青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ミ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ホテル ホテル~ ボーイ~ ボート~ ポ~ ~ポケット ポケット~ マア~ マリユス~ マン~
ミ~
ムク~ メートル~ ヨーロッパ~ ラジオ~ ~ランプ ランプ~ レコード~ ロシア~ ロンドン~ ローマ~

「ミ~」 1054, 11ppm, 9575位

▼ ミ~ (87, 8.3%)

3 ことが, 名を 2 ような, 云う通り, 亡骸を, 手を, 方は, 方を, 甲類の, 身体を

1 [65件] あたま, かかるの, からだは, きいたもの, きく存在, すこぶる大, ために, ついた心持, ついた清澄, やうに, ように, オオケストラ彼の, ストッキングに, ツマほどしか, 云うこと, 云うには, 位置の, 住居は, 信念と, 具合によって, 出前を, 出来て, 利く存在, 前の, 声が, 声だった, 声に, 大好きな, 姿を, 字は, 急用を, 意外な, 愛用し, 手では, 指す方角, 敗北だ, 敗北と, 方へ, 早さ, 標本は, 死顔に, 水門で, 水門とは, 白い脛, 耳を, 肩へ, 腰から, 蝋細工の, 見納めだった, 言葉を, 身の上を, 身体が, 転化で, 郎女の, 部, 隣の, 霊に, 音聲と, 音聲二種の, 順に, 頭の, 顔が, 顔は, 驚きそんな, 骨が

▼ ミ夫人~ (85, 8.1%)

8 の冷蔵鞄 6 はその 2 のもと, の特別研究室, は夫万吉郎, は愛する, は自ら

1 [61件] からずんずん, から脱, がなぜ, が恋慕, が確信, が結婚生活, が診察, だ, だった, と二人, につけ, にとっては万吉郎, に対して抱いた, に対し積極的, に対する嫌悪, のいう, のお伴, のお伽, のそれ, の劃期的, の努力, の外科病院, の届出, の所説, の手, の新, の生命, の生活様式, の田内, の瞼, の研究熱, の立場, の考え, の脳, の花婿, の見染めた, の観察, の評判, の誇るべき, の貞節, の身体, の門, の開いた, の頬, はいかに, はそんな, はただ, はなんだかますます, はひと目, は一昨年, は万吉郎, は不, は微か, は感ずる, は朝, は胸, は若き, は鏡, を可憐, を巧み, を百パアセント

▼ ミ~ (84, 8.0%)

3 彼の 2 どうし, びっくりし, テーブルの, 目を, 頬を, 顔を

1 [69件] いいけれど, いきいきと, いきなり中腰, いつと, いつも生返事, うなずいた, うまいです, しっかりした, すこし後れ, そのとき, それが, それに, それを, そんな声, たしかに猫, たった一言, どうしたろう, どうして何処, どこへ, どこまでも, なかなか出, ほっと安心, また博士, まぶしく光る, まるで頭, もちろん東助, ゆびさされた方, ようやく気, ジャンヌ・ダルクの, ツと, バラックの, ポーデル博士の, 一つの, 中身の, 乙類である, 人間が, 仮初の, 低声, 何処かへ, 何処で, 僕を, 利かない, 博士の, 唇を, 大声を, 子供の, 家の, 寝棺の, 小首を, 張りの, 心霊実験会の, 思いきって, 急に, 恐ろしさ, 手拭を, 杜に, 杜の, 機嫌が, 気を, 泣き足りてか, 海人部なるべし, 狂わなかったよ, 羂網の, 美稱, 腹痛を, 道, 雨ツハは, 高大カムは, 黙って

▼ ミ~ (71, 6.7%)

6 つけて, 食って

1 [59件] うながした, お菓子の, かう始末, かけかえて, かけて, かける, きかせて, きかせるツモリ, くらって, さらった黒い, つける方法, つけ霊感, といて, どうしても自分, ねらつて, のべた, はずして, ふりかえって, ほめるとは, みなぎらせて, もらって, よせないよう, わたる子どもら, ヒレと, 一旦肉挽器械, 与えて, 並べたもの, 云った, 全部あっと, 出されても, 助けるつもり, 励ますため, 取つたり, 取戻し得ざら, 喰った私, 喰って, 回収し, 恋人に, 或る, 手のひらに, 抱かんばかりに, 持つの, 捉えようと, 救いだせるかも, 晴らしたという, 残したまま二人用テラス, 注ぎ掛け臭く, 田島は, 紹介した, 結んで, 要せずに, 見くらべた, 買わされしかも, 返して, 述べるどころか, 連れて, 食ったが, 食わせるよう, 骨髄から

