青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ヶ月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ランプ ランプ~ レコード~ ロシア~ ロンドン~ ローマ~ ~ン ン~ ヵ月~ ヶ~
ヶ月~
・~ ー~ ~一 一~ ~一々 一々~ ~一しょ ~一つ 一つ~ ~一ぱい

「ヶ月~」 2121, 23ppm, 5047位

▼ ヶ月~ (302, 14.2%)

25 間に 10 間は 7 うちに 4 日子を, 月日が 3 余も, 内に, 後に, 日が, 生活費を, 間の

2 [13件] あひだ, 中の, 中最も, 予定, 幼年紳士が, 後には, 約束で, 腹を, 間を, 間私は, 間蒙, 間閑雲野鶴を, 餘にわたる

1 [208件] あいだじゅう朝御飯が, あいだに, あいだにも, あいだ部屋に, あの平和, あひだ記憶, あひだ離ればなれ, うちまず, うち二三度は, うち二十日余りも, うち半月は, うち同船で, うち大潮の, お休み, が出てる, ことであった, この楊州, ために, つもりだつた, つもりで, ところを, ものをすら, コリーと, サラリーである, リポーター生活だ, 一つと, 三分の一だ, 下宿料は, 中に, 中には, 中第, 予定で, 京都での, 人物だ, 今日やつと, 今日既に, 休暇が, 会費を, 何日も, 借金は, 冬を, 分とて, 分量が, 刑をを, 刑期は, 刑期を, 判決を, 利益僅か十五円に, 前からの, 労作と, 労苦の, 博覧会も, 収入あるいは, 命な, 地方旅行で, 大きな腹, 太鼓腹とが, 如く幸福, 子供が, 学資として, 學期を, 定額は, 実習期間も, 実験の, 家賃ぐらいを, 家賃は, 家賃を, 宿泊人員一日平均九・二五, 小遣銭幾ら貯金幾らと, 少年なる, 差しか, 差である, 希臘旅行中此の, 年占が, 彼女の, 彼等の, 後か, 後だった, 後ち, 後なる, 後にも, 後やうやく, 後何ら, 後即ち, 後奇蹟的に, 後平熱に, 後新緑の, 後石垣島の, 後警察へ, 愉快な, 懲役と, 懲役に, 懲役五十円の, 戦野も, 拘禁を, 接觸の, 支那旅行を, 旅中記である, 旅行が, 日子が, 日数が, 時日の, 晴雨吉凶を, 暇が, 月日娑婆には, 服役の, 期間を, 期限が, 期限だった, 期限ニて, 椅子を, 歴史は, 気分の, 氣二十四節は, 永い歳月, 求刑に, 漂流で, 猶予期間さえ, 獄舎生活を, 生活が, 生活費位には, 生計を, 病院生活は, 療養で, 短いもの, 短い間, 短時日を以て, 短期間に, 禁錮の, 経過する, 経験で, 給料ぐらいが, 給料と, 給料は, 維持費を, 緊張の, 缺席數は, 肥育を, 胎児の, 腹で, 自分の, 臭い飯, 航海を, 苦しい見習い, 苦心が, 苦心も, 苦心報いられ, 記念に, 豫定でありました, 貧乏ぐらしで, 賃金と, 賃銀を, 身重で, 身重でした, 身體を, 退職手当を, 遠洋漁業に, 重傷と, 長いもの, 長さ, 長女千恵子を, 間, 間かかっ, 間だ, 間どんな, 間なりき, 間には, 間も, 間コールタールの, 間ミツシヱルの, 間中わたしは, 間他人の, 間僕の, 間全く, 間夜が, 間夜中にも, 間大, 間大いに, 間大佐等はかの, 間妻の, 間床について, 間彼が, 間彼の, 間彼は, 間待ちくらした, 間日を, 間最も, 間村木博士は, 間東京市中に, 間東京市中の, 間殆ん, 間津田洋造は, 間熱心に, 間産科の, 間監獄の, 間私が, 間私の, 間考え通した, 間耐へ, 間自尊心と, 間贅沢な, 間雑誌屋の, 間飢餓か, 頃の, 食料が, 食科が, 餘にも, 馴染を

▼ ヶ月~ (134, 6.3%)

8 前から 6 前の 4 すれば, 二ヶ月も 3 すると, 三ヶ月も, 経つと 2 前に, 後の, 経たなければ, 魚ば

1 [95件] あるそんな, いて, いると, かかったこと, かかって, かかつて, かからないだろう, かかるの, かかる劇, したとき, してから, すぎた舶来, そこを, その分配, そんな事, たたなければ, たたぬうち, たちますと, たったら四年, たった二月, たつて, たつと, たてば, ついて, つづく, なく人中, もちこたえたから, バクハツを, ポカンと, 一疋の, 一緒に, 世話に, 以前から, 働いたお金, 先に, 利子を, 前からも, 前よりの, 家の, 家へ, 居たろうか, 居れと, 帰らんの, 床に, 彼女ひとり, 懲役に, 手持ちを, 払ひ, 故無くし, 日が, 早く刈り入れる, 来なかったよう, 枕から, 毎日この, 気持が, 治療を, 泊められやせんから, 洗つた事は, 準備を, 溜つてゐる, 滯在した, 生きた記念, 病院には, 相立候得, 石の, 移り行き, 経たない頃, 経たぬうち, 経って, 経ってからの, 経つたが, 経つて, 経つてから, 経過し, 続いて, 続けて, 練習し, 練習を, 置いたならば, 育てたの, 要しなかったの, 見ないん, 費したる事, 足りないのに, 逗留しつづけ, 逗留する, 逢つた, 遅れて, 遊んで, 遊んでから, 過ぎて, 閉切らしい, 静物と, 食べて, 魚を

