青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ボーイ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

フランス~ ブルジョア~ プロレタリア~ ~ベッド ベッド~ ベンチ~ ペン~ ページ~ ~ホテル ホテル~
ボーイ~
ボート~ ポ~ ~ポケット ポケット~ マア~ マリユス~ マン~ ミ~ ムク~ メートル~

「ボーイ~」 1228, 13ppm, 8333位

▼ ボーイ~ (258, 21.0%)

6 持って 4 はいって 3 彼の, 来て, 来ると, 立去ると

2 [11件] いって, きて, まとめて, やつて, コーヒーを, 出て, 去ると, 大声で, 扉の, 現れて, 立って

1 [214件] あちこちと, あついコーヒー, いた, いつも一緒, いて, いねむりをしていましたがすりガラスの, おずおずと, おそろしく殊, おもい手荷物, おる, お使い, きっとなる, けさ部屋を, こっちを, この千五百噸級, この女, この時, さっき妙な, したがって, そのうしろ姿, そのま, そのトランク, ぞろりとした, ちゃんと出, とんで, ひとりみつかった, ひどく丁寧, ひどく緊張, ふしんらしく寄って, まだいる, まだいるか, やがてすた, やって来た, やって来て, やって来ると, やっと意識, よほど喧しく, わざとむかず, ウイスキーを, クリーナーで, ゲーム取りに, サト子の, シャンペンと, ショコラを, テラスへ, テーブルを, テープの, ビックリしたらしく, ブリッヂの, ポケットから, リモナーデを, 一人い, 一人居た, 一人爺やが, 一人番を, 一人立っ, 一人立つ, 一通の, 一隅を, 七号室の, 三人がかりで, 久我に, 乗り込み日本語, 二三人で, 二三人仕事を, 二三人白い, 二人の, 二人連れだ, 二階から, 五六名団扇を, 人待ち顔に, 今一度冷笑した, 何か, 何と, 冷たいレモナーデ, 出たが, 又やって来た, 取り片付けると, 受取ったそう, 叫び出した, 右往左往し, 各卓子, 名刺を, 向こうへ, 器を, 四人分の, 四階から, 夢を, 大きな銀, 奥へ, 安心し, 客室の, 室内に, 室内を, 小さなテーブル, 少年ボーイを, 居て, 居眠りし, 居間の, 届けて, 山の, 岩形氏の, 差出した紫色, 席を, 帰り仕度, 床を, 座席を, 廻って, 引き取つて, 待ち受けて, 後から, 心得て, 急ぎ足で, 恰で, 感心した, 戸の, 戻ると, 手に, 手洗所から, 払わせられた, 拭って, 持つて, 指した方向, 振り向いた, 捧げる水瓶, 支那人ばかり, 支配人を, 教へて, 断罪と, 最敬礼を, 朝の, 杉川医師の, 来た, 来たので, 来る, 来れば, 桟橋の, 機械的に, 気を, 気付いて, 氣遣つてたび, 沈着な, 注文した, 漸く皿, 炭酸水と, 無事であった, 爪先走りに, 特定の, 玉の, 珈琲を, 現はれる, 用命と, 発見し, 白葡萄酒を, 皆笑いました, 監視役について, 眠たさ, 知って, 知らせて, 知らせに, 私たちの, 私に, 私の, 私を, 秋川に, 積み置いた二個, 突立った, 立ち去るの, 立ち聴き致し, 立話を, 箒を, 簡単に, 置いて, 自分で, 自分に, 船から, 船長に, 茶菓を, 行って, 襯衣一貫の, 見た二十二三, 見付け出して, 言った, 話した朝鮮人, 貰った二十円札, 赤茶色の, 起して, 躊躇の, 身体で, 身動きしない, 送って, 逃げ始めた, 這入って, 遊んで, 運んで, 道子の, 違って, 部屋を, 酒を, 釣銭を, 銀盆の, 開けて, 闇の, 電話だ, 頭を, 飛び込んだ, 飛んで, 食事を, 食堂の, 駆けだす, 駭かう, 駭こう, 鷹揚に, 鼠革の

▼ ボーイ~ (170, 13.8%)

