青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

れてる~ れない~ れなかった~ れなけれ~ れぬ~ れね~ れました~ れます~ れよう~ ~れる
れる~
~ろ ろ~ ろう~ ~わ わ~ ~わかっ わかっ~ ~わかった わかった~ ~わからない

「れる~」 76426, 734ppm, 122位

▼ れる~ (11523, 15.1%)

1629 である 506464 です 457 であった 335 では 236 だった 203 であるが 171 であります 148127 だが 124 でした 122 だと 95 ですか 91 ですが 87 だから 80 を見 60 であるから 54 であって 52 であろう, でなければ 48 でございます 4543 ですから 42 がいや, はこの, は当然, も無理 41 だろう, を見る 40 だつた, であったが 38 はその, を待っ 37 が厭, を恐れ 35 が当然, よ 34 が常, を感じた 33 でしょう 32 じゃ, はいや 31 を待つ 25 だよ 24 かと思う, だという 23 ですね, は私 22 でしょうか, を聞く 21 が何より, だそう, であると, であろうか 20 でありますが, を見た 19 は何 18 でありました, を常 17 だろうか, と同じ, はお, はそれ 16 が嫌, さ, でも, は厭, は自分, を聞い 15 かもしれない, が普通, だろうと, ぢや 14 かも知れない, だったが, は彼, は無理, もその 13 かな, が例, が癪, もある, もいや, を怖 12 が怖い, ですよ, で御座います, ね, は自然, もこの, を覚悟 11 が辛い, が通例, であろうと, はまだ, を恐れる 10 がお, が一番, が怖, が自然, もまた, も知らず 9 が残念, が関の山, だけれど, はただ, は誰, を彼, を承知, を避ける

8 [22件] かそれ, かと思っ, かと思ふ, がこの, がこわい, がつね, が何, が嬉しい, が嬉しく, だか, だぞ, だな, であるか, ですからね, は嫌, は迷惑, もそれ, も不思議, も厭, も業腹, を気, を防ぐ

7 [19件] かしら, がいやさ, が習慣, だらう, であるという, でしたが, ですもの, はこれ, はつらい, はどう, は全く, は困る, は当り前, をおそれ, をつね, をひどく, を何, を感じ, を覚えた

6 [36件] かその, かね, がある, がうるさい, が不安, が嫌さ, が当り前, が怖かっ, が恐ろしい, が自分, が辛, が辛かっ, じゃない, だらうと, であったから, であろうが, でしょうが, はあの, はイヤ, は何時, は御, は正しい, は残念, は甚だ, は結構, は覚悟, は誠に, ほかは, も構わず, も辛い, を恐れた, を感ずる, を知っ, を私, を苦, を黙っ

5 [49件] かそれとも, が厭さ, が好き, が彼, が心外, が恐ろし, が恥, が業腹, が精, が苦しい, が落ち, が見えた, であろうかと, でございますが, ですな, に違い, はあたりまえ, はあんまり, はいつも, はまことに, はもっとも, はわたし, は人, は仕方, は何故, は大抵, は実に, は少し, は山, は必ずしも, は恥, は決して, は苦しい, も嫌, も当然, も残念, も決して, も癪, も迷惑, を, をじっと, を厭, を嫌った, を待たず, を待った, を目撃, を知らず, を知り, を聞いた

4 [79件] かい, かも知れません, かわかりません, か知ら, か私, がいかにも, がそんなに, がほんとう, がイヤ, が不愉快, が何となく, が口惜しい, が多い, が嫌い, が得策, が恐かっ, が悪い, が苦痛, が非常, が面白く, でありそして, でありまして, でありますから, であるならば, でございますよ, でなくその, と一緒, と同, に気がついた, はあまり, はいかにも, はごめん, はさ, はそういう, はちょうど, はなお, はもっと, はもとより, はやはり, はよい, はよく, は今, は何より, は僕, は大変, は嫌い, は実は, は御免, は心外, は日本, は男, は當然, は癪, は知れ, は身, は辛い, は辛かっ, も, もいい, もこれ, もつまり, ももう, ももっとも, も口惜しい, も同じ, も困る, も尤も, も承知, をお, をみ, を喜ん, を心配, を我慢, を指, を望ん, を眺め, を知った, を避け, んです

3 [116件] かとんと, かと思った, かと思ったら, かなあ, か知らない, か見当, がい, がそれ, がつら, がなに, が不, が今, が口惜しかっ, が可, が大, が少し, が恥ずかしい, が惜しかっ, が惜しく, が本当, が気の毒, が目的, が私, が羞, が面白い, が順序, だけれども, だつたが, だとは, だなと, だね, だろうかと, だろうという, であり, であるけれども, であること, でございましょう, でござる, ですがね, でないこと, と全く, と同時に, に反し, に適当, はい, はうれしい, はおそらく, はこんな, はなぜ, はまさに, はまっぴら, はもう, はもはや, は不愉快, は事実, は其の, は単なる, は同, は同じ, は多少, は大, は大嫌い, は如何にも, は寧ろ, は少く, は尤も, は常に, は必定, は必然, は我慢, は明らか, は是非, は最も, は無論, は見, は遠い, は面白い, もあまり, もここ, もそういう, もやはり, もやむを得ない, も人間, も口惜しく, も無念, も知らない, も運命, も面白く, をあまり, をおそれた, をきい, をながめ, を一番, を今, を免れた, を好まなかった, を妨げ, を嫌, を平次, を待ちかね, を思う, を惧, を憤っ, を普通, を注意, を知らない, を聞きました, を苦しく, を葉子, を見かけた, を遺憾, を防止, を非常, を默つて, ん嫌, 外は

2 [378件] かちょっと, かという意識, かともかく, かと些か, かと心配相, かと聞いた, かはまだ, かひとりでに, かまだ, かもしれなかった, からし, か其, か少し, か感心, か美奈子, があたりまえ, がありがたい, がいちばん, がおそかっ, がおちだろう, がおちであった, がかえって, がこわ, がこんなに, がさも, がしい, がすなわち, がたまらなかっ, がちょっと, がつらかっ, がとても, がどうして, がどんなに, がなんとなく, がはっきり, がふつう, がまた, がむしろ, がよい, がよく, が一, が一々, が一番いや, が不平, が不思議, が世間, が事実, が二人, が何とも, が先生, が初め, が判っ, が口惜し, が古代日本, が大きく, が大好き, が大嫌い, が如何にも, が嬉し, が嬉しかっ, が実に, が得意, が怖し, が恐し, が恐しく, が恐ろしく, が悲しい, が悲しかっ, が斬られ, が日頃不服, が最も, が本望, が極り, が死ぬ, が気, が気持, が神, が窮屈, が第, が胸, が至当, が苦しく, が表, が見え, が見える, が見たい, が誰, が迷惑, が面白, が面白かっ, じゃないでしょう, じゃろ, だからのう, だがね, だし, だずおん, だったから, だとも, だもの, だらうか, だろうが, だわ, だナと, であったならば, であっては, でありこの, でありその, でありましたが, でありましょう, であり従って, であり故に, であり諸, である事, であれば, であろうから, でございましょうか, でございましょうね, でございますか, でしょうね, ですけど, ですけれども, ですし, ですそして, ですつて, ですわ, でない, でなくて, といっしょ, とこの, とは逆, と僕, と同様, にちがい, には, には慣れ, には私, には閉口, に似, に何十億, に困っ, に行かない, に適し, に閉口, はあなた, はありがたい, はある, はいけない, はいささか, はいつぞや, はいま, はかえって, はかかる, はかな, はかなり, はこうして, はこちら, はこっち, はご, はさまざま, はされる, はすこし, はずいぶん, はそこ, はそして, はそれら, はたしかに, はたとえ, はたまらない, はちょっと, はつまり, はとても, はなおさら, はなかなか, はなん, はなんと, はほんとう, はまず, はまた, はもちろん, はもと事實, はやっぱり, はやむをえなかっ, はやりきれない, はよろしく, はわけ, はわたくし, は一つ, は一生, は一番, は不, は不快, は主として, は人間, は人非人, は今度, は今日, は仕事, は何と, は何ゆえ, は何事, は何人, は余り, は個人, は判り切っ, は印象派, は却って, は唯, は困った, は土神, は変, は多く, は多く英国風, は多分, は大概七つ八つ, は女, は女子, は始めて, は子供, は存在, は實, は尊氏, は少なく, は少年, は平岡, は平気, は彼ら, は彼等, は怖, は恐らく, は悪い, は意味, は感覚, は承知, は損, は支那, は教育, は文学, は早く, は昔, は是, は有難く, は次, は次第に, は此の前, は此点, は武家, は死ん, は残酷, は毎々, は沖縄, は深い, は清逸, は珍, は珍しい, は現在, は番頭, は痛い, は知れた, は社会, は私一人, は穀類, は穢れ, は立派, は自分自身, は自身, は良い, は若い, は苦痛, は親, は言うまでもない, は詩, は迷惑千万, は道理, は遺憾, は金, は非常, は面白く, は骨董物, もあった, もあなた, もこ, もそこ, もよい, もよかろ, もイヤ, も一つ, も不快, も不本意, も全く, も四五万匹, も妙, も実は, も実際, も心, も怖, も感じ, も或は, も止む, も皆, も知れねえ, も私, も苦痛, も覚悟, も辛かっ, も辛く, も面白い, らしい, をいさぎよし, をいやがっ, をうれしく, をかれこれ, をかわいそう, をきく, をただ, をつらく, をふせぐ, をもっ, を不思議, を予め, を俟, を厭う, を厭っ, を合点, を命婦, を喜び, を女らしく, を好まない, を好まぬ, を嫌う, を嫌がっ, を小股, を尻目, を屡々, を彼女, を待ち兼ねた, を待ち構え, を後, を忘れ, を恥じ, を感じる, を懼, を拒む, を拒ん, を最も, を有難く, を望む, を欣, を欲しなかった, を潔し, を無上, を煩さ, を痛快, を眼, を知らなかった, を知らなかつた, を知る, を私たち, を臣たる者, を自分, を自覚, を見ます, を見られたくありません, を見れ, を見詰め, を覚える, を覺, を覺悟, を言, を許し得なかった, を迷惑, を避けよう, を防ぎました, を防ごう, を面白, んでした, 位地に, 想いが, 甚しき

1 [2373件 抜粋] あの氷, お好き, かお, かし, かそう, かという, かとお, かとみな, かと云, かと屑竹, かと思ったらしく, かと思ひました, かと本統, かと考へる, かどうして, かなにしろ, かはじめ, かまったく, かもわからず, かやはり, かわからなかった, かネエ, か人生, か分らない, か大した, か平凡, か武門, か知っ, か竜太郎, か訳, が, があの, があんまり, がいま, がうるさく, がおち, がお前, がくすぐったい, がこ, がこわく, がしん, がせつなく, がたまらなく, がつらい, がどうやら, がならわし, がばか, がまったく, がもぞり, がゆかい, がよろしい, がわれわれ, がキライ, がルチアノ一味, が一番危険, が不幸, が之, が以心伝心, が何ん, が余程, が僕, が其様, が出来ました, が助かった, が危険, が口惜い, が否, が困る, が多, が大層, が姿, が定例, が常道, が当たり前, が心因性, が急, が恥しかっ, が情, が戰場ヶ原, が支那古今, が明治中期以来, が望まれた, が本筋, が此, が気にいらぬ, が江戸ッ児, が無念, が男, が登志子, が真実, が私ども, が罰, が良い, が落ちです, が見られたごとく, が豹一, が近代的人情, が運命, こと, さえ毒虫, じゃぞ, じゃなくっ, すらも古い, だからね, だけはよし, だこれ, ださうです, だったの, だったらどんな, だったら研究, だつたら寧そ今, だとばかり, だろうがね, だろう手, だ同じ, だ着物, であったであろう, であったろうけれど, でありましたらわれわれ, でありますと, であり作りかた, であり広い, であるかという, であるそれから, であるにも, である右近, である格別, であろうな, であろう嵩, でござった, でしたら, でしょうな, ですがた, ですそれ, です失礼, でないかと, でない亡びるの, でなく不当利得, でなく潮流, で御座いました, というはっきり, とそれから, とでシナ, とともにほろび, との間, とはちがっ, とは違っ, ともう, とを同じ, と人, と十万, と多分, と安っぽく, と手, と殴られる, と耳, と逢, ならあなた, ならそれ, ならひとつ今夜, なら伊賀, なら地球, なら最初, なら黙って, にかなっ, になぜ, にはさすが, には大分勉強, には恐ろし, には腹, にもお, にも驚きました, に不思議, に困った, に対してはむしろ, に対する弁護, に往生, に怖, に時間, に無理, に返事, に黙っ, はああ, はあながち, はあれ, はいくら, はいっしょ, はうれしく, はお前, はかの, はきつ, はくちおしい, はこのごろ一種, はごく, はさて, はせっかく, はその道, はぞつと, はたまらなく辛い, はちかく, はつらく, はどうして, はどんなに, はなられた, ははなはだ, はひどく, はまたたく間, はまぬがれ, はむしろ当然, はもぐ, はやむをえない, はやりきれなく, はよろしい, はわし, はアメリカ, はクラム, はシェークスピア, はチト我儘, はドルムドルフ, はニュートン, はフシギ, はモース先生, は一ヶ月六回, は一寸, は万一, は上達, は不当, は不透明, は久助君たち, は云う, は人体, は人麻呂勘文以下, は他人, は伯母, は何かしら, は余程, は例, は信長, は借金, は僕ら, は入沢氏, は其後両親, は円朝, は分っ, は判る, は副, は卑しい, は印刷術発明後一四八〇年, は受取り兼ねる, は古び, は叶, は名, は周囲, は哀れ, は商売, は図らずし, は地主, は変った, は外部, は大川, は大陸文学, は奥さま, は好かぬだろう, は妙, は威儀, は嬉しい, は季節, は定, は宮殿, は富者, は寿枝, は山川さん, は平左衛門, は弱い, は当り前ぢ, は彼自身, は心得, は忌々しい, は快く, は思え, は恐るべき, は悪く, は惡, は感心, は懐かしい, は戰爭中, は打ち見た, は推し計る, は敵わん, は新聞, は日本人そのもの, は明かだ, は時, は有, は木米, は東京付近, は柿本人麻呂, は楮, は構いません, は横暴, は正一郎, は此為, は殿下, は気, は水銀, は決っ, は油断, は浄見原天皇, は清淡, は火食, は片腹痛い, は猶, は理由, は生殖, は當, は皮舟, は真っ平, は矢張り佐川, は祝詞, は私たち, は空, は筆, は結局葛飾, は美しい, は翁, は考え, は肩身, は臆病者, は自由主義, は至極当然, は良家, は若, は蔭, は薔薇, は被害地, は覺悟, は許すべからざる, は諸, は貴方, は身体, は迷惑至極, は遠く, は都合, は鏡, は阮元, は随感録, は雲泥の差, は風羅念仏, は飽くまで, は驚かない, は骸骨, ばかり眺め, までハラハラ, もあります, もいっそう, もうるさく, もお金次第, もこと, もじっと, もつまらぬ, もない, もなる, もみな, もむりはなかった, ももと, もわれ, も一応, も主として, も云い, も仕方, も兄さん, も前述, も同, も哀, も天命, も嫌い, も少し, も幸せ, も彼女, も心苦しく, も忘れるであらう, も恥ずかしい, も感じない, も日一日, も時に, も楽, も正に, も氣, も満更, も煩わしく, も由来, も精霊誘致, も考えもの, も肚, も苦しい, も要, も變ぢ, も遠い, も面倒, やない, やろう, よりは何とか, をあて, をいつのまにか, をおそれる, をかくべつ, をききました, をこの, をさいわい, をしじゅう, をそれとなく, をなすった, をねたんでる, をばかり望んだ, をふと, をまわり, をも微, をゆかしく, をガツガツ, を一心に, を三郎進, を九時過ぎ, を云う, を伺い, を何故か, を側目, を免, を其儘, を制し, を危, を受取る, を合図, を吾, を嘗て, を夢, を大層, を奉迎, を好まなかつた, を娘, を嫌がる, を宮, を尻眼, を常に, を当然, を待ちかまえ, を待ち構えました, を得意, を心ゆく, を快, を怨めしく, を恥じる, を悦ぶ, を想像, を感じないで, を憚, を成田町, を押し, を拒否, を断つ, を晋作, を本当に, を果たして, を楽し, を樂, を此処, を殆ど, を気安い, を注視, を無論, を生徒, を病人, を白日, を知つて, を米友, を耐えるごとく, を聡明, を肩身, を至当, を見いだし, を見せられ, を見ちゃいられません, を見るだろう, を見届ける, を見続け, を覗き込む, を諸君, を送り, を遠く, を錢形, を雨戸越し, んか, んや, ん自分, 余裕が, 名誉を, 外ない, 当然だ, 意味も, 状を, 結果として

▼ れること~ (6379, 8.3%)

394 になった 165 になっ 156 になる 135 がある 92 はない 91 である 86 が出来る 82 になつ 78 になりました, もある 55 のない 53 が出 52 がない, になり 46 が多い, となった 42 もあった, もなく 40 ができる 36 であろう 32 でしょう 31 では 29 があった, もない 28 となる 27 であった 26 だ, によつて 25 は出来ない 24 ができない, なしに 23 だろう, です 22 と思う, はなかっ 21 があっ, がしばしば, を希望, を恐れ 19 がなかっ 18 が必要, になつて 17 が出来ない, が多く, となり, はありません, を意味 16 があります, だと, なの, はできない, を怖 15 を要求 13 が多かっ, であらう, になります, になるだろう, はこの, もあろう, を知っ 12 か, が出来た, だった, であろうと, によって初めて, は, を望む 11 ができた, でも, なくし, にもなる, もあります, を, を望ん 10 ができ, だらう, であると, になるであろう, の方, もあつ, を期待

9 [12件] がなく, はあっ, はある, はあるまい, はその, もあり, もなかっ, も出来る, を予期, を必要, を欲, を覚悟

8 [12件] があろう, がよく, が多, であつ, であります, になつたの, は決して, もありました, を予想, を切望, を欲する, を私

7 [17件] が出来ず, が度々, さえある, であるから, であるが, でせう, となつ, となりました, と思います, にきまった, になろう, は何, は当然, は私, を厭, を思う, を極度

6 [23件] ができなかった, ができます, が出来, が出来るであろう, であって, であろうか, になれ, に慣れ, のできない, の出来ない, はないだろう, はなく, は出来なかった, は自然, もあるまい, もまた, も多い, を恐れる, を想像, を望みます, を極端, を求め, を知った

5 [30件] があつ, があり, ができず, がなかつた, がわかった, が厭, が少い, だろうと, ですが, となっ, と思ふ, になるだらう, によって却って, に決定, のある, のなかっ, の多い, はなかつた, はなかろう, はもちろん, はわかっ, は出, は分っ, は前, は御, ばかりであった, もありません, を喜ぶ, を自分, を許さない

4 [49件] が, が不可能, が何, が出来なかった, が可能, が望ましい, が私, が要求, が非常, だろうが, でございましょう, と信じ, と信じます, と思っ, によってその, に極, はあり得ない, はいや, はそれ, はないでしょう, はほとんど, はむしろ, は事実, は周知, は少し, は彼, は最も, は稀, もあれ, も少なく, やら, をお, をおそれ, を信じ, を免れた, を切に, を好まない, を希う, を忘れ, を恐れた, を惧, を感じた, を承知, を熱望, を知つて, を祈っ, を考え, を要する, を願う

3 [101件] がありませんでした, がかえって, ができぬ, がどんなに, がら, が大切, が嫌い, が少く, が少ない, が少なく, が屡々, が書い, だから, であったから, であったが, であろうが, でしょうが, ですら, でその, と信ずる, なく, なく却, なん, にある, になったなら, になったらしい, にならない, になりまし, になるでしょう, になるでせう, には慣れ, にもなった, によってこの, によって始めて, に反対, に外, に成った, に成功, のできる, のなくなった, の出, の出来ぬ, の出来る, はけっして, はたしか, はできまい, はできません, はめったに, はもう, はもっとも, は不可能, は人, は人間, は余りに, は全く, は出来, は勿論, は屡々, は彼女, は必ずしも, は必然, は日本, は明かである, は極めて, は現在, は甚だ, は苦しい, は迷惑, は非常, ばかりだ, ばかりである, もあ, もあっ, もないでしょう, も出, も怖, も珍しく, をおそれる, をたいへん, をひどく, をよろこび, を今, を何, を僕, を大変, を心から, を心配, を思え, を思ふ, を意, を望んだ, を欲しなかった, を決して, を甚だ, を考える, を自ら, を許さぬ, を説明, を述べた, を非常, を願った

2 [276件] あり, かと思っ, かも知れない, かも知れません, から考える, があ, があったら, がありました, があり得ない, があり得る, があるだろう, があるまい, がいや, がお, がこの, がすでに, ができなかつた, ができるであらう, ができるであろう, ができるでしょう, ができれ, がどれ, がなかろ, がなくなり, がまた, がもう, がより, がわかっ, が一つ, が僕, が出来ね, が出来よう, が出来るだろう, が又, が嫌ひなリヽー, が少し, が少なかっ, が往々, が急, が最も, が有りました, が殆, が殆ど, が沢山, が珍しく, が確め, が確実, が稀, じゃ, すらある, だが, だけで満足, だけは確実, だったの, だつた, だね, だらうと, であったの, であっても, でありました, でありますから, であるところ, でございますから, でした, でしょうね, でなければ, で源氏, で自分, で誰, とであります, となるであろう, となろう, と思った, なくそれ自身, なくほしいまま, なく耳, なしには, なぞ決して, などございます, ならんぞ, なんかちっとも, にした, にでもなれ, になるらしい, にはならない, には常に多少, には馴れ, にもなろう, にも慣れ, によって, によって却って初めて, によって同時に, によって客観的, によって最も, に一寸, に他, に對, に就い, に決まった, に由つて, に異存, に私, に興味, に違い, のよう, の出来た, の多かっ, の好き, の嫌い, の嬉し, の快感, の愉快, の為, の無い, はあった, はあり, はありますまい, はありませんでした, はあり得る, はいう, はいわゆる, はお, はかつて, はそのまま, はそれだけ, はた, はできる, はどんな, はなお, はなん, はま, はまず, はまっぴら, はもとより, はわかりきっ, はわれわれ, は上, は不, は不愉快, は予想, は二重, は云う, は今, は何うに, は僕, は出来ないだろう, は出来ないであろう, は出来ぬ, は出来る, は却って, は同じ, は多い, は女, は如何, は子供, は実に, は容易, は少く, は少なかっ, は常識, は心, は恐らく, は意外, は支那, は日本人, は明らか, は昔, は普通, は最早, は有難く, は歴史, は殆ど, は火, は無い, は町, は知っ, は知れ, は確か, は自分, は自由, は至極, は苦痛, は著しい, は覚悟, は許されない, ほど力強い, もあらう, もありうる, もあり得る, もあるであらう, もあるであろう, もお, もございました, もございます, もしばしば, もそれ, もなかつた, もなし, もひどく, もまれ, もよく, も今日, も他, も出来るだろう, も大, も容易, も度々, も忘れ, も絶え, も自分, も非常, やまた, よ, をあまり, をいう, をいやがっ, をきい, をきらっ, をさ, をさも, をした, をその, をそれほど, を予知, を予言, を信ぜず, を免れ, を別に, を喜ん, を多く, を好む, を好ん, を妨げる, を嫌, を嫌い, を嫌った, を希, を待っ, を待望, を忘れる, を思った, を愛する, を憎ん, を憚, を我々, を拒む, を指す, を指摘, を敢, を望まぬ, を望み, を望みません, を欣, を欣快, を欲しなかつた, を歎, を求める, を深く, を直覚, を知らず, を知り, を知る, を絶対, を考えた, を考へ, を考察, を苦, を覺悟, を警戒, を遺憾, を防ぐ, を願, を願っ, 即ちその, 当然で, 無しに

1 [1864件 抜粋] あたかも現象, あるを, かしれません, かと思, からお, からも見当, から始まる, から生じ, から見る, から遂に, か察しられぬ, があまりに, がありまし, があるであらう, がいちいち, がうれしかっ, がきらい, がすぐ, がその, がたくさん, がつのった, ができなくなっ, がどうにも, がなくなった, がほとんど, がまるで, がゆたか, がニュウ・ファッション, が一体, が乙, が何より, が内, が出来たろう, が出来ました, が判る, が動機, が口惜しく, が哲學, が多けれ, が大き, が大抵, が嬉しかっ, が将来, が少しく, が幸福, が得策, が必然的, が思われる, が恥ずかしく, が愛, が戯曲創作上, が文明, が明らか, が有るべきで, が本当, が極めて, が殊に, が消え入りたい, が漸く, が甚だ, が知られ, が空間, が絶對, が自然おから, が解ります, が許されるであろう, が辛い, が適法, が閣下, が頭, ぐらいはちゃんと, こそなかっ, こそ光栄, この知覚, さえごく, さえもあった, さえ厭わなかった, されること, すなわち風速, そして骨董じまん, その定まった, だけあっ, だけが自分, だけで日, だけはまぬがれました, だけは御免, ださうで裸一貫, だってある, だな, だろうかと, だ何一つ, で, でありそれに, であり性格以外, であり遠く, であるからと, である場合, であろうし, でいくらか, でございましょうよ, でさしずめ, でしょうと, ですな, ででも, でなかなか, でも貫ける, で上気, で初めて, で困った, で心, で日本, で満足, で罪, で輝く, といえ, とこれ, とした, とち, となります, との差, ともなっ, と一種, と人, と同一, と存ずる, と思い, と憚, と楽しん, と考えます, と金銭, なき減価, なくお, なくさまざま, なくたれ, なくわれら, なく一面, なく云わ, なく古, なく大抵, なく密か, なく平気, なく彼, なく悠々, なく敢然, なく明らか, なく殺人, なく無事, なく終つた, なく聞いた, なく自然, なく覗い, なく隠しおわせられる, なぞは少し, などがあった, などでこの, などは奇蹟的, などもあった, などを想像, など何ん, なので, ならどんな, なら本当, なんかは病気, なんか考える, なんてなん, にお, にきまつた, にしませう, にする, にたよっ, についてどこ, については私, について云っ, について私たち, にない, になってる, にならね, になッ, にはならぬ, には体力的, には堪へない, には気づかなかった, には趙雲, にもすっかり, にも説得, によってこれ, によってのみこの, によってのみ存在, によってまず, によってクリティシズム, によって一つ一つ破壊, によって人々, によって充そう, によって別に, によって固定, によって失業者, によって実在, によって心, によって成立, によって日常実生活, によって歴史的, によって泣き, によって無, によって発展, によって私, によって自己, によって証明, によって項目, によつて一つ, によつて圧倒, によつて実在, によつて維持, によつて見出し, にゴーリキイ自身, に不服, に努力, に原因, に同意, に変更, に定, に対して冷淡, に常に, に思っ, に感心, に承服, に本式, に気, に決った, に涙ぐまれ, に甘暖かい, に皆, に素直, に計算, に返辞, に重大, に関して議, のいつ, のくす, のできた, のほう, のラジオ, の一表現, の中, の困難, の夢, の嫌さ, の少い, の当然, の悦び, の愚かさ, の深い, の結果, の重大, はあくまで, はあまりに, はあるまじき, はいかばかり, はうるさく, はおのずから, はかまわない, はきょう, はこのごろ急, はごまかさず, はしかた, はせず, はたしかに, はだから, はつね, はできないであろう, はどこ, はなおさら, はなり, はまあ, はむずかしい, はもし, はよく, はわかってた, はアデイア青年, はカント範疇論, はユリゴ, は一ノ関, は一度二度, は一通り, は世間, は云, は人間社会, は何と, は余程, は先ず, は免れ得なかった, は出来なかつた, は初めて, は包み, は危険, は古傷, は同時に, は否定, は困難, は堪えられない, は多分, は大切, は太陽, は好い, は学者, は封建時代, は少年, は工場, は幸福, は当っ, は後世, は志村, は恐い, は悲しく, は意味, は承知, は既に再三, は昭和, は最初, は望ましい, は本当に, は案外どうにか, は歓迎, は此, は死体, は民主主義文学, は求め, は渾心的, は燃え尽きる, は甚だし, は田崎仁義博士, は疑い, は病室, は知れきっ, は確実, は私達, は米英, は結局, は絶え, は芭蕉, は蓋し当然, は言う, は詩, は諸, は辛く, は遅かっ, は避けられる, は重大, は頗る, ばかりでなく, ばかりやった, への不服, ほど私, また劇場側, まで心配, もあり得た, もあるだろう, もいと, もこの, もずっと, もたくさん, もつらい, もできないだらう, もないだろう, もなくなり, ものみこん, もみな, も事実, も冬日, も出来るであろう, も又, も変ぜられる, も女性特有, も実際, も御免, も念頭, も想像, も数多けれ, も時, も気に入らなかった, も火, も現代, も知らない, も稀, も苦しい, も請合ひだ, も辞さなかった, やそれからまた, よりは人, よりも今, よりも近畿洛中, をいさぎよし, をおすすめ, をかたく, をきらった, をこと, をこわがっ, をさだか, をすすめたい, をそれ, をだんだん, をとうに, をなお, をのぞんだ, をはっきり, をふせぐ, をもつ, をも意味, をも覚悟, をやめなかった, をカクゴ, を一つ, を中納言, を二三例, を人, を何とも思わず, を信じ得ざる, を光栄, を免れません, を公表, を十分, を厭うた, を吾, を喜び, を嘘, を天職, を好まなかつた, を妙, を妨害, を嫌っ, を孟子, を家庭, を希っ, を役人, を待ち, を御, を忌避, を怒り, を思っ, を恐れなかった, を恥ら, を想, を感ずる, を憂ふる, を懇請, を成, を拒み, を拒絶, を教え, を断固, を最高, を望まず, を望んでない, を条件, を楽, を欲しなかったであろう, を止めるべきで, を気味悪, を注意, を無上, を物の数, を留保, を疑わない, を発見, を知, を知らなかった, を知ります, を示し, を祈らない, を祷る, を私たち, を経験, を考えてる, を聞いたであろう, を聞き伝え, を自己, を苦しい, を補足, を見, を規定, を覺, を許さね, を許すなら, を認め, を説き, を誰, を辛く, を通例, を避けよ, を防いだ, を雨坊主, を首肯, 世にも類, 及び同, 多し是, 少なくない, 已に言, 最も少く, 甚だしい, 知らるべし, 蓋し皆進歩

▼ れる~ (6123, 8.0%)

124 いふこと 65 云ふ 61 私は 60 すれば 51 彼は 43 思って 42 思う 27 いう 25 急に 24 いけないから 23 云うこと 22 なると, 言ふ 20 いうので, いふの, それを 18 さすがに, すぐに, 一言も 16 云うの 15 それが, 思います 14 それは, 聞いて 13 いって, すると, 今度は, 僕は, 思うと, 思うの 12 私の 11 彼女は, 思ったから, 私も 10 云って, 云ふこ, 信じて, 同じよう, 非常に 9 いうが, いふ事, わたしは, 困る, 困るから, 困るん, 大変だ, 自分の 8 云う事, 困るが, 妙に, 彼の, 思うか 7 いけませんから, いやだ, そこに, それまで, 何か, 見えて

6 [21件] あとは, いい, これは, したらそれ, その中, そんな気, 俺も, 僕も, 女は, 平次も, 思うが, 思った, 思ったの, 思ふの, 瑠璃子は, 知って, 美奈子は, 考えるの, 自分は, 言って, 面倒だ

5 [27件] ある, いうと, いうに, いうよりも, いった, いっても, いふ, いふもの, こっちも, こんどは, したら, そこには, なれば, ぼくは, 一も, 云う, 云っても, 今まで, 仮定し, 八五郎は, 同時にこの, 思つた, 気が, 犬は, 考えられる, 見える, 言うの

4 [50件] いつでも, いふので, いやと, いやとは, おれは, おれも, お園, するならば, ペラペラと, 一寸困る, 一緒に, 二人は, 云うので, 云うよう, 云われて, 何と, 何も, 俺は, 倭文子は, 厄介だ, 同時にその, 同時にそれ, 否とに, 困ります, 困りますから, 困ると, 子供は, 平次は, 彼女の, 彼等は, 思うから, 思ったん, 思つ, 思つたから, 想像する, 書いて, 極りが, 次郎は, 申して, 直ぐに, 知りながら, 胸が, 腹が, 自分が, 見た, 見る間, 言うこと, 身が, 面目ない, 順平は

3 [97件] あとから, あとに, いうだけの, いうのに, いうばかり, いう時, いけないと, いっしょに, いふが, いふわけ, いやな, いろ, お君, お庄, お角, お銀様, かれは, これが, さすがの, した, したならば, すぐその, その下, その日, それこそ, それっきりの, それに, たいへんだ, ちょっと困る, なんの, みんなは, わしは, わたしの, ガラッ八, ジョバンニは, 一人の, 一同は, 不可ません, 主張する, 他の, 以前の, 仮定した, 仮定しよう, 伸子は, 何にも, 信一郎は, 僕の, 其処に, 分って, 前に, 危険だ, 即座に, 取返しが, 同じこと, 同時にまた, 同時に今, 告白せざる, 命が, 困るので, 嬉しき中, 家の, 少し困る, 山の, 己れ, 彼も, 後から, 思いますよ, 思ったが, 思つてゐた, 思ひます, 思ふ, 思ふか, 思ふと, 悪いから, 慌てて, 我々は, 我慢の, 新子は, 本人の, 武蔵は, 死ぬって, 眼の, 眼を, 知りつつ, 私たちの, 私たちは, 考えたの, 考へた, 腹の, 見て, 誰も, 返事に, 述べて, 青年は, 頭が, 頭の, 高い事

2 [326件] ああそう, あたしは, あっては, あとの, あなたは, いいですよ, いいん, いい気持, いうし, いうだけ, いうだけでも, いうでは, いうところ, いうより, いうよりは, いきなり, いけない, いけません, いったので, いつて, いつもの, いふのに, いふほど, いふよりも, いふん, いふ時, いふ点, いやです, いわれるであろう, うるさくて, うんざりし, おかあさんが, おどおどし, おれが, お作, お前の, お前此罪は, お思い, お考え, お蝶, きまると, ここは, こちらの, こちらは, こっちが, こっちの, こっちは, この男, こまるが, これも, さあちよ, されないとは, したらこの, したらどう, したら何, して, します, すぐこの, すぐ私, すぐ逆上, すつかり, せんには, そうです, そこへ, そのこと, そのま, その人, その時, その末端, それつ, それで, それに対して, それの, それも, そんな事, たいていの, だめに, ちょっと返答, ちよつと, ついその, つとこちら, つまらないから, とてもおかしく, どうする, どこかで, どんなこと, どんなにあらくれた, なんだか心配, はいと, ひどく困る, ひどく気, びっくりする, ほかに, ほりに, またし, まっかに, みえる, みえ中空, むきに, もうお, もう一つ, もう疑う, やがて芦, よい, よい気, よう起きなかった, よけいに, よその, わしも, カチリと, ガラツ八は, 一倍萎れ, 一句も, 一方の, 一番たまらない, 一番先き, 一種の, 一議に, 下町あたりの, 不思議にも, 世話を, 世間の, 二三度周囲を, 二人の, 云うお, 云うわけ, 云う恐れ, 云った, 云っただけ, 云ったよう, 云つた, 云つた調子で, 云は, 云われたの, 五尺八寸も, 人間の, 今聞いた, 仮定すれ, 伊織は, 伝えて, 何となし, 何百輛とも, 信じられて, 俺と, 俺の, 健は, 傍に, 僕が, 僕にも, 其の朝野, 内儀の, 出世の, 初めの, 別の, 勘当まで, 半七, 半信半疑に, 厭な, 同じ種類, 同一の, 同時に, 同時に一種, 同時に自分, 同時に長吉, 君は, 周平は, 命がけの, 命を, 問は, 困りますからね, 困りますが, 困るからな, 困るの, 困るより, 困るわ, 困る筋, 報じて, 壁に, 大八車に, 大勢の, 大変な, 大変迷惑を, 大抵の, 大概機嫌も, 大變, 夫が, 夫人は, 女の, 好い心持, 始めは, 存分に, 実は返答, 客たちに, 家に, 容易に, 尾が, 居ても, 平次にも, 平次ほどの, 幸子も, 幸山船長は, 床の間には, 後は, 心細い, 必死な, 快よい優しい, 忽ち目, 忽ち羽, 思いあたること, 思いますね, 思いますわ, 思うな, 思えば, 思た, 思わなければ, 思われて, 恋愛の, 恐縮します, 恐縮です, 悪いこと, 悪いと, 悪い気持, 成程, 我々が, 我々に, 或る, 手代の, 拒むこと, 改めて囚人小三郎, 文之, 旅館は, 日本は, 旦那の, 時と, 普通の, 本當, 杖の, 林太郎は, 楽しみに, 機先を, 次の, 此の, 此處にての, 死ぬの, 死んで, 母は, 氏は, 気に, 気の, 気の毒に, 氣に, 水に, 泣いて, 洵吉は, 流石の, 海の, 涙を, 潔癖な, 無理な, 爺や, 生産力自身の, 男は, 町人風情も, 白痴相当に, 皆んなに, 目が, 直ぐお通夜, 直ぐその, 直ちに之, 看做すならば, 私が, 私だって, 私どもは, 私にも, 私達は, 突拍子も, 窓の, 立瀬が, 素直に, 美奈子の, 美奈子も, 考えられる時, 考えること, 考へられる, 聞いたとき, 聞いたの, 聞いたので, 聞いた時, 聞くが, 腹を, 自分で, 自分も, 苦しまぎれに, 苦し紛れに, 苦も, 血が, 見るの, 見るや, 覚悟を, 親分の, 言う噂, 言った, 言っても, 言つた, 説いて, 變な, 豹一は, 負けたこと, 足の, 身も, 返事のか, 返答に, 迷惑だ, 逆に, 運が, 酒の, 重大な, 間もなく私, 陳宮は, 隆吉は, 頭は, 顔を, 首筋を, 骨まで, 高瀬舟で, 鮎は

1 [3615件 抜粋] ああいう, あたしが, あった, あなにでも, あの方, あらためて新しい, あわてて, いいと, いうけ, いうなあ, いう如きである, いかにも単純そのもの, いかんから, いきなり袂, いけないからね, いけませんぜ, いじにも, いっぺんに皮膚, いつたて, いつもおそれいっ, いつも妙, いふから, いふよりは, いや, いよいよいけない, いよいよ泣き出したがる, いわれます, うるさいいや, うるせえ後ろ, おいらも, おそらく云われるであろう, おのずからその, おもうと, お仕舞, お客も, お思, お次は, お祖父さんは, お葉, かう言はず, かえって余計, かえって教えられる, かつていっしょ, かれら, ききとれない様, きっと裏口, きょとんと, くまんば, こういう歌, こころよく承知, ことごとに, この五年, この床の間, この連中, こまるの, これまた, こんな錯覚, さきに, さつきは, し, したらせっかく, したら一番どこ, したら東京, したら貞之助, しましても, しらず縁日, じき驚ろく, すぐさま君子顔, すぐわれ, すぐ密告, すぐ死んだ, すぐ見つかります, すこし業腹, すりよりながら, ずうっと, そうあり, そういっ, そうで無い, そう遠く, そのあと, そのと, そのまま動かず, その一週間, その冴, その土地, その強烈深刻, その方, その溜池, その答え, その足, その頭, それだけに新田先生, それつ切り, それに十五騎, そんな匂い, たいてい泣き出し, ただ空, たちまち彼, たてがみを, ためらいながら, だれでも, ちっとばかり, ちょいと, ちょっと困ります, ちょんさんは, ついほだされ, つらいが, とたんにこっち, とにかくこんな小さな, どうした, どうしても誘惑, どうもムズ, どきんとし, どのやう, どんな不合理, なおその, なお言い, なにかしら, なまこ型に, なるほどそう, なるほど青い, なんだか小, なんぼ自業自得, のぶ子は, はっきり語られ, ひとつ道が, ひどく怒っ, ふいに, ふら, ほとんど同時に夕, ほッ, まことに手数, ますます国防, また, またもっとも, また我慢, また話し, まったく返事, まもなく海辺, まるで貴婦人ごっこ, みっともないからね, みんなこう, もういちど, もうこれ, もうそれ, もう一週間, もう十日, もう彼, もう登勢, もう隠し切れない, もと人が, やがてあと, やっと目, やっぱり気持ち, やはり丁寧, やれぬこと, ようが, よくない, よけい気の毒, わざとにも, わたしまで, アウグスティヌスの, イヤとも, オレは, ガラッと, グアイが, サッと顔色, ステキに, ツイかつ, デュパンの, ナオミは, ハイロ自身も, ピタリと, ホッブズの, マゴつく, ヨハネスは, ロロ公爵も, 一ぺんに, 一同迷夢から, 一寸説明, 一心に凄い, 一番に, 一般には, 万七も, 三次に, 下に, 不平分子の, 世継物語とも, 両親の, 丹三郎は, 主張せしめ, 九兵衞夫妻は, 予想すれ, 事件は, 二三間も, 云いたかったらしい, 云うも, 云う場合, 云う有様, 云う言葉, 云えない, 云ったら彼等, 云つた方が, 云ふ仕, 五十錢だ, 人びとは, 仇同士が, 今までにでも, 仕方が, 仮定せよ, 伊代は, 低い声, 何う, 何だかきまり, 何だか他, 何だか豪い, 何に, 何を, 何人生ん, 何時も彼, 併し, 俄然気の毒, 信ぜられて, 僕たちも, 元来が, 先師が, 児玉の, 全くの, 全身に, 六助と, 兵太郎も, 其村では, 内心まんざら, 凄いよう, 分別臭い五十男, 判然と, 前もって立て, 労農領事館には, 勢いお辞儀, 北風に, 十四五歳の, 千穂子は, 卓子の, 即日予審判事古, 却って安心, 却つて悦ぶ, 又もや魔法使, 又左衛門, 反抗する, 受け身にばかり, 口惜しいぢ, 可厭, 司馬懿も, 同じくはっきりしか, 同じ物質, 同時にかの, 同時にとみに南風, 同時にわたし, 同時に三年前, 同時に何だか禁断, 同時に出版所, 同時に少なくも理論上, 同時に従来, 同時に文化部, 同時に極度, 同時に男, 同時に自分自身, 同時に行方, 同時に釘抜き, 同様我々の, 否とによって, 周圍は, 唯にやにや笑い, 啓吉は, 喜んで, 噴火現象は, 困った自分, 困るからね, 困るのでなあ, 困る重, 国民生活の, 坂田は, 堪りませんからねえ, 声から, 多額の, 大がいは, 大へ, 大喜び, 大抵誰, 天子様としての, 奇特が, 女が, 女王を, 妙にすくみあがつた, 始末が, 嫌がって, 嬢の, 子供達は, 宅助も, 宗助も, 実になり得べき, 実はだまされ, 家へ, 寒い中, 将監は, 小さな羽, 小太郎を, 小腰を, 少しおかしい, 少し臆断, 居る所, 岡玄卿氏が, 左部にも, 市民どもは, 平次の, 年若, 広い座敷, 康雄は, 引っかいたり, 強気と, 彼女も, 後ずさりして, 得てして成り, 微かに, 心着き, 必ず二三日, 忽ちその, 忽ち可憐, 怒ること, 思いつつ, 思いの外父は, 思います例えば, 思い定めた, 思うがね, 思うので, 思えるの, 思ったのに, 思った勘太郎, 思つたのかも, 思つて外へ, 思ひながら, 思ひ込んで, 思や, 思われる, 恁うし, 恐ろしく凸凹, 恥じたる色, 恰度万華の, 悪イ, 惣左は, 愕然顔いろ, 感じて, 慌て気味, 成りません一二ケ月, 我を, 手で, 扶たちは, 技師は, 抵抗する, 持って, 推定し得よう, 敢なく崩れた, 文吉は, 斯ふいふ, 方向を, 日ごろ気立て, 日記を, 早速返事, 昨宵行きがけ, 時に大変, 曙色の, 最も不, 望みを, 本当にこわく, 本能的な, 杢兵衛太五作も, 東西兩洋の, 柱の, 格好が, 業者から, 機械で, 止むなく自分, 正面に, 此間からの, 死ぬこと, 残された家族, 母の, 気がついて, 気味が悪い, 水が, 汗が, 決定って, 波立つ真, 洗ったって, 淋しいね, 満足げに, 漠然と不快, 澤は, 無礙に, 熊城は, 父よりの, 片端から, 犬なら, 猟犬の, 玄白は, 理解し, 甚右衛門も, 申さるるか, 申し難い, 町の, 病気を, 癆症病み, 皆さん地球の, 目の玉が, 直ぐに去, 直ぐ出掛け, 直ぐ驅, 直に華族, 相続者は, 真ッ白, 真雄は, 睡眠の, 知っても, 知りながらも, 硬くって, 祖母さんが, 秀吉の, 私困る, 稱せられる, 窮します, 第一, 答は, 糧道を, 絶対に, 美くしく, 義兄が, 考えた, 考えますが, 考えられるであろう, 考えられる場合, 考えるよう, 考を, 聞いたらこれ, 聞きましたがね, 聞くので, 肩を, 能役者じゃ, 腰を, 臍が, 自分達の, 自転車が, 船頭の, 芸者料理屋置屋などから, 苦しみを, 著者は, 藤色の, 血迷った眼, 裃す, 見えたぞ, 見ねば, 見得るの, 覚悟しなきゃならない, 解つてゐ, 言い出すの, 言えば, 言つ, 言つてゐる, 言われた自分, 記憶とか, 話しを, 誰が, 謂うの, 讀者は, 負けちゃうじゃ, 身の, 軟かくなり, 近藤が, 迷って, 途端に, 遊女達の, 遠い国郡, 酔ってる私, 野鍛冶の, 針金に, 銭形平次は, 閉口する, 間もなく夢中遊行, 間もなく月, 間もなく軍艦, 限ったもの, 随分尤も, 雨中の, 霍亂と, 面白いの, 頬骨の, 風巻は, 飛鳥の, 馬吉の, 高い板囲い, 鳥が

▼ れるよう~ (5006, 6.6%)

538 になった 271 なこと 221 になっ 205 な気 113 にし 94 になる 70 なもの 67 になりました 64 な事 59 になり 47 な気持 4338 である 35 な思い 33 な心持 2928 では 22 であった, な感じ, に感じた 21 です, な 20 な気持ち, にその 18 だった, な人 17 ですが, になれ 15 なそんな, な場合 14 な覚え, に消え 13 なところ, な声 12 であるが, な心地, な悪い, な音, になったら 11 だが, な人間, になります, に思う, に思った 10 で, でした, にお, にした, になつ, に成った 9 なの, な痛み, になるだろう, に思われる, に見える 8 な大, な男, に出来, に彼 7 な形, な所, な物, な目, な苦痛, な調子, に思われます, に感じ, に私, に身

6 [13件] だと, なその, な大きな, な日, な結果, な苦し, にしたい, にする, に姿, に思われ, に成っ, に見え, に見えた

5 [17件] なお, なへま, なヘマ, な人物, な仕事, な家, な工合, な心もち, な想い, な者, な苦しみ, な言葉, にそれ, にはいっ, に努力, に思われた, に辛い

4 [33件] じゃ, だったが, であります, でしたが, なひどい, な一種, な不安, な光景, な場所, な寒, な悲鳴, な時, な様子, な気もち, な気分, な沈黙, な生活, な筋, な訳, な顔, な風, にでき, にならなけれ, になるであろう, になろう, にもなった, にフラフラ, に少し, に思い, に思います, に痛い, に皆, に自分

3 [68件] だから, でいや, でございます, ですね, なえらい, なこんな, なさけび声, なそういう, なそして, なとき, なもん, なわけ, なヤクザ, な不, な不幸, な不快, な世の中, な事件, な事実, な処, な出来事, な力, な匂い, な品, な喜び, な女, な奴, な妙, な姿, な寒気, な幸福, な強, な御, な心, な心持ち, な心配, な恰好, な悪事, な意味, な条件, な気味, な氣, な眼付, な種類, な行為, な話, にあなた, におなり, にすぐ, にするする, にすれ, にそこ, にはなった, にわたし, に云った, に入っ, に出, に声, に希望, に彼女, に急, に急い, に椅子, に苦しかっ, に言う, に足, に辛かっ, に道

2 [187件] だし, だよ, であったが, ですから, ですわ, でなければ, でも, で唯, で御座います, なあの, ないかにも, なおもい, なおもいで, なここち, なすべて, なつらい, なものの, なやつ, なん, な一つ, な不思議, な両, な事情, な五月雨, な人柄, な仕掛, な位置, な傾向, な働き, な凄味, な切ない, な印象, な句, な可愛らしい, な名, な場面, な夜, な夢, な夫, な失敗, な女々しい, な始末, な娘, な子, な子供, な客, な小さい, な小説, な幼稚, な強い, な心当り, な怖, な思想, な性格, な恋愛, な恐ろしい, な恐怖, な息苦し, な悔恨, な悦び, な悲しい, な悲しみ, な愚, な感情, な態度, な懸念, な日本, な時代, な時期, な暗い, な栗, な機会, な涙, な淋し, な激しい, な火, な無気味, な熱, な特別, な状態, な理由, な生, な用件, な疲労, な痛, な真似, な眼つき, な瞬間, な硝子戸, な社会, な社会的意識, な節, な簡単, な罪, な羽目, な習慣, な脚本, な身体, な身分, な過失, な醜, な重い, な鋭い, な陰気, な非常, な風采, にきえ, にここ, にこの, にさえなっ, にさえなった, にしたら, にしてやる, にします, にしよう, にたしかに, にただ, にできた, にと思っ, になったなら, になりまし, になるでしょう, になん, にはっきり, にふらふら, にまた, にまでなっ, にも思われた, にも見える, にゆっくり, にゆらゆら, にスーッ, にルネ・デカルト, に一般, に両, に中, に二階, に今, に仕向け, に仕組まれ, に仰, に倒れ, に再び, に冴えた, に出来てる, に吾, に土間, に寝床, に平次宛, に御, に心, に思いました, に思っ, に感じました, に感じます, に感じられた, に時々, に柔らか, に次々, に歩い, に波, に消える, に消え失せ, に涙, に潜戸, に痛んだ, に眠く, に眼, に立, に笑っ, に考案, に聞い, に肩, に背中, に膝, に苦しく, に苦痛, に落ち, に薄, に薄れ, に見えました, に見入っ, に見受けられます, に跟, に降り, に顔, に駈け込ん

1 [1554件 抜粋] あらゆる援助, じゃお話, じゃつまらない, じゃ好い, すでした, だけれども, だったら自分, だとか, だの昼寝, だろうよ, であったし, でありましたよ, であれば, でございましょうが, でしっとり, ですし, ですよ, でついぐらぐら, でなりません, で一方, で何, で却って, で好き, で役柄, で皆手, で結構, で苦しかっ, で電話, なあたり, なありさ, なあわただしい, ないい, ないちばん不利, なおかし, なおそろしく, なおもし, なお子さん, なかすか, なかなしい, ながらくた, なきりぎりす, なぐあいでしたよ, なこそばゆ, なこわく, なざわめき, なしょぼしょぼ, なすがすがし, なそう, なそわそわ, なたいへん, なたしか, なと, などす黒い, ななまぬるい, なのろけを, なはなやかさ, なひどい明, なふう, なぶきみ, なぽかぽか, なまぶた, なよく, ならそれ, なら安心, なら犯人, なれば, なわるい, なエレガント, なコロラチゥラ・ソプラノ, なノック, なペダンティック, なロシア的, な一廓, な一種異様, な一郭, な万引, な三昧, な不良, な両国, な事柄, な二本差し, な人たち, な人工的, な仕掛け, な企みを, な体躯, な余技, な信仰, な傍線, な優しい, な全く, な具合, な冒険, な凄し, な分りきった心持, な判断, な功績, な動揺, な半端野郎, な危なっかしい, な厚, な友人, な取り捲かれるよう, な古い古い, な合目的性, な味気, な問題, な固苦しい, な土地柄, な地盤, な堪らない体臭, な境地, な夏, な大人, な大喝, な大騒ぎ, な奇怪, な奥底, な女神, な姉, な威風, な嫌味, な季節, な宗教, な宵, な寒い, な尋常茶飯事, な小屋, な少女, な山ざる, な工風, な巨木, な希望, な年, な幸福感, な底, な弛, な弱い, な形容, な影, な微笑, な心細, な忌, な忠告, な思いがけなく, な恋, な恥さらし, な悔, な悲哀, な情勢, な惨めさ, な想像的タイプ, な意気込み, な愛され方, な感動, な慌しく, な憂い, な憶えが, な我儘, な所作, な手順, な拷問, な掃除, な文章, な方向, な方角, な旦那, な映画フィルム, な暑苦しい, な暗雲, な暮し方, な曖昧, な最も, な朝子, な本性, な松並木, な柄, な構造, な次第, な武辺者, な歩調, な段階, な気遣い, な汚れた枕紙, な泣き声, な深刻, な温暖, な演奏会, な点, な煙山クン, な物質, な特殊, な狂的, な狭い, な珍しい, な環境, な甘ったるい, な生徒, な生活品, な用事, な異様, な病院, な白面, な相手, な真理, な眠り湖水, な眼付き, な知らない人達, な神秘, な秘密, な空間量, な立派, な競争心, な筋合, な精神, な紋也, な素振り, な結合, な緊迫, な美, な美しくも, な羨望, な職, な胸, な脆弱, な色, な芸, な苦悩, な草原, な荒っぽい, な落ち着いた高, な蒸, な薄い, な蛾, な行い, な袂, な覚束, な親類, な言葉尻, な認識能力, な誤ちが, な諸国大小, な責苦, な賑, な質, な趣向, な身姿, な車, な辞句, な迂曲, な返事, な逸話, な道, な適当, な部分的, な重くるしい, な重荷, な銘仙, な長い, な間, な間抜け男, な隙, な雰囲気, な青い, な面白味, な領民, な顔つき, な風声, な首筋, な騒ぎ, な高い, な鬱陶しい, な鳳輦, な麒麟児, にいう, にうかうか, におかあさん, におもわれた, にお願い, にかける, にこれ, にさえ感ぜられました, にさっと, にしてやった, にしぶしぶ, にしむける, にす, にするどい, にそちら, にたえずゆらゆら, にたとえば, にって半分, についほろり, にです, にということ, にという願文, にとそれで, にとも云った, にと云った, にと何度, にと懇切, にと祈祷, にと言っ, にと運命, にな, になすった, になってる, にならね, になりはじめ, になり始めた, ににわかに, にはかなく, にはしむけられる, にはその, には描かれず, にふしぎ, にほとんど, にまず, にまで開ける, にめちゃくちゃ, にもと, にも思えた, にも見え, にやんま, によろよろ, にわれわれ, にキリキリ, にググッ, にコンクリート, にスタスタ, にテーブル, にバリ, にプラットフォーム, にペン, にメリ, に一つ, に一個, に一目散, に一面, に三人五人, に不健康, に世話, に之, に二つ, に井出夫人, に人間, に仏蘭西式, に仕立てた, に何もの, に作り, に僕, に兎, に全, に八五郎, に公子, に其の, に内部, に分化, に前, に力, に勉, に勢, に十兵衛, に半, に単に, に印旛沼, に去る, に口添え, に号泣, に名誉, に吹きとばされ, に呟いた, に呼ばわった, に哲学, に問われた, に嗤, に場所, に外界, に夜啼き, に大次郎, に失敗者, に妙, に嫌, に存ぜられます, に室内, に寒い, に小道, に山, に川面, に帰っ, に平等, に廊下, に引きつけられ, に強く, に往来, に微か, に心得た, に忙しなく短く, に思いつづけ, に思える, に思われますでございます, に性, に情なく, に感ぜさせまい, に感ぜられます, に我家, に扇子, に抑えた, に振舞われました, に提灯, に擽たく思った, に文字若, に新, に日本, に暑い, に書い, に書くべき, に望みます, に本能的, に松坂屋, に桃, に棚, に檻, に正成, に歩きだした, に毎日, に江戸, に河原, に波だちはじめました, に活字, に浮き立っ, に消え失せた, に深夜, に準備, に漂わされた, に火車站, に煩悩, に狂わしく, に理解, に用意, に男性, に畳, に痛く, に痛む, に目的地, に相槌, に真理, に眺めふけっ, に研ぐ, に社宅, に秘密の, に窓ぎわ, に立ち止まる, に笑い, に精巧, に絶対的空間, に縁先, に美人, に翅, に肉体, に脳髄, に自意識, に艶, に葉子, に虚空, に行き届き過ぎる, に表, に裂けめ, に見, に見せかけよう, に見受けます, に計った, に計んだ, に話, に読み, に諸仏, に赤城颪, に身体, に身扮, に転びつ, に辷っ, に迫っ, に追いすがる, に逃げ出した, に逸, に道徳, に部屋, に錯覚, に陣十郎, に隠れ, に露路, に響いた, に頭脳, に顔色, に飛ん, に馳, に鴎, に黒木立, 取り計らって, 答えられた

▼ れるもの~ (2863, 3.7%)

233 では 142 である 5952 がある 42 だと 3929 でも 26 であるが 24 です 23 があった 21 であって 20 だから, ですから 19 でない 18 だった 17 であった, であります, であるから, なの, のよう 15 であると 14 があります, もある 12 だが, だろうか, であること, ですか, でないこと, ならば, の中, はない 11 でなければ 10 かどう, であつ, であるという, と信じ 9 が多い, じゃない, もあり 8 と思っ 7 であ, と覚悟, はただ, は実は 6 があつ, がありました, がそれ, だという, であらう, との間, のやう, は何 5 かね, がない, とすれ, となっ, と見える, なら斬って, の如く, はこの, はその, を

4 [23件] があっ, があり, が一つ, が之, が多く, さ, だといふ, で, であるか, であろうか, でしょうか, でないと, と思い, と思った, と思つて, と考え, なり, なること, に, に就い, の一つ, はこれ, らしい

3 [43件] かも知れない, がその, がたくさん, がなかっ, が出, が実は, が少く, だよ, でありそして, でありません, であるかを, であるに, である故に, であろう, であろうと, ですが, ですね, でその, でないから, でない事, としての多, と仮定, と思いこん, と思う, と思ふ, と期待, と考へ, にする, に相当, の上, の多く, の意味, は, はありません, はいつ, はそれ, は云わ, は他, は少く, は彼, は或は, は私, は第

2 [136件] ありて, かな, が, がいつも, がこの, がなかつた, がなけれ, が今, が何, が尠, が禊ぎ, が色々, さえある, じゃア, そして常に, それにどんな, ぞ, だけで, だそう, だつた, だとは, だろうと, であったが, であっても, でありすべて, でありそれ自体, でありまして, でありますが, であるかという, であるかの, であるといふ, であるの, であるまい, である以上, である限り, でご, でしか, でせう, でなかった, でなく, でなくその, でなくて, でなくては, でなし, で女学生時代, というの, といっ, としたら, として, としての芸術, とする, とその, となり, となる, との関係, とは考へ, とは限らない, とは限りません, とみえる, と信じます, と信ずるなら, と同, と思, と思はれる, と思われる, と推定, と結び付い, と考えられる, と見, と見え, と解した, と言, なら立派, なるが, なん, においてあらゆる, にし, について私, に他, に余程, に外, に属する, に比し, に相違, に美, のある, のうち, のごとく, のなか, の性質, の方, の本質, の残っ, の特殊, はいつも, はなかつた, はむしろ, はわずか, は一つ, は両方, は主として, は云う, は全く, は公衆, は冷たく, は右, は哲学, は嚥, は大, は大体, は少ない, は概して, は理性, は発見, は道具時代, は金貨, も, もあつ, もまた, も世界, も実は, も尠, も決して, やらどう, よりも遙, を何, を取る, を心, を感じ, を指す, を見, を見る, を読ん, 乃至は, 或は千曳, 或は怪鳥

1 [1167件 抜粋] あり, いわゆる経済的財, かお前, かさ, かそれ, かちょい, かという風, かと不思議, かと彼女, かと思う, かと杖, かと筆者, かと考え, かなんて好, かよく, から見れ, かわからない, か何, か充たされない, か又, か堅い, か姉さん, か娘, か早晩, か殆, か気配, か私, か腸, か馬鹿, があろう, がいよいよ, がおとされ, がかぶせ, がここ, がこれ, がさとり, がずつと行, がそこ, がどうしてなかなか, がなく, がなけりゃ, がまことに, がまるで, がみな真実, が一二, が一番, が一篇, が世, が二つ, が二点, が五人, が交っ, が他方, が個人的, が僞, が内, が出来る, が前, が同様, が変った, が多分, が夫, が存在, が実際, が平安朝, が必ず, が意外, が數多, が残されるでしょう, が比, が混りこ, が狼狽, が現代, が生きる, が生れ, が皆間違つて, が直観内容, が社, が空間的, が考, が自分, が致され, が血, が見つかった, が詩, が赤さびたま, が選ばれる, が都市, が間々, が頻々, こそこの, さえあります, じゃ, じゃありません, じゃねえ, たるのみ, だかを, だけが残る, だけでも十, だけに, だけを取り締り, だけを持ち帰った, だったの, だといった, だらうか, だろう, だ例えば, であったと, であったろう, でありこれ, でありまた, であり且つさ, であり仮説, であり又, であり後悔, であり従って, であり謡, であるかが, であるかによって, であるし, であるそういう, であるなどとは, であるにも, であるらしいの, である只, であればね, であろうし, でこちら, でこんなに, でございましょうか, でさえない, でしょう, ですけれど, ですな, でそれ, でどっち, でないだろう, でないには, でない私, でなかったから, でなくても, でなく偶, でなく当人, でほん, でまだ, でもう, でわたし, で一生, で主観的, で作られた, で公然, で北国街道, で命令, で宗教, で彼, で支械軍, で昔, で春日山, で極端, で汚れて, で特色, で発電, で目前説明, で空, で西洋, で還御, で麗子, ということ, とかく, とがあろう, とが一, ときまった, とされ, としてそれ自身, としての理論, としての詞章, としては太陽, として主体的, として存在, として自己, とせず, とそんな, となりました, となるでありましょう, となれり, とのみこん, との予期, との二種類, との客観的, との属性, との立場, とは仄か, とは兩者共, とは思い, とは感ぜられぬ, とは異なっ, とは考えません, とは違, とばかり思っ, とほとんど, とみなけれ, とも彼, とも見るべく, とを弁別, と世の中全体, と予定, と事実上, と信じた, と取る, と存じまする, と察し, と建物, と思い込ん, と思え, と思ひ込ん, と思われます, と断言, と最初, と知, と私, と考, と考える, と見なけれ, と観念, と説かれる, と遂に, なき時, などではない, なら, ならここ, ならずや, ならたった, ならひとり, なら一つ, なら一日, なら世の中, なら伜, なら奪って, なら好けれ, なら擲って, なら斬れおいら, なら暁子, なら殺されても, なら生き辱, なら私, なりき, なりや否や, なるべし, なれば, にあらず, にそん, にだけ惹かれる, についても地方, にてこの, にでも振向かない, になっ, になられるでありましょう, には, にはそれぞれ, には余り, には大衆, には無数, には鎮魂, にもあっ, にも時として, によって最もよく, によつて巧, に不帰岳, に何, に公表, に内在的, に壬生狂言, に実は, に対して極めて, に対する絶望的, に対等, に必ず, に普通選挙, に次, に気づいたなら, に美し, に膝, に訊き, に過ぎない, に関, に限つて, のあいだ, のうち体操, のうち體操, のこもった, のすべて, のみが縦横, の一例, の一端, の一部, の住むらしい, の保護, の全体, の内容, の凡俗さ, の名, の声, の學, の実物, の尊重, の心持, の恥辱, の持っ, の方面, の本, の正体, の無い, の特質, の生命, の種目, の第, の芸術上, の語源, の間, の骨格, はある, はいくらでも, はおのずから, はかの, はすくない, はすべて燒, はそこ, はそれ自身, はどういう, はどうせ, はどこ, はなかなか, はなん, はまず, はもはや, はわが, はアイギナ, はエレクトロン, はソレ以外, はニュース映画, はヘーゲル, は一人, は一寸, は一般的, は不思議, は世に, は主観, は事物, は人間, は何で, は何一つ, は何等, は俊夫君, は倫理感, は八面皆碧色, は出る, は前説, は労賃, は半ば自然発生的, は古伝, は同時に, は哀れ, は善い, は地, は多い, は大きな, は大抵, は好かない, は姿, は実証的実験的技術的精神, は常に, は平凡, は庭先, は後者, は必ら, は思想, は愛情, は拠, は捨てる, は文献学的知識, は既成文化, は旧主犬養, は最初, は未だ, は本土の, は松林桂月氏, は案外たびたび, は概念, は此子代部, は歴史, は殘, は浅田, は漆壺, は無い, は物体, は物體的本性一般, は狐, は現実, は生産關係, は皆青年, は矢張, は私的消費財, は素子, は美, は義務, は臆, は至純, は若し, は茶道, は見た目, は視覚, は親しき, は象, は速歩調, は過去二十年, は釣合, は長, は除, は頗る, は黒, ばかりである, ほど無趣味, まあそういった, また反対, もあなた, もかくして, もこれ, もそういう, もない, もなかつた, もなまなか, もまるで, も与えられた, も二三, も他人, も公卿, も却, も多く, も実践的世界観, も常に, も根本, も歌, も生れた, も社会, も見事, やらどうやら, やら解らない, や個人心理, よりはるか, よりもっと, よりも寧ろ, よりも抽んで, らしい石, らしくそれ, をいへ, をうれし, をそんなに, をと下らない, をなまじ, をみんな, をもっ, をヘクトール戰車, を与へられる, を云い表わし, を伯良さん, を使っ, を列挙, を取得, を壞, を完全, を引い, を形成, を意味, を持たない, を持っ, を撰べ, を時代, を構成, を無慈悲, を甘, を産み出した, を皆意味, を私達, を経た, を見せられました, を見出す, を輕蔑, を運河, を鋭く, を除く, 下使い, 以上に, 共に亡び去った, 即ち認識, 尤も敗, 撃たれるもの, 残らず総, 滞れるもの, 痛むもの, 蓋し求め

▼ れる~ (1751, 2.3%)

46 よい 33 これは 32 ままに 24 それは 16 私は 11 いい 10 併し 9 それが, それも 7 これも, それに, 日本の, 私の 6 しかしその, 事実は, 自分は 5 これを, しかしこの, 如し, 彼は, 早いか

4 [12件] しかしそれ, しかし私, その時, それを, ために, ように, よかろう, 宜い, 実際は, 普通の, 私には, 而も

3 [21件] いずれに, いったいこの, さう, しかしいかなる, しかしよく, そうでない, そこに, そのこと, その中, その頃, それと, それにも, もしそうなら, よくは, よろしい, よろしかろう, 之は, 今は, 他の, 右の, 彼の

2 [75件] あれは, いいでしょう, いいや, いかがな, かような, ここでも, こちらは, この人, この国, これが, これらについては, これらについても, しかしお爺さん, しかしここ, しかしこれ, そういう中, そこが, そのため, そのよう, その人, その代りお萩, その場合, それすら, それによって, ただこの, ともかくも, どれを, むしろその, もとより専務, よいでしょう, 一方には, 不昧, 事實は, 人間の, 今では, 今日の, 何よりの, 先生の, 其が, 冬の, 出所が, 前を, 同じよう, 土手の, 夏でも, 夫は, 女にとっては, 好い, 如く曲妙に, 嫌で, 実に其通り, 実はこれ, 実際には, 常である, 後に, 後には, 後世の, 慈救の, 故にそれ, 故に敢, 故に私, 昔は, 根は, 次の, 無数の, 物を, 真に朝鮮, 社会の, 神の, 私が, 第一, 自分が, 荘園は, 話を, 陛下が

1 [1229件 抜粋] あいつは, あなたも, あの当時, あの辻ビラ, あるいはこれ, ある友達, いいさ, いいの, いかに, いかに個人的, いずれも, いったい和睦, いっぽうには, いまに, いま旅宿の, おそらくは語言, おちさ, お夏清十郎, お松は, お銀様, かかる際, かつて自分, かの女, かりにも, けさなどは, けれども私, こういう貴重, こう云う, ここには, ここは, こちらの, ことに草深い, この, この中川, この作家, この兵士, この合奏, この場合批判精神, この孟, この家, この悟る悟らぬ, この牛, この畫, この船, この言葉, この辺, この高尚, これでは, これについては, これらの, これら多種多様の, ごとくに, ごとく単に, さうし, さてここ, さて建設, さらに上記文明二年八月五日, さらに蒲原氏, しかしいっそ, しかしこれら, しかしそういう, しかしながら十年, しかしまた脳髄, しかしジュート麻, しかし事実, しかし前, しかし夫子自身弁, しかし彼等, しかし新, しかし私自身, しかし自身, しかし非常, しかも樗牛, しずかに, じつとして, すでに述べた如く, せっかくの, そういう例, そういう時刻, そういう理論的体系, そうした教育者, そうじゃ, そうなる, そこにまで, そこは, そして作文, そのうち, そのかわり音, そのふるく, そのタレス以来, その上, その事情, その他は, その危険, その名, その女, その寒, その尊い, その度合, その形, その径路, その後中学では, その才華, その方法, その波うち, その真面目, その純情, その翌日, その視, その言葉, その証跡歌, その階級的分離, その顔, それだ, それだけ売れぬ, それでいて固く, それではまったく, それでもやはり, それでも好い, それでも本当に, それでも私, それで違算, それどころで, それなら何, それにしても思いきっ, それにしても見舞, そればかり, それまでは, それ程の, それ迄の, そんな思弁, たいてい返事, ただその, ただ一つ暴力, ただ年老いた, ため却つて自然, ため男女の, だまされ手, ちゃんとした, つい酒, つてお父さんの, ときどき顔, とにかく健康, ともかくデルブリュック教授, ともかく我が国, どういう筋, どうか何, どうして泣き出した, どうだろう, どうもこの, どうも自分, どの神, なかなかそれ位, なぜ進ん, なるほど恋愛心理, ひとたび敗者, ふしぎな, ほてとぼんでん, ほんとうは, まことに適切, まさにその, またこれ, また同時に, また考え直し, まだなに, ままにも, ままもう, まま一人きりで, まま大, まま気まりの, もう実感, もしそんな, もっと内部的, もつと, もと象徴詩, やっぱりこの, ゆえに人材, ゆらぐばかりに, よいその, よいという, よい生活, ようござる, ような, よく注意, よく調べる, よろしく思われます, わが国では, わしは, われらには, イヤ是とても, インカの, シューマンは, スリルは, タオルミーナの, ビレラは, フランス語と, ボクが, メムフィスにも, ラジオの, ロシア人夫に, 一人の, 一八二三年には, 一国を, 一応第, 一方において, 一方明治二十九年, 一般に私, 一面リストの, 丁度私, 万人の, 三方折り放し, 上海の, 下は, 不実行, 不思議である, 不思議な, 不耕作地, 世間には, 中軍は, 主人は, 事実が, 二サイは, 二十分や, 五六町西の, 人民に対しても, 人間どうしの, 今から, 今の, 今度のは, 今日は, 今更そんな, 今終戦後国民, 他にも, 佐々木道誉は, 体の, 何せい, 何とも人間共, 何を, 何時見, 余輩は, 例えば信乃, 価なし, 個々の, 傍から, 僕の, 僕自身の, 先にも, 先生は, 全体が, 全體, 共に喜界島, 其の書き置き, 其の甲斐, 其俤を, 其間に, 冬亭が, 初めの, 別に深い, 前の, 加持に, 勘の, 卒業し, 単独に, 危うい限り, 又この, 又妙, 古典, 古聖, 右に, 同じやう, 同時に時代, 同棲し, 君には, 否や, 味方は, 四郎兵衛は, 固体分子間の, 坊主と, 堂々たる立場, 墨は, 夏蝿いと, 多くは, 夢でも, 大した事, 大体の, 大量に, 天地一色の, 太吉は, 奈良朝においても, 奈良朝時代にも, 女の, 女史の, 如きである, 如き光, 如き観, 如くおも, 如く其の, 如く応じて, 如く曲妙, 如く桂冠, 如く発狂状態, 如く遂に, 如何に, 妻女は, 娘の, 子どもは, 孔子自身にとっては, 学問も, 学術標品としては, 宋朝水滸伝には, 宗教は, 実はそう, 実は一年半, 実は彼岸, 実は自由, 実は見失い, 実際から, 実際の, 実際登っ, 宮中生活の, 宿泊者にとっての, 實際には, 将来の, 尋ねたまうもの, 小僧の, 少しく歴史, 届くこと, 山また, 山県有朋の, 崇拝し, 左母二郎が, 常に落付き払つて, 平凡を, 平林さんの, 幾何学的には, 底本の, 強引に, 当時の, 彼らの, 彼女は, 往昔家康公が, 待ちわびるその, 得る所, 徳川時代にも, 心平さんの, 必ずしもこの, 必ずしもそうでない, 必らずしも, 念ずるという, 思想的の, 恋文風呂果して, 恐ろしいから, 悪事を, 惚る, 惜しい事, 意識し, 慣れぬ人, 我々の, 戦国時代には, 手前にとっては, 抜弁天を, 掲げられて, 支那人は, 政策は, 故と, 故にも, 故に復歸, 故に満足, 数と, 文學者が, 料理人が, 斷じ, 日昏れまえ, 日本人は, 昌造の, 明治十七年には, 昔の, 是は, 時によっては, 暫くする, 更に若い, 書き入れて, 最後つまりは, 朝廷の, 木彫では, 未だ確かめられない, 本場の, 本文の, 東京に, 東洋の, 果して左樣, 柔能く, 案外そうで, 椿岳独特の, 構想そのものは, 此のくらい, 此所には, 歩いて, 段々縁遠く, 母親や, 民衆を, 水晶は, 江戸へは, 決してそう一定, 決してそれ, 決して惡事, 浅野内匠の, 深い水, 火事場の, 為に, 然しこの, 然しそれでは落ち付き, 然し獨逸, 然し話, 煩さに, 爲に, 父は, 片照る, 特に外交上, 犯人の, 玉川の, 現に江戸時代, 現代の, 甘い時, 生死の, 田圃での, 田辺尚雄氏の, 画壇で, 病気の, 百分率から, 目方は, 直接の, 真実の, 石は, 確かな, 神木が, 私たちの, 私も, 種を, 立入つて考察すれ, 筋は, 米友の, 紅毛人が, 細かい雪, 結局, 緑青や, 縁日の, 美点は, 翌日五月二日の, 老人にと, 背景の, 自分と, 自分ひとりでなく, 自然淘汰によって, 舞いたつよう, 船足が, 色素が, 芸術である, 英人自身は, 草案で, 菊池寛の, 著者の, 蕪村は, 蜜柑の, 裡面においては, 複雑な, 西洋へ, 観点の, 註文を, 詳しいこと, 語原説を, 警察では, 谷を, 越後の, 跛足が, 軍人仲間殊に, 辟易の, 農業資本に, 近世数学に, 近寄て, 近頃末弟, 造化は, 運転手の, 遠州掛川, 適当なる, 都合は, 金売り, 釣るという, 銀価は, 長塚氏の, 開こうと, 陸上の, 非常な, 音声は, 額田王の, 風景としては, 香が, 體裁の, 高原の, 鴎外は

▼ れるという~ (1285, 1.7%)

159 ことは 76 のは 74 ような 52 ことを 48 ことが 46 ことに 27 ことも 24 ことである 23 のである 14 ことで 13 ことの 12 のだ 11 ことだ 10 のが, のも 8 事は 7 こと, ことです, 噂が, 話を 6 ので, 意味に 5 ことであった, ことと, のか, ものです, 事も, 風で

4 [12件] ことだった, ことな, ことにも, のであった, のであろう, ふうに, ものだ, 一つの, 一種の, 事実は, 事実を, 意味では

3 [19件] ことから, ことだけ, ことなど, ことには, ことより, のだろう, のです, ものである, ように, わけです, わけな, 事が, 事件が, 意味で, 望みは, 様な, 点で, 現象が, 説も

2 [42件] ことだけでも, ことでござる, ことでした, こととの, ことなら, ことについては, こと自身が, しゃれだそう, のであります, わけである, んだ, 事である, 事を, 傾向が, 喜びに, 場合が, 場合は, 場合も, 始末, 希望が, 希望を, 形式が, 心配も, 怖れ, 惨めな, 想いが, 意味の, 朴訥そのものの, 条件が, 条件である, 気持で, 点から, 点に, 状態である, 約束の, 結果に, 考えは, 評判が, 話だ, 話である, 道理は, 風に

1 [419件] あの含み針, あの高札, いいつたえが, いきさつが, いたましい現実, うわさが, うわさを, おうわさ, おそれ, おそろしい装置, お話でござった, お話でした, こういう定め, こころもちは, ことくらい, ことこれから, ことこれだけを, ことこれである, ことさえも, ことじゃが, ことすなわち, ことその, ことそれから, ことだけは, ことだけを, ことだって, ことであっ, こととは, ことなぞを, ことなどは, ことに対して, ことのみ, ことはね, ことまでは, ことや, ことよりも, ことらしいです, ことをば, ことをも, こと以外に, こと自体が, この快感, この苦痛, これが, こんな感じ, さわぎでした, そういう全集, そういう噂, そういう理由, そのこと, その事, その他の, その直前, その矛盾, その解決, ところも, なさけない習慣, のじゃ, のだった, のっぴきならぬ, のでしたら, のでしょう, のでなく, のなら, のには, はずは, ふうだった, ふうで, ふうでありました, ふうな, ふれが, ほうが, まことに卑近, また元, もの, ものか, ものさ, もので, ものであろう, ものも, もんだ, やっと安心, やつさ, やつは, ようなあり, ようなきまった, ような僻み, ような破, わけ, わけが, わけだろう, わけで, わけには, わけにも, わけの, んじゃ, んだろう, ギリギリの, ケーラァ, ジェット機などは, テーマによって, ワケが, 三面記事は, 上からも, 上隣への, 不法の, 世にも不可思議, 世の中に, 中世的な, 中世紀伝説が, 中国の, 主張に, 主義だけを, 予定は, 予想は, 予言を, 事だ, 事でありたかった, 事な, 事に, 事の, 事をも, 事件も, 事実が, 事実だけ, 事実で, 事実である, 事実に, 事実また, 事実までが, 事実も, 事柄について, 人では, 人の, 人も, 人種の, 仏領カレドニアの, 仕かけ, 仕儀には, 仮定を, 仲に, 企画は, 伝説が, 伝説は, 例も, 俗信が, 俗信を, 信仰は, 信仰を, 偶然の, 傾向性を, 光景を, 八月中旬の, 公式は, 六道牢の, 処まで, 出来ごとが, 利得が, 利益が, 前の, 前ぶれの, 前例の, 前兆に, 前夜に, 前日殆ど, 効果が, 勘定に, 区別は, 十行ばかりの, 危険が, 危険をすら, 原則に, 原則を, 双六谷には, 取り沙汰だ, 可能が, 可能性が, 名誉は, 周知の, 噂で, 噂である, 噂も, 噂や, 噂を, 図に, 坂田の, 報告が, 報道な, 場合いつも, 場合これまでより, 場合でも, 場合自然の, 場面が, 変則な, 外見上の, 外部の, 多年の, 大変な, 奇妙な, 契機は, 契約が, 妙な, 始末いや, 始末だ, 始末である, 始末でしょう, 始末に, 学説を, 客観描写は, 寸法だ, 対照に, 屈辱よりも, 工合で, 工合にしか, 幸運を, 康らいだ, 廻合せの, 弥陀の, 弱味が, 弱点を, 当時の, 形に, 形を, 形式だって, 心理は, 心配なし, 心配は, 怒りが, 怖ろ, 性格で, 性質の, 恐れは, 恐れも, 悪人同士互に, 悲しい物語りで, 悲しみを, 悲劇も, 悲劇的な, 情景は, 情景を, 情況であります, 意を, 意味からも, 意味が, 意味だろう, 意味であります, 意味である, 意味での, 意味でも, 意味は, 意地であっ, 意外な, 意外の, 意義で, 意見です, 意識ばかり, 感じが, 感じは, 感動もうけられなかったろう, 感情を, 憐れな, 戦慄的な, 故を, 故信長, 新聞記事を, 方は, 日の, 日の出の, 時代だった, 普遍的意味を, 月の, 有り様であった, 有様であった, 有様です, 有難い条件, 期待が, 本質を, 条件で, 条件の, 枕も, 柄じゃ, 概括に, 構造に, 次第だ, 次第だった, 歎声に, 正しい行事, 段どり, 段取りに, 段階に, 気持も, 気持を, 気持私は, 汚名が, 法は, 法令が, 法難と, 滝田君の, 点が, 点だけを, 点は, 点も, 点を, 無理な, 特別な, 特徴に, 特徴は, 特権は, 特殊な, 状態であった, 状態は, 猟奇的な, 珍現象も, 現実と, 現実について, 現実も, 現象です, 現象の, 理想を, 理由から, 理由のみによって, 理由は, 理窟には, 理窟も, 男は, 異常な, 目に, 矛盾した, 矛盾は, 短篇どれも, 確たる信念, 秘密の, 秩序が, 程度かも, 稲は, 笑話が, 第四項, 筋, 筋に, 筋はじめの, 経緯が, 経験に, 経験的な, 経験論を, 結果の, 結果をも, 結論である, 結論に, 結論も, 絶対矛盾的自己同一の, 絶望を, 継子に, 美しい希望, 羽目に, 考えこれ, 考え方である, 自信も, 自信を, 自虐の, 自虐作用であろう, 苦しい立場, 見解である, 見込が, 規則であった, 視点から, 観を, 観念は, 観念も, 言葉から, 言葉が, 言葉も, 言葉自身を, 言語道断さで, 記事が, 記事であった, 許りでなく, 訳, 訳じゃ, 訳で, 訳でした, 訳な, 証拠は, 評判で, 評判であった, 話, 話が, 話じゃ, 話です, 話などを, 話は, 話も, 語を, 説との, 説の, 論は, 象徴か, 路の, 迷信の, 通知が, 醜態の, 重要な, 長篇の, 間抜けな, 間際に, 関係, 関係に, 関係の, 陰鬱な, 面白い事実, 風な, 風には, 風説は, 飛んでも, 馬鹿で, 騒ぎ, 騒ぎも, 騒曲の, 驚くべくまた, 鮒うなぎ蓴菜が

▼ れる~ (1206, 1.6%)

100 違いない 72 きまって 63 ちがいない 57 相違ない 51 しても 49 至った 41 至ったの 23 違ひない 20 及んで 17 決って 15 至って 12 過ぎない 10 極って, 違いありません 9 定って, 至つた, 至るの 7 ちが, 決まって 6 反して, 当って, 決つて居ります 5 いたった, きまつて, すぎない, つけても, 到った, 到つた, 決つてゐる, 至ったもの, 至っては, 至る時 4 ちがいありません, 極っ, 至ったと, 至ったという, 至つたのである, 至りました, 過ぎないであろう, 違ない

3 [22件] いたったか, およんで, お力かなしく, きまってらア, きまって居る, したところが, しては, つけて, 不思議は, 他ならない, 値いする, 先立つて, 到ったの, 極まって, 至ったこと, 過ぎないならば, 過ぎなかつた, 過ぎぬ, 違いありませぬ, 違いあるまい, 違いなかった, 違ひありません

2 [49件] いたつた, いたり, いたりました, いっそう困難, きまってる, せよこれ, せよしかし, せよ意識, ちげえねえ, ふさわしくなっ, 一層困難, 付けて, 値する者, 充分な, 先立って, 及びその, 定まって, 就いて, 就て, 当っては, 従うて, 拘らず最近日本文学, 極ってる, 極つて, 極ッ, 比べれば, 比例し, 無理は, 相応わしい, 相違ありません, 至ったか, 至ったので, 至った後, 至つたのは, 至つては, 至らない, 至らなかった, 至りそして, 至る, 至るか, 至ること, 至るであろう, 至ると, 至るならば, 連れて, 過ぎずそして, 過ぎないから, 過ぎぬこと, 非ず