▼ ヶ月~ (118, 5.6%)

4 のこと 2 に東京, まではこの, まで生き

1 [108件] ある夜曲者, ある料亭, かにもこ, からお, からたのまれ, からちゃんと, からできない, からはじまつた, からひそか, からゴルフ, から三崎, から伯爵夫人, から健康, から在郷軍人, から専造, から巧み, から心臓病, から手帖, から東京キネマ, から梅沢女剣劇一座, から痲痺, から発狂, から行方不明, から雑誌, ぐらいです, この委員会, その母親, だった, であったらば, でございました, でございます, と今, と後, に, にいなくなった, にできた, にとう, には古賀, には谷崎潤一郎, にスパルミエント大佐, にヨハネスブルグ, に一人, に一度, に万世橋, に人, に倫敦, に入れ, に入門, に出, に初めて, に夜店, に女房, に妻, に彼女, に死んだ, に歿, に比べ, に注文, に生き, に申込ん, に破棄, に私, に老病, に血, に見せ, に見た, に遡っ, に鬼倉, の, のある, のかたき, のけなげ, のちらし, のもの, の一日, の九月二日, の二月, の咯血, の娘, の彼, の時, の月, の服部君, の様, の白昼強盗事件, の老, の自分, の話, の雑誌, はじめてこの, まではある, までは其処, までは名前, までは數百, までは活気, までは生き, までは瘠せ, までは電車, までゐた, までゴルフ, まで位, まで無かっ, まで貸した, より其同志中, より頻々, 半沢山, 即ち昭和二年五月, 迄は間違い

▼ ヶ月~ (110, 5.2%)

8 して 5 なる 4 なるが 3 なります 2 なった時, 一度か, 一度ぐらい, 一度の, 一度月給だけを

1 [80件] あざやかな, その軌道, なったばかりの, なりました, なりますが, なり一ヶ月, なるかねえ, なるとの, なるの, なるのに, なるまでの, なる落ちついたこと, なる馬, トラックで, 一二度位なるべし, 一兩では, 一回一年に, 一回開き, 一度, 一度くらい, 一度ぐらいずつ, 一度ぐらゐかも知れない, 一度ぐらゐしか姿を, 一度ぐらゐ呼ばれ, 一度ぐらゐ専務に, 一度だけ, 一度づゝ新しい, 一度づゝ見廻り, 一度づゝ酒を, 一度は, 一度も, 一度イワシを, 一度丈け, 一度位脚湯するなり, 一度否, 一度私, 一度食う, 一遍多い, 三年ぶんぐらい, 三日と, 二ドル半の, 二回ずつ, 二日とは, 亘りて, 亘る病気, 亘る病院生活, 亘る空白, 亙って, 亙つて, 亙つて城, 亙つて月刊誌, 亙り毎日禁裡, 亙る航海, 何日か, 六回続け, 処せられたの, 分れて, 分割し, 十三石ぐらい, 十日と, 十枚も, 及んで, 垂んとする頃, 大小いろ, 幾度来, 度々輪講, 当るので, 成るだらう身輕, 渡って, 滿たぬ, 百五十足に, 等しいと, 貰う四両, 貰う金, 足らずして, 近い日, 近い稽古, 近い間癩患者, 近づいて, 達した時

▼ ヶ月ほど~ (96, 4.5%)

15 前に 11 して 8 前から 3 以前より, 前の, 後に 2 たって, 昏睡させる

1 [49件] かかった旧, すぎて, たちそろそろ, たった頃, たっても, たつて, でも, で彼, まへ, まへに, スペインモロッコフランスイタリア等を, 上海に, 以前から, 以前で, 以前に, 会わないうち, 働いたこと, 働きすごしたこと, 前で, 前であった, 前です, 前という, 前までは, 前光丸と, 前同僚の, 前彼は, 前数千金を, 前有名, 前自動車, 前醸造場へ, 友人の, 台所へ, 国内に, 塩竈の, 寢込ん, 後の, 後菊千代は, 旅行し, 暮らして, 木曜島に, 東京を, 滞在し, 経って, 経ってからの, 経て, 膿が, 致しまして, 過ぎた頃, 過ぎると

▼ ヶ月ばかり~ (86, 4.1%)

