青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ペン~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ピアノ~ ~ピストル ピストル~ ~フランス フランス~ ブルジョア~ プロレタリア~ ~ベッド ベッド~ ベンチ~
ペン~
ページ~ ~ホテル ホテル~ ボーイ~ ボート~ ポ~ ~ポケット ポケット~ マア~ マリユス~

「ペン~」 1678, 18ppm, 6310位

▼ ペン~ (626, 37.3%)

25 走らせて 16 置いて 15 執って 14 とって 12 取って 11 動かして 10 持って 7 擱い 6 手に, 置いた, 走らして, 走らせた 5 おいて, もって, 休めて, 止めて 4 削って, 動かしはじめた, 取り上げた, 執つて, 執りました, 持ったまま, 捨てて, 握って, 擱く

3 [16件] 下に, 取上げた, 取上げて, 執った, 投げて, 投げ出して, 持つたまま, 持つ手, 捨てた, 措いて, 擱こう, 構えて, 紙の, 貸して, 走らせること, 銃と

2 [43件] つまみあげた, とった, とつて, とり上げると, とる勇気, なげ出して, にぎって, もったまま, もつの, インキに, 交へ, 休める度, 動かさずに, 動かした, 動かすこと, 動かそうと, 取った, 取ったが, 取つた, 取りあげた, 取りあげて, 取り上げて, 取り上げながら, 執ったの, 執りましたが, 執ると, 執るの, 執る手, 投げだして, 抛り出して, 持つて, 持つ気, 採って, 握った, 握らした, 握る手, 用意し, 紙に, 置いたとき, 置く, 置くと, 走らせながら, 走らせる

1 [302件] おいた, おきちえ, おきつつ, おきます, おき傍, おき目, おく, おっぺし, おとりに, お見せし, お見覚え, かえたり, かくします, かじる, ぐんぐん走らせよう, こしら, さしこんだ, さしたおばあさん, さし置いて, すてて, すりへらしこの, そこに, そそのかすよう, それは, たくさんに, たくさん財布に, たづさへて旅, だして, つかんで, つつしもう, つれて, とったが, とったもの, とったり, とった次第, とどめて, とめた, とらせ文字, とらなければ, とりあげた, とりあげました, とりあげると, とりあげ小さな, とりあげ紙, とりたい思ひに, とりはじめた, とりますと, とり云われるまま, とり仕かけ, とり新しく, とり物, とり紙, とり落したほど, とる, とると, とる態度, とる手, とる暇, とる気, とる筈, ながめて, なげすてるよう, にぎった, にぎったまま, はし折らね, はや置きぬべし, ひたして, ふるって, ぶっつけた, へし折つて, もったなり口, もったまま傍, もったまま素子, もつより, もつよりも, もつ手, もとった, やめなければ, インキの, 一本持つた, 下において, 休ませないで, 休めた時, 使いこなすよう, 使うた方, 使うどうか, 使おうと, 使ったの, 使って, 使わないで, 使わないらしい大井, 使用する, 借りて, 削りながら, 削るのに, 剣に, 動かさうと, 動かさなければ, 動かしそれ, 動かしたが, 動かしながら, 動かし出した, 動かし始めた, 動かし始めると, 動かすにさえ, 動かすよう, 動かす事, 原稿紙の, 取ったとき, 取つて, 取つてノートブツク, 取りあげると, 取りそして, 取りぬ, 取りカンバス, 取り上げその, 取り上げたくなって, 取り上げる, 取り出した, 取り書きそう, 取り替えたとしか, 取り直して, 取り直す, 取ること, 取ると, 取るまで, 取る前, 取る勇気, 取上げたかと, 取上げ三番目, 受けとって, 問題の, 執った最大原因, 執つた, 執つたが, 執つたん, 執つた私, 執つて散文化, 執つて鉛筆, 執つて閑, 執らうと, 執らうにも, 執り, 執りあげたところが, 執りさ, 執りせっかち, 執りたれど, 執りながら, 執りは, 執りまたは, 執り上げると, 執り上げ物語, 執り原稿用紙, 執り始めた, 執り始めたわけ, 執り文, 執り紙, 執り黄色い, 執る, 執ること, 執るであらう, 執るという, 執るもの, 執るん, 執る事, 執る前, 執る力, 執る気, 執る白い, 執る間, 壊し帳面, 夢想に, 大急ぎで, 奪われて, 床上に, 引こまして, 引っかけて, 引ったくっ, 感嘆し, 手ば, 投げすて, 投げ出させるの, 投げ出しいらいら, 投げ出す, 投げ棄てて, 投げ棄て窓, 投じたの, 投出した頃, 投出して, 折った, 折鞄に, 抛たなければ, 拭いて, 拭ふ, 拵らへる, 持たせた, 持たない, 持たぬ日本, 持たれて, 持ちかけたが, 持ち同じ, 持ち片手, 持ち続けて, 持ち膝, 持っただけ, 持ったままひとり, 持ったまま縁側, 持っても, 持つ, 持つこと, 持つた儘, 持つた時, 持つと, 持つもの, 持つ人差指, 持つ者, 持てば, 指先で, 振って, 捨て鍛冶屋, 探すと, 握ったが, 握ったまま, 握ったまま一瞬, 握ったり, 握った手, 握つた, 握つて, 握りしめながら, 握り洋紙, 握り飜訳, 握ると, 握る力, 撫し, 擱かね, 擱かむ, 擱き, 擱きます, 擱くべき, 机の, 棄てて, 構へ, 構へて, 横縦に, 止める事, 武器と, 浸して, 添えて, 潰して, 熱心に, 片よせ, 用いた, 用いようとも, 用い出した余, 留めて, 社会救済の, 突こむ, 突っこんで, 突込ん, 突込んで, 筆筒に, 粗相で, 続けること能はず, 置いたので, 置きながら, 置きました, 置き一服, 置き何, 置き梨, 翳して, 耳に, 耳の, 背負つて, 荷いだ, 裏が, 見ると, 見出したこと, 買って, 資本に, 赤インキの, 走らしたと, 走らした原稿紙, 走らしてる大西, 走らしはじめた, 走らし漸く, 走らす, 走らすのみ, 走らす犯罪日誌, 走らせた人達, 走らせだした, 走らせはじめた, 走らせました, 走らせ続けた, 軋ませて, 運ばして, 運んで, 遡らせなければ, 鈍らせること, 離すと, 震わせて, 風雅に, 駆る所以

