれ, 者も, 者充満し, 職分の, 腰を, 臀を, 臥床を, 自分の, 自然主義談義である, 良い女房, 芳之助の, 若々しさ, 茶染藍染講中手拭の, 草葉の, 萩の, 處にて, 處は, 街を, 衛生上の, 裏街を, 西の, 西洋の, 覺悟だ, 言葉と, 言葉の, 話で, 誓ひ, 語気を, 調子で, 論客即, 象徴で, 貴重な, 赤心は, 跣足で, 路ばた, 近隣づきあひ, 逸樂の, 道具である, 遠さ, 酒興中芹沢は, 醫師が, 野郎ぢや, 長閑な, 間なれ, 間の, 附属で, 限りまだ, 限り彼は, 限り永遠に, 雑言が, 雨の, 青年派は, 靜寂を, 面を, 面白さ, 響を, 頼もしさ, 顔である, 顔を, 飯が, 首の, 體なりし, 高足を, 魚屋の, 鳩は

▼ ら~ (870, 1.4%)

411 しやる 102 しやい 92 しやいます 42 しやいました 33 しやらない 18 しやいませう 17 しやいまし 11 しやつ, しやるでせう, しやれ 8 しやらなかつた 7 しやいません, ぱ 6 しやらなく, しやるだらう 5 しやり 4 たりし 3 しやいと, しやらう, しやるなら, しやるらしい, ぱの, ぱ卒は, ぽこ 2 しや, しやいませ, しやります, ていた, てやれ

1 [48件] から行かねえつたつ, この音韻, さつ, しつた時, しやいだ, しやいつ, しやいと云, しやいと他, しやいと注意, しやいましたした, しやいましたらう, しやいますで御座います, しやいますなら, しやいませんでした, しやいませんです, しやいませんで御座います, しやう, しやらあ, しやらなけれ, しやらんで, しやるで, しやるで御座いませう, しやるんでし, しやれない, しやれます, しやれません, しやツ, たらしく振り切つ, たりあわて, たりなんぞなさる, たり干し, たり顔, ています, ておく, なこまか, なやり方, に権力, ぱじきと呼ばれる, ぱである, ぱといひすりと, ぱと言はれた, ぱぶし, ぱを, ぱ草の, ぽう打, ぽくほぐれ, ぽこの, 位な

▼ ら~ (868, 1.4%)

21 いっしょに 18 一緒に 10 同じよう 6 並んで 4 いえども, われらの, 一しょに, 一つに, 同じやう

3 [12件] ちがったやつ, 一しよ, 別れて, 南から, 来て, 衆生と, 行動を, 見えて, 言ふ, 身を, 連れだって, 違って

2 [39件] きた日, つても, なって, なつて, 一緒には, 一般句, 並びて, 二人で, 云って, 倶に, 光って, 兼ねて, 出て, 力を, 同じこと, 同じだった, 同等の, 同行する, 喧嘩を, 土地の, 夕靄が, 彼の, 明けかけ, 明けて, 朝行く, 樹陰から, 歩きてこちごち, 流れる嘔吐, 渡り星はいちめん, 相談の, 置きぬ, 肩を, 行き妻, 見に, 話を, 身分が, 連絡を, 運命を, 顔を

1 [679件 抜粋] あひ, あやまりに, ある日, あわれは, いい変, いうと, いうにさえ, いえ国, いおうか, いたって, いって, いっても, いつかは, いつて, いつも心, いふに, おちあって, おち合いたがいのぶ, おんなし, かかり, かたらって, きたらさんざん, きたらまったく, きたらゆだんも, きたら下僕, きたら実際どうも, くらべれば, こうして会う, こうして会える, この事, こんな処, こんな工合い, ごくゆっくり話し, さして, さしてゐた, したしい勢至菩薩, した微笑, した暁, した気持, した虚無, した黒い, しばしば男裝, しめしあわせ敵, しゃべり立てて, すこしも異なる, すり替えて, するの, ずり落ちた, せず敵, そこに, そこへ, そつくり返し, その男, その蛆, その長い, それを, それ以来益々, たしなめたが, たは, たびたび話, ちがうん, ちがって, ちごとる, つてうつちやつては, つてもなあ, できうる限り, なぐり合いを, なし料理屋旅籠屋兼帶, なすこと, なにか立ち話, なり機関車, なるの, にじんだ涙, のぞみを, はかったこと, はじめた, はなはだ親密, ひょうが, ふきげんな, ふざけて, ふた言, ふるえて, べつな, ほとんど同じ, ぼやけて, まさしく眼, またぎのぼり, まっ白に, やらかさないん, よみがえった者ら, よみ早や, わかって, わが檻, わさびの, われに, われは, われらのとの, ゐて, イケシマで, イサンドロスの, カケ離れた, サン・タントアーヌ郭外との, パンの, ベツコウバチが, ホテルへ, 一つ枝に, 一代に, 一口の, 一巡した, 一戦の, 一瞥を, 一言の, 一言も, 七つの, 上って, 上眼を, 並びながら, 並ぶよう, 並べたてられるの, 九時に, 乳母と, 乾いたドック, 事を, 二三軒見, 云うて, 云つていきなり, 云つてその, 云つて歸つていつた, 五人つれ立っ, 交らひ, 交遊の, 交際し, 人陰が, 今戸の, 仏神の, 他に, 他愛なく, 仲よく暮す, 仲好しに, 仲間に, 会合し, 会見し, 位置を, 低声, 何ひとつ変らぬ, 余との, 來て, 僅少の, 働いて, 僕は, 兄貴が, 先ず膝, 光った, 光つてゐた, 光りながら, 入れちがいに, 共にあり, 共に行っ, 共通な, 其羽織の, 冷肉を, 出會つて, 分った, 列記し, 別れたあと, 利害を, 前に, 助役が, 労働総, 動かすこと, 協力し, 協調しなけれ, 協議しよう, 博士の, 友との, 双松岡塾, 取りくみかれら, 取ッ組み合い, 合同し, 同じく, 同じくあまり人口, 同じく京師, 同じく便宜上その, 同じく悦び, 同じく日々一定量, 同じく日光, 同じく現代, 同じく都会, 同じぐらい, 同じなり, 同じに, 同じ人種, 同じ作州, 同じ効果, 同じ年ごろ, 同じ恰好, 同じ桐壺, 同じ生れ, 同じ系統, 同じ考え, 同じ趣, 同じ運命, 同一だ, 同列なら, 同列に, 同化し, 同意見, 同憂の, 同時に洛内, 同村の, 同様だろう, 同様裁判官や, 同流の, 同等ある, 同等ぢゃねえか, 同級生として, 同腹の, 同行したら, 同輩では, 名乘つて, 含む馬酔木, 吾らの, 呟いた, 咲きみだれて, 咲きめぐりたる, 嘲笑う, 噂を, 四人の, 場末の, 変って, 夕の, 外島との, 多く区別, 多少立場, 大体同じ, 大向こう, 大差なし, 大般若心経, 契合し, 始めて, 婆やに, 子らを, 子規の, 存じまして, 季刊雑誌, 定期的に, 室の, 寄って, 密生し, 対外宣伝の, 対面を, 尊い営み, 小僧のは, 尻尾を, 屍室へ, 巡り合ったり, 左右太との, 巧いこ, 己とで, 平和を, 平和的に, 幾つも, 床の, 庭樹の, 張り合ってるので, 当時の, 当面の, 彼が, 彼女を, 微笑する, 心中し, 志を, 怒りやすく, 思うか, 思うが, 思う処, 思え, 思つた, 思ふがなあ, 悲惨な, 意志の, 憂ひを, 懇意に, 我が, 戦わねば, 戯れながら, 戰ふ, 手を, 手拭ひとは, 手眞似, 打ち笑い, 折合って, 振りかぶつて雪五郎, 接して, 提携すべきである, 握手を, 敗北の, 散歩を, 数日すごした, 数百万の, 敷物の, 断間なく, 旅へ, 日の, 明けかかっ, 明けかかりました, 明けるの, 明るくなる, 明和年代を, 昔話を, 智恵子の, 智惠子の, 更けるも, 書いて, 月が, 朝な夕なに, 朝な夕なの, 朝夕往復できたら, 木の間や, 本物の, 村長らとの, 来たひには, 来たらすぐ, 来る, 板倉屋の, 果合い, 梅見, 極めると, 欠けらが, 款を, 武州飯能の, 比べて, 水に, 水月や, 水銀と, 氷かがやき, 沼ばかり, 流れたのっそら, 流れ出して, 浮き影, 涙が, 涙を, 淋しい一月十五日, 淡紅ば, 淫樂せしめ, 濁るの, 無関係な, 熱海の, 物を, 物騒な, 犬とが, 生涯の, 生籬の, 申して, 異なった気質, 異派席の, 白むころ, 白雪のけ, 益満と, 目的を, 目配せした, 相まみえた, 相往来, 相知る, 相見る, 相談を, 眉の, 眼の, 睫毛の, 知ってか, 知りしなり東京, 知識階級の, 石合戦を, 磯に, 秀吉とは, 私語をかは, 秘し隱, 称した, 移つて歩く, 稲葉屋親子の, 立ちあがらうと, 立って, 立てられて, 立て罩め, 立脚地を, 笑い消した, 笑った, 笑らつて座敷へ, 等しい人間, 等しい人間たち, 等しく一つ, 米の, 精力が, 約した上, 約束が, 約束を, 終日プレー, 組んで, 絞首台について, 絶えざる戦い, 絶え間ま, 群集との, 群集とは, 翳ろって, 聳えて, 聴衆との, 肚を, 脂肪が, 腰を, 自分との, 自分を, 色附い, 苦しむ者ら, 落ち窪ん, 落合ひ, 蝶の, 血が, 血を, 行くか, 行く春, 行を, 袂を, 袂別の, 裏返しに, 複雑な, 見えるだね, 見れば, 見分けが, 覚しいもの, 親しくし, 親しくなっ, 親しく往来, 言うたの, 言うたので, 言って, 言ふと, 言ふんです, 言葉を, 訓又, 訝る間もなく, 訴へて, 詩文の, 詰めかけて, 話しあうとき, 話したこと, 話したん, 話し込んで, 話すの, 話などを, 語り合って, 調子よく, 談判し, 談合し, 談笑しつづけ, 講武所の, 議して, 谷中天王寺の, 起居を, 輝いたでこぼこ石, 近づきに, 逡巡する, 逢い口説いたから, 連絡し, 連続し, 進んで, 遊びながら, 遊ぶでも, 過ぎし記憶, 道連れに, 違うぞという, 違えまして, 違つて身分の, 違ふてゐやはる, 遣り合つて, 配下の, 酒を, 野生の, 銘の, 鍵盤を, 鎧の, 関係させないで, 闘わねば, 降り手綱, 限られるもの, 陸へ, 随意に, 離れて, 離れなければ, 雪を, 雲浜貿易に, 鞭ふれる, 飲んだ夜, 飽くまで尊攘, 館山から, 馬首を, 鳴きくらし, 黄色い泡, 黒田組の, 黙りこくって, 龍之

▼ ら~ (772, 1.2%)

3918 ていた 17 ている, て来た 1613 てゐる 11 てきた 9 に来た 8 てくれた 7 があった 6 が来た, ておいた, てゐた, をうける 5 ながら, ば, をうけ 4 がありました, が入った, たりし, てしまった, をうけた

3 [15件] たり, たりした, ておく, てくれ, てしまう, てやる, て下さい, て居る, て来る, て眼, に来, に行っ, む, を聞い, を聞く

2 [37件] え, があっ, がある, がきた, くるりと, ちやあ, てある, てい, てお, ておい, ておくれ, ておる, てもらう, てやりました, てやろう, てよこした, て両手, て叱りつける, て来ました, て正面, て睡らせ, て私, て置い, て置け, て行, て行く, て見よ, て見る, て貰った, に, に飛ん, は, をいただい, 候かしく, 大和ここに, 給ひ, 給ふ

1 [439件] いかに君, お茶を, お金から, があろう, がくる, がございますれ, がたった今, が今や, が來, が参りました, が呉国, が呉軍, が廻る, が来, が次, が田舎, が行く, が飛ん, くしゃくしゃに, けれど, こそ志斐い, さうらふ, さていう, さへ, しされど, その困る, それが, それによって, そろを, ただ一名, たまへ, たまへば, たりする, たりどこ, たり美しい, たり菫色, たり藤, だけを持つ, だの質屋, つつある, つつそこ, つつまえのめり, つつも私, つつ力まかせ, てあつた, てあんた丈, ていただきます, ていただく, ていない, ていました, ています, ていよいよ, てう, てうなつた, ておき, ておきました, ておくれよ, ておけ, ておら, てからから, てからひとり鉄柵, てから又, てくすぶらせた, てくださらなかった, てくださろう, てくる, てくるだろう, てくれい, てくれる, てこく, てさも, てし, てしきりに, てしまい, てしまっ, てしまったで, てしやれた, てそう, てとうとう, ては, てはと時々, てまいる, てまで巧み, てみせる, てみた, てみる, てむもの, てもらった, ても決して, ても貢物, てやっと, てやらう, てやらなかった, てやりたい, てやりたかつた, てやります, てゆかう, てより, てゐるつまみ, てザブン, てチャボ, てヨハン様, て一人, て一散, て一枚看板, て一緒, て一言, て一間, て上げ, て上げたい, て下卑た, て不平さうに, て且愁, て主人, て了ツ, て二, て二十歳島田, て今, て今にも, て何沢, て候, て其穴, て冥想的, て前, て口, て呉れ, て呉れる, て告白, て呟いだ, て呼びよせ, て喜ばせた, て圓朝, て坐, て大きな, て女子, て安閑, て寄りかかり, て寄越しました, て寧ろ, て小吉, て居た, て居ります, て居るつまみ喰い, て山家, て川瀬, て幕, て平次, て引っ捕えた, て当座, て彼, て彼女, て待ち, て後, て後ろ, て御, て念仏, て惜しむ, て我, て戴きたい, て手, て扨其後香華, て晩餐, て暫く, て更に, て最後, て来たらしく, て歓び, て歩い, て死ん, て気, て汁, て泣く, て消え, て深い, て深く, て片時, て畏まり, て皷, て眞先, て瞼, て突っ, て窓, て立ちはだかっ, て置いた, て置きたい, て聞い, て聳え立っ, て肺病, て能, て腰, て臍, て自分, て自分達, て花々しき, て苦患, て見た, て見よう, て言った, て貰いたい, て貰う, て貰えません, て貰わなけれ, て身振り交じり, て軽く, て追い, て通り過ぎる, て進み出, て釣り歩, て銀貨, て陰気, て霖雨, て頂い, て頂きます, て頂戴, て頬, て飛び込む, て飛び込ん, て飛び降りた, て驚いた, どうだ, ながらきょろきょろ, ながらしかも, ながらじだんだ, ながらときどき, ながら云, ながら云った, ながら人形, ながら今度, ながら伊太郎, ながら依然として, ながら十二天, ながら地, ながら手, ながら最初, ながら東, ながら柔和, ながら沈ん, ながら無理やり, ながら私, ながら自分, ながら艫, ながら花, ながら行かさせる, ながら訊いた, ながら雑巾, なんともいえない, にうかがいました, にかき, にき, にこッそり一座, にご, にございます, にさっそく, にすぐ, になった, にも, にやってきた, によってはや, による, によれ, に一層, に会い, に依っ, に参りました, に帰っ, に床几, に急ぐ, に満堂, に行く, に行け, に行った, に袁紹, に詣で, に走っ, に走った, に近侍, に飛ぶ, に馳けた, の太鼓, の手紙, の拍子木, の貝, はいっこう, はした, はとどいた, はなんだか, は何, は彼等, は次々, は間に合いません, ばや, ばやとお, ば声, ば痛, ば紙, ひたと火柱, べつに趙雲, またこの, までに, までを早馬, むと云ふ, むの, むのたはぶれもゆめ, む事決して, む逢は, もある, もない, もまだ, も一刻, も耳, やわらかくなった, をいたします, をうけ取っ, をお待ち, をつかむ, をもたらし, を受け, を受けた, を受け取っ, を太閤, を待て, を思い当る, を悍馬, を手, を持っ, を撞いた, を男, を耳, を聴い, を訊いた, を郷里, グッタリ仆れ, ノタ打った, フォンタンが, ムーッと, 一手は, 上野淺草隅田の, 不寝, 両鐙, 之を, 乍ら滿身に, 乍ら絶えざる, 五感から, 人々は, 人民の, 人通りの, 但しむこう, 候あなかしこ, 候しるし, 候すゑながら, 候と, 候といふ, 候へば, 候べし, 候やうに, 候事, 候事何一つも, 候夫に, 候御, 候扨當御, 候此猩, 候猶, 僕はな, 僕藤山と, 其傷を, 内外の, 初し, 前へ, 十二分に, 可愛き盛り, 合ひ, 同じ御, 吾妹, 嗚咽の, 変化多き, 家内の, 宿処ブツクを, 小室を, 尾と, 度い, 度一ツには, 度存候へども, 度存候へば, 廃藩を, 引立たせる役に立つ, 彼の, 後君の, 後生だ, 御内意, 御養育, 急に, 意識を, 扨明細に, 指揮棒を, 数日前の, 易い時期, 有難う存じ, 村舍の, 様と, 泳ぎにと, 清盛の, 火鉢も, 焦慮させる, 煙の, 献立表を, 王沢を, 王澤を, 病氣に, 百姓を, 皆の, 眉を, 神慮を, 私は, 給は, 給ひし, 給へ, 給へとて, 給へば, 給へり, 肩を, 腕を, 腰に, 自らは, 舌を, 菊の, 蜂の, 見よディーテ, 變化多き, 足を, 身には, 邪望を, 鑢を, 難し此儀, 静かな, 面を, 鯰の, 鷹揚の, 鼠の, 鼻みず

▼ ら~ (626, 1.0%)

6513 て, ました 9 ている 8 ながら, や 7 たが, ること 6 たの, ていた 5 ると 4 たよう, つ, てしまった, の悪い, や明星, る 3 さりとも, てゐた, てゐる, て居る, るが, るよう, るより

2 [38件] がかんじん, ける, ずに, たこと, たと, たという, たほど, たやう, たりする, た方, た樣子, た顔, てしまっ, てしまつたの, てゐられる, て下さい, て嘘, て寝, て尋常, て微笑, て私, て立ち上がりました, て訊ねた, て貰う, とこそ思ひし, とささやきつ, とまた, ながらお, ながらそれ, なければ, に似た, ます, られぬと, るほか, るやう, るわけ, る癖, を知り

1 [358件] いい加減の, かけて, が, があった, がある, がいい, がくそ, がごつ, がのぞい, が大河, が彼等, が昔, が来た, が私, が附く, この天産, さえし, さえみせ, さて懲り, しばらく孔子, ずには, ず不愉快, ず表情, その塵, それとなく弁護, ただけ, たといつたの, たので, たまえる, たまま, たままただ, たらいい, たり, たりし, たりなんかする, たミス, た事, た処, た口振り, た投げ遣り, た野郎, た静けさ, た顔色, た風體, だけだった, だと, だらうと, ちゃいねえ, っこ, つつこっそり, てあたり, ていたら, ていった, ていてる, ています, ているらしく見えた, ていれ, てうつむい, てお, ておい, ておくれよ, てきびしい, てこそこそ, てさ, てさしうつむい, てし, てしまいまし, てしまう, てしまえ, てしまつて, てしまひ, てしまわなけれ, てじゃねえこの, てそこ, てそんな, てた, てただ, てた方, てだまっ, てどう, てにつこり, てはいっ, てはっと, てほか, てみんな, てもう, てもらっ, てもゐた, ても居られましょう, ても既に, ても見た, ても諦め切れぬ, てよかつ, てるの, てるよう, てゐたら, てゐます, てゐるであらう, て一とわ, て一切, て一昨年, て下さいませ, て了, て今, て仕舞, て何, て何気ない, て俯, て兩手, て再び, て出, て初心, て南洋, て参木, て周囲, て命, て外, て奈良, て如何, て嫂, て子猫, て寢衣, て少し, て少年みたい, て尻込み, て居, て居た, て山, て川越, て帰っ, て帰り掛けました, て弟, て彼, て彼女, て御返事, て忘れよう忘れよう, て念願, て思い出し思い出し, て恐ろしい, て恥じる, て恭しく, て我, て扉, て振り, て故意, て敵, て文三, て断った, て暖簾, て會釋, て横目, て櫛, て此俺, て歸, て歸つて, て水下駄, て沈黙, て然, て父親, て片手, て眼, て矢代, て稼い, て立ちあがった, て立ち去る, て笑っ, て答えた, て答えなかった, て腰, て苛, て葉子, て蔭, て襖, て襟, て見, て観念, て貰ふよ, て鄭重, て鋏, て門, て雨, て電話箱, て高重, でありまた, であり結婚, ではなく, でもなく, で身, で靜, とあり, とあんまり, という言葉, といふこと, といふ魔術使, とそして, とて老, とに慣れた, とを有し, と併, と悟り, と無気力, と羨み, ないで, ないので, ないよう, なかった, なかったら, ながらうしろ, ながらうやうやしく, ながらきまり, ながらこの, ながらそんな, ながらなにか, ながらひとまずそう, ながらもじもじ, ながらも上品, ながらやや, ながらモジモジ, ながら丁寧, ながら云, ながら云った, ながら人, ながら低い, ながら幸子, ながら後でくすくす, ながら思い出す, ながら思ひ出す, ながら或, ながら指定, ながら極り, ながら母たち, ながら熱心, ながら私, ながら答えた, ながら聴い, ながら言った, ながら説明, ながら身体, ながら部屋, ながら鼠, なさい, なさいと, なさいますまで, なさらなければ, ならされて, な質, には落, に変つて, に慣れた老いぼれで, に落ち着こう, に蒼白く, に限っ, に馴らされすぎ, に馴れた, ぬ, ねえ, ねだるよう, のいい女々しい, のせつな, のつく思ひ, のみに急がなけれ, のゆえ, の中, の意味, の極まる, の気持, の流れ, の跫音, はした, は次, ふと挨拶, ましたから, ましたが, ましてあわれ, ましてからという, もある, もしなかつた, もじもじした, もせぬ, も恐怖, やあき, やかもかく, やそこ, やと感動, やは, やほととぎす, やも, やも古おも, や七日, や妹, や年, や独り, や琴ひきとわ, や短, や笛ふきとわ, よ, よく言切った, られない, られなかつたん, られぬ鬱悶, られねえて, られるかも, られ敬遠, るか, ること能, るだよ, るという, るところ, るにも, るの, るほどの, るわ, るを, る一方, る二重, る人, る前, る和助, る哀れ, る外, る年ごろ, る心, る必要, る方, る暗き, る桜, る気, る者, る覚悟, る面, れし, れば, わるく舞, をあらはし, をつけ, をつけあがらした, をつけた, をつける, をふくん, を微塵, を附け, イヤこれ, 兼ねる樣子, 切ったよう, 切れないん, 切れません, 切れる, 切れん, 力んだやう, 困り者, 急いで, 折々思い出し, 易いの, 易いひとり, 漸く聞える, 男らしくなき, 立ち上って, 苦しそう

▼ ら~ (563, 0.9%)

211713 たの 11 たもの 10 ました 4 ないの

3 [16件] しに, たから, たその, でなくては, なかつた, なければ, ば, ばい, まいか, ましたれど, ます, やれ貰, られしより, られて, ツ, 来て

2 [30件] あげて, あり, うと, させて, しつる余, せず, たお, たことは, たと, たやう, たら私は, たんだ, た上, た人物, た義足, つ, ないだらう, ぬ氣違, まいかと, ませう, むかって, ものの, ようとして, られた, ろ, んの, 候, 苗代より, 落ちた, 行って

1 [379件] あくる朝, あげた, あげる一策, いう, おかけなすっ, おんしるしなされ, お出掛なさい, お文庫, お洩らし下さい, お百姓, お茶でも, かけて, かける損失, かたが, きたるでな, きて, この十字架, こんなに馴れ馴れしく, ごとを, さうもない, さした品物, させそれ, させた, させたいの, させたり, させもう一度, させるとは, させるの, させるもの, させ給, さへ, し, しかも妙齡十六, して, しなり, しばりつけました, しまって, しむ, しめる恋, し天神丸, し此, し筑波嶺, すぐ布令, ずに, ず肩, そのため, そのまま示すべき, その姉, そばに, たあの, たいと, たおそうざい料理, たお宮, たお菓子, たか, たかと, たが, たきり, たくなる, たけれど, たこと, たたくの, たたはし, たつて, たといひます, たといふ, たとて, たとも, たので, たばかりの, たひどい, たほりわり, たまつ, たもん, たやれやれ, たらいい, たらうと, たらしい大きな, たらと, たらどんなに, たらもう, たら被告は, たるが, たイブセン, たオモチャ箱, たスタンプ, たセメント置場, たナンセンス, た一人ヨガリ, た一時, た中形, た事, た亭, た人形, た仇名, た代用, た冒険談, た古, た嘘, た團子, た大きな, た姿勢, た小鼓, た御飯, た感じ, た日本娘, た海老錠, た無, た痳痺薬, た白木, た白粉, た目的, た程, た立派, た箱庭, た自分, た蕈, た薬玉, た製造所, た言葉, た言語道断, た財嚢, た贋物, た赤児, た部屋, た銘仙, た錺屋, た雁, た雑誌, た雲, た青竹, た頃, た頭飾, た香気ふく, た馬車, た鳥冠, た鴉, だ, だが, つかへて, つたえて, てあつた, ていふところである, てこしらへ, てたど, てたふう, てるより, てるん, である, であるため, でしども, とおつし, どうぞお, なぃば, ない, ないかと, ないかといふ, ないこと, ないで, ないやう, ないわ, ない人間, ない日, ない種類, ない者, なかつたか, なかつたらしいこと, なかつた口惜し, なく橋板, なされおこら, なされと, なし哀しき事, なんにもしてない, ぬとの, ぬ気違, ねば, のぞんで, ばくやしく, ばです, ばよ, ば事は, ば水の, ひきさがって, ひきづッて, ひとつ馳走し, ひの, へらと, ほうり出して, ましたの, ましたので, ましたよ, ました内証, ましてお, ますか, まするに, ませんか, まつらで, まはつ, まま見せ, まわっては, まわりなさい, まわろうと, まッ, む, むきに, もう一度連れ, もの, ものが, ものである, ものを, やうとしても, やった小遣銭, よい着物, よう, ようか, ようと, ようといふ, ようとは, られたもの, られなかつたこと, られなきやあ, られる, られるだけの, ろよ, ろ酒場で, んが, 一歩進み寄ろう, 上げた, 上げたりとの, 上げた写実, 上げた細工もの, 上げて, 上げるの, 上へは, 上手の, 下さる恩賞, 事とは, 事に, 事十分調ひぬ, 二三の, 五十錢銀貨位の, 人の, 今年は, 仕事に, 伏せ網を, 何時までか, 俯っ伏し, 倒れたまま劇, 六か月の, 其儘結婚した, 具合は, 処番地を, 出したもの, 出たあと, 出たので, 出たもの, 出てべ, 出ても, 出られるの, 出ると, 出張って, 加担する, 参詣し, 又四十間, 又如何なる, 又沢山, 吐き捨てるの, 吐き散らした, 向きだ, 向きである, 向きの, 向って, 吸われて, 命令て, 堆肥木灰過, 夜十時頃から, 姿を, 宛てた六通, 寄せられたご, 小刀で, 小買物, 己も, 年なれ, 弁当を, 引掛けれ, 当日は, 得べし, 御尤め, 御相伝, 御飯も, 徳山へ, 忍びあがったかれいまその, 志の, 恥ぢを, 我は, 手を, 手紙を, 指図を, 挨拶に, 捨てて, 掴まって, 掻きま, 掻き上げて, 放して, 放り出して, 放浪の, 散歩に, 文芸上に関し, 方の, 方も, 方十銭菜葉弐把五銭なり, 日比谷の, 昔噺の, 晝夜の, 来つて, 来りすけんぶつ, 果して今, 栗拾い, 樹上りを, 次に少将忠清さま, 歌の, 此に, 燒餅を, 物だ, 物の, 玉蜀黍位作れた, 生きる権利, 疵口の, 目を, 直しにたにた, 直すから, 直すかを, 相馬の, 着つけ, 神酒を, 私が, 立てて, 米を, 給ひそ, 置きぬ, 置頓て, 聞かせた, 聞かせるよう, 背中を, 胸を, 舞い上った, 荷物を, 落ちて, 蝋燭を, 行くだ, 行く時, 行つては, 見回りに, 見物に, 言葉を, 試みて, 語ること, 貝の, 買って, 買ひものに, 貸し出してよ, 返して, 返って, 進み裸, 遣ってよ, 針が, 闇を, 降りた, 降る, 隠した, 隠れさせて, 雑巾がけを, 難き歓楽, 露語で, 響いた, 響渡ツた, 餌を, 高くほう, 高昇し

▼ ら~ (545, 0.8%)

81 とする 47 とした 2614 としてゐる 12 か八 11 と思つて 10 といふ, よ 7 と云, と思ふ 6 と言, ように 5 ぢや, として居る, とはしなかつた, と思, と思はれる, と思ひます 4 ぜ, としてゐた, ともしなかつた, と思つたの 3 とおも, としない, としました, と思ひました, 色を, 風情に

2 [20件] が, がはしくも, といふ人間, としてその, としなかつた, となされました, とはしない, とは思はなかつた, と心, と決心, と自由, と致しました, なかも, ね, ね君, の月, ものなら, ような, 何も, 様子も

1 [204件] あまり徒ら, かお, かさ, かといふす, かとした, かとも思はない, かとも考へ, かどう, かの一途, かは彼, からといふお, から何分, か二日續, か何, か結婚, か良子, がね, がはし, が三人, が中世以後, が倒れよう, が大川筋, が寺, が明け閉, が映画女優, が晝, が現代, が誰, が誰ひとり, けれどと硝子戸, けれど高い, ことあろう, ことなど, ことは, これで, さうし, ぜきの, ぜ明るい, そして假令今, その傍, ぞと大, ぞ火, ただ顏, ために, だけだ, つもりで, て漸く, であつ, という, といふ前, といふ名, といふ太い, といふ寸法, といふ攻撃同盟, といふ気持, といふ泥棒, といふ花々しい, といふ計, といふ輩, とことし, ところの, とされた, としていらつ, としても渉, としてる, としてわづか, としてゐ, としてゐるらしい, として倒れた, として前足, として唸る, として小舟, として来た, として海邊, として溺死, として火, として習慣的, として苛, として身, としません, とすれ, となつ, となつて, となる, とねえ, との事, とは, とはおも, とはせず, とはせぬ, とはまつたく, とは云, とは夢にも, とは思つて, とは思はない, とは思ひ設けませんでした, とは申しません, とは考へ, とは考へられぬ, とは貴君, ともお前, ともしない, ともまた, とも屹, とも思, とも思はな, とも歸, とわたくし, と二度, と仰し, と佐々木邦, と其儘凾嶺, と努めた, と努力, と勢, と半四郎一人, と外套, と夫, と座, と思う, と思っ, と思ってる, と思つた, と思つたツ, と思つていろいろ工夫, と思つて來, と思つて帳場, と思つて洋卓, と思つて蝙蝠傘, と思ひ, と思ひ出した, と思へ, と悪魔, と想像, と振ひ立つた, と気構, と氣, と湖水, と爭, と猛りたつた, と申し出, と磯二, と私, と立ち上る, と約束, と考へ, と良人, と誰, と道, と遠巻き, と部屋, と餘つた分, と駿介, なんて其様, な可, のか, ので緑, の冴え, の逢, ばかりの嬋妍, まちすの, まちず, もので, やうも, よね, よりき, よ八, よ歸ら, よ町役人, らの, アイ, ツて, ナ, 下の, 乘つて我にか, 事件, 僕は, 僞打擲も, 八, 八丁度, 勢いで, 夜露は, 女つかひ, 容子また, 必ず猜忌邪曲, 態を, 所も, 柿を, 檢, 此間園遊会を, 気らか, 気力も, 気持を, 気色で, 理由は, 確証を, 筈が, 脂目赤目流行目が, 色なく, 色も, 若し観客, 表情を, 風情で, 鼠は

▼ らしった~ (501, 0.8%)

7058 んです 30 のです 18 んでしょう 13 のは 11 のでしょう 108 じゃありません, ので, んだ 7 ことが, のだ, のでご, のよ 6 のね, のを, わね 5 でしょう, と申します, のが, のでございます, んじゃ 4 ことも, ことを, のではござりますまい 3 って, という

2 [17件] からで, からです, でいい, ということ, というの, に違い, のか, のかと, のだから, のだろう, のであろう, のでございましょう, のに, のも, ものだ, ものです, ものと

1 [144件] あのあでやか, あのあと, あのお, あの時, うえそこから, うちに, おおぜ, おもいを, おるす, お父ん, か, かいという, かその, かと思う, かと思った, かもうかがえない, かも乙女, からおいでッ, からこそ悲しみ, からできるだけ, からではござりますまい, から何, から向, から四五日, か今, が, があんなふうに, がいい, がお前, がしまいに, がその, がそのまま, がそれで, がなんぼ, がやがて, が丁度風, が何, が道綱, が霊媒, くせに, けど一昨日, けれど, けれどどうも, けれどもそれ, けれども本当は, けれども村民たち, けれど御, けれど私, こといいえお, ことそれほど, ことと, この沼, さうだ, しあたし, しそれ, し笑って, じゃございません, じゃない, せいで, せいでしょう, その安心, っけが, ってそんな, で, でございますですわ, でしょうか, ではありません, というふう, という話, とおもっ, ときこの, ときに, ときみつ枝は, ときやっと, とき沼津の, ところじゃ, ところで, ところへ, とする, とのこと, とは意外, ともかく外形, とよ, と云う, と存じます, と家人, と思います, と申す, と聞きました, と見え, どんなに, にちがい, には相違, に相違, ねお母さん, ねさあどうぞ, のあたし, のかも知れない, のかも知れません, のだったらう, のでお, のでげす, のでこの, のでございまし, のでした, のでなんと, のでわたし, ので一日二日, ので安心, ので昨日, ので私吃驚, ので話し相手, のと, のなら, のにいくら, のにずいぶん, のになんで, のねおじいさん, のねまるで, のね可愛い, のよあの, のよ御存知, の方々, の随分, はずだ, ばかりです, ままお, まま十二日も, ものが, ものとばかり, もの当て, よ, わけだ, んだって, んで, んでございます, 中御門の, 以上は, 倉地三吉さんです, 岩野媛は, 御様子, 故とは, 方です, 筈で

▼ らざる~ (463, 0.7%)

17 なり 9 を得なかった 7 ものは, を得ない 6 のみならず, はなし, 也, 可から 5 ものあり, ものも, を得ず 4 か, ことを, なし, ものある, ものなり, ものの, を知り, 可き, 時は 3 が故に, はこれ, ものが, ものである, ものとの, ものを, 他の

2 [27件] とを問わず, なきを, の嫌, の政治家, はない, は其の, は閣下, ものとを, ものなし, もの在, も亦, を, を信ず, を得ざる, 事実だ, 人物が, 以上は, 位地に, 前に, 半面を, 大自然, 悲哀を, 愛を, 或る, 所以を, 時には, 莫し

1 [273件] あなたの, あり, うそ, うちに, かの孰, か判定, か我輩, がため, がゆえに, が為め, ことかも, ことである, ことながら, ことなれ, ことに, ことの, ことも, こと多し, これを, さえある, さきに, ときは, ところを, ところ無しと, とによって聖凡, とにより, とに係わらず, とに論, とはそが, とは単に, とは磐, とを問はず, なきに, なく殊に, なしと, なりき, なりただ, なりと, なりと言った, なり事, なり余, なり希臘神話, なり愚俗, なり独立, に, にあらざる, にあらず, にいたらん, にどっと, にはしなくも, にも係らず, に二種, に似たる, に先立つ, に前, に婦人, に彼, に忽ち, に我等, に於, に洞, に由来, に至つて, に際して夢, のたぐい, のは, のみか末段, のみか自, のみ蓋し, の不祥, の事実, の其最中, の凄, の孝子, の快男児, の意, の所望, の時, の理由, の理由明白, の誠實, の道理, はあらず, はか, はその, はなき, は世, は人情, は今日, は何ぞ, は劇界, は右, は和, は幾, は我が, は是, は朝, は殆ど人生, は無けん, は無し, は父母, は独り女, は略, は自然, は言うまでもなき, は陸奥宗光, は陸奧宗光, べけんや, まに, もあり, もの, ものだろう, ものと, ものとが, ものとに, ものとは, ものとや, ものならん, ものに, ものには, もの多く, もの少しく, もの甚だ, もよし, も人一, も冷淡, も固, も大, も尾, も悪し, も此名, も然, やうな, やを辨, や明, よりも甚, をえず, をと其の, をば不徳無道, をや, を争う, を以て茲, を如何せん, を得, を申せ, を知りうるなり, を知る, を知るべし, を見る, を証す, を証明, タイムの, ユエンが, 下層民の, 不届, 不徳を, 不敵の, 世界, 中此熊谷土手, 主觀的反映, 也と, 事とが, 事なり, 事の, 事且つ, 事実では, 事実の, 事實である, 人だ, 人との, 人とを, 人の, 人は, 人情を, 以前の, 位置に, 作品にも, 信仰も, 働手である, 僭越であり, 儀なれ, 儀之, 否咀, 否運の, 告白であっ, 告白である, 告白によって, 告白を, 哲理を, 地上の, 場合である, 場合でも, 場合とに, 場合には, 場合の, 場合は, 境地に, 大丈夫が, 大人の, 奴は, 妖艶な, 妻を, 家は, 宿縁を, 將來を, 尊敬が, 布置按配の, 平常の, 形勢を, 必然の, 悲しみを, 惡で, 意見を, 愛情を, 感想に, 所行, 故假, 故過料金三兩次, 日本の, 時にも, 暴行, 最も適切, 本心が, 板もて, 樣子自然面に, 武器に, 民の, 民族が, 永久性の, 沒分曉漢は, 満足の, 漢人の, 理は, 理を, 生命の, 由, 由なれ, 由を, 病人で, 痴愚を, 目前の, 眞の, 石の, 社会状態であった, 神, 神の, 神意により, 禍機に, 程の費目, 積りなり, 紀念の, 罪害ならず, 義務なりと, 興味を, 良民, 葉之, 行為, 言なり, 証左を, 読者は, 読者層の, 豪傑鍋も, 迄の研究, 運命に, 部分を, 重厚な, 限は, 限り, 限りは, 限り対談の, 限り徹底し, 髮は, 鬼気を

▼ らには~ (436, 0.7%)

4 何の, 何も, 鼻汁も 3 汚たる者, 自分の, 解らねえ

2 [21件] これも, ただ労働, ち, なかった, ねえ仁義, わからないん, わかりませんが, 人々が, 好奇心も, 彼女の, 本当の, 渡舟も, 町の, 簪を, 縁が, 苦手だ, 西風が, 訳が, 金は, 骨も, 鼻も

1 [373件] あの蝶, あらゆる享有, ある人々, あれは, あんなお客, いたずらざかりな, いつも心長閑, いろいろと, うけん, おそろしい悪人, お誂向き, かなりの, かなり空腹, きっと思い知らせ, こうした哀別, このくらいの, このこと, このより, この壮大豪華, この大, この御, これと, これは, これまた, ごちそうも, しかるべき指導者, しないが, しばしば特殊, じごく, じゅうぶんうまい, ずいぶん厄介, そうたくさん, そこに, その前, その戦い, その春別荘, その辺, その邸宅, それが, それさえも, それぞれの, それを, そんなこと, そんな立派, たきつけて, たしか猫, ただひとつ, ただもの, たんぽぽや, だめです, ちっともかけ, ちっと荷, ちょっと考えられない, つねにせっぱ詰まる, できません, とうていその, とてもできない, どうしても信じられない, どうする, どうな, どうもお前, どことなく義憤, どんな量, ない, ないよう, ない底光り, なおさらその, なにも, なんでも, なんにも宛, なんの, にあわんこと, ひかげ, ひどく辛く, ひまくれる, ぴんと来る, ふさは, ぼくたちの, まことに螢火, まず長途, まだかわき切らない, まだわからない, まだ何, まだ大きな, まだ失せきれない, まだ芝居見物, まるで常識, まア沢山, みな首が, めずらしい, めずらしかった, もうわかっ, もう火薬, もう聞え, もう若い, もう誰, もう長, もとから, もともとこんな, もはやその, やれないの, ゆけねえ悪魔, よい刺激, よい日, よくわかっ, よくわからない, よほどの, わからぬばか者, わからぬ変てこ, わからねえ, わからねえが, わからねえですが, わからへんが, わからん, わからんの, わからんむつかしい, わからんよ, わかるまいが, わが先鋒, わきまえ知るよし, われらにとって, ウンと, キリストの, クニノキミや, ケチで, ナンチモンか, モコウを, ロマンスで, 一こう, 一ト言の, 一ノ関の, 一向解り, 一文も, 一日に, 一生かかっ, 一瞥をも, 世間の, 九つの, 二人の, 些かな, 人間が, 人間に, 今云, 仕合せといふもの, 他人の, 付き合いは, 伊兵衛の, 伊勢伊賀などの, 会わなかった, 何かの, 何ともない, 何より賽コロ, 何んの, 何一つ油断, 余りたくさん, 余興にも, 例外も, 価値が, 信の, 僕は, 先生の, 入るべからずと, 入場の, 全くおちつい, 全くそれ, 全くなさけない, 全く罪, 全く見, 六ちゃんが, 兵庫から, 内証だ, 出來, 出来んこと, 分って, 分らないが, 分らないの, 分るはず, 別に大きい, 前の, 前期との, 割れて, 割薪が, 労働者よりも, 勿論芋粥, 十分には, 千万の, 半分も, 半蔵が, 南蛮寺の, 危害を, 厩権利者ウェザビイ, 厳重に, 右側にも, 同腹の, 向う河岸, 呆れ返らざるを, 唐突な, 唾でも, 喰ひつけません, 団員が, 地面なんかは, 坂田の, 堅い地, 売りたくねえよ, 大いなる謎, 大勢の, 大将か, 大阪特有な, 天皇を, 姿の, 子供の, 存じ寄る儀, 存在し, 安中だの, 安心が, 宗太も, 寵を, 小さく切, 小さく切った, 小さな溝, 小医リンパー先生, 小鳥でも, 小鳥の, 少しばかり, 少しも, 居ないの, 左様な, 年中な, 幻影と, 幻術も, 彼の, 彼らの, 彼らを, 御懸念, 微笑と, 快楽だ, 怖れられ, 怖ろ, 思はれる, 思われた, 恐しく血痕, 恐れられて, 悪影響を, 情誼や, 想像も, 意味が, 愛想を, 感じられる, 懐いて, 扱ひ, 指も, 散歩の, 文化という, 文字が, 斯かる, 新井田氏の, 旦那の, 春紫の, 暁けては, 暗い蔭, 有難え, 朝めし前の, 木立ちも, 本気で, 村の, 東京から, 枯れた蓬, 栗の, 棲めない, 歌いながら, 正儀が, 正月だ, 母親の, 毛頭私心, 気が付かぬから, 気が付かんで只, 気恥しくって, 氷片の, 汚れたる者, 汚れ物の, 池塘春草の, 泥が, 海の, 深見草と, 清水寺の, 烈しい嫉妬, 烈しすぎ, 無関心, 煙の, 煙草の, 爾餘, 物も, 珍らしい, 現世を, 理解できない, 甚閉口なる, 生命の, 生木の, 生死を, 町中ながらに, 畏くも, 発表せられなかった, 白い雲, 百文も, 皆目わからない, 皇位を, 盛に, 目の, 知りよう, 確と, 確信が, 禁じられて, 私は, 秦が, 空想だ, 笑われるしで赤恥, 精細な, 経験しまい, 統一が, 絶対的の, 罪なき, 罪の, 耳よりな, 聞き取れなかった, 肉眼で, 腰繩を, 自分たちの, 自分で, 芝草が, 花の, 苦労も, 草の, 菓子を, 葉隠, 蛍と, 蝶々らしい, 見るも, 見当が, 見当も, 見當, 覚えなくとも, 観音谷を, 解らぬ事, 解りま, 話しちや, 誰にも, 諸君は, 讀めさ, 財産がねえ, 赤く銹びたブリキ, 躑躅が, 通用しねえ, 遊撃隊が, 酌みかねる, 酒徳利や, 重大な, 金が, 針の, 針仕事の, 銃猟税など, 錘の, 鍋だの, 鐵條網だ, 関係の, 附き合, 難しゅうござりまする, 電車が, 鞦韆も, 頑く, 頼まぬ, 首の, 馬籠町内の, 馬鹿

▼ ら~ (385, 0.6%)

5 あつた 3 あつて, お茶でも, ござります, せうね

2 [20件] あらう, いっぱいだ, いっぱいに, おしまひ, ら油光りさせ, 人を, 仕度を, 包むよう, 声が, 夫に, 昼顔を, 牛が, 空に, 臥しぬ, 自分の, 過ぎ行く, 過ぎ行く夜半, 釣竿を, 風が, 飯でも

1 [328件] あきらめとかうと, あつたらう, あとは, あらう斯, あらう調子, い, いきなり頭, いけなければ, いそがしい, いまは, いろ, うたたうとし, うようよしない, お白州, お茶の, お辞儀を, かきまぜねって, かみの, からげそれ, かんかんと, かんかんとして, きめるん, くちばしは, こう信じ, このならびで, これも, これ見た, こんな年ごろ, ごぜえます, さしかも, しかも女, しっかりと, しっぺい, じりじりと, すこしづつ私, すら寝床, せうか, せう考へても, そうはっきりした, そう云う, そう匂わせ, そう育っ, そこが, そこで東洋, そこへ, その匕首, その詩集, その鈴声, その鏡, それは, たんねんに, ちょっと一杯やりたい, ついて行きました, つづきながらに, つまらぬこと, てとなり, できた野笛, できてる生きた笛, でも, とつぜん大砲, とまって, どうしてこんな, どんなところ, なしに, なでまわして, なむいたく, なられるいうもん, なんとかするだろう, ぬぐうと, ひとが, ひとり泣く, まきおこした大, まごついて, また自分, まだ若い, まっ白なけむり, まつりの, むかでや, めがねに, もう人生, もう夫, もう少し話, もう退屈, やたらに, やめて, やめる, やもはら獅子, やろうと, ゆめ, よいかげん, ら油光りし, ら油光りしだした, ゐたり, アルミニウムの, カメの, グワーンと, ゴロリと, ドシドシ行われ, バカな, ベンチの, 一つの, 一つ野次っ, 一と, 一メートルぐらいの, 一人で, 一寸一眠り, 一日一回鉄格子の, 一時は, 一時車を, 一服しよう, 一杯やり, 一杯やる, 一歩違へ, 一番に, 一番の, 一遍死ん, 一面に, 三十数名の, 上げても, 両の, 乗らましもの, 乾かした鮭, 事足る生活, 井水を, 京で, 人形の, 人通りが, 今一往きり替へる, 何か, 何とか何, 何一語も, 何度も, 作った馬沓, 作つたわ, 作る朝顏, 使う草刈鎌, 傷つける, 働く青年, 僕等は, 充分だ, 公然と, 兵部は, 再校, 出せしを, 出来る人種, 切上げようかと, 到るところ, 副使と, 包むやう, 十五六尋も, 単純に, 参らす雪, 叩いて, 叩え, 吐息を, 君に, 君自身は, 唯一つきり, 啼いてる筈, 嘔いたろう, 回を, 国へ, 国枝史郎が, 土鼠土を, 地下運動を, 埋まり夕映え, 壁に, 売りに, 売る馬鹿, 外国の, 夜も, 大そう, 大家に, 大部分, 天上の, 契りつつ, 妻楊枝を, 子供も, 安心する, 実際問題, 家には, 寒山拾得の, 寝て, 寧ろここ, 帰来て, 年端も, 引き受けるから, 彼は, 彼らは, 彼女が, 彼女を, 待ち合わせて, 待って, 御座りましょう, 思い切らしたいもの, 急いで, 悪気は, 我が前, 我火を, 所々に, 手あたりしだい, 手とりぬ, 手を, 打ちながら, 押し戻した, 押し通して, 指を, 捨てやられさそふ秋風, 捨てられたとて, 摘む夕すみれ, 撫でて, 斯ん, 日光を, 日南の, 昇り降りせしこと, 昔の, 時めいて, 暫く休ん, 暮して, 曳くもの, 月江と, 有りければ, 果て, 植物と, 様子を, 機関車を, 止みしならん, 止めて, 止めませう, 止める方, 正面衝突が, 武士の, 歯向, 歯向っ, 死んで, 殿軍を, 気絶し, 水洟を, 江戸の, 沢山ある, 法の, 泣く女われ, 浜べも, 済ますという, 溶け残るとき, 澱んで, 火い燃し, 為事を, 煙管を, 犬の, 狼の, 白昼多忙の, 盜み, 目を, 相談しよう, 相談する, 県道が, 眼が, 知ってるわ, 私の, 私は, 積換えを, 穿鑿の, 立てるの, 立止った, 笑はれる, 笹ッ葉の, 米を, 紙細工の, 綺麗に, 續き, 老女は, 聞きぬ夜もすがら, 聞くと, 聴水が, 胸が, 腹ごしらえを, 腹部は, 自前の, 致し方が, 船は, 船脚を, 色気の, 若い華やか, 落合える, 落着い, 薄暗かった, 薫のみ, 行く嵐, 行合ひ, 見せるよう, 見ても, 見ん, 見物が, 見舞物を, 言へば, 討たれるよう, 試して, 變な, 負けときましょう, 身を, 追っかけ追, 逃げ帰るとは, 遊びたまえ, 遊んで, 過ぎうき, 過ぎけり, 過ぎしその, 過ぎたり, 過ぎぬべし, 過ちを, 過るは, 道を, 酒飲みで, 野宿を, 銭を, 門掃く, 静なる, 面を, 頭の, 顔を, 食ひ, 食料を, 首閂という, 馴れ馴れしく野良猫, 髪油くさい, 鳥が, 鼓を

▼ らるべき~ (358, 0.6%)

40 ものである 25 もので 11 性質の 6 ものが, ものは 5 か, ものであろう, ものに 4 ものを 3 ことを, はずの, ものであり, ものであります, ものです, ものでない, 者で, 者である

2 [17件] が当然, ことで, ことは, もの, ものか, ものだ, ものであった, ものと, ものなり, 人を, 傾向を, 其年の, 問題である, 多くの, 最悪の, 第一, 筈で

1 [193件] あないやいや, あの不幸, あらゆる要求, かが閃, かという問題, かといふこと, かは余りに, かは問題, かを主張, かを確かめ得るであろう, か否, か外, か如何, がゆえに, こと朕は, この曲線, この種, それらの, ただ一つ, ところの, ところは, と思います, にあらず, に對, の所實父條七當時出家大源, の時, の趣き, はしと, はずご, はずで, はずである, はずです, は学徒, は本, は此目的, は當然, は第, ものかも, ものすら, ものそして, ものぞ, ものだろう, ものでありましょう, もので御座います, ものとしても, ものとは, ものな, ものならず, ものなる, ものなれ, ものの, もの觀想の, もの顯は, も彼, よしの, わが資格, をいのち, を勧め惹い, を此度, を知り, を解したら, アトリヱを, 七の, 与件の, 世の中じゃ, 世界は, 事かと, 事でない, 事には, 事は, 事情は, 人なり, 人に, 人は, 人体では, 人才の, 何ものかが, 何物も, 何物をも, 作家である, 個々の, 傑作です, 八月一日ほど, 刺戟は, 各本陣, 名である, 命の, 命を, 唯一の, 問題であり, 問題では, 問題と, 問題として, 因縁は, 土地の, 地域に, 場合では, 多種多様な, 奨励ほど, 如何に, 娯楽と, 子供の, 山々が, 市場の, 平地が, 幸福は, 広辻, 徴証は, 必然性を, 忽ち迷眩, 思想である, 思想界の, 悔いの, 手ごわい事業, 推論に関して, 文化問題の, 文化問題例へば, 方法を, 時である, 時では, 時間を, 最も簡単, 最適当, 最高点である, 木は, 木造の, 根拠によって, 根據によ, 根気よ, 概念な, 様々の, 権利を, 機会の, 權利の, 演劇芸術の, 点だ, 点である, 無形の, 無終極的存在, 物の本情の, 物欲の, 犯人の, 現象である, 理由が, 田畠の, 男が, 的は, 社会の, 程その, 程の, 第一歩の, 第二, 筈が, 筈である, 筈なれ, 筈の, 筈は, 筋も, 範囲とは, 純偶然的一致, 経歴まで, 考察は, 者なり, 船が, 船の, 芸人の, 行為である, 術の, 視野は, 言葉が, 言葉も, 詔勅下りかつ, 財貨の, 貨幣定額を, 貴い何物, 資本には, 資本の, 資格を, 賢しさ, 超人の, 足, 運命に, 運命の, 道理でも, 道理なり, 道理に, 量と, 釣を, 門外漢の, 限を, 面影は, 食物の, 高貴なる光り輝く

▼ らへて~ (334, 0.5%)

6 ゐる, ゐるの 5 ゐた, ゐたが 3 いた, それを, やつた, 一軒ごとの, 待つて, 持つて, 捲しか, 貰つた, 離れぬに

2 [20件] おいて, お呉れ, お月樣, くれた, くれと, くれました, くれる, そこへ, やらう, 上げられるやう, 下さい, 二人一處に, 云へば, 卷煙草を, 呉れ, 呉れるつて, 直ちに之, 置いて, 見たり, 議長の

1 [245件] あげたいと, あげませう, あげやう, あげると, あた, あなたへ, あの白馬, あひるさんの, ありふる程, ある, あるい, あるの, い, いつか逆立にな, いつしよ, いつもその, うらやましい, うんと酷い, おいたらきっと, おきながら, おくれ, おくれな, おくれやすと, お客が, お月様, お礼に, かぶるもの, きて, くれそして, くれたから, くれたゆゑ頭痛, くれて, くれといつた相, くれとは, くれます, くれるか, くれること, くれるつて, くれる人, くれる御飯, この男, しまつ, しまふ, しまふが, しまふの, しら梅を, そこから, そこの, それが, それでからだ, そればかり, たくさん鳩を, たべる愉し, ぶつけあつたり, まゐ, みたくな, もらつたが, もらひたいの, もらひました, やつたり, やらうかとも, やる, やる伸び, ゆう, ゐたけれど, ゐたならば, ゐたので, ゐた事, ゐられないの, ゐるうち, ゐるお, ゐるが, ゐること, ゐると, ゐるもの, ゐるやう, ゐるより, ゐるらしいの, ゐるらしかつ, ゐるん, ゐる寝るでも, ゐる時, ゐる間, アツといは, クリクリと, ヨオロッパを, 一々附け, 一寸痛快, 上げるよ, 下さいました旗, 下さいませんか, 下さつた胡瓜, 下さらなくては, 下さるやう, 串戲いふ, 串談いふ, 串談いふ処を, 丹精籠めました, 二人一処に, 云ふ, 人差指で, 住まはせようと, 佛さまに, 來た, 來ない, 充分だ, 其上に, 其言ひ, 其顔の, 冠せキツカケ, 冷かした, 出かけて, 出た赤い, 出て, 出で, 出品し, 出奔し, 分配ても, 吸ふたおいし, 呉れたが, 呉れた味噌汁, 呉れた金, 呉れと, 呉れとは, 呉れる, 呉れること, 呉れるよ, 味ふ, 呼ぶこと, 四つの, 囲うたら宜, 圍うたら, 圍ふたら宜, 城や, 夜は, 夜を, 夜更け, 天皇に, 姉上は, 嬰児生ま, 子供が, 寸法を, 小さなすゞちやん, 居り今, 居るの, 居るもの, 居る涼場, 川へ, 差上げませうか, 巻烟草を, 帰つて来ました, 庭の, 建てられたといふ, 彼の, 彼女等は, 往来の, 待つてたのに, 待つと, 待つ待ちきれなくて, 待つ蜩, 徒らに, 御国の, 御恐悦, 愉快を, 成金共に, 揶揄した, 播かなければ, 放つ事, 書いた, 書いて, 来たと, 来る, 来庵, 樹に, 樹明居へ, 正宗の, 歩いて, 温い友情, 滝に, 玉ちやんに, 珍事唯今出來の, 生き返っても, 疚しくない, 痛棒を, 知りぬべし, 知るべし, 祀つて, 祈り申す由, 積んで, 突走つた, 立派な, 箸をこそ, 給はれ, 縫つてる, 罪業を, 置いた辨當, 置かうと, 置かなければ, 置けと, 署内に, 美しく上品, 腹いつ, 自分の, 自動車に, 自慢で, 船が, 茶椀水差等をば, 行かうとは, 行くの, 行つ, 行つて見る, 衣重ぬる, 見ました, 見よう, 見ようが, 読書, 貧乏震ひ, 貰つ, 貰つたと, 貰つたのだ, 貰つた着物が, 貰は, 貰ひたい其ために, 農作を, 返すつて云つて, 追ひ, 送つて, 遣りました, 酒の, 鈴木さん訪問いつも, 長い間, 青い切符, 青い古, 順番に, 頬にか, 食ひ, 食べあふうれしい, 食べさせて, 食べたこと, 食べたそれで, 食べるの, 食べ合, 飲ませました, 飲むそして, 飾る

▼ ら~ (313, 0.5%)

7 んだ 5 ことを 4 瞳を 3 ような, 人影が, 話を

2 [17件] ぃ処だ, くちや, けりや, ことに, そうに, つてゐた, のだ, もので, 光を, 彼女の, 歯を, 真似を, 眼を, 話で, 話に, 道に, 髯が

1 [254件] いく枚かの, いせゐも, いとこば, いま, いやらしさ, い使の, い使を, かつたさうだ, かつたさうである, かつたせゐ, くつたつ, くつちや, くつちやなんねえ, ことで, ことなんかは, ことには, ことは, ことも, さ, さを, さ過ぎる, すぎる, そら, そんで, つた一連の, つて少から, ところは, なかに, のか, のである, のでしょう, のです, のに, のにかかる, ひが, ほかの, まねに, ままずっと, ものであり, ものも, ものを, もの音が, んで, んです, ッとらん, テクニツクを, メナードどもによって, モダニズムの, ユウモアを, 三下じゃあ, 上衣及び, 下に, 下枝の, 両の, 両腕ムキ出し, 中で, 中段に, 乗客の, 乱暴に, 事あし, 事でも, 事を, 二つの, 二人は, 享樂と, 人垣を, 仕事の, 仕業は, 仕草は, 作者の, 俗情的な, 俺ら一日に, 光の, 克明さで, 円を, 冥想に, 切歯扼腕であっ, 勇武を, 勧進に, 卑しい眼, 卯平, 反対を, 否定的態度に, 品位を, 唄の, 唄を, 唇を, 嘲笑など, 土の, 土質だ, 声など, 大きい眼, 大きなキツツキ, 大言壮語, 女と, 女性の, 女異人, 威儀に, 威嚇は, 客, 対照な, 對句だの, 小さな循環小数, 小さな眼, 小店の, 帽子を, 弁解を, 弓自慢は, 思いに, 思案を, 性情を, 恋を, 恋愛の, 情事と, 想念だけ, 想念のみ, 意地立てや, 感じは, 感情的悪, 感慨に, 感激と, 慈悲と, 所, 拍手が, 拘束に, 持久を, 掛け声に, 放蕩者では, 故何, 新しい雪, 方が, 日光を, 早春の, 月光では, 月日が, 朝日の, 期待の, 木の, 木立や, 本を, 杞憂に, 杞憂を, 東宮の, 松の, 松並木の, 松林それらの, 松林なんぞが, 松林の, 板敷の, 枝葉から, 武者ぶる, 気狂いの, 没頭を, 波上を, 海の, 消費だけが, 消費だろう, 涙で, 淡雪が, 灰白色も, 牧場の, 物ほし, 物真似や, 理想追及の, 瑣事と, 生々しさ, 生垣へ, 生活の, 生活を, 畑中の, 発露である, 白粉の, 皆お, 皮膚の, 目つきを, 相貌を, 相違が, 看板繪, 眼には, 眼の, 眼紅い, 瞳が, 瞳と, 瞳は, 瞼の, 矜り, 神を, 神霊陶酔者でない, 穀物畑か, 空を, 空望である, 竜の, 端唄の, 笑い声で, 笑みを, 精力を, 紅に, 絵を, 絵巻物を, 緊張を, 美しさ, 美を, 群を, 聲として, 脅し文句, 臆惻を, 興味や, 色模様を, 芥と, 若い女, 草の, 葉とが, 薄紅, 血の, 行儀は, 表情が, 表現をと, 親善と, 観察を, 言句を, 言葉なども, 詩情を, 調和とは, 調子で, 謙遜という, 謙遜といふ, 警戒よりも, 豪奢のうすら, 返答を, 過ぎるよ, 道でも, 道を, 道路を, 邪推や, 重複を, 野原でした, 銅で, 陽り, 難破に, 雪が, 雪と, 雪の, 雪を, 雪枯枝を, 音を, 順応のみ, 頭を, 顏を, 風流を, 骨の, 高声, 髪を, 髯の, 鼓舞や

▼ ら~ (313, 0.5%)

43 しゃい 38 しゃる 14 しゃるの 13 しゃいよ 7 しゃいますか 5 しゃいまし 4 しゃいます, しゃるのです, しゃるのね 3 しゃいと, しゃいね, しゃるのですか, しゃるのに, しゃるのは

2 [17件] しゃいな, しゃいましたか, しゃいましたが, しゃいましたよ, しゃいまして, しゃいましょうねエ, しゃいますよ, しゃいませ, しゃるか, しゃるくせに, しゃるじゃないか, しゃるので, しゃるのですよ, しゃるよ, しゃるようですが, しゃるんだ, と並べ

