青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「シ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~ グッ~ コゼット~ コップ~ コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~
シ~
シナ~ シャツ~ ジャーナリズム~ スペイン~ ズボン~ セ~ ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ

「シ~」 1546, 16ppm, 7047位

▼ シ~ (88, 5.7%)

2 ことを, ような, 字も, 帽を, 根

1 [78件] なかから, むれと, やわらかな, ウチは, サミシサである, モデイフイカチヨンと, ランデブウ仕るべく, 上の, 中から, 中で, 中に, 中へは, 仮名に, 例としては, 例は, 先生オレが, 光栄な, 内海だけが, 内海明が, 刑期も, 剣客という, 危い, 右に, 名人な, 味境などを, 呶号と, 咆哮する, 場合に, 奴なんぞは, 奴は, 如き小役, 姿は, 娘が, 娘に, 娘の, 字を, 密会などと, 小さな婆さん, 小濱, 尻尾を, 左右に, 帽子を, 店で, 店を, 後つきは, 御利用, 志な, 最初の, 根の, 根大根, 汁ばかりかと, 溜りへ, 激流と, 用例が, 用例は, 用例も, 盛んに, 看板を, 神の, 窓に, 羊蹄が, 羊蹄との, 芸人, 薬を, 衣は, 衣冬さらば, 親友の, 誤か, 警戒に, 起りだ, 転と, 辺を, 部, 部の, 間違ひと初めは, 静かな, 響も, 鼻の

▼ シ~ (59, 3.8%)

2 それを, 投げつけた, 胸を, 訓ませた, 鏃を

1 [49件] いうに, いったが, いつて, うつよう, からみついたかと, ぐるに, する頑強性, なし又, なし同じ, なったの, なったわけ, なつて, ぶつけた, カナシと, スと, スとの, スの, スイと, スチと, ナが, 云えば, 云つてゐる, 云ふ, 云ふべきである, 割る, 受け止めたと, 同じところ, 同じ語, 名づけて, 呼んで, 女の, 射返したもの, 小手を, 打ちました, 斬られて, 木ベエを, 為るの, 発音する, 直子の, 相場が, 称えた, 称して, 称する草, 突きだして, 立ったの, 許り, 読ませて, 違ふ, 銀の

▼ シイカ~ (49, 3.2%)

3 の事 2 の顔, を幸福

1 [42件] がいきなり, がいつも, がきゅう, がこんな, がクツクツ, が彼, が振り向いた, が橋, が百人, が窓, が笑った, が言った, が部屋, といつも, とそれ, と夫, と言っ, には, のポオカア・フェス, の姿, の幻, の笑顔, の蝙蝠, の裾, の面影, はじっと, はそれ, はちょっと, はどうしても, はオペラグラス, は不意, は墓場, は小脇, は川岸, は想いだした, は愛されない, は朝, は突然, は蓋, をほんとに, を抱いた, を真中

▼ シ~ (44, 2.8%)

4 いまどんな 2 ない, 下僕の, 強意

1 [34件] ありません, ありませんか, お呼びに, こちらでも, さし上げ, じつは山男, そんな名, ちょッと, ないだらうな, ないね, ないの, ないはず, ないもの, ないやね, まだ命, よいかってんで, イヤだ, メシを, 下僕で, 人間だ, 働いたお金, 勿論才気, 即ち雲雀, 徐行した, 時の, 無いし, 物売りじゃ, 画紙ばかり, 疑問と, 芋と, 芋なんか, 茂吉が, 覚官的に, 頭で

▼ シ~ (38, 2.5%)

3 ないの 2 ない, なかった

1 [31件] あって, ありませんや, ありゃしない, あるからい, こう変化, ついて, つかない, ないので, ないよ, ないん, ない火酒, なくちゃ, アの, テキ屋とか, 充満し, 共に一つ, 売ります, 好からう, 新古今あたり, 歩いてを, 泊るん, 無い, 神なら, 立たなくちゃ, 立たなくては, 絶叫し, 肌に, 背負って, 観光団員でなかつた, 走り出すまえ, 転じたので

▼ シ~ (30, 1.9%)

1 [30件] して, そんなに間違, とって, わが口, コトエの, スと, チと, トシと, 三十本ばかりと, 作って, 収集し, 召上がったこと, 呼びとめる老, 喰わしたん, 探ると, 殺すなり, 漸と, 發見し, 着たアイヌ, 着た前髪, 着た十五六歳, 着た四十左右, 着て, 着藤蔓, 見せようと, 語と, 追って, 鍛え上げて, 飛ばした, 飲んだが

▼ シ~ (19, 1.2%)

1 [19件] お線香, さ, のんで, ケロリンを, 一つ心当りが, 使わせて, 入れ金, 分遣され, 属する麻薬, 微かな, 押し込んでから, 指を, 挨拶する, 故郷の, 西洋人夫妻と, 見えると, 負けて, 転ずること, 達しられるか

▼ シ~ (14, 0.9%)

1 [14件] ハ之, ハ亂雜ニ書スル等ノ, ハ五軒ト号ケ或, ハ以テ遠, ハ個人, ハ元老院議官ニ或, ハ和睦ヲ, ハ条約ヲ, ハ欠損シテ其, ハ石盤全面, ハ粉ニ雑ヘテ衣書ニ蔵メ蠹ヲ, ハ隣房, ハ食フ時一二顆ヲ用テ掌ニ握, 者ハ國境ヲ

▼ シ~ (13, 0.8%)

2 ハ其他

1 [11件] ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ, ハ何等カノ手段ニヨリテ他, ハ國民權ヲ, ハ永久ニ回復セズ万一, ハ流血ニ訴ヘテ不, ハ王子ノイナリヘモ百日半田稲荷ヘモ百日参シタ水行ハ神前ニ桶ヲ, ハ生産業ヲ, ハ罰金ニ處ス, モ十万貫, 同シク下谷ニ住シ, 好ンデ

▼ シ~ (11, 0.7%)

2 あつた 1 はいかん, ビッコである, ビッコの, ブ男の, 二六時中蒼白い, 姿が, 市内の, 描いたと, 親という

▼ シリンクス~ (11, 0.7%)

1 [11件] が向う, のわき, の涙, の話, の足元, の速力, はおそれ, はとび, はとびのき, は小川, も座っ

▼ シ詩人~ (11, 0.7%)

1 [11件] がその, がニヤニヤ, が森, が言う, じゃどうせ, ならあやつれるという, の内海, の殺された, はなぜ, は立, をうながし

▼ シ~ (9, 0.6%)

2 おひねり 1 出かけたの, 守備に, 投げ入れ狂気, 押し込んで, 行かなければ, 行けるん, 載せて

▼ シカモ~ (9, 0.6%)