▼ ミ~ (65, 6.2%)

3 ついて 2 あって, ある, さけんだ, 法廷に

1 [54件] ありさえ, ありますの, あるかも, おどろいて, おどろきの, がっかりした, きくそう, きくと, このとき口, そういっ, たずねた, ついたとき, つきませぬので, でるの, どうしても有坂, ないと, またバラック, よかった, バラックの, ポーデル博士の, ヤブニラミに, 他界した, 入ると, 博士に, 噛み締めたいの, 女を, 好んで, 実に全く大, 帰って, 強く響いた, 手を, 持って, 早くも, 杜の, 来たので, 来たミチミ, 来て, 東助を, 汗を, 海であり, 源にな, 無かつ, 現れビール, 生きて, 空の, 答えた, 聞えたから, 自信を, 袴を, 見えたから, 足を, 適薬ださう, 附いたからとて, 静かに

▼ ミ~ (62, 5.9%)

4 して 2 いった, 急に

1 [54件] あること, いずれが, したよう, したり, しても, しなかった, しろ槍持, するため, するの, すれば, そういった, ちがいない, なさったの, よいこと, よく似, よく似た, カケガネは, カツ, ドブへ, バッタリ行き逢った, ポウツと, 一寸と, 不動岩の, 不平を, 乗って, 全身の, 別れを, 向きが, 君が, 呼びかけた, 思いきったこと, 手伝わせて, 才蔵の, 改めた理由, 正面を, 気がついた, 海の, 爆発し, 片足が, 狂いが, 目くばせ, 目くばせし, 目醒しい, 私の, 続けた, 至っても, 落ちて, 話しかけたけれど, 語る, 足を, 踏んだばかり, 身体が, 連れられて, 飛びつくやう

▼ ミマツ曲馬団~ (49, 4.6%)

2 の一行, の中, の誰か

1 [43件] が今後, が今暁二時, だった, であろうか, で曾呂利本馬, というやつ, に加わっ, に対して恨, に関係, の, のすみっこで, のふところ, のもの, のトラ十, の上, の人たち, の仲間, の全員, の名, の天幕, の小屋, の新, の更生興行, の曾呂利青年, の松ヶ谷団長, の火事, の爆破, の爆破事件以来, の生き残り組, の生き残り者, の者, の花形, は, はこういう, はこれから, はまだまだ, はメキシコ, は主, は皆さん, は雷洋, へもう一度, へも一度, 大爆破

▼ ミ~ (32, 3.0%)

2 生きて

1 [30件] あつた, いろいろ思わぬ, どしんと, ウッカリ言っ, バリバリと, ホントの, ムリに, ワーッと, 主膳は, 二重に, 人目に, 何か, 候得バ萬一の, 刀に, 唸りを, 変に, 実に事, 宣長の, 息を, 手首にかけて, 物を, 莫迦莫迦しい, 衒学家に, 転げ出て, 逆の, 部屋に, 鞘が, 飛んだ一片, 飛んで, 食うところ

▼ ミ~ (23, 2.2%)

2 フタも, 息を, 東助も

1 [17件] あるな, いるし, おもしろがっ, とりすました顔, ねむりから, ふしぎの, もともとメソ子ちゃん, ツも, ポーデル博士の, 何とも返事, 前へ, 博士に, 座席から, 目を, 考えを, 退屈の, 随分苦労

▼ ミ~ (21, 2.0%)

2 東助とは, 東助は

1 [17件] いい何となく, ただ二人寒, アブタが, ナベタ登場, 云うて, 同じミチミ, 名づけたる, 呼ぶこと, 呼んだは, 呼んで, 天ぷらを, 房子との, 手を, 東助が, 相成可, 称する楢, 致す事

▼ ミカド~ (16, 1.5%)

1 [16件] がこれ, が代る, といふもの, との間, なる後醍醐天皇, に赴い, のこと, の位, の国, の居ます, の帝国, の復興, の政府, は, を流し奉る, を見物

▼ ミロク~ (16, 1.5%)

3 の像

1 [13件] がダメ, だぞ, という名, と訓, なんぞはただ, にはお爺さん, には何, には爺さん婆さん, にもわが身, にヒメ, の, はどうやら, は皮肉

▼ ミカエル~ (12, 1.1%)

2 の娘 1 が輝く, が門番, その使者, だけは人間, の鍵, は天使, は棄教, は海, は現, ほどの偉大

▼ ミミイ嬢~ (11, 1.0%)

1 [11件] が気, が演説, なの, には気の毒, に演説, のよう, の有益, の遺品, はタヌ, は好物, を発見

▼ ミコト~ (10, 0.9%)