1 [132件] しく巧, したよ, したわ, した御, して, してよ, しゃいなんて, しゃいました, しゃいましたらお, しゃいましてよ, しゃいまして一勝負, しゃいましとやったら, しゃいましょう, しゃいましッ, しゃいますから, しゃいますが, しゃいますけどね, しゃいますそうでございますよ, しゃいますと, しゃいますな, しゃいますの, しゃいますッ, しゃいませんか, しゃいませんと, しゃいませんねエ, しゃいませんようで, しゃいヨ, しゃい豊世叔母ちゃん, しゃった, しゃったと, しゃった時, しゃらない, しゃらないのでしょう, しゃらないのですか, しゃらないのね, しゃらないんでしょうか, しゃらない方, しゃらない時, しゃるうちに, しゃるお嬢さま, しゃるお菜園, しゃるかえ, しゃるかしら, しゃるかと, しゃるかもわかりませんでございますよ, しゃるから, しゃるからですよ, しゃるが, しゃること, しゃることですよ, しゃることを御存じ, しゃるし, しゃるそうで, しゃるそうですが, しゃるたび, しゃるだろうよ, しゃると, しゃるときいたからです, しゃるとは, しゃるなんてウソ, しゃるのか, しゃるのかしら, しゃるのかも, しゃるのがいけないのです, しゃるのがよろしいわ, しゃるのだろう, しゃるのだろうが, しゃるのでした, しゃるのでしょう, しゃるのでしょうね, しゃるのですら, しゃるのとちがいますか, しゃるのは大伴シノブ夫人, しゃるのは奥様, しゃるのやら, しゃるのを, しゃるようじゃ駄目, しゃるようですな, しゃるようですね, しゃるようですよ, しゃるような人, しゃるように, しゃるようね, しゃるらしいの, しゃるん, しゃるんじゃないこと, しゃるんじゃないんですもの, しゃるんじゃねえかと, しゃるんだよ, しゃるんだろう, しゃるんでしょう, しゃるんですか, しゃるんですかと, しゃるんですから, しゃるんですの, しゃるんですもの, しゃるんですッ, しゃる処, しゃる前, しゃる品物, しゃる大庭記代子さん, しゃる時, しゃる物, しゃる犯人, しゃればいいのに, しゃろうと, しゃッ, せえ, せえと, たが, たぜ, たの, た道中師, て, てあげく, てある, ていた, ている, ておいで, てか顔, てしまえ, てそれで, てなどいられなかった, てみたい, てりゃいい, て出立, て盲, て進ぜますだ, と白刃, ぽい埃, ぽであった, ぽの

▼ らずし~ (268, 0.4%)

5 もそう 4 もその, も之 3 て, も偉大, も無用

2 [37件] てこれ, て内, て唯, て坐, て寧ろ, て日, て粗放, て自身, て識, もそれ, も主義, も人間, も全く, も其の, も剛情我慢, も同一, も大臣, も好, も孤立, も強, も彼, も晩, も極, も消極的政策, も温暖, も無意義, も焦燥煩悶, も然, も異論群, も社交, も私たち, も積極主義, も膨脹, も身, も近代, も適材, も難事

1 [172件] かもちゃんちゃん, てあなた, てかかる, てこの, てしまふ, てそういう, ては事, てひたすら, てもっ, てやはり, てわたくし, てをら, てインド, てマリユス, て一方, て一部稗史, て世界, て人間, て伽藍, て何ぞ, て倨傲自ら処, て偶然混入, て全く, て其官權, て再三, て凡て, て別に, て十字架上, て単に, て叛軍, て吾, て和議, て嘉永元年, て国土, て国家, て坐ら, て城, て大きな, て天, て実際, て就中憐, て左, て平日, て彼, て往く, て後ろ, て後世, て恰も, て我, て抽象的, て政府, て早晩變動, て東京, て止むべき, て此詩, て歴代, て殆ど, て氏, て汎, て温き, て特殊, て癒ゆ, て皮相, て直に, て相, て自分, て自己, て萬機, て賄賂, て遊廓, て長く, て陥れる, て雨餘, て靡き, て高い高い, て高き, も, もあらず, もかく, もこれ, もせね, もそこ, もそれほど, もはっきり, もダニヱル, もプレトー, も一人, も不健全, も不意打, も人, も人形, も信憑, も全美, も兵書軍籍, も其形象, も写実的, も凡て, も功, も勇士, も勇将, も勝つ, も北辰新報時代, も区々, も厭, も参河武士, も合理的, も名, も名文, も君, も吾, も和蘭王, も哲学研究, も問ふところ, も国家, も多く, も大久保党, も大久保黨, も女, も子由, も宗教上, も巣林子以下, も忠実訳, も忠實譯, も性, も悲, も悲しむ, も或, も手切れ金, も支那傳來, も政党, も政黨, も敗, も斯, も最初, も泣き, も活用, も消極的, も清河ら, も無, も狂人, も狂妄放漫, も瑣細, も生きた, も睦まじく, も社会, も社會, も福, も福神, も積極的, も終生, も絶対, も自分, も虚栄, も要らない, も見, も見るべき, も解釈学的哲学, も読む, も論ずる, も豪傑, も資本主義, も超, も軍務, も遠藤, も酬報, も重箱, も金, も開港, も雨霰, も顔そのもの, も馬琴, やがみ

▼ ら~ (252, 0.4%)

10 のは 7 ような 5 ものは 3 ことに, ことを, な, のだ, ものである

2 [16件] がふたつ, ために, という, ところの, に相違, のである, のみならず, ものが, もので, 古蒼, 必要が, 技術の, 春の, 暇も, 眼に, 美徳である

1 [183件] からであった, からである, がごとき, がよい, が如く, が故に, けれど断じて, ことが, ことである, ことなども, ことには, ことによ, ことの, ことは, こと三遭柳を, こと十數里兩岸には, ためにも, だろうこと, つかりオドオド, つかり云, つかり夢中, つかり有頂天, つかり氣, つもりか, であらう, でせう, でも無く, でる, と, という不当, という方法, という理由, といふやう, としても理論的, とたい, とも, とも顔, とやにわに, とバッサン・アヴァル, と云, と性善坊, と恐らく, と見, どことも, なは, には足らない, に必要, に至る, に至るべし, に若く, に過ぎぬ, に違, に銃剣型, のが, ので, のであっ, のであった, のであつ, のであらう, のでこの, のです, のに, のも, のわつみ, の外, の時, の水, の間, の難き, は彼, は此時, ばかりじゃア, ひかりの, ほどその, もの, ものであった, ものであり, ものであります, ものでない, ものな, も人, も到底, や, やうな, をえざる, をねが, を得, を得べく, を得べし, を憚ら, を見ざれ, を許せ, アポローンアキルリュウスを, オリンポスの, クロニオーン, ラッパの, 三度の, 人間が, 位置転換も, 使者これを, 信用の, 候嗚呼長, 僧の, 其喜びお, 処只幻惑の, 努力の, 効果の, 半島と, 原因に, 吁彼は, 商船が, 報道を, 墳墓の, 夜の, 大いなる悦び, 大袈裟な, 奧妙の, 奴隷的な, 寶納受し, 展覧会である, 工事だった, 常識を, 年に, 強い匂い, 悦びが, 情熱という, 愛と, 感情は, 憂鬱の, 我なり, 所以では, 所以は, 捌きも, 救世的利益を, 教の, 方法だった, 旅の, 春に, 時に, 時の, 時節が, 柔き, 湖は, 火輪にも, 熱湯の, 爛々の, 爲には, 牛皮より, 生産的な, 男だ, 癖が, 白菊の, 白雪見れ, 神か, 私語に, 程吹き募れ, 竹垣の, 細粉の, 結果については, 結果の, 習である, 胸の, 腕が, 自動車を, 花の, 苦い珈琲, 茫漠たる, 計略だろう, 諸天, 賠償は, 起床ラッパ, 身ぶるいの, 鐘が, 鑰を, 雪絹の, 雲裂け, 露原よ, 露原早く, 霾らす, 首尾についての, 驚くべき酬いでは, 鷹の, 黄沙の

▼ ら~ (243, 0.4%)

53 して 4 である 3 しといて, しながら, でした, なかった, なければ, ろお正月も

2 [14件] さと, したり, そうと, だ, であろう, ない, ないの, なくちゃ, なくては, なる盃, なれば, ひ衣類, 知ら, 覚えた俳句

1 [140件] あるいはたぶん, ういに, うした, うむ, かつてゐる, けりて, ここが, このよう, この内証事, この掏, された時, される権利, したあたし, したく思, したく思った, しただけ, したと, したまま, したン, した儘, した方, した責任, した長二郎, した髯, しつちやつて馬鹿, しても, してよ, すぎ精神において, ず, ずに, そこに, その白堊, その酩酊状態, だつたこと, だという, だね, だのに, だ夜, つた, つたのが, つたのは, であったので, であったばかり, でありその, でありながら, であり可憐, であるから, であるならそれ, です, でないと, でない心情, でなかつたから, ときどきさまざま, ないし, ないで, ないと, ないのに, ない働ら, ない積, ない積り, なかったなら, なかつた, なくっちゃ, なくつて, なくなって, なし, なしげに, なすが, ならざるなし, ならざれば, なら大丈夫, なりき, なるきよら, なるは, なるロマンス, なる夕, なる女, なる寄物, なる情感, なる挨拶, なる月, なる気性, なる熊, なる物, なる玉, なる白き, なる眼光, なれ, においで, ねば駄目, ひ衣服, ふさに, みと品格を, み吉野, やって来や, ツたんです, ポーッと, 丹を, 乾草を, 云って, 五月の, 俺らあ, 俺らは, 傍に, 凝り始めた盆栽, 出て, 味の, 多くゐる, 常磐木色の, 彼が, 或る, 文学の, 日曜日には, 早速三羽, 朧げに, 来て, 樺ざくらと, 此の, 歩いて, 母は, 江戸に, 男の, 癖の, 秀才という, 私は, 糸の, 経験した, 聞えなくなって, 聞き込んで, 若松屋に, 蟹江四郎は, 行乞相も, 西園寺の, 見て, 見ゆ菜, 諦めて, 酔つ, 静枝は, 風が, 黄金を

▼ らかに~ (235, 0.4%)

5 して 3 すること, なって, 自分の

2 [15件] いとど澄め, するもの, そそ走りゆき, なったであろう, なよやかな, ゆくらゆくらに, わがたま, 光って, 幾尺の, 眺められた, 眼に, 観じ心, 觀じ, 閉ざされし内部, 雲が

1 [191件] あかる薄闇, いずれ矢代たち, いった, いふ導者, いり行くの, うつりゆく時, おいでに, おさまって, おちついた気分, おとづれ来, お婆さんの, お宮を, くびれた水蜜, くらしたまへととか, ぐっすり寝た, こう書い, こころの, こっちを, ごむ, さえ渡って, さながら象, さは, され明日, した, しっとりした, しわれひと共, し彼, すなほ, すんだ二つ, せられたり, せり, そつけなく聞え, それを, たたえられた水, つつむの, とりなすの, なおけたたましく, なぐさめて, なつて, なりにけり, なるとぞ, にじみ出る, はららかし, ふくらみ充ちた肉, まは, めぐり半身, めでたければ, ものいえども, もれあがった自分, ゆるやかに, よくも詠んだ, ゑがく渦の, コンモリと, ブレヴァンの, ルミの, 三倍も, 乾かぬ墨, 何か, 優しき態度, 先頭へ, 児の, 入れた袖無し, 全姿を, 円く眠る, 凹凸が, 出でて, 別辞の, 別辭, 刳上った幅, 厳めしくも彼の, 呼びとめて, 呼吸する, 命じて, 命じ準備, 和らぎたる新た代, 咲き出して, 咲き小鳥, 地上的な, 声波が, 夜明けぬる, 寝た, 尋ねられければ, 小屋や, 峰を, 巻く, 幌を, 平和に, 廊を, 廻る火, 引き退けて, 引き開けしは, 彼を, 彼女の, 微風が, 念を, 情け深き本妻, 想鎖しぬれ, 我々欧州人と, 我が胸中一片, 扉を, 拡げた私, 拡り, 撫で出しました, 明るい傾斜, 昔ながらの, 星を, 映つて, 昼間は, 晴れて, 木影うつれる, 枝撓み, 柔かき絹, 楽しく心, 歴史に, 死んで, 波うちつつ, 浮かせて, 涙を, 満身の, 溶けて, 澄み面, 澄んだ中, 澄んで, 無風と, 照らして, 獨創の, 現なき, 現在も, 申されけるに, 眠ったこと, 眠つ, 眠らせ, 眠ること, 眼覚め, 瞻った, 瞼に, 空気こもらふ, 立ち去った, 箱根街道のぼり行け, 紅いので, 紅く孱弱, 紅み, 美しいの, 考え添えた, 聞えあぐれど, 胸を, 膨らませて, 膳を, 臀部の, 自由に, 舞ひめぐれ, 花を, 荒い土, 落ちる音, 葬って, 見えた, 見えたの, 見えたので, 見えも, 見えるだけ, 見える世間, 見むと, 見ゆ, 見られた, 見られました, 見廻すにつけ, 解決され, 触れても, 言って, 言れけれ, 言わる, 訊問を, 詰れば, 語ったかも, 語り聞かせよとの, 超大巨人, 軽気球くだる, 輝いて, 辷って, 近々と見える, 述べよと, 開けて, 降る中, 雪の, 霧に, 静かである, 靡いて, 飮み遊ぶ, 飲み遊ぶ, 黄泉神と, 黒ずくめの

▼ らかな~ (233, 0.4%)

6 花が 4 美しさ 3 ものを

2 [15件] のが, やあはれ夜, 一つの, 堂々と, 姿に, 寝息を, 心を, 感じが, 朝の, 気持に, 水に, 眠りに, 胸を, 豆腐屋の, 足取

1 [190件] うまさ, がし, ことであった, ことな, この世の, さびしさに, そして高貴, てらいの, ながめに, なつかしい印象, ねむり, のであります, のびのびした, ひろい賢い健康, ふたりは, ほど見えた, まま積もっ, ものでした, ものに, ものの, やつは, よろい小袖と, アグネス, オルガン曲を, クリスマスの, クリスマス前夜に, 一閃の, 二つの, 人間で, 仏具を, 傾斜と, 光が, 光線は, 冷風が, 力に, 十九か, 口へ, 呼び声の, 命は, 喊声が, 喜びだった, 城廓が, 声で, 声である, 夜具の, 夢の, 大きなもの, 大理石の, 天上的肉体, 天蓋の, 夫の, 姿を, 姿態を, 容貌痩せ, 寂しい微笑, 富士が, 寛や, 寝顔を, 小さいもの, 少女です, 山の, 山茶花に, 平凡さが, 平和郷と, 微風が, 徳操に, 心, 心あたたまる, 心持で, 息を, 情熱を, 意識を, 愛と, 愛情との, 感じを, 慰藉と, 手, 抱擁性を, 教訓が, 文化の, 文献の, 日光が, 日光に, 日影が, 明りの, 明るい生命, 暁を, 月が, 木綿の, 未完成な, 栄光が, 栄光に, 様相に, 歓喜とを, 正義を, 歩程を, 歯型を, 死に顔が, 母の, 民であります, 気ままいっぱいな, 気分が, 気分を, 気持で, 気持誰も, 水音く, 海際の, 涙が, 淋しいもの, 深い陰翳, 深い靜, 清らかな, 瀬戸内の, 焔を, 燈火供物その他に対して, 燦かな, 環境と, 生命すらも, 百合の, 皮肉な, 眠りを, 眼ざめにかへるのだ, 眼で, 眼なんと, 瞳を, 確かりした, 確乎性が, 祈りの, 空明の, 空気に, 空気を, 童女の, 竹原へ, 笑いで, 紅い州旗, 純一性を, 結跏の, 緑では, 緑の, 美しい手, 美しい河, 美しい音楽, 美人だった, 羽毛襟巻強烈な, 翁の, 股が, 背を, 胸が, 胸と, 腰に, 膚に, 至高な, 船唄が, 色洋燈を, 艶姿を, 花の, 芸術を, 若緑を, 薔薇と, 虹が, 虹の, 血の, 血を, 衣服を, 表情が, 表情と, 襟の, 観音様の, 言葉が, 説話を, 調子が, 調子で, 調子に, 謙譲を, 謙遜さで, 貧しい孤立, 鄙歌を, 雰囲気の, 靈魂を, 静かな, 響きが, 頬に, 頭は, 顎の, 顏, 顔, 顔し, 顔を, 風情に, 食えそう

▼ ら~ (229, 0.4%)

4 に, 勝ちに 3 がちな, て, ながら云

2 [20件] がちに, ながらしかし, ながらその, ながら不意, にただ, になつて, のあ, のため, のやう, は情, をし, を含み, を感じ, を持たない, 人を, 勝ちな, 気味に, 給ひ, 給ふ, 霧立つ

1 [172件] あとは, が, があつ, がちだ, がちの, が違つて來, げに, それから男物, それが, それも, つきやあが, つつ, つつも一方, つつ動き, つつ物見遊山, てか不, てこれ, てとみに, ては宮, てほ, てよりは忘, て出でし, て己, て智恵, て月日, て涕, て耳, て言葉交, て詠め居, て身, ながら, ながらそして, ながら何, ながら向う, ながら小手, ながら幽霊, ながら戸口, ながら探る, ながら揉ん, ながら明子, ながら止め度, ながら正直, ながら海, ながら漸つと, ながら眼, ながら立止, ながら答へた, ながら美奈子, ながら義雄, ながら背, ながら言, ながら言葉, ながら返事, ながら遂に, ながら重い, にけり, にされる, にて呼, にでも来, になれ, に一本簪, に任せ, に及ぶ, に就い, に慶福, に描く, に来, に玉ねぎ, に辭, のうち, のえせ, のない, のみ国, のよい, の問題, の夜, の容子, の影, の搖曳, の片鱗, の表情, の製, の言, の長く, はなか, は彼, やうも, やためら, やひた, や要心, をお母さま, をした, をその, をつつみ, をもつ, を北海道, を含んだ, を喜ん, を感じた, を懐いた, を打ち捨て, を知らぬ, を見せる, を覚, モンペも, 一寸後もどり, 不二はかくり, 乍ら坂道を, 今朝見れ, 何もかも, 其上へ, 勝ちの, 厚く禮, 又迷, 友は, 反対する, 喋べつて, 奇妙な, 奥さんの, 妻の, 姉さまの, 子を, 富岡に, 式に, 彼を, 愕ろかす, 愛し, 愛しよく, 愛し笑み, 愛し雨, 我は, 押転ばす, 支店長さんに, 春の, 時には檜, 更に伯母, 月夜少なき, 楽屋を, 次いで餅, 気味で, 浄められる, 浦和大宮なと, 海へ, 牟婁の, 申さるべし, 紅し雪, 終し, 給ふも理なれ, 給へ, 縁側に, 肥つた三十二歳の, 自然主義に, 芝生の, 苔を, 言つちまつた, 言つて見よう, 語つてを, 調べ拔きました, 調べ拔く, 買つ, 身うちの, 身に, 輕み, 迷つた, 遂に懷劍, 酔つとるだ, 銀紙で, 隅々まで, 雪も, 風に, 饐ゆれ, 鶯を

▼ らさま~ (215, 0.3%)

4 に私 3 に言, に言え

2 [17件] な事実, にいっ, にし, にそう, には言, に世, に云, に他人, に出した, に書い, に火, に答, に見える, に見せつけ, に言う, に話し, の声

1 [171件] だった, であった, なその, なの, なまた, なるに, なる唖, なる影, なる戰, なる月, なセヽラ笑, な不, な告白, な問い, な夏, な好奇心, な心, な悪意, な感動, な津田, な無, な眼, な脅迫, な色男, な若い, な返事, な陽, に, にいいだしかね, にいうた, にいえ, にいえない, にいえなかった, にいった, にいったら, にうち, にお, におっしゃっ, にきょう, にこう, にここ, にこの, にこれ, にさう, にさせられる, にしない, にする, にそれ, になった, にねだり兼ね, にはいい得なかった, にはそれ, にははがき一枚, にはゆする, には仰有れません, には口, には指さなかった, には斯く, には書い, には申, には申しません, には親, には言わなかった, には話せぬ, にほほ笑ん, にも云い出し, にも語れぬ, にアリストテレス, にスターリン, にヘロデ, に主張, に之, に云い出される, に云う, に云っ, に云つて, に云わなかった, に云われる, に人皇, に依, に僞ら, に優劣, に其處, に出し, に前, に剣, に可否, に名乗っ, に名乗りかけ, に名前, に告げ, に娘, に官兵衛, に対比, に岡野, に彼, に忠告, に怒る, に恋い慕っ, に恥, に愛する, に感ぜられる, に慰め, に憤つ, に憶, に手形, に打ち開け, に打明け, に押しつけがましく, に指摘, に振向い, に描き出す, に握る, に敵同志, に断わり, に新聞紙, に書く, に書けない, に東, に柳沢, に武具室, に燈, に現われ, に理窟, に瑞木, に申, に申さなかったなれ, に申し, に申したら, に申し上げぬ, に申し上げましょう, に知る, に示し, に示した, に答えた, に算哲, に而, に芸人, に表し, に表わし, に表白, に表門, に見せる, に見た, に見ぬ, に見渡される, に言い聞かせる, に言わない, に訊く, に訴えない, に話した, に話し合った, に話す, に語っ, に説明, に読まれた, に讚辞, に述べね, に運ぼう, に開い, に陵, に露出, に面白く, に顔, に龍一, の嘘, の批判, の非難, よい歩いた, をあそばせる, 過ぎるやう

▼ らなかっ~ (201, 0.3%)

11621 たの 11 たが 6 たこと 5 たので 4 たん 3 たもの 2 たから, たじゃ, たと, たとも, たよう

1 [25件] たか, たかと, たそう, たため, ただろうこの, たつもり, たでしょうか, たという, たところ, たにも, たのに, たのね, たらしい広, たりした, たり家事, たわ, た事, た女房, た奴隷的, た或, た折, た様子, た為, た罪, た苦患

▼ ら~ (175, 0.3%)

7 の男 5 の大男 4 の紳士 3 の老人 2 で眼, の, のでっぷり, の五十男, を一層, を出し

1 [144件] があった, がいっそう, が一時, が写り出せ, が少し, が照らし出され, が自分, が載っ, が鍬, が鏡, しかもみ, して, だけが右, であった, でそれに, でデップリ, で一分刈, で五カペーカ銅貨, で半白, で大兵肥満, で太, で小肥り, で怖い, で慓悍, で擦れっ, で碧, で脊高, で長身肥大, で髪, と張儀, と短い, と金髪, にはすでに, には得意, に小さな, に新しい, に笑靨, に見せ, に髪の毛, に鬚, に鳩, に鼈甲, に鼻眼鏡, のがさつ, のざっくばらん, のすこしく, のずんぐり, のその, のただ, のほう, のむかつく, の一等兵, の三白眼, の上, の両, の中, の主人, の五十位, の人, の人物, の侍, の医師, の口, の四十, の四十がらみ, の堂々, の堂々たる, の大, の大きな, の大兵, の女中, の始終, の家主, の小, の小肥り, の彼, の快活, の折鞄, の支店長, の杉, の爺, の爺さん, の白髪, の百姓男, の眉毛, の砲術長, の福々しい, の笠岡, の肥大漢, の肥満漢, の肥満紳士, の背, の胡麻塩頭, の英吉利人, の薄, の連れなる, の遊女, の酒場, の酒食ひで陸, の頑丈, の頬, の頭, の骨太, の高等官, の鷲, はいかにも, は一度, は勿論, は年がら年中, は往年, は昔ながら, は田舎者, へ疑惑, も見せなかった, をあげ, をかえ, をかがやかし, をこっち, をじっと, をはたと, をもじゃもじゃ, をシカめ, を一振り, を傾け, を先頭, を全く, を出さず, を寄せた, を寝台, を手, を手拭, を持っ, を振っ, を提灯, を握り拳, を東, を洗った, を眺めた, を緊張, を見合わせ, を見返した, を載せ, を雨粒, 肥えては

▼ らから~ (172, 0.3%)

10 見れば 6 見ると 4 みると 3 うとも, して 2 うでは, 聞いて, 離れて, 青いひかり

1 [138件] いえば, いじめられるの, うかがわれ自由思想家ら, うが, おは, お望み, かすかな, きた古い荒々しい, きて, きれいだ, この災難, さげすむよう, しょっちゅういわれ, すすんで, ずや, そっと出した, その係り, それを, つぶさに梁山泊, どういふ風, ねらわれ両者, はいれば, ぼくを, ますます鮮明, もりあがって, やっと始まる, ややもすれば蕪村, ゆく温泉, れんげ草の, ッきし仕事と, パッタリと, フイに, ワイロを, 一種軽快な, 上差の, 中へ, 二百俵の, 云えば, 仇呼ばわりされ, 仔蟹も, 侮辱され, 元まで, 先に, 先手を, 分離させた, 刺されたが, 十二階へ, 取って, 取るもの, 受けたつまらない, 受けなければ, 嚇して, 固定し, 夥しい血まめ, 大きな丸太ん棒, 奉仕される, 奪い取って, 始って, 始まるん, 始めるん, 子供を, 尚も, 帰る百姓, 当時毎年拾い上げられた, 後戻りを, 思うまま, 息を, 感謝され, 慕われて, 成る別, 扇で, 手も, 打ち眺めるとき, 排斥せられた, 掛蒲団を, 搾り取った金, 放れて, 救って, 教育の, 教訓を, 敬愛され, 断わりきれない頼み, 旧世界, 来たアルコール製, 来て, 林の, 枯枝を, 武藤君が, 歸つて來たら, 歸らぬ, 歸る, 残酷に, 気長に, 氣を, 洩れ伝わって, 流れて, 現われて, 相手は, 石を, 神怪幻詭の, 空気を, 竹木を, 第一, 老人ふたりの, 聞いたの, 育てられ俗世, 腐敗されてる, 腕押しでも, 腰掛を, 舌を, 舐められて, 船に, 英国側の, 落ちて, 虐待され, 見つけだして, 見られて, 見上げて, 見捨てられた, 言つた, 譲らしめられた土地, 譲られたよう, 豆を, 負わされた手傷, 貪り読まれたもの, 賞賛され, 贈られた一本, 起こる人声, 起ったん, 身ぐるみ剥ぎとっ, 転がり出しそう, 迫られた経験, 銃声が, 集めて, 頼まれて, 風が, 風も, 黒い油煙

▼ ら~ (170, 0.3%)

14 可き 8 と云々 43 可きの由, 可し 2 とある, という, と雖, べかりし, 京水傍に, 可きもの, 家の, 此の

1 [122件] おのれ思ふ, から駄目, こ, ことが, ことで, ことの, これは, すなわち死, その道に, ために, で少し, とあり, とあるの, とあれ, ということ, というよう, という御沙汰, といふ噂, といふ地獄, とき驛傳の, とここ, ところあり, とつたえ聞く, とどうやら, との事, との義, とは何, ともなほ, ともキリスト, とも汝, と云, と仏経, と見, と言, と言える, どあるは, なぞと, にかふる, には是越前其方, にやすき, に九, に九助, に御国, に私, のである, のを, の品, は山, べけれど, まさに天祐, また二, ものの, やうな, やうな思ひ, やうに, ような, ら, らむなど, らる, をひとし, を知り, アイヌとは, ウェルギリウスダンテを, サア夫れ, ペルシャの, ボローニアの, 一しきり終り, 一二四八年反逆の, 万事御用向, 三正, 上人たちまち, 並々の, 主上叡感有り, 主税之, 之に, 事度々, 云々, 云々と, 人も, 但し信濃国諏訪大明神, 光が, 其時伊勢守參候外御, 凡そ張本百三十余人, 則ち, 単に普通一般, 即ちキリスト, 又公氏, 又四分律, 取次は, 可から, 可く, 可の, 実に元治元年七月十一日, 底の, 彼所は, 彼消せる, 心の, 心爲に, 斯て, 斯の, 新社会, 是に, 是内々の, 時に, 書生二人を, 有難く存ずべし, 朝光之を, 栄光此上なし, 此度は, 此時伊豆守殿には, 此時越前守少しく, 此間胤長の, 然れ, 爰に, 第九天, 義盛義村盛時之を, 而し, 解釈とは, 越前守は, 越前守殿正, 近習は, 長政側近く呼ん

▼ ら~ (167, 0.3%)

55 ばならぬ 8 ばならない 6 ばならず, ばならなかつた 4 ばならなかった 3 てあった, ばなりません, ばなるまい 2 えでも, それや, て並ん, ど彼, ば, ばならん, ばよい, ば戀, ば成るまい, ば氣

1 [59件] いいの, えくら, えつて云, えともう, えと彼処, えと思え, えやつ, え仲, え家, え曲者, え朝, え顔, おまえの, お母さんは, こ, このと, これで, そしたらどう, それじゃあ, て, てあり, てゐる, て世子, て全, て芥川, て行く, ど世間, ど演芸, ばかへつて牛, ばただ, ばとかけ, ばと思ふ, ばならなくなった, ばならなくなりました, ば万葉びと, ば上物, ば世の中チャンカラコ, ば余り, ば嘘, ば天下, ば実は, ば徒ら, ば成らぬ, ば我輩, ば最早, ば此女, ば永久, ば活力, ば済まぬ, ば終に, ば蒸し, ば隈, ゆるやかな, 一斉に, 大殿自ら評決を, 此方のは, 沈む夕陽, 遠くの, 鳥は

▼ らなけれ~ (161, 0.3%)

61 ばならない 19 ばならぬ 11 ばなりません 8 ばならなかった 6 ばならなかつた 3 ばいけない 2 ば, ばいい, ばいけません, ばならん, ば何

1 [43件] ばうまく, ばこの, ばそれで, ばならないだらう, ばならないで, ばならなく, ばならなくなった, ばならねえ, ばなり, ばなりますまい, ばもう, ばやれません, ばダメ, ば一言半句, ば上等, ば人間, ば僕, ば分らぬ, ば到底, ば力, ば吾輩, ば嘘, ば堤, ば外, ば客, ば忽ち, ば恐ろしく, ば成らない, ば旦那, ば機嫌, ば母, ば看護婦, ば神道, ば続かなかつたらう, ば美味しい, ば育たない, ば話, ば追, ば追っ付きません, ば遊べぬ, ば那須一族, ば駄目, ば龍

▼ ら~ (158, 0.2%)

224 ぼくお 3 今度の, 大舟に 2 ナ, 其時千束樣へ

1 [122件] いい加減に, いましがた, いや別に, いるかいねえか, おかしいなあ, おまえは, お前は, お告げが, から樣, かんし, がむつ, こいつあ, こうしてい, こうしてここ, ことも, これじゃ, こんな山, ざまあみや, じゃあひとっ走りいっ, するねえ, せいぜい喧嘩, そいつを, そうかなあ, そうすれ, その時千束様, それだけは, ただの, たの, たまお, だ, つてそれをも, つて威張る, つと叫ん, てめえの, という言葉, と男, どうだ, どうもかう, なあなあお, ないな, なんとか工面, ねえ, ねじ釘さ, ねぢ, ね金魚, まだ朝飯, まだ若い, もう気恥しくっ, もう醤油屋, エライものだ, チョッ, 一寝入りやらかす, 今の, 今日埴生で, 仲間も, 何だ, 作らねえで, 佳味えつたつ, 信用してる, 俺れだ, 俺を, 先生に, 別に早い, 勿体ね, 十八文の, 口の, 可笑しいや, 唖じゃ, 嚊が, 固くなりやした, 壯の, 子供ぢや, 存じません駕, 家で, 家の, 寝た風, 帶まで, 後ろから, 後生おそ, 思って, 悪い奴, 感ずった, 戦争あ, 手の平へでも, 押売り, 拭きな, 明日は, 星が, 暢気すぎ, 柄杓そつち, 業腹な, 槍で, 武子っていう, 殺生石だって, 江戸紫が, 物語の, 甕, 生命を, 畜生, 畜生っ, 白河夜船さすみません, 真黒な, 知つてからは, 神とか, 納豆だ, 罰を, 聞かなきゃそいつでぶんなぐるべ, 胃袋を, 若い元気者, 茶だら, 莫迦野郎奴が, 薩摩だって, 蜀黍伐つ, 西遊記の, 見る人, 話せら, 酒でも, 酔ったよ, 雨坊主に, 頼まれて, 默つて居れ, 黙って

▼ らざれ~ (153, 0.2%)

9 ばそれ 4 ばなり, ば其の, ば則

2 [11件] ばその, ばまた, ば単なる, ば却って, ば地色, ば未だ, ば死, ば油画, ば熱誠, ば真, ば私

1 [110件] となり, ど, どこの, どという馬祖, どもこれら, ども慷慨, ど室内, は我々, は直ちに, は驚慌下, ばあるいは, ばかけ, ばかの, ばこれ, ばすべて, ばなどと差配佐次兵衛, ばわが, ばヂニアス, ばバタ, ば三日, ば三阿僧祗劫, ば両者, ば主観的, ば之, ば二時三十分, ば二氏, ば人, ば人間生存, ば人類, ば仕立屋銀次, ば何, ば何者, ば個物, ば全然, ば其祖先, ば具体的世界, ば具體的世界, ば凡て, ば刑名, ば制御, ば前後, ば唯, ば喰わね, ば国会, ば国民, ば外国, ば大, ば大言壮語, ば如何, ば學校教師, ば客観的知識, ば寒氣, ば實用, ば少く, ば帝国, ば平凡, ば平板, ば幻想, ば強, ば成功, ば成立, ば我, ば我々, ば我等, ば改作, ば放送, ば教訓的, ば敵, ば旧劇, ば明師, ば書生, ば最後, ば有, ば機根, ば次, ば欧洲, ば歐洲, ば正反対, ば此の際辞職, ば此事項, ば殊更, ば汝等, ば汝自身失敗, ば沈滯, ば混亂, ば渠, ば焼き棄て, ば狂, ば生活, ば生産工業全滅, ば當時, ば皆移轉, ば社会主義者, ば聖書, ば自ら, ば自ら脱党, ば茫々, ば詮索, ば論理, ば質問書, ば身, ば身心共, ば輸入, ば過去, ば遠から, ば部下, ば間接, ば飛行機, ば饒舌, ば魏

▼ ら~ (146, 0.2%)

5 てそれ 43 ていた, ている, てくれた 2 たんだ, てくれる, て人, て自然, 上げた人間, 方も

1 [116件] あげて, ある一種, いろいろの, おけ, かけて, かけの, きれずぽ, きれなくなって, この頭巾, させたもの, させて, そこへ, たくないと, たらしく金, たり, たり旅行鞄, たる信条, たる浴室, だ, だが痛, だぜ, ています, ておふくろ, ております, てくれ, てくれます, てこの, てしまった, てそち, てちと, てやりました, て一人, て三度, て三度づゝ室, て何, て何楽しみ, て己, て彼, て手首, て来る, て河井, て漏斗, て目玉, て船, て花模様, て話, て貧乏震い, て退塾し, て食べる, でがら, で必要, ときなさい, どもご, ども埋葬, ない前, なかっただ, なくに, なければ, にかかっ, にけれ, にし, にでき, に働く, に来た, に行, の世話, の品, の竃, の鋏, はうまかろ, は今, ばそれ, ば仏, ば増弥五こと, ば川ぞい, ば昨冬, ましょうし, め, めやも, ものじゃ, ものです, やうといふ, よさあ, ろ, をいたしましょう, をし, をした, をほとんど, 上げたとか, 上げたよう, 下村観山横山大観や, 中で, 主君へも, 事, 候え, 出したもの, 向かも, 向きな, 向でも, 地蔵を, 客を, 市会議員を, 方は, 方を, 正直に, 此の, 物の, 物を, 着附けを, 窘み, 竹の, 置けよ, 藩の, 遊ばせ, 靡け靡けと, 首を

▼ ら~ (144, 0.2%)

5 なければ 3 う云, ないこと, なかった, なり, に出 2 う, うと, う云った, う仰有る, が, ざなみ, ないうち, やる, を讚

1 [106件] あのあんこ肴, ういふ, ういふ運動, うい噺ぢ, うえ處へ, うお思ひなさい, うした, うした慣れない, うして, うだ手拭, うだ鮨, うなる, うなると, うに, うにお, うにする, うに映, うに聞える, うに見せる, うに退屈し, うに頭を, う思へ, う考へる, う解釋, う言つて, う許し, がある, がま, が一様, が概して, が深い, が瞳, が違, こせこせした, この落胆, さぐる讃歌, ざるに, た, つさ, で, では生ききれない, でふさがれた, とおきあがっ, とかかえ, とこけ, とど, とふな, と起ちあがり, ない, ないであろう, ないという, ないとは, ないなら, ないの, ない場合, ない女, ない娯楽, なきや, に, にこの, にせつ, にた, にとうとう, になっ, にのみ生き, にゃあならんと, によつて偶然, に向, に堪え, に堪えがたい, に打たれ, に死にます, に負けない, のみ陋屋, はあまり, はあらず, はとても, は敗け, は数, ばかりがすべて, へ, へときには, へも思ひ出せないじ, へわざと, ほど憂鬱, まで隠す, もそして, も羨まし, も随分, るるに, るる木の葉, を, をお, を一途, を増し, を忍ん, を感じ, を感じた, を感じる, を憎み, を消し慰め, を言, を訝しげ, を證據, 悲しさ, 苦しさ

▼ らなく~ (144, 0.2%)

28 なつて 9 なつた 6 てはならない, なつて了 3 たつて, なつたが, なつたの, 思って 2 つても, てはならぬ, ツても, 不安に

1 [75件] いやになる, たつて解つて, ちゃア, ちやならない, つちや, つて, つていい, つて不可んと, つて唸き, つて困り, てさ, てはいかない, てはいけない, てはなりません, ては不可, ては何, ては困る, ては家, てもいい, てもこの, てもすむ, てももう, ても普通, ても気分, ても自暴, て二通り, て心配, て難儀, ともいい, ともさ, とも寶雲齋, とも老いた, とも自, なつたけれども, なつたもの, なつたやう, なつたり, なつた事, なつた彼, なつた箇所, なつてさ, なつて了うた, なつて了つた, なつて寢, はない, ば, ッちゃ, 不快な, 世の中の, 厭な, 可哀相に, 嫌や, 家に, 彼を, 心が, 思います, 思うは, 思う事, 思った, 思ったこと, 思つた, 思つて居ないだらう, 惜しまれるほど, 想ふ, 愛嬌に, 感じること, 憂鬱な, 成つて倉皇と, 日を, 残り惜しげだった, 窮屈な, 落つきなく, 退屈だつた, 頭が, 鼻を

▼ ら二人~ (135, 0.2%)

5 の間 2 がどうして, の男女, ゆく

1 [124件] あの時, がだんだん, がトラ十, が何, が召し, が墓場, が始め, が永禪和尚, が海, が訪ね, が駆け込みし, さえいなけれ, だけでもいい, だけでやる, だけをこの, で, である, でした様, では, で又, で早く, で駈ん出し, との関わり, ともこの, とも天皇, と六人, と戦う, にいろんな, については古い, に任し, に増し合力, に審判, に対する大勢, に復讐, に甘え, に白状, に迷惑, に逢った, のその後, のほか, の一人, の中, の兄弟, の力, の勧め, の友情, の命, の四本, の好意, の姉妹, の姿, の子供, の居る, の役人, の手, の疑, の疲れた, の目, の相談, の老年, の耳, の膳, の身の上, の身体, の道中, の離れる, はあれ, はいい, はおれ, はそこ, はもう, は一緒, は一足先, は中, は今, は今夜, は僕, は共謀, は取, は同じ, は天, は妙, は学校, は孫, は岸, は平, は庭, は性, は慘め, は明神下, は真紅, は知恩院, は罪悪, は親友, は豪酒, は越前屋, は足, は軽輩, は迂路, は鐵砲丸, ばかりも横竪, もこの, も共, も同じ, も計る, やみ難き, より外, をぶん殴っ, をほろぼせ, をわらう, を亭主, を共に, を喜ばしめた, を引っ担い, を打, を撒けるだろう, を擒, を無事, を牢屋, を見かけた, を送つ, 寝さしといたかて, 抜け駈けて, 時には人車

▼ らつて~ (134, 0.2%)

8 ゐると 6 ゐた 4 ある, ゐたが, ゐる 3 もならぬ 2 しまつ, ゐたなどとは, ゐるので, をります, 嬉しさ, 居た, 赤い瓦

1 [91件] あるきり, あるの, ある浴衣, いらつし, お瀧, からとつつき, から手, から言, から話, から長火鉢, から開いてる, そそくさと, その絵, それでも家, たの, たら先生, ね, はち, は家宝, ばかり居ります, まで盜む, もど, も女, も屹度, やつて, やる, やるの, よろめくところ, ゐたさ, ゐたし, ゐたの, ゐたもの, ゐたやう, ゐた伊貝, ゐた北京赴任, ゐた稀, ゐても, ゐなければ, ゐましたが, ゐましたこの, ゐますと, ゐるうち, ゐるが, ゐること, ゐるその, ゐるだけ, ゐるところ, ゐるの, ゐるのに, ゐるやう, ゐるらしい, ゐる事, ゐる人, ゐる内, ゐる太郎, ゐる夫人, ゐる御機嫌取り, ゐる様子, ゐる良人, をけ, 亡くなつた生母, 副社長, 去らうとして, 吾が分内, 呉れない暁, 嬉しさうな顔, 居たやう, 居ましたが, 居りますが, 居る, 居るんで, 居る内, 引下がりました, 歩くとき, 流れ出た, 物々しく飾り立て, 組み伏せると, 置いて, 置きまた, 置くのに, 行くらしかつ, 行く方法, 行けるなら君, 見せるの, 見ないでは, 赤らみながら, 軽々と群集, 輝く若葉, 逃げま, 飛出して, 飛出しました

▼ ら~ (132, 0.2%)

7 がある 3 が深い, が隠され, をし 2 があった, ながら, ながら併, をする, 事の

1 [106件] があ, があく, があったら, があり, があるだらう, があるらしく, があろう, がなく, がのぼった, が匂, が手, が殊に, が浮かびあがった, が深く, が行われ, くに, くにな, しかも疑ひ, しずかに, それが, たりまど, つつ, てえ, てその, てやがれ, てゆき, て何某家, て糸竹, でこの, でそれ, でもござりましたら, でもやった, で蔵, という, どこか, ながら仰向け, ながら言, にお, には底, にひたつ, に乗る, に満ちてる, に相違, に至る, に龜裂, のあくど, のうち, のやう, の深, はしない, はすぐ, はなくなっ, は容易, は常識, は恐し, は放つ, は破れました, は餘, もいい, もはら, も亦, も忘れ, も有り, らつ, をくり返す, をしとるらしい, をつた, をとつ, をひとつひとつ, をぶつ, をよ, をる, を加え, を大塔宮様, を実行, を思ひ付いた, を握つ, を為る, を着々, を知り, を見せかけた, を見破り, を読ん, を隠し, 事が, 何を, 候方よろしく, 僕をも, 出立は, 初めました, 千代子は, 口の, 合つてゐた, 姉娘の, 彼の, 我が兵車, 果てて, 渡つた静寂に, 片頬, 眼は, 空に, 絶えず房一, 肢體に, 茎はさみし, 葛の葉, 袖振り合ふも

▼ らせる~ (129, 0.2%)

6 ような 5 ことに 4 ことが 3 ことは, ように, 為に 2 が可, ことを, と苦, のが, のは, ものは, んです, 事が, 事を, 魔力をも

1 [85件] いつもの, か, がいい, がこれ, がよい, くらいだ, ため慘死す, ため手引を, だけだ, だけで土産話, つもりである, と, というの, といふ矛盾, とすぐ, とつづい, とまた, とヒョロヒョロヒョロヒョロ, と三十分, と云, と恰も, と男, と續, なんて私, に, にした, にはあの, には苦心, に相違, に足りない, に足る, のだ, のだった, のだろう, のであった, のであつ, のでした, のです, のに, ばかり, ばかりに計, ばかりに計画, ほどの重大, ほど愕かせた, までが大, までもなく, ものじゃ, ものぢや, やうな, やうに, やっぱり渡辺, やら萎びた, ようにも, んだ, 下屋造の, 事は, 傍に, 助けには, 城の, 城市われらを, 壮観を, 声が, 對象だ, 少女の, 屋根なし, 悪名の, 方に, 時の, 暇も, 様にも, 気持よ, 炎症を, 為, 物は, 積だ, 空氣の, 筈だ, 結果自意識は, 者は, 詞で, 誘惑を, 途端に, 道は, 鈴も, 鍵代な

▼ らにも~ (125, 0.2%)

2 覚悟が, 覚悟これあるべく, 鑑定が

1 [119件] ありし日, あるが, あるよろこびの, いい目, いざと, いそう, いつか起こるだろう, うとまれて, うららかな, およばぬお歌, かけず, かたりきかせて, かつて口, くれると, けだし, これを, すぐわかっ, すぐ理解, ずが, そのバタ, その注意, それが, とうとう年貢, どんなところ, ない器, なわ張り, のせられたる神, のぼりゆく大き, また慊ら, もがれず此, ものの, やはりあった, よく見, よろしく頼ん, わからないで, 一方には, 今回の, 今夜は, 今日は, 伝えて, 何も, 優しい事, 処決する, 出会った, 分けて, 分けるよ, 分らないが, 分る大きな, 判らなかった, 別れを, 加被, 劣らぬ官僚臭味, 励まされてか, 取り出して, 古くから, 各人が, 呪われた血, 咎めが, 喜悦の, 姿態に, 家従が, 察しられた, 少し貸し, 工面の, 幸福だった, 役に立つもの, 往来や, 後日を, 悪いよう, 悪戯が, 想像が, 意識されない, 感じられるほど節目, 感情が, 戦後何か, 手を, 手伝わせること, 手当を, 救援の, 施すと, 既に意見, 明かせて, 来て, 極めて接近, 標準あるなり, 母以外には, 気兼ねを, 無断で, 無駄骨を, 父の, 生きて, 留意し, 相手が, 相談し, 知れようはず, 私の, 稼がざ飯, 積極的に, 笑わして, 考えられること, 聴講させる, 膳を, 自信を, 落度は, 虚栄心が, 裏切り者の, 褒美あろう, 見え透いて, 見て, 親も, 言い聞かしました, 言って, 許可した, 話したこと, 身イの, 逢って, 酒を, 馴じ, 鳴きいで

▼ ら~ (123, 0.2%)

23 ていた 17 ている 15 てゐる 3 て見る 2 ています, ても働ら, てゐ, て来た, て自, て自然

1 [53件] ちゃ困る, ちゃ悪い, て, ていた事, ていない, ていなかった, ていなかったなら, ておらるる, ておりまする, てお金, てくれ, てくれなかった, てくれます, てくれる, てこれ, てとんと, てなにげな, てみた, てみる, てもすすきツ穂, ても仕方, ても御飯, ても蟹, ても食, てやる, てゐたらしい, てゐなかつたなら, てゐり, て一, て一両七貫, て喰, て大, て戻し, て曰く, て来てる, て毫も, て燕麥, て神慮, て私, て老, て行かなけれ, て見, て見た, て見たい, て読ん, て質素, て足, て身体, て野外, て間もなく, て顔, て黒船着後, で信長

▼ ら~ (120, 0.2%)

3 は養子, を恨み, 事あり, 子心にも, 物かや 2 と判断, をし, を見逃す, 今尚, 悪いよ, 方を, 日ざし, 甲斐あらむこ, 處爲を

1 [87件] いわゆる氷肌, うき世, おなじこと, から來, から来, から来た, そののち郡会医, その画策, たり昔語り, っぱなしに, づめに, ては読み, ても西行, て一二行, て万葉集, て中, て倒れ, て外面, て讀みし, として左, と云, と云う, ながらこの, ながら瞬くまい, なごりにかへ, にでかけました, になる, によって見え透い, に依, に信頼, に従事, に疲れ, のよう, の鈍, は一時, は人, は晴れぬ, もする, も人一倍, やいい, よりもはるか, をした, を一時, を攪, を為しつ, を爲, を示し, インスピレーションと, 一層まじめ, 下男の, 乞食の, 事なり, 二三の, 働らき, 処為を, 初めた, 前書に, 十兵衞の, 夢, 得ざらしめ, 振りが, 振りには, 振りは, 振舞を, 昼頃までに, 時は, 母よ, 毎土曜日, 毛を, 波の, 浮き世を, 無事に, 父の, 爾來補弼, 爾来補弼, 牛を, 甲斐が, 男樂する, 眼がねをと, 約束である, 義雄を, 者は, 膝に, 茫然と, 蘭花の, 證據にても, 頭巾の

▼ らその~ (119, 0.2%)

2 中に, 形状も, 手を

1 [113件] うちに, かづけ, こんぐらかつた話の, つもりで, はらう, ま, も一ツ, やうに, やなぎ, ような, バビローニアの, ホテルで, 一は, 下宿へ, 世にも奇妙, 中で, 中でも, 中にも, 事業が, 二人は, 二孃子に, 云ひ附け, 人が, 人に, 仕事を, 代り五十兩で, 以前よりも, 傳記を, 儀は, 兄弟分と, 公事には, 冤訴を, 冷却した, 処女作に, 前に, 吠ゆる, 土地の, 場を, 天幕の, 妙境に, 始末を, 子供を, 存在は, 家へ, 容し, 寂しさ, 少年の, 底に, 建築物の, 御膳部, 心おこりけん, 思想を, 情調が, 意味で, 戰利宜, 扉を, 手文庫を, 手配を, 方と, 方へ, 日の, 日も, 時である, 時代の, 時分には, 晩は, 杏所が, 柏木氏なる, 構造の, 歎息を, 残賊を, 母に, 浄めの, 潰し麦を, 為人を, 無内容自身, 無数の, 狂う形骸, 生活は, 生活を, 生長を, 男が, 男の, 男は, 瘤を, 白藤の, 盃の, 真意を, 節は, 範を, 絵を, 縁に, 罰で, 罰をも, 聘に, 胸に, 脳波と, 腰紐は, 苦悶を, 菊という, 菊といふ, 術は, 見方を, 言動風貌に, 詩境を, 話, 諦らめには, 鋭い感覚, 長い膝, 闘牛に, 音を, 香ばしい涙, 香具師は

▼ ら~ (115, 0.2%)

8 やうな 5 やうに 3 や, やうの, 夏が, 空の 2 のか, のを, 勿れ, 者を, 雲の

1 [80件] が直ぐ, が竿頭, ことを, ぜい, そくの, そくや, そくを, そは, なかれよき隣人, にはそれ, に問, のだ, のでも, の赤い, は猶, は霞, ほどに世俗的, を, を得る, サムライの, 事が, 事なく, 事ばかり, 事能は, 仮の, 内に, 内気なる, 勿, 十七の, 君が, 吹田茨木雨しぶき, 吾は, 固さ, 塗籠の, 山の, 島田髷の, 巨怪の, 広き大豆畠旭川郊外, 態度も, 所も, 敵を, 新しい風俗, 方で, 日の, 時間と, 朝霞, 朝霞いづ, 様子が, 樣な, 樣に, 樣子だつた, 気持なんて, 気振, 気色も, 氣力も, 炭焼き烏帽子折り, 状も, 秋の, 程に, 積りで, 空ながら, 者も, 船の, 色なく, 花嫁ご, 萱の, 落日の, 處なる, 訣も, 貧弱と, 間もなく腥, 雀の, 面影は, 頬をば, 額を, 風は, 風も, 風を, 風情に, 體で

▼ らした~ (110, 0.2%)

16 のです 5 んです, 中は 43 のは, わね, わよ, 時から 2 ことを, のか, のだ, のでせう, んだ, 時には, 時は

1 [54件] あの誇らしい, うちから, かと思ふ, からです, から俺, から紅茶, か知らない, けれど, ことが, し畑, そして雇人, その立場, その習慣, つけ, という話, といふ夜, といふ猿, とおっしゃる, ところです, と彼女, と思ひます, と言っ, ね, のだつたら, のでございます, のに, のにね, のには, のに仙妃, のも, ものです, よう, わお父さん, んでしょう, んでせう, アデェルさんは, サンタ, 佐野竹之, 佛蘭西の, 処に, 危險は, 奥さんを, 小さな街, 方が, 方がよ, 時に, 時まだ, 時分は, 真意も, 道を, 頃お, 頃です, 頃の, 頃リード夫人の

▼ ら~ (110, 0.2%)

6 つて来た 2 うちすすりしじ, お堂, がって, つて来る, 嫌がらせでは, 曳きか, 鉄道線路やら

1 [90件] あがるんだい, あつち, いろいろの, うまらや, かな女御車おん姿と, がそれら, がれ, けれど工場, こぼれを, こわれた円柱頭, しんぞうの, すきと, すきとおった風, すむこと, その乳母, それも, ただ役を, たわしを, つてきた, つて來た, つて來る, つて来ました, でしんみり, の, はらかな, はんけちや, ふじである, ま, まに, みぬ, アいい, アがって, アしまいし, ア用は, ア當る, イエスでさえも, エリザベートの, ミモザの, 一門の, 丘が, 丘や, 両親や, 予言者らや, 人に, 何事も, 兎の, 又からや, 又壁, 反抗を, 地もぐりの, 執拗な, 太いはさみ, 姥と, 姥には, 孫たちが, 家内の, 少しばかりの, 師走の, 悪どい, 我儘だつた, 支配者らが, 政子曼陀羅昼に, 杉の, 林へ, 椀の, 正直な, 炭俵, 牧場の, 町を, 百姓の, 眼鏡や, 石碑は, 砂の, 硅石の, 硫黄樹脂封蝋等の, 神, 秘書の, 箭の, 肉親である, 船ゆきゆく, 茶碗を, 衆目が, 講義の, 贔屓の, 農具を, 遠いところ, 鉛筆の, 雪柳いちごの, 鮑の, 齋居精進

▼ らへる~ (107, 0.2%)

5 のです 3 ことが, に及ばず 2 がね夫, がね私, ことは, ことも, つもりだつた, のか, のだ, のは, 爲めに

1 [78件] うまかつ, からである, から兎, か舌, がねそれ, が肝心, ことな, ことに, ことを, それでも二人, ぞ, たいしてうまい, ために, ための, てえ, とか敵陣, とき, ときに, ときの, とします, と云, と永井君, と読者, には毎日, には非常, にも及ばない, のが, ので手間, のにどれ, のも, のを, はた鬪, は夫人, ほど世間迷惑さ, めどは, ものでなく, ものに, やうな, やらする, ように, より他, より忠節, より術, んだ, んです, 三日間, 三時頃から, 事さへ, 会社を, 何といふ, 前後の, 去年の, 唐辛を, 壯麗の, 声の, 妙術が, 家が, 少々塩, 御苦労様御馳走様, 情熱などといふ, 手ツ取り早い, 昆布五銭醤油十銭, 樣な, 樣は, 物が, 神経, 私の, 私自身が, 考には, 者など, 者は, 茎も, 草鞋細工の, 蜂蜜の, 貰ひ, 避難民を, 門辺かな, 風習は

▼ らしっ~ (105, 0.2%)

34 て下さい 12 て下さいまし 9 ている, て下さいました 4 ていただく, て下さる 3 てくださいまし 2 たりし, てい, ています, てください, てくださいました

1 [20件] たりまるで, たり何, ちゃあいや, ちゃ婆, ちゃ蕎麥, ていた, ていただかなく, てからあと, てからお, てからお母さま, てからちっと, てからどこ, てからわたし, てくださいません, てくださっ, てと申し上げ, てます, て下さいませ, て下され, て頂きたい

▼ らなかつた~ (104, 0.2%)

6 のである 5 のです 4 のだ, んだ 3 と言, のは 2 ことを, であらう, といふこと, とお, と云, のが, のであらう

1 [65件] か, かい, かと言, かも知れません, からいきなり, からその, からである, からなほ, から玉葉, かわたくし不思議, があの, がし, がだ, が今朝, が嘗て, が境遇, が所謂十中三, が此の前, が父親, くらゐだ, けれどあの, ことは, し少し, つていふ, でせう, といふ事, と云つて, と言つた樣子, と言つて, のか, のかも, のでそこで, ので今度, ので兄, ので心配, ので此会見, のよ, はずである, ものが, もので, ものと, んで, アゴや, 一人である, 事だけは, 事をも, 其が, 小説の, 我々も, 我我は, 所で, 所は, 故である, 晩は, 晩學校の, 樣である, 樣です, 浜尾総長が, 申譯を, 男だけに, 程に, 老婦達の, 語で, 長い間, 顔から

▼ らせた~ (102, 0.2%)

4 のは 32 ことが, というその, と申します, のじゃ, のも, 上今の, 鰻が

1 [81件] あの光, うえどこかへ, かという, かと詮議, から, か知れなかった, がこれ, がどうも, がどこ, がまた, がオイオイ声, が大村兵庫, が霊鳥, が駄目, けれどもかう, ことは, ことも, さ, しばれかかった, し孃さま, でせう, というん, といふこと, ときに, と見, なども輪廻, にちがい, の, のかも, のぢ, のであった, のでありまし, のである, のでそれ以来二人, のに片, のに違, ほどにこの, ほどの女, ままそよりとも, ものかと, もので, ものを, やとの情彼, ような, んだらう, んです, 丈夫な, 上有金から, 下股, 中に, 中型小型の, 事さへ, 例が, 処から, 処大きに, 刹那ビシリと, 剣を, 南蛮菓子を, 報知というは, 夜の, 天然界は, 学科は, 屋敷の, 帽子を, 店や, 後孔明は, 所何だか, 旅商人らしい, 明色の, 時の, 東海道を, 爲に, 理由が, 目の下の, 眼に, 私たちこそ, 脣から, 裂地で, 責任を, 跡で, 馬の

▼ ら~ (98, 0.2%)

4 な意味, にした 3 に出発

2 [12件] な住持, な倫理, な光り, な出来事, な出発, な国, な形式, な自我, な視野, な観念, に文字, に生

1 [63件] かどう, な, なさ, なそして, な世間, な人, な仕事, な医しあた, な友, な変化, な夢, な大声, な宿命, な局面, な希望, な恋, な方法, な生気, な生活, な男, な疑惑, な発展, な発明, な発足, な精神, な絶望, な覚, な計画, な責任, な資格, な距離, な驚き, にお前さん, にさせれ, にする, にその, にインテリゲンチャ虫, にボオト, に七匹, に二階, に作っ, に信念, に全く, に厚い, に原稿料, に古谷典吉, に始まる, に客人, に張られ, に栗谷川浩平, に涙, に瓦屋根, に甦生, に発見, に發見, に胸, に買った, に赴任, に造れ, に開通, に附加, に黒吉, もな

▼ らなる~ (98, 0.2%)

2 すが, 時くれ, 歩みつづけむ, 玄理に, 細道は

1 [88件] お吉さん, かくしどころ, かな, からあるは, が爲, この父, すべての, その最終, その渓, に此方, のは, は月日, ほかの, もので, ものとしか, もの皆多くは, を嘆き, ウルトラ急進主義は, 両眼, 人で, 傾動によつ, 円光である, 冬至梅, 力であります, 努力で, 努力である, 名譽, 命こそ, 在り方と, 堤防を, 塊りで, 大洋且つ, 姿に, 威厳だけを, 存在及び, 宿の, 小卓, 山脈, 山脈の, 岩壁によって, 後悔の, 思に, 情韻豈, 感傷の, 感情の, 感情は, 憤慨に, 懐古の, 或る, 才ふけに, 投票が, 折目躾を, 排外主義は, 推賞文でも, 新らしき, 映像の, 月の, 有を, 枝, 梁響, 権力が, 毒の, 水輪かな, 満月の, 狼狽は, 獣らの, 生き方そして, 生命の, 社中一門の, 秋草の, 紺の, 羽毛襟巻のに, 羽毛頸巻の, 自壊作用, 自己告白の, 血の, 袈裟を, 語にも, 身を, 道と, 道通ふ見, 隈どりで残された, 青の, 面貌や, 頑固な, 頬の, 顔を, 餘裕が

▼ ら~ (94, 0.1%)

83 つても, つて大きく, ね, のと, よ 2 あんなよ, こんなに肝, しあの, し毛唐, と思います, と思う, と私, ん

1 [55件] あ, あいつらに, え馬鹿, か, からいい, からお上, からほか, から手, か苛, が, があいつら, がこれら極端, がそば, がそれでも, がまた, が彼ら, が日本, けど生む, こんなところ, さう, し, しかし誰, ぞ真に, ちかい, つたぐらゐだといふ, つたのです, つて一晩位遊ん, つて大え, つて大概イヤに, つて成つ, てて言った, て廣介, と, というそういう, とそれ, とて一人前, と云, と口惜しく, と思いました, と思われ, と聞いた, と説明, なまるで, なわ自由, なんて, ねえ, のう, もうちつ, ろくなし, ナ, 今夜こそ, 喧嘩は, 早くかたづけ, 用事は, 稗粥を

▼ ら~ (91, 0.1%)

2 はこの, は別に, は彼, は足元, は身

1 [81件] が二人, が出る, が勝った, が夕食, が引受け, とならん, と船岡, にこの, には戴けませんでした, には許され, にまかせなさい, に愛想, に背, のヒロポン, の前, の周圍, の妻, の尺度, の心, の思うた, の感じた, の手, の方, の枕元, の用談, の眼, の知つて, の精神, の肩, の腕, の膝, の話相手, の赤光, の齒, はぐつたりと横, はだんだん, はまるで, はもう, はやはり, はトボケ, は七条, は上つたの, は云, は仔細, は健気, は其返事, は十七, は又, は呆然, は夕飯, は失望, は寂しい, は待つ, は復, は心, は思はず, は情, は扉, は昨夜, は更に, は桃, は次, は溺, は熱心, は男, は私, は空, は考えます, は聞いた, は自分, は近づい, は過ぎし, は雨戸, は頭, は飽かず, へよろよろ, も力, も医者ぢ, も暫く, を見下した, 共にお

▼ らと共に~ (84, 0.1%)

1 [84件] あの和宮様, あれ, うろうろし, おらしめ給うべし, これへ, ずっと奔走, そのころ, その間を, それぞれの, なすべき業, はやくから, やはり岩淵, ゆかんと, チラチラ雪, 一団と, 一括し, 一揆の, 上等室にて, 中津川の, 中門へ, 中食を, 京坂の, 休憩所の, 住みついた, 住める時, 余を, 供養の, 再起の, 出て, 出島蘭館を, 出立する, 別館へ, 午前の, 危く殺害から, 取る, 同志的な誓い, 四五人の, 在したまわん事, 天下取りを, 将軍家定に, 山澄の, 峠の, 幾つかの, 悠遊した, 文学的な, 明治の, 来らずや, 歌舞伎座で, 歩きぬ, 死なん, 滅んで, 滝川どのの, 無事に, 熊野詣り, 熱い汗, 狩猟を, 生きつつ, 甲府城へ, 画策する, 當時の, 當時日本では, 研究した, 穢土を, 立たせること, 綱宗さま側近の, 耶馬台の, 自刃した, 船に, 船上山へ, 蔵めやり, 蜀へ, 見る, 説教を, 足利方へ, 軍事学校に, 近くの, 都て, 酒を, 酒宴に, 鎌倉の, 長谷寺へ, 食するか, 馬籠本宿の, 麻裃で

