青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「プロレタリア~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

パリー~ ~パン パン~ ビール~ ピアノ~ ~ピストル ピストル~ ~フランス フランス~ ブルジョア~
プロレタリア~
~ベッド ベッド~ ベンチ~ ペン~ ページ~ ~ホテル ホテル~ ボーイ~ ボート~ ポ~

「プロレタリア~」 2340, 25ppm, 4609位

▼ プロレタリア文学~ (520, 22.2%)

13 の運動 11 の中, の作品, はその 10 の領域 9 の理論 6 の発展 5 というもの, の陣営 4 の仕事, の創作方法, の新しい, の歴史 3 が運動, である, ではない, に対立, の伝統, の存在, の形式, の正当, の道

2 [25件] がその, が存在, といっ, とその, なるもの, にあっ, における国際的主題, にはブルジョア文学, に欠け, のこと, のため, の作家, の側, の問題, の影響, の擡頭, の時期, の萌芽, はまだ, は一つ, は文学, は発展, は誰, もその, を否定

1 [346件] およびモダニズム文学勃興時代等, および作家, および同盟, から云え, から未来派風, が, があっ, がそういう, がまとまった, がより, がソヴェト, が世界観, が主張, が再, が出来る, が労働者, が区別, が問題, が囚われかかった, が壊滅, が強い, が従来, が所期, が持っ, が描こう, が文壇的, が方針, が最前線, が最近, が独自, が生れる, が置かれ, が自分, が芸術, が英雄的, が辿っ, が開拓, こそが問題, そのほか階級的, だ, だけがプロレタリア科学的, だけを押し出した, だけを標榜, つまり云わ, であった, であるという, であるに, ではなかっ, ではなくなっ, でもない, で所謂特等席, で方法, というよう, という本当, といふかといへ, といわれた, とかマルクス主義文学, としての任務, としての創作方法, としての強靭さ, としての発展, としての運動, として今日, として成功, として次, として立派, とちがう, となった, との一対, との又, との対立, とはけっして, とは何, とは貧困, ともブルヂヨア文学, とも縁, とよばれた, とブルヂヨア文学, とマルクス主義文学, とルンペン, と同じ, と新しき, と称する, と見る, と認められる, と農民文学, などが果した, などというもの, などといったら, などにも時には, なの, に, にあらわれる, にあり, にある, にうつり, においてこの, においては純, においても現在, において国際的主題, において積極的, において農民, における, におけるプロレタリア性, における主題, における任務, における作家, における同伴者的分子, における婦人, における小, における政治, における新, における新しい, における明る, における独特, にその, についていう, についての意見, についての討論, について一言, について論じた, にとって一種, にとって新鮮, にならぬ, には幾つ, には旧い, には生々しい, にぶつかり, にもある, にもそれ, に一つ, に不満, に到っ, に反対, に反撥, に女, に婦人, に対して, に対していかにも, に対して常に, に対して純文学, に対する或, に対する正当, に対する理解, に対する過小評価, に接近, に携, に新しい, に於, に極力, に移っ, に結ばれ, に退屈, に限らず, のある, のかつて, のごとき, のなか, のほか, のみならず, のもつ, のウダールニク, のジャンル, のヘゲモニー, の一方, の一部, の不完全, の世界的陣営, の中間報告, の主, の事実上, の交代者, の今後, の代表作, の代表的作品, の任務, の伝承, の健全, の公式主義, の内, の内容, の内容主義, の処女地, の出現, の分野, の初期, の別名, の制作方法, の前進, の前駆的, の創作過程, の努力, の動き, の取材, の叫び, の台頭, の同伴者中, の否定, の圧倒的, の多難, の大きい, の大局, の大衆化, の大衆性, の大道, の婦人作家, の存在否定, の存在理由, の完成, の専門技術家, の当然, の影響力, の従来, の悪口, の成長, の戦略, の戦線拡大, の所謂マルクス主義的目的意識文学, の指導権, の敗北, の敗北的, の新, の方法, の方針, の旗, の時代, の普及, の最後, の最高峰, の未来, の本来, の本質, の根づよ, の根強, の業績, の様式, の次, の正しい, の歴史的諸相, の段階, の活動, の活動家, の流行, の潮流, の現, の現状, の理論そのもの, の画期的到達点, の画然たる, の発達, の着実, の社会的包括力, の立前, の筆者たち, の精神, の若き, の蒙った, の蓄積, の行き詰り, の行動隊, の誕生, の誤った, の諸, の責任, の質的差異, の退潮, の達成, の遺産, の重大, の鋭い, の闊達, の陣営内, の階級性, の階級的固執, の面, の面白, の鮮明, は, はうけ入れない, はくまなく, はこの, はそこで, はただ, はどういう, はどの, はない, はならないだらう, はますます, はより, はアナーキスト, はソヴェト・プロレタリアート, はプロレタリアート, は二重, は人間, は今日些細, は作者, は勤労者, は単なる, は反っ, は国際的展望, は基礎的, は実質上存在, は宣伝, は当然, は日本, は暗かる, は本当, は本質, は比較的, は益々, は真, は矢張り, は紡績産業, は絶えず, は自分, は芸術, は農民, は退潮, ばかりで, への新しい, への転換等, もやっぱり, も殺された, も育ち, も農民, をつくる, をレーニン的段階, を侵入者, を前進, を創ろう, を創作, を合理化, を喜ぶ, を建設, を彼ら, を批判, を把握, を押しすすめる, を歴史, を求めん, を理解, を網羅, を論じ, を造らなけれ, 若しくはその, 若しくはマルクス主義文学

