青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ページ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ピストル ピストル~ ~フランス フランス~ ブルジョア~ プロレタリア~ ~ベッド ベッド~ ベンチ~ ペン~
ページ~
~ホテル ホテル~ ボーイ~ ボート~ ポ~ ~ポケット ポケット~ マア~ マリユス~ マン~

「ページ~」 1032, 11ppm, 9737位

▼ ページ~ (575, 55.7%)

484 左右中央 13 上に 4 中に 3 間に 2 うちに, ために, 天地中央, 本が, 端に, 表に

1 [59件] うえに, うちには, うちの, うわずるの, すみっこの, ところが, ところどころには, なかに, ふと落ちる, もつ社會的, 一つを, 上から, 上では, 上において, 下に, 下の, 下半, 中から, 中では, 制限が, 前で, 割合で, 右から, 四行目に, 夕刊新聞で, 大冊の, 大册, 大半を, 大広告, 天地左右中央に, 奥に, 字感, 小品について, 小品をめぐって, 左右中央に, 手記は, 数を, 文句だけを, 本であった, 条約の, 楽譜を, 片すみに, 短文に, 空白を, 端が, 花柳新聞でも, 蔭に, 角を, 記事として, 記述を, 読書も, 読書を, 講和条約で, 邦字新聞を, 長論文, 間から, 音楽をも, 風がちが, 驚畏

▼ ページ~ (167, 16.2%)

9 めくって 7 繰って 5 開いて 4 くって, 見て 2 くった, はぐって, めくりながら, 取って, 繰りながら, 読んで, 開いた

1 [124件] あけては, あけると, あますのみと, いくら探し, おわって, くったり, くっても, くりつ, くると, ことごとく訳し終っ, さいて, さきすぎたよう, ざつと見流し, しらべて, じっと見つめ, そのまま形, ちぎって, つかって, とじいずれ, はぐると, ばら, ぱらぱらと, ひらいた本, ひらいて, ひらくと, ひるが, ひるがえした, べつべつに, ぺらぺらと, ほとんど原文どおり, まくつて躊躇, まくる, まず想像, みつけ宮永, めくった, めくつて, めくり出しました, めくり始めた, めくると, めくるとき, めくる前, もったもの, よごすほどの, パラパラと, 一つめくりました, 一つ読んだ, 三角に, 伏せた, 伏せる, 先に, 切って, 切らぬところ, 切りとると, 切るだけの, 削くの, 占めて, 占めるこの, 占めるに, 占めヴィクトル・デュリュイ, 参照されたい, 参照せられたい, 唾を, 夜更くる, 寝ながら, 彩る雲仙地獄, 必ず書い, 我々は, 或節, 折ると, 指先で, 明るくする, 暗唱し, 暗誦する, 更える, 書いた, 書いて, 残して, 満たすだけの, 滿たさね, 畫する, 眺めて, 破り捨てる, 綴って, 繙いたほどの, 繰った, 繰ったり, 繰つて, 繰り始めた, 繰るたび, 繰ると, 繰るの, 繰る手, 繰る手つき, 翻す途端, 翻す音, 舐め舐め上機嫌, 蝋燭の, 裂きとつ, 裂き取ったこと, 裏返しながら, 要するので, 見つめたまま, 見給え編集当番, 見詰めて, 訳するの, 読み終わりまさに, 読み返して, 読み返し始めそれ, 読む, 読む習慣, 読んだこと, 費やしても, 費やす所, 辷りぬけて, 返しながら, 追って輪読, 逆に, 開いたが, 開いたまま, 開いた丹下左膳, 開きそれ, 開くと, 開けて, 飾り得たこと

▼ ページ~ (52, 5.0%)

3 書いて 2 眼を

1 [47件] あげた二章, あたらしい豪華, あたるその, あらためて眼, こう記した, この華麗, これに関する, する, そう出, そのこと, のってる自分, のぼるもの, もとの, クリストフの, マリユスが, マークを, 亙る大, 余るほどの, 光って, 六七行の, 出す, 出てるよ, 卵を, 及び演奏数時間, 及ぶ大著, 変る, 大小一つなり, 大掃除, 延長し, 引くところ, 憤りや, 掲げられた挿絵, 数行したためる, 文法的な, 書きたてるそんな, 書き止めて, 楽曲の, 点々と, 目が, 目を, 私自身の, 続いて, 貼付し, 躍る, 返り論説雑録文苑, 長々と, 黒インキの

▼ ページ~ (19, 1.8%)

2 あった

1 [17件] ある, あること, くしゃくしゃに, だらだらと, ほどけるほど, 一時に, 一枚皺くちゃに, 両側に, 出て, 出るが, 十四枚そろった, 彼の, 最も新しく, 泥塗れに, 眼の, 開かれてるまま, 非常に

▼ ページ~ (19, 1.8%)

1 [19件] いかに僅少, いったいだれ, おかあさんの, そういう彼ら, 何の, 十編の, 女流小説家ジョルジュ・サンドとの, 宮城前の, 尽きた, 愛についての, 日本人の, 明治初めだ, 暗いページ, 書けなかった, 消防署で, 消防隊の, 立体的です, 近所が, 青江三空曹の

▼ ページ~ (12, 1.2%)