▼ らるれ~ (84, 0.1%)

5 ばなり 3 ば臣 2 ばそれで, ば也, ば二人, ば則, ば御新造, ば遁げ, ば長

1 [62件] どその, どともかく, どもただ, どもローマ, ども一般, ども事, ども假令身分, ども富右衞門, ども後日, ども理左衞門, ども肯んぜず, ど下, ど其茶室, ど山, ど後, ど昔, ど未だ, ど此辺, ば, ばあと, ばかえって, ばこそ其時, ばこれ, ばしなけれ, ばただ今, ばだれ, ばどうしても, ばなほ, ばまた, ばやはり, ばアア, ば二の腕, ば二里, ば享保元年, ば今度, ば今日, ば他, ば何, ば兩人, ば其の, ば其処, ば其次, ば再び, ば到底, ば可, ば善, ば彌, ば或は, ば樣子, ば機械全部, ば火, ば燕王, ば白沙, ば直, ば直ちに, ば矢張り深夜, ば結果, ば送り, ば雛鶏, ば頭, ば願山, ば魏

▼ ら~ (84, 0.1%)

28212 てんで小手先, なと

1 [31件] あない, くジッ, この上, この家, この目, この馬鹿, そう言う, そんな甘い, と猪, な南, ねえ, ねお前, ね承はりますれ, もらった路銀, やぶれかぶれこの, わざと寝た, ん顔, 付き合わねえ方, 働いたんだい, 初めてだ, 呆れた奴, 太え, 御らん, 戻り駕籠, 手伝って, 止せ擽ぐる, 死ぬる奴, 然うだろう, 知んねえもの, 逃げろ逃げろ, 騒がずと

▼ ら~ (80, 0.1%)

3 き現人神, き眠り, く 2 き夏, くこそ, く世, く切, く日, く明し若葉, く正面, く美くし, く附かす

1 [53件] えしてやろう, えらねえよう, からぬ節, きあはれ, きこ, きつた, きと, きは, きひた心, きる宵, き児等, き兒等, き夏真昼, き夢, き心とも, き時, き朝夕, き樂しき國, き眠りの, き笑, き雨, き霜, くあっただろうと, くけふの, くその, くた, くは, くまもりまつる, くわが, く住み, く声, く寝入っ, く我, く横, く死, く死出, く眠るが, く神, く終ったであろうこと, く輝くの, く頼むあるらし, たんで, てつの, でその, なかつたため, み, ゆく燠, コンクリートの, 出し読者, 出すの, 心安きま, 水が, 豐平川は

▼ ら~ (79, 0.1%)

2 が明るく, へ無心状

1 [75件] あの犬, あるきまわった末, から嫁, があんまり, がいつ, がその, がトタンだらけ, がパアット, がヒッソリ, がモウ一度, が変, が急, が森閑, が洪水, が火, こつこつ叩い, で捕えられ, で見掛けた, とりちらかして, に, にある, にだらし, には何, にノタ, にバケツ, にベタ一面, に夥しく, に引きずり散らした, に張り, に散りました, に水, に滝, に燈, に甘ったるい, に眼, の壁, の子供達, の山, の店, の温泉, の肉, の若い, の露西亜人, はひっそり, は危なく, へ入, ほっつきある, むしゃくしゃし, をかけずり廻った, をぐるぐる, をご覧, をたたきまわりましたら, をとびまわる, をなぎたてた, をキョロキョロ, をクワツ, を一生懸命, を捜し, を探し, を探し回っ, を探し廻った, を歩き廻った, を無茶苦茶, を見, を訊い, を跳ねまわったらしい, を這い廻った, を隈, ギラギラし, 年配の, 引っ掻き回して, 彷徨きま, 歩き廻った, 這い廻って, 騒いで

▼ ら~ (77, 0.1%)

6 めえ 2 互の, 土産, 定の, 涌に

1 [63件] あがり, たがい, つうは, つかあ, つぎぢやあんめえか, つちやら, とつ, ふえりやの, ほきに, やかましゅう, 乗組まで, 二人は, 内儀さん處さ行く, 剩錢を, 勢さんに, 君さんと, 品に, 品は, 嘉代の, 園は, 夏の, 姉ちゃ, 屋が, 市の, 憎らしゅう厶, 採りにな, 敵対仕る, 新は, 時は, 書きなさい, 月樣の, 月樣を, 江戸が, 沢を, 清の, 濠端の, 父の, 父ツちやんは, 百姓が, 目に, 目通りを, 相手つかまつるべし, 祝ひし, 秀の, 秋の, 紋を, 給仕に, 編みに, 花坊の, 藤は, 行ひ, 見それ, 詣りを, 越は, 道の, 部屋の, 部屋樣は, 酒なんて, 銀とは, 靜と, 靜の, 靜を, 鮒樣に

▼ らされ~ (74, 0.1%)

15 ている 5 ていた 4 てゐる 2 てゐた, ながら遂に

1 [46件] いつもの, かの孫子, さうにな, そうな, たりまた, ちや困る, て, てあっ, てあった, てある, ておらず, ておりまし, てしまい, てはたまった, ても相, てゐます, てイヤモウ, て何, て如何なる, て居る, て帆立貝, て朽ちかかった, て来, て来る, て柔, て死ん, て渭之津, て爪, て空間, て聞えない, て育った, て胸, て舟板, て薄く, ながらこの, ば当時私, 下毛下総常陸等の, 壁廓の, 大概の, 娘の, 宸襟を, 惨めにも, 砌には, 純粹形相, 見物席を, 遠島されまし

▼ ら~ (70, 0.1%)

2 か密, か血なまぐさく, がなき心強, の甲斐, やたいそう, をする, を着

1 [56件] うして, うしても, うする, うやら, かの予感, かをやり出す, か云う, か云っ, か低い, か喋っ, か奇蹟, か探し, か斯, か縫っ, がやがやし, が見える, しとる, だぞ, てエ言, です, でもこい, でも寄らず触らず, とも云われない, と云いました, と思う, と返事, にもありやしない, にもせっつかれず, にやった, のこれたかが, のため, の手掛り, の文字, の権利, の苦, の醉興, の隔り, ぼか, もせず, も不服, も知らず, も知らん, も訊い, をいう, をか今, をさわい, をどうして, をなすべき, をなすべきである, をやれ, をボンヤリ, を望む, を欲, を貰う, を食い, 間々口

▼ らずん~ (69, 0.1%)

43 ばこの, ば無 2 ば何, ば前進, ば己

1 [53件] は此降り, ばあらず, ばいかなる, ばここ, ばこの世, ばしかつめらしい, ばそ, ばみずから雅陶, ば一生涯, ば不謹慎, ば予, ば京中, ば人間, ば以, ば何で忽然と, ば先方, ば兵, ば単に, ば君子, ば吾人民友子, ば喇叭, ば国民一人, ば大尻沼及丸沼, ば失敗, ば奸臣朝, ば好機, ば形, ば彼ら, ば我等, ば戦闘, ば戰鬪, ば拙, ば旗, ば是, ば東坡, ば此降り, ば汝, ば為さざる, ば無用, ば無益, ば生育, ば破壊, ば碌さん, ば筆, ば節煙, ば臣愚, ば言, ば言論, ば誤っ, ば越前守, ば進むべからざる, ば金, ば際物

▼ ら~ (69, 0.1%)

3 とした, とする, と思へ, 初霜 2 ああ我が, おもふこ, として三度擧, と思ふ, 温もりて, 絶えて, 食べはせなくに

1 [43件] いたく喜ぶ, いと思はずなり, いはぬはいふ, うべなり, おゆり, からうた, からくし, としてま, として大殿, として手, として日野, として秉, と見やる, などおも, など口, など思ひ, など戯れける, など益荒武雄, に匂, の性質, の歌, ばかりの廂髮, ほどであった, までを扉, まで八, めざめて, わが一つ, わが名, わが御する, を意識, を汝一人, 参り詣らざるは, 嘆くらむ, 怠り居るとや, 我が民, 戯けたる街衢, 打てども, 揺りつつ, 斯くて, 涼しとを, 清き月夜, 然れ, 知られず知らぬ折

▼ らまで~ (68, 0.1%)

4 一緒に 3 切めて 2 たくさん集めた, よく遊び, 歩いて, 見に

1 [53件] いずれも, いっしょに, きたの, きっと私, こんな雪ふり, ごく精巧, そのもてなし, つき合って, つれて, はやここ, 一時は, 一時沈まり返っ, 一走り行つて來る, 三日くらい, 主人の, 九つ時ごろから, 何事かと, 俺が, 入るの, 八方京を, 勅命に, 同じよう, 同じ向, 味方あ, 寄ッて, 引張って, 後で怖, 御一所, 御出成れたで有う, 御難に, 来ると, 松蔵の, 案内し, 民さんも, 気に, 漕いで, 狩出しを, 筆が, 純粋だけの, 自分の, 行って, 見えるの, 見物に, 言って, 認めないもの, 足を, 迎えに, 送って, 送つて, 道路を, 飛んで, 駆け出しては, 駕籠で

▼ ら自分~ (67, 0.1%)

2 で自分, は早くから, は此時算盤, は私

1 [59件] から燃え, がクラクラ, が落ちぶれた, でも可笑しかっ, でも多少, でやつ, で自分の, で這入, で飯, と一緒, と自分, には不思議, にふさ, のお, のお菜, のこと, の一生, の不, の中, の仲間, の伜, の作品, の心持, の意志, の持つ, の本領, の活力, の生活, の病気, の舟, の處, の袂, の裏, の言葉, の身の上, の身體, の部屋, の頬, の餓鬼ひとり, はこの, はさうだ, は初めて, は十銭銀貨一つ, は向, は春三郎, は死骸, は無, は笑つて, は茫然, は部屋, も一緒, も時々, も笑う, を助け, を憐愍, を抱い, を浮き上がらせ, を突ツ, を見

▼ らこの~ (65, 0.1%)

3 娘を

1 [62件] いい香, たび求めた, やうに, ように, ブレーキも, 一事を, 丘の, 丸藥を, 事は, 二人の, 亡我即ち, 仏罰を, 作者の, 價値の, 先例に, 冷氣は, 前のが, 剣を, 反感を, 地に, 夜の, 大海原, 大礼を, 妖女の, 容易ならぬ, 店主姓を, 微妙な, 恩人の, 憂ひの, 掛け合ひ, 政治といふ, 新九郎が, 方の, 日より, 時漸く, 涜言を, 烈しき大, 無慚, 玄白を, 真夜中に, 社に, 祖国を, 神意裁判を, 稿を, 空色の, 籬も, 紙の, 紙を, 美しき世界, 聖歌に, 若造へは, 茶の, 萩江鞍馬が, 蛇の, 調印したれ, 谿のみ, 辺の, 近代句は, 針路を, 長物語を, 闖入者を, 鯉に

▼ らでも~ (60, 0.1%)

3 事は 2 何でも

1 [55件] ありなん, あります, あるの, あろまいし, い, いいそれ, かういふ鹿, かすむ月影, しよう, すなお, それぐらゐのことはわかるよ, たまらないなあ, つまりおんなじ, ないよう, なく, のぞいて, よく板場, ハッキリと, ハツキリと, 一向に気, 一流の, 三十五六度という, 低い土地がかり, 何処か, 出して, 出せと, 出そう, 前日の, 勉強に, 即座に, 呑めるぢ, 噛むよう, 変でない, 大面の, 御弱き, 恵んで, 押して, 撃てると, 斬れ, 案じられること, 気ちがいでも, 渡んなすったかね, 見つけられでも, 覗いて, 証拠も, 話せる筈, 證據も, 逃げて, 逆上せて, 遠くでも, 酒が, 錢形の, 鏡ぜんたいと, 閃いたの, 驚かない

▼ らしめた~ (59, 0.1%)

5 のである 4 ものである 2 ところである, ところと, ので, のであらう, まはく, まひしく, 悪戯で

1 [36件] が爲, ことで, ためであろう, ところだろう, ところであった, ところであろう, ところでなく, ところという, のだらう, のであった, のであろう, のでここ, ので決して, のに相違, は翌, ほど親切, まひき, まひ弟は, ものが, ものだ, もので, ものと, ものも, やうには, 一事を, 世を, 奸臣である, 所じゃによって, 所であろう, 所も, 歌という, 理由の, 結果と, 者に, 訣で, 長歌の

▼ ら~ (58, 0.1%)

6 さが 5 て下さい 3 さは, そうに 2 さに, さを, てください, てくださいまし

1 [33件] さそのものの, さの, たりあなた, たりマダ, て, てい, ていた, ている, てお母さま, てくれます, てしまう, ては確實, ても何ん, ても保子さん, てゆく, てゐた, てツン, てパチ, て一ヶ月以内, て下すつた, て人, て六時, て口, て召使たち, て奧さま, て明後日, て納戸, て自, て菓実, て行く, て諸氏氏, て頂だい, をらしく

▼ らでは~ (58, 0.1%)

5 ない 4 なくただ 3 ないか 2 あったが, ありません, なくて, 一向解りません, 及びも, 話が

1 [34件] あっても, ありますが, あるまい, あるまいか, かなはじ, こんな苹果, ございません, ござらぬじゃて, とうてい覚束, とても行けない, どうやら近江, ないかと, ないが, ないぞ, ないだらう, ないだろう, ないという, ないの, ないん, なかった, ほるつがる国陸軍爆撃機, もう暑, ストーヴにあたって, 一番高い, 到底想像, 多蘭泊, 少しゆとり, 復興局の, 悔い改めるは, 扱いかねたもの, 露訪なふ, 顏が, 顔が, 鳥八十さんが

▼ ら平次~ (57, 0.1%)

3 と八五郎 2 に問, の後, はお勝手, は八五郎, は念入り, は縁側

1 [42件] が叩いた, と寅吉, と顏, には事件, のところ, の一行, の前, の家, の方, の日頃, の眼, の調子, の顏, はこの, はつく, は一歩六疊, は一生一代, は佐久間町三丁目, は先づ金六, は取散らかした, は埃, は大, は尚, は床の間, は應, は手早く, は斯, は氣, は物柔, は物蔭, は用心深く, は窓, は若, は苦笑, は訊きました, は訊ねました, は長い, は靜, は順序よく, は默つて, も草履, を母屋

▼ ら自身~ (55, 0.1%)

2 のもの, の力, の良心

1 [49件] からし, からみれ, が, がさう, が可決, が君ら, が土方, が変化, が自身, が責任, さえ充分, であるといふ, でそう, でその, でも少, でやる, でわれら, で作物, とその, に分配, の, のあらゆる, のため, の天性, の守り, の室, の幾時間, の本体, の生活, の経験, の親類, の説明, の趣味, の身, の運命, の頸, はどう, はもう, は何, は捨石, は死ん, もそれほど, も一緒, も人間, も食べる, をますます, を取り扱う, を如何, 考えて

▼ らとは~ (54, 0.1%)

2 格が, 物の, 身分が

1 [48件] いえふざけた野郎, いっしょに, かつて勅書, すべてが, すべて額に, つねに御, とうとう終いま, なんです, はるかに, まさに全く反対, よほどちがった, わけが, センスの, 一倍人気も, 交わりを, 代り番こぢや, 働き様が, 全く見様, 全然かけ離れ, 全然無関係, 出処同じ, 切っても, 別だ, 別世界の, 反対の, 同国の, 多年その, 少し頭, 尽未来じゃ, 成るべく衝突, 桁が, 水で, 無関係に, 生涯なんの, 異なって, 眼の, 筋違い, 籍の, 腹ちがい, 蕁麻の, 言え二人, 誰の, 違って, 違ってるあれ, 部屋仲間な, 鐵釘の, 階級が, 随分ちがう

▼ らえて~ (53, 0.1%)

3 置いて 2 来て

1 [48件] あること, あるという, あるの, ある初めて, ある茶の湯, いたる自分一個, えの, おかなければ, おるん, お送りなさいました, お重, からは不思議, ございますと, それへ, まいれ, やるから, やろうか, 一般の, 上げましょう, 何と, 呉れと, 堅くつめ, 売る, 売る凧, 天に, 室に, 差上げましょう, 恥を, 意見を, 放しません, 放そうと, 来いと, 来ましたから, 無理に, 穴の, 紅で, 蜜柑の, 行くでは, 見せ, 試みに, 貰ったの, 軽い憂い, 遊ばさなければ, 附けましたアネ, 食おうと, 食はう, 飾り立てる事, 鯛と

▼ らこれ~ (53, 0.1%)

2 はまた, を食うべからず, を食うべし

1 [47件] がお, がさびしゅう, が主, が手前, が絶筆, が肉親, が藤波金三郎, が見えぬ, が見える, この急迫, さのせ, だらう, で農産, とても下手人, と相, に取りすがれ, に聴け, はあなた古今東西, はなんとか, はなんとも, は北村君, は又, は壺, は斯, は門番, は面白い, また齒, も水陸七千人, も間違い, よりサッポロ, より銀座松坂屋, をかきはじめます, をろう, を南岳, を受けしめよ, を受取つて, を塗らぬ, を尊重, を愛す, を日本娘, を束縛, を歸納, を見, を見る, を試みよ, を讀む, を體驗

▼ らなくなっ~ (52, 0.1%)

3 てしまった, て声 2 てあわて, て彼

1 [42件] て, てお, てきた, てこ, てしかし, てしまいました, てしまっ, てわあ, てヘンリイ卿, て了, て云った, て何とか, て凍え, て半, て協会, て又, て啜り上げた, て大きい, て大体, て天幕, て夫, て尋ねた, て屋敷, て往来, て思わず, て扉, て机, て森, て此方, て片, て片手, て物狂おしい, て眼, て石, て砂地, て私, て脆く, て自殺, て船橋, て襖, て追っ掛け, て逃げ出す

▼ らにとっては~ (51, 0.1%)

2 それは

1 [49件] あすこそ, あなたの, いちばん良い, おそらくいっそう恐ろしかっ, おそろしいもの, このビラ紙, この無為閑散, その誠意, それらの, ただ手足, なんの, まことに素晴らしい, まるで盲人, まるで神様, もし彼ら, やぶけたズボン, カンの, ファウストの, ベルカン式の, 不可思議であっ, 人生は, 可笑しくきこえた, 合法的な, 同藩, 大事件, 大敵ながら, 大河は, 好都合でござる, 存在しない, 憎むべき敵, 我慢できない, 最上の, 最後の, 村は, 案外の, 標本としての, 樹木が, 歴史を, 死の, 気の毒の, 永年の, 現実の, 白日な, 秘密は, 紙屑であり, 至って便利, 芸術は, 起死回生の, 黄金時代であった

▼ ら笑い~ (51, 0.1%)

14 をし 7 をした 4 を浮べ 3 を洩らした 2 をしたっ, をもらした, を湛え

1 [17件] が悄, であった, ながら見送っ, に似た, に歯, ばかりし, をする, を口辺, を泛, を洩した, を洩しました, を浮かべ, を浮べた, を浮べる, を湛えた, を湛えてる, を送った

▼ らえた~ (50, 0.1%)

2 のは, ものである

1 [46件] か何, ところは, とな, と云う, のかと, のです, ので輿, のよ, ばかりで, もので, ものであった, ものでし, ものでしょう, ものと, ものに, ものやら, もんで, んでしょう, セルの, 上からは, 上銘仙の, 二挺の, 人は, 人物が, 人間が, 加藤なんぞという, 因念よりも, 因縁よりも, 大型の, 婆さんの, 小型の, 巻麺麭だ, 幾多の, 形跡が, 後でなんか, 支那蕎麦が, 時に, 癖に, 箱だの, 脚色が, 赤靴を, 農奴目録は, 部屋の, 金の, 飴屋の, 鰻の

▼ ら~ (50, 0.1%)

2 に就い, の姿, の腕, は私

1 [42件] からの電話, がそんな, がまた, がわらつた, が人物, が制作者, が煙草, と停車場, と約束, につけつけ, にとつて, にぽ, に会, に告げた, に呼びかけた, に心, に話しかけた, のところ, のま, の人物, の友達, の名前, の声, の笑, の表情, の言葉, の間, はその, はアトリヱ, は今更, は優良, は切り, は口, は岡, は未だ, は知り, は見向き, は述べ, は閑吉, は食べる, を画, 生椎茸

▼ ら~ (50, 0.1%)

29 らして 3 らしたよう, らしたり 2 らしくて, らしながら

1 [11件] らした, らした懊悩, らした日, らした氣もち, らした興奮, らしだしたの, らしてるうち, らしてると, らしてるよう, らしてる所, らしてる様子

▼ らしからぬ~ (47, 0.1%)

1 [47件] ことだ, ことで, ことであります, のは, ものから, ものに, 事, 事で, 事なれ, 事は, 事を, 事情に, 仕事に, 冬野の, 処は, 卑劣者でございまする, 大ずぼら振り, 妙味など, 学者が, 小説を, 思を, 恰好に, 態度が, 戦いでは, 政党の, 服装を, 梅を, 様子で, 武者振りの, 死を, 激しい, 点が, 無邪気な, 無頼のみを, 獣行男子に, 直観的独断では, 粗笨さである, 細君を, 荒公卿での, 行いを, 表現をばかり, 言葉遣いが, 言葉遣ひ, 言語風俗ま, 返事を, 長襦袢を, 間柄でありました

▼ ら三人~ (46, 0.1%)

2 はその, は世, は又

1 [40件] いって, がいる, がゐる, が年長者, が武, が義軍, であった, では, で来た, とも右手, にすすめ, のうち, の外, の小さい, の心, の所得, の暗殺者, の未熟, の父, の行為, はどこ, は何, は奥, は彼, は明十五日, は桃園, は湯崎, は狼狽, は芝山内, は貧乏人, は離屋, は顔, は鮨, もばか, をどう, を川, を引っくくった, を殺す, を認め, 取り逃がしては

▼ らって~ (45, 0.1%)

3 いるの 2 いた, 作るなら美, 寝て

1 [36件] いた男, いますので, いらっしゃると, いらっしゃる事, いる, いると, いるとき, いる夫人, いる美女, いる胸, いる若草, おいでな, かえって行った, くれた, くれるの, しばらくは, しばらく親許, みたところ, もらうと, バアの, プラットフォームへ, 一間に, 入院し, 八つ裂きに, 反対の, 居るから, 急いで, 来んだ, 段々消え, 水の, 没なり, 胸一つ擦っ, 見せて, 逃げる, 遂に亡, 駄々を

▼ ら~ (45, 0.1%)

8 ずに 32 されて, なかった, なけりゃよかった

1 [28件] かつてゐます, さざるべしああ, さないでも, された, されないから, されるという, ざとひどくつきあたつて子どもを, しかった, しく眺められた, したから, しました, じ, ずお前, ずただし, ず夫人, ず家, ず念, ず潜る時, ず答えたの, ず腰, で, ないご馳走, ないで, ないでは, ないよう, なければ, ぬを, ぬ清僧

▼ ら~ (45, 0.1%)

4 の中 3 のお, を出

1 [35件] から持つ, でまで云々, でも葱, で夜半, で行, なんぞぢ, にや, に帰った, に引込ん, に捨て置かれ, に逼塞, の, のおっ, のとっさん, のどこ, の名, の奴等外聞惡い, の婆奴等構あな, の戸, の甘藷うめ, の者たち, の陰気, の餓鬼奴等, の麥, へお, へお客, へ入, へ入る, へ帰, へ帰った, へ戻った, へ様子, へ行つて周子, や田植, をこぼち

▼ らされた~ (44, 0.1%)

3 のは 2 高い白い家

1 [39件] ことは, ところが, と云う, と言, のだ, のであった, のであり, のです, ものか, ものが, ものだ, ものと, やうな膨れ, ように, 一端で, 事実を, 例が, 古下駄, 土の, 土民は, 天の, 幾つかの, 庭の, 文字通りの, 書状であった, 木小屋が, 板壁の, 枯木の, 根株は, 牢獄と, 獄吏の, 白雲母の, 知性, 砂上などには, 腹いせに, 茄子の, 路を, 鐃鉢を, 随分歩き

▼ らそれ~ (44, 0.1%)

2 が却って, が順繰り, を許し

1 [38件] から五百匁位, から喧嘩ぢ, が何處, が信夫山, が困る, が遣っ, こそ大変, こそ張り, でゐ, で生き, とはなし, と詩, に一張羅, に答, に見入つて, はみな実験, はもの, は実に, は集合, もからかひ過ぎ, よりか先生, よりは今, を, をリード, を云う, を努めよ, を奥方, を待つ, を忌ん, を思う, を手傳, を承諾, を眺め, を眺める, を豊富, を避けた, 仕入, 見ろこんな大きな

▼ ら~ (44, 0.1%)

19 しや 3 しやるの 2 しやるから, しやるん

1 [18件] しつた, しやつ, しやらないの, しやらないもの, しやらなくつて, しやりや, しやるおつもり, しやるでせうね, しやると, しやるとは, しやるならぜひ, しやるやう, しやればい, しツ, た, たから, て腹, ぽこ

▼ ら~ (44, 0.1%)

2 がため, の姿, は, を飜弄

1 [36件] が妹, が烈しく, が紙屑籠, じゃら, にあり, について行く, に柔, に正面, の優越, の家臣たち, の小成, の帶, の所業, の振舞, の故郷, の旅人, の此, の片足, の顔, の顔色, はしつかり抱き締めた, はひとり, はエドモンド・ゴス, はキヨロ, は其前, は合掌, は屹度昌作さん, は案内女, は煙草, は考える, は覚えなけれ, は起たん, れ塵中, を認め, を高く, ん時に

▼ ら~ (43, 0.1%)

34 つた 1 たって, つたが, はん, ひます, ひ切つた, ふ, ふことなんぞ, ふまでも, へる

▼ らする~ (42, 0.1%)

2 がよい, なりとて目元

1 [38件] こそうたて, ことが, ことは, ことばかり, こと故, その先生, と泪, と自然其, なり何, に幣, のだ, の一節に, の覚悟なく, は何方, は易けれ, ものも, も故, やうなり, ようなり, わが前髪, を許し, 三尺の, 乙女あり, 事の, 事も, 小子, 庵も, 心なる, 心の, 忠義の, 物も, 男の子が, 相嘗祭, 程の, 筈で, 識なく, 資格が, 途中客人を

▼ ら明り~ (42, 0.1%)

10 の中

1 [32件] がこちら, がその, が玄関, が町, が祖母, だった, でした, です, と雪, に, にきっと, にすかし, にはじめて, にふと, にぼんやり, にや見えんだ, に包まれ, に変, に浮かび上がっ, に浮出し, に障子, のうち, のため, のなか, の射した, の空, の落着, はその, は蝙蝠, を便り, を哀しく美しく, 濁ったまま

▼ ら~ (41, 0.1%)

6 りら 2 き日, に紅き大き, の浜, 散りたる, 飛び交, 飛ぶ二つ蝙蝠

1 [23件] うアイ, かな膚, かに, かにはらら, かにゑがく渦, かに星, かに涙, とわれ, と動かす, と大, と流れた, と白雪, にうきてざれ, に寒竹, に洩るる, に落つる, に風, ぬ戦ハ, やみぬ, られるよう, りるろ, るら, 居る

▼ らとともに~ (40, 0.1%)

2 あっては, すぐ消え

1 [36件] あらば, あり, あるを, かしこに, かれの, この別天地, その安寧, その貧乏, はたらく時, アマリエンボルグ宮殿内で, 一万余騎の, 一週一回散歩する, 仏国の, 八百名の, 力を, 夫を, 奈良田部落に, 宇品から, 密林中に, 差し控えて, 当然前者, 往来を, 待って, 悩ましき生, 戦争犯罪者として, 捕縛された, 永平寺の, 溺死を, 禹徳淳と, 競争者の, 編集に, 落人の, 行きぬ, 話を, 長官の, 領土において

▼ ら~ (40, 0.1%)

2 よし冷麦, 教法を, 汝らは

1 [34件] えいやえいや, かつた, その赤き, そは, たがいに, たとえ御無沙汰, ゆるせかし, よく思へ, よく知る, よく記憶, よし冷麥, われを, 天に, 妹らよと, 寝なむ, 寢なむ, 幸いなれ, 彼らにとっては, 慈悲ち, 我々の, 教えよ照らせよ, 敵の, 晩餐を, 束の間老い, 汝眞實を, 灯を, 生物かく, 神の, 私は, 美しき歌, 見よ我, 観よ, 賢き精神, 進み行き俺

▼ ら~ (40, 0.1%)

6 ら, ららり 4 ゆーらり 2 とした, ふらりと, ょか, ように

1 [16件] しやらり, とそこ, とゆれ, と体, と前後, と動い, と小判, と歩い, と開い, と飛ん, めらり燃え上る, ゆうらり, ゆらりと動かす, ょかーって, ようか, ら子の

▼ らまた~ (39, 0.1%)

2 佐久間の, 書出した, 私は

1 [33件] いつ再び, お母さんの, かく信ず, こつちの家, この苦, さなり, その一切, その力, その方, その表, つつがなく此処, ミュンヒェン會議が, 一太郎の, 一方では, 一顧する, 乗りて, 何となく胸, 元の, 別である, 名案である, 常に七つ, 当時作者は, 柱暦の, 白い搗き, 祖先らが, 表へ, 親爺め女帝陛下の, 解散もとより, 言った, 談話が, 退る, 長崎を, 降りて

▼ らつた~ (38, 0.1%)

3 やうに 2 ことが, ものだ, やうでございます

1 [29件] あれらのそろひ, がさ, がまた, が思ひ切, が最後, ことは, ことを, だけでも隨分, だらう, ときに, ところ筆や, としても俺, と同時に, と訴, のち, のちに, のち続い, まことに愛すべき, やうです, やうな, ようだつた, らしくハツ, んだ, んです, んべ, 大きな水盤, 小さな箱庭, 淡い模様, 見るからに

▼ らねえ~ (37, 0.1%)

32 か, で, のか, のだ

1 [26件] うちは, お芝居さ, から, からいよ, からお前, から仕方, が, こういう時, ことで, ことに, しその, しそれ, したより, ぜ, たつて, でくれ, なこんな, ので一生懸命, のはねえと, ば仕様, ような, ようにね, 中に, 様な, 筈は, 者で

▼ らより~ (36, 0.1%)

2 先に

1 [34件] あみ衣とは, ずっとずっとえらい, ずっと放胆, ずっと本質的, はるかに, もっとやすい, 一倍深く, 一学級上で, 五つと, 五つ六つ年輩でも, 五十年も, 優等な, 十五分も, 四つか, 奪うなく何物, 奪ひ, 小銭が, 帰ること, 年上で, 幾らかまし, 強かったら, 彼は, 暮しむきが, 来るべし, 柔いもの, 眼は, 福一ま, 舞い墜, 若い小僧, 贈れる花束, 起訴し, 離して, 驕った家庭, 高等な

▼ ら~ (36, 0.1%)

2 援け, 案内を, 自分は

1 [30件] して, 下屋敷の, 世辞でない, 亭主是から, 兄弟に, 出馬, 力に, 同情感謝に, 國の, 國は, 墨附と, 墨附は, 奉行とは, 奉行様按摩佐の, 子息道之, 察し致し, 役附でも, 慕ひ申し, 手當を, 接待方法を, 無理御, 相談相手に, 聞下され, 胸中拝察する, 覽じしるべし, 覽なさい, 読みの, 賢慮あらせられ, 通知まで, 願い申上げ奉ります

▼ ら~ (36, 0.1%)

25 つた 5 ふの 21 ひ切ります, ふんださうで, へり, 出した

▼ らかさ~ (35, 0.1%)

2 それに, を持っ

1 [31件] があった, がすべて, が宿つて, が活, が活き活き, が異様, が身, だろう, であった, である, でもあり, とが女神, と古代, なくたつ, に返した, は, はこうした, は誇張, まじりけ, も才気, も素直さ, や張り, や清潔さ, を僕, を感じさせます, を救う, を濁す, 生れつきの, 生命の, 生活力を, 藪柑子の

▼ らとも~ (35, 0.1%)

2 およそ顔見知り程度, 五十日の

1 [31件] あわれ浄, おらっ, かわらない思慕, しばしばその, すこし考え, ちがいまして, なく, なくさ, なくつまり, なくジヤンダアク, なくベンチ, なく云つて, なく指, なく歩き出す, なく肩, なく顏, なり大藩諸侯, に子息, まったくら, よい義兄弟, よくお, 一緒に, 云へ, 互いに連絡, 初対面であった, 妾の, 知合いが, 融和し, 褒めてるんら, 附合い, 顔馴染に

▼ ら~ (35, 0.1%)

3 を猿 2 の近寄る, はいや

1 [28件] がきた, と話し, には見せたくない, にもの, に依, に及ばん, に嫌われる, に後指, に超え, に追, に逼, のゐる, の去就, の子, の家, の忌, の涙, の目, の精神, の足音, の門口, の魂, をひき付けず, を判断, を動かす, を憚, を撲つ, を死ねよ

▼ ら~ (34, 0.1%)

9 の音

1 [25件] が嘲笑, が耳, そのせせらぎ, と同じ, にやれ, に歩み, のこと, の八尋桙, の冠, の如く, の御, の忍びのみゆきけふありしとぞ, の方, の植込み, の白い, の矛, の神, の稀, の葉, の道, の道ただ一つこ, を感じ, を聞き, 何やら咲い, 浮かると

▼ らしったら~ (34, 0.1%)

3 好いでしょう 2 お話を

1 [29件] あたし達の, いいわ, お二階, この部屋, これほどの, さぞびっくり, その猫, それでいい, どうしましょう, どうぞ彼方, どうでございます, どうでしょう, みなさんお, みんなで, よかろう, よろしく, 一寸電話口, 一番いい, 事務室に, 今度知らせ, 僕が, 嘸お, 大事に, 大方素, 毎日の, 泉ちゃんや, 祇園の, 私は, 至急に

▼ らそう~ (34, 0.1%)

3 とした 2 なこと, な事

1 [27件] か, かしら, という事, とはしない, とは何人, ともおびただしい, と仕掛けた, と何人, と思う, と知った, と言っ, な人間, な口, にああ, にはやしたてる, にほざくん, にも詩, に云っ, に喘い, に構え, に聞こえる, らて, らとも, 云いたいの, 云う噂, 思ってるだろう, 言った

▼ らそんな~ (34, 0.1%)

7 事を 3 ことは, ことを

1 [21件] うまいわけ, こた知らなかつた, こと, ことア云つても, ものばかり, もの見たう, 了見だ, 仕事にかけては, 出放題は, 功利的な, 劣敗者である, 噂だ, 噂です, 噺や, 好い手紙, 帆船や, 意地悪だ, 氣にも, 良え, 踊り踊つたら, 風に

▼ ら~ (34, 0.1%)

11 ひを 3 ひながら 2 ひの, ふ

1 [16件] つたり, ひ, ひに, ひぬ, ひ出した, ひ出して, ひ喚き度, ひ度, ひ然, ふこゑ, ふだらう, ふなン, ふの, ふもわれら, ふ顔, をうかべ

▼ らとの~ (33, 0.1%)

5 間に 2 関係を

1 [26件] あいだに, いい目, かけ事にも, 交わりは, 交渉に, 仲が, 個人的接触の, 分岐点は, 喧嘩自分が, 意外な, 接合点である, 接觸の, 方が, 暗闘が, 歓談の, 滑稽な, 生活が, 生活の, 親近さを, 話し合いから, 通謀を, 間から, 間で, 間の, 間を, 関係は

▼ らにとって~ (33, 0.1%)

1 [33件] いっそう切実, うれしいこと, この世に, こんなよろこばしい, ごく身近, さして困難, ただただ山国兵部, どれほどの, なみたいてい, まだ実に生々しかっ, ノールウェイの, 不為めには, 二重の, 仕合わせな, 何の, 十分大きな, 問題は, 大きな損失, 大切な, 妻は, 徳川は, 忘れ難い, 新しい冒険, 時世の, 次第に荒い, 無上の, 特に興味, 筋書どおりに, 肯定的な, 親しみやすく, 記念すべき, 非常に, 食物が

▼ ら~ (33, 0.1%)

2 と言

1 [31件] が出来た, が専ら, が注意, だけで見る, として信ぜられる, と大宮, と熊野神明, と考へる, なるもの, な無筆, について考へ, になる, には云, に云っ, に伝えられた, に大きい赤い, に彼, に見, に言ったら, に関した, の分布, の前世, の如き, の普通, の正体, の片一方, の祭文, の要素, はいつ, は其巫女, は東国

▼ らによって~ (32, 0.0%)

2 よく洗濯, 建立された

1 [28件] いろいろ研究, さらに精密, しばしば民衆芸術, その住居, 一つ二つ摘ま, 三年間の, 代わる代わる主張, 反覆され, 唱えられた考え, 唱道され, 唱道されてる, 執筆された, 実際試みられた, 幾たびか, 当時アメリカに, 新らしく生み出された, 日々適用せらるる, 次々に, 死から, 汚名を, 江戸高輪東禅寺に, 洗われたかの, 空中征服が, 窃盗罪に, 自由に, 行われそれ, 計画された, 風が

▼ らこそ~ (31, 0.0%)

2 真の

1 [29件] いい面, ここに, この忠通, その通り, それでは, それを, ばいもん, むしろ頭, 下に, 二度と要らざる, 何だ, 兄弟の, 光の, 大人気ない, 好え面, 小屋は, 幸いなる, 彼等文字の, 怪しからん, 憐れむべき人間ども, 抜からずに, 携へ, 本来の, 極めてはつきり言つて, 殺される, 盗ッ人役人というも, 神と, 絶好, 黄匪に

▼ らへば~ (31, 0.0%)

2 又かきた

1 [29件] あとは, いいぢ, いい筈, いくらだ, かういふこと, これこそ, その當座, それも, ひとつは, また本, よい, シユーベルトに, 二人分の, 何と云, 僕の, 分ること, 壇の, 客足の, 時鳥いかに, 杜鵑いかに, 死す, 漬物でも, 牛が, 直るツ, 私の, 素直なり, 結構である, 編賃が, 至幸である

▼ ら四人~ (31, 0.0%)

1 [31件] が一室, が刺殺された, が又, が常に, が来た, が雅楽頭, が集る, だったという, で十分, に命じ, のもの, の商人たち, の犠牲, の胸, の首級, はいま雲, はその, はふんぜんと, は一ノ関, は侫奸, は刀, は即日小樽, は忠臣, は考える, は討たれ, は陸路, は黄色人種, もそう, を中心, を地境検分, を小僧

▼ らがり~ (30, 0.0%)

9 の中 2 にいきなり

1 [19件] が北停車場, が自分, こうである, ごしに, とどこ, と建築家, に, にどこ, に紛れ込む, に通行人, に馴れる, のところ, のなんとも, の低迷, の部屋, は, へ向っ, をきつく, を凝視

▼ ら~ (30, 0.0%)

2 のこと

1 [28件] か, であつ, では隱, で気, になつ, には何時, に抱い, に東京, のきりやう, の事, の人, の困難, の始末, の気, の気持, の熱意, の簡單, の舌, はあるだらう, はあるでせう, ははやく, は貸し, ひどく耳, 冷酷で, 喋つてしまつて置く, 水を, 至極の, 豊前長州には

▼ ら~ (30, 0.0%)

3 の中 2 の奥, の底, は開け, を深め, を騒がす

1 [17件] にしみいり, にすみましねえ, には実に, に問, に平安, に浮び上つ, の奥深く, の眼, の貞操, やすく, やのん, よりお礼, を協, を尽くし, を慰め, を澄し, を養

▼ ら~ (30, 0.0%)

2 を合せ, を延ばし

1 [26件] がこんなに, が出ねえ, が利かねえ, つけて, でペタペタ, で軽く, に, にした, にて抑, に入れた, に持っ, もねえ, をあげつ, をかざす, をさしのべた, をつく, を下ろし, を伸べ, を出した, を取る, を叩く, を差し出した, を差出した, を拡げ, を振っ, を離し

▼ らえる~ (29, 0.0%)

2 ような, 主を

1 [25件] か御存じ, ことに, ために, つもりです, というよう, とか云, とか云う, とき五円なにがしか, と好き, のかも, のであろう, のは, ほどになっ, んだ, ッて, フリカッセーなぞ, 事が, 心組で, 心組であった, 手段と, 時と, 格闘者とも, 物は, 途は, 風情も

▼ らだって~ (29, 0.0%)

1 [29件] あんな平気, いつでも, おれの, からだを, くる, けっしてぼく, そばが, それほどば, ちっとも幸福, なあに今に, なかなかこれ, なかなかそうたやすく, なにも, ひとつまちがえ, まるっきり惚れる, やっぱり世間師, 何とか彼, 僕と, 助けて, 印度の, 同じこと, 夏向は, 好んで, 弟子な, 海の, 烏合の, 生命は, 荒療治を, 見えて

▼ らいた~ (28, 0.0%)

3 何の 2 ような, 刑事巡査の, 彼女は

1 [19件] かと思う, かも知れなかった, かも知れなかつた, がまた, とお, なんの, のでその, のは, まま腰掛けの, まま顫へる, れんげの, 今日のを, 塵を, 日の, 時には, 経験の, 結果しばらく, 經驗が, 道路の

▼ らしか~ (28, 0.0%)

6 つた 2 つたのは, つた私は

1 [18件] あね, つたいかにも, つたいは, つたと, つたまだ, つたわね, つた情熱の, つた携帯煽, つた法華宗には, つた犬は, つた蕗の, つた誇張好きの, ないかも, ない何, アない, 守れ睡魔誰, 暇どらなかったので, 無いからね

▼ らに対して~ (28, 0.0%)

1 [28件] お目, この真夏, これほど, どんなに腹, 例の, 俄かに, 備わるを, 全く信用, 判断も, 厳格過ぎる, 好意を, 嫌悪の, 少しの, 幾たびか, 怒りを, 感情的に, 最初の, 望むだけの, 法律は, 無慈悲である, 独り重任を, 発表した, 自分を, 親愛の, 逆襲的態度に, 重大な, 面目ない, 驚くべき効果

▼ らばかり~ (28, 0.0%)

43 ボートの 2 では, 出て

1 [17件] いうて, うるうるで, ださうぢ, だった, だったがね, だよ, でありました, でした, でぞろぞろ, でなくこの, でなく一卓, でなく伝蔵, でなく東寺, で悪魔, で真に, なんだ, 悪いん

▼ らしめ~ (27, 0.0%)

3 てその, よ 2 たり

1 [19件] けむ今, しもの実に, その女, たさうである, たりき, たりし, ついには, ておい, てひとり, て互に, て相, なと進, ば到底, 又天下, 又游騎, 更に上つ, 為めに, 然も, 親しましめ相

▼ らべて~ (27, 0.0%)

2 みて, 男なき

1 [23件] いずれも, いる, おくの, こう云った, その身, みた, みること, みれで, ゐる者, 世上の, 力まけ, 居た, 岸山先生の, 帰って, 御覧なさい, 數が, 日光も, 歩き出した, 歩くこと, 殊に興味, 男の, 縄梯子は, 考へられた

▼ ら~ (27, 0.0%)

2 て來, て来た, て行きました, て行った, で

1 [17件] たり入, ていった, ている, てくる, てこい, て來い, て來たくら, て来, て来い出, て行, て行く, て行っ, て行つた切り, でたる宝暦, で後世, で来りつ, で見

▼ らしめる~ (26, 0.0%)

2 ところで, ところであろう, のだ, ので, のである

1 [16件] ことです, ところだ, ところである, ところでしょう, など至極, に足る, のが, のであらう, ものだ, もので, 処と, 当然であった, 所かも, 所で, 習性, 部分が

▼ ら人間~ (26, 0.0%)

2 の子

1 [24件] がこの, がひとり, が万法, が海, であるか, でいえ, とは別もの, と同形, と自然, に憚, の実験, の心, の故に, の暮し, の浅薄, の運命, の道, の間, はどんな, はのう悪い, はまず, は猿, もあの, も一人ぼつ

▼ ら~ (26, 0.0%)

2 に上等, も猶

1 [22件] その岐, つからでも, でもほんま, に明治三十九年, に見る, に見ろ, の夕, の暗い, の母, の自分達, はやき殺されん, はアカイア, は何, は疎々しく, まで客分, 常に之, 泣いた烏, 直ぐ帰つた, 行きて, 迄経験, 迄階下, 這入つて來

▼ ら夫婦~ (26, 0.0%)

2 の間

1 [24件] がこの, がこれ, が信心, が同衾, が餓死, という, なの, にとって東, になれ, になろう, には子供, にまで迷惑, の方, の苦しい, の間柄, は何, は口, は早晩商売, は生れ, は自分, は隠居, へ武蔵, をこの, を本当に

▼ ら~ (26, 0.0%)

5 う言 2 う言った調子

1 [19件] ういふ, うつぶやきます, う云, う呟いたの, う呶, う囁やきました, う宣告, う形, う無邪気, う磊落, う素直, う脈, う言う, う言つた聲, う訊ねました, う話しかけます, かる偽善的, の何時, の如く

▼ らあたり~ (25, 0.0%)

2 にも多く

1 [23件] から見る, でも女中, で引き返そう, にうようよぞろぞろ, に一疋, に住んでる, に大きな, に来, のお, の小売り, の田舎町, の美しき, の若い, の街中, の街道, は並行, は持つ, は皇城, は飯だらけ, もあまり, を, を境, を歩い

▼ らかで~ (25, 0.0%)

2 お乗りなさい, たのしげ

1 [21件] あで, あり得ない, いやらしいこと, そこらを, そして奥深い, また余りに, また熱い, 健全な, 光輝ある, 同時に大きい, 当然城, 後光が, 思索的で, 明るい光り, 最初から, 水は, 浅い, 白い頬, 神経衰弱的な, 私が, 芸術的で

▼ らはれ~ (25, 0.0%)

5 てゐる 2 てゐた

1 [18件] さうな気, その各々, て, てあれ, てし, てしまふ, てゆく, て不思議さうに歸つて來, て八五郎, て居た, て居る, て目, て眠つて, て空, て蓮華, て贈り物, 必ず他, 毛髪も

▼ らるべし~ (25, 0.0%)

2 と云

1 [23件] とあっ, という王, とて燭, とのこと, との事, との儀, との知らせ, とは想, とは神, と主税, と思はれず, と教, と汚き, と知らしめ, と種々, ヤヨ氣の, 如何致したれ, 左樣に, 必ず, 此旨村中へ, 殊に大金, 水軍に, 町役人共四郎右衞門は

▼ ら~ (25, 0.0%)

1 [25件] から血, が三人, で充分色, で目, にし, に微笑, の, の丈夫, の旦那, の段鼻, の申分, の男, の眼, の老練, の脊, の見える, の髯, の鼻, は其の, をしかめ, を一層, を出し, を大きく, を擧げました, を突き出し

▼ らるべく~ (24, 0.0%)

42 もない, もなかっ

1 [16件] そしてこの, またそのうち, もありません, もこれなく, もしまた, もなかつた, もなく, 帰りには, 承諾せられた, 拘引され, 旨申入候樣縫殿頭申付候之に, 決して立法, 第一義感的な, 考慮中であり, 規定され, 豫想される

▼ ら~ (24, 0.0%)

16 けました 3 けるの 2 きます, けます 1 いて

▼ ら~ (23, 0.0%)

2 ました, り風

1 [19件] てしまつて, てみました, て叫んだ, て問い, て待つ, て拡ろげ, て杖, て胸, とてもお, な顏, な顔, のよね一升, よこしたつて, られる, る, る人, る湖, 崩して, 笑いだした

▼ らこんな~ (23, 0.0%)

4 事を 2 ことに, ことは

1 [15件] ことを, ところに, ものが, 人の, 会話を, 具合な, 判らないこと, 工合に, 所へ, 時でも, 異常な, 経験は, 身の上にゃ, 遠慮の, 風な

▼ らぼう~ (23, 0.0%)

2 て樹下岩窟, に云

1 [19件] たよう, た一人, た狂気, た狂犬, た老婆, た肉体, た脊丈, ておりまする, て恐らく, て生き, て見る, ですわ, な返事, にいつた, に幾らか, に彼女, に答, に訊いた, の元禄袖

▼ ら八五郎~ (23, 0.0%)

2 に聲

1 [21件] に手傳, に訊ねました, の歸, の胸, の髷節, はたまり兼ねた, はキナ, は一人, は不器用, は平次, は散々, は斯ん, は石臼, は肩, は訊き返しました, は路地, は銭形平次, は錢形平次, を促し, を勵, を用心棒

▼ ら歩い~ (23, 0.0%)

3 て行った 2 ていた, てくる, て居た, て居る, て行 1 たりザッ, ている, ているだろう, てかえる, てきた, てゐた, て來, て来, て行かれた, て行く

▼ らあの~ (22, 0.0%)

1 [22件] 事変それらが, 二人を, 人大好き, 哀しい音, 壊れかかつた納屋, 夫婦の, 女とは, 女の, 娘は, 御方さん社長さんの, 教父の, 日お, 時も, 曲の, 火消し人足それから, 生白けた, 第一列, 胸悪い, 見事な, 軽浮さ, 通りの, 長い軍刀

▼ らざりし~ (22, 0.0%)

2 のみならず

1 [20件] が故に, が福澤君, が都, ことは, ことよ, ことを, さきいかなる, さきわれは, ぞと, といふ, なり, にあらずや, はこの, ゆゑに, よりその間, を, を知る, を鎭づめて, 以前は, 社名を以て

▼ らにゃ~ (22, 0.0%)

1 [22件] あんの, あ売らねえ, そのま, そんなことナニヌネノ, わからない, わからん, ァ手間, ア手が, 一文も, 二度と拝めねえ, 何でも, 分らねえが, 分限紳士らしく, 別に払い, 合点が, 恰度子供も, 惜しいもん, 手前らの, 損だ, 油虫ほどの, 虹吉が, 解らねえまアまア

▼ らに対する~ (22, 0.0%)

1 [22件] あらゆる場合, いちばん大きな, しつけ, ひどい冷淡さ, やり口じゃ, 仏陀の, 仕置であった, 助けも, 叱責佃の, 外交的儀礼を, 孔子の, 待遇が, 意地も, 愛情が, 態度は, 政府の, 深切を, 烈しい嫉妬, 畏敬に, 群集の, 言葉なるべし, 辛抱強さ

▼ ら~ (22, 0.0%)

3 ると 2 ぁな, られて

1 [15件] その教訓, てよほどの, なれど, ものの, られてから, られようやく, るほどには, るよう, る会社, る奴, れば, 二つ三つある, 候得バ一家の, 方を, 書けるが

▼ らみこ~ (22, 0.0%)

32 とにあり, との意味, とは戦ひ

1 [13件] とが此世, とでお, ととしての為事, とと申, とと言う, とと謚, となる, とのおわす, とのはかり, との用語例, とは, とは戦, ともち

▼ ら~ (22, 0.0%)

3 たり

1 [19件] けりゃ不可, こりいに, さ, ずるもの, せ, たり不尽, できた, です, でるかも, でること, でるそう, でるところ, でるらしいが, でるん, とよみしは, どいて, もし死な, やたらひろがる, 痩せ意地

▼ ら立っ~ (22, 0.0%)

4 ていた, てくる 2 てき, てきた 1 ていった, ていました, ている, てその, てはいません, て僕, て居る, て来た, て来る, て見え

▼ らあかり~ (21, 0.0%)

2 の, の中

1 [17件] に, にあかあか, におも, にた, にたより, にちる, に吹いてる, に堪へぬ, に泣く, に涙し, に鳴く, のなか, のねこ, のもの, の鴨, をいそしむ, を背

▼ らしったよう~ (21, 0.0%)

4 ですが 2 だ, でございます

1 [13件] すでなかなか, だったが, でございました, でした, でしたが, でしたね, でしたよ, です, ですから, ですね, ですよ, に存ぜられる, よ

▼ らじゃ~ (21, 0.0%)

3 ないか 2 ないん, ねえか

1 [14件] ありません, ござんせんか, な, ないぞ, ないだろうな, ないよ, ねえかよ, ねえん, アない, 其処までは, 左様な, 秋谷鎮座の, 蛇なんか, 誰か

▼ らもう~ (21, 0.0%)

1 [21件] お家が, そろ, などとは考え, オヤジが, ヨモギや, 一つの, 一つ私の, 一文も, 一本手に, 一片の, 動くの, 十三寝たら, 富も, 引き返して, 歸る, 玉ちやんの, 痛くあるまい, 眼は, 腹を, 足駄を, 鶯も

▼ らよりも~ (21, 0.0%)

1 [21件] いっそうはなはだしい, いっそうひどく, いっそう自然, さばさばした, ひと足先に, よほど造詣, 一層神, 一層詩的, 一段うわ, 何の, 優れた教養, 優れて, 多くの, 彼らの, 彼女の, 旺盛な, 母を, 畜生を, 精神の, 遥かに, 遥に

▼ らわし~ (21, 0.0%)

1 [21件] いよう, い急坂, い自己嫌悪, い関係, がさう, が位, が貰つて, さ, ていた, ている, てきた, て外出, て来た, であったが, として三人, のあと, の人, の兄弟, の正体, の汚い, の言わん

▼ ら其の~ (21, 0.0%)

2 日の

1 [19件] 予期通りの, 事多く, 仕事の, 侍湖水の, 儘寐んで, 場へ, 場限りとして, 姿を, 手の甲を, 手拭被, 消息を, 罪を, 罰を, 美を, 習に, 背を, 若々しい覇気, 間に, 雀班見せ

▼ らごとき~ (20, 0.0%)

3 者の

1 [17件] がたとい, に, にあやかったら, の綽名, はあだ, は他人, ものの, 一身の, 凡眼を, 卑賎の, 大飲家, 朝寝坊までが, 武辺者は, 気の, 犬侍の, 草賊に, 蛮民に

▼ らだけ~ (20, 0.0%)

5 では

1 [15件] だと, である, であるらしい, できゃッ, でほか, で嫁取り, で左傷, で必ず, で無く, どうか来, ボートに, 上陸し, 健康な, 別に, 逃げかけて

▼ らなき~ (20, 0.0%)

2 やならない, やなりません, や主人

1 [14件] や, やあ, やならねえ, やア, や妹, や少し, や岡崎屋, や明日, や眼, や神田中, や野郎ゴミ, ア此家に, ア逃げられる, 嬰児ごとき

▼ ら少し~ (20, 0.0%)

3 は父

1 [17件] あわてて, かすれたが, ずつ塗っ, づつ身体を, は大人び, もわからない, も怒らせない, やり過して, 位拭いた, 傳法な, 反省した, 居住居を, 気色ばみました, 煮えてるずら今, 癪が, 短いが, 節を

▼ ら~ (20, 0.0%)

2 の新緑

1 [18件] がうちよせられ, がかさ, が海, が落ち, が静か, である, に抱かれ, に横たへよう, のぱら, のよう, の散った, は桜, は櫻, は蝶, を下駄, を拾, を振り乱し, 散りかかる墨堤

▼ らかし~ (19, 0.0%)

2 踏む霜

1 [17件] だ, だらう, てあつた, ではある, とかなけ, どうなる, にされ, になってる, に来, の, のお, のやう, やがった, やア, 引きずり廻すには, 踏みすべりまっ, 遣りつ放しなの

▼ らかの~ (19, 0.0%)

2 女は, 説明を, 返事を

1 [13件] 先駆者どもの, 厩戸の, 国民と, 女を, 少女を, 尾根が, 数学上の, 方針を, 波の, 波へ, 白霜を, 眺めなりしか, 速き泉

▼ らせし~ (19, 0.0%)

2 なり

1 [17件] が其頃將監樣, ことの, てお, に御, は妾, ゅぎたもんだから半分は, より十余年, を如何, 事も, 公子をば, 故也, 歳は, 汚染を, 甲斐も, 處其後天忠美濃國谷汲郷長洞村常, 處天道先年遷化の, 言葉なるべし

▼ らせよう~ (19, 0.0%)

8 とする 2 としてゐる 1 か, とし, とした, と思っ, と思った, と思つたの, と重蔵殿, と骨, 訳は

▼ らそれでも~ (19, 0.0%)

1 [19件] ややせき込ん, 一と, 仕事の, 仲間の, 低い声, 合の手澤山に, 声だけは, 外出の, 学校へは, 少し含羞む風情, 心せく, 心中かう, 晴々した, 生垣を, 老人の, 聲だけは, 躾みの瞑目に, 逆らわずに, 遠くへも

▼ らどう~ (19, 0.0%)

2 する, すること

1 [15件] したかと, したん, してる, しましょう川下, する訳, すん, だ, だなんにも, だね, ぢや, でこう, でつし, ともしや, れ, 歯ぎしりした

▼ らにや~ (19, 0.0%)

1 [19件] いかん, いかんな, ならなかつたの, ならぬ, ならん, ならんやう, なりませんが, のびない葉, ほんとか, わからねえが, 子が, 御前も, 拂はん, 損やけん, 来やせんがな, 解られえまア, 蹴るぞよ, 雀が, 食へん

▼ らひで~ (19, 0.0%)

4 あつた

1 [15件] いつもスキヤキ, ございますの, すらあつ, せうウフフフ, そのま, その内, な, はある, はない, もあり, もつて, も三千五百石, 一応期限, 御座いませう, 許され此事件

▼ らるべきである~ (19, 0.0%)

32 とすれ, のに今

1 [12件] かと, かはここ, という論旨, といふ, といふこと, といわず, とは考え得ない, と一般に, と信じ, と政府, よりも寧ろ, を示唆

▼ ら子供~ (19, 0.0%)

2 の眼, はその

1 [15件] が不憫, と一しょ, に対してもまた, のころ, の手, の時, の時分, の興味, はいろは長屋, はこの, はどこ, も密か, を初め, を睨む, を背負っ

▼ ら~ (19, 0.0%)

2 の手紙, の様

1 [15件] ういふ, でも持つ, の, の二人, の反古, の小屋, の居酒屋, の本, の森, の烈しき, の白門, の脚本, の詩人, の鯉, は却

▼ ら~ (19, 0.0%)

2 ていた, てえな, てゐた

1 [13件] さっし, たまえ, てえ, てえな婆, てみ, てもネエ, てやっ, て居た, て居る, て御覧, て行く, て見ぬ, ゆと

▼ ら~ (19, 0.0%)

3 がさがる 2 からすつ, が下る, と黒い, の低, を擡げ 1 には矢張り, の上, の中, の加減, ふかく垂れ, をあげ

▼ らという~ (18, 0.0%)

2 のは, ものは, 事も

1 [12件] いわば客人, ことにまで, ことも, そのき, のを, ような, 人間は, 代名詞で, 者ども, 話に, 話らッた, 食器の

▼ らなり~ (18, 0.0%)

2 芝の, 野の

1 [14件] おのづか, けれ, しが, たり共, だった, やなり, 我が内心, 有渡山の, 毎朝毎夜の, 汗あぶら, 浮き雲の, 湯に, 窓ぞ, 聳えて

▼ らはん~ (18, 0.0%)

1 [18件] からと仰し, ければ, こそ十全, でも, といかん, といはる, といふ, とこまる, とし, とする, との意, とみんな, と困ります, と困る, と富右衞門, と屋敷, は如何, 思ふ心

▼ らひも~ (18, 0.0%)

2 したので, せぬにや

1 [14件] あへず, しなかつた, せず空色, せず級長, なくこの, なく今, なく即座, なく夢, なく大智勝観氏, なく水, なく痛ましく明るく行動, なく神, の, 感じなかつた

▼ らわれ~ (18, 0.0%)

2 ている

1 [16件] しなりけり, ていた, ていない, てしまった, てランプ, て刄傷沙汰, て喇嘛, て暗殺, て来た, て私, に諛, の宣, の後, を恤, を誰, 亡きあと

▼ ら立つ~ (18, 0.0%)

2 かに, てゐる, て居た, て袴 1 ことが, て來, て折られ, て晶子, て来, のは, ばかりだった, ものに, ように, んです

▼ らじゅう~ (17, 0.0%)

1 [17件] から人, が何もかも, きょろきょろ見まわし, つっつき廻るだろうし, で花, に動い, に背, に起こっ, に青い, の信心家, の坂の下, の評判, の集団農場, へなんのかんの, を引っかきまわし, 掻き掴むよう, 明るくガラン

▼ らそこ~ (17, 0.0%)

1 [17件] にいる, には路, に感ぜ, に生じた, に生れる, に腰, に膝, に自分, に限界, に集まっ, へ下り, へ主婦, へ水, へ逃げ, まで送, を俺, を去らす

▼ らなっ~ (17, 0.0%)

10 ている 3 ていた 1 ています, て来る, て泳い, て講義

▼ らまでが~ (17, 0.0%)

2 何べ

1 [15件] うれしいこと, うれしくなっ, この相反, さわぎだす, またなき, みな負傷し, めそめそしたら, 何やらうれしゅう, 取沙汰し, 大掃除, 天下通宝の, 巡査を, 戦ごっこに, 本気に, 確実だ

▼ ら丑松~ (17, 0.0%)

2 は蓮華寺

1 [15件] の前, の後, の方, の返事, は, は二階, は其, は声, は少年, は暗い, は自分, は船橋, は蓮太郎, も亦, も生徒

▼ ら~ (17, 0.0%)

3 に云, に答

1 [11件] から救, である, な字, な返事, にああ, にいひました, に応じた, に聞いた, に言, に野原, の折

▼ ら~ (17, 0.0%)

1 [17件] がねをかけた, が熱く, になべて, に涙, に重なり覗く, の前, の玉, の童子, の隅, はまだ, はボンヤリ往來, も心, をふさぐ, を瞑, を私, を見開い, 覚めるまた

▼ ら~ (17, 0.0%)

1 [17件] であつ, としたい, としない, と云, と財, にしたい, に向, に通, の定, の家, の審判, の御, の御意, を, を見る, を讚美, を迄否定

▼ ら立ち~ (17, 0.0%)

2 を感じた

1 [15件] そしてなにか, てヘクト, て心肝惱, で助長, で繋り, とまる, と疲労, ながら彼, ながら待っ, に気付け, の感, を感じ, を覚え, 如何に苦しもう, 見えぬまで

▼ らかい~ (16, 0.0%)

2 春の

1 [14件] からだ, て待っ, ところを, と云, 京言葉を, 優しい光, 悩ましさ, 春風は, 白い光, 白い月光, 眉目である, 眠いそよぎ, 肌の, 言葉が

▼ らこう~ (16, 0.0%)

2 と決心

1 [14件] とした, と思います, はずは, ぴかつく刀を, 云うじゃ, 云った, 呟いた, 御無沙汰を, 申します, 直せよ, 聞いたので, 見えてもね, 言います, 語り始めました

