青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わたし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わざと~ ~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか わずか~ ~わたくし わたくし~ ~わたし
わたし~
わっ~ わる~ ~わるい わるい~ ~わるく わるく~ ~われ われ~ ~われわれ われわれ~

「わたし~」 42936, 426ppm, 229位

▼ わたし~ (15506, 36.1%)

163 それを 159 自分の 72 わたしの 68 あなたの 59 言った 45 訊いた 44 あの人, 彼の 38 あなたを, 何も 34 かの女 33 かれの, すぐに, 自分が 32 それが 31 ここに 30 かれら 29 ここで, 思った 26 知って 25 これを, その時, そんなこと, わたしに, 今まで 24 考えた 23 かれに, 彼に, 自分で 22 お前を, 今でも, 知らない, 黙って 21 かれが, 一人で, 好だ, 彼が, 彼女の 20 あなたに 19 あなたが, 急いで, 急に, 気が 18 かれを, なにも, 彼を, 答えた 17 それから, たずねた, 何か, 子供の, 自分を 16 あなたと, お前の 15 そのとき, それに, わたしで, 思い切って 14 いつまでも, おまえを, これで, さけんだ, そこで, びっくりし 13 この男, この話, さう, わたしを, 心の, 首を 12 これまで, ほかの, 一人の, 一種の, 何を, 喜んで, 彼女に, 彼女を, 思う 11 いった, お前さんに, お前さんの, そこに, どうしたら, ほんとうに, 一度も

10 [11件] おまえの, この人, これでも, その日, マチアに, 家の, 思って, 手を, 母の, 胸が, 非常に

9 [21件] あの子, あの時, いつでも, この時, こんなこと, さっきから, そうは, そなた, その前, ハープを, 云った, 今の, 何の, 例の, 前に, 此の, 目が, 目を, 眼を, 考えました, 聞いた

8 [27件] いつもの, おまえに, お前が, お前に, こ, ここの, ここへ, この人たち, これが, その人, どうかし, 去年の, 君の, 夜の, 夢の, 子供を, 安心し, 少しも, 日本の, 正直に, 生きて, 笑いながら, 考えて, 自分に, 見た, 見て, 顔を

7 [32件] あわてて, いままで, この言葉, この通り, そのなか, その晩, その男, それで, どこに, どこまでも, ひとりで, わたしが, わたしは, カピに, 一つの, 不意に, 人の, 今までに, 前から, 又訊いた, 叫んだ, 多くの, 女を, 彼等の, 旅の, 昔の, 死んで, 父に, 父の, 神田の, 腹が, 返事を

6 [44件] あの男, あれを, いろいろの, この頃, これらの, そこの, そこへ, そのこと, その上, その当時, その話, それについて, それらの, どうした, どんなこと, なんでも, ほんとうの, また, 今は, 半七老人, 唯だ, 声を, 姉の, 家に, 家を, 彼女が, 心に, 机の, 森の, 次の, 母に, 気に, 生まれて, 男に, 男の, 聞いて, 腰を, 自由に, 親方が, 親方に, 親方の, 言って, 誰にも, 頭を

5 [69件] あとから, あのとき, あの人たち, いつた, いやだ, うちの, おまへを, この家, この年, この手紙, これまでに, そう思う, そう思っ, その夜, それに対して, それは, それよりも, ちっとも知らなかった, ちゃんと知っ, なんという, ひそかに, ほんた, ぼんやりと, またこの, もうお, もうこの, もう前, わたしだ, マチアの, 一本の, 一生懸命に, 不幸にも, 不思議な, 不思議に, 二人の, 人間の, 何かの, 何にも, 何度も, 信じて, 信じる, 君に, 女の, 妙に, 年を, 後から, 心配で, 思いました, 思うの, 思つた, 手に, 早々に, 最初から, 朝から, 東京の, 水の, 無理に, 父を, 犬と, 犬を, 知りません, 窓から, 立ち上がって, 自然に, 行って, 覚悟を, 部屋の, 長いこと, 雪の

4 [111件] ああいう, あんたの, いまの, いやでも, おまへの, お城, お艶, ぎょっとした, こう云う, ここを, このうえ, これも, こんなふう, そこを, そのため, そのよう, その中, その瞬間, その言葉, その間に, その頃, それでも気, それと, そんなもの, た, だまって, どうしよう, どうすれ, どうなる, どこへ, どのくらい, はじめから, はじめっ, はっきりと, ひとりの, びっくりした, またお前さん, むやみに, もうこれ, もうこんな, もう自分, よく知っ, よほどどうかし, アーサの, カピの, カピを, クラリモンドの, ハッと, マチアが, マチアと, 一切の, 一緒に, 世間の, 人を, 今, 今ここで, 今この, 今では, 今日まで, 何んな, 先へ, 先生の, 口を, 外へ, 夢中に, 好きです, 好きな, 妙な, 妻を, 子供が, 家へ, 尊徳の, 山の, 巻煙草を, 幾たびか, 彼女と, 徳さんの, 思います, 思うよ, 息を, 悲しくて, 慌てて, 或る, 文学の, 村の, 正直な, 此処で, 永久に, 汽車の, 海の, 滅多に, 父が, 男を, 疲れて, 窓に, 笑った, 箸を, 考えるの, 耳を, 自分では, 自分ながら, 自然と, 行こう, 言う, 試みに, 誰も, 諸君に, 足を, 身に, 返事に, 雪が

3 [252件] あきらめて, あきれて, あたま, あなたから, あなたに対して, あのおばさん, あのひと, あれから, あんたに, いいました, うれしいの, おまえが, お化粧, かねて, きのうの, こういうこと, こういうもの, こうし, こう叫んだ, ここから, ここまで, このお, この一冊, この世に, この二つ, この作者, この問題, この国, この子, この池, この町, この目的, この間の, これに, これより, こんな所, すきだ, すべての, そういう, そういうこと, そうでない, そう言っ, その, そのお, その人たち, その女, その子, その方, それとは, そんな事, ただの, たまらないほど, だしぬけに, だれの, だんだんに, ちょいと, ちよつと, どうしてそんな, どうでも, どこへでも, どなった, どんなにうれしい, どんなにか, なんだか気, なんと言っ, なんにも, なんの, びっくりしました, ふるえて, ほっとした, まえから, また思い直した, また訊いた, まだこんな, まだその, まだ一度, みなさんに, みんなに, みんなの, もう, もうあの, もうその, もうそれ, もう覚悟, やっとの, やはりこの, わたしなりに, われわれの, インドの, カピが, ガラスの, ガロフォリの, バルブレンの, ビールを, 一と, 一日も, 世の中に, 両うで, 中に, 中を, 主人の, 云つた, 京都に, 京都の, 今までにも, 今夜の, 今度は, 今日の, 今日は, 仕事が, 他の, 何が, 何よりも, 何度か, 俄かに, 兄の, 先に, 其処に, 出て, 別な, 別の, 前にも, 劇場の, 勝手に, 匕首を, 友達と, 口では, 君が, 呪われて, 咄嗟に, 和服を, 嘘を, 地上に, 坪田氏の, 夜が, 天にも, 夫の, 女に, 好んで, 妻に, 妻の, 姉さんの, 嬉しい, 嬉しかった, 子供心にも, 寝台の, 尋ねた, 小声で, 岸に, 島の, 帰ったり, 帰ります, 帽子を, 幼年学校の, 床の間の, 弟に, 弟の, 弟を, 彼と, 心を, 必ず咄嗟, 思わず声, 思わず顔, 恥かしい, 息が, 息も, 悲しい, 我慢し, 手術を, 支那の, 故郷の, 新聞の, 日露戦争の, 明日から, 昔から, 昨日の, 最後に, 最後の, 月を, 朝早く, 木の, 本を, 東京に, 東京日日新聞社に, 橋を, 機械的に, 歌を, 此処に, 死ぬ, 死んでも, 残念ながら, 母と, 気がついた, 気の毒に, 気を, 水に, 氷の, 決してそんな, 洋服を, 満足し, 無言で, 無遠慮に, 煙草の, 煙草を, 父と, 物を, 犬が, 生涯に, 町の, 直ぐに, 直接に, 相手の, 知つてゐる, 知らないが, 知らないの, 知らないよ, 知らぬ, 石を, 神を, 私の, 秋雄に, 空想を, 竹の, 答えました, 素直に, 考えながら, 考へて, 腹の中で, 膝を, 自分自身の, 藪の, 表を, 言い張った, 言ったが, 言葉を, 話の, 誰の, 諸君の, 警視庁の, 身を, 身動きも, 遠い昔, 遠慮なしに, 酒を, 重ねて, 金の, 雌牛を, 青年の, 頭が, 馬を, 馬車の, 麹町の

2 [952件 抜粋] ああし, あくる朝, あたりを, あなたがたの, あなたも, あなた方より, あのお, あの夫婦, あの火, あまりの, ある日, あれこそ, あれの, あんたが, いいけれど, いそいで, いっしょに, いつかお前の, いつか東洲斎写楽の, いつの間にか流し, いつものんびりした, いひました, いまお, いや, いよいよ地震ぎらいになった, いろ, いろんなこと, うつらうつらと, うなずいた, うれし涙, おそろしかった, おとよ, おまへに, おん教を, お侍さん, お別れ, お前さんと, お前さんを, お姉さま, お師匠さま, お気の毒, お父さんが, お許しを, お金を, かう言, かっとなっ, かなりに, かねてから, がっかりし, ききました, きつと, きみの, きょうは, ぎくりとしました, こう想像, ここでは, こしかけから, こちらの, ことによったら, このことば, このまま, このピアノ, この上, この世の中, この二年間, この國, この場, この場所, この夏, この旅, この晩, この湯屋, この画, この綵衣, この船, この部屋, これからあの, これからとむらっ, これから行っ, これでもね, これほど, こわくなっ, こんなところ, こんなもの, ご存じの, さきに, さっきあの, しかたが, しばらくの, じっとし, すぐと, すすんで, せめてこの, そういっ, そうだ, そう思います, そう思わない, そぞろに, そのあと, そのうち, そのそば, その下, その十五日, その咄嗟, その場, その家, その度毎, その後にも, その息子, その病気, その稀, その細い, その翌日, その音, その鳥, そばへ, それでもう, それにも, それまで, それらを, そんなつもり, そんな話, ぞろぞろ動く, ただこの, ただもう, たった一つ, たびたびその, だめです, ちらと, できること, とうから, ときどき立どまる, とび上がって, どういうわけ, どうしてもこの, どうしても気, どうだ, どうにかわたし, どうもあの, どこか, どっちでも, どっちの, どんなに怖い, ない歩い, なれないの, なんとも思わなかった, はっとして, ひき続けた, ひとの, びつくりし, ふらふら歩い, へどもどし, べつに何, ほとんど息, ぼうしを, まえに, またお, またすぐ, またもう, また考えた, まだあなた, まだこの, まだほんの, まだ今, まだ暮れ, まだ生まれた, まつたくの, みた, みどりの, みんなと, むこうの, もうこの世, もうそこ, もう一人, もう一遍, もう以前, もう先生, もう厭, もう死ん, もう誰, もとから, やはり小学時代, やはり毎日, やをら立ちあがる, ゆめの, よく存じません, よろめいた, わからなかった, わたし, わたしだけの, わたしにも, イヅシ孃子を, ガクガク動い, ガロフォリが, シャヴァノンを, ジナイーダを, ソヴェトの, ドアを, バルブレンが, ピストルを, ブラッシュを, ホッと, ムクを, ラムネが, リーズが, ロオラを, 一個の, 一匹の, 一息に, 一生の, 一秒ごとに, 三人の, 三崎の, 不幸に, 世に, 世界中の, 世間へ, 両手で, 中津川の, 乾からびた, 二三の, 二十何年ぶりで, 二階の, 人波の, 人違ひ, 人類の, 今こそ, 今それを, 今へんな, 今も, 今夜も, 今日も, 他に, 他人の, 会社の, 体が, 何う, 何かに, 何げなく, 何んにも, 作品は, 倉沢の, 偉くなりたい, 兄に, 先刻から, 先生を, 兎に, 全で, 其処へ, 其日に, 冗談を, 処刑に, 出来るだけ, 別に, 利益の, 前より, 勇気を, 医者では, 千代乃に, 午後から, 南の, 博士の, 厭な, 友達を, 古い酒, 叫びました, 吃驚し, 君を, 呆れて, 周囲の, 唖, 商売も, 四年間に, 困って, 地位や, 城ヶ島の, 変な, 外に, 夜なかまで, 夜寒の, 夢中で走りださね, 大丈夫だ, 大丈夫と, 大尉殿に, 天井を, 失望した, 奥の, 女が, 女です, 好きで, 好奇心で, 妻が, 娘の, 嬉しいわ, 子どもを, 子供と, 学びます, 学校教師であり, 完全に, 実を, 家内と, 家族の, 宿屋の, 寄んどころ, 小さいとき, 小学校の, 少ししか, 少年時代に, 屡, 崖の, 帝劇の, 床几を, 庭に, 引きつづいて, 弾丸を, 彼らを, 後に, 従来武者修業とは, 従来自分の, 御主人, 微かな, 徳さんに, 心底から, 忘れること, 快く死にまする, 怒って, 怖ろ, 思いながら, 思うよう, 思うん, 思はず眼, 思わず, 思わずも, 思わず叫びました, 思わず戦慄, 思わず足, 急病人, 息の, 悶えた, 惡い, 意外にも, 感心し, 慌て, 憎悪の, 或批評家, 或雪霽, 戻らぬ, 承知し, 持って, 持つ, 文之, 斯う, 旅に, 日本に, 明らかに, 明治に, 明治五年十月の, 昔それほど, 春の, 昨夜の, 是れ, 時々わたし, 時どきに, 時計を, 暗い心持, 書きかけて, 月の, 有島氏ほど, 朝晩の, 未だに黄疸, 未に, 本所の, 本職の, 東京へ, 某日の, 桜の, 棒切れを, 極道に, 横合いから, 武者小路氏ほど, 歯を, 歴史を, 死ぬこと, 死を, 殺す時, 殿様の, 毎日出勤する, 毎朝家を, 気の, 水が, 水溜りの, 水際の, 江戸へ, 決心し, 泣いては, 注意し, 涙を, 滑稽に, 炉の, 熱心に, 片手に, 牢獄の, 牧場の, 物思いに, 独りごちました, 独語する, 現に時, 現実に, 生きては, 用心し, 田舍の, 男が, 画架に, 畢竟失敗者, 病気に, 白秋さんが, 白髪の, 目白に, 真二つ, 着物を, 知らないでは, 知らなかった, 知らなかったが, 石の, 確かに, 神様の, 秋雄と, 突然に, 窓の, 立ちどまって, 竜と, 競馬場が, 筆を, 答えなかった, 答へ, 約束を, 紫苑を, 結婚したら, 綺麗な, 縮んで, 置かれて, 翌日の, 老人を, 考える, 聞いたこと, 肩揚げが, 胸を, 腹立ちまぎれに, 自分でも, 自分として, 自分一個の, 自分自身が, 舷檣に, 芝居の, 若い時, 蒲殿と, 薄暗いよう, 虫取り菫よ, 行けるから, 街を, 見たの, 言いかけた, 言下に, 訊ねた, 詩の, 語を, 諸君が, 貴下の, 足音が, 跣で, 転げるよう, 近寄って, 近江の, 追いかけるよう, 逃げだしたくなる, 途方に, 連れ立つて, 道の, 遮った, 部屋に, 都に, 醉いました, 金が, 鋏だけでも, 長い仕事, 長い旅, 闇の, 隣りの, 雑沓の, 雨やどり, 雨戸を, 青山に, 非常の, 風を, 飛天夜叉に, 食事を, 馬の, 駄目な, 驚いて, 鳩です

1 [8911件 抜粋] ああその, あくまで鎮西八郎, あちらの, あなたをも, あのやう, あの味, あの朝, あの車井戸, あまりに根深く, あらためて三浦老人訪問, あるとき, ある男, あんたに対する, あんまり故事来歴, いい心もち, いかなる犠牲, いくらか, いたく赤面, いっそう根気, いつか甚内の, いつもおまえ, いつも彼女, いなかに, いま亭主持ちでございます, いま遠, いよいよ取りのぼせ, いわばわたし自身, うとうと寝入り, おいおい夕闇, おこるより, おちおちした, おなじ岩, おまえによって, お人, お前も, お寺の, お母さんに, お艶諸共, お雛, かきねの, かつて学問, かなり重く, かみなり様, かんがえて, きっと引きとめられ, きゅうに, くずおれたりは, ぐるりに, けっして自分, こういう権利, こうしてお, こうやり返した, こう言った, ことの, このこと, このまま安らか, この不可解, この会, この叔父, この女, この幽霊, この晩みたい, この温泉宿, この窓, この花, この近所, この頃誰, これからわが, これから柳橋, これでござんす, こんなでい, こんな乞食同様, こんな物, さえぎって, さっきまでの, さっそく寝台, さびしい小さい子, しかしそんなに, しなくては, しばらく思案, じきに, すぐ, すぐ引っ返し, すこしも, すっかり仇, すっかり顔, ずいぶん人, せつせつとミシン, そういうとき, そういう風, そうと, そう言ってる, そっちへ, そのあくる日一人, そのころ一人前, そのふた, そのわめき, その亡くなった, その名, その小屋, その御, その時中学, その法令, その留守番みたい, その自分, その辺, その顔, それでも大して, それまでに, そんなにびっくり, そんな方, たいして大きな, たき火の, ただあなた, ただひとり, ただ幻, ただ結婚, たった今米友さん, たまたま次, だん, ちっとも仕合わせ, ちょうど向島, ちょっと今, ついついあの, つかれた, てっきり彼, とうとうめまい, とうに逃げ出し, とくべつ烈しく, とにかく赤坂学院, どうかする, どうしても忙しく, どうせ助からない, どうも赤ん坊, どちらへ, どんなにさびしく, どんなに美しい, なおいっそう, なぜそれ, なるべく彼女, なんだか自分, なんと云う馬鹿げた, なんや, ねむって, はげしい恐怖, はっきり見ました, ひじょうにねむく, ひとりごとを, ひどい風邪, ひょいと首, ふた跳び, ふと家, ぶこ, ほとんどこういう, ほとんど無意識, ほんの子ども, まあ手紙, ますます兄, またあと, またせめて, またハープ, また困った, また朝, また部屋, まださる, まだクラリモンド, まだ初めて顔, まだ旅人, まだ行ける, まったく死に, まるっきり見当, まるで野獣, みなさんの, むこう千年間, むっくり跳ね起き, もういただかぬ, もうそちら, もうはつきり, もう一つ, もう之, もう八ヵ月近くアンナ・リヴォーヴナ, もう大抵, もう怺, もう毒々しい, もう眠く, もう見放され, もう駄目, もちろん冗談, もっと鳥, もはや坐っ, やっと, やっぱり女, やはりバルブレン, やや皮肉, ゆだ, よくその, よく考えた, よウ, わけも, わたしと, わるいこと, アルキシーの, ウォールデン池は, カピと, キリストを, コップに, シャリアピンさまに, センダードで, テルソン銀行の, ナイフを, ハンモックに, パリでは, フランシスの, ベッドの, ポズドヌイシェフと, メシチャンスカヤ街だの, ラオコーンの, ロオラの, 一たんこう, 一人ぼっちの, 一口だって, 一度に, 一方の, 一時間ほど, 一段とうまく, 一番好です, 一體どう, 三たび, 三年近くも, 上流社会に, 下手な, 不思議そうに, 世界を, 中てられた, 主に, 九人の, 事務長クーパーです, 二人とも, 二度と会う, 二階を, 五月なかばの, 人一倍あなた, 人目を, 仁王門の, 今ちょっと, 今世, 今夜よりも, 今日しみじみ, 今更味ふ, 今誰が, 他愛なく眠っ, 仰せか, 会うこと, 何かしら心臓へ, 何だか忌, 何とも云え, 何もかも恨み, 何回と, 何本かの, 作家にと, 俗に, 信義を, 健坊を, 僧を, 充分謝罪, 先生だけを, 全くの, 全然のぞん, 六三郎で, 其處へ, 再び先生, 冒頭に, 冷ややかな, 出嫌い, 刑務所に, 初めて鞄, 別れたくない, 前よりも, 力任せに, 動かずに, 勿論忘れ, 医者としての, 十六歳だった, 午前中に, 卒業試験の, 危うく決闘, 去年も, 又想像, 取返しが, 古くから, 叫天の, 吃り吃り切りだした, 同じ調子, 名声や, 告別式の, 唐艸模様の, 問うた, 喫驚し, 四十六です, 国に, 圧倒され, 坊主の, 堂々と, 変りません, 夙に苦学力行, 夜更の, 大きな材木, 大勢の, 大急ぎで, 大阪で, 夫として, 奇遇に, 女対女の, 妊娠した, 娘と, 嬉しかつ, 孔夫子の, 学生時代から, 定期的に, 実は褌一本, 家または, 寒いん, 将軍の, 小さなテーブル, 小林君を, 少々薄, 少し側, 少将で, 屡々母, 山科の, 川越の, 布を, 常々それを, 平手打ちを, 年増の, 幼子イエスを, 幾重にも興, 度たび他人の, 弁信さんが, 弱々しい声, 当惑しました, 彼より, 待たないとは, 徒歩で, 御飯も, 心まで, 心頭に, 忘れやしなくつて, 怖くて, 思い出せませんよ, 思はず足, 思わず云いました, 思わず言った, 怨みです, 恐ろしい豚みたい, 恰度よ, 悲しいと, 惜しくもない, 愚かにも, 慥かに, 我を, 戦争が, 所有者では, 手紙も, 押し潰されたよう, 捨て子だった, 政府から, 数日後自分の, 断りましたよ, 新聞で, 日々ここに, 日本橋の, 早くよく, 明智さんに, 春木座から, 是非い, 時々人類, 普だ, 暗闇の, 更に進ん, 最初その, 期待する, 未だ午, 本当に本当に何, 東京で, 松波です, 柿は, 桷の, 極めて平静, 横へは, 歌舞伎座で, 此人達より, 歯が, 死んだって, 殺されても, 毎日うちの, 毛を, 気もちが, 氷が, 江波先生を, 決して厭世思想家, 沁, 泣いたの, 注意を, 浦和の, 涙さえ, 淺陋だ, 満足です, 濡れた海綿, 無心に, 然し望み, 燈籠に, 片隅の, 犬たちと, 狼に, 王の, 現在と, 甚内と, 生一本の, 用で, 男の子かとばかり, 畳みかけて, 病人には, 登りながら, 皆怪しい, 目つきで, 直感的に, 真実は, 眼が, 知らないから, 短い歌, 確か二時間くらい, 神の, 私かに, 空の, 立派だ, 竹馬に, 笠を, 箱根や, 紫式部が, 結婚という, 絶望は, 置いて, 義経の, 考へました, 職務上君を, 背が, 腕に, 自分に対して, 自問自答し, 自身かれ, 船の, 花の, 若い女, 苦笑し, 荒木田様の, 蔦代を, 蟹が, 衝動的に, 褊狭なる, 見なければ, 見極めて, 親も, 言う感情, 記念碑を, 誇らしく面, 誰かの, 譜本を, 豪壮華麗と, 貪るよう, 赤い朝雲, 起きあがろうと, 跣足にな, 身体を, 辟易よ, 返事が, 逗留中そこに, 進んで, 過去に, 遠くの, 郵船へ, 重大な, 鈴木文史朗の, 鍬形の, 長い間あなた, 門口で, 阿媽港に, 隠れて, 雨と, 霊では, 静に, 頗る緊張, 風呂と, 食べ物に, 飲水が, 馬車より, 驚かなくなりました, 高橋太一郎という, 鳥です, 麻布に

▼ わたし~ (8363, 19.5%)

123 顔を 91 家の 70 ような 65 心を 63 ために 60 ところへ 52 手を 50 ことを 46 心に 45 心は 43 家に 40 心の 38 方が, 眼に, 胸に 37 前に 36 方で 34 ように 33 言うこと 32 家は 31 家へ, 知って 29 耳に 28 方から, 眼の 26 方を 25 父は 24 胸の 22 悲しい心, 方へ, 眼を 21 ほうへ, 手に 19 ことは, 姿を 18 ところに, 頭の 17 ほうが, 記憶に, 部屋へ, 頭に 16 やうな, 光は, 方は 15 いうこと, そばに, 持って, 眼は, 胸を, 話を, 足は, 頭を 14 うちの, 好きな, 家でも, 父の, 目は, 言葉を 13 名を, 家を, 目の, 眼には, 身に 12 そばへ, ほうを, 上に, 胸は, 足を, 部屋の 11 ほうで, 家で, 家では, 家には, 庭の, 所へ, 母は, 注意を, 父が, 目を 10 あとを, 事を, 住んで, 大事な, 目に, 考えでは, 耳は

9 [12件] ことなんか, やうに, 体を, 子供の, 心臓は, 手から, 手の, 生活の, 肩を, 腕を, 話は, 顔が

8 [24件] うちへ, からだを, ほうに, ものに, 体の, 名は, 吐く息, 手は, 方に, 方も, 本当の, 生きて, 眼から, 知ったこと, 窓の, 耳には, 肩に, 記憶し, 足もとに, 身の, 身体を, 顔は, 骨を, 髪を

7 [25件] からだに, からだは, ほうは, ほかに, 一家は, 一生の, 体は, 国の, 声が, 夫は, 姿が, 家が, 宿の, 心が, 心には, 気が, 父に, 生活は, 考えは, 荷物を, 視線を, 身体に, 部屋に, 郷里の, 魂の

6 [21件] あたま, そばを, なかに, 云うこと, 仕事だ, 側に, 力の, 友人に, 名前を, 妻は, 家から, 宿に, 心臓を, 手で, 父も, 現在の, 身にも, 面を, 頭は, 魂を, 鼻の

5 [60件] あとから, うちに, うちには, お友達, こころは, ことも, すること, たった一人, とおりよ, ところで, ほうから, ほうも, ほかには, 一生は, 仕事に, 仕事を, 兄は, 内に, 前には, 前を, 口から, 口を, 周囲には, 命は, 外に, 夫が, 妻に, 妻を, 子は, 家ばかり, 家へも, 寝台の, 座敷へ, 心持は, 恋は, 愛する作品, 愛の, 手が, 方へも, 書いたもの, 机の, 歌を, 母が, 生涯の, 町の, 耳の, 胸が, 興味を, 言ったこと, 言葉に, 話の, 身が, 身は, 身を, 身体が, 身体は, 部屋には, 部屋は, 顔に, 馬は

4 [66件] お腹の中, こころに, ことで, ことなど, ことなら, すきな, そばには, ところじゃ, ところでは, ところへは, まはり, まわりに, まわりを, テーブルの, 今の, 体に, 信ずるところ, 傍に, 傍へ, 前へ, 力で, 力に, 口は, 命を, 唯一の, 場合は, 声は, 大好きな, 好奇心は, 姉さん, 姉の, 姿は, 子だ, 子です, 子に, 宅へ, 室の, 家と, 心も, 心持が, 心臓に, 想像に, 所に, 昔の, 様子を, 歌が, 歩いて, 気を, 気持を, 畠の, 眼も, 神経は, 罪を, 耳を, 舌は, 薪の, 見物した, 視て, 言ふ, 足もとの, 身の上に, 郷里は, 面は, 頭が, 首に, 魂は

