青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わからない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ろ ろ~ ろう~ ~わ わ~ ~わかっ わかっ~ ~わかった わかった~ ~わからない
わからない~
~わからなかった ~わからぬ わからぬ~ わかり~ ~わかりました ~わかりません ~わかる わかる~ わかれ~ わが~

「わからない~」 5804, 58ppm, 2002位

▼ わからない~ (846, 14.6%)

166 です 10371 である 3028 だから 27 ですが 22 であります 15 だが 14 であるが 13 では 12 であった, でした 11 かい 10 ですから 9 ですよ 8 だよ, でございます, ですか 7 だと 6 かね, でしょう 5 であるから 4 さ, だからね, だろう, ですね, も無理 3 かそれ, がこの, だけれど, だった, でございますよ, はその, はそれ

2 [24件] かお, かおれ, かしら, かな, かなあ, かなと松吉, かねえ, かもしれない, かも知れない, か長い, がある, が当然, が恐ろしく, が残念, だという, だとは, でありました, でありますが, ですけど, は, はこの, はこれ, は今, は無理

1 [166件] あたしには, かきみ, かといわぬ, かとかまるで, かと思っ, かと思ひ, かと思ふ, かと怪しまれた, かと若者, かなあ春さん, かな梯子, かな石原, かねえ親分, かね大阪, かわからない, かエ, かッ, か今村善太夫, か八, か東洲齋, か看護婦たち, か親, か諸君, か馬車, がいわゆる, がけさ, がたくさん, がたった, がほんとう, が不足, が世の常, が人間, が佐々伸子, が命, が多い, が平次, が当り前, が普通, が本当, が根本, が此時代, が氣持, が沢山, が現在, が癖, が竹童, が自分, が通例, が道理, が遺憾, このひと, さだから, さ芝居, じゃ, だお前, だからなあ, だがね, だこういう, だぞ, だつた, だな, だのに, だろうか, だろうこれ, だわね, であったから, であったが, であって, である風景画, であろういつ, でございまして, でございましょう, でございますが, でございますそこ, でございますのよ, でございます次, でございます殺されるの, でしたから, でしたが, でしょうか, でしょうが, でしょう肉, ですかい, ですかね, ですがね, ですけれど, ですって, ですもの, ですわ, ですエアさん, です僕, です役に立たない, です雄二, でもサフォ, とその, とそれ, とでは大変, と乱暴, と勝手, と君, と快晴, どんな映画, なんだって, には弱った, には彼等, に気づい, はあたりまえ, はあなた, はあの, はあんな, はいささか, はいっそ, はお, はそこ, はひ, はひと, はふたり, はむしろ, は人, は例, は兄さん, は先生, は困ります, は坊ちゃん, は外国船, は奥方, は娘, は實, は弟, は当り前, は当然, は描かれ, は政治, は文化的教養, は昨夜あれ, は最初, は残念, は病気, は知識, は立川流, は米友, は芸妓, は貴方がた, は賢吉, は道庵先生, は金, は間拔, は顔, は馬鹿さ, もあります, ももっとも, も以前, も同様, も程, やわかる, よー, ををし, を一つ, を思い出し, を気の毒, を知つて, を福松どの, を誇り, を赤井, を避ける, 私には

▼ わからない~ (743, 12.8%)

7 ともかくも 6 何か, 兎に 5 それが, 私は 4 自分の 3 とにかく彼, 兎も

2 [32件] あれが, おもて, お兼, この浜, そう言われ, そこは, そのよう, その手, それだけきいた, それに, それ以来きみのは, そんなこと, たしかにこの, とにかくこの, とにかく六年, どうもいかん, なんでも, アルプスの, 一方に, 二人の, 人の, 僕は, 固太りの, 増長し, 多分貧乏, 年の, 彼の, 徴兵検査の, 手を, 若いころ, 青いペンキ, 非常に

1 [640件 抜粋] ああし, あいつの, あなたには, あなたの, あのとき, あのなか, あの大鷲, あの怪火, あの時, あまり遠く, あるいは江戸時代後半, あるりっぱ, あれだけで, あんぽんたんが, いずれと, いずれに, いちばん直接, いつたい軽い, いつでも, いつもやっ, いづれ何處, いま時分釣りを, いま渡っ, いわゆるぶらぶら病い, うっかりその, おきぬの, おくへとは, おそらくは共和派, おそらく両者, おそらく原始的, おそらく床下, おまえの, おめ, おれの, お店, お玉さんだつて, お里と, お雪, かの横町, かれのすがた, かれは, かれら, がらがらと, きいたらしい, きいんという, くどくどと, こいつの, こうして一方, ここに, こちらへ, こっちの, こっちは, この, このおやじ, このごろの, このふたり, この二号艇, この命令, この大, この牛, この男, この短文, この箱, この辺, この際, この青年紳士, これから若林博士, これなら, これは, これほど, こんなふう, ごそごそと, さうし, さっきは, ざらざらの, しかしこの, しかしよく, しかし事態, しかし何人, しかし前述, しかし北近江, しかし滅び, しかし虎之助君, しかし飛び抜けた, しきりに怪しい, しっかりと, しばらくし, すすむべしは, そういうこと, そういう現象, そういわれる, そうかと, そうでなく, そう言い, そこからは, そでどのの, そのお, そのころ, そのし, そのとき, その一発, その事, その剣, その口ぶり, その場, その夢, その挙動, その文言, その日, その時, その時分, その犯罪, その生み, その目的, その眼, その絵, その聲, その部落, その面積, その顔, それから往復十二里, それでもこうして駈けつける, それでも初日, それでも江戸中, それは, それも, そんなもの, そんな相談, たいていその, たしかにうち, たしかに何, ただ, ただいきたい, ただでさえ, ただなんとなく, ただ二人, ただ嫉妬, ただ彼, ただ断食, ただ日記, ただ現在, たとえば女, ために, たんといい, だいたいめぼし, できるだけの, ではお前さん, とくちょう, とにかくある, とにかくかなしい, とにかくこれ, とにかくどこ, とにかくまもなく病死, とにかくわれわれ, とにかくマタ・アリ, とにかく三郎様, とにかく乞食, とにかく今, とにかく僕等, とにかく呼び立つこえ, とにかく大きな, とにかく太刀川青年, とにかく彼女, とにかく既に差し当り, とにかく未来, とにかく深夜, とにかく物, とにかく私, とにかく胆吹山, とにかく自分, とにかく見つからない, とにかく話さない, とにかく輪郭, とにかく非常, ともあれいちおう, ともかく, ともかくこの, ともかく新沼家, ともかく権力, どういうきっかけ, どうもこんな, どうもでき, どうもなんだか聞いた, どうも前後, どうやらすごい, どうやら鼻紙嚢, どくろ, どのみちあと, どの道, どんなエライ, どんな例外, なあにそれは, なお昼, なかなか光つた才能, なかなか切れ味, なにか大急ぎ, なにせよ, なにひとつ私の, のこる三人, はるか上の, ひょいとよ, ぴったりし, ふとした疑問, ふりかえって, ほとんどその, ほとんど毎日彼女, ほんとにその, ぼくたちの, ぼくの, まあとにかく鍵, まあ個人的, まあ大, まずは確か, また往々, まだいつぺん, まだ夜, まだ眼, まるで気風, もうひとり, もう働いたら, もし今日, もとこの, やがてだれ, やがて拡声器, やって, やつは, よしこの, わたくしにも, われに, われわれとしては, ウッスリ眼を, ガラス窓が, キリギリスとは, サイクロ銃で, ドウモ僕の, プンプンなさり, マダム, マドロス氏が, メロディを, ランドル記者は, ル・カブュクと, ヴィクトル・ユーゴーに, 一人やってきた, 一個月ぐらい, 一度生れ, 一種の, 一般は, 七兵衛にも, 三ヵ月の, 三人は, 三百篇は, 上述の, 並べて二つ, 主として各, 乱れた靴, 乾児の, 事の, 二人が, 二人で, 二部の, 二階の, 人々の, 人殺しの, 今でも, 今まで, 他の, 伊留満に, 佐竹君は, 何かが, 何かしら勇ましくたくましい, 何しろその, 何しろヤハヤハ, 何しろ非常, 何だか故意, 何となく不気味, 何となく愉快, 何に, 何んとか, 何人前もの, 假に, 僕たちの, 僕も, 優しい雑草, 兄の, 先生を, 先頃の, 兵馬に, 兵馬も, 出入の, 出来るだけの, 刀傷によって, 刃文の, 別に悲しく, 別れるとき, 前燈, 努めて, 勝つに, 博士が, 厚化粧を, 古代の, 台所では, 右の, 吾家の, 呼んで, 地図の, 坎もしくは, 場合によっては, 壁を, 声と, 多分この, 多分一人, 多分昼, 多分晝, 多寡が, 夜が, 大いに気, 大の, 大方私, 大筋は, 大通と, 大銀行, 夫が, 契約書に, 奥田孫太夫が, 女は, 妙に, 子供は, 季節から, 学務課までには, 学術優等品行方正だけは, 完全に, 実に絶世, 実は私, 客商売の, 家来らは, 密通でない, 察する, 将来を, 小町と, 少なくとも寒, 少なくも東京, 岩である, 年を, 年長者の, 幸いに, 延暦寺に, 形だけは, 彦根様が, 彫刻と, 役目の, 彼が, 彼は, 彼女が, 彼女の, 後ろから, 後棒を, 御苦労千万にも, 心の, 心を, 怒って, 怒りに, 思えば, 恐らくこの, 恐らく僕, 恐らく彼自身, 悪の, 悲鳴の, 意見を, 憎々しい坊主女, 戸口の, 手に, 手は, 拾った人, 挨拶に, 支那縮緬の, 斬られたの, 斬られて, 日本の, 旦那方は, 明らかに, 昨夜の, 昼間は, 時代は, 景気の, 朧げな, 木蔭の, 本能的に, 杉の, 果してその, 梟は, 検校の, 檢屍に, 歌の, 武士と, 歯は, 殺したの, 殺害者が, 母上には, 毛織りの, 気性の, 水深四尺ばかりの, 水温一つを, 治明博士は, 注文に, 清澄の, 渾身, 激しい感情, 火星人たちは, 火星兵団の, 無遠慮な, 焼け木, 牛九郎夫婦は, 猟に, 現在曲者と, 甚しく, 生命がけ, 生命を, 田舎では, 番町の, 痴情の, 白馬黒鹿毛を, 皆ズックの, 皆藁帽子を, 皮肉の, 相手の, 真夜中に, 真珠の, 碁将棋野球ボクシング等, 神でさえ, 私が, 私に, 私の, 私も, 空いちめんは, 窓の, 竹童は, 第一坊主, 箪笥二十円ボンネット七十円夜具ふとん, 糧食係の, 純な, 綿文の, 縞の, 翌年八月その, 老人の, 耳を, 聞いて, 腰の, 膝から, 自らその間に, 自害や, 自然小役人上がりの, 船長が, 芭蕉の, 若い頃, 若し日本, 茂次の, 落付い, 蒼空の, 蓑の, 蟹口は, 表に, 袖での, 西洋種であり, 要するに物理的, 見たところ三十, 言葉の, 訊問中の, 赤いもの, 足もとばかり, 足軽が, 近いところぢ, 近代に, 近頃の, 逃げようと, 通常の, 道庵は, 遠くから, 酒を, 重い扉, 金が, 金と金との, 金次郎様に, 釘が, 針金の, 鎌倉時代に, 鐚は, 長いこと, 長い江戸番, 雅楽頭と, 雨戸一面に, 青い白鳥, 非常汽笛を, 音の, 顏容ち, 首の, 駒井船長や, 骨と, 髪の毛の, 鬼の, 黒い鞄

