青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ヶ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ラジオ~ ~ランプ ランプ~ レコード~ ロシア~ ロンドン~ ローマ~ ~ン ン~ ヵ月~
ヶ~
ヶ月~ ・~ ー~ ~一 一~ ~一々 一々~ ~一しょ ~一つ 一つ~

「ヶ~」 4185, 45ppm, 2571位

▼ ヶ~ (569, 13.6%)

7 の鬼婆 6 の一軒家, の方 5 のお 4 がある, の一月寺, の古, の役, の真中, の高原 3 というところ, というの, に近い, の一角, の刑場, の草, の野末, の黒塚, は広い

2 [45件] いちめんに, だから, だと, であった, である, でも黒塚, で大, と呼ばれ, にあった, にある, にいた, のあたり, の一戰, の一端, の井戸, の北, の北端, の合戦, の大, の如き, の婆, の山中, の廃屋, の御, の戦死, の斬合い, の日, の東, の樹海, の橡, の療養園, の西, の近く, の開墾, へお, へ出かけ, へ出た, へ急ぎ, も今, を, を中心, を横切, を通過, 一帯の, 以来の

1 [404件] あたりの, いちめんは, いちめんを, うち通り狐川うち過ぎ, お花畑の, か, からだっていつも, からわい, から一里余り先, から中, から夢中, から山王峠, から山道, から御徒町辺, から愛鷹山, から湧く, から甲武信岳, から立ち帰っ, から繰出し, から豊川筋, から踊り出し, から踊り抜い, から逃げ散, から遠く, がいよいよ, がす, がよけい, こそ彼ら, このあたり, じゃあるまい, だつたん, って今, であいつら, であったけれど, であの, であり得ない, であること, であろうと, でおそろしい, でございますか, でした, でしょう, です, ですか, でその, でない証, での群衆心理, ではこのごろ妙, ではございません, ではない, では五人, では今川範満, では儂, では先鋒隊, では岩松経家, では闘犬, でわし, でわたしたち, で一昨夕, で万千代さま, で乞食, で今井兼平, で共に, で夜間演習, で巡り会った, で彼, で惨敗, で持ち出された, で最期, で杉田玄白, で泥棒, で犬合せ, で狩, で狩猟, で破られ, で私, で腑分, で興行, で薬草, で血, で討ち, で返, で開墾, で降りましょう, で風船, とあと, という, というそれ, というやつ, という一章, という所, といえ, といっ, といった山々, といふの, といふ言葉, といへ, とくる, とぞ荒れ, とは言い, と云う, と図星, と思う, と思ふ, と申します, と申す, と納まっ, と言った, などが選ばれ, などは野辺山原, などを指さす, ならぬ一つ家, にいたる, にいっ, にお, にか, にかかる, にさ, にさしかかった, にさまよっ, にしましょう, につづい, にて幕府, にて手医師何某, にて爾, になります, にはきょう, には一騎, には大, には春, には灰色, には焚火, には野生, には間, にまんまん, にもあった, にも春, に二人, に今, に住ん, に兵馬, に出る, に到り, に勤務, に向った, に君臨, に地面, に於, に於い, に本郷定次郎氏夫妻, に毛, に燃, に犬合せ, に畑, に百姓, に着いた, に着き, に行, に行き, に行った, に軍勢, に辿り着いた, に遊んだ, に遺し, に集まる, に集合, に馬, の, のあ, のある, のおちこち, のお花畑, のかくれ, のかこい, のこたあ, のこと, のこと以来, のこの, のこんもり, のその, のちょうど, のな, のなか, ののどか, のひきつぎ, のまっ, のもっともっと, のやう, のよう, の一つ家, の一ツ家, の一本松, の一部, の上, の中, の中根兵藏, の中程, の亭座敷, の入り口, の入口, の凍, の処刑場, の功, の北原家, の北方, の原中, の四軒長屋, の土手, の城, の場末, の夕ぐれ, の外部, の大勝後, の奥, の奧, の妖婆, の婆ア, の孤家, の官道, の客舎, の宿, の射場, の山々, の広い, の戦, の戦い, の戰, の戰塵, の故事, の敗戦, の料理屋, の新しい, の方面, の旅館, の旧, の時, の最高点, の木挽小屋, の朱目, の林, の果て, の櫟林, の浄瑠璃座, の温泉宿, の湖水, の溪谷, の演習場, の焚火, の爽快, の牢人様, の犬小屋, の狂人牢人, の珍, の登り, の直江蔵人, の祝詞, の納戸, の結果, の興行, の舌長姥, の花, の草靄, の荒地, の賭場, の踊り, の道, の遠, の野仏, の門川温泉, の附近, の隅々, の鬼, の鬼女, の鳴子, の黒羽町, はその, はつい, は今, は可, は咲, は大小, は山路, は当然, は戦場, は旧, は朝靄, は渺, は空々寂々, は花, は荷鞍山東方, は蒲生領, は遠く, は青い, へいそいだ, へかけつけね, へすり抜けました, へとのがれました, へと急いだ, へは自分, へ一夜, へ下り, へ下る, へ下山, へ乗込み, へ仮り, へ入っ, へ兵, へ出張, へ向っ, へ差しかかる, へ引っ越し, へ抜けよう, へ掛り, へ曳かれた, へ立っ, へ紛れ込んだ, へ罷る, へ行, へ行き, へ行きます, へ行く, へ行こう, へ足, へ農兵, へ迷いこん, へ集る, へ馳, までどの, までの七里, までの十七年間, までまいり, までまっしぐら, までテクテクお伴, まで一行, まで乗込もう, まで人, まで伊那丸, まで兵馬, まで出張, まで敵, まで視察, まで走れる, まで送り, まで飛ん, も一面, も可, も走り過ぎた, や古戦場, や野辺山原, や黒塚, よりもっと, より今日, より更に, をあと, をその, をたった, をとおっ, をとん, をはさん, をやつ, をよろよろ, を一眸, を三軒家あたり, を乗切る, を二本松, を再び, を半, を去っ, を契機, を帰る, を後, を承知, を横ぎって進軍, を横断, を歩かせられ, を見る, を訪ね, を訪れ, を走り抜け, を通っ, を通られい, を通り抜ける, を通り過ぎ, を馳, を駈け, ニ來ル道バタ赤クツイタ柿ニ歩イタ等の, 以来なお, 低地の, 全体にかけて, 全面へ, 前後又, 合戰に, 忍ぶ文字摺, 或は野辺山原, 散歩は, 方面へ, 温泉では, 滞在中の, 開墾の, 開墾地の, 開墾地事件等十二の, 駐在巡査の, 駐在所に, 騎兵連隊の

▼ ヶ~ (348, 8.3%)

10 の方 8 の家 4 の火葬場, の鬼子母神 3 か戸塚, のボロ, の山荘, の御, の明神山

2 [20件] かけて, だと, でお, で小学校, にも千住, に関, のお, のふところ, のほう, のトンネル, の下宿, の入江, の大関, の奥, の山, の本場, は欅竝木, を経, を通る, を過ぎ