3 [173件] いうの, いちばん好きな, いること, お父さんの, お腹の, こと, ことよ, したこと, すぐそば, そばで, ためにも, ところの, ところまで, どこが, なかから, なかで, ねむって, ひざの, ふところに, ほうにも, ほんとうの, もって, ものだ, もので, やりかた, クリストを, 一家の, 一生を, 上を, 上着の, 下の, 下駄を, 世話を, 二人の, 亡い, 人生に, 仕事は, 代りに, 代わりに, 住居は, 傍を, 先祖は, 全幅を, 内部に, 初めの, 前で, 前の, 原稿を, 友人の, 友達が, 友達は, 双の, 叔父は, 叔父も, 口ひとつで, 可愛いマリー, 国では, 外套の, 夢の, 夢を, 大切な, 夫に, 妻です, 妻には, 妻も, 姉を, 子どもの, 孤蝶先生は, 家庭は, 宿へ, 寝て, 寝床に, 小屋は, 小部屋, 左の, 希望を, 幼い記憶, 庭にも, 後を, 心から, 心もちは, 心持も, 心配そうな, 念頭に, 息子は, 想像する, 想像は, 意志に, 意見では, 戸口に, 手には, 手もとに, 手足は, 手首を, 故郷の, 方からは, 方でも, 方にも, 方の, 書くもの, 書斎の, 最後の, 此の, 母, 母の, 気に, 気の, 気分に, 気持ちが, 気持ちは, 決心を, 為に, 父親の, 物に, 猫はずゐ, 生命を, 生活に, 生活を, 留守に, 畠は, 病気を, 皮膚の, 目が, 目には, 眼が, 眼と, 眼にも, 神経を, 第一, 素性を, 経験した, 経験を, 羊たちとを, 考えが, 考えを, 考では, 肩越しに, 胸には, 胸へ, 胸も, 腹を, 自慢の, 自由を, 良人は, 若い時, 行く道, 行って, 見たところ, 見て, 見るところ, 覚えて, 親は, 言うの, 言葉が, 記憶から, 話が, 話すこと, 話に, 豆畠を, 責任です, 足に, 身体の, 道を, 部屋で, 郷里では, 靴の, 靴は, 頸に, 頼みを, 額の, 願いを, 首は, 髪の毛を

2 [505件 抜粋] あとへ, いいなずけは, いうまま, いちばん近い, いって, いないところ, いない間, いのちを, いまの, いるところ, うしろから, うしろを, うちは, うちまで, おかみさん, およめ, お友だち, お客は, お屋敷, お母さんが, お父さんは, お父様, お相手, お腹に, かくしは, かげ, からだ, からだには, からだへ, くちびるに, こしまで, ことだ, ことです, ことと, ことな, ことばかり, ことばを, こと歌つた詩が, この手紙, この話, この足, これまでの, した事, せいじゃ, せいで, せなか, そばから, たまご, たましい, ためなら, ためには, とこに, とこへ, ところから, ところには, ところへも, ところを, なかを, ねむる番, はくるみ, はそれ, はなん, は清作, は職業, ひいき相撲に, ひじを, びっくりした, ふところから, ふところには, ほうの, ほおを, ほかの, ほめ歌, まえに, まけです, まじないは, まへに, まるい月の輪, ものである, ものです, ものは, やうすを, やること, ゆくの, よい友だち, わたしの, クリスト, ハープは, バラの, ボートを, ムク犬や, ロシア語なんて, ロシア語は, 一家が, 一生を通じて, 一銭銅貨この, 七転八倒を, 万年筆を, 三人が, 上にも, 上の, 下手な, 下駄は, 世界は, 両手は, 中で, 中に, 中の, 主な, 乳を, 事は, 二つの, 云ふこ, 亭主の, 今度の, 仕事が, 仕事も, 仲間の, 伐採地の, 休んで, 住まいの, 住む町, 体です, 作品の, 作物が, 俥や, 傘の, 元の, 兄さんが, 児は, 全身は, 内部で, 処へ, 分も, 初恋の, 剣の, 力では, 力でも, 力には, 力にも, 助手に, 勝手じゃ, 勝手だ, 十八年間の, 友だちは, 友達の, 口惜しさ, 口笛に, 可愛い弟, 右手は, 同時代者, 名まえ, 名前です, 向こうに, 周囲に, 命です, 命令に, 命令を, 商売も, 回りに, 坐って, 境遇を, 壁の, 声を, 夜の, 夢に, 夢は, 夢みて, 太刀に, 太刀は, 夫と, 奇妙な, 女の, 妹か, 妹が, 妹に, 妹の, 妻と, 妻などは, 姉が, 姉は, 姿も, 娘が, 子どもです, 子どもに, 子どもらしい, 子よ, 子供な, 子供を, 存在と, 孤独を, 学校の, 客は, 室に, 家, 家からは, 家からも, 家といった, 家にも, 家へは, 家まで, 家主の, 家作です, 家具を, 家内と, 家内の, 宿には, 寂寥を, 寝台に, 寝床を, 寿命を, 小さな家, 小指ほどに, 小田原に, 小蒸汽, 小説を, 少女時代の, 少年時代に, 居所を, 巴里, 席は, 帰るまで, 帰省を, 常談であります, 年を, 幸福と, 幼い頃, 幼な, 幼少の, 幼稚な, 庭に, 庭ばかり, 庭へも, 庭を, 弟の, 役目は, 後から, 後ろに, 御子の, 心中に, 心得の, 心臓が, 心臓へ, 心配は, 思いは, 思いを, 思つ, 思出した, 思想の, 思想は, 思想を, 性分な, 性格の, 恋も, 恐怖は, 恥を, 息は, 息子が, 悪い癖, 悲しみは, 想像が, 想像にとっては, 想像の, 想像を, 意外に, 意見は, 愚かさを, 愛は, 愛を, 愛人が, 愛人と, 感じたの, 感情は, 感覚は, 態度を, 戯曲, 戸口の, 所へは, 手も, 手製の, 手許に, 拘引を, 持つて, 指は, 指を, 挑戦は, 捕物帖を, 捕物帳の, 掌を, 故郷では, 方へは, 旅館には, 日々の, 時計が, 暗いこころ, 暗い心, 曝し首, 最初の, 最大の, 服について, 望むもの, 本性を, 本棚の, 本能は, 村の, 来たこと, 来るの, 棲家じゃ, 権利を, 横に, 横を, 横町では, 横町にも, 欲し, 欲しいと, 歌は, 正体を, 死んだこと, 母に, 母を, 毎日の, 毛皮服を, 気に入らないの, 気持では, 水溜りの, 泣くの, 注意に, 注意は, 涙が, 滅びの, 灯を, 為めに, 煉瓦は, 父なども, 父や, 父親が, 犬は, 犬を, 理解する, 生の, 生まれた村, 生れた家, 生れた村, 生活と, 生活も, 生涯は, 甥は, 用を, 田舎の, 申し上げた所, 畑, 畑は, 畑も, 留守の, 番に, 病気が, 病気の, 病臥中にも, 発明した, 白状は, 目にも, 目的に, 相手に, 眼前に, 着物に, 着物を, 知った人, 知つた, 知りたいと, 知るかぎり, 祈祷は, 祖父や, 神聖な, 秘密です, 稚い好奇心, 空想が, 空想の, 空想は, 立って, 立場が, 立場に, 答えは, 約束を, 経験から, 罪が, 罪でございます, 考えじゃあ, 考えで, 耳にも, 耳へ, 耳もとで, 聞いたところ, 職業を, 肉体に, 背を, 背中に, 背中を, 胸で, 胸にも, 胸や, 脊髄の, 脚が, 脚本が, 脳裡に, 腕で, 腕に, 腕へ, 膝に, 膝の, 膝へ, 良人です, 芸術が, 若い頃, 若かった, 著物, 蟹の, 行く先, 行動を, 袖に, 袖を, 被着, 裁判所の, 襟上を, 見たいと, 見たお, 視野から, 視野を, 親戚知人の, 親方は, 観察した, 解釈は, 言いつけを, 言い訳は, 言うとおり, 言ったことば, 言ったとおり, 言って, 言ふこ, 記憶には, 訪問客の, 許に, 詩は, 話したいの, 誇りと, 語は, 調べたところ, 諸条件, 財布から, 責任は, 質問を, 足で, 足の, 足もとで, 足音も, 足音を, 身の上を, 身の上話を, 身代りに, 躯は, 車の, 近所の, 返事は, 運勢は, 運命が, 運命を, 過去の, 道連れは, 部下が, 部下の, 部屋, 部屋を, 郷里に, 門前に, 門前は, 附近では, 除草器は, 隠れて, 隣人たちが, 隣人たちは, 霊感は, 頬に, 頬を, 頭から, 頭には, 頸を, 額に, 額には, 顏に, 顔には, 顔にも, 顔の, 願ひ, 驚きと, 驚きは, 驚きを, 髪に, 髪も, 魂が, 魂に, 鼻に

1 [3594件 抜粋] あいだに, あとについて, あの話, あるいはあなた, いいなずけに, いう手製建築法, いたすぐ, いちばん仲の, いった事, いやが, いわば恋敵, うしろの, うち, うなじに, おかあさんは, おじさまな, おどろきを, おやじが, お土産, お小姓, お母さんの, お父さんと, お聞きする, お話を, お願いは, かつこう, からかさ, かんがへが, きまった癖, くちびるが, こういった, こころが, ことおっしゃった, ことについて, こと心配じゃ, このきば, この大きな手, この懸命, この耳, この頃, こわした窓ガラス, ごとき素人, しあわせでした, して, じむ所, すぐ側, するとおり, せめての, その心持, そば近く長椅子に, たしかな, たのしみであった, ためでしたら, たよりを, だいじな書物, ちょっとした愚行, つむりに, ではなくっ, とこにも, ところにかい, とっつぁんだろう, どなり声が, なつかしい石ツころ, にくらべ, ねどこから, はいった部屋, はごまかし, は一まわり, ばかな, ひとり子, ふるさとの, ほうじゃ, ほしいって, まずい歌, まぼろし, みがく桃色, むかしに, め, もとへ, ものを, やうで, ゆく茶屋, よく知っ, ゐた巴里, を買っ, オート, キャベツは, スイートハートどんな, ズボンを, トリックは, パアマネントの, フリーダを, ホームシックです, ミルクを, リボンを, 一人の, 一日の, 一番好きな, 三十数年間において, 上へ, 下宿は, 不平は, 不注意であった, 世界一の, 両肩, 中学時代の, 主人船の, 乙女心を, 事, 事実に, 二ツに, 二十才前後の, 云ったこと, 井戸に, 亭主, 人差指の, 人生観を, 今思ひ, 仕事には, 仕業でない, 代わりを, 仲間を, 会いたい人, 伝えようと, 住まいは, 体から, 体験を, 作風を, 保護者たちの, 信念です, 借りたの, 健康事情では, 傷める肉, 僻目という, 兄が, 兄弟に, 先生に, 光子さんを, 全てを, 兩眼を, 内証話も, 冥加なんか, 出て, 出歩きなどは, 分けて, 初恋に, 制作は, 剣に, 力じゃあ, 助手の, 勇気と, 勝ちも, 勧める酒, 千曲川旅情の, 南向きの, 友だちに, 友人たちは, 反対側に, 叔父が, 受ける印象, 口で, 古いおもいで, 可哀そうな, 司厨長よ, 同情は, 名なし, 名前も, 吐息たち, 呪われた頭, 命な, 唄が, 商売を, 善い守護神, 噂の, 國では, 地下室に, 坐ったテーブル, 堪忍袋の, 場所, 外套と, 夢想の, 大事に, 天使の, 夫から, 夫正夫の, 女と, 好きで, 妊娠を, 妻が, 妻や, 姉さんだって, 姉妹たちが, 娘たちに, 婚約の, 嫉妬心を, 子らが, 子供も, 字位が, 孤独よ, 孫が, 宝でした, 実家に, 実験によって, 家い来ました, 家という, 家具, 家族から, 家来な, 容貌の, 寝る方, 寝床が, 察しるところ, 対手を, 小さい庭, 小さな美人伝, 小学校へ, 小腕, 小金井行きは, 少年助手の, 居間みたいに, 属す文学団体そのもの, 左手に, 希望に対して, 帯びること, 常套手段だった, 平生から, 幸福によつ, 幼い頭脳, 広い野, 店を, 座敷は, 弁護士は, 弟分の, 当惑を, 彳ちつくした, 役目を, 後側の, 御上客, 御殿を, 徳が, 心づかいも, 心のうへに, 心もちも, 心意気だけを, 心持で, 心細かった, 心配しきっ, 忌まわしい醜悪, 念日様で, 思いちがいかも, 思い切った勇敢, 思ったとおり, 思ひ出, 思慮の, 性質として, 恋しい人, 恐ろしい境遇, 恨みも, 息子でなかったら, 情人さ, 惚れて, 想像です, 意地だって, 意気地の, 愚痴でした, 愛する人, 愛情は, 感じた通り, 感情と, 慈悲心の, 慶応義塾予科二年の, 憤怒を, 懐疑と, 戸を, 所信に, 手のひらの, 手始めです, 手許へ, 抗弁などは, 持ち出すこと, 持論である, 指図だ, 捨て子だ, 探ったところ, 描いた画, 故郷八幡村あたりは, 教師です, 敵は, 料理なぞは, 新しき女, 方からも, 方で持つ, 日々は, 旦那さまは, 早桶のより, 映畫, 時計と, 普段着に, 曲乗りに, 書くの, 書類を, 最も驚いた, 望みは, 木ぎれをならべる机が, 本望は, 村では, 来訪に, 枕許へ, 案という, 椅子の, 楽しみを, 権限で, 次男の, 歌の, 此脚の, 歯と, 死後の, 母などの, 毎日は, 気もちだって, 気持, 気持という, 氣づいた, 求めて, 治療に, 洋室の, 消息を, 深く問う, 渾名と, 演説の, 火照った顔, 無くなって, 煙突から, 燈火を, 父です, 父母の, 牛は, 物と, 犬の, 狼狽を, 獄中作, 理性の, 琴や, 生まれた家, 生れ故郷の, 生死を, 生活ぶりについて, 生涯はたと, 田原町に, 申し上げたよう, 町内の, 畠から, 異性に, 疑念を, 病室は, 癇癖の, 発明を, 皆さんに, 目へ, 直ぐ向, 相貌は, 真心で, 眼ちがいだった, 眼差しは, 着る物, 矢羽で, 知ってる米友さん, 知らないの, 知らない秘密, 知り合いを, 知合いを, 研究なんか, 硬かつ, 祕密は, 祖父の, 神様わたしの, 秘密だ, 稼いだお金, 空耳でした, 立つた板敷, 童謠に, 第二, 答えであった, 米の, 精神史と, 素性の, 紹介も, 経験や, 絵の, 網膜に, 罪お, 罰で, 美しさ, 義弟であろう, 翼の, 考えという, 考えも, 耳もとを, 聞き出したこと, 肉感の, 肘を, 肩は, 胃ぶ, 背中で, 胡瓜と, 腑に, 腰くらいしか, 臨時の, 自我が, 自転車は, 船室に, 良人に, 花が, 若かつ, 苦労を, 茶も, 荒唐無稽なる, 薪置き場の, 血に, 行きたい所, 行く手に, 行方が, 表現が, 裾を, 見たいの, 見た女, 見つけた書物, 見知らないお, 見込みでは, 親しいお, 親戚の, 親類で, 言いぶんが, 言ったほか, 言葉には, 計画は, 記憶が, 訪問に, 評論的活動が, 誕生日だ, 誤りだ, 読んだ多く, 譯した, 豫想は, 貧しい母親, 責任に, 資本を, 質問に対して, 足から, 足跡に, 踏んで, 身では, 身の上が, 身の毛が, 身体で, 身幅ぐらいの, 身辺にも, 車に, 辛労なぞは, 近所には, 迷いである, 透明な, 連れが, 遅刻を, 運命以外の, 過失では, 道楽も, 邪魔は, 部屋において, 郷里も, 重苦しい心, 金を, 釣らうと, 銃先が, 鑑定じゃあ, 長篇小説は, 開墾事業も, 関心は, 除草器が, 隣に, 雛が, 霊の, 青春はけものとな, 面倒を, 領土が, 頬邊を, 頭や, 頸飾りは, 額は, 顔じゅうを, 顔や, 願望が, 風體は, 飲料は, 首の, 駑馬的事務能力に, 骨折りが, 髪の毛という, 魂も, 黙想と

▼ わたし~ (3870, 9.0%)

21 ここに 17 悪かった 15 あの人, それを 13 あなたに, 自分で 12 ここで, 出て, 帰って 11 あなたの, あなたを, 行って 10 こんなこと 9 ここへ, ついて, 一緒に, 何を, 手を, 持って, 目を, 知って 8 これを, そんなこと, 見て 7 そこに, 彼女の, 悪いの, 眼を, 自分の 6 お前に, ほかの, 一人で, 今まで, 何か, 彼に, 歌を, 話を

5 [11件] おまえに, おまえを, かれら, ここを, 傍に, 家に, 悪いん, 悪うございました, 手紙を, 気を, 連れて

4 [18件] あとを, おまえの, かの女, して, それに, よく知っ, わたしの, 代って, 前に, 外へ, 好んで, 妻の, 彼の, 手に, 東京へ, 死ねば, 男なら, 訊くと

3 [56件] あの女, あの男, いいよう, いおうと, いない方, お前の, お前を, お艶, お金持ち, かれの, この人, この家, これまで, そこまで, そちらへ, そなた, その人, その家, そばに, とったこと, ほんとうに, わるかつ, 一生の, 代りに, 何も, 先に, 出かけて, 坐って, 声を, 好きな, 好きに, 子どもの, 子供の, 学校に, 家を, 彼を, 彼女に, 悪うございます, 想像し, 想像した, 愛して, 書いて, 来て, 森に, 森の, 江戸へ, 皆さんの, 直接に, 社長を, 立つて, 竹を, 自分を, 言う, 部屋の, 非常に, 頼まれて

2 [234件] あなたから, あなたは, あのお, あの人たち, あの子, あの方, あるの, あんたに, あんたの, いくつかの, いくら気, いたしますから, いちばん大きい, いって, いっても, いて, いなければ, いやな, いるの, えらいん, おごるわ, おぶって, お前さんに, お前さんを, お父様, お琴, お金を, かうして, かれに, かわりに, こ, こういうこと, こう言う, ここから, ここの, こちらへ, このよう, この世に, この子, この物語, この男, これほどに, したと, したん, じぶん, するよ, そう感じた, そう言う, そこで, そこへ, そのあと, そのため, その吹奏, その室, その年, その林, そばへ, そんなにもう怕, つぎを, つけて, ですか, どうした, どこへ, なにを, ひそかに, ひとりの, びっくりした, ほんとうの, まだ若い, もって, ものを, もらって, やって, わるうございました, ゐる, キリスト教徒でない, クラムの, ジョリクールと, バルナバスを, ミシン仕事の, メデューサの, 一しょに, 一人生き, 一生懸命に, 丁度二十歳の, 下町へ, 不正直でも, 世話を, 二十歳の, 云った通り, 人生を, 今こうして, 今の, 今坐っ, 今夜話した, 今夜願書を, 今帰っ, 今無心, 今立っ, 住んで, 何んで, 作業服を, 例の, 側に, 傍を, 僅かの, 兄たちに, 先ず軽蔑, 先へ, 入って, 冷淡に, 出世した, 初めて彼, 初めて読んだ, 前の, 勝手に, 十六の, 半七, 去年の, 吉川先生の, 名なし, 名を, 君の, 命令を, 唯一の, 嘘を, 困って, 困つて, 多年ゆき馴れた, 夜の, 太刀打を, 学校の, 寝て, 實地に, 寿に, 巴旦杏の, 巴里に, 帰らないと, 帰る時, 床の, 引き取って, 引っ越して, 引取る, 引受けて, 弟を, 御挨拶, 徳さんの, 忘れて, 怕く, 思い切った子, 思い立って, 急に, 悪い女, 手伝って, 普通の, 曾て, 本当の, 来る前, 東京への, 欧洲から, 歩いて, 死んだあと, 殺されて, 母の, 毎日入浴する, 毎月一度ずつ, 気に, 満洲, 溯れば, 滅びて, 父と, 父の, 独力ではじめた, 猫を, 玄関で, 現在住ん, 生まれてから, 生れて, 田舎に, 申して, 申しわけが, 町を, 留守だ, 病んで, 病気だ, 病気に, 発見した, 皆さんに, 目撃した, 直して, 着想する, 矢立と, 知ってからでも, 知らないで, 確かに, 突然に, 立って, 第一, 縫って, 考えて, 聞いたの, 背負って, 腰を, 自分は, 自身の, 船頭に, 若いとき, 草取りを, 見たとき, 見物に, 言うの, 記憶し, 話して, 話す, 誘惑した, 説明する, 誰だ, 調子に, 請けあう, 買って, 起きて, 足を, 近づくと, 送って, 道を, 長です, 附いて, 雌牛を, 頭を, 頼んで, 顔を, 馬に, 髑髏を, 麹町の

1 [2755件 抜粋] ああいった, あしたは, あちこちを, あなたが, あのお子さん, あの地位, あの時あそこ, あぶながっ, あまり不思議, あやまって, ある日狐狗狸様, あんこう料理を, い, いうこと, いかにもがっかりした, いくらか, いくら聞い, いたら不自由, いちいちか, いちばんヒドい, いっしょに, いつかは, いつも古ぼけた, いないこと, いないので, いなくなったと, いまおまえを, いまよろこび, いま親方に, いよいよ死ぬ, いる気, いわゆる童貞, うそを, うまくやる, うろたえて, おくって, おすすめ申しまし, おぼうさん, おりますよ, お傍, お前さんなら, お国, お嬢様から, お手伝い, お武家, お父さんに, お芝居, お話ししたい, お酒, お頼みした, かえってあなた, かけましょうか, かような, かんしゃくを, きたと, きっと守ります, きれいに, くりくりと, けっこうだ, こういう話, こうしてつかまえ, こうして日, こうなった, こう感じる, こつちであの, このちょい, この世の, この児, この宿, この本, この磯五, この質屋, この間逢ったら, これから叙述, これで, ころしたこまどり, こんなにどぎまぎ, こんなに機嫌, こんな強情, こんな無理, さうし, さけんだ, さびしく暮らし, さんせいする, したいと, しっかり見張り, しめます, しらない, すぐに, すっかりどん底, するから, せがんだからと, ぜひ加勢, そういえ, そうすれ, そう思うとる, そちらに, そのお年, そのとき臆病風, そのセレネード, その夜, その支払い, その父, その穴, その蝙蝠, その鏡台, それだけの, そんなに物識り, そんな宏壮, ただ見た, たべて, ためして, だん, ちょっとお目にかかりたい, ついポカン, つぎだらけの, つくろ経帷子, では子, とじこもって, とって, ともにした, どういうわけ, どうか致しました, どうして手, どうすれ, どうなろう, どのくらい, どれ丈たよりに, どんなにクヨクヨ, どんなに感謝, どんな子供, どんな風, なお十分, なぜそんな, なまけ者でも, なんぼいう, ねがふの, のぼせあがって, はこぶだけの, はったとにらんだ, ひざを, ひとつよく, ふきます, ふだん医者から, ほかへ, まいりましたの, まず擦れちがった, またむかし, また頼み込ん, まだ十八, まだ母, まだ若く, まなぶこと, みんなの, もうすこしイギリス語, もう三十, もしも王子, もっと強けれ, ものごころも, やっつけて, やりきれません, やるよ, よう遊ばしたげる, よく見知られ, わがまますぎた, わざわざ凍え死に, わるうご, ゐること, エピナッソーだ, クラムを, ザセーキナ公爵夫人です, ズボンの, デムート館へ, ナポレオンだったら, バルナバスの, ピアノの, ベルを, ポケットから, マントを, ランスへ, ワザワザこんな, 一人, 一幕物の, 一生おまえを, 一番よく, 一番悪い, 七つか, 三十何年ま, 三輪へ, 上に, 上海で, 下車しなけれ, 不快な, 不承知なら, 両親を, 主に, 乗せて, 事務所い寄る思う, 二十二の, 二度お, 二階から, 云つた時光は, 五代目菊五郎という, 京阪の, 人間じゃ, 今いった, 今こういう, 今でも, 今住ん, 今日ともかく, 今泊まっ, 仕事する, 仙台から, 以前の, 仮りの, 休んで, 会おう, 伺って, 何で嘘, 何もかも代わっ, 何時何処で, 作ったもの, 使から, 俄に, 偉くなりたい, 働いたの, 兄の, 先刻御, 兎も, 全然逃げ, 八つの, 其を, 内玄関に, 冗談を, 出かけるまでは, 出し入れする, 出ますから, 出来るだけ, 切符を, 初めて上京, 初めて屋根裏, 初めて試験, 別れたいち, 劇評家として, 助かります, 勝てば, 北京に, 十七八に, 十四歳から, 半分うとうと, 即ち鬼, 參る, 反対した, 取計らって, 受けるの, 口笛を, 可哀そうに, 叱言, 吉村の, 向って, 呆れたよう, 呼び返すと, 和歌を, 嗜眠病に, 囈言の, 四回とも, 困りは, 困るばかりじゃ, 在を, 垣根の, 壁辰の, 夕飯の, 夜中に, 大がかりな, 大伴の, 大胆に, 奉公する, 女掏摸, 好きの, 妻を, 始末しました, 嫁に, 嬉しさ, 存命中アルカーシカの, 官吏生活の, 家から, 寝坊だ, 封じ込んだの, 小妻さん, 小樽, 小走りに, 少しばかりの, 少年期から, 居据わりつづけること, 山国にばっかり, 巣鴨監獄を, 帆走っ, 帰ると, 常不斷, 幸福に, 庄屋の, 庭に, 廊下を, 引かれて, 引き受けて, 引っ返して, 引受けるの, 当分起らぬ, 役人に, 彼女, 往来で, 後に, 御政さん, 御食事, 心を, 忘れても, 思いどおりに, 思ひ出したの, 性根を, 恨んで, 悪い, 悪い者, 悪魔なら, 意久地なし, 愚か者だ, 感激し, 憎まれなくちゃ, 戸を, 所有する, 手で, 打たれましょう, 払って, 技師のう, 押しかけて, 拾って, 指導的な, 捧げる此, 推測した, 搦め取つた男, 政治の, 教会の, 敵に, 斯うし, 新聞を, 日々に, 旦那との, 明日還る, 昨夜待ち設け, 時々句, 普蘭店で, 更に踏み込ん, 書く方, 最後の, 服やなんか, 朝飯前に, 木村先生を, 本当に芝居, 机に, 来た時, 来ますでは, 東京の, 果してどうかしらと, 極まり悪, 樹の, 歌った名誉, 止めるわけ, 此処に, 歩くの, 死ぬまで, 死んだと, 死んだら川, 殺されかけたあの, 殺したの, 殻だらけの, 毎日食つて, 気が, 水車を, 求めても, 決めたとおり, 治療を, 波止場の, 注意し, 流して, 深いショック, 湯島の, 激しい憤り, 無くしたいと, 無名沼から, 煙草馬車の, 父母に, 物心つい, 犯した以上, 猿公と, 現れて, 現金過ぎた, 生き生きした, 生命に, 田舎を, 申しますよう, 男だったら, 留守の, 病気で, 白骨の, 盗んだに, 目じる, 相手な, 看病を, 眼の, 着替えを, 知ってるわけ, 知るもの, 確める, 社会主義リアリズムの, 秀の, 突然ズヴェルコフ, 立ち代って, 立派に, 笑う, 答へたに, 素盞嗚尊に, 結婚しない, 継ぐべきもの, 縫取, 考えたわけ, 耕して, 聞いたところ, 聞きます, 肚の, 胃病で, 臨時に, 自暴自棄で, 與へられた, 芝居を, 花房に, 若旦那に, 茶色の, 蒔き散らします, 蜀山人の, 行きとどきませんでな, 行くと, 行こうとは, 術を, 裏木戸から, 見た目では, 見つけた兄, 見はぐれると, 見出せると, 見立てて, 覚えてからの, 言いたかったの, 言うと, 言つた, 計画んで, 訪ねたとき, 診て, 試験し, 話したと, 誇りと, 説教する, 読み終わったとき, 調子の, 諸君に, 豆と, 負けたらにいさん, 責任を, 貸して, 赤坂へ, 跳ね起きますと, 身を, 車の, 迎えに, 近づくの, 迷惑し, 途中から, 通りすぎて, 過したよう, 遣って, 邪魔に, 酒でも, 酷く危, 重たい心, 金持の, 鉱山に, 鍛冶屋町を, 長いことお世話, 間の, 附けて, 隙間から, 雀を, 雨戸を, 静かに, 面目を, 預かって, 頑ばること, 飛び込んだので, 飲んで, 首尾よく, 馴れそめ, 鬼界が, 鳥熊の

