青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「一~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ロンドン~ ローマ~ ~ン ン~ ヵ月~ ヶ~ ヶ月~ ・~ ー~ ~一
一~
~一々 一々~ ~一しょ ~一つ 一つ~ ~一ぱい 一ぱい~ 一事~ ~一人 ~一体

「一~」 314124, 3393ppm, 24位

▼ 一~ (51853, 16.5%)

1299 の男 937 の女 599 では 395 の人間 351 の若い 344 である 343 もない 285 や二人 264257 であった 229 の娘 205 の人 183 の青年 180 もいない 176 の子供, もなかっ 167162 の武士 157 の老人 151 だった 141 の方 137 で, の女性 118 です 117 になっ 115 なの 112 の婦人 111 の少年 108 になる 107 の少女 105 だと, の力 104 であつ 96 のお, の手 94 の若者 93 の作家 9290 の人物 87 の侍 85 の紳士 84 でお 83 か二人 82 の客, もいなかった 80 のため 78 の妹 77 の子 75 もありません 70 でいる 69 で行く 67 もなく 65 の老 63 も居ない 62 が云った, だつた 61 の, の友人, の者 57 がその, であること, になった 56 にし, 立って 54 の女中 53 で歩い, の警官 52 でも多く, で行っ, も無い 50 はその, 残って 49 の男の子, もゐない 48 がそれ, が私, の旅人, の老婆, 連れて 47 だが, でした, なん, の巡査, の母, もなかつた 46 だから 45 か, が言, でその, 出て 44 となっ, のこと 43 の刑事 42 であるが, でこの, になつ, の友達, の美しい 41 の学生 40 が言った, のもの 39 しかいない, だったの, で来た, の息子 38 がいった, であったが, ですか, となった 37 がこの, に, の友, の胸 36 が叫んだ, であると, の僧, の百姓, もあるまい, 離れて 35 しかない, だけで, としてその, の声, の妻, の心 34 つれて, の仲間, の命, の弟, の時, の看護婦, 歩いて 33 して, じゃない, で出, としてこの, なり, の兵士 32 ある, いた, がいう, であ, のよう, の敵, の生徒, 残して 31 あった, の姉, の顔 30 でやっ, で住ん, で何, の乞食, もありませんでした 29 が云う, が自分, のほう, の姿, の日本人, の母親, はお 28 あつた, いて, が何, で家 27 いる, でやる, で帰っ, で自分, と一人, の兄, はこの 26 あって, ですから, でやつ, で帰る, の大男, の生活, は私 25 であります, で勝手, で居る, となる, の女の子, の婆さん, 置いて 24 だつて, だという, であったの, であって, ですが, で背負っ, の労働者, の立派, を相手, 去り二人

23 [12件] だつたの, で先, で暮し, の女房, の役人, の背, の自分, の若, の農夫, は女, は彼, も無かっ

22 [12件] が云, だよ, のひと, の仕事, の名, の小さな, の年, の御, の生命, の男性, の私, も残らず

21 がいいました, がお, がそう, が言う, であろう, の奴, の水夫

20 [15件] がこう, が一人, が口, でもある, として私, の大将, の小, の支那人, の浪人, の甥, の老女, はそれ, 来て, 殺して, 減り二人

19 [18件] が彼, であったと, でいた, でここ, でこんな, で散歩, で歩く, で飲ん, となつ, の仕業, の例外, の侍女, の助手, の婦人作家, の相手, もなし, も無, 住んで

18 [14件] が声, が手, が答えた, だったが, でいい, で気, で考え, で遊ん, というの, のおじいさん, の人影, の恋人, も出, 知って

17 [16件] ついて, であらう, であるという, でも, でやった, でゐる, で留守番, で饒舌, とし, なので, のとき, の中年, の味方, の小僧, の弟子, または多数

16 [24件] かも知れない, がある, が他, たりとも, だけ, でありました, ですよ, でそれ, で喋舌, で寝, になつて, に相違, のうち, の上, の口, の天才, の患者, の水兵, の知人, の見知らぬ, の親, の頭, はまだ, を残し

15 [20件] いるの, がふと, でぶらぶら, で二階, で外, で寢, で引受け, で来, で来る, で東京, で見, の乙女, の外, の将校, の考え, の腕, の船頭, はこれ, まえの, も居なかった

14 [30件] がまた, じゃ, であの, でい, でそう, でそんな, で出かける, で彼, で私, で食事, の不幸, の中, の作, の兵隊, の大, の学者, の小男, の童子, の美女, の詩人, の身, はいっ, は若い, もございません, を, を頼り, 乗って, 入って, 坐って, 寝て

13 [33件] がすぐ, が急, だけです, でじっと, でよく, で働い, で御, で暮らし, で生活, で立っ, で食べ, ならば, の俳優, の先生, の女給, の小さい, の影, の日本, の為, の男子, の肉親, の芸者, の西洋人, の部屋, はもう, また一人, もねえ, もゐなかつた, よがりの, を殺し, 居る, 死んで, 立つて

12 [41件] ありました, がこれ, が大声, が立っ, さ, しか居ない, できめ, でございます, でどう, でどこ, で大丈夫, で寝る, で泣い, で淋し, として, として彼, になりました, のお客, の作者, の処女, の医者, の忰, の旅, の旅客, の書生, の画家, の私服, の罪, の老翁, の職人, の職工, の肩, の責任, の黒い, は自分, もおりません, よ, をつれ, 坐つて, 居た, 居て

11 [49件] いるきり, おいて, かい, がいつた, が大きな, だろう, つけて, であったこと, でか, でこっそり, でしたが, でしょう, でぼんやり, でもいい, で占領, で室, で庭, で行き, で飲む, と思っ, に過ぎない, に違い, のお方, のこれ, のところ, の下女, の下男, の世界, の兄弟, の大きな, の姪, の娘さん, の存在, の機械人間, の痩せた, の芸術家, の親友, の読者, の貴婦人, は何, は刀, もある, もこの, もそれ, を殺す, を連れ, を除い, 立ち二人, 起きて

10 [62件] ありて, あります, あるの, いるだけ, かね, が叫びました, が頭, しか無い, だそう, だに, つきり, であるの, でおいで, でさえ, でさっさと, でして, でたくさん, でも二人, でよい, で來, で生き, で留守, としてそれ, となり, なりき, にお, になれ, に向, のお爺さん, のその, の乾児, の令嬢, の伴, の僕, の僧侶, の叔父, の同志, の問題, の土人, の坑夫, の家, の憲兵, の教師, の曲者, の漁夫, の父, の父親, の神さま, の騎士, はたしかに, は例, は前, は手, もいなくなった, も外, も無く, ゐる, をたより, 呼んで, 寝の, 帰って, 持って

9 [68件] あるん, あれば, いなかった, がいきなり, がこんな, が出, が答, が言いました, が訊いた, が足, しかゐない, ずつその, だったと, であるから, でいたい, でもいる, で坐っ, で外出, で山, で帰った, で感心, で手, で旅, で淋しい, で置い, で置く, で行った, で部屋, で静か, として彼女, にその, に違, に限った, のみ, の兵, の士, の外国人, の夫人, の女子, の妾, の孫, の小児, の従者, の武者, の死, の王様, の病人, の盗賊, の眼, の翁, の老母, の血, の記者, の証人, の貧しい, の通行人, の連れ, はここ, は年, は男, ぽつち, もその, も居りません, らしい, を殺した, を置い, 居ると, 行く

8 [97件] あったの, あり, あるが, います, いると, があった, がいいます, が傍, が僕, が前, が叫ぶ, が叫ん, が彼女, が或, が眼, が答えました, しかありません, じゃありません, だけだった, でする, でそこ, でないこと, でね, でぽつねんと, でもこの, で今, で仕事, で他, で出かけ, で大, で寂しく, で店, で沢山, で立派, で酒, で長い, という, ということ, と云う, と雖, にある, にすぎない, になり, に任せ, に向っ, のおばあさん, のお婆さん, のお母さん, のこして, のほか, の人夫, の子ども, の将, の尼, の年増, の従僕, の愛する, の教授, の旅僧, の来客, の犠牲者, の狂人, の生きた, の異性, の罪人, の美人, の船員, の色, の若い衆, の警部, の足音, の身体, の車掌, の運命, の部下, はある, はやはり, は今, は死に, は足, も, も人, も居ねえ, も来, も無し, ゐた, をお, をし, を斬り, を知っ, 取り残されて, 握りしめたる拳, 残った, 知るもの, 立ちして, 行って, 見て

7 [133件] あるのみ, いたが, かな, があの, がいい, がここ, がどう, が先, が相手, が突然, が立, が首, だけのこと, だけ残っ, であと, であるかも, であるので, であるよう, でこれから, でせう, でどうして, でなければ, でにこにこ, でまた, でもあった, でもそれ, でやって来た, でゆく, で兼ね, で出かけた, で喜ん, で居た, で歩き, で死ぬ, で江戸, で淋しく, で澤山, で物, で相手, で笑っ, で背負つて, で腹, で船, で誰, で降り, で飯, としてそこ, として自分, ならず二人, には相違, に加わっ, に數, のせい, のやう, のりっぱ, の之, の事, の事務員, の他人, の個人, の兄さん, の先輩, の別, の前, の医師, の友だち, の召使, の可愛い, の囚人, の大学生, の夫, の女人, の婢, の家来, の将軍, の幸福, の店員, の怪しい, の愛人, の技師, の村人, の死者, の洋服, の漁師, の物, の生涯, の画工, の知己, の老僕, の老爺, の聖者, の自由, の英雄, の虚無僧, の負傷者, の遍路, の門人, の麗人, の鼻, はすぐ, はなれ, はまた, は主人, は俺, は大, は妻, は彼女, は必ず, は死んだ, は第, は色, ぽつちで, まえに, もいません, もいや, もないだろう, もなくなった, も余さず, も友達, も客, も居なかつた, も見えない, も見当らなかった, ゐて, をつかまえ, を見, 使って, 倒れて, 出して, 来た, 生きて, 遊んで, 黙って

6 [159件] あつて, かえ, があわただしく, がいた, がいふ, がしきりに, がそこ, がもう, がやつ, が下, が両手, が住ん, が山, が後, が死ぬ, が聞いた, が走っ, しかいなかった, しかなかっ, だけだ, だけ先, だったから, だったろう, だな, だらう, つ子, であったから, であったらしい, であるところ, であるやう, であるらしい, である事, である私, でいろんな, でくよくよ, でこれ, でしたか, ですね, でそっと, でで, でどんどん, でも多い, でも日本, でゐた, でアラスカ, で出来る, で十分, で合点, で寝た, で引受けた, で旅行, で朝, で町, で笑った, で胸, で行つて, で起き, で身, で退屈, で門, で面白, というよう, といっ, としてお, としてこれ, として知る, と見, と言, になつた, に加え, に聟八人, のお嬢さん, のお客様, のこって, のみすぼらしい, のわかい, の主, の伜, の供, の優れた, の児, の六部, の割合, の勇士, の叔母, の名前, の君主, の壮士, の天下, の姥, の小坊主, の小姓, の小者, の工夫, の年老いた, の彼, の怪人, の日本女, の書記, の有名, の武家, の武蔵, の気, の浪士, の犯人, の猟師, の生, の異様, の異議, の白い, の盲人, の看守, の神, の神様, の細君, の美少年, の言葉, の身の上, の車夫, の選手, の非常, の馬方, はいつた, はそう, はどこ, は左, は既に, は白い, は眼, は背, は膝, は非常, は頭, ぼッ, ぽつ, まじって, もあり, もいず, もいないだろう, もいねえ, もいませんでした, もこれ, ももたず, も出入り, も帰っ, も私, も見, やっと通れる, やつて, や半分, を助ける, を守っ, 持つて, 残されて, 残らずその, 続いて, 進んで, 附いて, 雇って

5 [227件] ありますが, ある筈, いたの, いること, いるという, いるよう, いるん, かと思う, かも知れません, がいっ, がさけんだ, がたずねました, がみんな, が今, が何気なく, が又, が呶, が女, が帰っ, が店, が怒鳴った, が槍, が気, が相談, が絶叫, が見, が誰, が頼り, ございました, じゃねえ, じゃア, ずつ, ずつ連れ, だけであった, だし, だったこと, だね, であったという, であるに, であろうと, でいられる, でいれ, でしきりに, でしゃべっ, でちびりちびり, でぢ, でなら, でなんか, でぶらりと, でまだ, でもう, でもよけい, でも余計, でゆ, で世話, で其処, で出す, で夜, で夜歩き, で好い, で帰れる, で引き受け, で彼女, で往く, で或, で戻っ, で敵, で日本, で暮したい, で月, で歸, で父, で留守居, で登っ, で笑, で罪, で考へ, で自由, で芝居, で苦しん, で苦労, で行け, で見る, で通っ, で食べる, としてそんな, として他, として帰っ, となつて, となりました, となれ, とぼ, なかった, なのに, ならいい, になったら, になります, に何, に数えられ, に渡し, に訊いた, に身, に限り, のアーティスト, のキャラコさん, のフランス人, の人格, の使い, の使者, の偉人, の偉大, の働き, の同じ, の同僚, の同情者, の坊さん, の場合, の士官, の壮, の壮漢, の大事, の女優, の女学生, の婆, の官吏, の寝, の尊いみ子, の小娘, の小柄, の少年たち, の尼僧, の屠, の市民, の平凡, の弁護士, の悪人, の意志, の所有, の折助, の探偵, の文学者, の日本婦人, の暮し, の未亡人, の泥棒, の浪人者, の淋しい, の為め, の熱心, の牧師, の王子, の田舎者, の異, の白人, の目, の科学者, の筆, の老い, の老媼, の脊, の足, の身寄り, の金持ち, の門弟, の首, の馬鹿, の駅員, はあの, はいつも, はどう, は一人, は五十, は他, は全く, は右, は同じ, は奥, は御, は急, は早く, は死ん, は片手, は片足, は目, は石, は腰, は言, は言った, もありゃしない, もありやしません, もお, もなかろう, もなくなっ, もをら, も二人, も口, も姿, も子供, も家, も居なくなっ, も彼, も生かし, も知らない, も自分, も見た, ゐるの, をここ, をその, を先, を愛し, を斬っ, を殘, を自分, を除く, 佇んで, 取り残された, 斬られて, 死ねば, 残された, 残らず, 殺されたん, 生き残って, 眠って, 知らぬもの, 知る者, 雇うて, 飛び込んで

4 [408件] ありましたが, ありまして, あるだけ, あると, あるには, いづれも, いない, おくれて, かかえて, かと思っ, かも知れなかった, から, がいや, がこっち, がそっと, がとつと, がどんな, がひどく, がふい, がよい, がわたし, が一つ, が先生, が入っ, が刀, が呟いた, が呼びかけた, が妙, が小さい, が少し, が息, が敵, が書いた, が次, が此, が死んだ, が残っ, が犯人, が生き, が発見, が窓, が答える, が腰, が膝, が訊ねた, が遠く, が頓狂, が顔, が飛び込ん, が駈け, が驚い, ぐらいな, ございます, しか残っ, じめ, すぐに, ずつつい, ずつ入っ, ずつ別々, その名, たること, だけが私, だけな, だけ東京, だぞ, だったという, だったん, だっていない, だになし, だも, だらうと, であったので, であっても, でありその, であるか, でいたく, でうまい, でおもしろ, でございますか, でさえも, でしたね, でしたよ, ですら, ですわっ, でずんずん, でどんなに, でない, でないと, でなくて, でのみこん, ではしゃい, でふらり, でもあったら, でもない, でも人間, でも味方, でやきもき, でやって来, でやはり, でやられた, でやります, でやれ, でやろう, でゆっくり, でゐ, でアパート, でブラリ, で下宿, で中, で二人, で人, で住み, で何事, で働く, で僕, で充分, で入っ, で出かけました, で前, で勉強, で十人, で反対, で可笑しく, で呑込ん, で味わう, で喋っ, で天下, で嬉し, で帰し, で座敷, で心, で承知, で持っ, で書斎, で本, で毎日, で湯, で空, で笑つた, で笑つて, で自殺, で茶, で行きます, で観る, で計画, で訪ね, で足, で進ん, で遊び, で遊ぶ, で頭, と, とある, といえ, とお, としてこんな, としてなかつた, として我, として気, とすれ, とそれから, との間, と一緒, と思ふ, と話し, ならん, なりとも, なるべし, なれども, なれば, にて, にて候, になしたる, に一人, に加えられた, に對, に就い, に挨拶, に数, に耳打ち, に逢っ, に過ぎぬ, に限らず, に限られ, に限る, のおやじ, のお前, のこの, のじいさん, のすぐれた, のたより, のやはり, のアイヌ, のインデアン, のドイツ人, のパンパン, のボーイ, の上等兵, の下, の下僕, の下士, の下士官, の不思議, の乗客, の人生, の人足, の伯母, の伯父, の使, の信者, の修行者, の修道女, の倅, の児童, の刀, の動き, の可愛らしい, の同胞, の商人, の坊主, の大きい, の奥さん, の女工, の女王, の妙, の姫君, の守衛, の家族, の寛い服, の寝床, の寺奴, の小女, の巨人, の巨漢, の年老, の幼児, の座頭, の庭師, の心持, の思い, の悪漢, の我, の手先, の教育, の智恵, の朝鮮人, の案内者, の検事, の歌人, の死人, の死刑囚, の気高い, の犯行, の王, の王女, の珍客, の生き, の町人, の町役人, の異人, の癩人, の登場人物, の白痴, の白衣, の相客, の相棒, の筆者, の給仕, の腹, の舞妓, の船客, の芸妓, の若党, の落伍者, の行員, の袖, の見る, の見物, の親方, の訪問者, の賊, の赤ん坊, の跨, の踊子, の軍曹, の近侍, の途, の逞しい, の連, の遊女, の道士, の酔漢, の野郎, の間柄, の阿闍梨, の雲助, の青年紳士, の食事, の魂, の黒人, はあんまり, はいう, はいった, はいる, はかならず, はしきりに, はすでに, はそこ, はどうも, はまさに, はよく, は上, は下, は両手, は云った, は兄, は六十, は十八, は四十前後, は大きく, は大きな, は如何, は娘, は学校, は家, は小柄, は後, は東京, は椅子, は槍, は江戸, は突然, は笛, は美しい, は肩, は誰, は身, は隣家, へ, ぽつねんとし, もあった, もい, もいなく, もおいで, もそこ, もないでしょう, もなき, も使っ, も出さない, も女, も居なくなった, も居ません, も御座いません, も持っ, も残さず, も発見, も見えず, も見えなかった, も見えませんでした, も逢つて, も顏, よがりに, よりない, より二人, より外, をどう, を呼ん, を守る, を家, を後, を残した, を疑ひ, を目の敵, を見る, を見殺し, を選ん, を頼み, 交って, 借りて, 出あふ者, 別れて, 助けて, 又は数人, 取殘, 寂しく寝る, 座って, 当って, 待って, 抱えて, 放って, 欲しいと, 残らず知って, 殺されて, 殺したの, 立ちました, 笑って, 腰かけて, 若い女, 若い男, 苦しんで, 訪ねて, 貰って, 這入って, 通らなかった, 通るもの, 預って, 飛び出して, 養って

3 [791件 抜粋] あったと, あるきり, いたので, いないと, いなくなって, いるから, いるとき, いれば, おあり, おります, かと思, かもしれない, から手紙, があと, があれ, がいつも, がいへ, がかなり, がきいた, がちゃんと, がやがて, がよろしい, が一日, が上, が二人, が云いました, が云い出した, が低く, が何事, が先ず, が初めて, が向, が完全, が寝, が崖, が帽子, が床, が後方, が思い出した, が恐る恐る, が愕, が持つ, が振向い, が教え, が早口, が来, が松明, が棒, が正面, が母, が片, が特に, が皆, が知っ, が社会, が立つ, が罵った, が肩, が言っ, が言葉, が近づい, が選ばれる, が部屋, が音頭, が飛び出し, ぐらい, ぐらい出, ごち, しかおいで, しか知らない, しらべて, じゃ手, ずつそれ, ずつ一人, ずつ呼ん, ずつ抱い, ずつ木, ずつ相手, そのほか, そんなこと, たるは, だけあった, だけである, だけでした, だけは, だけ後, だったか, だってありません, だっていねえ, だとは, つくねんとし, であったに, であと三人, であなた, でありまして, であるため, であるとも, であれこれ, であんな, でいたかった, でいつ, でいらっしゃるの, でいらつ, でうなづい, でえらい, でおく, でお湯, でお茶, できて, でくらし, でこ, でこそこそ, でこちら, でございました, でございますから, でしなければ, でしょうが, ですっかり, でてくてく, でとぼとぼ, でにやにや, でのぼっ, でひろ子, でぽつんと, でもあっただろう, でもあれ, でもそんな, でも居る, でも自分, でやってる, でやりました, でよそ, でゐたい, でゐられる, でトコトコ, で一つ, で一杯, で万端, で三人, で上野, で下り, で世渡り, で二つ, で代表, で休ん, で何もかも, で作った, で僅か, で凡て, で出る, で出立, で切り廻し, で又, で名, で喋った, で困っ, で夕食, で外国, で大声, で子供, で学校, で実は, で少し, で居られる, で居残っ, で幾つ, で得意, で心得, で忙, で思っ, で想像, で所有, で捌い, で来られた, で極, で此処, で歩きだした, で歩けない, で殆ど, で残っ, で氣, で汽車, で渡る, で特別, で用, で甲板, で登った, で盃, で空想, で結構, で考えた, で背負, で舞台, で苦笑, で行ける, で行こう, で解決, で議論, で負う, で通つて, で道, で遣つて, で金, で間借り, で顔, で食, で食堂, で飲んでる, で騒い, というもの, というトリック, といつ, といふこと, としてここ, としての自分, として一部, として今度, として信用, として天下, として怪しむ, として火, として疑っ, として相手, として知らぬ, として見た, として話せる, となりて, となろう, とり止むる事, とり殘, と私, と見る, ならず二人三人, ならどうにか, なりしが, なる私, におなり, にした, にちがい, にても俳句, になりたい, になりたかった, に三人, に云, に出会った, に加わった, に命, に婿八人, に就, に数える, に渡す, に眼, に話しかけた, に近い, に過ぎなかった, に関係, に集め, のおじさん, のかけがえ, のごとく, のさびしい, のでっぷり, のはず, のみじめ, のみなれ, のエスキモー, のモーツァルト, の一日, の上品, の主人公, の乳母, の亭主, の人民, の代表者, の仲仕, の体, の侍者, の修験者, の僧形, の兇漢, の六十, の兵卒, の写真師, の労働, の勝手, の博士, の印度人, の古い, の品, の哲学者, の嘉村由子, の塾生, の外人, の天人, の天文学者, の奇妙, の奇異, の女形, の女郎, の如き, の姉さん, の委員, の娘っ子, の婦, の子持ち, の學生, の守護霊, の室, の家臣, の宿, の小冠者, の山伏, の巡礼, の巫女, の弥四郎頭巾, の後, の快楽, の思ひ, の怪しげ, の悪, の悪魔, の所存, の手代, の技手, の按摩, の掘, の故, の教正, の文士, の料理人, の新しい, の有力, の木樵, の死んだ, の死骸, の気持, の洋装, の火星人, の爺さん, の牧人, の特殊, の犠牲, の男らしい, の番兵, の番頭, の白髪, の真, の祖母, の秀才, の私言, の網シャツ, の美, の翫具, の耳, の肉身, の肥大, の胸甲騎兵, の腰元, の腹心, の船長, の著者, の藩士, の覆面, の見知らない, の観, の言, の話, の貴族, の赤い, の足軽, の踊り子, の遊び人, の道, の酔っぱらい, の長身, の雛妓, の青白い, の面, の顏, の魔女, の鷹匠, はあります, はあわただしく, はいつ, はかく, はこう, はすなわち, はそんな, はどうしても, はやや, は一方, は不思議, は久原房之助氏, は侍, は僕, は入口, は十八九, は同, は地主, は堪へ, は大学, は夫, は小説家, は或, は抜刀, は木, は柄, は横, は次, は沼田, は病氣, は直ぐ, は眉間, は着流し, は紙, は胸, は脚, は若く, は親, は酒, は長く, は顔, は髪, は黒, ふえて, ぶら, ぽつねんと坐っ, もあらず, もいないであろう, もいなかつた, もこの世, もなけれ, も乗客, も住ん, も出会わなかった, も同じ, も居らず, も山, も敵, も残っ, も泣い, も現われない, も生れない, も目, も立つ, も見当らない, も返事, も遁, やって来た, やって来て, やられましたよ, や二人犠牲, よがりを, よりほか, ゐない, をのぞい, を他, を供, を切り, を加, を失った, を得る, を排斥, を攻める, を斬り殺し, を肩, を討っ, を除け, ポツンと, 入つて, 出来ました, 取り残されたよう, 取残されたよう, 取残されて, 増えたこと, 存じて, 寝を, 居りました, 居りましたが, 居るの, 居るん, 急いで, 慌しく中, 或は二人, 捨てて, 残しては, 残らず出て, 残らず死んで, 殺されたの, 殺すの, 殺せるわけ, 立った, 立つ, 見えない, 起ち二人, 逃げ二人, 通ろうとも, 遅れて, 隠れて, 頼んで

2 [2490件 抜粋] あくこと, ありましたよ, あるけれど, ある兄, いい子, いなければ, いらっしゃるじゃ, いる親, お友達, お生み, かつて, かも知れぬ, から次, か別人, があります, がいなくなれ, がかう, がさけぶ, がすっかり, がそういう, がためなりけり, がつと, がなつかし, がひらり, がまっすぐ, がやっと, がわざ, がバア, が一度, が上体, が人間, が何ん, が俺, が全部, が助け, が反対, が君, が唄う, が学校, が小屋, が己, が庭, が心, が意味, が戸口, が手頼, が捉, が日本, が柱, が欠け, が残された, が注意, が牡蠣船, が産, が発狂, が石, が窮迫, が笑, が絶えず, が聞き直した, が胸, が落ちついた, が見いだされたる, が言い出した, が赤い, が逞しい, が隣席, が顏, が駆け, きて, ぐらいの割合, この世の中, この死骸, こんな淋しい, しよんぼり立つて, じゃいけない, じゃつまらない, じゃ怖い, すらりと, ずつの力, ずつ私, ずつ髪, その場, たらしめ, だからね, だけが眼明, だけその, だけでやる, だけの問題, だけ帰っ, だけ生, だけ連れ, だってありゃあ, だっている, だつた彼, だば, だツ, つかつかと, であったか, であり, でありますから, であるすこし, である筈, でいつも, でうんと, でお待ち, でぐいぐい, でさ, でさまよっ, でしづか, ですそして, でそこで, でたびたび, でできる, でとびこん, でなかなか, でなりとも, でひきうけ, でまいります, でもあろう, でもそう, でも人, でも優れた, でも同志, でも弟子, でも沢山, でも黒雲位, でやれる, でションボリ, でホクホク, で一燈, で三ツ, で不自由, で云った, で以前, で供, で劇場, で参りましょう, で呑み込ん, で喋, で噪ぎ切つて, で坂, で夢, で夫人, で実行, で寂しい, で寝起き, で居ない, で帰つて, で幾日, で引い, で弾い, で待っ, で微笑ん, で悲し, で我慢, で担い, で持てる, で提灯, で料理屋, で暗い, で暴れ, で桟敷, で横, で死んだ, で気儘, で泊る, で浮かれ, で湯灌, で然し, で燥, で物思い, で療治, で看病, で秋, で窓際, で網走, で考えごと, で背負う, で自動車, で若い, で英語, で虎, で行動, で見なく, で調べ, で赤面, で逃げ, で遠, で銀座, で頻りに, で食っ, で魔, といわれた, としてきょう, としてなかっ, として之, として優勝特絶, として君, として心, として推服, として浄瑠璃, として直接, として聞い, として通例, とそれ, とは誰, とり残された, と同じ, と女二人, と申し, と言う, ない, ならず彼, なら路, なる若き, にきい, にすぎず, にては行く, にならう, にまかせ, によって発見, に仰せつけられますれ, に出会, に合図, に命令, に声, に尋ねた, に彼, に扮, に死, に留守番, に眞, に聴け, に背負わせる, に近づい, に選ばれた, のあでやか, のうら若い, のお嬢様, のかた, のこった, のさむ, のちょッ, のみこみ, のむす, のよい, のアメリカ婦人, のオイハギ, のダンサー, のベッド, のリズム, の三右衛門, の不足, の中尉, の主婦, の予言者, の人間らしい, の仲, の佐々木小次郎, の修行, の傾向, の兄妹, の内職仕事, の判事, の力士, の十五六, の反対者, の同宿者, の君, の国学者, の土民, の夢, の大尉, の天窓, の女中さん, の妙齢, の嫂, の孤児, の官兵, の容疑者, の寺男, の小さき, の屍体, の左右, の平凡人, の幻想, の役者, の思召, の悪い, の意見, の愛娘, の成人, の手もと, の才能, の持っ, の掛り人, の支配, の新聞記者, の昔, の書生体, の末子, の校長先生, の楽しみ, の歎, の武蔵さん, の死屍, の汚, の浮浪者, の無邪気, の物好き, の猛, の瓶口黒須兵衛, の甲, の異形, の百姓女, の監督, の相談相手, の知らぬ, の神官, の稼ぎ人, の童貞, の精神, の給仕女, の美青年, の考, の自転車乗り, の花形, の若衆武士, の荒くれ男, の行者, の裸婦, の見おぼえ, の訪問客, の議員, の貴人, の軍医, の迷惑, の道人, の郷士, の醜業婦, の野, の長兵衛, の隊員, の雑兵, の頬, の養女, の騎兵, の鬚, の齢, はあわて, はかくかれ, はさっき, はそのまま, はとられ, ははじめて, はまるで, はカーキー色, はテーブル, は一級上, は三十歳, は両, は久助, は京都, は仏頂寺弥助, は体, は元, は出, は医者, は友人, は唖, は坊主頭, は大事, は女学生, は妾, は実際, は富山七之助, は小使, は店, は御用聞, は恐る恐る, は手製, は時々, は横ざま, は死ぬ, は民弥, は洋服, は深川区, は熱心, は町役人, は白痴, は矢立, は私達, は立派, は紺, は縁側, は肥っ, は舳, は茶色, は言いました, は赤坂区, は蹴込, は道, は静か, は驚い, は鷺, ばかりで, へ又, ぽち, または二人, もあの, もいなかったろう, もお客, もつい, もなかるべし, もまた, も一個, も兄弟, も出る, も好いた, も居り申さず, も怪我, も持たなかった, も来ねえ, も死んだ, も無え, も知った, も置かず, も見かけなかった, も話し相手, も通っ, も釣り師, やってきた, ゆきたること, よりは二人, ゐます, をいじめ, をどこ, を中, を使つて, を友達, を呼んだ, を安, を後生大事, を思ひ出した, を択ん, を指摘, を斃, を歎, を殺そう, を犠牲, を真, を胸, を見出す, を部屋, を養う, 上って, 付けて, 侘び住居, 出す, 出来た, 取り逃がした, 同じ帽章, 増えたな, 寂しいの, 居ない此室, 居る嬉し, 御城, 怪しい男, 或は吉野, 持つたやう, 明るい中, 欲しい, 死んだ, 死んでも, 残したまま, 残らず一緒, 残らず手, 残らず顔, 殖えると, 殺すに, 淋しき痩せ, 減って, 現れた, 生ませて, 登って, 知っては, 磯臭い水草, 縛めた儘, 置くこと, 聞いて, 行きて, 見かけません, 走つて, 踞んで居たが, 通らない, 連れた切り, 遣ふても, 頑張って, 駈出してさ

1 [18106件 抜粋] あ, あのちび, ありいまいましき, あるさ, あんだが, いつぞや, いのこって, いるだろうじゃ, うかれ出でけるこそ, おそらくその, おるかおらぬかというくらい, お留守番, かからるるとも, かなしく家, からもう, から脱, があせり出し, がうまく, がきかない, がさっと, がそんなに, がどうも, がひそか, がみな, がわれわれ, がサルトル, がビレラフォン, がリンク, が一票, が与八, が二百, が伊豆屋, が偉大, が円髷, が割り込ん, が半ば独語, が受け合った, が呼び止めた, が困る, が大塚氏, が子持ち, が小宇宙, が師僧, が彈, が怪訝そう, が手巾, が拳骨, が数日前, が時勢, が柄, が次郎, が気取った, が消え, が片手, が生, が発議, が眠く, が空咳, が精神病院, が義雄, が自動車, が荒田老, が装束, が訊く, が責任者, が載せ, が進み出た, が金さん, が附, が頼もしい, が駕屋, きわだって, くらい亡くし, ぐらいの時, ぐらいは迷惑, こうして病人, この壺, この辺鄙, さえ好けりゃ, しかいないであろう, しか居りません, しくしく泣い, じゃあ旅, じゃろうが, じゃ行けない, ずつお互い, ずつとまっ, ずつは出た, ずつ児童頭割, ずつ奴隷, ずつ斬っ, ずつ紅, ずつ連れ込む, そうしてそのまま, その前年, その月, その鉄柱, たあ, たる妻, だけが, だけが意味, だけしか使う, だけでも悲劇, だけにかえって, だけの招待, だけは扇, だけを呼び出し, だけ例外, だけ教場, だけ立ちどまっ, だけ離室, だったら或いは, だってはやった, だって身体, だに踏みあふ, だ目下自由党, つけられて, であくまでも, であった人, でありそして, であり自分, であるジュネーヴ大学教授, である坂井照子さん, である理学士天津ミドリ嬢, でいず, でえらがった, でお隣, できょろきょろ, でございまする, でしたの, ですと, でたえず, ででかけた, でない事, でなすっ, でのんき, でべらべら, でもいたなら, でもってる, でも一生, でも千人, でも子分, でも本気, でも異, でも達人, でよじ登っ, でコップ, でトット, でホテ・グリ, で一升, で三百部, で丹精, で云い, で仲間, で保養, で全部, で出られる, で別, で十人分, で取りちらされた盃盤, で右手, で喋りつづける, で坐し, で大王, で嬉しくっ, で寝転ん, で居間, で帰途, で弁当, で御馳走, で恐悦, で戦い, で持ちきれない, で故国, で明治神宮, で月見ヶ丘, で柳原さん, で此奴, で殺しました, で泊つて, で深く, で点検, で牢屋住居, で畳, で眺め暮す, で種々, で笑い好き, で繰廻して, で肚, で苦心, で行けやしない, で覚えた, で謡, で越え, で逗留, で酔っぱらっ, で陽気, で風, で馳せ戻ろう, とあきらめ, といった, とがめない互に, としてお供うち, としての歌仙小町, としてやれなかった, として不思議, として働い, として危険, として姿, として忍術, として政治, として次に, として王政, として知合, として自分ら, として諸平自身, として集まっ, とてまた, との立ち合いなら, とめどなしに, とハンター, と共に逃げ込ん, と尊崇, と擦れ擦れ, と相手, と許, どうでも, などには代えられない, ならそんなに, なりって, なる浪人者御厩左門次, にいつか自分, にきまつてる, にすら持, について奴隷数人, につき玄米五石, にて五六十天地, にて道, になつて仕舞, にはただ, には誠心, にも会う, によりすがり, に一人づゝ, に二十コペエケンづゝ, に倣っ, に別, に向わなけれ, に娘一人, に尽く, に恋, に掛つて來, に東山ダンスホール, に特色, に眞意, に聞える, に褒められた, に變化, に長期, ぬければ, のうらわかき, のきょうだい, のこらずばたりと, のこらず毒酒, のずんぐり, のどこ, のみかもしれない, のみを向う側, のアメリカ, のカワカミ, のジョージ, のドクトル, のプロシア兵, のロシア娘, の下駄屋, の乗り手, の亡霊, の付き添い, の作家伊藤整, の俺達, の光り輝く, の出生, の功績, の十六七, の叟, の名剣客, の四十七八, の士族, の大司教, の奉公, の姉妹, の子ゆえ, の実兄, の寂しい, の小遣い銭, の川上一郎君, の幼, の後見, の怨敵小次郎, の愛しい, の所有地, の指揮将, の数奇者, の日本女性, の曲芸師, の柱石, の歌手, の気楽, の洋服姿, の温順, の無聊さ, の猛勇, の生長史, の画家さん, の白哲長身, の眼附, の神仙, の空, の素質, の羊, の肉眼, の自叙伝, の若々しい, の葉, の行商人, の親仁, の諸, の賢い若い, の身許調べ, の進歩主義者, の部隊長, の長い, の雑役夫, の面紗, の飴屋, の鬼使, はいったでしょう, はかの, はさらえ, はでっぷり, はほどなく, はわが身, はガールフレンド, はデップリ, はマスク, は一度数週間前, は三斎, は中島健蔵, は二十二三, は介, は侍童, は全然, は分らない, は北原, は即死一人, は右腕, は善良, は土蔵, は大家, は女子, は宮本武蔵, は小野, は巫女, は床, は心臓麻痺, は情婦, は折角, は数万人, は昨夜事務所, は未だ, は柔かい, は正午前, は殺される, は洞院左膳, は澎湃奔放, は猟師, は甥, は登記所, は真黒, は秋山男爵, は紀伊, は緑芽, は肥後國天草郡, は自転車, は荒くれ男, は衰弱, は診察室, は越後, は連絡, は針金毛, は降り, は頬冠, は骨董商, ばからしいほど, ふえたの, へと広く, へ祟っ, ぼんやり立っ, またその, むすこの, もいらっしゃいませんでした, もこっち, もできる, もみだりに, も乗つ, も其胸, も反抗, も子供さん, も居る, も戻っ, も曲學, も歸, も浮き上, も登った, も聴衆, も見受けなかった, も返しせず, も銭, やさかい, やや忠義, や自分, よこさなくなると, らしいですよ, わびしく立つ, ゐ残して, をしか幻, をのみ責め, をよけて進ん, を二へん, を入れ, を千人, を呼び込む, を容れ, を得給え, を抱きあげた, を探り得, を柳生家, を水上, を理由, を社長, を罰する, を要する, を負, を逸, を顔, ノ彼女ガ折リ, 乗つてる僕, 住みたり, 偉い人, 其の香, 出来ても, 助かりゃ可, 取り調べられれば, 味わいたいつもり, 増えるそう, 大きな男, 寂しいん, 小さい角燈, 居た福岡県知事, 居るから, 帰るの, 待たされて, 心得て, 思へる訳, 或はそれ, 持ち戸主, 撮しの, 新平民, 有るばかり, 楽々と, 死なせた位, 残し塩野, 残らずふん縛られて, 残らず十六世紀, 残らず帰つてしまつて, 残らず死んだの, 残らず眠って, 残らず農奴, 残るよう, 殺しその, 気づかないであろう, 涼しそう, 渡るに, 現れ冷淡, 生んだ, 睡ぶたげ, 立ちたる心地よ, 答えぬ, 聴いたこと, 若い筆, 行く前, 見つけたし, 見遁, 走り出て, 載せて, 這入れる程, 通り掛かつ, 遠のいた, 降りました, 飛びついて

▼ 一~ (10491, 3.3%)

204 や二度 179 もない 146 もなかっ 117 も見た 101 か二度 63 は必ず 55 もその 48 もなかつた 40 だつて 35 はお 34 はこの 32 も, もありません, もお 31 はその 30 でいい 29 も聞いた 28 にどっと, は, も顔 27 も無い, も自分 25 も口 24 もこの, もした 21 しかない, もそんな 20 では 19 も姿, も行った, 帰って 18 も経験 17 は私, もありませんでした, もなく 16 に出, は見, も私 15 だけで, に声, もまだ, も彼, も逢った, 見て 14 はそれ, 言って 13 だってなかっ, はきっと, も会った, も行, やって 12 にし, にどつと, に二人, もそれ, も手, も来た, も無かっ, も足 11 だけ, でも, でもいい, はこんな, も僕, も彼女, 会って 10 に口, は御, は行っ, も人, も見なかった

9 [17件] にぱっと, に手, に消え, に笑, に頭, はあの, はある, は彼, は死ぬ, は自分, も二度, も感じた, も無, も考えた, も見, 出て, 聞いて

8 [18件] だ, だけだ, にドッ, に爆発, に眼, に颯と, のこと, の大, はこれ, はそこ, は東京, は経験, もあの, もこれ, もしなかった, も家, 見せて, 訪ねて

7 [14件] たりとも, である, でもこの, に彼, のお, はどうしても, は一度, も出, も外, も無く, も行っ, も話した, も通った, 考え直して

6 [31件] あった, こんなこと, したこと, にかかっ, にどやどや, に破裂, に笑い出した, に胸, の機会, はかならず, はぜひ, はそんな, はどこ, は人, は来る, は胸, もきいた, もここ, もこんな, も先生, も嘘, も女, も恋, も言葉, も読んだ, も逢, も顏, 云って, 見たいと, 見に, 覗いて

5 [51件] だけその, だって見た, でもその, でよい, にお, になり, に三人, に了解, に刀, に切っ, に叫びました, に揃っ, に沢山, に火, に笑った, に草, に顔, に鬨, のお祭, のお願い, のクリスマス, の失敗, の我儘, の行事, はここ, はさ, はそう, は屹度, は是非, は書い, もございません, もございませんでした, もし, も会っ, も使, も便り, も妻, も寺道場, も成功, も日本, も来ない, も来なかった, も東京, も病気, も眼, も結婚, も考え, も行かない, 繰り返して, 見たこと, 診て

4 [86件] お目, お目にかかって, かの女, か二年, ぐらいの割合, ぐらいは自分, しかなかっ, ずつはきっと, ずつは必ず, ずつ私, そんな事, だけであった, だけ見た, だってない, であった, でい, です, でたくさん, でも二度, でも見た, で済む, に, にかかれ, にその, にそれ, にたくさん, にわっ, にワッ, に人, に叫ん, に崩れ, に御, に押し寄せ, に明るく, に来た, に水, に発した, に目, に花, に高く, の, の幸福, の往復, の御, の祭, の経験, の賑, はこういう, はそういう, はどう, は大いに, は思った, は手, は斯, は来, は母, は目, は誰, は通る, は逢っ, は顔, もあった, もしない, もそういう, もはっきり, もまとも, も会わない, も使用, も出なかった, も医者, も喧嘩, も尋ね, も心, も思った, も海, も着た, も考へた, も見かけた, も訪ね, も逢つた事, やつて, 戻って, 来て, 読んで, 逢って, 連れて

3 [162件] か二月, が二度, くらいの割, くらいの割合, ぐらいの割, ぐらいは必ず, この時, じゃない, たずねて, だが, だって無い, だって考えた, でその, でもあの, でも何, でも口, でも好い, でも手, でも私, でも考えた, で好い, と, という, どうかし, などは私, にかれ, にこちら, にさっと, にそこ, になっ, になる, にはねあがっ, にばらばら, に二, に六人, に十, に吹き出した, に多量, に失っ, に持っ, に来る, に皆, に私, に笑いだした, に笑う, に笑つた, に襲っ, に雨, に青く, に面, に食べ, の事, の割, の大事, の思い出, の恋, の恋愛, の接吻, の祈祷, の祭礼, の返事, の難儀, の風呂, の食事, はたしかに, はどうせ, はどの, はもう, はやっ, はキット, は世界, は主人, は亭主, は会う, は例, は同じ, は土, は外, は大, は大きな, は家, は後, は手紙, は武蔵, は死なね, は死ぬる, は水, は水原紀代子, は犬, は疑っ, は考え, は若い, は若旦那, は衝突, は見たい, は見物, は話し, は通らね, は金, もあなた, もある, もお目にかかつた, もかい, もこちら, もそこ, もたより, も云, も他, も使った, も來, も例, も俺, も停車, も出席, も勝った, も名, も味, も地上, も夢, も子供, も学校, も巡査, も席, も御, も悪い, も意識, も手紙, も接した, も書いた, も来, も欠かした, も正確, も母, も煙, も父, も男, も聴いた, も血, も行かなかった, も見えなかった, も見かけなかった, も見せない, も見ません, も見舞, も覚えた, も親しく, も説明, も返事, も逢わなかった, も開いた, も開かれた, も雨, やったこと, ハッキリと, 引返して, 振り返って, 書いた事, 書いて, 歩いたこと, 行ったこと, 見ただけ, 話して

2 [601件 抜粋] あいて, あのお方, あのころ, あの人, あやまって, お君, かの僧, くらいで, ぐらいなら, ぐらいはきっと, ぐらいはそういう, ぐらいは僕, ぐらい来, この山, この日, この法, この町, この鳥, しか出ない, しか来ない, しか無い, しか私, しか見た, しか食事, じゃ, ずつお, ずつきっと, ずつその, ずつは井戸, ずつ必ず, ずつ散歩, ずつ来, ずつ東京, その女, それから二月, そんなこと, たしかめて, ただ一度, だけある, だけお, だけこう, だけこの, だけそれ, だけであつ, だけです, だけはいっ, だけゆっくり, だけ彼, だった, だって, だってあの, だってあり, だってお, だってこの, だってその, だってそんな, だってねえ, だって喧嘩, だって家, だって悪い, だって私, だって襲われた, だつてお湯, だつて自分, つれて, であつ, でこり, ですっかり, ですもの, ですよ, ですら, でばらばら, でもいや, でもお, でもし, でも人間, でも他, でも土工, でも彼, でも彼女, でも御, でも心, でも肌身, でも自分, でも親, でも遊んだ, でも顔, で懲, ということ, というの, という約束, といふこと, とか波斯古代, としてなかっ, と云う, と言, なぞはある, などは御, などは獄屋, なりと, なりとも, なん, にあっ, にいらっしゃい, にうんと, におこった, にき, にこの, にすっかり, にそう, になだれ, になった, にはっきり, にひいた, にふっと, にふり向い, にみんな, にわつと, にドツ, にハッ, にパチ, にパッ, に上, に二つ, に二十円, に併せ燃した, に使う, に倒れ, に入口, に全身, に出し, に出した, に切れ, に動い, に動いた, に動き出す, に取り返される, に吹かれた, に咲い, に善人, に喝采, に四つ, に地上, に堰, に多く, に大, に大勢, に姿, に寄せ, に左右, に幾つ, に息, に意識, に感じた, に抜け, に抜けた, に此村, に死んだ, に氷解, に泣き出した, に消えた, に滝, に火の手, に灯, に点い, に燃えあがった, に爆薬, に狂い立っ, に狼狽, に甦っ, に畏, に矢, に空中, に立ちあがっ, に立ち上っ, に立っ, に笑いました, に続け, に船首, に葬る, に見, に買う, に起こっ, に起っ, に起った, に軋る, に逃げ散った, に酔い, に開い, に開く, に雫, に首, に馬, に驚いた, に驚き, に鳴り, のその, のところ, のもの, のキス, のシマッタ, の休み, の便り, の出来事, の割合, の命, の夢, の大作, の大患い, の大祭, の女, の嬉しい, の小言, の御馳走, の念仏, の悲しい, の月, の本祭, の歓会, の油断, の祭り, の花火, の落第, の言葉, の運動, の過失, の音信, はああ, はあなた, はありつきたい, はあんまり, はお参り, はお目にかかっ, はきやすめ二度, はこう, はこうして, はとおっ, はどうか, はどちら, はひとつ, はやってくる, はやはり, はわたし, はモウ節季, は上高地, は世, は亜米利加, は京都, は今, は代議士, は会, は何, は來, は信濃, は俺, は冷灰, は出, は友達, は呆れ, は味, は外国, は夜中, は大衆, は大阪, は女, は始末, は娘, は子供, は実地, は宮川氏, は崩, は布袋屋, は帰っ, は店, は引き返し, は彼女, は怒り, は思う, は思っ, は恋, は情死, は拜む事, は散歩, は整理, は敵, は断っ, は断った, は断念, は斷, は是非とも, は村, は来なけれ, は東京見物, は梁, は樗, は正視, は此, は死, は死んだ, は死骸, は殼, は江戸, は決心, は洋行, は深く, は生命, は留守, は真, は知れる, は確, は穴, は立ち, は節子, は細長い, は結婚, は經驗, は縁付いた, は罰, は美妙, は聞いた, は自身, は舞台, は行つて, は見た, は触れる, は諦めた, は農商務大臣, は通っ, は通過, は随分, は養子, は驚い, は驚いた, は鯱, もあやまち, もいさかい, もいや, もいらつ, もかれ, もきた, もこう, もこんなに, もせず, もそう, もそんなに, もふりむかない, もほん, もほんとう, もぼく, ももの, もやった, もやって来ない, もやらない, もよう, もシバ, も一緒, も上演, も不平, も不親切, も中, も予習, も事故, も云った, も交際, も人間, も供養, も入った, も六点, も出かけた, も出ない, も出ませんでした, も利用, も勤めた, も医師, も参加, も口出し, も叫ばなかった, も同じ, も君, も呼んだ, も問題, も嘘言, も国, も声, も外れた, も外敵, も夫, も夫人, も失敗, も実地, も実行, も寝た, も實行, も川, も帝国ホテル, も帰っ, も帰らない, も庭, も彼ら, も後ろ, も思い出し, も怪我, も想像, も愚痴, も戦争, も打ちとけ, も振りかえろう, も振り返った, も擦った, も敵, も斯, も早朝, も昇った, も春, も書かなかった, も書きませんでした, も會, も東向き, も武弘, も気, も汝, も泣いた, も洋服, も洗濯, も煩, も狂った, も盛岡, も目, も真剣, も知らない, も笑った, も筆, も練習, も縁づいた, も習った, も耳, も聞い, も聞かなかつた, も與, も芸術家, も落胆, も行きませんでした, も行つた事, も表, も見えません, も見かけない, も見ず, も見せた, も見ない, も話し, も誰, も負けた, も貴女, も赤ん坊, も踏まなかった, も踏み込んだ, も身, も返辞, も連れ, も郷里, も酒杯, も里帰り, も釣竿, も降らない, も降らなかつた, も階下, も雪, も面, も首席, も馬, や二度ぢ, よりは二度, ホッと, 会ったきり, 出るか, 勝つと, 去ッテ復, 取上げて, 廻って, 或る, 時としては, 書いたこと, 来たこと, 歩いた通り, 煮返して, 現われて, 生きて, 申して, 眺め大急ぎ, 立つて, 締めて, 縁付いて, 考へ直して, 行って, 見上げ見下した, 試して, 読み直して, 読み返して, 開いた目, 駆下りようと

1 [5562件 抜粋] あああの, あのルンペン男, あの広々, ある, ある夕方, いらっしゃい, お作, お眼, かく悟る, かまれ, か二度そこ, か二度愛嬌, か半年, が精, きゃつはなかなか, くらいずつその, くらいは, くらいは夫, くらいは通る, くらい聞く, ぐらいお, ぐらいじゃ駄目, ぐらいずつ今日, ぐらいな, ぐらいはい, ぐらいは全勝, ぐらいは有名, ぐらいは訪ね, ぐらいわたし, ぐらい外国人, ぐらい御覧, ぐらい逢った, ことわって, この土地, この店, この薬師様, こんな事, さえ見た, しかそういう, しか使, しか小便, しか来ません, しか行かない, しか逢, しか風呂, じろ, ずつこの, ずつはほとんど, ずつは空地, ずつ上等, ずつ位, ずつ千両箱, ずつ大阪, ずつ文明, ずつ流す, ずつ訂正, ずつ重い, ずつ魔法使い, そうした不吉, その一つ目小僧, その女主人様, その流れ, その郷里, たしかお目にかかりました, だけあたし, だけそれから, だけという, だけはやや, だけみな様, だけ伏木, だけ動いた, だけ家, だけ晴々, だけ特例的, だけ耳, だけ許し, だけ降り, だっておとうさん, だってまちがっ, だって出せた, だって委員会, だって怯, だって生活, だって裏切っ, だって金, だつて帰つて, だツ, てまえ, でいたん, ですけれど, でもあったかい, でもお前私, でもそんな, でもインチキ, でも俺, でも可, でも多く, でも寢, でも我, でも村, でも疑った, でも美しい, でも茂十郎さん, でも軟か, でも鐘巻, でよろし, で先ず, で子供, で懲り懲り, で泥ダラケ, で用, で言えたら, で降参, という二日酔, といっ, とかいう温度, とか十年目, として品行, として笑った, となく, とわたし, と度重なる, と日, と規則正しく, なぞはエザウ, などはこんな, などは伜, などは拔, などは白い, などは都, など父, ならず見て, なんか阿, にあまり, におし, にかかる, にがあ, にぐつたりと力, にさけんだ, にざわめき, にする, にたちあがった, にても通, にともる, にどこ, にのぞき込みました, にはふりこぼし, にひっくり返す, にぶつかった, にもぎ取られる, にやつ, にわずか, にガブッ, にド, にプロージット・ノイヤール, に一升位, に七八人, に三四郎, に不安, に二ダズン, に二枚, に云いました, に五拾円以上, に伸び出した, に供給, に兩方, に凝結, に切れた, に医者, に反抗, に召し捕る, に向う, に吹っかけ, に哄, に営, に地, に大きく, に始まった, に寄り合う, に屁, に差し迫っ, に床, に引括, に後, に恭, に所要, に投下, に押え付けよう, に押込, に振るい起こし, に握らう, に攻め寄せる, に数弁, に暗く, に棄て, に此方, に気分的, に洗っ, に消し飛ん, に渦巻き, に潰裂, に焼く, に片付け, に生んだ, に発射, に眠つたこと, に神, に立ち上がった, に終った, に缶づめ, に聞え, に脱, に致した, に萌え出, に蜂起, に見え, に親子, に貰っ, に起き上がり, に踊り上る, に轟然, に逃げ, に達する, に鋤, に闘牛楽, に集めたる, に風, に食いはじめた, に鳴った, のおせつ, のぞき返した, のわり, のメッセンジャー, の予定, の作図, の入浴, の割り, の喧嘩, の大見切売, の契りごと, の年始まわり, の怪我, の戦争, の文, の暑, の歸國, の涙, の生涯, の目つき, の答え, の葉書, の負け, の遊興費, の頼み, の馳走, はあっし, はいっ, はお寺, はきつ, はごね, はぜひそう, はたぶん, はとくと, はの乗っ, はぶつ, はやくざ, はわかれ, はガラス, はノモンハン, はブラゴヱシユチエンスク, は一生, は上層智識階級, は久米正雄氏, は云い, は人間, は会いたい, は信仰, は先日, は其地, は利根川, は勝ちました, は千之助, は厳格, は叱られた, は呆気, は喰いつく, は場所, は大師さん, は天罰, は委せる, は客, は小郷, は崩れた, は帰り, は弄ぶ, は当惑, は必要, は思つた, は悲しみ, は憎しみ, は手習い, は拝む, は捲きしめ, は放逐, は新聞, は易者, は曹操, は村上義清, は榎, は死ななけれ, は汝, は派出婦, は渇い, は無い, は獄中, は町内, は皆んな土蔵相模, は眼, は社殿, は突き衝ら, は納めなくっ, は緋桜, は耐えなけれ, は腕, は自己, は草鞋, は薄情, は行く, は見合, は言った, は読み返した, は買つて, は躊躇, は近, は這う, は連絡機, は酒, は金藏, は間, は霧, は顧, は馬鹿, は髮, ばかりは向う, ふとしたこと, ほどたちよる, まで下った, もあざむいた, もあらわれなかった, もいった, もう一度と, もお気付き, もかの女, もこういう, もさ, もすっかり, もだました, もとらなかつた, もなさった, ものぞい, もぱっと, もぶたなかった, もまたいだ, もやりかえした, もキス, もホント, もワイズミュラー, も下読み, も乘, も人形, も伊藤, も会心, も供, も充ち, も内部, も出る, も刀杖, も勝っ, も取り外された, も右馬, も吸わせた, も喀血, も城, も変名, も大きな, も女房, も子供等, も実際, も寝床, も少年たち, も崩れた, も年下, も当選つた事, も御座いませんでしたでしょう, も怒らせぬ, も怯みし, も意地, も懸けた, も手ごたえ, も投票, も挨拶, も捕縛, も支那料理, も文展, も旅行, も有意味, も来ません, も根津様, も次, も此所ら, も気がつかず, も流れ着いた, も滔々, も牛込, も現れ, も用, も発言, も相談, も社会, も積雪調査, も紙上, も美人, も聞き, も自分ら, も船中, も苦労, も行かん, も見ずし, も見付ける, も親爺, も訪ねず, も話, も読ん, も財布, も賭け, も起した, も躓かず, も這入つた, も遅らせた, も道子, も金, も鍵, も間貸し, も集めたい, も面白い, も風呂, も首, も鹽原, やらせて, や二度自分, よくあの, よりによってその, わざとらしく繰り返した, ニッコリと, 上らせて, 云った, 会ったこと, 入って, 出ましたよ, 前幕, 又は二度, 受けて, 吹き渡る, 多い時, 始めた仕事, 小さな手, 座り直した, 役に立たなくな, 思いこむこと, 思ふ存分飮ん, 或ひ, 抱きしめて, 挽き丁寧, 斬りつけたと, 晴れ立つん, 来る階級闘争, 死なずに, 消えて, 激しく泣いた, 珍しく見つかった, 相門, 突き当たって, 立って, 繰返して, 聞いたこと, 聞きたいと, 若侍, 行きましたがね, 見たいという, 見た位, 見上げ見下ろさずには, 親しく思ひ浮べさせられた, 訪ねたこと, 読みあげて, 負けて, 起れば, 通ったの, 逢おうという, 酔って, 集まって

▼ 一~ (9944, 3.2%)

678 も早く 175 のうち 77 の仕事 69 か二日 66 のこと 61 の夜, の朝 58 もはやく 56 に一度 50 だつた 49 おいて 44 の中, の間, や二日 43 の如く 41 にし 35 に二度, の長 34 である 31 置いて, 置きに 30 であった 29 の労働 25 の大 23 でも二日, の生活 22 だった, でも早く, に三度, 遊んで 21 たりとも, は一日 20 だ, では, に何度 19 であつ, のお, の事 18 の午後 16 寝て 15 といえ 14 のよう, の晩, の行程, 延ばしに 13 か, づけの, の, の疲れ, も二日 12 かかって, になっ, に何回, もない, も速

11 [11件] でも長く, に, に幾度, の内, の終り, もなかっ, も早い, も早う, を送った, を過した, 働いて

10 たりと, のごとく, の出来事, の労苦, の半分, の如き, の日, の暇, の糧

9 [14件] が, が暮れ, だけで, でした, に一人, に一回, の汗, もこの, も欠かさず, も缺, を暮し, を暮らした, を送っ, を過ごす

8 [13件] です, に二, のあいだ, のばしに, の働き, の日記, の生命, も生き, も長く, を送る, を過し, 延ばして, 生きて

7 [14件] が過ぎる, でも一時間, と日, なりとも, にて足れり, のま, の休み, の勤め, の夕方, の早朝, の時間, を争う, を暮らし, を過ごした

6 [23件] あれば, いて, が暮れる, だと, でもいい, とその, に二三度, に数回, の印象, の大半, の旅, の月, の活動, の疲労, の食費, は暮れ, も安心, も忘れた, も速く, も速やか, を期し, 待って, 置きの

5 [37件] だけお, だって忘れた, だつて, でも半日, でも多く, となる, と十五日, と私, なり, にお, にこの, にその, に一遍, に於, に第, ねころんで, の午前, の後, の御, の故, の条, の行動, の賃金, の食料, は他, もなく, もの言はず, も休む, も早かれ, も欠かした, を暮す, を私, を送り, 休んで, 措いて, 経てば, 黙って

4 [69件] かかる, から七日, から十五日, が暮れた, が終る, しかない, だから, であ, でいい, でも一刻, で往復, とお, として心, となった, と深く, と過ぎ, にかならず, には, にマルセーユ, に三, に二つ, に二人, に二回, に二時間, に十里, に少く, に必ず, に棠軒, に百本, に非, のうち何時間, のため, のばして, のメーデー, の休養, の命, の子供, の日曜, の暁, の暴風雨, の猶予, の真夜中, の種々, の苦労, の葉書, はその, は暮れた, また金, もいや, も休まず, も休み, も忘, より施行, を, を暮らす, を置い, を費し, を迎えた, を送つ, を遊び, を過す, を馳, 乃至二日, 早ければ, 暮れて, 歩いて, 歩いても, 貸して, 遅れて

3 [160件] おくれれば, かかるの, かな, から三日間, から八日, から始まる, から日劇, があつ, が来る, が終っ, が終り, さうし, そのこと, だけ, だけがとても, だけ我慢, つぶして, ですっかり, でも家, でも早い, でよい, で行ける, というの, というもの, としてこの, としてその, として彼, と云, と大きく, と少し, と強く, と思え, と濃く, と立つ, と美しく, と苦しく, と雖, にする, にせいぜい, にたった, になった, になつて, にはまた, に一つ, に一冊, に一時間, に一本, に一花, に三つ, に五, に何, に何十回, に何時間, に何遍, に十銭, に四, に少し, に彼, に歿, に江戸, に生れた, に至り, ねて, のあと, のうち何度, のこの, のごとし, のつかれ, のはじめ, のひま, のゆう, の休息, の休日, の休暇, の分, の努力, の労役, の務め, の午前十時頃, の地震, の夜半, の如し, の安き, の寿, の役目, の快晴, の損, の旅行, の日当, の日附, の昼, の未明, の業, の楽しみ, の残り, の氣, の生計, の稼ぎ, の経験, の苟安, の行事, の計, の話, の辛抱, の退屈, の量, の閑, の関東大震災, の雨, はかく, はここ, は二十四時間, は休養, は何, は全く, は殆, は過ぎた, ぶらぶらし, も, もあの, もう一日, もお, もここ, もゆるがせ, も一刻, も保つべからず, も安, も居られない, も彼, も心, も忽せ, も欠かす, も永く, も猶予, ゆっくりと, をお, をすごした, をそこ, をつぶし, を丸潰し, を十年, を愉快, を空, を終る, を要する, を要せ, を費す, を隔て, 休まして, 休むと, 又一日, 少くとも, 延して, 延びて, 泣いて, 立って, 経つと, 見て, 迄, 遅ければ

2 [536件 抜粋] あかるくにぎやか, あそんで, あると, おいた日, おいた次, おいての, おいてよりは, おくと, おくれて, おなじこと, おなじ暮し, おひま, お休み, お延ばし, お暇, お目, お邪魔, お願, かかった, かかるから, から, から一週間, から三十日, から三日, から二十日間, から十七日, から十日, から十日間, から約, から開通, かれは, か一日半, がたっ, がとても, がまた, が始まり, が晩年, が来た, が永く, が終った, が過ぎた, くらいかかる, ぐらいお, ぐらいはどう, この平次, この日, しか保たず, して, じっとし, じゃない, すぎての, ずって, ずつ休み, たって, たらずで, だが, だけこの, だけだ, だけでもあの, だけのこと, だけ休む, だけ娘, だけ延ばした, だすよ, だったから, だったが, だったでしょう, だったと, だってなかっ, だつて世の中, つづくか, で, であったと, であったの, であって, であらう, でこの, でその, でなければ, でまるで, でも, でもあ, でもこの, でもその, でもない, でもながく, でもはやく, でも一時, でも可, でも好い, でも手放し, でも生みの子, でも筆, でも逢, でも遊ん, でも離れ, でも顔, で一番, で使, で使い果し, で僕, で完成, で帰る, で楽, で江の島, で済む, で破れ, で酵, とある, という日, とこの, としてなかっ, として供養, として俺, として安き, として安らか, として安心, として安閑, として斯, として此三つ, として此病院, とすぎ, とせまっ, とた, とたっ, と一八時間, と例, と先, と募っ, と十二日, と少く, と彼, と心, と悪く, と成された, と暮らし, と殖え, と消え, と濃厚, と烈しく, と生命, と益, と目立っ, と近づい, と送っ, と遠ざかつ, と重く, と頭, と高く, なので, なまけて, ならば, なりけり, なりわれら, なん, にいちど, にお送り, にかえる, にここ, にこれ, になり, になりました, になる, にはお, にはその, にはもう, には一日, には二度目, には二枚, にひとり, にやつ, にわづか, にパリ, にロンドン, に一億七千万個, に一分, に一寸, に一尺, に一尾, に一度づつ, に一度位, に一弗, に一杯, に一枚, に一貫, に一貫目, に一里, に一銭, に七度, に三ツ, に三十枚, に三回, に三枚, に二三回位, に二円, に二十里, に二千万円近く, に五匹, に五度, に亡き人, に仕事, に会った, に何人, に何囘, に何百, に八十億個, に六, に六度, に凄惨, に出, に初, に十ぺん, に十三時間, に十二三回, に十五, に十仙, に十里位, に十題, に千五百, に千人, に千把, に千里, に千頭, に又, に各, に同じ, に四回, に四時間, に始まった, に往復, に御, に成績, に於ける, に書い, に朝, に朝晩, に来る, に正, に歩く, に死んだ, に百里, に着きました, に立つ, に約, に自分, に至る, に葉書, に蘭軒, に行っ, に行なわれた, に行われた, に見, に過ぎない, に還る, ね, のあの, のあらゆる, のくらしかた, のご, のごとき, のその, のなか, のやう, のんびりと, のリスボン, の予定, の事件, の休安, の光景, の全, の公休日, の利, の前, の労賃, の勝ち, の勤務, の十二時間, の午前九時ごろ, の午前十時, の午頃, の危機, の厄介, の売上げ, の夜更け, の大会, の好, の如く唱道, の姑息, の安, の小, の差, の己, の巳, の年, の幸福, の式, の当日, の復讐, の心, の悔, の悦び, の情, の憂, の戦闘, の手間賃, の支度, の新聞, の日給, の時, の月給日, の朝日新聞, の期, の栄, の正午, の激しい, の烈しい, の獲物, の生, の用, の留守居, の短時間, の第, の経過, の給料, の義務, の興奮, の芝居, の行乞, の行楽, の行樂, の製作, の製造高, の計画, の記, の記憶, の記録, の課業, の賃銀, の通し狂言, の道中, の重, の飯, は, はただ, はつぶれ, はどこ, はゆっくり, は午後, は大師, は宿, は御, は恰度日曜日, は斯, は日曜日, は早朝, は洞, は無理, は無礼講, は私, は空しく, は誰, へかけ, ほど自分, ぽつねんとし, また一日, までその, まる潰し, もありません, もすみやか, もそれ, もゆる, も一緒, も之, も休まなかった, も休まなかつた, も傍, も別れ, も勤まらない, も安住, も安全, も彼女, も待っ, も忘れず, も忘れる, も我慢, も早から, も早く快く, も晏如, も晩, も欠かさない, も此般, も沈欝, も油斷, も無かっ, も無く, も現時, も私, も自分, も談論, も過ぎ, も違えず, も閣下, も離れ, も離れられない, やすんで, や二日位, や半日, ゆっくりお, よい一夜, より, よりはなはだしく, をおい, をくらす, をせめて, をそれ, をどうして, をふて, を不安, を二たび大沼公園, を二つ, を僕, を充分, を凌ぐ, を前, を山, を平和, を廿八時間, を待ち, を悠々, を暮した, を暮らしました, を楽しく, を楽しむ, を此処, を無駄, を立ち, を経, を警戒, を費やした, を越え, を送りし, を送り迎え, を送ろう, を遅く, を遊ん, を過ごし, を長う, を開き, を降り, 下って, 不食, 休ませて, 凌げば, 出て, 即ち河北省問題, 可成, 同大使, 坐つて, 居て, 帰らないよう, 引っ込んで, 待っても, 待つて, 御勉強, 御逗留, 故後藤伯, 早かった, 早かつ, 早くはいった, 晴れかつ, 暮すこと, 曇り, 歩かなければ, 生きのびたらうに, 生きのびたろう, 生きるには, 病んで, 眺めて, 突然発病, 立ちづくめ, 約三千五百カロリー, 経ちました, 経ち二日, 経っても, 続いた, 置きくらいに, 苦しんで, 迄留守, 遂に僕, 遅れれば, 遊ばせて, 遊ぼう, 過ぎて, 過ぎれば, 釣って, 降り暮らした後, 隔てて, 雇って, 食って, 食わず

1 [4865件 抜粋] ああし, あの方, ある, あるわけ, いたずらに酔生夢死, いらつし, おいた位, おくれたらもう, おそければ, お傍, お白粉, かかさず池, かかるね, かせぎためた金, からさ, からでなく, からの盛況, からタクシー, から九日, から五日あたり, から又, から如何, から支那人, から煙草, から通常道會, か二日位, か遅く, がお, がすぎ, がたった, がほんとう, が一の酉, が二分, が充実, が夢, が平家発祥, が新しい, が来, が生き, が神田, が続き, が過される, が音楽きき, くらいの休み, くらい苦しく, ぐらいつきあっ, ぐらい御, こうやっ, この子, この雨, さがして, しかひま, じう彼, すきとおった空, すら失くなつた, ずつちゃんと, ずつ数, そっとし, その厭, その男, その身の代金, たちました, たてし誓, だからのう, だけが残った, だけでも一篇, だけのびる, だけはあきらめよう, だけは自分, だけより長く, だけ僕, だけ庭, だけ早かっ, だけ絶対, だけ飲まなかつた, だってあなた, だってそんな, だって仕合せ, だって平和, だって過し, だつて斯ん, ちかく持続, つけ廻した淺五郎, であったため, である昨日, でお断り, でご, ですって, でちょうど, でめざす極地, でもいられ, でもこう, でもひとり, でも人間, でも別れ別れ, でも外, でも思ひ, でも旦那様, でも此巴里, でも無責任, でも禁令, でも苦しめ, でも遅れ, でも黙ってる, で一, で上下, で仕上げた, で俺, で劒岳, で大丈夫, で帰されまし, で所持金, で明智, で有った, で江戸時代, で畢, で終るの, で葺き, で越える, ということ, といふ, とお祭気分, としてこれ, として事なき日, として思ひ, として無為, として見直されね, とすじみち, とちょっと, とてゆるがせ, とて忘れ申した, とであ, とのび, とは心細い, とものぐさ, と七時間, と二日間, と個人, と加わっ, と地球, と完全, と幽, と徐に, と憔悴, と暗黒, と汚く, と溶け去る, と狂気, と皺, と約束, と經つて, と膨らん, と衰弱, と訪問, と逼, と長びき, どうか穏便, ながらへば一日, なら私, にあの, にいよいよ, にかえって, にきり, にした, にてんで, になるであろう, には三の丸, には僅, には十二三円以上, には在郷軍人, には定, には往き, には果してまたもや, には皆, には誕生祝賀会, にふたつ, にも十二日, によみきれ, にアメリカ全国, にタケノコ, にピアッツィ, にミチヤさん, に一ぺんづつ家路, に一個買いだめ, に一周, に一山挙つて島々, に一度顔, に一輪, に七八時間, に三十スー, に三十里, に三度三度, に三語, に主人飯島平左衞門, に二万人, に二十三銭, に二千円, に二番目, に五六十人, に五合, に京, に会, に何枚, に傾け, に八時間位, に六千個, に凡そ一ポンド, に出発, に十ぺんぐらゐ水風呂, に十五箱, に十四五里, に十通, に半時間, に命, に四十本, に基隆出帆, に大沢, に始まつ, に宮内省, に届きし, に帰京, に幾品幾皿, に当る, に成るべからず, に撃ち, に数回そこ, に旅, に書いた, に枯草一トン, に正弘, に汽車, に浜松, に漸, に生年二十八歳, に白米, に百両づつみ二包み, に百草, に神田青年会館, に立ちます, に網野さん, に至っ, に蛋白質二十匁脂肪九匁含水炭素八十匁位, に裁, に貯金, に近頃幾晩, に都合八合, に関鑑子さん, に電報, に飲む, ねばって, のあらまし, のうち二三時間, のお正月, のごとしで, のたっぷり, のところ, のばすわけ, のらくらとして, のシューベルト, のパンアメリカ号, の一時間, の上り高, の両度, の事務, の仕事初め, の会社務め, の作業高, の働時間, の内容, の出発, の割当て, の勤務中, の午前六時頃, の午前零時, の午過ぎ, の収入, の君, の喰物, の地震當時, の売上げ小売, の夕暮, の夜明け, の大略, の如く変らぬ, の宇品, の寿命ほか, の常例, の当て, の思想, の感懐, の戦跡周覧, の托鉢, の日付, の春晝, の晝過ぎ, の暖味, の朝オフィス, の本読み, の標準気温, の正しい, の氣象, の消印, の漁, の物ハダテ, の生きる, の疲れ休み, の眼, の祭日, の空費, の約, の縦覧, の苦行, の行程也, の記事, の講義, の賣, の迷宮, の遊歩, の郊外遠足, の閏日, の関東大震火災, の集会, の青, の食事, の鮎, はいたかっ, はしづん, はたちました, はどんな, ははやく, はやぶ, はハダテ, は一日二人, は二人, は休息, は全市断水, は利根, は吉例どおり, は坂本, は大した, は家庭内, は岸本, は当然, は恐ろしい, は文化三年七月朔, は時として, は来客合計六人, は殆ど, は源さん, は盛ん, は稼業, は終る, は蘭軒, は赤裂地神, は過ぎ, は陰暦, ばかりの程, びしょびしょ降りつづい, ぶらぶらとして, ほどの所, ほど費やし, または秋, までかかった, までの数量以上, まで一日交替, まで待てぬ, まるっきり口, もあつ, もうっかり, もかかっ, もこんな, もすておけ, もというの, もはや暮れ, もゆるがせならぬ, もボンヤリ, も主, も休まぬ, も僕, も去るあたわず, も奉公, も寝, も岸本, も待つ, も怠った, も捨て, も文学, も暇, も未決, も欠かしませず, も民族, も無, も発行期日, も立ち行かない, も経ちました, も自由, も負からない, も過ぎる, も闕, も頭, やや狼狽, ゆっくりあの, ゆっくり花, よく考え, よりベルリン郊外ツェーレンドルフ, より十一月十九日, より寂しい, より死期, より近づけり, わずかに, をお客, をせかせか, をである, をぼんやり, をめでたく, をわたし, を一生涯, を他愛, を何時間, を十分, を坐り暮し, を子供, を尊重, を彼女, を思い出す, を振り返る, を最後, を楽し, を正しく楽しく, を清らか, を物静か, を祝福, を終らせよう, を興じ騒いだ, を要す, を費やさね, を送, を過ごせり, を顧みる, グズグズ言う, ピンピンはね, 両党, 云いつづけて, 休ませまたは, 休んだとき, 作って, 働いたこと, 働くの, 再び手紙, 動かずにおったもの, 又一着塲せり, 同じ橋, 喋りつづけたので, 多くなっ, 寝た, 少し霧, 居るの, 延した, 延ばした方, 延びますが, 待ったの, 御聞届, 恐ろしくむし暑い, 抜くも, 攻めて, 早く, 早く出来上れ, 早く来れ, 早く聞く, 暮した, 書けなかった, 楽しく遊びましょう, 歩きつめた, 汚い汚いに, 深くなる, 焦れて, 燃えてるの, 疎くなろう, 眠れ, 立ちつくして, 第二日, 経ったらすぐ, 置いた日, 置き二日おき, 考え込んで, 腹立たしいよう, 行きやまずんば, 見ること, 説くに, 起ち合うと, 迄桑港領事, 遅く処分, 遅れるか, 遊んでる時, 重い土産物, 降ったり, 降りつづいて, 陰って, 頑張つて, 食わずに

▼ 一~ (7539, 2.4%)

33 顔を 23 ことは 22 ものは 20 原因は 19 場合は, 子分の, 理由は 16 年に 15 一, 目的は 14 ことが, 事が, 二, 心を 13 三, 幽霊, 男, 眼は 12 仕事は, 問題は, 場合の, 方を, 男は 11 ように, 四 10 字を, 言葉は 9 ために, 事を, 心は, 時の, 条件は, 目的と, 種類に, 道は 8 ところへ, ものである, 台の, 問題と, 場合に, 大なる, 心に, 心の, 手に, 方法は 7 地図を, 場合には, 姿が, 家の, 手を, 方が, 時に, 自尊心は, 顔は, 鳥居の

6 [19件] ことを, ものと, ものに, ような, 光, 前に, 名を, 問題である, 場合においては, 宮を, 年から, 心状を, 文豪として, 方へ, 水族館, 疑問は, 立派な, 胸を, 鳥居を

5 [26件] ものが, 五, 人物は, 側に, 原因である, 口から, 問題だ, 場合, 声は, 宮に, 意味に, 手段として, 方の, 机の, 条件と, 理由で, 眼に, 美人だ, 美人と, 義務は, 胸に, 証拠だ, 論派として, 資格は, 関門を, 高山を

4 [67件] かつ最高, ことに, もので, ものの, 事は, 人である, 人と, 人は, 価値を, 傍に, 光を, 功を, 原因を, 名は, 問題でした, 問題に, 問題を, 場合である, 場所に, 大きさ, 大師も, 大湖, 大金持, 姿は, 姿を, 媛に, 字に, 字は, 家に, 少女の, 幸, 幸を, 意味での, 意味の, 愛の, 扇の, 扉を, 批難は, 方から, 智者と, 条件である, 歌, 歌の, 点は, 物語を, 特色は, 男が, 男子, 疑問に, 目的が, 目的であった, 目的として, 眼を, 肩を, 膝に, 花の, 要件である, 言葉が, 言葉の, 通信を, 難関に, 音が, 頭を, 顔が, 高山の, 魂, 鳥居まで

3 [136件] お弟子, お弟子さま, ことだ, それと, ほかに, ものを, 三の, 下に, 不審は, 不思議である, 中に, 事件の, 人であった, 人であり, 人に, 人物, 人物として, 仕事に, 体を, 光の, 冬の, 前は, 創造を, 力, 力を, 動機は, 原因が, 原因と, 原因に, 句は, 問ひ, 問題たる, 困難は, 圓に, 地獄の, 場合で, 場合と, 大劇場, 大建築, 太刀の, 太刀を, 夫は, 女, 好風, 妻は, 姫, 姿に, 娘の, 嫌疑者です, 嫌疑者として, 子分が, 子分じゃ, 子分だ, 子分と, 学資を, 家, 家で, 家へ, 富豪で, 富豪の, 少年の, 山の, 年まで, 急務である, 手紙, 手紙の, 政論派と, 文豪は, 方で, 方は, 時から, 時だ, 時は, 書の, 木戸二の, 本卦, 条件に, 柵を, 機会を, 歌は, 歌よみの, 段階は, 池は, 潟に, 父, 父が, 特徴は, 生活に, 用心に, 用意に, 男と, 男を, 町二の, 番から, 疑ひを, 疑問が, 疑問であった, 疑問と, 皇子の, 目的では, 目的を, 矢は, 矢を, 神の, 神を, 禍惡觀は, 私と, 種類の, 窓に, 美しい少女, 美人で, 美人として, 義務と, 者は, 肩に, 脚を, 腕を, 若僧は, 苦悶は, 處あり, 表情を, 規定と, 証拠を, 詩人と, 論派たる, 證據と, 輪, 鍵が, 陣痛, 隆起を, 階級は, 難関は, 難関を, 鞍部に, 顔の, 鳥居

2 [536件 抜粋] いの, うしろの, うちに, うちには, うち二〇〇すなわち, うるは, おきて, お弟子さん, お父さま, お車, かつ主要, かつ十全的, ことまで, ためにも, と胸, ほうは, ものでしょう, ものには, ものはと, もの第, やうに, テーブルへ, バケツの, バケツへ, プロレタリアアトへの, リズムに, 七, 上半, 不審だ, 不幸で, 不思議なる, 世界に, 世界を, 中より, 中心と, 乾分蛇の目の, 事実は, 事実決定の, 事情は, 事業として, 事物原理範疇必然性から, 二の, 二人の, 井戸から, 人, 人が, 人だ, 人では, 人として, 人の, 人物じゃ, 人物を, 人物中の, 仄かな, 仕事が, 仕事である, 仕事では, 仕事と, 仕事も, 仕方で, 任務である, 任務と, 任務における, 位に, 位の, 位は, 何よりも, 何より重要, 使命が, 侍女は, 便所の, 信義は, 停留所に, 停車場や, 傍へ, 傑作です, 傑作と, 光わが, 光景一の, 入江に, 全體, 全體的, 六, 内に, 内容は, 冷めたい心, 冷酷な, 処に, 処へ, 出生の, 出生を, 前には, 割合である, 力で, 力の, 力は, 功労者と, 功名と, 努力は, 動き, 動機と, 勝を, 勝地である, 勝地と, 勝景と, 勲功と, 印象が, 印象は, 危険は, 原因, 原因だ, 原因だらう, 原因であった, 原因です, 原因なり, 反歌の, 名が, 名の, 名人と, 名物は, 名誉を, 名門で, 名馬, 命令を, 問いは, 問に, 問題で, 問題として, 善より, 喉を, 嘘つきの, 嚢を, 国民の, 圈の, 國である, 圓の, 地位を, 地図, 地図と, 地図の, 地圖, 地圖を, 地形図を, 型に, 場合を, 境界線に, 多として, 夜, 夜には, 夢の, 夢幻界なり, 大事に, 大国営農場, 大地主, 大岡氏を, 大工業都市, 大市, 大店, 大逵, 大都會, 失策, 女と, 女人の, 女性が, 妻に, 姉の, 娘に, 子供じみた, 子分あの, 子分だけ, 字, 字が, 字眉の, 存在を, 学者と, 學校を, 完成された, 室で, 室は, 宮と, 宮は, 家や, 家を, 富を, 富士を, 富豪と, 小人が, 小作料を, 小説家として, 小説家は, 小隆起, 少女とは, 尾根に, 屍体を, 山を, 岩峰を, 左甚五郎の, 巻に, 席は, 幅しか, 年だった, 年で, 年を, 幸福である, 建物として, 弓の, 弟子に, 強力と, 強国に, 強大なる, 弾丸を, 影も, 役割は, 御恩, 御恩返し, 御門の, 心あり, 心で, 心には, 心中を, 心境に, 心境も, 心得は, 必要だ, 必要は, 快感を, 思ひより, 思想の, 思想を, 急務だ, 急務でなけれ, 恋の, 悪果, 悪業によって, 悲劇, 意味で, 意志は, 愛に, 感じは, 感銘をも, 成功も, 我儘が, 戦争予算である, 戸も, 扉に, 手も, 手二の, 手懸りは, 手段に, 手紙に, 手紙は, 批判と, 技術である, 挨拶を, 接吻, 措定は, 故郷に, 故障が, 故障に, 数を, 敵である, 敵は, 文化の, 新しきもの, 新世界, 新事実, 新聞は, 日に, 日を, 旧家で, 旧家と, 星亨を, 星亨氏に, 春の, 時には, 時まで, 曲り角の, 曲輪と, 期間には, 札が, 机へ, 条件として, 松の, 松二の, 果實に, 核心を, 條件は, 梯子を, 楽しみだ, 楽に, 槌を, 槍, 樣に, 櫻の, 次の, 歳から, 歳に, 歳の, 死に, 殷賑な, 比率の, 毛虫, 民, 民の, 気に, 池二の, 決心は, 泉より, 港だけ, 満月に, 濠に, 火の, 点, 点については, 点に関しては, 点を, 烽火が, 爲めに, 父の, 父は, 父親は, 物象を, 犠牲者の, 獄より, 珍物は, 理由が, 理由であります, 瓶の, 用を, 画は, 番所に, 疑ひは, 疑問である, 疵を, 病気を, 発見である, 発見者である, 目の, 目を, 目標に, 目的だった, 目的でした, 目的なる, 目的の, 盲目意志を, 看病に, 眞理を, 真理を, 真赤に, 真赧, 眼が, 眼の, 瞳を, 矢, 矢が, 短かい間, 短篇を, 石橋あり, 石版印刷屋で, 石門が, 石門は, 石門を, 硬骨と, 硬骨を以て, 社会を, 秋で, 穀屋の, 穴は, 穴を, 窪を, 答は, 答案を, 紅黒い, 純粋直観は, 素朴な, 細工邸へ, 絃の, 絃を, 結婚の, 綿を, 縮尺に, 繁華の, 罪悪だ, 罪悪に, 美である, 美人であった, 美人なる, 美人に, 美人は, 義務であり, 義務である, 者で, 耳に, 耳にも, 耳の, 聞えが, 育ての, 胸は, 腕に, 腕白者成績も, 自己, 自然を, 興味ある, 舞姫ローザトリアニ, 色と, 花, 花形である, 芳子まだ, 若さ, 英雄だ, 處, 處にのみ, 行動を, 行爲は, 行爲より, 裂れ, 要害, 要点は, 要素は, 要點, 規定, 規定で, 解脱, 言葉を, 記憶の, 記憶を, 証拠じゃ, 話は, 認識の, 誡なり, 課題である, 論派と, 谷から, 豪傑と, 財産家と, 責任者たる, 責任者は, 貸元として, 資格が, 質問は, 質問を, 赤い心臓, 起隆の, 趣である, 距離しか, 路を, 身より, 輪奐の, 返事も, 迷妄である, 通信, 通信は, 道を, 邸を, 部分の, 部屋が, 部屋に, 都会と, 重要なる, 鍵は, 鑓, 長さ, 門, 門から, 門と, 門に, 間に, 間違ひ, 関門, 関門である, 關門と, 限界である, 限界です, 障害に, 雀は, 雛形とやらも, 雛形を, 難儀は, 難処, 難所と, 電車に, 靈を, 面を, 音を, 頭に, 頭は, 顔つきを, 顔に, 顔色が, 飾りである, 首を, 駁論は, 高山だ, 高山宮の, 魂の, 魂は, 魂を, 鳥居から, 鳥居が, 鳥居に

1 [4914件 抜粋] あいさつであった, いじらしく純良, いろいろな, おきてこそは, お友だち, お気づかいなら, お関所, くせを, こと以外に, ごとき実に, しかたから, そして根本, そんな冗談, ちょうど鼻先, ときに, とき隼町に, なげきは, はいっ, は楽器, ほうにあたる, めどなる, ものでした, やはら, アミノウラは, オービユルンは, グイード他の, シグナルとして, スープに, テント店は, ニセモノ, ヒットで, ブル, ホテルだ, マラソンコースを, リズムと, 一と, 一現れる, 三位ノ, 三高を, 上衣に, 不幸であった, 不手柄者, 不運は, 世界観では, 中で, 主君を, 乗つた真新しい, 乾児の, 予測は, 事件から, 事情を, 五四九〇です, 交渉が, 人口を, 人気者だ, 人物邸へ, 人間だ, 仕事なり, 代りに, 仮定説を, 休止が, 体に, 作は, 作者と, 使命として, 例を, 侶の, 保管の, 俣, 倉二の沢烏帽子沢本谷と, 値段だ, 停車場へ, 傍にも, 傷ついた肺臓, 像は, 優しさ, 元気は, 光いと, 党派と, 公園に, 共通の, 典禮に, 冷遇に, 出し物と, 出産を, 分科大, 刑の, 利器たらしめし如し, 前を, 剣である, 割合に, 劇を, 力に, 功名者である, 助命はかいない, 勇猛加うる, 動物たるを, 勝ちを, 勤めと, 区別, 半目が, 危険を, 原則である, 原因らしい, 原稿を, 友達が, 反省を, 受難, 口吻は, 句を, 史劇, 名ある, 名優リュシヤン・ギイトリイマルトに, 名家さだめし, 名手との, 名画, 否定が, 味方であり, 命運をば, 哄笑が, 唇から, 問, 問題です, 善事だ, 單一なる焦, 器物である, 四に, 困難である, 固定的な, 國で, 土産話と, 地圖に, 地面を, 城壁の, 報を, 場合だけを, 場面, 墓より, 声が, 変態で, 外函が, 夜叉名を, 大いなる石, 大きな茶碗, 大人物と, 大力だった, 大墓石, 大家初, 大岳と, 大政治家たる, 大河と, 大火山, 大臣は, 大軍艦豊葦原号の, 大齒輪, 天橋であります, 太陽系の, 夫人マドレエヌの, 奇なる, 奇蹟なり, 女は, 奴な, 好運に, 妓楼の, 妻が, 姑息なく, 娘が, 媼が, 嬢子と共に, 子供には, 子分ガラツ八に, 孔安國ある, 字眉を, 学問の, 學術とは, 安助, 宗教政策であった, 宝物に, 実行に, 客観的存在として, 宮郷銘酒, 家族すなわち, 容疑者である, 富七十三番の, 寒そう, 審美一の, 対面話しいろ, 對象と, 小人でも, 小径を, 小説を, 尚書發展の, 展望台と, 山道に, 峰ほどの, 嶮, 工人たる, 巨船タイタニック号百五十万磅の, 市街から, 帝らしい, 帰りが, 幅利き愈々, 平等者汝等に, 年寄りで, 年駿河台に, 幻影作り成し, 底から, 府を, 廃位に際して, 弊ある, 弟子お気だ, 強國, 当り芸である, 影が, 役目を, 後繼者と, 得意客なる, 御用人, 微笑に, 心境さえも, 心掛けと, 必要あり, 必須条件である, 忠臣と, 怒りは, 急務です, 性質たとえば, 恋人と, 悔を, 悪路, 情趣を, 意味における, 意義, 愛するもの, 愛情に, 感動は, 態度であり, 慰顔なる, 成功として, 我が相識らんこと, 所で, 扉が, 手はじめの, 手掛を, 手段でも, 手記と, 批判から, 技藝に, 抗議で, 拒絶に, 挨拶に, 探檢, 支那料理の, 政論派たらざるべからず, 教区が, 文を, 文学作品を, 料理法を, 新しい十字架, 新たな, 新種では, 方向, 方法で, 方程式から, 旅館の, 日曜だらう, 日輪ありてかれ, 明かな, 春, 時あり, 時を, 時兵隊に, 時長, 智に, 暦法學者が, 曲輪もはや, 書生, 最後であった, 有徳の, 朝オペラ座の, 木戸まで, 本については, 本能的な, 材料に, 条件であります, 杭に, 松島海岸で, 柔かき聲, 根本だ, 桟敷へ, 棒の, 極安楽法なり, 楽み, 様が, 標準と, 権力的統制が, 樹木の, 檀那を, 歌では, 歓びだ, 正面に, 武士が, 死などは, 殊勲は, 段階では, 殿と, 母殺しの, 比率は, 民衰ふ, 気持に, 求めて, 池の, 法は, 法敵を, 泥坊だ, 活動が, 浮浪人であっ, 清浄無垢の, 源より, 漁業通であり, 火, 灯も, 点の, 煙突だ, 父だ, 片句を, 物が, 物産たる, 特定国の, 特色な, 犠牲者です, 狙いだ, 獄乃ちリムボにと, 玩具に, 現実論派なり, 理由では, 瓶, 生存競争場である, 用心の, 申出でに, 男子は, 画家を, 異例の, 疑問です, 癖だつた, 発見の, 發動者自然の, 百万分の一及び, 益ある, 目にも, 目標として, 目的にも, 眉宇には, 真正動物説話は, 眼と, 着流し姿を, 矢で, 知己を, 石の, 研究論文として, 碧空を, 社会問題なり, 神が, 神直接に, 禁物たる奢, 私塾を, 科学者と, 秘蔵の, 税銀を, 穴から, 窓下には, 章句を, 笞より, 策だ, 籤を, 糸が, 紆濤第, 紙と, 細さ, 紺青の, 経験として, 統一より, 絶景, 縊死は, 繪師に, 罪に対して, 美しい女優, 美をも, 美人風俗画を, 美男たる, 美術品でなく, 羨望に, 義母と, 老櫻, 考え方は, 耳へ, 聲は, 肉柱あり, 胚である, 胸の, 腕は, 臣それから, 自治区が, 自負心を, 興奮は, 船が, 色から, 花だ, 花柱が, 若い盛り, 苦労人揃いの, 英雄である, 草木解釈, 葬儀屋ガス・アルヴァレッツ会社へ, 藁屋ほど, 蛇に, 行の, 衣服第, 装飾と, 要件は, 要求だった, 要素に, 見地から, 親たちの, 観念に, 解答であった, 言ったごとく役向き権限, 訓, 許, 証拠物を, 試みとしては, 詩形を, 話術でも, 誉れの, 誤りであり, 説に従って, 誰も, 論者とても, 證據なりと, 變數であり, 豪傑で, 財産と, 責任者かの, 貸元そいつに, 資格と, 賢人は, 贈物, 趣たるを, 蹉跌, 身体を, 車二の, 輝は, 農村教区においては, 途は, 連絡の, 運を, 道でも, 道徳一の, 遭遇者である, 邪魔者は, 部分的交換より, 都だけ, 都市と, 醜い他, 重要事, 金持ちと, 釜の, 銅鍋の, 鎗と, 長流肱川は, 門までは, 間二の, 関所で, 関門は, 阿難, 険路でも, 際は, 雄弁な, 難所にか, 難路を, 震動と共に, 静かな, 面白い見せ物, 頃でも, 頭髪が, 顔ばかり, 願望にまで, 飛行機が, 首は, 駅路は, 驚くべき一事件, 高いビルデング, 高塔, 高山大塔の, 高峰ウルムナリ山巓が, 高次の, 魂頭の, 鯨漁場だ, 鳩たちは, 黒點ある

▼ 一~ (7167, 2.3%)

106 の木 49 の大きな 48 の線 47 の矢 45 の棒 44 の蝋燭 43 つけて 41 もない 37 の綱 36 の草 34 の樹 32 出して, 立って 31 の手 30 の足 28 の指 27 の手紙, の花 25 の松, の柱, 抜いて, 持って 24 の煙草, の腕, の道 22 しかない 21 の竹 20 の樹木, の糸, の脚, や二本 19 の刀, の枝 18 ある, の徳利, の針 17 の太い, の長い, の髪の毛 16 の傘, 差して 15 取って, 落ちて 14 あれば, の松の木, の柳, の桜, 買って 13 か二本, のマッチ, の紐, の縄, の釘, もなく, 書いて, 生えて 12 では, の杉, も生え 11 あって, にし, になっ, ぬいて, のビール, の剣, の幹, の歯, の葉巻, 立てて 10 あった, の小柄, の梅, の白い, の筆, の藁, の酒, の鉛筆, 持つて 9 とって, になる, の巻煙草, の杖, の樫, の銚子, の高い, もって, 取り出して

8 [15件] だ, に, の古い, の大きい, の方, の杭, の栗, の毛, の茎, の鉄, の銀, も無い, 残って, 置いて, 頭蓋骨の

7 [14件] ついて, である, のお, の大, の小さな, の槍, の細い, の繩, の脇差, の黒い, もなかっ, 参った, 取出して, 立つて

6 [22件] ずつ持っ, だけ, つけさして, つまんで, になつ, の, のん, のロープ, の大根, の小, の小さい, の征矢, の枯木, の楡, の火柱, の百合, の立木, の路, の電線, も上げ, を取っ, 貰って

5 [31件] あつて, おなじ花, しか無い, にする, には, のオール, のステッキ, のペン, の丸太, の勝ち, の巨大, の帯, の木立, の洋傘, の灌木, の無花果, の煙突, の燐寸, の牛乳瓶, の白樺, の直線, の莨, の薔薇, の鉄扇, また一本, も無く, を備, 借りて, 出て, 参ったと, 飲んで

4 [47件] あけて, あったの, ありました, あるの, たりとも, だから, であった, です, になった, になり, には毒, にまとめ, ぬけて, のため, のでん, のひも, のわら, の下, の力, の吹矢, の団扇, の大松, の山茶花, の新しい, の映画, の木の下, の松明, の枯れ木, の柏, の梢, の棕梠, の樺の木, の欅, の煙管, の短刀, の短剣, の筋, の細引, の薪, の赤い, の野生, の銀笛, の長, 入って, 刺して, 吸う間, 咲いて

3 [144件] あげて, あつた, あるが, あるだけ, いか, いた, おくれよ, くれた, ぐらいのこと, さげて, さして, しか残っ, ずつ, ずつ折っ, ずつ植え, ずつ立っ, だけお, だけだ, だけ立っ, だけ立つ, だして, つけさせました, でお, ですむ, でも, とり出した, とり出して, と云, どうだ, ぬきだして, のくぎ, のくるみ, のその, のひょろひょろ, のほそい, のもの, のゴールデン・バツト, のツノ, の丈夫, の上, の光, の半分, の古, の壜, の大樹, の奇麗, の山桜, の径, の扇, の手裏剣, の支柱, の敷島, の曲線, の書状, の木の根, の枝ぶり, の枯れた, の梨の木, の楊枝, の樅, の檜, の櫛, の深い, の渓流, の物, の百日紅, の短い, の稲, の立ち木, の竹刀, の竿, の笛, の簪, の紙巻煙草, の線香, の肋骨, の芽, の若い, の葡萄酒, の葦, の蘆, の蛇の目傘, の蜜柑, の角, の赤旗, の軸, の返事, の金剛杖, の鉄道, の錫杖, の電報, の鞭, の骨, の鶴嘴, の齒, は, はその, は私, は背中, も, もたぬやう, もなかつた, も供え, も残っ, やって, をとっ, を切る, を口, を右手, を手, を私, 下さいな, 傾けて, 入つて, 入れて, 切って, 動かさなかった, 参りました, 取つた, 取り出した, 吸った, 吸って, 外して, 引つこ抜いて, 打ち込んで, 打って, 折って, 折れて, 抜き出して, 抜けて, 持ち出して, 欲しいと, 浮いて, 深々と, 添えて, 渡して, 盗んで, 落して, 触れること, 買った, 載せて, 通って, 長々と, 飲んだ

2 [380件] あける間, あげましょうか, あの屋根, あり, ありその, あります, ありますよ, ありや, あるでなし, おいて, おちて, お抜, お燗, かけて, かし, かぞへりや, か鍬一挺, があった, がこ, がことごとく, が一間あまり, が二本, が五フラン, が切断, が命, が抜け落ちる, が鍼, くはへ, くべた, くらわせて, くれ, くれと, くれよと, さえ触れる, ささせるもの, さしてある, さしても, さすこと, さすの, しか出, しか持っ, して, しょんぼりと, すうっと, すすめた, すって, ずつ丹念, ずつ差し, ずつ持たせ, ずつ消し, ずつ蝋燭, ずつ見, その場, たつて, たてて, だけがひとり, だけきれい, だけその, だけで, だけでも買つて行つて, だけと酒, だけ不足, だけ差し, だけ残し, だつて, だと, つかんで, つけさせて, つけさせるの, つけた, でいい, でいつ, でおしまい, でこの, ですね, ですよ, でその, でたくさん, でどうやら, でどんな, でもこれ, でもさわっ, でも二本, でも多く, でも戸, でも残し, でも盗んだ, でも私, でも触れさせる, で一国一城, で事, で千本, で大, で寺, で来る, で沢山, で突く, と, といっ, といふこと, とものさし, と云う, と写生帖, と同じ, と大きな, と薄い, ない, ないの, ならべの, には唐土, には唯今申, にまで愛着, にゅっと突き出, にライター, に合流, に火, に過ぎない, に釣られ, ぬき出して, のごく, のごつごつ, のし, のすきばら, のそれ, のたで, のなわ, のはん, のろうそく, のアヲギリ, のエーアシップ, のサイダア, のナイフ, のネクタイピン, のバット, のブルブル, のヘヤーピン, のホープ, のマツチ, のマニラ, のリベット, のレール, の万年筆, の中, の串, の丸太ン棒, の丸木橋, の乾いた, の人差指, の八重桜, の円柱, の凧糸, の前, の割, の同じ, の外, の封書, の小径, の小松, の小瓶, の山車, の幅, の強い, の感情, の捕縄, の新, の旗, の木刀, の木柱, の根, の根もと, の桃, の棍棒, の棟木, の椎の木, の椰子, の楔, の榎, の榛の木, の樹立, の樺, の櫂, の櫨, の毛筆, の毛髪, の注射, の火箸, の炬火, の無電, の煙, の煙筒, の燃え, の牛蒡, の珊瑚, の瓶, の男, の白楊, の皺, の矢文, の破, の稽古, の空気, の竹切れ, の竹箸, の筆先, の筍, の箸, の糸杉, の紅い, の紙巻, の絲, の絹, の絹ひも, の緑色, の老木, の脊, の脛, の脱毛, の腕木, の花柱, の若, の菩提樹, の蔓, の蔓草, の藤蔓, の蛇の目, の街路樹, の触手, の試合, の軍用道路, の通路, の野菊, の針金, の鉄柱, の鉄棒, の銀杏, の銅線, の鍬, の鎖, の鏨, の間, の雑草, の雨, の雪けむり, の電柱, の青木, の青竹, の馬, の麦藁, の麻綱, の麻縄, の黒松, はまだ, は一つ, は三之助, は仏蘭西, は何, は右, は奥州仙台伊達政宗公, は少し, は惜しく, は朝鮮, は杉箸, は枯れ, は殆, は泉州岸和田岡部美濃守, は誰, は雪, ばかりの木, ふれること, ぶらさげて, へ刃, まいった, まじって, まゐつた, むしり取って, もありません, もつて, も乱さず, も今, も入っ, も出なかった, も差しかねた, も我が, も持っ, も振舞っ, も歯, も残つて, も殘つて, も無かっ, も無くなっ, も當, も睫毛, も育たぬ, も見あたらない, も見えない, やられた, やられたと, やられたな, やられた形, やられて, やろう, ゆるがせないで, ゆるまず板一枚, をとり, をわざと, を以てその, を前, を喫, を折った, を抜い, を抽, を拔, を指し, を挙ぐる毎, を擦っ, を購, を身辺, 上げて, 付けて, 伐ると, 動かすの, 動かそうとは, 動かなかつた, 参って, 参る, 取つて, 吸わして, 吹かした, 吹かしながら, 呑みたい, 多い, 張って, 打たれたの, 打ち込みさえ, 打った, 打つと, 折り青い, 折れた, 抜きだして, 抜きとって, 抜きながら, 抜き取って, 抜く, 抜取って, 持たせて, 持出して, 挙げました, 掛けて, 掛ける方, 提げて, 握ること, 携えて, 摘んだ, 書くすら, 書くの, 書く気, 書けば, 残さずとる, 減るの, 生えてない, 立ちはだかって, 立つ, 立てた, 立てながら, 立てる, 落ちては, 見つけて, 見て, 触れて, 買いました, 転がって, 逆立つの, 這入った, 長い毛, 附けて, 頂いて, 頭蓋骨は, 頼む, 飲む, 飾って

1 [3554件 抜粋] ああたった, あけましたので, あったので, あの剣ヶ岳, ありがたし, ありゃ楽, あるだけで, あるひ, ある樅, いっしょにやろうじゃねえか, うごかせず咳ばらい一つ, うまい, おくれでないか, お借り申したい, お手紙, お銚子, かきましたが, かたくな, かぶと, からは時々, から出た, があっ, がすてかね, がまさかの, がギイギイ, がプツン, が下, が備え付けられ, が四銭, が幾分, が我が, が枯れ, が浮き上っ, が盥, が縁, が見つかった, が銀灰色, が黒く, きらきらする, くらいくれ, くれたけれど, くれる者, くわえカチリ, ぐらいさお, ぐらいの割, ぐらいよこし, ぐらい隠し, こつそり, ござりました, さえも聖像, ささせることぢ, さし小さな, ざし, しかなかっ, しか持たない, しか足, しゃぶったり, すいきるあいだ, すすめると, すら落ち, ずうっと, ずつきりおとす, ずつつまり二本, ずつの柱, ずつの緑色花穂, ずつひき落し, ずつもらった, ずつを割りあて, ずつポキリ, ずつ互い違い, ずつ取り, ずつ坊主たち, ずつ引きたおそう, ずつ抜きはじめた, ずつ数えられる, ずつ注がれ, ずつ突出, ずつ背負っ, ずつ軽く, ずつ長い, ずつ飲む, そっと持っ, その傍, それからまた一本, ただ今二円三十銭, たのんで, だけが歯並び, だけすず, だけです, だけな, だけに帆, だけぽっつり, だけ出, だけ折れ, だけ渡し, だけ置い, だけ飲ん, だってくれ, だって大事, だって炭一片, だに渡っ, ついてない, つき出て, つけさせようぜ, つけたり, つけねえ, つけること, つまみ, つよい線, であったヒアシンス, であると, でした, でつきだす, でひっくりかえっ, でもさして, でもってその, でもよけい, でも売れたら, でも惜しい, でも指したら, でも気, でも生え, でも見, でも誰それ, でやつ, で三年, で何十円何百円, で削っ, で呼出され, で売れ, で如何, で引, で拍子, で断っ, で涙, で無造作, で生き, で箒, で苦, で足りなきゃ, で金的, とあった, という風, とおでん, としてこの, として立っ, とつて, ととっ, とまって, とも何とも, とり出しそれ, とをしっかり, とピイナツ, と別に, と巧み, と為し, と茶店, と調べだしました, と鞘, どっこ, ないやくざ者, ない禿山, なくなると, ならべて, にある, にかける, にしなけれ, について一万円, にて自在, になれ, には女性ナラン, には遺子, にまとめる, にも値しない, にゆ, にメーヴェリン, に南北, に孔雀, に強く, に抱水クロラール, に斉天大聖, に特別, に突, に縋りつく, に身, に響い, ぬく, のい, のかえ, のかん, のこらず伐り倒した, のしどけない, のすゝ, のただ, のつえ, のつる, のはがき, のほか, のみず木, のやはり, のわらさ, のイヌシデ, のオビ, のクラッチ, のサイダー, のタバコ, のバツト, のブナ, のユーカリ樹, の一久女, の串柿, の人間, の余, の儼, の円筒, の切れた, の劍, の十字架, の吊, の唐黍, の垂直, の大幅, の夾竹桃, の好物, の寄生木, の小さき, の山査子, の巨幹, の弓矢, の往来, の思想, の所, の折れ, の捕り, の散歩路, の日本風, の書生さん, の木材, の木製, の杉箸, の松丸太, の枯柳, の根元, の梧桐, の植物, の槍先, の樟木, の櫂ごと, の残り, の水, の沢庵漬, の流れ矢, の滝, の点線, の燐寸棒, の犬歯, の生命, の畫幅, の白旗, の白骨, の県道, の短, の砂, の祕密, の空瓶, の竿頭, の管, の糸屑, の細く, の絵図, の締索, の美しい, の老松, の脂蝋燭, の自然木, の花簪, の若竹, の菊, の落葉樹, の蓼, の藺, の裸足, の触角, の赤松, の軍臨, の通り, の酒徳利, の野薔薇, の鈎縄, の銀かん, の鋼鉄, の鍵, の長脇差, の隙間, の青柳, の音信, の飴, の髪毛, の麦酒, の鼻毛, はいる, はじけ飛んだの, はだ, はトゥウェルスカヤ通り, は中井君, は何時, は前, は地面, は巻き, は新藤五国光, は楽, は殆ど野村一人, は父親, は空, は見事, は長く, ばかりやっつける, ひどくしみる, ぴょんとはなし, ふかすうち, ふれたら私, ぶつりと, へし折られた足, へ歯磨, ほしいと, ぼんやり白く, まいらせたり, まず見舞いました, までが絵彩, みつけました, もありゃせん, もさし, もつけ, もない真白い, ものこらず枯れ, もまだ, もよこし, も三分, も使わない, も出せなかった, も吸わない, も当たらない, も折らない, も書かなかった, も植つて, も残らず枯れ, も無き, も的, も茂った, も見られない, も触れさせなかった, も遣しなされ, も飲まなかっ, やられたか, や二本使つて, よこさねえで吉原, よりもおろそか, をあげたい, をぐいと, をそこら, をつて, をどう, をぶっさし, をやつたう, を中心, を伐る, を元, を動かした, を取り出し, を唇, を失くし, を小, を差出す, を彼, を抓み出す, を抱えた, を指, を斬ったら, を毒蛇, を炙, を皆, を細く, を見たい, を買おう, を購読, を選ぶ, を限度, を餞別, ハッキリと, 上げましょう, 下さいと, 下せえ, 仕入れて, 伸びないやう, 傷ついて, 入ってたナ, 其の低い, 出し太郎, 出る下関行, 切ったぜ, 切り放して, 切れました, 刺し込んで, 動かさせただけ, 動かすでも, 参ったか, 参らしたと, 参らん, 及び印, 取らせて, 取り上げたかと, 取り去ったとき, 取寄せ盃, 吸いたいと, 吸うだけ, 吸わない先, 呉れ, 咲いたり, 図抜けて, 売れた, 大きなクリスマス, 太い竹, 小い, 届けられただけ, 差したまま, 差せることぢ, 廻して, 引きさげて, 引く十本二十本, 得て, 打ちつかれた, 打てば, 折らないで, 折るから, 抛り込んで, 抜きとり吸ったが, 抜けたよう, 押えた, 拾って, 持った手, 指させぬ天険, 指されん, 挟んだきり, 掛けると, 描いて, 摘みとって, 故に武蔵野, 書いたらしい, 書く約束, 書ける, 梳きこまれて, 植えようと, 極め付けて, 欠けても, 残さず草, 残らず取去って, 残らず搬び, 残らず記憶, 殖やすこと, 求めても, 浮き上つた宮殿, 渡せないはず, 無い男, 無くなると, 生えてない禿頭, 白いテーブルかけ, 短い刀, 突き出されて, 立ってるきり, 立てよう, 細い桐, 縛られたま, 美しく咲い, 若いりんご, 落ちた, 見えすく胴, 見つかりました, 見付けたの, 解けば, 触れさせたが, 触れないというくらいの, 讀まして, 買うこと, 買ったぎりで其一本, 貸して, 足らないやう, 足りないという, 足りねえそう, 返りません, 逆立ちかれの, 透いて, 遣らないが, 長い棕梠繩, 附けようか, 頂く, 飛び出して, 飲みその, 飲み終つた頃, 飲もうとか, 鳴らされやがて

▼ 一~ (5723, 1.8%)

129 の紙 76 の紙片 57 の名刺 54 の写真 50 になっ 47 の絵 36 の板 34 出して 32 もない 31 では 27 開いて 24 の葉書 23 の葉 21 の木の葉 19 持って, 敷いて 18 の着物 16 の皿, 買って 15 あけて, の紙きれ 14 になった, の莚 13 あれば, になつて, の半紙, の小判, の白紙 12 である, の切符, の大きな, の姿, の画, や二枚, 開けて 11 のはがき, のハガキ, の十円札, の小さな, の布団, の新聞, 入って, 着て 10 になる, の紙幣, を手

9 [11件] の, の古, の方, の油絵, の白い, の蒲団, の障子, の風景画, めくって, を隔て, 残って

8 [14件] あった, しかない, です, になつ, になり, の布, の畳, の紙切れ, の薄い, の雨戸, は, もなかっ, 出て, 落ちて

7 [16件] あります, しか無い, だけで, のビラ, の上, の下, の戸, の新聞紙, の男, の短冊, の端書, の絵葉書, の重, 外して, 描いて, 繰って

6 [14件] あつた, ある, くれた, なくな, のレコード, の地図, の手紙, の毛布, の銀貨, も持っ, 持つて, 書いて, 脱いで, 見て

5 [24件] だ, のもの, のガラス板, の古い, の号外, の差, の札, の櫛, の筵, の蓆, の衣, の銅貨, の鏡, の額, はいっ, もなく, も残っ, 入つて, 入れて, 取って, 取り出して, 外れて, 撮って, 買った

4 [40件] か二枚, がある, くれと, でも二枚, とって, とりだして, とり出して, に, にし, に書いた, のまま, のカード, のコンテ画, のシャツ, のハンカチーフ, の大, の封筒, の彼方, の書付, の田, の精巧複雑透明, の絵図面, の蒲團, の金貨, の黒い, はその, は私, もありません, も二枚, も出, も無い, を取っ, を持っ, を開く, 下さい, 加わって, 加わると, 抜けて, 載せて, 送って

3 [102件] あけると, あり, か, かかって, が何, きて, こっきり, しか残っ, ずつ分け, その上, だけ開い, だして, だった, でも多く, で歩い, とその, となる, と外, にしろ, には, に眼, に青差一本, のお, のお世話, のこって, のなか, のガラス, のマント, のルドン, の中, の冬着, の切手, の半, の厚い, の原稿, の原稿用紙, の図, の女, の宗教, の小, の小切手, の小皿, の扉, の手形, の書附, の服, の板子, の母, の油画, の浴衣, の火, の皮, の石, の紙切, の肌着, の肖像画, の自分, の若い, の落葉, の衣服, の表, の袷, の辞令, の銭, の錢, の長い, の青, はこれ, はづれし溝板, は下, は必ず, むしって, めくった, めくつて, もう一枚, もって, もなかつた, をとっ, を上げね, を取り上げ, を四つ, を書く, を残し, を私, を見, を隔てた, 出す, 剥いで, 取つて, 拾って, 来て, 渡した, 渡して, 焼くに, 縫って, 調べて, 貰って, 貼って, 足らんねえ, 開くと, 隔てて, 飛んで

2 [339件] あいて, あがりて, あけた, あったが, ありましたけれども, ありや, あるが, あるよ, うわ手, かいて, かせいぜい, がぽろり, が三文, が何万枚, が百, が紛失, が開い, くれ, くれて, けえ, こじ開けて, こまかき事, こわして, しいて, しかなかっ, しかなかつた, しかなく, しか無かっ, しか着, するすると, ずつくれた, ずつくれる, ずつそれ, ずつやわらかい, ずつ扉, ずつ渡す, ずつ着物, ずつ薄, ずつ音, その袂, たらん事, たりとも, だから, だけ, だけだ, だけを残し, だけ手, だけ残し, だけ渡し, で, であった, であるが, でいい, でございました, でたくさん, でも, でもいい, でも大切, でも読む, で会葬御礼, で小判, で彷徨き, で来た, で片手, で結構, で肱枕, で蒲団, で震え, とそれから, となっ, となり, とりだしては, と下一枚, と少し, と見, にお, にかう, にこう, にした, になつた私, に一人, に二三枚, に何, に僕等人間, に古, に大きく, に書い, に白木, に紅, ぬき出して, ぬぎすてる旅, のうすい, のくさりかたびら, のせて, のほか, のむしろ, のやう, のやつ, のよう, のイノシシ, のエハガキ, のガラス面, のゴザ, のスケッチ, のスケッチ板, のトランプ, のドア, のハンケチ, のヒモノ, のフトン, のペーパー, のポスタア, のレタアペイパア, の上衣, の仕切, の他, の便箋, の写楽, の処方箋, の切り札, の切抜き, の別, の刷物, の前, の単, の印刷物, の厚紙, の原稿紙, の受信紙, の向う, の吸取, の吹きめくられ, の図葉, の図面, の境地, の夏衣, の外, の夜具, の大きい, の好い, の寒, の小さい, の山絵図, の巻紙, の布片, の帷, の幅, の店, の座布団, の座蒲団, の張板, の所有, の折り畳んだ, の抜け落ちた, の挿画, の掛け布団, の敷布, の敷物, の料紙, の明智探偵, の晴着, の書きつけ, の書類, の木札, の木版画, の板木, の枯葉, の桐, の毛皮, の氷, の浅草紙, の漫画, の瀬戸物, の点々, の版画, の瓦, の瓦版, の用箋, の画布, の画面, の番附, の畫, の痛手, の白衣, の盆, の短, の石版刷, の硝子, の硝子戸, の紅葉, の紙札, の紙鳶, の素裸, の絵像, の絵画, の絵端書, の綿入, の罫紙, の美人, の美人画, の羽, の胸, の色紙, の花弁, の花櫛, の茣蓙, の裸婦, の襖, の証文, の豪傑, の貨幣, の貼紙, の赤紙, の通牒, の通知, の鉄板, の附木, の限られた, の隔て, の風呂敷, の馬券, の骨牌, の黄金, の鼻紙, はお, はかばん, はずして, はずれて, はづして, はづしてをいたが, は三更, は今晩三更, は寝台, は巨勢博士, は門, は頭, は髪, ひらひらと, へだてて, ほしいもの, ほどしかなかつた, また一枚, もあらずなりぬ, もお, もかかず, もございません, も一枚, も使わない, も入れ, も出来ません, も欠損, も無かっ, も読ん, も買っ, も買わず, やった, やって, やると, わけて, をとつ, をとりあげ, をめくっ, を二円, を作る, を僕, を包んだ, を半分, を取り出し, を家, を寒く, を少し, を彼女, を後年病臥中, を破る, を細く, を結び, を置い, を自分, を買っ, を蹴, を送り, を選ん, を選択, を開け, ヒラヒラと, 倒れるの, 借りて, 出た, 剥がして, 剥がれざりしには, 取出して, 取出すと, 呉れた, 壊した, 壊れて, 売って, 外しました, 引きめくって, 引っかかって, 引っぱり出して, 怪しい女, 恵んで, 戴きたいと, 打って, 投げ出し, 投げ出して, 投げ出すが, 捨てた, 描く, 握らせると, 撮った, 明けて, 書くにも, 来た, 欠けて, 欲しいと, 欲しいの, 減らして, 漉きの, 焼いて, 画いて, 着たいよ, 破って, 第一行, 繰った, 繰られて, 買いました, 買うこと, 買ったの, 貸して, 起すと, 載って, 送る, 開けた, 開けたまま, 開けた雨戸, 開けると, 隔てた外, 飛びだした

1 [2998件 抜粋] あいたまま, あけました, あったから, あつたら, あらためて, ありました, あり合唱, あるそう, いた, いる, うわてに, おく深いかくし, お出し, お書き下さい, かかえふたたび, かけられて, かぞえて, からわれわれ, か二錢玉, がすこし, がなか, がふっくり, がポン, が上, が他, が恥かしく, が水際立つ, が突然, が警察, が音, くださいませんか, くらいそっと, くらい書きかけ, くわえて, ぐらいのこと, ぐらいは贋金, ぐらい宛, ぐれえ, こしらえられるとしても, こわれて, さしあげたの, しかありません, しかもっ, しか持て居ない, しきゃできやしない, じゃどうにも, すてて, ずうずうしい位, ずつくれるなり, ずつと決っ, ずつの肖像画, ずつめくられ, ずつタイテイ, ずつ並べる, ずつ入れさせ, ずつ剥げ落ち, ずつ女たち, ずつ念入り, ずつ掲示板, ずつ書簡箋, ずつ灰皿, ずつ素子, ずつ衣, ずつ貼り付け, ずつ順に, そっくりめくっ, そのう, その封筒ごと, それだけな, たたんで, だきゃあ, だけがブルブル, だけすこし, だけである, だけどうして, だけの値打ち, だけはいつか, だけは手放さなかった, だけをお返し, だけ上, だけ外, だけ拔, だけ明け放した, だけ着せかけた, だけ落ち, だけ開け放つ, だったよ, だって容易, だって貴, だで, だ国手, ちらと, つきつめて, でああ, であって, であろうが, でうろうろ, でかめへん, でこの, でしかも, ですっかり, でどう, ではなはだ, でもあいつ, でもそれ, でも一行, でも余計, でも好意, でも掌, でも枝, でも無駄, でも食わない, でニュッ, で一団, で上着, で乳, で体操, で冬空, で動かし, で四升, で大学, で寝ころん, で応接間, で放ったらかし, で柏餅, で水, で涼ん, で狭い, で窓側, で細帯一つ, で自分たち, で裾, で買った, で踊り, で金庫, で馘首, というところ, という服装, といふ感じ, とがゆうべ置き去り, として着色, とだけはいわば, とならぬで, とばして, とられたら一枚, とりそれ, とれて, とペイジ, と上, と云わず, と余念, と古, と小型, と書籍一巻, と猟銃, と箱いっぱい, と美味, と言つて, と障子二枚, どうしても加, ない板の間, などはやたら, なり一枚, にあ, にぎって, にこてこて, にしるされた, についてナポレオン金貨一つ, につき一般, にて足れり, になつて庭造り, にならなかった, には仮名, には気取つた, には真名, には鶴, にみな海, にも触れない, にシャツ一枚, に一銭銅貨, に付き, に入れた, に包ん, に堅め, に就, に成っ, に様々, に燒, に細帯, に英介, に記入, に透き徹る, に長方形, に魚屋, ぬぐという, のああ, のうん, のきもの, のこと, のご, のその, のところ, のふだ, のまし, のもみくちゃ, のウスベリ, のカーテン地, のジャック, のトタン屋根そのもの, のフィルム, のムシロ, のレタア・ペエパア, の不渡手形, の乘換切符, の五円紙幣, の余分, の値, の入歯, の写生画, の出入り口, の十円, の印刷, の古びた, の名札, の四幅風呂敷, の地方新聞, の夕刊, の大岩, の天文写真, の婦人, の家, の小さく, の履歴書, の布切れ, の幕, の広告ビラ, の彩色石版, の御幣, の戸口, の捨て, の撮影監督, の敷瓦, の新しい, の映像, の書き付け, の朱, の果, の楯, の死絵, の水色, の法衣, の浮草, の滋賀県地図, の焼けトタン, の父, の珍, の生活図, の画面きり, の痩せた, の皮膚, の着, の石板, の硬質, の空皿, の笹, の紙屑, の紹介状, の絵以上, の繪, の羽二重, の肉, の脱落, の船板, の若葉, の菰, の蓙, の薄縁, の虫食葉, の裏, の襖音, の見舞, の証票, の貝がら, の赤ら顔, の路地, の遺書, の鉄, の長方形, の隔たり, の雪戸, の青年, の頬かむり, の鳴門海峡, はあまり, はいで持って, はがれた下, はぐり一房, はさながら, はずれる仕掛け, はづれて, はやはり, はグチャグチャ, は一枚, は人, は十七世紀末, は同, は女, は家族, は形, は新, は植ゑてしまつた, は汚れ, は男, は秀子の, は背, は藤, は貴方, は閉めない, は高野山, ばかり開け, ひくと, ひらいたまま, ひッ, へらさねば, ほうりだして, ほどに切れ, ほどの短文, ほど開ける, まい込んで, まくりはじめたの, までゆく, むしりと, めくられて, もあらう, もいで, もくれなかった, もこの世, もつくっ, もなくなった, もみせ, もテーブル, も入つ, も出来っこない, も包んだ, も売ろう, も引張らせる, も拾い, も描いてない, も損, も書かん, も書け, も此, も殖えなかつた, も着せ, も街路樹, も見当らなかった, も買おう, も附い, やぶけて, やろうと, よく調べ, よりない, わずか一朱, をお母さん, をさし上げます, をそこ, をつまみ上げた, をぬすみ取り, をひらひら, をむしり取っ, をもっ, をチーン, を一両, を五十エスクウド, を使う, を六百両, を利用, を半ば, を取去り, を呑むべし, を壁, を失われた, を小夜子, を引き破っ, を張つた, を御, を手帳, を投げ出した, を抜き取り, を拾つて, を掛けた, を描き終る, を敷き, を残した, を湯番, を畑物, を着た, を第, を縦, を葉子, を裏返した, を読み, を買いました, を身体, を開けた, を頂戴, コロコロと, 上げられ床板, 与えて, 作って, 借りだすの, 入つた財布, 写すこと, 出したきり何, 出すの, 出来たっぺい, 前掛一つ, 剥ぎ取って, 割ったの, 加わっただけでも, 動かず平素, 厚く敷いた, 取り出しました, 取出した, 同じくマルマレード, 呉れろと, 垂れて, 売ったん, 外されてを, 大きく拡げられ, 封じ込めた郵便, 差上げて, 干すごと, 引き出しに, 引っ剥い, 張って, 彫では, 御贔屓様, 懸って, 投げた, 投出して, 抜き出されて, 拝んでは, 持たぬ坊主, 持出すと, 掃いたん, 掲げて, 描かして, 描き終つて, 握って, 撮つて, 散って, 散り込んで, 新しく買っ, 明け放しに, 書かされた世間師, 書けませんでね, 来ない, 欠けても, 残しただけ, 残らずお, 残らず畳, 殖えて, 毀してさえも, 洗って, 減り畑, 無いらしい, 片暗がり, 盗むこと, 着せずいつも, 着たま, 着るじゃ, 短い手紙, 突然砕け散った, 紛れ込んだの, 編まなければ, 繰つて, 置いて, 脱いだの, 脱ぐの, 落しても, 被けて, 見つけた, 見当らなかった, 讀まないうち, 買いとった, 買うのに, 貼った深紅, 足りないばかり, 輝いて, 這入る, 遣った, 重ねると, 開いた障子, 開けた一膳めし屋, 開ける度, 間違って, 隔て行われて, 頼んだ, 食べつくした私

▼ 一~ (5544, 1.8%)

111 に於 68 では 37 がある 34 から見れ 31 に生え 30 の火 29 の雪 28 に咲い 27 の真理 2118 の鏡 17 である, に白く 16 から云え, に白い 15 に灰色, に生い茂っ, の草原, もある 14 には 12 の大, の血 11 からいえ, にある, にはまた, に於い, に生, に雪, の事実, の壁, の水 10 に星, に真白, に血, の琵琶, の草 9 に散らばっ, に日, に水, に流れ, に濡れ, の理由, の青田, を代表

8 [14件] から云, から見る, にその, に並ん, に光っ, に咲きみだれ, に広がっ, に薄, に霜, の灰色, の畑, の芝生, の闇, の霧

7 [15件] から云う, から見, にはその, に敷い, に火, に花, に赤く, に黒い, の, の焼, の琴, の田圃, の田畑, の眞理, の識

6 [17件] にあたり, にこの, にさし, にちらばっ, に並べ, に何, に咲き乱れ, に拡がっ, に浮い, に照らし, に美しい, に葦, のある, の海, の青, の麦畑, を持っ