1 この名, この喜劇, この題名, その二, その志, 其の幾何, 刻々自, 極メテ鮮カナ色彩, 罷めて

▼ シツケ~ (9, 0.6%)

1 がいい, がとどい, が立派, てきた, でなく家, などという意識, の厳格, の掛かっ, 表ニハ弓鉄砲

▼ シ~ (9, 0.6%)

1 威光ナカナカアゲテ数フベカラズ, 安心下サイ, 帰国ノ, 征伐ナシケレバ悪勢通力ヲ, 番入, 老人ガ注射ヲオ受ケニナルト云ウナラ今回ハソレダケノ準備ヲシテ取, 老人ノコトデスカラソノ御, 覽アリ, 馬場ニ於テ御

▼ シ~ (9, 0.6%)

1 が悪い, には手, に斬れ, の巨体, の牛二, は, はその, はなお, は楊志

▼ シ~ (8, 0.5%)

1 ニ丹楓ト名ヅク秋色ノ, ニ仁モ大, ニ又, ニ名ヅク, ニ弘法, ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル故, ニ飛蓬子ト号ス, ニ黄ト曰ヒ緑ト曰フ也

▼ シ~ (7, 0.5%)

1 うお, ないギリギリ, ようの, 休み早く, 昔の, 無く, 真人間に

▼ シナノ~ (7, 0.5%)

1 が反乱, です, の某, はあそこ, は犬養, をあの, をなぜ

▼ シ~ (7, 0.5%)

1 ギタノヨリハ中宮寺, ギテコチ, ギマデ話シテ行ッタ, ギルト三十人バカリ長, ギルト女ガ口バシリデ今日ハ六ノ, ギル位ニシテヤッタガ何ヲ, ギ休憩時間

▼ シから~ (6, 0.4%)

1 こぼれる, サビシが, 六浦越え, 出て, 拳銃を, 紙幣を

▼ シとも~ (6, 0.4%)

1 いうもの, いう人, いって, かくも, 同じ語, 謂って

▼ シオリ~ (6, 0.4%)

2 と名付ける 1 と云っ, の最高潮, の高, は今

▼ シメタ~ (6, 0.4%)

3 と思った 1 とほくそえんだ, と考えた, と胸

▼ シ~ (6, 0.4%)

1 かそれ, か何, で, の帽子, の敷物, 将ニ雨フラントスレバ

▼ シ~ (6, 0.4%)

2 シ遠 1 ク都塵ヲ, ク青塚ヲ, シ, 廻リシテ市ヶ谷見附カラ九段ヲ

▼ シ~ (5, 0.3%)

1 レヲ, ヲ世界ニ布告シテ其明論ヲ, ヲ名ヅケテ黒塚ト云フガ如キ有ラバ則チ是レ鬼女, ヲ宇内万国ニ徴スルニ, ヲ獻納スルコトノ二端ヲ

▼ シ~ (5, 0.3%)

1 と我輩, の事, の言ッ, ノ文章, 面白く無い

▼ シ~ (5, 0.3%)

1 リテ又, リ下, ルモ構ヒナシ, ル千手観音立像ガ四十臂ヲ, ル愛宕

▼ シ~ (5, 0.3%)

1 だから, である, であるから, には一人, もある

▼ シ~ (4, 0.3%)

1 いるの, もらって, 来た今, 道で

▼ シチーリア~ (4, 0.3%)

2 の牡牛 1 とアラーゴナ, に患

▼ シ~ (4, 0.3%)

1 ナラカシなど, 怒号スルトコロデアッタガ怒号シタラ動脈ガ破裂スルノヲ怖, 椈水楢などの, 槭などの

▼ シノン~ (4, 0.3%)

4 物語

▼ シ~ (4, 0.3%)

1 デアル, ニオイシカッタワ, ニ眩暈ヲ, ニ葉山デ

▼ シ~ (4, 0.3%)

1 ノ場合ニ於テ國家ハ, ノ改造, ノ混和物ニ強硫酸, ノ通信発覚

▼ シかつ~ (3, 0.2%)

1 君だ, 婦人の, 私一個の

▼ シといふ~ (3, 0.2%)

1 感情は, 聲が, 語を

▼ シには~ (3, 0.2%)

1 これは, さう, 千鳥波てえ

▼ シはね~ (3, 0.2%)

1 怒髪天を, 慎重に, 稽古で

▼ シエラ~ (3, 0.2%)

1 の詩人, は鋸歯, をば

▼ シズク~ (3, 0.2%)

1 がいきなり, になっ, をかぶらず

▼ シセロ~ (3, 0.2%)

1 のことば, の居酒屋, の言葉

▼ シテキ~ (3, 0.2%)

1 されては, すること, するの

▼ シマツ~ (3, 0.2%)

1 におえなくなる, になった, も人並

▼ シ世間~ (3, 0.2%)

1 が早稲田, に与えた, 之相

▼ シ人形~ (3, 0.2%)

1 が現れました, のこと, のデザイン

▼ シ~ (3, 0.2%)

1 ハ, ハ之, ヨリ以後ノ

▼ シ~ (3, 0.2%)

1 ッタコトヲ知ラサレル, ル, ルヲ

▼ シ合い~ (3, 0.2%)

1 かき散らし, 何百何千, 競争を

▼ シ守備~ (3, 0.2%)

1 に行かせる, に行かなけりゃならん, に行っ

▼ シ~ (3, 0.2%)

1 一中隊ハ鴨島ニ第, 二國語トス, 二説

▼ シ~ (3, 0.2%)

2 ケル 1 ケテ見

▼ シ~ (3, 0.2%)

1 たる事疑い, という小形, とは肛門

▼ シ~ (3, 0.2%)

1 サハ数寸其色ハ青シ醤醋ニテ烹調フ亦, サ三五尺ニシテ至テフトシ雨中ニハ自, ヲ補ヒ互ニ其有スル所

▼ シあの~ (2, 0.1%)

1 娘が, 時憖じ

▼ シする~ (2, 0.1%)

1 から若し, のん

▼ シそいつ~ (2, 0.1%)

1 でこう一旦, を利用

▼ シそう~ (2, 0.1%)

1 しなければ, は云う

▼ シその~ (2, 0.1%)

1 代り秀でた, 理由も

▼ シという~ (2, 0.1%)

1 のは, 名まえ

▼ シとか~ (2, 0.1%)

1 なんとか名古屋, チ・サなどが

▼ シとの~ (2, 0.1%)

1 相違は, 間に

▼ シとは~ (2, 0.1%)

1 ぜんぜん相違, 蝦夷の

▼ シとばかり~ (2, 0.1%)