2 おもて, すこし猫背, その通り, 急いで, 急に, 玄関に, 眼を

1 [156件] あいて, あとを, いささかけおされ, いつの間にかメッセンヂャア, いつもの, いないか, いないから, いよいよ顫, かしこまって, からだをか, きょとんと, ぎょっとし, ここでは, こっちに, この奇妙, さながら生きた, さながら貴重品, しきりにお礼, しゃちこばって, すぐに, すぐ僕, すすり上げながら, そういっ, そういわれ, そう言っ, そのまま起ち上らう, その前世紀, その剣幕, それを, たうとう, ただ一人, ただ笑っ, ちょっとその, ちらと, どうした, なにやらにやにやと, なにを, ひとめそれを, ひらにあやまりました, ふしぎそうに, ふたたびいやらしい, ふるえあがって, まじめくさって, まだ来た, もう一人, もう召集令, もとより室, われわれの, キツネにでも, ゲルマンスキーの, サロンに, チーフメートの, ニッコリと, ノックし, ヘイ大丈夫です, ベットの, ホッと, ボーイ以外に, 一つうなずいた, 一人である, 一人立ち, 丁度窓, 万事呑み込ん, 不意打ちを, 主人の, 久しく自分, 二十面相の, 二階に, 仕方なし, 他の, 何かしらにこにこし, 何の, 何も, 何歳な, 俺を, 兄に, 再び船長室, 出かかった嚏, 勝見の, 十分訓練され, 去って, 又, 又凝然, 友人と, 口籠もった, 叱られるの, 呆れたよう, 声を, 夢から, 大きな紙屑, 大声で, 大山氏と, 大阪ビルの, 妙に, 姿勢を, 室の, 容易に, 少し屈ん, 居ないで, 居なかった, 帰る, 帽子を, 平氣, 当番の, 後に, 思わずエレベーター, 怪訝な, 悉く支那人, 意味あり, 所在な, 扉ご, 手洗所から, 把手を, 挨拶一つしなかった, 振り向きも, 料理部屋から, 早速電話, 昇降機の, 更に語調, 杉田を, 村松氏だけを, 枕元の, 横柄な, 次の, 殆ん, 毛布を, 決して有難い, 深いふるえた, 申しわけな, 皆の, 神さんと, 私が, 答えた, 素直に, 背中を, 船長室の, 花を, 荷物を, 見せるだけ, 見慣れざる客, 言った, 証拠不充分と, 詫びるやう, 警部モロを, 躊躇し, 返事を, 逃げるよう, 逆に, 部屋を, 酒壜を, 野郎又, 電話では, 頭を, 顔を, 飛んで, 飛車角みたいに

▼ ボーイ~ (160, 13.0%)

8 の負傷 5 はその 3 が負傷, のそば, の寝, は自分 2 にきいた, のこと, の場合, の左半身全体, はたずねた, はどう, は波田, は藤原, は足

1 [117件] があった, がうやうやしく, がけが, がそこ, がどなった, がまだ, が固い, が引き退る, が慇懃, が有利, が異う, が確か, が紙, が自分, が診察, が雇い, が食欲, たあ, でも父, と同じ, にせき立てられ, にその, にとってたまらぬ, には昨夜どおり, にやる, に与えた, に伝える, に俥, に対してさえ人道的, に対して全然, に対して畜生, に朝鮮飴, に言った, のさし, のまっ白, のよう, のベッド, の代わり, の傷, の前, の右手, の問題, の安井, の容態, の寝床, の左足, の悲嘆, の手, の手当, の方, の暗室, の枕もと, の職務, の胸部, の負傷そのもの, の足, の足もと, の長谷川さん, の雇い, の顔, の鼻, はあの, はいっ, はいまだかつて, はうれし, はかいつまん, はそこで, はそれ, はとたんに, はまだ, はもう, はフト菓子, は一礼, は二人, は会釈, は冷淡, は労, は寝台, は心臓, は思う, は本当に, は横浜着港, は歯, は涙, は灰, は痛, は笑う, は箱, は自由, は船頭, は負傷, は道ばた, は雇い入れなしで, は非常, は食事, へ割い, へ持っ, へ話してる, までもウッカリ, もそれ, も賊, らしいの, らしいもの, らしい禿頭, をいらだたせた, をこの, をめちゃくちゃ, をベンチ, を今日, を彼, を慰めた, を抱え, を揺すり上げる, を絶望, を背中, を自分, を見殺し