5 [33件] から言う, から言え, にはこの, にひろがっ, に咲いた, に地, に散乱, に明るく, に残っ, に波, に海, に深い, に漂っ, に苔, に草花, に過ぎない, に降り, に降り注い, に霧, の星, の桜, の湖, の火焔, の竹藪, の綴り, の緑, の苔, の藪, の雑木林, の霜, はたしかに, もあった, より見れ

4 [67件] から言, があっ, があった, なの, にかがやい, にきらきら, にさし込ん, につい, にはそれ, にはびこっ, にはやはり, には又, にまた, に仄, に光, に叢生, に塗っ, に墨, に掩, に散らした, に暗い, に曇っ, に月, に毛, に漲っ, に焔, に生じ, に白かっ, に皮膚, に真, に真っ白, に紅い, に紅葉, に茫, に落ち, に蔽, に赤い, に降っ, に雑草, に露, に青い, に高く, に鳴く, に黒, の光, の大きな, の岩, の広い, の意味, の文字, の桑畑, の水田, の深い, の湖水, の白い, の白砂, の真, の真実, の耕地, の菜の花, の薄, の蘆原, の長い, もあっ, をもっ, をもつ, を見せ

3 [117件] からいう, から申せ, から考える, があり, がよく, が強く, が明るく, であ, であって, です, としての人間, と二面, にあっ, にか, にかかっ, にぎらぎら, にたなびきたる, にどんより, にはえ, には現代, には自分, には非常, にまっ白, にブチ, に並べた, に低い, に低く, に吹き出し, に咲き, に咲く, に塗, に塗り, に塗ります, に塩, に大きな, に平ら, に広い, に心, に散っ, に散らばつ, に散り敷いた, に棚引い, に氷り, に汗, に浮き出し, に湿れ, に濛々, に灯, に皺, に真紅, に積, に立ち並ん, に簇生, に緑, に繁茂, に繃帯, に色づい, に茂っ, に茂つて, に草, に蚤, に蛙, に覆う, に見え, に輝い, に輝く, に雲, に青々, に飛ん, に飛沫, に高い, に髯, に鳴り渡る, に黄色, に黄色い, に黄色く, のみを見, の原, の埃, の平, の広場, の性格, の灌木, の煙, の猛火, の田, の白, の皮, の砂原, の稲田, の紅葉, の花園, の落ち葉, の蘆, の観察, の銀世界, の雲, の青い, の額, の鳥, の黄色, はある, はこの, また, も持っ, を, を暴露, を有, を現, を理解, を示し, を蔽うた, を蔽っ, を見, を見た, を見る, を語る

2 [385件] からこれ, からみれ, から申します, から申しますれ, があれ, がその, がたしかに, がない, が妙, が歴然と, が気持, が真白, が見える, が覗, くもりなき, このよう, しか知らない, じめ, だけで, だと, であった, であること, であるという, ですが, といふもの, なるひかり, な水, にあかく, にあなた, にあの, にあらわれ, にあり, にありあり, にあわただしい, にいろいろ, にうけ, にうずめ, にお, において, においてはまた, においてはプロレタリヤ, にかかる, にかけ, にからみついた, にきらめい, にきらめく, にこぼれ, にこぼれた, にさし込む, にしげっ, にそれ, にたたえ, についてい, にでき, にとざし, にならべ, にぬれ, にのび, にはお, にはこうした, にはそういう, にはひどく, には今日, には何処, には作家, には実に, には店, には当時, には彼, には彼女, には従来, には我々, には指物師, には相, にひるがえる, にひろ, にひろがった, にふり, にぼう, にぼかし, にぼんやり, にまっ黒, にみだれ, にもの, にわかに薄暗く, にガラス, にバラ, にピカピカ, にペンペン草, にレモン黄色, に並んだ, に乾し, に交錯, に伸び, に何処, に充満, に光る, に出来, に刺, に包ん, に包囲陣, に厚い, に反射, に同じ, に地上, に埃, に塗りつける, に塞, に夕陽, に大, に大きく, に大地, に子供, に存在, に寂しく, に山, に巻きつけたる, に平坦, に広, に広がりました, に広がる, に庭, に張られ, に張り, に微細, に拡, に拡がった, に拡げ, に接吻, に描かした, に揺い, に撒い, に擴, に散ら, に散らかし, に散らば, に散らばった, に散り乱れ, に散り敷い, に散り敷かれ, に散在, に敷いた, に敷き詰め, に斜陽, に早苗田, に明る, に明るい, に暗く, に曇った, に書い, に朝, に杉苔, に格子, に桑畑, に梭葉草, に棚引く, に植え, に極めて, に気味悪く, に水滴, に氷, に油, に油だらけ, に泥濁り, に泪, に浮かん, に浮んだ, に海綿, に浸ん, に涯, に深く, に渋い, に満開, に漂い, に漂う, に漂つて, に漲った, に漲り込んだ, に漲る, に澱ん, に濃い, に濃く, に濃霧, に濛, に瀰漫, に煙, に煙る, に照, に照っ, に照りつけ, に燃え, に燃え上る, に燐, に狐色, に生い茂った, に生え茂っ, に瘡, に白, に白雲, に百合, に相当, に真黒, に眩しく, に石塊, に砂, に硫黄, に空, に立ち, に立ちこめ, に立つ, に立て, に算, に糜爛, に紅, に紅く, に紅らん, に紅蓮, に細かい, に緑色, に置いた, に美しく, に聳え, に腫れ上っ, に臭わせ, に花びら, に萱草, に蒼く, に蔓, に蔦, に蔽い被さっ, に薄く, に藍灰色, に蘆荻, に蝉, に血潮, に被さっ, に褐色, に見えた, に見える, に貼っ, に赤, に踏み荒され, に過ぎず, に酢, に重なり合っ, に野生, に野良, に銀, に銀色, に鎖し, に附い, に雨雲, に霧藻, に靄, に青, に青く, に青白い, に青草, に響く, に頭, に飾られ, に飾り立てた, に鮮血, に鰯, に鳴い, に鳴いてる, に麻, に黒く, に鼠色, のお, のほう, の人家, の傾向, の光景, の刺青, の力, の匿名論説, の南瓜, の古鏡, の吹雪, の地図, の姿見, の孟宗竹, の岩海, の川原, の平地, の御, の性質, の日あたり, の暗闇, の朧, の杉, の林, の枯草, の樹海, の沼, の泡, の泥田, の灰, の灰紫色, の焼け野原, の焼跡, の特色, の特質, の理, の瓜, の田野, の画図, の畠, の目的, の真相, の社説, の神格化, の秋草, の積雪, の笹, の絵, の絵画, の罌粟畑, の美し, の群集, の芋畑, の花, の落書, の薄い, の薄原, の血潮, の血飛沫, の誇大, の赤蜻蛉, の道理, の銀泥, の障子, の雪景色, の雪田, の風, の髯, の黒い, はこれ, はすべてざわざわ, はその, はそれ, は多く, は年恰好, は極めて, は海, もあ, もあつ, もその, より之, より見る, をしか見ない, をその, をそれ, をなす, をば無理, をも持っ, をよく, を以て触れ, を偏視, を備え, を占領, を強調, を忘れ, を抽出, を描い, を暗示, を有する, を照らし, を発揮, を知っ, を知る, を窺う, を自分, を蔽つた, を藪, を見渡される, を見落され, を誇張, を語っ, を説明, を道徳, を附加, 踊りまわりあたり, 霜枯れて

1 [2852件 抜粋] あたかも火, あり是, えぐったよう, かもしれなかった, からし, からは貴顕紳士, から不思議, から出る, から考へる, から話す, かれは, があるなら, がうち, がしぶき, がなく, がわかつた, が二十五分, が哲学, が少しく, が得, が植物学的, が火, が現われ, が破れ, が色濃く, が貝, が雨, こういう研究者風, この官兵衛, この瞬間, さう, しか見る, すこぶる気, ずつの聯, その野性味, たしかに強味, だから, だけしか見, だけの観察, だけを持った, だったの, であったの, であると, であろう, でまた, で一方, で当時, で社会生活, とが存する, としてこれ, として最も, とする, とはいえ, とをないまぜ, と咲いた, と知的, と脆い, なかにはいろいろ, ならべます, な河原地, にああ, にあたってかんかん, にありました, にいらいら, にうす白く, にえがいた, においてその, においてはそうした, においては一方, においては日本人固有, においては音楽, においてワグナー, において夢, において彼, において文化運動, において祈り, において馬鹿正直, における出版広告, にかき曇つ, にかぶっ, にぎざぎざ, にぐっしょり, にこの世, にこめ, にさえ渡った, にさながら, にしか過ぎない, にしつ, にじりじり, にせり合い, にそばかす, にたかる, にたちこめた, にだけ区切られ, についてで, につらなり, にとびちり, にどんな, になだらか, になるほど, にぬたくっ, にのみ附着, にはいっ, にはこういう, にはすくなくとも, にはだかっ, にはどんな, にはほか, にはれあがった, にはフランス, には三十一日来四十時間, には事実上彼ら, には人間, には何, には信長, には儼然, には出獄, には台所, には地球上, には多少, には太閤, には学者, には巡査, には情, には拔荷, には敬, には日本, には晩年, には来, には欧風晩食, には派手, には漢室, には狂熱的, には盆暮, には私自身, には罪人, には芸術, には蔽い, には諸, には遅刻, には附近, には黄金色, にひよ, にふきだした, にふりまい, にぶら, にべつ, にぽ, にまっ暗, にむらだち, にもうもうと, にもー, によごれ, にエンフアシス, にクローカス, にサーッ, にスレヱト, にタコ, にバター, にプロレタリア文学運動, にユラメキ, に万葉調, に世界地図, に之, に二代将軍, に人立ち, に他, に伸び拡がっ, に作った, に偏見, に優し, に光り輝い, に写実, に凍結, に切り組ん, に前もって, に匿, に危険, に友仙, に叡山苔, に吊した, に吹, に吹きまくる, に吹冠, に咫尺, に唐草模様, に四五寸, に土地河水, に地腫, に垂れ下っ, に塗られた, に塞がっ, に変色, に夥しい, に大津繪, に妙, に孝, に実った, に寛けた胸, に尊氏, に居並び, に山葵, に崩れた, に布かれ, に平野, に広々, に引, に張られたれ, に張り詰められ, に当, に彫り出され, に急激, に惨, に成り立つ, に打ちのめし, に投げ散らかし, に押し動い, に拡がつた, に振り散らし, に描いた, に撒きちらされた, に擴つて, に散りしい, に整列排置, に敷き並ん, に斯, に明治家庭小説式色, に晴れわたりたる, に曇ってるらしく, に書きつらねた, に木, に松林, に枯れほうけた, に染まった, に柔かい, に栄光色, に植えられた, に榛名山, に橄欖, に残し, に気, に汚らしく, に油断, に泥海, に流れかかっ, に流れ込ん, に浮べた, に浸, に深刻, に湛, に湯気, に滲み出した, に漢中, に漲り, に濃緑色, に点々, に焦躁, に煙管, に熟, に燃えた, に牛乳色, に玉子, に現, に甘い重苦しい, に生じた, に画虎, に痛, に白妙, に白牙, に目, に真赤, に瞬い, に石灰だらけぢ, に破片岩, に私, に穂芒, に立, に立て並べ, に籾, に紅がら, に純潔, に細かく, に結っ, に絡ん, に緋, に繁り, に群, に翻, に胡麻, に腰, に自記受信記録計, に芝草, に茂らし, に茶渋, に菜の花, に葡萄, に蓄え, に蔽われた, に薄曇り, に藤, に蜘蛛, に血塗れ, に裏, に覆い隠し, に見事, に親しみ, に言い知れない, に誇らしい, に貧民窟, に賛, に赤黒き, に踏み倒され, に転, に近い, に這いまわっ, に連なる, に重い, に野菜, に金紙, に鉛, に銃剣, に長い深い, に闇, に降りかかっ, に限らう, に陰鬱, に雀, に雪紛々, に霧の, に青白く, に響い, に飛び散つ, に饅頭形, に髪の毛, に鳶色, に黒ぐろ, に黒幕, に575・77, のうろこ雲, のすり硝子, のぬかるみ, のほうけた, のみが現れ, のみを仏体, のもろい, のサフラン, の上段, の交わり, の傷, の入江, の利, の卵塔, の古, の善言, の城絵図, の夜, の大野原, の守護, の将棋盤, の屋根裏, の崖, の平原, の廃墟, の心理, の成立, の押し入れ, の新緑, の明鏡, の最もよく, の杉林, の板壁, の梅林, の樹林, の段々, の水沢, の池, の泥海, の活況, の涙, の濃霧, の灯火, の無精鬚, の爪草, の琵琶修繕, の癬, の白雪, の真っ白, の知, の石炭, の砂浜, の碧血, の空色, の篠笹, の紙, の緩やか, の胡粉, の芒野, の花畠, の苦労, の茶色, の萱葦原, の薬屋, の蜘蛛, の血汐, の裏面, の觀音, の赤蟻, の進歩性, の鈍, の陽炎, の雛壇, の雪どけ, の雲ゆき, の青空, の飛沫, の鮮, の黒木, はお前さん, はしん, はばか, はイプセン, は会社, は叔父, は大いに, は寔, は悪魔, は文芸史学, は朦朧, は漸次, は神, は芭蕉, は貴族的, は鏡, は高野川, ひどい臭気, へ忽ち, まあどうで, また文学的, めらめらとこう掌, もなく, も十分, も描き, も見なけれ, よりいかに, より命ぜられた, をあら, をおおった, をさらけだした, をすてない, をとり出し, をひどく, をもたじろがず, をよくよく, を一目, を具現, を包み込ん, を埋めつくし, を失わぬ, を平次, を思, を打ち壊し, を持つ, を捉え来っ, を描き得る, を明, を望む, を浮び出させ, を燎原, を牽制, を発見, を知, を私達, を築き上げ, を自認, を蔽つた雪雲, を覆っ, を見極める, を讃美, を走り, を開拓, を顧慮, 何となくどんよりした, 匂い立つよう, 又温和, 堆く積, 実によく世上, 彌漫つて, 惨絶, 散って, 明るくな, 極気さく, 淡青色, 熟れきッ, 甚だ悲痛, 終ると, 耕されて, 裏付けるもの, 赤く一, 閉じたものの, 青くて

▼ 一~ (4959, 1.6%)

77 通りの 60 間に 57 口に 53 月も 51 足も 50 思いに 49 足先に 47 眼で 46 目で 44 思ひに 43 たまりも 41 息に 39 月ほど, 突きに 38 通りは 33 言も 32 廻りし 31 月ばかり 30 晩の 23 塊り 20 目に 18 通りでは 16 かたまりに, 月の, 目見 15 間の 14 する, 晩で, 第二, 間へ 13 す, 休みして, 握りの, 晩だけ, 眼に, 纏めに 12 廻りしました, 晩に, 突きで, 足さきに 11 まとめに, 廻りする, 月と, 月に, 走り 10 しきり, 息ついた, 通り見, 間は 9 して, まはり, 太刀で, 息で, 目見る, 眼見た, 肌脱い, 言二た, 足先へ

8 [13件] いわれて, なって, 云ふ, 夏を, 掴みの, 目千兩の, 目見た, 眼見る, 突き, 組は, 通りでない, 通り調べました, 間を

7 二と, 仮定すれ, 口飲ん, 月ほどの, 月前に, 目でも, 眼, 眼見, 筋の, 間で

6 [16件] 処に, 塊に, 息し, 息つい, 息つく, 晩でも, 晩も, 月や, 由子の, 癖あり, 目見て, 筋に, 縮みに, 責め責めて, 間, 間には

5 [32件] いって, まわりし, ミドリは, 一緒に, 他との, 口も, 太刀に, 役買っ, 所に, 掴みほどの, 握りほどの, 昔前の, 晩がかりで, 晩外へ, 月ばかりは, 月二た, 月程, 癖も, 目みる, 第三, 組の, 芝居を, 言, 走りです, 足で, 通り, 通りで, 通りでなく, 通り見せ, 通り調べ, 頃は, 飛びに

4 [38件] かたまりにな, かたまりの, からげに, きれの, すじの, するだろう, なる, なること, なると, 一と, 先ずこの, 先ずこれ, 口で, 夜を, 廻りした, 思に, 息だ, 息入れ, 晩あの, 晩まんじりと, 晩を, 月で, 月ほども, 月を, 月前の, 月經た, 目千兩, 眠りし, 称せられて, 突きだ, 言だけ, 足先き, 通りお, 通りや, 通り家の, 通り廻っ, 通り見た, 通り話し

3 [84件] いうと, いふこと, お志乃, されて, し, しお, すると, つまみの, ところに, とびに, なるであろう, なるの, ミドリの, 一とを, 云って, 他巳吉, 働きして, 六の, 叢の, 口, 口二た, 呑みに, 太刀, 寢入りし, 廻り, 廻りします, 役を, 思って, 息という, 手に, 打ちで, 晩あつし, 晩お, 晩だ, 晩だけの, 晩は, 晩一緒に, 晩寒い, 晩毎に, 晩見張っ, 晩過した, 月あまりを, 月か, 月だけ, 月は, 月足らずの, 束の, 枝を, 棟に, 汗掻く, 泡吹かせよう, 澄江の, 目, 目お, 目千兩と, 目見たい, 睨みすると, 突に, 第五, 粒の, 粒一と, 粒種の, 組しか, 続きの, 群れが, 群れの, 考えて, 色に, 走りだ, 走り頼むぜ, 足おくれ, 足お先に, 足すすみ, 足の, 足一と, 身上を, 身上拵へ, 通りを, 通り眼を, 週り, 間が, 間置い, 風呂入, 風呂浴び

2 [275件] いうほど, いう如き高率, いっても, いはれて, いふに, うねり強く, えぐりに, かけの, くさりなどが, くさりの, くさりを, くさり歌っ, こまの, しきり乱闘, しそれ, しなければ, すず子は, すぢ, すと, するが, する所, する芭蕉, たびその, とおりは, なつた, ならざるべからざる, なるという, なれり, ひら, ほりの, ほり見て, まき巻きつけて, まはしガタリ, まわり大きく, よせると, ゑぐり, 一を, 三十八歳で, 世に知られた, 二の, 仕事し, 仕事だ, 休みした, 休みしてから, 休みすると, 休みも, 偽名し, 儲けしようと, 先づ歸る, 冬の, 冬を, 切れの, 刷毛の, 刻は, 刻や, 包みに, 口や, 口呑ん, 口肌守りと, 口飲む, 同じ, 名付けられた, 品, 品も, 唸りメーデー, 回りする, 塊まりに, 声が, 声で, 声は, 声も, 夏の, 多との, 多鶴子の, 夜, 夜の, 太刀が, 太刀心の, 太刀恨む, 太刀斬られ, 太刀袈裟掛に, 婚約を, 安心した, 安心だ, 寝入りして, 寝入りしてから, 寝入りシタコタ, 小夜子との, 山の, 幕を, 廻り廻つて, 張り, 思案の, 息, 息つきまし, 息と, 息吐いた, 手も, 抱へほど, 抱へほどの, 押しごと, 押し押して, 押し押しました, 掴みほど, 揃いと, 揃ひ, 揉みの, 時の, 晩, 晩この, 晩と, 晩ゆつくり, 晩マジマジと, 晩一睡も, 晩塀の, 晩大, 晩寢ず, 晩尺八ばかり, 晩待つ, 晩泊める, 晩睨めつ, 晩私が, 晩考へた, 晩自分の, 晩見張つ, 晩遊んだ, 晩頑張, 晩飮み, 書いて, 月あまりも, 月おくれ, 月が, 月ぐらい, 月し, 月でも, 月にしか, 月にも, 月ばかりの, 月もか, 月半, 月経たぬ, 月餘り, 束ほど, 束を, 枝に, 棟の, 棟へ, 樽が, 殷盛り, 渡り見定めると, 溜りも, 理窟だ, 當て, 癖ある, 目なりとも, 目の, 目みれ, 目も, 目惚れした, 目眺めた, 目見ます, 目見れ, 眼この, 眼だ, 眼でも, 眼ハッ, 眼平次も, 称せらる, 突きしたもの, 突きだけ, 突きでなけれ, 突きと, 突きやられて, 突きを, 突き心, 突き恐らく, 突き自分, 突き血潮, 突き路地一パイ, 突で, 筆しめし, 筆書い, 筋, 筋で, 筋も, 筋繩では, 箱せしめる, 箱の, 箸たべ, 粒が, 粒種だ, 組が, 組と, 結婚し, 続きに, 纒めに, 聲高く, 肩を, 腰の, 膝すすめ, 舐めに, 船休ん, 色の, 芝居打つ, 苦労でした, 見て, 見做, 言が, 言ずつ, 言って, 言でも, 言の, 言ふ, 言を, 言云っ, 言詫を, 評判の, 話して, 責め當つて, 走り番場町, 走り行っ, 走り行つて, 足, 足さがって, 足ずつに, 足でも, 足ぬきに, 足ふみ込ん, 足早かっ, 足踏み込ん, 足違いで, 足遲かつ, 足遲れました, 跳びに, 身上とも, 身上投げ出し, 身代です, 身代と, 通で無い, 通りなら, 通りに, 通り以上に, 通り吹矢筒を, 通り搜し, 通り濟みました, 通り目を, 通り着, 通り研究し, 通り研究する, 通り立つ, 通り考へ, 通り聞かし, 通り聽い, 通り話を, 通り読む, 通り調え, 通り調べた, 通り通し, 通り風呂を, 部屋置い, 重を, 間から, 間だけ, 間内儀の, 間恐ろしく, 際高い, 際高く, 頃の, 風呂お, 風呂入る, 騒動なく, 騷ぎした, 騷動を, 骨折って, 骨折つては

1 [2233件 抜粋] あくまで一生懸命, あたり見廻した, いいます, いうほどに, いき學問, いつて, いふもの, いろなの, いわれた加賀見忍剣, いわれるヤマメ, いわれる風景, うたわれたその, えぐりされて, お君, かけを, かたげぐらい, からげな, くぎりごと, くさりだに, くさり歌ふ, くさり當時, この尾根, さしお, しおと, しきりドシンバタン, しきり拍手, しきり杉並木, しきり笠守稲荷様, しきり藝者さん達, しきり降り増, しずくも, した暴悪, しほ不安, し乙丑, し天平九年冬十月, し日昭, し法律的制限, し詩歌, すぢ焦茶, すべきであること, すること誰, するは, する如来, する現行, せりふ一と, そろひ気恥し, たびは, たび文林の, たび生活法といふ, たらしの, つけるの, つまみほどの, つまりは, とおり終了した, ところ低く, なさむとす, なすべし, なった老母, なめに, なりそして, なりましたが, なり従って, なり身, なるもの, なれる, ねむり, びでかれはとびかかって来た, びにみちから横の, ふりで, ほりすましました, ほり振り返, ほり聴い, まずここ, まず常磐町, まず東京監獄, まず閉ざした, まづ考, まはりぐらゐ, まわりも, みた栄三郎, むらが, めぐりもう一度, よくこの, ゑぐりにされ曲者は, ゑぐり恐らく, アンザイレンした, コマでした, ミドリとが, 一とが, 一二二分の一との, 丁場, 丁場です, 世帶, 串を, 二とに, 二に, 云, 云う土匪, 云はれた, 云われる松本楼, 亙り讀んで, 仕るべきと, 仕事濟むと平次は, 他とを, 休みさ, 休みしようか, 休みすること, 休養を, 価値が, 働き, 働きする力, 儲けする積り, 先ずは, 先ず切れる, 先ず東京, 先ず終っ, 先ず釈, 先づ下げ渡される, 先づ奉公人や, 先づ東京へ, 先づ通夜の, 入だ, 入魂であった, 処により, 刃ざっくり, 切り吹抜けて, 切れを, 列車に, 刺しは, 刻でも, 刻八五郎の, 動する, 勝負二た, 包みを, 区切りして, 十七黒と, 口うまい, 口すすった, 口その, 口でなんか, 口の, 口入れた, 口叱, 口啜つ, 口挨拶を, 口食つて見, 同じくらいの, 同じ年齢, 同一の, 名乗る男, 呼ばれて, 品です, 啜りを, 噂に, 回りして, 囲いという, 坪は, 塊の, 塩石狩の, 声でも, 声呼んだ, 声続い, 声鳴い, 夏は, 夏使う, 夜さを, 夜参籠あそばされ, 夜明ける, 太刀ずつ, 太刀大袈裟に, 太刀葛籠の, 存候, 安心, 安心です, 寝して, 寝入りやって, 寢入りで, 山あてる, 山当てる, 山盛を, 巡り夫人, 巫山戯するところ, 幕も, 年に, 度びアルコールに, 度此処を, 廉筋の, 廻りさせて, 廻りも, 廻り丁度, 廻り四方, 廻り庫裡, 廻り木戸, 廻り表, 廻り視線, 当てで, 当惑暫し, 役二分宛と, 役買つてゐる, 心がけて, 思います, 思ひこんで, 息うとうと, 息つける, 息の, 息吐い, 息探つ, 息突つ込ん, 愚考致し, 戦艦アイダホの, 所だけ, 所裾野の, 手柄を, 打ち二, 打二た, 折持っ, 抱えも, 抱への, 押しで, 押し二, 指定された, 振りを, 捻りする, 掛と, 推測した, 掴み, 掴みムラムラ, 揃えはいって, 揉み, 握り, 握りにな, 摘みの, 撫でせられたよう, 改めて文禄二年, 文子の, 方ならず驚きました, 方は, 旗擧げる, 日命を, 昔の, 時, 時でも, 時代を, 晩か, 晩くらゐ, 晩ぐらゐ高砂樓の, 晩じゅう眠る, 晩だけは, 晩とまり, 晩どんな, 晩よく, 晩中でも, 晩中番を, 晩五兩十兩の, 晩伏せ, 晩何處へも, 晩内々小梅に, 晩啀み, 晩家を, 晩寢付かれなく, 晩平次に, 晩念入りに, 晩搜した, 晩暗い, 晩此處に, 晩歩き廻っ, 晩江戸中を, 晩泊つて今朝歸つたと, 晩泊りでも, 晩渇ゑさしちや俵屋の, 晩留守を, 晩睨めつこです, 晩經つても, 晩考えつづけ, 晩見廻りさせよう, 晩調べ, 晩逆, 晩過せ, 書いた, 月, 月あまりそれでも, 月あまり経った, 月かかった, 月くらゐ, 月その間日と, 月たつた, 月とは, 月はやり, 月ほどは, 月パリの, 月以上にも, 月先遲く, 月前から, 月半も, 月後即ち, 月死に, 月程後に, 月許り, 月遅らし, 朝の, 村の, 束ねに, 枝, 株が, 棟であった, 棧で, 構えの, 槍, 氣づか, 汗かくかな, 泡ふかされた, 波瀾持ち上る, 渡り雪, 潮風さきの, 片を, 狂いの, 玉買ひ, 理窟や, 由子に, 申し候, 疲労の, 皮むけ, 皮剥い, 盛り, 目これを, 目とっくり顔を, 目ワッと, 目会つ, 目何万両という, 目千兩といふ, 目悲鳴を, 目樣子を, 目見渡しました, 眞つ, 眼お, 眼も, 眼思はず唸りました, 眼此姿を, 眼見せ, 眼見ろ, 眼逢は, 睨みされ, 矢くれ, 称した山陽先生, 称せらるる, 称賛し, 稱せらる, 突きか, 突きする, 突き左肩胛骨, 突き曲者, 突き間違ひも, 筆, 筆書きに, 筆願います, 筋が, 筋なる, 筋少し, 筋涙が, 筋縄や, 筋道を, 箱と, 箱借り, 箸ずつ, 籠, 粒を, 粒選で, 組だろう, 組な, 組欲しい, 綽名を, 纏め四面, 群れといふ, 考えたの, 考へ歌合せ, 聞く花, 聲物凄い, 肌脱ぎます, 腰が, 膝すすませる, 膝阿波太夫は, 舞曲の, 芝居打とう, 花咲かせ, 苦心を, 落着の, 袋も, 見え随, 角をは, 言あんた御, 言いって, 言うもの, 言ぐらい, 言ってね, 言であった, 言ほんたう, 言われた鰊, 言一と, 言位は, 言御, 言申し上げます, 言詫びを, 討ちと, 話を, 認める, 調子はりあげ, 議論持ちかけよう, 責めする氣, 走りお, 走りだった, 走り下り一方で, 走り平次, 走り柳橋, 走り行つて來, 走り駒形, 足さがると, 足そこに, 足づゝ階段の, 足先浜寺い行てる, 足後から, 足行きかけた, 足進み寄っ, 足違ひで出かける, 跨ぎだあの, 踊りあはれに, 身上にも, 身代つくる, 辛抱だ, 通の, 通りこう, 通りすみまし, 通りちょうど, 通りでなかつた, 通りならず面喰, 通りみま, 通り一座の, 通り了る, 通り出来上がっ, 通り卒讀する, 通り咲い, 通り嫁入り仕度に, 通り幼穉は, 通り急, 通り挨拶燒香が, 通り揃つてゐる, 通り料理の, 通り檢屍が, 通り歩く, 通り済みました, 通り漁り尽した, 通り片づい, 通り疑われ, 通り知つて居ります, 通り私の, 通り筋道が, 通り終る, 通り纒つては, 通り聴きとり, 通り菊之助の, 通り見るだけでも, 通り見廻しました, 通り見直した, 通り訊い, 通り話が, 通り説明する, 通り読んだ, 通り調べ了つてお, 通り野原の, 通御, 遊びと, 部屋に, 部屋次の間の, 重なるにつれて, 重ガラス戸, 鍬入れ, 長屋に, 間だけか, 間だけの, 間ほしい, 間主人の, 間唐紙の, 間有明の, 隅を, 際強く, 際見事な, 雨ごとに, 雫も, 電車ごとに, 頃人気の, 頃根岸党と, 頃騷がしか, 風呂入り度いと, 風変った, 馬車, 騒ぎ始まるだろうという, 騒動初ま, 騷ぎさせ, 騷動始まる, 骨折っては, 鼻先に

▼ 一~ (4759, 1.5%)

143 して 26 私は 20 それは 17 なって 16 言つた 15 それを, 彼は 14 私の 13 必要な, 目に 12 彼の, 眼に, 自分の 11 それが, 日本の, 私が 10 大切な 9 これを, するもの, 此の 8 人の, 彼が, 指を, 過ぎない 7 余の, 吾, 現在の, 目を, 自然の 6 あなたの, かかって, 一を, 僕は, 問題と, 考えられるの

5 [14件] その人, なる, 僕の, 君は, 存在の, 彼を, 感じたこと, 或る, 手を, 於て, 曰く, 気の, 相当する, 自己の

4 [33件] お君, この点, これは, し, す, すぎない, すること, なすべきこと, なった, なったばかり, なつた, なると, なるまで, 一つの, 人を, 人間の, 口を, 君の, 問題に, 彼らは, 彼女の, 彼等の, 彼等は, 心に, 感じたの, 注意しなけれ, 私を, 自分が, 自分は, 言葉の, 語つた, 過ぎず, 頭に

3 [62件] あなたに, あの人, ここに, このよう, この問題, これに, さう, すぎないの, するが, それらの, なったばかりの, なつて, なるお, なるの, なる男の子, わが国の, 不思議な, 不思議に, 世間の, 之を, 事実を, 二を, 二人の, 他人の, 何よりも, 余は, 作中の, 俳優の, 備えて, 前述の, 合する, 多くの, 年が, 当時の, 必要である, 感じること, 挙げなければ, 書いて, 歸し, 歸する, 気に, 減少した, 父の, 生きて, 生活の, 當る, 眼を, 社会の, 精神と, 考えたの, 考えて, 考えなければ, 脚本の, 腰を, 自分を, 見たいの, 訊きたいの, 話を, 読者の, 身体が, 非ず, 驚いたの

2 [254件] あって, あなたが, あの眇, いった, おれは, お父さんを, きいた, ここにか, ここを, この歌, この言葉, これらの, こんなこと, したから, すっかり移っ, すと, すべてを, するも, する仕事, せずんば, せんと, そこへ, そちの, そのお, そのこと, そのよう, その人物, その名, その地方, その戦争, その方, その泥岩, その男, その結果, それの, ただ神, だも, とつて, ならんと, なる女, なる女の子, なる娘, なる息子, なる武家, なる筈, なる美しい, ほかの, わが身の, われわれが, キヨマサニンジンと, ゴヤの, ゴーゴンを, 一切の, 一加え, 一匹ずつ, 一眼会は, 上って, 主人の, 主題の, 之が, 之れ, 了解し, 事実と, 二つの, 云はく彦湯産隅王の, 人気が, 今日の, 会って, 会は, 伯母御前が, 伯爵は, 位す, 何故に, 例の, 依つて英語, 係りの, 先帝の, 先生の, 公益を以て, 其鼻下の, 内因を, 出たの, 出づ, 出て, 出で, 十八世紀の, 博士の, 占領すべき, 取って, 古代の, 古書の, 叫びだす言葉, 可愛い盛, 同情され, 向つて, 否と, 唯だ, 問題である, 問題な, 困ったの, 図書館の, 国家の, 国民的な, 増加し, 声を, 多少の, 大向ふ, 大祖母, 天皇の, 女のから, 女は, 好色二に, 妙な, 娘を, 嫌疑を, 客観的な, 家の, 家老を, 少なくともその, 就いて, 尾行られる, 屋敷が, 屬する, 崩れ橋, 帰さなければ, 幽霊の, 幽霊は, 弱点を, 強る, 強調する, 彼と, 彼に, 彼らが, 彼女が, 従来の, 心がけ給, 心を, 心掛けねば, 必要なる, 念頭に, 思うまま, 思って, 恋を, 恩賞と, 感ずるの, 我等の, 戯曲の, 手が, 払わせるの, 技術の, 挙げたいの, 排撃される, 推さなければ, 推さねば, 推すこと, 教育の, 数う, 数えて, 数えられる, 数へて, 數へ, 文章は, 料理の, 新聞が, 日本は, 日本人たるの, 日本人の, 時代が, 時代の, 時間の, 書庫の, 最初に, 本人同士の, 材料の, 来ること, 林右衛門の, 棄てられたやう, 歓喜を, 此に, 死人が, 気がつくの, 気づくこと, 気を, 水の, 水を, 求めるもの, 池袋の, 注意すべき, 注意せね, 浅草と, 清潔法と, 減らして, 減らしては, 湯の, 湯を, 漢語が, 無言で, 煙草を, 現れたの, 現われて, 現代の, 理論を, 癪に, 皇帝の, 相談し, 看病二に, 着京以来, 禁門の, 私に, 私には, 私自身が, 科学と, 穀物の, 筆記の, 答えた, 答へん, 粒が, 精神による, 線の, 置いて, 置かれて, 考えられて, 考える, 考えること, 考へねば, 考へられるの, 考へる, 考察し, 聞いたの, 聴かせた, 胸の, 自分たちの, 興味を, 舞台の, 行くこと, 衛生問題であっ, 言ったの, 言つたのである, 話した, 誰が, 賛成した, 述べた, 送った, 過ぎないの, 過ぎなくなった, 違いなかった, 重要である, 金の, 非常に, 面会し, 頭の, 飛び込んで, 食物が, 馳け

1 [3362件 抜粋] ああ気の毒, あげて, あっしは, あなたを, あの作, あの男, あの里, あらわれて, ある品位, いかにも楽し, いた, いぶかしいの, いわく韓人ら始めて, おいて, おせい, おつ, おみよ, おれの, お化け鞄の, お母さんに対して, お糸, お話しなけれ, かう云つて, かけた言葉, かれには, きびしく説諭, くどくくどく自分, こういう役目, こう云う, こしたこと, この不幸, この信念, この女, この技巧, この松の木, この汎神論的前提, この生産力, この絶句的命題, この論文, この農村, この黄楊, こんどの, さきほどろくに調べ, さなく, した, した仕事, しゃくの, し得ない人間, すぎずして, すぎんです, するかと, する二つ, する様, せずして, そういう仕業, そこから, そのおかげ, その中, その儀, その善き, その大きな食い違い, その年三月中旬, その方たち, その沈黙, その生産品, その茨海, その道具袋, そろえて, たがいに, だロシア式, ち損, つぎの, でた問い, どんな小さい, なぜ泣い, なったばかりで, なにか, なります, なり一瞬時, なるかを, なるよう, なる唯今, なる弟, なる種田, なれは, はきかけると, ばれんと, ふくませながら, ぶつかるよう, まず北鳥越, また玄界灘, むしろ愚劣, もし對象, もとから, やりたいん, よそつた飯茶碗, わが海, われわれの, アメリカ魂イギリス魂独逸魂ロシア魂の, イデオロギー性を, インテリゲンツィアは, オイラーや, ゲルバという, サクラ子ちやんの, ジャグルナット行の, チェエホフを, ドアを, ハンスが, ピタゴラスの, ベーコンであった, ヤキバザサという, ロンドン条約は, 一本を, 一見し, 三函の, 三枝君でなく, 上るまでは, 上皇の, 下田の, 不完全だ, 不要な, 与へられた形式, 世界の, 両親が, 中野は, 主観からの, 乗り込んで, 事実お前が, 二人ほど, 云った場合, 五の, 人から, 人間そのものに, 今いう, 今度文部省教化局に, 仏法に, 以て, 伊弉冊尊火神を, 会ひたい, 伝えると, 伺い度い, 低賃金, 何かしら意外な, 何の, 何故大殿樣, 佛性は, 作家の, 例えば宗教団体, 促が, 信用戦で, 俳句は, 個人の, 値段が, 健康でなく, 僕たちは, 元気で, 先ず御前, 先づ新, 光線の, 全く個中, 公言する, 其の眼, 其運動塲に, 円心の, 凌英っていう, 出でて, 出雲名物の, 切り捨てなければ, 判断乃至, 別荘なんかは, 劇という, 加えること, 努むべ, 勇を, 勘を, 化し行基, 十分に, 博多に, 原理の, 反比例する, 収めたマーチン, 取り出すの, 受けたらうが, 口うるさいの, 句尾の, 史的唯物論の, 合点が, 同大学, 名探偵, 向つて由子, 含まれて, 呂布が, 呼びかけた, 哲学の, 問いかけました, 喜三郎さんの, 四つの, 困つたの, 国体の, 国民生活上和恭勤勉の, 土地は, 地理的状況によつた, 坪内君の, 報答せんと, 増大し, 変えた, 外交に, 外見上の, 大いに努力, 大勢で, 大檀那, 大蔵とも, 大量観察だ, 天意なりというしか, 夫が, 奥さんの, 女房の, 好めるよしい, 妻の, 嫌疑者を, 孔子を, 存在自身を, 学ぶべきだと, 守るべき義務, 宗教問題である, 宝石への, 客観的存在, 家族の, 寝るの, 対馬守殿これは, 将軍と, 小三郎は, 小曾根二に, 小言は, 少年の, 尿意を, 屋敷割渡し, 川魚は, 左義長門松や, 師匠菊之丞に, 帰す一いずれ, 干枯びた人間, 平等理想と, 幸した, 庭には, 弓月王と, 弦章斎景公に, 当たって, 当るでしょうか, 当る細胞, 彼には, 待ちぼうけを, 徒烏と, 得るもの, 御父上伊織樣, 徳川将軍の, 心得ねば, 必ず入用, 怒液, 思い起こされるの, 思はれん, 思惟の, 性の, 怪しく見える, 恩顧を, 意味しなけれ, 感じたるは, 感ずること, 感服した, 懸って, 我々は, 戦敗かならずしも, 手引きし, 手足の, 批判する, 抱いて, 拙藩有志, 持久戦争に, 挙げて, 挙国一致の, 据えられた, 探偵ものの, 推さるべきもの, 推す, 掲ぐべきは昔, 揃へる, 擇ばれる, 支那事件の, 改革を, 政見第, 教会側の, 数うる, 数えられるほど, 数通送られ, 斃れた, 文字が, 文芸作品を, 新聞乃至, 既成の, 日本国民としての, 早く喰べた, 明治十五年一月四日に, 映画脚本を, 是等の, 普遍者の, 暫定的だ, 曰く借金政策二に, 曰わが, 最近の, 有野の, 朝命を, 朝鮮問題に, 本人自身の, 李蠖とも, 来るの, 松島を, 枸杞第, 桑軒にも, 極めて人情, 権兵衛が, 機会の, 欠くこと, 歓ばせて, 此処で, 武士道二に, 歴史的方法に, 死んだ人, 殺して, 母が, 毎日の, 氏郷は, 気づかわれるの, 気付くの, 氣が, 永井先生の, 決して美人, 沓を, 法思想史が, 泰平郷の, 浮かんだ, 淺間山を, 減じ仕事, 減ること, 温室の, 源護の, 漢の, 為したこと, 然り, 父母から, 牡牛と, 物理学にとって, 犬切支丹と, 独身で, 玄蕃允の, 現われたの, 現場へ, 甘えすぎて, 生命の, 生理学的唯物論では, 田川夫人の, 申しますが, 男子の, 異様である, 疑われるの, 病状は, 登山靴第, 白銀の, 皇居の, 目学問二に, 目立つ, 相成りまする, 真理性の, 着手しかけた, 知らさなかつた, 知れなければ, 石川二に, 研究を, 示し且朝比奈左近宗利, 社会的収入を, 神の, 秀子が, 私などは, 科学者や, 種族が, 空を, 突き留めなけりゃあ, 立った老女, 等しいこと, 箕輪と, 範疇に対する, 米の, 精神能力, 純粋直観である, 組合員の, 結合する, 絵が, 綱を, 縁故の, 繋って, 置くが, 群獸の, 翻訳の, 考えたこと, 考えるところ, 考へら, 耳に, 聞慧という, 肥後五日町の, 能く, 脳の, 自作と, 自分達の, 自治といふ, 自然的の, 自由主義として, 與へ, 舟は, 芝居の, 芸術家は, 茅ヶ崎の, 著者の, 蓉子の, 處分すべき, 融く, 行われるべき研究, 被害場所程度人心動揺の, 製作その, 西洋の, 要求する, 見たの, 見られるよう, 見極めること, 親しみが, 観察だ, 解って, 触るるもの, 言ふべきである, 言語を, 訊きたいこと, 記紀の, 訪ねて, 試むべ, 詰めた箱, 誇って, 語つてゐた, 説かれしなり, 誰を, 論理あるいは, 諸人の, 警察へ, 豊子の, 貧民が, 貴ぶ, 費用の, 赤ん坊が, 起りさ, 足の, 跟けられる, 軍紀厳正といふ, 辰之助とも, 近く旗挙げ, 返して, 迷誤な, 途方に, 連り, 進入したるや, 遊女屋は, 過ぎず殊に, 過ぎなかったが, 過飽和の, 達しない, 遙か, 選ばれる, 都会と, 重さ, 重要な, 金鐘寺または, 鉛筆心が, 鎔岩であり, 長老の, 間違つた, 闘牛は, 除数の, 階級意識, 雄略天皇巻二に, 雪の, 震源なる, 非衞生的, 靴も, 顔を, 飛騨の, 食物は, 館長に, 馬鹿谷と, 騎り, 驚かされました, 高島が, 魅着の, 鳥屋では, 黒髪山とも

▼ 一~ (4704, 1.5%)

170 になっ 72 の水 71 になった 68 になつ, になる 44 だった 41 になつて 35 の酒 34 だ, になり, のん 32 であった, にし 28 です 25 だつた, やって 23 の茶 21 である 19 やつて 18 でした 16 に拡がっ, 持って 15 の人, また一杯, 入れて 14 になりました, のコーヒー 13 に溢れ, のビール 11 に充ち 10 の人だかり, 入って, 飲んで 9 では, なの, に, になります, にひろげ, のませ, やろう 8 だから, つまって, であつ, に水, に浴び, に花, の声, やつた, 加えて, 詰まって

7 [14件] たまって, ついて, になつた, にひろがっ, に拡, に開け, のところ, の涙, の紅茶, の葡萄酒, はいっ, をいため, 生えて, 飲まして

6 [18件] ずつ飲ん, でメリケン粉一杯, にする, につまっ, にひろがった, に受け, に拡がった, に白く, に詰まっ, に開い, に開いた, の, のバター, の血, の飯, ひっかけて, を溶かし, 引っかけて

5 [24件] ためて, だけで, で, というの, と塩胡椒, なので, にうけ, にひろ, に並ん, に反響, に張っ, に成つて, に拡がる, に日, に涙, に満, に漲る, の割, の珈琲, の砂糖, もう一杯, を傾け, 咲いて, 食った

4 [42件] いただいて, だが, だけ, だけだ, だったの, だつたの, ついで, であ, なん, にその, に人, に充ち満ちた, に入れ, に出, に吸っ, に大きく, に擴げ, に満ち, に漲, に漲らし, に生え, に空気, に育つた, に見える, に見開いた, に輝い, のもの, の冷水, の冷酒, の力, の大き, の大きな, の米, の般若湯, をよく, を加え, を黒く, 傾けて, 持つて, 注いで, 詰って, 這入って

3 [75件] あびて, か, が二杯, だったので, だと, でお, でございます, でしょう, ですから, ですが, でもの, でメリケン粉, で何, と云う, にあふれ, にした, になってる, になりまし, にはなっ, にみひらい, にやっ, に並べ, に並んだ, に作っ, に充たした, に叫ん, に射し込ん, に微笑, に息, に感じた, に手, に振舞った, に掩, に擴, に汲んだ, に漲らせ, に積んだ, に繁つて, に繁茂, に見開い, に詰まつ, に青, のお茶, のみましょう, のアイスクリーム, のココア, の人出, の仕事, の塩, の支度, の星, の時, の湯, の熱い, の牛乳, の甘酒, の白湯, の皺, の麦酒, また, もって, よ, を狐色, 上ったよ, 下さい, 呑んで, 始めて, 浴びて, 溜って, 溜めて, 輝いて, 頂きましょう, 飲むこと, 飲むと, 飲んだ

2 [271件] あげよう, あった, いこう, いた, いただくかな, かい, が実に, が私, くっついて, くらいで, ぐらいはよかろ, ずつ呑ん, ずつ食べ, ずつ飲ませ, ずつ飲んだ, そこで一杯, その元気, だけにし, だけよ, だった野原, だつた故, だね, だ一杯, ついた文字, であったと, でご, ですよ, でその, でねばっ, でコルンスタッチ一杯, で手足, で私達, で窮屈, で黒い, とい, という, といっ, となり, とを入れ, とを加え, とを混ぜ, と塩, と無理矢理, と玉子, と砂糖, と言う, と重ね, なこと, にあった, にある, にうたっ, にお, にからんだ, にきのこ, にきらめい, にこみあげ, にこめ, にこもっ, にさし込み, にしげっ, にしげり, にしろ, にた, にたまっ, にたまつて, についた, につけ, につめ, になつて來, になつて涙, になろう, になッ, にはびこっ, にぴちぴち, にヒシ, にホウ帯, に両側, に乱れ, に五色, に伸ばし, に伸び, に何, に充ちた, に充ち満ち, に充満, に其処, に刺繍, に匂やか, に原稿, に口, に叫んだ, に吸った, に呼吸, に塗り潰し, に塞がっ, に塞がつ, に塩胡椒, に大きい, に娘, に孕ん, に定められたる, に射し, に射しかけ, に射した, に差, に張り切, に御飯, に感じ, に成っ, に戯れ, に掲げられ, に散, に散ら, に散らかっ, に散りばめ, に斜め, に明るく, に晴れ, に月光, に注い, に流れ, に流れた, に浮い, に浮かべ, に浮ん, に涙ぐん, に湧い, に満たし, に満ち充ち, に満ち溢れ, に溜つて, に溜め, に溢れる, に滿, に漲っ, に現, に白い, に盛られ, に窓, に立, に立ちこめ, に籠め, に罪, に胸, に脹れ出し, に自分, に茂っ, に荷, に莨, に薄く, に西日, に見, に詰め込んだ, に赤く, に酒, に重く, に釣っ, に鉢伏山, に開く, に開けた, に陽, に雛壇, に青い, に響き, に頬張り, に髪, に鬱積, に鯨, に鳴り渡った, に鳴り渡り, ね, のお, のみ屋, のめ, のよう, のアブサン, のウイスキイ, のウオツカ, のブランデー, のミルク, の上等, の人々, の休暇, の元気, の努力, の古い, の器, の大, の客, の幸福, の広, の恨み, の日あたり, の日光, の春, の有様, の樣子, の渋茶, の煙, の熱, の物, の真珠, の眼, の石炭, の粥, の茶碗, の醤油, の雪, の霊酒, はいつた, はこたえた, はその, はどうしても, はよく, ひっかけようと, ほどの鴆毒, まあ一杯, まいい, まで, むろんカケ, も口, も飮, も飲めない, やらうといふ, やらかすこと, やりながら, やる金, やろうか, をあて, をぐツ, をさ, をすすり終った, を傾けた, を傾ける, を口, を干し, を漫, 仕かかりの, 出て, 加えると, 受けて, 叫びました, 召し上, 吸って, 咲き乱れて, 固くなる, 塗って, 当って, 拡がって, 散らかして, 書いて, 求めた, 混ぜて, 湛えて, 満ちて, 溶かして, 漲って, 蠢いて, 見開いて, 買って, 遊んで, 遣って, 附き合, 食べて, 食わされたよう, 食わされて, 食わせようと, 飲まないで, 飲み干した, 飲めるよう, 飲んでから

1 [2234件 抜粋] あけましたね, あげやう, あたつ, あふれ風, あること, ある美しい, い, いただいた, いつもの, いること, うまく嵌められた, おごられたわけぢ, おや僕, かかっただけにて, かそれ近く, かついで, から二杯, がない, が一合以上並々, が八十五銭, が生かされ得る, が飮, ください, くねくねと, くらいはよい, くれないの, くわされたよう, くわせやが, ぐっとやる, ぐらいしか喰わない, ぐらいできた, ぐらいの量, ぐらい女, ぐれいは, さいて, さすの, しいて, しか食はず, しまって, すくっては, すつて心, ずつちょうど, ずつのん, ずつの白葡萄酒, ずつ一週間, ずつ分け, ずつ拾い, ずつ注い, ずつ紅茶, ずつ飲ませた, ずつ飲んだら, そしてまた一杯, そして心臓, それから, それで沢山, たちこめた煙, たべましょうか, だからと, だけうま, だけたべた, だけで帰ろう, だけは, だけ取った, だけ戴い, だけ頂きました, だし, だったから, だったという, だった人, だという, だの, だわ, ついた建物, ついてるわ, つづいて, つまってる箱, つめられて, であったし, であり銀子自身, であろうとも, でおりました, でこれ, でございますけれど, ですし, です電燈, でそれに, でで, でふと, でもう, でも怒り, でも飲ん, でサッと, でバラビンスキー地方, で三時間, で五月蠅い, で信吉たち, で十一月頃, で只, で客, で尽き, で建物, で思い出, で是非たち, で永遠, で泣出, で立って, で腕, で身動き, で銀子, といいまし, というところ, という原始的, という期限, といふところ, といわれる, とさして, とであった, となる, との割合, とやる, とをバター, とを茶碗, とクリーム一杯, とドブ一杯, と仰せ, と味淋一杯, と思った, と浴びる, と申し, と目顔, と葉巻受一本, と重なっ, どうな, なし, などと言, なら五銭, なんて大, な人, な朗らか, な茶店, にあたかも, にありつく, にう, におびただしい, にかい, にかけてこの, にかぶさっ, にぐるぐる, にこもる, にしなやか, にせき上げ, にそれ, にため, につい, につかうだろう, につまつ, につめた, にて継子, にともった, になつかし, になつて甞めずり, にならなかった, になりません, になるだろう, にのこつ, にのせ, にはだかっ, にはならない, には八石, には散っ, にひらい, にひろがる, にふくれあがっ, にふりまかれた, にぶつかっ, にまざり, にもった, にも附, にわんわん, にスープ, にベーキングパウダー, に三角, に下げ, に丹精, に乱れ咲いた, に享, に伸し, に何とも, に使ふから, に信者, に充たし, に六つ, に冠, に凹面鏡, に列べた, に力ん, に匍, に博士コハク, に取っ, に叩き, に含まれ, に吸, に吸い込んだ, に呑み込ん, に咲い, に咲く, に啣ん, に圧しつけ, に埋まり, に塞がりました, に声, に太鼓, に実, に密集, に小さい, に帰る, に幾つ, に広げた, に廻っ, に引き開ける, に張つて來, に張り切っ, に彩られ, に必ず, に悦, に愛嬌笑, に成, に成りました, に手裏剣, に投げ, に投げ掛け, に抱え出した, に押し開けられ, に拡がります, に振っ, に振る, に掘り返し, に握られた, に撒き散らした, に散つ, に数字, に敷きつめる, に於, に明け放した, に映し, に昼帰, に暮し, に木陰, に染まる, に森々, に死者, に水藻, に汲ん, に泣いた, に流れ出た, に浴びました, に減らし, に湛えられ, に満ちあふれ, に溜る, に漂うた, に漂わせ, に澱ん, に灯, に照らす, に物, に現し, に生きる, に畳, に盛っ, に着込ん, に積まれ, に積重ねられ, に立ち, に立て, に筵, に糸, に緑, に纏わり付い, に美しく, に考え, に育てたい, に背負つた尾, に腐, に舌鼓, に色とりどり, に花盞, に草根木皮, に落葉松, に薔薇, に血, に複製, に見え, に見通す, に詩句, に詰まった, に詰め込まれた, に豪快, に赤い, に転がり出した, に込上げ, に道具, に酌, に針, に開ききる, に附いた, に集まった, に青白い, に響かせた, に頬張つ, に風, に飲ん, に首肯いた, に鳴り渡っ, ね今月, のうなぎ飯, のしめじ, のつもり, のまして, のみて後娘, のみ日本銀行支店長, のやう, のオレンヂエード, のガス, のシジミ, のソーダ水, のブドウ酒, のラム酒, の不二家, の争, の佃, の入道雲, の初音, の双幅, の噂, の大文字, の女学生, の季節, の小舎, の師匠, の微笑, の感じ, の扇, の日, の日當, の明るい白い, の杓, の歌, の氷菓子, の洗濯物, の清水, の潮, の狭い, の畠, の盃, の笑い, の糞, の素晴らしい, の翼, の花, の荷, の蟻, の西洋酢, の鉱石, の隈取り, の食事, の飲料, の黒ずくめ, はいい, はうんと, はこういう, はもつ, は一杯, は大事, は居た, は忘れない, は昨日, は汲ん, は私, は読む, は飲み渋った, ひっかけた好き, ひっかける高い, ぴかぴかする, ぶら下げて, ほしいの, ほどを一合, ほど吐き出しました, ほんに小春, までの注文, むろん千人風呂, もあの, もかたむけ, もっと一杯, もひっかけられない, もらおうか, も仲間, も啜り込ん, も振舞つてやつ, も頂きません, も飲まない, も飲み, も飲めなくなる, やけにガブリ, やったらすぐ, やってから, やつて御馳走, やらうよ, やらなく, やりすし, やりましたよ, やる積り, やれるか, やろうかと, やんな, や二杯, よく洗っ, よばれて, らしかった, ゐるつもり, をからにし, をだんだん, をまず, をゆっくり, を三度, を傾け尽しました, を味, を喫し, を山霊, を思ひ, を抱きしめ, を掻き廻し, を汲み上げる, を注文, を白, を薔薇, を観世音, を過ごさん, を酌んだ, を隈, を飲み, を驚かせ, 上げましょうか, 上って, 乗って, 何しろ二年, 借りた, 傾けたくなったの, 傾けるかナ, 入れたあと, 入れるという, 務めると, 召し上るベア, 含ませて, 呉れ, 呑むつもり, 啼いて, 喰った欺, 喰わされました, 奢られたのね, 安い酒, 居りましたが, 居るやう, 差上げたいと, 廻ったらもう, 張れるよう, 戻つて, 押し並んで, 振舞う積り, 握って, 新しい保母, 汚い獸, 注して, 浴びるやう, 溜め込んで, 煽るほどに, 生えたこんなにも, 生きた心地, 知れて, 積込んで, 立寄って, 続ける予定, 行って, 訴えたい切な, 買おうよ, 迄この, 遣ろうエ, 開いた, 附けて, 面白い, 食ったかな, 食べたら死んでも, 食わされたかと, 食わせたよう, 食わせるの, 飲み干し, 飲むかい, 飲むわ, 飲めるぞ, 飲干したまま

▼ 一~ (4611, 1.5%)

106 の間 104 に一度 76 のうち 45 ばかり前 44 ほど前 38 や二年 35 になる, の後 34 か二年, も二年 30 の秋 27 の中 20 の春 19 の余 18 の時 17 たって, に二度, の夏, ばかりの間, も前, 程前 16 である, でも二年, にたった, のあいだ 15 にし 14 の, 経って 12 のこと, の半分, の大, の月日 11 にもなる 10 であった, になります, の終り, ばかりで, を経 9 の一月, の内, の歳月 8 に二, の冬, ほどし, 経った, 置いて 7 か, かかって, に, に一回, に三度, の正月, の計, の頃, ばかり経つ

6 [16件] おくれて, か半年, たちました, です, にもならない, に至り, のとき, の期間, ばかりたった, ほどたっ, ほど経っ, まえの, もたて, も経った, や半年, 経ち二年

5 [29件] から二年, か一年半, が経過, が過ぎた, たつか, たてば, だ, で卒業, というもの, と経たない, なり, なり二年, になっ, に一ぺん, に三, に二三度, に約, に近い, のある, のもの, の五月, の教師, の新, の日数, の生活, は三百六十五日, ばかりのうち, ほどの間, もたつ

4 [40件] おいて, かそこら, ぐらい前, この方, だと, であつ, でした, と云, と高, ならずして, に一つ, に五, に歿, の事, の二月, の人口実測, の先生, の初め, の十二月, の収穫, の大半, の御, の長, は一年, は夢, ばかりし, ばかり以前, ばかり経っ, ほどまえ, ほど過ぎ, もか, もしたら, もた, もたたない, もたたぬ, も経たない, も経つ, も經, 経つか, 経てば

3 [71件] から翌年, が間, してから, すぎた, た, たたぬうち, たっても, では, でも半年, でも半歳, といふもの, とはたたない, と一日, と少し, と経たぬ, ないし一八二一年, になろう, にはそれ, に二回, に何回, に出, に出版, に初めて, に於, に死す, に生れ, に砂子屋書房, に至っ, に至る, に處, のはじめ, の七月, の三分の一, の九月, の十月, の四月, の報告, の境, の大晦日, の契約, の実測, の暮, の活計, の生, の生涯, の生産, の生計, の留守, の経験, の行事, の辛抱, の長い, は過ぎた, ばかりたつ, ばかり住ん, ほどのあいだ, ほど経った, ほど過ぎた, もたった, も半年, も経っ, や一年半, をこの, を経ずし, を經, を隔て, 激しい旱魃, 経たないうち, 経っても, 置きに, 遅れて

2 [274件] あまりになる, いて, おゆるし下さい, かかった, かかっても, かかる, かかるか, かせいぜい, から三年, から六年, から十二年, から四年, が二年, が如何, が経つ, が過ぎ去った, くらいの間, ぐらいは塞がらず, このかた, して, すぎて, たたないうち, たった, たったあと, たつたの, たつた今日, たつて, たらずの, だったと, ちかくも, で, であったと, であります, でありますが, ですから, ですが, で学校, で済む, という, というとき, というの, といふ順, といへ, とか二年, とたたぬ, とたつ, とは壽命, とは続かず, とも経たない, と三月, と五月, と半年, と同一, と工夫, と日, と高く, ないし一七八五年, ないし一七八四年, ないし一八〇一年, ないし一八一一年, なりとも, にいく, にいちど, にかかれ, にただ一度, につき一〇%, にどの, になった, になつ, にならう, にならん, になり, には, にはわずか, には一〇, には一二, には一四, には五, には六, にもなりません, にも一七九三年, にも二年, にも近く, に一ヵ月, に一万円, に一二度, に一人, に一度づゝ, に一度位, に一日, に一月, に一遍, に三十両, に三四度, に三四箇月, に三回, に二度行, に五百円, に何度, に何日, に何本, に入った, に出た, に刊行, に制定, に十二回, に千円, に及んだ, に四, に四回, に幾度, に彼, に得る, に成った, に成ります, に既に, に次, に死ん, に死んだ, に死亡, に浜松, に當, に百万, に第, に近く, に頭蓋鱗様部, に食う, のあいだ私, のしんぼう, のつもり, ののち, のむかし, のモスク, の一月一日, の三月, の上, の中ごろ, の人口, の作, の元旦, の八月, の出来事, の初夏, の前, の労働, の十一月, の十一月頃, の半分近く, の収入, の受持, の喪, の始め, の子供, の巡環, の年季, の後半期, の後平岡, の忌, の教室, の新嘗祭, の新年, の旅, の昔, の星霜, の春秋, の時同室, の時日, の晩秋, の最初, の月, の村, の産額, の私, の終, の組, の結婚数, の給料, の給金, の総, の總勘定, の罪, の興行, の草, の農事, の餘, の馴染, はおろか, はこの, はたった, はたらいたあと, はどんな, はやく會つて, は私, は誠に, ばかりする, ばかりそこ, ばかりその, ばかりたっ, ばかりたつた, ばかりの予定, ばかりの後, ばかりの月日, ばかりも前, ばかり一緒, ばかり大, ばかり後, ばかり私, ばかり立つ, ばかり立つた, ばかり経, ばかり経った, ばかり過ぎた, ほどたった, ほどの後, ほどは一生懸命, ほど以前, ほど経つ, までその, も, もこの, もし, もしない, もすれ, もゐる, も以前, も便り, も出し, も勉強, も十年, も土, も早く, も歩い, も立った, も立つ, も経て, も続い, も續, も過ぎ, や筑紫, を, を一傾, を二つ, を通じての労働階級, を過, を過ぎない, を過した, 働いたって, 勤めて, 増えて, 張り合いの, 待って, 措いて, 早く出した, 時には二年, 暮して, 生きて, 生る, 程その, 程たっ, 程以前, 程居りまし, 程経つ, 程過ぎた, 立つか, 第一期, 経たぬうち, 経ってから, 経つ間, 縮めても, 行かなくても, 近い月日, 遊んで, 過ぎた, 過ぎても

1 [2336件 抜粋] あまりいたが, あまり出逢うた, あまり経つ, あるいは数日数時間, いただけに, いる間, おくれたが, およそこれ, かかったって, かかれば, からずっと, からの著しい, から一九〇六年, から三二年, から三四年, から二二年, から五十三年前, から六年間, から四四年, から明和二年, から自由, かりの, か二年今, か二年後, か経過, がたつた, がんばり通せば, が二つ, が始まる, が来ます, が組合, が経った, が過ぎました, くらい, くらいはその, ぐらいから夏休み, ぐらいだ, ぐらいの地鶏, ぐらいは僕, ぐらいも其の, ぐらい多少, ぐらい私, ぐらい辛抱, このま, この方彼, しかたたない, しか持つまい, しないうち, すまして, ずつとしてもこれ, ずつ年, その価値, それだけ厄介, たちゃあ, たったとき念入り, たった今頃, たってから, たつた棗, たつ間, だか, だけでも豊田郷, だけ生き, だった, だという, ちかくたった, ちかく一室, ちかく続け, つづけて, であります大功, であるよう, でくさる, ですネ, でそれ, でもわたし, でも屹度口, でも眼, で一番日, で二割, で人, で十分, で変形, で成長, で更, で濟, で終, で足りなく, とあまりに, というグアイ, という長い, といふところ, とが消え, としたい, として閏月, とただ, となった, とはたっ, とは看做されない, とは言, ともたなかった, とより, と一学期辛抱, と三五年, と二月, と五ヶ月, と半, と四カ月, と安居, と延しました, と思ったら, と推移, と昭和八年, と没落, と算, と翌年, と苦勞, と規定, と遅れ, と随分, どふし, などというもの, なりすれ, なり身, にいくつ, において昭和四年, におけるスウェーデン人口, にかぞえる, にすでに, にただ一日, につき一, につき二〇〇磅, にできた, になくなりました, になりました, にはぐるり, にはスペイン, にはリヴォルノ, には一対三四・八, には七月, には上州桐生市, には代議士六一五名中, には勿驚, には帝国議会, には日本プロレタリア作家同盟, には江戸, には特に, には約, には飛び切り, にめでたく, にもなります, にも向っ, にわたって世間, にわたる年度, にアレキサンダア二世, にグリーベー, にチフス, にプラーク, にボストン市, にロンドン, に一どの物, に一五パアセント, に一回位, に一回最上, に一度ぐらゐしかない, に一度位六円, に一度神職, に一般, に七十万づつ殖, に七百二十万字, に三万五千人がた, に三回位, に三百ルーブル, に三百日以上, に両院, に九十一歳, に二八パーセント, に二台, に二度花, に二百個以上, に五人, に亘り, に仕遂げ, に余る, に充たない, に入ります, に六十万, に再び, に到り, に十三個, に十人, に千ドル, に及第, に唐, に四度位, に如かない, に孝高, に対して予想, に帰朝, に幾たび, に張合, に成る, に撰ばれた, に数える, に数度文芸講演会, に新, に春水, に書いた, に服する, に欧洲行, に死にました, に注目, に濠洲, に當つて, に白馬岳, に相, に福島県, に節句, に落着, に解散, に起り, に開かれた, に電気感応, のあ, のいのち, のうち八ヶ月, のうち数か月, のおしまい, のころ, のその, のときの, のびたとか, のコムユン, のドン, のピアノ, の一大回環, の一月二十一日, の三ヶ年間, の三月五目, の丙組, の主, の予科, の二〇箇年間, の二月ごろ湯河原, の人口増加, の今日愛知県, の任務, の価格騰貴, の修正報告, の働く, の八月中旬, の六月下旬, の出代り, の初版, の動き, の十一月号, の十回, の半, の取り高, の唐律, の四分の三, の国語読本, の変死, の夏頃, の大半かく, の妹, の学生, の家賃, の山門老人, の年月, の序, の彗星, の復, の懲罰, の担任, の文書, の日付, の時日露戦争, の最, の未来, の果敢, の概念的, の死亡率, の洪水, の準備, の特に, の現在人口, の生誕, の異郷, の真中, の礼奉公, の禁錮, の秋日本プロレタリア文化連盟, の立つ, の籠城, の結実, の脱漏, の苦しみ, の蘭軒歳首, の記事, の話題, の謀, の販売高, の資源, の辛苦, の違, の釣楽, の間内職, の間心, の階段, の雨, の食料, はかかつ, はすぎました, はたちました, はない, はよう試験, は一刻, は一生, は主として, は人間, は刻々, は却って, は大きな, は客分, は平均, は戦争, は早い, は暮れ, は満々, は玄関, は空け, は続きます, は藩地, は途中, は霊界, ばかし修行, ばかりありき, ばかりこれから, ばかりすぎた, ばかりで廃藩, ばかりと言う, ばかりに過ぎなかった, ばかりの日, ばかりの辛棒, ばかりの間遊学金, ばかりは夢, ばかりぶら, ばかりも住ん, ばかりも居たら帰る, ばかりも病気, ばかりをあの, ばかりを送つた, ばかり中学校, ばかり借り, ばかり出奔, ばかり学校, ばかり山, ばかり彼奴, ばかり教師, ばかり東京, ばかり毎日, ばかり石屋, ばかり結婚生活, ばかり続いた, ばかり誰, ばかり遅れ, ばかり釣られ, へでも入っ, へ改めて, ほどこの, ほどつづいた, ほどの時間, ほどは学問, ほども仲よく, ほども間, ほど一緒, ほど奉公, ほど浪人, ほど生き, ほど經つて父親, ほど藩, ほど諸国, ほど長い, まえまでは, または一ヵ月, までかかった, までの在学期間中, までは時々刻々, まで改正, まで開港場以外, まわって, もうかるわけ, もかかる, もここ, もたって, もつき合っ, もとまって, もの長い, もよく, もモスク, も交際, も住ん, も假病, も嫁, も居た, も帰らない, も待っ, も放りだし, も林町, も牢獄, も稼がさない, も経, も経ちます, も続け, も葉山さん, も費, も逗留, も過ぎたなら, も頭, やって, や二年ぢ, や二年面会, ゆるりと, よりもあなた, よりも長い, より加わる, より更に, らしい東京ジャズ, わずか三, をすごした, をふりかえっ, を三百六十五日, を二期, を出でざるべし, を半分, を土牢, を彼, を措い, を消費, を百, を経る, を自分, を辛苦, を通して樹木, を通じての健康法, を通じて二十日, を通じて数えたら, を通じて生徒, を通ずる, を過させました, を顧, 乃至二年, 休ませて, 作って, 働いて, 初めて四条, 即ち推古天皇, 又小田原, 及び八二年, 否もう, 寝ようと, 居て, 延ばした方, 建てられた当時, 待つて, 思いたつよ, 或いはまた, 持つ位, 新イスパニヤ, 早くか, 早く生まれた, 未だうらわかく, 溜めて, 生き伸びて, 短いの, 程たった, 程の間, 程学校, 程過ぎ, 立った, 第一号, 第五号, 約二千円, 経たぬ内, 経ち別府, 経ったという, 経った今日, 経つうち, 続いた, 置きか, 若し毆傷, 行ったぎりで仮名, 越し本意, 越し縁, 足ずの, 近い, 送った例, 遅れたこと位, 遅れようとも, 過つか, 面白いもの

▼ 一~ (3182, 1.0%)

149 を進め 97 進んで 79 も外 45 進めて 40 退いて 31 も出 29 も出ない 22 を進めた 21 も前 19 を進める 16 を譲っ 15 というところ 14 も外出, 出ると 13 もこの, 踏み出すと 12 の差, も進む, 進むと 11 誤れば, 踏み出して, 近づいて, 進んだ 10 たりとも, も二歩, も出なかった, も前進, も踏み出す, も進ん, を踏み出した 9 も出ず, を踏み出し, 出て, 退いた 8 か二歩, である, のところ, は一歩, も出る, も譲らない

7 [13件] あやまれば, すすんで, の前進, は高く, まえに, も仮借, も先, も歩けない, も譲らぬ, 先んじて, 入ると, 踏み出した, 退って

6 [15件] という所, も出た, も出られない, も動かず, も動く, も踏み出さない, も踏み出し, も退く, を譲る, 譲って, 踏み込むと, 踏み込んで, 進み出て, 進めば, 進んだもの

5 [32件] おくれて, さがって, すすめて, ずつ進ん, だ, と近づい, にし, はおろか, は低く, ふみ出して, も, もその, も入れない, も出ぬ, も出られぬ, も家, も後, も足, も踏み出した, も退かない, も部屋, をすすめ, を誤れ, を譲り, を踏みだした, を踏み出す, を進めたる, を隔てた, 出た, 深いところ, 遅れて, 離れて

4 [32件] すすめば, ずつ進む, では, でも出, でも踏み出す, と三歩, と云う, なりとも, の前, の金, もあと, もここ, もそこ, も他, も半, も敵, も讓ら, も退かず, も進まなかった, も進めない, をゆずる, を先んじ, を譲らね, を転じ, を進むれ, 下がって, 下って, 出れば, 近づいた, 迫って, 退った, 進めると

3 [52件] して, しなければ, しりぞいて, ずつその, たりと, だった, だも, てまえ, であった, であること, です, でも入っ, と自分, なの, に於, に木の葉, の列, の進歩, ふみ出せば, もあるく, もでる, もゆずらない, も中, も假借, も出なかつた, も出よう, も動こう, も引く, も東, も譲る, も譲ろう, も進歩, をあやまれ, をふみ出し, をふみ出した, を踏み出そう, を転ずれ, を進むる, を運ぶ, 登って, 踏み入れると, 踏み出さうと, 踏み出そうと, 踏込んで, 転ずれば, 近づきました, 近づくこと, 進みました, 進んだの, 進んでは, 重い足, 高い所

2 [154件] かれが, が, がふみ出され, が死, さがる, さがると, すすんだ, ずつ足, そして転一歩, その目標, たじろきぬ, だけ高い, だと, ついて, つきつめて, でもその, でも半, でも近, でも近づい, でも退く, でも進む, でも遠く, でも離す, でれば, と, という手前, とその, と前進, と堕落, と歩い, と江戸, と進む, と高, どいて, に, に力, に努力, に誠実さ, に身の, に過ぎない, のたしか, のもの, の千里, の地, の外出, の小, の手前, の時, の楽, の発展, の相違, の間隔, はいった, はそれ, はなれた, は前, は深く, ふみこむと, ふみだした時, また一歩, まちがえば, もお, もで, もひかず, もひかない, もひけ, もまげない, も二十歩, も人, も借, も出でず, も出でない, も動かない, も動けない, も去らず, も室外, も引かなかった, も放す, も歩く, も歩け, も現在状態, も脱し, も自分, も解決, も譲らず, も譲らなかった, も退かなかった, も退きません, も通せぬ, も進まん, も門, ゆずって, をすすめる, をその, を先んずる, を前進, を印した, を理解, を示した, を誤, を踏み入れた, を踏み出さなけれ, を踏み込ん, を転ずる, を退い, を退いた, を退かざるべからず, を退け, を逃れ, を進ましめ, を進み, を進む, を進めなけれ, を進めよう, を進められぬ, を進ん, 出なければ, 動いて, 深く立ち入っ, 突きつめれば, 突き進んで, 立ち入って, 立入って, 誤ると, 足りない, 踏みこむと, 踏みこんで, 踏みしめて, 踏み入れて, 踏み出さなければ, 踏み出し, 踏み出したところ, 踏み出しながら, 踏み出しました, 踏み出せば, 踏込みました, 踏込みます, 近づくと, 退がった, 退きながら, 退きました, 退く, 退くこと, 退ぞか, 退る, 退ると, 進みそして, 進み出して, 進むごと, 進めれば, 進んだ智識, 進んだ考, 運んだ, 高いところ

1 [1398件 抜粋] ああまことに, あとじさりしました, あやまると, あゆみ出た日頃, あるくたびごと, あるけば, いそいそとある, おとなびて, お墓, かく隔り, から分れ目, から登りはじめる, か二歩先, がしっかり, がたかく, がふみだされなけれ, が何とも, が勝敗, が大, が清次, が生死, が苦痛, が踏み込めない, が道得, くだれば, こそ初めて, この図書館通い, この席, この病院, こわごわ芝生, さがった彼, さらにずいと歩みよっ, しきい, したさらに, しりぞく, すさったまま, すすみ出た, すすんだもの, するの, ずつうごい, ずつなり, ずつよりあっ, ずつ一歩, ずつ先, ずつ動き, ずつ左, ずつ歩かなけれ, ずつ歩み, ずつ老, ずつ近づい, ずつ進んだ, ずつ闇, ずつ黒ずんだ, そしてそれ, その一歩, その境, その市中, その征服, その理論, その言語, それに向, たりとも内, だけ, だけヴェランダ, だけ入った, だけ深く, だけ進歩, だって先, だって敵, だつた, だの丁百, つき入って, つつこんで, てま, であり感銘, でぎっしり, でした, でて, でまた, でもこれから, でもはいらう, でもみだりに, でもよく, でも不用意, でも今, でも出る, でも前進, でも向上, でも安井, でも寺内, でも悟空, でも控え, でも正しい, でも江戸, でも自分, でも距, でも踏み出した, でも退くべきでなく, でも過去, でも閾, で九州, で入ろう, で外, で常識, で感じとつ, で暗い, で楼門, というの, という点, といふべきであり, とさがっ, とさすらいつづけ, として大きな, となり, とは, とびのき片手, とまして, とより, とコンクリート, と云はず数歩, と先, と兵馬, と危ない, と地味, と導い, と川, と押しすすめた, と暗黒, と正しい, と水, と深く, と爪先, と相互, と米友, と薄れ, と謙抑, と足場, と近づきました, と進ん, と醉つた氣持, と降り, と階段, と首尾, と高調, どころか数歩, なりと, なん, にすすむ, にちぢめ, には争気, には狭く, にもう, に一たび, に一間, に働く, に十余間, に地面, に大きな, に対して銭, に彼, に憎しみ, に涙五歩, に用意, に自分, に詰められた, に辿っ, に高まり, のあいだ, のぼって, の下, の事, の内, の利子, の動かし, の合理性, の外己, の影響力, の心がま, の機, の畏れ, の立ち遅れ, の美, の脱落, の趨勢, の足どり, の踏み出し, の銀, の間, はいりこむと, はいれ, はこの, はわれわれ, は乗越, は優に, は右, は弱く, は後, は此処, は踏みこませ, は関ヶ原, ふみこむこと, ふみだしたの, ふみだそうと, ふみ出した, ふみ出したが, ふみ出した場合, ふみ出す時, ふみ込んで, への可能, ほど下っ, まちがったら被害民, もあゆみ, もあるけなくなりました, もいたわり, もお通し, もご, もすすみません, もすすん, もたして, もでず, もとどまっ, ものりこえない, もはやく, もふみ出さない, もふみ込ませない, もまげなかった, もゆずれない, もヤソ教, も上げじ, も人情, も入った, も入られなかつた, も入れなかったであろう, も入れまい, も其処, も出し, も出でぬ, も出られなくなっ, も動かぬ, も動き候事, も動けず, も動けぬ, も味方, も城, も寄せつけまい, も寺, も店, も引き, も弛ませまい, も待つなく, も成長, も抜きでない, も曲げない, も本題, も枉ぐること, も歩かれなくなった, も歩けぬ, も歩行, も決意, も社交, も移し, も経験, も耐えられない, も自由, も許すべき, も誤らず, も譲らん, も譲ッ, も越える, も踏ませる, も踏み入るるあたわざりし, も踏み出させぬ, も踏み出そう, も踏むまい, も踏出し, も踏込まさぬ, も近づかず, も近づき得ず, も追いこす, も退かせない, も退くまじき, も退けません, も逃げだす, も這入らせない, も進まずなりぬ, も進まない, も進まなくなりました, も進みません, も進み得なくなった, も進めなくなっ, も進めぬ, も進んだ, も進捗, も遅れない, も重, も離れず, も離れ去る, も領土, やっと出す, ゆずること, より大きい, より胸, よろめいて, をあやまて, をあやまるなら, をかえしましょう, をさかのぼり, をしるした, をすゝめ, をだに忘れ, をふみだした, をふみ出せしに過ぎない, をまずは, をも枉ぐる, をも踏み入れざり, をゆづりて, を与えられた, を京洛, を体じゅう, を借し, を先んじられ, を公平, を出れ, を動かす, を取りもどし, を地, を堂, を山崎, を引く, を後れた, を抜い, を控える, を敢然と, を未知, を河, を焦立たず, を留め, を移し得で, を突進, を約束, を行き, を見出そう, を誤ら, を誤る, を譲るまい, を讓つて, を超え, を跨ぎ去ろう, を踏みだし, を踏み入れかける, を踏み出さう, を踏み出さね, を踏み外せ, を踏ん, を踏出す, を転じ来たれ, を転ぜしめたる, を輸するだろう, を退く, を進ませました, を進めるなら, を進めろ, を過った, を部屋, を降り, ヲ誤, 上って, 下りかければ, 例えばまあ, 先んじなければ, 先んじられた事, 先んじること, 先んずれば, 入ってるの, 出たため, 出た心持, 出た途端, 出る, 別れて, 動きはじめると, 動くと, 呉れて, 大きく踏み出した, 奥まったゴーリキイ, 引いて, 引き下がった, 強がって, 後れた完全, 思ひ切つた跳進, 抜け出したところ, 抜け出た作家, 押し進めようと, 掘り下げて, 放二, 新しい詩体, 早く宿, 更にテレ, 歩み出そうと, 泳ぐよう, 深くつき込んだ, 深く人, 深く切り下げ, 深く考える, 深く陥り, 深めて, 渡って, 濃くなる, 生きる力, 登る時, 突っ込みました, 立ち寄って, 立去り得べきや, 脱して, 血腥い部屋, 誤つたが, 誤まれ, 譲っても, 譲るよう, 越えて, 踏みこむや, 踏みこんだ, 踏みだしたと, 踏みだすの, 踏みはずすと, 踏み入った香具師, 踏み入る事, 踏み入れたよう, 踏み入れるなり, 踏み出さねば, 踏み出しかけたが, 踏み出したとき, 踏み出したら北風, 踏み出した時, 踏み出し同時に, 踏み出すごと, 踏み出そうとして, 踏み外せば, 踏み誤れば, 踏み込, 踏み込みました, 踏み込もうと, 踏み込んだ孫三郎, 踏み込んだ批評, 踏み降りる靴, 踏んで, 踏込むと, 転じれば, 近いところ, 近づいたわけ, 近づいた譯, 近づくほどに, 近寄りぬ, 迫るが, 退いたら天, 退かなければ, 退きしが, 退き方, 退くと, 退くは, 退く毎, 退ってよけ, 通り越すまでの, 進ませるやう, 進みて, 進み二歩, 進み出たが, 進み出で, 進み寄った, 進み寄りわざとらしく, 進み後ろ, 進むすると, 進むよう, 進めたく思います, 進めたもの, 進めました, 進められて, 進めんと, 進んだが, 進んだそして, 進んだわけ, 進んだ人格, 進んだ型, 進んだ形, 進んだ指導精神, 進んだ新し, 進んだ本当, 進んだ民主主義, 進んだ研究, 進んだ芸術的心境, 進んだ辛い, 遅かつ, 遅れれば, 運んだ勘次, 遠く西日, 遠ざかるの, 遠退いた, 鋭い観察, 間違って, 降りるとき自分, 飛込む平次

▼ 一~ (3016, 1.0%)

26 思つた 21 それを 16 自分の 10 思った 8 思はずに 7 多鶴子の 6 たるの, 女の, 心に, 黙って 5 あわてて, 土門の, 宮廷の, 木村重吉の, 由子の, 自分が, 苦笑を, 赧く

4 [17件] さすがに, はっとした, むっとした, 之を, 以て, 何の, 例の, 周章てて, 咄嗟に, 彼が, 彼の, 此の, 澄江の, 父の, 眼を, 答えた, 言つた

3 [36件] いちばん後の, それで, それに, それも, だしぬけに, つまらなく見, なぜか, またし, もうそんな, 二人に, 人の, 他に, 何か, 側に, 友子と, 婢女どもの, 安二郎の, 己れ, 幼心にも, 彼等の, 思ふの, 手を, 木村重吉に, 此娘の, 由子に, 目を, 眩暈が, 簡単に, 胸を, 自分には, 自然に, 蘭軒の, 身を, 過去の, 雪に, 電気鳩を

2 [164件] あやか夫人, いったん肉体, いつまでも, おどろいて, お駒, かう思つて枕許, かう思ふごと, かざしに, こそこそと, これまで, これを, ごろりと横, すっかり狼狽, そのとき, その光, その夜, その家, そんなこと, なんとかし, ぱっと赧, みるみる赧, やさしく詞, やつと, よろめいて, わざとふざけた, われにも, テーブルの, テーブルを, ミドリに, 一つの, 一人で, 一般に, 一里以上も, 万物各, 三, 三本の, 久々に, 之に, 之れ, 亀の, 二に, 二月も, 二階で, 人が, 人に, 人を, 人間の, 今夜の, 今日の, 今更自分, 他と, 他を, 伊豆の, 体を, 信条を, 借金を, 先に, 先輩は, 其の理想, 其の薄志弱行, 切れ離れよき, 千百の, 南座の, 友子の, 右の, 否なれ, 吾, 呆れかへ, 呆気に, 呉茱萸一は, 呟いた, 品川の, 困った, 土地の, 外務省構内に, 天上の, 天下の, 妓の, 妙に, 妻に, 嬉しかった, 実を, 小金持, 少紳士, 平然として, 彼に, 従来の, 心の, 必死に, 怖い顔, 思って, 思はざるを, 急いで, 性格の, 憲法が, 手に, 政局の, 文弱也, 文采を以て, 早生れだ, 明りを, 明治三十五年中に, 昨夜から, 時代の, 最も立法, 未来の, 東京の, 次の, 此話の, 武骨を以て, 母の, 毎朝新聞が, 毛糸の, 気が, 法は, 法王の, 温情に, 漸く興ろう, 漸く退潮, 然ら, 父親に, 狐の, 由子を, 矢鱈に, 神に, 神の, 私の, 立たされ人力車, 答えなかつた, 精細的美を, 紀代子と, 約束の, 紋付に, 縫目を, 習慣より, 腹を, 自分ながら, 自己の, 苛立たずに, 苦を, 茎の, 著述に, 著述の, 蘭軒が, 街を, 親族なる, 言つたのだ, 貴夫人, 赤井の, 起き上つてランプ, 返事を, 返答に, 退屈しき, 金策の, 鍔の, 閣下が, 閣下等の, 閣下等を, 閣臣任免の, 頭を, 顔を, 食茱萸である, 驚いて, 高く一

1 [2360件 抜粋] あいて, あっと駭, あの叡智的世界, あらためて澄江, ある秋, あわてるほど, いかなる極悪, いきなり突っ, いささかクス, いつもあわてない, いますっかり, いらないいらないと, うかうか怠ける, うら山, おじ気がつい, おふくろが, おろかほとんど, お国, かうして, からかわれて, ききたくなかつた, けわしい視線, こうです, このふざけた, この唯物論, この新聞, この相手, この關税收, こぶしを, これ鬼魅に, さきに, ざまあ, しまったと, じろりと部屋, すぐに, すすめられるまま, すっかり焦れ, すでに自ら, すでに静か, すれ違いざま, そういう矛盾, そこから, そっと庭, そのたび, その上, その人物, その倹約政策消極的, その名, その妄執, その後妓の, その方, その有様, その決心, その眼眸, その裂片, それが, それとして, それまでの, それ自身が, そんなに腹, そんな無気力, そんな赤井, たしかに泣きたくなる, たすけだす工夫, ただ慇懃, たちまち, だいたん, ちょっと触っ, どうした, どこで, なおしばらく, なだめて, なまへんじを, なんと言う, にっこりと, はじめていくら, はじめて決然, はっと気がついた, ひきかえして, ひとりで, ひやりとし, びつくりし, ふっと泪, ふとその, ふと多鶴子, ふと立, ぶたいに, ほっとし, ほとんど固定資本, まず殺された, また急, また赤松家, まだ妻, まるで一人, まる一年半, むしろ黙, もう三十, もう多鶴子, もう腐敗, もって, もはや多鶴子以外, もはや追求, やって来た, やはりその, ようやくそこ, ろくろく聴い, わが腹, わざと出口, わりに平静, アノ背中に, アーディマリ家に, エキオス生める, オーバーを, キャラメルを, コーヒー茶碗を, シンと, ズボラを, トランクの, ナゲヤリ, ハッと, ピラミッド式である, ベッドに, マイナスに, ミドリを, ヨーロツパ文化の, 一だけしか, 一人息子じゃ, 一層焦った, 一文二文の, 一種独特な, 七つ早生れの, 万千代さま, 三十だつた, 三民主義の, 三高である, 上衣の, 不平を, 不憫の, 不知不, 世の, 中国人少年に, 中平が, 主として其理論的方面, 主権在民の, 久し振りに, 九州の, 二という, 二十六夜, 云うまでも, 五代目菊五郎から, 亡妻を, 京都の, 人心の, 人生を, 人類の, 今の, 今日植物学者流の, 他が, 他方に, 仮時的, 伝書鳩アシガラとともに, 低く道, 何だって, 何にでも, 何度か, 余りに恋愛, 侠勇を, 信用する, 俯向い, 個人的自由に, 僅かに, 元より, 先ず名前, 先祖の, 児童の, 入場料が, 全く無心, 全然正, 八つ学校から, 六藝略といふ, 其の部分的, 其性質により, 内府に, 再びザラ紙, 写実から, 冷然として, 凡そ孤独, 分析的操作第, 初代池田瑞仙が, 到頭熱, 前にも, 剰余エネルギー論と, 力およばず, 加代子さんに, 動かすこと, 動物的な, 勿論職業的習癖, 北嶽の, 十一番目の, 千日前へ, 半醒半, 単に感覚的, 即ち, 即刻此処を, 原文に, 又動詞, 友人の, 叔父を, 古事古語鄙諺等の, 古川澄江を, 台湾を以て, 吉田神社の, 名判官主義, 名陶工, 吹雪の, 呆然として, 周章てた, 和服を, 唇まで, 啓蒙という, 嘘を, 四寸ばかりの, 国主これを, 國民が, 土門や, 地平線下に, 坐って, 塀に, 声涙共に, 外へも, 多鶴子から, 夢の, 大トラ, 大学教授という, 大江山の, 天地万有を以て, 天真の, 夫妻の, 奇数だ, 好いて, 妹を, 姉への, 婆さんの, 子どもだ, 子息, 孤独の, 学者の, 安心し, 完膚なき, 実用品, 客観的な, 家の, 密室で, 實在者が, 小さいガラス, 小林古径氏の, 小間使を, 少年時代に, 尾瀬沼を, 居残って, 屡々由子, 岐阜在, 川で, 巡游神伶団, 左舷に, 市営乗合自動車一は, 帰る澄江, 常に己, 平家物語の, 平野万兵衛といふ, 幽邃な, 庭であり, 当り前だ, 当然何, 彼らの, 彼處に, 後を, 御仏, 心境の, 忠言あら, 思いもし, 思つたのだつた, 思ひだした, 思わず入口, 思わず涙, 思索的冥想的である, 性の, 恋文を, 恩師鰐口様の, 患者の, 想い出して, 愛を, 感動の, 感情を以て, 態度を, 慷慨に, 成善に, 我から, 我国は, 所が, 批判の, 拗音促音を, 指の, 授業中も, 握りしめた牛乳, 支那第, 放伐と, 教規である, 数年間検事を, 文化機構の, 文政己卯戊子天保丁酉弘化丙午と, 断り切れなかったの, 新劇草創の, 新聞を, 日暮方の, 旧作, 早稲田大学の, 明治三十七年の, 昼の, 時期の, 晝間の, 暑いという, 曲折的一は, 最も経済, 最初から, 有益なる, 朝飯である, 木曾川の, 本名即ち, 机という, 村落に, 東に, 東京赤坂の, 東進し, 枝や, 根本の, 森の, 極端なる, 横に, 止まって, 此國が, 歩きつかれて, 死であり, 殊に價貴, 毎朝まっさきに, 比較的単純, 民族学の, 水蛇江戸近, 江南の, 汽車で, 法王これを, 泣きたいぐらいの, 洋服を, 活気づくこと, 海へ, 涅槃の, 涙を, 清信が, 温雅に, 満州国であり, 漢の, 澄江が, 激動一は, 灰と, 無形なり, 無第二, 然し素直, 照らされた面色, 爆雷に, 片手に, 牝馬春を, 物概念による, 犯人が, 狸寝入りし, 王仁四は, 現在生産され, 理論的見解に関する, 生く, 生徒を, 生活の, 生祠記, 用水地である, 由子と, 男子に, 異を, 疲れて, 白刄で, 皇室が, 盤底に, 目的違いの, 直に南, 直立する, 相変らず, 真事に, 真佐子へも, 真赧, 眼病で, 知性的な, 矮形の, 研究方法, 碁石を, 社會の, 神, 神経を, 禪讓と, 科学と, 科学自身の, 積極的の, 空間が, 突然女, 窓次に, 竜の, 第一, 第十四議會, 答えられなかった, 精神の, 紋梅ば, 純粋に, 細君に, 經典で, 続いて, 練塀小路の, 罪障消滅の, 翌年の, 考へる人, 肉体の, 胃腸の, 能の, 腹立ちまぎれに, 自分で, 自家の, 自然弁証法に関する, 自由党の, 興奮の, 舟を, 色彩的な, 若いだけに, 英国自身に関する, 茶器である, 菩薩とも, 蓮花を, 虚勢を, 行政上の, 装飾の, 西の, 西暦千六百九十二年六月七日西インド諸島の, 見るべからざるもの, 親が, 解くべし, 言ふ, 記事に, 詩その, 語学に, 諦めて, 谷窪の, 財布の, 貸家を, 赤酒の, 越後新報へ, 踊りたいの, 身体中に, 軽率にも, 近くの, 迷児次は, 逃げ出したくなった, 通信すべき, 道理を以て, 遠くからでも, 遠慮なく立上, 都城を, 酔漢の, 重い鉛, 野蛮の, 金銭に, 鈴木圭輔一は, 錫杖に, 長助が, 閃くやう, 間道倉富峠から, 關西方面へ, 陸の, 隅々まで, 隣人を, 雷門に, 青春の, 青銅の, 非で, 面くらった様子, 音楽家の, 領下の, 顔も, 顫え, 食う事, 養源寺の, 首府クリスチャニア市, 駈寄って, 魂の, 鳩に, 黒住団七を, 黨と

▼ 一~ (2928, 0.9%)

121 の人間 22 の, の人, の人影 19 の女性 17 の人物 16 の男 15 の芸術家 14 の存在, の生命 13 の説話 12 の意見, の神話 11 の仮定説, の男子, の立場, の紳士, の考 10 のこと, の事実, の科学 9 の人格, の大, の小, の怪物, の物体, の生物, の石, の英雄 8 の小さい, の林檎, の疑問, の考え 7 のもの, の力, の労働者, の商品, の意志, の新しい

6 [12件] のため, の人体, の問題, の大きな, の婦人, の機械, の死体, の独立, の神, の老, の青年, 出て

5 [11件] の例, の僧, の天才, の小さな, の影, の物, の神格, の神格化, の肉体, の鍵, もない

4 [28件] のイデオロギー, の事情, の人民, の作, の劇作家, の女, の小包, の巨大, の市民, の弾丸, の形式, の性格, の想像説, の新, の旅人, の星, の生成力, の社会, の私, の私見, の興味, の芸術品, の英雄説話, の身, の首, の魂, 持って, 買って

3 [55件] あるのみ, である, では, のトランク, の丈夫, の人文科学, の仕事, の仮面, の作家, の個性, の全, の兵士, の利益, の創作家, の動物, の史的源泉, の器, の城, の場合, の壮漢, の壺, の奇妙, の学究, の学説, の少女, の少年, の山体, の希望, の手, の文化人, の文字, の東, の柿, の武士, の死, の独自, の理想, の石塊, の社会現象, の神話学, の箱, の見地, の見解, の規定, の解釈, の説明神話, の豪傑, の財布, の貧しい, の趣味, の野人, の風船, の首領, の黒い, は

2 [187件] あり, ある昇降口, お大抵, くれたん, と, と下女, に過ぎない, に関すること, のうち, のすき, のカムバス, のドグマ, のベンチ, のボタン, のリンゴ, の上, の不安定, の世界, の主義, の事, の人かげ, の人形, の人才, の人格者, の代表者, の例外, の俗物, の信長, の偉大, の偏狭, の偶像, の僧侶, の優れた, の元禄武士, の公問題, の具体的, の冀望, の判断, の別世界, の別天地, の劇壇, の動機, の勢力, の包み, の単なる, の原因, の又, の名, の品物, の唯物論者, の嗜好, の地歩, の士人, の好色漢, の妻, の宗教, の定見, の宝石, の家庭, の専門家, の小石, の屍体, の山, の川, の巨獣, の巨船, の常識, の幸福, の建物, の形躰, の心, の怪しい, の息子, の惑星, の感じ, の感傷, の感情, の才能, の抽象体, の指環, の政府, の文明人, の文章, の新奇, の方, の方便, の旅, の日本人, の書生, の最も, の有力, の未来, の机, の村上義清, の条件, の桃, の棺桶, の椅子, の楽しみ, の機械職工, の死骸, の比較神話学, の民族, の水晶, の氷塊, の法則, の源泉, の無心, の焼, の焼物, の狂人, の独断, の現実, の球, の理窟, の生存, の生活, の異, の目玉, の社会主義的国家, の社会人, の神話学説, の私事, の秘密, の空想, の経験, の網雪洞, の罪悪, の美少年, の美術品, の群像, の職人, の腕, の腕時計, の臆断, の自然児, の自由, の船燈, の花, の芸術, の若い, の若者, の英國人, の茶碗, の菓物, の葡萄酒, の袋, の裸形, の西瓜, の見識, の言葉, の言語, の詩, の詩人, の論文, の貞盛, の貨物, の過程, の邪魔物, の都合, の量, の鉄環, の銃弾, の鋭い, の鏡, の陶器, の非, の非行, の頭, の餅, の驚くべき, の鬼才, の黒影, はそれ, は消え, または数個, もあるまい, も一度, も残らず, も見えない, をお, を取っ, 入って, 愛す可, 落ちて, 買った, 顕れ出

1 [1600件 抜粋] あずけて, あって, あり小棚, あるきり, ある引き上げ蒸氣機械, お取りなさい, から二個, がこの, がめざされ挑まれ, が不足, が五十円以上百円, が入れ, が吾, が彼, が手引き, が活動, が白脛, が遺留, こそ, ころがすの, しかない, じゃ重い, ずつしか配給, ずつの卵子, ずつ入っ, ずつ掛っ, ずつ根茎, ずつ見, ずつ香炉, その菌蓋, ただそれ一つ, だけあけ, だけで, だけになっ, だけの豊満, であったらば, であること, でしか, でひけらかし, でもその, でもとても, でも流失, でも隣人, で切り, で大体, で幾ら, で背負つて, で負う, で鼻, という姿, とが出, としての生活, としてはこの, としては其存廃, としては此, としては西洋, としてより, として基督, となつ, とりあげては, と共に久美子, と椅子二個, と私, と蛋白石, と風邪, なの, なる生命的存在, にさえ換算, にだけ向けられた, につき二法, につめ込み, にとかし, にとどまらず, によって満, に係った, に対しての攻撃, に對, に書い, に水, に關, のありき, のいのち, のかたい, のごろた石, のぞう, のとぼしい, のほそ長い, のみ, のみを発育, のやりくり, のアアチスト, のオットウ, のキャッキャ, のケオス, のサラリーマン, のスバラシイ創作家, のタイプ, のチンドン屋, のドン・キホーテ, のバラック, のパン屋, のピストル, のファナティスム, のプライドゆえ, のヘルメット形, のポチ, のマルクシスト, のムシメガネ, のモータル, のルンペン坪井宏, のワンサ・ガール, の万力, の不可分, の不祥たる, の世界的文學, の世界觀, の中心點, の丸木舟, の乾闥婆城, の事實, の事象, の人命, の人文的英雄, の人生, の人間性, の仏像, の仙人掌, の代表的, の伝記劇, の位地, の住宅, の佛像, の佳人, の便宜, の信念, の俳人, の値段, の偏つた主観, の傑, の傲骨男児, の僕, の元兇, の光, の公人, の共鳴箱, の具體的, の内部, の写実家, の凡夫, の凡身, の凸点, の切石, の利害, の劇評家, の努力, の勇者成功説話, の動議, の半, の卓, の単位, の博物館, の卵, の厄介物, の原始民族存在説, の参考, の友, の双肩, の叛心, の古典的作品, の司祭, の同性, の名言, の呼吸器, の品, の商人, の器用, の因果的連絡, の国民, の国際人, の土瓶, の地理的概念, の基督者, の墓, の士分, の外, の大だこ, の大人, の大学, の大男, の天地, の天然標象論, の夫たる, の失敗, の契約, の女像, の好, の好人物, の妙案, の嫖, の存在内容, の学生, の學者中野忠雄, の安全, の完全, の実例, の実行力, の家屋, の封筒, の小さき, の小天地, の小林, の屋號, の山家侍, の島, の工藝, の市人, の平侍, の平常, の幸不幸, の広い, の庵室, の弁護士, の弱, の弾丸黒子, の形式論たる, の彼, の得難き, の心智, の忘, の快楽, の思ひつめた, の思想家, の怪奇, の悟り, の悪鬼, の情意, の惨死体, の想念, の意思, の意識統一, の感想, の慾心, の懊悩, の或いは, の戯曲家, の手弱女, の手脚, の打製石斧, の抽象物, の指輪, の掛軸, の措所, の握飯, の政治, の敗北者, の文人墨客, の文化的教養, の文壇四方山話, の文学青年, の文才, の文覚, の新人間, の新聞紙包み, の旅役者, の日本, の日本的意義, の春日人形, の暴民団体, の最上府, の有機的, の木偶, の木組, の果実, の核, の梅干, の楔子, の榴弾, の権威, の機械製作者, の橢圓形, の歐人, の正確, の武者姿, の武門, の死人, の母親, の民主國民, の民衆的学術団体, の水準, の求婚説話, の法典, の法月弦, の洞察, の活動紙幣, の浮沈, の海軍大佐, の湖水, の滿足, の漢字, の火の玉, の点, の無人島, の焦点, の煙草入, の燒物, の父親, の牧師, の物資, の狂言, の独化神天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊, の独立行動, の獨立, の現, の瓦, の生々しき, の生き方, の生態, の生活自立, の男児, の画, の畚, の病, の痴児, の白面, の百姓, の盛装, の直径一間, の真実, の知識人, の石標, の砂丘, の碗, の示唆, の社会学, の社会的存在, の神人, の神婚説話, の神話伝播説, の私人, の私有物, の私線路, の稀有, の空想人物, の空骸, の立志伝中, の童話, の管, の精神修養, の系統, の素肌, の組合員, の絵具箱, の綺麗, の罪, の美, の美人, の美稱, の美青年, の翁, の老人年五十二, の聖者, の胸, の腕白むすこ, の臆説, の自存独立, の自己陶酔, の自然人, の自然要因, の自発的, の船員, の花園, の花火, の芸術論, の茶わん, の荒武者, の荷車, の著作, の著述, の薄暗き, の藝術的洞察者, の虫, の蝶, の血, の行燈, の表現, の補助学科たる, の複合民族, の要求, の見物, の観察, の観音像, の解釋, の記事, の詩的精神, の認識, の説明, の説話圏, の課長, の謬見, の豌豆, の貧翁, の貴, の貿易国, の赤誠, の軍閥的勢力, の輕氣球, の近代的教養, の逸民, の道, の邦国, の部分的, の重要, の野蛮人, の金時計, の釦, の鉛, の長持, の間諜, の限定以外, の陽電気, の階級人, の集団, の電燈, の青年男児, の静か, の鞄, の頑固者, の頭脳労働者, の飛行機, の首桶, の駒, の驕慢児, の骸殻, の鬼女, の鱗片, の麗人, の黴, はさも, はまだ, は偽物, は単に, は天女, は彼, は新境, は殻, は火, は石楠花, は簡單, は誰, ひよい, まず今, または一団体, までもこうした, もかかる, もらった, も存在, も殘つて, も無し, も落ち, も降らぬ, よくかきまぜ, をあけた, をのこし, をもって新, をもらい, を二合, を側面, を剖, を叩き出し, を増し, を娘, を彼, を恵まれた, を挙げん, を接続, を水中, を當, を示し, を茲, を附け, 中太鼓, 入れなければ, 出た, 取出した, 堂々たる大丈夫, 居て, 引っ抱え, 投出したので, 捨てて, 掲げあり, 敷き放しの, 有り, 極めて大作, 浮いて, 知られて, 置いて, 見えないので, 討って, 貰って, 送らせる

▼ 一時間~ (2463, 0.8%)

43 の後 34 も二時間 31 も前 28 ばかり前 25 ほど前 24 か二時間 22 ばかりし 19 や二時間 17 ほどし 15 とたたない 14 ばかりの間, もする 13 でも二時間 11 の余, の間, もかかっ 10 程前 9 たった, のうち, ばかりする, ばかりで, ほどする, もたつ, 程し 8 か, でも早く, ののち, ばかりたった, ばかり後, もか 7 ばかり行乞, ほどたっ, ほどまえ, もすれ, も経つ 6 では, ばかり, ばかり経つ, ほどの間, も, もし, もたった, も経った

5 [14件] おくれて, して, にし, にもなる, ばかりかかっ, ほど湯, もかかる, もしたら, もたっ, も早く, も経たない, も続いた, を費し, 煮て

4 [22件] かかった, たって, である, と経たぬ, ないし一時間半, の余裕, の散歩, はかかる, ばかり歩いた, ばかり話, ほどで, ほど後, ほど煮ます, もおくれ, もたたない, もたたぬ, もまえ, も待たなけれ, も暇, も立っ, も経っ, 煮ます

3 [55件] ある, あれば, かそこ, がたちました, たってから, たつか, ちかくも, でい, でも, で行っ, というもの, とた, と云う, と経たない, に, になる, に何百里, のあいだ, の上, の中, の労働, の授業, の時間, ばかりい, ばかりたっ, ばかりたつ, ばかり休ん, ばかり早い, ばかり経っ, ばかり話し, ばかり過ぎた, ほどたった, ほどのち, ほど経っ, ほど経った, ほど話し, もかかった, もしない, もそう, もその, も一時間半, も登る, も経たぬ, も置く, も走った, も過ぎ, ゐて, を要する, 待ちました, 程する, 程の間, 程経つ, 経って, 経っても, 置きに

2 [152件] かかって, かそこら, から二時間, がない, が何千円, くらいしな, ぐらいし, ぐらいたった, ぐらい後, ぐらい話, しかない, しても, すると, ずつ, その声, たたぬうち, たつても, たつと, たてば, たりとも, だ, だけ, だけ遅れ過ぎた, だった, だつた, だツ, でもいい, でも三十分, で枯れ, で満, で終った, というの, とたたねえ, とたつ, と三十分, と二十三分, と五分前, と十分, と四十五分, と経っ, にも近い, に二万七千里, に二十, に十五里, に十度, に合わせ, に延し, に約, に零す, の仕事, の後彼, の猶予, の講義, の餘, の黙想, は十五分, は愈々, は暇どる, ばかし汽車, ばかりお話, ばかりかかった, ばかりたつた, ばかりで出, ばかりと云う, ばかりのうち, ばかりの後, ばかりの頃, ばかりも経っ, ばかり古本屋, ばかり坐っ, ばかり待たされ, ばかり待っ, ばかり待った, ばかり御, ばかり早く, ばかり歩く, ばかり水, ばかり煮ます, ばかり私, ばかり経った, ばかり自動車, ばかり行っ, ばかり遅れた, ほどい, ほどすぎ, ほどで行ける, ほどの後, ほども他愛, ほども話し, ほども走る, ほど弱い, ほど朝, ほど歩い, ほど湖畔, ほど煮, ほど眠っ, ほど経つ, ほど置きます, ほど話した, もあります, もお, もかからなけれ, もかかれ, もした, もじっと, もすぎ, もそこ, もそんな, もまたした, も坐っ, も居たら, も待ちました, も待っ, も待つた, も接吻, も旦那, も歩い, も汽車, も相違, も眠った, も私, も空, も立たせ, も立たぬ, も経つた, も續, も見, も話し, も費, も費す, も連呼, も過ぎた, も遲, やそこら, を経, を費した, を費す, を過ぎ, 休んで, 借りること, 待たなければ, 早くても, 早くひけた, 早く仕事, 程書斎, 程経っ, 立って, 経たないうち, 経たぬうち, 経ち二時間, 置き位, 話す

1 [1300件 抜粋] あった, あつた, あの朝日, あるいは一昼夜, あるぞ, いじょう, いたが, いや一分, おくれる, おすみ, おそく行く, かかったん, かかること, かかるもの, かかるん, かかる或, かの休憩時間, から十三時間, か一時間半, か二時間事務所, か時間, がすぎた, がとても, がほど床上, がピンチ, が十円, が実に, が抱きしめたい, が私ども, が経つ, きまって十時頃, くらいしゃべっ, くらいずつ綱, くらいなら, くらいはかかる, くらいは多少, くらいわけなくたっ, くらい待っ, くらい立読, くらい阿呆みたい, くり上げ, ぐずぐずし, ぐらいああ, ぐらいこの, ぐらいしか見なかった, ぐらいであろう, ぐらいで村, ぐらいで行きましょう, ぐらいのあいだ, ぐらいのもの, ぐらいはあった, ぐらいはのべつ, ぐらいは歩い, ぐらいよろしい, ぐらい対座, ぐらい手紙, ぐらい歩く, ぐらい立っ, ぐらい話した, ぐらい遊ん, ことによる, ござります, しかたたない, しか無い, しか観せない, しないと, すぎた, すぎました, ずつかかります, ずつになっ, ずつ働き通し, ずつ彼, ずつ探偵小説, そうすると山葵, その時, たしかに動き続けた, たったが, たったの, たっても, たっぷりかかる, たつたとき, たつぷりかゝる, たらず, だが, だけかって, だけはこの, だけ余分, だけ延ばし, だけ時間, だけ残され, だけ遅らせ, だって生き, だと, ちかく, ちかくつづいたろう, ちかく暗い, つきあって, であるから, でこられる, ですね, でできる, でもあるいは, でもいられる, でもそのまま, でもそれから, でもはやく, でもウンチク, でも一緒, でも他人, でも君, でも平気さうだつ, でも来, でも泣き通す, でも結婚, でも長く, でミズナラ, で乾く, で六ヶ, で又, で平岳沢, で授業, で栃ノ木山神, で王様, で目覚める, で終り, で終了, で足りる, で通える, というとこ, という郊外電車, といへ, とか半時間, としてある, とすこし, とてなかった, とならぬ, とはかからぬ, とはつづかず, とは無い, とは経たない, とは長居, ともゆ, と三十五分, と二分, と二十分ぐらゐの道, と休憩, と十九分あと, と唯, と家, と待っ, と生命, と経ない, と經, と見る, と過す, どころかすくなくとも, なら待とうが, なり, にあらわれ, におおよそ, につき三十五分六, になっ, にもならない, にも感じられた, によし, にわたって熱心, に一キログラム, に七十二人, に三キロ, に三十哩, に二哩, に二種, に五分, に五十部, に亘った, に享けた方, に充たず, に勘定, に十枚位, に十里, に千百枚, に合わせた, に四分五分位づゝ水, に実, に平, に思へる, に渡った, に激しく, に百囘あくび, ね, のあと, のたつ, の予定, の休憩, の修身, の切断面, の居残り, の後ドオ, の後佐治さん, の後周三, の後陳彩, の旅, の昼休み, の沈黙, の睡眠, の立話, の終り, の行程, の講演, の賃金, の道, の間満足, の驚異的記録, はかかっ, はかかつ, はかくし, はたっ, はたつ, はねむりました, はひどい, は二人, は十分, は外, は必ず, は慥か, は明白, は砲撃, は絶対, は過ぎ去っ, ばかし色々, ばかりうとうと, ばかりかけ, ばかりさまよった, ばかりしたら, ばかりしよう, ばかりすれ, ばかりそして, ばかりその, ばかりつきあった, ばかりですませます, ばかりで寝附きます, ばかりで止す, ばかりとの約束, ばかりにし, ばかりねる, ばかりのぼる, ばかりの奮闘, ばかりの後私達, ばかりの発作, ばかりの距離, ばかりはそこ, ばかりは大佐, ばかりぼんやり, ばかりもか, ばかりもしたら, ばかりもたつた, ばかりもゐたる, ばかりも一服喫つた後, ばかりも待たなけれ, ばかりも搜, ばかりも立つた, ばかりも足, ばかりよく, ばかりを経, ばかりシャベル, ばかり乗っ, ばかり休息, ばかり先, ばかり喋っ, ばかり坐, ばかり学課, ばかり少年たち, ばかり居残っ, ばかり弥撒, ばかり当時, ばかり待たなけれ, ばかり戦闘, ばかり押問答, ばかり文火, ばかり時間, ばかり會つて, ばかり椅子, ばかり歩い, ばかり水の上, ばかり汽車, ばかり湯煎, ばかり焚火, ばかり煮る, ばかり熱演, ばかり相手, ばかり眠れ, ばかり眼, ばかり立った, ばかり絶えず, ばかり続いた, ばかり考へる, ばかり蟹江, ばかり見, ばかり誰, ばかり走らなけれ, ばかり運ん, ばかり過し, ばかり長椅子, ばかり風, ひっぱるほどの, ほどあと, ほどおしゃべり, ほどお話, ほどごく, ほどしか自分, ほどじっと, ほどその, ほどたたかっ, ほどでしょう, ほどで一, ほどで林, ほどにし, ほどののち, ほどの余裕, ほどの読経, ほどまとめ, ほどもさ, ほどもたった, ほども合間, ほども弱い, ほども炉, ほども隣組, ほどゐた, ほどテンピ, ほどブラ, ほど以前, ほど凝っ, ほど北上, ほど寂寞, ほど寝こんだ, ほど工場, ほど待ち合せ, ほど待つ, ほど御家, ほど探し, ほど早く, ほど横, ほど湯煎, ほど煮る, ほど牛乳一合, ほど盆茣蓙, ほど紫, ほど聞い, ほど行乞, ほど話す, ほど遅い, ほど郊外電車, ほど雑誌, まえに, まえまでは, まだ警察, まる遊び, もありました, もいよう, もうき立った, もおくれた, もかかったろう, もかからない, もくる, もぐるぐる, もしたらかえるだろう, もじっとそのまま, もたったら, もたっぷり, もつ, もつづいた, ものたくりまわった, もの間, もまごまご, もまち, もやれ, もセザアル・フランク, もバス, もランプ, も一分間, も二人, も休まなかった, も停車, も凝, も労働, も哨戒艦隊, も坐, も外, も奧, も学生, も山田, も引き留められた, も強, も待たした, も待ち, も待つ, も怠けませんでした, も悲しく, も掛かっ, も掛った, も日光, も早目, も時間, も東京, も此処, も準備, も無駄, も煮, も煮れ, も眠ったらしい, も眺め, も立ち尽しました, も立つ, も糸, も経たず, も経過った, も繰りあげ, も考えた, も聞かされる, も自分, も苦しい, も行く, も見張し, も話, も説いた, も貴女, も走っ, も越すであろう, も退屈, も遅れ, も過ぎたら, も鏡, も閉じこめられ, も飛んだでしょう, も騒い, やらせ金魚, よむところ, より長く, をいでずし, をすごしました, をアレキサンダー, を五分, を働く, を取っ, を実験室, を損, を溝川, を男, を経過, を菊, を通じて彼女, を過した, を陽気, 一寸よく描けた, 乃至一晝夜, 乃至半, 休めると, 働いて, 増すため, 小さな流れ, 待った, 待つこと, 待つの, 快い海上, 或は日没前一時間位, 早くこの, 早く北浜三丁目, 早く引上げ, 早く起き, 時には一時間半, 歩くと, 焼きますが, 煮た後ジャガ芋, 留って, 眠りましたよ, 程その, 程のち, 程も後で, 程を経, 程先生, 程愚図, 程本棚, 程眠る, 程經つて, 程話す, 立たぬうち, 約一尺許, 経たない中, 経った後, 経つか, 繰り上げて, 苦しみ続けた後, 行くと, 話す川口, 費した訳, 進む, 遅いん, 遊んで, 過ぎる二時間, 長くて

▼ 一~ (2394, 0.8%)

54 の犬 27 の馬 21 の大 20 の虫 19 の大きな, の小 17 の蛇, の蠅 16 や二匹 14 の猫, の獣, の蟻, の鼠 13 の狐 12 の虎, もいない, 出て 11 のイワシ, の小さな, の蝶 10 の兎, の小犬, の猿, の鹿, の黒い 9 では, の蜘蛛 8 いる, の大きい, の牛, の黒犬, 飛んで 7 の虻, の蝿, の青い, の黒猫

6 [13件] つかまえて, の, の動物, の小さい, の悪魔, の方, の灰色, の蛾, の蜂, の蜜蜂, の驢馬, もいなかった, も居ない

5 [15件] いなかった, つれて, のあり, の木虱, の毛虫, の狼, の男, の白い, の美しい, の蚊, の蛙, の野良犬, の鬼, 持って, 連れて

4 [19件] だ, だつて, とまって, のやつ, の人魚, の大蛇, の子, の栗鼠, の甲虫, の若い, の虱, の蚤, の蜥蜴, の赤い, の金魚, の雄, の魚, も生かし, 住んで

3 [43件] あれば, いた, か, か二匹, だろう, です, とまつ, のお, のこほろぎ, のため, の南京虫, の在家, の大き, の子猫, の巨大, の布, の海狸, の烏猫, の牝, の牝牛, の牝猫, の狸, の生物, の畜生, の蛆虫, の蜻蛉, の蝙蝠, の蟇, の豚, の雀, の青大将, はいっ, はどう, まるの, も出, も姿, を私, 撃って, 立って, 繋いで, 落ちて, 買って, 飼って

2 [150件] いきなり長老, いたが, いて, いないの, いました, いる所, うろうろし, かも知れません, からす猫, がいいました, が乗る, が力, しか残っ, ずつ与えた, ついて, つながれて, であ, であった, でもこの, でも魚, とはなん, とび出して, とんで, なの, ならず前後左右, なる言葉, にすぎない, になっ, になる, に僕自身, に生まれた, に金子, ねそべつて, のあと, のきりぎりす, のこおろぎ, のこと, のよう, のコブラ, のスパァニッシュ・フライ, のトンボ, のルナ・アミーバー, の三毛猫, の亀, の二十日鼠, の人間, の仔犬, の伊勢崎銘仙, の傷ついた, の古狐, の可愛らしい, の命, の土佐犬, の大工, の大熊, の女王蜂, の守宮, の小鳥, の影, の怪しい, の怪物, の意見, の揚羽蝶, の放れ馬, の昆虫, の朝鮮牛, の死にかけ, の毒蛇, の毒蛾, の沢蟹, の河童, の泥狐, の牝豹, の牝鹿, の牡猫, の狆, の猛虎, の猟犬, の猩々, の猪, の猴, の獅子, の生き物, の生き餌, の生命, の番犬, の痩せこけた, の白幽霊, の白犬, の白絹, の紅巾, の羽虫, の老, の蛍, の蝗, の蟋蟀, の蟷螂, の蟹, の野牛, の野狐, の鮭, の鯨, の鰯, の鱶, の鸚鵡, の黄色い, の黒ねこ, の黒竜, の黒蟻, の龍, は真直, は私, ひらりと, ぼんやり壁, まだ戸口, もいなくなった, もがいて, もって, もない, もらって, も残らない, も見えなかった, も釣れないで, も魚, をつかまえ, を手, を表現, 入って, 入つた樣子, 吠えれば, 居る, 居る樣子, 忽然と岩, 悠々と, 捕えて, 探し出して, 時々悲し, 死んで, 残らず殺して, 殺せる人相の, 浮び出て, 現れると, 生きて, 縛りつけられて, 通って, 隠れて, 食わんうち, 飼うて, 飼われて, 鳴いて

1 [1252件 抜粋] あが, あてがった, あらわれた, いかにも切な, いくら待っ, いたの, いない, いないという, いなかったそう, います, いません, いること, いると, いれば, うまく斬っ, おったん, おとなしくさびしく鳴く, おらずちょうど, おりません, かかりそう, から上, かりて, がいる, がかく, がさびし, がどうしても, がない, がみんな, がもがい, が一年中, が下り, が他, が円形, が十匹, が吐き出した, が尾, が応えた, が斯, が根もと, が死ん, が消え, が用心深く, が疲れ, が空, が精一パイ, が腰, が走る, が逃げだし, が造作, が驚い, が鼻, くださいね, くれない, ぐらいとまっ, ぐらいは見つかる, ぐらい義理, この川, この馬車, ころすより, さえもいなかった, さびしいか, しかゐない, しか生き, しっかりしろや, しばられて, じつとして, じゃあねえかな, すがた, すらもその, ずつかくれ, ずつたんまり, ずつの前, ずつの綱, ずつはまことに, ずつ一つ, ずつ入っ, ずつ売っ, ずつ巣, ずつ手掴み, ずつ柄杓, ずつ海, ずつ猫, ずつ生き裂き, ずつ裂い, ずつ貰っ, ずつ金魚, ずつ順々, ずつ馬, そのくらいの, その箱, たとえ小, だけ, だけしか取りのける, だけのこっ, だけは降参, だけホラ, だけ大きく, だけ泳い, だけ隠し, だってふところ, だって存在, だって表, だって見当らない, だつて悪魔, だつて首尾, だにわが, だらう, つかまえるという, つかわすと, つまみあげて, つまんで, であって, であります, でいい, でお前, ですって, でない四方八方, でね, でもいる, でもつかまったら, でも二匹, でも南京虫, でも殺す, でも蒐, でも見出す, でも釣れたら帰っ, でや, で万事, で懲りた, で来た, で泳い, で結構, で通すなら, というもの, という事, という時, といった風, として一晩, として殺される, として生活, ととり, となる, とふたたび, とまる, とッ, と思っ, と申し上げたい, ないて, などは臟腑ぐるみ, なり二匹, なんかとても, にかならず, について銀貨一枚, にて生まれ, にもつっかわぬ, に一ルーブル, に何丸, に化け, に打, に男, に限られた, ぬけださなかったと, のあひるさん, のかいこ, のかわいい, のけて, のこらず打ち殺した, のごとく, のじよらう, のすっぽん, のそれ, のっけたところ, のなめく, のねずみ, のばつた, のべつ甲蜂, のぼって, のまっ黒, のやせ, のイナゴ, のカエル, のカミキリ虫, のガマ, のクモ, のシェパアド, のシカ, のトカゲ, のバッタ, のペルシャ猫, のポケット猿, のモルモット, の丈夫, の乳, の人馬, の仔猿, の代価, の値五円, の傘蛇, の割, の勢, の匹, の反物, の土竜, の大きい青い, の奇怪, の女王, の威張り, の子犬, の小勢, の山あらし, の山羊, の巨蟒, の形, の怒れる, の恐ろしい, の悪魔め, の愛猫, の感, の斑猫, の枕もと, の極まった, の死因, の毒竜, の水すまし, の洋犬, の混血児, の火竜, の爬蟲類, の牝狐, の牡鹿, の狢, の献上, の獲物, の玉, の生きもの, の生涯, の男鹿, の病犬, の白, の白ねこ, の白狐, の白蛇, の眞白, の真黒, の秋, の穀つぶし, の立派, の筈, の緋鯉, の羔, の肴, の苦しむ, の荷馬, の蒼馬, の虎の子, の虫けらさ, の蛔虫, の蝦蟇, の蝶々, の蟒蛇, の襟首, の見事, の象, の赤ん坊, の足長蜂, の轡虫, の近海蟹, の這う, の醜い, の野猪, の野良猫, の金色, の雌きじ, の雌魚, の雑魚, の面構え野蛮, の飛切り, の飼料一ヶ月平均三圓, の香, の髪切虫, の魚天, の鮫, の鯛, の鳥, の鳶, の黄蝶, の黒猿, の鼻, はいだして, はいりこん, はお, はこの, はそこ, はたしかに, はって, はのぞきこん, はほん, はマスティフ, は二枚折, は力, は取った, は大きく, は女異人, は彼, は我々, は持参金代り, は時々, は梁, は熊, は眼, は純白, は西, は赤猫, は逆さま, は青毛, ひいて, ひそ, ひねりだせば, ふいと, ぶんぶんいっ, ほしいん, ぽつんととまっ, まるで吸った, もあがらなかった, もあまさず引つ, もいまい, もうろつい, もおらぬ, もおり, もかかっ, もぐり込めさ, もさげず, もそこ, もつかまらなかった, もつれてないや, もとれなく, もなかつた, ものこるまい, もめっきり, もゐない, もゐませんでした, も中りません, も余さず打ちのめす, も六匹, も取れません, も寄せつけず, も居なかつた, も居らず, も居りませんでございます, も岸, も影, も急い, も捕らぬ, も来ない, も残さず追い払う, も殺す, も波, も猫, も生かす, も私, も落ちなかった, も見えず, も見つからないです, も見逃すまい, も逃さない, も通らず, も通らなかった, も釣れた, も隠れ, も飛ん, も飼われ, やった, やって来るの, やられるの, や二匹おれ, ゆるして, よちよちと, よりもやすい, ゐさうに, ゐて, をかい, をひきとめる, をまるごと, をも食いつくす, を保護, を台無し, を大きい, を後ろ, を押えよう, を拾い出す, を捕獲, を斃, を煽ぐ, を用意, を箒, を置く, を解剖, を買う, を追いかけました, を除い, スイスイと, ノ処置, 丸くなっ, 停って, 光って, 入っとるの, 入りやしません, 入る隙間, 入れないところ, 入れるもの, 出ません, 出来上りましたの, 加えて, 動きまわって, 召捕ったの, 吐き出したの, 喰って, 売ったん, 大きなやつ, 寝そべって, 小さい茶色, 小ざっぱりした, 居ても, 居ないよう, 居なかつたの, 居ねえ御, 引きずり出して, 引っぱり出そうと, 忍び込んでも, 或るい, 戯れて, 投げ殺して, 拾って, 持てあまして, 捕って, 捕つて來, 控えて, 描いて, 時時悲し, 来て, 来ると, 棲んで, 欲しい, 欲しいもの, 止まって, 死なない虫, 死んだ程, 残さずとるよう, 残すまい, 残らずいなくなって, 残らずという, 残らず奇麗, 残らず槍玉, 残らず突殺, 残らず退いて, 殺さない宅, 殺した, 殺して, 殺すに, 殺せば, 泳いで, 消え去る道理, 潰すのさ, 牽いて, 現われました, 白い仔犬, 盗んでも, 突然猫, 緩い波, 置いて, 舞うて, 蟠りそれ, 見えなかった, 見つからなかったの, 見付かりません, 見落さないやう, 譲って, 貰おう, 買いそれ, 買おうと, 走り出した, 躍り出し怖, 近寄って, 追い出して, 逃がしたの, 逃げた筈, 這い出る穴, 通さぬばかり, 通りませんので, 違って, 釣れたら帰ろうね, 長かった, 隣りの, 頼んで, 飛びまわって, 飛出さないから, 食える, 飼いきれねえよ, 飼ったこと, 養うよりも

