青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ゐた~ ~ゐない ゐない~ ~ゐなかつた ~ゐました ~ゐます ~ゐる ゐる~ ゑ~ ~ん
ん~
~んだい ~んぢ んでした~ ~ア ア~ アイヌ~ アパート~ ~アメリカ アメリカ~ イ~

「ん~」 182840, 1893ppm, 42位

▼ ん~ (47053, 25.7%)

690029342329 から 145013701199 もの 1050 からね 965635614561 がね 481 からな 425 そうです 332 そうだ 272 けれど 219 けど 163155 がなあ 151 がその 147 ねえ 138 がな 135 から仕方 134 からなあ, と思う 129 そうで 128 なあ 119118 がそれ 117 って 116115 とさ 114 つて 98 のは 86 からそれ 85 か, んに 75 からねえ 73 からその 70 がこの 6865 がどう 64 なア 63 つてね 60 と云う, と思っ 59 からこれ, ということ 58 という 5755 が君 54 からこの 5352 のである 50 とよ, のだ 48 けれども 47 があの 46 からもう 43 と思った 42 からお, といふ 40 から何, といっ, と云, と云っ 39 か分らない, がどうも 38 がお前 37 がこれ, のが 36 が何 35 それを, のに 34 がねえ, と言っ 33 あ, からそんな, と思ふ, ナ 32 からなア 31 からそう, から君, のを, よう, わね 29 からいい, が今, んだ 28 がなア, っけ, ものね 27 から僕, から大した, から私, があれ, がお, 俺は, 相で 26 からどう, からまあ, がそんな 25 か私, もん 24 か自分, がしかし, がもう, ッて 23 からこいつ, がそこ, けどね, と思います 22 かそれ, からお前, そうでございます, つてさ 21 か知らない, ことを, と言, のか, んべ

20 [14件] お前は, からそこ, からよく, から大丈夫, から少し, から早く, がそう, がそれでも, が僕, と私, と言う, のです, よこの, を踏ん

19 からあなた, からあの, からさ, それは, つてそんな, ア

18 かその, から自分, から誰, から間違い, ものねえ

17 [12件] からここ, からこれから, かわからない, が私, けれどね, ことは, そうである, それが, と云った, と言つて, べ, ヨ

16 [11件] えそれ, からしかた, からネ, から今日, が俺, というよう, ものを, よあの, ような, よ君, ワ

15 [12件] からちょっと, から仕様, から俺, から心配, がまあ, がまだ, これは, そうな, の, のも, ように, 僕は

14 [17件] からこんな, からどこ, から手, から文句, がここ, がそういう, けれどそれ, ことが, しそれ, と僕, と思つて, と自分, なと思った, ものな, よお, よお前, よそれ

13 [23件] あね, かお, からいくら, からいや, から困る, から好い, から始末, から安心, から気, から驚く, がそいつ, がどうしても, けどその, けどでも, けれどこの, ぜそれ, そんなこと, ど, ので, ものだ, ものと, よきっと, 私は

12 [15件] からどんな, からなん, から今, から全く, から間違, か少し, があなた, がおれ, がなにしろ, が彼, けれどあの, けれどもう, しまた, ね親分, のと

11 [23件] お前の, かさっぱり, かも知れない, からそれで, からつまり, からもう少し, からわたし, から無理, から駄目, があんまり, がさて, がどんな, が自分, けどな, けれど何, ことも, そうじゃ, っけね, つけ, と思, ね君, よ何, 金を

10 [31件] いいか, お前が, からあたし, からおれ, からきっと, からすぐ, から一緒, から世話, から大, から恐ろしい, から面白い, がこいつ, がそれから, がつい, が今日, が実は, さう, そうですね, とね, と彼, と思ひます, と見え, もので, よその, わねえ, を踏んだ, んです, 何が, 方が, 相です, 馬鹿

9 [37件] あの女, いいん, おれが, かまるで, かよく, からあれ, からしようが, からそういう, からどうせ, からまだ, からまるで, から今度, から今更, から嘘, から変, から話, か変, がねその, が何しろ, けれどどうも, けれど今, つてあんな, つてこんな, で, というの, とそう, とも, なと思う, のであった, やうな, よ今, を踏み, 何んだ, 君は, 後で, 相だ, 騷

8 [55件] ああ, おれは, からい, からいっそ, からいよいよ, からお前さん, からこっち, からそんなに, からちっとも, からとても, からどうか, からどんなに, からなかなか, からの, からもし, から人, から妙, から御, から日本, から構わない, か気, がいや, がこれから, がさ, がそれにしても, がどこ, が少し, が然し, が誰, けどそれ, けどなあ, けどねえ, ことで, そんな事, つてネ, という事, としたら, と云いました, と云つて, と申します, と聞く, どうした, なと思い, なと思いました, ばかりで, ものである, ものなあ, やうに, よこれ, よだから, よ俺, わよ, ツて, 一体, 親分

7 [55件] い, えその, かあの, からあと, からいつ, からそれでも, からである, からどうしても, からのう, からひどい, からまた, からまア, からもっと, からよ, から一寸, から事, から人間, から今夜, から凄い, から可笑しい, から堪忍, から外, から明日, か判らない, か訳, があいつ, がとにかく, がどうして, がねそれ, がネ, が人, が人間, が明日, けどあなた, けれどお, けれどもね, しする, つていふ, という話, とか何とか, ところで, とその, と言った, ねそれ, のかも, のん, べよ, ものが, よそんな, よウ, よ僕, エ, 僕の, 品を, 相變ら