▼ わからないこと~ (281, 4.8%)

26 がある 9 はない 8 があります 76 が多い, である, です 5 だが, になる, をいっ, を言っ 4 がたくさん, だった, ばかりだ 3 だったが, はありません, はわからない, もない, をいいました

2 [22件] がいろいろ, がかなり, ができた, が沢山, が起こりました, さ, でしょう, なん, はあるまい, は今, は何, ばかりいう, もあります, をいい, をいう, をつぶやい, をわめきたて, を云, を口走る, を叫ん, を言, を言いました

1 [122件] いつて, おびただしい, から鎌倉, が, があった, があつし, があと, があるだろう, がおおかっ, がおこった, がおこりました, がお前, がこの, ができたら, がのこっ, がまだまだ決して, が不断, が何, が出, が多く, が屡々最も, が悧巧, が書かれ, が自分, さえ多かっ, だと, であった, であったし, ですし, でも, で命, なんかある, なんかなに, なんてありえない, にし, については書かない, になっ, になった, にはなに, にぶちあたっ, によつて, に到る, に無闇, ねでも, のある, のほう, のわかる, の姿, はあの, はありました, はお上, はきらい, はございません, はその, はそれ, はなかっ, はなかつた, はなかろう, はなん, はほか, はやっぱり, は依然として, は僕自身, は同じ, は最も, は最後, は良寛, ばかりである, ばかりでございます, ばかりをいうで, ばかりを勉強, ばかり出, ばかり言つて, もありません, もある, もあるまい, もしばしば, もなかっ, も前, も多く, らしいから, をいった, をお, をおっしゃる, をきき合った, をしゃべりちらす, をつぶやいた, をつぶやく, をひどくいそがし, をぶつぶつ, をやり出し, をわかった, をわめきだしました, を二言三言, を云う, を今, を受け身, を口ごもり, を叫びつづけた, を叫んだ, を呟い, を呟き, を呶, を呶鳴り, を喋舌つて, を喚き, を幾度, を彼女, を必要, を早口, を歌いました, を歌い出す, を申しまし, を申しました, を白状, を聞く, を言いあっ, を言う, を言った, を長平, を隠し, 夥しいが

▼ わからないよう~ (258, 4.4%)

12 にし 11 な気 6 になっ 5 なこと, な顔 4 です, なところ, なもの

2 [24件] だから, であった, である, でした, でも, なかくし戸, なふう, なふしぎ, なへん, なまっ暗, な不思議, な人, な変, な小さな, な心持, な感動, な暗い, な気持, な男, な細工, な言葉, な調子, にこの, にした

1 [159件] じゃ駄目, すでしたから, すでしたが, だが, だけれども, だった, だつた, だね, であるが, でしかし, でしたが, でそんな, で戸口番, な, なうなずきを, なおそろしい, なかすか, なそっぽ, なその, なたか, なちっちゃな, なちょうつがい, なつながり, なとにかく, なとりつき場, などうしても, などきまぎと, なぬば, なの, なはんてん, なばつ, なふり, なほそい, なまっ, なむっと, なやみ, なよう, なわかるよう, なチョロチョロ, な一段, な三重顎, な上, な事, な事がら, な人物, な人生, な人間, な兄弟, な凄い, な古, な品物, な地味, な場合, な場所, な声, な大, な始末, な威風あたり, な娘, な子, な小さな小さな, な彼, な心持ち, な恐しい光景, な恐ろしい, な恐怖, な悪い, な感じ, な感情, な時, な暗, な極地, な歌, な死に方, な殺人計画, な気分, な気味, な気持ち, な気焔, な気違い, な気配, な氣, な永遠, な深い, な状態, な理由, な生活, な百姓家, な盗み, な目つき, な眼, な睡眠, な種類, な空気, な老人, な老木, な菱苅, な蒙昧さ, な表情, な話, な論文中, な返事, な逆説, な通俗芸術, な非常識, な面, な顔つき, な顔色, な風, な馬鹿, に, にあらゆる, にいっ, にいつのまにか, にうまく, にお, にお前, にく, にこっそり, にこんがらがっ, にさえ見受けられた, にしなきゃ, にする, にそっと, にその, につらつら, にとりこめた, になりました, にぶらぶら, にぼんやり, にまた, にもと, にカーッ, に乱暴, に僕, に出来, に国家, に大金, に少し, に崩し塞ぎ, に思った, に思われ, に抜け, に方々, に日本, に書い, に注意, に深々, に目, に竹童, に考え, に肌身, に舌, に草, に見え, に覚えた, に言う, に隠しました, に鳥獣

▼ わからない~ (243, 4.2%)

5633 です 16 だよ 13 だから, ですよ 10 ですか 8 だが, ですもの 7 ですが 6 だもの, ですの 5 ですから 4 だけど, ですけれど 3 じゃない, だからな, だと, ですけど 2 だけれど, だな, だね, だわ, ですからね, ですがねえ, ですわ

1 [28件] じゃないでしょう, だうまく, だお前, だけれどね, だけれども, だったね, だって, だって三百円, だどう, だなあ, だなんて, だまた, だみんな, だらうと, だろう, だろうなあ, だ兄さん, でございますけれど, でございますよ, でしょう, でしょうね, ですかね, ですがね, ですけれども, ですね, です眞, でねえこまってるん, でも

▼ わからない~ (224, 3.9%)

5 すれば 4 云ふ, 思った, 言う, 言うの, 言って

3 [13件] いう, いうから, いうので, いえば, お思い, 云った, 云つた, 思いました, 思う, 思ったの, 思って, 思つた, 言えば

2 [15件] あっては, いうほど, いふ, いふので, なると, 云えば, 同様に, 思ふと, 溜息を, 答えた, 考える, 見えて, 言うと, 言った, 言われるの

1 [130件] いい私, いうだけ, いうに, いうのに, いえるもん, いって, いつたやう, いへば, いわれるよう, おいいならくどくど, おかみは, おっしゃるの, お気づかい, きめこんで, ことわったの, されて, したらやはり, して, そう言っ, たとえその, どうしても大乗, なげかねば, はっきりいっ, びくびくし, まどひで, みえて, わたくしは, サ, ハラハラし, マンローも, 一生懸命に, 云う, 云うの, 云うよう, 云うん, 云う事, 云う口, 云う方, 云った批評家, 云っても, 云つ, 云ひました, 佐八は, 取越苦労を, 同じやう, 同様である, 告げた, 困る, 存じまして, 小君に, 弁解した, 彦兵衛は, 彼女は, 彼自身が, 思いおもい, 思いながら, 思いながらも, 思いましたので, 思いましてね, 思います, 思い込んで, 思うたので, 思うでしょうから, 思うと, 思うところ, 思うね, 思うの, 思おうと, 思ったから, 思ったが, 思ったこと, 思ったので, 思っては, 思っても, 思ってよ, 思つたから, 思つたのです, 思つてとにかく, 思つてゐる, 思つて印鑑も, 思つて居る, 思ひ出した, 思ふの, 思ふ事, 思わせられます, 思われたので, 思われるよう, 思召すでしょう, 手の, 手紙の, 新子は, 母親が, 気づいて, 洋行出来ない, 犬は, 理解し, 申して, 申すか, 疊を, 疑えば, 祿兵衞は, 禄兵衛は, 私の, 答えたよ, 答えたら新聞, 答えるわけ, 繰り返した, 考えたから, 考えられる事柄, 考へた, 聞いちや, 自分で, 自分の, 良次は, 見えますな, 見える, 見えるね, 見て, 言う人, 言ったが, 言ってたじゃ, 言つた, 言つた無, 言つてゐる, 言ふ, 言われた人, 諒解し, 警告した, 食扶持つきで, 驚きました

▼ わからないので~ (170, 2.9%)