▼ プロレタリア~ (290, 12.4%)

8 勝利の 5 精神に 4 ために, ものである, 勝利に 3 党の

2 [21件] ための, 世界観は, 世界観を, 中から, 党, 凡ての, 力が, 国に, 女として, 文学と, 新聞は, 時代が, 母の, 社会学, 精神を, 結束は, 解放の, 詩人として, 闘争の, 陣営に, 階級が

1 [220件] おこした革命, この階級闘争, ごとき或, それでなく, ためには, でも新, もつ社会概念, もので, ものな, ものを, ような, イデオロギーだ, イデオロギーである, イデオロギーと, イデオロギーに, イデオロギーを, サヴェートが, ジャーナリズムは, ソヴェト政権を, ブルジョアジーからの, プリヴェート, モラルを, 一人の, 世の中に, 世界観であった, 世界観であり, 世界観と, 世界観に, 世界観のみが, 世論を, 中からも, 乃至プロレタリア, 二大陣營に, 二階級において, 人々は, 人に, 人間的解放の, 人間的解放も, 代表的大衆, 作家が, 作家たちと, 作家の, 作家同盟が, 信吉には, 健康性と, 側に, 側の, 党に, 党派の, 利害意識を, 利益に, 利益を, 前衛が, 前衛たる, 前衛として, 剛毅さから, 創作方法それは, 力は, 勝利が, 勝利によってのみ, 勝利は, 勝利を, 反抗精神とは, 叫びが, 哲学である, 唯一の, 善玉悪玉から, 国, 国にとって, 国ソヴェト同盟の, 国家機関の, 均しく背負っ, 声である, 天下を, 夫婦ものが, 女らしい動かない, 妻母ほど, 威勢を, 娘を, 婦人から, 婦人という, 婦人の, 婦人は, 子供らしい, 子供諸君, 実感を, 実践活動の, 少年少女へ, 巨弾によって, 幸福の, 幹部指導者を, 建設的実状の, 心理, 心理的意識でも, 思想と, 恨みの, 悲哀に, 意志プロレタリアートの, 意識に, 感情は, 或いは小, 戦列へ, 戦士で, 戦士諸君の, 手の, 手中に, 技術を, 持って, 指導を, 描写を, 攻勢を, 政治活動の, 政治的活動に対して, 政治的自由の, 政治運動の, 文化が, 文化である, 文化を, 文化水準を, 文学が, 文学として, 文学制作の, 文豪なり, 新な, 新聞が, 新聞である, 新聞や, 旗下に, 旗日, 日常である, 時代の, 暴力の, 暴力のみが, 暴力は, 有つ, 根本問題換言するなら, 権力確立の, 武器として, 歴史的意味を, 歴史的社会的な, 母から, 母が, 水道栓が, 為に, 独裁下に, 独裁的支配という, 生命の, 生活が, 生活したがって, 生活と, 生活に, 生活の, 生活も, 生活を, 生活思想に, 生活意識から, 生産と, 画家が, 病院無産者病院を, 真の, 社会を, 社会主義革命は, 社会的達成の, 社會が, 祝の, 科学的道徳とは, 立場から, 童話と, 精神が, 組織化に, 結束が, 絶対的宿命的な, 縁側に, 群居街からは, 群居街でも, 肉体を, 色彩と, 芝居にも, 芸術と, 芸術に関する, 芸術家として, 芸術家を, 蒸焼き, 血盟に, 行進曲でも, 観点から, 解放勝利という, 解放勝利といふ, 詩人にな, 課題と, 論客は, 諷刺でない, 赤児を, 進軍だ, 運動の, 道を, 野菜と, 鉄の, 間から, 間に, 闘争と, 闘争は, 闘士を, 陣営からの, 陣営からは, 陣営が, 陣営の, 階級に, 階級は, 階級意識な, 階級的作家団体として, 階級的自発性の, 革命を, 革命的行動は, 革命的陣営に, 音楽の, 食事を, 鬪士と, 鬪爭の, 魂

▼ プロレタリア作家~ (230, 9.8%)