▼ らった~ (16, 0.0%)

2 ことが

1 [14件] あの大病, がしかし, だけで, のが, のを, もんです, ような, ように, んだり, 上は, 上陸券を, 廿歳の, 紙を, 風だった

▼ らである~ (16, 0.0%)

2 ために, のに他

1 [12件] か, からその, から主として, から神, から私, こと, し両側, としたなら, のか, ばかりでなく, 当典獄, 曇つてゐる

▼ らへの~ (16, 0.0%)

1 [16件] 信頼が, 厳達は, 品を, 嘲笑が, 土産を, 土産物なども, 心くばり, 愛情だけ, 感状には, 挑戦かも, 疊紙の, 祓ひ, 筍飯を, 答えに, 給料宿駕籠の, 高昇

▼ らまだ~ (16, 0.0%)

1 [16件] らに, 勝鬨を, 十分客車に, 十四五の, 品物を, 堀へ, 塞いだま, 念入りに, 散漫な, 新米の, 校長の, 私は, 親爺さんの, 諸國, 酒は, 顏を

▼ らるべきで~ (16, 0.0%)

6 はない 4 はなく 2 はなかろう 1 それよりは, なくし, はなかつた, はなくし

▼ ら~ (16, 0.0%)

3 急に 2 しても, その上 1 あれほど, いつもいつも他, キラキラめがね, 一つひ, 佳処, 容易に, 弟に, 灯を, 言葉を

▼ ら~ (16, 0.0%)

1 [16件] かいお, かく成つたと, な声, の上, よろこびで, 先輩洲崎の, 凡そ日本人の, 喜びで, 嘯空しく, 地震の, 御衣, 御酒の, 手ぬかりだ, 聲に, 變だ, 體の

▼ ら~ (16, 0.0%)

1 [16件] からこの, から金色, がある, が薄暗い, だった, だ頓, で, ですが, で奪, で物思い, で軽い, と食物, に生れ, へおい, へ駈けこむ, を見

▼ らうど~ (15, 0.0%)

4 に早く

1 [11件] がみ, と, となつ, なる古語, なれ, に見せまつらん, の, のする, もこと人, やこれ, ゐは

▼ らされる~ (15, 0.0%)

1 [15件] ことから, さまざまの, という信仰, とホッブズ, と思つて, と眼, につれて旧き, のが, のであっ, ものが, ものでない, ような, 優等質の, 気配が, 精神は

▼ らさん~ (15, 0.0%)

1 [15件] せよう, だから, とからにひと, とからに渋ったれ渋ったれ, とする, との大, ともせず, の顔, はねものすごい, ばかりに硬, ばかりに私, ばかりの熱気, ばかり火花, よりもむしろ, 少々センチ

▼ らしった時~ (15, 0.0%)

2 のこと

1 [13件] からちっとも, から釣台, だって雨, ちょうど事務所, と少し, にお, になん, のお, はまだ, もう醉, よりも楽しい, 大層御, 拵えたよう

▼ らについて~ (15, 0.0%)

1 [15件] あなたの, しばしば厭, じぶん, または当の, 他人に, 偽よりも, 僞よりも, 多くを, 天意的に, 学問的の, 思案した, 昨日まで, 正確な, 聞いて, 顰蹙すべき

▼ らをも~ (15, 0.0%)

1 [15件] さしてめんどう, びっくりさせた, 一つに, 倒すかも, 再考せし, 堅く戒め, 念頭に, 恨まずそして, 打つ, 振り返って, 時として愚弄, 異常に, 見のがすまいとして, 警察に, 赦したまえ

▼ ら~ (15, 0.0%)

2 を食うべし

1 [13件] によつて, に則れ, に聞け, よりも遥か, れで間, をおくられた, をかきのせつ, を擔當, を救, を若し, を證, を陳, を高く

▼ ら仲間~ (15, 0.0%)

2 の官吏, の日本歴史地理学会

1 [11件] ではことに, でも名だたる, においてもなんと, にゃあ, のお, の処刑, の勢力, の文章熱, の注目, の経営, の評判

▼ ら~ (15, 0.0%)

2 よりもよく

1 [13件] かそれ, かに頼まれ, かやつ, か仲間, か媒妁, か美術, がひきかえせ, が何, だ, にも赦すごとく, に教わった, の世話, も見なかつた

▼ ら~ (15, 0.0%)

2 につけ, を起し

1 [11件] かずならずし, についてゐる, に驕る, よりもかえって, をきよめ, をつかふ, を何ん, を引き, を悶えた, を惜しん, を摺り寄せ

▼ らすべて~ (14, 0.0%)

2 殺されん

1 [12件] お白洲其儘, に驚きあきれてる, の人々, の前, の女性, の望み, の神明, の者, はかれ, は無邪気, を述べ, 咽び泣く

▼ ら~ (14, 0.0%)

2 たたける, や 1 さは, らしくていかん, ッと, 吹きける撥, 愛しとは, 樹の, 混み合, 父よ, 青榊手に, 騒げるその

▼ ら~ (14, 0.0%)

6 この上着 2 脛を 1 このトルコ型, この襟巻, これは, たって決して, ぱはほがらかにひびいたと, 脛へ

▼ らなりの~ (14, 0.0%)

1 [14件] めくら壁が, 丘陵が, 動作が, 南瓜なんかを, 弓の, 彌次を, 文学作品について, 日本文学の, 松林が, 言葉は, 跡づけの, 長篇に, 顫え, 食糧問題解決への

▼ らみの~ (14, 0.0%)

1 [14件] あること, ある仕事ぢ, ある嫌, ある方, ある細工, ある道樂者, ある顏, ある顔, おためと, さしたこと, ないもの, ない筈, 加わった眼もと, 行われましたところ

▼ らをの~ (14, 0.0%)

2 服曾比猟する

1 [12件] かの青雲, そつい, 争ふ見れ, 伴, 力に, 歌, 消息知る, 父よ, 語多き, 鞆の, 高円山に, 魂が

▼ らガラツ八~ (14, 0.0%)

1 [14件] が歸つて來, に囁く, に手傳つて貰つて, の八五郎, の手, の手柄, の方, はもう一度, は其日, は内, は聟入, は離屋, をかきのけ, を促し

▼ ら一人~ (14, 0.0%)

2 の女, の魚屋さん 1 が罪, で行く, の妹, の役人, の手, の車夫, もき, も無事, を討ち取れず, 残らず叩き

▼ ら~ (14, 0.0%)

2 は今

1 [12件] が行く, が露西亜語, だつて自分, に火事, の唇, の胸, の部屋, はお前, は同情, も伯父, も笑, を束縛

▼ ら来た~ (14, 0.0%)

3 あ, のです 1 だい, のか, んだ, んだい, ア, 一台の, 者が, 電車の

▼ ら~ (14, 0.0%)

2 は雪

1 [12件] から目, がさめ来り, が廻つて, で見下し, の前, は此時計, ぶちが, や鼻, を瞑つ, を瞑り, を瞠, を開けたら思ひ

▼ らかせ~ (13, 0.0%)

2 ている

1 [11件] つつ胸壁, ておりました, てお金, て状況, て行く, ながら云いました, ながら女工達, ながら芸妓, ながら誰, にやにやと, 寫眞の

▼ らしった方~ (13, 0.0%)

1 [13件] かと思っ, がいい, がよかっ, が宜しゅう, が御座いました, じゃない, でございます, はあなた, はいい, はどんな, は皆さんアリゾナ, も悪う, よあたい

▼ らとて~ (13, 0.0%)

1 [13件] いつどんな, よく判る, 一世を, 下りゆ, 命に, 地の, 天下の, 捨ておかれない, 文盲の, 明日は, 決して不忠, 決して長政, 犬畜生では

▼ らにて~ (13, 0.0%)

2 作りあむ

1 [11件] いずれも, いませばか, かばねを, 今回は, 女優劇の, 孤独を, 相応の, 編みたる環, 織たる, 錫蘭の, 頂に

▼ らはず~ (13, 0.0%)

2 に返事

1 [11件] かたり, にそつ, には居られなかつた, に何もかも, に連れ, に頷い, はた意, ほつたらかして, 副馬, 御断言, 為すに

▼ らむと~ (13, 0.0%)

2 恐しさ

1 [11件] は思ひ, 判じ又, 思ひしに, 思ひも, 思へり, 思ほして, 欲し青嵐ひとり, 欲するは, 疑ひ居りし我, 知らば, 行き着きて

▼ らよく~ (13, 0.0%)

1 [13件] ないだらう, わが意, 分ったわね, 喋るなと, 子供に, 憤慨した, 改心した, 来たという, 理を, 知つてゐる, 見て, 見ると, 話を

▼ らりょう~ (13, 0.0%)

421 かいかに, かこれ, かってこと, かと案じ, かと鏡, とはまことに, ともわたし

▼ ら一同~ (13, 0.0%)

1 [13件] に面, の叔父たち, の待つ, の理解, の罪, はいっさい, はどう, は走った, へ年賀, を下山, 一向に土地不案内, 若親分, 謹んで

▼ ら一面~ (13, 0.0%)

2 に棚引く

1 [11件] には夏, に取り散らし, に咲い, に散乱, に死人, に漂う, に澱ん, に生え, はきれ, は落葉, を物凄い

▼ ら今日~ (13, 0.0%)

1 [13件] こそは伊賀亮, の御, の我が国, の詩, の詩壇, の読みもの, は日, は止せ, は肥料, まで御無沙汰, を忘, 帰るん, 見て

▼ ら~ (13, 0.0%)

3 の蝉鳴き 2 に雪 1 しと, つなみ, に来, の盆地, を下ら, を彷徨うた, を抜く, 深く叔父

▼ ら~ (13, 0.0%)

2 の方

1 [11件] から出, から廻された, がまち, ずまいの, などへはなか, に逼塞, の隅, へ出, へ顏, を早仕舞, を開けた

▼ ら~ (13, 0.0%)

2 が照りつける

1 [11件] かい, がな, が暮れ, が硝子, で風, のさしてる, のなか, の中, の光, は高し, を追

▼ ら笑っ~ (13, 0.0%)

2 て, ている 1 てあいつ, ていた, ていました, てやがら, てゐる, て云った, て待ちかまえ, て断られ, て来た

▼ ら行く~ (13, 0.0%)

2 と銃

1 [11件] こと, といきなり, とすぐ, と二三丁, と四ツ角, と瀑, には二つ, んだって, 子どもなどを, 日本人を, 田鶴に

▼ ら親子~ (13, 0.0%)

1 [13件] がなおい, が御所, に何一つ, のうえ, のつながり, の前, の寂しい, の浜, の願い, は凍え, は新宮, を思い出す, を波止場

▼ ら~ (13, 0.0%)

1 [13件] いったいに, が出, が喉笛, だけあんなに, のちよ, のもの, のガアガア, の海, はガラアヂ, は去年, までが本当, を歩きまわった, を通る

▼ らうかと~ (12, 0.0%)

2 思つた 1 思つてゐた, 思つてゐます, 思つて居る, 思つて藥種屋の, 思はれる古び, 思ひましたが, 思ひましたのよ, 思ひ居たりと, 思ふ心, 考へた

▼ らお前~ (12, 0.0%)

1 [12件] がよく, と言う, のこと, の年, の話, の頼み, の馴染, も当, も行つて, も見た, を信じる, を診

▼ らかく~ (12, 0.0%)

1 [12件] あわてて, てプリアモス, の如き, も求めたる, 彼の, 擢んでら, 曲がり折れて, 梅の, 美しい声, 自分の, 贅沢な, 輝いて

▼ らかつ~ (12, 0.0%)

51 たが, たさうだけど, ためらいかつ, たらうと, たらしい, たんぢや, たン

▼ らけて~ (12, 0.0%)

1 [12件] いた, いても, いると, いる娘, くるやう, くるよう, しまうの, ゐた, 世間の, 公子の, 来たもの, 来て

▼ らここ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からだ, にある, にいる, には知事閣下, にゐる, に六十カペイカ, に見るあり, に起つ, に高い貴い, の家, の畑, よ

▼ らといふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] のも, やうな, 不安で, 恐怖が, 様な, 樣な, 氣が, 氣に, 草あり, 草也これを, 頼みが, 風に

▼ らなくなった~ (12, 0.0%)

2 ように 1 おきえさん, が以前, けれどもあの, という, のであろう, のでございましょう, のは, んだい, 処を, 古い部屋

▼ らひな~ (12, 0.0%)

2 のよ 1 の, のじ, のでまるで, ので日本, ので無理, ので砂糖, ので電気コンロ, のよ私, はうだ, ん

▼ らへと~ (12, 0.0%)

1 [12件] いつて, おぢ, そつと, 云つた, 云つて質札を, 他動風に, 仰せの, 御案内, 掃いて, 皺枯れたる, 言つたろ, 言つて來い

▼ ら~ (12, 0.0%)

2 と通り 1 かたまりに, くちに, と息, と押し, と通り死體, と通り濟, の名人, ひら, 同博徒, 同大敵

▼ ら一つ~ (12, 0.0%)

2 の特色 1 なれや, になっ, のこさぬ, の人生風景, の椅子, の状態, の目標, の調子, の鶴, もその

▼ ら何ん~ (12, 0.0%)

2 となく 1 か斯, だ, でも, でもし, とかし, としても一言申上げ度, となく物々しい, とも思, とも言, なもの

▼ ら働く~ (12, 0.0%)

2 婦人の, 婦人は 1 にゃひと, のは, もの式の, 婦人にとっては, 婦人みんな本当に, 気が, 者の, 若い男女

▼ ら兄弟~ (12, 0.0%)

1 [12件] がおたがいに, じゃ手, にお, の恩人, の手, の父, はみんな, は性格, も善戦, をあくまで, をとんだ, を見

▼ ら~ (12, 0.0%)

2 つて來た, つて來て, つて來ました, つて来, つて来た 1 つて來やが, つて行きました

▼ ら地球人類~ (12, 0.0%)

1 [12件] と同等, の前進基地, の安危, の心, の手, の迎えなけれ, の間, の防衛, はそういう, は一体, は極力, もひっくるめ

▼ ら~ (12, 0.0%)

21 につら, に現, に露, の噴水, の方, はマックラら, へ出, をお, をのぞい, を歩き

▼ ら子さん~ (12, 0.0%)

2 を招 1 が折, だとかとの, の借り, の友達, は, は何故, は居る, も, を呼ん, を迎

▼ ら明日~ (12, 0.0%)

2 のこと, の餓 1 から一つ, から十手, から浪人, が日, にも行つて買つて來よう, の日, はどんな, 異るであらう

▼ ら見れ~ (12, 0.0%)

3 ば全く 2 ば, ば朱 1 ばたまに, ば一時, ば同じ, ば我幼, ば白光

▼ ら見ろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの女め, あの田, あれ買っ, うんと, おいらの, お次ぎ, こっちが, だから言わねえこっ, やい, 大け, 悪いいたずら, 病人だ

▼ らかす~ (11, 0.0%)

2 やうな 1 ため敵らしい, だらもっと, などという異様, なんぞは外聞, のでそん, のも, ような, 苦痛に, 邪法の

▼ らしったそう~ (11, 0.0%)

3 でございますが 21 だが, だし, でご, ですが, ですね, で少し

▼ ら~ (11, 0.0%)

2 之れ 1 か, とかねて, とよ, と末, と言葉, と誓う如く, ものも, らと, 命を

▼ らだった~ (11, 0.0%)

5 のです 1 が人, のでいよいよ, のにじつに, んだ, 様子で, 顔色で

▼ ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] う持つ, う灰だらけ, おで, やあかん, やつたかのう, やない, や居る, や知らねえ, ゆうに漂つて, ゆうに眼, ゆうは

▼ らふたり~ (11, 0.0%)

1 [11件] がしゃべりだしたら, ぐらいきっといっぺんに, の心, の配所奉公, はようやく, は幼年組, は盆踊り, は霜柱, をむざむざ, をやっつけ, を問題

▼ らみんな~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんまりとる, がゴマカ, た鉄械, ちっとばかし, つかまえて, にあつ, に分け, まだ大学生, をびしゃびしゃに, を魚, 浮かれた浮かれた

▼ ら三名~ (11, 0.0%)

2 の平安 1 が膝, が親, とはいったい, の力, の義盟, は主人成政, は暗殺, は賊, を訊問

▼ ら五人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が申し合わせ, で買い切った, とも喧嘩, のばあい, の使者, の兄妹たち, の合作, の看護婦, はなに, は夕方, を土蔵

▼ ら~ (11, 0.0%)

3 に立つ 1 から先, にはいる, に祈り殺し, に與, に起ちたる, へ出た, へ帰るだ, 往きて

▼ ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] がきける, だけだ, ではふだん, で話す, の端, へ持つ, ほどもねえ, をぱくぱく, を出した, を利かない, を開き

▼ ら~ (11, 0.0%)

3 の本地 1 がこう, なき今, の口, の笑顏, の結論, はドロップ, は彼, は御

▼ ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] がした, が大きく, とも形容, と共に烈しき, なの, に応じ, の主, をかけ, を叫び上げる, を限り, 放りあげて

▼ ら小さい~ (11, 0.0%)

2 者の 1 二枚の, 女の子が, 子供らに, 心の, 拳で, 火の玉が, 燭の, 者が, 蕾が

▼ ら~ (11, 0.0%)

2 掻くふり 1 に, についた, になれ, には之, にも憲兵ら, の代, へは引かれぬ, も前, をも見ず

▼ ら~ (11, 0.0%)

2 に入りし, のない 1 が付いた, が散る, が氣ぢ, が順當, の毒, をつけねえ, を揃

▼ ら笑つて~ (11, 0.0%)

2 ゐる 1 とりあは, やりだすので, をられた, 尚ほそ, 居りました, 居ります, 本当は負ける, 短いスカート, 赤いカーテン

▼ ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] だの, とが茂っ, のかげ, の中, の小径, の彼方此方, の繁み, の茂み, の葉, の間, や蓬

▼ ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいや, がご新, がちょいちょい, が碁盤, という野幇間, に絲目, のすすめ, の店, の方, の箕, を送っ

▼ らいつ~ (10, 0.0%)

5 の日 1 そもの, までお客さん気取り, まで森ン中, 僕らの, 頃乘合馬車が

▼ らさえ~ (10, 0.0%)

1 いなければ, もう少し良心的, 切ると, 彼と, 感動し, 折あっ, 架けえた橋, 棒で, 眼が, 肩身の

▼ らせたる~ (10, 0.0%)

1 は我死期, より今日, を如何, メフイストフエレエスの, 君なりしか, 拙さ情, 櫻炭の, 老爺さへ, 豈偶然, 黄金丸なる

▼ らつい~ (10, 0.0%)

2 て目 1 その傍, てきた, てたまらない, てゐた, てゐる, て来た, 御無礼, 見た

▼ らにおいて~ (10, 0.0%)

2 使用し, 健康状態の, 私が 1 それを, 根源的な, 聖なる公会議, 聖なる公會議

▼ らにたいして~ (10, 0.0%)

1 いかに保証, ことにその, また自分自身, 万一の, 二十回にわたり, 怒りたっ, 憤る者, 礼拝堂の, 私は, 高慢ちきな

▼ らにとっても~ (10, 0.0%)

1 さぞ嬉しい, またここ, 一つの, 何やら大きな, 大人にとっても, 死活に関する, 決して名誉, 身の, 軽い問題, 軽い負担

▼ らふと~ (10, 0.0%)

2 たどたどし筆 1 いふ料簡さ, よ, 妙案を, 林町行きを, 相手の, 總理大臣め棍棒で, 見たが, 麻川氏の

▼ らよりは~ (10, 0.0%)

3 はるかに 1 ときにはしあわせ, 切実な, 品の, 大らか, 市民たちの, 必ず多く, 深い思慮

▼ ら一杯~ (10, 0.0%)

1 にしなやか, にはびこつてをり, に唾, に流れ, に芬, の卵塔, やつて, やらう, やらかして, やらかすこと

▼ ら~ (10, 0.0%)

2 名は, 名を 1 名ここの, 名にも, 名の, 名黒田家の, 棋士に, 腕を

▼ ら何時~ (10, 0.0%)

2 でもアノ通り紅 1 でもやります, でも綺麗, でも附合, となく, までせ, までも能成立以前, までも若く, 見ても

▼ ら~ (10, 0.0%)

1 が持つ, だつて, にいつ, の仕事, の心, は城代家老さ, は旗本, も行つて, れでやんべと, を嫌う

▼ ら~ (10, 0.0%)

2 へ摺 1 から輝き出し, に事問はん, に入, に入りたる, に力, に慟哭, に潜む, へ帰る

▼ ら同志~ (10, 0.0%)

2 で相談, の撰びたる, の者 1 とのあいだ, においても一代, のもの, よりつどい

▼ ら夫妻~ (10, 0.0%)

1 がいつ, と貞夫, に老父, に言う, の固い, の平和状態, の生活, は子宝, は申す, は鮎沢氏

▼ ら如き~ (10, 0.0%)

1 が讃, においてをや, に策, のもの, チッポケな, 小事件, 者の, 者も, 蛆虫や, 魑魅魍魎の

▼ ら~ (10, 0.0%)

1 なひだ, に下り, に下りた, に犬, に立つ, に落ち, に這入, のあたり, の方, を見る

▼ ら彼女~ (10, 0.0%)

1 の耳, はこう, はさめ, はその, はふと, は室, は永い, は私, は酔いどれ, もまた

▼ ら~ (10, 0.0%)

2 兵衛も 1 に生まるべし, やん家, らしい歓楽, らしき時代, らしくなるやう, ダーウイン派の, 兵衛は, 徴組が

▼ ら~ (10, 0.0%)

1 になりきれない, には言, にも言, に云, に云つて, に出し, に可否, に彼, に打ち明けたら, に知りたかつた

▼ ら父子~ (10, 0.0%)

1 がよい, が親交, に与す, に伸ばし, のとる, の待ってる, は市民, もついに, も田んぼ, を下宿

▼ ら~ (10, 0.0%)

1 が, が遣つ, たりとも, に集中, の傍, の声, の身の上, は, は愚劣, や片恋

▼ ら苛ら~ (10, 0.0%)

1 さしたの, さした村上, させた, させて, させました, させるよう, すること, するでしょう, するの, と思い

▼ ら~ (10, 0.0%)

4 も合 1 が別, が始まっ, させる外, の種, は仏蘭西, は分る

▼ ら~ (10, 0.0%)

1 が開け, といふ道, とか木, に迷った, の上, の器用, はついた, をぬけ, を得た, を開きました

▼ ら~ (10, 0.0%)

1 が残っ, が残つて, が絶えず, のよう, の中, の草鞋, をはらっ, を蝶, を蹴散らし, 照れる春日

▼ ら静か~ (10, 0.0%)

1 なこの, な昼寝, にしろ, に帛紗, に手, に聞えた, に自分, に言った, に闇, に静か

▼ らかう~ (9, 0.0%)

3 云ふ 2 云つた 1 いふ風に, といふ, スラスラと, 言ふ

▼ らかれた~ (9, 0.0%)

1 その眼, のだ, ま, やうに, ように, 両眼, 悲しみの, 眼が, 道路の

▼ らざら~ (9, 0.0%)

32 んこと 1 しむ, んため, んやう, ん当

▼ らざらん~ (9, 0.0%)

51 がため, とす, や三千余里, を恐る

▼ らざる者~ (9, 0.0%)

1 がある, とを区別, とを問わず, なり, に対しては実質的釈義, は以, は心服, までも皆, を疎外

▼ らです~ (9, 0.0%)

41 かあの, が働きます, とひどく, ね, 一般人民という

▼ らとても~ (9, 0.0%)

1 この一城, その悪弊, シェークスピアの, 同様輝元公を, 大名高家の, 心祝いに, 心祝ひに, 自分とは, 黙視し

▼ らとを~ (9, 0.0%)

2 見あげました 1 おおい隠した, 一まとめに, 分け隔てる, 区別し, 同時に利用, 忘れちゃ, 祝福した

▼ らどこ~ (9, 0.0%)

1 にもあの, に眼, へ行く, へ行こう, までが俺, まで真赤, まで行き, まで行きゃ, まで調和

▼ らども~ (9, 0.0%)

1 がご, が励まされた, なりま, には解らぬ, の案内, の衷情, はすでに, は皇帝, もこの

▼ らなど~ (9, 0.0%)

1 いふ通り魚, くれる, 今日は, 何ん, 働いても, 少しも, 指を, 皆土地, 言ふ

▼ らについての~ (9, 0.0%)

1 またさまざま, 事実を, 学問的研究は, 少くとも, 正しい知識, 正確な, 歴史的由来を, 知識を, 精密なる

▼ らについては~ (9, 0.0%)

2 健全な, 君と 1 そういう解釈, なんらの, 例えばアマテラス・オオミカミ, 安心した, 曖昧な

▼ らによ~ (9, 0.0%)

1 つて人間は, つて代表される, つて企てられ, つて極めて, つて死守され, つて漸く, つて確實であり, つて移植され, つて過去の

▼ らぬで~ (9, 0.0%)

2 は御座んせぬ, は無い 1 な, はない, はなかっ, はやり様が, もなき

▼ らねば~ (9, 0.0%)

2 何し 1 こそかよう, よかつ, 以前失ひたる, 成ずコレ五助, 承知せぬ, 承知の, 纏まりが

▼ らばと~ (9, 0.0%)

3 いって 1 その言葉, 云う言葉, 云ひ, 此宿に, 言つて一寸, 重く成ッ

▼ らひだ~ (9, 0.0%)

2 つた, なんてお 1 が京都, つたらこんな, とか云, と思ふ, などといふうち

▼ らへに~ (9, 0.0%)

1 いそがしく私, こらへた鬱憤, して, なりましたの, なりますので, なるつもり, なるところ, 取り掛り升, 立つて

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 と詔, ゐ出て 1 づ彼は, ないよ, ないん, れる, んとも

▼ らむこ~ (9, 0.0%)

1 とぐらいは先方, との無かれ, とを, とを以てし, とを勸む, とを得ざりし, とを思ふ, とを欲する, とを祈る

▼ らめきれない~ (9, 0.0%)

1 で逃げ道, とみえ, のだ, のであつ, やうです, 屈辱だ, 左門で, 未練の, 樣子です

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 のたより 1 た, になった, に紛れ, のやう, は大塔宮様家臣, は江戸表, までが渦巻い

▼ ら~ (9, 0.0%)

6 ひら 1 ひら宙, ひら舟, ひら静か

▼ ら人類~ (9, 0.0%)

1 がこの, が負ける, だけによって支配, の救世主, の生存競争, の祖先, は地球, も総括, よりも数等数十等高級

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 たの 1 た, たと, たらん, ました, り掠奪, るの, る馬

▼ ら~ (9, 0.0%)

1 にあびせた, の人, の姿, はそつ, は障子, は顔, は馴染み, も衣, を楯

▼ ら少年~ (9, 0.0%)

1 が覗い, の手, の日, の眼, はいかだ, はその, はもうもず, は可笑しく, は家庭

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 よあはれ 1 から興, にあり, に加, れと共に, をあ, をはばめ, を責めた

▼ ら日本~ (9, 0.0%)

1 から来た, に生きる, のうらら, の働く, の大学生, の文学美術, の民草, の産業, を攻め

▼ ら明かり~ (9, 0.0%)

2 の中 1 に, に二人, に浮かびあがっ, のうち, の夢, はジャックリーヌ, ほど夏

▼ ら~ (9, 0.0%)

21 か, たろうって, て善逝, て彦七, て雀, なすった, もしなかつた

▼ ら来る~ (9, 0.0%)

2 のを 1 かまだ, わ, んだ, 神で, 自動車に, 自転車の, 間に

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 を流し 1 が出る, が湧い, に襟, はふり落ち, をこぼした, を出し, を拭い

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 を書く 1 であったならきっと, ですよ, の氣, も言, を云う, を言, を言う

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 變らず 1 い愛せよ, ともに柏木氏, 会して, 会し候得バ, 変らず大口, 親しむべきもの, 通ずるところ

▼ ら相手~ (9, 0.0%)

1 が無い, にたえず, に暢気, の出, の男, を屈せしめよう, を扉, を撃つ, を致す

▼ ら~ (9, 0.0%)

1 あがりぬ, しいとも, せないもの, せながら, 上った, 上らんと, 上る, 上ると, 騒ぐ

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 いて 1 かう, かし, かねえ, きて, きました, き取れます, くと

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 はれて 1 つたが, は, はれしラテン語譯, はれるよう, はれ常に, は果てた, ひて

▼ ら~ (9, 0.0%)

1 があかあか, がかたむきかけた, がななめ, が彼, が河原, に灼けた, の底冷え, の林, の長ける

▼ ら~ (9, 0.0%)

2 を出し 1 になる, をかしぎ, をちよ, を小田島, を挙げ, を振り, を縊

▼ らあれ~ (8, 0.0%)

1 かこれ, が木曾, さ乗ってん, は刑事, は君, は狂言, ば牧者, を掴ま

▼ らこっち~ (8, 0.0%)

2 い来いって, の方, へは来 1 が西, はだんだん

▼ らしからず~ (8, 0.0%)

1 これ懺悔の, とは云, と雖, と雖ども日本, 宮寺の, 時あり, 甚句に, 私立の

▼ らせず~ (8, 0.0%)

1 とて只, にいた, にいられなかった, には措かなかった, には置かない, にゐた, に銘めい, 自分も

▼ らせよ~ (8, 0.0%)

2 といふ 1 お菓子あがれ, かくして彼, と, と云, と件, と漸

▼ らだけで~ (8, 0.0%)

1 あけるの, やったこと, ブロックを, 儲ける仕事, 片付けますよ, 祝いの, 話そうという, 逃て

▼ らっき~ (8, 0.0%)

2 ょ, ょらっき 1 ょの, ょのような女に, ょもあった, ょをやると面白い

▼ らとしては~ (8, 0.0%)

1 さもあるべき, せめてこういう, なんでも, 国民の, 気が, 男鹿が, 身の, 院の

▼ らなくなる~ (8, 0.0%)

1 からそつ, といふ強烈さ, と何時, と言葉, のである, まで崩れ, 口に, 部分が

▼ らなら~ (8, 0.0%)

2 大きいわねえ 1 し笊, その三千兩, どんな意気地, なんと言うであろう, 位置の, 猥らを

▼ らにと~ (8, 0.0%)

4 妹が 1 いうと, つて忘れ, 妹は, 思われたくなかったの

▼ らに対しては~ (8, 0.0%)

1 ちょうどしょうが, なにも, 何んらそれ以上の, 厳格を, 多少の, 恐らく無力, 無期徒刑が, 頗る頑強

▼ らのみ~ (8, 0.0%)

1 これなく, である, では, まことに人, 助けを, 命をすら, 帯の, 鹿児島へと

▼ らへたり~ (8, 0.0%)

1 いやはや, こ, した, して, その他にも, 幾島は, 毛糸の, 狹いところへ

▼ らみな~ (8, 0.0%)

1 うせにし, が此, この地方, のでもあった, 同魂同性, 悉くこの世, 我と等しく, 楽しむ

▼ らむの~ (8, 0.0%)

1 が自分, だ, である, です, を待っ, を感じた, を見, を見る

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 たに 1 あらぶ, つくり呑んで, つくり話さうぢ, つたりと, て眼, まし

▼ ら~ (8, 0.0%)

31 いやだ, それでよ, れて, わるいこったら, 二度と再び江戸

▼ ら一味~ (8, 0.0%)

1 との関係, に跟, のため, の企み, の幕府顛覆, はケートさん, を狩りとる, 全員の

▼ ら一族~ (8, 0.0%)

2 の運命 1 の一つ, の勢力, の名, の業, の者, をどっち側

▼ ら~ (8, 0.0%)

1 ひら, ひら何, ひら微風, ひら散って, ひら散らばって, ひら申訳, ひら花弁, ひら開いたとき

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 へ對 1 から下, から二番目, の世, の御, の目的達成, を恐れず

▼ ら両人~ (8, 0.0%)

1 かなり狼狽, がともに, が身分, にてすぐ, に向い, の間, はその, は同じ

▼ ら全く~ (8, 0.0%)

2 黙せよしか 1 の恍惚境, 亡くなるでなく天, 別々に, 恩を, 消滅する, 譽なく

▼ ら~ (8, 0.0%)

1 であ, である, で将門, なこと, な融通無碍, にならざる, の事, の趣き

▼ ら~ (8, 0.0%)

1 な時代, な野郎, にモジモジ, にワクワク, に力, に肥ってる, に薄, に迎

▼ ら帰つて~ (8, 0.0%)

3 来る 2 来さうな 1 来た貢さん, 来ると, 来るの

▼ ら日本人~ (8, 0.0%)

1 に対する態度, に紹介, の常識, はこの, は先づわれら日本人, は癲癇, は祖國, を措い

▼ ら明け~ (8, 0.0%)

1 から日没, とまでゆかない, と覚しい, にたたき起こされた, になる, に村, に私達, はなれ

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 を択ぶ 1 がおとづれる, するに, せたま, なば, なむ砒素, ぬる時

▼ ら~ (8, 0.0%)

1 ぞ異, の性格, の言葉, の顏, の顔, は私, は酒, を呼ん

▼ ら甘い~ (8, 0.0%)

1 やうな, メルヘン気分の, 何かに, 朝の, 涙みたいな, 疑問の, 誘惑を, 陶酔を

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 立つ 1 な杵, のもの, を呼ん, 悲しき墓, 色々と, 食えぬとでも

▼ ら眠い~ (8, 0.0%)

6 ような 1 目を, 頭の

▼ ら眠く~ (8, 0.0%)

6 なって 2 なるの

▼ ら種々~ (8, 0.0%)

2 な事 1 ある, のレンズ, の約束, 協議した, 空想を, 話す

▼ ら聞い~ (8, 0.0%)

2 てきた, て居た 1 ちゃおらん, てすうっ, て居る, て驚く

▼ ら~ (8, 0.0%)

1 のある, の丸み, の静脈, ばかしぢ, も指, をグイ, を組み棚, 結びゆく

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 をあげました 1 で唄, をあげた, をあげる, を抜かし, を拔, を掛けた

▼ ら~ (8, 0.0%)

1 ちるうらら, と虫, の帽子, ほの, みだれゆく庭, も散り, も真紅, 踏む里乙女

▼ ら葺き~ (8, 0.0%)

1 で漆喰塗り, に蠣殻, の厖大, の古い, の屋根, の建物, の板小屋, の粗末

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 を早め 1 に胼胝, の勇, の早い, を空, を踏ん, を踏んだ

▼ ら飛ん~ (8, 0.0%)

4 で來 1 できた, で帰っ, で歩いた, で行きました

▼ ら~ (8, 0.0%)

2 つた 1 つたんぢ, ふので, へ, へば食, ますべきものわれ, 取らずして

▼ らあばた~ (7, 0.0%)

1 が, の一壮者, の顔, までがこの, をみな笑クボ, を姫, を幻

▼ らうち~ (7, 0.0%)

1 にこんな, のコト, の事, の墓, の役者達, よけん, をどる

▼ らかが~ (7, 0.0%)

1 きらきらと, たかくそびえ, もう見え出した, よふ, 光って, 冬が, 薄白く

▼ らからは~ (7, 0.0%)

1 たえず瞞, ズボンの, ユダヤ党と, 人家の, 反ユダヤ主義者, 月二割も, 特に申し入れ

▼ らきかけ~ (7, 0.0%)

2 ている 1 ていた, てくる, てもゐる, て来た, て行つたの

▼ らきが~ (7, 0.0%)

1 あって, とまつ, 出来ようなんて, 出来る筈, 有ッ, 解っても, 鈍くなっ

▼ らくれた~ (7, 0.0%)

1 右の, 大きな自然, 武士が, 水夫は, 浪人者ばかりに, 無数の, 神たちが

▼ らこと~ (7, 0.0%)

1 おんつぁんのとこに, するほどに, なんか鼻汁, に女, 捜しぬいてるところ, 死ぬまで, 連れて

▼ らさず~ (7, 0.0%)

1 しかも全, と聞く, に, には置きませんでした, に居られない, に帰っ, に返し

▼ らしった事~ (7, 0.0%)

1 がある, の一度, は何時, までちゃんと, をききました, を知っ, を考える

▼ らしめ給~ (7, 0.0%)

1 ひしは, ひて, ふに, ふ内外, へ, へといふ, へらく

▼ らすべき~ (7, 0.0%)

1 もの無けれ, よし, 口には, 夜とこそ, 室を, 或必然, 農業に対する

▼ らずつ~ (7, 0.0%)

1 い, いたもの, いて, きものである, けられて, っ立って, とりました

▼ らず知らず~ (7, 0.0%)

4 の間 1 のうち, 彼に, 改進の

▼ らせたら~ (7, 0.0%)

2 ばよかるべき, 頂上で 1 ばい, ばいい, むやも

▼ らせで~ (7, 0.0%)

1 さア, は荊州城, 兄とともに, 河童路地へ, 田舎へ, 私が, 老画家

▼ ら~ (7, 0.0%)

2 がんだ 1 がらに, がんで, がんね, まえに, 居なかつたの

▼ らにたいする~ (7, 0.0%)

1 かかる言, 君の, 尊敬も, 激しい憎悪, 貴族的な, 軽蔑の, 非難ほど

▼ らはれる~ (7, 0.0%)

2 からとて, からとて美登利 1 ことを, やうな, 事に

▼ らひと~ (7, 0.0%)

2 して 1 かどの, か手, の新, は勿体ない, むら漁家が

▼ らふこ~ (7, 0.0%)

2 となく, となし 1 とはあらざらむ, とは殆ど, と勿

▼ らふ見れ~ (7, 0.0%)

42 ば古 1 ば藍微塵檀

▼ らへにて~ (7, 0.0%)

1 いづれも, 中間角助を, 子分二人を, 手に, 植木の, 眼かづらを, 立ちかかりゐる

▼ らまでも~ (7, 0.0%)

1 この小父さん, これを, ただでは, 吹き込んで, 衷心大いに, 領ずる顏の, 領ずる顔の

▼ らみたい~ (7, 0.0%)

2 なもの 1 なもん, な天保生れ, な宿, にいちいち, に思われる

▼ ら一行~ (7, 0.0%)

1 が有馬, が練り込ん, に讓, のこと, のもの, はこの, は白山

▼ ら今度~ (7, 0.0%)

1 こさ, はゆるし, は三村屋, は何, は敏樹, は茶の間, も三月

▼ ら仕事~ (7, 0.0%)

2 をし 1 に向かない, の出がけ, の方, をした, をせぬ

▼ ら何処~ (7, 0.0%)

1 かへ傾い, か病身, さお, となく, ともなく, の誰, を当ども

▼ ら先刻~ (7, 0.0%)

2 の夾竹桃 1 からさう, から立ち, から見, にせる姿, 見た時

▼ ら~ (7, 0.0%)

1 が拔, こめつ, つくして, に成る, は強か, を得た, を自由派

▼ ら~ (7, 0.0%)

1 がおりる, つぴて飮, と共に踊り, になっ, になつて, の道, を明かす

▼ ら待つ~ (7, 0.0%)

1 て, ても來, てゐた, てゐる, て居た, て居りました, のさ

▼ ら微笑~ (7, 0.0%)

2 した 1 が走ります, して, を含ん, を忘れ, を禁じ得ない

▼ ら思ひ~ (7, 0.0%)

1 がけない強い, ながらも既に, の外巧み, の外達辯, もよらない, も寄らぬ, 出が

▼ ら斯く~ (7, 0.0%)

1 の如き, も憧憬, も茫然, も運命, も駿馬驅, 本氣, 言盡し

▼ ら~ (7, 0.0%)

1 が泣け, でぶっ, とは知りませんでした, の井戸, の土地, へはまあだ, 見て

▼ ら~ (7, 0.0%)

3 かであらう 2 をさしのぞき 1 かになる, にかかる

▼ ら~ (7, 0.0%)

2 の如くならざる 1 が大昔, とせざる, れ古今, れ賤貧, 必ず他人

▼ ら時々~ (7, 0.0%)

2 藤村調の 1 あなたは, 彼女の, 思い出したよう, 淋しさうな悲しさ, 湧き上がる涙

▼ ら暫く~ (7, 0.0%)

1 こつちへも, して, やんねえから, 來ねえ, 其を, 囁いて, 立つて

▼ ら殿下~ (7, 0.0%)

3 の御 2 のお 1 の耳, を御

▼ ら母子~ (7, 0.0%)

1 がこれ, につれな, の前, の悪口, の間, はどんなに, も加え

▼ ら~ (7, 0.0%)

2 が短 1 で気, な笑, に振つた, をつけ, を付け

▼ ら~ (7, 0.0%)

2 のる春 1 ながれたる沢, のながれ, の心得, も漏らさぬ, よ布

▼ ら漸く~ (7, 0.0%)

2 これだけの 1 これ丈けの, 喜八と, 散つて, 笑ひ, 表の

▼ ら~ (7, 0.0%)

1 かな, が二三匹, であるもん, という言葉, になっ, になる, の姿

▼ ら直ぐ~ (7, 0.0%)

2 墨を 1 に帰ります, に麥, アジプロ部へ, 振向いて, 警察へ

▼ ら立った~ (7, 0.0%)

1 ような, 心を, 感情を, 気持ちに, 現実的な, 肱金の, 風も

▼ ら~ (7, 0.0%)

1 があんまり, が食う, もし神佛, もシンショウ, も楽, やること, よりも苦痛

▼ ら~ (7, 0.0%)

5 へた 1 へる, へるには

▼ ら老人~ (7, 0.0%)

1 に竿, に逢う, の室, はダメぢ, は屹, は手, は暫く

▼ ら~ (7, 0.0%)

2 に手 1 から取出した, から木綿糸, でくるんだ, の中, の捕

▼ ら見る~ (7, 0.0%)

2 から醜い, と噫 1 と弾い, を得べからず, 間に

▼ ら覚え~ (7, 0.0%)

2 に記憶 1 がある, が残っ, てから始めて, て置けよ, のある

▼ ら話し~ (7, 0.0%)

1 ていた, ている, てくれ, て來, をした, 上手に, 六時頃帰る

▼ ら部屋~ (7, 0.0%)

3 の中 1 の眞ん中, へ帰った, へ戻つ, を別

▼ ら~ (7, 0.0%)

2 と向 1 の眼, の老人, や鼈甲縁, をあげる, をかがやかせ

▼ ら風情~ (7, 0.0%)

1 にはつまり性, にはてんで, には力, に防ぎ, の餓鬼, はほんの, をも恃

▼ らあと~ (6, 0.0%)

1 でどんなに, で僕たち, で賣る, は何事, へ戻れ, をう

▼ らいいき~ (6, 0.0%)

2 びだわあ, びだ二人とも, びだ流されてるだ

▼ らうで~ (6, 0.0%)

3 は無い 2 はない 1 もなく

▼ らえぬ~ (6, 0.0%)

3 かも 1 にほ, に情なく, 吾は

▼ らかされ~ (6, 0.0%)

1 てある, ていた, ています, て刃, に行った, 魔に

▼ らかと~ (6, 0.0%)

1 云うの, 云えば, 云ふと, 云へば, 思いました, 思うが

▼ らからも~ (6, 0.0%)

2 おくびにも 1 すっかり忘れられてる, 会所を, 怪しいまでの, 深く憎まれた

▼ らかん~ (6, 0.0%)

2 と眺め 1 からダメ, として遊ん, と日, と残骸

▼ らがって~ (6, 0.0%)

1 いっそ死ん, そして露, 居る, 拡がって, 来た, 空高く

▼ らくれ~ (6, 0.0%)

1 なゐ, 武士が, 男が, 男の, 男は, 男を

▼ らけし~ (6, 0.0%)

2 ひらら, 見ざるべからず 1 同じく神, 遠つ

▼ らけれ~ (6, 0.0%)

3 ば手近 1 ば他所, ば此旅, ば辛い

▼ らごらん~ (6, 0.0%)

3 なさい 1 とうとう風車, なさいあなた様, なせえ

▼ らざり~ (6, 0.0%)

1 けれど心, けれど必ずさ, し, しかその, しかと泣かぬ, しも湯作新

▼ らすか~ (6, 0.0%)

1 ということ, と思え, はかり知れなかつた, もわからない, を見よう, を見られるでしょう

▼ らすこ~ (6, 0.0%)

1 とも可能, とも有, と対し, と能はず, と能わざる, と遊女

▼ らすべし~ (6, 0.0%)

2 といへ 1 との御教書, との遺言, と命じ, と答

▼ らせない~ (6, 0.0%)

1 ため, でなぜ, ではない, で何とか, とも限らない, んでせう

▼ らせられた~ (6, 0.0%)

1 のであった, のは, 婆娑羅の, 後諸員一齊に, 時女は, 物珍らし

▼ らそつ~ (6, 0.0%)

1 とその, と両, と手, と歸, と病床, と開け

▼ らそれで~ (6, 0.0%)

1 あんなに遠慮, 奈何し, 恩を, 我々の, 手紙を, 買つて御

▼ らだの~ (6, 0.0%)

2 枯れた蘆 1 何処かで, 木地だ, 炭俵の, 馴鹿の

▼ らちゃら~ (6, 0.0%)

1 で日南, という食器, と上っ, と振っ, と進ん, と鳴った

▼ らであった~ (6, 0.0%)

31 から苦しい, が忽ち, 事が

▼ らとか~ (6, 0.0%)

1 きっと薺, すれながら, そのやう, はりて, わしたる, 蜂蜜と

▼ らとが~ (6, 0.0%)

1 そこの, わたしの, 一つに, 互いに野次りかわしてる, 再び見えた, 接吻を

▼ らとして~ (6, 0.0%)

1 いえば, いましたが, 傍ら賣, 支那人の, 生まれて, 解釈すべきで

▼ らどうせ~ (6, 0.0%)

2 地獄へ 1 そんな年, 癒つか, 茶化して, 默つて見

▼ らどんな~ (6, 0.0%)

1 かと思つて, ことが, ことを, 無理を, 田舎でも, 芝居だ

▼ らにな~ (6, 0.0%)

1 つたのが, つた古, つた追, つてし, つてなにか, つて來た

▼ らねど~ (6, 0.0%)

1 われも, 事の, 古人を, 君が, 天地の, 布団一つに

▼ らひし~ (6, 0.0%)

1 てし, てゐる, て居る, やべり, を無礼, 體にて

▼ らひたい~ (6, 0.0%)

1 が引, と思ひます, と空, ね, もんです, らしく謎

▼ らへても~ (6, 0.0%)

3 喰べ 1 つまらない話, 実家の, 相手は

▼ らへは~ (6, 0.0%)

1 なくて, 別れた妻君, 口堅めを, 小判なんか, 怪我を, 鼻汁も

▼ らへも~ (6, 0.0%)

1 せざりき, せずツ, せず一跳, 出來, 父から, 軍楽の

▼ らむか~ (6, 0.0%)

1 かる男, と已に, と目, 位は, 而し, 荒き島回

▼ らむや~ (6, 0.0%)

2 うな 1 うなし, うなる音聞ゆ, と問, も計られませぬ

▼ らむ人~ (6, 0.0%)

1 にやあらむ, に山里, のこころ, のため, の優越, の戒

▼ らりるれ~ (6, 0.0%)

51 ろは

▼ らるべきであらう~ (6, 0.0%)

31 がかく, と思ひます, と私

▼ らるべけれ~ (6, 0.0%)

5 ばなり 1 ば也

▼ らわが~ (6, 0.0%)

1 前に, 命令に, 故に, 爲生みいでぬ, 途上を, 願ひ

▼ らをは~ (6, 0.0%)

2 かねて 1 つかれつ, づかしむる日, 少いさ, 花と

▼ ら一方~ (6, 0.0%)

1 でエツセイ風, は平次, 我々は, 毎日の, 若旦那の, 華やかな

▼ ら一日~ (6, 0.0%)

1 に十六度手水場, に卅枚, の半分, の式, の米二合半, 苦しんで

▼ ら七人~ (6, 0.0%)

1 が十三夜, のなか, の公卿, の起居, はお互い, を売った

▼ ら二階~ (6, 0.0%)

1 から下り, で寢, の部屋, へあがっ, へ来たら, へ登りました

▼ ら~ (6, 0.0%)

2 も角 1 にも角, に角君, に角奥, もすれ

▼ ら出る~ (6, 0.0%)

2 に難から, のは 1 烟が, 者で

▼ ら同時に~ (6, 0.0%)

2 大和当麻を, 大和當麻を 1 祈らるるもの, 誇張が

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 から山腹, がわし, なるもの, へあつまり, へお, へひ

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 とばかりは云え, にも知らなかった, に描き得る, に見奉る, の中, を叱り

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 劇場主義とか, 幀の, 泥棒などでは, 砂利を, 踊りし, 馬ら

▼ ら~ (6, 0.0%)

2 のため 1 が先祖, れの, を屈せざる, を愛する

▼ ら帰る~ (6, 0.0%)

1 としよう, までには一遍どこさ, を, 九段坂上から, 辺も, 道知るらしき

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 がさす, と声, に包まれた, のごとく黙し, を街, を躍らせ

▼ ら急い~ (6, 0.0%)

2 で先 1 でやった, で來, で守, で走っ

▼ ら斯ん~ (6, 0.0%)

3 な事 1 なの, な調子, な途方

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 つぱら, の紅茶, の膳, の街, まで出られやしません, 早いのう

▼ ら未だ~ (6, 0.0%)

1 何も, 口も, 日本の, 明瞭と, 瞭り, 認めずや

▼ ら江戸~ (6, 0.0%)

2 まで持つ 1 から出さない, から西, の方, へ入りました

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 あたつてたら, のついた, の様, の樣, の海, も焼く能わず

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 批判の, 時間的な, 暗に恐れ, 氣味な, 禮もの, 關心な

▼ ら~ (6, 0.0%)

2 のしら玉あはれ, のましら玉 1 を左, 敷き明る

▼ ら~ (6, 0.0%)

2 へ出した 1 う, へ, へ彼, へ込ん

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 でもすまし, をすまし, をぢ, を傾け, を傾けた, を澄し乍ら

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 がすいたやろ, が立つ, を抱え, を据ゑ, を擁, を立て

▼ ら若い~ (6, 0.0%)

1 方々は, 時飛彈に, 男と, 者から, 者でしょう, 者は

▼ ら蒼く~ (6, 0.0%)

2 柳の 1 ぱっと点い, 光つて居ります, 見えるまで, 頬の

▼ ら赤い~ (6, 0.0%)

1 人だまが, 明りから, 襷白い, 顏を, 顔し, 顔を

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 や女, をあた, をのん, を注いだ, を飮, を飲ませ

▼ ら錢形平次~ (6, 0.0%)

1 が來, の家, は忠義, は手, は斯, を伏し

▼ ら長い~ (6, 0.0%)

2 廊下を 1 ことにおいては, のが, カクストン探偵であった, 間宗兵衞親子に

▼ ら~ (6, 0.0%)

1 が降りだした, でも降り出す, に湿つた, に濕つた, の漏る, よ

▼ らあな~ (5, 0.0%)

1 あやまれと, おいこう, この人でなしめ, ちっとばかり, なるほどどうして

▼ らある~ (5, 0.0%)

3 ひは 1 と云, 観点に

▼ らいま~ (5, 0.0%)

1 すくわれぬ, すぐにでも, つと大, までの半分, まで大凡

▼ らうじ~ (5, 0.0%)

4 ませ 1 ましたか

▼ らうに~ (5, 0.0%)

1 と云, も人, も旅費, も鹿熊なんど, 似て

▼ らお互い~ (5, 0.0%)

1 の交わり, の心, の愛, の者, の間

▼ らかれ~ (5, 0.0%)

1 ている, てくる, てそれ, てゐる, て太平

▼ らがにや~ (5, 0.0%)

2 分んねえが 1 分んねえな, 分んねえよ, 引つた

▼ らきたる~ (5, 0.0%)

2 一人なり, 部分の 1 處へ

▼ らける~ (5, 0.0%)

2 かも知れない 1 かと思った, ように, 谷底の

▼ らこちら~ (5, 0.0%)

1 に抜け, に背, の方, へでも寄つて, へ靡い

▼ らこんど~ (5, 0.0%)

4 はぼく 1

▼ らさる~ (5, 0.0%)

1 と其理相, にても無慈悲, まじくあだな, を言はん, 一方だ

▼ らざりき~ (5, 0.0%)

1 おん身と, されど世に, 何となれ, 我が早, 逍遙子は

▼ らざる所~ (5, 0.0%)

1 あるが, と思ふ, なりとす, に放火, のもの

▼ らしった時分~ (5, 0.0%)

1 お馴染, かたしか, のこと, の知合, の知合い

▼ らしむ~ (5, 0.0%)

1 フランチェスカは, 十一月の, 可し, 彼の, 義盛の

▼ らしめたる~ (5, 0.0%)

1 は他, は蓋し, もの抑, 所共に, 金貨百円を

▼ らじっと~ (5, 0.0%)

1 すくんで, 彼が, 目を, 眼を, 黙想に

▼ らずある~ (5, 0.0%)

3 一つは 1 に違い, 感動の

▼ らせなけれ~ (5, 0.0%)

4 ばならぬ 1 ばならない

▼ らせられ~ (5, 0.0%)

1 そしてそれ, てな, てもっと, イワンは, 大慶の

▼ らせられる~ (5, 0.0%)

1 から妙, と承りました, のであつ, やうな, 時が

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 が腕, とを射撃, なはる, も, を我が

▼ らそん~ (5, 0.0%)

2 だが 1 でもさう, でも汝りや能, なら今夜

▼ らだけは~ (5, 0.0%)

1 上顎の, 徹底的に, 怖くも, 昔から, 知って

▼ らだろう~ (5, 0.0%)

1 が, がいやしくも, な, なんてさもしい, 誰に

▼ らであり~ (5, 0.0%)

1 その鵜呑み, まさに唾棄, 卿らの, 天上であり, 時勢の

▼ らであろう~ (5, 0.0%)

2 と見当 1 か, が留守番, ととにかく

▼ らでない~ (5, 0.0%)

1 かと答, と今, と色, と誰, わ

▼ らながら~ (5, 0.0%)

1 この世が, 人だかりが, 彼自身の, 殘念であり, 雄偉である

▼ らなどは~ (5, 0.0%)

1 あの家, おもしろがっ, なんの, 寺中で, 皆ほとんど

▼ らなに~ (5, 0.0%)

1 ものぞわれら, も嘘, をしてる, を役所, を笑う

▼ らなん~ (5, 0.0%)

1 だってひと, だつてひと, でもない, のこと, のため

▼ らにたいしては~ (5, 0.0%)

1 それほど自分, なんとし, 彼は, 征服地に, 慇懃な

▼ らにまで~ (5, 0.0%)

1 こんな心配, 不快を, 何か, 何度も, 古いお

▼ らに対しても~ (5, 0.0%)

1 お出入り, 云うべきこと, 宗冬は, 控えめで, 日ごろ少しの

▼ らねエ~ (5, 0.0%)

2 見得 1 事を, 口を, 心配するない

▼ らはに~ (5, 0.0%)

1 やども, 問ふ, 寂しき心, 行き逢, 遇ひし

▼ らばっくれ~ (5, 0.0%)

1 ちゃいけ, てい, てこたえた, て七之助, て神明様

▼ らばとて~ (5, 0.0%)

1 免許あり, 始めて, 常樂院其餘, 手早く草鞋履, 本堂を

▼ らへを~ (5, 0.0%)

2 して, すれば 1 した街燈

▼ らまでは~ (5, 0.0%)

1 さほど真剣, どこか, まだいい, まだなかなか遠い, 自然発生的に

▼ らまれ~ (5, 0.0%)

1 こそ, たら誰, た復讐計画, ていたらしい, て與

▼ らみと~ (5, 0.0%)

1 いふ気, しか思ふ, な, をお, 知って

▼ らもう一度~ (5, 0.0%)

1 四方屋の, 暗い段々, 立上がつて, 繁代に, 蚤取

▼ らもと~ (5, 0.0%)

1 の見世物小屋, やこう, よりさし, より浪々無住, 来た道

▼ らやはり~ (5, 0.0%)

1 あの跛, 町奴の, 私が, 美術品だ, 頭に

▼ らるべきであろう~ (5, 0.0%)

31 かはた, が然

▼ らるる如く~ (5, 0.0%)

1 われらの, 今更四ツ這い, 公子の, 某は, 至って無聊

▼ らゐなら~ (5, 0.0%)

1 あんな手, 何んだ, 淵川へ, 私は, 誰だ

▼ らをや~ (5, 0.0%)

2 命ある 1 痛手すべなみ黍の, 空しくあるべき, 貧しきばかりに

▼ らを以て~ (5, 0.0%)

1 これを, 哈爾賓斉, 嚆矢と, 暗に自分, 複雑の

▼ らアカイア~ (5, 0.0%)

1 の勇士, の小, の諸, の軍, 全軍

▼ ら一家~ (5, 0.0%)

1 のいかばかり, の平和, は反対, を憎む, を營

▼ ら一寸~ (5, 0.0%)

1 の間, 何かの, 拜見とか, 是方を, 面白い現象

▼ ら一帯~ (5, 0.0%)

1 に荊棘, に袖, の地域, の田圃, を緩やか

▼ ら一派~ (5, 0.0%)

1 が罪せられた, のいわゆる, の動静, は正, を成し

▼ ら一部~ (5, 0.0%)

1 のモリアン族, の意見, の浅井家家臣, の漂浪, の邦人

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 から覗き, つた, の庭面, へもおかず, をのぞい

▼ ら二三人~ (5, 0.0%)

1 があたふた, ずつ二三人, の外, は近く, 申し合い遊山

▼ ら互いに~ (5, 0.0%)

2 愛せよと 1 愛せよ, 愛せよという, 愛せよは

▼ ら五名~ (5, 0.0%)

1 が家中仕置, の国目付, の強訴, の男女, の若

▼ ら仕方~ (5, 0.0%)

2 がない 1 がなく, がなし, なしに

▼ ら以外~ (5, 0.0%)

1 には友軍, にほとんど, に頼む, の他人, の者

▼ ら入口~ (5, 0.0%)

2 に立ち 1 に待たし, の方, を塞い

▼ ら全体~ (5, 0.0%)

1 があいつ, がよく, を憎ん, を興奮, を軽蔑

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 が当っ, で其樣なに自棄糞, れが, を我輩, を知り過ぎ

▼ ら凡夫~ (5, 0.0%)

1 にはちよ, に菩提, の身, は四十, を堪能

▼ ら十人~ (5, 0.0%)

1 がのりました, のお, のほか部屋, ばかりが半年, ばかり皆厳か

▼ ら十六人~ (5, 0.0%)

1 が島, にとって雨, の心, は目, も漁業長

▼ ら半分~ (5, 0.0%)

2 叱言 1 かいて, は惡戯兒, 朽ちたしゃりしゃりした葉

▼ ら口々~ (5, 0.0%)

21 に叫びました, に宮本宮本, に絶叫

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 がよく, と下腹, の残匂, はひたる, を持たせた

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 じゃア, つた物, ですねえ, に落ちついた, に落着

▼ ら大丈夫~ (5, 0.0%)

1 だらう, です, どす, よもう, 有ると

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 なるが, のお, のまる, も覺悟, や婿

▼ ら~ (5, 0.0%)

3 の隅 1 の衝き, を出る

▼ ら巡査~ (5, 0.0%)

2 の方 1 に跟, の心持, や医者

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 の目 1 に下, の手, の袂

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 として外, に現れる, のみ優る, もなき, をなす

▼ ら彼ら~ (5, 0.0%)

1 には名前, に危害, の家, の知恵, の間

▼ ら彼等~ (5, 0.0%)

1 の上, の先駆, の方, は家, を暴君

▼ ら悪魔~ (5, 0.0%)

1 がこの, に取っ, の族, を呼ん, を誘う

▼ ら我が~ (5, 0.0%)

2 名の 1 いつのみ, 心なかりし, 魂を

▼ ら日頃~ (5, 0.0%)

1 からの不平不満, から思っ, その智惠, にもない, より母

▼ ら明るい~ (5, 0.0%)

1 一間屏風が, 北方の, 夢心地に, 大気が, 天幕の

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 にもかぎらず, の屏風, の日南, もいまし, も今

▼ ら昨日~ (5, 0.0%)

2 の金角 1 から寝こんじまった, の御, は重たく

▼ ら暗い~ (5, 0.0%)

1 とこは, 処に, 外を, 心に, 胴震いの

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 にいる, の方, の者, の長徳寺様, へ来る

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 ふ頃 1 つたり, てもの, を題し

▼ ら此方~ (5, 0.0%)

1 に向き, へと歩いた, へも微笑, へ椅子, を眺め

▼ ら此處ら~ (5, 0.0%)

1 と二三軒, と他人, と移つて, に散在, へ行つて

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 に與 1 どうする, に絹, の願

▼ ら滅法~ (5, 0.0%)

2 稼いでるが 1 といっ, に村, に鼻面

▼ ら無理~ (5, 0.0%)

1 では, に引離す, に緊, に落ちついた, もありません

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 もやって, も半分, も彼, も我, らざるを

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 の信之 1 ともなっ, の死, は叱責

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 のよう, の斑, の生んだ, や牛, を護る

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 がぼく, が常に, でも無い, に気, の一家庭

▼ ら町人~ (5, 0.0%)

1 と蔑む, なんかはどんな, の爺媼, は侍, は花

▼ ら白ら明け~ (5, 0.0%)

1 とまでゆかない, にたたき起こされた, になる, に村, に私達

▼ ら知る~ (5, 0.0%)

1 ところ我なほ曰はむ, やうに, や如何, や如何に, 赤き唇

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 に腰かけ, の壁, をとりはずす, をも, を離れ

▼ ら立たし~ (5, 0.0%)

1 さうに長い, さが, さとを, さに, さを

▼ ら立たしい~ (5, 0.0%)

2 ような 1 のである, 思いで, 気持ちが

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 の低い 1 も矮, を丸め, を見せました

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 に立て, の上, の古い貧しい, の屋根, の汚

▼ ら蒼い~ (5, 0.0%)

1 にどこ, のが, ぶよぶよと, 一基の, 顔を

▼ ら見た~ (5, 0.0%)

1 ことあ, ことあっ, とき久助君は, 時な, 笹つ

▼ ら~ (5, 0.0%)

3 かず 1 に花, を振ず

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 名家の, 大名の, 民の, 神は, 神今計れ

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 い心持 1 い調子, く, く深く落葉枯葉等

▼ ら~ (5, 0.0%)

4 ふもの 1 ひたり

▼ ら~ (5, 0.0%)