1 [267件] かだれ, からかり, からここ, からの道, からの電報, からもすでに, からカビ, から三千院, から出, から板橋, から石川台, から碑文谷, から笹目山, から通う, から音羽, が常陸山, が第, が自身, きつて, さして, じゃ, だかの, だよ, だろう, で, であったと, ですから, ではまた, では中門, では八幡山, でもあるまい, で仲間, で出会った, で夜ごと, で見た, で青山街道, というところ, というも強, という処, という地, といふ, といふ處, とかへ行く, との間, とはどこ, と久地, と京都, と同, と名乗る, と向かい合い, と呼ぶ, と戸塚, と書い, と水路, と転々, と過ぎ, などと呼ぶ, なのよ, ならもう, にあった, にあり, にあります, にある, にいた, にいらっしゃいます, にいる, にお, において見る, における牛若, にこもっ, にて, にて下る, にとめ, にはこれら, にはない, には亡父義朝, には古く, にも冷たく, にも多摩川畔, に下ろす, に乘, に二軒, に住む, に住ん, に出, に厄介, に向, に在る, に家, に往き, に棲ん, に残した, に疎開, に盲唖院, に移り, に草庵, に行つて, に転ず, に近づい, に通ずる, に隠居, のある, のおや, のかなり, のごみごみ, のひとたち, のぼろ市, のまね, のよう, のアパート, の一燈園, の三宿, の上宿下宿, の上杉憲房, の下北沢, の二位, の五八番, の人, の会合, の余煙, の停車場, の元, の入口, の全盛, の八幡樣, の円長寺, の別当屋敷, の別荘, の北沢村, の吉良氏朝, の和子さん, の四代目クラブ, の国有林, の在, の地名, の坂道, の城下, の夜, の大, の天宮さま, の天狗ども, の天狗みたい, の女共, の威光天, の安穏寺, の官軍, の宿, の密謀, の密議, の小さい, の尼寺, の山村, の川, の川瀬, の廃屋, の彦さん, の急, の方面, の時代, の本宿, の本陣, の東勝寺, の桃, の森, の様, の浄光明寺, の牢御所, の独相撲, の町中, の町役場, の百穗氏, の盲唖院, の知人, の砲兵聯隊, の秋川, の空, の糯米, の細川三兄弟, の老人, の聯隊, の自動車大隊, の荒物屋, の行衛不明, の谷戸, の豪徳寺, の跡, の途, の道場, の道路, の達磨, の酒屋, の野郎め, の門, の闇, の阪川牛乳店, の陸軍病院, の隠宅, の靜まり, の馬上美人, の鬼子母神樣門外, の鬼子母神裏, の鷹狩, の鷹野, の黒煙, はお, はここ, はじめての, はすぐ, は中, は宮, ばかりぢ, へ, へいま, へお出かけ, へかえりました, へきい, へこしました, へでも行った, へなおし, へは招かずし, へま, へゆきました, へわし, へ仕返し, へ匿い, へ向う道, へ従い, へ来ず, へ着く, へ行かせる, へ行かなけれ, へ行く, へ行っ, へ訪ね, へ返し, へ遠, へ駆けつけた, へ鷹狩, または小金井, までお, までかなり, までは一里九丁, までまいる, までも知っ, まで参りたい, まで帰る, まで灯, まで行く, まで行つて, まで辿りつく, もあれ, も爰, や, や中山, や大宮, をつつんだ, を燒, を発し, を立っ, を立去った, を過ぎた, ノ法然院カラ始メテ黒谷, 御鷹狩, 故滅多, 新兵衛新田, 泊り次, 詣りの

▼ ヶ~ (254, 6.1%)

5 の名, の方 4 のお花畑, の煙, の頂上 3 というの, に立つ, の中腹, の雪

2 [18件] から白馬ヶ岳, から薬師ヶ岳, という山, に登る, の上, の含月荘, の峰, の池, の絶頂, の辺, の高, の麓, へ, へ登った, へ縦走, まで一筋, よ, より落始

1 [184件] からこちら, から南, から天安鞍, から峰づたいに, から帰りまし, から来, から柳ヶ瀬, から潰走, から発源, から白馬岳, から西, から高山, がといっ, がといつて古戦場, が三角, が屏風, が森林, が燃, が聳え, が金字形, が黒部川, それから若, だそう, だの, であって, であっても, でございますわたしたち, です, ですこし, ですとさ, ではない, では折柄悪戦, で七本槍, で兵法, で勇名, で秀吉, とあり, というもの, という火山, といふなり, といふの, とか駒ヶ岳, とき, としては有史以来, となっ, との間, と別物, と同, と呼ぶ, と呼ん, と地蔵鳳凰, と如意ヶ岳, と景鶴山, と白沢山, と白馬ヶ岳, と白馬岳, と鷲の巣山, と鷹の巣山, などはもう, などは平均高度, など白皚々, なんぞも日本, にある, においておくれ, には天安鞍, には桑山修理亮, に上った, に属する, に行く, に近い, に遠い, のいくさ, のかなた, のこと, のこなた, のすぐ, のとりで, のひと, のよう, の一戦, の一角, の一部, の上あたり, の下, の光景, の北, の千疋洞, の南側, の危岩, の右, の噴火, の天井, の奥深く, の姿, の実力的正面衝突, の尾根, の山名, の山荘, の左, の巨影, の影, の戦況, の森々, の樹氷, の歌, の焼, の焼野原, の爆破, の禅定窟, の称呼, の総くずれ, の美しい, の背, の裏, の谷, の追分, の険路, の頭, の鳴動, は何処, は信濃, は古生層, は夜, は好い, は山中, は或は, は焼, は私, は観, は須雲川, へお, へのぼっ, へは真ん中, へ上っ, へ出る, へ参りましょう, へ援軍, へ案内, へ登ろう, へ登頂, へ行く, へ逃げ帰り知らせた, まで, までつづく, まで軍兵, もあんな, もずいぶん, も同じ, も好き, も気, も湖水, も真白, も硫黄色, や向う, や杓子岳, や槍, や槍ヶ岳, や穂高, や穂高ヶ岳, や逢坂, より北方, をうたう, をこえ, をすて, をながめ, をハクバ, を以て郡界, を北, を南, を去った, を囲ん, を境界, を持て余し, を望見, を登った, を経, を見, を見物, を蹴落され, を載せ, を鳴らした, ヘ下, 即ち笠ヶ岳, 及び蓮華岳

▼ ヶ~ (252, 6.0%)

9 の麓 5 の中腹, の頂上 4 の城, の魔神 3 のふもと, の上, の山, の山男, の裾 2 の一城, の一条, の下, の合戦, の後, の煙, の猿, の裾野, の谷間, へ出

1 [190件] か, かと相, からこの, からこれ, からも諸所, から下り, から帰った, から帰宅, から急遽, から来た, から柳ヶ瀬, から田上山, から穂高, から羽柴方, から藤屋, から追い出し, が, が数日, が春霞, が東南, が近い, が連, こうべ, このかた, だけに住んでる, で, であろう頂上, でいう, でその, では八月, で会おう, で大次郎, で師匠法外先生, で序戦, で裾野, というか, という三文字, という山, とが引分相撲, との雄姿, とは明治三十七年, と中空, と云わない, と大岩山, と山, と御嶽, と東山, と見られぬで, などという大薩摩, などの境, など境, につづく, には早, にもこの, にも近く, にわたる火花, に各, に対してもその, に日和, に登り, に登る, に行っ, のうしろ, のお, のお山, のお花畑以来, のす, のすぐ, のたたかい, の一蹉跌以来, の七本槍, の三国神社, の乱軍中, の事, の今日, の会合, の佐久間玄蕃, の劍立, の北麓, の半ば, の南, の南麓, の取, の合戰, の天狗, の宗介天狗様, の山上, の山焼, の山稜, の山裾, の山骨, の岨道, の峯, の峯伝, の峰裏, の嶮, の影, の戦, の持場, の攻略, の方, の月, の東方, の松風, の案内者, の桑山修理, の桑山重晴様, の死守, の深い, の為め, の登山ぐち, の登山者, の白雲, の神女, の窩人, の窩人部落, の絶巓, の絶頂, の絶項, の繰, の裏空, の西, の調, の諸, の谷道, の道, の雄大, の頭, の高い高い, はここ, はさして, はついに, ははじめて, は左, は猫, は鋭, は雲, へ, へお, へかけ, へのぼろう, へは帰る, へむかい, へむかっ, へ上られ, へ先, へ引っ返した, へ往, へ拠っ, へ来なかった, へ登っ, へ登る, へ行く, へ行こう, へ行った, へ走っ, まで行く, もわが, も亦, も冠, も危うい, も後方, やその, や黒谷, をどこ, を上, を下り, を下山, を仰ぎつ, を出, を奪取, を守っ, を守るべし, を心がけ, を忘れ, を思い出す, を掠め, を攻めた, を縦横, を背, を行方, を見た, を見はらし, を見る, を見当, を越え, を越えれ, を陥す, 今熊野, 大鷲ヶ峰

▼ ヶ~ (202, 4.8%)