7 の間 6 の作品 3 に課せられ, の団体, の発展, は

2 [11件] が, がその, が各自, が現在, が自分, だという, のうち, の小説, の或, の階級的任務, はただ

1 [183件] がどんどん, がどんな, がもっともっと, がブルジョア作家, が人間らしく, が今後, が出る, が古典, が否定的, が唯物弁証的把握, が多い, が好ん, が少なから, が属す, が心理的支柱, が本, が百, が組織, が腹の中, が遠く, が闊達自在, こそプロレタリア階級, こそ存在そのもの, こそ社会主義建設, じゃない, その個々, たる立場, だと, ってほんとう, って文才, であった, であり得た, である, であるとさえ, でなくて, と, という名, という顔, といわれ, とがどんなに, としてその, としてとるべき, としての価値, としての努力, としての女, としての平林たい子, としての幸福, としての成長, としての方向, としての林, としての活動, としての立場, としての自身, としての階級的, としてより, として世界的, として互に, として存在, として持つ, として歴史的, として決して, として窪川稲子, として立派, として自他とも, として自分たち, として詩, とは組織上, とは較べ, ともある, とよばれ, とブルジョア作家, と云い得る, と云っ, と云われる, と既成, と純文学作家, と自分等, なりや, にとって二つ, にとって或, になっ, には広告, には相当, にむしろ, によってされた, によって発表, に対する師匠役, に期待, に未だ, に正しい, に限った, の, のある, のざま, のまだ, のみならず, のもっ, のオルグ的活動, のグループ, の一人, の一部, の今日, の代表作, の先達, の典型, の前, の努力, の動き, の印刷工, の場合, の大, の実践, の徳永直, の心, の技術, の持つべき, の文学, の方, の日常的自由, の未来, の本, の歴史小説, の歴史的使命, の活動, の物質的条件, の特等席, の現実社会, の生活慾, の生涯, の産業別組織的生産, の真摯, の眼, の立場, の筆, の見えない, の質そのもの, の赤色陸海軍, の農村, の進出, の関心, の闘争, の階級的発展, の階級的質, の頭株, はいないであろう, はこの, はこん, はどんな, はなかっ, はプロレタリア文学, は今, は作家, は信州, は党, は全く, は彼, は従来, は手紙, は政治的, は文化啓蒙的, は新しく, は新た, は日本, は暗い, は知っ, は自然発生的, は自身, は誰, は闘争, は階級, は階級文化, もこの, もなかろうで, をもとめた, をボイコット, を出す, を召集, を吸いあつめ, を立ち上らせた, を見た, を見下し, 乃至その, 乃至革命的作家団体間

▼ プロレタリア文学運動~ (191, 8.2%)

12 に参加 5 の初期 4 の時代, の歴史

2 [14件] があった, がおこっ, が当時, のあった, の中, の情勢, の成果, の指導方針, の活動家, の消長, の発展, の組織, の退潮, は世界

1 [138件] がこん, がそろそろ, がはじまっ, がはじまった, がひどい, がまったく, がシッカリ, が一九三二年以来, が二十世紀, が今日到達, が作家, が兇暴, が国際的, が圧殺, が成熟, が挫, が文学, が文学作品, が新しい, が日本文学, が民主主義文学, が破壊, が社会, が窒息, が端緒的, が自由, が起り, が進出, が運動, が順調, が顕著, だけの問題, であった, ではじめて, では日本, では理論活動, というもの, として欠けた, との関連, とブルジョア文学, と同志林, と対立, などは親がかり, において実に, において組織, において絶えず, におけるその, における右翼日和見主義, における同伴者性, における同伴者的作家, にきびしい, にさえ無関係, にたいする政治的偏向, についての決議, についての詳細, について無縁, にとってもソヴェト同盟, にとって意味, にとって記念, に加えられた, に反撥, に対してその, に対しては一貫, に対しては文学, に対して単純, に対して反撥, に対する同氏, に対立, に属し, に従った, に忠実, に指導的, に新た, に於ける, に沿っ, に結びつい, に蹉跌, に身, に近づかない, に関する決議, のお, のその, のそれぞれ, のなか, の一つ, の一時的後退, の一部, の上, の主唱者, の先行的任務, の先進者, の内, の分野, の動き, の当初, の後退, の意義, の指導者たち, の新, の新た, の方向転換, の末期, の業績, の発芽時代, の確立, の窒息, の終熄, の荒い, の萌芽, の見地, の退潮後, の陣営内, の領域, の高まり, の高揚, はあった, はこれら, はゼイタク, はブルジョア文学, は一九三二年ごろ, は文学発成, は最後的, は男対女, は禁圧, は資本主義社会, も昭和八年末, も高まる, をうちこわした, をすっかり, をレーニン的段階, を何処, を国際的規模, を指導, を敵, を未曾有, を真に, を語る, を退潮

▼ プロレタリア文化連盟~ (60, 2.6%)

2 に加盟, のこと, の出版所, の結成, の関係, をわたしら

1 [48件] からは参加団体それぞれ, から出版, から刊行, から大衆, から奪われ, から発刊, から発行, がつい, が一九三一年九月, が参加, が日本, が申し込ん, が結成, こそ数百万, だって当人たち, では二月選挙, で働い, というところ, というの, とその, となった, とは小林多喜二全集刊行委員会, によって行われる, に加えた, に加えられた, に加える, に対する反動支配階級, に結集, に統一, に関し今度, に関する問題, の具体的, の出版部, の参加団体, の存在, の弾圧, の活動, の活動全体, は合法的, は地下, は文化活動, は邪魔, への打撃, やそこ, を守ろう, を潰し, を結成, 即ち全日本

▼ プロレタリア作家同盟~ (53, 2.3%)

5 に参加 3 に属し 2 が解散, の各, の婦人委員会, の活動, 第三回全国大会

1 [35件] および文学, がその, が婦人, が書記長鹿地亘, が犯した, では農民文学, として雑誌, と日本プロレタリア文化連盟, にはいった, には窪川稲子, に加盟, に合流, に同志, のなか, の人たち, の全, の内部, の国際的同盟加入, の大会, の書記長, の機関紙, はその, は三月十五・六・七, は婦人作家, は現在七, は第, ばかりでなく, へ参加, へ大会, へ移った, も演劇, を壊滅, 及び当時, 第三回全国大会万歳, 第三回大会

▼ プロレタリア革命~ (36, 1.5%)