5 いて

▼ ら~ (5, 0.0%)

2 が空ら一面 1 がしきりに, の有様, を踏む

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 かなる, かにその後, かに手, かに歩い, かに語り出す

▼ ら非常~ (5, 0.0%)

1 な好奇心, に喜ん, に異, に雄弁, に面白い

▼ ら~ (5, 0.0%)

1 どうと, になる, に散っ, の中, の消

▼ ら香具師~ (5, 0.0%)

1 はもう, は地面, は天井, は手, は模型

▼ ら高く~ (5, 0.0%)

1 かたつむりの, のぼし, 松火を, 聳えて, 舞ひ立ちます

▼ らあそこ~ (4, 0.0%)

1 で共同印刷, にある, に傭われ, に柄杓

▼ らあたし~ (4, 0.0%)

1 がお父さん, は競馬場, も附い, 知らないわよ

▼ らいい~ (4, 0.0%)

1 こと, と云, 心持で, 心持に

▼ らいくら~ (4, 0.0%)

1 か清らか, でも挙げられる, 亭主が, 小田島が

▼ らいっぱい~ (4, 0.0%)

1 の力, の無色, ひっきりなしにごうごうごうごう, 鳴って

▼ らいてる~ (4, 0.0%)

2 うちは 1 から, 生活即ち

▼ らいよいよ~ (4, 0.0%)

1 あれだ, 勉強する, 射撃を, 小船を

▼ らおい~ (4, 0.0%)

3 でなすった 1 早くどうにか

▼ らおや~ (4, 0.0%)

2 此樣な 1 こんな好い, ぢも

▼ らおれ~ (4, 0.0%)

2 もつい 1 がどこ, の馬

▼ らかを~ (4, 0.0%)

2 こえた 1 あらそへるたかきいやしき, 越して

▼ らがは~ (4, 0.0%)

1 いつて, この四すみ, だかで, ひつて

▼ らがる~ (4, 0.0%)

1 人々が, 動物の, 女の, 者は

▼ らぐ水~ (4, 0.0%)

2 の音 1 につれて千本, の啜り泣き

▼ らけさ~ (4, 0.0%)

1 さえ感じられる, と歓び位ほか, を感じ, を覚えた

▼ らけす~ (4, 0.0%)

2 か, か裏

▼ らさうな~ (4, 0.0%)

2 事を 1 つたのだ, 身振りで

▼ らさすが~ (4, 0.0%)

1 にキャッ, にホッ, に学者, 興味を

▼ らざるべからざる~ (4, 0.0%)

1 か, もの存すれ, ゆえんの, 也

▼ らしからざる~ (4, 0.0%)

1 内容を, 心持に, 態度を, 点を

▼ らしった頃~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 と今, はこちら

▼ らしてる~ (4, 0.0%)

1 から, と思った, んでしょう, 直木三十五も

▼ らしめて~ (4, 0.0%)

1 太陽系を, 我国の, 星昴の, 言出す

▼ らすら~ (4, 0.0%)

1 しみ気配, む, 現われて, 私は

▼ らすれ~ (4, 0.0%)

1 ど諸事, ば其の, ば凉風面, 人に

▼ らずだ~ (4, 0.0%)

1 がこの, と云, なア, よ

▼ らずや~ (4, 0.0%)

1 と, と怖しく, と申さる, など云

▼ らず来~ (4, 0.0%)

3 て刑死 1 て云え

▼ らせしよう~ (4, 0.0%)

3 とする 1 と存じ

▼ らせする~ (4, 0.0%)

2 のが 1 まで待っ, 夢な

▼ らせたい~ (4, 0.0%)

1 と思っ, と計, ばかりにやッ, 風だった

▼ らせぬ~ (4, 0.0%)

1 か, とわが, 扨夫婦所志よし, 行事も

▼ らせれ~ (4, 0.0%)

1 ばもつ, ば分り通じる, ば命, ば煙

▼ らその間~ (4, 0.0%)

1 にはたらい, に新しい, に旅行案内, を注い

▼ らそば~ (4, 0.0%)

1 で電車, により, へ引, やの店

▼ らたち~ (4, 0.0%)

1 が悪い, っその, には何だか, に罪

▼ らだけが~ (4, 0.0%)

1 愛を, 握ってて, 親の, 青ざめて

▼ らだけの~ (4, 0.0%)

1 ナシ, ブロックを, 思惑を, 習慣が

▼ らだけを~ (4, 0.0%)

1 乗せ公卿二人, 捉えて, 見て, 話しあいたいの

▼ らだつ~ (4, 0.0%)

1 てあれ, てこん, て何, 根っこの

▼ らつきよう~ (4, 0.0%)

1 の漬け方, はあの, はよろしい, を一つ頬張つた

▼ らつし~ (4, 0.0%)

1 て一緒, て文壇, て草花, て髪

▼ らつと~ (4, 0.0%)

1 光りながら, 白く腹, 立って, 續い

▼ らとしても~ (4, 0.0%)

1 そう思われる, そのくらいの, 杉夫が, 考へんわけ

▼ らとに~ (4, 0.0%)

2 投げて 1 強要せられ, 痛ましくも

▼ らどうして~ (4, 0.0%)

1 どの作品, ゐるん, 地球は, 斯う

▼ らなお~ (4, 0.0%)

1 再び結ばれ, 堕しないと, 麻川氏の, 龍駕を

▼ らなかつたら~ (4, 0.0%)

1 それは, どうしませう, 私, 私奈何したで御座いませう

▼ らなけりゃ~ (4, 0.0%)

1 いけない, それでいい, 承知しない, 生身が

▼ らなどを~ (4, 0.0%)

1 並べ人形, 少しばかり, 店さきに, 適宜に

▼ らなんか~ (4, 0.0%)

1 くそくらえだ, しなくても, しやしないよ, 恐れやしない

▼ らねる~ (4, 0.0%)

1 のは, ジグザグの, 事において, 好運に

▼ らはせ~ (4, 0.0%)

1 てし, て呉れる, て来た, て空中

▼ らばかりを~ (4, 0.0%)

2 隔てしところ 1 この縄目, チヤホヤし

▼ らば余~ (4, 0.0%)

2 もその 1 の迷惑之, は最早

▼ らひつ~ (4, 0.0%)

3 いて 1 かうと

▼ らひながら~ (4, 0.0%)

1 はいつ, もけれど, も自分, も青年

▼ らひなの~ (4, 0.0%)

1 か少し, です, ですから, ですが

▼ らふつ~ (4, 0.0%)

2 もりさ 1 ていふ手, て言

▼ らほど~ (4, 0.0%)

1 のんきな, 幸福な, 正確な, 美しき婦人

▼ らまえ~ (4, 0.0%)

1 て, てやる, て何, て放さなかった

▼ らむに~ (4, 0.0%)

1 はこの, は他, は却, も至った

▼ らめきつた~ (4, 0.0%)

1 姿は, 微笑を, 徳太郎の, 悲しさ

▼ らやっ~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てゆける, て参りまする, て見せた

▼ らゆっくり~ (4, 0.0%)

1 と歩い, 台所を, 歩いた, 読まう楽しみ

▼ らゆれ~ (4, 0.0%)

3 ば我 1 ばすな

▼ らるるごとく~ (4, 0.0%)

1 動物の, 慶応三年旧, 既にこの, 物質的でなかった

▼ られつ~ (4, 0.0%)

1 からお, して, ただ白木, とも俺ら家族

▼ らわせ~ (4, 0.0%)

1 た, て下さいまし, ました, またわたくし

▼ らをと~ (4, 0.0%)

1 ほいくに, ほして, 思へる吾, 思へる我

▼ らッ風~ (4, 0.0%)

1 が出る, が腰かけ, が轟々と, に曝ら

▼ ら一個~ (4, 0.0%)

1 の偏狭, の名ばかり, の考え, の臆説

▼ ら一度~ (4, 0.0%)

1 に五冊, 締め切つた雨戸, 行きましたがね, 逢って

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 図向うの, 圖思ひ出した, 如法の, 覺の

▼ ら不思議~ (4, 0.0%)

1 な自責, に妙不思議, に恐れる, に感じ

▼ ら世間~ (4, 0.0%)

1 が変つて, に遠く, の噂, へも面目

▼ ら主人~ (4, 0.0%)

1 の家事向, の浪乃, を刺す, を見張つ

▼ ら二つ~ (4, 0.0%)

1 に折つた一葉, の袂, の貴重, の首

▼ ら二十年~ (4, 0.0%)

2 も詩 1 の長き, もそれ

▼ ら人民~ (4, 0.0%)

1 のため, の世界, をし, を満足

▼ ら今朝~ (4, 0.0%)

1 の空腹, はたべた, はオマンマ, 少し工合

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 の一面, の人々, の何人, の領域

▼ ら何となく~ (4, 0.0%)

1 女の, 官臭とも, 自分を, 重荷でも

▼ ら何やら~ (4, 0.0%)

1 わからないムクムク, 引っ張って, 氣に, 笑い興じ

▼ ら作者~ (4, 0.0%)

1 がうつし出した, なかま, の, の気持ち

▼ ら信吾~ (4, 0.0%)

2 が入, は強く

▼ ら偃松~ (4, 0.0%)

1 が絵画, にはたいして, に格別, に限った

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 のバルコニー, へよけなけれ, へ寄り添う, を通り

▼ ら兄妹~ (4, 0.0%)

1 でなくては, とは幼少, には共通, にまつわる何

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 に, は落ち, をはなつ, を追

▼ ら入道~ (4, 0.0%)

4 せいたか

▼ ら全部~ (4, 0.0%)

1 が真当, に対してお話, をひとまとめ, を下船

▼ ら其処~ (4, 0.0%)

1 にある, に座つて, に残つて, までを言

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 になっ, の中味, の刃, の手入れ

▼ ら別個~ (4, 0.0%)

2 の物語 1 のもの, の感想

▼ ら到頭~ (4, 0.0%)

1 三日目の, 平次の, 柳原河岸へ, 此處まで

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 の大きな, んで無駄死, 掛を, 觸れ

▼ ら千代~ (4, 0.0%)

4 之助

▼ ら取り~ (4, 0.0%)

1 か, がみいら, て食せよ, 做し

▼ ら可笑しい~ (4, 0.0%)

1 ひとりよがり, ほど一人, や, 程狼狽

▼ ら吉野~ (4, 0.0%)

2 は庭下駄 1 は無, は無造作

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 と郭, の武将, の逆賊ども, へ帰ったら

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 がありゃ, がいらぬなら, には糸目, をうくべし

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 の平凡さ, ひかけた, ひかけました, ひ糺すの

▼ ら善く~ (4, 0.0%)

1 せむ, 出來, 成つちやつたつけ, 諸の

▼ ら喜ん~ (4, 0.0%)

1 でいい, で居た, で居りました, で死ん

▼ ら国民~ (4, 0.0%)

1 が非常時, に向, の至情, はこの

▼ ら土手~ (4, 0.0%)

2 の上 1 の方, を下

▼ ら多勢~ (4, 0.0%)

1 の子供, の者, の間, 走り込んで

▼ ら大きな~ (4, 0.0%)

1 建物の, 建物へ, 聲を, 赤い日

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 の一方 1 の力, を仰ぐ

▼ ら家路~ (4, 0.0%)

2 へ歩き出した 1 へと急ぐ, を辿る

▼ ら富み~ (4, 0.0%)

2 たり, たり置き足らふ

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 ていた, てやがる, 入つたの, 衣を

▼ ら尚も~ (4, 0.0%)

1 十五疊の, 悪鬼の, 無心に, 猛火の

▼ ら巴里~ (4, 0.0%)

1 にゃあ, に於ける, への汽車中, より二時間半

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 にさはり, のいった, のせい, 若いころ

▼ ら幽か~ (4, 0.0%)

2 な微笑 1 にふるへ, に忍び泣いた

▼ ら心配~ (4, 0.0%)

1 さうに, しないで, するな, するもな

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 に内, に娘, に痩せた, 所々

▼ ら恐ろしく~ (4, 0.0%)

2 念入りに 1 なり急, 下手な

▼ ら悠々~ (4, 0.0%)

21 たる豊富さ, 或は躍如

▼ ら我々~ (4, 0.0%)

1 が夢, の仲間, もその, を大切

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 ことが, 力の, 感じを, 時人間に

▼ ら手紙~ (4, 0.0%)

1 の来る, や日記, を書く, を沢山

▼ ら承知~ (4, 0.0%)

3 して 1 しねエぞ

▼ ら断食~ (4, 0.0%)

4 するとき

▼ ら既に~ (4, 0.0%)

1 古いもの, 宣宗の, 彫刻を, 誰人の

▼ ら明るみ~ (4, 0.0%)

2 の中 1 が湛え, にくらまされ

▼ ら明治~ (4, 0.0%)

2 の子 1 の人間, の末葉生れ

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 し本多佐渡守様, の俤, の萬朝記者, 取った杵柄

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 のよう, の下, の如く, を仰ぎ

▼ ら智恵子~ (4, 0.0%)

1 は室, は己, は忽ち, は懐

▼ ら智惠子~ (4, 0.0%)

1 は室, は己, は忽ち, は懷

▼ ら書いた~ (4, 0.0%)

1 ものだ, もので, ものです, やうな

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 のたらたら 1 を削り, を持つ

▼ ら~ (4, 0.0%)

3 の上 1 の抽斗

▼ ら椅子~ (4, 0.0%)

1 をガス・ストオヴ, を引, を引き寄せ, を離れ

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 が流れ, に矢, の名人, をすて

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 の営み, の富山, の小屋, を促しました

▼ ら次第に~ (4, 0.0%)

1 川岸つ, 是方へ, 表情を, 輝きの

▼ ら武門~ (4, 0.0%)

1 いささかの, いやしくも水, が先, は百

▼ ら歩いた~ (4, 0.0%)

21 とわかつ, 時は

▼ ら歩く~ (4, 0.0%)

1 のであつ, のである, んだ, 女酔つて家を

▼ ら歩み~ (4, 0.0%)

2 はとまる 1 を移し, 出でて

▼ ら歸つて~ (4, 0.0%)

2 行きました 1 行くやう, 行く八五郎

▼ ら死ん~ (4, 0.0%)

1 でしまいました, でしまいます, でも本望, で行こう

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 光りさせて 1 光りしだした顔, 光りして

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 に向いた, へはいっ, を母, を渡り

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 はその 1 の一特色, の家族中

▼ ら片手~ (4, 0.0%)

1 の妻楊子, はもう, をだせ, を縁

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 その實, 一部不明な, 中性に, 暫らく歔欷を

▼ ら生れ~ (4, 0.0%)

1 てくる, て来た, の棲家, 出でて

▼ ら界隈~ (4, 0.0%)

1 が学者町, で鳴らした, の村里, の軍人

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 の一人 1 が来た, ばかりァ

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 なつて, るもの, を樹, 樣な

▼ ら百姓~ (4, 0.0%)

1 が, だが, に肥料, は一つ

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 を寄せ, を顰める

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 つかけ草履, つ立つて, ぬくよう, 立ったまま一歩

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 から乗り出す, から覗いた, も雨戸, を一線

▼ ら立ちあがる~ (4, 0.0%)

2 とオツ 1 とデスク, や下腹

▼ ら~ (4, 0.0%)

2 を動かし 1 を執る, を止め

▼ ら~ (4, 0.0%)

4 をあげ

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 ばかし脊負つてつて明日, もまた, を噛ん, 大變

▼ ら縁側~ (4, 0.0%)

1 から入口, に並ん, の敷居際, の端

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 もその, も文学的アラ, も職業, も途方

▼ ら聖衆~ (4, 0.0%)

4 と中

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 に小さい, まで水, をゲンコ, を丸出し

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 の上, の辺, をすすめた, を乗り出し

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 から汽車, さして捨てよ, に乗, に乗った

▼ ら色々~ (4, 0.0%)

1 なお話, のこと, の事, の秘術

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 から通つて, へ出かけ, をねった, を眺め

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 と音樂, は成り, や小説, 程で

▼ ら読ん~ (4, 0.0%)

1 だり小さい, でしまふ, で行, で見る

▼ ら調べ~ (4, 0.0%)

1 お白洲, て行く, の軌道, を要する

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 つかけると, ひ來, ひ散らす人垣, 抱太夫の

▼ ら這入っ~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 ていった, て来る

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 えに, く葦原, しのびに, のいろ

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 といふ意識, のほ, の説明, 健の

▼ ら面白~ (4, 0.0%)

1 さう, さうに庭石の, さうに聽い, そうに

▼ ら面白い~ (4, 0.0%)

1 こと話し, ねえ, んです, 形を

▼ ら頻りに~ (4, 0.0%)

1 あがいた首, われに, 目まぐるしい反省, 笑つて興に

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 くだる謂, に流れる, の文字, を叩い

▼ ら飛ぶ~ (4, 0.0%)

2 二つ蝙蝠が, 小禽あはれと

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 のかたち, の口, の後, 曳いて

▼ ら~ (4, 0.0%)

1 の背中, の脊中, を待つ, 食うたこと

▼ ら麻油~ (4, 0.0%)

2 にねちねち, はふくよか

▼ らあいつ~ (3, 0.0%)

1 が憎め, が憎らしい, は止め

▼ らあけ~ (3, 0.0%)

1 に背戸, に隣, の引潮

▼ らあつし~ (3, 0.0%)

1 が大きな, と相, もほろり

▼ らあらゆる~ (3, 0.0%)

1 媚と, 悪口を, 方法技術を

▼ らあり~ (3, 0.0%)

1 て顔, と悲しみ, 尾を

▼ らいや~ (3, 0.0%)

1 な房枝さん, 何う, 桑の

▼ らうん~ (3, 0.0%)

2 けんそわか 1 ど人体内器

▼ らえました~ (3, 0.0%)

1 が, が何, 旅人に

▼ らえよう~ (3, 0.0%)

1 という気, とし, とする

▼ らえられ~ (3, 0.0%)

1 て何うに, 二度まで, 恥ずかしいとは

▼ らえられた~ (3, 0.0%)

1 かどういう, のであった, 自分の

▼ らおのおの~ (3, 0.0%)

1 喜びて, 膝の, 軍勢を

▼ らかい光~ (3, 0.0%)

1 は消え, を与えた, を眼元

▼ らかさず~ (3, 0.0%)

1 には措かぬ, に措く, に附き合っ

▼ らかされた~ (3, 0.0%)

1 ものを, やうに, ようだった

▼ らかつて~ (3, 0.0%)

1 ヨブの, 先考の, 文部省に

▼ らかでも~ (3, 0.0%)

1 あるし, ない, 蓮の

▼ らかにて~ (3, 0.0%)

1 おん眦に, 宜敷聯句馬生, 私の

▼ らかも~ (3, 0.0%)

1 にぶく光っ, 知れないから, 知れんがなあ

▼ らからの~ (3, 0.0%)

1 便りを, 反応, 飛躍である

▼ らかんら~ (3, 0.0%)

1 と打ち, と朗らか, と笑らつて座敷

▼ らがっ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ らがと~ (3, 0.0%)

1 たちまち心, 彼は, 思ったから

▼ らがなの~ (3, 0.0%)

1 成立普及とともに, 書体が, 走りが

▼ らきかける~ (3, 0.0%)

1 かが彼, のだ, 真剣な

▼ らきの~ (3, 0.0%)

1 ない男, 不叶いな, 無い男

▼ らき掛ける~ (3, 0.0%)

2 心組は 1 ことをも

▼ らくさう~ (3, 0.0%)

1 して, 信じさ, 言うて

▼ らけと~ (3, 0.0%)

1 云はれ, 云われて, 言って

▼ らけれど~ (3, 0.0%)

1 守らぬは, 昔し, 時節を

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 があつ, じごく, ちとら

▼ らこつち~ (3, 0.0%)

1 へ二万, へ來, へ来る

▼ らことに~ (3, 0.0%)

1 よれば, ゲーテを, 民主主義などを

▼ らこん~ (3, 0.0%)

1 でも三四反歩づつは作つてん, で餘程, で體格

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 ざき, に似た, の毛皮

▼ らごと~ (3, 0.0%)

1 に, にうつろ, はない

▼ らさねば~ (3, 0.0%)

2 ならぬ 1 ならぬと

▼ らざりしか~ (3, 0.0%)

1 ばフュルリス, ば南, ば我

▼ らざるべし~ (3, 0.0%)

2 と想 1 といふ

▼ らしむべき~ (3, 0.0%)

1 ところなれ, の要, 唯一の

▼ らしもの~ (3, 0.0%)

2 好きの 1 好きで

▼ らすなわち~ (3, 0.0%)

1 世界は, 民衆には, 竜だ

▼ らす事~ (3, 0.0%)

1 が出来たら, が無かっ, になります

▼ らす者~ (3, 0.0%)

1 には人, もある, 即ち法王ボニファキウス八世

▼ らずで~ (3, 0.0%)

1 はありません, はなく, は困ります

▼ らず呼出され~ (3, 0.0%)

1 て文右衞門, 大岡殿右留守居に, 跡へ

▼ らせける~ (3, 0.0%)

1 が城富, むかし臨江王と, 間も

▼ らせした~ (3, 0.0%)

1 ところ丞相の, のは, 品々を

▼ らせつ~ (3, 0.0%)

3 せと

▼ らそれから~ (3, 0.0%)

2 それと 1 群集に

▼ らたけ~ (3, 0.0%)

1 をが渡りけん, をが笠, をの

▼ らたなる~ (3, 0.0%)

1 ものに対する, 出発の, 強烈な

▼ らだけと~ (3, 0.0%)

2 我慢し 1 思い他

▼ らだけに~ (3, 0.0%)

1 安達の, 目を, 行われて

▼ らだら~ (3, 0.0%)

1 勘次等位な, 立派に, 童子

▼ らっても~ (3, 0.0%)

1 無駄だって, 須磨子が, 馬鹿だ

▼ らつきら~ (3, 0.0%)

1 つと光り, つと白く, つと續

▼ らつした~ (3, 0.0%)

1 のです, 姉の, 方あの

▼ らつたの~ (3, 0.0%)

1 である, はかう, は詩人室生犀星

▼ らつまり~ (3, 0.0%)

1 不経済, 夏を, 我意を

▼ らでさえも~ (3, 0.0%)

1 それを, ふしぎに, 有産階級から

▼ らとち~ (3, 0.0%)

1 がつたや, がつて目, がふんだ

▼ らともども~ (3, 0.0%)

2 にうけ 1 ご厄介

▼ らとり~ (3, 0.0%)

1 のれ, の男, は娘

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 つか, つちかつ, つちに

▼ らどんなに~ (3, 0.0%)

1 好いだらう, 心ゆくこと, 心配した

▼ らなかなか~ (3, 0.0%)

1 あじな, 我らの, 油断の

▼ らなせる~ (3, 0.0%)

2 葉陰より 1 惱みのかげ

▼ らなどの~ (3, 0.0%)

1 せわしげ, 寄り集まりであった, 金魚が

▼ らにさえ~ (3, 0.0%)

1 わからせる, 分った, 歩くに

▼ らにしか~ (3, 0.0%)

1 ならないけれど, 働きかけるもの, 喜びは

▼ らにたいしても~ (3, 0.0%)

1 やはり温和, 同じく峻厳, 彼らは

▼ らにに~ (3, 0.0%)

1 こげに, ほふみやこ, ッと

▼ らによりて~ (3, 0.0%)

1 病気の, 簡単に, 變化されし

▼ らねた~ (3, 0.0%)

1 だにかなし, もの, 第二回

▼ らはせる~ (3, 0.0%)

1 ことも, ぜ, には忍びなかつた

▼ らはは~ (3, 0.0%)

2 こぐさ 1 いたりける林檎畠

▼ らばか~ (3, 0.0%)

1 うして, にきれえ, よけん

▼ らばかりの~ (3, 0.0%)

1 ボートの, 畑に, 見得じゃァ

▼ らひそか~ (3, 0.0%)

1 に寫し取, に抱い, に針

▼ らひなく~ (3, 0.0%)

1 むしや, 君に, 正直に

▼ らひゐ~ (3, 0.0%)

1 たりし, たりしかど待つ, 給へ

▼ らびて~ (3, 0.0%)

1 堅く死骸, 塩っぱい煮豆一, 行くよう

▼ らふそ~ (3, 0.0%)

1 くに火を, くに灯を, の容色

▼ らふべき~ (3, 0.0%)

1 いざ主君, 初妻, 身を

▼ らふらし~ (3, 0.0%)

2 四つ手に 1 日が

▼ らふらふら~ (3, 0.0%)

2 近づいて 1 と平七

▼ らぶれ~ (3, 0.0%)

1 ばいたく, ば一割一分餘下つて, ば空

▼ らへてを~ (3, 0.0%)

1 く, る, るも

▼ らへで~ (3, 0.0%)

1 とても世, 上等の, 皆其処に

▼ らへど~ (3, 0.0%)

1 とどむれど, 根が, 程なく立た

▼ らへながら~ (3, 0.0%)

1 ポカツ, 之を, 彼女は

▼ らへり~ (3, 0.0%)

1 さあれ, もし心, 篝は

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 のは, の兄いま, の山

▼ らほか~ (3, 0.0%)

1 の人, の學生達, ひ

▼ らほどの~ (3, 0.0%)

1 奴は, 熱意は, 肝魂を

▼ らほんに~ (3, 0.0%)

1 ごせぇひれる, はあお使えいただいた, やんだ

▼ らぼひたる~ (3, 0.0%)

2 斃死の 1 しもいよいよ

▼ らぼんやり~ (3, 0.0%)

1 してんと, と川, と空

▼ らまず~ (3, 0.0%)

2 神の 1 対象に

▼ らませ~ (3, 0.0%)

2 て鈎 1 てゐた

▼ らまるで~ (3, 0.0%)

1 気違い沙汰や, 空気と, 足の

▼ らみずから~ (3, 0.0%)

1 の地位, の煩悩, の精神

▼ らみたる~ (3, 0.0%)

2 母の 1 鳥屋の

▼ らみだ~ (3, 0.0%)

1 つたに, つたのさ, とかその

▼ らみです~ (3, 0.0%)

21

▼ らむかし~ (3, 0.0%)

1 この建物, に倍せり, わが妻

▼ らむす~ (3, 0.0%)

1 めご, 子に, 子を

▼ らむ日~ (3, 0.0%)

21 を待つ

▼ らむ頃~ (3, 0.0%)

2 から雨 1 は漬菜

▼ らめく~ (3, 0.0%)

1 炬火の, 短刀左手には, 青じ

▼ らめし~ (3, 0.0%)

1 が, が振, の御

▼ らもし~ (3, 0.0%)

1 おさなご, つかりした聲, 我らいかに

▼ らもは~ (3, 0.0%)

1 アこの, アすっぽり, ア孫の

▼ らやつ~ (3, 0.0%)

1 てき, てほしい, てみた

▼ らやみ~ (3, 0.0%)

1 ていぶせき, で生, のなか

▼ ららげ~ (3, 0.0%)

2 り風 1 て叫んだ

▼ ららん~ (3, 0.0%)

1 が鳴り渡る, とジャンボー, と時

▼ らりよ~ (3, 0.0%)

3

▼ らるべきだ~ (3, 0.0%)

1 がいづれ, がその後, ということ

▼ らるべきでなく~ (3, 0.0%)

1 地上の, 寧ろ主, 寧ろ期待

▼ らるべくし~ (3, 0.0%)

1 てまだ, て得られない, て果されなかった

▼ らるまじ~ (3, 0.0%)

2 夫れ 1 それに

▼ らゐだ~ (3, 0.0%)

1 からそれとなく, からませ, つたさうです

▼ らをば~ (3, 0.0%)

1 おこし米, せざりしとか, 命を

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 と地, と言う, み

▼ ら一団~ (3, 0.0%)

1 になだれ込ん, のみ, は公平

▼ ら一層~ (3, 0.0%)

1 のこと, 甘えるよう, 真実と

▼ ら一生懸命~ (3, 0.0%)

1 になる, に斯, に死に

▼ ら一番~ (3, 0.0%)

1 の見晴, 大きな子供, 若くて

▼ ら七八人~ (3, 0.0%)

1 の男, の者, は防ぎ

▼ ら下手~ (3, 0.0%)

1 すると, だつたが, なまね

▼ ら不幸~ (3, 0.0%)

1 な人々十五, にし, の人間

▼ ら世界人類~ (3, 0.0%)

1 の生活, の義務, は突如

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 となつ, よ主, 殺しに

▼ ら事件~ (3, 0.0%)

1 のからくり, のもみ消し, の興味

▼ ら云っ~ (3, 0.0%)

1 てみた, ても仕様, ても表情

▼ ら云つて~ (3, 0.0%)

1 居る, 見たまで, 起ち上つた

▼ ら五六人~ (3, 0.0%)

1 のおもだった, の同行, の大

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 同じく食, 滅多に, 負傷す

▼ ら人々~ (3, 0.0%)

1 に挨拶, の行き, の話し

▼ ら他人~ (3, 0.0%)

1 でないの, に屈し, を傷つける

▼ ら以上~ (3, 0.0%)

1 おくわしい, のこと, の悪党

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 の如く, の癖, の財布

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 が入, のもと, の室

▼ ら先生~ (3, 0.0%)

1 の教誨, は近づい, は都合

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 い感化院, い晩春, い風

▼ ら凡そ~ (3, 0.0%)

1 あらゆる恐喝, 尤らしい, 精神病院の

▼ ら出來~ (3, 0.0%)

1 あが, てゐ, る筈

▼ ら分明~ (3, 0.0%)

1 だ, なの, なるべし

▼ ら勝手~ (3, 0.0%)

1 に好き, の事, の方

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 俳人として, 法通りに, 陶の

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 いて, 怖え, 怖から厭

▼ ら可笑しく~ (3, 0.0%)

1 つて仕, てたまらなかつた, 見えて

▼ ら右手~ (3, 0.0%)

1 で袂, にキリキリ, をたかく

▼ ら同じ~ (3, 0.0%)

1 ことを, ぢや, ギヤーマンの

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 ある太夫, ぐらいは聞きおろう, のるの

▼ ら向う~ (3, 0.0%)

1 からやつ, の物, へ急ぎ足

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 にのぼり, にのぼり来る, を赤く

▼ ら四方~ (3, 0.0%)

1 の硝子, を見廻しました, を見廻します

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 に現れ 1 の上

▼ ら坊主~ (3, 0.0%)

1 が愛, でも無下, は若い

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 が目, づいた首卷, づいた首巻

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の掛っ, を拂つて

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 に影絵, の部落, を蹴つた

▼ ら外国人~ (3, 0.0%)

1 が旧い, に対してもつねに, を待っ

▼ ら大きい~ (3, 0.0%)

2 です 1 眼を

▼ ら大勢~ (3, 0.0%)

1 のチビ, の友達, の召使たち

▼ ら大変~ (3, 0.0%)

1 だ, な喧嘩, な騒ぎ

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 れでも 1 となし

▼ ら好い~ (3, 0.0%)

1 が, だらう, ぢや

▼ ら姉弟~ (3, 0.0%)

1 にとって神聖, はいつも, は橋

▼ ら子供たち~ (3, 0.0%)

1 が大人, の歓ぶ, の眼

▼ ら守護~ (3, 0.0%)

1 して, するつもり, する逗留客

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 い心持さうに, い気, うござりまし

▼ ら実際~ (3, 0.0%)

1 に於, は攘夷論者, 的の

▼ ら寂しい~ (3, 0.0%)

1 候で, 心持に, 河岸っ

▼ ら寂しく~ (3, 0.0%)

1 なった林之助, 十吉が, 見えるほどに

▼ ら寝台~ (3, 0.0%)

1 の上, へトン, を買

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 ましたよ, もやらず待つ, 苦しい一夜

▼ ら小屋~ (3, 0.0%)

1 の四方, の後ろ, へ行

▼ ら小生~ (3, 0.0%)

1 と雲如, にはあらゆる, の姪

▼ ら屋根~ (3, 0.0%)

2 の下 1 から二階

▼ ら左右~ (3, 0.0%)

1 に分岐, を振返, を護り

▼ ら帰っ~ (3, 0.0%)

1 て司馬懿, て来た, て来る

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 つたが, をかためる, を立つ

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 がと木賃, が一念發起, のぶらぶら

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の敬二郎, の様子

▼ ら強い~ (3, 0.0%)

1 て彼, 眼が, 結果である

▼ ら御覧~ (3, 0.0%)

1 あんな怖い, なさい勝ちましたよ, の通り

▼ ら思ふ~ (3, 0.0%)

1 やうには, んぢや, 子の

▼ ら怪し~ (3, 0.0%)

2 と思ひし 1 や扨

▼ ら恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 のです, 一生懸命さで, 勢ひで捲く

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 を切らし, を切らしてる, を引く

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 から八つ折, から取出した, をつくる

▼ ら懷中~ (3, 0.0%)

1 から半紙, の十手, の百兩

▼ ら或は~ (3, 0.0%)

1 又他, 片方だけに, 高く小手

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 ひて 1 へり汝

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 を引きずり出し, を細目, を開け

▼ ら持つ~ (3, 0.0%)

1 て來, て來ん, て来なかつた

▼ ら挨拶~ (3, 0.0%)

2 した 1 もしない

▼ ら探し~ (3, 0.0%)

1 ていた, て来よう, に来る

▼ ら改めて~ (3, 0.0%)

2 歎息に 1 女夫の

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 へたら 1 へをり

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 にわたす, に尻, の戰利

▼ ら日和~ (3, 0.0%)

1 の冬, の日, を感じさせ

▼ ら明らか~ (3, 0.0%)

1 だ, であつ, に映る

▼ ら明るく~ (3, 0.0%)

1 なり勤勉, 墨繩で, 見えます

▼ ら春三郎~ (3, 0.0%)

1 は膳立, は體温表, を見た

▼ ら曇り~ (3, 0.0%)

2 の日 1 純粋で

▼ ら曇る~ (3, 0.0%)

3 低き空

▼ ら書い~ (3, 0.0%)

1 てゐる, てアダリン, て居た

▼ ら書き~ (3, 0.0%)

1 しもの, をし, 悩む方

▼ ら書く~ (3, 0.0%)

1 と通俗作家, 平仮名の, 平假名

▼ ら書生~ (3, 0.0%)

1 がよく, の談話, を教導

▼ ら最初~ (3, 0.0%)

1 に口, に晶子, に私

▼ ら最後~ (3, 0.0%)

1 にちよ, の勝利者, の場所

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 當に 1 當の

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 ともなる, を以て長順, を売る

▼ ら歴史家~ (3, 0.0%)

1 として到達, として立つ, の輩

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 つて, りの, り來

▼ ら歸つて來~ (3, 0.0%)

1 たやう, る, ると

▼ ら死ぬ~ (3, 0.0%)

1 のが, まで健康, 時に

▼ ら死んだ~ (3, 0.0%)

1 つて関は, などいふ, 方が

▼ ら死骸~ (3, 0.0%)

1 に眼, を取おろし, を引起

▼ ら母親~ (3, 0.0%)

1 に訴えた, の側, の記憶

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 の手, の書斎, は私

▼ ら汝ら~ (3, 0.0%)

2 を付さ 1 この蛇

▼ ら汽車~ (3, 0.0%)

1 が出る, が来, の窓

▼ ら泰子~ (3, 0.0%)

1 は何とも, は小さい, は殆ど驚歎

▼ ら流れ~ (3, 0.0%)

1 ていつも, てゐた, て来てた

▼ ら涼しい~ (3, 0.0%)

2 川風に 1 雨が

▼ ら深い~ (3, 0.0%)

1 契りを, 美を, 谷でしょう

▼ ら煙草~ (3, 0.0%)

1 に火, をく, を輪

▼ ら父娘~ (3, 0.0%)

1 が娘, じゃ, の釣り

▼ ら独特~ (3, 0.0%)

1 のレスリング, の劇, の言葉

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 をもなす 1 り役人

▼ ら甚だ~ (3, 0.0%)

1 不服さうです, 氣勢が, 自信の

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 ひ出た鈴蘭, をうけ, 大根でも

▼ ら生き~ (3, 0.0%)

1 ていたく, てはいられません, て行けない

▼ ら生徒~ (3, 0.0%)

1 がやたら, でなくて, も

▼ ら生意気~ (3, 0.0%)

1 でござるよ, な言い方, の紳士

▼ ら生活~ (3, 0.0%)

1 に困っ, のすみ, はだんだん

▼ ら異なる~ (3, 0.0%)

1 ところが, わけである, 味が

▼ ら~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ ら白い~ (3, 0.0%)

1 かおが, ものが, 馬が

▼ ら~ (3, 0.0%)

2 助は 1 參で

▼ ら相談~ (3, 0.0%)

1 いたし盗人, は次第に, をかける

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 つ黒, と認むるもの, なる神

▼ ら研究~ (3, 0.0%)

1 すべき問題, にその, の的

▼ ら神田~ (3, 0.0%)

1 から緑町, へ歸つて來, へ辿りました

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 によびかひ, の小鳥, を飛ん

▼ ら~ (3, 0.0%)

3 はせて

▼ ら立上~ (3, 0.0%)

2 つた 1 がつて

▼ ら笑み~ (3, 0.0%)

1 を洩らした, を浮か, を見せた

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 三の, 三句で, 二の

▼ ら続い~ (3, 0.0%)

1 て居ります, て走り, て走り去る

▼ ら美しい~ (3, 0.0%)

1 声で, 日輪の, 歌舞妓の

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 の矢, をあげ, をおとし

▼ ら考へ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 て居た

▼ ら聞き~ (3, 0.0%)

1 てこれ, て從, なほし

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 たゆ, をひそめ, 放りあげて

▼ ら聴い~ (3, 0.0%)

1 てられる, てゐた, て居りました

▼ ら自己~ (3, 0.0%)

1 の好み, の思想, の急所

▼ ら自由~ (3, 0.0%)

1 な哲学者ら, の上, を失つて

▼ ら若き~ (3, 0.0%)

1 ものは, 兵士, 兵士プロレタリアの

▼ ら苦力~ (3, 0.0%)

1 に近い, はどこ, は何時間

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 をのんだ, を呑む, を立て

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 らしくその, らしく杖, らしく袴

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 にも榊葉, は序歌, 吹く風

▼ ら虚名~ (3, 0.0%)

2 の鎬 1 は自然

▼ ら行っ~ (3, 0.0%)

1 てしまったら, て仕舞った, て見た

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 のすきだらけ, の埃溜, へ駈けつけ

▼ ら裕佐~ (3, 0.0%)

1 に笑顔, の身なり, の顔色

▼ ら見物~ (3, 0.0%)

1 して, という風流人, をジロジロ

▼ ら触れ~ (3, 0.0%)

2 かよふか 1 て相手

▼ ら言葉~ (3, 0.0%)

2 を添 1 を續けた

▼ ら話す~ (3, 0.0%)

1 ところ初日の, のです, のを

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 が幽玄, つたので, は胸

▼ ら誠に~ (3, 0.0%)

1 御同情, 畜生で, 返る誠

▼ ら負け~ (3, 0.0%)

3 まじの

▼ ら~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ ら踊り~ (3, 0.0%)

1 と, と物忌生活, の系統

▼ ら躊躇~ (3, 0.0%)

2 して 1 するの

▼ ら身体~ (3, 0.0%)

1 すぐ悪く, の重心, をガク

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 に乗り移りし, の後押し, を廻し

▼ ら辺り~ (3, 0.0%)

1 に居, まで用達, を逃げまどう

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 よらない, 衆が, 路を

▼ ら近づい~ (3, 0.0%)

2 て來 1 て見る

▼ ら近寄っ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 て突然

▼ ら逃げる~ (3, 0.0%)

1 ぜ, つもりだ, ように

▼ ら遂に~ (3, 0.0%)

2 審判の 1 私をも

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 ふ山, ふ酒, へるが

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 から勝手口, の外, の方

▼ ら開け~ (3, 0.0%)

1 こよひ, て僕達, 柱来り

▼ ら離れ~ (3, 0.0%)

1 て, て呉れた, て行く

▼ ら青年~ (3, 0.0%)

1 にとっては最高, の義務, は夢

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 させながら, も立てず, をさせ

▼ ら頂戴~ (3, 0.0%)

1 したん, する必要, に及んだ

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 か, にのぼる, の想

▼ ら食事~ (3, 0.0%)

1 した, して, を終った

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 り氣, り汚く, り親しく

▼ ら香花~ (3, 0.0%)

3 でも手向

▼ ら駄夫~ (3, 0.0%)

1 がその, と布団, の顔

▼ ら駄目~ (3, 0.0%)

1 じゃねえ, だ, だ焦臭く

▼ ら驚き~ (3, 0.0%)

1 て馳せつけ, 不機嫌な, 見るに

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 も衣紋, や手, を弄っ

▼ ら~ (3, 0.0%)

3 のある

▼ ら~ (3, 0.0%)

3 を上げろ

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 が戦慄, が稀薄, は死せず

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 が四フィート, の声, の雛

▼ ら默つて~ (3, 0.0%)

1 てやりました, 居るわけ, 眺めて

▼ ら~ (3, 0.0%)

1 の頭, を上げ, を煤

▼ らあさあ~ (2, 0.0%)

1 いけねえ, 出ろッ

▼ らあし~ (2, 0.0%)

1 がねえ, のうら

▼ らあすこ~ (2, 0.0%)

1 にアドバルン, の小屋

▼ らあせ~ (2, 0.0%)

2 んであ

▼ らあら~ (2, 0.0%)

1 はれて, はれる

▼ らあるいは~ (2, 0.0%)

1 さらに詳細, 十分に

▼ らあわて~ (2, 0.0%)

1 て二階, 氣味に

▼ らあ真っ~ (2, 0.0%)

1 ぴらおことわり申します, 直で

▼ らいかに~ (2, 0.0%)

1 勇むとも, 相愛し

▼ らいきなり~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 東京へ

▼ らいけない~ (2, 0.0%)

1 のです, んだらう

▼ らいざ~ (2, 0.0%)

1 ことある, や勢

▼ らいし~ (2, 0.0%)

1 という, にやがて

▼ らいたっ~ (2, 0.0%)

1 て又, て構わない

▼ らいったい~ (2, 0.0%)

1 ここらあたりで, 何者かな

▼ らいつか~ (2, 0.0%)

1 また好感, 起き出まさ

▼ らいつも~ (2, 0.0%)

1 の調子, より頭

▼ らいづれ~ (2, 0.0%)

1 も己, も扁平

▼ らいろいろ~ (2, 0.0%)

1 問いただして, 話し

▼ らうし~ (2, 0.0%)

1 たと, 今負ける

▼ らうす~ (2, 0.0%)

1 と云, らに

▼ らうつ~ (2, 0.0%)

1 かり無心, たつて

▼ らうつ雨~ (2, 0.0%)

2 のこまか

▼ らうて~ (2, 0.0%)

1 了うて, 家も

▼ らうと~ (2, 0.0%)

1 て發掘, やうに

▼ らうとい~ (2, 0.0%)

1 つてる人, ふところで

▼ らうら~ (2, 0.0%)

2 安の

▼ らうらさびぬらし~ (2, 0.0%)

2 萩の

▼ らうらめし~ (2, 0.0%)

1 や, やな

▼ らうれしい~ (2, 0.0%)

1 ことです, なァ

▼ らうろうろ~ (2, 0.0%)

1 いたさず頼母め, する

▼ らええ~ (2, 0.0%)

2 流されてるだ海

▼ らえなさい~ (2, 0.0%)

2

▼ らえます~ (2, 0.0%)

1 から, が曲げ

▼ らおうと~ (2, 0.0%)

1 思うの, 思って

▼ らおかみさん~ (2, 0.0%)

1 にちつた, に叱られます

▼ らおどおど~ (2, 0.0%)

1 として主侯, と食む

▼ らおら~ (2, 0.0%)

1 あの時, が云いてえ

▼ らお前さん~ (2, 0.0%)

1 と, に餞別

▼ らお力~ (2, 0.0%)

1 になつて貰, にもなり

▼ らお勝手~ (2, 0.0%)

1 へ行つて, へ逃避

▼ らお家~ (2, 0.0%)

1 の方, を憂うる

▼ らお茶~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を呑ん

▼ らお願い~ (2, 0.0%)

1 申さなければ, 申し上げまする

▼ らかき~ (2, 0.0%)

1 の木, 眞砂地に

▼ らかさとは~ (2, 0.0%)

1 どういうもの, 神の

▼ らかし鳴き~ (2, 0.0%)

2 鳴ける咽喉

▼ らかせる~ (2, 0.0%)

1 ように, 迄もなく

▼ らかった~ (2, 0.0%)

1 がそれ, んじゃ

▼ らかっぱらっ~ (2, 0.0%)

2 て来た

▼ らかなと~ (2, 0.0%)

1 いっても, ころは

▼ らかな力~ (2, 0.0%)

1 にみち, も欠けた

▼ らかな日~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, のさす

▼ らかには~ (2, 0.0%)

1 ららかに, 鳴らぬの

▼ らかは~ (2, 0.0%)

1 さすがに, 紫の

▼ らかへ~ (2, 0.0%)

1 したり, し兎見角

▼ らからとも~ (2, 0.0%)

2 なく寄添う

▼ らかりし~ (2, 0.0%)

1 ものを, 都會を

▼ らかん台~ (2, 0.0%)

1 の形, の発生

▼ らかん橋~ (2, 0.0%)

1 の下, の欄干

▼ らがた~ (2, 0.0%)

1 も婦人がた, を呼び寄せる

▼ らきし風~ (2, 0.0%)

2 も止みゐ

▼ らきれ~ (2, 0.0%)

2 て髪

▼ らき出した~ (2, 0.0%)

1 が起っ, が起つ

▼ らくん~ (2, 0.0%)

1 だ, だと

▼ らぐつなどにて此戯~ (2, 0.0%)

2 をなすなり

▼ らぐと~ (2, 0.0%)

2 その短

▼ らぐらい~ (2, 0.0%)

1 低くなったら, 頒けて

▼ らぐらいの~ (2, 0.0%)

1 かわいらしい怪人, 人間なら

▼ らけし高槻~ (2, 0.0%)

2 がう

▼ らけた~ (2, 0.0%)

1 ので半, 細いしめツ

▼ らけた表情~ (2, 0.0%)

2 を読んだ

▼ らけば~ (2, 0.0%)

1 おほ, 一目に

▼ らこそは~ (2, 0.0%)

1 しばらくこの, 新世紀

▼ らこつ~ (2, 0.0%)

1 ちのお, ちの方通つた

▼ らことごとく~ (2, 0.0%)

1 兄弟であろう, 前非を

▼ らこれから~ (2, 0.0%)

1 将来の, 金儲けに

▼ らこんなに~ (2, 0.0%)

1 盗んどる, 肉刺出つ

▼ らさき~ (2, 0.0%)

1 に出かけ, の方

▼ らさした~ (2, 0.0%)

1 のです, 村上を

▼ らさして~ (2, 0.0%)

1 目まぐるしきまでに, 置いて

▼ らさす~ (2, 0.0%)

1 事が, 方が

▼ らさぞ~ (2, 0.0%)

1 うまいだろう, 満腹する

▼ らさと~ (2, 0.0%)

1 攀上った, 決して無

▼ らさぬ~ (2, 0.0%)

1 もので, 勝の

▼ らさら~ (2, 0.0%)

1 と分かれ, と音

▼ らされね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ らざりけれ~ (2, 0.0%)

2 ば筆

▼ らざりせ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば今

▼ らざるべからず~ (2, 0.0%)

1 といふ論旨, と論断

▼ らざる上品~ (2, 0.0%)

2 で痛々しい

▼ らしかし~ (2, 0.0%)

1 そのお, 眼は

▼ らしかも~ (2, 0.0%)

1 二人がかりだ, 何一つ本当に何一つ形成

▼ らしける~ (2, 0.0%)

1 に平, に忠兵衞

▼ らしげ~ (2, 0.0%)

1 な挑みかかる, な斑

▼ らしったあと~ (2, 0.0%)

1 で曽我さま, の扉

▼ らしったお方~ (2, 0.0%)

1 と云う, のこと

▼ らしったこれ~ (2, 0.0%)

1 だけ集める, まで独り身

▼ らしったらいらしった~ (2, 0.0%)

2 でいい

▼ らしった後~ (2, 0.0%)

1 で気がついた, で美沢さん

▼ らしった所~ (2, 0.0%)

1 でしたね, に違い

▼ らしょ~ (2, 0.0%)

1 と下げ, と腰

▼ らじゃあ~ (2, 0.0%)

1 なかなかの, ねえぞ

▼ らすぐ~ (2, 0.0%)

1 ききわけて, と森

▼ らすすき~ (2, 0.0%)

1 の径, の波

▼ らすでに~ (2, 0.0%)

1 勢ひそめ, 野に

▼ らするする~ (2, 0.0%)

1 と井戸, 支那そばを

▼ らすんだ~ (2, 0.0%)

1 からサッパリ, と下り

▼ らす風あし~ (2, 0.0%)

2 見れば

▼ らずです~ (2, 0.0%)

1 なあ, ね親分

▼ らずれ~ (2, 0.0%)

1 には解, の仲間

▼ らず乾いた~ (2, 0.0%)

2 軽いの

▼ らず仰~ (2, 0.0%)

1 しやれる, 向に

▼ らず出~ (2, 0.0%)

1 て來, て行った

▼ らず出る~ (2, 0.0%)

1 という目途, 大やまと

▼ らず取~ (2, 0.0%)

1 て遣, 揃へる

▼ らず周章てず~ (2, 0.0%)

2 尚も幾杯

▼ らず喜び~ (2, 0.0%)

2 て閣下

▼ らず怒つた~ (2, 0.0%)

1 やうに, ような

▼ らず思う~ (2, 0.0%)

1 て言葉爭, 所を

▼ らず抱き込む~ (2, 0.0%)

2 のだ

▼ らず歩い~ (2, 0.0%)

1 て来, て行く

▼ らず死ぬ~ (2, 0.0%)

1 ということ, などという馬鹿げた

▼ らず発し~ (2, 0.0%)

1 て外部, て運動

▼ らず知らずし~ (2, 0.0%)

1 てその, て上

▼ らず縛る~ (2, 0.0%)

1 ことの, のだ

▼ らず落ち~ (2, 0.0%)

1 て行った, 入つた實際

▼ らず見~ (2, 0.0%)

1 ておかなけれ, 當も

▼ らず見る~ (2, 0.0%)

1 の奇觀, を得べし

▼ らず言っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て差俯

▼ らず話し~ (2, 0.0%)

1 て聞かせ, 又此頃湯屋

▼ らず載せた~ (2, 0.0%)

2 ものかね

▼ らず近づい~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ らず返~ (2, 0.0%)

1 へせ, 濟し

▼ らず開け~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て見ました

▼ らず飛び込ん~ (2, 0.0%)

2 でお

▼ らず鳴らした~ (2, 0.0%)

2 事で

▼ らせたなら~ (2, 0.0%)

1 ば塩, ば彼

▼ らせだ~ (2, 0.0%)

1 から, ぢや

▼ らせな~ (2, 0.0%)

1 のである, ば君

▼ らせね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ らせまし~ (2, 0.0%)

1 てもお, よう

▼ らせました~ (2, 0.0%)

1 が, が間違

▼ らせら~ (2, 0.0%)

2 ばあ

▼ らせられよ~ (2, 0.0%)

1 とお, と錢一貫文

▼ らせりー~ (2, 0.0%)

2 かー

▼ らせ給うた~ (2, 0.0%)

1 ことから, 御姿

▼ らその道~ (2, 0.0%)

1 この道, に在る

▼ らそれに~ (2, 0.0%)

1 やや関係, 何かしら

▼ らそろそろ~ (2, 0.0%)

1 おばあさんの, 騒ぎが

▼ らただ~ (2, 0.0%)

1 けれども能, 冷酷に

▼ らたな~ (2, 0.0%)

1 ことが, もの

▼ らたのしく~ (2, 0.0%)

1 はたらく海, まなび

▼ らたん~ (2, 0.0%)

1 きを, であろう

▼ らだらう~ (2, 0.0%)

1 か, など

▼ らだんだん~ (2, 0.0%)

1 消えて, 近づいて

▼ らちゃら音~ (2, 0.0%)

1 させながら, をさせ

▼ らちょい~ (2, 0.0%)

1 と実行, と指先

▼ らちょっと~ (2, 0.0%)

1 こちらを, 眼を

▼ らっし~ (2, 0.0%)

1 ゃりは, ゃりますめえとはや

▼ らっした~ (2, 0.0%)

1 んです, 方でしょう

▼ らっと~ (2, 0.0%)

1 したの, 蛾の

▼ らついと~ (2, 0.0%)

1 擦れ違, 歩きかける

▼ らつき~ (2, 0.0%)

1 伸子は, 花の

▼ らつた上被風~ (2, 0.0%)

2 の濶

▼ らつた後~ (2, 0.0%)

1 に私, 思ひ切つて部屋

▼ らつた時~ (2, 0.0%)

1 にやどう, は觀音樣

▼ らつてさ~ (2, 0.0%)

1 へゐる, へゐれ

▼ らつて了~ (2, 0.0%)

2 ひました

▼ らつて來~ (2, 0.0%)

1 たひも, た平次

▼ らつて平次~ (2, 0.0%)

1 と八五郎, は先づ主人傳右衞門

▼ らつど~ (2, 0.0%)

2 ひけり

▼ らつめ~ (2, 0.0%)

1 に心, を宮殿

▼ らつめたく~ (2, 0.0%)

1 や, 鈍った

▼ らつもりたい~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ らつるもん~ (2, 0.0%)

2 ぢや

▼ らでございます~ (2, 0.0%)

2

▼ らでなく~ (2, 0.0%)

1 てはならない, ては恐竜

▼ らでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, やあ分らねえ

▼ らでの~ (2, 0.0%)

1 芒穗に, 高級酒場たる

▼ らでや~ (2, 0.0%)

1 あらん, 夏の

▼ らでらした~ (2, 0.0%)

1 大きい油顏, 大きい油顔

▼ らといった~ (2, 0.0%)

1 ように, 手合の

▼ らとこそ~ (2, 0.0%)

2 見め

▼ らとても決して~ (2, 0.0%)

1 民族の, 生来の

▼ らとびだし~ (2, 0.0%)

1 てもと, 城の

▼ らどうし~ (2, 0.0%)

1 で明日, の別れ

▼ らどうにも~ (2, 0.0%)

1 しようがない, できないよう

▼ らない小さい~ (2, 0.0%)

1 手は, 画です

▼ らなかつ~ (2, 0.0%)

1 たりした, たりする

▼ らなかッ~ (2, 0.0%)

1 た, たもの

▼ らなきゃ~ (2, 0.0%)

1 ならねえ, ア逃げられる

▼ らなくし~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ らなくっ~ (2, 0.0%)

1 ては可, て不可ん

▼ らなくなり~ (2, 0.0%)

1 或は改作, 神聖な

▼ らなく可笑しい~ (2, 0.0%)

1 といったはしたない, といつた

▼ らなけ~ (2, 0.0%)

1 や叱られやしない, アいい

▼ らなぜ~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 大劇場

▼ らなぞは~ (2, 0.0%)

1 宵の, 昔から

▼ らなつ~ (2, 0.0%)

1 た, ている

▼ らなどとも~ (2, 0.0%)

1 思ひました, 考えて

▼ らならぬ~ (2, 0.0%)

1 とも云い, 天の

▼ らなりける~ (2, 0.0%)

1 我が友, 歌ご

▼ らなれ~ (2, 0.0%)

2 正しく直

▼ らなんぞは~ (2, 0.0%)

2 木下流の

▼ らなんて~ (2, 0.0%)

1 お前が, まねを

▼ らなんと~ (2, 0.0%)

1 いうこッちゃ, しても

▼ らなんぼ~ (2, 0.0%)

1 なんだって, 画いたかって

▼ らな光り~ (2, 0.0%)

1 が洩れ, の中

▼ らにじみ出~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ らにでも~ (2, 0.0%)

1 収めたい一こま, 見当るよう

▼ らにを~ (2, 0.0%)

1 せと, やらふ

▼ らに対し~ (2, 0.0%)

1 いかにし, まず総括的断定

▼ らに関する~ (2, 0.0%)

1 君の, 忌憚なき

▼ らぬお~ (2, 0.0%)

2 もひび

▼ らねられた~ (2, 0.0%)

1 篝火の, 篝火を

▼ らのみが~ (2, 0.0%)

1 サトゥルヌス王, 他の

▼ らのめ~ (2, 0.0%)

1 ば又, ば石

▼ らのんびり~ (2, 0.0%)

1 したところ, した気持ち

▼ らはじめ~ (2, 0.0%)

1 は犯罪, 無抵当

▼ らはず家~ (2, 0.0%)

2 にのみ籠り居し

▼ らはせよう~ (2, 0.0%)

1 と待ち, と謀つて

▼ らはた~ (2, 0.0%)

1 で鷹揚, はぶれ

▼ らはっきり~ (2, 0.0%)

1 と私, 判らなかった

▼ らはで~ (2, 0.0%)

1 つかい槌, 寝なましもの

▼ らはにや~ (2, 0.0%)

1 ならんの, なるまいが

▼ らはむ~ (2, 0.0%)

2 人間を

▼ らはる~ (2, 0.0%)

1 のか, 事に

▼ らばかりが~ (2, 0.0%)

1 シケでは, 残って

▼ らばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないの, アありません

▼ らばっくれる~ (2, 0.0%)

1 な, なてめえ

▼ らひい~ (2, 0.0%)

1 て行く, らあの

▼ らひく~ (2, 0.0%)

1 曙の, 膚に

▼ らひた~ (2, 0.0%)

1 まふ, 競ふ

▼ らひたる~ (2, 0.0%)

1 などいと, にや雲行

▼ らひである~ (2, 0.0%)

1 から先, がそれでも

▼ らひです~ (2, 0.0%)

1 が角砂糖さん, し新劇

▼ らひとつ流~ (2, 0.0%)

2 の交感

▼ らひどく~ (2, 0.0%)

1 くづれた蓋, 不機嫌さうです

▼ らひました~ (2, 0.0%)

1 が今, が次

▼ らひより番太郎~ (2, 0.0%)

2 の桂馬

▼ らひ居~ (2, 0.0%)

1 たり, たり此處

▼ らひ抜け~ (2, 0.0%)

1 と来, 野郎に

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 が露, 駈けあがる我と

▼ らびた~ (2, 0.0%)

1 どうも血, 思ひ出

▼ らふお~ (2, 0.0%)

1 ぞの父母, 糸の

▼ らふかき~ (2, 0.0%)

1 息たてに, 音たてに

▼ らふごとく~ (2, 0.0%)

2 ひと群の

▼ らふさ~ (2, 0.0%)

1 まにて, まも

▼ らふし~ (2, 0.0%)

2 ばしば

▼ らふて~ (2, 0.0%)

1 その身, ポト笑んだ

▼ らふところ~ (2, 0.0%)

1 なく自分, を浴衣がけ

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 夜は, 電燈の

▼ らぶる~ (2, 0.0%)

1 とも知らぬ知らぬ, 事を

▼ らへが~ (2, 0.0%)

1 たきものある, 無いので

▼ らへた~ (2, 0.0%)

1 だらうか, のさ

▼ らへったら~ (2, 0.0%)

1 へらへら, へらへらへ

▼ らへつつ~ (2, 0.0%)

1 二足三足附き, 私は

▼ らへてから~ (2, 0.0%)

1 お前の, まだたつた

▼ らへでは~ (2, 0.0%)

1 あつた, ありますが

▼ らへよ~ (2, 0.0%)

1 うといつて外, 湯豆腐に

▼ らへん~ (2, 0.0%)

2 わそして

▼ らへんで~ (2, 0.0%)

1 拝みます, 掘りやめても

▼ らべに~ (2, 0.0%)

1 なって, やって来て

▼ らほのか~ (2, 0.0%)

1 に暮れ, に祝

▼ らほんとに~ (2, 0.0%)

1 嬉しいよ, 安心した

▼ らぼへる~ (2, 0.0%)

1 犬蓼の, 身を

▼ らまかせたら~ (2, 0.0%)

2 なむ垣

▼ らまく~ (2, 0.0%)

1 ほりすれ, 欲つれ

▼ らまことに~ (2, 0.0%)

1 知らざりきまして, 開拓の

▼ らまさに~ (2, 0.0%)

1 一心に, 相手が

▼ らまし~ (2, 0.0%)

2

▼ らまだまだ~ (2, 0.0%)

1 いい風姿, 其処から

▼ らまっ~ (2, 0.0%)

1 ているらしく, て点れくさるだ

▼ らまでを~ (2, 0.0%)

1 あわせれば, 合せれば

▼ らみある~ (2, 0.0%)

1 ことで, ものに

▼ らみであった~ (2, 0.0%)

1 に相違, のです

▼ らみ得ない~ (2, 0.0%)

1 何事も, 何物も

▼ らむし~ (2, 0.0%)

1 と言, やわ

▼ らむとする~ (2, 0.0%)

1 新勢力, 新古典主義

▼ らむとする所~ (2, 0.0%)

2 を語る

▼ らむとする時~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ らむとて~ (2, 0.0%)

1 行くなりと, 諸藝新聞

▼ らむと放言~ (2, 0.0%)

2 して

▼ らむ余~ (2, 0.0%)

2 は父

▼ らむ奴~ (2, 0.0%)

2 は全く

▼ らむ妹~ (2, 0.0%)

2 が面影

▼ らむ時~ (2, 0.0%)

1 にまさりたる, は

▼ らむ望月~ (2, 0.0%)

2 の駒

▼ らむ花~ (2, 0.0%)

1 の梢, の香

▼ らむ透~ (2, 0.0%)

2 あらばと

▼ らむ面~ (2, 0.0%)

1 が眼, に嫣然

▼ らむ顏~ (2, 0.0%)

1 に覺, を俯向

▼ らむ顔~ (2, 0.0%)

1 をしてるじ, を外し

▼ らめい~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐる

▼ らめきつ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ らめくら~ (2, 0.0%)

2 をはじめて

▼ らめさせた~ (2, 0.0%)

1 ことも, ばかりでなく

▼ らめしづか~ (2, 0.0%)

2

▼ らめろ~ (2, 0.0%)

2

▼ らめ抑制~ (2, 0.0%)

2 又慾望

▼ らもう少し~ (2, 0.0%)

1 で舐める, 判る人間

▼ らもけ~ (2, 0.0%)

2 ぢめなし

▼ らもつ~ (2, 0.0%)

1 そり突立つてゐ, と賑

▼ らもな~ (2, 0.0%)

1 ま若い, 自分の

▼ らやっぱり~ (2, 0.0%)