6 [78件] えこれ, かいや, かこの, からおとなしく, からせめて, からそして, からたいした, からちっと, からって, からどうにも, からどうも, からねその, から一人, から不思議, から可, から大変, から止む, から親分, か今, か何, か何だか, か僕, か妾, か解らない, がいい, がでも, がとうとう, がどうやら, がなに, がやがて, がやっぱり, が不思議, が今度, が何だか, が生憎, が近頃, が金, けどこれ, けど今, けど僕, けれどどう, けれどねえ, ことの, これが, これで, しあれ, し僕, それに, っけな, つけが, とある, というふう, というん, とえ, とお, と思い, と思ってる, と気がついた, と考え, どうだ, なこの, なそう, など, なんでも, ねそう, ねその, ね僕, のかい, ものもう, よいい, よお前さん, んや, 今日は, 俺の, 君, 君が, 者は, 錢形の

5 [120件] あれは, お品さん, かあなた, かすっかり, かそんな, かな, かもう, かも知れません, からあっち, からいつも, からこりゃ, からし, からそこで, からただ, からなお, からなに, からひとつ, からほんとに, からゆっくり, から一つ, から一度, から俺ら, から先, から分らない, から同じ, から家, から彼, から是非, から此処, から決して, から片, から相当, から確か, から立派, から遣り切れない, から酒, から金, か俺, か安心, か急, か知らねえ, か知れません, か知れやしない, か見当, があんた, がいずれ, がいま, がお父さん, がきみ, がこんな, がそんなに, がただ, がちょっと, がなるほど, がね僕, がまるで, がまア, がよく, が一体, が中, が今夜, が兄貴, が全く, が妙, が妾, が御, が昨日, が相手, けどお, けどどう, けど何, けれどあなた, けれどこれ, けれどそう, けれどその, けれどそんな, けれど生憎, ことに, し何, それも, ぞいい, つたと, てえ, というわけ, という気, といふやう, とか言っ, とする, とばかり思っ, と答えた, なその, なという, なと彼, なと思っ, なと思つて, なと私, なんて, な俺, ねえか, ねこの, ねエ, のであらう, のであります, ばかに, よおれ, よそして, よまったく, よ先生, よ早く, よ誰, 事で, 人の, 何か, 何を, 八か, 即興が, 時は, 此の, 畜生, 金が

4 [240件] え八, おいらは, かあたし, かそわそわ, かない, からああ, からあまり, からあんた, からあんまり, からいっ, からうそ, からおいら, からお前さき, からきみ, からこう, からご, からさあ, からぜひ, からそいつ, からそりゃ, からそん, からだ, からだれ, からつて, からつまらない, からという, からといっ, からなにか, からなんにも, からねそれ, からね何, からはええ, からほんとう, からぼく, からまちがい, からまったく, からやっぱり, からやはり, からやりきれない, からわし, から一通り, から丁度, から世の中, から何とか, から僕たち, から先生, から又, から堪らない, から多分, から大抵, から女, から子供, から安い, から容易, から小さい, から少々, から平気, から当分, から心細い, から情けない, から敵, から早い, から本当に, から構, から此, から犯人, から知っ, から考え, から行っ, から訳, から遠慮, から遠慮なく, から関, から阿, から馬鹿, から驚いた, かわけ, か悲しい, か手, か知っ, か知りません, か知んねえ, か話し, か誰, か頭, か馬鹿, がああ, があつし, がいったい, がおまえ, がこう, がこういう, がさっぱり, がだ, がつまり, がどういう, がどうせ, がなあに, がなん, がほか, がまさか, がまた, がもし, がナア, が一人, が世間, が之, が今年, が仕事, が何ん, が其の, が出, が別に, が大, が実に, が実際, が師匠, が彼女, が折角, が本当に, が東京, が決して, が男, が結局, が酒, きみは, けどあたし, けどあの, けどあんまり, けどさ, けどそんな, けどどうしても, けどどうも, けどどこ, けどまだ, けどもう, けれどこれから, けれどこんな, けれどでも, けれどどうしても, けれどなあ, けれども今, けれども僕, けれど何だか, こっちは, ことだ, これを, こんな所, ぜ君, そうすれ, そうだろう, そうで御座います, そうよ, その時, それだ, それで, それや, そんな所, ぞお, ぞオ, ぞッ, ぞ俺, ぢや, て, であらう, でなあ, といいます, といったよう, といったら, といってる, といつ, といふ風, とか, とサ, と云え, と仰, と仰し, と威張っ, と小僧, と思いました, と思え, と思へ, と新八, と考えた, と聞い, と見える, と言い, なお前, なきっと, なッ, ねお前, ねここ, ね俺, のじゃ, のって, のであつ, のでご, のでした, のでしょう, のでそれ, ばかばかしい, ふんで, ものの, ものは, よく覚え, よそれで, よただ, よねえ, よ何処, よ八, よ私, わけで, をふん, アね, ッけ, ネー, 上で, 事が, 事の, 事は, 人が, 人を, 今夜は, 他の, 何の, 其話が, 大變, 天遠し, 女の, 奴が, 小さな青じろい, 彼の, 時の, 等と, 者が, 詞が, 詳しく話し, 誰が, 顔で, 顔を

