青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ン~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

メートル~ ヨーロッパ~ ラジオ~ ~ランプ ランプ~ レコード~ ロシア~ ロンドン~ ローマ~ ~ン
ン~
ヵ月~ ヶ~ ヶ月~ ・~ ー~ ~一 一~ ~一々 一々~ ~一しょ

「ン~」 5406, 58ppm, 1968位

▼ ン~ (1400, 25.9%)

19 手を, 膝を 17 叩いて 11 胸を 10 した眼 8 叩いた 7 音を 6 して, 云ふ, 坐って, 肩を, 音が, 頭を 5 いって, ころは, ころへ, たたいて, 叩きました, 叩くと, 扉を, 額を 4 おとして, した目, 叩くの, 投げて, 机の, 背中を

3 [23件] ころを, すわって, はたき又, 両手を, 並んで, 出て, 前に, 坐つて, 太刀の, 小胸, 彼の, 手錠を, 投げた, 投げ出して, 投り出し, 押した, 横に, 煙管を, 自分の, 落して, 飛込んで, 鳴った, 鼻を

2 [96件] いっしょに, いった, うつリズム, この子, この師匠, ころがって, させて, したもの, した瞳, そこらに, それを, たたいた, たたきました, なって, はずして, はたいて, ひざの, ひざを, やる, ドアが, ドアの, 一つ頭を, 下へ, 二つの, 云う音, 今度は, 仰向けに, 出來, 刎ね, 割って, 割られるよ, 卓子の, 口の, 口を, 叩くところ, 叩く心境, 土間に, 垂らした, 声を, 威勢よく, 宙に, 座って, 庵室の, 張裂けて, 御馳走が, 打ちますと, 打った, 投げ込んで, 投りました, 投り出した, 押して, 捨てて, 捨てると, 撫で廻すの, 敲いた, 明いた, 札を, 極まつ, 横手を, 毀して, 水牛の, 消えて, 消して, 渡して, 濁って, 濁っては, 火を, 炉框に, 生きて, 相手に, 知つてる, 私の, 突いて, 笠井氏の, 聞えて, 腹の, 落ちて, 葢を, 言わせて, 話が, 足で, 身を, 載って, 鐘が, 長煙管, 開いた, 開く, 開けて, 静かである, 音し, 音と, 頬を, 風を, 飛んで, 飛降ります, 鼻で

1 [948件 抜粋] あくところ, あげぶた, あたって, あつけない, あんな話, いいいずれ, いうので, いなないては, いへば, うちわ太鼓を, うつ太鼓, うなったの, おさえたそれ, おぼえて, お六, お婿さん, お脹れ, お蘭どの, かき消えたか, かたいもの, きせるを, くぼんだ眼玉, けたたましく鈴, こちらを, このいえ, このお嬢さん, この下, この大阪, この子供, この山の神, この爺, この自動車知, この長助, ころがり出て, ころげ落ちました, ころな, ころには, ころ鼻を, さがって, しかけて, した, したコンポジシヨン, した心, した氣持, した液体, した目付, した細い, しますからな, しまつてやらねえ, しめた, しめなおした, し耳, すてると, すべき時, そういう衝撃, その場, その小箱, その横, それだけの, そんなも, たこが, たたく, たたくもの, たるんで, だらしなくころがっ, つきあげて, つめたいしずく, とびうつった, とびこんで, どこか, なげすてて, ならして, なること, なるほど, ねようと, のせました, のっかって, のって, はげしい銃声, はじいて, はたきながら, はだけた痩せた胸, はねつけたという, はねて, ひっくる返った, ひとりで, ひねれば, ひらきその, ふたつ三つ将軍の, ぶっつけました, ぶつけた, ほうり出す調子, また鏡, まわるの, めくれる, もはや, やって, やつち, やるという, アルワダとの, エリスの, カメラに, グラブを, ザイルを, スイッチを, ツトメを, トンネルへ, ハネつけられた, メドヴェージェンコが, ライターを, ンに, 一つずつ, 一つなぐり付けます, 一つやる, 一つ叩い, 一つ啖らわせました, 一つ手を, 一つ無造作に, 一つ背中を, 一つ鐘を, 一つ鮮明り, 一つ鳴っ, 一ツ刎ねない, 一個, 一合の, 一打の, 一本の, 一発あいつ奴を, 三人も, 上げたが, 上に, 上下左右に, 下りて, 不忍, 与兵衛とを, 並べた, 丸い色紙, 乱暴に, 二三枚小判が, 二人の, 二十万小切手を, 云いそう, 云うたらナラン, 云うなり, 云う得体, 云つた, 五十銭玉を, 人影飛び出し, 仕置場の, 以前の, 仰せか, 伏せて, 余韻が, 俥の, 倒れて, 傍の, 傾いて, 入つて來, 全身に, 六尺棒の, 再び銅羅, 凝固した, 出されおじゃった, 出たも, 出る嚏, 分け前の, 切り下した, 切り立って, 切口を, 刷毛を, 割れ裂けて, 勘右衛門の, 十万投げ出します, 卓上に, 卵の, 厩から, 又少し, 反物が, 反返るを, 取柄が, 叩いたの, 叩いたよ, 叩きそれ, 叩きつけるの, 叩く事, 叩けば, 合つたリズムで, 同じ光榮惠まれ, 同じ音, 名乗る男, 向うへ, 呉れただから, 周つて居る, 呼ばるるひとり, 呼出しを, 唸った, 嘶いて, 固いもの, 固い几帳面, 国の, 地下室の, 坐つた人影, 坐れるの, 堕ちたの, 外した玉屋, 多四郎は, 大きくはじける, 大きく胸, 大きな音, 大砲の, 女の, 好い香, 子刻に, 守つてや, 寅を, 寝が, 小さい中折帽子, 小川を, 小気味の, 小鼻を, 尾を, 山へ, 左右に, 平手を, 広い耳鳴り, 床を, 床板を, 庭の, 廊下へ, 引き抜いて, 引く鈴, 引っぱった, 引金を, 強く打, 弾き上げたの, 当って, 彼女の, 往来へ, 後へ, 御約束, 忍ヶ岡の, 快い音, 思って, 悲鳴を, 慄えた, 成つた, 戸が, 戸外へ, 扉は, 手のひらに, 手切れを, 打ち当る音, 打ったから, 打て村長, 払い上げる, 払き, 技を, 投げこんで, 投げだした, 投げだした五百両, 投げだす, 投げ出し, 投げ出した五十両, 投げ出す, 投げ捨てて, 投げ棄て, 投げ込んだ, 投じて, 投ります, 投り込んだ, 投出したやう, 抛り出したので, 抜いたら中, 抜かれたもの, 抜き出せば, 抜くシューッ, 押したの, 拭いて, 持たれて, 指の, 振つて, 捨てた, 捨て別の, 捻って, 掌を, 掻き廻すの, 提げて, 揮った, 撥ねかえす, 撫でるの, 撫で廻します, 放したから, 放ったの, 放り出して, 放り出しました, 教へて, 敲いて, 敲く真似, 敵の, 日傘が, 明けると, 時を, 晴れやかに, 暖炉の, 書いた, 未刻, 本田さんずうずうしい, 来た熊ン蜂, 松の, 板の間の, 枝から, 格子戸開き, 楊枝を, 槌で, 様々な, 横なぐり, 止まって, 此方へ, 死骸を, 殴つたり, 毛布を通して, 気味の, 水田の, 水鷄が, 河向うの, 浮上った, 消え失せて, 渡すと, 澱みの, 濁った眼, 火薬でも, 火鉢の, 灰に, 灰吹き, 灰皿に, 炉辺に, 無造作に, 煙草の, 燕作の, 片手に, 物思ひ, 狙つてや, 甲高い然し, 申します今日, 男へ, 界隈静かである, 異様な, 畳に, 畳を, 痛くなっ, 発砲された, 白布を, 目の, 真っ向, 着て, 知つてかかり, 石について, 破れて, 禁止し, 私が, 私を, 称す, 称び換へて, 穴室に, 空を, 空中へ, 突きあけられた, 突き返して, 突くと, 突っぱって, 突刺さった, 突飛ばして, 窓へ, 窓外には, 立木の, 競ひ鳴る, 笑いながら, 笑って, 笠を, 筆を, 等しい価値, 算盤を, 粉々に, 納まつ, 細目が, 結んだ一人, 統一部の, 続けて, 縄が, 置き, 置くと, 羽根を, 耳鳴りが, 聞えますと, 聞けて, 肘を, 肩に, 胸などを, 腰かけて, 膝打っ, 膝頭を, 自分を, 致すところ, 花嫁が, 荒っぽく便所, 落した, 落ちくぼみ力, 落ちた, 落ちるかと, 落ちるよう, 蓄め込ん, 蓋を, 虚空に, 衝突かって, 裏を, 見据えた大きな, 見透しだよ, 覚悟された, 解るね, 言いわけ, 賑に, 起きたが, 起して, 足洗ひ, 路地の, 跳び降りて, 踏む, 蹴込みその, 蹴返して, 身がまへの, 身ぶるいした, 転がって, 転げて, 轆轤を, 辞表を, 逃げて, 遠くの, 郁太郎の, 部屋から, 重い音, 野槍の, 針を, 鉢合せに, 銅鑼を, 錘り, 鍔音, 鍔鳴りの, 鏑木が, 鐘の, 閉じそのまま, 閉まった, 閉めた, 閉め私, 開いて, 開くと, 開けると, 閣外へ, 闇に, 陶器師は, 隣の, 離縁する, 電燈が, 電話が, 青い玉, 靜かに, 音の, 響いた, 響かせる, 頭に, 顫は, 飛びあがった, 飛びだした, 飛び上った金蠅, 飛び出したの, 飛び出した武士, 飛び出します, 飛び出しやがったぜ, 飛び越して, 飛び返ると, 飛び離れた, 飛出しさ, 飛込むと, 首すじを, 香ばしい匂い, 駕籠へ, 鯨を, 鳴いて, 鳴つた, 鳴らした, 鳴らします, 鳴りの, 鳴りを, 鳴り渡るという, 鳴り音, 鳴り響く, 鳴るの, 鳴るほど, 鳴るコップ, 鳴る音, 鼓の