1 [361件] あたつ, あたらぬと, あたらぬもの, あらざるやを, あらざれば, あらずかしこ, あらずして, あらずただ, あらずひとり, あらずやと, あらずシナ, あらず史家, あらず早く, あらず早稲田氏, いいね, いたったこと, いたったの, いたったわが, いたったパーシー・ビッシ・シェリー, いたった十一-十二世紀, いたってからの, いたるだろう, いたるであろうと, いたるの, いたる全, いっこう女げ, おあつらえ, かかわらずややもすれば, かかわらず一, かかわらず大宝令, かかわらず実は, かかわらず毫も, かの三者これ, きまったあるし, きまったもの, きまっておる, きまってたん, きまってるから, きまってるからね, きまってるじゃ, きまってると, きまつてるから, きまッ, この年, ごつごつと, しろそれ, しろどこ, しろわたしたち, しろ全く, しろ大局, しろ早晩千浪, しろ直ちに, しろ突, しろ需要供給, すぎないこと, すぎぬ, すぎぬの, せよ, せよあなた, せよそれ, せよどっちみち, せよながく, せよなほいくら, せよまたは, せよ一働き, せよ何等, せよ語る人, それと, ちがいありませんから, ちがいござるまい, ちがいない分り切った, ちがいなかった, ちがい無い, ちょうどよい, つきよき, つけては, つれて, ふさは, ふさわしい, ふさわしいと, ふさわしいひと, ふさわしいもの, ふさわしいよう, ふさわしい文学, ふさわしい気苦労, ふさわしい者, ふさわしい風貌, ふさわしくない, ほかならない, まかされて, まかせて, ゃきまっていら, よい容器, ハイと, 事を, 任せて, 会ひ, 伴れ, 似その, 似たり, 似たりとのみ, 似たれど, 価しない自分, 価するもの, 価する唯一, 値いし, 値いしない, 値して, 値しないこと, 値すると, 先だって資本が, 入院する, 其等の, 出づ, 別れて, 到ったか, 到ったこと, 到った動機, 到った域, 到った由来, 到った私, 到って, 到っては, 到つたと, 到つたの, 到る, 到ること, 到るであろう, 到るの, 到るや, 十分値し, 及ばないし, 及ばない程, 及ばなかった, 及ばぬと, 及び社会党, 及んだの, 及んでは, 反し歴史, 唆か, 因つてなる, 因てなも, 因るから, 困難な, 城富は, 堪えがたい, 堪えないであろう, 堪えないの, 堪えられぬご, 堪えるもの, 堪える戦闘, 堪え得ないほど, 堪へぬ, 夕近くなり, 外ならざる, 委ねられて, 子どもは, 定つて, 家に, 引易え, 当りこの, 当り水蒸気, 彼さらに, 後の, 従つて益, 従つて鳥は, 従ひ, 從うて, 從つて一般の, 從つて下剃, 從つて多くの, 從つて娯樂を, 從つて愈, 從つて木版や, 從つて次第に, 從つて詠み出し, 從つて隙間は, 從ひ, 心うれしく, 心は, 心も, 必要な, 必要に, 応じて, 応は, 応わしいであろう, 恐縮した, 恥ずかしくない, 恰好な, 慣れた人々, 憂苦と, 應じ, 拘らず彼, 拘らず心, 拘らず時, 拘らず本当に, 拘らず白馬, 拘わらず前, 於て, 最も適当, 最早馬過ぎ, 極つてまさア, 極まつ, 横笛渡に, 止まった, 止まるだろうと, 止らずして, 止り未来, 止る, 正確に, 比して, 汝何ぞ, 決っとるん, 決つたもの, 決つて居る, 決まったと, 決まってるじゃ, 涙を, 無論苦情, 由りて, 由るならん, 異ならず実に, 異ひなかつた, 當つては, 當つて日本人は, 當り, 相当し, 相応しい, 相応しい老成, 相違ありますまい, 相違あるまい, 相違ご, 相違ございません, 相違なかっ, 相違なかつた, 相違は, 等し, 等しいの, 終る, 絶えて, 耐えるところ, 至ったかと, 至ったかの, 至ったが, 至ったすべて, 至ったところ, 至ったとは, 至ったに, 至ったについては, 至ったはじまり頃, 至ったゆえ, 至ったらしいの, 至ったを, 至った一, 至った威勢, 至った改良農法, 至った時, 至っても, 至って後, 至つたのも, 至つたばかりか, 至つたほど, 至つたようである, 至つたらしい, 至つたルネ・バンジャマンは, 至つた事は, 至つた後も, 至つた程, 至つてから, 至つてゐた, 至つてゐない, 至らず客, 至らないもの, 至らなかったの, 至らぬ間, 至りため, 至りませんでした, 至りまた, 至りようやく, 至り吾, 至り始めて, 至り彼, 至り殊に, 至り電磁力学, 至るかを, 至るであろうから, 至るという, 至るといふ, 至るとは, 至るに, 至るにつれて, 至るまでに, 至るまでの, 至るよう, 至る史実, 至る場合, 至る様, 至る経緯, 至る迄, 至る驚くべき第, 至ろう, 若かない, 薄き化粧, 見ば, 越したこと, 足らず公卿大将, 足らないこと, 足らぬとしても, 足らん, 足りるの, 足る, 足るだけの, 足るひびきである, 足るべき先生一流, 足るほどの, 足るもの, 足る事績, 足る内容, 足る小説, 足る正しい, 路が, 近きを, 途, 過ぎず, 過ぎず地代, 過ぎず結局日日新聞, 過ぎないすなわち, 過ぎないだろう, 過ぎないと, 過ぎないの, 過ぎないもの, 過ぎない地方, 過ぎない場合, 過ぎない時, 過ぎなかった, 過ぎなかったが, 過ぎなかった沈黙, 過ぎなければ, 過ぎぬが, 過ぎぬなぜなら, 過ぎぬにも, 過ぎません, 違いが, 違いないだろう, 違いなく, 違い無い, 違い無いであろう, 違えねえから, 違ひ, 違無い, 適したいろんな, 適した人物, 適当だろう, 間も, 随い, 隠顕し, 難くない, 非ざる, 非ずして, 非ずや, 非常に

▼ れるやう~ (1133, 1.5%)

106 になつ 44 なこと 32 な気 27 な氣, にし 25 なもの 22 な事 21 になる 19 にな 1412 になり 9 だ, であつ, である 8 な, な心持, な痛, になりました 7 なところ, に感じた 6 な人, な気持 5 な心地, な思ひを, な感じ, な男, にする, にその 4 だつた, では, な人間, な作品, な忙し, な目, な調子, にお, にさ, に姫

3 [16件] なの, なるに, な処, な場合, な声, な心もち, な日, な氣持, な痛み, な筋, な者, に思ふ, に成つた, に眼, に見える, 心がけますほどに

2 [44件] だが, でした, でも, で何とも, なお, なまた, なもん, な一種, な人間ぢ, な初冬, な原因, な場所, な妙, な底, な御, な快感, な思ひで, な息苦し, な惡, な惧, な或, な新鮮, な時, な様子, な深い, な状態, な親類, にこれ, にした, にも思はれ, に入, に出, に存候, に床, に彼, に微笑, に心, に消え失せ, に私, に考へ, に腰, に苦しく, に重い, に頸

1 [493件] お願, だから, だし, だよ, であ, であらう, であるから, であるが, でいや, でお, でございました, でございますが, でしたよ, ですが, でなければ, で不愉快, で云, で唯, で娯, で見物, で詰まりません, で讀むたび, で足, なあの, なあら, ない, ないぢ, なうつすり, なうるほひの, なかなり目, なかれきつた, なこたア云はん, なことさ, なこまかい, なその, なそんな, なたを, なとき, なところで, ななだらかさ, なのど, なへま, なよくも, なるが, なわるい, なをの, なシイン, なジグザツク, なフアミリアル, なヤワ, な一枚, な一種不愉快, な三人三様, な下降感覚, な不気味, な世間人, な中年, な事さ, な事件, な事実, な事實, な事實さ, な人々, な人達, な位置, な何, な何だか, な作家, な例, な優しい, な光景, な凄い, な分, な切な, な切ない, な制度, な劇的脈搏, な力作, な半, な半間, な南風, な危険, な危險, な又は, な反射, な反感, な取立て, な口實, な口気, な古びたオリイヴ色, な叫聲, な可憐美麗真実, な吐息, な嚏, な四桁, な因, な土蔵, な埠頭, な夢, な夢見がち, な大きな, な大木, な太い, な奇聲, な女, な女物, な好意, な妾ぢ, な娘, な嫌, な安心, な安易, な室内, な寂, な寂しい, な寒気, な対話, な広い, な強, な強がりが, な強迫観念, な彈力, な心, な心もとない, な心安, な心細い, な心配, な快, な思ひから, な思ひして, な思ひでかへり見ないわけ, な思ひに, な思想, な性格, な恋愛, な恥辱, な恰好, な悔, な悟り, な悪い, な悲しみ, な情, な惡事, な惡戲, な慾望, な憔悴, な憤りさ, な戯曲, な所, な手答, な打ち解けた心地, な投書, な拙劣さ, な振を, な接吻, な損, な支那, な教頭, な教養, な方, な時代, な時間, な智惠, な暖か, な暗, な暗く, な月並, な期待, な期間, な木, な本性, な松の木, な松原, な果敢ない懐かし, な構造, な機會, な歌, な止め度, な気配, な気風, な氣もち, な氣勢, な氣持ち, な派手, な災厄, な点, な焦燥, な物, な物売, な特にぽつんと, な特別, な特質, な独特, な理由, な甘い, な生徒, な生活, な生滅, な男ぢ, な男女優, な白雲, な皺だらけ, な砂, な種類, な穴, な空氣, な笑, な節々, な細かい, な経験, な結果, な緑, な美しい, な羽, な聲, な職場, な脆弱, な腹, な腹部, な自分, な自己嫌悪, な自責, な舟, な色, な若い, な苦悶, な苦痛, な蔭口, な血, な行為, な行爲, な表, な褐色, な覺, な言葉, な言語, な誓ひも立て, な読みにくい, な質, な赤土, な距離, な跡, な返辭, な運命, な都合, な酷しい, な野蛮人, な錯覚, な間, な間拔, な隙間だらけ, な雪, な雲霧, な静か, な音, な頼り, な顏, な顔つき, な風, な風景, な風體, な首, な高, にあの, にい, にいきなり, にいつもビクビク, にいや, にうつとり, にかう, にここ, にこの, にしよう, にすつ, にせつ, にそ, にそつ, にそれ, にぞありける, にたまらない, につらい, にでき, にとぼとぼと, にとよく, にとスタンレー, にと心掛け, にと思つて, にと言う, になった, にならなけれ, になりだした, になるだらう, になるだろう, になるであらう, になれ, にの, にのめつ, にはいつ, にはなつた, にはならぬ, にはひつ, にはエドツコ, にばかりし, にひ, にふらふら, にもう, にもう一度, にもぐる, にもなつ, にもなつて, にも思へた, にも感じた, にやつ, によろ, にコソコソ, にサツ, にスタスタ, にズルズル, にヂリ, にツン, にバリ, にフラフラ, にヘタヘタ, にメリ, に一寸, に一層, に一番適當, に下向き, に二三歩後退り, に二人, に二本, に人間, に仕向けた, に仕組ん, に他人, に仰り, に何時の間に, に信一, に傾い, に僅か, に僕, に充分, に先生, に光, に入り込み, に兩眼, に八五郎, に其處, に凍りつく, に出る, に出現, に出生後, に利く, に前, に助力, に勢, に勸め, に去, に取り計らつた, に各種, に唇, に唯, に四十女, に四角, に坂, に外, に外套, に大きな, に奇妙, に奧, に奨めます, に妹, に婦人, に定立, に家, に容易, に寒, に寢卷姿, に小さく, に少し, に岩石, に崖, に平次, に幽か, に引き, に心得た, に心臟, に心配, に思, に思つて, に思はれた, に思はれました, に思はれる, に思ひ, に思ひすぎ, に思ひ起した, に思へた, に急き込ん, に悲しく, に悶えた, に感じ, に感じられた, に感ぜられた, に憂鬱, に成, に成ました, に我々, に我国, に扉, に挟つて, に敏感, に教室, に斜, に斯, に早々, に暑い, に暗い, に暗く, に林, に桂華, に業, に楽しみ, に機會, に欄干, に次第に, に歴史敍述そのもの, に死體, に母, に水, に水槽, に江戸中, に沈ん, に浮きました, に消え, に湧き出る, に滑つた, に爲, に父, に痛む, に直角, に眠つて, に瞼, に祈る, に福田氏, に立ち上つて押入, に立ち止まる, に絲卷, に練習, に縹渺, に習慣, に耐, に背後, に脚本, に膝行, に舞, に苦り切, に行く, に襟, に要求, に見, に見え, に見えた, に見受けた, に覚え, に言, に試驗, に読み, に變化, に谷中三崎町, に足, に路地, に蹤, に躊躇, に身扮, に車, に辛い, に造られ, に酒場, に金太郎, に障る, に霜, に静か, に顏, に願った, に颯々, に飛ん, に駅, に鮮, に鴨居, に默つて枕近く膝行, の面もち, もない, や

▼ れるので~ (1017, 1.3%)

155 あつた 14 私は 13 あつて 12 ござります 10 あらう 7 私も 6 それが 5 あらうか, せう, 私の 4 ござりました, 彼は 3 あらうが, あらうと, これは, それと, それを, 困る, 種々に

2 [42件] あツ, こっちも, この際, ござりまする, せうが, その方, それも, どうした, わたしは, リヽーの, 中, 二人は, 仕事の, 他の, 何か, 何が, 僕は, 先生に, 内心では, 半七, 卯平は, 収録する, 夫人の, 学校の, 彼も, 彼らは, 彼女は, 御米, 手を, 有る, 東京の, 此の, 気味が, 油断が, 私たちは, 紹介し, 自分も, 自然と, 自然志村は, 行く気, 誰にも, 誰も

1 [672件 抜粋] あたしは, あちらの, あらうけれども, あるいは, あるいは区別, あれ以來野口の, あんな事, いくらといただし, いっそ我ら, いっそ映画俳優一年生, いつでも, いつも犯人, いまから, いやだ, いよいよそれ, いよいよつらい, いわゆる煩悩夢, うつむいては, おかめ, おちつかなかったの, おつれ, お上も, お指図どおり, お断りも, お菊, かういふ應答, かがりは, かちん, きょうは, きわめて自然, くもは, こういう一文, こういう人, こうして雪, こっちの, ことしの, ことによる, このよう, この図, この年, この時太郎, この機会, この正餐, この破壊, この窮状, この簡便, この頃, これこれと, これを, ござりましょう, さされませぬ, さらに二, しかたなし, しかもこれ, しようが, すぐわかる, すこぶる忙しく, すっかり悄げ, すっかり感冒, せうか, せっかくの, せん方なく, せん方なし, そうしたこと, そうした意識形態, そうたくさん, そう軽々しい, そこから, そこでそっと, そちらへ, そっと茶の間, そなた, そのとき, そのよう, その一端, その人達, その余興, その前, その場合, その声, その後この, その後も, その恋愛, その方角, その時分, その書中, その理由, その能, その落下速度, その駕籠, それだけ余計恭二, それで, それで吾, それには, それは, それらが, それらの, それ以外に, そんなこと, そんなに屈託, そんな悩ましい, ただおめおめ, たださしあたり, ただ音, だまつてゐました, だれも, だんだんと, ちと煩, ちょいちょい内証話, ちょうど残暑, ちょっと痛快, ちょっと読み, ついに心, つい手, つい治療, つひさうな, つむじを, ではともかく, とうとう錨, ときにより, とてもさう, どの親類, どんなお, どんなにたのしかっ, なおその, なおひしひし, なお不満, なくして, なしに, なるべく級, にくらしいのね, にげるわけ, はい松, はるばるマウナ・ロア, ひつくり返り, ひどいの, ほとんどいたたまらなく, ぼくも, まああの, またもと, また引返, まだ公然とは, まったく目ざましい, まるで忘れる, みんなは, もうこの世, もうさじ, もしも相手, もはや地方, やって来ぬかと, やむなく途中, やむをえず出家, よほど側, わざと先輩, わざと振向かなかった, わずかに, アクセントの, イギリスの, エミリアンは, ナイロンに, ペンを, ペン先き, マルセーユは, リップは, 一と, 一命に, 一層腹, 一度ぜひ拝見, 一日として, 一日内に, 一日学校へ, 一杯機嫌で, 一緒に, 丁度合っ, 万年筆で, 三人で, 三藏は, 不便で困る, 不景気だ, 与吉は, 且つ驚き, 世間は, 中流階級の, 之が, 乳く, 二人の, 二十円なり, 二十年の, 人の, 人気を, 人間が, 今や警吏, 今夜あたりどんな, 今宵だけは, 今日は, 今朝から, 介三郎が, 仲裁に, 会社の, 住宅の, 何う, 何うにか, 何かの, 何となく御, 何となく来, 何やらの, 何より身上, 何故待たせる, 作品の, 作業そのものが, 侍従も, 僕にも, 僕も, 僧侶によって, 光や, 光を, 兎ても, 八つ口から, 八はも, 其の方, 其れ, 其度毎に, 其方に, 几帳だけを, 出て, 刀屋が, 別れました, 割合に, 劇場の, 加藤直純氏から, 勇んで, 動植物各種が, 匡衡先生も, 十勝から, 十文字峠途上の, 半兵衛が, 単にその, 博士は, 却つて其不安定な, 原稿は, 厶りました, 又次郎は, 又決心, 反って, 反抗したい, 取りかえでなく新しい, 古い別荘, 古くから, 台所に, 同所に, 同種類, 吹手が, 唯一つ, 問題には, 問題を, 喜右衛門は, 器械貸の, 団十郎は, 困つて, 困るの, 園内に, 堀部君は, 堅く拒ん, 堆積する, 塩屋町に, 夕食後に, 外国語を, 外記と, 多くの, 多少の, 多少品変わり, 夜も, 夢中で, 大いに書かなく, 大むくれ, 大困りだ, 大層に, 大抵の, 大群を, 奥さんを, 奥へ, 女房の, 女房や, 女達は, 如何にも姉宮様, 妹の, 始終ハラハラした, 孤独の, 安心し, 実に困ります, 家中でも, 容易に, 将士は, 小坂部は, 少々辟易, 少し唇, 山田氏の, 川水の, 差し上げたが, 已むなくまゆみに代理を, 市郎は, 常に家内, 幕府でも, 年の, 幸福に, 広瀬から, 庄次郎も, 弘和元年七十一歳まで, 当然壁, 彼と, 彼らの, 彼女が, 彼方へ, 従ってそういう, 従って収縮, 従弟を, 御一緒, 御座り, 御座ります, 御足労を, 御邪魔, 心から帰服, 心配し, 忙しいが, 応急の, 急いで, 恐がり休ませたい位, 恐縮する, 惨憺たる, 愈, 感動しない, 憐を, 我慢が, 戸の, 所どころに, 所謂護法筋と, 手間取ってな, 押して簡単, 押し掛けながら, 排水弁を, 提灯の, 支度料の, 教授の, 敢て, 敬太郎は, 新聞や, 日本からは, 日本にまで, 早くから少しずつ, 早速出掛け, 明治十八年頃から, 昨の, 普通な, 暫く天津教, 更に洋刃, 書き止めること, 書物を, 最初私は, 最後は, 最近は, 有名であった, 朝日岳を, 未だ返事, 村民真冬の, 東京中の, 松山の, 果して何, 柳生家は, 根掘り, 根気負けが, 棄てるの, 構成要素の, 機から, 次第に全身, 此く, 此処から, 此南風の, 武蔵も, 殆ん, 母の, 気の毒な, 水が, 汗を, 汝等が, 決して無, 河豚に, 法も, 津浪の, 流石の, 清の, 清書し, 溜池の, 澹山は, 火事かと, 無くては, 無く香り, 無我夢中で, 父に, 父は, 父も, 物置の, 特にそれ, 特別捜索を, 猶更ちっぽけ, 玄徳も, 現に同じ, 町へ, 異存を, 疱瘡痲疹の, 痛いと, 痛いよりも, 痛さ, 皆逃げ出す, 皆面喰っ, 目を, 真の, 眠いさかり, 眼の, 知らず知らず言問, 知られて, 知られてを, 神経つかれる, 祥子が, 私にも, 私ら呑ん, 空しく一箇所, 窮乏する, 窯場での, 筆者が, 結局この, 結局三桁の, 結局自分は, 網主は, 繋辭と, 義雄は, 肌は, 胸は, 脳への, 腹を, 自分で, 自分の, 自然これを, 自然撚り, 自然買い手も, 興味が, 興味を, 良い気, 芋銭先生に, 芝居が, 苦い笑, 草創が, 藤一郎も, 虚無主義の, 行って, 街を, 被害は, 襟は, 西両国には, 見て, 見立違いで, 見立違ひで死んだ, 詐欺放火毒殺などの, 詳しい調査, 誘ひに, 貸本屋に, 費用も, 走り井の, 車室の, 近江屋の, 迷惑を, 送別に, 途方に, 通り際に, 道, 道夫は, 遠泉君, 釣り仲間の, 長吉も, 閉口, 閉口します, 閑話休題として, 間もなく京, 間違ひでは, 附け加, 随分つらい, 隣の, 隨つて震原の, 電話し, 面倒臭いから, 鞍から, 風の, 風速によっても, 食うに, 駄目だ, 驚いた, 驚いて, 高谷君も, 魚群の, 黄い, 黙って

▼ れるかも~ (937, 1.2%)

144 知れない 118 しれない 77 知れないが 62 しれないが 37 知れないと, 知れませんが 33 知れません 31 知れぬ 25 しれないと 17 知れぬが 16 しれません 12 知れないの 11 知れないという 10 しれませんが 8 しれぬ, 知れないよ, 知れぬと 7 しれぬが 6 しれないという, わかりません, 知れないから, 知れないけれど 5 しれないの, しれなかった, しれん, しれんが, わからない, 知れませんよ 4 知れないぜ 3 しれないけれども, しれないん, しれませんよ, 知れないけれども, 知れないこと, 知れないぞ, 知れないといふ, 知れませぬが

2 [23件] しれないから, しれないこと, しれないし, しれないじゃ, しれないぞ, しれぬという, しれねえ, しれねえが, しれませぬが, わかりませんが, 分らない心持, 知らぬが, 知れず, 知れないなどと, 知れないね, 知れないので, 知れないのに, 知れねえ, 知れませんから, 知れませんね, 知れんという, 知れんところ, 解りませんから

1 [148件] あの中, これは, しらねえが, しらんぞと, しれずまた, しれず新しい, しれず明日, しれたもの, しれないかく, しれないからなあ, しれないけだし, しれないけれど, しれないしかも, しれないすなわち, しれないそういう, しれないて, しれないとにかく, しれないどうか, しれないに, しれないね, しれないので, しれないほどの, しれないまた, しれないよ, しれないモスク, しれない危機, しれない危険, しれない戦争, しれない望み, しれない生命, しれない皇子, しれない親類, しれなかったから, しれなくってよ, しれぬから, しれぬけれども, しれぬすなわち, しれぬの, しれぬ朧, しれぬ父君, しれぬ由, しれぬ過去, しれませぬ, しれませぬな, しれませんので, しれませんよろしかっ, しれませんわ, たいてい説明, わからず寅藏, わからないと, わからないという, わからないとは, わからないの, わからないん, わからない情勢, わからない芸術的, 分らない, 分らないからね, 分らないの, 分りませんが, 分りませんし, 分れへん思, 判らないこれ, 判らないと, 判りませんよ, 存じませぬ, 測り難い, 知ってないん, 知らず雇人たち, 知らない, 知らないけれども, 知らぬ, 知らねが, 知らんが, 知れたもの, 知れないからさ, 知れないからと, 知れないそう, 知れないその, 知れないたった, 知れないたつた二日, 知れないて, 知れないであろうその, 知れないでしょう, 知れないといった, 知れないとまで, 知れないな, 知れないなぜ, 知れないなと, 知れないなん, 知れないなんて, 知れないのよ, 知れないもの, 知れないやう, 知れないよそ, 知れないわね, 知れないん, 知れない人間, 知れない健, 知れない全く, 知れない切支丹, 知れない判ったかという, 知れない升屋, 知れない同じ, 知れない彼自身, 知れない氣持ち, 知れない相手, 知れない若し, 知れなかった, 知れなかったが, 知れなからうが, 知れぬから, 知れぬこと, 知れぬこの, 知れぬそう, 知れぬという, 知れぬとの, 知れぬなどと, 知れぬので, 知れぬもう, 知れぬ一つ, 知れぬ古い, 知れぬ真, 知れねえからな, 知れねえだ, 知れねえな, 知れねえ然, 知れねど, 知れませぬ, 知れませんからね, 知れませんけど, 知れませんけれどもと, 知れませんし, 知れませんそれ, 知れませんので, 知れません大変, 知れん, 知れんが, 知れんけど, 知れんぜ, 知れんぞ, 知れんと, 知れんなどと, 知れんね, 知んねえ, 見たこと, 解らない母親, 計り難い

▼ れる~ (912, 1.2%)

46 どうか 16 わからない 10 分らない 9 わかりません 8 どうかは, 知れない 7 それは, どうかを 6 だ, 否かは, 知れたもの 5 これは, どうかも, どっちか, わからないと 4 どうだ, わからないという, わからないので, 否か, 知ら

3 [22件] あの子, いずれに, しれたもん, しれないの, そうでなけれ, それが, それを, である, わからないから, わからないの, 分ったもの, 分らないから, 判らないの, 否かに, 存じませぬが, 知らぬが, 知れないの, 知れないので, 知れません, 知れやしない, 解りません, 運よく

2 [52件] いずれかの, しなければ, しれたもの, しれないから, する最後, それとも全く, どうかし, どうかと, どうかという, どうかといふ, どちらか, どちらかに, または不, わかったもん, わからないじゃ, わからぬ, 一刀の, 二つに, 但しは, 何う, 何ん, 何方かに, 兎に, 分らないという, 分らない身体, 切られるかして, 判らない, 判らないし, 判らないと, 否かによって, 否かの, 悪くいっ, 本当に怒り出される, 杜子春の, 知らないが, 知らんが, 知れたもん, 知れないが, 知れないと, 知れぬ, 知れへんけど, 知れませんし, 知れやしないわ, 聞取れぬほどの, 蛇の, 解らないという, 許されないか, 賞められる, 路ばた, 身上を, 野良犬の, 首でも

1 [573件 抜粋] あとで, あの婦人, あまりに不安, あまり心, あるいはまた, あるいはまた十年, あるいはイギリス, あるいはワシレンコ, あるいは事業, あるいは折れる, あるいは新しい, あるいは気高い, あるいは疑い, あるいは結局役, あるいは途中, あるい後日, いい人間, いずれみじめ, いつに, いつ遠洋航路, いまにも, うまく逃げられる, え人情, おたずねし, お内儀, お前が, かなわぬまでも, かんがえて, きいて, ぎりぎりで, こうし, こっちの, こつちが, こな, このいづれ, このまま, このまま虫, この三つ, この困難, この辺, ころされるか, こんな研究, さあこの, さあ来い, さいげんの, さっぱり自信, さもなければあっさり, さもなければ戦争, さもなければ自分, ざらしも, して, しないうち, しょうぶを, しれて, しれない, しれないが, しれないこと, しれないじゃ, しれないつもり, しれないので, しれないん, しれない十六, しれない方, しれぬ世の中, しれませぬが, しれません, しれやしない, すぐそれ, すでに古い, すなわちやや, すべり落ちて, するだろうおれ, する場合, する暇, せいぜいフーン, せいぜい郷愁, そいつは, そういう風, そうでない, そしてあらわれた, そして天馬空, そない, そのいずれ, そのほか, その前, その匕首, その場, その故郷, その期待, その真相, それさえ, それさへ, それだけ, それで, それとも, それともその, それともまた鍋焼うどん, それともまだ, それともブチ, それともブルジョア政党, それとも幸福, それとも拙者, それとも民衆, それとも沖中, それとも言下, それとも誰, それとも革命, それも, それらの, そんなこと, そんな恐れ, ただ比較的, ためすため, たわけたこと, だよ, だれかが, ちっとも分からぬ, ちやほやされる, つまらなくなっ, であった, でなかつたら戦死, でなくては, でなければ彼等, では一緒, とても想像, とられないかという, とり残されぬかを, どうかしなけれ, どうかする, どうかなんて, どうかについて, どうかによって, どうかによる, どうかわかりません, どうせ碌, どうだらう, どこかの, どこで, どちらを, どっちかが, どっちに, どつ, どんな形, なにかし, なられぬかの, ぬすまれでも, はしりませぬが, はね, ひどく悪口, ぶツ, ほかに, ほとんど想像, まことに覚束, また, またはそれ, または双方, または大昔, または奴隷, または弱い, または新, または旧, または緒言, また如何, まだ分っ, まだ己, まるで知ってない, まるで見当, みずからそこなう, もう少し下, もしくは大きな, もしくは支那語, もっと具体的, ゆるすと, ような, よく考え, よろこばれないかは, わかったもの, わからないありさま, わからないが, わからないこと, わからないし, わからないそう, わからないとき, わからないとも, わからないなんて, わからないのに, わからないぶっそう, わからない不安, わからない危険, わからない時, わからない然, わからなかつた, わからなくなる, わからぬが, わからぬこと, わからぬという, わからねえから, わからん, わからんな, わかりませんでしたから, わかりませんのでね, わかりませんよ, わかりゃあ, わかりゃしない, わかりゃしねえ, わかりやしない, アッハッハッハッ, ウインチで, オサオサ油断は, ダーッと, ッ, デパートの, ヘシ曲げられるかし, 一年半年で, 一挙に, 一方的, 丙が, 主人に, 主税殿は, 予測を, 五十円取られる, 人の, 人を, 人間真贋の, 今の, 今我々自身予想する, 仏色を, 他人の, 仲間っ, 会堂は, 何れか, 何れに, 何を, 何故イングランド, 何様か, 傷を, 充されない, 其は, 冷かされる事, 分からない, 分からないからな, 分からないので, 分からない男, 分からぬので, 分らないうっかり, 分らないかと, 分らないこんな, 分らないし, 分らないそういう, 分らないだから, 分らないと, 分らないので, 分らないのにと, 分らないん, 分らない天才, 分らない虞, 分らぬという, 分らんじゃ, 分らんと, 分りますまい, 分りません, 分りゃあ, 分りゃしない, 切腹する, 判つた, 判らないから, 判らないけど, 判らないけれど, 判らないという, 判らないので, 判らないわネ, 判らぬぞと, 判らぬ危, 判らんよう, 判りやしない, 判るか, 刺されるかの, 刺違えて, 助かるか, 動かされるかによる, 動くはず, 勝たる, 勝頼には, 十年で, 千尋の, 危険を, 又は, 又は之, 又は反証, 又は司直, 又は大事, 又は感興, 取られないかの, 取殺されるに, 受けきれずに, 口を, 同化されるかした, 同時に関羽, 否かも, 否かを, 吹きあげる烈風, 命の, 喰うか, 喰うかの, 嘲笑される, 大丈夫だろう洗っ, 大事な, 大抵はきまつた, 天下取りの, 夫も, 好かれねえかっていう, 如何なる答, 嫌疑を, 実際私, 実験し, 寿命が, 将亦, 小僧っ, 少くなされる, 少なくとも徹底的, 居られぬか, 居られぬ歟, 川へ, 帰られねえか, 式の, 弱い生物, 彼等の, 心配で, 怒られるかと, 急病に, 怪我は, 恐らく想像, 恐らく知っ, 恐ろしい拷問, 恨まれるか, 息を, 悪くする, 想像したら, 或いは山寨, 或いは斬られ, 或はその他, 或は呼ぶ, 或は弾丸, 或は掠奪, 或は雨戸, 戦の, 打ちのめされるかして, 打ち倒されて, 扱うに, 批判される, 投獄と, 抛げ, 担保が, 排斥する, 摩られるかと, 救われぬか, 料り知るべ, 料亭や, 斬られるか, 斬れないか, 斷は, 日本と, 明後日食われる, 明日やられる, 是非に, 時計でも, 時間を, 未発表, 来られないか, 来られねえか, 校川宗兵衛という, 此儘蟲の, 武蔵っ, 歪められるかして, 段だ, 殺されるの, 殺すか, 毒を, 気が, 気に, 気の毒や, 気障で, 没落する, 油断が, 泥沼に, 海の, 演奏される, 焼き殺されるか, 爆弾や, 爆弾を, 犯されないかの, 猛獣血闘の, 獄される, 生きるかの, 生擒, 生死を, 男を, 疑問と, 発電所ガラス工場ガス製造所には, 目が, 目安箱に, 知らねえが, 知らねど, 知らんて, 知らんですが, 知らんのに, 知りたいと, 知りませぬが, 知れないから, 知れないし, 知れないそう, 知れないという, 知れないもの, 知れない状態, 知れない男, 知れぬと, 知れぬ危険, 知れぬ欅, 知れねえ, 知れねえからのう, 知れねえからよ, 知れねえもの, 知れませぬ, 知れませぬが, 知れやしないん, 知れんから, 確とは, 祝言する, 私の, 私も, 私始終, 網に, 罰せられるかしますよ, 老衰の, 聞きたいもの, 肝の, 肩を, 自分が, 自分で, 自分でも, 自分の, 自暴自棄に, 興あり, 若くは, 若しくは自ら, 落とされた虫, 薬の, 蜂の, 血を, 裂かれるか, 裏手へ, 裸体に, 見と, 見ものだ, 見当が, 見当も, 解かれないか, 解らない, 解らないから, 解らないと, 解らないの, 解らないやう, 解りませんからね, 觸れない, 言わないでも, 計り知れぬ, 計り難い, 訊ねて, 討つか, 訣らぬ, 試して, 誰と, 豪いこと, 足を, 追放される, 送られないで, 逃げ出すか, 這入れないかの, 遊びに, 遣って, 遣られないか, 還れないか, 醜き奴, 鎌で, 降伏した, 雙方が, 難しい, 雪に, 顎骨を, 顏を, 飛び降りを, 食いあげて, 食うか, 飲み込まれて, 飼うかと, 馬に, 馬鹿, 髪でも, 鬼より, 鯨に

▼ れるから~ (799, 1.0%)

167 である 3524 です 21 であった 9 であります, であろう 7 では 6 して, だった 5 いやだ, だと 4 であるが 3 これは, で, であって, であつ, でも, なの, 何分とも, 私は, 自分の

2 [28件] いけない, この点, これほど, これを, じゃ, そこに, そこへ, そして私, その方, それが, それは, もう読むまい, 今度は, 仕方が, 妙である, 存八の, 家へ, 岩は, 急いで, 本人は, 歸らなかつた, 罪人に対する, 肺臓の, 自分は, 誰にも, 農村の, 鬘や, 黙って

1 [418件] あくまでおまえ, あなただけが, あなた今から, ありがたい, あんまりいいた, いいと, いつも自分, いて, いや, いやでも, いやに, いよいよ以, いよいよ増長, いよいよ往く, いよいよ顔, うちでは, うんと仕事, ええが, おそろしい, おまえは, お入来, お冠を, お前らモッと, お召抱, お帰りなさい, お後添, お怪我, お母さんよりは, かえって剣呑, かかる論拠, かねて, かの歌, きっと手ぶら, きっと貴様, ここでは, ここに, こちらから, このよう, この句, この場合, この役, この手紙, この本, これが, これだけ, これなら, これに, これはと, これも, これらは, さあどうか, さう, さし示す, さっさとお, しかたなし, しばしば喧嘩, すこし高め, ずる, ぜひ君, そういう風, そうし, そうです, そうは, そう無, そちらも, そっちへ, そっと庭, そのお方, そのため, そのとき, その中, その反対, その地下道, その姿, その富, その小, その折, その日, その点, その畠, その真価, その色, その要点, その遺風, それで私, それで髯, それに, それを, それ以下には, そんな事, たいていの, たがいに, たぶんかれ, だが, だという, だよ, だろうおれ, だろうと, ちょっとその, ついて行くと, つい億劫, つかまるもの, つまらない, つまらないじゃ, つまらん, つまりは, であ, でありそして, でありまた, であるか, であるのみ, でお, できあがったもの, でしょうか, ですよ, でせうか, でそこで, でそれ以外, でたとえ, でもちろん, でヤミヨセ, といつて堅く, とっくり調べ, どうかね, どうした, どうしても厭, なおかなわねえ, なかなか山, なるべくぼんやり, なんだ, ほかは, ほろほろ涙, まあ些, まして官界, また今日, また粗, まづ春, まんざら与太, みんなが, むしろ地名, むやみに, もう嫌, もう少し仕事, もう思い切っ, もしかしたら, もしもそうであった, もしも異状, もちろん駄目, もつともつと気味, やはり結局, やめる, よいが, よい記念, よしたが, よしなさい, らしい, わたしの, わたしも, われわれは, カケコミ教には, スマシと, スメルジャコフに関しては, タイヤの, ツて, テーマの, ハイと, ポッチャリと, マイクの, 一つの, 一人で, 一度や, 一日決心し, 一番好きな, 一見不滅, 上げて, 上の, 上方あたりへ, 下風とは, 不可ない, 不思議だ, 不思議です, 不空羂索観音の, 世界が, 世話は, 世間は, 主人とも, 之で, 之に, 事に, 二フランの, 二人だけで, 二人は, 五円しか, 亭々たる, 人も, 人前だけは, 今度こそ, 仕様が, 他日の, 仮名附の, 仲間喧嘩を, 伯父さんの, 伴藏は, 伸子は, 何う, 何か, 何でも, 何にでも, 何卒添わし, 余は, 余も, 余り輸出され, 作品が, 僕が, 僕は, 全く不思議, 全體, 兵器としては, 其で, 其の經過, 其面持も, 分らなくなり仕方, 判明る, 前の, 動きが, 勢い即時, 危い, 危いしじっと, 却, 厭だ, 又それぢ, 口さきで, 口説の, 古今の, 古代の, 可哀そうだ, 史通の, 君も, 君子の, 君達の, 否だ, 吾, 吾人は, 命は, 問題に, 問題には, 困りやす, 困ると, 困るよ, 困難で, 土曜に, 地震計は, 大きなおなか, 大きななまず, 大に, 大学は, 大抵寝, 妙だ, 妙な, 娼家の, 嫌どうぞ, 子熊, 安心し, 宜いのです, 宿院に, 寸進尺退, 小切手で, 小母さまが, 少し宛, 尚ほ, 山の, 左に, 己が, 已むを, 帰れと, 常識なる, 幕府老中の, 年々大, 幾つかに, 序卦と, 度々参ります, 度胸を, 引外したら, 弟に, 当屋敷, 徒に不遇的焦慮, 従ってその, 從來の, 御妾, 御安心, 御承知, 御断り, 必死は, 忠公に, 怖いという, 恨みが, 悪い, 悲しいと, 愚人しか, 愛すの, 慣れっこに, 慣れつこ, 我々の, 或は荒廃, 或る, 手伝に, 手紙を, 振動の, 振返り, 揃って, 撓まずに, 改修の, 救って, 敢えて親友交歓, 斯う, 斯く推定, 日本人の, 早くお, 明日とにかく, 明日の, 明日会おう, 時々何, 時々威勢, 時による, 暑いの, 月見が, 有り難い大嘗祭, 東京から, 東京へ, 案内しよう, 梯子の, 橙と, 止むを, 正直に, 此処に, 此方に, 死んでも, 死体の, 母親は, 気の毒がっ, 気を, 水を, 氷上釣の, 永久に, 決してその, 注意しろ, 津軽の, 溜まらない, 無理押しに, 照応を, 熊の胆を, 爺さん望見の, 猶更, 王は, 現在の, 生活資料は, 用が, 用心しなくっ, 用心しろ, 田へ, 發光物質は, 皆んな燒い, 直に口, 直接の, 真逆と, 眼鼻立ちなどは, 社会の, 祖母が, 祭の, 私の, 私も, 私共は, 穀物が, 窓掛の, 窮屈でも, 竹見の, 筆の, 筆を, 節制禁遏せなけれ, 精しくしらべ, 精神の, 素晴らしい, 結婚から, 結局聴く, 罪と, 胸に, 自分も, 自然彼の, 茲には, 蕎麦ア食う, 蕗子を, 行先を, 襟く, 要するに日本, 見て, 試験的に, 詩人には, 話を, 読みづらく, 誰しも, 誰だって, 貧乏を, 起きて, 足探りに, 身体を, 農家の, 釣も, 鎌倉時代には, 間違いは, 闘牛の, 防護の, 除くこと, 隨て, 雨風の, 静かに, 頗る得意, 顔から, 馬ででも

▼ れる~ (794, 1.0%)

56 になった 42 がある 23 になつ 22 になる 17 になっ 14 もある 11 が多い, になり 10 はない 9 があります 8 である 7 があった, になりました 6 であらう 5 があっ, が出, でしょう, でも, は出来ない, もあつ, もない 4 が出来た, であるが, では, と存じます, と思います, なしに, になつて, もあった, を恐れ

3 [14件] がしばしば, だ, だと, だらうと, となった, と思う, と覚悟, になります, のない, はし, もなく, を予期, を望ん, 馬鹿らしさ

2 [49件] あり, かどう, があ, があつ, ができた, ができない, がない, が出来ない, が出来る, が多, が多く, が有る, が沢山, が無い, だらう, だろう, であった, であつ, でせう, となり, になつたの, によつて, に成った, に飽きた, はありません, はある, はたまらない, はなかっ, は人並, は何, は恐ろしい, は無い, は真に, は私, は詩語, は誰, ばかり考え, も田園, をさ, を云うた, を今日, を希う, を希望, を感ずる, を拒まぬ, を深く, を疑わない, を示した, を覚悟

1 [340件] あらば, ありしか, ありや, かと思い, かと思いました, かと思っ, かと思われる, かと非常, かも知れない, からのがれる, か分りませぬ, か行, が, があり, があるだろう, があるでしょう, があろう, がいくつ, がございまし, がございます, がただ, がたびたび, ができます, ができよう, ができれ, がなく, がなくなっ, がひどく淋しい, がほんとう, がまた, がよく, がより, がよろしい, が一々, が一番, が事実, が今や, が何より, が何故, が出来, が出来よう, が出来るでありましょう, が出来ん, が困難, が堪らなく, が多かっ, が大, が嫌い, が実にしばしば, が専門, が少, が少く, が怖い, が恐い, が恐ろしく, が日本, が時々, が有ります, が本質的, が極めて, が涙, が無く, が無くなり, が異常, が稀, が行, が間々, さえあった, さえある, しか学ばれない, じゃ, すなわち絶対, だけは助かった, だけは確か, だそれくら, だったが, だったろう, だつたらうと, だろうと, だ斯, であらね, でありましょうが, であります, でありますから, でありまたたとえば, であろう, であろうと, でござれば, でしょうか, です, ですから, ですが, でなければ, でもあったら, で書いてない, で有りましょう, となっ, となつ, となる, とは別, とは思い, とも亦, と存じ, と存居候, と思っ, と思つた, と思ふ, と気, と氣, と獲った, と確信, と笑いいる, と見える, と貧しい, なく次第に, なく生き得た, なく結婚, なく進む, などはない, などもお, などもございました, なの, ならその, なら幾ら貧乏, なれば, なん, にあらざれ, にいひ, にきまっ, にきまった, にきまりました, にした, についておそらく何ら, にて親, になったでありましょう, になりますなら, になるで, になるでしょう, になッ, にはぼ, には馴れ, にもちっとも, にもなりました, にも一往, にも言, によって画面, によつて肯定, に何物, に依つ, に内定, に定, に息苦しい, に成る, に於, に氣, に相成った, に相成りましょう, に相成りますれ, に迷惑, のなかつた, のみが書かれ, の一伍一什, の不満, の出, の出来た, の出来る, の嫌ひな三田, の恥ずかし, の方, の早い, の有る, の極めて, の為, の為め, の繰り返し, の説明, はあまり, はいう, はいわゆる, はいわれます, はうれしい, はおれ, はがえんじないだろう, はございません, はしたくありません, はしばしば, はその, はそれ, はたしか, はただ, はたとえ, はねえ, はわが, は一つ, は三日, は二度と, は今, は何ん, は兄, は免れなかった, は免れ得ませぬ, は分った, は分つ, は到底, は受難, は天, は実は, は少, は少なかっ, は尠, は年, は当り前, は当然, は彼ら, は後, は必常, は恐るべき, は恥辱, は我々, は極めて, は母, は沢山, は珍しく, は甚だ, は疑い, は真理, は知っ, は祖先以来, は結婚, は結論, は絶対, は能, は覚束, は辛抱, は迷惑至極, は邑落生活, は防がなく, は随分, は難, ばかりだ, もあ, もあり, もありました, もありましょう, もあります, もこの, もございました, もございます, もしばしば, もせず, もたま, もなかっ, もなから, もなかろう, もなし, もなりませぬ, もまるきり, もまるで, も事實, も何度, も出来ません, も容易, も少く, も有, も有る, も此処, も沢山, も無い, も珍, も知つて, も知らない, やら, やら情ない, やら欣, や奇怪千万, よりはどれ, を, をあの, をいえり, をし, をどんなに, をも悉皆, をゆるさない, を一同, を仕出, を何, を俺達, を免, を出発直前, を切望, を唯一, を喜び, を喜ん, を嘆く, を夢想, を如何, を嫌, を実に, を当て, を心配, を怖, を思い出す, を思うた, を想, を憤慨, を懇願, を承, を承っ, を斥, を望みました, を望みます, を望む, を本旨, を案じ, を氣, を無上, を爲よう, を甚だしく, を知っ, を知った, を知ったら, を知らぬ, を知りたれ, を知る, を示す, を総括, を考え, を考へた, を聞い, を覚え, を訴える, を避けたい, を防いだ, を願, 又は見るべからざる, 又特に, 思ひ切つて階段, 思ふべし, 甚だし, 甚だしいもの

▼ れるところ~ (715, 0.9%)

27 だった 17 であった, でした 15 である, のもの 11 がある, だ, でしたよ 10 があった 9 もある 7 だつた 6 さ, であつ, でしたが 5 があっ, だったの, だったよ, であるが, にある 4 があつ, がない, だったん, はない, もあった, もない

3 [11件] だから, だと, であろう, であろうが, となった, に成立, の, の一つ, へ来, もあり, よ

2 [35件] から濡れつばめ, から起る, があり, があるらしい, が多い, が多かっ, が生じ, だったが, だったそう, だったなんて, だったろう, だつたん, で, であったが, でしょう, です, となり, など, にし, による, によれ, に最も, のない, の同一, の形, の性質, の本性, の死, へこの, へ出た, へ吊された, も黒い, をみる, を見, を見た

1 [395件] あるなり, あるべし, かと存じます, から, からかかる, からこういう, からざらざら, からその後, からどうしても, から上, から千駄萱, から地蔵, から太いうす, から彼女, から御, から歴史, から特に, から生れ, から生活力, から目録, から私, から習慣, から考え, から雪子, があらう, があります, があるでありましょう, があれ, があろう, がこの, がそれ, がまだ, がまるで, がザラ, が優しい, が出来, が厶, が在る, が多, が大き, が如何, が我々, が有りました, が有る, が洋館, が無かっ, が特長, が見たい, が見られます, じゃ, じゃありません, じゃった, じゃ問屋場, じゃ無い, その土, その感情, だが, だけが惠まれ, だけに家, だけを日本在来, だったあいつ, だったし, だったじゃ, だったぞと, だったと, だったな, だったなどと, だったね, だったわい, だったんで, だった危, だった男, だつたし, だつたの, だつたよ, だつたんで, だという, だよ, だろう, であ, であったがと, であったそう, であったぞ, であったと, であったろう, であったわい, であった人影, であらう, でありました, であるけれども, であると, でええ, でこそ男女共学, でしたあの, でしたか, でしたわ, でして, でしばらく, ですから, でせう, でその, ではあなた, ではありませんでした, ではない, では凍上, では別段, では外的, では大概教師, では有る, では歴史, では非常, でもあった, でもあれ, でもちろん, でもない, でも芸, でイキナリ, でグラス, で一晩, で三方, で大岡越前守, で折角, で江戸時代, で玉楠, という感じかた, といっ, ともいえ, と思っ, なきにし, なきを, なくぢ, なくのみほす, なく純真, なく阿曽, なしとは, なぞを同業, などあった, なの, ならどこ, なり, なん, なんぞなえじゃ, に, にあった, にあまり, にあまり目, にかえって, にかじりつく, にさきほど, にそれ, にたどりつい, にのみ見られる, には, にはいつも, にはいわゆる, にはうす黄いろい, にはかない, には忌わしき, には我々, には概ね, には私達, にひとり, にふっくら, にまた, にエス, にヤソ, に一定, に不調和, に五億立方メートル以上, に人間, に伊達, に哲學, に在った, に在る, に多, に妙味, に席, に座, に恋愛, に我々, に投げつける, に来, に正しき, に殆, に汽車, に深い, に無, に皇室, に神変夢想流, に空間, に紫, に置く, に西丸, に西洋人, に見えました, に赤旗, に進ん, に魑魅魍魎, のあの, のおも, のごとき, のつもり, のひとつ, のひとり, の世にも, の二つ, の二人, の人類, の仮装舞踏会, の佇止, の借金, の判斷, の国情, の大, の奇警, の女, の妖怪, の小, の巫女ども, の彼, の心理的分析, の必然性, の情報局鈴木庫吉中佐殿その他, の想像力, の感情, の所謂, の技術, の換算戦闘力, の文章, の料理, の新進, の時間, の普遍的, の最も, の次, の歴史的, の永久眞理, の油絵, の灌木, の無, の物體, の猛獣毒蛇, の現実, の異種異様, の私ども, の精神, の精選, の純理論的, の絵模様, の自然, の芸術, の萩丸様自筆, の葬式, の蓆, の行爲, の袋乳, の西洋小間物, の観念, の觀念, の諸, の諸々, の辞書, の運命悲劇, の閉ざされた, はあり, はある, はことごとく, はこの, はさけさせ, はただ, はどこ, はなから, はなかろう, はねえ, はみられた, はロシヤ, は今, は伊達家臣, は何だか, は何故, は僕, は全く, は同じ, は大変, は少, は我輩, は文学, は日本国民, は皆, は真に, は知らない, は道理, は露台, は非常, は飛び越し, へいっ, へと向っ, へどこ, へはつい, へは大岡越前守, へも行かれない, へ出ます, へ来ました, へ素直, へ遊び気分, までくる, までこぎつけた, までたしかめた, までなっ, までには月日, まではたしかに, までは行かなかった, までひと息, まで分け入っ, まで往く, まで後, まで持っ, まで歩い, まで汗だく, まで発達, まで行かなかった, まで行き, まで追いつめ, もあつ, もあらう, もありました, もありましょう, もあります, もありませう, もありません, もあるでしょう, もちゃんと, もっと先, もなかつた, もなく美しく, も明らか, も無い, も面白い, や私, よ少し, をあの, をうまく, をお, をおうか, をおま, をさし, をちょうど, をふき, をまだ, をみ, をみよう, をもっ, をやっと, をゆっくり, を七本手, を万太郎, を以て見れ, を以て返礼, を全く, を前, を助かった, を大金, を密偵, を左門, を弟子, を思え, を想像, を慈悲, を拝見, を探す, を探った, を摂取, を時行, を根, を横, を毎日毎日, を演つて, を無事, を畠山重忠, を真似, を私, を素盞嗚尊, を索め, を縄抜け, を繩拔, を聞く, を見せぬ, を見たい, を見れ, を述べた, を露骨, 多く読んだ, 強い調子, 悉く細か, 迄こぎつけた

▼ れる~ (642, 0.8%)

11155 です 41 ですか 32 だから 26 だよ 25 ですよ 21 だが 17 でしょう 13 だと, ですが, ですもの 12 じゃない, だろう, ですね 10 だね 9 だがね 8 ですから, では 7 だそう, だもの 6 だぞ, ですからね 5 じゃ, だからね, だぜ, だらう, ですけれど 4 じゃねえ, だか, だからな, だな, ですがね, でね 3 だあ, だけれども, だって, だろうと, ですって, ですつて, や

2 [18件] じゃないでしょう, じゃなかった, じゃなかろう, だけれど, ださうだ, だその, だつけ, だつて, だとよ, だろうって, だわ, でございますよ, でしょうが, でしょうね, ですかい, ですからねえ, ですけど, ですの

1 [72件] か, かな, じゃあなし, じゃありますまい, じゃありません, じゃそい, じゃねえです, じゃやりきれない, じゃわし, じゃ一向, じゃ打ち壊し, じゃ耐ら, じゃ詰まらない, じや, だい, だお, だからねえ, だけでももったいない, ださ, ださうですよ, だそうですね, だそして, だそれでも, だったら, だったらどんなに, だったらまあ, だってね, だで, だという, だとかいう, だとさ, だとばかり, だどうして, だどっち, だなどと, だねと, だねぼけるな, だろうな, だろうよ, だサア, だ出発, だ試し斬り, だ遊女, でございます, でございませうか, でしたら切っても, でしょうから, でしょうけれど, でしょうねえ, でしょうよ, ですかな, ですからな, ですがな, ですがねえ, ですけどね, ですさ, ですその, ですわ, でなきゃ御, でなきゃ滅多, でなくては, で困ります, で御座います, なら, ならいくらいくら, ならいっそ, ならえらい, ならわるい, なら何, なら俺, なら行つて御覧, のです

▼ れる~ (639, 0.8%)

15 が来た 11 がある 10 が来る, のよう 8 にはその 7 にはそれ 6 なの, に, にその 5 である, もある 4 が來, のやう, はない, は必ず 3 が来, が来たら, その時, になっ, になる, には, の来る, はその, は御身

2 [28件] が近づいた, であると, でした, ではない, でもその, で私, など自信, にあの, にこの, になつ, には人間, には実に, には常に, には彼, には彼ら, には必ず, には手紙, には芸術, に私, に限るであろう, の条件, の痛, は既に, を待っ, を忘れた, 云われたの, 答え得る言葉, 驚くべき創造

1 [451件] あまりにもったいない, あるいはその, いつも私, いつも能, お互, お雪, かれら, か縛られた, があっ, があつ, があるじゃろう, があるだらう, があるでしょう, があろう, がいつか, がきた, がきわめて, がございます, がたまらない, がない, がまた, がやがて, がやってきた, がやって来た, が一番輝子, が人類最後, が出, が大切, が来たなら, が来ました, が来よう, が来るだろう, が来るであろう, が来るでしょう, が永久, きまつて, きゃア, こそ今, こそ文化, この場合, この概念体, この者, この行為, この言葉, この霊廟, さしあげたの, さては濁, しか生きてる, じゃない, じゃ有りません, すぐ様之, そのうち, そのヒューメーン, その一つかみ, その印象, その周囲, その問題, その圧倒性, その奴隷, その所領, その本当, その根本的特徴, その足, だ, だからと, だけであった, だけであつ, だけである, だけな, だけはそれ, だけ仲間, だった, だったもの, だって運動場, ちょっと別れ, つけたばかりの, であった, であったから, であつ, でありそして, でありますから, であり又, であるから, である空, ですら, でとかく, ではありません, ではなかっ, では有りません, でもあれ以上, でも大望, でも実際, でも御, でも私, でも老人, で野放し, とかに奥, とがあるであらう, とてはなく, との二様, とは見えなかった, とまさに, とプロレタリア, と云っ, と場所, と思っ, と花祭り, どういう形, なぞによく, なぞも尋常, なぞ後, などにする, などにはいつ, などは生, なども昂奮, などセエラ, など人性, など殆, など真弓, など窓, なのに, なんか御, なんざ, におじゃま, にき, にさ, にする, にそれ, にだけ彼, にだれ, にできる, にとりわけ, にどうか, にどさくさ, になくなっ, にならなけれ, になりゃ, にのみ確固たる, にのみ起り得る, にはあんな, にはいった, にはうつ, にはお, にはおそらく, にはきまり切っ, にはこの, にはこれ等, にはじめて, にはだから, にはとかく, にはどうしてこう, にはどんな, にはふっと, にはまた, にはまったく, にはもう, にはもし, にはエレン・ケイ女史, にはジョイス, にはテレ, にはフロイス, には三〇クヲタア, には丸い, には二〇クヲタア, には人々, には他, には切株, には勿論, には同時に, には君, には吾, には四〇クヲタア, には土壌, には夜更け, には大いに, には大事, には大変, には好餌, には如何なる, には小走り, には常識的概念, には引っ, には必復活, には愛嬌, には抑, には折角, には早婚, には来る, には殆ど, には母國, には毎日, には決して, には活溌, には牧牛, には特に, には生命, には眉, には矢張, には私, には租税, には穀物, には結婚, には考え, には虎, には行つて, には討たれる, には身, には陰陽師, には面, にふと, にほとんどあまねく, にまことに, にもだれ, にももし, にも優越, にも先生, にも太后, にも女三, にも妾, にも居残り, にも眼, にやられた, にクララ, にサンスクリツト, にタケミナカタ, にパッタリ, に下, に人, に似た, に余, に僕, に元, に其の, に切れ落ちる, に初めて, に取られた, に向, に夢, に大倭根子何, に天, に天皇, に少し, に店, に彼, に感ずる, に敷い, に方, に於, に既に, に日本, に此最姫・次姫, に為替相場, に無惨, に熱せられ, に狂う, に用いられる, に短, に答え申される, に腹, に自由, に苦し, に苦しい, に見せる, に覚らずし, に詩, に誠に, に迷惑, に達した, に限っ, に限つてマロン, に限られる, に靴, に騒がない, に鬢, のあなた, のあの, のある, のいつも, のお湯, のこと, のさま, のさまざま, のその, のほか, のよう頭, のコップ, の不体裁, の不安定, の切な, の励み, の叫び声, の合い, の名, の声, の夢, の如く, の如く林, の形, の怖, の恐れ, の恥ずかし, の悲鳴, の惨憺, の惱, の感じ, の感銘, の態度, の来た如く思い, の様, の気持, の氣, の猫, の用意, の画面, の立會人, の苦しみ, の苦痛, の軽い, の辛抱, の近づき, の連中, の面白味, の鼻皺, は, はあるだろう, はお子さん, はこの, はしてやられます, はそれ, はつらい, はとり, はどう, はないだろう, はなお, はへん, はまだ何だか, はもう, はもの, はよく, はわが, はパピニアーヌス, は一切, は亡国, は今, は何処, は何時, は何等, は俗, は先生, は割合, は創造的本能, は勢い, は午後, は半, は即, は壮観, は外, は大杉君, は対蜀外交, は尋常, は序, は彼等, は快く, は戦車, は政略, は日本人, は是非共出品, は村中, は来た, は来ない, は来るでしょう, は湯加減その他風呂場, は源氏, は特殊, は真紅, は知らん顔, は細君以外, は経済的労働, は老若男女, は舞台, は要するに, は退職手当, は重たく, は限り, は風, は點, ひどく手, ふと何, ふと国王, ほどその, ほど自分, または作家, までそれ, までは土地, まで婦人独自, まで幾年間, まで数年来, もあり, もあります, もあるであろう, もあれ, もう沢山, もそう, もその, もなかっ, もはや到底収拾, も仕方, も來, も多く, も大概四時五時頃, も恐らく, も有ります, も来る, も来るでござろう, も決してめったに, も源氏, も米友, も近づいた, より少しく, より引っ張られ, をわかち, を待とう, を恐れ, を想像, を楽しみ, を覚悟, 何時も赤い, 入るを, 全く区別, 初めて打ち明けました, 初めて本当に文化上, 初めて研究様式, 到る所, 又仕事, 始めて, 尊き聖なる, 常により現実的, 御寵愛, 悠々と, 持ちかえられたが, 故あり, 既に昔, 特に多く, 益々物理的対象, 短くし, 突然卒中症, 第三, 自から, 過ぐる, 錆びの, 降ること

▼ れるほど~ (571, 0.7%)

42 だった 25 であった 23 である 22 でした 14 です 8 あって 5 だ, だつた 4 であります, でしたが, では, 濃い人間 3 美しい

2 [19件] その日, その逞しく, だったの, だのに, であ, であって, でありました, であるが, であろう, で何, なもの, やせて, よく似, 大きく肉, 大きく開かれ, 大きな音, 太かった, 打ち揺いだ, 辛いこと

1 [370件] あくどいこと, あのよう, あらゆる革命, ありがたかった, あるいは事実, あるし皮, あれこれと, いいところ, いかにもぞんざい, いかにも堅牢, いきいきと, いたく年老い, いつのまにか各, いつまで, いとしくて, いばる人, いよ, いる, いろいろの, いわゆる達者, おぞましい悪夢, おとなびて, おぼつかない記憶, お蝶, かえってますますこれ, かえって厭わしく, かがやかしい子, かけ違ったり, からだ, きわめて下らない, くだけたもの, くだらない原因, くっきりと, くわしくフリーダ, ぐいぐい曳い, こせついて, こちらを, この両者, この侍, この富籖, この部屋, この非常時, こまかい神経, ごしごしごしごしと, さう, さながらに, さびしい, しかく絶壁, じっと目, じっと立っ, じつとして, じゃない, すぐに, すでにその, すばらしく敏捷そのもの, すりへること, ずっと形, そういうもの, そういふ人, そうほう, その信仰, その効果, その唄, その夫, その奥深く, その容積, その年, その影, その涙, その粧い, その緋, その美しい, その行動, その調子, その賤, その雑誌, それが, それは, それほどのんき, それほど声, それほど明るく, それほど自然, それ程お, たいそうかろや, たかぶって, だったが, だッ, だ人間, だ史料建築, だ日常生活, つかまったと, つらいけれど, であったが, であったそう, であつ, でありましたから, でありましたが, でありましたのに, であるけれども, であるゆえ, であるリシリキンバイソウ, でおよそ, でご, でございましたが, でございまして, でございます, ですが, ですよ, でそれ, でただ, でなければ, でまったく, でもし, でよほど, で丘, で到る処, で山谷, で撞木杖, で有る, で驚くべき大き, となった, とびぬけて, どす黒く膨張, なおさら私, なお人, なお辛かっ, なこと, なにかごまかされてる, なの, なので, なまけた, ならこの, ならば, なら僕, なら妾, な一倍, な一刀斎, な世相, な人物, な寂寞, な洪福, な相違, な苦勞, な苦闘, な規模, な豪族, な逸品, な金, な雨量, な静, な非業, はびこって, は今, は大, ひしひしと, ひっそりし, ひっそりと, ひどいもの, ぴったりと, ふいに, ぶくぶくと, ぼうっとした, ますますうそ, ますます多量, またギゴチ, また比田, まったくそれ, まとまつた現し身, まるで仙境, まるで子供, みなおなじ, むずかしい問題, もうれしい, もすべて, もまれながら, もよく, よくでき, よく似た, わたしを, キメの, ピッタリと, 一気に飛ん, 不必要, 不鍛練, 並んで, 今宵は, 今朝も, 仲良くなっ, 俺の, 優しく頼もしく立派, 優れたもの, 冷たいの, 凄まじい権幕, 出来たが, 動かずに, 募って, 印象深いもの, 厳しい育て, 叱られるに, 吹雪いて, 図々しく出る, 多くある, 多くの, 夜の, 大いなる苦痛, 大きい声, 大きくは, 大きく眼, 大きなもの, 大きな事件, 大きな百合, 好いと, 好うございました, 如何なる時, 妖しく狂おしく波うち高まる, 妬ましさ, 婀娜めいたもの, 嬉しいこと, 実際冉求, 寂しいこと, 寂しい凄いお茶の水, 寂しい庭, 寒うございます, 寒かった, 小さい, 小さいの, 少ないといった, 常に温顔ゆたか, 広い場所, 広い建物, 広くとき, 弱々しい, 弱々しかった, 弱いの, 弱い私, 弱かった, 弱くなった, 張合あり, 強い感銘, 強く, 強くうなずいた, 強く反応, 強く葉巻, 彼女に, 彼女にと, 彼女にとっては, 彼女は, 彼等は, 御聡明, 快くさ, 思い切れなくなって, 悉く茲, 悪く悲しまれ, 想い懐, 愛されて, 打ち込んで, 持ちくずした私, 揺ぎ且つ, 揺れた, 新しい行為, 明るくなっ, 時間を, 暑くなっ, 暗い, 暗い顔, 暮れるに, 曲って, 来る日, 正しい字, 段々価値, 殺そうとまで, 気に入りでいつも, 気むずかしいところ, 気高い鼻, 汚なかった, 汚れて, 沢山天幕, 泣いたの, 泣く, 涼しい陰, 涼しく答, 涼しく答えた, 淋しいの, 深いイノチ, 深い強い快よい感じ, 深く嵌, 滅入った気, 漠然と名状, 激しくどやしつけた, 烈しかつ, 無反応, 煤けて, 燃えたつの, 物がなしく逃げ出す, 物凄い醜さ, 狭いの, 痛い言葉, 痛ましい経験, 白くこちん, 白く輝い, 益々生命, 目立ちも, 真に影, 真ッ黄色, 真黒いスクリーン, 眺めて, 睡い, 私にとって, 私には, 私の, 紛れたの, 細い, 細ッそり, 続いて, 纏った現し身, 纏まった貯え, 美しいの, 美しく写され, 美しく詩的, 美味いもの, 美味かった, 聞きたがるの, 若いうえ, 若く美しく見える, 苦しみました, 苦しめた相手, 苦しんだ, 苦しんだの, 葉子は, 蒼く痩せ, 藤紫に, 見まもり疲れた冷た, 見る見る数百, 見慣れたこの, 親しいつき合い, 親しい間柄, 親しげ, 認められて, 貧しい哀れ, 赤く生々しい, 赤く禿げ, 軽々とビレラフォン, 輝かしく照っ, 輝かしく照つて, 辛かった, 近く掠め, 近く見え, 透き通って, 通って, 遠くかすか, 鄙びた景色, 鋭い感受性, 長い田圃道, 長い長い時間, 長い長い間, 長い黒い, 長くご, 長くも, 長く出, 長く空屋, 長沙, 隔たった地球, 非科学者, 騒々しく働く, 驚いた, 驚ろいた, 高い枯れすすき, 高く跳ん, 高く飛び出, 黙って

▼ れるまま~ (534, 0.7%)

51 になっ 13 にその 8 にし 7 にそれ 6 にお, に任した 5 に私 4 に, につい, になった, になり 3 におとなしく, にこの, にした, にそこ, に初めて, に引かれ, に彼, に懐中電灯, に手, に身

2 [29件] にいい, にいつ, にここ, にする, にとうとう, になってる, になる, にまかせ, にピストル, に今夜, に任し, に僕, に元, に再び, に夫人, に家, に廻, に彼女, に従った, に戸, に眼, に私ども, に立っ, に答えた, に自分, に街, に車, に酒, 細かい格子戸

1 [334件] かなり異常, この家, しばらく五六人, すぐ身, そこで何日, そっとし, その冷むる, その知れる, その華やか, その車, その隠, ついトソ気分, であった, で好い, で言, にあがった, にあたし, にあな, にあらゆる, にいくら, にいつかドサ貫, にいつも, にうかと, にうごい, にうしろ, にうしろ向き, におじいさん, におずおず, におり, にお前, にお召, にお話, にかみ, にかめ, にきい, にきっとこう, にくれ, にぐにゃぐにゃ, にこれ, にこれこれ, にご, にさき, にさし出す, にさっそく, にしかし, にしばしば, にしばらく, にじっと, にすかし, にすみ, にすわった, にせっせと, にそ, にそっと, にその小さな, にそんな, にた, にたばこ, について行く, にとりはずした, になかには, にならなけれ, になるであろう, ににこにこ, にはっきり, にひかる玉, にひきうけ, にふと, にふところ, にふらふら, にぶちまける, にほか, にぼつ, にまかし, にまかした, にまた, にやって来た, にゆく, にわたし, にわたしたち, にエジプト, にオズオズ, にクツ, にシサイ, にジャム, にゾロゾロ, にタクシー, にツカツカ, にドア, にハイハイ, にヒョイ, にベッド, にポツリ, にマユミさん, にマリイ, にレストーラン, にレンズ, にロケット, に一, に一々, に一つ, に一つ二つ, に一枚, に一軒, に三輪車, に上がっ, に上る, に上級, に下宿, に両手, に両方, に中, に中央, に事務室, に二つ三つ, に二階, に五つ六つ, に京都, に今一, に仏壇, に仕事, に付い, に任せ, に任せた, に任せる, に伯父, に伸子, に低く, に体, に何, に何かしらそこ, に何もかも, に何気なく, に例, に俊基, に信じ, に倍率, に側, に先, に先生, に全力, に出, に出入, に刀, に初め, に動い, に北原, に南側, に印籠, に即興的, に又, に取られる, に受入, に受話器, に名筆, に品川, に唄う, に喰, に土, に地, に外, に多い, に大分, に奥, に女子青年団, に好奇, に妻, に子供たち, に子路, に学校, に守朝, に家出, に寝台, に導かれる, に小平太, に小径, に小林君, に小泉君, に小走り, に少佐, に山林官, に島生活, に左, に席, に常陸, に床, に度胸, に座敷, に庭下駄, に廊下, に引き摺られ, に引受け, に当面, に従い, に従って自分, に思い出, に急い, に惜し, に慎しん, に懐中, に成績, に或は, に手傳つて働らくの, に承知, に握手, に支那料理, に放っとく, に政治, に斜面, に新聞, に施された, に日ごと, に昨日雲仙, に暗い, に暫く, に書き取つ, に曾根崎新地, に最初自分, に朝鮮, に木戸, に札束, に机, に村, に来, に柄, に柄杓, に案外, に梯子, に森, に森蔭, に椅子, に橋, に歌っ, に気位, に浅間, に海賊王デルマ, に渡り, に漂う, に炬燵, に無闇, に男の子, に町外れ, に畳, に盃, に着, に矢代, に砂原, に礼拝, に祠, に立ちあがっ, に立ち上がっ, に立ち上がり, に立ち並んだ, に立ち働く, に筆, に紅茶, に純文学作品, に素直, に経文, に緑川夫人, に縁づく, に縁側, に繰り返し, に署名, に義兄, に老人, に胸, に膝行, に薄暗い, に血糊, に行く, に行っ, に見返る, に親爺, に觴, に話した, に誓約, に語っ, に誤っ, に説明, に誰, に調剤室, に買いこん, に買った, に赤坂山王台, に走り, に足, に足袋, に跟, に身の上, に身の上話, に逆らい, に這入っ, に連れられ, に進ん, に邸, に邸内, に部屋, に金兵衛, に釘抜, に鎌倉, に長い, に長屋, に開放, に随分, に隠れた, に隣り, に電灯, に静か, に風呂, に飲み, に飲ん, に首, に鰊場, に黒く, のもの, の口, の夢中裡, の姿勢, の道, の金, よく書い, をしるした, を甘受, フラフラと, 動いた, 取りあえず, 喜んで, 大五郎, 寝ころんで, 強くこすっ, 時々その, 行くと, 話すだけ

▼ れるばかり~ (359, 0.5%)

3330 である 27 です 23 だった 20 では 15 であった 10 でした 6 であつ 5 なの 4 であります, でなくその, でなくまた 3 だし, だつた, であったから, でございます, でなくそれ, でなく更に

2 [11件] だから, だが, だよ, で, であるから, でご, ですもの, でも, なかなか微動, 女は, 日の

1 [138件] いかなる悪人, かえって足手, ことに今, この城下, この混亂, この辺, そして四周, その巨, だからね, だぜ, だったから, だったが, だと, だという, だとか, だろう, だシ, だ柱, ぢや, でありました, であるが, であろう, でいつか, でこの, でございましたが, でござる, でしたが, でしばらく, ですが, ですもっと, です私, でそんな, でちっとも, でつい, でとても, でどう, でどうにも, でどうも, でどこ, でない, でなくあべこべ, でなくあれ, でなくいい, でなくおそらく, でなくお茶, でなくかえって最も, でなくかかる, でなくこの, でなくそこ, でなくそれぞれ, でなくどんな, でなくもっと, でなくやや, でなく一度, でなく主として, でなく久し振り, でなく二十歳, でなく人間, でなく他, でなく作らるべき机, でなく兩者, でなく切腹, でなく医者, でなく取材, でなく右, でなく多く, でなく客觀的實在世界, でなく家中ぜんたい, でなく小説, でなく幕府, でなく彼, でなく心, でなく急, でなく明晰, でなく東京, でなく母親, でなく波江さん, でなく物, でなく生前吉左衛門, でなく真に, でなく背後, でなく芸術界, でなく葉子, でなく薬方, でなく読者, でなく量的, でやがて, で一口, で一向に, で人, で人間, で何, で何一つ, で何時, で妙, で得るところ, で愛さない者, で折角大ら, で既に已に, で春, で朝廷, で無く, で精神, で結局, で絶対, で落着けなかつた, で道端, で食事, で高蔵尼, なるころ, な一種, な冴え, な声, な夜景, な眼, シンと, 世にも愛らしき, 世にも身の毛, 他に, 何べ, 參差たる, 四郎も, 実に陰気, 寒い, 平和の, 春の, 暗澹な, 森と, 浅ましい喧騒, 程度以上に, 聞えた, 足下を, 輝いて, 近い枝, 遣口, 體も, 魂の, 鮮麗に

▼ れる~ (343, 0.4%)

10 がある, では 7 が多い 6 がいい, でも, の物質 4 がよい, だ, である 3 がよっぽど, が好い, じゃ, だが, のお

2 [23件] があるなら, があろう, がはるか, がまだ, がまだしも, がより, が一層, が可, が気持, が無い, が良い, で, ですから, でないから, なので, のため, の虚無僧, は, はまた, は以前, へ, へ往, もある

1 [225件] あらば, かともかく, があったら, がありましたら, があります, があるだろう, があるであろう, がいっそ, がいらつ, がおれ, がかえって, がすこし, がたしかに, がたたかれた, がと喬, がどれほど, がひんぱん, がふさわしい, がまし, がまして, がよろしい, がキット, がベラ棒, が一人, が一番, が似つかわしい, が余程, が便利, が保守家, が先, が切れかかった, が厭, が司政者, が多かっ, が好ましかっ, が子供, が宜, が宜しい, が少なく, が少なくとも, が恐らく, が恐竜, が悪い, が時々, が未, が本望, が機嫌, が歴史教授, が淑女, が満足, が無法, が焦れた, が狼, が自由, が身, が辛抱, が迷惑, が遥か, が適切, が頼まれ, が餘, こそ好い, だから, だそう, だったの, だって迷惑, だと, だらうと, だろうと, であったかも, であったとしても, であつ, であり自分, であると, であるのみ, であろうが, でこれ, でご, でした, でしょうか, でしよう, です, ですよ, でせう, でも同様, で彼, で私, とあり, とする, とも深い深い, と両方, と同時, と客観的, と山茶花, なの, なのに, ならば, にいたしまし, にかつて, にすさまじい, にその, にては清き, になっ, にはあり, にはこれ, には三等, には特別, にも力士, にも器量人, にも救い, に一言, に傾き, に再び, に奇妙, に弱味, に油断, に特等訊問法, に行きたい, に行つて, に近く, の, のある, のきりやう, のこと, のよう, の一家, の人, の人々, の人間, の今, の公爵様, の咎, の御, の格子, の格子戸, の毒, の気持, の船, の茎, の解釈, の金助, はいろいろ, はその, はそもそも, はたつた, はちっとも, はどこ, はない, はなるたけ, はなん, はのびのび, はひとつ関心, はふるえ上がっ, はまだ, はよく, は他, は余り, は外国, は大抵, は実は, は対手, は形状, は思ひ, は恐縮, は日本, は注意, は用心, は討たれまい, は辛い, は長篇散文詩, は飯塚, ばかりで, へおり, へとやや, へと行け, へ向っ, へ引き寄せられる, へ心, へ惹かれ, へ戻っ, へ非常, もあやまて, もありましょう, もあります, もあるだろう, もあるでしょう, もあれ, もあんまり, もお, もそう, もその, もはじめ, もはなさない, もひやっこい, もまた, もよほど, もをかしい, も一向, も一層, も不言, も亦, も充分, も多い, も好か, も少く, も少なく, も或は, も技術, も最も, も此, も気がつかず, も沢山, も油断, も漠然と, も荒される, も覚え, も迷惑, も間抜け, よ, よしやそんな, を好んだ, を好んだろう, を眺め, を見ます, 御自身

▼ れる~ (335, 0.4%)

9 がある 6 のよう 5 もある 4 の心, もあり 3 があれ, だが, であった, である, の中

2 [14件] か, があっ, が多い, だから, だった, になっ, の好, の恐れ, はあるまい, はかえって, はきわめて, は何, ばかりで, もあるだろう

1 [264件] あり燒酎, あり車, あるかしら, かとすぐれた, かと情ない, があったら, があり, があります, があるだろう, があるなら, があろう, がいた, がいつか, がかならずしも, がこ, がそんな, がやや, がわずか, が何人, が全裸, が在る, が多う, が多く, が多けれ, が大分, が夫妻, が専阿弥陀仏, が居あわせ, が新, が父, が現れます, が私, が立ち去った, が見えない, が見受けられない, が贈られる, が身, が面付, さえある, さえ出来た, だ, だけである, だけをこめ, だけをせめて, だそう, だったの, だってある, だつた, だなどとは, だらうと, ったらもう, であったが, であっては, であなた, であらう, でありながら, であるから, であるが, であるこんなに, であるため, であれば, でさ, でさえ人間, でした, です, ですな, ですね, でとか絵描きさん, でなくなって, ではあ, ではある, ではない, ではなかっ, ではなく, でもうんざり, でもその, でもない, でもみな, でも尽く, でも彼, でも本人, でも皆, でも私, でも種々, で失礼, で平生盛, で當時, とある, というの, というもの, という意味, といふの, とお, とか学才, とか統制事業, とがある, とが眼前, となった, となる, とも思えない, と人, と余り懸隔, と實, と對坐, と鈍い, と雇う, などがあつ, などは仮令, なの, なら何とか, なら誰一人, なり, なんかない, にし, にただ, にてお, になる, にはさすが, にはしたくない, には相対的, には開かず, にも体質, によって下された, に事欠い, に会, に会った, に假, に向, に寄せるべき, に対しても私たち, に心, に聞い, に西語, に鋼, に面会, のあおり, のおしゃれ, のこれ, のご, のさびしさ, のため, のちがい, のない, のみんな, のやう, の三倍, の人格, の何者, の余り, の作, の名, の大, の如く喘ぎつ, の如し, の子, の家庭生活, の意表, の意見, の感情, の或, の才気, の教授, の数, の方, の様, の死んだ, の残酷さ加減, の氣, の演奏, の理解力, の目, の群れ, の自由, の色ッ, の芸, の華, の薪, の輪, の間, の顔, の風貌, は, はいくらでも, はいつも, はえらい, はしあわせ, はしばらく, はその, はそれ, はたいてい, はたしかに, はない, はひとり, はやがて, は一人, は七兵衛入道, は上中下, は何人, は作家, は南朝, は可, は多少, は大勢, は大抵, は少い, は少く, は幸福, は序, は徐, は心理学, は怖い, は招牌, は故郷元, は早く, は昨日, は普通, は歌いなさい, は直ぐ, は私, は自, は自己, は見ない, は誰, は論外, は過去, ばかりでした, ばかりの中, ましてそれ以下, も, もありましょう, もいか, もいる, もうれし, もお, ももとより, もやつ, も今, も共に, も嘗て, も年々増加, も暫時無言, も減る, も社会, やそれから, や乗り込む, よりもだます, よりも反っ, らしく遠く, をお, をどうして, を一人, を情人, を持つ, を横切っ, を自分, を見た, を見つめ, を見られる, を見る, を起こさなけれ, 各流能楽, 程あっ, 第二種, 送る人

▼ れるわけ~ (332, 0.4%)

45 である 28 はない 2322 です 19 では 17 がない, でも 15 のもの 6 であるが 5 だから, だが, なの, になる, はねえ 4 であります, もない 3 じゃない, だった, だろう, ですね, でつまり, はありません, は無い

2 [11件] さが, だな, だね, でしょう, ですか, ですが, ですよ, なん, には決して, はなかっ, はなく

1 [64件] か, かい, がある, がちゃんと, がなかつた, がねえ, がわからない, がわら, が無い, だからね, だこれ, だし, だったの, であった, であったが, であるから, であると, である処, であろう, であろうと, でこれから, でした, でしょうが, ですから, ですネ, でそう, でそれ, でそれだけ, でどう, で俊成, で哲学, で多分, で少なくとも, で段々, で皇帝誘拐, で証拠不充分, で音楽気, なんで, にいかなかった, になっ, になった, にはいかない, にはゆかなかった, には参らん, には参りかねる, にゆかない, のこと, のもん, はありませんでした, はないだらう, はなかろう, はねえと思う, は例, は有りません, は絶対, は美しい, もうなずかれよう, もうなずけた, もございません, もなかっ, もなく, も御座いません, も絶対, を論じた

▼ れるだけ~ (308, 0.4%)

23 あって 22 である 1917 では 12 であった 11 だった, だつた 8 です 6 だから 4 でした 3 だという, だよ, なの, なん 2 だと, であって, でしょう, ですが, でそれ, むしろバカげた

1 [151件] あつて平次, あつて海浜, あるぞ, あるだけ, あると, ある実際, あれば, こらへ, ずらかれ, それだけにイヨイヨ技巧, それだけ倉地, それだけ多, それだけ益々詮索, それだけ真, それだけ自然論, だあ, だからね, だが, だしかも, だったが, だったと, だつたが, だわ, であと, であります, でありますから, であろうという, であんまり, でい, でいい, でいっこう, でございましょう, でございます, でさ, ですぜ, でそこ, でそして, でそれで, でそれほど, でそれ以下, でたまたま, でついぞ, でどういう, でなくそう, でなくその, でなく人, でなく具体的, でなく多く, でなく生命, ではかばかしく, でほか, でほんとう, でまもなく, でみな, でもう, でよい, で事実, で他, で何, で何処, で何故, で僕等後身, で先生, で内容, で別に, で十分, で厚い, で外観, で外部, で大, で大して, で大小一腰, で小林秀雄, で幾多, で彼女, で悪く, で書籍, で清盛, で直接, で真新しい, で眼, で精, で芭蕉, で若, で都会, なぐられその, なので, ならいい, ならさして, ならどうにか, ならまだ, ならまだしも, なら我慢, なわけ, 一層いや, 一所に, 万に, 与へられるま, 人情は, 伸ばしたところ, 倚れ, 凝って, 助かったの, 却つて印象が, 喋舌つても, 困らして, 外国とは, 奇態な, 居て, 山の, 御三, 御鑑識, 忍べ, 怺えた, 成長した, 押されるさ, 押し込んで, 拡がった, 拡がつて係つて, 捻じれて, 損だ, 搾らせろとでも, 斬れるよう, 早く来, 暮して, 沢山獲, 流されて, 父親の, 生きたいもの, 盛に, 眠るよう, 眠ろうと, 瞠って, 磨り減って, 私は, 筆を, 絞られた, 絞り上げた揚句, 締めた群衆, 縮こまって, 自覚した, 衣服の, 話さう, 貪った, 買うてなあ, 身に, 野卑な, 隠してる, 頽れた, 駆けた, 騒ぎ毒

▼ れるほどの~ (308, 0.4%)

5 もので 4 ことも 3 ものは, 人の, 人は, 大きさ

2 [11件] ことは, ことを, やさしい眸, 人が, 勢いで, 変装の, 広さ, 急な, 痛みを, 速さ, 遠方幽

1 [265件] おれが, お辞, ことが, ことでなく, しっかり者, すばらしい理論, そのほう, ていたらく, はかない実験, はつきりした, ばからしい流言, ひとつ人間の, みじめさだった, ものが, ものだった, ものであった, ものなら, ものには, ものまでも, もんじゃ, やさしく温かい言葉, ゴミ箱の, スバラシク偉大複雑な, スラリと, ダイヤを, チビ魚だ, バカでは, ヤマサンに, 一くせあり, 万華なる, 三日月形のも, 三氏である, 不思議な, 不用心の, 不眠に, 不行跡が, 世の中に, 事をも, 事情を, 京都へ, 人かと, 人で, 人であります, 人です, 人に, 人びとの, 人気でした, 人物でした, 人物を, 人間が, 人間では, 仕事も, 低い太い声, 低地で, 何もかもの, 作品である, 価値が, 信任が, 俳優は, 値うちが, 倹約な, 先見の, 兵庫きっ, 内的な, 出世では, 分量の, 力の, 努力を, 勇ましいそして, 勇敢さで, 勢いを, 勢力の, 厚かましさ, 厳さである, 古い厨子, 名将だけ, 名物であった, 商家の, 善行であった, 嘘つきこの世の, 嘘を, 地位から, 地点とは, 場所へ, 境遇随って, 夜具蒲団を, 大きなこと, 大きな長火鉢, 大人物, 大人物が, 大切な, 大工は, 大発見に, 大苦痛, 大騒ぎを, 大鳥籠万燈の, 太い鐵作り, 女さえ, 奴で, 好人物であった, 妻の, 始末で, 威厳と, 娘, 嫌悪を, 容姿です, 宿屋の, 対象の, 尊敬を, 小さいもの, 小さい御, 小さい方, 小ざつぱりした家, 幕府の, 年頃の, 幼年です, 広大な, 廃頽の, 強い愛, 強い魅力, 弾丸黒子それが, 形でも, 役者なら, 役者には, 待遇を, 律儀者, 御心配, 御殿が, 微かな, 微震である, 快い気持, 快活の, 思いつきで, 急激な, 恋の, 恥知らずで, 恥辱は, 惨害を, 愚かな, 愛嬌を, 愛情を以て, 憎悪と, 手柄も, 技であります, 敏捷な, 敵が, 敵に, 断崖を, 新彩, 方, 早さ, 時間が, 普及ぶりである, 景気でした, 景気の, 晴天の, 権威者盛大な, 気兼ねを, 気味の, 気持に, 浪の, 涼しさ, 淡さ, 深い岩, 深い穴, 深酒が, 深間は, 清々しさ, 満腹感を, 激動が, 無価値, 燻んだ瀟灑さ, 犠牲を, 狩野融川は, 珍らしく, 甚内様とは, 男じゃ, 男だ, 男でも, 男に, 男の子が, 異相の, 疲労を, 疼痛を, 発達を, 白足袋を, 盛況だった, 盛況で, 盛況です, 目にも, 眩惑を, 眼を, 突ぱね方, 節子が, 簡易な, 籠みあった, 純良な, 素晴らしいもの揃い, 素直さであった, 罪を, 美しい婦人, 美しさ, 美人だつた, 美少女に, 美少年であります, 美貌で, 義理も, 老人では, 者が, 者の, 者は, 者も, 耽り性, 職人は, 肩の, 自然の, 興奮の, 芳醇な, 若々しさ, 若さ, 苦しみだつた, 草原を, 蒸しかた, 衰えを, 覚悟で, 親しみが, 親といふ, 親藩であり, 言行の, 討幕の, 調子で, 豊富な, 負傷と, 負目を, 貴重な, 赤いの, 身分に, 近くに, 近さ, 述懐で, 進行ぶり, 運命を, 酒豪で, 酔が, 重大な, 重病から, 金持ちでありました, 長時間を, 閑は, 閑人じゃ, 閑問題でない, 陽の, 隙間が, 雅致ある, 静かさであった, 静かさを, 面喰いであった, 頑丈な, 頭も, 騒ぎであった, 高さ, 鬼気迫る, 黒い落葉, 黒山の, 黙り屋で