3 [418件] あとから, あな, あの人, あんな奴, いその, いと聞く, いまの, うちの, えお前, え變, え錢形, おれの, お前と, かあんまり, かい, かいっこう, かこう, かしらいや, かそれとも, かちっとも, かと思う, かどう, かひどく, かまだ, かよ, からあいつ, からあきれる, からいけません, からいざ, からいずれ, からいまさら, からうっかり, からおかしい, からおかしな, からおもしろい, からお母さん, からお礼, からかまわない, からがまん, からこちら, からさっさと, からしよう, からすこし, からそのまま, からそら, からそれに, からたちまち, からたとい, からたま, からたまらない, からだから, からちよ, からつい, からつまるところ, からできるだけ, からと云う, からと言, からと説明, からなその, からねもう, からね君, からはじめ, からほか, からぼくたち, からまさか, からみんな, からもうこれから, からもつ, からよっぽど, から一日, から一言, から万事, から上, から乱暴, から仕, から何もかも, から何處, から余計, から出, から別に, から勘弁, から危, から可哀想, から君たち, から呆れた, から喧嘩, から堪りません, から大きい, から大事, から失敬, から奇妙, から如何にも, から実際, から帰っ, から幸福, から彼等, から後, から急い, から恐れ入る, から手前, から曲者, から本, から本当, から楽, から正直, から毫も, から汝, から油断, から物, から男, から町, から皆, から眼, から私たち, から聞い, から腰, から腹, から見, から覚悟, から豪勢, から足, から身体, から長く, から面白く, から頼む, から驚ろ, から黙っ, かわかりません, か一向, か不思議, か世の中, か人, か今夜, か分りません, か分りゃしない, か夢, か妙, か忘れた, か悪い, か気味が悪く, か知ってる, か知れない, か胸苦しく, か解らなかった, か解る, があと, があまり, がいいかね, がいくら, がいったいどう, がうまく, がきい, がことし, がこの間, がしかも, がすぐ, がすっかり, がせっかく, がそして, がその間, がそん, がだから, がだんだん, がちっと, がちっとも, がとう, がともかく, がど, がねどう, がねどうして, がね今, がひとつ, がみんな, がやはり, がわたし, が一つ, が一寸, が二人, が併, が先生, が前, が勿論, が口, が右, が名前, が向う, が変, が外, が如何, が娘, が実, が彼等, が後で, が心, が惜しい, が戦争, が手前, が新聞, が日本, が昨夜, が是, が月, が本人, が気, が汝, が江戸, が目, が船, が若い, が要するに, が見, が風, が鼻, きっと, けどそれにしても, けどだけど, けどとにかく, けども, けど今日, けど男, けれどあれ, けれどお前, けれどお前さん, けれどすぐ, けれどだれ, けれどとても, けれどまた, けれどまだ, けれどもあいにく, けれどもし, けれどもそれ, けれども何, けれども何だか, けれどやはり, けれどよく, けれど今日, けれど何しろ, けれど僕, ここで, こと, これや, こんなところ, こんなもの, さうし, しこっち, しこの, しっかりしろ, しね, し私, ぜあの, ぜい, ぜおい, ぜその, そうでがす, そうでございまし, そうでし, その女, それこそ, そんなところ, ぞさあ, ぞだから, ぞっ, ぞやい, ために, だから, ちょいと, つてこの, つてその, つてねえ, つて親分の, つて言ふ, つまらない, てな, とあきらめ, という噂, という説, といえる, といつた, といふ話, とか云う, とか云っ, ときい, ときに, ところの, とこんな, とな, とぼく, とみんな, とも言, とよう, と云い, と仰有る, と俺, と八, と判じた, と声, と始め, と始めて, と心, と思いまし, と思ったら, と気がついたら, と申す, と答え, と考える, と見えます, と訊いたら, と訊く, と説明, と錢形, どうしたら, どこへ, どもな, ない, なお, なこれ, なそれ, なぞと, なと, なとおれ, なとそう, なとわたし, なと俺, にし, ねあの, ねいや, ねお前さん, ねそして, ねつまり, ね私, のだった, のだつた, ばさら, べい, べか, べが, べな, ほんとうに, もし僕, ものか, ものこの, ものだらう, ものほんとに, もの仕方が, よあれ, よあんた, ようだ, よえ, よおい, よおいら, よけれども, よさ, よそう, よそら, よだ, よと云っ, よどう, よまあ, よもう, よもし, よツ, よ一体, よ僕ア, よ全く, よ可, よ女房, よ小, よ斯, よ決して, わああ, わい, をふむ, をふんだ, んべか, アな, アネ, イ, ゾ, ッてね, ツ, ナア, 一人の, 上に, 事も, 何に, 俺が, 僕が, 冗談じゃ, 勝手に, 友達の, 君の, 問題は, 奴は, 家の, 小僧, 山の, 己が, 平次, 彼は, 急に, 所が, 所の, 手を, 手紙を, 時には, 眼は, 私の, 腹が, 自分の, 船が, 調子で, 貴様は, 足を, 酒の, 銭形の, 面に, 頬を, 骨の