2 読んで 1 ありはじめ, ありましょう, あるし, あるその, それから夢想, ひるがえさぬ先, めくると, 書けなかった, 読まなかったの, 読みは

▼ ページから~ (11, 1.1%)

2 目を 1 ただ茫洋, もうこの, ページへ, 厳封され, 数百ページに, 現われ出て, 男によって, 発散し, 飛び出して

▼ ページ~ (10, 1.0%)

1 して, なつて, ページの, 一〇六ページとに, 口絵を, 燈火との, 読むこと, 読んで, 進むに従って, 進んで

▼ ページには~ (9, 0.9%)

1 なんと, リエナが, 十七字集と, 大の, 天鵞絨の, 必ず神力, 英文テキストが, 裏口は, 鉛筆で

▼ ページ~ (8, 0.8%)

1 いねむりをやりだしたいてい, しかもスポーツ, はなかろう, 上に, 作者は, 大々的に, 済む, 紹介し

▼ ページ~ (8, 0.8%)

1 および, がつい, です, という商品, にはあらず, の許す, の都合, をとりすぎる

▼ ページ~ (7, 0.7%)

1 かに挟ん, からし, から将来伸子, で眠っ, に, に挟んである, をあける

▼ ページにも~ (6, 0.6%)

1 そのこと, 印刷し切れない, 口絵の, 建築物の, 月の, 轡十文字が

▼ ページ~ (4, 0.4%)

1 大事に, 曲から, 来ると, 認めたが

▼ ページ~ (4, 0.4%)

1 たくさんの, 処々の, 死刑囚の, 残ってるページ

▼ ページかの~ (3, 0.3%)

1 短いもの, 線を, 部分を

▼ ページかを~ (3, 0.3%)

1 演奏し, 読むの, 読んで

▼ ページずつ~ (3, 0.3%)

1 ひろがって, 書いて, 読んで

▼ ページとして~ (3, 0.3%)

1 放置し, 眼に, 葬り去って

▼ ページ以下~ (3, 0.3%)

1 にそれ, による, に武内博士

▼ ページある~ (2, 0.2%)

1 からついで, 言葉は

▼ ページ~ (2, 0.2%)

1 三百ページも, 書くひま

▼ ページかは~ (2, 0.2%)

1 とっくの, 出発到着帰還の

▼ ページくらいの~ (2, 0.2%)

1 ところから, 堂々たる体裁

▼ ページぐらいの~ (2, 0.2%)

1 ものが, 予定で

▼ ページごと~ (2, 0.2%)

1 に念入り, に捜し

▼ ページそれ~ (2, 0.2%)

1 に続い, は専門術語

▼ ページでも~ (2, 0.2%)

1 繰ってるよう, 読むと

▼ ページにおいて~ (2, 0.2%)

1 すでにきわめて明瞭, われわれの

▼ ページにわたる~ (2, 0.2%)

1 反対意見を, 裁判所に対する

▼ ページばかり~ (2, 0.2%)

1 よこしました, 読んだ

▼ ページ一ページ~ (2, 0.2%)

1 の蔭, の読書

▼ ページ~ (2, 0.2%)

1 で, に埋没

▼ ページ~ (2, 0.2%)

1 あるの, にわたってかれ

▼ ページ読み~ (2, 0.2%)

1 三ページ読み, 二ページ読み

▼ ページ読ん~ (2, 0.2%)

1 でそれから, でまだ

▼ ページ~ (2, 0.2%)

1 に何, を蟻

▼1* [72件]

ページあたりにそれ, ページあまりの築城書, ページからはもろもろの, ページからも解決の, ページくらい読むと, ページくると次第に, ページことごとく書き下しで, ページこれわが身の被告, ページされ世界的な, ページずつか読むよう, ページずつが集まって, ページずつを毎日元気に, ページぜんたいをこの, ページと言う, ページだけでも古本屋や, ページであってその, ページであったために, ページであるとは春木少年, ページでは書き尽せないので, ページとかいふ車で, ページとに注意し, ページとは読まなかった, ページとも称すべき所, ページにおいては不可能な, ページにしか完全には, ページにすら一度も, ページにはてもめずらしき文学者, ページによって序破急の, ページに対してもはなはだ申し訳, ページばかりも読みつづけた, ページほど読んだ, ページもの手紙が, ページほんとにお前, ページをも繙いた事, ページティエールは四十ページ, ページからページ三五, ページ七一七四七六七九八〇ページ八二からページ八五, ページ七九一六のごとき, ページ三ページと進む, ページ三五までページ五四, ページ上段の左右中央, ページ上段七行目の, ページ上段以下とりわけ一〇三ページ, ページ上部横組み終わり, ページ下部縦組み終わり, ページ五五五六六一のごとき, ページ五四からページ六一, ページ以上にわたる, ページ信用してる豪い, ページ全体を見回し, ページ八二からページ八五, ページ八五などについても同様, ページ六ページと進ん, ページ六一までは皆そう, ページ出來た, ページ数相分り候とよろしく, ページである, ページ新聞の雑報記者, ページ下段左すみの, ページ毎夕発行日本橋の末広ビル, ページ五十銭の, ページ練習題のところ, ページえし, ページ見開きの挿絵, ページ読みたうとう五ページ, ページ読むと眠く, ページ読めばすぐ, ページ読んだきりで, ページ読んだらいやに, ページ讀むに一時間, ページ近かった, ページの四六二倍大