▼ れる~ (306, 0.4%)

27 になつ 15 になった 11 な気, になっ 9 な事, になる 7 なもの, にし 6 な気持, になり 5 なこと, にな 4 な人, に感じ 3 である, な様子, に 2 です, なので, な人間, な妙, な姿, な時, な覚え, に扇, に痛く

1 [153件] が見たい, だ, だが, だったら君, だと, であった, であったならば, ですが, ですのね, でどう, でツイ, で七年, で信吾, で僅か, で実は, で有ります, で淡い, で頭, といったら, な, なうるさい, なおどけた様子, なかつがれてる様, なその, なそれ, なみつ, なら全く, なわめき声, な一種特異, な丈, な何, な例, な其の, な具合, な原因, な厭, な吐気, な場合, な境遇, な変った品物, な大きな, な妥協, な子, な寒, な対話式, な心, な悪い, な想い, な感じ, な時代さ, な暗い, な根性, な歌, な深い, な清い, な滑稽, な物, な物音, な特殊, な異様, な痕跡, な痛み, な石川氏, な突拍子, な節々, な者, な自責, な苦痛, な草, な蒼い, な行為, な衝動的, な表情法, な覚, な証拠, な部分, な重い, な阿房, な音, な顔, な風習, にいう, にうなだれた, にお, にこ, にこの, にしなく, にすぐ, にせよ, にその, にとのこと, にとの考, にと云っ, にと思つたの, になってる, にならなけれ, になりまし, になりました, になるでしょう, になれ, にはどうしても, にもなつ, にもなる, にも御, にも思はれた, にも思はれる, にも思われる, に一二足, に事件, に人混み, に仕向け, に仕向けた, に仕向けね, に入口, に其の, に其傍, に右, に子供, に室内, に微笑み, に思います, に思ふ, に愛想, に感じられた, に感ずる, に成っ, に新, に暖か, に書かなくっ, に消えた, に男鴨, に痛い, に痛む, に研究, に神楽, に私ども, に立派, に腹, に臥, に至極, に苦しい, に薄らい, に襲う, に見へた, に走った, に願, に飾, に麦, は色, までが目, を宗助, を想, を演ずる

▼ れるため~ (303, 0.4%)

54 である 3 ではない, にある, にその, にできてる, には, に生れ, に私

2 [14件] かもしれない, です, なの, にいろいろ, にこの, にはその, には愛, に他, に宮, に彼, に汀, に生まれ, に生まれた, まるで新

1 [245件] かつい, かどう, かの光, か余り, か変, か香気, この不自然さ, この地フランス王家, その強い, その本人, その経験, た, だった, だったん, だという, だとも, だろうが, であったの, でありました, であるよう, であろうが, ではなかっ, とうとうこの, とかどう, とわかりました, と思われる, と称え, なら何, にあなた, にある程度, にいかほど, にお, におやじ, にこそ両者, にこの世, にしばらく, にすべて, にそこ, にただ, にどうぞ, になるべく, にはあと, にはあんな, にはこの, にはすでに, にはすなわち, にはそこ, にはただ, にはだれ, にはつまり, にはどう, にはどうか, にはどうしても, にはまず, にはもっと, にはやわらか, にはるばる, にはポルトガル王, には主体的, には之, には云わ, には低, には何, には何等, には余りに, には作者, には保護者, には先づ自然的, には分別, には又, には哲学的範疇, には多く, には多少, には奴隷, には如何なる, には守るべき, には彼等, には我, には歴史, には無限大, には猿楽, には現, には現実, には生, には生命, には用途, には空間直観, には自己, には被害者, には記憶, には誰, には軍部団, にまず, にみじかく, にむやみ, にもどうせ, にもなんにも, にも諸, にゃ食べなく, により重要, にわきの下, にわざわざ, にわたし, にウソ, にエロス, にソヴェト社会, にヘロデ王, に一寸, に一種, に三十疋, に乾杯, に二人, に二階, に亭主, に今, に仏, に仕事, に他人, に伸び, に何, に何等, に出来, に別段, に労働, に南, に却って, に取材, に同じ, に吾, に呼ばれる, に呼び出された, に咲く, に国土, に在る, に如何, に如何なる, に妨げられる, に妻子, に子供, に存在, に安曇郡, に客座敷, に小さい, に市場, に常に, に引つ, に彼女, に往く, に後部甲板, に必要, に思い描いた, に戯曲, に既に, に旭川, に明智, に時方, に暗い狭い, に書かれた, に書きつけ, に服量, に本年二月公布, に来られた, に毎日鉄砲, に民間, に水, に油, に泣く, に流れ, に流麗, に温度, に烈しい, に煙草人, に生え, に生き, に生ずる, に生みつけられた, に生れた, に用意, に田舎下り, に相川, に真に, に石, に研究, に空間, に結果, に結核菌, に絶えず, に編輯, に缺, に置き換えられる, に自分, に船, に色, に若い, に英国, に萬一, に薄, に行く, に行った, に被, に警戒, に踊っ, に身分, に辛苦, に造られた, に道, に道路, に野原, に針, に雪, に飛行機, に飼われ, に骨, のお, のはっきり, のカモフラアジュ, のデク, のプラン, の公式, の出師, の地盤, の天, の存在, の実用向, の役割, の御, の御返事, の悲哀, の悲痛, の手引, の最も, の本, の王族, の社会的, の種々, の経済的根拠, の者, の言葉, の願書, ばかりで, らしい, わざとこの, 死ぬため, 泣きつ, 色々と

▼ れる~ (303, 0.4%)

38 はない 26 がない 2217 である 10 もなく 9 であった, です 8 のもの 7 なの, は無い, もない 5 で奈良, もありません 4 じゃ, になっ, はなかっ 3 がありません, がなかっ, だから, だった, だと, のない, はなかつた

2 [14件] がなかつた, が無い, だが, であったが, であつ, であります, であるから, になつて, のお, のところ, の師範時代, はありえない, はあるまい, もあるまい

1 [72件] うかとはいる, がご, がなく, がねえ, が無かっ, だから仲よく, だこれ, だその, だったが, だったのに, だったん, だった自然科学, だつた, だつたさうぢ, だ命, だ夫, だ此の度, だ緒方, ちと緊張, であったから, であったそれ, であったの, であって, であるが, であると, である又, でいや, でご, でしたから, でしたが, ですから, ですね, です超大, でないこと, でない処, でない種類, でなければ, では, で御座います, で糖, と思ふ, なので, なん, のこと, のこの, の井筒, の偶感, の呼出し, の国民党, の外国, の娯楽, の当時, の感情, の所, の方々, の物理学, の神楽, の私, の賃銀計算, はありません, はございませぬ, はございません, はなかん, はなく, はなし, はねえ, もありますまい, もございません, もなかっ, もなかつた, も無い, 故すっかり

▼ れる~ (283, 0.4%)

4 それに 3 世間の 2 ほんとうに, また若い, 他の, 第一此方

1 [268件] あげくに, あつしは, あなたが, あなたの, あの人, ある皇帝, いいと, いぬさえも, うまい物, うまい酒, お, おらほんとに, おれの, お前の, お千賀, お國さんだつ, お歯, お母さんの, お母さんは, お母さんも, お茶でも, お邸, かえって自分, かたがたその, かたがた兄の, かつその, きのうまでは, くさせば, ここへ, この供養碑, この女, この子, この本, これは, これも, これらを, さいわい京, さっきからの, さらに十年間, さりとてその, すぐ麓, するから, するため, そういう古池, そういう彼我, そうかと, そうでない, そうなる, その中, その他の, その同じ日, その導師, その時, その死体, それが, それでいてあと, それでもまだ, それは, ただの, だいいち画, とにかく和卿, ぼくと, ぼくの, ぼくは, ましてやとんび, またこの, またさ, またそう, またそうした, またその, またとんび, また万一, また努力, また受身, また各人, また夕方, また外国, また存在, また急, また或, また政府, また未だ, また海, また田畑, また確か, また紙, また翻訳小説, また頼り, まだ子供, まちがったり, まつ, まとにかく, もしまた告げない, もし知っ, もともと資産, やっぱりどっちへどうするかということで先, やれ切れないところ, ゆろの, よしんば無, アルコールぬきの, ゴム衣ゴム手袋ゴム靴で, トランプに, 一種の, 一言が, 三十何年も, 三度の, 上司小剣が, 且又それだけに, 両方の, 中込氏の, 事実考えた, 今また, 何しろ出鱈目, 何せ, 何てえ, 何事が, 何度ぶっ, 何等の, 保科は, 働き手の, 僕も, 僕らだって, 僕自身にも, 先でも, 六ちゃんの, 兵法者は, 其上他人の, 冬に, 労働者の, 勝つたところ, 医師は, 午過と, 又さ, 又余り, 又其頃, 又却って極めて, 又地方, 又才筆, 又明日子, 又県庁, 又秘密, 又職業柄, 又財産, 取り締りの, 受持の, 口は, 各地方, 各種の, 吉川さんと, 君は, 周囲の, 善七の, 場合によっては, 売ると, 夜分は, 夢は, 大きな岩, 大事な, 天保十三年の, 太い鼻根, 女は, 女房には, 女房の, 女部屋へ, 妹は, 姦通罪に, 子供の, 学内在郷軍人分会も, 学者仲間には, 実はもう, 実際に, 家宅捜索も, 小さい方, 少しでも, 川村さんの, 幸村も, 座敷へ, 弱りましたと, 強壮な, 彫青, 後から, 心から圓朝, 心も, 心配しぬい, 恋も, 恥ずかしいだから, 息子たち三人は, 懐中も, 或はその, 手記を, 拙者も, 挙句の, 散々な, 新しい時代, 日本海軍潰滅前後の, 早く見られる, 早速に, 明日の, 時も, 時日が, 暑かろう, 更にそれ, 東洋と, 果ては, 桑田も, 桔梗屋と, 植木屋の, 業務や, 榮譽や, 死刑まで, 殊に拷問, 殊に病苦, 殺されなかった者, 毎朝どこかの, 水や, 油屋酒屋も, 深い奥, 満州のかの, 演し, 瀬戸内の, 火星人に, 熱も, 現職の, 皆んなは, 社外に, 社長だ, 私は, 私も, 第一, 箱と, 米も, 終末近くに, 絵も, 老女も, 聚芳閣の, 肉体から, 肝腎な, 腕が, 腸吉さんも, 自主独立の, 自分の, 自分は, 自分も, 船の, 茅野雄殿は, 荒唐無稽とは, 行かなければ, 行末の, 親戚も, 話一つきいた, 誠にありがたい, 諸戸は, 講演が, 警務の, 警官は, 豊富な, 趣味とか, 身を, 辰年には, 通例世間一般の, 遅いと, 配給米や, 長唄は, 附近の, 雷岳は, 面白いと, 音松爺さんは, 風土は

▼ れるはず~ (281, 0.4%)

41 はない 25 がない 23 である 16 だ, もない 9 もなく 7 であった, はありません 6 だった, のもの, はなかっ 5 です 4 だと, もなかっ 3 がありません, がなかっ, だったが, であつ, であるから, なの, になっ, のない 2 であったという, ですが, では, なん, のところ, の者, はねえ, もありません

1 [66件] がある, があろう, がご, がなかろ, が無い, が用事, だが, だけれど, だったじゃ, だったん, だった一巻, だった博覧会, だつたの, だという, だとか, だよ, であったから, であったが, でありそして, でありましたな, であるが, であると, であるという, であるとでも, でいろいろ, でございます, でした, でしたから, でしたが, でしたけれど, ですから, ですわ, でその, で正造, ないやろ, ないよって, の, のいろいろ, のこと, のその, のカルメン, の一種, の儀式, の優位, の大井米, の天子崩御, の小, の愛知県英語学校, の所, の本, の牛族, の男, の白鷹久美子夫人, の祝詞, の秘密, の空虚, の買収費, はあるまい, はござらぬ, はござりませぬ, はないでしょう, はなかろう, はなく, もあるまい, もなし, も利益

▼ れる~ (275, 0.4%)

5 のよう 4 がある, はない 3 が多い, の側

2 [22件] がこれ, がない, が多く, が沢山, が縄, である, では, でも, となす, となる, にはべつに, の位置, の寂し, の立場, の苦痛, はその, は一人, は自分一人, もあり, も江戸, よ, を清き

1 [212件] ありき, あり吾助, か, かと全く, が, があった, があったろう, があります, がいかに, がいた, がここら, がさ, がしばしば, がたびたび, がゐる, が不安さうに外科醫, が九州地方, が住む, が何故, が出, が出る, が南島, が同, が夜盗, が平均點とい, が後, が感ずる, が是位い, が有っ, が殖え, が絶えなかった, が被る, が逆, が首, さえあった, さえある, しかはいらない, すらまま, すら知らなかった, その姿, だからね, であります, ですよ, ででも, で懐疑的, で懷疑的, で戦争, とあたり, とから成り立つ, とがある, とが全く, とともに恰も, となつ, とに同一, とのあいだ, との必然的, との比例, との関係, とは違っ, とを引け, と一人前, と三者, と思は, なきが, なく存分, など城, など大半, なら滅んで, なり, なるを以て, なれば, にあり, にさえそういった, にしよう, にでも咄嗟, にとってどんなに, にとってなにごと, にとってはおそろしい, になった, にはその, には武士, には石, には被選挙権, に丹羽長秀, に向, に問, に対して常に, に対して行われる, に対する同情, に比べた, に禍, に陳, のうち, のごとく, のす, のため, のない, のない珍しい, のひと, のほう, のむごたらしい, の一朝, の上, の中, の修行時代, の倫理, の優越, の優越感, の出, の多数, の家族, の左上, の怒り, の悲しみ, の損, の敵, の方, の歓び, の死骸, の目, の瞬間, の罪, の苦し, の苦しみ, の蒙る, の親し, の身, の迷惑これ, の首, はあの, はありませんでした, はいつか, はおれ, はかの, はご, はそれ, はたいてい, はなかっ, はなくなっ, はもとより, はやたら, は一名, は中, は他, は其神, は前代未聞, は力, は劣る, は善く, は多い, は家, は少し, は少ない, は平生, は恐く, は折, は故, は普通, は本, は残っ, は涼しい, は溺れる, は濁つ, は無い, は物言ひつ, は百人, は皆青年, は蝉, は見かけ, は非常, は黒髪, ほど一たん怺, もあっ, もあった, もあつ, もありました, もいま, もなお, もわからない, も下界, も出, も多い, も多く, も居れ, も当初, も得意, も慾, も数, も素気, も草, や, や子供, や河, や降る, よりなん倍, よりも却って, より討たれぬ, わが高まれる, を取る, を含ん, を得た, を選びだしました, 即ち他, 又も, 少からざる, 少し, 広く人, 必ずしも間違っ, 忽ち算, 更に眼, 追い詰める者, 逃げ廻る者

▼ れる場合~ (267, 0.3%)

21 が多い 15 がある 9 もある 4 である, にはそれ 3 に母, もあった, もありませう

2 [13件] かかるもの, がはなはだ, が多く, が少く, でない, でもない, には他, には必ず, のその, の多い, はない, もしばしば, も起る

1 [179件] いやあと頭, か, があった, があったら, があつ, があります, がありませう, があるであろう, がいくら, がかなり, がしばしば, がそれ, がな, がふえ, がもつ, が六割, が多, が多かっ, が少い, が少ない, が屡々, が比較的, が決して, が無限, が甚だ, が生じ, が生じるでしょう, が稀, が行く, が非常, こそ社会, このもの, さえあった, その主張, その政治, その文字, その有様, だと, であったの, でさ, ではござらぬ, でも, でもいかにも, でも写真, でも検事, で犯人, とでは条件, とで余程, とは必, と内容的, と同様, と話される, と適用, などには以前, なの, なん, に, にあっ, にある程度, にいかに, においてすらも審査員諸氏, においては同一, においてもそれ, においても弟子, におとし, にこれ, にその, にだけ彼ら, について考える, にとり, にのみならず, には, にはきっと, にはこれ, にはすべて内閣, にはそこ, にはその, にはそれでは, にはどれ, にはもう少し, には一応, には事実, には何ん, には優れた, には勝者, には包帯, には同一, には四角い, には小酒井さん, には常に, には感じ, には成るべく, には戸惑, には材料, には決して, には生産, には程度, には老婆姿, には荘厳, にもです, にもどういう, にももう少し, にも又, にも後, にも社会, にも社会的富, にも非常, にも靴, にロゴス, に今, に使われる, に公衆, に其の, に出, に就い, に我々, に於ける, に殆ど, に読者, に躊躇, に限られ, に限ります, に限る, の, のこと, のため, のよう, の一つ, の作品, の問題, の外, の如く, の威厳, の審判者, の殿様, の物質的根本動力, の用意, の論理學, はあっ, はこれ, はそれ, はどちら, はもとより, は単に, は大抵, は当然, は本当に, は極めて, は決して, は無論, は結局, は非常, ほとんど常にそれ, もあつ, もあり, もあります, もそこ, も出, も同, も女性, も少く, も少し, も永遠, やはり人生的作品, や沼, よりもより, よりも多く, よりも税金, を予想, を多く, を注意, を考へれ, を豫想, を顧慮, 一方には, 或は動詞, 永い歴史, 特に政府, 特に白血病

▼ れるまで~ (252, 0.3%)

7 何も 4 黙って 3 彼は, 彼女は, 私は

2 [13件] ここに, だ, なにも, 三人の, 待って, 待とうと, 生き生きと, 知らずに, 絞りあげる男, 腕組が, 退屈な, 酒杯を, 面倒を

1 [206件] ああやっ, あたしあなたが, あと三刻せいぜい, あと三刻精, あなたの, あの少女, いったいどんな, うっかりし, おみつ, きちんと並ぶ, きみに, このピアノ曲, この不幸, この斬合い, これからも, これが, これを, さしあたり仕事, さぞいろいろの, じっとし, ずっとその, ずっと留置場, ずっと通し, そこに, そしてある, そのままぼんやり, その増加, その御, その望み, それからまた同じ, それを, そんなこと, た, ただ一目, ただ生き, だと, ちっとも気, ちょいちょい私, つづいた, つづくだろう, であった, であって, である, であろう, でそれ, で一向に, で東郷神社, どうしてどちら, どうしても思い出せなかった, どのくらい, どんな読者, なおらなかったそう, なお生き, なかなかの, なるべく口, はっきり事情, はやめようと, ふと心, ぼくに, またはジョン, みな手を, やっと一年, やり抜こうと, わかるめ, エンジンを, グッスリ, シガミつい, ド・ラッス・カーズ伯の, バックは, ボンヤリと, ヴォルガ中流の, 一つの, 一定の, 一日の, 一時急激な, 万事が, 三十間四方の, 三千代の, 下品に, 両肱, 争わねば, 二十四時間続きます, 二十年待たなけれ, 介抱を, 仮りに, 何にも, 何の, 何万人の, 余は, 佛蘭西の, 便々と, 傷ましい調子, 働いて, 兎も, 六ヵ年の, 其金に, 典膳の, 写生は, 凡三十年漢文の, 出て, 前進する, 勉強も, 向うに, 君は, 吾, 問題に, 善行を, 四ヵ年ちかく, 四名の, 地震現象を, 夥しく出, 大分時間が, 太鼓を, 女の, 委しいこと, 実はたいへん, 寝入って, 居た, 居る気, 常に眼, 平氣, 幾たびも, 幾度も, 幾時間でも, 座って, 彼女の, 彼女も, 待ちませんどう, 待ったあと, 待ってから, 待つため, 待つて, 悦服された, 意地の, 憶い出さない, 成信は, 我慢し, 我慢しとおした, 手を, 打棄, 持ち越し云って, 持続するであろう, 擲り叩い, 数々の, 数百年の, 旗を, 次の, 歩いて, 死神みたいに, 毎朝こんな, 気が, 気がつかなん, 気づかなかった, 熟してを, 独り言を, 現場の, 瓢, 生涯を, 田舎豪傑には, 皆は, 眼の, 睡つて, 睡らないで, 知らなかった, 知らなかったそう, 祖先達に, 私が, 私の, 私達は, 突然縁, 約三十分の間, 続いたの, 続いたもの, 続いて, 続けて, 続けられて, 続けられるであろう, 練習した, 肇は, 自分では, 舞台の, 蒼い海, 薬を, 行くなんて, 街道に, 見て, 覚らずに, 記事を, 誇張される, 誰も, 諸事苦情ずくめであった, 警防団で, 身を, 追使って, 進まれるよう, 道庵は, 酔潰れかねないの, 鉱業中止の, 銀座街頭で, 長いあいだ, 阿賀妻は, 鞭撻たれる, 顔を, 默つてゐる, 默つて居つた, 默つて居る

▼ れるくらい~ (246, 0.3%)

20 であった 15 である 11 だった 87 でした 6 だから 5 です 4 であります 3 であったが, でしたが, ならむしろ

2 [11件] だそう, で, ですもの, でそれ, なの, ならあの, なら私, なら自分, なら頸, なんだ, 彼は

1 [139件] あらわに, うまく出来, かおりの, しかたが, じみで, その中, その女, その筆, それは, だからね, だが, だったが, だのに, だほとんど, だよ, つまらないもの, であったから, でありました, であるから, であるが, であれ, であんまり, でしたからね, ですから, ですからね, ですが, でなくちゃ, では, でも, でもちろん, で仏教, で僕, で孝之助, で江戸錦ィ, で治三郎, で源十郎, で現在, で草書, で誰, で金, なところ, なもの, ならい, ならいっそ, ならこっち, ならじぶん, ならそ, ならだんな, ならと, ならなぜ, ならはじめ, ならはずかし, ならば, ならまず, なら先ず, なら八丁堀, なら寧ろ, なら最初, なら死ぬ気, なら死んだほう, なら死んだ方, なら相手, なら身, なら身投げ, なれば, なんでも, な事情, な人, な口吻, な容貌, な山男, な緑, な蛾次郎, な鼻, みんなわかっ, ウンと, スゴイ筋な, 丈夫に, 世の中に, 中御門の, 二日の, 低い, 低かった, 使わせた, 偉大な, 充満し, 可愛いい顔立ち, 善良で, 地べた一めんに, 垢じみ, 大きいの, 女らしさ, 妙な, 婀娜っぽいお, 実に敏捷, 小柄で, 巌丈に, 巨き, 幕府の, 幼, 強気と, 当然の, 彼らの, 彼女の, 後には, 恥ずかしがらない, 情けないこと, 愉快だった, 日本の, 早起きで, 明白な, 昵懇な, 柔和で, 江戸時代には, 沢山の, 泣きたがらない傾向, 流暢に, 浮き浮きと, 淋しかった, 深良屋敷は, 混雑し, 清らかな寝, 燎爛と, 真実の, 礫を, 精巧な, 考えつづけて, 胴を, 致命的な, 艶や, 見事に, 視覚神経の, 豊かに, 身仕舞いに, 運の, 随分高い, 青年の, 骨の, 黒いの

▼ れる~ (245, 0.3%)

11 であった 10 である, のもの 87 だった 5 だつた 3 であつ, でした

2 [17件] その小家, だが, です, では, になった, のこと, のはありません, の人, の仲, の儉約, の大, の弱味, の瀬戸, の馬鹿, 似て, 揉んだ, 赤く燃え

1 [154件] あつて, お久美さん, お通, がんばったの, じっと動かない, すまないと, その水準, その男, それ程の, そんな馬鹿気, つかまつたと, つらいと, つらかった, であったが, であるし, である馬, でとても, で主人金兵衞, で博物館, で呼吸, で少女, で念仏, で新境, どの様, な, なの, なるに, なる中, な強い, な当時, な感傷的, な死骸, な神, な艶, な青い, にた, になつ, にはっきり, にもなっ, にも自由, にも見える, に堅い, に好く, に幅, に思い切っ, に楽観的, に美しい, に親しん, の, のあの, のそれ, のところ, のテンポ, のペチャンコ, の下, の事, の事務家, の低い, の体, の信心家, の剣難, の反, の問題, の大がかり, の大松, の女, の好人物, の娘, の宝ゆえ, の寶屋清右衞門, の尊敬, の小さな, の怨, の悪戯, の手古奈, の手法鮮, の時代, の暮らし, の正直, の毒々しい, の淡, の淡い, の激しい, の熱心, の熱情, の猛々し, の男, の発展, の立て女, の箇人生活, の精確細密, の紙, の細い, の綿密, の繊細, の美くし, の美し, の美人, の苦痛, の荒れた, の薔薇気狂ひで, の豆本, の距離, の身分, の間合, の闇, の静かさ, の静けさ, の響き, の顔, の髪, ひどく親しみ, までになる, も長い, ゆったりと, ノンビリ, 乾いて, 互によく似, 似も, 余計あばい, 可愛がった, 多く読まれた, 夥しい白煙, 大きな掌面, 太い聲, 嬉しい事, 嬉しかつ, 小さい猫, 小さかつ, 尚お, 尚可愛, 常に人々, 弱々しい音調, 強い自信, 御顏, 御顔, 恐しく赧, 本当に深山, 歩き廻つて, 気高く美しく見えました, 波打った動悸, 淡くかかった, 深い畏れ, 烈しいシヤツクリ, 甘くて, 生き生きと, 痩せた皺だらけ, 痩せやつれて, 眠くなる, 続けたいと, 落ちついて, 遠い沖, 酷かった, 青くからり

▼ れるかと~ (227, 0.3%)

21 思って 12 思うと 9 いうと, 思った 5 思えば 4 いうに, 云うこと, 思う, 思うほど 3 いえば, 思ふと

2 [14件] いふに, それは, 十時頃から, 危ぶまれた, 宛然自分の, 思いますが, 思うよう, 思ったのに, 思つた, 思つて心配し, 思はれた, 思ふ, 思へば, 見て

1 [121件] いいますと, いうだけの, いきた空, いって, いふ, いふこと, いへば, うつらうつら持て扱っ, おもうと, かくご, きいたところ, そればかりが, ただそれ, ちょっと不安, どんなにハラハラした, びくびくし, びくびくした, ふと己, みれば, ハラハラし, 不安だつた, 不思議に, 云うかも, 云うと, 云う問合せ, 云う心持, 云えば, 云って, 云つた, 人々は, 仲時も, 全く生きた, 内心惧れおののい, 内心気がかりで, 冷いやりさせた, 呼吸を, 問うた, 大危険, 嬉しい, 存じます, 家人の, 察しられまする, 尋ねますから, 幾度思った, 座敷の, 待ち乍ら, 思いながら, 思いましたえ, 思い丁坊, 思い始めたの, 思い家, 思い思い楽屋, 思うこと, 思うたら金, 思うばかりに, 思う位, 思ったから, 思ったが, 思ったくらい, 思ったの, 思ったばかり, 思ったよ, 思ったらそう, 思ったら私たち二人, 思っちゃったわ, 思つてゐた, 思つてビクビク, 思つて隱れた, 思はれたほど, 思はれた殺人事件, 思ひます, 思ひ何分慄, 思ふやう, 思ふ位, 思われた, 思われないでも, 思われます, 思われますの, 思われる, 思われるほど, 思われるよう, 思われる大空, 思われる高い, 恐しくも, 恟々として, 情けなくなります, 手紙に, 教えかつ, 案じられてのう, 案ずるやう, 楽しみに, 楽しんで, 歎ぜられた, 気がかりの, 気づいて, 気を, 申しまして, 疑った, 私は, 考えると, 考へ一方, 聞いて, 聴いて, 聽く, 舌が, 行かぬ先, 見えた, 見えたが, 見えたとき, 見るま, 覚悟定め, 観念の, 言うこと, 言って, 訊いた, 訊くと, 訊ねた, 訴え出た時, 静かに, 頭をな, 鷄二が

▼ れる~ (216, 0.3%)

10 がある 5 だった, である 4 だつた 3 だ, のもの, の媒介物 2 だが, だったの, であった, です, に奇しき, の, は九分九厘, は意識, へ来る

1 [165件] あるにこそ, かも知れない, からさつき, から二, から在来, から私一人上高地, から落ちつかない, があっ, があった, があつ, があれ, があろう, がなかつた, が一条位, が出来た, が多少, が有る, が面白い, じゃねえ, だったからな, だったが, だったよ, だったん, だってえ, だつたの, だ何とそう, で, であったので, でありました, であるから, であると, であろう, でがん, でしたね, でしたよ, ですから, でない, でないと, でなく何, ではあの, ではある, ではない, では僧, では試行錯誤的行動, でもない, でアイヌ時代, で一心, で右, で多勢, で無, で父, とし, とては天上天下, なりき, なれば, なん, にい, にさながら, にたった, にはその, には同様, には現化, には論文, により, に係る, に出, に厚い, に古ぼけた, に孔, に居り, に新味, に来た, に置いた, に舟番, のあらゆる, のこれら二つ, のその他, のない, のまた, のまたは, の人形, の多, の市場, の幻影, の意, の或, の方, の有名, の欧州的範疇, の歴史思想, の歴史的思想, の殺人, の比較的, の法則, の浅草奥山, の源, の現象等, の經籍, の美しい, の美的媚態, の職業以外, の自分, の芸術, の製靴業者, の諸君, の象徴, の貧しい, の資本, の部分, の金属獲得, の食物その他, の食物以外, はあの, はなかっ, は三百坪, は之, は仕切り, は奇麗, は少し, は少ない, は幕, は悉看破, は立派, は箱根, は違つて, へえたい, へ入植, へ参られ, へ来た, へ来たなら, へ生まれ, へ細君, へ行く, へ行っ, へ通された, までは白く, まで引き摺つ, まで来た, まで来る, まで行っ, まで追, もあった, もあり, もあります, もある, もございます, もない, もなかっ, も出来, も妙, も微か, をあなた様, をはつきり, をやっと, を僕, を助かりやした, を助け, を幻, を掩, を科学, を若旦那, を見, を見る, を話し, 謂お穴樣大發掘

▼ れるとき~ (214, 0.3%)

5 にはその 4 のよう 3 いて, がきた 2 その運動, にはきまって, にはもう, には黙殺, に話す, はかなた, まって, まつて, 即ち囘顧的

1 [181件] あの家, あの激しい, いかにわたし, いても, お酒, がある, がきました, がくるだろう, がご, が多, が来た, が来るだろう, けっしていぜんの, この広場, この需要, こわいと, その主人, その人, その人物, その島送り, その時我等, その現場, その絆, たちまちに, だけ栄二, っと他方, で, であって, である, であること, でさえ承認, とかく題材, とはなった, どのよう, などいきなり, などはその, などは哀れがっ, にあたってただ, にあなたら, にあれ, にうまく, にくれ, にこれ, にしか信じられなかった, にだけ正しく, にだけ追求, につき, になおもハッキリ, になった, になる, にはあの, にはいつもかなり, にはかなり, にはかへつて日本, にはきわめて, にはじめて, にはそう, にはそれ, にはちゃんと, にはどう, にははたと, にはひどく, にはみんな一様, にはシカ, には不快, には口頭, には如何, には彼自身, には必ず, には新た, には日米相互, には決して, には淋しい, には現実, には生, には異常, には絶対無条件, には腹一ぱい, には驚く, にも, にもハンター先生, にも同じ, にも自然, にゆきたくない, にわれわれ, に別人, に医師, に呻いた, に妹, に始め, に安来節, に御, に机博士, に果して, に桶, に琥珀, に私, に限つて, に骸骨, の, のあの, のこころよい, のこと, のこれ, の元手, の吉本, の快, の悄気, の悲鳴, の物語, の緩め, の調査, は, はありません, はかつて, はこんな, はさ, はじめて知る, はそれ, はともすれば, はない, は三合, は停車場, は大勢, は少し, は巡査, は怖かっ, は恐ろしかっ, は此後永久, は物凄かっ, は私, は繪, は遁がれ, は願, ほど飢え, また不憫さ, まったが, まったので, まった修作, まった前, まっても, まってるたいてい, まつたら急, むさぼりくふ, も, もあった, もあり, もありましょう, もあります, もあれ, もし人間, もそこ, もその, も微笑ん, も近い, より他, を待っ, ダラダラ出来る, 丁度隠, 両軍, 主觀主義, 何とそれ, 初めてその, 初めてそれ, 初めて在る, 初めて對象, 初めて現, 動かざること, 向い合って, 固より, 当然に, 必ず若い, 思わず外部, 或はなるたけ, 拵えて, 既にもはや単に外国, 来て, 焙きつく, 特に気, 聴き手自身, 長いの

▼ れるとは~ (214, 0.3%)

7 思って 4 このこと, なんという, 限らない 3 何か, 何と, 思わなかった, 知らずに

2 [18件] いえしかも, きまって, 何かの, 何たる冥加, 何を, 即ち意識化, 夢にも, 如何に微妙, 思いながら, 思えない, 思わない, 想像も, 気が, 知らなかった, 知りながら, 考えられない, 驚くべきこの世, 驚くべき事柄

1 [147件] あなたも, あまりと, いえない, いえなお, いえまた, いえ少なから, いえ絶えず, いかなる摂理, いかなる神, いかにも残念千万, いと答え, うけとれなかつた, おかしいねえ, お園, かぎって, かぎらない, かく直観, くやしいこと, この事ッ, さっぱり気, さてさて不覚, されて, すなわち境界, そなた, その間の, それが, だらけ切った時代, ちと若, つまらぬとかく, とうてい信じられなかった, とてもお, とてもおもわれませんでした, どういうわけ, どういう意味, なんだ, なんとあ, はあなるほどという, めいわくな, もとより気づこう, よくよく殺される, よくよく無能, われわれにとっても, サカサマじゃ, ッと, 一様でない, 一面に, 不思議千万, 不覚でした, 予想も, 云えない, 云や, 云わぬ, 今初まったで, 仮定されなかった, 何ごと, 何たること, 何たる侮辱, 何たる醜態, 何という, 何と云, 何事です, 信じられません, 全く人間, 全く思い, 全然思いがけなかっ, 別の, 反対に, 可笑しな, 呆れた曲者, 夢にも思いませな, 夢にも思っ, 夢にも思ってなかったらしい, 夢にも思わなかった, 天魔鬼畜の, 如何いう, 如何にも不思議, 存じ寄りませんでした, 川端康成も, 彼等も, 心うれしい, 心外です, 心得ん, 思いがけないこと, 思いは, 思いましたが, 思いませんが, 思いませんでした, 思いも, 思い掛けない事, 思えないという, 思えませんが, 思えませんね, 思はなかつた, 思はなかつたので, 思はなかつたよ, 思はなかつたらう, 思へないの, 思わないが, 思わなかったでしょう, 思わなかったので, 思わなかったよ, 思わなかったろう, 思わなかったん, 思わなかつたね, 思われないであろう, 思われなかったの, 情けないやつ, 情ね, 想像し得ない, 承わっては, 放二, 日本男児の, 日頃の, 期待し得ないであろう, 本当の, 此の, 気がついて, 気の毒な, 異な, 真に不思議, 知ったが, 知って, 知らず大いに, 知らず大佐, 知らないで, 知らなかつたの, 知らねえで, 知りつつも, 私は, 私も, 考えて, 考えなかったけれども, 考えられて, 考えられなかった, 聞いて, 蓋しその, 誰も, 論ずるものの, 間違いにも, 限らず中, 限らず最初, 限らないが, 限らないもの, 限らない多く, 限らぬ, 露知らず, 面白い

▼ れる~ (213, 0.3%)

10 を待っ 6 であった 5 が多く, が来た 4 が多い, が来るであろう 3 が來, が来たら, が来ました, が近い, のある, のこと, の来る, もあつ

2 [14件] が御座います, が来, が来ない, が来る, が来れ, だ, だぜ, なので, になれ, の近づいた, の雫, もあった, もあるであろう, を待つ

1 [127件] あの店, が, があっ, があったら, があまりに, があるなら, があろう, がいく日, がいつか, がきた, がきました, がくる, がさ, がずいぶん, がずっと, がちぢむ, がなかっ, が思った, が来るだろう, が近づい, が近づいた, が近づけ, が迫り, こそ即ち, だから, だそして, だわい, であったから, である, であるけれども, でございます, でした, です, ですが, ではない, でも来たら, で此日, といつ, と思う, ならずて, になりました, にはきまって, にはなあ十兵衛, にはなあ十兵衞, にはわたくし, には八木隼人, には町民, には私, にゃ薪一本, に亭主連, に向っ, に来, に直ぐ, のいつか, のそう, のちかづき, のない, のようやく, の來, の前, の午前, の午後, の夕刻, の夕方ここ, の少し, の心, の朝, の来た, の来まい, の生活, の近く, の途中, の長から, は, はきた, はきっと, はすなわち, はその, はない, はなけれ, はなるたけ, は大凡, は少い, は来ないであろう, は来るであろう, は案外, は私, は粥接待, は自分, は近い, は近づいた, ばかり待っ, までずっと, まではわれわれ, までを同時に, まで飜訳者, もありました, もありましょう, もある, もあろう, もいつか, もいよ, もそう, もまま, も近づいた, も遠く, やなあ, より意識, を, をおそれる, を希望, を待ちかね, を待ち切れず, を待ち望ん, を待った, を待て, を待望, を想像, を気長, を私, を覚悟, を読み越し, を迎え, を迎えた, を送っ, を首, 即ち大

▼ れる~ (201, 0.3%)

8 の日 4 に, に彼, の晩 3 にお

2 [17件] からでございます, にこの, にすでに, には必ず, にまず, に何, に何処, に八丁堀, に少し, に死ん, に死骸, に牝犬, に男, に眼, に私, の月, 迄活動

1 [144件] か, からあった, からうすうす, からし, からたぶん, からもうもう, から和助さん, から委員会, から小杉さん, から自分, か梱包, であった, であったという, である, では和歌, にい, にかなり, にここ, にこっち, にぜひ, にその, にそれ, にたちどまりました, にちょっと, にできた, にどんな, になんで, になんど, にはいつ, にはいや, にはまた, にはわれわれ, には感応, には相当, にひどく, にまだ, にみんな, にやつ, によほど, にわれわれ, にオーバーシューズ, にコロンブス, にチラリ, に一つ, に一番列車, に一考, に事件, に五年間, に何かしら, に余, に先づ, に先手, に八五郎親分, に処置, に口, に君, に命, に問う, に四方屋, に大, に天国, に太い, に妻子, に妾, に学生さん, に少年, に御, に怖, に怪老人, に恐らく, に或は, に戸締り, に扉, に手拭, に掛官, に旅行, に既に, に明智, に書かれた, に来る, に此, に此處, に殺され, に現実社会, に男子, に疎開, に病死, に白鷹氏, に盗賊, に砲塔, に私たち夫婦, に立っ, に考慮, に聞い, に自分, に自動車, に艀事務所, に莫大, に行なわれた, に警察, に起こった, に蹴られた, に軍隊, に辞表, に革命裁判, に頭, に餓死, に餘程, のよう, のようす, の不安, の先生, の写真, の嬢, の年, の晩戸締り, の盗人, の盜人, の秀子, の肌, の舞台, の芸術, の若旦那, の行動, の詠草, の野獣, の金曜日, はかれ, は何, は爆撃, は生き, へ来合わせた, まではやはり, までは大体昔, までは生きてた, もたしか, 一応の, 一髪の, 何とか今, 受取った脅迫状, 幌を, 徴を, 房が, 表だった

▼ れるその~ (194, 0.3%)

4 ような 2 うちに, ことに, 世界に, 戦死, 時代の, 男は

1 [178件] あとへ, あやかりもの, いちばん大きい, お腰元, かけ合いの, くせまた, ことだけ, ことだけでも, ことは, ことも, こと感じない, ご器量, され方自身, しかえ, たびに, ときに, はたらきな, もう一つ, ような噛みくだき, よろこびの, わっしょ, ギザギザに, デカダンの, フラット, ホテルは, 一人に, 一例を, 一帯の, 一覇の, 三事件に, 三層の, 上に, 上指揮が, 不思議な, 不足を, 中途に, 二柱の, 人柄の, 仕事を, 仮面こそは, 位置に, 供給との, 侮辱の, 保証が, 俤の, 儀式は, 光景の, 光景は, 光景を, 兩親に, 兵衛佐の, 処女的な, 切ない言葉, 刹那に, 前夜は, 剣の, 勝躅遺蹤大いに, 卓子は, 原因の, 可憐な, 名の, 名誉知識を, 告別式の, 周囲は, 哀しい自己苛責, 問いという, 塵が, 境を, 壺だった, 外貌や, 大学生は, 大広間と, 天恵を, 奥さんの, 女が, 女は, 好条件を, 姿を, 娘は, 婦人は, 子供たちの, 子供の, 宰相が, 家の, 寸前に, 専制的な, 川辺みさ子が, 工夫は, 帯だけに, 幾廻転を, 広い草原, 当時は, 形に従って, 彫刻の, 心の, 悲しい快さ, 意義が, 感傷風気取りと, 所謂, 手続き, 手順が, 拾い取った人, 掌面を, 料理屋, 新胎, 旅館へ, 日に, 日の, 日本の, 旦那さへ, 時の, 時間に, 本位の, 桜の, 梗概を, 極めて細い, 標語で, 歌を, 正義, 母親が, 母親らしい, 比較的程度, 気振りは, 水壜の, 泥棒が, 涙を, 激しかった, 火は, 煙その, 熱さ, 理由を, 男と, 町内でも, 界隈で, 眉の, 眞晝近く, 眼差, 瞬間に, 瞬間までは, 瞬間射手は, 種の, 精神の, 紙片が, 素質を, 結果実際, 続稿, 縁と, 美徳を, 群集の, 聡明な, 聲我を, 脚を, 臆病風に, 臭気が, 茱萸について, 蛇の, 言々句々に, 証拠には, 話で, 誓いが, 財産は, 贅沢な, 軍人の, 辺一帯は, 途で, 通りも, 重い眼, 重い鉢植, 鉄クヅは, 長屋は, 院長が, 階級の, 障碍とは, 青年は, 青木が, 青松葉, 顔は, 顔色の

▼ れるのに~ (193, 0.3%)

4 それが 2 お前が, どうした, 一向私, 実際は, 彼は, 現在は, 違ひない

1 [175件] ああやっ, あちらへ, あの日, いくらか違, いちいちお, いつも早く, いらいらし, お供も, お気の毒, お雪, かかる土地, ここでは, ここに, ここらの, ここらは, このこん, このもろい, この三種, この先, この夜, この方面, この街道, これが, これに対する, これらの, これを, こんな山, しかし満足, そういう可能性, そういう形迹, そうしない, そう驚く, そのこと, そのつまみ出した, その一方側, その夜, その実, その峠, その苦心, その長所, その雪, それに関して, それは, それを, そんなこと, そんなふう, そんな声, たしかに眼, たるほどの, となりの, どうして小生ら, どうして樊城, どうも, どこか, なぜあらわ, なぜ悪魔, なんでうれしく, なんら不足, ふつと, ぼッ, ましてこの, ましてこれ, まして中, まして恋しい, まして遊ん, まだそういう, まだふっ, もう霜, よくよく見る, よりいっそういぶかしく, ジャックは, ピストルを, 一応隈, 中の, 事は, 京都へ, 亭主は, 人間の, 今では, 今彼らは, 今日まで, 他ならない, 他方ノルウェイの, 伊那からは, 何で金無垢, 何の, 何も, 何一つ鑛毒, 何故こう周囲, 何故後者, 何故色紙短冊, 何等新, 依然として三十里, 傲然と, 傷が, 先に, 出会つた, 割合大勢, 半刻, 却って何, 原稿は, 右肺を, 右門は, 声の, 外ならない, 大木戸, 大概は, 女は, 妾は, 姿かたちどう, 嫌気が, 對し, 幾歳月かの, 引きも, 当時の, 彼には, 彼女は, 彼自身には, 忙が, 忙しい私, 思いの, 悲しい思ひ, 憶し, 我慢が, 手おけを, 持ち出して, 数時間もつ, 新奇な, 新聞記者として, 星の, 星明りも, 時々出くわした, 最も適當, 木戸は, 条件を, 案外彼, 橋の, 次から, 次第に腹, 残念で, 気が, 気がついたの, 気を, 氣が, 汝は, 決して悪い, 河原の, 波浪狂う, 潮湯治客の, 父を, 珍しいこと, 町の, 病妹を, 皺だらけで, 目を, 矢ツ張り, 石滝という, 碌々として, 私は, 算え, 自分だけが, 自分で, 自分は, 自由な, 苛, 言葉を, 誰も, 造做は, 遅速が, 違ひございませぬ, 醜しいで, 門の, 青い眉, 骨が, 鯉坂君は

▼ れる~ (190, 0.2%)

22 である 109 であった 7 のもの 5 です 4 でした, なん 3 だから, のこと, 凛とし 2 だった, だ防腐法, なの, なもの, なら私, の事, の大, ゐに

1 [104件] あつちで, あらゆる人間, いだ, い暗闇, えで, がつらい, が関の山, が關, そんなにもう下, だったの, だったよ, だったら瓦斯ストーブ, だつた, だのに, つまらなくモザイック, であったが, であったと, であつ, でありましたので, であります, である土人, でいろんな, でお, でこれ, でございます, でしてね, ですから, ですが, ですよ, でクリスマス, で例えば, で古今, で御座いました, で御座いましたが, で御座います, で或, で有りました, で理くつ, で短く, で綺麗, で薄く, で静か, なもん, ならいっそ, ならその, ならば, ならもつと, なら三人, なら乞食, なら今お前, なら夫, なら妾, なら始めツ, なら頼, なら頼むサ, な痩立, にしつこく, になつ, にはなっ, にまで人, にまで高潮, にアッサリ, に云ひたい, に余分, に勢力, に勤勉, に夥しく痛い, に如何にも, に実, に強い, に彼, に手真似, に書い, に盛大, に自分, に金, に馬, のことならい, の処, の場所, の小銭, の山, の物, の男, の筆つき, の良い, の進歩, の量, はある, はぎれ好く言, ひならば, ひに, ゐで, ゐの, 大きな音, 打ち込んで, 抜けたところ, 早く歩い, 生き生きと, 疲れて, 華々しい業績, 見なれぬ美し, 重い懲罰, 面白くない

▼ れる~ (173, 0.2%)

6 見て 5 見る 4 見たり 3 すかして, 信ずるなり, 見れば 2 いふ, 待つて, 恐れて, 知らざるなり, 聞きたれば, 見たりき

1 [137件] いとわず流れ, いふ以下, いへるならむ, つくろはす, なげきて, まぬがれぬ, まるで我々, みずから窺視せんと, みて, みる, や, ゆるさないと, よしと, りは, 一期として, 下に, 不思議, 二階から, 人に, 信ぜんと, 光陰の, 免れぬ, 入勝橋, 入湯と, 再び彼方, 厭に, 名残に, 問題に, 嘉せ彼, 女子の, 嫌や, 巨人を, 幸いその, 幸と, 庭の, 彼が, 待たず次に, 待詫び, 怒つて, 怖れ, 怖れない, 思ふ而, 思へるなり, 恐れ塚, 恥ぢること, 悲しむ, 惧れ, 意味する, 感じ申し候, 憐まざる, 憾みて, 我も, 投飛し, 拒むゆゑ, 拾うという, 拾って, 拾はう, 指せりといふ, 推するは, 擧ぐ, 曲れる, 最愛の, 月夜堪へ, 望んで, 機として, 權三は, 欲しない, 止めかくして, 正さまくし, 正し更に, 氣遣ひ, 汚ら, 満足と, 発見し, 発見す, 発見するであろう, 直さむ, 看破し, 着し, 知った, 知って, 知らざるの, 知らざる可, 知らずややもすれば, 知らず殺人刀, 知らば, 知らむ, 知り, 知り毎, 知る, 知るに, 知るべし, 知れり, 示さんと, 示したと, 示すと, 示す相, 聞いては, 聞き出征先, 聞て, 聞忠兵衞は, 興味ふかく, 虐待の, 補うべし, 要する, 見た, 見たりと, 見たるより, 見つ, 見てと, 見ては, 見ながら, 見ますると, 見む, 見るごと, 見るや, 見る室, 見付けて, 見出さんは, 見出さんも, 見大いに, 見我, 覗きて, 訂正した, 認めき, 誰かと, 貯えたるが, 買って, 賛し, 賞した, 赤い薔薇, 追い念, 送ろうと, 間接に, 高しと, 魏の, 鼻に

▼ れる心配~ (172, 0.2%)

37 はない 15 はありません 14 がない 12 のない 9 もなく 8 がある 7 はなかっ 6 もない 4 は無い 3 なしに 2 があります, がなくなる, はすこしも, はその, はなく, もありません, もある, も血だらけ, をした

1 [39件] ありましょうか, があった, がありません, がいらない, がなく, が絶対, さえ解けれ, だけは無, なく平常, なく相当, のため, のためぢ, のな, はすくない, はすこし, はなかったろう, はなくなった, はなくなりました, はまあ, はまず, は万, は少し, は更に, は決して, は無かっ, は重役, もあります, もありますまい, もないだろう, もなかっ, もなかつた, もなくなっ, もなくなった, もなくなりました, もねえ閑静, も先づなさゝう, も叩かれる, も母, も絶対

▼ れるには~ (157, 0.2%)

3 困った, 至らなかった, 違いない 2 屈竟の, 時間が, 甚しい, 私は, 縛られるだけの

1 [138件] あの豆, あまりにも, あまりに大き, あまりに意義, あまりに新しかっ, あまりに深刻, あまりに美しい, あまりに荒, あまりに馴れすぎ, あまりに高, あらずや, いつもながら, いつも県庁, いま一段の, おどろきました, およそそぐわない, かかる風習, この一点, この袋, こは, こまる, これに, これにも, これは, されたが, しごく好い, するだけの, そのひと言, その方, それは, ちゃんと準備, どうしたら, どうもそう考える, なにか仔細, ふさわしくない, まだあまりにも, まだ早い, まだ足, もう一千万円, わざと知らん顔, わたしも, モンテスキューが, 三年五年ないし, 人間が, 人間として, 今日は, 他の, 余りに彼, 余りに相応しい, 余りに自分, 余りに鋭敏, 余程よき, 値しないもの, 僕も, 優れた実力, 兄の, 充分な, 全く貧乏, 八十八羽の, 其は, 出来あいの, 到らぬに, 十日か, 博士に, 原因が, 及ばない, 及ばないと, 及ばないといふ, 及ばないほどの, 及ばなかった, 各自が, 否かかる, 国として, 多年の, 大きな努力, 如何にも具合, 姫二人も, 定って, 審査の, 少しふさ, 少し通俗的, 尠くも何十年かを, 山伏に, 当らないが, 当らないと, 当らないの, 当らなかったろうに, 当らなかつたらうに, 当らぬもの, 当るまい, 彼は, 必らずしも, 思い当ること, 怪し気な, 恐れて, 恐れ入るな, 惜しい名称, 或場所, 振られたけど, 普通の, 智的すぎる, 最も適した, 極まったこと, 極めて適当, 此衣物を, 死より, 湧き返る憤怒, 特別な, 玉璽が, 現象の, 相違ない, 矢張自滅という, 窯を, 糺弾される, 自分の, 自分は, 至って, 至らない, 至らないが, 至りませんでしたが, 色々な, 若過ぎる, 行かれる, 見識が, 討伐の, 許されたが, 誂え向き, 近世の, 道具立が, 適宜かと, 都合の, 閉口した, 随分色々の, 雪山六年の, 非ざる, 非ずして, 非常な, 驚いた

▼ れる~ (154, 0.2%)

3 嫌なり, 必定私は, 極めて恐ろしい

2 [12件] この集, 不潔なり, 何ぞや, 必定, 此力と, 此樣な, 濁れるま, 知れたこと, 知れた事, 知れて, 覺悟の, 論なし

1 [121件] いいが, いずれ別に火山作用, くやしいし, この九十九里, この様, この白鹿, ごもっとも, さ, さる貴族, すが, せいちゃんのであった, そのはじめ一, その神, それは, た, ただ機を, たれですか, とりもな, どうしてもローマ, なく, ひとり澄み, われひとりに, オースチン老師また, 上流の, 主の, 之を, 五十年し, 今朝の, 何さま尋常人ならず, 何と云, 何処ぞ, 何故ぞ, 余の, 余一人のみ, 僅かに, 八月なり, 冬次郎様柳営執政に, 別としても, 則ち, 勢の, 勿論である, 卿に対し, 地の, 堀端の, 変だ, 夜光命と, 大方卵塔場, 奇異なら, 好かった, 如何にも残念, 妾らの, 子の, 定なれ, 実に口惜しい, 実に第, 富山唯継なり, 實に, 將軍家御朱印入の, 小兒, 小石川臺也, 少し意外, 少なきに, 幾重の, 当てつけ, 当地方, 当然この, 彼の, 彼は, 必定であり, 必定一日二日なら, 忠臣の, 患者である, 情意的であり, 我に, 我友なり, 我等が, 我身の, 戸ヶ崎先生の, 敵に, 末の, 本栖湖に, 杉浪之, 果たして誰, 殆ど疑ふべからざれ, 残して, 残紅花京せつ子みつ子啄木の, 深川綾子と, 猿猴の, 疑ない, 皎として, 盛りみじかく, 真理の, 知れ切て, 知識道徳その, 紀州家の, 纔に, 膠州の, 臍の緒切つては, 自然主義そのものの, 薄倖の, 表眼, 西の, 西班牙磴の, 覚悟の, 誰が, 請合なり, 變だ, 辛いけれど, 近頃の, 適ま, 重く沈み, 附添婆か, 難儀だ, 雪を, 音きくよりも, 頗る喜ぶべき, 顏に, 願うところ, 館の, 驚くべき一事, 驚くべし

▼ れる~ (153, 0.2%)

54 それが 8 それも 6 それは 3 父様の 2 かたでした, 夢の, 姿は, 姿を, 意な, 糸が, 聖は, 銀の

1 [66件] かたも, かまの, けさ節の, けつげという, さよさんの, それさえ, それの, つやであった, はたらきを, はまには, めえ, もひ, 三婆は, 二人様が, 人が, 人もござりました, 住にも, 侍さんが, 医者様と, 吉様の, 君の, 品が, 囃子の, 坊主衆とが, 城が, 女中がたの, 姿が, 姿など, 婆様の, 屋敷の, 峯が, 島を, 役人が, 心から, 心でござる, 心でも, 心の, 手紙が, 政が, 政と, 方々は, 時刻とに, 武家様で, 民は, 気持ちは, 源の, 父上が, 父様が, 祭りは, 祭りを, 約束が, 紋が, 考えです, 言葉から, 言葉で, 言葉な, 言葉は, 説教ばかり, 豊には, 通が, 通を, 邸の, 部屋を, 雪も, 露お, 鳥に対して

▼ れる~ (152, 0.2%)

16 のもの 3 がある, である, の一つ 2 があつ, にその, に茶店, の, のイデオロギー, の一面, の自然

1 [113件] からいつの間にか, から卑近, から地方, から西, があっ, があった, がなけれ, が尠, が御, が愈々, が甚だ, が的, が見たい, が黒く, だけは何処, だけを抜き, だけ紙, だった, だったと, だったよ, だったらしいん, だったん, だつた, だつたの, であって, であつ, でありそれ, であるが, であると, でごわした, ではございません, ではなく, で参りました, で御座いましたが, で論者, とは思わない, とは異, と同一, と解する, などを冷かす, にある, には又, には必ず, には決して, にまで客観的, にまで行っ, にもいた, に出, に初めて, に孔, に影絵, に成り立つ, に批難, に損, に来た, に社会科学的批判, に自由, に行き合わせ, に行く, のこの, のジャーナリズム, の世界観, の人々, の伊勢, の体系, の力学, の卒業生, の厳正科学, の対立者, の対象, の或, の文化イデオロギー, の文芸批評, の普遍的, の歴史, の特徴, の真理, の社会, の社会人, の社会科学, の絶対的, の膨大, の自然哲学, の要素, の諸, の階級的偏見, の非, はここン処, はない, は大抵, は時間的, は珍しく, は言はず, へ出た, へ悪魔, へ来る, へ行っ, も少く, をあちこち, をいう, を助かっ, を助けられ, を家, を彼, を泊め, を行かね, を見, を見た, を見ない, を通っ, を通り掛り, を長, 又料理

▼ れるより~ (147, 0.2%)

6 ほかに, ほかは 5 外に 3 はるかに, 他は, 以上の, 情なく今日, 辛い 2 この方, 一と, 仕方が, 他には, 前に, 外は, 愛す立場, 此方なら

1 [99件] いいので, いっそさっぱりと, うれしい, ええと, お山の, かしこいさ, かよいから, このほう, この水, しかたが, ずっと前, そう思う, その方, だまって, つらかった, どのくらい, どんなに辛かっ, なお怯む, ひどく堪えた, ひろ子にとって, ほかない, ほか仕方が, ましだ, まだしも寝, まだしも栞殿, まだまし, まだ臆病者, むしろどんな, むしろ路上, もっと本能, よっぽど辛く, よろこんで, わしと共に, レイテへ, 二人で, 仕様が, 以上に, 余程多量, 來る, 優しだろう, 先き, 利きめ, 勝しだ, 器用に, 四年前に, 埴作る, 外ありません, 外ない, 外には, 外夷と, 多量の, 大な, 嫌味が, 宜い, 少し前, 川に, 廐の, 御器所の, 怖しい, 怖ろ, 悲しい辛い顔, 新しいシーツ, 早くその, 暇が, 朝鮮か, 槍を, 正確に, 死したる人, 殴る方, 浅くし, 深い本然, 父上の, 猶辛く, 生きて, 生きてる方, 生産へ, 用ひた, 痛かった, 真似の, 矢代は, 短い或は, 立派に, 笑えと, 簡単に, 職業婦人に, 船いつ, 苦しかつ, 蓄音機を, 言葉優しく根強く, 貴方の, 足柄山の, 辛いという, 辛いん, 辛うございます, 辛かった, 逆に, 遥かに, 風が, 黙って

▼ れるといふ~ (136, 0.2%)

13 やうな 3 思想は

2 [11件] 不可思議な, 不安が, 場合は, 心配が, 心配は, 性質を, 感じが, 有樣, 絶望的な, 考へ方, 話を

1 [98件] あの上茶, あの尊敬, あぶない場合, きはめて, ことにな, それで, そんな矛盾, ふうだつた, ハッキリした, 三面記事は, 事なけれ, 事も, 事実に, 事実に対する, 事実は, 事實が, 事實も, 人類最, 位の, 俗説が, 修業を, 具合で, 劇作家の, 半間な, 受身の, 噂が, 噂のみ, 場合が, 場合でも, 多くの, 大變, 奴だ, 宗教思想を, 小さい観念, 小泉迂外氏の, 幸福な, 幸福の, 心配, 怖れで, 悲劇的な, 悲惨の, 悲慘の, 愉快を, 意に, 意味で, 意味を, 意外な, 憂ひが, 昔の, 時代には, 普遍的意味を, 有難さ, 望みを, 様な, 様子し, 樂しみも, 樣な, 機会に, 歌である, 気持である, 氣を, 瀬戸際に, 現象が, 現象も, 甚だ憂ふべき, 生理自体への, 破格の, 私刑を, 程の, 窮屈な思ひ, 筋, 経験が, 結果を, 義務を, 考へが, 苦しみが, 苦境に, 處まで, 蟹の, 術も, 表情を, 親達の, 話だ, 話ぢや, 話とを, 読み方だ, 調子で, 過去も, 道路は, 関係に, 順序である, 風で, 風に, 風習で, 騒ぎも, 騷ぎでせう, 鰻も, 點は

▼ れるよりも~ (136, 0.2%)

3 先に 2 つらかった, はるかに, より多量, 一万人二万人に, 人を, 廉価版を, 自我自らを

1 [119件] いったん契った, いまの, この初, この方, こんなに親切, さもさもきたならしい, しばしば嘲弄的, ずっと大きい, そのほう, その不愉快, その短刀, その辺, たたかれる方, たった敗戦, つらいので, つらいん, つらい処刑, つらい思い, つらく思はれた, なおなおウカツ, はっきりと, ひと思い, ひどい念ひで, ほんとうの, まだまし, むしろ一種, むしろ不安, むしろ凹んだ, むしろ朝倉, むしろ欣然, むしろ現在, むしろ腹, もっと簡単, よいが, よっぽどまし, より豊富, インフォーメーション, カッパの, ハンサムボーイの, 一卷として, 一層気味, 万民は, 世界の, 事件の, 事実その, 人から, 仏の, 保存され, 僕には, 儲けの, 内の, 写真の, 利の, 前に, 君主が, 唯一人の, 壺子に, 変な, 大きな比率, 天気の, 学校へ, 宜い, 寧ろキルヒホフ, 寫眞の, 弾かずに, 当時の, 怒られるよりも, 恐れられる方, 悪用される, 文明の, 早く彼, 早く自分, 早く過去, 普通の, 更に一層長所, 木蔭で, 正面から, 此等の, 母に, 洞窟の, 浄海入道の, 烈しい分, 父方で, 特殊な, 痛くこたえる, 直観し, 老先, 自分で, 自分にと, 自分の, 自分自身が, 自我自らに, 自由に, 良人の, 苛い, 苦しいかも, 苦しいこと, 苦しいだらう, 菊池の, 見さげられた方, 見るの, 見下げられる心, 言外の, 警察署の, 貿易によって, 質素な, 辛いこと, 辛いだろう, 辛いの, 辛く思われた, 辛く考え, 遙かに, 遙に, 遥かに, 遥に, 長かった, 難儀じゃ, 面白かった, 高いという

▼ れる理由~ (134, 0.2%)

16 はない 13 がある 4 がない 3 があった, が有る, は少し 2 があり, がどこ, にもならぬ, のない, は十分, は毛頭ない, もない

1 [78件] から之, があるであろう, がここ, がなかっ, がなかつた, がなく, がわかっ, がわし, が一番, が分らん, が単に, が我々共, が明らか, が此方, が無い, が知りたい, が知りたけれ, だと, である, でこの, でもある, としてお, とはなつ, についてその, になった, になる, にはならない, には何, によって概念, に外, のため, のなかっ, の一つ, はあつ, はあの, はありえない, はあり得ない, はある, はた, はたしかに, はなく, はま, はもう, は二枚舌文部大臣中橋徳五郎, は何処, は假, は別に, は勿論, は単に, は外, は容易, は愛情, は日錚和尚, は椋原孔明氏, は極めて, は正造, は消滅, もある, もなく, も恐らく, も生じ, も私, をも持っ, をよく, を不審, を吾, を得, を必ずしも, を持たない, を持たないであろう, を有, を有っ, を知らなかつた, を私, を見出し得ない, を見出すであろう, を話した, 乃至原因

▼ れるこの~ (131, 0.2%)

3 とき歴史は 2 人の, 像り, 堂の, 家の, 家族の

1 [118件] おいらだ, お方が, ころでは, まま押すすめ, やうな, アメリカ型鼻輪は, アレトは, ボルダー, 一種の, 一飯は, 上下の, 不法と, 主観的国際性を, 乞食の, 事に, 事件は, 二つの, 二人が, 二種の, 人々の, 人たちの, 人と, 人は, 人間の, 伯父の, 佐竹という, 佐竹といふ, 作者の, 偽者め, 備前焼は, 先見の, 光の, 光子は, 光景に, 勝負を, 十万石じゃ, 叔母の, 吉例の, 名古屋へ, 商品の, 問題が, 土地では, 地方特有の, 場にとっては, 場合にも, 大屋根, 大工事, 大秘境, 大革命, 奥さんが, 女性の, 妖装軍は, 子が, 孫兵衛と, 実践という, 家に, 寶石, 対語は, 小型自動車が, 山の, 島へ, 市の, 強調が, 御世に, 忠告は, 愛について, 慇懃な, 戯曲の, 招きに, 推移と, 時もはや, 時代に, 暗い恐怖, 曲芸は, 書が, 條件は, 概念は, 機を, 殿さえ, 気味悪いさびしさ, 江州で, 注意すべき, 浦の, 涼味の, 潮時に, 物理的幾何学は, 用役の, 男の, 瘤の, 皇子の, 石, 秘義を, 税関吏の, 種の, 肉体の, 表現が, 言葉ほど, 言葉植物への, 谷間の, 貯蓄全額は, 賀宴は, 身にとっては, 輪郭が, 農村労働力の, 辺から, 道の, 都は, 難事を, 需要と, 青い土, 青年は, 非文明, 音を, 頃だ, 順序を, 養生所の, 高塔は, 麻の

▼ れるまでも~ (125, 0.2%)

9 ない 5 なく自分 4 なく私 2 ないこと, なかった, なくこの, なくその, なく勘五郎, 二度とは

1 [95件] ありません, あるめ, いい気に, お参, ここで, こっちも, この無名, そこまで, ないでしょう, ないと, ないサ, なくお, なくおのおの, なくこんな, なくじっと, なくすぐ, なくすでに, なくそれ, なくなるほど, なくはじめ, なくひとり, なくほう, なくまず, なくまっ先に, なくまん中あたり, なくもう, なくわかって, なくわし, なくわたし, なくガラッ, なくマアセル, なく世人, なく世間, なく中村係長, なく二十年前, なく今井, なく仲裁, なく佐々兼武, なく先生, なく先程, なく別人, なく勝重, なく名医華陀, なく呻, なく問屋場, なく子どもたち, なく将門, なく島田君, なく庭, なく役儀, なく彼, なく我, なく房一, なく拙者, なく文句, なく既に, なく早まった気, なく曹操自身, なく朝夕仕事, なく朝霞, なく林田, なく機会, なく歯ぐき, なく江戸, なく無駄, なく皆, なく直ぐ, なく神谷, なく薄, なく証拠, なく誰, なく貴公, なく走って, なく身分, なく退屈, なく酒, なく金, なく釜吉, なく門, なく麻布, ねえこと, 一度抑留, 一念鎌倉幕府の, 兎に, 国境を, 奉公し, 山東の, 強情を, 待たなかった, 心の, 明かすまい, 横面一ツ打挫が, 無くそれ, 無く自発的, 設計図を

▼ れるだけの~ (120, 0.2%)

7 ことは 4 ことです 3 ことだ, ことを, わけが, 理由が

2 [11件] ことさ, ことで, ことであった, ものです, 事である, 事です, 余地を, 価値が, 物を, 用意を, 話で

1 [75件] お方は, こと, ことが, ことじゃ, ことだった, ことである, ことに, ささやかな, もの, ものだ, ものだった, ものだつた, もので, ものに, ものは, ものを, やうです, やうな, よさ, よろこびを, ワケが, 一片の, 事で, 事を, 人が, 人品は, 人格を, 修業を, 値打が, 充分な, 分だ, 力で, 努力で, 十分の注意を, 古臭さ, 品である, 因縁が, 土地を, 大きな声, 大きな財産, 夫を, 威厳が, 実力貫禄という, 小さい橋, 小さい潜戸, 幕じゃ, 弱味を, 心は, 心構へが, 文化を, 文学的扮飾が, 書籍を, 根拠が, 水呑百姓の, 留学に, 空を, 筈な, 素質が, 組織には, 美は, 者にな, 脈が, 自分で, 自分の, 船乗りを, 色気は, 話じゃ, 話だ, 話である, 話な, 誠実を, 説明を, 距離を, 関係で, 高さ

▼ れる必要~ (117, 0.2%)

39 がある 19 はない 4 があった, があります, もない 3 があるだろう, のある, は少し 2 がない, がなかっ, のない, はありません, もなく

1 [28件] があっ, があり, がありまし, があるでしょう, があろう, がなくなり, が有る, が痛感, なるもの, に迫られた, の生じ, はあるだろう, はあるまい, はお, はないでしょう, は全然, は当然, もあるでしょう, もなかつた, もなけれ, も生れ, をもってる, を云った, を感じた, を持たなかった, を有, を生じ, を語った

▼ れるそう~ (116, 0.2%)

201312 です 11 である 10 だが 7 ですが 5 ですね 43 であるが 2 ですから, でなければ

1 [27件] じゃあねえか, じゃありません, すれば, だからね, だけれども, だと, だという, だよ, であるから, でございますが, でござる, でござんす, でした, でしたが, でしたね, ですし, ですでに, ですよ, ですわ, でその, でそれ, では, で相談, で鏡花, なっても, な兄さん, 云った少年

▼ れるまでは~ (112, 0.1%)

2 それが, ない, 倫理の, 全然知らなかった, 夢想も, 私は

1 [100件] おそらく仏像, おとなしくし, お島, かすかに, ここに, こっちが, この事件, この池, これらの, すべて極めて, そこを, その五十, その蝋燭, それ以上家屋は, たとえ顔, とうてい港内, どうかしたら, どうしても私, どこにも, なかなか日本, なにもかも忘れ, なにを, なんにも, はつきりあてが, むしろ無邪気, やはりお, わかって, タンテイが, ムリを, 一切の, 一向平気, 一塊の, 一年でも, 不気味だった, 人間の, 今の, 他の, 何にも, 傷, 兄の, 兄や, 先の, 全く油断, 動きつこ, 動揺し, 勘次は, 南陽という, 口小言一つ云はずはき, 喪服を, 多くの, 大丈夫, 大阪の, 失踪の, 宅の, 実は彼自身, 実家の, 小山を, 市に, 引続きそうであろう, 引続きそれ以下, 怖れ, 恐らく殆, 手製の, 日本人の, 曉がたの, 最善の, 本隊の, 歩みを, 死ぬこと, 気が, 気がつかんと, 気づかなかった, 決してやめない, 海老塚氏が, 無事でございました, 特に曹操, 百度でも, 真面目な, 眼を, 矢張り生存者なみに, 知ること, 短い時間, 確かには, 立って, 第二義的であっ, 絶対に, 自分では, 船室から, 蕎麦屋牛鍋屋の, 誰にも, 誰も, 賛成も, 足が, 遊んで, 重蔵も, 長いこと郡長, 間断なし, 降りて, 首を, 麦類は

▼ れるけれども~ (111, 0.1%)

5 それは 3 人間は 2 この最後, それが, それを, 意味の, 我々の, 私は

1 [91件] あいにくと, あとに, あの当時, あれは, いかにも我々凡夫, いっこう要領, いつたいさ, おそらくはこれ, お浦, この事, この書物, この銀時計, これは, これまで, しかしあの, しかしこの, しかしそれ程, しかし大体, しかし思想, しかし私, そのため, その中, その以上, その持主, その時, その木, それから先, それでもカトリック, それとも天狗様, そんなら, たしかにあれ, なかなか事務, ほかの, また他方, まア一度, もちろんさう, ゲーテが, フランスという, 一々の, 一方それほど, 世継物語には, 二人にとって, 人口が, 今日の, 何らかのよき, 何分にも, 個人的な, 内容的には, 分れたとは, 前の, 劇作家としての, 化物屋敷の, 単にそれ, 原料の, 取りません, 受けないで, 唯一筋道を, 地形が, 型を, 実はその, 実は一遍, 実際の, 実際今日, 少くも, 彼は, 怪物は, 情意の, 戦乱の, 掃除人夫にさえ, 日記は, 更に大観, 枯れた花, 梅とか, 殆ど極つて, 決してさうでない, 決してそうで, 社交性とは, 私に, 精力消耗し, 総ての, 胃と, 芸術の, 若し左樣, 西洋数学の, 負けや, 近ごろまで, 近畿と, 進化の, 道庵先生でさえが, 静かに, 食えない弱味

▼ れる~ (111, 0.1%)

7 にある 6 がある 4 である, では 3 が多い, です, もある 2 があっ, があった, が少なく, でこれ, でなら, なの, に於, は

1 [65件] かあり, がありましょう, があります, がいくらでも, がうれしく, がございます, がちょっと, がない, がなく, が二つ, が多々, が実に, が少く, が時々, が無い, が違う, だ, だけあなた, だけを観念化, だろう, であった, でもあった, で興奮, で重要, といい, などが非常, などは場合, においてこの, においてで, において其舞踊, に御, のある, のない, のみ心外, の中, はいろいろ, はこの, はこれから全く, はさっさと, はそんなに, はどこ, はなかっ, はやはり, はレビューガール, は上, は今, は例えば, は古い, は吾, は彼, は文学的様式, は注意, は皆, は短歌, もあります, もない, も充分, も出, も大いに, をあなた, を強調, を有っ, を考える, を説明, 多し

▼ れるかの~ (102, 0.1%)

30 ように 7 やうに 3 ような 2 やうな

1 [60件] いづれか, きのうきょうの, ごとくみえる点, ごとく小心翼々, ごとく説いて, せっぱつまった世界, どっちか, もろもろの, やうだつた, やうで, ようであった, ようである, 一端を, 三つです, 争いな, 二つである, 二つの, 交戦状態に, 仏国の, 仕方は, 他には, 傾向が, 公算五十パアセントの, 切迫した, 別は, 別れる処, 命がけを, 問いに, 問題が, 問題では, 問題については, 問題は, 問題を, 土壇場に, 場合に, 境に, 境地まで, 大哲学者ハーバート・スペンサー, 大宇宙戦争, 大戦闘, 如き因果, 如き観, 如く世界, 如く男達, 感を, 時だった, 最後の, 有名な, 某少女歌劇, 煌もとある, 理由も, 発達せる, 系統を, 結果が, 職業から, 血液の, 運命を, 阿, 類だ, 鬼の

▼ れるなんて~ (100, 0.1%)

2 ことは, ことも, そんなこと, のは, ほんとうに, 事は, 絶対に

1 [86件] あたし一生の, あの子, あまりいい, あること, あるだろうか, いい恥さらし, いかにもばかばかしい, いふこと, いふ空し, いやだ, いやです, いやな, うちの, うらやましいみたい, えこと, えの, おいらの, お話にも, かつて経験, くだりを, ことが, こりゃ千年, こんなばか, こんなばかばかしい, さるが, じっさい珍しい, すばらしいこと, そんなばかばかしい, そんなむごい, そんなローマ法, そんな事, そんな勘定, そんな変, そんな馬鹿馬鹿しい, ちっとも知らなかった, ちと変, ちょっと妙, どうかしてた, ばかばかし, へんな, まったくばかげた, まったく神さま, トンデモ・ハップンあの, 不公平が, 予想も, 今まで, 何て, 何と云う, 使われるなんて, 僕こそ, 千載に, 厭だ, 口走って, 可哀相じゃ, 大きらい, 大将にも, 女の, 嬉しくない, 少しおかしく, 御伺い, 恥と, 恥辱は, 情けないこと, 惨めじゃ, 我慢が, 旦那も, 景気が, 本当につらい, 此間も, 気持が, 男らしくない, 目に, 真っ平だ, 真平です, 神ほとけ, 私光栄の, 第一私男, 粋事は, 結構じゃ, 考えただけでも, 誰が, 警察も, 軽蔑し, 辛いこと, 途方も, 餘程間の

▼ れるもん~ (99, 0.1%)

2210 ですか 7 だから, ですから 4 じゃない 3 さ, じゃあない 2 かい, かね, じゃけ, だ, だよ, ですからな

1 [31件] かおら, かこの間, かこれ, かだまされる, かとなめきっ, かどう, かよ, か彼, か窮屈, が悪い, じあ, じゃありません, じゃねえちたら, じゃア, だか, だからね, だとも, だねえ, でござんすねほんとう, ですかよ, ですし, ですな, でそんな, でねえし, ではねえ, で伊太利, と考える, ならみんな一度, なら代ろうがて, や, やよ

▼ れるとも~ (97, 0.1%)

5 知らずに

2 [12件] しらず, なく二三人, なく半日, なく口, なく少し, なく平次, 云えぬが, 何一つ答え, 思って, 更に同じ, 知らず宵闇, 考えられる

1 [68件] いうそう, いえるほど, いへるであらう, うその, うた, お心, きっと消される, この言葉, この頃, この鵜, その子, それも, とにかく話, ない優しい風, なくおよつ, なくこう, なくやめられる, なくよろよろ, なく入, なく入っ, なく八五郎, なく千種十次郎, なく斯ん, なく流され, なく眞面目, なく聞い, なく行っ, なく行つて, なく言い募りました, なく追われるで, なしに, やられるとも, わからない, エーベルトシャイデマンの, 云えるであろう, 云われて, 何う, 分らない漂流気球, 分らなかった, 分らなかつた, 勝手に, 国にとって, 宣言され, 彼の, 思うまいね, 思ったであろう, 思われる, 拠なし, 牢へ, 申せぬ, 知らず他人, 知らず先づ愕, 知らず拍手, 知らないで, 知らぬ体, 知らぬ雨宿り, 知れないやう, 知れなかったので, 知れぬ長雨, 考えない, 考えられます, 聞きますが, 見えた, 言い得るであろう, 言えるん, 身体が, 追出されるとも, 限らない

▼ れる~ (97, 0.1%)

21 否や 3 否やは, 否やを, 知れないこの 2 一緒に

1 [65件] いざ, いな跳びついて, けたたましく叫び合っ, すぐさま仰, すっかり気に入っ, その處, その遺業, その長, それが, それは, ただちに行け, たちまち雷電, である, とつぜんシュウシュウ, ほかならぬ, ぽか, まことに快刀乱麻, めそめそと, ヒュウと, 一緒で, 丹生川平の, 久方の, 人の, 伏兵を, 何事を, 先生は, 全国の, 同時です, 同時にいかさま仲之町通り, 同時にその, 否やすぐ, 否や突如, 否惣勢足なみ, 呉は, 問ふ, 土着し, 天下は, 天人が, 家来の, 容易の, 巴里文壇の, 建造中の, 彼の, 彼らの, 忽ち一世, 明白なり, 村居し, 板敷へ, 梅田源次郎様や, 横っ飛びに, 欧米商館と, 歌川家の, 法眼袴の, 漢氏も, 牡丹が, 直ちに, 直ちにやり, 直ちに輸出, 相並ん, 眼覚め, 社長小野高久良氏が, 神に, 突然叫ん, 素早く物蔭, 罠を

▼ れる~ (97, 0.1%)

15 のもの 13 はない 7 では 5 がない 4 である, です, ですね, でも 32 がある, じゃない, なの, はねえ

1 [30件] がありますだ, が有る, が無い, けのもの, じゃア, だからね, だが, だ出して, で, であった, であります, ですか, ですナ, で御座いますが, で斯様, で日本, なのね, になつ, にはゆかぬ, には行き, のものぢ, のわからない, はありません, はあるまい, はなかつた, はなく, は有りません, は無い, もありません, もねえや

▼ れるほどに~ (91, 0.1%)

4 なりました 3 なった 2 その華奢, なって, 動悸を, 激昂し

1 [76件] いい心持, おびただしい数, お絹, こちらへと, すさみに, その困苦, その意味, それが, それほどに, たくさんも, たまらない思い, なったとき, なったの, なるが, なるには, また小さく, やさしい, ピカピカ光る, 世間ば, 人に, 仏像の, 作者の, 優しい響き, 充分な, 光や, 冒險味に, 冷やかな, 切り残した髪, 勉強は, 十分廣かつ, 変って, 多数の, 大急ぎで, 好く晴れ, 実に気の毒, 密接とも, 密生し, 御処置, 恐れたもの, 恥ずかしがる, 成つてゐた, 手の甲から, 榮えて, 横に, 殺気と, 汚い貯め, 江戸の, 濃い睫毛, 濃厚の, 物識らずで, 甘美な, 町は, 相撲の, 磨きさえも, 私の, 笑い興じて, 緊張しきっ, 美しい仏像, 美しく装っ, 苛酷, 言っても, 辛いけれども, 辛いの, 道, 違って, 遠からぬ, 重い夜露, 露骨に, 静まり返って, 顔色を, 風采が, 騒がれたしかし, 骨身に, 高い, 鬼気を, 黙念

▼ れる人間~ (91, 0.1%)

2 じゃねえ, に初めて, に特徴的, のよう, の中, の数, はあらゆる

1 [77件] がいくら, がいずれ, がそれぞれみんな, がたいがいどれ, が位負け, が入込ん, が多, が憲政, が自分, が貼紙, が首, こそいい, じゃない, だけが知ってりゃ, であった, である, でないこと, ではない, ではなし, でわし, というもの, という観念的なみかた, との関係, と同じ, と相談, などというもの, なの, なん, にこの, にこんな, になる, にはなかなか, にも古, に変っ, に生まれ, に見え, に逢つて, の, のする, のまあ, のもっ, のやう, の力, の密度, の方, の機械化, の生活, の社会現象, の社会生活そのもの, の種類, の笑い声, の自由, の苛烈, の身, の運命, は, はあく, はありませう, はない, は国, は皆馬鹿, ほど不運, ほど怪しい, ほど破, まで出, もあまり, もある, もいます, も放り出し, も有る, も滅多に, も等しく, や文化, よ, より重い, を取り返そう, 当然な

▼ れるのみ~ (89, 0.1%)

5 である 4 だった 3 であ, であった, では, ならずその, ならずまた 2 でなく能力, ならずそれ, ならず更に

1 [59件] その路, だ, であったが, であつ, であり, であるが, である独り浅間山, でした, でない怪美人秀子, でなく他方, でなく内, でなく彼, でなく数, でもう, でヒダ, で一般民衆, で云, で俺, で個人, で其終焉, で内容, で午下, で只, で建物, で敵, で真理, で表象, ならずかえって, ならずきっと, ならずそういう, ならずよそ, ならずわが, ならずチベット, ならず丈夫, ならず不審, ならず世界的, ならず人間, ならず他, ならず兄, ならず前例, ならず古く既に, ならず多く, ならず大工左官, ならず少く, ならず屹度貧, ならず往々, ならず後年, ならず拾得物, ならず旅行券, ならず暴風, ならず武士, ならず海, ならず社会的現象, ならず竜王, ならず親身, ならず麓, なりし頃, 來歳は, 越後街道を

▼ れる~ (89, 0.1%)

4 だった 3 だ, ではない 2 ではございません, と女

1 [75件] かも知れません, がいた, がかれ, がこの, がやつ, が一人, が云った, が伴, が来, が死んだ, が求婚, が片手, が男ずく, が縛った, が縛つた娘, が見送り, じゃない, そして由子, だねえ, だの, だの女, だの法師, だよ, であった, でありその, である, でなかった, でなければ, ではあった, でロクロク座敷, とは一体, と家令, と才男, なの, ならどんな, なん, になった, に会った, に僕, に取, に取っ, に早く, のたしかに, のほう, の二人, の児, の声, の小屋, の常, の幸福, の幻想, の真実性, の真心, の紅い, の素裸, の衣服, の貴族的平民振り, はかえって, はこっち, はその, はそれ, は亀みたい, は亀井戸, は何, は例, は多量, は河原町, は独り者, は糠パン, は薄情, ふと見れ, へあてた, もある, を見つめ, を診察

▼ れる言葉~ (89, 0.1%)

9 の美 6 である 2 のうち, の中, の色調

1 [68件] があった, があつ, がある, が何と, が多少, が対等, が生活そのもの, だ, だけでも知っ, だと, だ俳優, であつ, でなければ, ではあるまい, ではない, とかをときどき, としての, としての枝葉末節, と書かれる, と読まれる, なの, に, にはその, にも片方, に大衆, に属し, に答えた, に至っ, のあいだ, のあらゆる, のよう, のイノチ, の効果, の口真似, の審美的, の幻象, の数, の棘, の美し, の表現, の魅力, はいつ, はすべてなん, はそれ, はなく, はま, はわれわれ, は一つ, は恐らく, は独り彼女, は都会, ほど昔風, もなかなか, も夢, よりも, をきいた, をぐんぐん, をつかった, をばかの, を予想, を云う, を感情的, を採用, を期待, を続け, を聞い, を聴き分ける, 聞かれる言葉

▼ れるたび~ (88, 0.1%)

4 にそれ 2 にいつも, にうるさい, に五尺何寸, に健三, に彼

1 [74件] しきりに酔, に, にいま, にいや, にう, にお初, にきれい, にさっと, にすべて, にそう, にその, になに, になにか, にひとつ自分, にます, にますます, にまた, にもうまるで, にもっと, によろよろ, にガンガン, にニャー, に一, に一晩, に一段と, に不快, に両手, に事実無根, に伸子, に例, に修養, に偉く, に利潤率, に前後, に劇, に博士, に古くさい, に台, に大丈夫, に嬉し, に子供ら, に安治川, に少年時代, に年代順, に復, に悲鳴, に慄, に書く, に書生, に正二郎, に気, に泣き得る, に泣く, に爆, に生々しい, に私, に編集者, に縞目, に美, に自分, に若い, に若者たち, に言いました, に起っ, に踊り子, に金, に降参, に青く, に顏, に養父, に馬, に鶏, 新介, 殺されるよう

▼ れる人々~ (88, 0.1%)

5 の中 3 の間 2 がある, である, の叫喚, の心

1 [72件] から一シリング, があらかじめ, がやはり, が一度, が公平並み, が各自, が少く, が恐ろし, が昨日, が片手, が遠方, だけの所有, と何気なく, と同じ, などにたいしてしか尊大ぶり, にかぎられ, にとっても必要, にとって民主, には生殖, には皆, には羨ましく, にまじった, によってさえ読まれない, によって近年, によつて地方生活, に少し, に最も, に語る, のうち, のため, のもの, のカメラ, のフィクション性, の人生, の写真, の名, の味覚, の後, の怒り, の意見, の懐い, の批判, の文学, の気分, の無, の眼前, の私, の足音, の醸し出す, の銅像, の門, の風格, はいづれ, はいわば, はかよう, はそれ, は上記, は先づ難有迷惑, は多少, は小林多喜二, は幸い, は更に, は皆, は親切, や傾向, よ汝等精神, をつど, を一人一人訪問, を一様, を責め, を除く, 大事業家