▼ ボーイ~ (136, 11.1%)

5 ような 4 手に, 顔を 3 声, 顔が 2 ように, 口が, 手から, 手で, 指が, 話では, 部屋で, 靴痕と, 顏を

1 [99件] ある者, うちに, くせに, この二人, すがた, たぐいおそらくは, と支配人, なりを, は新しい, ほうは, ほうを, まっ白な, もって, サーヴィスも, スリッパさえ, ラッパズボンや, 一人が, 一人は, 三千夫じゃ, 三千夫は, 上衣の, 事であり, 云う通り服, 代りに, 住居その後が, 兄の, 凄味に, 前に, 噂話によって, 声八ヶま, 外貌について, 大声放談すべて心持よから, 大群そいつが, 山本が, 帆村とは, 帽子を, 幻視では, 廻りが, 役目だって, 待って, 後ろに, 心臓と, 忠作君また, 慇懃なる, 手が, 手には, 手もとを, 手を, 投げなわ, 持ち運ぶ皿, 持って, 捧げて, 方で, 方を, 昼番だ, 昼食を, 暗算の, 服を, 来ないうち, 来るの, 森木国松という, 母親の, 注進である, 濁声うるさけれ, 無愛相, 熟練には, 王錦華に, 略, 白い服, 立ち働く姿, 筈だった, 答えに, 緊張に, 聞き違い, 肩に, 腕が, 腕に, 言ふところに, 証言に, 詰所が, 話だ, 話に, 話の, 話を, 説に, 譫言を, 足音港内を, 身の上で, 運ぶ銀盆, 鉤鼻から, 銀盆の, 面前で, 顔とかを, 顔の, 顔色には, 風情から, 首すじを, 黒ん坊が, 黒ン坊

▼ ボーイ~ (135, 11.0%)

5 案内され 3 命じた 2 いった, 合図した, 渡して, 送られながら

1 [119件] あったと, いいつけ持って, いうと, いくらか金, いたるまで, うってつけな, おどかされて, おまわりさんを, それから, それぞれの, たずねた, たのんどく, なったという, なって, なにかを, なにか早口, なれって, はいりこんで, ふんづかまった, もう一度身元, やるチップ, わけを, わたすお先に, ウヰスキイを, カバンを, コートを, コーヒーかんなどを, シャンパンを, チップを, チニー夫人の, ニュームの, ビールを, モダンガールとやら, 一々干渉, 一箇は, 与えた二十円, 二フランの, 二十円を, 云うには, 云つて自分は, 五十銭札を, 交渉する, 仕立てて, 住みこませエレベーター係, 住込ませ, 何やら云, 使わせるん, 僕が, 充分の, 力を, 取らせる譯, 古老の, 合鍵を, 命じて, 商売を, 問い確かめて, 問うた, 囁いた, 変わって, 大枚二十円を, 導かれて, 届けさせる, 差出されて, 幾度と, 心附け, 手を, 手洗所の, 手紙を, 持たして, 掃除する, 揺り起された, 支度を, 教わった通り, 斷わられ, 日本金の, 来意を, 案内し, 渡すと, 現金で, 白葡萄酒を, 皆ここで, 目も, 短銃を, 示された一室, 礼は, 笑われる覚悟, 紅茶と, 紛れ込んで, 耳打ちを, 聞いて, 聞かされた位, 至るまで, 苦情を, 茶の, 言いつけて, 言った, 言つた, 計算を, 訊いた, 誂らへて, 起されて, 身を, 車を, 返して, 追求も, 送られて, 違いない, 部屋の, 金を, 雇いたいと, 雇つて上海に, 雇つて貰つた事を, 雇われて, 雇われに, 電話で, 電話を, 頼んだ, 顔を, 麦酒ひとつ呼んだ

▼ ボーイ~ (87, 7.1%)