1 こちらへ, 赤星の

▼ シキツ彦~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ シキツ彦タマデミ~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ シナツ彦~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ シニセ~ (2, 0.1%)

1 の安定感, もありやしない

▼ シブト~ (2, 0.1%)

1 がある, くにくたらしく

▼ シベール~ (2, 0.1%)

1 が, よ

▼ シメール~ (2, 0.1%)

1 のひとつ, を背負っ

▼ シヨウイチ~ (2, 0.1%)

1 あッそれ, えッなん

▼ シ今後~ (2, 0.1%)

1 益々其, 続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺

▼ シ~ (2, 0.1%)

2 ヲ成ス

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 レテ試ミニ針ヲ, レラレル時ノ

▼ シ兼テ~ (2, 0.1%)

2 諸官

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ニ一国ヲ, ニ春筍ヲ

▼ シ喜左衛門~ (2, 0.1%)

1 のすぐ, の店

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ヲ亡ボス, ヲ破

▼ シ場所~ (2, 0.1%)

1 ヲ変エテイルノダガ, ヲ知ッテシマッテイルカモ知レナイ

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 クノ下小屋, ク布ヲ

▼ シ大政~ (2, 0.1%)

1 ヲ総裁ス, ヲ議定敷奏シ

▼ シ天下~ (2, 0.1%)

1 ノ要, 第一

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 と結婚, の命

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 シモ効験ガ現, シ遠

▼ シ~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ノ人, 和蘭国ニ留学

▼ シ数十万~ (2, 0.1%)

1 ノ人民, ノ人民産

▼ シ最初~ (2, 0.1%)

1 の, ノ数滴

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ニ余ガ論述ニ及ブベシ, ノ瞬間ニ度胸

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 が無く, ヲ育イ

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 か何, 飲んで

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ヲ焚イテ暖メテ上ゲルデス, 之元

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ラズシテ長ク毒水, レドモ仔細ニ原名ヲ

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 ハ黄ニシテ熟スレバ黒シ一タビ地ニ堕ル毎ニ即, 殺與

▼ シ田園荒廃シ数十万~ (2, 0.1%)

1 ノ人民, ノ人民産

▼ シ眼ガ~ (2, 0.1%)

1 血走ッテイル時ハ脈搏モ, 血走ッテ血壓ガ二〇〇

▼ シ粉焉沓~ (2, 0.1%)

2 然風

▼ シ考え~ (2, 0.1%)

2 て見れ

▼ シ舵器マタキカズソレニ~ (2, 0.1%)

2 続キ高度計

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 シ法身ヲ, シ軟食セント欲セバ則チ熱湯ニ浸

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 客ハ則嬬人侍女ヲ, 隊ハソ連潜水艦タルコトヲ

▼ シ込ん~ (2, 0.1%)

1 でいる, で相棒

▼ シ~ (2, 0.1%)

1 人ヲ, 地堅硬

▼1* [848件]