4 あつた 3 困って, 私は 2 あらうか, だまって

1 [156件] あたしが, あぶないと, ありのまま, いち早く草, いつまでも, いつもがっかりし, いろいろ調べ, うっかり懐中電灯, おしまいには, お母さんに, お蝶, お高, かれの, こちらは, こっちは, この手紙, この証人, じつにきみがわるい, すぐに, せう, せうか, そういっ, そのお, その小花, その年恰好, その死骸, それが, それで有難い, そんな風, たうとう, ただ漠然と, ちょっと言葉, できるだけ早く, とうとう決闘, ともかく右, どうしよう, どうもしようが, どう治療, どんなにか, どんなにクラス全体, なおも, なおもきょろきょろ, ひどく不思議, ひどく心, びくびくもの, びっくりする, ふたりは, へどもどした, まごついた, まったく悪魔, まよって, みんなが, みんなは, もうはや懼, やっとから, わたしは, ウンウンと, ホールの, モジモジし, モジモジ黙っ, ロリー氏は, 一般には, 不安と, 事実を, 二人の, 会社で, 伺いますが, 作戦を, 僕たちを, 僕は, 初めは, 前もって知らせる, 勝手に, 去年の, 叔母も, 右手の, 同行者に, 君江は, 周次郎に, 唯ありがとう, 問いかえした, 問ひか, 困った, 困つて, 困りました, 困るね, 困るん, 夕刻裸體に, 夢でも, 夢まど, 大いに泣い, 妻の, 幸だった, 座敷へ, 当惑し, 役人は, 彼は, 御座います, 御座いますが, 心配ばかり, 怖, 思ひ止まりました, 思わずも, 悲しかった, 悲しくなりました, 戸惑い外, 戸棚へ, 手取り足取り, 捜すこと, 掛けて, 新賀君の, 日夕兢々として, 明日でも, 有耶無耶の, 楕円形の, 欧米の, 気に, 気味わるがっ, 気掛りだった, 泣いて, 泣出したくなった, 父親も, 猟師は, 珍らしい, 生皮の, 白いから, 白葡萄酒の, 皆んな評議しました, 知らん顔を, 祭りの, 私どもは, 私も, 笠原さんは, 第三者としての, 経験を, 結局, 結局何にも, 絶えずその, 置き去りに, 美しく見える, 習いに, 製作品, 親方が, 誰も, 調べて, 逃げ出すこと, 通りがかりの, 部屋から, 鉈豆煙管で, 鉛筆を, 錢形の, 長三郎も, 隱し, 首を, 麦畑の, 黙って

▼ わからないから~ (146, 2.5%)

8 である, です 2 だ, 不思議で, 君は, 米友は, 逃げたん

1 [120件] あつしが, あのよう, いっそこっち, いやあたし, いやに, いやになる, うまく表現, お役人, お爺さんに, かうして, かえってたすかる, かつてに, くるしいの, こいつは, こうしてお話, このこと, この下, この時, この次, これは, さらに研究, したがって距離, して, すること, せっかくの, そこが, そこで突発的, そして私, そっちで, その代り, その子, それで妙, そんなふうに聞える, ただボヤツ, だな, ちよいと, ついでに, であった, であって, でさ, でしょう, ですわ, どちらへ, どっちについて, なお, はいって, まずチャンウー, またの, ままよ, めったに不平, もしそれ, もしだれ, もつと, わざわざ危険, チョビ安も, ハーモニカを, ロス氏は, 不思議ぢや, 不思議な, 両人と, 中身を, 事件や, 二人し, 人に, 今の, 何かの, 前後の, 助けに, 勇敢である, 参考の, 呆然と, 困ったのよ, 困つて, 困ります, 困る, 困るの, 堪らんの, 外へ, 大概無理を, 子の, 小柄が, 小母さまに, 常に詩材, 心配です, 心配な, 批評なんかは, 搜し, 教えて, 教えてよ, 教えない, 日本人だ, 明日まで, 暫らく泳がし, 気の毒で, 無駄だ, 父の, 琵琶湖に, 用心ぶ, 留守を, 癪ぢや, 百合子飛散の, 直ちにその, 第一土蔵, 結局そんな, 腹を, 自分だけの, 自然人の, 落着い, 西洋の, 見て, 訊いて, 記事だけに, 説明し, 謎と, 買って, 賞品を, 迎えに, 遠慮を, 野宿を, 駄目だ

▼ わからないもの~ (143, 2.5%)

11 だ, ですから 7 だから 6 である 4 だと, になる 3 がある, ですね, にし 2 が多い, が多かっ, が泣きわめき, だね, です, では, のよう, もある

1 [75件] かと歎息, があったら, がいい, がその, がアメリカ人, がピアノ, が出, が劇作家, が干割れた, が書かれ, が濃く, が現われ出, が私, が誰, さえある, しか賞賛, だそう, だったにも, だよ, であったらアインシュタイン自身, であって, であります, であること, であると, でございますよ, でした, ですが, ですよ, でずいぶん, でその, でだから, でも, で小, で岸田, と云, と考えさせ, にする, にそんなに, にでも相当, になっ, になつ, になつて, になります, には一種, には惹かれる, ねえやっぱり, ねえ私, ねエ, の一つ, の中, の来襲, は, はありません, はいくら, はどうして, はない, はイクラ空, は主婦, は人, ばかりで, へ對, ほど恐ろしい, もあります, も多く, をいろいろ, をこの, をむやみ, をわからない, を人間, を信ぜよ, を懸け, を期待, を正しく, を測定, を背負った

▼ わからないという~ (108, 1.9%)

8 のは 5 ことは, ように 4 ことに 3 ことが, ことでした, ことを, ような 2 のが, のだ, のだった, 感じを, 気持ちが, 筈は, 風に

1 [60件] ことだけ, ことであった, ことであります, ことです, ことも, ことよりも, その事情, たいへんな, ところが, ところに, ところも, のでした, のです, はずは, はなはだ技術的, ふうに, ふりを, ものであった, ものも, ようすだった, ようすであった, ようすでした, わけは, んだ, 不安は, 事は, 口実の, 場合が, 場合大, 客観的より, 底きみの, 徴に, 意を, 意味だ, 懸念も, 方が, 旧家で, 暴力の, 気が, 気持は, 状態が, 状態であった, 状態に, 現代青年の, 理由だけ, 理由で, 知らせを, 私の, 考えが, 興味を, 苦悶を, 表情を, 表現の, 見本までに, 評も, 返事に, 道理は, 顔つきです, 顔を, 風でした

▼ わからない~ (97, 1.7%)

4 いた 2 いる, せう, せうが

1 [87件] あらうと, いたの, いるの, いるばかり, いるん, いる事, いる式, いる愚か, いる感じ, いる男, いわれて, え, おりますと, くるくる回っ, こう答えたであろう, この三人, しまったかも, しまったこと, しようね, すまされる, する信心, そのメロデー, ただたよる, ただむしょうに, ただもう, ただヘヒト, ただ人間, ただ恍惚, ただ悲しい, ただ旧慣, ただ観, つまりは, とある松並木, どうして鬼神, どうする, どれほどつらい, のんびり風, のんべん, びっくりし, ぼんやりし, まごついて, まごまごし, もう過去, もじもじと, よこしたり, ゐるらしかつ, サァ, ボンヤリし, ラベルの, 一かたまり, 一瀉千里に, 他に, 何の, 価の, 別の, 前へばかり, 副司令, 呆然として, 四人は, 変な, 少しの, 居たり, 屋根の, 幾日も, 度を, 引っ張られて, 打つという, 暫くは, 暫くぼんやり, 死にそう, 父の, 独りで, 番頭の, 聞いてこそ, 膝に, 自分でも, 興味の, 苦しんで, 蓋の, 行く気, 街, 読むお, 読んでこそ, 踊り出すという, 通して, 道の, 頭を

▼ わからない~ (87, 1.5%)

2 しかたが, それに, なんの, 自分が

1 [79件] あなたの, あの面構え, あるいは僕, あんなに親しかっ, いよいよ不払い, ことによる, この橋, これからももう, これっぽ, こんな事, するから, そうなれ, そのため, そのとき, その上, その騒ぎ, それが, それまでは, たいていの, たぶん嘘, どういう手当, なにひとつおぼえる, なにひとつならいおぼえる, ひきはなしどうしても, ぶなの, ほかにも, またその, またもしか, またやはり, またわかった, また尺取り虫, また得意, また私, また考えよう, わかっても, わからないから, わかりたくも, わたしは, われわれの, プラットフォームらしい, 万一自分, 世間には, 事実今は, 北海道なんかへ, 去定, 口の, 地下に, 場所が, 大事に, 大体事柄が, 女にも, 女自身にも, 寒くも, 引っくり, 必要な, 手荒な, 旦那は, 時間が, 根が, 民主主義文学運動自体を, 沢田君も, 況んや, 無我夢中, 生きて, 疑惧, 相手の, 知りたいとも, 硝子屋は, 第一, 職業本位としても, 自分といふ, 自分の, 興味も, 艦へでも, 親しめない, 言えない, 身形も, 都会から, 集まる連中

▼ わからないけれども~ (75, 1.3%)

2 私は

1 [73件] あの作品, あの時, お互に, がんりきの, この女, この話全体, これからこの, これも, さもそれ, しかしとにかく, そのおしまいがけ, その女, その姿, その年齢, その欲望, その間この, それでも私, それは, それを, そんなこと, でも僕, とにかくここ, とにかくその, とにかく日本, とにかく罪悪, どうせそれ, どくろじ, どこの, どちらに, どのみち誰, どれとして, なにか大きな, もう前, ガレージの, フッツリと, メネスの, 今まで, 今までに, 何かを, 作品を, 兎に, 坂本氏の, 多分それ, 大村組から, 実にいい, 少くとも, 幼年時代の, 彼女は, 心を, 恐らくこの, 探偵小説の, 最初の, 材料を, 此の, 決して負ける, 源次郎氏の, 生きて, 田地の, 病も, 登を, 着いたら電報, 着実で, 私から, 私が, 私の, 穴が, 竜之, 素面で, 絶えずぼんやり, 罎詰めの, 若しさ, 虫扁の, 西野某といふ