2 が民主主義革命, の後, の意味

1 [30件] が遂行, というもの, とその, との必然的連関, によるソヴェト権力, に勝利, に向っ, に展開, の下, の前駆, の勝利, の名誉, の序曲, の時々刻々, の時期, の有機的前駆, の現実的根拠, の真, は到底, は完全, への口火, への急速, への現実的条件, への転化, への門, や社会主義的, を内包, を包含, を理解, を経験

▼ プロレタリア階級~ (34, 1.5%)

2 の発展

1 [32件] がブルジョアジー, が支配, が資本主義社会, とかに公式論的, としての文芸理論, との対立, と並ん, により直接移行, に対して根こそぎ魅力, に組織, に迫っ, に関わる, のいろ, のため, のみが決定的, の側, の党, の前衛, の名, の意味, の技術家, の文化, の歴史観, の独裁, の生存闘争, の羨望, の芸術理論, の解放, の関心, の革命, はブルジョアジー, は一般

▼ プロレタリア~ (27, 1.2%)

2 なもの, な作品, な文学

1 [21件] である, でない清新, でも, とはいえない, なインテリゲンチャ, な世界観, な位置, な勢力, な単純, な又は, な基礎, な夫, な思想上, な文化戦術, な暮し, な知慧, な知識社会学, な積極的, な立場, な要素, に活かす

▼ プロレタリア~ (26, 1.1%)

2 俺の

1 [24件] その鎖, そんな手, どうした, どこに, ブルジョアに, ブルジョアを, プロレタリアである, プロレタリア的階級意識さえ, 世界の, 何處へ, 又之, 国際的に, 土地から, 実は工業資本家, 実際めいめい, 帝政時代の, 悉く善玉, 既にすぐれた, 条件付きでは, 武装を, 永久に, 社会全体が, 遂に暴力革命, 階級性を

▼ プロレタリア芸術~ (24, 1.0%)

2 の発展

1 [22件] がどんな, が喧嘩, が新興, が獲得, が花, こそ新興, と言う, のこと, のつきない, のよい, の創作方法, の動き, の必然, の本体, の植民地関係, の理論, の確立, の種, の課題, の諷刺, の領域, を標榜

▼ プロレタリア~ (23, 1.0%)

2 なぞらえられるよう

1 [21件] こびる心, ぞくさない多く, では, とつて, なって, 分岐されず, 名を, 向ってという, 如何に, 家族が, 対抗する, 属して, 屬し, 心から惚れた, 急変したる, 教える処, 早晩席を, 準ずるもの, 煩わされなくては, 組織する, 訴えるべき作品

▼ プロレタリア作家たち~ (23, 1.0%)

2 はこの

1 [21件] が, がその, が一城一廓, が一時的, が大衆, が次代, が組織, が続々, こそ解放, に何, の到着, の持っ, の敗北, の良心, の討論, はこれ, はプロレタリア, はプロレタリア文学, は数, は更に, は見かけ

▼ プロレタリア文化~ (21, 0.9%)

2 の燈台

1 [19件] から生れた, がなけれ, との又, なるもの, に功献, のため, の一歩後退二歩前進, の下, の値うち, の催し, の光, の具体的, の壮麗, の尖鋭, の建設者, の水準, の萌芽, を護る, を高め

▼ プロレタリア文化運動~ (21, 0.9%)

1 [21件] が全面的, が始まっ, が弾圧, が著しく, が進展, で組織問題, とそれ, に近く, に集, のため, のため検挙, のねうち, の一翼, の上, の再建, の唯一, の唯一つ, の基礎, の必然性, の拡がり, は勤労者

▼ プロレタリア農民~ (21, 0.9%)

2 のため

1 [19件] が勝利, が奮起, と何, にいい, によって五十年祭, の世の中, の争い, の利益, の味方, の婦人, の婦人たち, の役に立つ, の男, の社会, の立場, の運動, への重石, を鼓舞, 働く人民

▼ プロレタリア~ (18, 0.8%)

2 階級としては

1 [16件] そうである, ちょろまかす, どうした, もつ現実, サンパン押しとして, 主人で, 事実上持つ, 勝って, 実は同時に, 所有する, 担当し, 政権を, 教育され, 此苦痛に, 自身の, 闘って

▼ プロレタリア芸術運動~ (17, 0.7%)

2 の組織問題

1 [15件] が国際組織, が高まっ, なん, の交代者, の方針, の潰走期, の組織的, の道, の階級性, はいつ, はナップ, は今日, は発展, への激励, を置こう

▼ プロレタリア文学理論~ (16, 0.7%)

1 [16件] が文学, が様々, であった, とその, に反対, に対しては懐疑的, に対し小林多喜二, の中, の便宜的, の再, の未熟さ, の発展, の発展的展開, はさき, をうけ入れ, を学んだ

▼ プロレタリア文芸~ (16, 0.7%)

1 [16件] が何, が同様, が実に, とは何で, と必ずしも, に対する共同戦線, の勃興以前, の呼び声, の大衆化, の明確, の理論, の運動, は, は勿論, は大体右, は従来

▼ プロレタリア独裁~ (15, 0.6%)

1 [15件] あるのみ, がはじまる, が氏, とが初めて, との両極的発展, のソヴェト, のソヴェト政権, の下, の国, の実現, の強化, の民主主義, の確立, の積極的, を実現