2 [1285件 抜粋] あいつが, あとの, あねか, あの野郎, いいな, いつぞや駒次郎, いやな, えいやらしい, え用事, え相變ら, おいらに, おじさんは, お六ぢ, お前, お前も, お駒, かこんな, かそこ, かちょっと, かどうも, かなあ, かばか, かまるきり, かも知れぬ, からあっさり, からありがたい, からいかに, からいっこう, からおい, からおなか, からお茶, からかならず, からかなわない, からげ, からこういう, からこんど, からしまい, からじっと, からすばらしい, からせいぜい, からそば, からそれ位, からたとえ, からだった, からだんだん, からちやん, からって云われ, からと, からとたのん, からと云っ, からど, からどうして, からなこれ程, からなそれ, からな実際, からねお, からねさぞかし, からねだから, からね仕方, からね小田, からひと, からふしぎ, からま, からむしろ, からむろん, からもと, からやつ, からやり切れない, からよくよく, からよもや, からわからない, からわざ, からアメリカ人, からネー, から一向, から一座, から三人, から世話ア, から両方, から今さら, から仕事, から代, から伝六, から何卒, から余程, から偉い, から儂, から出かける, から判然, から動き, から勿論, から厄介, から叔母さん, から口答, から向う, から喃, から困った, から変っ, から大体, から好い加減, から宥, から尤も, から屹度, から弱りました, から御存じ, から必ず, から怖い, から恐れいる, から悪, から戦争, から断わっ, から日, から智慧, から服, から梯子, から此方, から殺し, から気の毒, から沈黙, から滅多, から特別, から理窟, から用心, から癪, から相手, から矢張りお返し, から笑わせる, から籠, から絶対, から置い, から義理, から耳, から自由, から血, から要る, から証人, から踊っ, から迚, から都合, から間違ひも, から非道, から顔, から駕籠, かわからなかった, かわからねえ, かわたし, かんな, か些, か他, か分らなく, か分りますまい, か声, か御, か心配, か意味, か暗くっ, か殆, か氣まり, か物, か私達, か自棄, か責められてる, か身, があそこ, があんな, がいつ, がうち, がおやじ, がかの, がきっと, がこっち, がこんど, がさりとて, がそのうち, がそれだけ, がそれとも, がちゃんと, がぢ, がつまらない, がとすぐ, がどうにも, がどっち, がなかなか, がなんと, がねあいつ, がねお, がねそう, がね二十里, がね何とか, がほら, がま, がもうこ, がもしや, がやっ, がよい, がわざと, がコイツ, がハッキリ, が不可, が事情, が亭主, が代, が伯母さん, が何分, が何者, が俺達, が八王子, が刻苦, が君たち, が品物, が地獄, が大変, が女, が学校, が寒月君, が市五郎, が幻想, が後, が思う, が我々, が持っ, が日, が昔, が昨夜曲者, が時間, が暗く, が未だ, が本郷, が死人, が泥棒, が無論, が猫, が異人, が相, が社長, が考へ, が荷物, が裙, が親, が親爺, が途中, が運動, が間もなく, が電話, が食事, きみも, けどいつも, けどしかし, けどそれでも, けどどうにも, けど何分, けど自分, けれどあまり, けれどあんまり, けれどおじさん, けれどお父さん, けれどそれでも, けれどちょうど, けれどなかなか, けれどもう少し, けれどもさ, けれどもそれでも, けれどもみんな, けれども八, けれども此方, けれど一時, けれど今度, けれど命, けれど皆, けれど離れてる, こいつは, ここは, ことであろう, この男, この野郎, さうだ, ざまあ, しいま, しそう, しなあ, しもし, し俺, し家, し自分, せいか, ぜお, ぜ今, ぜ木挽, ぜ気, そいつは, そうさ, そう言っ, そこへ, そのお, その日, それから, それには, ぞう, ぞしっかり, ぞと云, ぞサア, ぞ是非, ぞ貴様, だからここ, だがそれ, ちょっと訊きたい, ぢゃ, ついこの間, つけね, つたのです, つてあの, つてことを, つてよ, つて云ふ, つて死骸を, で有ろう, という考え, といったん, といつも, とおっしゃる, とかね, とか大抵, とこういう, ところ, としか思えない, とずいぶん, とどうしても, とはまさか, とふと, とみえ, と世間, と云われ, と信じ, と十七, と叫ん, と思うた, と思ひつ, と思召, と教えた, と断念め, と朝, と気がつく, と白状, と考へ, と聞いた, と聽, と自白, と見抜い, と言います, と言ったら, と話した, と警察, どうしてだ, なあの, なおい, なおれ, なそして, なとぼんやり, なと思, なと自分, なにも, なんて云つて, な君, ねああ, ねえおじさん, ねきっと, ねさ, ねそれで, ねまア, ねわし, ね又, ね子供, ね昔, ね腹, ね馬鹿, のでありましょう, のでその, ので二人, のには, は残念, ばかり, ばかり秋, へっこん, べさ, ぼくは, まあ怪我, ものお, ものそれで, ものだから, ものです, ものとても, ものなら, ものまさか, ものらしい, もの可, もの本当に, もの物干, もの癪に, やつが, ゆえどう, よいや, よおっ, よかわいそう, よけいな, よことに, よそいつ, よだが, よところが, よと彼, よなに, よほんとに, よもう少し, よウフ, よジョン, よ世の中, よ何しろ, よ僕たち, よ可哀そう, よ大抵, よ心得, よ明日, よ暗い, よ流行り, よ第, よ親, よ違う, わえ, わけだ, をふまない, んだらう, んでせう, んやろ, キット, ツか, ネエ, 一つは, 一本一本み, 三日稽古を, 世界の, 両足が, 事情は, 二階の, 人間なら, 今まで, 今日も, 伸子さん, 何でも, 俺あ, 俺に, 俺らも, 借金取か, 兎も, 八相, 其様な, 処は, 前の, 半紙を, 句が, 同船の, 声で, 夜中に, 天に, 女房は, 嫌な, 実を, 屋根の, 己はな, 役不足なんか, 恰で, 我々の, 掌を, 支倉君まさに, 日本の, 時だ, 時外から, 暗が, 曲者を, 木造の, 松五郎は, 気に, 洲崎の, 為に, 珠を, 痛いぢ, 相変らず, 眼の, 秋天一碧の, 節は, 紙片を, 而も, 自分は, 覚えは, 訳で, 誰か, 貧乏で, 途中で, 部屋の, 金は, 顎の, 馬鹿に