10 呼んで 6 呼んだ 3 して, 連れて 2 尻目に

1 [63件] おいて, お兄さま, さがしに, しりぞけた, ちょっと憤らし, つとめて, どなりつけました, もつぐらい, やって, よび出して, よんで, 一撃の, 使って, 使役する, 内へ, 呶鳴りつけた, 呼ばうとして, 呼びつけて, 呼びて, 呼びとめて, 呼びました, 呼びましょう, 呼び止めて, 呼ぶ, 呼ぶため, 呼ぶつもり, 呼ぶと, 呼ぶの, 呼ぶ叫び声, 呼ぶ押釦, 呼ぶ迄も, 始めホテルの, 始め数人の, 役者にと, 志願し, 怒鳴った, 抱きとめる, 招いて, 招んで, 指さし, 指揮し, 振り返った, 振返った, 捉えて, 捕えましたよ, 捕へて, 掴まえては, 殺そうと, 沢山引っぱっ, 海ン中へ, 相手に, 睨めつけ日ごろ, 笑は, 笑わしては, 読んで, 返り見て, 送らせたら帰ろうと, 鎮めること, 雇って, 頭から, 顎で, 食べて, 驚かしながら

▼ ボーイたち~ (26, 2.1%)

1 [26件] がわし, がテーブル, が無表情, が甲板, が皇帝, が立ち去る, が訓練, が金属, と分けあった, にあと, にいろいろ, にさけばせ, にたち, にもまれ, によって船室, に向っ, の手, の話, の話声, はきょとん, はこの, はとつぜん, は上陸, は完全, は習い覚えた, を叱りつけ

▼ ボーイ~ (24, 2.0%)

2 なって, 押し問答を

1 [20件] おぼしき風態, それを, なりアメリカ, めったに話, よばれ鳥料理屋, ポーターが, 一しょに, 一寸話す, 一緒に, 二人で, 向い合って, 夜警の, 女給は, 女船員が, 少年ボーイであった, 料理番とに, 早口で, 相談を, 赤い帯, 違って

▼ ボーイ~ (21, 1.7%)

1 [21件] いまちら, このとき, さるもの, ゐれば, 一人残らず出, 一度も, 中国人だ, 何も, 切符賣り, 口を, 同樣, 女給も, 客人も, 愛想よく, 承認し, 歩いて, 番頭も, 眠れなかった, 笑う, 背後に, 証言した

▼ ボーイ~ (18, 1.5%)

2 女給たちが

1 [16件] その家, ほかの, ガールを, ホテルに対する, 交替で, 出入の, 売笑婦たちから, 女給が, 巡査が, 支配人に, 船員達も, 船客たちが, 車掌も, 運轉手たちに, 酒房や, 馭者に

▼ ボーイさん~ (14, 1.1%)

1 [14件] が型, が広間, が案内, が買っ, にオートバイ, に話した, に頼ん, ねありゃ, の代り, も相手, や水夫火夫, を呼び出し, を呼ん, 御在館

▼ ボーイ~ (11, 0.9%)

3 の折井 1 から最高レコード, が心得顔, が支配人, が来, なぞはその, にもう, のよう, をつかまえ

▼ ボーイ~ (10, 0.8%)

1 がサーヴィス, が大きな, でさえよほど, にとっては直ぐ, には知られ, はうんざり, は幸福, も奥, も明るく, を教え

▼ ボーイ~ (5, 0.4%)

1 から僕, とか小使, と思つて, な, よこの

▼ ボーイ~ (5, 0.4%)

1 とにかく気, 十七番の, 反抗し, 日本金の, 水泳選手を

▼ ボーイから~ (4, 0.3%)

1 あなたに, 三人伴れ, 剣呑を, 見たらむしろ

▼ ボーイとして~ (4, 0.3%)

1 乗船した, 住込む, 働いて, 彼に

▼ ボーイらしい~ (4, 0.3%)

1 服装を, 男が, 軽薄な, 青二才が

▼ ボーイ仲間~ (4, 0.3%)

1 でその, では五セント十セント, との話, の二三人

▼ ボーイです~ (3, 0.2%)

1 ねあれ, よ, 背は

▼ ボーイとが~ (3, 0.2%)

1 ドアを, 押し並んで, 荷物を

▼ ボーイとは~ (3, 0.2%)

1 丈夫な, 恐入ったね, 英語で

▼ ボーイ~ (3, 0.2%)

1 が店頭, が手器用, は皆食堂

▼ ボーイ~ (3, 0.2%)