18 の古屋敷, の館 6 の南山 5 のお 3 においで, の下屋敷, の段, へ行く

2 [12件] と云う, に来, に着いた, の信玄, の城主, の岩峡, の支城, の神尾, の突端, の荒木村重, の高楼, まで来

1 [119件] からあすこ, からこの, から東京, から江戸詰, から運搬, から駈けつけ, が拙者, が正面, が館, でいちど, では面会, でダンサー, で一万五千石, で生れ, という山, といふ所, と花隈, と言い, にある, におい, におられるかおられぬ, にははや, に三ツ獅子, に居っ, に拠っ, に来た, に着い, に着く, に移る, に至る, に鉱山, のあの, のご, のちかく, のようす, の七つ松, の上, の内情, の出鼻, の半島, の古城, の古城跡, の地, の城, の城下, の城館, の大久保石見守, の客分, の小僧弁天堂, の居館, の屋敷, の山, の平城, の建ちならぶ, の御前, の拙者屋敷, の方, の時, の沖, の洞窟, の浜, の浪, の海鼠, の源氏閣, の濠, の甲館, の異人館, の異人館生活, の白醤油, の真下, の石門, の神尾主膳, の禅寺, の空, の端, の絵図面, の葮簀張, の詰侍, の郭, の郭内, の長屋, の関, の陣中, の鼻, は東北, は此方イ, は洞, は神尾主膳様, は諏訪湖中, へお, へはいった, へは立ち寄らず, へ入りこんだ, へ出かける, へ出ます, へ参ります, へ向い, へ奔, へ帰らなけりゃならない, へ捕われ, へ掛っ, へ来, へ案内, へ田地, へ百人, へ移った, へ雪見, までお送り, まで参る, まで曳い, まで連れ, も花隈, や花隈城, や迎, をでた, を乗り取る, を発し, を立ち, を立去りまする

▼ ヶ~ (168, 4.0%)

5 の法師 4 の一件, の下 3 というの, の庵

2 [13件] から地獄谷, と云う, と名づけられた, と太郎稲荷, にのぼっ, の夕陽敗荷, の大鳥居, の樺太神社, の碧潭, の社頭, の茶寮, の麓, へ登っ

1 [123件] か, から, から下, から戻っ, から突き落された, から若宮大路, が見えます, じゃ嵯峨野, でこの, では頼朝夫妻, で命, で姫, で座談会, で死ん, で突き落され, で踊つた江森美子さん, で鉄砲, という, ということ, というそう, という名, という岩, といったらしい, といふべくや, とはよう, とは名, とも書いてない, と云, と千駄木, と称し, と稱, なり, にある, にいる, にこのごろ一種, にそそり立つ, にて鉄砲, には白い, に上っ, に居る, に御, に怪しい, に撞き出す, に毎日, に響い, のお仕置場, のここ, のさる, のすそ, のわが, の一週, の上, の上棟式, の丘阜, の中村君, の丸木, の二本松, の元, の内, の刑場, の前後, の合戦, の奥, の寄宿舎, の山, の山林, の峰, の庭, の方角, の枝垂櫻, の森蔭, の池, の清水, の盛事, の社前, の神酒, の秀色, の秋草, の舞以前, の舞殿, の花, の草, の草庵, の西, の赤橋邸, の辺, の阻崖, の鶯谷一帯, はただ, は一, は前, は暗く, へでも持っ, へまいっ, へまいりまし, へ何, へ参拝, へ帰れ, へ庵, へ引っぱられ, へ案内, へ海上, へ行く, へ行こう, へ行った, へ見えた, へ詣でた, へ踏み込んだ, べの, までも訪ねました, までトンネル, まで走っ, も赤橋, や吉田山, や飯倉, らしい高台, をたずね, をたずねた, を中心, を二人連れ, を容れ, を心, を本陣

▼ ヶ~ (146, 3.5%)

3 の俊寛, へ流された 2 で, でないの, に待つ, に流された, の築港, の配所, の離宮, へかけ, へ遠流

1 [122件] から少し, から帰っ, から戻っ, から旧, から来た, から資朝卿, から越し, から越後, から逃出, から鉄砲, がぽ, が見えた, そのよう, その人, だった場合, だらうなんて, だア, ってある, でしたか, でその, ではなく, ではまだ, でやった, で乘合自動車, で坊主, で斬られ, で玻璃窓, で鬼, といふ人, とか皆, とか耳, とは宙, ともまたの名, と云っ, と命名, と狩野川, なの, にあたり鼓, にいる, にちょっと, にて絶え果てた, にでもまざまざ, にはぐるり, には法縁, にも春, に切支丹, に流され, に渡った, に漂着, に関する知識, に陰氣, のこと, のやう, の一流人, の一湾, の俊寛もの, の力米, の唄, の図, の奇談, の宿場, の昔, の水際, の流人俊寛みたい, の温泉, の湯本館, の燈台守, の生れ, の相川, の筒口, の脇屋義助, の若布, の荒磯, の蔭, の街道, の見える, の記事, の話, の赤蜻蛉, の近く, の間, の間道, の雪, の鼻, は, はお母さん, は元村, は悠々, は格別, は谷底, は金銀, へ, へでも何処, へでも追いやられる, へほか親王方, へわたる, へ下った, へ下りる, へ出発, へ吹放, へ引越し, へ持つ, へ来た, へ残党討伐, へ流せ, へ渡っ, へ渡らう, へ漂着, へ行, へ行っ, へ行つて, へ轉, を一挺, を捧げ, を握った, を根元, を洗つて, を窺っ, を築きあげ, を通り, 特に佐渡ヶ島, 目掛けて

▼ ヶ~ (116, 2.8%)

2 というの, に似, に於い, へ出る

1 [108件] からあの, からまっしぐら, からトラック, から乗った, から乗船, から御影, から次々, そして室積, だけでお, だけとも限らず, であなた, であの, である, でお, でおり, でこの, でさんざん, ではたいがいうんざり, ではやりきれない, で一日のんびり, で海嘯, で荒, で遊ぶ, というところ, という駅, といっ, とかへお, とちがっ, とやらで, と呼ばれ, と申しまするで, と申す, にあり, においてその同じ, にかけても羽柴方, にしろ, にはうねうね, にまわりました, に上陸, に出る, に在りし, に寄せ返す, に平館, に於ける, に流され, に潮干狩, に遠い, のあたり, のあなた, のいづみ, のこと, のとききれい, のところ, のメバル, の中央部, の夏, の夕方, の夜寒, の宿屋, の小さい, の小学校, の方, の昔噺, の月, の松原, の案内者, の沖中, の沙漠, の波, の波音, の渡口場, の生まれ, の砂漠, の磯際, の話, の誇り, の部落全部, の鋳, の長汀, の養生館, の養魚場, はいい, へ, へお, へそぞろ歩き, へつれ, へともどっ, へは去年, へゆきました, へ一, へ一緒, へ出た, へ小さい, へ昨年, へ来, へ行っ, へ行った, へ追い落す, へ通ずる, までは未だ, まで号令, まで歩い, まで遠泳, や室積やを, らしい景色, をうろつい, を北上, を眼

▼ ヶ~ (103, 2.5%)

5 の岩 3 のお話 2 に沈ん, の底, の方, の水底, の濠端, の烟突, へ往

1 [81件] から何者, から冠者, から小, から突き落され, から突落, から綾瀬川口一帯, から貴方, から逆, が近く, じゃ, である, でお, ですよ, で出, で死んだ, で自殺, で花村甚五衛門, で逢つた八五郎, といい, というの, という処, という所, といふの, とか九段坂, とも云いました, と云う, と云っ, と呼ぶ, と唱える, と申し, と申します, なの, にいたる, に河童, に浮い, に浮かべ, に発見, に飛込んだ, のさき, の上, の不思議, の写真絵はがき, の原, の川蒸汽, の広い, の引揚げ, の戦い, の方向, の方角, の森, の水中, の水面, の汽船発着所, の波, の淋しい, の秘密, の紡績会社, の荒波, の近く, の鐘, の鬱蒼, はまだ, へずぶずぶ, へドブーン, へ引っ返し, へ投げ込み, へ押ぱまったでござりますよ, へ石炭, へ礫, へ突き, へ突落, へ落雷, へ行った, へ蹴込ん, へ身, へ降, まで凡そ一里, まで来た, や綾瀬, を抜け, を經

▼ ヶ~ (98, 2.3%)