あっ小林団長の, シありて此子なか, シあれはどう, シあんな奴の, シ取扱いは, シ政の, シかかるように, シこのままに, シこりゃア嫉妬じゃ, シこんでいる, シさすがに心細い, シさびた眺望で, シさんが, シてどんな, シそう為ようとする, シそれに先, シそれからアゴの, シそんな疎暴, シ方が, シたち相撲の方, シたての薩摩芋, シだってこんなに背中, シちまった早業には, シちゃどうです, シちゃんあなた聞きちがい, シであったように, シであるギシギシ, シでなければならない, シでも服ませ, シとある旅行記に, シといはずに大, シとが柄に, シとを混同する, シ心持わだかまり, シなどに入れて, シなどはこれだけの, シなどを造るよう, シなりけりと思えり, シなる遺蹟は, シにでも乗ったらいい, シにもスにも, シばらスいと, シふとん縫います, シまたはエビスと, シまだまだこれしきの, シまで一緒に, シまりなく下がっ, シみ出るニスの, シもう七八年も, シアア澄ましたところ, シアナタノタメニ唄ヲウタッテ上ゲル, シアラカジメ我ガ海軍ヲ設クルノ計, シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, シイキトス号桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, シイツモ力ンデ配下, シイナの子, シイマヤ驚異的新記録, シエラ山脈は鋸, シオリコレヲ理智理性ノ発達不充分ナル女子, シオ静ニ用事ヲ云イ付ケテ予ト巧ク打ツカルヨウニ豫メ仕組ンダノカモ知レナイ, シカクイ二つの眼, シカク寛大なる主人, シカツ薜茘ヲ服セリ, シカモバカ疑ウコトサエ知ラヌ弱ク優シキ者, シカモ世界の文献, シカモ余り広くは, シカモ前例のない, シカモ卒中風トカデ一日ノウチニ死ンダカラソノ時ハオレハ真崎イナリヘ出稽古ヲシテヤリニ行ッテイタカラウチノ小, シカモ声無シ, シカモ多くは椿岳, シカモ女に縁, シカモ家族を伴, シカモ彼等ノ一人モ意気精神, シカモ文人として生活, シカモ洋紙の価格, シカモ発言したら, シカモ美妙は特に, シカモ輪廓の大, シカモ近代人となる, シカモ防疫設備が成っ, シカモ首尾よく取り逃がし, シカモ鰍の味噌, シキス日本ノ六, シキミノ五百枚ノ精進ニ, シクロが昆虫, シコノ事ヲ為シテ差構ナシト云フコトナリ, シコレカラ陽気ナノ唄イマス今度ハ支那ノ唄イマショウ, シコレニヨツテ僅カニ主食ヲ備, シコンナ高血壓ノ際ニ旅行ハ思イモ寄リマセン, シサブシの用例, シシカモ刻々自, シシリア人はかくして, シシリア島の人, システ無にも発展, シセロ説に寝, シという三つ, シソウナルト実際ニ使用スル文字ト活字, シソノオレガ一心ヲ誠ニシテ寄セタラ, シソノ下ニ台石ヲ据エテ, シソノ命ヲ受ク, シソノ間ニ面倒ナ日記ヲツケタリシタノデ, シソノ館舎ヲ詢ヘバ, シソレデモオジサンワ, シソレニ向ッテ一生懸命ニナッテイル点デハ四人トモ一致シテイル, シソレヨリ非常ニ淪落シ窃盗罪デ告発サルルニ, シタガ直グニバタント強イ音ヲ立テ, シタガコノ鉄五郎ガ惣領ハ元ヨリ心易, シタガソノ時早速ニ使, シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, シタガソレカラ万事金ノ融通ガ, シタガ三十七ノ歳ダ, シタガ予ニモ全然ペデラスティーノ趣味ガナイトハ云エナイカモシレナイ, シタガ今晩参ッテキット連レテ来ルト云ウカラ, シタガ何シロソレホド出来様ト思ウナラ直グニ寄加持ヲシテ, シタガ兄ガ云ウニハ全ク貴様, シタガ兄ガ拾ッテ持ッテ帰ッテ大兄ヘ見, シタガ後ノ孫一郎ハ十四ダカラ, シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, シタガ隠居所ダケハ奇蹟的ニ火災ヲ免レタノデ, シタダ気概ノミアッテ道ヲ知ラザル者, シタライロイロ難渋, シタラソノ取扱ガ云ウニハ今オ, シタラソノ月ノ末ニハ, シタラ二三日タッテマタ新二郎ガ来テ, シタラ動脈ガ破裂スルノヲ怖レテ, シタラ姉ガ此上ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, シタラ帯刀ガキモヲツブシテドウシテ来タト云イオルカラ, シタラ斎宮ハアル晩色々異見, シチットモアナタイジメルコトアリマセンアナタ可愛クテタマラナイデス, シチーリア派の詩人, シツケ糸をぬい, シツトメザル可ケンヤ, シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, シデの用に, シデモ早ク知ラセテ因果, シデモ無尽ヲシテ掛捨テニシテヤロウカソウ云ッテハ取ラヌカラ, シトス之レヲ用ウルニハ熱湯ニ投ジテ洗滌スル, シドンナ心理状態ニ陥ルカ, シナノ側にもある, シナノ間の道, シハッシ升田白番で, シヒノキやオブリカスト, シブイがある, シブイ事を並べました, シブイ人物であるから, シブイ男で, シブトさを現, シマア今日ハ助カッタト胸, シマストアナタモヤハリ牛門ノ一傑デアラセラルルヨウナ事, シマスト云ッテ渡シタラ姉ガ此上ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, シマス浄土宗ト限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, シマス電話デ須藤先生, シマダボンヤリトベッドノ中デ眼, シマト為ス者ニ非ズシテ, シマン池田丹後前に若江, シミト食慾ノ楽シミトデ生キテイルヨウナモノダ, シミル樣な痛罵, シムラ会議まで百六十五年, シメイルのうち, シメスといいます, シメタものですが, シモシクハ返却スベキ義務アルモノトス四下名ガ保管中ノ証書, シモールの修道院長, シヤッパリ殺シテイル, シリースにいろいろ, シロコ屋へ集合, シロスやハリウッド, シ爲セシ者悉ク是レ天意, シ一タビ地ニ堕ル毎ニ即チ小樹, シ一ハ刺ス棒ニ刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, シ一世ヲ睥睨スル者世其人ニ, シ一人ヲ捉, シ一城ヲ拔ケバ一城, シ一度八幡武神ノ大, シ一度逸セバ真ニ是レ一生, シ一文章ヲ綴レバ, シ一時室内ヲ暗, シ一草ヲ得, シ七月ハ下旬マデ学校ガアルシ八月ニナレバ軽井沢ヘ追, シ万国ト並行スルモ亦敢テ難シトセズ, シ万機ヲ関白シ, シ三カ月モ入院シテ未ダニギプス, シ三五先後シテ伴ヲ為シ, シ三杯酢ヲ以テ食フ, シ上ゲタヨウニ博士ハ今マデニ何十人トナクコノ患者, シ上ゲタリシマシテ勿体ナクテ罰ガ当リマス, シ上ゲタ通リモンコチヤンハ大ヘンモノ, シ上ゲテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ, シ上京と, シ上気セタヨウナ顔ヲシテルネ, シ上野公園に来着, シの関, シ下サイ船ヘ戻, シ下サルコトヲ望ムガ, シ下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, シ下名ノ保管スル証書ガ虚構, シ仁ノ名ヲ, シ不便デアル, シ不敬ヲモ顧ミズ一書ヲ呈スルノ大罪, シウベシ, シ且ツ之ヲ以テ既知遺跡實踐, シ且ツ一年志願兵特權ハ此等ノ訓練アルヲ一理由トナスヲ以テ其レヲモ廢止スルガ, シ且ツ我日本国憲法及ビ法律ヲ正当ニ実行シテ, シ且ツ皆貴重ス可, シ且別紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, シ且既ニ不覊独立, シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, シ世ニ言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ刻ミ七里洲中ニ, シ世界化シタル亞細亞思想ヲ以テ今, シ世界化シテ來ルベキ第二, シ中国製ノ最良, シ乃チ入テ, シ乃チ書賈ヲシテ之レ, シ乍ラ斯ル物質的生活ノ問題ハ, シ九狂一拝ノ精進, シ乞食嗚呼自分, シ乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, シ了ルニ若カズ, シ予ハ行カズニシマッタノデ委シイ様子ハ知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, シヲ行ウニ至ッテモ, シ事ハ彼ノ地ニ存スル竪穴, シ二三尾チョンチョンと首, シ二千二百はキ, シ云々の御, シ交友ニ於ケル信用ヲ損スル重大ナル苦痛, シ花実アル者アリ本草ニ惟六芝ヲ, シ享樂セシメントスルニ在リ, シヲ愛スルコトヲ知ルモノナリキ, シ人コレヲ手ニテ握トキハ則チ痩セ縮ム, シ人夫労役ノ要, シ人心ヲ安, シ人足の留まる, シ仁徳ヲ施スハ賞ス, シ今井の叔父さん, シ仏家ハ大蒜小蒜, シノ一機ハ海中ニ墜落セシメタリ, シ他日其功ヲ見, シ付けて来る, シ以テ一郷ノ洽厚, シ以テ先帝ノ遺, シ以テ國威ヲ發揚セシハ歴史, シ以テ土地民有制ヲ取, シ以テ山林高隠, シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学ヲ励マシムルハ刻下, シ以テ東西文明ノ融合, シ以テ祝意ヲ陳述セサル, シ以テ私慾ヲ恣ニセントスル意味, シ仲直リスルホド仲悪クアリマセン, シ住めりということ, シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, シ佐々木ハ二等車デアル, シ何ニ因ツテ伍相ニ逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, シ何方にしろ, シ余り遅か, シ作有ツテ一襄ニ満ツ, シ併テ仰慕, シ來ルベキト日本ガ國防上朝鮮ニ據リテ戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, シ來レル異人種, シ來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, シ例証として日本, シ保存シテ同一物ニ逢フ毎ニ, シ信府統記ノ著者モ国師甲武信, シ信濃国ニテハ大椹峠, シ修正ヲ終リタルモノハ本文期限内ト雖モ, シ俸禄ヲ増減セリ, シ倒サレテ若シ打チドコロガ, シ倒サレテ芝生ニ仰向, シ候夜ノコトモ今ナオマザマザシク覚エ候エド, シ候段ヲ申述ベ, シ僕自身モソレヲ希望シテトドマル所ヲ知ラナイ, シ僧侶ハ祈祷ヲ商ヒ, シ兇器ヲ研究スベキヤ, シ先生に, シ先生モ慎ンデ下, シ八月二日未ノ刻, シ公用終リ役所ヨリ退キテモヨシト, シ公私ノ依頼ニ応ジ専心建築工事, シ六十余年後ノ今日ニ思ヒ至レバ, シ六月ニ花ヲ開ク, シ兵農始テ分レ遂ニ封建ノ治, シノ下, シ其レヲ買フ有婦ノ男子ハ, シ其事漸ク緒ニ就シト雖モ後幾クモナク悲運ニ遭遇シテ其梓行, シ其人口ノ減耗, シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, シ其体力ヲ竭尽スルニ, シ其儀無ク, シ其取扱方法ヲ定, シ其味ヒ極メテ, シ其子女ヲ殘賊スル者ナリ, シ其実否ヲ聞届ケ給フマデハ, シ其封へのり, シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ現實的改造, シ其後九郎兵衛請取コノ人耕作勝手ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ罷, シ其温泉或ハ湯花, シ其異同ヲ弁ジ其名実, シ其眷顧ヲ全, シ其趣旨ヲ察スルニ, シ内黄ニシテ外赤シ故ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル, シ再現スルコトニヨッテワレワレハ自然界ノ新, シ凋バ即チ人亡キ也ト此言, シヲ拒マズ, シ出サレ五十七十ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, シ出シタンデツイ, シ出シ彼女ノ芸名, シ出セルコト三峰山ナトノコトクニテ却テ三峰山ヨリモ古ク, シ出セルヨリ此犬ヲ借, シ出ヅベキノ由尋ネ被, シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ即チ土, シ函陵亦多, シ刃長ケレバ則チ棒頭力無シ, シ分ナイト云ウ大兄ガ返事ヲ見, シ分析シ整頓シ再現スルコトニヨッテワレワレハ自然界ノ新, シ利根ノ本, シ制海權ヲ確占スレハ十分我カ目的ヲ達スルコトヲ得ルヤ明ナリトス, シ則チ名ヲ呼ビ功用, シヲ持チ船ニ乗リタル尊, シヲ無用, シヲ他日ニ収メン, シ加フルヲ得, シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, シ勝軍利ノ義ニ, シ勞働者ハ智能的力役的能力ヲ提供ス, シ匏樽ヲ挙ゲテ以テ相属ス, シ北ハ西奥仙丈ノ高, シ北上野ヨリ直越ニ松, シ十一日十三日ト少シ違ウ, シ十五里許ニシテ利根川ニ入ル, シ十年乃至二十年後ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利, シ十年以下ノ懲役二処ス, シ千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, シ千葉上総甲信武相ノ諸, シ千駄木へ御, シ升田白番で十目, シ午後ハ高雄方面ヘ紅葉見物ニ行キタイノダガ一人ボッチデハ仕様ガナイ, シハ於菟ニ与, シ南人淹蔵シテ果品ト作シ或ハ以テ, シ南蛮王ノ巣トシ, シ博ク事ヲ行ワントス, シ危坐シテ客ニ問テ曰ク何スレゾ其レ然ルヤ, シ危害ヲ加, シ其子ナリ其根ハ白色ニシテ弁多, シ即時本人又ハ保証人ヨリ弁償スベシ, シ卿ガ妙才ヲ観, シ厄介ナノハ立像ヲ製作スル彫刻家ニハモデルガ何者デアルカヲ知ラセナイ訳ニ行カナイ, シ原則ト云フ者アラバ只國家, シラシ加減ニ予ニ足, シ収ムベシ他日其功ヲ見, シ口腔歯牙ノ清掃, シ古色最モ愛ス可シ, シ古銭ハ鑑識頗ル難キモノニテ古鏡古銅器ヲ観, シ古風ヲ好, シ本国ヘ, シ可及的速カニ密輸方法, シ右手ニ撥ヲ執, シ右罰金ノ納付方請求有, シ各同ジカラズト雖ドモ然, シ合いしたために, シ合い逃げて行った, シ合って電車, シ合セ候間御朱印ナサレ候様ニト言上ノ処, シ合ワセタヨウニ妻ガ立ッテ身支度ヲ始メタ様子デアルノガ, シ合資ヲ有, シジ目的ニ向, シ同時ニコノ調子ナラコレカラ後モ気狂イ的行為ヲ繰, シ同様ゴヒイキにお, シ同行常ニ二十人バカリ, シヅケテ断腸花ト為ス, シ君ガ重症ヲ負, シ吾ガ腸ヲ裂カシメントシタリ, シ吾レハ汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, シ呉ヲシテ蜀ヲ取, シ呉起ツトイエドモソノ規ヲ定, シ命ガケデアナタヲ可愛ガルヨロシイ, シ命ジテ之ヲ徹シ, シコレヲ合理的ニ探査追求シテ犯人ヲ, シ唯野ニ清鶯ノ有, シ商人ニ化シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, シ喬木ヲ成セリ此種, シ嗚呼公瑾今ヤ永ク別ル, シヒヲ解ケ, シ四五枚ニテ人ヲ飽シムベシ, シ四方ヨリ風ヲ臨ンデ集リ来レルモノ, シ国勢ヲ拡張シ, シ国際条約ヲ蹂躙シ徒ラニ外国著作権, シ國内物價ノ調節, シ國家ノ統一的經營トナス, シ國家ニ報效セント欲シテ孜々懈ラサル所以, シ國家生産ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ私人生産業限度以下ノ生産, シ土井家資産ノ大, シ土出村西山沢ヲ以テ分界ス, シ土産ヲ知リ植物固有, シ土針ガ何故れんげさ, シ地上ニ於テ尚我レ刄, シノ船頭サンカラ, シ場ニ下リテ脈ヲ取, シ境内ニ掘立小屋, シ墨子ノ絲ニ悲ミタル等以テ先哲, シ壱人バカリ刃向ウハ不埒ダ, シ変ダト思ウ仮リニ颯チャント春久サントノ間ニ何カアッタトシテモ, シ外交ヲシテ其ノ宜, シ外交官ノ妹ニ袴, シ多分オレバカリシタガ岡野ハ伝受ノコトハ皆, シ多孔板上ニ載置シテ完全ニ蒸焼ス, シ大体月ニ一回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, シ大勢ノ厄介, シ大砲ヲ鋳造シテ毛唐, シ天皇ヲ奉, シ天皇ト國民トヲ阻隔シ來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, シ太陽ニ随テ回転ス如シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, シ失ワレタ記憶ガ戻ッテ, シ奇特千万ニ付キ模範囚人苦心調製の七宝製, シ如キハ市民ノ全部ニ居常且終生劃一ナル兵隊服, シ如何ナル大帝國建設モ百年, シヲ極, シだと, シノ指揮, シ始ム其葉ヲ蒸ス時, シ始メテノ挨拶モ済ンデカライロイロ悴ガ世話, シ姓名ヲ改メテ小泉八雲ト曰フ職, シ姦党ヲ滅シ, シ婦人ガ男子ト平等ノ國民教育, シ子弟ヲ教フ, シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, シ學問政治等ノ事ハ識アリテ能, シ安心シテウチヘ行ッタ翌日兄ガ呼ビニヨコシタカラ行ッタライロイロ馳走ヲシタ, シノ差宿也, シ官員ばかりが職業, シ官憲ノ削除シタル所, シ実際ニドンナ仕事ヲシテイルノカハヨク知ラナイ, シが高座, シ家庭等ノ隊外生活ニ於テ物質的差別アルベキハ, シイシ手, シ専門デナイ私ガ, シ將來ノ大, シデ歸化シ姓名, シ少年の議論家, シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, シ尽スコト能ハズ此ニ於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精好, シ居リシカト云フ事ト如何ナル遺物ハ何レ, シ居リタルモノト認ムベキハ条理上当然ニシテ, シ居ルコト観破仕リ, シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, シヲ入, シ屡々国民ノ, シ山ニ隠レテハ, シ山中ニだいら川ト云フ川アリ是ヲ界トスルナリ, シ山堂無月ノ夜, シ山後ノ巌下ニ至リ, シの麓, シ工業ノ進歩如何, シ己レガ閑ヲ以テ人, シ布ニ裹ミ鉄杵ヲ以テ徐徐ニ, シをかぶり, シノ我ヨリ幼ナル, シ年賦金ヲ以テ其所有タラシム, シ幹ハ大ニシテ厚シ, シ壑ノ, シ幾多ノ雄, シ幾程云ッても仕様, シ広告ハ粗美ヲ編セズ枠附額面仕立ニテ高サ一尺八寸, シ庭前の石, シ弓矢ヲ取, シヲ小, シ形ハ紛レモナク彼女ノ足デアッタ, シ形跡アリ即チ, シノ女, シ彼女ノ芸名, シ彼等ノ財産, シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等ノ公語タラシメザルベカラズ, シ往昔ハ問ハス今日ニ於テハ實ニ經濟上ヨリ人ノ國家, シ後者ハ適合性ヲ持タナカツタタメ, シ徒ラニ外国著作権ヲ侵害シテ, シ徒党ヲ結テ其党, シ従来本邦ニ留学スルモノ満支両国青年子弟, シ得ザルトキハ在京同志ハ悉ク明朝ヲ待タズシテ鏖殺セラルルコトヲ銘記セ, シ得テイルノハ恐ラク薬剤, シ得ベキニ非ズ, シ得ベキ力ヲ有, シ得ベキ基本ヲ作ル, シ得ベキ日本及日本ノ同盟スベキ國家, シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, シ得ベキ知己友人其他ヲ瓣護人タラシムベキ完全, シ得ベキ財産限度ヲ壹百萬圓トス, シ得ベキ資本ノ概算ハ推想スルヲ得ベキモ, シ得ベキ資格ヲ喪失スルト同時ニ, シ得ベク以下ノ各省皆同ジ, シ得ルカ得ザルカノ小學程度ヲ以テ國民教育, シ得ルコトヲ特徴トスル多腕人間方式, シ得ルノ大處ニ立ツ, シ得ルノミナラズ蒸焼ヲ二回ニ, シ得ルハ亦論ナシ, シ得ル云々ノ多, シ得ル制度ノ改造ヲナサバ日本, シ得ル國家ハ同時ニ國民ノ自由, シ得ル所以ハ凡テ國家ノ保護ニヨル, シ得ル等ノ効果, シ得ル者ニ非ズ, シ得ル限リノ手段ヲ取, シ徳化ニ浴セサルハ無ク, シ徳川氏ノ時復, シ徹宵劇飲快論セリ, シ心中では常に, シ心配するな, シ必シモ書ノ所説, シ必御同行と存居申候, シ必要ノ施設ヲ講シテ, シヲ厭フ甚ダシクバ急, シ忽チニシテ急雲, シ極テ肥, シ性慾点ヲ露出シテ行動, シ性霊ヲ損ズ, シ恐竜型潜水艦ノ威力, シ恪勤衆ニ過グ, シ悲観シ空シク絶滅スルカ然ラズンバ辱, シ惡源因ヲ避ケ, シ慎ミ在ルベキコト, シ慮外致スマイト云ウ書附ヲ出, シ憎体ニ見エルクライニ, シ成レルニシテ其人民ハ皆父母, シ我