▼ ペン~ (131, 7.8%)

6 音が, 音を 5 ような 4 先を 3 先が, 音は

2 [13件] あとから, 先から, 先に, 先には, 字が, 尖を, 手は, 手を, 襲撃を, 走る音, 走書, 音と, 顔の

1 [78件] あとは, かげと, かわりに, ことです, ごときは, さきに, さきを, さやうし, ためと, つかいかた, ままいかにも, やうな, ように, カラ念仏で, クリップ風呂敷靴にまで, 上で, 下では, 使いかたで, 先からは, 先き, 先で, 先にか, 先は, 入ったその, 削り方, 力だけが, 力は, 動きとともに, 動きの, 動くこと, 勢いで, 外お, 太文字で, 奔る, 奴隷と, 字で, 字に, 字は, 字を, 字美しい, 尖端が, 影が, 愕く, 我ままが, 手の甲が, 手の甲に, 手紙に, 揺籃だった, 方で, 旗を, 案の, 活動の, 痕が, 痕跡に, 目方である, 目方を, 相違, 紙を, 線で, 線と, 跡は, 跡を, 跡淋漓という, 軋みや, 軸の, 軽さ, 辷りが, 速さ, 速度よりも, 進行を, 運びが, 重さ, 間に, 静かな, 音だけしか, 音ばかりが, 音以外には, 音深夜の

▼ ペン~ (88, 5.2%)