5 の玉吉 4 の夜店 3 の上 2 に住ん, の其月, の千葉周作, は今更, を玉池, を見

1 [74件] から小泉町, から雑司ヶ谷墓地, が近い, だ, ですよ, というの, という小さな, との水溜り, と呼ぶ, と呼ん, と称, と鎌ヶ池, におい, には今年, には百足屋, に一つ, に出, に廻り, に身, に道場, のいい, のなにがし, のほとり, の一角, の主, の伝説, の佐羽, の先生, の先生千葉氏, の公達, の凄い, の北辰一刀流千葉周作, の医者, の千葉, の千葉先生, の名, の塾, の夜叉御前, の奥様, の奧, の怪しい, の怪談, の旧跡, の春名秋岳先生, の桂庵, の泥棒, の父さん, の畔, の白雪姫, の百足屋市之助, の秋月刑部正直, の變, の辺, の近傍, の近所, の邊, の閑斎, の閑斎坊主, の附近, は老松, は鼻, へたずね, への道路, へ出かけ, へ沈めます, へ行っ, へ身, へ追, へ道場, へ飛ん, まではまことに, を接待茶屋, を荒し, を見物

▼ ヶ敷い~ (85, 2.0%)

6 顔を 5 言葉を 4 顔で 3 ことに, ことを 2 ことで, ことは, な, 事で, 問題で, 顔つきを

1 [52件] からな, から過日, が少く, ことが, ことだ, ことでした, ことと, といふやう, と云, と思う, に違, の, のだつた, のであります, のと, のに君, やうに, 事である, 事とも, 云ひ, 仕事, 仕事を, 処な, 医学的な, 同胞さがし, 哲学上の, 哲學上の, 問題が, 問題である, 問題の, 団長にすら, 場面だ, 大木の, 字が, 手際が, 数学解法を, 文句を, 曲芸でも, 激しいステップ, 芸な, 言葉ばかり, 話だ, 話の, 質問を, 連立方程式だろう, 酒のみ, 鍵が, 関門をも, 顏が, 顔なんて, 顔に, 顔付を

▼ ヶしい~ (70, 1.7%)

3 ことが 2 と思はれる, 顔も

1 [63件] かも知れない, かも知れぬ, から見逃がし, がとにかく, ことで, ことなく, ことア分りません, ぞ, だけに張合, というよう, という意味, とか船, としても農學校, と云つて, と申す, に違ひな, のだ, また面白い, ものである, ものです, ものを, わけで, ブラームスの, 世の中の, 事かも, 事が, 事ぢや, 事で, 事である, 事は, 事も, 事件を, 仏蘭西で, 仕事で, 仕事です, 仕事には, 位で御座います, 作法が, 刺繍の, 動機は, 化學衞生, 名前の, 問題で, 問題などを, 問題の, 問題は, 字が, 技巧を, 文章が, 本が, 材料といふ, 熟語を, 犯罪には, 理窟から, 理窟を, 病気は, 研究は, 英単語を, 英單語を, 言語擧動に, 話でも, 議論は, 顏を

▼ ヶ~ (70, 1.7%)

2 と重畳, に拠っ, に閑居, の麓

1 [62件] から落ち, から釈迦谷山, が塔ヶ岳, だけにでき, である, ではない, では分るまい, で手放され, というところ, という所, とは反対, とも方角, と滝子山, などである, にかくれ, にのぼる煙り, に住, に孝助, に王城, に迎えられ, のてッぺん, のふもと, の一處, の一角先づ燧, の中腹, の使い, の先鋒, の光悦寺, の半, の原, の向, の囲い, の土, の城, の山地, の方, の東, の真下, の端, の門前町, の陣屋, はここ, は特殊, は翠なす額髮, は鉢ヶ峰, へかけ, へも各, へ出, へ向った, へ押昇, へ登っ, へ移る, へ移住, また三条河原, までいや, も颯々, や一の谷, や東山, より一歩, をこえ, を訪う, を迂回

▼ ヶ~ (61, 1.5%)

3 を越え 2 です, では雨, の称呼, を渉, を渡っ, を渡った

1 [46件] から下余吾方面, から中, から田神, から田神山, から逃げ, で生れた, といっ, など山, において御, にはいる, にわたる方角, に桜田三河守, に破った, のおく, のこの, のとき, の両面, の光照寺, の勝ち軍, の合戦, の対岸, の峠, の後, の惣ちやん, の惣兵衛ちやん, の戦い, の戦後, の町, の突地, の端, の陣, の陣中, へ急いだ, へ抜けよう, へ拔, へ来, へ行かない, までの間, まで駈けつけ, をあるい, をわたった, を渡ろう, を経, を越, 越えの, 越えも

▼ ヶ~ (53, 1.3%)

2 の南蛮寺, の石段

1 [49件] から, からシトシト, から十四, から桑名, から桑名城, から道, から降り, から駈けだした, がどれ, ってとこ, です, で蛾次郎, といえ, とはその, とも見える, と同じく, と名づけたら, と呼ばれる, と呼ん, と遙, になりき, には又八, には恰度月見草, に近い, のきり, のす, のほう, のようす, の上, の古, の寺領, の方角, の朱門, の松林, の者ども, の運動場, へかえって, へかけのぼった, へのぼっ, へのぼりだす, へむかいまする, へ付け, へ居住, へ行っ, や芝山内, をくだっ, をくだる, をなか, を指し

▼ ヶ~ (53, 1.3%)

2 から小倉, でお, に御

1 [47件] から大里, から筑前芦屋, で船, との間, と門司ヶ関, にある, にもある, に上り, に上陸, に芳一, に行っ, のあいだ, の仏教, の名, の小林太郎左衛門, の岸, の御前島, の旅宿, の時代前後八年間, の松, の浜, の浪, の渚, の町屋, の荒村破屋, の親分, へは, へゆき, へゆく, へ回し, へ渡り, へ着い, へ移動, へ行く, へ通う, までお, まで尊氏, まで迎え, もそう, もなけれ, や小倉, をはなれ, を見過ごし, を隔て, ヲ固, 悲しい名, 遠くみ

▼ ヶ谷君~ (49, 1.2%)

5 はその 3 はそう 2 は僕, よ

1 [37件] か, がなんと, がタイム・マシーン, が僕, だった, だったの, でそして, というの, とはほとんど, なる学友, にいった, にいわれ, におぶさっ, にさ, に合掌, に引立てられ, に頼んだ, のかさかさ, のさしつける, の切, の手, の紹介, の耳, の返事, の青んぶくれ, の顔, はいつ, はがらがら, はこんど, はしかめ, はしかりつける, はそこ, はとくいらしく, は二時間, は扉, は気の毒そう, も一しょ

▼ ヶ~ (42, 1.0%)

5 の手水鉢 3 へ, へ行く 2 が透かし, できつねうどん

1 [27件] かえ, から幹, が一とも, で開かれる, という小料理屋, などが重立った, に中りまする, に合口, に掴まっ, に金重, の, の影, の源太, の藤, の間, へのした, へ上り, へ五郎, へ古賀, へ寄った, へ招いた, へ新妻莞, へ行き, をお呼び, を一月遲, を折, を折る

▼ ヶ谷町~ (35, 0.8%)

10 の喜七 4 の親分 3 にある 2 の家, の寄席

1 [14件] では如何にも, で廻船問屋, に住居, に昨夜人殺し, のあの, の俺, の傍, の吉崎宗右衞門, の自宅, へかけ, へまわっ, へゆく, へ出, を過ぎ

▼ ヶ~ (32, 0.8%)

2 をめぐり

1 [30件] から帰陣, こそは, だの赤田城, でご, という岩, と名, などと申す, にとりましても大切, のある, の一大秘密, の兵ども, の四天王, の城内, の大略, の天主, の構え, の櫓, の者ども, の要害, の錠, の間道, の青, はいち面, はご, へ, へお出で, へは自, まで参りましたる, を固く, を築き

▼ ヶ~ (29, 0.7%)

3 の住職 2 とも同じ

1 [24件] からは正月年頭, から約, から絶交, だけは不思議, とも, とも広い, とも度々, とも相当, に於, に立たし, の一つ, の中央, の御用, の状態, の番僧, の相互, の触, の説明, の類似, はその, はまったく, も持て居る, も皆, 詣りの

▼ ヶ~ (28, 0.7%)

3 の大 2 の絶壁, まで通っ

1 [21件] で, であった, で殺す, にはない, のある, の杉林, の森, の深夜, の自, へかかる, へ向かう, へ引い, まで, まではまだ, までは二時間, までは尚, まで参ります, まで行かず, まで通じ, まで邪魔, を境い

▼ ヶ~ (27, 0.6%)