1 場違いの, 考えないでは

▼ らやと~ (2, 0.0%)

1 思しぬ, 立ち直って

▼ らやら~ (2, 0.0%)

1 やらさせて, 見分けが

▼ らやる~ (2, 0.0%)

1 から隨分女子供, んだ

▼ らよき~ (2, 0.0%)

1 やうだ, 日あたりへ

▼ らよと~ (2, 0.0%)

1 声の, 宣る父

▼ ららかし~ (2, 0.0%)

2 踏む霜

▼ ららきし風~ (2, 0.0%)

2 も止みゐ

▼ ららら~ (2, 0.0%)

1 りるろ, るら

▼ らられる~ (2, 0.0%)

1 ところの, ような

▼ らら皆~ (2, 0.0%)

2 立つ

▼ らりくら~ (2, 0.0%)

2

▼ らりや~ (2, 0.0%)

1 しないぜ, です

▼ らるべきであった~ (2, 0.0%)

1 と思う, のである

▼ らるまじき~ (2, 0.0%)

1 平和な, 身を

▼ らるるべき~ (2, 0.0%)

1 シャツ繕ひぬ, 所これ有り

▼ らるる最も~ (2, 0.0%)

1 浅薄に, 聖い

▼ られつ兒~ (2, 0.0%)

1 が泣き, のやう

▼ らわざわざ~ (2, 0.0%)

1 ここまで, 打ち懲らしに

▼ らわしさ~ (2, 0.0%)

1 に悩んだ, をすて

▼ らわす~ (2, 0.0%)

1 手数を, 日は

▼ らわての~ (2, 0.0%)

2 猫に

▼ らわら~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひを

▼ らわれる~ (2, 0.0%)

1 のは, 人と

▼ らアルゴス~ (2, 0.0%)

1 の卑怯, の怯

▼ らア安岡~ (2, 0.0%)

1 っ引, つ引

▼ らア暮~ (2, 0.0%)

1 の商, の商売

▼ らイスラエル~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ らインバネス~ (2, 0.0%)

2 の砂

▼ らザポロージェ軍~ (2, 0.0%)

1 に何, に備

▼ らジャン~ (2, 0.0%)

2 にケン

▼ らチラリ~ (2, 0.0%)

1 とお勝手, と見た

▼ らトボトボ~ (2, 0.0%)

1 と歩い, と鉄砲洲

▼ らドツ~ (2, 0.0%)

1 と笑, と聲

▼ らニヤリニヤリ~ (2, 0.0%)

1 とガラツ八, と笑

▼ らハルトマン~ (2, 0.0%)

1 の審美學, を祖述

▼ らヒヨイ~ (2, 0.0%)

1 と板圍, と見る

▼ らピアノ~ (2, 0.0%)

1 は弾けない, を弾

▼ らヘタヘタ~ (2, 0.0%)

1 と大地, と平次

▼ ら一めん~ (2, 0.0%)

1 に花, に見知らない

▼ ら一人一人~ (2, 0.0%)

1 の家屋, の性格

▼ ら一体~ (2, 0.0%)

1 どこへ, に薄

▼ ら一刀~ (2, 0.0%)

1 の鯉口, を取上げました

▼ ら一向~ (2, 0.0%)

1 大變, 驚いた樣子

▼ ら一年~ (2, 0.0%)

1 でも二年, 近い訴訟

▼ ら一挺~ (2, 0.0%)

2 の籠

▼ ら一本~ (2, 0.0%)

2 取つた

▼ ら一歩~ (2, 0.0%)

1 も他, 踏込みました

▼ ら一生~ (2, 0.0%)

1 の旅, を送つ

▼ ら一種~ (2, 0.0%)

1 の品格, の根拠

▼ ら一統~ (2, 0.0%)

1 が前, のさし

▼ ら一脚~ (2, 0.0%)

2 の椅子

▼ ら一致~ (2, 0.0%)

1 し得ず一方, するところ

▼ ら一見~ (2, 0.0%)

1 して, すべき價値

▼ ら一言~ (2, 0.0%)

1 かう言つて, 云っただけ

▼ ら一通~ (2, 0.0%)

2 の封書

▼ ら一齊~ (2, 0.0%)

1 に悲しめり, に相互

▼ ら七助~ (2, 0.0%)

1 に向, の九郎助

▼ ら三つ~ (2, 0.0%)

1 の影, の金モール

▼ ら三人飛行機~ (2, 0.0%)

2 にのりぬ

▼ ら三十銭~ (2, 0.0%)

1 じゃ気, ばかりも持っ

▼ ら三友~ (2, 0.0%)

1 の言辞, は来り観

▼ ら三友人~ (2, 0.0%)

1 はいわゆる, はヨブ

▼ ら三年八年三十年四十年~ (2, 0.0%)

2 の功夫

▼ ら三輪~ (2, 0.0%)

2 の萬七

▼ ら下女~ (2, 0.0%)

1 のお, 同樣

▼ ら下宿~ (2, 0.0%)

1 へ帰つた時, をさして

▼ ら不意~ (2, 0.0%)

1 に抱き付い, に窓

▼ ら不断~ (2, 0.0%)

1 の浄, の潔く楽しい

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 にあり, には真

▼ ら世上~ (2, 0.0%)

1 の修行, の噂

▼ ら世界~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリアート, 各国民

▼ ら世界唯一~ (2, 0.0%)

2 の衛生

▼ ら両手~ (2, 0.0%)

1 を口, を合せ

▼ ら主従~ (2, 0.0%)

1 をどう, を六波羅筋

▼ ら乘出~ (2, 0.0%)

1 しました, します

▼ ら乞食坊主~ (2, 0.0%)

2 の鑑哲

▼ ら乾き掛つた白粉~ (2, 0.0%)

2 で皮膚

▼ ら乾葡萄~ (2, 0.0%)

2 をもて

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 でゲヘナ

▼ ら二つ三つ~ (2, 0.0%)

1 うなづきました, はお

▼ ら二十人~ (2, 0.0%)

1 あまり集り, ばかりはいっ

▼ ら二十代~ (2, 0.0%)

1 のもの, の良心

▼ ら二十余名~ (2, 0.0%)

1 が手, は正成みずから

▼ ら二十名~ (2, 0.0%)

2 は順次

▼ ら二等室~ (2, 0.0%)

2 の扉

▼ ら云う~ (2, 0.0%)

1 じゃア, のであった

▼ ら互に~ (2, 0.0%)

1 山の, 恥を

▼ ら五月~ (2, 0.0%)

2 の早

▼ ら井深君~ (2, 0.0%)

1 の胸, の首

▼ ら人形~ (2, 0.0%)

1 に吸い付けられ, の大きな

▼ ら今し方壁~ (2, 0.0%)

2 の鼠穴

▼ ら今ぢ~ (2, 0.0%)

1 やこ, や汝

▼ ら今高華~ (2, 0.0%)

2 なる都会

▼ ら仕様~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ ら他愛~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 掻く

▼ ら仮名~ (2, 0.0%)

1 がありあり, で自分

▼ ら仰ぎ~ (2, 0.0%)

2

▼ ら伊太郎~ (2, 0.0%)

1 の胸, は金之助

▼ ら会釈~ (2, 0.0%)

1 して, を返し

▼ ら佇ち~ (2, 0.0%)

2 てながむる西

▼ ら佇ん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で居る

▼ ら低い~ (2, 0.0%)

1 方面にばかり, 聲で

▼ ら何もの~ (2, 0.0%)

2 とも知らぬ

▼ ら何れ~ (2, 0.0%)

1 も福建, も頑是

▼ ら何度~ (2, 0.0%)

1 も寝床, も繰り返した

▼ ら何時も~ (2, 0.0%)

1 の座敷, 乍らの

▼ ら何者~ (2, 0.0%)

1 だ娘, であろうの

▼ ら余り~ (2, 0.0%)

1 気の, 汚く書いた

▼ ら作品~ (2, 0.0%)

2 に露

▼ ら使~ (2, 0.0%)

1 ひの, ひ物

▼ ら供奉~ (2, 0.0%)

1 の武官, の者

▼ ら俊吉~ (2, 0.0%)

2 の襯衣

▼ ら俊坊~ (2, 0.0%)

1 のそば, を見ました

▼ ら俺ら~ (2, 0.0%)

1 あれさ, の懐中

▼ ら個人~ (2, 0.0%)

1 が支那, を偏重

▼ ら偃松族~ (2, 0.0%)

1 にとっては残り, の住み

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 はつて, へてゐる

▼ ら僅か~ (2, 0.0%)

1 に怖, に語り

▼ ら僧侶~ (2, 0.0%)

1 の者, を敬ひま

▼ ら兄弟三人~ (2, 0.0%)

2

▼ ら兄貴~ (2, 0.0%)

1 を見たら, 知らんか

▼ ら先輩~ (2, 0.0%)

1 の作中, の力

▼ ら先陣~ (2, 0.0%)

1 の士大将, をつかまつりましょう

▼ ら入った~ (2, 0.0%)

1 の, んだ

▼ ら入り~ (2, 0.0%)

1 まへん, 来る

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 からじ, 協の

▼ ら全身~ (2, 0.0%)

1 にひどい, に血潮

▼ ら兩人~ (2, 0.0%)

1 の事, を罪

▼ ら兩國橋~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ら八人~ (2, 0.0%)

1 が打連れ, のもの

▼ ら六ヶ~ (2, 0.0%)

1 敷い哲学上, 敷い哲學上

▼ ら六人~ (2, 0.0%)

1 が老中酒井雅楽頭, の中

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 に引き返し, に解きおろす

▼ ら共に~ (2, 0.0%)

1 一齊に, 超凡

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 を押し, を起こす

▼ ら其中~ (2, 0.0%)

2 にもあり

▼ ら其帳簿~ (2, 0.0%)

2 を伏せ

▼ ら其授業~ (2, 0.0%)

2 を休み

▼ ら其檣~ (2, 0.0%)

2 を眺むるともなく

▼ ら其積り~ (2, 0.0%)

2 で記事

▼ ら其處~ (2, 0.0%)

1 で停車場, んとこ

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 はつて, へた

▼ ら冗談~ (2, 0.0%)

1 らしく相手, 見たいに

▼ ら写生~ (2, 0.0%)

1 に取懸つた, の筆

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 か待たるる

▼ ら凡俗~ (2, 0.0%)

1 には道心, の眼

▼ ら出かけ~ (2, 0.0%)

1 てばかりい, て行きました

▼ ら出鱈目~ (2, 0.0%)

1 では, とも思えぬ

▼ ら初め~ (2, 0.0%)

1 からそんな, から超越

▼ ら初めて~ (2, 0.0%)

1 北斎が, 谷の

▼ ら別種~ (2, 0.0%)

1 として認められ, の面目

▼ ら別途~ (2, 0.0%)

1 に属する, の目的

▼ ら制約~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ら刷り~ (2, 0.0%)

1 とやらをせき立てられ, の原本

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 つて呉れる

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 にあくまで, に食

▼ ら加藤~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 しくなれり, を鼓

▼ ら勇ましい~ (2, 0.0%)

2 歩調で

▼ ら勇太郎~ (2, 0.0%)

1 の忘れ, の答

▼ ら勇氣~ (2, 0.0%)

1 あれ, を失はず

▼ ら勇猛~ (2, 0.0%)

1 に支, のユウリュピロス

▼ ら動かし~ (2, 0.0%)

2 交睫の

▼ ら勢ひよく足~ (2, 0.0%)

2 を急がせ

▼ ら十三名~ (2, 0.0%)

1 が死, は各

▼ ら十五~ (2, 0.0%)

1 から結婚, ばかりになる

▼ ら十数名~ (2, 0.0%)

1 と共に南京, なり

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 十郎は, 藏の

▼ ら博士~ (2, 0.0%)

1 は云, は云った

▼ ら博奕~ (2, 0.0%)

1 なんざ何, をなし

▼ ら厚かましい~ (2, 0.0%)

2 お願ひで

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ ら厳重~ (2, 0.0%)

1 に処分, に警戒

▼ ら去り~ (2, 0.0%)

1 て大海, にし

▼ ら去年~ (2, 0.0%)

1 きてと, の暮以來御難

▼ ら及び~ (2, 0.0%)

1 其他の, 諸神女ら

▼ ら反対派~ (2, 0.0%)

1 の人々, の者ども

▼ ら取つ~ (2, 0.0%)

1 て僕等, 組みぬ

▼ ら取次~ (2, 0.0%)

2 に出る

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 から左, へ行け

▼ ら司馬道場~ (2, 0.0%)

1 のやつら, の伊賀勢

▼ ら各々~ (2, 0.0%)

1 が考え, 顏を

▼ ら同感~ (2, 0.0%)

2 の志士

▼ ら同様~ (2, 0.0%)

1 な山伏姿, 細い煙

▼ ら同胞~ (2, 0.0%)

1 に味方, の神三位

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 ふ一年間, 柳原に

▼ ら向島~ (2, 0.0%)

1 の土手, の金山荘

▼ ら君等~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ ら否定~ (2, 0.0%)

1 するでも, するの

▼ ら含ん~ (2, 0.0%)

2 でゐる

▼ ら吹い~ (2, 0.0%)

1 て慰む, て来る

▼ ら吾が~ (2, 0.0%)

1 うづのみ手, 子なり

▼ ら呆然と~ (2, 0.0%)

1 傍に, 立ち尽して

▼ ら告白~ (2, 0.0%)

1 して, するため

▼ ら呑まれちゃうだ~ (2, 0.0%)

2 二人とも

▼ ら呼吸~ (2, 0.0%)

1 つかずだなあに呼吸, を引い

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の仲, 御領内

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 へた, へて居た

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 賣は, 賣物

▼ ら問題~ (2, 0.0%)

1 の中心, を異に

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 をはり, を突く

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 つたり, べった

▼ ら嘆息~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 いふな, ですよ

▼ ら四名~ (2, 0.0%)

1 がこれ, に談合

▼ ら困る~ (2, 0.0%)

1 と云, んじゃ

▼ ら國民~ (2, 0.0%)

1 の双肩, は國政

▼ ら地獄~ (2, 0.0%)

1 の底, の鬼

▼ ら執れ~ (2, 0.0%)

2

▼ ら堅く~ (2, 0.0%)

1 信じ居候事, 緊密に

▼ ら場所柄~ (2, 0.0%)

1 だけの商, を超越

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の穴, の陰

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 が来た, ふけぬらし温泉

▼ ら外界~ (2, 0.0%)

1 の方, の闖入

▼ ら多少~ (2, 0.0%)

1 の錯覚, 心得の

▼ ら大いに~ (2, 0.0%)

1 悦びこの, 憤り事

▼ ら大儀相~ (2, 0.0%)

1 に枕, に枕頭

▼ ら大地~ (2, 0.0%)

1 を叩い, を蹴

▼ ら大急ぎ~ (2, 0.0%)

1 で妹, で眼隱

▼ ら天下~ (2, 0.0%)

1 の副, の車組

▼ ら天井~ (2, 0.0%)

1 からぶら下る, の格子

▼ ら天誅~ (2, 0.0%)

2 を加えたれ

▼ ら奥様~ (2, 0.0%)

1 が出, は丑松

▼ ら好き~ (2, 0.0%)

1 かもしれん, に計

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 が駄目, も娶れぬ

▼ ら始めて~ (2, 0.0%)

1 来りし時鎌, 生きか

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 のお, の自分

▼ ら威厳~ (2, 0.0%)

1 のある, をつけた

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 あが, やのお

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 いびりの, の家

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 えだ畑, やとは

▼ ら嬉し~ (2, 0.0%)

1 さうに其処の, やこれ

▼ ら孃子~ (2, 0.0%)

1 を, を修飾

▼ ら子供心~ (2, 0.0%)

1 にも何となく, にも壮士

▼ ら学校~ (2, 0.0%)

1 の帰り何時, へいつ

▼ ら学生~ (2, 0.0%)

1 にとってはかなり, の時

▼ ら安し~ (2, 0.0%)

1 勢, 勢ひ

▼ ら安らか~ (2, 0.0%)

1 に暮し, に死ん

▼ ら宗春~ (2, 0.0%)

1 の方, は悩ましく

▼ ら実に~ (2, 0.0%)

1 国歌を, 我子にでも

▼ ら実は~ (2, 0.0%)

1 押へ, 泳がせて

▼ ら室内~ (2, 0.0%)

1 のストーヴ, を見廻し

▼ ら家ぢ~ (2, 0.0%)

1 やまあだ, や元日

▼ ら家族~ (2, 0.0%)

1 になん, の奴等げなんざぐづ

▼ ら家来~ (2, 0.0%)

1 としてただ, にした

▼ ら家臣ども~ (2, 0.0%)

1 で殿, も驚嘆

▼ ら寄せ來~ (2, 0.0%)

2

▼ ら寄せ鍋茶椀むし位~ (2, 0.0%)

2 はなる

▼ ら寄せ鍋茶碗むし位~ (2, 0.0%)

2 はなる

▼ ら寄っ~ (2, 0.0%)

1 て了, て行く

▼ ら富江~ (2, 0.0%)

2 は薄暗い

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 にスタ, は笹野新三郎

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の玄關, へ移る

▼ ら将軍家~ (2, 0.0%)

1 に扈従, の前

▼ ら小さな~ (2, 0.0%)

1 舟が, 雑誌の

▼ ら小僧~ (2, 0.0%)

1 の後, は声

▼ ら小川~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ ら少女~ (2, 0.0%)

1 も学ぶなり, を立ち返り

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 ほも, 了解が

▼ ら尤も~ (2, 0.0%)

1 らしく其邊, 稀に

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 ても立っ, 分れて

▼ ら居並び~ (2, 0.0%)

1 て謹んで, 背後に

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 つ引, の歩み

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 が眉, も柔

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 に登り, のあちらこちら

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の水, を渡りました

▼ ら川崎~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ら工藝百般~ (2, 0.0%)

2 の技術

▼ ら工面~ (2, 0.0%)

1 して, の良い

▼ ら市中~ (2, 0.0%)

1 にすむ, へ出

▼ ら希望~ (2, 0.0%)

1 に充, に満ちた

▼ ら常に~ (2, 0.0%)

1 おのれの, 諸他

▼ ら幕府~ (2, 0.0%)

1 に盡, の手當

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 て搗栗

▼ ら年寄~ (2, 0.0%)

1 だけにはあの, の江藤

▼ ら幸福~ (2, 0.0%)

1 なり, に思つて

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 がぐつと落, は鋸

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ら幼き~ (2, 0.0%)

1 時さえ, 第二

▼ ら幾度~ (2, 0.0%)

1 も幾度, も見た

▼ ら広い~ (2, 0.0%)

1 土間へ, 大学の

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の方, の知れない

▼ ら廻っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て居

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 が名, ばかりじゃ叶わぬ

▼ ら引き~ (2, 0.0%)

1 かへす, 剥して

▼ ら弟子たち~ (2, 0.0%)

1 の前, の理解

▼ ら張り~ (2, 0.0%)

1 つつし及ぶ, 亘った意識

▼ ら強いて~ (2, 0.0%)

1 動じない風, 勧めたでは

▼ ら強く~ (2, 0.0%)

1 弾みが, 握つた右

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 きならす, く

▼ ら影すみれ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ら往昔名門~ (2, 0.0%)

2 の子弟たち

▼ ら往来~ (2, 0.0%)

1 の者, へと出

▼ ら従い~ (2, 0.0%)

2 てくる

▼ ら御前~ (2, 0.0%)

1 に進み出, のむく

▼ ら御酒~ (2, 0.0%)

2 賜ること

▼ ら心から~ (2, 0.0%)

1 と言つた風, 感じたの

▼ ら必ず~ (2, 0.0%)

1 そなた, 死すべし

▼ ら必死~ (2, 0.0%)

1 と働き続ける, になり

▼ ら快活~ (2, 0.0%)

1 な磊落, に

▼ ら忽ち~ (2, 0.0%)

1 博士は, 寒さ

▼ ら思う~ (2, 0.0%)

1 ままに, 所を

▼ ら急ぎ~ (2, 0.0%)

1 我が爲, 行く

▼ ら恐縮~ (2, 0.0%)

1 しきつ, して

▼ ら悔い改め~ (2, 0.0%)

2 て福音

▼ ら悠然と~ (2, 0.0%)

1 控えて, 歩く肥つた老人

▼ ら悲しい~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 風物です

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 に於い, 知らぬ奴め

▼ ら情けない~ (2, 0.0%)

2 やら前後夢中

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 い乍ら, かつた

▼ ら意味~ (2, 0.0%)

1 の無い, もない

▼ ら感じ~ (2, 0.0%)

1 て居た, て控

▼ ら感慨~ (2, 0.0%)

1 深く思ふ, 深く言う

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 へた, へて来た

▼ ら慌て~ (2, 0.0%)

1 てら, て残された

▼ ら戸口~ (2, 0.0%)

1 から家, に来た

▼ ら扇屋~ (2, 0.0%)

2 を出た

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の中, を開ける

▼ ら手前たち~ (2, 0.0%)

1 の仕業, を怖

▼ ら手帳~ (2, 0.0%)

1 を繰り初めた, を繰り始めた

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 へ直さない, へ膳

▼ ら持っ~ (2, 0.0%)

1 て来, て来た

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 を咬める, を折る

▼ ら指揮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ら按摩~ (2, 0.0%)

1 が通りかかった, をとる

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 へて來, まえた捉

▼ ら捨て~ (2, 0.0%)

2 がたき折

▼ ら掏摸~ (2, 0.0%)

1 になる, のくせ

▼ ら揚言~ (2, 0.0%)

2 する所

▼ ら握つた~ (2, 0.0%)

2 ものを

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 したもの, を異に

▼ ら教祖島村美支子~ (2, 0.0%)

2 の一代記

▼ ら教訓~ (2, 0.0%)

1 が浮い, を得る

▼ ら散る~ (2, 0.0%)

2 櫨は

▼ ら数名~ (2, 0.0%)

1 とともにこの, と共に輿

▼ ら敵軍~ (2, 0.0%)

1 と戰, に向

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 すべく, れふし

▼ ら文章~ (2, 0.0%)

1 にある, や詩

▼ ら日あたり~ (2, 0.0%)

1 の丘, の可

▼ ら日まし~ (2, 0.0%)

2 に染み

▼ ら旦那~ (2, 0.0%)

1 に見放され, を始め皆んな

▼ ら早く~ (2, 0.0%)

1 いって, 江戸へ

▼ ら旺盛~ (2, 0.0%)

2 を極め

▼ ら昌作さん~ (2, 0.0%)

2 でなくたつて

▼ ら明神下~ (2, 0.0%)

2 の平次

▼ ら星明~ (2, 0.0%)

2 で透し

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 としてはかういふ, の經

▼ ら時代~ (2, 0.0%)

1 の英雄, の風俗

▼ ら時計~ (2, 0.0%)

1 の見えねえ, を持たない

▼ ら暗く~ (2, 0.0%)

1 なり寒く, 街道を

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 れる路

▼ ら更に~ (2, 0.0%)

1 又ピュリュウス, 村外れまで

▼ ら書きさし~ (2, 0.0%)

2 の原稿

▼ ら書ける~ (2, 0.0%)

1 のを, を自慢

▼ ら書状~ (2, 0.0%)

2 を遣わし

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 太郎は, 明月の

▼ ら朝っぱら~ (2, 0.0%)

1 からだ, から入れ

▼ ら朝臣~ (2, 0.0%)

1 の務め, もこの

▼ ら朦然~ (2, 0.0%)

2 として心

▼ ら木戸~ (2, 0.0%)

1 があっ, を押

▼ ら末輩~ (2, 0.0%)

1 には知る, まで心強う

▼ ら本当~ (2, 0.0%)

1 だ, ですの

▼ ら松枝~ (2, 0.0%)

1 の追求, はその

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 で張った, で葺いた

▼ ら染め~ (2, 0.0%)

1 の布, の更紗

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 はまだ

▼ ら根岸~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の奧

▼ ら格子~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ ら案事申候右~ (2, 0.0%)

2 に付

▼ ら植物分類研究者~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ら楠野君~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ ら楽し~ (2, 0.0%)

1 さうに踊つて居た, そうに

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 へたる, 凛々しく肱

▼ ら模様~ (2, 0.0%)

1 なん, の肩掛

▼ ら樣子~ (2, 0.0%)

1 にあらはれ, を窺

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ら橄欖色~ (2, 0.0%)

2 のレース糸

▼ ら橘葉~ (2, 0.0%)

2 がくれ

▼ ら欲しい~ (2, 0.0%)

1 といふもの, と云

▼ ら歌わん~ (2, 0.0%)

1 ふたりの, 声高らかに

▼ ら正しい~ (2, 0.0%)

1 其から, 心を

▼ ら正に~ (2, 0.0%)

1 不敵なる, 怒るべし

▼ ら此処ら~ (2, 0.0%)

1 で見舞物, に虫

▼ ら此問題~ (2, 0.0%)

1 の研究, の解答

▼ ら此苦業~ (2, 0.0%)

1 を続ける, を續

▼ ら此處~ (2, 0.0%)

1 へ來, を立去らう

▼ ら武人~ (2, 0.0%)

1 の意見, の鞍上

▼ ら武士~ (2, 0.0%)

1 に扮, に近づきました

▼ ら武者~ (2, 0.0%)

1 が服す, の持つ

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 んど

▼ ら氣樂~ (2, 0.0%)

1 に暮し, に過し

▼ ら水槽~ (2, 0.0%)

1 の中, の深み

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 おも

▼ ら江戸っ子~ (2, 0.0%)

1 の皮, の関東武士の

▼ ら決して~ (2, 0.0%)

1 冗談は, 詐りは

▼ ら決定~ (2, 0.0%)

1 されたわけ, するの

▼ ら沓脱~ (2, 0.0%)

1 の下, へ降り

▼ ら沙門~ (2, 0.0%)

1 の思う, の恐るる如き

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 うらうらと, の上

▼ ら泥棒~ (2, 0.0%)

1 の神様, はしねえ

▼ ら洋服~ (2, 0.0%)

1 で固く, の上衣

▼ ら洋燈~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ ら洒脱~ (2, 0.0%)

1 な声, な聲

▼ ら洩れ~ (2, 0.0%)

1 づる息を, てくる呻き

▼ ら流れる~ (2, 0.0%)

2 螢を

▼ ら流石~ (2, 0.0%)

1 に不良少女, に頼山陽

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の穂頭, の穗頭

▼ ら消滅~ (2, 0.0%)

1 すべし, に歸

▼ ら涌子~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 を入れた, を取る

▼ ら涼風たち~ (2, 0.0%)

1 て実, て實

▼ ら淋しく~ (2, 0.0%)

1 なり増, 食事の

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 からんとお, 黒いキリ

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 ひ來, ひ来る荷

▼ ら清作~ (2, 0.0%)

2 せらせら

▼ ら渡つて~ (2, 0.0%)

1 来た人, 来て

▼ ら温かく~ (2, 0.0%)

2 吹いて

▼ ら滑らか~ (2, 0.0%)

2 にこそ動くなれ

▼ ら滑稽~ (2, 0.0%)

1 い程狼狽, なり

▼ ら滿~ (2, 0.0%)

2 ち來

▼ ら無意識~ (2, 0.0%)

2 に煙草

▼ ら無数~ (2, 0.0%)

1 の人々, の生物

▼ ら無筆~ (2, 0.0%)

1 が看板, だ

▼ ら無論~ (2, 0.0%)

2 貴女は

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 のお婆さん, を露店

▼ ら父親~ (2, 0.0%)

1 の脇の下, を求める

▼ ら爺樣~ (2, 0.0%)

1 せえ, に鐵火箸

▼ ら物凄い~ (2, 0.0%)

1 ような, 怪鳥の

▼ ら狂人~ (2, 0.0%)

2 で暮す

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 が斬れる, の声

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 さう

▼ ら独り~ (2, 0.0%)

1 で新聞, で近づい

▼ ら独自~ (2, 0.0%)

2 の表現

▼ ら珍しく~ (2, 0.0%)

1 気前の, 脹らんだ財布

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 はれて, 實性の

▼ ら現代人~ (2, 0.0%)

1 にも不審, はより

▼ ら現在~ (2, 0.0%)

1 の事, は過去

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 さが, へた声で

▼ ら生き残り~ (2, 0.0%)

1 の二百余名, はなん

▼ ら生じ~ (2, 0.0%)

1 て大, て来る

▼ ら生れた~ (2, 0.0%)

1 もので, 姿である

▼ ら生命~ (2, 0.0%)

1 の危険, を賭し

▼ ら生徒控所~ (2, 0.0%)

2 の彼方

▼ ら用心~ (2, 0.0%)

1 しろ, をぞ爲

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 けるは, 上げます

▼ ら留吉~ (2, 0.0%)

1 は裏口, を抱い

▼ ら異常~ (2, 0.0%)

1 な者, な驚き

▼ ら病院~ (2, 0.0%)

1 に居る, の婦人科

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 え藥貼, 隠は

▼ ら白く~ (2, 0.0%)

1 延びて, 縦に

▼ ら白ら~ (2, 0.0%)

1 と明け, と頭越し

▼ ら皆んな~ (2, 0.0%)

1 の前, の起きね

▼ ら皆畜生~ (2, 0.0%)

2 でこの

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 に肉, を火鉢

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の献酬, を重ね

▼ ら盗賊~ (2, 0.0%)

1 の集会所, を縛る

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 にたかれ, に彼

▼ ら盛ん~ (2, 0.0%)

2 に密室

▼ ら目出度~ (2, 0.0%)

1 やな, や五十六億七千万歳

▼ ら目的~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ら直人~ (2, 0.0%)

1 の身体, は黙々と

▼ ら直参旗本~ (2, 0.0%)

1 が自慢, なること確か

▼ ら相好~ (2, 0.0%)

1 を崩し, を崩した

▼ ら相愛~ (2, 0.0%)

1 すべし, せよ

▼ ら瞑った~ (2, 0.0%)

2 瞼を

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 つてるだらうが, の至らざる

▼ ら知らん~ (2, 0.0%)

1 ね, もの

▼ ら知り~ (2, 0.0%)

1 て神垣, もしねえ

▼ ら硬直~ (2, 0.0%)

1 したやう, した半身

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 なこと, に飮ん

▼ ら私自身~ (2, 0.0%)

1 の研究, は大して

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 も澄みけり

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 なる往來, なる往来

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 ない時

▼ ら空気~ (2, 0.0%)

1 の具合, を追

▼ ら突然~ (2, 0.0%)

1 あいて, 彼は

▼ ら立たせる~ (2, 0.0%)

1 のである, のみであった

▼ ら立った憤り~ (2, 0.0%)

1 がじりじり, の情

▼ ら立派~ (2, 0.0%)

1 なもの, な果物罐詰類

▼ ら竹山~ (2, 0.0%)

2 は煙草

▼ ら笑った~ (2, 0.0%)

1 と聞い, な

▼ ら算盤~ (2, 0.0%)

2 の珠

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 おもしろく唄い, をつけ

▼ ら節度~ (2, 0.0%)

2 を守れ

▼ ら精一杯~ (2, 0.0%)

1 の威嚇的, の贅

▼ ら約束~ (2, 0.0%)

1 したこと, したっけな

▼ ら納屋~ (2, 0.0%)

1 と裏庭, のやう

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の上, 入ぐらゐ

▼ ら素早く~ (2, 0.0%)

1 シートへ, 胸に

▼ ら素晴~ (2, 0.0%)

1 しい桃色, しい速度

▼ ら細君~ (2, 0.0%)

1 に酌, は立つ

▼ ら細音~ (2, 0.0%)

2 のうまし

▼ ら結局~ (2, 0.0%)

1 この二階, ただそのまま

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ら織れ~ (2, 0.0%)

2

▼ ら罅春~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 と破滅, なき者彼ら

▼ ら罪人~ (2, 0.0%)

1 のため, を訊問

▼ ら羅布人~ (2, 0.0%)

1 の神, ばかりな

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 むれど, を現ぜり

▼ ら羞む色~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の語り, よそれ

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 夫妻と, 夫妻も

▼ ら聞いた~ (2, 0.0%)

1 か, ことが

▼ ら聞く~ (2, 0.0%)

1 と路地, よしもや

▼ ら職員室~ (2, 0.0%)

2 に這入

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 から下, を聳やかした

▼ ら腹心~ (2, 0.0%)

1 の者, の者三十余人

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 をとおし, を熱く

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の仕度, を手前

▼ ら臣下~ (2, 0.0%)

1 が四ツ目, としては一日

▼ ら臥床~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ら自分たち~ (2, 0.0%)

1 の素姓, をこめ

▼ ら自分等~ (2, 0.0%)

1 と空気, ばかり其様

▼ ら自白~ (2, 0.0%)

2 すると

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 へられし皮蒲團

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 に乗, に触れ

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 さあ吐いとるだ, を鳴らし

▼ ら良い~ (2, 0.0%)

1 では, ものでした

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の毛糸, の衣

▼ ら色んな~ (2, 0.0%)

1 声を, 店を

▼ ら芳子~ (2, 0.0%)

2 といふ十二三

▼ ら芸者~ (2, 0.0%)

1 でも細君, と歓

▼ ら苗字帶刀~ (2, 0.0%)

1 を許され, を許された

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 公卿が, 夫婦は

▼ ら苦し~ (2, 0.0%)

1 さうに祈りました, さは

▼ ら苦笑~ (2, 0.0%)

1 した, ひを

▼ ら茫然~ (2, 0.0%)

1 とした, とそこ

▼ ら落ち~ (2, 0.0%)

1 その御, ていた

▼ ら落つる~ (2, 0.0%)

1 たまゆらの, を如何

▼ ら落語~ (2, 0.0%)

2 を聞い

▼ ら蒲團~ (2, 0.0%)

1 の中, を片づけ

▼ ら蕎麥~ (2, 0.0%)

1 の粃, 打つてん

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 がつい, も雨

▼ ら薄笑~ (2, 0.0%)

1 ひを, をし

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 と涙, を越え

▼ ら行きずり~ (2, 0.0%)

1 に過ぎ, に過ぎよう

▼ ら行つて~ (2, 0.0%)

1 んべ, 来ますえ

▼ ら行屆~ (2, 0.0%)

1 いた注意, き兼ね候

▼ ら街街~ (2, 0.0%)

1 の広場, の廣場

▼ ら衣嚢~ (2, 0.0%)

2 の銀時計

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 から御, へでろ

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 も脱がず

▼ ら裏畑~ (2, 0.0%)

1 の細径伝, の細徑傳

▼ ら裕福~ (2, 0.0%)

1 な暮し, に暮し

▼ ら西洋~ (2, 0.0%)

1 の文學, は七世紀

▼ ら見せ~ (2, 0.0%)

1 て, らんねえ

▼ ら見事~ (2, 0.0%)

1 な宙返り, な恰幅

▼ ら解き~ (2, 0.0%)

1 て糸織, 杖の

▼ ら訣別~ (2, 0.0%)

1 を急がう, を急ごう

▼ ら訪問~ (2, 0.0%)

1 して, を諾

▼ ら許し~ (2, 0.0%)

1 て自己, 包む丈

▼ ら話しかけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て来た

▼ ら誇り~ (2, 0.0%)

1 かに両手, とする

▼ ら語る~ (2, 0.0%)

1 に落ちる, ものだ

▼ ら説明~ (2, 0.0%)

1 し得ず却, するの

▼ ら談話~ (2, 0.0%)

1 を為る, を聞い

▼ ら財布~ (2, 0.0%)

1 から取出した, から小粒

▼ ら貧乏~ (2, 0.0%)

1 なる日本人, の

▼ ら貧乏人~ (2, 0.0%)

1 と雖, はな人手

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 ひ水, ふと云

▼ ら貴君~ (2, 0.0%)

2 も好い

▼ ら貴方~ (2, 0.0%)

1 に云, は何方様

▼ ら買つて~ (2, 0.0%)

1 呉れぬかと, 来て

▼ ら起き~ (2, 0.0%)

1 ている, て来た

▼ ら起る~ (2, 0.0%)

2 事我れ

▼ ら足早~ (2, 0.0%)

1 に家路, に歩き出した

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ら踏み荒らし~ (2, 0.0%)

2 地膚すら

▼ ら踏臺~ (2, 0.0%)

1 の上, をし

▼ ら蹣跚~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ ら身近く吉野~ (2, 0.0%)

2 と肩

▼ ら身體~ (2, 0.0%)

1 の弱い, も心

▼ ら軈て~ (2, 0.0%)

1 一つの, 復た

▼ ら車掌~ (2, 0.0%)

1 が号笛, が號笛

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 を止め

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 こんな雪ふり, 連れて

▼ ら近代~ (2, 0.0%)

1 の人, の教養

▼ ら近所~ (2, 0.0%)

1 の噂, を叩き起し

▼ ら返し~ (2, 0.0%)

1 ていた, て取替

▼ ら迫つて~ (2, 0.0%)

1 くるとき, 来た

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 る, 出すと

▼ ら逃げ~ (2, 0.0%)

1 もならず, も隱

▼ ら通辞~ (2, 0.0%)

1 の家, の者

▼ ら進ん~ (2, 0.0%)

1 で同級生, で嫂

▼ ら遂今~ (2, 0.0%)

2 迄その

▼ ら遊び~ (2, 0.0%)

1 にき, のやり

▼ ら遊ん~ (2, 0.0%)

1 でゐた, でゐろ

▼ ら運ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, で来

▼ ら遠慮なく~ (2, 0.0%)

1 坐つた, 座つた

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 がこの, りの

▼ ら郷党~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ ら酷く~ (2, 0.0%)

1 して, 討てるを

▼ ら重役~ (2, 0.0%)

1 に近づいた, は普通

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の窪処, へ川

▼ ら野村~ (2, 0.0%)

1 は暖炉, は煖爐

▼ ら野菜畑~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ ら釣り人~ (2, 0.0%)

1 にはさびしい, は夏

▼ ら鉄砲~ (2, 0.0%)

1 まで用意, 担いで

▼ ら銃後~ (2, 0.0%)

1 から萬歳, の民

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の薬缶, の藥罐

▼ ら鋭い~ (2, 0.0%)

2 錐で

▼ ら長く~ (2, 0.0%)

1 佇むので, 誰よりも

▼ ら長閑~ (2, 0.0%)

1 にパイプ, に話し

▼ ら間もなく~ (2, 0.0%)

1 息を, 黄泉の

▼ ら閣下~ (2, 0.0%)

1 の參謀, の甥

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 夜子は

▼ ら降参~ (2, 0.0%)

1 して, の船

▼ ら限り~ (2, 0.0%)

1 なくこの, の太平

▼ ら階下~ (2, 0.0%)

1 に下りてん, へ下り

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 事業と, 有いやらで

▼ ら電車道~ (2, 0.0%)

1 まで歩いた, を歩い

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 立つ日

▼ ら~ (2, 0.0%)

2 べかをぶっ

▼ ら青春~ (2, 0.0%)

1 の永久, 及び剛勇

▼ ら靜まり~ (2, 0.0%)

1 ぬ, ぬべき室

▼ ら面白く~ (2, 0.0%)

1 もない, 筋を

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 などが生れた, を撫でた

▼ ら顔黒装束~ (2, 0.0%)

2 のその

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 で坐, 退いたの

▼ ら飛び~ (2, 0.0%)

2 交ふ

▼ ら飛び出す~ (2, 0.0%)

1 けどねあれあ, 二三の

▼ ら飛べり~ (2, 0.0%)

2 青き水田

▼ ら飛込ん~ (2, 0.0%)

2 で來

▼ ら食みあまし~ (2, 0.0%)

2 父われが

▼ ら香炉~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を捧げ

▼ ら馬上~ (2, 0.0%)

2 なり早

▼ ら馬鹿~ (2, 0.0%)

1 だったの, にしねえ

▼ ら駕籠~ (2, 0.0%)

1 の中, の後

▼ ら騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 をする, 刈るを

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 の花, ばン

▼ ら黒い~ (2, 0.0%)

1 影法師と, 長衣

▼ ら黙っ~ (2, 0.0%)

1 ていろ, て行きすぎよう

▼ ら鼠賊~ (2, 0.0%)

1 の輩, を相手

▼ ら~ (2, 0.0%)

1 を喰, 痒い心持

▼1* [6107件]