5 書いて 3 走り書きした 2 手紙を, 書いた手紙, 青木淳とか

1 [74件] あつた, かいて, かけられて, かけるの, かける紙, こくめい, ざっとたどり, しまいにわし, しわくちやの紙, すること, つけられた赤インク, つめた字, なしに, なぞりなぞり書いてる, もって, もつて, トルコ王に, ノートに, ノートを, 一人立ちし, 何か, 力いつ, 原稿紙へ, 名前を, 大きいバッテン, 奇妙な, 字が, 小さく書, 小汚く書き添えられ, 彼が, 念入りに, 押し通す積, 描いたやう, 描いたよう, 描いた西瓜泥棒, 描いて, 数字を, 時には鉛筆, 普通の, 書いたある, 書いたもの, 書いた字体, 書いた細い, 書いた部分, 書かれた字, 書かれた手紙, 書かれて, 書きその, 書きなおして, 書きはじめました, 書き出した, 書き留めて, 書く, 書くと, 書く作家, 清算し, 温順し, 点線を, 略図を, 稼がなければ, 篆書に, 紙を, 素直に, 細かく書いた, 細く書いた, 細字で, 結婚の, 自分の, 薄色の, 表かいたり, 記すべき時代, 認めて, 走り書きが, 通る

▼ ペン~ (83, 4.9%)

3 働く力 2 した時, インクを, ズラリと, 含んだインキ, 墨を, 捕って, 破局へ, 立って

1 [64件] しないで, しろ良人, すれば, その白装束, たっぷりインク, どこかへ, なぜ我輩, なりました, べつだんこれ, ものを, わかって, わかるわ, インキを, ギユウと, シャンと, ズラリッと, タタキ潰した, フッ飛ん, ブレーキを, 一日中立っ, 一生を, 久喜まで, 二十円も, 云って, 任せて, 似て, 何故我輩, 全力を, 再現しよう, 再現する, 切り離されて, 参って, 叱られて, 吐き出して, 吹き飛ばされそう, 在るに, 大笑いに, 宿る性格, 引っくり, 微量の, 死滅させ, 氷釈した, 濃い赤インク, 燃えついて, 片付くん, 生まれて, 用が, 眼の, 落ちるもん, 落第し, 蘇つたに, 血が, 血の, 解けて, 解るから, 解放されまし, 解決される, 託して, 跳ね付けられて, 鋳つぶされたこと, 降参し, 降參, 青くなっちゃっ, 飛んで

▼ ペン~ (69, 4.1%)

3 の看板 2 きを, をインク

1 [62件] から, が, がいかにも, がとりつけ, がどう, がない, がふと, がインキ, が堅, が忽ち, が我まま, が折れました, が紙, が紙面, が軟か, が重たく, が震, が震へる, きで深く, きに, だけが旧, でつけられた, で作った, で扱っ, で縫わされ, とを買い, と一枚, にやけに, に弾力, に牛, に眼, に紙, に飜弄, の, のいた, の中, の古き, の工合, の広告看板, の製造業者, は, はもう, は三倍近く, は半分, は機織機械, へと移っ, へ墨, をもっ, をインキ壺, をジッ, を二本, を使, を売り弘めよう, を弄する, を戻さうなら, を擬す, を突き込む, を紙, を見詰め, を視詰める, を買, を買う

▼ ペン~ (65, 3.9%)

2 無言の

1 [63件] ある, あれば, いい, うごかなくなる, おのづか, おりるとき, こうして原稿紙, さがしたら見えて, たずねた, ついてるの, つかえないよう, つむぎ出したの, ない, のって, ひっかかるし, ひとりで, ひどくなっ, ふるへるほど, ぶるぶるふるへた, より集約的, スランプに関する, バラに, 一寸も, 一本赤鉛筆が, 一束に, 人類の, 何かを, 何処かへ, 使いに, 出て, 出来て, 剣に, 動かず書くなと, 動かないので, 動かなくなった, 動かなくなりうつむいて, 動き止まないうち, 可愛い花模様, 変調子を, 怖かった, 急に, 手から, 書き表わして, 書くの, 来た, 横へ, 渋るの, 目の, 眉を, 萎縮する, 落ち込んだらしく隣りの, 蠅の, 走ると, 走るもん, 軍事御用ペンである, 辷り落ちるの, 運んで, 重くって, 重くなっ, 重く顔, 重たくて, 長い曲線, 震えて

▼ ペン~ (64, 3.8%)