9 前に 7 して 6 前から 4 前の 3 経つと 2 たって, 前まで, 経って

1 [51件] お目にかかりませんが, してから, しての, たったある, たった頃, たつたある, たつと, だつた, であ, でしたが, です, で上野, で歸, 下宿住いを, 下宿料の, 以前に, 以前彼女は, 倭文子さんを, 前人夫が, 前故郷, 前暫く, 奥様も, 家を, 彼は, 後この, 後には, 後の, 後秦啓源の, 支那に, 月日は, 朝鮮の, 東京へでも, 浜野という, 滞在せし, 留守に, 病気を, 私は, 竹山茂吉からは, 経ってから, 経っての, 經つてから, 繃帯の, 花子は, 荘家で, 虚, 通って, 過ぎた, 過ぎたある, 過ぎた後, 過ぎますと, 過ぎると

▼ ヶ月~ (74, 3.5%)

3 に於ける 2 はこの, は殊に

1 [67件] がある, ぐらいに行われる, この膿, こんな寂しい, つづいた, つづけて, でしたよ, でも後嗣, で概略, といふもの, とその, にし, に三件, に三割, に三千圓, に五回, に亙る, に何, に余, に八万二千, に會話, に痩せ, に百回, に私, に編物講習, に脚気, に長安, のこと, のウクライナ, の一部分, の出来事, の割引二等乗車券, の努力, の変化, の學期, の待ちぼうけ, の心労, の損害三万円, の旅行, の時日, の期限, の生活, の田園生活, の看護, の禁, の精神状態, の統計, の苦惱, の賜暇, の馬, の鯛, は, はまことに, は充分, は実に, は死, は甲論乙駁, ぼんやり宙, も全く, も打つ, も続演, も練習, も行方, 悩まされるの, 若クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, 蒙古, 見て

▼ ヶ月~ (53, 2.5%)

4 經て 3 経て, 費す 2 あの冠, 此村に, 經た, 費した

1 [35件] さう抱きも, どうしても待てない, 任期として, 各々一〇日ずつの, 妾は, 平均すれ, 想ひ出し, 振りかえって, 擦り減らされたやう, 支えしは, 昼から, 暮らして, 江戸に, 海上に, 病院に, 経た今日現場捜査, 経ても, 経れば, 経過せず, 經過した, 經過する, 臨時の, 要するもの, 費したばかり, 費した太平洋上, 費して, 費すもの, 送つた, 過ぎたる今日, 過ぎつる後, 過ぎる現在, 過したが, 過した或, 過して, 限り巡回文庫を

▼ ヶ月~ (50, 2.4%)

1 [50件] いつたとき, おろかその, かくの, それが, びくびくし, まことに意味, また経過, グランドへ, コタエマシタ, プロについて, マウント・アソスの, 一人で遣つ, 丁度五月, 三〇日より, 三十日巷談屋の, 三百六十五の, 京都へ, 体の, 便りを, 全く雪, 十二ヶ月の, 夢の, 大丈夫だ, 大丈夫といふ, 家に, 平気で, 思いの外に, 成程, 断食する, 書物か, 材木を, 流れて, 漂流する, 私を, 窓の, 終りあと数日, 経って, 経過した, 聞き倦, 若い彼, 要るだらうと, 見当らなかった, 足が, 軽井沢滞在として, 遊んで, 過ぎた, 過ぎてしまつた, 過ぎました, 郷里に, 雨の

▼ ヶ月~ (47, 2.2%)

2 のこと

1 [45件] くらいに新聞, である, であるして, と書き直され, にあった, にあなた, になっ, には, にはこの, にはよく, には仙臺, には伊太利, には再び, には十五円, には帰っ, には手足, には東京, には細君, には自分, には買った, にエスピノザ, にロッス夫人, に僕, に又, に囘顧, に地球帰還, に家出, に帰る, に来るべき, に死體, に漸く, に私, に結婚, の七月初旬, の五月, の五月二十七日, の人工流産, の島田, の年末賞与, の御, の日時, の明治十一年一月五日, の東京, の此日, 同じこの病院内

▼ ヶ月~ (43, 2.0%)

2 あつた

1 [41件] あつた事情, お金が, こっちは, ことは, これまでに, さ, さらに改造, ちよつと, はある, は質物, やめて, コメディイ・フランセエズへ, フロウレンスへ, 三の, 会得せしめる, 俺は, 六百枚ほど, 出来上ったの, 十万人ぐらいしか, 卒業する, 失敗し, 小説は, 帰って, 幾許に, 必ず治し, 急に, 更に改造, 朝鮮半島全部を, 死んで, 海外学校に, 満五十六歳, 為る仕事, 煙の, 科学大衆文芸運動の, 精神状態も, 結構だ, 翌年の, 近藤勇土方歳三は, 鎮る, 離婚した, 馘に

▼ ヶ月~ (42, 2.0%)

1 [42件] ある月, がやって来た, ぐらいにだしぬけ, ぐらいには部屋, だ, だあゝ, でした, です, ですから, で家, で相, となっ, にはいった, にはじめて, にはとうとう, には一文, にやつ, に一つ, に僕, に大学, に女, に昏睡, に消え, に生れた, に生れました, に痛い, に縁側, に重い, の, の九月一日, の夜, の年, の新月, の明治三十八年一月二十九日, の昭和九年三月十七日, の終り, の腹, の赤児, も終ろう, をさませ, 即ち之, 向柳原

▼ ヶ月~ (32, 1.5%)