▼ 一~ (2187, 0.7%)

264 の家 36 もない 30 の店 28 置いて 26 の茶店 22 しかない 20 借りて 19 の宿屋 17 の小さな 15 の小屋, の農家 13 ある 11 では, の人家, の前 10 あった, だった, の居酒屋, の屋敷, の百姓家, の酒場 9 おいて, もなかっ 8 あって, の大きな, の料理屋, 持って 7 の家屋, の茶屋, の飲食店, もなく 6 しかなかっ, のうち, の主人, の旅館, もって, も無い 5 ありました, か二軒, のお, の二階, の山家, の掛茶屋, の田舎家, の酒屋, もなかつた, 廻って

4 [23件] あつた, あるばかり, あるん, に私, のカフェー, の主, の休み茶屋, の古い, の小さい, の床屋, の建物, の湯屋, の立派, の貸家, の門口, は空家, もつこと, もなし, も見当らなかった, や二軒, を借り, 寄って, 持つて

3 [42件] あるきり, あるの, しか無い, だが, であった, であつ, である, となり, に住ん, のしもた, の住宅, の古本屋, の大きい, の家庭, の寺, の山小屋, の廃屋, の旅籠, の旅籠屋, の木賃宿, の格子戸, の桶屋, の民家, の温泉宿, の湯宿, の漁師, の破屋, の空家, の茅屋, の荒れ果てた, の荒物屋, の鍛冶屋, の長屋, の門, は除け, もありません, 出して, 建って, 歩いて, 見て, 起きて, 離れて

2 [108件] あったが, あったばかり, あつて, あるが, あると, あるには, ある日本宿, から一軒, だ, だけで, だけ人家, だけ遣手婆, だったの, だつて, だと, でありました, で橋場, といっ, ならず二軒, に匍, に暫く, に突然, に近づい, の, のあき, のお家, のかしわ屋, のきたない, のこの, のみすぼらしい, のみならず, のりっぱ, のカフェ, のバラック, の世帯, の二階家, の入口, の割合, の古びた, の古家, の古道具屋, の古風, の商店, の喫茶店, の大, の宿, の小, の小家, の小川家, の小店, の屋台, の屋台店, の平屋, の戸口, の方, の旅店, の旗亭, の木戸, の楼屋, の汚, の洋館, の絵双紙屋, の芝居小屋, の花屋, の苫屋, の茅葺屋根, の茶見世, の葭簀, の藁屋, の藁屋根, の藁葺, の西洋造り, の質屋, の道具屋, は塞がっ, は明い, は空いた, へずかずか, へ声, もなくなっ, も人, も増えた, も残っ, も無かっ, も無く, も見当たらなかった, も起き, よりない, を, をのぞき, をもっ, を指さし, を発見, 借りうけ, 小さい家, 建てようという, 建てられて, 当って, 持たして, 持ちたいと, 残って, 立って, 立つて, 立つと, 置いた先, 見える, 訊いて, 隣りに

1 [991件 抜粋] あいた, あたつ, あったん, あの丘, あり, ありその, ありまして, ありますから, ありますよ, あり大学教授, あるさ, あるだけ, あるで無い西本願寺派, あるのみ, あるわけ, ある其の, ある古風, ある宿屋, ある茶店, いい家, いとま, おいたその, おいた隣りの, おいてと, おやめ, お詑びして, かえて, かと聞いたら, からさらに, からは微か, からパーマネント, から必ず, から艶, かりて, か船板塀, がある, がすなわち, がわけ, が今, が前, が十重二十重, が引越し, が戸, が最も, が松, が生ける, が羨ましい, くわえたと, ぐらいあった, ぐらいはどこ, こういう家, この文庫, ご周旋, さくま, しかない小さい, しか酒, しくじるよう, じゃねえ, じゃ鳥渡, ずつある, ずつのぞき, ずつの瀟洒, ずつまわっ, ずつチョーク, ずつ人, ずつ尋ね廻っ, ずつ廻っ, ずつ念, ずつ歩いた, ずつ細々, ずつ表札, ずつ訊い, ずつ軒づたいに門, ずつ順々, そのお, その名残り, その趾, たたき起して, たって, たてられた景色, だけある, だけがあかあか, だけが富有, だけこの, だけじゃない, だけだった, だけであつ, だけです, だけで食いとめた, だけの壕舎, だけは地震, だけは開い, だけを飛ばし, だけ二階屋, だけ変, だけ屋敷, だけ建っ, だけ当て, だけ数町, だけ殊に, だけ燈火, だけ立っ, だけ荒物屋, だけ離れ, だちの寺, だったとは, だってないだろう, だつたらう, だな, だろう, つごう三軒, であったが, であらう, であろうな, でお客, できた, でこれ, でございました, でした, ですむ, でそこ, でま, でもあるでしょう, でもいい, でもそれ, でも普請, でも燒, でようやく, で伸子, で六畳, で半, で呼ばれた, で土間, で寝かし, で市十郎兄弟, で氏, で淋しく, で濟, で白米二千俵, で言, というふう, という寄席, という稀, という飛び切り, とよい, と二カ所, と人家, と念入り, と消え, ならん, なりと, にいきなり, にたどりつく, について窓, につき一人, につづけ, にとだんだん, にはいった, にはひつ, には些か, には具足師柳斎, には大倉喜八郎氏, には親分, にまた, にわりこんだ, に一つ位, に一晩, に五分づゝ, に住まっ, に何, に六十四五, に医科大学, に夕方近く, に宛て, に寄つて郵便切手, に押込められる, に瑕瑾, に番頭板場, に目, に立ち入っ, に自分, に褐腐, に近ごろ, に電力会社工夫詰所, のあばら屋, のおでん屋, のお茶受け, のけんどん屋, のこらずに, のこらず下, のこらず当たって, のこらず臨検, のご, のしるこ屋, のため, のとある, ののみ屋, のもの, のやや, のよろず, のわら, のわら屋, のオデン屋, のキタナイ, のダンスホール, のノロ, のバー, のホテル, のレストラン, の下宿屋, の世帯主, の中華そば屋, の主たる, の乾物屋, の二三人, の休憩所, の估衣舗, の倒れかかった, の僕等, の写真屋, の出窓, の別宅, の勢力, の原始的, の吉野屋, の和蘭物, の問屋九郎兵衛なぞ, の土間, の塀, の大戸, の女郎屋, の安っぽい, の宝石商, の家作, の家持ち, の宿屋二木屋, の寄り集り, の富農, の小屋がけ, の小松伝弥, の小舎, の屋, の山, の広い, の店先, の後ろ, の懇意, の所, の扉, の支那, の文房具屋, の料理, の新, の新聞屋, の旅籠兼居酒屋, の旅館兼料理屋, の日本料理店, の時雨堂, の曖昧屋, の木造家屋, の杣夫, の板葺, の果物屋, の某, の柿村屋, の梅津氏, の構え, の機屋, の母屋, の水亭, の水茶屋娘, の汚い, の洋食屋, の活動小屋, の瀟洒, の灰色, の煙草屋, の牀几, の物置, の独立家屋, の玄関先, の珈琲店, の理髪店, の甚だ, の田舍家, の異, の白屋, の石段, の破ら, の稍, の空屋, の立場茶屋, の細君, の縁者, の背戸畑, の船宿, の若, の茅舎, の茅葺小屋, の草葺屋根, の荒れた, の荷元, の華客, の蓮生, の薄汚い, の薬屋, の薬屋さん, の藁葺屋根, の表, の西洋料理屋, の見すぼらしい, の覗き, の角屋敷, の豆腐屋, の賤, の足袋屋, の車宿, の造作小屋, の部屋, の酒造家, の釣具屋, の鉄瓶, の鏡屋, の閉め残った, の隣, の雑貨, の離屋, の非人小舎, の食べ物屋, の饂飩屋, の駄菓子もの, の駐在所, の骨董屋, の高い, の鰻屋, は, はまだ, はソバ屋, は不在, は全部, は古金買, は壊れ, は大勢, は宿屋, は山手, は平家, は張りだした, は御徒町, は念流, は持て, は新町, は有りました, は東, は校庭, は浪人, は石巻左陣, は空い, は經師屋, は美術書専門, は落ちぶれ, は試し, は路地奥, は近代的洋風, は野邊山, は難波橋, ばかりでなく, ふえること, ぶっこわし, へず, へでもはいっ, へはいり込んだ, へ主従ふたり, へ住み, へ入り込ん, へ差配, へ忽然と, へ来た, へ移り住まね, へ辿りついた, ぽつりと, ぽつんと樹かげ, まで豊田, まわりゃア用, みつけた, もあり, もあるまい, もう一軒, もそこ, もそれ, もたせて, もつよう, もないだろう, もなくなった, ものこさず, もらって, もサンパン屋, も出す, も売れない, も少し, も建て, も御座いません, も戸, も探し, も残らず焼きはらわれ, も無, も焼いた, も荒し, も見えない, も見えねえ, も見ず, も見出す, も見当らぬ, も過不足, ゆくさきざきで祭り, よりなかつた, をえらび, をすぐ, をたづねた, をみつけ, をゆびさした, を丸焼け, を借切り, を占める, を吊し上げる, を尋ね, を急い, を指さしました, を残し, を物色, を経営, を選ん, ポツンと, 何とかいう, 借りた, 借りはじめて, 借りようという, 借りるの, 出せさ, 出来た, 取り決めて, 古びた煤けた屋根, 合せて, 吹出すと, 回って, 失う悲し, 尋ねても, 建ちが, 建ちに, 建つて, 建てたいと, 建てよう, 廻ったが, 廻らなければ, 戴くん, 持たせて, 持ち竈, 持ってるじゃ, 捨てて, 探して, 探ねて, 新しい同じ, 早くから, 構えたいのれん, 構えるという, 欲しいの, 残った古本屋, 残らずの, 残らず家, 残らず屋根, 残らず手, 残らず流れ去って, 残らず知って, 殖えりゃそいつ, 殖え私, 涼しそう, 済ますと, 点けた家さ, 目立って, 知ってる, 空いて, 立ち退かせそこで, 置いた隣, 置いた隣同士, 老杉, 若い松, 見えた, 見つかったころ, 見つけた時, 見つけ出して, 見付けて, 見当ったよ, 見当らないの, 覗いて, 親しくし, 買い田舎, 赤い煉瓦, 隣りの, 飛離れて, 飲み歩いて, 飲んで

▼ 一週間~ (2044, 0.7%)

62 に一度 61 ほど前 56 ばかり前 30 の後 29 のうち 20 か十日, も前 18 の間 16 ほどし, 程前 12 ばかりし, もする 11 というもの, ほどたった 10 にいちど, ばかりで 9 になる, ばかりの間, ほど後, ほど経っ 8 とたたない, もたつ 7 に一回, ばかり後, もかかっ 6 か二週間, たって, たっても, と経たない, にもなる, の予定, ばかりたった, もたたない, も経たない

5 [14件] ぐらいのうち, の日, ばかりというもの, ばかりの後, ほどする, ほどたっ, ほどのち, ほどまえ, もすれ, も二週間, も十日, も経つ, や十日, を経

4 [30件] か十日目, が過ぎた, して, すぎて, すれば, たった, たつか, たつと, になります, に一日, に二度, のあいだ, ののち, の休暇, の内, ばかりお, ばかりたっ, ばかりたつた, ばかりのうち, ばかり家, ばかり旅行, ばかり経っ, ばかり過ぎた, ほどの後, もし, もしたら, も寝, も経った, 程し, 経って

3 [23件] かかって, くらいで, すると, たつても, では, でも十日, にし, に五人, の中, ばかり一粒, ばかり急, ばかり立った, ばかり続いた, ばかり雨, ほど経つ, ほど過ぎた, もしない, もたって, も滞在, も経っ, も置く, 経ったある, 経つと

2 [137件] あれば, おいて, かかっても, かそこら, がすぎ, が最も, くらいたった, ぐらいする, ぐらい休暇, ぐらい入院, ぐらい前, しかない, すぎても, するか, ずつ入院, たつて, だ, だった, だね, でした, でも好い, でも泊り, でりっぱ, というの, といふもの, とたたぬ, と云う, と経ち, なり二週間, なり十日, にしかならない, になっ, にもならない, に一二度, に一度くら, に一度位, に一度顔, に一遍, に三回, に何度, に四キロ, に近い, のあ, の休憩, の余, の停学, の停学処分, の六日間, の収入, の後窒扶斯, の断食, の暑, の滞在費, の滯在, の約束, の逗留, はかかる, はすぎた, はすでに, は信一郎, は夢, は家, は滞在, ばかりしたら, ばかりする, ばかりと云う, ばかりにし, ばかりにて母上, ばかりの予定, ばかりの小さな, ばかりの日, ばかりの短い, ばかりは何, ばかりわたし, ばかり以前, ばかり休ん, ばかり前橋, ばかり寝, ばかり寝た, ばかり寝付いた, ばかり寢, ばかり来なかった, ばかり毎日, ばかり泊っ, ばかり滯在, ばかり経った, ばかり経つ, ばかり經つて, ばかり遊ん, ばかり過ぎる, ほどたつ, ほどつづい, ほどは努め, ほど以前, ほど滞在, ほど神戸, ほど立っ, ほど経った, ほど過ぎ, ほど部屋, も, もある, もあれ, もかかる, もつ, もつづいた, もつづけ, も保たない, も口, も同じ, も家, も帰っ, も待っ, も御, も立たない, も経たぬ, も経て, も続け, も練習, やそこら, や二週間, をくらした, を経過, を經, を過ぎ, を過ぎた, を過ぎない, 振の, 早くて, 程したら, 程はあんまり, 程経っ, 程経つ, 経っても, 経つか, 長ければ, 離れて

1 [990件 抜粋] ああし, あった, あまり経ち, あるわ, いるの, かかった, かかったもん, かかったん, かかりましたの, かかるつもり, かは氷, から一ヶ月, から十日, か一カ月, か其処, か十日以内, か十日間, がおわる, がたたない, が一ヶ月, が待, が終わっ, きやつ, くらいずつしかない, くらいで書け, くらいなら, くらいはそこ, くらいもすれ, くらい氷原, くらい滞在, ぐらいあった, ぐらいお待ち, ぐらいが生命, ぐらいしか遊ん, ぐらいだった, ぐらいですっかり, ぐらいで暇, ぐらいで私, ぐらいになる, ぐらいの共同生活, ぐらいの間, ぐらいはその, ぐらいは下, ぐらいは夫, ぐらい市, ぐらい消え失せ, ぐらい滞在, ぐらい経つ, ぐらい考えた, ぐらい行っ, この山, しかいられなかった, しか経たない, したらお出かけ, したらまた, すこしのびれ, ずつの公演, ずつ世話, そこそこです, その日, たたない内, たちました, たったあの, たったら考え, たってから, たつた, たつた後, たつ今日, たらずの, だからねえ, だけこつち, だけにせ, だけ御, だけ療養所, だつた, つ, つづけましたね, てこんなに, であった, である, でいい, でおしまい, でこれ, ですが, でどんな, でみつかっ, でもサルトル氏, でも一月, でも二週間, でも姉, でも自分たち, でも静養, でパリ, で全部採掘, で十分, で古巣, で壊滅, で奪, で帰れ, で建つ, で怱忙, で授業, で支払われね, で治る, で盡, で稼いじゃう, で絵, で行き, で退院, というもの何, という日, という約束, といえ, といふもの完全, といふ限られた, とお, とおくれる, とか云, とこたへ, とその, となっ, とは待てない, とは訪問, とゐられ, と保った, と友人, と坐らぬ, と持ちこたえないだろう, と泊らぬ, と立たない, と経ぬ, と続かなかった, と続け, と聞い, どころかいつ, ないし十日間休業, なり半月, にいちど顔, にせめて, になった, になつて, になり, にはつぎ, には彼ら, にも, にわたってくわしく, にわたって念入り, に一, に一千枚, に一度ぐらゐ映画, に一度づつ, に一度三十分, に一度位宛, に一度宛, に一度戒律, に一度貰, に一本, に三度ぐらゐ寄宿舎, に三時間, に二三度宛東京逗子間, に二十銭, に二度位, に二百人, に五時間ぐらゐぢや, に亘つて, に亙り, に六七時間, に六銭, に十五, に十組以上, に四五時間, に大抵一度, に少く, に引, に必要, に無言詣で, ね, のう, のうち幾何, のけい, のこと, のとりかたづけ, のほとんど, のみあるいた, の仕事, の休み, の個展, の入院料, の公開, の労働, の半分, の口, の夜, の契約, の宿料, の山旅, の彼, の後槇君, の我慢ぢ, の旅, の日時, の昏睡状態, の期間, の楽しかっ, の残酷, の猶予, の疲労, の病気届, の短い, の禁足, の終わる, の経験, の考慮期間, の製造高, の買い入れ日, の過, の間五, の間食事, はあそこ, はかかりました, はかかるでしょう, はこつち, はそっち, はたっぷり, はちっとも, はほんとに, はまた, はもつ, はわたし一人, は他, は何時も, は割合, は勘定, は南瓜, は塾生たち, は常, は日記以外, は極めて, は次郎, は決して, は終わった, は船内, は誰, は過ぎ, は重病室, は顔, ばかし毎日, ばかり, ばかりい, ばかりいる, ばかりかかりました, ばかりが実に, ばかりしたら出来ます, ばかりたちます, ばかりだ, ばかりつきあわない, ばかりです, ばかりで立ち退いた, ばかりというもの市場, ばかりながめつづけ, ばかりなら, ばかりのあいだ, ばかりのち, ばかりの中, ばかりの暇, ばかりの油絵製作, ばかりの豫定, ばかりはとても, ばかりは安眠, ばかりは虫の息, ばかりまえ, ばかりも前, ばかりやすむ, ばかりゐました, ばかり今日發病, ばかり他所, ばかり以来, ばかり休業, ばかり其處, ばかり半ば手, ばかり厭, ばかり和歌山市駕町, ばかり売れなけれ, ばかり大阪, ばかり学校, ばかり寐, ばかり寝かし, ばかり寢込, ばかり岐阜県下, ばかり徹夜, ばかり手, ばかり握り潰し, ばかり教室, ばかり早寝, ばかり普賢, ばかり楽しく, ばかり毎晩, ばかり江之島逗子, ばかり泊りこん, ばかり激しい, ばかり熱病, ばかり独房, ばかり田舎, ばかり神戸, ばかり置い, ばかり考えぶ, ばかり船旅, ばかり行, ばかり親しく, ばかり辛抱, ばかり遅れるでしょう, ばかり過ごした, ばかり間, ばかり顔, ばかり騒い, ほどあと, ほどいる, ほどかかった, ほどこっち, ほどします, ほどそういう, ほどたつた, ほどつづいた, ほどで慣れ, ほどにしかならない, ほどになりました, ほどのあいだ, ほどのちの, ほどの無自覚, ほどの間, ほどはいっ, ほどはなん, ほどは仕事, ほどは夜, ほどは手足, ほどは毎晩, ほどぼんやり, ほども寝, ほども興行, ほどゐ, ほどコンコン, ほど不在, ほど同棲, ほど多忙, ほど家, ほど寝込ん, ほど小, ほど市役所前, ほど帰り来らぬ, ほど役所, ほど御, ほど慧鶴, ほど早い, ほど東京, ほど毎日はっぴょう, ほど泊った, ほど滯在, ほど生死, ほど病臥, ほど私, ほど経た, ほど経つた, ほど続け, ほど考えさせ, ほど腰, ほど落付き, ほど行きたい, ほど詰切っ, ほど雨, まえから, まえ大学, まへから, もあったまっ, もいれ, もお, もお目にかかりませんでした, もこの, もしたら出歩けるでしょう, もすぎ, もすりゃ馴れます, もその, もたたぬ, もたちました, もたっ, もたったら出来るでしょう, もっとも功労, もとめて, もふき, もまえ, ももたない, もフイ, も一緒, も交通, も休ませ, も其余, も剃刀, も危篤, も夜具, も姿, も寝た, も寝込み, も小樽, も帰らなかつた, も座り続け, も待つた, も徹夜, も掛, も掛る, も放っ, も斯, も暮したら, も松薪, も歩く, も氷, も治療, も泊ったら, も泣きつづける, も漂流, も町, も病気, も立っ, も経たれ, も経ったら, も続い, も続いたら, も続きました, も綴, も置いたら, も興奮, も通っ, も遊ばし, も過ぎ, も酒, も閉じこめられ, も降りつづいた, も隱匿, も飲みはったら, も髯, よく晴れ, ろくにの, をねこん, をひと回り, をもってはかなく, を一回り, を事務所, を博士, を市内, を救う, を経た, を臥床, を負う, を送った, を送るべき, を過ぎぬ, を過させ, イヤせめて, 乃至二週間ぐらゐを収容病室, 仮にのんびり眠った, 会えないの, 借りに, 全一週間, 吸わなかった煙草, 大いに飲んだ, 寝込んで, 居るの忍耐, 待って, 待つて, 或は十日間經つて, 捜し候えども, 早くいらつ, 暮すの, 死なないで, 永くて, 眠って, 眠り続ける事, 程かかっ, 程する, 程で帰る, 程になります, 程のつもり, 程の真剣さ, 程以前, 程奢る, 程旅行, 程立った, 程過し, 第五室, 経たない中, 経ったら四神足, 経つや, 続いて, 続けて, 置いて, 行かして, 見ぬ間, 逃げ歩きました, 過ぎた, 過ぎれば, 降り込められて, 食べのびるか

▼ 一しょ~ (1960, 0.6%)

75 になっ 3130 にいる 25 になった 19 に行っ 18 に来 17 に行く 16 になる 15 にお 14 にいた, に出 13 にこの, に食事 12 にし, にその, に来い, に来た 11 に暮し 10 にい, に散歩 9 にここ, に来る, に歩い 8 だった, になり 7 であった, にある, に住ん, に外, に死ぬ, に見 6 にした, につれ, に暮らし, に歩く, に私, に遊ぶ, に遊ん

5 [12件] にいっ, においで, にかれ, にそれ, に出かける, に寝る, に帰っ, に帰った, に行かない, に行きましょう, に連れ, に銀座

4 [20件] だと, でした, なの, にあの, にさせ, につい, になれ, にもう, に乗っ, に何, に働い, に寝, に居る, に店, に持っ, に暮す, に来ない, に東京, に死ん, に行った

3 [40件] にお供, にお出で, にお茶, にこういう, にしばらく, にする, にそこ, にそんな, になれる, にやはり, に入れ, に出る, に参りましょう, に叫んだ, に大声, に家, に山, に彼, に往く, に御飯, に心, に手, に歩いた, に死のう, に河内, に熱海, に生活, に考え, に船, に行きたい, に行きます, に行こう, に走っ, に起き, に遊び, に都, に酒, に食堂, に飯, の時

2 [107件] じゃない, だったという, でなくては, ではなかっ, なもの, にあつまっ, にいたい, にいつも, にいます, にいらっしゃい, にうずめられる, にうつっ, におし, にお出かけ, にお寺, にか, にき, にくらし, にこっち, にそっと, について来た, になくなっ, にはたらい, にまた, にやって来ました, にやる, によ, にパチ, にホテル, に一人, に上っ, に並ん, に乗せ, に乗った, に二人, に今, に仕事, に仲よく, に伺っ, に働き, に僕, に先生, に入口, に出かけた, に出かけました, に包む, に博士, に君, に坐っ, に大, に学校, に宝蔵, に寝た, に寝よう, に小さな, に居, に居た, に屋根, に席, に帰らん, に広間, に思わず, に悪い, に敵, に旅, に早く, に映っ, に映画, に暮せ, に暮らした, に朝, に東, に横, に死なせ, に死なない, に水, に浄, に涙, に滅び, に演奏, に發見, に目, に砂, に立っ, に組ん, に腰, に舟, に英吉利海峡, に行け, に行ッ, に裏, に西巻, に見た, に解放, に話, に走る, に逃げた, に釣, に門, に附い, に集め, に雨, に音楽会, に頭, に食べ, に飲みましょう, の食事

1 [980件 抜粋] かい, か三浦, じゃ, じゃいけません, じゃはずかしい, だから, だったが, だったの, だね, だろうと, であったが, であったそう, であったと, である, でございました, でしたが, でしたよ, でしょう, でないと, でない時, でなければ, ではなく, でもいい, というん, と書く, ならとにかく, なら矢, なら野, にあがりました, にあそこ, にあたり, にあばれだした, にあるい, にいいました, にいかが, にいずれ, にいただけ, にいだす, にいままで, にいらっし, にいらっしゃる, にいろんな, にうち, におかれ, におじいさん, におっ, におどりましょう, におる, にお湯, にお立ち, にかじかんだ, にかたまっ, にきまり, にくっつい, にくらしましょう, にくるっ, にこい, にこすっ, にこられ, にころ, にごはん, にさせる, にさっそく, にさまよっ, にしたため, にしまっ, にしらべ, にすべき, にすれちがっ, にせわしなく, にそろえ, にそッ, にだ, にだんな, にちょい, についてきた, について来, について行く, について行った, につつましい, につぶやいた, につまみだし, にで, にです, にとびだし, にとびまわっ, にとりしずめ, にと膝, にどこ, にならべる, になりました, になります, になんか来れ, になッ, にね, にのっ, にのもう, にはいっ, にはいる, にはじめて, にはたらかない, にはなりません, にはなれるでしょう, には扱わない, には行かない, にひし, にふざけよう, にぶちこみました, にぶらぶら, にまい, にまぎれ込ん, にまわり出された, にみんな, にむし焼き, にもうこ, にも乗った, にやすみました, にやった, にやりましょう, にわき上った, にわれら, にイギリス, にエレヴェーター, にオルガン, にカイミアラ, にキャジノ, にクロ, にコック場, にコーヒー, にサンドウィッチ, にシネマ, にスポリ, にタングルウッド, にダイヴィング, にチラつい, にテーブル, にトロッコ, にドカドカ, にドブ, にパブリック・ガアデン, にフトン, にボウト, にユースタス・ブライト, にリベット, にロイド眼鏡, に一人きり, に一方, に一束, に三ツ四ツ崖, に三人飛, に三畳, に上, に上条, に下, に下りなかった, に下山, に与兵衛鮨, に並べる, に中学, に主人, に乗りたい, に亀井戸, に二台, に二階, に井の頭公園, に人, に人影, に付き合っ, に休ん, に伝法院, に低い, に住む, に住めるなら, に何心地, に作曲, に侍童, に侮辱, に修学旅行, に偶然, に元来, に入る, に公立, に内, に凍らし, に出ましょう, に出会った, に出来る, に到着, に前, に勉強, に動く, に化石, に医者, に千年杉, に卓子, に即死, に参らず, に参りたく, に参れ, に又, に取つくろっ, に口, に召し上っ, に台所, に同人雑誌, に吐いた, に吹きとばされ, に吹き溜り, に呟いた, に呼ん, に咲きます, に問題, に喝采, に喰, に喰べた, に噂, に回想, に土工, に埋める, に塩, に声, に夕闇, に外出, に夜明かし, に大伯母, に大学, に大川, に天使, に天理教, に太平洋の, に失う, に奈良, に奴婢, に好奇心, に妨げ, に嬉し, に安楽往生, に宛てた, に客, に宮殿, に家名断絶, に寂しい, に寐, に寝ころびました, に寝ね兼ねる, に寝室, に寝藁, に小倉, に小学校, に小山, に少し, に居り, に展覧会, に岐阜, に岩の上, に岸, に崩れたらしく, に川添, に巴里, に市, に帰らなかったろう, に帰りましょう, に帰る, に帰るなら, に平土間, に度々, に座敷, に廟, に引き上げ, に引っ返し, に引繰, に弟, に影, に往くべし, に従僧, に御返事, に徴用, に応接室, に怒る, に思い出し, に急いた, に悔み, に愛宕山, に戦場, に戻れ, に手足, に承知, に折々, に抛り出された, に押えよう, に押し込ん, に拝殿, に振り, に控所, に撮った, に改めて, に放り飛ばし, に斧, に斬り死する, に新蔵, に早苗さん, に昔, に時折, に晩, に晩餐, に暫く, に暮した, に暮そう, に更, に最も, に最期, に木曾, に本, に本当に, に朽木, に杖, に来なかった, に来ます, に来れ, に東劇観劇, に枯草, に栄華, に梅玉堂, に梯子段, に楽, に楽むの, に横町, に機嫌, に歌, に歌麿, に歩かせた, に歩きたい, に歩み出し, に死ななけれ, に死にましょう, に死んだなら, に死体, に殺し, に殺す, に比較的, に気違い, に水底, に水神あたり, に汚水, に沙羅双樹, に泊らせ, に泣かない, に泳い, に洋行, に洲崎, に流された, に浅草, に浮い, に海中, に海底要塞, に消え, に消化, に清洲, に湧きあがる, に溶け込もう, に滅ん, に演技, に瀑, に火, に烏, に焼け死んだ, に煮つけた, に熱い, に片づけ, に狙われる, に王女, に現れ, に球根ごと, に甚内, に生れた, に甲府, に町, に登校, に皿, に目まぐるしく, に相, に看守, に短い, に砂糖, に磔木, に祝っ, に神奈川, に私たち, に私共, に移り住んだ, に稽古, に突然, に立たざる, に立ちどまる, に立ち上がっ, に立ち騒い, に立つ, に端近, に笑い, に笑い出した, に笑った, に箱根, に粋, に純粋, に紳士, に緑, に置い, に置かれる, に美しく, に耳, に聞え, に聴い, に背後, に臥よう, に自動車, に自宅, に自由, に舁い, に舞踏会, に船乗り, に色街, に花園町, に若宮, に苦み, に茹でた, に草むら, に落ち, に落ち合う, に葡萄, に蔦, に薩摩, に蜃気楼, に蝦夷, に蠢い, に行かれたら, に行きません, に裳着, に西瓜, に見える, に見ました, に見守っ, に覗く, に言っ, に言葉, に記念撮影, に詣り合せた, に語った, に論じられません, に謡え, に貨物車, に買い取った, に走りつづけました, に足場, に載せ, に辷り出, に退がりましょう, に逃げまわ, に逃げろ, に通っ, に逞しい, に遊ばない, に遊んだ, に過す, に遠く, に酒井家, に里, に野霜, に鉄棒, に鍋, に長々, に門口, に阿弥陀如来, に階段, に電燈, に電車, に青山, に頭上, に飄然, に飛び立っ, に飛ん, に飛行島攻略, に食った, に食卓, に飲め, に飲食, に飼っ, に馬, に馬房, に馳走, に騒い, に鳥, のころ, のはず, の共同生活, の家, の床, の日本, の汽車, の行動, よ

▼ 一~ (1667, 0.5%)

24 の汽車 20 を過ぎ 19 起き 18 になる 16 だ, になっ 13 である, に起きる 12 であった, 迄ねる 11 に出る 9 に出, までねた 8 だった, の時計, 迄ぐっすり 7 になった, に家, に近い, までの間, 迄ねた, 迄よく 6 になり, に起き, の急行, まで行乞, を少し

5 [12件] かっきり, すぎて, でした, という, なり, に間, の列車, を打った, を打つ, を過ぎた, 起き今日, 迄寝る

4 [14件] か, から一時, か二時, が打った, だよ, であつ, との間, に, にオルゴール, に目, に近く, を指しました, を過ぎる, 過に

3 [25件] から十二時, から第, か十二時, が打つ, が鳴る, きっかりに, だと, でございます, なりき, なりとも, に出かけ, に消え, に落ちる, に起きた, に迎, に近かっ, の現象, の鳴る, まで, までねる, よ, をすぎ, 起きビクター, 起き日劇, 過の

2 [117件] から一時ごろ, から三時, から二時, から二時の間, から五時, から十一時半, から十二時の間, から十二時頃, から四時, から店, から稽古, から門, か一時半頃, がどう, が二十分, が打っ, が打つた, が鳴った, すぎると, だから, だつた, ちかくに, です, という時刻, とはいえ, と時, にこの, になつ, には, にはまだ, にはもう, にもう, に一切, に二つ, に入る, に出かける, に出た, に別府行き, に動搖, に呑ん, に垂んとす, に大勢, に始まる, に床, に店, に式, に微笑, に戻っ, に抜け, に持, に於, に暗闇, に激発, に火, に火の手, に爆裂, に發, に眠った, に着い, に着く, に立つ, に胸, に至り, に花, に血, に返せ, に逼, に開く, に音, のところ, の利益, の夜行, の女, の平和, の快楽, の急, の感興, の鐘, の騒擾, の騷擾, は思ひし, は気絶, は絶望, ほどし, までです, までに目的地, までよく, まで二たび, まで何処, まで寝, まで用, まで眠る, より十二時, をうった, をかなり, をすこし, をや過, を二十分, を回っ, を指し, を糊塗, 濃煙霧後晴, 起きると, 起きマチネー, 起き三時, 起き二階, 起き医者, 起き宿, 起き東京, 迄ね, 迄ゆっくり, 迄寝, 近かつ, 過ぎて, 過であった, 過まで, 過迄

1 [954件 抜粋] あき, あるいは二時, かつきり, から, からお, からです, からといふ約束, からは座談会, からビクター, から一時間半, から三菱銀行上海支店, から二時頃, から例会, から再開, から出し, から十二時ごろ, から午後六時, から協同親和会発起, から夜, から始まる, から始める, から宝祥寺住持秋山暁道師, から御飯, から新潟, から昼餐, から田中三郎, から練習, から行, から通う, から開く, から開場, から麻雀, か二時頃, か十二時頃, が, がき, がすぎ, が打ちました, が読本, が近い, が鳴ります, ぐらいであり, ぐらいまでは働かせる, ことごとく曠野, この場, この辺, これから雜誌人間十二月號, じゃない, すぎたので, すぎたら其筋, すぎてよ, そしてまた十二時, それからそれから, だが, だけで驚き, だったな, だったのに, だって幸子さん, だで, だみんな仕事, だもん, ちかく迄, ちょうど日ざかり, であったが, であったろうか, であろう, であろうと, でございますよ, ですがネ, でその, でなくちや, では, でも店, でも解放, でウイークデー, で何店, で天気, で御座います, で昼食後四〇〇〇尺, で有った, で終了, で電話, ということ, という問題, という見当, といふ時分, といふ頃, ときめた, となった, となります, となれ, ともなれ, と二時, と二時の間, と次第に, と音沙汰, ならあなた, なんてこと, にあげた, にあらわれた, におろされた, にかえって, にこう, にこっそり, にころがり出した, にし, にしまう, にすっかり, にそんな, にちか, についに, にど, になったら, になりかけ, にね, にねる, にはそれ, にはなつ, には二十分, には十四, には向, には完全, には帰, には昼食, には目, には試験, には鉄, にひらかれ, にまた, にもせよ, にもなれ, にアデン, にクシャミ, にサルヂニア, にターシータン, にハネ, にバタバタ, にミンデルニッケル, に一年, に三分の二以上, に上野, に下山, に中, に二人, に云いました, に亡, に今, に今井泰蔵家, に伊藤松雄氏, に休止, に余り, に入っ, に冠絶, に出なおし, に出来る, に出立, に別れました, に功, に効目, に十一, に原子爆裂, に及んだ, に受取った, に右, に咲き, に嘴, に国府津, に堅田, に塗り上げられた, に墜落, に夏景色, に大, に大量, に奪, に安心, に宿, に寄せる, に尋ねました, に屈し, に川崎市, に市, に帰っ, に帰り, に干潟, に庭, に得, に心, に息, に成立つた, に抱合, に振ふ, に掃かれたる, に掴まえ, に放発し, に散, に新橋, に旧套, に昼食, に書き出した, に来なさい, に東京駅, に東映本社, に染まる, に校門, に楽屋入り, に歡賞, に気絶, に水煙, に沈, に治れり, に洗い去られ, に流れこんだ, に流れ込ん, に浅草, に消える, に混線, に渦巻き起る, に湧い, に湧き返る, に燃え, に爆発, に爲出來, に現われ, に田部君, に発く, に皇后陛下, に目潰し, に眼, に砕く, に破れる, に碎け飛ぶ, に祈祷, に私, に立ち, に立ち去り, に笑, に米友, に素, に終ります, に終業, に総員広場, に緩みし, に耳, に腹, に至る, に舞台, に落ち, に落下, に蒸気, に行かね, に襲來, に解放, に護る, に起つ, に起床, に軍部, に農商務省, に近, に返事, に通し, に逝かれ, に銀座西, に鎮まり, に閃く, に開演, に阿蘇神社, に隕墜, に際し昂然, に雨, に露営地, に飛び掛る, に飲んだで, に駒, に高, に鬨の声, に鳴る, にWGY局, のかもめ, のこと, のまちがった, のウィーン, のビーフ・ティ, の下り, の予定, の休憩時間, の便利身, の出來心, の出現, の叢, の名, の名聞, の夜汽車, の富貴, の強い, の慰み, の戯著, の指針, の放送, の時, の時鐘, の権威者, の流行物, の浮想ゆえ, の深浦行き, の点検, の生活, の第, の約束新宿駅, の罨法, の腹立, の融通, の裏庇, の講話, の迎, の開会, の閑寂, はいっ, はずいぶん, はその, はとても, は一致, は丁度, は人通, は元, は危篤, は寺封千三百五十石, は快く, は性命, は振, は新しい, は未だ, は殖産興業, は気, は湯気, は自分, は遁, は鳴った, ばかりする, ばかりなる, へかけ, ほども経っ, ほど後, ほんの一時, また二時, までいらつ, までうと, までかかった, までぐっすり, まですわる, までだ, までで, までにここ, までには必ず, までにゴンサカ, までに一寸, までに入らない, までに着く, までに苦沙弥, までねられた, までの休憩時間, までの就眠, までの許, までは帰らねえ, までは生き, までやつて, まで下, まで作家クラブ, まで十九世紀, まで君, まで大学, まで大騒ぎ, まで彼女, まで待っ, まで日本じゅう, まで朝寝坊, まで白船居, まで皆, まで眼, まで福川行乞, まで篠田家, まで美々津町行乞, まで花岡行乞, まで西市行乞, まで辛うじて, まで通計五時間, まで高森町行乞, まで高鍋町本通り行乞, もか, も既に, も自分, や, やろ今日, や二時, より, より三宅氏, より三時間, より千五百人, より四時過ぎ, より御, より福岡市中庄只圓翁旧宅庭前, より翌朝, より高野山, を, をうっ, をうつ, をしのん, をすぎる, をまわっ, をまわった, をやや, を三十分以上, を十分, を報じた, を報ずる, を寂しく, を廻った, を廻つて, を待つ, を打ちました, を打ちます, を打っ, を支えよう, を知らせる寝ぼけた, を聞い, を過, を過ぎました, を鳴り, 上り込む, 乃至二時, 乗ると, 出かける, 到の, 困つたこと, 始まりダービン, 帰って, 或い, 故題次, 止む同, 流行った, 着いて, 着車中武者小路, 程経ちました, 立つ長崎, 行くもの, 起きあきれたぼう, 起きすぐ, 起きようと, 起きパン食, 起きビクター支店, 起き一時すぎ, 起き上山雅輔来訪, 起き久々, 起き二戸, 起き今日あたり, 起き今日臨時マチネー, 起き伊藤松雄, 起き体, 起き十二時半近く日劇, 起き又, 起き堂ビル, 起き多和, 起き大庭, 起き夫婦, 起き家, 起き山田勝氏, 起き座, 起き徳山, 起き昨夜, 起き朝日, 起き果して, 起き田中三郎夫人来訪, 起き穂積純太郎, 起き藤山, 起き藤山一郎, 起き鏑木清一, 起き雨, 迄, 迄かかる, 迄であり, 迄とちやあん, 迄と堅い, 迄に新橋登喜本, 迄ねられた, 迄ね通した, 迄は十四時間, 迄も仕事, 迄ベッタリ, 迄居る, 迄持たず, 迄深々, 迄皆, 迄眠った, 退いて, 遂に潜水, 過ぎてからの, 過ぎても, 過ぎましたよ, 過て郊外電車, 過までも, 隠した原稿

▼ 一~ (1639, 0.5%)

43 の雲 21 に於 18 の火 15 にある, の曇り, を凝視, を見つめ 14 の非 13 に集中, の灯, の疑い 12 である, の火光 10 に向っ 8 の光明, の汚, の紅 7 だ, では, の塵, の燈火 6 がある, に眼, の曇, の汚れ, もない, を中心, を見つめた 5 なり, に存する, に集, のすき, の星, の疑, の色彩, の血, をみつめ 4 だけで, にあり, に向かっ, のしみ, の光, の影, の白, の黒い, の黒影, を指し

3 [39件] があっ, で私, となっ, にあつめ, にかかっ, にし, にじっと, になる, に凝っ, に凝集, に向け, に帰着, に心, に立つ, に至り, に落ち, に集め, の人影, の小さな, の差, の希望, の懸念, の方, の朱, の涙, の灯火, の瑕瑾, の申分, の疑う, の緑, の赤い, の隙, の雲翳, の青い, の非難, の黒子, また一点, をじっと, を見詰め

2 [82件] あるのみ, から一点, から見れ, が動く, が見え, たりとも, であります, でそれ, というの, といえ, と日本, なの, に, においても蕪村, にその, にたどりつく, にとどまった, に他, に保つ, に凝らした, に向けられた, に呼吸, に存, に帰納, に据え, に於ける, に注意, に目, に眸, に私, に筆, に至っ, に視線, に邂逅, に釘, に釘付け, に集める, に集合, のかすか, の中心, の人情, の俗気, の偽り, の光り, の動く, の叡智, の好意, の微光, の慰安, の星光, の望み, の汚点, の清潔, の濁り, の燈, の燐火, の疵, の私心, の紅い, の色, の花, の邪念, の雲影, の露, の黒き, はその, は私, もなし, も不徳義, をお, をさけ, を十分, を指さし, を指さした, を指摘, を狙っ, を睨ん, を見, を見詰めた, を除い, を除いた, 曇りなき

1 [950件 抜粋] あらわれたが, あるいは諸点, いつわらぬ陳述, からある, からこの, からつい, からでも推測, からもモラトリアム, から一瞬, から伸ばされた, から凡, から切り, から弾丸, から折れ, から煙, から発し, から発射, から着実, から視線, から輻射, があった, があらゆる, がさっと, がない, がぱっと, がムクムク, が世, が今, が何しろ, が劇的文体, が大きな, が存在, が拡大, が時間, が注意, が燈明, が現われる, が甲運動, が突然, が藻西, が附加, くっつけては, けがれ無き高い, こそ彼, しか目ざし, ずつひく, ずつ平常点, その残忍性, たとえば銀河, だか, だけがどうも, だけが今, だけが彼ら, だけが明暸, だけだった, だけであります, だけである, だけでも慥, だけで既に, だけにでも誘惑, だけに氷, だけは, だけをどうしても, だけを自分, だけを飽き足らず思った, だけ殺さなき, だけ牙, だけ知り合っ, だった, だも, つねられて, であった, であったの, でありかつ, であること, である処, でこの, です, でただ, での一, でひらっと, でもある, でもはや, でも他人, でも明るい, でも洩らしたら, でソクラテス, でドラマ, で何人, で全く, で凡庸, で喰い留めなけれ, で完全, で強く, で戦った, で戯曲, で渾然, で結びつく, で西洋, で足踏み, で開運, で頼っ, という, というよう, としてこの, としての揺るぎない, として取り扱う, として精神的, とともに目下上野, となつて, となる, とはニュアンス, とをおさえ, とを眼, と化し凋ん, と同じく, と思っ, と考えね, と考える, と見, と遙, なまめくその, なり呉公, にあつまった, にあらわれた, にいかり, においてかの, においてはただ, においては不釣合, においてめぐりあう, において共通, において我輩, において格, において結合, にかかる, にかけられ, にこそ問題, にごらぬ清らか, にしかも, にしるし, にすぎない, にすなわち, にすべて, にそれぞれ紐, にたどりつき, にだけ女の子, については論者輩, について興味, にとどまっ, にとまった, になっ, にのみは支配, にのみ集中, には集まらない, にばかり帰つて, にひっかけ, にふれる, にぽつんと, にむすばれ, にも均しい, にも行きつく, によって文学, にわたし, にプロレタリア, に下, に人間的哀感, に会した, に何, に停, に傾け, に兵, に凍りつい, に凝つ, に利い, に双手, に向けよう, に向ってる, に埋め, に存す, に対しては最大不幸, に小さい, に居酒屋, に帰せざるべからざる, に幾廻転, に強い, に強く, に感じられれ, に成る, に打消され, に括る, に放火, に数滴, に日光, に来た, に棒, に止, に止めた, に注がれ, に漂っ, に点火, に申し合わせた, に相, に知らず, に立ち, に立て, に符合, に約, に結びつけ, に絶えず, に縮まらん, に纏, に纏めよう, に置かれ, に美濃, に茶臼山, に落ちた, に要約, に見つづけ, に触れる, に近づけ, に送り込む, に関しては何人, に附着, に集っ, に集まらない, に集むること, に集むることを, に集約, に頼る, に高圧電極, のあかり, のいう, のうたがい, のきたない, のさえぎる, のすき間, のため, のにごりなけれ, のまわり, のみで, のみに重き, のみを凝視, のよう, のダアリア複合体, のムーシユ, の上, の不公平, の不徳, の不足, の人, の仕上げ, の位置, の余白, の光輝, の冷笑, の凝滞, の努力以外, の勝星, の厭味, の同情, の埃, の増上慢心, の妖影, の孤影, の害心, の寂寥, の導火, の局部, の工夫, の底, の弛み, の彼, の得, の怒気, の怪しげ, の悔, の悲しみ, の愛, の愧, の描き足し, の支点, の斑点, の明き, の星影, の時計, の暗い, の未練, の模様, の機微, の欠けた, の欺瞞, の汚穢, の波痕, の泥, の泪, の浮雲, の清い, の温もり, の温気, の火光閃, の灯り, の焔, の無理, の燈影, の燈灯, の燐光, の狂い, の瑕, の異風, の疑ふ, の疑惑, の痕跡, の白い, の白帆, の白金光, の白雲, の相違, の知力, の神秘, の私, の私曲, の精彩, の結び目, の罪, の羞恥, の翳, の翳り, の胡麻化, の艶味, の落ち, の虚偽, の虧隙, の血痕, の見どころ, の詐り, の誇張, の誠実, の誤謬, の賑やかさ, の輝く, の迷塵, の道義的同情, の邪心, の邪気, の醜悪, の針, の錆, の関係, の隙間, の難, の霊火, の非の打ち所, の飛行機, の飾, の鳥影, の黶, はあっ, はいまいましい, はこの, はそこ, はたとひ, はローマ法王, は前章, は取るだろう, は小山弁護士, は度外, は彼, は明, は見る見る, は議事堂, ばかりの類話, ぶちこわして, へと進行, へひとつ心, へ向い, へ吸い着けられ, へ帰っ, へ指, へ来, へ流れ, へ自分, へ集め, ぽとりと滴り落ち, まで切, みるべきもの, もしくは一以上, もたじろがず, もまた, も一線, も動かぬ, も大伯父, も得ず, も愧, も来, も現れ, も疑う, も真筆, も紊, も見せやしない, も見逃すまい, ゆらめいて, より他, より出でざる, より無罪, わからないこと, をいれた, をうつ, をさししめした, をさまざま, をす, をすら考へ洩し, をつくれ, をとら, をながめくらし, をのぞけ, をば軽々看過, をみつめた, をめがけ, をもっ, をよく, をパッ, を付けた, を何時, を先頭, を出発点, を加えよう, を動かず, を印する, を取った, を坤軸, を天, を孤立, を守る, を少し, を屡, を強調, を忘れ, を恢復, を意識, を打ち出した, を持つ, を指さき, を指し示す, を挙げ, を捉, を探し, を掴ん, を撰択, を晦, を極めて, を模倣, を決める, を注視, を消し去ろう, を疑わるる, を白眼, を目がけ, を目指し, を睨みつめた, を確実, を粛, を結ん, を蜘蛛, を見つめました, を見つめ得る, を見出しましょう, を見守っ, を見詰め出した, を視詰めた, を覗きこん, を認め, を認めました, を負けた, を述, を過ぎる, を長く, を除け, を電車, ノ汚, 一方から, 入ったよう, 動かすべからざる疑ふべからざる心霊上, 又はこの, 小さな蝋燭, 強い善心, 我慢強いところ, 打つと, 明るい灯, 曇りの, 浮かび出た, 濁らず使用, 疑うべき余地, 疚しい処, 白く光った, 美しかった, 見える, 負けたと, 違う所, 高きを, 黒い影

▼ 一~ (1459, 0.5%)

29 もない 10 である 9 になっ 7 なの 6 であろう, もなかっ, や二ツ, 残って 5 あった, だ, のこと, の国, も無い 4 ある, あるの, しかない, しよに, であった, でよい, にし, の方法

3 [17件] お上り, くるりと, だけある, なかった, なん, になつ, の, のもの, の事件, の女, の岬, の目的, はこの, やって, 消えて, 置いて, 越して

2 [91件] あって, あるん, あれば, おりて, お聞かせなさいまし, さげて, ずつある, だが, だけで, だよ, です, ですよ, でその, でない, でも多く, で千万金, で嘘, で失望, として彼, となっ, となった, と一手, ない, になった, になり, になる, による, に三日, に寄せ, に私, のよう, のカゴ, のザアッ, のチリ, のヒント, のポーズ, の事実, の人影, の仕事, の大, の大きな, の小, の岩岬, の島有, の工事, の建物, の影, の思想, の手段, の方, の村, の物, の現在, の理由, の眺望, の石, の笠, の罪, の船, の蓑, の説, の財布, は, は暗澹, は自分, は赫々, は青眼先生, は面倒, むいて, も居ません, も持たせ, も私, も見えず, やろう, や半分斫, を選ぶ, 上って, 下げて, 入れて, 動かさない, 古い談, 持って, 曲って, 残りし耳, 白い雲, 瞬いて, 聞いて, 見て, 見当らない, 買って, 頼んでも

1 [1090件 抜粋] ああと, あがらない御, あげて, あの牡丹餅, ありし初茸, ありは, ありません, あるいはナベヤキ一ツ, あると, ある切り, ある筈, いけねえこと, いぶかしいの, うなずいた, おいしく食わせ, おすと, おりました, お作, お床, お試し, お飲, かどの, かも知れない, から御用, か総称, がはじめて, がひつくり返, が乞食, が何, が八坂神社, が天孫, が庭, が彼, が独り手, が真実, が蘇我天皇, が言, が黄色, きかせずに, くらいを数え, ぐらいな, ぐらいの珍しい, けん, この穢多町, こまごました, こんなの, ごまかして, さがり遂に沢山, しかありません, しかなくなっ, しか持ち合せません, しか敷かれ, しか無く, した, したわけ, しつかりと, しても, しでかすもの, しねえか, しよにな, じゃって皆, じッ, ずつ, ずつこっち, ずつで空, ずつについて細心, ずつはいい気, ずつぶらさげ, ずつを持たせ, ずつ一時間オナラ, ずつ入れ, ずつ取っ, ずつ吟味, ずつ大きい, ずつ女, ずつ左右, ずつ握っ, ずつ検分, ずつ湾, ずつ生命, ずつ置かれた, ずつ話そう, ずつ蹈, せず却, その女, その用心棒格, その阿佐ヶ谷神楽, たずさえて, たのんだぜ, ためして, だけ, だけその, だけも屋根, だけ不足, だけ分離, だけ変らぬ, だけ書かなかった, だけ特に, だったそう, だってある, だと, だに持たず, だろう, ちがって, つか, つくる広, つまみ取るよう, つまんで, つ切りじや, であったこと, であらう, であります, であるかも, であるし, でこの, でございますから, でしたろう, ですか, ですし, でのああ, では私, でもいい, でも二ツ, でも何, でも命, でも盗まれた, でも行う, でも間違い, で五瀬命, で仕事, で俗, で四人, で売りだした, で天下, で桃色, で渡っ, で登っ, で立川文庫, で細々, で維持, で育てられた, で見事, で追い出す, で雨, で顔, と, という妄執, とし, としてダブっ, として人, として今日, として俺, として御座いませんでした, として欲しから, として胃の腑, となってる, となるべき, とは限らない, とも云, と五銭玉一ツ, と定, と思ひし, と置, ないじゃ, ない墨, ない家, ない槍ブスマ, なかろう, なさらうぢ, なさるでなく奥様, なると, に, にお, にかたく, にくくっ, にすぎなかった, にては暮し, にて建てん, にでも眼, になつて道教, にならねえや, にはさんざん, にはキク子, にはトミ子, には一躍, には冥土, には己, には散, には自分, には貧乏人, にみ, にも持主, にブルドッグ, に乗り, に供する, に分解, に包まれたる寝, に合せ, に向つた卓子, に壁上, に小さい, に彼, に成る, に拾, に数えうるであろう, に斬り落す, に検め, に父, に硯箱, に聖書, に育て, に自分, に襲, に見まわした, に長, に集め, に面白い, のこし, のす, のない, のみ, のイワレ, のカヤ中, のキッカケ, のスリツパ, のトラック, の不幸, の世間, の事, の仕, の例, の信仰, の傷, の入江, の力, の半, の卓子, の嘆声, の土瓶, の地域, の埒, の変形, の天災, の女中部屋, の如く, の孔, の安全地帯, の家, の小舟, の岩, の島, の幸運, の建築文化, の念願, の性格, の意外, の手がかり, の手紙, の敷居, の早合点, の書附, の最後的, の本筋, の栓, の歴史的, の池, の流れ, の漂, の灯, の煩, の犬, の甕, の町, の異状, の発見, の真相, の神, の秘密, の稀, の箱, の籠, の美事, の花, の茹卵, の薬瓶, の計略, の証明, の財産, の躰, の辻, の運命, の道程, の銃口, の鍵, の陣形, の隣組, の音, の頼み, の馬放島, の黒い, はあすこ, はあなた, はお, はどう, はコマ村, はツイ今しがた君, はポッ, は三枝ちゃん, は主人, は何, は共犯, は出入り, は右, は君, は外側一ツ, は大, は好奇心, は宅, は家, は左, は当家, は当日津右衛門, は彼所, は御木本, は志摩, は最も, は松岡, は極めて, は此頃, は母, は氣分, は生き, は生活難, は私, は算, は紅木大臣, は荒れき, は野蛮そのもの, は長瀬旅館, は陳, は風守, ひら, ふそくこれ, へだてた向う, へ薄い, ほんとにし, またこそ, まで粋, みを, もありません, もあろう, もございません, もしなけれ, もなく, もの思い, ももちたい, もらして, も不足, も凄い, も呉れた, も建て, も思う, も所持品, も投げたくなる, も新しい, も書ける, も欲しい, も満足, も無かろ, も男, も知らね, も約束, も聞こえなくなっ, も見せない, も見当らない, も言い, も買, も重大, やがてくれけり, やツ, ゆすぶった, よくない, をとりだし, をはっきり, をもいい, をハッキリ, を並べた, を取, を増したる, を引渡す, を手, を挙げ, を捜, を捻っ, を浴室, を祀った, を立て, を見詰め, を語つて, カラカラと, 上げましょうと, 与えられないもの, 云いたいこと, 倒れた音, 入れるべき隠処, 出かけて, 出て, 分けて, 前壺, 動けば, 去れば, 取どころ, 取り除いて, 受けると, 同じく近寄り, 呉れ, 咲いたつて花ぢ, 喜んで, 在るの, 売りに, 大いに力, 大きな瓢箪, 好い點, 寒く輝く, 寝の, 小さな壜, 弁えて, 御不省, 御座いましてね, 御祈祷, 御達し, 懸軸, 我が夏, 打破れたん, 投げこめば, 折れて, 拵えさ, 持ち出せなかつたん, 持つた, 持直したの, 提げて, 揺りながら, 撮もうと, 断って, 書いたらば, 書かれて, 有るの, 棄てるの, 残さず隅, 残した握飯, 残ってるんで, 残らずいろいろ, 残らず取除かれて, 残らず敏感, 残る疑問, 泣きついて, 浮いて, 減ったかも, 点頭いて, 熱いの, 狭い間, 現れて, 生きやう, 申そう, 知らぬという, 知りたいこと, 積み重ねられる, 立てずに, 考えさして, 聞いた, 蠢き始めて, 見えずイヤ何一ツ, 見えないやう, 見えなかったん, 見えぬ処, 見えるよう, 見られません, 見出されないし, 見落しては, 覚えて, 言うこと, 話しですよ, 謡って, 買ったって, 賭ける土蔵一ツ, 越した部落, 足して, 転がりゃあ, 逆毛, 運ぶ事, 遣ろう, 間に合いはじめると, 隔てたこの, 隔てたよう, 離して, 面白い事, 頬張ったるが, 飛んで, 飲みたまえ, 黄色い月

▼ 一~ (1314, 0.4%)

52 である 1710 です, の不安 8 であって 7 であるから, の興味 6 であった, であるが, の好奇心 5 であります, の恐怖, の魅力 4 であること, であると, であろう, の壮観, の快感, の感慨, の暗示, の誇り

3 [33件] すなわち外界, であ, であるという, と見, なりと, の伎倆, の信仰, の力, の反抗心, の味, の好意, の実験, の尊敬, の悲哀, の惰性, の感, の流行, の満足, の源泉, の畏怖, の緊張, の美し, の習慣, の自分, の臭気, の興奮, の苦痛, の親しみ, の調子, の軽蔑, の驚き, の鬼気, 言うべからざる

2 [78件] あるよう, いいがたき, か二種, であったろうと, である場合, である柳河特殊, ですか, ですかね, でなければ, といえる, と思はれる, と考える, と考へる, と見なし, と見られる, に属し, のなぐさめ, のなつかし, のもの, の不快, の不思議, の任侠的援助, の伝説, の光沢, の告白不感症, の坂路, の型, の小, の屈辱, の形, の心, の悪, の情, の惨, の愉快, の慣例, の慰藉, の懐疑論者, の戦慄, の敵意, の新調, の方法, の本能, の株式市場, の気品, の滑稽, の特別, の狂的, の理想, の癖, の白痴, の矛盾, の神秘的, の福音, の節奏, の者, の職業, の芸術, の虚偽, の蚊, の見, の詐欺, の詩趣, の認識, の読書家, の謎, の責任, の錯覚, の間色内閣, の関係, の風, の風格, の高等公園, は内界, は普通, 云うに, 摸すべからざる, 犯すべからざる威厳

1 [883件 抜粋] あらたまった緊張, あること, いうべからざる不快, いうべからざる懐古的情趣, いひがたき, いふべからざる優美, いふべからざる苦痛, いわゆる手継文書, か, かと混同, かね, かれに, か知ら, があっ, きは, きびきびした, ぐらいのつもり, ことなった殊, しかない, しわがれたよう, じゃ, すなわち同, そのほか, たとえば茴香, たとへ, たる植物説話, ださうで早速, であったから, であったが, であったと, であったのに, であったわけ, でありながら, でありまして, であり同じ, であるとして, であるみ, であるゆえ, である以上, である如何, である羊羹, である説, でしょうか, ですが, でないか, でね, でまた, で無く, といいます, といえない, といっ, としか思われなかった, としか見られぬ, となつ, となれる, とのみ信じきり, ともみなせる, と呼ばれるであろう, と定め, と看, と考へ, と見ね, と見るべきであらう, と認め, ないし二種, なり, なるボニト, なる地上, なる拓拔氏, なる田楽法師, なる親切, なる駑馬, なん, なドラマティック, にてそれ, には限っ, に屬, に過ぎず, のあくがれ, のえ, のおもしろ, のごまかし, のそねみ, のため, のつながり, のどよみ, のひがみ, のふしぎ, のほか, のぼんやり, のみで他, のみはいずれ, のもの悲し, のりっぱ, のアナロジー, のエキゾチシズム, のエピグラム, のエンテレヒー, のキッス, のコスモポリタン式エゴイスト, のタブー, のダムダム弾, のデカルト主義, のニヒリスト, のヒロイズム, のペダントリー, のマキャベリズム, のミイラ, のモラル, のユーモア, のレムブラント光線, のロマンチシズム運動, の三態たる, の上機嫌, の上着, の不幸, の世界, の主観論, の乱心者, の事実, の交換問題, の人物, の人道, の伝奇, の体系派, の作用, の侮蔑, の侵入者, の保守論派, の保險馬車, の假死, の偉人, の偶像, の催眠状態, の僻み, の優しみ, の元素, の公式, の公明正大さ, の共和的帝政主義, の冒険心, の凄味, の別天地, の創作, の創造, の動乱, の動物, の勢力, の匂, の匂ひと, の半音階的, の原動力, の原理原則, の参考品, の反抗的色彩, の叙事詩, の古い, の叫び声, の合理性, の同情, の名状, の名詞, の含み, の告白小説, の呪縛, の呪言的, の哀愁, の品格, の哲学体系, の哲学的空言家, の哲学者, の唯物論者, の商業, の喜劇, の喜歌劇, の嘆き, の囚獄, の因果思想, の因縁, の因襲力, の国民運動組織, の國際的團體, の圧迫, の基本的, の報告書, の塾, の壁, の売淫婦型, の変態, の変態性格, の外国語, の夜叉羅刹, の夢遊病, の大名, の大御所, の天才教育, の奇妙, の奇観, の女性, の奴隷たる, の妖気, の威, の威厳, の威圧, の婦人用たる, の嫌悪, の宗教心, の実践手段, の宣伝, の家風, の寂寥, の専門家, の専門技術, の專門技術, の尊王説, の居間, の山ざむらい, の崇厳陰惨, の左遷, の平民的虚無思想, の幽, の幽霊, の序次, の強力, の形式論理, の形躰, の待ち設け, の微笑, の快い, の思想, の思想統制, の怪物, の怪談, の怪魔, の恐ろし, の恰好, の悪戯, の悲壯, の情操偏癖, の情趣, の意識, の感じ, の感動, の感情耽溺, の感覺史, の慷慨派, の憂鬱, の憎悪, の成分, の手帳, の手形ぢ, の抒情的, の拝物教, の持藥, の攘夷論者, の政治的革命, の救, の救ひと, の敬虔, の文化, の文化運搬, の文明病, の新, の方, の方則, の日記, の昔話, の普遍的, の暖か, の有, の未, の札付, の果敢さ, の栄養不良状態, の根拠, の構成派, の構造, の模様, の権威, の權威, の歌, の正面的, の毒薬, の民主的, の気づまりを, の気体, の気分的人生ファン, の気安め, の気持, の気病み, の気違い, の気風さ, の求道者, の汎神論, の法式典型, の活力論, の淋し, の淫売窟, の深き, の清気盈, の源泉たる, の潔癖性, の潛勢力, の激しい, の無, の熱病, の燐光様, の特名, の特殊人種, の特異, の特色, の状態, の狐狸, の猴, の現状, の球技, の生気, の生活詩, の由來説, の町役人, の異人, の疑問, の病, の病熱, の痙攣, の痼疾, の皮殻, の皮肉, の目立ち, の盲, の直接, の直覚的, の直訳, の相対的独立性, の碧色, の社会政策, の社會的處罰, の神がかり風, の神秘作用, の神變不可思議, の禁厭, の秘密, の突風, の競争意識, の笑い, の符牒, の籠馬車, の粘り強, の精神異状者, の精神病, の精神病者, の精神的ナルチスムス, の糸, の細菌, の結晶, の絵, の縁, の纏まつ, の美くし, の美的宗教的, の羞恥心, の義憤, の考, の胸苦しい, の脱落症状, の自, の自嘲感, の自然哲学, の自由主義的水準, の致命的, の興, の舞踏様, の色狂, の芝居, の芸術的モンタージュ放送, の苦しみ, の荒物屋, の蜈蚣, の蠱術, の行, の衝動, の製法, の襟飾, の見本, の見物, の視力変調, の親愛, の解熱剤, の触覚, の言論統制, の訓練, の詩的精神, の話, の認識能力, の語り, の論理学原論, の諧調, の謀計, の譬喩譚, の豫言, の責任観念, の贅沢物, の身じろぎ, の辻斬り, の迷信, の迷心, の通俗小説, の連想, の遊戲, の運命論者, の道徳, の郷士, の野外劇, の野蛮的, の銘酒, の鑑賞法, の間隙, の関心, の陥し, の階級, の隱喩, の雑誌, の離村阻止運動, の電動機, の面白味, の音, の音楽, の音調, の風俗小説, の風化作用, の風情, の飾り, の香いが, の騙, の驚異さ, の魔性, の魔者, の魚, の黙想, の黴菌, は一国, は壁, は女子用, は幽, は模樣, は耳, は艇, は長期, ほがら, また二, むっとする, めかし立てて, も詩, よりも多く, を獲た, ノ寄生植物ニシテ年, ノ寄生物ナルヤヲ確定スル能ハザリシガ其後, 云うべからざる心持, 云うべからざる魅力, 低度, 何とも云い, 出でて, 利かぬ気, 厭うべき俗気, 変ったなまり, 変った人, 変った伝説, 変った新年, 変った来歴, 変った種類, 変った自分, 変わった人間, 変わりたる異様, 大人びた言葉, 尖ったおかしな, 惨忍, 抜き難い, 捨てがたい, 改まった気分, 沈んだ退屈さ, 渡り切れない氷河, 温かい軽蔑, 漠然たる癲癇的動揺, 煤けじみた鎮静, 物々しい緊張, 生きて, 田舎びた変化, 聖なる天, 見慣れざる異, 言い現, 言い難い, 言うべからざる温き, 買っては, 載って, 込み入った条件, 近づくべからず褻, 違った偉観, 違った温かい, 鋭い朝子, 騒然たる街上

▼ 一~ (1290, 0.4%)

150 の本 63 の書物 15 の雑誌 1211 もない 10 持って 8 買って 6 のノート, の帳面, の手帳, の書, 出て 5 ある, でも多く, にまとめ, のため, の中, もなかっ, もなく, 置いて 4 か二冊, とする, の写本, の薄い, も持っ, も残っ, も読んだ, 読んで

3 [24件] しかない, ずつ売れた, ずつ手, である, でも読んだ, とし, として出版, とって, に纏め, の仮綴, の創作集, の古びた, の歌集, の生理書, の詩集, も本, も無い, や二冊, を取り上げ, を取り出した, を手, を抽, 残って, 第二冊

2 [78件] あった, がある, くれました, ずつ持っ, だけで, だけ相当, です, では, でも, と, として, となっ, と雑記帳, に, にされ, にし, にした, に書き止め, に纏めた, に集められ, のって, のスケッチ帳, のノートブック, のバイブル, のパンフレット, の伝記, の原書, の古, の名, の大きな, の小さい, の小型, の小説, の帳簿, の文庫本, の方, の玉篇, の皮表紙, の絵本, の聖書, の良い, の草稿, の著書, の著述, の表紙, の鼠色, は, は私, もって, もなかつた, も出, も売れなかった, も持つ, も読まなかった, も読む, も読ん, をお, を何気なく, を出版, を取つ, を引き出し, を書架, を膝, を読む, を読ん, を開い, を開く, 加えて, 取り出して, 売ったらどの, 引きずり出した, 忘れて, 書いて, 読むにも, 贈るため, 載せて, 送って, 開いて

1 [691件 抜粋] あが, あげて, あったの, あって, あの本, あの雑誌, ありました, あるきり, あるだけ, あるのみ, ある本, あれば, おいて, おかしな古, おぼつかなくよみすすん, および多妻論一冊, お目, かある, からずつと揃ひで買つた, から始まっ, から読みはじめた, かりて, か二冊づゝ資料, か四日, があった, がいつも, がこの, がこれ, がはたして, がひろげ, がスリル, が他日, が出版, が振り当てられ, が果して, が残っ, が編まれた, が羈旅, が震火, くらいは読ん, くらい齧った, ぐらいずつで, ぐらいそういう, ぐらいのごくごく, ぐらいは盗まれる, ぐらいは買う, ぐらい読む, ぐらい読ん, こしらえようじゃ, ころがって, ころがり出て, さえ読ん, しか今, しか出さない, しか机, しか残っ, しのんで, ずつが読者, ずつその, ずつで, ずつできあがった, ずつのお, ずつの書, ずつの計画, ずつよめる, ずつを繰っ, ずつを繰る, ずつ入れ, ずつ兵卒, ずつ分ける, ずつ小さな, ずつ引っ張り出し, ずつ抜き出し, ずつ改めて, ずつ本, ずつ点検, ずつ生徒, ずつ続, ずつ集め, ずつ順々, その男, それからこわれた, たりとも, だけありました, だけがおさない, だけが収穫, だけこの, だけしか本, だけであった, だけでした, だけですつかり, だけで相すみません, だけについて物, だけは歌集, だけぶらさげ, だけをやらせ, だけ品切, だけ持っ, だけ持つ, だけ選ん, だして, だも, つくるん, つづき一冊, であつ, でありそれ, である新品月遅れ雑誌, でこの, でした, でまず, でもあれ, でも以上, でも余計専門上, でも借り, でも捨てない, でも書けたら, でも沢山, でも買, でも買う, で先づそ, で革命, という割当ての, とかの割当て, とか三人一冊, とした, としても興味, として三, として再版, として刊行, として我邦, として書かれた, として書き始められた, として最, として翻訳, として著, として遠から, として重版, として金田一先生, とつみかさねられた, となさん, とまとまった, とり出して, とるだけにさえ, とを示し, とベランゼー, とペン先, と今, と夢, と早大図書館所蔵本, と聖母像, と蔵書, と鼓, どうした, なの, におさめられた, にこの, にすら二十, についてどんな, につき, にとりまとめた, になっ, になつて, にはなる, には一銭位, には母, にひきつけられた, にまとまっ, にまとめました, にまとめられ, にまとめ上げた, にも成りぬべし, によってやす子, に二, に五枚一組袋入り, に半分, に問題, に四十頁, に私, に纏めたい, に至っ, に認め, に集録, ぬきだして, のうち, のお話, のぶ厚い, のほう, のほか, のまとまつた, のまま, のよい, のよごれた, のアイヌ神謡, のエハガキ・アルバム, のオランダ, のシェイクスピア, のスケッチ帳形, のソヴェト革命記念号, のノート一ぱい, のバアンズ, のパリ地図, のペルシア美術, のメモ帳, のワイルド・プロフォンディス, の万葉集, の三百部正味二百五六十部, の代価五両, の仮り, の作品集, の傍, の六つかし気, の写生帳, の冬, の出納簿, の切抜帳, の初め, の医書, の医者, の半分千, の単行歌集, の厚, の厚い, の原稿料, の参考書, の古ぼけた, の古手帳, の古書, の同人雑誌, の和書, の和本, の報告書, の売価, の多彩, の大型, の字, の小, の岩波文庫, の帳薄, の平凡, の年表, の御, の懐中絵図, の扉, の手帖, の掛け図, の文学書, の新しい, の新刊小説, の日記帳, の書巻, の書籍, の末尾, の楽譜, の歌, の洋書, の活動写真雑誌, の漫画, の画, の発行, の白, の石印, の稀覯書, の稿本, の紙数, の紫紺色表紙, の終り, の綜合雑誌, の綴じこみ, の綴込み, の自分, の自著, の草紙, の著述さ, の蔵書, の製本料, の見なれぬ, の記念帖, の詩, の論文, の部, の部厚, の重要記事, の長篇小説, の雑記帳, の黒表紙, はあるべきです, はうやうやしく, はこれ, はたしか, はふられ, はヒイタ・サントルム, はフランス, はルイ十四世, は不用, は二階, は例, は備, は其様, は厨川白村, は坪内博士, は大迫倫子さん, は大阪, は学科, は戦時中, は日本, は日本語, は日記, は映画雑誌, は書名, は最近中央公論社, は本屋, は決して, は澄太其人, は確か, は種々, は空色, は若い, は英蘭銀行, は茶道具, は評論, は語りかける, は軍艦, は野沢富美子さん, は階下, は鳩羽色, ひろげられて, ふえて, ほころびかかって, ほしいと, ほど好, ぼけた絵本, まで出した, まとめるやう, みつけましてね, もありませんでした, もいただきました, もき, もこの, もとらなかった, もとる, もねえ, もらった, も云わなかった, も土産, も売りつくし, も市, も手もと, も文献, も新しい, も書かれた, も来ません, も残らず読み尽した, も殘つて, も発見, も置き, も見つかりませんでした, も見当らない, も読まない, も買, も買わない, も長篇, やはり翼, よみました, よめば, よりほか, をあけ, をこの, をさ, をすべて, をつくり, をとっ, をとりあげ, をとりひろげ, をなした, をば翻, をひらき, をやり上げ, をアルス, をハステラー, を作りたい, を作りました, を借り, を入手, を八十両, を出し, を出した, を初編, を友, を取, を取り, を取りあげました, を取り上げた, を取上げかけた, を取上げた, を合作, を呈し, を堺家, を奥平藩, を奥様, を小石川日本女子大学校松柏寮内倉田艶子, を後生大事, を得, を戸棚, を手提袋, を抜きとっ, を抜き取, を抜き取っ, を抜出し, を持ち合わせない, を持ち直し, を掴ん, を改めて, を教室, を止むる, を残し, を熱烈, を理解, を眺め, を示した, を示す, を私, を紫檀, を綴りしか, を繙かれるなら, を置い, を習得, を西郷ニ, を見終る, を読みだす, を読み終る, を読み進ん, を買う, を買った, を買取つて, を送っ, を選び, を頒, を食べ, を駒井, ヲ受ク, 上げます, 丸ごと立読み, 備えて, 入って, 共に上木, 出した, 出したので, 又一冊, 取って, 取り出しました, 取り出し寝台, 取上げた, 同じもの, 増したと, 増して, 売りは, 届けさせたから, 届けられた, 差し出しても, 引出して, 御申込, 投げ出して, 抜きだして, 抜取ると, 抱きかかへて, 持ち出し私, 持ち行き二冊, 持ったまま, 持て居て, 捻ぢ, 書く, 書く習慣, 残らず全部, 残らず綴じて, 求む, 片づけはじめた, 見えて, 見つけた, 見付からないって, 見当らない, 読み了, 読む, 読めないから, 読んじゃってから, 読んだわけ, 調べて, 買いそれ, 買いにくい, 買い求めたが, 買うだけの, 買うの, 買おうと, 買わせて, 貸して, 購いたまえと, 贈らせること, 載せられて, 送つて, 遺って, 黒い背布

▼ 一~ (1287, 0.4%)

3417 がある 16 だが 11 です, を知っ 10 で, はどう 9 さ, である 8 というの, のこと, を話し 7 があっ, であった, でしょう, ですか, に就い, を報告, を話した 6 か, は 5 に就, の話, も落着, を, を話す 4 が気, が落着, なの, に係り合い, のため, の方, の時, は落着, を聞かされ

3 [23件] が, がまだ, が露顕, だな, だね, であること, ですから, ですが, ですよ, なん, なんで, にし, のとき, の事, の埒, の始末, の後, はまったく, もその, をそっと, をよく, を思い出した, を詳しく

2 [81件] から何だか, から平次, があります, がお, がどうも, が何, が出来し, が出来した, が大, が絡ん, が耳, が解決, が評判, じゃございません, だから, だがね, だなと, だもの, だよ, だろう, であげられました, であります, でお, ですがね, でね, で来た, といい, といふの, とは, とは何, なぞは, について何, について自分, にはお, には係り合い, に関係, の, のあった, のよう, の原因, の物, の続き, の詮議, の金額, はあの, はお, はその, はまず, はまだ, はわたくし, はわれわれ, は何分よろしく, は大抵, は後, は無事, は誰, ばかりはまるで, へ兄哥, まで持ち出した, もあり, もあります, も一埒, をあらまし, をすっかり, をどう, をもう, を忘れ, を忘れる, を打明け, を根, を母, を測らず, を物語り, を知った, を聞い, を聞いた, を聴い, を言い出した, を話したら, を語った, ヲ片

1 [783件 抜粋] あったほか, あの幾点, あります, お詮議, かい, かそれとも, かと思っ, から, からこうして, からこの, からしよう, からだ, からでした, からはこッちの身一つ, からまだ, からまるで, から世界, から五十幾年, から初め, から富蔵, から巣, から急, から段々, から荷, があそこ, があった, があり, がありあり, がいつか屋敷, がうかん, がおこなわれた, がこびり付い, がしきりに, がその, がそれ, がない, がなけれ, がばれ, がほんの, がもう, がわたくし, がキツカケ, が了解, が人々, が出た, が出来しました, が反映, が唯, が問題, が大勢, が大手, が如何, が妙, が当時, が意, が成功, が持ち上った, が明白, が本店, が正式, が江戸表, が濟, が無事, が片付き兼ねる, が町奉行, が知れた, が祟っ, が祟ッ, が絶えず, が落着次第, が親, が起こっ, が転じ, が逐一, が適当, が頭, ぐらいだ, さえお, さえわからなけれ, じゃあありません, じゃありません, じゃが, じゃが大殿, じゃござんせん, じゃで, すなわち品地別命, た何, た鼻事件, だけそれ, だけで, だけで云え, だけは, だけはここ, だけは全然, だけは私, だけを申せ, だけ引っかかっ, だその, だぞ, だったが, だつて, だと, だなんて, だのカフェー, だッ, だ余, でああ, でありました, であるが, でおれたち, できみ, でご, でございまして, でございます, ですがねえ, ですがナ, ですっかり, ですつかり氣, ですもの, ですネ, でその, でそのまま, でなぶり, でほ大分, でまだ, でもミンナ貴様, でも知る, でわたくし, でネ, で今にも, で例, で出張っ, で変死人, で大勢, で失敗, で宜しく, で小倉, で度胆, で当分江戸, で我が身, で手前共, で早く, で木村, で気病, で無いに, で牢名主, で神保, で笑われた, で聞けば, で腹, で言, で錯雑, で饅頭, で麦粉菓子, と, という義務通り提案, という言葉, とが殆ど同時に, とが結び付い, とその, とは一つ, とは全く, とは別口, とは深い, とは違っ, とまるで, と一日, と何, と手, と政治的, と狐, と結びつけ, と駿三, と鶏, なあれ, なぞは知らない, などがあっ, などにあ, などはむろん, などは事実, なども出, なども恐らくは, など根, ならわっ, なんかあと, なんか面白い, なんざ, なんぞはそっち, なんぞはとうに, にからかっ, にからん, にちげ, について, についてあなた, についてこんな, についてしばしば, についてなんにも, については彼, については本国, についてひと通り, についてまだ, についても黒田ん, についてステパン・イワーノ, について彼, について書く, について訴え, について長八, について非常, になりました, にはどうしても, には何, には大吉, には底, には決して, には犬, にも関係, にゃあ, に何, に係り合う, に係吟味, に助太刀, に取りかかった, に基づい, に外, に対する自分, に就き, に横手, に次郎吉, に直接関係, に話, に近い, に重大, に関してのこと, に關係, に驚かされ, ねあんな, のお, のおもしろい, のかかり合いであろう, のつもり, のやう, のアリバイ, の下手人, の仕掛, の処, の女, の女的, の実証, の家筋, の当時, の御, の御用風, の時分, の晩, の杖, の泥, の片付かない, の片付く, の疑問, の繪, の繻子張, の背広, の脇差, の船, の菅笠, の要事, の解決, の記事, の証文, の詳, の豫約, の起こつてる, の輪郭, の金時計, の願, はあかさなかった, はあなた方, はあれ, はうや, はけり, はこの, はこれから, はすっかり, はすべてわたくし, はそれ, はたしかに, はどういう, はどうぞわっ, はない, はなにぶん, はなん, はね国元, はひょっと, はまあ, はめでたく, はわたし, はドウ, はモウ, は一番カンジン, は万事, は三田村, は世間, は丹後宮津, は事実, は今, は何日, は余, は俺, は僕, は先日, は全く, は十両, は吾, は唐, は嘘, は四谷, は大略今, は天保三年正月, は天台龍宝寺, は如何, は安政二年三月六日, は小栗, は少し, は已に, は当時, は心配, は慶応元年, は政府中, は文久元年九月, は旗本屋敷, は是非内證, は暫く, は模様, は橋, は次郎, は決して, は消滅, は片, は瑞仙, は留, は相, は署内, は自作, は菓子屋, は説明, は調べ, は重, は闇, は頗る, は馬丁平吉, は鳥亀, ばかりは確か, またある, もうぬ, もおそらく, もきっと, もこれ, もぜひ, もてえし, もどうにか, もなかっ, もまず, もみんな埒, もやや, も何, も余さず片づけ, も同じ, も困つた, も大切, も決して, も漱石, も町じゅう, も皆ここら, も真名古, も自分, も薩州屋敷あたり, も露顕, や, やなんか, やを次々, や今日, や烏羽玉組, や自分, より日清, らしいの, をあんなに, をお, をかんた, をききこんだ, をくり返す, をこいつ, をこの, をさばく, をしかと, をすり付け損じた, をたのまれた, をつ, をつまり, をなははははこ, をのぞい, をはからず思い出した, をべらべら, をみ, をもう一度, をも話し, をも酒, をスッパ, をノズドゥリョフ, を一分時間, を万次郎, を下ろした, を並べ出す, を事, を云う, を京助, を他人, を他言, を何, を俺, を再び, を出来る, を切り出し, を勧めたら, を南, を受取った, を同心ら, を吐き出す, を嗅ぎつけやがった, を噺, を増田君, を大形, を女房, を始末, を宣告, を尋ねます, を小脇, を市五郎, を平次, を当, を御, を心, を忘れない, を怒り, を思い合わせ, を急い, を感, を感づく, を打ち明け得ずしてやみぬ, を持ち出した, を持っ, を指し, を握っ, を林之助, を果す, を梅次郎, を注進, を洩らす, を父, を片付け, を物語る, を申出でた, を発明, を白状, を知つて, を知らない, を知られた, を確かめたい, を秘し, を穏便, を立, を考える, を聞き知っ, を聴かされ, を聴く, を脚色, を自白, を薄々, を見る, を言い叫ぶ, を言わなけれ, を訴人, を詮議, を話し出した, を詳らか, を語りだした, を説き, を説明, を調べ, を調べる, を貴様, を身体, を追求, を遣付けた, を附会, を頼みこん, を頼み込ん, ネあの, 全く落着, 御奥, 御筆

▼ 一~ (1215, 0.4%)

33 終って 19 の終り, 終ると 149 か二回, や二回 8 のとき 7 の時 6 の公演, の興行 5 の使用, の公判, は必ず, 終る 4 しか役立たない, たりとも, の会合, の割合, の勝負, の失踪, は一回, もない

3 [16件] あった, した, だけであった, と第, のお, の事件, の入学生, の探検, の発作, の総, の試演, の選挙, の郵便配達, もこの, やって, 終りスコット

2 [77件] が, ぐらいのもの, しかなかっ, して, すんで, ずつ執筆, だけ, だけである, では, で結末, としては成功, にし, になり, に恐れ, のメーデー, のロケット, の主宰神, の乗換, の休み, の休息, の便り, の八犬具足, の公開演奏会, の冒険, の割, の卒業生, の原稿, の噴出, の報告, の大, の展覧会, の巡視, の拷問, の攻撃, の数行, の普選, の書初め, の殺人事件, の演説, の犯行, の砲撃, の祈祷, の禊ぎ, の空襲, の終り頃, の総会, の舞台, の覚醒, の訊問, の訪問, の詠, の試み, の誕生日, の講義, の起点, の運動, の遣, の配達, の雪下ろし, の震動, の音信, の食事, は成功, まわって, もその, もなかっ, も泣, も無かっ, も話し, より第, 全ソヴェト同盟作家大会, 全連邦ソヴェト作家大会, 勝てば, 書くの, 終ったの, 総選挙, 読んで

1 [831件 抜粋] あったが, あつた, あり, あるいは五里一回, あるきり, あるのみ, お関所, からえらい, からずつと愛読, から主要人物, から十二回, から声, から第, か二回くら, か半年, が八十マイル, が出来た, が四時, が救い, が浮ん, が発表, が自分, が重複, が開かれ, きまって本郷, きめられた日, くらいずつ発行, くらいは顔, くらい戦争, ぐらいの水, ぐらい一週間, ぐらい文展, ぐらい正当, この分岐溝, この金, しかその, しか上演, しか使用, しか機会, しか繰り返さない, しか言わなかった, しか読まなかつた, しか通らない, したそう, すむと, するを, する事, ずつしか発信受信, ずつの催し, ずつの入院費, ずつギリギリ, ずつ三日, ずつ上, ずつ変っ, ずつ教え, ずつ書い, ずつ書く, ずつ特別, ずつ行われる, ずつ遭遇, ずつ隆吉, ずつ集る, せいぜい二回, その入学試験, それから二人目, だか, だが, だけいいます, だけこの, だけしか無, だけしか行, だけであったなら, だけです, だけでない, だけに石川達三, だけの事實, だけはぜひ, だけは必ず, だけは防げる, だけやっ, だけトロット, だけ午前中, だけ来, だけ箱, だけ艇, だけ辛抱, だけ重々しい, だったし, だったの, だつて, だに自分, で, であった, であるが, でおしまい, です, でその, でたくさん, でも休む, でも取った, でも多く, でも黙想, で十三年, で十八, で完了, で成功, で支, で最後, で東宝, で筆, で羞恥, で読者, というわけ, といえ, といふこと, とか二回, とか聞い, ときまってる, としては頗る, として五十回, とだけあと, となり, とも人, と二回, と午後, と私, と船, と重, などという怪しから, なめると, なりすくなくとも, にいでし, にいる, において古市加十, において黙々, にする, について人夫賃, につき金三十円, にて完結, には, には参加, には弟, には素裸, にまず, にもやはり, にチョイト噂, に一本, に三十人, に二ツ, に五十人, に亙っ, に出た, に制限, に十五日, に千五百円, に印, に及ぶ, に四合瓶一本づつ, に天子様, に射精, に搭載, に書いた, に書かれ, に歴遊, に減じた, に用いた, に終らず, に行った, に行われる, に過ぎず, に限る, ぬけます, のこころもち, のその, のだってある, のぶん, のみであった, のみにあらず, のカケ金, のカタリーナ達, のストライキ以来, のセキストン, のヒューザン会展覧会, のユネスコ大会, のランモア競馬, の三分の一, の上演, の世界悲劇, の中間報告, の予定, の二円, の仕事, の会戦, の例会, の修了生, の偵察団, の元旦, の入り, の入試時期, の公証人, の写真, の出征, の出来事, の出演料, の出遊, の創立大会, の努力, の効果, の卒業論文, の卒業論文中, の博覧会, の取り調べ, の取調べ, の受験, の吸引力, の呼出し, の呼声, の嚏, の地震, の報道価値, の墓参日, の声, の外出, の夜間空襲, の大会, の天龍寺船, の失敗, の始まり, の学芸会, の実験, の宣伝広告, の対面, の小, の展覽會, の帝国議会, の平均, の廻, の徒渉, の応召, の応答信号, の恐ろしい, の悲劇, の悲劇以来, の懇親的会合, の戦争, の戦端, の指揮者ランナウ君, の掠奪, の探検旅行, の撮影, の支部図書館準備会, の攻勢, の放火, の政綱, の敵前上陸, の斬髪料, の新粧, の旅, の旅行費, の日本一たち, の日記, の晩餐会, の暗黒公使, の書画会, の月番役, の末尾, の校正, の歌舞伎座かぎり, の正月, の殺害, の民会, の決定, の測量地点, の準備会, の滞在期間, の烈震以来, の犯人, の犯罪, の用命, の田原坂攻撃, の病, の発表, の登場ぶり, の登山, の盂蘭盆会, の短篇, の石川達三, の祈祷料五両, の移民, の移民船香港丸, の管弦楽試演, の精神講座, の細君矯正, の組, の結果, の綜合競技, の総合研究会, の習慣, の翻訳, の肩, の腕試し, の舞台出演料, の芸術労働者大会, の茶会, の茶話会, の藤さん, の見事, の見参, の観劇会, の観測, の角力見物, の記念日, の訪問隊, の試作品, の試演日, の謂, の議案, の赤十字慈善興行, の蹉跌, の追撃, の逢瀬, の選, の郵便物, の野球試合, の釣遊, の鍬入れ以来, の開業式, の間食, の降雪, の集り, の雨天, の飛下り, の食焔会, のMRA, はかかさず, はきっと, はきまって, はちょっとした, はどうにかこう, はにやけた, はよかっ, はビュルゲル, は一ノ谷合戦, は三児, は二十八年二月はじめ, は京都, は余, は六月, は勝ち, は午後十時三十分, は合奏, は大原満, は大正三年十二月十一日, は実に, は家族, は巧, は徹夜, は必ら, は手違, は明治二十一年六月, は朝, は村, は歌舞伎座, は母, は父, は玄人, は現に, は白耳義, は確か明治三十五六年, は秀吉方, は美事, は臣, は被害者, は誰, は馬鹿, は麹町, ふと思い出した, まいただけ, まわしました, みて, もありません, もありゃせん, もこれ, もしくは二回会合, もしくは半年, もそれ, もやった, もやめず, もクロ, も下, も乗降, も会, も停車, も出席, も噴火, も壮途, も寇家, も我々, も書いた, も村, も烏, も無い, も祖母, も聞いた, も聞かざりし, も虐待, も解放治療場, も註文, も講義, も起らなかった, も足, も野宿, も非常警報, も音信, やかましく云, やはりお子さん, やめれば, やり宿, やるか, よくね, よりせぬ, より三回, より勝負, より多く, わが邦, を, をかなりよく, をこの, をすませ, をもらう, を以て終始, を休演, を小説定休日, を犯人, を筆間茶話, を終りました, を試み, を試みる, を載せ始めた, を開き, を開く, ノ失敗モナク成功シテイルカラ, 上げますから, 不當, 乗るごと, 仕入れて, 休み都会議員, 休んで, 入った, 全ソヴェト作家大会報告, 全連邦作家大会, 出すの, 出て, 勝ったこと, 又床, 受けたが, 回った後, 多く取る, 大きい徒渉, 小汽船, 廻るべき角, 御試験, 必ずテスト, 投げ込むだけの, 押入れなぞ, 数えても, 新しいの, 来た, 済ませて, 済んで, 着せたもの, 第二回, 第二回ごろ, 終った, 終ってから, 終りハヤシライス, 終りホテ・グリ, 終り上海亭, 終り宿, 終り腹具合, 終る何とも, 終る雨, 続けて, 聞いただけ, 聞けば, 舞って, 行って, 行われこの, 見るにも, 負けて, 起きて, 迄及び, 送られるわずか, 送り出す, 遣り損ない指, 開く, 開くの, 集って, 食べるだけの, 鳴き夜中

▼ 一~ (1204, 0.4%)

121 である 30 を挙げれ 28 を挙 26 であるが 24 に過ぎない, を挙げる 23 を挙げ 16 をあげる 13 として 12 であります, にすぎない 11 です, なり 10 だが, をあげれ 9 は, は第, を申せ 8 がある, では, を見 7 であろう, をあげ 6 だ, だと, であった, として私, と見る, を挙ぐる, を申します, を示す 5 であらう, ですが, としてここ, としてこの, により, を上げ, を示さん, を言, を言え 4 であって, としてある, として挙げた, にし, に過ぎぬ, をあげた, をいえ, を挙げん, を示した

3 [23件] かもしれない, であ, でありました, であると, であろうと, として右, として我々, として挙げ, とする, なの, になる, にはなる, によつて, をあ, を以てし, を取る, を挙げた, を挙げよう, を擧げ, を擧げる, を擧げん, を示せ, を第

2 [47件] から考え, があった, がこれ, が見られる, たり, だったと, でしか, で君, で彼, ということ, といっ, としては, として之, として京都, として提供, として日本人, として次, として駱駝, とす, となる, とみられる, と見, なん, にすぎぬ, にすぎません, に外, に就, に徴する, に過ぎざる, のごとき, のやう, は先年, をいう, をとれ, を上げる, を之, を取り出し, を御, を挙げます, を挙げるなら, を擧げます, を擧げますれ, を此処, を示さ, を示そう, を私, を見る

1 [476件] あるのみ, かと思う, かもわからない, かも知れない, から石原博士, から観察, から觀察, が, があつ, があの, がこ, がここ, がこの, がこんな, がエルジン郡, が前, が単色版式飜訳, が示された, が社会常識, が芸術的価値, せば, たるべし, だから, だがね, だけあげる, だけだ, だけで, だけです, だけで説, だけ挙げ, だし, だったかも, だよ, だろう, で, であったと, であったという, であったよう, であつ, でありさらに, でありまして, でありますが, であります今, であり阿倍仲麿, であるいづれも, であるかも, であるに, であるよう, であるらしい, である或は, であろうか, でいえ, でいつ, でおそらくは, でかうボケちやア, でここ, でこの, でございますが, でしょう, でしょうかな, ですからね, ですけれど, ですべて過去, でその他建築, でそれほど, でなければ, ではっきり, でまだ, でみ, でもおおい, でもわかる, でも分っ, でも分ろう, でも官軍, でも見られる, でも訣, でタチツボスミレ, で一方, で主, で京姫, で僕, で分かるだらう, で外, で少年, で已に, で平生, で広津, で斯ん, で泰山府君, で特に, で珍, で蜆, で見る, というの, といえなく, といえよう, といつ, とさるる, とした, としてあげました, としておもしろい, としてかなり, としてことさら, としてこれ, としてごく, としてその, としてどんなに, としてながめ, としての京都, としての興味, としてはい, としてはトルコ, としてはルクレチウス, としては和漢, としては成都, としては新しい, としては日活トーキー, としては私, としても観察, としても都會文化, としてやはり, としてインド産, としてカイン, としてグランド, としてコルトー, としてデカルト, としてドストイェフスキー再認, としてパラフィン, としてパン, としてプルードン, としてロッツェ, として一人, として一数字, として一數字, として一部, として万葉巻十六, として三井, として五ドル, として五十年前, として交易, として人力車夫, として仕立てた, として他, として以下, として余, として例へば, として先年, として先年栃木町, として先日曳網, として先程発表, として再び, として出した, として出版, として列記, として労働争議, として勿論, として十年前発行, として去る, として参考, として取扱, として古典, として可能, として同じ, として吾, として商人, として団扇屋, として国語教科書, として大体, として大和, として妻, として室生さん, として富田氏, として幼年学校, として広く, として建築, として彼, として彼等, として後日, として御, として徳川斉昭, として我国, として拝借, として持出したい, として挙げられよう, として挙げれ, として採っ, として掲げよう, として擧ぐ, として擧ぐべきであらう, として擧げる, として放射形, として数名, として文学, として日本大学, として日清戰爭, として更に, として書いた, として最も, として本日, として構成, として歐洲, として母音調和, として江戸平民, として浜野, として深く, として滑稽, として濱野, として特に, として第, として篁村氏, として綾取, として置いた, として聖母マリア, として自然科学, として良永, として若い, として苦々しく, として茲, として菅沼, として著作権法, として著者, として見, として見るべし, として見れ, として観察, として解す, として言っ, として記し, として話す, として貧窮組, として近松半二作, として部屋, として酒, として頭文字, として飲み屋, として飼養, として魔王ルチーフェロ, としよう, とすべし, とすれ, とでも申しましょう, となされたれ, となすべきであろう, となすべし, となった, となつて宗右衛門, となるだらう, となるであらう, となるべし, とはなる, ともいうべき, ともいえよう, ともなるべけれ, とも考えられる, とも見られる, と思われる, と感じました, と考える, と考へたい, と致しまし, と見なされる, と見るべき, と見るべきであらう, と見るべきである, と見るべきであろう, と解すべき, と言うべし, と認めね, などとこじつけた, なども近頃, など至極, ならん, なりこはいふ, なりしかも, なりもって, なるべし, なるべしとい, なる衣裳, に, にあげました, にしよう, にすぎず, にすぎずし, についてみ, についても狸, について見る, にても分かるであろう, にて知らるるごとく, にとつ, になり, になろう, にはペルシア王キルス, にはボナパルト, にまで書く, にもなり, にも違, にも違い, によっておよそ, によってだけでもわかる, によってみ, によって不服, にチベット人, に備え, に入るであろう, に出合わす, に取っ, に天気, に尽きる, に属する, に屬, に府下駒込, に引い, に引いた, に心酔, に或, に挙げ, に於, に活動寫眞, に照らし, に現代, に箱根, に考え, に至り, に見まし, に近い, に過ぎないであろう, に過ぎなかった, に過ぎません, に違, に違い, に類する, ね, のみ, のみを云, の恐怖, の概略, の祈祷, はある, はいわゆる, はおなじみ, はかう, はその, はただ, はよく, はわが, はわれわれ, はフォウト・ライリィ勤務, はフランス, はレコード, は一八八一年三月一日, は万葉集巻一, は世間, は九州, は京都堀川, は俳句, は停車場, は内容, は前, は去る, は右よう, は同, は同じ, は在満, は夢, は天慶元年, は夫, は学院, は彼女, は意味, は所謂, は批判, は播州明石町, は支那, は數年, は日本人, は昔南北朝といつて二百七十餘年間南北兩, は昨年末, は横浜桜木町, は次, は此疑問, は此種, は江戸, は法師, は淡路, は相州箱根宮城野村, は竜灯, は紀州西牟婁郡, は羽前, は芸術, までに記し, もしくは第, を, をあげます, をあげよう, をあげるなら, をいつ, をいふ, をこ, をしめさん, をすべて聖母, をとっ, をとつ, をとつて, をとるなら, をまざまざ, をもっ, をもつ, をわれわれ, を上げるなら, を云, を云う, を云え, を人口問題, を以て科学, を以て言ひま, を仮定, を作りたる, を加え得た, を取っ, を取つ, を取り出す, を取れ, を左, を引い, を引かん, を引き, を引く, を引こう, を引ん, を引用, を拳, を挙げますなら, を挙げますれ, を挙ん, を掲げ, を掲げた, を掲げる, を揚げ, を擧, を擧ぐる, を擧げた, を擧げまするなら, を擧げるなら, を求むれ, を演, を申し, を申し上げます, を申し上げますなら, を申上, を知っ, を示さう, を示さうなら, を示された, を示し, を示したい, を私自身経験, を立場, を自分, を茲, を草露貫珠, を見せ, を見た, を見渡しまし, を観察, を言います, を記す, を記憶, を語らね, を語る, を謂, を述べた, を附加, を除く, を頭, を高麗焼, 即ち住家

▼ 一~ (1176, 0.4%)

40 の鳥 25 の小鳥 22 の雀 20 の鳩, の鳶 17 の鶴 14 の鴉, の鷲, 飛んで 13 の烏 10 のからす, の鶯, の鷹 9 の大きい, の鴨, の鶏 8 の大きな, の梟, の白い, の蝶 7 の, の雌鶏, の鸚鵡 6 の白鳥, の雁, の雉, の鷺, 来て 5 の雲雀, や二羽 4 いる, とまって, とんで, のつばめ, のはくちょう, の雄, の雉子, の鳥影, の鴎, 啼いて

3 [24件] おりて, だ, のすずめ, のハト, の大, の孔雀, の山鳥, の山鳩, の巨大, の燕, の牝鶏, の白鷺, の紅雀, の赤い, の野, の飛ぶ, の鴿, よなし, 下りて, 出て, 止まつて, 舞って, 買って, 起ち二羽

2 [68件] いても, か二羽, が, が六尺, たふと, だけ, では, とって, とまつ, と思ふ, に似, のあひる, のいふ, のかい, のかわいらしい, のカナリヤ, のソホーソホ鳥, の伝書鳩, の十姉妹, の友, の名, の大鷲, の大鷹, の如き, の小さな, の小禽, の影, の橿鳥, の毒, の猛, の獲物, の翡翠, の肉, の若い, の英姿, の荒鷲, の食料, の駒鳥, の鵞鳥, の鵲, の鶉, の鷄, はどう, はのぞく, は代る代る, は見上げ, また一羽, も姿, も見えない, やすんで, ゆるく舞っ, ゐれば, 入って, 囀りに, 懸った, 描いて, 提げて, 来し, 来るか, 止って, 止まって, 残って, 画かれ其尻, 立ち二羽, 降りて, 飛び出して, 鳴いて, 黒い山鳩

1 [579件 抜粋] あつた, ありて, あわただしくた, いずこ, いるが, いると, うずくまって, うつくしく, おっかなびっくりで, おどろいたよう, かけられて, かってな方角, から目, がおなじ, がころげける, がそろ, がとべ, がとん, がな, がのこった, がまた, がむやみ, がゆるく, がジャック, がトタン, がフラツ, が一代, が一年, が三銭, が今, が何円, が出, が別荘, が啼け, が嘴, が害, が待, が待ちかまえ, が忽然と, が怪訝, が手綱, が来た, が死ん, が泳い, が瀞, が犬, が異郷, が病氣, が眞近, が空中, が終った, が絶体絶命, が縁端, が群, が舞, が舞いあがる, が花, が見事, が追いかけた, が逃げ出し, が飛びあがっ, くらい鴫, くれ, くれェ, くわえたり, ぐらいで大事, けたたましい鳴, この男, この鈍, さえ通さない, さっとどこ, さも大事, しかいない, しきりにかさ, しょんぼりと, すなわち〇・一プロセント, すらそこ, すら落せなかつた, すんで, ずつそこ, ずつと地道, ずつの美しい, ずつ入れ, ずつ密, ずつ後先, ずつ手, ずつ放し, ずつ最期, ずつ本物, ずつ来る, ずつ生き物, ずつ空, ずつ静, そのうちとったら, そのふち, その下, その中, その茂り, それからその, だいじに, だか, だから, だけが何度, だけしなった, だけじっと, だけでもあるなら, だけのもの, だけは自由, だけ悪い, だけ残っ, だけ首, だっても神様, だってやれる, だって飛ん, だつて, ちゃんと登場, ちょこちょこと, つぶした, であるが, でこんな, でご, です, ですし, でとぶ, でも兎一疋, でも取った, でも数, でも獲, でも珍, でも飛ん, で啼く, で有っただろう, で飛びわたる, とあと, というもの, という上手, といつ, とである, となつて, となり, となれ, とはあまりに, とまったくらい, とまりまた, とまる, とまる頬紅つばめ楊, とまれば, とりのこされた雄, とれましたから, と一羽雀, と他, と卵, と灰色, と野菜類, と長追い, と間もなく, と雌三羽, と鶏卵十五個, などの手土産, など卑俗, なら慈音, なりあるいは, につき一人, につぐみ二, になっ, になつ, になつたの, になり, にまでも近づい, に一円五十銭以上, に近, に雌四羽位, に雌鶏四五羽, のあきれる, のあひるさん, のお, のかち, のかもめ, のかわせみ, のくろ, のくろい, のこってか, のこってるん, のこれば, のさよ, のしら鳩, のそれ, のついぞ, のつぐみ, のとき, のとんび, のはと, のほか, のほととぎす, のもと, のもの, のやや, のよう, のりっぱ, のわし, のウリリ, のオウム, のオツネン蝶, のジヤコウアゲハ, のトビ, のペリカン次, のメキシコ孔雀, のロッペン鳥, のローラーカナリヤ, のワシ, の七面鳥, の不死鳥, の丹頂, の仔鷲, の他, の価, の兎, の八咫鴉, の可愛い, の大鶴, の天使, の子, の完全, の家鴨, の寒鴉, の小雀, の小鳥来, の山鴫, の岩燕, の巨きい鳥, の巨鳥, の年寄つた牝鶴, の揚羽, の揚雲雀, の旦那様, の椋鳥, の毒蝶, の灰色, の無心, の牝, の牡鶏, の珍しい, の瑠璃鳥, の白鳩, の目白, の目白はん, の直, の相手, の眞赤, の真白, の禽, の秦吉了, の窮鳥, の立派, の純白, の翼, の胡蝶, の色鳥, の若, の蛾, の蜂雀, の蜻, の蝙蝠, の見慣れない, の見覚え, の角鷹, の講義, の赤蜻蛉, の足もと, の野鴨, の金, の隼, の雄鶏, の雉子身体, の雌, の雌鶏みたい, の雛, の雛っ子, の離れ, の雪白, の雷鳥, の青味, の頭, の飛びまはる挙動, の飼い, の馴れない, の駝鳥, の魚狗, の鳴く, の鴛鴦, の鴻, の鵜, の鵠, の鶇, の鶚, の鶺鴒, の鷓鴣, の鸚哥, の黒い, はお, はこちら, はそこ, はそれ, はどこ, はなし, はふち, はもうこ, はエロシンコ君, はチュン, は一ヶ月, は一月前, は一羽, は何, は元禄十一年三月二十九日, は卓上, は口, は同じ, は宙, は尻, は捨てる, は木鉢, は泣い, は浮かず連れ, は無論, は窶れ, は羽, は芝生, は足もと, は遺憾, は静か, は頭, は顔, は餌, ばたりと落ちる, ひらめいて, ひらり羽根, ふは, ぶらさげて, ほしいもの, までもしい, みなかった, もあたらなかった, もいなかった, もいなかっただろう, もいなくなった, もう蛇, もかう, もかれ, もこう, もその, もそれ, もため, ものものしげに, もはぐれ, も城一つ, も居ない, も居なかった, も居りません, も影, も捕らない, も残さず追い払いぬ, も残す, も残らなかった, も殺さない, も無く, も獲れずしまった, も獲れぬ, も生きない, も生ける, も神, も見え無い, も野, も飼っ, も鳴い, も鴫, やって来て, やはり寒かろ, ゆるい羽音, よ, ゐた, ゐるきり, を, をく, をわざわざ, を取った, を巣, を平六, を彼, を手の平, を持っ, を握み出し, を撃つ, を放つ, を斃, を焼い, を狙え, を確実, を神, を筒形, を絶息, を虐待, を餌, ピンと, 休んで, 低く舞っ, 何一つ彼, 光りて, 入れたって, 凝と, 取出して, 可愛いの, 啼きて, 嘲るが, 売って, 売らないかと, 寂しい声, 寄りつかなくなるに, 寒そう, 射とめたの, 少し先, 居た, 帰って, 帰る, 帰れば, 平らげ只今, 引つ縊つて一遍, 悠々と, 悲しげに, 抱え込んで, 抱きかかえた時, 抱きかかへた時, 押寄せる, 拾うて, 拾った, 持つて, 持て来た, 捕つて大, 撃ち止めるという, 来た, 来つ, 来る夜, 棲んで, 歩いて, 歴然と屋根, 残らず夜, 残らず帰ったそう, 残らず立って, 殖えて, 殺して, 殺し鷓鴣, 殺せば, 気忙しく飛び廻, 求めて, 浮いて, 浮んで, 淋しそう, 獲られなかった, 生きのこりの, 留って, 白い鶏, 盗まれた弥助さん, 盗んだもん, 程の値段, 突いて, 立ちぬこもりたらしも, 立って, 縛りつけて, 美しいかご, 翔んで, 舞い下って, 落ちるよう, 見えない海, 見えるだろうそれ, 見つければ, 買うと, 買っても, 赤い口, 足りなくなって, 追っかけて, 逃げ込んだの, 逃したと, 連れて, 遅れた小鳥, 遅れた鳥, 重さうに背負つて, 飛ばして, 飛ばす, 飛ばず, 飛び, 飛び二羽, 飛び出した, 飛び大国魂神社印, 飛ぶと, 飛出した, 食って, 食べました, 高い高い空, 黄いろい首, 黒い鳥, 黙り二羽

▼ 一通り~ (1054, 0.3%)

85 では 39 でない 21 の挨拶 20 や二通り 19 でなかった 17 のこと 16 のもの 14 見て 13 読んで 11 の事 8 心得て 7 済むと, 済んで 6 でありません 5 でありませんでした, の学問, の説明, は心得 4 すむと, の事情, の話, 終ると, 話して

3 [18件] その理由, そろって, でないと, でないの, でなかったが, でなかつた, で無い, ならね, の予備知識, の人, の女, の調べ, も二通り, 出来て, 揃って, 聞いて, 調べて, 述べて

2 [53件] きいてから, じゃあらす, じゃア, すんで, でないこと, でないので, でなかったこと, で無かつ, なもの, ならず衰微, ならない, ならないの, ならぬもの, ならぬ深い, ならん心配, のホテル, の人間, の取り調べ, の器械, の報告, の怒り, の悔み, の意見, の教育, の概念, の消息, の献立, の用, の用事, の病気, の義務, の芸, の解釈, の遊び, の順序, の騒ぎ, はうまく, は内外, は出, は揃う, は調べ, は身, よんで, 廻って, 揃えて, 書いて, 片づけて, 知って, 聴いて, 聴きましたが, 見渡したが, 見調べて, 読み返すの

1 [571件 抜粋] あの人, あらゆる形式, あるきまわると, あるのでだけ, おききなすって, お小言, お聞き, かきのけられたべた土, かたづくと, きいたの, きいて, きまって, こうだ, こう決め, こなせるので, この事情, この夕焼空, この方, この機会, さえなかなか, ざっと片付け, ざっと目, しかない, して, しらべてから, じゃない, じゃなかった, すくい出して, すっかり揃いました, すみました, ずーっと目, そのお嬢さん, その功名, その女, その手続き, その病歴, その隅々, そろえて, そろえますと, そんな縁起, だけのこと, だけれども, できて, でございません先ず, です, ですが, でないから, でないという, でないといふ, でないとも, でないもの, でないよう, でないらしくそれ, でない不自由, でない主君, でない心持, でない意味, でない或は, でない私, でない苦慮, でなかったとか, でなかったの, でなかったろうと, でなかろうと, でなくそれに, でなくたちまち, でなくて, でなく上尾宿, でなく主人, でなく封建的, でなく彼, でなく愛し, でなく憎めないこと, でなく殿, でねえ代物, でねえ死んだ父様計り, でも, でもこれ, でも眼, でも見, で無いと, というつき合い, というところ, とそして, と少し, と詞, どころか十二分, なおす, ながめて, ならざる智者, ならずおのづと色, ならずよろこびながら, ならず苦心, ならず零下二十六度, ならったの, ならないやんちゃ坊, ならぬえぐ, ならぬを, ならぬ反響, ならぬ口惜しい, ならぬ喜び, ならぬ変り物, ならぬ幾何学, ならぬ心痛, ならぬ文学, ならぬ朝寝坊, ならぬ濃, ならぬ病気, ならぬ興味, ならぬ苦しみ, ならぬ苦心, ならぬ謹慎, ならべられて, ならん, ならんお, ならん事, ならん愁傷, ならん驚き, なりませんから, なりません御, な心づかい, な態度, な混雑, な童, な鍛錬, な鑑賞, な難所, には籠, には達し, にやる, に出来ました, に答え, のくやみ, のこってねえの, のぞいて, のたしなみ, のみこめる, のジャモ, のテキスト, の三助, の人情話, の人間色, の会釈挨拶, の体裁, の作家, の借着, の倫理學者並み, の勤め, の原稿, の取調べ, の吟味, の問題, の坊さん, の外廻り, の奴, の好感, の婚礼ぢ, の実験, の客, の対照, の山賊, の弁疏, の式, の強情者, の役目, の役者, の御, の御殿勤め, の御用, の心得, の心理通, の心配, の恋愛, の惡者, の感銘, の憤慨, の成効, の我儘, の戦術論, の戸締り, の手段, の手管, の手職, の手腕, の挨拶終つて後, の振付け, の教理, の文学的素養, の新米ファン, の方, の日常品, の時候, の普通教育, の暇乞い, の来歴, の根気, の案, の検屍, の検査, の検視捜索, の様子, の正しい, の武家気質, の殺しよう, の海賊, の混雑, の物, の犯行, の用件, の用意, の申し訳, の町人等, の白状ぶり, の真理, の知識, の礼, の礼儀, の礼装, の社会形態, の禁令, の究明, の窮命, の筋道, の経過, の結婚, の緊張, の纏まり, の美人, の考え, の色々, の苦しみ, の苦心, の薬剤, の藝, の行装, の衣裳, の装飾, の見透し, の親切, の解説, の計画, の訊問以外, の訓練, の設計, の訳, の詰問, の読経, の調度, の調査, の負けギライ, の財産, の遊び方, の遊芸, の遊芸事, の道具, の道案内, の道程, の開墾, の関係, の関心, の険し, の難儀, の音色, の顔色, の風入れ, の骨折, の魂胆, の鳴動, はうなずき, はお, はし, はした, はそろっ, はなん, はやっ, はやれない, はわかっ, はわきまえ, はスープ, は云っ, は今, は仕込ん, は作つた, は写し, は出来た, は出来る, は古典, は味わっ, は学ん, は当り, は忠実, は思われる, は惚れ, は拜見, は拵ら, は持っ, は持つ, は探った, は揃っ, は旅店, は猴, は眠った, は眼, は知っ, は知つて, は研究, は紹介, は聞い, は聞いた, は舐め, は見物, は解った, は解る, は訊きた, は読ん, は読経, は論理的, は踏める, は逃がした, は関係文献, は頁, ひやかして, ぶらぶら飛び廻っ, まとめ初歩的, やってから, やりあげたいね, やりながら, やりなさい, よまれそれから, よめば, よんだときいろいろ, わかったから, わかったと, わかって, わからん, わかると, わかれば, を学んだ, を心得, を授け, を片づけ, を茲, 云うだけの, 仕こんで, 仕舞いかけの, 偉さ, 備わって, 備付けて, 具えて, 出来るよう, 出来上, 出来上がりましたので, 分ります, 分れば, 判るよう, 取りまとめるため, 取り調べて, 召して, 叱言, 吐き出して, 告げなければ, 尽されて, 已に与えた, 当って, 役に立つよう, 御参考, 御案内, 御聴き取り下さる, 御話, 心得おる, 心得なければ, 悲しむと, 成り立たないもの, 打ち明けられて, 承わっ, 振り納め全く, 掃いて, 探して, 探し出した上, 掻い撮んで, 撫でて, 撫で終って, 教えて, 教わった, 整えて, 整った儀礼, 書き上げた小説, 極く, 歩いて, 歩いても, 歩み抜けて, 流しもと, 流れて, 済ますと, 済みましたが, 済んだいざ, 済んだと, 済んだら校長, 済んだ時分, 済んだ頃, 漁った私, 照らして, 片づいて, 片づきまして, 片付いたら余り, 申し上げますから, 盗み並べて, 眺め入口, 知るため, 知るには, 知るの, 立つから, 築きかけたものの, 終ったら或は, 終って, 終りましたが, 終りますから, 組立てられるの, 繰り返して, 繰返して, 聞いた, 聞いたところ, 聞いたわけ, 聞いた上, 聞かして, 聞かせて, 聞くと, 聞けば, 聞こえます, 聴きおわると, 聴きましたのね, 行く, 行くところ, 見すまして, 見た上, 見た儘, 見た所, 見た頃, 見てから, 見なおして, 見まわり, 見られるもの, 見ること, 見ると, 見るに, 見下ろした米友, 見届けて, 見巡り, 見廻した, 見廻した後, 見廻して, 見廻わ, 見渡した, 見渡して, 見渡しました, 見終ってから, 見調べた, 見較べた, 覚えて, 覚えても, 覚え込むさえ, 観る訳, 訊いては, 記さなければ, 話したこと, 話してから, 話しました, 話しましょう, 話すこと, 認めて, 語りましょう, 説いた上, 読み了, 読み更に, 読み立て, 読み返したが, 読む, 読んだ, 読んでも, 調うて, 調べたあと, 調べても, 調べはじめた, 調べるであろう, 貪る眼, 貰ったから, 越してから, 辿って, 述べたかったの, 述べたが, 通じたの, 通り越して, 遣らなければ, 重ねあわせいったん, 陳べて, 集めて, 集めなければ, 飲み干したから, 飾られて, 騒がしい上

▼ 一~ (941, 0.3%)

20 の兵 15 の兵士 12 である 11 の人 9 の者 7 の中, の水兵, の警官 6 はその 5 になっ, の軍勢, の軍馬, を率い 4 があった, がある, がこの, の人々, の人馬, をなし, をひきつれ, を引率

3 [20件] が出, だ, だった, であった, でした, です, の先頭, の兵馬, の工夫, の武士, の歩兵, の男女, はこの, はどこ, は今, は早く, をつれ, をひきい, をもっ, を率

2 [55件] が, があらわれました, がこれ, がそこ, がぞろぞろ, がやって来ました, がドヤドヤ, が七, が今, が入っ, が兵隊, が到着, が急, が悲壮, が敵, が棺桶, が突然, が近づいた, が通っ, でありました, なして, に向っ, のうち, のよう, の人数, の人數, の将, の敵, の洋, の爆撃機, の警官隊, の警察官, の騎馬兵, の騎馬巡査, はここ, はそこ, はまた, は二十分許, は広瀬川, は彼女, は森, は牛込, は築地, は粛々と, は進ん, は麻布, また一隊, を, を引き連れ, を指揮, を組織, を見送っ, を迎える, を連れ, 又一隊

1 [625件 抜粋] か, から嬉しい, があらわれ, があらわれた, がありました, があります, がいかにも, がうしろ, がお, がかたまっ, がきまって, がここ, がこつち, がごっちゃ, がすっかり, がせまり, がそれ, がただ今, がとんぼ模様そろい, がばらばら, がふた, がふみこん, がまっしぐら, がまるく, がものものしく, がもはや, がやってきます, がゆく, がわれわれ, がわッ, がサンタ, がシャベル, がシヤベル, がジャヴェル, がバラバラ, がプティート・トリュアンドリー, が一万, が三人, が中継ぎ, が乘, が五十人, が今度, が休息, が住職, が停った, が優美, が入場, が八月十四日, が六時四十五分の上り, が出来あがった, が列, が前, が前進, が加つて, が勝負, が北の方, が十重二十重, が千百メートル, が南埼玉郡, が南洋, が向こう, が呆れました, が命, が固め, が夜明け, が大和方面, が安東, が川下, が左手, が市街地, が広場, が庭, が彼, が彼ら, が待ちかまえ, が微々, が心して, が意気, が所謂, が手, が押しかけ, が押し寄せた, が援, が敬虔, が整列, が敵陣, が早く, が明智探偵, が時, が普通市民, が朗々, が木曾福島, が束, が来, が東水, が枝, が植木, が植木車, が橋, が欄干, が正面, が此処, が殺到, が水, が決死, が済生学舎, が火, が火葬場, が現れ, が現れた, が瓦解, が町, が発見, が登楼, が着物, が着陣, が私, が立っ, が終夜声自慢, が組織, が縫込み, が自分, が荷, が街路, が西, が見え出した, が角, が諏訪, が護衛, が赤, が近づき, が迫っ, が追い抜い, が退い, が進ん, が遊び, が野営, が銀座, が鋭く, が鐘, が附剣, が隊伍, が集まる, が霊山, が青, が馬上, が駈けつけ, が駈けよつ, が高野, が鼬小僧, こそ他, すっかり出来上りました, ずつの便衣隊, ずつの踊り子, だが, だけがまだ, だけだった, だけは政府党, だったが, ちょいと, であったかの, であること, でこれ, でしたが, でしょう, ではある, では無い, でもがやすん, でやり, で一方, で吉原, で紅玉島攻撃, という思わぬ, といっしょ, として中央, として戦い, として盤龍山, とだけをつかわす, とでも評した, となっ, となった, との唐津, とふたつ, とも見分ける, と一つ, と三百騎, と大久保忠世, と奇襲, と実に, と慈善病院, と目, と空, と空中, と落ち合った, と袂, と見て取っ, と連絡, と限らず, と顔, なぞはすでに, につづい, にとっては実に, にレンラク, に付属, に先陣, に出会った, に加つて, に加はつ, に加わっ, に占領, に取り巻かれた, に合流, に吉原, に命じ, に始終, に將たる, に尋ね, に就い, に従って往来, に応戦, に睨み上げられ, に答礼, に違い, に面白, のうち八人, のお, のさけ, のやう, のインディアン, の上, の人夫勢, の人影, の人間ども, の伊賀侍, の侍, の健児, の健兒, の兵卒, の前後, の半数, の叛乱軍, の唐子, の士卒, の多く, の大名, の女連, の宮方, の寝泊り, の将士, の山賊, の巡邏兵, の幻, の弓組, の彌次馬, の後尾, の従者, の怪物, の悍馬, の所有, の支那兵, の旌旗, の日本騎兵, の最後, の朝鮮兵, の検察係員, の槍組, の池田勝入, の浪士, の準備, の溝鼠共, の火消組, の牛, の物見, の狐兵, の異形, の百夫長, の砲手, の科学者, の端, の米国騎馬隊, の精兵, の練兵, の群れ, の群集, の義勇兵, の職工, の自衛団, の若き, の茶袋, の草刈, の藩兵, の誘導機上, の警官達, の豹卒, の近衛騎兵, の部将, の酔ひどれ共, の鉄甲, の陸戦隊員, の隊長ジョージ, の青年, の青年団員, の頭, の餓鬼大将, の馬たけびをのこして, の駿馬, は, はいよいよ, はお, はおそらくは, はこっ, はこれら, はさすが, はそっち, はぞろぞろ, はただちに, はつい, はと見, はどうやら, はどや, はどれ, はのろのろ, はめいめい帽子, はもしか, はもの, はもはや, はわかれ, はわれら, はイエス, はイギリス本土, はカシミール地方, はカリコロネー, はガレイジ, はサン・ドゥニ, はスッカリ気, はゾウ, はバラバラ, は一言, は三河方面, は上, は下流, は乃公, は二人, は二列縦隊, は二十人三十人, は二十日, は五台, は今や, は伏勢, は倉皇, は先づ手はじめ, は先頭, は兵, は其の, は北, は南安, は右手, は君ヶ浜方面, は四方, は四階以上, は土方歳三統率, は地, は城内, は堅氣, は大野順平, は威嚇, は実に, は実行, は宮殿, は宵, は尋ね, は小, は小塚原, は小林平八郎以下, は尽く, は局舎, は山, は川, は平野, は幽霊, は幾組, は座敷, は忽ち, は怒り, は怪屋, は感覚, は手押椅子, は放送会館, は敵, は敵塁, は昔, は最初, は案, は横浜港, は正面, は歩き出した, は殺人団機, は水上署, は河畔, は浪宅, は海, は測量, は無残人形, は率先, は現場, は琵琶湖, は目標, は真夜中, は眼, は石原, は筏, は紙衣, は総勢百九十二人, は自ら俄羅斯国, は舞台, は舟, は芝浦港, は花嫁ら, は蛇, は蠢, は街頭, は表, は赤坂, は踵, は辻, は迅, は逃げる, は過激派軍, は金, は金沢, は錢形平次, は鎮台, は長峰, は長江, は陣形, は顏, は風, は食物, は高い, ばかりでなく, へ狂的, もあった, もすでに, もどうにか, もまじっ, もまた, も今暁, も例, も同じく, も射撃演習, も彼, も返し, も防ぎ, より二三間, をあと, をおそい, をこの, をさ, をし, をしたがえ, をのせ, をのぞい, をひい, をまず, をも引率, を上陸, を作り, を先手, を先頭, を写し, を壊滅, を差向けた, を引きつれ, を引き連れた, を拝借, を捕捉, を授け, を提げ, を敵中, を新た, を派し, を深沢山, を狩, を率いた, を白刃, を祝する, を組成, を聯想, を見, を見送つ, を見送ろう, を豊後水道, を載せた, を除け, ノ部署, ヲ留ムルヲ例トス, 引具し今宵, 挙って, 約三千人一隊, 見るから

▼ 一~ (924, 0.3%)

22 の文化 21 の人口 20 の政治 19 の富 12 の独立 8 の生活, の資本 7 の主, の宰相, の文明, の皇帝, の運命 6 の領主 5 の政事, の首相, を支配

4 [12件] の, のため, の中, の人, の全, の教育, の法, の首府, の首都, はその, を代表, を奪

3 [30件] がその, なこと, にし, に限られた, の一時代, の上, の人民, の使臣, の元首, の名, の名誉, の君主, の国守, の大事, の大寺, の安危, の恥辱, の文学, の最, の演劇文化, の生産力, の社会, の純, の総理, の総理大臣, の資源, の通貨, の食物, をなす, を挙げ

2 [47件] が一国, が他国, だけでなく, でそれ, ではない, な事, にこういう, にとってなぜ, のあるじ, のうち, のこと, の主たる, の主人, の主人同様, の信仰, の内, の収入, の君, の土地, の城主, の場合, の大名, の太守, の学者, の帝王, の御, の情勢, の政府, の政治上, の文化政策, の歴史, の法律, の消長, の生命, の興亡, の藝術, の軍隊, の農業, はおろか, はなお, も取り得ざる, をあげ, をさ, をし, を与へる, を相手, 或いは数国