ああいう若い, らああれ広告ふうせんだ, らあいついで討ち, らあえそんだつて痛かね, らあおめえん介抱ま, らあきれてしばし, らあくまでヨブを, らあざけるように, らあざみきつねあざみのあざみ, らあたし姐さんの分, らあたり一杯に鳴きしきつ, らあちこちと小屋, らあちらのもの, らあっさり至極あたり前に, らあっちへ行っ, らあつさり, らあてがましい, らあなそんだが, らあなたの悪口, らあなるほどと感, らあな何が不思議, らあな只は動かねえ, らあな唐鍬なんざ錢出, らあな大丈夫だから, らあな薄っぺらなやつ, らあな虫の報せ, らあな身は人身, らあな酔っぱらいのまね, らあな金に不足, らあにが出来る, らあの世で二人, らあはれよとお, らあまた走りしたが, らあまり好い心持, らあまり上等でない五匁玉, らあやしむとしかいふ, らあやまろうといたしおる, らあられもない, らあらん限り御身のみ, らありませんつまらないもの, らあるいて来る, らあれこれと話し, らあれたつけ, らあれぢや江戸中, らあわせて七百余人, らあんだん, らあんぐりと黒い, らあんた方村民のため, らあんな物に, らあんなに雨の, らあゝのかう, らあーらア, らあ可いかい, らいいあわせたように, らいうとこの, らいえいごう妻, らいおもひ, らいかつい調子で, らいかなることかと, らいかばかり謝し奉った, らいくらか浮, らいけにへの小, らいこっちゃ, らいさ辛いけれども, らいさぎよく自分の, らいささか用意の, らいしゅうが馳せつけ, らいすゞに対して尠, らいずれも夜, らいそいでそこ, らいちや悪い, らいちょう女史が帰来, らいちようを捕り, らいち早く歩み寄つて, らいつか人形に操られ, らいと悲しげ, らいとも物々しく針, らいふおぶや, らいふごとく愚なり, らいましてね兄弟, らいまだ年わかく, らいま外から歸つて來, らいま微細といえ, らいま空色の帆, らいま黄金なす向日葵, らいらぬ世話を, らいわゆる純文学系の, らいんぎんにそこ, らい怖れを, らううたひはじめた, らうかとふと考へ, らうかと且つ危み, らうきあがつてくる, らうごとく揺らぐのを, らうしろ暗いこと, らうしろめたくて顔, らうじ一人やつたら味気, らうすら寒い幽暗があつ, らうするとドーダ, らうたげ遊ぶの, らうだあかン, らうちい戻つたわい, らうちつれて, らうちんなかに, らうっとりとする, らうつくしく南無観世音菩薩像, らうつむいて, らうつらといろいろ, らうつらぼくは東京, らうとうとする年寄り, らうどたちはこよ, らうなづく平次の, らうに月は冴え, らうのである, らうべく同じ汽車, らうまれたナンセンス, らうめの, らうらさびしくぞなり, らうらんと光り哀しむ, らうるさくブスブス燻つた, らうるむを覺, らうれしやこれ, らうろたへて, らうんと食った, らえずには居られなく, らえた透しの板敷, らえとか料理, らえなさりませ, らえり一人は年四十頃デップリ, らえ御自身を, らおおいに反撃した, らおかしなばさまだ, らおごる名を, らおさな子の, らおつきさまになつて, らおなじ地位に, らおのが頭, らおのおの千騎をひっさげ, らおのれらが狂人, らおびただしい月卿雲客の, らおふくろに相談, らおぼえていろ, らおぼつかなくも鍬, らおまえの目, らおよばぬ至上に, らおら荒川熊蔵だぞう, らおりたくなつたの, らおれはかへつて, らおろかであつ, らおんみを, らお上の手足, らお世話も致し, らお伽の国境, らお作りになつ, らお前さんら以上のこと, らお前さん等に殺される, らお前らの時, らお召しに, らお客の好き嫌い, らお日様でて, らお松が珠, らお母ちゃん牛乳おくれ, らお母様も走, らお祈りをし, らお祭の朝, らお送り申しあげますれば, らお隣の庭越し, らかいのけてあり, らかい二の腕, らかい人の手, らかい地の草, らかい所に北陸, らかうだよゴップ, らかう呟いて石段, らかう見えても商売人, らかえして小火, らかえった次第でした, らかえって仕事が, らかかってみよ, らかかる言葉を, らかがやく太陽丘を, らかきおこす声きけ, らかき坐り夏おそし種人蔘, らかき輝きをのせ, らかくしてまた右の, らかくどうして良人に, らかくれてをられた, らかく用向あって, らかく神を成れ, らかけ酢の, らかさうと見込んだ, らかさと云うよう, らかされてる人たちを, らかされ搾られ男の, らかしいやな乳屋, らかしこにて相互, らかしこまりましたと云った, らかし他方では公共機関, らかし放題であった, らかし腹の中には余計, らかし錐揉むと, らかすみにうごく, らかすみあたりの山, らかすり傷一つ負は, らかす伝で蝶吉, らかす心支度が出来た, らかす様に隔て, らかせないで, らかせなければならぬ, らかせられる勤労婦人をも, らかたへの囲炉裏, らかっとしたのに, らかて人が, らかなたましひの, らかなので掻抱く, らかならず偃松等を, らかなり深く交つて, らかなわんわ, らかな人がこの, らかな立唄の声, らかな紙は神, らかな線を描い, らかな電燈の光, らかにも美くしい, らかにものいへども, らかにやならぬ其方, らかによる鷺ヶ淵は, らかに目につく, らかに詠誦する事三遍, らかねが入る, らかねてのこと, らかはといふ単純な, らかまいませんわしらの, らかむつかむろぎかむろみのみこともちて, らかもののどてらなぞを, らかやの前, らかよ末は名, らからかひ氣味, らからさえも支持されなかった, らからば一筋なら, らかるところがねえと, らかるべしと思ふ, らかれる永劫の, らかれ睡りの後, らかれ見つめそしてと, らかんたんな, らがかへる海辺, らがってるカルティエ・ラタンの, らがには来くさらぬ, らがにも越せ, らがべんべ, らがまとゐ, らがも困るだ, らがものわれらが, らがり立つ頭越しに, らがり路へ一歩, らがわてをこき使うたため, らがを指にもかが, らきえてしまいました, らきかけた価値, らきかけられている, らきがそこまで行き届い, らきが久子さん一家のため, らきが地上を離れ, らきが増しなり, らきく事が, らきくれあたかも珠, らきこゆる音, らきたい金を, らきっと役立たせて, らきでなくっちゃ真面目, らきでなくつちや真面目な, らきでやった行為であれ, らきどで寢る, らきなりしと賞賛, らきのうも今日, らきの女三人庭番男が二人, らきはじめていた, らきみの名, らきめてしまう, らきり出し兼ねる樣子, らき吹き来る海風に, らき得るとすれ, らき掛けていた, らき通して八十銭位, らぎつゝ揺れつ, らぎて殘菊の雫, らぎとが新た, らぎと内的なよろこびを, らぎと蝉の声, らぎぬはたはたああ, らぎのかざしに折ると, らぎのくれなゐの実を食むときはちちはは, らぎのみ代栄えんと, らぎのやうな楽しい音, らぎのやうな水の音, らぎのような楽しい音, らぎはおれたちの進軍を伝へ, らぎはじむるころ日の光微か, らぎはのこつて消えない, らぎやむつみや勤勉, らぎを作つてゐた, らぎバーベリ等の極寒地方, らぎ何すとすら, らぎ屋に泊っ, らぎ潤ひて, らぎ照り恍けはて, らぎ石にふだん, らぎ遊び廻れる, らぎ鳥の飛び立つ, らくいらしつて, らくい残って笛, らくおたかはぺたりと, らくぎツくりして, らくさやきれいな野菊, らくさややとい人を遠ざけ, らくじょうのみぎりのぶなが, らくじツとかの女, らくに買へる日, らくらい酔って, らくらいはあろうという, らくららっ, らくりの歌声, らくれな武者どもをさえ, らから鬘, らぐうたら寝てや, らぐがゆゑにこれを視ること, らぐのを待つ, らぐものよう, らぐるをお, らぐるりと廻れ, らぐ冬ちかづきぬ, らぐ命とをあれ, らぐ声は, らぐ法幢の, らぐ瀬戸の錘, らぐ聲きくに, らぐ赤ら頬夕餉盛る主婦, らぐ鷲の羽, らけさここに, らけしおのづから, らけし七面鳥のかがよ, らけし声ありて, らけし女童を母, らけし面もちしろく春, らけたけしきだった, らけたたましく呼び子を, らけたのを取り, らけたものだネー, らけたり浦の, らけた不安がこみあげ, らけた出来事があつ, らけた声を出し, らけた大広間その同じ日, らけた女どもがいらぬ, らけた平常衣の浴衣, らけた赤毛布の上, らけた野づらを, らけた頭に矢鱈, らけてはいなくまた, らけに見合さぬ顔, らけねえから, らける思ひがし, らけわしく遮切った, らげたのをコオト, らげどこまでも届く, らげんなあお前んげ, らげんきだわね, らげミれば, らげ堪忍しろと, らげ暴漲の虞, らげ給ふといふ, らげ顏を背け, らげ馳行けり然, らげ麦や金時大角豆, らこいつは疑ひ, らこうしておまえの, らこげえな貧乏家に, らこころの姿, らこごんで巻煙草, らこそこそ立って, らことごと恥なしと, らことほがむ, らことわったらええに, らことわりたるにこれ, らこと細かに説明, らこの小さな時の, らこの間越したばかり, らこぼれた酒煙草の, らこもごもにのぞき, らこらこれだけ, らこらえてやっと, らこれからどうしようかと, らこれぢゃあ入りもよく, らこれゃわッ, らこれ以上朕を阻む, らこれ東北第一, らこれ貧乏で貧乏, らころもをさかずし, らころころと足元, らこわ高に, らこわい顔, らこわごわ始めて, らごと馬車をひっくり返し, らごろりと転げると, らご覧よこんなに, らさげてきた, らさげすむような, らさしかかるころやう, らさしめ守屋守柏小関大学の, らさじと注, らさせていた, らさせるような, らさぞかし君さまこそ, らさっきおれたちと売店, らさっさと中へ, らさっと漕いで, らさて種々な, らさながら通り魔の, らさば多くの名高き, らさまざまに苦心, らさみしい日であった, らさむ君とは, らさむくしーん, らさめることが, らさもしい戒めを, らさよ本郷の, らさらさらと鳴った, らさら帳をとじよ, らさるべき結果の, らされしこころは, らされずに楽観, らされたる古城あり, らされてずうつとか, らされてずうっとかすか, らされてるやうに, らされりゃあ, らされ汚れ皺だらけに, らさんだらしがない, らさん孝子の車, らさん朝来てくれた, らざあ言って, らざあともかくそれと聞い, らざし三丈を, らざったか両, らざらしめよ, らざらめやその, らざりき急かずに, らざりけんも魏略, らざりしなり我を, らざりしやと尋ね, らざりし如き識者は, らざるあこがれの瞳, らざることなれば細君, らざるごとく切に求むる, らざるべけれ共凡夫の, らざる一個の婦人, らざる三人に交付, らざる何の紀念, らざる古代の偉人, らざる眞事實と眞感想, らざる者文学の特色, らざる間を窺う, らしかたをする, らしからざることなりよし吾妻鏡, らしからざるべくまた, らしからざるべければ日本支那の, らしからず見ている, らしからねば喜ぶ, らしかるべきものと, らしきりにガメって, らしじゅう通油町の, らしすぎるくらいにあまり, らしたでしょうその方, らしたですね, らしたら仕様ない, らしったあなたとはすっかり, らしったおばさんとそして, らしったお嬢さんはふい, らしったお客さまのお, らしったお家へわたくし, らしったお座敷ならどうか, らしったお母さんは, らしったお金ある筈, らしったお隣さんへ何, らしったかただから, らしったらあきません此方の, らしったらわかって下さるでしょう, らしったら出て下さい, らしったら困るじゃない, らしったら試して御覧, らしったろうと思う, らしったハーモニカを買っ, らしった一人として一つ指紋, らしった仙千代を抱き, らしった僕気のせい, らしった印みたいなもの, らしった壺を毀した, らしった大国主神はそれ, らしった太刀がそのまま, らしった奥さんは大変, らしった奥様も考え, らしった姫君や幼い, らしった宝剣もとうとう再び, らしった山の座主, らしった帰り途円い竹, らしった当時のこと, らしった折も折, らしった折岩半之助, らしった方々の間, らしった方たちといっしょ, らしった時代にももっとも, らしった時分ナオミさんに幾人男, らしった時私もイセレマクシ, らしった本がおい, らしった植木屋の離れ, らしった様であった, らしった母上今日帰られた, らしった氣持は私, らしった源の宰相某, らしった犬ですから, らしった白地に格子縞, らしった皇后に, らしった節は実, らしった紙幣入の中, らしった経験や縁故, らしった縁の灯, らしった若殿様は思い出した, らしった訳でもない, らしった谷には必ず, らしった通りです, らしった針の跡, らしった間に下らない, らしっとりとした, らしてないし従って, らしてようございますとも, らしなどす, らしない事が, らしばしば忠告を, らしましまさむ, らしますといとも, らしみであった, らしみじみ出て, らしみ家に米, らしめかくて時間性, らしめず吾, らしめたいといっ, らしめなくてはならなかった, らしめぬように, らしめますためか, らしめよと, らしめられた重要な, らしめ九天巫に九天, らしめ了りぬ, らしめ他を一齊, らしめ以て艶麗, らしめ兩者の形, らしめ却て家君, らしめ幾ほどもなく, らしめ弟の王, らしめ彼を招き, らしめ後進を毒する, らしめ我を遊山, らしめ我日本の學術, らしめ明月が雲, らしめ晋巫に五帝, らしめ河巫に河, らしめ火を挙げる, らしめ目を放ち, らしめ秦巫に杜主, らしめ荊巫に堂下, らしめ赤ばらえぞ, らしめ重慶より親しく, らしめ陳国を滅ぼした, らしゃめんと, らしゃも上等です, らしょんぼりと大喪, らしようがなし, らしよんぼりと留守宅, らしをりをり, らしん粉に手, らじいっと谷底を, らじうむとなる, らじゃねえ御領内に, らじゅう本箱だったが, らじゅう水だらけになっ, らじゅう漁の道具何, らじらしい奴だ, らすけバカな, らすけとうだらからふと, らすごとに薄く, らすごとくすべしという, らすっかり壁紙を, らすてたもので, らすではありません, らすでにもう江戸を, らすべけれど今, らすべければ來, らすべてここに討死, らすべてこれ僧なりし, らすべて供奉は徒歩, らすべて呉用の前, らすべて身に納, らすべて退散したる明るい, らすまいとする, らすまして居る, らすみて笑い, らすもので或, らすもんな, らすやすやと眠っ, らすようにし, らすらもこの寂し, らすり抜けようとする, らするではなけれ, らす下つ空, らす人かとつくづく, らす品ではない, らす囚獄は, らす外はない, らす感覺的な快, らす所の他, らす所只幻惑の悲音, らす時がじき, らす法の道, らす炉ぶちも, らす球は愛, らす相ではなかつた, らす程度によって計られ, らす米の汁, らす風の風さき, らずあい対している, らずあきらめて出る, らずあけ放す氣配と共に, らずありしを, らずあわてた野郎ぢや, らずいぶんいじめられましたよ, らずうなされてゐる, らずうめくやうです, らずかき消すやうに, らずかれが今, らずくだ, らずさらけ出してある, らずさればと云っ, らずしきりにむづかしい經義, らずしらず彼女に対して, らずすつからかんだ, らずすれつ縺れつと云, らずたつた一人ここへ, らずっと荒川の, らずつけ燒の, らずといておくれやす, らずなんで, らずなった為に, らずのこっている, らずはなつから茶化し, らずばけものから, らずひょろりで, らずひょろついて来, らずふりかかって来る, らずぼらになつ, らずまつたく手入れがと, らずむかッと, らずめしあがっても何, らずやっている, らずやるんだ, らずーっと気象台の, らず与へられる習慣, らず乱れず始終一貫同志社, らず云っていた, らず云わば社会的, らず仰いで言, らず会っている, らず似たような, らず使われていた, らず依て心配, らず働いてそれ, らず働き出したことに, らず儲かるにきまつ, らず入って来た, らず入りみだれて影, らず出かけて自分, らず出かけるそして今年, らず出して疊, らず出し遣しければ三吉, らず出来ている, らず出来ようといふ, らず分らないねえ, らず分るだらうと信じ, らず切ればカタワ, らず別けて骨, らず割れてゐる, らず力つき暗くなりたれ, らず動かすべからざる大法なり, らず勝て少しく懷中, らず去迚は, らず取り去ろが, らず取り返してお, らず取り返せなかつたら私は, らず取戻し候間先妻里の, らず叩き割つてやり, らず召出され一同, らず召捕つたのは, らず召捕んものをと, らず吐き出したいと思つたの, らず吐出してしまひ, らず呼出されければ紙屑買共, らず呼出されしにお, らず咲きかけた沈丁花や, らず喰えなければ喰えない, らず垂れた頭を, らず執るところあり, らず墜ち込んで行く, らず奢らせる事ばかり, らず好めるものなる, らず定めて門違, らず害する誘惑を, らず導くためにも, らず尖つてゐた, らず差し出だしければ彼, らず弁じ立てあとで, らず弛ましめらる, らず張る氣を, らず役に立つてゐる, らず待っていた, らず心得て置かね, らず忘れじといふ恩, らず応じて出掛け, らず思い団十郎が, らず思い返して見ましたら, らず思っていた, らず思ひければとかく, らず思ふ點は, らず急かずかえって落ち着き粘り, らず恨んで下さる, らず成し遂げむ彼等は, らず戻しければ九助, らず手繰り出すんだ, らず持つて行かれ, らず指す所異なる, らず振り向いて見よう, らず掛かつて居ります, らず探して漸く, らず描かれている, らず携えて諸所, らず攻める事は, らず放たらかしに, らず救い出しにくる, らず散りも初めず, らず曇りなくまた, らず曲がらず一文字の, らず書いて見せる, らず書き足りない不満が, らず果すというよう, らず染まったので花, らず染まつてしまふ, らず染みこむものです, らず棄て難い心持, らず歌いかつ彈, らず歩きましたよ, らず歩くとしよう, らず歩まされて今日, らず死んで了つて, らず死んだ蟻である, らず殺を嗜まん, らず殺されるんです, らず殺してやる, らず殺した人間が, らず求めても求め, らず泣き出して, らず泣くのである, らず浮んでくる, らず渡して進ぜませう, らず渡したとて損, らず湧き上ってくる, らず滅び候と, らず滑るやうに, らず為さなければならなかったであろう, らず無くなつて了ひました, らず煮た物を, らず物語られ其上にて, らず生かされて知る, らず申し立しかば, らず異なつて居る, らず瘠せてゐ, らず眺めやうとして, らず着ている, らず知っています, らず知りて愛しき, らず知れ渡つたので數十人, らず破れんと, らず祀られることに, らず祟りがある, らず私しの江戸, らず立去つた後には, らず立寄りて一片, らず立寄れよ又, らず笑いながら, らず納め所々の, らず納めよと言渡され, らず縋りついていった, らず縛り上げるのだ, らず置いては行かない, らず罵り合ひ, らず罷り出村役人より, らず考え込む癖が, らず耐えぬいてゆける, らず聞えて來, らず聞えるが何處, らず聞かされることを, らず聞き噛り, らず脅かすぜ何, らず萌して来た, らず行きますよちゃあん, らず行くからつて, らず行われる殿に対しては, らず見すぼらしい部落の, らず見たが汚, らず見たい丈け, らず見ましたが此場合, らず見向きもせず, らず見廻しましたが其上, らず視て居た, らず覗き出したとでも言, らず言うが好い, らず言ったというほこらしい, らず記すべきことは, らず詰り自分一人の, らず話しければお, らず話した上で, らず認め得るの事例, らず語っている, らず調べるやうな, らず調べ上げた上お, らず請出す間元利何程か, らず讀んで修養, らず赦し遣すべしとの言葉, らず走る己れ, らず起きた後だつた, らず返すつもりだ, らず返すべし持參金を, らず退隱せ, らず退隠せむ, らず送りゆく主個長左衞門, らず通じてくる, らず通り過ぎるように, らず通る筈だ, らず造り出した幻では, らず進まない聲で, らず遣ひ捨其上お, らず醸しだしてゐる, らず釣込まれ感心し, らず開かぬ胸饒かに, らず附きもののいろんな, らず陥り込んだ女が, らず陥るあの沈思黙考, らず障らずのこと, らず隣りのその, らず集めて日曜日, らず震慄し, らず靡くと申します, らず響くのであつ, らず預け私し, らず頼んで置いた, らず飛び込むやうに, らず飾らず又意味, らず馴れてしまっ, らず驚かされた事でした, らず驚きあきれてへどもど, らず驚く樣子も, らず鳴く者なり, らず齎していた, らせあっている, らせあわせて伝国, らせうと存じたれ, らせがまいるたびに, らせくださいまして承知, らせざりし頃は, らせしめ一国の, らせじとのすさび, らせすぎたことである, らせたきも我慢, らせたくはない, らせたれど正, らせた如き繁みの, らせちゃったんだ, らせっせとお化粧, らせつるごとに, らせつればやがて, らせてえことも, らせてなかったのに偶然, らせでのうてさる, らせなくっちゃ癖, らせねえで, らせますと昨日, らせめて私が, らせらるるということ, らせられず然とて, らせり同じく彼, らせりチャシの數, らせり其槍に, らせるべきではある, らせるべく喜んで迎, らせる沈んだ音色が, らせろえ, らせゐたりし, らせ下されまじく候や, らせ云いようも, らせ呻くような, らせ奉りなどし, らせ引きずるように, らせ得べきには非, らせ得る小説は, らせ怒濤を, らせ憤つと頬, らせ懸けし恩寵を, らせ申しあげた折は, らせ申せと主人, らせ給うによって李, らせ苛立たせることは, らせ苦しめるだけ苦しめ, らせ覗くべき節孔も, らせ過ぎて急い, らぜんたいの気ふう, らそいつをしない, らそうしてふいと, らそして飮み, らそそけ髪つくろひ, らそっとこんな事, らそつくりそのままの, らそのまま夫婦の, らそのものを彼女, らその他の死骸, らその他それぞれに華やか, らその大きな火焔は, らその後を促す, らそもそも某を, らそらそらきれいなむ, らそれそれ死んで, らそれぞれの不心得, らそれだけは止した, らそれぢやあ, らそれではまたまた, らそれらを眼前, らそれ以上のするべき, らそれ程でね, らそれ自身において基礎, らそんなにや要らなかつた, らぞっとした, らたえしたもんだ, らたしかにお返し申す, らただ二人や, らたち二人を泥棒, らたった今老臣堺藤兵衛に, らたのまれることが, らたびたび自分の, らたまたま自村, らたまらないと思った, らたまり兼ねたやうに, らたるんだ声で, らたんとひもじそう, らだからここへ, らだがね断っ, らだけじゃあない, らだけでも四十人から, らだけには信じて, らだちてここ, らだまって聞い, らだらけにした, らだらさうだいや本, らだらしもなく, らだら生かしちや置かねえ, らだれだ, らだんじりを聯想, らだんなさまのご, らちと不審あっ, らちゃら横眼で見れ, らちよつくら潜つて遁げ, らちらと聞いた, らぢうにある近江國, らぢうに擴まるやう, らぢうに蔓りましたから, らぢおのことでも, らぢおの話なんか時折, らぢゆうの風景, らったら久しい間私, らっていうんです, らってでもいるよう, らってなどおりません, らってはよくない, らっはぎに私, らついうとうとしとつ, らついた手と, らついでのこと, らつかせながら其の, らつきはじめていた, らつきよう一升十銭その手入, らつこといふ, らつしましたの, らつたあとが見えない, らつたうどん, らつたそれからの思ひ, らつたら久しい間私, らつたら怒られつから, らつたモォラン張りの, らつた一本の青柳, らつた上に恁, らつた事のなかつた, らつた切りそのこと, らつた前庭が明るい, らつた妻は片手, らつた年増向の洒落た, らつた後底力のある, らつた後彼女は怯づ怯づ眼, らつた後薄明るい茶の間, らつた後貧弱だが, らつた恰好だつた, らつた所で死ぬ, らつた月桂冠をいただいた, らつた末に, らつた樣子です, らつた此の角座敷, らつた犢牛のやう, らつた米も日本米, らつた編輯振りをし, らつた膳部が徳利, らつた表紙でした, らつた裾模様の振袖, らつた襖が隣, らつた角店がぼく, らつったぞつった, らつつうと, らつづいて居た, らつづけていった, らつてあとの田, らつてこちらは路傍, らつてさつきの牛肉, らつてしまつたのである, らつてそこから高く, らつてそれを受け取らなかつた, らつてどんでん, らつてはかへつて, らつてガラツ八は往來, らつて上つて來た, らつて今度は新, らつて古川緑波徳川夢声両君と雑誌, らつて大男は前のめり, らつて女の方, らつて女の子を返し, らつて寺の中, らつて山路にぐうぐう, らつて岩根半藏ズイ, らつて巡査の手, らつて座敷へあ, らつて掃除をする, らつて昨夜の現場, らつて柄として持てる, らつて殷の湯王, らつて父の計画通り, らつて物置の方, らつて田舍の野原, らつて目の色, らつて眼をパチパチ, らつて義雄に, らつて肩先を掴む, らつて脇差だけ置い, らつて臍は取りません, らつて臥てゐた, らつて自然の景色, らつて藥りに, らつて野辺の風情, らつて静かに歩き出す, らつて餘り肢體, らつなことは, らつねの, らつねにみちよ, らつばらに日, らつひぞ丑松は, らつめたい堅い日かげの, らつめたちの, らつら篦棒臭え, らつらき戰鬪を, らつる樣なおもひでさ, らつれてお, らづかまで申, らづき生の, らづれ出家がお守り, らても鳴っちゃ, らてんの語尾, らてん区はそれ自身, らであっても食卓, らであったろうか, らでありしがこの, らでありましたがあんな, らでありませんお前とっ, らであろう吐き出せ金を, らでございました故かくの, らでござるか, らでしょう放って置い, らでた魚の, らでなくなって来た, らでなくむかうからはつ, らでねえからそれで, らでのみ住みはつるならひならば, らでもがのこって, らでもの骨折りを, らでをり, らといはずして, らといふは如何なる物, らとうかがふ, らとかがやいたよう, らとけてす, らとこだって, らとこぢやしよつ, らところどころに明るく, らとしか聞えない, らとしての範囲に, らとぞいふ花盛り, らとっくの昔罰, らとてもついには天国, らとても一入不便に, らとで代表されてる, らとなみになつ, らとにかく卒業する, らともかく文学座の, らともすれば寿美子を, らともにうきよの, らとりどりに, らとんだごちそうさ, らとんでもねえ事, らとんぼがえり, らどうしても振向く暇, らどうにか引き合ひ, らどうやら陽の, らどおりのせまい, らどころか地球は, らどっかによどみ, らどっちも盗ッ人ずれ, らどのやうな, らどれほどの男, らどれほどそれを, らどんぶりこどんぶりこのどかに海上, らなあまだ七日, らないおかしさを, らないしね, らないしろ物で, らないとおつし, らないないと思う, らない可笑しさだつた, らない快さ, らない恥ずかしい夢で, らない悲しさが, らない悲しいかな今, らない甘つちよろい感傷, らない蒼い顔を, らない蒼白い顏も, らない長く久しい血筋の, らなかったろうと思います, らなかつただらうなどと取, らなかつたらうと今更, らなからうと, らなかろうけれど, らなかツたの, らながく貧しい詩を, らながながとそんな, らながらに月かたぶきぬ, らなきゃならんよ, らなくいい味な, らなくおかしいように, らなくかゆくてだるい, らなくしたものが, らなくなっちゃうの一日, らなくならうとも手, らなくなりましたよ, らなくなりますと思つて, らなくなるでな, らなく可愛く思われると, らなく可笑しさうに思ひ出し, らなく善い物で, らなく嬉しかった, らなく悲しいのです, らなく憎いものにも, らなく憎らしいとか何とか, らなく成って私, らなく淋しいし, らなく痛々しげに, らなく蒸し暑いのである, らなく遣る瀬なく, らなけあよかつ, らなけあいいがと気が付く, らなけりゃならないから沢山, らなけりゃならんのだ, らなごむ枯野には, らなすところを, らなった人の, らなどからも養われて, らなどがまつって, らなどて離れ立ち怖, らなどで付合せの, らなどとためらつて, らなどに使われるの, らなどにも時々警察, らなどへことごとく日本, らなども交じえて, らなにか言いたそう, らなにごとぞと手, らなほも念入り, らなやますかはた, らなら知らぬこと武士という, らなりし人々召使等まで, らなりてさく花, らなるいとも可笑し, らなるかかる夜は, らなるもつれかな, らなる寂びと落付, らなる誇負から, らなれませんさ, らなんかとお思い, らなんかにこれから一文, らなんかにゃあ真夜中, らなんざこんで隨分, らなんざこんな處ぢ, らなんざ上つた酒だつて, らなんざ腹さ藏つて置くから, らなんざ蛇でも毛蟲, らなんぞにゃあ怖い, らなんだか好いこと, らなんだかんだといろんな, らなんとなく薄暗い小屋, らなんともないわ, らなんにも知らんでしょう, らな動けんがの, らにあたる空地に, らにおいても御厚意, らにおける悲しみの, らにかがまって, らにかの青年の, らにからかひました, らにしも父が, らにだけは世界の, らにだってある, らについても各方面, らにつき当たりながらも, らにてもこれに, らにとってのように, らにとり巻かれたジャンヌ, らにばくちを, らにもと何か, らによりましてそれとも諸賢, らによる国内戦と, らにわづかの, らに関しすべての, らに関して二つしか, らぬきかね候故, らぬじや, らぬだらう母子共健在故, らぬならば興味, らぬなれば御膳, らぬらしく餘程古い, らぬる袖を, らぬ古びた木綿著物で, らぬ繰言然, らねえで大事に, らねえやと鼻, らねがふべきに, らねし土墻は, らねたりといふ事に, らねたる如く豁かに, らねた唐辛子唐黍大根の如く, らねた無数の燈明, らねた線が姉さん, らねた高価の毛皮, らねの藤太等の, らねばいか, らねぼけるか, らねられ桜や, らねられると楽しみ, らねらわれてるぞ気, らのう咲坊, らのうへに光を, らのしのびだすすきもないが, らのそのそとおり, らのぞいていた, らのぞいたからしっ, らのぞくとねあたたかい, らのちひさき足, らのどかに併, らのねがひをば, らのぼせたやうな, らのみにあらずい, らのみの力で, らのみを例に, らのやしきも, らのよこで, らのりかえを待っ, らのわづかに, らはあ要らねえともね, らはいいらはい, らはいちもくさん, らはいちように手, らはいふに及ばず, らはうように, らはおぬしの敵, らはかの, らはからだ全体, らはぎの見られるもの, らはけだもの, らはさほどに寒気, らはさむとや身, らはしとする, らはじぶんの功, らはじめ蜀の民, らはずかつ目に笑, らはずして言, らはず二日三日は宿, らはず十字八方に捌ける, らはず多くの不調和, らはず宇宙を測る, らはず岸を去り, らはず戰車を棄て, らはず時代をつかんだ, らはず鮮やかに断言, らはちよつと他, らはつなさん, らはというと, らはとか荒けた声を, らはどいつもこいつ, らはなこれでも, らはねあなたを, らはの落葉が, らはまだらな, らはめたように, らはもうたいくつでた, らはやく横須賀へ, らはよかつた, らはりまんね, らはるばる五人は, らはるべきもので, らはれたことが, らはれたる雛雀とも, らはわづかの, らはん人なき里, らはん其果に, らはん其者に, らはん此所へ泊る, らはナてめえらの, らばい小さくなった, らばいた肉体をもっ, らばかりか世帯の, らばった影に匍, らばつた一人の男, らばてまえの, らばという口付から, らばとばかり馳せ出す又, らばを双方で, らば先中を改め見ん, らば後にと云, らば感應院病死の節, らば所謂かつぷく, らば所謂中継か, らば時の流れ, らば氏はアプリオリテート, らば目に物, らば科學研究所の使命, らば長局の南一, らぱつくれて帰つて来ること位, らひかねたか盗む, らひかれば, らひきたれる春を, らひくれるなら話も, らひけるとなん, らひごとなん, らひたいそれが大, らひただよひ落ち, らひたればなり, らひた走りに森, らひだすと, らひだった佐々木が, らひだつた坊さんにだ, らひだつた少年は母, らひだ暴力団だやれ, らひつアキルリュウスの答, らひで一應は納まりました, らひで二人は大急ぎ, らひで今月の料金, らひで勘当同様の姿, らひで庭一面に水, らひで殆ど島谷とお, らひで片時の御, らひで獨逸の, らひで私が何事, らひで私一人は皆, らひで移封は有耶無耶, らひで近くの茶屋, らひとしく丘に, らひとりでお, らひと云ふ観念, らひと屈辱とを捨て, らひと江戸つ子, らひと苦笑をもつ, らひと葉つみませこの, らひなお母さまがどんなに, らひなきにあらざりし, らひなさるからお前様, らひなたちでしたから, らひならいますぐにでも, らひなりと云々, らひなマイクを使ってる, らひな人には面, らひな国民だつたの, らひな奴はこれ, らひな彼女は容易, らひな雷だが, らひぬ鑛と, らひねくれた自分を, らひほのに, らひまして, らひましたら此官吏さんは, らひますが江戸, らひまぜ返しをする, らひめもす, らひも感傷もなく, らひも時によりけり, らひも洗ひ流して, らひも金勘定のチャッカリぶり, らひや怖れ, らひょうきんに笑い出す, らひよつと氣, らひるがへる, らひるがえりて幼児, らひゐざりきそは, らひ侍りし時より, らひ入りくるや, らひ兼ねた平次, らひ兼ねるように, らひ兼ね白み渡つて見え, らひ叩きつけて私, らひ合せけるは面々明日, らひ吹くと, らひ囀り騒ぐ役処を, らひ居けるをいま, らひ居るにぞ髯むし, らひ居れやと釣船, らひ得べし戰場の, らひ戦くことなかりき, らひ打ち開けて彼, らひ持つて行つた女, らひ探つて見てくれ, らひ探し拔きました, らひ掻きあつめて見る, らひ描く輪郭の, らひ来て豪談一夜, らひ残すのが, らひ泣きしたといふ, らひ無くなつちやつた, らひ燃えゆらぎ見, らひ聞えぬお心, らひ見れば暑き, らひ訊いて見る, らひ賞する一方には, らひ込んで三日, らびきった皮膚, らびたものではなくピチピチ生き, らびた大根のよう, らびた女の片手, らびた微かな音, らびた朽木のやう, らびた穂束に琥珀, らびた色艶のわるい, らびた轍の跡, らびた顔をし, らびた骨があらわれた, らびっくりものです, らびているようで彼女などには住み, らびになることができましょうにわたくしごときに, らびやかな彩光をはなつ, らびやかな藝術の衣, らびや生活の推移, らび備はる美少年今歳, らび心も空, らび方によって大層, らび脊に褐色, らび陸どよみ明石, らぴりと名づけられ, らふいと門七, らふかは見, らふかぢお, らふかどこかの書生, らふからね, らふか父と母, らふくれたような, らふざけた真似を, らふざけやがって, らふたたび帰らんや, らふたり十五郎に化け, らふてゐるうちに, らふであらう眩しさ, らふときしか自分, らふときなきを, らふとして龍吉, らふと共に考への, らふべければ客人, らふまままた, らふまいとする, らふまみに青き, らふものを, らふる屋の, らふんふんと, らふ如く内気の, らふ許してくれ, らぶつらと黄色い, らぶつ吃驚げた真似仕出かし申しての, らぶべくも非ら, らぶら提灯に, らぶらりぶらりと歩調を, らぶるぶる小さい身体, らぷるぷるぷるぷる一ぴきの蟻, らへかきしは, らへた家もあつ, らへた箱のなか, らへた袋を見, らへた金を毎晩, らへてはまた踏み固め, らへてやがる, らへでも出て, らへなどする中彼男, らへにと言つて蕎麥を, らへばるにはまだ, らへべッべ, らへやらあひるさんたちへの, らへよなど立騒ぎけれ, らへり出でてながめ, らへるしなびた茄子の, らへるずゐぶん現代ば, らへるなら行つても, らべた小さな店, らべたらそれはもの, らべたら何んでも, らべたら場末のグヂヨ, らべのように, らべもならない優秀, らぺたく見える, らほうつき歩いち, らほか十四人が雨戸, らほほゑまる, らほろびて, らほんとの田舎, らほんとうね, らぼい年紀六十に, らぼうぜんと空を, らぼえた馬で, らぼくは東京, らぼひて, らぼんやり眼を向う, らぽいとほうり上げ, らぽかんとして, らまあ三浦さんまた, らまあだちつた, らまあどうしたもん, らまあよく考えて, らまうとも必ず, らまかせの直人, らまぎらしながらそれ, らまぎらせようとしてわざと, らまごまごして, らまされたのを, らまして窃かに, らましらと上眼, らまじ安らかに, らまじまじとふたり, らまじめな単純, らまじろがず空飛ぶ, らますます多淫, らませた口調が, らまだなにか言いたそう, らまちがいなくくるかい, らまっしぐらに非人小屋, らまったところが, らまつて居る, らまでにこの夏, らまどゐして, らまねばならなかったか, らまぶしく石を, らまれギョッとして引こう, らまろび寄りて, らまア七十日を, らみあってこんな, らみいよいよ, らみい克ちゃんだけ盲学校, らみかけて来た, らみからでご, らみずから私に懐きたる, らみずから風であり天, らみそぱんをもらひ帰りぬ昔, らみそめし野いばらや, らみそめた木の, らみたような, らみだつたんで, らみっちゃな小説, らみつひに, らみついてし, らみであろうとも紋, らみと芝居になつ, らみなく自然です, らみなこれに和せよ, らみなのだ, らみなひと方ならない, らみなんかない, らみな主とならん, らみな切り仆さえき, らみな十蔵二郎を救う, らみな命をすて, らみな幕府に佞, らみな樫の老木, らみな汝の好む, らみな遊び女のす, らみのぼった矢代の, らみのように解釈, らみの下にわざわざ, らみの中に浮き出, らみの尻が割れかかる, らみの底を見通し, らみの感であるのに, らみの部類に入れ, らみの陰がない, らみの面に噴きのぼっ, らみは無きを情, らみましたが斷崖, らみましたるつくりごと御, らみやがったの, らみやげだよ, らみゆく光を, らみろそれが, らみわたって, らみんなぐるになっ, らみんな上陸した, らみんな右大臣左大臣にでもなる, らみんな悪党だからよ, らみんな接吻てやらあ, らみんな朝鮮人なん, らみ上げると手拭, らみ合ったもので, らみ強ばった女によって, らみ得る余裕は, らみ痩せた小づくりの, らみ致しおったか何れ, らみ見るも無残, らむうれしき風に, らむおもへば憂しや, らむかくて我等, らむかし深川へ通つた猪牙舟, らむかつは涙, らむかつくことばかり, らむか照さむかが, らむか知れないのだ, らむか聞かまほしく, らむがために京都に往, らむがための旅であ, らむけぶり, らむこう向きに, らむさける間も, らむすべも術, らむず気勢激しき軍夫ら, らむその彼, らむために己を矯むる魂, らむだけの時間, らむつり柿, らむついたちの月, らむつきはへにつつ, らむということはないの, らむといひ出でたま, らむといひ様に寝懸, らむといふに留めもせず, らむといふ左千夫君をおくり, らむといふ形体的内容を有し, らむといへど聴かずして, らむところがあってのことらしいとそういうこと, らむとし見下せば, らむとして来りしも, らむとしてしかも未だ來ら, らむとし余は天隨, らむとし自ら椿山莊を出で, らむとするあり其行動両つ, らむとするあり其行動兩つながら, らむとするに重くなり, らむとするにぞ袂に忍ばせたる, らむとするに当り僅か三週, らむとするに拠を失ふ, らむとするに蚊軍雨に追, らむとするの抱負あるもの, らむとするも豈得, らむとするものの如し, らむとするものは正に即ち, らむとするわが前に, らむとするを憂ふれば, らむとする人間よ切なし, らむとする兵士部下を集め, らむとする冬を待つ, らむとする処を市消防署長以下, らむとする和尚の背後, らむとする心を, らむとする思慕である, らむとする意があつ, らむとする時主人東京より來, らむとする状を明し, らむとする自然の個性, らむとする議會に對, らむとする運命の危機, らむとすればさしずめ青木, らむとすれば時雨けり, らむとすれば石井滿氏小學校長谷中市太郎氏, らむとせしが二番船出でずといふに, らむとせしが感興来らず, らむとせしメエルハイムは, らむとて停車場に駈けつくれ, らむとて北條より馬車, らむとて朝飯もく, らむとらしめりと, らむと内外に心, らむと叫びしなるべし, らむと四五歩ゆき山谿みづ, らむと土をつく, らむと待ちかまふれば, らむと心は思へ, らむと横目に見, らむと欺陽りて, らむと白す中, らむと致候間掴み合, らむと野行き山行き我来れど我が, らむと雁は子産, らむなら何んとか自分, らむには間があった, らむぬば玉の黒豹, らむねと言, らむはさら也晴にたる, らむはゆま路を駄馬, らむばかりに驚いた, らむばかりに喚めき続けた, らむまでは江戸の舊主, らむみにも行か, らむものぞはや大, らむものと思へるなり, らむやうに思つてやがる, らむやうに肩をはり, らむやよ待て, らむや八つうたば八とせ, らむような人間がはたして多少, らむより兜を脱い, らむよろこびの笛かなしみの笛, らむらと, らむるの外, らむるにせよ健鬪するに, らむる常の樣子, らむれつつ遊べり, らむんだ, らむクリスマスツリーと, らむサラミスに生れ育ちし, らむ世においてはこの世, らむ九五の位, らむ事鐵槌を以て, らむ二荒山の上, らむ云云晝はいと, らむ人ぢやありません, らむ今はアポローン, らむ他には何一つ, らむ佐保道の青柳, らむ其彼母も吾, らむ其言ふところ遂げざらむ, らむ力あらなくに, らむ啄木の, らむ因なかりしかば, らむ國人の心, らむ大海の前, らむ天のうつろ, らむ天椀の下, らむ女子は情, らむ姑やくふらむ, らむ子を遊ばせ, らむ子らの騒ぎ, らむ子供らが桜, らむ年頃善く母, らむ心地して, らむ思あり人, らむ悪魔だけが描き得る, らむ憲政黨をし, らむ我心誇らず苛酷, らむ所があった, らむ折にふれ, らむ旅人の, らむ日だまりの風脇, らむ昨日に同じ, らむ時彼は再び, らむ時過ぎにけり, らむ暮の聲, らむ暮れなば, らむ曙の, らむ最終まで忍ぶ, らむ月は経, らむ朝の聲, らむ木枯の吹き, らむ本あら小髯, らむ東雲の, らむ栗の強飯, らむ梅見つ吾, らむ様になった, らむ汝親しく之, らむ海にき, らむ海賊追ふと, らむ淺艸の秋, らむ状はいかに, らむ状態だから, らむ玉藻刈るらむ, らむ矢車の花, らむ社殿は極, らむ神のま, らむ禁欲の天, らむ童とし居る, らむ笑ひなしたまひそ, らむ筈がない, らむ美登利の身, らむ者にとっては一つ, らむ自分の顔, らむ臭かりける, らむ苔いと深し, らむ菖蒲草ふきし軒端, らむ菩提樹の華, らむ薫のなか, らむ訳ではありません, らむ身の一世, らむ限りの我儘, らむ限り引攫うて還るべし, らむ陽炎の如き, らむ雀声立てて, らむ青柳の糸, らむ願ひ, らむ風も吹かず, らむ風かく我等のため, らむ風情流石覚悟, らむ馬道の, らむ鬼のなく, らむ魚類の運搬, らむ麒麟氏が妻, らめいくらか饒舌, らめいた揖斐川の, らめいつまでも無言, らめいら搦んで車, らめおとづれの游牧者, らめがけて切っ, らめさせずに置きたかった, らめさせない支えに, らめさわやかな声, らめしむることはあつても決して真実, らめそこへパーヴェル・パーヴロヴィチ, らめそれを押し隠す, らめたこと事務, らめども人, らめどもをりき, らめどれ程気落ち, らめど盲目眼は開かず, らめやうと思, らめようとした, らめ世を諦らめ, らめ乍らも何, らめ乍ら裕佐に笑顔, らめ乍ら遠くの方, らめ人工の限度, らめ内気に笑った, らめ別に言, らめ合た事, らめ唇を噛ん, らめ年経にし, らめ急に眼, らめ真野の榛原, らめ眼を大きく, らめ立居に落ち, らめ給へ我, らめ締りのない, らめ羞恥を押し隠す, らめ膏汗の額, らめ袂のかげ, らめ谷博士としめしあわし, らめ逐電致すより, らめ鈴子に訊いた, らめ鏖殺だ, らめ額に汗, らめ風呂敷を結び直す, らもうす痒い雜草, らもうすつかりガラツ八を, らもう一度うとうとしかけましたが, らもさのみに気, らもだえて死する, らもちと窮屈, らもつれて行っ, らもともと汚い奴輩, らものいらえん, らもの憂い影の, らももひぼけ, らもれてくる, らもろともにトロイア軍, らもろもろの臣, らもをかしくな, らやうな婆, らやがて目ざむるに至らん, らやくと急がない, らやくざだから, らやけに小田島を, らやこな, らやさしく駕籠に, らやたらに引っかきました, らやっこら二階へ来たら, らやったがバカ, らやっとのこと, らやっぱりまだ不平が, らやにわにノサれ, らやの高波に, らやらせて置け, らやりななえ, らゆうべのあの, らゆきてこれ, らゆすぶつて居りました, らゆったり肱を, らゆららと動かす, らゆる心そも, らゆるゆる懺悔話を, らゆんべワカサギ燒くの, らゆーらと尻尾, らよい肴が, らようまづぢや八九年, らよかった, らよくも疑がったな, らよくよく因業な, らよしっそれならそれ, らよどむとき, らよめねえよ, らよわれおんみより小さかり, ららかし錐揉むと, ららく声するは, ららぐるをお, ららしい気が, らられなくなつた, らられぬやうだ, ららんらんの闘牛楽, ららん心者でござるっ, らら聲たゆ, らら鯨油は, らりきいらど, らりぬ果報で, らりゃしないぜ, らりや世間も, らりょうが殺さりょうが, らりるろ, らり燃え上る焚火の, らるべきであってしかも, らるべきでありまた築き上げられるであろう, らるべきであるならばまた, らるべきでないことさらに, らるべきならそれは, らるべき恨も憎も火上の, らるべき憤りだと思ひます, らるべき有らゆる斜線と, らるべく与えられたものである, らるまじきうもれ木わざに, らるることになつた, らるるごとく言いさせらるるごとくふるまい, らるるすぐ手に, らるるどうやらその声, らるる如くただの一名, られつちやつたといふん, られつ三層の眞中, らが, らろかのう, らわいを掏, らわかい美しい女優の, らわかる筈である, らわざと鳴物を, らわしいほど見える, らわしげに赧らん, らわしらも共に, らわずかに三名, らわたくしを墓地, らわたしは横, らわたりを彷徨ひ, らわねえよう, らわれず自由に, らわれた同志は, らわれと武芸を, らわんとする, らゐざりの乞食, らゐでなければ迚, らゐならいつそ悪魔と, らをがつま木に, らをさえ体内に, らをといふ言葉が, らをまで侮蔑しつくしてる, らをよとく漕ぎ, らを通じてロシヤ語が, らアうちの親玉, らアお前のやう, らアこれツぽツちの金, らアざまアみろという, らアたしかに駈落ち者, らアとんでもねえ奴, らアアハハアすまないな, らアエヽ面を出す, らアコウ手前達ア此山に居, らアゴリネルだっていい, らアサマシヤと思った, らアトラクションはごめん, らアナ何もてめえッ, らアプレゲールは祖国なみ, らアル・カポネになる, らア一番灰汁洗いを喰わせた, らア人間はお, らア何うも大きに, らア俺は唯, らア写真を撮した, らア別にこの, らア反抗いするぞ, らア口の中, らア吉原の事, らア啓吉はよく, らア弱味を見せ, らア心配せねえでも, らア手前等を此処, らア棒組そう急いだ, らア此ん畜生, らア此処の教会, らア此様な田舎, らア殿様は如才ねえや, らア猪之松, らア疾うから, らア瘤の代理, らア矢っ張り洋服, らア糞でも喰らえ, らア行燈へ何, らア酔っぱらいに取り合っ, らア金物の味, らア鞘の光, らア馬ア進めただア, らア高萩の猪, らイギリス人はアメリカ, らイベットは長い, らイワンお家へ帰, らウソではなかろう, らウム詩は志, らオウオソ町北ヒッコリイ街九〇八番のホテリング方, らカッと此方, らカフェーの女給, らガアガアと喚き立て, らキキンで親爺, らキヌ川温泉で会議, らキャプテンへ冷静, らキリシタンたちは高槻城主高山右近, らキリストがまことの道, らキリスト信者の会話, らキリスト教徒のお手本, らキルヒホツフの講義, らクララの方, らクレオンで写生, らクレーヴシンを押え, らグラウコス又チューヂュース, らグレイスは, らグロキシニアと冷たい, らケロリとし, らコチトラの筆ぢ, らコツコツと仕事, らコンムニストにだまされた, らコーヒーカップでのませる, らゴモが敷い, らゴロネフ警視は近寄っ, らゴロリと転げこん, らゴンゾも芽, らゴーリキーはすき, らサイパン玉砕の新聞記事, らサッサとこの, らサンヤレ織の, らサヴェートの子, らザラ紙の原稿紙, らシップの住民, らシベリアへ追っぱらっ, らシヤーレの窓, らシヨパンのアンプロンプチユ, らジタバタして, らジャネットが新吉, らジャーナリズムは清貧, らジリジリと生垣, らジロジロ部屋の, らステーションや波止場, らストオヴの方, らストーブの側, らズバリと言つて, らセリフを入れる, らセンテイメンタリズムを脱せるなら, らソッポを向い, らソツと八五郎, らソ連に生き, らタア何の事, らダナオイ諸將軍, らチビチビと呑ん, らチョイと左膳, らチンピラのくせ, らチンピラ記者どもオレの社長, らヂツと見, らヂリヂリと詰め寄る, らヂロヂロ一座を見, らッぱぎもどこ, らッサなあ, らッ清正公様のお, らッ脛や, らツぱぎをこすツて行き, らツイ申しそびれて, らツイ自訴し兼ねて, らツイ鼻の先, らデモステネス以上の雄弁, らトロ押せねえだ, らトロイア軍勢を, らトロ族はみんな一つ, らドアの方, らドイツはわれわれ, らドイツ人をしぼり上げ, らドキドキして, らドスを利かせ, らドブ板をハネ, らナシヨナル通を歩い, らニコライちょいと, らニコリと笑っ, らニヤリとしました, らニュース漫談を書いた, らハタいて, らハッキリ睨んだからさ, らハヤシライス一ちらし一, らハランは起る, らバタバタと駈け近づいた, らバターを一, らバンナグロ街道の狐, らバ小弟亦薩長二藩, らバ谷中堤内の二村, らパイロットが寢そべり, らパカパカと三, らパチンと戸, らパンを竈, らパンパンパンと大変陰気, らヒイヒイと悲鳴, らヒューッという唸, らヒョイと顔, らビクビク生きて, らビールをあまり, らビール樽のよう, らピュッと横ざま, らピヨコリと頭, らピンと撥ねた, らフラついて, らフラフラと千鳥足, らフラリフラリと二階, らフランス人はむしろ, らブランシュの横柄, らブラームス好きをし, らブリッジにある, らブルブルブルと, らブルンブルンプロペラアを唸らせ, らプカリプカリと所謂山吹色, らプランタスの博物館, らプロレタリア文化の燈台, らヘごとを客, らベトーヴェンが悲劇的, らペコペコ二三度頭を, らペンを運ん, らホッと太, らホテルの廊下, らボテリと足もと, らボロボロ崩れて, らボンヤリするな, らボーイを無闇, らボートが岸, らポツリポツリ語り出しました, らポロポロと泣い, らポンと口, らポンポンシャンペンを, らよマヨネズ, らマジマジと娘, らママこれを見, らマルモ探検隊だけに独占, らミスキャストが尽きない, らムクを殺す, らムッとし, らメッヂイこれを御, らモヂモヂと言訳, らモッと前, らヤミ屋のガサツ, らヤラフを用, らユカイだつた, らユックリ眺めて, らラヂオのスヰッチ, らララそれだから, らリュックサックをかつぎ, らルウレットがいま黒, らレッキとした, らロゴスを指導, らロシア人じゃねえ, らワイワイ騒いで, らヲダか鯉, らとこの, らヴァイオリンの演奏会, らーさーでえ, らーア朝ーにーイわかー, らー手引き手の出ぢらー意地引き, ら一しきりとれたな, ら一たいどこからまぎれこんだ, ら一たび眼が覚める, ら一つ手つけて, ら一つ発見されずただ, ら一とわたり和吉, ら一ぱいに頬, ら一まきの横行, ら一ツには大岡越前守殿, ら一一飛行機の特色, ら一両だっていい, ら一両人のほか, ら一二のもの, ら一二度出て, ら一人のとをおい, ら一人はみやぢ, ら一代にどれ, ら一党を敵, ら一切の同勢, ら一列の馬, ら一刻ばかり此處, ら一千人の主, ら一同いま文句が出る, ら一同かくの如くおねがい, ら一同畑荒らしは, ら一同貴殿に同情, ら一吏あり刀, ら一品は古く, ら一家疎開者の客, ら一寸五十嵐の顏, ら一寸体をひねり, ら一席やらかそう, ら一帶の風物, ら一幀の絵画, ら一年一年と長く, ら一座にて一番目, ら一文半銭自分の身, ら一斉に咳払い, ら一族どもの足手, ら一族みなここの一堂, ら一時に群, ら一晩まんじりとも, ら一書もなし, ら一服喫いますと, ら一束の葱, ら一杯荷馬車や荷車, ら一枚の絵, ら一歩一歩念を押す, ら一段声を張り上げ, ら一派古学を闢, ら一流の品, ら一滴の血, ら一生人の頭, ら一生懸命兄の手, ら一生懸命本をつめ, ら一番乗りの歓呼, ら一番弱げに見えた, ら一番手近にある, ら一番最後の雨戸, ら一番氣の確か, ら一睡もせず, ら一組が山賊風, ら一絲亂れずに, ら一緒に敷居, ら一群の中学生, ら一般の貧弱さ, ら一行十四名和田校長を部長, ら一言申開き致そう, ら一詩を賦さん, ら一足が近づい, ら一足先へまいる, ら一軒殘らず手, ら一連のつながり, ら一週間許り空しく, ら一錢もねえ, ら一門の非望, ら一間余りも飛び退った, ら一階のま, ら一面真赤になっ, ら一類が為す, ら一首作つて書いて, ら丁寧に娘, ら丁度橋の中程, ら丁稚番頭たちはよく, ら丁髷の爺さん, ら七八丁下った狭苦しい, ら七名は全部凶悪, ら七里の道, ら三下のうち, ら三人城中へ逃げ込もう, ら三人姉弟なの, ら三人汝と武技法術, ら三人組は竹屋卿, ら三代の宿将, ら三兄弟にもその, ら三十二三の男, ら三十余人とともに京師, ら三十近くなつて, ら三十間ばかり北, ら三千兩の大金, ら三右衛門は恐る恐る, ら三名裏口へ廻れ, ら三味線を弾く, ら三四人の若衆, ら三國屋へ行つたの, ら三島と火鉢, ら三年の間, ら三年前座をしなけれ, ら三度の飯, ら三成を憎み, ら三抱ぐらいの天然, ら三時間目の習字, ら三村屋の立退き, ら三杯酢はすっぱい, ら三河の田舎武者, ら三河武士の骨, ら三疋ばかり食い殺し, ら三百ルウブル出しても, ら三百餘人を捕, ら三藏と快, ら三郎兵衞の指, ら上つて来たので, ら上り框に腰, ら上京し明治座, ら上士のもの, ら上手でも道具, ら上杉衆の中, ら上村の奥, ら上東門外に迎えた, ら上根ならば, ら上機嫌で歸つて行, ら上段で庭, ら上田の町, ら上田敏の訳, ら上目で丑松, ら上眼づかひに, ら上眼使いに相手, ら上總屋へ嫁, ら上院議員のステーンセン伯爵, ら上陸させて, ら下々の者, ら下げるのに, ら下って来た, ら下りいでまして, ら下伊呂村の外れ, ら下品な西洋人, ら下帯しむることかなはず, ら下役のいい, ら下役人の手配, ら下手人の意圖, ら下獄の伝説, ら下男部屋の雨戸, ら下級の兵, ら下級外交員の気持, ら下駄の歯, ら不公平にし, ら不可んよ, ら不器用な覆面頭巾, ら不在の節, ら不埒だと, ら不届き者め諸物価騰貴, ら不平相にブツブツ, ら不快な記憶, ら不思議博士の身体はぶーん, ら不思議林檎はグチャリ, ら不思議金博士の驚異軍艦ホノルル号, ら不所存な, ら不浄な血, ら不肖の子, ら不運にし, ら与へられし皮蒲団を, ら与へられるのであり, ら与力は云, ら与右衛門様の前, らく待て, ら世の中の人, ら世態が變, ら世話を見, ら世話物で當, ら世辭いふわけぢ, ら世過ぎにせわしき, ら世間話が続けられた, ら両側の花道, ら両者が没交渉, ら並みに恋愛, ら並んでいる, ら並居る侍臣達は, ら中ガタガタになっ, ら中メチャメチャですよ, ら中一面にユラメキ, ら中国人が今日, ら中國を經, ら中央の, ら中学校で幾何, ら中家中にひっこしひっこしし, ら中屋から飛出す, ら中島棕隠頼山陽の二家, ら中江川平太夫を顧みました, ら中細に調べられ, ら中絶する日, ら中間勤労者をも含む, ら丸みがあり, ら丸太棒を押立, ら丸髷に結った, ら丹田に力, ら主人峰右衞門が袂, ら主流となつて流れ, ら乃公の家, ら久し振りの上京, ら久保田にかけ合, ら久方振りで眺められる, ら久米野の家, ら久高知念玉城に行幸, ら乗ったタクシーの, ら乗っとる人が, ら乗りかうる, ら乗り入れたときは, らり出し氣味, ら九人の者, ら九人母のみにかつかつ, ら九兵衛は様子, ら九十余の藩主, ら九十六人ほかに日本, ら九州文学の人々, らふ告げよ, らと云, ら乱賊の難, ら乳房の下, ら乾分の山岡順太郎氏, ら乾雲の一団, ら亂暴に駈, ら了解できたの, らの身辺, ら予等の為, ら争うてこれ, ら事ぶつ死ぬまで, ら事情を知らない, ら事物の実際, ら事珍らしく述, ら二たつら赤あかと大蛇, ら二つ三つガランガランとやる, ら二ノ濠わきのお, ら二万余騎である, ら二三の人, ら二三日世話になりました, ら二人何を目論ん, ら二人栄さん私井汲さん母子という顔ぶれ, ら二人首打ち落とすが, ら二十一二の青年, ら二十七八の若い, ら二十七歳の冬, ら二十三名の柳門選り抜き, ら二十二三の良い, ら二十五兩包が四つ, ら二十四五の良い, ら二十数名をよびあつめた, ら二十町もある, ら二台の車, ら二度ともう此処へは, ら二度三度呼鈴を押しました, ら二旒の白旗, ら二時三時までも夜, ら二服殘つた白い粉藥, ら二本一対にしたい, ら二本棒だつて云, ら二番目だと, ら二神の戰場, ら二途の來路, ら二陣となり, ら云ったのだ, ら云つた答が面白い, ら云つて茶を注いだ, ら云ひたい景色であつ, ら云わんとたべん, らみに, ら五つ迄は, ら五人ズラッとハア, ら五六人赤黄紫などの小, ら五六歳から十歳, ら五十米突ぐらいな高低, ら五十銭やつてパン, ら五台の馬車, ら五日も経て, ら五町程汗, ら五百人この乞食ども, ら五經の爲め, ら井戸替への, ら井戸替えの済んだ, ら井手今滋さん, らと返答, ら些少です, ら亜炭の火, ら亡き姉を, ら交際を求めたら, ら京姫の輿入, ら京都へ朝日会館, ら亭主の後, ら人力の勝手, ら人力車が一台, ら人外の分際, ら人殺しの兇状持, ら人波を分け, ら人物を鑑識, ら人目も関はず, ら人知れず詩作を, ら人質になつ, ら人足の日雇銭, ら人道の方, ら人違ひと言つて, ら人間さまのお, ら人間らしい英雄である, ら人間的である, ら人間達よ人間達, ら今お国では, ら今ごろは道, ら今しがたお前の探しあぐね, ら今はんまた明日, ら今みたいな役たい, ら今や酒宴の, ら今三時を点, ら今夜を期し, ら今宵の策動, ら今年は裸体, ら今彼らの滅種政策, ら今日うめえ處聞, ら今日目のあたり見る景色, ら今更怖毛, ら今朝八時に東京駅, ら今糊を附けた, ら今般如何なる事ゆゑ御上坂町奉行, ら今言の和名, らに帰命, ら仏弟子が救い, ら仏性あらんは, ら仏間の, ら仔犬可哀そうと思う, ら仔細あって, らやうねえ, ら仕草から衣裳, ら他哩のない, ら他方出来る丈苛酷, ら他方飯を頬張られた, ら他界に行く, ら他面に於い, ら付かせている, ら付け廻し追い廻し捕えようと, ら仙骨を持たない, ら代って建て, らて務, ら以ての外の首, ら以上殿のお, ら以下城中の士気, ら以下手飼いの郎党小者, ら以下百に余る, ら以前の明る, ら以爲へらく, ら有います, ら仰いで天皇陛下, ら仰ぎ見たる時の, ら仰せ出されたもの, ら仰せられねばならぬ, ら仰天して, ら仲よく遊んで, ら仲間同志を制裁, ら任じてゐた, ら企て及ぶべしとも覚えず, ら伊勢屋の女房, ら伊吹家の未亡人, ら伊藤公の手, ら伏ぎて御船え進みき, ら休ませて月給, ら休みみづからを, ら休み澄み渡りて底, ら休暇かい, ら会下山の陣, ら会心の微笑, らの敵, ら伜二代目勘兵衞の仕事, ら伝授したまひ, ら伯母様がこんな, ら伯父の足, ら伴天連一味の者, ら伸ばし箒を, ら伽羅や沈香, ら声で, ら低きこゑにて病を, ら住居になつて, ら体得して, ら何うしませう川下, ら何かと葬ひ, ら何ごとかまさぐり, ら何すれぞしかく堕落を, ら何ぞ浮雲の, ら何だえこんなに早く, ら何だか恐しい, ら何で毎晩薬飲まされ, ら何と思うてか, ら何とか工夫を, ら何とて神の, ら何とも評論の, ら何やら深々と考, ら何ゆえに朕, ら何人で形容卑劣, ら何千兩といふ金, ら何卒獏が, ら何年もこ, ら何度斯様な賑やか, ら何彼と見て, ら何方方面の女, ら何時の間にやらその, ら何時八五郎に脅かされる, ら何杯も何杯, ら何気なく第二, ら何気なしに云, ら何物をもひそか, ら何用がある, ら何百人何千人の壽命, ら何糞と思つて, ら何處迄世の中は單純, ら何赤川大膳ぢやと天一坊, ら何軒かし, らは隣組反対論者, ら余り親くしなかつた, ら余念もなく, ら佛樣に供, らつて, ら作つて來たとでも, ら作らなかつたまでで, ら作家も時に, ら作家どもから笑われる, ら作日等見て, ら作物ばかし困んだ, ら作風のみは大人君子, らし頗, ら使用の場合, ら來年からし, らの一死, らの者たち, ら侵略するよう, ら促し顏に, ら俗人どもの胸, ら俗謡の話, ら保たれて来た, ら保つ明日の, ら保證したこと, ら保護しなくも, ら信ずるやうに, ら信州の高島, ら信州訛でやれ, ら信者に化け込ん, ら信長の戦法, ら修せられ散乱の, ら修辞派の主張, ら修養を積め, ら俳味あり, ら俸給を受取つた時, ら俺様が森, ら倉庫の中, ら倉賀屋の主人, ら倒れたり起き, ら倒れかかった江戸大, ら倒れた犬を, ら借金も無くなる, らに政府, ら偉いことに, らにはぞんざい, ら健誰と寝るん, ら偶人を以て現した, ら偽札を使ってた, ら傍若無人さを極めました, ら催すかまた, らはつて來, らが見えた, ら傷つきたれば, らえた錢, ら働いて居ります, ら働きの最も, ら僕自身の罪, ら儀年まかり寄り, ら優しい言葉の, ら優に総計大版百万枚に, ら就公以来恩顧の, ら元気を出せよ, ら兄弟三名は各, ら兄弟五人を育て上げ, ら兄弟子三枝松政吉氏が後, ら兄弟長兄と次兄, ら先々代からの知遇, ら先がけて解放, ら先づ泥棒には珍, ら先生ぽかんとして活動寫眞, ら先着の者五, ら先祖の御, ら先達するものの, ら先鋒としてこれ, ら光ってながれ, ら光る銀の, ら光明が放たれ, ら兎角出不精に, らを組み, ら入って来た, ら入りこんだ敵の, ら入り給ふとすれ, ら入れて呉れる, ら全力を盡, ら全滅決死の覚悟, ら全身黒毛で被, ら全部一度に毒殺, ら兩國を渡つて相生町, ら兩者の見地, ら兩袖に清風, ら兩親の敵, ら兩足を使つて字, らに少し, ら八千は五千, ら八名は先手断行, ら八幡船の力, ら八百長と云, ら八階に通ずる差掛, ら公卿の子, ら公堂に到り, ら公衆の投票, らひら散つた梅, ら六名の漁夫, ら六名お召抱えになった, ら共めがッ, ら共同の宴缺, ら共産主義者は婦人, ら共鳴を感じた, ら兵家の者, ら兵法の道, ら其人の生涯, ら其人文現象のみを意味, ら其先は深い, ら其前に盾, ら其口唇で嬉し, ら其哲学の為め, ら其奴の周囲, ら其娘は懐中, ら其性質を一瞥, ら其支度にぞ及びける, ら其日の糧, ら其昧を曉ら, ら其時私が, ら其末が直ぐ, ら其本人を種々, ら其様な女, ら其死骸が馬丁並, ら其第十回魏玉卿が學生中, ら其等の若い, ら其處さ入れて, ら其諷誦の動作, ら其財布を懷, ら其邊を見, ら其那ことに力, ら其都市を燒, ら其釣錢を投げ込む, ら其間を長く, ら其隙が無い, ら其雨の中, ら其頂上に屍體, ら其顏はだ, ら具現する一種, ら典型の創造, ら内儀の云う, ら内容と形式, ら内心いくらか弟子入り, ら内懷を探, ら内部で何, ら円い柱と, らくり返された, ら再びお鳥, ら再婚を勸め, ら写真もお, らのいみ, ら冠つて居る手拭, ら冴え返つて戸, ら冷かしますと男, ら冷たさも, ら冷たい酒を, ら冷吉は可笑し, ら冷笑して, ら凍ったような, ら凛々と響かせます, ら凡人が私利私欲, ら凡人どもには一代, ら凡庸に育った, ら凡愚煩悩の大衆生, らの子, ら凧絲の一端, ら凶器を持っ, ら出されはしない, ら出すめえな, ら出せるだけの船, ら出た小枝が, ら出ツ歯を長い, ら出会した事件中の, ら出入りの呉服屋さん, ら出勤す, ら出島の渡し, ら出張一方オリベイラ予審判事一行, ら出張つて來て檢死, ら出會した事件中, ら出来ず小な, ら出来たものと, ら出来ないことも, ら出来ますから一服, ら出来るだけ妻, ら出色の所, ら出雲国造神賀詞は幾分, ら出馬して, ら分ってらい, ら分岐して, ら分類的に整理, ら切り殺したよう, ら切實な問題, ら切戸を押しあけ, ら刈りこんでいい, ら刑死せる年, ら刑法に依頼, ら列べて比較, ら列挙なされて, らまるので, ら初め南町奉行所は庶民, ら初夏の日, ら初年兵は他, ら判って来た, ら別問題である, ら別部を爲, ら利己主義的なりと, ら利己的と認めたる, ら利根の輩五人, ら刮目して, ら刺しちが, ら剃り落して伸び過ぎた, ら前列に虔, ら前夜から博奕, ら前屈みに顔, ら前年護謨林に従事, ら剣術を知らん, ら院長は, ら割り出されていた, ら割り切れない心持で, ら創作をつづけ, ら劇団に紹介, ら劉焉の微力, ら力み出す黒い団, ら力任せに為吉, ら功名顔をする, ら功夫となり, ら加減が悪く, ら加納屋の樣子, ら十を, ら助け舟