5 前に 4 前から 2 たって, つ

1 [19件] あいて, して, してから, してからの, たった, たつた, たつて, たつてから, たつと, 前である, 前やつぱりかうしてみぞれまじり, 前或, 居た, 活花を, 潜伏し, 眠れずに, 経った時, 過ぎたある, 過ぎた或

▼ ヶ月~ (29, 1.4%)

2 の生活費, の間代

1 [25件] がある, たまって, ですか, の, の利子, の前金, の包み, の家賃, の小遣, の料金, の月謝, の給与, の給料, の給料三十両, の蔵敷料, の郵便物, の金, の電車賃, もたま, もたまってる, を一度, を余分, を拂つた, を見出す, 納めたので

▼ ヶ月~ (27, 1.3%)

2 云ふ, 申すもの

1 [23件] いえば, いふので, しその, のびのびに, また六ヶ月, 一日の, 一日今更めて, 二十日なり, 二日目だった, 云うもの幾度仕事, 云えば, 云ふそ, 六ヶ月と, 切って, 十日あまりに, 十日か, 書いて, 答へれ, 経つうち, 聴いて, 間が, 関係の, 高を

▼ ヶ月あまり~ (25, 1.2%)

1 [25件] かかり百十枚, して, たちました或, たって, で店, で辛くも, のうち, の入院中, の影, の後, の日月, の月日, の極端, の病院生活, の間, はまた, もあちらこちら, も世話, も大阪, を半, を媼, を費した, 経つた, 経つて, 続いて

▼ ヶ月以上~ (25, 1.2%)

3 も前

1 [22件] あるので, が費されました, になっ, になる, にもなります, のヒラキ, の昔, の滞在, の礼儀, の考慮, の連續, もかかっ, もぐつしりとかぢりついて, も井戸, も旅行, も空家, も米, も経った, も經つた兒, も續, も臥, も音信不通

▼ ヶ月~ (25, 1.2%)

1 [25件] かかって, ぐらいしか過ぎ去っ, すぎた, といふ時日, なりのうち, にもなる, のあらゆる, の徹夜, の書き, の私, の行程, の路程, の間, の静養, ばかりのアメリカ旅行, ばかり前, ばかり生き, ほど前, ほど後, ほど私, も僕, も前, も郷里, 札は, 経つた

▼ ヶ月~ (23, 1.1%)

2 かかる見込, の間

1 [19件] がなん, したら故郷, して, たちました丈夫, たつと, たべ通すの, で急病, で消散, になっ, にはなるだらう, のこと, の中, の段階, の生活, の胎児, はゆ, も呑気, も知らない, 貸さないだらうか

▼ ヶ月ぶり~ (20, 0.9%)

2

1 [18件] かでやつ, かで熊吉, だけれど, だつた, である, でやっと, でルパン, で帰る, で東京, で江戸, で行, で訪れた, にホッ, に温浴, に艇内, の外出, の対談, の魚

▼ ヶ月~ (16, 0.8%)

1 [16件] かつて全部, かつて穿鑿, さきの, そこい, 二ヶ月しか, 二ヶ月目ぐらいには, 二三ヶ月と, 何年か, 先には, 八ヶ月目に, 前の, 半年それも, 待つて, 後の, 續けて, 觸れた

▼ ヶ月以前~ (14, 0.7%)

1 [14件] からしばらく, から已に, に僕, に愛妻, に比べる, に私, に計画, に註文, の就眠時, の春, の盛子, までの苦しみ, までは学生, よりは顔

▼ ヶ月という~ (13, 0.6%)

2 ものは

1 [11件] ものそわそわ, ものの, もの毎月の, もの消息不明に, もの精魂を, もの苦しめられ, 日数は, 時である, 時日とは, 長い月日, 頃民子は

▼ ヶ月でも~ (12, 0.6%)

1 [12件] いいや, 二ヶ月でも, 二三日でも, 八つ橋を, 分りましたから, 半年でも, 国芳の, 少なからぬ, 此処に, 永いわ, 行つ, 靜養出來る

▼ ヶ月振り~ (12, 0.6%)

2 で鎌倉 1 かでふた, かで彼女, かにその, かのまつ枝, に妻, に聞く, に郵便物到着, のそして, の対面, の餡気

▼ ヶ月ぐらい~ (11, 0.5%)

1 [11件] すると, でいよいよ, でずッ, コンコンと, 以前からかも, 入院し, 前から, 前の, 漁にで, 経過し, 飼育し

▼ ヶ月といふ~ (11, 0.5%)

1 [11件] ものどうしても, ものは, もの世間の, 事は, 子供の, 幼兒の, 所謂新, 方が, 日が, 短かい期間, 處から

▼ ヶ月にも~ (10, 0.5%)

3 なるが 1 なった, ならないの, ならないのに, ならんのに, なります, なるとに, 油も

▼ ヶ月ばかりの~ (10, 0.5%)

2 間で 1 うちに, 後に, 後の, 後漸く, 間, 間その, 間に, 間の

▼ ヶ月足らず~ (10, 0.5%)

2 のうち 1 でお, でたちまち, で克子, で貴婦人たち, という事, と云, の苦心, は花巻町

▼ ヶ月~ (9, 0.4%)