1 [526件 抜粋] あるのみ, から一時, から他国, から学ばれた, から毎年二十万円位, から貨幣, がおこる, がすべて, がそのいかなる, がそれ自身, がもはや, がより, が不作, が何時, が全滅, が其, が単に, が困窮, が国境, が多量, が大, が帽子, が平年, が平氏, が我が, が打撃, が敵たる, が清潔, が特定貨物, が現在, が生産力, が穀物, が絹, が自然的規則的, が課税, が豊富, が負け, さて置き, たらしめたこと, たり, だけが単独, だけで, だけで世界, だけにて年々パリ, だけにとめ, だけにも自分, だけに百万人, だけの論, だけを見, だとか, であったと, であるが, であると, であるの, であろうと, でこんな, では取る, では防ぐ, では革命, でも満足, で一旦こう, で人, で必ず, で気短, で行われる, という感じ, といえ, といふかとまれ, とし, としてのヤマト, としての共通, として恥, として此類, として考えられ, として見る, として見るなら, となし, となす, とは申します, と云わざる, と侠, と同じく, と名, と多く, と親しんだ, と言い, と長曾我部家, なりにある, な人, な人間, な気性, な自恃, にあたる沃野, にい, においてのみならず, においてはただ, において然, において用いられ得ない, において用いられ得る, において種々, において蓄積, において進行中, における汽船トン数, における貨幣, における貨物, における銀, について見れ, にても御国, にて学問, にとどめさせず, にとり有利, にとり極めて, になっ, にならぶ, にはそれぞれ国, には毎度, にひろがり, にみなぎっ, にも古けれ, によって阻害, に一箇所, に不作, に乱, に二人, に人々, に功勲, に危険, に史籍, に同時に, に喩える, に喩えれ, に噂, に容易, に対して法典編纂, に専売, に居附き, に於い, に於ける, に有する, に止まる, に比すべき, に比較, に法律, に留置かれるなら, に発生, に繋る, に蟠踞, に行う, に行われざる, に貨幣, に賦課, に較べる, に農業, に金縛り, に関する古記古文書, に限った, に限らず, に限られるなら, に鳴り, のあらゆる, のうえ, のご, のなか, のほとんど, のみにて毎年, のみの生産物, のみを化す, のもつ, のカワセミ, のジャーナリズム, の一主義, の一致, の一般的勤労, の不名誉, の中央政府, の主として, の争い, の事情, の事業, の亡びる, の人々, の人口増加, の人物, の代表者, の代議士, の休耕地, の伝統, の体面, の使者, の価値額, の信望, の個人, の健全, の健康, の備え, の働き, の元気, の元首扱い, の光栄, の全体, の全権, の公, の公道, の兵, の兵備, の兵役適齢男子数, の内部的状態, の出生, の利害休戚, の劇壇, の力, の勝利, の半分以下, の危機, の古事, の名称, の和, の団結, の固有, の国事経営, の国内政権, の国内状態, の国務大臣, の国家権力, の土台, の地理, の城下, の増進発展, の壊, の士気, の変, の外交, の外務大臣, の大, の大切, の大統領, の大臣, の太子, の太子殿下, の奴隷, の威権, の存亡, の存在, の学問芸術, の学術, の学術研究熱, の守護, の安寧, の安寧秩序, の安逸, の完備, の家元, の富の中, の富強, の富貴名爵, の対外的力, の将帥, の将来, の将軍, の小石, の工業貨物, の市場, の市民, の帳場, の常法, の年々, の幸福, の廟臣, の形成, の思想, の性情, の性質品格, の愛国心, の憂鬱, の戦, の戦争, の戦争計画, の戦闘力, の才知, の損亡, の損失, の支配人, の支配者, の改進, の政, の政府方針声明, の政府自身, の政権, の政治向き, の政治社会, の政法, の政策, の敗北, の教議会, の文化そのもの, の文化水準, の文化水準如何, の文化程度, の文明上, の文相たる者, の文運頓, の新しい, の日本言語学, の景気, の暴政, の最も, の最初, の最大, の最後的, の最高権威, の最高知識, の有効人口, の有様, の本, の栄辱, の模範, の権義, の機密, の死生, の民, の民心, の民藝, の気風, の治乱興廃, の治安, の浮沈, の淫婚, の滅亡, の演劇史, の為政, の煙火陣, の牢獄, の物, の物産, の特殊, の王, の王女, の王様, の王者, の生活機能, の生産物, の産業, の産物, の益, の目的, の眼, の社会主義化, の社会状態, の社会的約束, の神仏, の神経, の穀物, の第, の精神文化, の紊乱, の経策, の絵図面, の維新, の総理大臣同様, の繁華, の美術家, の美術工芸, の老臣, の脊膸, の自愛心, の自然, の自然的進歩, の自由, の自由独立, の興廃, の船, の芸術的生産, の芸術的空気, の英雄, の薦挙, の藩老, の衰亡史, の複雑, の要路, の言語, の記憶, の諸, の警察権以上, の財政上, の購買力, の身代, の選ばれたる, の都会, の重, の重臣私門, の重量, の金主, の鋳, の門閥, の限界, の隆盛, の青年, の領土, の領地, の風教, の食物増加, の騒動, の高, はおろか何国, はここ, はそちら, はそれ, はまったく, はもとより, は今や, は全く, は労働, は啻に, は大, は成り立ちません, は江戸徳川, は決して, は混乱, は申す, は自由党, は貴下, は農業, は附加的貨幣租税, は非常, ばかりの物, もしくは一地方, もし平和, もすべて一信長, もない, もので少し, も天, も持てない, や二国, をあずかる, をあてお, をあて行うであろう, をかかる, をつかさどっ, をとっ, をのぞく, をわが, を一大家族, を中心, を他国, を任せられる, を併呑, を克ち獲る, を全体, を全滅, を切り従え, を判断, を占めれ, を取り返す, を取る, を司どる, を団成, を城, を夢みた, を安堵, を宛行わん間如何, を尋ね, を平げ, を建て, を引当てん, を征服, を思う, を想定, を所有, を押え, を持ち, を掌握, を支え, を治める, を法律, を独立, を狭し, を獲る, を生活資料, を維持, を表わす, を討滅, を謀る, を負っ, を賭し, を身代限り, を震, を預けれ, を預る, を領, を領し, を領する, を驚倒, を髣髴, を鳥瞰, ヲ不, ヲ建ルノ時ニ至テハ, 到る処, 又は世界, 御一己, 或は十余所

▼ 一~ (924, 0.3%)

49 のうち 40 泊めて 25 泊って 16 の中 13 や二晩 11 寝て 6 か, だけ泊め 5 とまって, とめて, 抱いて, 考えて 4 かかって, の内, 寝ずに, 漬けて

3 [14件] とめられて, にし, のこと, の事, の間, まんじりとも, もゆるり, ゆっくりと, 泊った, 泊まって, 泊ること, 泊るつもり, 置くと, 遊んで

2 [44件] おいて, かかつて, かかるの, か二晩, ぐらいお, ぐらいなら, だけ, だけお, だけ泊っ, だけ貸し, だった, つけて, でなし, でもお, ねて, のお, の不寝番, の泊, の辛抱, はこの, も外泊, を暮らしました, を過した, を過す, 出掛けると, 寝ないで, 寝も, 御厄介, 扇いで, 明した, 泊ったが, 泊ったの, 泊り翌日, 泊る事, 泣いたよ, 泣きあかしたです, 涼しい処, 緩り, 置いて, 置きぐらいに, 置きに, 考えさせて, 貸して, 費して

1 [592件 抜粋] あつしは, あの水, あの通り, いずこの, いなくたって, うろついて, おいた後, おちおち心持, おびえて, お借り申した, お屋敷, お泊めなすっ, お泊め下され, お泊め申した, かからん, かくまわれいよいよ, かけて, か二晩泊つて来やう, があける, があった, が二晩, が明ける, が過ごされた, きっと孤児院, くらいそこ, くらい眠らなく, くらい都合, ぐっすり寝た, ぐっすり眠りたかった, ぐらい, ぐらいかまわない, ぐらいずつ見物, ぐらいそこ, ぐらいなんとか, ぐらいのこと, ぐらいの宿, ぐらいはする, ぐらいは泊っ, ぐらいは看病, ぐらいゆっくり, ぐらいわたし, ぐらい寝ない, ぐらい寝なくっ, ぐらい沈没, ぐらい都合, このうち, この俺, この屋形船, この物語, この話, この返事, この音, しかいる, しか半蔵, しか持たねえ, しか馬籠, しっぽりと, して, じつくり考へた, じゃうるり, じゃ足りない, じゅうきゃんきゃんいって火, じゅうらくらくとおやすみになりました, すぎると, すずませて, すっぽかして, ずつ三人, ずつ泊っ, そっくり置きます, そのつづき, そのほ, その下, その家, その屍体, その離れ, そんなあなた, そんなところ, たってるから, たつたといふ, だ, だけお側, だけお立ち, だけがまん, だけここ, だけこの, だけだったら, だけだつたら, だけである, だけです, だけでもあの, だけでも我慢, だけと云う, だけなら, だけの假, だけの光景, だけの卑俗, だけの御, だけは世間並み, だけは私, だけもと, だけゆっくり, だけア, だけ名, だけ山路さん, だけ店, だけ延ばし, だけ泊つて今度, だけ竹, だけ過し, だってある, だってあんな, だってお, だってお前, だってお祖母さん, だってこの, だってその, だってなかっ, だつて, だもの, つらかったろう, であ, であった, である港, でお, でか, でこり, でじつは, ですつかり蚤, でのみとり粉, でも, でもあたい, でもあなた, でもおちおち, でもお前, でもこの, でもとめ, でもほか, でもわたし, でも二晩, でも余計泊り, でも全く, でも同じ, でも商, でも女郎買, でも家賃, でも早く, でも會はず, でも枕, でも欠, でも泊った, でも泊める, でも湯治, でも父さん, でも酒, でも音楽, でわっ, でウント売上げよう, でゲッソリ, でビール, で休まった, で佐々, で別れられる, で十三, で南極, で台, で台所, で塗りまくった, で大方, で定, で尽くすべく, で庭, で放免, で書い, で書きあげた, で書き上げ, で書く, で枯れ, で減税案, で焼け野原, で熱, で甲府, で疲れ, で着いた, で踏み潰し, で遣っ, で随分, ということ, というところ, という時間, といえ, といふの, とおして, としていわゆる, とまった, とまったって, とまつた, とまらせるから, とまり, とまりました, とまる位, と半日, と極, と落ちついた, と頼ん, どうか泊め, どうしても眠れない, どんなふう, なき通し, なら一晩, なら遊んでも, に, にかい, にこんな, にしろ, にやツ, に一つ, に一つきり, に一度, に一斗, に一時間あまり, に一組, に一萬五千法, に一首二首, に七万四千七百円, に七万四千円, に三カートン, に三十兩, に三十八銭, に三十枚書き, に三口, に三軒, に二三回位, に二人, に五ン合, に五十, に何, に使っちゃった, に十六本, に十貫二十貫目, に四, に四尺, に天, に擲たせる, に百個, に百法, に穴, に素, に融け, に降る, に飲ん, ねずに, ねなかったと, ねむらずに, ねむること, ねむれない始末, ねると, ねる以上, ねんごろ, のうち十四, のその, のところ, のばさないか, のばして, のテレサ, の収入, の口, の宴会, の宿, の宿代, の屈辱, の支度, の旅籠銭, の暇, の油斷, の焚火, の物語, の猶予, の眠られぬ, の簡単, の経験, の興行, の苦しみ, の見物, の観劇, の註文, の賑やかし, の酷寒, の雨, の音楽会, の饗宴, はかかります, はここ, はそこ, はよろしい, は不寝番, は不自由, は何, は子供, は寝ず, は彼女, は必ず, は忘れたで済む, は明ける, は札幌, は泊まっ, は泊まらね, は特に, は産婦, ばかりおい, ばかりで, ばかりのうち, ふったらお宮, ふっと間違っ, まるでつぶし, もいたしません, もう一度本庁, もお, もおれたち, もこんな, もございません, もなかっ, ものさびしい野原, もゆっくり, も二晩, も宅, も寝, も寝たい, も御, も徹夜, も欠かさねえで, も泊まっ, も泊らなかった, も男, も眠らなかった, も眠れぬ, も騒げ, やって来て, やつかい, やられて, やりなさい, ゆくより, ゆすぶる金貨, ゆっくりお母さん, ゆっくり寝, ゆっくり此処, ゆっくり考え, ゆっくり逢いたい, ゆっくり遊べる, よ, よく考え, ろくに眠らない, わかれて, をそこ, をその, をまた, をゆっくり, を庭, を早くから, を明, を有益, を楽しもう, を泊り, を自由, を過ごし, を過ごす, を過し, 休んだらすぐ, 休んで, 会ったキリ, 何だか眠らず, 余計母親, 倒れて, 借りて, 借りるの, 充分喰わせる, 其のお, 冷して, 出懸けて, 吹いて, 呑みあかしたの, 呼びました, 呼んで, 喋らせて, 如何し, 寒い中, 寝ただけに, 寝たらそんなに, 寝たらまた, 寝ないん, 寝られないで, 寝られなかったこと, 寝ると, 寝れば, 小さくなっ, 帰って, 強い塩水, 待ったけれど, 後れること, 快く眠った, 悩み抜いて, 戻っただけで, 揚げ切り, 揺られ通して, 改めて考へ, 明かさなければ, 明かすの, 明かすより, 明けた朝方, 明けると, 暮すの, 書いては, 歩いて, 気味悪がっ, 沈んで, 沸いて, 泊ったという, 泊ったらどう, 泊ったら愈, 泊ったん, 泊った旅舎, 泊っても, 泊まったあと, 泊まったその, 泊まった偶然, 泊まった時, 泊まった翌朝, 泊めたとも, 泊らうと, 泊らせようと, 泊らせられれば, 泊りそこ, 泊りたい, 泊りたくなること, 泊りましたから, 泊りましてネ, 泊りましょうか, 泊り荻野山中, 泊り込みました, 泊る, 泊るか, 泊るだけ, 泊るなんて, 泊るの, 泊るん, 泊れば, 泊んねな, 泣いて, 泣き明かす猛烈, 泣き通した, 涼ませて, 漬けられた, 眠って, 眠らずに, 眠れずに, 睡って, 睡らないで, 睡られず朝がた, 立ってるの, 立つまでは, 経ったらよかっ, 経つと, 経なければ, 縛って, 置いた, 置かれた, 置きくらい, 置きます, 置く, 置く方, 考えたん, 考えた末, 考えてからに, 考えれば, 考へて, 若い親達, 荒れに, 言って, 試して, 話しに, 話し懐かしい, 説きに, 買う揚代, 起きて, 跳ね廻った, 踊って, 遅く着い, 遊ばせて, 遊べるぜ, 遊ぼうという, 過ごしたかの, 過ごしたが, 過ごしたら死ぬかも, 過したといふ, 釣るして, 降り抜いた昨日, 降り抜くだろう, 面白く話し込んだ, 食わず飲まずで, 飲み明かすに, 飲もうという

▼ 一~ (903, 0.3%)

146 の意 61 の歌 23 がある 19 の和歌 16 あり 14 の中 12 である 11 の意味 6 がふと, は, を得 5 の声調 4 に, には, に出, の, のうち, もあるまじく, も相, を浮かぶ, 浮びました

3 [11件] があつ, で, であるが, にある, にし, のこと, の眼目, の絵, はもう, も見あたらず, を読む

2 [51件] ある, および和歌一首, か二首, があり, が続けられ, が續, が載せ, が集, つくって, とある, というの, という題, にあれ, には丹念, によつて, に三つ, に云, に執着, のいろんな, のなか, の上, の中心, の内容, の腰折, の詩, はあの, はこの, はこれ, は取りたて, は天皇, は憶良, は楽浪, は私, は自分, は遂に, もこの, を以て代表, を得た, を抜い, を掲ぐ, を書い, を為, を統一, を詠じ, を賦す, を選んだ, を録す, を録する, 作って, 吟じて, 書きつけて

1 [407件] あって, ありき, あります, あるが, いたづら, うまれた, おなじ仁徳記, から例, があった, があるべきだ, がしっとり, がそれ, が乙麻呂, が人麿一流, が佳作, が具体的, が切実, が四十四五文字, が大切, が始まった, が懐紙, が無く, が記載, しかとられず, しか取られ, しるしつけて, ずつの歌, ずつ歌, ずつ選ん, ぜひとか, たてまつつたところ, だけがお, だけその, だけのよう, だけを石, だけを覚え込んだ, だけ引い, だけ抜い, だけ掲げ, だけ選ぶ, だつたの, だと, だに載せ, ってセリフ, つかまつります, つくった, つくれと, であつ, であらう, できて, でご, では, でも心, でも有名, でも見とうござんす, でよい, で人, で山上憶良, で巻五, という, というよう, という数, という題詞, といえ, といふの, とした, として見ない, とである, となっ, ともなっ, とられて, とノート, と二首, と思っ, と曙覧, と清商館, と避暑, どうにか物, なくてはと, なければ, などはさ, なの, ならびに短歌百七十二首, にあっ, にあらわれ, にこれ, にした, につきぢ, にて王子, にはみんな私, には丁度, にも彼, にも選ばれた, によつて命名, に一箇づつ用, に一貫, に世, に主格, に仏像, に充ち, に光被, に十種, に反映, に咏ん, に就い, に律文情調, に応じ, に感奮, に斯ん, に曰わく, に書い, に枕詞, に残, に為, に独立性, に現, に盛られ, に示し, に私, に秘密真言, に結ん, に萬葉歌人, に見直し, に親しい, に託したさうである, に載っ, に選ばれた, に響く, のうえ, のうた, のおしまひ, のお姫様たち, のお歌, のこころ, のとこ, のなき, のへぼ歌, のみが伝えられ, のみだ, のみで, のみである, のみを取っ, のみ伝, のよい, のよう, のカルタ會, のソネツト, の一人, の一番大切, の三十一文字, の中ごろ, の中味, の中心句, の主眼, の佳い, の価値, の初め一寸, の前後, の単純, の取り, の古, の古調, の味い, の大切, の如き, の妙味, の妻, の定家卿, の巧拙, の幽か, の形式, の形態, の悲しみ, の感銘, の挿画, の文, の新, の方, の格調, の棄歌, の極意, の歌留多, の歌調, の気勢, の狂歌, の甘美, の短評中, の終わり, の絵札, の綜合, の綴ぢ本, の荘重, の表紙, の要素, の言伝え, の調べ, の調子, の諧調音, の辞世, の道歌, の鑑賞, の響, の頭, の額, の風格, の魂, はあなた, はあわれ, はいよいよ, はおまえ, はかつて, はこちら, はそう, はその, はまだようやく, はまるで, はものども, はやはり, はよ, はよい, はわが, はソクラテス, は亡妻, は人麿自身, は今, は佐久間象山, は何, は児, は前, は剣太刀, は北山, は又, は吾, は大, は大きく, は大事, は大海, は天平十年冬, は奈良, は女, は宇治河, は守部王, は実に, は家, は少し, は山, は山沢人, は帝, は常識的, は平板, は康, は強, は従駕, は忍び通, は応詔歌, は恋しく, は我が身, は或, は敷妙, は明日香, は昼, は松平露姫, は淮安王劉安, は漢學, は潮, は真面目, は磯辺病院, は秋, は秋山, は童子, は笹, は自著海國兵談, は若し, は蝦, は見, は親鸞, は語り過ぎ, は豊腴, は質実, は辺土, は近江, は道行きぶり, は阿, は降る, は雲雀, は頗る, は類型, は鴨山, は麗らか, は麻苧, ひねる姿, まことに深, みえる, も, もその, ものし, ものした, も出来ず, も女, も島人, も括り, も採られ, も時に, も歌, も無い, も見いだされなかった, も調べ, も貫かれ, も軽々, も選定, や二首, よもうと, よろし, よんだと, をだに自書, をどうか, をなし, をひっさげ, をまとめ上げ, をものし, をも味, をも尊敬, を一首宛, を中, を九品仏, を以てす, を作っ, を作った, を作つた, を作つて, を作つて彼等, を作られた, を作り, を作る, を偽作, を取る, を口吟, を吟む, を吟誦, を大きく, を大切, を好ん, を寫し, を尊敬, を小声, を差上げた, を弱く, を成した, を成す, を抜き, を擧ぐべし, を擧げ, を整, を暗誦, を書かせ, を書し, を残し, を活かし, を流れ, を漢詩, を獲た, を発表, を発見, を看護, を示す, を結ぶ, を纏め, を纏めよう, を舎人, を見し, を記した, を詠じた, を詠まれた, を詠進, を読ん, を読んだ, を賦, を贈られた, を載せ, を送っ, を錦繍, を題した, を題せよ, 両作, 仕れ, 作るにも, 出て, 即ち之, 又, 如何にも儒家, 思いつきましたと, 書いては, 書き残して, 有り, 残して, 残らずわからなかつた次第, 活きたり, 浮かんだから, 浮かんだがな, 添えた美辞麗句的, 詠まうと, 詠みました, 詠み出, 詠め, 詠もうと, 送られたその, 遺つて

▼ 一~ (900, 0.3%)

192 の手紙 53 の封書 29 の電報 26 の書面 14 の書状 12 の書 10 の書付 7 の文, の書簡 6 の書置, は 5 あった, の封筒, の郵便 4 があつ, の密書, の紹介状, の遺書

3 [12件] が, では, のてがみ, の事, の封じ文, の文書, の書置き, の証書, の返事, はお, を取り, 持って

2 [38件] か二通, だけで, であった, でない, のはがき, のほか, のシナ文字, のハガキ, の分厚, の嘆願書, の声, の女文字, の方, の書信, の書類, の無名, の紙片, の西洋封筒, の角封筒, の速達, の速達便, の速達郵便, の部, の電信, の骨折, はたしかに, は其許, は手もと, は書体, は解かね, も, もない, を受け取った, を蔵, を開い, 書いて, 来た, 検めた

1 [395件] あり, ありその, あります, ありゃ貞造, あり尚, あり未だ, ある, いただけないかと, うけ取ったが, かいて, があなた, がいま, がなくなった, がわざわざ, がわたくし, がアストージェンカ一番地, が彼宛, が手渡された, が書き出し, が残った, が洛陽, が無, が無事, が見出された, が運命, きちんと置かれ, くらいなら, けふ, こしら, ことづかりました, さして傷み, しかくれない, しかなく, しか書き上っ, じゃあない, ずつだった, ずつ出, ずつ日附, ずつ末, ずつ渡し, だけある, だけの手紙, だけを携え, だって読みゃしません, つくって, つくつて, である, でした, でないぞ, でないの, でなかった処, でなかつたので, でも御, でも開封, で敵, で是, で無い, で無かつ, で追, とり出した, とを扇屋, と一面, と傍, と共に明後九月九日, と別に, と同じ, と娘, と年, と白紙, と酒肴代, なの, ならぬ苦み, なん, にて厭き足りぬ, には, にはこの, には堀, には本, には次, には藤枝真太郎殿, にひどく, に借金, に嫁, に籠つて, のお, のこと, のこらず焼きました, のしかも, のため, のたより, のわり, のコピー, のチベット文字, の上申書, の事ぢ, の人, の仲, の便り, の信書, の修行, の偽筆, の先生, の切手, の別, の別紙, の力, の単簡, の厚い, の厚ぼったい, の取引, の古びた, の古手紙, の古書, の可也, の命令, の回状, の大きな, の大道, の奉書, の奏状, の姿, の密封, の封, の封じぶ, の封ぜし, の小形, の履歴書, の建白書, の廻状, の往復はがき, の御, の怪しい, の悔悟, の感状, の戸籍謄本, の教理, の日, の書牘, の書留, の書留速達, の書置き様, の書翰, の書面都合二通, の檄文, の段落, の求人, の沙汰, の洋封筒, の消息, の烟, の無線電信, の状, の献策書, の獻立, の玉章, の發信人, の白い, の白封筒, の目録, の矢文, の秘電, の端書, の笑方, の粗末, の紙, の結び文, の絵端書, の絵葉書, の絶縁状, の者, の艶書二重封, の葉書, の蘭訳, の血染, の表, の覚え書き, の親類, の覺, の訴状, の証文, の誓約書, の警戒, の走り書き, の軍事郵便, の軍令, の遺書よう, の長い, の開かれた, の電信紙, の飛脚, の飛脚状, の黄色い, の鼠色, はいっ, はお母さん, はさまって, はただ, はひどく, はまた, はみどり, はわざと, はわざわざ, はシイ, はシナ文字, はスタムプ, はチベット文字, はトゥウェルスカヤ, はプール, はモスク, はラニョン, は一通ごと, は三吉, は上海, は二十一日, は今, は伊沢信平さん, は伝吉, は佐倉, は俺, は先生, は光郎, は全然, は北京, は千浪, は又, は友人, は取り消し, は召使, は右大臣家, は圓明園, は奉天, は妃殿下, は妙, は学校時代, は少し, は山の上, は山陽, は岩間殿, は師匠, は帰省, は平地, は役人たち, は恭一あて, は日ごろ, は昭和十五年, は書くでしょう, は松木母上様, は権大納言, は横浜, は次, は此月二十六日, は母, は水底, は水色, は河野ウメ子, は渋沢栄一, は熱河, は物, は田所清名様, は男, は真白, は私, は第, は継母, は綴じ紙, は羽生村, は自分, は花車, は親戚, は記念, は送金, は道江あて, は重吉, は高等四年生総代, ばかりいる, へお答え, へとびつく, まじつて, もこなかった, もその間, もなかつた, もなく, もみあたらない, もやらぬ, も亦, も出さず, も取交せ, も同じ, も失わず, も来なかった, も欲しい, も残し, も混じっ, も発見, も見ない, わからぬこと, を, をそこ, をとりあげた, をとり上げました, をとり出した, をば押, をピンビタン, をポケット, を不覚, を二人, を会計, を先, を出し, を卓, を取っ, を取り上げ, を取り上げる, を取出し, を受取っ, を史料研究係り, を地, を大急ぎ, を太政入道, を尊氏, を山上, を差し出した, を庶務, を引く, を忙, を所望, を手, を手渡した, を抜き, を披見, を押えられる, を持つ, を携え, を支配頭屋敷, を新吉, を書き遺し, を残し, を殿, を水, を渡され, を渡し, を用い, を発見, を目, を破っ, を納め, を経机, を練吉, を落し, を見付けました, を読ん, を警察署, を貸し, を造りなし, を釧路支庁長, を開け, 何やら手紙, 入って, 共に父, 出した, 出して, 出た, 出て, 取出した, 受け取ったの, 受取った, 同じ意味, 同二十五日付, 同十日付一通, 届けて, 届け方, 御城番松野豊後守どの, 手早く認め, 打った, 抜き取って, 持つて, 書いてから, 書かれたら, 書きました, 書きましょうか, 書くの, 来ずと, 来たきり, 来て, 来ない事, 来ましたので, 添えて, 渡して, 置いて, 見て, 見出されたけれど, 読みさしの, 貰って, 送って, 飛ばせば

▼ 一ぺん~ (876, 0.3%)

7 いって 6 もない, 言って 5 やりましょう, やりませう, 考え直して

4 [11件] にあの, にこた, にこたえました, にそれ, に傾き, に化石, に目, やって, やりましょうよ, やりませうよ, 帰って

3 [19件] にその, にまっ, にみんな, にわかつた, にわかる, に下り, に夕立, に悲鳴, に死ん, に眼, に膽, の挨拶, はきまって, やつて, 引返して, 死んで, 生きて, 考えて, 行って

2 [73件] あの峠, いうて, こっきり, さがしに, だけは特別, だけゆるし, でもうたっ, にあんまりがらんと, にお, にざっと, にそっち, になぐり殺され, にはねあがりました, にわかっ, にわかった, に三百, に主人, に人気, に僕, に六時十五分の所, に出, に判, に北, に吹, に吹きとん, に噴き出し, に年, に忘れ, に手, に払っ, に断られた, に歌, に死ぬ, に死んだ, に殺した, に爆発, に片付く, に破裂, に私, に縛る, に自分, に落ちた, に遁げ, に離屋, に露見, に風呂場, に飛び出し, に飛び立っ, のこと, のぞいて, の客, の形容詞, は掏, も, もし, もその, もそんな, もなかっ, もまだ, も怒った, も行った, ようく, 会って, 出て, 叱って, 同じこと, 戻って, 立って, 見て, 見に, 見直して, 読んで, 鳴らしても

1 [595件 抜粋] あいたいもん, あたって, あの女, あの珍, あの野郎, あひたかつた, ある, あるいた道, あんたらの, あン, いったばかり, いッ, うまく爆発, うんと苦しむ, お帰り, お見舞い, お静, お顔, かけただけ, か二へん, くうと, ぐらいはお湯, ぐらいは尾沢さん, ぐらい中川, ぐらい寄席, ぐらい銀座, ぐらい銃剣, ぐらい食う, ぐるっとまわった, こっきりでいい, この, この俺, この写真, この若造, しか見, し直すの, じろりと見た, すっかり破産, すれちが, ずつ接吻, ずつ絶えず, ずつ繰り返し, ずつ行っ, そういっ, そのとき, その画, その畫, その翻訳, その者, その花, その言葉, そらを, たしかめるよう, だ, だけ一昨年, だけ伸子, だけ視線, だけ返事, だけ遠く, だけ陽, だって善い, だって箒, だって見かけた, だって貧乏人, だって飼料, だつて, つめたい雲, であった, でいっち, でこり, でこりた, でこれ, でその, でそれ, では, でひつくり返つて, でもあった, でもびっくり, でも子供, でも宜, でも法的, でも王妃さま, でも返した, でも馬, で何, で入られへん, で凹ん, で取返す, で孔子, で殺し, で発見, で私, で緩んでしまつた, で親父, で解消, で話, で閉口, というよう, とびめぐりました, どころか十ぺん, な手紙, な看護婦, に, にいろんな, にうまく, におり, にお前達, にかっと, にがたがた, にがやがや, にきまっ, にくつがえされた, にけし飛ん, にこわれるだろう, にさわぎ, にし, にしかも, にすーっ, につぶされ, にとびあがりました, にとれる, にど, にどっと, にどなりつけました, にのけぞりました, にはたき落とす, にはね飛ばさう, にぱっと, にぱつと四方, にふきとん, にふり切ろう, にべろりと, にほぐれ, にまつ, にもちあげられない, にやった, にやって来, にやって来た, にやりたく, にゆるんだ, にわかりました, にわかるだらう, にカラクリ, にキユーツ, にケシ, にジヨバンニ, にスヰツツル, にダア, にノビ, にパッ, にペシャンコ, に一五〇枚, に一升ぐらゐは何, に三つ, に下がっちゃった, に下がる, に世界裁判長, に二人, に二十両, に今, に仰天, に入, に八方, に六波羅, に内訌, に分った, に切れ, に切れた, に刈っ, に判った, に化, に化けの皮, に千二百, に叩き潰され, に叩き潰される, に叩く, に叫びました, に名, に名声, に吹き散らされる, に吹き飛ばされます, に吹き飛ばし, に吹き飛ぶ, に吹き飛ん, に咲い, に咲き揃, に嗾けた, に土崩瓦解, に坐っ, に塀, に壇, に声, に外, に大波, に失わせ, に始まつた, に崩れた, に崩れる, に幾百, に店中, に引き裂い, に引っ, に形無し, に思い出し, に悄氣, に想い出され, に愛情, に愛想, に憂い, に打ち殺される, に損, に擧げさし, に放散, に斷, に旅籠屋, に日本第一流, に日詰, に春, に晴らす, に有りっ, に木, に来る, に欺, に段, に気, に水, に永久, に沈め, に泣き出しました, に消しとん, に潰れる, に無, に焼け, に燃え, に燒, に片付いた, に生きかえりました, に畳, に白状, に知れたら, に破れ去る, に礼, に神経, に突, に立ち, に立ちあがり, に立ちました, に縛ろう, に肩, に腰, に花, に茶かし気分, に落した, に落ちる, に蒸し焼き, に血筋, に見, に見えなく, に見えなくなっ, に見つ, に見つかっ, に見分け, に見通せる, に覚っ, に解, に解け, に解る, に解決, に言っ, に評判, に話し, に誘拐, に身, に身上, に身体, に遣っつけ, に都, に重荷, に開いた, に開き, に開ききっ, に頭, に頼もしく, に顔, に顫, に飛び, に飛び出す, に飛ん, に飛込ん, に飛込んだ, に駈けあがり, のお, のお辞儀, のもの, の世話, の事, の付合, の儀礼, の印象批評, の友情, の口, の口惜し, の問候, の年賀, の手続, の押込, の押込み, の時候見舞, の機縁, の檢束, の湯浴み, の男, の素通り的, の落度, の西洋直伝, の見合ひで, の見物, の見送り人, の観客, の話, の説明, の軍備, の顔出し, の驚き, はこれ, はぜひぜひ, は凍死, は国家, は引っかかります, は止める, は正面衝突, は死んじまった, は知らせ, は空, は考え, は見, は話, は逢う, は長局, ひいて, ひっくりかえすよう, ひっくり返して, ひっ返して, ひらめいて, ひるが, ひろげたはんけち, ふって, ぶるっと, また一ぺん, まわりました, もう一度女房, もお返し, もこの, もござりませぬ, もごぜ, もさるまた, もしない, もしなかった, もじって, もはいっ, もはひつ, も云わない, も今日, も会った, も佃, も優待, も家探し, も心配, も手, も敵, も書いた, も栄坊ちやん, も父, も牢, も物乞い, も相手, も笑つたこと, も考えた, も考へ, も良人, も行かない, も行っ, も見かけなかった, も見かけなかつた, も見せ, も見た, も見現された, も言葉, も訪ねず, も話し, も話題, も講演, も通った, も阿呆陀羅経, も顔, やらなければ, やる, やろうか, よくお, よくおいら, よく聞いた, よく見せ, よこしなさい, を書き, 乗り直して, 云いました, 会うて, 会った女, 出ただけで, 出直して, 分ったらもう二度と, 切られたもの, 危ない剣, 古い方式, 叩きつけた鏡, 同じよう, 吐かして, 向き直させなければ, 咎められたし, 大きな声, 寄せて, 寄って, 小さくお辞儀, 引き返して, 引返すだらうと, 弾いて, 思い直して, 思い返して, 思ひ出さずには, 思ひ返して, 懲らして, 戻った, 打ちこわして, 払いなさい, 押して, 掘るん, 掛けといたら半年, 改めて抜い, 教えて, 新しく踏み出さなけれ, 歌いな, 歌って, 止めれば, 歩いて, 死にゃ二度と, 死んだやつ, 死んだ人, 死んだ覚え, 洗うん, 渡ったらどこ, 狎れて, 申しあげたばかり, 画き直して, 答えてから, 細かくさい, 締めて, 繰返して, 繰返せそれ, 習って, 考えます, 考えろっ, 聞いただけ, 聞いて, 聞えた, 聞きかへ, 聴いて, 肯き直して, 行くわ, 行く雲, 行ないそう, 見せて, 見たきり, 見ただけで, 見たっきり, 見たらもう, 見といて, 見とく値打, 見られて, 見直そうと, 言いましょう, 言い出したん, 言うと, 試して, 話して, 読み返して, 読むから, 読め, 貴樣, 起きて, 起した方, 踊んなさいな, 追って, 送り返して, 逢うて, 逢えて, 遊んで, 間違ったこと, 預かつて後, 飛んで, 飲みたいな

▼ 一人一人~ (867, 0.3%)

17 の顔 13 の心 11 が自分, の人間 9 の胸 7 の作家 6 に, の人, の姿, の生活 5 の力, の手 4 では, にその, に挨拶, の, のうち, の前, の生徒, の若い, の運命

3 [12件] がそれ, が社会, が私, しらべて, に就い, の中, の労働者, の女, の役人, の頭, 当って, 見て

2 [40件] からいつ, が, がこの, がちゃんと, が人間, が立っ, と色, なの, にかぎる, にどんな, にみな復讐, に向っ, に土産物, に渡し, に点呼, に異, に逢っ, に違う, の上, の人格, の人生, の動き, の女性, の性格, の核心, の生命, の男, の画家, の精神, の素性, の者, の腕, の自分, の表情, の顔つき, の魂, を仔細, を順々, 会って, 離れて

1 [613件 抜粋] あらためて, いとしい, いなくなって, いわば網, おただし, お引きください, かからるるとも, からさい, から名前, から女中, から村, から私, がいかに, がうけもつ, がおのおの, がかなり, がごく, がじ, がすれちがう, がその, がそれぞれ天下, がそれぞれ自分, がどう, がどれ, がどんな, がなにやら, がなるほど, がばらばら, がまる, がみんな, がみんなそれぞれ日本, がみんな自分, がもっと, がやはり, がアルベール, がデストゥパーゴ, が一つ, が一九一七年以来, が一年, が一本立ち, が一騎うち, が与えられた, が今日, が以上, が何とか, が作家, が俺, が個人的, が偉大, が光る, が円筒, が別, が前, が単なる, が取調べ, が各々, が多かれ少なかれ, が大御, が如来, が実, が小宇宙, が平和, が幸福, が当時, が心から, が抱え, が既に, が日本, が本件, が柱, が概ね, が正しく, が正直, が母, が活動, が焔, が片耳, が甘んじ, が痛ましい, が目指すべき, が眼, が神, が署名, が肩, が胸, が自分たち, が自分自身, が自由, が花束, が虱, が裡, が造られた, が進ん, が違, が酸素, が酸素吸入, が随意, が離れ, が頭, が額, が風格, が魅力, きびしい吟味, きりはなされて, これから切符, ずつ呼び出されました, そのとき口, その人達, その前, その幼児, たがいに, たって, たとえば自分, ちがった兄弟, ついて, つかまえて, つないで, つまみ出して, であったらしなかった非, でありなみ, である, です, で交渉, で幸福, で考え, で違う, とお, としての私ども, とばらばら, とゆ, と一度, と変った, と心, と減っ, と目礼, と見, と跳び入りし, なん, にあ, にいくらか, にお辞儀, にかずける, にきい, にきこう, にすべて, にたくさん, にち, についておのおの, についてこんな, についての事, についてはどう, についてもっと, についてもゆきとどい, について眺め, について見れ, について調べた, について集っ, につたえました, にとってたとえば, にとって未曾有, になすった, になる, にはそれぞれ勝手, にふん, にみんな, にみんな同一, によって様々, によろしく, にイヴァン・ペトローヴィチ, にニコポン, に一個づつ提供, に与えられる, に世間話, に代っ, に仰向い, に何, に其姓名, に具体的, に分けましょう, に分離, に別, に勧める, に取り調べられた, に向け, に変つて, に変化, に多少, に太刀, に実在, に対して充分, に小麦粉, に幾人, に廻っ, に復讐, に復讐的, に或は, に授けられた, に接近, に握手, に支拂, に散っ, に明るく, に材料, に死, に死なない, に殉教者, に渡す, に特色, に現実, に生き, に生きた, に目, に相談, に秘密, に突っかかっ, に簡単, に紹介, に総長, に聞きたい, に自己, に船室, に薬, に血行, に行動, に要請, に覆い, に見せ, に見る, に訊問, に話す, に課せられ, に變化, に責任, に身の上話, に辞儀, に運ばれた, に関係, に頒, に首, のあどけない, のうへに交, のお客, のかけがえ, のこと, のこの, のしのぎ, のとき, のところ, のどう, のなか, のま, のインテリゲンツィア, のクローズアップ, のサークル員, のセリフ, のプロレタリア作家, の一挙一動, の不幸, の主観, の人物観, の人間らしい, の人間像, の人間的, の仕事ぶり, の体力, の俳優, の個性, の側, の働き, の働く, の兇漢, の兵, の創, の印象, の反応, の名, の名前, の問題, の地位, の外国人, の女工, の婦人, の婦人代議士, の婦人作家, の婦人客, の子供, の安寧, の実力, の客, の家, の家系, の家郷, の實, の対坐, の左右, の希望, の常識, の影, の後, の心持, の心理, の必然, の必要, の性情, の患者, の意思, の意見, の成長, の扮装, の批評, の持っ, の持味, の日常, の日本婦人, の最期, の月旦, の月給年給, の楫, の楽手, の様子, の権利, の歩み, の死, の気分, の気持ち, の求道者, の消息, の演技, の特殊, の現実生活, の生き, の生きた, の生活感情, の生活態度, の生涯, の男等, の病人, の発見物, の眼, の社中, の社会的自由, の科学者, の経歴, の罪, の置かれ, の職歴, の肉親, の肩, の腹, の自覚, の至誠, の芸術家, の苦難, の袂, の袖, の装い, の見別け, の話し手, の財布, の貧農, の賃銀袋, の身, の身許調べ, の通行人, の過去, の道具立て, の間, の青春, の面影, の革命家, の飛行機, の飲む, の首, はそれぞれ, はとにかく, はまさに, はむろん, はもつとも, はわが国, は何, は何物, は少く, は懸賞金, は日傘, は男, は自分, は英雄, は露骨, へ一々, へ告げ, へ文学, へ祟っ, まだ解剖, もあの, もうすでに外的, もみな, やって来るなら己, よ殖やし, わけて, をいつしか, をくらべ, をつかまえ, をにらみ廻し, をやがて, を一刀流, を別々, を制し, を吊りあげる, を呼び入れ, を呼ん, を平等, を彼方, を愛し, を扶, を挑む, を掴まえ, を支援, を正成, を物色, を相手, を眼, を睨み廻した, を知っ, を立たせ, を細胞, を荷梱, を見, を見まもる, を見る, を見廻し, を観察, を解剖, を訪問, を調べる, を講中, を責めなく, を頭, コソコソと, 乗って, 云う, 亡ぼして, 入って, 再び街道, 出て, 去りゆくの, 取り調べること, 叩いて, 呼びだされて, 呼び出されて, 呼んで, 尊いもの, 小突き廻しては, 居なくなって, 廻って, 必ずしも美人, 思い出された, 恐る恐る眼, 打ちのめして, 指さしながら, 捧げる, 握って, 撫でまわした, 書き分けなければ, 死んで, 残らず殺し, 殺すか, 注意深く顔, 減って, 渡すの, 漁って, 無實, 生きなければ, 異なる事情, 相ついで, 眺めたが, 眺めて, 睨めつけた, 立ち去つて, 立って, 考えて, 聞いて, 見れば, 見分けられるん, 見分けること, 見廻すの, 見直しても, 見舞うの, 見遁, 訊きまわったが, 討ち取ろうとして, 訪ねて, 調べた時, 調べられても, 起き上, 追いかえし始めた, 逢って, 連れ去られました, 違った思, 長さ, 降りて

▼ 一~ (841, 0.3%)

46 の小説 29 の詩 22 の物語 16 の中 10 である, の, の文章 9 がある 5 の主題, の戯曲, の論文, は, はその 4 の作品, の叙事詩, の文, の目的, はこの, を書いた

3 [19件] だけで, であった, であるが, で私, によつて, のお伽噺, の主意, の傑作, の創作, の抒情詩, の著書, の骨子, は作者, も無い, を, を公, を書い, を草, を読ん

2 [50件] あり, があつ, があります, が出, が即ち, なり何行かなり, に對, に現れた, のソンネ, のロマンス, の大, の女, の如き, の底, の探偵小説, の新体詩, の書, の構成, の物語り, の眼目, の笑話, の終り, の結構, の記事, の評論, の醜, の長歌, の長篇, の長篇小説, はそれ, は初め, は当時硯友社, をこの, をまとめた, をもつ, をよみ終った, をマルキスト, を以てした, を創作, を小説, を或は, を掲げた, を掲げる, を書かう, を発表, を知る, を見る, を讀んだ, を賦, を除き

1 [483件] あるいは二十篇, からはからずも, から忘れる, か二篇, が, があっ, があり, がうまく, がその, がどう, がもう, が一層, が不完全, が人, が代表, が僕, が出る, が出来上った, が小説, が尤も, が建築主, が忽ち, が掲げられ, が書きたく, が沒書, が略され, が稍力篇, ぐらいしかあげてない, しか書かない, しか現れぬ, ずつは短い, ずつ児童向き, ずつ取り出し, ずつ小説, ずつ超, ずつ載せはじめ, その四, その数, たる, たるべき運命, たる郷党篇, だけである, だけと云っ, だけはさすが, だけは独立, だけは自分たち, だけ代表的, だけ傑出, だけ加, だけ書い, だけ書く, つまりその, であつ, でありその, であること, でこの, でした, では, でも證明, で君, で幽閉, で見る, とおなじ, とした, としてここ, としての特色, として並べ, として存在, として書いた, として現れ, として讀ん, として遺し, とを朗吟, と思っ, と思つて, と第, なぞは矢, などのどうにも, なり一部, なるべし, において, において人口問題, において説明, におさめ, にきわまった, にこの, にすら及ばない, についで, につき, にはしかしながら, にはだんだん, には実にまざまざ, には挿画, には逍遙, には預る, にまとめ, にみち, にみなぎる, にもちらりと, にもなんらかの, にも生活, によく, によって作者, によれ, に三つ, に云う, に僕等, に優る, に六家篇, に外, に多少, に対する自分, に小説的色彩, に少し, に就き, に尽され, に影響, に心狂, に旧幕政府, に洛陽, に漂わし, に現, に百倍, に相当, に筆, に組みうった, に萠芽, に遭っ, に遭つて, に集積, のうち, のかなしき, のこさず読んで, のごとき, のすこぶる, のつもり, のなか, のはじめ, のまぎれない, のみ, のみで, のみはまさしく, のもの, のキリスト教的演説, のクライマックス, のクロッキー, のショート, のテーマ, のプロレタリア小説, のポエジイ, のレクヰエム, の不思議, の中心思想, の中心目的, の主人公, の主旨, の主眼, の事, の人生圖, の伝奇小説, の作意, の作文, の偈, の偶感録, の傑作探偵小説, の全体的構図, の刊行, の初め, の刺戟, の劇, の劇的, の劇詩, の印象, の即興詩, の原稿, の古詩, の古調, の和讚, の哀史, の哀歌, の喜劇, の嚢里移居詩, の多恨, の夢物語, の大局, の大意, の大衆小説, の学位請求論文, の完璧, の寓話, の小, の小さな, の小品, の小説的意味, の師, の序文, の序曲, の建白書, の怪奇談, の悲劇, の想膸, の愛, の感銘, の戦国女性史, の戲曲, の放言, の文書, の方, の曲, の書物, の曾我物語, の最後, の本筋, の朽ち, の根原, の殺人物語, の沒却理想, の波瀾, の淋漓, の漢詩, の漫文, の物語みたい, の物語集中, の琴唄, の生ける, の生活史, の田園悲劇, の発端, の登場人物, の目, の真に, の短い, の短文, の短歌能, の短篇, の空文字, の空気, の童話, の筋書, の範囲, の篤農家傳, の精神, の糸, の終, の結末, の統一, の絵巻, の継続的記録, の美しく激しい, の自伝的小説, の興味深い, の花式図, の草冊子, の草稿, の蕪辭囚人, の藝術品, の記録, の評語, の詩劇, の詩曲, の詩篇, の読みだし, の諷刺小説, の諷刺詩, の讀み, の趣向, の足場, の通り, の長, の長い, の長編小説, の関する, の閣令, の陳辯書, の随筆, の風俗史的, の首尾, はいま, はいろいろ, はいろんな, はことに, はその間, はそれ等, はそんな, はたいへん, はたしかに, はちかごろ, はちやう, はなん, はもうこ, はやや, は一大学生, は一般, は三日きり, は主として, は之, は之等, は亡き, は交声曲, は今, は元来, は光明, は全体, は勿論すぐ, は単純, は去る, は叔父, は君, は吾, は堀口大学氏, は大, は大学卒業, は大正十年秋中旬, は嫉妬, は実に, は専ら, は少なくとも, は尺幅, は当時, は彼, は後篇, は意味, は昭和三年六月十日, は書い, は有益, は木村芥舟翁, は本, は次, は此, は江村學人, は決して, は独特, は畢竟, は白秋氏, は礼記, は私, は稀, は筆, は結ばれ, は絶えず, は脱稿, は自分, は自然科学関係, は詩篇中改悔, は道元, は隅田川, は非常, は鴎外, ほどその, またその, もあらわれ, もこれ, もなかっ, もなかつた, もまた, も傑作, も売れなかった, も始読, も彼, も思合, も悔悟, も最も, も正しい, も注目, も結末, も見当らない, も賣れなかつた, も載せ, よりも, より幽霊, わが親愛, をうた, をおくり, をかいた, をかいつまん, をそこ, をでも見た, をなし, をのこし, をも選ぶ, をよん, を一, を一個, を今日, を以て美妙, を作った, を作り, を作りぬ, を光, を公開, を加え, を収む, を同志蔵原惟人, を同月, を吟誦, を執筆, を始めた, を完全, を完成, を寄, を寄稿, を対比, を山媛, を差置き, を得たる, を成したき思ひ, を成す, を成せる, を採録, を握り潰し, を携, を收め, を敢, を書きあげ, を書きそえた, を書きつらねる, を書きました, を書き終った, を書き終る, を欠い, を殊更, を流れつらぬく, を浅薄, を渡した, を特に, を理解, を発掘, を發刊後間, を發表, を着想, を示された, を立案, を終らずし, を終ろう, を綴つて, を綴る, を編みあげよう, を縮め, を置き, を草し, を草しはじめつ, を著, を見, を見出す, を記す, を記憶, を試み, を誦すれ, を読ま, を読まれる, を読む, を読め, を読んだ, を諸君, を讀ん, を讃嘆, を贈り来りし, を載せ, を載せる, を送りたる, を通じて最も, を選びだす, を選ぶ, を選ん, を附け, を除く, を髪, 単に寓話, 御恵, 書いた, 書いて, 書きあげて, 書き上げたその, 書けます, 書こうそう, 残さず売り払って, 生れて, 第三章, 第三篇, 第九章, 第八章, 第十章, 読んでしまつた

▼ 一~ (833, 0.3%)

119 の自動車 20 の車 17 の飛行機 16 の人力車 15 の馬車 13 のトラック 9 の電車 8 の自転車 7 のヘリコプター, の俥, もない 6 のタクシー 5 とまって, のピアノ, の円タク, の大型自動車, の方, の橇, の荷車

4 [13件] おいて, のオルガン, のロケット, の大きな, の機械, の機関車, の空車, の立派, の辻馬車, の黒い, もなかっ, 買って, 頼んで

3 のオープン, の戦車, の荷馬車, の貨物自動車, もって, やって来た, 来て, 置いて, 貸して, 通った

2 [34件] か二台, では, のりっぱ, のタクシイ, のバス, のバスキャデラク, のベッド, のリヤカー, の乗合自動車, の人車, の古, の小さな, の小型, の幌馬車, の手押車, の空円タク, の空自動車, の財宝, の雪橇, の駕籠, も自動車, も通らなかった, も通りません, も運転, やつて, や二台, 下りて, 並んで, 待って, 持って, 来た, 至急ここ, 走って, 通ったきり

1 [404件] あいたよ, あったので, あって, あつた, あつて, ありそれから, ありそれからまた, ありましたの, ありゃ誰, あり現場, あり白銅, ある, あるきり, あるそれ, あるばかりの, ある外, ある自転車, いた, おくられたこと, か, かざられて, かなりゆるい, からからと, が, がぐるり, が二ヵ月, が二十荷積み, が出発, が威勢, が役に立つ, が急停車, が毎日, が火事場, が行き, が見渡され, が通る, が通れる, きて, ぐらいはかなり, ぐらいは来, この料理店, さえもてあまし, さげた儘, しかできません, しかない, しかなく, しか来, じゃ窮屈, すえて, すぐよこし, すれ違って, ずつ入れられた, ずつ携え, ずつ黒塗り, たのむといった, たのむ事, たのんで, だから, だけがあるい, だけが正常, だけが防御, だけが防禦, だけ入れない, だけ来た, だけ消え去る, だってみあたり, だって作り上げられません, だと, だ二台, つくったら君, つくん, つごう四台, つづいて, であります, です, ですら, でまず, でも一万円, でも助かった, でも多く, でも早く, で足りた, で飛び立つ, という自動車, とおまけ, とが残る, とで二三ヶ月, とまつ, とを持っ, とパン, と乳母代り, と四, と大, と椅子, と殆, と衣裳戸棚二台, どどう, ないかねえ, なし人ッ子, などの品々, にすくなくとも, について二人, について手数料, になっ, にのっ, には, にはつつじ, には三根夫, には白髪, には荷物, にピアノ, にミッチェル, に一人, に乗っ, に二人, に五銭, に四頁, に大, に庄亮, に木札, に満載, に素子, に荷, に身, に車夫, に車夫二人, に追いつき, に金貨, に駆けよる, ぬけだし十字路, のこらず海底, のでは, のほう, のよぼよぼ, のりおくれても, のろのろ伸子たち, のわるい, のオウバアン, のオートバイ, のゴミ車, のジープ, のスマート, のタイプライター, のダイアナ, のテーブル, のトラクター, のトラツク, のハイヤー, のパトロール, のフォード, のブルドーザー, のプロジェクトル, のベビイ・オルガン, のボロ, のポンプ, のランプ, のリモジン, の一頭だて, の三輪車, の中古, の乗合馬車, の乗用, の人造人間戦車, の偵察機, の僧都, の円い, の前, の割, の割合, の卓子, の単葉, の単葉飛行機, の古い, の古ぼけた, の地底戦車, の塵芥車, の外人, の大八車, の大型, の大空艇, の客待, の客車, の寝台, の小, の小ざっぱり, の小型タンク, の小型自動車, の小型航空器, の山車, の帆自動車, の幌俥, の幌型, の幌型自動車, の幌自動車, の幌車, の快速戦車, の患者運送車, の扇風機, の折りたたみ寝台, の敵ロケット, の新しい, の新型自動車, の植物性, の機, の機関銃, の水揚げ能力, の汽鑵車, の泥ダラケ, の流線型, の消防自動車, の照明燈, の牛乳配達車, の牛車, の犬橇, の猾, の玉台, の相乗俥, の真新しい, の矢張りカーキ色, の移動式, の空タクシー, の空橇, の箱, の箱型, の箱型トラック, の箱自動車, の箱自動車一九三六, の緑色, の織機, の背, の膳部, の自動自転車, の自家用車, の自記晴雨計, の艦載飛行機, の花電車, の荷物, の荷物車, の華奢, の葬儀自動車, の蝋燭, の見なれない, の警察, の警察用, の貸, の購入費, の赤自動車, の軍用機, の軽, の輝かしい, の轎, の辻車, の速力, の遊覧用大型自動車, の郵便馬車, の重い, の野菜, の野菜物, の鉄, の鏡, の電気機関車, の青い, の韃靼人, の顕微鏡, の飛行船, の高級クーペ, の高級自動車, の高速力, の鶏公車, の黄包車, の黄金づくり, はさすが, はそのまま, は一台分, は備えね, は十分の量, は壊れ, は無惨, は町, は赤い, は農場通い用, ひっぱって, ひろって, へ乗ろう, へ足, へ飛び移った, また一台, まるで王者, もあ, もいない, もう一度僕, もその, もちこんで, もとうとう, もみあたらぬ, もみえず, も来ない, も来なかった, も残っ, も残つて, も無い, も無かっ, も現われ, も腕車, も見えない, も見えなかった, も見た, も見られない, も見当らぬ, も走っ, も通っ, も通らない, やってきました, やっと通る, やっと駒込, やとった, やとって, やりすごした, やり過した次, ゆく, ゆるゆる走っ, ゆれて, ようやくに, よこすよう, よりいなかった, わざわざわたし, わずか五千円, をおとす, をここ, をさらっ, をたすけた, をできるだけ, をのこし, をひょろひょろ, を備, を前, を残し, を盗む, を自分, を親方, を買い込み, を途中, を駆り, 仕立てる身分, 借りだしたの, 借りるの, 借り切って, 停まったまま, 入ったよ, 入れたよ, 出すわけ, 又一台, 取つて, 受持ってた, 吠えるよう, 呼びとめた, 呼びよせたと, 呼び止め彼, 寂しい彼, 居ったもん, 待ちませう, 待つこと, 忘れられたよう, 持つて, 据えて, 新しい農具, 曲らなかった, 曳いて, 曳く人, 来た自動車, 来るの, 欲しいね, 止って, 止まって, 止まつて, 止めて, 残ったトラック, 残って, 登ろうとしては, 積みこんで, 置くの, 至急バルテモア車庫, 見つけたので, 見つめた, 見付けて, 見送って, 買うには, 買えるつもり, 買切って, 購い長袖, 購って, 足りないので, 転がって, 近づいて, 追っかけて, 通って, 通らないの, 通れる幅, 通れる道, 雇った, 飛んで, 飛出しました, 駈けぬけて, 黒く平たく現われた

▼ 一~ (777, 0.2%)

34 の例 30 を争う 18 の例外 12 の三 11 の女 9 の人, の子供, の男 8 のもの 7 の時, の若い, の頃 6 お一二, といわれる 5 になる 4 お一, にし, の問題, の年, の時分, の点, の野心家, の青年, を挙, を挙げん

3 [11件] になっ, に過ぎない, の, の場合, の小, の少女, の文句, の書物, の男の子, の論文, を挙げ

2 [45件] が二, であった, であつ, であらう, と云, と級長, と見える, と言われる, に止まらない, のこと, のすぐれた, の事実, の作品, の例証, の俳優, の友人, の同志, の婦人作家, の家柄, の少年, の巨木, の措置, の教授, の松, の氷店, の浜野屋, の濱野屋, の無頼漢, の理由, の用意, の知人, の秋草, の美しき, の言論, の重要, まだ蔓草, を争, を挙げるなら, を申せ, を示さん, を除い, を除く, 少々馬面, 返ある, 述べて

1 [436件] あげて, あった, あったが, あったばかりで, あり, ある, あるいは全部, あるには, いたしましょう, いて, い三, う三い, および前場, および青年独立党員四五十人, お安価, お聞きしたく存じまし, お訊ねいたします, か, かな, かもう少し, かも知れません, から上京, から仕込ん, から別, から十八, から江戸, か三, がある, が好い, が姿, が籠城, くらいにしか見えない, くらいの娘, くらいの美しい, ぐらいで, ぐらいであろう, ぐらいで御座います, ぐらいな一方, ぐらいの仇, ぐらいの少年, けんを, けん隣, この話, しかありません, しかない, しか見えぬ, だから, だけれども, だけ抜く, だったの, だろうと, だろうね, ってところ, って歩い, って歩き出す, でありその, であろう, でお, でおとなしく, でございましょうか, でございましょう色, でございますが, でしよう, ですが, でせう, でどうやら, ではありませぬ, ではありません, ではなかっ, でもあろう, でもお, でもし, でも青年期, で一七四六年, で丸髷, で何, で其の, で小, で小さい, で浜田病院, で滅法, で立派, で精悍, で色白, で際立っ, とあげ, とあり, といういい, ということ, というところ, という人口, という悪戯盛り, という足取り, といはれた, といふ年頃, といわるる, とかけ声, とする, となる, とも思われる, とも覚しく, とも謂い, とも起り得ない, と三, と云う, と先ず, と呼ばれる, と指, と歩調, と言, と言つた, と踏めます, と送り出す, どうかしたら, ないで, なの, なり, にしか成らなかった, にしか見えません, について特に, にては愛, にて色白, にと, にとどまらなかった, にはなってるだろう, には見える, にふれ, にもならなかったろう, にもなりましょう, にも成つたらう, にジョーヴェ, に二個, に今度, に嵯峨, に恩, に成る, に数え, に日光山, に止まらざるべし, に渡す, に見え, に見える, に見る, に非, のいかさま鉄火もの, のいずれ, のお話, のこうこう, のこの, のこれ, のころ, のころ大津, のころ春先, のもっと, のガッシリ, のチーム, のヒヨロ, のモーターボート, の一団, の丁度, の下士官, の不思議, の不道徳者, の両日, の中年増, の中隊, の事, の事件, の事柄, の些末, の人々, の人かげ, の人たち, の人物, の人間, の今, の仏師, の仔苗, の他, の体, の作, の作曲家, の佳品, の侍, の俊英, の信者, の俳句, の個人, の個処, の候補者, の健康都市, の傑作, の兄さん, の先覚者, の共通, の典型的, の出来事, の出版書肆, の別名, の割合, の労働者, の勤め盛り, の勸工場, の半, の原書, の原生動物, の原稿, の古, の召使, の同盟, の名作, の名物見物, の国学者先輩, の国家的事業, の型, の報道, の大, の大家先生, の天才, の女の子, の女形, の娘, の娘盛り, の学校, の学生帽, の官立学校, の定型, の実例, の実験, の宮内官, の家, の家集位, の富豪, の寛濶, の實例, の対, の小僧, の小屋, の小柄, の峰, の帝大, の帽子, の年ごろ, の年ちがい, の年増ざかり, の年恰好, の年齡, の座, の徒, の忠実, の思想転向機関, の恋, の悲哀戯曲, の感想, の成績, の戦場, の所, の所見, の抄録, の拙い, の政党, の政黨, の教訓, の文, の文人, の文学者, の文章, の新, の新聞, の方々, の方法, の方面, の旧家, の春ころ, の時平気, の書, の月, の朝鮮王陵, の村人, の束髪, の棒片, の模倣者, の武男, の比丘尼一人, の比喩, の気品, の気高い, の注意, の洋服, の温和そう, の無鉄砲者, の牡, の物持ち, の特別, の特徴, の珍しい, の用事, の男児, の男盛り, の町, の町人風, の画家, の番号, の異, の異称, の疑い, の発見, の眼, の私立大学, の科学, の稍, の空間, の窒扶斯患者, の立派, の筈, の紫メリンス, の編さげ, の罵詈, の美人, の老臣, の考察, の者, の肌白村様, の臈, の舊家, の良い, の花, の芸妓, の若年, の若手富豪, の若者, の若造, の茶屋, の藩, の視角, の言, の言葉, の語, の語句, の説話, の諸君, の豊滿, の赤い, の軍人, の軍憲, の近在, の遊び友だち, の道理, の遺漏, の間違い, の雑誌, の青二才, の青白い, の頃喧嘩, の頃小学校, の頃物心, の頃祖母, の項目, の順番, の類例, の骨董店, の高山, の高齢, の黒色種子, の點, はあんまりパッ, はいのんだ, はそれ, はまったく, は創作, は合せざる, は開店, ばかりに成る, ばかりの女の子, へとりどり, まで乳母, もない, をあらそいぬけ, をあらそう, をいう, をいえ, をいふ, をとっ, をはじめ多勢窓, をばい, をやり, を争つた吾妻養狐場, を例示, を受け, を引い, を引拔, を強, を得る, を必ず, を拉致, を挙げます, を挙げる, を掛売, を擧, を擧げます, を擧げる, を示す, を聞い, を観察, を記, を記さん, を試み, を認め, を述, を選, を間違, を除き, を陳べる, 仮托, 出て, 出るの, 及びダンテ, 及び一六, 小意氣, 少くした, 少し縁遠い, 平らげ両人, 拾って, 挙げると, 擧げて, 相変らず, 省く, 笑う, 聴かれるの, 記して, 読んだだけ, 越えて, 迄の娘さん, 返ぐらい, 返は, 驚くべき美貌

▼ 一人前~ (777, 0.2%)

46 の男 36 の女 34 の人間 24 になっ 19 になる 18 の仕事 13 になった, の大人 9 になつ 6 の職人 5 だ, では, になれる, の人 4 の働き, の医者, の役人, の男女, の腕, の芸人

3 [15件] だと, になり, になれ, になれない, に具, に通用, のこと, のもの, の侍, の俳優, の生活, の百姓, の紳士, の若者, の顔

2 [47件] か, じゃない, である, なん, にし, にしてやった, にしてやる, になったら, になつて, になりました, になれぬ, になろう, にはなっ, には通用, にやっ, にピタリ, に働い, に口上, に成人, に成長, に育て, に育てた, に足らぬ, の, のお, の人待遇, の作家, の口, の坊さん, の大人並み, の形, の役目, の役者, の月給, の武士, の独立, の番頭, の立派, の職工, の若い, の角力取り, の詩人面, の責任, の資格, の農夫, の青年, はたっぷり

1 [376件] あのとおり, あまるという, あるいは一人分, が一円以上, が二百円, が六十銭, が六銭, ぐらいの容積, さ, しかし報酬, しか無い, じゃねえ, じゃろう, ずつで, その半額, たい, たア, だが, だがな, だけはあります, だったが, だという, であります, であるとは, です, ですが, ですよ, でないと, でなくとも, でなくなって, で執念深く, で女房, で心, で酒, で飯, という, ということ, というはいかなる, という意味, という言葉, とお, として嫁, として立てる, とする, となっ, とはいはれへん, とはなっ, とは云, とは云われない, とは何, とは申し, とみなされ, とみなされるであろう, とるのに, と思える, と称し, と算, と認め得る, なかった, なの, なのに, ならなく, なら八分目位前, なる分量, なる意義, な制服, な気, にあい, にあなた, にさえし, にさせ, にしたて, にしてやらなけれ, にしてやろう, にすまし, にずらりと, にその, にそんな, につき三分, にで, にできる, になつた, になら, にならず, になりましょう, になり切つ, になるだらう, になれた, になれませんだ, になれやしない, になれるだろうなれるだろう, にはあった, にはちっと, にはできない, にはなつ, にはなれ, にはなれない, にはなれよう, にはなれる, には仕立て, には使えない, にひける, にまで成長, にもっ, にやる, にやれ, によく, にアロハ, に一円, に一杯づつ, に二つ位, に二分, に云う, に人間, に仕上げる, に仕立て, に仕立てすました阿, に仕込ん, に付五升五合, に伸び育っ, に何, に働く, に六粒位, に具えた, に円熟, に出た, に出勤, に出来ない, に出来る, に判り, に動きだす, に務められたら, に十手, に取り扱われ, に取扱われる, に圓熟, に坐りこむ, に堕落, に子, に対してかく, に張っ, に弾ける, に徳川家, に怒る, に成っ, に成つて, に成ります, に成熟, に払, に扱っ, に拂, に担げる, に振舞, に描けたら, に暮したら, に暮らし, に椅子, に歩い, に活躍, に炊事, に生きた, に生活, に用いられぬ, に相当, に知った, に納め, に絵書き, に育ち上った, に育つ, に育てたら, に育て上げ, に育て上げた, に自分, に葉擦れ, に蕭々, に見えた, に見た, に見とい, に詩人, に足りない, に足りぬ, に身, に車, に近い, に近く, に進み出る, に遣える, に養育, に馬鹿, に髭, に黒く, ね, のあゆ, のあんま, のいのち, のいや, のおんな, のかっこう, のごちそう, のちゃんと, のつもり, のところ, のほう, のみずすまし, のオフトン, のオヨメ, のカッコウ, のキリスト信者, のプロレタリア作家, のヤミ屋, の中産階級, の人となり, の人夫, の人格, の人物, の人間ぢ, の仏師, の仙人, の任務, の体裁, の僧侶, の先生, の全体, の公卿, の兵法者, の兵隊, の出世, の出家, の分, の刺身位, の前座, の劇作家, の友釣り, の司法官, の名題俳優, の商, の商人, の善心, の囚人, の土地, の坑夫, の大, の大きな, の大工, の大役, の大男, の天ぷら, の女らしく, の姐さん, の娘盛り, の婦人, の婦人みたい, の宗匠, の宗匠株, の家具師, の専門家, の専門的職業, の小説家, の少女, の岡, の師匠, の年ぢ, の庭, の弁護士, の彫刻師, の役割, の待遇, の後つぎ, の御用, の悪党, の扱い, の批評家, の技術者, の押し, の指物師, の按摩, の敵, の文士, の料理, の料理人, の料理屋, の新聞記者, の方, の日本婦人, の日稼ぎ, の晝食, の案内者, の棋士, の業, の極度, の歌手, の武者修行, の江戸っ子, の法律家, の泥鰌鍋, の活動, の海員, の淑女, の漕ぎ, の物理学者, の狩人, の玉, の理性, の理想, の瓦職, の生き方, の生活求道者, の生活者, の男らしく, の町人, の画家, の皺襞, の眞, の真打, の知識, の研究上, の研究結果, の科学者, の積り, の精力的, の美味い, の考古学者, の能事, の能力, の能力者, の腕白, の芸当, の芸者, の芸術家, の若い衆, の虫, の蜂, の衣服, の裁縫師, の記者, の貴女, の費用, の賃, の近世的偉容, の遊侠, の遊蕩児, の配給, の醫者, の鏃師, の霊魂, の食器, の食膳, の高利貸, の鴨羽, はございます, はたしか, は一反, は何尺, は刈れない, は楽, は食う, へ出, へ据え, やない, やる, よりも美しい, らしい生き方, らしい絵, らしくなだらか, らしく羽ばたきの, を吩, を大きく, イヤ一犬前, 働かなくても, 働けるよう, 出来た仕事, 別にお, 取って, 納めるの, 踊れるやう, 這入って

▼ 一~ (751, 0.2%)

47 飲んで 19 に言 14 飲んだ 13 に云う 11 にいう, に云え 8 に言う, に言っ 7 に, に云っ, に言え 6 にいえ, にいっ, に云, やって 5 では, に説明, 飲むと 4 すすって, に言つて, に飲ん, のん, 含んだ, 吸って, 飲んでは 3 すすった, にいへ, に云われる, に頬張る, に飲んだ, の剣, も物, 啜って, 飲んでから

2 [43件] いえば, か一挺, がぶりと, ぐっと飲ん, つけて, でいい, でもいい, にいふ, にのん, にはいえません, には言っ, に云います, に云い現せない, に云つて, に智慧, に申しましたなら, に申します, に飮, に飲み, に飲み干し, の刀, の小言, の犠牲, の短刀, の食物, や二口, 上げて, 乗せて, 云えば, 云ったの, 云って, 召し上ッ, 啜った, 啜つて, 湿して, 買って, 食べると, 飲まして, 飲ませて, 飲み, 飲みて, 飲み込むと, 飲んだ時

1 [419件] あおった, あがりました, あふつ, あり毎年正月十五六七, いう二口目, いったきり, いったこと, いっただけ, いってから, いわずに, か, かじった, かせいぜい, か二口, か踊, きいたら今日, ぐっとのん, ぐらいずつ吹聴, ぐらいは挨拶, ぐらい喫ん, こういうこと, こう云った, ことわって, さしあげないで, しかしゃべれなかった, しか味わう, しか残っ, しか食べられなかった, しめして, すすったとき, すすりながらも, すすると, すすろうでは, すって, すっては, ずつたべた, ずつで, ずつでもいい, ずつの短刀, ずつの返事, ずつも入らない, ずつ味わいくらべ, ずつ噛みしめ, ずつ団子, ずつ文句, ずつ書い, ずつ皆, ずつ舐める, ずつ飲まし, ずつ飲みはじめた, ずつ飲ん, そっとなめた, その前, その心, たべた, たべただけ, たべては, たべなければ, たべんかい, たりとも, だ, だけすする, だけその, だけは身, だけを持っ, だけ噛ら, だけ後, だけ旋頭歌, つき合って, つけただけ, つけた盃, で, でも, でもいおう, でもお, でもすむ, でもなめたら, でも云う, でも人, でも先方, でも変化, でも多く, でも物, でも芝居, でも言葉, で片付いた, で食べられます, という息切, とする, とて別間, と云う, と思っ, と食, どうぞ, なめて, なめるよう, にいい, にいい返された, にいえる, にいえん, にいった, にいつ, にいひ消せ, にいわば, にいわれ, にうのみ, にお, にお話し, にかじりついた, にかみ殺す, にぐいと, にぐっと, にぐつと, にけなしつける, にけなす, にごまかし, にし, にそう, にたべられる, につまん, になり, にのみこん, にのみほしました, にのめ, にはいえない, には云え, には形容, には物, には田楽, には申せません, には言い, には言えない, には説明, にへこまされた, にぺろり, にほほ, にゃあいうけれど, にゃ言えやしない, にやあ, によく, にエッ, にジアナリズム, にスラヴ的, にパクリ, にマネエ, に中, に云いきれない, に云い切れない, に云い払った, に云えぬ, に云わるる, に仰せられ, に伝説, に何, に分かる, に判断, に印度人, に吸, に呼ん, に喰, に喰いてんけり, に四千年, に因業御殿, に地獄, に堪難き, に大, に大金十五両, に干し, に幸運, に形容, に彼岸, に御, に心理的, に房総半島, に打ち消し, に打ち消した, に排斥, に摸写, に教育, に斥けた, に断定, に暑, に書いた, に浮世, に浮世絵的方法, に消化器, に淫奔, に無, に片付け, に申されません, に申しまし, に申し上げ, に申せ, に瞽女, に神戸, に私, に称え, に称される, に空気, に笑われ, に答, に答え, に答えかねる, に精神病, に約め, に素直, に纏め, に自分, に自由民権, に舐め, に言い尽す, に言い消した, に言おう, に言われ, に話せない, に話せる, に諸仏, に賤ん, に述べつくせない, に迷信, に退, に通り魔, に醜い, に閑, に雌, に雑種, に雪, に非人, に非難, に頬ばつた, に頬張った, に頬張つ, に頬張つた, に頬張り, に頬張りました, に頬張り込ん, に食った, に食べよう, に飲みたまえ, に飲みほし, に飲みほした, に飲み干さん, に飲干し, に飲干す, に高昌人といつて, に高踏派, のって, のみ初めて, のみ毒見, のめば, の唾, の挨拶, の掛合, の方, の日本刀, の答, の蔵書, は, は吉, ばかり貸した, ひかえたこと, ふくむと, ほ, ほおばっては, ほんの名刺代り, めしあがった後, めしあがりますか, めしあがるなぞ, めしあがれ, もそれ, もものいわな, も口, も敬太郎, も明らさま, も知らぬ, も聞き, も言葉, も誰, も飲まなかった, やつて, やつて髭, やりながら, やるぜ, やるの, ゆずって, よばれちまったもん, をかれ, をきく, をぐっと, を与へ, を探し出しました, を是非, を飲む, 上げたいが, 上げたいと, 上って, 乗って, 乗らねえにも, 云ったけれども, 云わないでは, 伺えば, 入れて, 冷めたい天泉, 出たもん, 取出し柄, 叫んで, 召し上がって, 含むと, 含むや, 吸い, 吸うと, 吸うや, 吸った, 吸っただけ, 吸ったまま灰皿, 吸った時, 吸った河, 吸った煙草, 吸った金五郎, 吸ってから, 吸っては, 呑みながら, 呑めそう, 呑んだまま, 呑んだ時, 呑んで, 呑んでから, 味わった時, 啜らせて, 啜ると, 喋る間, 嘗めては, 噛みしめるやう, 噛むと, 変じて, 差し上げなけりゃ, 差上げ, 差上げにっこり, 差上げましょうから, 差出して, 干すと, 張らせて, 御相談相手, 急いで, 戴きたいもの, 投げつけてを, 持って, 持つて, 掻き込んだ, 沈んで, 洩らした, 渡せ一挺, 申したい, 申したいと, 申し上, 笑って, 答えたが, 答えただけ, 答えるだけ, 美味さうに, 舐めた, 舐めました, 触れるが, 言えば, 言ったが, 言っただけ, 言って, 試みただけ, 試みてから, 試みられよ爽, 語ると, 贈った事, 述べて, 遣って, 遣ろうでは, 附けると, 頬張った, 頬張った所, 頬張らうと, 頬張ろうと, 食いたそう, 食って, 食っては, 食べかけたの, 食べたそう, 食べて, 食べてから, 食べては, 食べられようか, 食む, 飲ましてね, 飲まずには, 飲みかけた盃, 飲みかけても, 飲みすぐ, 飲みたいん, 飲みたるが, 飲みながら, 飲みました, 飲みもう一度, 飲み下しただけ, 飲み煙草, 飲み茶碗, 飲み見る間, 飲むか, 飲むから, 飲むこと, 飲む燈, 飲めぬ身, 飲めばい, 飲もうと, 飲んだが, 飲んだくらいの, 飲んだだけで, 飲んだまま, 飲んだ上, 飲んだ水, 飲んでしまつて, 齧ると

▼ 一しよ~ (732, 0.2%)

18 になつ 1312 になつて 10 にゐる 9 にその 7 に来, に私, に立つ 6 にゐ, に持つ 5 にこの, になる, に出 4 にいらつ, にお, にかう, にする, にゐた, に死ぬ, に舟, に行く, に行つて, に食事

3 [11件] にいつ, に久しぶり, に住ん, に寢, に往, に散歩, に暮し, に来た, に行, に行かう, に行かない

2 [41件] にあの, にお前, にお茶, にせ, にそれ, にそんな, につれ, になつたの, になつたん, にやつ, にゐたい, に住む, に何, に何かと, に來, に公園, に半, に又, に外, に妖女, に存外, に寝, に寝た, に御, に或, に手, に暮す, に暮らし, に東京, に歸, に死にたい, に殺すべき, に火, に煙草, に町, に自分, に西陣, に見た, に食, に馬車, に馬込

1 [467件] か, にあげよう, にあそびました, にあつ, にある, にいく, にうた, におにぎり, におぼれ, におま, におれ, にお家, にお正月, にお茶の水, にかへつて, にかへる, にきれい, にくすくす, にくつ, にくらし, にくる, にぐたぐた, にぐるぐる, にこちら, にこと, にこんな, にさ, にさびしい, にされ, にし, にしあ, にした, にしつ, にずん, にそこ, にそつ, にぞうきん, にたま, にだし, にだれ, にち, にぢ, につ, について廻つて, について行くだらう, について行つて, にでる, にとほく, にど, にどこ, になつて一枚, になつて大, になつて抱腹, になつて蟻, になつて途方, になられた, になら行く, になり, になりました, にぬい, にねかされる, にのぼつ, にはいつ, にはげしく, にはつ, にはゐられません, には居られません, にばん, にぴつたり腹這つて, にぶく, にほか, にますます, にまつ, にもう, にもう一度, にもど, にやさしく, にやすむ, にやはり, にゐない, にゐなく, にゐるであらう, にゐろ, にをどりませう, にアイスクリイム, にイドリス, にイワン, にカジノ, にカツサツキイさん, にカツフエ, にガゼツト・デ・トリビユノオ新聞, にキミ子, にゲエル, にコツク場, にシャベル, にシヤツ, にシヤノアル, にスキアヲニ河, にセエヌ河, にトウルゲネフ, にトロツコ, にドイツ, にピエロ, にフワフワ, にボオト, にボール紙, にリドオ, にワイマル, にヴアロンカ川, に一人, に一本, に一泳ぎ水, に三人, に三度, に上がり, に上がりません, に上甲板, に下, に下らね, に下り, に下津, に不快さ, に不規則, に両国橋, に丸善, に久振り, に久米, に乗り移つた, に乗客, に乘つて, に二階座敷, に人生, に今夜, に住, に住つて, に何氣, に作業場, に作歌, に侍, に信州, に信濃路, に働い, に働きたい, に僕, に入らしつ, に入れ, に入れた, に入れられ, に六, に兵員, に出かけよう, に出かける, に出した, に出そめる, に出た, に出なけれ, に刑務所, に到着, に動い, に勤め, に勤め先きの大阪, に包ん, に千恵, に半日がかり, に口, に叫び出した, に召し捕られたい, に右側, に合唱, に吉野川, に名古屋, に吹き込ん, に呉服町, に呑み込み呑み込みし, に呶, に唄, に唱, に唱歌, に囲炉裡, に坐, に塩, に塾, に士官室, に夢, に大, に大学前, に大様, に大西洋, に大道店, に天幕, に奉公, に奥, に妙, に子規居士, に定めし, に家, に家族たち, に宿, に宿直住, に寂しい, に寫生, に寺, に寿海, に小, に小さな, に小筒, に居, に居たい, に屋外, に屋根, に展覧会, に山, に山登, に山路, に峨眉山, に川蒸汽, に巣鴨行, に帝劇, に帰つて, に帰らう, に帰りませう, に帰れ, に平民社, に広い, に床, に度, に度々, に度たびクラバツク, に度たび超人倶楽部, に庭園, に廃め, に引きつけ合, に当時叔父, に彷徨, に彼, に彼女, に往きたい, に往く, に往つて, に徃, に待ちかま, に御前, に御馳走, に心, に心配, に志貴山, に急, に恐ろしい, に恭しく, に悲しく, に慌て, に戦死, に戻る, に投げこまれ, に押し戻され, に拘引, に拘禁, に持ち, に掃溜めあさり, に掏摸, に掠奪, に控室, に搜, に擲つた, に新道, に旅, に日, に早く, に明日信濃, に星野, に昼飯, に晩飯, に晩餐, に暮らす, に會, に有る, に木曾, に本通り, に本郷座, に村の, に村みち, に来い, に来なく, に来られ, に来る, に東京会館, に東町奉行所, に東町奉行所前, に梅, に森, に樂, に横濱ドツク, に櫻, に次, に歌, に歌うたふ, に此処, に歩い, に歩き始めた, に歩き廻つた, に歩く, に死なう, に死ん, に死骸, に残つて, に段段, に殺され, に殺し, に母さま, に水, に水底, に江戸, に江東梅園, に池, に汽車, に沖, に泣い, に泳がせ, に活動, に流れ, に流浪, に海, に海岸, に消え, に消えた, に淡路町, に混, に温泉, に湧き出た, に湯あみ, に滅びた, に滅びてしまつてゐるであらう, に滅んでしまつた, に漕がせ, に濡れる, に瀑, に炉, に炎, に炬燵, に父, に犯罪, に生き, に生れた, に画舫, に病気, に盛宴, に相生町, に眞夜中近く彼, に真珠, に真珠色, に砂, に碓氷山上, に祝う, に移り行く, に空, に窓, に立ち, に立てかけ, に竪町, に競爭馬, に竹藪, に笑, に笑つた, に第, に筑波, に箱, に築かれた, に米, に纏め, に置い, に置いた, に育つた, に胃袋, に脱獄, に腰, に自殺, に舞踏会, に舞踏室, に若, に英語, に茄子, に茶, に落ち, に蘆, に行かなけれ, に行きたい, に行きたかつた, に行きました, に行きます, に行きませう, に行つて部屋, に行方不明, に西の宮, に見る見る, に観音さま, に角帽, に話し, に語りあかした, に誰, に貧乏人, に買つて行つて, に賽銭箱, に赤い, に赤坂, に走つ, に路, に踊つた, に踊つて, に踊れる, に踏み込ん, に蹲つて禮, に車, に載せ持ち来る, に輪, に轟々と, に近づき, に迷惑, に退散, に逃げ, に逃げたくない, に逃げませう, に逃げ出し, に這入つ, に這入らせ, に通つて來, に連れ, に連れられ, に遊ばなく, に遊び, に遊べる, に遊ん, に遊んだ, に過す, に遠い, に遠く, に酒, に野良, に金口, に鉄砲, に銀鎖, に鎌倉, に長老, に關山, に雑然と, に雪, に露地, に頭, に願, に風呂, に飛び立つた, に飛ん, に食べ, に食べられません, に食堂, に飲まう, に飼つて, に香具山, に馬, に駈落ち, に高, に魚籠, に鮮, に黒く, に鼻, のテエブル, の中学, の汽車

▼ 一~ (731, 0.2%)

5 の師, の歌 4 がある, と見倣し, も書い, も書けない, も読めない, を大きく, 書いて

3 [12件] あるのみ, に千理, の短歌, の間, は, も字, も書く, も書け, を書い, を脱し, を貰っ, 下げ忘れか

2 [58件] か二字, がはっきり, が大きく, が嫌, が彼, ずつの文字, ずつ心, ずつ文字, ずつ書い, だけが残っ, だけで, であった, である, では, でも, にある, にし, にした, にする, に縮めたる, の中, の増減, の差, の形, の形式, の甘し, の相違, の置き, の記号, の諡, の違い, もつけず, もない, もまちがい, も文字, も書いてなかった, も書かない, も知らない, も著, も読み, も違, や二字, を, をつけ足し, をとっ, を与え, を入れ, を取っ, を彼, を書いた, を略し, を與, を認めた, を貰, 省いて, 知れたら艶原稿, 考えて, 違って

1 [541件 抜粋] あき, あったらそれ, ありがたき事, あるの, いったい何, いやしくもせざりし, おぼえて, から, から成立つ, から第, から説明書, から讀み始め, がどことなく, がない, がひきし, がふえ, がもし, がカナ, がゴシック風, が一番元, が三字, が人間, が何となく, が判らない, が多く, が大事, が大書, が好き, が如何, が彫っ, が思い出された, が所々ハゲ, が断頭台, が普通, が書い, が書けない, が楷書, が消え, が深く, が漢字, が無く, が現代文芸こと, が自分, が詩, が護符, が赤く, が逆さ書き, くっつけたいん, こう白く, こそまさしく, こそ非常, さえわかれ, さえ思い出さぬ, しか書いてない, じゃいけない, ずつが点字, ずつとっ, ずつとりはずし, ずつの仮名, ずつはっきり, ずつは読め, ずつみる, ずつゆっくり, ずつをとった, ずつを乞い, ずつバラバラ, ずつ出た, ずつ区切っ, ずつ幽, ずつ書き綴る, ずつ毒殺者, ずつ漢語, ずつ覚え, ずつ読み下す, ずつ離し, ずつ鳥, せいぜいで, だ, だが, だけいつ, だけが在る, だけで仕事, だけも胡粉, だけれども, だけロシア語, だけ伏字, だけ変へた実在, だけ多い, だけ書い, だった, だって書いてない, だって混じっ, だに見え分かず, だよ, つけたいの, つよきこと, であ, でありがんちゃん, であります, であると, できっと, でげし, でござる, でどういう, でもこの, でもミス, でも半, でも多く, でも少ない, でも教え, でも氣息, でも直され, でも聲, でヒノエウマ, でメッド, で万端, で代表, で偶然, で大, で失敗, で批評, で支配, で構成, で滿, で盡, で聞き分け, で證明, で貫こう, で間, という風, とおいて, として讀み得ない, とすれ, とたどっ, となり, とを組合せた, と乙, と古き, と柴田修理勝家, と見, どうしても読めぬ, なれば, に, にあらわせ, にあり, にちなみ, につきる, にて現, には現われず, にふくまれ, にまかせ, にも意味, に一カ所, に依っ, に依つ, に凡て, に在る, に執着, に塗り付け, に変っ, に対して一字, に対する今日, に尽きる, に帰, に帰着, に書く, に永久, に浩, に溢れ, に無量, に略し, に真正, に着眼, に神経, に粒, に表象, に複雑怪奇, に譯, に関してゐる, に隠れ, の, のうち, のこころ, のこと, のた, のため, のつもり, のなか, のほか, のみごと, のみである, のやう, のよみかた, のヒント, の上, の交じっ, の伏字, の伝, の内容, の出処, の初め, の動詞, の収穫, の和歌十七字, の型, の大き, の奥書, の妥当, の工, の差異, の師恩, の意味, の批評, の採択, の方, の曲折, の書損, の月, の構成, の横幅, の歌三首, の法華経, の活字, の男総出, の短い, の終わり, の裡, の褒貶, の親しみ, の訓, の詩, の詩形, の語, の誤植, の諡號, の變形, の間投詞, の間違い, はかつて, はこの, はその, はそれ, はっきり大きく, はどうしても, はまた, はキリスト自身, は一字, は七銭, は三年目, は不思議, は人容易, は何, は大きく, は子, は学古, は実に, は小さく, は少し, は希古, は日, は曙覧, は永劫未來, は永劫未来, は相, は見えない, は諸, は鳴である, ばっかりの誤字, ひろった, へ彼, ぼつぼつと, または数文字, また一字, も, もありません, もかけない, もしくは二三字, もしくは菫菜, もしたためる, もその, もなおさず, ものがすまい, もふれ, もふれられ, もゆるがせ, も一行, も不, も余さず読ん, も余すまじ, も使わず, も入れる, も半, も半画, も取っ, も右側, も変えぬ, も多く, も感じる, も抜かさない, も書いてない, も書かず, も書きだす, も書き得なかった, も書き込まれ, も書けなくなっ, も書けねえや, も書けん, も殆ど, も添削, も漏れず, も無い, も現われません, も用いない, も省略, も知らなかった, も筆, も続けず, も見あたらない, も解し得なかった, も言及, も言葉, も訂正, も記すあたわず, も誌, も読め, も読めなかつた, も読めません, も読めませんでした, も読める, も読ん, も読んだ, も違っ, も間違い, や一句, より一行, より来る, をあたえ, をいただいた, をいただく, をいれた, をお, をおい, をお貰い, をかいた, をさえ賜うた, をさすっ, をしるした, をそっと, をたどっ, をでも, をとつ, をとつて称, をとらす, をとり, をどこ, をどんなに, をもお貰い, をもってその, をもって我々, をも削り, をも読む能わず, をやっ, をよみ込んだ, をよんだ, をろがみて, をアラビヤ数字, をタニクク, をミルトン, を一つ, を下しうる, を与えられ, を並べ, を他, を代理, を以て止め, を使つて, を偏重視, を分け, を前, を割っ, を加, を加え, を十分, を反覆, を取った, を吐く, を和様, を墓石, を墨, を嫌うなら, を安, を実にしっかり, を小さく, を少く, を引い, を念じ, を念頭, を懸命, を戴い, を拾っ, を掩はん, を撰んだ, を書こう, を書した, を書せる, を有す, を植え付ける, を標榜, を標準, を残し, を添え, を添えた, を清し, を烙印, を爽, を玩味, を用い, を用いた, を用うるか, を画きけり, を省いた, を眼中, を知らなけれ, を知る, を知れ, を石摺, を笑, を綴り得ず, を置き, を署, を羊示, を胡馬, を脱した, を見, を見る, を見落し, を覚, を覚悟, を解釈, を許された, を読ん, を請, を護符, を貴重, を賜, を賜はり, を附け加え, を除き, を離れない, を頂戴, ヲ加ヘタルマデナル上ニ, 不立, 不説, 丸ごと埋まっ, 亦以音, 冠して, 動かして, 区切って, 又一字, 呉れたところ, 埋めながら, 変えるだけ, 大いに発明, 小さい声, 小さな独和辞書, 小さな獨和辭書, 延びて, 忘れちゃった, 怒って, 押し印した日記, 拾うよう, 書いたが, 書いた端書, 書いては, 書かれて, 書きすすめもう, 書きて, 書き写して, 書くと, 書く真似, 未だ嘗て沽ら, 未嘗沽, 残らず落第, 殖えて, 洩れなく引くの, 睨んで, 聞きとどけ侍りて, 苟もせざりし, 記して, 読みあげて, 読みはじめた, 読み下されるよう, 読む一種, 読んで, 足して, 送り逆, 連ねて, 違ってや, 難いかな, 頂いて

▼ 一~ (725, 0.2%)

27 の道 23 もある 14 ばかり離れた 12 も二里 10 も先 8 の間 6 ほど離れた, や二里 5 にし, の余, はなれた, ばかりある, ばかり歩い, 歩いて 4 にある, に近い, の道程, ばかりにし, ばかり向う, ばかり行く, も来た, も歩い

3 [15件] あつた, に余る, に當, の処, の路, ばかりの間, ばかり海岸, ばかり行った, ばかり西, ほど先, ほど東, もない, も歩いた, も行く, も離れ

2 [50件] あまり下る, ありと, ある, あるいて, か一里半, か二里, だ, ちかくも, でご, でも二里, とチョット, に当る, のあいだ, のところ, の公役, の夜道, の所, の距離, の道のり, ばかりありました, ばかりさき, ばかりで, ばかりの処, ばかりの道, ばかりはなれた, ばかり上った, ばかり下りた, ばかり下ります, ばかり先, ばかり小, ばかり手前, ばかり東, ばかり登り, ばかり降っ, ばかり離れ, ほどのところ, ほどの間, ほどもない, ほど登った, ほど行く, ほど離れ, もあった, もあつ, もあろう, も下, も歩く, も離れた, 半南, 近くある, 離れて

1 [412件] あって, あまくさ, あまりある, あまり来た, あまり過ぎた頃, あゆみ二里, ありますな, あるいた頃, あるか, あると, あるので, あるよ, ある停車場, ある町, かな, からの雪路, がほどに流沙河, が一丁, が二里, が半, が大した, が所謂, が近く, くらいある, くらい西, ぐらいずつ歩いた, ぐらいずつ歩き, ぐらいであろう, ぐらいはあったろう, ぐらいを往復, ぐらい何度往き来, ぐらい山中, ぐらい沖, ぐらい行った, こなたに, しか隔て, ずつまたい, たらずだろう平気, たらずだ一息, だけの迂路, だけれども, ださうである, だった, だもの, だよ, ちかくある, ちかくに, ってね, てま, ですぜの, でも主観的, で丹波篠村, で二つ, で仙台, で小西股, で津居山, とある, という, というところ, というの, という沢渡峠, という船島, といえ, とかぞえる, とか二里, とてこの, とは離れ, とまた, と乗りだし, と二里, と云っ, と十丁, と申し, と行かぬ, と距, と隔たぬ, なり, なりけり, にあり, について三万両, について千二百三十三尺, にて大笑い, にて東, には近かろ, にも二里, にも目, にも足らない, にも足らぬ, にも近い, にも餘ら, にわたるもの, にわたる大, に亙り, に及んだ, に少し, に待機, に渉, に聳立, に足らざる, に足らず, に足らない, に近い長, に過ぎず, に遠い, に騙され, のあいだ皆さん, のぼるだ, のヤミ肉屋, の丁場, の下, の先, の切立った, の前面, の厚, の向う, の四分の三, の四分の三位, の塚, の大道, の官山, の山坂一つ, の山奥, の山道, の庭, の彼方, の徒競走, の急坂, の時, の暑い, の曠野, の池, の沖, の河, の河相, の泥路, の浜路, の海, の海上, の田圃道, の白河戸郷, の秋, の程, の程也, の筧かな, の苦しい, の裾野, の長, の間一軒, の間船, の隣り, の雪, の首里, はある, はあるだろう, はあろう, はたっぷり, はたんまり, は六町単位, は四〇〇〇エルレ, は夏, は官尺, は小尺, は後世, は我が, ばかりあなた, ばかりお, ばかりごく, ばかりしか離れ, ばかりです, ばかりにて足, ばかりに木賊, ばかりに過ぎざる, ばかりのところ, ばかりのもの, ばかりのテイヤ, ばかりの万相渓, ばかりの上新田, ばかりの久米, ばかりの堤, ばかりの宮内, ばかりの寺, ばかりの山奥, ばかりの山村, ばかりの所, ばかりの沖合, ばかりの海岸, ばかりの石井山, ばかりの蓮台寺村, ばかりの越後川口町, ばかりの雪, ばかりの雪道, ばかりは徒歩, ばかりは馬君風, ばかりもあります, ばかりもくる, ばかりもその, ばかりも下っ, ばかりも参ります, ばかりも奧, ばかりも来た, ばかりも歩かなけれ, ばかりも行った, ばかりも距, ばかりも陸, ばかりも隔, ばかりを距, ばかり上, ばかり上つた, ばかり上つた所, ばかり上流, ばかり下, ばかり下流, ばかり乙多見村附近, ばかり九時, ばかり二つ三つ坂, ばかり入っ, ばかり南, ばかり向う側, ばかり山, ばかり山奥, ばかり川下, ばかり往, ばかり撫で, ばかり来た, ばかり東南, ばかり歩きなれない, ばかり田中, ばかり畦草, ばかり登っ, ばかり砂, ばかり立ち, ばかり続い, ばかり行きます, ばかり行つた幹線道路, ばかり行つた鴨居, ばかり谷川, ばかり越, ばかり距, ばかり進ん, ばかり降ります, ばかり隔, ばかり隔たった, ばかり隔たり, ばかり離れたる, ばかり高取, へだてて, ほどある, ほどきた, ほどしかございません, ほどしかない, ほどです, ほどで栂, ほどで舂米, ほどな, ほどの坂, ほどの奥, ほどの山道, ほどの正面, ほどの深く, ほどの湖, ほどの處, ほどはありましょう, ほどもある, ほども下った, ほども川伝い, ほども来, ほども来ない, ほども行く, ほど上, ほど上った, ほど上手, ほど下, ほど人里, ほど北, ほど南, ほど奥, ほど山奥, ほど川上, ほど左方, ほど戻っ, ほど来た, ほど東南, ほど歩い, ほど行き, ほど行き着いた, ほど行っ, ほど行った, ほど行ったら, ほど行つた宿泊地, ほど西, ほど西南方, ほど距, ほど里, ほど降る, ほど隔つた法類, またげるその, また三時間行乞, まではありません, まで見送った, も, もあるべし, もあるらしかった, もある隣り, もきた, もさがる, もさき, もっとおすやろ, もつ, もつづく, もはなれ, も一里半, も乘つたかいなア, も前, も千里, も奥, も戻らね, も手前, も来, も来たろう, も歩かぬ, も歩かね, も沖, も海岸, も無, も行かない, も行き過ぎ, も行っ, も行った, も覚束, も近く, も追, も追いかけ, も遡れ, も隔, も駈けれ, も高く, やそこ, や一里半, や二里位, や嵯峨, ゆき二里ゆき, ゆくにも, るある, わけたる君, をえいえい, をどの, をへだ, を千里, を越え, を越し, を隔つる立野, を隔て, を隔てた, を駆, を駈, 上がると, 下った谷間, 下り二里, 下れば, 乃至五里, 伸して, 半くら, 半ぐらゐで山頂, 半上流, 半中原駅, 半佐賀城下, 半北, 半向う, 半塩灘駅, 半大久保駅, 半奈良井駅, 半妻籠駅, 半富海, 半徒歩, 半撃剣, 半河渡駅, 半登山競走, 半福島駅, 半草津駅, 半藪原駅, 半許, 半距, 半近く, 半醒井駅, 半関が原, 半隔てた, 半隔り, 半離れた, 半餘, 半高宮駅, 少々, 少しでした, 来ては, 歩いたやう, 歩くあ, 歩くと, 溯った塚田村, 滅びようと, 登っては, 行くと, 行くの, 行けと, 近い遠くまで, 近く峠, 近く歩ん, 近く溯り, 近く鬱蒼, 進まば, 遡ったの, 長さ三里, 降り二里, 駆ッこ

▼ 一~ (716, 0.2%)

15 もある 9 か二尺 6 ほどの高 5 に足らぬ, に近い, のところ, の体, ほどで, もあろう 4 あるか, に二尺, ばかりのところ, ばかりの小, も二尺

3 [13件] になった, に及ぶ, の地, の近, の長, の高, ばかりあけ, ばかりなる, ほどな, ほど下, ほど離れた, も離れ, 長さ一間

2 [46件] くらい, くらいのところ, でも一寸, にも足らぬ, にも足りない, に二尺くら, に五寸, に余る, に足りない, に達し, に達する, の余, の土地, の岩魚, の火山灰層, の距離, の間隔, の闇, の馬, は積, ばかりある, ばかりの短刀, ばかりの石, ばかりの色どり, ばかりの距離, ばかりへだたりたる, ばかり下, ばかり手, ばかり積, ばかり開い, ばかり開け, ばかり飛, ばかり飛び上った, ばかり高く, ほどのところ, ほどの箱, ほどもある, ほど切っ, ほど開いた, もあり, も離れない, も高く, 動けど, 掘ると, 程の長, 離れて

1 [505件 抜粋] あがったよう, あまりになる, いれば, うごいたからって, からの雪, から一尺五, から一間, から二尺, から二尺くら, から二尺位, から二尺近く, から窪ん, から違っ, か一尺五寸位, か二尺四方, か五寸, が主, が多い, が定法, くらいがりがり, くらいだったらしい, くらいなり, くらいにのび, くらいの光, くらいの口, くらいの小さい, くらいの石膏, くらいの長, くらいの間隔, くらいも外, くらいも沈む, くらいも頸, くらい持ち上げる, くらい雪, ぐらいずつおなじ, ぐらいでしたろう, ぐらいで少しく, ぐらいで長方形, ぐらいな, ぐらいな竹, ぐらいになり, ぐらいに見えた, ぐらいに過ぎない, ぐらいのけむり, ぐらいのところ, ぐらいのもの, ぐらいの一端, ぐらいの大きな, ぐらいの小径, ぐらいの床, ぐらいの所, ぐらいの流れ, ぐらいの細い, ぐらいの道, ぐらいの鉄管, ぐらいの長, ぐらいは延びる, ぐらい酒, ぐらい長, さがった画像, さがれば, ざしを, しか離れ, しきゃあ, しめて六尺, すぽ, すらも積ら, ずつあるいは, ずつずるずる, ずつに境, ずつの高, ずつ一寸, ずつ一尺, ずつ下っ, ずつ前途, ずつ敵, ずつ文代さん, ずつ次第に, ずつ輪, そして千歩万歩百万歩, その上, たりとも, だけ有り, だけ遅く, だと, である, でえ, でもがんばつ, でもスクリュウ, でも場所, でも定太郎, でも島, でも崩れた, でも延ばす, でも彼, で切れ, で厚み八分, で地面, で左, で材, というところ, というの, という事, という長, といっ, といった調子, とかいう言葉, とか一尺二寸, とか二尺, として進み出さない, となり, とはなかっ, とはなかつた, とは開かぬ, と上, と二尺, と宙, と無言, と百尺, と迫る, と連山, と進まねえ, と隔たっ, と離れない, と離れぬ, ないし一尺半, ないし二尺, なるに, にうかびあがつた, にし, にじり出すと, にちかき, になったら, にもなっ, にも尚, にも届かず, にも足らない, にも近い, に一尺三寸位, に一尺五寸位, に丸味, に余り, に余り幅, に満たぬ, に生, に發表, に縦二尺, に見える, に超, に足らない, に近い力強い, に達せし, に長, のこ, のびたよう, のびて, のびれば, のび二度, のみち, のもの, の上, の上積, の低, の元値, の先, の前, の動き, の動揺, の十五間分, の周囲, の国土, の国境, の土, の土管, の土間, の地歩, の地点, の大, の大雪, の孕独楽, の小, の尺度, の尺度たる, の所, の揚板, の攻撃, の棒, の横板, の民権, の水, の水面, の氷, の灌漑用, の積雪, の竹, の糸, の織物, の老木, の能力, の角材, の記念碑, の谷, の赤き, の軽, の重量, の鍋蓋, の間近, の隙, の雪, の魔物, の鮮紅, の鮮鱗, はなれ, は何, は余るであらう, は全く, は違うでしょう, ばかり, ばかりあがる, ばかりずる, ばかりだ, ばかりにて握, ばかりになりました, ばかりに生, ばかりに立つ, ばかりのび, ばかりのレーニン, ばかりの人間, ばかりの作場道, ばかりの傾斜, ばかりの刀, ばかりの四角, ばかりの壁, ばかりの大き, ばかりの小さな, ばかりの幅, ばかりの廣さ, ばかりの文字, ばかりの断層, ばかりの杖, ばかりの棒, ばかりの棒切れ, ばかりの武者人形, ばかりの溜り水, ばかりの溝, ばかりの熊手, ばかりの白ペンキ塗, ばかりの眞黒, ばかりの石膏像, ばかりの穴, ばかりの空, ばかりの空虚, ばかりの空間, ばかりの立像, ばかりの細長い, ばかりの脇差し, ばかりの腰刀, ばかりの蒲鉾, ばかりの蜈蚣, ばかりの蝙蝠, ばかりの赤児, ばかりの金色, ばかりの鉄製, ばかりの鋳物, ばかりの長, ばかりの間, ばかりの雪山, ばかりの鯰一匹, ばかりまるで, ばかりもある, ばかりもうがっ, ばかりわき, ばかりを此岸, ばかりを湿し, ばかりを除き, ばかりスキー, ばかり上, ばかり上方, ばかり下げ, ばかり低く, ばかり先, ばかり出る, ばかり出張った, ばかり前, ばかり動かした, ばかり小, ばかり岩壁, ばかり左右, ばかり後, ばかり抜きおった, ばかり持ちあげ, ばかり持上げた, ばかり振ら下げた, ばかり斬られ, ばかり明い, ばかり曳, ばかり梢, ばかり水, ばかり短い, ばかり破れ, ばかり空中, ばかり舞台, ばかり見える, ばかり跳ね, ばかり辷り退いた, ばかり遣り過し, ばかり長く, ばかり開いた, ばかり開く, ばかり開けた, ばかり間隔, ばかり離れた, ばかり雪, ばかり革, ばかり飛び, ばかり髪, へまた, ほど, ほどあった, ほどしかなかっ, ほどしか残っ, ほどすっと, ほどずつ砂, ほどそこ, ほどで扁, ほどにつめ, ほどにもなった, ほどに揃え, ほどに積, ほどに軒, ほどに近づけ, ほどに過ぎない, ほどに開け, ほどに雲母, ほどのもの, ほどのラツパ, ほどの三ツ又, ほどの三角形, ほどの下, ほどの不届き, ほどの円管, ほどの土, ほどの小, ほどの尾, ほどの幅, ほどの影, ほどの扉, ほどの時計, ほどの晒し, ほどの木, ほどの焼け穴, ほどの白, ほどの白木, ほどの積雪, ほどの穴, ほどの紐状, ほどの紫檀, ほどの細木, ほどの細長い, ほどの絹地, ほどの舌, ほどの茎, ほどの薄い, ほどの蛔虫, ほどの距離, ほどの長, ほどの長方形, ほどの間近, ほどの間隔, ほどの間隙, ほどの隙間, ほどの黒い, ほどは縫い目, ほどまた, ほどもあろう, ほどもからだ, ほども刀, ほども広い, ほども消えない, ほども藁, ほど井戸, ほど切り抜かれ, ほど前方, ほど土藏, ほど外, ほど引きあけられ, ほど手前, ほど掘つた, ほど掻き取られ, ほど斜め上, ほど日, ほど映した, ほど格子, ほど歯, ほど潮, ほど襖, ほど象, ほど追, ほど長く, ほど開けた, ほど面前, ほど飛び上りました, ほれば, までがよく, もあがった, もあった, もあなた, もあらう, もあれ, もうごいた, もうず, もの高, も上, も低, も先, も割かれ, も動かず, も動かなかった, も外, も大きく, も寄りあわない, も彫れる, も掘る, も此方, も泥, も泳ぐ, も減っ, も積ん, も長い, も長く, も間, も降りまし, も隔たった, も頸, も飛び上がる, を争っ, を動かす, を占め, を得ん, を見上げね, を超えた, を越す, を距, 上げた, 下がるよう, 下れば, 伸びて, 伸びると, 切ったよう, 動いたら死んで, 動くと, 動くと共に, 即ち一町, 寄って, 尚増水中, 引き上げては, 掘れば, 昇れば, 短くし, 程つもり, 程に見える, 程のひこんだ, 程のナポレオン, 程の中, 程の大き, 程の曲つた横木, 程の焼, 程の紙, 程の近, 程の間近, 程もの雪, 程も長く, 程も雪, 程低く, 程切創一箇所, 程抜き, 程段落, 程退いた, 縮むやう, 置いた所, 行って, 近いの, 近いキュウリ, 近い大物, 近い業物, 近い積りかた, 近い細長い肉片, 近い美事, 逃げると, 造るといふ, 進んでは, 遠くても, 重さ, 長くする, 長さ以上, 閃く風, 開けるが, 隔てて, 離れては, 高かったなら

▼ 一~ (704, 0.2%)

5 が, がある, である, の大将, の者 4 であるから, の敵

3 [12件] か, です, なの, にご, の客, の方, の浪人者, の若者, の警官, もない, もなかっ, を

2 [53件] がその, がほか, だが, だった, つれて, であった, であるが, でここ, でしかも, とんだあ, なる香椿, のため, のほか, のもの, の代表, の代表者, の侍, の僧, の兵, の刑事, の助手, の同僚, の同心, の名, の囚徒, の将, の怪しげ, の捕虜, の政友, の新, の武者, の死者, の法師, の浪人, の生命, の童, の紳士, の老, の若い, の親仁, の赤十字社, の車夫, は, もなし, をつれ, を側, を加, を君影草, を残し, を選, ヲ, 之れ, 現患者三十六名

1 [529件 抜粋] あった, あね, あり, ある事, いるが, おいて, おったゆえ, お玄関様, かと思ったら, から注意, から行動, か供, があり, があわただしく, がいった, がいつ, がおく, がきのう, がこれから, がすぐ, がそれ, がつぶやく, がふと, がまた, がやがて, がザコネ, が事, が代表, が先, が兵隊, が副将, が十一名, が口, が外, が多く, が好い, が小門, が彼方, が御, が思い切った, が手, が拘引, が持っ, が本艇右舷, が法師武者四, が燭台, が爆發物, が生徒, が相違, が筆頭, が答えた, が見えぬ, が近く, が進み出, が避難, が駈け, が高く, きやの, きを, ぐらいずつ腹, ぐらい召連れ, このコック, こめて, こりゃ華族, すがた, すぐ起っ, ずかずか門内, ずつそれ, ずつの子供だまし, ずつの書記官, ずつ会商, ずつ別個, ずつ書記机, ずつ頼朝, そういう工事, その手, その高い, たれか, だけが宇右衛門, だけが山路, だけでました, だけでも先, だけどこ, だけは捕り押え, だけもいちど御所, だけを伴うであろう, だけ廊, だった相馬月輪組, だと, だという, だに, だの, だツ, ついて, つい取り逃がした, でありかの, であります, であり漢学者, であるところ, であるよう, であろう赭顔白髪, できて, でこの, でこれ, でござる, でした, でそち, でその, でた, では, でもう, でもが城中, でも警戒網, で相手, で立ちはだかり, でABC三組, という工合, という絶対多数, といえ, といえる, とが同じく, として, としてサク, としてヨウラクシダ, として朝開暮落花, とする, とすれ, とともにテーブル, とともに吾が, となっ, となりました, となる, とも禁錮八カ年, とわずか, とを比較, とを置く, とノーマ号, と一名, と共に都合三名, と刑事, と十人, と半人前, と成っ, と成つたの, と文庫, と火伴兩三輩, と相打ち, と簾中上, と自由法曹団, と見る, と都合二名, と鵜沼一城, ないし二名招待, なくては, などをも取り, なめころ, なるを, なる人間, なる臭椿, なる薫草, にいかなる, にこう, にございまする, にちがい, にて主人, にて留守, になる, には鬢盥, にやり, に二人, に付き, に付三日間留置, に以詔, に十把, に城下, に子どもひとり, に彼, に折, に持たせ, に申しつけ, に葉書, に鏡, に馬簾, に麾, ねがわくは臣これ, のうち, のうろつい, のこらず今暁寅, のてがら, のばてれ, のほう, のみが殿, のみのもの, のみを本丸, のみ呶々, のジヨーカー, の上, の下士卒, の主謀, の会員, の佐倉宗五郎, の使者, の供, の元, の先生, の全, の公卿, の共産党代議士, の兵卒, の内, の刎頸, の剥皮夫, の力, の勇士, の医学士, の原平内, の参謀, の同志金, の同朋, の同行, の含まれ, の坊さん, の壮士, の壮漢, の壮行者, の大学教授連, の女, の妃, の妙, の婦人, の子, の孫, の家来, の居候, の年, の年かさ, の弁護士, の張紘, の強敵, の役人, の御, の思い寄り, の悪, の惜しい, の手, の手練, の批評家, の支那人, の旅, の日本人, の曲者, の木村丈八郎, の木蓮, の機関庫員, の武家, の水兵, の潜水隊員, の瀟洒, の炊夫, の無心, の無法者, の牢人, の獰猛そう, の男, の異様, の看護婦, の真っ向, の真犯人, の立派, の紋三郎, の細作, の給仕, の縄付, の罪人, の署員, の美人, の脚気患者, の脱退, の若, の英雄, の蔡仲, の蔡和, の藤五, の行房, の被告, の西洋紳士, の賊, の賊将, の賊将孫仲, の足利殿, の身分, の近習, の近親, の遺骸, の部員, の郷士, の重臣, の門人, の間諜, の附加的労働者, の陣僧, の隊将, の顔ぶれ, の駿足, の高士, の魏臣, はここ, はこの, はすぐ, はついに, はまぎれ, はみずから艇, はもう, はわざと, はオメケイオコデ, はオメナイオコデ, は三好, は不意, は京極曲輪, は佐久間玄蕃允盛政, は何者, は共産党員, は半月槍, は南天竹, は南都一乗院, は城外, は大和淡路守, は天下, は姫路, は孟達, は宿屋, は将台, は小, は居眠り, は常陸介維茂, は当時八条女院, は彼女, は心から, は手ぬぐい, は捕えられ, は日本左衛門, は旧, は服部太蔵様, は朱, は栗山善助, は櫓, は毘富羅山, は法規, は浅黄地, は清十郎, は漸, は珍珠蓮, は知らない, は福間彦右衛門, は纐纈源吾盛安, は老, は腰ぐる, は自分, は舳, は若い, は蟻地獄, は誰, は途中, は酒, は鉄弓, は陳応, は青梅街道, は馬, ふえたよう, へいいつけた, またそれら, もあまさず捕われ, もある, もいない, もここ, もしくは二, もなく, もの災死児童, もわが, も交じっ, も余さず, も余す, も出したくない, も出なかった, も出動, も減っ, も生き, も稲葉山城, も見え, も見えなかった, も連れぬ, も陸大, も集まっ, らしい, をうしない, をお多福, をからめ捕っ, をつけ, をつれた, をとる, をまア, をサルノオガセ, をトウラゴ, をママコノシリヌグイ, を上, を乗せた, を供, を傭, を傭い, を優曇鉢, を出した, を前, を千石石, を召しつれ, を呉服聖, を呼び, を呼び出し, を呼び出だし, を呼ん, を売る, を大, を定義, を山小屋餅, を後, を従え, を手下, を抜打ち, を拳骨和尚, を指名, を捕え帰った, を捕虜, を揃え, を斃, を旱菫, を映, を月見寺, を杖立清水, を東京, を案内, を極端, を死, を死人, を永護霊神, を河太郎, を法螺熊, を獅子犬, を王余魚, を生, を登竜橋, を目がけ, を眼, を秀頼事記, を臭椿, を蟻通し, を買収, を農牛山, を連れ, を選ん, を部下六人, を附けるなら, を雲, を電子, を駒ヶ岳, を骨ヶ原, を鬼, ガラッ八, ヲ棍ト曰フ, ヲ法規ニ照シテ処理ス, ヲ法規ニ照ラシテ処理ス云々, ヲ白棒ト曰フ, 今にも息, 出られい, 又大学側, 及び同僚巡査一名, 召し連れおりますれば, 同體, 多い牧田一家, 安いお, 従え三月上旬, 忍びこんで, 怖るべき, 捕まえたの, 来り今日, 欠けた残, 残って, 残らず眼, 流されたぞ, 生き残ったほか, 登って, 自顕流, 至急入用, 蒙貴, 足りない, 足りないぞ, 蹶鼠, 載せたり, 逃げおった者, 雇いたいが, 雇う, 駈けつけて

▼ 一~ (700, 0.2%)

30 待って 7 見て 6 来て 5 か二寸, 見ると 4 たりとも, でも, ともない, の間, 寄って, 来いと 3 たりと, でもお, よって, 出して, 出て, 立って, 行って, 覗いて

2 [36件] くらい痩せ, ぐらい低かっ, した事, その椅子, たりとも人, です, でも二寸, でも五分, でも先, でも動かした, でも高, でよい, と君, にし, にも近い, の場所, の身, はなれ, ばかりの穴, まって, も眼, やって, よかった, よんで, 云って, 伺って, 似て, 周章て了つて, 少しは, 待った, 知って, 知らして, 置いて, 聞いて, 診て, 長さ三寸

1 [527件 抜粋] あけられなかった, あそびに, あのあれ, あの家, あの本, あること, ある点, いた室, いった整形外科, いて, うつむいただけで, おききなさい, か, かあ, かいたかしら, かいたし, かいたと, かいた記事, かいて, かきたいの, かけるケープ, かへる, からかふ, から一寸五分位, かソコラ, か七八分位の, がたついたコムパス, きめつけ僕, くらいも歩いた, ぐらいが真白, ぐらいしか不足, ぐらいずつの穴, ぐらいずつ垣根, ぐらいで, ぐらいであった, ぐらいな日光, ぐらいになり, ぐらいのところ, ぐらいのもの, ぐらいの大き, ぐらいの小, ぐらいの小さな, ぐらいの柱, ぐらいの段, ぐらいの花, ぐらいの金属, ぐらい時に, こういう心持, こうして君達, こじれたの, こぼれた, これから行っ, ございました, ごまかせますよ, さしつかえが, さわって, しかお, しか会っ, したこと, したの, したもの, したギム的執筆, したトラホーム, した好奇心, した応答, した感想, した料理, した時期, した浮世, した物, した物音, した興味, した行違, した話, した買物, した閻魔堂, しゃれた歩哨舎, すぎて, すること, ずったよう, ずつも伸び, ずつジリジリ, ずつ一分, ずつ徐々, ずつ辷る, そういう風, その事, その女, そんなこと, そんな話, たたいたと, たたいて, だけしあわせ, だって未練, だまった, ちがったところ, ちがって, っか, って, ってところ, ついたの, つける, でかわして, ですから, ですよ, でなくなつ, でもあの, でもあんた達, でもい, でもおぼえ, でもかいた, でもこの, でもこわさない, でもその, でもそんな, でもというお座敷, でもとぎれる, でもの水, でもふり, でもふれ, でもまさった, でもサロン, でも一分, でも一尺, でも並ん, でも五助, でも傍, でも傷, でも優さし, でも優しく, でも其の, でも出, でも出し, でも動い, でも動いた, でも動かし, でも動かす, でも動け, でも吃驚, でも圧し, でも坐, でも好い, でも妙, でも岸壁, でも帰っ, でも弱み, でも手, でも曲げない, でも本山, でも来, でも東, でも物事, でも眼, でも知っ, でも私, でも美しい, でも考えさせ, でも脳, でも自分自身, でも行っ, でも見, でも見えない, でも見せ, でも見たくない, でも話, でも話しかけよう, でも誰, でも起つた, でも踏ませ, でも踏み込ん, でも躊躇, でも身体, でも迷わされ, でも退き, でも逆立ち, でも逢い, でも逢つて, でも長く, でも間, でも間違い, で一旦, で宜し, で框, という所, といえ, といふ電話, とか, とじりじり, とたじろいだらし, とって, とでも母, とも動かぬ, とも思わない, とも愧, とも手, とも落, と上等, と云, と云う, と云っ, と前進, と喰, と彫りこまれ, と心すれ, と思い, と歩, と点けた, と立てみ, と見分け, と顔, と駆け, と驚かされたせゐ, と驚く, につき代, には解らず, にも及ぶ, に及ばない, に復活, に暗く, に燒, に近く, に長, に青み, のあたり, のがれ, のこと, のこの, のぞいて, のぞく七, のびました, のみすし, の予, の外套, の大業物, の小さな, の時間茶の間, の松明, の淋し, の猶, の空間, の脂肪, の赤樫, の違, の長, の間レッテル, の間私, の間門, の隙, はい, はいった, は出, は危惧, は年上, は支, は支え, は気がつかぬで, は高から, ばかし海, ばかし進歩, ばかりある, ばかりうち, ばかりずつ水, ばかりに切った, ばかりのめり込みました, ばかりの傷口, ばかりの円形, ばかりの厚み, ばかりの小, ばかりの小さい, ばかりの真鍮, ばかりの禿, ばかりの空間, ばかりの紙きれ, ばかりの蟷螂, ばかりめり込みました, ばかりも小さくっ, ばかりも飛び出したごとく, ばかりゆえに, ばかりゐる, ばかりフトコロ, ばかりボロボロ, ばかり仕掛, ばかり大, ばかり対, ばかり戸, ばかり短, ばかり置い, ばかり肉, ばかり透い, ばかり離れた, ひかえて, ひっかかって, ふれた, ほどその, ほどの円形, ほどの可愛らしい, ほどの穴, ほどの縦, ほどの銀, ほどの髪, ほども有ろう, まえまで, まごついた其場しのぎ, ましき, まづい, まわって, めくって, もある, もあろう, もうなく, もお, もずらさねえだ, もたより, も動い, も動かず, も動かぬ, も動くまい, も家, も引け, も有ります, も眠らない, も知らん, も警戒, も運ばぬ, やきもち, よって貰う, よみかけて, より少し, ゐなくなるの, を余し, を燃さぬ, を用, ギクリと, ノ打, 上って, 乃至二寸, 云ったん, 云った事, 仰向いて, 休むに, 会った, 会った時, 伺いますが, 使えそう, 倒れかかったそう, 光りを, 入った場所, 入った左側, 入った所, 入って, 入っても, 入り込んだ水際, 其の家系, 其の玄関口, 出たら畑, 出た位, 出た家, 出た時, 出る, 出る前, 切れるの, 割いても, 厚さ七寸, 取消して, 呼び止められて, 坐る癖, 外れて, 宜い, 寝る許, 巻いて, 帰って, 廻った時分, 廻った頃, 待たんか, 待ちたまえ, 待ちなさいと, 待ったり, 待ってて, 待ってね, 待ってネ, 御命じ, 心細くなっ, 忘れたが, 忘れるか, 思いあたらなかったが, 思い出せず名刺, 思い出せないが, 悲しがったら, 慌てたやう, 抜けて, 抱いては, 拾ったボタン, 持たない事, 挙げれば, 探して, 描くもの, 摘むもの, 明けて, 書いたぎり十日, 書いたやう, 書いたブルム, 書いた新, 書いた時, 書いた隣りの, 書いて, 書きました, 書き出したが, 来たばかり, 来た人, 来ねえお, 棄て難い, 極め振分, 歩いたという, 歩いて, 残って, 気がついた, 気がついたこと, 気味悪くさえ, 淋しい氣, 深さ六分, 甘えた樣, 申し上げて, 痩せては, 眠った, 知らせて, 程, 程はイヤ, 程下った, 程咽突創一箇所, 程突創一箇所, 程開いた, 程離れた, 突っついた所, 立ったら起きて, 立合って, 笑って, 縛って, 置かれて, 考えるだけ, 考へて, 考へもの, 聞いたけれど, 聞いた所, 聞えなかった, 聞きねえ, 聞きました, 育ったよう, 落し方, 落ちたの, 薄い, 行くと, 行く気, 行ったが, 見えた, 見える二階, 見える程, 見たが, 見た位, 見た時, 見た臺所, 見られる姿, 見当らぬ, 覗いただけで, 覚えで, 覚える, 解し兼ねる処, 触れて, 言ったが, 訊いたの, 訊いて, 記した面識, 訪ねる家, 話したっきり, 話して, 話し出したら, 話すだけ, 調べて, 起きて, 起き上って, 退かぬ頼もしい, 退かぬ頼母, 退く余裕, 鋭いところ, 長さ一寸五分, 長さ二寸, 長さ四尺一寸余, 長さ尺余, 閃いた秋, 開いて, 離れた据膳, 離れた櫟, 面白い, 面白い現象, 面白し, 頷いた, 頼んで, 顧みて, 驚いた様, 黙った, 黙って

▼ 一~ (696, 0.2%)

72 に並ん 55 になっ 19 にならん 12 に並べ, に並んだ 9 に並び 6 をなし 5

4 [13件] におれ, にし, についた, になった, になつ, になつて, にならび, に並ぶ, に並べた, の人々, の電燈, を作っ, 小さく赤く見え

3 である, となり, になら, にならべ, になり, にみんな, に行儀

2 [32件] こぞって, となっ, につづい, にならんだ, になりました, にタラタラ, に唐黍, に坐っ, に太陽, に手錠, に押し並ん, に石, に立っ, に続い, に走っ, の, のうち, のところ, の人馬, の大きな, の山脈, の椅子, の歯, の皺, の眼光, の雁, は, は実に, を作つて, を占め, 浮びその, 通るの