3 インキと, インクと 2 インキを, バラの, 一枚の, 手帳と, 紙との, 紙とを, 紙を, 鉛筆とで

1 [42件] いっしょに, そうしてペン軸, そして女学員バラ, アリシロの, インキが, インキで, インクで, インクとは, ゴムを, ノートと, ノートの, バラが, バラとは, バラとを, バラに, バラは, フランスの, 其から, 原稿用紙という, 原稿紙だけ, 原稿紙との, 吾輩と, 墨汁と, 女学員バラと, 女学員バラは, 小さい鉛筆, 帳面を, 書類とを, 滑っこい紙, 画筆と, 箸と, 紙が, 紙だけ, 紙と, 紙とを通じて, 紙によ, 紙の, 言って, 訳しとるねん, 鉛の, 銀の, 鶴嘴と

▼ ペン~ (64, 3.8%)

3 剣よりも 2 いつまで, その辺, どうしても一行, ますます乗, 僕にも, 大変御

1 [49件] あらぬ方, ありませんですから, いつも具えつけ, きのう小屋で, けっして我輩, さつきから, すこし当惑げ, その惨憺, それを, できたが, とりあげて, どうかな, はかどり軈て, ますます呆れ, まだ可, わずかに, ポンドの, 万年筆を, 上下の, 不思議な, 口を, 唖然として, 大声で, 女学員バラと, 始めて見る, 容易に, 心臓の, 必ず右手, 思った, 恐しい, 指から, 指先から, 早くからそこ, 武器だ, 気まぐれに, 決して我輩, 画板の, 直ちにしゃべり出した, 直ちに饒舌, 真実な, 笑った, 背の, 胸の, 舌より, 言われるまま, 進まなかつた, 錆る, 隣りに, 鵞の

▼ ペンベリー~ (61, 3.6%)

2 はその, は闇

1 [57件] がまた, が考え, だった, にしがみついた, にそそい, に自由, のドブズ, の声, の決心, の目, の考える, の自由, の鼻, はいや, はおだやか, はきいた, はしばらく, はじゃ, はせ, はそんな, はちょっと, はどきっ, はひやりと, はぶるぶる, はほっと, はステッキ, はナイフ, はベイスフォード, はホテル, は化粧道具入れ, は囲い, は固く, は客間, は店, は彼, は時計, は汽車, は無, は無関心, は特別, は生垣, は目, は窮屈, は立ちどまった, は考え, は考えた, は責任, は近く, は逃げない, は邪魔, は鋭く, は鞄, は驚い, もいっしょう, より大きく, をつかん, を拘束

▼ ペンさん~ (53, 3.2%)

2 が近藤

1 [51件] がお, がこういう, がその間, がやっと, がわざわざ, がヘントウ腺, が三井洋画コレクション, が又, が奈良, が居る, が手伝っ, が昨日, が来, が気転, が病気, が私, が貸し, が電話, が青森, つれて, でも手つだっ, で昨今, と位, と言う, にはやはり, に一笑, に三共あたり, に手伝っ, に迎え, に電話, に頼ん, ねあれ, のこと, のところ, の嫁入り先, の家, の月給, の歎息, の腕, はいい, はかつら, はこの, はさかん, はその, はもう, は三, は十月二日, は旅行, は高等小学, もあずかっ, を酷使

▼ ペン~ (30, 1.8%)

2 に蟷螂

1 [28件] から絞り出し, が上, が交っ, が見つからなくなっ, だったの, でもし, で店, にする, に内訌, に取り縋り取り縋り, のこ, のごく, の旧弊, の飛, は彼, も, をころがし, をとっ, をはさん, を使う, を傾け, を口, を噛ん, を従妹, を必死, を持つ, を握, を身

▼ ペン~ (25, 1.5%)

1 [25件] がサッと, といふ何, のからだ, のため, の噂, の話し, の邪魔, の頭, はさ, はす, はその, はどう, はもう, はララン, は少し, は息, は悲しい, は欺, は気, は胸, も死んでしまつた, よ, を葬つ, を離れ, を馬鹿

▼ ペン~ (23, 1.4%)