1 [10391件 抜粋] ぁ, あたしはね, あのひと, あの継母, あんな侍, いい加減に, いと威張っ, いや恐ろしい, うーん, えきみ, え多見治さん, え畜生ツ, おおぜ, おゆるし下さい, お前たちが, お師匠様, お蘭様, かいっこう知らず, かかわいそう, かざわざわ, かただ坐っ, かと思え, かはだし, かまア, かよすべきだ, からあっぱれ, からいっしょ, からえらい, からおめおめ, からお腹, からくたくた, からこれ以上女剣戟, からしかし, からすこぶる, からたつた, からっ, からであらう, からとする, からと兄, からと片手, からどれ, からないつ, からなち, からなんと, からな泳ぎ, からねえさん, からねぜいたく, からねなど, からね仕様, からね幸せ, からね謂わ, からひかえ, からほほ, からみんな一緒, からもっとも, からよウ, からイヤ, からコンクリート, からツン, からパパ, からヤ, から一日二日煙草, から三年無駄, から主人, から二百円, から今ここ, から伸一郎氏, から俺ら自分, から六分, から出た, から助けない, から千年, から取返す, から呉羽嬢, から困っちまう, から場所, から天文学, から委, から寄れたら, から少年雑誌, から帰んなさい, から弱輩共, から必死, から恩恵, から感心, から手入, から掏摸出身, から斎藤さん, から昔, から月, から椅子, から正に, から毎日, から洒唖洒唖, から火, から片腕, から田地, から的, から確, から笑わせます, から結局南北極, から聴い, から艇, から落下傘, から見上げた, から詳しい, から豪傑, から蹴飛ばし, から逃げだそう, から遣り切れないだろう, から銀鎖, から階下, から預けよう, から驚くだろう, かわからず, かサッパリ, か世間, か共鳴出來, か分んねえ, か国語, か寒氣, か彼奴, か悪口, か文字, か歩く, か深遠, か癈物, か知れなかった, か薄気味, か言葉, か遠い, か駆け回る, があんまり度々, がいつの間に, がおかあさん, がお蔭, がこ, がさてそれでは, がそうした, がたびたび, がといふ四年前, がと苦々し, がなあぼく, がななに, がねえどうしても, がねところが, がねロシア人, がね尤も, がね私ゃ, がの葬式, がひよつ, がまア好, がや, がわれわれ六人, がコカコラ, がネ元, がユウ, が一尺, が上述, が事件, が今時, が休ませ, が何時も, が僕たち高校生, が兵隊, が力, が危機一髮, が名高い, が四人, が夜, が太鼓, が季節, が尋問中, が帳場格子, が当人, が怖う, が戦, が敗戦以来, が普通, が松永君, が此家, が汝たち, が漸く, が理性, が百科辞典, が短く, が第一線, が維持, が肯い, が苦, が西方, が話しぶり, が跡, が通例生体, が野菜, が随分, が馴れてる, きっとこの, ぐずぐず吐, けどいよいよ, けどさて, けどなあじゃあ, けどまだき, けどわざと, けど今さら, けど半月, けど志貴子, けど毎日, けど行きたくない, けど音楽, けれどおじさま, けれどする, けれどというところ, けれどねここ, けれどめった, けれどもしかた, けれどもな今, けれども又, けれども様子, けれども貴下, けれどチップ, けれど亀井戸, けれど出し, けれど商売, けれど山, けれど拵え, けれど死んだ, けれど直ぐ, けれど茸, けれど遊び旁, げな, こっちが, この, この思いつき, この顔, こんなこつて生計, さあ来, さんだらぼ, しかし一枚, しこれから, しとすっかり, しわしア所在, し兎, し急がなく, し絶食, すこしは, ぜおれ, ぜと言つて, ぜ他人, ぜ小倉組, ぜ見る, そうかと, そこで仏頂寺, そのあと, その小説, その男, その鼓賊, それから重さん, それほどまだ腹, そんな姿, ぞそこで, ぞと言つて, ぞソンキ, ぞ生意気いふ, ただ父, だから僕, だけに茫然自失, っけなお, つくづくなんて, つていよいよ, つてもう, つて云ひます, つて可愛らしい, つて幾松は, つて死といふ, つて縮緬の, つて近所の, つまり人間, でご, とあたし, という信念, という結論, といった顔, といふ新, とおち, とかう仰有る, とかんがえ, とか祖母, とこ, ところ院長の, とせ, とでも思った, とはいえ, とは気がつかなかつた, とばっかし思っ, ともなんとも, とやれ, とタンカ, と不幸, と人見, と僕ら, と叫んだ, と地, と庭, と思い出した, と思われます, と書い, と申しました, と答えたら, と腹の中, と言い伝えられ, と認める, と青く, どうも後で銅板, どんな事, なあんた, ながけ下, なそれで, なとおかしく, なと多吉, なと推察, などというの, など特書, なも糞, なんていわれる, なんて思ったら, なパリ式, な変, な狂った, な香具師, ねえま, ねこんな, ねといったでしょう, ねなんて, ねジョウ, ね人間, ね夜, ね帰, ね業, ね虫, ね面白い, のでこの, ので全く, ので私, のにお上様, のに今, のやわい, ばかりこれから, ぱかばかしいここは, べつて, まあよ, まったく当然の, まるで昔, もうすぐ三十日間, もとは, ものいやに, ものさつきお, ものって, ものみつとも, もの一時に, もの何よ, もの君こそ, もの平気だ, もの日曜には, もの病人の, もの立膝も, もの頭の, やうで, やヨチ子, よあんちゃん, ようです, よお寺, よこん, よた, よとかやかましく, よと怖がる, よどうにか, よほどの, よわかった, よジャーク, よママ, よ今月, よ先方, よ古い, よ夜っぴて, よ察し, よ御, よ日中, よ止さない, よ玉ちゃん, よ結婚, よ解った, よ隨分辛え目, れいの, わしから, わな, わ多分, を踏み鳴らした, ん小さく, エどうせ, キミは, タタき起す, ツイ足が, ナ畜生, バカヤロウ, ボンクラな, ロンドンの, 一応来, 丁寧に, 三百兩を, 不実な, 乙松の, 二三首の, 五六人の, 人間それで, 今度からは, 仕事では, 位に, 何て, 作家の, 俺にも, 僕たちを, 元気だせ, 先生の, 八百八町ね, 写実家として, 到頭梅子さん, 化物見たいな, 半帛, 友造, 右の, 君何か, 唇に, 四つの, 坊は, 夕方まで, 大きい窓, 大泥棒, 奴っ, 姿に, 子守娘が, 実はね, 寂しがり, 小村君, 屋根と, 帝都を, 座敷は, 彼方へ, 御支配, 性根の, 悪党, 憚りながら貧窮組, 手拭で, 揚句この, 新夫婦, 早くこっち, 明証の, 時これを, 時村長の, 月の, 本当に, 松井小, 森鮮やかな, 歇んだ, 死骸を, 気持は, 決して喧嘩なぞ, 洵吉は, 湯豆腐も, 熊城君やはり, 犬を, 現に実験中, 田中おう, 痛い, 盗賊と, 真暗に, 石岡の, 科学の, 篦棒め, 結び文風の, 老人達は, 腰を, 芝居が, 茶が, 藤さん, 表情な, 親分二人とも, 試し斬りに, 講釈の, 賤民では, 迄も其印象, 道が, 酸は, 銭かい, 間違ひありません, 霜柱の, 革命の, 顔には, 駒井能登守という, 鶴井の