2 空しくすぎ, 過ぎた 1 いつの間にか過ぎ去っ, 二ヶ月と, 経過し, 経過した, 融資期限で

▼ ヶ月~ (9, 0.4%)

1 てからの事, てからもまだ度々, てから東京, てまた, て他国, て帰る, て梧郎, て死ぬ, て窃

▼ ヶ月しか~ (9, 0.4%)

2 我慢が 1 たたず玩具, ない, 使は, 経たない位, 経たない娘, 経たぬのに, 経って

▼ ヶ月ほどの~ (9, 0.4%)

1 南北支那の, 後でした, 後には, 懲役に, 滞在の, 胎児でありました, 苦しい旅, 進空の, 間

▼ ヶ月~ (9, 0.4%)

2 三ヶ月は 1 そこい, つて夏の, 二ヶ月で, 二ヶ月は, 二ヶ月法律の, 五六ヶ月なら, 四ヶ月で

▼ ヶ月余り~ (9, 0.4%)

2 の旅 1 にし, にしかならない, の間, もする, もそれ, も愚図, 見ない間

▼ ヶ月~ (8, 0.4%)

1 しか向う, というもの, に亘る, の滞留, の睡眠治療, は居られまい, も社会, も経過

▼ ヶ月近く~ (8, 0.4%)

1 になります, になる, にもならう, の滞在, の間, まで自分, もなじん, 押込められて

▼ ヶ月にしか~ (7, 0.3%)

2 ならなかつたが, 成らぬが 1 ならない, ならないおれ, ならないのに

▼ ヶ月以内~ (7, 0.3%)

1 に傳法阿闍梨, に出来上った, に同じ, に国外, に契約, に私, に縮

▼ ヶ月さき~ (6, 0.3%)

3 のこと 1 には自分, に來, に生れる

▼ ヶ月たった~ (6, 0.3%)

1 かたたぬ, がすこし, ばかりで, ばかりです, ばかりの頃, 時毎月二円ずつ

▼ ヶ月たつ~ (6, 0.3%)

1 うちに, かた, かたたぬ, てあ, てみなけれ, て彼等

▼ ヶ月とは~ (6, 0.3%)

1 いいながら, かからないこの, また違つた生活がけふから, 余りの, 働いて, 持たないはず

▼ ヶ月経った~ (6, 0.3%)

1 ころふと, もので, 後の, 時に, 晩秋の, 頃の

▼ ヶ月~ (6, 0.3%)

2 りで罷めて 1 りして, り以前, り女中, り姿

▼ ヶ月~ (6, 0.3%)

1 も後らした, も書い, りも, りを, り寢通, を費し

▼ ヶ月ぐらいの~ (5, 0.2%)

1 ものでした, 中型の, 腹を, 間に, 間は

▼ ヶ月~ (4, 0.2%)

1 から, つた, という, と聞い

▼ ヶ月です~ (4, 0.2%)

1 から, から一年, って, よ

▼ ヶ月なり~ (4, 0.2%)

1 一ヶ月半なりの, 二ヶ月なり, 十五日なりを, 経つて

▼ ヶ月から~ (3, 0.1%)

1 二ヶ月くらゐ, 四年五ヶ月に, 渓流で

▼ ヶ月かを~ (3, 0.1%)

1 地上に, 生きて, 食は

▼ ヶ月くら~ (3, 0.1%)

1 ゐ入室, ゐ前, ゐ新聞紙

▼ ヶ月くらい~ (3, 0.1%)

1 あなたから, かかるじゃろな, で他

▼ ヶ月する~ (3, 0.1%)

1 ともう, と一日十銭, と私

▼ ヶ月たっ~ (3, 0.1%)

1 ても現れぬ, ても目, て後に

▼ ヶ月だけ~ (3, 0.1%)

1 だ, だしつかりせよ, 売ること

▼ ヶ月にて~ (3, 0.1%)

1 ポシャり二月, 一年三月なり, 始む

▼ ヶ月のち~ (3, 0.1%)

1 に実物, の事, の八月十四日

▼ ヶ月ほどは~ (3, 0.1%)

1 何物を, 女中の, 彼は

▼ ヶ月ほども~ (3, 0.1%)

1 厄介に, 売れずに, 経った後

▼ ヶ月もの~ (3, 0.1%)

2 長さ 1 独身生活の

▼ ヶ月~ (3, 0.1%)

1 きの, へ妊娠, を予想

▼ ヶ月前一足さき~ (3, 0.1%)

2 に本国 1 に本

▼ ヶ月待つ~ (3, 0.1%)

1 て呉れい, て呉れない, て見た

▼ ヶ月~ (3, 0.1%)

1 きまって一番, の胸, の計画

▼ ヶ月~ (3, 0.1%)

1 が色塗り, は人, は東京

▼ ヶ月程の~ (3, 0.1%)

1 後に, 臨時雇い, 間に

▼ ヶ月経つ~ (3, 0.1%)

1 てからあつ, てから彼方此方, と放火癖

▼ ヶ月あまり京都~ (2, 0.1%)

2 へ旅行

▼ ヶ月ある~ (2, 0.1%)

1 かといふやう, ので君

▼ ヶ月いた~ (2, 0.1%)