▼ わからないほど~ (74, 1.3%)

4 です 3 だった, である, でした 2 だ, では

1 [57件] あっけない別離, かすかな, きたなくなっ, しずかです, しずかな, しずかに, しろ公, じょうずに, そっくりの, たくさんの, たくみな, であった, であつ, でありましたが, であります, ですもの, でとても, でまったく, のべつまく, ひっそりと, ふぬけでも, まっ暗な, めったや, よく似, メチャメチャに, 不思議に, 両岸, 今日までには, 低くて, 傷口が, 入込んで, 古い女物, 命に, 変り果てたバラツク街, 惨酷, 愛して, 手枕に, 教養の, 暗くなっ, 梯子段の, 泥酔し, 深奧, 澄んで, 疵が, 種々雑多, 粗野な, 耄碌いたし, 胸が, 自然な, 荒っぽい毛織物, 莫迦でも, 血まみれな, 衰弱し, 走りました, 静かでありました, 頑迷でも, 高度に

▼ わからない~ (62, 1.1%)

3 がある, が多い 2 があったら, です, になる, をぶつ, を云っ, を早口, を空想, を話しあっ

1 [40件] あない, があんまり, がちゃんと, が僕, が出来, が出来る, が澤山, さえあり, さえある, だ, だが, だってある, だと, であった, でゴタゴタ, で何とも, とでこれから, なん, にでも興味, になっ, になり, に泣きじゃくっ, に相成りました, の一つ, はいいかげん, は平生別, は無い, ばかりだ, ばかりで, もあった, もなかろう, をいっ, をえら, をつぶやいた, をわかった, を云, を云います, を口走り, を喋舌, を本性

▼ わからないところ~ (56, 1.0%)

7 がある 3 があります 2 があっ, があった

1 [42件] がお, がございます, がつまり, ができ, がネウチ, が七兵衛, が出来, が多く, が好き, が妙, が面白い, だけお, です, など大, によい, に出, に多少, に来, のただ, のもの, はお, はどうして, はどこ, はみんな, は一つ, は二三, は空け, ばかり両方, へいい, へかくし, へそんなに, へどうして, へなど行かれませぬ, へ連れ, もありました, もある, もあるでしょう, もあるでせう, もつかめ, をきい, をたくさん, を見る

▼ わからないけれど~ (49, 0.8%)

2 撚を

1 [47件] おばさんは, お婆さんの, お美夜ちゃん, きっとよろこぶ, こいつは, こうやっ, こっちに, この岩, これからは, これでも, さしあたっての, しかし危険, そのメガネ, その中, だいたいなんとかなるだろう, とにかく前代未聞, とにかく暮し, どうも黒さん, どうやら本当, なんだか地べた, なんとかし, まあ言われる, まだ生き, やがてふと正気, やって, わしは, わたしは, ゴンを, パパが, ピストルの, 今では, 僕の, 女同士には, 悪くいえ, 所々に, 新しく自前, 最後まで, 栄輔君の, 無類の, 確かに, 神尾の, 米友は, 話して, 陸の, 隣の, 風呂に, 鱗の

▼ わからない~ (43, 0.7%)

4 だね 3 だと 2 が多い, ですね, で大, にはわからない

1 [28件] が, がある, がいる, が一人, が来た, だなあ, だねえ, でありましたけれど, である, でございます, でした, でねエ, ではない, でもある, とのみ思っ, なの, にち, には矢張り, ねあなた, ね私, のたより, の心, は珍, は矢張り, もあるであろう, もない, も相当, を殺す

▼ わからないやう~ (42, 0.7%)

3 な氣 2 である, な悲鳴, な気, な笑顔

1 [31件] でした, なこと, なところ, なの, なもの, な不安, な中形, な人間, な場所, な奴, な山中, な建てかた, な恐ろしい, な態度, な文章, な斜視, な日, な殺人, な汚い, な空ろ, な細工, な絵, な蒲團, な顔, にし, にする, になっ, になつ, にびつくり, に墨, に暮し

▼ わからないまま~ (39, 0.7%)

2 にその, になっ

1 [35件] いい加減, お互に, この上, で, であったり, でうれしい, です, ですが, でそこ, でそれほど, で子, で御座いました, に, にかえって, にし, にもそれ, にやっと, にガヤガヤ, にド, に先生, に全く, に喜ん, に大人, に左手, に無意味, に猫, に翌朝九時ごろ, に自分たち, に述べ立てた, もうスッカリ大丈夫, 力づけるよう, 固くなっ, 描いて, 睡って, 落ちついて

▼ わからないくらい~ (32, 0.6%)

6 です 3 だ, である, でした 2 であった

1 [15件] いやな, だが, だった, だったよ, でしたから, ですが, なのに, わずかな, 凝って, 夥しい船, 小さい, 早く青, 混乱しいしい, 疲れて, 紛らわしいの

▼ わからない言葉~ (32, 0.6%)

2 であった

1 [30件] があった, がひきつづき, がよく, が流れ出した, が走った, であく, であろう, でい, でゆり子ちゃん, で互に, で叫ん, で喋った, で見, で話し, といい, とその, に違えねえ, の中, もかけ, をつぶやい, をつぶやいた, をぺらぺら, をわめい, を何, を使わなくっ, を呟いた, を大きい, を大きな, を父, を送話器

▼ わからないけど~ (30, 0.5%)

1 [30件] あなたは, いつたいどう, お人形, こうしてつらい, こんなこと, さう, その間に, それでよろしかっ, それでガックリ, ただその, ちよつと, でも私, どうせ直治, どうも今, なにもかもうまく, また急, 二時と, 何でも, 俺だ, 僕は, 動物に, 又自然, 只そういっ, 毎月すこし, 男が, 男の, 空襲が, 越したら国, 遠いところ, 重役が

▼ わからないのに~ (26, 0.4%)

2 いきなり相手

1 [24件] あなたは, こうなっ, この親切, その使いぶり, ただ女, ちがいない, どうしてそんな, どうして死, もし初め, 二千万円を, 人も, 便々と, 只毎日毎日, 帆を, 平気で, 徹夜の, 手もとを, 抜けられよう之, 杉雄は, 特異性を, 相違ございません, 紙で, 聟などは, 頭から

▼ わからないじゃ~ (25, 0.4%)

9 ありませんか, ないか 4 ないの 1 ございませんか, ないかね, 事件の

▼ わからない~ (25, 0.4%)

8 はない 52 だよ, ですもの, はありません, はございません 1 で, であるが, はなかっ, は無い

▼ わからないといふ~ (24, 0.4%)

2 やうな

1 [22件] ことが, ことだつた, ことに, ことを, ぢや, のだ, のです, ふりを, やうすだった, やうで, やうに, 不安も, 不平を, 口の, 意味の, 批評が, 方の, 木で, 気が, 気持ちが, 氣持が, 風に

▼ わからないうち~ (23, 0.4%)

2 にみんな素通り

1 [21件] にこの, にその, にだんだん, にとある, になにもの, にふい, にわし, にヴォンブ湖, に一種, に上人様, に世田ヶ谷, に右, に安心, に帰る, はあるいは, はとても, はなんとも, はふたたび, はまだ, は処置, は表

▼ わからないかも~ (22, 0.4%)

3 知れない 2 知れないけれども, 知れませんが, 知れんが

1 [13件] しらぬが, しれないが, しれないけれど, しれないしかし, しれぬ, しれぬが, しれません, しれませんが, しれん一事, 知れないが, 知れないの, 知れぬ, 知れませんから

▼ わからないながら~ (21, 0.4%)

1 [21件] いま安芸の, この女, この老人, これは, そこには, その悲壮, それだけの, ついお婆さん, とにかく毎日, ほほえまずに, もう一, よく知っ, ニコニコし, 下に, 伸子は, 右の, 太刀川は, 幼な, 建物が, 水中から, 確かに

▼ わからないもん~ (21, 0.4%)

4 だから 3 だ, ですから 2 だな, ですからね 1 だからな, だわね, ですか, ですかねえ, ですね, ですねえ, なあ

▼ わからない~ (20, 0.3%)

32 である, です

1 [13件] ださうである, だったが, だよ, であつ, であらう, であるが, ですわね, でそのままグングン, なん, になつて, の存在, の速度, 軽くは

▼ わからない~ (19, 0.3%)

14 しても 2 相違ない 1 きまつて, しろ或, 違いありません

▼ わからないはず~ (18, 0.3%)

7 はない 2 はありますまい, はありません 1 があろう, がございましょう, だ, である, です, ないわ, はございますまい

▼ わからない~ (17, 0.3%)

2 なの

1 [15件] が, が図々しく, だという, だね, とお, と表現, なん, に宛てた, の世話, の心, の手, はない, へ手紙, もひょっとしたら, もひよつ

▼ わからない人間~ (16, 0.3%)

2 が多い, だ

1 [12件] がお, がここ, が石炭, だって, ではしかた, のタイプ, の首, はない, は皆, もいる, もかなり, をつくる

▼ わからない~ (15, 0.3%)

1 [15件] 京の, 人, 人だ, 人である, 役人だ, 武家様と, 経も, 経を, 美しさ, 蓮様, 藤, 銀様で, 露手を, 露狐に, 願ひだから

▼ わからないなりに~ (14, 0.2%)

1 [14件] お角, とどめて, ひとまずは, ひとりでにほ, まあ御免, ファウストを, 井戸の, 俊子の, 怪訝な, 恐れ入って, 我慢し, 熱心な, 米友の, 誦して

▼ わからないほどの~ (14, 0.2%)