▼ んです~ (29056, 15.9%)

508845202018 もの 1581885882804 から 717 って 596 がね 589 からね 350298 かい 229 けれど 222 つて 220159 けど 152148 のよ 135 かね 111 がその 104 とさ, 親分 89 ものね 88 ってね 87 がそれ 80 からねえ 77 つてね 75 ねえ 68 か親分, がねえ 60 かえ 48 かよ, けれども 47 からな, がお 45 がこの 44 がこれ, わね 43 え, がどう 40 ッて 3734 かねえ, が私 33 がどうも 32 があなた 31 が今 30 があの, のに, ものねえ 27 からその, なあ 23 からお, からそれ 22 ってさあ 21 がどこ, がもう, と, のね, よ私 20 が僕 19 から私, がそんな, が何, けれどね 17 がしかし, けどね, よあの, よ親分 16 がなにしろ, がまだ, ツて 15 かお, からなあ, からもう, がつい, ぞ, ってさ 14 から何, がそれでも, がもし 13 からネ, それは, ってよ, よお 12 かそれとも, かな, からどう, からどうぞ, がそこ, がネ, とも, よその

11 [15件] かその, があれ, がさて, がただ, がまあ, がわたくし, が何しろ, けど私, けれどもね, けれど私, ってねえ, て, なア, ものお, よそれ

10 かそれ, からこの, からまあ, がな, がなん, が御, けどねえ, けれどそれ, わねえ

9 [11件] かあなた, からこんな, から僕, がねその, が先生, が実は, けどその, けれどあの, ヨ, ワ, 私は

8 [18件] かい親分, かこの, かしら, からあの, からそんな, から仕方, がある, があんまり, がそう, けれどあなた, けれどお, けれどその, それが, もん, よあなた, よだから, ッてね, 僕は

7 [19件] あなたは, かそんな, からあなた, からこれ, からそう, か私, がこいつ, がとにかく, がどういう, がわたし, が今度, が今朝, し, ってそれ, もの私は, よ僕, ッ, ナ, 一体

6 [22件] かあの, かなあ, からたまりません, からどうか, からどこ, から全く, から誰, がこう, がここ, がそういう, がほんとう, がまた, が今日, が少し, が自分, が貴女, けどそんな, こと, ぜ親分, ものネエ, よそう, 私が

5 [40件] お嬢さん, かもう, からすぐ, からよく, からわたし, から今, から別に, から早く, か先生, がいかが, がさ, がそいつ, がちょっと, がとうとう, がどうしても, がなんだか, がねそれ, がやはり, が一度, が何分, が日本, けどあの, けどどうしても, けどなん, けれどこの, けれどもこれ, つてさ, ねあなた, ね親分, ものそれに, ものと, ものどんな, もの仕方が, よええ, よお前さん, よきっと, よこの, よこれ, よ先生, 先生

4 [84件] かほんとに, からいくら, からいつ, からこれから, からそれで, からどうにも, からなん, から今晩, から間違, かッ, かツ, かネ, か一体, か僕, があいつ, があと, がいずれ, がいや, がいろいろ, がこんな, がすぐ, がた, がだんだん, がつまり, がところが, がとても, がどうして, がどっち, がなあ, がねこれ, がね親分, がほか, がやっぱり, が一寸, が二人, が人間, が向う, が唯, が大丈夫, が実際, が家, が親分, が貴方, が近頃, けどあたし, けどあなた, けどお, けど何だか, けれどここ, けれどどうも, けれどねえ, けれどまだ, けれどもお, けれどもその, けれどもそれ, けれども私, けれど今, けれど今日, けれど何, けれど何だか, けれど貴方, これは, しそれ, それに, ってその, ってそんな, とお, とさあ, ねそこ, ねそれ, のお, ものそんな, ものだから, ものでも, よここ, よどう, よねえ, よほんとに, よウ, よ人間, よ本当に, 伴田から, 私の, 貴女の

3 [157件] いいん, お孃さん, かあ, かこりゃ, かご, かさっき, かそう, かときく, かと聞き, かなんだか, かなア, かまた, からあっし, からあんまり, からいけません, からきっと, からさ, からずいぶん, からそりゃ, からどうして, からなかなか, からまったく, からみんな, からもし, から何とか, から実に, から少し, から御, から自分, から自殺, かわたし, か今, があいにく, があまり, がいか, がいったい, がいま, がうち, がこういう, がご, がしまいに, がそ, がそれから, がそれで, がそれにしても, がだんな, がちょうど, がちよ, がでも, がなかなか, がなに, がねあいにく, がねしかし, がねどうも, がね私, がほんとに, がまさか, がよく, が一体, が一向, が一方, が丁度, が世間, が人, が何だか, が何処, が先方, が光子さん, が其, が前, が博士, が名, が君, が大勢, が大変, が夫, が宿, が山, が彼女, が急, が或, が手, が最後, が本当に, が来, が母, が父, が生憎, が男, が矢張り, が私ども, が若い, が親父, が誰, が酒, けどこの, けどこれ, けどそい, けどつい, けどでも, けどどう, けども, けどもう, けれどああ, けれどあれ, けれどこれから, けれどこんな, けれどそんな, けれどとうとう, けれどなん, けれどもあんまり, けれどもわたし, けれどやはり, けれど父, さ, それを, ってば, つてねえ, とサ, と云った, なこれ, ねきっと, ねその, ねエ, のそれで, のにね, ものそう, ものその, ものそれは, ものどうして, もの御, もの私の, よある, よいつも, よう, よお前, よお母さん, よこんな, よそれに, よそんな, よほら, よアレクセイ・イヴァーノヴィチ, よオ, よ今, よ今日, よ何, よ女, よ子供, よ日本, よ旦那, よ早く, よ誰, よ諸君, ツてさ, 僕が, 叔母さん, 実は