1 上で, 外国人には

▼ ヶ月おくれ~ (2, 0.1%)

1 ている, て出獄

▼ ヶ月かかる~ (2, 0.1%)

1 かわからない, さうだ

▼ ヶ月かの~ (2, 0.1%)

1 後私の, 我慢強い努力

▼ ヶ月この~ (2, 0.1%)

1 僻陬の, 院に

▼ ヶ月ちょっと~ (2, 0.1%)

1 のゴルフ, 前までは

▼ ヶ月であった~ (2, 0.1%)

1 が私, 相です

▼ ヶ月である~ (2, 0.1%)

1 ところを, とわかり

▼ ヶ月~ (2, 0.1%)

1 のだ, のであった

▼ ヶ月には~ (2, 0.1%)

1 三十円からの, 何程か

▼ ヶ月ばかりは~ (2, 0.1%)

1 僕等ん, 毎晩の

▼ ヶ月ほどに~ (2, 0.1%)

1 なるので, なるわけ

▼ ヶ月まだ~ (2, 0.1%)

1 一度も, 歩行不自由の

▼ ヶ月もう~ (2, 0.1%)

1 その年, 一人は

▼ ヶ月もか~ (2, 0.1%)

1 かつて積立てた, かつて計

▼ ヶ月より~ (2, 0.1%)

1 ずっと後, ならぬとの

▼ ヶ月~ (2, 0.1%)

1 に幾日, の半分

▼ ヶ月乃至~ (2, 0.1%)

1 三週間と, 三週間という

▼ ヶ月二ヶ月~ (2, 0.1%)

1 と経つ, の遠洋漁業

▼ ヶ月五円~ (2, 0.1%)

1 でもっ, もあれ

▼ ヶ月前ロシヤ使節~ (2, 0.1%)

1 に對, の軍艦

▼ ヶ月前此処~ (2, 0.1%)

1 へ来た, へ泊った

▼ ヶ月半ぶり~ (2, 0.1%)

1 で弟, に

▼ ヶ月帰らなく~ (2, 0.1%)

1 とも一通, とも三ヶ月

▼ ヶ月~ (2, 0.1%)

1 の優しい, の刀痕

▼ ヶ月後私~ (2, 0.1%)

1 のその, は到頭

▼ ヶ月~ (2, 0.1%)

1 に妊娠, に死んだ

▼ ヶ月~ (2, 0.1%)

1 に彼, に装飾部主任

▼ ヶ月滞在~ (2, 0.1%)

1 したついで, して

▼ ヶ月留守~ (2, 0.1%)

1 にし, にした

▼ ヶ月程を~ (2, 0.1%)

2 送つて仕舞

▼ ヶ月終り~ (2, 0.1%)

1 て地理書, て歴史一冊

▼ ヶ月経ち~ (2, 0.1%)

1 二ヶ月経ち, 次の

▼ ヶ月~ (2, 0.1%)

1 たぬ中, つと放火癖

▼ ヶ月近い~ (2, 0.1%)

1 日柄を, 欠配に

▼ ヶ月間ぶつ通し~ (2, 0.1%)

2 でやる

▼1* [365件]