1 か, が敵, が東征, である, であるから, となり, となる, と大国主, と稱, を合わせた

▼ ミさん~ (8, 0.8%)

1 にぎります, の手, はたいへん, も東助さん, も東助君, やコック長, 次に樽, 話して

▼ ミ~ (8, 0.8%)

1 ことは, ことを, のだろう, ものである, んだい, キザな, 反省なら, 礼ども其時ハ五丸の

▼ ミ~ (8, 0.8%)

1 ナス安ンゾ期スベケンヤ, 与エナイ程度ニ冷房ガ施シテアル, 云ウモノサ, 忘レルンダ, 怺エナガラ生キテイルヨリヒト思イニ残酷ナ, 持ッテイルガ中身ハ何デアルカ分ラナイ, 持ツ石ヲ用イレバ足リル, 自由ナラシメテ現時

▼ ミ~ (7, 0.7%)

1 二三間後ろへ, 先に, 力皮が, 口を, 徳岡氏が, 本気に, 火が

▼ ミガキ~ (7, 0.7%)

1 がか, がもたらす, というもの, になりたまえ, になれ, に百円, の中

▼ ミ~ (7, 0.7%)

2 で気合い, をかま 1 の教祖, をくれ, をやり

▼ ミノリ~ (6, 0.6%)

1 がお目にかかりたい, が代っ, であるから, の家, も全て, を睨みつけ

▼ ミ~ (5, 0.5%)

1 御国の, 打たり, 改正ス, 私ハ長州ニ行け, 馬上ニて

▼ ミカリ~ (5, 0.5%)

1 と呼び, の祭, またはミカワリ, またはミカワリバアサン, よりもミカワリ

▼ ミクリ~ (5, 0.5%)

1 が共通, と訓, なる莎草, に莎草, は和名抄

▼ ミダシ~ (5, 0.5%)

1 で, で書いた, につかった, には, も小さい

▼ ミリエル司教~ (5, 0.5%)

1 がその, であった, に会っ, の仕事, は彼

▼ ミから~ (4, 0.4%)

1 他人前では, 御室山, 来たスミ, 言葉を

▼ ミという~ (4, 0.4%)

1 ものも, ものを, 村まで, 物を

▼ ミスギ~ (4, 0.4%)

1 とよばれた, にウマ, はベッド, も杯

▼ ミスティック~ (4, 0.4%)

4 なもの

▼ ミチリ~ (4, 0.4%)

2 との音 1 である, と小さな

▼ ミリュウ~ (4, 0.4%)

1 そしてその, の, の範囲, の関係

▼ ミだの~ (3, 0.3%)

1 イセエビなどという, スノモノなどを, 天プラだの

▼ ミちゃん~ (3, 0.3%)

1 あんなこと, は, は本当に

▼ ミとは~ (3, 0.3%)

1 ワンツースリーで, 別の, 向こうへ

▼ ミ~ (3, 0.3%)

1 ウナギを, スシを, 鮎や

▼ ミ~ (3, 0.3%)

1 ぐらい, ぐらいで, は注射

▼ ミガキ鋼板~ (3, 0.3%)

1 というの, のこと, は公定価格

▼ ミダル~ (3, 0.3%)

1 に従った, の例, は平安朝以後

▼ ミ~ (3, 0.3%)

1 眼ガ覚メルコトモタマニハアルガ大概半分ハ寝, 諸勝負, 頸ガ引ッ張リ上ゲラレルヨウニスル

▼ ミマツ彦カヱシネ~ (3, 0.3%)

3 の命

▼ ミ~ (3, 0.3%)

1 ルモノ, ルヨウニ鳴, ル海辺

▼ ミ~ (3, 0.3%)

1 ソノ上カラ厚地ノ, ソノ上ニ白金懐炉ヲ, 敵お

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 よしよ, 美味いかい

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 が, と斗ニ

▼ ミだろう~ (2, 0.2%)

1 と考えた, ね

▼ ミである~ (2, 0.2%)

1 が宝塚, ように

▼ ミでは~ (2, 0.2%)

1 ある, なかった

▼ ミにも~ (2, 0.2%)

1 よる罪, メにも

▼ ミによって~ (2, 0.2%)

1 モトという, 兄を

▼ ミみたい~ (2, 0.2%)

1 な氣持, な胸

▼ ミウケ~ (2, 0.2%)

1 の三万, の金

▼ ミガキ粉~ (2, 0.2%)

1 が少し, のシゲキ

▼ ミクジ竹~ (2, 0.2%)

