青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「マリユス~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ペン~ ページ~ ~ホテル ホテル~ ボーイ~ ボート~ ポ~ ~ポケット ポケット~ マア~
マリユス~
マン~ ミ~ ムク~ メートル~ ヨーロッパ~ ラジオ~ ~ランプ ランプ~ レコード~ ロシア~

「マリユス~」 1331, 14ppm, 7757位

▼ マリユス~ (681, 51.2%)

44 言った 11 尋ねた 9 叫んだ 6 自分の, 身を 5 それを, コゼットに, コゼットの, 考えた 4 それに, コゼットを, 目を, 答えた, 防寨の, 静かに

3 [11件] そこに, その言葉, もうそこ, クールフェーラックの, 今まで, 外に, 彼女の, 心の, 祖父の, 耳を, 聞いた

2 [37件] すべての, その中, その方, その男, その道, それらの, つぶやいた, どこへ, なお続け, またリュクサンブール, まだコゼット, クールフェーラックに, ジャン・ヴァルジャンに, ジョンドレットの, テナルディエを, テーブルの, ピストルを, ヴェルノンに, 了解しなかった, 口ごもった, 壁の, 幾度と, 彼が, 彼に, 彼女を, 急に, 我を, 手紙を, 新しい上衣, 沈黙を, 石の, 立ち上がって, 答えなかった, 茫然として, 言葉を, 頭の, 顔の