▼ わたしたち~ (2944, 6.9%)

33 の生活 29 はその 26 はこの 23 の心 20 はもう 17 はそれ 16 はみんな 15 はあの 14 のため, は 13 はおたがいに, はそこ 12 のこと, のところ, の前 10 の人生, の間, はここ, はまた, はまだ 9 と一緒, のよう, はこれ, はただ 8 のうち, の家, の方, の眼, は今 7 といっしょ, はいっしょ, はいつも, はすぐ

6 [12件] が, のほう, の一家, の手, の文学, の目, の運命, の頭, はあなた, は二人, は何, は出発

5 [25件] があの, がその, が出, と同じ, のあいだ, のあと, のぐるり, の仕事, の仲間, の力, の周囲, の後, の愛, の所, の身の上, の部屋, はある, はいつ, はこちら, はどんな, はもっと, は自分たち, は雌牛, ばかりで, を見

4 [26件] がここ, が見, だけで, のなか, の学校, の家庭, の時代, の祖先, の胸, の顔, はうち, はかれ, はこう, はしばらく, はずいぶん, はそういう, はとても, はどう, はどこ, はどんなに, はパリ, は三人, は天, は決して, は誰, は長い

3 [50件] があなた, がいっしょ, がいつ, がこんな, がそれ, が今, が何, にいろいろ, にし, のいのち, のいる, のお, のする, のやう, の中, の事, の代り, の希望, の幸福, の日常, の未来, の村, の現実, の耳, の関係, はあと, はいよいよ, はお, はこういう, はこれから, はこんな, はなに, はなにか, はやっぱり, はよく, はわたしたち, は一緒, は今夜, は口, は巡査, は幸福, は必要, は新しい, は朝, は生き, は自分, は話, を待ち受け, を軽蔑, を迎え

2 [220件] から離れ, がいま, がうち, がお世話, がきょう, がこうして, がそこ, がはいる, がほんとに, がまだ, がヴァルセ, が二人きり, が人間, が今日, が出かける, が外, が学校, が思っ, が悪い, が文学, が最初, が海, が現に, が生き, が知っ, が知らなかった, が窓, が自分, が自分たち, が行く, が通っ, が部屋, だってあの, だってそう, ではない, とどこ, にかまわない, について廻っ, にとって新しい, には, に分け, に取っ, に手紙, に教え, の, のいう, のかくし, のきょう, のそば, のたま, のまわり, のもの, のやる, のよそ, の一人, の世界, の世話, の主任, の人民, の傍, の先祖, の前途, の友だち, の周圍, の命, の回り, の困難, の国, の外, の好き, の姿, の存在, の小さな, の巣, の常識, の心情, の愛する, の感情, の探検, の新しい, の旅, の日常生活, の日本, の歌, の母, の毎日, の気, の気持, の求め, の決意, の理解, の生き, の眼違い, の知った, の空腹, の第, の精神, の組, の考え, の自動車, の芝居小屋, の若い, の行列, の見た, の親, の言う, の言葉, の話, の課題, の豚みたい, の財産, の身, の身の丈, の車, の領分, はあした, はあちら, はあらゆる, はあんこ別れ, はいい, はいっしょう, はいま, はお互い, はかの, はきれい, はけっして, はこいつ, はこん, はしあわせ, はしかし, はた, はたしかに, はだまっ, はちょうど, はついに, はてんで, はときどき, はとぼとぼ, はどうせ, はどの, はなぜ, ははじめ, ははじめて, ははっきり, はほとんど, はまず, はまもなく, はもちろん, はもっともっと, はやっと, はやはり, はろうそく, はアルキシー, はカピ, はミリガン夫人, はリーズ, は一足先, は三百年, は互いに, は人民, は仕事, は代わりばんこ, は会う, は住む, は例, は冬, は別れなけれ, は十分, は同じ, は坑道, は夕食, は外, は大いに, は大きな, は失望, は子供, は安心, は家, は山, は彼女, は急い, は文学, は日曜日, は日本, は森, は歩い, は氷, は氷砂糖, は牛, は犬, は率直, は生活, は町, は白い, は白鳥号, は真面目, は眠る, は知っ, は結婚, は船, は進ん, は音楽, は黙っ, ばかりでなく, もこの, もその, もそれ, もよく, も歌える, よりもよく, をうち, を不安, を助け, を可愛がっ, を忘れ, を慰める, を拘留, を殺す, を牢, を見まわし

1 [1630件 抜粋] あのひと, からはなれ, から考える, から遠のい, があんなに, がいちばん痛切, がいなけれ, がうやうやしく, がおちこん, がかりに, がくれぐれも, がこしらえた, がこれから, がさ, がします, がすべき, がそば, がたまたま, がついた, がつかれきっ, がともかく, がどんな, がはじめて, がふだん, がまえ, がみんなアマーリア, がもし, がよくよく, がアルル, がハルビン, がファシズム, がマンデ, がロンドン, が一人民, が下手, が中国人民, が二年, が仕度, が伝馬船, が使っ, が出かけよう, が力, が十三年, が合戦, が問題, が坐っ, が声, が多く, が女学校, が完全, が寒, が小谷, が帰る, が床板, が彼, が御身, が想像, が手紙, が放免, が旅, が日本, が普通国際的, が机, が正しい, が母, が渋川, が父, が物足りなく, が生存, が畑, が直ぐ, が着く, が笑う, が考えつく, が若, が見つける, が証人, が話した, が身ぶるい, が追い下す, が通る, が道, が鉄, が音頭, が馬車, こそ全く, このまんま, しごと, すっかり御馳走, だけじゃなく, だけになる, だけ帰りましょう, だってほんとう, だって同じ, であなたがた, ではありません, でもひとり腹, で動い, で探そう, という人間, としてはどなた, としても益, とはお, とはまったく, とも言葉, とフリーダ, と感, と縁, と違つて, どう暮したら, にあたえた, にいかなる, におくれまい, にくださる, にさわらない, にたいへん, にたびたび, についてもう, にとって, にとってはやはり, にとっては決して, にとっても好意的, にとって極めて, にとって親愛, にとりましてどう, にはお, にはし, にはたえられる, にはできない, にはよく, にはわかるです, には不思議, には何, には分かりませんです, には思われました, には沢山, には舞台, には雨具, にふりかかった, にまかせました, にみえない, にもよく, にも思われます, にやめろ, によけれ, に下, に云った, に伝へた, に余計, に信じるべき, に出来る, に向っ, に子供, に対してひじょうに, に対して疑い, に対する茶屋, に思い残す, に感じられ, に拾った, に最も, に残し, に気づきませんでした, に深く, に犬, に知らせ, に笑, に見せつける, に話し, に通り, に鉄砲, に食物, のいとしい, のおどろき, のお家, のからだ, のことば, のこん, のせっかく, のそれ, のだれ, のつき合い, のとこ, のひざ, のふところ具合, のまご, のもくろみどおり, のやっ, のよ文化水準, のテーブル, のファシズム, のローリイ, の一方, の一行, の不幸, の世間知らず, の二本, の人民的世論, の人間らしい, の今日, の住居, の健全, の先頭, の内務班, の出かけるまえ, の分, の助手, の印象, の受ける, の呼ぶ, の商売, の城, の声, の妹, の子供時代, の家族, の宿舎, の将来, の小次郎様, の年, の広告, の役割, の心もち, の志, の思い, の恩, の想像以上, の愛惜, の態度, の手足, の指環, の救助, の文学的成長, の日夜, の明日, の最初, の来る, の様子, の民族独立, の求むべき, の泊つた樂, の流行, の演技, の状態, の生んだ, の生活気分, の直接, の知らない, の研究所, の社会的, の笑, の経験, の置かれ, の背後, の膝, の興行, の荷物, の行く, の見, の記憶, の誰, の貴重, の足, の足音, の身なり, の通り道, の運搬, の邪魔, の重大, の雌牛, の頭上, の馬車, の體質, はあすこ, はあわ, はいきなり, はいちばんはじめ, はいったい, はいつの間に, はいまホテル, はうま, はおどろき, はおめでとう, はかつて, はかわいた, はきっと, はきょう, はくず, はこそこそ, はこんない, はさえぎるもののないあらしにふきさらされていた, はさまざま, はしゃがん, はすっかり, はせかせか, はぜひ, はそこら, はそれっきり, はたいそうゆっくり, はたとい, はだんだん, はちょっと, はとびあがっ, はならん, はねあっち, ははしご, はひさし髪, はひどく, はほか, はまだまだ, はまとも, はみすぼらしい, はみんなフレーム, はみんな台所, はみんな食物, はむやみ, はもうごく, はもう一度, はもっともっとよく, はやう, はやってくる, はゆずり合っ, はわけ, はオテル・デュ・カンタル, はシャロン, はテンプル・バー, はピン, はヘールゼ, はボブ, はモスク, はレオナルド, はローリイ, は一, は一九四九年度, は一向に, は一銭, は七月, は三段, は世界じゅう, は中, は人, は人間, は今朝, は仕方, は休み, は何時間, は信じ, は充分, は先生, は党外, は別々, は前, は力, は勢いよく, は十四年間, は去年, は台所, は善意, は四時, は地下室, は外国文学, は大空, は太陽, は奇妙, は好ききらい, は子供ら, は客間, は家財道具, は小屋, は尽すべき, は川, は平土間, は庭, は当分遠方, は後ろ向き, は心配, は思いちがい, は性欲, は恵まれた, は意地わる, は感動, は戦時中, は手記そのもの, は接吻, は料理, は新聞, は日常生活, は明け放した, は昔ながら, は晩, は最後, は木, は村, は柩, は樹, は歩道, は毎日, は比較的, は気がつかず, は水車, は洞穴, は海賊, は火事, は牢屋, は猟小屋, は生, は生き延び, は田楽者, は異口同音, は皆, は相変わらず, は着いた, は知った, は砂糖一つ, は神社, は空腹, は素知らぬ, は紳士荘, は罰, は肉欲, は自主的, は興, は艶子, は落, は行く, は見た, は記憶, は誰一人, は走っ, は足, は追っ手, は通りかかった, は道, は遠慮なく, は酔ひさ, は野菜物, は陣取った, は隠れ, は順々, は食事, は駒井, は高慢, ばかりじゃありますまい, へ御, まだいっぺん, もう七年, もこれ, もつづい, もぽつぽつ, もみんな一つ, も今に, も大助, も店, も楽しみ, も精, も顔, やすんで, よりも一層, をあの, をおい出す, をかっさい, をご, をその, をだまし, をつない, をはぐらかした, をふるえさせる, をむかえ, をもうけっして, を不幸, を乗せ, を使う, を傷ませる, を力づけ, を包ん, を呼び, を夢, を居間, を待っ, を感動, を押しとどめ, を放免, を木っ端みじん, を案内, を水難火難, を深く, を疑, を終點地, を脅迫, を興奮, を見廻し, を見送った, を變, を追いかけ, を通し, を避けなく, を頭, 全人民, 忘れては, 特に日本人, 連れて

▼ わたし~ (1967, 4.6%)

19 一緒に 15 それを 14 知って 9 これで 8 いっしょに, それに 7 そう思う, 自分の 6 そう思っ, それが, それは, 安心しました 5 これまで, ほかの, 気が, 黙って

4 [15件] すぐに, そうだ, その一人, その気, そんな気, よく知っ, 兄さんも, 出て, 年を, 手伝って, 是れ, 確かに, 笑いながら, 笑った, 行って

3 [28件] あなたの, あれから, いやです, さすがに, さっきから, そう思った, そのつもり, その事, その時, びっくりしました, よくは, 一しよ, 云った, 今に, 何か, 困る, 安心だ, 御一緒, 思って, 江戸へ, 溜息を, 目が, 考えて, 聞いて, 聞きました, 行く, 行くわ, 見ました

2 [124件] ああいう, あとから, あなたと, あなたも, あの戦争, あの男, あの辺, あんたに, あんまりだ, いくらか修業, いろいろと, うれしい, うれしいです, うれしくなっ, おとも, お供を, お前の, お友達, お嫁, お酒, かねて, かれら, がっかりし, がっかりした, ここへ, このごろは, この女学生, この年, この部屋, これから台州, これほど, こんなこと, こんなところ, しばしいつ, しまいには, そうかと, そうだった, そう思います, そこで, そこまで, そのあと, そのお雪ちゃん, そのほう, その中, その関ヶ原, その飾り, そろそろ芽, だめよ, だんだん悲しく, どうかする, どうしていい, また, まだ四十, やがて風呂, やはり出, わたしも, 一つ馬籠へ, 一所に, 一日に, 一種の, 丹頂の, 亦あらゆる, 今から, 今それを, 今年は, 今朝なにか, 何だか寂しい, 何んだ, 侠客が, 傍に, 共に起, 出かけて, 勉強し, 勿論その, 十三夜に, 博多の, 多襄丸, 大人にな, 奥さんに, 好きで, 妻も, 姉さんに, 始めから, 娘も, 学校の, 実は, 実は我々, 少しく顔, 少し驚い, 御覧の, 心得て, 急いで, 急に, 房枝さんも, 旅の, 時を, 最初は, 望みに, 栗の, 梅毒患者よ, 様子を, 気に, 決心が, 泣いた, 生きては, 眼を, 知らない, 稀に, 総身に, 考えました, 草木なし, 蔭ながら, 行こう, 行つて見, 見せて, 見て, 覚悟し, 訝しいと, 負けない気, 近いうち, 近所の, 釣り込まれて, 雑司ヶ谷の, 驚きましたよ

1 [1444件 抜粋] あいだを, あちらの, あなたが, あなたとは, あなた様から, あのお喋り婆さん, あの女, あの子ら, あの時, あの邊, あの隱居, あれの, あんなもの, あんな指輪, あんまり聞きません, いいわ, いそがねば, いちばんしあわせだった, いつか大磯で, いつもと, いまお宅に, いまの, いやな, いよいよ明日ここ, いるから, いろいろ迷惑, うこれ, うすうす聞い, うとうとと, う御, おかみさんと, おちゃっぴい, おちゃっぴいを, おどろいて, おばさんが, おまえの, およそ知っ, お供, お前さんを, お前様に, お寺に, お弟子, お暇, お父上, お祖父, お蔭で, お迎えしたい, かうなれば, かなわないよ, かれに, かわいそうに, きょうという, くたびれましたから, ぐんぐんくっつい, こうしてあなた, こうして頼む, ここから, ここの, ここを, ことによる, この三月, この再会, この小林君, この紀行, この記念日, こまりましたが, これからちょいと, これからほんとに念, これから田楽, これほどとは, こんどは, こんな侍姿, ごめんなさい, さいしょは, さうですよ, さすり返して, さっそく行っ, さんざ好き, しっかり勉強, しばらくの, しらない, すがすがしい気分, すぐウォートカ, すこし飽き, すっかり打明け, すつかり, すべての, ずいぶん心配, ずいぶん茶目, ぜひ仲間, そういうこと, そういった閑つぶし, そうそう鳥, そうです, そうな, そう思いました, そう思ってる, そう言った, そこらを, そのいす, そのこと, そのとおり, そのよう, その刀, その唯一人, その川, その後間もなく, その時一緒, その歌, その点, その積り, その間に, そばで, それから, それとなく光子, そればっかりは, それ以來助勢を, そんなこと, そんな事, たいへんやっかい, たずねて, ただならない, ただ今では, たんといける, ちかごろは, ちょうどああ云う, ちょっと変, ちょっと考えた, ちらと, ついて, ついに屈伏, つい近頃, つづいて, つろござる, できるならば, とうとうわたし, とくに認め, とろろと, どうか乙声, どうせ一生ロシア文学, どうもその, どっかへ, どんなに嬉しい, どんな工面, なおって, なかなかよ, なるべくお知らせ, なるわ, なんだかそう思え, なんだか不安心, にがい悲しみ, はじめて伺いました, はじめて見た, ばかだった, ひとしお深く, ひとつ川上を, ひどく感心, ふくろ, ふるえて, ほんとうに, ほんとに嬉しかっ, まけて, またその, また一種, また函館, また敬意, また睡り, まだこれ, まだな, まだ甘っぽい, まったく敬服, むかしは, むろんいい, もうお前, もうすぐあなた, もうどうしていい, もう先, もう少し昔, もう心配, もう辛抱, もちろんゆきます, もともと嫌い, や, やったこと, やっとことば, やっぱりその, やはりおもしろ, やはり我慢, やめたいの, ようよう落, よく承知, よく知りません, よく聞い, わかって, わざわざここ, イヤな, ギョッと, トーモロコシで, ハンケチ女の, パリへ, マチアの, ルケアーノフで, ヴォルデマールさんも, 一つあの, 一つ薬食いと, 一九三二年四月七日に, 一人あなたも, 一処に, 一日退屈で, 一杯やっ, 一遍見舞いに, 七十に, 上げる, 不器用な, 不幸だ, 不賛成よ, 両親には, 中田屋の, 主人持ちだ, 久しく御無沙汰, 了見が, 二の, 二人と, 二階は, 亡き良人, 亦一缶六十銭, 人並みに, 人間には, 今じゃ, 今の, 今まで, 今夜さがし, 今度この, 今後よろしく, 今朝はじめて, 他の, 仙台から, 仲間に, 休暇を, 伯母さんと, 何だかうれしく, 何だか怖く, 何とかし, 余り多く, 信じわたし, 倉沢君と, 元気でした, 兄さんとは, 先ずほっとしました, 先祖への, 入れられ向い合って, 全然お前さん, 六十に, 共に手伝っ, 其日の, 内心満足し, 初めてで, 初めて読ん, 初耳でした, 別れて, 前の, 努めて, 勿論信じなかった, 十六の, 十年振りで, 半七老人, 南へ, 参りたいと, 取りあえず自分, 叩き殺して, 合宜, 同じこと, 同じ沈黙, 同様です, 君たちの, 呆れて, 呼んだ, 咎を, 喫います, 四五十円は, 困りはてましたが, 土地の, 地球の, 城介君も, 変ったと, 外へ, 夜おそく, 大きい口, 大したお, 大よそ, 大庭の, 大旦那, 奉仕的に, 奥に, 女房と, 好奇心を, 姉さんの, 嬉しいの, 子供が, 学校で, 安心いたしました, 安心します, 完全には, 実に困いました, 実はこう, 実は強迫観念, 実は田舎, 客商売で, 家を, 寛ろが, 察して, 小さいとき, 小屋の, 小身ながら, 少しく意外, 少し力, 少し考えさせられました, 少し薹, 少年探偵団の, 市を, 帰るわけ, 平生から, 年さんの, 幸内が, 幾晩も, 度々買った, 弓矢を, 弱った, 弱り切って, 彼が, 得々として, 御参宮, 御殿に, 御無沙汰いたしました, 心の, 心淋しい, 忌とは, 思いがけない後ろだて, 思いの, 思い出した, 思っては, 思つてゐる, 思わず溜息, 思わなかったもの, 怪訝に, 悪いので, 悪気でした, 愉快な, 意外に, 感じましたわ, 慾が, 我慢が, 或る, 手が, 手紙に, 承知し, 押返して, 探索し, 文太郎さんなら, 新聞社の, 旅行慣れ, 日本人が, 日清戦争の, 早くあれ, 早く立ちます, 明後日なら, 易占を, 昼間は, 時が, 時期を, 書くわ, 最初から, 朋輩に, 期待し, 本当に嬉しい, 本望だ, 本當, 東京だ, 松島記念大会に, 検挙され, 横目で, 欣一さんと, 此処まで, 此頃は, 死ぬと, 死んで, 殺されるところ, 殺して, 母や, 毎日学校へ, 気づいた, 気の毒さに, 水面を, 決して向こう, 沢倉さまへは, 泊まった, 泣きたいよう, 洋食屋を, 浅草じゃあ, 海鳥の, 淋しいん, 満足した, 灰色の, 無事宇津木の, 無茶だ, 無遠慮に, 煙草組合の, 父から, 父と, 犬に, 独りあるき, 現在その, 生まれかわったつもり, 生まれてから, 男じゃ, 異存が, 病を, 皆さんに, 相変わらずの, 真剣なら, 真面目に, 眼が, 知らないじゃ, 知らぬ, 知りません, 知りませんよ, 神に, 神田さんの, 秋草に, 空中村へ, 立派な, 竹杖仕込みの, 箱を, 紡ぎ出した綿糸, 絵馬を, 縁側に, 罪に, 義理が, 老人を, 耳を, 背が, 腰を, 臆病者でござん, 興奮しまし, 花環が, 若いとき, 若松屋に, 苦情を, 落合の, 薄紅つけよかな, 行きたいん, 行きましたよ, 行きませんわ, 衛生兵時分に, 見つかるし, 覚えず襟, 覚悟の, 親には, 親父と, 言った, 訝しいとは, 話したい, 話すわ, 詳しいこと, 誕生寺を, 課長から, 講習会が, 讀み過したで, 負けたら何, 貧乏とは, 買おう, 赤面した, 起こしたこと, 踊るわ, 転々と, 辻君に, 迷うこと, 退屈し, 通り一遍の, 逢ひた, 遁げる, 遠い海, 酔った, 金持ちでは, 長くなる, 阿爺, 随分そそ, 随分気, 電話の, 青年の, 頭が, 頼むもの, 風間さんと, 飲むわ, 馬鹿だ, 駄目なくちよ, 驚いたけれど, 驚きました, 髪を, 黙つて

▼ わたし~ (1926, 4.5%)

29 見て 17 愛して 16 連れて 14 助けて 12 殺して 11 して, 可愛がって 10 待って, 殺した 9 見つめて 8 呼んで, 食べた 7 信じて, 眺めた, 見ると 6 捨てて, 探して, 自分の, 見た 5 あなたの, つれて, 使って, 知って, 苦しめて, 見つけて, 訪ねて, 軽蔑する

4 [14件] かわいがって, だまして, ゆすって, 呼びに, 圧迫した, 大事に, 嫌って, 忘れて, 恨んで, 疑って, 眺めて, 縛って, 見ても, 迎えに

3 [41件] あの人, いぢめ, おとずれた, お守り下さいまし, かばって, そこへ, どうしよう, ながめて, にぎやかな, ばかに, びっくりさせた, ゆかいに, 入れて, 動かした, 呼んだの, 妙に, 幸福に, 引き止めた, 待ち受けて, 待つて, 憎んで, 憐れんで, 撃って, 案内し, 殺そうと, 理解し, 知らないの, 罪人の, 置去りに, 見つけると, 見つめた, 見つめながら, 見ながら, 見に, 見る, 迎えた, 迎えて, 造ったあんた, 連れに, 馬鹿に, 驚かしたの

2 [131件] あほう, あわれと, いじめました, いじめるなら私, うちに, うちの, おさえて, おそば, おぼうさん, お呼びに, お忘れ, きらうよう, ここで, ここへ, ここまで, こんなところ, こんなにし, ごらんなさい, しあわせに, じろじろ見, じろじろ見廻し, じろりと見た, そばに, ぞくぞくさせる, たすけて, たずねて, つかまえて, とらえて, どうお, どうし, どうする, どこかへ, なぐさめて, まつて, みて, やって, わたしだ, わたしを, 一度下界, 不安に, 中へ, 休ませて, 何だ, 侮辱した, 信じきって, 信用し, 出して, 刺戟した, 刻みつけまだ, 助けると, 励ましわたし, 可哀そうに, 可愛が, 呪って, 呼びとめたの, 呼んだ, 嚇か, 大丈夫だ, 天から, 失望させる, 好いて, 安心させよう, 宿屋の, 尊敬し, 小衝い, 少しく失望, 帰して, 庭へ, 引きつける力, 引っ張って, 思い切って, 悩ますこと, 慈善の, 慰み物に, 慰めて, 憎いよう, 憤慨させた, 手ごめに, 手に, 抱き上げて, 支えようと, 支へ, 構って, 欺し, 欺す, 止めた, 殺すつもり, 殺すの, 氷の, 無理に, 疑うて, 疑ったり, 睨んで, 知るよう, 知る前, 突き刺した眼, 置いて, 自由に, 興奮させる, 苦しめるの, 苦める, 蔑んだ冷たい, 見すてて, 見ないよう, 見る目つき, 見上げた, 見上げて, 見付けて, 見守って, 見棄てて, 見覚えて, 見詰めて, 覚えて, 許してね, 誘った, 誘って, 誘惑した, 警察へ, 責める, 買いかぶって, 贔屓に, 起こして, 追いかけて, 追い越して, 追うよう, 追越して, 送って, 避けて, 馬に, 騙して, 驚かせたの