▼ プロレタリア解放運動~ (14, 0.6%)

2 のため

1 [12件] だのやかましい, とその, とプロレタリア芸術, における革命的プロレタリアート, の一面, の上, の全線, の問題, の戦線強化, の犠牲者, の道, はその

▼ プロレタリア大衆~ (12, 0.5%)

2 の一般的意見, の中 1 があらゆる, とか農民大衆, とも故国日本, の熱烈, の眼前, はめいめい本国, は益々, は逸早く

▼ プロレタリア婦人作家~ (12, 0.5%)

2 と文化活動 1 が家庭, としての新た, としてプロレタリア文化, として成長, として日常, として自分, として誕生, として重大, の努力, の実にこまごま

▼ プロレタリア文化団体~ (12, 0.5%)

1 [12件] があり, が今度結合, が壊滅, に加えられた, に対してのうちつづく, に対する全国的, に対する全面的弾圧, に関する取材, の関係, は小林多喜二, は帝国主義, への弾圧以後

▼ プロレタリア作品~ (11, 0.5%)

1 [11件] がこの, が生れざる, として優秀, とよばれる, にもその, の新しい, は大抵, は日本, も芸術派, よりも芸術派, を幾つ

▼ プロレタリア文学者~ (11, 0.5%)

1 [11件] がもの, がプロレタリア, その出身いかん, として云々, とブルジョア文学者, の任務, の側, の政治, は多少, は大陸, へのいくつ

▼ プロレタリア~ (10, 0.4%)

2 言って 1 ブルジョアの, ブルジョアジーとの, 云いあらそいは, 利害一致せざる, 貧窮民と, 農民だ, 農民とによる, 農民大衆の

▼ プロレタリア~ (9, 0.4%)

1 もつて, 代表する, 先頭として, 失く, 把握し, 楽しませるだけ, 武装させる, 煽動し, 虐めて

▼ プロレタリア婦人~ (9, 0.4%)

1 の中, の労力, の実力, の文化水準, の根づよい, の避姙, はいつも, は誰, は資本主義

▼ プロレタリア作家連盟~ (8, 0.3%)

1 からの若い, から指導者, が握っ, の標語, はプロレタリア, は一つ, は左翼的作家団体, を中心

▼ プロレタリア美術家同盟~ (8, 0.3%)

2 の書記局 1 の事務所, の共同アトリエ, の画家たち, は労働者クラブ, は蒲原順二, への紹介

▼ プロレタリア解放~ (8, 0.3%)

5 のため 1 とソヴェト同盟, の唯一, への永い

▼ プロレタリアとして~ (7, 0.3%)

1 またアメリカ帝国主義, よりよく生きる, 云うべきこと, 十分自覚を, 夜も, 歴史を, 目覚めた一移民労働者

▼ プロレタリア~ (7, 0.3%)

1 あるので, いっしょに, いれば, お愛し, ブルジュアも, 矢張り急激に, 祝って

▼ プロレタリア文学史~ (7, 0.3%)

3 の上 1 にとっても意味, に記録, のこと, をよむ

▼ プロレタリア~ (6, 0.3%)

1 あ仲間, ぜ, と分る, の, よ, ツ

▼ プロレタリアとの~ (6, 0.3%)

1 いずれの, 社会階級的対立に, 間に, 関係は, 階級対立が, 階級戦線に

▼ プロレタリア作家団体~ (6, 0.3%)

1 だからと, であるの, とはきっちり, と一般労働大衆, と密接, はどんな

▼ プロレタリア小説~ (6, 0.3%)

1 があるだろう, だの何, などを読ん, の主人公, は社会主義社会, を書い

▼ プロレタリア文化活動~ (6, 0.3%)

1 における正しい, に従う, の分野, の革命的, をする, を理解

▼ プロレタリア文學~ (6, 0.3%)

1 とかマルクス主義文學, の存在理由, は藝術, を合理化, 若しくはその, 若しくはマルクス主義文學

▼ プロレタリア~ (6, 0.3%)

2 だとか 1 についてもごく, のよい, の文学者たち, の連中

▼ プロレタリア社会科学~ (6, 0.3%)

1 であろうと, という異, との間, なりに吾, に対立, はプロレタリア社会科学

▼ プロレタリア美術展~ (6, 0.3%)

1 がひらかれてる, では検閲, の作品, の画, の発育, は出品点数二百十七

▼ プロレタリア運動~ (6, 0.3%)

1 が常に, にたずさわる, には参加, にもシンパ, に入る, のレーニン的発展過程

▼ プロレタリアという~ (5, 0.2%)

1 ことは, 不思議な, 声が, 言葉は, 階級主観に

▼ プロレタリア~ (5, 0.2%)

2 の可能性 1 した小, は日本, を経験

▼ プロレタリア哲学~ (5, 0.2%)

1 であった, といずれ, とを区別, などという階級性, は後者

▼ プロレタリア大衆文学~ (5, 0.2%)

2 の問題 1 としてのすぐれた, の先駆, は商業的価値

▼ プロレタリア文学作品~ (5, 0.2%)

1 となる, と称される, について長谷川如是閑, の一つ, の価値

▼ プロレタリア文学時代~ (5, 0.2%)

1 から, からの作家たち, の文芸批評, は過ぎた, を顧みる

▼ プロレタリア的観点~ (5, 0.2%)