2 を入れ

▼ ミタケ~ (2, 0.2%)

1 と称する, と読み

▼ ミタテ~ (2, 0.2%)

1 はダメ, は怪しい

▼ ミノリ豊か~ (2, 0.2%)

1 なこの, ならしめること

▼ ミヘルス~ (2, 0.2%)

1 が, も同じ

▼ ミマツ~ (2, 0.2%)

1 の団員, 大曲馬団

▼ ミマツ姫~ (2, 0.2%)

2 の命

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 となっ, 次に女人国

▼ ミ人シドン人ヘテ人等~ (2, 0.2%)

2 の妃たち

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 ラズ痛, ル

▼ ミ又は~ (2, 0.2%)

2 笠取峠と

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 にのり込ん, の炊夫

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 辺ノ, 達し被

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 ハ妥当ノ, ハ已ムヲ得サリシ所ナルヘキモ今

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 サレルノデハナク彼女ノ, サレルノデハ遣

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 イ大, ク溺レテ景ヲ

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 に復す, また若返り

▼ ミ~ (2, 0.2%)

1 ネタル其上ニ野砲, ネタ悪事ノ

▼ ミ骨髄~ (2, 0.2%)

1 に徹する如く, に徹する如くであっ

▼1* [219件]

かというた, ミからか興味を, ミこれを慚, ミこんで何, ミこんなにたくさんとても, ミさんあなた計算して, ミさんうしろを見, ミしたことが, ミせまつる事も, ミせんと銃, ミそれから先生の, ミたちを安穏, ミとも云われ, ミだけらしいの, ミだつたか父, ミつて随分怖, ミでしかない, ミでなければ発言, ミともスズシとも, ミながら動いて, ミなどと仰有るからよ, ミなどは大分息苦しく, ミならず久年積学も, ミなんか好きでしょう, ミなんて要らねえや, ミについていろいろの, ミには特にうまい, ミにもなつてゐる, ミによつて鶏小屋の, ミ行くん, ミまで云つたさうだ, ミなぜ僕, ミよりすこし高い, ミりして, ミりだか五百ミリ, ミばかみ, ミアオガサキを案内, ミアサという, ミアブタ白面の警官, ミアリ正月は旧, ミウイヲダイハモラチチノトレマカテギヲチマメチイモシウトトウミケシテモアエゲイコリマヨトスカイルウヨレオインンウハノナオナスヲトレツコタデレスハ, ミウケしろという, ミウケ代と称し, ミウラ以下誰々がアメリカ, ミオ休ミ子供ガ餘計ナ, ミカエル伊東マシヤス小市レオ北喜左衛門等は斬首, ミカエル四郎と名乗る, ミカエル尊者ジョージ尊者等上帝に祈り, ミカエル来たりて我, ミカエル街ピルチの店, ミカゲへ行く, ミカゲ石だね, ミカサという人, ミカサ代表者はこたえた, ミカサ集団の代表者, ミカド条約説とその, ミカド食堂で朝食, ミガキ仲間のいかにも, ミキレでまた, ミクビるがい, ミクレー山賊の難, ミへメ, ミケール及びかの, ミコルの後方, ミコル蔑視悲しむ女, ミスギお前チビだから, ミスズの花, ミスズシというなどももと, ミスダコ等というもの, ミズシンまたはガアラッパ, ミタテ違いに腹, ミタヌキともいい, ミダル四段説は別論, ミチャボを最高神, ミチヤさんが靜岡, ミツキはたてまつり, ミツキちゃんエイコちゃんと七人, ミツチなど蛇, ミトメいくらで刻, ミナラ墓地ヲオ分ケ致シマス浄土宗ト限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, ミノリ僧の路, ミノーキノーカウニッツコジーマコブールパノーナコーポネットナケーカノーなどと呼んだ, ミハタ又千代ヶ崎ナル平根台場ニハ, ミハラの郎女, ミバショウ植物は見た, ミファを習う, ミフハソラセドと云, ミマキの天皇, ミマツ団員の誰