1 [454件] あたかも大理石, あたかも心臓, あたかも釘抜き, あたりを, あまり注意, あらかじめ心, あらゆる方面, ある門番, いかにし, いかめしく言った, いたずらに, いっこう気づかなかった, いっそう言葉, いつしか機械的, いつもの, いつも二そろい, いつも必要, いなくなって, うやうやしい手紙, えり飾りも, おそらく読者, かつて会った, かなり当惑, きっといい, きっと来るだろう, きびしい調子, こう考え, この罪悪, この頃夜, これを, ささやいた, しばしその, しばらくたたずん, しばらくモンデトゥール街, すてきに, すべてを, そういう徴候, そういう状態, そういう答え, そういう際, そういう電光, そこで, そこへ, そのあ, そのあと, そのふたり, そのよう, その一言, その不幸, その不思議, その二階, その二頭, その五フラン貨幣, その会話, その住所, その光景, その前, その名, その問, その地, その変, その市民, その廉直, その情熱, その手紙, その時, その晩, その煙草, その申し出, その異変, その白髪, その紙片, その美しい, その自然, その親指, その訳, その議論, その赤い, その鉄門, その間言葉にも, それが, それで, たじろいだ, ただあの, ただマリユス, ただ半開き, ただ身, ちょうどそういう, ついにそれ, ついに四番目, どうしても不満, どうなりゆくであろう, なおより, なお前進, なお戦っ, にわかに自分, はいって, はいれと, はっきりした, ひとりに, ひとりの, びっくりした, ふと目, ぶしつけ, ほっと息, ほとんど冷酷, ほとんど心, ほとんど息, ほとんど毎日, ほとんど祖父, ほとんど考えなかった, ほとんど自ら, まず第, まず試み, またきいた, また尋ねた, また悲しみ, また扉, まだのぞき, まだ何らの, まだ回復期, まだ悪い, まったくルブラン氏, まったく困惑, まったく歓喜, むしろそれ, もうかなり, もうその, もうほとんど体力, もう五年, もう幸福, もう手紙, もう散歩, もう数秒, もう死んでる, もう疑えなかった, もう金, もはやただ, もはやだれ, もはや何らの, もはや何物, もはや心酔, もはや武器, もはや眩暈, もはや耳, もはや自分, やせて, ゆるい足取り, よく了解, よく家, よく気, よく知っ, よろめいた, アンジョーラと, ガヴローシュの, クールフェーラックと, クールフェーラックにも, グラシユーズ街の, コゼットと, コゼットにとって, ゴルボー屋敷に, サン, サン・トノレ街を, ジャン・ヴァルジャンが, ジャヴェルを, ジョンドレットが, チョッキの, テオデュールに, ドゥロルム通路から, ピストルの, フォーシュルヴァン氏に, ブリューメ街を, ペンと, ポケットから, ポケットの, モンフェルメイユで, リュクサンブールで, リュクサンブールの, ワーテルローの, 一つの, 一日たり, 一日待ち, 一時それらの, 一歩も, 一種の, 一種不安な, 一言も, 三四週間の, 三日目の, 三日間の, 不思議な, 両の, 両手で, 両手を, 中背の, 了解した, 予期し, 二三日気を, 二十歳であった, 二梃の, 人生の, 今その, 今では, 今に, 今や例, 今明らかに, 今自らその, 他人らしい, 仲間を, 会合の, 何にも, 例の, 信念を, 偶然その, 全然見覚え, 全身震え上がった, 六カ月前には, 共和の, 再び思想, 冷ややかに, 冷淡である, 出血の, 初めて気づい, 前と, 前に, 勇を, 包まれて, 医者に, 十七歳に, 十六スーきり持ち合わせが, 十時すぎでなけれ, 半ば口の, 厳格な, 友人を, 口を, 同じプティー・バンキエ街, 哀願する, 喜びの, 四つの, 四つばいに, 四日間家を, 墳墓の, 多くの, 夜に, 夜分にしか, 夢中に, 夢想家では, 大なる, 大また, 大陸軍の, 奥の, 女房が, 女房の, 嫉妬の, 子供の, 孤立の, 官営馬車が, 実際ムーフタール街, 実際捕虜, 室には, 家を, 寂しげに, 寝台に, 小さい防寨, 少しずつ, 少し前, 少し顔, 少なからず驚いた, 崇敬の, 崇高で, 市場町に, 常に辺境, 帽子に, 年三十フランで, 幸福の, 広間に, 床に, 底の, 庭に, 廊下に, 建て物, 弁護士と, 引き出しの, 引き続いて, 強いて, 当惑し, 役人の, 彼の, 彼を, 徒刑囚とも, 心を, 心臓の, 必要であり, 思いに, 思い込んだ, 思った, 急いで, 恐れて, 恐れを, 恐ろしい意味, 恐ろしさ, 息を, 悲しみの, 惘然として, 慄然と, 慄然として, 憤然として, 懊悩の, 戸棚から, 扉が, 扉の, 手を, 手足を, 探りを, 探査の, 政治的反感の, 教会堂の, 教育という, 断わらなかった, 新たな, 新たに, 方々の, 既に言った, 早く大, 昏迷し, 時々何, 時々家, 更に注意, 書物を, 最後の, 本を, 果たしてそこ, 歓喜の, 正門を, 武勲や, 歩き出した, 死せる, 死にかかって, 毎日リュクサンブールの, 毎晩そこに, 民主主義者であった, 気むずかしい荒い一瞥, 氷の, 池を, 決して家, 決して父, 涙を, 深く心, 深淵の, 満足であった, 漠然と驚き, 火箸か, 炙出しインキの, 無事の, 熱狂し, 父を, 狂喜とともに, 猛烈であり, 男の, 監視されてる, 盲目であり, 相手が, 相手の, 相手を, 眩惑され, 私の, 種々の, 種々悲しい, 種々考え回した, 種々考慮, 種々重なっ, 突然眼前, 突然落胆, 突然飛び上がった, 第三, 第二, 答えて, 答え返した, 精神的所有において, 約束を, 終日待っ, 続けて, 繰り返した, 美しく気高くりっぱ, 美しく気高く勇気, 義務としての, 習慣どおり花嫁と, 老人に, 老若を, 考えに, 考え込みながら, 考え込んで, 胸を, 脣を, 腰を, 腰掛けて, 自ら祝し, 自ら訓戒した, 自ら責むべ, 自ら階段を, 舗石の, 色を, 若くて, 苦い涙, 荒い決心, 荘重な, 落ち着いた, 蒼空の, 表の, 見失った彼女, 覚醒するであろう, 言い出した, 言うべからざる反撥, 言ったそして, 言って, 詩人の, 話を, 認めた, 読んだ, 読者の, 警察の, 貧乏で, 起こさなかった, 身動きも, 追いついた, 道化者にでも, 酒に, 鉄棒を, 鉄門の, 鍵を, 長い間, 長椅子の, 防寨から, 陰鬱に, 隣の, 震えた, 震えて, 青ざめて, 青銅の, 頤から, 頭から, 額を, 顔を, 顔色を, 飛び上がるよう, 食事と, 飲食も, 駭然と, 駭然として, 驚いた, 鬼の, 黒服を, 黙ったまま腕, 黙って

▼ マリユス~ (211, 15.9%)

12 ことを 10 上に 7 方へ 5 方で 4 そばに, 手を 3 あとを, 方を, 頭に

2 [18件] 上衣を, 前に, 姿を, 心の, 心を, 手紙を, 方は, 正面に, 目の, 耳に, 耳には, 脳裏を, 血に, 視線を, 言葉を, 頭の, 頭を, 顔を