1 からそしゃく, からの著しい, から描写, から見, から農民

▼ プロレタリア科学研究所~ (5, 0.2%)

1 で一斉, と如何なる, の事実上, の小川信一君, の山田勝次郎

▼ プロレタリア童謠~ (5, 0.2%)

3 は如何 1 に求める, を如何

▼ プロレタリア精神~ (5, 0.2%)

2 の欠けた 1 にも反対, に反抗, の出現

▼ プロレタリア自身~ (5, 0.2%)

1 が有する, ではない, の内発的, の社会生活向上, の階級的利害

▼ プロレタリア芸術家~ (5, 0.2%)

1 が彼, が自然生長的, の全く, の転向, は決して

▼ プロレタリア文壇~ (4, 0.2%)

1 と対立, に吼えつく, の一部, はその

▼ プロレタリア文学運動時代~ (4, 0.2%)

1 からの発展, のサークル, の社会的基盤, の考えかた

▼ プロレタリア文芸連盟~ (4, 0.2%)

1 が創立, の第, の結成等, はトランク劇場

▼ プロレタリア的イデオロギイ~ (4, 0.2%)

2 が含まれ, に貫かれ

▼ プロレタリア的進歩性~ (4, 0.2%)

1 という常識, の観念, はこの, は果して

▼ プロレタリア的魂~ (4, 0.2%)

1 だけである, の外, の生んだ, を根柢

▼ プロレタリア科学~ (4, 0.2%)

1 とかブルジョア科学, にあっ, は実は, 乃至弁証法的唯物論

▼ プロレタリア芸術家たち~ (4, 0.2%)

1 だけに限られた, はマルクシズム・レーニズム, は大童, は自分たち

▼ プロレタリア芸術理論~ (4, 0.2%)

1 で不, はその, を前進, を発展

▼ プロレタリア芸術連盟~ (4, 0.2%)

1 とともに, に活動, の分裂, は遂に

▼ プロレタリアこそ~ (3, 0.1%)

1 こうした, ソレルが, 大衆である

▼ プロレタリアによる~ (3, 0.1%)

1 ブルジョア政權の, ブルジヨア政権の, 人類の

▼ プロレタリア作家団~ (3, 0.1%)

1 が大衆, との連絡, に対しては同年

▼ プロレタリア~ (3, 0.1%)

1 の一幕, の代名詞, は失敗

▼ プロレタリア大衆雑誌~ (3, 0.1%)

2 が発行 1 として一層

▼ プロレタリア~ (3, 0.1%)

1 というもの, とかプロレタリア作家, によって貪慾

▼ プロレタリア文化建設~ (3, 0.1%)

1 から排撃, のため, の可能性

▼ プロレタリア文学団体~ (3, 0.1%)

1 が過去, はこの, は日本プロレタリア作家同盟

▼ プロレタリア文学批評~ (3, 0.1%)

1 とはどんな, の分野, は読者大衆

▼ プロレタリア文学活動~ (3, 0.1%)

1 が出来る, に重大, へ職場

▼ プロレタリア文学発展~ (3, 0.1%)

1 に対してどんな, のため, の一過程

▼ プロレタリア文学者たち~ (3, 0.1%)

1 が彼らプロレタリアート, が自分たち, は社会人

▼ プロレタリア文明~ (3, 0.1%)

1 の中, の生んだ, は存

▼ プロレタリア文芸運動~ (3, 0.1%)

1 の現, は雑誌その他, も前進

▼ プロレタリア新聞紙~ (3, 0.1%)

1 とに区別, との区別, は歴史的

▼ プロレタリア演劇~ (3, 0.1%)

1 が再び, として必要, は発展的リアリズム

▼ プロレタリア的基礎經驗~ (3, 0.1%)

1 によつて規定, の上, はフォイエルバッハ

▼ プロレタリア美術~ (3, 0.1%)

1 という運動, との対立, のため

▼ プロレタリア芸術論~ (3, 0.1%)

1 となった, の前身, を日本

▼ プロレタリア芸術講座~ (3, 0.1%)

1 の中, をよむ, をよん

▼ プロレタリア~ (3, 0.1%)

1 の一分化, の如き, をつくる

▼ プロレタリアである~ (2, 0.1%)

1 かない, ことを

▼ プロレタリアでも~ (2, 0.1%)

1 ない階級, なく技術者

▼ プロレタリアとしての~ (2, 0.1%)

1 意識が, 立場で

▼ プロレタリアと共に~ (2, 0.1%)

1 はじまつた, 勝利する

▼ プロレタリアにとっても~ (2, 0.1%)

1 ブルジョアに, ブルジョアジーにとっても

▼ プロレタリアにのみ~ (2, 0.1%)

1 固有な, 教えられ得る

▼ プロレタリアには~ (2, 0.1%)

1 そんな気, 恋は

▼ プロレタリアにも~ (2, 0.1%)

1 大砲としての, 満足しない

▼ プロレタリアによって~ (2, 0.1%)

1 築かれるもの, 築き上げら

▼ プロレタリア~ (2, 0.1%)

1 貧農出身では, 農民の

▼ プロレタリア世界観~ (2, 0.1%)

1 によって確保, を啓蒙

▼ プロレタリア個人~ (2, 0.1%)

2 によって意識

▼ プロレタリア~ (2, 0.1%)