▼ ン~ (685, 12.7%)

125342623 から 21 けど, わ 1815 もの 10 からね, がね 87 つて 4 からこれ, けど私, なア 3 からな, からねえ, けどとても, けどどう, けどね, ぞ, つてよ, なあ, ねえ, わね

2 [26件] え, か, からつい, からなア, から不思議, から仕方, から気, がどう, がなア, が何しろ, けどいま, けどねえ, けれど, そうです, つてね, と, とさ, と云う, もの仕方が, もン, よう, んべ, カインだ, ッさ, 俺は, 其方が

1 [273件] いと其児, おのろけ, かさ, かとときには, からあなた, からあの, からありがたい, からあわて, からあんなに, からあんまり, からい, からいい, からいかに, からお, からおおかた, からきいた, からこんな, からごたごた, からする, からそう, からその, からそれ, からたくさんめめ, からつ, からてっきり, からとても, からどんな, からねと云, からね少し, からふたつ, からほほ, からまお, からまるで, からもう, からやりきれない, からよ, からよっぽど, からエライ, からカラ始末, からデンコウ, からネ, から一日, から一晩中私, から三十人, から下手, から世話, から二人, から体, から何とか, から使っ, から信じた, から全く, から勝手, から化粧, から変, から帰れ, から庵主さん, から方法, から時々, から晩, から根, から病気, から盛り加減, から窪み, から腹, から返し, から間もなく, から闇, から骨, か南方, か年寄り, か数, か泣い, か煮えない, か猿, か知らない, か訳, がお, がお前, がこの, がそういう, がそんな, がちっと, がつくづく, がどうして, がどんな, がねえ, がねえどう, がね化粧品, がもうい, がやつぱりひとかどの理窟, がやつぱり都会, がグズグズ, が二三日前, が今日, が今晩, が何, が何でも, が何処, が判らなかつた, が向井, が君, が坪二万両, が大分, が思った, が直感, が祖谷, が結局, が逢, が降り, けどあれ, けどあんた, けどいけない, けどお父さん, けどかう, けどくさくさ, けどこのごろ, けどこれ, けどさア, けどそこで, けどその, けどそれ, けどたった, けどと球江, けどなかなか, けどなア, けども, けど一度, けど今頃, けど似合つて, けど判らなかった, けど判然, けど君, けど君ン, けど四人, けど埼ちやん, けど奧さん, けど女つてもの, けど家内じゅう留守, けど本当に, けど此間, けど毒舌家, けど燒, けど私つて, けど萬葉, けど貴方, けど買物, けど金, けど飽きちやつたの, けど魔, けれどなア, けれどまるで, けれども, けれどもさ, けれどネ, ことが, ことは, さう, し, しあそこ, しあの, しいま, しそうしたら, しね, しひところみたいぢ, しもう, し守一さん, し脂抜き, し逢初橋, し進駐軍専門, そうか, そうだす, そうで, ぞええ, って左様, つたな, つてさ, つてアパートに, つて云つたわ, つて判つたわ, つて思ひます, つて故郷も, つて評判よ, つて雑木林で, で, でお前, とい, というよう, といっ, とかでこの, とかで平井さん, とかカ, とかバザーロフ, とぐち, とその, とはりきつて, とひとり合点, とみんな, と中音, と云つて, と云ッ, と女房子, と思, と思っ, と思つたの, と思ふ, と早合点, と林, と皆, と藤五郎, と話し, なと思ふ, などと称び, なホラ唐津出来, ねいきなり, ね何故, ね水, の, ので道庵, のに, のに手前エ, のは, まま逃げ腰が, まア, ものだ, ものを, もの一緒に, もの仲, もの傘の, もの分りッこありゃしねえ, もの吃驚し, もの私お, よいい, よしかし, よじゃ, よその, よと心, よゥ, よウ, よチャン, よッ, よ一転び, よ俺, よ十二時半, よ圓太郎, よ日, よ直さん, わと教えられ, わねエ, アね, ッ, ッた, ッて, ツ, レッドか, ンだ, ンだらう, ンに, 例の, 俺と, 反撥ぶりを, 圓太郎, 大きな顔, 心持で, 手で, 本当に, 本当に酒, 片方の, 特に近来仙台阪, 通を, 顔を, 飛ツ塵が, 馬鹿野郎ピン

▼ ンです~ (308, 5.7%)

542622 もの 13 がね, の 7 からね 6 って, ね 5 から, けど, つて 4 かね, のよ 3 が, けどねえ, つてね, ものね 2 がこの, がこれ, がどうにも, がねいま, けどね, ぜ, ものを, わ

1 [110件] あれほど, い, かい, かしら, かときく, からこっち, からこれ, からその, からつい, からなア, からねえ, からゆ, から不浄, から佐吉, から何卒, から実は, から屋久島, から左衛門橋, から後, から思ふ, から私, から胸, かッ, か些, か今夜, か僕, か本当, か虎さん, がお, がこちら, がさて, がそういう, がそれ, がたしかに, がどうして, がどこ, がなに気, がなるべく, がねいつも, がねえ, がねなかなか, がねヱ, が三月九日, が今, が今年, が伊庭さん, が原因, が女房, が弟, が悲しい, が横目, が清水, が自分, が蒲団, が資金関係, が雨, が電気, けどいま, けどこの, けどこのごろ, けどこれ, けどこんなに, けどその, けどそン, けどてんから, けどとつて, けどどこ, けどねまだ, けどね一軒きり, けどね私, けど屑, けど戦争中, けど素直, けど駄目, けれど, けれどどう, けれど住めない, しおそのさん, し清治, ってね, ってよ, つて佗しい, とさ, な, ねあんた, ねこりゃ, ねエ, のに, のね, ものおいそれと, ものお金を, ものしかも, ものその, ものつまらない, ものと, ものもう, ものウ私よ, もの判るでせう, もの子供な, もの宮内さんには, もの苦労してる, もの辛く, わね医学, ッて, ツ, ネ, 今迄の, 母さんは, 罰だ, 阿古十郎さん

▼ ン~ (222, 4.1%)

49 せう 10 せうね 84 さア 3 い, ござります, せうか 2 え, せうが, せうけど, 日本へ

1 [134件] あっしらは, あんな者, いけねえや, いるの, おくから, おる, お店, お義兄さん, お芝居ぢ, お茶も, お話し申上げた, かね, くれる, くれるよう, げす, こういった, こんなこと, こんな処, さあ, さすがの, しよう, せうねえ, そのま, そのまま放ち, その立つ, その話, それでこうして大, それを, ちょいと, ちょうど梁ぜんたい, ついうれしく, ついさっき, とき, どうしても産ん, どうしよう, どんなに緊, なんだろう, な武どん, ね五六年, ね信心, は, はいけない, はお, はこれ, はない, まあ御, まあ離縁, まアいま, まア巧, みたかったし, みんなそつち, もいい, もう之以上, もええ, もお, もこげな, もし値段, もたべ, もどこ, もアヂソン, も一度, も今時分鶯笛, も何でも, も出さん, も勘, も晩年, も着た, やっと三人, わが子の, わたしは, わたしも, わっしも, バーッと, 万和じゃ, 三十四十に, 二人とも業を, 佐土原屋を, 何だか気持ち, 例の, 俺は, 僕に, 其驥足を, 写真の, 厶います, 吃驚し, 商売し, 四囲が, 変に, 夜ぢゆう, 大變, 大酒屋, 天下に, 奥さん吃驚し, 妙子さんにも, 始まる言葉, 始まる金言, 安心し, 実は御, 家内が, 小さくし, 居る, 左右へ, 巴里風の, 年を, 弐拾五銭いい, 弱つて, 彼を, 感心し, 成功し, 教祖の, 早いなと, 時々は, 書生さんが, 月に, 来なさるン, 気を, 法皇は, 渡り職人の, 滅法忙しかっ, 猶火, 町奉行は, 當寺などは, 疲れたで, 病気に, 経師屋の, 網を, 考へた事, 背骨の, 花火線香の, 行った, 警察にでも, 遠いところ, 金公てえ, 飲まれちやたまン