ヶ月あなた方は人目, ヶ月あまりこれという大, ヶ月あまり不意に音沙汰, ヶ月あまり後のこと, ヶ月あまり續けて見る, ヶ月あまり自分たちの氣持, ヶ月あまり遠くに走りすぎ, ヶ月あまり雨の一滴, ヶ月あまり音沙汰がなかつた, ヶ月いくら手紙を, ヶ月いやどうかする, ヶ月うちのと別府温泉, ヶ月おくれたのである, ヶ月お腹の具合, ヶ月かかって発酵, ヶ月かかったよ, ヶ月かになる, ヶ月かにわたって骨を, ヶ月かは暗い所, ヶ月からだの工合, ヶ月がかりで全, ヶ月くらいしか経たなかったので, ヶ月くらいと思います, ヶ月ぐらいというもの二人は, ヶ月ぐらいまで短縮できるだろう, ヶ月ぐらひして米倉はおめかし, ヶ月ぐらゐたつととにかく田舎初段, ヶ月ぐらゐづつこの山中へ避暑, ヶ月ぐらゐで出来上ります, ヶ月ぐらゐのうちなんですからその前, ヶ月ぐらゐの後この宿, ヶ月ぐらゐ居候をし, ヶ月ぐらゐ顔もそらず, ヶ月ごとにひょいひょい, ヶ月ざつと十万円にはなる, ヶ月じっとして, ヶ月つかり酒, ヶ月その仕事に, ヶ月その間彼は幾度, ヶ月それから啓介の, ヶ月たたぬうちに, ヶ月たちますると, ヶ月たちまして本年二月中ごろ, ヶ月たち四ヶ月たち就職口もない, ヶ月たち就職口もない, ヶ月たってのことでありました, ヶ月たらずでしたが二つ, ヶ月だけはそれを, ヶ月ちかいころから, ヶ月ちかくすぎた日, ヶ月ちがっている, ヶ月や, ヶ月づつ之を循環崇拝, ヶ月づつ部長を勤める, ヶ月んだ, ヶ月でありずゐぶん若い, ヶ月でありました生死混沌の, ヶ月でまわって放浪記, ヶ月となつた庵には, ヶ月なら一番い, ヶ月なれど箸, ヶ月なんかこの月世界, ヶ月にわたって骨を, ヶ月にわたってのことである, ヶ月きつと, ヶ月ねむらせてくれる, ヶ月のどへ通る, ヶ月のむかふ, ヶ月ばかりで脱稿した, ヶ月ばかりといふもの, ヶ月ばかりというものは, ヶ月ばかりをその金, ヶ月ぶっ通しで, ヶ月ぶつ通して, ヶ月ぶんの負債, ヶ月ほとんど雨です, ヶ月ほどが過ぎ真夏, ヶ月ほどしかない, ヶ月ほどだけだった, ヶ月ほどで立ち退くこと, ヶ月ほどを妹夫婦の, ヶ月づ五円位, ヶ月または六ヶ月と, ヶ月まで阿呆な, ヶ月まではよかった, ヶ月まるまる眠りつ, ヶ月わたしはた, ヶ月ゐたその家, ヶ月ゐましたがそれ, ヶ月タイプライタの学校, ヶ月ダメだから, ヶ月テストすべきだのにと, ヶ月ニユースのはやい, ヶ月パンは将来, ヶ月ホテルの一室, ヶ月マグロなら二ヶ月, ヶ月一ヶ町の施米, ヶ月一円だつた, ヶ月一塊の石炭, ヶ月一度位床屋を呼び来り, ヶ月一週間三四日とひどく, ヶ月七万か八万円, ヶ月七円と定められ, ヶ月七十四円七十二銭ということ, ヶ月七千円だすならばと, ヶ月けこの, ヶ月三ドルという素晴, ヶ月三ヶ月も準備, ヶ月三ヶ月日和見そのうち, ヶ月三上於莵吉の名前, ヶ月三円以内の費用, ヶ月三十セントで紙, ヶ月三十七回もやった, ヶ月三十五円で約束, ヶ月三十五頭ぐらいの由, ヶ月三十円しか収入, ヶ月三十円ぐらゐで生きてを, ヶ月三十日は雨, ヶ月三十銭にし, ヶ月三圓五十錢それで十二疊, ヶ月上演できる日本, ヶ月九段坂病院に入院中, ヶ月二タ月のほど, ヶ月二十セントである, ヶ月二十ドルだと, ヶ月二十八圓の下宿料, ヶ月二十円の生活, ヶ月二十円ぐらゐで生きて, ヶ月二十四五円の上り, ヶ月二百円以上も送っ, ヶ月五ドル五十セントだとの, ヶ月五十円というの, ヶ月五尺二寸五分体重はただ, ヶ月五尺二寸四分二十一貫五百匁が歯力, ヶ月五拾円の予算, ヶ月交替になつ, ヶ月交際ののち, ヶ月以上一ヶ年毎に一ヶ月, ヶ月以上未決拘留になつて, ヶ月以前ウラスマルは本国, ヶ月以前刑務所内で病死, ヶ月以来と云う, ヶ月休むだけで絶対, ヶ月休んで原業, ヶ月はない, ヶ月位あとのこと, ヶ月住む場所に, ヶ月住んだ芝, ヶ月何千円の大, ヶ月何年此の弾圧, ヶ月余り地べたの上, ヶ月余り経過った, ヶ月余り顔を見せなかつた, ヶ月使用のもの, ヶ月その讀んだ, ヶ月來滅多に心, ヶ月修業して, ヶ月修行して, ヶ月働いて三十円, ヶ月を海底都市, ヶ月入塾轉じて, ヶ月入院するの, ヶ月全くくさり通した, ヶ月八匁宛なりと載せ, ヶ月八百円に負け, ヶ月六十円で雇う, ヶ月六回に限られ, ヶ月其所に居つた, ヶ月に立派, ヶ月でそれで, ヶ月前あたりから小田原, ヶ月前ごろに家族, ヶ月前プルウストを夢中, ヶ月前不得要領な訪問, ヶ月前九月四日午後二時に咯血, ヶ月前五条