1 [1245件 抜粋] あざむくこと, あなたから, あの時, あの男, いくらか, いじめなさるに, いじめ抜い, いたはつ, いちばん不安に, いっしょに, いとしがり可愛がり, いやなひやかしやだ, いれて, うたんで, うっとりさせる, うらやんで, おしのけた, おじさんと, おとずれた男, おどかした, おどかそうと, おどしつけて, おどろかした, おどろかす, おなぶりあそばす, おびえさせるだけ, おびやかす, おもらいなされたの, お前さまの, お前忘れ, お嬲りなさいます, お安, お捨て, お救い, お葬式, お連れ, かこんで, かっとさせた, からかったからって, からかって, かれの, かわいそうとは, ぎょっとさせました, ぐんぐん引っぱっ, こして, こちらへ, このよう, この世の, この家, こまらさないで, こよしがるくら, こんなにひねくれさせ, こんなに浮動, ごぞんじありません, ごまかそうと, ご存じだった, ご覽, さぐりに, さしまねく, さっぱりと, さまよわせて, さらわせて, しかって, しっかり抑え, しょげさせること, じっと見つめるで, じっと見上げ, じろじろ眺めた, じろじろ見廻し始めた, すくって, すっかり見捨てなけれ, する, ぜひつれ, そうしたに, そう邪慳, そそのかし森, そつちのけに, そのころ巴里, その一人, その点, それほどまでに, そんなふうにながめ, ぞっとさせた, たすけに, たった一人パリ, だいじょうぶ信じ, だいて, だまさうとして, ちゃんと知っ, ちょろりと, ちらと, つかまえました, つかめて, つくったおまえさん, つけて, つつみ雷, つよく感銘, とおして, とつて, どうかしよう, どうしても看病, どうできる, どこへ, どなりつけなさるほど, ながめるとき, なぐさめようと, なぐって, なだめまめ, なぶり物, にくがって, にらみつけた, にらみつけるよう, のぞいて, のんびりさせ, はっきり見わける, ひいきに, ひっくるめて, ひとつ御, ひょうしょうする, ふいた, ぶちなさるよ, ぶって, ほとんどヒステリカル, ほめた, ほんとに愛し, ほんのあなた, またとる, また時代, また迎え, まもる, みる, みんなの, むっとさせました, むんずと鷲掴み, めぐる悲しい, もういちど, やっつけようと, やとったこと, ゆき着かせたところ, よくさかり場, よびに, よぶ声, よろこばせたかの, よろこばせるの, わたして, わらったもの, わらふそ, カイちゃんの, ジロリと, ツェツィリヤに, テーブルの, パリに, ミリガン夫人に, ヴァルセへ, 一人で, 一人置い, 一度でも, 一日か, 一番愛し, 一緒に, 不幸に, 不憫と, 世界一の, 中に, 主人と, 乘せた, 二人の, 二号同様に, 二度煖めた, 京都へ, 人間嫌いに, 仇の, 今日あらしめた, 代に, 仰ぎながら, 佐野へ, 何と思いやる, 何処までも, 例によって, 侮辱しつづけた, 侮辱しよう, 促して, 保護するだろう, 信ぜしめるほどに, 信愛するなら, 傍へ, 元の, 入れませんでしたよ, 公方の, 冷笑する, 出し二階, 出来るだけ, 制して, 助けようと, 助けようなんて, 助け起した, 勇猛ならしめ, 包んで, 化して, 厄介払ひ, 取って, 取り巻いて, 受け取ろうとして, 叩いて, 可哀さうに思つたの, 可哀そうとは, 可愛がる人, 叱って, 叱りつけ悪く, 同情する, 吟味する, 呪い人殺し, 呼びかへすのは, 呼びたてたでしょう, 呼びや, 呼び出しに, 呼び慣れた, 呼び還すの, 呼ぶん, 喜ばしたの, 喜ばせたの, 喜ばせて, 噛みやぶり泥, 四十面相と, 困らせたの, 地べたの, 埋めるの, 売るため, 外へ, 夢中に, 大地に, 大菩薩峠まで, 女房だ, 女易者だ, 好きだ, 好きで, 姉さんの, 始め誰, 嫉みの, 嫌いますいい, 嫌がって, 孤児院へ, 官房主事または, 宥めて, 家も, 容赦し, 寝かすまいという, 射させました, 小さい, 小鳥に, 尻くすぐったい, 島に, 庇い通した永い, 弄んで, 引きつけて, 引き止めたん, 引く力, 引張り出すよう, 引留めなかった, 引附けた, 張りに, 強く脅かした, 強硬に, 当惑させ, 彼が, 征服する, 待ちかねて, 御寵愛, 御救い下さい, 御覧なさい, 心から感動, 忘れちまったの, 怖いと, 思い出すたんび, 思うまま, 思つてゐない, 恋するという, 恐れさせるよう, 恥じ入らせるかも, 悩ませはじめました, 悪く思わない, 悲しませあなた, 悲しませようと, 惑わして, 惹きつけた, 愛さなかつたとしても, 愛したの, 愛しては, 愛しみ父, 愛すること, 愛するもの, 感傷的に, 感激させた, 慰めた, 憎んでさえ, 憫れ, 懲り性, 手先に, 手招きした, 手玉に, 打ち殺して, 打っても, 投げれば, 抱いた, 抱きしめたこと, 抱きしめて, 押しつぶして, 押しのけて, 担いで, 拘引する, 指さしながら, 振りもぎっ, 振り放すと, 振向いた, 捉えて, 捉まえよう, 捨て, 捨てること, 掛けて, 探し求めるならば, 接吻し, 推賞し, 掴まえて, 描き出して, 撃つの, 支持し, 救いの, 救い出すこと, 教え導いて, 教育し, 敬遠し, 斥け憎んで, 斬った奴, 断頭の, 族が, 暖めるため, 最もうまく, 最も苦しめた, 木村に, 案ずるの, 案外に, 棄てて, 欲しいと, 止めるもの, 歸さない, 死ぬまでや, 殴ったの, 殺さうと, 殺したがって, 殺した者, 殺してよ, 殺すより, 殿様呼ばわりする, 気の毒が, 水の, 求めるよう, 決してわたし, 泣かせて, 泣き落として, 清めて, 渡して, 烈しく殴りつけた, 無罪に, 焦立たせ彼女, 照らして, 煽動し, 物の数とも, 狂わせるよう, 狂者です, 生ませた父, 甲州口の, 画家に, 留めようと, 疑い抜いたから, 疑わないよう, 癒すこと, 白雲山の, 監視する, 直ぐ袖, 真身, 眠らせメデューサ, 眺めること, 睨みつけました, 睨めながら, 知ってるの, 知る多く, 破滅させた, 祭らしめたならば, 秋雄へ, 突き出しても, 突っぱなして, 立てながら, 笑わせました, 紹介した, 絞めようと, 縄にかけて, 罪人に, 置きざりに, 罵った人, 育て上げたの, 脅したね, 脅迫し, 自由の, 自身の, 興奮させた, 色々な, 苦しめた, 苦しめようと, 苦しめ通しました, 茶か, 葉で, 蔑まないで, 虐めないで, 袖に, 裸に, 見かえった, 見くびって, 見それから, 見たくて, 見たなり, 見たらどんなに, 見た人たち, 見つけたとき, 見つけようと, 見つめるの, 見ないもの, 見ましたから, 見まもって, 見ること, 見るの, 見下して, 見世物あつかい, 見捨てないで, 見捨てるん, 見返した, 見返って, 見逃して, 覗いて, 親身に, 記憶し, 訪れたこと, 許すだらうか, 試して, 認めて, 誘い込んだの, 誘つた, 誘惑する, 説きつけなさいますけれど, 誰だ, 請け出して, 護る, 貫いて, 責めたの, 責めはじめました, 貰つ, 賞める, 赦しても, 足蹴に, 路地口から, 蹂み, 軽蔑し, 辱しめる, 迎えたこと, 迎へて, 迷わして, 追ひかける, 送りつけて, 送るの, 通して, 通りへ, 造りこの, 連れ出したか, 連れ出して, 遊びに, 道具の, 遠ざけるの, 適当な, 遮りながら, 選んで, 邪魔する, 都會の, 金持に, 鉄道の, 間の, 降参させた, 随分ひどい, 離れ岩, 非難し, 頼りに, 飛ばせて, 食えば, 食べようとは, 食わないとも, 餓死させる, 騙したの, 驚かしたくらい, 驚かしたん, 鬼かなんぞの, 魅了し, 鳥だ

▼ わたし~ (1585, 3.7%)

18 向って 14 取っては, 教えて 13 取って, 向かって 12 しても, 話して 11 言った 9 むかって 8 して, 話した 7 とつて, なりました, 任せて, 何の, 見せて 6 それを, 取つて, 手を, 説明し 5 まかせて, キッスした, 代って, 向けて, 渡して, 言って, 言わせると, 近づいて

4 [17件] いわせれば, こう言った, そんなこと, なんの, ゆずって, 与えた, 似て, 何か, 何を, 出来ること, 好意を, 息子が, 背を, 言いました, 語った, 迷は, 附いて

3 [22件] あたえた, いう, こんなこと, それが, なって, なついて, なにも, もどって, 与えて, 何が, 優しくし, 別れを, 勇気が, 同情し, 声を, 用が, 聞かして, 言う, 話しかけた, 話したの, 隠して, 飛びかかって

2 [90件] あいさつし, あきらめの, あずけて, あなたは, あるの, いって, いつまでも, いらだちだした, お任せなさい, お任せ下さい, お呉れ, かわって, くっついて, こう語った, こんな処, してからが, すっかり話し, すれば, そうさせ, そう言っ, そそいで, そのこと, ついて, つかまえられて, とびかかって, どうしよう, なにか囁きかけた, なにが, はきみょう, はなしかける, へんな, よくわかる, わかって, わからないこと, キッスを, 下さい, 会釈し, 借りが, 元気を, 力を, 危害を, 去り状を, 向けたもの, 向けられた, 告げて, 呶鳴りつけた, 呼びかけるので, 命じて, 城の, 売って, 字を, 安心させよう, 害を, 御馳走を, 手まねを, 手紙を, 打ち明けて, 抱かれて, 教えた, 教えたもの, 教へ, 歌って, 残して, 異存は, 目を, 相談なさい, 相談を, 眼を, 知らせて, 示した, 礼を, 縁が, 耳打ちし, 背中を, 脅えだしたらしい, 茶を, 見えないと, 言つて見せた, 訊いた, 話が, 話した言葉, 話しました, 語って, 譲って, 起させたの, 起つて, 迷わされて, 逢いたがって, 非常な, 顔を

1 [1040件 抜粋] あいたいと, あずけると, あたえた目つき, あたえられようと, あてがわれた仕事, あやまりました姉さん, あります, ある考え, いいました, いい空気, いさまたち, いった, いったの, いつも無理, いひました, いろいろの, いわせると, うちの, うれしいもの, おきき, おこりつけて, おじさんと, おっしゃいましたの, おっしゃった事, おまかせに, おれに, お前はは, お売りなさい, お情, お湯銭, お聞かせなされた, お話しなさる, お貸なさい, お金が, お頼みごと, かう言, かかわったこと, かして, かね, かぶりを, かまわずはやく, からみついた, かわいらしいおじぎ, きた, くっついた, くれたもの, くれた金, くれないかと, くれませんか, くれる約束, げんこつを, こういうこと, こういう道, こうさせ, ここが, こじきは, こっそり知らせ, ことわりも, このこと, この人たち, この木戸, この記憶, こんなにつらく, こんな乞食態, こんな情けない, こんな汚名, ご用は, さう低い, ささやいた, さしてさあ, さへ, しなくても, しましても, しみじみ話し, しろと, しろ息子, すいせんした, すっかりその, すべてを, すると, せがまれても, そういう空気, そこで, そのうち二千円, そのりっぱ, その仰向かせ, その往来, その要求, そばに, そむいて, それだけは, そんなに密接, そんな大きな力, そんな強味, そんな遊び, ただ一人供を, たのみました, たは, たよっては, たんと氣, だまって, つえを, つきしたが, つよい感銘, できること, できるだけの, ですの, とびついて, とれば, どういう風, どうしてこんな, どうだった, どら焼きと, どんな一つ, どんな御用, なさろうと, なぜ電話, なつかしい人, なにを, なりますと, なるの, なんにも言う, のり移っ, はいらない男, はきらひで, はちよつと, はねお前, はまるでわからなかった, ばけたの, ひつじの, ひとつ袋を, ひどい目, ぶたれるの, ぶつかるよう, ほとんどわかりません, ぼうしを, まかして, まともに, みんな打ち明け, めずらしかった, もし万一な, もって, ものを, ゃかなわない, やらして, やれる丈才能, よい人, よくわからない, よく似合う, わからせて, わからないことば, わからない方法, わかる範囲, わたすとき, キウリを, キッスし, クラムが, ドアを, ナイフを, バラの, パンを, マットを, ロンドンに, 一つほかの, 一つ絵を, 一別来の, 一千万円もってこいといった, 一度みせ, 一歩譲つてゐる, 三十四五ぐらいな, 上沓を, 下さいませんでしょうか, 下さるとな, 不意討ちを, 与えた苦悩, 与えませんでした, 両親が, 丸髷を, 二度帰る, 云つてそれから, 人を, 今お金, 仕えて, 代わって, 仰しゃいましたんで, 任しといて, 休息を, 会いたいの, 会うこと, 会って, 会釈した, 似たう, 似合いますか, 似合わないの, 何のとがが, 何もかも取られ, 使わして, 便りして, 信じさせようと, 俳句を, 働きが, 免じて, 入り用な, 入国許可の, 其処を, 内緒の, 再婚しろ, 凭れかかるよう, 出して, 出て, 出来そう, 出来ます, 出来るだけの, 刃向っ, 分ちこの, 分らないと, 分るよう, 判ろう筈, 利益を, 前講を, 加勢する, 勇気づけたの, 勉強しろ, 勧めるとは, 十分感電し, 及ぼさなかった, 反対ばかり, 取っても, 受けさせて, 古い時代, 名案が, 向けた, 向けられるの, 向ける非難, 向っても, 吠えつくの, 告げぐちした, 告げた最初, 告げること, 味方した, 呼びかけた青年, 呼びかけました, 命じた, 命じました, 問いかけた, 問いかけるの, 嘘を, 在ると, 地の, 坐れとも, 堪えられようか, 報告し, 売ったこと, 変装なすっ, 大きいきば, 大きな敷布, 大したお, 天地万物を, 奇妙な, 好い智慧, 妻を, 委せといて, 嫌な, 子でも, 学問の, 家なんか, 寄付させ, 封じさせるの, 尋ねたもの, 導かれて, 小説でない, 少し地面, 少し意見, 屡, 工夫が, 差し出された手, 平気で, 幸福を, 幾人かの, 廻して, 強いた意志, 強い衝動, 弾きかへ, 彼の, 征服できる, 後仕, 得意な, 御用で, 復讐する, 心配させず, 必要だった, 思い出が, 思わせた, 恋か, 恋を, 恥を, 惚れてたん, 愉快な, 愛する真実, 愛想が, 愛想を, 感じさせるもの, 感じたの, 感謝の, 慈悲ぶ, 成り代ってまで, 戸を, 手伝って, 手渡しする, 手真似を, 打ち明けるよう, 投げて, 抱かせないん, 拒まれては, 指の, 挨拶した, 挨拶しなくなった, 振り当てて, 据わって, 接近し, 提議した, 損を, 教えたん, 教わって, 新しい観念, 旅へ, 旦那さんが, 明かしました, 晩餐を, 書かせたいと, 望みを, 未練が, 来るなと, 松枝町に, 楯を, 構は, 横顔でも, 次々と, 歌の, 死んだお, 残されること, 残らないまるで, 比べれば, 気がついたか, 気づかなかった, 水色ビロードの, 求めようと, 泣きつかれるの, 注がれた彼, 浪を, 浴びせたあの, 清浄を, 渡した, 湧いて, 無関係な, 熱い友情, 片手を, 獅噛みつかう, 玩具の, 琵琶を, 生命が, 用事でも, 田舎の, 留まれと, 疑いを, 発見され, 百万遍しわん, 益を, 相手が, 相談しません, 相違ありません, 真実そんな, 真面目で言っ, 着せて, 着物を, 知らせたの, 知らせる, 知れないよう, 知覚と, 示すの, 祈らせて, 福井の, 突きつけて, 突き当りました, 突然, 立ちのけと, 笑いかけて, 笑われて, 約束させた, 納めてから, 紙を, 統治の, 絵心が, 続いて, 置いて, 美しい役, 考えが, 考へを, 聞えるの, 聞かせた猟師, 聞かせるの, 肉体的の, 背負を, 腹を, 自分の, 自慢し, 與へられた, 苦勞や, 荷物を, 薬草の, 蘭や, 衣裳の, 裏切る人, 要求おし, 覆いかぶさる輝かしい, 見えるか, 見せたこと, 見せるため, 見つかったもの, 親しく話かけ, 親しみ伴って, 親しんだ, 解る, 解決せよ, 触らないで, 言いたいこと, 言いますのよ, 言いわたした, 言ったと, 言つ, 言づけ, 言わせれば, 訊いたの, 許されて, 診察を, 話しかけずに, 話しかけて, 話しかけるかも, 話しかけるよう, 話したいと, 話したところ, 話なし, 誓って, 語ったところ, 説明する, 警告した, 譲れば, 負けぬくら, 負わせて, 責任は, 貸して, 賛成し, 質問する, 贈りたがつた, 赤ちゃんを, 起って, 跪いたり, 軽蔑を, 返して, 返すのぞみ, 迷わされては, 送って, 送られ何らかの, 逆綴, 逢いたいと, 逢うの, 逢ひ, 過失が, 違ひございません, 遠慮する, 遠慮は, 適して, 還らうと, 邪樫に, 都合が, 金が, 金槌を, 関わりの, 附き合うよう, 附添う, 限つた, 隠しては, 集まりは, 電話ぐらい, 面当ての, 預かれと, 預けて, 頼って, 頼むくらい, 頼んだから, 風邪を, 飛びついて, 食いつくかも, 食べさせるため, 飲み廻しながら, 香油を, 高潔心が, 髭を, 鷹狩りと, 黙って

▼ わたしには~ (751, 1.7%)

11 それが 9 わかって, わかりません 7 わからない, わたしの 6 まだ息子, 自分の 4 できない, よくわかっ, 何でも, 何んにも, 見当が 3 それを, そんなこと, ちゃんとわかっ, よくわかりません, わからなかった, わかりませんわ, 何の, 分りません, 見えた

2 [39件] あなたの, あの人, あの女, いろいろな, これが, その時, そんなもの, そんな事, とてもそんな, とても書け, どうしても, どうする, また捨て, まだわたし, もうわたし, わからないわ, わかります, わかりませんが, わかりませんでした, 何にも, 何も, 分からなくなって, 分かりませんわ, 分って, 分らないこと, 判らない, 実際不思議, 家の, 少し強, 息子は, 感情という, 構わないで, 殆ど不可解, 申し上げる力, 疑が, 神さまが, 聞こえなかった, 解らない, 非常に

1 [571件 抜粋] ああいう, あたま, あなたが, あなたと, あなたを, あのお仲間, あの車中, あらゆる狂信者, ありありと, ありませんわ, いくら考へ, いっさいを, いったいに, いつも随分厭, いまもっ, いよいよ判らなくなった, いろんな名前, うっかり口, うれしかった, おかみさん, おまえの, おもえた, お前が, お前の, お取持ち, お父様, お粂, お金が, お馴染, かうするより, かなり苦しかっ, かねて, かんにんの, きこえない, くれません, けっして忘れる, けっして読者, こういった, こう思われた, ここへ, ことがらが, こどもに, このいわゆる裕福, このうえ何, このかた, この姉一人, この書物, この流浪, これだけの, これより, こわくも, ごひいき, さういふ, さっぱりそれ, さっぱりわからない, さっぱりわかりません, さつ, さつぱり, しませんよ, じつにおもしろかっ, すぐ分かつた, すぐ彼女, ずいぶん役に立った, ずっとうれしい, ずっと性, ずっと洋服, そうだ, そう察しられました, そう思えない, そう思えなかった, そう思える, そう思われた, そう想像, そう考えられなかった, その不幸, その刀, その力, その区別, その原因, その声, その変化, その成功ぶり, その泥棒, その町, その真理, その資格, それすら, そればかりと, それより, そんないい, そんなこ, そんな大, そんな心持ち, そんな親ゆずり, そんな誠実, ただひとり, だんだんわかっ, だんだん厭, ちっともそんな, ちっともわかりません, ちっとも判らない, ちゃんと響い, ちょっと考え, できさ, できないこと, できないわ, できなかった, できません, とうてい測り知られない, とけない謎, とてもあの, とてもうまく, とてもそういう, とてもそこ, とてもその, とてもそれ, とても厭, とても惡, とても泳い, とても考えられません, とり逃がした蝶々, どうしてもあきらめられない, どうしてもお, どうしてもそういう, どうしてもまだ一つ, どうしてもわかりませぬ, どうしてもわかりません, どうしてもわけ, どうしても今, どうしても分かりません, どうしても彼女, どうしても春, どうしても本当, どうしてよい, どうして降りたら, どうで, どうにもできない, どうもわからない, どうも分らん, どうも吃驚, どうも唯それ, どうも想像力, どうも納得, どう考え, どこから, どのくらい, どんなあつい, どんなにあの, どんなによろこばしい, どんなパイ, なかった, なくては, なにか一大事, なにが, なにより, なんだかよく分らない, なんとし, なんともいいなだめよう, なんとも言えず, なんの, ねっから不服, はっきりわかっ, はっきりわかった, はつきりしない, ひとつうまい, ひとりでに分かっ, ふさわしくない, ほかにも, ほとんど信じられなかった, ほとんど推察, まあ平一郎, まざ, またおかしかっ, また考え, まだこういう, まだそ, まだ判らない, まだ夫, まだ本当にわかりません, まったくけんとう, まるで注意, まるで覺, みや子さんが, もうすっかりわかっ, もうそんな, もうどうした, もう一刻, もう読めた, もちろんちっともわからなかった, もどかしかった, ものたらない, ものを, もはやこんな, やさしいいいなずけ, やっぱり何, やはり素晴らしい, よくある, よくわからない, よくわかります, よくわかりませぬ, よくわかる, よく分らない, よく分りました, よく分ります, よく分りません, よく判らなかった, よく理解, よく知れ, よろこんで, わかつて, わからないけれど, わからないでも, わからないどうして, わからないわかりやしない, わからないわたし, わからない手まね, わからない理由, わからなかったけれども, わからなかったの, わからなくなりました, わからなくなります, わからぬが, わかりました, わかりませぬ, わかりませんから, わかりませんねえ, わかりません思出, わかる, わかるよ, わけが, わたしだけの, わたし自身の, サッパリわからない, ドイツの, パリに, マネージャと, モルモットを, ロオラは, 一つの, 一つ役目が, 一向に見, 一向に見覚え, 一向に面白く, 一向合点, 一寸努力, 一層面白, 一方ぐつたりとした安堵, 一日の, 一番それが, 一言も, 一頭の, 不可能で, 不安よりも, 不満な, 与えられないよう, 両親が, 両親も, 主税様は, 二の句も, 二十七の, 人間の, 今に, 他に, 似合は, 似合わなかった, 何が, 何だかそう思われ, 何だかよくわからない, 何だか不思議, 何となくまるで夢, 何となく親し, 何にでも, 何もかも突き止める, 何を, 何故だ, 何故佐渡奉行さま, 何箇月か, 余りよく, 例へばきのふ, 信じられないわ, 信じられぬよ, 値が, 僭上でしょう, 全くかけかまい, 全くわからん, 全くわかりません, 全く珍しい, 全く覚え, 全然我慢, 全然見えません, 内證, 冷かつ, 冷笑に, 出来ること, 分からぬ, 分かりませんでしたの, 分かりませんでしたわ, 分かるわよ, 分らない, 分らないところだらけ, 分らん, 分らんよう, 切支丹の, 判断出来ません, 別にこれ, 到底これ, 到底なんとも説明, 剣難の, 十分ありました, 十分だった, 厳重な, 友だちが, 受け合われません, 口当りが, 合点が, 同じこと, 向かない, 君に, 命が, 商用が, 問は, 問題だ, 嘗て何一つ買っ, 四人の, 四日と, 夜更を, 大事な, 大砲も, 好くわからぬ, 好く似合い, 好く分からない, 姐御, 娘の, 子供が, 子供の, 実に辛く, 室を, 寝床が, 尊くも, 少々存じ, 差されも, 師匠と, 引きは, 弦之, 強く感じられる, 彼が, 彼の, 御不憫, 徹底的に, 心底からの, 心底を, 心細い場所, 怖しかった, 思えないの, 思えなかった, 思われた, 思われて, 思われないけれど, 思われま, 思われません, 怠怠しい, 恐しかった, 悟れないの, 悲しいか, 想像も, 愉快でした, 意外にも, 感じられた, 感じられない, 我慢も, 持ち上がらないわ, 持って, 掛け替えの, 政治的な, 数字は, 新しい友達, 新刊の, 新規な, 日を, 明さんの, 易は, 春よりも, 晴天の, 暫く心, 最後の, 有害な, 来て, 来は, 格別に, 格別の, 棄てきれませぬ, 此の, 此上なくうれしい, 此夜中に, 武蔵様の, 残って, 母が, 母さんは, 気がかりだった, 気がつかない様子, 気がつかなかった, 気が付かなかったの, 気に入つた, 気に入らない, 気に入らなかった, 気味が悪くて, 江戸戯作者の, 決してそうは, 決して不快, 泉からの, 深い理由, 渡さなかった, 父な, 父親や, 牛の, 牧師の, 物理学は, 犬の, 犯人は, 猶更, 生まれつきの, 甥に, 用は, 田沢という, 申し上げられません, 男の, 異論が, 疑問である, 疑問です, 疑問も, 目に, 目も, 目新しいもの, 眼も, 短すぎ, 確かに, 神仏よりも, 禁もつだつた, 秘書の, 答えられなかった, 答えること, 罪は, 考えが, 考えものだった, 考えられない, 考へられない, 聞えたの, 聞かせて, 腑に, 腕という, 自発的には, 苦しかった, 苦労とは, 苦手だ, 苦手です, 落ち着かなかった, 虫酸が, 蟹を, 行けない, 行路の, 要領の, 見えたの, 見えませんあなた, 見えるから, 見えるがね, 見当の, 解った, 解らない絵, 言えません, 読めて, 読めるよう, 読んで, 誰も, 調子, 賛成し, 賛成の, 身寄りも, 輪を, 辛いかも, 辛抱出来ない, 逃げる必要, 連れの, 遂に出来なかつた, 遠慮した, 選ぶにも, 酒も, 金が, 閉じこもる部屋, 関係なんか, 離宮の, 非難できない, 面白うございました, 靴が, 頭の, 風などは, 飛行機の, 食堂係の, 駄目よ, 鬚を, NHKで

▼ わたし~ (452, 1.1%)

52 一緒に 20 いっしょに, 同じよう 15 して 12 したこと 8 しても, わたしの 4 こういうこと, 一しょに, 一所に, 結婚する 3 一しよ, 二人で, 同様に, 姉とは

2 [24件] あなたとの, あの人, いたしましては, いれば, お松さんと, すると, ほかに, 三人で, 並んで, 二十合斬り結んだ, 交際って, 交際つてみ, 別に懇意, 前後し, 同じくらい, 同じこと, 同じやう, 同年配, 同意見, 向ひ, 結婚し, 腕を, 視線を, 話を