1 [14件] イボの, 一面の, 不自然さ凌辱めいた, 余韻が, 動きで, 大洪水, 広さ, 感激に, 昂奮に, 暗さ, 煙突が, 状態で, 細い針金, 闇夜であった

▼ わからない場合~ (14, 0.2%)

4 が多い 1 があります, が非常, なん, において得意, にそれ, にはだいたい, には江戸じゅう, に一つ, に取り次いだ, も多く

▼ わからない~ (14, 0.2%)

2 がいい, ね 1 がい, がお, がかえって, がよ, がよい, が私, が結構, ですな, ですね, ね一度

▼ わからないため~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] かとも思いました, さしあたりどっち, ではなかっ, にいく, におこっ, にこんな, にそれ, に全く, に国家, に平次, のこちら

▼ わからないほどに~ (13, 0.2%)

3 なって 1 なっちゃ, なってるよう, なる, ものうい上, 広い閲覧室, 挨拶を, 散らかって, 疲れきつて, 酔っぱらって, 黒黒として

▼ わからない~ (13, 0.2%)

2

1 [11件] だあいつら, だぞ, だと, だな, だね, だ変, であり朴念仁, はこの, はわからない, は能, を片

▼ わからない~ (13, 0.2%)

2 だった, 呆然と, 夢中に 1 このところ, である, で早速, の生, 低い声, 低い聲, 厳として

▼ わからない~ (12, 0.2%)

2 あたしは, どこへも, 私には 1 どうしたら, どうなさる, どんなになる, まるでい, 引用だけの, 神様でなく

▼ わからない~ (12, 0.2%)

41 だあるいは, だと, だという, だな, ではない, なぜ研げない, なん, の在り

▼ わからない~ (12, 0.2%)

1 [12件] じゃありません, だ, だが, だった, だな, である, であるが, ですね, なので, はない, は聞いた, や妙

▼ わからない~ (11, 0.2%)

31 あーと, ものと, トンと, 今考へ, 僕には, 君, 実はな, 私には

▼ わからないながらも~ (11, 0.2%)

1 [11件] どうもこの, 何かしら不安な, 何しろ大変気, 幼心に, 慣れきって, 磯五の, 背中が, 自分の, 虎は, 降雨の, 革命という

▼ わからない~ (11, 0.2%)

1 [11件] どうした, ねこに, もう一度土藏, ギャング団かも, プール, 世の, 何しろ笑談ぢ, 啓ちゃんの, 声を, 益々わからなく, 阿備

▼ わからないわけ~ (11, 0.2%)

2 だ, では 1 がない, がわかった, です, ですが, ですもの, ないじゃ, はない

▼ わからない大きな~ (11, 0.2%)

4 工事が 1 不思議, 建築工事が, 札を, 火の, 立派な, 街道に, 袖を

▼ わからないその~ (10, 0.2%)

4 天上へ 1 五十がらみの, 姿は, 方向を, 浅ましい奴, 相手を, 神秘な

▼ わからないって~ (10, 0.2%)

2 こたえました 1 いうんで, きめて, ことは, そりゃおかしゅうござんすわねそんな, 云うん, 仰有ったわね, 言うの, 騒いで

▼ わからないといった~ (10, 0.2%)

2 ような 1 ひょんな結果, ふうで, ふうに, ものであります, ものです, ように, 面持だ, 顔を

▼ わからないやつ~ (10, 0.2%)

1 だ, だって, だな, だ刀, です, でも最後, にやられた, に自分, のため, の未来

▼ わからない感情~ (10, 0.2%)

2 のため, を持ちはじめた 1 がたかぶっ, が盛りあがり, だった, のもつれ, の線, をいだいた

▼ わからない様子~ (10, 0.2%)

4 です 1 だった, であったが, である, で眠, で黙り込ん, をし

▼ わからない~ (9, 0.2%)

4 がし 3 がした 1 のいい, もする

▼ わからない~ (8, 0.1%)

1 あるいは少なくともはっきり, え, えそれ, くれ場所, それとも云うべき, 八, 所詮仏如来そのもの, 知れないけれど

▼ わからない~ (8, 0.1%)

4 にはわからない 2 にはそれ, は若い

▼ わからない~ (8, 0.1%)

1 がある, だ, のよう, の形, は雑記帳, もある, や言葉, をよオ

▼ わからない気持~ (8, 0.1%)

2 になっ 1 かもしれません, からほんとう, です, でただ, なん, になった

▼ わからない~ (8, 0.1%)

1 だよ, であった, には直接, のよう, の横顔, の知らない, はその, は金

▼ わからないくせ~ (7, 0.1%)

1 に, にあれこれ尤も, にいい, にもったいらしく, にやっぱり, に応援, に興奮

▼ わからないそう~ (7, 0.1%)

2 である 1 だろう, であった, です, では, 突放されても

▼ わからないただ~ (7, 0.1%)

1 お母さんと, そこらあたりが, 以上の, 彼にだけ, 有力な, 有難い, 身の

▼ わからないでも~ (7, 0.1%)

2 ない 1 ありません, いいから, なかつたけれど, よく知ってる, 善いの

▼ わからない~ (7, 0.1%)

1 い, いっこうにわからない, コーヒーが, マートンさんに, ヱお, 僕には, 君の

▼ わからないばかり~ (7, 0.1%)

2 でなく何 1 でなくその, でなくもし, でなく利根亮輔, でなく曲者, でなく紛失物

▼ わからない~ (7, 0.1%)

2 は信心 1 がある, において達し得る, にそこ, は山, は情夫

▼ わからない~ (7, 0.1%)

1 が二人, が出, が出入り, に頭, は別に, は白痴, や国訛り

▼ わからない~ (7, 0.1%)

5 をし 1 がある, であった

▼ わからないある~ (6, 0.1%)

1 ようだ, わずかな, 場所に, 寂しさ, 理想を, 音楽上の

▼ わからないしかし~ (6, 0.1%)

1 それに, たしかに現実そのもの, 恐ろしい不思議, 次の, 良人が, 言うまま

▼ わからないそれ~ (6, 0.1%)

2 も僕 1 に敵艦隊, に連れ, は取調べ, を十分

▼ わからないだけ~ (6, 0.1%)

2 なの 1 です, ですわ, なら仕様, 伸子は

▼ わからないだけに~ (6, 0.1%)

2 憂ウツであった 1 なおさらそしてまた, 気味が悪い, 気持が, 面白いじゃ

▼ わからないのみ~ (6, 0.1%)

1 ですから, ならず人力, ならず兵馬, ならず玄人, ならず眼前, ならず肝腎

▼ わからないふう~ (6, 0.1%)

1 だったが, であった, をされた, をし, をわざと, を続け

▼ わからないまるで~ (6, 0.1%)

2 わからない 1 ちがった人, 水を, 河童が, 滅茶滅茶な

▼ わからない~ (6, 0.1%)

2 がある, へ行っ 1 で一番, まで突き抜け

▼ わからない~ (6, 0.1%)

1 が, が左右, をあげ, を立て, を立てた, を立てる

▼ わからない心持~ (6, 0.1%)

2 になった 1 だ, でいっぱい, でいる, で眼

▼ わからない状態~ (6, 0.1%)

1 が生じ, だ, です, では何事, にあった, に陥っ

▼ わからないいや~ (5, 0.1%)

1 な後味, な思い, わかって, わかつたとしても, 進歩でも

▼ わからないお前~ (5, 0.1%)

2 ではある 1 が口, に, にも決して

▼ わからないくらいに~ (5, 0.1%)

2 なって 1 妙境に, 細くなっ, 見えた

▼ わからないこの~ (5, 0.1%)

1 なつかしい町, 会合の, 若い藩主, 苦しさ, 闇には

▼ わからない~ (5, 0.1%)

3 やありません 1 やない, や濟むまいから

▼ わからないとも~ (5, 0.1%)

1 せられて, 云いました, 思う, 申して, 申せず

▼ わからないなんて~ (5, 0.1%)

1 いうのよ, ことは, そんな事, 根も, 馬鹿に

▼ わからない一種~ (5, 0.1%)

1 の勇気, の叫び, の後悔, の怪獣, の本能的

▼ わからない不安~ (5, 0.1%)

1 が彼, な擾乱, な空気, の中, を感ずる

▼ わからない~ (5, 0.1%)

3 を見た 1 が切れ, を見

▼ わからない~ (5, 0.1%)

1 だったら泣いて, だと, だ無邪気, になった, 熊は

▼ わからない~ (5, 0.1%)

1 なモヤ, な気, にし, にそつ, になる

▼ わからない樣子~ (5, 0.1%)

3 です 1 だつたの, でした

▼ わからない理由~ (5, 0.1%)

1 からこの, からたとい, から支店長, であると, でよろしく

▼ わからないああ~ (4, 0.1%)

1 いうこと, してやらなければ, 一體この, 危ないあの

▼ わからないかの~ (4, 0.1%)

3 ように 1 程度で

▼ わからないがね~ (4, 0.1%)

1 いい年, おそらくとぼけ, 何れに, 六年にも

▼ わからないくら~ (4, 0.1%)

1 ゐだから, ゐで, ゐである, ゐです

▼ わからないくらいの~ (4, 0.1%)

1 かすかな, ところが本当に, ところは, 静かさで

▼ わからないことだらけ~ (4, 0.1%)

1 だよ, だ懺悔, である, の竹村

▼ わからないことば~ (4, 0.1%)

1 づかいで, でつけ加え, で言う, なり句

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 うで, うです, う思ひ, う突放され

▼ わからないそういう~ (4, 0.1%)

1 ことを, ふうに, へんな, 場合にとり

▼ わからないそして~ (4, 0.1%)

4 その私

▼ わからないとか~ (4, 0.1%)

1 云つて納まつ, 甚だ他愛, 苦労し, 言って

▼ わからないとは~ (4, 0.1%)

1 いい条, 云うもの, 思つた, 言は

▼ わからないなあ~ (4, 0.1%)