2 の小

1 [25件] から上野島, から遠く, から長谷, である, ですか, で鳥居, といふの, にも養魚場, に行きたかつた, に行く, に降り立つた, の波, の海水浴場, の眺めどころ, の砂丘, の磯際, の高い, へと渡る, へ通ずる, までは未だ, まで一緒, まで汗, も亦, をうろつい, を鎌倉

▼ ヶ~ (27, 0.6%)

4 の前 2

1 [21件] から虎口, で聞いた, で見付けた, というの, という岩穴, なること, なるもの, に於, に棲む, に棲める, に移り棲む, の下, の中, の入口, の壁, の方, は其昔, を中心, を探り, を探ろう, を検査

▼ ヶ~ (26, 0.6%)

3 の水 2 と言

1 [21件] から引返す, に対して瞑目, に来た, に漁つて, の, の三町四方, の信行寺, の四手場, の女, の底, の方, の暗夜, の番人, の番人同然, の縁, の鯉鮒, の黒坊主, へ歴然と, へ身投げ, を差し, を裏返し

▼ ヶ~ (26, 0.6%)

2 の船頭

1 [24件] から遙, でいちど, では一時, で心中, で鳴く, というところ, とも国府, と明るく, どんなもん, には遠く, に泊る, に流れ寄り, のよう, の大和ホテル, の景勝, の某, の水楼星, の浪打際, の絶景, の老, はおだやか, はその, を流れる, を過ぎ

▼ ヶ~ (26, 0.6%)

2 で下りた, と呼ぶ, に彳, に於ける, の夜目, の桁外れ, まで引返す

1 [12件] から, から野中, か道理, でまた, で又, というところ, と亀山, に亀山, のところ, のほう, や生国魂方面, を

▼ ヶ~ (25, 0.6%)

2 との間, と言っ

1 [21件] か又は, が特有, といい, というそう, というの, と呼び, と御坂山脈, と黒岳, などはあの, に寄り懸る, に小屋, に着いた, に隠れ, のあたり, の子, の摩利支天境内, の祭礼, の谷あい, の附近, へでばっ, 子恋

▼ ヶ~ (23, 0.5%)

1 [23件] ことで, ことについて, クラブが, パンも, リンゴを, 作家を, 八百や, 大桶, 大荷物, 媒介体として, 存在を, 帽子我が, 庄を, 木桶の, 機械に, 武蔵坊弁慶を, 津に, 濱や, 祈請, 突起物を, 美しき過去, 荘家も, 魚入れなどを

▼ ヶ~ (23, 0.5%)

1 [23件] がき, がきた, が済む, が済んだ, だと, と過, の時, の時みたい, の法要, の間, の頃, はもう, までになれ, までにはほんとう, もすぎない, もたって, もまだ, も明けない, も果てし頃, も済まない, も營, も過ぎ, を過ぎ

▼ ヶ~ (21, 0.5%)

2 と云

1 [19件] から鹿沼, か分らない, とが続い, と鷲ヶ峯, につきまし, のいただき, の下あたり, の山小屋, の左, の雪, はゲレンデー, はスキー場, は全部ゲレンデー, は現場, へ博士, やスキー, をどう, を越しまする, 迄のコース

▼ ヶ~ (20, 0.5%)

1 [20件] からだらだら, から五, であった, で法師温泉, と云われ, にたった, には幕府, のこの, の乗合自動車, の乗合自動車発着場, の村, の母, の温泉, の温泉宿, の親達, の部落, の関所, へ逃げ込みました, へ飛び帰り, を過ぎ

▼ ヶ~ (20, 0.5%)

2 の城

1 [18件] あったと, か二ヶ処, しか無, たって, ちょいと, では利かない, で似, ともなく, なんてそんな, に描かれ, に洞穴, の足跡, の電燈, ばかりありました, も杜若, やって, を捻っ, 見て

▼ ヶ~ (20, 0.5%)

2 や穂蓼

1 [18件] にあります, にある, にいや, にも登っ, に一夜, のおの, の大き, の眺めゆ, はいただき, はいよよ, はこごし, はまた, は七面, は見れ, へのぼっ, を去っ, を降っ, を高み

▼ ヶ~ (18, 0.4%)

1 [18件] からも一艘, から石井山, から舟, から進ん, というの, とよぶ, と城, に赤い, の下, の山端, の岩頭, の方, へいそいだ, へ立っ, へ退陣, までは幾ぶん弓なり, まで退け, まで道程五十町

▼ ヶ~ (17, 0.4%)

2 と云, の理由

1 [13件] があつ, であります足輕, とは何かと, の妻, の御, の潛在, の責任, はコロボックル論者, も知らん, を擧げたる, を條件, を次に, を發布

▼ ヶ~ (17, 0.4%)

1 [17件] から柳生, だぜ, だよ, ってとこさ, って遠い, であり向う, とこの, とやらにいる, とやらの道, の吉田監物, の地形, の柳生家, の谷, の辺, の非常汽笛, へ行く, を立った

▼ ヶ谷学士~ (17, 0.4%)

3

1 [14件] がいきなり, がおどおど, がよろよろ, が扉, が運転, と真弓子, にはすくなから, に探し出され, は先頭, は椋島技師, は瞳, は言っ, や家出, を肩

▼ ヶ~ (16, 0.4%)

1 [16件] おろしに, さして旅立った, そのほか, という所, に, の丘, の凍れる, の出ッ鼻, の味方, の山腹, の脂肪, の萩むら, の近く, の隣駅, の魔, もよい

▼ ヶ馬場~ (16, 0.4%)

1 [16件] そっくりと, ぞと認めた, だか, で山気, と称する, には渾名, にむらむら, に吹, に床几, に掛った, はがらん, は抜けました, へ, まで進み, を出はずれる, を向う

▼ ヶ~ (15, 0.4%)

2 の秤

1 [13件] ありて, に亘り, に駿, の一向, の中, の人, の代表少年, の代表者, の末尾, の秤座, の言葉, は京都, は當時日の出

▼ ヶ小島~ (15, 0.4%)

2 に流され

1 [13件] とはどの, とは仄か, と土着, と聞く, にいる, に流した, の流人, の狡児, の臥竜, の配所, の頼朝, は暁, へ帰り着い

▼ ヶ~ (14, 0.3%)

1 [14件] かった, からう, さうだからとて, しい, しいこと, しいよ, しい顔, しく考えすぎたかナ, そうなお, としても只, と云つて, なり何, 御時合, 考へ過ぎて

▼ ヶ~ (14, 0.3%)

1 [14件] とかいふやう, と赤坂離宮, なる貧民窟, にあり, に以前, に在り, のかれ, の住人たち, の如き, の方, の貧民窟, の道, はこの, も今日

▼ ヶ~ (13, 0.3%)

2 いもの, さうだ 1 さうな顔, さうに説く, さ明るく, やさん, やだ, やの天狗洞, やの爺, 気な, 気に

▼ ヶ~ (13, 0.3%)

1 [13件] こそ津軽, でセン, といひ, といふ, にはそれ, の人, の名, の柱, の町, は即ち, への予定線, を越える, を過ぎ

▼ ヶ谷団長~ (12, 0.3%)

1 [12件] が, がい, がこの, がちっとも, が正気, が石炭庫, が見かけ, と船員, にかわっ, は顔, をやっつけ, を更に

▼ ヶ~ (11, 0.3%)

1 [11件] がぴつたりしないといふ異論, の是々非々論, はふさ, も満足, をやったら, をボックス, を合唱, を客, を歌, 吹いて, 歌ったやう

▼ ヶ岡八幡~ (11, 0.3%)

1 [11件] から拾っ, といい, に一切経, に寄った, のほう, の下, の境内, の社前, の社地, の社地内, の銀杏

▼ ヶ~ (11, 0.3%)

1 [11件] が名物, が気, ちゅうはこれかい, でござんす, と云う, に居合わせた, に足, のそば, の別室, までのし, を賞翫

▼ ヶ京村~ (10, 0.2%)

2 でのいま一人, の人たち, の入口, を出外れた, を見出し

▼ ヶ根山~ (10, 0.2%)

2 の一端 1 の味方, の山かげ, の方, の金扇, の陣所, へさして, へ立ち向え, も前山

▼ ヶ~ (10, 0.2%)