か, ミマツ曲馬団員は一, ミマツ曲馬団火災をおこし, ミミ子よ, ミムメモユワ, ミモロ山である, ミリエル僧正がジャン, ミリエル閣下を造った, ミルカコーチンレグホンの類, ミロクさんは御, ミロク像を仕上げた, ミロク菩薩のよう, ミヲ感ジ痛サヲ感ジ, ミ一つであるから, ミ一回ノ失敗モナク成功シテイルカラ, ミ一方ハ四分五厘一方, ミ七里洲中ニ在り今, ミ三島以来どうやら面, ミ且積年の思ひ, ミ支持桿, ミ之ニ由テ国政ヲ議スルノ権ハ, ミ九時近ク食事ガ終ル, ミ以テ婦人, ミ今夜君は不謹慎, ミをいう, ミ得ども, ミ候者水振廻, ミ倡優側に在, ミ兎角して, ミ其人民ヲシテ国法ヲ会議セシムルノ通義, ミ其家の裏, ミ出して, ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, ミ切ったブルドック白黒斑で, ミメテ栄辱悲歎, ミ博ク名妹ヲ求メ, ミ博士となりきった, ミシタル支那ヲ, ミ奉公ニ精出スコト, ミ合せてはなはだ, ミ合イデモ始メテクレタラ面白イサ, ミ合イ場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ, ミ合イ笑イ合イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, ミ合ワサセテ脚気ノ検査ヲシテイルガ, ミのミ, ミ命数ナキヲ知リ自ラ特製, ミ国アバシリ郡ビホロ町日下ユキさんから更科源蔵氏採集, ミルベキコト, ミ夫人一人を守っ, ミ夫人自身が一番, ミ子供ガ餘計ナ, ミシ和ギ安眠スルコトヲ得タ, ミ尽シテ何処ニカ遊ブなど, ミについて, ミ工合ハゴク僅カデ動作ニ不便ヲ感ズルホドノコトハナク人ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, ミは牧人, ミ平方面から登った, ミ庖丁ぐらい握りしめやがったろう, ミ彼等ハ街上ヲ歩ミナガラモ, ミ得ル程度ノ意, ミ得ル者当ニ是, ミ思案デアマリ外, ミ手頸ヲグルリト廻ソウトスルト殊ニ痛ンデ巧ク廻ラナイ, ミ方デアッタガ今デハソレホドデナイコトハ確カダ, ミ昆布ともいうだろう, ミ易イヨウニ毛筆デ大, ミ時ニハ肘ヲ越エテ肩, ミハ出来る, ミや芝居, ミ本邦ニ於テ之ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学, ミ来り脇指を以て, ミ東ノカタ武昌ヲ望メバ, ミヲ尋ヌルコト莫ンバ, ミヲ横タヘテ詩, ミ様モナイ最早親父ガ死ンダカラ, ミ樫椿桜なぞの混淆林, ミ次第死ヲ覚梧シテ生前, ミ欣々然タル挙動平日ニ異ナルコト, ミ母ヤ我ヲ育ツ, ミ水上ニテハ之ヲ浮ベテ乘レリ, ミヲ責ムルヲ為サンヤ, ミ泣血頓首シテ書ヲ主君明公, ミ濫リニ相構害スルノ弊往往有, ミヲ以テマズ巨鼠, ミ憂華ヲ, ミ焼き鯛カマボコなどは, ミ焼魚煮魚, ミ焼魚焼肉の類, ミ燈下匆々筆ヲ走, ミヲ有, ミ王驢耳を持つ, ミ疎施スナク, ミ申シマス電話デ須藤先生, ミ申ス事アツテ実朝公, ミ申付てもよろしく, ミ申候今夜もふで, ミ百難ヲ排シテ勇往猛進シ以テ國威, ミ皮膚感覚ノ麻痺モ激シクナル, ミソウヨマアイイマアイイ, ミ相称ヘル験アリテ蔵ス所世ヲ経テ失サルカナ, ミ着イタヾケデ転ンデ大, ミのミ, ミヲナスコト能ハズ, ミヲ隔テテ目送スレバ, ミ紙ラシイモノニ包ンダ細長イ, ミ給ワバ降ヲ乞ウテ, ミ絵ヲ書キアクマデ御心ニ情, ミケナノデ日記ヲツケル元気モナカッタ, ミヲ門前, ミ茲ニ国際学友会ヲ組織シテ, ミ荷役ハ本日頂戴致シタル金員ノ代償トシテ, ミを加え, ミ行クコト二十日ノ後, ミ読ミサレルゾモットホカノ方法ヲ考エロ, ミ読ミシテイルト否トニカカワラズシテイルモノト考エテ間接ニ彼女ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, ミ読ミハシナイケレドモソレニシテモ本当ノ, ミ越エタノデハアルマイカト多少疑, ミ趣キ井蛙ノ誇, ミてあれ, ミ通ッテイテ車ノ中, ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, ミ過ぎている, ミ過ぎたものだ, ミス, ミ酒壺常ニ麦醸果酵, ミ鉄杵ヲ以テ徐徐ニ, ミ長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, ミ長江ノ窮リ, ミと両方, ミヲ抹ン, ミ鹿児島の鰹