1 [241件] あいつとの, あなたが, あなたと, あなたとが, あなたとで, あなたの, あの女, あの秀, あまり違いません, あんたが, あんたとは, いうものの, いっしょでも, いっしょにいればこの国, いっしよに, いったいどれ, いったら自分, いつ夫婦, おなじよう, おなじ白い, おはま, お前さんと, お前さんとは, お前の, お美夜, きたらまったく, きたらもう, きた日, きよ子とは, こういう風, こしかけの, このお客, この運転手, これまで, したところ, したらほとんど, しちゃ, しましても, すれば, そこに, そっくりでしょう, そっくりの, そなた, その人, その女, その音, たった二人, どうしてこんな, どちらが, どっちが, どんな関係, ならどう, ふたりで, また会う, みさちゃんとは, もう一人島田, もっとずっと関係, やりませう, わかりますか, カピの, チャンフー双生児の, トム公とで, ヒルダの, ベッドを, ペンと, マッちゃんかな, リーズは, 一し, 一ツしよ, 一杯飲ん, 一緒では, 三人だけの, 三人に, 三田村技手の, 三田村技手を, 並び手綱, 並んだ寝台, 中村君と, 乙鳥音吉とは, 事務上の, 二つ違いです, 二人ぎりで, 二人つ, 二人の, 二人は, 二人夫婦ごっこを, 云う女房, 云う親, 交際したら, 人力車の, 今の, 他の, 代って, 以前の, 仲が, 仲ようしとる, 似たりよつたりの, 倶に, 優しく何, 兄との, 光子さんとの, 入れ代って, 入れ代り, 出遇, 分担した, 別れて, 別れてから, 十日も, 友さんと, 友だちとは, 反対の, 口を, 台所を, 同い年の, 同じぐらい, 同じこのよう, 同じだろう, 同じである, 同じに, 同じベンチ, 同じ下宿屋, 同じ不思議, 同じ中立, 同じ位, 同じ八文七分, 同じ学校, 同じ小学校出身, 同じ市民, 同じ年ごろ, 同じ心もち, 同じ心配, 同じ木賃, 同じ村, 同じ桟敷, 同じ歳, 同じ着物, 同じ級, 同じ興味, 同じ身の上, 同じ運命, 同じ髪, 同列し, 同学だ, 同室の, 同年の, 同年輩ぐらい, 同時に卒業, 同様いつも, 同様なる, 同様ねむる, 同様の, 同様御, 同級で, 同級生であった, 同罪である, 同質だ, 同類の, 咲が, 唖, 四人で, 四十面相とは, 国男, 外に, 大ていおんな, 大田黒君とは, 夫とは, 夫婦に, 妹とが, 妻とに, 妻を, 姉の, 姪と, 娘だけさ, 子供たちの, 家内の, 寝るの, 小さい弟, 少しも, 岩井の, 差し向いで, 市十郎さまとの, 市十郎さんとは, 幸内の, 庵居を, 弁護士に, 弟きりで, 弟とかれ, 彼の, 彼女との, 彼方へ, 彼自身との, 御一, 恋仲に, 愛子の, 接吻する, 敬さんとの, 月の, 来たらお, 来て, 正勝ちゃんだ, 母とで, 水照しづけき, 浮名を, 火と, 父の, 玉ちやんとは, 生れたこと, 生涯を, 田中さんとで, 町田とは, 相談の, 約束なさった, 組ちゃんとは, 結婚しなけれ, 緑川さんの, 肩を, 自由に, 致しましては, 舟へ, 若松屋惣七どのと, 行きあうどんな, 行くの, 衝突った, 親しくし, 話が, 話して, 話し合う気, 貴方と, 賢二を, 達ちゃんが, 違って, 金永生は, 鈴木女, 関係の, 陳と, 離れて, 青い小, 顔を, 駈落し, 鳥熊の, 鼻を

▼ わたし~ (327, 0.8%)

5 の家, の生活, はこの 4 のよう 3 のご, の心, は, はその

2 [23件] が子供, が幼い, が生き, と一しょ, のこと, のやう, の中, の仲間, の先, の子ども, の對話, の眼, の雰囲気, の頭, はどう, はふたたび, はまだ, は何, は町, は黙っ, も殺される, も薄々, を認める

1 [250件] あおまえ, からは百円, が, があなた様, がいない, がお, がお前, がお次, がかえる, がこん, がし, がすゝめ, がもし, がやけ出され, が付い, が其, が困ります, が女, が子ども, が居る, が川崎, が差し出る, が役員, が所謂スペイン風, が据わっ, が昔馴染, が未だ, が東京, が案内, が極める, が此処, が泊まった, が混沌, が現に, が種々, が訊き, が近代的外皮, が這入っ, が霊, この中, すてられた魂, そう云った, だってそう, ではある, との距離, と一緒, にあ, につい, についておいで, にでも心から, にどんな, になん, には, にはうつ, には一向, には分る, には別に, には國土二千六百餘年, には手の, には自分, にもその, にもわかりませんでございます, にも判らない, に刺し, に取っ, に旅裳束, に昔, に構っ, に浴びせかけた, に訊い, に逢い, に隠し, に食べさせる, のあり, のいう, のうしろ, のため, のほう, のほか, のまわり, のもの, のドゥーシャ, の中学, の主張, の云う, の休暇, の傍, の先輩, の公園, の共同生活, の出来る, の到着, の勤め, の取, の周囲, の回向, の地球, の姿, の子供, の家風, の宿, の居所, の後, の悉く, の文学生活, の旅団, の旅行, の時代, の歩み, の水入らず, の生き, の病棟, の目, の着いた, の立っ, の素足, の網, の縄張り, の肩, の裏, の視野, の覚悟, の言う, の計略, の詞, の話, の踊場, の身, の遊び事, の運命, の門, の間, の関係, の隠れ家, の顔, の馬車, はあした, はあすこ, はいつ, はうるさい, はお, はお互い, はお前さん, はかなり, はぎょっと, はこれ, はこれら, はそう, はそれぞれ, はたとえたった, はとうとう, はなんだか, はほんとに, はみなさん, はめい, はもうこ, はやさしい, はやや暫く, はよつ, はエジプト時代, はコンクリート, はロマン, は二階, は今夜, は作らされ, は働く, は元, は光, は入れられた, は冬子さん, は別に, は只, は喧嘩, は塔, は壕, は夕食抜き, は夜中, は子供たち, は学生時代, は崖, は工場, は常に, は幾度, は彼等, は御, は御用, は急ぎます, は手, は手荷物, は挨拶, は日本人, は春, は本来, は棚, は正直物, は母, は江戸, は源内様, は灯台, は知らない, は神奈川, は稀有, は肩揚, は自由, は自身, は親, は輕禁錮, は辮子, は門口, は間もなく, は風, ばつかり, へ延寿酒, みられるの, もいささか, もお手伝い, もこう, もそろそろ, もちょっと, もほか, もまず, もよく, も丁度, も上がっ, も何とか, も共々, も其, も同じ, も多年, も好き, も子供, も惚れ込まず, も方々, も楽, も無理, も覚悟, も誰, も諦められない, も鼻, よりも一足先, をいつくしん, をうるさがらせ, をどう, を悪党, を揺ぶる, を毒殺, を自分, を見る, を連れ, 助かつ

▼ わたし~ (265, 0.6%)

9 いた 7 ある 6 いる 4 くれるの 3 おいて, おく, くれた, くれました, みると, 自分は

2 [13件] あって, いたの, いますと, いると, くれ, くれって, くれと, こい, やって, 伸子は, 余は, 洗濯物を, 車箱の

1 [195件] あげます, あった光景, あった板, あなたの, あのおそろしかっ, ありました, あり荒格子, あるその, あるぞ, あるの, あるん, いうて, いた栄一, いった, いふやう, いました, いるだろう, いるの, いるよう, いる狡智, いる絃, おいたろう, おきました, おきましょうか, おくからね, おけ, お妃さま, お杉, お行き, お金いくらか, かける巨大, きたという, きたほんもの, ください, くだすった, くるそれ, くる軍馬, くれたこと, くれたと, くれたので, くれた人, くれてよ, くれましょうか, くれら, くれること, くれるので, くれるレディースペック一つ, くれれば, こういいました, こちらの, これは, こわして, ごまかすの, さあこれ, ささえて, さしいれものの, さらす也, しおしおと, しつらえた桟道, しばりつけました, しまいました, しまいましたから, しまうところ, しまえさ, しまった, しまったの, しまって, しを, そこの, そして本腰, そして頼んだ, その上, それを, ともかくも, なにやら密議, なんか御覧, ぬすみ眼, ねどこへ, はては細川侯邸, ばばは, ひよつ子, まん中に, みえさかり, みえる, みて, みても, もう一度階段, もらいたい, もらいたいな, もらうこと, もらふ, やったが, やる, やるぞ, やるため, やると, やるの, やれ, やろうと, よいぞ, よこした, よこしたでは, よこせ, ゐる苔, スタスタ下山し, ニコニコ笑った, バスに, バタを, 一人置き去りに, 一個の, 一安心いたしました, 一滴侍の, 一言に, 下さい, 不死人, 中西弥惣兵衛は, 二日には, 今度は, 今日までの, 代りに, 何も, 傍目も, 六条河原に, 其に, 出て, 出席簿を, 取りあげられて, 向うの, 呉れと, 土間に, 墻の, 外へ, 夜泣きうどん屋は, 女は, 学生を, 小さし丘, 小石川の, 屋根の, 崩れ潰え, 席を, 帰し独り, 帰りました, 強いて異犯, 待ち伏せて, 快心, 快甚だし, 思った以上, 戸を, 戻って, 所どころに, 承諾を, 掘ろうにも, 新しい恋愛, 来たところ, 来たの, 東洋人カラモを, 板を, 樒を, 横着き, 正三君も, 気の毒な, 江戸市中に, 清十郎は, 特に活溌, 犬は, 砂を, 神服織る, 私は, 立ちながら, 立ち去った, 立ち塞, 考えて, 背戸口の, 胡蓙を, 自分の, 茶の間へ, 茶屋三戸ここの, 莫大な, 著るしく, 蛮絵を, 見える, 見せた, 言ひました, 説明しはじめた, 貰いたい, 貸して, 足がかりに, 近いうち, 運ばした, 階段へ, 隠れ棲ん, 非情には, 食べますから, 食べる, 餅を

▼ わたしども~ (201, 0.5%)

5 のところ 3 の家 2 がここ, のよう, の方, の村, の沙地, はこれ, はその, は幸福, へお

1 [175件] あなたが, が, がお, がこう, がたしかに, がまた, がようやく, が世の中, が小学校, が小説, が庭, が心配, が悪い, が料理, が日本, が明治維新, が永い, が看病, が秘密事項, が行く, が見た, が費, こそお嬢様, この先どれ, じゃない, ではうまく, では唇草, でも大変, としてあなたがた, とはまるきり, と一緒, と同じ, にあなた, におっしゃいました, にとっ, にとっては申し, にとって恩, になに, にはかえって, にはそう, にはどうも, には三夫婦, には何, には先づそれが梨, には心得, には欠け, には歴史, には見る, にもだんなさま, にわかる, に何, に言わせる, に話, に離れず, に食わせた, のうわさ, のお願い, のこの, のご, のつけ, のまだ, のやる, のフランス, の世話, の今日, の仲間, の会社, の会話耳, の側, の出発, の出発前, の創作, の奔, の姿, の希望, の座長, の往来, の愛, の招待, の日々, の為合せ, の爲, の生き, の生活, の生産, の白苫, の目, の知っ, の第, の職業, の肌, の苦労, の行く手, の裏, の裏庭, の言う, の跼ん, の銀行, の間, の顔, はあっち, はあんまり, はいつ, はいま, はうえ死, はうすら, はお, はおもしろく, はかう, はきっと, はすぐ, はぜひ, はそう, はそれ, はそんな, はちゃんと, はとうとう, はどうしても, はどこ, はほんとう, はみなさん, はみなさんがた, はもう, はもっとずっと, はゆっくり, はアレゴリア, はエストニア, は一斉, は今日特別, は他殺事件, は伝説, は何ひとつ物, は利口, は友達, は呑みません, は夜, は夢中, は姿, は少し, は山, は年頃, は御馳走, は怖い, は恐ろしい, は拍子, は昔, は昼間海辺, は木, は木戸口, は気持, は決して, は汽車, は泳ぎ, は田舎もの, は皆船頭, は聞き流し, は違います, は頭, へおい, へ出入り, へ知らせ, ほど幸福, までどれほど, みたよう, みんなが, もお祝い, もこの, もぼんやり, も今度, も大, も馬籠, をいつも, を助け, を飼っ, 人民が

▼ わたしにも~ (177, 0.4%)

4 見せて

2 [12件] それを, どつて, よくわからない, よく判らない, わかった, わからない, わからないの, 判らぬ, 多少の, 容易に, 料簡が, 覚悟が

1 [149件] あなたの, あの, あるかも, いいもの, いくらかの, いっしょに, いろいろ心もち, うたって, うれしいこと, おでん屋よりか, おもしろいこと, お師匠さま, お見せよ, お話の, お館, このくらいに, このこと, この女, これから先, こんな女の子, しようが, すこし織らせ, そうらしく思われ, その使徒, その慈善事業, その憂, その真似, ちょうどあんた, ちょっと見せ, てんでん, どうする, どうやらあんた, どつて来, どれほどの, はっきりしない, はっきりしません, はっきりとは, はっきり見え, ほとんど見当, またかかっ, みえる, みんなと, もちろんわかっ, やはりそうで, ようはわかりかねる, よくわかりません, よく分かっ, よく分かりました, よく分っ, よく分らない, よく分ります, よく思っ, よく見せ, よく読めませず, わかって, わからないのよ, わからん, わかりますわ, わかりません, わかりませんでしたわ, わかるが, わたしとしての, メデューサの, 一つの, 一つ下さい, 一向わかりません, 一寸耐ら, 下りるよう, 云うこと, 人間としての, 他の, 似合わないすっかり, 何が, 分けて, 分つてを, 分らない, 分らないん, 分りません, 判らないが, 判らなかった, 判断は, 別に考え, 勿論心当り, 友だちは, 口惜しいん, 同じ目的, 同行を, 大分責任が, 大抵想像された, 子供が, 家族が, 少しく不思議, 少しも, 廻って, 彼女にも, 後藤先生にも, 御亭主, 御尋ね者の, 心あたりが, 心細いよう, 思いがけないくらい, 意地という, 感じられますけれど, 或る, 手を, 抑え切れない煩悩, 持たせて, 指南してた, 探し出す力, 教えて, 春を, 書きつけること, 有り余るよう, 正確の, 牛乳を, 皆さんにも, 相当世の中, 確かな, 祝福を, 神の, 稀には, 等しく恩人, 罪の, 美徳が, 考えが, 考えること, 聞えよがしに, 聞きわけられない訛り, 自分の, 見えて, 見えない, 見えましたわ, 見当が, 覚えが, 親しい思い出, 親友らしい, 解っては, 言いより, 言うこと, 言えないの, 言えませんがね, 訳が, 話して, 話しました, 話を, 読み取れた, 貸して, 赤ちゃんください, 踏ませて

▼ わたし自身~ (162, 0.4%)

5 のこと 2 が十七歳, その武器, で持っ, とおなじ, としてはわたし, に対する苛立たし, の経験, の鼻, よ, をわたし

1 [137件] あわてて, いつもいつも高木さん, かう言つて, から他人, から切り離す, が, がかの, がそこ, がそれ, がなぜ, がまず, がウォールデン, が一分, が不, が小鳥たち, が少し, が怖, が持ち切れなくなっ, が挙げた, が支払った, が書生, が殺される, が目撃, が純潔, が縛られ, が頷く, こう言っ, だったの, だってできない, ではない, では田舎, で仕, で切株, で自決, としてはかれ, としては今, としては奇妙, としては日雇い労働者, としては本当に, としては離れた, としても大した, としても日本, とわたし, などはゲエテ, なども過去, にかかわった, にしろ, にそう, についていえ, についてはせいぜい, について格別, にとってもこの, にはやめる, には全く, には彼女, には見逃し, にもなんとも, にもはっきり, にもほん, にもわかっ, にも然, によって生まれた, に対し相, に念, に気付かせる, に腹, の, のこの, のため, のポケット, の不可抗力, の中, の二重像, の口, の夢, の好み, の実際, の実験, の少し, の心, の心境, の性格, の恋人, の想い, の意見, の愚, の愚かさ, の損失, の政治的, の教育, の日, の深い, の生活, の生計, の立場, の考, の考え, の肉屋, の脚本, の血, の見方, の記憶, の魅点, はこの, はすくわれる, はとっく, はどんな, は云, もあ, もあまり, もあまりに, もある程度, もすべて物, もそういう, もだんだん, もとくに, もどうやら, もほとんど, もまた, もオトギリ草その他, もパン, も今, も何かしら, も多少, も将来有望, も彼, も心持ち, も殆ど, も深い, も言葉, も驚かず, や長谷川, を人間的存在, を叱り, を感じ, を構成, 少しも

▼ わたしから~ (130, 0.3%)

6 離れて 3 御老女様, 眼を, 見れば 2 お礼を, お離し下さい, 何を, 始らない, 手紙を, 聞かされて, 見ると, 観ると, 言うの, 顔を

1 [95件] あなたへの, あの人, いい聞かせます, おねがいしたい, お名残り, お手紙, お浜どん, お父さま, お角さん, お話します, お話を, お金を, お頼みします, お餞別, この宝, こんなにあやまっ, さした盃, そう遠く, そのうち, その綱, その頭, それとなくお話し, それとなく母上, そんな事, ただ床一つを, だと, つい五, なにかを, はぎ取られわたし, はつきり今諸君の, ほんの五, またよく, みると, もうなに, よくわけ, よく先生, よく注意, ガロフォリについて, 上げた文, 上手に, 上衆に, 主人に, 二歩ほど, 云えば, 云わせると, 代金を, 何か, 先にと, 取ったもの, 取り去られて, 受取つた, 奪い取った貞操, 宝石を, 届けて, 展開した, 師匠の, 御前に, 忠告を, 放れて, 昔話を, 木場白井二生の, 栄三郎へは, 桂庵の, 横取ろう, 殿様へ, 注意し, 申して, 申し出すこと, 目を, 確かに, 神尾の, 突然乱暴, 結婚の, 絞るだけ, 繕いの, 聞いて, 聞き出そうと, 聞こうと, 蒔絵の, 解放されれ, 言わせると, 話すった, 起こったん, 起こって, 身を, 辭を, 返事を, 逃げ廻らないで, 逃れも, 金を, 離れよう離れようと, 離れる間際, 離縁し去った, 電話を, 頼んで

▼ わたし~ (118, 0.3%)

5 働く婦人 4 のよう 3 の手, はこの 2 のなか, のクラス, の子供, の生活, の雑誌, は

1 [91件] あ茶, から残酷, がとった, がなに, が一歩, が堂々, が大阪, が目, が読みたい, が飽くまでも, だとて, とて命, とを一まとめ, にささやい, にとって大切, にとって無上, になに, に持たせ, に暗い, の, のこと, のころ, のやう, のタコだらけ, の仲間, の催し, の先祖, の命, の小, の屋根, の年, の教わる, の日本プロレタリア文化連盟, の書いた, の真, の組, の胸, の身うち, の難儀, の食料, はかなり, はきっと, はする, はすん, はずっと, はその, はそんな, はどこ, はなん, はひどい, はむつまじく, はよい, はわたしら, はスッパ, は乾いた, は信頼, は地面, は夢中, は大同, は心から, は戸部, は毎晩, は町人, は考えない, は見なかった, は貧しく, は起ち上がる, は運, は館林近在, は魚類, まできた, もうま, ももう, も其の, も寒, も知っ, よりずっとずっと, より小銭, を, をいとも, をおも, をどこ, をびつくり, をも警察, を一日, を圍繞, を家来, を尻目, を飢え, 働く婦人みんな, 揃うて

▼ わたしだって~ (114, 0.3%)

2 このまま, なんでも

1 [110件] あなた, あなたが, あなたの, あなたみたいな, あの人, あやしいもん, いつまでも, お前ずいぶん, お小費い, お父さんの, お礼が, ここへ, この可愛い, これでも, これまで, これ程の, こんないい, こんないんちき, こんなに愛してる, じぶん, そうしたなか, そうしたろう, そうします, そう思っ, そう言われなけれ, そう誰, そのつもり, その気, それと, それは, そんなこと, そんなに暢気, そんなに聖なる, そんな恐ろしい, たぶん王女さま, だんだんから, どうして今日, なんだか悲しく, はじめて悲しい, まさかカン, まさか何一つしらない, もうすぐ三十, もう三, もう生きてよう, やっぱりお前さん, やはり同じ, やはり悩ん, やれないこと, よく似合ってる, よろこんで, わたしなりに, わたしの, 一度位は, 一日二日は, 不運な, 五つの, 五人や, 五百刈る, 亭主を, 何も, 健全な, 元気が, 其様向, 判るわ, 同じ扱い, 同じ言い草, 同罪以上です, 君の, 吸うわよ, 困ります, 夢にも思えないだろう, 夫人の, 女です, 宅へ, 定子を, 宴会を, 寝台に, 巣鴨へ, 度々来, 張店の, 彼らが, 忙しいん, 掴まえる, 撃てると, 旅行を, 昔とった, 昔の, 時と, 槌屋の, 正勝ちゃんの, 歩けますよ, 殺されて, 気が, 活溌に, 男です, 男一匹だ, 盗んで, 着のみ着のままで, 知って, 神さまと, 竜宮へ, 考えて, 苦しいわ, 赤ん, 途中で, 酔興で, 面白いと, 馬鹿じゃ, 骨を, 魂は

▼ わたし一人~ (105, 0.2%)

11 では 3 のもの 2 がこの, だ, で行く, のこと, の地上楽園

1 [81件] かい, がいい, がけちけち, が何ん, が助かる, が納め, が素人, が遠く, ぐらいという言葉, ぐらいはどうにか, ぐらいはなんとか, しかいない, じゃこの, じゃ淋しい, そのわたし, だけかもしれない, だけでお, だけでどこ, だけのほう, だけは結婚不可能, だけ幼年, だという, でお前, でした, でどこ, でないしょ, でなかったろうと, でもなく, でもよも, でも大丈夫, でキット親, で上れっ, で二階, で出かけ, で参ります, で嫌, で帰る, で払渡し, で探し, で昼, で淋しい, で生きてる間, で結構, で脱ぐ, で行けやしない, で見, で訪ねる, で車, で隣家, という始末, ときく, となりました, ならここ, ならすぐ, ならどうにか, ならどんな, なんだか馬鹿, にそっと, にだけ事情, になりました, にペンぎり, に限った, のとき, のまかない, のよう, の喜び, の声, の子, の心, の考え, の胸, の部屋, はらいその, は自分自身, をほんとう, を世話, を人身御供, を有野村, 乗って, 居ったところ, 逃げたらあと

▼ わたし~ (89, 0.2%)

6 口惜い 4 黒猫 2 お母さんと, これでも, 女よ, 尚と, 恋路で, 烏に, 神田の, 遠いところ

1 [63件] あなたが, いやな, うちの, うれしの, おまえに, おまえも, お前は, これから, さつ, そんなこと, どうしてえ, なんど聞い, もう止め, よつ, ア, カフエーの, ヒヤッと, マルラは, ロツスで, 上の, 上方の, 下街, 中村君も, 井上君だけが, 休んでるから, 初恋, 別府の, 勧進帳は, 夜ふけに, 太田の, 女の, 子供を, 思はぬ, 思ふて, 恥かし, 手代の, 来たの, 此の, 此れで, 此家の, 武蔵様が, 母親が, 気が, 浅草の, 涙で, 港の, 炭の, 焔の, 焼野に, 父は, 玉ちやんが, 田舎の, 男に, 癪で, 皆さん, 知りませんよ, 胸が, 蜀黍打棄つ, 警備係の, 谷間の, 鎌何處へ, 飛んだこと, 食ひしん

▼ わたしという~ (80, 0.2%)

13 ものが 11 ものを 5 ものは, 人間は 4 ものも 3 ものに, 一人の 2 ものの, 人間を, 女の, 女は, 男は, 者の

1 [24件] あんぽんたん女史十歳か, お婆さんを, ところが, のは, もの無し, 人は, 人も, 人間の, 人間も, 土が, 女も, 女を, 年来の, 慾張りは, 敵に対する, 現象は, 生きて, 白熊を, 組合わせでは, 者に, 者を, 覚束ない, 響の, 顔ぶれで

▼ わたし~ (73, 0.2%)

126 ツて 4 どうしてもわたし 2 つて

1 [49件] からいい, かわたし, が, が殺し, けれどもうこう, ちのそばを, ちの子供の, ちの眠っ, つてうそ, つてお針を, つてこの, つて何時いけなくなる, つて友誼と, つて同じ, つて女の, つて妻の, つて嫌ひ, つて安里さんばかりを, つて帰りたい, つて帰る, つて悪い, つて意地悪るで, つて東京へ, つて歸り, つて番は, つて知つてる, つて鬼事狂言を, ということ, という勝ち, とお, としたら, と云う, と分れ, と女王, と思, と思っ, と思った, と思ってたら, のが, のにマダム・ラゴンデール, もんです, よそうそう, よほんとう, よわかる, よ弁信さん, よ金太さん, わ, ッて, 新田です

▼ わたし~ (61, 0.1%)

2 の子供, の頸飾り, は随分, も名

1 [53件] からのお, がどんなに, が來, が旦那様, が機嫌, が逢っ, が骨, こそお世話, ではどこ, では子供, でやります, と一しょ, にしろ, にはここ, には王室, にもやがて, に対して意地, のお, のところ, の中, の仕事, の先刻承知女房, の前, の店, の方, の記憶, は, はあなた, はお, はそれ, はちっとも, はもう, はフランス語, は下らぬ, は今, は何とも, は大きい, は小さい, は愛する, は押し, は故郷, は明るい, は暫く, は見, へお立ち寄り, まんざらあなた, もここ, も髪, を見放さない, 夫婦は, 夫婦親子は, 好んで, 御辞退

▼ わたしにとって~ (59, 0.1%)

2 詩は

1 [57件] いちばん血の, いつも何, かけがえの, こころみられたこと, すくなからず, その立派さ, それしか, たいへん記憶, つらくも, なくては, なんだろう, なんの, もう一つ関所, ビロードの, 一つも, 一生の, 一生忘れられない, 人間社会へ, 何に, 全く意義, 単純だ, 商業の, 問題では, 善い人, 大きな希望, 大切な, 好ましい核心, 実に名状, 実に嬉しい, 尊い記憶, 形而上学的の, 忘れられないひと, 忘れること, 恐ろしいこと, 愛するという, 或は冒険, 時計は, 最も重大, 本当の, 栄さんの, 検束は, 死んだ人, 毫も必要, 決して意外, 無縁な, 痛事では, 終生わすれがたい, 罪が, 肝腎な, 苦しいこと, 苦しければ, 苦痛は, 菊人形は, 輝ちゃんは, 遠方の, 重荷と, 骨の

▼ わたしより~ (51, 0.1%)

4 もっとえらい 3 お前の, 無限に 2 ほかに

1 [39件] あとの, えらかった, おまえさんは, お内儀さん, お前たちの, ずっとさばけ, ずっともの, ずっとよくくらし, ずっとよく知っ, ずっと少ししか, ずっと強力, もっとあなた, もっと若い, よっぽど人が, エセックス卿の, リイケに, 一つ二つ下の, 一年の, 七つ年下だ, 上手に, 五歳ばかり, 仕合せだ, 低い位置, 先に, 先へ, 古くから, 外の, 小さいし, 年上だ, 強うございます, 早かった, 歳一つ上の, 濃いの, 純潔じゃ, 純潔と, 美い, 若い男子諸君, 豪いよう, 遅れて