▼ れる~ (86, 0.1%)

34 がある 9 もある 5 があります 4 がない 3 が多い 2 があった, があつ, もあります, もない

1 [23件] あって, あること, があっ, があり, がその, がなく, が二三, が充分, が多かっ, が沢山, が用達問題以外, が確か, が非常, さえあった, はあたり, はある, は無い, もあり, もいくら, もところどころ, もなかっ, や拍子, 多し対照

▼ れる~ (86, 0.1%)

7 になる 3 であった 2 その方, である, になっ, はお, 漸く豁然

1 [66件] からだ, からの事, から窓, から篠, から透谷君, から青白い, すぐ下, すなわち文化八年, その刑事, だろうし, であつ, であるから, で樋, と存じます, などを選ん, に, にどこ, になった, になりました, になれ, にはいかに, にはかなり, にはそれ, にはポツポツ, には全く, には參列者, には多く, には彼, には時勢, には氷, には甥, にわたくし, に僧, に及ん, に同じ, に女史, に家, に有る, に松江, の写真, の年, の時代風俗画, はたしかに, はもう, は全く, は家, は正造, は気の毒, は私, は馬車, ほひ其処, また急, までその, までには柳田君, までを統一, まで一枚, まで今度, まで仲働き, まで外, まで庭中, も夜更け, より人出, を, ガタン蔵屋敷, 始めて典獄, 突然全く突然老爺

▼ れる通り~ (84, 0.1%)

9 にした 8 である 32 です, になつて

1 [60件] おごった気持, かも知れません, この際, じゃ, その第, その部屋, たった今富さん, だった, だよ, であったとしても, であつ, であるが, ですたった, でその, で私, どんな恩人, にこれ, にし, にしました, にすぐ, にする, にその, にて魏, になっ, になつ, にシャボン玉, にリリー, に世話, に同, に坐り込む, に娘, に平然, に引廻, に指, に流され, に白地, に約束, に聞い, に酒, に音表文字, のもの, の推論, の文句, の方角, の気, の男, の経歴, の自供, の蔵, の金, を, を日本橋, 全く冷泉院, 大きいもの, 大そう, 小茶ちゃん, 揉んだり, 本当に襲撃, 結ぶと, 美しい優しい姿

▼ れる~ (83, 0.1%)

24 せう 15 あらうが 9 せうか 5 せうが 4 あらうから, あらうこと, あらうし 3 あらうと 2 あらう, あらうところ

1 [11件] あらう一切, あらう何等, しようがしかし, せうからね, せうがね, せうし, せうでも, せうなどとも, せうに, せうね, 何うにも

▼ れるよりは~ (83, 0.1%)

2 ましだ, まだその, 黙って

1 [77件] いっそここ, いつそ, いままでの, お前さんを, きらわれたい何とか, この秋かぎり根絶, この船, こんな状態, ざっくばらんに, その拒絶, そッちの方を, どれぐらい, はるかに, ほめられる方, ましだろう, ましだッ, ましである, まずまず法律, まず腹, まだまし, まだまだ苦しく, まだよかっ, まだ始末, むしろ, むしろあなた, むしろ残忍, むしろ狂人, むしろ驚ろか, マシだ, マシである, 一層祖父, 上古の, 世話が, 人に, 人間に, 侍に, 優しであろう, 公然と, 労働賃銀が, 君の, 地方銀行により, 増しだ, 多くひろく深く, 大びら, 奥様と, 好いじゃ, 始末が, 寧しろ, 寧ろ山, 寧ろ怒っ, 少し手数, 屋根裏へでも, 当人の, 忌わしい離婚沙汰, 怯気が, 数倍も, 暫く故国, 殺されること, 気心も, 決して痛く, 沢山お, 泥棒の, 父と, 當人の, 痛くない, 知らない人, 祈祷を, 福松の, 箱の, 素戔嗚も, 罪人と, 腹を, 芸術家が, 荒く抱愛, 走り出したの, 金庫を, 黙つて

▼ れる~ (81, 0.1%)

3 あり, 可愛く第, 寧九尺二間でも, 心わるき 2 よかろう, 残念と

1 [65件] ありゃあし, ありゃア, あるもん, あれど, いかがかと, お前の, かれの, これが, これに, これ倶に, さすがに, そのはず, それは, た, ないもの, ない間柄, なかりき, なぜ空中, のらは, のらよ, また争, もと, よい, ようだ, ようです, ンかいた, ンだ, 二寸斬られる, 五月の, 今は, 俄に, 其の根本, 口惜しくようやく, 同じこと, 同じだ, 同然です, 喜ばれないも, 單純に, 多くはや, 多しおのれ, 実際においては, 寺院と, 帰途船中黒奴は, 当り前じゃ, 彼を, 心の, 心外と, 我慢しました, 救はれない, 有れど, 未だ室, 村道なれ, 毒虫に, 清めるも, 無い間柄, 無理は, 知れず此, 知れない真, 知れませんた, 知れません二十七日, 知れません真, 程が, 辛かつ, 近来一再では, 長くは

▼ れる~ (78, 0.1%)

3 に, にその, に私 2 にいつも, にお, にどうしても, に嬉しく, に彼, に心, に悪く, に頭

1 [53件] が甚, にあちらこちら, にいろんな, におれ, にお節, にそれ, にそんな, にただ, ににこやか, にひやりと, にびく, にむき, にわれと, に一度, に二人, に何, に何故か, に児供, に右, に名刺, に嘔氣, に夜, に妙, に寒心, に小さく, に幾らか, に当る, に御, に思はず, に悲しむだ, に昔, に曖昧, に次, に歪んだ, に歯, に気, に涼しい, に焼けた, に物凄い, に犬, に眉, に真佐子, に眼, に笑顏, に胸, に能書, に舌打ち, に表情, に裏切っ, に見慣れた, に身悶え, に魂, も深く強い

▼ れる~ (75, 0.1%)

6 となった 4 ではない, になっ, になる 3 になった 2 ではございませぬ, となっ, の心

1 [48件] かしれぬ, から離れ, が百姓, じゃ, だから, だという, で, であった, であった故, であつ, であらう, でいられた, でないの, でなくても, ではありません, ではございません, で囚人, で酒興, とこれ, としては気, となり, とはてた, と親, なので, なん, に, にしてやる, になつ, になりたい, になれたなら, には, にはなつ, にも駅路, に一刻, に成つて御覧, のうえ, のこなし方, のほう, の吾, はたまらない, はつらい, は楽しい, よりあ, よりも待つ, を, を寄せる, を寝室, を考えなかった

▼ れるとか~ (74, 0.1%)

2 いって, 云ふ, 猛烈で, 町内の, 雷火に

1 [64件] あるいはいつ, あるいはその, あるいは食物, いうが, いうの, いろいろに, えつて, この世で, されないとかいう, すべての, するの, する夢, すれば, そういうこと, そういう場合, そのほか, それは, そんなこと, そんな動詞, であれば, でかなり, でこの, でなければ柵, なくといふ, なんだかそんな, またあなた, またながし, または両, もしくは敵, ッと, ロダンの, 云うので, 云うよう, 云う気, 云って, 云つて御, 伺いましたが, 何かしらずつ, 何とかしなけれ, 何とかで, 何國かの, 動かされると, 又拒まれね, 友達と, 在来の, 城太郎が, 天皇の, 奪はれる, 奪われるとか, 女の子が, 放心とか, 救われたいとかいう, 日本の, 本科生は, 朱に, 死んで, 殺すと, 決してただ, 種々の, 聞きまして, 足利尊氏の, 酸と, 鼻の, 龜井戸を

▼ れる~ (74, 0.1%)

11 がし, がした 8 遣は 7 がする 4 遣ひは 32 がしました, にはならない, のした, もした, 遣ひも

1 [20件] かな, がします, でいた, でこの, で其の, ならば, なんかみじん, にどうしても, になり, の弱, はさらさら, はしない, はない, は有, もされ, もしない, もする, 振さえ, 有りて, 遣が

▼ れる~ (74, 0.1%)

2 と対等以上, なら此, なら歸, に因, の価値, はなく, は皆, も変る

1 [58件] から不二, がすべて子供, がない, がわれわれ, が同じ, が多い, が挙げられた, が神其物, が見えはじめ, が転がっ, さびた姿, では, とに必然, との対立, とは物, と同じ, と民間, と適用, なの, ならこの, なら喜ぶと, なら帰るでは, に及ぶ, に対して監視, に至る, のない, の中, の分量, の形状, の競爭品, の考え方, はつくる, はない, はなし, はねえ, はみな同一, はキモ, は皆これ, は皆それぞれ荷作り, は肥えたる, は電灯, ばかりであっ, までもお, もありゃ, もいずれ, もまたは, も又は, も多く, をのみ愛好, を作る, を又, を強い, を生ず, を着, を素直, を除い, を雛, 即ち底

▼ れるまでに~ (72, 0.1%)

2 どれだけの, なった, なって, 今日までの, 手の, 生々と

1 [60件] お松は, お母様や, お艶, かなり日が, この問題, して, すっかり冷静, その小さな物, その正当, ただ滑らか, とりかわされた書簡, なった生れ, なつた, なつて, ならないうち, なりました, ぶるぶると, もう安吉, やっとなっ, イミテーション物が, 一度も, 一時寿蔵を, 一般的通用を, 三つの, 三日経ちました, 予に, 仕事に, 何人の, 内外から, 力を, 同人に, 哀しかった, 変った事, 完成され, 彼の, 成って, 折檻され, 旅慣れ, 澄渡って, 炎天の, 百合子は, 真剣だった, 立身を, 縁遠くなっ, 考えられて, 腐り落ちて, 至らず矛盾, 至らなくとも, 至るであろうこと, 至れば, 若い亞米利加人, 西洋特に, 規則正しく波動, 赤かった, 身心共に, 轟々と降りしきる, 近づいて, 運んだ, 集めること, 鮮明の

▼ れる一つ~ (72, 0.1%)

5 の理由 4 の原因 3 の事実 2 の仕方, の大きな

1 [56件] である, でも可, なり, の不幸, の世界, の事件, の例, の出版形式, の力, の可能, の哲学方法, の契機, の広大, の座席, の影, の思い付き, の感想, の成案, の手ぎわ, の文化的態度, の文学集団, の文芸, の明, の時代的必然, の有名, の根本的, の根本的欠陥, の案, の樣式, の機会, の機能, の流れ, の点, の物体, の現象, の病的, の発光現象, の眼あて, の社会的雰囲気, の空想, の立派, の節, の緒, の美しい, の要素, の観点, の記事, の論文, の近代的悲劇, の造形上, の道, の道具, の関係, の顔, は馬琴, を選

▼ れる場所~ (72, 0.1%)

7 である 3 ではない 2 で焚つけ, なの, へ, も痛

1 [54件] があった, がどこ, がなけれ, がわかつ, が寒い, が恐らく, が有る, が無く, が生活, が異, じゃねえそれ, だが, つまり地球, であ, であった, であつ, であると, ではなかっ, では無い, で甲, とそれ, と同一, などもありません, にうずめ, におくるごとし, については, には銀色, によって品位, によつて, に突き出し, の付近, の方, はどこ, はない, はなかっ, はねえ, は正確, へいっ, へかかった, へその, へわれら, へ何, へ近づく, まで入っ, まで出, もある, も客間, も極, も段々, をせばめ, を我々, を確かめた, を示す, を説明

▼ れる恐れ~ (70, 0.1%)

31 がある 7 があった 5 があります 3 はない 2 はまあ, もある, もなく

1 [18件] がありました, がない, がなかっ, が少ない, が有る, だってなく, なく安全, なしに, のある, のため, はあった, はありません, はないだろう, はなかっ, はなく, もあり, も敵, を抱かなかった

▼ れる~ (69, 0.1%)

3 金持の 2 なる量, ものを, 名物の, 地震は, 庄屋の, 泥棒が

1 [54件] カフェーの, 下手切り, 中心へ, 伽藍日蓮上人最初轉法輪の, 倉庫の, 先達自身でも, 公使館の, 名人だ, 嘗宮は, 夜会の, 富豪の, 山脈や, 岩窟が, 峭壁を, 床子の, 御酒に, 慈悲さ, 技量ある, 文司仙元, 旅館が, 時計は, 条件じゃ, 板の間が, 構想の, 歌所の, 殿堂であった, 氣呼吸の, 氣運に, 泥坊が, 溝が, 濤に, 琴の, 田植には, 真珠の, 眼界は, 石内蔵之助の, 神秘僧, 窓の, 絶壁の, 著作などから, 規模な, 選手です, 選手も, 部分の, 都会の, 都會の, 銀杏の, 銭形が, 鎌である, 音響とともに, 饗などが, 饗をば, 饗宴の, 魚小魚寒い

▼ れる~ (69, 0.1%)

3 といふもの 2 がアキ, であること, の姿, はそいつ

1 [58件] が外, が平気, が歸, が沢田屋, が現代, さ, だと, であったが, であつ, である, で何, で実に, との關係, とを比較, と対立, と男, と藍色, と踏ん, なの, なんてどんなに, にはすぐ, には無論, によびとめられ, に出くわす, に対して男, のうち, のこと, のやり, の一人, の仕事, の児, の嗜好, の声, の性質, の懺悔, の方々, の晴衣, の服裝, の本能, の消息, の生活, の生活中, の髮, はよほど, は例外無し, は十八九, は多い, は大抵, は必然的, は江戸, は無慈悲, は馬鹿, もあれ, も子ども, や子供, よりも二つ三つ, をあれこれ, を蹴つけん

▼ れるかという~ (68, 0.1%)

6 ことが, ことを 3 ことも 2 ことだ, ことに, ことについて, ことについては, たいへんな, のが, 事は, 好奇心の, 段に

1 [35件] こと, ことで, ことであります, ことである, ことです, ことについての, ことにつき, ことによって, ことの, ことは, こと批評が, こと若者の, この事件, そのさま, それの, ような, 事じゃ, 事について, 事を, 冷たい事実, 切実な, 印象を, 反省であり, 問題を, 場合だ, 実例は, 実際上, 意味が, 料理の, 様子を, 現実の, 自然科学の, 訳さえ, 険しい世間, 顔付で

▼ れると共に~ (67, 0.1%)

4 逆に 2 あらゆる任意, 主体的に, 今度は

1 [57件] お俊, この事, この老人, この考, これを, その当然, ほとんど何, また在来, むらむらと, もっと痛切, より重要, メンデルスゾーンは, 一人の, 三転し, 世界に, 主観的な, 二十六歳の, 今では, 今は, 今までの, 今暫く, 仏寺の, 他方に, 他方客観から, 作家との, 俄に, 兼家と, 内部に, 前後も, 前髪を, 加重され, 基礎付けられる, 多少合点, 大略この, 実践を, 彼も, 心に, 悲しむべき道義頽廃, 政府筋の, 日本への, 東洋的自然観の, 殿様は, 水中に, 沖へ, 測らずも, 然しまた他面客體的存在, 片貝谷村, 生物的に, 睡りから, 秦の, 粘着力を, 自己本来の, 自身も, 超克される, 長く望ん, 頼朝は, 鼠は

▼ れる~ (67, 0.1%)

16 がした 2 がする, が時々, が聞えた, が聞える, が聞こえ, の世界, をきく

1 [37件] かいずれ, がかすか, がし, がしました, が呻き, が立つた, が聞こえた, さえも大目, さえ聞こえる, であった, であろうと, でさ, と, というもの, とでそう, とに雑, と人間, になった, に消され, に退く, のきれい, の聞える, の颯々, はかれ, は遅く, までがひたひた, まで何一ツ気, もまるで, をかすか, をも考慮, をクリストフ, をテッド隊長, を何, を再び, を立て, を耳, 打ち合う喚き暗澹

▼ れる時代~ (66, 0.1%)

4 が来る 3 であった 2 がきた, が来, だ, である, となつ, になっ

1 [47件] があっ, があります, がこの, がすぎ, が一日, が來, が到来, が参りましょう, が来よう, が来るだらう, が来るであろう, が遠から, でないこと, で像法, で東京近在, とは事, とは大変, にあ, においてこそ馴致, にことさら, にこれ丈, にさとろう, になつ, になる, にはたして, には家系, には楠公, に住ん, に文芸作品, に於, のなか, の急速, の日一日, の連續, の釈迦族, はこの, はとっくに, はまだまだ, はまだ多少, は過ぎた, への反動, まで持ち越され, も來, も来る, よりもまだ, よりも以前, をすでに

▼ れる限り~ (66, 0.1%)

7 に於 2 なき創造的活動, において認識, に於ける, の古い, の古代

1 [49件] いまだ人間, この専門的知識, そのうち, その人たち自身, ではかう, ではこの, では生れる, で戦争, なる程文献, においてのみ考慮, において仕, において將來, に於い, の一切, の事実, の人間, の出世, の大衆, の実践, の實踐, の対象一般, の山々, の感受, の昔, の病的徴候, の発展, の祖先生活, の第, の紳士淑女, の美しい, の速歩, の道釈, はその, はそれ, はね, は到底, は成される, は述べる, やること, をくべ, 全く無意味, 全然地主, 単なる還元, 古い時代, 同じ事, 当然一つ, 残るであろう, 疑うべからざる必然的, 知ろうと

▼ れるけれど~ (63, 0.1%)

2 しかし剛直, 女子は, 私は, 自分は

1 [55件] あながちそうでも, あんまり愚図, いかにも私, いただいて, こういうふう, この人, そのよう, その他には, その実, その時分, その間は, それから先, それに, それは, たとえば競馬, どうかしら, どれも, なんとなし, やはり彼等, よくあり, 事実は, 人間に, 今は, 今日は, 先ず大体, 其の所限り, 列が, 叱られて, 地面を, 天保時代には, 太閤だけは, 奴隷の, 子供の, 少くとも, 山県大弐様なんぞこそ, 平凡な, 幾ばくも, 彼自身何の, 日頃お, 未だ教会, 本当はその, 次に早く, 現在恥辱を, 真の, 私には, 綜合が, 腕力を, 自分では, 自然の, 若い娘さん, 計算する, 話の, 遠くに, 部屋の, 黒砂糖を

▼ れるかを~ (62, 0.1%)

3 知らない, 見て 2 示して, 見なければ

1 [52件] きくという, そう簡単, まだ必ずしも説明, 了解する, 予期し, 刮目し, 吾, 問い第, 問う, 女房に, 学びました, 学んだ, 宿題として, 寂かに, 彼女に, 心理的にも, 息を, 想像し, 推窮する, 更に深く, 気づいて, 注意し, 物語って, 監視せね, 知つてを, 知らず機械学, 知らせるため, 知らなかつたの, 知りたいその, 知りたいもの, 確かめるため, 考えて, 考え併せて, 考へて, 考慮し, 見せびらかそうが, 見たいが, 見ねば, 見ようと, 見ること, 見るであろう, 見出すべく再び, 見守ること, 覚えて, 覚悟し, 言わぬに対して, 計算し, 試驗する, 説明する, 調べて, 身が, 邪悪にも

▼ れる思い~ (61, 0.1%)

11 がした 10 をし 3 がする 2 があるで, だったが, とはこの, をした

1 [29件] うっとりし, からほそい, がある, があるでありましょう, がします, が胸, だった, だったの, だねえ, だッ, であった, でございます, でどうにか, でやりきれない, で一時, で困憊, で帰路, で梢, で源助町, で言葉, というところ, に似, に比べ, に迫られた, のお, のする, をしました, をよみこまれ, を致した

▼ れる所以~ (60, 0.1%)

17 である 4 のもの 2 かもしれない, であると, なの, なり, を解釋

1 [29件] かも知れませぬ, が此所, が茲, だが, であり林粛軍内閣, であろういくら, でこそあ, ではあり得ない, でもあった, でもある, でもあろう, といふもの, ならずんば, の, のもつ, はこの, はじつに, はすでに, はないだろう, はフォイエルバハ, は幾箇条, は恐らく, は茲, もそこ, もまた, を五分間, を示し, を説く, を説明

▼ れるあの~ (58, 0.1%)

3 相手は 2 方の

1 [53件] こととは, ことばな, こまかいなやましい而, ごくありふれた, さまざまな, まめまめしさ, りっぱな, オデュッセイア, コケコーコーの, ディッケンスの, ロケット機であった, 一種の, 一語に, 三重音の, 中に, 乱も, 伊之助の, 児には, 場所へ, 場面の, 大衆の, 子供の, 宣長翁が, 尊大な, 尊敬すべき, 形から, 後つぎの, 感じである, 感情の, 時の, 様子を, 此上も, 油断の, 淋しさ, 濫悩この, 狭い貧しい部屋, 男に, 白煉瓦の, 瞬間に, 神聖な, 美しいお嬢さん, 老龍, 芝居を, 若君に, 貴い心持丈, 賑かな, 踊り念仏を, 闇夜な, 院に, 雲の, 顔である, 高い山, 高価な

▼ れる結果~ (58, 0.1%)

7 になる 6 になった 3 となった 2 である, となる

1 [38件] いよいよ立派, たる不健康, だけは是非共あなた方, であるから, であろう, として彼ら, として或, として最も, として金次第, となつ, となり, と思われます, と私, なら生活困難, になっ, になつ, になり, になります, になるであろう, にほかならぬ, に陥っ, に陥る, のある, のみ, は同じ, は穀物, までの論理的道行き, やがて眼, を予測, を作る, を全く, を忖度, を招き, を招く, を有, を見た, を見ました, 現にジャーナリズム

▼ れる運命~ (58, 0.1%)

4 にある 3 にあった, を持っ 2 となった, になった, を持った

1 [42件] が男, さ, ぜひも, だ, だった長女, である, でせう, というよう, ときまった, として修正, とはなった, と見える, に, にあるであろう, におわっ, にさえ立ち至った, になつ, にめぐり合わね, に會, に立ち到った, に立ち至る, に置かれ, に置かれる, に陥っ, に陥った, に陥ゐるであらう, の人, の来る, の目論見, の神, は必然, は癪, をまぬがれない, をもたない, をもっ, をもつ, を免れぬ, を待っ, を有し, を眼前, を自分, を自覚

▼ れる機会~ (57, 0.1%)

4 がない 2 がなかっ, が女, が少く, が来た, のない, を得ました

1 [41件] があるだろう, があれ, がこの, がふえます, がまた, が与へられない, が二十年, が少なく, が来る, が殆, でもあれ, となった, にぶつかった, に佃, に到着, に渡来, の一つ, の到来, の多かっ, の来ない, はある, はない, はなかっ, は多かっ, は永久, もこなかった, もすく, をまったく, をもたれ, をより, を与えられる, を利用, を取り逃がす, を失っ, を得, を得ざる, を得た, を恵まれ, を持たれただろう, を犠牲, を生じた

▼ れる自分~ (57, 0.1%)

3 の姿, の心 2 の影, を感じた, を自分

1 [45件] がいや, がこの, がわからなかった, が又, が腹立たしく, だなどとは, であって, であろうと, でしかなかっ, ではないでしょう, というもの, にどこ, になった, に同情, に驚く, のこと, のみぢめさ, のよう, の五体, の声, の娘, の意志, の気持, の浮薄, の生活, の腕, の草地, の認印, の跫音, の領地, はどこ, は一体, は姉, は愛姉さん, は戀人, は物象, は随分, までがなんだか, よりも笑う, をどう, を不思議, を心苦しく, を懐しく, を見出す, を認め

▼ れる危険~ (56, 0.1%)

10 がある 4 が多い, を冒し 2 を避ける

1 [36件] からの号泣, があった, があり, がつきまとっ, がない, がなかっ, がなく, がまだ, が伴っ, が充分, が常に, が明らか, が生じた, が迫っ, さえあった, な状態, にさらされ, にほう着, のほう, はいちおう, は充分, は十分, まで冒し, もあり, もある, もあるだろう, もなし, も通常人, をも顧みず, を冒す, を少く, を感じ, を感じた, を懼, を気, を防ぐ

▼ れる~ (56, 0.1%)

7 になつ 4 な氣, になる 3 になつて, になり 2 なこと, に感じ

1 [31件] だと, ですが, でツイ, で信吾, で僅か, なかつがれてる樣, なもん, な丈, な事, な哀, な夏, な寒い, な心持, な極めて, な樹, な氣分, な經驗, な遠い, にころり, にしたい, にすゝめ, になさしめ, になつたの, になりました, にも思はれる, に勘次, に心, に手古奈, に腹, に進む, を宗助

▼ れるまでの~ (55, 0.1%)

3 ことは

1 [52件] いきさつは, ことだ, ことです, ことはねえ, ことよ, ことを, さまざまの, その間が, ほんのいち二日, わずか五年間, 一分間, 一刻小机に, 一年間われ等の, 主上の, 事だ, 事は, 事情だけを, 光景を, 全過程, 動機や, 十七年間に, 危険千万な, 四箇月間に, 女に, 希み, 情熱を, 成績を, 所は, 手数は, 手数や, 時の, 時期は, 暇つなぎに, 格闘の, 様を, 歴史を, 百年間ロシヤ側の, 短時日に, 細君の, 経過を, 苦勞の, 行程を, 話を, 詳しい事情, 長い間, 間あまり深々, 間に, 間には, 間は, 間を, 間皆は, 陳述は

▼ れるうち~ (53, 0.1%)

3 に作文 2 にお, にこの

1 [46件] が花, である, にあの, にう, にかれ, にそれら, にはこの, にはたえず, にはツイ其気, には時に, には逃, にひと, にふと, にまたまた, にもう, にも何となく, にも用意, にやう, にやがて, にようやく, にマダム, に主人, に初め自分, に召出された, に咲二, に婦人, に次第に, に死ん, に活動写真, に若旦那, に行っ, に諸君, に講義, に身, に関羽, の一人, の御, はその, はまず, は仔細, は教育それ自身, は文化, は米, は花, ふと欲, を持つ

▼ れる程度~ (53, 0.1%)

3 のもの

1 [50件] だ, であったのに, である, であるの, でおよそ, ですね, でで, でなお, となっ, において増殖, にしたがっ, にする, にその, になつ, には入っ, にほとんど, にまでするする, にも動物, に咏物, に我々の, に接近, に於, に東京, に程, に肥満, に自分, に見える, に進んだ, に遊仙窟, の, のおとなし, のかなり, のわずか, のシバイ, の仲間, の処, の崩れ, の年中行事, の成績, の熱意, の職業婦人, の金さ, はいい, は少く, は強い, までに達した, まで行つて, を最後, を算定, を表現

▼ れるとおり~ (52, 0.1%)

13 にした 4 である 2 だ, にし, になっ

1 [29件] あるいて, おそらく国じゅう, ごく大切, しぼられしかも, だし, であるもし, です, という面持, にいたしました, におとなしく, にじっと, にする, にその, にまた, にジャム, に僕たち, に刑事, に大地, に実際, に張り板, に終点, に茶漬, に見えた, の事態, の慈悲, の熱誠, 出かけること, 第二次大戦, 黙って

▼ れる~ (52, 0.1%)

15 はない 4 がない 2 で一人, はありません

1 [29件] い得ること, から正しい, がある, がございません, がなく, が最も, が確約, が神, が見えた, このおそらくは, ですか, で柿, などはない, に出る, に踏み入れる, のたて, はあった, はあるまい, はなく, は一つ, は一層, は對象, は絶対, へ踏み出す, もありません, もない, も文学, をたどり, を示す

▼ れるあたり~ (51, 0.1%)

2 になる, まで来た, まで登りつく

1 [45件] からこの, からは, から少し, から山県紋也, から怒った, から聞えだし, がどんより, が落ち, であるが, でこつ, で物凄い, で獣, との間, など, などは非常, にいつも, にぎゅっと, にたった, にツウラ沼, に一艘, に何, に全渓, に坐った, に壺, に就, に時計, に海, に真白, に真紅, に立った, に鶴ヶ岳, の不安, の床, の景色, の沢, は上, は聡明そのもの, へ出た, まで来, まで駆けすすんだ, をいくら, をおそろしい, をはじめ, を掘り始める, を船

▼ れる~ (50, 0.1%)

2 重苦しさ

1 [48件] があれ, がなかっ, が幸福, ぐずつて, その夫ゼウス幼児ヘラクレス, それからそこ, だけ本来的, に, にこの, には大概予, には自分, にまじっ, にもそんな, にもやはり, にも一つ二つ, にも幾度, にも文化, にも老, に久しく, に二人, に今, に古寺, に山, に彼, に故郷, に波, に薫, のみわれ身, の惡さ, の抜けた, はこの, はだれ, はとうてい, はなん, はにやにや, はまだ, はまだしも, はまだまだ, は個性, は始終, は百年河清, は隠し, もありません, も一句一句あと, も北条氏討伐朝権恢復, より髣髴, をおい, を五十分

▼ れるくら~ (47, 0.1%)

6 ゐで, ゐである, ゐの 5 ゐに 3 ゐ, ゐだ

1 [18件] ゐいらいら, ゐうまい, ゐが, ゐさ, ゐだから, ゐであります, ゐでしたし, ゐなの, ゐならば, ゐなら伴, ゐひつそり, ゐ喬木, ゐ嚴重, ゐ小柄, ゐ広く, ゐ櫻, ゐ習俗, ゐ近づいて

▼ れるそれ~ (47, 0.1%)

1 [47件] が, がし, がしみじみ, がイヤ, が世界観, が戦争, が故人, が源三郎さん, が蜜蝋, ぐらいにたじろぐ, であること, でもない, といふの, との間, とは等価値, と非常, ならば, についてはなはだ, に就, に当っ, に比肩, に細い, のよう, の支配, はお, はまた, は今, は先生, は天人, は足利, は鼠, までは辛抱, まで皇帝, もこの, ももう, よりは頼まれた, よりも一層, よりも取得, をいつ, をせめて, をよろこん, を正さう, を漁り尋ね, を知っ, を罵り, を聞く, を衷心

▼ れる~ (47, 0.1%)

2 もある

1 [45件] かも知れない, が多い, が多く, が幾ら, が沢山, だが, であ, であった, でありその, である, ではある, なども平生, になっ, になった, にはその, の, のたくましい, のブナ, の人, の外地, の少い, の森, の異臭, の社会的規定性, の神鳴り声, の科学発明王金博士, の芭蕉, の靴, はいと, はこの間アメリカ, はほとんど, はま, はまま, は余人, は多い, は多けれ, は少ない, は幾つ, は随分古く, は隨分, もあり, もなし, も多い, も有る, を挙げ

▼ れるころ~ (45, 0.1%)

4 であった, になる 32 である, また急

1 [30件] からどじょう, から谷あい, から頂部, じつになんともいえない, じゃない, です, とうとう二人, と思います, と思ひます, なりき, に, にね, には, には吉左衛門, には殊に, に大, に異境, はたいした, は妻籠本陣, は少し, は興味, ます, またし, ゆっくりおくび, ようやくそれ, 初めて墓場, 思いがけないところ, 思いがけなく千鶴子, 突然頭, 赤く大いなる

▼ れるふし~ (45, 0.1%)

13 がある 7 もある 5 があります 3 が多い 2 があった, もあります

1 [13件] があっ, が少し, が少なく, が決して, が玉菊, さえありました, だらさ, もあっ, もあつ, もすくなく, もない, も少なく, も感じる

▼ れる~ (45, 0.1%)

2 から我戀, であれ, なる緋葉

1 [39件] からしとしとと, から一体どうして, から我恋, だけである, ではなし, でも兄弟中, でややともすると, で瓦解以前, なれば, に, にあっ, にあらぬ, にいかなる, には今, には御, にも上方武士, にも多少, にも平安朝, にも既に, にホウトン, に山田, に数えられ, に斜め, に死ぬ, に母家, に漸く, に目立つ, に腐敗, に音, に鶉, の君, の春, へ加えられる, へ東, より暮れ, を押し分け, を笛, を走る, 見の

▼ れる~ (45, 0.1%)

3 の中 2 がある, の姿, の屋根, の木, の空気, は大抵

1 [30件] から嫁い, があった, がきれい, がす, が出来た, すらあった, であるため, であると, ではなかっ, なり, に僧, に生れました, のあらざれ, のみを襲い, の庭, の息子, の有様, の構造, の様子, の次男, は, はないでしょう, は少い, は少し, へははいれない, へ来る, も特に, をどしどし, をわざわざ, 鳴震動

▼ れる~ (45, 0.1%)

3 様子で

1 [42件] 不審に, 両所は, 主人を, 僧では, 劒と, 即位の, 城主の, 大言年の, 夫妻の, 夫婦には, 奉行様が, 奉行様の, 姿であった, 存在では, 宴会の, 容姿にも, 年寄に対して, 当人と, 心を, 心底は, 性分が, 所存か, 所存では, 政道の, 時世じゃ, 柱祭りは, 様子でございました, 様子に, 様子は, 樣子を, 燈の, 相談か, 精神を, 縁が, 縁で, 自分の, 良人に, 親子の, 言葉は, 註文の, 話を, 連中だ

▼ れる~ (45, 0.1%)

2 その私, の病院

1 [41件] がまた, が一度大, が鹿爪, しども, じゃない, だってこれ, でさえ嬉しかっ, とは思われない, なの, には一切, に取っ, に対して彼女, の代り, の周囲, の存在, の心, の新, の方, の耳元, の胸, の身体, の身分, の顔, は, はあの, はある, はいまこれ以上, はのぼせ, ははじめて, はガス, は楽しみ, は水, は私自身, は突嗟, は頭, もしばし, も悪から, も此頃, も辛, をその, を小三郎

▼ れる~ (44, 0.1%)

15 れが 10 がある 3 があります 2 がない, もない

1 [12件] があった, が甚だ, の生じた, はあるまい, はな, はない, はなくなった, は先ず, もあり, れあり, れの, れも

▼ れる覚え~ (44, 0.1%)

14 はない 5 はねえ 3 がある, はありません, はございません 2 がない

1 [14件] があろう, がなかっ, こそあれ, なんか, なんかありません, のある, のない, はございませぬ, はたった, はねえや, は無い, もありません, もなく, も無い

▼ れるつもり~ (43, 0.1%)

3 だったの 2 だった, でしょう, ですか, では, なの, のお

1 [28件] か, かそれとも, かも知れない, か明日, か知りません, じゃあねえ, だ, だから, だったん, で, であった, であったかも, であったらしくその, であつ, でいた, でいたら, でしょうか, でせう, ではるばる, でゐるらしい, で来た, としても, なん, になっ, のところ, はないでしょう, はなかっ, らしいですよ

▼ れるとの~ (43, 0.1%)

5 ことだ 4 ことである 3 こと, ことでした 2 ことだった, ことであった, 事だ, 事である, 説も

1 [18件] ことで, ことでございます, ことなかなか, ことに, ことひとつ貴方がたの, こと察する, ご諚, サア・マシウ・デカアの, 事で, 信念より, 噂に, 情報も, 挨拶が, 掲示が, 源七の, 確信に, 答えを, 風聞が

▼ れる以上~ (43, 0.1%)

2 はそれ

1 [41件] こうした種類, そして同, なにかたしか, に主張, に人間, に困難, に尼, に更に, に用心深い, のもの, の何者, の恐怖, の成果, の明察, の残虐, の気苦労, の穀物, の結果, の行, の資本, はおれ, はこの, はその, はまた, は他, は其労力, は家内, は小, は氏, は決して, は私, よほどなお, 一応読物, 主水正, 多分夫人, 当然責任, 必ずこの, 必ず大功, 止める気, 誓って, 面白く読ん

▼ れる~ (43, 0.1%)

2 があった, などはとうに

1 [39件] から以前, から帰ろう, から赤らめ, がこう, が強く, が手つだっ, が生れ, が胸, その地平線, であつ, ではいけない, でまた, といふもの, と人, と反対, と心, なしに, にむちうっ, のせい, の余地, の凱歌, の憐れ, の生々し, の矛盾, の秘密, はげに, は健全, は微妙, は血, ひらき, もあった, よりもおま, をこれ, をみた, を恥じしめず, を抑えかねる, を披瀝, を私, を隠す

▼ れるやら~ (42, 0.1%)

2 わたしが, 油の, 焔に, 皮を, 私は, 舌を

1 [30件] さんざんな, さんざんの, その隙, それでもおまえさま, それともお, それともどん, それは, でさんざん, どうやら, ほほう, む近寄り, やがては, 主計局長に, 何やらで, 何時の間にか死, 噛まれるやら, 大騒ぎでした, 打れる, 折には, 抱かれるやら, 押されるやら, 拙者は, 旧懐談やら, 暗殺される, 松田が, 熊鷹に, 知れんの, 羽織を, 解らないそう, 蹴られるやら

▼ れる~ (42, 0.1%)

7 がある 2 にも助太刀, はおそらく, は散々

1 [29件] がわれ等, が一番出世, が出, が汝, が無い, だが, でもない, ととる, など捨て, なん, なんてもの, には刺身, に違, の話した, は一人, は五十歳以上, は嫌がられる, は昔, もあります, もある, もあるまい, もまさか, も折々, も担がれる, も晒される, も食われる, をそのまま, を救おう, 全く骨身

▼ れるくらいの~ (41, 0.1%)

2 ことは, ものである, 名優だ, 大鯔

1 [33件] かなり低い, ことだ, ことで, ことに, この一流大会社, ところで, ところであろう, ところです, ひどい変り様, ものだった, ものであった, ものは, 三次それが, 事だ, 人格と, 人間と, 努力が, 厳重な, 品物, 器量よし, 子供でした, 岸でした, 強い牽引力, 愉快な, 時だ, 時扉は, 枝だ, 権の, 狭い横町, 田地を, 男の子が, 綿密さで, 贅沢な

▼ れるまでには~ (41, 0.1%)

2 いろいろな, かなりの, 寺社と

1 [35件] あまりに大きな, いかに長い, これから六十日間, それからなお半, それから大分日数, それから尚, どれほど, なお三百年, なほ多少, ならなかった, ほんのちよ, まだまだの, もとよりまだ大きに間, 一ヶ月も, 一年とは, 一時間ほどしか, 何秒か, 其の棚, 夥しい時間, 大分時間が, 如何に, 実に三世代, 実に二千年, 幾多の, 彼の, 征服者たち自身の, 成功し, 或は幾分, 無論數千年, 相當, 笹村も, 苦しい間, 随分と, 随分苦しまれた, 隨分時間もか

▼ れる人物~ (41, 0.1%)

2 がその, の輪郭, は

1 [35件] から奪取, が勢揃い, が歴史上, が活躍, が深い, が澤山, が自分, が選ばれ, さ, だった, でありながら, である, ではない, で無論, となれり, なの, に属し, のご, のなか, の容貌, の対話, の悲鳴, の方, の日本的特性, の桜, の輪廓, はいない, はその, はない, はトテモ生, は始め, を云いあらわし, を私, を質し, 乃至大

▼ れる様子~ (41, 0.1%)

3 が見え 2 である, なので, もなく, を見

1 [30件] がありあり, がお, がまざまざ, が考へられます, だった, であつ, であります, でお, でもあった, でもあつ, でやがて, でブルブル, ながら改めて, なく, などを心, にこの, になる, に君江, のある, はなかっ, は一向に, は見せなかった, もありません, も一向に, をし, をする, を形容, を快哉, を見せ, を見た

▼ れるとしても~ (40, 0.1%)

3 それは 2 彼が, 日本の

1 [33件] あとから, あの一冊, ある換喩, いやどうしても, こうした生存, この減退, こんな女, しかもなお金, すぐそれ, その事情, その場合, その意志, それに, またそれ, 之を, 原稿を, 吾, 大坂から, 少なくとも有明荘, 引き受けた仕事, 後者に関する, 性格的心理から, 演劇が, 生憎彼, 直にペン, 私に, 私にとって, 経験や, 芸術が, 薪ざっぽうや麦藁とは, 要するに科学, 責任を, 速に

▼ れる部分~ (40, 0.1%)

3 が多い 2 から直接, のよく, の山腹, も多い

1 [29件] が, があった, がある, が古い, が大きく, が實, が少なけれ, が殘ら, すなわち, だった筈, でだけ音そのもの, と地主, にたいしてはその, については大きな, に匹敵, に少し, の作家たち, の方, はすっかり, は云う, は大, は穀物, もある, もあれ, もこの, もなく, も有る, を打ち毀す, を減少

▼ れる~ (39, 0.1%)

17 はない 2 に道, はありません, はなかつた, はなくなる, は無かっ

1 [12件] ないという, にさばかり, にどうしても, にはどの, には別に, には道, には門内, に途, に通路, はあり得なかった, はないだろう, は無く

▼ れる~ (38, 0.0%)

2 である, には何, には前, に隣

1 [30件] だったの, だらうが, であった, であらう, でもあり, としか思われぬ, にある, にお出で, にかかる, にのみ生れ, には, にはま, には何物, には基礎, には後立, にコンダクター, に主, に可, に四分音, に在る, に城, に柴燈, に死ん, に神, に神格, に自由, に走る, に過ぎない, 却って奥ゆき, 少くも

▼ れる~ (37, 0.0%)

5 うです 4 うして, うだ 2 うたいして, うだから, うである

1 [18件] ういつた風潮, うすれ, うだが, うだぜ, うだと, うだよ, うであるが, うでお, うですな, うで僕ら, うで気, うで直ぐ, うで芝居一体, うな, つそく弔詞, などと云つて, ままた, よなか

▼ れる~ (37, 0.0%)

4 に私 2 に, に彼, に穴, クヲタアに対して

1 [25件] にあまり, にじゅばん, にそれ, につく, にバッタ, に一同, に上, に中, に中洲, に人数, に半, に半裸體, に只管勉強, に君, に天照大神, に姿, に富者, に弘, に必ず, に明るい, に次第に, に泣き, に百合子, に胸, に自分

▼ れる~ (37, 0.0%)

6 はない 4 がある 3 もない 2 のない

1 [22件] でもなかっ, などがあらう, などがあろう, などのあるべき, なんかありゃしません, なんかなかっ, なんかなかつた, の多い, の楽天性, の罪, の見える, の面白味, は, はあるまい, はないだらう, はないだろう, はなく, はなくっ, はわたし, は微塵, もあった, 怒れる肉

▼ れる資格~ (37, 0.0%)

8 がある 2 がな, が無い, はある, は充分

1 [21件] があった, があらう, があるでしょう, があるでせう, があろう, がいくぶん, といったもの, と考へた, なき者, のない, のよう, の検査, はな, はない, は十二分, をなす, をわたし, を失った, を持っ, を持つ, を自分

▼ れるすべて~ (36, 0.0%)

8 のもの 4 のこと 2 の貨物

1 [22件] からいつも, であつ, の不行跡, の事象, の人, の勝利, の影響, の悲劇, の意味, の手紙, の汚辱, の消費物, の物, の理性的, の租税, の穀物, の結婚, の罪, の薬, の製造貨物, の言葉, の音

▼ れる~ (36, 0.0%)

4 御である 32 が髪, ではありません, の影

1 [23件] がある, があるだらう, が三人, が二人, ごが, つ子, なり青年, のお, のこと, の仕事ぶり, の健全, の写真, の右, の女神, の身, は十七八, は皆醜婦揃, は返し, は違う, は随分, を創造, を最初, を私

▼ れるにも~ (35, 0.0%)

3 かかわらずその

1 [32件] あらず当らぬにも, かかわらずしかも, かかわらずそれ, かかわらず共通, かかわらず子供, かかわらず有れども, かかわらず木造, かかわらず欠乏, かかわらず運動, せよ従つて, せよ所謂, ライターを, 其許の, 及びますまいよ, 当らんじゃ, 悉く最大級, 拘らずあたり, 拘らずその, 拘らずまだ, 拘らず余, 拘らず存外, 拘らず実際, 拘らず本文, 拘らず決して, 拘らず軍部, 拘らず近所, 拘らず飽くまで, 拘わらず親, 気が, 等しい重大事, 関はらず, 関らず

▼ れる問題~ (35, 0.0%)

5 である 3 ではない 2 であると, であるという

1 [23件] がたとい, しか第, だからと, であったから, であって, であり大衆性, であるが, ではなかっ, ではなく, ではなくし, でもなかっ, で無い, で至急, というもの, になっ, に触れる, に面し, の総て, は何, は多数, は拷問火責め, は本島アイヌ, は決して

▼ れる~ (35, 0.0%)

3 になった, になる 2 となった

1 [27件] があっ, がない, が両方片手, この超越的, そのしみこみ, だから, であったが, でした, ではある, でやっと, で窓, で青葉, となっ, なの, になっ, になつ, に這入つ, の学生, の木函, はこれ, は修飾, は多様, をとつ, をとる, を崩し, を意味, を採った

▼ れるじゃ~ (34, 0.0%)

13 ないか 8 ありませんか 2 ないの, アありません 1 あたしは, あない, ありますまいか, ございませんか, ござんせんか, ないですか, アございません, アねえか, 少しの

▼ れるほう~ (33, 0.0%)

7 がいい 2 が多く, が悪い

1 [22件] から確率, がかなわない, がどんなに, がまし, がまだしも, が多い, でも, でよかっ, にとってはどう, にもそれだけ, の暴君, の男, の責任, の部屋, は人, は随分, へ覆面頭巾, へ足音, もこの, も手綱, も送る, も馴れ過ぎ

▼ れる~ (33, 0.0%)

2 で, にて

1 [29件] が, がした, がしました, がする, が却ってまるで, が揚がり, が答えた, だった, だねえ, であった, で彼, で甘え, ともつかない, なり, にハッ, に彼, のよう, の質等, はたいへん, はよく, は今, も沈ん, やかすか, をきいた, をすら聞きつける, を張りつけ, を私, を聞い, を聞きました

▼ れる~ (33, 0.0%)

1 [33件] がはじめて, にそんな, に一層, に計った, のユニツク, の主著, の事, の人國記, の側, の力, の国, の國, の居室, の情婦, の日影色, の本名, の沈黙, の父, の男, の蝋梅, の身, の顏, の魂, はおそらく, はやむをえず, は最後, は百姓, は胸, は飛び立つ, も白い, を生死, を見つ, 又強固

▼ れる~ (33, 0.0%)

17 れが 8 れも 4 れは 1 れさえ, れの, れを, れ少なく

▼ れる~ (33, 0.0%)

1 [33件] くり返した, その間に, はるかに, もとぶう, よく寝た, ソヴェト文壇の, 一度も, 三千代の, 両親の, 何も, 何人にも, 十時間以上の, 執念深く苦しめる, 小便も, 御存知なかったろう, 散歩した, 昏, 此榮譽ある, 淀橋で, 燃えて, 目を, 眠る, 着返ずに, 知らずに, 米劵で, 自分を, 行われる, 諸事苦情づく, 身を, 転ろげ, 防水上塗に, 鬪つ, 黙って

▼ れるお方~ (32, 0.0%)

5 の事 2

1 [25件] から密, が, がまあ, が人手, が料理屋, が本気, が関白職, この伊勢守, たとえ毎晩そち, だ, であります, である, でご, でしょう, です, ではありません, ではない, ということ, なの, にちがい, のほう, のよう, は木, やすこし, らしく私

▼ れるとともに~ (32, 0.0%)

2 茨の

1 [30件] あらゆる行動, この世の, せっかく鎌倉, ねたましくも, はじめて文学, また暗く, また松脂, また麗人, ソヴェトの, ワッと, 一隊の, 他方に, 刺激的な, 唐戸を, 基衡が, 堪へ難い, 幕府は, 従来の, 御内陣, 心の, 成績も, 新しく起こった, 熱心に, 物質によって, 異端視され, 皇后も, 私達が, 純文学は, 絶えず新しい, 親しい一人

▼ れるばかりに~ (32, 0.0%)

4 なって 2 なつて, なりました, 日の

1 [22件] その一人, その百歳, その肥えた, なった, なり而, ひらめいた, ワナワナと, 土の, 寝台に, 度を, 摺寄つて二人は, 真っ暗に, 突込まれた, 紅く見えました, 美味かった, 聞える, 胸の, 蝟集し, 見える, 鋭敏な, 露はに, 顔の

▼ れる大きな~ (32, 0.0%)

1 [32件] のを, 一部屋を, 仕事に, 口と, 四角い塔, 地所または, 坊主が, 塀右は, 寺院が, 島が, 島に, 座敷で, 深め, 潜水服を, 潰島田には, 片かなの, 猟犬が, 真鍮の, 箱が, 艀の, 蛇が, 蛇に, 蟹の, 財産や, 贅を, 部屋に, 金属球が, 長い舌, 門が, 防波堤が, 青銅の, 飾り皿すなわち

▼ れる貨物~ (32, 0.0%)

3 の価値, の価格 2 の製造

1 [24件] がもっぱら, でありあらゆる, であるから, であるならば, とに等しく, と同じく, と遅々, には及ばない, に対して及ぼす, の価格騰貴, の全量, の場合, の大, の相対価値, の総量, の貨幣価格, の高き, はなく, はほとんど, は低廉, は価格, は粟, をもっ, を製造

▼ れるごと~ (31, 0.0%)

3 に彼 2 に私

1 [26件] にいろいろ, にお, にさらに, にたいてい, に一々, に一たび, に一生懸命それ, に二〇%, に伊那, に伏見屋, に伸子, に係, に先生先生, に却って, に喜ばし, に大きな, に新聞紙, に気, に眼, に硝子窓, に行く, に行列, に転寝, に関守, に鼻, に鼻高々

▼ れる傾向~ (31, 0.0%)

10 がある 2 を持っ

1 [19件] があった, があり, があります, があるであろう, がこれ, がなく, が出来, が多い, が生じ, が見え, であっても, としては第, と見え, にあった, になりまし, の増進, もあった, もたしかに, を生じた

▼ れる性質~ (31, 0.0%)

11 のもの 2 の処世的, の女, をそれ自身

1 [14件] だから, であったし, で千穂子, で反っ, に外, の中, の人々, の美し, の若者, の難, はその, をそ, を先天的, を持つ

▼ れる人たち~ (30, 0.0%)

2 があり, があれ, は殆

1 [24件] からあどけない, から不快, がまた, が生じた, ことごとく可能性, だけがほんとう, です, にこの, にしばしば, のよう, の中, の務め, の歌, の為, はこの, は同じ, は小学, は老人, ばかりで, もあります, もすくなく, も大抵, よりは遥か, を幾人

▼ れる代り~ (30, 0.0%)

2 にこの, に時, に薄気味悪く

1 [24件] にこんど, にそれ, にただ, にはきつく, にわが, に世俗的, に他, に博愛, に受持っ, に哲学的, に寧ろ, に恐ろしく, に愈々, に愛撫, に概念, に歴史哲学, に社会主義的, に社会学的, に聡明, に腕, に自然科学, に苦笑, に質料, の世間體

▼ れる方々~ (30, 0.0%)

1 [30件] があったら, がそれだけ, がどういう, がない, が校長先生, で, であったから, であつ, であるから, などから憎悪, にお, にはお, にはこの, にもお話, にもちょっと, に一口, に読ん, のご, の大抵, の御, の総て, の集り, はその, はどうか, はどんな, は人, は今一度, もお, も私, をもよく

▼ れる道理~ (30, 0.0%)

5 はありません 4 はない, はねえ 3 がない 2 はあるまい, もなく 1 がある, がなかっ, が無い, である, でしいて, ではございません, と親心, はあり得ません, は昔, もない

▼ れる~ (29, 0.0%)

2 になる, のもの, の人間

1 [23件] からいう, からの意志, から一口, から旦那側, が人間学, ではあった, ではつい, ではもう, では自分, とでは立場, にぞくする, にま, にまわる, に在った, に立っ, のその, の下層民, の人, の人々, の創作自身, の方たち, の貴所方, は大体

▼ れる~ (29, 0.0%)

1 [29件] からそれ, が夜, が日本, だと, でさえ内乱, ですから, でのその, ではまことに, で無し, とそう, に, においてそれ, においてはそれほど, においては啻に, においては貨幣, においては農業, において貨幣価値, における一般物価, における貨幣価値, になりたい, になる, に居られる, に期待, に限定, の一般産業, の間, はない, は多少, もその

▼ れる子供~ (29, 0.0%)

3 の数 2 と三人, の侠気, の側, を無理

1 [18件] がすなわち, が今にも, が学校, が幸い, が男の子, にかえった, にこんな, にせめて, のお茶, のこと, のやう, の一人, の泣声, の苦しみ, はそれ, は気の毒, をすぐ, 積み過ぎて

▼ れる以前~ (28, 0.0%)

1 [28件] から古代人, から自分, この種類, さ, であります, に, には有り, には農業者, にもあらゆる, にヴィーン, に一人, に平素, に既に, に日本, に林, に米, に自分, に警察, に讀んだ, の事, の人類, の意見, の状態, の自然, の風景, は或, 恐らく顔面, 既にこれら

▼ れる可能性~ (28, 0.0%)

8 がある 3 のある 2 があり

1 [15件] があるだろう, がそこ, ができる, が一般, が多分, が示され, が認められる, が遙, の方, はあるであろう, もいよいよ, も一応, をもっ, を持つ, を生じる

▼ れる~ (28, 0.0%)

2 に, のささやき

1 [24件] および雪, か枯れし, がある, とは取り, にも飛, に口つけ, に濡らす, のあふれ, のこと, のさ, のよう, の唸り, の岐, の色, の面, の音, はその, は刻々, は大きく長く, も色, も都会, をかへさせ, を招, を真

▼ れるあらゆる~ (27, 0.0%)

2 友人たちを

1 [25件] 不正不義な, 動揺の, 同情と, 困難が, 国産貨物の, 場合に, 場合を, 外の, 実験結果の, 宿怨を, 意見に, 感情や, 手段に, 書物を, 欠点や, 死難よりも, 物は, 種類の, 缺陷や, 苦痛より, 観念を, 貨物が, 貨物については, 貨物は, 非文化性

▼ れるなどという~ (27, 0.0%)

13 ことは 2 経験は

1 [12件] いわゆる, ことが, ことには, ことの, ことも, ことを, 小さい事, 感情を, 折角の, 法は, 笑い話が, 話も

▼ れる~ (27, 0.0%)

2 なの

1 [25件] がよく, だけあっ, である, であるそう, であると, です, でその, といふ事, とし見ゆれ, と黒き, にかかる, のよう, の中, の先輩, の姿, の尖あらはれ, の尾, の尾の上, の峰, の懐, の空線, の麓, もある, や川, を物色

▼ れる意味~ (27, 0.0%)

2 がある

1 [25件] ありげ, がその, がわからない, がわかりました, が分らなかった, が誌, での, でのブルジョア作家, での他動的, での武士道, で今度, で近江, になる, に於, に語り伝えられ, の言語, はただ, はなくなる, はよく, は如何, をつきつめ, をもっ, をも含め, を失います, を重大

▼ れる覚悟~ (27, 0.0%)

3 をし 2 をきめ

1 [22件] だから, だったからと, でいった, でいなけれ, でした, でした事, でじりじり, でつづけ, でもあり, でやれ, で三度目, で出, で応対, で憲兵隊, で指揮, で貴方, で飲ん, という風, にし, らしく両手, をした, を決める

▼ れる途中~ (27, 0.0%)

2 で脱走

1 [25件] かは判らない, から影, この神崎, ずっと一つこと, だったって, でベッド, で原田さん, で大声, で彼, で橋飾り, で温く, で目, で縄抜け, で逃げた, ということ, なの, なん, にあった, に年, の一つ, の気持, も恐れる, も譫語, をここ, 御宅

▼ れる~ (27, 0.0%)

2 の消えうせ, の結晶

1 [23件] かも, が氷っ, が真正面, といっしょ, と真白き, なれば, に, になった, に似, に跡, の上, の九十九折, の固い, の大路, の如き, の影, の消えそめ, の猛威, の重み, の量, をかきつかみ, を示し, を風

▼ れるからと~ (26, 0.0%)

4 いって 3 云って, 言って 2 路は

1 [14件] いうもの, いう事, いっても, その頃, 云われるの, 他見を, 仰有, 喜んで, 姉御が, 少しでも, 父が, 答へる, 考えられて, 言う故

▼ れるって~ (26, 0.0%)

3 法は 2 ことは, 云うけれど, 云うん

1 [17件] いうけど, いったい誰, きいたもん, ことが, ことご存知ない, ことを, そんなこと, 一緒に, 云いますがね, 云うじゃ, 俺は, 叔父さんが, 意味じゃ, 本当かね, 言うの, 話よ, 誰に

▼ れる~ (26, 0.0%)

9 はない 2 に道

1 [15件] からの力, ないの, に連関, の一群, の座標系, の数名, の理由, の男性的領土, の祭, の諸, の貨物, の道, の電話, はあり得ない, はあるまい

▼ れる~ (26, 0.0%)

32 かな, だつたのさ, だ結構, になった

1 [15件] か, が迫っ, じゃない, だった, だったぜ, だったの, だつたぜ, だと, であった, でございます, ですわ, となった, になります, よ, を待っ

▼ れるかは~ (25, 0.0%)

2 少しも

1 [23件] いまの, おどろくべきもの, およそ見当, その時々, 人の, 例えば人々, 偶然的な, 僕の, 全体としての, 分りませんけれど, 判らないが, 別として, 別問題であった, 問題である, 存じません, 室内の, 少しく注意, 既によく知っ, 更に測り知られぬ, 最も私, 知らないが, 私が, 論理なる

▼ れるなど~ (25, 0.0%)

1 [25件] いい御, いうこと, いう誤解, これまでの, その御, なかなかデリケエト, 与り知らぬこと, 与り知らぬところ, 世人は, 云うこと, 云ふ, 寺田屋には, 心外千万でござる, 思ひ合, 怪しいと, 想像し, 文壇人としては, 旅情むごたらしい, 昔の, 武家政治はじまっ, 眼ま, 考える方, 見るも, 関係は, 陸海軍正反対の

▼ れる原因~ (25, 0.0%)

1 [25件] があるで, が存在, が幾つ, が潜ん, だったの, であったかも, である, であると, でしかない, で社会奉仕, となった, となり, なの, になる, にもなる, に乏しく, の一半, の心当り, はその, は彼等, は次, もそういう, をなし, を彼自身, を生む

▼ れる姿~ (25, 0.0%)

2 がある, だった

1 [21件] が優美, が出, が立っ, が西, が見えた, だどことなく, である, でした, です, ではない, で訪ね, として観察, となつ, なりとし, のため, はわけても, は同性全体, は惨め, を想像, を見, を見ました

▼ れる時期~ (25, 0.0%)

4 がある

1 [21件] から云っ, があっ, があるだろう, が来た, が来ない, が来る, が自己, が誰, です, ではない, としてリアリスティック, における諸国, になった, に入っ, に向っ, に逢う, に関するもの, はない, はやって来ない, を待ち望ん, を最初

▼ れる~ (25, 0.0%)

1 [25件] かも知れぬ, がきまつた, がひやかし, が纏まっ, が纒, でそれ, とはずっと, とはずつとち, などまことに, にこんな, についてなにか, についても神経, になっ, の型, の種, の続き, はドガ, は伝説, は伸子, は其, ばかりだった, ばかり多い, まで起っ, をきい, をきいた

▼ れるにつれて~ (24, 0.0%)

1 [24件] あるいは埋められ, この家, その利潤, それと, タルは, 一切事物を, 下から, 半間あるいは, 単にイスラム, 史実と, 地代に, 帆も, 形相は, 旧き大地, 明らかに, 睡つて, 私たちの, 私の, 私も, 糸巻は, 美しい風景, 自然の, 賑かに, 青木さんの

▼ れる時間~ (24, 0.0%)

1 [24件] が横, が近づく, そのあいだ, ではなくっ, といっ, といふの, と労力, と精力, などをきい, にし, に岩井, の一つ, の幅, の最小, の現在, の百年, の秩序, の觀念, の長, は私, やその他, を永びかさなければならぬと, を真実, を過した

▼ れる~ (24, 0.0%)

3 だった

1 [21件] があった, があり, がある, がふい, が出来, が生じ, じゃありますまい, だからね, だったが, で, な鋭い, に向っ, のあった, の寒い, は見えない, もある, もない, もなく, をおび, を作った, を生じた

▼ れる~ (23, 0.0%)

2 え, ッ

1 [19件] さ云え, たとい死ん, っ, ねえ君ら, ばかッ切っ先, まあ一杯飲め, ッて, ツ, ヤーイ, 不肖ながら, 今の, 以後たしなめ, 斬れるぞ, 早くおまえ, 源十, 生命が, 畜生ッ, 畜生ツ, 間違っても

▼ れるなり~ (23, 0.0%)

1 [23件] おもふ, この蛇, これにつき, する処, する時, せなか, と, といふ, ともかくこの, どちらかに, にそれ, に坂口, に揉まれ, に板戸, 事故で, 二人共警察へ, 人も, 出入の, 年季が, 我わが, 打ちくだくなり, 牢へ, 裏の

▼ れる一切~ (23, 0.0%)

2 がこの, の結婚, はつねに

1 [17件] のこれら, のもの, のヒューマニティー, の価値評価, の変化, の姿, の工藝, の差別, の弊害, の慣習, の映画, の理想, の生命, の脚本, の表現, の言動, の貨物

▼ れる心持~ (23, 0.0%)

2 がした, になっ

1 [19件] がどうぞ, がない, が多い, が自分, が読め, でバス, になりたい, になりました, のニュアンス, は一通り, は堪えられぬ, は決して, は節子, を今さら, を味, を思う, を或, を經驗, を自分

▼ れる気持~ (23, 0.0%)

1 [23件] がした, がする, が強い, だ, だった, でした, で冷めたくなった, で小屋, で相手, になっ, になる, によく, に追われ, のうち, はすこし, は殆, は自分, もベッキイ, も同じ, よりもいっそ, をはっきり, をもっ, を生じ

▼ れる~ (23, 0.0%)

3 です 2 であるが

1 [18件] いひこされたり, その賑やかさ, であった, であるから, ですが, なき運命, なので, にて別に, は私, またさしたる, も無し, を告げ, を承知, を知った, を聞き, を記す, 御安心, 或感動

▼ れる~ (23, 0.0%)

4 一の 3 一に 2 二の

1 [14件] 一は, 一影像は, 一流の, 一王朝の, 九シムフォニーだった, 九シムフォニーという, 二, 二回汎太平洋仏教青年大会に対して, 二次五カ年計画は, 二次五ヵ年計画で, 二次的人間として, 二種の, 五賞, 十の

▼ れる身分~ (23, 0.0%)

2 のもの

1 [21件] がほしい, さ, じゃあございません, じゃア, じや, だから, だつたの, でありながら, であるから, ではございません, ではない, ではなかっ, というわけ, となる, ならしたいの, になっ, になれたら, に立身, のせい, の差, やあれ

▼ れるかといふ~ (22, 0.0%)

3 ことに, ことは, ことを 2 ことも

1 [11件] ことすら, ことである, こと以外には, ところだ, 不思議を, 予想が, 事が, 事を, 問にも, 問題であります, 重要な

▼ れるだけに~ (22, 0.0%)

1 [22件] いっそう募っ, かうした錯誤, きまって, この齢, して, とても知恵, なった, なったの, ケイズ釣は, 一方不安, 五十を, 夫人に, 彼の, 彼は, 彼を, 江戸が, 決して全く別, 生きて, 私たちは, 自分は, 蛇奴も, 躑躅ヶ崎の

▼ れるといった~ (22, 0.0%)

11 ような 2 のは 1 おれが, のも, ほうが, ものでし, ものです, 形だ, 様子が, 風だ, 風情を

▼ れるどころか~ (22, 0.0%)

1 [22件] お前さん達は, かえって博士, このとおり貧乏, だんだんにな, むしろ笑い出される, 一層強固, 丁度その, 人に, 刑事の, 却って恐怖, 大虎, 定雄自身も, 実はまだ極めて, 年と, 急に, 或る, 持て過ぎて, 栄貴を, 次第に冷, 綺麗な, 肝臓の, 返り討ちだ

▼ れる世界~ (22, 0.0%)

1 [22件] がそこ, が我々, が拡がりつづける, その第, でありなんびと, である, であること, で今, で生き, に有名, の再建, は創造的世界, は暗く, は現実, は電車, へわたくし, を一日, を創造, を引き, を眞實, を觀念, 大哲人

▼ れる作品~ (22, 0.0%)

1 [22件] がそれぞれ, がとかく, が何故, が送り出された, であつ, である, であるのに, であろう, とはどういう, とは鉛, において同形同種, のうち, の一つ, の仕上げ, はたいてい, は今日, は少なく, は自分, もあります, をつくり出す, を細心, を自分

▼ れる~ (22, 0.0%)

8 れが 4 れは, れも 1 さで, れさ, れでは, れを, ろし, ろしい

▼ れる次第~ (22, 0.0%)

4 である 3 です 2 ではない, を哀し

1 [11件] でありました, であるが, でした, ですが, でみいり, でもございますまい, なるが, になる, に成っ, は汝, をきき

▼ れる~ (22, 0.0%)

5 でも人

1 [17件] が幾ら, が武人, である, ではなかっ, ではなく, とは違う, なので, に別れ, の一, の姿, の宮処, の様, の界, はどんな, はのろ自身, は偉い, をえびす様

▼ れる種類~ (22, 0.0%)

7 のもの 3 の人間 2 の人, の成功主義者 1 に属した, のホラ貝, の光象, の大衆, の新聞包, の行為, の軍事ジャーナリスト, ほど味

▼ れる習慣~ (22, 0.0%)

2 を持っ

1 [20件] があった, があつ, があり, がある, がお, が濃厚, だから, だつたが, であつ, であり従って, であり撲る方, です, とか又は, となり, になっ, のある, の芳江, の見え, や道徳意識, を知っ

▼ れるふう~ (21, 0.0%)

3 だった, であった 2 もなかっ

1 [13件] が見えた, であつ, である, であるのに, できれい, で涙, になる, にもとられる, にガラス管, に考えた, に見えた, もなく, を見せ

▼ れる一種~ (21, 0.0%)

2 の労働

1 [19件] が, の, のわびし, のマニア, のロケット, の事勿れ主義, の労働行為, の尊敬心, の文学的労作, の淡い, の物懷, の相対観, の綽名, の警告, の郷土舞踊, の雰囲気, の電磁波, の香気, の魅力

▼ れる価値~ (21, 0.0%)

5 がある 2 のある

1 [14件] あるばかり, があり, とがその, とそれ, とは同一, の増加, はあります, はある, は主人公, は商業的価値, をもち, をもっ, をもつ, を示した

▼ れる感じ~ (21, 0.0%)

2 だった

1 [19件] がある, がした, が不安, で, であった, である, であるが, でこの, ですが, でせう, でテルノフスカヤ, で震え, なの, なん, に堪えず, は受けず, もあります, もきつく, を味わい

▼ れる生活~ (21, 0.0%)

2 をし, を知らなけれ

1 [17件] が人間, が本道, が此, こそどんなに, だろうと, である, ではどんな, に置かれ, に適合, のこと, の中, の方, の根底, の習慣, はたたず, へと作家, もその

▼ れるばかりの~ (20, 0.0%)

2 檜の

1 [18件] いきおいに, はかなさ, ものと, 不規則な, 冷寒の, 処へ, 女です, 寒さ, 思索を, 滑らかさが, 無作法な, 真新しい真紅, 苦痛な, 葉を, 鋭い凝視, 閃光が, 雨を, 電車に

▼ れる事柄~ (20, 0.0%)

4 である

1 [16件] が構想, だった, であるが, ではある, でもなくし, で立派, にはなるべく, にも民譚, の中, の具体的学問的, の細か, の羅列, は私, も交渉, を全く, を残らず浴びせかけた

▼ れる今日~ (20, 0.0%)

3 だから

1 [17件] か明日, ですから, ですら, では到底, では旧慣, でもなお, にかえって, に天井, のシシダマ, の傾向, の工藝, の心, の日本, の時, は涼しい, まで小生, 未だに真に八紘一宇

▼ れる分量~ (20, 0.0%)

1 [20件] が少ない, とがそれ, とが租税, とは以前, と需要, には何ら, に対して手, に対し何らかの, に比例, に課せられる, の一部分, の三倍, は二五対四四, は増加, は市場, は決して, も少く, を, を三磅一七シリング一〇ペンス二分の一, を超過

▼ れる始末~ (20, 0.0%)

3 だった 2 だから, である

1 [13件] さなき, だったん, だつた, であった, であるから, ですもの, でもはや, でやっと, で私, となっ, なの, なので, になった

▼ れる婦人~ (20, 0.0%)

2 とがかけこん

1 [18件] か異人館, があっ, が家, でさして, となった, なく又, に目, のやくざ, の事, の享楽的権利, の功績, の方, の机, の物語, の生き方, の社会生活, は平生文学書類, も共に

▼ れる心地~ (20, 0.0%)

7 がした 5 がする 3 がし 2 であった 1 でありしかも, でそれ, はした

▼ れる方法~ (20, 0.0%)

3 である

1 [17件] がなかつた, だと, でそれら, というの, とても実にリファイン, には二つ, に苦心, の暗示, の闘争, はない, は現に, は皆此, は皆此二條, は竹串, もまた, を見附けよう, を述べたい

▼ れる若い~ (20, 0.0%)

2 男が

1 [18件] ひとが, シュールリアリストは, タイピストで, 女が, 女は, 女性が, 女性たちの, 女房たちの, 婦人さえ, 婦人の, 巡査も, 心には, 日の, 昔の, 時代の, 生命を, 男は, 西洋人と

▼ れる~ (20, 0.0%)

2 を施し

1 [18件] が沢山, さ, ではとうてい, で中流階級, には不自由, の分量, の薬, の袋, の頭, は叔父, は自分, ばかりは割合, も余程, も百両, や御料地, を, をそこ, を返さない

▼ れる青年~ (20, 0.0%)

3 は姿

1 [17件] が一人, が同じ, が大, と云う, にきいた, になつ, の, の二人, の四人, の団体, の顔, はしばらく, は伸子, は此, も長椅子, や若い, を近々と

▼ れるある~ (19, 0.0%)

2 一人の

1 [17件] ときという, ひと組の, ひは, ヨーロッパの, 商品の, 場所に, 小路の, 形式最後に, 意味では, 放浪の, 混成感前の, 秩序を, 種の, 証跡について, 質素な, 重要な, 集り茶話会の

▼ れるものの~ (19, 0.0%)

1 [19件] あの時, この主, これも, それが, それこそ, それは, また何, まだ又右衛門夫婦, もう今日, もしもっと重い, やはり心, 不思議な, 大きく宇宙, 如し, 本質が, 条件の, 種目の, 自然の, 質のより

▼ れる~ (19, 0.0%)

2 りか

1 [17件] きみなぞは, これや, そんなこと, たりの淑女, たりの者, つてわざと, どうも剣難, な薬, キャロライン, ワトソン君, 丈は, 今頃起き出す, 他は, 大事に, 学校でも, 心配せんで, 行人は

▼ れる一人~ (19, 0.0%)

2 の知らない

1 [17件] じゃ, だ, である, ですね, で丑松, のすぐれた, の少女, の方, の男, の者, の船頭, の若い, の貴, の赤ん坊, は着物, を辻中佐たち, 或は二三

▼ れる~ (19, 0.0%)

1 [19件] にあと, にお前, にまた, に人, に又聞き, に年, に店員, に打明け, に於い, に林, に栄養不良, に極めて, に第, に自分, に荒繩, に頼まれる, は全く, へ上, へ持っ

▼ れる仕事~ (19, 0.0%)

1 [19件] があった, がない, すらし, だ, だった, だと, だろうと, ではない, に対してたとい, に進もう, のこと, の生産物, の詰らな, の量, はない, は欄間, ほど行, もない, をした

▼ れる傾き~ (19, 0.0%)

3 がある 2 があっ, があります, さえある 1 があった, があつ, がない, が明らか, であった, で彼等, になった, のある, を有, を生じ

▼ れる~ (19, 0.0%)

2 になっ

1 [17件] になつ, にはつきり答, にほんのその, にヒヨイ, に二度, に出し, に切符, に包まず隠さず話す, に只, に旅館, に洗濯物, に私, に自動車, に行く, に雪江さん, に首, 大きな風呂敷づつみを

▼ れる~ (19, 0.0%)

2 であった, であつ, の蝉, の雨, の雲 1 だった, でございます, になっ, のこと, の御衣, の板の間, の睡眠時間, の退引きならない, は世の中

▼ れる時分~ (19, 0.0%)

1 [19件] この茶店, だった, でした, となった, に, にちょうど, にはぷッつり遊び, にはもう, にはもうだいぶ, には人民, には女, には彼, には旦那, には親仁, には鳶, に乃公, に何より, までわざと, 突然何

▼ れる気遣い~ (19, 0.0%)

7 はない 3 は無い 1 がある, のない, はございませぬ, はたしかに, はなかっ, は滅多, もない, もなし, も御座んすまい

▼ れる瞬間~ (19, 0.0%)

1 [19件] があった, がある, が來, が偶, が来た, だけは手前, でしたから, にあんなふうに, において砂地, にそこ, にも飛び起きられる, にウツ, にグッグッ, のうち, の処女, の教会, の通過, ほど彼, までいささか

▼ れる~ (19, 0.0%)

1 [19件] から人, から湧き起り, から漠々, から黄色い, で樹, にす, にも七人, に一つ, に一枚, に小さな, に平屋造り, に暗黒, に来, に聞えた, の安, の男, へ蜒, まで辿りついた, を書い

▼ れる~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの火事, そしておまえ, そなた, では客間, どこに, なぞと, もちこたえて, われらの, ア, ファッショ組合, 事を, 今夜は, 佐伯氏, 惑うな, 知らすな, 紅縮緬の, 足を, 酒を

▼ れるに従って~ (18, 0.0%)

1 [18件] いちいちその, いよいよ陣十郎, お里は, そのものに, その夏, それらの, だんだんと, やがて政治学, 一般の, 下剃, 各所の, 多くの, 娯楽を, 椀の, 皮の, 紙は, 総ての, 蝦夷の

▼ れる二人~ (18, 0.0%)

1 [18件] が不在, が自分, であろうが, で登る, とも幼, の中, の人物, の建築家アガメデス, の気質, の氣質, の火星人, の男, の老人, の話, の顔, はかえって, はすでに, は逸早く

▼ れる作家~ (18, 0.0%)

2 はフランス

1 [16件] が生れる, さえもあった, ではありません, にはこっち, にジョルジュ・ド・ポルト・リシュ, のぐるり, のもの, の側, の内, の或, の文学的, の暗示力, の物, の間, はやつぱりチェエホフ, も読者

▼ れる存在~ (18, 0.0%)

3 としての歴史 2 となっ

1 [13件] だったが, でしかあり得なかった, でなければ, ではない, とならざる, と存在, なので, に結び付ける, の全量, の根據, の領域, は存在, より全く隔離

▼ れる彼女~ (18, 0.0%)

1 [18件] が弟子, の体, の博学, の手, の方, の機略, の熱情, の肢, の視線, の面倒, の頬, はウクライナ娘, は今, は私, を嘲り, を彼女, を目, を知ろう

▼ れる~ (18, 0.0%)

2 にぞ

1 [16件] つい怨む, でもある, にある, にこれら, にすべて, にのみこの, に自由, に隠れ, に雲雀, 一方なほ實現, 個人的意見を, 先生の, 古くなる, 専ら夜旅, 指折れ, 非空間性

▼ れる~ (18, 0.0%)

3 である

1 [15件] が実に, だ, だが, と声, には, にもうたえない, のおもむき, の神, は列席, は歌詞そのもの, は詩, も出来, をかきいだ, を歌った, を院

▼ れる~ (18, 0.0%)

2 をあた, を見

1 [14件] が金茶色, ならね, にさ, には昼月, には銀河, に映じ, に熟みつはり落つる, に麥, の上遙, の曙, の気色, はどんより, を竜巻, 高く頻りに

▼ れる立場~ (18, 0.0%)

3 にある, になっ 2 にいる, におかれ 1 がなけれ, だった, だったが, として申譯, にい, におかれる, に陥っ, を経

▼ れる~ (18, 0.0%)

2 だつた

1 [16件] がない, だつたぞ, なくた, なれども, なれば, に, による, に來, に唾液腺, に歸, のスクリイン, へ來, まで走, より玉川上水分派, を上る, を汝

▼ れる身の上~ (18, 0.0%)

2 になっ

1 [16件] じゃあねえ, じゃない, だ, だが, だったの, だったらそれ, であつ, であるが, ですへえ, でもお, となつ, となる, ならいっそ, なら帰りたい位, になった, になるであろう

▼ れる~ (18, 0.0%)

2 に豈

1 [16件] あた, が例外, だの祝い物, のこと, の意, はあまり, は幾百年, は飲ん, も今, をぐい, をわりに, を探し, を盛りき, を飮, を飲むべくあるらし, を飲むべく有らし

▼ れるくらいに~ (17, 0.0%)

2 なった

1 [15件] うまく物, おのれを, きわだって, すり切れて, よく知っ, 人どおりの, 余分の, 十分に, 律儀一方で, 思って, 空は, 綺麗に, 肥ってる大柄, 足掻いたり, 零砕に

▼ れるんで~ (17, 0.0%)

2 せうて

1 [15件] お前の, げすが, このところ, せう, せうか, それで苅っ, それに, やりきれねえ, 今夜は, 刈つてし, 困らされてるん, 困るん, 御意に, 私は, 遣切れやしない

▼ れる二つ~ (17, 0.0%)

2 の結果, の船会社

1 [13件] であります, のもの, の合わせ, の姉妹感情, の小川, の時期, の概念, の租税, の運動, の金属, の領域, の風景, の駒

▼ れる~ (17, 0.0%)

2 なる量, 演奏会に

1 [13件] みどりである, 丘へ, 侍従は, 供の, 堂も, 桶の, 溪には, 父ちゃんの, 袿を, 部屋において, 部屋へ, 魚の, 魚も

▼ れる日本~ (17, 0.0%)

2 の文明

1 [15件] でたった, では少し, で唯, の侵略, の国情, の土瓶, の庶民, の文化, の民衆, の男性, の社会, の純文学, の者, の音楽, はきわめて

▼ れる美しい~ (17, 0.0%)

2 未亡人の

1 [15件] 何不自由ない, 夫婦の, 女が, 姫君の, 姿に, 婦人と, 少童, 曲だ, 様子で, 畫面を, 童話の, 色だつた, 芸者の, 薔薇が, 顔立ちに

▼ れる迄は~ (17, 0.0%)

1 [17件] どうかしたら, どうしても置き換えられた, やはりこの, わずかに, 一枚の, 不可能な, 兄の, 受けだされたこと, 大和が, 宅の, 寢て, 床から, 建仁寺の, 景教碑の, 気が, 牛だ, 自分の

▼ れるさま~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] の荘厳, はやはり, もなく, や勅ゆえ, を, を描きたれ, を示せり, を表, を見, を見よう, を見る, を見るべし, を語り給いき, 捧げ銃

▼ れるだけで~ (16, 0.0%)

4 あつた

1 [12件] ござります, なんにも, ほんとうに, よろしい和歌, 充分だ, 充分である, 寝起きも, 捨てては, 済むが, 済むならば, 解消は, 話は

▼ れるほか~ (16, 0.0%)

3 はない

1 [13件] ない, ないと, ならぬ食慾, に低地, に方法, に自分, の勢力, の焔, はありませんでした, はいかにも, はなかっ, は絶え, 覗くこと

▼ れる~ (16, 0.0%)

1 [16件] けで, けなら, けのこと, け働い, け胡魔化, しっかりした, である, です, でその, のもの, の内容, の広, の日足, の素因, の自ら, はし

▼ れる予定~ (16, 0.0%)

2 である, になっ

1 [12件] があった, だから, だと, だとかいう, であった, であったから, であつ, であること, でその, で全国ただ政治運動, で彼, となった

▼ れる先生~ (16, 0.0%)

2 の姿

1 [14件] にもっと, に向かっ, に見, のこと, の上, の口, の方, の気持, の言葉, の論文, は日本, もある, も土地, や生徒さん達

▼ れる~ (16, 0.0%)

2 にはお前

1 [14件] がある, ではお, にはなん, にはまだ, には仕方, には時間, には本職, には重けれ, の二合一勺, の埋め合わせ, の熱量, ははぶき, を三割, 前を

▼ れる~ (16, 0.0%)

1 [16件] がある, が僕, である, でございました, です, でなくば, という, にはむしろ, に買手, の名, はない, は図, は新年用, は見当たらない, も様々, を平らげ

▼ れる唯一~ (16, 0.0%)

2 のもの, の原因

1 [12件] の, の合理的, の問題, の国, の場所, の対象, の手段, の正当, の生, の色彩, の血路, の針路

▼ れる有様~ (16, 0.0%)

3 であった 2 となった

1 [11件] それでも同, だった, であつ, である, で人, なのに, を吐気, を小気味, を示し, を胸, を見せ

▼ れる相手~ (16, 0.0%)

1 [16件] か, ではなかっ, というもの, として薄, とは違う, に触れず, のうち, の前, の形状, の感情, はいつ, はきまって, は綿文, も, を嫌がらせ, を幸福

▼ れる~ (16, 0.0%)

1 [16件] きらめかし悽惨, きらめかし悽慘, くばりの, その歪める, で父, で透かし, なく一心, に映ずる, の仮感, の閃, は放たず, を凝し, を動, を屹, を花, を見

▼ れる社会~ (16, 0.0%)

1 [16件] だと, であると, でなければ, というもの, に正しい, の下, の富, の批判, の改良, の運営法, はついに, は吾, へと進まね, や国家, を建設, を意味

▼ れる見込み~ (16, 0.0%)

3 がある, がない 2 のついた, のない 1 が初めて, だと, で目下東京市中, はない, は絶え, もまた

▼ れる~ (16, 0.0%)

1 [16件] かも知れません, がござんせん, が新しい, じゃございません, だった, です, でもない, にもどこ, の色, の黄いろ, は, は宛然, は尊重, までが欠け, を見かけた, を見た

▼ れるからには~ (15, 0.0%)

1 [15件] きつと, きみ自身は, きわめて恐るべき, その作品, どうか, なおのことわが, もはや科学, わたしも, 十万が, 吾, 周到綿密な, 必ず何, 拙者にも, 有益な, 看護婦も

▼ れるせい~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, かある, かたった今, かわりによく, か月, か異様, か真直ぐ, だろうか, であろう, でしょう石像, では, でも, もあっ, もあるでしょう, もいくら

▼ れるやも~ (15, 0.0%)

3 しれない 2 しれません, 知れない 1 知れずまた, 知れないという, 知れなかったよう, 知れぬ, 知れぬと, 知れません, 計られぬ, 計りがたい

▼ れるゆえ~ (15, 0.0%)

1 [15件] かかる団体, すこぶる狭く, その前触れ, つい笑い, ではない, にこれら, にすべて, につとめて, にほっ, にますます, に一層, に没後, まずあそこ, もうしばらく相, をもっ

▼ れる一方~ (15, 0.0%)

1 [15件] だつた, であ, であった, である, ですな, で竪穴, にはいと, には藩士, に出た呟きだった, に毎日毎日相場, に理事会案, のもの, の戸, の生命群, は客

▼ れる~ (15, 0.0%)

4 になれ

1 [11件] ぞ, となれ, とはなった, と思ひ, に立っ, に考, の事, の佛像, の祭, の言の葉, の風潮

▼ れる~ (15, 0.0%)

1 [15件] で庄吉, で貸す, と美, に上河内岳, に充ちた, に反抗, に富む, に酔, の強, の相違, も小さい, をもっ, を感じた, を活用, を特別

▼ れる~ (15, 0.0%)

7 るもの 1 る一つ, る哲學的, る微妙, る特別, る異常, る装置, ラインを, 婦人雑誌主催の

▼ れる~ (15, 0.0%)

1 [15件] がこれ, が雨戸, である, ではあり, に不安, に載せ, のやう, の形, はない, は漸く, もあります, も足, や禿げ上った, をひつこめ, を握り

▼ れる新しい~ (15, 0.0%)

1 [15件] テーブル掛けの, 大小の, 成長への, 文房具はは, 民主主義は, 浪曼主義に, 現象も, 生活と, 矛盾な, 積極的原理は, 美理念と, 自我が, 農業農村生活への, 連合や, 道には

▼ れる状態~ (15, 0.0%)

2 なの, を大方

1 [11件] が今, だった, で暮し, となった, になっ, になり, に到らしめた, はある, をめざし, を出現, を理想

▼ れる範囲~ (15, 0.0%)

2 のもの

1 [13件] がすこぶる, が広い, でとりあへず, で一, と言つて, においては天才的, にその, に於, に止め, の各地, の広, の緩急抑揚, の縦横

▼ れる~ (15, 0.0%)

2 法則

1 [13件] 作と, 動作を通じて, 名士の, 商い物を, 商品の, 大名の, 宗派を通じての, 將と共に, 法則とが, 法則を, 社禁忌の, 藩の, 部分に

▼ れる~ (15, 0.0%)

4 である 2 であります 1 だ, でありますけれども, ですから, でせう, なの, には行ない, は無い, もない, もねえや

▼ れるぐらい~ (14, 0.0%)

2 だった, なこと 1 だから, であった, である, ですが, でとがめられること, なもの, なんでも, 洗い場も, 紳士であった, 英雄たちは

▼ れるこれ~ (14, 0.0%)

1 [14件] が出来る, が考察法, が苦手, による, はあぶない, は御, は急がぬ, は我国, は神様, は美しい, ほどつらい, も学問上, も苦海, を股引

▼ れるなどは~ (14, 0.0%)