2 [479件] あなたが, いったい, おまけに, お内儀さん, お嬢さんは, お母さん, お父, お父さん, かあれ, かいったい, かええ, かここ, かこれ, かそりゃ, かそれで, かちっとも, かって, かと, かときいた, かと尋ね, かと尋ねる, かと空とぼけた, かと聞い, かと聞く, かと訊いた, かどう, かない, かはははは, かぼく, かまあ, かまだ, かまるで, からあたし, からあと, からありがたい, からうつ, からおじさん, からお互い, からお話, からこう, からこっち, からことに, からさっそく, からそういう, からそこ, からそっと, からそのまま, からそれだけ, からそれでも, からそんなに, からちょっと, からと答える, からどんな, からなるべく, からなんだか, からなア, からねあの, からねその, からねそれ, からねまったく, からね私, からほうっ, からほか, からほんとう, からぼく, からやはり, からゆっくり, からよう, からわたくし, からネエ, からホ, から七尺, から今度, から今日, から仕様, から何だか, から何分, から何故, から余り, から内, から口, から右門, から堪りません, から変, から外, から大した, から大丈夫, から大抵, から大概, から妾, から姉さん, から実は, から容易, から宿, から心配, から恐れ入ります, から感心, から我慢, から抱え主, から旦那, から早い, から明日, から昨夜, から服, から本当に, から此方, から気, から決して, から無理, から直ぐ, から直に, から私たち, から結構, から行つて, から親方, から足, から金, から長く, から驚き, かネエ, かネー, か其, か冗談, か冷, か君, か少し, か悪い, か旦那, か旦那さま, か知りません, か自分, か若旦那, か誰, か貴女, か道, がああ, があなたがた, がいけない, がいつ, がいつの間にか, がいつも, がうっかり, がええ, がおととい頃, がお父さん, がきのう, がこっち, がことに, がこりゃ, がこん, がさすが, がしばらく, がする, がそい, がそうした, がそこで, がその後, がその間, がそら, がそんなに, がだ, がちょい, がと若い, がどうか, がどうせ, がどんな, がなにか, がなにぶん, がなるほど, がなア, がな併, がねああ, がねお, がねこ, がねす, がねそれで, がねところが, がねどう, がねどうして, がねわたし, がね今, がね何しろ, がね僕, がはじめ, がはっきり, がひどく, がふい, がふとした, がぼく, がまず, がみんな, がむろん, がもう一度, がもしや, がもちろん, がやがて, がよくよく, がナオミ, が一, が一応, が一時頃, が一杯, が万一, が不意, が二度目, が今夜, が今御, が今晩, が他人, が何ん, が兄, が光子, が初め, が勿論, が医者, が去年, が又, が古, が声, が多分, が夜中, が大分戸外, が奥さん, が女, が女房, が如何, が妙, が妹, が安之助, が実に, が小, が帰り, が平常, が幾ら, が店, が弟, が思いがけなく, が恐ろしい, が悲しい, が扉, が旦那, が早い, が明治, が暫らく, が最初, が未だ, が案外, が此, が此夏, が此方, が母親, が気, が濡れ, が相, が相手, が着物, が私たち, が秩序, が第, が結局, が考え, が聞い, が船, が若旦那, が血, が行, が行っ, が親, が身分, が近く, が途中, が運, が重, が隣り, が霊媒, が驚いた, けどあんな, けどきょう, けどこんな, けどそう, けどそこ, けどそれ, けどちょっと, けどどうも, けどどんな, けどねそれ, けどまた, けどもね, けどやはり, けどゆうべ, けど二人, けど今, けど僕, けど先生, けど光子さん, けど千田さん, けど妾, けど昔, けど晩餐, けど貴方, けれどあたし, けれどきょう, けれどこれ, けれどそれでも, けれどでも, けれどどう, けれどどうしても, けれどほか, けれどまあ, けれどまた, けれどもう, けれどもそんな, けれどもつい, けれどもまあ, けれども今, けれども御存じ, けれども誰, けれどやつぱり, けれどわたし, けれど余り, けれど僕, けれど去年, けれど可, けれど家, けれど御, けれど無理, けれど阿, ここに, この場所, しこの, その時, それ, それという, たしか潮来あたり, ちょいと, ってあたし, ってあなた, ってあの, ってお, ってご, ってそしたら, ってそれで, ってでも, ってところが, ってね私, ってほんとう, ってまあ, ってよあんまり, って何, って警察, つてよ, てその, という, というところ, といふ, とさそうして, と三千代, と云い, と云っ, と代, と言, と言う, と言っ, なあそう, なその, ねあの, ねええ, ねえまったく, ねお, ねお母さん, ねこれ, ねと云った, ねわたし, ねんて, ね一体, ね今, ね何, ね私, のいい, のこの, のさ, のその, のと, のよあなた, のよこの, のよそして, のよそれ, のよ私, のネ, の一緒, の今, の患者, の私, ほんとうに, ぼくは, ものああ, ものあんまり, ものこんな, ものしかたが, ものせめて, ものそれを, ものという, ものどう, ものまさか, ものを, ものネ, ものヲ, もの今さらどう, もの今度は, もの命より, もの嘘だった, もの妾なんかと, もの家へ, もの少し, もの政男さんだ, もの斯う, もの私が, よあれ, よいい, よいくら, ようち, よさっき, よそしたら, よだが, よだんな, よでも, よと, よと叫んだ, よと言った, よほん, よほんとう, よまだ, よまるで, よもう, よわたし, よ何処, よ全く, よ君, よ姉さん, よ彼, よ御, よ男, よ皆さん, よ細君, よ親, よ親分さん, よ貴方, よ赤裏, よ馬鹿馬鹿しい, わい, わたくしは, イ, ッてさ, ツ, ツてね, トサ, 三年も, 事の, 云つてください, 京都の, 人嫌いで, 今日は, 佐野屋さん, 何う, 何か, 何でも, 僕には, 八さんの, 土が, 奥さん, 彼等は, 御帰り, 旦那, 私に, 親分さん, 貴女こそ, 重いん, 頭から, 頭が