▼ ン~ (163, 3.0%)

3 へ入っ, へ投

2 [19件] から足, だと, だの山奥, で, で聞い, にある, に居, に手, に打, に田鼠, の爺婆, の王様, の豆ン花何, の駕, は青空天上, へ抛り込ん, へ放り込まれる, へ放り込ん, 飛んだ

1 [119件] おめ, から, からあけた, からお, からぐいと, からその, から金時計, から馬道師匠, がよく, さ, じゃ手, だつて斯, であ, であり造船所, でだらり, でなかなか, でも見える, でフライ, で嗤, で奇麗, で寝, で寝こけ, で日本人, で私, で笑う, で見直す, で赤い, で踊り, で鳴り初めた, なんぞはっきり, に, にい, にいる, におき, にかため, にちら, にで, には彼, にひっこんでる, にゃ, にゃ浜村屋, に一尺四方, に一本, に五六十両, に交通, に位, に低い, に住み, に倒れ, に停つ, に入っ, に居つ, に居んだかん, に心得てる, に押し込められ, に挾ん, に栃木縣災害補助費, に沈めた, に焚い, に狐, に突っ, に立ちふさがった, に立つ, に針葉樹, に龍巻, のこと, のてっぽう, の不知火流, の主君, の大きな, の尼寺, の掘, の暗い, の柱, の獣, の縱, の草, の部屋, の部落, の鮑ッ貝, は煮え繰り返る, は禿げ, は鴛鷲, へうつし, へお, へしまッとくの, へつれ, へでた, へへいっちまった, へ一生, へ入, へ入ったろう, へ入っちゃった, へ叩, へ叩きこん, へ叩き込まれ, へ叩き込まれたい, へ叩き込まれる, へ叩き込ん, へ引越します, へ悉皆, へ或, へ捻り込むで, へ捻り込ん, へ放り込む, へ砂, へ蹈, へ連れ出し, へ飛びこん, まで引っ張り出し, まで連れ出し, や庭さ, や私達, をぐるぐる, をさして, をじろじろ, を膳, を静か, 飛ぶに

▼ ン~ (151, 2.8%)

5 壜を 3 大壜 2 かい, を使つたの, チヤンと, 灯の, 鐘に, 雪も

1 [131件] あとは, ある場所, ある街, いいじゃ, いいなり放題, かすぐ, かって, ことが, ごとき音, さ私, すの, その, だ, だす, である, ですが, ところ, ない意見, にさア, ほか一同, めったばっかりに, めった日吉は, やよって, ように, ろの, んに, ウ湯帰りか, コッタイ, コリーヌさんは, マギイ婆さんが, 丘の, 丘へ, 中は, 事業は, 二十五個か, 二十五個は, 云う静か, 仮名を, 六畳一と, 出た建物, 出て, 分量を, 助けにより, 動物の, 動物好き動物に, 動物記, 古市を, 号令に, 啼く季節, 喜び愈, 囚人用語が, 城へ, 場合の, 夢みた蓬莱, 大なる, 天文台一寸, 子リュコメデ, 字が, 字だ, 字の, 字数四は, 宮殿に, 家ぢやあ, 家の, 家は, 寒さ, 小ツ, 少時では, 居たひどい, 建てたプ, 意趣返しの, 感興も, 拳にも, 持つ負け札, 掛け声もろとも, 描いた日本, 改築の, 文字の, 方で, 方に, 書いて, 校正だけに, 桔梗と, 森という, 森の, 森は, 森も, 森を, 死ぬ知らせ, 気に入ったの, 気に入った話, 気に入らなくなったの, 法に, 法律は, 熊の, 父親に対する, 生涯の, 申しましたこの, 申訳ばかりの, 盃を, 相当な, 相手の, 紐を, 絵の, 罪科も, 芝居, 芽が, 茶坊主ツリブレフヌウの, 葉の, 葉折れた, 虚言を, 蜂だ, 蜂だい, 解剖を, 言葉でした, 詩, 詩は, 話は, 説くもの, 説に, 身体を, 通ったアッシ, 金言を, 間違ひ, 雪かと, 雪に, 雲が, 霧が, 面白い部, 音が, 音も

▼ ン~ (147, 2.7%)

3 下サイ, 来タ 2 人ヲ, 寺ヲ, 居タガ, 来ル, 行ク

1 [131件] おったるシゴキ, イロイロ不作法ヲシタカラ, オレノコトイロイロ骨折リヲシテクレタ, ソレニ寄リカカッテイタカラ前, ダマシテ聞イタラ残ラズ兄ガ謀ヲ, マズマズ悠々, ヤイヤイ云イ居ッタ地主ガ或, 一ニ身ヲ, 一生コノ恩ハ忘レヌト云ッタガ後年イロイロオレヲホメオッタ, 下サッタノデショウ, 下サル方ハアリマセンカ, 世話ノ, 世間ノ, 云ウ, 仲ガ悪, 伊勢ニ退, 倒レソウニナッタ, 兄ヘ, 党中トナリ変幻出没ヲ, 八五郎ガ所ヘ, 其, 其大ナルヲ知ラズ, 其幾千万両ナルヲ知ラズ, 其艶魂ヲ, 出テ行ッテシマッタ, 十分ノ用意ヲシテカヽッタンダカラ誰デモヤッテシマイタクナルトコロダガ僅カ一滴, 取リ狷者ハ為サザル所アリ, 取続, 受取ッタソレカラ一年半カカッタラ五六百人ニナッタ全, 味ウベシ子, 呼ビニ行ッタ, 器用ニ水ヲ, 堅イオ通ジデモナサイマシタカ, 墓, 外国製ノ, 大怪我, 大笑スルトキハ, 天ニ上ル, 奥様ノコトヲ骨ヲ, 婆羅門参卜為ス言フコヽロハ其功ノ, 孔明, 家禄取, 小郎トナス, 居タ, 居タカラ, 居テ別レタト聞イタ, 居ラルヽノ致ス所, 居ランシ, 居リ, 屯スルハ兵家, 巧ク廻ラナイ, 已マナイノデアルガ婆サンガ待チ構エテイルセイカ颯子ハ殊更, 帰ッタラ隠居ニ娘ヲ, 弄ブヨウニナッタ, 役所, 彼等ヲ, 待ッテイラレルト甚ダ困, 御用キキニシテヤッタガソノ前, 恵マン, 戻ッテ, 手ヲ, 手札型ニ引キ伸バシテ貰ウ, 握ッテイタ, 教エル, 斯ンナ静カナ海辺ヲ, 斯ンナ靜カナ海邊ヲ, 明日知レヌ命見, 朝晩苦シガッテイタンジャ颯子, 末姫様ノ, 来サセタ, 来テ云ウニハ, 来テ知ラセタ, 来テ颯チャン, 来ナサイ, 来ルコトヲ忘レルナヨ, 来ルッテ, 来ルノデアル, 来命, 此書ヲ編次シ乃チ書賈ヲシテ之, 歩イタガソノ時頭ガ大久保上野介ト云イシガ赤阪喰違外ダガ毎日毎日行ツテ御, 歩ケルホドノ廣サデアル, 水ヲヨケテ通シタガ心持ガヨカッタ, 浜作ニ電話サセカウンター, 浮上ツタガソレヲ喰ツタ人ハ死ンデ, 滑リ台ト滑車ヲ, 漸, 熏煙ヲ, 片言ダモ無, 猶々アトノコトヲ頼ミオッタカラ, 甦ッテ, 眼ヲ, 短銃買ウガ如キトキメキ一読ムセビ泣イテ三嘆ワガ身クダラナク汚, 祈ッタラ, 祷ヲナス, 私カカナケレバナルマイト存ジマシタ, 種々祷, 稽古場ヲ, 空ハ綺麗ニ晴レ上ッテイル, 等シク惜シム少年, 置イタカラソノ後ハ地代ソノ外滞, 置イテタオルヲ熱シ直, 置ケバイヽ, 翌日死ンダカラ又, 而シテ之, 腹ヲ立テハシナイカトイウ, 自責狂死シタ, 行キタイ, 行キナサイ, 表ヲタテマツッテ聖断, 見エル, 見タガ, 見タラト, 見レバ, 誰ニモ洩, 諸所ノ, 貰ウ, 足, 逃グル者マタ忽チ屍トナツテ他, 逃ゲテ故国, 遊ンデ, 運ビ昏暮ニ浄花ヲ, 配下ヲ, 重ミニ, 鑓ヲ, 陰湿ノ, 静夜ヲ, 頂戴, 頼ンダカラキズ口ヲ, 颯子ト佐々木, 食フコトガアル, 鼻ガ二ツ少