2 かけての 1 から成り, で八千八百両, ととなへ, の人数, の婦人会連合班長, の施米, を歩い, 即ち中村座

▼ ヶ~ (9, 0.2%)

1 から八幡, だの, にいた, に出した, の附近, へまわし, へ立籠つて, をそれ, ヲ越テハ坂戸山樺沢城

▼ ヶ島天文台~ (9, 0.2%)

2 の台長 1 からは月, ではそれ, にも聞えぬ, の放送, はこんな, はすこぶる, はたった

▼ ヶ~ (9, 0.2%)

3 の浜 1 から浜づたいに, の宝満寺, の海岸, の磯, へその, をひだり

▼ ヶ倉山~ (8, 0.2%)

1 から北, との間, の三角点, の尖頂, の左, の登り, の絶頂, の西

▼ ヶ岡茶寮~ (8, 0.2%)

1 で会食, の, のあった, の主人公, の北大路氏, の披露, の林柾木氏, へ出かける

▼ ヶ~ (8, 0.2%)

1 にあり, の一塁, の塁以下五つ, への奇襲, へ向った, へ逃げ, へ馳せ向った, 目がけて

▼ ヶ~ (8, 0.2%)

1 という海, に真, のうす, のさびしい, の暗, はもう, は今, を慌しく

▼ ヶ~ (8, 0.2%)

2 のほとり 1 で彼女, に着く, の寂しい, の方, まで行く, を彼女

▼ ヶ岡八幡宮~ (6, 0.1%)

1 に右大臣, に属し, に擬し, に賽, の写真絵はがき, は康平

▼ ヶ~ (6, 0.1%)

1 から小坪, があり, の岩, へ吹, まで線, をグルリ

▼ ヶ~ (6, 0.1%)

1 だから, で恋, という洞穴, と同じく, の方角, の絶壁

▼ ヶ~ (5, 0.1%)

1 から大水上山, から金山沢, などいう, の右, の登り

▼ ヶ~ (5, 0.1%)

1 であること, でないこと, ということ, という石壁, を信じ

▼ ヶ崎峠~ (5, 0.1%)

2 を越え 1 と言え, の右脇, を越えた

▼ ヶ崎花隈~ (5, 0.1%)

1 の三城, の三塁, の二城, の二要害, を開城

▼ ヶ嶽方面~ (5, 0.1%)

1 から余吾西岸, にこれ, に煙, のうごき, の味方

▼ ヶ敷気~ (5, 0.1%)

2 な表情 1 な渋面, な顰め顔, に天井

▼ ヶ~ (5, 0.1%)

2 から湯ヶ島 1 から高崎, へ一里半, を越す

▼ ヶしく~ (4, 0.1%)

1 てダメ, なつて, 自分では, 面白いの

▼ ヶ久保~ (4, 0.1%)

2 の山村 1 と申しまし, へ抜けたらしい

▼ ヶ別所~ (4, 0.1%)

2 というところ 1 に近い, の山

▼ ヶ原以後~ (4, 0.1%)

1 およそ十一万石, に於い, の彼, わずかまる

▼ ヶ崎城~ (4, 0.1%)

1 ともいっ, と兵庫, はいま, へ移った

▼ ヶ崎熊太郎~ (4, 0.1%)

1 の秘蔵弟子, の道場, の門下, や甲源一刀流

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 という, の前面, の北, へ落ち

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 という草原, の一軒茶屋, を辷っ, 迄供奉

▼ ヶ御前~ (4, 0.1%)

1 から二時間半, から劒岳, にし, を北

▼ ヶ敷く~ (4, 0.1%)

1 なつた, もある, 云へば, 殊に風

▼ ヶ枝女史~ (4, 0.1%)

1 が叫ぶ, と共に近ごろ, の前, の憤懣

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 という部落, と呼ん, のお, の村

▼ ヶ浜街道~ (4, 0.1%)

1 に到り, はその, をバス, を一時間

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 から吹きおろし, であろう, にも斑ら雪, の麓

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 から入りこん, で紺絣姿, などの峠路, 越えの

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 に落合う, の河岸一帯, の渓谷, の附近

▼ ヶ腹摺山~ (4, 0.1%)

1 がある, が大きく, に外, は黒岳

▼ ヶ谷土手~ (4, 0.1%)

1 ともいふ, とも云, に出, よりは短けれ

▼ ヶ谷若林~ (4, 0.1%)

2 の生活 1 にて, の舗装道路

▼ ヶ~ (4, 0.1%)

1 のもの, の近づき, を救援隊, を送る

▼ ヶしか~ (3, 0.1%)

2 つた 1 使いませんでしたが

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

1 にうまく, にまで溢れ出し, の芸道

▼ ヶ丸子恋~ (3, 0.1%)

3 の森

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

2 の断崖 1 のすぐ

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

2 から半町北 1 と呼ばれる

▼ ヶ岳七本槍~ (3, 0.1%)

1 である, の時, 之事

▼ ヶ島温泉~ (3, 0.1%)

1 と云っ, にもう, に往つて

▼ ヶ島運動~ (3, 0.1%)

1 が後に, が発見, のこと

▼ ヶ崎南山~ (3, 0.1%)

1 の粥河, の粥河さん, へ手当

▼ ヶ嶽山上~ (3, 0.1%)

1 の七年目, の窩人, へ取って返し

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

2 の土倉役 1 の敗軍

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

1 の総, を始め諸国, 総芸頭

▼ ヶ瀬表~ (3, 0.1%)

1 に不参, の御, へも御供

▼ ヶ瀬附近~ (3, 0.1%)

1 には今朝, に着く, また椿坂

▼ ヶ町村~ (3, 0.1%)

1 が同時に, の中, の沃土

▼ ヶ腹摺~ (3, 0.1%)

1 に就, に相違, の名

▼ ヶ谷さん~ (3, 0.1%)

1 がやっぱり, が石炭庫, もう一人

▼ ヶ谷事件~ (3, 0.1%)

1 で洛中混乱, のクロ星, の露顕

▼ ヶ谷代田~ (3, 0.1%)

1 に彼自身, に移り住み, の家

▼ ヶ谷辺~ (3, 0.1%)

1 に延宝年間, の地黒, を葉子

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

1 しくわざとつい, 敷いんですから, 朽ち損ず修理

▼ ヶ間六部~ (3, 0.1%)

1 といふもの, と同じく, の方

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

1 に樹, の紀念たる, を永田町

▼ ヶ~ (3, 0.1%)

1 と申し, の繁み, より一時

▼ ヶしいだらう~ (2, 0.0%)

2

▼ ヶしき~ (2, 0.0%)

1 ことなれば, にて釣師

▼ ヶましい~ (2, 0.0%)

1 から女房, ので知んねえ

▼ ヶ丘一帯~ (2, 0.0%)

1 さらに四方, の取りしまり

▼ ヶ丘病院~ (2, 0.0%)

1 というの, となりました

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

1 の場合, の旅行

▼ ヶ八十銭~ (2, 0.0%)

1 のわり, の由

▼ ヶ処清水~ (2, 0.0%)

2 の湧く

▼ ヶ國條~ (2, 0.0%)

1 約に, 約實施問題

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

1 というの, と名

▼ ヶ奈路~ (2, 0.0%)

1 という窪地, の草

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

1 は大, へ登っ

▼ ヶ岡下~ (2, 0.0%)

1 から駒, の赤橋守時

▼ ヶ峯下~ (2, 0.0%)

2 より坂泰

▼ ヶ峰方面~ (2, 0.0%)

1 から駈け下っ, の新

▼ ヶ島附近~ (2, 0.0%)

1 では岩, にある

▼ ヶ崎一帯~ (2, 0.0%)

1 の建物, は松

▼ ヶ崎七殿~ (2, 0.0%)

1 のうち, の中核

▼ ヶ崎橋~ (2, 0.0%)

1 から上下, に立つ

▼ ヶ崎町~ (2, 0.0%)

1 と申しました, の方

▼ ヶ崎辺~ (2, 0.0%)

1 から乗船, に着いた

▼ ヶ崎附近~ (2, 0.0%)

1 にとらえ, を乗

▼ ヶ嶽七本槍~ (2, 0.0%)

1 のひとり, の勇士

▼ ヶ嶽決戦~ (2, 0.0%)

1 の果さるる, の楔子

▼ ヶ巣以下~ (2, 0.0%)

1 の落城, の諸

▼ ヶ度十二月~ (2, 0.0%)

2 には八ヶ度

▼ ヶ敷いも~ (2, 0.0%)

1 の, のぢ

▼ ヶ敷くなる~ (2, 0.0%)

1 だけで, んだ

▼ ヶ敷そう~ (2, 0.0%)

1 な直, に顔

▼ ヶ敷事~ (2, 0.0%)

1 は少し, 仰つし

▼ ヶ敷可~ (2, 0.0%)

1 相成, 相成と

▼ ヶ敷問題~ (2, 0.0%)

1 が出る, は差し當つて念頭

▼ ヶ根池~ (2, 0.0%)

1 からす狭間, のなぎ

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

2 の海坊主

▼ ヶ浜一帯~ (2, 0.0%)

1 のどの, は津軽地方

▼ ヶ淵公園附近~ (2, 0.0%)

2 に逃げあつまっ

▼ ヶ淵等古来人~ (2, 0.0%)

2 の称美

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の思い

▼ ヶ瀬半兵衛~ (2, 0.0%)

1 の後家, は佐佐木家

▼ ヶ瀬山地~ (2, 0.0%)

1 に入る, へ駈けつづけ

▼ ヶ瀬村~ (2, 0.0%)

1 から西, の方

▼ ヶ瀬賤ヶ嶽~ (2, 0.0%)

1 などの境, など境

▼ ヶ畑日向~ (2, 0.0%)

2 の霧島山あたり

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

2 の道樂

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

1 の奴國, の隆起

▼ ヶ谷家~ (2, 0.0%)

1 の留守, は憲房以下

▼ ヶ谷宿~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, の大通り

▼ ヶ谷少年~ (2, 0.0%)

1 が入口, だった

▼ ヶ谷常陸山~ (2, 0.0%)

1 の晩年, の角力

▼ ヶ谷村~ (2, 0.0%)

1 といっ, に内田

▼ ヶ谷村役場~ (2, 0.0%)

1 と黒, の十字路

▼ ヶ谷泊り~ (2, 0.0%)

1 だ, でそれから

▼ ヶ谷街道~ (2, 0.0%)

1 となり, に出る

▼ ヶ谷鬼子母神~ (2, 0.0%)

1 に至る, のあたり

▼ ヶ辻子~ (2, 0.0%)

1 の南側, の条

▼ ヶ餅これら~ (2, 0.0%)

2 をばお茶

▼ ヶ~ (2, 0.0%)

1 と相, ほんのりと

▼ ヶ香丸~ (2, 0.0%)

2 は新造

▼1* [390件]

ありと云, ヶこしらえて上, ヶしうお粥, ヶしかったから私, ヶしく云えば彼等, ヶしなるから略します, ヶし過ぎて当時, ヶし過ぎると云つて中止, ヶずつきっちり, ヶだけ担保として, ヶですって, ヶではないのよ, ヶ毒ヶ森, ヶというのを, ヶ利益八厘でしょう, ヶしきは, ヶましく指図, ヶ作ったのよ, ヶ角見, ヶ一ほんとうに仰有っ, ヶ一円いくらかで半, ヶ三ぐらゐであらしめたいなど, ヶ丘小学校の教員川村コウ女史, ヶ丘真実の勝頼公, ヶ丸から北側は, ヶ丸なる子恋の森, ヶ丸二山の間, ヶのうち切紙一, ヶ二円よ, ヶも清水谷, ヶ井清水谷の柳, ヶ京吹路合瀬永井などをへ, ヶに徳川様, ヶ代ランの和名, ヶ代石鹸を使っ, ヶ代神酒の乾杯, ヶの割合, ヶ倉国民学校の職員室, ヶ倉沢で井戸沢, ヶ入りが米一俵, ヶ処例の銀, ヶ処別々に生じた, ヶ処横から能, ヶ処足掛りになる, ヶの方, ヶ刻森閑とし, ヶ原そこには草花, ヶ原その他がある, ヶ原中根兵藏方へ忍び入り, ヶ原丸尾を眼下, ヶ原久米川の流れ, ヶ原井手野富士の裾野, ヶ原位のもの, ヶ原分倍河原と新田勢, ヶ原尾鑿山などを探つ, ヶ原平子山のふもと, ヶ原広瀬入間川という順, ヶ原役前の時人, ヶ原朱の盤坊, ヶ原板橋附近の郊外, ヶ原根津入谷芝愛宕下小石川柳町早稲田鶴巻町辺いづれも, ヶ原直江蔵人の療養園, ヶ原篠場の原, ヶ原縦絵二枚続の, ヶ原芝の薩摩原, ヶ原花の中, ヶ原西行庵に小, ヶ原高野あたりまでを中学一, ヶの瀬戸, ヶの未決監, ヶ四的に合理的, ヶ國内外になつて, ヶ國産の石板, ヶ國語に通ずる, ヶの城, ヶ坪城に向い, ヶ城全体としてどの, ヶ城内白虎城砦のオースチン老師, ヶ城岩のあたり, ヶ城門前の場, ヶのほとり, ヶ寺詣の旅, ヶ小島附近には道, ヶ小隊の戦車兵, ヶ岡ト向ヶ岡トハ東西相対ス, ヶ岡三滝温泉宮城野原多賀城址など次第に, ヶ岡光も凍る, ヶ岡原中の場, ヶ岡待乳山洲崎なんどいずれ月見, ヶ岡新坂道の場, ヶ岡方面や久我, ヶ岡東慶寺へ差遣候, ヶ岡枝垂桜の老木並木, ヶ岡社頭の森, ヶ岡神前の舞, ヶ岡若宮の拝殿, ヶ岡袴腰の場, ヶ岡装束が森, ヶ岡道行の場, ヶ岩向こうは荒海太平洋, ヶ岳の山に積, ヶ岳ト云山内ニ西ヘ指, ヶ岳一つが煙, ヶ岳伊吹山も深い, ヶ岳北方の小, ヶ岳合戦事小須賀九兵衛話には清洲会議, ヶ岳地蔵岳横根山などは雲間, ヶ岳方面の火山, ヶ岳明星ヶ岳明神ヶ岳は折, ヶ岳柳ヶ瀬の合戦, ヶ岳比叡山の上, ヶ岳淺井長政の居城, ヶ岳硫黄岳が鳴動, ヶ岳等の諸山, ヶ岳蝶ヶ岳鍋冠山などが攅簇, ヶ岳辺にて郷家, ヶ岳駒根山大烏帽子山小烏帽子山云云, ヶ峯一帯の黒, ヶ峯山なの, ヶ峯庵光悦寺金閣寺酔つぱらうて, ヶ峯近く蓼の海, ヶ峰あたりへ待受け, ヶ峰の山肩にあの, ヶ峰城だの正岡城, ヶ峰道の敵別動隊, ヶ峰附近に一部, ヶ峰青山岳坪笠谷のあたり, ヶ島あたりの風景, ヶ島ここから根岸, ヶ島つてあるわけ, ヶ島一つしか無かっ, ヶ島二ツ山の狸弾三郎, ヶ島君は悪口, ヶ島四山の中, ヶ島春近むらし雪解水, ヶ島温泉付近も魚, ヶ島温泉滞在中に詠んだ, ヶ島温泉附近である, ヶ島港のくだり, ヶ島湯本館にて, ヶ島落合楼ての, ヶ島西山など二, ヶ島雑太の庄, ヶ崎一万五千石の館主, ヶ崎一帯つねの平静, ヶ崎十松の門, ヶ崎夕雲の夕雲流, ヶ崎山崎あたりまでは軍, ヶ崎悌六氏がいられる, ヶ崎支配の代官陣屋, ヶ崎方面へ逃げ, ヶ崎村と申す, ヶ崎村大字戸ヶ崎に三ツ獅子, ヶ崎熊太郎それから島田虎之助, ヶ崎神崎柱松のあたり, ヶ崎蝋燭岩鼓ヶ浦と詠, ヶ崖附近の敵, ヶの鉄砲, ヶ嶺伏見淀その他の味方, ヶ嶺八幡の陣, ヶ嶺淀なども合わせ, ヶ嶺附近の地域, ヶ嶽あたりから青葉時, ヶ嶽そこだけに住ん, ヶ嶽その他に転戦, ヶ嶽のとほき, ヶ嶽まさ眼に北, ヶ嶽もうこの辺, ヶ嶽三千の兵, ヶ嶽三室戸など, ヶ嶽中入りの不覚, ヶ嶽余吾狐塚附近の三戦場, ヶ嶽八ヶ嶽等の大嶽, ヶ嶽冠ヶ嶽も冠, ヶ嶽南に富士川, ヶ嶽合戦のみぎり, ヶ嶽国境の石, ヶ嶽大岩山などを一望, ヶ嶽小牧の役, ヶ嶽山上窩人に対しては深, ヶ嶽山上鼓ヶ洞で恋, ヶ嶽山中でございます, ヶ嶽山骨を露, ヶ嶽山麓あのあたり, ヶ嶽岩崎山堀秀政の東野山, ヶ嶽峰のとがり, ヶ嶽御嶽の諸, ヶ嶽攻撃に飯浦坂, ヶ嶽東は大, ヶ嶽柳ヶ瀬の戦い, ヶ嶽梟梟と一口, ヶ嶽毎年消え残りの, ヶ嶽湖を壓, ヶ嶽田上山木之本などの第, ヶ嶽白根三山から源, ヶ嶽神山冠ヶ嶽南に富士川, ヶ嶽笹の平, ヶ嶽等の大嶽, ヶ嶽群峯を壓, ヶ嶽越軍の敗れ, ヶ嶽附近を席捲, ヶ嶽雪つもりけらし今朝, ヶ嶽駒ヶ嶽を掠め, ヶ嶽鼠色ふかめつつ, ヶ巣方面に立ち昇った, ヶ巣清井田有海ヶ原などを指さす, ヶ師團のみに止めたる, ヶの森蔭, ヶ前山を, ヶ敷いだらうあれは, ヶ敷いやり方である, ヶ敷いんだけれど貴方, ヶ敷き顔せるあり, ヶ敷けりや手伝つて, ヶ敷げに理窟, ヶ敷ことである之, ヶ敷さを貼り付け, ヶ敷さうに勘定して, ヶ敷ク品ものニ, ヶ敷事件の後, ヶ敷候に付増夫, ヶ敷字音である, ヶ敷屋でもない, ヶ敷文句ばかり書い, ヶ敷文字を用いた, ヶ敷方には違, ヶ敷様だな, ヶ敷相に動かし, ヶ敷顏をし, ヶ日今日がすぎれ, ヶ日忌かで山水楼, ヶ日間にはじめて, ヶ林生田川そして山手, ヶ林附近へ出, ヶ枝別館てうち, ヶ枝十四子は先日女学校, ヶ枝根に上り, ヶ根東に筑波, ヶ森遅越峠石墨山などの連峯, ヶの処, ヶ橋谷町へ下り, ヶ江東作東道太郎三氏の著, ヶ池下野足利の水使, ヶ池東は両, ヶ池界隈では一, ヶ池附近に道場, ヶ津留大津留左津留尾津留志津留桑津留桑鶴小野津留小鶴などがそれ, ヶ浜あたりの空気, ヶ浜一円を安堵せり, ヶ浜一里余の磯, ヶ浜全線を通じていちばん, ヶ浜北端の海浜, ヶ浜地方をカゲ, ヶ浜奉行がその, ヶ浜女に化け, ヶ浜日本近海での難場, ヶ浜海水浴場の絵はがき, ヶ浜玉椿浪の音, ヶ浜行乞それから下松, ヶ浜近辺に就い, ヶ浜通りの村, ヶ浜通り九十里余皆多くは漁猟, ヶ浜駅へ特急券, ヶ浦海岸星の家, ヶ淵あたりから半蔵, ヶ淵その他を歩き, ヶ淵北千住草加越ヶ谷粕壁久喜鷲の宮, ヶ淵四木から新宿, ヶ淵左靱の険, ヶ淵怒田ヤグラ沢狐塚吹雪川そして漸く, ヶ淵玉簾の瀧, ヶ淵矢を射る, ヶ淵綾瀬川なぞの蘆, ヶ淵辺りへピシーリ, ヶ濱海水浴場も眼前, ヶ濱邊で春, ヶ瀬あたりよりみぞ, ヶ瀬一帯を扼し, ヶ瀬以後大勢はすでに, ヶ瀬出陣のとき, ヶ瀬山中の一村, ヶ瀬役の帰趨, ヶ瀬戦捷のとき, ヶ瀬戦況の報, ヶ瀬方面の山々, ヶ瀬某と相州小田原, ヶ瀬椿坂大黒谷と蜿蜒, ヶ瀬池の魚, ヶ瀬町の光照寺, ヶ瀬神子元島のまわり, ヶ瀬等から川, ヶ瀬茂山の乱軍, ヶ瀬菊之丞孫の菊松, ヶ産衣をくれ, ヶ発送しああ, ヶ石二時着三時二十分出発, ヶ窪右堀田原とある, ヶ窪香骨土と化し, ヶの西北側, ヶ茶屋の軒, ヶ處樹がこんもり, ヶ處泰之八, ヶ處艮之八, ヶの鉄橋, ヶ袋鍛冶屋前丁, ヶ谷いちめんは冷たい, ヶ谷みたいな女, ヶ谷ニ会セシメ今マタコノ事, ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, ヶ谷一帯の松籟, ヶ谷中の信者總出, ヶ谷中學前の暗い, ヶ谷二個所の陸軍病院, ヶ谷付近で野宿, ヶ谷北沢の明石方, ヶ谷南はきのう, ヶ谷名物の鐵心道人, ヶ谷君悪魔のしのび, ヶ谷団長さんの顔, ヶ谷在の大林, ヶ谷埋葬地あり, ヶ谷大砲などもいた, ヶ谷大砲朝潮逆鉾, ヶ谷寿福寺の一禅僧, ヶ谷庵室へ, ヶ谷往還を世田ヶ谷宿, ヶ谷戸塚と来た, ヶ谷戸山ヶ原板橋附近の郊外, ヶ谷戸越を越し, ヶ谷方面で討死, ヶ谷朝倉左衛門尉義景十八人の侍大将, ヶ谷本町とし, ヶ谷村弥勒高等尋常小学校と書いた古びた, ヶ谷村村長石野栄造様という宛名, ヶ谷東光寺の裏, ヶ谷東北澤に家, ヶ谷泉ヶ谷などと呼ぶ, ヶ谷洗鱗畫伯逝いて, ヶ谷火葬場に到着, ヶ谷生まれでことし二十一, ヶ谷産同, ヶ谷田鍋谷などの八方, ヶ谷町松陰神社の鳥居前, ヶ谷町百十九番地の小さな, ヶ谷町辺の溝, ヶ谷目白へかけ, ヶ谷目黒不動喜多見不動等々力十二社深大寺王子など諸, ヶ谷石原の忰, ヶ谷石門の一部, ヶ谷研究員です, ヶ谷神籠石列石の一部, ヶ谷粕壁を通っ, ヶ谷粕壁久喜鷲の宮, ヶ谷粕壁幸手でゆうべ, ヶ谷自動車隊が一夜, ヶ谷若林砧村大蔵等に亘る, ヶ谷草庵が焼打ち, ヶ谷藤太郎までは五条家, ヶ谷虎四郎君であった, ヶ谷行で午後二時頃家, ヶ谷近くで將校, ヶ谷遠征となつ, ヶ谷附近で利根川, ヶ谷額ぶち店が当時展覧会出品, ヶ谷餌差町辺の電車通り, ヶ谷騎兵聯隊から持っ, ヶ谷驛の庇下, ヶ谷鬼龍山谷の音, ヶ込み所で横暴, ヶ配給になる, ヶ野温泉旅館に数年前, ヶ間切の人夫, ヶ間敷お吉様, ヶ間敷儀申モノ数多有之候間, ヶ間敷鋭鋒を向けられる, ヶ関あたりの海底, ヶ関大砲撃そうしてさらに, ヶ関小倉城下はもちろん, ヶ関播州の室津, ヶ関時代に大阪, ヶ関森右衛門と呼ぶ, ヶ関消毒所というの, ヶ關御屋敷に參上, ヶ隊出発し急行中, ヶ霊場の観音巡拝者, ヶ餅屋は餅屋, ヶ餅相似たる類のもの, ヶをうらめし, ヶ馬場方面も脆く, ヶ馬場耕地の田地