1 [23件] が五六行, が性急, が紙, で, であるが, でいつ, でこう, でこまかく, でそれ, で処々, で文句, で書い, で書いた, で書き込み, で書く, で添書, で相当, のくせ, のつまった, の上, の曲り目, は娘, をかい

▼ ペン~ (21, 1.3%)

2 バラも

1 [19件] ある, あるのに, しぶりますが, そつちの方へ, その扱, またこれから, まだそッくり, インキも, 与えられ夜, 使い方で, 原稿紙も, 取り上げたが, 岩手の, 想像も, 折れよと, 液体の, 製紙會社の, 軽やかに, 重し

▼ ペン~ (18, 1.1%)

2 インキが, インキなど, インキを

1 [12件] インクや, メートル尺や, 一本三銭の, 口で, 封蝋が, 封蝋などといった, 筆で, 算盤玉などが, 軸を, 鉛筆が, 鉛筆では, 鉛筆の

▼ ペン~ (17, 1.0%)

2 に代

1 [15件] にした, にのせられ, には御存知, に入れ, のうへで甥, のこと, のとなり, の代り, はわっ, は決して, は竹, もあり, やをおい, よ, を見た

▼ ペンナイフ~ (9, 0.5%)

2 の柄 1 だった, で切っ, とを教卓, の, は今, を取り出し, を握った

▼ ペン~ (9, 0.5%)

1 が好き, が尤も, で小, に淡彩, は本物, まだ描く, を嬉し, を描いてる, 描きつつ

▼ ペンから~ (8, 0.5%)

2 流れ出した命, 足が 1 出て, 力を, 赤ペン塗に, 飛沫に

▼ ペンドラゴン~ (7, 0.4%)

1 が死ん, が言, だ, といふ字, のひとり子, の子, は無限

▼ ペンという~ (5, 0.3%)

1 のは, ほうが, 人が, 話が, 音さえ

▼ ペンとを~ (5, 0.3%)

1 とった, もって, 両手に, 前に, 持ち出して

▼ ペン書き~ (5, 0.3%)

1 である, でおばあさん, で細々, の原稿, の女文字

▼ ペンドラム~ (4, 0.2%)

1 と成り, の仲間, の姿, の蜜柑畑

▼ ペン一本~ (4, 0.2%)

1 でこうして, の生活, の生活力, 載つて

▼ ペン倶楽部~ (4, 0.2%)

1 が組織, として生れ, の組織, は日本独自

▼ ペン~ (3, 0.2%)

1 それとも鑿, 何かで, 受信機か

▼ ペンとが~ (3, 0.2%)

1 あって, のって, 眼に

▼ ペンによって~ (3, 0.2%)

1 このこと, 血に, 語られなければ

▼ ペンばかり~ (3, 0.2%)

2 である 1 です

▼ ペン~ (3, 0.2%)

1 おまへは, 冷やかに, 気を

▼ ペンインク原稿用紙~ (3, 0.2%)

1 などを取り出した, をつめ込んだ, を持っ

▼ ペン~ (3, 0.2%)

1 が喋った, の手, 本当にそう思う

▼ ペンさき~ (2, 0.1%)

1 のやう, のダット

▼ ペン~ (2, 0.1%)

1 と給仕, のの

▼ ペンだけは~ (2, 0.1%)

1 しょっちゅうもちあるい, 遊びに

▼ ペンである~ (2, 0.1%)

1 ことを, ということ

▼ ペンでも~ (2, 0.1%)

1 あり何でもかでも, ええから

▼ ペンとも~ (2, 0.1%)

1 シャンとも, ツンとも

▼ ペンには~ (2, 0.1%)

1 もうインク, ゴムも

▼ ペンによる~ (2, 0.1%)

1 呼吸みたいな, 者も

▼ ペンに関する~ (2, 0.1%)

2 独創的な

▼ ペンより~ (2, 0.1%)

2 重いもの

▼ ペンをと~ (2, 0.1%)

1 つた, つて別の

▼ ペンドラゴン大王~ (2, 0.1%)

1 と別れる, と部下

▼ ペン云っ~ (2, 0.1%)