▼ わたしあなた~ (50, 0.1%)

3 が好き 2 を愛し

1 [45件] から去つ, から無産者階級解放論, がすき, がそういう, が殺されなけりゃ, が詩, とのこと, とゆっくり, と中, と別れる, に, にすっかり, にたいへん, にどうしても, にほんの, に一つ, に伺ひたい, に冷たく, に忠告, に恋, に會, のお, のおっしゃろう, のため, のところ, のよう, の下, の事, の兄さん, の姉さん達, の思っ, の樣, の親方さん, の面倒, の髪の毛, よりずっと, より眼ざとい方, をおそろしく, をおもちゃ, をほんとに, を幽霊, を待ちかね, を捜し当てる, を見, 始めて信じません

▼ わたしにとっては~ (48, 0.1%)

2 それは

1 [46件] あのひと, あんまりであった, いつまでも, いないのよ, かえって意義, かなり大枚, きっても, このこと, これが, しごく好都合, ずいぶん思い出, そうである, なんという, まったくどうで, まったくどうでも, りっぱな, わたしの, わたし告白する, コンマが, タゴールは, 一つの, 一ぺんきり用に, 世界じゅうの, 何物でも, 勿論の, 同じ事, 城で, 大好きな, 女は, 忘れられない人たち, 恋以上の, 悪い人, 感謝すべき, 手の, 手足でも, 気味が悪いよ, 確かに, 苦しくて, 葡萄ば, 衝動でも, 親身の, 身を, 農夫は, 農業雑誌の, 非常に, 黄色いカピ

▼ わたしもう~ (47, 0.1%)

2 ぢき, 知りませぬ, 行ってよ

1 [41件] あなたを, あの奥さん, お殿様, くにへ, こ, ここで, じれったくて, そういう事, たまらない, つかりして, どこへも, なんでも, 一ぺんよ, 一生あなたを, 乗馬なんか, 乗馬を, 二年組合に, 何が, 帰ろうかと, 幸福な, 心配で, 思い立ったら意地, 手水なんか, 来なくて, 松木の, 治らぬの, 煙草喫むやうにな, 煙草喫むようになったのよ, 父と, 現在の, 生きてるの, 癪に, 知らないから, 知らん, 美沢さんなんかと, 自分勝手な, 草足たんだ, 行かなければ, 袷せ, 起きちゃ, 駄目よ

▼ わたしとしては~ (45, 0.1%)

1 [45件] きみの, けっしてやっ, この二人, この経験, これで, せめて自分, そういう自分, その当時誰, そんな結果, できるだけ純真, どうしてそうし, どうにも止むにやまれん次第, どうも形勢, どなたに, どんなこと, ないのよ, もう一つ二つ, もう一つ最後, もはやこれ, やはり今一人, フェア・プレイと, 一生懸命の, 三年目の, 三篇五篇という, 今の, 何う, 全く不幸, 切ないところ, 実にこれ, 平凡俗悪な, 幸徳君とは, 当時の, 当然な, 文学を, 日本の, 早速館, 無論何, 甚利己的に, 田島さんとの, 立派に, 精神的にも, 自分が, 行倒れに, 過去の, 黙って

▼ わたしとは~ (43, 0.1%)

1 [43件] いのちを, こうしてずいぶん, こうして車, すっかり違った, すでに何週間, そういうこと, その隣, そんな気持, なんにも食べない, まるで性質, まるで縁, わたしが, 下級生時代から, 世界が, 二十年ほど, 人に, 何か, 全然他人, 初対面, 十も, 古いお, 古いなじみ, 同じ行く, 同時に頭, 大いに相違, 奥さんに, 子を, 宿屋の, 東京に, 毎日泣い, 気が, 特別に, 生れも, 異った, 縁が, 縁の, 言わば乳兄妹, 話も, 違うサ, 離れないよう, 離れられない御, 顔を, 黙って

▼ わたしあの~ (42, 0.1%)

3 人が, 人の 2 人と, 方の

1 [32件] お方に, ことを, セエラ様が, 人じゃ, 人に, 人は, 女が, 女の, 女を, 子と, 子を, 子供に, 弁当箱戦争中は, 手紙に, 方に, 時から, 時どうして, 時は, 書物を, 村へ, 梅を, 歌が, 男あんなに, 知りませぬ, 聲を, 花を, 薔薇を, 離れ岩, 雲は, 青い花, 頃は, 黒い川面

▼ わたしです~ (41, 0.1%)

148

1 [19件] お妙, お通, かわたし, か人違い, か今年十七, が, があなた, がきょう, が何故, そういうお前, の, ゆき子です, よわたし, よドミトリイ, よピグミー, よ栄三郎さん, わ, ヨハンです, 乙竹です

▼ わたし~ (37, 0.1%)

2 まんまたべない, 嫁になんか, 父さまの

1 [31件] てがみ, 万殿は, 二人の, 使いに, 別れし, 化粧が, 化粧どこぢや, 友だちとして, 姉さんが, 姉さんを, 姉ちゃんでない, 姉ちゃんなら, 嫁に, 店に, 店へ, 後で, 手水に, 掃除で, 暇いたします, 暇致しましょう, 気の毒に, 父う, 父さまが, 父さまに, 約束の, 肉たべない, 肴屋の, 連の, 邪魔なんぞ, 酒駄目な, 顔を

▼ わたし~ (37, 0.1%)

2 ねむれない, 終りなにもの

1 [33件] あつた, あつて, いつの間にかわたし, お役, お答えの, お酒, この仏像, ござります, さへ, さへも, すがって, すって, すらも初めて, できますこと, できること, どうなる, ひとりで, ほかに, まだ言う, よければ, よろしかったら, 世過ぎを, 何とかする, 出来る役目, 別々の, 別な, 太郎と, 当選し, 御相談, 持前を, 準備を, 自分の, 負けたの

▼ わたしたち二人~ (35, 0.1%)

2 の頭

1 [33件] がここ, がゆっくり, が伊豆山神社, が坐っ, が愛し合っ, が揃い, だけで, だけになる, つまりバルナバス, にキッス, のあいだ, の姉さん, の帰る, の間, は, はあの, はいっしょ, はお, はかつて, はこの, はその, はどこ, はクラム, はグリーン, は今みたい, は死ぬ, よりほか, をおい, をかわいそう, をどすんと, をのせ, を家出, を引い

▼ わたしひとり~ (34, 0.1%)

4 ではもはやどう 2 が人類

1 [28件] が困る分なら, が悪者, だけな, だけのこと, で, でお, でお迎え, ですよ, でと思いこんだ, でなく少年助手, でなに, でね, ではできなかった, ではできません, でもどうにか, で入っ, で歩く, についてみ, になった, には広, のけふの, のこされては, の力, の影, の懐中, の考, の音, はいつも

▼ わたしなんぞは~ (33, 0.1%)

2 いくら本

1 [31件] あの残物, いいよう, いちばんあの, お化, こうした稼業, この年, こんな若い, そうで, ちっとも感じません, とっくに忘れ, とてもこの, とても人間並み, どうなっ, もう年, わたしなんぞは, 一度でも, 下品で, 何の, 何も, 全くこの世, 六日一日寝通した, 商売人の, 所々を, 敢て, 死ぬる事, 災難は, 田舎に, 真面目な, 眼中に, 見るどころか, 部分の

▼ わたしに対して~ (32, 0.1%)

1 [32件] ああえら, あなたは, あんなにしんぼう, ただちにもっと公正, ただの, はなはだ不平, べつに愛情, ほかの, 一種の, 不平らしい, 不断の, 今までの, 何も, 偏見を, 好き嫌いの, 怒って, 恥じること, 意地を, 慇懃で, 憎悪を, 所有主という, 新奇な, 次第, 正本を, 無情でした, 無料で, 無際限, 特別だった, 礼儀を, 秘密に, 義理も, 高等文官の

▼ わたしはね~ (32, 0.1%)

1 [32件] あなたや, あの男, あんたみたいに, いまリンゴを, いろいろ考えなけれ, お母さんが, きみが, こいつは, こう思う, こう言っ, この頃, こんどこそ, ちょいと, ながらそれ, ふつう屠殺台, むってもあんさんはねむったらあかんねむく, もう今, わたしも, タマさんの, ミス, 亡きお父さん, 人間が, 他に, 動き廻ってる, 山羊に, 早くよく, 毎日お前さんが, 色好みで, 西洋へ, 角太郎の, 頭の, 鼠がかった

▼ わたしたち日本~ (31, 0.1%)

7 の人民 6 の婦人 4 の女性 2 の女, の男女 1 のどこ, の人々, の作家, の全, の八千五百万, の国民, の実直, の文化, の明日, の足どり

▼ わたしなんか~ (30, 0.1%)

4 ありは 2 泣いたり

1 [24件] あなたにとっては, あんたにとって, こわくなっ, しあわせの, た, つまらないのね, どうだ, どうで, もう本当に誰, メタボリンの, ヴィザも, 三人も, 大して見, 女の, 寂しいという, 寝小便小僧だ, 是非及第する, 活動ひとつ見る, 生まれつきの, 糸取, 美人じゃ, 袴穿い, 駄目だ, 麻酔剤を

▼ わたし~ (29, 0.1%)

1 [29件] うれしいといったわねえ, からおじゃま, からすぐ, こそ分りました, この手, ちょっと井上, ちょっと拝見, でもそれ, でもわたし一人, となっ, どういう風, のまま, の中, の中歯医者, の身の上, は一枚, まであなた, までで, までにちょっと, までに今晩, ペンを, ママと, 姉さんから, 少しで, 帰って, 帰ろうと, 急に, 電話を, 風邪気味です

▼ わたしよりも~ (27, 0.1%)

2 さきに, 年を

1 [23件] あなたの, お前の, お前は, お千絵様, くわしくなん, ずっと君, ひと足先に, べつな, むしろ, もっとしん, もっとはしっこい, もっとよい, りこう, 一件に, 一層深い, 優れたもの, 先に, 君は, 年下です, 年下の, 早く歐羅巴, 若いし, 遠く離れた

▼ わたしこの~ (26, 0.1%)

2 かたに, ままで

1 [22件] かたと, かたの, ことを, ドアの, 上に, 二人を, 児を, 判決を, 夏は, 子の, 封筒も, 山に, 山石早苗という, 年に, 建物じゅうの, 方が, 方の, 次の, 竜神さまへ, 荷物を, 週は, 部屋出る

▼ わたしとの~ (24, 0.1%)

2 距離は, 間に, 間の, 関係を

1 [16件] あいだに, こと後悔なすってる, 二人のみ, 二人は, 手紙だ, 暮しでは, 決闘を, 用向です, 結婚が, 縁談の, 話を, 道に, 間が, 間には, 関係が, 関係は

▼ わたしなどは~ (23, 0.1%)

2 御覧の

1 [21件] あまり忙しい, あんまり忙しい, おそらくその最たる, かの春木座が, かの春木座通い, それに対する, どんなふう, もう, もうこの, 何を, 元来が, 初めから, 家で, 思って, 早い話, 昔話の, 盛夏の, 考えて, 茶懐石でも, 見すごして, 誠心誠意読者の

▼ わたしその~ (22, 0.1%)

2 ときは, まえに, 上を

1 [16件] お方を, お話を, くつが, くらい歩く, こと光栄に, 仕事を, 基本的な, 方見られない, 日市はて, 時は, 時間まで, 薬で, 話が, 質問には, 足もとへ, 連中を

▼ わたしそんな~ (21, 0.0%)

3 ことを 2 つもりで

1 [16件] お附, ことど, こと考えも, つもりじゃ, の, ものじゃ, ものは, 事には, 事は, 交渉は, 仕事の, 大金を, 女じゃ, 手管とやらは, 気持に, 貴族の

▼ わたし~ (21, 0.0%)

1 [21件] かて社長さんとこ, が一年, が其處, が破る, には関係, にゃあ, に示し, の同志, の時分, の汽車, の渡つて, の生れ乍ら, の生涯, の視界, の體中, は自然, また明け, も欲しい, より, を一階上, を取卷い

▼ わたし自分~ (21, 0.0%)

2 のこと

1 [19件] が伺いたい, でさ, でする, では気持, でドア, で行っ, で言っ, で言った, のお, のことば, の可愛い, の家, の思っ, の手, の気持がち, の理想, の部屋, はそんな, をよく

▼ わたしなら~ (19, 0.0%)

1 [19件] いやア, きっと嗅ぎつけ, そういうとき, そうねえ, その手, その残肴, そんなこと, ね, ばあの, ば人様, ば唯, ば唯こう, ば鮨売, むろんあの, わたしを, デュトットと, 何の, 定木を, 直ぐに

▼ わたしほんとに~ (19, 0.0%)

1 [19件] いやだ, うれしい, おどろきましたあの, こんなところ, そんな気, びつくりしました, カルルスバードは, 今夜はじめて, 信じ切れませんわ, 好きな, 嬉しうございます, 幸福でした, 御免だ, 思いも, 惨めです, 救われたよう, 早くさ, 自分の, 行きたいわ

▼ わたしそれ~ (18, 0.0%)

1 [18件] から江古田, がなかっ, が分らない, が好き, が案じられます, が気, が気がかり, じゃちがう, で暮し, にチェーンブロック, に樫, は御免, をたより, を一つ, を幸福, を当て, を忘れ, を考える

▼ わたしでは~ (18, 0.0%)

3 ありません 2 ない顔, なかった

1 [11件] ありましたが, いけない, ございませんわ, ない, ないか, ないの, なかつた, 分りませんから, 御座りません, 見物が, 駄目女では

▼ わたしどう~ (18, 0.0%)

4 しましょう 3 したらいい 2 したん, しよう, しようかと 1 あろうと, しませう, しようかしら, すれば, なるかと

▼ わたしながら~ (18, 0.0%)

1 [18件] あたしが, いいました, おどろいたよう, ここで, そう答えた, そこまで, ひろ子は, 云った, 佐々たちが, 唇を, 天井を, 左手に, 悠然とつったっ, 派手な, 言った, 言つた, 近くに, 高々と

▼ わたしに対する~ (18, 0.0%)

3 態度は

1 [15件] 不信用, 主税様の, 何か, 冷やかな, 当然のや, 態度が, 憎しみは, 様子は, 権利を, 熱意は, 真の, 義務を, 耐えがたい侮辱, 身の, 関係も

▼ わたしこんな~ (17, 0.0%)

1 [17件] おかしい小娘, きたないぼろ, ことまで, ところに, ところへ, 事は, 処に, 商売し, 妹が, 嬉しいこと, 嬉しい旅, 嬉しい晩, 性分な, 物で, 百姓でも, 部屋い引っ張っ, 髪の

▼ わたしばかり~ (17, 0.0%)

2 でなく東京, では

1 [13件] こんなこと, でなかったこと, でなくうちの人, でなくその, でなく世間一般, でなく会主, でなく内の人, でなく満場, でなく講中一同, でなく関直彦氏, でも, 大騒ぎを, 悪ものに

▼ わたしこれから~ (16, 0.0%)

1 [16件] あなたの, お酒, なにを, ねやっぱり, はもうけっして, ほんとうの, ヴ・オ・ク・スへ, 先, 冬着の, 出ますが, 動坂へ, 房枝さんの, 手紙を, 洋服に, 町へ, 薬屋へ

▼ わたしこそ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あんさんの, あんな手紙, お留守, お艶, ですわ, とても生き, 世間の, 人が, 弟の, 強情を, 悪かった, 死んで, 磯五の, 礼を, 詫らない

▼ わたしだけ~ (15, 0.0%)

3 では

1 [12件] だった, であった, であろう, でした, でとても, でなくあと, でわたし, よごれくさったもの, 先へ, 内の, 名前が, 袂で

▼ わたしだけが~ (15, 0.0%)

1 [15件] あのとき使者, かりにも, こんな辛い, それを, とおれる橋, どうしてこんなにあちら, どうにも, よく知っ, 人身御供の, 彼女に, 残されるよう, 特権を, 知った煩い, 知って, 逃げて

▼ わたしとても~ (15, 0.0%)

2 貧乏な

1 [13件] いい人, お前さまの, こはい, その積り, それなし, 好きでした, 子供が, 寝られぬ夜々, 悲しいわ, 男, 神に, 苦しんで, 面白い物語

▼ わたしまだ~ (15, 0.0%)

1 [15件] お目にかかったこと, お話ししませんでした, くらべること, その時, でございますけれど, なん, ほかに, わかすぎますから, ブルバラネクでも, 小学校へ, 平一郎さんの, 恨み足りないこと, 猶予中です, 知らないわ, 知らないん

▼ わたしたち人民~ (14, 0.0%)

1 [14件] にいる, に向っ, のひろく強く, の判断, の口, の心, の文学, の生活, の男女, の神経, の譲歩, は人民生活, は自分たち, は見抜く

▼ わたしても~ (14, 0.0%)

1 [14件] かくの, これほど, じきに, べつに異常, 上手を, 極めて少ない, 沖縄の, 沛雨の, 狭い山上, 船一艘ない, 西へ, 見覚えの, 金さんを, 高氏ほど

▼ わたしでも~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありませんまた, お相手, できませぬ, なかった, なくもちろん, 今の, 動けば, 吉の, 怪異な, 撃てそう, 知って, 細君が, 褒めずに, 貴方といふ

▼ わたし~ (14, 0.0%)

2 のだ, んだ 1 の, のだらう, のだろう, のです, のよ, のよあの, んで, んにも, ンざ当身を, 数字みた

▼ わたしなども~ (14, 0.0%)

2 その一人, 小さい硯 1 この, 一張羅の, 今から, 大姐, 授業中に, 暇が, 毎回見物に, 身を, 霜夜の, 食べて

▼ わたしなんぞ~ (14, 0.0%)

1 [14件] いくら稽古を, このたび, ごらんなさい, では, もう年, 上方の, 今から, 商売じゃ, 有っても, 此年に, 眼中に, 若い時, 見向きも, 貯金なんか

▼ わたしまで~ (14, 0.0%)

1 [14件] あっちに, うれしいと, その御, どうしていい, なんだかうれしく, ヒステリイを, 一緒に, 何か, 叱られて, 小言を, 殺すの, 気が, 泣いたり, 言つてお

▼ わたし~ (14, 0.0%)

1 [14件] かお, かどこ, かの始末, でもいい, にも右衛門七さん, ぼか, もいらない, もよう, も引い, も考え, も食べない, やこう, やしらん息詰まる, やほんま

▼ わたしいや~ (13, 0.0%)

2 だわ, です, よ 1 そんな行列, だね, でございます, ですわ, なん, な夢, な思い

▼ わたしじゃ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありません, ありませんか, いけないの, ござんせん, ない, ないの, ないのよ, ないわ, ないわたし, なかったけれど, なかったのよ, アありません, ッて

▼ わたしとが~ (13, 0.0%)

1 [13件] その半分, その白骨, たがいに, まだ人, 代るがわるに, 代る代るに, 何か, 出来るだけ, 大いに尽力, 引受けて, 日にち極めて, 腸詰めを, 車を

▼ わたしなど~ (13, 0.0%)

1 [13件] うまい料理, とうつかり, どんなに身, まるで眼中, 下々ものが, 何か, 健康への, 冗談わらひ, 恋しては, 普段は, 見て, 見向きも, 部屋に

▼ わたしたちみんな~ (12, 0.0%)

1 [12件] がこの, が民主的, が知っ, どうなるだろう, にわかっ, のこと, のよう, の心, の悩み, の日常, よ, をのせた

▼ わたしでさえ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あいつの, この土地, この男, ひやりとしました, またフランス, むかしと, もう揶揄, わけが, 取違えそう, 彼女の, 気が, 間に合わない位

▼ わたしなどの~ (12, 0.0%)

2 若いころ 1 まだ青年, めずらしいと, ような, ように, 小さかった, 故郷では, 正統主義であった, 生まれた兵庫県, 生まれた村, 知って

▼ わたしについて~ (12, 0.0%)

2 いらっしゃい, 来るん 1 いえば, ゐた, 文句でも, 書記長からの, 来た, 来たリーズ, 来て, 来るが

▼ わたしにと~ (12, 0.0%)

6 つては 2 つて詩は 1 つても, つて一種樂しい, つて嬉し, 解けるはずア

▼ わたし~ (12, 0.0%)

1 [12件] あいつに, あなたが, いちど男の, お店, きっといらっしゃる, それを, だからソヴェト, もう死にとうなりました, もう誰, 反抗し, 名探偵明智小五郎, 都合の

▼ わたしたち自身~ (11, 0.0%)

2 が自分, の生活 1 のあり, のなか, の世界, の目的, の表現, を恐慌, を発見

▼ わたしとして~ (11, 0.0%)

1 [11件] しんぼうが, ほんとうに, 内部の, 創作方法の, 基本的な, 大乗気です, 慚死に, 櫛田ふきさんを, 真実身に, 譲歩いたしません, 開放的である

▼ わたし~ (11, 0.0%)

2 向いて, 言った, 飛びかかりました 1 のばさうとして, 死の, 言って, 遠慮は, 風が

▼ わたしへの~ (11, 0.0%)

1 [11件] あたりまえの, そのふれ, ほんとの, 励し, 感謝の, 欺き手, 無関心, 義理一方という, 親愛寿の, 返報の, 電話を

▼ わたしたち一人一人~ (10, 0.0%)

2 のうち 1 が, がどんな, に現実, に責任, の市民的抵抗, の常識, の生活, の社会的自由

▼ わたしちょっと~ (10, 0.0%)

1 あなたを, きいて, も不, 下へ, 会って, 冗談を, 行って, 見たいわ, 買物を, 遅れて

▼ わたしなぞは~ (10, 0.0%)

2 旅先きでで 1 これからだ, それと, それを, なんと言っ, まだ雪, 三人とも, 笑へ, 聲を

▼ わたしなんだか~ (10, 0.0%)

2 頭が 1 そんな気, 三又土筆て, 判らなくな, 寒くなつ, 幸福でなくなりました, 心配です, 怖くなりました, 自分までが

▼ わたしみたい~ (10, 0.0%)

4 なもの 1 なお, なばか, な気まぐれ者, な気随, に, に一日

▼ わたし何だか~ (10, 0.0%)

2 心配で, 急に 1 あなたを, そこらが, そんな風, 夢の, 自信が, 苦しくて

▼ わたしだけの~ (9, 0.0%)

1 お金を, ゆかいと, 事を, 小さな世界, 推理だ, 用向が, 知って, 確信が, 考えです

▼ わたしだち~ (9, 0.0%)

1 はそこ, は一度, は今日, は何, は何時の間にか, は四年前, は此処, は種々, は黙つた

▼ わたしここ~ (8, 0.0%)

1 でほんの, で失礼, で高山音頭, に火鉢, のおじいさん, のこんな, の旅籠, より行く

▼ わたしにとっても~ (8, 0.0%)

1 そうありうる, たった一人, 善いもの, 妻にとっても, 少しも, 弟です, 彼女にとっても, 終始かわらぬ

▼ わたしのう~ (8, 0.0%)

3 でを 2 でに, で首 1 でにかけながら

▼ わたしびっくり~ (8, 0.0%)

3 して 2 しちゃった 1 したので, したわ, しちゃって

▼ わたしほど~ (8, 0.0%)

1 それを, 傲慢無礼の, 国民を, 急いで, 恵まれた運, 武術も, 美食に, 自慢の

▼ わたしほんとう~ (8, 0.0%)

1 が知りたい, にあの, にうらやまし, にお, にちっとも, に人, に困ります, に怖い

▼ わたしよりは~ (8, 0.0%)

1 あぶない目, ずっと前, ずっと詳しい, 一かど, 上手な, 上手に, 數段も, 金持だ

▼ わたし~ (8, 0.0%)

1 とこには, とこにゃ, とこへ, とこも, ところに, ところは, ところへ, とこ済んだ

▼ わたし今日~ (8, 0.0%)

1 からあなた, どうしても休みたい, はあやまる, はお, はきっと, はすっかり, は酔いたい, 起きたせい

▼ わたし少し~ (8, 0.0%)

1 いそぎますから, お願いが, は知ってる, ばかりお前さん, 希望が, 平一郎さんに, 急ぎますから, 頭痛が

▼ わたしあんな~ (7, 0.0%)

2 ことを 1 おさかな, お座敷へ, ときに, 人は, 所へ

▼ わたしからは~ (7, 0.0%)

1 ぜひともあなた, なれなかった, 思い切って, 無くな, 無くなって, 生涯は, 見えやう

▼ わたしからも~ (7, 0.0%)

1 お禮, くれぐれもお願い, なんにも言った, ひとへに, 云つて聽かせます, 申しあげたいこと, 話して

▼ わたしきっと~ (7, 0.0%)

1 あなたを, この四畳半, 今に, 感応が, 木村の, 金の, 隠れて

▼ わたしさえ~ (7, 0.0%)

1 お助け下され, しっかりし, それに, どうにかなっ, どこか, 嬉しくなる, 我慢を

▼ わたしちっとも~ (7, 0.0%)

1 そんな覚え, なつかしいという, 心持ちが, 気が, 知りませんが, 知りませんでした, 見当が

▼ わたしでなけれ~ (7, 0.0%)

2 ばならない 1 ばどこ, ばならぬ, ば出来ますまい, ば本気, ば駄目

▼ わたしとを~ (7, 0.0%)

1 作ったあの, 別々の, 新橋の, 紹介した, 見わたしたち, 見比べましたが, 逢わせて

▼ わたしどこ~ (7, 0.0%)

1 かで待っ, かで逢う, の国, の隅, へも行き, までもついて行く, やよう

▼ わたしどんな~ (7, 0.0%)

1 きつい言葉, ことでも, ことを, にされ, 事が, 事を, 顔を

▼ わたしなどには~ (7, 0.0%)

1 さっぱりわけ, まだまだ迚, まだわからない, 一年や, 殿御の, 気も, 討てそう

▼ わたしなんぞも~ (7, 0.0%)

1 こうして今, それ程まで, なるべく姿, 一生に, 住めないはず, 早くそんな, 金や

▼ わたしにだって~ (7, 0.0%)

1 いつかいい, どうしても, 分かります, 女の, 稀には, 見えやしないよ, 読みこなせないはず

▼ わたしにゃ~ (7, 0.0%)

1 たッ, ちゃんとわかってる, なんにも聞えやしません, ぴぴーだ, 何の, 紗の, 解せないよ

▼ わたしはず~ (7, 0.0%)

3 うっと 2 ゐぶん 1 うつと, ゐぶん嫉妬

▼ わたしまた~ (7, 0.0%)

1 きっとどうとも, ついて行くこと, 何ぼ, 怖い夢, 私の, 賑やかな, 酒場に

▼ わたしやっぱり~ (7, 0.0%)

1 こまったわ, 何か, 信じられないだろうと, 気に, 泣けるのよ, 立ち聞きします, 黙ってる

▼ わたし先生~ (7, 0.0%)

1 と大いに, につくなら, にはもう, に手紙, の小説, はもう, を殺す

▼ わたしあれ~ (6, 0.0%)

1 からも時々, からズット, はただ, らしいのよ, を一鉢, を見

▼ わたしいつも~ (6, 0.0%)