1 どっちが, 下だらない, 君も, 手塚腹が

▼ わからないなりで~ (4, 0.1%)

1 しまったり, 反問も, 艪を, 誦して

▼ わからないねえ~ (4, 0.1%)

3 地図にも 1

▼ わからないふり~ (4, 0.1%)

2 して 1 してね, をし

▼ わからない不思議~ (4, 0.1%)

1 なこと, な動機, な矢, に生々

▼ わからない人たち~ (4, 0.1%)

1 がはいっ, だね, です, はそこら

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 いっしょに, のほう, までわたし, 夫人の

▼ わからない叫び声~ (4, 0.1%)

1 があと, がおこった, が聞えた, が自ら私

▼ わからない~ (4, 0.1%)

2 を歌っ 1 である, で虱

▼ わからない問題~ (4, 0.1%)

1 であつ, であると, であるらしい, ばかりぢ

▼ わからない場所~ (4, 0.1%)

1 にここ, に埋め, に投げだされ, をうろつく

▼ わからない子供~ (4, 0.1%)

1 が読本, ではなかっ, などはしばしば, を生みつける

▼ わからない悲しみ~ (4, 0.1%)

2 で正直 1 がこみ上げ, とがっかり

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 る日, る漠然と, 寂しさ, 雰囲気が

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 がある, が多, のある, をた

▼ わからない機械~ (4, 0.1%)

1 があった, がゴチャゴチャ, が組立中, を相手

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 であった, となつ, を合唱, を怒鳴り

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 がにみじ出し, が出, を泣く, を目

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 があった, まで来る, も多分, も少なく

▼ わからない~ (4, 0.1%)

1 が港, だの, です, の近く

▼ わからないあの~ (3, 0.1%)

1 おそろしい顔, 子は, 男が

▼ わからないいろいろ~ (3, 0.1%)

1 の不安, の文学課題, の経緯

▼ わからないそこ~ (3, 0.1%)

1 が其中庵, に深い, の十騎

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 あんなにやっつけられた, いいか, 仁藤昂軒それだけ

▼ わからないつもり~ (3, 0.1%)

1 であったらしい, でいった, で演

▼ わからないとき~ (3, 0.1%)

1 かの女, ている, にはいつ

▼ わからないとして~ (3, 0.1%)

1 どこまでも, 知らざるを, 自分に

▼ わからないどうして~ (3, 0.1%)

1 そんな気持, よいの, 君が

▼ わからないながらに~ (3, 0.1%)

1 どうなる, 嬉しくて, 次第に耳

▼ わからないのよ~ (3, 0.1%)

1 あなたには, わかるでしょう, 最初の

▼ わからないひと~ (3, 0.1%)

1 だ, にそれ, ねえお話中

▼ わからないほう~ (3, 0.1%)

1 がいい, が感じ, でも

▼ わからないまでも~ (3, 0.1%)

1 それに, ひそかに, 足を

▼ わからないみたい~ (3, 0.1%)

1 だわ, で, なこと

▼ わからないんで~ (3, 0.1%)

1 せう, 何しろ今度, 業を

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 にまるで, にもわからない, に彼ら

▼ わからない不幸~ (3, 0.1%)

1 と寂し, な運命, への嘆き

▼ わからない事件~ (3, 0.1%)

1 であるから, の報告, をあの

▼ わからない人達~ (3, 0.1%)

1 にその, に芸事, は好奇

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 さ, でしょう, に聞い

▼ わからない平常~ (3, 0.1%)

3 は道理

▼ わからない恐ろしい~ (3, 0.1%)

2 激情家でも 1 芸術である

▼ わからない恐怖~ (3, 0.1%)

1 が彼, に似た, の夢魔

▼ わからない情勢~ (3, 0.1%)

2 だったの 1 です

▼ わからない文句~ (3, 0.1%)

1 ばかり集め, をいい, を並べました

▼ わからない文字~ (3, 0.1%)

1 が彫つ, であった, を書いた

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 さだった, さでしょう, の大空

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 だそう, を捲きつけ, を食べ終る

▼ わからない自分~ (3, 0.1%)

1 が深く, にも非常, のわからない

▼ わからない芝居~ (3, 0.1%)

1 がこんなに, が終る, を演ずる

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 がひとつ, だ, の洋襟箱

▼ わからない道理~ (3, 0.1%)

21 がない

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 にすでに, に恋愛, はまだ

▼ わからない~ (3, 0.1%)

1 だった, に笑ひだ, をし

▼ わからない黒い~ (3, 0.1%)

3 ものが

▼ わからないあいまい~ (2, 0.0%)

2 な岩石

▼ わからないあなた~ (2, 0.0%)

1 じゃないでしょう, はそれ

▼ わからないあるいは~ (2, 0.0%)

1 字を, 辛抱の

▼ わからないいつ~ (2, 0.0%)

1 だったかに, までも続く

▼ わからないお方~ (2, 0.0%)

1 ができた, だし

▼ わからないからと~ (2, 0.0%)

1 いうの, 八五郎に

▼ わからないこれ~ (2, 0.0%)

1 にはこみいった, は岡田君

▼ わからないさき~ (2, 0.0%)

1 から関係, ほどの悲しみ

▼ わからないさまざま~ (2, 0.0%)

1 なふざけた言葉, な仕事

▼ わからないせい~ (2, 0.0%)

1 もあっ, もあろう

▼ わからないそこで~ (2, 0.0%)

1 城だけが, 行先を

▼ わからないたった~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一声した

▼ わからないだが~ (2, 0.0%)

1 おまえは, 私は

▼ わからないつて~ (2, 0.0%)

1 いふこと, いふの

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 いどの, えこと

▼ わからないとこ~ (2, 0.0%)

1 がある, が有る

▼ わからないとしても~ (2, 0.0%)

1 さしあたっては, そんなにわるい

▼ わからないとでも~ (2, 0.0%)

1 あなたは, いうん

▼ わからないどう~ (2, 0.0%)

1 したん, です婆さん

▼ わからないどこ~ (2, 0.0%)

1 からきた, からどんな

▼ わからないなどと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 私たちは

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 この言葉, 別として

▼ わからないばかりか~ (2, 0.0%)

1 わかりきって, 遠くて

▼ わからないまあ~ (2, 0.0%)

1 何かの, 治助くんおちつい

▼ わからないまるっきり~ (2, 0.0%)

1 違った別, 間違って

▼ わからないまんま~ (2, 0.0%)

1 に泪, に美術学校

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 ンです, 甚しい

▼ わからないもし~ (2, 0.0%)

1 お前さん方の, 兄の

▼ わからないものたち~ (2, 0.0%)

2 は僕

▼ わからないわたし~ (2, 0.0%)

1 にはわからない, もまた

▼ わからないわね~ (2, 0.0%)

1 地唄という, 敬宗

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 安心な, 満足の

▼ わからない中年~ (2, 0.0%)

1 のふうてい, の女

▼ わからない事実~ (2, 0.0%)

1 というもの, はよそ

▼ わからない人物~ (2, 0.0%)

1 なの, もあります

▼ わからない人生~ (2, 0.0%)

1 だらうか, の門出

▼ わからない今度~ (2, 0.0%)

2 の失踪

▼ わからない仕事~ (2, 0.0%)

1 もまた, を試みた

▼ わからない位置~ (2, 0.0%)

1 にある, におります

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 かがある, かが働い

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 に角我輩, も角

▼ わからない全く~ (2, 0.0%)

1 わからない, わからない謎

▼ わからない冗談~ (2, 0.0%)

1 を言っ, を言つて

▼ わからない危険~ (2, 0.0%)

1 な労働, もあった

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 毛布に, 証文一枚と

▼ わからない古い~ (2, 0.0%)

1 大きな木, 斧を

▼ わからない叫び~ (2, 0.0%)

2 をあげ

▼ わからない同士~ (2, 0.0%)

1 だったの, で逃げ出し

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 のもの, ひが

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 へ引きずりこもう, へ誘い込まれ

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 なかっこう, な気持ち

▼ わからない外国~ (2, 0.0%)

1 の土地, へわたし

▼ わからない外国人~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の招待

▼ わからない奇怪~ (2, 0.0%)

1 な事件, な感じ

▼ わからない始末~ (2, 0.0%)

1 である, のわるい

▼ わからない存在~ (2, 0.0%)

1 だという, であったの

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 では今, を建て

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 むずかしいこと, 供に

▼ わからない小さな~ (2, 0.0%)

1 控え帳, 鱗の

▼ わからない巨大~ (2, 0.0%)

1 な硬, な蛋白質製

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 べったい, 四は

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 でもない, は十八

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 気性は, 祈祷を

▼ わからない微妙~ (2, 0.0%)

1 なもの, な作用

▼ わからない微笑~ (2, 0.0%)

1 をたたえ, を浮かべた

▼ わからない怒り~ (2, 0.0%)

1 に任せ, に似た

▼ わからない怪獣~ (2, 0.0%)

2 がわたし

▼ わからない悲し~ (2, 0.0%)

1 さが, さで

▼ わからない方言~ (2, 0.0%)

1 で根ほり葉ほり僕, のあつかましい

▼ わからない早口~ (2, 0.0%)

1 でどなる, を言っ

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 の世界, は貰

▼ わからない暗号~ (2, 0.0%)

1 のよう, をすらすら

▼ わからない曖昧~ (2, 0.0%)

1 なもの, な感情

▼ わからない気分~ (2, 0.0%)

1 が漂いました, にさせられ

▼ わからない気持ち~ (2, 0.0%)

1 で目, を抱き

▼ わからない火星人~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ わからない畜生~ (2, 0.0%)

2

▼ わからない疑問~ (2, 0.0%)

1 を解かう, を解こう

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 にわかつた, に一ぱし音楽通

▼ わからない相手~ (2, 0.0%)