1 [369件] あり, いったいに, いったい同じ, から教える, から直ぐ, か鼎足形, が, がある, がその間, がどうして, がどこ, がまばゆい, がみえ, がをち, が何処, が夕陽, が射つ, が整, が松明, が横, が疾走, が石垣, が第, が裂かれた, が見えた, が見られた, が通りました, が通れる, が通過, が隱, が音楽堂, が高地, くもる, こそ何者, すまして, ずつ何百, だ, だけこんなに, だけとびはなれ, だけ並ん, だったが, であった, でいずれ, でしか, では, で小さく, で彼等, で馬, として桜, となった, とばし了簡違い, とまり, ながら花電球, などをもっ, なの, ならびゐてひとつびとつにものいふあはれ, な白波, にあらわれ, にある, にいた, におかれ, におなじ, にかかっ, にかさなりつ, にかれ, にこちら向き, にさるべき, にしか歩けない, にしぬ, にしぶき, にずうっ, にずっと, にずらりと, にその, にそろえ, にただ, にちゃんと, につ, につい, につづく, につない, につめ, につらな, につらね, になつてゴロ, になつて山径, になつて車道, になつて通つて行, になまぬるい, にならばせ, にならびました, にならべさせられ, にならべさせられる, にならべよう, にならべ座らせました, にならんだ散, になれ, にのり出し, には, にはいり込ん, にはた, にもった, にやあらん, にゆく, によけてバス, によつて, にイスラエル, にキチン, にデスク, に七個, に並ばせ, に並ばせなかった, に並ばせられた, に並びあっ, に並べある, に並べられ, に並べられた, に並んだ黒ずんだ, に並居る, に五つ, に五つ六つ, に五百圓, に入, に入っ, に入学, に円く, に出で, に列, に労働者, に取っ, に取り扱おう, に同じ, に密接, に密着, に小夜福子, に少し, に就かざる, に幡, に并ん, に底, に店先, に座つた八九人, に延び, に建てられ, に引き据えられ, に彫り付け, に悪魔, に成つて電灯, に戦線, に押し列び, に招き呼ん, に据え, に措く, に揃っ, に放, に散らばっ, に整列, に時, に書いた, に朗々, に机, に枕, に染め出され, に植, に植えた, に植ゑて後, に植ゑられてゐたたうもろこしは, に構え, に横隊, に正座, に武士, に歩ん, に死についた, に泳い, に活動人形, に流れ, に百万頭, に直っ, に相, に神, に空, に立ちならん, に立ち並ん, に立ち並んだ, に立つ, に立てなおし, に立並ん, に竝, に竝ん, に竹串, に細長い, に組ん, に縦, に縫いつけ, に繁, に繋がっ, に置きあり, に老松, に聖母, に聳え, に腕, に腰, に自分自身, に舞台, に芽, に草花, に蒲鉾形, に蓆, に見, に見える, に規則正しく, に軒端, に輪, に輸入品, に近付き来りし, に連, に長く, に隊伍, に青い, に非, に食卓, に駈けた, に騎馬隊, に黄ばんだ, に黒く, のまま, のまま左, のもの, のよう, のコマ, のスチームヒーター, のバルコン, のフォリオ形, のベンチ, のボックス, のポプラス, の三つ目, の並木, の中, の中央, の中央通路, の丸太, の主体者, の乗客, の人, の人かげ, の人家, の人数, の人間, の他, の全部, の兵士, の冬, の冷水, の前, の単, の品, の囃子方, の大, の子供達, の定席, の家影, の寒々, の屏風, の屏風岩, の山々, の嶂屏, の巡査, の布, の建物, の弧線, の心中物, の提灯, の敵討ち物, の明り, の時として, の木かげ, の木立, の松明, の柳, の桟敷, の森, の概念, の檻, の櫻, の歴史的推移, の汽車, の淡い, の犬奉行, の登場人物, の白壁, の石, の砂, の神, の窓外, の立木, の竪壁, の系統, の系譜, の紅き, の縦陣, の縦隊, の美人, の義士たち, の老松, の肩, の腫物, の蔦, の襤褸, の赤い, の踊り子, の軍隊, の軍馬, の農家, の部屋, の郵便馬車, の鉾, の銃剣, の陳列棚, の隊, の雁影, の雁行, の雑草, の雪, の静か, の顔, の風, の食卓, の馬, の騎馬, の高い, の黒奴, はその, はカエシ, は両側, は作らない, は堂島, は室, は御簾, は殿, は海岸, は膝, は蹄大地, へそういう, へ日本女, も以下, よりも猶, を作つて通つて行, を作り, を従, を成す, を拾, を歩み, を焼き, を照, を眺めやり, を突き落とし, を脱けた人, を見た, を露出, 時としては, 植えるの, 白き, 綴られて, 薄い煙, 遠くうすれ行く, 遠く連, 飛びて, 黒いみ

▼ 一~ (689, 0.2%)

11 聞いて 9 見て 8 訪ねて 7 占めて, 知って 6 見ると, 連れて 4 きいて, 作つた, 得て, 置き十二神, 考えること 3 加えれば, 加へ, 呼び寄せて, 失って, 好いて, 嫌いに, 聴いて, 見た, 見よ

2 [36件] きいては, して, 上に, 出して, 加えたもの, 加えて, 占めるソヴェト同盟, 唱えながら, 好きに, 引いて, 想像する, 愛して, 指して, 控除し, 控除すれ, 故郷へ, 日葉酢姫と, 是と, 書いて, 本人に, 欠けば, 残す, 殺して, 消せるなり, 目指す彼, 知つて二を, 知つて十を, 芸術にまで, 訪れたの, 認めて, 読んで, 追出したこと, 選ぶに, 選ぶのほか, 選まざれ, 非と

1 [516件 抜粋] あぐ, あぐれ, あれが, うっとり眺め, お報い, お礼として, かけると, かける後, かしい, ここで, さげすむこと, ささげて, さだ子さんと, さらって, さらに離し, したり, しめる社会主義体制, じっと見た, じろりとにらんだ, すっかりのぼせあがらせ, そこに, その一身, その候補者, その自由, それが, た, たして, たすけて, たすと, ただお君が, たてて, ちらと, つかまえて, つかめば, つれて, なし直幹聳立, なすの, なめて, ならべを, のせて, はじめ二三人集まっ, はなった, ひきずるよう, ひっ張って, ひろげて, まぎらして, まづ, めぐつて, めぐる由子, もて, もて凡て, もて物, ものに, わが社, わが青年倶楽部, ウィンチェスターの, ガランマチカと, ジロリと, セインタキスと, トーチカの, ドアの, ピンとも, ムーサの, モットーと, モットーに, ユーメーロスは, 一で, 一倍し, 一掃する, 一日と, 丁寧に, 上げるから, 下附, 与えるなどという, 与えれば, 主としてこの, 九時半迄, 争いはじめました, 二で, 五十年納めれ, 亜細亜虎列拉と, 今度の, 他へまで, 付け歌い, 以って, 以つてお, 以つて貫かれたる, 仮に事実決定, 仮り来つ, 仮る, 佐伯部と, 何億かけ合わせ, 作って, 作り高宗, 作意と, 供せられる, 保つだけの, 保つとでも, 信ずれば, 信用する, 借りて, 偶然と, 傳ひ, 僥倖し, 僥倖しない, 僥倖する, 先導として, 先鋒に, 六の, 冷やかすやう, 出でず多く, 分けて, 分けるという, 分てり, 切り落しに, 別れた妻子, 刺した, 刺し殺し木村重吉, 削り去る, 削り取られること, 加えしたがって, 加えそして, 加えなければ, 加えまた, 加えようとも, 加えると, 加ふべし, 加へて, 助けろ, 勇気付ける, 勉める気, 動智, 北山に, 占むると, 占むるなら, 占むれ, 占めたの, 占めること, 占めるもの, 占める地域, 占める大国, 占める社会主義社会, 占める社会主義連邦, 占め南, 占め外国作家, 占め從來, 占め方八五〇万英里, 去らざるべからざる場合, 去るべき必要, 参照, 友達の, 反織, 収録し得た, 取つて英一, 取らずといふほど, 取らば, 取りて, 取る, 取るという, 取るの, 取れば, 受取らない地主, 名胡桃城, 吸うと, 味方に, 呼んだ, 和蘭へ, 咎めたこと, 咎める気持, 品子は, 問いて, 問えば, 国に, 土間で, 地に, 報ゆる, 塁と, 塞いでしまつた, 増すこと, 増せば, 増加すれ, 多鶴子の, 大地ごと無限の, 大葉麦門冬として, 天上に, 失うは, 失ったが, 失ったわけ, 失った翌年, 失つて來た, 失へば, 失わなん, 奥村政信以来広く, 奪って, 奪つた, 奪ひとつ, 女性と, 好いたら彼, 好いてる気持, 好まぬらしい, 好む者, 娶らざるべからずと, 存する, 学ばずとも, 完全な, 実は内内, 家に, 専らに, 小葉麦門冬, 小説他を, 崇拝し, 左から, 常に支払わなけれ, 常識と, 年季と, 庭に, 廓大し, 引いた即ち, 引いた屋号, 引きはなせば, 引き受けると, 引き揚げて, 引き止めた, 引くと, 引くなり, 引く人, 引く者, 引止めた時, 彫って, 彼が, 彼女の, 待つこと, 待合へ, 後に, 後備に, 得るため, 得ると, 得んとして, 得残り, 徴収する, 必ず貯金, 志願するらしい, 忘れきつ, 応接間に, 怒らせたの, 怒らせて, 思って, 思ひきつて, 思ひだして, 思ふ心, 惨めな, 愛しても, 愛し他, 愛し疲れた挙句, 感ずる, 慰めたの, 憎む心, 憎む思ひが, 成して, 打ちきると, 払い得るでは, 払えば, 択ばざるべからず, 択ばんと, 択まねば, 抱いた, 抱きかかえて, 押しのけるよう, 拜し, 持ち出した, 持って, 持つこと, 指した, 指名し, 挙げて, 捕うれば, 捕えて, 捨てて, 授かり佃, 掌握し得, 排して, 控除しなけれ, 措いて, 揃へ, 撃破し, 撰ばざるべからざる応報, 擧ぐれ, 支払っただけ, 改むれば, 改めんと, 政府を, 教育に, 教育界の, 数えられた休火山, 数えられて, 数え十二, 斃し, 斟酌した, 斥けて, 新鮮な, 書く, 書くという, 有しパリー市, 有する汝, 有頂天に, 望む能わず, 期して, 末始終まで, 東の, 果したと, 欠いても, 欠かぬよう, 欠くに, 欠く三足, 欠く事, 欧羅巴虎列拉と, 此方へ, 死罪に, 殺した, 殺したかつた, 殺し他, 殺すこと, 殺す者, 殺す言葉, 求む可, 消さんため, 消しこれ, 消しぬ劒, 消せし天使, 淡褐色, 減じ器分, 減ずること, 減ずれば, 渡らずしては, 漏らすなり, 無事に, 焼いて, 燻んだ紫, 牀脚辺に, 犯す者, 獻じ, 率意と, 現物租税として, 理性人間, 甘く見すぎ, 生かして, 生み遺して, 生産する, 用ゐる, 男性と, 疫病によって, 白き物, 相手に, 看病する, 睨みつけた, 睨みつけて, 睨んだが, 瞑目し, 知らないもの, 知りそして, 知るは, 知る前, 碎けること, 確信し, 示して, 示し今日, 示し或は, 示す, 示すなり, 示せり, 私に, 穿って, 突きとばす人見小六, 突き飛さん, 立派に, 竪てて, 第二, 節録する, 納付したで, 納入する, 終った, 終って, 経と, 経めぐっ, 経過しない, 結婚から, 經過し, 維持する, 缺いた, 缺く, 置いて, 置く, 耕され, 聞くと, 聞けば, 聞て, 肯定する, 育てながら, 背負って, 膝の, 自分の, 芥川家から, 芸術家だ, 芸術的として, 草し二商品相互, 草花の, 蝦夷というは, 表現する, 被告の, 裏切るため, 補うのに, 補足し得, 補足する, 覆ひ隠す不法, 見たが, 見ただけ, 見つけた, 見るに, 見並べて, 見物席から, 見詰めたが, 見送って, 観察した, 観音力他を, 言ふために, 言わんか, 言葉に, 計るよう, 討ちます, 討った長尾, 記する, 訪ねた, 訪ねたこと, 訪ねたの, 訪ねた吹雪, 訪ねるため, 訪れるの, 詰ったの, 誇る, 誇るその, 誇る江戸, 認めると, 語るもの, 課して, 課せられるに, 調法に, 請求すべきである, 請求する, 諳誦せし, 譲られた計算, 讀めば, 豫期し, 負債者とばかり, 負担すれ, 費して, 贈られたので, 超えること, 超過し, 越さなかったの, 足すと, 距る, 躊躇の, 軽々と流し, 迎えに, 述べると, 述べん, 追ふてゐる, 送ったので, 送って, 逃げるの, 逃げる心, 通つて来る, 通俗的一を, 運ばせて, 達したとも, 選ばなければ, 選びだしたの, 選んで, 酌量すれ, 醵出し, 金貨に, 録する, 開いて, 限度と, 除いたあらゆる, 除くのほか皆, 離るる, 零に, 霍乱という, 青幇と, 靜智, 預けると, 領有する, 頤に, 頭に, 頼んで, 食事に, 鬱一を, 鶏の, 黄教と

▼ 一パイ~ (687, 0.2%)

45 になっ 18 になる 14 のん 10 に射し, に見開い 7 になった, に並ん 6 になつ 5 でした, に剥き出し, に見開いた, に開け 4 だ, になりました, に浸す, の人だかり, 飲んで

3 [20件] だから, だったの, であった, である, です, になりまし, に入, に建てた, に溜め, に溜めた, に積んだ, に網, に緊張, に詰まっ, に開い, のところ, の血, 喰わされて, 詰めて, 飲むと

2 [45件] お飲み, つまって, なの, に, にこめ, にし, になり, に入っ, に受けた, に含んだ, に引っかかっ, に張り上げ, に擴, に散らばっ, に文身, に春, に渦巻かせ, に溢れた, に漲っ, に生え, に籠っ, に血, に詰めた, に開いた, に開けた, に開ける, に雪, に響き渡る, に飾られた, のめ, の人, の火傷, の見物, の金, やって, を明るく, 入つて, 埋めて, 持って, 溜まって, 溜めた眼, 溜めた調子, 溜めながら, 詰まって, 飲んだ

1 [380件] ありつきたいもの, おごらせる, お打ち, か二ハイ, きめて, きりひらいた分, くわされて, ぐらい, ぐらいの間, ぐらい持っ, こすりまわした, さ, その中, たべたい, ためて, だけで, だし, だそれ, だった, だつた, だつたの, だと, だろう, であったが, であるが, ですね, でね, で五, で僕, で前, で可愛らしい, で奥, で寝台, で帰る, で御座るよ, で江戸, で無理やり, で煤, で片付き, で町役人, で皆, で私, という, といううらぶれた, というフトコロ具合, という程度, と皿, と言う, と謂い, どうぞなぞ, なぐり付けましたので, なので, なん, な心持, な志津子夫人, にあたっ, にかがやき出し, にこぼれかかりました, にこれ, にさした, にします, にする, にたかっ, にたかつ, につけ, になったら, になりかけ, になります, にみちみち, にコダワ, にコダワリ, にシンカン, にセリ, にゾロ, にハダカッ, にヘバリ, に並べ, に並んだ, に乗せ, に乱れかかっ, に仔犬, に付いた, に働かせた, に充実, に光, に入った, に入り, に入る, に冴え返っ, に出, に出しかけ, に出す, に剥き出した, に剥き出す, に卷いた思ひ, に取り巻い, に取り散らし, に取散らかし, に受け, に吊され, に含ませ, に吸い込ん, に吸っ, に吸つて, に咲い, に咲いた, に咲きこぼれます, に咲き乱れ, に唸り, に塞がつ, に夕立雲, に天道樣, に孕みます, に孕ん, に孕んだ, に射した, に射す, に干し, に引き開いた, に引つ, に張っ, に張つた水, に張切る, に当った, に投げ込まれた, に拡がっ, に拡がるでしょう, に拡げ, に拡散, に持出された, に掛け連ね, に掲載, に撒き散らした, に散ら, に散らかし, に散らばし, に新しい, に新聞, に明け放し, に星, に映し込みました, に書い, に書き, に書き埋めた, に最後, に来る, に横溢, に水たまり, に沈めた, に流るる, に流れ込ませた, に流れ込ん, に浮か, に浮き上りました, に浮き上る, に浮き出させた, に浴びせる, に浴びた, に涙, に混乱, に渦巻い, に湛えました, に湧き出した, に溜まっ, に溜める, に溢れ, に溢れる, に漲, に漲つ, に漲つた, に灯り, に照, に照らし出した, に燻, に爆発, に盛られ, に盛り上る, に着けた, に石榴口, に積ん, に積込む, に突, に立, に立ちはだかっ, に立ちはだかります, に立働く, に篏め, に籠, に籠った, に紅, に群れ, に羽毛, に聞える, に肩肘, に育つた, に自分, に茂り絡んだ, に草根木皮, に蒼白い, に蔓つて, に見張らし, に見開き, に詰つて, に詰まった, に詰め, に詰め込ん, に調べました, に踊り, に躍らせ, に輝い, に這, に這入る, に重なり合っ, に釣っ, に開けさせ, に開け放され, に雄姿, に露, に露出, に響きます, に響く, に顔, に飛廻, に飛廻る, に飛散る, に飾った, に馳, に騷ぐのもまた一つ, に高鳴りました, に點, のお, のみに行っ, のみほした, のむ, のむから, のむの, のやう, のウイスキー, のオマケ, の三文盆栽, の上出来, の不平, の五寸釘, の人出, の人数, の入り, の十キロ, の半, の声, の大, の大きな, の奉公人達, の客, の希いであった, の彌次馬, の悲しみ, の折助, の捕手, の放課後, の方, の星空, の暮し, の松, の歡聲, の正札, の水, の涙, の涼み船, の灯, の灰神楽, の物, の白い, の目の玉, の硝子窓, の秋, の花, の花電燈, の茶, の言葉, の道具, の避難船, の酒, の錢, の霹靂, の青葉, の騷ぎ, の高張提灯, の鼻, はめて, はめられたか, は夢, ひッ, やってるところ, やらかさうか, やりながら, やりはじめたの, やりました, やるから, やると, やるの, やるぶん, やる間, やろう, やろうと, やんな, ゆすぶって, を見事, ガツガツと, バリバリと, 丁度見廻り, 下さいな, 付いて, 光らせて, 入って, 入れた瓶, 再びなみなみと半分, 叩きつける真似, 叫んだ, 呑んで, 喰いつきました, 喰いましたね, 喰うかも, 喰わされかけて, 喰わされた事, 喰わされるの, 喰わせる, 居つて, 居るけれども, 差上げませう, 差上げるから, 引っかかって, 引っかかるところ, 引っかけて, 引っぱって, 引つ掛けて, 張りまして, 怠けたがるの, 打ちました, 投げつけて, 押して, 新しい刻み, 歩いて, 歩き続けて, 汲んで, 浮いて, 涙ぐんで, 溜まった, 溜めたと, 溜めた顔, 溜めて, 溜め青い, 犇めきます, 生えて, 睨み付けて, 積んで, 突き上げたので, 突飛ばすと, 見開きながら, 詰まったよう, 詰まつて, 詰めたの, 詰めた奴, 詰めた箱, 詰めた籠, 踏み締めて, 這入ってれあ, 遣って, 附き合, 食いいやに, 食ってるに, 食べるため, 飲まして, 飲みに, 飲みましょうと, 飲むまでの, 飲むわ, 飲め, 飲もうと, 飲んだらしく赤い, 高くあげた

▼ 一~ (680, 0.2%)

52 の時 22 にし 19 であつ, になっ 17 で歿, になる 15 になった 14 であった 13 である 10 のとき 9 の春 7 の若 6 の青年 4 だった, だと, で, になつて, の年, の頃, を加

3 [12件] か二歳, だから, で元服, で江戸, となった, になつ, のお, の少年, の折, の私, の自分, の若者

2 [36件] から十七歳, か二歳兄, だつた, であったと, であるが, でお, でこれ, でした, で亡くなった, で本所二つ目, で譜代, で長崎, というの, となる, になり, にもなる, の, のおり, のショパン, のドヴォルシャーク, の冬, の博士, の幼年, の思い出, の男子, の翁, の老人, の若い, の蘭軒, の香, は三十一歳, までです, も二歳, や, を一期, 劣りの

1 [324件] お早, から三歳, から二十六歳, から二十四歳頃, から五十二歳, から十五歳, から四十四歳, から奉公, から後, から立っ, か十二歳, がその, が一人, ぐらいでニージュニイ, ぐらいの少年少女, さらに翌年, しか年取らない, しか違, しまいには, すでにこれ, その子柳, その臨終, たらずの, だ, だけのこと, だし, だぜ, だったが, だとして, だ相, であ, であったが, であったこと, であったという, であったひと, であった多紀, であった弘前, であった彼女, であった枳園, であった次, であった私, であった迷庵, であらう, でありますが, であるから, でございますが, でそこ, では, で七年, で上京, で五六年, で亡くなる, で備後国深津郡福山, で初めて, で初婚, で前年, で十四年ぶり, で博士, で参与, で名, で夭折, で夭札, で夭死, で妻, で嫁, で子供, で学士, で家族一同松山, で小, で小石川, で年寄, で従容, で御, で所謂, で手, で既に, で本, で権中納言, で正, で此年七十六, で死にました, で死ぬ, で死ん, で死んだ, で歿年, で永眠, で池, で没した, で浜屋敷, で父, で生命, で県会議員, で総, で美人, で聖譚曲, で肥前国唐津, で自殺, で薨, で藩地, で蘭軒, で誠に, で迷庵, で雁次郎横丁, で養家, とあります, という, というあの, という年, という年齢, という文字, といはなけれ, といふ年弱さだつた, といふ年齢, といふ老人, とかいうこと, とせ, とどれ, となぞ, とはいっ, とは云い, とは思へぬ, とは見えなかった, とも子, と八歳, と六ヵ月, と刻ん, と墨色あざやか, と書い, と稱, なら二十七年, なり, なりき, なりし, なりにいろいろ, なるか, なれども, なれば, にあらざれ, におなり, におわし, にて慶安二年俄, にて歿, にて身まかりぬ, にて逝けり, にて都, になつた, になつた私, になられました, になりかけ, になります, にもなっ, にもなつて, にもならぬ, にもなります, に七度奔命, に候, に初陣, に及べ, に相, に相成り, に至る, に足らぬ, に達した, に達する, のおじいさん, のこと, のそれ, のとき家, のとき本木昌左衞門, のとき父, のびっこだ, のぼんやり, のまま, のわら人形, のゴーリキイ, のシューベルト, のセラフィモヴィッチ, のドビュッシー, のバッハ, のピオニェール, のヘンデル, のペタン, の一八三四年, の一葉, の三月, の三造, の世祖, の九月, の五人, の五月, の今日, の令嬢, の作品, の保, の僕, の元康, の六人, の兵隊検査, の労働者出, の召使い, の可愛い, の名僧, の坂, の塵, の声, の夏, の多岐, の大和守正時, の女, の好, の姉ナンネル, の姉娘, の始, の姫君, の娘, の孫, の安井夫人, の寛政四年, の小学校生徒, の少女, の巳年, の年ストラトフォード, の年長者, の幼年時代, の幼者, の当時, の息, の愚, の愛くるし, の愛らしい, の懐子, の成年, の新年, の春水, の時三十二, の時存生, の暮, の曾祖母, の最後, の枳園, の某, の棚橋先生, の榛軒, の次女, の正明, の比, の父, の猪, の生涯, の男, の皇子, の碧山, の秋, の秋頃, の筆, の納所, の純情, の紫, の美少年, の老, の老年, の老齢, の若武者, の藩主, の虎之助, の血統, の誕生日, の謙三郎, の赤ん坊, の軟かく, の遊蕩児, の過多, の還暦祝, の重吉, の長寿, の闘病生活, の顔, の養孫信階, の高野長英, の高齢, は三十一歳みたい, は器用, は源氏, ばかりの女の子, までおれ, までと引延し, までには處女作, までに四万六千余人, までのもの, までの足掛け四年間, まで勉強, まで完全, まで寿, まで忘れ兼ね, まで東奔西走, まで用意周到, まで諸国, まで長寿, も年長, や二歳, より三十六歳, より八歳, より随従, らしい, を一足, を以て丸山, を以て卒し, を以て歿, を以て終, を厄年, を立て, を迎えた, ノ中, 乃至九歳, 子夏, 既に一家, 早くも, 秀でた眉, 程になる, 総投痾, 自矜, 若くは, 迄にはと思つて, 長十七歳

▼ 一~ (676, 0.2%)

298 二も 8 ない 6 西洋二も 3 さすがに, 日本に, 第二, 金助の

2 [18件] あたること, あれば, くさんに, ここに, それらの, それを, ないが, なかった, なく二, 之れある, 外国の, 如上の, 存し, 容易に, 常識を以て, 持って, 無かろう, 着せて

1 [316件] ありは, ありません, あるおまけ, あるなし, あるもん, ある穴, いつしか橋上橋畔, いなければ, いまは, いやだつた, うたえないの, え行かぬ, おほか, おれには, お伝, お伝えする, お話が, お話しできません, かくの, かの伴, かり出されて, がっかりしました, ぎにしかねまじい南竜公紀州頼宣が, くさ, くさん, くさんいずこと, くさん堤, ここへ, こだわって, この大きな受難期, この敗軍, この深夜, この音律美, これが, これで, ざんねんですがはしごが, しそう, してやられないの, すやすや寝入った, その一人, その体, その真, その自然, それに, そろそろ歳, たせるところ, ちぢめられて, できずに, できない, できないで, できないであろうから, できませんで今, とれない, とれなかった, ないくらい, ないじゃ, ないの, ないよう, ない唯, なきなり, なきを以て, なし, なしほとほと, なぜこんなに引き止められる, なるべく大きな, のびて, はかどらないのに, びっくりしました, へったくれも, また由子, また魔, まだこの, まったくひどい, まとまつて, まるで気, みるに, もはや大念寺, やから, やらされて, やる抜目, よういわん, よっぽど剽軽者, わからない, サグリの, タンコの, フウフウ一と, ベンサムの, ポロポロ泣き出した, ミドリも, ミルも, 三盃を, 不合格組, 与えて, 世間に, 二もねえ, 亦三成, 亦側, 人々が, 今度は, 今日限りと, 仕事が, 仕遂げる事, 他に, 体力二も, 使わぬ筈, 例外の, 価値の, 偉大なる, 偽怪, 元来が, 入らぬうち, 六ヶ敷いでしょう, 共通の, 其夫妻相信じ, 具体化されない, 写し難い, 出かけなければ, 出でて, 出来ぬ, 分かるはず, 判然と, 利用せず, 剃髪いたし, 功の, 動かない, 勤まらぬだけの, 十も, 原形を, 去つた, 口では, 口に, 史に, 同じこと, 同なる, 名前を, 吐露する, 告げる時間, 命令と, 咲耶子も, 圓朝の, 売れず毎日, 売れなかったかも, 変名を, 外交官に, 多鶴子も, 夫の, 奥仙丈の, 姫草二も, 娘の, 存しない, 存すること, 存在し, 存在しない, 学校の, 學友などに, 完全で, 完成されたる, 定律詩, 実業二も, 実現し, 射仆, 尽されて, 展か, 山名が, 川上二も, 幕府に, 年上な, 年上の, 幸いに, 彼に, 彼の, 往来は, 後任者牧野佐渡守を, 従って, 得たる所, 得ない, 御供いたし, 御店の, 心に, 忌み避, 恋うべき無し, 想起出来る, 意味の, 意識しなかった, 憎くかつ, 成効せし, 成績が, 戴いて, 戻らず得意先, 所得ある, 批準の, 承認なく, 抽象観念を, 持たない, 持つて, 捗らないの, 描寫し得なかつた, 改めてなに, 数回きいた, 早く夫, 明白な, 是れない, 普遍妥当する, 書かぬうち, 書くこと, 書けないし, 書けぬ, 曾て, 月日を, 有りゃしません, 有難いが, 木村重吉も, 来合して, 東京の, 染料に, 歩かぬ内, 毀損せず, 母が, 母親の, 水道や, 永辻夫婦も, 法と, 減っちゃ, 満足に, 満足を, 満足出来た, 漸く悩, 澄江の, 無かろうと, 無き, 無く二, 焦げたる袂, 然り, 片づかない, 独り者な, 獲物なく, 玉二も, 珍しく大量, 現在の, 甜めると, 生人の, 由子も, 申上べき, 病死いたし, 発揮できない, 登りついた, 目を, 相殊, 眞の, 眞顏に, 真の, 真顔に, 知らざるなり, 知らないで, 知らないよう, 知らない私, 知らなければ, 知らぬ女, 確固不動の, 神の, 神山東洋に, 穿ち得ないで, 笑いながら, 符合せぬ, 答えられませんでした, 美しくない, 翌日は, 聞かないうち, 聞く所, 自分が, 自分を, 舅姑の, 良人の, 若年の, 表現する, 西洋に, 見ること, 見受けない, 見遁, 覚束ない, 親交には, 観る可, 觀る, 言い現, 言えず先方, 言は, 言葉に, 記憶し, 話せないのに, 話せなかった気, 誤なし, 読まずに, 読まないよう, 読んでは, 謹聴という, 貴族主義や, 載せてないから, 農事の, 農業の, 通えかし, 進みませぬ, 過りは, 達せさせないうち, 違う, 遺漏無から, 避くる, 酌みとらで何處, 金二も, 金助二も, 鑑識二も, 隋の, 随い, 集め得ないだろうという, 顧慮する, 飼って, 齡下で

▼ 一~ (653, 0.2%)

16 の光 11 の煙, の路 7 の, の宮, の道 6 である, の糸 5 であった, の光明, の光線, の大路, の小径, の活路, は 4 あり, がある, に, の光り, の水, の物語, の綱, の線, の縄, の脈 3 だ, です, には, の如き, の小川, の水路, の鉄道線路, の銀蛇, 戻り橋, 戻橋

2 [29件] にし, につき, にはこう, に転げ, の上, の大道, の奇談, の径, の日, の杖, の橋, の河, の流れ, の溝渠, の滝, の潮, の火, の灯, の焔, の物語り, の登路, の細い, の蛇, の血路, の道路, は之, は兵隊, は実に, は恐らく

1 [419件] あり長ずるに, あるべけれど, うねうねと, および浦島子伝, か, かかると, からどうして, から以上問題, から余, から其の, から父, から第, が, がいまだに, がおかれ, が三棟, が人心, が出来した, が在る, が平田篤胤没後, が書い, が案外, が福澤, が闇, さえ残っ, じゃで, ずつ入った, ずつ取っ, ずつ引, ずつ消え去る, ずつ通っ, そそぎこまれる水, その人, その口, その桃, その道, たる四海兄弟, だけが円朝, だけが聊か, だけだ, だけは勘弁, だけは説明困難, だけ他, ついて, であるが, でいいかねたもの, でいずれ, です貴方, でつき当り, では, でもある, でもこの, でもほんと, でも明るい, で三味線, で半蔵, で好い, で役所, で然, といい, というもあり, という画家, と同時に, と名馬一頭, と天皇, と此二つ, ないし三条許, なく後, なと, などという土豪, などは探偵, などもひとえに, などを話し, など大方, なりと, なりとも, なり万里, なり然, にある, にいる, にか, にかくまっ, にこの, にころ, にころがっ, にすぎない, にたいして新, にたどりし, にちゃんと, についてこんな, については下士, について師匠, について彼, について御, につづい, になっ, にはつぎ, には大, には甚だしく, にひかれた, にまでちゃんと, に仕え, に付, に付き, に供, に加え, に助けられたかった, に国体, に対する詮索詮議, に就, に忠孝文武, に悩んだ, に書かう, に来, に此心, に歩ん, に白熱, に至っ, に見える, に貫いた, に関する賛否, に限っ, に駈けぬけ, のうす青い, のお, のごとく, のすれ合う, のひも, のぼった, のみだった, のみならず, のみにても打ち捨て, のもの, のもの語, のりっぱ, のコンクリート道, のゴム管, の丁字街, の不可思議, の不滅, の中脈, の井戸縄, の件, の光さ, の光道, の内, の円筒形, の冷, の冷水, の刃, の分れ道, の前途, の右大臣家, の名残, の問答, の噴水, の噺, の堀, の壺, の夜燈, の大, の大河, の大瀑, の大臣, の好信, の字句, の宮の前, の宮様, の導火線, の小便, の小流, の山径, の峡谷, の希望, の帯, の幹線, の幽, の弾条, の径路, の御息所, の微, の微光, の恐ろしい, の悲劇的径路, の意, の戦慄, の戻, の戻り橋, の房, の捕, の捕り, の捕縄, の掘割, の文字, の新開道路, の方, の日光, の旧, の春, の月, の月光, の条文, の枯草, の根, の横皺, の横穴, の歎, の歎声, の民主的, の水夜, の水気, の水脈, の河原, の泡, の流線束, の浅い, の灰白, の炎, の点線, の烽火, の犯人, の環, の町, の白い, の白光線, の白布, の白蛇, の真紅, の真面目, の租, の穴, の立派, の竹, の竹管, の笑皺, の第, の筋肉, の答, の糸屑, の紐, の紛紜, の素練, の細径, の細径たる, の細逕, の絃, の絹糸, の絹薄, の綾, の線路, の縄梯子, の縮緬, の縷, の繩, の草, の荒縄, の落葉, の蔓, の蔓繩, の虹, の街路, の裂目, の襞, の見えざる, の見ゆる, の規定, の話, の談, の論, の谷川, の赤い, の走, の路地, の車, の軍旗, の軼事, の輝かしい, の辻, の透明, の通路二, の連頭路, の道おの, の邸, の金蛇波上, の金鉄線, の鉄, の鉄斎翁, の鉄杖, の鉄索, の鎖, の長, の長く細い, の陽, の青光, の馬ノ背道, の鮮, の黄色い, の黒雲, はそ, はそのまま, はとまれ, はともかく, はもっとも, はよく, はよっぽど, は一切, は云々, は人界, は仮構, は保さん, は全然, は其まま, は其文字, は別して, は到底, は友愛, は取消し, は各自, は塵添埃嚢鈔七巻二章, は多少, は天子, は始, は実地, は小, は平田派, は当時, は後人, は思, は戯場, は支那神仙説, は支那説話, は日本説話, は昨夜, は果たして, は此説話, は江戸, は深く, は皇族, は眠り, は福島, は私, は第, は素より, は薩州, は過ち, は陽, ばかりは何分, ばかりゆるやか, ぶつと, ほのぼのと, まっすぐに, までお, までがわが, まで横, まで真実, もうごかさなかった, もし浪子, もない, もみだりに, も懸らぬ, も生えません, やや広い, や脇田道場, よりもなほ, より第, をもって, をもって世, をもって明らか, をやぶる, を七所結び頸, を以てのお, を加え, を奉承すべき, を思い出される, を思い出し, を成し, を抜い, を持ち出され, を挙げる, を携え, を有すれ, を犯した, を用いない, を目, を終った, を補記, を言い給え, を詮索, を話した, を話すべき, を語りだした, を説明, を隔てたる, ノ末, 世にも知らさず, 勿論不可い, 合せて, 容れられそう, 張られたイルミネーション, 心得て, 懸瀑水, 打明けて, 残さず高い, 流れた時, 流れる, 濡れた路, 煮染めたよう, 申し開き, 白い波, 第を, 第二条, 第二項, 第八百十三条, 第十五条, 第四条, 美しくその, 貫いて, 走つて, 頗る困難

▼ 一~ (650, 0.2%)

14 か二分 7 が立たぬ 6 が立たない, や二分 5 たりとも, ほどし 4 が相, とたたない, になった, になる, もたつ

3 [16件] か五厘, たった, だめし, でも一秒, でも早く, で買, というの, に一つ, のうち, ほどする, もじっと, もする, もたたない, も早く, を立て, 立たずと

2 [52件] おくれても, か二分の金, か二分の間, か二朱, が立たねえ, が立ちませぬ, が立ちません, きざみに, しかありません, すぎた, ずつじりじり, ずつ二分, たたぬうち, だ, だけわが, だぞ, だにそれ, であった, であつ, でもいずれ, でもはやく, でも一厘, でも二分, と経たない, にし, にする, のところ, は一時, ばかりの後, ばかり無言, ほど, もかからなかった, もこの, も一厘, も下, も五厘, も動きませんでした, も猶予, も百日ぢ, も皆, も私, も経たない, も経つ, も經, も緩み, も違わない, も違わぬ, や一分二朱, を与え, を立てる, 生えの, 考へて

1 [435件] あった, ありやよ, ある, あるかなしか, あるぞなどと, あるの, いや一秒, いよいよ時刻, おき二分おき, おくらせれば, おそく来た, かからぬうち, かかるか, かそれ以上, かの上り, からあった, から一分四厘柄, から下, から十両一分, か一分二朱, か一分五厘, か一分五厘位, か三分, か二分の, がすぎる, がすたれる, がたたぬ, がわし, が五つ, が俵, が六十回, が分らない, が十分, が四分, が廃, が済む, が相当, が立たぬで, が立たん, が立たんで御座いませう, が立ち, が立ちかねる, が立った, が立つ, が貰える, くらいの間, ぐらいたつ, ぐらいだ, ぐらいでした, ぐらいのヒラキ, ぐらいの厚, ぐらいの運命, ぐらいの間, ぐらいはジロリスト, ぐらい経った, ぐらい進ん, ぐらい遅れる, ぐらい隙, さそれ, しかかからない, しかない, じゃア法, すらもうすめる, ずつくれ, ずつくれる, ずつのびる, ずつの売買, ずつはずんだ, ずつわし, ずつ一分, ずつ一寸, ずつ仕送っ, ずつ動く, ずつ増し, ずつ宿命, ずつ延び, ずつ払う, ずつ柱, ずつ極度, そのままには, たたないうち, たちまち欠け始めた, たったの, たりと, だが, だけお, だけが霊感, だけです, だけでもあなた, だけのずんと, だけは神, だけをお, だけ五分, だけ劣れり, だけ歌, だけ解けぬ, だったかと, だっていたく, だって動か, だって留っ, だつて, だつて留つて, だという, だな, だよ, ちがったと, ちがっても, で, である, でお答え, でございますか, です, ですか, ですらも, でたくさん, でためす, でね, では, でもおくれる, でもおそく, でもそれ, でもたい, でもグズグズ, でも一寸, でも余計, でも冒され, でも広い, でも座席, でも彼女, でも後れたら, でも早い, でも時, でも時間, でも此, でも気違, でも無駄, でも皮, でも草加屋, でも進む, でも遅れ, でも過ぎよう, でも遠い, でも長く, でも間違ったら, でわからない, で中止, で九時, で出発, で口, で少ない, で帰っ, で御用達, で江戸, で米, で腹, で融通, で貸し, で貸そう, というレコード, という額, といった割合, といふ, といふ見当, とかからなかった, とかに切っ, とかまとまった, とか一分二百, とか九厘, とか時には, として動かず, とその, とはかからなかった, とはたっ, とはぢ, とはならぬ, とは何, とは永く, とは立たない, とも申, とやらを立てさせ, とユーヨ, と三十秒, と出でぬ, と動けない, と十秒間, と立たない, と立たぬ, と経たぬ, と続かない, と落着, と見, と過ぎたら, と違わず, ないし二分, ならざるに, ならわざ, なりそれ, なりとも, なり要心金, なんてもの, なんという, にあがっ, にあたる, にあの, にあり, にしてやろう, につく, になり, には我々悪魔, には百四十, にもみたぬ, にも足らぬ, にも足りない, にハネ, に一, に一度, に一針平均, に上っ, に上る, に九十六語, に二十五ノット, に位し, に何百, に十個, に十八両, に対して銭, に心, に探偵, に替えた, に沢山, に熱, に現われ, に縮め, に肥え来, に足らず, に足らぬ, に過ぎざる, に開け, のちがい, のむだ, の不安, の不自由, の初, の安らかさ, の湯河原発, の為向, の非, はきつ, はずんで, はその, はむだ, は一分ごと, は一時間, は上等, は声調, は外見, は希望, は扨, は日本固有, は町内臨時, は私, は稼ぐ, は立つ, は立つた, は絞られる, は静か, ばかりあい, ばかりかけた, ばかりそこ, ばかりそれ, ばかりに過ぎぬ, ばかりの小さな, ばかりの本物, ばかりの沈黙, ばかりわたし, ばかり前, ばかり常識, ばかり待っ, ばかり待つ, ばかり油三両, ばかり濃い, ばかり細目, ばかり話したら, ばかり誤つた, ばかり貰っ, ひく様子, ほどお, ほどである, ほどにのびた, ほどのほつそりした, ほどの間, ほどもつづきました, ほどもわれ, ほど並行, ほど余分, ほど寄った, ほど延び, ほど待っ, ほど後, ほど沈黙, ほど遅れ, ほど過ぎた, ほど黙々と, まえです, まえに, まえまで, また三分二朱位, まで奮戦, まで待つ, まで漕, むしろ零コンマ一分, もありません, もある, もおくれた, もかかっ, もかからない, もかからぬ, もかかりました, もこんな, もしねえ, もじ, もじっとして, もすまい, もそういう, もそれ, もたった, もたって, もちがわず, もぢ, もない, もなかっ, もはやく, もへり, もまたれません, も一寸, も休み, も伸ばさぬ, も伸びねえ, も動かさなかった, も動かさなかつた, も包ん, も変り, も座, も待ち, も心, も忘れない, も早けれ, も止む, も深められ, も減じず, も無駄, も神様, も立たない, も立ちませぬ, も立った, も経たぬ, も辛抱, も進ん, も遅けれ, も過ぎ, も違, も違っ, も違はず, も違わず, も違わず刷れとる, も開かなかった, も間, も隙, よりも何, より余計, より出, を, をお, をけなし, をそこ, をまぜあ, をロオマ, を一時間位, を争, を刻み, を加, を助け, を半径, を地代, を愛する, を払っ, を押領, を晴らす, を期し, を示しおり, を社会的奉仕, を立てぬ, を精一ぱい熟, を衆生, を補い, を足し, を限度, ジリジリと, 上げるから, 下ったん, 乃至一分半, 之事, 伸び打消しが, 伸び疑い, 低かったら, 入って, 入れる処ぢ, 入レルト, 動いたと, 又た, 後れました夕焼け, 或は二分, 押して今日発向, 早ければ, 殖えたの, 程にとって本, 立たぬ間, 立たん, 立ち難し, 立つか, 経ち二分, 経つた, 経つても, 経つと, 続いたなら陳, 辷ったら一寸, 進んだばかり, 遅からしめる, 遅れても, 違っても, 違わず最前, 遣れば, 重一銭八分五厘, 長く相手, 長さ

▼ 一~ (605, 0.2%)

28 の男女 22 になっ 13 の夫婦 9 となっ 6 の客 5 が, があった, の若い 4 では 3 がある, です, とし, になった, の人間, の愛人達, の生徒数

2 [32件] あるの, か, か二組, があつ, がその, がどかどか, がやって来た, が入, しかない, であった, であつ, である, になつ, になつて, になり, に添, のもの, の人数, の商人態, の夜具, の大, の婦人靴, の小児達, の少年, の新, の老, の者, の蒲団, もない, や二組, を集め, 買って

1 [423件] あがって, ありて, あるきり, あるせい, いた, いたが, おなじ炬燵, お借り, かと思う, からの人口増加, からひと束, から水ぎわ近く折, か二組用意, があっ, があらわれ, がありました, がい, がうまく, がすぐ, がそこ, がそれ, がそれぞれ, がちょッ, がふえ, がふらついた, がまた, がコーヒー, がベンチ, が丁度, が三条, が三留野方面, が下六番町, が乘つて, が二円, が二階, が五六人, が働き, が凍え死んだ, が出来ました, が到着地, が外出, が大声, が山賊風, が当, が後, が御, が揃っ, が斎館, が晩, が暗い, が泳ぎ, が球, が百円位, が突然, が結びつく, が結婚, が美事, が草, が走り出す, が追っかける, が鳴っ, こしらえたという, こしらえようか, こしらえ上げて, こんな変奏, ございます, さえみれ, しかなく, ずつある, ずつおくりました, ずつがつい, ずつここ, ずつとなっ, ずつと見, ずつにし, ずつに別れ, ずつの影, ずつの結婚生活, ずつの親友, ずつはっきり, ずつを儉約, ずつ三手, ずつ出し, ずつ折, ずつ行進, ずつ見張り, だけが別, だけが残っ, だけで, だけ今, だけ出ました, だけ組ん, だけ踊る, だった, だったが, であって, であること, でその, でもくれる, でも倒し, で一人, で一室, で三枚, で二人, で先, で囃子, で土人, で市中, で忽ち, で樂, で百七十五ルーブル, で請負仕事, と, というもの, という割合, とこっち, とこれ, とされ, とした, としてある, としての寂し, としての睦, としてまったく, として一行, として分る, として勘定, として十日, として四組, として売ります, として扱われたい, としまして夜, とそして, とでもいう, となし, となり, となりゆく, となる, とを購い, とスケッチ帳, と分立的, と定め, と彼自身, と書い, と致し, と舞台, と芝生, と茶だんす, と銀色, などで日曜日, などとは比較, なのよ, なりき, に, にし, にした, にすぎない, になつて來, になつて横町, になりぬ, には陰イオン, に出, に分け, に天神橋, に対してのもの, に対してもためし, に対し人夫八名, に押し出そう, に相違, に行き合わす, に通りかかり, に随, の, のうち, のお, のおと, のおとなしい, のお客, のかかった, のところ, のへま, のほか, のサギ団, のトランプ, のドイツ人, の一枚, の下宿人, の中, の中学生, の人々, の人影, の他, の仲, の作家夫婦, の価, の兵士, の勝負, の十名, の印籠, の受持訓導, の夜着, の大人, の天才たち, の夫妻, の夫婦づれ, の女, の女学生上り達, の女達, の媒人役, の定め, の定価, の室, の家族, の小頭, の少年たち, の幸福, の座敷, の彫像, の復員兵たち, の心, の必要品, の戀人, の戀人たち, の持場, の撲り, の支那紳士, の数字, の方, の方程式, の日本, の極彩色, の歌, の母, の洋装, の点呼, の燭臺, の生徒, の生徒たち, の甲冑, の男, の男づれだったり, の画家夫妻, の画帖, の白人, の監督, の相合傘, の相手, の笛, の聟とり祝言, の肉体, の船室, の若, の若き, の荷馬, の蒲團, の薙刀振り, の藍色, の衣類, の被告人, の袷, の装, の西洋人, の見物, の観客, の試合, の読売, の議論, の護送兵, の賀客, の逃走未遂者, の連中, の酔っぱらい客, の鎧, の間, の隠密, の雛, の雛妓たち, の食器, の骨牌, の骨牌札, の鵜飼, の黄色い, は, はある, はいっ, はいつも, はお, はおなじく, はがら, はこんな, はひとしお, はもう, はやっと, はゆっくり, はれい, はダンサア, は二枚, は五日市, は今夜鳳來寺, は他, は伸子たち, は佐川, は先代, は先代總七, は六十, は半蔵, は厚木, は呼吸, は問屋九郎兵衛, は四人づれで, は國生, は坂, は垣根, は外出用, は大勢, は夫婦, は女学校, は學, は山駕, は平次, は廊下, は弥次兵衛, は急斜面, は持ち込むだろう, は提灯, は日浦坂, は早く, は昨夜, は村, は松, は此處, は町家, は留守, は直ちに, は石, は硝子窓, は稲吉, は紋也, は細君, は職人, は船, は若い, は赤坊, は近隣, は部将, は長久手村, は陸, は雁金検事, は食堂, は高知, は鳥居, ばかりであった, へ云った, また身分, もあった, もあつ, もある, もいない, もなかっ, もやはり, も客, も居, も撮っ, も無, も稽古, も窓, やあこちら, ゐる, をさきがけ, を三つ, を乗せた, を他, を保存, を元, を出せり, を呼びこんだ, を待ち合わせ, を探し, を揃える, を月世界, を注意, を済まし, を火星, を竊取, を綺麗, を袋, を見せ, を見た, を買う, を送つた, を選ぶ, を開かなけれ, を顎, 上って, 仰せつかった, 作りあげそれ, 作るといった, 借りて, 入れたまま, 入れて, 出て, 出来ます, 出来ると, 出来上がって, 別に一人, 到る所, 取り寄せると, 同じよう, 同じ物, 同じ茶店, 売ったの, 大地主さん, 思いがけない知己, 持ってること, 来た, 来て, 残って, 特に盛装, 買い取った, 買い求めた, 買ったそう, 送つて, 頼むこと, 駈落者

▼ 一~ (587, 0.2%)

8 か二円 6 の金 4 ぐらい, のもの 3 だ, であったそう, の火

2 [32件] ずつお, ずつ貯金, であるが, では, でも安い, でも高い, で買える, で買った, とられた, と勧進, に渡っ, のチップ, のネクタイ, の原稿料, の地, の定食, の小遣い, の屋敷町, の方, の本, の湖水, の石神, の財布, もらって, や二円, を俄, を風靡, 借りて, 出すの, 取って, 戴いた, 持って

1 [492件] あるいは五十銭, いずこ, か, かかるも, からかす, から二円, から二十円, から五六円どまり, から十五円, から十円, から四五円, から長崎島原, か五十銭, がちょい, が一目, が九十三哥, が今日, が八十銭九十銭, が十, が引っ, が惜しい, が濁流, が火, が直, が薄日, くらいあまっとる, くらいから商う, くらいで, くらいのこと, くらいの勘定, くれたア, くれるの, くれろと, ぐらいしかやらなかった, ぐらいもっ, ぐらい昇給, こっきり, この赤土, さ, さしあげ候, さつを, しかなし, しか小遣, じゃあ雑誌, ずっと離れ, ずつぐらいなら出せる, ずつせしめ, ずつで仕入れ, ずつで買いたい, ずつの原料, ずつの小遣, ずつの科料, ずつの金, ずつの香奠, ずつをやる, ずつを醵出, ずつ入れる, ずつ小遣い, ずつ強制的, ずつ必ず, ずつ払っ, ずつ貰う, ずつ遣ろう, ずつ郷里, ずつ醵金, ずづ何回, そのうち食費六円, それだけの, たかられる, たらず私, だけ, だけの金高, だけを郵便局, だけ僕, だけ威張っ, だけ持つ, だけ未だ, だけ置い, だけ貯金, だけ買, だけ身, だして, だったと, だつた, だと, だなんて, だの一円二十銭, だよ, だ二円, であったこと, であったもの, であります, である, であるかも, でいい, でいっ, でいよいよ, です, でなお, でもいい, でもお, でもこれから, でもただ, でも二円, でも五円, でも切れる, でも多く, でも廉, でも御の字, でも沢山, でも素通り, でビクター持ち, でピッタリ, で一家, で二つ, で五匹, で出した, で博覧会, で売っ, で家, で買っ, で飛ぶ, ということ, という割, という概念, という金, という預入金額, という香奠, といふ値, といふ宿料, といふ景気, といふ規則, とかの金, とかり出し, とか二円, とか出, として, としても百円, とって, とはならなかった, とはヤスイ物, とは要らなかつた, とります, と云う, と売りあげ, と大きく, と強請っ, と日歩, と称し, と聴く, と見積れ, と記録, と較べ, ないし五円, なら, なら昼, なり, なりしランチ, なりと, なりをボー, なん, なんぞ有ろう, なんてとてもとても, なんて安, にあっ, にかくれなき, にきまっ, にし, にしかなれへん, にそれから, にたちこめ, につき二銭三厘云々, にて抹茶, にとどまっ, になにか, にはびこっ, には一円, には故, にばっこ, にひしめき出し, にひろまっ, にまかれた, にまけとけ, にまた, にみられる, にもシラギ, にも二円, にも及ん, にも当らない, にも当らないで, にも拡がっ, にわたって船上山, にわたつ, にわたりて大きな, にわたるふつう, にわたる兵力, にわたる彼, にケェケェシ, に一升, に下, に二円, に二斗八升, に亘っ, に亘り, に亙っ, に今, に令, に伝わり, に儼, に出来る, に切支丹, に及ん, に号令, に名, に向かっ, に四ツ谷, に地震, に対して一円三十三銭六厘, に平均気温, に幾, に廃娼, に弓, に当る, に拡がった, に散在, に春蚕, に正成, に溢れ, に火, に蜂起, に蜘蛛手, に触れさせる, に諸, に負ける, に軍政, に迄相場, に近年, に野生, に門弟一万, に隠れ, に雪, に霧, に黒煙, のあらゆる, のうち, のおもしろから, のお金, のかつお, のこう, ののり, のほ, のわに, のカレーライス, のキング, のキングオブ, のソフト, の一揆共, の下駄, の中, の予約金, の五歩, の人, の人気者, の会費, の余, の値, の値下, の全集物, の兵力, の兵船, の割合, の勢力, の包み, の北畠信雄, の十分一, の十枚, の印材問屋, の厚い, の収入, の品, の問題, の土地, の地帯, の地球, の地理, の大, の定価, の定食スープ, の小城, の小遣, の小遣銭, の平地, の庶民, の御厨たる, の御家人, の手数料, の払, の折, の支払い能力, の支那料理, の敵, の料理, の旗本御家人, の暗い, の札, の森, の極, の残り金, の氏神, の水田, の沙汰, の河童伝説, の沿海, の牧, の界隈, の看板, の祝儀, の神隠し, の空, の笑い草, の箸, の米, の純益, の紙幣, の給料, の絵図, の維持, の総, の表通り裏通り, の要求, の見料, の評判, の警備, の警察権, の賃, の賃銀, の賄, の道場洗い, の配置, の金貨, の銭, の闇, の隣地, の領主, の顔役, の食道楽会, の香奠, はいつくれる, はいよいよ, はおろか, はかかります, はこの, はすでに, はすべて百姓地, はただ, はついに, はのこる, はみだれ飛ぶ, は不, は五十銭, は今, は出すまい, は動揺, は北条, は卑怯, は却, は合祀濫伐, は同心目明し, は売切れ, は太閤秀吉, は安い, は少なくとも, は払, は敵兵, は明治二十三年, は昨日, は武田家, は焼, は百銭, は簡単手軽, は肥料, は訳, は警戒管制, は露店, は高い, は鰯, ばかしで, ばかし有ります, ばかり, ばかりさかのぼり, ばかりも買っ, ばかり下っ, ばかり欲しい, ばかり残つて, へ呼び, へ散らばっ, へ檄, まきあげに, まけて, または二円, もあげ, もする, もやった, もやれ, もらうと, も上げ, も二円, も出さう, も出したら, も出せ, も当方, も毛利方, も相場, も給仕人, やったら, やりました, やると, よ, よりと壁, より十円, より千円万円, をおおい出し, をさまよいあるいた, をせしめ, をその, をつつん, をという風, をも驚かせた, をやっ, をわが, を人足, を働く, を入れ, を凄惨, を始め小西行長, を威令, を安堵せり, を廻ったら, を引き廻された, を御, を徴収, を投じ, を抛た, を押し流し, を烏有, を焼き払った, を片づけ, を畑, を百銭, を納むることとなる, を紙, を脅す, を荒し廻りました, を蟻, を見, を詐取, を転々, を領し, を領する, を鳥瞰, 借りたの, 出して, 出しました, 受取った, 呆れたもう, 呉れて, 呉れりゃあ, 増して, 少し余, 差上げること, 御送り下さい, 或は二三円, 払った, 払って, 投げ出して, 残って, 深さ一丈余, 盗んだ, 盗んだの, 知らぬ者, 荒れて, 触れ廻っても, 負けて, 貰ったこと, 貰ったの, 貰ったばっかり, 貸して, 貸せと, 返弁, 遣りまして, 静まり返り燈火一つ, 飲むには

▼ 一~ (576, 0.2%)

56 の馬 13 の犬 12 の牛 10 の鹿 8 の熊 6 の裸馬, の駒 5 の兎, の大きな 4 の大きい, の牝牛, の牡牛, の猛犬, の羊, の豚, の駄馬, の鯨 3 のムク犬, の乳牛, の巨鯨, の白馬, の羚羊, の驢馬, は彼, や二頭

2 [32件] なりとも, につき, のうち, の乗馬, の和犬, の大熊, の大鹿, の子, の山羊, の恐竜, の抹香鯨, の放れ, の方, の牡鹿, の狐, の狗熊, の狸, の獅子, の白い, の白熊, の若い, の逞しい, の雄, の駿馬, の騾馬, の黒鹿毛, はひた走り, はクラリモンド, は溝, 立つ, 置いて, 連れて

1 [335件] あり, ありこ, あり村, いた, いつもひときわいばっ, いる, いるわいと, いる凡犬, おくれぬか, お借りし, かかった見事, かし, かと思った, から何, がある, がいい, がどう, がひらり, がゆるり, が並木, が九十, が余計, が勢い込ん, が友, が巡査, が恐る恐る, が惜しい, が打たれ, が杖, が耳, が肩先, が金髪, が鞠, くらい借りる, したがえて, しとめれば, すべって, ずつしか取れない, ずつつない, ずつもらいました, ずつ広場, ずつ曳い, ずつ通れる, ずつ選び, ずつ長々, ずつ馬八頭, たかうす, だけが見はり, だけたおれてる, だけでしょう, だけとは考えられない, だけの仕業, だけ取り残された, だけ受けあった, だけ畫, だけ轡, だけ離し, だっていない, だってここ, だつた, だつて, つけられて, である, ですが, では, でまず, でも二頭, でも捉, で一つ, で乗組員一同, で二万五千円, で百三十, で石油缶二百五十杯, とれば, とれれば, とをめがけ, とバクスター, と見られる, と馬車, と黒牛, なれなれしくやって来, にこがね造り, について百円あまり損, について銀貨, につき一ルーブル, につき三人, につき百圓ぐらゐの利, にても残るあら, にはラーガア麦酒, には加藤さん, には昨日, には標本, には私, には米, に乘つて, に二つ, に囚衣, に必ず, に括り合わされた, に早く, に背負わせる, に跨つた, に阿知吉師, ぬっとざらざらな, ねたきり, の, のいぬ, のお, のさ, のその, のなつき, のなどはこれ, のひつじ, のやせ, のよく, のクジラ, のグリフォネ, のゴリラ, のニシキヘビ, のライオン, のラマ, の上, の乗試し, の価格, の値段, の價, の入費, の古, の名, の大, の大名, の大熊徐ろ, の女鹿, の子鹿, の家畜, の小, の小さい, の巨, の巨大, の巨大獣, の巨犬, の巨猿, の恐, の悍馬, の悍馬谷川, の成牝, の所得, の手負い猪, の新, の月毛, の木牛, の栗毛, の標準, の毛, の毛皮, の測, の熊ロフォーデン, の牙, の牝, の牝犬, の牝羊, の牝馬, の牝鹿, の犢, の猛, の猛獣, の猛虎, の猪, の獰猛, の疥, の白長鬚鯨, の真黒き, の神馬, の種豚, の竜, の純益, の美々しい, の老, の肥えたる, の荒馬, の荷馬, の虎, の蛇, の豹, の赤い, の赤毛, の軍用犬, の迷える, の野猪押, の野鹿, の長い, の雌豹, の青, の青い, の青毛, の頤, の馬の脚音, の馬全部, の駄賃馬, の駅次馬, の驢, の鰮鯨, の鹿毛, の黄牛, の黒い, の黒熊, の黒犬, の黒駒, の鼠, はたおれ, はまだ, はわし, はわたし, は三年, は乗り, は勢州峰, は右, は完全, は尖り, は岩, は左, は母, は漸く, は熊害, は私, は群, は脚, は荷物, は赤く, は這い起きる, は重い鈍い, は黒く, へとびのった, へ数珠つなぎ, へ浮び出た, へ銀貨, ほしく思った, また一頭, まっしぐらに, もありませんでした, もいず, もいない, もいませんでした, もおらぬ, もとれない, も動き出し, も去勢馬, も失わず, も描かれ, も曳かせ, も残らず起ってる, も殖え, も殘ら, も無い, も犬一匹, も獲物, も耳, も見あたらない, も見掛けない, も飼, ややこれ, より他, ゐるゴリ, を, をあやまっ, をあやまる, をご, をその, をエミリアン, を与え, を伯楽, を借り, を傷めたる, を別に, を前額, を噛む, を失いたら, を射とめる, を小, を小脇, を屠る, を引かせ, を引き出し, を引き出した, を得れ, を成政, を手放す, を捕れ, を示し, を納, を背負, を自分, を買い, を賜わった, を選ん, を除く, を養う, 乗せられゆっくり, 借りうけ, 傷つけて, 入れては, 出して, 唸りながら, 喘ぎ喘ぎ走つて行, 屠られて, 引いて, 我が着用, 打った者, 持てぬ細々, 持て來, 振即ち, 捕って, 撃つと, 新しいやつ, 曳いて, 曳き出して, 曵き瓢, 欲しいと, 残らず今, 生き残って, 眠らせようという, 立ち, 落とした, 落とし翌々月, 見かけたが, 見つけだし天城山麓, 買うだけの, 買ったと, 走り出して, 軽行スルトキハ一日数十里, 逃げ出しましてな, 連れ込まれた, 選んで, 飛び出したの, 飼ってないと

▼ 一~ (561, 0.2%)

11 ある 6 他を 5 自分の, 言うと 4 口を 3 ふと眼, 他の, 出て

2 [32件] あつた, あるのみ, さした, キャラメルの, 一切の, 一秋の, 下り候節, 二に, 二三日顔を, 何を, 健康で, 出た, 土門の, 多の, 大声で, 子供の, 小学校を, 小走りに, 帰って, 怒鳴る声, 憎い, 手に, 東京へ, 死んで, 残る, 生きること, 腹を, 自分を, 訊くと, 誰に, 謀略だ, 除かれるならば

1 [457件] あっけに, あつて, あとを, あなたはじめ先生の, あまり早く, あるもの, ある酒場, いいと, いい出すと, いうん, いた, いった, いつの間にか私達, いつまでも, いて, いとま, いない, いなかったという, いまは, いるつもり, うるさいの, おそいので, おそれて, おどろいて, おもしろい, おやと, おれの, お代りを, お君, お気に, こういう災害, この労働手段体系, この土地, ころがりこむの, こんな世の中, さうだ, さうです, さう云, さえぎって, さわいで, しっかり者, そう叫んだ, そう言う, そこで, その内心, その必要, その聲, それであった, それに, それを, それ自らであり, そんなところ, そんな制帽, そんな可愛, そんな風, たずねると, たとい三, たるの, だよ, だんだん真佐子, つかりして, つの, ですかね, とつぜん惨め, とにかくまとまった, どうだの, どこへ, なお真, なんといっ, にこにことして, ぬけて, はいる番, はじめて澄江, ひとりで, ひとりの, びくびくし, びっくりした, ふさがっただけ, ふとこちら, ふとそこ, ふと見た, ふりかえって, ふりむくと, へり面洗, ぽつぽつ調べかけ, まだ新潟, むく毛だ, もし四十男, もし結婚, もはや問答, やって来た, やっとソファ, やっぱり四ポイント九〇, ややまし, やる餌, ゆくすなわち, ゆくん, わる者の, アルセーヌ・ルパン第, ウンと, カビネットプデン第, キリストの, クショ・シャーター第, コケだった, コロムバンの, コールポークと, シャモの, スパイ団から, スープです, ピンでも, フト立ちどまつ, マルボントースと, ヤマメ第, ンという, 一ばん心で, 一世一代の, 一二三分の一から, 一番好い, 上から, 不意に, 中学校へ, 中学生の, 中華民国の, 主人だ, 予言し, 二たび三たび浩歎し, 二男に, 二重だ, 亡くなりましたとき, 京都から, 人物である, 今まで, 今日の, 今突然, 仕事を, 仕損じた場合, 他ならぬ, 他に, 他によ, 伊勢に, 会って, 何処までも, 何故そんな, 余り人から, 作らぬだろうと, 例の, 信造に, 僅かに, 先ず口, 全く八百長, 六つの, 六年前地方の, 六時五十分か, 具合わりく, 冥途を, 凍って, 凍る, 凡てを, 出された珈琲, 出なけりゃ仕事, 出ようという, 出る, 出るひま, 出るやう, 出征は, 出社し, 出社した, 出航命令を, 分れて, 切棄の, 動力線に, 勝った, 千葉道場よ, 半月家を, 即ち, 原稿用紙を, 去り二, 名誉の, 呆気に, 呟きのこして, 呼び停める, 品川で, 唯一の, 唾を, 唾液第, 喫茶店から, 四ポイントいくつだ, 四ポイント六八か, 四歳の, 固有名詞, 圧えた, 坂を, 堪えがたいほど, 塾で, 声を, 売ること, 外戚の, 多鶴子に, 多鶴子には, 多鶴子の, 多鶴子より, 夜更けに, 大仏餅次が, 大学へ, 大念寺の, 天の, 天性浮気ッぽい, 天眞皇人に, 失くし, 女たちと共に, 女で, 好いん, 好きだ, 好きで, 妾宅へ, 始まった, 始まるの, 嫡子に, 嬰児期独身期に, 学校に, 学校を, 定刻より, 宝田といふ, 実験室に, 家出し, 家出した, 寝室に, 専門の, 尊いの, 小人数, 小太, 小学校の, 小槌を, 少しも, 就職を, 居合は, 屏風の, 山の上から, 山崎譲に, 席に, 席へ, 帯封を, 帰つて来た, 帰つて来たら, 年々結婚する, 幼い頃, 幾分でも, 引籠り, 彼に, 待って, 後を, 後姿へ, 徐々に元気, 徴収され, 徴収された, 徴収されるなら, 心は, 心魂を, 忘れて, 怒って, 思いすごして, 思いだして, 急いた声, 息子である, 悪酔し, 意味を, 意識を, 感覚物そのものに対する, 慰めたが, 憎かつ, 我々の, 戦死した, 戻って, 手で, 手許に, 手許にて, 技術上事を, 投書次が, 指さす彼方, 挫傷は, 掟を, 探知し, 撲られたこと, 斃れる, 文子に, 文子の, 文子を, 文学を, 断罪と, 新しくはいった, 新劇畑の, 新潟へ, 日本橋筋一丁目の, 昂奮に, 明らかに, 昨日通った, 時に夫子, 暗誦第, 暴れたとき, 曝涼の, 月給を, 朝鮮半島との, 木だ, 木賃宿から, 本物の, 朱に, 李だ, 来ても, 来る, 林の, 標準と, 横から, 次第に歯, 此の, 歩行き出す, 歸つて來たら, 死んだの, 死んだ事, 死んだ報せ, 死亡し, 歿した, 殺された善八, 母よりも, 母を, 毎年木犀の, 気がついて, 気違いの, 水です, 江戸橋の, 沈んで, 波うちぎわで, 注意を, 湖畔の, 源氏閣の, 澄江に, 無名, 無雑作, 熔岩の, 父で, 父母に, 父秋山技師を, 父親だった, 牛の, 物も, 物心ついた, 犢の, 玄関には, 珈琲を, 現はれる, 生まれるとたん, 由子に, 由子の, 甲州弁, 病気でなけれ, 病気で無けれ, 直感された, 眉唾ものぢや, 真佐子と, 眠って, 知らなかつたら澄江, 砂糖これが, 研究室に, 研究生として, 社へ, 祖先以來の, 秘速, 租税として, 立ち上って, 立つの, 立去つて, 竿を, 第一級, 答えぬ先, 紀代子には, 紀代子の, 終って, 終りかけて, 終ると, 結婚まで, 絶えざる威厳, 継子さんの, 続いて, 考えて, 耳打ち, 胸先を, 膝小僧をか, 自分と, 自嘲的に, 自己否定的に, 舞踏場から, 茅ヶ崎の, 茶町の, 菊桐御, 菓子だ, 藁人形竝の, 街を, 西晉の, 見たか, 見たの, 見ると, 見守って, 見舞ひ, 見迎えて, 視凝め, 覗くと, 言いかけるの, 言い出すと, 言った, 言葉から, 話し躊, 誰かに, 調子だ, 負けて, 財布を, 財産の, 財産を, 赧く, 走り出て, 起きて, 起き上れたの, 起き六, 起ちましたが, 足を, 身は, 軽蔑しきった, 返事しない, 逃げ出した理由, 這入って, 違えば, 遠慮なく口, 選ばれたの, 邪魔です, 酔っ払って, 野々宮と, 鉱山から, 録存し, 鎰屋お, 閉店に, 開いた, 関西からの, 附加され, 降りること, 集に, 雲の, 震声で, 音楽で, 頭を, 顔それに, 顔を, 風で, 飯だ, 香気第, 馳足で, 高等学校へは, 黄金第, 黒の, 黙ってばかし

▼ 一~ (552, 0.2%)

14 の書 13 の中, の書物 11 がある 98 となし 6 の巻物, 第一号 5 が出た, の終り, 第一集 4 であつ, のうち, の絵巻物

3 [11件] がどう, であった, である, と太刀一, に, のフィルム, の映画, の書籍, の福音書, の第, の縁起文

2 [37件] があ, があった, が出版, が欠本, となる, と成る, にむすびつい, に収められた, の上木頒布, の冊子, の古い, の姿, の存在理由, の感光膜, の本, の歌, の物語, の研究, の紙, の経文, の絵巻, の記録, の詩集, は, を, をとっ, をもつ, を作っ, を手, を探し出し, を携, を献上, を翻訳, を著, を読み, 第二号, 第四号

1 [338件] あまりあり, あり門人等録, あれば, からその, から一巻, から四巻, から次巻, から第, から順に, があっ, がこの, がない, がまじっ, が並んでる, が伊達家, が公, が出, が出る, が出版局, が刊行, が初めて, が古典, が同, が呉青秀, が存, が将軍家, が戻らない, が見つかった, が訳され, が銀杏加藤, が開かれた, くれた, こそ私, すなわち創世記, ずつそれ, ずつを供養, それから第, だけだ, だけを見, だけ残りまし, だった, で, であったこと, であり生前出版, であると, でかの, でこれ, です, ですが, ですって, でその, でもろもろ, でも一万円以上, でも同じ, でも忍ばせ, でも読破, で消え, とある, という二期, という文字, という種族, とがあつ, とがある, とくらべ, とこれから, とした, としてそう, として出版, として印行, とであつ, となっ, となつ, とはなせし, とりいだし, と出, と白レイステーブル掛, と自, と落ち合っ, と遺書, と黛夫人, などは面白い, などを書いた, なの, ならん, にある, にいれ, における章, におさめられ, についていくら, について多少, にはこの, にはドクタア・, には上, には井伏さん, には今, には四十二篇, には源氏, には述べ, には野辺地, により, に中野重治, に伝, に何, に依, に偲ばせ, に出, に収む, に収めた, に収められ, に収める, に収め得た, に擬し, に特殊, に男一匹, に発表, に相当, に籠め, に記され, に詳, に配した, に集っ, に集め, に集められ, のあとがき, のあらゆる, のかなりつき, のほか, のみ送りとどけ, のよう, のニュース映画, のブック, のユーモア, の上木, の伯楽伝書, の価値, の八二, の八十二, の其中, の内, の内容, の出版, の原稿, の奈良晒布, の妙趣, の小説, の巻頭, の布, の帰省詩嚢, の序, の形式, の後記, の披見, の文書, の文章, の書簡集, の最終, の校正, の画軸, の穉物語, の紀行, の紙きれ, の絵図, の絵手本, の絵本, の絵目録, の絹, の編纂意図, の繃帯, の美装史書, の色彩, の草稿, の著書, の著述, の詩, の諸, の象徴, の貴い, の軸, の連名状, の選集, の部分, の長, の長い, の長篇小説, の頁, はあらあら, はあります, はいま, はかしこく, はかなり, はこれ, はすでに, はすなわち, はその, はそのまま, はどうぞどうぞ, はトルストイ, はドミニック派, は一七七五年, は一九四一年版, は一八二〇年代, は一巻, は久米島伝来, は人, は今, は他日, は全, は出版, は前期, は唐音, は尾州, は当節, は御, は文字, は文学作品, は日本, は日本画及浮世絵, は昨今, は此, は此年刊行, は消え, は畢竟, は私, は私たち日本, は私達子等, は純然, は終, は経苑, は英文, は訓, は青春, へと光彩, への進歩, もって, もとより屑, もまじっ, も多く, も残らず, や祝賀, より六巻, より十四巻, より通じ, より高遠, をお, をこし, をこしらえた, をついで, をなし, をば功, をひろげ, をも公刊, をも読まなかつた, をよみあげる, をニューヨーク, をフェロン師, をポケット, を与えられた, を世に, を二柱, を作った, を作つて庁前, を作り, を借り, を公, を出し, を出版, を刊行, を刻, を半ば, を卓上, を取っ, を取る, を受ける, を唱え囃し踊る, を塵溜, を声, を奏上, を女, を女中, を将軍家, を巻き終わる, を御, を恭しく, を懐中, を成し, を手渡した, を投げ, を抱い, を映写, を書く, を朝昼夜, を此, を清作さん, を盗っ, を示す, を竊, を終った, を経机, を編む, を繙かれるなら, を自分, を要す, を要すであろう, を見本, を解い, を託されました, を誦し終った, を読まなかつた, を読ん, を読んだ, を読誦, を貫き, を買いました, を購い, を贈った, を贈らる, を贈来らる, を送りくれ, を道, を遺し, を郵寄, を都, を開い, 元亀, 写して, 古え, 同第三巻, 無とき, 秘して, 第一号所載, 第一章, 第一頁, 第七号, 第三号, 第二巻, 第二版跋参考, 第十三号, 第十八章

▼ 一~ (517, 0.2%)

22 の人間 8 の人 7 の人影 5 の女 4 の, のもの, の芸術家 3 の剣人, の大きな, の山体

2 [40件] のお, のため, のよそよそしい, の人格, の人物, の人生, の体, の作家, の信長, の古い, の命, の好, の小, の小さい, の小説, の巨大, の帽子, の心, の手加減, の漢, の物, の独立, の生きた, の生命, の男, の男性, の石, の私, の箱, の自分, の若, の茶碗, の電燈, の首, の鶏卵, の黒い, は刀, は眉間, も見えてる, を手

1 [374件] あった, あったそれ, あれど, か二箇, が, が代償, が大事, が得難い, が百兩, が餓えたる, くれたです, くれませんか, こんがりと, しかない, しか今, しか無い, ずつキー, ずつチャッ, ずつ分配, ずつ妙法様, ずつ折, ずつ持ち, ずつ突い, ずつ落とし, だけきらきら, だけその, だけでも時価百五十万円, だけの問題, だけの衣食, だけ不足, だそう, でしかなかっ, でただ, ではなかなか, ではなく, でもよけい, でも金田, で大判, としては話題, として生存, とその, となった, となれ, との間, と交換, にあった, にし, にしろ, についてわたし, につき五万フラン, になりきっ, に刺し, に小, に眼, に至る, のあ, のうち, のどん栗, のみ, のやわらかい, のわが, のゴルフ, のダンプァー, のヅック, のテキスト, のテーブル, のトマト, のペン, のリアリティー, のロマンティスト, の世界, の両, の中, の主要, の乱暴人, の了簡, の事, の人形, の人材, の人格者, の人足, の人間的チャムピオン, の代, の代表者, の仮面, の仲働, の使い, の俳社, の偉大, の偶人, の傀儡, の傍観者, の傳説, の傳道, の働き, の六分儀, の円い, の冴えた, の凡俗, の利, の利害, の削減, の剣, の力, の功, の功利, の功名, の動詞, の包括的, の印籠, の原始人, の原稿生活者, の古人, の吸物椀, の商人, の喉笛, の器物, の囚徒, の団体, の国持, の土炉, の地上, の地震, の塊, の墓石, の壊れ, の夢遊病者, の大, の大きい, の大学, の奇, の女性, の娼婦, の婦人, の子煩悩, の学, の官兵衛, の実体, の客先, の家庭, の富蘭那, の審美眼, の尊い, の尊敬, の小さな, の屍体, の屍骸, の山中人, の岩, の幻想世界, の幽鬼, の建築家, の形容語, の彼, の心持, の忌まわしい, の快男児, の思いつき, の思案, の思索, の怪人物, の怪漢, の怪物, の悪縁ぢ, の情, の愍, の愛国, の感傷家, の感情, の憂, の懐中電気, の所感, の才分, の才能, の批判, の技術, の折鞄, の抽象名詞, の指紋, の振舞い, の掘, の描写図, の握り飯, の揺椅, の改良, の教訓, の文化人, の文学者, の文章, の新, の新説, の日本語, の智, の書堂, の木の実, の木材, の未成年者, の杏, の杯, の果物, の架台, の梟雄, の業, の権力, の機械, の武士, の武将, の武弁, の武者, の武蔵, の武術道場, の武辺, の死体, の死骸, の気むずかし, の永い, の洞穴, の活物, の派手, の演劇学徒, の漢字, の炬火, の無, の無性物, の無残, の熱鬧世界, の物体, の物語, の犬, の犬そのもの, の独楽, の猛禽雛, の獣, の獨立, の率直, の現象, の甘い, の生々しい, の生活, の生物, の生霊, の生首, の町, の画家, の異人, の癈兵, の白い, の盗賊, の目方, の盲目物語, の知人, の短刀, の石塔, の砧青磁, の神秘, の秀吉, の私事, の稍, の立場, の竹, の笠, の筥, の紳士, の絵図, の編笠す, の美人, の考, の者, の耳かき, の肉体, の胖, の胸三寸, の能才, の能才者, の腹立たしい, の自然児, の自由主義者, の自由人, の致命傷, の舞台監督者, の般若, の花園, の芸人, の苦手, の英雄, の英霊底, の茶器名刀, の茶色紙包, の草鞋銭, の蒔絵印籠, の薄, の薄命, の藩士, の藪原勾当, の虫眼鏡, の蛇口, の蜜柑, の蝋燭, の血, の補遺的参考, の詩人, の謀将, の賓客, の赤塗, の透明, の道中駕, の部将, の重盛, の野沢桂次, の野澤桂次, の釜, の銀片, の銅貨, の銭, の鍵, の鎧櫃, の長老, の限定, の雪華, の霊魂, の靈豹, の革命的急先鋒, の頼もしき, の風流人, の風雲児, の飛行船, の首級, の香爐, の驕慢児, の髑髏, の魚籠, の鳥, の鶏, の麻酔剤, の黒影, はさまって, は偃, は叫べり, は徒然, は片手, は砕けた, は立ち, は肩, ふらりふらりと, もなし, も人間らしゅう, も愍, も摂れぬ, も見えなかった, をさも, をだ, を以てし, を取り, を射得たる, を彼, を抜き取っ, を拾, を毛皮三枚, を犬, を盆, を窓, を置いた, を與, を西福寺, を観察, を討つ, を送り迎え, 一杯汲み込ん, 作って, 取り出しましたが, 快くは, 聞きたい事, 薄汚え, 買い求めた

▼ 一瞬間~ (502, 0.2%)

15 のうち 14 の後 13 のこと 10 の出来事 5 だが, ではあった 4 にし, に於

3 [11件] だつた, であった, ではある, といえ, にすぎない, にすべて, に消え, に相手, に起った, に過ぎなかつた, も諸君

2 [34件] があった, が全て, である, でございました, でした, ですぐ, でまたもや, でも想像, でも暗い, で色, とても休む, とても消失, なりき, に娘, に彼, に私, に見た, に走馬燈, に過ぎない, に過ぎなかった, の事, の印象, の姿, の心, の感覺, の有頂天, の燃える, の裡, の記憶, の間, 待った, 立ち止まった, 立ち止まって, 続いた

1 [331件] うっとりさせ, からその, からみ合い二つ, から永い, かれの, がある, がすぎる, がたつた, が人, が全力, が大切, が必要, が続いた, が過ぎ, ぎょッ, このグロテスク, この上院議員, この変質的, この子, こんなこと, ごつちや, さっと流れた, さて眼, しんとなった, すこし無, すなわちこの, すなわち運動, すると, そのままの, その内気さ, その場, その女, その柄, その歩み, その猛獣, たしかに和尚, たたずんだ, たたずんで, ためらった, たりとも仕事, たりとも彼女, だけにもせよ, だけのこと, だけの気持, だけは, だけキリ, だけ人, だけ見返される, だった, だつたが, だつたの, だと, だに無い, ちょっとその, つづいたに, であり生, であろうと, であわや, でいい, でおし, ですがね, でその, でたちまち, ではありました, ではあります, ではなく, では満足, でもあなた, でもいい, でもそれ, でもな, でも大月玄蕃, でも彼, でも彼女, でも待つ, でも懐疑, でも本性, でも欠くなら, でも油断, でも湧き出す, でも発覚, でも眼, でも邪魔, でも離れ, でも頭, で上眼瞼, で二つ, で何とも, で君, で止んだ, で武士, で水夫, で私, で自分たち, で計算, で頭, という, というの, というもの, とから成る, としか思えない, とどまって, と殆, と結びつい, なん, に, にあの, にかえ, にこの, にこれ, にさえ過去, にすみます, にその, にはそう, にはそれ, には右, にぱたり, にもしろ, にわかに静まった, にわたし, にゲッソリ, にコンナ事, にハッ, にモト, にラヂウム元帥, にヰクトル, に二年前, に互いに, に人間, に何十粍, に修羅場, に元, に光, に別, に勝負, に千万無量, に卑劣, に取り換える, に吾人, に噛み砕く, に地上, に失う, に失った, に征服, に心, に思い付い, に思い出し, に情報, に感じさせ, に打ち消し, に於ける, に最も, に未亡人, に未来, に来る, に構成, に止めた, に死ん, に殺し, に理窟, に生きる, に盛夏, に目, に看, に矜持, に知り得る, に福太郎, に私自身, に秋安, に突き止める, に突然, に終っ, に考えた, に考えまわし, に自分, に船内, に蘇, に蘇らせ, に見せ, に解けた, に読者, に識別, に身, に迫っ, に透明, に閃, に集め, に飛ん, のあやまち, のざわめき, のせめて, のため, のでき, のほう, のハジカ, のハズミ, の不気味, の中, の仕事, の余裕, の作用, の価, の喜び, の妄想, の子供, の寂然, の居合い, の強風, の後巡査, の後陳彩, の微笑, の怖, の恍惚, の散乱, の無気味, の熟考, の瞥見, の私, の興奮, の覺め, の言葉咎め, の誤, の違い, の閃き, の餘裕, はその, はたとい, はたとやんだ, はっきり眼, はついに, はまるで, は二女王, は凄, は必ず, は汝, は苦しい, は道徳的理性, は鶏, ぱっと現れ, ひどく戸, ひらめいた, ひらめくやう, ほっとした, ほつと, ほどにも感じない, まえの, また紋也, まったく茫然, もいっしょ, もとらえた, もなかっ, もひるまず, もゆるぎません, も同じ, も失っ, も彼等, も捕われた, も無駄, も窮屈, も要するに, も離れてる, をそば, をそれ, をとっ, を出でず, を切り, を味わった, を意識, を截ち切っ, を持つた, を指, を捉えた, を私, を見た, キッと, キラキラと, サッと青白い, ハッと, 乾いた彼, 儚かった, 全く輕快さうに, 呆然と立すくんだ, 引き抜いた刀, 引つ込んで, 弱い心, 形づくられる彫像, 待たなければ, 忘れ果てて, 忙しい手, 怖しい, 思った, 恐ろしい光景, 恐ろしい沈黙, 恐ろしい顔, 愛すること, 承口, 振るい立ったとしても, 明るくなる, 明るく染めた, 止まるもの, 消魂, 深い沈黙, 溜まると, 生じて, 産まれ出た, 立ち止つて, 立ち止まつた, 立って, 羨ましさ, 考へた, 若い血気盛り, 荒漠たる, 萎れて, 見ただけ, 見慣れない人間, 赤く色, 軽くしかし, 輝いた, 輝いたばかり, 迷うとも, 重いの, 重苦しい沈黙, 鋭く響き渡った, 閃いて, 閃くよう, 青白い光, 颯と下ろす, 高くなっ, 黙って, 黙つた, 黙つて

▼ 一~ (488, 0.2%)

9 のもの 5 の挨拶, やって, 行って 4 いって, 見て 3 では, の客, 考え直して

2 [29件] うるさく干渉, ぐらい急, しかない, でいい, です, でもいい, に参っ, に泣く, のお, のお客, の世辞, の回向, の弟子, の知り合い, は愈, も顔, らしい事, 出直して, 叫んで, 帰って, 思い出して, 打付けたこと, 来て, 死んで, 確かめさ, 考えて, 見せて, 見た事, 見に

1 [389件] あの光景, ある, あるいたこと, あるこう, あんな気持, あんな真似, あんな逞しい, うなずいて, うんとやっつけ, おき上って, おろしたの, お内儀さん, お帰り, かいて, かかったって, かけ合って, か二週, か二遍, きいて, きこえたらと, くらいくる, くらいしたっ, くらいちょっとした, くらいなら構わない, くらいはきっと, くらいは七十, くりかえした, ぐらいこんな, ぐらいしか会わない, ぐらいであった, ぐらいどう, ぐらいの割, ぐらいはきっと, ぐらいは牛込, ぐらいは買う, ぐらい会わない, ぐらい姉, ぐらい少し, こういうこと, こしらえ直して, このポオカア, この古い, この男, さらって, しか家, した限, して, すんでも, ずつくれたで, ずつしか開けられない, ずつだ, ずつでも主, ずつは起る, ずつは顔, ずつやる, ずつ学録, ずつ市ヶ谷, ずつ必ず, ずつ蠣殼町, ずつ行っ, ずつ見, ずつ覗かせる, そのくらいの, その写真, その白毛, その豆, そんなこと, たべて, たる不徳行為, だが, だけ, だけお, だけぐるり, だけし, だけそこ, だけちらっと, だけであった, だけで可, だけはきっと, だけは適当, だけ僕, だってない, だって出す, だって始末, だって普通, だって高輪, だつて, だらうが, だろうが, つっかかって, で, でその後, でもあなた, でも余計, でも僕, でも百遍, で嘘, で律しよう, で律する, で明白, で浅ましく, で眞, で鑑賞, といふ, とか日, となった, となつたの, と右, と辞儀, なるべく上等, なん, な消息, な考え, にあの, にがた落ち, にし, にすっ飛ん, にすらすら, にそこ, にちょん, にとび上る, にとまつた, にどこ, になげやり, になっちまっ, になる, にのみ受取った, にはその, にはたき落す, にわかる, にガラリ, にガラ落ち, にギャフン, に与える, に世間, に之, に來, に傾く, に元気, に全部的, に冷汗三斗, に凝り固まっ, に出席, に出揃う, に出来た, に判っ, に判る, に十匹, に南, に友達, に吐き出した, に吹っ飛ん, に咲きやした, に喰っ, に四合六勺あまり, に引き揚げた, に当面, に教わり過ぎ, に文化, に新設官庁, に普及, に有名, に気, に気分, に流れ, に流感, に溢れわいた, に火點けたん, に現象, に生じた, に白状, に精出したら, に而, に見せられた, に讀む, に這入る, に過ぎない, に過ぎなかった, に酔い, に開き切っ, に青, に青い, に顏ぢ, に食, に食つて仕舞つた所, に髪の毛, の, のこ, のこと, のまま, のみの彼義仲, のやう, のやり方, のエピソード, のビイル, の世間話, の主, の人, の人類, の仲, の会釈, の冷やか, の出来事, の刑事問題, の勇士, の区長, の墻, の大衆作家, の女, の好意, の学生, の安穏さ, の弁当, の形容詞, の感嘆, の文言, の方式, の有象無象, の死亡検案書, の気持, の浅い, の理屈, の理窟, の生一本, の目礼, の知人, の知識, の礼状, の祝詞, の簡単, の美しい, の義侠心, の色恋, の表情, の見物, の親切, の観覧者, の解釈, の訪問, の話, の調子, の賞讃, の質問, の遊び女, の遊覧者, の面識者, の頭領, はああ, はあそこ, はいる, はきっと, はどうか, はなし, はパン, は休み, は会わず, は彼女, は戻, は旦那様, は見せる, は見廻る, は語り, は途中, ひっくりかえしに, ほぐして, もあげ, もあなた, もこっち, もない, もなかっ, も人間, も出えしまへ, も出してない, も唱, も回向, も外出, も奢つ, も家, も捕る, も理窟っぽい, も知らん, も社会主義的意図, も称げ, も自分, も自覚, も誰, も通行人, も逢わない, も電話, やつて御覧, やりかけて, やり直しますよ, や二度, や二遍, よく手帳, よく診察, よって, よみかえして, よみかえし検討, よみ直すお, よんだだけ, よんだとき, よんだ手紙, 云って, 会って, 出なおして, 剃ったん, 包んで, 取って, 取り次いで, 受けて, 同じやう, 吹いたので, 呼び寄せて, 呼んだ, 尋ねられただけ, 崩れ立った人垣, 帰ったと, 帰ったらと, 帰ってから, 帰る心算, 廻ったもの, 引き返して, 引っ繰り返ったこと, 投げて, 捕へて, 捜して, 教えて, 断って, 書いたもの, 書き直して, 来い, 来たいと, 歌って, 汚れた以上, 泳いで, 深く深く噛み直し, 済んだよ, 済んだ以上, 現れたが, 生きて, 生れて, 申せば, 立ち帰ったか, 立ち帰らざるを, 続けさま, 繰り返して, 繰り返しながら, 繰り返します, 繰返して, 考えかけたとき, 考へて, 考へ直して, 聞いて, 聞きたいもの, 行きたい気, 行っただけで, 見たいの, 見たこと, 見つけると, 見なおしながら, 見やしたが, 見わたすこと, 見周り, 見廻した, 見廻した後, 見直した, 見込んだが, 覗いて, 言おう性格, 言って, 訊いて, 話して, 読みかえしたり, 読みなおすと, 読み直して, 読み返した時, 調べて, 調べること, 調べ間違, 踊って, 逢ったぎりであったが, 逢って, 逢ってからでも, 連れて, 遇って, 遣って, 開けて, 開けようと

▼ 一ばん~ (475, 0.2%)

129 いいと, いいの 5 よく知っ 4 うまかった, だ, よかった, 多いの, 正しい 3 いい, いい事, おしまひ, つらかった, 怖ろ, 愛して, 面白かった

2 [27件] いいところ, いい刀, えらい人, しまいの, しまひ, たかい部屋, である, のお, のお気に入り, の仲良し, の親友, ひどいです, むずかしいの, よくわかる, よく知つて, よく知られ, 受ける, 困るの, 大きいの, 小さいの, 深いよろこび, 美しいと, 美しい女, 美しい王女, 近いもの, 近い肉親, 重い大きいやつ

1 [345件] あたま, あぶない, あるだらうが, いいおじいさん, いいかねえ, いいな, いいのよ, いいばら, いいよ, いいよう, いいらしい, いいわ, いい工夫, いい日本間, いい着物, いい絵, いけません, いそがしいか, いそがしかった, いたい心, うつくしいの, うまい, うまいと, うまし, うれしいという, うれしうございます, うれしかつ, えらいお, えらいかしこい男, えらい天文学者, えらい画家, おいしいと, おいしく一ばん経済, おもしろいこと, おもしろいと, おもしろかった, お得意, お情, お月まさ, お立派, か, かの女, から六ばん, きげん, きたない服, この俺, こまったの, こわい, こわいかね, ごてると, ご無事, さ, しょげて, じゃしかし, じゃな, すごいところ, すばらしいで, すまない事, その中, その入口, そらから, たいせつでしかも, たのしい, たのしいこと, たのしいとき, だいじ, だいじな人物, だけの御, ちっちゃかったでしょう, つよくよく, つらかつ, てきとう, でありましたから, ですのに, でせう, で日常先づ衣, なの, にあなた, にあれ, にお, にがい, にこの, にその, にてこれ利休, になりました, にはこの, には単に, に上陸, に役場, に忠次郎, に意趣返し, に数, に植峰, に水, に沖繩, に白旗, に美しい, に雪, のいい, のおろか者, のたのしみ, のはじまりです, のラヂオ・ファン, の働き手, の功労者, の喜び, の器量, の大, の大切, の大敵, の大物, の姉, の幅利き, の年長者, の幸福, の強敵, の役者, の新米, の智恵者, の札つき, の楽しみ, の欠点, の爆笑, の罪悪, の美声家, の美聲家, の美貌, の貝殻蒐集家, はげしかった, ぱっとしない, ひどい無礼傲慢, ひどかった, ひどくこた, ひどく大小無数, ふさわしい復讐, ほしいもの, まえが, まとまった受け方, まん円, よい医者, よい方法, よい時候, よい部屋, よくでき, よくできた, よくできる, よくとった, よく似, よく入った, よく出来, よく彼女, よく活動, よさそう, よろし, よろしい, よろしゅうございます, よわいやつ, わかりやすい, ピッタリと, ピッタリ来た, 乗れた, 人間らしくなる, 仲良くなつ, 似て, 低く広い水準, 低まったところ, 住む人, 信じて, 偉いひと, 偉い作家, 僕の, 優しい一ばん誠実, 優しくて, 出来る小児科, 力強くひびきました, 厳しくまたそれだけに, 受けて, 受けると, 受けるところ, 古いブラッセル市民, 古い土蔵, 古い家柄, 古い独立国, 古い舊石器時代, 古い都, 可愛いのよ, 可愛いやつ, 名高い大将たち, 名高くなっ, 喜ばれるだらうと, 喜びさ, 喜ぶの, 困ったこと, 困ること, 売れて, 多いくらい, 多かった, 多かつ, 多く出, 多く旦那, 多く食べた, 大きい, 大きいよろこび, 大きい娘, 大きく心, 大きなきれ, 大きなライオン, 大きな原因, 大きな山椒魚, 大きな形, 大きな彼方, 大きな木, 大きな欅, 大きな熊, 大きな祭, 太って, 奥まったはずれ, 女らしく自然, 女らしさ, 好いて, 好い日, 好ましく思つたの, 嬉しいの, 安い草履, 安かった, 寒いと, 尊く輝かしく見えました, 小さい進ちやん, 小さい高村, 少いので, 広く明るい区画, 弱い瞬間, 強いもの, 強い一ばん, 強かった, 役に立たんの, 役に立つの, 忘れられないの, 恋しいの, 恐が, 恐しい, 恐しいこ, 恐ろしいの, 恵まれた幸運児, 悩んで, 悪いこと, 悪いの, 悪いらしい, 悪い欠点, 悲しくなる, 愛した, 手広く商っ, 打ちたまえ, 持たないの, 救われ難い, 整った形, 新しい理想, 早いかと, 早いところ, 早いの, 早くから, 早く一ばん, 早く咲きます, 早く唱えた, 明るくない, 暑いとき, 暑くて, 暑さ, 暑氣, 書きにくい, 有難いん, 枯れて, 柔かくて, 楽しいもの, 楽しい時, 欠けて, 欲しい物, 永かった, 永く住ん, 汚い, 汚ない, 泣いたの, 深い後悔, 深く取入っ, 深く眠っ, 清い恋, 物足りないかと, 痛いところ, 目立った相違点, 真に近い, 知って, 短い着物, 私たちに, 私に, 立って, 美しいの, 美しいもの, 美しい下, 美しい人, 美しい妖女, 美しい完璧, 美しい島, 美しい御殿, 美しい都, 考えたの, 良かった, 若いお客, 若い弟子, 若い猫間犬丸, 若くて, 苦しいか, 苦しめたもの, 苦しめて, 苦しんで, 落合って, 誇るべき宝, 読みたい, 読みたいん, 貧しい人たち, 軽いの, 辛い, 近いとき, 近い島, 近しい人, 遠くまで, 適する場所, 醜い, 醜い顔, 重い皮膚病, 長いの, 長い丁場, 長い羽根, 長かった, 離れて, 面白い, 面白いが, 面白いの, 面白かつ, 驚いたの, 高いてっぺん, 高いところ, 高い枝, 高い苦しみ, 高い鐘楼, 高く美しさ

▼ 一~ (469, 0.1%)

27 の米 11 の麦 6 の種 5 の丸薬, の砂, の細胞, の豆, の飯, もない, も口, 入つて 4 だね, の中, の小麦, の涙, の真珠, の米粒, の粟, また二粒 3 の孫, の実, の目方, の籾, の胚子, の芥子種, 飲めば

2 [27件] か二粒宛, しかない, でも二粒, に化し, に星, のお, のごはんつぶ, の三成, の内容, の団子, の大きな, の子, の御飯, の愛, の水銀, の玉, の珊瑚, の砂金, の種子, の芥種, はよく, もこぼれ, もなかっ, ものがたる, も残さず平らげ, をそっと, 飲んで

1 [278件] あまさず喰, いる, おちたという, お米, からはじまる, から得られる, か二粒宛紅玉, がこけ, がこの, がどこ, が光弾, が刺さる, が十二銭, が描きあらわす, が汗一杯, が消えかかった, が私, が赤く, が雨露, が音, ぐらいぼつ, こぼしたもの, さえ半, すらが少し, ずつかみくだき, ずつがたっぷり, ずつちょうだい, ずつで, ずつの大粒, ずつの金剛砂, ずつの露, ずつは大きく, ずつハハハ, ずつ一粒, ずつ不老, ずつ取っ, ずつ口, ずつ地, ずつ拇指, ずつ拾い出し, ずつ拾い集めた, ずつ拾っ, ずつ掌, ずつ摘み, ずつ摘み取る, ずつ放出, ずつ数え, ずつ粗く, ずつ貰い集めた, ずつ黒豆, その手, だ, だけが変質, だってありゃ, だって一銭, だって他, だにない, だに惜, だねの, だねを, つ, つけて, つまみあげて, つまみ取つて口, つまんだ, でさえ, でさけば, です, でも, でもおとさない, でも多く, でも拾, でも持つ, でも林檎みたい, でも減らさねえ, でも粗末, でも落せ, でも雨, でも食べ残す, で一つ, で一円, で大, とか十粒, としてのこった, として傷ん, として見える, ととおし, と置きかえ, と雖, どころか一文, なりとも, にこもっ, にはその, にも等しく, に使っ, に到る, に及ばぬ, に含まれ, に孤立, に心せよ, に消え失せ初めた, に相違, に自分, に見える, の, のこった胚子, のご, のごとく, のしい, のたく, のどれ, のぴかぴか, のむと, のアミーバア, のソレ, のダイアモンド, の供御, の個人, の光明, の兵糧, の南京豆, の反, の名, の向日葵, の塵埃, の大, の大き, の妖しい, の尊, の小さい, の小石, の希望, の得る, の心核, の意識, の散弾, の方, の春, の昼飯, の替, の朝顔, の柿, の毒石, の気つけ薬, の水, の泡, の滴, の灰, の烏金丸, の玄米, の珊瑚珠, の珠, の用, の疑念, の白石, の的, の真黒い, の眼玉, の砂さ, の稲, の稼ぎ, の穀物, の穂先, の糧, の緑柱石, の色, の色素, の芥子粒, の草花, の記憶力, の重なり合い, の金丹, の金粉, の鉄砂, の銀杏, の銀片, の雨滴, の露, の食物, の飯米, の餌, の麥, の麦種地, はその, は切子硝子, は母胎, は気高い尊い, ひかつた, ぽたっ, までうま, までのこりなく研ぎすまされ, までまた, までも食っ, まで今日, まで持, まで洗面器, もあと, もあます, もありませんでした, もお, もこぼさぬ, もとれやしねえ, もとれる, もなくなっ, もなくなった, もなくなり, ものぼらない, ものぼらなかった, もはいり, もノド, も交っ, も他, も先祖, も取れやし, も喰, も失うまい, も実らなかった, も手, も揺がない, も残さず, も残さず噛み砕け, も残さず採りつくし, も残つて, も残らずひろわなく, も残らない, も殘, も浮い, も粗末, も見, も返してない, も降らず, も降らぬ, も頂かない, も食べませぬ, よりの水蜜桃, よりの猛者, をこの, をそつ, をその, をなくす, をベッド, をペロリ, を人間, を取り出し, を味, を將棊盤, を忍ばし, を投じ, を投じました, を献じよう, を皇后, を落した, を附け加える, を需め, を静か, を食, を飲み込みました, 乃至二粒, 光った, 入って, 入れて, 取れまいと, 恵んで, 極く, 欠けても, 欲しいわけぢ, 残らず脳髄, 残らず見事, 残らず間違い, 渡しました, 澄んだ泪, 笑うよう, 落ちて, 蒔けば, 銜えて, 集めて, 飲みますと, 飲むと

▼ 一~ (451, 0.1%)

13 も先 10 ばかり先 9 ほど先 7 ばかり行く 5 もある, も行く, 半許 4 か一町半, ほど離れた, も行かない

3 [12件] か二町, とは離れ, の所, の間, ばかりで, ばかり向う, ばかり離れた, ほど向う, ほど手前, ほど行っ, も下る, 程離れ

2 [37件] あまりに過ぎない, が間, となかつた, とは無事, とは距, と歩かず, に一人, に付, の人, の余, の田, は約, ばかりある, ばかりも並ん, ばかり奥, ばかり行っ, ばかり行った, ほどうしろ, ほども歩き出した, ほど離れ, もさき, もやう, も二人, も列, も前, も向う, も行かぬ, も行った, も距, も離れ, も離れた, や二町, を封八戸許, 半四面, 程先, 程先方, 程行つた所

1 [275件] あまりにし, あまり戻, あまり歩かね, あまり隔たっ, あり, あるいては, ある小川, おいて, か二町目毎, か半町, がある, が事, くらいしかない, くらいのゲオルゲン街, くらい先, くらい離れた, ぐらいで上と下, ぐらいな差, ぐらいな幅, ぐらいな間隔, ぐらいに当る, ぐらいの一定点, ぐらいの間, ぐらい下, しかの古邸, すなわち七十五戸, すなわち七戸半, すなわち四戸, すなわち官米二十五石, ずつの田, ずつ捜した, たらずあるく向, たらず河岸寄り, だけで, だけ通はたご町, でも一里, で銀五十枚, とある, といかねえ, とない, とはない, とはなかっ, とはなかつた, とは動い, とは直ちに, とは逼, とは間, とは隔, とは隔たらない, とは隔たるまい, とは離れない, とは離れぬ, とは飛ばぬ, ともゆかぬ, と一町, と来ない, と行かない, と隔たっ, と離れ, と駆けない, と駆出す, と駈け, にあまる, につき二十二束, にはかなり, には足りない, にも比, にも足らなくなった, にも足らぬ, にも足りない散, に一時間, に三人, に余る, に割当てる, に匹敵, に及ぶ, に満つ, に足らぬ, の地, の広い, の意地敵, の沖合, の片側, の計, の距離, の道筋, の遠, はやみ, は収入, は駿馬項羽, ばかりいちめん, ばかりいった, ばかりきゃ, ばかりこの, ばかりさき, ばかりです, ばかりとなれる, ばかりになった, ばかりのあいだ, ばかりのとある, ばかりのところ, ばかりの丸い, ばかりの処, ばかりの坂, ばかりの所, ばかりの沖, ばかりの田畑, ばかりはやく, ばかりは眞白, ばかりは真白, ばかりも歩い, ばかりも河岸, ばかりも続い, ばかりも行きます, ばかりを引っ返し, ばかりを絶えず, ばかり上る, ばかり下, ばかり余, ばかり俄然, ばかり前, ばかり前方, ばかり前途, ばかり原, ばかり山, ばかり巖, ばかり左, ばかり引きずっ, ばかり引き下っ, ばかり後, ばかり手前, ばかり来る, ばかり次, ばかり歩い, ばかり歩き, ばかり歩きました, ばかり歩く, ばかり歩けます, ばかり流れ, ばかり無言, ばかり粹, ばかり行き, ばかり行きける, ばかり逆, ばかり進みます, ばかり進入, ばかり遠ざかった, ばかり遠のいた, ばかり間, ばかり隔たった, ばかり隔て, ばかり隔てたる, ばかり離れし, ばかり麹町, ほどくだる, ほどこちら, ほどなれ, ほどにし, ほどのところ, ほどのぼりつめた, ほどの前, ほどの寒, ほどの小作, ほどの広, ほどの手前, ほどの民家, ほどの湿地, ほどの近所, ほどは何, ほどもあるいた, ほどもはなれた, ほども先, ほども手前, ほども白い, ほどゆく, ほど下, ほど下れ, ほど北, ほど向こう, ほど後, ほど手, ほど日本橋, ほど来, ほど来た, ほど来る, ほど歩い, ほど歩いた, ほど歩む, ほど淋しい, ほど町, ほど町中, ほど行き過ぎた, ほど行った, ほど走った, ほど距, ほど遠い遠うい, ほど間隔, ほど隔, ほど隔たった, ほど隔てた, ほど静か, もあと, もあります, もおくれ, もそう, もつづい, もな, もない, もなかっ, もなだらか, もやうやう, も下, も下っ, も下ったろう, も下流, も二町, も千里, も取りひろげ, も外, も奥, も完全, も持出した, も来た, も来ない, も歩かない, も歩かぬ, も歩く, も歩け, も登る, も続い, も続く, も行け, も行過ぎる, も走らせる, も距つて, も逃げた, も進む, も隔, も駆けぬ, をたどる, をへだてた, を作る, を六十間, を小, を戻り, を焼かれれ, を縮めた, を耕す, を隔て, 乗るよりは, 半ぐらゐしかない, 半とい, 又下る, 売り二町, 掘るの, 曲りませうかと, 登ると, 程なら, 程の先手, 程の距離, 程の闇穴道, 程も離れたらう, 程下った, 程細い, 程行く, 行けそう, 行け然, 行った処, 行っては, 近いので, 近い畑, 近く続い, 隣りの, 離れて, 駆出しましたが

▼ 一ヶ月~ (450, 0.1%)

23 ほど前 11 に一度 10 ばかり前 8 の間, ほどし 6 も前 5 ばかりし, ほど以前 4 になる, の後, ばかりの間, ばかり後, ほど後, も二ヶ月, 程前 3 のうち, の家賃, の生活費, の給料, もすれ, や二ヶ月, 待つて

2 [20件] おくれて, が経過, ぐらいの間, に一度づゝ, に貰う, の約束, の餘, ばかりたっ, ばかり経つ, ばかり過ぎた, ほどたっ, ほど昏睡, もたつ, も後, を経, を經, を費した, 程たつ, 程つ, 程を送

1 [285件] あまりかかり, あまりたちました, あまり経つ, あるので, いやどうか, おくれたの, かかったよ, かそこ, から二ヶ月くら, から四年五ヶ月, から渓流, か二ヶ月, か二ヶ月目, がいつの間にか, が二ヶ月, くらいあなた, ぐらいする, ぐらいで, ぐらいというもの, ぐらいコンコン, ぐらい入院, ぐらい前, ぐらい漁, して, してからも, すると, その仕事, たたぬうち, たったが, たってのこと, たっても, たつうち, たつた, だ, だけはそれ, だけ売る, ちがって, ちょっと前, である, でこっち, でこと, です, でもいい, でも二ヶ月, でも八つ橋, でも少なから, でも此処, でも行, でコメディイ・フランセエズ, で三, で出来上った, で十万人, で帰っ, で幾許, で満, というもの, といふ子供, といふ方, といふ日, といふ短, とはかからない, とは働い, とは持たない, と云, と十日, と間, と関係, なり一ヶ月半, なり二ヶ月, なり十五日, にしかならない, にその, にてポシャり, になった, になり, になります, には三十円, には何程, にもなる, にトラック, に一, に一兩, に一度ぐらゐ, に一度ぐらゐかも, に一度づゝ酒, に一度イワシ, に一度位脚湯, に一遍, に三年ぶん, に三日, に二ドル半, に二回, に二日, に何日, に十三石, に十日, に十枚, に垂んとする, に大小, に幾度, に度々, に百五十足, に近い, に近づい, に達した, ねむらせて, のあ, のうち二, のうち二十日余り, のうち半月, のうち大潮, のサラリー, の三分の一, の予定, の休暇, の会費, の何日, の余, の借金, の分量, の利益僅か十五円, の労苦, の収入, の学資, の定額, の小遣銭幾ら, の差, の彼等, の後平熱, の旅行, の日, の日子, の時日, の暇, の月日, の期間, の生活, の生活費位, の生計, の短い, の短時日, の緊張, の缺席數, の肥育, の自分, の豫定, の賃金, の賃銀, の重傷, の間自尊心, の間雑誌屋, の食料, の食科, の馴染, はまことに, はまた, は丁度, は三〇日, は三十日, は京都, は材木, は私, は窓, は終り, は経っ, は経過, は聞き, は足, は過ぎた, は過ぎました, は雨, ばかりたつた, ばかりの後, ばかりは僕等, ばかりは毎晩, ばかり倭文子さん, ばかり奥様, ばかり家, ばかり彼, ばかり支那, ばかり東京, ばかり滞在, ばかり留守, ばかり病気, ばかり竹山茂吉, ばかり経っ, ばかり經つて, ばかり繃帯, ばかり虚, ばかり通っ, ばかり過ぎます, ぶっ通し, ほとんど雨, ほどか, ほどすぎ, ほどたった, ほどで立ち退く, ほどの滞在, ほどは女中, ほどま, ほども経った, ほどを妹夫婦, ほど上海, ほど友人, ほど台所, ほど塩竈, ほど木曜島, ほど滞在, ほど経, ほど経っ, ほど致しまし, ほど過ぎる, まだ歩行不自由, まづ五円位, まで阿呆, まるまる眠りつ, もい, もいる, もか, もかかる, もした, もする, もそんな, もたたなけれ, もたたぬ, もたった, もなく, も居れ, も故, も日, も早く, も泊められやせん, も滯在, も経たない, も経たぬ, も経っ, も経つ, も費したる, も逗留, も遅れ, も静物, よりずっと, ゐましたが, を各々一〇日, を平均, を暮らし, を経た, を経過, を臨時, を費し, を過ぎたる, 働いて, 全くくさり通した, 又は二ヶ月使用, 少なくとも百三十五円, 居ったところ, 帰らなくとも, 延びた, 延びること, 御主人さま, 暮すこと, 睡って, 睨み通した六, 程し, 程たっ, 程たった, 程たつた, 程の後, 程の臨時, 程も前, 程活花, 程眠れず, 程過ぎた, 立たないうち, 立つか, 細かいこと, 経たずに, 経たない内, 経ち二ヶ月, 経った時, 経つた私, 続くと, 速く博士, 遅く博士, 過ぎた

▼ 一~ (448, 0.1%)

42 の小舟 36 の船 24 の舟 6 の小船 5 のボート 4 の伝馬, の方, の汽船, の軽 3 のモーターボート, の大きな, の快, の漁船, の端艇, の舳, もいなかった, 繋いで

2 [17件] あるけど, つくり上げて, ならば, のポルトガル商船, の大, の屋形船, の屋根船, の独木舟, の猪牙船, の艀舟, の苫, の荷船, の軍船, の軍艦, も出帆, 残らず上流, 沈んで

1 [261件] あった, あったので, ありますが, あるだけ, あれば, いましがた, おろされるやう, かし, がある, がそれ, が何千万円, が修繕中, が天竺, が寄っ, が帰帆, が杯, が火災, が磯波, が秀吉殿, が見え出した, が途中, ぐらい土蔵, ぐらい自由, こしらえ小生, こつそり, さえあれ, さざなみの列, しかない, じっとし, するすると, ずつ帆, ずつ碇泊, ずつ虱つぶし, だから, だけに乗り込ん, だして, だって有り, だって見付かりっこない, ついたと, つけて, つないで, であらう, では, でも手, でやっ, でマンマ, で目, で純, ということ, というふう, とを有し, と特志, ない水, にいた, にはあきらか, には公使一行, には官兵衛, には料理人, には桔梗, には薩州, に一人づつ艫, に主従三十四人, に乗込み, に但, に分乗, に十人, に立っ, に自ら, に良兼, に限る, のあまり, のうち, のお, のはしけ, のスカール, のモオタア・ボオト, のヨット, の三檣帆船, の不思議, の世帯, の丸木小舟, の丸木舟, の人, の伝馬船, の傳馬, の兵船, の内火艇, の冒険船, の南蛮船, の厄介船, の友船, の古い, の商船, の埃及船, の外国船, の大型機械船, の大船, の学校, の官船, の小さい, の小型, の尾形船, の屋形舟, の川船, の川蒸汽, の帆前, の帆掛船, の帆船, の影, の怪し気, の戦艦, の手製, の持船, の支那船, の新, の新しい, の楼船, の汽艇, の河船, の漁舟, の潜水艦, の猪牙舟, の獣皮, の画舫, の發動機船, の白色巡洋艦, の短, の短艇, の米, の納戸船, の綺麗, の美船, の胴の間, の船影, の艀, の花見船, の荷足船, の蒙, の蒸, の蒸気船, の蒸汽船, の薄ぎたない, の蛮船, の製造, の見, の親船, の調べ方, の警察船, の貨物船, の資産, の足柄, の遊覧ボート, の遊覧船, の長艇, の高瀬舟, の鰹船, はお, はことに, はこれぞ, はそのまま, はひとり, はわけ, は函館丸, は南海, は女房, は居, は探偵, は水船, は浮べ, は漁夫共, は矢, は競争用, は絶叫, は腰掛梁, は船尾, は船尾逆立ち船頭, べったり泥水, または二, もあまさず見る, もない, もなかっ, もまた, もゐなかつた, も余さず, も借り, も居ない, も居なくなっ, も本船, も無い, も船, も見落すまい, も買切っ, も造られ, やって来た, やって来て, やとうこと, やはりつながれ, や二艘, をのこす, をべつ, をダホ, を先頭, を打ち壊し, を江岸, を漕ぎ来り, を獻, を認める, を選ん, を除く, ユラユラと, 上がるとともに, 仕立てさせ西, 仕立てて, 仕立てるほどに, 仕立て天神山, 借りた者, 借りて, 借切った, 借切って, 借切品海, 出させて, 出て, 出来て, 前世紀, 取られて, 小蒸気, 御褒美, 悠々と, 持って, 早くに, 欲しい, 残らず屑鉄, 残らず沈んだ, 流れて, 浮いて, 浮かんで, 漕いで, 漕ぎ寄せて, 漕ぐなれば, 無提灯, 積出す, 積出すつもり, 積出す男, 見えた, 見えたそれ, 見えた豆腐屋, 見えて, 見えるの, 見たこと, 見た切り, 言付けて, 跳ね上げられて, 辷って, 這入っても, 通らない静, 通れるほどの, 造らせて, 造りあげるまでに, 長サ六間, 雇うて, 黒い煙

▼ 一~ (442, 0.1%)

14 のうち 9 の間 6 に一度, の傑作, の名, の対局 5 を風靡 4 に身上, の人気, の大, の失策, の恥辱

3 [12件] にし, の不覚, の不面目, の中, の失敗, の恋, の想い, の晴れ, の腕, の過ち, の風雲児, や二代

2 [29件] という名, に費つて, に超絶, に高き, の, のもの, の仕事, の光栄, の史, の大儒, の大願目, の天才, の天皇雄略, の女, の巨人, の御, の心願, の恥, の才人, の政治家, の業, の歴史, の著述, の詩人, の豪, の豪傑, の面目, を何, を蓋

1 [276件] あるか, いかにその, から七代, ぐらいな家門, ぐらいのお, こっきり, じゃ, だけで決して, だけで終る, だけはどうも, だけは六条院, であと, でありました, でそれだけ, でたくさん, でつぶれ, では, でよく, で不可能, で探し出せない, で果て, で滅する, で片付く, で現在, で終る, というもの, となる, とま, と君權漸長, と申しあげたい, と開け, なおらぬもの, なり, において重き, にかけて見もの, にかち得た, にかなり, にただ, につい, にてはとても, になりました, にのぼせ, にはこの, には日つぎ, には限らぬらしく, に一人, に二千貫しこ, に仕上げた, に伝わり, に何, に何千兩, に作った, に作つた, に僅, に光被, に其完成, に冠絶, に勝れた, に向っ, に増やした, に変死人, に大きな, に完成, に尊崇, に巨億, に巨萬, に幾度, に成就, に打つ, に拵, に拵えた, に持つ, に於, に於い, に替っ, に来た, に溜めた, に盛ん, に築きあげた, に築き上げた, に聞えた, に行う, に費, に通っ, に酒癖, に関係, に飛ぶ, のいや, のうち数, のうめき声, のお, のお客, のこう, のその道, のほこり, のみ, のバークレー侯, のヒーロー, の一, の世辞, の予言者, の事, の事蹟, の五郎作, の人心, の人気女, の人気者, の仏教, の伝, の使命, の侠骨, の侠骨鹿, の偉人, の傑作たる, の傑作器楽曲, の傑僧, の儒宗, の先祖, の先覺, の内, の制度, の前, の力作, の勇敢, の占術, の反抗児, の古び, の名作, の名優, の名医たち, の名君, の名士, の名家, の名折れ, の名文, の名篇, の名聞欲, の善行, の国母誕生, の壮挙たる, の壯士也, の声望, の壽, の外國貿易, の大きな, の大望成就, の大計, の天子さま, の天皇垂仁, の天華, の妖姫ジュリア, の孝道, の学者, の宗と, の宗教芸術家, の家元, の密偵政策, の富豪, の将棋, の将軍家斉, の履歴, の帝, の彫刻家, の後, の後悔, の悪, の情人, の想い出, の慣習, の懺悔話, の成功, の指導者, の政策, の教法, の教祖, の文教, の方, の日, の明哲, の時, の晴業, の本懐, の校長, の棋戦, の棟梁, の権威, の法, の流行, の流行児, の浮沈, の淫事, の激痛, の狂人, の画伯隆信, の盛名, の盛衰, の知恵, の碩学, の碩学アスカム, の神武天皇, の粉骨, の経営, の繁栄, の聖雄, の肩, の腰巻, の至尊, の興敗, の色男, の苦労, の苦痛, の英傑, の華典, の蓄財, の行在, の覇業, の記憶, の詩人也, の詩各々神髓, の誉, の誉れ, の諸, の豫言者, の負けられぬ, の逸民, の運命, の運気, の達識, の野望家, の長, の限り, の風潮, の風雲, の高徳, の魅力, の麗人, はこの, はこれぞ, はず, はそこ, はどんな, はなんと, はもう, は一足, は中, は乱麻, は云, は京都, は兎角, は其の, は南北合併, は壬申, は成功, は衰弱, わずかに, を圧した, を圧倒, を守り申す, を棄てる, を目当て, を見渡す, を通じて, を通じてこの, を通じての戦争, を通じて依然, を通じて福建地方, を除い, を震撼, 儲けさせたまえと, 出れば, 即ち諾冊二神, 古い処, 押え通せるか, 持たずに, 改めなかったの, 殊に最後

▼ 一~ (440, 0.1%)

12 して 10 と言, の金持 9 の大 7 の御用聞 6 のフエミニスト, の正直者 5 てがら, と言われた, の盛り場, の美人, の良い 4 した, の家, の物持 3 です, と言つて, のお, の乱暴者, の女形, の学者, の汽車, の色男, の長者, 多く眼

2 [28件] い, である, と評判, に福田, に自分, の, のおせんちゃん, の人, の人氣者, の働き者, の堅造, の大尽, の娘, の客, の座敷, の思いつき, の捕物, の支那, の美しい, の落語家, の蓮葉娘, の部屋, の醜婦, の醜男, の金持ち, の金棒曳, へ電話, 困ること

1 [257件] いずつを, うれる最低, から三十番, から二十番, から五目めし, この通り, しかくして, したああ, したと, したまひ, した女房, しめい, しようと, し続けて, すべきであると, すべしとの, するくらいの, するところ, するを, する必要, ずつ連れ込んだ, せざるもの, せざるを, せむとしたりしにぞ, せよ, だけでございます, だったじゃ, だったん, だってね, だろう, つ, てがらです, であったが, であるだけに, でいろ, ですから, でシウマイ, で妾, で御座いますと, で此方, という, ということ, という人, という所, という群集, といはれた, といふ, といふあの, といふ名人, といふ大きい, といふ美人, といふ醫者, といわれた, といわれる, とかいうもの凄い, とをやすやす, と云われ, と称する, と言われる, と記し, と電話番号, なんてそれ, な嗜好, にあの, にある, にこれ, にそれ, にてやく, にて東京, になっ, になり, になりたかつ, にやり込める, に來, に六回, に其場, に其處, に小柳町, に当選, に立帰り, に蜥蜴, に負けたら, に賑, に限つて共演, に集り, に食事, に驚いた, に鷄, のあの, のあんちゃん, のいけ好かない, のうれしい, のお前, のお客, のこの, のご, のとき, のひ, のびり, のオウ・デ・コロン, のオシャベリ, のコルトー, のソナタ, のピカ, のピカピカ, のフェミニスト, のフェミニスト八五郎, のフエミニスト八五郎, のブラツクストンホテル, の丈, の上田, の上策, の下手ッかす, の乾物問屋, の亭主孝行, の人入れ稼業, の人物, の元, の八百善, の出来, の分限, の分限者, の剣法, の右, の名, の名作, の名物女, の吝, の呉服屋, の味噌屋, の器量, の地主, の堅ゾウ, の大気, の大通, の大金持ち, の好い, の婦人, の孝行者, の守護神三吉大明神, の宿屋, の席, の幇間医者, の幇間醫者, の強者, の御馳走, の心掛, の忌森, の性悪男, の性惡娘, の息子, の情, の惰, の手品使, の文化, の料理屋, の旅籠屋, の日記, の旧家, の早道, の時計屋, の智慧者, の智者, の札, の材木屋, の槍, の模倣者, の模範兵, の死, の民主主義者, の水潜り, の清水, の無事, の無頼漢, の生命, の男, の百姓, の盛場, の立派, の線路伝い, の締り屋, の縹緻佳, の美形, の美男, の義太夫, の老舗, の腰拔, の自分, の色娘, の若衆, の華魁, の蒔繪師, の蔵書家, の薄情者, の襖, の見事, の親分, の評判娘, の豪農, の貞女, の貧乏, の貧乏人, の資産家, の賢い, の賢人, の身上, の軍功, の逞, の遊女屋山城屋, の重罪人, の長者小池大炊, の電車, の鼻つまみ, は大乗寺, は負け, ひの, へたら, へ使, へ行き, まであ, やつれ, をうながし, をコープランド, を切望, を叩い, を少年, を忘れなかった, を求めよう, を理想, を禁ぜざりき, を謡い, を通して来た, 効くやう, 取つて, 困るの, 大きな打撃, 大きな根本的, 大きな見事, 威張つて, 小さな物, 強く且つ, 強く日光, 思ったより, 悪くない, 持てあまして, 明るく電気, 書けそう, 来て, 殖えたの, 考へる所, 興味深く思い浮かべられる, 遣ろうかと, 鋭く春, 長く隠れ, 長く隠れた, 食べたかったの, 駈けは

▼ 一~ (436, 0.1%)

28 の銃声 12 の弾丸 11 の弾 9 のもと 8 の下 5 の鉄砲 4 の原子爆弾, の音, 放った 3 だ, でこれ, のピストル, の爆弾, の砲弾, の轟音, を発射, ドンと, 又一発, 撃って

2 [25件] つづいて, でしたねえ, でもいい, といえ, と打つ, にて滅茶滅茶, ねぼけ声, の大砲, の弾音, の水中榴弾, の狼煙, の石砲, の砲声, の銃弾, ぶっぱなしました, ぶっ放した, やった, やって, をその, を賊, 打ちました, 打つたの, 打つと, 撃てば, 痛いところ

1 [271件] あたると, あると, あれば, うけたと, うちはなした, うちましょう, うったが, うっただげ, うつた, うつたび, おき残して, おとした, おどして, があわれ, がうまく, がたしかに, がまさに, が何千円, が命中, が天下, が思いがけなく, が私, が老, が響いた, が鳴った, きりだし久兵衛, くさいので, くらわしたので, くらわせました, くわせたら危, ぐらいずつ大きな, しか使いもの, しか使用, しか射てない, しか飛ん, した, した鉄砲玉, して, すると, ずつしか発砲, ずつ撃っ, ずつ正確, ずつ穴, その頭部, たるや, たれて, だからね, だけするどい, だけで, だけであった, だけはその, だけ小銃, だけ撃っ, だけ申し訳, だけ発射, だったが, で, でうちおとして, でうちとめ, でおしまい, でかい魚雷, できまって, でげしょう, でしとめられる, でしとめる, でとまらなけれ, でも, でもが積ん, でもって間違い, でも二発, でも命中, でも敵, でやられ, でガヴローシュ, で中る, で人類, で仕止めるわけ, で仕留める, で何十万何百万, で効果, で即死, で命もろ, で大きな, で射留めね, で尾栓, で必ず, で成功, で打ち倒しました, で打ち止める, で撃ち止める, で撃ち落し, で撃ち落とす, で撃った, で木村さん, で殺し, で殺した, で殺しました, で殺られた, で沢山, で点火, で片づける, で的, で見事, で陳, で雀, というところ, という船長, としてここ, とつづけ, とどろいた, となってる, となつ, と安い, どすんとぶつかった, どやしつけた, なぐって, なにとぞ虎, なるの, にかかっ, にしとめられた, にと的, には, に仕とめ, に撃ち落さなけれ, に桑名, に目算はずれ, のけむり, のこの, のその, のたま, のプルトニウム原子爆弾, のライフル銃, の価, の偽砲, の午砲, の号砲, の尖, の山砲, の巨弾, の弔砲, の強力爆弾, の意味, の戦時状態, の烽火, の爆音, の短銃, の礼砲, の祝砲, の空砲, の花火, の要領, の銃, の雷砲, の霰弾, は, はいま, はすぐ, はなしたろ, はなす, はわざと, は上, は下, は不発, は中, は中隊長ショーレ, は仇, は危うく, は岩窟, は彼, は敵, は的, は空ら, は空砲, は窓硝子, は鯨, ひびかずに, ぶち込むよ, ぶっぱなせ, ぶっ放せ, まで抵抗, もうたない, もうちません, もうっ, もなくなった, もはいっ, もブッ, も内, も効果, も味方, も当たりません, も撃たれなかった, も撃った, も無くなりました, も無効, も発射, も着弾, も見舞われなかった, やって来ますから, やられたあと, やられて, やりたいなと, やりますよ, やるか, やること, やるその, やれば, や二発, をはなった, をやはり, を六フラン, を切っ, を射撃, を打ち込ん, を撃っ, を的, を脇腹, を足先, を送る, 上がった切りスッ, 凄い銃声, 受けて, 叩きつけて, 喰ったの, 喰らわして, 喰わせる, 大きくドーン, 射ちました, 射ち放した, 射ち込んで, 打たせて, 打ち上げたの, 打ち出す銃音, 打ち放されようと, 打ち放して, 打ち放しました, 打ち込んで, 打った, 打てば, 撃たせて, 撃ち出されて, 撃ち放った, 撃ち込んで, 撃った, 撃ったの, 撃ったん, 撃つと, 撃て, 放した, 放したうろたえ弾, 放したが, 放したらガード, 放しましたが, 放そうか, 放ちました, 放った時, 放って, 放つと, 昇りました, 狂わぬ一発, 続いて, 聞えた, 聞こえて, 見舞ったと, 言って, 遠く二発近く, 響いて, 響かせて, 飛んで, 食らわした, 高く屁, 鳴り渡ろうと