1 [14件] けだしよくよくであったらしい, その著しい, まだいい, みずから恥ずべきだ, 全く異郷, 正成に, 皆暴動である, 眞平だ, 笑止千万である, 老臣方の, 自分には, 酒に, 随分ばか, 面白くなかった

▼ れるものぢ~ (14, 0.0%)

11 やない 1 やございません, やて, やア

▼ れる不安~ (14, 0.0%)

1 [14件] から虚勢, があった, があったらしく, がありません, がある, がなくなる, がガタガタ体, のため, のなか, の中, の徴候, の方, はけっして, を愚

▼ れる度毎~ (14, 0.0%)

1 [14件] に, にいつも, にこの, にみんな, に一応ドキッと, に一言, に他国, に以前, に墺太利側, に少し, に洗練, に端, に謝罪, に頭痛

▼ れる思想~ (14, 0.0%)

1 [14件] がその, が燎原, だから, です, なの, なり言説, によって生みなされた, によれ, に捉, の上, の偏向, の市場, の系統, をもっ

▼ れる~ (14, 0.0%)

1 [14件] からわけても, から浅草寺, がある, が多う, である, とてもなく, とて何, にも必ずや, に置い, に見る, のやう, もあるだろう, もない, を窺っ

▼ れる方向~ (14, 0.0%)

1 [14件] からもくもくと, から盛ん, におし, にめい, に二人, に徒費, に進み, の闇, へ腹這い, へ行く, めがけて, より投影, を望遠鏡, を示し

▼ れる時刻~ (14, 0.0%)

2 であった, ではありません 1 でない, とお, とかお, とかに, となった, にその, になっ, には老人, に内大臣家, を待っ

▼ れる種々~ (14, 0.0%)

1 [14件] なる塲合, なる洋書, なる経験法則, なる連想的機能化, な植物, な階級, のもの, のトリック, の他愛, の方法, の有益, の歴史的思想, の災害, の踊り

▼ れる~ (14, 0.0%)

1 [14件] と泡沫, のみぞ忍びし, のやう, の一つ, の絵, の雲, はあっ, はさぞ, はないだろう, は見る, また花, を束髪, を青い, 淋しく顔

▼ れる~ (14, 0.0%)

4 であった 1 が, であったから, であったが, には弁, の大将, は, は山, は御所, は改築, は自身

▼ れる長い~ (14, 0.0%)

5 暮しの 2 時間だった 1 巻物の, 旅に, 角ばった顔つきを, 週期で, 鎖を, 間の, 髪を

▼ れる~ (14, 0.0%)

1 [14件] がうごい, が清水, だ, だと, で鱗, なら何, のよう, の心, の種類, はいねえ, は小さい, は豊富, を焼き, を生きた

▼ れるおれ~ (13, 0.0%)

2 がにらん

1 [11件] がいる, がその, が世間, じゃあねえ, じゃない, じゃねえ, という奴, ともあろう, と思う, もこの, を向こう

▼ れるかに~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある, 似た思い, 存する筈, 就いては, 就ても, 思われる現状, 懸って, 疑ひが, 考へたん, 至ったの, 見えた, 見え一人一人, 驚かれるでしょう

▼ れるこれら~ (13, 0.0%)

1 [13件] と異, の, のもの, の三つ, の不幸, の印象記, の売買, の娘たち, の尊敬, の従業員, の情勢, の木, の顔

▼ れるそして~ (13, 0.0%)

1 [13件] このこと, この情意形態, それと, もとの, 却ってその, 夫が, 彼の, 愛せられる, 清々する, 私たちと, 私の, 而も, 雑誌にも

▼ れるたんび~ (13, 0.0%)

2 に, に代 1 にあたし, におれ, にこの, には坪内君, に下宿, に寝, に戸惑いしない, に苦い, に頭

▼ れるだけでも~ (13, 0.0%)

1 [13件] あらゆる屈辱, そこには, ちょっと耳, ないこと, またとない果報, 助かると, 幸福ね, 庄平の, 徳川の, 恐懼の, 相手の, 節子には, 詰りませんから

▼ れるなと~ (13, 0.0%)

2 思つた

1 [11件] いふこと, いらだたしい思い, タッタ今云った, 云って, 云つて思考の, 心付られ, 思った, 憎々しく言, 申しましたそれに, 皆蔵込む, 警告した

▼ れる人達~ (13, 0.0%)

2 の内部生活

1 [11件] がかう, が出, が姿, が私, でした, でも西洋人, に一層, の作物, の書いた, の間, ばっかりだった

▼ れる労働~ (13, 0.0%)

2 の分量

1 [11件] が増減, との真, と工業, の増減, の特別, の特有, の生産性, の維持, は国, をくり, をみつけ

▼ れる地位~ (13, 0.0%)

2 にある

1 [11件] がある, であるよう, でござったが, なの, にあります, にいる, にまで経登っ, に立っ, に立つ, に置かれた, を空想

▼ れる場面~ (13, 0.0%)

1 [13件] があつ, がある, だつた, で尊貴, とその, に従って或は, のない, はいずれ, はおもしろい, へ思い切っ, も全然, も数多く, を今日

▼ れる多く~ (13, 0.0%)

1 [13件] ない有効利用, の事柄, の作品, の地, の女性, の学者達, の感想, の文房具, の産業, の職業, の裁判物語, の話, の語

▼ れる感情~ (13, 0.0%)

1 [13件] があっ, がつよい, が多少, だった, と交錯, につかまれた, には堪へ切れぬ, の一般性, の傾き, の皺, は抑圧, を喪失, を経験

▼ れる~ (13, 0.0%)

2 らしい労働者

1 [11件] 傾向を, 刀鍛冶では, 動産資本, 区分法を, 學士傳へ, 文化建設の, 時代で, 時代の, 読者の, 資本を, 那智流の

▼ れる物質~ (13, 0.0%)

1 [13件] が原料, が持久性, が果して, が殘つて, が水, として細雨, とはある, は不思議, は依然として, は運動, を加, 即ち發光, 異なれる生活

▼ れる~ (13, 0.0%)

2 の本質

1 [11件] くしさ, でもない, にたいするよりもその, のいい, の価値, の多く, の要素, はかかる, はただ形, を見る, を説いた

▼ れる苦し~ (13, 0.0%)

3 さから, さに 1 ささ, さとで, さとに, さとは, さの, さよりも, さを

▼ れる~ (13, 0.0%)

8 えは 2 えが 1 えなんかない, えはねえ, がある

▼ れる~ (13, 0.0%)

2 りな, りに, り立派 1 の警戒, り, りだこれら, りだ余, りでありました, りである, りでは

▼ れる~ (13, 0.0%)

2 は, は一つ 1 なくぶる, の無く, の無くなっ, はない, はなお, は唯, を教, を教え, を通っ

▼ れる~ (13, 0.0%)

2 を示す

1 [11件] がこの, がヨオロッパ, が増加, すなわち一日, だけが物理学的実存, だけ創造, であるから, と供給, と同種, は僅か, より大

▼ れる~ (13, 0.0%)

1 [13件] その形式上, にあの, にその, にはわが国, には私, にも緩徐, にわたし, に普遍的, に苛責, に薫, に誰, の悲壯, 立って

▼ れる~ (12, 0.0%)

5 やない 2 やありません 1 きまへに, やある, やねえか, やろ, や有りません

▼ れるとかいう~ (12, 0.0%)

1 [12件] ことは, ことも, つもりで, なら筋, ような, 事である, 噂さえ, 噂であった, 噂の, 言葉が, 話でございます, 話の

▼ れるんぢ~ (12, 0.0%)

4 やない 2 やありません 1 や, やが, やとても, やと思ふ, ややりきれない, や見せ

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 がある, 小事件 1 と間, の場所, の岳, の溝, の熱誠, の物語, の點, 老松

▼ れる世の中~ (12, 0.0%)

3 となった 2 である, になっ 1 でございますからね, ではございません, ということ, に十五両, に武

▼ れる~ (12, 0.0%)

1 [12件] の世の中, の女学校出, の学童, の愉し, の感じ, の生活, の美術界, まで見た, も美しい, よりももっと, 余りのんき, 文尚書の

▼ れる以外~ (12, 0.0%)

1 [12件] にどこ, にどんな, にはいかなる, にはだれ, には殆ど, に意味, に新年, に雑誌, のこと, のやり方, の何物, の内容

▼ れる位置~ (12, 0.0%)

2 にある 1 にあった, にいない, になっ, になる, に厚, に奥千丈岳, の感覚, へ足, を保っ, を占め

▼ れる何物~ (12, 0.0%)

2 かがあっ, も見出す 1 かがある, かを憎み, かを持っ, かを蔵, でもなく, もありません, もなかつた, をも感ずる

▼ れる余地~ (12, 0.0%)

2 がない 1 があった, がある, が十分, が無い, なく納得, のある, のない, はあり得た, は十分, をつくりあげ

▼ れる前後~ (12, 0.0%)

1 [12件] からお, から生産機構, がない, この作家, にひどく, に山田美妙斎, の時刻, の關係, の騒ぎ, もう命, よりたちどころに, を中心

▼ れる可能~ (12, 0.0%)

3 がある 2 もある 1 がない, がなけれ, が非常, でない場合, をどの, をもつ, を見出した

▼ れる~ (12, 0.0%)

1 [12件] が今, だ恋しい, である, ともいうべくや, なの, にも想像, の持ち主百人, まえを, 探偵, 文章の, 旦中での, 裁判を

▼ れる土地~ (12, 0.0%)

2 の多い 1 である, であるならば, で開墾, となり, においてこの, に執着, の耕作, はほとんど, を含め, を除く

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 を見, を見た 1 だよ, である, でも見, なん, の世界, の中, の蠱惑, もある

▼ れる如く~ (12, 0.0%)

1 [12件] にあらゆる, になりぬ, にマルサス, に一切, に三人, に心許ない, に感じ, に永遠性, に相当, に紙幣, に谷村, に高い

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 の来る 1 ではない, の前, の増加, の影, の意志, の時, の猶, は却って, もあった, を奪

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 である 1 じや, だが, だと, ではない, とつた, になった, まで続いた, もちょうど, よ, を経

▼ れる~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるを, だが, であった, であるが, でないと, ではない, なし人, なの, の下, の悪い, の惡, を慕い

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 だ, というもの 1 がある, の宗教, の法則, の海, の理想, はエロース, は全然, を清める

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 の宵 1 であったから, になった, の夜, の日, の現象, の陽, の雪解, は必ずしも, を燒かん, 早き哈爾賓

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 もある 1 で宗教, となろう, なん, によってのみならず, のこと, の価値, の多く, の数, を知る, を買っ

▼ れる条件~ (12, 0.0%)

1 [12件] から離れたい, が整つて, だけを好み, ではないだろう, のため, の複雑さ, は見やすい, をもっ, を持ち出した, を決定, を沢山, を闘いとった

▼ れる~ (12, 0.0%)

1 [12件] のよう, の像法時代, の存在, の室, の対話, の岩, の文句, の時代, の者, の言葉, の響, の風精

▼ れる歴史~ (12, 0.0%)

2 であると, に転化 1 とは今や, に自分, の全, の根拠, の段階, の見, の記録, も夫

▼ れる~ (12, 0.0%)

4 がした 3 がする 1 づかひが, づかひの, づかひは, づかひも, を起し

▼ れる~ (12, 0.0%)

2 であった, となった 1 がひそん, が利休, だぞ, ともなる, なの, になり, になる, をまく

▼ れる立派~ (12, 0.0%)

2 なお 1 なお方, な体格, な墓, な小屋, な根拠, な派手, な田畑, な芸術品, な身分, な身装

▼ れる約束~ (12, 0.0%)

3 であった 1 があっ, ができ, だけし, だったじゃ, で大変, になつて, の許, をし, をもつ

▼ れる苦痛~ (12, 0.0%)

1 [12件] がどんな, がなくなった, で典膳, と家, と良心, のうち, の唸り声, は鈍く, も味, を平一郎, を感じた, を感じない

▼ れる~ (12, 0.0%)

1 [12件] からいえ, がいます, だけにその, ではない, には逃げられる, に燕, のむれであろう, のよう, の亡骸, の影, の羽, を落し

▼ れるいや~ (11, 0.0%)

1 [11件] それでは, どうしても御方, なもの, はや, もう平次, 君の, 噂によ, 夥しい畦, 居たに, 田舍醫者なら, 邪推では

▼ れるいろいろ~ (11, 0.0%)

2 のこと 1 な名前, な品物, な批評, な波長, の具体的, の懸賞募集, の放射線, の木, の話

▼ れるそういう~ (11, 0.0%)

1 [11件] ときの, 不誠意, 人間の, 吉之助様で, 変りかたな, 彼女の, 心持の, 性質に, 感じが, 突撃隊員の, 面での

▼ れるたち~ (11, 0.0%)

2 であつ, の女の子, の男 1 だからね, で昨夜, で自分, ね, の人柄

▼ れるときそれ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が自然, とともにひと, に於, は云, は単に, は單, は意識, は根本, は響き, を引き, 故に直接的

▼ れるとでも~ (11, 0.0%)

2 いうの, 思って 1 思うの, 思ったの, 思ったもの, 思ったらしくまるで, 思ったん, 申すの, 考えたの

▼ れるわが~ (11, 0.0%)

2 目も 1 はやさ, グレイロック山に, 友は, 君では, 国体観念の, 妻も, 心, 心この, 良人へという

▼ れる~ (11, 0.0%)

1 [11件] が岩層, に, に映り, の一ところ微か, の上, の香, はその, は主として, は大抵, をもっ, を求めたい

▼ れる地点~ (11, 0.0%)

3 まで来た 1 その山鼻, だ, でありそれから, に来た, に着陸, は分った, へさしかかる, を全速力

▼ れる女性~ (11, 0.0%)

2 の美し 1 があっ, だけはじっと, ではあった, にとってこれ, のどんな, の犠牲死体, は今, は全く, を一人

▼ れる御方~ (11, 0.0%)

1 [11件] からし, がある, がただ一人, が資格完成, とはなっ, のよう, の事, はあまた, は水, は特別, は第

▼ れる態度~ (11, 0.0%)

1 [11件] です, でそこら, でものの, の急激, は全く, は真心, は襟, や相槌, をそれ, を以てお, を示し

▼ れる文学~ (11, 0.0%)

1 [11件] が文学, である, なら文学, の可能性, の存在権, の意味, の責任, の間, は常に必ず, や評論, よりも歌

▼ れる権利~ (11, 0.0%)

2 がある 1 があり, があります, でもある, と資格, のため, ももたず, をもっ, を主張, を持っ

▼ れる~ (11, 0.0%)

3 になる 2 になっ, 取に 1 であったに, となっ, になつ, 取へ

▼ れる現象~ (11, 0.0%)

2 である 1 が之, が起りうるだろう, であって, と全く, と考えられない, はコーヒー, は決して, をできるだけ, を御存知

▼ れる~ (11, 0.0%)

1 [11件] でこれ, といふ石, のからびつ, のかわき, の端近く岸, はなかなか, は組ん, は道反, も泣い, や瓦欠, を動かし

▼ れる積り~ (11, 0.0%)

1 [11件] であるらしかったが, ですか, でやつ, で丁寧, で入っ, で奔走, で幾らか, で廊下, で覚悟, はない, は毛頭

▼ れる~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が見える, が重要, であった, として眼, にも描けない, の卑俗, は生き生き, をどうして, を見出し, を鞭

▼ れる老人~ (11, 0.0%)

1 [11件] がひとり, が出, であった, であつ, などがおどけ, には今日, に礼, の姿, は其眼, は鋸, やまた

▼ れる自己~ (11, 0.0%)

2 の二つ 1 がある, が家出, との二つ, の, の優越, の活動, を, を感じた, 偽瞞行為

▼ れる~ (11, 0.0%)

2 の黒い 1 か唇, づける皮膚, なく, の浅黒い, の白い, はなかっ, もなく, を美し, 有れど

▼ れる資本~ (11, 0.0%)

1 [11件] が一〇〇, が増加, が常に, が過剰, とが共に, との比例, の増加, の構成, の比例, はそれ, は外国貿易

▼ れるあなた~ (10, 0.0%)

1 が, が力, ご自身, ですからね, ではない, と離れ, には申し上げる, の着物, はちっと, や御

▼ れるおつもり~ (10, 0.0%)

3 ですか 1 か, かと聞いた, だったじゃ, で, でせう, なの, もある

▼ れる~ (10, 0.0%)

1 ようすは, 仁かとも, 仁かの, 器量じゃ, 好意という, 家中も, 様子じゃな, 様子では, 身分, 身分とも

▼ れるたびごと~ (10, 0.0%)

1 ころがり廻るたびごと, にだんだん, についに, に師, に急い, に新手, に眉, に筆, に親切, に雪車

▼ れるなどと~ (10, 0.0%)

1 いう, ただの, れいの, 思うという, 思つたら, 思はぬに, 感嘆する, 聞いたら孔明, 言いたてて, 記して

▼ れる事件~ (10, 0.0%)

1 がおきた, が彼, が起きた, ではございませんでした, でフランス国内, で大学生, の解決, を原稿, を記し, を記す

▼ れる事実~ (10, 0.0%)

1 がこの, が末広博士, と暗合, なども社会悪, なりと云う, は凡て自己同一的, は方程式, は飛鳥, を平静, を見

▼ れる事情~ (10, 0.0%)

2 があった 1 がある, にある, になった, に相応, もありました, もって, を前, を話し

▼ れる~ (10, 0.0%)

1 かである, かとりつき, かの指図, かの異議, か手前, とも云え, の理由, も, もなく, を言え

▼ れる光景~ (10, 0.0%)

1 に汗, に馴れ, はなかっ, は充分, は見る, や警察医, をもっ, を思ふ, を聯想, を評した

▼ れる~ (10, 0.0%)

2 體は 1 分量は, 國清酒品評會への, 州の, 濡には, 緑釉指掻紋の, 西班牙名家の, 過程の, 鉄道の

▼ れる~ (10, 0.0%)

1 がなぞ, で犬猫, について議論, に関する多く, はおおかた, もとれなかった, をもち, をやっ, を刑吏, を持っ

▼ れる動機~ (10, 0.0%)

2 を有 1 が純粋, となっ, になった, になつ, に付, は自分, を持っ, を現象学的方法

▼ れる品物~ (10, 0.0%)

2 に過ぎない 1 かそれ, かを研究, にはほとんど, の数, の状態, の詰つた手さげ籠, の配達, は工藝品

▼ れる~ (10, 0.0%)

2 の背後, は不思議, を見よ 1 が美し, だと, の中, はさらに

▼ れる対象~ (10, 0.0%)

1 が自分, と研究, に真理, の物質的再現, の領域, は実存, は宮中, もまた, も亦, を前進

▼ れる小さな~ (10, 0.0%)

1 台丘が, 子どもこちらは, 子を, 田舎家こそ, 老婆が, 蒲団を, 貴げ, 遺跡や, 部屋に, 鐘などを

▼ れる~ (10, 0.0%)

1 から愈々, には油然, には男子, にも未だ嘗て, に於, のこと, の噂, の方, までもなお, を追った

▼ れる手紙~ (10, 0.0%)

1 がそんなに, でないもの, という様, にもすぐ, の中, の代筆, は必ず, は日々二三十本, やはがき, よ

▼ れる最も~ (10, 0.0%)

2 大きな苦悶 1 低い意味, 特殊な, 甚だしいところ, 目立った能力, 絶対的な, 美しいカアネイション, 適切な, 陰気な

▼ れる木の葉~ (10, 0.0%)

6 のよう 1 が褐色, に雨, のごとく, の今

▼ れる概念~ (10, 0.0%)

2 の問題 1 である, ではなくし, の本質, は特殊, は至極漫然とさらに, も明確, を打破, を漫然と

▼ れる~ (10, 0.0%)

1 チーフが, 前座が, 商人は, 夫, 夫人が, 杉と, 武者にて, 科学者牧野富太郎先生われわれは, 虎で, 龍を

▼ れる自然~ (10, 0.0%)

2 の現象 1 にうたれた, のもろもろ, の完成, の憤怒, の数学的研究方法, の諸, は清逸, もしくは否定

▼ れる~ (10, 0.0%)

2 の音 1 にも無理, のなんと, のよう, の代表者, の奇妙, の如く, の心理, はそれ

▼ れる要素~ (10, 0.0%)

1 がそれ自身表象的, が他, が取り入れられ, としては保守主義, とはまるで, と数, なぞというもの, になつて, を完全, を持つた

▼ れる観念~ (10, 0.0%)

3 の問題 1 でそれら, の内, の定式, の幻影, は主として, をしりぞけ, を打破

▼ れる証拠~ (10, 0.0%)

2 には 1 がある, だなどという, である, と認められます, にこそはなれ, にはその, に上り, を見逃し

▼ れる読者~ (10, 0.0%)

1 が多い, にとってはこうした, にはおのずから, にはドゥンデルグッツ, のため, の一群, はその, は多分, は恐らく, もあるであろう

▼ れる迄も~ (10, 0.0%)

2 ない事 1 なく主君大膳正, なく兵庫, なく君自身, なく姉, なく白髪小僧, なく蓄め, なく誰, 正理

▼ れる部屋~ (10, 0.0%)

3 がある 2 と云う 1 が二つ, で豪華, なん, に案内, をソッ

▼ れる~ (10, 0.0%)

2 のよう, の音 1 が枯草, なくなりて, のやう, の往来, の間, は眠る

▼ れる音楽~ (10, 0.0%)

1 が伸子たち, と, として新しい, と他, には生活, に魅せられた, の作られた, の多く, の方面, をきく

▼ れる~ (10, 0.0%)

1 あり我別, がやわらか, が己, とだけが知識, とを一処, なりとお, に著, のみ, の一, を矯めん

▼ れる~ (10, 0.0%)

2 もある 1 から言, がある, があれ, が少なく, が無い, などは氏, に啓示, はとまれかく

▼ れるぐらいの~ (9, 0.0%)

1 ことで, ことは, もので, 事で, 事は, 嬰児であった, 小波瀾, 性慾が, 程度の

▼ れるそれら~ (9, 0.0%)

1 のもの, のパンフレット, の人たち, の善良, の地区, の女性, の婦人たち, の理由, の環境

▼ れるぞと~ (9, 0.0%)

2 思ったが 1 さきが, 友達の, 嘆くを, 尋ねると, 思った, 思って, 警戒を

▼ れるだけは~ (9, 0.0%)

2 遁が 1 かがってよ, ございます, 争い疑われるだけは, 何の, 利用し, 東京も, 疑って

▼ れるどころ~ (9, 0.0%)

8 では 1 の沙汰ぢ

▼ れるについては~ (9, 0.0%)

1 ボクが, 各国との, 左近にも, 悲喜相半ばす, 憲法上内閣の, 本県の, 矢張り幾つかの, 私たち友人としては, 饗庭篁村が

▼ れるばかりか~ (9, 0.0%)

1 この遊廓, 何う, 師礼を, 恩賞かならず, 慈悲深い, 政庁さへ, 無断で, 異質な, 精神も

▼ れるやつ~ (9, 0.0%)

1 がどこ, が中間ふう, だろう, です, のこと, はなんか, もある, もいる, を携え

▼ れる不幸~ (9, 0.0%)

1 な予覚, な宮様, な気質, な犠牲, な現状, にし, の人, を見ない, を阻止

▼ れる~ (9, 0.0%)

1 がございません, なくし, な仕事, な目的, 觀といふ, 觀において, 觀は, 體と, 體との

▼ れる交換~ (9, 0.0%)

3 の問題 2 の理論 1 に関し交換, の場合, は二商品, を順次

▼ れる仲間~ (9, 0.0%)

1 ができ, でしょう, ではめずらしい, にもこの, のうち, の十, の方, も少く, らしいな

▼ れる何もの~ (9, 0.0%)

1 かがあった, かが新しく, かを持っ, かを欠い, がありうるだろう, もなかっ, ももつ, も見出せなかつた, をも謝

▼ れる~ (9, 0.0%)

2 を警戒 1 がどこ, が木曽義明, に, にこちら, に別荘, に述べた, はあろう

▼ れる~ (9, 0.0%)

1 で満ち, と影, ならば, については津浪, に優る如く, のよう, の強度, の魔術, を精細

▼ れる刹那~ (9, 0.0%)

1 が近づけ, にあな, にあり, に自分, の前, の心, の観念, は恐らく, もあった

▼ れる~ (9, 0.0%)

4 である 1 がない, が七部集, が有った, です, には違

▼ れる喜び~ (9, 0.0%)

1 がすべて, には打たれた, に住みたく, の日, はあっ, を味わう, を彼女, を空想, を隠さなかった

▼ れる因縁~ (9, 0.0%)

2 がない, らしい取留め 1 があっ, であったと, のあった, はない, は有りません

▼ れる地方~ (9, 0.0%)

1 がどの, に聳, の中心, の小, はかく, よりも積極的妨げ, を満たす, を経, を見

▼ れる~ (9, 0.0%)

1 が野菜籠, でありました, で近所, となった, ながらも大事, に肌脱ぎ, に負うべき, のこと, の初

▼ れる宿~ (9, 0.0%)

2 とてもなかつた, と思ひ, の寂しき 1 であると, にうまるれ, にかこつ

▼ れる少し~ (9, 0.0%)

3 前に 2 前だ 1 と言, 以前に, 前であっ, 話が

▼ れる市場~ (9, 0.0%)

1 がある, であったという, である, として役立つ, において二商品, において多数, において諸々, における多数, を当然

▼ れる年頃~ (9, 0.0%)

2 でお 1 だが, であった, であるが, ではそういう, でもあるまい, でもなかっ, の未知

▼ れる~ (9, 0.0%)

2 になる 1 だ, であるだけに, なん, には立たず, はいつ, まあ端役, を振りあて

▼ れる必然性~ (9, 0.0%)

1 がある, であること, と可能性, にほかならない, の秩序, の範囲, は必ずしも, もある, を基礎

▼ れる憂い~ (9, 0.0%)

3 がある 1 が十分, が多分, はありません, はなかっ, もない, もなく

▼ れる懸念~ (9, 0.0%)

4 がある 1 から口, がありました, が無かっ, はほとんど, もある

▼ れる文章~ (9, 0.0%)

2 もある 1 が, があつ, が本当, のこまごま, は大, は無い, 故いささか

▼ れる方角~ (9, 0.0%)

1 から始めた, にあたって大空, に煙, の空, へその, へそろそろ, へ彼, をきっと, を指し

▼ れる方面~ (9, 0.0%)

3 をもつ 2 へ行商, を有する 1 のある, を指し

▼ れる最後~ (9, 0.0%)

2 の瞬間 1 になる, の一瞬, の不公平, の情熱, の欲望, の部分, まで感謝

▼ れる根拠~ (9, 0.0%)

4 がある 1 があります, がない, が実に, はその, は歴史概念

▼ れる~ (9, 0.0%)

1 が力強い, に持つ, に捲き込まれる, のエネルギー, の数, の穂, の音, を傳, を想像

▼ れる~ (9, 0.0%)

1 しかも他者, の不安, の基本的事實, の姿, ひ立ち, よ, 仏だ, 別離苦の, 際色白く

▼ れる行為~ (9, 0.0%)

1 が内容的, にとっても必要, に固有, の種類, の表現, の選択, はその, をも無心, をトーキー映画

▼ れる~ (9, 0.0%)

1 が生じ, じゃ, だったん, だと, ではない, の土地, の女, やさかえ, を彼

▼ れる身体~ (9, 0.0%)

2 に麻布 1 だけど, だけになお, ではござりませぬで, になりたい, になります, の遠く, を

▼ れる~ (9, 0.0%)

3 がない 2 はない 1 がある, はありませぬ, はなかっ, も無かっ

▼ れる~ (9, 0.0%)

2 のおかしい, の剃り, の君 1 の中, をもっ, を結えた

▼ れる黒い~ (9, 0.0%)

1 かたまりも, 壌土の, 大地が, 實を, 石の, 筋の, 門は, 雲に, 鱗の

▼ れるかが~ (8, 0.0%)

1 そして彼, 判らない, 大問題, 待ち遠しいよう, 恐ろしかった, 生み出す智恵, 見られた, 課題であった

▼ れることさ~ (8, 0.0%)

2 へあつ 1 へある, へできたら, へできぬ, へもなから, へも不可能, へ不可能

▼ れるさえ~ (8, 0.0%)

2 訝しいのに 1 けがらわしい, 嬉しいほど, 打ち忘れて, 折々の, 時なれ, 癪で

▼ れるしか~ (8, 0.0%)

2 なかった 1 ありません, ないこと, ないという, ないの, 仕方が, 心の

▼ れるそこ~ (8, 0.0%)

2 のところ 1 から島々谷, では今日, に出来, に爾, は我輩, までが女性文化

▼ れるそんな~ (8, 0.0%)

1 ことが, ことで, ことを, 事で, 性質の, 感じが, 注文を, 男にとって

▼ れるとこ~ (8, 0.0%)

2 だった 1 じゃった, と違います, まで落ち着く, やぜ, を助け, を見ました

▼ れるとして~ (8, 0.0%)

2 見て 1 いつたい今, これらの, そのひと, その千年, それは, 誰が

▼ れるなどとは~ (8, 0.0%)

1 くすぐったい話, とても考えられない, 嘘の, 夢にも思っ, 尊氏どのも, 思って, 思も, 怪しからぬ

▼ れるほど静か~ (8, 0.0%)

1 であった, であるとも, な児, な夜, な気持, になった, になりました, に障子

▼ れるよりはと~ (8, 0.0%)

2 女心の 1 いふので, おもいおもいきって, 心細い恋人たち, 思って, 思っての, 考えて

▼ れる事物~ (8, 0.0%)

1 が発展, に出逢った, の描き, の運動, はいかに, はいつも, は矛盾, も複雑

▼ れる口惜し~ (8, 0.0%)

3 さに 2 さが, さで 1 紛れに

▼ れる古い~ (8, 0.0%)

1 バンガロオが, 家である, 家に, 掛時計など, 日本の, 昔の, 時代の, 田舎者の

▼ れる向き~ (8, 0.0%)

2 もない 1 になっ, はひと先づ遠慮, は世間知らず, もあっ, もあります, もあろう

▼ れる~ (8, 0.0%)

21 が可哀そう, が微笑, でもあるまい, といふ個人, ばかりじゃない, もまた

▼ れる境遇~ (8, 0.0%)

1 がそれだけ, に批判, に生きる, に身, に陥った, のうち, の慘め, を得たら

▼ れる学者~ (8, 0.0%)

1 が我々, だった, で思いがけない, になる, に成ろう, のこと, の説, は十分

▼ れる小説~ (8, 0.0%)

1 がのせられ, が書けたら, の搜索, の類, は何ん, や筋, よりは質, をきらい

▼ れる少年~ (8, 0.0%)

1 があつ, がいつも, が出, であった, でいらせられる, にお, に見おぼえ, はへい

▼ れる工夫~ (8, 0.0%)

2 はない 1 が御座います, はわし, をおとりなされませ, をしなけれ, をする, を考えついた

▼ れる巨大~ (8, 0.0%)

1 な四足獣, な工藝, な河川, な熔岩, な白菊, な白葦毛, な素晴らしい, な車輪

▼ れる広い~ (8, 0.0%)

2 庭園には 1 前庭と, 室だ, 室だった, 平坦な, 部屋が, 部屋で

▼ れる快感~ (8, 0.0%)

2 がある 1 というもの, とを交互, と一脈, にある, はむしろ, を全身

▼ れる想い~ (8, 0.0%)

1 だったが, であった, で彼, で心配, で渡さね, で豹一, に後悔, を感じ

▼ れる~ (8, 0.0%)

1 ではない, なの, に関しては全く, の夥しき, は正しく, もおびただしかっ, もはなはだ, をほとんどちょうど

▼ れる時それ~ (8, 0.0%)

1 がインテリゲンチャ, が本当, が科学, の代り, はいつも, は勿論, は卑俗低劣, は天地

▼ れる~ (8, 0.0%)

1 だ, でありその, のない, は嫉妬, は少ない, れる梯子段, をことごとく, を考へる

▼ れる~ (8, 0.0%)

2 に最も, の顔 1 と顔, に向かっ, のあゆ, の身

▼ れる準備~ (8, 0.0%)

2 をせね 1 ができ, が出来, が出来た, にとりかかった, ばかりをし, をし

▼ れる無数~ (8, 0.0%)

1 の人々, の人影, の悲劇, の泉, の男女, の皮下出血, の葉, の雨蛙

▼ れる~ (8, 0.0%)

1 さとの, さに, とによって低められる, の量, は地球, や光, よりも何, を実験

▼ れる~ (8, 0.0%)

2 の岩山 1 になった, のゆふぐ, の初, の花, の長夜, をぢ

▼ れる筋合~ (8, 0.0%)

2 などはどう, はございません, はない 1 では無, もない

▼ れる素質~ (8, 0.0%)

3 を持っ 2 がすく, をもっ 1 がある

▼ れる~ (8, 0.0%)

2 の枝, へ来る 1 で別れる, の如し, をゆがめ, を戴ける

▼ れる~ (8, 0.0%)

4 である 1 でさ, でした, なの, はない

▼ れる連中~ (8, 0.0%)

1 がそうむざむざ, が下関, だってなに, でなん, ではない, の沒分曉, はことごとく, は過去

▼ れる間際~ (8, 0.0%)

2 にその, にだ 1 になっ, に打つかりました, の五音, までなぜ

▼ れる関係~ (8, 0.0%)

1 であって, に就き, に帰着, に義, の内側, はだいたい, は法則, もある

▼ れる風景~ (8, 0.0%)

2 のところ 1 が最後, だつた, であったが, であつ, のみである, を賞美

▼ れる風習~ (8, 0.0%)

3 があつ 1 があっ, となっ, の農民, もあっ, を今日

▼ れる~ (8, 0.0%)

1 が無数, で痩せこけた, なぞを見, にむかっ, のはな, の玩具, は色慾, 捨て場

▼ れるいかなる~ (7, 0.0%)

2 理論をも 1 変革よりは, 悪をも, 成分が, 方法を, 貨物に対する

▼ れるお前~ (7, 0.0%)

1 が間拔けさ, でなくて, のこと, の薬, の阿, も名誉, よりか叱る

▼ れるすなわち~ (7, 0.0%)

1 そこでは, それだけ余計, オランダ人または, クチビルバナ科の, 温かき愛情, 療愁とは, 荷電体を

▼ れるほどにも~ (7, 0.0%)

1 恨みを, 極端な, 紋也は, 色の, 評判と, 身体全体は, 頬の

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 あっちでも, かゆ, この上車, その女, 女は, 石づたひだけで, 私本当に直ぐ

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 が登場, だつて, に云わせる, のよろこび, の想い, はばか, は今や

▼ れる動物~ (7, 0.0%)

1 として生, なん, の忍耐, の最大, はただ, はほがら, を別

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 きその, きものである, き装置, き貝, き道徳, なり細長い, は三十一文字

▼ れる哲学~ (7, 0.0%)

1 が多く, とは哲学的精神, においてと同じ, における懐疑説, の根柢, の範疇体系そのもの, の道

▼ れる場処~ (7, 0.0%)

2 と言 1 であると, では決して, では無かっ, と場処, と言う

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 な事件, な形, な心地, な風習, に暗い, に瞳, に薄気味悪い

▼ れる宿命~ (7, 0.0%)

2 から私 1 なの, になっ, の場処, をもっ, を感ぜざる

▼ れる~ (7, 0.0%)

2 であった 1 でこういう, なると, に向うべく, のリョトルウィック, の警備隊長

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 が即, で遊ん, に臨ん, の木々, は風, ももはや, も荒野

▼ れる影響~ (7, 0.0%)

1 だよ, とを述べる, と課税, などは考え, には各種各様, のしかた, は同一

▼ れる彼ら~ (7, 0.0%)

1 こそ人, のうち, の所作, の数, の胸, の運命, は卜占祈祷

▼ れる必然~ (7, 0.0%)

2 がある 1 な結果, の帰結, の結果, の運命, はこういう

▼ れる~ (7, 0.0%)

2 がする, にて心 1 があった, てやろ, であった

▼ れる戯曲~ (7, 0.0%)

1 が作者自身, が如何, にも優れた, の密度, の数, を僕, を見

▼ れる捕物~ (7, 0.0%)

6 の名人 1 のご

▼ れる政治~ (7, 0.0%)

2 なりと 1 とほとんど, と同列, について経済, の最高, をし

▼ れる文化~ (7, 0.0%)

1 が出, というもの, のイデー, の傾き, の惱, の消費者, の自由

▼ れる料理~ (7, 0.0%)

1 の主要, はなべ料理, を悉く, を捜さなけれ, を次ぎ次ぎに, を盛る, を食べ

▼ れる~ (7, 0.0%)

3 れは 1 から下, れに, れ實, を見

▼ れる~ (7, 0.0%)

2 の位 1 としずか, の下, の古木, を光らしめ, を賞し

▼ れる~ (7, 0.0%)

2 の木 1 のあたり, の昃, の木の下, の間, を愛鷹

▼ れる欲望~ (7, 0.0%)

1 が価格, として異性, と感情, の合計, の合計量, の娯楽, や暗い

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 の人, の奇怪, の實業家, の様, の生, の盆地, の話

▼ れる洞窟~ (7, 0.0%)

3 がある 1 があっ, さえも凡て一望, の中, を形

▼ れる~ (7, 0.0%)

2 が雲 1 で曇らす, のため, のよう, の渦, の量

▼ れる~ (7, 0.0%)

1 なり怒って, の吼聲, の心, はなんと, はもう, よりも倍, を調理

▼ れる特殊~ (7, 0.0%)

1 な地図, な戯曲的雰囲気, な権力家, な社会圏, の文字, の発光, の葡萄酒

▼ れる知識~ (7, 0.0%)

1 から多く, だつた, であり常識そのもの, であると, なんぞよりもずっと, は与えられ受けとられ, を求める

▼ れる空気~ (7, 0.0%)

1 がサッと, が作られ, が非常, には何ん, の動揺, も山荘, 大きい家

▼ れる箇所~ (7, 0.0%)

1 が一ヶ所, が可, が忽ち, だけは勝手, へ手燭, も無い, や其他不明

▼ れる老婆~ (7, 0.0%)

1 が可哀そう, が杖, で岩乗, と二十四五, の二人, の影, は

▼ れる職業~ (7, 0.0%)

1 において両者, における二つ, にしよう, に当然, のもの, の如き, はなかっ

▼ れる~ (7, 0.0%)

3 さを 21 さ誠実さの, 侍の

▼ れる表情~ (7, 0.0%)

5 をする 1 である, をいつ

▼ れる見込~ (7, 0.0%)

2 はない 1 がある, だった, だつた, なし, もま

▼ れる諸君~ (7, 0.0%)

2 も多い 1 が好奇心, はそれぞれ, は深山, は頻りに, もなに

▼ れる過程~ (7, 0.0%)

1 からこの, が実に, である, としての創作方法, に於, の中, を辿る

▼ れる食物~ (7, 0.0%)

1 です, にさえも同様, の分量, の取引, の附加的分量, を雛, 及び衣服

▼ れる高い~ (7, 0.0%)

1 ところです, ところに, 天井に, 所から, 空に, 金利は, 頑丈な

▼ れるあいだ~ (6, 0.0%)

1 からはあと, にポケット, に栄二, はここ, は彼, は森

▼ れるかぎり~ (6, 0.0%)

1 いろいろお話し, に於, のよい, のわずか, はそれ, は悪い

▼ れるからだ~ (6, 0.0%)

2 はつかれ 1 じゃない, である, になっ, をなるべく

▼ れるくせ~ (6, 0.0%)

32 に滅多 1 があっ

▼ れるくらいが~ (6, 0.0%)

1 おちであろうと, 落ちだろう, 落ちで, 落ちであり, 落な, 関の山である

▼ れるしかし~ (6, 0.0%)

1 三論や, 今の, 兵部宗勝と, 多少とも, 私だけは, 茶屋酒楼等へ

▼ れるっていう~ (6, 0.0%)

2 だからな, のけえひん 1 ことは, 心配も

▼ れるとき我々~ (6, 0.0%)

2 は真実 1 に現, はしばしば, はその, は環境

▼ れるなどといふ~ (6, 0.0%)

4 ことは 1 こととは, ことの

▼ れるなどの~ (6, 0.0%)

1 ことは, みじめを, 古例, 帝王としては, 挿話まで, 珍現象を

▼ れるにつれ~ (6, 0.0%)

1 そして鋤焼, ソヴェトでは, 一層力づよく平和, 伸子が, 宴会は, 雑誌を

▼ れるひと~ (6, 0.0%)

2 たまりも, もとに 1 はこの世, も気がつい

▼ れるほど彼~ (6, 0.0%)

2 はいそいそ 1 は価格, は物やわらか, は自分, も取り乱した

▼ れるもう~ (6, 0.0%)

1 一つの, 一二年すれ, 一人の, 一晩の, 五羽も, 駄目だ

▼ れるもと~ (6, 0.0%)

3 になる 1 がある, だった, のニェフスキー大通り

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 て分ったら 1 て, ていうもの, てえくち, て言っ

▼ れる一事~ (6, 0.0%)

2 である 1 だと, でなければ, はやはり, をつけ加え

▼ れる一群~ (6, 0.0%)

1 の人馬, の恒星, の船, の靈, の魂, はジェノア

▼ れる主人~ (6, 0.0%)

1 には叱られる, に盲従, の部屋, は岩魚, は笑っ, もここ

▼ れる仕方~ (6, 0.0%)

1 がない, である, でぐつと速力, についてたとえ, を研究, を簡単

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 になり 1 であったが, ですら, となった, になりましたなれ

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 だから, ではござりませぬ, にふたたび, に引

▼ れる内容~ (6, 0.0%)

1 がそのまま, こそ思うべき, こそ思ふべき, は社会生活, は科学的, は言葉通り

▼ れる凡て~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 の小説, の挙止動作, の經驗, の群

▼ れる制度~ (6, 0.0%)

1 があった, であったが, にする, に似, に帰, よりも単純

▼ れる博士~ (6, 0.0%)

1 そして十中八九, です, によれ, に辭儀, は其等, もある

▼ れる即ち~ (6, 0.0%)

1 この直観内, わしの, 保証される, 根源的の, 肚据え, 解決される

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 だぜ 1 かも知れない, がある, はごまかせ, も多い

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 さで, インドの, 地図には, 帽子借料を, 怪な, 桐が

▼ れる同じ~ (6, 0.0%)

1 ような, 単語同じ, 押韻の, 文中の, 文章を, 自分を

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 であ, で前述, に居た, に香, の領土, を称す

▼ れる大衆~ (6, 0.0%)

1 が分化, に他, の世界, の暮し, の運命, は階級的

▼ れる夫人~ (6, 0.0%)

1 であったから, はなかっ, は全然, は嬉し, は返辞, や令嬢

▼ れる小料理屋~ (6, 0.0%)

2 が並ん, の多い, や

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 なれば, にかかっ, に沿う, の洲, へ我, を意味

▼ れる希望~ (6, 0.0%)

1 があたえられた, が今日, が破られる, というもの, といふもの, を持ち得る

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 のもの 1 に釣鐘, の実質, の知れぬ, の資格

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 が勝っ, の元兇, 侍や, 傾向を, 婆よもおめおめ, 立法と

▼ れる悲劇~ (6, 0.0%)

1 に終った, は許されない, への警告, も已む, をくりかえし, をよく

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 があつ, がある, がなけれ, はない, はなくなった, は少し

▼ れる手段~ (6, 0.0%)

1 がござる, である, なの, にお, はない, を講じ

▼ れる手筈~ (6, 0.0%)

2 になった 1 になっ, になつて, になりました, に決まった

▼ れる新聞~ (6, 0.0%)

1 と雑誌, にあまんじた, におのれ, の権威, ばかりだった, も来なかった

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 に帰れ, のこと, の貴方, の金, の関谷座, の離宮

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 のいろ, の数, の群, まで来た

▼ れる時機~ (6, 0.0%)

1 があった, がもう, が到着, が来た, は手近く, を待つ

▼ れる時私~ (6, 0.0%)

1 の疲れ, はほんとに, は慄然, は空恐ろしく, は自分, は逆

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 も替玉 1 だ, であった, であつ, 祷には

▼ れる書物~ (6, 0.0%)

1 がある, が並ん, に, は昔, や絵, を見れ

▼ れる最初~ (6, 0.0%)

1 にそして, の一瞥, の功臣開田二郎, の因, の者, の首

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 のしぐれ, の名主, の行事, の顔役, や町, 或は団体

▼ れる模様~ (6, 0.0%)

1 が窺, でございましたので, に変りました, はなく, や少し, を想像

▼ れる樣子~ (6, 0.0%)

2 が見え 1 であります, です, もありません, を胸

▼ れる~ (6, 0.0%)

3 にし 2 をゆびさした 1 を渡った

▼ れる機會~ (6, 0.0%)

1 がいくつ, がなくなる, が嘗て, もなく, を得, を自分

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 ありき, ありて, にむかひ, の歩みい, を見き, 泣いて

▼ れる気配~ (6, 0.0%)

1 が見えない, もあるまい, もなかっ, もなかつた, も見える, を見計らっ

▼ れる法律~ (6, 0.0%)

1 であるかという, であると, ではこんな, の特質, は反対, は無用

▼ れる源氏~ (6, 0.0%)

2 であった 1 には一目, の心, はそれから, はやはり

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 の光 1 であるなら格別, は十口坊, は高天, よりも早く

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 のこと, の怒り, の気持, まで憎む, も知るまい, を持っ

▼ れる現代~ (6, 0.0%)

2 の特徴 1 ではなんとなく, に特有, の文化, の風潮

▼ れる用意~ (6, 0.0%)

2 をし 1 があるなら, が出来, のやう, の色紙

▼ れる目的~ (6, 0.0%)

1 たる幸福, でつくられる, で帯出, で書かれた, にふさわしい, ははずれ

▼ れる直前~ (6, 0.0%)

2 迄活動 1 に何, に航空船, のこと, のとき

▼ れる空間~ (6, 0.0%)

1 と時間, に就い, の増加, へ視線, らしさ, を三四尺奥

▼ れる精神~ (6, 0.0%)

1 がわれわれ, と感覚, の所有者, の賭博, はミヂン, をはげまし

▼ れる美人~ (6, 0.0%)

2 だったが 1 が多く, だ, でした美人, で白い

▼ れる自信~ (6, 0.0%)

1 があった, があつ, がある, だけはある, もなく心細, を以つて

▼ れる色々~ (6, 0.0%)

1 な仕方, の, の巻餅, の帰結, の木, の社会的

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 にも美しく, の手元, の秋雨, の食事, は悉く, や蠅

▼ れる~ (6, 0.0%)

2 の循環 1 の量, は再び, を受けた, を押し拭い

▼ れる行事~ (6, 0.0%)

1 であったと, であるかの, で壺, は他, は十六世紀, を示し

▼ れる表現~ (6, 0.0%)

1 があったら, ではなかったろう, と生活, の一つ, の底, を用い

▼ れる記事~ (6, 0.0%)

1 から暗示, がある, が載, は稀, は誰, もある

▼ れる貴い~ (6, 0.0%)

5 巫女 1 なぞが

▼ れる辺り~ (6, 0.0%)

1 から男達, から素晴らしく高い, に一つ, に次, に淡, に黒い

▼ れる迄に~ (6, 0.0%)

1 どう云う, なったの, 半年かかり, 母校と, 至った, 至らずして

▼ れる野郎~ (6, 0.0%)

2 だ好き 1 が多い, さ, は間抜け, も滅多

▼ れる~ (6, 0.0%)

3 でお 1 が新, は, は鶏

▼ れる階級~ (6, 0.0%)

1 ではなく, に属し, に属する, の世情, の女以上, の若い

▼ れる雑誌~ (6, 0.0%)

1 でした, とし, に却つて自信, の編集部, は見る, へ引受けた

▼ れる~ (6, 0.0%)

1 ざし背恰好, に風, の中, はない, へだけ立てられた, をもっ

▼ れる風情~ (6, 0.0%)

1 ありて, で, で中古, といったよう, は単に, は棹

▼ れる騒ぎ~ (6, 0.0%)

2 も珍 1 であつ, で物置, をいくら, を気附

▼ れるあて人~ (5, 0.0%)

5

▼ れるあれ~ (5, 0.0%)

1 だった, と似た, と同じ, には, 何とか云った

▼ れるいわゆる~ (5, 0.0%)

1 不安定の, 中元の, 名詮自性とやら, 文明の, 需要と

▼ れるおびただしい~ (5, 0.0%)

1 戦争花嫁と, 捕り手, 数の, 文学作品が, 種類の

▼ れるお気~ (5, 0.0%)

32 かな

▼ れる~ (5, 0.0%)

2 え, はいが 1 ふもまた

▼ れるこんな~ (5, 0.0%)

1 ことも, 吹けば, 時には, 暴挙に, 有難い事

▼ れるだけが~ (5, 0.0%)

1 えらいよ, ものは, オチです, 余計な, 取柄だ

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 いであるが, いの, えこと, えと事, えガラ

▼ れるなか~ (5, 0.0%)

1 なれば, にさきい, の強, を, を歩しづか

▼ れるにや~ (5, 0.0%)

1 あらん, さてこの, それとも心付かずし, 兄弟を, 車をば

▼ れるに際して~ (5, 0.0%)

2 跋文を 1 その瞬間線上, むかしから, 例の

▼ れるはずみ~ (5, 0.0%)

1 にそつ, にはっと, に二度三度虚空, に多助, に嫁

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 あいだけは, あいと, あいは, つかりや, ッたり

▼ れるほどそれ~ (5, 0.0%)

1 は上流婦人たち, は人々, は如何にも, は甘い甘い, もみんな

▼ れるまだ~ (5, 0.0%)

1 まっくら, 大風も, 春浅い, 春淺い, 眠いが

▼ れるみたい~ (5, 0.0%)

1 な蒼い, にぐったり, にふらふらつと, に響い, ね

▼ れるもんぢ~ (5, 0.0%)

1 やありあんせん, やなあ, やない, やね, や無い

▼ れるやらと~ (5, 0.0%)

1 おふたり, 別を, 実は案じ, 恐怖の, 申すこと

▼ れるゆえん~ (5, 0.0%)

1 であろう, はこの, はその, は夢幻的, もここ

▼ れるよりか~ (5, 0.0%)

1 ああいう, 僅か二日, 優です, 旅を, 物を

▼ れるフシ~ (5, 0.0%)

3 があります 1 がある, がかなり

▼ れる一本~ (5, 0.0%)

2 の百合, の草 1 の葡萄酒

▼ れる一点~ (5, 0.0%)

1 にそれほど, についてはさして, にまで導い, の, は闊達自在

▼ れる一般~ (5, 0.0%)

1 に任意, の, の称呼, の読者, の通義

▼ れる一部~ (5, 0.0%)

1 の傾向, の文学者, の新劇運動者, の民衆, の読者

▼ れる三人~ (5, 0.0%)

1 で悪筆乱筆, の処女, の士官, の男, の異国楽人

▼ れる~ (5, 0.0%)

2 に女 1 から剥き, から頭, もみぢ仄かに

▼ れる主体~ (5, 0.0%)

2 の概念 1 さえ無けれ, にとって設定, は実験装置

▼ れる事實~ (5, 0.0%)

1 あらば, です, に據つて, に於, を認める

▼ れる二三~ (5, 0.0%)

1 のもの, の事実, の問題, の現象, の船客

▼ れる人生~ (5, 0.0%)

1 と自然, の漂泊者, の焦熱地獄, を何時, を砂馬

▼ れる代物~ (5, 0.0%)

2 ではありません 1 だぜ, である, なん

▼ れる会話~ (5, 0.0%)

1 には芸術, の中, はすべてこちら, は這, や動作

▼ れる価格~ (5, 0.0%)

1 からである, が啻に, が農業労働, の昇, を窮極的

▼ れる~ (5, 0.0%)

2 ではない 1 と俺, の体, を路地

▼ れる個所~ (5, 0.0%)

1 が到る, は勿論, や要素, を四ヶ所, を手前

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 でありたいという, と妹, の勤め, の呪い, の霊

▼ れる其相好~ (5, 0.0%)

5 が誰

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 にだんだん, には多少どうか, には貴下, に猫, は人間

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 の凌ぎ, の匂い, の姿, の恐怖, をつらぬき

▼ れる割合~ (5, 0.0%)

1 がごく, が絶えず, には性欲, に民衆, に葉子

▼ れる半面~ (5, 0.0%)

1 にさ, にそれだけ, に情, のああ, をみせ

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 戦線の, 異の, 種類の, 結婚の, 要素の

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 が伝えられた, が拡, が新聞, の聞こえ, も聞かず

▼ れる囚人~ (5, 0.0%)

1 が五六名, である, であろうとは, でこれ, の喜び

▼ れる困難~ (5, 0.0%)

1 なの, な道, はすべて, は決して, や危機

▼ れる国民~ (5, 0.0%)

1 だから, にとってはきわめて, はいない, はかかる, よりも女子

▼ れる地域~ (5, 0.0%)

1 があり, がまた, が大, が拡, もある

▼ れる地獄~ (5, 0.0%)

2 のよう 1 だと, であります, は実は

▼ れる場處~ (5, 0.0%)

2 と言 1 では無, なん, に過ぎない

▼ れる境涯~ (5, 0.0%)

1 でありながら, でなし, とも思われなかった, になっ, を脱し得ぬ

▼ れる太陽~ (5, 0.0%)

1 が一日, が一粒, じゃありません, の付近, は今にも

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 として動き, の立場, の背後, は死, ほど哀れ

▼ れる実に~ (5, 0.0%)

1 なりそう, 困った者, 変転常なき, 物すごい世の中, 皮肉な

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 が尼, が骸, でお, は, を年

▼ れる少女~ (5, 0.0%)

1 がショール, が一人, でこの, の屍體, は

▼ れる市民~ (5, 0.0%)

2 は芋虫以下 1 の君, の多い, の火災訓練

▼ れる幸福~ (5, 0.0%)

1 な事, な身, にほほえみ, の割前, を六十

▼ れる建物~ (5, 0.0%)

1 が沢山, が現れた, の残骸, の遺物, を壊滅

▼ れる当人~ (5, 0.0%)

1 が平気, が死ぬ, だけであろう, になっ, も平気

▼ れる形式~ (5, 0.0%)

1 が普通, の性質, の登山, は文芸, を備える

▼ れる心理~ (5, 0.0%)

2 よりはこの 1 があった, と描く, をはっきり

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 がし, であつ, の情火, の本体, は炊ぎたる

▼ れる患者~ (5, 0.0%)

1 がある, などはずつといい, なれば, の奉送, は久松

▼ れる悲しい~ (5, 0.0%)

1 ものである, 姿を, 恋語りが, 歌だ, 癖を

▼ れる意見~ (5, 0.0%)

1 であるが, にすぎなかった, に對, を持つ, を発表

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 とは, の病院, の眼, はヤーコポ・ルスティクッチとい, は汝

▼ れる文字~ (5, 0.0%)

1 が運ぶ, の一つ一つ, はそう, は漢字, や符号

▼ れる時節~ (5, 0.0%)

1 が到来, が来たら, である, となりました, に遭う

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 がさしこん, に夏, の神, の纖, も昔

▼ れる有名~ (5, 0.0%)

1 な, な倉敷労働科学研究所, な句, な大, な方

▼ れる本質~ (5, 0.0%)

1 から変化, から時間, のもの, を抽象, を有

▼ れる材料~ (5, 0.0%)

1 からし, にし, にはことごとく, に成つて, もまた

▼ れる~ (5, 0.0%)

2 もあるべく 1 である, の下, の中

▼ れる林檎~ (5, 0.0%)

2 のつゆ 1 の可憐, の唄声, も自分

▼ れる桜井~ (5, 0.0%)

31 のウ, の里

▼ れる機械~ (5, 0.0%)

2 によって生産 1 からほとばしった, の精密さ, を試用

▼ れる母親~ (5, 0.0%)

1 がそんなに, が現実, の姿, も娘, や兄弟

▼ れる民衆~ (5, 0.0%)

1 という言葉, に足場, の詩, への限り, も無限

▼ れる気持ち~ (5, 0.0%)

1 が出, だった, でゆき子, はこれ, は日

▼ れる気色~ (5, 0.0%)

1 がありません, さえあった, はなかっ, もなく, を見せた

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 が解釈者, の俚諺, はない, を法規, 嫌われぬ法

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 と黯湛くも, の上, の波, の背, を

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 だと, の意味, をわたくし, を猛烈, 今やと

▼ れる深い~ (5, 0.0%)

1 人格的の, 同情心が, 堀が, 箱型の, 谷だ

▼ れる熱量~ (5, 0.0%)

1 と風速, の影響, は約, をわれわれ, を補給

▼ れる特色~ (5, 0.0%)

1 であり他, なの, のある, はそこ, をなす

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 があんまり, が多い, が高く, でだけ地方, も多い

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 なり, のごとく考え, の方, の称, は

▼ れる現実~ (5, 0.0%)

1 が欠け, となった, の中, の喜悲, の過程

▼ れる男たち~ (5, 0.0%)

3 の顔 2 の顏

▼ れる男女~ (5, 0.0%)

1 の図, の群だつた, の間, は父母, よりも優つて

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 がまさか, です, の中, の人々, は片っ端

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 があった, がある, に, のある, をつけ

▼ れる~ (5, 0.0%)

2 を見よ 1 あり, が可哀想, を銀盤

▼ れる真理~ (5, 0.0%)

1 であったり, というもの, なり, の探求, よりも語られざる

▼ れる矩形~ (5, 0.0%)

5 の面積

▼ れる穀物~ (5, 0.0%)

1 と等しい, の多少, は凶作, や肉, 逐次の

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 この頃, という信仰, と深刻, の特別, の用語上

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 には一斗, のすり糠, の量, の音, はきれい

▼ れる結婚~ (5, 0.0%)

1 から生れた, が人口, と併置, にどれ丈, の外

▼ れる義務~ (5, 0.0%)

1 があります, がある, が出, であって, と権利

▼ れる義理~ (5, 0.0%)

2 はない 1 あ無えんだ, はなかっ, やない

▼ れる肉体~ (5, 0.0%)

1 がある, のくすぐる, の労働, の所有者, の讃美

▼ れる~ (5, 0.0%)

2 の高い 1 が高い, のひょろ長い, の低い

▼ れる芸術~ (5, 0.0%)

1 こそ自然発生的, であるし, として訴える, の不健全, はない

▼ れる若干~ (5, 0.0%)

1 のもの, の人々, の国々, の貨物, の階段

▼ れる華やかさ~ (5, 0.0%)

5 で輝いた

▼ れる落葉~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 のごとく, のよう, の踏みひしがれた

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 でありホ, である, で人名, には語根, を使

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 か薬研堀, が今時, でもが動きまわる, とてもそれら, れでもが

▼ れる迄の~ (5, 0.0%)

2 間に 1 ことが, ことで, 話で

▼ れる迷惑~ (5, 0.0%)

2 を苦々しく 1 な話, も感じた, を顔

▼ れる運び~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 になった, になったであろう, になる

▼ れる過去~ (5, 0.0%)

1 にもできなかったであろう, の我々, の文学, の生活, の話

▼ れる部落~ (5, 0.0%)

1 があっ, がある, で五千年前, と部落, の家々

▼ れる雑器~ (5, 0.0%)

2 の類, を取上げ 1 の代表的

▼ れる雰囲気~ (5, 0.0%)

1 がいわば, に溢れ, に身, の流れ, の説明

▼ れる~ (5, 0.0%)

1 はたつた, をさし伸べた, を一つ, を斬られる, 持って

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 われな 1 だかも, われも

▼ れるいわれ~ (4, 0.0%)

1 のない, はない, はねえ, もなくなった

▼ れるおり~ (4, 0.0%)

1 があろう, がない, にふたたび, の方

▼ れるかい~ (4, 0.0%)

1 ということ, 僕は, 墓のを, 夜半時分に

▼ れるかしらと~ (4, 0.0%)

1 思うほど, 思ったん, 疑ふので, 考えなければ

▼ れるかとも~ (4, 0.0%)

1 思うが, 思って, 考えた, 考へるの

▼ れるかな~ (4, 0.0%)

1 おなごの, そのむかしクロニーオーン, そんな馬鹿, 貴殿においても

▼ れるかについて~ (4, 0.0%)

1 すこしも, 次の, 監視する, 頭を

▼ れるからは~ (4, 0.0%)

1 徳川将軍よりも, 極楽往生疑いなし, 私は, 黒田家の

▼ れるかわり~ (4, 0.0%)

2 に金 1 にサンロベール, に板葺

▼ れるこう~ (4, 0.0%)

1 いったらこう, して, しても, べを深々

▼ れるこころ~ (4, 0.0%)

1 からまた, と縺れる, には共通, のあがき

▼ れるそうして~ (4, 0.0%)

1 その際, 一同新調の, 先生は, 女が

▼ れるそこで~ (4, 0.0%)

1 コチトラの, 大いに閉口, 大平晟氏と, 氣が

▼ れるただ~ (4, 0.0%)

1 の一般関係, の名目上, の文化, 今日までの

▼ れるつまり~ (4, 0.0%)

1 てめえの, ドイツ流の, 宗教の, 表現報道が

▼ れるというは~ (4, 0.0%)

1 不実な, 何事も, 実に恐るべき, 彼には

▼ れるといふだけ~ (4, 0.0%)

2 であ 1 で痛み, ならなほ

▼ れるとかいふ~ (4, 0.0%)

1 ことだ, ことだつたら, 日本一とも, 話で

▼ れるなあ~ (4, 0.0%)

1 厭だ, 惜しう, 腹が, 面白くねえ

▼ れるなぞ~ (4, 0.0%)

1 そうした奇怪, とは羨ましい, と云う, は出世

▼ れるにおい~ (4, 0.0%)

1 に掠められた, の高い, の麗しい, もし

▼ れるにつけ~ (4, 0.0%)

1 お心, その神木, 何一つから, 鼈甲類は

▼ れるばかりと~ (4, 0.0%)

1 なったので, なつた, なろう, 生きた空

▼ れるひとつ~ (4, 0.0%)

1 の世界, の人間, の動作, も飾り

▼ れるほど私~ (4, 0.0%)

2 の心 1 は不思議, は津軽

▼ れるまた~ (4, 0.0%)

1 其の微動, 執行されなけれ, 捨つべき, 此宵に

▼ れるまるで~ (4, 0.0%)

1 夕暮の, 武蔵野の, 滅多打の, 警視庁の

▼ れるまんま~ (4, 0.0%)

1 になっ, に押され, 持って, 持つて

▼ れるわずか~ (4, 0.0%)

1 な額, な食物, の時間, 四歳の

▼ れるアメリカ~ (4, 0.0%)

2 という概念 1 で日本人, のプリマドンナ

▼ れる一面~ (4, 0.0%)

1 とが必ず, もその, も其点, を有

▼ れる不思議~ (4, 0.0%)

1 な徳, な色気, な調子, な音律

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 の上 1 があつ, を越え

▼ れる事態~ (4, 0.0%)

1 が発見, に関するコンドルセエ氏, は連続, を含み

▼ れる事業~ (4, 0.0%)

1 だと, に於ける, に深き, やその

▼ れる人間性~ (4, 0.0%)

1 というもの, とか何, の破滅, の高貴

▼ れる今一つ~ (4, 0.0%)

1 のこと, の名, の着氷, の道

▼ れる作者~ (4, 0.0%)

1 が迎, の健康, の幻想, の心像

▼ れる側面~ (4, 0.0%)

1 から云う, となる, に於, を持つ

▼ れる共通~ (4, 0.0%)

1 な基本的, のこと, の公式, の理由

▼ れる出来事~ (4, 0.0%)

1 で今夜, にしたかつた, に出合った, を予言

▼ れる創作~ (4, 0.0%)

1 でも夫, なり何, の数, の方

▼ れる努力~ (4, 0.0%)

2 も空しく 1 とまた, をし

▼ れる労賃~ (4, 0.0%)

2 を支払う 1 の騰貴, は五

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 や煮 1 の数, の殻

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 のよう, のマアザミ, の方, の沢

▼ れる各種~ (4, 0.0%)

1 の公共団体, の古, の命題, の様式

▼ れる名人~ (4, 0.0%)

1 なん, になる, は違った, も舞台

▼ れる和歌~ (4, 0.0%)

2 や国学 1 の或, の類

▼ れる商品~ (4, 0.0%)

1 の供給曲線, の欲望曲線, の需要曲線, は商品概念

▼ れる国語~ (4, 0.0%)

1 にたいして恋し, に於, の相違, の美し

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 に交代, の夕風, の終り, の草

▼ れる外国語~ (4, 0.0%)

1 ではまず, で話, の中, はこれ

▼ れる大男~ (4, 0.0%)

1 が坐, であった, で眼, の方

▼ れる女房~ (4, 0.0%)

2 のお 1 はなかっ, は頭部

▼ れる好い~ (4, 0.0%)

2 男の 1 人間で, 野陣場が

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 がひょろひょろ, がウタテアリ, で二人, はこれ

▼ れる学生~ (4, 0.0%)

1 の中, の容貌, の身分, はいつも

▼ れる実例~ (4, 0.0%)

1 が多く, が毎年, について研究, も見せる

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 の中, の内, の扉, の閾

▼ れる家庭~ (4, 0.0%)

1 でも余り, にあった, の婦人, もあろう

▼ れる容子~ (4, 0.0%)

1 だった, です, とかそうした, もなく

▼ れる小さい~ (4, 0.0%)

1 ことを, 人間の, 急須の, 旧噴火丘

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 あり, の大, の峯, の崩れ

▼ れる工藝~ (4, 0.0%)

2 である 1 が深い, の原理

▼ れる年齢~ (4, 0.0%)

1 でもない, になった, になるらしい, よりもずっと

▼ れる幾多~ (4, 0.0%)

1 の, の例証, の花崗石, の誤解

▼ れる広大~ (4, 0.0%)

2 な荒地 1 な地方, な旅館

▼ れる度ごと~ (4, 0.0%)

1 にいい, に現, に白い, に若う

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 で即, に感じた, は奈良朝, を言

▼ れる弱い~ (4, 0.0%)

1 ようで, 奴は, 尻尾が, 自分に

▼ れる弱点~ (4, 0.0%)

1 が存じ, が附き纏っ, はあった, も残し

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 が見えた, と, の一つ, も故

▼ れる御仁~ (4, 0.0%)

1 か, があんな, がおります, がこれ

▼ れる御身分~ (4, 0.0%)

2 だが 1 として斯様, のお方

▼ れる性格~ (4, 0.0%)

1 でもなく, と趣味, の祖神, を見

▼ れる恋人~ (4, 0.0%)

1 というもの, に恋人, のよう, を得たい

▼ れる悲し~ (4, 0.0%)

1 げな, さが, さの, さは

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 い意味, い癖, い行爲, を爲さん

▼ れる愛情~ (4, 0.0%)

1 が自分, と魅力, について考え合わせ, への権利

▼ れる感覚~ (4, 0.0%)

1 が水, で作品, は直観空間, や主観

▼ れる憂鬱~ (4, 0.0%)

2 な響 1 である, では

▼ れる批評~ (4, 0.0%)

1 はそのままやがて, は直接個人, は自ら, を下す

▼ れる推論~ (4, 0.0%)

2 なの 1 に不正確, をそれから

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 すら措い, に襲, の手, の死屍

▼ れる最中~ (4, 0.0%)

1 えらい寒気, であった, で大木, なの

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 樣に 1 坂東太郎先生について, 渡の

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 はない 1 がある, がない

▼ れる望み~ (4, 0.0%)

1 がある, のない, もありません, もある

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 のこと, の光景, を長野, を魂

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 見れば 1 から樹木, と蘆

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 を紙 1 の上, の六角形

▼ れる極めて~ (4, 0.0%)

1 ありふれた魚, インヒューマンな, 万人向きの, 遠い事実

▼ れる様々~ (4, 0.0%)

1 な事件, な演劇運動, の場合, の情景

▼ れる武士~ (4, 0.0%)

1 で不思議, に対してあるいは, は主として, らしい武士

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 この退っ, の国, は怯惰, を待っ

▼ れる段取り~ (4, 0.0%)

1 がつい, になっ, になる, も近づいた

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 の人, の結婚, も何処, も訪問者

▼ れる気分~ (4, 0.0%)

1 との上, にさせられ, は散文, も動く

▼ れる氣持~ (4, 0.0%)

1 がした, で待ち兼ね, で毎日學校, になるらしい

▼ れる法則~ (4, 0.0%)

1 あり, が, ではなくし, の逆

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 にすむ 1 の量, をうち

▼ れる海面~ (4, 0.0%)

2 は見る 1 はその, をぐるぐる

▼ れる深夜~ (4, 0.0%)

1 のこと, の空, の窃盗, の電車道

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 の色 1 とぞ見し, は炳然

▼ れる然し~ (4, 0.0%)

1 この栖鳳, これも, 斯うい, 過去數千年間プラトンは

▼ れる煙草~ (4, 0.0%)

1 が泣く, が火, の實際, は好まれる

▼ れる煤煙~ (4, 0.0%)

1 が毒々しく, のよう, はまっ, をすかし

▼ れる特権~ (4, 0.0%)

1 から発生, がある, がございます, でなければ

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 と咄家, の声, の生血, を使

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 があった, の如, は前, を咲ひき

▼ れる獅子~ (4, 0.0%)

1 のごと, のまえ, の口, の目

▼ れる現在~ (4, 0.0%)

1 の心, は事實, 善いこと, 必ずしも高等遊民

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 さが 1 さも, 寧が

▼ れる生産物~ (4, 0.0%)

3 の分量 1 の量

▼ れる病人~ (4, 0.0%)

1 で満ちた, の為め, はけっして, や婦女子

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 さである 1 さが, さも

▼ れる白い~ (4, 0.0%)

1 ものを, 上衣を, 処を, 膚へ

▼ れる~ (4, 0.0%)

3 に成つて 1 となっ

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 は大抵, を受けつづけた, を立てつづけ, を辞退

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 の理由 1 の具体的, の年齢

▼ れる真実~ (4, 0.0%)

1 とそこ, とひとしく, のマスク, は冷

▼ れる眺め~ (4, 0.0%)

1 がある, があるだろう, であった, である

▼ れる着物~ (4, 0.0%)

1 は畳まれる, も無くなる, や羽織, を押え

▼ れる矛盾~ (4, 0.0%)

1 はこの, はまさに, は如何, もほか

▼ れる短い~ (4, 0.0%)

1 文句を, 物語, 言葉から, 踊りに

▼ れる社会的~ (4, 0.0%)

1 な人間, な広義, な現実問題, な発展進歩

▼ れる租税~ (4, 0.0%)

1 がある, がより, によって支弁, に比例

▼ れる程自分~ (4, 0.0%)

1 が反っ, に困る, の作品, は深く大きく

▼ れる~ (4, 0.0%)

3 が開い 1 がポカポカ

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 に, の外, は秀子, より離れゆく

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 からは贋造 1 の根, を惜しむ

▼ れる筋合い~ (4, 0.0%)

1 なんか一つ, のもの, の無い, はない

▼ れる節々~ (4, 0.0%)

1 があつ, が沢山, が非常, もある

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 の斜面, の火山島, の色, の袍

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 じゃやらじれったい, となった, によって多少, を得る

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 とはこの, の如き, の役目, の死

▼ れる美し~ (4, 0.0%)

2 さに 1 さで, さや

▼ れる羽目~ (4, 0.0%)

2 になり 1 になる, に陥った

▼ れる聡明~ (4, 0.0%)

2 です 1 な娘, な老人

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 が痛い, に刻まれ, のあたり, は海潮

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 があれ, はある, をもっ, を残し

▼ れる自由~ (4, 0.0%)

1 のもの, は漸く, を持っ, を有っ

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 いちどきに動きける, の中, の存亡, の影

▼ れる芝居~ (4, 0.0%)

1 の人物, の役柄, の樣, は入り

▼ れる若者~ (4, 0.0%)

1 が酒, でも彼女, にとんでも, は

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 が運び込まれ, をもて, を見, を負わされる

▼ れる菜畠~ (4, 0.0%)

3 やちよ 1 やちょっとした

▼ れる衆議院議員總選擧~ (4, 0.0%)

2 の際, の際國民

▼ れる見解~ (4, 0.0%)

1 にし, をいだい, をとっ, を有せり

▼ れる規定~ (4, 0.0%)

1 であるの, ではある, なの, は今日

▼ れる解釈~ (4, 0.0%)

1 は賛成, も発見, を成長, を試みた

▼ れる貴殿~ (4, 0.0%)

1 のご, の素性, の言葉, はどなた

▼ れる赤い~ (4, 0.0%)

1 スレートで, 光が, 山の, 紙に

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 が残っ, が残つて, には莫然一物, をたどっ

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 が停っ, が待ち遠し, であつ, の此辻

▼ れる通り僕~ (4, 0.0%)

2 は働ら 1 は僕, は心臓

▼ れる逞しい~ (4, 0.0%)

2 青年だ 1 五分月代が, 相貌から

▼ れる道具~ (4, 0.0%)

1 には伝来書, の元, を線, を船

▼ れる部類~ (4, 0.0%)

1 のほう, の人, の人々, は凡そ数十万

▼ れる都市~ (4, 0.0%)

1 のこと, の不健全, の屋根, を作った

▼ れる重要~ (4, 0.0%)

1 なこと, な一筋, な結論, な通信

▼ れる鉄片~ (4, 0.0%)

3 のよう 1 の火花

▼ れる鉱山~ (4, 0.0%)

2 の所有者 1 の出費, の富

▼ れる~ (4, 0.0%)

2 よく見れ 1 から鏡, の端

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 がある, はない, もなく, も洒

▼ れる障子~ (4, 0.0%)

1 に灯, に燈, の穴, は何所

▼ れる順序~ (4, 0.0%)

1 である, となった, になる, はほぼ

▼ れる馬鹿~ (4, 0.0%)

1 なん, なウスノロ, な話, 長い顔

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 さに, 然暉, 脚の, 関税は

▼ れる~ (4, 0.0%)

1 に結っ, の真白, の臭気, を島田

▼ れるあなた様~ (3, 0.0%)

1 におかれまし, には脅かされる, のお

▼ れるあまり~ (3, 0.0%)

1 いたく自ら羞ぢら, といえ, 突然この

▼ れるありがたい~ (3, 0.0%)

1 お言葉, と思ふ, 所である

▼ れるいくつ~ (3, 0.0%)

1 かのスナップ写真, かの催し, かの定理

▼ れるいろんな~ (3, 0.0%)

1 ゴシップの, 世俗的な, 心持

▼ れるうえ~ (3, 0.0%)

2 に貯金 1 に其の

▼ れるおかげ~ (3, 0.0%)

1 で不愉快, で女房, によってである

▼ れるおも~ (3, 0.0%)

2 ひであつ 1 ひで其処を

▼ れるお客~ (3, 0.0%)

1 がある, がやす, ではない

▼ れるお座敷~ (3, 0.0%)

1 があっ, があります, の芸

▼ れるかく~ (3, 0.0%)

1 ごを, てこそ真, て最後

▼ れるかた~ (3, 0.0%)

1 がある, ですからね, に最も

▼ れるかたがた~ (3, 0.0%)

1 があるだろう, の各自, はご存じ

▼ れるかたち~ (3, 0.0%)

1 だ, だつたの, でだが

▼ れるからとて~ (3, 0.0%)

1 世の中の, 船には, 遠慮する

▼ れるからね~ (3, 0.0%)

1 勝負は, 私心の, 誰にも

▼ れるからの~ (3, 0.0%)

2 事な 1 ところも

▼ れるかをも~ (3, 0.0%)

1 おそれた, 夫人に, 見よう

▼ れるがね~ (3, 0.0%)

1 どうかし, ハハハ, 早い話

▼ れるくだり~ (3, 0.0%)

1 との二場, はこれ, を聞き惚れ

▼ れるこういう~ (3, 0.0%)

1 ことが, 仲間では, 文句を

▼ れるこうした~ (3, 0.0%)

1 心悸亢進に, 行為の, 言葉争いは

▼ れることそれ~ (3, 0.0%)

1 が真理, にはわが, はもう

▼ れるこのごろ~ (3, 0.0%)

1 の毒, の矢代, は葉子

▼ れるさまざま~ (3, 0.0%)

1 の世相, の事件, の悩ましい

▼ れるしかも~ (3, 0.0%)

1 他講の, 滅多にその, 誰とて

▼ れるしさ~ (3, 0.0%)

1 うっかりサービス, 外聞の, 子供は

▼ れるじゃあ~ (3, 0.0%)

2 ないか 1 ありませんか

▼ れるすこし~ (3, 0.0%)

2 前に 1 飲みすぎて

▼ れるすべ~ (3, 0.0%)

1 がない, はない, もござりますまい

▼ れるそれから~ (3, 0.0%)

1 いつしよ, 彼女を, 沙魚釣釣れない

▼ れるそれでも~ (3, 0.0%)

1 とにかく預, 屈しないで, 教員の

▼ れるだが~ (3, 0.0%)

1 これは, 其中庵は, 彼は

▼ れるちょっと~ (3, 0.0%)

1 前ごろでした, 前に, 前の

▼ れるちょっとした~ (3, 0.0%)

1 平地へ, 繁華街に, 雨にも

▼ れるつて~ (3, 0.0%)

1 いふこと, いふ委員会, えこと

▼ れるとが~ (3, 0.0%)

1 ちゃりと, つかりして, 似たり

▼ れるとき私~ (3, 0.0%)

1 にはお前, の手, は理由

▼ れるとと~ (3, 0.0%)

2 みちゃ 1 ッても

▼ れるとまで~ (3, 0.0%)

2 信じて 1 激賞した

▼ れるなん~ (3, 0.0%)

1 か, かは有, ていうの

▼ れるに際し~ (3, 0.0%)

1 その記念号, 先生の, 田中さんの

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 うちが, ン, 気味の

▼ れるのみか~ (3, 0.0%)

1 しばしば深山, 多くの, 指図を

▼ れるはめ~ (3, 0.0%)

2 になり 1 になった

▼ れるばかりが~ (3, 0.0%)

1 口惜いというん, 能じゃ, 能ぢや

▼ れるばかりじゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, ない, アねえ

▼ れるばかりで~ (3, 0.0%)

1 喧嘩の, 有った, 話に

▼ れるひま~ (3, 0.0%)

1 にはいつ, はない, もない

▼ れるふたり~ (3, 0.0%)

1 のうち, の天使, の者

▼ れるほど彼女~ (3, 0.0%)

1 にとって不愉快, は美しい, を崇拝

▼ れるほど支那~ (3, 0.0%)

1 の元明あたり, の花, は色絵

▼ れるほど眼~ (3, 0.0%)

1 が上ずっ, につく, の中

▼ れる~ (3, 0.0%)

21 ぢゃ此処を

▼ れるまにまに~ (3, 0.0%)

1 その時計, 自分自身の, 運ばれて

▼ れるもの数~ (3, 0.0%)

1 知れず, 知れない, 知れぬ程

▼ れるもを~ (3, 0.0%)

3 かしく下ゆく

▼ れるやいなや~ (3, 0.0%)

1 せせら笑って, もう永久, 決定の

▼ れるやなんて~ (3, 0.0%)

1 何ち, 僕とこよりも, 夢にも思い寄りませな

▼ れるやを~ (3, 0.0%)

1 いへ, 約やかに, 見るあたは

▼ れるよう希望~ (3, 0.0%)

2 する 1 するもの

▼ れるよと~ (3, 0.0%)

1 云うと, 笑い出して, 言ったぎりで出て

▼ れるわいと~ (3, 0.0%)

2 見て 1 飛行島の

▼ れるわし~ (3, 0.0%)

1 じゃあない, て, は殺される

▼ れるわたし~ (3, 0.0%)

1 が生命, の庭, の素朴さ

▼ れるわれわれ~ (3, 0.0%)

1 の接触, の胸, の足もと

▼ れるエネルギー~ (3, 0.0%)

1 の放散, または心労, を少し

▼ れるジャーナリズム~ (3, 0.0%)

1 とか, の, の老大家尊重

▼ れるビール~ (3, 0.0%)

2 の馳走 1 を暖炉

▼ れるフランス~ (3, 0.0%)

1 およびイタリー, の哲学者, の絵

▼ れる一個~ (3, 0.0%)

1 の容易, の立志伝中, の言葉

▼ れる一定~ (3, 0.0%)

1 の場所, の範圍, の領野

▼ れる一室~ (3, 0.0%)

1 があった, にぐるり, は小松殿

▼ れる一年~ (3, 0.0%)

1 は家老, ほど前, 程前

▼ れる一枚~ (3, 0.0%)

1 の屏風岩, の種紙, の紙片

▼ れる一流~ (3, 0.0%)

1 の南画, の能, の迫力

▼ れる一軒~ (3, 0.0%)

1 の家, へ消え, 借りて

▼ れる一連~ (3, 0.0%)

1 の文学, の殺人, の規定

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 揃な 1 滿と

▼ れる不快~ (3, 0.0%)

1 な事情, な午後, を避けなけれ

▼ れる不快さ~ (3, 0.0%)

1 だ, と逢引, に揺すられ

▼ れる不愉快~ (3, 0.0%)

1 な感じ, は夙に, を感じさせた

▼ れる世にも~ (3, 0.0%)

1 忘れぬもののふ, 美しく絶え入る, 類い

▼ れる世間~ (3, 0.0%)

1 でもあるまい, のよめ, を

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 に反し, は仕立, を股引

▼ れる事々~ (3, 0.0%)

1 が沢山, に笑, までいちいち

▼ れる事がら~ (3, 0.0%)

1 がかりに, が真実, であ

▼ れる事必定~ (3, 0.0%)

3 なれば

▼ れる亭主~ (3, 0.0%)

2 を持った 1 が二階

▼ れる人人~ (3, 0.0%)

1 が言, の御, も来合せられ

▼ れる人口~ (3, 0.0%)

1 との間, の推算, はより

▼ れる人種~ (3, 0.0%)

1 のうち, の中, はジャーナリズム

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 たしかにあの, ではござるまい, をこれ

▼ れる仕掛け~ (3, 0.0%)

3 になっ

▼ れる仕組み~ (3, 0.0%)

2 にでき 1

▼ れる何だか~ (3, 0.0%)

1 擽い気持, 眠くな, 訝しい変

▼ れる余裕~ (3, 0.0%)

1 がある, ができた, のな

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 は, はこれ, は誰

▼ れる儀式~ (3, 0.0%)

1 に関する原稿, のため, の時

▼ れる先生方~ (3, 0.0%)

2 が大学 1 に礼

▼ れる兵士~ (3, 0.0%)

1 が足らなく, の幾人, の顏

▼ れる其の~ (3, 0.0%)

2 眼は 1 色は

▼ れる冷た~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さに

▼ れる出雲~ (3, 0.0%)

1 お国, のお, の美保姫社辺

▼ れる初め~ (3, 0.0%)

1 から恐らく, にそれ, の人

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 な心臓, の会, の部屋

▼ れる利潤~ (3, 0.0%)

1 だけ利得, との差額, と資本

▼ れる利益~ (3, 0.0%)

1 に對, または損失, を全部慈善事業

▼ れる前日~ (3, 0.0%)

1 だった, でしたから, などはあらかじめ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が光輪, の奥義, を感じ

▼ れる労働者~ (3, 0.0%)

1 はしばらく, は多く, をし

▼ れる動作~ (3, 0.0%)

1 と完全, の写真的描写, やや貧相

▼ れる勘定~ (3, 0.0%)

2 である 1 です

▼ れる勢力~ (3, 0.0%)

1 に対して太守劉焉, のある, を保存

▼ れる勤労~ (3, 0.0%)

1 とを考えあわせれ, の精神, への招集

▼ れる区域~ (3, 0.0%)

1 に達する, はなかなか, も拡がっ

▼ れる半白~ (3, 0.0%)

1 の人物, の口髭, の老

▼ れる危機~ (3, 0.0%)

1 にある, に立つ, に遭遇

▼ れる危險~ (3, 0.0%)

1 が伴, が多分, を冒さなく

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 ファッシズム新聞, 唱句が, 封建の

▼ れる受動的~ (3, 0.0%)

3 なるもの

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の山, はどうか, は考慮

▼ れる君主~ (3, 0.0%)

1 とか信頼, なりき, もなかっ

▼ れる周囲~ (3, 0.0%)

1 の壁廓, の森, の様々

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が本当, は世, をさまざま

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が父平助, ならナゼ, の新し

▼ れる品々~ (3, 0.0%)

1 が吾, が数々, にはきまった

▼ れる品位~ (3, 0.0%)

1 といつた, と温み, の低

▼ れる問答~ (3, 0.0%)

1 であるので, ではない, を想像

▼ れる四十男~ (3, 0.0%)

1 が出, は復, は此処

▼ れる四月~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の色

▼ れる国々~ (3, 0.0%)

1 ではもう, にくらべ, に於

▼ れる地形~ (3, 0.0%)

1 である, の週期性, はすなわち

▼ れる地質時代~ (3, 0.0%)

2 の終り頃 1 の交代

▼ れる地金~ (3, 0.0%)

1 と同一, よりもより, を輸出

▼ れる堂々たる~ (3, 0.0%)

1 体躯の, 日本紳士で, 邸宅の

▼ れる堤防~ (3, 0.0%)

1 の決潰, の竹木草苔, を六尺

▼ れる報告~ (3, 0.0%)

1 による, に馴れ, の一部

▼ れる変化~ (3, 0.0%)

1 が生活, の多い, は変化

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の範疇, 樣は, 計代の

▼ れる大きい~ (3, 0.0%)