▼ ン~ (113, 2.1%)

4 出て 2 い顎, い顏, がーン, ない, らして, 小声で, 日本に

1 [95件] あたしの, ある, いあご, うな, お悪, かかって, かくなる, がら明きに, この小, これを, しっくりかえった, ぜひともお, その後から, その筋, そんなに面白い, そんな気配, ちゃンと, ついとる, つた鼻だ, どうやらそこ, なぜ火星, のまれて, はじまって, ぶん殴りに, まだ戻っ, まだ田舎弁護士, よいと, わたくしの, ゐない, エパポスの, スタヘイ・ミトリツチユさんに, スーと, セットで, ノコノコまいこんだ, バビロンの, バルザックの, マンの, ワシリに, 一筋縄では, 三臺も, 不審を, 主人の, 二名の, 二百字中に, 京屋へ, 利用し, 動物の, 勤めて, 千博の, 叱りは, 四じゃ, 四で, 四とは, 垣根の, 声を, 大和の, 大声を, 大層役に立っ, 大層親しく, 好んで, 始まりました, 小児遺棄を, 小言らしくつぶやいた, 差出して, 巻いて, 帰った, 念入りに, 憎くなっ, 所謂前人未発の, 曇りを, 月千円づつ費うて, 材木町の, 来るから, 歌に, 死んでから, 泊る筈, 深山に, 無いン, 物語って, 特に指摘, 狩りに, 田舎弁護士を, 申しました, 皮肉は, 知つて居る, 神経代償機能と, 立って, 答えた, 細君と, 草の, 見て, 見ると, 訊いた, 青春問題に, 頓狂な

▼ ン~ (103, 1.9%)

3 と栗, の兵隊さん 2 のよう, の子供, もここ

1 [91件] か, が, が一目, が何, が凭れ, が意気, が眠っ, が船, じゃあるまい, じゃで, だ, だった, だった男, だの屑屋, だもの, である, ではござらぬ, でも, で小, というガール, という例, といっ, としてのすばらしい, とは惜しい, とべつ, ともあろう, とやらをはじめ, とハート型, と云う, と唄, と峰丹波, と枇杷, と称する, などから遂に, なん, な権内, になった, にまいっ, に会うた, に向い, に手, に斬られ, に身, のうえ, のふくみ, のハミング, の一行, の三本指, の兄, の六十婆さん, の句, の呻き, の命名サービス欄, の声, の女, の婿引出, の寝床, の捕虜, の添寝, の男, の種, の青鞜派, の面影, の顔, はこうして, はすべて, はその, は丈夫, は寝ちまった, は有名, は無い, ばっかりだ, もどこ, もまじっ, もまた, も四, も彼女, も本望, も立っ, も見当らない, をし, を待ちきれず, を抱いた, を斬っ, を見よ, を見る, を誰, を連れ, ムッと, 弱ン坊, 持ち申さぬ

▼ ン~ (102, 1.9%)

2 どうでも, ないン, 余計な, 考へても

1 [94件] ああそっ, ありや, あるも, いいん, いい仕事, いまごろ持ち出すな, いまは, いやしません, いらない, いらないッ, うめえ, おすかいな, かまって, くれやしないわ, ぐずぐず行つて, この近海, させて, して, してないわ, してるん, しない優しい, するン, そりゃ贅沢, そりや, たよりを, だまされて, ぢや, つけやしねえ, どうにでも, どこも, ないのよ, ねえや, はめてるの, ふしぎだ, ほしくない, まだい, もう同情, やっぱり幽霊船, わかりゃしないのよ, ゐないよ, シューバート, ノビレみたいだ, ブランキーか, ンて, 世の中は, 中, 乗るん, 云うこと, 云う天国, 云って, 何かの, 何とも, 何とも思, 何も, 使ひ, 入れてる奥さん, 全くいや, 出して, 出やしないわ, 厄介物を, 厭だ, 女なんぞに, 好きぢや, 始めたン, 安, 実にどうも天晴れ, 少しも, 居るも, 山の, 川島家は, 当分貸し, 心細いだろう, 思いたくなかつた, 持たない方, 持ってると, 捨てっちまうよ, 捨てて, 毎日ば, 毎晩の, 滅多に, 田舎へ, 経験も, 綺麗サッパリと, 考へて, 脱いでしも, 苦に, 行かないや, 行つたのだらう, 裏が, 返へす位, 酒を, 飲めるもの, 飲んで, 駄目な

▼ ン~ (95, 1.8%)

4 事は, 事を 2 お多福を, ことは, の, ものよ, ものを, ア, 事あつ

1 [73件] かでぶツ, がここ, こっちへ, ことど, ことを, こと私母と, ころは, さあ, さらンがの, さるが, そうしてなぜ, だらしが, つてねえ, で働い, とこへ, ところ, ところへでも, ところを, のじゃ, のを, ものさへ, ものだ, ものに, ものには, もンぢ, んで, ッ, ツた, ンみ, 上達なすつた, 亂暴な, 事お, 事こじつけだ, 事で, 事に, 事まで, 云ひ, 人の, 人を, 人達誰かに, 内に, 出来損い, 出来損ひよ, 分別な, 厭な, 友人が, 取憑かれるでな, 呆ん, 声が, 大洞さん, 大漁は, 子供みたいな, 学校は, 小さい一時, 役者は, 心配は, 恩知らずの, 指輪な, 揃て, 時何か, 柳原の, 死ンぢまつ, 法螺吹きある, 無理な, 相談を, 眼が, 美しい国, 考は, 芝居を, 親切な, 酒場の, 金あったら, 風評を

▼ ン~ (91, 1.7%)

3 ものは 2 のは, ものが, 考えて

1 [82件] あほらしいそン, ありませんよ, あるものぢ, いくらにも, うまかつ, おくびにも, お客さん知る, そぎゃんこと, そんな事, そんな侮辱, そんな優しい, つかないと, とてもハイカラぢ, ならないわ, なる気持ち, ひどいお客様, ふバア, ぼくも, むしむしする, めったにない, 一ぺんに, 一銭だ, 不合理だ, 不用そのもの鼻だけで, 亀の, 云いますか, 云いますかな, 云つて, 云ふ, 云わないッ, 伊香保にまで, 何です, 何な, 何一つあり, 力んで, 勇気が, 厭だ, 厭な, 厭よ, 変だ, 変ね, 大きらひだツ, 大金ぢや, 失礼よ, 奇蹟ぢや, 妙ぢや, 怖くも, 思つていまだに, 思つてゐた, 思はないけど, 意気地が, 愚かな, 手軽にや, 日本人には, 書いて, 桎梏から, 気の毒みたいだ, 法は, 洒落た言葉, 淋しいのよ, 生れやうが, 知らないわ, 神様は, 私には, 私は, 素的だ, 考へては, 考へるの厭, 聞きたくないけど, 自分で, 自転車の, 興味が, 行ける時, 話しても, 誰だ, 貴方らしく, 逃げて, 雪国へなんか, 飴に, 馬鹿以外の, 騷が, 高くて

▼ ン~ (80, 1.5%)

46 やない 10 やありません 3 やなく, やア

1 [18件] まつて, や, やありませんや, やお, やお前, やございませ, やし, やそこ, やなかつた, やねえよ, や何とも, や厭, や帰, や年, や有りません, や気色, や誰, や遅い

▼ ンじゃ~ (73, 1.4%)

8 ない 6 ないか 4 ないの, ないよ, ねえか 2 ないかと, ないわよ, ないン, なかった, ねえ, アない

1 [35件] あるめえな, いけねえぜ, からのうとまた, ございません, ないかね, ないが, ないけれど, ないじゃ, ないでしょうか, ないでしょねえ, ないと, ないわ, ないん, ない泣くン, なかろうか, なくッ, なし子供, のう, アなくっ, アねえ, アねえか, アやりきれない, 今夜の, 今後僕は, 僕も, 先刻みせた, 先生あたしが, 困るじゃ, 嫌だっ, 早く喋れ, 有りませんしさ, 有るまいシ, 松公を, 親子の, 話そう

▼ ン~ (73, 1.4%)

3 売って 2 した, そのまま女, ウンと

1 [64件] あげたので, あげるの, きめこみいい, きめたお, きめたまま, きめた二人, したり, した時, して, たのむ, つけさせた, つけて, つける落着き, はいて, はじめ, はずかしめぬという, やむ男, ジゴクドリあるいは, ニイレという, 亡しぬ, 付ける, 使って, 借りて, 全部病院で, 出して, 制された話, 句読点と, 執ったあの, 外国へ, 学ばんと, 履いて, 忘れんさった, 手に, 拜せん, 指す, 探して, 探しに, 措いて, 擁護し, 棄つるが, 棚から, 極めたしかも, 極めて, 正面の, 気に, 渡して, 測り微少, 演じた俳優ゲッケ, 片隅へ, 用います, 真似たの, 着て, 瞠若たらしめる, 箱から, 著た, 見ましょう, 訪ねて, 買うの, 買うん, 買って, 迎えに, 追っかけて, 頬張りながら, 食ふ