▼ 一~ (430, 0.1%)

14 につきる 10 に力 7 に尽きる 5 によってその 4 であった, につき 3 であつ, である, に, にある, につきます, に何, も発する

2 [30件] ずつ切り, ずつ区切っ, であるが, です, にこもる, には伊香保, によってこの, によつて急, に依, に働く, に尽く, に無限, に興奮, に表白, のため, の下, の印象, の意味, の無駄, はっきりと, も発しない, ゆっくりと, をはっきり, を以て評すべき, を出す, を分ける, を加, を洩らさず聞き, を発する, を発せず

1 [305件] あって, あるため, あるに, あるのみ, いくら泣い, いった, いったよう, うなずいて, おさえつけるよう, からはっし, か二語, がありました, がある, がきき手, がすべて, がどんなに, が五十銭づつ, が佐助, が出る, が切なく, が剃刀, が意味, が洩れ, が生みたて, が私, が美しい, が聞き取られ書き留められた, が自分, くらいの勘定, くり返して, ぐらいで, こういった, この一語, さえほとんど, さえも書く, しかない, しかなかっ, しかなく, しか聴き取れなかった, したためて, ずつで, ずつ切れ切れ, ずつ口, ずつ唾, ずつ引離し, ずつ探す, ぞ自分, たりとも, だけがハッキリ, だけで, だけです, だけ使っ, だけ添える, だった, だに語っ, であって, でありこれ, であり冷, でした, では, でもがすぐ, でもき, でもその, でもよかつ, でも私たち, でも貴下, でムシュー・ドファルジュ, で家, で所謂ウラルアルタイ語族通有, で掩, で犬, で猫, というの, というもの, という原則, といわなけれ, とともにかれ, となし, とらえら, と考へられ, と闘い, なり, なりき, なりとも, なり一句, にうなずい, にうなずき, におぼろげ, にきはまる, にぎょ, にこめられ, にすぎなかった, にそれほど, につ, につくされ, にとらはれ, にはあの, にはらはら, には何, には嘘, には大きな, には満身, には誰, にふくめ, にほかならない, にもった, にもっとも, によってすでに, によってせめて, によってはじめて, によってトオサン, によって上, によって単に, によって尽される, によって山, によって手, によって晴れた, によって朝, によって桜, によって猫, によって直ぐ, によって自ら徒渉, によって門, によつて, によるの, に一句一句, に一括, に不抜, に与みする, に他人思い, に伊織, に冷笑, に動かされ, に危殆, に含ませ, に唾, に壓縮, に天竺, に太子, に対してはただ, に對, に對照, に尽き, に尽きざる, に尽きるであらう, に尽きるでありませう, に尽せない, に帰, に帰した, に帰着, に平仄, に引き込まれ, に心, に心眼, に惜別, に感動, に手招, に攝, に気, に永い, に消えうせた, に満腔, に理由, に盡, に相手, に私, に籠つて了, に終る, に纏めた, に老, に聴き, に説明, に身, に酔いしれ, に野, に鉄工場, に間, に集っ, に霧, に面白, に顔, に顔赫らめ, に飢え, に驚い, に黙, のこの, のこらず聞いて, のみ, のみで, のみはさながら, のみは用途, のみ込むよう, のもの, のよう, のアイデア, の予, の使いわけ, の効果, の国権, の変化, の変形, の感想, の理窟め, の耳語, の語り合い, の遅滞, はっきり答えた, はっきり言い放っ, はつきり, はみな声, は低い, は余, は孔子, は彼, は悉く, は悲痛, は撃柝, は時に, は空虚, は自分, は芸術, は迦毘羅衛, は鋼鉄, は高く, へと厳粛, もきかず, もござりませぬぞ, もなかっ, もなく, もはっせず, も云, も使わなかった, も女子智育, も明らめず, も洩らさなかった, も洩らさなかつた, も発し, も発しなかった, も発し得ず, も発せず, も發, も聞き, も聞きもらすまい, も聞き洩すまい, も言, も語らず, より烈しく, をうなずきで受け, をおもむろに, をくり返し, をしか見出さない, をしぼり出した, をもって各, をも出, をも吐か, をも洩らさじ, をも洩らさず, をも発し得ず, をも発し得ぬ, をも発せず, をも語りません, を以て他人, を以て我と, を以て評し, を以て趣向, を借り, を出さず, を加える, を区切っ, を叩く, を引き伸ばし, を忘れる, を指ししめし, を挿む時間さ, を提, を明瞭, を書き込ん, を書く, を残した, を用心, を発しなかった, を発せぬ, を發, を私, を答, を美酒, を耳, を聞い, を聞き取る, を跡づけ, を追う, を離し, 云い足した, 即ち誇張, 又一語, 実に虚, 実は千万無量, 思い出されて, 既に之, 未だ終らざる, 発するの, 考えるよう, 落としたり, 言えないよう, 読み難し

▼ 一~ (420, 0.1%)

1312 になつて 6 にし, になつ, に伴, に行く 5 に居る, に来, に行かう, に行つて 3 にお, になった, に旅行, に来た, に行かない, に酒, を移らず, 不住

2 [24件] だつた, にその, になっ, になる, に伴い, に住ん, に入, に出かけない, に初めて, に呟いだ, に寝よう, に暮したい, に暮す, に東京, に歩く, に死ぬ, に留らず, に相, に繋, に芝居, に行き, に行け, に集, に飲む

1 [279件] あったが, から湧く, が変れ, くらいあるだろう, こたなの, しか産地, ぞ, だから, だと, であった, でい, でしたが, でなくても, でなければ, でなし, でもある, で神田連雀町, で蠢く, ならず残れるよ, ならば, にあした救育院, にあっ, にあつめ, にいた, にうつしませう, にかたまっ, にくれ, にこれから, にしなけれ, にじっと, にする, にそれ, にそんな, にたくさん, にだ, について行く, につき合つて, につけ, にとまらなかった, にと約束, になつて三味線, になつて喋舌, になつて気嫌, になつて遊び, になら, にならう, にならなかつた, になり, になんて泊りがけ, にのつて, には来, には落, にまごまご, にやい, にわざと, にアヤメ踊り, にアルプス登山, にガーン, にチーム, にト, にト三羽一処, にビール, にメイ, にロード・メーヤー, に一瞬, に三浦謹之, に世間, に並ぶ, に乃公, に乗つた, に乗らう, に乗り込ん, に乗れ, に五体, に会, に会話, に伴つて, に住, に何やら, に停車場, に入れ, に六七人, に六七個, に其処, に再び, に写した, に写真, に凝らそう, に出, に出た, に出掛け, に出歩くで, に半身, に印象的, に参りました, に参りませう, に又, に叢生, に同じ, に同感, に吐き, に吾知らず次, に唸つた, に唾, に喰, に四人, に団, に堕ちたる, に塊つて了つた様, に声, に夢中, に大仏, に学校, に家, に家人, に寄せ集めた, に寐ころ, に寝, に寝ねえ, に寝る, に居, に居た, に居たら, に帰らう, に帰ります, に帰ろ, に帰国, に常, に床, に引越し, に当, に彼, に彼女, に往きます, に往く, に徒ら, に御, に御手許, に御飯, に怒り, に怒鳴りました, に思はず, に意気揚々, に成つて, に成れず, に成れる, に或, に打ち, に打ち興ぜられる, に探し, に敵手, に明日, に昏倒, に映画, に暮し, に暮した, に暮しませう, に栄進館, に棲ん, に歌, に止まっ, に止められた, に此処, に歩い, に死なれ, に毎日海, に永く, に洋盃, に活けられる, に海, に海岸, に海援隊, に海辺, に涼み, に湯, に濛々, に熱海, に牧場, に物凄い憎, に猶予, に生活, に登らう, に皆, に盃, に目, に眼, に石垣, に破産, に空, に窓, に立ちあがつた, に笑, に粉雪, に綺麗, に纏め, に置けた, に羽根蒲団, に聚まり悲しみ, に聚め, に肩身, に育つた, に舟遊び, に船, に茶屋酒, に蔵前, に薩摩, に薬師, に蜆, に行, に行かせなかつた, に行きたい, に行きたがつ, に行きませう, に行け行け, に行つた, に行つておいで, に見出し, に見物, に覗き出, に観, に語学, に贈らう, に赤倉, に起き, に踊つて, に踊らう, に踊りませう, に踊る, に近所, に送つたら, に逃げ, に連れよう, に遊び, に遊びません, に遊ん, に道, に重ね, に野球試合, に銀座, に長崎, に間もなく, に附け, に集った, に集つて, に集まっ, に集まり, に集まりいた, に集合, に電燈会社, に飛び, に食べよう, に食卓, に飯, に飲まう, に飲み, に飲ん, に駆け, に高輪, に鮮やか, に鳴らし, のごとく打上げる, の丹生, の国民性, の婚姻, の席, の遊興ぢ, は熱く, へ固まっ, へ寄せ, へ集まった, を, をごろごろ, をさすり, をそっくり, をちょっと, をのそり, を見つめ, を蹌踉蹌踉, 繁った中

▼ 一~ (416, 0.1%)

22 の酒 8 の米, 借りて 6 さげて, に金一升 5 でも二升, 持って, 買って 4 提げて 3 のお, の土地, の小豆, も二升, や二升

2 [23件] あります, あれば, こぼした, ずつ上等, つけて, でとうろ, と塩鮭, に酒一合, のメシ, の不幸, の中, の牛乳, の籾, の雨, ばかりの米, ほど持っ, も飲む, や鮓, を稲, 置いて, 買う, 買うか, 買った

1 [286件] お江戸, お煮, かえるじゃ, からとは驚きました, からクリーム, から酒, がき, がなくなり, がまま, がコップ八杯, が三十六銭余, が三十銭, が五十銭, が八パイ当り, が六十円, が十五銭ぐらゐには, が十六銭余一合, が四十円, が普通, が生命, くえるか, くらいは飲め, くらい平気, くらい持っ, ぐらい, ぐらいの米, ぐらい吹きかけた, ぐらい恵まれ, ぐらい飲んだ, こっそり置い, さげてよ, しかなかっ, しか無い, しきゃ入らねえ俺, したって, じゃ割, ずつ, ずつという酒豪, ずつの酒, ずつふえ, ずつ取り, そして豆腐一丁, その半分位, たける, たしかにそれ, たのんでも, だけ, だけなら売りませう, だけを身, だけ何しろ, だけ借りる, だけ工面, だけ徳利, だけ糞, だけ貧乏徳利, だけ買, だよ, であり恥づか, である, でいくら, でございますか, です, ですが, でどう, では, でもくれたら, でも取れたら, で四十五銭余, で小さな, で性根, で打ち切り, で溶い, で運ばせた, というくれ, というところ, といふ事, とつて, とは食う, とふ, とりだす, とを用意, と古米一升, と少し, と春子, と木葉, と炭, と申す, と触れ, と言う, と買い, どくり, どない, なりその, なり提げ, に, にたりなかったら, にたりなかつたら, につき一銭, につき上葛粉五勺, につき六百文, につき大, につき約, につき薯蕷粉八勺, にならぬ, には少し, にゃ一升, にやった, に一厘銭十三とき, に一合二勺位, に上等, に二合位, に五合位, に付酒一合, に付銭七百文, に味淋二合, に水八升, に玉胡椒十粒, に過ぎたれ, に酒一合味淋一合位, に酢二合, に里芋三合, に金五円, に銭百文, に銭百文きり, ねえ, のお湯, のかわり, のところ, のまんなか, のみてえと, のん, の一口茄子, の三分の二, の下町, の乾飯, の代金, の仲間入, の兵糧割り当, の冷酒, の処, の割, の土産, の恩賞, の日本橋あたり, の栗, の桜飯, の汁, の江戸, の清酒, の濁酒, の相場, の米粒調べ, の米袋, の蕎麦粉, の豆五ン合, の都, の配給酒, の酒代, の闇値, はしかと, は一升, は三味線, は江戸, は無事, は飲んだらしい, ばかりお, ばかりくれた, ばかりそれから, ばかりの粟, ばかり分け, ばかり取っ, ばかり品物, ばかり届ける, ばかり忘れず, ばかり残つて, ばかり飲ん, ばっちじゃ, ぶらさげて, へ玉子, ぺろりよい, ほどこの, ほどと野菜屋, ほどに減り, ほどの白米, ほどの高粱酒, ほど入れ, ほど分け, ほど買っ, ぽつ, まいらせむ, もあふれ出, ももう, ももらおう, も入り, も売っ, も持っ, も熬つた, も袋, も買う, も飮むし, も飮め, も飲まされた, も飲みゃ死ぬ, やそこら, やっと見つけ, やる, をそっくりそのまま, をどさり, をまず, をもつ, を一合, を三十円, を与えれ, を五合ぐらゐに, を使う, を入れ, を八パイ, を十円, を取り寄せた, を平らげた, を年神, を惜しまず, を携帯, を水一升, を水三升, を添え, を貰つて, を酌みあった, を飲みはじめ, 与う, 余れば, 借りた樹明君, 借りは, 借りるつらい, 借りる鰯十尾買, 借り出しました, 借るだけの, 分けて, 及び若干, 取つて來, 呉んな, 在る, 売って, 奢るん, 奢ろうという, 実に六百二十四文, 引いて, 快く貸し, 持つて, 持寄りという, 早くもってこい, 早くもつ, 渡して, 炊きしたその, 盗んで, 盛り銭, 程も飛んだ, 落ちついて, 買い〇・三〇, 買いしてるという, 買い足したほど, 買うから, 買うがら, 買うどしべ, 買えいい, 買おう, 買わせて, 貸して, 賣を, 近い酒, 近く嗜んだ, 近く飲ん, 近く飲んだ, 運んで, 量らせて, 食わねば, 飲まされた, 飲みかね, 飲むから, 飲むとか, 飲めたが, 飲めば, 飲め一升五合, 飲んだ地主家主, 飲んで, 飲んでも

▼ 一~ (391, 0.1%)

39 どうした 17 どういふ 9 どんな事, なん 6 どう云, どんなこと 4 どんな用事 3 あの男, どうしてそんな

2 [21件] から馬鹿, この家, そんな事, である, どういう意味, どうしてこんな, どうして人間, どうすれ, どうなる, どうなるだらう, どんなもの, どんな仕事, どんな性質, どんな考, どんな野郎, なんで, に大, に夫人, に自分, わが國, をなす

1 [253件] あの, あのお萬さん, あのストライキ, あの亭主, あの剃刀, あの喪章先生, あの女, あの娘さん, あの子, あの後妻, あの時, あの綱, あの邊, ありや, あり得るであらうか, あるでせうか, あんなひどい, あんな所, あんな繪, あんな虐, いくらかかります, いつのまに音, いつ捕はれたので, いつ頃, おいくつ, お夏さん, お孃さん, お扇, お母樣, お秀さん, お菊, お貞さん, か, かうし, が一寸, が不, が伊藤君, が大, が崖, が机, が榮, が此樣, が諸, が違, このカクテル, このホテル, このマリヤ・ニキーチシナ, この七略, この三百餘年間, この作品, この俺, この協議會, この古山, この國, この家庭, この小説, この山陰道, この廣大, この水, この目録, この結末, この話, こりや, こんなこと, こんな事, こんな呑気, こんな惡戯, こんな目, こんな眼, こんな謎みたい, そのお前, そのへつ, そのエート, その二人, その人相書, その女, その女御, その寂し, その息子, その惡者, その松, その武家, その生活, その白紙, その目隱, その簪, その話, その財布, その車坂御門外, その酒, その顏, その騷ぎのあつた晩, その鬼, そんなこと, そんな亂暴, そんな娘, そんな支那梅毒, そんな片意地, そんな虐, たらしめ茲, だれです, つまらんとは, であ, であります, であり第三者, で三號殊, で穩和, としたる, となつ, とならず, となり, となる, となるべき, と云, と見た, どうされた, どうしてかう, どうしてこれ, どうしてゐるだらう, どうして人樣, どうして又, どうして石川屋權右衞門夫婦, どうして誰, どうする, どうな, どうなすつた, どうなつ, どうなるであろう, どうなるでしょう, どう違ふん, どつ, どのくら, どの位, どの野郎, どんなお話, どんなくらし, どんなところ, どんなドンガラガン, どんな人々, どんな代物, どんな役目, どんな御用, どんな心配事, どんな故障, どんな方角, どんな氣持, どんな物, どんな結果, どんな經緯, どんな花嫁, どんな行き方, どんな言傳, どんな風, なぜあなた, なり, なり要するに, に, にあかるい, にあの, にこの, にする, につき二人づゝ交替, になつて, になつて神變不可思議, にならん, になり, になれ, には變, には駿河灣, にふくよか, に不文, に事態, に今, に他, に低く, に侠なとり, に危く, に及ばざる, に吾, に四圍, に坂みち, に墨, に大味, に大通り, に女の子, に姉, に左街, に幼稚, に幽邃, に支那船, に於ける, に日本, に暖國, に東洋人, に此, に此處, に水利, に汝, に流行, に深い, に無口, に生活, に百姓, に石垣, に秀才揃ひだ, に私, に米, に粗忽, に織, に見える, に賑かな通り, に身, に重い, に鋭い, に關, に靜, に靜浦沼津, に非常, のうち, のみ, のもの, の天業, の教理, の智慧, の空氣, の美人, の苦談樓主人, の風俗よそ, はすぐ, は主, ほんとに彼, わからないん, わが日本國, を成し, を添, 亡びるか, 何で, 儲かるの, 入らないの, 分りませぬこと, 口惜しいん, 古いの, 如何なる場合, 如何なる種類, 思ひ詰めたん, 散る氣, 本當, 決して人, 無くなつたん, 肝膽相照す, 要らないこと, 要らない餘計, 豈可

▼ 一~ (381, 0.1%)

21 に引受け 16 に引き受け 7 です, になっ 5 あるのみ, である, に引受ける 4 に握っ, の大将

3 [11件] だ, であるが, となっ, なの, になった, に十四分, に引, に捌いた, に端歩, に集め, の勢

2 [29件] か二手, しかない, じゃ, だけで, であって, ですよ, なりと, に, にひきうけ, にまとめ, に供給, に商, に寄進, に引き受けた, に掌握, に握り, に端, に角頭, に集める, のほか, の人数, の先鋒, の兵, の御, の軍勢, は, をつける, 御指南, 狂うと

1 [216件] か, が新しい, が自由, ぐらいは知っ, ぐらい前夜案, さしたのに, さしても, さすその, させば, しかありません, しか断じて, しか考へ, じゃった, ずつのご, ずつの兵, ずつ射はじめた, だけが当面, だけが相手, だけはさして, だけを処世, だぞ, だった, だったと, つつと手もと, で, であり岐阜攻略, であろう, でか, でかの, でぐいと, でこなし, でこの, でございます, でございますよ, でござらう, でござる, でした, ではや, でもある, でも弁え, でも舞, でやる, で冷苞, で出版, で可否, で奇襲, で巧, で引き受け, で引き受けるよう, で彼, で戦う, で築き成した, で草隠れ, で足りる, で鎌倉入り, としか思われない, とは思へぬ, と相当, にあつかっ, にあまる, にあわせ, にお, におさえ, におさめ, にかね備えた, にきり, にご, にそれ, について感心, について本因坊門下, にて, にて御, にて討ちほろぼしおわった, にとる, になっち, にならん, になり, にひき受ける, にひき寄せ, にぶちこん, によってあらわされ得る, にソンナの, に一鶏, に九三, に九四歩突き, に代表, に任せ, に余れ, に兼ねなけれ, に出来た, に出版, に切りまわし, に占め, に占められる, に占めん, に収めました, に収められ, に収攬, に取つ, に受, に受け, に吸いよせ, に夏彦, に大阪中, に委託, に寄せ, に対して一手, に対して自分, に岸田, に帰属, に店, に引きうけ, に引きうけた, に引き受けられる, に引き請け, に引き請けたい, に引受, に引受けた, に引受けね, に引受け海外, に扱う, に折る, に抱え, に指揮, に捕っ, に掌管, に握った, に握る, に攫ん, に支える, に支配, に汚, に治め, に注文, に渉猟販布, に築い, に統轄, に蔵め, に角, に角道, に買い上げた, に貸出す, に賄う, に陸軍糧秣廠, に集まった, に預つ, に首級, のお, のつけよう, のみで, のみであった, のもつ, のもの, の世話, の商売, の大将万政, の専門, の得失, の打, の折助, の教え, の敵兵, の為, の矢, の祝儀, の蜀軍, の軍, の防ぎ, の風, はきれい, はここ, はこれ, はこれぞ, はついに, はどうしても, はまた, は今橋, は全局, は八田村庄屋, は北山, は右, は場数, は夜, は山崎, は島町通, は御, は摂津口, は樋口兼光大将, は水軍, は長浜, は高麗橋, ひらめきいつくしき真夏, まいろうか, まったく押, もあったら, や二手, よりほか, をもって関, を以て大樹参内, を切ッ, を工夫, を考え, 上り過ぎましたよ, 動かす気配, 勝てば, 合したいから, 合せお願い, 合せたいから, 大下手切り, 引き受け人, 指した, 指すたび, 立合うの, 読み切らないと, 踊ったり, 酬いては

▼ 一年間~ (378, 0.1%)

5 というもの 3 あの子, であつ, の出来事, の労働

2 [22件] だけで, といふもの, に七百万部, に二週間, に何, に堆積, に於い, のこと, の前借百円也, の大半, の恋人, の生活, の留置場生活, の苦しい, の辛苦, の農村行事, の間, はまた, は是非, は有効, は自分, も失明

1 [317件] あの地下室, あまり住みなれた, あるいは三年間, ある山奥, いて, いらせられまする様, か, かかって, がいけなかった, がすぎ, が過ぎ去りました, ぐらい太宰, こういう生活, この国, この封, この職, ずっと事故無し, そのため, その編輯主任, その製造, それから江戸南町奉行, ただ遊ばせた, だけ, だけで九十五万五千余名, だけの狂態, だけを抜き書き, だけ持続, だけ辛抱, だけ通, だった, であった, でした, でもわざと, でも将軍家, でも父, でも縮め, で一年間勤務, で教えこん, で書き終った, で自分, というの, とさだめた, とその後引, とは通せなかつた, と云う, に, にあの, にいくら, にいろいろ, において仕出かした, において外国, において成つた, において短歌, にかれ, にたしかに, にだいたい, にどの, にどれ, にはさ, には一躍, には私達, にほとんど, にめ, にめだか, にスピードアップ, に一〇〇名, に一さい偶然, に七八十個, に三, に三万冊, に三倍, に五十倍, に五十嵐, に亙っ, に人民, に何と, に何回, に僅か, に六千六百六十六人, に出生, に動く, に十万ドル, に十三月降雨, に十五銭, に単に, に原稿用紙三百枚, に及ぶ, に嚥, に四百五十回腹, に四百四十四万四千四百四十四貫四十四匁, に売られた, に大西洋岸, に失う, に婦人, に子供, に宴会, に市場, に幾通り, に描いた, に於, に於ける, に正味四時間, に母國, に汽車, に現われる, に生きられた, に病, に百名, に百本, に知り得た, に私, に秋, に約, に自分, に自分自身, に規定, に警視庁管内, に通過, に過ぎなかった, に過失, のあ, のあいだ, のあまりに, のうち, のこの, のその, の下駄, の予祝, の事変, の交通事故, の人間, の人馬徴発, の休学期間, の休學, の作品行動, の傾向, の先生方, の入院, の兵役, の其処, の冥想, の出演, の動向, の勤め, の勤務, の収穫, の吉凶, の埃, の増加, の売捌高, の大, の大きな, の大学生活, の契約, の女性, の孤島生活, の孤閨, の學校生活, の家内, の家庭用領収簿, の小説部会, の平均, の年月, の延長, の心労, の心理, の恐る, の悪行乱行, の悲しみ, の成果, の成績, の戦費, の捜索報告, の推移, の教育, の新, の日記, の昼, の書籍出版用紙割当, の最も, の月日, の様々, の決算, の浪人時代, の淋しい, の滞在, の生涯, の田舎, の研究実験, の社会, の禁錮, の私, の私たち, の空中磁気, の経費一千百十七万四千六百五十九円, の経験, の芸者, の薪炭, の衰弱, の製作品, の訴訟, の講義, の負担, の農業, の運動, の重要, の長い, の降雪, の隠しごと, の雪, の静養, の頭髪, の額, の食料, はさ, はその, はそれでも, はどう, はほとんど, は何とか, は完全, は実に, は寄宿生活, は寝, は少し, は幾勢, は度々, は彼等, は日常, は木の根草の根, は比較的, は潜行, は無事, は異, は精神肉体, は紋付, は絶対, は自分一人, は試みた, は飢えない, は麻痺, ばかりかなり, ばかりそこ, ばかりの父, ばかりの間, ばかりはすべて, ばかりヒレ肉, ひいたり, ぶっ通し, ほどか, まつたく消息, もつづいたら, もの, もパリー, もロンドン市中, も伊丹, も何, も僕, も八方, も刊行, も動かぬ, も動く, も否, も大学, も妾同様, も家, も待った, も方々, も母親, も留置, も私, も親, も露伴, も顔, やった学習, やつて, わかれて, をよくも, を思いかえした, を慰める, を振返つた, を暮らします, を横たわっ, を祝福, を自分, を費した, を送った, を通じて同じ, 休ませて, 住み氣象, 同じ大学, 喜んで, 寝とまりした職人, 寝る眼, 寝足, 延びた, 探ねて, 更に勉強, 最も親密, 最多忙, 止められしと, 正しい方針, 煩わしい政治騒ぎ, 用いそして, 第二期, 続いた応仁, 続いて, 考えて, 色々と, 若い彼, 費やせる金額中, 遅れるん, 遊んで, 釣る量, 闘い商務大臣, 預かつて, 預りまたは

▼ 一~ (374, 0.1%)

11 を隔て 7 になっ, 隔てて 6 を隔てた 5 の向う 4 の下, の垣, の外 3 のところ, の壁, の掛合, の木槿垣, の隣, の隣り, の隣家, はあま, 組んでは

2 [24件] か二重, である, で宿直室, で隔てた, で隣りは, というところ, といふこと, にし, の内, の奥, の木いちご, の桜, の檜笠, の皮, の花, の蝉, の軒下, の隔たり, へだてた部屋, を境, を距, 隔てた向う, 隔てた昔, 隔てた隣

1 [251件] ある右側, がひどく, が多い, が天国, が時々うとうと, が直ぐ, が黒鉄, くりかえされしかも, くれたと, しか隔て, すぐ鼻, その上, その百何十畳, ぞ哀れ, だから, だが, だけは隔てた, だけ着, だし, だった, だと, だもの, であつ, であります, であるが, でからく, でしたが, でつい, では, でふせぎ切れる, でへだてられてる, でも治せる, で仕切られ, で子供連れ, で左, で差し出す, で差配, で感じる, で罠, で肌寒い, で話, で赫, ということ, といつ, といふわけ, となっ, と呼ばる, と紀子, と絹, と薄い, と言ふところ, ながら茫, なし, なの, ならば, なるを, にい, にいた, にからくり, にくっついた, にごしや, にて墓地, になった, になり, には二十八宿, には小さな, には悲哀, にへだてられた, にもど, にアメリカ白蘚, に主人組, に又は, に吉田様, に吹き当る, に平生ピート一等兵, に廊下, に担, に文華土地会社, に明日マルセーユ, に暖かい, に栖方, に父, に物, に白き, に神仏, に緋, に耐え保っ, に薄く, に見え, に見える, に諸賢登山家, に隔て, に颯と, のうばら, のこちら, のこっち, のさし, のしろき, のすぐ, のぞき浅黄のぶッ裂羽織, のもの, のやう, のやさし, の上, の中, の事, の二階, の仕切り, の先, の入口, の六疊, の内側, の円笠, の勝手もと, の印刷場, の向う長屋, の境, の境界, の大輪, の女, の姉圭子, の姿, の安物, の家, の小使部屋, の山吹, の布, の幕, の底, の座敷, の彼方, の往来, の御, の方, の旅衣, の明け, の明暗, の木槿, の梅, の欄干, の次, の次の間, の浴衣越し, の深山桜, の湟, の狭い, の界, の白き, の相違, の着物一枚, の短い, の硝子, の穴蔵部屋, の納戸, の細引, の肋骨, の肌, の胴無し, の膜, の膝, の花瓣薄紅, の茶の間, の菅笠, の薄紗, の藪, の衣, の裏, の裡, の襖子, の談笑, の赤花, の近, の隔, の隔て, の隣りで, の隣り合わせ, の隣室, の音, の頑丈, の館, はのこっ, はアルコール, は一重ごと, は一騎打, は倉庫, は咲いた, ばかりも疾, へだてただけで, へだてた向う, へだてた茶の間, へだてた隣りの, へだてた隣人, ぽん, まで持っ, まで秋, まわし小生意気, むかうでは, むこうの, むこうまで, も二重, も多く, や八重, よこす, をき, をだらり, をへだてる, を出る, を堺, を引きあけ, を引きめくり, を敷き, を永劫, を着, を見分け, を見抜く, を越し, 下ってから, 包んで, 咲きでその, 咲きで多く, 咲き八重咲き, 廻しただけ, 引いたあたり, 或は二重, 打ち抜いて, 敷いて, 曇った硝子, 燻しを, 破れば, 調えてたも, 越えて, 開けさえ, 降って, 隔てたる広岡, 隔てたる裏山, 隔てた奥, 隔てた室, 隔てた座敷, 隔てた昔話, 隔てた校長室, 隔てた次の間, 隔てた直ぐ, 隔てた背中合, 隔てた自分, 隔てた道具置場, 隔てた隣りの, 隔て立って, 隣りから, 隣りでは, 隣りに, 隣りの

▼ 一~ (360, 0.1%)

43 の駕籠 19 のピストル 8 の鉄砲, の駕 7 の剃刀, 持って 6 の斧, の鍬 5 のナイフ, の蝋燭 4 の乗物, の女 3 か, の三味線, の拳銃, の方, の輿, 買って

2 [17件] あれば, お貸し, で墓, のかご, のブローニング, のヴァイオリン, の山駕籠, の短刀, の短銃, の籠, の辻駕籠, の鎖駕籠, の鑿, はだ, や二挺, 探して, 頼んで

1 [186件] あったが, あったら何れ, ありましたらあ, ありゃあしねえって, ある鉄砲, ある鋸, いきなり飛乗る, お蝋, お高, かかえ人, がいつ, がア, が二十五両, が俄, が添え, が空駕, こそ先, さげただけの, しかない, ずつポケット, ずつ入れ, ずつ失くなります, ずつ持っ, ずつ水平, ずつ用意, そうして壁, その前, だけにし, だけ多く, だけ持っ, だな, ちゃんと隠され, でこう, ではあつ, ではどう, でもこれ, で前, で簡単, とがあった, とともに失踪人, とは豪勢, とりだし右手, とピストル二挺, と一寸, と数本, と紙, と針指し一つ, と鉄砲十何挺, なくっても, なくなって, にしたら, には仲居, に十五, に弾薬若干, に提燈, に槍, のきらめく, のぴすとるが彼, のカメラ, のコントラ, のジャックナイフ, のスナイドル銃, のタレ, のピストルっきり, のマンドリン, の丈夫, の不浄駕籠, の中, の値, の内, の切棒駕籠, の厳, の古鉄砲, の古風, の四ツ手駕籠, の塗駕, の大, の大きな, の太い, の太鼓, の小, の小さい, の小さな, の小刀, の小型ピストル, の小柄, の小銃, の山籠, の山駕, の手斧, の放れ, の早, の梯子, の機関銃, の櫓, の水兵ナイフ, の猟銃, の町駕籠, の白い, の短剣がわら, の種子島, の空駕籠, の算盤, の艪, の花鋏, の葬い, の蒔絵駕, の装薬, の角柄, の角砂糖, の車がらがら, の軽, の轎, の金槌, の金簪, の鉛筆削, の銃, の鎖鎌, の鑢, の駕尻, はそち, は三百ルーブリ, は八百ルーブリ, は前, は女駕籠, は孤堂先生, は小野, は後, は病人, は黒い, へど, もありません, もう一本, もさげ, もなかっ, もなし, も持ち出される, も無い, やとったが, や二挺お前, を壁, を宰領, を座右, を得物, を手, を挽かせ, を携え, を武器, を軽々と, 下さる, 下ろして, 仕立てて, 借りて, 入って, 取り囲みまして, 呉れて, 急いで, 抜くと, 抱えて, 担いで, 担わせて, 持たせなかった, 捜して, 掛った藁家, 探り出して, 新しいの, 早いところ, 来い乗って, 来て, 来ましたから, 残って, 消さない蝋燭, 現われた, 着きました, 紛うべくも, 置いて, 落ちて, 見えねえもん, 貰ったそう, 買い求めた, 貸したら, 貸して, 貸せ, 雇い四ツ手駕籠, 雇って, 頼む

▼ 一~ (359, 0.1%)

26 の牛乳 24 の酒 14 のスープ 12 の水 10 を注し 7 の中 6 を加え 5 注して 4 のお 3 と壜詰, の晩酌, の酒代

2 [19件] しか量らない, つけて, でも飲める, ならば, のおし, のクリーム, の割合, の寝酒, の米, へ大, へ玉子, や二合, を沸かし, 加えて, 小右記六合, 注いで, 注します, 買うの, 買って

1 [204件] あは, あまり飲ん, あまり飲んでしまつた, あると, あるならけっこう, あれば, あわせた者, いやこれ, おひる, かいました, かなんかを奮発, から一合五勺, か二合, がそれ, がココア入り, が一銭六厘余, が一錢, が何, が四銭, が私, ぐらい入り, しかない, した, した時, して, すれば, ずつときまって, ずつ売れ, ずつ手前, ずつ酒, ずつ飲まし, そして帰, そのあと, その用, だが, だけですまなかった, だけとる, だけオカユ, だけ寢酒, だけ注文, だけ買っ, だつた, であった, でい, ですから, ですね, でちゃ, でも二合, でも四合, でも飲もう, でよし, で五十銭, で仕入れ, で多, で済む, ときめ, とは限らない, とを注し, と三合, と混ぜ, と湯, と玉葱一つ西洋人参三つジャガ芋三つ, と砂糖, と砂糖三杯, と糯米一合, と見い, と豆腐二丁, と赤葡萄酒, と赤葡萄酒一合, と鮨六つ, なら五人前, にし, になります, にへらさなけれ, にゼラチン四枚, にパン, にパン四分の一斤位, に五枚, に六, に劣らん, に小, に玉子一つ, に足らぬ, に醤油, に醤油三勺, のお湯, のお礼, のそれ, のゼラチン水, のソップ, のミルク普通四銭, の不幸, の事, の二合, の代, の使, の価むかし, の割, の割り, の割当, の塩, の太刀, の幸福, の持駒, の汁, の沸, の沸湯, の油, の石油, の粒数七二五六, の荷, の豆, の赤葡萄酒, の醉, の銭, の頭, は一合, は三銭, は欠かさなかった, ばかしの濁酒, ばかりつけ, ばかりと干, ばかりの泡盛, ばかりの米, ばかりの酒, ばかりをちしゃ, ばかり注し, ばかり登る, ばかり飲ん, へスープ一合, へセリー酒, へ今, へ入, へ味淋一割, へ四合, へ枸櫞酸, へ水一合, へ砂糖, ほどせんべい, ほどつけ, ほどを入れ, ほどを量, ほど入, ほど入れ, ほど入れた, ほど削っ, ほど汲み出し, ほど飲んだ, もひろつた, もやる, も交じえずし, も交わさず, も使え, も渡り合わず, も飲まぬ, やれるこれ, より少く, をチビチビ, をバター, を五合位, を傾けた, を半分づつ, を少し, を楽しみ, を沸, を注い, を注します, を洗っ, を湯, を火, を牛乳八合, を牛乳六合, を狐色, を許した, を越えぬ, を飮むためにそれだけの骨, を飲み食いした, を飲む, 付けさして, 付けて, 傾けた上, 入ったらば, 入ること, 入れる, 取った, 取っても, 召上がつて, 少し位, 戴きたいが, 残って, 求めるそれから, 沸かして, 泡立てて, 注すの, 煮だし二合, 熱くだ, 見る間, 買うて, 附いたの, 附けて, 飲み蕎麦, 飲んだら, 飲んだらす, 鳴った

▼ 一生涯~ (352, 0.1%)

10 のうち 8 忘れること 6 かかって 5 の中 4 の幸福 3 かかっても, の事, を送る

2 [14件] この眼, つきまとうところ, に何日, のお願い, の半, の唯一度, の大, の役目, の涙, の運命, の長, ほとんど自分, を支配, を棄て

1 [282件] あたたかに, あの人, あの伜, あの取返し, あの時, あるいはある, あんな蟷螂みたい, いつもいっしょ, いろいろさまざま, うやまい慕うた, おぼえて, お目にかかること, お薄茶一服, お逢い, お顔, がきまっ, がこの, がたった, がもつ, が間身, ぐらいは芸術家, このジヤガイモ・ホテル, このロスコー, この三日間, この塔, この家, この方, この決心, この洞くつ, この粗忽, この親分, この高原, こんな憂鬱, さっぱりと, しか生きられない, しがみついて, して, しません, しまって, そうして夢, そのこと, その不愉快, その中, その人, その懐剣, その純潔, そんなこと, そんな人, ただただ一個, たったひとり, たつた一人, たとえ如何なる, だよ, つきまとつて, つづく性格, つづけた, つづけて, つづけること, つとめなければ, でありました, である日, でいちばん, ですよ, でたった, での一日, でも, でもお前さん, でも思い切った, でも清麿さん, でも碌々, でも行き合わせた, でも輦宿, で一番幸福, で最も, というもの, とどまって, とばかりは限らない, と其, なり, なりを捧げる, なん, なんとし, にあっ, にあつ, において一ばん, における重大, にし, にただ一回, にたった, にたつた, には独特固有, にまさる, にまた, に一度, に一度位, に与えた, に作った, に作つた歌, に及ぶ, に取り扱った, に外, に始め, に対して何, に少く, に成らざれ, に数える, に泥, に無限, に関係, に顔, のあいだ, のあいだ偶然, のうらみ, のお, のおそらくは最も, のこと, のたそがれ, の一部分, の不動, の人間的, の仕事, の光景, の入院料, の共棲, の分量, の協力, の基, の夕暮, の夢, の大事, の完成, の定め, の幸運, の恥, の悪名, の悪夢, の扶持, の旅, の溜息, の狂人, の生活, の知恵, の破滅, の神品, の秘密, の累い, の総, の義務, の苦, の苦痛, の華, の見切り, の讐敵, の輝かしい, の連続, の遣り, の重大, の重苦しい, の間, の首かせ, はただ, はどういう, はもう, はチャンチキチン, は極めて, は浮かばれない, は短い, は素より, ぴいぴいし, ほとんど病院暮らし, めくら滅法, もお, もらえずまた, も一爪弾き, やめられません, やりたい放題, やり通して, ろくに使い, わすれられさ, わすれる事, わすれ得ない美しい, をおそらく, をおわっ, をきびしい, をこの, をこんな, をさ, をささげよう, をその, をついやしました, をめいめい, をめちゃめちゃ, を人道, を何, を全う, を安楽, を岩魚釣り, を弟, を打込むなら, を捧げた, を旅, を果す, を果敢なく淋しく, を泣い, を無駄, を煙, を物慾, を犠牲, を病院, を終っ, を終りました, を罪, を苦しみ抜いた, を苦力, を見たら, を見る, を貫い, を費し, を費消, を越した, を送ることなるべし, を通して人, を通じてその, を通じてのもの, を通じての娼妓, を通じても少ない, を通ずる, を連添, を郡内, を鉄窓, を養つて, 乏しき事, 何でそんな, 出して, 出られない場所, 出来ないもの, 助け合って, 去り續, 喰えるだけの, 変ること, 実に感謝, 帰れないという, 御そば, 忘れないで, 忘れないでしょう, 忘れねえという, 忘れまいと, 忘れようとして, 忘れようとしても, 忘れられないほどの, 忘れられない厳粛, 忘れるはず, 忘れ得ないであろう, 忘れ得ぬ厭, 忘れ得ぬ記憶, 息苦しい思い, 愛し抜いた恋人, 明るいところ, 書く事, 最も深い, 本当に一生涯, 死ぬまで, 決して悟れぬ, 治る見込み, 消えること, 消え失せない馬鹿, 知らなかったので, 稼ぐとして, 立ったきり, 続くの, 考えて, 脅かされて, 許して, 遊ばして, 長い長い一生涯, 附いて, 離れやしないから, 離れよう, 面白い珍, 面白い眼, 飽きること, 養って

▼ 一ぴき~ (351, 0.1%)

16 の大きな 6 の巨大, の豹 5 の犬 4 つかまえて, の小さな, の虫, の金色

3 [12件] のねずみ, のカブトムシ, のクマ, の小, の怪物, の猛虎, の虎, の蝎, の蟻, の金魚, の魚, も浮い

2 [23件] いやあしません, がぴたり, だけで, では, の, のおそろしい, のとら, のひき, のまっ黒, のらいおん, のエーシャ牛, の大, の子, の子供, の小犬, の虻, の蛾, の親, の馬, の黒い, や二ひき, ゐるやう, 買って

1 [220件] あらわれるもの, いい金魚, いないところ, いないの, いない空家, いなかった, いなかったの, いますよ, うつらうつらし, おつかまえさせ, かかって, かけて, かけ下りて, がくしゃめをしてめをさましました, がコロン, が一つ, が彼等, が横合い, が船室, くれなァ, ぐらいいない, ぐらいはつっ, ぐらいは食べたでしょう, けもの, ごろりと地, しか, しかいない, しかないくろ, しか金魚, すくい入れられた金魚, すやすやと, すら部屋, すんで, ずつあげ, ずつたい, ずつのろのろ, ずつを膳, ずつライオン, ずつ白い, ずつ穴, ずつ金魚, そしてまた一ぴき, その姿, その袋, だ, だけかと思ったら, だけがこも, だけしかありませんでした, だけだろう, だけでしょう, だけでない, だけ来, だってひかれ, だと, ついて, つかまえるの, でいっしょうけんめい, ですが, でない, でもおそろしい, でも創り出し, でも寺内, でも虫, とったぞ, とひとり, とびこんでも, とび出して, とまって, とまつ, とり出して, と十三人, にしろ, にたいする一ぴき, にちがいありません, になりました, にわかれ, のあぶ, のうすい, のおけら, のかえる, のかめ, のかわいらしい, のきつね, のくつわ, のこさずほろぼしつくせば, のこった牝牛, のこどもやぎ, のこらずくう, のこらずひっからげて, のさる, のせみ, のそり, のたい, のちょう, のっそりと, のとしより, のとんぼ, のはえ, のはつ, のぶと, のぶりき, のほう, のほた, のみつば, のめばる一つ, のやせた, のわかい, のオオカミ, のサル, のシカ, のネコ, の人魚, の仔猫, の代, の兎, の南京ねずみ, の古, の大き, の大きな大きな, の尾, の年, の怪獣, の恐竜, の栗鼠, の狐, の狼, の猫, の猿, の白い, の白いぬ, の白ウサギ, の白駒, の百足虫, の縞蜘蛛, の羽, の若い, の茶, の蛇, の蛙, の蜜蜂, の蝙蝠, の蝿, の蟹, の蠍, の象, の赤えい, の野うさぎ, の野ねずみ, の金蜘蛛, の雌, の鳥さ, の黄色い, の黄金豹, の黒いちょう, はいってる, はだれ, はづして, はねて, はひ出しました, は人間, は小さな, は強い, は灰色錫, は生まれつき, は白, は目, は箱, は車, は近所, ひっぱりだして, ふえて, ぶうんと, ほしいなあ, もいない, もいなかった, もいる, もお, もつらない, もとつ, ものこっ, もゐない, も晩, も獲物, も用, も翔け, も見あたりませんでした, も見た, も見つかりません, も見つけない, も釣れなかつた, も釣れぬ, も風船虫, やぶの, やるの, よび出しました, ゐは, ゐる, をたすける, を家, を晩, を竿, 入って, 大きなこうもり, 大コウモリ, 寝て, 持つて, 捕まえると, 描いて, 死んで, 残さず呼び集めて, 残らず, 残らず食い殺されて, 殺して, 生きた黄金豹, 生き残って, 見つけたけれど, 通って, 通らなかったよ, 飛んで, 飼って

▼ 一には~ (343, 0.1%)

5 中臣 3 それが, 彼の

2 [16件] この, 人から, 前に, 君が, 嬉しい晴着, 我々の, 父の, 略推測が, 目黒不動として, 神の, 筑前の, 糸瓜である, 自分が, 自分で, 自分の, 解散を

1 [300件] あれの, うちの, うまいの, お年寄りたち, お梨江, お留守居役, かくの, ききとれなかった, こういうこと, ことさら心, このオダイシ, この事柄, この人, この家, この郡, この間訪問した, これまで, した, しなやかなだ, そういう運搬, そこまで, そこもとの, そのせい, そのせゐだ, その二つ, その作品, その出, その悪口, その理論, その男, それでは多く, そんなこと, そんな思慮, そんな相沢みたい, そんな真似, そんな紀代子, たった一つ, たとい福地先生, ちょっと気に入った, ついぞこれ, どうで, どうにも, どんなに感謝, なかなか動かし, ならない, はっきりわかっ, はなはだ面白く, まず事, また心, まだ何, むしろ広, めいめいの, もう取返し, もし毒蛇, もちろん政治, もっと秘, よく分らなかった, よく判つて, よけい強く, わからなかった, わが演劇文化, カットから, トルーフル女人にも, ナポレオンが, ノート二冊と, フランスの, フランドルの, ライン地方の, ルミが, ロマンティシズムが, 一切悪, 一束の, 七兵衛の, 三種に, 世の, 中等植物教科書を, 主人公の, 事情が, 二人が, 些か可哀相, 人を, 今では, 今の, 伊勢貞丈は, 伝播に対する, 何と, 何事を, 何故正しく, 偽の, 僕を, 儀礼の, 兇器たる, 先祖を, 入場料の, 其の眼力, 其勢に, 其説に, 内地からの, 凡そ何事, 出来ないでしょう, 出来る限りお寺, 分封の, 初めてだつた, 判らない感情的, 力が, 努めて, 勇健二には, 勿体なすぎる, 勿論性欲, 十年程, 厩肥千駄の, 古文学, 可憐な, 叱られ一, 各社とも, 各精神間, 君の, 吾病の, 呪詞に, 商売の, 因縁所生の, 困難だった, 国民全体が, 地底機関車を, 坐るべき場所, 堪ふる性, 外国から, 多年の, 多鶴子の, 大正期の, 大道砥の, 大黒天神は, 天の, 天子から, 天宝中西蕃大石康の, 天狗礫どこからとも, 天精が, 天誅組の, 女から, 女が, 女子の, 妄りに, 妾が, 姑に, 娘への, 孝徳天皇の, 学資として, 宅へ, 宝寺の, 家庭の, 容易に, 宿無しの, 小学校などの, 少しも, 川島家の, 幕府譜代の, 年齢を, 幼虫自身の, 弟の, 当てはまらない色, 当の朝鮮人, 当時における, 彼人我我所なし, 彼女の, 往来を, 御店で, 徳川の, 心に, 必ずかけた, 必らず, 応文の, 応能の, 応賢の, 思われた, 思われて, 悪文を, 慰めらるる, 手紙を, 手跡の, 教育が, 文子の, 文学としての, 新しい玉子, 新人諸君の, 日本には, 日本の, 時の, 書中に, 木版だ, 本能か, 楽しくない, 欠けて, 次の, 此軍艦の, 武士道の, 歴史的の, 殆ど縁の, 殺された女笛師, 氏の, 水中から, 江岸の, 沐浴を, 法上師等周異, 法律によって, 泥棒に, 活字の, 浪子を, 火である, 火箭を, 無論人, 焦慮すべき, 煮肴, 父中将の, 父祖の, 物くるる, 物見の, 物質不滅勢力恒存の, 王の, 現実の, 理解が, 理解しかねる, 生産技術家に, 申すまでも, 畏友水谷砕壺の, 疲勞の, 病に, 病中あんなに, 百が, 皇子あるいは, 皇室関係国体否認軍隊誹謗警官侮辱などの, 目も, 目前逆流洪水の, 目隠し遊びが, 直接関係の, 相手が, 相続人が, 知らせなかつた, 社会建設的な, 社会科学と, 祖先の, 秀郷自分この, 窮屈さうに見えた, 第一詩集, 第四次, 笹葉が, 節制であり, 紀代子が, 純統計的, 綺麗好きな, 總て, 羅馬法王の, 美術が, 羨しかった, 老医師, 聴く側, 肌ざわり野山に, 胃腸病患者の, 自分に, 自殺の, 至誠心, 舟と, 花隈城へ, 若葉の, 藤原秀衡を, 衆人の, 裁判所を通して, 見えなかった, 見覚えの, 解せない言葉, 言葉の, 記憶が, 詩が, 読書の, 論説, 諸子が, 谷に対する, 象兵是れ, 貪り貯, 賃金を, 贖罪の, 足下兄弟の, 身に, 農業者の, 追鮎, 連れが, 過去十年ほどの, 違ひない, 釈迦と, 野馬, 長い道中, 長期にわたる, 間もなくそれ, 降等, 院宮, 電車の, 食事を, 餌である, 馬鈴薯を, 高い塀, 鹽を

▼ 一~ (343, 0.1%)

11 の窓 10 にある 6 と二階, の部屋 4 から三階, から二階, から五階, の廊下 3 にいる, におり, に住ん, のホール, の右, までおり, も二階

2 [16件] に寝る, のほう, の四つ, の客席, の宿直室, の屋根, の席, の戸口, の最, の隅, の階段, の食堂, へ降り, また一階, をたて, 上って

1 [241件] おりると, かとなり, から七階, から上, から出発, から四階, から地下室, から外, から屋根, から屋根下, から最上階, から細い, か二階, か二階建て, がなかつた, がなけれ, が二葉亭, が二階, が倉庫, が受け, が喫茶室, が崩されれ, が幼稚園, が視野, が飲食店, しかない, しか出, ずつにまた, ずつに分解, だ, だけでも百二坪, だけは石, だけを借り, だった, だったの, だったん, だとばかり, だよ, であると, でした, でないという, では, でみな一緒, でも半階, でも美味, で不, で東照宮, で溜った, で男, で窓, で親し, とが普通, ときまっ, とすべて, とのあいだ, との中間, とをへだてる, と三階, と九階, と全く, と十二階, と地階, と庭, と時計塔, と最上階, と薄暗く, なりをすかし, なり床, にあたる, にあっ, にいた, にいっぱい, にかけこむ, にかけこん, にかけつけ, にこもっ, にし, にたどりつき, につとめ, にでた, にのこった, には使える, には手, には桂介夫婦, には植民地砲兵, には窓, にぶら下がり, に三室, に下りる, に二十歳, に二室, に住んでる, に侵入, に再び, に売薬店, に室, に寛濶, に小さい, に居た, に幾間, に戸口, に托児所, に百室, に移し, に純白, に置かれた, に薬屋, に違い, に銀行, に降り, のあの, のうす暗い, のおとうさん, のおなじ, のちょっとした, のとき, のところ, のとっつき, のどこ, のはずれ, のひろい, のへや, のま, のバルコン, のプロフェサー・, のマーケット, の上, の中央, の中庭, の事務室, の二つ, の入口, の共同炊事場, の内部, の出窓, の前, の千疋屋, の台所, の回廊食堂, の園田さん, の地上四階, の外, の外壁, の天井, の天井兼二階, の家, の密室, の小, の居間, の屋根廂, の平房建築, の広間, の庇, の床, の店前, の往来, の応接間, の扉, の手すり, の手術室, の指定席, の放射線室, の方, の昇降機, の昇降機入り口, の案内書, の森永, の欄干, の特売場, の窓ぎわ, の第, の給仕, の自分, の表通り, の西北隅, の読書机, の通路, の部分, の阿波屋, は, は五色, は倉庫, は全く, は八角形, は壁, は小間物屋, は店屋, は機根上等, は殆, は物置, は相, は石, は荒廃, は表, は貿易促進展覧会, は運動具, へ, へあがっ, へあがる, へおり, へおりたらしい, へと階段, への階段, へはいっ, へエレベーター, へ上った来た, へ下りる, へ出なさい, へ出る, へ移った, へ行く, へ降りました, へ集まっ, または二階造り, までおろし, まで内, まで十幾つ, まで抜け, まで降りる, よりも二階, よりも出っ張っ, らしいの, らしく思われました, をその, をてらしました, をぶらつく, を上がる, を二分, を人, を残す, を登つて, を登りつくす, を通らず, を隔つる身, 上がって, 受持ちの, 程である, 程となる, 程は先ず, 程を踏んだ, 高くす

▼ 一~ (340, 0.1%)

11 の金 4 たりとも, でも二銭, でも余計, の貯え 3 では, にもならない, のお, の余財, の小遣, の貯, をいた, 持つて

2 [20件] でも多く, とられた, のマッチ, の余裕, の値打ち, の入金, の切手, の利益, の支出, の朝飯, の蓄え, の銅貨, もなく, も兄さん, を惜しむ, を投じ, を盗める, 余った, 入れて, 高くなった

1 [249件] あが, あげて, あった, ありがたや, あります, あわせて, いただいた, うまかつ, おくれ, おくれよ, おくれ二銭, おくんなさい, お焦, から五六銭, から五銭, から十銭, から御, から貯金, か二銭, が二枚, が無い, が足りない, くらい出し, くれた, ぐらいで, けるど, しかない, しか受取らないきめ, じゃ, ずつと書い, ずつの寄付金, ずつの着実, ずつの追福税, ずつを乞い, ずつを彼女, ずつを請う, ずつ二十人, ずつ出し合っ, ずつ積み立て, ずつ貰い集め, ずつ貰っ, ずつ貰った, ずつ銅貨, ずつ集め, そして醤油代, だ, だから, だが, だけ自分, だっておい, だってとらなけれ, だってわたし, だって借りた, だって内, だって出すまい, だって出せません, だって無駄遣い, だって貰, だって貰える, だって返し, だろうが, であったこと, である, であるが, であるとおり, であるとて, でがん, でこの, ですが, ですね, でもいい, でもとにかく, でもまちがった, でももうけさせ, でもより多く, でも五厘, でも余分, でも借りた, でも塾, でも大事, でも惜しかっ, でも無駄, でも真心, でも神経, でも貸す, でも高い, でも高く, で今日, で売り, で引きとった, で投機心, で百, で買つた, とある, というの, という時代, という有形物, という銭, といふの, といふ水瓜, とかで, として百円余, となりけれ, とは, とはと不審, とは金銭, とを同額, と扱われ, と称し, と茶代, と見, と買つて腹, と農家, などの買い物, など十数個, にきまっ, にしろ, にせい, にても牧塲費, にめぐり合う, にも満たざる, に三つ, に二合八勺, に売る, に当る, に関する如き, のお釣, のこと, のご, のだい, のひかり, のよう, のアンパン, のバット, のペン, のマイナス, のモンシロ, の不足, の乞食, の仕送り, の儲け, の剰余, の割, の十倍, の十円, の増減, の学資, の宿泊料, の寄付, の小, の小使, の恵み, の払い込みもさせず, の木戸銭, の根深汁, の湧い, の現金, の租税, の苞, の茶, の茶代, の葱, の蓄, の藁苞, の融通, の財布, の買う, の賞金, の追福税, の郵便切手, の食べきれない, の飴玉, はその, は受けなかつた, は安い, は焼酎一合, までな, まではたいた, まで払っ, まで源次, もいらない, もかけず, もしなかつただらう, もって, もとり, もない, もなし, もはや自分, ももらえない, も上げない, も値切らず, も入らない, も出, も出さなく, も受け取ろう, も持たず, も持たん, も持っ, も来なくなっ, も残っ, も残らぬ, も無い, も要らず, も負からねえ, も貰った, も身, も預からない, や二銭, よりも吝し, よウ, をあたえれ, をその, をも償わなけれ, をも儲けざる, をも剰さず, をも惜しむべけれ, をも置かなかった, を与える, を乞い, を争い, を出し, を出す, を取らね, を吉公, を墨守, を投げ与へられた, を投げ込ん, を掠奪, を握らせ, を水中, を炭代, を盗む, を盗め, を真心, を笑い, を要せし, を貰, を首, 出した村香奠, 出して, 出しても, 取って, 呉れという, 少く使おう, 投げ与える年寄り, 持って, 貰ったの, 遣って, 食べきれない大根

▼ 一~ (335, 0.1%)

25 りに 20 の石, りの 15 の土 10 になっ 9 となっ 8 の肉 6 の石炭, りにな 4 のパン, の火, りと 3 の, の根生姜, の物質, の肉体, の黒い

2 [14件] となつ, になってる, のボロ, の土塊, の氷, の焔, の煙, の砂, の血潮, の襤褸, の都市, の雲, の馬糞, り殘つて

1 [161件] があった, があの, がある, がふ, がみち, が大樹, が定, が彼, が徐ろ, が揉みつ揉まれつ, が浮び出, が火串, が焼け残っ, が雪, が高い, ずつに書い, ずつの土, ずつ喰, それから麦焦し, であった, であったから, でありその, である, であること, とすれ, となってる, となつて炉底, となり, となッ, とは思えない, と信ずる, と出逢った, と半ば爛壊, と古い, と崩れ, なるを, にし, になった, になつて, になつて來, になつて歸つて來, になり, になる, にもつれ合っ, に見え, ぬゥ, のかたまり, のまどい, のガス体, のバタ, の下三字, の中老人, の乾浄土, の人影, の人骨, の冬, の動かすべからざる, の句, の喚声, の団塊, の土塚, の土壌, の土民, の塩, の大きな, の大石, の宇宙塵, の小包, の山野, の岩礁, の強, の彩り, の怪物, の恨み, の悪魔, の朱, の柱文銀, の湿った, の漆喰, の火の玉, の火団, の火薬, の灰, の炭, の炭火, の焼, の煉瓦, の瓦斯, の痰, の白い, の白堊, の白骨, の真綿, の石ころ, の砂ほこり, の砂糖, の粘土, の綿, の練炭, の美しい, の肉団, の肉泥, の肉片, の腐れ縄, の花束, の蛇肉, の蠅, の血泥, の血液, の赤い, の遊星, の配合, の鉄, の鉱物, の陶土, の雪, の青酸加里, の食, の騎馬, の騒音, の髑髏, の鮮血, の鰍, の鰻, の麺麭, の黒砂糖, の黒雲, は恐ろしく, りが, りこちら, りこっち, りずつの, りただ, りだったから, りだつた, りでも, りなげ込んで, り一塊, り世間話, り林立, り立って, をおの, をくれた, をさし覗い, を取っ, を噛み取っ, を噛ん, を引具し, を投じ, を拾い, を空気中, を箸, を綏子, を頭, ノ, 寄りて, 居た, 持って, 突如高き, 若くは, 融け去りてかの

▼ 一~ (333, 0.1%)

12 を著 8 を認め 5 を著し, を送っ 4 をかい, をしたため, を著した, を認めた

3 [12件] あり, でした, の中, をお, をした, をたずさえ, を公, を取り出し, を寄せ, を封じ, を送った, を飛ばし

2 [25件] があつ, だったわけ, となし, に, には, にまとめる, によつて, による, に纏め, に見える, の内容, の如き, をうけ, をしたためた, をとり出し, をもたらし, を予, を出し, を取出し, を手, を持っ, を編纂, を貪り読ん, を送られ, 題して

1 [201件] あり其の, いせ迄の, かきのこして, があらわれた, がある, がいかに, がその, がとどいた, が到着, が前, が届いた, が捧げられた, が来た, が来ました, が現れた, が納められ, こそ此, さして版元, じゃ, だったと, であるが, であると, では向, で別々, といえ, として再び, として出版, として天下, として編録, となす, とに二ヶ所, と云, ならん, において初めて, において論じた, にたずね, にただ, にはこの, にはその, にはたし, にはやはり, には三男, には大塔, には妹, には小川佐平次祐忠, には或, には浮島, には鐘, にもこれ, にもほのす, にも別様, によりてわが, によりて正に, によれ, に主要, に似た, に依る, に厮殺, に名づけられた, に天照大神, に専ら, に志, に熊野忍隅命, に編成, に見えた, に過ぎぬ, のうち, の云う, の効能, の校正, の異名, の自分, の至る, の題簽, はこの, はたしかに, は一そう彼, は今, は壇ノ浦以後, は実に, は常に, は弦, は彼, は我手, は明治二十六年, は最近, は次, は瑞西, は確, は英國議會, は蕃書取調所, もあり, もなし, も出, も御多忙, も見せ, を, をあずかっ, をおかき, をお送り, をかきしたためました, をかくし, をさずけた, をつづった, をのこし, をひもとかれる, をひもとけるなり, をまとめた, をよこした, をわが, をアレキサンドル帝, をオランダ議会, をパラパラ, を代筆, を以てした, を以て立論, を作っ, を作り, を兄, を六波羅, を内蔵助, を出す, を出だし, を出版, を刊行, を列ねた, を即日正確, を友人, を取っ, を取りだした, を受け, を呈し, を呈す, を呈する, を周瑜, を回顧, を売り出せり, を寄せた, を将軍, を尾州藩, を差し出し, を急, を成せり, を我別墅, を手渡した, を托され, を投げこみ, を投じ, を折, を持たせ, を持ち, を指し, を捧呈, を授け, を握りたる, を携え, を書い, を東京, を梓, を残し, を河内国, を淺薄, を渡した, を秀吉, を秘めた, を綴る, を編んだ, を織田どの, を翻し, を老父, を膝下, を草, を草せん, を菅公, を落雲館校長, を著しし, を著し題し, を著せし, を著せり, を著述, を衣, を袂, を裁, を見, を見せ, を託し置き, を訳し, を読ん, を讀みたる, を贈り, を足利殿, を遺し, を遺した, を金沢藩, を長岡佐渡, を飛ばした, ヲ, ヲ呈スルノ大罪, 未報, 第二章, 託したいが

▼ 一~ (329, 0.1%)

92 の風 15 の突風 11 の旋風 7 の涼風 6 の薫風 5 の強風 4 の兵馬, の怪風, の烈風, の疾風, の竜巻, の黒風 3 になっ, のつむじ風, の山風, の狂風

2 [15件] の, の兵, の冷風, の凉風, の南風, の夜嵐, の山嵐, の敵, の殺気, の煙, の秋風, の迅, の隙間風, の颶風, はこの

1 [127件] か, かけ離れて, がある, さえひと, さっと為吉, たちまち虚蒼, だけでなく, である, で彼, とし, ととなえ, となった, との駈け, と吹來つて, どっと起っ, どつと, にこっち, にはそれ, にやぶれ, に各所, に寄り集まり, に揺すり立て, に甘, に馳, に駈けぬけた, に駈け向おう, のあらし, のくずれ, のさきがけ, のすさまじい, のその, のはげしい, のはや, のみにおいては戦, の中, の人影, の伏兵, の兇風, の冷, の凄, の刄風, の北風, の呵責, の埃風, の天風, の太刀風, の寒, の嵐, の惨敗, の援軍, の星座, の春風, の晝, の暴風, の松風, の櫻咲雪, の民衆, の渓風, の渦巻風, の潮風, の火気, の炭酸瓦斯, の焔, の無気味, の熱気, の異風, の砂けむり, の腥, の自由, の船手, の草, の西風, の赤, の野分, の雨雲みたい, の霧, の風の音, の風もろ, の風木立ち, の風来, の風枝, の風雲, の風雷, の風頭上, の風鳴り, の首将, の騎馬武者, の黄塵, の黄風, の黒い, の黒気, はたしかに, はまた, はやてが, は九条方面, は夜明けがた, は徳川殿, は曹操, は西, は飯盛山, まき起こって, また一陣, まッさ, もう三名, らしい, をお, をという願い, をひきい, を仰せつけられます, を余人, を作, を布い, を布け, を押し進めた, を擁し, を日本, を突破, を縦横刺撃, を踏みちらし, 又一陣, 吹いて, 吹き出でて, 吹き送り, 特に強い, 破れ二陣, 第二陣, 駆けつけて

▼ 一~ (328, 0.1%)

18 の人々 8 の人, の作家 6 の人間 5 の中, の人数, をなし 4 の, の靈 3 の林, の武士

2 [25件] があった, がある, が象徴派, であつ, であろう, になっ, のお, の人影, の人達, の兵, の子供, の小鳥, の少女たち, の旌旗, の水兵, の白鳥, の者, の者ら, の行列, の諸, の送, の間, の隊商, の魂, の魚

1 [209件] およそ七, かたまって, が, がつづいた, がもう, が乗込ん, が何やら, が倒れた, が吹き寄っ, が庭, が彼, が押される, が映っ, が楽しく, が皆, が聳え, が見え, が見える, だと, で, であった, でこれ, では又, でムレ, で占領, というもの, という方, としてこれ, として扱う, と到着, と同乗, などはその, にし, にはそぐ, には必要, には数人, によって白骨, に取り囲まれた, に対して何ら, に対して憤怒, に對, に掛離れ過ぎ, に為つて, に煙草, に眼, のある, のうち, のかもめ, のそれ, のもの, のやさしい, のよう, のバラック, のブルジョア・イデオローグ, のブルジョア技術家, の一典型, の一敵国, の上, の丘陵, の中学生, の乞丐來, の事実, の事物, の人員, の人馬, の仮屋, の作者, の作者たち, の供, の個人, の側, の僕, の優秀者ら, の先覚者, の先鋒, の公衆, の兵隊, の動物, の南方, の単に, の友人たち, の反対者, の唱和, の問題, の土匪, の天才たち, の天狗ども, の奮迅, の女, の妻, の婦人席, の子供達, の学徒, の孫, の家, の寂しい, の専門家, の山, の山塊, の幽霊, の弥次馬, の彫像, の忍, の思想, の思想家, の恒星, の批評家たち, の支配者, の敵, の文士達, の文学者, の文学者達, の新しい, の新進作家たち, の既成的問題, の日本人, の有力, の木々, の木立, の村雀, の松島, の根笹, の歌, の武者, の民族, の牛, の牧牛, の犬, の狼藉者, の猟犬, の男ども, の男女, の病羊, の白堊館, の白鳩, の知能分子, の知識人, の糸杉, の羽音, の者ども, の職業者, の舞姫皆舞, の船, の船列, の船団, の花びら, の若き, の若者, の草刈女, の蜜蜂, の蟻, の詩, の誠意, の貨物, の賊, の賊徒来, の賣, の赤蜻蛉, の送り手, の進撃隊, の遠火, の雀等, の雑木林, の雨燕, の靈後, の青年, の非難, の顔ぶれ, の顧客噂, の騎者, の騎馬, の騎馬武者, の騒々しい, の鬼, の魂焔, の鳥, の鳩, の鳩輪, の鴎, の黒奴, はあわて, はこの, はそれぞれ隊長, はジェノア, は室内, は己, は標準食, は物理学, は皆豪勇, は鉱泉療法, また一群, もあつ, をまん中, を半分づつ一日代り, を張り, を形成, を恐る, を成し, を描い, を率い, を見, を見た, を迎えた, を追い慕わせた, を金色, 何と見, 咲いて, 寄せぬ間, 見る如く猛然

▼ 一人きり~ (325, 0.1%)

13 になっ 11 だった 9 になる 7 だ, でいる, の時 6 であった 5 で何, で暮し, なの 4 だから, です, でゐる, なん, にし 3 だと, でいなけれ, ですから, で暮らし, にさせ, になった, になつ, になりたい, のとき

2 [21件] だが, だったこと, だつた, で, である, でいたい, でそういう, でそんな, ではない, で不幸, で五日, で四方八方, で歎, で生きよう, で生活, で私, で食事, にならなけれ, のよう, の筈, よ

1 [161件] ありません, か, がひでえ目, しかいない, しかいなく, しか居ない, じゃ, じゃからナ遠慮, じゃねえ, だからな, だけど, だったので, だったもの, だったらあの, だったらしいが, だったら一寸, だつたので, だという, だといふ, だらうと, であ, であちこち, であるかの, でい, でいささか, でいたかった, でいつも, でいるか, でお, でおい, でこの, でこれ, でさ, でさも, でした, でじっと, ですもの, でずつとパン, でせう, でその, でちょっと, でないこと, でね, ではなかっ, でははかり, では余り, では君, では楽隊, では決して, でふたたび, でぶら, でぶらつ, でほか, でぼんやり, でまだぶすぶす, でゐ, でクリストフ, で一平, で一晩泊まり, で二六時中気, で住ん, で何ん, で入っ, で十五, で味わう, で夢想, で寝かされ, で少し, で彼, で愛し, で扉, で旅, で昏, で暮らし得る, で木, で楽し, で歩き出し, で殘つて, で淋しい, で火, で生き, で病気, で目的, で相談, で看護婦, で知り出し, で立つ, で端近く, で自分, で自炊生活, で薄い, で見張り, で誰, で過ごした, で過さなけれ, で遠く, で隠れ, で食べた, で駱駝, というわけ, という世にも, としか, となった, なかった, なく午後, なので, なのに, ならそれ, な孤独, にされた, になりたかった, になりました, になれ, にはなりたい, にはなれなかった, に取, に取り残され, に取残され, のいびき, のお, のお姫さま, のこされる, のこと, のとき何年ぶり, の仕事, の何, の召使, の場合, の夜, の夜食, の大事, の大切, の女の子, の娘, の子, の子供, の孤独, の広い, の従妹, の思索, の愛嬢瑠璃子さん, の所, の方, の方達, の旅, の気, の深い, の牢, の生活, の甥, の老母, の若様, の苦痛, の間借人, の食事, まだ知りません, 取り残されて, 坐つて, 待たされて, 残される道綱, 残しながら

▼ 一~ (321, 0.1%)

6 を交える 4 に光秀, も交えず, も交えぬ 3 だ, にし, に明智, の上, は, もせず, やらうと

2 [31件] こそ蜀, では, なり, に, にあり, にも及ばず, にも断々乎, に及ばん, に及び, に及ぼう, に大勝, に敵, に賭ける, の後, の砲火, の覚悟, はまず, もせぬ, もぜひ, も辞, も辞すまい, を, をとげ, をも交えない, を交え, を交えた, を交えよう, を試みよう, を試みる, を遂げ, 挑みかけたい闘争意識

1 [220件] あって, あるごと, あるのみ, あれば, あろうと, いなみ難し, からは, から柴田, がこ, がはなばなしかろ, が始まる, こそ大事, しかるべし, してやろう, その勝敗, だけというよう, だぞ, だった, だらう, であった, であったと, であろうと, で惨敗, で敵, で織田信長, で義仲, とあれ, とお, となつて爆発, とも云う, と定め, と思った, と期し, どう, なすべきでしょう, などでも単騎奮迅, にある, においては必定, において勝利, にけ散らし, にこの, にさんざん, にすべて, にそそごうで, にてき, にて敵, にのみ備えよ, には, にぶざま, にもおよばず, にも及ばぬ, にやぶれ, にわが, にフランス軍, に一身一国, に亡君, に任双, に依っ, に備えた, に加わっ, に勝っ, に勝利, に北軍, に十三創, に味, に国家, に在り, に大事, に大捷, に大敗, に失敗, に寺沢勢, に帰すべからず, に張飛, に当らん, に復敗, に応じましょう, に懸る, に我, に手柄, に敗れ, に朝廷, に残念, に決せ, に破れれ, に秀吉討死, に立っ, に腕, に臨む, に自ら, に荊州, に見事敵, に賭けた, に賭し, に蹴散らかさん, に間にあわなかった, に間に合った, に雌雄, のうち, のお, のほか, のま, のもと, の下, の大事, の大捷, の奮発, の所存, の支え, の日, の決意, の火, の用意, の痛恨事, の節, の約, の門, の雌雄, はここ, はした, はその, はそんな, はほとんど, はまぬがれない, はまぬがれまい, はまぬがれますまい, はバイ, は以後数日, は光秀, は勝敗, は勤王, は四方, は坂田, は大, は富江方, は彼ら, は必至, は指揮進退, は木戸, は池田勝, は甲越とも, は目前, は終始, は結果的, は義兄関羽, は良人, は避けられまい, は魏蜀, へかけつける, へ赴いた, また一戦, もお, もって, も交え, も交えなかった, も交じえず, も交じえぬ, も敗れた, も斯く, も新院方, も覚悟, も辞さぬ, も辞さん, も開始, やって, やむなしと, やらうぢ, やりませう, やる覚悟, やれると, やろうて, やろうと, をいたすなら, をいどみかけた, をこころみ, をし, をなさん, をなす, をまじえ, をも辞さないであろう, をやる, を交, を交えろ, を仕損じ, を催し, を前, を励まし, を図ろう, を報ずる, を展開, を待っ, を思い捨てぬ, を挑みかける, を挑む, を挑ん, を最後, を果さん, を決し, を決しよう, を決せずん, を考え, を華やか, を試みたる, を辞, を遂げたる, を遂げよう, を開始, を願おう, 交えたまでは, 仕りと, 仕出かすには, 仕掛けては, 又再戦, 戦うにも, 挑む, 挑もうなんて, 果せば, 終ると, 試みられい, 遊ばされ寛蓮見事

▼ 一そう~ (305, 0.1%)

7 の船 3 のモーターボート

2 [12件] つないで, とすれ, の小船, の舟, の赤い, ひどくなっ, ふらふらさす, やって, 強く印象, 美しくした, 肥えられた, 青ざめて

1 [271件] あおく拡がり, あどけない眠り, あわれ, あんな厖大, いい, いけないやう, いたわり, うつくしく見えました, おじけさせて, おそなえつけ, おどおどし, おどかしたの, おもしろいもの, お仕立て, お慕いする, かうし, かなしくなる, からはのろし, からは岩松吉致, がもと, がんがん喚い, きびしくなり, きわ立って, けわしくなり, この學問, この山々, この港, この重患, して, すさまじいするどさ, すりゃこんな, する理由, すんで, その少年, その性格, その異口同音, その考え方, その騒ぎ, そんな気, そんな説明, たどたどしい文字, たびたび首都, だってある, だと, だるくした, だろう東京あたり, つのる思い, つよくも, つらいの, であっても, でないかも, でなかったとしても, で来た, なつかしいもの, なると, な充血, な愛し, な憤怒, な魅惑, にした, には帝, に引き立っ, に気, に笑いくずれ, のつや, のランチ, の働きぶり, の優し, の内, の大, の大きな, の大型船, の小さい, の小舟, の快速艇, の朽舟, の漁船, の白帆, の目ざましい, の短, の緊密, の船上, の花見幕, の苫舟, の荷舟, の見なれない, の銀色, の難破船, の雨, の黒い, はうしろ, はげしい憎念, はげしく, はげしくせめ, はげしくなっ, はげしくなりました, はっきりし, はっきりと, は沈み, は諸, ひきしめたよう, ひどかったらしい, ひどくさわぎだす, ひどくグララアガア, ひどく手, ひどく風, ひめぎみたち, ぴったりと, ぴょこんと僕, ふさふさと, ぶきみ, まことし, まずいもの, またたいて, みすぼらしくなっ, むずかしくし, もそれ, もつれを, も目, やさしくも, や二そう, よく分る, よろこばれた, よろしいよう, イライラし, キラキラに, ムキになって, 不キゲン, 乱れて, 云うこと, 加わった, 努めようと, 反秀吉, 可愛くなかった, 向っ腹, 呆れ返って, 啼き声, 嗄れて, 困って, 困るよう, 堅く一そう有力, 増させずには, 多くなります, 大きくなった, 大きくなり, 大きく一そう透明, 大きく眺められた, 大きく膨らん, 奥ゆかしく見られ, 妖しいまでの, 寄り添いあって, 広く解され, 度々落す, 強い甘美, 強くあたし, 強くあの, 強く一そう, 強く感じる, 強く手, 強く楢夫, 強く母, 強く言っ, 強まる, 強められたその, 待って, 心憂く思われ, 心細くいつ, 心細くさせた, 心細くなっ, 怒ったよう, 怒らせた, 思った, 急いで, 急き立つ青年女形, 恐ろしい圧力, 恐ろしくかなしくて, 息巻いて, 悪くし, 悪くなっ, 悪くなった, 悪く待て, 悲しくなっ, 悲しげ, 憂いさせたの, 憎々しく見え, 或る, 打ちかためて, 拡がり見るま, 早く歩き出した, 明るい心, 明るくなった, 明るく見え, 暗いもの, 暗くなりました, 更けまさって, 有りえないでしょう, 気味悪がらせた, 泣き出した, 消しがたい, 涼しさうだつ, 深いよろこび, 深い敬意, 深い溝, 深い謎, 深かつ, 深くつつ, 深く探偵小説, 深く民族的矜持, 深ぶ, 深まって, 深まるに, 深まるの, 深めないわけ, 深められずには, 深奧, 激しい失望, 激しくなっ, 激しく怒り出す, 激しく母, 激しく泣いた, 濃い, 濃くした, 烈しいかげろう, 焦ら立たずには, 物凄く見えました, 物悲しく黒ずんだ, 生き生きした, 生き生きと, 甲だかく, 痛ましく一そう暗黒, 白く一そう, 白白と, 目だつ, 神々しい笑顔, 神々しく見えた, 福々しくしかも, 精出して, 縁遠い娘, 美しい身なり, 美しくさえ, 美しく磨き出し, 美しく見せる, 脅かされたよう, 若きわ, 薄暗かった, 薄暗かつ, 薄気味悪い言葉, 見たいの, 見得張る心理, 親しさ, 親しめる, 解りそう, 言うおぬしさえも, 赤く輝い, 近づけて, 通じっこないん, 速く目まい, 遣って, 重苦しくなつた, 鎮めて, 阿英, 際立って, 震えた青み, 青々と, 非學理的, 面白くする, 驚くべきこと, 高くなった, 高く鳴き, 鬱陶しい位, 黙りこんで

▼ 一~ (299, 0.1%)

20 にし 12 の手紙 5 にした, の紙幣, の花 4 の書類, の薪 3 になっ, の藁, の髮

2 [26件] こしら, して, ずつ持っ, だけ低い, とそれから, と思う, につかね, になつ, に五銭, のダリヤ, の柴, の線香, の菊, の菫花, の葱, の薪木, の証書, の郵便物, の黒髪, また一束, もう一束, や二束, 出て, 抱えて, 挿して, 敷いて

1 [183件] あった, あつた, あれば, うけとりました, うすいスープ, かかへて先生, か二束, がある, が供えられ, が捧げ, が風, くくるにも, くださるとか, ぐらい, こき終った時, ずつにし, ずつ奇麗, ずつ抱え出し, ずつ無尽, ずつ縛りつけ, ずつ買っ, そっくりまきあげられ, だけを持つ, ついて, とからす, となし, と云う, と單物, と折角, ない始末, なれども, にかっさらっ, にぎって, にくくられた, にされ, にしよう, にたばね, につかねた, につかん, にて五十銭, にとび, にまだ, にヒモ, に世間, に何斗, に使用, に嚴制, に夜明, に審議, に比すべく, に没籠, に罵倒, に記録, に貼りあわせ, のかんぴょうを携げ, のじん, のはがき, のみは笠, のもの, のわら, のグラフィック, のリラ, の中, の交差, の人たち, の冷徹, の千代紙, の卯の花, の原稿, の原稿紙, の古ぼけた, の外, の女, の好, の封書, の小さな, の尖, の帳面, の干, の弓矢, の新聞, の方, の日本刀, の書もの, の書牘, の書物, の柳, の棕梠, の毛, の海藻, の海藻みたい, の深山鈴蘭, の現象, の画札, の白糸, の白髪, の矢一張, の秣, の竹, の粗朶, の糸, の納税告知書, の紙, の紙片, の細引, の縄, の繩, の美しい, の花束, の芻, の茨, の草稿, の草花, の葉, の董花, の蓬髪, の針, の針金, の鍵, の電報, の青写真, の韮, の音, の額縁, の麦藁, の麻, の黄色, はたしか, はとケシ, は松五郎, は果して, は楽, は自分, は買, ほうり出すと, もあつ, もって, もわけなかった, を, をこき終り, をしょっちゅう, をもぎ取っ, をもってその, をテーブル, を兄, を切っ, を取り, を取り上げ, を奪い取る, を懐中, を投入れ, を押し込んだ, を持っ, を握り, を摘んだ, を未だ, を火中, を落とし, を蒼空, を見つけ出した, を貸し与えた, を部屋, を隣り, を鼻, 出したら五銭, 刈ったよう, 割いて, 即ち一握り, 取って, 取り出した, 投げ込んで, 折って, 折りとって, 押しこんだが, 持たぬうち, 持って, 提げて, 結びつける, 見て, 貰ったでしょう, 買ったらしく手, 買って, 飛びに

▼ 一~ (290, 0.1%)

4 のいう, の兄, の方, の顔 3 の手

2 [18件] が来ました, だった, だよ, って言う, です, に, のところ, のにいさん, の前, の姿, の家, はお, はこの, はふと, は夢, は眼, も全く, を連れ

1 [235件] から八郎, から電話, がうしろ, がおかし, がかう, がき, がころび, がずばり, が一生けん命, が三十三歳, が不, が二十一歳, が云った, が何, が倒れ, が元, が兄, が入っ, が初めて, が厳然, が口惜し, が唯一無二, が嘉永五年七月一日, が壻入, が変死, が妻, が学校, が実演, が悲歌慷慨, が断乎, が横合, が泣き附く, が玄関, が盃, が相槌, が真先, が眼, が穉, が答, が答え, が絹帽, が聞き捨てならぬ, が背中, が薩摩, が見舞, だ, だけはなにか, だったが, だったの, だって直に, であるといふ, ではありません, というん, という人, といふん, といふ画伯, とその, とつけた, と三人連れ, と云, と云う, と女二人, と楢夫, と次郎, と渋江氏, と漫才等々, と神南, ならば, にある, にいさん, にすがらう, にそっと, にそつ, にはさっぱり, には直ぐ, には雨, にめぐりあい, にも勧め, に云, に似てる, に借す, に嫁, に宛てた, に怪我, に悪意, に渡し, に見せました, に近頃, に逢, のあ, のいわゆる, のおじいさん, のこと, のため, のもっ, のやう, のオーバー, の俄, の倒れる, の友人, の嘘, の士籍, の変れ, の夫婦, の好人物, の妻, の家大体, の居る, の幼い, の後ろ, の成長, の我儘, の来る, の死顔, の父, の直ぐ, の聘, の背後, の胸倉, の蘇生, の行く, の表情, の衰退, の諸, の足もと, の近く, の遺稿, の頬, の頭, の魂, はあの, はいきなり, はいけない, はいよいよ, はおもいました, はさっき, はしっかり, はしわく, はじっと, はせ, はその, はた, はだまっ, はどこ, はなんだか, ははじめ, ははじめて, はまだ, はジュリア, はストリキニーネ, はムラムラ, は一ぴき, は七年前, は不断の, は両, は二代目伊之助, は二度目, は出なかつた, は十一歳, は友達, は口, は同じ, は壮年, は大, は大きな, は寝台, は寺, は弘前, は弟, は弱っ, は念, は思い切っ, は思う, は恐る, は成善, は新, は書斎, は最初, は柏軒, は横浜貿易商, は次の間, は気, は江戸, は津軽家, は焦慮熟考, は用事, は腰, は船長, は陽, は頗る, は頭, は駒平, へ云った, ほどに好意, までが引っぱり出された, も嘉助, も思ひました, や嘉助, や次郎, や神南, や繁, よりもっとそう, をあやし, をおぶっ, をおぶった, をさき, をさそっ, をそっと, をふり, をも節子, を乳母, を休ませ, を伝うる, を伴, を助け, を呼ん, を呼んだ, を善し, を尖った, を引連れ, を彼女, を待っ, を快く, を抱き起さう, を案内, を睨めた, を組みつかせ, を肩, を見, を見下し, を訪ねる, を車, を迎える, を追, を遊ばし兼ね

▼ 一から~ (289, 0.1%)

142 十まで 8 十迄 4 げにし, 二へ, 十までが, 第四 3 十までの, 百まで 2 三までの, 九までの, 六まで, 十七まで, 四までの, 多へと, 多へという, 第三, 電話が

1 [99件] ある日絵はがき, きいての, げだった, げになっ, げに同じ, げに月, げに疑い, げに縄尻, げに縛っ, さういふこと, さずけられて, だが, だったの, だの, もう一つ, ワザワザと, 一を, 一セントまで, 一一分の一へという, 七までの, 三ヶ年も, 三五分の一に, 三十六までの, 三箇までの, 下で, 下宿代を, 九〇までの, 九まで, 二は, 二への, 二を, 二三と, 二十七を, 二十分の一内外の, 二十四までも, 二名で, 二四分の一二二分の一または, 五まで, 五までを, 五十まで, 五十六まで, 伏見稲荷の, 全快祝ひに, 八〇分の一ないし, 八八から, 六〇分の一に, 出づっぱりの, 出発し, 出直すこと, 十の, 十までと, 十までは, 十までも, 十までを, 十一までの, 十七の, 十二まで, 十二までしか, 十五迄は, 十六までの, 十分の一ぐらい, 十岸野の, 半分で, 半分の, 反響しない, 取ったもの, 受け取ったばかしの, 四迄, 図を, 多へ, 多への, 始まつて, 始めて, 安着の, 実の, 対診, 所望され, 手紙が, 拾まで, 本読, 槍一筋馬一頭二百石の, 現在一一分の一に, 生まれうべき健全, 申込を, 百までの, 百・千・万と, 相場ポーカーと, 眼を, 立つてを, 第二, 考えるならば, 聞いた怪気焔, 聞かれるま, 良い日, 見た十, 貰いたかったの, 逃げること, 離れて, 順に本読み

▼ 一時半~ (289, 0.1%)

12 に出 6 から十二時, であった, になる, の汽車, まで 5 に出る, に迎 4 だ, になった, に出かける, に家, までねる, 迄ねた 3 である, になっ, までの間, 起き

2 [13件] いつも十二時半, から三時, だった, だね, です, となる, にしか初ま, になります, にベゲテリアン, に行く, ねる, までねた, 迄か

1 [175件] あがり, うと, か, かっきり, から, からということ, からなんて言ってた, から二時の間, から二時頃, から八時, から十二時ちょっと過ぎ, から午後一時半, から名宝会館, から四時半, から手踊り, から東亜商事, から漸, から独り, から約, から舞台けい古, から芝三椽亭, か二時, か二時前, か十二時, か十二時ごろ, が鳴, ぐらいまでの間, さらに少し北, だったが, だつた, ついに呼吸, でした, でしたろうか, で二時間半, という, といふは何ん, とその, となり, と張出し, なのに, なん, にお前, にかえって, についてそれ, にでる, になつ, にならなけりゃ, になろう, にね, にはまだ, には寝床, には帰っ, には構内, には鎌倉驛前, にもなっ, にわずか, にゲンスヴィル, にタクシー, にモミヂ旅館, に主人, に人穴, に伯母さん, に修善寺, に入る, に公会堂, に出かけ, に出た, に出発, に大震, に始ま, に宝塚ホテル, に小牛田行き, に岩, に帝劇四階稽古場, に帰った, に帰る, に帰宅, に床, に座, に御, に徳山, に文ビル, に昼食, に有, に未練たっぷり, に来る, に来れ, に水明館, に町長, に竹川, に自動車, に芝白金, に蒲田新道, に起きる, に起こった, に起された, に起される, に辞し, に郊外, に閉, に開かれ, に駅, に鳴る, の, ので立つ, のサクラ, のバス, の列車, の弦月丸, の教官室, の看護婦, の約束, の終列車, の自動車, の鐘, の間, ばかりです, ばかりの, ばかり前, また麻痺剤, までずっと, までそこ, までに横浜, までのみいろ, までは家, までは皆, までひ, までへた, までまる, までよく, までクラブ, まで勝手, まで種々, まで稽古, まで舞踏会, まで行乞, まで話し合った, まで起きてた, もう皆, やれ辛い, よくねた, よまあ, より京都日之出会館, より小, をさし, をすぎた, を報じた, を報ずる, を家, を廻った, を打った, を打つ, を過ぎ, を過ぎた, 小劇場, 小劇場けい古場, 帰り吸入, 帰り徳山, 帰る, 着途中清滝王, 起きその, 起き入浴, 起き家, 起き座, 起き東京駅, 迄, 迄ねちまった, 迄ねる, 迄ぶっ, 迄よく, 迄寝た, 迄御馳走, 過, 過ぎたら誰, 開き一時

▼ 一二度~ (285, 0.1%)

8 あった 4 見かけたこと 3 あつた, では, はお, は善けれ, 会ったこと, 行ったこと, 見たこと

2 [20件] ありました, お目にかかったこと, こけそう, した, しながら, の便り, の往来, の面識, はその, はそれ, は往復, は苦笑, 出て, 書いて, 来たこと, 聞いた, 見かけた事, 訪ねて, 逢ったこと, 逢って

1 [212件] あったくらい, あったこと, あったそう, あったの, あって, ありがとうね, ありて, あります, あるらしい, ある催し, ある先ず, おとずれて, お目, お目にかかりました, お目通り, お見え, お見かけいたした, お訪ねした, お電話, かかったが, かれは, くらいはどちら, くらい目, くるりと, ぐらいずつ袋戸棚, ぐらいは机, しかはかなかっ, しか会合, しか相, しか逢う, しか逢った, して, ずつこうして, ずつは上京, ずつは必ず, ずつ塾, ずつ彼等, ずつ杵, ずつ水涸れ, そっとのぞい, そのハガキ, その刻まれた, その前, その戸, その癖, その結び目, その若い, その願い, それからこちら, そんなこと, そんな方, たずねて, ためして, だが, だけそれ, ちょっと歩き廻る, ちょっと逢った, ついに三度め, つづけさま, つれて, でございますので, ですむ, でない, でなかったその, ならずあった, ならずありました, ならずある, なり, に過ぎなかった, のこと, の事, の例, の地点, の強風, の御, の日曜日, の温泉, はあった, はあつ, はありき, はありました, はあるらしい, はおいしい, はおや, はきっと, はこの, はこれ, はする, はどう, はどうせ, ははずし, はまさか, はやつ, は三時間餘, は先生, は八百疋, は出, は卓一, は右往左往, は同じ, は女中, は妾, は少し, は彼燐火, は必ず, は意見, は手洗, は欠かさず, は欠かさず寄こす, は気保養, は注意, は清三, は立った, は鎌, は雪おろし, ばかり見うけた, ふったばかり, ふられた舞台, ほんの一寸, ほんの偶然, ぼたん畑, もどって, も一緒, も私, やって来たが, やらせれば, やればと, ゆすぶった, よびたる事, を往復, を超える, 休んだきり, 会ったきり, 使ったの, 倒れかかったが, 借りに, 出した後, 出たかと, 出るばかり, 出会ったこと, 出会って, 出逢ったが, 動かして, 勧めたこと, 叩くと, 呻いて, 呼んで, 呼んでも, 唸つた, 尋ねて, 小さなの, 小突かせて, 帰って, 引っ張りまわすと, 強く握る, 弾んでから, 怪しむよう, 打ちこむと, 押し返したうえ, 振り廻される, 揺れた, 故嘉村礒多, 書いたこと, 来たが, 来たきり, 激しい雷鳴, 着たばかりの, 着て, 知った人, 知ってるので, 突きだした, 終に三度め, 続いた後, 繰り返して, 繰返した, 羽ばたきを, 聞いた事, 聞かされた事, 聴いたこと, 聴いた事, 落ちそう, 行きつもどりつした, 行ったり, 行った経験, 見かけましたがね, 見た, 見たから, 見ただけ, 見た者, 見に, 見られたけれど, 見廻して, 試みて, 話しして, 語られたこと, 買って, 起った痙攣的, 踏み試みて, 蹴りあっただけで, 軽く嘔吐, 迄下る, 通ったこと, 逢ったきり, 逢っただけ, 逢ってるうち, 連れて, 運んでは, 違った草, 鋭い爪, 開きそうして, 頼んだよう, 高く空

▼ 一ヵ月~ (283, 0.1%)

9 に一度, の間 5 の余, も前 4 ほど後 3 のあいだ, の有給休暇, ばかり前

2 [12件] か二ヵ月, では, といえ, にし, にとる, のばして, の収入, ばかり療養, ほどのあいだ, ほど前, も経たぬ, や二ヵ月

1 [218件] あてない手紙, あるいは六ヵ月, あるならまあ, いられるかい, いる由, およそ三斗八升, お弁当, か, がブランク, が千二百円, が生涯, が終った, が長, くらいはある, くらい映画, ぐらいたっ, ぐらいで, ぐらいでお, ぐらいで出来るでしょう, ぐらいな兵糧, ぐらいのうち, ぐらいはいかに, ぐらい帽子, ぐらい楽しく, ぐらい静養, このかた, この驚くべく, すこしです, ずっと落, ずつ休暇, ずつ有給休暇, ずつ給料つき, ずつ隣組, それでも三十円, たった, たったその, たったばかりの, たった今日, たった十ルーブリ, たつか, たべつづける鶏, ちかくも, ちかく社, つづけて, であった, である, であるか, でかえって, でした, ですから, ですが, でなおる, でイギリス, で下った, で交代, で収穫, で珍しい, で生活感情, で終った, というの, というもの, と二十何日, と云っ, と六日, と十日, ないし三ヵ月, なのよ, になります, になろう, には殆ど大抵, に一キロ半, に一二度, に一億円, に一円, に一冊, に一度ぜひ, に一箇, に三冊, に三四度, に二度, に亘っ, に冊数, に取れる, に四五冊, に四日, に思い, に稼ぐ, に至る, に足らざる, に近く, に限られ, に預金払戻し世帯主三〇〇円, ね, の, のうち十日間, のくくりで, のこの間, のよう, のナチス, の予定, の仕切帳, の以前, の公定価格, の内三日理由, の前金, の労苦, の午前, の報酬, の後フランス, の忍耐, の旅, の時, の月謝, の燃料, の生活費, の終わり, の蜜月, の見込み, の調査, の賃銭, の部屋代, の長い, はきっと, はけし飛ん, はニコマル, はモスク, は二つ, は休職, は夢, は実に, は長びくだろう, ばかりいた, ばかりし, ばかりのあいだ, ばかりのうち, ばかりの祭日, ばかりは戻っ, ばかりも江場土, ばかりも過ぎた, ばかり三共, ばかり住ん, ばかり床, ばかり役所, ばかり続きます, ほどおばあさん, ほどし, ほどしか太宰府, ほどそこ, ほどで終り, ほどの間, ほどは本当に, ほどまえ, ほども, ほども包孝粛, ほどボク, ほど前私, ほど北支辺, ほど周囲, ほど大坂城, ほど帰っ, ほど廻り, ほど早く, ほど経っ, まえまでの, まえベン氏夫妻, もいる, もおくれ, もかかっ, もしたらほっぽり出し, もしたら来, もする, もすれ, もたった, もたつ, もたて, もと云われず, もどこ, もひと, も休ん, も実行, も故障, も有給休暇, も水, も温泉, も溜っ, も無駄, も留守, も立て, も籠っ, も経たない, も経っ, も経とう, も続いた, も見ない, も間, ゆうに暮し, より日本, を三分, を出ない, を要する, を駆け歩いた, を鮎, ゴタゴタつづきで, 休んで, 働いた分, 働きつづけられまい, 分となかったところ, 或は二ヵ月, 更に次, 程のち, 経ちます, 経ち命, 経った, 経った今, 経った或, 経っても, 過ぎての, 降ろうとも

▼ 一日一日~ (283, 0.1%)

8 を送っ 5 と日 4 の生活 3 だけがとても, と私, と立つ, と美しく, の努力

2 [17件] おなじ暮し, が晩年, とせまっ, とたっ, と先, と大きく, と少し, と悪く, と深く, と近づい, と送っ, と過ぎ, と遠ざかつ, と頭, を送つ, を送り迎え, を過し

1 [217件] ああした土, いたずらに酔生夢死, がかけ, がすぎ, がそれ自体, がたっ, がとても, がなんだか, がぼんやり, が不安, が僕, が全部, が大切, が延ばされ, が彼, が新しい, が暮れ, が漁不漁, が無為, が生き, が生み出され, が続き, が過ぎる, であったから, では, でも親, と, といわず, とうつる, とお, とかさん, とこの, とすぎ, とその, とそれでも, とだんだんぼんやり, とつもれ, とのばし, とのび, とはかどっ, とまさつ, とめざましく, とものぐさ, とやつれ, とゆるみかけ, と一そう完全, と上達, と不倫, と京極三太郎, と人間, と何やら, と例, と個人, と困, と固ま, と変っ, と天下, と完成, と実に, と寒く, と小杉卓二, と少く, と屍骸, と幽, と広い, と延ばされ, と延ばした, と引き摺られ, と引越, と彫像, と彼, と待っ, と徳川家, と怖, と思い, と思え, と恢復, と惨め, と時, と暗黒, と暮らし, と樂しみ, と歩くなら, と気むずかしく, と海鳥, と消え, と深まる, と澄ん, と激しく, と濃く, と無くなっ, と無事, と片付ける, と物識り, と狂気, と生き, と生命, と生活, と生長, と病, と痩せ, と瘠せ細っ, と皺, と益々, と盲, と空, と約束, と紅く, と経った, と經つて, と育っ, と育つ, と膨らん, と自分, と航海, と若者, と苦しく, と薄らい, と血, と計画, と訪ねる, と訪問, と返事, と迫つて來, と遅らした, と過す, と道行く, と遠く, と鋭敏, と長けました, と長びき, と限り, と騰貴, と黄色い, どんなに成長, になくなっ, に古く, に増し, に変わっ, に寄せられつ, に彼女, に膨大, に谷, に重, のいかに, のうち, のたまらない, のたより, のつながり, の全, の原因事情, の原因結果, の子ども生活, の平安無事, の日記帳, の時間, の暮らし, の煙草, の眼, の確実, の糧, の義務, の違ひと云, の間, はあたかも, は信じ, は時として, ひどくなっ, ふえて, みっともなくまごつい, を, をいっぱい, をいつ, をこの, をせめて, をその, をただ, をたっぷり, をつみ重ね, をぼんやり, をみだら, を勤勉, を味, を喰っ, を如何, を引きずられる, を待ち, を待ちこす, を待っ, を感謝, を戦っ, を暮らし, を条件, を満足, を生き, を私, を耐え, を胡魔化, を辿った, を迎え, を迎える, を迎え送っ, を送, を送り, を食べ, 伸ばして, 多くなっ, 多くなった, 崩れて, 延して, 新しい花, 新しくしかも, 疎くなろう, 築きあげて, 遠く丘, 食って, 高く飛ぶ

▼ 一~ (282, 0.1%)

10 の人々 8 の者 5 の人 4 の頭 3 です, の中, の方, は

2 [15件] だ, だよ, でした, と, とその, のうち, のなか, のひと, の人たち, の破滅, の領袖, の頭目, の首領, はピレネエ山中, を率い

1 [213件] いよいよ織田方, かね, からは一九一四年, から贈られた, がおさまらない, がその, がつらなっ, がどう, がふしぎ, が一指, が乗りすてた, が以仁王, が信長公, が出演, が勝った, が喜ばず, が宿泊, が巣, が幾たび, が弓鉄砲, が引上げ, が待ってる, が或, が揃っ, が摂津, が数日前, が斬り込んだ, が昆陽寺, が本所松坂町, が歌界, が現, が立てこもる, が総, が襲, が見張っ, が解散, が討ち入り, が諸, が越前, が高輪泉岳寺, ただ自ら, たるイルコック, たる社会党, だけが西溜り, だけだった, だけだろう, であったが, であること, で占領, で名誉, で安中城, として兵仗, としました, となっ, となった, ともちりぢ, とベルリン大学, と共にまじめ, と感, など兎, にした, にそれ, にて磯貝平太左衛門武行, にとって恐ろしい, にとりかこまれ, になく, になった, には, にふくれあがらせ, にも巡り逢った, にも捨てられた, にわかれ, に僕, に再度, に加担, に向っ, に害, に対してがんばっ, に対して忠誠, に対する責任, に気づかれない, に襲われ, に迷惑, に通達, に預け, の, のお方, のこと, のごとき, のため, のまえ, のみが辛うじて, のもの, のブラームス, の三木城, の事, の人気, の仇敵, の仲間, の兵, の利, の剣光, の勇士たち, の勢力, の友, の場席, の士, の士気, の壮烈, の女王, の存在, の客気, の密計, の尾行, の後, の復仇心たる, の情況, の態度, の抜くべからざる, の指揮, の政友会, の政綱, の斬, の方々, の是非, の最後, の朋友たち, の楽園, の死, の気, の滅亡, の独裁党, の猴ども, の発覚, の百四十三名, の盟主山中鹿, の祖先研究, の素性, の罪, の致命的, の荒くれ騎士たち, の行動, の裔, の見地, の諸氏, の謀叛行為, の賊, の軍勢, の軍師, の軍馬, の連判, の遺志, の邪魔, の陣, の集合所, の面々, の頭株, の風説, の黒い, はこれ, はた下総, はどう, はどこ, はどんな, はなお, はみな, はアラスカ, はデルブリュック, は世の中, は今, は何物, は勝鬨, は多勢, は大震災, は姜叙, は常に, は手, は旋風, は民弥, は民衆, は狂熱, は私, は継子, は非常, へ向け, へ聖旨, もなんだか少し, も何日, も来た, も逃がし, や二党, をおごる, をひと, を以てし, を動かし, を引きつれ, を引き具し, を引っ張っ, を形, を指導, を提げ, を毎晩毎晩, を立てる, を自首, を解散帰村, を追い出し, を除い, 与の, 来り飯食, 残らず死ぬ覚悟, 率いて, 皆先登, 鳴を

▼ 一二年~ (281, 0.1%)

29 の間 16 の頃 6 のうち 4 この方, の後 3 すると, の生活

2 [12件] このかた, して, すれば, には男, に再び, の交, の内, の春, の歳月, 生きて, 経つと, 置いて

1 [192件] あるのに, いた雀, からのこと, から前, から執筆, から日露戦争, がところ, が下がっ, ぐらいな安泰, こそ全く, この三つ, この動向, しか経っ, したら私, するうち, する中, そういう特別, たって, たってから, たつうち, たつてかの, だったけれど, だなと, である, でお, では, で増加, で止み, で版權, で生える, で直ぐ, で終る, で見切り, というもの, といえ, といふもの, とした, とはたたない, と一四年, と全部, にかけて約, にし, にはペー街, には結婚数, にひどく, にもなりますでしょう, にも相州, にわたって建てられ, にディーニュ, にフランツ, にブルジョア, にボヘミア, にマイ, にリヒノフスキー, に一回位, に一軒, に匿名, に執筆, に当時, に成った, に新しい, に日本天皇史, に書かれた, に発行, のこと, のころ, のころ隅田川, のご, のしかも, のほど家, のナポレオン, のレンスキー事件, の三月, の中, の二月, の僕, の凶作, の子ども, の小さな, の教室, の日付, の暮, の月日, の未來, の条令以来, の比, の法律, の生徒たち, の秋, の童児, の米英戦争, の経験, の結婚数, の維持, の花街, の豫定, の軍編制, の間横浜, の頃の, の頃リミニ, の頃足尾銅山附近, の頃隅田堤, はこの, はまア, はめっきり, はやはり, はわれわれ, はナポレオン, は何度内心, は修業, は名ばかり, は大村, は彼, は恩給, は戦時景気, は日課, は渾然, は独身, は生徒, は私, は約束, は続けたい, は自分, は良沢, は蓄財, は途方, は遅れ, は郊外, は長生き出來, は静養, は馬鈴薯, へかけ, ほど夫婦, までの伝記, までの間, までは確実, まで七年間, まで王, まで続いた, みっしり努力, めっきり留置場, もしたら, もしてやっ, もすれ, もたたない, もたったら, もたつ, もどうにか, も前, も勤めた, も持ちこた, も文学, も施行, も来なかった, も立つ, も経っ, も経つた, も過ぎる, やって, やつて, やる間, らしい少女, をば半, を境界, を放置, を経過, を要する, 乃至数年, 今に今, 勤めて, 及び一八一六, 同じ動く, 多い筈, 帰らないと, 御治世, 教えて, 深く馴染ん, 生き延び世間, 第十四版, 経った頃, 経ってから, 経つうち, 経つた時分, 続く中, 続けて, 考える事, 苦しんで, 越し口説き廻され乍ら, 辛い年貢, 遅れた程, 過ぎた, 過ぎた頃

▼ 一~ (279, 0.1%)

4 はその 3 のあと, のうち, より第

2 [25件] であった, でもそれ, でも上記, でも書い, と別れ, に加, の, のこと, のため, のルポルタージュ, の中, の出遊, の前, の帰朝, の文字, の有様, の消息, の相撲, の遭難事件, の顔, はこの, は大, は息, は日本, は早く

1 [216件] ありしがため, からはたより, から別れ, このアト, その行, たどって, だったの, でありました, ですな, でもあっただろう, でも二行, でも余計, でも書く, でも有用, でも漫然と, でも読ん, で百円, とは違い, と一緒, と共に出来ない, と共に歩き出しました, と別れる, と同船, と書かれる, と書く, にあらゆる, にいへる, にたいして英国潜水艦ローン号, についてゆき子, について日本, について案内, にとっては全く, にも骨, によって早く, にダンテ, に亙り, に伴, に伴われ, に八字, に別れ, に加はり, に加わらざる, に加わりました, に対し, に尾, に心, に応対, に打つかる, に枚挙, に現れる, に筆者, に缺, に至る, に読者, に連れられ, に遅れ, に随, のあらまし, のお供, のすこぶる, のなか, のもの, のドクトル, の一人, の七名, の上奏, の上陸, の主, の元気, の先陣, の六十名, の内, の出発, の到着, の割当人名, の北原, の北極, の口, の四ケ所, の四人, の困難, の報告, の外一人, の大発見, の奥ゆき, の婆さん達, の存在, の小舟, の引揚げ, の待ちかまえ, の待遇, の心中, の意志, の意見, の所在, の所在地, の所置, の数字, の文献, の新しい, の暴行, の来着, の案内, の桟敷, の棄教誓約書, の極地探険, の氣持, の激昂, の為め, の生, の異様, の眼, の祭, の福建滯留, の箱館行以前, の絶対性, の緊張, の者, の背後, の脱出, の自動車, の舟, の行列, の身装, の軍艦, の軽業, の軽率, の通り過ぎた, の道中, の鉄舟, の間, の闖入脱出, の随行員, の馬車, の駕籠, はくる, はそこ, はそれ, はちょうど, はなお, はねむい, はもう, はもうちゃんと, はやがて, はアンマ宿, はジュッド医師, はソレ, はチョッピリ, はメクラ三人, は一向, は一廻り, は一晩, は万民塗炭, は三台, は互に, は五台, は人形町, は代官所, は冷静, は函館, は前田村, は十二月二十一日, は午すぎ, は和歌, は図らず, は外部, は夜中, は大阪, は如何なる, は宇宙, は安政詔勅, は平洋丸, は当時, は徳岡, は悉く, は昨日來, は時々, は最後, は杣夫, は機関車, は火星生物, は点, は無事, は物珍, は神群行, は管轄, は米友, は網, は翌, は藩, は被害者, は見物, は賀美村, は里人, は静粛, は黒死館, へ向っ, まぜ書, までは大して, までダンテ, までベアトリーチェ, まで神, まで神人兩性, や大寺警部たち, より不用, よんだ, をもって出征, ヲ応接所, 並びに七三, 書き出した時, 残れば, 突如, 粛々と歩き出した, 記されて, 訳すにも, 飛び越したり

▼ 一たび~ (270, 0.1%)

4 之れ

2 [14件] このところ決潰, は, は和衷協同, は大隈伯, は自ら首相, も海外, も解散, 伝わるや, 出るや, 去れば, 定まれば, 戻りくれよ, 現内閣員, 葬った自分

1 [238件] あきらめしめよ, うす暗い床の間, うたい出すと, おもいては, かの女, くずれると, この, この十七字, この境界, この夢幻境, この大, この崇高, この差別, この帽, この義人録, この能楽, さしおいた茶, したこちら, したこと, すでに, せよさらば, そのこと, そのよう, その下, その事, その原案, その啓示, その国法, その姑, その故郷, その練習, その草, その菜, その語原, その身, その門, その願, その風習, たたば, つまって, である, の接吻, はあはれ桂, はこの, はその, はひくく, は一家心中, は佛籬祖室, は冷笑, は加特力, は南島文化, は喜び, は家, は富者, は尋ね, は小癪, は彼, は彼唇, は忘れられ, は思いたれ, は思ひぬ, は悲しみ, は我と, は我文学界, は振返らせる, は揺らぎ, は旅行免状, は朝, は気落ち, は沈静, は烟, は焔, は焼, は熊本城落ちん, は牢, は疑, は目, は空中, は耳, は自ら, は襄, は解体, は言い放し, は開い, は震ひたる, は高く, もこの, もせざる, もため, もよそおい, もチエンチイ, も冗談, も到らず, も女, も小, も思ひ計らざりき, も恋, も我, も文, も文章, も斯く, も曾遊, も杖, も来り, も来り問わず, も枕, も此島, も理想, も疎略, も耳, も聞かざりし鬱し怒れる, も行き, も言はず歌, も許可, も面, も高く, も鳴かざりき, やり掛けた事, わが怪潜水艦, ゐた者, 亡びて, 亡びんか, 会ったこと, 入るや, 出でて, 別れて, 到って, 到らば, 到れば, 刺された代り, 動き出したら太平洋上, 去った東京, 去って, 去つて, 去て, 去りて, 取次いで, 受けた感じ, 口走れば, 各新聞, 喘ぐほど, 喘げば, 嘯けば, 固めた決心, 失せたらむ日, 失ったこの, 失ひつる絲, 失われて, 嫁ぎては, 小さい自我, 屈して, 帰れば, 干棹, 往いて, 往きて, 必ず浮べ, 怒ると, 怒る時万雷, 怒れば, 成れば, 戻って, 投げて, 投ずれば, 抛下, 招きまた, 掛け得れば, 改まれば, 放した鍵, 散すれば, 旧名古屋情調, 昇るとも, 来らば, 来りき, 来るや, 死したる藝術, 死す水戸老公, 死ねば, 死んだ思想, 死んだ過去, 決するや, 消えて, 滅ぼされた尼子家, 焚きて, 熬錬を, 生ずれば, 生れた兒, 病んで, 発すれば, 破る時, 移された痳毒, 穿きて, 突然に, 立ちまして, 結ばれた師弟, 絶えし縁, 絶えた, 絶えた文孝堂, 絶えた水津氏, 緩むと, 繰返すと, 聞くと, 聞けるもの, 聴いたこと, 臨まば, 自涜, 至る時警察当局, 興って, 落ちて, 落ち込んでは, 裂き二歩, 見えて, 見たり, 見たりと, 見たるは, 見つるもの忘, 覗いて, 触るれば, 触れて, 言い出すと, 誤りて, 説いて, 読みおわりて, 読みされば, 起して, 起たば, 輝けば, 迫り來, 逃れて, 逝きて, 酔うて, 開けて, 響きて, 顧みるとき, 顰めること, 飛んで, 食って, 驚きまた, 高く静か

▼ 一せい~ (261, 0.1%)

7 に, に彼 6 にその, に拍手 4 に手 3 に叫んだ

2 [14件] におこなわれた, にこの, に声, に外, に射かけ, に後, に攻撃, に火蓋, に爆発, に眼, に起ち, に頭, に顔, に鳴き

1 [200件] な怪し, な矢, にいかり, にうつむい, にうむ, におどりだす, にがさがさ, にこちら, にこっち, にさっと, にしずか, にそこ, につけ池, にとはゆかない, にとびこむ, にどっと, にどよめい, にふりかえった, にふるい起つ, にまた, によし, にわっ, にカナ, にサイレン, にスタート, にトロ族, にニヤニヤ, にバッグ, にボート, に上陸, に両手, に乗り込ん, に乱声, に云った, に仕事, に低い, に兄, に先生, に光った, に入口, に六波羅攻め, に兵, に円筒, に出払っ, に分解, に刑, に剣, に動きまわる, に反, に叩きつける, に叫声, に叱る, に右, に同じ, に吹奏, に呀, に呼, に咲き, に唸った, に啼く, に噴火, に囃し立てた, に夏, に大声, に大河, に太刀川, に失笑, に奏で出し, に孔子, に寝かされた, に寺門, に小屋, に山門, に峠, に帆村, に平尾, に座, に彼女, に彼達, に後ろ, に応え, に念仏, に怪船, に恭一, に悲鳴, に扇, に扉, に手足, に打って出, に打寄せ, に挙手, に振り向かせた, に振返っ, に掲げられた, に揃い, に揺らい, に撥ねあげる, に播州加古川, に散, に敬礼, に斜, に旗手, に日比谷公園, に明り, に暗, に最, に梅本, に棍棒, に椅子, に橋桁, に次郎, に歓呼, に歓声, に気, に水夫, に水面, に河内野, に泣き顔, に注がれ, に洩れた, に消え, に漕ぎ寄せ, に火事, に火焔, に火粉, に点火, に無, に燃える, に獰猛, に生徒, に生田, に男, に男側, に異様, に発った, に白い, に目, に相手, に砲弾, に破壊, に突端, に立, に立ちあがり, に立ちすくんだ, に立ち向いかけた, に立ち止っ, に立ち騒ぎだした, に立った, に立上り, に笑い声, に笑つた, に背中, に自分, に舵, に色めきたつ, に花, に若芽, に苫, に荷物, に萬歳, に落ちる, に蒲, に表情, に襲, に見, に視線, に覗い, に観音寺, に賊, に走り出した, に起き上っ, に起き出し, に起ち上がっ, に起立, に跪いた, に躍りあがった, に車窓, に轅, に退い, に進撃, に都, に長島, に雪, に非難, に靡く, に頭部, に飛下り, に馬, に馬車, に駆け出す, に駈けこんだ, に駈け上がった, に騎, に騒ぎ出した, に騒ぎ立ち, に高く, に鳴き出し, に鼓, の拍手, 攻めかかれ

▼ 一歩一歩~ (261, 0.1%)

5 と近づい 4 近づいて 3 と自分, に木の葉, 登って, 重い足 2 が死, とその, と前進, と堕落, と歩い, と進む, に努力, の小

1 [224件] あるきしかも, あるくたびごと, いそいそとある, おりて, お墓, が, がしっかり, がそのまま, がたかく, がへん, が何とも, が冥途, が勝敗, が大, が生, が生死, が皆危険, が苦痛, が身, が道得, が重い, が非合理的, この図書館通い, この新しい, この期待, こわごわ芝生, さがって, さぐるよう, しかも確実, しっかりした, すべる岩道, ずつ小刻み, せまって, そしてそれ, その一歩, その征服, その探究, その目標, それに向, たどりその, ためすよう, ついて, であるだけに, で作品, と, とおしすすめられ, とさがっ, とさすらいつづけ, とのぼっ, とひろげられ, とまして, とゆっくり, とより, とわすれ, とわれわれ, とコンクリート, と一揆側, と先, と八方, と兵馬, と出来, と動い, と危ない, と固め, と大名, と完成, と導い, と峰丹波, と川, と後退がり, と押しすすめた, と文学, と最初, と村, と正しい, と歩いた, と死に入っ, と水, と江戸, と淋しく, と深み, と無限, と爪先, と着々, と私, と米友, と舞台, と行く, と謙抑, と譲歩, と足場, と踏む, と近づきました, と近づく, と進み出, と進ん, と遠ざかっ, と闇, と降り, と降りかけます, と階段, と離れる, と首尾, と高, と高い, と高き, と高調, と鶏, なん, にすすむ, にそれ, にそれ以前, には争気, には今, に人殺し, に信長, に働く, に力, に向上, に地面, に夜, に大きな, に密か, に少年時代, に居直る, に彼, に憎しみ, に憎み, に時間, に深い, に用意, に目的, に罪深き, に興味, に証明, に蹈, に辿っ, に進む, に高き, ぬきさ, のあいだ, のぼって, の中, の前, の努力, の影響力, の心がま, の昇進, の畏れ, の発展, の立身, の脚並み, の足, の足どり, の間, はかえって, はかく, はそれ, は乗越, は何, は富士, は茨, もいたわり, もかり, やっと出す, より多く, をいたわりつつんだ, をきちんと, をさながら, をふん, を体じゅう, を公平, を味, を引摺り, を焦立たず, を築き上げ, を自身, を踏み出し, を進め, 上って, 下って, 倦まずに, 動いて, 大出発, 引かれるまま, 引き込んで, 拭き込んだ廊下, 救うこと, 新しい詩体, 注意深く足, 泳ぐよう, 渡って, 濃くなる, 牽いて, 生きる力, 登る時, 立ち止まりたかった, 築かれて, 若く盛ん, 踏みこんで, 踏みしめて, 踏みしめるよう, 踏みはずさせまいと, 踏み昇る場合, 踏み登って, 踏み降りる靴, 踏んで, 辿った, 辿って, 近づくの, 近寄るかと, 迫って, 追いつめられたが, 退く時, 進みながら, 進む, 進んだ, 遠く西日, 遠ざかるが, 重そう, 長い旅路, 闘って, 降りるとき自分, 黙って

▼ 一~ (260, 0.1%)

5 から第, に, の顔形 4 を発行 3 から三号, だ, である, というの, に出, の自動車

2 [22件] だつて, であった, です, で菊ちゃん, と第, にその, に掲載, に発表, に臨時調査会, の中, の姿, の発刊, の箱, の雑録, はそれ, は失敗, まではつきとめた, を二〇円, を仮に, を何円, を発刊, 第二号

1 [179件] からこんな, からずっと, から一九〇五年分, から三〇八号室, から依頼, から全部, から再び, から出る, から十三号, から四十八号, から小説, から引, から新聞, から最後, か二号, か知らない, がするどい, がもてず, がもの, がパンフレット, が全く, が出, が出た, が出来た, が創刊, が忽ち, が果たして, が歓呼, が着い, が輪田夏子, じゃ無い, すなわち四月三十日号, たる昨年, だけで, だけを蒐集, だぜ, だと, だよ, だッ, であったと, である年増, ではなかっ, という, という大き, という檻, として保護, として出版, とちがっ, とにちょっと, とは一体, とよく, とよばれた, と二号, と云う, などの活字, なの, にある, において述べ, において駆使部, にそっくり, にとびのっ, になっ, には時, には突発事故, に上等, に乗組む, に依田学海, に出頭, に利根川, に南日君, に口, に天麩羅, に小, に小作人, に挿入, に掲げられぬ, に相違, に約, に臆面, に載ってる, に高野君, のなか, のもちかえった, のよう, のカワカミ氏, のトップ, のボーシン, のボート, の中学生, の乗り, の六条, の前, の半分, の口中, の変形, の大きな, の婦人, の家珍, の広告面, の思案, の怪人, の拙文, の掌, の操縦者, の東海道, の氏, の無電装置, の百円紙幣, の紙上, の綱, の編輯, の試験, の誌上, の赤鬼, の鍵, の雑録欄, の顔型, の鳩, の黒人, はいる, はお, はがまん, はさっと, はもと, はよほど, はピストル, は人間, は今, は印度人, は厳重, は大型, は射ち止めた, は恙, は懐疑的, は我が, は払石, は放免, は木王園, は樺色, は荒れ, への感情, までを発行, も前, も哀, も本来, や板橋街道, より, より九四三〇号, より二十五号, より四十二年七月一日発行, をこの, をそっと, をも見た, をよんだ, を使う, を全部, を出した, を出す, を出せり, を出そう, を出版, を手, を手渡し, を操縦, を書き上げ, を発表, を盆, を突きとめる, を見, を見た, を見倒し, を読み, を読ん, を買っ, を運転, 原稾〆切, 及び十年一号, 大金庫, 漸く出

▼ 一~ (260, 0.1%)

9 調べて 8 の調べ 6 の挨拶 5 も二應, 見せて 4 の手當, は尤も 3 はそれ, は止めました, 清めて

2 [14件] うなづきました, この, さう思ふの, の注意, の辯解, はお, は搜, は疑, は知つて, は聽, 考へて, 見て, 訊いて, 調べました

1 [182件] お吉, お君さん, お役人, お村, お歸, お訊ねする, お調べ, かかる表象, かたづけましたら久しぶり, かの船, この事件, この説明, この諡號, この邊, さうお, さうし, さう言つて, その三人, その人, その日, その鞘, たしなめました, できた, どの部屋, のお, のこと, の下調べ, の事實, の介抱, の取調, の問, の報告, の始末, の形, の御, の心的經驗, の意味, の感情, の手續きが濟, の敬意, の査覈, の檢屍, の檢死, の武技, の理由, の理解以上, の疑ひ, の疑問, の知識, の禮, の考, の考慮, の處置, の觀察, の解決, の解釋, の言, の註文, の説明, の調, の順序, はあ, はあわてました, はおち, はこの, はさ, はすすめ, はその, はそれぞれ手續, はもっとも, はもつとも, はよく, はわかつた, はボーツ, は不快, は不思議, は今日, は兩親, は出, は加減乘除, は反感, は吉三郎殺し, は外, は大井樣, は小才, は小言, は帳面, は引, は怒鳴つた, は思ひました, は思へた, は怪我, は愁眉, は感心, は承服, は投げ出す, は拾, は持て, は探偵, は推し, は敬服, は注意, は清め, は理詰, は當つて, は疑つ, は相談, は納まりました, は綺麗, は美しい, は考え, は考へられ, は考へられないで, は聞い, は若, は萬, は見, は見せ, は許さなけれ, は話, は調べ, は調べました, は讀まれ, は起る, は辭退, は辯解, は逢つて, は金六, は間違, は陷, は顏見知り, は首, は首肯, は骨, は點檢, 出過ぎたこと, 取調べて, 取調べるの, 受けたわけ, 呼出して, 引き取つて, 強い毒藥, 感じたる感情, 打切ること, 承りませう, 承りませう藤屋さん, 拭いたとは, 拭いて, 拭き清めて, 拭き清めては, 掃き出されて, 措くとして, 措くより, 死んだ四人, 清めたの, 清めた相, 片づいて, 知らせたらしい樣子, 知られて, 納まりましたが, 絡んで, 縛り上げて, 美しくある, 聞いて, 臭いやう, 見た筈, 見ること, 見廻すと, 見直すと, 解けたわけ, 解けますが, 訊いた上, 訊くだけは, 調べたいこと, 調べた上, 調べてからに, 調べては, 調べなきや, 遠いもの, 遠ざけて, 面白さ, 頼まれた位

▼ 一~ (259, 0.1%)

4 うかんだ, の末 3 である

2 [16件] かな, か二句, がある, が五十銭づつ, が悉く, でもそれ, でも自分, に力, に外, に微笑, に私, に耳, の意味, を苟も, 書いて, 鋭い匕首