1 会堂が, 溜池が, 銀玉が

▼ れる大分限~ (3, 0.0%)

1 のくせ, の浅田屋, の淺田屋

▼ れる大名~ (3, 0.0%)

1 が屡, の奥方, をかぎ出す

▼ れる大地~ (3, 0.0%)

1 の中, を動かす呻きでした, を意味

▼ れる大空~ (3, 0.0%)

1 が泌, の, の西

▼ れる天使~ (3, 0.0%)

1 と, なれば, を描いた

▼ れる天皇~ (3, 0.0%)

1 からどんな, の命, は天皇

▼ れる太い~ (3, 0.0%)

1 寂びた声, 根細い, 猫が

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 は今 1 に従い

▼ れる失敗~ (3, 0.0%)

1 に対して厳格, のすべて, もし

▼ れる奇妙~ (3, 0.0%)

1 な双生児, な山, な看板

▼ れる奇怪~ (3, 0.0%)

1 な五弁, な運命, な雑沓

▼ れる女子~ (3, 0.0%)

1 は仕合せ, もその, を不破小四郎

▼ れる奴隷~ (3, 0.0%)

1 というもの, や軛, を見

▼ れる好意~ (3, 0.0%)

1 がなけれ, を, を有せられるなら

▼ れる如何なる~ (3, 0.0%)

1 全集も, 陶器とも, 高さ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 と云う, の楽しみ, の顔

▼ れる婦人たち~ (3, 0.0%)

1 についてもそれ, に対してもその, はどうして

▼ れる媒介物~ (3, 0.0%)

2 よりも少い 1 に過ぎない

▼ れる孔子~ (3, 0.0%)

1 の伝記, の態度, の教

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 のお母様, のない, 動力が

▼ れる客観的~ (3, 0.0%)

1 な個別性, な年代的順序, な諸

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 在的他者 1 にぐさとばかり

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 である, でも大日如来, とは話

▼ れる對象~ (3, 0.0%)

1 にたいして私, の外形, を表

▼ れる小さき~ (3, 0.0%)

2 池の 1 雑草頂上を

▼ れる小僧~ (3, 0.0%)

2 であった私 1 ばかりは幾回

▼ れる小屋~ (3, 0.0%)

1 もある, らしいもの, を探し

▼ れる小舟~ (3, 0.0%)

1 に似た, のよう, の中

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 をもち, を動かし, を持つ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 にいつもきまって, のこと, の擾騒

▼ れる幕府~ (3, 0.0%)

1 から任命, の国目付, の旗本

▼ れる年々~ (3, 0.0%)

1 の一百万, の弥勒踊, 来るところ

▼ れる年ごろ~ (3, 0.0%)

1 であるが, に音楽, の若い

▼ れる幻影~ (3, 0.0%)

1 であり妄想, で産児制限, の帷

▼ れる幻想~ (3, 0.0%)

2 を恍惚 1 の世界

▼ れる度び~ (3, 0.0%)

1 にこの, に恭二, に本能的

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 がある, の自分, はさびしかろ

▼ れる弾丸~ (3, 0.0%)

1 がヒウヒウ, が殺傷破壊, や魚雷

▼ れる当日~ (3, 0.0%)

1 だつた, であったが, は昼食後バカテル倶楽部

▼ れる役割~ (3, 0.0%)

1 でした, についた, よりほか

▼ れる役者~ (3, 0.0%)

1 の方, は大, は日本中

▼ れる彼女たち~ (3, 0.0%)

2 がみな神 1 が電車

▼ れる彼方~ (3, 0.0%)

1 でも此方, には星一つ光つて, の雑木林

▼ れる従って~ (3, 0.0%)

1 古いの, 寡頭政治を, 旧家の

▼ れる御代~ (3, 0.0%)

2 でしょう 1 のしるし

▼ れる微か~ (3, 0.0%)

1 な声, な聲, な衣

▼ れる微笑~ (3, 0.0%)

1 が腹, よ, を唇

▼ れる徳川~ (3, 0.0%)

1 の御代, の末世, の過去

▼ れる心細~ (3, 0.0%)

2 さを 1

▼ れる必要品~ (3, 0.0%)

1 の下落, の新, の獲得

▼ れる怪物~ (3, 0.0%)

1 です, で手, は古山博士

▼ れる恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 お侍さま, 不可抗的な, 幻像の

▼ れる恐怖~ (3, 0.0%)

1 からは危うく, に戦がれ, のさせる

▼ れる恰好~ (3, 0.0%)

1 とで特殊, になっ, になつ

▼ れる悲哀~ (3, 0.0%)

1 に似た, に対しても鋭い, の美し

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 があった, がある, がする

▼ れる憂き目~ (3, 0.0%)

1 におちる, をみる, を見る

▼ れる憂目~ (3, 0.0%)

1 に会うた, も免れた, を免れ

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 れが 1 が充分

▼ れる我々~ (3, 0.0%)

1 は東京, は電車, も我々

▼ れる戦争~ (3, 0.0%)

1 なるもの, にもそれ, にも反対

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の中, の音, は一枚

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 のある, の間, も少し

▼ れる手続き~ (3, 0.0%)

1 である, になっ, になった

▼ れる提灯~ (3, 0.0%)

1 の灯, の赤い, も変

▼ れる支那~ (3, 0.0%)

1 の哨兵, や朝鮮, を極めて

▼ れる政策~ (3, 0.0%)

1 が吾, との矛盾, は事実

▼ れる数学~ (3, 0.0%)

1 でさえ私ども, の部分, は極めて

▼ れる敵役~ (3, 0.0%)

2 に使われ 1 で白塗り

▼ れる文士~ (3, 0.0%)

2 の多数 1 のなか

▼ れる断崖~ (3, 0.0%)

2 の高 1 の上

▼ れる新た~ (3, 0.0%)

1 な平和形態, な彼ら, な村

▼ れる方針~ (3, 0.0%)

1 の當然, の立たなかった, 特に本部諸君

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 とおびただしい, の数, を持っ

▼ れる日常~ (3, 0.0%)

1 の事, の器物, の生活規律

▼ れる旧家~ (3, 0.0%)

1 である, であろうか, は数多く

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 には, の命令, を言上

▼ れる明るい~ (3, 0.0%)

1 うちなどに, 句境の, 街

▼ れる映画~ (3, 0.0%)

1 の性質, の種類, は殆ど

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 に, のうち日, の湯

▼ れる時夫~ (3, 0.0%)

1 が自然弁証法, はもはや, は広く

▼ れる時彼~ (3, 0.0%)

1 はもとより, は顔, れは

▼ れる普通~ (3, 0.0%)

1 の会話, の楽しい, の青石

▼ れる景色~ (3, 0.0%)

1 だ, だった, を見出した

▼ れる暗い~ (3, 0.0%)

1 家の, 影の, 部屋に

▼ れる暗示~ (3, 0.0%)

1 があります, のお蔭, の世界

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 だから, の多い, も多く

▼ れる未来~ (3, 0.0%)

1 は予期, は雨蛙, を彼

▼ れる果実~ (3, 0.0%)

1 がその, なぞに比較, の皮

▼ れる枯枝~ (3, 0.0%)

3 がややともすると

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の樹, の点々, の花

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 の如く 1 に追

▼ れる標準~ (3, 0.0%)

1 の違う, の高, は常識

▼ れる権力~ (3, 0.0%)

1 からヒューマニティー, と人間性, は相当

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が見られ, で吾ら, の茂み

▼ れる機構~ (3, 0.0%)

2 の本質 1 それからその

▼ れる機縁~ (3, 0.0%)

1 がどこ, が來, を考え

▼ れる權利~ (3, 0.0%)

1 でもある, と云, を獲得

▼ れる武器~ (3, 0.0%)

1 で試合, をかつぎこんだ, を乞い

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 吐かれる頭 1 のある

▼ れる比例~ (3, 0.0%)

1 が変動, のこの, は利潤

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 とをもて, ほどの原因, を器用

▼ れる民謡~ (3, 0.0%)

1 に宮廷, に非常, の一つ

▼ れる気風~ (3, 0.0%)

1 が出来た, が興らなけれ, に乏しかっ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の各, の断片, を幾筋

▼ れる永遠~ (3, 0.0%)

2 に独自 1 に新しき

▼ れる江戸~ (3, 0.0%)

1 つ子, の五月, もあと

▼ れる沿道~ (3, 0.0%)

1 には二千余人, の部落, の風景

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 のしぶき, の上, の波動

▼ れる浮舟~ (3, 0.0%)

1 であった, の君, は自分

▼ れる満枝~ (3, 0.0%)

1 の常, は服, は飽くまで

▼ れる火山~ (3, 0.0%)

1 が聳え, にしか見えない, をできるだけ

▼ れる火花~ (3, 0.0%)

1 が出来る, のよう, の響き

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が僅, とつがれる, の数

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 反省も, 智と, 節操不甲斐ない

▼ れる焼物~ (3, 0.0%)

1 が異なっ, に心, の量

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 でひ, の先, は世

▼ れる爲め~ (3, 0.0%)

1 に, に何, 一旦歸札

▼ れる特別~ (3, 0.0%)

1 なアネサ, の世界, の余興

▼ れる特徴~ (3, 0.0%)

1 である, の一つ, をもっ

▼ れる犠牲~ (3, 0.0%)

1 が余りに, にすぎない, の価

▼ れる狭い~ (3, 0.0%)

1 町を, 綺麗な, 風呂場で

▼ れる現場~ (3, 0.0%)

1 にのぞむ, をまざまざ, を見た

▼ れる現状~ (3, 0.0%)

1 なの, に対しては深く, の世の中

▼ れる理想~ (3, 0.0%)

1 の炬火, はある, もなかつた

▼ れる生命~ (3, 0.0%)

1 のたくましさ, の充実, を助かった

▼ れる生産用役~ (3, 0.0%)

1 の供給, の量, の需要

▼ れる用事~ (3, 0.0%)

1 ならどうせ, も多く, も夥しい

▼ れる男の子~ (3, 0.0%)

1 の姿, を探, を背負っ

▼ れる町人~ (3, 0.0%)

1 でその, のそば, の中

▼ れる画家~ (3, 0.0%)

1 が至つて, の絵, は夜戸締り

▼ れる病気~ (3, 0.0%)

1 からの免疫, だ, にかかり

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 で彼, に夙く, に見えない

▼ れる直ぐ~ (3, 0.0%)

2 前です 1 首も

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 だ, である, な先刻

▼ れる確率~ (3, 0.0%)

1 によって決定, は大都市, よりもずっと

▼ れる社会主義~ (3, 0.0%)

2 への展望 1 も叩かれる

▼ れる祖父~ (3, 0.0%)

1 が先代, の子供ら, の子供等

▼ れる私自身~ (3, 0.0%)

1 がもう, が不幸, を笑わず

▼ れる科学~ (3, 0.0%)

1 が所謂哲学, という言葉, は実は

▼ れる程厭~ (3, 0.0%)

2 な事 1 で其様

▼ れる程彼~ (3, 0.0%)

1 の日々, はなお, は辛い

▼ れる程耄碌~ (3, 0.0%)

2 はし 1 しちゃ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 だ, で其迄, もなく

▼ れる空地~ (3, 0.0%)

2 がこの 1 も見出す

▼ れる空想~ (3, 0.0%)

1 が単に, が現実, もし

▼ れる空氣~ (3, 0.0%)

1 ははがね, をわけ, を殘

▼ れる第一歩~ (3, 0.0%)

1 だったかも, であると, を踏み出した

▼ れる純粋貨幣地代~ (3, 0.0%)

2 のみを観察 1 を眺める

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 から立つ, こそいい, の蓮華

▼ れる素朴~ (3, 0.0%)

2 な美し 1 な心

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 で一口, なん, にはいっ

▼ れる結晶~ (3, 0.0%)

1 がまた, とはまた, もある

▼ れる綺麗~ (3, 0.0%)

1 なお洒落, なスペンシリア字体, な小座敷

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の使用, の筆力, や面

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が多い, は空, 祟りに

▼ れる美しき~ (3, 0.0%)

1 大僧堂, 淑女と, 谿間或は

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 ありて, の要素, はこの

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 は感覺, へにはこの, を持っ

▼ れる考え~ (3, 0.0%)

1 でありだから, での話, に陥り

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 と變, のうち, を聞いた

▼ れる自然的~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ れる自然科学~ (3, 0.0%)

1 に於ける, を持っ, を自然科学一般

▼ れる自身~ (3, 0.0%)

1 の展開, の理性, を描き出し

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の中, もおなじ, を見

▼ れる花崗岩~ (3, 0.0%)

1 の一枚岩, の大, を五

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 の木, はラサ府, を千金

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 のもみぢ, の手入れ, の散りつくした

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 の葉 1 の枝

▼ れる~ (3, 0.0%)

21 のよう

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が立っ, の影, の橋

▼ れる行動~ (3, 0.0%)

1 でもあった, は總, を取らせた

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 はござるまい, はない, はなかろう

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 のボスたち, の悪, の賑

▼ れる街路~ (3, 0.0%)

1 にはエトランゼ, のショウ, や明らさま

▼ れる裁判~ (3, 0.0%)

1 にてもこれ, には負ける, の上

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 が通っ, のため池, の溜池

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 はない

▼ れる要求~ (3, 0.0%)

1 がはたらき始める, のみを突きつける, は動かすべからざる

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 は無い 1 はない

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 は自己, ひ換, を洩らし

▼ れる言語~ (3, 0.0%)

1 で話しかけられる, よりもはるか, を使っ

▼ れる設備~ (3, 0.0%)

1 がし, が理科系統, になっ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 なるべし, は天上, は義経

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 とは何, の非凡, を見つけました

▼ れる詩人~ (3, 0.0%)

1 が世に, だ, になつて

▼ れる詩句~ (3, 0.0%)

2 のごとき 1 であります

▼ れる話題~ (3, 0.0%)

1 に洩れない, はつねに, は彼女

▼ れる講演会~ (3, 0.0%)

2 に出 1 に臨んだ

▼ れる講義~ (3, 0.0%)

1 でさえもこの, の聴講券, も行われ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 には半分獣半分人間, の方, の野葡萄

▼ れる谿~ (3, 0.0%)

21 の水

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 だ, と宗伯老, のよう

▼ れる負傷者~ (3, 0.0%)

1 ならまだ, の患部, の群れ

▼ れる財産~ (3, 0.0%)

1 がなかっ, でありしかも, のゆずりうけ

▼ れる財貨~ (3, 0.0%)

1 により, の供給, を最も

▼ れる貴方~ (3, 0.0%)

1 もさぞ, も正, を発見

▼ れる賜物~ (3, 0.0%)

1 に外, の品物, の喜び

▼ れる質問~ (3, 0.0%)

1 する自分, であった, に対して簡単

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 を縛られる 1 も痛み出した

▼ れる軍隊~ (3, 0.0%)

1 が勢, といふもの, の悲しみ

▼ れる~ (3, 0.0%)

3 さに

▼ れる農家~ (3, 0.0%)

1 がかえって, の人々, の玄関

▼ れる速度~ (3, 0.0%)

1 できまる, などの中, の遅速

▼ れる連想~ (3, 0.0%)

1 としては, の補足作用, はあまりに

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 ただしい幻想, もない, もなく

▼ れる遠い~ (3, 0.0%)

1 岬は, 日の, 高松市は

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 の補欠 1 が右花托

▼ れる郵便物~ (3, 0.0%)

1 がしだいに, の中, や雑誌

▼ れる都合~ (3, 0.0%)

1 だが, ならば, になり

▼ れる金魚~ (3, 0.0%)

1 こそいい, のよう, の敏感

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 さに, さの, と三

▼ れる間もなく~ (3, 0.0%)

1 三人は, 御流れ, 本質的には

▼ れる限りそれ~ (3, 0.0%)

1 はネガティブ, は弁証法的, は特定貨物

▼ れる陶器~ (3, 0.0%)

1 で有名, の特異, を素

▼ れる~ (3, 0.0%)

2 の脚 1 も快き

▼ れる電燈~ (3, 0.0%)

2 の下 1 の灯影

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 がかかる, が白い, の中

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 のよう, はな, を飮

▼ れる青春~ (3, 0.0%)

2 と自我 1 を持っ

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 個人的な, 公認の, 実際的

▼ れる非常~ (3, 0.0%)

1 に小さい, に立派, に高い

▼ れる非難~ (3, 0.0%)

1 である, に対して甚だ, は曙覧

▼ れる音楽会~ (3, 0.0%)

1 に一度, へ出かけ, へ招待

▼ れる韻律~ (3, 0.0%)

1 とは言葉, の觀念, は形體

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 である, の皺, は徴収

▼ れる食事~ (3, 0.0%)

1 だけで, では栄養, はことごとく

▼ れる食料品~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の価格, を最もよく

▼ れる~ (3, 0.0%)

1 なんかチヨン, の美し, を束髮

▼ れる魂等~ (3, 0.0%)

1 はカトー, を離れ, 特にこの

▼ れるあいだ私~ (2, 0.0%)

1 はツイ道ばた, は敷布

▼ れるあたり異様~ (2, 0.0%)

2 な光景

▼ れるあっし~ (2, 0.0%)

1 が耳, じゃねえ

▼ れるあらたか~ (2, 0.0%)

1 な不動明王様, な不動明王樣

▼ れるありとあらゆる~ (2, 0.0%)

1 事件や, 心配も

▼ れるあるいは~ (2, 0.0%)

1 変な, 知識の

▼ れるあれこれ~ (2, 0.0%)

1 のすべて, の御

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はひ, をの油

▼ れるいわば~ (2, 0.0%)

1 アントン・チェーホフの, チェーホフの

▼ れるうま~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ れるおのおの~ (2, 0.0%)

1 の日, の物語

▼ れるお前さん~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ れるお蔭~ (2, 0.0%)

2 で世界

▼ れるかしら~ (2, 0.0%)

1 どうかしらと, んが

▼ れるかなどの~ (2, 0.0%)

1 問題と, 問題を

▼ れるかによって~ (2, 0.0%)

1 その次, 両軍決戦

▼ れるからこそ~ (2, 0.0%)

1 猶私たち, 隠すの

▼ れるからでも~ (2, 0.0%)

1 あった, ないか

▼ れるからという~ (2, 0.0%)

1 口実の, 口実を

▼ れるからに~ (2, 0.0%)

1 ある, 他ならない

▼ れるきまり~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ れるきり~ (2, 0.0%)

1 ぎしの, のもの

▼ れるきわめて~ (2, 0.0%)

1 か弱いもの, 陰惨な

▼ れるくらいな~ (2, 0.0%)

1 微かな, 珍しいほどにも

▼ れるくらいは~ (2, 0.0%)

1 まだよろしい, 災難とは

▼ れるぐらいは~ (2, 0.0%)

1 まだまだ近頃, 当たりまえの

▼ れるぐらゐ~ (2, 0.0%)

1 どうして気掛り, 荒々しく叫んだ

▼ れるけだし~ (2, 0.0%)

1 その後に, 需要は

▼ れるここ~ (2, 0.0%)

1 のおかみ, の大軍

▼ れること今日~ (2, 0.0%)

1 のごとく, より切

▼ れること請け合い~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ れるこの世~ (2, 0.0%)

1 のありとあらゆる, よといふ

▼ れるこれから~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ れるごく~ (2, 0.0%)

1 ありふれたもの, ひろい気持

▼ れるさい~ (2, 0.0%)

1 であった, はよく

▼ れるずっと~ (2, 0.0%)

1 以前の, 前からの

▼ れるそういった~ (2, 0.0%)

1 ところを, ような

▼ れるそれほど~ (2, 0.0%)

1 にこの, 上等に

▼ れるそれ等~ (2, 0.0%)

1 の現象, の箇所

▼ れるたくさん~ (2, 0.0%)

1 の心づかい, の花

▼ れるたび霧~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ れるためし~ (2, 0.0%)

1 はない, はほとんど

▼ れるだから~ (2, 0.0%)

1 本当の, 此方からは

▼ れるだの~ (2, 0.0%)

1 獄舍に, 獄舎に

▼ れるちから~ (2, 0.0%)

1 ともなり, の存在

▼ れるちと~ (2, 0.0%)

1 ヘンらしい, 変に

▼ れるつい~ (2, 0.0%)

1 十日ほど, 半月ほど

▼ れるついで~ (2, 0.0%)

1 があったら, 一洵居訪問句会の

▼ れるときあと~ (2, 0.0%)

1 の二つ, の皇后

▼ れるときそこ~ (2, 0.0%)

1 にはその, に與

▼ れるときまり~ (2, 0.0%)

1 が悪い, わるいよって

▼ れるとき地面~ (2, 0.0%)

2 からも屋根

▼ れるとき歴史~ (2, 0.0%)

1 といふ語, はこの

▼ れるとき父親~ (2, 0.0%)

2 の鎌井重三郎

▼ れるとき瞑想~ (2, 0.0%)

2 はもはや

▼ れるとさえ~ (2, 0.0%)

1 云わなければ, 言うこと

▼ れるとばかり~ (2, 0.0%)

1 思ったナ, 思つてゐました

▼ れるどっさり~ (2, 0.0%)

1 の不正利得, の燈火

▼ れるなみ~ (2, 0.0%)

2 だ今

▼ れるなりと~ (2, 0.0%)

2 いふ

▼ れるなんぞは~ (2, 0.0%)

1 ちと心細い, 嬉しい嬉しい

▼ れるなんと~ (2, 0.0%)

1 いうの, いう事

▼ れるにあたって~ (2, 0.0%)

1 そのねらう, 安易なる

▼ れるにしか~ (2, 0.0%)

1 過ぎない, 過ぎなくなった

▼ れるについて~ (2, 0.0%)

1 大きな挺子, 私は

▼ れるにゃ~ (2, 0.0%)

1 ア及びません, 斬れる

▼ れるに対して~ (2, 0.0%)

1 である, ア・プリオリ

▼ れるのぞみ~ (2, 0.0%)

1 はない, はもう

▼ れるのち~ (2, 0.0%)

2 はとりわけ

▼ れるのにと~ (2, 0.0%)

2 源太郎は

▼ れるはじめ~ (2, 0.0%)

1 です, の気持

▼ れるばかし~ (2, 0.0%)

1 だから, なんだ

▼ れるふぐ~ (2, 0.0%)

2 は東京

▼ れるふてぶてしい~ (2, 0.0%)

1 性格, 押の

▼ れるほどここ~ (2, 0.0%)

1 ではおちつい, は不安げ

▼ れるほど仲~ (2, 0.0%)

2 の好い

▼ れるほど冷~ (2, 0.0%)

1 いやりと, やっこい

▼ れるほど劫~ (2, 0.0%)

1 を経, を經ちや

▼ れるほど厄介~ (2, 0.0%)

1 な事, に思われ

▼ れるほど厭~ (2, 0.0%)

1 だけれども, になる

▼ れるほど厳重~ (2, 0.0%)

1 な故障, をきわめた

▼ れるほど咽喉~ (2, 0.0%)

2 に圧迫

▼ れるほど四辺~ (2, 0.0%)

1 の光景, の眺望

▼ れるほど完全~ (2, 0.0%)

1 なもの, に理性

▼ れるほど容易~ (2, 0.0%)

1 なもの, にいろいろ

▼ れるほど平静~ (2, 0.0%)

1 であった, なふう

▼ れるほど底~ (2, 0.0%)

1 からな, まで見え透い

▼ れるほど強烈~ (2, 0.0%)

1 な感受性, になつ

▼ れるほど彼等~ (2, 0.0%)

1 はお, は眼

▼ れるほど急~ (2, 0.0%)

1 に悲しく, に沿道

▼ れるほど暖~ (2, 0.0%)

1 い日, なある冬

▼ れるほど武蔵~ (2, 0.0%)

1 はこの, は冷

▼ れるほど気持~ (2, 0.0%)

1 の悪い, の良い

▼ れるほど深刻~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ れるほど猛烈~ (2, 0.0%)

1 なもの, にあの

▼ れるほど纏つた~ (2, 0.0%)

2 現し身

▼ れるほど美奈子~ (2, 0.0%)

2 から眼

▼ れるほど自分~ (2, 0.0%)

1 ながら堅実, も変った

▼ れるほど自分自身~ (2, 0.0%)

2 を責めさいなんだ

▼ れるほど興奮~ (2, 0.0%)

1 して, にみち感激

▼ れるほど辛辣~ (2, 0.0%)

2 であり無遠慮

▼ れるほど金~ (2, 0.0%)

1 でも入った, に糸目

▼ れるほのか~ (2, 0.0%)

1 な灯, な線

▼ れるほんの~ (2, 0.0%)

1 三四ヶ月前に, 少女であった

▼ れるまでが~ (2, 0.0%)

1 また一里, 寿命と

▼ れるまでもねえ~ (2, 0.0%)

1 てめえで, 前足が

▼ れるまでを~ (2, 0.0%)

1 追及し, 面白おかしく

▼ れるまま私~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は非常

▼ れるみじめさ~ (2, 0.0%)

1 をここ, 行きどころ

▼ れるむしろ~ (2, 0.0%)

1 単純素朴に, 無気味な

▼ れるものこれ~ (2, 0.0%)

2 が工藝

▼ れるものそのもの~ (2, 0.0%)

1 に関してさらに, に關

▼ れるもの二三~ (2, 0.0%)

1 を列挙, を極

▼ れるやうぢ~ (2, 0.0%)

1 や世話ア, や間違

▼ れるやっぱり~ (2, 0.0%)

1 大物だ, 海が

▼ れるやに~ (2, 0.0%)

1 聞及び候, 見える天下

▼ れるやや~ (2, 0.0%)

1 以前の, 常識的で

▼ れるやるせな~ (2, 0.0%)

1 さ, さとを

▼ れるよく~ (2, 0.0%)

1 あるやつ, はれし野

▼ れるよりもと~ (2, 0.0%)

1 喉を, 考えたし

▼ れるよりや~ (2, 0.0%)

1 アお寺でも, 俺に

▼ れるわれ~ (2, 0.0%)

1 として全体的, との分裂

▼ れるを以て~ (2, 0.0%)

1 なるべく多, 此等肖像は

▼ れるウルササ~ (2, 0.0%)

2 に益々

▼ れるカテゴリー~ (2, 0.0%)

2 の問題

▼ れるカルメン~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ れるガス~ (2, 0.0%)

1 とですっかり, は一つ

▼ れるガラッ~ (2, 0.0%)

2 八の

▼ れるグループ~ (2, 0.0%)

1 で例えば, とこれら

▼ れるスチイム~ (2, 0.0%)

2 が冷

▼ れるダンサー~ (2, 0.0%)

1 に劣る, のアパート

▼ れるテーマ~ (2, 0.0%)

1 であるからと, というもの

▼ れるディレッタンティズム~ (2, 0.0%)

2 である

▼ れるデウベン~ (2, 0.0%)

2 の城

▼ れるトルストイ~ (2, 0.0%)

1 の, の作品集

▼ れるノオルド~ (2, 0.0%)

2 の汽車

▼ れるハメ~ (2, 0.0%)

1 になり, に立ち至った

▼ れるパッション~ (2, 0.0%)

2 はヴァニティ

▼ れるヒューマニズム~ (2, 0.0%)

1 とは略, とプロレタリア

▼ れるファウスト~ (2, 0.0%)

1 の姿, を日本語

▼ れるベッド~ (2, 0.0%)

1 が二つ, のシーツ

▼ れるメトロノーム~ (2, 0.0%)

1 の相, の相継い

▼ れるラチオ~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ れるロシア~ (2, 0.0%)

1 の可能性, の社会進展

▼ れるワケ~ (2, 0.0%)

1 がある, はない

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 だもの, ですな

▼ れる一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 に脳髄, の釘

▼ れる一区画~ (2, 0.0%)

1 の中, の朝

▼ れる一帯~ (2, 0.0%)

1 の丘陵, の連山中

▼ れる一歩~ (2, 0.0%)

1 があろう, をしるした

▼ れる一派~ (2, 0.0%)

1 があり, の存在

▼ れる一番~ (2, 0.0%)

1 しまいの, 弱い本能

▼ れる一瞬前~ (2, 0.0%)

1 に気がついた, まで僕

▼ れる一節~ (2, 0.0%)

1 の中, を聞く

▼ れる一組~ (2, 0.0%)

1 が煖爐, の客

▼ れる一般的~ (2, 0.0%)

1 な, な状況

▼ れる一般的法則~ (2, 0.0%)

1 の認識, はダイヤモンド

▼ れる三つ~ (2, 0.0%)

1 のうち中央, の著書

▼ れる三十七歳~ (2, 0.0%)

2 お歳上

▼ れる三条辺~ (2, 0.0%)

2 の町尻

▼ れる三條邊~ (2, 0.0%)

2 の町尻

▼ れる三角形~ (2, 0.0%)

1 ですさまじい, はモン

▼ れる不具~ (2, 0.0%)

1 の子供, の身

▼ れる不名誉~ (2, 0.0%)

1 と不徳義, を清算

▼ れる不愉快さ~ (2, 0.0%)

1 も量, を知つて

▼ れる不折君~ (2, 0.0%)

1 の所謂絵具, の所謂繪具

▼ れる不撓不屈~ (2, 0.0%)

1 ついに疲れ, つひに

▼ れる不断~ (2, 0.0%)

1 の疲れ, の闘い

▼ れる世界觀~ (2, 0.0%)

1 がこの, である

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 眼を, 腕を

▼ れる両親~ (2, 0.0%)

1 から物質的補助, を待合

▼ れる中将~ (2, 0.0%)

1 と源氏, ははたして

▼ れる中心~ (2, 0.0%)

1 であった, の重み

▼ れる主題~ (2, 0.0%)

1 によっても得る, の扱いかた

▼ れる乞食~ (2, 0.0%)

1 との間, を見

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が出る, を見

▼ れる事さ~ (2, 0.0%)

1 へある, へございまし

▼ れる事甚~ (2, 0.0%)

1 しいもの, しい時

▼ れる事項~ (2, 0.0%)

1 の略述, を左

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の岸, の曲輪

▼ れる二十七八~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ れる二十面相~ (2, 0.0%)

1 がきょう, です

▼ れる二国~ (2, 0.0%)

1 においてその, において貧困

▼ れる云々~ (2, 0.0%)

1 と書い, は第

▼ れる五人~ (2, 0.0%)

1 の伴, の男

▼ れる五十男娘~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ れる交換価値尺度財~ (2, 0.0%)

1 を仲介, を用いない

▼ れる京都~ (2, 0.0%)

1 の方, へ近い

▼ れる人事~ (2, 0.0%)

1 や歌詞, よりも自然

▼ れる人形~ (2, 0.0%)

1 か送る, とあやつる

▼ れる人形使い~ (2, 0.0%)

1 が舞台, の働き

▼ れる人柄~ (2, 0.0%)

1 であったと, である

▼ れる人民~ (2, 0.0%)

1 の手, の日常生活

▼ れる人洋服~ (2, 0.0%)

1 をきる, を着る

▼ れる人間ぢ~ (2, 0.0%)

2 やねえ

▼ れる人間共~ (2, 0.0%)

1 が大阪, の眼

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 暗い石室, 白い円光

▼ れる仄か~ (2, 0.0%)

1 な明滅, な水

▼ れる今宵~ (2, 0.0%)

1 なればと, の望月

▼ れる今度~ (2, 0.0%)

1 は印旛沼, は残った

▼ れる今晩~ (2, 0.0%)

1 の自分, は是非夜伽

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 などが今, の説法

▼ れる仏陀~ (2, 0.0%)

1 であります, になった

▼ れる仔細~ (2, 0.0%)

1 が御座る, を何とぞ

▼ れる仕掛~ (2, 0.0%)

2 になっ

▼ れる仕組~ (2, 0.0%)

1 です, になっ

▼ れる他者~ (2, 0.0%)

1 との矛盾, のこの

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の形, はりに

▼ れる代わり~ (2, 0.0%)

1 に家全体, に無

▼ れる以上それ~ (2, 0.0%)

1 こそ万事休, には相当

▼ れる以太利文学~ (2, 0.0%)

2 の不安

▼ れる仮定~ (2, 0.0%)

1 に基づいた, の差別

▼ れる仮説~ (2, 0.0%)

1 の精神, もまた

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 だけにあるいは, などが原型

▼ れる会合~ (2, 0.0%)

1 であり影, への出詠

▼ れる会社~ (2, 0.0%)

1 の門, を自分

▼ れる伝統~ (2, 0.0%)

1 になっ, の血

▼ れる伝説~ (2, 0.0%)

1 なの, の像

▼ れる伸子~ (2, 0.0%)

1 の体位, の失神

▼ れる位い~ (2, 0.0%)

1 のもの, の事

▼ れる位私~ (2, 0.0%)

1 の, は我

▼ れる何ん~ (2, 0.0%)

1 とも云, の必要

▼ れる何事~ (2, 0.0%)

1 があろう, もその

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 に幾日, は内

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 しもし, し物質

▼ れる使者~ (2, 0.0%)

1 なり, のヘルメース

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はたしかに, はない

▼ れる便宜~ (2, 0.0%)

1 があった, があり

▼ れる俳優~ (2, 0.0%)

1 の表情, をバカ

▼ れる俳句~ (2, 0.0%)

1 であり和歌, の特別

▼ れる個々~ (2, 0.0%)

1 のもの, のターム

▼ れる個人~ (2, 0.0%)

1 としては謙遜, のもつ

▼ れる借家~ (2, 0.0%)

1 ではちょ, に関する事件

▼ れる値打ち~ (2, 0.0%)

1 がある, のない

▼ れる傀儡~ (2, 0.0%)

1 になり, は

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 からああ, に一人

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が窄まる, は持っ

▼ れる兄弟~ (2, 0.0%)

1 には唾, の母上

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 かと喜んだ, であるよう

▼ れる先々~ (2, 0.0%)

1 が大抵, でむつ

▼ れる光栄~ (2, 0.0%)

1 に浴, をもった

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のシチュー, の足

▼ れる児童~ (2, 0.0%)

1 であった, の

▼ れる全く~ (2, 0.0%)

1 以て, 特殊の

▼ れる全て~ (2, 0.0%)

1 の現象中, の綱綱

▼ れる八五郎~ (2, 0.0%)

1 の面目, はさ

▼ れる八幡宮~ (2, 0.0%)

1 おろ, の小祠

▼ れる八朔~ (2, 0.0%)

2 の姫御前

▼ れる共産党~ (2, 0.0%)

1 などという言葉, にとって考え

▼ れる兵隊~ (2, 0.0%)

1 が極めて, の行列

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が即ち, れが

▼ れる内々~ (2, 0.0%)

1 のあいさつ, の御

▼ れる内地~ (2, 0.0%)

1 が目のあたり, の日に日に

▼ れる円形~ (2, 0.0%)

1 の光り物, の土間

▼ れる写真~ (2, 0.0%)

1 が出, は白粉

▼ れる冷たい~ (2, 0.0%)

1 がらくたを, ものが

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 しい日和

▼ れる切な~ (2, 0.0%)

1 さであった, さである

▼ れる初春~ (2, 0.0%)

1 と花祭り, の行事

▼ れる前兆~ (2, 0.0%)

1 である, とも見るべきで

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 將の, 校長の

▼ れる創作方法~ (2, 0.0%)

1 がプロレタリア文学運動者たち, に対して林房雄

▼ れる創作活動~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ れる創造的~ (2, 0.0%)

1 な芸術家, な藝術家

▼ れる労働過程~ (2, 0.0%)

1 と先, 乃至生産過程

▼ れる労働量~ (2, 0.0%)

1 が生産, の増加

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 であったから, でドシン

▼ れる勢い~ (2, 0.0%)

1 でこの, はそれ

▼ れる勤人~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ れる匂い~ (2, 0.0%)

1 が座敷, についてバグリオーニ教授

▼ れる北西方~ (2, 0.0%)

2 の岸辺

▼ れる区別~ (2, 0.0%)

1 されるだけ, のこと

▼ れる医者~ (2, 0.0%)

1 によく, は来なかつた

▼ れる十日程前夜中合羽~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 七の, 老人であった

▼ れる半蔵~ (2, 0.0%)

1 が生涯, も自然

▼ れる単純~ (2, 0.0%)

1 な機械, な魅力

▼ れる厚い~ (2, 0.0%)

1 大きな爪, 書牋紙に

▼ れる原則~ (2, 0.0%)

1 を基礎, を適用

▼ れる原理~ (2, 0.0%)

1 に基づく, を鉛

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 其半面に, 其種子は

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の赤い, をぶらさげ

▼ れる友達~ (2, 0.0%)

1 が一人, の有難味

▼ れる反響~ (2, 0.0%)

2 をおこし

▼ れる叔母~ (2, 0.0%)

2 も共に

▼ れる口調~ (2, 0.0%)

1 で私, で言った

▼ れる古人~ (2, 0.0%)

1 が古事記, の会意

▼ れる古木~ (2, 0.0%)

2 がなん

▼ れる古来~ (2, 0.0%)

1 の大, の街路樹

▼ れる古風~ (2, 0.0%)

1 な四行詩, な膠

▼ れる可愛い~ (2, 0.0%)

1 のが, 愛嬌で

▼ れる台風~ (2, 0.0%)

1 という不思議, の気象学的

▼ れる号外~ (2, 0.0%)

1 には短い, のビラ

▼ れる各室~ (2, 0.0%)

1 には半ば, へぞろぞろ

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 一条件を, 一貨物の

▼ れる同情~ (2, 0.0%)

1 からはじまっ, の溜め息

▼ れる名前~ (2, 0.0%)

1 がお雪ちゃん, の人たち

▼ れる名誉~ (2, 0.0%)

1 ある宝物, を思っ

▼ れる名香~ (2, 0.0%)

1 に, の香

▼ れる后宮~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ れる吐根~ (2, 0.0%)

2 も佐太郎

▼ れる含蓄~ (2, 0.0%)

1 があります, の深い

▼ れる哀れ~ (2, 0.0%)

1 な犠牲者, の我が

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が寂しい, でも奥

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が身じろぎ, の端

▼ れる唯物論~ (2, 0.0%)

2 の長い

▼ れる商売~ (2, 0.0%)

1 だな, ならやりきれないが

▼ れる啓蒙~ (2, 0.0%)

1 のため, はどういう

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 に移りゆく, への復帰

▼ れる喜六~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ れる器具~ (2, 0.0%)

1 の双眼鏡, を獲得

▼ れる四五日前~ (2, 0.0%)

2 にどうにも

▼ れる四十五六~ (2, 0.0%)

2 の上さん

▼ れる四辻~ (2, 0.0%)

2 まで歩い

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 て手錠申付, になりました

▼ れる国王~ (2, 0.0%)

1 は前, を出し

▼ れる土手~ (2, 0.0%)

1 がう, の上

▼ れる土用~ (2, 0.0%)

2 の夜更け

▼ れる地代~ (2, 0.0%)

1 が以前, にも依存

▼ れる地價~ (2, 0.0%)

1 が大概, の低落

▼ れる地名~ (2, 0.0%)

1 が五つ, なりしか或は

▼ れる地味~ (2, 0.0%)

1 だが, なくすんだもの

▼ れる地図~ (2, 0.0%)

1 にたとい, に上駒ヶ岳

▼ れる地帯~ (2, 0.0%)

1 だ, で叔母

▼ れる地球~ (2, 0.0%)

1 のいのち, は

▼ れる地盤~ (2, 0.0%)

1 の上, は早く

▼ れる地震~ (2, 0.0%)

1 で曲る, の光

▼ れる地點~ (2, 0.0%)

1 まで達した, を定

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が石子刑事, によって動作

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 と煤, の臭気

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, の墻

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 ですが, と彼

▼ れる基礎~ (2, 0.0%)

1 ができた, を失っ

▼ れる基金~ (2, 0.0%)

1 よりもより速, を徴収

▼ れる場合それ~ (2, 0.0%)

1 はほかならぬ, は個人的財産

▼ れる場合一つ~ (2, 0.0%)

1 か二つ, の途

▼ れる場合最初~ (2, 0.0%)

2 の部分

▼ れる場合私たち~ (2, 0.0%)

1 の感情, は一言

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 ありインド諸地, を戴きたる

▼ れる塵埃~ (2, 0.0%)

1 などもすぐ, の臭気

▼ れる境地~ (2, 0.0%)

1 から磯崎, にまで進みたい

▼ れる増加率~ (2, 0.0%)

1 である, とほとんど

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の中, を仰ぐ

▼ れる変動~ (2, 0.0%)

1 とを注意, を勘定

▼ れる変装~ (2, 0.0%)

1 の名人, の大

▼ れる夕暮~ (2, 0.0%)

1 の空, や

▼ れる外人~ (2, 0.0%)

1 の家, はずり落ち

▼ れる外国~ (2, 0.0%)

1 からの供給, の例

▼ れる多数~ (2, 0.0%)

1 の同情, の識者

▼ れる多量~ (2, 0.0%)

1 な温湯, の金銀

▼ れる夜曲~ (2, 0.0%)

1 へ連れ, を聞く

▼ れる大した~ (2, 0.0%)

1 きりやうだ, 構えだ

▼ れる大勢~ (2, 0.0%)

1 のお客, の身心

▼ れる大和~ (2, 0.0%)

1 の声, は躊躇

▼ れる大垣殿~ (2, 0.0%)

2 は江戸

▼ れる大学~ (2, 0.0%)

1 の助教授さん, の競漕会

▼ れる大工さんそれ~ (2, 0.0%)

2 が出来ない

▼ れる大店~ (2, 0.0%)

1 がそれ, の人形師

▼ れる大理石~ (2, 0.0%)

1 で壁面, の階段

▼ れる大蛇~ (2, 0.0%)

1 がすん, がとぐろ

▼ れる大阪~ (2, 0.0%)

1 の街, も憂鬱

▼ れる大鷲~ (2, 0.0%)

1 がゾヨゾヨ, の影

▼ れる天才~ (2, 0.0%)

1 の名, の運命

▼ れる太刀~ (2, 0.0%)

1 も一瞬ごと, を避けよう

▼ れる失態~ (2, 0.0%)

1 はたくさん, は沢山

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 には晴れやか, の間

▼ れる奥方~ (2, 0.0%)

1 の御, はどんな

▼ れる女たち~ (2, 0.0%)

2 を内心

▼ れる女主人公~ (2, 0.0%)

1 の姿, の運命

▼ れる女人~ (2, 0.0%)

1 の, 斬り殺されるもの

▼ れる女奴隷~ (2, 0.0%)

2 と等しい

▼ れる女教師~ (2, 0.0%)

1 が粗末, である

▼ れる女王~ (2, 0.0%)

1 のよう, や女御

▼ れる女給~ (2, 0.0%)

1 が居た, が来た

▼ れる女達~ (2, 0.0%)

1 との間, の徳性

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 材料に, 青年だった

▼ れる好奇心~ (2, 0.0%)

1 と興味, を鈍らせる

▼ れる姫君~ (2, 0.0%)

1 であった, は長く

▼ れる姫草ユリ子~ (2, 0.0%)

1 の姿, の純真無邪気

▼ れる姿勢~ (2, 0.0%)

1 で入った, を見

▼ れる媒介~ (2, 0.0%)

1 になる, に過ぎない

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 か, は少なく

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 な気持ち

▼ れる学友~ (2, 0.0%)

1 の大宮孝潤氏, は折

▼ れる宅神~ (2, 0.0%)

1 によって説明, の信仰

▼ れる安価~ (2, 0.0%)

1 な人間, な同情

▼ れる安逸~ (2, 0.0%)

2 を欲する

▼ れる宏大~ (2, 0.0%)

1 な庭, もない

▼ れる宝子~ (2, 0.0%)

2

▼ れる実体~ (2, 0.0%)

1 があっ, がある

▼ れる実物~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ れる実際~ (2, 0.0%)

1 の地代, 的推論を

▼ れる実験~ (2, 0.0%)

1 には七千グラム, は一々

▼ れる客観写生~ (2, 0.0%)

1 は, を浅く

▼ れる客觀的~ (2, 0.0%)

1 な個別性, な出來事

▼ れる家々~ (2, 0.0%)

1 の実力, は

▼ れる家畜~ (2, 0.0%)

1 のよう, の鈴

▼ れる家鴨~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ れる容体~ (2, 0.0%)

1 である, で寒い

▼ れる容積~ (2, 0.0%)

1 の, の荷箱

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の大きな, は啻に

▼ れる富貴~ (2, 0.0%)

1 とか贅沢, な品

▼ れる寸前~ (2, 0.0%)

1 に彼ら, に彼方

▼ れる寺院~ (2, 0.0%)

1 の美し, らしい

▼ れる寿詞~ (2, 0.0%)

1 に就, は古い

▼ れる将来~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の構成

▼ れる尊敬~ (2, 0.0%)

1 すべき努力, の中

▼ れる小心~ (2, 0.0%)

2 だけが全部

▼ れる小心者~ (2, 0.0%)

2 でありながら

▼ れる小林少年~ (2, 0.0%)

1 です, をし

▼ れる小柄~ (2, 0.0%)

1 な青年, の小僧

▼ れる小石~ (2, 0.0%)

1 のすれ合う, はささやか

▼ れる小説家~ (2, 0.0%)

1 だった, の微妙

▼ れる小鳥~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れる少女小説~ (2, 0.0%)

1 について私, を改革

▼ れる少年たち~ (2, 0.0%)

1 の瞳, はどの

▼ れる尾張町~ (2, 0.0%)

2 の藤吉

▼ れる屋敷~ (2, 0.0%)

1 だのに, とも思われぬ

▼ れる屋根~ (2, 0.0%)

1 の姿, や板木片

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 より

▼ れる展覧会~ (2, 0.0%)

1 などのおかげ, や講演会

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 は主として, は私

▼ れる山々~ (2, 0.0%)

1 からの縁談, には九月

▼ れる山口~ (2, 0.0%)

1 の栞, の町全部

▼ れる岩窟~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ れる岩肌~ (2, 0.0%)

1 の青, は穴

▼ れる岩角~ (2, 0.0%)

1 に来た, の足がかり

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 に浅間社, の一筋道

▼ れる島田~ (2, 0.0%)

1 でないここ, ではない

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のまえ, を渉

▼ れる工人~ (2, 0.0%)

1 の群れ, は自由

▼ れる工場~ (2, 0.0%)

1 だな, の用

▼ れる巴里~ (2, 0.0%)

1 の日あたり, を持つ

▼ れる師匠~ (2, 0.0%)

1 のきつい, の足

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 につく, に列し

▼ れる常套語~ (2, 0.0%)

1 になっ, をもっ

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 べったい, もあった

▼ れる平和~ (2, 0.0%)

1 な楽しい, のため

▼ れる平家~ (2, 0.0%)

1 が久, でありました

▼ れる年配~ (2, 0.0%)

1 で大森, の作家たち

▼ れる年齡~ (2, 0.0%)

1 になつ, の來

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はやはり, を説く

▼ れる幸運~ (2, 0.0%)

1 に繞, を得た

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 寥な, 絶境に

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 さだった, さで

▼ れる広間~ (2, 0.0%)

1 には全体何, の光景

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の番, の賑わい

▼ れる度今~ (2, 0.0%)

2 も昔

▼ れる廊下~ (2, 0.0%)

1 から扉, も階段

▼ れる建築~ (2, 0.0%)

1 の細部, を水の上

▼ れる弟子~ (2, 0.0%)

1 に限っ, の小僧

▼ れる弱々しい~ (2, 0.0%)

1 体を, 力で

▼ れる弱味~ (2, 0.0%)

1 がどこ, はなんにも

▼ れる張力~ (2, 0.0%)

1 とは天分, は自然

▼ れる張陳両氏~ (2, 0.0%)

2 との三時間

▼ れる強情~ (2, 0.0%)

1 な嗄れ声, 張って

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 躰と, 道場へ

▼ れる当の~ (2, 0.0%)

1 人は, 農夫や

▼ れる当人達~ (2, 0.0%)

1 が気付かぬ, が知っ

▼ れる当時~ (2, 0.0%)

1 の事情, は一番

▼ れる当然~ (2, 0.0%)

1 な顔, の苦難

▼ れる形勢~ (2, 0.0%)

1 である, になっ

▼ れる形相~ (2, 0.0%)

1 で睨み上げ, で風

▼ れる形象~ (2, 0.0%)

1 などによつ, の要求

▼ れる形跡~ (2, 0.0%)

1 がある, を感じ

▼ れる彫刻~ (2, 0.0%)

2 を施した

▼ れる役人~ (2, 0.0%)

1 と背中合せ, のほか

▼ れる役目~ (2, 0.0%)

1 を引きうけ, を引受けよう

▼ れる彼奴~ (2, 0.0%)

1 にあった, を瞞す事

▼ れる彼等~ (2, 0.0%)

1 の生活, は益々

▼ れる律師~ (2, 0.0%)

1 にぜひ, は休息

▼ れる後代~ (2, 0.0%)

2 の模作品

▼ れる御世~ (2, 0.0%)

1 に於, の時代

▼ れる御影~ (2, 0.0%)

2 の三角石

▼ れる御歌~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ れる御馳走~ (2, 0.0%)

1 ならどんな, をならべ

▼ れる微妙~ (2, 0.0%)

1 な対話, な秒針

▼ れる微細~ (2, 0.0%)

1 な怠慢, な火弾

▼ れる心情~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を蹴り捨てた

▼ れる心持ち~ (2, 0.0%)

1 がする, が深く

▼ れる心當~ (2, 0.0%)

1 りが, りは

▼ れる心苦し~ (2, 0.0%)

1 さを, さ見下げられる

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はうれしい, もせめて

▼ れる応酬~ (2, 0.0%)

1 などはボヘミア, を聴い

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 さからか, さを

▼ れる快い~ (2, 0.0%)

1 世辞の, 朝

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 傾斜な, 斜地を

▼ れる急所~ (2, 0.0%)

1 である, をはずした

▼ れる性分~ (2, 0.0%)

1 だ, なの

▼ れる性情~ (2, 0.0%)

1 が宿る, の分厚

▼ れる恐し~ (2, 0.0%)

1 いこと, い強盗紳士

▼ れる恐るべき~ (2, 0.0%)

1 労働の, 叙事詩的一派に

▼ れる恐ろし~ (2, 0.0%)

1 さに, さは

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 かしさ, ではない

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が濛々, が積り積

▼ れる息子~ (2, 0.0%)

1 の心, の祝龍

▼ れる息苦しい~ (2, 0.0%)

1 ような, 闇夜の

▼ れる悪名~ (2, 0.0%)

2 は多けれ

▼ れる悪童~ (2, 0.0%)

1 の吹き矢, の心

▼ れる情景~ (2, 0.0%)

1 がのっ, を現在夢

▼ れる情熱~ (2, 0.0%)

1 に任せ, も感情

▼ れる情緒~ (2, 0.0%)

1 であるから, にある程度

▼ れる想像力~ (2, 0.0%)

1 が突拍子, で誰

▼ れる愉し~ (2, 0.0%)

1 さを, さ空白の

▼ れる愉快~ (2, 0.0%)

1 と恥, な感じ

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 に用いる, を寓

▼ れる意志~ (2, 0.0%)

1 がつよい, などはなく

▼ れる感激~ (2, 0.0%)

1 に無感覚, の光景

▼ れる慈善音楽会~ (2, 0.0%)

2 の入場券

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 にて行李, の至つて開放的

▼ れる憲法~ (2, 0.0%)

1 に旧い, の中

▼ れる憾み~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 と嫉妬, の男君

▼ れる我が~ (2, 0.0%)

1 井上先生を, 髭燃え

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 ひなりこの, ひにまで

▼ れる手術~ (2, 0.0%)

1 でも受けた, を受ける

▼ れる批難~ (2, 0.0%)

1 であろう, を顧みる

▼ れる技術~ (2, 0.0%)

1 の上, の質的変化

▼ れる技術家~ (2, 0.0%)

1 の方々, はその

▼ れる抜き刷り~ (2, 0.0%)

2 を人

▼ れる拍子~ (2, 0.0%)

1 にベタリ, に何所

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 き刷り

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の短いぎこちない, をくわえ

▼ れる推理~ (2, 0.0%)

1 の効力, の後

▼ れる描写~ (2, 0.0%)

1 が処々, の一つ

▼ れる支え~ (2, 0.0%)

2 であるところ

▼ れる政治家~ (2, 0.0%)

1 の夫人, は既に

▼ れる故人~ (2, 0.0%)

1 と昵懇, と眤懇

▼ れる故郷~ (2, 0.0%)

1 にやすみ, の歌人

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 である, はれる

▼ れる教義~ (2, 0.0%)

1 である, 第二階

▼ れる教育~ (2, 0.0%)

1 のため, は小中学

▼ れる数々~ (2, 0.0%)

1 の手掛, の歓楽

▼ れる文化統制~ (2, 0.0%)

1 が今, でもなく

▼ れる文句~ (2, 0.0%)

1 が, の実体

▼ れる文学作品~ (2, 0.0%)

1 にしろ, の真

▼ れる斑雪~ (2, 0.0%)

1 か, か消え残りたる

▼ れる新人~ (2, 0.0%)

1 の名, も作品

▼ れる新鮮~ (2, 0.0%)

1 な栄螺, な魅力

▼ れる方便~ (2, 0.0%)

1 がある, なん

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 かと思う, の人

▼ れる旋律~ (2, 0.0%)

1 とのみ見る, のこまかい

▼ れる日影色~ (2, 0.0%)

2 の着物

▼ れる日本ペンクラブ~ (2, 0.0%)

2

▼ れる日記~ (2, 0.0%)

1 の根本的性格, や自叙伝

▼ れる早く~ (2, 0.0%)

2 往って

▼ れる昌造作~ (2, 0.0%)

1 の字母, の鋼鐵製日本文字字母

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 かな謬論, の初

▼ れる昔話~ (2, 0.0%)

1 や童話, をまして

▼ れる時そこ~ (2, 0.0%)

1 には初め, には区別

▼ れる時なん~ (2, 0.0%)

1 だって一言弁解, だつて一言辯解

▼ れる時われら~ (2, 0.0%)

1 の墓辺, の烟突

▼ れる時ダンテ~ (2, 0.0%)

1 とその, はその

▼ れる時世~ (2, 0.0%)

1 となり, になっ

▼ れる時勢~ (2, 0.0%)

1 となっ, は年

▼ れる時大衆~ (2, 0.0%)

2 と美

▼ れる時己~ (2, 0.0%)

1 が黨與, が鼠半切

▼ れる時我~ (2, 0.0%)

1 は己, 幼くて

▼ れる時文学~ (2, 0.0%)

1 の世界, は自滅

▼ れる時此~ (2, 0.0%)

1 の新参, の言葉

▼ れる時科学~ (2, 0.0%)

1 は最も, は決して

▼ れる時空間概念~ (2, 0.0%)

1 の解釈, は先ず

▼ れる時間性~ (2, 0.0%)

1 も実は, 可滅性

▼ れる晩平次~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ れる普遍~ (2, 0.0%)

1 の書物, の興味

▼ れる智慧~ (2, 0.0%)

1 と知識, の光

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 け方, には子女

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のある, もない

▼ れる暴力~ (2, 0.0%)

1 についても人民自主, の意

▼ れる暴君~ (2, 0.0%)

1 とがある, ときらわれる

▼ れる曲線~ (2, 0.0%)

1 の部分, を描き出し

▼ れる曲者~ (2, 0.0%)

2 に相違

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はあながち, も書い

▼ れる書状~ (2, 0.0%)

2 が数通

▼ れる書籍~ (2, 0.0%)

1 だという, の一団

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 幽静, 風上の

▼ れる有力~ (2, 0.0%)

1 なる方々, な原因

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が来た, はあるまい

▼ れる期日~ (2, 0.0%)

1 だから, であり十日

▼ れる期間~ (2, 0.0%)

1 である, は極めて

▼ れる木木~ (2, 0.0%)

2 の梢

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 解の

▼ れる未來~ (2, 0.0%)

1 が現在, も

▼ れる未熟~ (2, 0.0%)

1 な女, な論

▼ れる村民~ (2, 0.0%)

1 があっ, が彼ら

▼ れる東北側~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ れる東洋思想~ (2, 0.0%)

1 において伝統主義, において傳統主義

▼ れる松の木~ (2, 0.0%)

2 の細く

▼ れる松島~ (2, 0.0%)

1 の風景, も見られる

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 じゃあねえおら, に見える

▼ れる柄ぢ~ (2, 0.0%)

1 やあ, やなし

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 かな苔, しい男

▼ れる柔かい~ (2, 0.0%)

1 水の, 詩人の

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の情緒, の枝

▼ れる柳枝~ (2, 0.0%)

2 は自作自演

▼ れる栄誉~ (2, 0.0%)

1 の仕事, をにないました

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の実, の實

▼ れる根本~ (2, 0.0%)

1 である, の原因

▼ れる格式~ (2, 0.0%)

2 の伊丹屋

▼ れる條件~ (2, 0.0%)

1 である, である故に

▼ れる森林~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 を手

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はおお, も茶碗

▼ れる植物~ (2, 0.0%)

1 が生き, に属する

▼ れる楊枝~ (2, 0.0%)

1 が添, が添え

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 なるべし神主禰宜ら十人, も

▼ れる楽しみ~ (2, 0.0%)

1 の一つ一つ, をこ

▼ れる榮養補足費~ (2, 0.0%)

2 の増加

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 しさ, な奉公

▼ れる樹木~ (2, 0.0%)

1 の恐れ, の悲鳴

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 とてもなく, みに

▼ れる機関~ (2, 0.0%)

1 とある, のセンダンぶり

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の片, を期待

▼ れる歌曲~ (2, 0.0%)

1 の説明, を中心

▼ れる歌舞伎~ (2, 0.0%)

1 の伝統, を

▼ れる歓び~ (2, 0.0%)

1 そして現代, だった

▼ れる歓喜~ (2, 0.0%)

1 でしょう, に襲われた

▼ れる正当~ (2, 0.0%)

1 な情勢, な理由

▼ れる武家~ (2, 0.0%)

1 には不思議, の大名

▼ れる武芸者~ (2, 0.0%)

1 はみなそうだった, を多く

▼ れる武蔵野~ (2, 0.0%)

1 の陽, へ一度

▼ れる歴史的~ (2, 0.0%)

1 には之, の假名

▼ れる歴史的出來事そのもの~ (2, 0.0%)

2 の限界

▼ れる殆毎日~ (2, 0.0%)

2 死ぬ死ぬと

▼ れる殊に~ (2, 0.0%)

1 久活形容詞専門と, 雪子さんが

▼ れる段階~ (2, 0.0%)

1 にある, に入り

▼ れる殿~ (2, 0.0%)

1 であっても, に対しては天神

▼ れる比率~ (2, 0.0%)

1 である, を決定

▼ れる民族~ (2, 0.0%)

1 でないこと, でもと

▼ れる民藝品~ (2, 0.0%)

1 の方, は余り

▼ れる気味~ (2, 0.0%)

1 があり, であった

▼ れる氣色~ (2, 0.0%)

1 がありません, 鋭き翁

▼ れる氣遣~ (2, 0.0%)

2 ひは

▼ れる水脈~ (2, 0.0%)

1 のかげ, の閉塞

▼ れる水飴~ (2, 0.0%)

1 の争奪, の爭奪

▼ れる決意~ (2, 0.0%)

1 をする, をもつ

▼ れる沢山~ (2, 0.0%)

1 な家従郎党たち, の右翼青年達

▼ れる河内屋~ (2, 0.0%)

2 の屋敷

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のよう, はおのずから

▼ れる治郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 も身, を敵

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が湧い, を見出した

▼ れる波木井船長~ (2, 0.0%)

2 は東湾汽船

▼ れる洋活字~ (2, 0.0%)

1 がインデル・モウル, が澤山

▼ れる洋菓子~ (2, 0.0%)

1 にも色々, を愛し

▼ れる洋食屋~ (2, 0.0%)

2

▼ れる洪水~ (2, 0.0%)

2 には反対

▼ れる活動~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ れる流れ~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ れる流浪人~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ れる流行~ (2, 0.0%)

1 と丁度, は官僚

▼ れる浪路~ (2, 0.0%)

1 の存在, を雪

▼ れる浮浪民~ (2, 0.0%)

1 があります, は所々

▼ れる海上~ (2, 0.0%)

1 に在った, の島

▼ れる淑女~ (2, 0.0%)

1 よ, 住むところ

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 傷だ, 宮の

▼ れる深い眠~ (2, 0.0%)

2 も朝

▼ れる清親~ (2, 0.0%)

1 にか, の風景画

▼ れる温和~ (2, 0.0%)

1 な婦人, に見える

▼ れる演説~ (2, 0.0%)

1 にはどんなにはっきり, は森

▼ れる演説会~ (2, 0.0%)

1 の演説, はその

▼ れる潜在的~ (2, 0.0%)

1 な形, な無神論

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のよう, の満干

▼ れる濃度~ (2, 0.0%)

1 がその, によつて

▼ れる火山岩塊~ (2, 0.0%)

2 の表面

▼ れる火星人~ (2, 0.0%)

1 が黒豆, と闘う

▼ れる灰色~ (2, 0.0%)

1 のもの, の頬

▼ れる為め~ (2, 0.0%)

1 にのみ保存, には勢い

▼ れる無心~ (2, 0.0%)

1 にも似る, に等しい

▼ れる無念~ (2, 0.0%)

1 であった, をのべ

▼ れる無花果~ (2, 0.0%)

1 が何本, の樹陰

▼ れる然るに~ (2, 0.0%)

1 学校へ, 富士帯の

▼ れる熱心~ (2, 0.0%)

1 なかた, な読者

▼ れる熱意~ (2, 0.0%)

1 がない, に感じ

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 に依る, 然たる

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 には其, に起つ

▼ れる父君~ (2, 0.0%)

1 も年, を見送っ

▼ れる父親~ (2, 0.0%)

1 であったのに, の一行

▼ れる牡丹~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ れる物価~ (2, 0.0%)

2 は高く

▼ れる物凄い~ (2, 0.0%)

1 有様を, 有樣

▼ れる物寂~ (2, 0.0%)

2 た家

▼ れる物思い~ (2, 0.0%)

1 に寝, は二人

▼ れる物語~ (2, 0.0%)

1 はその, をきき

▼ れる物音~ (2, 0.0%)

1 がした, です

▼ れる特に~ (2, 0.0%)

1 独逸などには, 鶏卵が

▼ れる特報~ (2, 0.0%)

2 でたちまち

▼ れる犯人~ (2, 0.0%)

1 のトリック, をここ

▼ れる犯罪~ (2, 0.0%)

1 には法律, は到底

▼ れる犯罪者~ (2, 0.0%)

1 の増加, はみな大抵

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が驚ろ, は営養

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の声, を救うた

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のよう, の生皮二三枚

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 だから, を戰亂

▼ れる王朝時代~ (2, 0.0%)

1 のデカダン詩人, の人人

▼ れる珈琲~ (2, 0.0%)

1 は結局実用的珈琲, も恐らく

▼ れる珍客~ (2, 0.0%)

1 を, を款待

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 わなものな, 家元喜多六平太氏や

▼ れる理論~ (2, 0.0%)

1 でありその, より生ずる

▼ れる環境~ (2, 0.0%)

1 において人間性, を物質価値

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 の黒い

▼ れる生徒~ (2, 0.0%)

1 にとっていつも極めて, の名

▼ れる生活そのもの~ (2, 0.0%)

2 が実は

▼ れる生活白痴~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ れる生物~ (2, 0.0%)

1 から発する, に雷鳥

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はない, をはじめて

▼ れる男性~ (2, 0.0%)

1 とを除い, の感情

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 は一渓, を依頼

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 があっ, へ行った

▼ れる留さん~ (2, 0.0%)

2 の勘

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が発見, を見り

▼ れる痕迹~ (2, 0.0%)

1 もあった, もあつ

▼ れる痛まし~ (2, 0.0%)

1 さ, さに

▼ れる痛ましい~ (2, 0.0%)

1 戸口は, 自分自身の

▼ れる発光現象~ (2, 0.0%)

1 なるもの, よりも地電流そのもの

▼ れる発展~ (2, 0.0%)

1 とがことなった, のため

▼ れる白衣~ (2, 0.0%)

1 の勇士達, も泣い

▼ れる白髪~ (2, 0.0%)

1 の悪漢, の老翁

▼ れる皆さん~ (2, 0.0%)

1 の署名, も辛い

▼ れる皇子~ (2, 0.0%)

1 で御, の席

▼ れる皿数~ (2, 0.0%)

2 の最後

▼ れる目つき~ (2, 0.0%)

1 など今, はなかば

▼ れる盲目~ (2, 0.0%)

2 なるファナチシズム

▼ れる相談~ (2, 0.0%)

1 になった, は大小

▼ れる相貌~ (2, 0.0%)

1 であった, をし

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の下, の濃い

▼ れる真白~ (2, 0.0%)

1 な八合目あたり, な花

▼ れる真黒~ (2, 0.0%)

1 な太い, な眼鏡

▼ れる眠り~ (2, 0.0%)

1 であると, のうち

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 より恐ろしき, をゆっくり

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 さきこの, は悉く

▼ れる知らせ~ (2, 0.0%)

1 だという, を受け

▼ れる知人~ (2, 0.0%)

2 や未

▼ れる知名~ (2, 0.0%)

1 のイプセン学者, の実業家

▼ れる知性~ (2, 0.0%)

1 の幼稚さ, もそれ自身技術的

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 かいものを, かい間人々の

▼ れる短歌~ (2, 0.0%)

1 が中葉, は作者

▼ れる短篇~ (2, 0.0%)

1 に好例, のうち

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 は然, を気

▼ れる砒石~ (2, 0.0%)

1 も交っ, も交つて

▼ れる研究~ (2, 0.0%)

2 の対象

▼ れる確実~ (2, 0.0%)

1 な保証, な手段

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の魚, をさし

▼ れる礫だらけ~ (2, 0.0%)

2 の谷

▼ れる社会現象~ (2, 0.0%)

1 のなか, の特徴

▼ れる社会的環境~ (2, 0.0%)

2 を第

▼ れる神社~ (2, 0.0%)

1 の石華表, を破壊

▼ れる神秘~ (2, 0.0%)

1 があった, な共同動作

▼ れる神経質~ (2, 0.0%)

2 な美貌

▼ れる秘密~ (2, 0.0%)

1 について教え, に買収

▼ れる秘義~ (2, 0.0%)

2 について深く

▼ れる秩序~ (2, 0.0%)

2 の力

▼ れる程それ~ (2, 0.0%)

1 はこの, は今

▼ れる程君~ (2, 0.0%)

1 に向, に向っ

▼ れる程地~ (2, 0.0%)

2 を這つて

▼ れる程日本~ (2, 0.0%)

1 の事物, の風景

▼ れる程汗~ (2, 0.0%)

1 をかい, を取った

▼ れる程疵だらけ~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ れる程規律~ (2, 0.0%)

2 がよく

▼ れる積極的~ (2, 0.0%)

1 あるいは消極的方策, な罪悪

▼ れる童話~ (2, 0.0%)

1 が全然, と紙

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 から店, となる

▼ れる端緒~ (2, 0.0%)

1 である, にもなり

▼ れる競馬~ (2, 0.0%)

1 というスポーツ, にかけ

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 ひ方, をあら

▼ れる筋骨~ (2, 0.0%)

1 逞しい立派, 過勞

▼ れる節節~ (2, 0.0%)

1 りんりんと, 多く参考

▼ れる範疇~ (2, 0.0%)

1 が無論そのまま, と何等

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 つぽく

▼ れる粗生原料品~ (2, 0.0%)

1 により多く, の価値騰貴

▼ れる粗野~ (2, 0.0%)

1 な自然, の民

▼ れる精巧~ (2, 0.0%)

1 な一個, な頸飾り

▼ れる精神界~ (2, 0.0%)

1 の事業, の遙けさ

▼ れる糸子~ (2, 0.0%)

1 が何, に麻酔剤

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 六カ月以前に, 四十度の

▼ れる紋切型~ (2, 0.0%)

1 の嘘, は笑

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 抒情詩で, 日本趣味の

▼ れる紙片~ (2, 0.0%)

1 とか木簡, のよう

▼ れる素子~ (2, 0.0%)

1 の不安定, の混乱

▼ れる細い~ (2, 0.0%)

1 小枝, 金針が

▼ れる紳士~ (2, 0.0%)

1 ともなっ, はたった

▼ れる終結何もの~ (2, 0.0%)

2 に対しても残留

▼ れる経路~ (2, 0.0%)

1 が描かれ, にはこみいった

▼ れる経験~ (2, 0.0%)

1 は経験, もやつ

▼ れる絵画~ (2, 0.0%)

1 がこういう, も文字

▼ れる絵画展覧会~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ れる繁み~ (2, 0.0%)

1 の上, や看板

▼ れる繁栄~ (2, 0.0%)

1 である故に, の新宿街

▼ れる罪人~ (2, 0.0%)

1 なりとお, のこと

▼ れる美徳~ (2, 0.0%)

1 の一つ, や悪徳

▼ れる美男~ (2, 0.0%)

1 でした, の巡査

▼ れる美貌~ (2, 0.0%)

1 であること, の未亡人

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 かしさ

▼ れる義太夫~ (2, 0.0%)

1 にも語られる, もおそらく

▼ れる羽翼~ (2, 0.0%)

2 の筋肉

▼ れる考え方~ (2, 0.0%)

1 である, によって説明

▼ れる者たち~ (2, 0.0%)

1 の声, は競つて理科系統

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 して, も其の

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が私, とをた

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 なんてもの

▼ れる聯想~ (2, 0.0%)

1 のひとつ, の糸

▼ れる職務~ (2, 0.0%)

1 なりと言, に參

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 を出し, を各自

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 や臀, を支え

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 や洋食

▼ れる脚本~ (2, 0.0%)

1 は日本, も割合

▼ れる腰っきり~ (2, 0.0%)

2 の沖着

▼ れる自動車~ (2, 0.0%)

1 の中, を持っ

▼ れる自害~ (2, 0.0%)

1 があるでせう, はあるでしょう

▼ れる自我~ (2, 0.0%)

1 でなくし, の本質

▼ れる興奮~ (2, 0.0%)

1 からすべて, が言葉

▼ れる舞踏会~ (2, 0.0%)

1 には当の, の招待状

▼ れる良い~ (2, 0.0%)

1 狆を, 酒でした

▼ れる良人~ (2, 0.0%)

1 というもの, になり終る

▼ れる色紙~ (2, 0.0%)

1 などには渾然, などへよく

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のよう, の皮

▼ れる芭蕉~ (2, 0.0%)

1 には少し, のこんな

▼ れる花嫁~ (2, 0.0%)

1 に似, の聟

▼ れる花畑~ (2, 0.0%)

1 にはジキタリス, にはヂキタリス

▼ れる芸者~ (2, 0.0%)

1 が二人, は以前

▼ れる芸術家~ (2, 0.0%)

1 の職業的, やロシア文学紹介者たち

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 に嘴つけ

▼ れる若き~ (2, 0.0%)

1 女は, 男女殆ど

▼ れる若葉~ (2, 0.0%)

1 が蒼い, のよう

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 には資本家, るしさ

▼ れる苦しみ~ (2, 0.0%)

1 を泣い, を考える

▼ れる苦患~ (2, 0.0%)

1 の闇, も務め

▼ れる苦悩~ (2, 0.0%)

1 にみたされた, の呻き

▼ れる英国~ (2, 0.0%)

1 における如く, のグリンドボーン

▼ れる英國~ (2, 0.0%)

1 にもない, の議會政治

▼ れる茶碗~ (2, 0.0%)

1 がよく, の如き

▼ れる荷物~ (2, 0.0%)

1 の行方, は古い

▼ れる莫大~ (2, 0.0%)

1 な費用, な金銀

▼ れる華奢~ (2, 0.0%)

1 な籐椅子, を尽くした

▼ れる葉子~ (2, 0.0%)

1 と義公, の隠れ家

▼ れる著しい~ (2, 0.0%)

1 特色は, 特質は

▼ れる葡萄酒~ (2, 0.0%)

1 の量, をすこし

▼ れる葬式~ (2, 0.0%)

1 のさま, の会葬者

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の葉, 生えか

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 汚れたの, 青いよう

▼ れる薄く~ (2, 0.0%)

2 澄ませるまた

▼ れる薪炭~ (2, 0.0%)

1 だけで, の種類

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 なん, の分量

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のやう, の音

▼ れる藤村幸三郎氏~ (2, 0.0%)

2 です

▼ れる藪柑子~ (2, 0.0%)

2 がすき

▼ れる虚偽~ (2, 0.0%)

1 となっ, の科学

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の声, の実験いずれ

▼ れる蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 のよう, や草

▼ れる蝋燭~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の数

▼ れる蝦夷地~ (2, 0.0%)

1 にも開拓, の過去

▼ れる血液~ (2, 0.0%)

1 の圧力, を少し

▼ れる衆生~ (2, 0.0%)

2 である

▼ れる行状~ (2, 0.0%)

1 でした, や習慣

▼ れる衛門督~ (2, 0.0%)

1 であった, は助からぬ

▼ れる衝動~ (2, 0.0%)

1 よりもむしろ, を枯死

▼ れる表象~ (2, 0.0%)

1 の形式, は経験

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 が聖徳太子, に犇

▼ れる製品~ (2, 0.0%)

1 は全く, も次

▼ れる複雑~ (2, 0.0%)

1 な文彩, 極まる火花

▼ れる襟巻~ (2, 0.0%)

2 をわざと

▼ れる西~ (2, 0.0%)

1 の人, の空

▼ れる西洋~ (2, 0.0%)

1 寝衣, 諸國

▼ れる要害~ (2, 0.0%)

1 だった, の地

▼ れる見かた~ (2, 0.0%)

1 がある, である

▼ れる見世物~ (2, 0.0%)

1 があった, の

▼ れる見事~ (2, 0.0%)

1 な構造, な花

▼ れる見当~ (2, 0.0%)

1 でとつぜん, で輝い

▼ れる見栄~ (2, 0.0%)

1 に就, のよく

▼ れる親分~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, となる

▼ れる親切~ (2, 0.0%)

1 もつまり, を嬉し

▼ れる観衆~ (2, 0.0%)

1 ぐらい従来, に反感

▼ れる觀念~ (2, 0.0%)

1 である, に捉

▼ れる計り~ (2, 0.0%)

1 だから, であるが

▼ れる計画~ (2, 0.0%)

1 ができた, だ

▼ れる記録~ (2, 0.0%)

1 に行き当った, 及び迷信

▼ れる詞曲~ (2, 0.0%)

1 である事, はすべて

▼ れる詞章~ (2, 0.0%)

1 がのりと, の系統

▼ れる認識目的~ (2, 0.0%)

1 から見, から見た

▼ れる誘因~ (2, 0.0%)

1 の一つ, をなに

▼ れる語句~ (2, 0.0%)

1 の註解, を形づくる

▼ れる誤謬~ (2, 0.0%)

2 につい

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 でありました, はたとえ

▼ れる説明~ (2, 0.0%)

1 であるが, は君

▼ れる読者諸君~ (2, 0.0%)

1 には覚え, もけっして

▼ れる課題~ (2, 0.0%)

1 であるとは, を作家

▼ れる調子~ (2, 0.0%)

1 だった, を以てきれ

▼ れる論文~ (2, 0.0%)

1 でも少し, の中

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 である, はなに

▼ れる謝肉祭~ (2, 0.0%)

1 の日, の時間

▼ れる豊富~ (2, 0.0%)

1 なる生殖, な温泉

▼ れる象徴~ (2, 0.0%)

1 とが認識不足, と表現

▼ れる豹一~ (2, 0.0%)

1 が, は初めて

▼ れる貧し~ (2, 0.0%)

1 さや, 気な

▼ れる貧しい~ (2, 0.0%)

1 小僧だ, 想像の

▼ れる貧相~ (2, 0.0%)

2 な洋服男

▼ れる貫一~ (2, 0.0%)

1 は心私, は我

▼ れる責任者~ (2, 0.0%)

1 が出, をこそ代表者

▼ れる資料~ (2, 0.0%)

1 となる, も出

▼ れる資金~ (2, 0.0%)

1 は現実, を増加

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 しい餌, の春草

▼ れる質屋~ (2, 0.0%)

1 の倅, を始めました

▼ れる赤ら顔~ (2, 0.0%)

1 で大男, の卑しく

▼ れる赤井左門殿二千八百石~ (2, 0.0%)

2 を食ん

▼ れる赤児~ (2, 0.0%)

1 が暗い, を抱い

▼ れる趣味~ (2, 0.0%)

1 であった, を解し

▼ れる足どり~ (2, 0.0%)

1 でアビル, で駒井

▼ れる足音~ (2, 0.0%)

1 がした, が地響き

▼ れる踊り~ (2, 0.0%)

1 てで, の師匠

▼ れる身ぢ~ (2, 0.0%)

1 やと固く, やほどに

▼ れる軍縮会議~ (2, 0.0%)

1 の下相談, はとことん

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 女には, 飛行機の

▼ れる輪飾~ (2, 0.0%)

1 に髪, の一葉

▼ れる農民~ (2, 0.0%)

1 の夥しい, の欲求

▼ れる迄には~ (2, 0.0%)

1 二年や, 相当に

▼ れる迄にも~ (2, 0.0%)

1 至らない, 陋巷陋屋に

▼ れる迷信~ (2, 0.0%)

1 がおのずから, と習慣

▼ れる迷信的~ (2, 0.0%)

1 な江戸, な江戸っ子

▼ れる途上~ (2, 0.0%)

1 にて出, の光景

▼ れる途中彼~ (2, 0.0%)

1 ははっきり, は少し

▼ れる途中織田家~ (2, 0.0%)

2 の者

▼ れる途方~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ れる途端~ (2, 0.0%)

1 に手巾, に斯

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 じゃ, で其頭痛

▼ れる通りここ~ (2, 0.0%)

2 には更に

▼ れる通り彼~ (2, 0.0%)

1 の自白, は非常

▼ れる通り物~ (2, 0.0%)

2 には順序

▼ れる通路~ (2, 0.0%)

1 に依存, もはや戦友

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 さの, さは

▼ れる連中四五人~ (2, 0.0%)

2 を集め

▼ れる連句~ (2, 0.0%)

1 に, の進行

▼ れる逸話~ (2, 0.0%)

1 のなか, をいろいろ

▼ れる運動~ (2, 0.0%)

1 であり政治, を全線

▼ れる道路~ (2, 0.0%)

1 である, 及び橋梁

▼ れる郵便~ (2, 0.0%)

1 とだから, の中味

▼ れる重力~ (2, 0.0%)

1 の一般的法則, の法則

▼ れる重大~ (2, 0.0%)

2 な失策

▼ れる野卑~ (2, 0.0%)

1 なる哀音, なる酔漢

▼ れる金剛先生~ (2, 0.0%)

1 のお, の偉

▼ れる金属~ (2, 0.0%)

1 に関して特に, を接触

▼ れる金縁~ (2, 0.0%)

2 の大額

▼ れる金額~ (2, 0.0%)

1 はアブ, は純粋国民利潤

▼ れる鉄砲~ (2, 0.0%)

1 の名手, の影

▼ れる銃丸~ (2, 0.0%)

2 と等しく

▼ れる銭形~ (2, 0.0%)

1 の平次, の親分さん

▼ れる鋭い~ (2, 0.0%)

1 唸りを, 音と

▼ れる錢形~ (2, 0.0%)

1 の平次, の親分

▼ れる鎮守~ (2, 0.0%)

1 の森, の神木大杉

▼ れる鐵瓶~ (2, 0.0%)

1 に燗徳利, を隔て

▼ れる長く~ (2, 0.0%)

1 て濃い, ぴんと突き出た

▼ れる長五徳~ (2, 0.0%)

2 を磨きおとし

▼ れる長崎~ (2, 0.0%)

1 すらも, のうみ

▼ れる長身~ (2, 0.0%)

1 が一きわ, の西洋人

▼ れる間彼~ (2, 0.0%)

1 はマスク, は奇妙

▼ れる關係~ (2, 0.0%)

1 を通じ, を通じて主

▼ れる阿弥陀~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ れる阿彌陀~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ れる阿諛~ (2, 0.0%)

1 によってである, によつて

▼ れる附加的労賃~ (2, 0.0%)

1 は終局, は製造財貨

▼ れる降矢木~ (2, 0.0%)

2 の館

▼ れる限界~ (2, 0.0%)

1 によって切りとった, はこ

▼ れる隙間~ (2, 0.0%)

1 なく囲ん, もありません

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のにぎやか, の扇折

▼ れる雑具~ (2, 0.0%)

2 にも技術

▼ れる雑草~ (2, 0.0%)

1 も, や灌木

▼ れる雪子~ (2, 0.0%)

1 にひとしお, のうしろ姿

▼ れる需要~ (2, 0.0%)

1 が利潤, の減少

▼ れる震動~ (2, 0.0%)

1 に折竹, をふせい

▼ れる露骨~ (2, 0.0%)

2 な話

▼ れる青い~ (2, 0.0%)

1 檳榔の, 色の

▼ れる静か~ (2, 0.0%)

2 な家々

▼ れる面白~ (2, 0.0%)

1 さで, さは

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 だ, を軍馬

▼ れる頃どこ~ (2, 0.0%)

2 からとも知らず

▼ れる頃彼~ (2, 0.0%)

1 はふたたび, は急

▼ れる頃雨~ (2, 0.0%)

1 が落ち, が降りだした

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 の肉

▼ れる題目~ (2, 0.0%)

1 である, の主

▼ れる顔つき~ (2, 0.0%)

1 にゆだん, を懸命

▼ れる顔立~ (2, 0.0%)

1 だった, で以前

▼ れる類型~ (2, 0.0%)

1 がここ, は沢山

▼ れる風俗~ (2, 0.0%)

1 など前, をし

▼ れる風貌~ (2, 0.0%)

1 の備わった, を彼一流

▼ れる食料~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を求

▼ れる食物量~ (2, 0.0%)

1 が生産, に対し現在

▼ れる餘地~ (2, 0.0%)

1 は充分, を發見

▼ れる馬牌鍮尺~ (2, 0.0%)

2 を有し

▼ れる馬車~ (2, 0.0%)

1 にも時には, の行列

▼ れる馬鹿馬鹿し~ (2, 0.0%)

1 さが, さと

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の音, を思い

▼ れる高倉~ (2, 0.0%)

2 の御所

▼ れる高僧~ (2, 0.0%)

1 でいらせられる, も王子

▼ れる高射砲~ (2, 0.0%)

1 のとどろき, のひびき

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 の乱れ, の毛

▼ れる魚類~ (2, 0.0%)

1 の異常行動, を特に

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 のうま, のよう

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 はわが, もまことに

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 や鰯

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 がつぶされる, のよう

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 はきっと

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 とのいきさつ, の羽

▼ れる黒髪~ (2, 0.0%)

1 にわが, は

▼ れる~ (2, 0.0%)

1 は何, や鶏

▼ れる~ (2, 0.0%)

2 を掛けよう

▼1* [6785件]