1 がきみ, が控え, の入った

▼ ボーイ~ (3, 0.2%)

1 では少年ボーイ, に皿, へのベル

▼ ボーイがは~ (2, 0.2%)

1 いつて, ひつて

▼ ボーイじゃ~ (2, 0.2%)

1 ないですか, なかったですかな

▼ ボーイだった~ (2, 0.2%)

1 んでこいつ, 三千夫少年も

▼ ボーイであった~ (2, 0.2%)

1 のでこれ, のなら

▼ ボーイでは~ (2, 0.2%)

1 ないか, ないの

▼ ボーイでも~ (2, 0.2%)

1 来たの, 水夫でも

▼ ボーイという~ (2, 0.2%)

1 もんじゃ, ボーイの

▼ ボーイなどの~ (2, 0.2%)

2 挨拶に

▼ ボーイなども~ (2, 0.2%)

1 てつだって, コスメチックや

▼ ボーイにまで~ (2, 0.2%)

1 出世した, 笑いものに

▼ ボーイにも~ (2, 0.2%)

1 ひけを, 三十円程

▼ ボーイに対しても~ (2, 0.2%)

1 こっちは, 腹を

▼ ボーイ三千夫少年~ (2, 0.2%)

1 にほかならなかった, をルゾン号

▼ ボーイ姿~ (2, 0.2%)

1 だつた, になった

▼ ボーイ~ (2, 0.2%)

1 の喜び, の男淫売式

▼ ボーイ~ (2, 0.2%)

1 にチョット, も何となく

▼ ボーイ連中~ (2, 0.2%)

1 の関心, も注意

▼ ボーイ長の~ (2, 0.2%)

1 と, は二層床

▼ ボーイ鷲尾~ (2, 0.2%)

1 によっていま一つ, の証言

▼1* [76件]

ボーイ誰かが, ボーイがにこっと, ボーイさんカクテールを一杯, ボーイさんカツ一枚とビール一本, ボーイさんシャンパンだシャンパン, ボーイさんビールの御, ボーイさん火を持っ, ボーイそしてカフェー音楽家バーマルキスト等が, ボーイその他の見送つ, ボーイだの隣りで, ボーイといったすごい顔, ボーイとかエンゲルスガールだ, ボーイとかの姿で, ボーイとしての生活が, ボーイとでも呼ぶであろう, ボーイとの足音は, ボーイと共に朝食の, ボーイどもが眠気, ボーイなぞにさせられるもの, ボーイなどがパタパタと, ボーイなどにも油断は, ボーイならざる限り現在の, ボーイなりがすべて前の, ボーイなる私が, ボーイなんていうから, ボーイにおけるマルキシズムの, ボーイについて思い出したこと, ボーイになつて勤め, ボーイにね岩瀬さんの, ボーイには必要以上の, ボーイばかりで女, ボーイびっくりして, ボーイまでが癪に, ボーイみたいに投げ, ボーイやったら誰も, ボーイよりもその方, ボーイらしき燕尾服の, ボーイエンゲルス・ガールという名, ボーイゲラ刷を工場, ボーイ一人その混雑, ボーイ三四人の顔, ボーイ下男の召使, ボーイ下男等々全部で二十五人, ボーイに扱われるだろう, ボーイ事務長のおよび, ボーイ代りに働い, ボーイ以外に出世, ボーイで去る, ボーイ君王老師はまだ, ボーイというの, ボーイ女中をはじめ, ボーイ宮殿の侍者, ボーイ山本は余り, ボーイ山本千太郎の言, ボーイははたして, ボーイを着た, ボーイ来んか, ボーイ森木国松の供述, ボーイ毛布はどう, ボーイ活弁俳優苦学生の順, ボーイやシーツ, ボーイ溜りにだってこれ, ボーイ番兵おやといスイス兵, ボーイ自身でさえよくこんなに, ボーイ臭い素人臭い, ボーイ若い方ピノチヨの, ボーイを敷く, ボーイ諸君が少々, ボーイ辛うじて料理は, ボーイ達毛布にくるまっ, ボーイ長バーテンなども集り, ボーイ陳君です, ボーイ面して澄し, ボーイの記者, ボーイ食堂の入口, ボーイ麦酒だ麦酒