1 [216件] あやまちなし, あり, ある, あるため一首, あるべくして, か, か自嘲一句, があの, がただ, がまるで, がみんな絵, がクラス, が丑松, が切れ, が実感, が層, が心, が思ひ, が死, が殆, が直ちに, が胸, が遠い, が長い, が非常, が魂, この少年, さらば御無事, しらみつぶし, すなわち全体, ずつは落葉, ずつを考え, ずつ俳句, ずつ区切り区切り脳裡, ずつ句切っ, そのま, そのままくり返した, そのまんま私, その儘, その方, その音声, たがえず清書, たりとも, だけがいくらか, だに他人, であります, であるけれども, でもあったろう, でもよく, でも二句, でも叙述, でも口, でも吐い, でも巫女, でも生れたら, で出版者側, という意味, といえ, とも思われません, どころか言語, にある, におそれ, にこめられた, にしたたか, にその, についてもう少し, につけ加え, につま, にて上四句, ににじん, にひらめい, にもゆっくり, にも千蛾老人, にも干渉, にも気怯, にテーマ, にヒドク共鳴, に作者, に全, に及ばない, に収め, に変, に女, に学術的, に対して何等, に巧, に擒, に法水, に漲る, に籠つて, に罪, に聞き入っ, に肩, に苦しい, に血, に身, に身内, に額, のうち, のイメージ, の上, の使い方, の偈, の優劣論, の入, の区切りごと, の品格, の必然, の感じ, の未, の瑕疵, の病, の研究, の興味, の裏, の責任, の身心脱落, の重大さ, の間違い, の頭文字, はさながら, はっきり思い出された, はみな悠久, はネルチンスキイ, は事実感想, は何度くり, は此連作, は猛烈, は直ちに, は私, は鋭く, までが静粛, もって, もなかっ, もはっきり, もらさず書きました, も出で, も出なくなる, も吐かない, も忽, も聞きもらさじ, も聞きもらすまい, も聞き落とすまい, も語れなかった, をお, をきき, をききとった, をさ, をさえハッキリ, をさも, をしたため, をそれぞれ, をも審, をも聞き落すまい, をも諳んじ, をハッキリ, を与え, を二つ, を作つ, を俊和尚, を信頼, を切っ, を剰さず, を加えたくなった, を各, を吐露, を噛ん, を尽く, を彼, を彼等, を念入り, を書い, を検討, を残し, を真, を研究, を考え考え, を聞きはずすまい, を蜜, を記憶, を読ん, を賦す, を違えず, を重んじ, を順々, ハッキリと, 之前後, 云ったばかり, 余さずに, 作ったけれど, 出来そう, 出来た, 出来たら私, 出来ませんかな, 吐き出すその, 問いつめられて, 噛みしめるよう, 投げつけるじゃ, 投げつけるその, 書いたもの, 書くという, 極めて重要, 残らず暗記, 浮かんだ, 浮べる者, 示した, 繰り返して, 聞きの, 覚えて, 読みては, 贈つた, 違わず二時間, 違わないから, 違わないこと, 違わないと, 違わない講演

▼ 一時頃~ (259, 0.1%)

6 起きる 5 になる 4 であった, であつ 3 だった, である, でなければ, になっ, に出, の事, まで, 迄ねた

2 [21件] から, から始め, から社, だったと, でした, でしたが, と記憶, にその, にはもう, に晴着, に湯, に無事, ねる, までいろいろ, までねた, までねる, までの間, までやっ, まで話し, よんだ, 時々酒

1 [174件] あの向う, か, かえりいい, かえり門, かえる, からあつ, からかなり, からからり, からがらり, からつひ, からです, からまた, から七時すぎ, から三時, から出かける, から午後三時頃, から坂本, から始まる, から彼ら, から押し掛け, から教会, から朝, から氷峰, から熱, から熾, から開始, から雪, その暗黒街, だから, だそう, だったでしょうか, だったろう, だつた, だ非常, っていうん, であったこう, であったろうか, であったろうと, でありそのうち, でありましたこの, である楼婢, でご, でさすが, でしたけど, でしたらう, でしたわ, でしょう, でね, でもあったろう, で人通り, で手紙, で気温, という話, と鑑定, なかなか遠い, なので, なり, にきっと, にさき, になった, にはどういう, にはモウ, には六七百名, には品物, には家内, には少し, には片雲, には雨, にもまた, にも東京行き, にわたし, にわたし達, にホテル, に中将, に井村, に何者, に便所, に信清さん, に入口, に八幡平, に外, に寄宿舎, に寝た, に帰っ, に幸吉, に手塚屋, に朝飯, に横浜, に港, に田島さん, に着いた, に瞑目, に絞殺, に至っ, に蕎麦, に藤, に貴方, に起き, に起きる, に起こりたる, に門口, に階下, に階段, また電車, まであの, まである, までお, までかかっ, までかかった, までついた, までにかなり, までには帝都, までには帰らなきゃならない, までに天和堂, まではお, までは多分, までも往来, までも遊ん, までボオト・デッキ, まで休む, まで兄さん, まで寝, まで寝床, まで小説, まで張番, まで悠々, まで朝寝, まで眠った, まで眼, まで福岡, まで考え, まで考へ, まで話, まで読書, まで起き出さない, まで針仕事, まで門前, まで閉, まで飮, むすびを, やっとお, やっと決心, よりテント, より大風雨襲来, より映り始め, より関先生, らしいが, を以て解散, 出かけて, 出かけました, 尋ね行きしに, 帰りかけた, 帰る途中, 待つて, 或町裏, 戻って, 書き惱, 来いという, 来る, 漸く當市, 着いて, 着きました, 第五信, 終って, 行く, 見張, 起きちま, 起きる大庭, 起きる折笠, 起き道子, 迄かかっ, 迄眠る, 迄話し続けた, 迄読合せ

▼ 一大事~ (258, 0.1%)

41 である 2218 です 9 だと 8 じゃ 7 なの 6 でございます 5 だから 4 であった, であるかの 3 であると, ですからね, ですよ, なん 2 であります, でござる, ですから, ですぞ, でなければ, では, とばかり聞耳, と思った

1 [106件] がおこつた, がこれからどう, が持ち上がった, が起った, この事件, じゃからねえ, たる伊勢斎宮, たる死, だあいつ, だが, だし, だすさかい, だったから, だという, だとは, だなんて, だはやく, だわ, であ, であったが, であったです, であったの, であって, でありました, であるから, であること, であるという, であるとともに, であるには, であるの, であるばかりか, である死, であろう, でお, でございますなあ, でござるご存知, ですし, ですぜ, ですと, ですな, でとうに, でなくて, でもあり, でもない, でも企てられる, でも殊, でも起こった, でも起つた, で二人, で南部表, で幸い, で身, という, とくと見届け, とは, とは今日只今, とは何事, とばかりどっと, とばかりにさわぎたて, とばかりにその, とばかりに伝六, とばかりに裏門, とばかり一直線, とばかり太郎, とばかり鎌倉, とみ, とも観じ, と信じ, と存じ, と心得ます, と思い, と思いまし, と思っ, と思はれた, と見え, と見た, と観じ, と言う, と駈け上がっ, なもの, なら当, なり, なりと, なりわが, なり男女, なんて吉, な事, な物, にご, にございまする, にそろ, につき, にウン, に對, に気がついた, に遭遇, の今日, の因縁, の訴, の電報, らしく, らしく囁いたと, を聞いた, 心付かぬか, 起れり, 逃げなければ

▼ 一~ (257, 0.1%)

19 八か 17 八かの 8 二の 7 どの者 6 二か 4 どの男 3 どの人間, 八かで, 八かという, 十二の

2 [14件] どのこと, どの事を, どの人物, どの作家, どの働き, どの武士, どの武将, どの茶人, ど美, バチか, 二で, 二であった, 五分の一かが, 四分の一ぐらいでも

1 [156件] あるいはもっと, せいぜい二, それ以下であろう, たけでも, たけに, たけぺろり, たけ一人一度の, ために, だった, どの, どのくせ者, どのさむ, どのサムライ, どのニイチェアン, どのパリジャン, どの不良, どの不良少年, どの事件, どの云い, どの人品, どの体面, どの作品, どの侍, どの供, どの修行, どの儀容, どの儒者, どの先生, どの冒険, どの分限者, どの別嬪さん, どの剣人, どの博学, どの商人, どの商品, どの士, どの大人, どの威厳, どの学者, どの學生, どの宗匠, どの專門家, どの巧者, どの弁護士, どの強者, どの待遇, どの御用, どの悪, どの戦功, どの才子, どの改良, どの文士, どの文学青年, どの権式, どの歌人, どの武士以下, どの武者, どの猛者, どの理髪師, どの盛名, どの福運, どの科學者, どの紳士, どの美人, どの老練家, どの考, どの者揃い, どの職人, どの芸術家, どの苦労, どの英霊, どの見識, どの見識家, どの詩人, どの貴人, どの道楽もん, どの部将, どの醫者, どの采配, どの銅鉄取引商人, どの錆槍, どの鑑賞家, どの面, どの面構え, どの鷹匠, ど世の中, ど兄哥, ど哲學, ど国, ど大手柄, ど御見識, ど眼, ど秀吉麾下, ど科学者, ど精通, ど考へた, ど舌, ど芸術, ど落着, ど親分, ど親分顏, ど通, または二, わからない一瞬, わさびが, スウッと, バチかの, 七年も, 二つ出れ, 二に, 二には, 二は, 二も, 二分の一で, 二十一だつた, 二十一とは, 二十分の一に, 二背は, 五分の一の, 五分の一ほどしか, 何万分の一かの, 何十分の一位であろう, 八かさ, 八かじゃ, 八かと, 八かやって, 八分の一を, 八分の一程度でしょう, 六か, 十九分の一増加せしめる, 十二くらいに, 十二に, 十二位の, 十二歳と, 否かは, 四分の一くらいとして, 四分の一しか, 多く見積っ, 多一はん, 宿米五十駄稗五十駄ずつの, 寺の, 或は四十九弗八分の三, 撥かの, 末娘の, 柄が, 残ったあの, 残って, 百分の一に, 知らぬが, 端唄なら, 縮小し, 繼, 誰か, 遁れ, 過ぎて, 高

▼ 一丁目~ (255, 0.1%)

7 の交叉点, の方 6 の角 4 の大, の空家 3 から二丁目, の, の停留場, の家, の朝井玄龍, の沢屋

2 [17件] から五丁目, から八丁目, から四丁目, だけでも長唄, で電車, と揚屋町, にあっ, に住む, に住ん, に約, のお, の勝太郎, の古道具屋與次郎, の表店, の路地, の高山, まで溝口屋

1 [175件] あのあたり, からいくら, から七丁目, から三丁目, から六丁目, から十三丁目, から廻り始める, から御, から急, から歩道, から金澤町, から門並み空家, じゃ, その頃, だからね, だったかに, だもう一度, であった, であって, である, でしょうな, では, で乗換, で乗換えする, で今度, で公儀御用, で放送局, で間数, で降り, で靴, といっ, とまっすぐ, と上大島町, と五丁目, と刻, なる鈴木, にあった, にあつ, にあり, におられる, にかけては市場, にさしかかった, にて此所, によい, に二世勝三郎, に住まっ, に借宅, に吉川, に堂々たる, に存続, に家, に居住, に山本照美, に帰っ, に建てた, に生れた, に飛ん, のあたり, のある, のげた屋, のつやぶき, のほう, のもと, のテキスト, の上記須原屋茂兵衛, の下宿屋鈴木, の中村座, の丸吉, の久米野官兵衞, の久米野官兵衞殺し, の乗換場所, の住居, の元, の出雲寺万治郎以下, の勝太郎さん, の十九, の十六番地, の吉徳店, の四つ角, の大黒屋徳右衞門, の奥深い, の子供, の家賃十六円, の尻尾, の屋敷, の山車, の川勝屋, の市場, の往来, の放送局, の文士青地大六さん, の方角, の暗い, の東側, の桜川, の森岡安太郎さん, の横町いま, の氷峰, の沢屋三郎兵衛, の流行醫者, の消防署, の深々, の瀧先生, の玉屋, の田原屋, の町, の町医, の町木戸, の番屋, の福用, の穀問屋金谷善蔵, の竹本駒吉, の自分, の自身番, の舞台, の花屋敷, の藤田, の街, の製鉄原料問屋鈴木徳五郎商店, の角海老楼, の詰番所, の詰番所傍, の越前屋, の辨天屋, の通り, の金港堂明治三十五年, の金貸, の間, の須原屋茂兵衛, の願人冷月, の馬, の駄菓子屋, の骸骨館探検, の魚市場, はとっくに, は例, は四方, は眞砂町, ばかり手前, へかけ, へとかけ, へぬける, へは一, へサツ, へ出かけ, へ小さい, へ引返し, へ酒屋, へ飛びました, ほど行く, までいっ, までくる, までそれ, までの間, までは丁度, まで八五郎, まで担ぎ上げ, まで来, まで来た, まで突っ切った, まで行き, まで行っ, まで行ったら, まで飛ん, まで駆け, も二丁目, も西河岸, より出火, を右, を探検, を目指し, を過ぎた, 反魂丹, 第六天, 迄送っ

▼ 一~ (251, 0.1%)

9 して 75 を所望 3 の中, を, を弾 2 が終わる, の歌劇, ひいた, を奏で, 吹いて, 弾いて, 終る, 終ると

1 [205件] ありげ, ある人物, うけて, うたいやむと, お歌いなさい, お調べ, か二曲, が, がある, がすむ, がはからず, が吹き終った, が死, が済む, が終った, が終り, が終ります, が終る, が終わったらしい, が罌粟畑, が聖歌隊, この妓, さ, し下流, すむと, すれば, ずつ作り捨てた, ずつ実に, ずつ独立, その方, だけでも出版屋, だけはどうにか, であった, でありました, である, であろう, でしょう, ですって, では, でもひかせ, でも修業, でも十分, でも御, でコルトー, で中, で大阪向き, で数百ページ, で現代イタリー歌劇界, という人, とし, として伝つた一つ, として見たる, として見る, と所望, どうぞと, ないし小夜曲, なりしならん, なるか, において完成, にこんがらかっ, には邪悪, にひまどつた, にも感服, に各社, に村人, に耳, に聞き惚れ, に見ゆる如く, のうち, のほう, の一, の主, の主人公たる者, の交響曲, の人口, の初め, の古調, の唄, の幻想曲, の序章, の後, の春鶯, の梁歩吟, の楽想, の歌, の歌謠, の演奏, の笛, の管声, の終る, の総譜数十ページ, の踏舞, の鎮魂曲, は, はこれぞ, はそれ, はサツフオオ, は午後四時, は小規模, は清く軟か, は済ん, は疾く, は神曲全部, は終, は若, ひいたが, ひいては, ひかせて, ひき始めた, ひく, ふきましょうと, もたいへん, ももう, も終った, も覚えられない, やった, やはりい, やらんか, よりはこの, り曲ったと, わずかに, をきい, をさっと, をすぐ, をその, をつとめ終り, をでっち上げる, をという風, をと望まれ, をばおのれ, をひきおわりました, をひき終わった, をひき終わる, をひく, をやや, を作り, を冷, を勤めん, を吹いた, を吹きすさませた, を吹きすました, を吹き出す, を吹こうで, を味わう, を奏し, を奏した, を奏す, を始めた, を弾い, を弾き終った, を弾ぜしめ, を弾奏, を心ゆく, を擁, を教わった, を数えん, を歌, を歌いこなす, を歌った, を母, を清次, を温習, を生涯, を終え, を終った, を終ろう, を聞い, を聞き終っ, を自分, を試みん, を試むると, を護る, を集めた, を霊前, を首尾, 入ったの, 吹いた, 吹かせて, 吹きすさむと, 吹こうそち, 奏し終る, 奏でた心持, 弾いただけで, 弾け, 御所望, 比べ聴いても, 済まないうち, 済むと, 済むまでは, 演じて, 終った, 終ったとき主人, 終った時, 終って, 終る毎, 終わると, 聞いて, 聞かせた, 聞かせて, 聞かせようか, 語らせられた, 調べましょうか, 踊って, 踊りましょうよ, 遠し悲笳

▼ 一~ (251, 0.1%)

6 である 5 を開い, を飾る 43 のよう, を披

2 [14件] から順々, すら彼, だ, であった, と読まない, にいわく, になる, の一般分類, は, もペンテズイレエア, も眼, も読まない, よめば, を読む

1 [197件] あるから, あると, ある本, かきかけて, からうんと, からじっと, から奥付, から奥附, から奧付, から始められた, から最後, から次頁, から犯人, から習つた所, があった, がはじまる, が上下二段, が云わず語らず, が此, が生き, が開かれたる, ぐらいしかない, ずつめくりはじめた, たること, だからという, だけ引き割い, だけ読ん, だらうか, であったの, であらう, であろう, ですでに, でもかいた, でもよけい, でも僕, でも見た, でも読み, でわざと, としておお, として完膚, として私, として興味, とも云うべき, とも感じられ, と中ごろ, と苦, と行かない, と見, と読む, どの一行, なの, にありました, にこう, にこの, にちゃんとそう, には何と, にも足りない, にわたり支店, にわたる大, にわたる柳田君, にわたる種, にインド, に一つ, に一九〇七年十月三十一日, に一人宛百人, に一目, に一行一行, に三田君, に二つ, に二三, に二羽, に亙る, に出た, に前, に大きな, に掲げ置いた, に昔ホラオロキア城, に書かれた, に林学博士, に次, に渡っ, に獸類, に緑ルート, に見出した, に言えるごとく, に記された, に記した, に誤字, に述べ置いた, に麗, の, のうち, のところ, のまん中, のエポツク, のニイチェ, の三, の中, の冒頭, の半分, の叙述, の右上, の天地左右, の小, の広告, の所, の最初, の最後, の標題, の欄外, の漫画, の罫紙, の記述, の面白, はこんな, はどう, はもう, は下山一家, ばかりブランク, ばかり目, へはさん, べったりの, ほどもらいたい, ほど原作者, ほど簡単, もある, もかいてない, も充分, も引用, も要しなかった, も読まず, も読まないらしい, も読まれず, も読む, も読んだ, も讀まぬ, も讀ん, ゆっくりペエジ, より三十二頁, らしい光景, をあける, をいくつ, をそっくり, をたった, をとり, をはぐっ, をひき裂いた, をひもどい, をめくっ, をも持たない, をも読まず, をやっとこさ, をソッ, を一コマ, を二つ, を作っ, を使っ, を加, を占めね, を口吟むだ, を埋, を埋めた, を填め, を寝, を影刻, を息, を持ち寄っ, を書き始める, を歩い, を無言, を睨ん, を瞥見, を立つ, を薄い, を見る, を読, を読ん, を読んだ, を開いた, を開き, を開け, を開示, を飜, を飾るべき, 又は二頁続き, 又一頁, 書かして, 果してその, 渡して, 破って, 読むごと, 読むヒマ, 読んで, 讀んだだけでも, 買って, 迄漸く, 開くこと

▼ 一年前~ (247, 0.1%)

6 のこと 4 に別れた, の事 3 である, に卒業, の文政四年

2 [11件] だ, だったら彼, と同じ, にこの, に一つ, に亡くなった, に亡くなつた, に死ん, に死んだ, の, の夏

1 [202件] ある一人, おべつ, からああなった, からその, からだ, からと云ったで, からの御, からふらふら, からわが国, からファンティーヌ, から世帯, から二, から今日, から伐っ, から出し, から在, から始め, から宝くじ, から彼, から情報部, から既に, から時々, から死んだ, から毎月一本づつ, から漢, から立退き, から行方, から行方不知, から輕, から長崎, から隣り, から雇, から静か, から風車, かれが, が現在, この沖, すなわち今, そんな話, だから, だった, であったらコゼット, でありましたならば, ですが, でなくては, で明年ここ, とはす, とはよう, と云, と同様, と少し, と比べ, と違い, と限定, ならば, にあたる武藏, にあなた, にあの, にある, にしきりに, にその, にただ, になっ, になった, にはと押して, には囚人輿, には武石弘三郎君, には百五十円, には興奮曲線, にひなびた, にやっぱり, にアラスカ, にオーストリア大使館付, にゴルドマン, にフラリ, にマリア, に上州間庭, に事変, に亡くな, に人手, に仏文, に会っ, に何, に入学, に其志, に刊行, に北海丸, に大学, に對, に小学校, に巡, に差上げました, に帝, に彼, に応召, に成功, に房州, に抽斎, に持った, に文科大学, に斎藤先生, に書いた, に本, に来た, に此処, に此處, に死, に死に, に比べ, に氣, に溯, に物理化学, に画い, に確立, に私, に空想, に経験, に義理, に血みどろ, に行方, に表, に訪れた, に誰, に起こった, に起こりたる, に起ったなら, に越し, に通いなれた, に通過, に遠縁, のあの, のいがみ合いであったら, のいまごろ, のこういう, のこの, のそれ, のクラス, の三月十八日, の五月九日, の今ごろ私, の今頃, の借り, の八月, の八月二十日, の出来事, の十八歳, の危機, の古い, の同級生, の大きな, の大正三年, の女, の孝行娘, の安吉, の息子, の新, の日光山, の日記, の明治三十六年, の春, の春盜まれ, の月, の木部, の田丸家, の白骨, の秋, の自分, の船旅, の花盗人, の苦心, の記憶, の逸聞, の長崎英領事モリソン, の闇, の首縊り, の騒ぎ, まではこうして, まではこの, まではまだ, までは唯一実在, までは民子, まで大田, まで浅草, まで百姓, まで知らなかつた, まで短く, もしくは十年前, よりは一層, より如何, より痩せ, より肺, より飼いおる, を想いおこす, 亡くなられた時, 初めて高氏, 即ち延暦二十二年, 在モスクワ, 大ヴァイオリニスト, 新しく開けた, 突如と, 繰返して, 迄はこんな

▼ 一分間~ (246, 0.1%)

6 の後 5 でも早く 4 といえ 3 とたたない

2 [15件] でも, でも余計, でも長く, とは続かない, に六十回, に数回, ののち, の意識, もじっと, もそのまま, も一秒間, も心, も猶予, も經, 遅れても

1 [198件] あるいはそれ以上, あるいは三十秒間, おひきとめ申さなく, かかった, かそこら, か二分間, か二分間位, が私, が程, が過ぎない, くらいつづい, くらいのもの, ぐらいなん, ぐらいのこと, ぐらいのところ, ぐらいの間, ぐらいは坐っ, ぐらい前, ぐらい睨ん, この寒い, しゃぶられるだけの, じっとその, じっと眼, そうしたまま, そのままに, そのままボンヤリ, たちました, たちますよ, たらずの, だ, だけ立っ, だっておまけ, だって安らか, だつて間隙, だよ, つづいたなら彼等, であった, であの, であろうが, でいい, でくえ, でした, でもおくれたら, でもこの, でもこんな, でもその, でもため, でもためらった, でものがれよう, でもはやく, でもアレクセイさん, でも一秒間, でも一緒, でも早い, でも時, でも考える, でも言葉, でも辛棒, でも遅けれ, で出来, で反転現像, で彼, で見える, で言える, で走る, で通り抜けられる, というもの, という時間, といつた, とは掛からなかつた, ともならない, とも入っ, とも続かない, とを比較, と一つ事, と定め, と居た, と手, と生きとれる, と経たず, と足, と雑談, と雖, どうぞおじゃま, なぐり五分間, ならいくら, におしろい, にこの, にし, につき大凡五十円, にどれ, に一ツ, に一万五千個, に一万字, に一寸づゝ, に一糎, に七十五歩, に七十八個, に七町位, に三百二十回, に両親, に二十個, に二百五十回, に二百台, に五十人, に五度, に何十回手先, に何本, に六万語づゝ, に六十回以上, に六十枚, に十万里, に十往復, に十才, に千里, に危険量, に四十二, に四十五以上, に感じた, に数千枚, に汽車, に登りし, に話し, に足りぬ, のうち, のはず, のひま, の中, の休み, の休憩, の恋, の悲鳴哀泣, の方, の油断, の猶予, の閑, の間, は口, は甚だ, ばかりする, ばかりそう, ばかりその, ばかりたつ, ばかりだまっ, ばかりで, ばかりとぎれ, ばかりの息, ばかりジャケツ, ばかり眺め, ばかり蒸らし, ばかり黙, ばかり黙っ, ばかり黙りこん, ほどかかっ, ほどかかった, ほどが私, ほどしゃがんだ, ほどしんみり, ほどたった, ほどの間, ほどもつづきました, ほど休息, ほど停っ, ほど怪訝, まへまで, もあの, もかかりゃしない, もする, もそして, もたたない, もたって, もはい, もへん, ももちきれないであろう, も休まず, も休み, も四人, も彼女, も待つ, も早く, も眺め, も経たない, も絶える, も静坐, をだら, をぬすん, をもさき与えたく, をも私, を何辺, を凌ぎ得たなら, を凌ぎ得たら, を十時間, を費やした, 吊した後, 見て, 遅れて, 過ぎると, 黙して

▼ 一かたまり~ (244, 0.1%)

52 になっ 8 になつて 6 となっ 5 の人 4 になった, の人影 3 こっちに, の土, の部落, 一かたまり

2 [11件] が見える, ずつになっ, にかたまっ, に固, に溶け合っ, の人家, の人間, の底, の焔, の雪, を崩す

1 [131件] いずれも, があっち, があつ, がやがて, がフォーク, が又, が囁い, が思う, が横たわっ, が滑つて, が熱心, が秀次, が移った, こちらに, こちらの, さ, ざっと十名, ずつ印象, ずつ固まっ, ずつ稲田, ずつ黒い, だのせまい, づゝぽっつりと置き忘れられ, といふふう, となり, とは別々, とは別に, と不安, と薄暗がり, と集っ, にうずくまっ, にかた, にどういう, になつ, になつたま, になつて吐息, になつて密生, になり, になりきれない, に仕切っ, に口, に吹きとばされ, に失業, に寄っ, に寄り, に殺到, に渡河, に片隅, に群れ, に茂つて, に落ち, に見える, に集つて海面, に集まった, に集めた, に高揚, のたべ, のなか, のわかい, のグニャグニャ, のグループ, のパン, のボロ, の中, の中老人, の五月, の人々, の人数, の人立, の人群れ, の人馬, の地上, の塵埃, の妓, の子供たち, の学生, の家屋, の松明, の桑畠, の様, の武者, の漂, の漂う, の濛気, の火の玉, の焼死体, の男女学生, の白い, の純金, の紙幣, の群集, の茶黄色, の菊石, の藻草, の跫音, の農民, の部下, の金, の雀おり, の集団, の青黒い, の顔, の風, の黒い, の黒っぽい, の黒雲, はそこで, はべい独楽一つ, はほんとに, は別館, は号令, は特に, またあと, もくれる, もとからの, もみなこっち, も巣, をその, をなし, を見た, を貰, 一かたまり坐らさった, 仕事を, 何んの, 別な, 屯し, 式存在には, 投って, 等, 賑やかに, 雪崩れ合っ

▼ 一にも~ (241, 0.1%)

37 二にも 8 なって 3 足りない

2 [13件] 値ひせず, 当らない, 当らない安い, 満ちませぬとは, 相当しない, 秘すこと, 足らぬ, 足らぬが, 足らぬほど, 過ぎない, 過ぎなかったであろう, 達して, 電報を

1 [167件] あたらないん, あらずといふ, ありありと, あるかも, お前が, お家二にも, お鳥, きちんと返, この猟服, この秘密, そういうこと, その動揺, その言葉, たらない五万七千円, たらぬ皮膚, たらぬ里程, たれるより, ない特別, なった不知哉丸, ならないの, ならない言葉, ならぬこと, なりながら, なりやせんから, へらさなくては, むくいたいと, もともとそれ, やつぱり希望は, わたくしに, アラビアで, ユリが, ラジオ二にも, 主人二にも, 二も, 人手は, 仲父, 信長二にも, 僕にも, 儀式二にも, 出來, 分るの, 到らじ, 十にも, 十二の, 千浪様二にも, 半分にも, 去勢牛二にも, 及ばない, 及ばないでしょう, 及ばないの, 及ばなかったに, 及びません, 及んで, 向い来たこと, 和田二にも, 堪へ得ないわが, 報いようとの, 大河二にも, 失われるという, 子たる者が, 孫二にも, 守備二にも, 実践二にも, 将軍家二にも, 届かなかったと, 弁信二にも, 当たる大勢, 当らないでしょう, 当らないでは, 当らなかったが, 当らぬこと, 当らぬほどで, 当らぬ小勢, 当るまい, 心得違, 性急で, 恢復する, 想像が, 愚楽様々二にも, 感じられた, 感傷の, 成つて未だ, 我が心, 我日本国民が, 戦争や, 投げちゃうかも, 押し二, 持参金を, 明君二にも, 有つき得ず, 期しがたい, 本誌の, 案外気, 毛皮二にも, 減じた水上生活者, 満たずしかも, 満たないかと, 満たなかった, 滝川二にも, 無事で, 生きて, 當らじ, 當らない, 相当する, 眼界の, 秀吉二にも, 私が, 私共の, 突き二にも, 笑ったもの, 算えられ, 聞いて, 落度の, 藩閥的軍隊的政党が, 行かないん, 行き渡らないうち, 西洋二にも, 言葉二にも, 証拠二にも, 貰って, 足らざる者, 足らず本人, 足らないが, 足らないぐらい, 足らないぐらいの, 足らないといふ, 足らない代価, 足らない張飛, 足らない数, 足らなかった, 足らなかつたこと, 足らぬかに, 足らぬほどの, 足らぬもの, 足らぬよう, 足らぬ人, 足らぬ人数, 足りないくら, 足りないくらいの, 足りないと, 足りないという, 足りないの, 足りないやう, 足りないよう, 足りないフィルム, 足りない勘定, 足りない大き, 足りない小さな, 足りない少数, 足りない少額, 足りない金, 足りない高度, 足りなかった, 足りなかったと, 足りは, 足りまい, 足りますまい, 足りませんが, 過ぎず他, 過ぎないが, 過ぎません, 道江自身が, 達しないこと, 達しない光る許, 達しませんが, 金銭二にも, 順番が

▼ 一年生~ (239, 0.1%)

11 の時 5 になった, の甥 4 の子 3 から六年生, だから, になる, のとき, のやう

2 [19件] だ, だら可, であった, です, ですから, では, なのに, に入, に教, のよう, の全部, の冬, の女, の少年, の教場, の生徒, の頃, はまだ, はむやみ

1 [161件] か, から十四五歳, から始めね, から順々, から高等学校, か二年生, が, がい, がしゃくりあげた, がまっさきに, がナシヨナル読本, が三人, が先頭, が帰っ, が次々, が皆んな地獄, が見, が見つけ出す, が走っ, が顔, が飛び出し, ぐらいが作ったらしい, ぐらいで日大三中, ぐらいのかわいい, ぐらいの大き, ぐらいの小さな, じゃない, その次, だが, だった, だったとき, だった私, だって出来る, だつた, だと, だね, であった私, でありある, でありミチ子, である, である悦子, であろう子供, でございますのよ, でした, でしたが, ですべて西洋諸国, ででも, でひとつ試験問題, でもう, でもできるであらう, でもできるであろう, でもないだろう, でも今日先生, でも若者, でも解ける, でゆくすえ, で二週間, で団員, で恋人, で戊子, で成績優等, で殺された時, で球団, で石川君, で私, で貞, と同じ, なりし, に, にとまっ, になっ, になら, になりました, になります, にもいと, にエービースィー, に入る, に法律, に詰問, に誘ひ込まれ, に読方, の, のかたまり, のこと, のころ, のとき落第, のほう, のコトエ, のタカチヤン, のチーム, の一学期, の丈夫, の中, の五, の兄, の冬季休暇, の前, の十二三歳, の受持, の同級生, の坊ちゃん, の大きな, の女の子, の妹, の妹すみ子, の字, の実地教授, の家, の小, の弟, の彼, の徒歩競走, の悩み, の感動, の教室, の教課プログラム, の新入, の書いた, の淡谷スミ子ちゃん, の無邪気, の父兄, の生活, の看板, の瞳, の端, の算数, の終り頃, の習字, の自分, の草, の草花, の荒木, の西村勝子, の西洋草花, の諸君, の足, の進ちやん, の遠足, の間, の顔, の香川マス, の高橋, は, はあるき出し, はお伽詩, は一年生, は三十一名, は修学院, は四人前, は帰った, は私ひとり, は読方, までいたいふ, もうひとり, も五年, も知っとる, を, を一週間観察, を生, を行かせ, を見る

▼ 一~ (237, 0.1%)

15 の汽船 10 の船 9 のボート, の小舟 7 の舟 6 の帆船 3 の漁船

2 [13件] すら見えなかった, で, の大きな, の小船, の屋形船, の怪艦, の火星, の眼孔, の黒船, もない, も出, や二隻, を発し

1 [152件] あるきり, あるん, いた, うかんで, お土産, からのイギリス, からのイギリス艦隊, からの艦隊, から成る, があり, がロシヤ人, が一, が今日, が時々, が月世界, が独艦三隻, が破壊, が鳶口, こしらえるだけの, しかなく, しか出し, ずつおき, ずつに乗りかえ, ずつに乗りつれ, ずつ曳かれた, その右, だ, だけです, だけ仮, だけ持っ, だった, つかまえ綱, であること, できるだけ早く, でも沈め, でも浮べられ, で雨, というの, といつた, と大統領, と沈められ, と漁船三隻, と買, と買い占め, と軽快, と駆逐艦, につき一万円, になっ, には, にはとくに, には金五郎, に命中, に奇竜丸, に従って何時の間にか, に通訳, に逢遇, に過ぎなかった, のかなり, のこらず急, のこらず船底, のほう, のわが, のボオト, のポンポン船, のモーターボート, の伝馬, の伝馬船, の価, の名, の和船, の大, の奇妙, の如き, の小, の巨船, の怪, の怪ジャンク, の怪船, の恐竜型潜水艦, の捕鯨船, の方, の早手, の木造軍艦, の水雷艇, の海賊船, の潜水快速艇, の潜水艦, の玩具, の班爛虎, の画舫, の白い, の真白, の砲身, の破れた, の空ボート, の端舟, の米艦, の船影, の荷, の親船, の軍艦, の軍艦碇泊, の運送船, の雀, の雛, の飛行船, の駆逐艦, はその, はぬけぬけ, は右舷, は左舷, は海嘯, は英国女王, は行衛, は観音崎, は難破, へ飛乗つた, まで追跡, みつかりました, もなかつた, もなくにぶい, も動きません, も大, も戻りません, も船, も要らない, も見えなくなり, も近, も通らね, をムク犬, を作つた, を借り, を宇宙, を建造, を撃沈, を自費, を買い来らしめ, を買う, を造る, を造れり, 出来上りました, 同八年南部藩沿岸, 同六年, 残った戦艦, 残らず爆撃, 流れて, 浮んで, 破たり, 繋いで, 至急御, 買って, 辷り出た

▼ 一~ (235, 0.1%)

10 でも早く 6 の間 5 か二秒 4 たりとも, の十分の一, の後, を争う 3 でも長く, の休み, の何分の一, の時間, も早く

2 [15件] がばか, が人間, でもはやく, でも生き, にも足らぬ, に十六コマ, に相当, に砂一粒, のあいだ, の中, の躊躇, の遲速, ほどの瞬間, まで利く, を刻んだ

1 [153件] おそくても, かかる, かかるはず, からはじまる, がじれつたく, が光, が残酷, が退屈, くらいまで解析, ぐらいの時, ぐらい差, さがっても, たりと, だけも変っ, だけ余計, だけ点火, だけ自分, だった, だってもうぐずぐず, だって側, だッ, ちがわず点火, つまり計算上, で, であると共に, であれいやしくも, でさえも, です, でもあの, でもいい, でもおしい, でもこの, でも好い, でも早, でも止まつ, でも死期, でも見のがさない, でも遅い, でも黙っ, で凍っ, で十年以上, で火花, という時間, という短, という非常, といえ, といふ, といへ, とかからない, とか百分の二秒, とたがえた, とたたない, となる, と両, と弱い, と彼, と恐怖, と眼, と阿鼻叫喚, につい, に七万里, に三四, に三百四十米, に二回, に二回半, に五百米, に十分の一里以上, に十回以上, に千回, に対する時, に拡がつ, に沈ん, に逼, のうち, のおくれ, ののち, のひそや, の五十分の一, の何十分の一, の分数, の塵, の壱銭, の弛み, の手, の敗, の暇, の沈黙, の狂い, の猶, の猶予, の生, の生命力, の百万分一, の程度, の計算違い, の違い, の隙, の隙間, の静か, はひどく緩, はやかったら, は一秒ごと, は千年, は消え, は白く, ばかり考えた, ほどおくれ, ほどする, まえである, まえまで, また一秒, までも大切, まで奮戦, もおくれる, もかかりません, もぐずぐず, もここ, もし, もした, もたつ, もためらわず, もまた, もむだ, もジッ, も争う, も休息, も余す, も停止, も妻, も惜しい, も止まっ, も止まつ, も無駄, も見続ける, も見逃すまい, も進化, も違わない, も部屋, をあたかも, を一毛, を争います, を争わず, を出ない, を封じた, を待っ, を惜しん, を経ざる, 先立って, 刻み込んで, 後れて, 止まったよう, 遅かった, 遅れたら三百米

▼ 一~ (234, 0.1%)

14 を占め 7 の, の数, の數 4 の3, を占める 3 だ, である, になっ, に置いた, に置く, の木

2 [22件] からくり, から十位, から1, が0, では, にある, に推さね, に減じ, に4, に9, の人, の処, の穴, の計算, の8, は, は共に, は2, は8, は9, をかけた, を占めた

1 [129件] からやっ, からやつ, から三位, か二位, が声楽家たち, が当, が選ばれたる, が長崎, が9, こういう人, しかして残り, しか働かない, しか来ない, であったのに, であったろう, であるこれ, であるとか, であろうが, でしたろうか, です, で中絶, で他氏, で大抵, で済まし, という長者, とし, としてただ一人, とすれ, となった, と呼ぶ赤みがかった, と第, なこと, なもの, なん, な割合, にあげたい, にあらざれ, にあり, においては一町, にしか見えなかった, にする, にも足らぬ, にバルザック, に出られる, に分つ, に卒業, に叙, に名残, に変更, に居らしめざる, に居り, に属す, に当ります, に据え, に据ゑてよい方, に推さる, に推さるる, に推されるべき, に推し, に推す, に支持, に昇り, に減っ, に置かる, に置かれるだろう, に置かん, に置き, に置きたい, に置くべき, に過ぎなかつた, のところ, のぬ, のます, のもの, のレコード, の人数, の信仰, の値段, の分量, の勝, の叙位, の品位, の四数字, の四數字, の堀田, の女の子, の女神官, の婚礼, の家, の富力, の小説家, の市民, の成績, の投票, の拗, の数字, の數字, の此楼, の神階, の聖なる, の若い, の補助金, の金, の馬, の高位, の高級作品, はあるであろう, はクロムウェル, は小, は本多博士, は皇族格, は表現, は農業, は需要供給, も松の木, も生え, より与える, をしめる, をなし, をばあまり, を下った, を争う, を常に, を得, を得た, を新聞取締法違反, を獲得, 取れます, 彫り

▼ 一部分~ (232, 0.1%)

4 に過ぎない 3 の事, はその, をなし

2 [15件] だけ, である, としか思, とならね, にすぎない, の人, の忘却, の細かい, の者, はこの, は利潤, は第, は貼っ, をこの, を小さな

1 [189件] ありその, から最後, から見れ, か彼, がこわれた, がごく, がわかった, が出, が外国穀物, が月, が独立, が眼ざめる, が見え, しかが展開, しかも往々, しか出版, しか含まれ, しか新潟県, しか見る, すなわち属性, すら見えない, ずつを分け, その原, その原因, だ, だけがズキ, だけが見えた, だけでもさっぱり, だけでも軽く, だけな, だけを信ずるなら, だけを知っ, だけ妙, だけ歌つて, だけ白く, であった, であったの, であって, であるか, であるが, でくっつい, でさえもある, でしかなかっ, でした, ですから, ではあった, ではある, でも晴れます, で平屋, といふの, といふ意味, として下, として欲望, とそれから, と全体, と思っ, なの, において信ぜられ, にしか過ぎない, にすぎませんでした, について述べた, には敷石, には絨毯, にひょっとしたら, により, に他, に偏る, に分解, に対するもの, に強震, に熔岩, に薄く, に過ぎなかった, に過ぎませぬ, に限る, に静か, の, のこと, のその, のみに靴下, のみを消費, の事件, の人々, の仕事, の作品, の兵, の写真, の反動化, の名, の否定, の妖魔, の実質的内容, の客観的現実, の対象, の張力, の強度, の思想ひとり, の悪, の愚, の我まま, の改革, の死, の無産者候補者, の現象, の研究, の細胞, の缺點, の負担額, の責任, の都合, の零碎, はあと, はうまく, はおそらく, はここ, はことに, はほとんど, はまたは, はもっ, はわかっ, はスポイル, はソルディーニ, はヒュウム, はブルンスウィック, は不, は人でなし, は価格, は個人, は先驗論的認識論, は共通, は出, は労賃, は南島, は地主, は富める, は必要上, は性質, は意識的, は或は, は掌中, は新しく, は新た, は既に, は村, は消費貨物, は源之助自身, は現在, は生活必要品, は目撃, は目的, は租税, は粗, は繪, は自分一己, は資本, は軍隊, は農場, は速度, は都市, は隊員四十余名, もだいぶ, をさ, をなす, をひいた, をやる, を伝えた, を例外, を利得, を割い, を取り出し, を形成, を彼, を所有, を概念的, を示す, を茲, を見る, を訳す, を試み, を読んだ, を鼻, 却って隆盛, 古い墓地, 噛み切られて, 引きぬくと, 打ち込んだ固い, 流れて, 濃い緑, 譲ること

▼ 一~ (230, 0.1%)

13 して 6 に及ん, に及んだ 4 を輸する 3 におよび, におよんだ, にし, に及び, を取つた

2 [18件] しか持つ, しか無い, すること, である, におよん, になり, にミハイル, に及びました, に日本, に簡易化, のルパシュカ, の仕事, の可否, の洋服, もって, も無い, を贏, を輸

1 [150件] あった, ありは, あるだけ, あるには, あるの, がこう, がすっかり, ぐらい拵える, こしらえて, しか持たず, したる佐佐木夫人, した亜米利加, した浪人, した白髪, し意気揚々, すら手, ずつを分配, だけという方, だけは値, だけは欠い, だけ吊っ, だけ残った, だすごい, つくらせて, であした, であるが, でした, ですっぽり, でも身, でよろしい, で春, で残り, とし, としてかの, としてまあ, として三田翁, として大津, として生き, として笹木光吉, として逃亡, として閲覧願, となす, となった, となる, と水, と競泳, と自分, と頑丈, なしたる青年, なし銅金造り, なし風呂敷包み, なの, ならこの, なり, なん, にあした六時, につくりはじめる, になった, になつ, になる, には金一〇〇〇ソヴリン, にセンバ, に二万五千, に决勝點, に屋敷, に弁護士, に心頭, に手, に本質的, に歌川家, に百五十ルーブル, に社長, に総督府, に自ら實驗體, に袴, に這入, ぬすまれて, の, のこらずちゃんと, のすこぶる, のほか, のよう, のオヴアーコート, のジャケツ, のズボン, のモーニング, の代, の勝, の可否如何, の商隊, の問題, の土居さん, の土居画伯, の外套, の如き, の姿, の故, の服, の木綿着物, の果して, の準備, の着物, の私, の紋付, の紺サアジ, の編み賃四百円, の背広, の衣服, の銀鼠色, の長い, の願書, はいま, は借, は差引きで, は広瀬少佐, は水中, は自分, または一足, もとめた, もなかっ, よりも高額, をかち得た, をしめ, をつけよ, を一年中, を入れた, を出し, を十点, を占める, を恥, を用意, を着, を自身, を譲らざる, を買っ, を身, を驚き怪しん, 似たよう, 借して, 古いので, 同じく厚く, 同じ服, 或は二着, 拵えようと, 持って, 持つて, 盗まれた, 買うつもり, 買った, 選んで

▼ 一~ (229, 0.1%)

16 の写真 6 の名刺, 落ちて 3 の, のこと, の心, の紙片

2 [17件] かな, が, がこの, などすべて, にも同じ, に金二万円也, の作品, の印刷物, の古, の手紙, の文章, の新聞, の浮べる, の紙, の舟, は日記, を推します

1 [155件] あります, がああ, が再, が半井氏, が味, が直感的, が自身, さえも真似, ずつ風, だけも蒼々, だけ置かれ, だって数えられる, ちり枝, ちるも, であった, であったこと, であったなら勝気, であり死後, である, であるという, ですかと, ですよ, では, という一人, という小説家, という文名嘖々, といへ, とうそぶき, とし, とはどれ, とれないの, と云う, と全く, と同じ, と来る, に, にあった, にとっていとわしい, にとってそういう, にとってたのもしい, にとって前途, にとって決して, にとって知られざる, にとって青年同士, にとって非常, には, にはその, にはまだ, にもしきりに, にも似, にも殘ら, に九片, に仔細, に同情, に対してはある程度, に層, に濃, に玉, に輝かしい, ぬいて, のこころ, のこの, のごとき, のたけ, のところ, のまわり, のゐた, のハガキ, の両親, の互に, の作家, の友情, の名, の周囲, の図面, の地図, の場合関心, の大型, の大型封筒, の女, の如き, の委任状, の家, の寫した, の寫眞, の小照, の少女, の庶民的, の態度, の才筆, の新しい, の新緑, の木の葉, の水流, の生き, の生活, の画箋, の矛盾, の筆, の聟, の芸術, の葉書, の蘆, の行方, の表, の補, の観察眼, の謙三郎, の部, の黄もと, はいやがっ, はこう, はそこ, はどれ, は何一つ, は原稿, は島田髷, は憤慨, は或, は桃水, は荷箱, は遂に, ばらりと散りぬ, ふね, ほどにもその, また一葉, もござりませぬ, やおどろかしけん, やその他, よりも一層, より上, より才能, より文学, をかい, をすっかり, をだ, をものかげ, を呈し, を実に, を己, を摘み取りつ, を終りました, を購, 余さず落葉, 借り園長, 又一葉凋落, 封じて, 広げられたるが, 持って, 挿して, 散際, 落ちてと, 青々と, 青い甍, 飾られて

▼ 一として~ (227, 0.1%)

3 彼の

2 [11件] これに, ゐる, 他を, 公の, 岡本の, 彼れ, 心の, 意味の, 成功せざる, 新らしく, 私に

1 [202件] あらざるもの, あらわれた, あります, あるの, おさよどの, こいつは, この画, これから季節, これの, これより, さまざまの, その中, その事業, その印度起原説, その外聖一國師, その宛名, その感化, その根本, その触着あらざる, その運動, それに, それらしい, ただちに実現, たとえば刈田岳附近, なかった, なからん, ゆく, わが画嚢, わたくしの, スクルージの, モ一つ本当の, 一つづゝ順上りにな, 一時当惑した, 一般民衆に, 上の, 上海出版の, 世に, 世に伝はつ, 丹下左膳の, 主張を, 之も, 之を, 二三万乃至, 五年前の, 京都奈良に, 人の, 侍い, 依頼を, 修験の, 倭人傳中, 僕の, 元素より, 先ず街上, 先づ論理的性格の, 先生の, 共々華やか, 兵機より, 内職に, 再び歸, 危険ならざる, 原形を, 取扱はれ, 合理的な, 吾人の, 單數動詞を, 噂から, 因果の, 土地の, 妖怪ならざる, 婦女子野外の, 存續を, 学ばざるを, 学齢児童全国就学を, 宇宙の, 宗教ならざる, 実に有り得ない, 実用品, 家の, 小栗の, 居る, 居るそこで, 平和で, 平民を, 平生から, 府下の, 彼が, 彼らの, 性欲ならざる, 悲痛に, 情慾に, 意の, 我々は, 我を, 我心の, 我情を, 我研究の, 挙ぐるに, 排斥すべき, 擧ぐべきものに喪中の, 擬人法が, 放恣なら, 政府の, 故障の, 教えられること, 敢えて戦う, 数えても, 数えら, 數えれ, 文壇に, 文献学的水準, 新聞記者の, 星は, 時間的に, 暑熱甲冑を, 有名なりし, 根據の, 機械的と, 次に梅堂国政, 此の, 此元氣の, 此名を, 此種の, 此説話の, 此説話を, 武田四郎勝頼父子に, 歯鮑片五番且三絲, 死に脅迫, 死を, 母の, 民法に, 永遠の, 汝等の, 決定せられた, 深淺種, 満足なる, 滿分の, 潔か, 特別分離の, 王侯の, 生きて, 甲州勢に, 留任や, 畫工彫工の, 目に, 直接もしくは, 直接若く, 真に滅する, 真実に, 瞬時も, 知られた某家, 知られて, 祖先崇拝の, 神ならぬ, 神の, 神話学に関する, 祭祀尊信を, 私が, 私は, 秋意を, 秩父山に, 空しきは, 第二, 純粹, 素人なら, 続いては, 縛られて, 美と, 考えられて, 考えられる世界, 自から, 自分と, 自家の, 船の, 花ならざる, 若い者, 苦ならざる, 行政体統の, 行政體統の, 見るの, 見るべきであろう, 見当らなかった, 言語, 記する, 詩の, 誰よりも, 諸民族, 讀み落したるもの, 貧乏人の, 通ぜずという, 郁次郎殿を, 錦絵に, 鑑別批判の, 長じ, 間接直接に, 関藤氏又は, 闕く, 霊魂不滅の, 食卓の, 飼い馴らして, 驚愕に, 驚神の, 黒いもの

▼ 一万円~ (227, 0.1%)

4 もする 3 の金, 貸して

2 [11件] あれば, だ, です, になる, の大金, の札束, の稿料, はかかる, ばかりの金, もあれ, を越える

1 [195件] あげるとか, ある, あるの, あるはず, おく奴, か, かかるが, かして, から千円天引, から大, がどう, がほしい, が一円, が七八千円, が手, が鍵, くらいかも知れない, くらいだ, くらいの差, くらいの金, ぐらいになる, ぐらいに売れます, ぐらいを使わなけれ, ぐらい返し, しようが, じゃ, じゃ売りません, するの, ずつの官金, ずつ三年, ずつ伐り出す, ずつ金, だけだ, だそう, だとさ, ちかくある, ちかくかかる, つくらねば, つけて, であったという, であつ, である, でいい, ですか, ですって, ですね, では, でも手放しません, でも手放しやしない, でも買い手, で売れた, で行かう, で買う, で買おう, で買った, という事, という札束, という現金, といふの, といふ売値, とか二万円, ときい, とし, として五十万円, とっときねえ, とともに左近, とどつ, とまちがわれた, とよばれた, とる, と久吉, と少し, と計上, など, などという大金, なら誰, なり十万, になり, にはどうしても, にものぼる, にも当ろう, に値する, に周旋つて, に売れた, のお礼, のお金, のこと, のため, のらん, の価, の保険, の儲け, の公事, の利子, の刺繍, の包み, の原稿, の報酬, の恋人, の懸賞, の損, の旅費, の札, の束, の生命保険, の紙幣, の紙幣束, の絵, の罰金刑, の肉, の自動車, の補助, の負債, の費用, の身代金, の酒樽, の金貨, はお前, はしたろう, はまずかっ, は一万円, は俺, は大丈夫, は持たない, は次, は軽く, ばかりと金額, ばかりの, ばかり一カ月間, ばかり吹っ飛ばし, ほどです, ほど支出, ほど東京, までの約束, もうけた時, もか, もつける, も同じ, も持っ, も纒, も返す, より九千九百九十九円, より以下, わたされて, ゐると, をうけとっ, をそっくり, をフトコロ, をモノ, を与う, を与える, を主人, を久吉, を予定通り, を使っ, を借入れ, を十五日午後十一時, を即刻, を奪われた, を学問, を学術振興会, を寄附, を常友, を張り込む, を投げ与, を突破, を貰つて離縁, を贈呈, 乃至七, 値切った, 儲けるには, 出したって, 出したつて五万円, 出して, 出すこと, 出すと, 出すという, 出来た, 即ち耳, 合せて, 呉れる約束, 払って, 無期限, 程小遣, 積んだらどう, 貯めた時, 貰った, 貸そうと, 贈るあっはっはっ, 足りない, 近いもの, 近い札束, 近い現金, 返すが, 食うて

▼ 一~ (226, 0.1%)

13 部分を 12 部分に 5 冊子を, 部分の 3 部分が, 部分で

2 [15件] 事件と, 事件のみ, 事件を, 冊子が, 册子を, 区域に, 市民の, 廬を, 武門, 盆地の, 部分である, 部分にしか, 部分は, 都会に, 隆起を

1 [155件] なるのみ, バケツ, ミカンが, 三角形で, 下級官吏に, 下級官吏によって, 丘としか, 丘に, 丘を, 丘遠賀山の, 事件が, 事件である, 事件に, 事件も, 事例に, 亭である, 供がか, 個人商店に, 倶樂部を, 僕の, 先生のみ, 兒, 兒を, 冊子, 冊子で, 冊子であった, 冊子と, 冊子なり, 冊子の, 冊子及び, 册が, 册を, 册子に, 分科を, 分野のみを, 劇場に対して, 勝負終る, 区画が, 區を, 區域に, 卓を, 和歌と, 団体と, 國で, 國の, 圜を, 地方に, 地積を, 存在から, 孤城の, 學校で, 官吏が, 官吏として, 家族の, 寒村の, 寰区なれ, 寺なり, 寺家の, 局地の, 屬島也, 岡に, 岬の, 峰に, 峰を, 巷に, 市民, 市街なり, 幀に, 庭園の, 庵が, 廃屋の, 廓ナリ, 情景を, 慮を, 技術から, 斷片で, 景である, 染が, 栗は, 樹林を, 機械子の, 武者に, 歯輪と, 段落を, 波動に, 波瀾であった, 渠あり, 湖で, 溝路を, 溪に, 滴づつ床へ, 父さんは, 猴を, 珠, 環である, 白点は, 県に, 社会が, 社会も, 私塾の, 紙片で, 罅隙ある, 老婆が, 舸を, 花壇若く, 葉片が, 藩一臣下が, 虚子であっ, 虚子を以て, 請負業者に, 豪族に, 躯を, 辞書, 邑が, 邑である, 邦, 邦であります, 部分, 部分ずつを, 部分たるに, 部分だ, 部分だけでも, 部分だけを, 部分であった, 部分でしか, 部分でも, 部分とが, 部分とは, 部分とも, 部分なり, 部分なりとも, 部分には, 部分のみが, 部分ひとり醒覚し, 部分ナリ, 部分発動し, 部落が, 部落を, 部隊が, 都会たり, 都市に, 都市の, 都邑, 都邑の, 鎖国に, 閑地を, 隠宅の, 集会で, 集成である, 雑誌を, 鞍部に, 駅が, 驛にと, 鬼を, 黨は

▼ 一~ (221, 0.1%)

15 もある 7 もあろう 6 ずつ 5 も二丈 4 に近い, も上 3 にも余る, に余る, の鰐, ばかりもある

2 [16件] から一丈五尺, ぐらいある, だけさば, にあまる, にも足らぬ, に余り, に及ぶ, の余, の山椒魚, ほどな, ほどもあり, もあらう, もあり, も一丈二尺, も高く, を超えず

1 [136件] あったら二百円, ある, あるん, ある筈, あれば, かそこら, からある, か一丈二, か一丈四, がたりない, が現出, くらいの小さい, ぐらいだ, ぐらいな背丈, ぐらいの乳, ぐらいの木, ぐらいの薄, ぐらい子供ら, ぐらい深, だ, です, でなくとも, で下, で黄衣白帯, といふこと, とはない, と八尺, と力ん, ならば, にて二本, にもあまろう, にもなります, にも二丈, にも及ぶ, にも近い, に引き伸ばし, に近く眼, に達し, に達する, に達せざれ, のたけ, の仁王, の処, の四天王, の堀, の大, の宙, の小室, の小山, の巌, の晒布, の月輪, の深, の蛇, の雪, の霊物, の魚桶, はあろう, は増水, は無く, ばかりそれ, ばかりとても, ばかりな, ばかりになる, ばかりに及ぶ, ばかりのところ, ばかりの処, ばかりの土手, ばかりの木札, ばかりの槇, ばかりの樫, ばかりの泉水, ばかりの溜息, ばかりの竿, ばかりの芝土手, ばかりの雪, ばかりの青竹, ばかりの高, ばかりの高い, ばかりは敵, ばかりもあった, ばかりも下, ばかり上, ばかり下, ばかり入, ばかり掘る, ばかり探った, ばかり深く, ばかり老いたる, ほどに成長, ほどの前, ほどの卒塔婆, ほどの厚, ほどの山椒魚, ほどの瓢, ほどの築, ほどの赤土, ほどの釈迦仏, ほどもある, ほども有る, ほど上, ほど墜落, ほど小さい, ほど白い, もあった, もありましょう, もあるだろう, もあるらしく, もっともこの, もつもる, もの幟, もふれ, もドーン, も噴騰, も堕ち窪ん, も積もる, も積んだ, も背, も落ちる, も陥没, や二丈, を越え, を越える, を離れ, 乃至三丈, 切らせた, 大いさ, 程の丸い, 程の長, 程もある, 程下, 程抽んでいる, 蓋し百年以來, 近い長さ, 近い飛瀑, 長さ六尺

▼ 一年半~ (220, 0.1%)

13 の間 5 に處, ばかりの間, ばかり前 4 になる, も前 3 ほど前, 程前

2 [15件] それから東京, というもの, になります, にもなる, に近い, のあいだ, の後, の歳月, の生活, ばかりで, ばかりのうち, も經つて, わかれて, 程になる, 程の間

1 [148件] いました, おりました, か, からになる, から一等, から待たなく, か二年, が正しい, くらいになる, ぐらいで恢復, ぐらいの予定, こそは彼, こらえに, たってからの, たりとも減刑, だけで, だったか, だわ, ちかくいた, ちかくの, つ, つづいたと, つづくと, で, であるけれども, でこれら, でこんな, でも三年, で工事, で帰っ, で死ぬ, で死亡, で済む, という重く苦しかっ, といえ, といふ, とかしか経たない, なり二年, にし, にしかなっ, になん, にわたって用材, に亘る, に及ぶ, に過ぎない, のうち, のなか, のベルリン大学通い, のモスク, の余, の刑, の前, の実刑, の年月, の徒刑, の戦場, の昔, の時日, の朝夕, の滞在中, の終り, の経験, の英国留学中, の記録, の重, の鉄窓生活, の長い長い, の間ゲッチンゲン, の間毎日, はつら, は忘れられない, は支え, は気, ばかしのこと, ばかりい, ばかりしか居なかった, ばかりずつと顏, ばかりたっ, ばかりで別れなけれ, ばかりのあ, ばかりの後, ばかりの楽し, ばかりはちょうど, ばかりゴロゴロ, ばかり中, ばかり交際, ばかり同じ, ばかり四国西国廻り, ばかり小笠原さん, ばかり居ります, ばかり忘れ, ばかり暮らした, ばかり経った, ばかり進行, ほどたちます, ほどたっ, ほどつづいた, ほどのあ, ほどの仕事ぶり, ほどの後, ほどはおかゆ, ほども前, ほどゐた, ほど京都, ほど諸国, まえの, まへの, もある, もう秋, もかかりました, もそこ, もその, もたっ, も一緒, も以前, も会わなかった, も十二三, も半身不随, も尋ねあぐんだ, も巡っ, も後, も持ち越した, も昔, も来なかった, も毎日, も毎日毎日学校, も留守, も私, も続けた, も過ごす, ゆっくりした, を経た, を経過, を經, を過ごした, を過した, ノ軍隊的軍艦的訓練ハ如何ナル專門的使命アル者モ身心, 何とかやれましょう, 少くとも, 少し長引け, 時に取手, 暮したのよ, 程し, 程まえ, 程経つた, 立って, 経って, 近く御

▼ 一~ (220, 0.1%)

335 に歡呼, に聲 3 に從, に手, に私, に笑つた 2 に之, に動搖, に故郷, に起る, に逃げ出す, に飛び出し, に首

1 [151件] にあら, におなじ, にお早う, にかけ上つた, にがさがさ, にざっと, にざはめき, にそつ, にその, につめかけた, にとどろかす, にど, にどよめきぬ, にみな支, にやめられた, にゆらめきぬ, にゆらゆら, にわあ, にわが, にをののき震ふ, にオハヨウゴザイマス, にジヨバンニ, にトロイア勢, にハンカチーフ, にパッ, に一刻, に上着, に下すべし, に乾盃, に亡滅, に人目, に今年, に伏す如く, に何やら, に僕, に元, に共鳴, に其處此處, に冷かされた, に凱歌, に切り込ん, に勇み, に動き出し, に動き出した, に勢猛, に又, に叫び連れ, に吃驚, に同じく, に吠え立てる, に啼き立てる, に喊聲, に喚び起す, に喝采, に喧びしく紅血地上, に嘶けり, に地下上天, に坐り直し, に始めた, に害受, に寄せ, に尋ねられた, に彼, に後, に忙しく, に念佛, に念佛寮, に悲, に悲しめり, に戰馬並, に戰鬪中, に打ち取りぬ, に承け入れよ, に掩, に搖, に攻め寄せ, に散, に斜, に望む, に松五郎, に染められぬ, に査公, に歎賞, に歸, に殺し, に水路はるか, に法衣, に洟, に海岸, に湯, に溪, に濃い, に火, に災害防止, に牛皮, に率, に現, に番者番犬囂々, に白い, に白墨, に皆, に盃, に相互, に眼, に神, に突, に立留つて, に笑, に笑つて, に算, に累々, に緊張, に續, に老, に胸, に自分, に舞台, に裂ける, に討議, に諦視, に諸, に輓歌, に迸つ, に追, に追撃, に逐, に進み, に進む, に進ん, に遲, に郡内, に醫者, に鎭まり, に鐵盤中, に開かれ, に隨, に集まれ, に集り, に震らし, に青青, に飮, に飽き足りぬ, に駈け, に騷ぎ, に驚, に鳴く, に鳴りひ, に默, に默つて歸つて, のもの, 連れ立ちて

▼ 一~ (219, 0.1%)

10 の時代事業 6 の大事 5 の不覚 4 の仕事, の思い出, 第二期 3

2 [17件] では, とすれ, にし, には頭, のおり, の作, の別れ, の印刷文化, の国権論派, の失策, の少年時代, の思ひ, の検閲, の終り, の音韻, の願い, を画し

1 [149件] かけよと, から第, がここ, だけで, だけ早かっ, です, ですから, でそれ, でダー, で助, といい, といふ名称, とし, となすべし, とも称せられる, と名づける, と定め, と我, と為す, と見, と覚え, と言い, と誓っ, に, にあり, においては, においては語頭音, における音韻, にたいする覚悟, について最, には男女公民, に世, に亥刻, に八十俵, に当っ, に据ゑねばならぬ, に於, に殺すべき, に病, に至つて, に葉月二十六日曙, に薨去, に関する研究, のおもい, のお願い, のこと, のご, のそれ, のよう, の七〇年間, の事業, の人々, の会, の住民, の修行中, の全部, の初等教育, の募集当時, の卒業生, の危難, の原始的生長, の収穫, の受難, の名残り, の哲学, の問頭, の国富論派, の国権論派中, の大事到来, の大統領, の大詰, の失敗, の奉公, の完了, の定期演奏会, の工事, の帝政論派, の後, の御, の懺悔, の戦場, の折, の政論, の政論時代, の政論派, の方, の普通科, の晴着, の月影, の栄誉, の校正刷, の根拠地, の検閲直前, の死亡率, の比較的, の水平運動, の活溌, の浮沈, の涙, の演出, の生活, の生産経済計画完成, の發達, の盛衰, の研究, の約, の終, の苦痛, の西洋印刷文化, の覚悟, の試験, の詫, の議会以来彼, の議會以來彼, の財宝, の資金, の迷, の運動, の間本尊, の雑詠, の雪, の頼み, の願いじゃ, の黎明期, はこういう, はこの, は一九四五年八月十五日, は一八一六年, は一六二〇年, は享保以前, は六月開校, は唯一乗教, は奈良朝, は明治, は星雲期, は終った, まではまだ, や二期, よりもむしろ, をはり, を出した, を劃した, を劃する, を始終, を持ちし, を画した, を通じて国民的討論, 同十五年, 第二期当時

▼ 一~ (219, 0.1%)

28 の花 12 ざしに 7 ざしの 6 の薔薇 5 の月 4 咲いて 3 の朝顔 2 ざしには, に蕾, のかすれた, の信頼, の明月, の牡丹, 活けて

1 [140件] いつさし, うゑて人, おそろしいくらいの, から二輪, がはめられる, が映った, こしら, さいた事, さして, さしてある, さしてない, ざし, ざしか, ざしで, ざしと, ざしみたい, ざしを, しか咲い, すらなかっ, ずつしか咲かない, ずつとっ, ずつのあたたか, ずつの小さい, ずつの暖か, ずつの花, ずつ一ヤード, ずつ一輪, ずつ枝, ずつ着け, ずつ綻び出でよう, ずつ薔薇, だ, だけを除け, だけ咲いた, だけ咲かせ, だけ咲かせた, だけ摘ん, つまみ取つて船, つみとった, である, でもこの, で一輪, とって, とは変っ, とをくれる, と固く, と接し, と開い, なまめかしく浮い, にさえほっと, にした, にだに全, に見える, に託し, の, のほう, のタイヤ, のヘリオトロープ, の光焔, の冬, の名花, の大きな, の小, の小さな, の微, の桔梗, の梅, の椿, の深山鈴蘭, の無垢, の白椿, の白芙蓉, の白蓮, の百合, の真紅, の紅, の紅椿, の紅薔薇, の紫, の美しい, の芙蓉, の花弁, の草花, の菊, の蓮花, の蕾, の薄, の贈り, の車轍, の間, はついに, は柔かい, ひよわい花, むこうに, もって, もつて, もない, も中, をさえ, をさして, を強く, を描いたる, を摘み取った, を活ける, 付けて, 切って, 削り二輪, 咲いた, 咲いたが, 咲いた紫色, 咲いてる, 咲き出した白沈丁花, 大きく咲いた, 投げて, 折り取つた, 持って, 挿してない, 描いた, 摘みそ, 摘み取った, 散った, 浮いて, 浮んで, 無き荒磯, 画きたるかた興, 留めて, 着き側方, 置いたよう, 落ちて, 見えたの, 見つか, 見つけて, 見ゆる燕子花, 買いました, 買うて, 遠くここ, 附いた広い, 附いた廣, 霞む朧夜, 黄色い奇麗

▼ 一~ (216, 0.1%)

10 の生徒 6 を受ける 5 の入学試験 4 の寮歌

3 [11件] で一緒, にいた, に入学, の学生, の教授, の文科, の方, の校長, の理科, の試験, を出

2 [18件] から京都, から来, から東大, か三高, に入, の一年, の俳句会, の先生方, の学生さん, の學生, の小, の校友会雑誌, の横, の理科甲類, の生徒時代, へはいっ, へ來, や大学

1 [122件] から大学, から帝大, が出来れ, が移転, だつて, でなければ, での友人, で席, で私, で落ちた, で骨, という類, とずつと同級, とに分かれ, と三高, と二高, と云, と学習院, と帝大, と帝大生, と明治大学, と言い出す, などはまだ, なんかを受けさせ, にい, にいる, にはひつ, には長浜哲三郎君, にも日蓮宗, にゐた, に入っ, に入った, に入り, に入る, に宿し, に捧げる, に東京, に比べる, に決めた, に準じ, に記念祭, に負ける, に通学, の, のある, のお方, のドロップ, の二年生, の仏語, の健児, の優等生, の先生, の入, の入学, の出身者, の制定帽子, の制帽, の制服, の制服制帽, の前, の受驗, の同級生, の図書館, の夏帽子, の学生たち, の寄宿舍, の寮歌集等々, の寮舎, の少し, の帽子, の廊下, の旅行部, の校庭, の校舍, の横手, の気風, の生徒たち, の生活, の発表, の茶話会, の菅教授, の記念日, の記念祭, の連中, の運動会, の魅力たる, はいけない, はにが, は社会意識, へお, へなんぞちっとも, へはいった, へはいりたい, へはいりゃ, へはいろう, へはひつ, へ入った, へ入らなかつたらう, へ入学, へ出る, へ取れ, へ通っ, や三高, をうけた, を中心, を中退, を二回受験, を代表, を出た, を化し, を卒業, を去る, を失敗, を憧憬, を教え, を視察, を退き, を退学, を選ん, マチ袴, 又七, 在學中

▼ 一~ (213, 0.1%)

16 の金 3 の褒美 2 がとこ, だ, に付一斗二升, に米三俵, の小判, の給金, の銀, を出し, 出して

1 [176件] あげますから, あげる, ある, あるこれ, あれば, いただきましたと, おいて, がところ, がもんだ, が関の山, くださるっていう, くらいの金子, ぐらいこっち, ぐらいは直ぐ, ぐらい出しゃ分けられねえ, ぐれえの, ぐれえは, すら出来る, ずつたしかに, ずつで売っ, ずつとする, ずつに買っ, ずつ出す, ずつ差しあげます, ずつ遣わすべし, そしらぬ振り, それだけあれ, それで都合二両, たしかにあります, ただ貰い, だけを取っ, だけを渡し, だこれ, だっていい, だと, だよ, つつんで, で, であずけ, では, でも出しません, でも十両, で二両一分, で六斗, で六貫四百文, で宜, で買いましょう, で買おう, で買った, といういたずら, という画料, という莫大, とか二両, としても五千両, となれ, とはどう, とはナール, とは是, とは聞きず, と小粒, と少し, と思った, と纏まった, と聞い, と覚え, と負けとく, なげ出して, ならしと, なん, にきまっ, について四貫四百文替え, につき一両三分, にならぬ, になりゃ, にもあたる, に上った, に下った, に二三人づゝ引, に付三斗二升, に付三斗四合, に付二石, に付二石一斗八升, に付四斗, に化ける, に増し, に売っ, に変った, に当る, に決め, に裏, に足らぬ, のこと, のため, のみならず, の事, の二輪馬車, の享保小判, の仕事, の値打ち, の割, の合力, の太政官札, の平均, の手前, の手金, の手間賃, の損, の札, の相場, の相談, の銭, はこの, はずむが, はずんで, はそれ, はどうやら, はまたたく, は一両, は全然, は前代未聞, は大金, は握らした, は日本, は江島屋, は要らねえ, ばかりすべて十一両余, ひっこめ少し, ほどご用立て, ほどの金子, ほど無心, まえの, もございません, も二両, も厭, も小遣い, も悪く, も貰った, や二両, や五両, よりしかた, より三十三両斗, をあっさり, をこの, をそっと, をなげ出し, を他人, を十両, を十枚, を取り次ぎ, を家内, を小粒, を小銭, を懐中, を投じた, を押しつけられる, を目あて, を置い, を見つけ, を銀四十匁位, を餌, を黙っ, 借りて, 取って, 口屋の, 呉れたと, 呉れましたが, 失うお湯, 押しつけるとは, 拾ったなら判るが, 持って, 持て来れば, 握らして, 渡したが, 置くと, 貸しゃさませと, 遣わそうぞ

▼ 一日中~ (211, 0.1%)

4 立って 3 駈けずり

2 [11件] でいちばん, でも一番静か, で一番, に晴曇雨, の気温, また一晩中, エイエイ苦労, 寝たふり, 見て, 閉じこもって, 黙って

1 [182件] あのやっかい, あの子, あの船室昇降口室, あやしい手紙, いそがしく働いた, いたッ, いらいらしい, うす暗かつ, うつらうつらと, うとうとし, おくられる行進曲, おちつきはらって, おらく, お久美さん, お弟子さん方, お祝, お関, かかりました, かけずり廻つてやつ, かまえて, くたびれ果て, ぐずぐず管, このこと, このやう, こんな家, さがしても, しゃべること, じくじくと, じっとし, すわって, そいでも, そうし, そのこと, その事, その樹, そんなお, ただ雲, ちっともす, ちょいちょいお茶, つきまくって, つきまとって, つんぼの, では, でもお話, でもなめ, でも存八, でも黙っ, で一番不安, で一番生心地, で一番私, で一番頭, で時間, で最も, で長い, とあくる日, とれなかった, なん, なんだか家, にした, には多量, に一ぺん, に七度水, に三台, に二度, に何言, に利き, に家族, に拝, に案内, に無念無想, に起こった, に起った, ねて, のあらゆる, のこと, のはげしい, のべつ, の一大愉快, の一番, の事, の仕事欲, の労苦, の大, の役名, の悪, の或, の手順, の旅, の暑気, の暮し, の暮し方, の最も, の最大, の最終, の未, の楽しみ, の楽境, の登場役割, の育児料, の話題, はことに, はれたり, は東京, ひっそりと, びくびくし, ほじくつたり, ほとんど口, ほの, またこの, も其の, やって, やるの, よい物, よく晴れ, をこの, をなす, を行ない澄ました, を送っ, ギラギラ光つて, ブツブツこぼし, 互に鼻, 休む暇, 何となく落つ, 働いた, 働いて, 入りびたって, 勤める, 又一晩中, 叩いて, 叱られ通し, 啼いて, 坐って, 大きなまっ, 大抵その, 寝そべつて細君, 寝た, 寝て, 居るか, 居ると, 居る事, 引きのばして, 弛んだ顔, 忌わしい行為, 忙しいので, 忙しく働かね, 怒鳴りちらして, 思い思いの, 或は一年中, 戻らない, 捜し廻ったん, 掻きまわしたわ, 放二, 時々彼, 曇って, 歩いて, 泣きど, 消えないの, 焼けあと, 照りつけられた石, 疲れた丸い, 眠たさ, 眺めて, 眺め耽って, 睨みあって, 立ってばかり, 立つて, 考えさせられました, 考えた事, 考えて, 考えてから, 考へて, 蠢いて, 話し合うので, 起きて, 追い回されるので, 追い立て追い立て仕事, 追われ通し, 遊ばせて, 開いたり, 飛びまわって, 飲んだり, 騒々しいだけ

▼ 一~ (211, 0.1%)

8 の建物 6 がある 3 の家, の病室

2 [17件] あり, ある, に住ん, のあばら家, の中, の住家, の倉庫, の小屋, の方, の洋館, の長屋, へ私, も母屋, を借り, を見る, 同一材木納屋, 立って

1 [157件] あった, ありこれ, か二棟, があっ, があった, があり, がとりわけ, がまだ, がもろに, が建, が建築中, が木小屋, が朱雀造り, が楽, が潰れ, が眺められた, が石川丈山, が縊死, が荒れはてた, が藤吉自身, が見える, が鉄柵, さえ見えなかった, しかない, しか無い, すばらしく背, ずつ虱潰し, だけがキレイ, だった, であった, でいづれも, でした, でみな職業, で一室, で久須美, で八畳, で六畳, で金屏風, とがそれ, とその, と南側, と物置小屋, と総長屋, と言う, なぞは萱沢山, にお, にしか残っ, にその, にはたいして, にはたくさん, には五人, には鼠, に上泉伊勢守, に中村先生, に二室, に別, に十家族, に四十家族, に土蔵, に家財, に寄寓, に早くから, に朱総, に私, に純粋, に集っ, に青年たち, のところ, のなか, のほう, のガラス, のコンクリート建, のバンガロウ, の下, の二階, の二階建, の僧庵, の僧舎, の其池, の別, の別院, の前, の古い, の右手, の哨舍, の土蔵, の寄宿舍, の寄宿舎, の庭, の数寄屋, の書堂, の板小屋, の横手, の母屋, の水亭, の添屋, の温室, の煉瓦造り, の産科婦人科, の病房, の病舎, の粗末, の納屋, の舎宅, の茅葺屋根, の茶室, の貧し, の長細い, の離れ, の離房, の鷹小屋, はお, はなんと, はまだ, は下, は云わず, は古風, は山, は幾戸, は建増, は明和, は潰れ, は獄屋作り, は盛大, は腰瓦, へはいった, へ入った, へ参入, へ招くらしい, へ案内, へ追いやっ, も二階建て, も建増し, も焼き残す, をその, をなし, をのぞい, を二つ, を借りきっ, を分つ, を十五円, を占め, を占領, を大工, を建てた, を当て, を指さした, を数室, を数戸, を空け, を覗き見, を開放, ヲ仮, 付いて, 小さき屋根, 小さな物置場, 焚けて

▼ 一~ (208, 0.1%)

4 も行かない 3 ばかりゆく, ほど歩い

2 [21件] あるだけ, が程, でいい, とは行かない, のピストル, の駕籠, ばかりの間, ばかり離れた, ほどの長, ほども歩いた, ほど先, ほど奥, ほど歩く, ほど泳い, も来た, も離れ, 持って, 来い, 程向う, 程歩いた, 願いますッ

1 [156件] あがり, あれば, いた, おいて, おくれ, おくれは, おくれ釜鬼, かなり手痛い, からある, からの別, くらいしか隔, ぐらい, ごていねい, ずつも離れ, ずつ手, それからぐるっと, それにこの, だけ駕籠, つけさせようブランデー, つれて, であった, でこじあけ, でこん, ですかい, ですかね, ですね, ですよ, で彫りまくった, で易々, となかっ, とはへだたっ, とは買えませんで, とは追わない, とも離れ, とも離れず, とも離れない, と歩かない, と行かない, と重, と餅, にしろ, には袋, には越えぬ, に草刈り, に見える, のお, のって, のなまくら, のみでした, のジャックナイフ, の上, の半分以上, の夜駕籠, の所, の業, の種子ヶ島, の豆腐, の農作, はどの, は伝六, は右門自身, ばかりおっかけ, ばかりかみ, ばかりそこ, ばかりの杉並木, ばかりの路, ばかりもおっかけ, ばかりも這入っ, ばかり上, ばかり上る, ばかり下, ばかり先, ばかり入り込ん, ばかり向, ばかり向う, ばかり堤, ばかり奥, ばかり往, ばかり来, ばかり来た, ばかり歩いた, ばかり爪先上がり, ばかり行く, ばかり行っ, ばかり行った, ばかり逃げ延びる, ばかり進んだ, ばかり闇, ばかり離れ, ばかり駈けだした, ばかり黙っ, ほどしか隔, ほどどちら, ほどに逼, ほどの嶮, ほどの所, ほどの石段, ほどの距離, ほどの間, ほどは物, ほども白い, ほども行っ, ほども距, ほどを登る, ほど下, ほど北, ほど向う, ほど後, ほど東, ほど桑畠, ほど歩いた, ほど田圃道, ほど行き, ほど行った, ほど裏街道, ほど走る, ほど進んだ, ほど雪, もあろう, もはなれ, も並ん, も二丁, も先, も放れた, も登った, も進む, も離れない, や二丁, や半, をきびしく, を手, を越す, を隔て, ギラギラする, 上ったよ, 仕立てろッ, 待ち構えて, 揉め, 来ても, 残る夏豆腐, 献じやしょうか, 程しかない, 程の左側, 程も続いた, 程行く, 程馬車, 程麻川氏, 置いて, 買って, 近づいて, 返せと, 遂に旗艦, 遊んで, 食ったところが, 食べて, 飼いなさい

▼ 一~ (206, 0.1%)

8 の花 53 を手

2 [12件] に数葩, の呪文, の梅, の笛, の筆, の草一把, の言葉, を折っ, を持っ, を貰つて, を鶴子, 折って

1 [166件] かざして, から同, から送つた, か薔薇, が, があつ, があり, がかえり, がさし, がさして, がざぶり, がその後, がわざと, が一輪, が呟きすてた, が引止めた, が後ろ, が投げ込ん, が抗議, が描かれ, が横手, が私, が紅, が花弁, が開きかけ, が黒, ずつ高い, たづさへたまひき, だ, だけが揺れ動く, だけ真白, だったので, だつた, であった, である, であること, であろうも, と, と殆ど, などよろしき, に, にこう, になっ, にはただ, にゆ, に兵たち, に千年, に向, に寒く, に手, に日, に相談, に石舟斎, に腰かけ, に返事, に送られ, に風, のアパアト, のトマト, の城, の声, の夕ざくら, の夕日, の夫, の姉, の安, の山桜, の手向, の枯枝, の桂, の桜花, の母, の疑惑, の秋色, の紅葉, の芍薬, の花簪, の草樹, の菊花, の葉, の蝋梅, の鈴蘭, は, はあざわらっ, はある, はこれ, はハンケチ, は下, は寝室, は廂, は月, は枝, は硬く, は花びん, は覚え, へ目, へ結び文, または二枝, もその, もない, も咲き居らず, も大切, も待っ, も招かれ, も燻べてなかつた, や千代, ゆりうごかす実感, をお, をかつい, をさ, をその, をとっ, をまた, をもらった, をも貰い受けた, を三つ, を乞うた, を伐ら, を伝七郎, を剪, を取っ, を取り上げ, を小さく, を引出物, を引張つた, を手向け, を折, を折つて, を折り, を折り取りました, を持來, を挿し, を採り還り, を枕元, を求め, を活ける, を添, を無, を無造作, を生け, を田宮, を粗末, を肩, を自動車, を花, を裏, を見, を訪ね, を訪ねる, を許す, を護りたる, を貰い, を貰つてステツキ, を買い来り, を頼り, を黙, ヲ採, 切って, 売って, 折ったが, 折ったね, 持って, 摘めば, 活けて, 立てたの, 見つけて

▼ 一~ (205, 0.1%)

21 んと 7 ん高い 4 というの, と云, と言, んの 3 という, といっ, と思う, と思ふ, ね, よ, んずつ 2 からね, ぞ, とも考へる, と思っ, と自分, な, べえ, ん上の, ん低く, ん高く

1 [120件] お前が, かそれ, かの日本, からこれ, からその, からである, からなあ, からピタゴラス, から中学, から今十年, から余計, から全て, から六十二カペイキ半, から彼女, から後醍醐, から昇給, から若し, から言えた, から豪勢, かわからなかった, か四分の一, が, が七年間, が其の, が滅多, が真心, が第二義, ことに神宮, し学校, し美しくも, すなわち荒れ廻る, ぜ小坊主, そうで, そうでございます, そうです, そら又, ぞ甲斐, つてくされ縁の, つてちやうど, つて無限大である, と, ということ, というわけ, という原則, という所, という若い, といった, といふ, といふ風評さ, といわれ, とかいいました, とかいつた, とか威張っ, とする, とそこ, とは思はれない, とまあ, とも云, とよ, とわかる, と云う, と出た, と嘘八百, と思い込ん, と思った, と思ひ, と思われます, と教える, と片山, と申された, と申し, と私, と草葉, と言いたくなる, と言われる, と語っ, どうも親仁, なんてことに, ね教室, まことに, もの御前さん, も得る, も想像, も欠, も語りあわない, も達する, よ一足違い, よ腹, よ髯, よ鼬小僧, わが国民, んかたじけない, んごとに, んたかい, んたかき, んたかく, んともの, んまずい, ん一だ, ん不, ん低い, ん名声を, ん声を, ん変っ, ん奥の, ん女としての, ん小高い, ん立ちまさっ, ん美しく, ん調子を, ん踏む, ん退, ん違う, ん頑張るであろう, ァな, ーッ, 其のうち一ヶ所, 君と, 命の, 咒語は

▼ 一人息子~ (202, 0.1%)

4 である 3 であったが, であんな 2 だ, だと, であった, ではなかっ, でもそう, の新太郎, の清治, の長吉, らしい十五六

1 [174件] いとしさ, があった, がある, がいた, がおもしろく, がこの, がさっそく, がとにもかく, がゐる, が何, が兵隊, が大, が家土蔵, が文學, が歌手, が此客室, が着る, が第, が高度, じゃけに念入れ, じゃない, だから, だからと, だけにこういう, だけに葉子, だった, だったので, だった彼, だつた練吉, だという, だのに, で, であ, であったの, であったので, であつ, であまやかされ, でありながら, でありましたが, であり大川家, である大河俊太郎, である秀才, である金蔵, でこの, ですから, ですわ, でそして, でとても, でなかつたら正文, ではない, でひどく, でべつに, でほか, でも可愛, でポーエル・ハインリッヒ, で且つ, で両親, で中国筋, で中学校四年生, で友太郎, で山城屋, で弱, で弱虫, で既に, で父, で父六郎, で甘やかし, で生れ付き, で相手, で県庁, で結婚問題, で若殿様, で重三郎, で革命, と, といふ肩書, とが既に, とが移っ, としてとても, としてむしろ, として育った, として進たち, との激しい, ともどう, とカフェー, と義絶, と語, と貧乏, などは母親そつくり, にあたっ, にし, にぞっこん, に先立たれ, に先立たれる, に才色兼備, に死なれた, に父親, に生まれた, に芳之助, に英語, のため, のハリー, のルイ, の一彰, の三人暮し, の事, の伊, の伯魚, の位牌, の信彦, の僕, の前途, の千二, の可愛, の右之助様, の右之助樣, の宗次郎, の小生, の川口譲, の弥太郎, の彼, の悪口, の教育, の教育資金, の武夫, の清三, の清次郎, の玄吉, の珠太郎, の生れた, の生活, の直, の私, の立身, の耕一君, の若君, の茂次平, の萬吉, の話, の赤児, の身, の達也, の金之介様動き, の金五郎, の長男, の阮東, の附, の音吉, はまだ, はビルマ, は夏, は嫁, は年歯三十, は当, は掌中, は水兵さん, への愛, もまた, も大切, も死んでしまつた, やわ, をあれ, をいよいよ, をこったら, をつれ, をウインチェスター, を亡くし, を呼び出し, を失った, を奉公, を容赦, を枕もと, を殺そう, 彌八郎

▼ 一刹那~ (202, 0.1%)

7 である 6 の間 3 に, に私, の事, の出来事

2 [13件] だ, だけで, であった, どうした, にあった, にかれ, にまた, に於, に長三郎, のこと, の光, の夢, を思

1 [151件] あの目, うむと, かの冬坡, からこうして, からだ, から再び, から来た, から烈しい, から黒い, がきつ, がすぐ, が彼, が暗示, が苦しい, この社会主義者, さっと玄白斎, すでに帰り居たまう, だけ舞台面上, ではあった, ではありました, でまた, でも人類, でも忘れた, で乙女, で覚めた, とまって, とも知らず, なの, なりあたかも, なるに, にああ, にいきなり, にうしろ, において黒暗暗, におそろしい, にこの, にし, にそこ, にその, にどう, にはさすが, には今, には堕落, には大野, には羊飼, には誰, にひとり, にふと, にも苦樂, にわが, にわたくし, にスターター, にレヴェズ, に主人, に二つ, に云い知れぬ, に今にも, に今一度, に今度, に先生方, に南部集五郎, に又, に又もや, に受ける, に天, に定まった, に幾多, に強烈, に彼, に忘れ, に感じた, に昨日, に最も, に片手, に発火, に縮め, に自分, に見えた, に謎, に講師, に起こるであろう, に閃, に阿Q, に階段, に電光, に馬上, に駛, に鳴り渡り, の, のあ, のうち, のその, のまぐれ当り, のよう, の中, の仮死, の前, の哀楽, の姿勢, の姿態, の影, の彼女, の後, の悦び, の情感, の意識, の愚か, の早業, の機, の気持, の澹山, の為, の耀き, の興味, の軽はずみ, の違い, はさすが, はそこ, は碁, は茫然, は電報, ぴかりと眼, またもや意外, また手早く, まで夢にも, もない, も休ん, も子供, より初めて, をガブリ, を一気に, を如何, を思う, を捉え, を浮び出さしめ, を私, を飛び違っ, ドーンと, 初めて高い, 忽ち聞こえる, 揺り動かすに, 果して一人, 極めて森閑, 死ぬ覚悟, 沈むよう, 総突撃, 老帝, 若い男, 走ったと, 閉じた, 静まったが

▼ 一~ (202, 0.1%)

6 に, に信じ, に物

2 [17件] と第, なうち, な彼, な愛情, な所, にそう, にそれ, に何, に傲岸, に心, に思いつめ, に思い込ん, に私, に舞台, の男, 出でて, 第二図

1 [150件] あった筈, から出た, から第, が世にも, が差し入れ, さ, ですな, でむろん, でもあった, で争いました, で善良, で子供, で感情, なこと, な天性, な平凡人, な心配, な欲求, な気性, な気持ち, な点, な絶叫, な考え, な若, な魂, にお, にお前, にこの, にさう, にじっと, にその道, になり, になる, にもあり, にもなっ, にも市場, にアヽ, に主人大事, に仰っし, に伊之助, に作中人物, に信, に俳句, に働き, に僕, に兄さん, に先, に勤め, に口惜しい, に善意, に失恋, に妾, に嬢様, に小, に幼, に幾年, に彼, に後先, に徳義的, に怒らんで, に思いこん, に思いつめた, に思い定め, に思い詰めた, に思い込み, に思い込む, に思っ, に思ひ込ん, に悪い, に我が, に戯曲, に打ち込ん, に振舞った, に日, に星, に曙, に最う, に有, に栄耀栄華, に歩い, に死なし, に決して, に泊めたくない, に波, に湧いた, に現れ, に目的, に直道, に示す, に細君, に考える, に耽る, に苛, に薄情, に血気, に見, に解釈, に辞退, に迫つて, に追, に都会, に雛, のお, のおく, のお前, のお方, のお父さん, の一家, の中, の人間, の各, の壮年, の如く, の学者, の少し, の幽ノ沢山, の御飯焚, の心変, の意, の日光図幅, の景鶴山, の活動, の立派, の誤, の赤鞍岳, の迷, の阿, の驚き, はきょう供, はこの, はその, はラクロア, は一体論中, は余, は六角板, は前, は御, は次第に, は高, もこれら, や一番右端, をもっ, を引き, を忘れず, を成した, を採り, を案ずる, を玄白, を羨んだ, 及び第

▼ 一枚一枚~ (202, 0.1%)

5 繰って, 見て 4 めくって 3 めくつて, 調べて 2 あけて, とりだしては, と見, に眼, の点々, の葉, 剥いで, 脱いで

1 [166件] あけては, あらためて, かきわけ検, かぞえて, がカチカチ, が同, が浮き上っ, が金箔, きたながら, くっきりと, くばって, この畳, しのり, しらべて, すこしずつ, するすると, ずうずうしい位, たしかめて, ちぎつて, でおまえ, とあまり, といわゆる, とその, とめくっ, とペイジ, とポツダム宣言, と他家秘蔵, と余念, と円光, と剥がされ, と大きな, と持ち出され, と社会面, と箱いっぱい, と紙, と繰りひろげます, と脱ぎ棄て, と衣服, と貼りかため, と重ね, と頁, どんなにそれ, ながめたのち, ならべて, にいちいち, にしるされた, にまくっ, にみな海, にわざとらしい, にポッケット, に堅め, に彼女, に日本地図, に映り, に書い, に様々, に紅, に観, に説明, に透き徹る, に長方形, に静けさ, ぬぎすてられて, のすき間, のふち, のガラス, のレコード, の写真, の前, の図, の図葉, の板, の橋桁, の歌, の片面, の甘蔗, の田, の紙, の羽, の貝がら, の重, はいでも, はいでやったあげく, はぎおとす時, はぎ取るやう, はぐって, はっきりかい, はっきり見え, はつ, はなれ, はられました, ひっぺがしては, ひろげて, ひん飜, ぽろりと, まくって, まくりはじめたの, までが肉, むいて, むき始めましたが, むしって, むしりとって, むしり取りました, むしる, めくりとるよう, もぐの, ゆっくり寸, よく調べ, をつくつ, をとりあげ, をめくっ, を使う, を取外し, を大切, を拾つて, を書く, を無意識, を皆貴重品, を眺める, を私, を虫めがね, を見よう, キラキラ強い, ヒラヒラと, 剥がされて, 剥がれて, 剥ぎ取られて, 剥くられては, 剥ぐよう, 取っては, 取れて, 取出すと, 叩き試みて, 売るん, 外されて, 引きちぎり, 悠々と, 押して, 拝んでは, 拾って, 持ち去られて, 挽くの, 掛けかえる繁雑さ, 揃えて, 描きにか, 撫でて, 数えて, 暗いひだ, 検めて, 洗いだしたので, 異なった作, 白い壁, 積み重ねられて, 絞りながら, 編みました, 縫って, 繰り出し始めたの, 脱がされた, 脱ぎ去って, 読み進んだ, 調べましたが, 貼って, 輝いて, 運ぶ役, 配って, 開いて

▼ 一~ (201, 0.1%)

24 あつた 6 あらう

2 [12件] あらうなどと, これを, 一昨年亡つた祖母が, 今女, 実家は, 有る, 様を, 次が, 死んだ, 然も, 百円の, 親子ほども

1 [147件] あつて, あつて二, あつて戰前, あらうが, あらうと, あらうとも, あらねば, あるいは半分, い, いらっしゃいますか, お酌, お雛様の, ここに, ことごとく名前, この月, これは, これまで, ござりまする, すっぽんを, せう, せうか, せうな, せう素人, それから, それが, それぞれ夫の, だから癩者, どうしてこうして, どうしても平田, どうして死ぬ, どこの, どちらも, はない, みずみずした, よくある, よく効き, クッキリと, クワ科に, フッ飛ん, 一ヵ月二万ルーブリ以上の, 一国の, 一躍し, 一閃する, 丁度三年生, 万乗の, 万事穏に, 下宿住まいこのごろは, 下谷の, 世を, 世人は, 主に, 二千五六百米前後の, 二百機サ, 二磅, 五六年まえ, 亡くなった私, 他は, 休んで, 何かの, 信を, 信長が, 元気旺盛酒毎日五六合やり, 充分だ, 六十を, 共同浴場では, 其辺は, 出家を, 割ると, 加賀と, 十六歳以上の, 十時迄, 千二三百年から, 千二百五十ドルくれれ, 卒都婆小町など, 四十九回さ, 地位から, 地底か, 坂部壱岐守へ, 売却せざる, 外交内政等は, 多數, 天津にも, 夭死を, 女房の, 妹の, 妻の, 姉ほど, 始めから, 小博奕, 小槍, 差し上げること, 年々たくさんな, 年も, 年よりも, 延期派の, 思いがけず姙, 改造文庫, 故人に, 文学的サークルなどは, 新居の, 新聞を, 旧藩の, 更に, 本を, 本来は, 東欄梨花と, 東氏を, 次ぎは, 次に其の, 止んだの, 此山が, 死んだといふ, 死んだとも, 死んぢ, 法律は, 淫刑とて, 深さ, 深山で, 物の数に, 生きて, 生家を, 生産され得る, 男も, 百五十人だ, 眠って, 私は, 税金や, 立派に, 約一八年半, 約八倍, 総領の, 縁起には, 美女だ, 色の, 花瓶が, 討死である, 買った南京玉, 足場は, 遊びその後だ, 遊び今日, 道臣が, 還暦の, 釋獸の, 鋳貨, 頭が, 高さ百五十フィート, 黒が

▼ 一~ (199, 0.1%)

11 の魚 5 の鯉 4 の大きな, も居ない 3 の大きい, の小, の金魚 2 のさかな, の二尺, の鮎, の鮒, の鯛, の鱒, も釣れなかった

1 [152件] あげた, あった, あり, いやあしねえだ, かかったと, か二尾, がそれとなく, が七厘, が居り, が徐々に, が横, きらりと, ぐらい, ずつその, ずつでもいい, ずつで上等, ずつなら, ずつにみな, ずつの生きた, ずつも振舞え, ずつ分け, ずつ呑みこんだ, ずつ引き上げる, ずつ料理, だけお, だって売れ, つかまえるわ, つかまえ私, つかんで, つけた, であった, であつ, でお, でも船, で一かん, で十貫目, で河北潟, という情けな, とが死ん, とれた, と買つて來, と釣り, なげて, ならず二ツ三ツ, に一両, に笑靨傾, のいわし, のうち, のかなり, のがすな, のなま, のふ, のアメンボウ, の中, の価一円, の値, の前衛, の原形, の囮鮎, の塩鮭, の大, の奇怪, の守宮, の山女魚, の川魚, の松魚, の比目魚, の海老, の蛇, の蝉, の蠅, の親, の響尾蛇, の香魚, の香魚鉤, の鰡, の鰯, の鰻, は黄いろい, は黒く, ばかり持っ, ぶら下げて, まるごと買い当てる, まるの, もかかりません, もつれなかっ, もない, もはいらず, ももらっ, も底, も当たり, も怒つた, も持っ, も掛からない, も棲む, も残さず, も無い, も網, も贈, も躍つ, も道理, も釣れず, も釣れない, も釣れなかつた, も釣れぬ, も食べる, やるべ, やろうか, や二尾, や半, わてにお, をさし, を今度, を売らず, を得た, を携, を携え来っ, を東福寺, を獲, を貰う, を釣り得, を釣る, を食っ, 上げると, 上りました, 入つた手応, 又一尾, 及び大海亀一匹, 取って, 取りに, 嬉しそう, 小さな魚, 投げて, 捕へ, 残らずゆっくり, 残らず目, 残らず艀化, 溌溂と, 生きた魚, 結構, 置いて, 見たわ, 買いて, 買い求めた, 買う, 買うて, 買うとして, 買って, 買入れたでなあ, 釣りあげたきり, 釣り上げた, 釣り上げて

▼ 一~ (199, 0.1%)

14 の絵 12 の画 9 の画図 5 の絵画 4 の大, の畫圖, の軸 3 の中, の画面, の風俗画, の風景画 2 が人生, すばらしい上出来, の前, の図, の好, の歴史画, の絵巻物, の青き, は何, を返した

1 [115件] あかるくなった, あつた, いつ見ても, かけたる薄暗き, からとりかかりました, があります, がきかない, が広い, が掛つて, さえあれ, ずつの掛物, そんなの, だけれども, である, であるとて, でいい, でした, でもあったら, ともう, と全く, には女子, にもなった, に含ませ, に描いた, に細く, に装, の, のむら尾花, の俳畫, の冷たい, の凄惨, の北欧風, の名画, の圖, の土, の地獄, の墨画, の墨繪, の壁画, の奇観, の奇觀, の女神様, の完全, の寓意畫, の山水, の布地, の帯, の幕, の平和境, の懸, の揮毫, の方, の日, の春の海, の景, の書, の桟橋, の水墨画, の水彩画, の油画, の泰西名画, の活図, の流, の淡彩畫, の猴, の画像, の画讃, の畫, の白い, の絵姿, の絵巻もの, の縮緬, の繪卷物, の耕地, の花野, の花鳥, の袖, の襟, の醜悪, の陶器, の靜物畫, の風景畫, の鳥羽絵, の黒い, はよかつ, は上野, は公, は現在旦那様, は革紐つき, も残さず, わが県全市, をかけ, を取り出し, を召し上げよう, を圧し, を売払っ, を寄せ, を広げ, を持參, を裂い, を見せ, を記せ, を贈った, を飽かず見つめ出した, 借りて, 売りゃすぐ, 売り残された九霞山樵, 得たいの, 御遺族, 掛けて, 曳いて, 欲しい欲しい思つて, 盗んで, 落ちたが, 貰ったこと

▼ 一~ (197, 0.1%)

12 の水 11 の涙 3 の血, の酒, の露, も酒

2 [14件] か二滴, こぼさずに, こぼさないで, ずつの血, ずつ落ちる, たりとも, である, の雨, まぜしこと, も出ない, も口, を落した, 浴びて, 落ちて

1 [134件] あれば, かかったが, か何, がお, がこの, ぐらいは体内, こそは実に, こぼさず, こぼさず応急, こぼさないこの, こぼさないの, こぼさなかった, こぼさなかったの, こぼさぬ勇士, こぼさぬ娘, こぼしたそう, こぼしたところ, こぼすどころか, こぼすわけ, こぼれたあと, こぼれても, さえ涙, ずつおり, ずつしか出なかった, ずつしみ込み, ずつすうっ, ずつの涙, ずつを丁寧, ずつブドウ酒, ずつ何千回, ずつ冷たい, ずつ取っ, ずつ口中, ずつ水, ずつ油, ずつ注ぎ込んだ, ずつ流れつづけた, ずつ浸, ずつ涸れ, ずつ滴り落ちた, ずつ落ち, ずつ血, ずつ集められ, その先, たらしむ嗚呼, たれおちて, だけ血, ついて, つきて, であった, であっても, であると, であるよう, である而, でもお, でもこぼれ, でも残されれ, でも油, でも流し, という工合, といえ, といふもの, とそこ, となり, と下水道, と垂らしかけた, と思った, と手, と瓶, と申し, と薬液, と飲み, ない, なの, にある, に過ぎなかった, のうち, のこらず呑ん, のめぬからだ, のんで, の拷問, の水もの, の水天, の汗, の生命, の砂糖水, の血液, まじって, また一滴, もこぼさず, もそれ, もない, もなし, もまだ, もむだ, も嗜まない, も残りおらず, も注入, も無く, も置かず, も落さない, も雨, も飲まなかった, も飲まぬ, も飲みたく, を使いはたしたい, を傾ける, を思つて, を数限り, を認むる能はず, 下るごと, 与えられた苦難, 出さずに, 出ないくらい, 出やしないから, 受けたところ, 吸い取られて, 来ない庭, 流さずに, 流れなかったほど, 流れるでも, 浮かんで, 浮べずに, 程嘗め, 落ちたよう, 見えないの, 見せずに, 見る見る長く, 赤い液体, 降らない, 降らない炎天, 零れて, 飲まず食べる物, 飲むこと

▼ 一人二人~ (195, 0.1%)

5 では 4 あった 3 と次第に, は面倒

2 [11件] と他, と山, と帰っ, なり, に三味, の人間, の仲間, の供, の犠牲, を残し, を除い

1 [158件] あるいは三人, あるきり, いた, いたが, いたの, いました, いるらしいが, お友達, がそれ, がわざと, が何ん, が夢中, が町, が脱兎, じゃ出来なかろう, ずつこのごろ, ずつべつべつ, ずつやって来, ずつ人立, ずつ出, ずつ前後, ずつ彼等, ずつ手, ずつ昼, ずつ無くなっ, ずつ行方不明, ずつ面, だけを褒める, でかつぐ, でこの, でなかったろうと, でねえと, で懸かれる相手, で水, とその, とだんだん, とつぎつぎ, とメンバー, と一しょ, と人間, と去っ, と同じ, と増し, と大工, と子供, と彼女, と悠然たる, と数え, と有, と村人たち, と殖え, と渡頭, と眠り込ん, と眺められた, と絶えず, と見ならっ, と逃げはじめた, と集め, と集り覗く, ならずある, ならず訪い来れる様子, にとどまらない, には心, に君, に対して私, に止まらなかった, に蔭, に見えた, に途, のいのち, のお, のそういう, のもたぬ, の人, の人材, の人柱, の仏蘭西人, の仲, の力も, の友人, の友達, の口, の叩く, の外, の女, の女房, の姫達, の婦人, の婦人代議士, の客人, の家事手伝い, の後, の従軍記者, の感情, の手, の技, の支那人, の文芸評論家, の方, の書生さん, の校長, の死, の男, の番人, の病, の知人, の秀抜, の科学者, の聖人君子, の色, の農夫, の通行人, の間, は, はありました, はある, はあるらしかった, はいる, はちょっと, はゐる, はゐるらしい, は召, は墓場, は斬られ, は来, は清麿, は熟睡, は知, また髪の毛, もって, よろしくやる, ゐた, をでも捕え, を仆, を対手, を教育, を数えこみ, を犬ころ投, を相手, 代ってから, 入れて, 出かける, 出来て, 切って, 動いて, 取って, 居るだらう, 引張つて行つて珈琲, 持つの, 殺っつけたら鉱山主達, 煮ても, 特にいつも目, 特に抜擢, 知ってるけれど, 素早く見覚え, 置いて, 見えた, 言うて

▼ 一本一本~ (190, 0.1%)

7 の指 4 の木 2 かぞへりや, がことごとく, が鍼, のオール, の枝, の立木, の麦藁, 浮いて, 逆立つの

1 [161件] あおじろい月光, あらためて, お手紙, かたくな, からはぱちぱち, があたかも, がいつも, がすてかね, がはっきり, がまるまる, がもう, がピカピカ, が彼, が真白い, が神経そのもの, が神經そのもの, が逆立ち, が黒い, が黒く, こじ起こしに, こまっか, しゃぶったり, すぎごけのやうに, すぎごけのように, たどって, つかんだが, つかんで, つぎたしました, ととっ, と倒れ, と枯死, と調べだしました, と鞘, にいたる, にざわめき立った, にその, にひろがり, にまで厭, にまで忘れ得ぬ, にみんな, にめぐりめぐっ, にやはり, にザワザワ, にザワザワザワザワ, にメーヴェリン, に例, に叙述, に感じられた, に抜い, に撮める, に植え, に気, に水, に癇癪, に白髪, に磨き, に綺麗, に苦悩, に逆立っ, に静電気, に靡く傾があった, に黒繻子, ぬいて, のその, のとぼし, のスポークス, のリベット, の円柱, の円筒, の小, の尖り, の末, の板, の枝ぶり, の梢, の榛の木, の癖, の糸, の草, の足踏, の道, の間, の関節, の髪の毛, はそれぞれ五六尺, は揺れ, ひっぱりながら, ぴくぴくし, ぴんと直立, ほどかね, ぽきぽきと, までが絵彩, までピンク, みて, むしり取って, もごうとして, よく洗っ, わかるくらい, をも数, を中心, を丹念, を凝視, を唇, を拝む, を描き, を見る, ハッキリと, バラバラに, ピンと, 出して, 出来て, 分けても, 切っても, 切れるに従って, 列べる位, 刺し込んで, 吸い口, 吹くこと, 嗅ぎながら, 売るつもり, 外して, 引き切って, 引き裂くこと, 引つこ抜いて, 打ち振ったところが, 折るから, 折るよう, 抜かして, 抜け去ったかの, 押えた, 押し出して, 書いて, 植えつけて, 植えつけ歯, 残らず引つこ抜いて, 殖えて, 浮き出て, 涼しく靡い, 照らしだして, 画くやう, 積んだ樹, 薄い夕陽, 見えすく胴, 見て, 見わけられるほどに, 見分けられる, 解いて, 解くが, 解けば, 逆だちそれ, 逆だち背中, 逆立ちかれの, 逆立って, 逆立つて, 逆立つほどの, 逆立つよう, 逆立てんばかり, 逆立てんばかりに, 透いて, 違った個性, 鳴らされやがて

▼ 一時間半~ (187, 0.1%)

5 か二時間 3 で帰っ, の後, の間, 煮て

2 [13件] から二時間, ないし二時間, にし, に過ぎず, の行程, ばかりし, ばかり前, ほどする, もあれ, もかかっ, もたっ, も立ち続け, を費し

1 [144件] ありますと, あると, あれば, いや二時間, おそく出発, かかったが, かかりました, かかる, かかるの, かかる手術, かことに, か急げ, くらい睡った, くりあげて, ぐらいし, ぐらいで, ぐらいではない, ぐらいで循環, ぐらいは何, しかもてなくなっ, しか無い, すこしも苦痛, だから自動車, だけは権田, つ, である, です, でその, ではあった, でカンタン, で楽, で歸, で済まし, で目, で行かれる, で行けた, で録音, で頂上, という時間, という短時間, とは言つて, とみれ, と見なけれ, に七百三十九頭, に亙っ, のうち, の二つ, の喘登, の大, の小, の手術, の漏洩, の道程, の長い, の開き, はあの, はいっ, はかかった, はかかりましょう, は労働時間, は大丈夫, は懸る, は過ぎた, は長, ばかり, ばかりあった, ばかりお話し, ばかりせわしく, ばかりたった, ばかりで, ばかりでもぎ終えた, ばかりで書き上げた, ばかりの, ばかりのうち, ばかりの見学, ばかりの間, ばかりはお客, ばかり乘, ばかり泣き続け, ばかり行った, ばかり行乞, ばかり見る, ばかり進め, ひきのばし喋つた, ほどかかりました, ほどしか眠らない, ほどしたら, ほどたつ, ほどで追分, ほどの後, ほどの間どこ, ほどはそこ, ほどは何, ほど二階, ほど廻らなけれ, ほど待たね, ほど応接間, ほど戻す, ほど煮, ほど熱心, もあった, もある, もおそく, もかかる, もがらがら, もたたない, もたった, もたつた, も俥, も働かす, も同じ, も待っ, も待った, も待ったろう, も揺られ, も早く, も曙楼, も歩い, も洋上, も海上, も漬かった, も登る, も眠ったろう, も経つ, も経て, も經つて, も間, よ, より二時間半, を疲れ, を經過, を費した, を費す, を費せ, 乃至二時間, 乃至二時間近く, 弱い火, 待たされるしかし, 或は二時間, 煮ます, 程前, 程眠った, 程立つ, 通って

▼ 一太刀~ (186, 0.1%)

3 うけて, に斬っ, 受けて, 斬られて 2 で外, に斬り下げ, に斬り下げられ, の御, の怨み, を加, を受けた, 浴びせつけた, 浴びて

1 [156件] あびせかけあの, あびせかけた, あびせた, あびせて, あびせられた奴, あんなの, うらみ申さんなどという, うらむの, おろしたの, お仕合, が芹沢, きると, くれたと, すらも挑みかかり得ない, ずつあびせかけた, ずつかす, ずつは浴びせられ, ずつ浴びせたがっ, だった, だったが, つけながら, でいい, できり, でざくり, です, でぱっさりと袈裟掛け, でむざんに, でもあびせ, でもいい, でもかれ, でも助けよう, でも合せたなら, でも打ち込まず, でも斬っ, でも甲斐源氏, でも背, でやっつけ申した, で仕止めた, で仕止められ, で僅か, で冥途, で割りつけ, で絶命, なぐられて, なりとも怨めたら, なりとも恨みたい, なりと加えなかった, なりと千浪, なりと報いなけれ, なりと怨みたい, なりと怨みませね, なりと恨ま, なりと恨もう, に, にかッ, にと思った, にと斬りつけた, にと狙い廻した, にひた打ちおろす, にやり損じ, に切っ, に切つて, に引かれ, に手ごたえ, に斬, に斬り, に斬りすてられた, に斬り殺され, に斬り殺し, に斬り落し, に斬る, に江戸, に胴, に薙ぐ, の刃, の助け, の太刀合わせ, の為め, は, は笏, もくらわさない, も下し, も傷, も合せなかった, も合わさず, も合わせず, も抜き合わしたらしい, も振らない, も斬らず, も斬らない, も斬らぬ, も浴びね, よ, ようがす, を, をくれた, をしくじらない, を以て前後, を左, を御方, を残した, 与えた上, 交える肚, 伸ばした体, 入れた, 切って, 割られて, 参らうと, 受けた, 受けたら最後, 受けた銀二郎, 合い日光, 合せて, 合わせるまでも, 報いたいと, 怨まねば, 怨みその, 怨め, 怨めない筈, 恨ませて, 恨んで, 恨んでも, 打ち込まねば, 打った時, 揮うこと, 斬って, 斬りつけました, 斬りつけられたよう, 斬りつけられた思い, 斬附, 浴せかけた白髪, 浴せかける恰好, 浴せられたやう, 浴びせ, 浴びせかけた, 浴びせかけたの, 浴びせたよう, 浴びせつけられて, 浴びせて, 浴びせられたが, 浴びせられた感じ, 浴びせるには, 浴びせるは, 浴びせ申したが, 浴びたらしい魂, 深く浴び, 突き刺されて, 薙ぎられた左, 行くべきであった, 見舞った, 見舞って, 覚えたか, 触れた時グイ, 返す勢い, 追っかけて, 食らってから

▼ 一~ (183, 0.1%)

11 の兵 6 に近い 2 か二万, だ, といふ, の優勝者, の大衆, の婦人, の金, をこえ

1 [150件] あるいは十万, からできる, から二万, から二千, が戦気, が最初, が高, ぐらいお願い, ぐらいなら, ぐらいの細菌, ぐらい軽く, すなわち九〇, ずつ借り, たたくん, たらず残って, だけでも殲滅, だったとも, ちかい暮しむき, ちかくに, でございます, でたれ, でもことごとく, でも二万, でゆずりましょう, で優勝, という兵力, という大軍, とかになった, となり, とはありませぬ, とは嘘, と二万, と値, と手下, と数えられ, と称し, と称する, と言われ, と退く, にあまる, にちかい, になります, にも足らなかった, にも近い, に一, に一つ, に凌統, に前後, に対する比例, に当るであろう, に池田信輝, に足らない, に足らなかった, に足らぬ, に近く, のうち八千人, のす, のところ, のまた, の人数, の人間, の余, の公共図書館, の兵馬, の勇士, の国民兵, の大, の大半, の家々, の富豪, の屍, の巨額, の従業員, の数, の敵, の新手, の村, の残兵, の法律, の留学生, の硅化流紋凝灰岩, の精兵, の統計, の蝉, の部下, の騎士, の鯖, はすぐ, はすでに, はそれ, はたしかに, はひきうける, は五段, は修道院, は出せるでしょう, は多い, は学問好き, は少し, ばかりの町, ばかりの神社, ばかりもあるであろう, ばかりを長崎, ふえる, へどんぐり, べん, ほど多く五万五千, ぽっち, もあっ, もあつ, もあります, もある, もあろう, もいつのまにか, もの月々, もよせ, も勝った, も敵, も残し, も義父, やそこら, をこす, をさずけた, をすこし, をのこらず, をふた, をもってケバ要塞, を下りません, を出, を加え, を合わせ, を抜く, を捕捉, を獲た, を率い, を率いた, を突破, を落とした, を越える, を越せ, ノ正直, ノ青年, 云えば, 出しゃあ, 御送り, 投げ出し易かろ, 焼け出された人口, 近いもの, 近い悪銭, 近い数, 飛んで

▼ 一~ (178, 0.1%)

6 の樹 5 の木, の松 4 の柳 3 ある 2 あった, というわけ, の大, の大木, の椿, の老, の躑躅, はいか, も花

1 [137件] あったと, あつた, ありつく算段, ありますが, あり葉蔭, ある花, から一, から二, から十本, から叢, がぼっと, が半, が売買, が白い, が私, が綻び始め, じゃぞ, すつと, ずつに撒きはじめた, ずつ他, ずつ取寄せ, ずつ髻, た, でも二株, でも売りたい, で彼, で淋しい, と並ん, にちかづく, について四十銭, につき冥加, になる, に一条, に叢生, に青い, の, のあり, のけんぼ梨, のサラダ菜, のミスルトウ, の下, の仏手柑, の古, の古松, の唐辛, の大きい, の大きな, の小さな小さな, の山茶花, の幸福, の晩桜, の林檎, の果樹, の柳樹, の柿の木, の根元, の桃, の桜, の梅, の棕櫚, の榎, の橄欖, の牡丹, の球根, の甘, の白バラ, の稲, の紫陽花, の羊歯, の老松, の臘梅, の苗, の菊, の菩提樹, の華車, の萩, の葉柳, の薔薇, の赤松, の野ばら, の金木犀, の銀杏樹, の鬼百合, は久米, は蕾がち, は蕾勝ち, は谷中行, ひきぬいて, ふた株, まで残り匿, もう咲い, もこれ, もって, もなく, もらつて, も売れなく, も持たん, も栽, も植ゑてある, も残らず, も見えぬ, も見られない, をたつ, をだに留めず, をも存, を乞うた, を地, を引き抜き, を得ん, を折つて, を挟ん, を採っ, を携え運ん, を枯死, を栽, を残す, を盗ん, を窗外, を繞ぐって, を見つけ, を見つけ出し, を踏まれ, を雑司ヶ谷先考, 古井戸, 大きな柳, 或得意先, 拾うた煮て, 拾ったそう, 提げた男, 根こそぎ引きぬい, 植えるすべ, 求めそ, 活け, 見ること, 買った, 隔てた中, 黒ぐろと

▼ 一家族~ (177, 0.1%)

7 の中 5 のよう, の者 4 が住ん, と私 2 であるから, との邸内同居, のひろがった, の人々, はいよいよ, や寡婦, を単位, 全體

1 [136件] から分れた, があった, がすべて, がひろがっ, がみな藝術, がゐる, がスウプ汁, が今, が全滅, が出来た, が出発, が同居, が団欒, が構成, が水, が水ぎわ, が無人島, が煮, が独占, が生まれいずべき, が祖先, が移住, が臨時, が船, が蛇狼鹿, が野営, して, だけがこれ, だけでも五十人, だった, だね, であったこと, であるという, である親子兄弟, でかえっ, でございますもの, ですね, でそれに, では妻, で一党, で一部屋, で割り竹, で完全, で居つ, で横濱, で生え, という方, とが一緒, として弟, として紹介, となつ, となり, との違い, と共に小さな, と妹, と見える, には足りず, に何かしら検出, に取, に対する子供, に属する, に心, に止まらず, に結合, に関してある, のおそらくは, のごとく, のすべて, のやう, の一人, の一人一人, の上京, の人, の写真, の古ぼけた, の塒, の境遇, の外, の天城, の如き, の尊長, の希望, の延長, の数, の旅客, の暮し, の歴史的推移, の漂泊的生活, の生活, の短, の自然史, の運命, の間, の集り, の雰圍氣, の風, はあちこち遊び, はあの, はおなじ, はお互い, はくり返し, はその, は一匹, は下, は全滅, は土曜日, は夕立, は女達, は極端, は此処, は毎月教養費, は私, は美津子, は誰, へ又貸し, みて, もゴチャゴチャ, も熱心, をあげ, をみなごろ, を作っ, を平均三人, を形成, を擧げ, を晩餐, を見, を見た, を見る, を貫く, を隣人, を雪庭, 入ったの, 引連れて, 或は或, 貧しい人々, 高き棚

▼ 一~ (177, 0.1%)

11 の地 3 の丘陵, の地方 2 に擴, に網, の低地, の内, の平地, の水田, の銀色, の雲, を

1 [142件] から登つて來, がある, がかすか, がさうで, がその, がゴウ, が何時の間にか, が吹雪, が山間, が浮ん, が瀧, が青白く, にうす黒く, にかけて私たち, にかけて穀價暴騰, にさびしく, にただ, にどんより, には僅か, にぼんやり, にゼネラル, に只, に唯, に地, に妙, に山々, に平地, に幾度, に梅, に植ゑ, に流れ, に渉つて海上, に火災, に煤びて, に班超, に當, に白茶け, に着眼, に肌膚, に茱萸, に蜀黍, に蝉, に行, に見える, に貧乏村, に赭, に輕石充滿, に遊び, に隱, に霜, に非常, に高山植物, に黝, の, のあの, のもの, の丘上, の主, の人々, の人口, の人家, の何, の入江, の半, の土, の地勢, の地域, の地面, の大, の富士, の山々, の山脈, の岡, の平野, の彼方, の感じ, の曠野, の村, の松林, の松洲, の椰子, の櫻雲, の水, の水陸, の浦, の海面, の濱漁人, の濱邊, の灣, の田圃, の町, の町家, の白浪, の秋潮, の空氣, の紅, の耕作地, の腕利き, の花, の造り, の連山, の長丘, の長洲, の隱見, の雜木山, の電燈, の風光, の風景, の騷, の高原, はほ, はまことに, はます, は小高い, は工業地區, は暖帶林, は東京市民, は海岸, は空, は英佛艦隊, は赤道以北十二度六分の五, は開け, へかけ, をなし, をクワツ, を一時戰時色, を張りました, を散歩, を桃色, を繩張, を繩張り, を自分, を蔽う, を見まもる, を見渡し, を訊い, を輕, を領, 更に上方, 殊に山東地方, 白くた, 益々物情騷然

▼ 一たい~ (174, 0.1%)

28 どうした 8 なん 5 どうなる 3 どうし, どうしたら, 生きて 2 いままで何, どういうわけ, どういふ, どうな, どうなさった, どう云う, どんなもの, どんな人, に坂道, 何たるざま

1 [104件] ああし, あのケース, あの恐竜型潜水艦, あの方, あの若い, いかなる目的, いつ初日, いつ歿, いつ頃, おくさん, おまい, からこういう, がゲルダ, が小づくり, き貴様, こういう感違い, この二階, この始末, この室内, この御仁, この思い, この死骸, これからいかなる, これからどうなさろう, これからわが, こんなに多く, こんな凡庸, こんな変, そこで何, その年, その船, それではこの, どういうおつもり, どういうお話, どういう人間, どういう性格, どういう美学, どうおっしゃった, どうしていた, どうしてそれ, どうしてそんな, どうして夜, どうして木の葉, どうして私たち, どうして豆潜水艇, どうする, どうすれ, どうなすった, どうなった, どうなったであろう, どう信じ, どう解け, どう言つて, どのくら, どの見当, どの野郎, どんなうそ, どんなこと, どんなはたらき, どんな仕事, どんな具合い, どんな奇妙, どんな形, どんな方, どんな機, どんな決心, どんな目, どんな者, どんな返事, なぜそうこの, なぜでしたらう, なぜに, なぜ私, にあの, には異様, にデリカ, に一人, に二人共, に人, に元, に叢, に家庭, に小波, に昔話, に立てこめ, に総称, に色彩, に見た, に貴さま, に黒, のちつじ, の庄屋, の様子, はマラリア, ふくれました, をぎらぎら, 全たい何, 北沢事件と, 北沢事件の, 川上機関大尉は, 恋しい人, 抱き乳母, 本当に君, 知り合って

▼ 一番目~ (174, 0.1%)

159 の娘 85 につく 43 では, の弟, 立って 2 が, に据え, の仕事, の女房, の子, の鳥居, は黙阿弥作, 立ったの

1 [108件] から三番目, から二番目, から手品, がピタリ, が依田学海作, が兵隊, が千代萩床下, が女, が好い, が嫩軍記, が根本君, が桜痴居士作, が芝翫, だ, だけに登場, だけ弾い, でそれ, で先づ冒頭, で宗盛, として新作, と二番目, についた, につき, には, には団十郎, には幕, にコップ, に上演, に口, に妲妃, に左団次, に据えられた, に着く, に石川五右衛門, に立つ, に訴訟当事者たち, に鴎外先生, のうち, のお, のお姫様, のでも, のもの, の一子, の人, の会長, の低い, の兄, の分る, の前, の勝負, の吉野川, の同じ, の呼物, の唇形, の問い, の四ツ辻, の四幕目, の地震, の妹, の姉, の嫁様, の嬢さん, の家, の家内, の容疑者, の密室, の小, の幕, の彰義隊, の復活, の息子, の戸, の抽出, の抽斗, の文字, の方, の時, の最, の火, の牧師ア私達親子, の男の子, の眼鏡, の石蓋, の終つた中幕, の絵像, の練習曲, の脚本, の舞台, の落第生, の質問, の車, の道連れ小平, の鈕, はあの, はどうやら, はやはり, は中村宗十郎, は前, は在来, は大阪方, は染五郎, は桜痴居士作, は楠正儀, は開橋式, を, をかけ, 立つの, 貫きの

▼ 一~ (169, 0.1%)

6 である 5 を読んだ 43 に於い, の第

2 [14件] たる, であるが, には彼等, に於, に言うた, は, を作る, を占める, を次ぐ, を記憶, を設け, を読み, を読ん, 第二章

1 [120件] および第, から, からあらわれます, からなる, が, がある, が通例, こくめい, すなわち, ずつまア, ずつを友人たち, ずつコツコツ, ずつ逆, その一, だけな, だけを皆様, であった, でありました, であります, でこれ, です, では, でも, でも申し上げた, で不幸, で簡単, で自分, で読者, としっかり, としなけれ, とだけであり, とは誰, ないし第, なの, に, にうごかし, において茶, におけるアメリカ, につけられ, になした, にはこんな, にもインド, にアドルフ, に二三, に兎の毛, に再, に出, に刑法適用, に十七世紀, に天皇, に挙げた, に政治, に美しい, に記載, に述べた, のつよい, のところ, のない, のはじまり, のみで, の一行目, の一話, の与える, の五ページ, の十一行目, の文意, の末尾, の眞價, の真価, の紙数, の題, はこの, は一言一句, は下女, は主として, は専ら, は本書, は直接孔子, もその, をしずか, をなすべき, をのぞく, をふかく, をチョピリ聴聞, を作らしむ, を加, を加えた, を参照, を口, を味読, を天皇, を平家, を心しずか, を思い出した, を思ひ出し, を思ひ出した, を抽, を拾い上げる, を挿入, を掲げ, を改竄, を春, を暗誦, を書, を書い, を書き改める, を特別, を生じ, を葦手書き, を設ける, を註すべし, を読み出す, を読む, を讀む, を豐隆, を選ぶ, を附し, 又は同第, 第五節, 第六条

▼ 一本道~ (168, 0.1%)

8 である 6 です 4 ですから 3 だ, を歩い 2 だから, なので, になっ, の上, の両側, の町, を想像, を行く, を通っ

1 [126件] がある, がそれ, が名, が田, が通じ, じゃ, すこし餌, その中州, だが, だけに斯, だけを続々, だったから, だと, であった, でありながら, であるけれども, でいけます, でさ, でそうして, ではない, ではなく, でほか, でヤレソレ, で二子, で君, で急, で押し合う, で此方, で私, で行手, で隠れる, とは云っ, など歩い, なの, なら初さんなんど, なん, なんかで会う, にお, にかかる, にさしかかった, にずんずん, になった, には往来, にふたり, にめざした, に原ノ町口, に帰る, に熊谷, に発達, に益, に自分, に草根, に見張り, のつづく, のはずれ, のよう, の他, の兩側, の六間道路, の前方, の天, の小梅, の幅, の提供, の日, の日光街道, の明治湯, の村落, の東側, の横通り, の科学, の突き当たり, の端, の線路, の蒼ざめた空, の街道筋, の附い, はおしまい, はす, は水勢, は近年, は長, へと踵, へ出た, をお茶の水, をこっち, をすこし, をずっとまっすぐ, をその, をたどらなけれ, をたびたび, をだんだん, をば足, をまっすぐ, をゆかね, をゆきました, をよみよみ持っ, をカツ飛, を上つて, を二三町, を倦まず撓まず歩い, を十年一日, を大股, を山の神様, を工場, を思ひ出し, を急い, を振返り, を更に, を椋鳥, を河楊, を真直, を脇目, を行きつ, を覗き, を走る, を車, を辿っ, を辿り続け, を近付い, を雁行, を離れず, を鞭音, を駈, を驀進, 覚えて