を出します, ら助産司る, ら勅赦状に, ら勇しき英氣弛むること勿れ, ら勇敢にもあらゆる, ら動かざるにその, ら動くものに, ら動けなくなつて, ら動揺する船橋, ら動物試驗を擔當, ら動詞の解釋たる, ら勘太郎の遺骸, ら勘平をやり, ら勘次さんに聞いた, ら勘辨して, ら勝つも負ける, ら勝手元の方, ら勝盃を贈る, らるやう, ら勤労大衆がもっと, ら勤勉であると, ら勿体ぶつて, ら匂いをさせ, ら匕首で自分, ら北利根の流域, ら北寮丈にホク, ら北種は東西, ら匠作泰時さまの御, らに志し, ら医科大学の教室, ら十一人と連れ立っ, ら十一名が登城, ら十一月上旬の野辺, ら十七世紀の名画, ら十二三人襷懸にて, ら十二人青銅に酷く, ら十二月の近い, ら十五代を経, ら十五日下痢つて癒つたが俺ら, ら十余人猛然として一団, ら十八人のうち, ら十六人江戸へ向け, ら十六夜の月明り, ら十円づつも貯金をする, ら十吉の方, ら十年越し仕送り, ら十数人を殺しました, ら十数名手に手, ら十米突ぐらいまでの北西, ら千世子の様子, ら千五百里の道, ら千人の垢, ら千兩程の大鳥, ら千兩箱そのものが摺り, ら千円を費, ら千古寸心の四字, ら千圓を費, ら千種十次郎を自分, らまでには大方, ら半ば嘆願するよう, ら半分くらゐ拾, ら半時間ばかりも留つて, ら半歳も溜める, ら半紙を綴ぢ, ら卑しき犬等の, ら卑屈だぞ, ら卒然として言った, らを囲ん, ら卓上演説をなし, ら卓子に手, ら卓見であつ, らわぬ, ら協同一致して, らへ半丁, ら南京豆を噛, ら南北の與力五十騎, ら南老人へ渡し, ら博徒その儀, らあが, ら印南が五十前後, ら印度濠洲南洋諸島へ掛け, ら危險ならずやと, ら即ちクロニオーン・ヂュウスに, ら却って一大事だ, ら却つてこの野郎, ら原稿を書い, ら原稿さへ貰, らへ去った, ら厩橋の発着所, ら厭あな心持がした, ら去り行く列車の, ら去来に何, ら参ったのでございます, ら參館てとはおも, ら又五郎を宥めます, ら又四郎の顔色, ら又坂ぢや今度, ら及ばざること遠し, らのなさけ, ら友人と対談, ら友達が珍, ら友達仲間はめたん子, ら反乱罪で銃殺, ら反問した, ら反対に前, ら収穫の光景, ら叔母さんは云った, ら叔父共の庇護, らなし顏, ら取りまき家臣ら猟り, ら取り上げて論じた, ら取り出したのは, ら取乱した姿の, ら取付けた様な, ら取扱い描出が嶄新, ら取次いでくれ, ら取沙汰致候程の者, ら取立てて言, ら取返しの付かない, ら受けてゐる, ら受信が続々, ら口づけし, ら口上をとち, ら口傳により未だ, ら口元に浮ん, ら口惜しけりや, ら口笛を吹いた, ら口許に薄笑い, ら口論に耽, ら古い演藝画報の, ら古き御家の, ら古代のもの, ら古参の兵, らなりと宣, ら只じっと堅く堅く息, ら只ぢや歩い, ら只ヱホバをかしこ, ら只一打にて逃散, ら只管自分が跳躍, ら召使の者, ら可愛ゆい我等, ら可憐の群, ら可笑しや, ら可笑しくってお, ら可能の分, ら台所のドア, ら叱られるよ大事, ら叱りつけて制する, ら右側に見える, ら右往左往する彌次馬, ら右曲者の面體君, ら号叫する, ら司馬遷の天下, ら有志の, ら各自に背負い, らひいつとは, ら合掌し熱心, ら合掌低頭した, ら合評の紀行文家月旦, ら吉祥寺前の家, ら主義の, ら同士がささやき合せた, ら同志友人がここ, ら同族の長上, ら同業者の生活, ら同様厠に上る, ら同様武門の子, ら同様祝着にたえぬ, ら同様語頭に来, ら同郷の者, ら名人らしく蟠り, ら名告りメエルハイム, ら名探偵に助け舟, ら名殘りが, ら吏たる者の職分, ら吐きたりし, ら向こうで見, ら君側はただ, ら君達は未だ, ら君餘りにも, らくが, らと云, ら吹き募った嵐を, ら吾儕にばかり裃, ら吾妻橋へと差蒐, ら呆気なく死んで, ら呆氣に取られ, ら呆然として為す, ら呉れたのは, ら呑ん平には, ら呑んだ煙草は, ら呑牛と僕, ら呟くのが, ら周囲の子供ども, らてて何ぞ, ら鳴ったが, らり声, ら呼ばれさせ給ふ, ら呼ぶ其声が, ら呼んだのは, ら和七は一生懸命辯解, ら和宮様御降嫁, ら和泉守遺子鐵三郎を隱, ら和談の儀, ら和議を唱え, ら咎められさう, ら咲いて居ました, ら咲き継ぐ, ら哀しみを捉, ら哀れを催し, ら哀願した, ら品位のある, ら品物を渡す, ら哲学の学徒, ら哲學とドイツ語, ら唄うのである, らの制度, ら唐天竺の都々逸, ら唐崎の松, ら唐櫃の先, ら唐箕は強く, ら唐黍畑の傍, ら唯もう夢中で, ら唯一人歩み來る飛衞, ら唯二人アムブロシヤの夜の, らでも吐き, ら唾棄の思ひ, ら商家のめしつ, ら啼き始めるのださうである, らなる第, ら善き出版物を, ら善吉は膳, ら喉一杯の声, ら喊聲に飽かざる, ら喋舌る, ら喘ぎ乍ら跳び立つた, ら喘ぐ聲は, ら喜ばしい時を, ら喜八は平次, ら單衣の寐卷, ら嗚咽しわめいた, ら嗜みよくお, ら嗤つてゐたが, ら嘘ぢやあるまい, ら嘲けらざるを得ない, ら嘲りこれに, ら疲れるだらうなあと, らを致しました, ら噺家なんぞまるで何とも, ら四五人の頭株, ら四五十人もい, ら四五名に過ぎざる, ら四人きりか, ら四列の虹, ら四十一名は旧, ら四十年前のなつかしい, ら四家の展覧会, ら四方山の咄, ら四方構はぬ, ら四種の兵隊, ら四郎を手, ら回顧に耽つ, ら因果の種, ら団七の持つ, ら団地の夫たち, ら困った困ったと云う, ら困っちゃってね, ら困りますがな, ら固く信じて, ら固唾を呑みました, ら固有の民謡, ら国内の主要, ら国学者或は歌人, ら国歌を研究, ら国民全体に是非知つて, ら国語教育の一分野, ら見の, らまる木材, らは江戸, ら園田氏の顔, ら園花枝と顔, ら圓太郎はん上機嫌当たり前や, らを耕し, ら土俵に現れる, ら土匪にすら通ず, ら土噛つてもそんな, ら土地の下, ら土堤に沿っ, ら土左舟のうち, ら土百姓と違つて女, ら土耳其軍へ数隻, ら土足の儘, ら土鍋に片口, ら圧されるやうで, ら圭一郎に見せた, ら地べたを舐める, ら地主に, ら地勢にくわしい, ら地方の人民, ら地球の廻る, ら地球人間よりもすぐれ, ら地球人類以来の歴史, ら地租増徴に依頼, ら地面へへたばっ, ら地頭職の訴, ら坂路を伏目勝, ら坂道を上つて行つた時, ら坐っていた, ら坐つたが張合, ら垂れて眼, ら埃だらけの顏, ら城中の者, らの, ら執られるという意義, ら堅い帽子を, らをさして, ら堪え兼ねて今日, ら堪へずして, ら堪らなそうに, ら報われる満足を, ら場末のグヂヨ, ら塀隣のお, らは少し, ら塗れる伯林青の, らを理め, らを与へる, らを生ず, ら塾生一同が徹夜, ら境遇の制約, ら墓参の途次, ら墓場まで持つ, ら墓石の前, ら増し判断は正確, ら墨絵の模様, ら壁画の中, られ半, ら士大夫が実践, ら士官一同の前, ら声名ありし時代, ら声高らかに叫ばない, ら弘めの, ら売女の分際, ら変つて見えるの, ら変性するに, ら変格を類推, らの浜, ら夕食ブラックホワイトを又, ら夕飯の仕度, ら外一人をよび出し, ら外箱と中箱, ら次郎を, ら多くの乞食, ら多く野にある, ら多分メールに, ら多勢それぞれ焚火のまわり, ら多勢走り廻って, ら多年高禄を喰, ら多数で追っかける, ら多治見四郎二郎国長の矢さき, ら夜勉強するとき口, ら夜天文を観る, ら夜更けの街, ら夜盗にもあらず, ら夜通し蚊帳のぐるり, ら夜遁をする, ら夜遊びしくさって, ら夢にもさような, ら大きく見開いた黒い, ら大した家柄ぢや, ら大人しく其処で, ら大使館として色々, ら大儀い, ら大凡下の一人, ら大同団結遊説のため阪地, ら大和民族はき, ら大坪家の跡取り, ら大声を放つ, ら大学のころ, ら大学教授たちはこういう, ら大将たる者が歓び, ら大層よくなつたん, ら大岡川の流れ, ら大川の流れ, ら大工の下, ら大工さんが笑ふた, ら大御心を, ら大抵やあれ, ら大挙して, ら大方洗ひ, ら大望のある, ら大根を求め, ら大森浜の人気, ら大森濱の人氣無さ, ら大正の文学者, ら大江山へ飛んだ, ら大澤傳右衞門は娘, ら大粒の泪, ら大股に歩み, ら大言者汝ら今はアカイア, ら大辻さんには分っ, ら大金の掛つて, ら大門があり, ら大阪の大学病院, ら大音上天一坊は贋者, ら大頭はつと, ら天が下を二つ, ら天ぷらをウン, ら天下泰平の表情, ら天保銭三枚もって, ら天命をまつ, ら天地の悠久, ら天宝銭でも八文銭, ら天才作家たちの夢, ら天明の諸家, ら天野久左衛門は五本, らえ奴, ら太い溜息を, ら太平樂を言つて, ら太郎丸の手の者, ら太閤記十段目だけは一寸, ら夫人を相手, ら夫婦のに決められた, ら夫婦ひと月ぶんの生活費, ら夫婦喧嘩でもした, ら夫婦島よりここ, ら失礼なこと, らやし, ら奈何して, ら奈何銀之助が言, ら奉公の誠, ら奉公人はいずれ, ら奔せいでて, らの噴水, ら奥州総奉行, らの方, ら奧州に巡錫, ら奧縞を著用, らへアカイア, ら奮つて男兒たれはげしき, ら奮起一番剣を払つて新来, ら女人は将軍, ら女優の海水着写真, ら女史はこっち, ら女同前の輩, ら女婿ら共に引き返し, ら女将はひとり, ら女房のお, ら奴隷で近代人, ら好かない理由を, ら好からうが, ら好く只馬小屋, ら好みも上品, ら好もしいことの, ら好んで逆賊, ら好事家に取り, ら好奇心がない, ら好感の持てる, ら如き喰いつぶしを, ら如何なの, ら如何にも氣が, ら如何程内心は動乱, ら妖怪御取り調べ相成る, ら妙齡の婦女子, ら妥協した, ら妻戀稻荷の前, ら姉妹は現世, ら始まったぞと私一ツ腰, ら御こいつ, ら姙めり, ら姙娠しない様, らを悦ばせ, ら姿かたちまでお母様, ら娘つばめの成長, ら娼婦は呟いた, ら婆さんの話, ら婚禮の盃, ら婦人に在り, ら婦公の武林文子, ら嫁さんの顔, ら嫁樣の衣物, ら嫉め嫉め師匠の, ら嫌ひではなかつた, ら嫌ひで嫂さまと正式, ら嫌ひと云つてしまへよ, ら嬉々として表, ら子どものころ, ら子供らは母, ら子供時代の好み, ら子供時分にはやや, ら子分にはつめ, ら子分さんたちが森はんとこ, ら子刻の鐘, ら子墨子といふ譯, ら孔子とは色彩, ら存ずる子細も, ら存在としての歴史, ら孝行するなら兩親, らり目当, ら孤兒の身, ら浅く才, ら学問の道, ら学生生徒にふさ, ら学究の行動, ら孫たちが身, ら孫軍曹の肩, ら學課として教師, ら宇太松はひたむき, ら守ることに, らの, ら安心して, ら安楽椅子の上, ら安樂椅子の上, ら安雄さんと小さい, ら完器を破, らに同意, ら宗右衛門町を戎橋, ら宗親の会同, ら定まりたる道路, ら定めようと元, ら宜しく身を, ら実施されたさうだが, ら実行せられた, ら室子は急, ら宮商に適, ら宮方はなお, ら害獣を天誅, ら家人として一応, ら家塾に命じた, ら家宅捜索をさせ, ら家庭教師はさすが, ら家臣の輩, ら容斎の教, ら容易く認め知る如く, ら宿の妻, ら宿老よりは末輩, ら宿老どもが尼ヶ崎, ら宿題をやっ, ら寂しき者は, ら寂しげな夕間暮, ら寂れた中にも, ら寂寞蕭散の光景, ら寄せましてご, ら寄つて隱し持つた脇差, ら寄らばこの, ら寄り合い故里見, ら寄り寄りにこの, ら寄り添つて来た, らと丑松, ら密林の闇, ら富んで来る, ら富山七之助は出, ら富豪どもは大名, ら寐入つたのでは, ら寒いので膝, ら寒く暗いものに, ら寒ざむと震え, ら寒しとて毛布, ら寛仁大度の事, ら寛政文化の諸, ら寛永十四年は暮れ, ら寝足りた感じを, ら寝間着の襟, ら寢褥を敷い, らしさ, ら實用的歴史の性質, ら實習したわけ, ら實驗實證に依, ら寧ろ往来の, ら寫實が唱, ら寵愛の手の平, ら寶永の初め, らで謠曲會, ら寺住の身, ら寺院の法規, ら対馬守は突然, ら封印を切, ら射たまへ, ら射つよ, ら射る勿れ, らに某日, ら将卒には得心, ら将士は捨てられた, ら将来の民族発展, ら将軍らしさ, ら專務さんも喜ばはるやろ, ら尊し尊し銀の, ら尊貴族の信仰, ら尋ねる必要は, ら小さく畳んだ画, ら小人にとっては人間, ら小倉袴のぶん, ら小判なんてもの, ら小判形の八五郎, ら小勢ではある, ら小国の輩, ら小坂の観音, ら小天地想たるべきもの, ら小娘に派手, ら小学生も立ち並んだ, ら小學生も立ち, ら小春日和を書く, ら小柄を抜い, ら小石川にかえった, ら小石川麻布は江戸, ら小笠原流の貧乏搖ぎをやつて, ら小綺麗に祀, ら小舟にて早, ら小言を言つて, ら小説を生み, ら小野の家, ら小金をため, ら小麥大麥刈り, ら許慄へて, ら少くて今日, ら少しくその激しき, ら少年たちはつねに, ら少年時代には未だ, ら少時柔かい春, ら尚武の風, ら尤められる積, らをあげよう, ら尻込みをし, らに成りたい, ら尽力して, ら尾張中将斉朝の市谷門外, ら居家日用の事, ら居間に引返し, ら屈みて逃, ら屋並の上, ら屋中の荒ら屋, ら屋内の様子, ら屋外で仕事, ら屋敷に殘, ら屋敷内にさよう, ら屋敷町の垣根, ら屍體をそこ, ら屏風の如く, ら屑屋が來, ら山の上を歩き廻つた, ら山ノ井金之助は続けました, ら山吹だナ, ら山吹きの御, ら山家武士にはまず, ら山田は渋々, ら山男という, ら山荘の召使, ら山高帽を被, ら屹度冷汗であつ, ら岩さんを迎い, ら岩の上へ置く, ら岩井の眼, ら岩石の多い, らだと, ら島一つ一つ趣のかはるの, らに近い, ら折れるよう, ら川ト云フ川アリ是ヲ界トスルナリ, ら川ハ加賀川ノ入, ら川上の方, ら川上源左衞門の弟治太夫, ら川向うの生家, ら川岸の土堤伝い, ら川筋を上, ら川蒸氣の顫動, ら巡り巡って, ら巣鴨の屋敷, ら巣鴨仲町の一角, ら工人達は普請, ら工合がわる, ら工夫がひとり, ら工藝技術に興味, ら左京の作品, ら左京兆が急病, ら左右前後に眼, ら左孝の枕元, ら左様になつ, ら左門めを討っ, らに人込, ら巧まない氏の, ら巧みな兄, ら巨万の富貴, ら巨蟹を捕へ, ら差しつ押へ, ら差別を立てず, ら差支へ壯年, ら差触りなくおでん屋, らまむ, ら已むを得ず, ら已む能はざる, ら巻くたびに, ら巻煙草の灰, ら巽九八郎は少し, ら市中出火の折, ら市街の方, らにて包まれ, ら帆掛船が遣, らの行幸, ら帝国の貴族, ら帝国大学も伝染病研究所, ら帝室に依頼, ら師匠の顏, ら師友の間, らを立つ, ら帰つて行つた, ら帰国せる者ら, ら帰省の由緒, ら幇間の左孝, ら平々凡々の尋常一樣, ら平七に言った, ら平和をいのらん, ら平次暫らく立ち淀みました, ら平民の甚だ, ら平民どもが, ら平氣だらうが, ら平生はゆるゆる, ら平野に主, ら年イ拾うて, ら年中蛆を, ら年中腰を拔, らなき神, ら幻想の燈かげ, ら幼い耳に, ら幼児の如くならざれ, ら幼少の頃, ら幼穉な試論, ら幼童の耳, らはどことなく, ら幾たびもくすくす, ら幾つかの椅子, ら幾らも耕, ら幾らか得意に, ら幾子のあと, らに就いた, ら床の間の奥, ら床几に腰, ら床板ばかり氣, ら底拔け騷ぎをやらうといふ計略, ら店口はしもた屋, ら店賃や味噌醤油代, ら店頭の卓, ら度々行く奴, ら座敷牢の中, ら庫裡の中, ら庭前の白菊, ら庶民の理解, ら廊下の古, ら廟堂の臣ども, らく城門, ら建具屋へ料理, ら廿人斗の同志, らへぬ, ら弄んでいた, ら弓取りは必然, ら弓矢の家, ら揚げたの, ら引き寄せられて行く, ら引ずって歩いた, ら引っ込みがつかねえ, ら引返して逆, ら弘化三年に壽, ら弛む氣に, ら弟十兵衞の女房, ら弟子はいくらでも, ら弟子仲間で心配, ら弥勒菩薩の座像, らかつた, ら弱き者間なく懈怠, ら張ったのさ, ら張らせられる張子の, ら張る氣に, ら張扇をペタペタ, ら強かつたかんないや, ら強制して, ら弾みあまるか, ら彌次馬の右往左往, ら国は, ら当りに一人, ら当人が飲む, ら形容し盡くせ, ら彦兵衞はさ, ら彫りに角度, ら彫刻は鶴井君, ら彫金師は一, ら影燈籠は再び, ら彼岸過ぎの陽, ら彼方へ飛び, ら彼自身のこころ, ら往いて求めん, ら往きてもろもろ, ら往き見むと, ら往來の人, ら往復した, ら待って居る, ら待ってたのに, ら待合の帰り, ら待機して, ら律法を弘宣, ら後ろからイソイソ, ら後ろ向に挨拶, ら後ろ手を伸し, ら後学の徒, ら後悔しないでは, ら後進の士, ら徐に港口を, らのすなわち, ら徒らにだだ, ら徒弟の通常, ら徒歩に其國, ら従軍者のため, らをした, ら得意なる背亀, ら得意げに僕, ら御免だ, ら御国の御, ら御坊はこれ, ら御墨付と御, ら御子代部のあつ, ら御家人の不安, ら御殿の前, ら御用と來, ら御覧赤字で岩, ら御足労を願い, ら御身分の御, ら微かな一筋, ら微力といえ, ら徹定させて, ら心ならずも止めて, ら心地で住めなく, ら心地よげに, ら心安まるすべ, ら心悸の高まる, ら心樂しく若し, ら心細い植木の, ら心腹なり, ら心臆して, ら心臟の皷動, ら心血を此の方面, ら心鎮ずして糸, ら必然の歩み, ら必然的に別, ら必要以上に贅澤, ら忍びたる辛苦, ら忍び足で戻つ, ら志士はいったい, ら志賀直哉論に変化, ら忘れて喚ばり, ら忘れてたつけが, ら忘却せしめる結果, ら忙し相に, ら忠之の反省, ら忠實な犬, ら忠良なる不, ら忠誠なる陛下, らとする, らの爲, ら念入りに四方, ら怒つたつ位遁げつ, ら怒るよ, ら思いもよらない, ら思いかえし思い直してはまた, ら思いがけない強い力で, ら思い出しよくもまああの, ら思い出したように, ら思い切って医師, ら思い切ったものだ, ら思うたことは, ら思ったのだ, ら思ひついて何, ら思ひ出してもぞツ, ら思ひ出したやうに, ら思ひ出し思ひ出し續け, ら思ひ出せないのか, ら思ひ切つて言はれ, ら思ひ切つた樣子で, ら思へばこれ, ら思想を裏書, ら急がれて來, ら急ぎますゆえ, ら急ぐからな, ら急行列車の夜, らのある, らつと考へてる, ら怪しからんこと, ら怪む身の猶, らじ気, ら怯え切つて唇, ら怯懦のため, らんで腹疫病くつ, らる, らむその, ら恃める相馬小次郎将門, ら恆心も生じ, らの邪魔, ら恋しき人の, ら恋人を抱いた, ら恍惚たる気持, ら恐くは兄鈴木, ら恐しいやらで, ら恐れなば, ら恐れず搦め手へ, ら恐れながら外国の, ら恐怖に絶句, ら恒心も生じ, ら恢復を祈り, らを打ち明け, ら恥しいのや, ら恥ずかしがり屋, ら恥ずかしくてたまらなく, ら恨んでて, らを久しく, ら息吹を真向, ら息女らを暴び, ら息杖を買っ, ら息苦しかつた, ら恰も役者の, ら恰好の役, ら恰度暑さ, ら悄々と通る, ら悄気てるの, ら悄然と五分心, ら悉く達せり更に, らゆるに, ら悟つて驚くやう, ら悟るべし一旦彼, ら悟性によつて知覺, ら悦ちゃんお母ちゃんの云う, ら悦ばしげに, ら悩ますところか, ら悪しき者ながらも, ら悪びれた色も, ら悪太郎の仲間, ら悪意を生ぜざれ, ら悪戯っ児, ら悲しがるでわし, ら悲しんだり同情, ら情意の言葉, ら惡人の友, ら惡者の手先, らましい眠, ら想像するに, ら愉快さうに盃を挙げ, られむ樣, ら愍む様な軽蔑, らあらば, ら意味のや, ら意味付けられてゐた, ら意外にもけさ, ら意思が通じ, ら意気揚々として帰, ら意義の違, ら意識の不明瞭, ら愕然と薄い, ら愚痴めかしくなります, らは奇妙, ら愛嬌のない, ら愛孫の世話, ら愛誦詩の作者, らに堪へ, ら感じられて二人, ら感得し後者, ら感心したね, ら感想を書いた, ら感覚が無く, ら感覺及び反省, らへん, らみ深く, ら慈眼を垂れた, ら態とそのマント, ら慟哭した, ら慰むつらきもの, ら憂愁の, ら憂鬱にならざる, ら憐れな對照, らかり恐る, らい起さずに, ら應神天皇の御世, らから例, ら懐中から例, ら懷中煙草入れを取出しました, ら懷紙を出し, ら懸命に探っ, ら懸念誠に然り, らしと, ら戀女房のお, らを倒, ら程是, ら成れりといふ, ら成功だ前, ら我々人間の本性, ら我々自身を感ずる, ら我らの不在, ら我勝ちぬ, ら我家の窮状, ら我意に任せ, ら我慾をみたし, らには反対, ら戦ふもの, ら戦わずして遁, ら戦艦と同じ, ら戦陣に在る, ら戰場を逃れ, ら戰爭と, ら戰爭以來技藝の低下甚, ら戸板を担げ, ら戸棚の奥, ら戻って来る, ら戻りはぢめ, ら戻りはじめたのである, ら戻り来る何人かに, ら所謂様式化による舞台, ら扇箱と号す, ら扈従組とのあいだ, ら手ばしこく大きな飯櫃, ら手わけして, ら手入れの屆, ら手分けして, ら手前のお, ら手厚な介抱, ら手合いは人間様, ら手提金庫の蓋, ら手文庫の掛け紐, ら手早く仕度を, ら手札と須永, ら手橇そして尻尾, ら手燭を受取つて, ら手足をバタバタ力一杯, ら手際よい技能家, ら手頼りないもの, ら打ちとりぬ占術に, ら打ちひしがれた安右衞門, ら打ち寄りて漸く, ら打ち萎れた顏を, ら打った斬るぞ, ら打て来るとそれなら, ら打抜き綴じなどにする, ら承って片端, ら承はらうぢや, ら承り居り候, らへかねた, ら投函した, ら折々宴会を, ら折幾重の峯, ら抜かれた二十五人の, ら抜くとは何事, ら抜け切ることが, ら抜山の勇, ら択んで一, ら披露めやが横通り, ら抱き起した上引抱へる, ら押入から子, ら拒絶を食, ら拙い刺繍を, ら招いたむくいなのでせう, ら招かずして疾病, ら招き致して居る, ら招待客がみな本物, ら拜殿の前, ら拝むように, ら拝殿の前, ら拭掃除阿婆, ら拵えたツギハギの, ら拵え物としか思われない, ら持たせ奉指上候, ら指導民族を以て任じ, ら挙がり先づ領を, ら挙がるが如く, ら挙り来てつど, ら振り向いて見よう, ら振り放してくれ, ら振り返つて其處に, らへ多, ら捨置ては無念, ら捨身のやう, ら掃除し給, ら授けられし壻君をば, ら排撃しようとも, らつた私の, ら掘り捉え炙り食う四葉の, ら掛けたわなに, ら掛つて苦しんで, ら掠め去る勿れ, ら採りソラ当りますとの, ら採り皆みいらに, ら探したがしかし, ら探し出して来, ら探ったってこれ, ら探偵小説界は外国礼讃, ら探険隊の諸君達, ら探題職の権限, ら接唇する時, ら接触の可能性, ら推理をすすめ, ら推賞した, ら推量できる筈, ら措畫經營する所, ら掴むがごとく, ら上げつつ, ら掻いたり, ら掻きわけて細い, ら掻き口説くのです, ら揃いも揃っ, ら揃うて鼓, ら揉ませてる図は, ら描写せられて, ら提灯ですね, ら提灯携げて出, ら揺りはこぼれ, ら揺れながら燐銀, らかけやがって, らして, らんで車, ら摂津茨木の郷, ら摘み採る事, ら摘んだが日, ら撮み塩か何, ら撰ばれて, ら擦れちがひ, らり來, らへ得じ, ら支那の哥老会, ら支那兵よりゃよっぽど, ら支配を受け, らるに, ら改めると不便, ら改らずして平日, ら改訂して, ら放たれたやうな, ら放心してたもん, ら放蕩飲酒の徒, らを執らざりし, ら政府の犬共, ら政治をせられなかった, らと証明, ら故に主君の, ら故国を行く如き, らへ斃, ら救い出そうとしてる, ら救助船を待っ, ら救援隊の冒険, ら敗壊の奴, ら教えるのと, ら教育ある士人, らて自ら矜, ら敢なく空気を, ら敢然として節用, ら切頭に, ら散々困ったが, ら散らばつた品を, ら散らされて各自おの, ら散りて一溪, ら散り過ぎぬれば鶯, ら敦子様こうん, ら敬意を生ずる, ら敬愛の心, ら敬服しました, ら数万騎を率い, ら数人の子, ら数十人の勤王家, ら数士を失い, ら数多屯して, ら数学も卑し, ら数学者たちといい, ら数珠つなぎとなっ, ら整頓するの, ら折々琴, ら敷居から二枚もろ, ら敷島か朝日, ら敷布それから夜着, らへ一人づつ拔, ら數名を本, ら文典を編み成し, ら文化指導者の義務, ら文句ばかり言つて, ら文吉は顏, ら文士の場合, ら文士以上の手腕, ら文字源流へのめざめ, ら文字言語思想等の取る, ら文学を歪め, ら文學を勉, ら文展に絵, ら文武の諸, ら文芸の士, ら文芸部確立の話, ら料理して, ら斥候の報告, ら斬るから傷口, ら断じてとって, ら断わり切れなかったんだ, ら断念出来るもの, ら新しい世代として, ら新しきロゴスを, ら新しくせんと, ら新三郎の前, ら新井君は満足そう, ら新人の活躍, ら新吉の腕, ら新太郎ちやんが足, ら新次は父, ら新派俳優が上演, ら新聞社に寄稿, ら新聞記者一二名先づ新宿舎に来り見れ, ら新造を眺め, ら方あたりぢゃ生産へだし, ら方ぢや土手, ら施物をもて, ら旅客の眠り, ら旅情をいだく, ら旅館へ來訪, ら旋風のやう, ら族姓を撰申事, らあ巻く, ら日々新聞の社説, ら日々顔を合わせ, ら日向に寢そべつたま, ら日夜をわかたず, ら日常も忘れ, ら日暮なり, ら日本映画の優秀作, ら日本民族の噴行艇群, ら日本男児の血, ら日本船員のみだしなみ, ら日本語の研究, ら日稼ぎの貧乏人, ら制度の, ら旧来の仕来り, らや日あたり, ら早出だすたすた, ら早口に云う, ら早桶の蓋, ら早足に彼, ら早速見つけて, ら昂奮して, ら明かであるであらうか, ら明かなるは男, ら明く楽しい灯の, ら明けた上彼の, ら明ける前に, ら明るすぎる, ら明るかった, ら明和時代の画家, ら明日じゅうに確答, ら明日川向さ行つて來べと思ふ, ら明智の一勢, ら明智家の輩, ら明暗の度, ら明治十二年発行内務省地理局の印, ら明治生まれのもの, ら明瞭であらう, ら明確な表情, ら明神樣の境内, ら昔風の大きな, ら星座の極, ら映ろふ雲の, ら夜行はれた, ら昨夜の恋, ら昨夜あたりは店屋物, ら是方を振返る, ら是等の物, ら昼食を取つ, ら時には岡に, ら時世が変わった, ら時候外れの冷たい, ら時時には籠, ら時間を消した, ら時雨れた日流石に, らのお, ら晩出の画録, ら晩稻作んだから, ら晩食の折敷, ら景寺に臨み, らに晴れ, ら智慧も力, ら智者も千慮, らみが, ら暖かい夢を, ら暖くつてえ, ら赤色の, ら暗愚な人間, ら暗示を与え, ら暗誦し心中, ら暢気もんだから, ら暫し茲に, ら暫らくは器用, ら暫時は開いた, ら暮れであらめ, ららしゅうしてはなりませぬぞ, ら暴れよ今こそ, らの神, らへり戰場, ら曲げさせるのも, ら曲馬の人魚, らくる夜, ら更け渡るやうな, らを讀ん, ら書き加へて置く, ら書付給へける, ら書取を以て奉, ら書斎に入り, ら替わるべしと入りかわり打ちし, ら最も内容的に, ら最善を尽し, ら最期のこと, ら最高のスタツフ, ら會得すること, ら會釋を返し, らだ, ら月並な事, ら月光の中, ら有機體説的考へ方, ら有限の者たち, ら有難の我身, ら服装こそ美, ら望みなば, ら望郷の歌, ら朝夕教へを聽, ら朝朝出発するの, ら朝鮮以来三成に遺恨, ら木の葉吹くあらし, ら木らいかに, ら木場あたりの川岸, ら木挽木樵も遣る, ら木曜会の会員, ら木細工花漬などを売る, ら木魂して, ら未だにお返し出来ず, ら未完のそれでも, ら未成品である, ら末座のさむ, ら末期の引導, ら本体を露, ら本営の重鎮, ら本国に渡らん, ら本尾の青年, ら本当にそう考えるかも, ら本望と致し, ら本棚の並んだ, ら本物に觸, ら本草學に詳しい, ら本郷の通り, ら本隊は今, ら朽ちて力, らの花, ら村長と助役さん, ら杓文字をにぎつて, ら杖つきたり, ら杞人の後裔, ら束縛されること, ら来いと言, ら来りビフテキを, ら来るらしいのでその, らを手, らが紅けれ, ら東京へゆく, ら東京ポストの社会部, ら東京人の気持ち, ら東京駅へ六時四十分着, ら東国の人間ども, ら東國に注ぎたる, ら東洋であつ, ら東洋語学校で学ん, ら東西軌を一つ, ら東邦民族の合同, ら東鑑にのせ, らの葉越し, ら松五郎はその, ら松井は突棒, ら松島さんお出掛け, ら松本君に頼ん, ら板敷の上, ら枕元で馬鹿騒ぎ, ら林立して, ら林述斎の講筵, ら果してそれが, ら果実砂糖煮の, ら果断な男, ら枯れしたのも, ら枯槁せぬ木, ら染みいづる, ら染五郎に道樂, らに凭れた, らの下, ら柳原へか, ら柳暗花明の巷, ら柳生の剣法, ら栄三郎の花子, らする所, ら校舎の蔭, ら校長は文平, ら掘り葉, ら根岸人に取り, ら根性ねえから, ら根性やくざだから, ら根柢にはやはり, ら格之進が取り揃えた, ら桂子が振り仰ぐ, ら案内せむといひしも, ら案山子にびつくり, ら桐油をすっぽり, らの鉢, ら梁党の上, ら梁山泊のうち, らの先, ら梅人ふたりおなじ夢みし, ら梧堂は籔下辺, ら梯子を降り, ら棄てた断崖も, らの深み, ら森氏を訪れる, ら植えねえつもりだ, ら植ゑたのだから其を完全, ら植ゑて去りぬ, ら植物研究者は能, ら植込を抜け, ら検校の位, ら楓林仕立ての盆栽, ら楠木党へきつい, らく要心, ら楽しく遠い汽車の, ら楽寝仕り衣裳付自堕落, ら楽譜の反古, ら概念としての両端, ら槇子は首, ら構成する彫刻的, ら槍劍術の世話, ら様以外に神明巫女, ら様子を聴い, ら様延いては, ら様式の上, らしさうに踊つて, ら標本の採集, ら模倣を強, ら模型屋敷の小川, ら権次の潮吹顔, ら横山町の越後屋, ら横柄に其靴, ら横浜の子供, ら横眼で見れ, ら横着をし, ら樹上に住む, ら樹木の病, ら樹皮麻頭敝布古網等を材料, ら橋場の渡し, らはポケット, ら織る殿, ら機会あるごと, ら櫟根つ子, ら櫻餅を一籠手土産, ら欄干の酒盛なんざ, ら權利思想を發達, ら欝陶しさうに島田髷, ら次の間にかいひそまり, ら欧米の大, ら欷咽くやう, ら欽之丞は訊ねました, ら歌い狂ったとも伝え, ら歌書や小説, ら歌生まる, ら歌章を作り, ら歌舞妓役者や芸能人, ら知らざり我が, ら歎息した, ら歓びを味, ら歓呼して, ら歓声を揚げ, ら歓楽の渦, ら止まないなよく, ら止めた売れ残りなんて, ら寶寺門前まで, ら正しくも受, ら正体を現, ら正岡子規の門, ら正座すると, ら正当なるべき政治的意味, ら正月を迎, ら正直に何とか, ら正確な計算, ら正義を施すべき, ら正義派の連中, ら此一句がある, ら此処に高い貴い, ら此問に答えました, ら此坊主首, ら此山に樵, ら此幕へ笹龍桐, ら此強行軍に從つた, ら此所に居る, ら此文法を規定, ら此方らと巡回, ら此方面も有望, ら此日を迎えた, ら此時始めて, ら此時代にし, ら此晦冥の天地, ら此次ふたたび逢う, ら此派の爲, ら此理を智識, ら此白門に向, ら此蔓を宝, ら此觀念を示すなり, ら此辺を見る, ら武夫も妹, ら武弁には向かぬ, ら武村兵曹に眼, ら武者どもはどう, ら武者修業の出立, ら武者振りも勇, ら武装した三人, ら武辺者のすさまじき, ら武骨の者, ら武骨者ぞろい茶は弁え, らてるな, ら歩き種々の, ら歩き出そうと, ら歩むうち足元の, ら歩んでいた, ら歯ぎしりして, ら歯朶やまんねん, らとした, ら歴然たるものあらん, ら歸つて牛蒡でも拵え, ら歸京して, ら死人同様の者, ら死体を見, ら死刑に処せられた, ら死物狂いに自分, ら死罪赦免の儀, ら死體の袷, ら殊に彼の, ら残つてゐる事, ら残れりと聞し, ら残酷な話, ら惜しさうに, ら殺してくれる, ら殺害したの, ら殿樣の夜具, ら母上はどう, ら母公に何ぞ, ら母娘の者, ら母娘ふたりの行く末, ら母屋の方, ら母樣には仰せ, ら毎夜を紫色, ら毎度合祀を勧め, ら毎日しかも日, ら毎日一つずつ書い, ら毎月そんなこと, ら毎週二度田舎の母親, ら毒々しいと思ふ, ら比せむや, ら比目魚を裁切, らを立て, ら民族の狭量苛酷, ら気づいてゐた, ら気に入りしを取出し, ら気イ付くまでに, ら気体の形, ら気力を励まし, ら気忙しく婆やが, ら気随にお, ら氣丈な人間, ら氣味惡さうに四方を見廻す, ら水一ぱいも饗応, ら水下駄を突, ら水夫が斯, ら水師のそば, ら水神の靜, ら水禽小屋の前, ら水茶屋の親爺, ら水道の水, ら水道端の宵, ら永代橋の欄干, ら永年の浪人暮し, ら永遠のクロニオーン, ら求道の人士, ら汗ばむやうな, ら汝げ買つて來たんだ欲し, ら汝らこれに取りすがれ, ら汝ツ等がだ, ら汝等げみじめ見せて, ら江戸中から美しい, ら江戸川縁を歩い, ら江戸時代の画工, ら江東の鼠, ら江藤老人を振り返りました, ら池内の耳元, ら池内操縦士が折, ら決死の出陣, ら沈めしも, ら沈著と冷静, ら沈黙が新, らへ沖, ら河岸の材木置場, ら油断出来ぬ伎倆, ら治めるのを, らから出たでし, ら沼波から旦那, ら沼田にたちよる, らに任じ, ら法被を脱い, ら吹いて, ら泣き出しさうになる, ら泣き出したかもわかりません, ら泣くのよそう, ら泥だらけな鍬, ら泥棒ぢやねえ, ら泥足の跡, ら注意して, ら注意深く歩いて, ら注視して, ら泳ぐやうな, ら洋楽及び舞踏, ら洋食みたいなもん, らへば洗, ら洗い立てたかやの, ら洛邑の厚い, ら洞穴の方, ら洞窟さながらの, らを拭つてやつ, ら洩したのであつ, ら活動しつつも, ら活溌に手足, ら活躍して, ら流転輪廻をはかる, ら流露して, ら浦上人にとって恥, ら浦島の子, ら浩大にし, ら浪人の生態, ら浪花節社会に何ら, ら浮かんで來, ら浮くやうな, ら浮びくる笑みまれに, ら浮世は闇, ら浮世絵の一枚, ら浮立つ調子に, ら浮足になつて耳, ら海岸の水平線近く, ら海底都市に対して何, ら海底都市住民の生存, ら海彼岸の詩人, ら海豚に至る, ら海軍水路部の前, ら海鳥の飛ぶ, らみ入り廣, ら浸みで, ら浸み入り広ごる, ら消えばこそ, ら消え去つた昔の, ら涙ぐましく指を, ら涼しくもある, ら涼み休み一日の, ら淋しかった, ら淋漓と花, ら淨きが如く又, ら処に, ら深き怨恨を, ら深く下へ, ら深井少年の手, ら淺草橋の御, ら清々して, ら清らなるテノール, ら清らかな紋服, ら清新の趣, ら渇望の水, らにもとめきませ, ら渡すと彼, ら渡っていった, ら温いうす甘いものであった, ら温かなもの, らを当て, ら湖南の草民ずれ, ら湧き出づる水の, ら湧くすが, ら湧出ている, らに浸っ, ら湯文字まで御, ら満足と矜, ら満面に笑, ら源助はご, ら源氏という者, ら教員と, ら溜めたんだ, ら溜息ばかりつい, ら溪水に就く, ら溶けて流れ出た, らは安らか, ら滞らざらむ落葉火に, ら滿身に秋, ら漁獵をし, らふてゐる, ら漂うやうに, ら漂膨として世界, らの剥げた, ら漏された遠き昔, ら漢文學が行, ら漢朝の旧臣, らせんと, ら澄みて愛しき, ら澄めるは水, ら激しい鼓動に, ら激しく転落する, ら激情に驅, ら濃くなつたけれども, ら濃紫の袍, ら濃霧の中, ら濡れ事の方, ら濱町河岸を兩國, ら瀧三郎は脇差, ら瀬戸そっくりの, ら火の玉四十八具の責, ら火事だとばかり, ら火団を目がけ, ら火夫らの乳房, ら火星人に比べ, ら火酒を一杯, ら灯りに油, ら炊ぎや風呂, ら為吉は何故か, らの如き, ら焚火に手, ら無い客は, ら無事ぢや濟むめえ, ら無人の島嶼, ら無帽にした, ら無心に径, ら無意識哲學を藏, ら無慙狗の群, ら無手で私, ら無根の猜疑, ら無理無体に屠殺, ら無疵の茶碗, ら無益な紙筆, ら無花果の根本, ら無茶苦茶に値切りよります, ら無限に心, ら無頼人の間, ら焦熱地獄に投げ入れ, ら煙ったそうに, ら煙草入の中, ら煙草盆を引, ら煤烟を吐き出し, ら照ちやんに, ら照り明りき, ら熟れた実を, ら熟柿臭い呼吸を, ら熟睡して, ら熨斗目に紅裏, ら熨斗目麻上下にて馬上, ら熱心にならせ, ら熱狂して, ら燃え尽きようとする, ら燐寸を擦つ, らすえん日, ら燻した落葉の, らも牙, ら爪立ちぬ爺が, ら父妹の僭越, ら父子一族の住居, ら父母たちの上, ら父淳昌は天保十年, ら父足さなど這入んねえ, らと火, ら爺様までが何, ら爾らのいかなる, ら片付けたのださうだ, ら片手拜みに, ら片手拜みの手をその, ら片方へ道, ら片端から退, ら牛みたいに首, ら牛乳の用法, ら牛肉をとっ, ら牡牛七頭牡羊七頭を取り, らし, ら牧師を振り返っ, ら牧馬業にも手, ら物寂しい夜半の, ら物尺を持出し, ら物憂そうに, ら物置と同じ, ら物見の, ら物語的歴史の性質, ら物語類を読ん, ら特別な人間, ら特有の性質, らと唇, ら犯罪の現場, らふ心, ら狂いそうな, ら狐火前唄か何, ら独り言ともなく, ら独語の様, ら独身も本人, らい路地, ら狹めるやう, らき剛勇, ら猛烈な奴, ら猟師だよ, ら猥雑なレヴュウ, ら猪八戒はとりわけ, ら猪口の手, ら猫一匹居なかつたやう, ら猶且つ枯れざるの, らとは古代, ら猿轡をはめられた, らの黄色い, ら獲物を料る, ら獵官收賄の行動, ら玄関の前, ら玄關と勝手口, ら玄關指て歩行, らゐ輕舟, ら率いて来た, ら玉しら玉あはれしら玉の米, ら玉しら玉あはれ白玉の米, ら玉體を拜, ら王子の稻荷樣, ら珈琲飲み度, ら珊五郎の風太郎, ら珍客としてもてなす, らを転ばし, ら現れた人は, ら現今の或, ら現前の一点, ら現在人民に與, ら現時の諸, ら理由が無けれ, ら理窟をいふで, ら理窟抜きに好き, ら理解しようと, ら理論の上, らき立給, ら環境を作りつ, らへごしごし, ら甕原あしたの原, ら甘い情けなさに, ら甘えこと聞たと, ら甘く頭に, ら甘く熱くなるの, ら甘みを加, ら甘んじて永久, ら生えのした, ら生かすものを, ら生き伸びてゆく, ら生まれて来た, ら生れ変ったような, ら生れ故郷の土地, ら生口寄せて, ら生得の大きな, ら生月駿三は井戸, ら生物学者は一刻, ら生物學の研究, ら生長したため, らゐられて, ら用いられるのは, ら用役の身分, ら用意したらしい手燭, らの水, ら田地を買う, ら田植をはじめる, ら田氏はなるたけ, ら田舎にくだり, ら由喜子夫人は話します, ら甲冑を, ら甲州派の軍学, ら甲州街道の川越し, ら甲斐のもと, ら申さく我らが存命偏, ら申して居る, ら申しますと私, ら申し上げます此の, ら申し上げるのじゃ, ら申上候何者が斯, ら男なほ恋ひに, ら男の子は紺ガスリ, ら男兒たれ衆, ら男性にとつて, ら男生徒はそこ, らを歩い, ら町内の本道, ら町内会によつて, ら町家の雛壇, ら町方の新三郎, ら町方同心ふぜ, ら町木戸の裏, ら町道場の一人暮し, ら画くのみなら, ら画工の運命, ら画面に見入っ, らをなし, ら畏れ疑うような, ら畏れ逃げてこの, ら畏敬の念, らに下り, ら畑耕あな厭だつけ, ら留さんの見, ら留ること勿れ, ら留守宅のもの, ら留守番の者, ら畜生人間の命, ら番号を呼ぶ, ら番町の淋しい, ら畫壇生活の道, ら異国の者, ら異国人には所詮, ら異存は無い, ら異性との交渉, ら異教人の改宗, ら異様な寒, らの上, ら當時人々噂をなせ, ら當時江戸中に響いた, ら疑いの目, ら疲勞を感じ弱るべし, ら疾く死ね暴れよ進めよ無法, ら疾走した, ら疾風の如く飛ん, らの猫, ら病人がつて, ら病因をつくつた, ら病死ではなく, ら病氣を惡, らそうに, ら痛々しかった, ら痛い感じを, ら痛きにとうふ, ら痛し天晴れ, ら痛感する, ら痩せ衰へ, ら痩せたる知識人のみ, ら痩せ衰えた指を, ら痩浪士に何, ら痴者よ同じ, らになつて, ら発せられた処女の, ら発せられる詞章として, ら発散する一種, ら発明するもの, ら登つた旅びとは東塔, ら登場頸に絞首索, らせられた處女, ら發光して, ら發展する, ら發展せんとする, ら白き脂肪もて, ら白日の微, ら白樺社へ寄せられた, ら白河の市, ら白洲の砂利, ら白熊が一目散, ら白状して, ら白羽二重のハンカチイフ, ら白雲の行き, ら白鳳社をさがした, ら白鷺の鶏冠, ら白麻のハンケチ, らも承知, ら百両包みが三つ, ら百人ほどをみちびい, ら百兩の小判, ら百合の死骸, ら百姓どもは玄徳さま, ら百日も見ねえ, ら百足が幾千疋, ら皆これに倣, ら皆さんお先へ, ら皆それである, ら皆んな物眞似を, ら皆一齊に寄せ, ら皆世を去り, ら皆人物画の制作以外, ら皆呑気に夜, ら皆憑らる, ら皆李家を出した, ら皆河間出身の宦官, ら皆神の光, ら皆裸にて生れ, ら皆追放人の高, ら皆鎌倉には服し, ら皇后を救つて, ら皇漢の古, ら皿小鉢が滅茶, ら皿小鉢鐵瓶火箸見境もなく, らの蜜柑, ら盗み出したのさ, ら盛唐風の詩, らみに, ら盡きぬ山物語をかはす, ら監視当直の者, ら目つきもさう, ら目のあたりに地獄變相圖, ら目下の者, ら目前に在り, ら目立たなかったこと等等等, ら目立っていた, ら目黒の方, ら盲人にし, ら盲巫覡の幻想, ら直ちにこれに, ら直に専らに道, ら直るべきものぞ, ら直接に建て, ら相ついで世, ら相不変にやつ, ら相互の間, ら相互間に発生, ら相合同して, ら相当悪事をし, ら相応に巴里, ら相當の身分, ら相變らず植木, らの鏡, ら眞刄の一刀, ら眞四角に坐りました, ら眞正面に信吾, ら眞砂町の兄哥, らの求道者, ら真っ赤になっ, ら真っ黒な髷, ら真に快よく, ら真中からむつ, ら真剣に勝負, ら真実ならば, ら真平だ, ら真弓は砂丘, ら真珠とりにや邪魔, ら真白に塗られた, ら真直のぼって, ら真面に信吾, ら眠つて居る様子, ら眠りおり青き踏む, ら眠る見て, ら眩しさうに怒鳴る, ら眷族にとつて, らむれば, ら眺めてゐる, ら眺めるのであつ, ら眼前に蹲踞, ら眼近の道芝, ら眼鏡を引きよせ, ら着せるものは, ら着実に何, ら着物の塵埃, ら睡眠さめ来るたまゆら, ら瞠目に価する, ら瞬く間に, らに肖た, らの如く, ら矢張全然齒牙, ら矢張り自分を一番幸福, ら矢張商家で地面, ら矢張詩を作つて, ら知っておるだろう, ら知ったことか, ら知つてゐる, ら知らずと云, ら知らないから死ぬ, ら知らないではありません, ら知らぬで不憫明かし, ら知らねえよ, ら知らむわが御する, ら知んねえ, ら知己だ, ら短い儚い者を, ら短き運を, ら短歌を短歌, ら短銃を美人像, ら矯め而し, ら矯めみづから治める, ら矯激詭異の思想, ら石原の利助, ら石垣にしがみつい, ら石段の下, ら石炭商をどうして, ら石田をし, ら浴びて, ら破れかぶれの討入, ら破子の弁当箱, ら硝子戸のぼりあわただし, ら硬貨の流通, らが行, ら碌々の輩, ら碎けしとき, ら確かに仲間同士, ら磁石の役, らの安松, ら示される品位と, ら示して夕食, らを失ふ, ら社交の機會, ら社会的関心を示す, ら祁山の谷あい, ら祈るとき偽善者の, ら祈願するの, ら祖先の発展, ら祖国を再び, ら祖國の復興, ら祖母が腰, ら神妙に聽, ら神州に生れ, ら神明の加護, ら神林を伐り, ら神棚の下, ら神様の罰, ら神樂坂に向つたの, ら神湊へ出た, ら神田明神下から麹町二丁目, ら神聖なる哲学, ら祥子は青, ら祭りの太鼓, ら福の神と称し, ら禹貢の内容, ら禿とは違う, らで尤も, ら私たちのゆめ, ら私どもにとつて, ら私利私福を營む, ら秋月九十郎はその, ら秘密を盗み, ら秘蔵の濃緑, らにかけ, ら程度の地主, ら離れ過ぎて, らを出し, らといっ, ら稚き頃その, ら種牛の皮, らのこと, ら稲垣と共に新町遊廓, ら稲富一夢斎の裔, ら稼業の方, ら稽古を観た, らっていた, ら積極的の觀, らを集め, らを引き, らの中, ら穴倉の中, ら穴熊にコーヒー, ら空中に噴き出し, ら空恐ろしい私を, ら空車を輓, ら突き上げたパナマ帽子の, ら突拍子もない, ら窓外を見, ら窓際に寄つて, ら窩人ばかりがこの, ら窺わせている, ら立たしいような滑稽さ, ら立たせてるのか, ら立ちあがつて優し, ら立ちあがらうとする, ら立ちあがりながら祭司, ら立ちあがりし時かの, ら立ち上って道具, ら立ち上つたが辛うじて, ら立ち上つてちらつと酒場, ら立ち上つて正面をきり, ら立ち上つて觀じ味, ら立ち上つて麻油の腰, ら立ち上りまた角力はん, ら立ち上り共に眺めよ, ら立ち働いて居る, ら立ち処に暇, ら立ち切ってうんと, ら立ち去る処だつた, ら立った笑い方を, ら立ってる気持ちを, ら立つた心を, ら立て膝をし, ら立上つた八五郎何んの氣, ら立上つてもと来た道, ら立上つて蹌踉と二三歩前, ら立上りぬ眼, ら立上り木魚の前, ら立昇つてゐる, ら立止つた, らの性卒暴, ら竜宮に責め入っ, ら竜族は常に, ら竜神の森, ら童子うばきや, ら童話のやう, ら童貰て藁, ら端武者にいたる, らへる時, ら竹生島へ参詣, ら竹藪の中, ら笑いごとでござらぬ, ら笑いたいような, ら笑つて私の言, ら笑ひとを浮べ, ら笑わずに居られない, ら笛吹けども踊らず, ら筆道を學びしか, ら等しくわれに, ら等二人で行く, らのない, ら答え申すには, らをお, らをはねのけ, らあねえ, ら古いが, ら箱ごと持つて, ら簡単な手すり, らをさし, ら米利堅に往かん, ら米国流に尻, ら米麥半々の麥飯, ら粉煙草と朝顏, ら粗悪となり, ら粗末な質, ら粛穆の趣, ら精神の慾, ら糶るのです, ら紀氏は真面目, ら五十人と共に, ら約数百名の出迎い, ら紅い絹絲で, ら紅味のさした, ら紅文字の, ら納得できること, ら八は, ら純粋の羅布人, ら紙袋で囲う, ら紙鳶あげて, ら紛れもない, ら素人の脚本, ら素町人に吾輩, ら素直にお, ら素知らぬ顏を, ら素足の儘, ら紡績へ行かん, ら紫琴女は平次, ら細い注意を, ら細そりした身体, ら細み来ぬらし日向辺, ら紳士たちの中, ら終に紅きダリヤ, ら終日おなじ思ひ, らの一味, らたる所, ら経済的生活の基礎, ら経済科学部の主, ら経立なる言葉, ら結びつけようとしてゐる, ら結局それを悦ぶ, ら結局葉子がふかく, ら結構ぢや, ら給仕は彼女ら, ら給仕風の男, ら給料を貰っ, ら絲目の切れた, ら絶えざる細い噴水, ら絶えず絶えず壓迫を, ら絶えせぬ情の, ら絶命して, ら絶對の地位, らつと緑門, ら經師屋の久吉, ら經驗の部分, ら經驗論の批判者, ら続々と岸, ら続けるのでした, ら続続帰つて来る, ら維新にかけて鳴らした, らの様, ら綺麗に手, ら綾子は右, ら緊張し尽した今日此頃, ら緒琴をとりおろし, ら編成した詩集, ら編次したもの, ら編物の道具, ら編笠茶屋や空茶店, ら舒に, ら緩く通って, ら緩やかに, ら緩慢な傾斜, らが少, らのよう, ら縛られた金次郎の, らを織っ, ら縦横に舟, ら縫つた袱紗は六十三年前, ら縫掛のそれ, ら縫掛けのそれ, ら縷々として糸, ら縺れるやうに, らで痛々しく, ら繪畫の方, ら繼娘の死骸, ら纏綿たる情緒, らに四銭, らが当り, ら署名して, ら美くしい愛らしい, ら美しく強き夢の, ら美化されて, ら美智子の室, ら美濃国関の里, ら羞ぢらひげ, ら羞づる所業を敢, ら群れて來, ら群雀の同級生, らを結び, ら義兄弟の生命, ら義務思想を固有, ら義理が堅く, ら義理知らずの奴め, ら羽織袴を着け, らはせ, ら翩飜として舞つて, ら翻訳して, ら老いぼれ馬めもっとさっさと, ら老巧な英山公, ら老師のご, ら老朽の智者ども, ら老眼鏡の玉, ら考えた斯うし, ら考えようにもそったら, ら考へられて居る, ら考へるよ, らだと, ら者これなきやう, ら者のと私養女, ら耕してゐる, ら耻らひを, ら聖徒は絶對, ら馴れし炬燵, ら聞いてたな丁度, ら聞えてくる, ら聞かなくてもよく, ら合わせて, ら聴かして頂いた, ら聴きて楽しから, ら職掌柄と致しまし, ら職業だと, ら職業教育を唱, ら聽耳を立て, ら肅然たらしむ, ら肉親にはありあり, ら肉附のよく, ら肉食を遊ばされた, ら肥前の平戸, らをめぐり, ら育つて居る, ら育つべきところである, ら肴町を歩いた, らの底, らをつぶしました, ら背面に別に, ら胡瓜をもぎ, ら胡頽子の樣, ら胡麻化したりと, ら胡麻塩猫が彼女, ら胡麻竹の杖, らまでその, らをはだけ, ら胸一杯に痞, ら胸中に浮, らとして早分り, ら能心得よ一本, ら脂粉の氣, ら脅しの作品, ら脚本のい, ら脱船して, ら脹けた様な頭脳, ら脹けた樣な頭, ら腋の下かてこそ, ら腑甲斐なくも, ら腰元達の手, ら腹の中ぢや化け狐, ら腹癒に一つ, ら腹黒くしめし合せあの, らして, ら臆病な狐, ら臆病ぞろいよ, ら臣子の分, ら臣民として大御, ら臨時工夫をまるで, らからの, ら自らの腑甲斐, ら自ら孤寂なる発光体, ら自ら安かに死, ら自ら誇り曰ふ, ら自ら讃へる訣, ら自信に充ちた, ら自動車は憲兵隊本部, ら自在にもの, ら自家の財産, ら自意識の上, ら自慢半分に説明, ら自棄くそな, ら自然に親しむ, ら自然的な光, ら自然薯を掘っ, ら自由人の大きな, ら自身あなた方植物の大切, ら自身他人によってどう, ら自身動物界における小さな, ら自身媒妁の労, ら自首する氣, ら至極あっさりした考, ら臺所に出, ら與七見たいな, ら與力笹野新三郎立會ひの, ら興奮して, らの中, らふ髭長, ら舞台は倉座敷, ら舞踊になる, らの中, ら船具部の連中, ら船員は代理人, ら船橋で下高井, ら船渠へ行っ, ら船着き場で少年少女, ら船舶の出入, ら船饅頭の一名, ら良しきこと, ら色づきにけり, ら色気があつ, ら芝浜で海, ら芥子に恨み, ら芥川を決して, ら芥川さんの説, ら花形はみな興行, ら花房一郎は爪, ら花瓶を据え, ら花禽鳥虫を浮彫, ら芳年は此処, ら芸人は運動, ら芸術主義の徒, ら蒸した古, ら若くて美しい, ら若しもの場合, ら若し万一死ぬ事, ら若干の金, ら若年の身, ら若葉の下, らわらい, ら苦く映ったの, ら苦しんで居ました, ら苦めてゐる, ら苦労を背負っ, ら苦吟をし, ら苦痛を忍ん, ら苧屑を一掴み, ら英人と雖, ら英男が来年英国, ら英語がすこし, ら茗荷を喰, らやりと, ら茶の間へやつ, ら茶人でないもの, ら茶人帽を阿彌陀, ら茶器などをつくつた, ら茶屋女にも町藝妓, ら茶店でサイダー, ら茶箪笥の横, ら草いきれ暑きさなか, ら草原のよう, ら草木の祖先, ら草莽の微, ら草葺の軒, ら荊棘を排し, ら荒々しく自家の, ら荒ぶる勢ひ, ら荒らしい手つきで, ら荘園はふとり, らを背負つた男, ら荷札へ針金, ら荷物はよこせ, ら荻あしの穗, ら莫迦な目, ら菊坂に着いた, ら華奢な手, ら萎縮し枯死, ら萩原は萩原, ら萩江鞍馬は狼, ら萬兵衞に代, ら萬金の價, ら落ちついた調子で, ら落ちつきと巧まない, ら落ち付きのある, ら落ち御衣破れ易く御, ら落人たちはシャン, ら落着いて, ら落葉の焼ける, ら葉ざくら友のなさけ, ら葉子はこんな, ら著述はさほど, ら葡萄のよう, ら葡萄酒は, ら董其昌の率意, ら葵宗家に弓, ら葺から雨の, ら蒐集家の愛, らの未だ, らの花, ら蓮華寺の門前町, ら蔓延に付身不肖, ら蔓草をたすき, ら蔭影こそやどれ, ら蔵六も折, ら蕎麥屋の爺さん, らの葉, ら明りの, ら薄い感じは, ら薄倖の詩人, ら薫りて其の, ら利けへんよって, ら薬餌を供す, らを仕入れ, ら藏ぢや此上, ら藏書甚だ富, ら藝術圈内へはひつ, ら藝術家に於い, ら藤助は何處, ら藤原様へ頼んだら泊め, ら藤左衞門はさつと, ら藤浪君が女房, らを製し, ら蘭丸のす, ら虚偽を必要, ら蚊帳を覗, らは嫌え, らを追ひ廻した, ら蛙ぽかあんと落, ら蜂屋文太郎は尚も, ら蜂起して, ら蜒々とした, ら蜻蛉が一匹, ら追ふ, ら蟋蟀を聴く, らは後, ら喰い頭, ら血まなこの態, ら血肉の中, ら血色なき顔, ら血迷いしやがってひどい, ら行かうぢや, ら行かず雑草の, ら行かなかたみにおも, ら行かんかてあんた, ら行きて大君, ら行きたうない, ら行きましたよ, ら行き過ぎようとして居た, ら行くでもなく止まるで, ら行つて了ひました, ら行動を共に, ら行届いたものだ, ら行方をくらまし, ら衒ふさまなる, ら街道の道幅, ら衛兵の仕事, ら衣服を裁ちきれ, ら衣紋の直され, ら衣袂ゆたかにたてとい, ら衰亡に進む, ら衰弱的な眼, ら袈裟治は出, ら抑圧大衆が, ら被んねえよ, ら袱紗を縫つて, ら裁斷する俗界, ら裏口の柱, ら裏屋根伝いに逃げ走った, ら裏木戸を膝, ら裏返り美人局の, ら補佐の者, らかになっ, ら裸体の肩口, らを引きずった, ら裾野と山, ら裾風一つ立てないたしなみです, ら褒貶存ず, らはれないとも, ら西洋婦人濡れて, ら要らねえや齒, ら要求し落ちつくところ, ら見いかう早松が, ら見えて来る, ら見えるだろうほーら, ら見たいに銭, ら見たいなもので, ら見たまえきみは, ら見つかつたら, ら見とれる程の, ら見よと隈, ら見られずして行く, ら見られたことを, ら見られるので助かる, ら見られんために, ら見ろだかこの, ら見ろ言わねえこっちゃあねえ, ら見ろ隠したって駄目, ら見世物じゃあねえ, ら見世番にて隙, ら見付け出すことも, ら見向きもし, ら見廻っていた, ら見掛けたのであっ, ら見晴らせてなかなか, ら見詰めて居りました, ら見込はない, ら見込みがない, ら見送っても命, らて金持, ら覚えました狂言の, らあらなくにこゑ楽, ら親しそうに, ら親ら琢き立給, ら親分が頭痛, ら親切に言, ら親友だけの内輪, ら親子三人を感心, ら親子勘當はされ, ら親方と膝, ら親父の遺した, ら親爺がまだ, ら親試に頼る, ら親譲りの乞食, ら親身のやう, ら親鸞の弟子明光, ら観音劇場のところ, らえてから, ら覺束ないの, ら觀念的な内容, ら解き切れなかつた幾つかの, ら解けわたる折なら, ら解ってはいない, ら解った私は, ら解るか男, ら解消しそれ自身, ら解釋するに, ら触ってみ, ら言い詰じった, ら言って其の, ら言ふかも, ら言上仕り候此度, らである, ら訊いてみる, ら訊き出すとこの, ら訊くと, ら討たば討たれむそ, ら討たれようも, ら討ち果すことも, ら討って取られる, らするとき, ら記者に選ばれた, らる, ら訪ねて來, ら許そうや, らへて居る, ら訴えると実業界, らて貰, ら註文の活字版, らしけると, ら評判高きをば, ら詠み出したものとして, らめす季節, ら試して見た, ら詩人だつた, ら詩人諸氏が何卒, ら詩作をやつ, ら詩藻を傾けた, ら詮方なく凄然々, ら話したことが, ら話題を變, らを聞く, ら誇張めいて, ら誉津部の場合, ら認めずいは, ら認めようとせず, らひを, ら誘ふことに, ら誘われるともなく, ら語られなかった事実の, ら語り續けるの, ら説くべしとなり, ら誰一人思って, ら誰町会議員からの使, ら課せられた紙数を, ら調子の低い清, らしたり, ら談りつくさるべき勢, ら請取申し候条, ら論じ合ったような, ら論文の價値, ら諦めのわるい, ら諦めとるがさて, ら諧謔をなし, ら諭吉だから, ら諸君に指し示される, ら諸氏の名, ら諸賢の並々, らなった, らへる人, ら警めぬ然れ, ら警固の者, ら警官は退場, ら警察の加勢, ら警戒しながらも, ら警部はその, ら讀み出でた歌や, ら讀んだ字句が, ら讀書に身, ら讃め詞ははじまる, ら讃頌の歌謠, らじて, ら變ぢやありません, ら變化を喜ん, らまで一斉, ら谷川の水, ら谷村署ではあらゆる, ら死を, ら豊国門下の画工, ら豊富に出, ら豊満な肉付き, ら豐後肥後の布教, ら豐火日向筑紫を巡, ら象徴主義も沈黙, ら豪勢を極め, ら貝六という人間, らふ心地, ら負けたんで口惜し, ら貧しい請負い人, ら貧人には寒山, ら貧画生にはあまり用, ら貧者の心理, ら貪るように, ら責めるので, ら貰つて來たん, ら貴いお方に, ら貴方様の為, ら買つて貰へる, ら貼んねえ, ら貿易事業に身, ら賃銀労働者も奴隷, ら資生堂の前, ら賊軍の大物, ら賛成できないもの, らを懸けし, らしい蔑視, ら質しますとあら, ら質兩替を手廣, ら賭博に身, ら購入の, ら購入活字にあつ, ら贖あきとふから顎などが生れた, ら赤あかと大蛇, ら赤く照らされた雑踏, ら赤げらを二羽, ら赤井殿は腹, ら赤心の豪傑ら, ら赤犬の食事, ら赤目を我, ら赤耀館へ憎々しい, ら赤蜻蛉の行方, ら黒い厳しい其顔, ら走って来た, ら走り續けた時に全く, ら上がる大川五左衞門, ら起き出でて生絹, ら起こって人体, ら起たんと為る, ら起ち上つて持前の, ら起って消え, ら起上りつ, ら起上りざま母親はと見れ, ら超脱の趣, ら越後において青, ら足もとへ寄りつく, ら足らざるところ多き, ら足るのであ, ら足下に伏す, ら足元のみえる, ら足袋が流れ, ら足音の聞える, らくなり, らを絶ち, ら跣足で走りまわりました, らを離れ, ら路地の外, ら跳ね廻り狂, ら跳び立つたのだ, ら踊ってる子が, ら踊り乍らそして飮, ら踊り出したい樣な, ら踊る毛遊びその他の, ら踏みとまつ, ら蹶起して, ら躍り込んでいった, ら躍るのだ, ら身じろぎもせず, ら身の上に関する種々, ら身代つくつて, ら身分の隔て, ら身扮がキチン, ら身輕に八五郎, ら身邊の人, ら車上法廷である, ら軍務につい, ら軍治は幾, ら軍閥がまず, ら軽い心持で, ら軽やかならざる, ら軽侮する口実, ら軽業の一座, ら軽輩が徒ら, ら軽重をつけ, ら輕輪のよき, ら輝きを失ひ, ら輸入の洋活字, ら輿側の随身ども, ら轉げるやう, ら轉婆娘でそんな, ら辛うじて之丈を, ら辛き言句もて, ら辛くもうめき声を, ら辛ろうじて, ら辯護するやう, らしめ, ら辱友となる, ら辺散歩したこと, ら辻切りの悪, ら込みあげてくる, ら濶にも, ら迄がどうかする, ら迎えに来た, ら近いた, ら近くかかつて, ら近くぢやある, ら近づき合ったということ, ら近づくにかなた, ら近世浮世絵の諸, ら近臣三十人ばかりが輿, ら近頃青島から, ら返した時分には, ら返らぬ世の, ら返りましてね, ら返事の響き, ら迫る心地を, らへん, ら退屈しのぎの粉煙草, ら退散して, ら送ることが, ら逃げられやせんぞ, ら逃げ切ったか, ら逃げ腰になつて物, ら逃げ走る其後追, ら毛立っ, らはれしかども, ら途中で切れ, ら途方に暮れる, ら這い出ると直人, ら這い寄って来る, ら這うように, ら這入る煩悶型などは, ら通ったりする, ら通つた人みんなぞよ, ら通りましたそんな気分, ら通ると平, ら通人の生活, ら逞しい大肌脱, ら速いでしょう, らへない, ら連句の徒弟, ら進み行き果して我, ら進むと城, ら進退にかけて見放し申すまじき, らひ私, ら遅く迄或, ら遊ばせたのである, ら遊び人が親分, ら遊ぶ為に, らを取り, ら運命の道, らを招き, ら過ぎて効き目, ら過ぎゆく町のは, ら過ぎるのかも, ら過ぎ去って行く, ら過ごしたのでございました, ら過してし, ら道人の起居, ら道具屋があっただろう, ら道十郎は私, ら道家の大立者, ら道廳のへツ, ら道得あり, ら道理を知らねえ, らが逃げる, ら達した高さ, ら違うものな, らかなところ, ら遠き先祖以来の, ら遠くの方, ら遠く河下の方, ら遣つて来る, ら遣らふと大まか, ら遥か隔つた自分の, ら適當なテムポ, ら選ばれし者の, ら選り好みして, ら選り抜いてシャンパン, ら選抜するだから, ら選択の標準, らくるやう, ら避難者に対して救恤, ら邪推深いん, ら部下の者, ら部落民だと, ら郷太郎は駕籠, らに出, ら都会の諸方, ら都合三人を引きつれ, ら都市を防護, ら吝の, ら酒肴など運び来る, ら酔って居りました, ら酔ひて之, ら酔眼を拭, らさを, ら醜悪化した漫画, ら醸し出されて来る, ら醸す天の川, ら醸造された世にも, らへわたし, らなる招聘, ら重い荷が, ら重たい夜具を, ら重みを加へた, ら重大な問題, ら重職の懇請, ら重臣どもの協議, ら重臣座を共に, ら重臣輩の見る, ら重責を負う, ら野原をかけまわる, ら野口君と予, ら野天でやる, ら野川君の家, ら野武士の一味, ら野田四郎とその, ら野良犬のよう, ら野菜に限つて用, ら野鼠ごとく焼き殺さるるを, ら金亀楼の前, ら金五郎が今, ら金六は又, ら金出しなどし, ら金剛寺の域, ら金剛經を寫し, ら金属の表面, ら金森家の御, ら金澤町を引, ら金色燦然たる聖服, ら金華山へ小, ら金貨を一つ, ら金起を愛したる, ら釣れるわ釣れる, ら釣瓶に植え, ら釣竿を柱, ら鉄柵をこっち, らの持たねえ, ら鉢卷を取りました, らの棒, ら銀子もある, ら銀座の支那料理, ら銀流しのお, ら銀鱗を飛沫, らを構えた, ら銘々に持たせた, ら銚子を取, ら銭こ一文も持たねえ, ら鋏硯箱の中, ら鋭くかう云, ら錢出しもしねえで, らの小袖, らを洗つて, ら鍋錢を取出し, らを担い, ら鍾愛の花, らの中, ら鏡餅のかけら, ら鐵拐仙人のやう, ら鐵砲や蒸汽機關, ら長々と手足, ら長き心地せり, ら長国はいく, ら長官荻沢警部の控所, ら長年の主人, ら長浜道へ向け, ら長火鉢の側, ら長矛を血, ら長者丸の一角, ら長途を急ぎ参っ, ら門七と大, ら開き直つて言, ら開くやう覚え, ら開くべきの花, ら開けたといつ, ら開けつ放した庵室の, ら開拓を致し, らある如し, ら閑寂人をし, ら間違ひは, らせずと, ら関地良円などが翌日, ら関東に対して済まぬ, ら閣員は何, ら閻魔の廳, ら闇盲唖の院, ら闘う人民の, ら防砦を築いた, ら防風の砂丘, ら阿修羅のよう, ら添って, らつて来た, ら降たつ後姿見送る, ら降っている, ら降りて行く, ら降伏せよ, ら限度がある, ら除けるのである, ら陰陽のけぢめ, ら陳述せんと, ら陶醉しきつてゐる樣子, ら隆治は母親, ら階段をのぼっ, ら約の, ら隠れ場へ戻る, ら隠れ家を出, ら隠亡共が骨ヶ原, ら隠遁の夢想家, らの部屋, ら隣りの神代, ら隣人が, ら隣家の方, ら隨分辛え目に逢, ら隨分骨を折つた積り, ら隱逸といふ風, らと一しょ, ら雄ぶりから遠, ら集まつたの, ら集会をなし, らを呼ん, ら雑煮にて給, ら雑誌を先生, ら雑談を打ち切り, ら雑踏の巷, ら雑輩の端, らの翼, ら離し立ちの, ら離縁の口實, ら難渋いたします, ら雨中の風景, ら雨宮さんもその, ら雨雲族は, ら雪山には凍れ伐りし, ら雪赤のマント, ら雲中にある, ら電報が來, ら電車の通らない, らに濡れた, らのうつ, らを見よ, ら露出させる方法, ら露國平民社界の暗澹, ら靈智にひたる, ら靈界の事, ら青々とした, ら青い碁盤縞の, ら青い冷たい千万の, ら青き蝗の, ら青じろいのろしが, ら青二才が申す, ら青年狂歌師の輩出, ら青木健作の, ら青柳さ行つたとき, ら青柳玉子焼等は全く, ら青田に囲まれた, ら静まり返っている, ら静寂だと, ら靜めようとした, ら僧非, ら非難攻撃された跡, ら靡かせて居た, ら面倒臭い發音を, ら面目なささうに, ら革命家どもは皆異端, らよりまさに, ら音楽浴だ, ら音痴を惱, ら韻字なんか要らぬ, らのよい, ら頃日二三の仏教史論, ら順序があり, ら頑愚の眼, らに失望, ら頬夕餉盛る主婦, ら頭上に近づい, ら頭下り涙の落つる, ら頭脳的な地位, ら頷き合つて居た, らに大, ら頼み出させるに若く, ら頼春を知っ, ら頼門は幾刻, ら題詞を以て, ら顏紫めりんす, ら顏色に顯, ら顏馴染の片瀬, ら顔のぶあいそなそして, ら顔ゆふべは, ら顔丈出した奴, ら顔横ぶとりの, ら顔滅茶苦茶やわ, ら顔腰を曲げ, らに先だつ, ら願はく小狗の, ら願はく狗兒の, らを分ち, ら類想を遠, らへる手先, ら微鏡調査, ら風もの甘き汗, ら風ゆらにゆらるる, ら風下にも置い, ら風呂の蓋, ら風呂場でお, ら風呂敷包を手前, ら風邪なんか抜け, ら風雅な入口, ら颯と豆を, ら颯爽として席, ら飛びてえなあ, ら飛びはねるように, ら飛びゆく鶚を, ら飛び出して来た, ら飛び出だし直ちに彼, ら飛び込まうとする, ら飛び込んで來, ら飛び込んだのです, ら飛天夜叉の一党, ら飛躍をする, ら飜譯者まで書面, ら食うべし即ち凡て翅, ら食ったこれが, ら食べ飲み握手し, ら食卓の上, ら食堂の蔭, ら食子にとって忘れられない, ら食物を携え, らゑも凍えも, らんでゐる, ら飲むこと御馳走酒しか, ら飲宴すると, ら飼養の恩, らを焼い, ら養子にもくる, ら餘計者だ居やしねえから, ら餞別をし, ら饗宴に人, ら首一ツ持出して, ら首相官邸などを襲撃, ら香ばしく焙られた茶, ら香湯を盥, ら馬場要の浪宅, ら馬方何を知っ, らけ違う, ら馳せ向かい朝敵ばらを, ら馳せ帰って来た, ら馳走になる, ら馴れた様子で, ら馴染だで, ら駄菓子屋の裏, ら駆廻らしつたものと, ら落者を, ら駈け散らす所存なら, らの躍る, ら駕籠屋に訊きました, らしって, らしく博士, ら騒ぎ出づる日の暮, ら騙して毒酒, ら驕り勝たんか, ら驕慢にし, ら驚いたことは, ら驚かあね, ら驚かれぬる世の, ら驚くほどの数字, ら驚ろき怪しみたち返えり, ら驚歎に價値, ら骨折りたる効あっ, ら骨肉は重, ら骨董の好き, らを女, らの数珠, ら高い高い高いばあ, ら高き紫の, ら高らかに歌, ら高利の塩梅, ら高台の中, ら高風あり爽快, ら髪髭も乱れ, ら髯いつかしきアツシシマキリ持ち研ぎあぐら, ら鬪志なく勇, ら鬱単越洲に往き, らを退くる, ら鮑貝で食, ら鮟鱇を持つ, ら鮮やかなるの, ら鯨油は, ら鳥かごを開い, ら鳥打を冠, ら鳥越の笹屋, ら鳧鐘を頸, ら鳴き乍ら人道の方, ら鳴らした武士です, ら鳴海の足, ら鳴海司郎はかくし, ら鴨川にのぞんだ, ら鷹匠町の下宿, らとなれ, ら麥打ん時唐箕立て, らを拾っ, ら麺包を与へられた, ら麻川氏と一緒, ら麻衣を曳く, ら黄いろな自, ら黒烟が上っ, ら黒煙を吐い, ら默つて彼女の横顏, ら默つて成行を見, ら默つて踏臺と睨めつ, ら黙々たるその修道院それらは, ら黙殺されるやう, らの源吉, ら鼠野郎を二人一緒, ら鼻天狗ですし, ら鼻持ちのならぬ, らの口, ら龍馬の京ニ入り