1 が, はじゃ

▼ プロレタリア~ (2, 0.1%)

1 文化運動が, 運動は

▼ プロレタリア全体~ (2, 0.1%)

1 の縛りつけられ, の集団心理学的意識

▼ プロレタリア前衛~ (2, 0.1%)

1 の文学, の文学作品

▼ プロレタリア意識~ (2, 0.1%)

1 というもの, とかプロレタリアイデオロギー

▼ プロレタリア技術家~ (2, 0.1%)

1 というよう, は存在

▼ プロレタリア教育~ (2, 0.1%)

1 は何, は抽象的

▼ プロレタリア文化戦線~ (2, 0.1%)

2 の見透し

▼ プロレタリア文化文学運動~ (2, 0.1%)

1 の, の圧殺

▼ プロレタリア文化運動全般~ (2, 0.1%)

1 から観察, に益々

▼ プロレタリア文学内~ (2, 0.1%)

1 に交流, に包括

▼ プロレタリア文学確立~ (2, 0.1%)

2 のため

▼ プロレタリア文学運動そのもの~ (2, 0.1%)

1 に反撥, を泥

▼ プロレタリア文学運動全線~ (2, 0.1%)

1 との関係, の問題

▼ プロレタリア文学運動史~ (2, 0.1%)

1 の一頁, を土台

▼ プロレタリア文芸理論~ (2, 0.1%)

1 に歴史的役割, の論議

▼ プロレタリア新聞~ (2, 0.1%)

1 に就い, は無産者階級

▼ プロレタリア映画~ (2, 0.1%)

1 の制作, の完成

▼ プロレタリア民主主義~ (2, 0.1%)

1 におきかえ, の決戦

▼ プロレタリア的文学~ (2, 0.1%)

1 の特性, や形而上学

▼ プロレタリア的社会科学~ (2, 0.1%)

1 との間, は云う

▼ プロレタリア的階級性~ (2, 0.1%)

1 と考えられる, を有

▼ プロレタリア美術家~ (2, 0.1%)

1 は展覧会入場者, は毎日

▼ プロレタリア芸術戦線~ (2, 0.1%)

1 の統一強化, を攪乱

▼ プロレタリア詩人ベズィメンスキー~ (2, 0.1%)

1 の, は一九二九年

▼ プロレタリア~ (2, 0.1%)

1 な薬味, のブルジョア

▼1* [214件]