慢して, シ我諸州ニ向テ師, シ我都府ヲ焼, シ戰時ニモ改メザル如キハ殆ド軍隊組織, シ所在ヲ晦マシ, シ打チドコロガ悪カッタラドンナコトニナルカ, シ折って示した, シヲ極, シ拾って北浜クニエダ理髪店, シ指頭ヲ弦, シ受ヲ, シ操ハソノ二分ヲ占メ, シ擧國一人ノ非議ナキ國論, シ支持桿ニ穴ヲ穿チ, シ支那亦日本, シ過スベシ, シ改造後ノ大, シ放擲シ置ケバ尽ク外人ニ奪ヒ, シ政權軍權財權ヲ私セル者ハ只龍袖ニ陰レテ惶, シ政治ニ干與セザル原則ニヨリテ審議院議員, シ故老三城僖七郎厚澤貞司等主トシテ之ヲ勸進ス, シ救飢ニシ根ヲ採, シラシケレバ下司ナドモ穢ナガリ尿小路トツケタリケルヲ, シ散らしてしまいたい, シ散歩遠足ヲ以テ肉體, シ数年過タルモ水中ニヒタセバ, シ数年間妻子ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, シ整頓シ再現スルコトニヨッテワレワレハ自然界ノ新, シもかならず, シ文三には気, シ文學ノ大, シヲ踏ン, シ斧ト成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, シリヲ行フコト珍シカラズ, シ斯ク暴政ヲ, シ仕候ハ, シ方ダトイロイロ云ウカラ御尤モニハゴザリマスガ, シ方陶酔ヘ, シ旁ラ他ノ本, シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, シ日本デハアンナスバラシイモノ聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, シ日本ト結ビテ獨立ヲ企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ, シ日本ニ關スル著述頗ル多シ千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生, シ日本中世史ノ武士ハ婦人, シ日本内地ノ改造, シメニ出カケテ行ッテ前座ノ, シ明日ヲ以テ其, シ易カラシメンガ爲懸圖及塗板ヲ用ヒ, シ易キハ豫メ深ク戒ムベシ, シ映画ヲ見, シ昨夜出崎仕候由也, シヲ以テ人, シ是レガ侵略主義軍國主義ナラバ日本ハ全世界無産階級, シ是レハ随分出来, シ是物理小識ノ千年松ナリ, シ是織女ニ非ズンバ, シ時ニ或ハ心ニ従フ, シ時ニハ地ベタヲ蹈ミ, シ晒シ乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, シ普ク之ヲ全国ニ告諭セ, シク湿気ガ多, シ更ニ故, シ更ニ北支那ニ投資的侵略ヲ學ビタルコト悉ク獨逸, シ更ニ土地徴集ニ於テモ各所ニ其等ヲ有, シ更ニ布設經營ノ積極的活動等, シ更ニ戰爭開始ニ訴ヘテ國際的劃定線ノ不, シ更ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, シ更ニ英國艦隊全部ヲ本, シ更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, シヲ読マントスルニ, シ書ケルナラ僕ノ目, シ書斎デ日記ヲツケテイタガ, シモ美ト称ス今, シ最高二四五ニモ達シタ経験ヲ過去ニ数回持ッテイル予ハ, シ月經ナキ少女ニ育兒ヲ講義スル如キ, シ有婦ノ男子ガ淫ヲ買フハ明カニ一夫一婦, シ朝廷ニ可奉差上事, シ朝鮮ヲ領有セントシタル, シ朝鮮人ニ日本人ト同一ナル參政權ヲ得, シ朞年ナラズシテ早ク已ニ北露南濠ニ大帝國, シノ化石ナリ, シ末ハ本ヨリ大ナリ, シ本年ハ不忍池, シ本年五月其花ヲ得, シ本書ニ説述シタ吾ガ田内整形手術ガ全世界ニ普及セラレタル暁ニハ, シ本田の言ッ, シ本邦ヲ以テ英國ニ比シ, シ本願発明ニ於テハ問題ノ多, シ村役人共申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, シ来リ時々得意, シ来ル鉄甲錚トシテ鳴リ金戈戞トシテ, シ果シテソレガ雑音ナドトイワレルニ十分ナ屑電波ダトスルコトハ早計ニ, シ根形狭長五六尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, シに従った, シ椅子ニ仰向, シ植エテ梵家ニ到ル, シ楊万里ハ云フ月忙シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, シデアル, シ権ヲ用イ政ヲ恣シテ富財, シ皆蒼古, シ次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, シ正直ノ, シ正確且自由ニ思想ヲ表彰スルノ能, シ此たちしだれやなぎ, シ此ニ再ビ好機来復, シ此ニ日本植物誌ヲ作ルヲ素志トナシ我身命, シ此答數正シカラザルトキハ更ニ又他, シ歩キニクヽテモ毎日少シズツデモ歩カナケレバイケナイ, シヲ以テ, シ死スルニ至リテ遂ニ悟ラサル者ト日ヲ同, シ死後ニ於イテ多少デモ意趣, シ殆ンド其形ヲ認メザル年スラアル, シ残余ヲ, シ母ハ児ヲ哭ス, シ母其人ノ生活ハ母自身, シ毒屑ノ浸潤スルノ処茨城, シ民雨ヲ待ツノ声, シは台所, シ水槽カラ何カラ何マデタイル張リニシシャワーノ設備ヲシタ, シ水水銀ヲ湛フガ如シ, シ水源ヲ赤土ト為セルガ, シ汗顔の次第, シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, シ法華経ヲ信ジタル様ナレドモ, シ法身ヲ証スレバ, シ洵ニ此学必須ノ偉, シ流行の中興, シヘ打上ツタ所, シ浴後直チニ寝室ニ, シ海外貿易ハ漸ク旺盛ナルヲ以テ竟ニ英國, シイ嫉妬, シ混沌ヲ鑿ル, シ済マセレバ又直, シ渡シタ故右, シ漢文ヲ讀ムニ凡テ日本文ガ顛倒シテ配列セラレタルヲ發見スベシ, シク其境堺ヲ, シク縄解クベカラズ, シ無理ダカラ強行軍ニナルケレドモいづう, シ然るに丹波は, シ熟シ晒シ乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, シ熟食スレバ婬ヲ発シ性霊ヲ損ズ, シ爲ニ物價騰貴ニ至ル恐アル時, シ片品川ニ入ル, シ多シ, シ物品交換ヲ行ヒ居リシガ, シ特ニ某隊中ノ阿, シ特別ノ衆理, シ特有の蒼白, シ犯跡ヲ完全ニ抹殺スベキモノトス, シ独ダ一ニ書ヲ是レ信ジテ, シへ, シ王軍ヲ向, シ珠数ツナギニ一群レヅツ札ヲツケテ, シ現在ノトコロデハ記憶喪失トイッテモ思イ出セナイノハ主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, シ生モ無シ, シ生徒ヘモ亦此, シ生徒ヲシテ其不正ヲ理解セシム, シ生憎故障も無, シ甲斐国界ヲナシ, シ申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, シ申シ上ゲタリシマシテ勿体ナクテ罰ガ当リマス, シを利用, シ畳デナクベッドニ寝テイル姿, シヲ容レサリシモ徳川幕府, シ病者ニ応ジ薬ヲ売リ償ヲ取, シ白色ニシテ微緑, シ皆堅実芳香之レヲ叩ケバ声アリ, シ皺ムヲ待テ内チニテ鳴ル時, シ盛夏ニ雪ヲ降, シ盡シタルカヲ見ン, シ盡シタルハ人ノ知ル如シ, シシテハ包ム, シ直達スル者ニ非ザルナリ, シ相当素晴ラシイ肉体, シニソレヲ忌マワシク感ジテイルナラ今少, シ真にそうだネ, シ真剣の場, シ着荷ハ三分ノ二以上損傷シタルモノト被存候, シ瞬間を入れず, シ知らぬッ離せ, シ知ッタラ是迄, シ知ルコトアラバ又此碑, シ短波長送信機ヲ組立テント試ミタリ, シ短角ヲ結ブ, シに触, シ社員ニ別レヲ告ゲ, シヲ知ラヌ者ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラ, シ秋ニ至リ再ビ花サク本邦ニ来ルモノ一年両度花サク唐山, シ秋霜己レヲ持ス, シ稀有ノ草木, シ稍皺バミタル時臼ニ搗キテ殻及シブ皮ヲ去, シ空シク絶滅スルカ然ラズンバ辱, シ窃盗罪デ告発サルルニ, シ窮マリ無キノ恨, シ竟ニ何ノ渓タル, シ等ハ先達テ中ノ狼藉, シ等等一人でも世帯, シ等頗ル及バザル所アルニ似タリ, シヲ填, シ精神ヲ痲痺セシムルニ至ッテ, シ細長クアラキ鋸歯アリ方茎対生八九月頃葉間ヨリ一寸程, シ終ニ一家ノ見, シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再, シ終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再鏤スルノ勞, シ絃轟キ撥閃キ俄ニ千軍万馬ヲ坐, シ結婚後ナオ避妊ガ可能ナル時ハ為シ得ル限リノ手段ヲ取, シヘシ, シ給ヒシ為御安行, シ給ヒ眷属ニ仰セテ火災盗賊, シ給フト申スモノ一人モ無シ, シ給フナラバ後生ヲ助, シ給フ事実ヲ指摘セラレタリ, シ給ヘリ伏テ惟ミレハ聖皇都ヲ關東ニ遷シ給ヒテヨリ惠, シ絶対安静ノ必要ガアルト云ワレル, シ維新以降漸次ソノ繁昌, シ指揮官部へ, シメテ貰ウタメニソンナ嚇カシヲ, シ繽紛狼藉人ヲシテ, シ随分トハ思ヒシカドモ, シ置ケバ尽ク外人ニ奪ヒ, シ置給フ事恨ミテモ由ゾナキ返ラヌ道ト成ヌルコソ哀シケレ, シ羅馬ヨリ佛英ニ至リ漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ, シ老母も安心, シ而カモ門戸ヲ爭ハズ, シ而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, シ聖高野山ニ候間暫御忍ビアレ某御トモ, シ能毒ヲ弁ズルガ如キ, シ腰小旗ヲ横ニ, シ腸摧ケシムルモノハ特リ馬嵬ト青塚トニ在リ, シ膚色潤沢ニ歯整ヒ且強ク臓腑善ク発達スルモノ之ヲ強壮, シラ詩ヲ, シ自分ガ珍シクモカヨウニ旺盛ナ状態, シ自己又ハ他人, シ自由ヲ求メ幸福, シ至急調査開始ヲ, シ船手之モノ共爲習練, シ艱難漸ク都ニ帰リ着クコトヲ得タリ, シ色ハ黒クシテ円ク味ハ苦甘シ, シ苗高サ一二尺八九月ニ至テ茎頂ニ淡紫花, シ苟モ生命ヲ乱世ニ, シ英国ト交ヲ絶チ, シ英学も, シ草津水口ヲ経, シ荒原田野ニ徘徊スルハ是レ此学ニ従事スルモノヽ大ニ忽ニス可ラザル所ニシテ, シ荷物ハ人足ガ越シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, シ菽麦を弁ぜぬ, シ落着イテ考エテミルナラ別ニ奇抜ナコトデモ何デモナイコトガワカル, シヲ揉或ハ乾セバ香気ナシ漢名彙宛詳註, シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ亦大, シ蒂モ微シク葉中ニヨル根ハ細ク色黄ニシテ内ニ白穰アリテ車輻解ヲナサズコノ草ハ諸州深山ニモアリ勢州ニテ, シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, シ蓋シ天下第一, シ蓋ニ具ウル保温室内ニ常ニ保温セシメ置クモノナリ, シ薄気味悪ソウニ黙, シ蝶貝ヲ鏤メタ鼈甲, シ蟻列シ繽紛狼藉人ヲシテ, シ見分為致候処右届之通相違無, シ覚エハ無ク, シ覧閲料ヲ収メス, シ親戚故旧ニ贈ルベキ遺物, シ記念ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, シ詩人遠慮のない, シ詳説ヲ経トシ精図, シ談ジ天下人ヲ相定, シ外国, シ諸君カラノ搾取ヲマスマスヤサシクシ, シ謄寫ニ附シテ未ダ公刊ニ至ラザル時, シ講和條約ハ單ナル休戰條, シシナサイ, シ足利又太郎忠綱, シヲ接ス, シ蹂躪シテイル奴デアル, シヲ持スルコト謹厳恬淡ニシテ, シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, シ軍陣ヘ出, シ軟食セント欲セバ則チ熱湯ニ浸シ及ビ熱灰ニ, シ転運万里全功, シキ刑ノ, シ輔佐ノ実, シ辯護シ得ベキ知己友人其他ヲ瓣護人タラシムベキ完全, シ込ムコトガ至難ナノデアル萬一動脈ヲ傷ツケルヨウナコトガアッタラ大変, シ込ンデカラ自分ハ廊下ヘ出, シ近隣ヲ掠奪シ, シウモ漂イ晦ムナカレ破, シ通商ヲ円滑ナラシムル所以ナリ, シ遅遅タル春日興ヲ追, シ過ぎるというよう, シ違ッタ表情ヲ示ス筈, シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, シ適当ナ電波的保護, シ邑ハ又國, シ邑里相望ミ舟ヲ門前, シでも飲まん, シ人ノ, シ野生シテ辛味ナク食用ニ堪ザル者, シのつがふ, シ金峰鉄岳ノ東三繋, シ金銭謝礼ハ一切無用之事, シ銀糸ヲアシラッタ地色ニ黄ガカッタ糸ト金糸デ乾山風, シ銘々私ニ持場ヲ定, シ長持はしな, シ開キ相スム迄国元ニ蟄居シ, シ陸上ニテハ之ヲ荷ヒテ歩ミ, シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, シサレル音デアッタ, シ黄鹿頭血ヲ, シ集メテ以テ之ヲ大成シ此ニ日本植物誌, シ雑類異形ハ悪シト偏執スルハ悟リ, シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, シ難キモ来月五月一日ヨリ三ヶ月間若クハソレ以上ニ渉ル事アルベシ, シ難シ唯コレヲ合理的ニ探査追求シテ, シ霊田大学法学教授法学博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, シ静かに銭形, シに近かっ, シヲ追, シ風土ヲ察シ, シ飛ビ離レタ一二尺高イ空間ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, シ食用ニ入ルユリネト呼ブ, シ養父ヨリモ其承諾ヲ得タル次第ニ御座候, シノ時間, シ駅ニ近キ処, シ駕籠デ江戸, シ歌狂乱シテ信者, シ高ク擡ゲテ下カラソレニ色紙, シ魚族斃死シ田園荒廃シ数十万ノ人民産, シ魚鰕ヲ侶トシ, シ鼓声喊呼ニツツンデ馬超ヲ生