▼ ン~ (39, 0.7%)

2 で聞い, に来, の棒杭, の橋, は梅林

1 [29件] から此方, がある, が細く, じゃただ, でお目にかかりたい, ですよ, で飛び込もう, なんで, にお, に居ます, のみい坊, の旦那, の義作, はちっとも, はね, は体裁, は分らねえ, へやりたくなかった, へ容れ, へ落ッ, へ行っ, までおい, まで一所, まで送っ, をお, をその, をな, を打ちます, を突き破っ

▼ ンという~ (38, 0.7%)

4 音が 3 のが 2 薬品を

1 [29件] ことに, この外国人, さびしい音, のを, チベットの, 一つは, 中年の, 人が, 人は, 作家は, 動物観察者が, 大きな響き, 娘の, 文字な, 文字は, 格闘が, 男は, 経師屋だった, 羽音を, 者が, 規則は, 釣鐘の, 鈴の, 鉄瓶の, 音を, 音召使達の, 音波が, 駅場に, 黒人が

▼ ン~ (36, 0.7%)

10 のよう

1 [26件] が行く手, じゃない, じゃア, だ, です, でもしゃぶらしてやろう, で打つ, で擲りつ, となり, となる, と同じ, など並べ, に細い, のハネ, の言葉, はテイネイ, ひゃらりこ, までねぶらせ, みたよ, よりも始末, をくりだそう, を取り上げ, を振りまわされ, を等分, を輪切り, を通して担い

▼ ンとこ~ (30, 0.6%)

2

1 [28件] からドロン, だって芝居, でげす, で三時間ネバ, で白虎隊, で飛び込もう, なんかは一時二時, なんざ, に, にいま, におい, には舟, にも荷物, にゃちゃんと, にオーダン, に糸, はまだ, へ入っちまい, へ小遣い, へ真っ黒い, へ行, へ遊び, までいっ, までおっしゃい, まで持っ, を測量, を訪ね, 閉めて

▼ ン~ (30, 0.6%)

1 [30件] あそうそう, あんまり好く, ええけど, おもしろい男, これを, さすがに, そのブランカ, どうして帰らない, ない, よくききます, ロボーの, 一番心持よい, 今室蘭駅の, 心気臭い, 急ぎ足に, 恋人を, 愛妻ミミ女史を, 木馬の, 浜勇時代の, 片隅に, 狂人なりだ, 画家でも, 私が, 自分が, 船が, 茹で蛸の, 近づいた, 鈴子はんが, 銭勘定が, 除名され

▼ ン~ (27, 0.5%)

2

1 [25件] かかわるかの, つづくハ行音, なりそう, なる人, なれま, もってこいだった, ゃりと寝よう, サヴォン・カディウムを, ヤ, 似寄りの, 何て, 向は, 声を, 奪い返す所, 横った, 滞在し, 紹介しなさい, 腹散々私の, 苦労した, 見張, 話そうかな, 説明した, 違うといいま, 集まつて, 鰌と

▼ ン~ (27, 0.5%)

2 が来たら, よ

1 [23件] お母さん, が一番初め, が実る, が生れる, と斑ン, にきか, にも謠, に黒ン, のくせ, のこと, の一本道, の勝つ, の無茶, の鼻柱, はきか, はぐづン, は弱, は泣き, みたいな, をし, を拾っ, を負, ンと

▼ ン~ (25, 0.5%)

2 ろか, ンら

1 [21件] お前が, お前さんどこへ, こうお, この野郎生意気, さかい大した, そうです, それは, そんなら, と, と來, と悲観, どかねえ, な, なかろう, もの, よう似, わいが, バッハの, フェイドンや, 銀ちゃん, 黙らん牡

▼ ンとして~ (24, 0.4%)

3 陰気に 2 力が

1 [19件] いて, しまつて大, その俵, もはや立っ, よく眠っ, ゐる春, 人の, 其処からは, 分ちがたい, 又わりきれた, 垂れて, 多岐多端, 大きい眼, 居るの, 晴れ渡った青空, 突ツ立ツて, 腐った鰊, 遠火事の, 額に

▼ ン~ (24, 0.4%)

9 あらず 2 たン, 止まざる也

1 [11件] の下駄, ひに, 一人を, 人に, 兵を, 天下を, 彼等は, 止まざるのみ, 止まず, 西海の, 軽舟

▼ ン~ (22, 0.4%)

2 て来, て来た, て行っ

1 [16件] ええです, えがね, え夜中, したの, して, しようや, たげる人, ちょうどええ, てやったいう, て来られ, ですわ, ますの, ンと, ンな, 子爵家の, 旦那さんつまりません

▼ ンなら~ (21, 0.4%)

2 私も

1 [19件] きょうこう限りお前はん, せめて匂, なきゃいけません, ねえ, まだしも話, よかろう, ア, ウチに, 一切の, 二人とも, 仕方がねえ, 何も, 兎に, 妻が, 安い御用, 早く持っ, 私が, 私は, 鮨屋の

▼ ンたる~ (20, 0.4%)

1 [20件] この娘, もの, もので, ものであった, ものであったらしい, ものである, ものに, も亦, ヌカルミ, 不成績であった, 思想的貧困が, 戯画である, 敗北この, 敗戦である, 景色であった, 有様であった, 有様である, 沙汰, 現場だ, 負け景色である

▼ ン這い~ (19, 0.4%)

4 になった 3 になっ

1 [12件] で話す, とが並ん, と腹ン這い, にし, になり, になりました, になる, に寄っ, に寝ころび, に這いまわる, の悪戦苦闘中, をし

▼ ン~ (18, 0.3%)

2 みたいに

1 [16件] お母さんが, が大森修業, が淋しい, のいう, は, はまだ本当に, は倖, みたいな, むしに, も蓮ちゃん, を莫迦, 妹がね, 潰しに, 苺を, 達な, 達に

▼ ンにも~ (18, 0.3%)

1 [18件] できまい, ない, ならなくな, ならんこと, なりや, 仕事が, 働き出来まい, 働くこと, 厄介な, 呉れて, 喋舌りたく, 役に立たねもん, 泳げないのよ, 習ってない, 聞えて, 興味が, 見られる, 返事が

▼ ン~ (18, 0.3%)

2 は何とも, へ行

1 [14件] だった覚えて, であるんで, で盗難, なくこれ, に二つ, に明いてる, に鍵, のポチ, の沢庵樽ぢ, の父, の阿, は知っ, へ入り, へ行ったら

▼ ン~ (17, 0.3%)

1 [17件] お腹ペコペコ, こ, こいつが, 之は, 今いいました, 卸値で, 和武の, 如何し, 小説と, 恰度その, 所謂情況証拠ち, 根が, 河育ちは, 漸くの, 矢切に, 私は, 私も

▼ ン~ (17, 0.3%)

2 かと思つて伺, へお

1 [13件] が蒲生鉄斎, で泳がせる, で長い, に, に廻つた, の妹たち, の姉さん, の狂女, の蓮池, は二階, へお嬢さん, へもちょいちょい, へ来い

▼ ンだらう~ (15, 0.3%)

2 からね, なア

1 [11件] がこんなに, がそれから, がもつ, けど女, けど明日, けれど一度, ていつもさ, とか何時頃, と富岡, にねえ, ね

▼ ンだろう~ (15, 0.3%)

3

1 [12件] から, がモン・ルウジュ, ぜこの, と云う, と思っ, と思ったい, なぞと, ね, ねえ, ッて, 大方かく申す, 面白くもねえ

▼ ンなか~ (15, 0.3%)

1 [15件] から百八十円, で巾着切り, で彼, で水葬式, で絵, で見られよう, にお金, にゐた, に段, の空地, はお茶, へ慌しく, へ落としちまう, へ飛込む, を通る

▼ ンといふ~ (14, 0.3%)

1 [14件] のは, もの, 千万無量の, 名に, 小都會, 湾の, 男から, 男は, 綽名で, 自分の, 部落から, 音が, 顔を, 高い音

▼ ンばい~ (14, 0.3%)

6 になっ 2 に這っ 1 にかくれこんだ, にし, につんのめった, になり, に逃げこんだ, をよし

▼ ンない~ (13, 0.2%)

2 か, わ 1 かなア, かねえ, からさ御, か客人, ちょうどわし, のよ, わあ, わね皆, ツ

▼ ンでございます~ (12, 0.2%)

421 かねえ, が上州, が少し, ね, の, よほほほほ

▼ ン~ (11, 0.2%)