1 てみよう, て見ろ

▼ ペン又は~ (2, 0.1%)

1 鉛筆も, 鉛筆を

▼ ペン大会~ (2, 0.1%)

1 とのためヨーロッパ, に出席

▼ ペン持つ~ (2, 0.1%)

1 手が, 手の

▼ ペン~ (2, 0.1%)

1 をたたいてる, を腰

▼ ペン置き~ (2, 0.1%)

1 にする, コップ床から

▼1* [123件]

ペンあるいは鉛筆とも, ペンいれによろし, ペン煮付油揚の, ペンおよび訴訟文書らしい, ペンかということが, ペンからの求めで, ペンからは事実を, ペンこの木ペン, ペンさん同情して, ペンさん曰く私の三角, ペンさん莞爾としました, ペンすなわち内の, ペンそれから今鳴りわたっ, ペンだけ動かしつづけた, ペンだけがいやに, ペンだこが出来た, ペンだのおおかたフランス軍, ペンつぼなどをもらった, ペンであり一は, ペンであろうとも自分, ペンでかくので白い堅い, ペンでがしが, ペンですそして様々, ペンででも大きくサラサラとかく, ペンでない只の, ペンではお金を, ペンとの間にのみ, ペンとはなれる事, ペンのだ, ペンなどが頭に, ペンなどでは追っつきそう, ペンなども持つて, ペンならペン絵筆なら, ペンなる言葉を, ペンなんか湖水の, ペンについて話して, ペンにてこまごまと, ペンにも血の, ペンによってこそ最もよく伝えられる, ペンにより簡単明瞭なる, ペンに対して眼の, ペンまた寒く思ふ, ペンもたず休みますから, ペンやら戦争と, ペンよりも左手で, ペンわたしがもしも, ペンを通じて読んだ理論, ペンインキ用箋の文房具, ペンインキ紙それに三四冊, ペンインクがなけれ, ペンインク原稿用紙聖書などを詰め込んだ, ペンインク原稿用紙辞典聖書などを詰め込ん, ペンインク悪の華, ペンシカ見タコトガナイナ, ペンチャンと鳴り出し, ペンドラゴン王とその, ペンドラム家の依頼, ペンノートを買っ, ペンパン草の根もとに, ペンブラッシュを子供, ペンペ下界を見ろ, ペン一つで食っ, ペン一日一本です, ペン一本ダケソレカラ特製華麗ノ原稿用紙, ペン代りになっ, ペン代用となる, ペンの飯, ペン使ってがら, ペン借せ木ペン借せったら, ペン倶楽部代表者たちだけで, ペン倶楽部日本支部と名乗る, ペン先いずれも掘, ペン先きの競争的な流れ, ペン先きの製造業者がある, ペン先製造会社の名, ペンレタゲタノヨダケドヤッパリ黙, ペン入れなど売っ, ペン公亭主のくせ, ペン即ち内の, ペンてわかんない, ペンの上, ペンにし, ペン塗りは夏, ペン多忙で滅多, ペンぐした, ペン尋ねて見ました, ペン小刀みたいに繊細, ペンの形, ペン御飯をたべ, ペン持たそとする, ペン握りしめたまんまめそめそ, ペン時計その他珍しがっ, ペンになる, ペン東京に連れ, ペン楊枝などを掴挿, ペン樺の木に沢山, ペン歌いなはれ, ペン毛筆等で描かれた, ペンをもっ, ペン画家であった彼, ペンのインキ, ペン百貫の杖, ペン皿その他変ること, ペンに入れ, ペン細字の丹精, ペン絵筆なら絵筆, ペン習字は絶対, ペン習字手本というよう, ペン考えさして下さい, ペンさ入る, ペン見とう御座いますわ, ペン読み直して頂きたい, ペンひに, ペン買つてから甲府, ペン貸して下さいません, ペン軸ナイフその他我国の店先, ペン鉛筆小刀爪名文あり警句, ペン鉛筆酒煙草すべて新らしいと, ペンをツボ皿, ペン青ペンなんか湖水, ペン面桶を拝み上げ, ペンのブラシ, ペンの言