1 [124件] ありのままを, いないの, いるの, うしろで, うちに, うなだれた頭, ことで, すべての, そばで, そばを, なし得るすべて, まわりに, むせび泣く声, ような, ベンチの, ポケットに, リュクサンブール逍遙は, 一瞥は, 一部であった, 不在中, 世話によって, 両腕, 仕業だった, 他の, 代わりに, 位置を, 個性の, 倹約は, 全部を, 内部に, 内部を, 冷然たる, 前を, 叱責を, 合い鍵を, 声を, 変化の, 夢想家に, 奴分限者の, 姿が, 姿それらも, 姿に, 姿は, 存在を, 室が, 室に, 室の, 室へ, 容態が, 宿を, 寝台の, 寸簡の, 居所を, 心が, 心に, 心は, 性質として, 恋愛事件について, 悲惨な, 意志に, 態度は, 態度も, 憤りも, 懇願に, 所へ, 挙動を, 政治上の, 新しい帽子, 方に, 方にも, 方も, 方をも, 書いた数行, 最も楽しい, 服に, 服を, 椅子は, 楽しみは, 様子を, 欲するまま, 深い憂鬱, 熱心な, 生温い血, 用を, 発する一語一語, 百枚の, 目から, 眼瞼は, 精神状態は, 紙ばさみであった, 紙挾み, 結婚前には, 結婚承諾についても, 美しい髪, 考えでは, 考えに, 考えの, 耳元に, 脣づけ, 脳裏に, 腕に, 膝の, 膝は, 色事か, 記憶は, 詩的な, 誠実を, 誤解だった, 負い目を, 足の, 躊躇や, 追従は, 重みをも, 隣に, 隣の, 頬と, 頬は, 頭髪から, 額に, 額を, 顔に, 顔は, 首筋を, 驚き

▼ マリユス~ (121, 9.1%)

3 帰って 2 そこに, 何か, 動かした棒, 叫んだ, 外に, 持って, 空から, 身を

1 [102件] あの六十万フラン, あらん限り, いかにし, いた, いだいて, いて, いないの, いなくなったため心, おる道, かく急, さがしてるの, そういう立身, だれからも, ちょっと眉, ちらと, ついて, どこへ, どの方へ, のぞいてる穴, はいって, また新しい, また祖父, もう危険状態, やって, やってこないの, やはりその, よりかかってる壁, ガヴローシュを, クールフェーラックであったなら, コゼットの, ジャン・ヴァルジャンの, テナルディエに, パリーの, ヴェルノンへ, 一家の, 与えし五フラン, 了解した, 二期分を, 借りてる室, 偶然発した, 先刻見た, 先刻読んだ, 六カ月の, 再び腰, 出て, 初めてパリー, 古典の, 回復期に, 声を, 大通りで, 好きであった, 学校から, 家に, 少しも, 彼には, 彼女を, 徐々に下り, 心の, 必ず来る, 忘れてること, 思った瞬間, 恋に, 感じたこと, 憂鬱に, 戻って, 推察し, 政治を, 曲がった角, 最もはっきり知り得た, 来るの, 横たえられた安楽椅子, 死ぬの, 気づいたかすか, 炭火で, 物を, 王冠を, 現われた, 申すの, 異議を, 目の, 目を, 祖父の, 答える暇, 絶えずいだい, 聞いたの, 自分の, 苦悶の, 裸に, 見たところ, 見た時, 見守って, 視察を, 言った, 言った言葉, 訪ねて, 認めた数行, 近寄った時, 逃げも, 通るの, 鉛筆で, 間もなく自分, 食卓を

▼ マリユス~ (83, 6.2%)

7 ながめた 3 肩に 2 腕に, 見つめた

1 [69件] あるいは少なくとも, いらいらさした, おろしそれから, かかえながら, かついで, ささえてる両, ささえてる手, さし示した, して, じっとながめた, すくました, ながめその, ながめて, ながめ妙, ながめ群集, にないながら, ひとり墓地, ほめた, もって, コゼットから, ジルノルマン氏の, バスクと, ミューザン珈琲店に, 下水道の, 乗せて, 仲間の, 倒した時, 偶像の, 光り輝いた非, 光栄の, 再び背, 呼んだ薄暗がり, 地上に, 地面に, 大胆ならしめた, 天井に, 射とめて, 尋ねた, 尋ねた小さな, 弥撒に, 待ち受け彼, 待って, 得マリユス, 惜しむの念, 抱擁し, 持ち上げ非常, 持って, 救って, 正道に, 水の上に, 汀の, 満足させよう, 照らしたの, 狂気させ, 現実に, 男爵殿と, 監視させよう, 知って, 美しいと, 見いだすの, 見た, 見つめ一種, 見るよう, 診察し, 連れて, 非難する, 顛倒さした, 馬車から, 黙らせるだけ

▼ マリユス~ (58, 4.4%)

6 言った 3 渡した 2 一瞥を, 向かって

1 [45件] あっては, きわめてまじめ, その心持ち, ていねいに, 一言手紙を, 一言走り書きを, 今少し, 会い言い知れぬ幸福, 会えないかも, 会えないという, 会ってから, 会わせないとは, 出会って, 叫ぶ声, 合い図, 喜びの, 尋ねた, 尋ねるため, 差し出した, 差し出しながら, 彼は, 微笑を, 思わしたかも, 手を, 投げた, 投げつけた, 握られて, 暗夜の, 書いた文字, 気づいた, 気づいて, 気づかず出会頭, 気づかれないよう, 注意を, 深い動揺, 渡す前, 現われし幽霊, 示した, 聞いて, 聞こえないほど, 言いかけた, 言葉も, 話しかけると, 近く寄り添っ, 頼んで

▼ マリユス~ (33, 2.5%)

7 コゼットとの 2 コゼットとは, コゼットの, ジャン, 医者とを

1 [18件] いっしょに, このポンメルシー男爵, そういう談話, その相手, なって, ほとんど同時にその, コゼットと, コゼットとに, コゼットとを, コゼットに, コゼットのみ, ジョンドレット夫婦ばかり, フォーシュルヴァン氏とは, 七八人の, 同じく今, 同様に, 名を, 呼ばれて

▼ マリユス~ (19, 1.4%)

3 それを

1 [16件] いわゆる, い合わしまた, きらって, ごく愉快, それに, ついにそれ, ほとんど気づかなかった, よほどの, コゼットも, 他の, 多少関係, 学生であっ, 疑う余地, 答えを, 自ら知らなかった, 言って

▼ マリユスには~ (12, 0.9%)

1 [12件] あたらなかった, その暴行, それが, とうてい戸棚, もうその, もはや一歩, 亭主よりも, 信じ難かっ, 少しも, 思えた, 思われて, 至って当然な

▼ マリユスにとっては~ (10, 0.8%)

2 コゼットが 1 それ以上の, コゼットあっ, フォーシュルヴァン氏の, 初めてだった, 多くの, 天意的な, 思うも, 炎の

▼ マリユスとは~ (7, 0.5%)

1 そこに, その選, にわかに墳墓, まったく反対, 再び会った, 自由に, 震え上がった

▼ マリユスさんあなた~ (6, 0.5%)

1 があの, はふさいでる, は自分, を知っ, 思い出して, 時々芝居

▼ マリユスとの~ (6, 0.5%)

1 ポケットに, 二人のみに, 会話は, 幸福に対して, 脣づけ, 間に

▼ マリユスという~ (5, 0.4%)

1 ごく貧しい, のを, 一語は, 名だった, 名を

▼ マリユスお前~ (4, 0.3%)

1 がそこ, のよう, は延ばしたい, は男爵

▼ マリユスから~ (4, 0.3%)

1 もらった金, 二十歩ばかり, 彼女へ, 目を

▼ マリユスさん~ (4, 0.3%)

1 だ, だって, の住居, は

▼ マリユスにとって~ (4, 0.3%)

1 太陽と, 幸いだった, 暗黒の, 生活は

▼ マリユスわし~ (3, 0.2%)

1 がもし, の子, の小さな

▼ マリユス~ (3, 0.2%)

1 が何人, と, というごく

▼ マリユス~ (3, 0.2%)

1 だ, と申し上げ, をお通し

▼ マリユスとを~ (2, 0.2%)

1 ながめながら, 除いては

▼ マリユスと共に~ (2, 0.2%)

1 地下の, 彼も

▼ マリユスについて~ (2, 0.2%)

1 戸口の, 指摘し

▼ マリユスにも~ (2, 0.2%)

1 その必要, また自分自身

▼ マリユスに対する~ (2, 0.2%)

1 愛に, 愛を

▼ マリユスひとり~ (2, 0.2%)

1 の娘, は少し

▼ マリユス~ (2, 0.2%)

1 であった, という名前

▼ マリユス~ (2, 0.2%)

1 もあなたたち, を見

▼1* [38件]

マリユスあなたは何, マリユスおのれが住所, マリユスこそは老いたる, マリユスこの手に, マリユスさんあたしいくらかあなた, マリユスさんあなたあたしに約束, マリユスさんあなたそこにいる, マリユスさんマブーフのお爺さん, マリユスさん手紙を持っ, マリユスそうだとも, マリユスと, マリユスってまあ何, マリユスとが現われた, マリユスとだけがそのオーステルリッツ, マリユスとにとってはもはやマリユス, マリユスんていう, マリユスなしには生き, マリユスについてはジャヴェルも, マリユスにというよりも, マリユスにとってだけはそうでなかった, マリユスによって撃退された, マリユスに対してひそかに, マリユスばかりだったから, マリユスほど夢想的で, マリユスほどに愛したこと, マリユスほどの好意は, マリユスらしいだれかが, マリユスをも引き込んで, マリユス何とかって言ってた, マリユス国内戦よりいで, マリユスの涙, マリユス怒ってはいけない, マリユス攻勢を取る, マリユス殿貴下の御, マリユス無為のマブーフ老人, マリユス簡明なるジャヴェル, マリユス自身の血管, マリユスの中