れるあいきょうものなので, れるあいだじゅう下宿人たちが彼, れるあいだブロックは絶えず, れるあいだ万余の兵, れるあいだ津田は依然として, れるあおい顔の人, れるあき子さんと小さい, れるあげくのはて, れるあたかも鵞鳥の, れるあたりまえにし, れるあっ老婆の, れるあてもなく, れるあでやかな毛虫さんみたい, れるあとからすぐ, れるあなたさまに誰, れるあなた方にとつて, れるあのこの上も, れるあぶない切ッ尖, れるあべこべ砲が大利根博士, れるあまりそれぐらいなら, れるあまり人相のよく, れるあまり奈々子さんが無自覚, れるあまり女に向ける, れるあまり彼の友人達, れるあらあらしい服従を, れるあるはやや黄なる, れるある程度の習慣, れるあれ以来のお, れるあんたの利害, れるいい息子が, れるいかにもリルケの, れるいが栗あたま, れるいざいほふといふ儀式が古風, れるいずれにし, れるいそがしさの, れるいたずらに悪, れるいちばん主な原因, れるいちばん野性的な音, れるいっそこのまま, れるいつか冬の野原, れるいつもの御託, れるいとぐちを, れるいのちを伸ばし生かし, れるいびきが十帖いっぱい, れるいまの世, れるいやいや散々です, れるいわんやこんな燻り返った, れるうえ上山さんの背広, れるうしろ髪の痛, れるうたですね, れるうたてがある, れるうちやつと自分, れるうち一羽はチュン, れるうち世はやや, れるうましやっぱり東京, れるうららかな日であった, れるうるさい私が, れるうわささえありました, れるおくらの役, れるおくれ毛を撫で, れるおそろしい早瀬と, れるおそろしく大きな羽, れるおなじ過失を, れるおもいだった, れるおもいでございました, れるおもしれえ, れるおもしろさは, れるおれたち風情と, れるおん身が, れるお人好しなん, れるお召し物なども豪勢, れるお告げがあった, れるお嬢様のお, れるお客側は大蔵卿その他, れるお家がわからなく, れるお寺様でご, れるお市の方が, れるお手数だけでも省ける, れるお次ととかく, れるお母さんのす, れるお母様の顔, れるお父さんはしかし, れるお爺さんのお, れるお玉を援, れるお祭はずいぶん, れるお茶お菓子そしてお, れるお陀仏だ絶えず, れるかぎりそこには天賦, れるかぎり一つの種, れるかぎり両者の衝突, れるかぎり私どもはとうてい, れるかぎり結婚は最も, れるかぎり超越的一者において自己, れるかぐらいなこと, れるかげをある, れるかさとったもの, れるかしさうなこと, れるかし物の役に立つ, れるかすかな音, れるかたい鎧で, れるかたがた都合がよかろ, れるかたわらにはいつしか, れるかってこと知らない, れるかっていうやつだ, れるかでは本質的な, れるかとの點である, れるかとばかりに瞬いて, れるかどもないのにと, れるかなしみではない, れるかなづちの一撃一撃, れるかなどということは, れるかなり有名なその, れるかな頃は享保四年, れるかにより様々な, れるかによる随処為主の, れるかに従って人が, れるかねそりゃ近ごろ, れるかまたは全然, れるかまで無名の, れるかも上述の通り, れるかよほど心配に, れるかより先に, れるからか知ら, れるからかへつて歌の, れるからさ道人様に, れるからって言って, れるからとか何とか恥ずかしく, れるからなあまったく, れるからにゃアほかに, れるからねえきっと, れるかわりはじめから大衆性, れるがいの, れるがとこんなふう, れるがというあなたの, れるがにこ, れるがんりきの百蔵, れるきつい音が, れるきのうまでの都, れるきびしさを, れるきみのアイディア, れるきょうは重大, れるきょうだいたちが右門, れるきわの女性, れるきわどいところで, れるくどいやうだ, れるくまのほう, れるくらいですめば, れるくらいまでに最大なる, れるぐあいや海馬が穴, れるぐらいが落ちでは, れるぐらいですぐ伸び, れるぐらいな穴が, れるぐらいにしか感じなくなりました, れるぐらゐが落ちでかくべつ, れるぐらゐが關の山, れるぐらゐならブタバコへはいつ, れるぐらゐな穴しかなく, れるぐらゐにすべてに完備, れるぐらゐ二十四五貫の脂肪ぶと, れるぐらゐ小意気な角度, れるぐらゐ自分ながら信じられぬ, れるぐらゐ色ッポク仕込まなきや, れるけさの出来事, れるけしきもなく, れるけっか海水をおしもどし, れるけはいや叫び, れるけれどと言いながら, れるここちで, れるここちよさ, れるこそしかるべきだと, れるこそばゆい感じの, れるこちょうのご, れるこぢんまりした住居, れるこっちのお, れることそこへ記事, れることそれらを不満, れることばが眼, れることセルフレスペクトを失っ, れることポンメルシー氏がコゼット, れることラスコーリニコフと同様, れること一二時間の後, れること一分立たずと, れること一命を賭け, れること一夜の夢, れること三度某工人, れること上にいへる, れること云ふまでも, れること人に羨まし, れること今の彼, れること以外に親しく, れること住民たちが農耕, れること僅か一二歩で, れること六週間に及び, れること判つてゐながら, れること前に出, れること勿れ, れること古今歴史の証す, れること四回に及んだ, れること四度修正には女王, れること大好きですわ, れること子供を中心, れること小半時やがて夢, れること左大臣の言葉, れること幾千年であろうか, れること幾度か, れること必定と信じられる, れること思惟が存在, れること恋以外にはござらぬ, れること換言すれば, れること数回これですっかり, れること數度なり左右, れること既成の作家, れること模倣の名, れること滿八年にし, れること産院が無料, れること男の比, れること當時の記録, れること私は予感, れること等これでありました, れること簡単に着換えられる, れること自体がませた, れること自身が何, れること請合いだが, れること論をまたない, れること買ひたて, れること遠慮して, れること阿諛を強いられる, れるこなしがちつとも, れるこの大きな愛を, れるこまかい野の, れるこれ等の桃, れるころいかりの肩, れるころタヌは立ち上がっ, れるころ三ちゃんは水洗平皿, れるころ予定の如く, れるころ何かピストル, れるころ執事を呼ぶ, れるころ太宰は手紙, れるころ店の者, れるころ栄二の囁く, れるころ源氏はしばしば, れるころ父の寝床, れるこッちの方は助からない, れるごっちゃねえ, れるさあその出場, れるさあさあ私は, れるさい奉行から読み聞かせられた, れるさかい帰るわ, れるさかいと駈けだして, れるさきからもはや, れるさすがに寒い, れるさつき手を額, れるさびしさありて書読むに, れるさまで深くは, れるさむらいや通行人, れるさむらいの毛唐語, れるさよ中に, れるさりげないこと, れるさるすべりの木, れるさ獄庭にすずめ, れるしかたがない, れるしたもえ, れるしと言って, れるしねうちは, れるしゃもにつづく, れるしょっつる鍋しか知らない, れるしるしと見なし, れるしろ物だ, れるしんぱいはない, れるがたに, れるすき間がなくなる, れるすぐ前に, れるすじはない, れるすばらしい眼のさえ, れるすべて宇宙のもの, れるするとそれが, れるずぶ濡れにはなる, れるずるそうな, れるせきはない, れるせつな大機, れるせわしい自然の, れるせんぶりの千太, れる手前と, れるぜい沢の人, れるなた二人, れるそうした家庭の, れるそのままの酷, れるその他種々のこと, れるその他遺伝論催眠術パステルやコッホ, れるその後は年内, れるその後姿を見送, れるその間には楽人, れるそばからひどく, れるそらの雨, れるそれぞれの場合場合, れるそれぞれ身分相当なる用意, れるそれでどうしてさよう, れるそれで実は浜田さんにも, れるそれゃ内地へ帰る, れるそれゆへ余, れるそれら二つの場所, れるそれら公けの罪悪, れるそれ以前にどう, れるそれ旅籠を下し, れるそれ程にまで山岳礼拝, れるぞっと思った, れるぞという素朴な受けとり, れるぞとでも脅かして, れるぞもないもの, れるぞよわれらこそ, れるたいは明石, れるたおやかさであった, れるたぐいの気取, れるたしかな証拠, れるたそがれの部屋, れるただ一つのこと, れるただ中に, れるただ形だけの所, れるたった一回の, れるたつぷりした量がある, れるたねになっ, れるたのしい時間を, れるたびチラと艶かしく, れるたび光春の首, れるたび庭のすぐ, れるたび波のやう, れるたび顔を赤く, れるためそこまで持つ, れるためわれらの如き, れるため先生の情熱, れるため出家遁世の姿, れるため工人達から責任, れるため左右を向い, れるため幾千の月, れるため後をも見ず, れるため無は嚴密, れるため私の喉, れるため藩の政治, れるため詩は全く, れるため護送されて, れるため足名椎は早速, れるだけかも知れない, れるだけじゃないか, れるだけというよりも, れるだけにてこれが, れるだけのねうちが, れるだけよあなた, れるだけを黙って, れるだんなが酒, れるちぎれ雲は矢, れるちょうちょうちょうちょ, れるちょうどよい室, れるぢゃ少しの, れるっていうじゃあないか, れるってなんていいもの, れるってほどのことじゃ, れるつてお前そんなものぢ, れるつてぢやありません, れるつてなにを, れるつてのは僕, れるつてわけにいきません, れるつて事を覺, れるつて厭なのよ, れるつど月光を散らし, れるつまらないことを, れるつみぞやがて, れるづらあな, れるではよし, れるというくらいの意と, れるというとほうも, れるといつてもその, れるといふなども畢竟は, れるといふまでの大きな影響, れるとうとう陥る所, れるとうもろこしのつぶ, れるとおりいくらか神経衰弱, れるとおりわたしの説明, れるとおり一九一八年に敗戦国, れるとおり人たちは幽玄, れるとおり博識多才病いを養い, れるとおり向うの様子, れるとおり城中にこもっ, れるとおり寝所へ戻った, れるとおり手当りばったり針, れるとおり拙者と貴殿, れるとおり数日後その犯人小平某, れるとおり文学におけるその, れるとおり日常の対話語, れるとおり沈着であっても, れるとおり畳に腰, れるとおり私の愛, れるとおり腰を下ろした, れるとおり自分は荊州, れるとおり船形も殆, れるとおり茶の会, れるとおり草原の向う, れるとおり身体はどなた様, れるとかいふのでいやが, れるとかの話が, れるとかはひれないとか, れるとからだが, れるときあやか夫人, れるときお返ししましよう, れるときこれまで何度, れるときさへあつ, れるときすべての人, れるときどこかで若い, れるときひとがその, れるときびが悪い, れるときふたりの住所姓名, れるときまつた時, れるときむきになり, れるときめいめいが自身, れるときわたしたちは新聞, れるときわれわれの合理性, れるときエッフェル塔の頂上, れるときゴーリキイは自分, れるときジャフェリ博士がランドリュ, れるときソッとポケット, れるときフェリクスはその, れるときフーと云い, れるとき主人との約束, れるとき主観主義は不十分, れるとき事物を素直, れるとき人々はその, れるとき人手が足らぬ, れるとき今日の結婚論, れるとき佐野は, れるとき何を考へ, れるとき其処に幼い, れるとき出迎えに来る, れるとき制約のなか, れるとき前者はこの, れるとき助太刀に出, れるとき単身その地, れるとき可能である, れるとき売女どもが歌, れるとき天使の散らせる, れるとき如何にあらう, れるとき妙に擬古趣味, れるとき對象的となり, れるとき小山いと子の心, れるとき少年たちはどんなに, れるとき山本宣治の血, れるとき常識もまた, れるとき帽子を脱ぎ, れるとき彼却つて我を愛せず, れるとき彼等を笑, れるとき後に訊問, れるとき戦争行為におかれた, れるとき所謂細かいところ, れるとき拍手が満堂, れるとき換言すれば, れるとき故郷水沢横町の山崎杢左衛門, れるとき是とグリフォネ, れるとき月経が起り, れるとき本質としては架空, れるとき次郎松がお, れるとき母もつや子, れるとき氣がつく, れるとき海は自分, れるとき現前に転, れるとき生産力に就い, れるとき相手のほう, れるとき社会的批判に堪へなけれ, れるとき私たちの心, れるとき私たち婦人の胸, れるとき署長さんは笑っ, れるとき罵詈それ自身は別に, れるとき胸につきあげ, れるとき腕に絡ん, れるとき自然と人間, れるとき興味あるヒント, れるとき裾のあたり, れるとき襖を外し, れるとき読者は明らか, れるとき誰でもが醜悪, れるとき警察ではその, れるとき貴方は前後不覚, れるとき超越したとき, れるとき重吉やその, れるとき陰鬱な気持, れるとき階級的意識の低い, れるとき青年の生命性, れるところあたりに一向, れるところが額は, れるところ一穂の寒剣, れるところ一處あり, れるところ此方のお, れるところ近来すべてといっ, れるとしましたら私は, れるとしもなけれど, れるとすら考えられる, れるとたんに此方を, れるとだってというより, れるとつときの輪燈, れるとね気の, れるとはとただ首, れるとはをかしいもの, れるとめどもない, れるとやらお師匠さま, れるとを知るは, れるどうだろうエミーラ, れるどうしてよいか, れるどこかの家, れるどんより暖, れるどんな価値が, れるなかなか凝った料理, れるなかばにあの, れるなさけないと云, れるなぜなら唯, れるなぜなら私は, れるなだらかな山裾, れるなつかしいお姿, れるなというみたいだ, れるなとのご注意, れるなどともいって, れるなどもめずらしくない, れるななどと公言し, れるなにか連絡が, れるなにがしと名, れるなにばかにされた, れるなべに樒さき, れるなよ通り魔に, れるなり骨のない, れるなんざ江戸開府以來でも古, れるなんざ江戸開府以来でも古, れるなんぞこの齢, れるなんてということから, れるなんとなく不安だ, れるなァ加賀様の, れるにおいては拙者としては, れるにこそ候はめ, れるにつき古市加十は, れるにて経史に, れるにと思ったの, れるにはとに角文化的勇気という, れるによつて, れるによって団体が, れるにより差出しければ, れるによりて其地に, れるにんじんである, れるに際しての私の, れるに際しては認識, れるねって云ったよ, れるのいやだよ, れるのおん許の姓名, れるのでねそのこと, れるのでははあこっち, れるのどつせ, れるのどかである, れるのみに過ぎない, れるのみにて堂の, れるのみの関係です, れるのモモンガアが出る, れるの文壇前例なき栄誉, れるの癪だからよ, れるの私ほんとうはあなたたち, れるはかの密林, れるはじめてのこと, れるはずあちらへお越し, れるはず就中かの犬臨終, れるはでな結城縮, れるはなしである, れるはもは肉が, れるはんい内, れるばかめばかめよくもおめおめ戻っ, れるばかりじゃと我身で, れるばかりという他は, れるばかりな大名府の, れるばかりになつてゐました, れるばかりも損してる, れるばたばたと身, れるばっかりやし後, れるばっかりで暮しては, れるばらのはな, れるひとたちが自身, れるひどい有様から, れるひな神のもと, れるひまさへや我が, れるひろさで, れるふくよかな肉体, れるふしぎな魔術, れるふたごのご, れるふたつの冷刃, れるふっくりとした, れるふもとの田園, れるふりをし, れるぶりはそう, れるぶんに対して何, れるへたに引込め, れるべっぴんがいたら, れるほか金座一帯の人々, れるほとりに杭, れるほどあたりはしんと, れるほどお次はさむらい, れるほどお雪ちゃんの気分, れるほどきれいなところ, れるほどくりくりした目, れるほどぐうぐうと鼾をかい, れるほどこはれた姿, れるほどこれによつて人, れるほどさかんに無, れるほどさきが届け, れるほどじょうずだった, れるほどす早くボクさん, れるほどたださびしい顔, れるほどとは思わない眼, れるほどとんぼが飛ん, れるほどどてらの方, れるほどな若侍, れるほどにまで円くふつくら, れるほどのねうちの, れるほどはるかに草原, れるほどばかなまね, れるほどぼくに惚れよう, れるほどみのるの心, れるほどむやみにスパスパ, れるほどよけいに聞きたい, れるほどクエイントな商店街, れるほどグワラグワラと瓦, れるほどスピーディに動い, れるほどセンチメンタルな言葉, れるほどヒッソリと静まり返っ, れるほどペンベリーはじゃ, れるほどモロイ人だとも, れるほど一つに協力, れるほど一センチの狂い, れるほど一切を創作的, れるほど丁寧な楷書, れるほど上下の人, れるほど不安になる, れるほど不快なこと, れるほど不思議に冴え, れるほど不機嫌な様子, れるほど世に超えた, れるほど世事にうとく, れるほど世界的に有名, れるほど両手で弄り, れるほど両者の関係, れるほど主体性とかを喪失, れるほど主役のうごき, れるほど乾燥無味な叙述, れるほど亀の前, れるほど事情が悪く, れるほど二人の姿, れるほど五つから七つ, れるほど人の注意, れるほど人々に知られ, れるほど人当りが苛酷, れるほど他の流, れるほど何もかもがあじけ, れるほど何事も平板, れるほど作家の創意, れるほど俺は惑つて, れるほど健康で正しい, れるほど僅の事, れるほど優雅な身, れるほど元気を回復, れるほど先刻のわたし, れるほど光悦に彷彿, れるほど克明に制限, れるほど冷静な王女, れるほど刀身が青く, れるほど別の思い, れるほど力を加えられ, れるほど動作の敏捷さ, れるほど勝気でさばけた女, れるほど単純な生徒, れるほど取り締まりは実に, れるほど古典なもの, れるほど同君はまだ, れるほど名代の女形, れるほど呂昇が出れ, れるほど味もうるおい, れるほど命が惜, れるほど哀れに暗い, れるほど哀願しなければ, れるほど喬之助, れるほど嘲笑的なもの, れるほど四囲の空気, れるほど園の心, れるほど圓朝は今, れるほど土を捏ね, れるほど土下坐の, れるほど増加はいよいよ, れるほど壮快無比なもの, れるほど声高に語り止めなかった, れるほど夕方から夜, れるほど大事に育てられた, れるほど大勢寄って, れるほど大声を挙げ, れるほど大笑いをし, れるほど大袈裟なお辞儀, れるほど天衣無縫の棋力, れるほど奥様をいとし, れるほど好きでは, れるほど好色たる人, れるほど如実であった, れるほど妖怪変化について多く, れるほど妖艶で凄味, れるほど姿味も立派, れるほど威儀も作らず, れるほど嬉々とした, れるほど孤愁の身, れるほど学術には忠実, れるほど安全に立てかけられ, れるほど宗教の信用, れるほど定かに分る, れるほど家の中, れるほど家庭はどう, れるほど容赦のない烈しい, れるほど富士の高嶺, れるほど小六から見る, れるほど小次郎が十四, れるほど小池は相好, れるほど岩乗な青塗, れるほど巧みに唄, れるほど巧妙に天使, れるほど市民の心, れるほど希望に滿, れるほど常人と変わらない, れるほど常住坐りっきりなその, れるほど平らかである, れるほど平凡なやさしい, れるほど幸福なもの, れるほど幼稚でもない, れるほど弘前の城下, れるほど強硬に後, れるほど得々とあまり, れるほど御息所は泣き続けた, れるほど微かに顫, れるほど徹底して, れるほど忍びやかに稽古, れるほど忠義立てを見せたがり, れるほど思想は反対, れるほど急所にあたった, れるほど恋愛について浅薄, れるほど恐怖し皆, れるほど恥かしく思ったの, れるほど恬然と嘯き澄ました, れるほど悪人でなかった故人, れるほど情意を静か, れるほど愉快だった, れるほど意味も無く, れるほど意気地のない, れるほど意識はその, れるほど愚劣になる, れるほど感が良かっ, れるほど感動しては, れるほど感謝の様, れるほど態度から物, れるほど我々は片, れるほど戦後におけるそれら, れるほど才はじけて, れるほど批判力を失い, れるほど批評家に担ぎ上げられなかつた, れるほど抜目がなく, れるほど故人にこがれ, れるほど数十万の民衆, れるほど敵も用心, れるほど文化の隆盛, れるほど料理は秘密, れるほど春や夏, れるほど景色の好い, れるほど智識のない, れるほど曲つてゐる, れるほど最悪な所, れるほど木なども繁り, れるほど木立が繁っ, れるほど本能の味わい, れるほど条理を尽した, れるほど林田は短, れるほど柿は甘く, れるほど根がしまります, れるほど根気よくかの, れるほど框は一面, れるほど楊柳が多い, れるほど機械的である, れるほど機略縦横の妙, れるほど欧羅巴中の都会, れるほど殷賑を極め, れるほど母は僕, れるほど気拙い顔, れるほど気候が暖か, れるほど決定的に出され, れるほど沢山目印を各, れるほど注意のあさい, れるほど津軽の山々, れるほど深邃なる孟宗竹林, れるほど清らかな澄みきった流れ, れるほど清新華麗なその, れるほど滑稽な恐怖, れるほど濕つぽき, れるほど濕ツぽく鬱陶しかつ, れるほど火箸を灰, れるほど無情を誇示, れるほど無抵抗な美し, れるほど無理強ひに, れるほど無表情だったん, れるほど無駄を省いた, れるほど熱が籠っ, れるほど父を怒らせ, れるほど物さびしく静か, れるほど特殊の意義, れるほど特色のある, れるほど狂気して, れるほど現金な心, れるほど理論的にその, れるほど生活のあらゆる, れるほど男も女, れるほど異常に発達, れるほど目のこまかい, れるほど盲信的でおまけ, れるほど確実自在なもの, れるほど神経質なん, れるほど秘蔵して, れるほど穏かなもの, れるほど空の色, れるほど竹中半兵衛重治の顔, れるほど笹村の神経, れるほど米を与へられる, れるほど細心な警備, れるほど纒つた現し身, れるほど義理のため, れるほど耻かしい奸通被告事件, れるほど背が低く, れるほど胸が迫る, れるほど能く似た, れるほど脚色が加つて, れるほど腐敗しきって, れるほど腹の立つ, れるほど良心の声, れるほど色の黒い, れるほど色白に見える, れるほど艶で賀, れるほど花を多く, れるほど苦しみがふえる, れるほど苦悶の状, れるほど荒涼とし, れるほど華やかでその, れるほど華奢な美しい, れるほど蜿蜒屈曲して, れるほど見事に太腿, れるほど見識の高い, れるほど親方は思い切っ, れるほど詩人の気稟, れるほど誇張されて, れるほど誠實に貴人, れるほど謙虚な人, れるほど賑やかな朝餉, れるほど贔屓にされた, れるほど足しげく島, れるほど身にしむ, れるほど身軽で活発, れるほど近ごろのほう, れるほど近松を生み, れるほど退屈なもの, れるほど透明でぞっと, れるほど通俗的な普遍的, れるほど通用したあんじ, れるほど道路が屍体, れるほど適切な表現, れるほど部屋の中, れるほど酷似した肉体, れるほど釣りがすき, れるほど鍛錬の力, れるほど閑寂たる気持, れるほど間抜でも弱虫, れるほど院の御所, れるほど陰謀に富む, れるほど雪が降った, れるほど露八の知覚, れるほど静寂な神秘的, れるほど非常に陰険, れるほど音が嗄れ, れるほど頬から, れるほど額がせまく, れるほど額際まで生々, れるほど顏を突き附け, れるほど顔色の悪い, れるほど顕著でない山, れるほど風は伊吹, れるほど館の中, れるほど首が細く, れるほど騒しい人, れるほど骨が着物, れるほど髮を伸ばし, れるほど魏の軍馬, れるほど鮮かな輪郭, れるほど鮮やかな色, れるほど黒吉の恋情, れるほんとうの無罪, れるぼんがまの行事, れるまぐろの七分通り, れるまことに悪がしこく獰猛, れるまさかの場合の, れるまさしくウォールデン森の, れるまして肉を, れるまず手はじめに, れるまっくろな黒ねこ, れるまっ最中だ, れるまつ毛はひとしお, れるまでとこの言葉, れるまではと度胸を, れるままうぐいすのきた, れるまましかたなく少年たち, れるまますべての問題, れるままステージに登ります, れるままピアノでひい, れるままピストルをも一度, れるまま一年半ばかりの後, れるまま一藩の侍共, れるまま三四冊一度に持っ, れるまま久慈は服, れるまま二十分余り経った, れるまま以上蕪雑なる一文, れるまま体に着け, れるまま偵察長はつい, れるまま唄のよう, れるまま大束の菊, れるまま奥にある, れるまま女はそちら, れるまま女史たちと行, れるまま客間へ通った, れるまま室の隅っこ, れるまま常連の学生たち, れるまま庭園の四阿亭, れるまま彼の家, れるまま御霊所の扉, れるまま惣之助氏に肩, れるまま手摺れた古い, れるまま斜め前にやわらかく, れるまま朝飯もそこそこ, れるまま桂子と身仕度, れるまま機のまえ, れるまま無住の庵室, れるまま由己はそう, れるまま矢代も出席, れるまま竹童は地べた, れるまま素直に酌, れるまま老婆といっしょ, れるまま裏木戸を開け, れるまま赤坂山王台なるアパート有明荘, れるまま路地の奥, れるまま近くの警察派出所, れるまま返事した言葉, れるまま通いの妻戸, れるまま部下の御家人, れるまま鍛って来た, れるまま駕籠へうずくまる, れるまもなくついに思い通り頭を, れるききも, れるみすみす取られる, れるみどりの草, れるみなさまを前, れるみなさんもきっと, れるみみずのよう, れるむくつけな婆さん, れるむごい折檻を, れるむさくるしい苦力の, れるむずかしい芸でございます, れるむねお達しがあり, れるむやみに這っ, れるむら薄は燈火, れるめずらしい形での, れるもう当然の躁ぎ方, れるもしあの片手, れるもったいない仰せを, れるもっとも便利な, れるもとより強いて, れるものさへある, れるものすべてが一様, れるものそれは吾, れるものそれらの乱れ叫ぶ, れるものぢゃないと思った, れるものみな木綿でどれ, れるものサ女の言いなりほうだい, れるもの一は形相他, れるもの三聴く人, れるもの今日の大, れるもの他は感官, れるもの何か一つ, れるもの其あとはどう, れるもの冷やかなる地球, れるもの同様になる, れるもの名誉および威厳そのもの, れるもの命令をされる, れるもの土俗呼んで, れるもの夜昼よく働い, れるもの如何で知るべき, れるもの姉君を常盤, れるもの婦人と男子, れるもの宋胡録として知られる, れるもの彩りもなく貧しき, れるもの性格に関する問題, れるもの愚を極めた, れるもの散乱昏沌としてことごとく, れるもの此部類に入らない, れるもの精神乃至意識, れるもの自然が彼ら, れるもの自身はおそらく, れるもの誰もの目, れるもの迎接に暇, れるもの雨を起す, れるもの雨雪雹露霜となり, れるもの霧と霧, れるもみゆるに, れるもろさを知らず, れるやう六道の辻, れるやう私一介の馬鹿, れるやう蔭ながら切に, れるやう返事を賜, れるやさしい声が, れるやどり木の事, れるやのふしが, れるやまとたけるの, れるやわがいのち, れるゆうべの夢見, れるゆえ三日以内に島外, れるゆえ斬殺して, れるゆえ日を定め, れるゆげには, れるゆとりの皮相さ, れるゆめをみた, れるゆるやかに流れる, れるゆゑ後にも論ずる如く, れるよういずれにし, れるようおすすめしたい, れるようロオペ博士に一肌脱い, れるよう不満にであう, れるよう人どおりのまったく, れるよう劉皇叔にすすめ, れるよう助力して, れるよう咽はかわい, れるよう宰領せねば, れるよう慫慂して, れるよう放送局や新聞社, れるよう書状をもっ, れるよう神のみ国, れるよう私はこの, れるよう老婆心までに申し上げます, れるよう膳を並べ, れるよう蔭ながらお祈り, れるよう限定されそこ, れるよき旅寝かな, れるよくもそんなこと, れるよそ目に見る, れるよって癪に, れるよりずつと厭ぢや, れるよろしい歩きたいだけ, れるりっぱな方, れるろくろく研究も, れるわが家の狭, れるわが身の幸福, れるわきゃあないとこうあっし, れるわけこれを見, れるわけゆえいずこ, れるわざと負けるの, れるわざとらしいハツピー・エンデイングの, れるわたくしの幼, れるわたしたちの親切, れるわねあなたは, れるわねえペンさんと, れるわりもつらかろ, れるわりに品の, れるわれらをし, れるわれら偃松族の住み, れるわれら先達するものの, れるわれわれ兵卒は将校, れるわれわれ日本人の自尊心, れるをば捨て直, れるをも知らずされど, れるをもってわが隊, れるアイヌの所, れるアクティヴィティであるという, れるアゾウレスとマデイラ, れるアドリナ・パティはこの, れるアパートだけあっ, れるアフリカの沙漠, れるアプリオリテートそれはまさに, れるアプリオリテート事実の後, れるアメリカものかまあ, れるアルキメデスはローマ, れるアルノはアレッツオ市, れるアルバイトを自分, れるアルビジョアの異端, れるアレキサンダー・ベーンは基礎的, れるアレッツオの者我, れるアレース救はしむ, れるアンガージュされること, れるアンキーゼの義しき子, れるアンチのビラ, れるアンナ・カレニナの筋, れるイカモノ共もこの, れるイギリスがいま, れるイギリス新興ブルジョアジーの論理学的代表者, れるイギリス経験論とデカルト, れるイスラエルのお, れるイズモ平定の話, れるイソップ物語の押韻訳, れるイタヤもみぢもその, れるイタリーのストルキオ, れるイダイオス彼らの中, れるイヤ籠って, れるイワレはありません, れるインスティチュートに依存, れるインターナショナルのメロディー, れるインテリゲンチアというもの, れるイーリオンの燒けし後トロイア, れるウニデスの大, れるウーリュンポスに歸, れるエキストラは, れるエゾマツの数本寄せ植, れるエムデン海溝が一〇・八粁, れるオシラサマの信仰, れるオトー・ポントスはニコ, れるオフィルの地, れるオベリスクのやう, れるオペラになり, れるオホタラシ彦オシロワケの天皇, れるオルガの反り返った, れるオンコ樹のあたり, れるオヴィドの叙述, れるカシワの木, れるカデラツクの中, れるカフカのいわゆる, れるカラクリが嘲笑, れるカルロ・ナイン殿下の手, れるカントの哲學, れるカンナ島の石油, れるカーキ色ずくめのその, れるカーライルかそれ, れるガス状星雲に最も, れるガラスの小, れるガラツ八の頭, れるガリバルヂーなり, れるキチガイ地獄じゃ, れるキボでねえと, れるキャバレ・イーグルに於ける, れるキャベツ巻きのよう, れるキャンプで一泊, れるキャヴェンディッシュ広辻, れるキリは紫花, れるキリストみたいなひげ面, れるギゴチなさ, れるギャングの世界, れるギリシアの詩人ホーマー, れるギリシア軍アキレタスの靈, れるギルドに終ったで, れるクサンチッペ英太郎君のあと, れるクセがある, れるクチ笛が鳴る, れるクリティカルな実験, れるクリティシズムは必然的, れるクリームのよう, れるクリームヒルトの愛, れるグラン・パレーの入口, れるグルックやモーツァルト, れるグロッグ酒と適量, れるグローチュースの如き, れるゲリラ戦術とはどんな, れるゲーテが今日, れるココアの罐, れるコツも心得, れるコナ珈琲の産地, れるコルク削りの, れるコロンボ市の中心, れるコンクリートの床, れるコンポジションの常套手段, れるコンマの形, れるコヽアそのものよりもミルク, れるゴオト族は年々貢納, れるゴティク様式で方塔, れるゴドアあるベナ, れるゴルドマンが心, れるゴーリキイの, れるサスペンスに異性, れるサッサッと云う, れるサールディニア島の者, れるシェリング哲学の最高潮期, れるシグナルでありました, れるシテ見ると, れるシデノタオサもしくは浄瑠璃, れるシナリオ文学全集はさ, れるシネマ館や珈琲店, れるシャツとズボン, れるシャンパンに随, れるシヤルル・フーリエは更に, れるシュギ者が不思議, れるシュテッヘ大尉ではなかっ, れるシュロの葉, れるシロとクロ, れるシロモノです, れるジャズの新た, れるジヤズ・ソングを歌, れるスカラ座のオペラ, れるスクナビコナの神, れるスタエル夫人の, れるスターオンパレードだ, れるスタートを切つた捜査, れるスターリンの激励演説, れるストーリーをもっ, れるスピード第一, れるスペインである, れるスポーツマンとは凡そ, れるスープで彼, れるズボンをはき, れるセイス先生に會, れるセイロン島の樹陰, れるゼデオンがその, れるソクラテス以来最近のシェーラー, れるソブリが全く, れるソルボンヌの古い, れるソヴェト・フォードは小さい, れるソ聯初期の詩人マヤコフスキイみたい, れるソ連軍に過ぎない, れるタイプから離れ, れるタイムカードによって各, れるタカリ専門の乞食, れるタチらしいわね, れるダイヤモンドの效果, れるダンテの言, れるチェッコスロヴァキア第一回工業博覧会, れるチェホフの諷刺的短篇, れるチャンスもある, れるチョッキを発見, れるティスベこの状, れるティスベ自刃せるピュラモス, れるテキストを挙げ, れるテストであったのね, れるテニスコートの跡, れるテムポは人, れるテレビジョンによってこれから, れるテレーズ・シニヨレだったの, れるテントがあり, れるディケンスを入れる, れるデイ博士の隠顕扉装置, れるデロリン左衞門も亦, れるデーカルトは我考, れるトスカニーニはアメリカ, れるトスカーナ人よ願はく, れるトティ・ダルモンテがいる, れるトボガン橇である, れるトマトの漿水, れるトライチュケ一派の戦争哲学, れるトリックをつかっ, れるトリック万能の通俗劇作家, れるトリビアルな眼前, れるトロイアの兵, れるトロイア亡命の勇士等, れるトロイア勢やむなく濠, れるトロンボーンとコルネット, れるトンプクの玉みたい, れるト急に身, れるテラ様の, れるドアを開け, れるドイツの売笑婦, れるドイツ文学的興奮を催す, れるドイツ流の綜合力, れるドイツ煙草で全然, れるドクトルなん, れるドドが飛行機, れるドラマチックな儀式, れるドレスデンの美術館, れるナア腹が立つ, れるナヂェージダ・フェドセーヴナに關, れるナニ洋学者だからと, れるナルコ神とはまた, れるナンテ言葉も實, れるニュアンスの違い, れるニュースとは又, れるニルヤの方, れるニンゲンを清掃, れるニーナであった, れるネネが喪心, れるノシボウみたいに持ち出され, れるノールウェイの文豪, れるハイカラな二階建, れるハイデッカーがいう, れるハッピーエンドへの傾向, れるハムステットに日常人事, れるハレー彗星なども幾十年, れるハ短調の, れるバオダイ・ヴェトナム王でさえもまさか, れるバスはありませんでした, れるバチェラー博士の辞書, れるバッテーラがこの, れるバンザーイの声々, れるバンタ毒蛇でも足許, れるパイプがはいっ, れるパウル・ディアコヌスは次, れるパシャは極度, れるパセチツクな調子, れるパルテノン世界に二つ, れるパルテノン簡素で逞, れるパンフレットは民間, れるパンポルの古びた, れるパールの運命, れるヒダの高山, れるヒポクラテスの話, れるヒマラヤ山は日本アルプス, れるヒュームの, れるビアンカ・カペルロから始まっ, れるビスマークの方, れるピアニシモの音調, れるピオニイルらはどこ, れるピカピカの一張羅, れるピクニックのこと, れるピュラモス猛獸, れるフィンランドの公爵, れるフォティヌスを屡, れるフットウした, れるフョウドル・ドストイェフスキイはかの驚くべき, れるフラミニアが姿, れるフランケに顔, れるフランス映画のなか, れるフランス空軍の大, れるフルーリー修道院にあるで, れるフレジェトンタの岸, れるフレスターコフにロイド目鏡, れるフロオランス彼の嫉妬, れるフロリダに行く, れるブクブクと肥えた, れるブラツク・アンド・ホワイトの圖案, れるブランコオの台詞, れるブリトンアングロサキソン兩人種が苦鬪中, れるブルジョア国の悲しき, れるブルジョア文化組織網となっ, れるブルジョア社会だという, れるブルジョア趣味が蔓, れるブルジョワジーも非, れるブルタアニユの北海岸, れるブルームの町, れるブロンドの頭, れるブールヴァル言葉が足音, れるブーローニュ公園を後, れるプラグマチズムにも空觀, れるプラスとマイナス, れるプラチナ市のその, れるプラツカードは電車, れるプリンスも泥田, れるプルウストが社交界, れるプロセスは大体次, れるプロトコールを見, れるプロバビリティはごく, れるプロレタリア階級大衆のこと, れるプロレタリヤ文学の如き, れるプーチヤチンと太刀打, れるヘタン人の人夫, れるヘルダーが歴史, れるヘンリック・イプセンの生誕百年, れるヘーゲルが, れるベアトリーチェの姿, れるベトーベンの偉大, れるベルナアルを加, れるベンジヤミン・フランクリンであつ, れるベーコンの投擲弾, れるペッペ外の事, れるペハアミントをよばれる, れるペルリの再, れるページがある, れるホントウ国だよ, れるボル派の組合, れるポエヂイである, れるポストが赤い, れるポプラの葉, れるポーの, れるポーニンとの間, れるマジナイは大抵, れるマッカリヌプリの麓, れるマラルメは幸い, れるマリヤのこの, れるマルクスやレーニン, れるマルクス的文学論が芸術, れるマンゴーの生々, れるマーキーズ形の凸刻面, れるマーサリクはベーン, れるミステリーの為め, れるミズーリがハイライト, れるミミ族の驚異, れるミラボオの苦策, れるミルクに浸した, れるムク犬は敢, れるムッソリーニやヒトラーさえ, れるメカニズムやその他, れるメロデイを感じ, れるメーテルリンク式の運命的, れるメーデーの祝賀, れるモオタア・カアが著い, れるモダーンな美しい, れるモティイフを吹い, れるモティーブにおいて, れるモティーヴが強烈, れるモノマニアが嵩じ, れるモメントが潜ん, れるモンク・リユヰスの, れるモンテスキウがまた, れるモンパルナスの墓地, れるヤク羊山羊の数, れるヤス子を見つめ, れるヤセウマという団子, れるヤマベとハヤ, れるヤマメのフライ, れるユウ子さんを見, れるヨシそんなら私, れるヨーッみんなみんな来て, れるヨーッ誰か来, れるヨーロッパ諸国のファシズム, れるラエーフスキイの気持, れるラクタンティウスの愛読者, れるラシイヌモリエールパスカルはその, れるラディッシの奇妙, れるラメセス自身の花崗岩, れるリフレインでありトニカ, れるリユクサンブル絵画館のそれでも, れるリーフレットで, れるルチアノの仕事, れるルーブ・べース, れるレコードであろう, れるレターペーパーノートから書籍, れるレヴューが派手, れるログローニョからエステヤ, れるロゴスであ, れるロシア語の魅力, れるロジックにかじりついた, れるロストラとかそういった, れるロッキーの山々, れるロックの哲學, れるロッパと日劇ダンシングチーム, れるロマネスクな好み, れるロマンティックな空想, れるロンドンでの印象, れるロージャー・ベーコンは十三世紀, れるローマ人の聖, れるワなんて笹屋の, れるワナそなよう, れるワンピースか何, れるワーナー博士がプリズム式, れるンぢやお, れるヴァイオリンという楽器, れるヴァンサン爺の戸口, れるヴェニスの貴人, れるヴェルハーレンすらが後, れる一ヶ月ほど前, れる一ヶ月前と今, れる一万九千トンの巨船, れる一万部の本, れる一九三五六年が近い, れる一九三八年にはまだ, れる一事すなは, れる一事實客觀的實在世界に屬, れる一二の事実, れる一二本は高く, れる一五〇〇〇〇の年々, れる一五七六年のクリスマス以後, れる一代の寵妓, れる一体の石像, れる一作なきは, れる一例とし, れる一八二四年に終る, れる一兵卒が, れる一刻も早く, れる一刻一刻が彼, れる一匹の蠅, れる一区域を除い, れる一区斜面の地, れる一千三百餘里にては大和, れる一原因だと, れる一叢の木立, れる一回僅か五ドルの原稿料, れる一団とは互に, れる一夫多妻が下層階級, れる一婦人が錦繍, れる一定不易の圏, れる一客はこれフラア・ヂヤヲロ, れる一室二尺四方ばかりの俗, れる一宮大将においで, れる一家のこと, れる一家団欒の画面, れる一家揃いの外遊, れる一寸坊の一種, れる一寸手前に自首, れる一対の気, れる一対象物に過ぎない, れる一尋余りは真中, れる一少年に過ぎなかつた, れる一尺ほどな, れる一尾の香魚, れる一巻の書, れる一幕芝居果たして警鐘価値, れる一年あまりにもか, れる一年前の事, れる一年生の字, れる一心不亂, れる一戦死者の霊, れる一支峰にし, れる一文である, れる一方彼が上辺, れる一方老人のお, れる一方腰弁当の詩, れる一方近代的な芸術, れる一方道庵米友の二人, れる一日このおそらくは, れる一時代でつまり, れる一時十五分迄の間, れる一時間前には横浜, れる一書あり其の, れる一月ほどまえ, れる一月前頃から父, れる一木一草これが今生, れる一條で其の, れる一棟があった, れる一構えがそれ, れる一民族の作, れる一水は三の橋, れる一流活人形はこちら, れる一渠その他の小, れる一物もない, れる一町ばかりの処, れる一画があり, れる一盞をうけ, れる一眼で若い, れる一眼盲いて, れる一瞥を投げた, れる一瞬間前に吹出した, れる一種微妙な匂, れる一種独特な陶器, れる一種異様な表情, れる一穂の燈火, れる一筋の路, れる一粒撰の召使達, れる一系の癲狂院小説, れる一紳士である聴衆, れる一結論だという, れる一線を設け得る, れる一般民衆のこと, れる一般法でなくたとへば, れる一般現象に還元, れる一般社会の客観的情勢, れる一茎の葦, れる一葉の枯れ葉, れる一行一行の奥ゆき, れる一見甚だ単純, れる一見識が披瀝, れる一角である, れる一角牛天神の境内, れる一記者が進ん, れる一証として次に, れる一讀するに, れる一軸の絵巻物, れる一郭は外国人, れる一酸化炭素の量, れる一門の妻妾, れる一間をあけた, れる一階級をなした, れる一隠者に出会いました, れる一雑誌の存在, れる一齣である, れる七人の弟子, れる七人娘のプレヤディース, れる七十恰好の老, れる七夕の夜能, れる七時半に熱海, れる七月の十六日, れる万両分限だ, れる万事であるならそれで, れる万国プロレタリアートの階級的自覚, れる万国工業会議には副, れる三〇の別, れる三ノ宮で下車, れる三五の例, れる三五兵衛だ, れる三人稱に從, れる三分の魂をもっ, れる三分利付フランス国債の取引, れる三分利付公債の量, れる三十人の方, れる三十前後の男, れる三十歳ちかくの, れる三千兩だけ持出し, れる三原山型の記事, れる三吉にすらそれ位, れる三名の賊将, れる三善清行の家人, れる三四十両の金, れる三四時間前から負かされた, れる三四本の使い古し, れる三夜がある, れる三宝山の如き, れる三島沼津を掛けた, れる三州北設楽の村, れる三斎公は茶人, れる三日前專三郎が危ふく石見銀山, れる三日前盛大極まる歓迎宴, れる三日月のやう, れる三本の大木, れる三湖大なりとはせざれ, れる三玄院には常に, れる三田公の方, れる三番士の身, れる三畳敷にて外, れる三畳紀の松柏類, れる三百円だけで, れる三葉虫が蔽いかかる, れる三軒の茶屋, れる三輪田元道先生, れる三遊亭圓馬という生粋, れる三遊派の人たち, れる三部経のいずれ, れる三間ばかりの客座敷, れる三面ガラスのひろい, れる三面記事をかなり, れる三鞭質の美味い, れる上がり框の障子, れる上さまこそまこと, れる上体を震幅, れる上何年越し戀, れる上品な女性, れる上宝村双六谷の地方, れる上市下市の牧, れる上席の女中, れる上弦という, れる上本町のお寺, れる上棟式を満ち足りた, れる上歌の題, れる上河内岳へ登る, れる上泉伊勢守が城代, れる上流生活の様相, れる上物の土, れる上通下達の聖賢, れる上部八風斎だった, れる上部機関に対して絶えず, れる上部機關に對, れる下僕じゃ, れる下品な花, れる下層社会の子, れる下手な東京弁, れる下民にし, れる下男はその, れる下等品なの, れる下級武士の活躍, れる不人情家は見当らなかつた, れる不倫な性交, れる不健康さを思う, れる不具者になっ, れる不動堂へ登っ, れる不動瀑となっ, れる不動産の滅失, れる不可思議なる人物, れる不可思議的なる神秘的, れる不可解さの魅力, れる不合理を黙視, れる不安定な利潤, れる不安焦燥絶望自棄の感情, れる不定な観念, れる不忠の罪, れる不思議さあわれさ, れる不手際であつ, れる不時の温風, れる不満はその, れる不滅の名, れる不用なるバイキン, れる不自然な苦痛, れる不行跡は数々, れる不覚がある, れる不覚者でもない, れる不謹慎な話, れる不運最初の日, れる与五郎に好評, れる丑為二人を島抜け法印, れる世のならひ早々打立候, れる世事の報道, れる世子があった, れる世帯持の悲し, れる世業にたいして生命そのもの, れる世界一のおそろしい, れる世界最小の脊椎動物, れる世界観や方法, れる世話好きの爺さん, れる世話狂言の一つ, れる世間体体面を喧しく, れる丘陵の上, れる両性関係の改新, れる両方の感情, れる両替屋の裏座敷, れる中世末対話を基準, れる中仙道徃還の名木, れる中国の貧困, れる中堅作家の本当, れる中外産業博覧会が特に, れる中央山系でなければ, れる中学生用の短, れる中室になっ, れる中宮の心理, れる中宮亮成輔も平家系, れる中尾氏などのこと, れる中年の紳士, れる中年者の良い, れる中年過ぎの俳人, れる中御門中納言公豊卿の姫, れる中村屋はいま, れる中村清二先生からかつて, れる中村雪之丞, れる中条流の中条兵庫助, れる中核としてのプロレタリアート, れる中殿のほう, れる中津をよけてきた, れる中津川の上流, れる中流の花火打揚, れる中空の雲, れる中等教員訓練所で訓練, れる中腹の夥しい, れる中部台湾横断の要衝, れる中隙ゆく月日, れる丸いかたまりを, れる丸型の大, れる丸太や礫, れる丸畑は富士川, れる丸箱に入った, れる丹右衞門の脂, れる丹波自慢の銘刀, れる主上の御, れる主人六兵衛の世話, れる主人六兵衞の世話, れる主婦の時間, れる主客の和敬, れる主旨は, れる主権者がい, れる主観的な断想表現, れる乃木将軍さえ若い, れる乃至それと, れる振に, れる久一さんと送る, れる久保田万太郎氏を僕, れるも知らぬ, れる乗り替える場所, れる九州大學の先生, れる九月の菊, れる乞食小屋を慥, れる乞食法師になりすました, れる乞食申楽をし, れる也土も皆, れる也雪あさき国, れる乱暴な方法, れる乱脈な青筋, れる乳母や伜, れる乾杏が多量, れる乾湿のため, れる乾燥した幾萬枚, れる亀山城へ攻めかかっ, れる亂暴も慰むる, れる予感がし, れる争闘は時として, れる事どおりになすったら, れる事件脱走だの集団的反抗, れる事位お安い, れる事位いには慣れ切っ, れる事実概念である, れる事實的時間は或, れる事柄そのものがまだ, れる事柄それ自身よりは, れる事柄以外では無く, れる事柄信念としてのみ成立つ, れる事由となり得る, れる事神様の如く, れる二三年前のこと, れる二三日前の事, れる二三枚の苫, れる二三週間前のこと, れる二九二十ごろのりりしく, れる二代目瀬川菊之丞が全盛, れる二代胤舜は, れる二元的見断, れる二十一二の男, れる二十一番目の練習曲, れる二十七八歳の生, れる二十三夜待の中, れる二十三番の練習曲, れる二十世紀には到底, れる二十二三歳の伊達者, れる二十五歳まで待つ, れる二十余名の美人連, れる二十六七の娘, れる二十四五の男, れる二十年末までの十七年間, れる二十数名の犠牲者, れる二十首未満の金槐集中, れる二宮家庭を視, れる二幕物で九蔵, れる二年前であつ, れる二度とは面, れる二日前に書いた, れる二時に易介, れる二本はづぬけて, れる二条の院, れる二百十日の前, れる二種の立て物, れる二種類の性質, れる二輪車を呼んだ, れる二辺とする, れる二週間ほど前, れる二重星の離心率, れる二階の奥座敷, れる二階建の瀟洒, れる五〇〇〇磅を取得, れる五世代のうち唯三世代, れる五人兄弟がある, れる五代光昭から今日, れる五代目菊五郎によつて完全, れる五十未だ家, れる五十万人の一人, れる五十両はてめえ, れる五十人程元, れる五十余篇のソネット, れる五十円だけの仕事, れる五十嵐さんの送別会, れる五十年輩の男, れる五十恰好のその, れる五十格好の男, れる五十男脂ぎつて光澤の良い, れる五十近くになつて, れる五合を入れ, れる五寸あまりの金銅, れる五尺の間, れる五百石小ぶしん入り, れる五箇山のこと, れる五色餅を見, れる井出夫人の感情, れる井戸がある, れる井水を飲む, れる些細なこと, れる亜剌比亜の物語, れる亜太郎の屍体, れる交友関係を自然敬遠, れる交番の灯り, れる交通の事實, れる交際は小うるさく, れる享楽であり贅沢, れる京極鋭五, れる人々チェーザレと繼, れる人々持來る故に, れる人々自身のいかに, れる人がらであった, れる人ども何れも皆, れる人びとのなか, れる人みたいに云う, れる人らすらもこの, れる人三十名の余, れる人力物資黄金の額, れる人口増加率はあらゆる, れる人同志はなじまない, れる人名は和邇吉師, れる人品のある, れる人品物が立派, れる人士は女性語, れる人多くは假裝, れる人夫は日々数万人, れる人工その物, れる人形師のよう, れる人影も産業奨励館, れる人徳をもつ, れる人情を利用, れる人情本を勧善懲悪, れる人情的月並俳句である, れる人数があぐら, れる人数のより小, れる人格に御, れる人格者で僧, れる人民許りでも, れる人気は何時, れる人気者のお前, れる人氣者のお前, れる人波です, れる人的要素は新聞人, れる人相見氏あんまり当らない, れる人等よ, れる人糞尿なの, れる人肉嗜食さえ許される, れる人臣至上の職, れる人身御供はそれ, れる人道主義的傾向とも又, れる人達みたいな清潔, れる人酒の出来たる, れる人金をもっ, れる人間そのものをてんから, れる人間なみに多少, れる人間學を明るみ, れる人間対カイツブリのおもしろい, れる人間意志の儚, れる人間生命に結び付き, れる人間生活の苦楽, れる人間精神の一契機, れる人類の人口, れる人類欧羅巴人に支配, れる人馬は慶安度軍役, れる人骨を見し, れる什器家具の減失, れる仁義孝道を知つて, れる仇ッぽいの, れる今に眼が, れる今夜の事件, れる今年も暮れる, れる今後とても我々, れる今日三国志や水滸伝, れる今日滔々たる各, れる今日私は私, れる介党鱈で石炭紀, れる仏さまでもありますまい, れる仏さまか, れる仏事の日, れる仏儒神道が日本, れる仏国風の教化, れる仏性もまた, れる仏教ならば, れる仏教哲理を具体的, れる仏画師のはず, れる仏蘭西の博覧会, れる仏蘭西詩の翻訳中, れる仏頂寺弥助並びに丸山勇仙, れる仏頭が四つ, れる仕事部屋もその他すべて守屋さん, れる仕出し屋の女中, れる仕向けをせね, れる仕方そのものがそれ自身, れる仕業のよう, れる仕様の無い, れる他人にすぎない, れる他何の収納, れる他商品の量, れる他巳吉様と他, れる他方では殆ど時, れる仙人形が字面の, れる仙人掌のよう, れる仙台市に来, れる仙台時代や母, れる代り道楽気が抜けない, れる代り道樂氣が拔, れる代表的な諸, れる代議士というもの, れる以上なにはともあれ, れる以上われわれが助かる, れる以上人力車は自動車, れる以上多くの地主, れる以上彼の旦那気質, れる以上彼らの運命, れる以上暴力団狩りは警察, れる以上残りの八人, れる以上私自身の裡, れる以上精神に於い, れる以上茲に事物, れる以上読者はこの, れる以上進化論からいっ, れる以上飽までも国民, れる以前いずれの国人, れる以外いまではこの, れる以外俳優修業のため, れる以外皇太子殿下は主, れる以所である, れる仮に亀千代ぎみに, れる仮名にあたる万葉仮名, れる仮名文字活字日誌を示され, れる仮綴の教案簿, れる仲よしの松浦愚少年, れる仲仕の親方, れる仲直りの形, れる仲裁である, れる任務は更に, れる企画に対して一つ, れる企画的実験それらのもの, れる伊勢の神域, れる伊東氏はその, れる伊豆権現は豆州, れる伊賀あたりの風儀, れる伊達者だけのこと, れる伊部の姿, れる伏姫様が夫, れる伜なんどこの老人, れる伝承だが, れる伯母が持てる, れるのその, れる但し右の, れる位すきなもの, れる位ひなら今直ぐ帰つた, れる位ひな彼の落ちつき, れる位キレイになっ, れる位スフィンクスと馬鹿囃子, れる位冴えに冴えた, れる位凜としてゐた, れる位品行がよろしゅう, れる位声帯の技巧, れる位多くの喰, れる位子供心にも当惑, れる位彼女の黒い, れる位有名なあの, れる位有益です, れる位死後の時間, れる位気味の悪い, れる位流暢に云, れる位源氏は劇, れる位玉の歌, れる位蝉の声, れる位霧は怪しく, れる位頑丈な普請, れる賃銀で, れる低能児として誰, れる住まいで人間, れる住居をこの, れる住所不定の男, れる佐々木六角の一族, れる佐伯にし, れる佐藤信淵が勧農, れる佐藤剛蔵があり, れる佐藤惣之助さんを駅, れる体格検査でした, れる体系即ち一つ, れる体臭を遺伝的, れる体躯と容貌, れる何で御坐ります, れる何もかも昨日と, れる何人かの人々, れる何分か酔う, れる何方にしろ, れる何時結婚式を挙げる, れる何者かの来訪, れる余りさらにその, れる余生の間じゅう, れる佛教の如き, れる作品二十七番の有名, れる作家たちに打撃, れる作家個人の成長, れる作曲家だそう, れる作物に変り, れる佳肴で埋まった, れる使いがどんなに, れる使命を察した, れる例年のスポーツ, れるが禄, れる侍十徳の老人, れる供給が社会, れる供養の大, れる依田様は八ツ時, れる価うちはここ, れる価値関係の相違, れる侮蔑は全く, れるの生涯, れる侯爵夫人です, れる便利な性質, れる俊次といい, れる俗悪にし, れる俗説なり, れる保守思想とか自己保存思想, れる信仰生活です, れる信州の湯泉地, れる信州人の話しぶり, れる信念堅固な高徳, れる信条である, れる信濃の山づと, れる信者はもう一度, れる信長ではない, れる信長公の執拗, れる信長卿が高価, れる修正よりももっと, れる俳句会に出席, れる俳諧の運座, れる俸禄がふい, れる俺ぢやない, れる倉庫のこと, れる個人的実績との夥しい, れる個性の, れる個性的な人身問題, れる個物を包み, れる個體に對, れる倒木がしきり, れる倒石ありて, れるの八割, れる値十万貫もする, れる値打はない, れる値段を値切る, れる倫敦駐箚の城田, れる倫理学は単に, れる倫理的意味に基づく, れるれが, れる假想上のモデルみたい, れる假説の精神, れる偉人がない, れる偉大な雄弁, れる健全な可能, れる健胃固腸丸, れる側面結晶という不思議, れる偶像に奉仕, れる偶然また村田君, れる偶然的関係社会的行動の必然的制力, れる偶然論は全く, れる偽装でしかない, れる傀儡子の生活, れる傍ら綱吉の偏執的, れる傍火に脅かされ, れる傍聴席なる渠, れる傑作だ, れる傘鉾の頭, れる催しが一つ, れるを書いた, れる傳記的文章は主としてこれから, れる傷兵の世話, れるになつ, れる傾斜に立っ, れる僅かな金, れる僅か二年前に當, れる僅少の租税, れる働きに出る, れる働きぶりなの, れる僕自身のこと, れる僧たちを皆山荘, れる僧モリノスの画像, れる僧侶は寺院, れる僻見は一朝, れるは皆, れる儀礼を予想, れる儘僕はそんな, れる優しい爪音にも, れる優先権を有, れる優秀品を持っ, れる優等質の肉, れる優越な規範的, れる優越性とは関係, れる儲けの中, れるは一つ, れる兄上は兄上, れる兄哥でないぞよ, れる兄弟等の頭, れる兆しもあった, れる兇蕃の側, れる先代板屋順三郎の後家, れる先年島原から行方不明, れる先日の光景, れる先輩婦人たちの徒労, れる先進的な男女, れる先達殿は若年, れる光和は五十四歳, れる光弾はだんだん, れる光微粒子説でも一時, れる光悦が茶碗, れる光悦どのまでお, れる光明は母, れる光象であったかも, れるに向けれ, れる党員芸術家会議に対する準備的, れる入湯して, れる入費もできる, れる全体の勢, れる全体権田は何, れる全体的真理は絶対的, れる全巻中での歴史的, れる全然探偵小説の, れる全額は二四〇磅, れるのふくら, れる兩側の人家, れる兩替屋の裏座敷, れる八つ房という犬, れる八十里の道, れる八王子の燈, れる八百屋がある, れる八百長は呑込み流, れるの識見, れる公共の穀倉, れる公園の樹木, れる公文書に書いた, れる公然の享楽, れる六つの鉱山, れる六・三制のため, れる六人の画家たち, れる六十余州の半端物, れる六尺豊かの大兵漢, れる六条壮介と戸川中尉, れる六条御息所も又, れる六条院はこんな, れるに探検, れる共同租界内のホテル・スーシー, れる共有井水浚渫費の増加, れる共有地の減失, れる共有家屋建物の減失, れる共産主義の哲学, れる共産主義的な無, れるだけでも何十, れる兵どもをしり目, れる兵丁合格者の減失, れる兵員が出る, れる兵器るいはいったいどうして, れる兵士長剣で首, れる兵学大講会にことし, れる兵部卿の宮, れる其中に, れる其他遺傳論, れる其他浅間温泉や浅虫温泉, れる其妹は姉, れる其子らに, れる其所以亦偏に爰, れる其方この隠語, れる其母堂とは御, れる其等の者, れる其自然木の息杖, れる其行事及び其唱, れる其角堂系の点者俳句, れる其許たちは, れる其輪廓の美, れる具体性にまで延長, れる具合に動いた, れる具志頭親方蔡温も沖縄, れる典型的人物そのほか一般, れる典拠や類型, れるての不平, れる兼好に正面, れる内供の自尊心, れる内儀は思ひ, れる内分泌物すなわちホルモン, れる内外共に攻め寄せる, れる内容自身までが一定不変, れる内容表象作用並びに表象成立, れる内海孫兵衛安積小四郎香山半兵太船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, れる内生とは何ぞ, れる内祝もすませ, れる内藤女史の協力, れる内部の灼熱状態, れる内部感覚に関して新しい, れる内部感覺に關, れる内部的な動き, れる内閣のその, れる円い火口は, れる円場が上, れる円山公園の, れる円筒型の構築物, れる軍備反対要旨に, れる冒頭など充分, れる冗談でもどっち, れる写生の深度, れる写真目にさわる, れる冬子の胸, れる冬次郎様がな先刻, れる冷水で顔, れるじさ, れる処刑のしかた, れる処刑式典に立会人, れる処女を貰うた, れる処置とはなった, れる処罰等がこれ, れるの尾, れる凸線の部分, れる出來事は相手, れる出勤はいたします, れる出口にあたる, れる出島がある, れる出征兵とそれ, れる出征軍を満載, れる出来そこないだ, れる函嶺の紅葉, れる凾嶺の紅葉, れる刀剣その他の工芸品, れる刀鍛冶と, れるの冷た, れる刃物が現場, れる分割される, れる分厚い本の, れる分析はその, れる分身的兄弟の例, れる分野に入りこん, れる分量以上のもの, れる分限者だが, れる切つて置いた茎, れる切り取り壁が出張った, れる切れの長い, れる切先に転べる, れる切支丹の方, れる切符に気付い, れる刈手の唄, れるをいい渡された, れる刑事たちにも感情, れるは, れる列席者の派手, れる列車に乗っ, れる鹿野どの, れる初々しさです, れる初々しい感じの, れる初期の沙翁舞台, れる初等学校教育は既に, れる判定には非, れる別れもある, れる別嬪衆に比べまし, れる利己と利他, れる利己的情欲を論じ, れる利用をいう, れる刺戟になる, れる刺身のツマ, れる刺青会では参会者おの, れる刻々その振幅, れる剃刀じゃ, れる前ごろ私が行く, れる前ウースターの郵便局, れる前一應の注意, れる前名古屋の, れる前哨戦とブルジョア婦人雑誌, れる前夜外泊したの, れる前夜新宿の酒場, れる前夜青酸加里で自殺, れる前奏としてもっとも, れる前川は夫人, れる前川氏だとは, れる前年のこと, れる前後半年ばかりと云う, れる前後大小二様の事件, れる前払を考慮, れる前提としてのトレイニングぢ, れる前日新之助と君香, れる前期王朝になる, れる前田河広一郎中西伊之助宮嶋資夫等の作品, れる前神楽坂署に呼び出されまし, れる前線の話, れる前述の三兄弟, れる前途を幾分, れる剛気の大将, れる剣橋現代史も尚, れる割烹店の中二階, れる創見的な点, れる創造なるもの, れる創造観である, れるは高, れる劉宋の祖沖, れる劉玄徳と仰せられる, れる劉髪の波, れる力士もその, れる力物體の中, れる功利性実用性は芸術, れる加州の身の上, れる劣等な品質, れる助教授は帰っ, れる労働時間のうち, れる労働植民地の名, れる労働農場員の性格, れる労力を省い, れる効力を自覚, れる勇士は絶無, れる勇士たちのい, れる勇將の眼, れる勇気を羨やましい, れる動きのうち, れる動きかたをし, れる動力は全部電気, れる動揺があっ, れる動物本能は畢竟, れる動詞の形, れる勘当の息子たち, れる勝助のす, れる勝敗の決, れる勝負事のやう, れる勞働の増加, れる勞働力は男女, れる勞働者の群, れる募集が出, れる募集物に片端, れる勢ひで跳ねが出来, れる勢力交流の消長, れる勿論石崎源三の, れるばかりである, れる匂い水辺にうずくまってる, れる化け物のよう, れる化学上の手続, れる化物がゐる, れる化物氷河の谷, れる化石や鉱石, れる化石類は三回, れるを, れる北側の廊下, れる北半球の子午線, れる北太平洋並びにアジア大陸, れる北条数馬どの源次郎さま, れる北海道なる物, れる北町奉行所の帳面, れる北畠具教の紹介, れる北部に二千六百米, れる区域望見の範囲, れる医学校へ入る, れる医術がはたして, れるれた幾多, れるの智, れる十一面千手観音の画像, れる十七人の身, れる十七八歳の少年兵士, れる十三日にもはや間, れる十九日が来た, れる十二支の風呂敷, れる十二神伎を見, れる十二神氏が今回, れる十二神貝十郎の屋敷内, れる十五人のものら, れる十五分がすぎ, れる十五時間も前, れる十六人の博士, れる十六日は歌舞伎, れる十分の可能, れる十分一税に対しまたは, れる十手はとられる, れる十指ほどの画家, れる十数名の美姫, れる十時になる, れる十月中旬から産卵, れる千代子の姿, れる千円札束の燃え, れる千利休の茶, れる千本松原または紅葉, れる千枝とか常, れる千秋楽の日, れる千里の祭詞, れる千餘のもの門上, れる千鳥の大群, れる升屋の暖簾, れる午後十時半の指針, れる午餐へ招待, れる半々な心持, れる半円形の壁龕, れる半月形の熏豚, れる半鐘の音, れる半間に, れる卑俗を感じ, れる卑屈な奴, れる卑農思想と中堅人物, れる卒先なもの, れる卒塔婆をぽ, れる卒業期の五年生, れる卓子高くなく下った, れる協会の勇, れる協力にどうして, れる南山の空, れる南島談話會に臨み, れる南江備前守正忠に正成, れる南町奉行所の控同心, れる南米のラテン型, れる単調な生活, れる博労の男, れる博士たちもいいだす, れる博愛の精神, れる博愛同情の精神, れる博打の車座, れる博物館に全部寄贈, れるの黒煙, れる印刷したやう, れる印度に於, れる印度民族が厭, れる印象を刻々, れるい瀬戸ぎわであつた, れる危さである, れる危惧もそこ, れる危惧不安を数, れる危険さを矢代, れる危険人物にされ, れる厄介な国際問題, れるは岩銀杏, れる原作の椿姫, れる原型として如何なる, れる原子ではない, れる原子核が非常, れる原子病の苦しみ, れる原形に還元, れる原抱琴と岩動露子, れる原書を買わなけれ, れる原色写真版のエハガキ, れるになんか, れる厳粛な敬虔, れる去勢牛のよう, れる参考には後ほど, れる反作用は呼吸, れる反動で奇妙, れる反動内閣打倒演説が出, れる反対論を避けん, れる反射をくぐり, れる反射窓を指さした, れる反応をさぐろう, れる反撥的ないらだたし, れる反映となっ, れる反省を敏活, れる収入の源泉, れる収穫の一つ, れる取引は必然的, れる受信機の目盛盤, れる叙事詩神話は云う, れる叙情の効果, れる叙景詩もこ, れる叙述になります, れる口吻があった, れる口許は心, れる古きかの, れる古びやかな, れる古代の窯跡, れる古代ギリシアのヘロドトス, れる古代中世近世なる時代區分, れる古家で表, れる古本大学の淫書, れる古物商の店, れる古老についてこれ, れる古賀って男, れる古銭も拝見, れる古馴染の小, れる叫びに聞こえる, れる叫喚が船, れる召集の仕方, れる可哀想なお, れる可憐な人, れる可憐さよりも実質的, れる台処でお, れる台処働きの小僧, れる台地に通じた, れる史上の真相, れる史的背景を明らか, れる史觀に就い, れる右翼の暴力団, れる右門と伝六, れる司馬遷は龍門, れる各位の鼻, れる各国のメーデー, れる各国文化の渋滞, れる各地のほとんど, れる合図だ, れる合田清氏の家, れる合目的性が全く, れる合目的性それをカント, れる吉備の國, れる吉備塚の傍, れる吉城郡上宝村を数回旅行, れる吉川夫人は固, れる吉川銀左衛門氏は藩, れる吉江源次郎君よりか, れる吉田忠左衛門が内蔵助, れる吉田首相は書斎, れる同志たちがここ, れる同志達がこ, れる同情愁嘆の雰囲気, れる同時に黒田先生が, れる同校学生の擬国会, れる同氏の作, れる名うての大, れる名古屋種の美人, れる名器の一切, れる名士を毎月案内, れる名家の子, れる名工ぶりでした, れる名管を手, れる名篇で, れる名題の悪党, れる名高い支那の, れる向うにはコンモリ, れる向う岸の区域, れる君たちの小さな, れる君子自身が直接目, れる君達よりも, れる吸物も案外, れるながら卑俗, れる呂布をその, れる周公すら野心, れる周期にまで思慕, れるふ可, れる呪詞があつ, れる味いをしらずしらず, れる味方と敵, れる味気なさ, れる呼び声を友人ら, れる呼気が喉頭, れる命令を受けた, れる命令報告号令の用語, れる和やかな冬, れる和服にもちゃんと, れる和歌子の声一つ, れるは少し, れる咒語の文句, れるっぽい淫蕩, れる哀しさを, れる哀れさは知らなかつた, れる哀愁が初め, れる哀調を帯び, れる品川の海, れる品質のもの, れると彼, れる哲学的態度とすら全く, れる哲學的なもの, れる唐土の楊貴妃, れる唐子に宛, れる唐時代の海南島, れる山陰道に, れる唱詞の神, れる唱門師の徒, れる商人達への軽蔑, れる商務大臣を務めた, れる商品ニュースに就い, れる商業劇場の所謂, れる問いである, れる問題點であ, れる善い素質が, れる善き神の, れる善人なん, れる善人共は氣, れるの上, れるましさ, れる喧嘩を買う, れる喫茶店なるもの, れる喬木の一種, れる單純至極な考, れる單調ななか, れる嗜虐的なアブノーマル, れる嘉門次の愛犬, れる器官が著しく, れる器械のよう, れる器物であります, れる器量持ってながら, れる囁きをもつ, れる四五人の男, れる四五十頭の怪物, れる四十ばかりのチャンタン人, れる四十がらみの男, れる四十二の発電所, れる四十年後の日, れる四年前一八五〇年の数字, れる四方の山, れる四日前も二人, れる四時十分から四時卅分, れる四月なかばごろのある, れる四月下旬から五月上旬, れる四角な広間, れる四通八達の先生, れる四郎の姿, れる四隣の恐怖, れる回数は無限, れる回答あなたがいいえられる, れる因果関係それは又, れる団七自身の生活法, れる団長以下を捕縛, れる囲い女にはあり, れるでもなかっ, れる図書紛失のごとき, れる図書館はすこぶる, れる図表は同じ, れる固い青灰色の, れる固くこは, れる固有な実在, れる固有名詞も努め, れる国会は安保条約改定, れる国分寺に続い, れる国土でありながら, れる国境の街道, れる国外の稲作, れる国外死亡者の蓋然数, れる国家がこの, れる国府津のこと, れる国民文化の特質, れる国連に新しい, れる国際が立錐, れる国際的折衝の難関, れる国際間の紛擾, れるの爲め, れる國力の減少, れる國庫收入の減少, れる國庫補助の増加, れる國有地の減失, れる國有家屋建物の減失, れる國民教育の不振, れる國民的運動を頑強, れるの頭, れる園さんもはじめて, れるは意氣, れる土人に変装, れる土俗の絵, れる土俵ぎわまで全能全力, れる土匪が保安隊士, れる土台はインデペンデント, れる土器をたくさん, れる土壌は適度, れる土壤培養力の減失, れる土星の表徴, れる土曜日である, れる土木費の増加, れる土民が住まつ, れる土砂が溜っ, れる土砂流失河底埋塞, れる土竜が地, れる土製の人形, れる土饅頭のよう, れる圧力を彼女ら, れる圧迫に耐, れる在り方を夙に, れる在り来りのもの, れる在天の偉人, れる圭一郎でもあるまい, れる地上の楽園, れる地下の大, れる地下道へ導く, れる地主階級の自然的衰弱, れる地域それを想う, れる地子は取られる, れる地平線の一抹, れる地方貴族等は皆支那輸入, れる地殻の歪, れる地理と文法, れる地租増徴案について到底, れる地線を指す, れる地蔵さまは, れる地蔵鍋割鈴ヶ岳などいう, れる坂田がボソボソ, れるでございます, れる坊さんですよ, れる坊主どもの住む, れる坐業者の一人, れる坪井博士此二大學説, れる坪内さんの所, れる埋立があっ, れる城兵も無数, れると鏝, れる埴瓮の遺物, れる執念ぶかい, れる基本的契機に外, れる基準系の運動状態, れる埼玉県下の丸円町, れる堂前に石, れる堅い独断説では, れる堅儀な町女房, れる堅実な主婦的特長, れる堕落せよという, れるの地点, れる堪え難く不愉快な, れる堯帝の娘, れる報償について論じ, れる報道は決して, れる報酬もまた, れるに行く如し, れる場内は隅, れる場合そこに習慣, れる場合モチーフの健全, れる場合作者はいつたい, れる場合偶像的地位を占め, れる場合兩者は眞, れる場合国境各駅や各, れる場合我々は既に, れる場合所有量が減少, れる場合敵は三人, れる場合歴史家がそれ, れる場合物質という概念, れる場合特殊技能をもった, れる場合異様に生き, れる場合相手がすぐれた, れる場合私はこういう, れる場合科学の方面, れる場合稲はその, れる場合通例まず歌詞, れる場所ぢやねえ, れる場所家が庭, れる場景を目撃, れる場末の地, れる場處又は通路, れるを吹き倒される, れるを過ぎ, れる塩田大尉もなれない, れる塩野たちのなじみぶ, れる塹壕にあるいは, れるを踏みこえた, れる境涯年若な, れる墓地到る所, れる墓畔に香, れる増加価格であるけだし最も, れる墨染の服, れるに程, れる壇ノ浦がこの, れる士大夫をいかに, れる士族らしい男, れるい男, れる壮大な王城, れる壮快極わ, れる壮観に接し, れる壮麗なレガッタ, れる声柄である, れる売子であった, れる売笑婦が焼跡, れる売買の現象, れるであると, れるな男, れる変そうの名人, れる変化歌仙でいうなら, れる変形鏡で埋まっ, れる変態の為め, れる変態趣味的に極端, れる夏座敷ですし, れる夏木立は八幡, れる夏雲の影, れるの戸, れる夕刊の音, れる夕煙が寺内, れる夕立に降りつぐ, れる夕陽新聞がしっかり, れる夕餐の煙, れる外人団の納税特別会議, れる外人所有の, れる外出の方面, れる外国穀物の平均量, れる外国財貨の量, れる外官も亦, れる外来思想とのみに存, れる外様大名の名, れる外無断外出は一歩, れる外的の一種, れる多助が帰っ, れる多少柔弱な, れる多年の鬱憤, れる多忙な身, れる多忙多端の源内先生, れる多摩河原は私, れる夜会で彼, れる夜打朝駆矢, れる夜更の庭, れる夜波のしぶ, れる夜濤の音, れる夜目に見, れる夜見の国, れる夢遊病者らはかく, れる夥間らしい南無, れる大いなる家畜の, れる大事な一本, れる大人は白昼, れる大佐ならどんな, れる大体同じ大き, れる大刀が斜め, れる大分限女房お豊, れる大切な処, れる大利根博士に来, れる大友少年でした, れる大口の寮, れる大吉を小舟もろ, れる大嘗祭は宮内省, れる大型の手鋏, れる大城屋良助の前, れる大声で, れる大学生をほか, れる大学者でしかも, れる大宅村長の息子さん, れる大家を除い, れる大将の顔, れる大小の家, れる大小様々の蛙, れる大山のふもと, れる大山岳である, れる大山理髪店の主人, れる大島の羽織, れる大川の顔色, れる大川屋と言う, れる大工や左官, れる大師という人, れる大広間の彼方此方, れる大徳屋徳兵衛はいわば, れる大徳屋徳兵衞は言, れる大晦日こすに, れる大木が紅味, れる大杯を見る, れる大森教授は私, れる大森義太郎などの批判, れる大次郎先生を思う, れる大正八年頃の事, れる大海學のそれから, れる大瀧のうちみゆる, れる大異装舞踏会の, れる大相撲よりは素人, れる大石武右衛門だった, れる大神ヂュウスに見え, れる大祭で是, れる大胆な男ども, れる大衆文学の或, れる大衆文芸も亦, れる大衆文藝評とは共に, れる大衆的なニュース, れる大西洋の波, れる大講会をし, れる大財産を受け継いだ, れる大通は十二時, れる大通りを走らせ, れる大道は掃きたる, れる大酒飮みに, れる大鋸屑からは鼻, れる大陸の合理主義, れる大隅國牛根垂水方面に甚, れる大雲寺が丘ふところ, れる大鳥の中, れる大麦に対する租税, れるの方, れる天下のお, れる天井の高い, れる天候ももの, れる天城越えゆけば, れる天子崩御の後, れる天守閣の高い, れる天寿というもの, れる天幕の中, れる天才児になった, れる天才的な人たち, れる天明の俳諧, れる天滿宮より更に, れる天狗煙草の栄えた, れる天狗長兵衛作るところ, れる天理教のお婆さん, れる天理教金光教すら存立, れる天知翁の申開, れる天路へ之, れる天龍河畔の鉄道工事場, れる太刀山さながらの, れる太古の純直, れる太夫のお, れる太夫為俊卿であった, れる太子の後ろ, れる太宰さんには済まない, れる太平洋の海風, れる太田は失業, れる夫則重を考え, れる夫婦の暗い, れる夫婦生活の公準, れる夫有てる身, れる夭死をし, れる失望であったが, れる失業はする, れる奇石怪岩がいたる, れる奇縁の因, れる奇観であつ, れる奇蹟の幻覚, れる契点を山, れる奥さまではありません, れる奥さんはかひが, れる奥多摩の吉野村, れる奥方様とお, れるに薄き, れる奧方の御, れる奧方樣とお, れる女それをかい, れる女らしい中宮の, れる女シラ几帳面のお, れる女主人公たちの悲しい, れる女人形であ, れる女出入りのこと, れる女史たちに対して, れる女子供を勵, れる女将には冷やかされる, れる女工など, れる女王國の勢力, れる女王國及狗奴國の事, れる女男の人形, れる女神はたえずこう, れる女等の鼻唄, れる女郎の如き, れる女髪一筋伊賀の若様, れる奴提灯持の方, れる奴等がソファ, れる好ましい仕草にも, れる好奇なもの, れる好評と悪評, れる妄想と認める, れる妄評などに彼, れる妖怪はたいてい, れる妖雲によって暫く, れる妙味快感を知る, れる妙子は時々, れる妙秀尼やまた, れる妙音で喨々, れる妻子というもの, れるの気持, れる姉さま人形も同じ, れる姉上帰りましつと, れる姉妹の二美人, れる姉様け, れる始まり苦労への出発, れる始めからの, れる始末好色癖などはむしろ, れる姐さんならともかく, れるのニコ, れる姫宮をこの, れる威人の建築技師, れる威厳もあつ, れる威厳構えというよう, れる威厳選り好みのできない, れる娘さんの気分, れる娘形の役どころ, れる娘父を慕う, れる婆さんも, れるは賢, れる婦人客踏み殺される子供, れる婦人欄の外務記者, れる婦人雑誌のこと, れる婦女老幼は誰, れる嫁入りだった, れる嬉しさ自然に, れる嬰児の数, れる嬰児子供たちの悲鳴, れる嬰児殺しの場面, れる子供たちの話, れる子供達は輝く, れる子分を憐む心, れる子守唄の類, れる子昂智永董其昌などの跡, れる子規の境地, れる孔雀の不思議, れる字句を削る, れる存在意味ある存在, れる存在的といふこと, れる存在論は最後, れる季せつでご, れる孤児の悲鳴, れる孤獨寂寥の人, れる学校を出た, れる学校図書館とそれ, れる学生学者すべて警視庁で拘引, れる学術内容である論旨, れるの光栄, れる學問をすれ, れる宇都野さんの顔, れるになります, れる守護符になる, れる亀一派の, れる安全な道, れる安宅先生がこれしき, れる安政三年の津浪, れる安易さに馴れる, れる安曇氏の歌, れる宋窯とてもそうである, れる完全な人格, れる宗像君を思う, れる宗務所の一室, れる宗教そのものから非難, れる宗教思想も簡素, れる宗教的本能がいかに, れる宗達が遠く, れる宗麟を訪ね, れる官兵衛も小寺政職, れる官舎はある, れる官許ご免の毒殺手段, れる官軍が却つて良民, れるつた仕事で, れる定例の盆踊, れる定型のドレ一つ, れる定日だったので, れる定期市の芝居小屋, れる定規の下, れるぞ, れる宝塚の少女歌劇, れる宝玉を, れる宝石現金有価証券などが夥しい, れる宝船の画, れる実力は全く, れる実在と一つ, れる実存間においてそれ, れる実証性がある, れる実験的方法を生物, れる客観主義あしき客観主義, れる客観的事物との直接関係, れる客観的現実ではない, れる客觀的時間より特に, れる客間での会話, れる客體であるに, れる宣告を受ける, れる宣命系統の祝詞, れる宣言に外, れる宮さんに次い, れる宮中に, れる宮古島にも八重山人, れる宮城コンクリートで堅め, れる宮崎嶺雄君に委嘱, れる宮崎讓氏も亦, れる宮川柯月園氏を紹介, れる宮廷の現状, れる宮廷文化の華やか, れる宮廷文学であるという, れる宮廷神楽を明確, れる宮様らしいよそながら, れる宮殿に不, れる害悪をでき得る, れる家の子でもこの, れる家具の類, れる家宅倉庫の減失, れる家庭劇の第, れる家庭教師について考え, れる家政婦や秘書, れる家柄であつ, れる家根を吹きめくられる, れる家格の人, れる家産は傾い, れる家畜家禽の斃亡, れる家畜飼料及び肥料, れる家禄は五百石, れる家筋のもの, れる家財めいた存在, れる家賃の附加, れる家風になれた, れる容器は五, れる容態だった, れる容易ならぬおも, れる宿主の責任, れる宿場遊廓の古い, れる宿屋も出来る, れる宿料に三円以上, れる宿泊料は不足, れる寂しさは, れる寄宿舍に李堂, れる寄稿者や自発的, れる密かな途中, れる富山移住前と富山移住後, れる富籤式の賭博, れる富農の隠匿物資, れるは殆ど, れる寒寒とした, れる寒烈の奈落, れる寛大な皮肉, れる寛度の風流, れる寛永から万治, れる寝室や風呂場, れる寝所へさえ, れる寝棺をゆうべあそこ, れる寢衣着たる翁, れる寧そ大胆に此方, れる寨主宋公明には久しく, れる寶子に如か, れる寸前香港で阪大佐太郎, れる寺田喜治郎先生の影響, れる対手もない, れる対立でもない, れる対話の痕跡, れる対談に於い, れる対象一般の性格, れる対象物であって, れる寿命を召され, れる専門の大家, れる専門家がより, れる将士もこの, れる将棊の駒, れる将軍が虎視眈々, れる将軍家の限り, れる将軍様後継者に関する件, れる尊い御方だけに, れる尊氏自筆の地蔵絵, れる尊貌は沈痛, れる導火線であった日露戦争前, れる小さい古い建物を, れる小さい可愛らしい棺の, れる小作の子, れる小作人がソヴェト, れる小倉庵長次は割烹, れる小僧さんの姿, れる小児の姿, れる小刀は研究, れる小判は実質的, れる小包がうっとり, れる小原や石根, れる小口翼の日興コンツェルン, れる小品を候補作品, れる小型のもの, れる小型潜水艇だよ, れる小声にて, れる小太鼓の音, れる小娘であって, れる小学校の白壁, れる小幡民部どのが苦心, れる小暗い谷蔭が, れる小松家の人々, れる小次郎では, れる小破片はもし, れる小磯扇次さんだけは別, れる小肥りの男, れる小舎は謂う, れる小舟みたいなもの, れる小船の上, れる小見山氏来訪自分にとりつがれ, れる小説戯曲などに対してどの, れる小道には小さな, れる小道具類が如何にも, れる小遣は髪結, れる小金ヶ原の果て, れる小金井博士非アイヌ説, れる小銃さえなく, れる小陰に釣, れる小鳥らに, れる小麦は国境内, れる數の, れる少くとも此小窓裏, れる少なく読まれるの, れる少女たちほど学校, れる少将であった, れる少年名探偵だったの, れる少年武士なの, れる少年諸君にものごと, れる少年達です, れる少数を除き, れる少量的作品との対比, れる尚書詩經周禮爾雅, れる尨大な開拓, れる尺度によつて, れる尻尾を高々, れる尻拭いに耐えきれなくなっ, れるの母者, れる尼僧院内に今, れる尾州家の若殿, れるである, れる屈強な壮漢, れる屈辱に堪えられなかった, れる屋上の, れる屍骸の後, れる展覧会その他あらゆる会合, れる屯田船頭が泡, れる山の上に神, れる山の手線の複線工事, れる山並が浮ん, れる山中湖とその, れる山伏ではな, れる山内の家柄, れる山台の事, れる山名が記載, れる山吹の花, れる山女も往々, れる山女魚は頭, れる山岳樹木に人, れる山巓にある, れる山川が眼, れる山川菊栄夫人が社会, れる山師らがまず, れる山案内以上に親しい, れる山桜の巨木, れる山椒の豆太郎, れる山津浪についても慎重, れる山狩の日, れる山王社がある, れる山県紋也というお方, れる山県紋也先生などはよい, れる山科荘園の幽霊, れる山茶花の花, れる山荘に格子, れる山蛭が足袋, れる山車を拵, れる山里は籬, れる山陵は修復, れる山頂さへ, れるを, れる岡島家だつた, れる岡本や川瀬, れる岩の上へ行っ, れる岩壁があり, れる岩石である麻, れる岩魚がいるだろう, れるの松, れる岸の上にいで, れるを切崩し, れる峰々を, れる峰丹波だった, れる島君当世流に襟元, れる島国の中, れる島崎藤村氏の