1 この水たまり, こんな時, なまけてばかり, みんなに, 先生の, 独りで

▼ わたしきょう~ (6, 0.0%)

1 の御, はいい, はどうしても, はなんにも, は早く, は水曜日

▼ わたしする~ (6, 0.0%)

1 だけ, とそれっきり, と鳥見役, はずだった, ものが, 時の

▼ わたしたち一家~ (6, 0.0%)

1 ことにベス, の問題, の恩人, の状態, は町, をどんな

▼ わたしたち三人~ (6, 0.0%)

1 が例, だけということ, の子供たち, は一人, は声, は姉弟同士

▼ わたしたち人間~ (6, 0.0%)

1 にとって頭, の三百六十五日, の世界, の日常生活, は知らず知らず落ちこみ, も雀みたい

▼ わたしだったら~ (6, 0.0%)

1 ちゃんと生涯, と思う, どうでしょう, ばかばかしくて, スモーランドを, 須永の

▼ わたしとで~ (6, 0.0%)

1 おたがいにいっし, お待, 出來, 天下を, 満洲, 部屋の

▼ わたしどうしても~ (6, 0.0%)

2 ないわ 1 あんたに, お父さんを, 心は, 波瑠子さんが

▼ わたしどんなに~ (6, 0.0%)

1 お禮, それが, それを, でもし, 心配した, 辛かったでしょう

▼ わたしなりに~ (6, 0.0%)

1 たのしんで, ほかの, めずらしく善く草取り, 一生けんめいやった, 新しい, 眞劔に

▼ わたしよく~ (6, 0.0%)

1 わかって, わかりました, 伺って, 分らなかったわ, 思って, 知って

▼ わたしをも~ (6, 0.0%)

1 ふくむ数人, 妻をも, 引具して, 知らないよう, 誘って, 贔屓に

▼ わたし一メートル~ (6, 0.0%)

3 もある 1 ぐらいのおわん, ちかくも, ほどのまるい

▼ わたし以外~ (6, 0.0%)

2 の者, の誰 1 にはだれ, のあらゆる

▼ わたしお金~ (5, 0.0%)

1 がいる, なんか貰い, のこと, まで借り, もらった

▼ わたしこれ~ (5, 0.0%)

1 でお, でも娘, で失礼, を書き, を着る

▼ わたしこわい~ (5, 0.0%)

2 わ, んです 1 から我慢

▼ わたしこんなに~ (5, 0.0%)

1 あなたの, お可笑しい, 生まれついたん, 疲れたこと, 苦しんで

▼ わたしすこし~ (5, 0.0%)

1 がつかりしました, ねて, わかりかけて, クリスチャン, 用が

▼ わたしすっかり~ (5, 0.0%)

1 あなたを, せいせいした, まごついて, 存じて, 申し上げますから

▼ わたしそう~ (5, 0.0%)

1 いいました, するの, するわ, 決心し, 考えないと

▼ わたしたちすべて~ (5, 0.0%)

1 が感じ, のもの, の人民, の女性, を絶望

▼ わたしたちふたり~ (5, 0.0%)

1 がこんなに, とたたかわなけれ, は, はカナレイオ河岸, は同時に

▼ わたしたち四人~ (5, 0.0%)

1 がならん, が五, が四人, は土蔵, は麹町

▼ わたしだけは~ (5, 0.0%)

1 その絶交, よく知っ, わたし一人だけは, 口も, 除け物

▼ わたし~ (5, 0.0%)

2 やほどに 1 や, やない, やなかつた

▼ わたしばかりじゃ~ (5, 0.0%)

1 ありません中津川, ございますまい, ないあの, ないそこ, ない兵馬さん

▼ わたし今度~ (5, 0.0%)

2 はもう 1 こそは自分, はそれ, 始めて

▼ わたし~ (5, 0.0%)

1 からあなた, からそう, にも日本画稽古, のよう, は何故あんなによく

▼ わたし大好き~ (5, 0.0%)

21 ですの, なのよ, よああ

▼ わたし帰る~ (5, 0.0%)

5

▼ わたし怖い~ (5, 0.0%)

2 話を 1 ところへ, わ, 全く別

▼ わたし明日~ (5, 0.0%)

2 からもう 1 かあさって, からまた, まで待っ

▼ わたし本当に~ (5, 0.0%)

1 お友だち, これまで, びっくりし, 御気の毒, 敬服し

▼ わたし決して~ (5, 0.0%)

1 不仕合せとは, 仇や, 伝染なぞを, 友さんに, 負けないわ

▼ わたし行っ~ (5, 0.0%)

1 てくる, て呼ん, て寝よう, て来, て見

▼ わたし~ (5, 0.0%)

2 でもない 1 にもしばられたくない, に取られ, の手

▼ わたし風情~ (5, 0.0%)

1 があの, が知っ, でこれ, の貧弱, をそんなに

▼ わたしいい~ (4, 0.0%)

2 ことを 1 事を, 物持っ

▼ わたしいつ~ (4, 0.0%)

1 だって十五カペイキ, までもこうして, 死ぬでしょうか, 逢うても

▼ わたし~ (4, 0.0%)

1 が, の, は, びが

▼ わたしこのごろ~ (4, 0.0%)

1 ある婦人会, つくづくそう思います, 死ぬよう, 絶えずあなた

▼ わたし~ (4, 0.0%)

1 ておきました, てくれ, てもいい, はしない

▼ わたしすぐ~ (4, 0.0%)

1 あたためて, にも駆け, 足を, 顔色が

▼ わたしたち女~ (4, 0.0%)

1 が見, ですけど, の眼, の領分

▼ わたしたち女性~ (4, 0.0%)

1 がおろか, の生活, の胸, はデスデモーナ

▼ わたしたち日本人~ (4, 0.0%)

1 にはこういう, の文化, の生活, はあの小さな

▼ わたしたり~ (4, 0.0%)

2 して 1 しわに, すると

▼ わたしたれ~ (4, 0.0%)

3 ば此方 1 を殺し

▼ わたしだけに~ (4, 0.0%)

1 まかせられた私有物, 信じて, 罪を, 見えるそして

▼ わたしとて~ (4, 0.0%)

1 なんの, よくもこの, 太夫に, 形式を

▼ わたしとも~ (4, 0.0%)

1 あるもの, あろう者, 是非その, 遊んで

▼ わたしどうか~ (4, 0.0%)

2 して 1 したの, しちまいそう

▼ わたしどうして~ (4, 0.0%)

2 いいか 1 あそこでばかり, またあの

▼ わたしなぞ~ (4, 0.0%)

1 ことしは, でさえ, でも, 松の

▼ わたしなぞが~ (4, 0.0%)

1 亡くなつた友人, 気を, 追, 過去の

▼ わたしなんぞに~ (4, 0.0%)

1 あのお嬢様, どうしてそんな, 好奇心を, 誰も

▼ わたしにだけは~ (4, 0.0%)

1 いつも寛大, うちあけて, どうかお, 行き先を

▼ わたしにや~ (4, 0.0%)

1 まるでわからん, アさう, アね, ア變り

▼ わたしはと~ (4, 0.0%)

1 いえば, なり合って, なり座敷, ほうに

▼ わたしはも~ (4, 0.0%)

1 すこし沖, 一度海, 少し大きな, 少し遊ん

▼ わたしもうこ~ (4, 0.0%)

1 の上, の村, の話, の頃中

▼ わたしわたし~ (4, 0.0%)

1 というところ, とばかり云っ, はわたし, は佐藤秀子

▼ わたしビール~ (4, 0.0%)

2 のむお茶, 呑むお茶

▼ わたし一寸~ (4, 0.0%)

1 ぐらいで, 恐くなり, 肩を, 迎へに

▼ わたし五十センチ~ (4, 0.0%)

1 ほどのまるい, ほどの丸い, ほどの土, ほどの穴

▼ わたし~ (4, 0.0%)

1 が恐う, に同情, の顔, を殺した

▼ わたし~ (4, 0.0%)

1 が軽い, が軽く, の具合, を二つ

▼ わたし同様~ (4, 0.0%)

2 の病気 1 に不器用, に愛し

▼ わたし~ (4, 0.0%)

1 から湊町, があっ, の目, は近年架橋

▼ わたし~ (4, 0.0%)

2 を見 1 に見, を見た

▼ わたし平気~ (4, 0.0%)

31 だから

▼ わたし~ (4, 0.0%)

1 亭主さんに, 懇意に, 懇意の, 話しが

▼ わたし時々~ (4, 0.0%)

1 ひとりで, ほんとうに, 伺うわ, 妙な

▼ わたし正勝~ (4, 0.0%)

1 となんか, になんか, になんとなく, のこと

▼ わたし田舎~ (4, 0.0%)

1 が好き, は厭, へ行つて, よりやつぱり東京

▼ わたし知らない~ (4, 0.0%)

31 わそこ

▼ わたし見た~ (4, 0.0%)

3 やうな 1 ような

▼ わたしぁべらぼうめ~ (3, 0.0%)

3 そんな苦情

▼ わたし~ (3, 0.0%)

1 あなたの, べらぼうめそんな, 東京の

▼ わたしうれしい~ (3, 0.0%)

1 てうれしい, ですわ, のよ

▼ わたしお前~ (3, 0.0%)

1 とあるい, と結婚, に会え

▼ わたしお願い~ (3, 0.0%)

2 がある 1 がございます

▼ わたし~ (3, 0.0%)

1 たわよ, 見たとき, 造ったあんた

▼ わたしこう~ (3, 0.0%)

1 思いますのよ, 思ったん, 言ったの

▼ わたし~ (3, 0.0%)

2 ぶんが 1 やなく

▼ わたしそんなに~ (3, 0.0%)

1 口八丁, 貰うてえしまへん, 逢いたくも

▼ わたしたちの~ (3, 0.0%)

1 とはちがう, とはまるで, はどうせ

▼ わたしたち婦人~ (3, 0.0%)

1 にとって初めて, のすべて, の生活

▼ わたしたち子供~ (3, 0.0%)

1 ぐらいの高, はもう, は田圃

▼ わたしたる~ (3, 0.0%)

1 やよも, 板を, 橋の

▼ わたしだけを~ (3, 0.0%)

1 例外に, 殺して, 踏みつけないで

▼ わたしつい~ (3, 0.0%)

1 あの子, うっかりし, ここまで

▼ わたしつくづく~ (3, 0.0%)

1 先生いやん, 変だ, 悪かった

▼ わたしてから~ (3, 0.0%)

1 ふたつの, 三人に, 夫人と

▼ わたしである~ (3, 0.0%)

1 かと思う, とは信じかね, と思っ

▼ わたしといふ~ (3, 0.0%)

1 のんきものは, 人間の, 女は

▼ わたしと共に~ (3, 0.0%)

1 十二時を, 幾多の, 現代に

▼ わたしなぞの~ (3, 0.0%)

1 やうに, 取り得る眞實, 目からは

▼ わたしなん~ (3, 0.0%)

1 でもあなた, でも奇麗, にもいらない

▼ わたしなんぞには~ (3, 0.0%)

1 その水, とてもそうは, 見当つけしません

▼ わたしにでも~ (3, 0.0%)

1 似合うかしら, 大きいわ, 拘泥し

▼ わたしにとっての~ (3, 0.0%)

1 一つの, 友だちであった, 名医が

▼ わたしにばかり~ (3, 0.0%)

1 白状させ, 言いたいこと, 饒舌らし

▼ わたしにまで~ (3, 0.0%)

1 当りなさんな, 過分な, 隠そうと

▼ わたしによって~ (3, 0.0%)

1 先廻りされ, 収穫されなかった, 実現させよう

▼ わたしのや~ (3, 0.0%)

2 はらかな 1 しきには

▼ わたしはく~ (3, 0.0%)

1 くくと, ひしんぼで食道樂, びをかしげておま

▼ わたしはっきり~ (3, 0.0%)

1 お母さまに, して, と第

▼ わたしはど~ (3, 0.0%)

1 きっと反射的, つちも, ないな

▼ わたしばかりが~ (3, 0.0%)

1 あなたを, 一生を, 悦んで

▼ わたしまでが~ (3, 0.0%)

1 なんだか魔法, 余りにお, 子供に

▼ わたしもと~ (3, 0.0%)

1 いうと, しを, ゆっくり立ちあがり

▼ わたしもね~ (3, 0.0%)

1 お前さんの, お前の, お父さま

▼ わたしゆえ~ (3, 0.0%)

1 に会社, に未練, に重ね重ね

▼ わたし一人きり~ (3, 0.0%)

1 です, でほか, で相談

▼ わたし五メートル~ (3, 0.0%)

2 もある 1 ほどのまるい

▼ わたし以上~ (3, 0.0%)

1 に悪い, に汗, に知っ

▼ わたし何ん~ (3, 0.0%)

2 だか 1 と言っ

▼ わたし~ (3, 0.0%)

1 に千代子さん, に死にたい, へ行つて

▼ わたし奥様~ (3, 0.0%)

1 と一緒, に伺いたい, の気

▼ わたし好き~ (3, 0.0%)

1 です是非紹介, なん, よ

▼ わたし始めて~ (3, 0.0%)

1 では, 作りました, 見た

▼ わたし死ぬ~ (3, 0.0%)

1 とき大きな, よりつらい, よりも辛い

▼ わたし~ (3, 0.0%)

1 が気, が遠く, になります

▼ わたし気味~ (3, 0.0%)

2 がわるい 1 がわるく

▼ わたし~ (3, 0.0%)

1 にどうぞ, の悲歎ぶり, の生活法

▼ わたし病気~ (3, 0.0%)

1 じや, になっ, よ

▼ わたし~ (3, 0.0%)

1 が張り裂ける, が痛く, の底

▼ わたし~ (3, 0.0%)

2 あり 1 にふたり

▼ わたし逃げる~ (3, 0.0%)

1 ように, わ, わ何

▼ わたし達夫婦~ (3, 0.0%)

1 のこと, もだんだん, も助かります

▼ わたしぁ桑~ (2, 0.0%)

2 摘む主

▼ わたしあそこ~ (2, 0.0%)

1 が好き, を見詰め

▼ わたしあと~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, でそう

▼ わたしあまり~ (2, 0.0%)

1 儲けられないの, 好かない何

▼ わたしあんた~ (2, 0.0%)

1 にこないだ, のお蔭

▼ わたしあんまり~ (2, 0.0%)

1 我儘を, 気まりが

▼ わたしいくらでも~ (2, 0.0%)

1 前金で, 招ばれ

▼ わたしいっそ~ (2, 0.0%)

1 のこと, 本当の

▼ わたしいま~ (2, 0.0%)

1 わかったよう, 寝て

▼ わたしいろいろ~ (2, 0.0%)

1 おとう, なこと

▼ わたしうち~ (2, 0.0%)

1 の連中, へ帰つて

▼ わたしおじさん~ (2, 0.0%)

1 を偉い, を声援

▼ わたしお前さん~ (2, 0.0%)

1 の傍, の跡

▼ わたしお茶~ (2, 0.0%)

2 でも淹

▼ わたしかって~ (2, 0.0%)

1 ほんまいうたら, 恐いことあれ

▼ わたしかは~ (2, 0.0%)

2 いなら

▼ わたしからの~ (2, 0.0%)

1 たよりを, 弁信さんへの

▼ わたしがと~ (2, 0.0%)

1 この中, ぢこめられた

▼ わたしこういう~ (2, 0.0%)

1 やりかた, 事柄には

▼ わたしこうして~ (2, 0.0%)

1 ふうふう駈け, 徹夜まで

▼ わたしこまっ~ (2, 0.0%)

1 てしまう, てしまった

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 う思つて, へ

▼ わたしさき~ (2, 0.0%)

2 のむ

▼ わたしさつき~ (2, 0.0%)

1 からあなた, の考

▼ わたしさびしい~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ わたしされ~ (2, 0.0%)

1 て來, て来た

▼ わたしずいぶん~ (2, 0.0%)

1 気を, 迂濶

▼ わたしそのもの~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ わたしその後~ (2, 0.0%)

1 からカピ, はしばらく

▼ わたしただ~ (2, 0.0%)

1 おかみさん, 柿沼から

▼ わたしたちどっち~ (2, 0.0%)

1 の力, もろくに

▼ わたしたちみたい~ (2, 0.0%)

1 なばか, にお金

▼ わたしたちリンゴ~ (2, 0.0%)

2 はもう

▼ わたしたち五人~ (2, 0.0%)

1 のうち, の間

▼ わたしたち今日~ (2, 0.0%)

1 の日本, はあの

▼ わたしたち同様~ (2, 0.0%)

1 その列車, に冬

▼ わたしたち夫婦~ (2, 0.0%)

1 でお, は感謝

▼ わたしたち姉弟~ (2, 0.0%)

1 が紺絣, は心配

▼ わたしたち家族~ (2, 0.0%)

1 のなか, の困難

▼ わたしたち親子~ (2, 0.0%)

1 にとりましてはあなた様, も願

▼ わたしたった~ (2, 0.0%)

1 一つ目当てに, 一人の

▼ わたしだつ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てもう

▼ わたしちゃあ~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ わたしちゃんと~ (2, 0.0%)

1 いっといたもの, 分かって

▼ わたしちょい~ (2, 0.0%)

1 と用, と見

▼ わたしちよ~ (2, 0.0%)

1 つとそこ, つと伺ひたい

▼ わたしったら~ (2, 0.0%)

1 すべてを, よけいな

▼ わたしって~ (2, 0.0%)

1 だれだ, 女誰だ

▼ わたしては~ (2, 0.0%)

1 くれないで, 日本の

▼ わたしであった~ (2, 0.0%)

1 といつも, としてさて

▼ わたしでございます~ (2, 0.0%)

1 あの方, か

▼ わたしでさえも~ (2, 0.0%)

1 がっかりし, 手が

▼ わたしでした~ (2, 0.0%)

1 が明治学院, わ

▼ わたしでしたら~ (2, 0.0%)

1 どうなさいます, どんなこと

▼ わたしでなく~ (2, 0.0%)

1 てもよかろ, て誰

▼ わたしでなくっ~ (2, 0.0%)

1 たって少し, たって誰

▼ わたしとこ~ (2, 0.0%)

1 では餅, でもあさって

▼ わたしとしましては~ (2, 0.0%)

1 お柳, 署長にも

▼ わたしとだけに~ (2, 0.0%)

1 なろうとして, のこした

▼ わたしどういう~ (2, 0.0%)

1 わけで, 言葉で

▼ わたしどうも~ (2, 0.0%)

1 さっきから, 信じられませんの

▼ わたしども夫婦~ (2, 0.0%)

1 はおしり, はカナダ

▼ わたしども魯鎮~ (2, 0.0%)

1 の習慣, は小さな

▼ わたしなどが~ (2, 0.0%)

1 ついやり, 若いころ

▼ わたしなどに~ (2, 0.0%)

1 どうして最後, 声を

▼ わたしなります~ (2, 0.0%)

2

▼ わたしなんかには~ (2, 0.0%)

1 何も, 分らないね

▼ わたしなんかの~ (2, 0.0%)

1 場合は, 若かつ

▼ わたしなんぞが~ (2, 0.0%)

1 お訪ね, 差しむき一番いい

▼ わたしなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ように, 困るやう

▼ わたしなんぞを~ (2, 0.0%)

1 改心させる, 見込む狸

▼ わたしなんて~ (2, 0.0%)

1 幸福な, 言ふと

▼ わたしなんにも~ (2, 0.0%)

1 お話しする, 考えてや

▼ わたしにだけ~ (2, 0.0%)

1 なんでも, 内密に

▼ わたしにとりましては~ (2, 0.0%)

1 実の, 縄張りの

▼ わたしになんぞ~ (2, 0.0%)

1 用って, 用です

▼ わたしに対しては~ (2, 0.0%)

1 しわいという, 保護者然

▼ わたしのまん~ (2, 0.0%)

2 前に

▼ わたしはい~ (2, 0.0%)

1 のしし, 残った

▼ わたしはじぶん~ (2, 0.0%)

1 のつくった, の腹

▼ わたしはじめて~ (2, 0.0%)

1 女剣戟みた, 知つて

▼ わたしはずつと~ (2, 0.0%)

1 小山には, 後まで

▼ わたしはな~ (2, 0.0%)

1 それあんたさんの, もう年

▼ わたしばかりか~ (2, 0.0%)

1 一家の, 娘にとって

▼ わたしほん~ (2, 0.0%)

1 たうに, との自分

▼ わたしまでも~ (2, 0.0%)

1 殺して, 苦しまなければ

▼ わたしもうどう~ (2, 0.0%)

1 して, なつて

▼ わたしやさう~ (2, 0.0%)

1 だと, 思ふよ

▼ わたしよい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 歌の

▼ わたしよけい~ (2, 0.0%)

1 なことば, な心配

▼ わたしらし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ わたしわれ~ (2, 0.0%)

1 は片手, を廊

▼ わたしン処~ (2, 0.0%)

1 でお目にかかりたい, までおい

▼ わたし一個人~ (2, 0.0%)

1 に関すること, の達成

▼ わたし一尺位~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ わたし一時間~ (2, 0.0%)

1 は慥か, も云った

▼ わたし一間~ (2, 0.0%)

1 ほど丸く, もあれ

▼ わたし三間~ (2, 0.0%)

2 ばかりに周

▼ わたし二人~ (2, 0.0%)

1 で行っ, はほか

▼ わたし二十センチ~ (2, 0.0%)

1 くらいなかには, もある

▼ わたし五十メートル~ (2, 0.0%)

1 の月世界, もある

▼ わたし五十間~ (2, 0.0%)

1 ばかりを瞬く, までは離れ

▼ わたし今夜~ (2, 0.0%)

1 から徹夜, はもう

▼ わたし今晩~ (2, 0.0%)

1 こそ酔っ払う, は大

▼ わたし以前~ (2, 0.0%)

2 のしのびなき

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 に成長, のもの

▼ わたし個人~ (2, 0.0%)

1 としては心から, の情哀史

▼ わたし全く~ (2, 0.0%)

1 お父さま, つとめ気

▼ わたし六十センチ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのせまい, ほどの丸い

▼ わたし共に~ (2, 0.0%)

1 おたより, こういうもの

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 の姐さん, 帰ろ言

▼ わたし初めて~ (2, 0.0%)

1 知った, 金持の

▼ わたし~ (2, 0.0%)

2 だわ

▼ わたし商売~ (2, 0.0%)

2 たたない

▼ わたし困る~ (2, 0.0%)

1 わ, わよ

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 に悲観, 嫌ひ

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 に反対, よ

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 の教育, の時

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 ひ, ひよ

▼ わたし嬉しい~ (2, 0.0%)

1 ですけれど, わ

▼ わたし子供~ (2, 0.0%)

1 に逢, の時

▼ わたし学校~ (2, 0.0%)

1 の中, をやめる

▼ わたし~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 へいっ, へ寄っ

▼ わたし審判人~ (2, 0.0%)

2 は下役

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 が生前, は大股

▼ わたし往生~ (2, 0.0%)

2 するそれ

▼ わたし心配~ (2, 0.0%)

1 でたまりません, よ

▼ わたし忘れ~ (2, 0.0%)

1 ちゃならない, ていた

▼ わたし怖く~ (2, 0.0%)

1 て, なッ

▼ わたし思います~ (2, 0.0%)

1 が, の

▼ わたし思う~ (2, 0.0%)

2 とおりを

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 におそろしく, にりんどう

▼ わたし恥かしく~ (2, 0.0%)

1 なったわ, もある

▼ わたし恥づ~ (2, 0.0%)

2 かしいんです

▼ わたし悪い~ (2, 0.0%)

1 ことない, ところは

▼ わたし故に~ (2, 0.0%)

1 あなた様を, 騷動起り

▼ わたし数百~ (2, 0.0%)

2 の廻船

▼ わたし新聞~ (2, 0.0%)

2 で見た

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 が読める, 當に

▼ わたし正勝ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の言う

▼ わたし此所~ (2, 0.0%)

1 にいる, へ來

▼ わたし死に~ (2, 0.0%)

1 さうな, そうでした

▼ わたし死ん~ (2, 0.0%)

1 でしまいたい, でしまう

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 にすすめ, の商売

▼ わたし独り~ (2, 0.0%)

1 ですから, では仕切りきれません

▼ わたし生れ~ (2, 0.0%)

1 てからついぞ, て初めて

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 だったら学校, は嫌

▼ わたし病院~ (2, 0.0%)

1 で予防注射, へは入らん

▼ わたし相沢~ (2, 0.0%)

2 です

▼ わたし眠く~ (2, 0.0%)

1 なった, なって

▼ わたし着物~ (2, 0.0%)

1 も欲しい, を着替え

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 はそこ, もう

▼ わたし立派~ (2, 0.0%)

1 な態度, に木村

▼ わたし等一家~ (2, 0.0%)

1 が港, といふもの

▼ わたし組合~ (2, 0.0%)

1 に入りたい, に入れましょう

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 は, へり

▼ わたし耳ためため~ (2, 0.0%)

1 あるよ, 大きい声

▼ わたし聞い~ (2, 0.0%)

1 ている, て見る

▼ わたし若旦那~ (2, 0.0%)

1 に知らし, の喜ぶ

▼ わたし苦しく~ (2, 0.0%)

1 なって, なるし

▼ わたし覚悟~ (2, 0.0%)

2 して

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 が大好き, ならどんな

▼ わたし貴女~ (2, 0.0%)

1 にお, にお願い

▼ わたし近ごろあなた~ (2, 0.0%)

1 から頂く, より他

▼ わたし退屈~ (2, 0.0%)

2 だわ

▼ わたし遂に~ (2, 0.0%)

2 なんじは

▼ わたし達室内電線~ (2, 0.0%)

2 を修繕

▼ わたし開け~ (2, 0.0%)

1 てよ, て見よう

▼ わたし電車~ (2, 0.0%)

1 でいい, の中

▼ わたし~ (2, 0.0%)

1 だけ洗っ, をあげ

▼ わたし黙っ~ (2, 0.0%)

1 てます, て坐ってる

▼1* [1030件]