3 ッて 1 これしきの, つけて, よりよ, り反って, 俺ら年イ拾う, 捉えて, 書いて, 見るの

▼ ンまり~ (10, 0.2%)

1 いまいましいから, で乗りました, で私, とはどう, はねる, やかましくいふ, よ, 好い心持, 珍しう, 舐めた真似

▼ ン~ (9, 0.2%)

1 が落ちる, だった, でみな無口, な兵たち, な兵ども, な惨状, な都, にまみれ, も次

▼ ン~ (9, 0.2%)

1 から豆ッ, こそ貧乏, にいるでしょう, にはまったく, はその, みたいな, ゅうことだ, 亀屋忠兵衛の, 育ちに

▼ ンなさい~ (9, 0.2%)

1 ここらが, という, と言う, と言った, どんなに喜ぶ, な, なと云う, よ痩浪人, 出世の

▼ ン~ (9, 0.2%)

1 からえらい, さ, でえ, にしろ, アの, バクチ打ちの, 博徒に, 奴だ, 奴の

▼ ン~ (9, 0.2%)

1 で泊め, なあ先生, の亭主, の悪太郎, の軒下, の隣り, は平屋だい, まで送っ, をずっと

▼ ン~ (9, 0.2%)

1 として残った, と同種, と見るべき, のよう, はこの, は国語, または入声, や促音, や入声

▼ ンこれ~ (8, 0.1%)

1 がボル, が別れ, が別れ別れ, はすばらしい, は内緒, は気味, は真正, もイカン

▼ ンそれ~ (8, 0.1%)

1 じゃあおれ, じゃあ魔人, で安心, にはたしか, はどうも, は不思議, は妙, は思ひ

▼ ン~ (8, 0.1%)

1 いって, いってるよう, ええな, からずゥ, ンだ, ンと, 今に, 用事ねえでない

▼ ンチリン~ (8, 0.1%)

1 という鈴, という音, とけたたましく, と一つ, と分け前, と甲高い, と真綿, なりますの

▼ ン畜生~ (8, 0.1%)

1 が, だ, ださ, に触る, はまあ, はまア, また肋, を渡せ

▼ ン~ (8, 0.1%)

1 がねむ, だぞ, と地蜂, と称し, に顔, の半分, の大きな, は古い

▼ ンそう~ (7, 0.1%)

21 かい, か豪勢, だったか, だったの, 云えば

▼ ンなっ~ (7, 0.1%)

1 たりお, ても及ばぬ, て一服, て天道様, て急, て逃げ出した, とうに違い

▼ ン~ (7, 0.1%)

2 颯と退く 1 しくじり与力, その初一念, にはやっぱり, に御, はづれる

▼ ン~ (7, 0.1%)

1 でかわず, と農家, に入っ, の寒風, の彼方, へ撒い, へ落ち

▼ ン坊ン~ (7, 0.1%)

1 お留守, が, このサイコロ, だ, は鈴子はん, 甘いも, 言うな

▼ ンかに~ (6, 0.1%)

1 いたずらしない, いるの, なったの, みつかると, 泊らないで, 興味も

▼ ンなさる~ (6, 0.1%)

2 のは 1 か, といい, もんだ, んじゃ

▼ ンなに~ (6, 0.1%)

1 なつて, まだ若づくり, をぬかす, 早く男, 淋しがる, 青い空

▼ ンので~ (6, 0.1%)

1 せう, その万一, どうにもなら, どれが, 弱りました, 黙って

▼ ン~ (6, 0.1%)

2 子を 1 ンよお, 子で, 子の, 子広き

▼ ン~ (6, 0.1%)

2 に喧しく 1 が手本, に取っ, に持っ, に長

▼ ン~ (6, 0.1%)

1 あおいらッ, あおいらツ, こそ些, なんぞは飯粒だらけ, はもう, ばかり眠ッ

▼ ンとか~ (5, 0.1%)

1 カーンとか, チイとか, ポンスケ・ポンツクなど, 口では, 焼酎とかいう

▼ ンとばかりに~ (5, 0.1%)

1 ぶつかられて, 手を, 箱の, 胸を, 膝を

▼ ンなる~ (5, 0.1%)

21 ミタイダワと, 程あの, 者は

▼ ンのめる~ (5, 0.1%)

2 ように 1 なり前, ほど町人たち, やうに

▼ ン~ (5, 0.1%)

3 ンと 2 ンぽ

▼ ン~ (5, 0.1%)

1 で六・一自粛, というお嬢さん, の代表, の漁師, は上ッタリ

▼ ン張っ~ (5, 0.1%)

1 ていた, てなどい, て悲痛, て時々, て松

▼ ン~ (5, 0.1%)

1 ああし, に一碗, の見世, 書いたりくづしたりして, 経ったらまた

▼ ン縛っ~ (5, 0.1%)

1 てしまい, てしまいましょう, てしまえ, て動かさねえ, て署

▼ ンかも~ (4, 0.1%)

1 わからぬ, 判れへんぞ, 知れない, 知れないよ

▼ ン~ (4, 0.1%)

1 ている, やありません, やない, 悠然として

▼ ンださうだ~ (4, 0.1%)

1 がいま, が屋久島, ね, よ

▼ ンである~ (4, 0.1%)

1 が村, と彼, に相違, のかね

▼ ンでしょう~ (4, 0.1%)

1 おまえさんは, な, ね, ねえ

▼ ンでも~ (4, 0.1%)

1 あのお金, ないしさ, まだ寒い, 飲んで

▼ ンとも~ (4, 0.1%)

1 ぎょッ, ないン, 彼とも, 思って

▼ ンなす~ (4, 0.1%)

1 つた, つて晩方帰つて居らつ, ッた, ッたよが

▼ ンねえ~ (4, 0.1%)

1 ことか, な, ぼっとした, 近いよう

▼ ンのよ~ (4, 0.1%)

1 さア, オこんなに, ッ, 気に

▼ ンばっ~ (4, 0.1%)

1 ても彼, て剣, て起ちあがっ, て鉱車

▼ ン~ (4, 0.1%)

1 ふふふ, ン, ンと, ン岸ちゃんて

▼ ンぶくれ~ (4, 0.1%)

1 のやう, の別, の糸瓜, の糸瓜色

▼ ン~ (4, 0.1%)

1 いを, が何糞ッ, ランベラン, 行って

▼ ン~ (4, 0.1%)

2 お父 1 やン, よかった

▼ ン代集の~ (4, 0.1%)

4 と申し

▼ ン出し~ (4, 0.1%)

1 ていやがらせる, て了ふさ, て紐, 笠は

▼ ン~ (4, 0.1%)

1 とか六合, のジャガイモ, の豆一升, ばかしあったで

▼ ン張る~ (4, 0.1%)

1 ことだ, とする, のだ, 僕の

▼ ン~ (4, 0.1%)

1 が起つ, が起り, な邪推, は母

▼ ンから~ (3, 0.1%)

1 こつちで, ッてね, 帳面に

▼ ン~ (3, 0.1%)

21

▼ ンする~ (3, 0.1%)

1 ときみ, とひきしお, と八木さん

▼ ンずほぐれつ~ (3, 0.1%)

1 の格闘, の落花狼藉, 剣以上の

▼ ンぞは~ (3, 0.1%)

1 なほさらの, よしても, 蛆虫同様

▼ ンだくれ~ (3, 0.1%)

1 ていやがる, の助平, の阿呆おやじ

▼ ンだす~ (3, 0.1%)

1 わ, 者を, 術が

▼ ンだつたら~ (3, 0.1%)

1 かんにんし, こんなにし, 委託販売で

▼ ンだら~ (3, 0.1%)

2 ハア 1 なぜその

▼ ンちゃん~ (3, 0.1%)

1 が因縁, たちまちいまし, では

▼ ンていう~ (3, 0.1%)

1 こたあ, のは, 汝でも

▼ ンですつ~ (3, 0.1%)

1 てだから, てよ, て急

▼ ンところで~ (3, 0.1%)

1 一つ遣, 二三日預かっ, 次に級長さん

▼ ンとの~ (3, 0.1%)

1 工作によって, 間に, 間の

▼ ンども~ (3, 0.1%)

1 が何, はア村, 若草も

▼ ンどり打っ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 て庄次郎

▼ ンながら~ (3, 0.1%)

1 あしたあさ, 忠次の, 駕籠定の

▼ ンなった~ (3, 0.1%)

1 の, の女, よ

▼ ンなっちゃう~ (3, 0.1%)

1 ぜ, な, まったく

▼ ンなれ~ (3, 0.1%)

1 と息まいた, と用意, と誇っ

▼ ンねる~ (3, 0.1%)

1 たんびに, もんあったら, 気イに

▼ ンのめっ~ (3, 0.1%)

1 ている, て腰, て蔽いかぶさる

▼ ンのめり~ (3, 0.1%)

1 そうに, ながら何, ながら足

▼ ンばや~ (3, 0.1%)