1 と親しい, にハラハラ

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 つ暗, の闇

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 がかっと, で憂鬱さうに氣

▼ わからない立場~ (2, 0.0%)

1 からよく, でありましょう

▼ わからない笑い~ (2, 0.0%)

1 がお, を時々

▼ わからない符号~ (2, 0.0%)

1 と外国語, や数字

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 でありました, を買っ

▼ わからない連中~ (2, 0.0%)

1 なので, の中

▼ わからない酔いごこち~ (2, 0.0%)

2 と止めよう

▼ わからない長い長い~ (2, 0.0%)

1 ふるえた溜息, 新高さんとの

▼ わからない風来坊~ (2, 0.0%)

1 でいる, の川流れ

▼ わからない~ (2, 0.0%)

1 は一つ, は前

▼1* [704件]

わからないあいだはけっして, わからないあなたぢやない, わからないいまのうち, わからないいまだにやはり解決が, わからないいろんなものである, わからないいわゆる拡大鏡組の, わからないうえに足, わからないうめき声を発し, わからないうれしくって, わからないうわごとを, わからないおかしさが, わからないおじいさんからお, わからないおじさんだナ, わからないおそらく新兵衛, わからないおそろしさを, わからないおそろしいものが, わからないおとなの笑い, わからないおもしろみも, わからないおりかに對, わからないおれはとうてい, わからないおれたちはまるで, わからないお嬢様が思い通り, わからないお客相手の藝事, わからないお松さんが帰ったら, わからないお母さんはとても, わからないお蔭で苦労, わからないお話でございますねえ, わからないお願いだから, わからないかいなにが, わからないかさえわからないから, わからないかすかなブワ, わからないかと思うと, わからないかとか刻々に, わからないかなア, わからないかねほらおれ, わからないからこそそういった矛盾, わからないきたない道化者らが, わからないきっかけで不意, わからないきっと操縦は, わからないきりで過ぎ, わからないふこ, わからないけどさ古賀さんは, わからないけども何しろブル, わからないけどもね平さんは, わからないけれどねいい方法, わからないこいつはなに, わからないことずくめだが, わからないこと村にい, わからないこと自分は丈夫, わからないこれから先が, わからないこんな男を, わからない馳走ばかり, わからないごたごたした活動, わからないさっきの出来事, わからないさっぱり訳が, わからないざざという音, わからないざれごとを言い合っ, わからないしという次第です, わからないじりじりとした, わからないするともう人間, わからないするどい光りをもって, わからないずっと以前からかも, わからないその間寂しい家, わからないそれでも人間か, わからないそれにまた政府が, わからないそんな状態で, わからないたしか百二十一か, わからないたとえそれが, わからないたぶん一と, わからないだってあの人, わからないちっとも積極的な, わからないつい近い頃, わからないつていふ風に, わからないつぶやきは私, わからないつまり自然そのもの寫眞よりも, わからないつまり一種の小説, わからないとお怖れに, わからないときどき小さな風呂敷包, わからないところだらけなの, わからないとこ母ちゃんにきく, わからないとさまだ, わからないとともに汚水だめの, わからないとにかくあれ以上ひどく, わからないとのことです, わからないとまで云い合って, わからないとまでは思わなかったが, わからないとらへどころ, わからないとらえどころのない, わからないどういうことだ, わからないどうしても返答を, わからないどれが大, わからないなど云って, わからないなにかもつと, わからないなにもかも秘密だ, わからないなりにも明の, わからないなんだかこの世の, わからないなんと云いよう, わからないなんとなく気むずかしそう, わからないにも程が, わからないねと答えた, わからないのでとほうに, わからないのねをばさんは, わからないばかにされた, わからないばかばかしい劇らしい, わからないばからしいものの, わからないひとりごとを呟き, わからないひどくたくさんの, わからないぶっそうな世の中, わからないほどじゃありませんさ, わからないぼくはかっちゃ, わからないぼろぼろの着物, わからないまた日本画壇では, わからないまったくゆくえ不明な, わからないまでだろうと, わからないまでに傷を, わからないままあれこれ論議をきい, わからないままおばさんとフョードル・チモフェーイチ, わからないままここまで来, わからないままシクシクとシャクリ, わからないままドキンとして泣き, わからないままビックリして, わからないまま一縮みに, わからないまま両親の吩付け, わからないまま五・一五二・二六と人心, わからないまま僧のすぐ, わからないまま口調がいい, わからないまま夢中になっ, わからないまま奇妙に惹き付けられ, わからないまま姫草さんの言う, わからないまま日がたっ, わからないまま月の出, わからないまま無事に母親, わからないまま熱病患者のよう, わからないまま現場に駈付けた, わからないまま真青になった, わからないまま眼が醒めない, わからないまま遠くへにげられた, わからないみじめさとして彼女, わからないみょうな出来事, わからないむごたらしさだ, わからないむしゃくしゃだった, わからないむずかしい問題な, わからないもっと具体的に, わからないもやもやしたもの, わからない僕には, わからないやうぢや錢形, わからないやみ夜でした, わからないやや内気な, わからないよく女に, わからないよくよく気を, わからないよそよそしさが, わからないよっておとうさんが, わからないよと言は, わからないより眼の, わからないわしには, わからないわたくしたちにも随分, わからないわと瑞々しく愛くるしい若さ, わからないアンゴラの水色, わからないエプロンのよう, わからないガラスのくねった, わからないギャーッというよう, わからないクセに僕, わからないコスモスの花, わからないコールテンのズボン, わからないゴム製品のよう, わからないシャツを纒, わからないステキな幸福, わからないダンスをはじめました, わからないドアの前, わからないドイツ語をさしはさん, わからないバカな話, わからないヒステリックとでもいふべき, わからないピムキンのルバーシカ, わからないピンとこない, わからないフォスフォなん, わからないフランス語のあくたい, わからないベットというやわらか, わからないベーコンの論文集, わからないボクなどが理窟ばった話, わからないマグネシューム色の痛々しい, わからないムクムクしたもの, わからないラテン語の言葉, わからないリーザただなんと, わからないワクワクした感じ, わからないですもの, わからない一つの気持, わからない一同の面, わからない一夜ねむらずに, わからない一大事件の起こっ, わからない一彦にこの, わからない一日だった, わからない一本の鉄柱, わからない一本マストの船, わからない一瞬にすでに, わからない万一仕損じたとき, わからない万年臨時工の金ちやん, わからない三吉にその, わからない三郎のよう, わからない三鞭酒をガブガブ, わからない下手をする, わからない不合理なこと, わからない不審な自殺, わからない不満さを感じ, わからないに日暮れ方, わからない丸いものが, わからない乍ら兎も角, わからない乙女でして, わからない乙姫ぢやありません, わからない乾杯があっ, わからない事だらけだ, わからない事他の者, わからない事業だった, わからない二丈ばかりの木, わからない二三人がダシヌケ, わからない二人のうちどちら, わからない二度か三度め, わからない五里霧中の空間, わからない亜米利加の谷川, わからない人々がある, わからない人間成長と性, わからない今日ではあ, わからない今日このごろはせめて, わからない他人の乳, わからない他人同士は顔, わからない休らえる格闘者, わからない会合であると, わからない会話を幾たび, わからない伸子の胆嚢, わからない位ヒッソリとし, わからない位声から姿, わからない何しろ日本にも, わからない何らかの方法で, わからない何んにもわからない, わからない何十年来の大雪, わからない何言つたん, わからない作業を応援, わからない侵入者のため, わからない俗物やあまり, わからない信吉はすっかり, わからない修羅場に一變, わからない個所の方, わからない傍観者の自分, わからないだと, わからないに先走っ, わからない先生が一人, わからないだの, わからない入口がつい, わからない六つの文字, わからない六時ちかくを, わからないに私, わからない内側の心持, わからない円形のつながり, わからないびこゝで問題を, わからない冷血兇悪な精神病患者, わからない出来事だった, わからない出鱈目が書い, わからない函館に住ん, わからない初心者のつね, わからないの二者, わからない動物がもだえもがい, わからない勘どころがわかる, わからない勤労婦人だった, わからない匂いのこと, わからない化物のよう, わからない十二三歳の少年, わからない半可通らしく見えて, わからない半年でそういう, わからない南風の耳, わからない単なる一個の, わからない博士のうわ, わからない危ないぞ, わからない危険人物のよう, わからない原因で死んだ, わからない口実を言いたて, わからない口説になっ, わからない口調になつ, わからない口述原稿を馬糞, わからない古い厚い板に, わからない古道具屋などに見せたろう, わからないはばかりに, わからない只長えに, わからない叫喚に応ずる, わからない叫声をあげ, わからない可笑しさが, わからない台所にもこの, わからない各人各様な記述, わからない合名会社の看板, わからない向うから汽車, わからないの事, わからない君子は危うき, わからない吾輩だ, わからない呪文をとなえ出しました, わからない命令がやぶ, わからない和洋服混交の貞操オン・パレード, わからない品々がいろいろ, わからない品物はない, わからない唐変木だ, わからないはいそげだ, わからない善い人だ, わからない喫茶店の給仕女, わからない器械が並んだ, わからない器械器具の類, わからない囈言のよう, わからない囚人の書い, わからない四次元というもの, わからない団体なの, わからない国々を旅行, わからない国民もすく, わからない土地をお, わからない地下室をつくっ, わからない地質の点, わからない城太郎でさえ, わからない堅くさへ, わからない場台でも自分, わからない境遇に置かれ, わからない変死体に出会した, わからない夕方に出会った, わからない外来語が平気, わからない仕事だ, わからない大病の師匠, わからない夫婦になれるよろこび, わからない奇人快人揃い, わからない奇声を発し, わからない奇妙な叫び声, わからない奇態なふしぎ, わからない奇跡的な藩宝, わからない契約書に署名, わからない女たちが幾人, わからない奴等に送られ, わからない好い証拠である, わからない好きになる, わからないなもの, わからない姉さんがその, わからない姿と声, わからない嫉妬が芽ぐん, わからない嫌がらせであった, わからない嬉しさでは, わからない学者のくせ, わからない學問にのみ精進, わからない宇宙塵の話, わからない宇津木もおれ, わからない寂しさも, わからない寝台の足もと, わからない寝言のよう, わからない対象への兇暴, わからない封建的と申しまし, わからない将来の問題, わからない小さい繁さんは, わからない小僧には貴重, わからない少年のこと, わからない就業労働者とは互に, わからない屋敷町の塀外, わからないとがある, わからない山の根近く来て, わからない山径は監獄, わからない山海の珍味, わからないの生活, わからないがあり, わからないはそれ, わからない幼稚な頭, わからない幽霊林檎の素性, わからない幾何模様をかきつづけた, わからない広い畑の, わからない弁解を示し, わからない強烈な酒, わからないで尤も, わからない役人だったらきっと, わからないではあった, わからない彼らは夕暮れ, わからないはミケ, わからない後向きに馬, わからない御用聞のたしなみ, わからない徳冨蘆花という文学者, わからない心地に漂う, わからない心境もある, わからない心理が充子, わからない心配がある, わからない応対をうちきる, わからない快感のよう, わからない性分でその, わからない怨みがあります, わからない怪しい者らや, わからない怪弁をふるいだした, わからない怪物をまったく, わからない怪談を舞台, わからない恐れもあっ, わからない恐怖心は彼ら, わからない恥しさが, わからない息苦しさを, わからない悔恨がひしひし, わからない悪魔の尿溜, わからない悲鳴があと, わからない惑乱に陥っ, わからない想いが湧, わからない想像だけの事, わからない意味盗賊と警官, わからないの鈍い, わからない感じが強く, わからない感想風のもの, わからない感興の聲, わからない態度だが, わからない慚愧後悔の冷汗, わからない慟哭はつづく, わからない慣用語や語源, わからない憂愁に捕われた, わからないの云う, わからない或は他に, わからないに向, わからないのかかる, わからない手まねをいろいろ, わからない手合がゐる, わからない手紙を貰った, わからない技法が沁み込んだ, わからない抗戦派でも我, わからない拙者もなんだか, わからない捉まれば殺される, わからない掛物に対する鑑定家みたい, わからない支那唄を声高, わからない教室から教室, わからない数ページが, わからない数千人の頭数, わからないのかわし, わからない敵愾心の昂奮, わからない文壇生棲間のもつれ, わからない新しい情熱が, わからない新劇もある, わからない新聞社の名, わからない方法でモスク, わからない方面の買主, わからないへ, わからない旅路について行った, わからない昂奮をかんじた, わからない昂軒はちょっと, わからない時代じゃ宇津木, わからない時勢おくれの, わからない普通の女, わからないさだ, わからない暗澹たるもの, わからない暗黒の中, わからない暗黒世界にグングン, わからない書物の一節, わからない最初の無意識状態, わからない朝命を待っ, わからない朝顏や月見草, わからない朴念仁くすぐっても, わからない杉田が来た, わからない杉田二等水兵の通訳, わからない材料の授受, わからないの中, わからない植物を指, わからない標題や草双紙, わからない横柄な老人, わからない横死を遂げた, わからない機械図を引い, わからない欲望の為, わからない歯がゆさに, わからない死骸が蚊, わからない残忍極まる大佐, わからない持ちです, わからない氣持ちをあまり, わからないが浅くひろく, わからない永続性の下痢, わからない江戸では上使, わからない没論理に到達, わからない泣き声が出, わからない注文にぴったり, わからない津波の心配, わからない津軽言葉なんて一語, わからない浪人者を斬ろう, わからない海岸に吹き付けられ, わからない消息です, わからない深淵そういうもの, わからない温気が漂う, わからないかな外国語, わからない漠然としたもの, わからない激怒をかんじ, わからない灌木の中, わからない火山の上, わからない火星の上, わからない為体であったから, わからない烈しいものが, わからないでもまっ, わからない細工な, わからない無気味なこと, わからない無理な事, わからない無色透明の結晶体, わからない無風流人までが涼み, わからない焦燥を感じ, わからないの出る, わからない熱心さを以て僕, わからない熱烈さととりとめなく, わからない熱病に対してききめ, わからないにもそれ, わからない爺さんだなあ, わからない片目で絵, わからない物足りなさが, わからない犠牲と奉仕, わからないを見つける, わからない狂人牢人にこき使われ, わからない独り言を云, わからない独特な特徴, わからないをあまり, わからない珍しい見物だ, わからない現に眼の, わからないだった, わからない理屈が彼, わからない甘いものである, わからない甚だ縁の, わからない生命のあふれ, わからない生地獄でございます, わからない生活に落ち, わからない生物がこの小さな, わからない男女が男, わからないが描い, わからない留置場で私, わからない異国情調を聞かされた, わからない異様な生物, わからない疑念で頭, わからない病身だし, わからない癇癪が立ちのぼっ, わからない発動機船が一艘, わからない発禁つづきに, わからない白い細長いものが, わからない白刃が思われまし, わからない白地へ金銀, わからない白日の憂愁, わからない白痴の癖, わからない皮肉がこめられ, わからない盗人を明らか, わからない目算のため, わからないですよ, わからない真に縋るべき何, わからない真剣な深い, わからない真黒焦に, わからない真黒い影が, わからない眠りかたなどし, わからない眼鏡のよ, わからない瞬間がある, わからない知識的な朝鮮人, わからない短命な一族, わからない石仏に首, わからない社会のこと, わからない祈りを捧げた, わからない神戸駅に下りる, わからない神戸驛に下りる, わからない神社の絵馬, わからない神秘のなぞ, わからない福岡日々の社長, わからない福州の沖, わからない私たちには追求, わからないの草花, わからない秘密屋内電話の線, わからない程度で三吉, わからない種々なもの, わからない空気にもなる, わからない空虚さに激しく, わからない突然の感激, わからないともっとも, わからないをさけ, わからない答弁を製造, わからない箇所にしるし, わからないをおい, わからない米友さんじゃない, わからない約束は小さく, わからないな心持, わからない紙片を鉄棒, わからない絶対にない, わからない絶滅に瀕, わからないくしさ, わからない美少年と遺書, わからない群衆からはなれた, わからない義務感しか与え, わからない遍路に, わからない老年の乾いた, わからない老樹たちは金剛不壊, わからない考えかたもある, わからない考証になる, わからないでむづかつて, わからない自作の詩, わからない自意識である, わからない自身を照れくさく, わからない船主の間, わからない良心を絶大, わからない色恋物を首, わからないが咲い, わからない芸者に口, わからない芸術的なむずかしい, わからない若し万一の事, わからない苦手の人, わからない苦痛を訴えた, わからない英語ドイツ語のカタカナ, わからない菩薩でもわからない, わからない落書きであった, わからない薄暗い光で, わからない薄笑ひが, わからないをくれました, わからない藪畳や高, わからない虎ちゃんともども偲ぶ, わからないの外殻, わからない虫の息の怪我人, わからない血みどろで兇悪, わからない行つて見ようか, わからない衛生上の理由, わからない衝動に駆られ, わからない表情をした, わからない衰死病で若死, わからない複雑な感情, わからない複雑さで扱われ, わからない西域の蛮音, わからない西洋人のよう, わからない西鶴や方丈記, わからない要するにどういうこと, わからない要因があった, わからない見物を芸, わからない親御さんだ, わからない観衆とかいふけれども人間, わからないをいくつ, わからない記憶にない, わからないではない, わからないでは, わからない試しに遠矢, わからない話し相手にも, わからない読経の声, わからない読者はきっと, わからないにもわからない, わからない諸国放浪の浪人, わからない謂れがある, わからない謡曲の秘伝, わからない警官を呼び, わからない警語を添え, わからない議論が一章, わからない貞世だけはこの, わからない貴女ぐらいの年ごろ, わからない貴島とルリ, わからない貿易港からふしぎ, わからない質問をはじめる, わからない赤ん坊と, わからない赤星に盾, わからない顕微鏡的な, わからないでありながら, わからない身の上になつた, わからない身ぶるいをした, わからない身上でわたし, わからない身悶えをした, わからない身許も判らない, わからない身體だせめて, わからないなので, わからない便服や, わからない軽いものです, わからないさが, わからない返答をし, わからない迷惑感というもの, わからない退屈なもの, わからない連中たちがだいぶ, わからない連盟の平和, わからないがいろいろ, わからない道庵先生に向っ, わからない道楽者です, わからない道樂者です, わからない遠い微かな, わからない遺書を書い, わからない部分がある, わからない里見十左衛門も来なくなった, わからない病人だ, わからない重しをかけ, わからない野蛮人に遇っ, わからないだもの, わからない金額の書き, わからない銀色の三十センチ, わからない銅像なんかなくなった, わからない鋭い痛みが, わからない長屋の者, わからないです, わからない闇夜というの, わからない闖入者は薄暗がり, わからない限りでもございません, わからない限り長屋の者, わからない陰気な顔, わからない電報でびっくり, わからない電文になった, わからない電話を受け, わからない露西亜語と羅典語, わからない青根で話した, わからない非常に美しい, わからないでいる, わからないしか出なかった, わからない音響がだんだん, わからない頑固な胃病, わからない頓馬だから, わからないを凭, わからない頼もしさを, わからないでもあった, わからない風来者を捕え, わからない首領のこと, わからない馬鹿じゃ姫草, わからないを入り乱れさし, わからないと皮, わからない高いところに, わからない高官の家族, わからない魔法をこころえ, わからない魚群の中心, わからないの声, わからない黒ん坊とは違っ, わからない黒雲が頭