プロレタリアいつでもこれ, プロレタリアこそが真正の, プロレタリアこれやる, プロレタリアそのものの持つべき, プロレタリアだけが本当の, プロレタリアつてなん, プロレタリアつて貧乏人のこと, プロレタリアつまり職業勞働者の, プロレタリアであったにし, プロレタリアでありながら, プロレタリアであれ清く純, プロレタリアでなければならない, プロレタリアといふ風に, プロレタリアとはその所属, プロレタリアとを分たず, プロレタリアのだ, プロレタリアなしで彼ら, プロレタリアなどなら吹き出す程滑稽, プロレタリアにとって何処に, プロレタリアにとっての問題であり, プロレタリアによつてトルストイが, プロレタリアに対する苛酷が, プロレタリアへの転化とを, プロレタリアらしいやりかたが, プロレタリアをも抑圧し, プロレタリアイデオロギーとかそんな, プロレタリアリアリズムとか難, プロレタリアな声, プロレタリア一番偉い, プロレタリア主義がその, プロレタリア作家クラブで朗読会, プロレタリア作家タラソフ・ロディオーノフが本気, プロレタリア作家ブレーデルが彼, プロレタリア作家代表も出席, プロレタリア作家以外の純文学作家, プロレタリア作家各人の日常, プロレタリア作家同盟東京支部における婦人同盟員, プロレタリア作家夫婦にとっての関心事, プロレタリア作家活動の二面, プロレタリア作家牧野に最大限, プロレタリア作家生活がすすむ, プロレタリア作家甲野氏が現われた, プロレタリア作家自身の生活, プロレタリア作家農民作家によって見直される, プロレタリア作家達は反, プロレタリア作家革命的作家に向っ, プロレタリア俳優である, プロレタリア張る, プロレタリアからの新しい, プロレタリア児童のため, プロレタリア兒童大衆との間, プロレタリアの建築家, プロレタリア出版物を支持, プロレタリア出身の作家, プロレタリア刊行物の一歩, プロレタリア前衛党が再, プロレタリア文化団体は, プロレタリア否定する, プロレタリア唯物論であるが, プロレタリア団体の中, プロレタリア団結せよ, プロレタリア国ロシアをふみにじっ, プロレタリア国家に捧げ, プロレタリア国家権力によつて禁止, プロレタリア國家權力によつて禁止, プロレタリア発明家, プロレタリア大衆プロレタリア作家に限った, プロレタリア婦人雑誌とは同一, プロレタリア小説ブルジョア小説がいろいろ, プロレタリア少年の鬪爭, プロレタリアに準じ, プロレタリア崇拝熱はいささか, プロレタリア常識との対立, プロレタリア批評家にとって早速, プロレタリア技術発展への翹望, プロレタリア政党の任務, プロレタリア政治的戦線においては極度, プロレタリア政治運動と文化運動, プロレタリア文化出版物のどこ, プロレタリア文化史上に消す, プロレタリア文化啓蒙運動の正常, プロレタリア文化挨拶週間の催し, プロレタリア文化文学団体は前年, プロレタリア文化活動本来の性質, プロレタリア文化連盟婦人協議会の婦人たち, プロレタリア文化連盟婦人協議会会議中全員検挙一ヵ月検束された, プロレタリア文化連盟拡大中央協議会は開会, プロレタリア文化連盟拡大協議会が築地小劇場, プロレタリア文化連盟書記長小川信一の家, プロレタリア文化連盟結成と前後, プロレタリア文化連盟関係の出版物編輯発行, プロレタリア文化運動一般があった, プロレタリア文化運動全体をその, プロレタリア文化運動芸術運動を常に, プロレタリア文化闘争において頼もしい, プロレタリア文化革命の問題, プロレタリア文学といつても現在われわれ, プロレタリア文学モダニズムとすすん, プロレタリア文学一般の何より, プロレタリア文学傾向の同人雑誌, プロレタリア文学全線の向上, プロレタリア文学創造のより豊富, プロレタリア文学勃興と共に俄, プロレタリア文学大衆化の問題, プロレタリア文学家と私, プロレタリア文学建設のため, プロレタリア文学戦線の赤軍, プロレタリア文学戦線強化のため, プロレタリア文学排撃の論文, プロレタリア文学文化に堀英之助, プロレタリア文学時代活動した人々, プロレタリア文学派の人達, プロレタリア文学理論上技術上の問題, プロレタリア文学男のプロレタリア文学, プロレタリア文学発生の歴史, プロレタリア文学発育の時間的, プロレタリア文学発達のため, プロレタリア文学的な話題, プロレタリア文学組織としての発展, プロレタリア文学者達の間, プロレタリア文学論をでっち上げる, プロレタリア文学農民文学にとって農民, プロレタリア文学通信員の中, プロレタリア文学運動もろとも社会主義的リアリズム, プロレタリア文学運動批判ということ, プロレタリア文学運動時代サークル活動が当時, プロレタリア文学運動発展の途上, プロレタリア文学運動等というもの, プロレタリア文学運動者たちの珍重, プロレタリア文学運動誹謗の種子, プロレタリア文芸批評がもっと, プロレタリア文芸批評界の展望, プロレタリア文芸理論家たちが抱い, プロレタリア文芸辞典について試み, プロレタリア新進作家や旧, プロレタリアの上, プロレタリア権力をあくまで, プロレタリア派的心境が渾然, プロレタリア演劇運動をおこした, プロレタリア漫画家だけがそれ, プロレタリア漫画諷刺文学は出はじめ, プロレタリア無産者の荷車, プロレタリア牧師さんの言葉, プロレタリアは, プロレタリア独裁政権のため, プロレタリア生産文化の自己批判, プロレタリア産児制限同盟の山本琴子, プロレタリア画家たちの仕事, プロレタリア画家団体にその, プロレタリア画家達だ, プロレタリア発明家はチュダコフ, プロレタリア的アヂ・プロ文学運動の場合, プロレタリア的仕事をする, プロレタリア的作品とし, プロレタリア的問題は単に, プロレタリア的基礎経験の上, プロレタリア的大衆化との間, プロレタリア的実践力の欠如, プロレタリア的批評ではない, プロレタリア的政党自身の発展, プロレタリア的政治活動を指す, プロレタリア的文学的世界観と手法, プロレタリア的方針の確立, プロレタリア的正義は大衆, プロレタリア的現実把握が微妙, プロレタリア的知識社会学とは取り, プロレタリア的立場をさえ, プロレタリア的素質がある, プロレタリア的組織から見た, プロレタリア的要素からなる, プロレタリア的見地から経済学, プロレタリア的規則についてのこと, プロレタリア的道徳の, プロレタリア的階級意識さえ持たなけれ, プロレタリア的革命的思想を民衆, プロレタリア短歌を専門, プロレタリア社会主義の社会建設, プロレタリア科学的諸概念, プロレタリア秩序のため, プロレタリア経済に必要, プロレタリア絵画の領域, プロレタリア美術団に新しい, プロレタリア美術家団体からフランス, プロレタリア美術家連盟へ紹介, プロレタリア義太夫のさわりめい, プロレタリア自身パニックの最中, プロレタリア芸術一般にとって諷刺的手法, プロレタリア芸術創造に向っ, プロレタリア芸術史の上, プロレタリア芸術団体協議会が中心, プロレタリア芸術消費者ではなくなりかけ, プロレタリア芸術確立の運動, プロレタリアの製材所, プロレタリア解放運動全体の必然的発展, プロレタリア解放運動達成によって達せられる, プロレタリア評論家たちがこの, プロレタリア詩人よ, プロレタリア詩人たちは種々, プロレタリア諷刺は弁証法的, プロレタリア諷刺劇又は諷刺小説, プロレタリア諷刺文学をどう, プロレタリア方方一人二人三人, プロレタリア身辺小説を掲棄, プロレタリア農民作家通信員の出る, プロレタリアなどがのさばり出す, プロレタリア階級そのものの進歩的性質, プロレタリア階級以外のもの, プロレタリア階級大衆のこと, プロレタリア階級闘争のため, プロレタリア雑誌の影響力, プロレタリア革命後十何年という建設期, プロレタリア革命理論とムッソリーニ, プロレタリア食傷新道などと名づけ, プロレタリア駆逐したプチ・ブルジョワ達