の御, ヶ月前位に農民たち, ヶ月前医者坊主の山本志丈, ヶ月前名古屋に入り込み, ヶ月前柳原の土手, ヶ月前植民政策についての学年末, ヶ月前横浜埠頭でハマ, ヶ月前町長に挙げられ, ヶ月前私の希望, ヶ月前空気をひと, ヶ月前納で二年間, ヶ月前結婚したの, ヶ月前縫に先だつ, ヶ月前金十銭ぐらいであった, ヶ月勘定になっ, ヶ月勝敗はまだ, ヶ月十ドルである, ヶ月十八万円に達した, ヶ月十銭ぐらいに割引, ヶ月卅円もくれる, ヶ月半その間に英国, ヶ月半ズッと毎日, ヶ月半位の時間, ヶ月半前の四月十三日, ヶ月半夫は何, ヶ月て居れ, ヶ月又は二ヶ月使用の, ヶ月同年八月にエタ非人解放令, ヶ月同棲した時, ヶ月向うで生活, ヶ月四五ヶ月ぐらい以前, ヶ月四円五十銭で高等師範部, ヶ月で美しく, ヶ月売上げの三十分の一つまり売価, ヶ月多いだけだ, ヶ月が六ヶ月, ヶ月奥歯まではえ揃う, ヶ月女中のつもり, ヶ月は五ヶ月, ヶ月家賃をためた, ヶ月少なくとも百三十五円を, ヶ月居ったところで, ヶ月店頭で呟きつづける, ヶ月延びることに, ヶ月延期したかも, ヶ月引かして置かなけれ, ヶ月役所を休ん, ヶ月は苛立っ, ヶ月彼女と同じ, ヶ月待たなければならなかった, ヶ月待てばあなた, ヶ月後名古屋から箱, ヶ月後品川駅前の広場, ヶ月後墓から出た, ヶ月後妾達の東洋曲芸団, ヶ月後支那の現代, ヶ月後春子夫人の手, ヶ月後米良は大連, ヶ月主人さまの, ヶ月必ず切り抜いて, ヶ月思いつめた人間という, ヶ月懃め加ふ可, ヶ月打ちつづけた女剣劇は, ヶ月折柄の月明, ヶ月振で湘南から, ヶ月探したが無効, ヶ月へてくれた, ヶ月支給される五十円, ヶ月新聞を読み続けた, ヶ月日和見そのうち, ヶ月早く辭職し, ヶ月昏睡させるもの, ヶ月春昼の一日, ヶ月時間を短縮, ヶ月普通三十銭家族の多い, ヶ月を下さい, ヶ月暮している, ヶ月暮すことは, ヶ月暮らせるし女房, ヶ月最低給料六百五十法一興業期間なら一晩三十法, ヶ月最近感冒から気管支, ヶ月會はずにゐた, ヶ月期間の借金, ヶ月期限の約束手形八千円, ヶ月東京では六・一自粛, ヶ月東京朝日新聞の夕刊, ヶ月此頃出版されました, ヶ月の悪い, ヶ月毎日上野の図書館, ヶ月毎晩死んだ妻, ヶ月法律の規定, ヶ月滯留の上, ヶ月漸く雜誌の, ヶ月炭油共に三圓, ヶ月然しウラルを, ヶ月生きてゆける, ヶ月病臥した, ヶ月百三十円の実費, ヶ月百円で暮, ヶ月百円以上も仕, ヶ月目世の中がすっかり, ヶ月目毎に昇給, ヶ月目秋も終り, ヶ月目関東の大震災, ヶ月睡って目覚めた, ヶ月睨み通した六助, ヶ月禁錮の宣告, ヶ月程は夢の, ヶ月程も前の, ヶ月程度の隔り, ヶ月程後のある, ヶ月税銀八匁の人力車, ヶ月立たないうちに, ヶ月立っても散る, ヶ月立つか立たない, ヶ月素直に待つ, ヶ月素通りして, ヶ月細かいことに, ヶ月細川勝元も五月二十二日, ヶ月経たずに裏切られた, ヶ月経たない内に, ヶ月経って秋, ヶ月経つた私は, ヶ月経てば私, ヶ月経過する, ヶ月經つたと云, ヶ月經過した, ヶ月続くともう, ヶ月罰金百二十圓の處分, ヶ月美人とかの帖, ヶ月胃腸病院に入院, ヶ月った事, ヶ月色々の意味, ヶ月の出る, ヶ月見たことも, ヶ月見るもの聞く, ヶ月計り前に倫敦, ヶ月許して自分, ヶ月読書が出来さうだ, ヶ月責めつけられたが一人, ヶ月堪へさ, ヶ月近く毎朝さうして, ヶ月通學した山本芳翠畫塾, ヶ月速く博士の, ヶ月速成の語学力, ヶ月連続に行われる, ヶ月連載した科学小説, ヶ月遅く博士の, ヶ月遊んだだけの損, ヶ月過ぎて或, ヶ月過ぎる頃から, ヶ月て置け, ヶ月か何, ヶ月門外にでず, ヶ月門外不出の勤労, ヶ月間びっこを引き私は数週間, ヶ月間ブラツセルに籠城, ヶ月間一度も風呂, ヶ月間三編も四編, ヶ月間世間と交渉, ヶ月間京都に待たせ, ヶ月間人間界へ擯出, ヶ月間仕事をし, ヶ月間反逆して, ヶ月間大師は西明寺, ヶ月間女房がアロハ氏, ヶ月間山間の墓, ヶ月間市長の椅子, ヶ月間拘置されたの, ヶ月間昏酔したが, ヶ月間最低一両内外で上, ヶ月間朝顏を植, ヶ月間欧州諸国を歴遊, ヶ月間此湯原に滯在, ヶ月間毎日のやう, ヶ月間毎日パンを買っ, ヶ月間渠はただ, ヶ月間火星に踏みとどまっ, ヶ月間生と死, ヶ月間私は職, ヶ月間粗末なカデイ, ヶ月間誰かが私, ヶ月間身につけた, ヶ月間酒をやめた, ヶ月間雷鳴したり, ヶ月から結核, ヶ月預ってみ, ヶ月から約束, ヶ月養生して, ヶ月餘滯在した事