如き, れる崇高な坩堝, れる崇高絶大の天職, れる崖下の瀧野川, れる崖道は岩質, れるえ崖, れるの時, れる嵩山あたりまで出掛け, れる川島も反駁, れる川面を見, れる川魚が手早く, れる州庁のある, れるより鹿の子, れる工場労働者の同盟罷工, れる工業貨物の大, れる工芸作陶界はまず, れる工藝今はそれ, れる工風したり, れるのもの, れる左京頭がお, れる左大臣などはまれびと, れる左官が塗った, れる左翼の文学, れる左腕の青い, れる左膳の身, れるな方法, れる巧妙なトリック, れる巨人であった, れる巨巌が欹, れる巨木とが目, れる巨獣の墓場, れる巨砲が彼, れる巨船クイーン・メリー号はいま大西洋, れる巫女の一団, れる差紙などというもの, れるが姿, れる已前に自ら, れる巴理博覧会シカゴ博覧会にも皆, れるに向っ, れる巷間の噂話, れる巻取紙には片, れるも紙, れる市中ではもう, れる市井の遊蕩児, れる市村は何處, れる市河博士の折紙付き, れるの華, れる布衣韋帯の高平太, れるばしら, れる帆村の宇宙戦争, れる帆立貝のやう, れる帆船に相, れる希望信任生気で人生, れるへ奏した, れる帝国主義侵略戦争には絶対反対, れる帝国現下の状勢也, れるがその, れる師匠がたはほんの, れる師父の顔, れる席画を淡々, れる常住の犠牲, れる常套的手法がある, れる常磐祠は第, れる常緑針葉樹だ, れる常識があった, れる常識水準の方, れる常識的生活を意味, れるを冠, れる幇間的な性根, れるの裾, れる幕僚将校をいわば, れる平たい炭塊が, れる平俗な心理的動揺, れる平原に見えた, れる平和都市の予見, れる平地であったが, れる平均人とは謂わ, れる平坦な空地, れる平塚さんが私たち, れる平安朝の小説, れる平次には相手, れる平民が宗秩寮, れる平沼男は反, れる平泉の延年舞, れる平等といふこと, れる平野の家々, れる平麦を買っ, れる年三十二三の優さ男, れる年中硫黄の, れる年俸を貰っ, れる年増です, れる年恰好の老女, れる年輩で仕事, れる幸いのこと, れる幸福のよりどころ, れる幻想曲の味, れる幼児達を悪い, れる幽かな影繪, れる幽霊だばけもの, れる幾つかの宝石, れる幾ヵ所かを見出した, れる幾何学はこの, れる幾何學的圖形の再認, れる幾十人かの俳優, れる幾多女たちのうえ, れる幾抱えもある, れる幾時間かを何ん, れる幾百の連嶺, れる幾百戸かの家族, れる幾種類のもの, れる広々とした, れる広告があった, れる広場で街通り, れる広汎で敏捷, れる広路を行く, れる広野に会合, れる床下土砂の入替, れるにこの, れる店内の空気, れる度一時延しに致し居れ, れる座が代表的な淡路源, れる座談会に私, れる庭先に目, れる庭園の梅, れる庵原将監にも名将, れる庶子の御, れる廂髪に結っ, れる廃墟になっ, れる廉価な物, れるにも秋, れる廟算なし, れる廢物利用は大概, れるい疊敷, れる廣大な邸宅, れる建物構造物の損害, れる弁士はただ, れる弁証法が弁証法的神学, れる弁護士の前, れる弊害を打破, れる式典として疑う, れるの上手, れる弓之助様だ曲淵様, れる弓張提灯を腰, れる弓門の頂, れる弟子格の売り子, れる弟弘がその, れる弥之助は毎日, れる弥勒踊とは勿論, れる弥次郎にも似合わない, れる弱々しさを, れる弱き者のいかほど, れる張り物の大きな, れる張出縁の真下, れる張合いで毎日, れる張昭はじ, れる張瑞圖などは矢張り率意書風, れる張騫は漢中, れる強い人を, れる強迫観念症の仕業, れる弾力も無くなっ, れる彎曲した鉋屑, れる当主九郎左衛門翁の賢者, れる当事の事業, れる当人達自身も集団的, れる当代での英傑, れる当分の小遣い, れる当流の槍, れる当節に於, れる彗星一号艇の望月大尉たち, れる形而上学からひと, れる形而上學からひと, れる形骸化した時代錯誤的, れる彩雲はゆかり, れる彫像のご, れる彫刻家の製作, れる彫刻的な鼻, れる影人形やもっと, れる影像を見つめ, れる役まわりになっ, れる役人たちの怒り, れる役柄が女形, れる彼いつまで妻, れる彼以後の散文, れる彼女等はスマート, れる彼等公卿にし, れる径一尺前後の浅い, れる径路を取れる, れる後世風の人間, れる後味の深, れる後姿の人影, れる後宮がおお, れる後家さんが一番, れる後数分警吏は令状, れる後白河法皇は入道信西, れる後者によつて根源的, れる後車が惰力, れる後醍醐だった, れる後龍吐水を持ち出す, れる徐福なども当時, れる徒党があつ, れる従業員数の内訳, れる從來の活動, れる御仁ぢや, れる御存じの人物, れる御嶽冠者殿お若い, れる御方叛くは, れる御歌会始めは今, れる御殿へ行く, れる御法だと, れる御苦労さであります, れる御車です, れる御輿洗ひの, れる復原の光景, れる復活の行事, れる復讐の気持, れる復雑を通しての単純, れる笑みは, れるのよう, れる徳川夢声も仏, れる徳川慶正卿, れる徳川親藩の一, れる徴候がまだ, れる心あたりがない, れる心いきというもの, れる心それはむしろ, れる心もちです, れる心中までいづれ, れる心像は非常, れる心像相互間の対位法的関係, れる心地よい暖気に, れる心外な不愉快さ, れる心安さ, れる心当りがある, れる心斎橋でさえもこの, れる心構えができ, れる心理学概論を筆記, れる心理的なもの, れる心理的実在とも云うべき, れる心理習慣に抵抗, れる心的過程を次に, れる心積りでいるらしい, れる心靈はい, れる必ず切られる, れる必然的なる限定, れる必要上義理にも一見, れる必要以上のみのりと, れる忍び姿の者ども, れる忍冬の白い, れる忍苦の趣味的傾向, れる志士を救い, れる応対にいっそ, れる忠臣が続々, れるは微塵, れる怒りを感じた, れる思い死にもしなけれ, れる思い町かどで, れる思し召しであろうなどという, れる思召なの, れる思想上の一定傾向, れる思想云々の議論, れる思想犯保護施設である希望館, れる思想発表の形式, れる急坂を半ば, れる性教育も補助的知識, れる性格解剖の文学, れる怪しい光に, れる怪事の実況, れる怪人もこの, れる怪人物から会見, れる怪異な愚劣物, れる怪美人やりん, れる怪魚である, れる恋心を自身, れる恋愛事件の発生, れる恋愛問答の歌, れる恋愛談などから自分, れる恐らくは私も, れる恐れ人の眼, れる恐怖心である, れる恐怖悲劇の方, れる恒久の対策, れる恥しさの, れる恥辱心から死滅, れる恨みの火, れるに被せう, れる恩愛の彼, れる恬淡な気分, れる恵みのやう, れる恵美須神もかつて, れる恵那山の裾野, れる悦びに違, れる悧溌な女, れる悩みもない, れる悪い癖が, れる悪く云われる世間体, れる悪人だろうか, れる悪党がいま, れる悪口ならまだしも, れる悪寒が白白しく, れる悪戯であるが, れる悪文家だという, れる悪習は常に, れる悪魔のやう, れる悪魔的性格などを偽る, れるむべき, れる悲しい悲しいお父様, れる悲しみを心, れる悲惨な事実, れる悲話の一つ, れる情愛が繋がれた, れる情緒的格調などに於, れる惨劇人間の一人一人, れる惨状に対しこの, れる想ひで黙つて了つた, れる想像の中, れる想定だ, れるがあつ, れる愁いよりも彼女, れる愁嘆は諸君, れる愉楽と裕福, れる意味内容として成立ち得る, れる意味日本文学として云われる, れる意図のほど, れる意地強い女, れる意型で, れる意志表示とを重く, れる意気地のない, れる意識が濃く, れる意識現象だけに尽きる, れる意識的なるもの, れる意識自身が初め, れるを知らないで, れる愚かな日本民族, れる愚さを自分, れる愚痴は何時, れる愚衆である, れる愛人達を, れる愛国主義がいかに, れる愛娘達の部屋, れる愛子の心持ち, れる愛幸あれマリア恩惠滿, れる愛肉の快, れる感じかたのくいちがい, れる感傷を歌, れる感情的要素が変らぬ, れる感想は, れる感興にしたがっ, れる感覚的な操作, れる感覚的愉楽をとり入れる, れる慣わしは時に, れる慰問状が山積, れる憂国者誤れる道徳家, れる惡我を, れる憎憎しさは, れるむべき, れる憐れな狼藉, れる憧憬は反映, れる懇談会はただ, れる應用效果の大きい, れる懐しい作家は, れる懐剣で見事, れる懸命な祈り, れる懺悔の僧, れる戀年齡や巧利, れる成分も多数, れる成功調査を金, れる成果がもてるだろう, れる成語を思ひ合せ, れる成蹊高等女学校の生徒, れる我が国の天気予報程度, れる我われの在り方, れる我等の手, れる我輩の家, れる我頬の上, れる或いは造り出される, れる或はゐなくなつ, れる戦時下の興行, れる戦時研究ではベルト五本手, れる戦死者の葬礼, れる戦略上の一拠点, れる戯曲界の相続者, れる戯曲的魅力を彼, れる戸ヶ崎殿へ不幸, れる戸山が原, れる戸山ヶ原には春, れる戸崎夫人をちょいちょい, れる戸川志摩の死, れる戸田さんはこちらさま, れる戸田能登守どの御家中に申し入れる, れる戸隠名勝裾花渓最初の観光場所, れる所々を一つ, れる所ぢやない, れる所幼兒の頭蓋, れる所愛が親戚, れる所感に対する態度, れる所有權の消滅, れる所業も敢, れる所為であるかも, れる所謂人道主義運動である, れる所謂動詞を排除, れる所謂宗吾靈堂は思ひし, れる所謂明快さに欠け, れる所謂素朴実在論とは正確, れる所謂自然なるもの自身, れる所謂記者とは区別, れる扁平たい新聞包み, れるの筆者, れる手がかりはない, れる手ごわい友人の, れる手つきそれを伏せ, れる手付コップの中, れる手前が云わんなら, れる手前身の上で無いを, れる手口を見る, れる手合いだってある, れる手品か奇術, れる手広い部屋が, れる手応えで, れる手懸りがない, れる手掛りなしに, れる手業である, れる手法は用, れる手洗鉢なぞ種々, れる手綱でひ, れる手練さと周到さ, れる手續きを, れる手習い子が毎日幾人, れる手足は泥だらけ, れる手踊りなどを思い出し, れる手近な料理, れる手頃なもの, れる才物よりどれ, れる才能というもの, れる才腕など何と, れる扱いかたの多様さ, れる批判だつた, れる批判精神の骨格, れるや術, れる抑圧がある, れる抒情味の本質, れる抒情詩である, れる投槍もおま, れる投票においてその, れる折々を待つ, れる折それがたまたま, れる折ふしの私信, れる折口先生の創見, れる折柄これは根本的, れる折私はいつも, れる抜け毛を手の平, れる抱擁に於, れる抵当に入れた, れる抵抗すべからざる力, れる抵抗論をつくりあげた, れる抽象性によって或, れる拇指頭大の丸い, れる拍手の音, れる拍節を破, れる拙者はこの, れるの旗, れる持続力の全幅, れる指導者などによるもの, れる指紋のこと, れる挙動が眼, れる振りをし, れる振舞いについて微か, れる挽歌の云う, れる捕方の功, れる捜索隊のこと, れる掛念はなかッ, れるなり, れる掟素直な心, れる探偵であって, れる探偵小説をひどく, れる探照灯の翼, れる控室の正面, れる推敲ということ, れる掾側へと連れゆきぬ, れる提案に密接, れる揚豆腐をあしら, れる揮毫したり, れる摩擦である, れる摸索の条件, れる播磨灘の一端, れる操り人形のよう, れる操作と当, れる支度をした, れる支那人たちは笛, れる支那兵も沙, れる支那料理の如き, れる支那街は少しく, れる支那訳の言葉, れる支配階級の質的変化, れる穫の, れる放胆を示した, れる政党との妥協, れる政変に於, れる政治上に活躍, れる政治不信の気分, れる政策上の復讐, れる政策観念から国家, れる政變に於, れる故に私は, れる故事からこの, れる故個人的意見を陳べた, れる故屋敷へ帰っ, れる故從つて又他者性, れる故散財をかけ, れる故文化的時間性は自然的時間性, れる故自己認識がそれ, れる救いを求める, れる救助米とか麦種子代, れる救恤費の増加, れる救護が減少, れるへられ, れる教区補助金や賃仕事, れる教授法によって授けられたる, れる教會堂へと案内, れる教科書の臭気, れる教育家諸君に十二分, れる教育者はいづれ, れる教訓は男, れる教養とにある, れる散歩して, れる敬太郎は冗談, れる敬称は彼, れる数万首の歌, れる数万首中当時私の見る, れる数個の微小, れる数多くの作品, れる数字が何時も, れる数学化をもたらした, れる数学的形の世界, れる数少ない強みの, れる数日前にも, れる数珠繩の梯子, れる数理的方法ばかりでなく, れる敵將の甲, れる敵討たれ, れる敵軍を舟, れる敷島と毎日相會, れる敷木の上, れる數十の鰹, れる數日前私が病床, れる數種についてのみ少しく, れる數限りない小さい, れるれると, れるがあつ, れる文化圏との対立, れる文化段階は広い, れる文化水準の低い, れる文化現象を意味, れる文化的人間的生の續, れる文化的時間との區別, れる文化的用語が正に, れる文化自身が元来, れる文壇は再度もはや, れる文士仲間の碁会, れる文字通りの, れる文学サークルは凡そ二百十余, れる文学上の同輩, れる文学理論上の討論, れる文学的価値はもっ, れる文學は今日, れる文學者連を中心, れる文明国にはいった, れる文明開化の正体, れる文書では決して, れる文治文楽の落語協会, れる文聘ではない, れる文言を聞け, れる文面なの, れる斎藤先生を押しなだめ, れる料理屋も温泉宿, れる料理書の殆, れる断片的な諸, れるう思う, れる斯人ばかり, れる斯様な場合, れる斯民その頃, れる新刊書の広告, れる新嘗祭にも行, れる新天地のよう, れる新太郎少将も矢張女, れる新婚の生活, れる新宿をすこし, れる新宿駅の品川方面ゆき, れる新川郡の図, れる新年の, れる新手な, れる新教の信徒, れる新聞人はこの, れる新聞社の方々, れる新聞自体の社会的機能, れる新聞雑誌諸出版, れる新規な, れる新開住宅地のとつつき, れる斷崖の下, れる方たちにはできるだけ, れる方向出版されて, れる方式が二荒, れる方方でも他, れる方略翌日のたしか, れる方策を政府, れる方自身でも自, れる施薬や施療, れる旅人の心, れる旅券にはる, れる旅客の數莫大, れる日々の用具, れる日あたいは屋根裏, れる日ごとにここ, れる日イ来るの, れる日傭取りなどが住ん, れる日光の熱, れる日大人のうれし, れる日常性の原理, れる日常生活を想う, れる日張博士よりもずつと若々しく, れる日日であった, れる日本ジャーナリズムのドミナント・フィギュア, れる日本人ではない, れる日本劇場が経営困難, れる日本国民的なナニワ節, れる日本字新聞に同じ, れる日本封建文化の黄金時代, れる日本橋の橋欄, れる日本語の創作詩, れる日本軍国主義とその, れる日記風のノート, れる日課の一つ, れる日野富子という室町型, れる領主に, れる旧友のなつかし, れる旧式な洋風建物, れる旧態は改善, れる旧時の風習, れる旧来の豪族, れる旨月番老中本多中務大輔から申渡された, れるさで, れる早々無駄言ばかりは御免, れる早い足なみの, れる早処女定めとしての卯月, れる早川逸平河越権兵衛倉橋剣助などの腕きき, れるがこぼれ, れる昂奮の坩堝, れる昆布をはるか, れる昆虫とまったく, れる昌造の, れる明けの鐘, れる明りを見る, れる明るさといった, れる明日来て, れる明智がまだ, れる明智さんが二時間, れる明智小五郎がわし, れる明朗直截は現代人, れる明治二十三年の二月, れる明治初年の洋學者, れる明治四十年の十二月, れる明治音楽会の演奏会, れる明白な救治策, れる明石の心, れるの理論的説明, れる昔ながらのウクライナ・スラヴ, れる昔人に附き, れる昔噺の一つ, れる星影が万太郎, れる星雲は空間中, れる映像とは唾棄, れる春吉と鈴江, れる昨今くれぐれも無理, れる昭和の世相, れる昭和十四年度の, れる昭和十四年珍風景である, れる是等の凡て, れる晁蓋もまた, れる時あたいは云われた, れる時あなたはそこ, れる時あなたがたは始め, れる時あれがたしか, れる時お子様方はお, れる時お松は郁太郎, れる時がらくたにも大きな, れる時これに觸, れる時さへ我汝, れる時それ自体の限定, れる時むざんに歪められて, れる時ウェルギリウスの載れる, れる時カクスはヘラクレス, れる時ケルベロスこれにさ, れる時スペーレント・イン・テーまづわれらの上, れる時タイスの喜びいかなりしやを問, れる時ダンスをする, れる時フランス語でなんとか, れる時一句一句に就, れる時丈けです, れる時上々の紙, れる時下馬も拝, れる時二つのエポック, れる時井を指し, れる時人はちょっと, れる時人々は之, れる時代小説の作家, れる時代我々は再び, れる時代私は煙草屋, れる時体に少し, れる時光の二つ, れる時其女はどう, れる時分平田小六氏と知り合う, れる時分満場の拍手, れる時別の宇宙, れる時博士号は未練, れる時即座には固, れる時反覆を避けん, れる時吾人の心中一点, れる時問題提出に於, れる時坑道の底, れる時報を受け取っ, れる時女の肉體, れる時始祖アダムの靈現, れる時婢は台十能, れる時子供たちと別れる, れる時季が甚だ, れる時宗の流行, れる時寒吉はこれ, れる時工藝に美, れる時広場に集まった, れる時弘さんが私, れる時弾力のある, れる時彼等すでにこ, れる時心に日本刀, れる時必要なの, れる時志村のあらゆる, れる時忽然薄靄を排し, れる時意識以外のもの, れる時愛人として妻, れる時我々は行為的直観的, れる時我等の段, れる時手で遮る, れる時文壇は行き, れる時日かならずまちがい, れる時時間座標までが変換, れる時景福宮に何, れる時書物を取上げられ, れる時服をあらためし, れる時朝儀の新嘗祭, れる時村里には如何にも, れる時杓子でべた, れる時果物を持來, れる時櫓の上, れる時正式の婚礼, れる時歴史上最も普通, れる時母は生, れる時沙翁劇の正しい, れる時片山のお父さん, れる時狂気のやう, れる時生活は不具, れる時病が入りこむ, れる時皆の者, れる時皇女の詠まれた, れる時相手の袖, れる時私たちは争闘, れる時節兄弟縁の尽きぬ, れる時腋臭の匂い, れる時自然にわかる, れる時自然我我の言葉, れる時著者はもはや, れる時裸体のまま四, れる時計の音, れる時評論は初めて, れる時間上の偶合, れる時青森で沢井君, れる時食慾を減じ, れる時髪の毛を切られる, れる時黒暗の, れる晩年の寫眞, れる晩表門お長屋, れる晩飯を下宿人, れる普通語で焼畑, れる普通選挙でないこと, れる晴れがましい, れるの神, れる暁つき近くに北の方, れるさを, れる暖かい陽の, れるさな, れる暗室のよう, れる暗愚の政略, れる暗示的な数行, れる暗雲の低く, れる暗黒あるいは夜, れる暗黒中の梅毛虫, れるの中, れる暮れがた, れる暮羊君から五十銭, れる暴戻自用, れる更に昨日に, れる書印があつ, れる書名も亦, れる書生に婦人同情會規則, れる書生さんたちはよく, れる書簡箋をつぎつぎ, れる書道奨励会などは目的, れる書院造りの屋台, れる曹司であったから, れる最上の法, れる最善の解決, れる最大の自覚, れる最大速度と同, れる最小限度は六寸, れる最高のもの, れる會話は恁, れる月々の仕送り, れる月並講釈の教官, れる月卿雲客貴嬪采女, れる月影を示す, れる月明りその小半丁先, れる月桂の枝, れる月給はひとし, れる有力誌のいやしくも, れる有効利用のかなり, れる有明の灯影, れる有明荘の六人, れる有望なの, れる有期や無期, れる有機的發展は一般的, れる有能な青年ら, れる有野の馬大尽, れる有閑な中年, れる有難さは, れる朋党の争い, れる朋輩には嫌われる, れる服装の四十恰好, れる望月辛吉さんにこの, れる朝会の時, れる朝兼好という法師, れる朝夕の供御, れる朝夕栄三郎は何度, れる朝季叔の墓碑, れる朝廷からの幕吏, れる朝政謀反事件よりし, れる朝臣がその, れる朝顔は夏, れる朝顔鉢の方, れる朝鮮の人々, れる期間すなは, れる朧気な知識, れる木下のため, れる木下藤吉郎それは太閤秀吉, れる木下路を行く, れる木偶のよう, れる木工鋳造薄板第一工場, れる木彫の像, れる木彫りの修業, れる木曜会には私, れる木曜會へ毎, れる木曽の馬市, れる木曾の方, れる木村助九郎村田与三出淵平八, れる木村正辭先生の, れる木皿へ手, れる木箱につきそっ, れる木綿の棒縞, れる木蘭科の常緑小喬木, れる未知に備えずし, れるはほとんど, れる末広君には一面気鋒, れる末期のひとみ, れる本人は医者, れる本場と称する, れる本場水晶の印, れる本家の消息, れる本屋からはもう, れる本当の内容, れる本当に恋する本当に, れる本所名物の一つ, れる本来の農民, れる本物の機械, れる本職本業以外の例へば, れる本陣備前屋に火災, れる本館病院へ送りつけない, れる札幌を放浪者, れる朱刺ぼかしぼり, れるの枝, れる杉垣に枝さし掩, れる杉山節子さんに急用, れる李勣の所作, れる杏子の枝, れる多くし, れる材木の音, れる村のをのこ, れる村人さえ珍, れる村方の百姓, れる村會議員十人の中, れる杓子はいつ, れる杜鵑の行衛, れる束の間の心地よ, れる杭州の西湖, れる東亜相互生命保険会社の板囲い, れる東京にての觀測, れる東山さんのとこ, れる東洋の古い, れる東洋産物は日, れる東西古今に亙つ, れる東野を気の毒, れる松原に今日, れる松尾山不破の真下, れる松尾峠の北斜面, れる松岡と横田, れる松川灣ここより幅數間, れる松戸の方面, れる松本楼に満月, れる松本警保局長は益々, れる松村呉春筆の, れる松江であった, れる松浦郡の旻楽, れる松蘿は, れるだった, れる板屋根の小家, れる板戸を, れる板敷でその, れる板橋の風情, れる林さんのうち, れる林長孺の紀文, れる果敢ない一夜, れる枢機の重臣たち, れる枯れすすきの原, れる枯葉のよう, れる柏屋に投ず, れる某大料理店の, れる某氏の財産, れるをば追い来し, れる染物が優れた, れる柔らかい深い泥土が, れるの木目, れる柳沢様の甲府城, れる柳生家の大本, れる柴田錬三郎も全く, れる葺きの, れるの一片, れる栄華も見ました, れる校友会の文苑欄, れる校友会誌にはきまって, れる校長先生の味方, れる校長閣下の心事, れるだった, れるを言, れる根の国に憧れ, れる根據が實, れる根本事実なの, れる根本問題とトピック, れる根本理由がなくなっ, れる根本的な予想, れる根本要素の一つ, れる根本関係が横たわっ, れる根柢になつ, れる根源的な知的, れる根源的體驗によつて, れるで一人, れる格好をした, れる格子戸の音, れる格調の高い, れる桃井直詮はもと叡山, れる桃水半井氏のこと, れる案内書となる, れる案外甘い情感, れる案山子のよう, れる桑畑の先, れるの心, れる桜山は午後, れる桝形の石積, れる桟敷に葉巻, れる梅干がまだ, れる梅林の中, れる梅津兼邦君の父君, れる梅鉢であった, れるに春なかば, れる梨本御門跡様, れる梵鐘の響, れる棕梠の毛製, れる森さんの御, れる椅子の位置, れる植木会社の表門通り, れる植民地と同様, れる植民地的片言で二人, れる検校は己, れる椶櫚の葉, れる楚々たる雪の, れる楠木正成とはいったい, れる業績を挙げた, れるくありふれた会話, れる極みなきペーソス, れる極めて当然な推論, れる極度の状態, れる極東の地域, れる極端な愛欲, れる極限まで書い, れるな道, れる楽しさは, れる楽しき心を, れる楽旨がうまく, れるであつ, れる概念そのものを源泉, れる概論書の如く, れる榮華も見ました, れるへであつ, れる構図の新, れる構成も求められなかった, れる構造物に他, れるが二本, れる様式の由来, れる樂しみだつた, れる標札屋の老人, れる標語の実質, れる標識も発見, れる標題音楽的な味, れる標高八千八百八十二メートルのエベレスト峯頂上, れる樣努力しなくては, れる樣拙者どもが屹度取り, れる之助, れる横光利一の小説, れる横六畳の座敷, れる横尾氏もつい, れる横旗さん来訪葡萄をよばれる, れる横物の秀品, れる横町を運ばれ, れる樺太蕗のすばらしい高, れる樺色の百姓服, れる橄欖の林, れる橄欖島まで竊, れる橄欖樹の蔭, れるを見, れる橋あたりを望め, れる橋善の板場, れる橋本町の方, れる橋袂の窪地, れる機密費を自分, れる機巧についてはまだよく, れる機智と飛躍, れる機械器具の進歩, れる機械性を説く, れる機構組織をマックス・ウェーバー, れる機知と飛躍, れる機運が起つた, れる機関銃の弾丸, れる機雷などはか, れる檀家へ贈る, れる欝蒼たる大, れる欝陶しさ, れる欠点を持っ, れる欠陥を見出した, れる欠陥市民としての判断, れる欧洲の今日, れる欧羅巴なら疾く, れる歇気を吐く, れる歌詞を聞い, れる歌調が力, れる歌謡を伝播, れる歓迎せられる優待, れる正岡子規の日清戦争, れる正成公というお方, れる正月の神, れる正直者だ, れる正確な理由, れる正義の情, れる正餐の勘定, れる正香と送る, れる此二点だけに就, れる此人だから, れる此処にか, れる此国の女性観, れる此處にかかり, れる此金殘らずを, れる此順序を見, れる武人の風流, れる武力闘争ではなくなった, れる武士格ではある, れる武士自分の大刀, れる武士髷と固い, れる武官に特殊, れる武家屋敷のはずれ, れる武家政府を賤, れる武島裕吉の感傷的, れる武州殿は仕合わせ, れる武者修業は何らかの, れる武者修行は何らかの, れる武芸者あなたは剣術, れる武装であり膚, れる武門最上の位置, れるもあれ, れるが順々, れる歯痛のまじ, れるではない, れる歴史上の事實, れる歴史的条件から云っ, れる歴史的自己の立場, れる歴史科学的概念構成は従っ, れる死体が倒れ, れる死刑の最も, れる死後の身, れる死者を慰めよう, れる死闘として描かれ, れる死骸って云う, れるんど, れる殉教者に譬えられ, れる殊勝な善知識, れる残忍な姑, れる残忍酷烈な且つ, れる残虐はなさらない, れる殘念さがジリ, れる殺人兇器は土蔵, れる殺人者とその後, れる殺戮の中, れる殺戮殺傷そういうもの, れる殿宮アイ子さんをソッ, れる殿宮視学さんと川村書記さん, れる殿御があります, れる毀損品も少く, れる母上から電話, れる母二人の妹, れる母体即ち土, れる母娘連れがめいめい, れる母心が忌, れる母性愛を扱いました, れる母音と子音, れる毎日ではなかっ, れる毎晩の百目蝋燭, れる毒液の為め, れる毒薬を投, れる比はるかへだたりて, れる比島の少年, れる比擬開口といふの, れる比類ないうれしさ, れる毘羅拏草の如し, れる毛抜の音, れる毛氈になります, れる毛皮である, れる毛織布と葡萄酒, れる毛織布綿及び麻製品, れる毛髮かくて天王, れる氏長が力, れる民主主義獲得のため, れる民主作家は一人, れる民弥という男, れる民族主義の僻見, れる民族主義的な誇, れる民族的発展はその, れる民族間に同じ, れる民権自由の叫び, れる民法の結婚, れる民衆意識で片づけ, れる民衆的なる総称, れる民間の, れる民間調査機関の財源, れる気もちで出来る, れる気体の質, れる気候においてはこの, れる気品の高い, れる気息を一面, れる気楽そうな独身, れる気流のぐあひや, れる気温降水分布の複雑さ, れる気狂いじみた滑稽, れる気苦労もなし, れる気運の生れずし, れる氣配を感じた, れる水みちと, れる水中の大, れる水仙や蓮根, れる水兵等も吾等, れる水兵結びであった, れる水兵達の間, れる水分を排出, れる水呑場へ来た, れる水天宮館へ入り, れる水平線の彼方, れる水底から腐った, れる水戸中納言家から招かれ, れる水戸黄門はおそらく, れる水晶のやう, れる水棲人のすむ, れる水氣の補, れる水氣片を成し, れる水源山林の濫伐, れる水管と云った, れる水西荘一昨年の冬至, れる水豆の畑, れる水軍と海上, れる水辺に住む, れる水郷地帯へはいっ, れる水量は少ない, れる水音が白く, れる氷晶を, れる氷河時代からの千古, れる永くなる, れる永久不変なる関係, れる永久的な形相, れる永禄の頃, れる永遠者は非, れるも今に, れる求道者が多い, れる汚い空気である, れる汚れではない, れる汚点です, れるは誰, れる江北のおん屋形, れる江戸っ子いうな, れる江戸時代の画家評論家, れるみづのなかに心, れる池袋駅でその, れる決して人と, れる決定的事実というもの, れる決心なん, れる決斷なり, れる決着に立ち至った, れる汽船がフィンランド, れる汽車の音, れる沈潜性が粘り, れる沙汰なので, れる沙汰ぢやありません, れる沙羅樹の如く, れるを遡っ, れる沢辺の道, れる河内平野の朝霧, れる河口へと出た, れる河岸の磨硝子脊, れる河岸左手は草木, れる河豚はどこ, れる河馬の臀, れる油断のない, れる油脂分がこの, れる治安維持法では第, れる治水費の増加, れる治療したって, れるは我, れる沼地の中, れる沼沢地の一つ, れる沼澤の上, れる沿岸の町, れる法事の読経, れる法師になぞらえ, れる法師武者でご, れる法律上の条件, れる法律的な離婚問題, れる法案だ, れる法王と天使, れる法自身の内, れる法螺貝の音, れる泡沫のよう, れる波瀾に極東, れる泥土の量, れる注射の数, れる注意の質, れるも優しい, れる洋学者という洋学者, れる洋服のデップリ, れる洋服屋で本郷通り, れる洋物屋の主人, れる洒落であるが, れる洞院鎌之助殿, れる多女, れる津多子夫人は昨朝, れる津波もまた, れる津軽海峡の流れ, れるに正, れる活気がある, れる活舞台に一役, れる流しをはなはだしく, れる流体の中, れる流星もこの, れる流沙地帯なの, れる流派の天才, れる流行歌はみな, れる流説の奇怪, れる流鏑馬が久しく, れる流麗なる情感, れる浅井久政が住み, れる浅間山が出し抜け, れる浜屋の家, れる浜田山で青々, れる浜町音頭の踊り子仲間, れる浜砂のよう, れる浜路さんを萩原, れる浦上天主堂の板の間, れる浪曼主義や能動主義, れる浪漫主義の特色, れる浮浪の子供たち, れる浮船である, れる浮草は, れる浮雲のこと, れる浴室で楕円形, れる海上生活をする, れる海女らことごと恥なしと, れる海岸地方では倍加, れる海岸線ゆき郊外電車発着所の近く, れる海底戰鬪艇は現, れる海底構築物を発見, れる海藻が, れる海蟹は決して, れる海角に大, れる海辺の町, れる海鳥のくり, れる消費目的物及び原料, れる消費者の負担, れる涙口紅のあと, れると蠍, れる涼しそうな, れる淀君自筆の手紙, れる淋しさ, れる淋しいことだった, れる藍色に, れる淡い清らな, れる淫売窟に性道徳, れる淫蕩な空想, れる深い根強さの, れる深刻そうで他愛, れる深層からのガス, れる深山を歩い, れる深川の岸辺, れる深林が山麓, れる深緑の木の葉, れる混乱して, れる混沌の剖判, れる添刪を経, れる清らかな空気, れる清吉ひとりが生れたま, れる清左衛門の短刀, れる清左衞門の短刀, れる清水である, れる清浄無垢の人間, れる清潔上の習慣, れる清琴楼の間毎, れる清純な生きた楽しい, れる清見潟駿河の海, れる清麿とはお, れる渓流に副, れる渓谷も四顧, れるが干支, れる渡り博徒がそこ, れる渡り見世物師の古びた, れる渡世をする, れる渡部君の如き, れる渦巻はこれ, れるたかな, れる温度最初は例えば, れる温泉の池, れる測定の結果, れる港口の町通, れるはつくらじ, れる湖上の島, れる湖水には四時それぞれ, れる湖沼であるが, れるの川温泉, れる湯本博士が当時大学院, れる湯田の湯, れる湯釜だとか, れる満座の視線, れる満足を人生, れる源因がちゃんと, れる源氏山が聳え, れるにかけた, れる滄州沙門島の大, れる滅亡の階段, れる滅多な者, れる滑稽な光景, れる滑稽千万な状態, れるだった, れる滞納した家賃, れるれるトマト, れる漁史は喜ぶ如く, れる漁村すらない, れる漁業の廢絶, れる漁民自身は自覚的, れる漁船のある, れる漂白色の上, れる漆喰塗りの頑丈, れる漏斗は珍, れる演劇としてその, れる演劇批評家や劇団人, れる演劇活動を以てし, れる演奏会の切符, れる演繹される, れる演習を観る, れる演芸の類, れる演説家の雄弁, れる演説者だった, れる漠然たる疑問, れる漠然とした悲しみ, れる漢字が制限, れる漢学には重き, れる漱石の文章, れる潛勢力によるもの, れる潮流には無頓着, れる激しさから, れる激しい光りを, れる激しき衝撃の, れる激情のみを考へ, れる激流のなか, れる激論を, れる激越な調子, れる情とも, れる濃い色の, れる濃き固き磨ける雲われら, れるの太い, れる瀝青を塗つた麻布, れるのけしき, れる灌水は北海道, れる火の玉には色々, れる火事であった, れる火夫や石炭夫達, れる火把と玄関, れる火炎のよう, れる火砲や発射管, れる火鉢に僅か, れる灯火なの, れる灰汁のごとき, れるの脇, れる炊事の煙, れる炊事場にお, れる炭焼の作兵衛, れる為め千篇一律の著述, れる為体の知れない, れる為啓明会の書籍, れる為滅多に先生, れる為車やなぞ, れる烈女節婦の伝記, れる烈風のため, れる烏合だった, れる烏耶無耶性を彼, れる焚火をし, れる無名氏の作物, れる無常の存在, れる無念さをも思わない, れる無惨な戦争, れる無意義な動乱, れる無気力さにたいして戦い, れる無気味さよりはかえって, れる無理はない, れる無産知識階級のため, れる無筆の歌人, れる無線電信をつかまえた, れる無言の気持, れる無言劇を陽気, れる無辺際の日, れる無造作な庭, れる無限の多様, れる無電技士丸尾の先途, れる無類の濃い, れる焦土の上, れる焦心のながしめ, れる焦躁を經驗, れるるを, れる芋屋時代, れる焼物窯から立ち, れる照明灯だけがのこった, れる照葉の想念, れる煩わしさから, れる煩悩の徒, れる熊さんや八さん, れる熊笹や歯朶, れる熊襲の輩, れる熔岩地帯へ通じる, れる熔岩塊の最高点, れる熟練と資本, れる熱心さです, れる熱烈な基督教信者, れる燈炉の様, れる燈籠流しもこの, れる燎原の草, れる燕麦または, れる爆弾の地ひびき, れる爆撃の跡, れる爛々たる四つ, れる爲一三〇一年に入り, れる父上陛下の御, れる父勝頼君をうばいとらね, れるわれに, れる片えくぼ, れる片仮名で私, れる片割月は真向, れる片手間に到る, れる版本に対し特に, れる牛車に曳かれる, れる牝牛の絵, れる牡丹桜とでも云おう, れる牡牛を慕, れるのよう, れる牢獄のすぐ, れる牧場の方, れる牧野内府邸や首相官邸, れる物々しい鉄張りの, れる物ゆえこれは特別, れる物体ありて, れる物何くれとなく, れる物凄さでした, れる物哀れな心, れる物理学の法則, れる物理的化学的現象ときわめて, れる物理的原因の永続性, れる物的な生産力, れる物語作者の伎倆, れる物資の配分, れる物質主義精力主義並に実利主義, れる物質量は三百二十万トン, れる物體界の表象, れる特典を授け, れる特別会議の夜, れる特大型広告マッチがレッテル, れる特性がある, れる特有の色, れる特殊的害悪は土地, れる特異な水質, れる特賞を出す, れる特質のすべて, れる特飲街の習俗, れる特高係の, れるの型, れる犠牲者の泣き声, れる犬猫から牛馬, れる犯罪学集談会の席上, れる犯罪方法にはこの, れる状實に慘鼻, れる状景にはいつも, れる状況のなか, れる狂女である, れる狂暴なアルプス颪, れる狂熱状態にあった, れる狂言を唯一, れるの運命, れる狙いに狂い, れる狡猾そうな顔, れる狩人の山言葉, れる狩野正信が折々, れる独吟と如何に, れる独得な境地, れる独楽の主, れる独特なもの, れる独特固有の変態性慾的, れる独立や立派, れる独自の力, れる独逸の女たち, れる独逸学生の歌謡集, れる独逸歴史学派の精神, れる狭い短い板の間の, れる狭山さんを, れるに充分警戒, れる猛烈な復讐, れる猛犬が伍助, れる猟犬の本能, れる猟銃の音, れる猪口を片, れる猪苗代湖は水位, れる太人も, れる猿尾枷のよう, れる獄中死歿者法会の折, れる獄中生活だ, れる獄人の彼, れる獄庭によく, れる獄窓に来, れる獅虎等を見, れる獲物の如く一分時毎, れる玄米を手, れる玉堂の作品, れる玉屋総一郎の住宅, れる玉蘭は時, れる王冠と獅子, れる王子が一人, れる王恒が殺される, れる玩具にも深き, れる玩弄品です, れる珊瑚礁のやう, れる珍しいことが, れる珍病でキチガイ, れる珠玉であった, れる班超の外交軍略, れる現にいまでは, れる現下の国策, れる現代劇のディクシヨン, れる現代史特有の悲痛, れる現代日本語の性格, れる現在支那について如何なる, れる現実世界への滑稽, れる現実会の会員, れる現実的な事柄, れる現状打破の本能, れる現象十九種を挙げ, れる球面は既に, れるもない, れる理屈がある, れる理想主義は最も, れる理想主義者の心持, れる理想家ですと, れる理智の批判, れる理論的労作は凡て思考, れるの音, れる琵琶にし, れる琵琶師風の一浪士, れる瑶珞のよう, れる環状石群の遺, れる瓜畠の瓜, れる瓜類の中, れる瓦等にも高麗, れる甚だ深刻な, れる甚深微妙なる宇宙, れる甚藏でございますから, れる生きかたの道, れる生きものであった, れる生まれつきだ, れる生れつきで一家じゅう, れる生命群が相, れる生存競争にはその, れる生業の呪, れる生気というもの, れる生活上のいろいろ, れる生活主義の芸術, れる生活安定の要求, れる生活法典の命, れる生活状態というもの, れる生活精力上審美上優生学上の天然, れる生活自体の形成, れる生涯を送り, れる生産の利潤, れる生産力は単に, れる生産手段の社会主義的所有, れる生産物量を供給, れる生白い貴公子然, れる産地九州地方はさておき, れる産後の奥さん, れる産業の実際, れる産業合理化によって労働時間, れる産業資本の方, れる産物を与える, れる産科病院の前, れるは不憫, れる用役の売買市場, れる用水路の損失, れる用語もまったく, れる田山白雲らしい姿, れる田水かな, れる田沼主殿頭, れる田結村に於, れる田老田夫といったよう, れる田舎人さへも珍, れる田舎医者あやしげ, れる田舎相撲らしい総身, れる田蕎麦の花, れる田辺元博士, れる田雀もいる, れる由お達しがあり, れる由來を以てし, れる由十人の部下, れる由雑談をする, れる甲冑の武士, れる甲斐の躯, れる甲板もうちぬかれる, れる甲賀世阿弥だ, れる申さば断末魔の老, れる申出があつ, れる男それが概して, れる男つてどんなに仕合せ, れる男の子たちもなかっ, れる男何者やら果報者, れる男児が聞い, れる男共を見くだし, れる男女さまざまの姿態, れる男子は結婚, れる男子部の諸, れる男果報者の代表, れる男用の套靴, れる男芸者という職, れる男達とさえアグネス, れる町チフスやマラリア, れる町名は千束町, れる町奴ふうの三人, れる町尻へ来, れる町鶏さえ僕, れる画式にたと, れる画賛を書かされる, れる画面を覚え, れる界隈切っての, れる界隈切つての美人, れる留学生やかし, れる畜生谷の部落, れる畠山の家門, れる畠山八洲先生などがよく, れる番組になります, れるを何枚, れる異制庭訓往来に, れる異常な, れる異性の友情, れる異教的な虚偽, れる異種の角度, れる異端の域, れる異端焚殺行列にも恐怖, れる異議に巧者, れる敷きの, れる當人が僕等, れる當時主として傳道, れる畷道を通った, れる畸形な国家, れる疑問である, れる疑心の渦, れる疑懼とひとつ, れる疲れと云う, れる疾病のごとき, れるもおい, れる病氣など一體, れる病父も何, れる病状なのに, れる病身そうな青白い, れる病院なの, れる痛みも感じ首, れる痛快さである, れる痛苦を歯, れる痛風をわづら, れる痩形の男, れる痴呆状の弛緩, れる癆咳病みの, れるれた人, れる癩治療薬の発見なぞ, れる発光点とほぼ, れる発句の運座, れる発熱時にルーヴル博物館, れる登山結社が設立, れる登山者で此書, れる登攀をなんと, れる發句の運座, れる發展の思想, れる發達と誤れる, れるなりき, れる白き蛾の, れる白亜の色, れる白光を放っ, れる白壁が見え, れる白大理石も二千四百年, れる白夫人伝説のなか, れる白昼夢のよう, れる白樺の幹, れる白水ではある, れる白洲で調べ, れる白濱の, れる白粉焼けした顔, れる白紙は所定, れる白船君のよい, れる白萩のしら, れる白象の夢, れる白酒のにおい, れる白面の一書生, れる白面紅顔に漆, れる白馬のたてがみ, れる白骨に就, れる白鳥神社の石段, れる百万という増加, れる百万石なりを人, れる百二三十人の証人, れる百体の御, れる百合の芽, れる百四十餘通の孝明天皇, れる百姓の家, れる百姓たちは食えない, れる百姓達は驚い, れる百日紅の大樹, れる百本杭の河岸, れる百歩の処方, れるの衆, れる皆様のお, れる皆様方に対し何, れる極天皇, れる皇后陛下とのお, れる皇子等王臣百官人等天下公民諸聞食さへと詔, れる皮ズボンをジヤケツ, れる皮肉とソヴェト, れる皮膚の潤沢, れる皮膚変化を見た, れる盂蘭盆の行事, れる盃代りの茶呑茶碗, れるまたは茶器, れる盛大な祝宴, れる盛岡三萬の市民, れる監察使で仙台, れる監察官で定員, れる目と相会いぬ, れる目まぐるしいほど馬, れる目当てはない, れる目明しの辰, れる目貫きの通りだった, れる目賀田庄右衛門が一粒種, れる目鼻だちを, れる盲目的なるもの, れる盲青年は盲, れる直に丑松は, れる直下へ掛け, れる直感的な判断, れる直接の因縁, れる直線の近く, れる直線上の二運動, れる直観は生産的構想力, れる直観内容が生じる, れる直角坐標図, れる相互扶助は人間界, れる相当に大きい, れる相撲の場所, れる眉月を砕く, れる眉根のあたり, れる眉目だった, れる看板も嘘, れる真っ赤な足, れる真剣なもの, れる真名古こそこんな, れる真夜中にねんのため, れる真意もそれ, れる真新しい衣装が, れる真暗な森, れる真理問題に私たち, れる真紅の大, れる真綿のよう, れる真際に役人, れる真鯛である, れるは直行, れる眸子も凛如, れる眺望である, れる眼光鋭い大男, れる眼前の常, れる眼鼻立もこの, れる着物特別に異状, れる着眼の鋭さ, れる矛盾場合に依っ, れる矢の根石など東羽黒, れる矢先にあらぬ, れる矢島楫子刀自を初め今, れる矢田部勁吉氏である, れる知人故旧の人々, れる知的文化の資産, れる知能分子なの, れる知覚ならびに運動神経, れる知識人達が求め, れる知識偏重打破の名, れる短編を一年, れる短編小説には熱, れる矮小な人物, れる石上乙麻呂の土佐流謫事件, れる石原純博士の同, れる石器は非常, れる石垣と小川一つ境, れる石棺のお, れる石橋の異国的, れる石灰石なん, れる石炭量を供給, れる石級を見れ, れる石群を山, れる石膏像まであなた, れる石高道に肋骨, れる砂地の十字路, れる砂持と云う, れる研究会とその, れる研究所の所長, れる研究會に來, れるである, れる砦圍まる, れる砲列の火蓋, れる破片の荒れた, れる硝子のなか, れる硝子屋根の下, れる硝酸銀水が刺す, れる硫化水素や水蒸気, れる硫黄島とか鉄砲, れる硬玉でなかったの, れる碑面の右, れるい海, れる確証は何, れる磯五であったが, れる示現は別に, れる社交ダンスの名手, れる社交上極めて有利, れる社交場での人々, れる社交的な集会, れる社会主義倶楽部の談話室, れる社会人が週末, れる社会活動の部面, れる社会状態においては吾, れる社会的富の分配, れる社会的現実に対して作家, れる社会科学や哲学, れる社奴の方, れる社會の干渉, れる祈りまじないは, れる祐吉を後, れる祖先崇拜は縱, れる祖母は老耄, れる祝典のいきさつ, れる祝宴に赴く, れる神今食の意義方式, れる神代などの物語, れる神倉社とて火災, れる神典上の事蹟, れる神名不詳の塚, れる神尾ではありません, れる神様は国中, れる神樣とか或は, れる神武はいずれ, れる神殿を建築, れる神田三河町の大, れる神経が伸子, れる神経反射の一つ, れる神經のいら, れる神話や世論, れる神謡となり, れる神達がどんな, れる神郡晩秋氏などの細微, れる神霊の座, れるありとの, れるの式, れる祭りの度毎, れる祭市のこと, れるの修行, れる禅師の君, れる福島の役所, れる福田氏に譲り渡し, れる福羽苺というの, れるの言葉, れる禿安の手, れる禿頭を底, れる禿鷹のよう, れる秀吉の威圧, れる秀子さえも来, れる秀治にそんな, れる私たちは胸, れる私たち自身の影, れる私ぢやない, れる私どもの無理, れる私らじゃア, れる私一人が輝かしい, れる私共ははた, れる私娼街でも似たりよつ, れる私心のない深い, れる私生活にあっ, れる私罪はなえ, れる私財を皆, れる私達凡人は詩人, れる私達夫婦の間柄, れる秋山要介先生, れる秋晴れのひと日, れる秋田県の北部, れる秋陽は播州, れる科学上の実験, れる科学技術のため, れる科学的世界観の一部面, れる科学者もございます, れる科学者的鋭りさ, れる科学説がそれ, れる科学論はこの, れる秘色はこれ, れる秘訣だと, れる秩父山の色, れる称号学位の数々, れる稀本の價値, れる稀覯書である, れる稀釈剤を用いず, れる程あはれな歌, れる程おれはおれ, れる程なごやかな表情をし, れる程ばばは耄碌, れる程ひつそりした家, れる程びっくりして, れる程ぼんやりしちゃ, れる程ゲッソリと頬, れる程セメントで密着, れる程ペッタリと真正面, れる程ボンヤリとして山の上, れる程一ふりの大刀, れる程一所懸命に考える, れる程上昇しても, れる程不思議に安次, れる程不明であつ, れる程世間の卑俗, れる程体と体, れる程何かがつかりした, れる程何処にもかく, れる程余り白くて, れる程倹約な暮し, れる程健康であったこと, れる程充実して, れる程先取権をもつ, れる程入念に計っ, れる程其らしい匂, れる程其頃は窮迫, れる程具合が可, れる程利潤率は低下, れる程司馬懿は味方, れる程合理的で且つ, れる程名残い惜い, れる程呼吸が荒く, れる程外の影, れる程天使的の自由さ, れる程小六から見る, れる程就寝の時間, れる程岸本の家, れる程左様に多い, れる程年代を経た, れる程幾何学的な力学, れる程御新造は心持い, れる程心の暗い, れる程念を入れなけれ, れる程所謂泥酔の境地, れる程手をつけず, れる程日毎に迎, れる程旺盛な活力, れる程明瞭な, れる程暖かな雪, れる程朧ろである, れる程残酷に斬りさいなまれた, れる程気まりが悪く, れる程洋服が好き, れる程清らかなの, れる程激怒せしめた事件, れる程無数に群がり, れる程無理が無く, れる程猛烈なもの, れる程理由のない, れる程生活が深刻, れる程皆せツぱつまつてゐた, れる程盛んに手足, れる程目が出た, れる程盲目である, れる程真っ直ぐな幹, れる程社会的認識は歪曲, れる程立派な立敵, れる程素振には, れる程美緒の表情, れる程自分自身がまた, れる程苔が庭, れる程苦手なもの, れる程莫迦げて弱い, れる程葉子の体, れる程虫酸が走る, れる程表現の的確, れる程複雑な迷路, れる程貴方に御, れる程身形に構わなくなった, れる程近くにゐる, れる程近頃の氏, れる程逡巡して, れる程進歩するもの, れる程達者でした, れる程酷かつた, れる程重要な位置, れる程間の抜けた, れる程鞭を加, れる程頑固で言, れる程頑強で素早かっ, れる程顔に似合わず, れる程類型の重くるし, れるや円錐形, れるは多く, れる税源の減失, れる税金に貢献, れる稚拙と自分, れる種族である, れる種族形態はそして, れる種族間に於, れる種概念として取扱, れる種目は多く, れる種種の婦人雑誌, れる稲埃のよう, れる稲妻射下せば, れる稲砂をかむっ, れる稲荷坂に出た, れる稼ぎになった, れる稼業じゃない, れる稼業ぢやない, れる穀価が一年, れる穀物倉庫と同様, れる穀菜其他飮食物の減失, れる穂波であった, れる穂麦のやう, れる穏やかな気持ち, れる穴師の村, れる究極地ではない, れる空らの器, れる空想上の世界, れる空爽かなる, れる空瓶の方, れる空疎な流行語, れる空虚や頼り, れる空間知覚の概念, れるの後, れる窘窮煩悶の状, れる窪地の屋敷町, れる窮極的価格であること, れる窮迫の為め, れるの創業者, れる窯工美術では色, れる立体的な溌剌, れる立場宮本顕治をひっくるめ, れる立夏に近い, れる竜宮滞在はこの, れる竜造寺兵曹長が成層圏飛行中, れるにちかづいた, れる童歌にも力, れる競馬場を中, れる竹内栖鳳の五匹, れる竹原好兵衛様, れる竹束の輸送, れる笑いの底, れる笑いかたをした, れる笑声であった, れるが新しく, れるをぬぐ, れる笠金村などが人麻呂, れる第一流遊女のあえ, れるは折られる, れる筆あたりが人, れる筈それを押し切っ, れる等彼らがまた, れる等私の気持, れる筋肉の骨, れる筋道がみんな, れるの上, れる答案が発見, れるの水, れる箇条のどれ, れるかなにか, れる箱舟のやう, れる節廻しであった, れる範囲いっぱいを認め, れる範圍で一, れる範疇体系は適当, れる築地小劇場は天下幾人, れる築城の地学家, れる築山は小富士, れる簡単な話, れるもなけれ, れる米友がその, れる米国などで初めて, れる粉挽唄に, れる粉粒がそれ, れる粉雪はこの, れる粒選りのダイヤ, れる粗生生産物のその, れる粟総額の三分の一, れる精いっぱいの償い, れる精密器械でさえも設計, れる精悍さ獰猛さはうかがわれぬ, れる精神そのものの活動, れる精神病学教室の本館, れる精神的素質がちがっ, れる精神科学という言葉, れる精鋭隊がある, れる糖尿病患者はヒド, れるは幾条, れる糸瓜のやう, れる約束夫れは, れるや黄, れる紅い肉の, れる紅宝石である径一寸, れる紅顏の少年, れる純情芸術である, れる純文学から一種, れる純白の色, れる純粋に, れる純金の大, れる紙帳の中, れる紙幣がたくさん, れる素よりこの言葉, れる素人は茫然, れる素人大会には幾度, れる素朴率直な山國, れる素材にある, れる素直な心, れる紡錘そつくりで旋風, れる細々とした, れる細かな点, れる細川藤孝もわが, れる細胞集会に出なけれ, れる細長い顔立には, れる紳士幸ありと, れる紳士淑女諸君よ天分, れる終堆石は弦, れる終日の勤労, れる組織ある戦術, れる組踊りは楽劇, れる経巻が鼠糞, れる経済の方則, れる経済事情が必要, れる経済学者ヴェブレンはそういう, れる経済的援助を歓迎, れる経済的独立の実例, れる経済的生産においても人間, れる結婚以上に毎年一定, れる結婚制度から殖民政策, れる結婚適齢に入る, れる結果あれは之, れる結果それが嘘, れる結果北米合衆国で一年, れる結果感情や意欲, れる結果日本の絵, れる結果筋肉が萎縮, れる結果食用魚が数種, れる結構な作, れる結社の方, れる統一的な過程, れる絵それは絵, れる絵図に拠れ, れる絵巻物こそは, れる絵看板は舞台, れる絶叫が響い, れる絶壁だし, れる絶望と自棄, れるを入れた, れる絹ハンケチといわず, れる經驗に惑溺, れる継母ぐらいのこと, れる綜合雜誌まで取りまぜ, れる綾吉が癪, れる綿のやう, れる綿密さはもはや, れる緋鸚鵡の頬, れる選挙を, れる総合的な科学, れる総合的実験科学への歩み, れる緑屋の二階座敷, れる緑色大型のもの, れるにこそ成, れる線路の方角一帯, れる緞子の寝台, れる編史事業そのものが学問, れる編輯者でも戯曲, れる緻密な硬, れる縁談には突き詰め, れるでもっ, れると横, れるての物語, れる繁文縟礼の現下日本, れる繁昌な店, れる繁昌店が一挙, れる繊弱い可, れる繊細な写生, れる罪十九年間引き続いた罪, れる罪悪を一掃, れる罪隠密の情事, れる署長を見上げた, れる罵倒の中, れる罵声が主, れる羅馬の一部, れる羊山羊ヤクの類, れる美わしい愛情, れる美人売り子に三原玲子, れる美味しいお菓子に, れる美女なぞの絵, れる美少女がただ, れる美点は全巻, れる美男美女は容易, れる美禄に酔う, れる美術といかに, れる美術雑誌の経営者, れる美観だが, れる群臣の綺羅, れる群衆を伴うた, れる群青と黄, れる羨望と反感, れる義士達の持物, れる義捐金によって養われ, れる義理人情の世界, れる羽毛のよう, れる羽織手代になっ, れる習いでした, れる習はしがあつ, れる習わしになっ, れるに指添, れる翻訳的青年男女をもっと, れるにて二たび三たび水, れる老体なん, れる老公と藤田氏, れる老成以前の書, れる老木が立っ, れる老松もあり, れる老爺之に乗る, れる老若男女こそ却つて, れる者それでよい, れる者それ以上の生き甲斐, れる者どもが塩密売, れる者一としてこれ, れる者三河遠江伊豆駿河に蕃息, れる者久しからず唯, れる者共が狎れる, れる者数知れなかった, れる者理由もなく殴られ得る, れる者生捕られる者数, れる者直からん, れる者矢弾を抱い, れる者答へて曰はく, れる者闇討ち置毒, れる者馬のあぶみ, れる者黄河へおち, れる耆宿と同格, れる而已我三十年間の進歩, れる耐火建物である, れる耕作地となり, れる聖ドメニコの人となり, れる聖徒達は聖母, れる聖歌の作者衣ひき, れる聖者の伝記, れる聖餅と, れる聞き手の顔, れる聡明達識の伊豆守, れる聯關のうち, れる聰明な娘, れる聲音だつた, れる職人体の三人連, れる職人歌合せの中, れる職分を持つ, れる職工等の足埃, れる肉体的感覚的な動き, れる肉声の美し, れる肉感を覚えた, れる肉慾の精神, れる肉親の誰か, れる肉類は罐詰, れる肉體はその, れる肋骨を, れるの手入れ, れる肌合いが長次, れる肌寒の季節, れる股間のも乾燥, れる肥料の下, れる肩銃を支, れるを枕, れる背信の若者, れる背後より扶, れるのもの, れる胎教なるもの, れる胡粉ぬり重ね, れる胡車児はやがて, れると首, れる胸前の拡, れるでシテ, れる能力創造的な開放力, れる能小鼓の名人, れる能登守殿も喜ん, れる脂粉に深い, れる脅迫観念のため, れる脱漏を度外視, れる脱税ウイスキーは一箱, れる脳波を無線操縦, れる腐肉作用が一瞬, れる腑甲斐ない心, れる腕利きだった, れる腕立てせぬが, れる腕輪が三つ, れるに云, れるを沁み込ん, れる腸詰のごとく, れるをひる, れる腹癒せに内証, れる膏脂が皮膚, れる膝もとから自分, れる膝栗毛ぶりでした, れる膳部だから, れる臨時ニュースの内容, れる臨終の一念, れる源坊ひらく, れる自らひそかに恃むところのある専門棋士, れる自余のすべて, れる自作の脚本, れる自分たちにおどろいた, れる自分ぢやない, れる自分等をい, れる自分自身の心, れる自分達の荷物, れる自尊心ではない, れる自己性の契機, れる自己防衛の牙, れる自意識の整理, れる自我個々なる個性, れる自明な併, れる自殺の意志, れる自殺事件であった, れる自治案内に七分搗米, れる自治權の縮, れる自然力に比較, れる自然現象ならば, れる自然的擺動以上に出でないなら, れる自然的生の構造, れる自然科學の資料的知識, れる自由さ人間性の尊重, れる自由主義は或, れる自由感がこの, れる自発性の発展, れる自白だけで起訴, れる自筆らしい手紙, れる自若とした, れる自覚は自己, れる臭気にも染まらず, れる至つて靜な氣持, れる至尊のお方, れる至純の感情, れる興安嶺隧道のなか, れる舎人の場合, れる舞台の照明, れる舞踊ほどさ, れる舟楫往來の減失, れる舟橋氏も主張, れる航海者は難破, れる航空機生産法案同保安法案, れる船体の釣合上, れる船員がうしろ, れる船舶労働者自身の手, れる船路で暴風雨, れる良心が, れる色とりどりの砂, れる色彩のつよい, れる色気と未練, れる色沢のい, れるな夕月夜, れる芦田夫人に愛読, れる花圃は僅, れる花園がそんな, れる花嫁花婿の写真, れる花弁を見る, れる花形選手にし, れる花村甚五衛門とかいう人, れる花柳界をめぐる, れる花柳病の恐るべき, れる花橘撫子薔薇木丹などの草木, れる花火の噂, れる花片も露, れる花田が特に, れる花粉だけで, れる花芥の渚, れる芳子ちやんが羨し, れる芸妓が云った, れる芸術家たちこそ気の毒, れるあり, れる苅萱道心親子の物語, れる苛酷な困窮, れる若々しいすんなりした, れる若しお前が, れる若しくは現はれる, れる若僧が衣, れる若君ですが, れる若宮の狼狽, れる若武者の首, れる苦しい後味な, れる苦しまぎれに不断, れる苦しみそれ以上の深い, れる苦心は女, れる苦悶の目付, れる苦汁は春嶽, れる苦痛窮乏広汎な荒廃, れる苦痛適当な言葉, れる苦笑を洩し, れる苦行者の一種, れる英ソの緩衝地帯, れる英単語や英動詞, れる英吉利の如き, れる英国史上空前のの社会的混乱, れる英雄もあり, れる英雄的な闘争, れる茅葭の枯涸, れるの短い, れる茶わんを念, れる茶器は皆朝鮮, れる茶屋の板前, れるなの, れる草刈豊太郎氏には色々, れる草叢のなか, れる草木の深い, れる草稿を完成, れる草紙と云え, れる草鞋の紐解かん, れる草餅の香, れる荒廃が君, れる荒物屋である, れる荷風君は羨望, れる荷馬車の前車, れる菅笠に同行二人, れる菊五郎の弟甥, れる菊屋の市十郎, れる菜畠やちよつとした, れる菜花状の雲, れる華やかな置物, れる華族等の事, れる華族豪商権門の方, れる華美闊達な大, れる華蔵寺は京都, れるは月影, れる萬一の場合, れるの穂, れる落ち目にはならなかったであろう, れる落ち葉のよう, れる落着きです, れる葉巻をテーブル, れる著名人の葬式, れる著明なの, れる著書も非常, れる葡萄からのみ造られ得る, れる葦みたいに右, れる葬具屋九郎兵衛の店先, れる蒙昧な時代, れるの事情, れる蒲団の後, れる蒲田は宝, れる黒い穴, れる蒼々した木立ちの繁み, れる蒼青なプラツトフオオム, れる蓄音器などをさげ, れる蓋然性が乏しい, れるの葉, れるの花, れる蔦かづらの間, れる蕎麥に就, れるも芽, れる薄暗いがらんと, れる薄暮の心持, れる薄膜を細い, れる薔薇の騎士, れる薩摩にやられる, れる薩長人をはじめ, れるの貯え, れる薪十郎の首根ッ子, れる薬品を枕, れる薬品全部を検査, れる薬草道人とかいう不思議, れる藝術に誤謬, れる藤原純友です, れる藤枝それと並ん, れる藤枝外記また歌比丘尼, れる藥劑師のロイドさん, れるの子弟, れるのただ中, れるの畫, れる蘭丸どのの方, れるの威, れる虎井夫人が鉄板, れる處崖を磨, れる處民家の裏, れる虚妄の世界, れるを探しけり, れるのむれ, れる蛍火の下, れる蛮行に対して烈しい, れるの中, れる蜀兵はおびただしい, れる蜥蜴を鶴見, れる蝗蟲よ, れるで塩茹, れる蝦蟆の種類, れる蝦蟇仙人と鉄拐仙人, れる蝦蟇法師の杖, れるのよう, れるか千鳥, れる蝶ヶ岳も眼下, れる蝶一つたよ, れるとして, れるの觸覺, れるのよう, れるを叩き潰し, れる蠅のとびまはり, れる血なまぐさいパノラマを, れる血手俣より漏出, れる血潮は顳, れるを率, れる衆愚も悪い, れる行人の心, れる行政上の改善, れる行政施行法によれ, れる行方不明者が見つからない, れる行春の夜, れる行者のよう, れる行進曲につれ, れる街娼も黙認, れる街道にもうしろ, れる衝撃のため, れるを奪う, れる衣川を衣手, れる衣服類主賓の大臣, れる衣裳をつけ, れる衣裳道具は台, れる衣食住の缺乏, れる部屋の, れる表具を眺め, れる表現作用に属し, れる表通りの明るみ, れるをきちんと, れるをふり切っ, れるの中, れる造物が, れる被害地人民とは上州, れる被害者の断末魔, れる袴下は傷, れる装束が早く, れる装飾の主題, れる裏山はそれら, れるなる魂等, れる裸体の男女, れる裸体像で周囲, れる裸壁の狭い, れる製造貨物と外国貨物, れる複雑派の中, れるならざるべき況ん, れる襦袢といえ, れる襲撃とは別に, れる西側の廊下, れる西北部早稲田大学のエール, れる西南の文珠山, れる西南系の異, れる西条様だという, れる西比利亜の荒野, れる西洋人でも日常生活, れる西洋建築の美, れる西洋文芸の翻訳書, れる西洋料理に調味料, れる要望も絶えません, れる要求額であつ, れる要素之が線, れる要素間の関係, れる覇王樹に囲繞, れる覇道にならっ, れるとおし, れる見せかけの好意, れる見物は何, れる見物人にもなる, れる見當で東京音頭, れる見苦しいこんなふう, れる見識に喩, れる見込み前川準之助って実業家, れる規準に從つて記述, れる視線にあう, れる覗眼鏡は各階毎, れるや娘, れる親しさが, れる親分ぢやありません, れる親分肌な人がら, れる親友というの, れる親戚の令嬢, れる親戚たちにしろ, れる親爺の手紙, れる親類書というもの, れる観客が多い, れる観察はほとんど, れる観念的歴史学やヘーゲル, れる観念論的歴史観は無機的自然, れる覺悟で, れる角刈りの美, れる角屋の前, れる角店はまた, れる角間新田の白壁, れる解放運動犠牲者追悼会のため, れる解説が出来, れる解釋學的有機體説的思想を批判, れる言葉一つにもそれ, れる言語活動そのものである, れる言論をした, れる討議応酬は自分, れる訓誡の書, れる託宣への盲目的, れる記代子さんとすれちがった, れる記入して, れる記念すべき世紀, れる記念館がある, れる記載がない, れる記述のある, れる訳合いを能, れる診断書の書物, れるがウタカタ, れる註釈本を物色, れる証拠物件があったら, れる証文をかかされた, れる証跡についてことごとく, れる詐偽的情事がある, れるには, れるは受け入れよう, れる評論家作者歌人までを逮捕投獄, れる試験を受ける, れる試験問題なり, れる試驗問題なり, れる詩的構想をあらゆる, れる詮方なく街, れる詮衡委員会が新刊児童文学, れる話癖が浮彫, れる話術家の舌端, れる誇張と架空, れる認識の対象, れる認識作用もまた, れる誓約のもと, れる誓詞があるでしょう, れる語り物を語り出した, れる語形さをとめ, れる語書物に出はじめた, れる誠実とか健康, れる誠實を以つて, れる誠意に好感, れる誤解さえ人智, れる読人不知の歌, れる読書趣味を決定, れる読物の多く, れる読者層の大, れる調べでそれ, れる調和と生気, れる調和的普遍的の事実, れる調書ができれ, れる談判の進行模様, れる談話によつて, れる請願人民に對, れるは愚論サ, れる論点のつかみ, れる論理では偶然性, れる論理的概念の内容, れる論者の一人, れる諦らめなさいと, れる諧謔である, れる諸事物はこの, れる諸仏諸菩薩, れる諸国において経済学上, れる諸種の機械, れる諸般の打合せ, れる諸賢のため, れる講演の常, れる謝肉祭仮装大行進発, れる證據なり, れる警句の一つ, れる警報を耳, れる警察界の古卒, れるだが, れる議会をもつ, れる讀者の方, れる讀者層にだ, れる讀者心理にはまつたく異なる, れる讃美歌の折返し, れる讃辞こそ岐路, れるな男, れる變化に富んだ, れる谷中の惨状, れる谷崎氏の実感, れる谷崎潤一郎の作品, れる谷川沿いから一尺, れる谷邨一佐氏は一九三七年ニューヨーク・コーネル大学教授パペーズ博士, れる谿谷へさがった, れる豆腐屋の吉公, れるである, れる象變るを, れる豪傑肌の者, れる豪勇な彼, れる豪勢な花, れる豪商でもここ, れる豪将山路弾正がこれ, れるにか, れる貞光口の木戸, れる財宝らしいもの, れる貧乏を自分, れる貧困そのものでさえひとたび, れる貧民住宅区があった, れる貧農のこと, れる貨幣である, れる貨幣量ではなく, れる責任だけあっ, れる官の, れる貴之見れば, れる貴人には二回, れる貴公の戦場, れる貴女の裝, れる貴婦人あって, れる貴族階級の自然的衰弱, れる貴殿方は, れる貴重な品物, れるの日, れる賀茂の競馬, れる賃銀勞働者に變化, れる資本制度はその, れる資産なく多数, れる資質を全備, れる賎俗な社会, れるとは別, れるを取るあら, れる賞讃に対してそれ, れる賤業婦達の自覚, れる質乍ら子は優良, れる質料としての客體, れる質的幾何学がある, れる質量は太陽, れる賭場に出るべく来た, れる贅沢な寝台, れる贈り物なの, れる赤みを含んだ, れる赤ん坊や閑人, れる赤ン坊を受取った, れる赤兎馬に鉄鞭一打ち, れる赤塚村のもの, れる赤外線が人間, れる赤字のなやみ, れる赤沼保田今井について私, れる赤煉瓦の長屋, れる赤絵の, れる赤裸々な社会生活, れる赭ら顔の大男, れる理論の, れる越路の花, れる趣きは年増嫌ひで, れる趣向になつて, れる趣味因襲の命ずる, れる足利将軍の宮殿, れる足支度をした, れる足跡が宙, れる足駄の歯跡, れる距離に逼つて, れる跫音が近づい, れる路傍の雑草, れる路地はまさに, れる路易十五世の嬖幸マダーム・ポンパドール, れる路銀をお, れる踊り屋台にお, れる踊り念仏系統の様々, れる踊り歌の意味, れる踊子たちの貞操帯, れる踏歌がおもしろかっ, れるのはじ, れる躑躅の間詰, れる身今は他人, れる身体付きの癖, れる身内の或, れる身寄りも多い, れる身辺を幻影, れる身震いの出る, れる身體榮養の不足, れるではない, れる車軸のよう, れる軍事学の書籍, れる軍勢の脚下, れる軍国主義の機密, れる軍憲の移動, れる軍旅の夜宴, れる軍艦の画, れる軍隊風でなくそれぞれ, れる軍需船を大坂, れる法輪という, れる転地者であった, れるはランプ, れる軸物が奥深い, れる軽く人足の, れる軽食と言う, れる輝かしいお身柄, れるはその, れる輪形の濛気, れるにむか, れる轟音が聞こえ, れる辛らさ苦し, れる辨天瀧を見, れる辮子を付け, れる農作物をその, れる農場のうち, れる農夫多し, れる農村の集団的, れる農村通信員は特に, れる農業機械がよそ, れる農民一揆が起り, れる農耕の作業, れる辺水ぎわの孤松, れるで物凄い, れる辻斬が流行る, れる辻斬りであった, れる迄やつて念晴らしが, れる恒を, れる近代の三味線, れる近代劇その区別, れる近所の屋根屋根, れる近松門左衛門が作者, れる近江の草野, れる近藤は人, れる近藤勇が片腕, れる近藤忠義が篤学, れる近藤芳樹の書いた, れる近親の不幸, れる近郊ばかり, れる返事かもしれない, れる退屈な立廻り, れる送別仮装会のため, れる途すがらに, れる途すがら自動車の中, れる途上種崎の方, れる途中列車の中, れる途中四国から対岸, れる途中家の前, れる途中手にし, れる途中故障が起れ, れる途中箱根の峠路, れる途中船岡へお, れる途中荊門を通過, れる途中金も宝石, れる途中闇夜のなか, れる途次仙台の, れる這麼風で中坂, れる通りいま造って, れる通りここ一週間ばかりのお, れる通りこれだけでも其の, れる通りすがりの見, れる通りそれが宜しかろ, れる通りみかんのよう, れる通りカラダを許し合った, れる通りジャーナリズムとは単に, れる通りハイハイ云うとれば, れる通りマルクス主義の哲学, れる通り中間層としての, れる通り二三歩遠退い, れる通り亡国の憂, れる通り今の世中, れる通り仏の言葉, れる通り代々勤王をもっ, れる通り何といっ, れる通り光があれ, れる通り名でした, れる通り土地でも旧い, れる通り大嘗祭には日本中, れる通り手爪先の尋常, れる通り把握は把握的概念, れる通り最後の頁, れる通り概念の世界, れる通り死生や富貴, れる通り水色の服, れる通り理論と実践, れる通り異郷の草種, れる通り矛盾にある, れる通り私はへとへと, れる通り笛を吹きました, れる通り素直に上っ, れる通り自覚の足りなかった, れる通り船中みな気を揃え, れる通り路に当る, れる通り返事をする, れる通り長崎人の伝統的, れる通例の人, れる通俗化とは社会教育的, れる通信社の合同, れる通夜の黄いろい, れる通良書の第, れる通行人もなかっ, れる速水輪太郎から預っ, れる造作の顏, れる逢坂山の関, れる逢状に自分, れる連作の型式, れる連作的短篇があった, れる連山易と天主教, れる連峰の傾斜, れる連帯性積極性の大小さまざま, れる連脈の上, れる進みが恐ろしく速, れる進化の階段, れる進退これきわまるとは, れる逸品ができあがり, れる逸物揃い証拠, れる逸見氏のな, れる遊びを言, れる遊び人ふうの男, れる遊廓も作られる, れる遊戯の観察, れるだったのね, れる運搬土量は泥水, れる運転手の帰っ, れる運転状況は私, れる運送はこれら資本, れる過剰の労働者, れる過去過去らに傾聴, れる道のりだ, れる道ばたの血痕, れる道中六波羅からは追, れる道傍の虫けら, れる道具類を見せる, れる道子が, れる道庵が成敗, れる道徳は何ら, れる道徳家唯我独尊的愛国自認者であるに, れる道徳意識が如何, れる道徳的命令はつねに, れる道徳論は神儒佛, れる道楽があった, れる道照荼毘の後二十年, れる道筋にできる, れる道綱がどう, れる道義的根拠は失われる, れる道行般若經東晉の初, れる達人芸だ, れる達識であられる, れる空に, れる遠くであった, れる遠方の夕立, れる遠泳会の晴雨, れる遠隔作用の成立, れる遥か前に蓄積, れる適例がいくつ, れる適当なころ, れる選まれた偉大, れる選定です, れる選択方法のうち, れる選択的截断は言うまでもなく, れる選擧權の消滅, れる遺物遺蹟が沢山, れる遺言状をもらっ, れる遺蹟に附随, れる邂逅に関するさまざま, れるまで入, れる那古の浦, れる那智山の瀧, れる那樣事で正義, れる邪悪な力, れる邪気が常に, れる郊外に近い, れる郡視学さんも非常, れる部数の多寡, れる部落朝日山の阿弥陀堂, れる部隊が例, れる部面は広汎, れる郵便代などは諸方, れる郵便電信の不通, れるにたどり, れる郷愁につき落され, れる郷里のお, れるのたつき, れる都会的なもの, れる都住まいの慾張り連, れる都市計画を実現, れる都度すこぶる頼り, れる都度それは前, れる都度日本の画家砂場嘉訓, れる酒井侯は亡き, れる酒場奉公より自分, れる酒屋の内儀, れるがかつ, れる酔いどれの悪党, れる酔っぱらいの歌声, れる酵母を, れるさを, れるに到らん, れる里方の両親, れる里芋のごとく, れる重みの差別, れる重大事件が起る, れる重症者の嗄声, れる重秀であったが, れる重苦しい気分が, れる重要ファクターの箇条書, れるの色, れる野兎のよう, れる野分聲して, れる野営陣営内の喜び, れる野外の感覚, れる野心の落ちゆく, れる野村光一氏から長距離電話, れる野獸のにおい, れる野生のルーサン, れる野花あり, れる野菜や果物同様, れる野蛮だが, れる野見宿禰の, れる野郎ぢやない, れる量供給せられる量, れる金モールの文字, れる金五郎にとって不可解, れる金十郎の身持ち, れる金属球がでん, れる金持が道楽, れる金持ちの子供, れる金歯とを露, れる金満家もある, れる金縞の蜘蛛, れる金融の魔術, れる金銀の雨, れる金錢支出のうち, れる金髪の老, れる金髮の少年, れるのよう, れる釣り場だ, れる釣り風景と鮎, れる釣橋も見える, れる釣鐘草のなか, れるの水脈, れる鈍い音の, れる鈍色の水沼, れるの音, れる鈴子さんに国府未亡人, れるの玉, れる鉄色の肌, れる鉄製の加圧容器, れる鉄道割引券の請求歩合, れる鉄鉤と滑車, れるの錘, れる鉢巻の下, れるの音, れる鉦太鼓につれ, れる鉱脈が相当, れるの鋤, れる銀べりの青畳, れる銀三十枚を携え, れる銀座通りのはなやか, れる銀杏の葉, れると金, れる銅器に銅鐸, れる銅造観世音菩薩立像である, れる銅鑼の音, れる銘仙の袷, れる銭形平次が乗り出した, れるをかなた, れる錆色の焔, れる錢形平次が乘, れる錦糸堀の原っぱ, れる錯綜を記録的, れる錯覚のため, れる鍛冶には二代水心子正秀, れるの数, れる鍾乳石のよう, れる鎌倉幕府の吏人, れる鎧扉がバタンバタン, れる鎮花祭の歌, れる鏡仕掛けのトリック, れる鳴器, れる鐵梃でした, れる鐵片のやう, れる鐵製のベッド, れる鑛山の富, れるの微, れる長いながい三十分が, れる長三洲先生のよりも近世, れる長人孔子の半分位, れる長大なる雪, れる長方形のグラウンド, れる長椅子があり, れる長老らによって三年間, れる長良川博士だった, れる長蔵さんからは小包, れる長身巨躯が軽々と, れる長野県各地の市町村長, れる長閑な三絃, れる長閑さである, れるの夕紅葉, れる開拓地の気分, れる閑枝の心, れる間中確実に事務所, れる間伸子と蜂谷, れる間兄の挙動, れる間学生はいかにも, れる間悟空は八戒, れる間抜けもねえ, れる間控目にみんな, れる間誰かに会われました, れる間近い笑顔で, れる間違なく病人, れる間違いだったの, れる間鎖につながれた, れる間隔はあたかも, れる間隙を充たし, れる関係それ自身が普遍的, れる関係上代償的に腹壁, れる関係上自然と漢字, れる関心やがて彼, れる関心事である, れる関東のヤマベ, れる関東名物の提灯祭り, れる関羽が一片, れる閣下が別, れるの戸, れると沈黙, れる闘争をさえ, れる闘牛のどれ, れる阪井は助役, れる防人の歌, れる防寨は電光, れる防禦線を張る, れる阿弥陀経は支那, れる阿波屋浪太郎の姿, れる阿片やモルヒネ, れる附加的労働量に比例, れる降矢木家の建物, れるは下宿, れる限りそうである, れる限りなほ一種の歴史, れる限りジャガタラ文の悲劇, れる限り一般に模写説, れる限り上級へと登っ, れる限り下つたのもあり, れる限り下落する傾向, れる限り人々はそれ, れる限り仕事をし, れる限り兩者の間, れる限り古代史の研究, れる限り壞滅より救, れる限り多くの理解, れる限り存在の問題, れる限り完全なる相互作用, れる限り日本には真, れる限り真理が真理, れる限り知識には模写的意味, れる限り硯と共に墨, れる限り経験を指導, れる限り近代物理学には何, れる限り韻文は既に, れる限度でその, れる陛下に対しては新しい, れるには俺一人, れる陰々たる吹雪, れる陰惨厳格なる家, れる陰謀は個人, れる陶土を手, れる陶磁器もその, れる陸中釜石町の字中妻, れる陸成層の一部, れる険しい鼻そういう, れる険崖で前後, れる陽気なうつつ, れるも弓, れる隆景も今日, れるもなく, れる階級層というもの, れる階級性が逃避, れる階級観念は民主, れる階級闘争を主題, れる随つて母親達を辛い, れる際三日間滞在した佐世保, れる際丞相は軍, れる際以前はどの, れる際私はいつも, れる障害もあり得る, れる隠密の役, れる隣室の掛時計, れる隷属的人民をつくる, れる雁首でもありません, れる雄々しくて美しい, れる雅味のない, れる雅境である, れる集成には検事, れる雑多の特殊民, れる雑種の喬木, れる雑談に耳, れる雙腕とをみわけぬ, れる雛妓は寝る, れる離れの一室, れる離屋の書斎, れるをまぬかれた, れる難易の法則, れる雨乞いの習慣, れる雨戸のよう, れる雨滴の大き, れる雨脚が箒, れる雪子学士の幽霊招待, れる雪峰チーセに対して礼拝, れる雪崩が左岸, れる雪渓や大きな, れる雪解の遲, れる雪解けの冷たい, れるが舌, れる雲仙の如き, れる雲助の政策, れる雲平君の厚誼, れる電光石火の迅速, れる電力の割合, れる電気の先, れる電気ストーヴにし, れる電気力によって相手, れる電気火花に関するあの, れる電波信号をさぐる, れる電流は春風楼, れる電話の魔力, れる電車の響き, れる電鉄軌道や自動車道路, れる霊的お力をどうぞ, れる霜月とは間, れる霞ヶ浦から東京市中, れる露西亜政治上の最高権威者, れる露路を入っ, れるをとおし, れる青き葉陰には, れる青年将校の部類, れる青年詩人ですよ, れる青木はアア, れる青木さんが画かれた, れる青木昆陽の甘藷, れる青楼はその, れる青江三空曹のがんばり, れる青白いほの, れる青空の色, れる青竜二郎葉末はツッ, れる青草原の丘, れる青蛙神を模造, れる青酸中毒者は血色, れる青銅の壺, れる青銭は左母次郎, れる青錢は左母次郎, れる青黒い混凝土壁に, れる静けさと酷熱, れる静子は東京, れる静寂さだった, れる非常時現象が眼, れる非常汽笛の音, れる面会の時, れる面白いものです, れる面白味はまた, れる面積の減失, れる革命の初期, れる革命的な空気, れる革命的意味もまた, れる革舟の中, れるは赤革, れる韮山のすそ, れる音かしがましい, れる音叱咤する声, れる音変化が起った, れる音捕吏たちの叫ぶ, れる音楽家はたった, れる音火事に付き物, れる音畳の上, れる音程の数, れる音調を驚ろ, れる音階だった, れる音障子にぶつかる, れる音韻だけのこと, れる音響がず, れる音黒装束の人間, れる韻文になっ, れるも聞えた, れる響きであった, れるはその, れる頂上との間, れる頃それまで石像, れる頃アタワルパは停止, れる頃ベトオフェンは人類, れる頃一つの広い, れる頃一宇の立派, れる頃三つ股の辻, れる頃丑松は飲食, れる頃井戸のふち, れる頃今迄の下宿, れる頃何者とも知れず, れる頃山の下から一隊, れる頃房子が彼女, れる頃撥条が外れた, れる頃植込を通して玄関, れる頃横なぐりの, れる頃毛利家でも松平家, れる頃私は銀さん, れる頃義雄はそこ, れる頃自分で自分, れる頃茂助も大, れる頃遙かに貝, れる頃遠くの空, れるもあろう, れる順番を待っ, れる順路を取った, れる須佐之男命, れる頑強な咳, れるて穴, れる頗る放胆な, れる領土を獲, れる領域をもつ, れるを突反, れる頭付軸木を手ごころ, れる頭脳のもの, れる頭髪を綺麗, れる頼みもなし, れる頼もしい賀の, れる頼もしく見給, れる頼りなさ, れる頼朝はずいぶん, れる頼母ではあった, れる頼母様の親, れる顏付である, れる顏立で以前, れる顔付である, れる顔役のひとり, れる顔色の悪い, れる顔触れが脱衣場, れる顕著な課題, れる願書を即日提出, れる顛末を敍, れるひの, れる類似の楽器, れる類焼者には敷金, れる顧客の大, れる顯正之卷の中, れる風体をし, れる風俗習慣というもの, れる風呂にもよばれる, れる風呂屋の由蔵, れる風呂敷包の中, れる風土異なれる物質, れる風土固有の寂寥, れる風景描写がその, れる風景画にかける, れる風格を必要, れる風潮もあり, れる風聞がございます, れる風船を一つ, れる風貌挙止は最も, れる風速何十米かの突風, れる飛鳥の都以前, れる飜譯漢語と漢字, れるはれっぱなし, れる食いものを当て, れる食品だという, れる食糧や器具, れるみて, れる飮料の汚, れるを炊く, れる飼料及び肥料, れるの白い, れる餅菓子らしいでは, れる養命保身これでなきや, れる養女であると, れる養家の家柄, れる餓鬼畜生魔魅の巷, れる餘裕を取りもどし, れる饗宴を飾る, れる首府丈あつて自分, れるすらも, れる香取祠と相, れる香気か, れる香泉さんも居られる, れる香酔なる群峰, れる馬どもが死に, れる馬籠峠の上, れる馬鹿馬鹿しい讚辞である, れる馴染みの役者, れる駄法螺や穿ち, れる駒三郎さえもう, れる駒井船長そのものが船, れる駿河国庵原郡と書いた, れる騎士におなり, れる騎射の名手, れる騎馬女の姿, れる騎馬隊の威力, れる騒がしさに, れる騒音に聴覚, れるのところどころ, れる骨柄である, れる骨董紳商の面々, れる骸骨が突っ込まれ, れるであるやう, れる高みのある, れる高下の差別, れる高価な器物, れる高利貸だ, れる高千穂神社は一応, れる高取は頭, れる高台の焔, れる高声の慷慨家, れる高度の大沢, れる高座が天上, れる高御座は何, れる高燥不毛の地, れる高空に空, れる高等な心理作用, れる高緯度の植物, れる高輪の鶉坂, れる髪の毛は眼, れる髪形に生え際凉, れるにも左右, れる鬱陶しさや, れるすらやはり, れる鬼気ないしは魔気, れる鬼神の陣, れる魁偉なるペーレーデース, れる魅力は一体, れる魅点ばかりを述べた, れるを一撃, れる魔力がひそん, れる魔術の結果, れる魚はりこうで, れる魚問屋の一軒, れる魯鈍と無, れるばかりであった, れるを食う, れる鮭野鴨の子, れる鮭類と黒狐, れる鮮人小屋の群れ, れる鮮紅色のとさかのり, れる鯉かんが鶯茶, れる鯉幟會に出席, れる鯨波である, れるがうようよ, れるがふくれ, れるとは味, れるの群れ, れるを提げたる, れる鳥食いの古式, れるが悪魔, れる鳴子の音, れる鳶二羽相対して, れる鴨緑江節を女達, れる鴨跖草は刈る, れるなの, れる鶴松の顔, れるを見, れる鷹揚な言つき, れる鷺娘のファンタジー, れる替への, れる鸚鵡のもがき, れる鹿革のヴァニティ・ケース, れるであります, れる麗質の備わっ, れる麥麥の詩, れる麦畠のサク, れる麦藁でつくった, れる麦飯と味噌汁, れるは三勾, れる麻縄はお, れる麻繩はお, れるの酒, れる黄土は他, れる黄昏の一時, れる黄河の水, れる黄色に見, れる黄道光物質中に突入, れる黄金の量, れる黄銅製らしき剣, れるいのっぺらぼうなやつがごろんと, れる黒き影さへ, れる黒だいの洗い, れる黒人の臭い, れる黒塗りの箪笥, れる黒物の置場, れる黒白もその, れる黒船町の利三郎さん, れる黒色人褐色人の悲鳴, れる黒衣の婦人, れる黒雲ばかりが海, れるや太鼓, れる鼠縞羽織は黒, れる鼠色の古びた, れる鼬ごっこだ, れるをへし折っ, れる鼻糞ほどの給料, れる鼻肩の張った, れる鼻血頭痛吐気は怱, れるの美し, れる龍太郎小文治, れる龕灯の火, れるTKの弟子