わたしどんな人, わたしあした行って, わたしあすアメリカに発ちます, わたしあって然, わたしあっちィ行ってよ, わたしあなた方を待っ, わたしあんたはんがここ, わたしあんた方そんなつまらん, わたしあんまりよくしらないし, わたしぢめぬかれ, わたしいうあるよいうある, わたしいうたらそらもう, わたしいくじがない, わたしいくつフランス語をしっ, わたしいささかも事, わたしいじょうにがっかりしているところです, わたしいそいでお知らせ, わたしいつかおせわ, わたしいまそれはおもしろい, わたしいやいや誰か, わたしいよいよ須美子さんが, わたしいわれに大切, わたしうさぎすきだわ, わたしうっかりして, わたしうとうとして, わたしうれしかったから, わたしうれしくて涙, わたしおおくりする, わたしおそろしかったわ, わたしおちゃっぴいになる, わたしおなかがすいちゃった, わたしお前さんみたいな人, わたしお前たちが塔, わたしお布施をし, わたしお座敷にい, わたしお湯に入, わたしお父さんからもらった, わたしお礼を何, わたしお話しができる, わたしお隣の緑軒, わたしお雪さんところへしばらく, わたしかい何ね, わたしかういふ眼大好き, わたしかえってまた出直そう, わたしかかった年に, わたしかけてありました, わたしかて始終連れ, わたしからかういふことを, わたしからと思いますと, わたしからばかりでなくこの, わたしがたんせいして, わたしがというのが, わたしがなんてばかだろう, わたしがようく知っ, わたしきいてて, わたしきこえ給ひ, わたしきまりが悪い, わたしきゅうに恐く, わたしきょう千歳へお供, わたしきらいですわ, わたしきるわ, わたしくたびれたわ, わたしくにへ帰ろう, わたしくやしいっ, わたしくやしくつて, わたしくらいの年に, わたしぐらい年とってる, わたしぐらいになると, わたしぐらいの年ごろの, わたしけっしてうそいわない, わたしければ悲, わたしここ五六日ほど毎日, わたしこそはなにを, わたしこちらへ伺う, わたしこっちで上, わたしことによったらお, わたしことわってやる, わたしこのごろ何ですか, わたしこのごろ変な咳, わたしこの間あっちの建物, わたしこれきしリボンもつて, わたしこれきのうならいました, わたしようが, わたしさえもひやひやする, わたしさっちゃん, わたしさっきガーリンと話し, わたしさびしくなって, わたしされたのであった, わたしさんざん捜したん, わたししたくないの, わたししばらく休ませて, わたししょっちゅういうて, わたししんがりにおとな, わたしじきにカイちゃんを, わたしじっとして, わたしじゃとてもう亀山, わたしすつかり忘れてゐ, わたしすべて堅固な構え, わたしすまないことを, わたしすらも十七八歳の, わたしすれば藤夜叉, わたしずっと古くにそう, わたしずみになります, わたしずれに公然, わたしせつないわと女, わたしせめてもう少し自由に, わたしせんからそう, わたしとへなぞ, わたしそういう修正は, わたしそういったかたちに, わたしそこからまた, わたしそこでトルコの, わたしそつと此方, わたしそのうえのこと, わたしそのままドアの, わたしそのままいとまを, わたしそばにいる, わたしそめけん木曾の, わたしそれからみんなの, わたしそれだけだとは, わたしそれでも山へ, わたしそれ一つだけは聞かし, わたしそれ以上のこと, わたしそろそろおいと, わたしぞっこん骨身に, わたしたくさんお金がいる, わたしたちあってのこと, わたしたちあとから揃っ, わたしたちあんまのつえ, わたしたちお互いの愛情, わたしたちお母さまもお, わたしたちお茶がまだ, わたしたちこっちですから, わたしたちそれぢゃあ何十円ってたべた, わたしたちめいめいの前進, わたしたちアヒルがもらう, わたしたちカイちゃんを見ました, わたしたちキリスト教徒を犬ころ以上, わたしたちセンチメンタルにならない, わたしたちバルナバスとわたし, わたしたちフランス語がなんて上手, わたしたちヴァーニチカと二人, わたしたち一人で暮し, わたしたち一家全体も罰せられました, わたしたち一族の前途, わたしたち一日交替で食事拵え, わたしたち一生の旅, わたしたち一組は昨夜, わたしたち一行は三台, わたしたち三人これこそは正義, わたしたち三名をやすやす, わたしたち二わだけくう, わたしたち今よりも希望, わたしたち今ごろは無事, わたしたち仲間の紋切形, わたしたち何も薬, わたしたち停車場まで行く, わたしたち兄姉のこと, わたしたち兄弟のもの, わたしたち全日本人民の生活, わたしたち八人先生と合, わたしたち各国の民主的, わたしたち喜美ちゃんに結ばれた, わたしたち圧迫せられた人間, わたしたち在留邦人が籠城, わたしたち地球の世界, わたしたち女の子は二階, わたしたち女優は, わたしたち姉弟三人ともそう, わたしたち子ばとにつめたい, わたしたち学校へ引っ越し, わたしたち学者はつねに, わたしたち実習生がやがてもう, わたしたち寝坊して, わたしたち少数の参会者, わたしたち干物よ, わたしたち怖気をふるった, わたしたち性的異常者じゃない, わたしたち惰性だけで動く, わたしたち日本人民すべてに人間らしい, わたしたち星山さんとはあ, わたしたち普通の人間, わたしたち森で木, わたしたち樺太からやつ, わたしたち母子は幸運者, わたしたち民衆のあいだ, わたしたち父娘を憎ん, わたしたち猫のヒゲ, わたしたち現代のロシア作家, わたしたち碌々戸締りなんかした, わたしたち結婚して, わたしたち腕一本でもおまえ, わたしたち自分のこと, わたしたち貧乏でしょうだから, わたしたち貧乏人にはおいしい, わたしたち逆へ行こう, わたしたち飼い鳥だってなにか, わたしたって人材不足, わたしたつた一度間違つ, わたしたとい米国に, わたしたまへ, わたしたまらなくなって, わたしたるなればその, わたしだいぶ寐た, わたしだけじゃありませんみんな, わたしだったのねまあ, わたしだっても倉地と, わたしだつたか, わたしだつたらこな, わたしだまってたけど明日, わたしだめになっちゃった, わたしちう名は, わたしちつとも興味, わたしちょこちょこ追っ掛けるの, わたしちょっとしたことを, わたしちよいとでもあなた, わたしつくづくそう思って, わたしつや子はんとつろう, わたしつゆ子ッ, わたしつるまでなり, わたしてあつて赤ん坊, わたしておもてに見える, わたしであり今その, わたしでありましたら死ぬことだけは, わたしでからがあんな所, わたしできるだけ自分の, わたしとうから来て, わたしとおつかつだし, わたしとか自分とかいう, わたしときどきおそろしくて, わたしとしての了簡が, わたしとだけのものな, わたしとてもよく考えて, わたしとても単に新聞紙上で, わたしとではおなじ内容, わたしとに向って, わたしとにかく手伝って, わたしとばかり云って, わたしとまでも含めて, わたしやよう, わたしどうしてこんなにまごついてばかり, わたしどうしてもまだ死にたくは, わたしどうせここまで, わたしどうもとうからお蘭さん, わたしどころでは, わたしどすか, わたしどっちかへ行く, わたしどなたにでも申し上げ, わたしどもお客に招かれ, わたしどものをりました, わたしどもはじめ殿もご, わたしども一人一人が正直, わたしども一座の花形, わたしども三人をお世話, わたしども主人側の市民たち, わたしども二人はお, わたしども夜だって早い, わたしども女の心, わたしども早月家の親類, わたしども母娘の出世, わたしども民衆が待っ, わたしども貧乏人こそ使い道, わたしなされましてあゝ, わたしなしでは, わたしなぜだか, わたしなぞとは違って, わたしなぞも些細な, わたしなどから見ますと, わたしなにもしらない, わたしならなることが, わたしならわけなくもらってみせます, わたしなら噛みついてやります, わたしなら惚れた女でも, わたしなら破いてしまいたくなる, わたしなるべく気に, わたしなれども, わたしなんかがあなたに, わたしなんかにゃどうも大和魂, わたしなんかも肩身を, わたしなんかよりか余っ程, わたしなんざ腹の皮, わたしなんぞこそ着のみ着のままで, わたしなんぞよりは早く温まらなけれ, わたしなんと言ったらいい, わたしなんとも自信を, わたしにおいて社会主義リアリズムは, わたしにおいては芸術三昧即信仰三昧な, わたしにかの女に対する, わたしにさえ微笑された, わたしにって自分で, わたしについての発言が, わたしについてはどんなこと, わたしにつれないしうち, わたしにという意気込みで, わたしにばっかり重い物, わたしに対し面と, わたしに対してさえも弟は, わたしに対しても済まない事, わたしに関する限りどんな, わたしねえ本当はね, わたしねこ大好きよ, わたしのだけを持って, わたしのてがらでは, わたしのなんぞひとに, わたしのぶたりの隊員たち, わたしのみならず多く, わたしのるす中も, わたしのるすちゅうに, わたしのろくでもない, わたしはいちんち考え, わたしはかあッと, わたしはがつかりしたの, わたしはぐら附きもせね, わたしはけものなの, わたしはしっている, わたしはじめ多くの作家, わたしはじょうだん, わたしはとのさまを, わたしはともすれば, わたしはなみだにくもった, わたしはなーにこの部屋, わたしはね亡くなったボリース・チモフェーイチの, わたしはの武どんこの, わたしはぶしょう者でめったに, わたしはへいきです, わたしはもうかの女, わたしはもの思いに, わたしはやくそくを, わたしはやすホテルの, わたしはやまざきというところは省線の駅, わたしはようく知っ, わたしはれふしどもの, わたしはをぢさんの, わたしはナなんにも存じませんです, わたし花むしろの, わたしばかいじゃでけまへんがな, わたしばかしに買って, わたしばかりの事を, わたしばかりはごまかせないよ, わたしばかりをお恨み下さいます, わたしひょっとすると, わたしびつくりしましたわ, わたしふざけて云った, わたしふたりの男, わたしふたりきりだ, わたしへで語りかけるの, わたしへんな気, わたしべつにいい事, わたしべろべろに酔っ, わたしほしいわといった, わたしほしくないわ, わたしほどの夢中の, わたしほんとは浜島, わたしほんの詰まらん事, わたしぼんやりして, わたしゐら, わたしまじめに書いた, わたしまたはわたしに, わたしまだやっと十八に, わたしまでを征服しよう, わたしまるで違ったこと, わたしみいられたように, わたしみぎわには白い, わたしみずからご案内, わたしみずから身をやつし, わたしみづからの, わたしみんな聞いたわ, わたしむねがどきどき, わたしでご, わたしもういっそ死んで, わたしもうすぐあなたの, わたしもうすこしこのま, わたしもうすっかり癖に, わたしもうそろそろお暇, わたしもうとても重くって, わたしもう一度あのまっただなか, わたしもう少し心も, わたしもかの捨松という, わたしもしほかの, わたしもぞつと身, わたしもちよつと, わたしもともと吉住の, わたしもよつぽ, わたしゃほんとうにそんな名前ってついぞ, わたしゃほんとにおつねさんがかわいそうだわ省さんはほんとに, わたしゃもうこんな家にいる, わたしやたづねる, わたしやってみる, わたしやはり力が, わたしゆうべ大へん, わたし入っても, わたしようやくさびしさから, わたしようわけは知り, わたしよそへ行き, わたしよと犬が, わたしよりの使と, わたしらしい良心を, わたしらしいはためかまわずの方法, わたしらしく煮えたいのです, わたしら中学校で幾何, わたしら何を貰う, わたしら先祖の御, わたしら大丈夫どす, わたしら日本の働く, わたしら父妹の僭越, わたしら皆のもの, わたしら親子は凍え, わたししは二十一二歳, わたしりんどうがこんなに, わたしす番, わたしわかったわきっと, わたしわからないわ, わたしわかりそうも, わたしわかりませんわ, わたしわが子信豊に与え, わたしわたし私もう, わたしわるうございました, わたしをからかつてゐる, わたしをからかふよう, わたしをとほりすぎた, わたしをなど母様の, わたしを通して行きすぎた, わたしを通じてしかできなかったん, わたしなんだかこわらしくなっ, わたしアメリカに上陸, わたしイワンさんを行かせない, わたしウロンスキーさんに今夜, わたしエミイ・カーチス・マーチは正気, わたしカッフェーをやめ, わたしカルルスバードはやめ, わたしカーネーションが好き, わたしキュラソオの酒, わたしクラブのクルジョーク, わたしコケットなのよ, わたしコックスです, わたしシュウタイなんていう, わたしジーナを幸福, わたしテルノフスカヤです, わたしデングでわ, わたしハタからどない, わたしハツと思, わたしバンヂャルの氣候, わたしパパを信じ, わたしパリイにいた, わたしピアニストなんかじゃありません, わたしピョートル・ヴァシーリエヴィチにお願い, わたしマケドニヤの生れ, わたしマリイ・ガオさんに逢, わたしマンドリンひけてよ, わたしム・ハ・トが歌舞伎, わたしモスクヴァであなた, わたしモルやを殺し, わたしリンゴの方, わたしルイバコフの方, わたしルビーの紅い, わたしロオザ夫人は傍, わたしロシア語なんか知らなく, わたしロシア語専門というの, わたしとこの, わたしンとこには舟, わたしン家なあ先生, わたしと月前, わたし一つは自分, わたし一つお願いしたいこと, わたし一つ倉地さんをびっくらさして, わたし一メートル半ぐらいの丸い, わたし一人きり二階を借り, わたし一人ここのどこ, わたし一人ぢや淋しい, わたし一人みなさんの来る, わたし一人先へ立っ, わたし一人占めにし, わたし一人師匠の寝酒, わたし一人留守番をする, わたし一人非常に寒, わたし一代で使, わたし一個の感情, わたし一反だけ羽織, わたし一存で貸し, わたし一尺の余, わたし一度どうしても家へ, わたし一時はどう, わたし一晩中泳ぎつづけても, わたし一流の名づけ, わたし一生のお, わたし一生忘られません, わたし一生懸命先生を誘惑, わたし一町とは離れない, わたし一番よ, わたし一番すきなの, わたし一番好きですわ, わたし一眠りして, わたし一身のこと, わたし一頭は彼, わたしなの, わたし丈別箇の生活, わたし三メートルほどに見えます, わたし三味線の手, わたし三寸くらい深, わたし三越の裁縫部, わたし上方へ行ったら, わたし上気ちゃって, わたし上海で日本人, わたし下手でわるい, わたし仕合わせな, わたし不幸よ, わたし不思議でたまらない, わたし不破君に十八万円, わたし不賛成です, わたし世の中に弁信さん, わたしばかりよと云った, わたし中央に高札, わたし主馬之進を殺す, わたし久しぶりで安, わたし九時間二十分で往復, わたし乞食になる, わたし二センチほどのまるい, わたし二尺あまりもある, わたし二町ばかりはある, わたし二間はあらう, わたし云ってきます, わたし五センチもある, わたし五六メートルもある, わたし五分ぐらゐの皿形の頭, わたし五銭ならある, わたし井出さんの奥さん, わたしとも眠れない, わたし亡くなった母さんの, わたし人殺しをした, わたし人間です, わたし今夜ここへ泊っ, わたし今夜大変ウレシごぜえます, わたし今岡さんとお話し, わたし今店の前, わたし今日ほんまにええ, わたし今日一日じゅうあなたのこと, わたし今日何の気, わたし今日展覧会見に行きました, わたし今日鋸山の日本寺, わたし今晩弟さんと一緒, わたし今朝は九時, わたし今気まぐれどころじゃない, わたし仏頂寺に引渡される, わたしかたが, わたし代って上げ, わたし仮病じゃない, わたし仲平さんはえらい, わたし任せにし, わたし休まなくともよう, わたし会いに行く, わたし似合わないんです, わたし位智慧があれ, わたし佐々伸子ですが, わたし何だかほんとに済まないよう, わたし何とでもします, わたし何となく切られ与三, わたし何もかも厭に, わたし何処の国, わたし何年も何年, わたし何度でもハッキリ, わたし便利すぎたん, わたし信長という人, わたし修ちゃんをいろいろ, わたし倉地さんなんぞをはばかっ, わたしひぬ, わたし借金を返しちまったら, わたしに付き添う, わたし傲然と頭, わたし僅か十数間しか, わたし元気がでました, わたし兄さんの頭, わたし先日或る, わたし光子さんに出遇います, わたし八二・二六わたすところ, わたし六百メートルほどの岩, わたし共二人を引き留め, わたし共何も殿下, わたし共平凡な力量, わたし其時はどう, わたし内地へ復, わたし内容をたずねた, わたし内緒でわるい, わたし冬子さん笑いなすっちゃ, わたし処女であること, わたしてみる, わたし出るわよ, わたし出来ないわ, わたし分ってます, わたし分ったわ, わたしてだ, わたしに疚しい, わたし別にどうという考, わたし別嬪さんなんかで, わたし利根さんが羨ましく, わたし刺繍の半襟, わたし勘違いをし, わたし勲章を下げた, わたし北さんに誰, わたし十センチほどのいびつ, わたし十フィートあるいは十二フィート, わたし十メートルもある, わたし十万べん, わたし十分ばかりお, わたし十日ばかり前, わたし千代紙でたくさん, わたし半年もこう, わたし卑怯はいや, わたし博覧会が見たい, わたし占者だって全く, わたし何かの, わたし友達になった, わたし叔母さん駄目よ, わたし受け合っても好い, わたしにいえない, わたし台所に参ります, わたし叱られると知っ, わたし吃驚りして, わたし方面からの, わたし各自の机, わたし吉崎はなというもの, わたし同情しに, わたし同様おばあさんでございますよ, わたし同様これを自分一人, わたし同様地獄の中, わたし同様幼時から大きな, わたし同様禁慾してるという, わたし同様雌牛を買う, わたしなんかありません, わたし名刺なんて持ってない, わたし呆れてしもて, わたし告白するけれど, わたし呼ばないわ, わたし呼んでよ, わたし命がけよ, わたし本が, わたし唸らなかったでしょうか, わたし喜ぶともとがめ, わたし四メートルもあろう, わたし四尺ばかりある, わたし困ってしまふ, わたしそのお, わたし園田ヨシ子です, わたし坊様が来, わたし埋まりたいのだ, わたし執念深い魂の, わたしな気, わたし変ったかしら, わたし夕飯すぎまでしかいない, わたしに仕方, わたし多分こんやは, わたし多賀子の順, わたし夢現に女, わたし大分骨折りましたの, わたし大変だったわね, わたし大河さんは幸福, わたし大阪です, わたし天子ヶ岳のふもと, わたし夫婦とは単なる, わたし契約して, わたし奥さんの事, わたし女だてらに好き好ん, わたし女房というもの, わたし好い事を, わたし妙子です, わたし姻礼もめでたく, わたし嬉しくて, わたしの見えなくなった, わたし安心して, わたし宛てに十数個, わたし実はもうカッフェー, わたし宮瀬ですが, わたし寂しいよ, わたし寄宿では夜, わたし富永さんのお, わたし小さいときから, わたし小包紙や紐, わたし小林君のおねえ, わたし小母さんにしょっちゅう, わたし小泉です, わたし小穴さんには態と, わたし小野田さんに伺いたい, わたし少々疲れましたので, わたし少しくたぶれたわ, わたし居睡りしちやつたのね, わたし届けて来ませう, わたしへ歸つて, わたし山さ行つて粗朶を少し, わたし岡惚れのひと, わたしにちかき, わたし市ノ瀬さんにはなん, わたし帰りますから, わたし帰れないわどう, わたし帰れなくなってしまう, わたし常住気をつけ, わたし平井町です, わたし幸せです, わたし幾度もナターシャ, わたし幾許も借金, わたしにいた, わたしを来させ, わたし弱み見せたらいかん思, わたしになる, わたし待ち遠ごぜ, わたし待つてゐた, わたし待つてるから早く, わたしで往きます, わたし後でいただきます, わたし後悔して, わたし御免蒙つて, わたし御存じでしょうけれど, わたし復讐したん, わたしが即座, わたし心からあなたに, わたし必要な前, わたし忘れたわ, わたし忘れ物をしました, わたし思い切ってスワン, わたし思い立てばきっと, わたし思ふとぞつと, わたし思わずはっとしまして, わたし思わなくってよ, わたし思出しても, わたし思河のよる, わたし急いでいる, わたしういう, わたしのできる, わたし恥かしくつてあなたと中, わたし恨みもします, わたし恰度でございます, わたしうございました, わたし想像が違っ, わたし意地わるも一種, わたし愛子さんには深い, わたし感じが変つて, わたしよさっき, わたし憂鬱になっちゃった, わたし成るだけ小さい, わたしは片手, わたしを閉め, わたし戸田からみんな, わたしの査問, わたし手袋を脱, わたし扱帯が一つ, わたし持ちましたよ, わたし持ちますわ, わたし持っています, わたし持つて行きます, わたしの先だって, わたし掃除ということ, わたし敬さんと正勝, わたし数珠を捨てた, わたし満食堂, わたし日本に帰っ, わたし日本人の奥さん, わたし日本語下手ごぜえます仏蘭西語独逸語, わたし日比谷公園の前, わたし早々に追い立てた, わたし早く天に, わたし早月葉と申します, わたし明智先生はまえ, わたし映画大好きだけれど, わたし昼間だから, わたしを措かず, わたし時間に間に合う, わたし暗くても見える, わたし書記は筆, わたし最うすっかり退, わたし最初それが口惜しい, わたし最後の竜田丸, わたし朝鮮に行っ, わたし本望でございます, わたし本気でパリ, わたし来ります神の, わたし東京には三田, わたし松江です, わたし枯れたいの, わたし柳屋で見た, わたし校長さんにそんな, わたし案外正直な, わたし梶原なんか大嫌い, わたしを拾つて, わたし次に田地を, わたし次第です, わたしはやめなかった, わたし正月早々からあんた, わたし正餐のため, わたしのお金, わたし此処から飛び下り, わたしりません, わたし歸つてもそり, わたし死にたくなったのよ, わたし死にものぐるいでやっと, わたし死んだら天の, わたし残らず聞きましたわ, わたし段々おなかが, わたし殿陣仕ると, わたしにきかせ, わたし毎日一回宛十回ほど注射, わたし毎日毎日隙さえあれ, わたし毛利です, わたし毛虫大きらひな, わたし毛頭ないわ仏頂寺, わたし気の毒になっちまった, わたし水筒もって, わたし決心をした, わたし泣いてはいけない, わたし泣かされましたわ, わたし泣かないわよ, わたし洗濯の利く, わたし洗濯ものを干さなけりゃならない, わたし浪ゆたかにし, わたし海水浴場が見たい, わたしがにじむ, わたし淋しくなるもう一度, わたし清岡先生にもお目にかかった, わたし清月ですっかり, わたし済まないことを, わたし満足にすき焼, わたし溺れてしまう, わたし火さき五本ずつ逆さ, わたし火星の童謡, わたし火熨がいる, わたし為朝っていっ, わたし為返しをし, わたし名丸へ, わたし無礼な口, わたしヶ岳を, わたしで引っ掻かれ, わたして見せる, わたし物干場へ行かなけりゃならない, わたしを見る, わたし猫たちのこと, わたしが大好き, わたし玉井の家内, わたし琵琶湖ってこんなに, わたし生きておれなくなる, わたし生きた心地も, わたし生れたのは, わたし生れ香港五つの時, わたし生涯男は持たなくっ, わたしが無い, わたし用事にとりかかっ, わたし用意して, わたし申しなるべくは, わたし申しあげねばならん, わたしをし, わたし癇癪を起し, わたしにさわる, わたし白い尊の, わたし百瀬秀人の姪, わたし百米を超え, わたし見て, わたし盗坊ね, わたし直接にか誰か人, わたし相川ですが, わたし相応の置土産, わたし相手が金持ち, わたし看護婦さんにリボン, わたし看護婦試驗が受かつたら, わたし眠たくなっちゃったわ, わたし眠られないでしょうきっと, わたし眠るのよ, わたしがわるい, わたしのみ着, わたし睡っていた, わたしつて, わたし知っててよ, わたし知ってるわ, わたし知らなかったのです, わたし知りたいわ, わたし磯崎が描いた, わたし不倖, わたし立って働く, わたし立つ瀬が無い, わたし竿頭の曝し, わたし笑談に, わたし等三人は早足, わたし等二人は降りた, わたし等夫婦親子の專有, わたし等自身が特に, わたし等雪國人種の特に, わたし算盤で大忙し, わたし覚さんて, わたし米友さんに憎まれる, わたし紀久子さんの仰, わたし細君はそれ, わたし終ると私, わたし経済の勉強, わたし絵エは下手, わたし絶対にいや, わたしわたりをし, わたし縫つて上げよう, わたし考えている, わたし考えたのよ, わたし考えてるんです, わたしの附根, わたし耳門をあけ, わたし聞かない今も, わたし聞きまへん, わたし聞きましたの, わたし聞くこと出来た思いました, わたし背中のぬける, わたし脱いで寝た, わたしが立つ, わたし自らの冥利, わたし自ら提出したもの, わたし自分たちは四月十九日, わたし自身あそこにいました, わたし自身いやでも気づかざる, わたし自身これを口, わたし自身のからだ, わたし自身人間的な弱点, わたし自身六十まで生き延びる, わたし自身子供のうち, わたし自身方図のしれない, わたし自身異とせざる, わたし自身解釈して, わたし自身誰よりも知り, わたし色々の事情, わたし芽出し柳の立木, わたしになっ, わたし苦しいんです, わたし苦しかったわ, わたし英語の勉強, わたし草履だから, わたし葉子さんのお世話, わたしを伸びる, わたし藤蔓にてく, わたしが知らせた, わたし行きたいのです, わたし行きますわ, わたしています, わたし見せつけられるのは, わたし見なかったわ, わたし見なかつたもんだ, わたし見るものを, わたし覚えてはります, わたし触らせなかったのよ, わたし言いはしなかった, わたし言いつけてよ, わたし言ってやります, わたし言ってるのよ, わたし許すわ, わたし評論集の原稿わたし, わたし誓って言う, わたし読めないわ, わたし諦めています, わたしを踏まず, わたし貞世さんにぜひ, わたし貧乏だったわ, わたし貧乏人の娘, わたし買つて来たの, わたし貸間をさがし, わたし赤い実が, わたし赤酒大好きよ, わたしにも先, わたし踊れないんです, わたし踊れやしませんわです, わたしがちぢむ, わたし身内といったら, わたしでそろそろ, わたし車屋をやります, わたし軍隊生活のできる, わたし軽蔑します, わたし辛抱がしきれない, わたし近ごろ力がない, わたし近ごろ灰や泥, わたし逃げていた, わたし逃げられないから, わたし途中で逢, わたし速達を頂いた, わたし進んで物, わたし遊んでなんかゐない, わたし達あなたとわたし丈, わたし達あなた方を招待, わたし達すべて働く婦人, わたし達それに用, わたし達びつくりしたわ, わたし達ふたりでは寂しくっ, わたし達一家族を養つて, わたし達何かミステーク, わたし達冬の灯, わたし達家で御馳走, わたし達日本人が四人, わたし達無産者の景福, わたし達白系露西亜人の生活, わたし達親子のよう, わたし達試験所の当直, わたし適当に身, わたし酒屋のおちゃっぴい, わたし醉つてふら, わたし野村です, わたし鈴木先生がとった, わたし銀行を出され, わたしは慥か, わたし錠前の穴, わたしをどう, わたし長いこと頼ん, わたし長き心は, わたし長久保の奥さま, わたし長原吉之助がいわゆる, わたし長生きして, わたし長老様にどうしても, わたし開封の都, わたし附添ひの, わたし陥れるために, わたしへ上っ, わたし陽気なたち, わたし随分待って, わたし隠れ家は木造, わたし雷さまより光る, わたしの朝, わたし面白いところが, わたしは鞄, わたしをもむ, わたし頭痛がする, わたしにかける, わたし願いたいものでございます, わたし飽きるほど食べ, わたしはきらい, わたしを切っ, わたしは明日, わたし馬鹿ですわね, わたし駄目だわ, わたし驚いてし, わたし驚きゃしません当り前だ, わたし鬱金香が大嫌いさ, わたし魔法をかけられ, わたしの真似, わたし鹿児島へ行ったら