3 まず

▼ ンびり~ (3, 0.1%)

1 したよう, した田舎, と相

▼ ンぶる~ (3, 0.1%)

2 ンと 1 ンぶりぶり

▼ ン~ (3, 0.1%)

1 としてやろう, の先, 何日も

▼ ンまえ~ (3, 0.1%)

2 ている 1 てい

▼ ンむい~ (3, 0.1%)

1 ても引き摺り出さず, てやろう, て見せない

▼ ン~ (3, 0.1%)

1 え, えと云う, っけて来る

▼ ン出され~ (3, 0.1%)

1 てめえばかりに, て来た, でもした

▼ ン出す~ (3, 0.1%)

1 からいい, たって追, 氣も

▼ ン出た~ (3, 0.1%)

1 ひさしだ, 唇から, 唇奴等も

▼ ン剥い~ (3, 0.1%)

1 てやる, て毛, て行った

▼ ン~ (3, 0.1%)

2 の古 1 の墓

▼ ン坊柳生源三郎~ (3, 0.1%)

1 てえ人, との正面衝突, の婿入り道中

▼ ン~ (3, 0.1%)

3 るから

▼ ン~ (3, 0.1%)

1 いと, いよう, い汝

▼ ン膨れ~ (3, 0.1%)

2 の看護婦 1 の腹大

▼ ン許の~ (3, 0.1%)

1 は, も同一, を買っ

▼ ン込ん~ (3, 0.1%)

1 で來, で枕元, で草鞋

▼ ン~ (3, 0.1%)

1 になっ, に這っ, に這廻

▼ ン~ (2, 0.0%)

2 おン

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 好きどす, 留守どす

▼ ンおれ~ (2, 0.0%)

1 にはちゃんと, の力

▼ ンかが~ (2, 0.0%)

1 大金を, 紙反古と

▼ ンかと~ (2, 0.0%)

1 大分むずかしい, 違ふわ

▼ ンがらせ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, ながら

▼ ンこっと~ (2, 0.0%)

1 ン, ンこっと

▼ ンこの~ (2, 0.0%)

1 サイコロあげ, 石がねえ

▼ ンざア~ (2, 0.0%)

1 よろしくありません, 考へても

▼ ンじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 決してなかっ

▼ ンじゃが~ (2, 0.0%)

1 うまくゆかん, 武どんわたしは

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 ン入っ, 女子を

▼ ンずる~ (2, 0.0%)

1 京洛の, 悶々する

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 この腰, とかく上方はな

▼ ンそこ~ (2, 0.0%)

1 いら, まで気づい

▼ ンそれで~ (2, 0.0%)

1 このごろ見ん, 明智先生に

▼ ンそんな~ (2, 0.0%)

1 へんな, ものかな

▼ ンぞを~ (2, 0.0%)

1 吹いて, 食いたか

▼ ンたた~ (2, 0.0%)

2 たたン

▼ ンだい~ (2, 0.0%)

1 こんなゼイタク, そんな処

▼ ンださうです~ (2, 0.0%)

2

▼ ンだし~ (2, 0.0%)

1 てお前, てしまう

▼ ンだだだ~ (2, 0.0%)

1 ン, ンだだだ

▼ ンだつた~ (2, 0.0%)

1 ね, んです

▼ ンちと~ (2, 0.0%)

1 呼ばれたの, 困るな

▼ ンっていう~ (2, 0.0%)

1 エンジンの, 浪の

▼ ンづけ~ (2, 0.0%)

1 たりなどし, てひとところ

▼ ンてひどい~ (2, 0.0%)

2

▼ ンでが~ (2, 0.0%)

1 しょうな, せうか

▼ ンでございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, ねエ

▼ ンでした~ (2, 0.0%)

1 が, がちょうど

▼ ンどう~ (2, 0.0%)

1 だか, だかな

▼ ンどんな~ (2, 0.0%)

2 もんだ

▼ ンなすっ~ (2, 0.0%)

1 て, て数々

▼ ンなっちまう~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, ぞ

▼ ンなってる~ (2, 0.0%)

1 じゃござんせん, んだろう

▼ ンなどと~ (2, 0.0%)

1 二重の, 高慢に

▼ ンにと~ (2, 0.0%)

1 艶の, 訓んで

▼ ンには~ (2, 0.0%)

1 あたしが, 驚きました

▼ ンねえだ~ (2, 0.0%)

2

▼ ンねじる~ (2, 0.0%)

1 ぞ, 日が

▼ ンねます~ (2, 0.0%)

2

▼ ンのも~ (2, 0.0%)

2 モウ恁

▼ ンぶり流れ~ (2, 0.0%)

2 に浸し

▼ ンぼで~ (2, 0.0%)

1 もすつ, 横着で

▼ ンまり馬鹿~ (2, 0.0%)

1 におし, にし

▼ ンまア~ (2, 0.0%)

1 そんなこったろ, と云っ

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 ンだ, ンや

▼ ンより~ (2, 0.0%)

1 エビフライの, 授けられたるもの

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 な眼, にし

▼ ン事お前~ (2, 0.0%)

1 の腕一ツ, はお

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 かそこ, でも食わせ

▼ ン出された~ (2, 0.0%)

1 ってかまわん, 娘は

▼ ン出る~ (2, 0.0%)

1 か, 勇気も

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 から少し, に進み寄っ

▼ ン匍い~ (2, 0.0%)

1 になっ, になる

▼ ン匐い~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ ン即ち~ (2, 0.0%)

1 その枝, 母の

▼ ン困る~ (2, 0.0%)

2

▼ ン坊君~ (2, 0.0%)

1 に五文銭一枚, を相手

▼ ン坊役~ (2, 0.0%)

1 がすんだ, の男

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 にし, の大桑村

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 がなあえ, が言うだ

▼ ン平ども~ (2, 0.0%)

1 の何割, は専ら

▼ ン張つて~ (2, 0.0%)

1 さうし, ゐた角頤

▼ ン張つて五体~ (2, 0.0%)

1 に力, を支えた

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 にはこんな, は広

▼ ン手ン~ (2, 0.0%)

1 に奪い返す, に腹散々私

▼ ン抜い~ (2, 0.0%)

1 てくれる, てやる

▼ ン抜ける~ (2, 0.0%)

1 に余程, ような

▼ ン教徒~ (2, 0.0%)

1 とゴマリスト教徒, の書籍

▼ ン曲げた~ (2, 0.0%)

1 のだ, のだろう

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 のおばさん, の小母

▼ ン比羅~ (2, 0.0%)

2 参りに

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 の水面, の流れ

▼ ン無い~ (2, 0.0%)

2 なア

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 を言, を言わない

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 だ惜しい, もいる

▼ ン百姓~ (2, 0.0%)

1 とはちがう, の子

▼ ン~ (2, 0.0%)

1 お種, の詫言

▼ ン花何~ (2, 0.0%)

2 なもん

▼ ン通り~ (2, 0.0%)

2 でございます

▼ ン~ (2, 0.0%)

2 踏んで

▼1* [415件]