▼ 一~ (168, 0.1%)

4 のぼって 3 さがったところ, に至り, の趣 2 の神話, 昇って, 際立って

1 [149件] あがって, あがりながら, あげるのに, おずおずと, おちくぼんだ部屋, おりた, お那珂, かたづいたところ, がなかっ, が甚だ, くだけた歌, さ行変格, じぶん, すぐれたもの, すぐれたやつ, すぐれて, すむと, すれつから, ずつのぼっ, ずつのろのろ, ずつゆっくり, ずつ上る, ずつ位, ずつ念入り, ずつ掘っ, ずつ歩みしめ, ずつ石垣, ずつ素子, ずつ読ん, ずつ開け, ずつ降りる, ずつ階子段, ずつ音, たる絞首行為, だけ狭い, だった, である, では, でも上の者, という風, といふこと, とか伝説的, とも上, などのよう, なども頭, に, にこまやか, にし, になる, にハ行, に至, の元気, の光明, の全文, の力, の努力, の動詞, の希望, の改善, の文字, の水車, の発達, の秋霜烈日, の興味, の艶, の語尾, の進境, の雅致, の風流, の風流気, の飛躍的, は小林多喜二, まさった容姿, まで崩れた, まで潰乱, めだつて, ゆるんで, を作りき, を漢文, を解釈, を謝礼, を讀ん, ノ大, 一段とある, 一段と上りゆく, 一段と暗黒, 一段と降り, 上ると, 下がったまったく, 下がった廊下外, 下がった扱い, 下げる, 下った崖端, 下った書院風, 下った水面, 下って, 下りた, 下りて, 下一段變化, 之事, 儲けついで, 光る美, 劣った婿, 動いた時, 勝って, 勝れた悪, 古い形, 同じく無文白地, 堕した人間, 引き立って, 張り上げたが, 張り上げて, 強めるため, 明るい珈琲店, 深, 片付けたつもり, 登って, 立ちまさったご, 立ち勝って, 第二段, 緩然, 聴いて, 落ちついたので, 落ちて, 語った, 語ったらいい, 語って, 踏む, 躓きながら, 追っ立てる上, 進めた積り, 進めて, 進んだもの, 進んだ船舶用, 進んで, 遠ざかって, 遠のいて, 開き直って, 降ったところが, 降りて, 降りると, 飛び離れて, 高いところ, 高い内陣, 高い地歩, 高い標準, 高い舞台, 高い處, 高める気魄

▼ 一里半~ (163, 0.1%)

7 ばかりにし, もある 4 の道 3 か二里, しかない, にし, の路, ばかり行く, ばかり離れた 2 だ, の丁場, はある, はなれた, ばかりで, ばかり上らなけれ, も沖, も離れ, 歩いて

1 [109件] あまり行け, ある, あるところ, あるな, かね, ぐらいしかない, ぐらいな距離, だった, だつた, ちかくは, で藤橋, で達せられる, ということ, とはいえ, と思ったら, には近い, に羽山島, のところ, の上, の北上川, の坂道, の夜道, の寸法, の山路, の幅, の極, の路のり, の路程, の通い, の通勤, の道のり, の郊外, の間, の霜, はたしかに, はたっぷり, ばかりその, ばかりの六花台, ばかりの劍沢, ばかりの土地, ばかりの小さな, ばかりの所, ばかりの道, ばかりの間, ばかりぶら, ばかりむこう, ばかりも登ります, ばかり上流, ばかり下, ばかり北, ばかり北方, ばかり南方, ばかり参ります, ばかり姉妹, ばかり小川, ばかり東, ばかり東南, ばかり田舎, ばかり登ります, ばかり登る, ばかり芝, ばかり行きます, ばかり行っ, ばかり距, ばかり進ん, ばかり鼻, ほとんど坂落し, ほどある, ほどで, ほどの路, ほどの間, ほどへだてた, ほども手前, ほども登る, ほども降, ほども降っ, ほど下, ほど内海, ほど北, ほど北方, ほど手前, ほど東, ほど距, ほど進む, もあっ, もあります, も下りる, も学校, も有べく, も来た, も来る, も歩かなけれ, も歩んだ, も流れる, も行きます, ゆくと, を越え, を過ぎぬ, 上れば, 下れば, 中愛別, 少し遠い, 程の距離, 程の道, 程の高原地, 程湖水, 第一, 行くと, 行けば

▼ 一カ月~ (161, 0.1%)

6 ばかり前 5 ほど前 4 の間 3 のうち, ばかり後, も前 2 に一度, に七篇, の後, もたて, を経, 程前

1 [125件] あまりいる時分, あまり過ぎた, あるいは二カ月, いや二カ月, おくれの, か六週間, がせいぜい, くらいはほとんど, ぐらいになります, ぐらいの飲み, ぐらい仕事, して, しない中, せっせと豚, その外貌, だけ, だけなら, ちかく滞在, でも二カ月, でも宝, でも宿料, でも注文品, で未亡人, で棒, で越し, とはもたない, とは食えまい, と交際, と前, と経っ, にいっぺん, にしましょう, になっ, にならない, には一カ月, に一分, に一分二朱, に一度位, に二回程度, に五回, に亘ろう, に原稿紙五十枚, のこと, の交際費十八両, の修業, の入院治療, の半ば, の手当, の日, の期限, の生活, の監禁, の社交喫茶勤め, の禁錮, の給料, の苦闘, の身ざんまい, の間仮死, の間雑誌屋, の食費, はいっ, はおくれ, は身動き, は過ぎた, ばかりする, ばかりたっ, ばかりのうち, ばかりのヨハンネス, ばかりの間, ばかりの間筆談, ばかりまえ, ばかりもたった, ばかり下宿, ばかり会わない, ばかり勤め, ばかり女, ばかり山奥, ばかり彼女, ばかり捕手, ばかり暮した, ばかり牛込あたり, ばかり続け, ほどし, ほども平気, ほども烏帽子, ほども看護, ほど癒ら, ほど経ちました, ほど経っ, ほど降り続い, もこの, もする, もた, もたつ, も以前, も休まず, も余裕, も僕, も分らな, も寝, も欠かさず, も米杉, も続けられた, も自分, やそこ, やそこら, をかろうじて, をへだて, を括るべき, を空虚, を要した, を費した, を超, を遊弋, 延びた, 程し, 程寝, 程身, 経った, 経って, 経つと, 繰り上げて, 見ないうち, 遅くした, 食って

▼ 一~ (159, 0.1%)

7 を風靡 2 の子, の時代, の注目, の街, を圧し, を睥睨, を驚倒

1 [138件] およびその, か二世, がオランダ人, がプタ神, がベアトリス, が平定, が死んだ, が王女アン, が登位, その魂, だか, だった明石志賀之助, である位, でさき, とあっ, ということ, といふもの, といふ王様, ともうされる, と仏得力三世, と佛得力三世, と稱, にああ, にあて, にさ, にたいするプロシア, にて第, にもこれ, にもてはやされ, によって建てられ, にローマ, に住む, に冠絶, に名, に嫁, に宣伝, に恩, に悪名, に成功, に擢用, に献上, に秀でた, に附, に雄視, に領地, に高かっ, に高き, の, のこと, のごとき, のため, のオベリスク, の一室, の代, の会計報告, の像, の初め, の剣豪, の力, の命, の墳墓, の大, の夭折, の女, の妻, の娘, の孤児, の孫, の孫菊亭右大臣晴李, の宮廷, の家, の崇敬, の崩, の幽鬼, の建てた, の強盗五右衛門, の思ひ, の恨み, の既往, の楽, の歌, の治世, の流行, の激昂的, の父母, の特派使節, の王朝時代, の知識, の碑, の第, の結合, の耳目, の舞, の英豪, の英雄, の裔, の視聴, の記念塔, の請, の謀叛的, の過失, の頃, はこんな, はギリシア勢力絶滅, はデュプラー, はトリスタン, はラルゴ湖征服, は三本, は剛頑, は大体承諾, は安永元年壬辰, は欧州全土, は灰, は英邁, やリシュリュー, や暴王ジャン, や暴王ジヤン, より五十年許, を圧した, を平, を平に, を押しつけ, を指揮, を掩, を罵り, を聳動, を誤, を謳歌, を讃, を送る, を逆しま, を騒がせた, を驚かした, ノ雄, 之人物, 之雄, 既にプーリア, 第二世

▼ 一空さま~ (157, 0.0%)

3 の顔, はお

2 [13件] がいう, がいった, がお, がその, と木場, なの, のことば, の眼, はこの, はそう, はそれ, はひとり, も木場

1 [125件] からいっ, からお, からふと, があらためて, があんまり, がうけ取った, がきいた, がこれから, がつけ手紙, がつぶやい, がとめた, がふざけ, が何, が冗談, が口, が手, が指さした, が柘植, が相良寛十郎, が立っ, が笑い出さない, が答え, が考えた, が苦し, が見舞い, が通, が金剛寺門前町, が風, だが, だけで, とあの, という人, といっしょ, とお, とならん, にいわせれ, について子供たち, にとってそういう, にとって彼, にもはっきり, によりかかっ, に対するお, のいう, のこころもち, のこと, のそば, のところ, の両手, の噂, の声, の学房, の思った, の態度, の手紙, の用, の眉, の笑い出す, の細い, の肚, の表情, の言, の訪問, の話, の語る, の識, の関心, の額部, はあます, はうち, はきっと, はしばらく, はじつに, はそこ, はその, はその後, はそんな, はつづけ, はにこり, はひとり言, はへん, はむっと, は一人, は一空さ, は下, は伊, は何, は前置き, は剽軽, は周囲, は土間, は子供, は子供たち, は実に, は小石川, は彼ら, は思い出した, は急, は残念そう, は爽, は相良寛十郎, は眼, は笑い, は笑っ, は自分, は若松屋, は諸国, は金剛寺, は門前町, は霞, は鳥獣, もそれ, もときどき, もよろこん, も柘植姓, も磯五, やお, をあがめ, をこちら, をじろじろ, をとらえ, をまじめ, を上座, を見た, を訪れる, を迎えた

▼ 一~ (156, 0.0%)

6 となっ 4 討ちは, 討ちを 3 が, と一騎, の武者 2 がある, のこらず討死, の使い, の若武者, 討ち, 討ちだ

1 [121件] いかにも見事, かかること, か二騎, があった, がどう, が先, が告げ, が命, が来かかった, が砂地, が近寄っ, が追い抜く, が霧, が飛ん, が馬, すぐに, その陣列, だ, だけはとやにわに, だけ秀吉, だった, つづいて, でこれ, です, でそこ, では, でまっ先に, でもある, で加勢, で参加, で大, で急い, で急いだ, で敵将, で柵, で田, で遁走, で野, で陣地, とある川, とて自分, となった, となり, とのたたかい, と引組ん, なの, なので, にただ, にて御, に同心四人, に引受け, に当るべし, に相成, に輦輿, のみ遥か, の人, の人影, の伝令, の使者, の勝負, の器量, の屍, の悍馬, の敵, の早打ち, の早馬, の胡兵, の脱走, の蹄, の郷民, の驕, の魏将, はすでに, はその, はなかなか, は一箭, は二本, は半蔵御門, は反対, は甲冑, は程なく, は黄旗, むらがる城兵, もいない, もない, も余さず討ち取っ, も対岸, も惜しむ, も損じる, やあやあ近く, よく千騎, をうしろ, を切, を待っ, を曹操, を残す, を見つけ, を追いかけ, 先駆け自刃, 去るの, 大長毛, 実にただ, 引っ返して, 心細く落ち給う, 早くに, 真っ逆様, 討ちが, 討ちで, 討ちではな, 討ちに, 討ちまた, 走り去る背ろ姿, 追いかけて, 駈けこれ, 駈けして, 駈けだした, 駈けて, 駈けの, 駈け出た, 駈け勝負, 駈の

▼ 一めん~ (155, 0.0%)

3 にきこえ, に浮んだ, に生え, に見え

2 [12件] から見れ, につけ, にゆきわたっ, に垂れ, に崩れ落ちた, に日, に書籍冊巻, に生え繁り, に立罩め, の燃えがら, の雪, の雷竜だらけ

1 [119件] から考える, が, が暗紫色, けはい, な廊下, な草原, に, にあふれ, にかぶつ, にきらきら, にぎざぎざ, にすみません, にその, につい, にひつそり, にひろ, にひろがっ, にひろがる, にまっ, にアジヤ, に不可思議, に何, に入りみだれ, に出来, に動きだし, に動き出し, に咲き, に咲きみだれ, に咲き揃つて, に地雷, に壜, に大きな, に山吹, に川柳, に彫っ, に拡つて, に朱, に柳, に植わっ, に残された, に残し, に毛氈, に浅, に浮ん, に湿れ, に漲っ, に火, に火だらけ, に烏, に生い茂った, に生えた, に瘤, に白く, に秋, に立ちこめ, に立っ, に立つ, に紅葉, に繁っ, に美しい, に聞えだした, に聞え出した, に聞こえ, に腫れ, に船乗り, に花, に花毛氈, に苔, に草, に草茫茫, に菜の花, に萌え出, に落ち, に落葉, に蔓, に蔓つて, に蔦, に蕾, に見知らない, に貼りめぐらされ, に躍っ, に鈍色, に銭さし, に附い, に附着, に降, に陽炎, に雑草, に雲, に靄, に飛ばし, に飛ん, に高山植物, に黄葉, の, のねえ, のもう, のインク, の土間, の星, の星空, の松林, の死体, の氷, の火, の焔, の田圃, の痘痕, の砂, の芒原, の蘆, の野菜畠, の青田, の麦, の黒斑, の黙々と, はげしい雹, を掩, 青黒い渦

▼ 一時代~ (155, 0.0%)

4 であった, の特色, は一時代 3 に於ける, の芸術, の風俗, を劃する

2 [11件] でつまり, とする, に於, の一国, の民衆, の社会的約束, の習慣, より客観的美, を代表, を経る, を風靡

1 [109件] があります, がついで, が代表, が変っ, が来た, が生れ, が終わった, たつと, だけ後れ, だと, であったこと, であったというも, であるか, で其の, で造り上げた, といふ稍, として通っ, とそして, とは限らず, にあっ, にしか生きられない, につき, にては人知, に十人, に同一, に存在, に就い, に平家文化, に幾人, に数人, に限られない, のこの世, のよう, の人気, の人間, の仕事, の作, の公衆, の劇壇, の国名, の国民思想, の土, の変遷, の夢, の大, の大家, の小説上, の心状, の思潮流行, の悲壮, の政治, の文化相, の文学, の文学活動, の文運, の民族的活動, の民衆的作品, の演劇, の理想, の精神的雰囲気, の経済関係, の芸術運動, の要求, の言語, の説明, の象徴, の部分, の長, の面影, の音韻全般, の風尚, は作者近来, は影, は追憶, まえの, もあった, もあつ, もある, も二時代, も年, より幸福, より次, を, をのりこえ, を作れり, を倶, を劃し, を劃した, を大きく, を工藝, を支配, を未来, を生み出した, を産む, を画した, を画する, を異に, を背景, を震はせる, を顧み, 先んじたるもの, 古いという, 古い頃, 或は一国, 早く起つ, 約七, 約十年, 若き人達, 過ぎて

▼ 一~ (155, 0.0%)

6 ではない

2 [16件] ならざるに, ならざるを, ならず, に, にうなされ, にこの, に上, に塚, に忙しく, に揃つて, に燦, に親切, に露, に青み, のもの, の造り

1 [117件] であつ, であります, でありませぬ, である, であるが, であるだから, でない, でないけれども, でないで, でないと, でないの, でなかつたこと, ではありません, ならざるやを, ならざる如く見ゆるは, ならざれども, ならし, ならずかく, ならずしかして最も, なり, なるべき筈, なるを, なる能, なる限, な向, な毎秒, にあらず, にいふ, にか, にその, にそれら, にそんな, になつ, になつて, には無論, には考へられない, には行かぬ, には言, には論ぜられない, にひき, にふつ, に乾い, に云, に云つて, に仕, に低く, に何, に何處, に動く, に勤めたる, に同, に同意, に向いた, に吹きつける, に味つて, に嘲笑, に塗り潰され, に大戸, に尊敬, に平, に情ない, に扱, に振返, に推移, に春三郎, に時間的, に期待, に樫, に武者修業, に死ぬ, に沖, に温かい, に濕, に灰色, に生, に白色, に眞, に着け, に知れる, に立ち, に筑紫, に羽搏, に考へ, に聲, に自分, に色, に若し, に茂つた三四町, に荒れ, に菅, に薄らげり, に薄暮, に褪め, に解釋, に鎌首, に降らざる, に雀色, に露けく, に靡き, に顏, に食慾, に饑, に鮮, に黒塊, のこと, のそれ, の事, の人, の君主, の山, の搦手, の服裝, の灰色, の盜人, の趣味, の辭典, の附會

▼ 一~ (155, 0.0%)

38 では 5 と第 4 の第 3 から現われ, には 2 からのもの, から取られた, である, にはない, の文, の記述, を出し, を出す, を基礎

1 [84件] から, からある, からのかなり, からの文, からの書き写しである, から始まる, から福永書店, がそろそろ, が出た, が現れる, で持っ, というの, とそれ, との関係, とピット政府, と号, なの, なんで, にある, においては, においてはこの, においてはより, においては若干, におけるよう, におけるゴドウィン批判, における右, における牧畜状態, についてはこれ, にはこれ, には次, にも明か, にも第, に南米熱地産, に存したる, に数, に比し, に注意, に若干加筆, に見られる, に解説, に認めなかった, のこの, のでた, のみに掲載, の主たる, の冒頭, の出版, の分, の削除, の原稿〆切, の右, の巻首, の序, の成功, の最も, の望外, の直接目標, の社会的意義, の総括的記述, の締切, の締切時間, の英蘭, の試論的性質, の購買者, はすさまじい, は一六九五, は今, は以上, は匿名, は社会思想史上, も完全, より, より共通, を一八七九年, を何部, を公, を出した, を抛り出し, を熟読, を著す, を買っ, を重, 第一分冊, 第七章

▼ 一~ (154, 0.0%)

5 である 3 の苦痛, も二倍, 長くし 2 きかぬ気, です, に騒ぎ立てる, の興味, の雄大さ, 悲しんで, 深く親方

1 [126件] えらい, えらい天才, おそろしい氷雪, おもしろがる, お綺麗, から三十五倍, きびしいまま, けたたましく軋り, このお, ざわめきながら, しみじみと, すなわち百法, その時図体, その機密, だが, だった, だったから, だったろう, で, でございます, でそう, でとうとう, で人さま, で彼, としても千五百萬兩, とチューブ老人, と一割八分強, と大きな, と好み, と尾ヒレ, と広く, と注意, と見える, にし, にその, に侘しい, に強かっ, に強く, に濃かっ, に貯え, に騷, のおかし, のそそっかし, の不敬, の仕事, の伊達者, の信念, の充実, の冷静さ, の力, の努力, の勇氣, の勢力, の報酬, の天狗, の広大, の強味, の意欲, の意義, の憎しみ, の気苦労, の美し, の苦, の苦労, の角度, の賑, の頭, ひがみが, ひくい声, ました何, まじりと, むし暑かった, もきき, ものすごい響き, も伸び, も高い, やかましく鉋, よく耳, 働く人, 冴えて, 冴える頭, 凄くなった, 凄くなります, 凄く見える, 勝れて, 増して, 多かったり, 大きくした, 大きくなっ, 大きくなった, 大きく少い髪, 大きく腹蔵, 大きく見える, 嬉しくなっ, 寒がる, 寒く感ずる, 強い, 強い程度, 強かった, 強くうけ, 強く感じます, 強く見せ, 強く見せよう, 思ふ存分, 怠るなよ, 悪い, 愛された祖父, 感じやすい, 振り立てて, 早く, 暗い式台, 気むずかしくなっ, 深くなっ, 滅入った声, 澄んで, 細くし, 美しく見えた, 肯かぬ気象, 興味深く読み覚え, 苦しうございました, 萎れて, 酷いだらう, 長くしました, 青ざめて, 食べてるのよ, 高うなる

▼ 一~ (154, 0.0%)

24 の記 17 を構え 10 を構 8 を構えた 4 を持つ 3 の主 2 のうち, の主人, の旧家, をかまえ, を借り, を持っ, を支え, を構える

1 [72件] あり, あるきり, ある裏切者, から一人, から一人づゝ, から一人二人, から一銭, があった, が一年, が不安, が文久元年二十七歳, が明い, ずつ同居, だけ残っ, だて, です, で店, で行脚托鉢, として昔, として燈籠, などに今, ならず十数戸, にすぎない, につき平均五千株, につき桑圃, にはこの, にまあたらしい, に二十俵, に付此, に別れた, に少く, のこらず立上り, のパチンコ屋, の亭主, の体, の内, の印章店, の家, の寒亭, の小屋, の市街地, の戸数, の方, の旦那, の温泉宿, の薬店, の部落, はさておき, は商会, は坂田郡, は美濃, ばかりの横浜, へ抜ける, もない, もなかっ, や二戸, をかまえた, をたて, をなし, を借りう, を建て, を成した, を持ち, を搆, を構えたい, を構え上品, を江戸, を減じた, を築き, を賜, 構えてる話, 直蔵君

▼ 一思い~ (150, 0.0%)

65 に死ん 4 に死んだ, に殺し 3 に殺す

2 [12件] にあの, にお, にそう, に九州, に切っ, に木馬, に死ぬ, に焼い, に突き刺し得る, に絞め殺し, に自分, に身

1 [104件] だ, だよ, でござるな, でも僕, で狂死, にがばと, にここ, にこっち, にこの, にさしたい, にさむ, にしめつけ, にその, にと剣, にのど笛, にやつ, にやめよう, にやる, にグッ, にドブン, にネネ, にハキ, にブチ, にワッ, に一命, に三人, に事実, に二人, に云っ, に仁王門, に今, に仕止められたら, に体, に出ない, に刃, に割腹, に匕首, に命, に夫婦, に奈良原さん, に奈落, に好男子, に安心, に実生活, に屠殺, に川, に左足, に引きたおし, に引剥, に彼奴, に思い切っちゃう, に打ち壊し, に打明け, に抜こう, に捻り潰し, に放擲, に斬られ, に新しい, に楽, に正直, に死なし, に死にたい, に死にたくなる, に死にとうございます, に死ねたら, に死ねる, に死のう, に殺さ, に殺され, に殺してたもる, に殺られたら, に殺れ, に殺害, に泣きたくなった, に海, に潔く, に潰れる, に激しく, に火, に煽っ, に猪口, に皆, に目, に相手, に眠らし, に眠らしちまった, に破られ, に粉砕, に結婚, に絵巻物, に締め殺し, に義明, に腹, に自殺, に花やか, に苦しませない, に解決, に言, に離別, に飛びこん, に飛び去りたくなる, に飛び越す, に飲まし, に馬

▼ 一廻り~ (149, 0.0%)

66 して 5 すると 4 した, してから 3 廻って 2 しました, しますと, 見て, 踊っては

1 [59件] くるりと, したいやう, したが, したそう, したついで, したという, したの, したわけ, した主, した処, した後, した頃, しちゃおうじゃあ, しては, し戻って, する, するだけ, するだけでも, するだけに, するの, するもの, する度, する積り, する間, すれば, すんだ頃, ずつ附近, せんと, その辺, だけ回っ, というの, と生, と生意気, に大通, の上, もせず, も上, も二廻り, ゆるりと, をし, をする, 上って, 大きい太鼓判, 大きくなった, 大きく全体, 大きく描く, 大きな男, 小さい新しい乳房, 小さく見える, 巡って, 廻った, 廻れ, 廻れや, 待つ人, 振廻して, 歩いて, 直ぐに, 睨め廻した, 見廻して

▼ 一日二日~ (148, 0.0%)

4 して, のうち, の間 3 たつと, と待たれぬ 2 と経つ, と見る, と過ぎ, と過ぎる, と過し

1 [120件] あるいは三日五日, あるか, おいた方, この島, しか余っ, そのままに, たったと, たてば, だと, ついほだされ, つひほだされて, でちよ, でない四, でニセ, で十日, で帰つて, で治っ, で通過, とある, とあわただしい, とする, とたつ, と中, と参籠, と家主さん, と延ばし, と延びる, と愚圖, と打ち過ぎぬ, と日, と立つ, と経っ, と經, と進みました, と過ぎた, と過ぎ行きぬ, と過す, と雨, どつち, ないし五日, なら病気, なりとも, にかけて労働者側, の, のあいだ冬, のご, のその, のところ暇, の両日, の中, の仕事, の休み場, の処, の外泊, の夜, の巡遊, の後, の後夏, の接待, の旅, の私, の絶食, の見物, の辛抱何, は, はこの, はその, はつい, はどう, はよかつ, はよろしい, はゼスチュア遊び, はヤス子さん, は凌げるだ, は大, は好い, は宿, は少し, は平気, は態と, は晴れたれ, は生き延びる, は考えました, は耳, は腑抜け, は講中, は身動き, は部屋, は静か, は馴れた, まえ下女, もいる, ゆっくり横, より爲, を争, ウロウロした, 交わって, 休んで, 入れずに, 全く考え込ん, 別れたとて, 取調べられるであろう, 呼ばれて, 居って, 居るうち, 延して, 延ばされるの, 延びても, 強い雨, 待って, 待つて, 怠けて, 或は三日五日, 手伝って, 放って, 泊ること, 経て, 置くと, 考えさせて, 遅れるという

▼ 一その~ (146, 0.0%)

3 粘土の 2 こと加計町の, こと靴磨に, 徳利にも, 方が, 時の, 肉は, 頃の

1 [129件] おめ, お役人衆, ことこの, こと何もかも, こと保姆と, こと保姆にな, こと僕が, こと夕立が, こと自殺した, こと誰かに, ために, つつましいたのしさ, ほうが, ほうごとき, ような, わだかまりの, アッペル何とか, カサの, ハアロウ号の, ピアノだ, 一年の, 一言は, 上で, 上を, 上落着い, 中から, 中男は, 事絶交し, 人々の, 人影そのものの, 人物の, 仙太郎老が, 侍が, 兄哥を, 区別が, 博士夫人に対する, 口を, 口実も, 吉さという, 名称から, 咄嗟の, 因業そうな, 在処を, 場合その, 夜部屋へ, 妹が, 娘さんの, 婦人の, 宗山が, 室の, 小鼻の, 年増振りの, 後藤先生に, 御武家, 心配を, 必要も, 手紙には, 手続だけでも, 文章から, 斬り手, 新造なんざ名から, 方は, 方を, 方屋敷内の, 日清戦争の, 時は, 時代に, 時代には, 暇が, 會話が, 札が, 棒紅で, 次は, 歌調が, 母娘の, 浴衣は, 清らかな, 煙草屋に, 牛乳屋なる, 玉が, 王女は, 理想主義第, 生活力に, 生立, 男が, 當時已に, 目つきが, 目方の, 相手欲しい, 眼つきから, 秀吉も, 科学哲学宗教芸術等に, 科目が, 種の, 筋を, 筒の, 絵の, 絵巻物を, 縁の, 繁殖力が, 翌日, 聡明らし, 聲の, 臭ひ, 舞台が, 芝居を, 菓子を, 親という, 話が, 話は, 話を, 語学の, 論説部員は, 謎を, 邊に, 野菜なり, 量見, 金三郎の, 鉄太郎が, 霊を, 青年が, 音調が, 領土を, 頭が, 頭を, 顏に, 香気に, 鬢が, 鸚鵡なる

▼ 一こと~ (143, 0.0%)

7 ももの 6 も口, 言って 5 でも 4 も物 3 も言葉 2 おっしゃって, だった, でもいい, も言わなかった, 云って

1 [102件] いいさえ, いうと, いうにも, いう度, おことわり, お恨み, が彼, きくごと, くぎりながら, くらいあっ, ぐらいしか口, ぐらい聞き取れる, ことわって, ささやいた, そう言う, その少女, たのむと, だけ, だけだ, だけにつながっ, だけ言っ, だけ言つて, だっていわれた, だってそれ, だってわかっ, だって書い, だって服, であった, でいい, でもおだやか, でドア, でハイッ, で云, で早く, で言, で言おう, というもの, にも注意, によって一つ, による, のい, のうち, のほか, の弁解, の言葉, の謝辭, は枯れじ, は非常, もいう, もいわず, もいわせない, もいわない, もいわれ, もことわり, もしゃべらぬ, もなんにも, もわからない, も云, も云はず, も云わない, も何, も兄, も分らず, も彼女, も申さない, も答えなかった, も聞き取れませんでした, も聴き取れない, も返事, をつきせぬ, をはっきり, を吐き出す, を繰返す, 云う, 云うと, 云った, 仰言, 伺いたいこと, 低いが, 低くおっしゃっ, 教えて, 書いて, 書き加えて, 欠けて, 申しました, 聞いただけで, 言い, 言いたいこと, 言いたくって, 言いだしたらまるで, 言いました, 言い出せば, 言い返した, 言う, 言った, 言ったが, 言ったきり, 言わずには, 言わなかったの, 話しかけたく苦慮, 述べさせて, 附け加えた

▼ 一~ (143, 0.0%)

5 の土地 4 や二坪 3 の店, の庭, ほどのせまい

2 [14件] か二坪, にも足らぬ, に足らぬ, の地所, の家, の板の間, ばかりの土地, ばかりの庭, ばかりの鏡, ばかり花壇, ほどのひろ, もない, もなかつた, 程の土間

1 [97件] あるなし, から開墾, か半, くらいの地面, くらいの小さい, くらいの扇型, ぐらいの穴, しかない, たらずの, たりと, だから, だけのもと, だってウヌ, であるが, ですよ, でもそこ, で三四十円, なくとも, には足らぬ, にも足らない, に一本位, に二, に二株, に凡三, に千三十二枚, に家, に対して三人, に足らぬ腐れた, に足りない, のまわり, の価, の厨, の地面, の墓地, の売価五千ドル, の大き, の平地, の広, の泉水, の焼, の焼け土, の物, の物置, の田畑, の畑, の畳, の菜園, の部屋, の青, は六尺五寸平方, ばかりの, ばかりのし, ばかりの円形, ばかりの処, ばかりの台所, ばかりの地盤, ばかりの広, ばかりの座敷, ばかりの板壁, ばかりの水, ばかりの花, ばかり凸凹, ばかり寒, ばかり庭, ばかり波, へ送られる, ほどな, ほどの何ひとつ植, ほどの台所, ほどの土, ほどの地面, ほどの小, ほどの小さな, ほどの小屋, ほどの床, ほどの待合室, ほどの掛小屋, ほどの水たまり, ほどの水溜り, ほどの池, ほどの祭壇, ほどの窓, ほどばかりが白い, もふれ, も持っ, を六尺三寸平方, を整理, を要する, 即ち一間四方, 合せて, 掃けば, 程に切り展, 程の小さな, 程の平ら, 程の火, 買って, 足らぬ板の間

▼ 一~ (142, 0.0%)

20 の椅子 10 の机 6 の足, 置いて 5 の卓子 4 のテーブル, のベンチ 3 の卓 2 あって, が女, すえて, に腰, の塗机, ぽつんと置かれ, を上流, を張つて他

1 [68件] あった, あまりひろく, あり, あるだけ, が小石, しかなかつた, すら売飛ばせる, その上, それに私, だけ離れ, で, であ, とその, と椅子, どうにか無理やり, なり, に, にならん, には数冊, に三四人, に大, に案内, に機関, のいす, のいつも, のこわれかかった, のロッキングチェア, の丸卓子, の事務机, の大きな, の女, の小, の方, の曲, の椅子テーブル, の槲, の竹倚, の籐, の籐椅子, の経机, の肘掛椅子, の脇息, の腰かけ, の腰掛, の藁椅子, の踏む, の長椅子, は壁, は少し, は左, は床, は豫期, まるで忘れられた, もない, をすえ, を土台, を引き寄せ, を懸けられ, を新婦, を曲げ, を隣家, 倒れて, 傷つけたて, 出して, 据えたその, 据え付けて, 買って, 踏み出そうとして

▼ 一メートル~ (139, 0.0%)

15 もある 3 のところ, の近, の長 2 の場合, の標準尺度, の深, の溝川, ばかりのところ, ばかりの長い, ほどのところ, ほどの深, ほどもある, も前進

1 [95件] あまりほりすすむ, ある顔, から二メートル, から十メートル位, が北, くらいしかつもらない, くらいつもった, くらい下, くらい火口附近, ぐらい, ぐらいあった, ぐらいしかない, ぐらいのおわん, ぐらいのごく, ぐらいのぼる, ぐらいのもの, ぐらいの正覚坊, ぐらいの竹切れ, ぐらいの長, ぐらいの高, ぐらい堆積, じゃア, だから, ちかい穴, ちかくも, であった, という長, とか一グラム, とその, と書い, ならその, にちかく, になった, になりました, に三メートル, に二百フラン, に及ぶ, に黒土, のとき, のところが, の三角点, の先生, の四角, の土堤, の孔, の尺度, の山, の海中, の点, の物差, の秘書氏, はあったろう, はある, ばかりあいた, ばかりさき, ばかりに見えた, ばかりの近, ばかりの金属光沢, ばかりの長方三角形, ばかりの高, ばかりもある, ばかりも高く, ばかり上, ばかり伸び, ばかり空中, ほどになった, ほどのはば, ほどのまぢか, ほどのまるい, ほどの一寸法師, ほどの丸い, ほどの厚い, ほどの大きな, ほどの床, ほどの近, ほどの降, ほどもとびあがった, ほども飛び上った, ほど前, ほど横, までの深, もあっ, もあつい, もあり, もありゃしない, もあろう, もはなれた, も出, も外, も深, よりすこし, 太さ五センチ, 現政府, 程短い, 高くと

▼ 一ヶ所~ (138, 0.0%)

3 では 2 だけかな, は一人, や二ヶ所

1 [129件] あった, あります, あります僕, あるといふ, からくる, がたいへん, が露, ぐらいあなた, この部落, ご分割, しかない, しかなかっ, そのほか燈籠, その中央, それから右, たたき潰したため, だけしっかり, だけに泥, だけガラス, だけ主人, だけ例えば, だけ善光寺, だけ恐らく, だけ拵え, だけ済んだ, だけ目, だけ薄, だけ血潮, だけ見逃した, だと, であった, であつ, であります, であるが, であるの, でもあろう, でも不合理, で多量, で止め, で畜生, で間, と云っ, と成った, などは四尺, にいかめしい, にかたまっ, にても見付かりました, には秋子さん, にふと, にまとめた, にまとめられた, にアンダーライン, に三, に動かずにじつ, に四五人, に埃, に埋け, に張り出た, に恐しい, に水, に決して, に留ま, に留まっ, に祠, に穴, に空しい, に納まっ, に群在, に野良犬, に鍵, に関係, に限られた, に集まっ, に集まる, に集め移す, に集中, に頭, に食ひつ, のほか, の外, の多き, の日当り, の美的装飾, はやや, はノド笛, はプウレット, は今上, は多勢潜伏, は多数潜伏, は小さく, は神代巻, は腹, は谷中, は開け, へ茫然, めらめらと, もない, もなく, も受け, も変っ, も變つて, や二ヶ所位, より出, をなで, を以て数名, を束ねた, を穴, を見つめ, を見つめない, を見立て, を貫かれ, を開け, ピッタリ一致, ヲ限リ, 凄まじい血潮, 又は二ヶ所, 太き錐, 少し土, 探り当てた, 擦剥きました処, 気に入らないと, 甚だ雑然, 甚だ雜然, 目覚しい看板, 破れて, 見つかりました, 見つけたん, 覗けば, 開いて

▼ 一この~ (137, 0.0%)

3 家は 2 ような, ように, 俺が, 刀が, 男が, 男は, 私が

1 [120件] ありさま, お家妾の, お寺の, お方の, かんざし, たてつづけの, ままで, まま船から, わたしが, ギヤマンな, ジャンガラ星を, ビラシャラが, 中に, 中の, 九月十三日の, 事が, 人は, 人数だ, 仕事も, 会津地方には, 作者小山いと子が, 侍從武官は, 僕に, 先生き, 光りかた, 写真が, 凡夫所造の, 制度の, 古代帛を, 句では, 国では, 坊主頭にて, 場で, 夜中に, 大芝居, 大衆は, 女が, 女は, 妹に, 子の, 家に, 家の, 寂しげな, 寒いのに, 寒空死に, 将棋を, 小册子, 小屋の, 小柄だ, 島には, 巡査には, 左樣然らばの, 年の, 庭に, 弾丸道路で, 御人, 忠告を, 憂愁は, 懸賞には, 戦に, 手紙に, 挙国一致が, 映画を, 時太陽は, 暑さ, 書を, 村の, 村は, 村へ, 松島正五郎, 森林の, 歌に, 武家の, 死にかた, 殺人光線灯が, 水独楽が, 現象と, 番付から, 疝に, 病棟患者十五名ほどの, 百合の, 着物や, 着物を, 石は, 祈り方は, 私に, 私自身が, 穴は, 箱が, 絵馬には, 緑素の, 罪も, 罷業は, 肉付きが, 胆吹山へ, 胸に, 腕が, 腕環は, 膝の, 自分が, 船底無線電信室という, 船長が, 草紙の, 薄い膜, 角の, 話は, 認識は, 谷を, 足は, 辺に, 辺の, 通りの, 通りピンピン, 部屋は, 隙間の, 頭巾は, 飛空機は, 馬が, 馬と, 鴻山に

▼ 一~ (137, 0.0%)

5 も損 4 も見えなかった 3 もいなかった 2 まで, もあれ, もいない, もおりませぬ, もない, も見えません, も見ない

1 [111件] が, がある, がその, が来, が槍, が駈け, たりとあ, たりとおろそか, たりとも信長, たりとも大事, たりとも敵, たりとも病人, たりとも秀吉, たりと内, たりと徒ら, たりと既定, たりと生き, だったらこの, だに見当らない, だ世間, ての, でいる, でしかございませぬ, でもと御, でもよけい, でも失う, でも惜しむ, でも損じ, といえ, として従軍, として藤吉郎, にまで沁み徹っ, のこらずを, のこらず何処, のこらず屠って, のこらず殲滅, のこらず水路, のこらず討ち殺した, の姿, の影, の手, の援, の敵, の敵影, の旗, の来援, の生態, の足, の降, は, はありのまま, は敵, は附近, まだここ, まで一兵, まで戦術, もあと, もあまさず, もいなくなった, もうごかす, もおらん, もおりません, もなかっ, もなく, もなくなった, ものこさず蹴ちらし, ものこらず, ものこらずかくれた, も伴わず, も余さず, も余す, も侵入, も入れた, も出さない, も出さなかった, も前, も加勢, も召集, も台下, も城, も影, も打って出ず, も持たない, も持っ, も損ぜず, も損ぜなかった, も来, も残さぬ, も残し, も用いず, も破らぬ, も私, も置き残し, も補充, も見あたらぬ, も見えない, も見た, も討ち余す, も退い, をも使用, をも損, をも損ぜず, を加え得せしめ, を動かす, を呼ん, を捕え, を損, を見ない, を視, を進めずし, 叫ばず曠野

▼ 一~ (137, 0.0%)

17 の本 3 も持つ 2 と筑摩, の小さな, の書物, は, 引つこ拔

1 [107件] あれば, からの拔萃, から一篇づつ拔, か二册, がある, がこの, がこれ, がその, が備, が印刷, が無事, が發見, が葛卷義敏, しか自由, しか見えなかつた, ずつ読んだ, だけである, だけ讀ん, だつたかと, だつて初め, だツ, である, でたくさん, とした, としてこの, とする, となり, となれ, と弘化嘉永間, どうかする, ないの, なん, にし, にする, になつて, にまとめ, にまとめおくおかざる, にも値しない, にコツピー, に出, に半分, に書き止められ, に無, に纏め, に纏めた, に纒め, に輯め, に集つたの, に集め, のうち, の原書, の參考書, の古びた, の史書, の單行歌集, の地歴, の基調, の小説, の帳面, の手帳, の書物位, の木版本, の標題, の洋書, の繪本, の著述さ, の診, の詩集, の過, の雜誌, の頁, はたしか, はふられ, はもちろん, は何頁, は厨川白村, は彼, は現に, は葛卷, ひろげられて, もありません, もなく, も本, も賣れ, より二册目, らしい, を, を何處, を分け, を占める, を引き出し, を引つこ, を引抜い, を手, を書きあげる, を編んだ, を自分, を自分自身, を見, 下すつたもの, 出せたきり, 持ち込んで, 持つて, 無いから, 載せたばかりの, 送つて批評, 開けて

▼ 一握り~ (135, 0.0%)

5 の土, の塩 4 の人々, の砂, の雪 3 の灰, 掴んで 2 にした, の人家, の人間, の少数者, の白い, の草, の青年, 持つて

1 [91件] かを持っ, か二握り, が多少, しかない, して, すると, するや, ずつ生え, だけ逆立った, つかまれて, つかんで, つまみ上げた, で潰し, にかた, にかたまった, にされた, にならない, に握りつぶし, のえん, のつぶ, のほこり, のチョコレート, の人たち, の人数, の兵員, の兵数, の分量宛, の卓布, の塩噌, の多寡, の大, の婦人, の婦人代議士, の小石, の左翼, の思慮分別, の懷紙, の手紙, の支配, の新, の机上, の束, の枯れ枝, の椋, の権力, の横着非道, の泥, の湯渋, の物種, の特権者, の特権者たち, の狭い, の盛り塩, の知識人, の稗, の米, の粟, の紅葉, の肥料, の自由, の菓子, の貨幣, の進歩的大名, の銀末, の需要, の青草, の餅米, の髪, の麦粒, の黄金, の黍, の黒髪, ばかりの豌豆, ほどの小さ, ほどの小岩, ほどの雑魚, ほどグッ, ほど吐い, ほど振かけ, ほど粥, もある, や一夕, を口, を鶏, 切ろうと, 取り上げ指, 取り出して, 採った, 握って, 程の碌米, 程の頭髪

▼ 一箇所~ (134, 0.0%)

4 では 3 もない 2 だけおれ, だけは開い, だけ手, の弱点, をぽつんと, 長さ三寸

1 [115件] ある, かすり傷, から火, から直す, から繰り出され, がありました, がどうも, しかなかっ, しか無い, ずつある, ずつ丁寧, だけ, だけそれ, だけに限られ, だけは, だけ事実, だけ大切, だけ左, だけ掃い, だけ日本文, だけ聴き分けられる, だけ苔, だけ開けられる, であります, でしかも, ですん, でたゆたい, でひどく, でもあろう, でも火災, で奇妙, で遣て, といふ真際, と思い, と肩, においては彼, にしか, にちら, につき八十人宛, になつたの, にまとめ, に上陸, に人間, に凹み, に圧迫骨折, に往く, に押, に於, に木, に止まらず, に止まり, に浮ぶ, に留まっ, に眼, に石, に立っ, に立とう, に纏め, に纏める, に自分, に落ち, に薄い, に血, に鋭い, に集中, のなめらか, のみに収容, の割合, の岩, の弱, の斑点, の方, の東京出版, の神経細胞, の突き傷, の窓丈, の缺, の衆生, の被害, の觀測, の風穴, は房州, は断ってない, は旧版, は都合, ぱらぱらと, へ寄せ集めた, へ炉, ほの暗い灯明皿, みつかった, もありません, も天満宮, や二箇所, をみつめ, をゆびさした, を三浦君, を指さしました, を指し, を撮ん, を見つめる, を読んだ, を踏みつけた, を選ん, を重ね, 出て, 参れば, 大きい寺, 好い緑蔭, 小さい穴, 明いて, 深さ四寸, 踊れるところ, 長さ一寸, 長さ一寸五分, 長さ二寸

▼ 一たん~ (133, 0.0%)

2 こうと, の過ち, は山, は根, 乗り出したと, 引きました

1 [121件] あきらめかけた所, あの様, あの猿, あの男, いい出して, うけあった以上, お働きかけ, かくれても, かけて, この地, この寮, こぼれ出したと, ご装束, さっと柵, しずみしばらく, そういう目的, そうしたもの, そうした心理, そう思い込め, その母, その飽満点, そんな想い, とけだした, とめた足, にふとい, の人生, の利, の勝利, の嚇怒, の怒, の憤りはなすであろう, の昏絶, の汚名, の盟い, の過, の離別, の離反, はお, はおれ, はお断り, はずかずか, はずれた, はぜひ, はそう, はその, はたしかに, ははっと, は口, は和解成つて, は国中, は家, は強襲, は思い断った, は恭一, は承諾, は是非, は暗い, は眼, は立ちどまった, は臥床, は自分, は自害, は逃げ出そう, は静まつ, は非常, ひきあげる外, むす子, を掴ん, 云いはったらテコ, 云い出した希望, 仰せ出された儀, 別れること, 印された, 収め全, 吃ると, 向けられると, 吹き出すと, 噛みしめて, 坐りかけたが, 失った視力, 宿ったかぎり, 引きかえす川, 引っくら, 引込んで, 張り上げた持ち前, 御復命, 思ひ立つと, 惚れたら全部, 戻ります, 握ったらぎゅっと, 斬られた尾, 明るくなった, 歓びます, 止めた谷川, 死んだもの, 死んだ者, 死んで, 気がついて, 治まった喘息, 浮いて, 浮かしかけた腰, 消えて, 渡りかけた多摩川, 白いエナメル, 目ざめたと, 知ったらお, 窪みやがて, 立ち止ったが, 終わったが, 落した女形, 行って, 見まいと, 覚え込んだら忘れぬもの, 言い出した以上, 訣れて, 買切った以上, 起しかけた体, 釣り上げかけて, 飛出したら最後, 飛散った腰元達, 黄色くなつたら

▼ 一という~ (133, 0.0%)

7 のは 5 のが 4 ことに, 死亡率に 3 ことを, 出生の 2 ことが, ような, ように, 名は

1 [99件] あまり男臭く, いやにこまかい, ことである, ことでなけれ, ことは, ことも, この脱漏, たいへん小さい, ところ最も, のだ, ので, のです, のも, のを, びわ法師が, もので, ものを, やつが, やつで, わけだ, んだ, バアトン氏の, ヤクザな, ロンドンの, 事である, 事も, 値が, 僧は, 優勢が, 先生まで, 児が, 出生率を, 割合だった, 名を, 名刺には, 場合に, 場所である, 奴さ, 子は, 字であっ, 字の, 字も, 小さいもの, 小さい粒々, 小さなもの, 小勢, 小坊主をさえ, 小間物屋が, 巴里旅館の, 平均死亡率とは, 年の, 年結婚の, 座頭なども, 弁証法的な, 微細な, 息子が, 想像も, 敏腕な, 数字は, 数字を, 数学と, 新宿の, 末姫が, 条件が, 極めて異常, 極微の, 様な, 歳を, 死亡率が, 死亡率は, 死亡率や, 比率で, 比率を, 沽券に, 珍草である, 現在の, 現状は, 理解し得ない, 田舎で, 男, 男の子も, 男は, 目通り周囲四丈三尺すなわち, 程度の, 立場から, 背水の, 落ち果てた, 言葉も, 記録だった, 財産が, 赤ん坊の, 越ヶ谷の, 造幣価格で, 遅い御, 鋼鉄の, 青年は, 順に, 高率であった, 鳥を

▼ 一人旅~ (132, 0.0%)

5 をし 4 の者 3 だ, の男, の身, をなさる 2 して, だと, であった, で汽車, に今朝, の夜汽車, の姿, の旅宿, はさぞ, をする

1 [91件] うき世, から私達, がどんなに, が多い, が好き, さえできれ, する若い, する身, であったから, であったが, である場合, ではこんなに, ではございます, ではなかっ, で山神, で消え, で言葉, で話し相手, で逢い, で連, ということ, というやつ, という姿, とお, としての目的, となった, とは違い, と云っ, と見せかけ, にお, につい, には一番, にひけ, に出, に出る, に出立, に慣れ, に送り出した, のさすらい, のつれづれ, のよう, の三十, の中年, の事, の味気, の奥山家, の女, の子供, の客, の寂し, の山道, の心, の心安, の悲し, の憂さ晴らし, の或, の旅客, の木賃宿, の氣樂さ, の浪人風, の無聊, の異変, の私, の若者, の苦労, の苦勞, はいけない, はさせられない, はなりかねる, は不思議, は何, は安全, は本当に, は極, は無理, は良い, は飛脚, へ彼女, よりも四人, よりも気, らしい, をされ, をせね, をつづけ, をなされた, を一度, を偶, を続け, 御同行, 殊に何処, 疲れたであろう

▼ 一~ (132, 0.0%)

8 の間 3 を送つた, を過し

2 [12件] かかって, ぐらい誰, のうち, を友, を叔父, を暮した, を私, を送った, を送り, を送る, を過ごす, 暮して

1 [94件] いて, お貸し, か, かかった仕事, から秋, かれは, が多少, が激しい, くらしました, ぐらいおった, しや, そのころ, だけも幾, ではあった, でも雷, で日光, で銀座, と一冬, に一度, に三度, に儲け, に十, に登り得る, の予定, の感傷, の日, の暑熱, の温泉宿, の無駄, の留守居, の間花, の食料, は, はお父さん, はここ, は一人旅, は君独り, は暑, は涼しく, は熱い, まいりまして, もある, もあわただしく, もたって, も向, ゐるうち, をいかに, をお, をおくった, をすごした, をすごす, を其処, を国府津, を國府津, を姉, を山形, を悲劇, を暮し, を東海道三島, を楽しく, を消する, を無為, を紅い, を終らぬ, を茅, を越し, を送らせ, を送りたい, を送れ, を送ろう, を過ごした, を過した, を過しました, を郊外, を郷里, を都会, を顧, を鳴き, を麓, 休むと, 借りたの, 借りて, 全く遊ばせ, 暮したの, 暮した時, 暮しましたが, 暮らして, 置いて, 行って, 送ったら暑い暑い, 過ぎると, 過したお, 過したの, 過そうじゃ

▼ 一晩中~ (132, 0.0%)

6 まんじりとも 4 寝ずに, 考えて 2 よみ続けました, 働かされる, 泣きとおした, 眠らずに, 考えました, 荒れ狂った, 語りあかして

1 [104件] あの女, あばれて, いそがしく往来, いや二晩, いろいろ理屈, うすい蒲団, うつらうつらと, うなって, うねる大波, うろついたが, か, がんばって, くっ付いて, くらいはかかっ, ぐるぐる廻, こうして歩い, こごんで, このお玉, この九四歩, ころころかさかさ石かけ, こんな車, すごしたほど, そこで絃, そして夜, そして朝, そのこと, そのアパート, その老婆, その辺, そんな類, だもの, つづいて, でも坐りこむ, でも泣き明かす, でも飲む, ともされて, とも思われる, ながめて, に鬼瓦, ねむれなかった, ねもしない, ねられやしませんでしたよ, のべつ, ばたばた鳴っ, ふるえて, べちゃべちゃ, ぽかんと眼球, みて, やったり, よんで, イライラした, ウロウロし, 凄い月, 凍てた土, 取持って, 吸わねば, 吹かしつづけ換気, 啼いて, 啼くそれ, 坐ったまんま, 坐つたまま, 坐りこまれるん, 坐りつづけて, 寝ずにも, 寝ないで, 帰らない日, 弱らされた, 思いだせなかったという, 思い出し考え, 思い続けて, 掛って, 書いては, 止まないで, 歩いても, 歩く, 歩くと, 泣いた, 泣きとおしたので, 泣きながら, 泣き明かして, 泣き明かすの, 泣き続けに, 泳ぎつづけても, 流れて, 漕いだ, 眠らずじまい, 眠ること, 眠れなかったろう, 睡らなかった, 立って, 考えた末, 考へて, 聞いて, 見てた, 起きてでも, 踊り抜くという, 逃げまわった, 飛んで, 飲んだくれの, 駆け廻っても, 騒いで, 魘されて, 鳴くの, 黙って

▼ 一~ (132, 0.0%)

6 や二泊 3 ときめ, とのこと, のつもり, の予定, の後, の旅, を頼む 2 か二泊, だとよ, でもかなり, ということ, の宿料, はおろか, または日帰り, を乞う, を求められた, を頼んだ

1 [85件] あくる二十四日, あっては, ありて, いたされ候, いたし, いづれ二三日, いぶせき藁屋, かあるいは, か二泊位, が願えない, が願える, くださるまいか, さして貰, さして貰い, するに, その翌日, それから恵那, たまわらば, だけはそっと, だけもと, ださうですけれども, です, ですね, でね, で五銭, で十分, で川, という事, という気, といふ予定, ときめた, とまつた, とをお願い, と禿筆, と腹, なされて, ならここ, にて八百文, になる, には長閑翁, に決定, に行っ, のうえ, のよう, の上, の乞, の乞い, の二日がかり, の人, の後翌日, の旅行, の訪問, の豫定, は如何, は終に, まだ日, もした, もしない, をする, をたのむ, をたのんだ, をやめなかった, を乞いたる, を勧め, を引き留めよう, を忘れる, を承知, を求めた, を許されない, を願いた, を願いとうございます, 下さいましょうで, 御中道, 第八日, 翌四日, 致したでござろうな, 致し明朝, 致し翌日一方, 行くさきざき, 遊ばしては, 遊ばしますよう, 遊ばせな, 頼むと, 願いたいと, 願いとうございますが

▼ 一~ (129, 0.0%)

6 の疑 3 に集合, の光明, の紅 2 の疑問, の翳, の陰影, の非難, を置い, を際立つ

1 [102件] からのみ批評, から一點, から起つ, たりとも虚僞, だけだつた, である, でしきりに, では彼等, でも感じられる, で全く, と見える, ならむと, にこそ懸るなれ, にも發見, にプロレタリア, に凝集, に向, に吸收, に存したりき, に存す, に心力, に懸る, に於, に會, に歸, に歸着, に當, に盡, に通ずる, に食, のしみ, のにごり, のま, のみにても頗る, のやましい, のよごれ, のモーター, の不純, の光, の塵芥, の墨汁, の妖氛, の島影, の彼, の情味, の愛國心, の明り, の星, の星火, の映ずる, の曇, の楠野君, の横着, の汚れ, の火, の燈光ピカリ, の燈火, の狂ひも, の疑う, の疑ひ, の白燈, の私, の私心, の紅い, の血, の血痕, の衒耀, の誠實, の誤謬, の赤い, の迷, の邪氣, の野心, の間違ひも, の陰翳, の隙, の雲, の雲霞, の非, はすべて, へと進行, へ進まう, よりいづ, よりのみ眺めた, より論じ, より遠ざかる, をつら, をと, をとどめ, をのみ廓大, を中心, を凝視, を平次, を見, を見た, を際立たせる, ノ私的動機, ポツンと, ヲ寛, 即ち神, 張りさ, 疚しい處

▼ 一~ (128, 0.0%)

32 の手紙 12 の書 10 の書状 5 の書面, の金 2 のうち, の密書, の書簡, の郵便物, の金子

1 [54件] があった, がある, が有ります, ずつの金, でした, で開け, とこれ, とを探り出した, の, のもみじ, の事也, の便り, の信書, の包み奉書, の女筆, の小判, の小包, の小包郵便, の手簡, の手紙ユリ, の披, の文字, の早打状, の書き物, の書物, の書留小包, の書留郵便, の書置き, の書翰, の物, の破れた, の紹介状, の路銀, の返信, の遺書, の郵書, の金包, までいた, をばさき, を他, を出し, を受取る, を右門, を呉れた, を寄せ来る, を押, を押しひろげ, を持つ, を横, を渡しまし, を目, を見よ, を頂戴, 包んで

▼ 一八郎~ (127, 0.0%)

6 と万吉 4 の死 3 とお 2 の側, は今, や常木鴻山

1 [108件] かどちら, かれは, がいった, がかく早速, がとつぜん, が公卿, が初め, が参った, が息, が抱き起こし, が捕えられた, が死ん, が殺られ, が無念, が絶命, が闇, が麓, であった, である, でご, で万吉, とあれ, というお方, という天満浪人, とが京阪, とは意外, とは磯五, と一度, と一緒, と同じ, と同腹, と妹, と話, などと申す, にお前, にも頼ん, に今度, のいった, のこと, の伝書鳩, の兄妹, の前, の叫び, の名, の妹, の姿, の弁舌, の意志, の書屋, の死骸, の眸, の紙魚亭主人, の絶叫, の耳, の袖, の訓戒, の身, の頭脳, の顔色, の駕, の駕一つ, はさすが, はすぐ, はすみやか, はそれ, はなお, はひとまず, はわが子, は万吉, は余, は叱った, は声, は暗然, は激越, は眼, は磊落, は細く, は自, は阿波屋敷, は雁皮紙, は鳩, へ折り重なっ, へ気脈, もいい, もきっと, もぎょ, もこの, もさらに, もすぐ, ももどった, も万吉, も今, も眉, も話, や源内, をおい, をここ, をその, を一矢, を入れた, を八方, を引ッ, を救い出せる, を救う, を相手, を血祭り, 見るま, 青白い顔

▼ 一周忌~ (127, 0.0%)

4 の法事, も近づい 3 が済ん, の仏事, の当日

2 [12件] であるから, に当, に志呂足, の命日, の年囘, の御, の法要, の祭, もすまない, もすまぬ, も過ぎた, を記念

1 [86件] お早い, かえ, かねえ, がくる, がすみまし, がすん, がすんだ, がすんで, がまだ, がもう, が済んだら, が近く, が近づい, が近づいた, くり上げたらよい, だ, だもん, でございますわね, でしたか, です, ですからね, でね, でも済んだら貰う, で島田, というん, という昔話, とうまく, なので, にあたりしかも, にあたる, にこの, にその, になります, になる, にももう, にも到らざれ, にも当ろう, にわざと, に付観音寺仏参, に作り上げた, に大, に當, に相当, に終るであろう, に酒, に際しその, のこと, の一件, の営み, の墓参, の夜, の山榊, の年, の日, の時, の歌, の焼香, の終る, の解禁, の金, の間, の頃, は, は十日, までに本, もすんだ, もたしか, も何かと, も來, も待たず, も済まない, も濟, も経たねえ, も近い, も過ぎ, をいたむ, をお, をすまし, をすませ, をすまない, を九月十日, を待っ, を待つ, を経ぬ, を迎え, 御仏事

▼ 一~ (127, 0.0%)

5 あり 3 があった, がある, を掲げ, を設け 2 があつ, があります, である, として, に, には, には相違, の記事, をとつて, を設けた

1 [90件] ありき即ち, ありて, あるを, から血走, があっ, が大きく, が添え, が特筆, が載せ, さえ見いだされる, だけで八, だけに触れ, だけは動かす, だけ覚え居る, で, であるから, であろう, では, で長吉, としてつけ加えた, とする, と第, にあらわれ, について嘘, にも, にも前項, に依り, に定め, に対して第, に掲載, に百姓, に相当, に第, に見える, に過ぎない, に過ぎなかった, に遭遇, の作業, の害, の日付け, の結論, の解釈如何, の誤謬, は, はゴンクウル氏, はヤソ教, は中国商人, は価値尺度財, は僕一個, は原書, は向井氏, は君, は最初, は松崎天民君, は稍推考, は読書, も僕, を, をおい, をおいた, をつけ加えた, をとっ, をもうけた, を付録, を修正削除, を加, を加える, を加へんこと, を取り出し, を取り落とした, を左, を引き, を抜載, を挟みました, を挿入, を擧げ, を書い, を書かしめ, を添え, を熟読, を省略, を補う, を見, を設けました, を設けられた, を読まん, を起し, ヲ盾トシテ盲守スルニ, 即ち支那人, 第二項

▼ 一~ (126, 0.0%)

3 に声 2 がある, にこの, に双手, に呼応, に挙, に歓呼, に此方, に空, に脚, に鬨の声

1 [103件] およそ五, が, があります, がしばらく, がはるか彼方, が久原川, が御, が急いだ, が明智軍, が昼, が殿, が着いた, であった, で半日, で陥せる, とひとつ, と見たてまつる, などもまた, にあけ放した, にあの, にこれ, にぢ, には軍旅, にぴたり, にやらなけれ, にカルラ, にスタート, にワーツ, に中毒者, に他, に健やか, に元禄模様, に口, に地, に外, に夢, に天, に宛てがわれた, に小石, に引いた, に弾, に或, に手拍子, に打ちそろつ, に撥, に朝食, に机, に桑, に横, に海, に灯, に現われた, に盃, に碇, に私, に突撃, に立ちあが, に笑った, に綱, に胴震, に腕, に腰掛, に舌打ち, に街, に裃姿, に見あげる, に豚, に起き出で, に足並み, に足並みそろ, に踏み止まつた, に軒先, に部屋, に酒場, に開く, に雄叫び, に顔, に駆け出した, に駆け出す, に騒ぎ立てました, に高く, に鬨, のうち, のみはそれ, の大将, の影, はいま, はここ, はすべてそち, はそんな, はぶち, はまだいささか, は京極附近, は宗像, は少ない, は朝廷, は水馬隊, は都, は雲母坂, も突く, をひきい, を引き具し, を猪鹿

▼ 一~ (126, 0.0%)

4 の人々, の大事, の家老, の者 3 のうち, の主, の態度, の輿論 2 のあるじ, のため, の人心, の生命, の運命, をあげ

1 [86件] が党派, が危急, が平安, が救われ, が朝敵, が震駭, こぞって安堵, ことごとく全国, だけのもの, だけの間, でその, で知る, として見れ, にとって大きな, にはお, にはこの, に人, に範, に認められる, に関する観念, に限らず, のあるじらしくかまえこん, のしめし, のすべて, のもの, のゆえ, の人たち, の仕置, の休戚, の全員, の内, の出来事, の危急, の名, の名分, の向背, の君主, の和, の国老, の士卒, の士風, の大名, の存亡, の尊敬, の御, の恥辱, の指導者, の政, の政事, の栄誉, の生死浮沈, の祕密, の経済, の老, の耳目, の能, の興廢, の褒め者, の諸, の責任, の軍学師範, の重き, の重役, はそのまま, はたちまち, はどれ一つ生, はまたもや, は兄弟, は愕然, は朝敵, は激しい, は色, は蘇生, への面目, をうごかした, を以て一国, を使嗾, を意味, を支配, を救う, を数える, を石垣, を除く, を預かるおかた, 挙って, 浮かぶ瀬

▼ 一世紀~ (125, 0.0%)

7 の間 6 も前 3 の後 2 に一人, の初め, の四分の一, の昔, の末, の終り, の終り頃, もまえ, も二世紀

1 [91件] おくれて, から十二世紀頃, がそれ, このかた死刑, たたないうち, たって, であるかは, であるやう, でしかも, で仏教, と同じく, と経, ないし半, などは直ぐ, におそらく, にし, にたった, には半, にもつっかう, にも相当, にわたつ, にわたる闘争, にギリシア人, にトルコ帝国, にマルコルム三世, にローマ, に一つ, に一度, に亙る, に何人, に四十四秒, に幾人, に滿, の, のあいだ, のあいだダンス, のころローマ, のよう, のヒラキ, のユダヤ, のローマ, のローマ詩人マルティアリス, の中葉, の人, の今日, の何分の一, の初めごろ, の勝利, の十分の一, の半分, の半頃, の大, の寺, の後半, の後半サラセン人, の日本, の書, の進歩, の長崎港, の間英蘭, は昔, は遅れ, ほども長く, ほど前, ほど長い, もしくは二世紀, もたった, もつづいた, もま, もむかし, も経たない, も経っ, も違つた世界, より前, をすぎた, をへ, を予言, を経, を経たる, を経過, を經, を跨い, を送る, を隔つる大正, 乃至十二世紀, 前位, 半前, 没し一潮, 経てば, 近い, 近い歳月

▼ 一~ (124, 0.0%)

5 のうち 4 の宿, の間 2 である, の光, の宿り, の物語, はみどり, まんじりとも, を送らしむ, を通してすず子

1 [95件] あのまま, いかにひそか, いぢ, いつわりの, うなされどうし, おあずかり, かれは, があけます, この中, さがせと, ずつに分け, ぞ立ち, たって, たりと, だけお, だけは保つ, だけは自分, だけは逆風, だけ帝国ホテル, だしぬけに, ちょうど愛, であ, であります, でも外, でも道, といえ, といへる, とおぼす, とめて, にし, に付き, に八十円, に別け, に呑む, に多少, に寺, に消え, に聴かん, に読み終り, に野, ねにける, のこと, のため, のひき明けごろ, の働き, の公衆, の別荘生活, の南風, の契, の如くなりき, の学問, の寝床, の後, の戦場, の所見, の泊り, の籠城, の純情, の間に合せ, の露, の静止, は, はまんじりと, はむかし自分, は寝なん, は明けた, は私, は空虚, は船, は遂に, は過ぎぬ, は道, は静か, まんじりともしたまはず, ろくろく安気, をすごしたい, を過した, ノ主, ヲ人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, 出歩かれるねえ, 唄うに, 寒い霜, 寝タルトナリ, 歩かなくつて, 歩きつづけて, 泣きながら, 物語りの, 第二十七夜, 置いたため, 置いただけ, 語り明かそうという, 踊りおって, 辿, 降ったに, 降り通した

▼ 一~ (124, 0.0%)

4 の石 2 でも見る, のパン, の公孫樹, の烟, の男, の雲, 浮ばぬ透明, 飛ばぬ日和

1 [104件] あの空, がまるで, がリンネル二片, が支配階級, すらそこ, ずつになっ, ずつを与え, だって馬鹿, ついて, であった, である, でさ, でない政治的, でなく太守, でほか, でもむだ, でも拾おう, でも貼っ, でも身体, といえ, とちがい, と思いこん, に, にこの, にすぎない, にて組立てん, に聞き, に辟易, に顏, のみなるあり, のもの, の世話, の人, の何, の信義, の命令, の嘆き, の夢想, の客気, の布, の帆影, の希望, の師匠以上, の廃墟, の弔辞, の引き換え, の形式, の御, の微衷, の徴, の心火, の忠誠, の情, の情趣, の手紙, の挨拶, の月, の木切れ, の栄養学説, の氷心, の焦土, の玉章, の白帆, の空論家, の竹杖, の義侠, の翳, の老人, の考, の肉, の至情ここ, の良心, の落葉秋風, の要素, の言, の赤旗, の通常, の通知, の野心, の野暮, の野暮一度, の銅銭, の革命的檄文, の音, の音信, の頑骨, は日本, より一志六片, 入れて, 其の顏, 剥がれ墜ちようと, 動いて, 去つて, 持ち来る, 持って, 歌の, 浮んで, 舞いこんで, 貰って, 輪者の, 附いた, 附いたので, 青んで, 青んでは

▼ 一~ (122, 0.0%)

45 ぢの 13 ぢに 105 ぢも 3 ぢほそぼそ 2 ぢごとの, ぢ残る, ぢ細く, ぢ青き

1 [38件] ぢおれの, ぢこの, ぢさんらんと, ぢしらし, ぢずうっ, ぢで, ぢなれ, ぢは, ぢひとり, ぢまた, ぢみちは, ぢわたる, ぢ並木路, ぢ懐しい, ぢ抜かせ, ぢ断続し, ぢ昇つて天下の, ぢ晴れわたつた, ぢ朱華いろ, ぢ泡の, ぢ消えかか, ぢ涙が, ぢ澄める, ぢ町で, ぢ白沙に, ぢ白金環さへ, ぢ秋の, ぢ続い, ぢ縄では, ぢ落ち, ぢ表現を, ぢ貫い, ぢ走つ, ぢ路を, ぢ道が, ぢ道を, ぢ遠き, ぢ青く

▼ 一~ (120, 0.0%)

2 か一割五分, か二割, か二割物, だ, に過ぎない, の利子, の税, の配当

1 [104件] あげるぞ, いけなかつたの, から一割五分の利, か二割位, がそれ, が凍りつく, くらいが関の山, くらいで, くらいであり, くらいのもの, くらいの減損, くらいは高く, くらいを加えなく, ぐらいにし, ぐらいのもの, ぐらいのコンミッション, ぐらいの見込, ぐらい選んだ, しか儲からぬ, じゃ承知, だけくれ, だけは田代さん, だけ下さい, だけ引い, だなんて, だね, でしか, です, でもあったら, でも二割, で店員, で貸しつけよう, という規則, といふの, とか二割, とすこし, とも又, と交ぜた, と見, なら一万両, なら一割, なり二割, にもならない, にも値しない, にも当らぬ, にも足らぬ, に値切った, に合わん, に当らない, に毒薬, に足らず, に足らない, に足らぬ, のお礼, のさや, のコンミッション, のテラ銭, の九分どおり, の二十両, の二斗, の仏教徒, の儲け, の六十五萬人, の利, の印税, の増金, の心, の手数, の手数料, の減退, の由, の礼金, の誤り, の賞, の賞金, はチーフメーツ, は公債, は安く, は手, は遣る, ひき上げて, ほどだ, ほどの利子, または一割半, もお礼, もかかっ, もくれ, もする, も二割, やりますが, や二割, わつて, を以て鹽, を全員, を小使部屋, を届け, を支払, を無償, を配当, 僅か八億円, 出す習慣, 取って, 高くなる, 高く買っ

▼ 一~ (118, 0.0%)

3 である 2 が目

1 [113件] から交, から出た, から埃まみれ, から窪地, があった, がある, がすでに, がすなわち, ができあがり, が展, が算哲, が見え, だ, だけがいつ, だけにはただならぬ, だけまるで, だけ分離, だけ都会, だった, であるが, であるという, です, でつる, では小ぎれい, でもと, で十番, で実に, で旁, で昔, で燒, で電灯, となっ, とわかる, に, にあった, にある, にぎらぎら, にはいつも, には五つ, には吸音装置, には異様, には通り抜ける, にひつ, にほか, に十年計画, に原田雲井, に反響, に封じ込まれた, に幕, に店, に当り, に漠然と, に私, に過ぎなかった, のうち, のまだ, の偏, の反響, の奥, の密集, の小径, の幕, の砂丘, の砂利置場, の空気, の筆力, の紋幕, の調査, の貧しい, の違い, の部落, はあたかも, はその, はどの, はロンドン中, は不思議, は前方, は大塔, は屋, は屋敷町, は形成, は彼, は日蔭, は殯室, は腐, は蔵住い, は行っ, は道路, は鞴, は高い, ばかりがわずか, へも渦巻き込ん, へ戻つ, へ現われた, へ限定, ほど風変り, も読み落すまい, をいく, をそう, をなし, をなした, を乱す, を借入れる, を出外れる, を区ぎって, を幾たび往復, を擁し, を歩い, を疎か, を白魚屋敷, を調べた, を里内裏, 高い処

▼ 一たまり~ (117, 0.0%)

69 もなく 15 もない 7 もなかっ 5 もあるまい 3 もありません, もある

1 [15件] ほどの水, もありますまい, もありませぬ, もあるべきでない, もなかつた, もなくひっくり返っ, もなくへし折られ, もなくやられ, もなくやられる, もなく叱り飛ばされ, もなく縮み上がっ, もなく縮み上がった, もなく腐っ, も御座いません, も無え

▼ 一~ (116, 0.0%)

2 で, に渡す, の噂, の声, はわが, は主人, は久しぶり, は帰っ

1 [100件] おるか, からいわれ, から知らせ, があえて, があらたまっ, がいう, がそこ, が引きう, が改めて, が止せ, が眼, が言い切らぬ, が跪, だけは小林, だけは決着, ちょっと参れ, であります, である, でござる, でなかったらこの, というもの, という人, という大番組頭, という者, とが客間, とが話し合っ, とは人目, と妙見勝三郎, と改める, と枕, などが暇乞い, にあつまっ, にとっては甚だ, には意外千万, には解っ, に托せられ, に相違, のまえ, の人気, の伜, の働きぶり, の内職, の家, の帰郷, の悴, の意表, の手, の死骸, の眼, の観方, の話, の身びいき, の頭, はいちいち, はおす, はさらにパッ, はなにか, はふたたび, はもう, はもっ, はテレ, は両刀, は両手, は今, は何, は倉皇, は初めて, は剣技, は声, は外, は妙, は山吉, は左兵衛, は慌て, は朝靄, は横, は横須賀出身, は熱燗, は玄卿, は眼, は確認, は立ち去ったらしい, は膝, は自分, は茶屋酒, へ質問, もおなじ, もその, もまた, も今, も実事, も最初, をみる, を住み込ませ, を子供, を煩わし, を玄卿, を目がけ, を連れ, を顧みました

▼ 一風呂~ (116, 0.0%)

43 浴びて 21 あびて 3 入って, 浴びると 2 あびたあとのさっぱりした心持ち, お浴び, 浴びた後

1 [40件] あつた, あびた, あびたの, あびたり, あびてると, あびよう, あびようと, あびると, あみたい, いただきましょうかな, さあさあザッ, ざっと流し, つかって, という時小雨, とお出かけ, と太平洋, によって洗い清める, に我が, の浴, はいっ, よばれたあと, 入ったところが, 入らうと, 振舞って, 浴びさせて, 浴びたい湯殿, 浴びたらさだめし, 浴びてから, 浴びてという, 浴びに, 浴びましょうのぼせたって, 浴びようか, 浴びようと, 浴びられるの, 浴びるつもり, 浴びる野菜, 浴び三十分, 浴び日本, 這入って, 頂きましたあと

▼ 一~ (115, 0.0%)

2 か二皿, ついて, で要求, 持つて

1 [107件] あつたつ, ありつきな, ありました, いた, うまい, おいて, おせったい, が一口, が不足, が二錢, が十二銭五厘, が幾らか, が文久二つ, くい四回, ください, くださいな, こしらえようと, さしあげましょう, さしあげませう, じゃあ, すすり込んで, ずつ召, ずつ置かれ, だ, だけが荒らされ, だけたべ, だけを取りよせ, だけを提供, ついた, であつ, であること, でそれ, でなければ, では, でも其土地, で満足, で美人, といったら, とを乞食, とクワス一本, とナマ一杯, とブルンビア, と一壜, と葡萄, と限られ, と飯, などはじつになんとも, にだけ向けられ, には一驚, に容れ, に盛る, のお, のみ, の中, の予定, の価十銭, の妖しく, の定食, の小, の料理, の林檎, の水, の汁, の焼鳥, の牛乳, の珍味, の米, の粥, の肴, の芋, の茶, の量, の香気, はひどい, はまことに, は一円, まだ飯一椀, まで勘定書, めぐんで, もらってようございますか, も八千代サン, も青年一人, も食べ, も食べた, をダニ, を佛壇, を供え, を倹約, を喫しおわり, を平げ, を平らぐ, を手, を景品, を買え, 下さつた今日, 出して, 取って, 呉れた, 平らげて, 忽ちにし, 振舞って, 置いて, 貰うて, 買いました, 買ったり, 食べたところ, 食べたらそれ

▼ 一昨夜~ (114, 0.0%)

4 のこと 3 の晩, も昨夜 2 お才, のよう, の凉, の曲者, の父, は呉服町, もあんな, もその, も雨上り

1 [86件] あの束髪, いや昨日, お訪ね, かよう, からどこ, から三人, から十分, から昨日, から蚊帳, か知らねえ, この都, この飛行島, だか, だそう, だったら椿事百態, つい飲んだ, てっちゃ, でご, ですね, と昨日, なども徹夜, なり, に至り, のお客, のお話, のたたり, のルリ, の九時, の五位, の六名, の出来ごと, の出来事, の十二時頃, の十時頃, の取り乱した, の夜十一時半ごろ, の大, の宿, の慘劇, の晩五百人, の暴風雨, の様, の満潮, の礼, の自分, の跡, の通り, の雨, はかぜ, はそこ, はもっと, はトム, は一睡, は九時, は人, は例, は大層, は年, は新規, は毎, は玄, は眠らなかった, は紺, は野宿, は陸奧館, ぶちこんだの, また一人, まであすこ, までに残し, まで恐ろしく, もおそらくは, もかなり, もちょい, も一睡, も夕食果て, も自分, やっと大観堂, を以て臨時総会, 其の場, 別れる時, 小沛, 手痛く此, 殆ど眠らずし, 泊った旅館, 発って, 突然永野喜美代

▼ 一~ (113, 0.0%)

8 の米 2 あった, しかない, ずつ両手, の炭, 出すと, 掛けて, 第二等

1 [91件] あげました, あるが, あれば, かついで, かつぎ出せばい, がとこ, が一円, が岸, くらいは容易, くわえること, ぐらいは持てるだろう, ぐらい口, さがしだした, しかございません, しかなかっ, しか有りましねえ, ずつのオマケ, ずつへらし, ずつほぐす, ずつわけました, ずつ二俵, ずつ四斗俵, ずつ四斗俵二ツ, ずつ持っ, ずつ持った, ずつ残っ, それだけだった, だが, だけそれでは, だけだ, だけまけ, つけて, でい, でどれ, でも二俵, で一年, で五六銭, とし, とした, とられたん, と清酒一樽, と絹一疋, にし, につき五銭, につき大桝, につき手間賃一ミル, に二人, に六斗三升, に手, のご, の予定, の価, の小麦, の手持, の炭俵, の玄米, はこべば, は私, は買えねえ, は送れない, ほどやれ, まけて, もおこした, もころがっ, も来ました, も送っ, よ多分, をうかす, を取り揃える, を実隆, を店先, を持参, を磨場, を買, を配達, 取ったとき, 呉れるから, 少なくも十五貫, 打つべ, 担いで, 持って, 持出し畠, 来ました, 盗みだし袋, 盗んで, 程出来た, 負って, 買って, 送りました, 運ぶごと, 運ぶたび

▼ 一~ (113, 0.0%)

3 が公方様, にお, の主, を御 2 が真正, のこと, の一件, は贋者, を偽者

1 [91件] お調べ, からいう, から以来, がお, がここ, が偽者, が其の, が坐りかけ, が如何, が当てられ, が御, が愈々, が数人, が贋者, が通る, さ, だの華族, であったという, でそれ, ではあるまい, で土蔵, で尻, というの, という人間, という古い, という名, という役割, という男, とお, と地雷也, と忠臣蔵, と思われまする, と申す, などと申す, にとって二つ, に仰言った, に成りすまし, に殺される, のお話, のほう, の乗輿, の事, の余り, の側, の元祖, の処分, の処刑, の場合, の大岡越前守, の実録話, の御, の性質, の為, の答え, の背後, の茶室, の行列, の買, の身許, の輿物, の運命, はお, はこうして, はし, はよろめき, は何故か, は全く, は口早, は失敗, は小団次, は幾ら, は当時, は得意, は心臓, は此の世, は相当, は頗る, へ突出, ほどの評判, までお, もこの, もとうとう, も大膳, も少く, も附人, をお, をそのまま, を公方様, を嗣子, を得れ, を御覧

▼ 一地方~ (112, 0.0%)

3 たる大和, の産物 2 が日光, にてこの, に起った, のため, の事, の問題, の方言, をのぞいた, を根拠

1 [88件] から出, から思い, から来た, から發掘, が特色, が話した, でありながら, である, でさる, でしかない, での状況, でコムス, で伝へ, で夫婦, で妻, で消費, で甚だ, で自慢, といふか一国, として全国, とインド, にあり, にい, においては約, において経過, におかれ, における一勞働部門, にさす, にのみ知られ, にはたいてい, には保持, には牛蒡種, には立ち木, にポンボ族, に五万余, に住ん, に住居, に固有, に天子, に定住, に局限, に屈踞, に崛踞, に広まる, に於い, に根拠, に生まれ, に産, に結びつける, に行われた, に限ら, に陸封, に黄龍, のうえ, のみに於ける, のもの, の一握り, の一時代, の主たる, の事実, の人, の利害問題, の名, の名産, の夜話, の富, の小, の微妙, の戦い, の敵, の歴史, の為, の爲, の物, の特産, の田舎城, の相, の義軍, の聴取者, の言語, の農民, の酋長, の防塞, の領主, または一党, をしか潤さない, をなし, を除い

▼ 一とき~ (111, 0.0%)

3 のま, も早く 2 であった, に出まし, に吹き上げられ, に明るく, の間

1 [95件] いつも思い出される, があった, が寂然, が過ぎ, しいんとなった, したら死ぬとしても, すれば, そうして泣く, その眼, そんな氣持ち, たれの, だけしかおいで, だった, ては日, ては狂暴, であつ, であと, です, でも一歩, でも二とき, でも後れたら, でも立, でも笑える, でも縄, とたたない, にぱツ, にべつ, にやんだ, に凝らした, に出, に灰燼, に至る, に誘いだされた, に還っ, に顰めた, の, のこと, のざわめき, のやう, の中, の安堵, の御座所, の栄花, の樣子, の気まぐれ, の熱苦, の評判, の返り忠, の騒ぎ, はで在つ, はとなつて, はどう, はなりし, はのがれ, はやや, は人, は力, は夜, は大型, は嬌笑, は寒う, は揉んだ, は白く, は蒼白く, は逆, は面白い, は高笑, ひそと, ほどここ, ほど聽聞, もあるいは, もいられない, もお, もじつ, もそれ, もはやく, も我慢, も自分, わあッ, わすぐれ, を今日一日, を彼, を眠る, を経歴, 休んで, 坐って, 少しの, 待って, 感じた死, 慰めて, 早くませた, 止まった, 眠った, 考えて, 聞くに

▼ 一七年~ (110, 0.0%)

5 の, の革命 4 から二〇年, の十月 3 から二一年 2 から二一年ごろ, にロシア, の二月革命, の十月革命

1 [81件] お齢, からの党員, からシベリア, からソヴェト同盟, から一八, から二一年頃, から二三年間, から八年, から十二年, から十年, から国内戦, から国内戦時代, から士官学校, から始められ, から数年, から築きあげ, から雑然と, である, で十年, という年, ないし一七二一年, におこった, にかかれた, にかけて書かれた, にこの, にその, にその同じ, にはじめて, にはペルシア, には二つ, には八六ウィンチェスタ・ブシェル, には地方, には第, には西部国境近く, にもなお, にペルグリニ, に世界, に人口調査, に再び, に出た, に四人, に四歳, に在った, に廃, に本書, に海中, に至り, に逢い, のかの, のこと, のアメリカ, のソヴェト同盟, のトロミエス, の一大画期, の三月二十四日, の三月八日, の三月革命, の二囘, の価格九四シリング九ペンス, の十七日, の十月二十五日払暁三時半, の十月以後, の執筆, の春, の経験, の聖書, の英雄, の露国革命, の革命以来, の頃, はどういう, はルイ十八世, は甲比丹ヅーフ, までその, までに多く, までのロシア, までは殆, までイギリス, まで続行, まで頑強, 及び一八一八年

▼ 一~ (110, 0.0%)

10 の林 7 の木立 5 の森 4 の藪 3 の雲 2 にしき, の山吹, の木蔭, の杉, の松林, の樹立, の荊棘, の薄

1 [65件] ある一方, がぴったり, が刈り取られず, が沙漠, ぐっと大手, しげれる, と風, にその, になっ, に苔, に風, のうち, のとくさ, のニワトコ, の下生, の丸葉柳, の修竹, の南天, の卯の花, の夏草, の如し, の嫁菜, の山毛欅, の幽, の所, の木賊, の松, の林中, の枯草, の森林, の椰子林, の灌莽, の疎林, の石楠花, の竹, の竹林, の竹藪, の紅薔薇, の緋牡丹, の緑, の花, の芽, の茂み, の菊, の蒼林, の蕁麻, の薔薇, の藻, の躑躅, の野菊, の防風林, の露, の静林, をなし, を抱き起す, を見付け, 咲き乱れて, 大いに繁殖, 生えて, 繁りその, 茂った中, 茂った林, 茂る杉林, 茂る藪, 隔てて

▼ 一~ (110, 0.0%)

6 やって, 弁じて 3 やる 2 ずつ演, ぶって, 弁じるサルトル先生

1 [89件] うかがいますと, うかがうぐらいの, うな, おごって, おわって, が済ん, きめた, すんでも, ずつの話, ずつやり合う, ずつ弁じなけれ, ずつ珍しい, ずつ話し, それから半月, たる佃高蔵, である, でも二席, ということ, というふう, と洒落る, と申し込ん, どなつた, に優勝, に名, に敬意, に集まり, の後, の會費, の武勇談, の浪花節, の講演, は何時果, は砂浜, ぶちたがるけれども, ぶとうという, ぶとうとは, もうけた商談, やった積り, やらかすんぢ, やらかそう, やりましたよ, やり又, やり宿, やり銀座, やるすし, やるところ, やれと, やれとは, よ, よく受ける, をくりかえさなく, を聞かされる, 伺いはじめたの, 伺ひますが, 伺わせる気, 催し知って, 催し知つて, 叩いて, 喋って, 喋ろうという, 弁じいつのまに, 弁じおわって, 弁じた, 弁じたが, 弁じたくば, 弁じたて, 弁じたり, 弁じた上, 弁じないでは, 弁じひきさがって, 弁じましょう, 弁じます事, 弁じようと, 弁じる, 弁じ審議引延し, 弁じ立てようと, 弁じ終ったところ, 弁ずる, 弁ずると, 申し上げます, 終って, 置いて, 試みること, 読むと, 論じて, 講じて, 負かして, 述べて, 述べてから

▼ 一あの~ (109, 0.0%)

4 女は 3 女が 2 三毛公を, 川で, 提灯の, 方は

1 [94件] お島さん, お経, ひと別に, ふしぎな, ような, ターマンが, プルウストの, ポリニヤックといふ, マダムに, 一番親しい, 三段窓は, 丹下様が, 人が, 人は, 人達は, 人達を, 何とか云った, 作の, 出不精な, 切口上が, 十二人の, 半蔵が, 呼び物が, 土地払下の, 壁の, 変てこな, 夜の, 娘が, 嬶あ, 子の, 山での, 山に, 山を, 岩見の, 左手一本で, 平太夫, 庖丁は, 店は, 忠孝仁義おれ, 慇懃な, 旅行記に, 星は, 時に, 時代と, 時分の, 晩には, 晩は, 林という, 柔らかい色彩, 森から, 気取り方, 水を, 水源の, 渡り鳥, 爺さんお前前々から, 玄関へ, 男の, 畑の, 白木綿の, 眼の, 眼附がい, 社会の, 秋山様は, 笠あの, 素晴らしいオランダ渡り, 美しい蜂雀, 美人は, 脚本である, 舞台で, 船は, 船を, 色白な, 花を, 蝶々は, 覆面が, 話し振り, 赤髯と, 趣向は, 身体の, 近所の, 運転手なら, 部屋を, 金剛寺坂の, 関所の, 障子が, 雪駄直しは, 頃には, 頭に, 頭布を, 顔の, 顔は, 駕籠を, 黄口児は, 黒船を

▼ 一~ (108, 0.0%)

7 によつて 2 あり, がある, だけで, となった, にとりかかる, は, 書いて

1 [87件] いずると, かこれ, からわれわれ, から第, があつ, がない, がなかつたら, がなんとなく, がまだ, が世間, が出来, が女, が時に, が殆, が赤飯, ぐらいは筆, さらに上流, しかない, するサ, ずつをとっ, だけ良い, であった, であったの, であります, でありまた, であり新, である, であろう, でしょうが, でながく, で十分生活, で同志小林多喜二, として居られる, とは全く, ともに敵討, と取り組み, と思はれる, と読ん, なきは, などはまだ, など就中, についての感想, には, にも趣味, によっていよいよ, によって新しい, によつて劇作家, によつて近代ファルス, に依る, に手, に支配, のかかれた, の中, の基礎, の彫刻家, の書かれた, の歴史, の題, は実は, は必ず, は最近, は此, は私, へたたきこむ, もない, も伝わっ, も刀, も発表, や二作, をとどめよ, をも忽せ, をよんだ, を以て当時世論, を入れ, を出す, を叢書, を完成, を幼児, を持っ, を書い, を書いた, を最後, を浮かぶ, を演劇新潮, を物, を見, を賦

▼ 一本足~ (108, 0.0%)

22 の兵たい 8 の烏 4 の兵隊, の大 3 の唐傘, の女 2 で立ち, で立つ, の傘, の學者, の案山子

1 [54件] か跛足, が一本, が云う, さらって, じゃ働き, だ, だと, であった, でありながら, である, でおまけ, でした, ですらり, でつ, でね, ではなかっ, でぴょんぴょこ, でヌ, で小刻み, で山, で支え, で歩い, で浪, で立ち上りかけた, で踊つて, で逃げた, で飛びまわる, で飛ん, というの, のかん, のくせ, のすず, のばけ, のま, のまま, のもの, のコマ, の不具者, の乞食, の倉市, の兵, の少女, の怪物, の竹馬, の素跣足, の美しい, の踊る, は牛, をしゃぶった, をとり, をみせたら, を切られた, を原形, を爪立て

▼ 一青年~ (108, 0.0%)

3 であった, に過ぎなかった 2 が活動役者, の頬桁

1 [98件] から私信, から頗る, があっ, があつ, がい, がかつて, がこう, がまたし, が入っ, が其の, が力, が叱る, が国民的光栄, が履, が彼, が数日前, が此処, が無造作, が爆裂弾, が途上サンドミンゴ・デラ・カルザダ, が遂に, が顎, が顕れ, たる小生, たる自分, であ, であったの, である, である我輩, でしかない, ですが, ではあった, ではない, という事実, としての孤独, とはいつも, にその, にねらい, に世間, に会い, に出遇った, に嫁ぐだろう, に彼女, に気づい, に見出し, に譲らざる, に道案内, のある, のいまわしい, のボロ, の休暇, の写真, の召集, の山川健作氏, の彼, の心, の心情, の志, の愚, の態度, の手, の発明, の肖像画, の脳髄, の詩, の魂, は, はあっけ, はあの, はおびえた, はこの, はそう, はなんとも, はぬき足さし, はまた, は一念, は一種異様, は互, は先生, は卓, は彼等, は敗戦, は死骸なぞ, は私, は笑い, は迷惑, は香川美青年, ばかりでなく, より, をもっ, をソッ, を先頭, を同室, を横紙破り, を見た, を見る, を連れ, 在り

▼ 一九三〇年~ (104, 0.0%)

5 の暮 4 の夏, の春, の秋 3 のメーデー, の冬, を包括 2 だ, に入る, の初夏, の十一月, の歴史

1 [68件] からであった, から三三年, すなわちことし, その限界線, と共に消え, にいたる, における日本, にはソヴェト, にはデュアメル, には大衆, には既に, には生みの親, にまる, にオソアビアヒム, にソヴェト同盟, にプロレタリア文学運動, にモスクワ芸術座, に一日平均百三十万人, に上院一名, に五〇パーセント, に入っ, に原著者, に同じ, に据えられた, に書かれた, に見, に較べ, のこと, のこの, のスローガン, のソヴェート舞台芸術, のレンズ, のロシア共産党大会, の一特徴, の七月, の上演目録, の中頃, の二月, の党大会, の党大会後, の初めローマ法王, の初春, の収穫時, の或, の押しつまっ, の文学, の春以来, の暮れ帰国, の暮日本プロレタリア作家同盟, の末, の残余, の海, の現代, の第, の給仕男, の英国メーデー, の鉄道貨物, はあっちこっち, はかつて, はすべて, は包括, までの映画美学, までの良妻, よたいへん, をクレミュウ, を境, を待たずし, を通り越し

▼ 一~ (104, 0.0%)

5 になつ, になつて 3 となり 2 となつ, の少年, の水兵, の色, の黒煙

1 [81件] がある, がと言つた方, が信州, が最も, が村, が相, が銘々, が青い, が風, であった, として存在, となつて落下, と再び, と爲さん, なして, なりイタリア各市, に, になしぬ, になつて神樂坂, になつて馳, には純然, に入, に加はつ, に加はる, に成つた, に成つて, に文化, に池, の, の人, の人たち, の人數, の人間, の低, の去つた, の可愛, の和氣, の嘉氣, の塵, の士官水兵等, の將校, の山塊, の常備軍, の心, の愁雲, の暗雲, の水兵等, の水夫等, の煙しづか, の生徒等, の盜伐者, の美しい, の者たち, の花叢, の芻秣, の葉, の褐色, の襲撃, の貴, の賤劣, の雲, は入江, は六十餘艘, は大, は早川, は會議, は物靜, は等しく, は雲, ひとしく倒れしめ, もこれ, をなし, をなす, をみちびく, を學問黨, を崩し, を指す, を爲, を見付け, 互に顏, 彫出された樣

▼ 一~ (104, 0.0%)

6 がある 4 が来 3 だ, だった 2 が, があった, だが, である

1 [80件] からいや, がいちど牛車, がうしろ, がこう, がすすみ出, がにやにや, がばらばら, が俄, が指さし, が朱, が此方, が現われ, が答え, が華陀, が落ち, が話した, が躍り上がっ, が顔, が駈け出そう, が高々, こそ越後, この都, たる土方歳三, た二十分一, であり詩書, であるが, であると, で終つた, と, としてたてこもっ, としてほとんど, として加わっ, として南行, として吉野朝廷, として常に, として魚津城, とみた, ともしてと, と一将, と見た, にいいつけ, にすぎない, にその, にて裴緒, に渡した, に潘璋, に聞い, の下, の伝令, の名, の立場, の身, の顔, の首級, は, はあまり, はそれ, は京都市民, は得難し, は求め, は難し, へ頤, また老, も一兵, やにわにまた, をえらん, をさしまねいた, を乗せ, を副え, を招い, を目がけ, を見, を討ち取っ, を迎え, を選ん, を顧み, 傅, 周泰は, 村上彦四郎義光が, 荒木村重が

▼ 一~ (104, 0.0%)

3 持って, 買って 2 のマッチ, の小さな, の煙草, は枕もと, 買うと, 買った, 預けたほか

1 [84件] あけて, あった, あって, ありや, いゑのいも, お土産, か, か二箱, がお母さん, がやっと, が大金, ぐらいなら, ずつくれた, ずつ行きわたる, ずつ買わし, たべた, だけ家, つまった小説, つめるにも, でこの, で一両, で二千箱, で完全, で済まない, とをもって, にし, についていくら, について東京, につめ, にはマッチ, に一匹づつ, に入っ, に十, に十二貫目, に揃え, のうち, のこと, のみつくす, のキャラメル, のタバコ, のトランプ, のマツチ, の代, の敷島, の洋菓子, の炭, の白砂糖, の短く, の菓子, の詰め, の金, はあげられません, は中, は当時, ほとんど全部, も差し上げません, も飲ませれ, や二箱, わずか二元, をその, をとても, を下された, を十五人, を平げ, を年, を強制的, を持っ, を横, を賣た, を購い得られる, を贈らる, 呉れたそれだけ, 届けられる, 手渡しました, 貰ったと, 貰って, 買い入れて, 買い求め新橋駅, 買うよう, 送って, 送つて, 送られました, 進ぜよう仏壇, 食えるか

▼ 一~ (104, 0.0%)

6 の小説 4 の劇 2 と為し, のクライマックス, の作品, の詩, はたしかに, よりは一年, を書く

1 [80件] あり, が発行, その言, だけ本, だも, でなした, としてこれ, として出したい, として出す, として自力, となした, と第, にはかなり, にも, に一世, に示された, の, のライトモチーフ, の主眼, の主題, の人情話, の作, の偽作, の奇話, の山, の巻三, の怪談, の悪, の悲劇, の所説, の放言, の文, の映画漫筆フィルム, の最後, の有機的, の未熟, の歌仙全体, の正当, の波瀾曲折, の物語, の眼目, の終末, の終章, の覚え書き, の論文, の長歌, の長篇小説, の限られた, は, はありあり, はただ, はもちろん, はクリストフ, はマダ未熟, は今, は全集, は別, は厳密, は去月廿三日, は名文家, は女神ヴィナス, は春廼舎, は頃日, より四編, をも演奏, を京大史学会, を出版, を名残, を抄録, を担任, を設け, を載せ, 出る毎, 即ちこれ, 書きあげるの, 第一章, 第二編, 第五章, 読めば, 集まれば

▼ 一部屋~ (104, 0.0%)

6 を借り 2 かりて, か二部屋, の中, をかり, を占領

1 [88件] あって, からドッ, があつ, が会場, が崖, が見つかり, しかない, しかなく, ずつの御飯, ずつを要求, ずつ見, だ, だけだ, だけに決ってる, だけの梯子段, だけは不, だけは随分, だけ事務所, だと, ついて, で, であった, でいい, できたこと, でひそひそ, で乞食みたい, で文字通り煤, で熟練, で終戦後, で過した, とった, と台所, なり空け, なん, にごちゃごちゃ, について一昼夜炭何貫, にはいりました, にわらわらわら, にザコ, に一人, に二つ, に出され, に坐っ, に大学生プレットニョフ, に寝, に居させない, に泊り, に満, に閉じこもっ, に限定, に集まった, に集り, のうち, の主人, の六畳, の城主, の外, の実験室, の家, の拭掃除, の様子, の生活, の装飾, はそういう, は欽吾, は藤兵衛, ふさがったよう, へ一週間, へ三人, へ押し込められた, へ案内, もって, をこしらえ, をそのまま, をのぞい, をまず, を借りた, を借りる, を借り受け, を実験室, を彼, を我々, を更に, を設け, 借りること, 取って, 貸して, 隔てて

▼ 一印象~ (103, 0.0%)

2 に於, は, を受けた

1 [97件] から恢復, がそれら, がだれ, がどうしても, がどの, がね, がほんとに, がよかっ, がよろしく, がわるかっ, が一等正確, が何, が判然, が去っ, が大事, が悪い, が自分, が誤っ, が鋭く, だけで, だった, だったにも, だつたの, であつ, である, であるから, であると, でした, でまいっ, でまた, で同地, としての彼女, としてパリ, として大きな, として大急ぎ, として忘れ, として敬太郎, ともいうべき, と彼女, なんてこと, にのこる, に秀吉, に過ぎなかつた, のとおり, の実録, の楽しみ, の的確, の記録, の通り, の釘, はいかにも, はいくらじたばた, はいつ, はおそらく, はこの, はしばしば, はずっと, はそんな, はちょっと, はほんとに, はよく, は一頭, は上かん, は何となく, は余り, は先生, は及第, は大学, は後々, は悪く, は時, は激烈, は童貞, は竹藪, は誰, は重大, は電車, は頗る, は餘, も第, や尊大, をありあり, をおれ, をきかれた, をよく, をわたし, を与えるべく, を他人, を即座, を受けよう, を悪く, を書き洩し, を無視, を破, を聞かし, を語っ, を近ごろ自分

▼ 一~ (102, 0.0%)

2 一目散に, 三の丸へ, 下山する, 列席, 心配し, 退場, 集合し

1 [88件] だんまりで, アレコレ考へた, オモチャの, ガオレニイロイロ機ゲンヲ, ゾロゾロと, ゾロゾロ町の, ニ客ヲ, ボーナスが, ヤンヤの, 一直線上同, 上陸す, 不案内ニ候へ, 交詢社にて, 人力車で, 人夫と共に, 具体的な, 出発を, 切か, 列席し, 協議し, 協議を, 博徒らしく装い, 参列の, 參會の, 合掌礼拝, 報国の, 夕飯を, 婦人小児までが, 守護を, 安心シテ悦ビマス殊ニハ御, 安楽に, 宛に, 客座敷へ, 引上げる, 心配した, 恐悦に, 恭順し, 愁嘆至極なんと, 愛想を, 感心致さぬ, 感謝の, 承知の, 救命帯を, 教えを, 旦那さま御新造様と, 旦那さま御新造樣と, 昏迷し, 最敬礼, 杢に, 業務に, 毛が, 氏神の, 浪花ヨリ分散ノ, 海邊に, 潜ム, 無上の, 無言の, 状云淡路法師者幡磨法師之, 狼狽し, 獄門に, 田圃に, 発起と, 登山スルノ例有右荒, 相談の, 社費を, 粉々に, 絶大の, 脱刀した, 膳を, 自動車に, 自殺を, 苦笑し, 行列を, 討死する, 諫止しました, 謹慎罷, 讃ズ, 變な, 起立し, 遁世仕, 重荷を, 集合, 集合せよ, 鞭を, 食事する, 首垂れ, 馬庭を, 驚きかつ

▼ 一突き~ (102, 0.0%)

5 に刺し殺した

2 [11件] して, だ, だぞ, に, におれ, に刺し殺す, に杜子春, に突い, に突き殺し, に脾腹, 突いたもの

1 [75件] が来た, くれたの, くれると, ぐいと放し, しそのまま, したならどんな, ずつ突かせた, それで万事, だぜ, つくと, であった, でぶる, でもろく, でカッ, で心臓, で敵, で死ん, で死んだ, で清正, で無残, で突き, で突きとばされ, で舞戸, で見事, で赤母衣, で首, とそれとなく, と後, と息, と氣, と突き, と足, なりと突きあった, にされ, にされた, にし, にしとめました, にとばかり近, にやられ, によろける, にテストール, に仕留めた, に何, に刳られ, に刺され, に刺し, に刺し殺された, に刺し殺し, に成敗, に抉る, に殺した, に殺られました, に突き, に突き倒し, に突き倒す, に突き刺し, に突き殺させ, に突止めん, に高覧, の間違い, もう冷たく, やったらそれ, やられて, を受け, を彼, を背中, 呉れた, 抜け出ようと, 殺ったらしいん, 突いたの, 突いて, 突かれて, 突くと, 落された繼娘, 食らわせました

▼ 一箇月~ (102, 0.0%)

5 ばかり前 3 ほど前 2 でも二箇月, の余, の療養, ばかりの間, ばかり経, ばかり経った, も前

1 [80件] あるいは一日, かソコラ, が過ぎた, ぐらいかかる, して, たって, でできる, でもいったん, で出来る, で地球, とたたない, と経たない, につき一〇〇人, にもなりません, に一度位, に七八百種, に三拾円, に二円, に入門生, に四五円, に玄米三斗, に舌, のうち, の休暇, の停, の先, の分, の大, の後自分, の所得, の日光, の期間, の留学, の近く, の連続講演, の部屋代, の間, の間じゅう, ばかりし, ばかりしたら, ばかりする, ばかりの後, ばかりは堅く, ばかりは毎日, ばかり静養, ばかり食物, ほどくよくよ, ほど捨て, ほど経っ, ほど経過, ほど過ぎました, まえから, もおる, もかかっ, もかからん, もすれ, もの永い, もをる, も僕等, も暮した, も独立, も経たない, も続かう, も続く, も続こう, も遅れた, わずかに, を半月, を繰り下げた, を虚, を要する, 掛かつて, 早いの, 早く襲来, 早めて, 立たない内, 経つと, 続いたら綾子, 近かった, 食っても

▼ 一~ (102, 0.0%)

38 して 10 した 3 する 2 したの, したやう, す, する氣運

1 [43件] させたこと, させたといふ, させて, させようと, させるの, させるもの, したと, したので, したりとは, したる, したるならん, したるは, したるもの, した心, した所, した所以, した樣, した自分, してから, しました, し以, し又, し後, し得可, し朝, し李杜以下, すること, するに, するやう, する刹那, する必要, すれば, せざるべからず, せざる限り數年來, せしめたの, せむとす, せられたから, せんこと, とて何度, と云, の新, を來す, を要する

▼ 一~ (101, 0.0%)

9 を話し 5 を見, を話した 3 を報告, を手短 2 の顛末, をきい, をここ, をすっかり, を委しく, を打, を母, を物語った, を聞いた, を聞き取った

1 [56件] のこと, のはなし, の事情, の様子, の樣子, の物語, の物語り, の話, はっきりと, をうろ覚え, をこと細か, をざっと, をせめて, をそのまま, をもれ聞いた, をブチ, を三次郎, を丑松, を南条, を喋り出そう, を国, を彼, を手塚, を打ち明けた, を打明け, を打明ける, を故郷, を書いた, を最初, を源内, を無理, を煩ら, を物語らう, を物語り, を物語りまする, を眺め, を知っ, を知らせ, を私, を立ち聞き, を立ち聴きし, を立聞致, を聞い, を聞かされ, を聞かされた, を聞く, を聞こう, を葛岡, を見聞, を話し出した, を話す, を認め, を語りました, を語り聞かせ, を黙々, 存じて

▼ 一仕事~ (101, 0.0%)

7 して 5 だ, であった 4 である 3 しようと 2 してから, だった, です, やって, をし

1 [67件] かたづいたわい, がある, がすん, が持ち込まれた, させて, しがい, したいから, したころ, したよう, した後, した者, した連中, しでかさなければ, しまって, しようで, しよった, すましたという, すまして, すませたら島田, すませた日, するつもり, する積, する積り, すんだくつろぎで, すんだの, たくらんで, だけれど, だったのに, であったに, であります, である上, でございましたよ, でございますからなあ, でさえある, でしかも, でした, ですぞ, でな, でなかなか, で一円以上, で口, で足, としては持っ, なの, につき五十円, に竹童, に過ぎなかった, ね, のやう, のよう, の隙, はじめよう, やるだろうそこ, やるとね, やれるからね, を仕上げ, を片づけたら, を終つて, 企んで, 済ませて, 済んだ気分, 片づいたわけ, 第一, 終ったと, 終ったという, 終った後, 終った素子

▼ 一~ (101, 0.0%)

3 であった, である, であるべきはず 2 だ, のもの, の夫婦, 揃って

1 [84件] あって, あり, あるもの, が大枚五両, ずつが無数, ずつのピストル, ずつの四つ, ずつの影, ずつをなし, ずつ一列, ずつ一対, ずつ天秤一本, ずつ存在, ずつ財布, そらあの, それから赤青黄, だが, だけ, であったこと, であったという, でありました, であれかし, であろう, でいくら, でしたよ, でもずいぶん, で我々鈴子夫人, というの, というもの, という全然, という注文, ともして, とも見違えられる, と国分寺, ないと, な茶, にし, にしたい, にそろえ, になる, には註, に並び, に建つ, に落し差し, に見えた, に限っ, に限らず, の, の中, の内容, の名, の大きな, の大言, の木乃伊, の松葉杖, の焼き物, の畚, の白兎, の眼鏡, の肋, の金包, の電気, の霊, の鰍, はみにくい, へとさまよわせた, ほりあげたの, をなし, をも買いました, を奉る, を宿す, を本体, を門前, 並んで, 出来上ったもん, 列べたよう, 増したの, 売って, 混ぜて, 献ずる, 約一二四, 約一五六, 見にくく大きなる, 買った

▼ 一~ (101, 0.0%)

4 買って 3 を細かく

2 [13件] です, といっ, ならば, になります, に砂糖, に砂糖一斤, のお, の中, の割, の白砂糖, の皮, の砂糖, 即ち百二十目

1 [68件] か二斤, が隣り, くらいじゃあ承知, くれと, ぐらいで, すぐ持っ, ずつも使う, ずつ米, ずつ買う, ずつ買っ, だけ皮, だの, だの百二十目一斤, だよ, といいます, という, というお茶, といふお茶, とかパン, とらないうち, と二斤, と大差, ならラード四十目, なら御飯, なら砂糖, について十八圓, について十銭, につき十八シリングス, になり, にケンネ一斤, にメリケン粉一斤, に五つ位, に相違, に砂糖百目, に黄金一片, のドロップ, の三分一位, の価十銭, の原料費, の林檎, の肉, の肉さ, は削り取っ, は銅錢四十文, ばかり持っ, へ一升位, へ一合, ほどありましたら, ほど買った, も入れたら, やろうと約束, を入れ, を薄, を食べます, 使わなければ, 即ち等分, 取って, 小さい詩集二, 小さく切っ, 干鰒一把程度, 持たせて, 持って, 減るそう, 篩ったの, 要ります, 買う, 足りない, 食うため

▼ 一~ (100, 0.0%)

3 にし, を下す 2 も二石

1 [92件] か, から抜い, が三分二朱, が今, が投じられる, が然, ぐらい取れる, ずつの犬扶持, ずつ築いた, ずつ買わせ, その手, だった, だ月十石, ちつとも, であるよう, で作り出した, というところ, というまでも備わっ, といったふう, としたら, とは遠く, ともなり得るなら, と下ろし, と打ち下ろす, にこめるごとく, にもそぞろ, にも心, にも追憶, にゆったり, によって思いがけない, に併せ刻せられ, に徹, に米粒, に腰かけ, に銀六十匁位, のやう, の上, の位置, の前, の小身, の年貢, の手, の生産費, の石, の細緻, の縁, の身上, の重, の量, の間, の高, はいま, はやがて, は中国全土, は今, は劇壇, は天, は置かれた, は自分, ふみしからうす, へ水, みなおも, も容, も用いず, やった後, やりましょうとの, より成る, をいわゆる, をうけ, をおろす, をすりへらし, を下ろした, を十二円, を意味, を拾っ, を描く, を止めず, を画く, を睨ま, を置いた, を見る, 伸ばすと共に, 囲むこと, 布いて, 打ちおろすやいなやに, 打って, 打って出た消極, 昔ながらの, 終った, 行かうかねと, 踏みしからうす, 駆けぬけて

▼ 一まとめ~ (99, 0.0%)

47 にし 7 にした 2 に土塊, に投げ入れ, に自分, に重ねる

1 [37件] としてのプラン, にかき集め, にされた, にする, にその他大勢, になっ, にまとめる, にハゲ小林, に九年制, に伝言, に何千人, に全, に売っ, に大事, に容れられる, に引かかえ, に思ひ出し, に持っ, に揃え, に書き出す, に殺させた, に派遣, に燃える, に知った, に綴じこまれた, に袋, に買い占め, に買入れ, に追いだす, に運ぶ, に運べる, の大きな, の意味, の本, の話, を受け取り, 持ち伝えられそれ

▼ 一伍一什~ (98, 0.0%)

9 を話し 5 を見, を話した 3 を報告, を手短 2 の顛末, をきい, をここ, をすっかり, を委しく, を打, を母, を物語った, を聞いた, を聞き取った

1 [53件] のこと, のはなし, の事情, の様子, の樣子, の物語, の話, はっきりと, をうろ覚え, をこと細か, をせめて, をそのまま, をもれ聞いた, をブチ, を三次郎, を丑松, を南条, を喋り出そう, を国, を彼, を手塚, を打ち明けた, を打明け, を打明ける, を故郷, を書いた, を最初, を源内, を無理, を煩ら, を物語らう, を物語り, を物語りまする, を眺め, を知っ, を知らせ, を私, を立ち聞き, を立ち聴きし, を立聞致, を聞い, を聞かされ, を聞かされた, を聞く, を聞こう, を見聞, を話し出した, を話す, を認め, を語りました, を語り聞かせ, を黙々, 存じて

▼ 一~ (98, 0.0%)

2 につき五十銭, に同僚, に當, に足りない, の家, ばかりの土橋, ばかりの土神, ばかり間隔, 程の細長い

1 [80件] あるきり, か二間, がちがっ, くらいの家, ぐらいの, ぐらいのところ, ぐらいの土堤, ぐらいの大きな, ぐらいの小路, ぐらいの深, ぐらい故, しかない, しかねえ, ずつに仕切られた, たらずの, だけの二階, であったが, ですから, でその, でも, で裏長屋, という厖大, とは無い, とべれば, にお勝手, にかたまっちまっ, にその, にとぢ, にガス, に一間, に二人づゝ有, に付い, に入っ, に及ぶ, に周囲三間, に型, に寝起き, に押入れ, に旅行, に狭い, に行儀, に親子三人一陽来復, に階下, のうち, の中, の価, の値い四円五十銭, の値四円五十銭, の堀, の壁, の幅, の玄關, の階段, はあけはなし, は幅, は確か, は飛べ, ばかりだけ大きく, ばかりのところ, ばかりの小川, ばかりの所, ばかりの木, ばかりの路地, ばかりの長い, ばかりは早足, ばかり尤も, ばかり飛びのいた, やぶれ障子, より四, 借りるやう, 出来るから, 導かれて, 歩いたらしい, 程のところ, 程の小さな, 置いた向う, 見て, 高さ一間位, 高さ一間半, 高さ二丈四尺

▼ 一である~ (97, 0.0%)

5 ことを 4 ことが 3 ように 2 から何とか, がこれ, ことは, と

1 [77件] ある国事犯人, かそれとも, かも不明, からといっ, からもし, から上述, から信者, から悦ん, か多, がたま, がエトルスキ時代, が一七五七年, が普通, が目障り, が都市人口, が高源寺, けれど蚤, この西山温泉, そして強固, だけになほさら, といい, という, ということ, というところ, というの, という意味, といつも, とお答え, とした, とサア・ジォン・チャアディン, と主張, と云, と云われ, と云われた, と仮定, と俊彦, と信ずる, と思う, と思え, と最初, と気, と確信, と禎輔, と称し, と結論, と考え, と致さね, と計算, に違い, のである, のにここ, のみでなく, のみならず, ゆえ生物学の, わけです, オランダの, チアム民族であった, ドイツは, フランス革命の, 一つの, 事は, 事を, 二千五百ドルに, 又小, 君は, 場合に, 場合死亡率は, 女子の, 岩登りが, 所が, 日本からは, 是で, 筈の, 達頼罕王の, 限りその, 韮山城は, 黒檜山中央火口丘の

▼ 一~ (97, 0.0%)

5 また一機 4 や二機 2 がふわり, で二反, はくるり, はその, も入れない, も生還, を射落した

1 [74件] ええグラマン一機, おとせば, からはじめて, から発せられました, がその, がもうぜんと, がやられた, がシャベル, がパラシユート, が一機, が一直線, が他, が偵察飛行中, が夏, が思いきった, が民家, が照空燈, が直江津, が編隊列, が頭上, が飛びすぎる, くるりと, そっくり持っ, だけか, だけがこ, だけであります, だけ敵, だって半, だッ, でこの, では, でもあるなら, でも二機, でも墜, でも多く, でも東京, でも無事, で大, といふの, となった, にこっち, にだけやる, にぴたり, に引続き, のこった第, のロケット砲室, の敵飛行機, の織り, はどう, はどうして, はソビエト, は同町二千米, は残念, は血, は行方不明, ふと目, またつづい, もうもうたる火焔, もなし, ものこさず, も出来ない, も更に, も生き, も真黒, をのぞきまし, をもって現地, をも剰す, を剰さず, を執拗, を追う, 入って, 同じ間隔, 来て, 第四号機

▼ 一~ (97, 0.0%)

7 の貧乏人 5 の人物 4 の非常事態 3 の容疑者, の文学 2 から八級, の上位, の料亭, の発明, の首, 及び第

1 [63件] あがったが, から三人, ずつ昇級, だけ上, であり根深く, でも下, でも位, というところ, とした, にあり, になる, にもなれ, に位する, に推さね, に教え, に比し, のところぢ, のシッポク料理屋, のホテル, の上, の人, の人間, の伝記, の俳優, の勲功, の勲章, の名医, の名品, の声, の大型, の存在, の専門家, の心理家, の志望, の性格, の情報, の探偵小説ファン, の政治家, の教養, の旅館, の板前, の歩, の民間信仰中, の流行作家, の物, の發明, の秘書, の紳士, の罪悪, の見巧者, の金満家, の頭脳, は三十貫文, は霊魂精霊, へ移った, まで進んだ, を卒, を得た, を終る, を貰う, 進められて, 飛び越えたの, 飛んだ五年生

▼ 一さん~ (96, 0.0%)

3 に丘 2 の持ってる

1 [91件] がじっと, がどこ, が下, が何, が使, が別嬪, が又, が外交官, が大蛇, が女, が帰っ, が案内, が死んだ, が貰う, が軍艦, が陸軍, さあ唄, じゃ駄目, でした同郷, でたくさん, ということ, といっ, とさえ口, と云う, と来る, と糸子さん, と貴女, どうなされた, なんか振, にうち, におしよせる, にかけ, にかけつ, にでも連れ出し, にのぼりだした, にはちょく, に上げる, に峠, に徒歩軽装, に御, に戻っ, に戻つ, に検, に河岸, に涙, に琴, に疾駆, に表, に請う, に走り出しました, に逢っ, に連れ, に野原, に駆けぬけた, のパパ, の事, の二の舞い, の半分, の真情, の純情, の臨終, の霊, は, はいつ, はこ, はその, はどうしても, は不断, は何, は作家, は分るでしょう, は大事, は宗近家, は故, は昨夕七時頃, は犬みたい, ばしり, へは上げられません, もさぞ, もそう, も上げ, も人目, やらで, をやりこめる, を下し, を思, を生んだ, を虐めん, を賞め, を連れ, を高等

▼ 一ヵ所~ (96, 0.0%)

4 しかない, では 3 や二ヵ所 2 ある, に集め, の領地

1 [79件] あって, から天井, が二十センチ四ほう, が人間ひとり, しかありません, しかなかっ, じゃないです, ずつ焼け残った, だけ岩, だけ森閑, だけ焼物, だけ異様, であったが, でそう, でなく二ヵ所, でもあろう, で肚, といえ, としてくぼん, として室内, とその, となった, にあつまり, にあつめ, にとどめ, にまとまった, にまとめ, に人数, に囲っ, に晃, に止めさせ, に注げ, に炎々, に総がかり, に膠着, に蝟集, に集まっ, に集めさせる, に集めた, に集められ, に黙然と, のツツガ虫, の土地, の地所, の守り, の戦争, の打ち傷, の溜池, の突き疵, の負傷, の陣幕, の陥し, の首都, はあるべき, はかすり, は泥土, は祇園門前, ばかりでなく, へワラワラ, へ集, もない, も消し, よい場所, をぶち破っ, をグッ, を一期, を全部竣工, を占領, を指さした, を探しだした, を改革, を照らし出し, 壊れを, 彫り落ちて, 押し出したやりかた, 浅からぬ, 縫って, 見えたが, 開いて

▼ 一~ (96, 0.0%)

4 の葡萄 2 です, の先生, の毛, の繩, の鉄扉, へ入った, らしいが, 絞っては

1 [76件] から十房, が十五銭, が揺れ, が灯つて, くださいと, くらいはございます, ずつおい, だった, ちぎって, つかんで, でみじか, でも手, とよごれた, に, にあった, にいくら, について敷, にととのえ, にやすんだ, に二人, に五人, に合宿, に坐し, に安臥, に愕, に燈火, に親房, のうち, のた, のバナナ, の前, の小さな, の強盗, の朝露, の梢, の白糸, の監房, の羊毛, の羽目, の藤, の西洋葡萄, の金網ばり, の錠, の障子, の青き, の風情, の髪の毛, は三畳, は簾, へもどっ, へ入っ, へ出向き, へ差し伸べ, へ曹操, へ籠った, へ音, まるでちょこんとした, も綯, より多き, を, をあけたらしい, をのぞい, をもぎ取っ, をスタンレー, を与えられ, を出, を指さした, を置き, を選ん, を頭, 前頭部, 取出して, 垂れて, 投げ入れたよう, 残って, 見えた

▼ 一~ (96, 0.0%)

4 にし 3 のもの 2 に, に精神的

1 [85件] か, と考, ならず, ならず互に, ならず家, ならず朝鮮, にあらず, にある, にうすい, にうつむい, にきれい, にこれ, にひどく, にふれ, にみんな, にオオミタカラ, にカーテン, にジロ・ヒジロ, にフランス人, に一尺, に三〇日, に三回戦, に上, に不破, に偏すれ, に共通, に切迫, に前方, に割り渡すべき, に同じ, に和やか, に哀れ, に好き, に好む, に如此, に平滑, に幸福, に当り, に感じあう, に抜き, に文字どおり闇黒雲, に日焼け, に曲つた松, に栄え茂っ, に横様, に樫, に死ぬ, に澄み切っ, に燻っ, に総理大臣, に線路, に考え得られる, に肉, に腹巻, に興味, に茫然, に衰え尽くし, に見え, に配置, に野趣満々, に雪, に頭, に顔, に黒, に黙っ, の庄司利喜太郎, の引受け, の教科書, の教訓, の方, の有様, の材料, の現象, の皿, の研究, の破壊, の罪, の考え, の視察, の解釈, の譎詐, の趣意, の道理, の黒衣, まずその

▼ 一歩手前~ (96, 0.0%)

5 のところ 4 にある 3 まで来, を彷徨 2 の状態, の考察, まで来た

1 [75件] だったの, で, であった, であの, でうろうろ, でこらえ, でためらっ, でとり止める, で先づ, で助かった, で助かりました, で又, で受けとめる, で台, で喰いとめる, で喰い止める, で思い停った, で救われた, で服, で止まつた, で歯, で気がついた, で生き, で私, で立ちどまる, で背後, で自ら, で踏みこたへ, で踏み止まります, で踏み止る, で蹈, で逃げ帰る, で関羽軍, で食い止める, というところ, という一家, といったよう, にあ, にあった, にいる, において書く, になった, にはからずも, にまで昂じる, にゐ, にゐる, に待ち伏せし, に於, に止つて, に相違, に踏み, に踏み止まった, に追いこまれた, のあぶな, のとき, のもの, の作法, の停滞, の夕暮, の存在, の心持, の明る, の現世, の疲労状態, の瞑想, の絶巓, の老人, は堕落, までいった, まで彷徨い, まで行っ, まで行つた二人, まで迫った, まで追, まで逐い詰められた

▼ 一~ (96, 0.0%)

2 がこの, にはそんな, の母, はあなた, は先生, は其頃

1 [84件] あ飲む, が, がおのずから, がむり, がもう, が一銭, が世間, が国, が棄てられた, が死んだら, が泥棒, が済まない, が無理, が照子, が生れ, が許さいで, が読んだ, が金, そんなに嬉し, とし, と別れぬ, と好, なぞこんな, などにはわからない, などよりは遥か, なんぞは自慢, にきかせる, にした, にはもう, にはわが, にはギリシヤ喜劇, には子供, には布施, には斯, には重苦しく, に云わせる, に犯人, の名前, の尊敬, の恥, の旅費, の歩いた, の生涯, の申す, の目的, の直接面会, の行き, の資力, の身体, の身體, の頭, はいい, はここ, はこの, はその, はそれ, はまだ, はもう, はハンネレ, はファン, は一審, は一度, は一生妻, は下劣, は人, は人間全体, は他人様, は何, は宇佐美さん, は寒気, は幸福, は戦争中, は日本アルプス, は昨日一日, は机, は来たるべき, は気六ヶ, は臣下, は自分, は見ず知らず, は青竜王, を知っ, を踏みつけ, 共北山辺

▼ 一~ (96, 0.0%)

35 二の 18 二第 6 三の 4 二と 2 二は, 二及び

1 [29件] 一の, 一回速記, 七葉, 三, 三日曜, 三第, 三連隊, 二, 二が, 二それ以下の, 二とも, 二シュレージエン戦争中王自ら進ん, 二世界大, 二両旅団を, 二主題が, 二塁に, 二学期とも, 二弾第, 二等々の, 二組曲全部を, 二航空戦隊な, 二艦隊は, 二軍の, 二軍を, 二輯は, 二鍋ノ, 二隊の, 二集の, 四第

▼ 一~ (95, 0.0%)

3 を挙げ 2 に至る, の名主

1 [88件] あり彼村出生, あるいは一地方, から起つた, が引受ける, が沸い, こぞッ, ことごとく犬神持, しかも誰, その死, だけでなく, であったから, であつ, でご, でその, では或, では羊飼, で松明七千把, とてない, と云った, と押して, にし, にたてこもり, にては三つ, には一人, にひとり, に一人, に一冊, に一神, に三四軒位, に五六名, に住, に共同, に千, に必要, に扶持, に指定神社, に溢, に響きわた, のうち, のさむ, のなか, のみなりという, の一ト旗組, の上, の中, の人, の人々, の人家, の人畜, の代表, の住民, の偶然, の名, の地, の地下, の外, の有様, の民家, の水, の焔, の父, の男総出, の眺望, の緑, の老幼, の老幼芽出度, の老若男女, の者, の興廃ハ, の行事, の農民, の農耕状態, の鎮守, の長, はいま人馬, はチベット, も見かけられた, を受け, を合計, を埋, を成せり, を押し, を構成, を浚, を為し, を益, を縫う, 挙りて

▼ 一要素~ (95, 0.0%)

12 である 4 となっ 3 であると, となる, をなす 2 たる, であるよう, とし, としてその, としての自己

1 [60件] かも知れない, がつけ加はつ, がなぜ, が連想, たらしめたい, たる海道下り, だという, であり大滝, であり日本, であり現在, であるかぎり, であるから, であるが, であること, であるといふ, であるの, である如く考えるところ, です, でで, ではある, でもある, で結婚, としての役目, としての私, としての範疇組織, としての資格, としてむろん, として今日, として取り入れる, として否定, として唯一恋愛, として地方固有, として採用, として最も, として構成因子, として発達, として自我, として舞台装飾, として西洋画, として見る, として認定, となってる, となり, となりぬ, とはなっ, ともなっ, と逆, なの, なること, なる蟹, にはなつ, にはなるであらう, の美感, はたしかに, はスタイル, は定義, は弟子, は極めて, を加味, 即ち

▼ 一~ (94, 0.0%)

4 はその 2 なんか初め, は何

1 [86件] あなんでそんなに, あの辺, からは折返し, が大きな, が宙, が新宿, が美濃, が言われる, が迷惑, が間違, が隣, この神秘, じつにりっぱ, じゃ, たとえばその, で僕, といっしょ, と同年, と拙者, と故, と昨日こ, などの俸給, にお, にこの, にも氣, にデ