あいつはそれ, ンあて坊ン坊ン好きどす, ンあるいは入声, ンいかがでしょう二巻以下お送り, ンいさましいあだなだ, ンいったいあなたは, ンいやだけど, ンうまく考えたな, ンおじいちゃんは心配, ンおどろいたなぁ, ンおまはんかいな, ンおよび入声に, ンかしら吉川さん, ンかってやり出しても, ンかという者も, ンかなつたの, ンかには今後ものを, ンかはないと, ンかみンな, ンかわりにゃあ, ンかを御ぞんじない, ンがけている足もと, ンがった赭ら顔の, ンがのよくいう, ンがらかしてすこぶる, ンがらかした燕作いきなり, ンさまらと, ンきなり大気楽, ンきみはたしかに, ンぐらいでございます, ンけつンけだ, ンけど見て, ンことことンと左右, ンめッ, ンごと盛り上ったそこで, ンと軽く, ンさえ何ひとつ感づかなかった, ンされるか見当, ンさんにはよう, ンさん何してやがるん, ンざいな若いの, ンざきが家のどこ, ンざく呼子笛の音, ンざそんな事, ンざりした顔で, ンざ当身をくらっ, ンて見る, ンしたが気, ンしたら母ちゃんに, ンしょうが廈門船, ンしよぐウれ, ンしろ来てからやつ, ンじじじン, ンじつに手数の, ンじつによく考えられたもの, ンじなければならん, ンじまいそうに猛烈, ンじまうよ, ンじゃに依って, ンかい, ンすなわち寄居貝が, ンすまいね, ンずいぶん見通したよう, ンず解れつ争っていた, ンエ, ンせんか, ンそいつはおもしろい, ンその四, ンそれから工場の, ンぞとお為ごかしに, ンぞも無暗に, ンたいしたものです, ンたくさんのお, ンたよりも二十歳, ンだいあいつら笑ってや, ンだい人がせっかく, ンだい急に会いたい, ンだくれな父は, ンだけ一つ切離し, ンだされたり完全, ンだされるにきまっ, ンだしたがこういう, ンだだだだンと, ンだっぺ, ンだったが全部, ンだったらおッ師匠さん, ンだったら言ってあげ, ンだってなにを, ンだつてあんなに, ンだみせえま, ンだりの自堕落な, ンだんだんおもしろくなっ, ンだ言う事ア夫れ, ンちき生課長, ンちで剃つてやる, ンちのようなこと, ンちの自転車だろう, ンち云うたてチャ俺が, ンぢやあないかな, ンづかまえる必要が, ンづけられていた, ンづけるような, ンづる顔のみぞ変, ンてえことは, ンてないとても大きい, ンできると言う, ンでしてね, ンでしまつていた, ンでしょう見る影も, ンでたまでは威勢, ンでなくっちゃせっかく, ンでなければならない, ンでねえあのひと, ンで捨てもおけず, ンで無いと云う, ンで降りて来た, ンで黙測する孔明玉璽を, ンというは真如という, ンといったのは, ンとかいう程度の, ンとかがいる場合, ンとが連立つて, ンときはあたし, ンときブラ下げる盆提灯, ンとけえ, ンとけると矢, ンとこかいと云つた顔, ンところが何となくいつのまにかむかう, ンとこアそんなこと, ンとに思遣が, ンとは全く別, ンとばかり呼んで, ンとんだお張番, ンと共に小さいころ, ンどすンと, ンどな勝見さんは, ンどには服装も, ンないっていっとく, ンながいわはりました, ンなぐるぞア, ンなさいましとさ, ンなさいますからほんとに, ンなせえ, ンなだもの, ンなったら武蔵めが, ンなっちまわア, ンなっちゃって見よう, ンなつちやつたの, ンなで用ふ, ンなと云う, ンなどはこんな幅, ンなに云はれたン, ンなに私のこと好き, ンなら拝んでからにし, ンなら拾いがいも, ンなりした正雄, ンなりますの, ンなれるものなら, ンなろうが夜, ンなんぞた天, ンなんぞはいつもお, ンなんぞも死ぬる, ンなんぞを並肉として, ンにて留むるあり, ンにには艶つ, ンにの意味を, ンによって讃えられた中世紀, ンに関する窃盗の, ンぬくような, ンねえけんど今, ンねえってことよ, ンねえよと云つ, ンねじってやろう, ンねたりするの, ンねんに読んで, ンねェや, ンのか見て, ンのが三名ございます, ンのさアそんな, ンのに小さいお前, ンのばしてうっそり, ンのみ語るに, ンのめりかけるそれを, ンはよ手配た, ンばかりにハイカラな, ンばりして, ンぱぱンと直ぐさまピストル, ンに飲ませ, ンびきのいわ, ンぴンひび割れた, ンぶうッ, ンぶくれで憤つてゐる, ンぶりぶりぶり, ンべな亭主どのも, ンほんとに斬る気, ンぼうの助力, ンぼや森や田舍家, ンぼりと従い, ンぼりした姿で, ンぼりなのである, ンぼり坐って歯, ンまえた安心であったろう, ンまえればしめた, ンまけてやれ, ンまさか毒瓦斯で, ンまたいでねじふせた, ンまで起きて, ンまみれにかきまわす, ンまり人を軽蔑, ンまり景色がいい, ンまるい顔を, ンむかれて筋肉, ンむこうとふんづけよう, ンやったら今や, ンやっぱり影を, ンやられて痛, ンやりした一室に, ン私は, ンようになっ, ンよおころりよと, ンよりは毛筆で, ンらしい瓜トマト茄子の, ンえ, ンろ相談ぶちてえ事, ンアれ, ンわが最上の, ンわわわンと, ンんでせう, ンアーもう食えねえ, ンウンといふセキバラヒ, ンコクアリシンネンノエンカイイマナオエンキザンネンナリタンネンベルクカイセンノケツカハシゼンチホウミン, ンコンクリートのね, ンシェイクスピアマルク・オオレルを守れ, ンシャランと, ンジャランジャランとやかましい, ンチャジロフカルペンコの輩, ンチリチリンと呼出し, ンチリリリリンと鳴る, ンチリンジャランジャランとやかましい, ンチリンチリチリンと呼出し, ンチリンチリリリリンと鳴る, ンチリンチリンと分け前, ンナンマミダブナンマミダブとふるえ, ン年カ植エテ向, ンコワントカンゼシナランイマケ, ンンー能く労つて, ンヴォクトを吹い, ン一つもない, ン一人になつたえ, ンの字旅行会, ン下さいとも云え, ン下さっきの鳥打帽, ン下さんぜひ今夜仲間, ン中ごろで通り道, ン中みたいにぞろぞろ, ン丸い愛嬌の, ン丸かった, ンえなどと, ン事かなりにき, ン事二三万円の現金, ン事釜のふた, ン事鉄嶺以北に退却, ン事鐵嶺以北に退却, ン事鳥を貫いた, ンが二, ン云わせながら風呂敷包み, ンのこと, ンまで鳥獣, ン今時分までどこ, ン付ける様に, ン以来既に, ン何とかチュウ処の, ン余騎の敵イ, ンの内命ニ, ンも骸骨, ンが黒い, ン入って来た, ン兵衛で馬鹿, ンにし, ンてしまっ, ン出されたら弱りますからなあ, ン出されないように, ン出されますぜ, ン出されるぞ, ン出してるじゃない, ン出そうと思う, ン切りわるくうっ屈, ン化けもの屋敷, ン半年もつづいたら, ン南無猫誉信女南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と, ンだ, ン反りだった, ン反り返っていたら, ン右腕一本位で屁こ, ン同じように, ン唐人打挫いて, ン圃道を渡っ, ンいの, ン地質で青い, ン坊たちのため, ン坊どこにもいない, ン坊どもにはついに, ン坊べら坊にまで好ん, ン坊みたいにどこ, ン坊ハチン坊トチメン坊酔タン坊黒ン坊泣ン坊弱ン坊, ン坊ンあて坊ン坊ン好きどす, ン坊ン坊ン言うな, ン坊ン坊ン坊ン言うな, ン坊ン好きどす, ン坊一同ソロソロと長持, ン坊不破の関守, ン坊今ごろは三方子川, ン坊君正直に働い, ン坊大会の審査員, ン坊女にさわがれる, ン坊心にもない, ン坊泣ン坊弱ン坊, ン坊自然に上機嫌, ン坊裃の肩, ン返機, ン有りだ, ン大いに怒り諸州の, ン大きなやわらかいもの, ン太郎と光吉, ン女優ドユツサン女優ゼニア左には女優ララ, ン女史といふ, ン好きどす, ン小説家か宝塔山人, ン尖で圧え, ン岸ちゃんての, ン川島家にも代えられ, ン廻された日を, ン廻してなだめる, ン廻す物音の, ン弁護士の帽子, ン張りのない, ンは海外, ン怪しいのは, ン成る程この, ン所坂野医院大繁昌, ン手古舞をし, ン抜かれたように, ンめえれ, ン捕まってしまった, ンツて, ン捲って見よう, ン捲られのあたかも, ン捻るぞ, ン放蕩は自慢, ンはれと, ン日お前達につきあ, ン日三円から四円, ン日中引摺ってねえ, ン日彼女のこと, ン晩御飯が出来ました, ン曲げそこから, ン曲り半年ばかりの, ン木津さんじゃありません, ン棒みたいなやせ脛, ン棒一本あれば, ンの刹那, ン殺生や, ン殻色の出格子, ン比羅さんに居る, ン泣いて居る, ンの生物学者, ン温習会ども派手にやるらしい, ン無理はない, ン甘いもン, ン生めるモリュス立つ, ンで火事, ン畜生あんまりなこと, ン畜生め四谷が倒れた, ン畜生め手前の下手, ン畜生一つ斜坑にでも叩きこん, ン畜生変な物, ン畜生手前は懶惰者, ン畜生根生いの江戸ッ児, ン畜生生意気な事, ン畜生蚊帳を放さねえ, ン盗んだったかテ構め, ンをする, ン真っ向から松葉杖, ン真中に硝子珠, ン知るもんか, ン知識慾の盛ん, ン縛らしてしまえ, ンのとても, ン胆玉は知れ, ン腔アふくらましてヨ, ンの若者, ンの旦那, ン蜂の巣が割れた, ン裂いてなり, ン見えた然しおかしい, ン見れば判る, ン親父も弱虫, ン言うな, ンつてるな, ン豪気なもん, ンの男みたい, ン込まれのひ, ン込むところである, ン込んだやうだ, ン込ンデ眼, ンも作りかえ, ン錢形の親分, ンも, ン頼まれたんだ, ンをし, ン飛んだことを, ン食べた方が, ン踊りじゃ, ンの立っ, ンQPって人形