1 [4265件 抜粋] あ, あなたみたいに, あの若い, い, いさく, いやもう, ええ近所, おそらく誰, お声, お精進, かあの大きな, かいお, かいったいなぜ, かい御用, かお父さん, かこわがるなっ, かそこ, かたとえば, かつてお, かときいたら, かと伊沢, かと念, かと言っ, かどうも, かなどと剛強, かねえ御, かね不審, かね非常, かめいめい勝手, からあきらめましょう, からいう, からいつか, からおいしく, からおだやか, からお礼, からこ, からこりゃあ, からし, からすれ違っ, からその後, からたて, からちつ, からつまらない, からとね, からどうせ, からなか, からな御, からねいつか足袋, からねさっぱり, からねだが, からねひとつ火, からねエ, からね姉さん, からね放っ, からね近頃, からまあそんなに, からむす, からやむをえません, からわたし一人, からソヴェト, からミリヤアド, から一押二押, から三十艘, から不自然, から五つ紋, から今日きり私, から何事, から先づ, から凶行, から利息, から動く, から吃驚, から困っ, から大丈夫必配, から太閤様, から始末, から宜しゅう, から岡, から幾足, から彼ら, から必ず, から悪く, から手ぶら, から故, から時々どうも, から来年, から母さん, から汽車, から滅多, から産む, から病室, から盗もう, から知らなかった, から笑わせます, から聞い, から花鳥, から衣裳, から言いたくない, から貫一さん, から身請, から配達, から雷, から食べなさい, から鯱, かジョ, かロスさん, か下さらない, か今夜, か倉地さん, か危篤, か困りました, か妙, か実は, か忘れ, か有難い, か此, か火星人, か白金線, か聴かせ, か課長, か通ぶってる, か面白い, があちら, がありがたい, がいかに, がいつかお父さん, がうしろ, がおばさま, がお祖父さん, がからだ, がこのごろ, がご覧, がしから, がそいつら, がその後なん, がそれに, がたとい, がつまらない, がとんでも, がどうにもこう, がなあに二週間, がなやつぱり, がねあなた方, がねえええ, がねえ少し, がねさあ, がねそんなに, がねどうもまるで, がねまあどうか, がねマーケット, がね何, がね向う, がね引啣, がね栄, がね特に, がね赤さん, がはた, がひょっとしたら, がまだ何とも, がみんな泥だらけ, がやっ, がよほど, がわたしたち, がコイツ, がダルトン, がネともいい, がポントス, が一学期, が一般, が上方見物, が世話, が事件, が二度, が人家, が今月, が休日, が何で, が依然として, が傲慢, が先生亢奮, が八ヶ嶽, が出れ, が助, が卓一さん, が口惜しい, が同時に, が嘘, が国, が場合, が夜, が大方南京蟲, が失礼, が好き, が学生, が容貌自慢, が少く, が峠, が市電, が幸いまだ, が引ッ, が待たせ, が忙, が恰度, が意外, が戦争, が数学, が斷, が是非どうか, が晩飯時, が最近子供相手, が来る, が梁福, が此家, が殺し, が河童, が清修館, が熊川君, が特に, が用心, が百合子さん, が真に, が祝賀会, が窓硝子, が結局さかり, が肥料, が苦労, が蒔岡君, が血暈, が見, が課長さん, が身体, が返事, が違います, が長い, が間違いだらけ, が面会謝絶, が馬, が鯱, けどあんた, けどお話, けどこんどニューギニア, けどそして, けどだめ, けどとにかくああ, けどねお嬢様, けどね唾, けどまっさお, けども心, けどウワ, けど三月, けど何しろ, けど勝負, けど姉さん, けど後, けど木津さん, けど気, けど真暗, けど自宅, けど送っ, けど香櫨園, けれどあんな, けれどいまパリー中, けれどきっと, けれどそう, けれどちかごろ, けれどと云い, けれどねとにかく, けれどふい, けれどもあなた, けれどもすぐ, けれどもとても, けれどもぴしり, けれども三好十郎, けれども公署, けれども我慢, けれども浜田, けれども返辞, けれどわっ, けれど云え, けれど何しろ, けれど分りませんでした, けれど口, けれど大きな, けれど少し, けれど弘さん, けれど情ない, けれど昨晩恰度お腹, けれど永らく, けれど特別, けれど真面目, けれど細君, けれど行者, けれど辛棒, けれど野郎, こうする, このよう, この間に, こんなこと, しお母さん, しねせっかく, し今度父, じゃまた晩, すると先生, ぜひそれ, ぜ殺す, そうな, そしてまた女, そつちの大, そのほか, その帯, そらあの, それから癪, それで子供たち, それをね, そんな顔, だからそれ, ちゃんときまっ, っていま, ってそい, ってとさえ云った, ってねここん, ってね気, ってもうずっと, って三毛, って刑事さん, って日本, って田圃, って義一さん, って迷惑, つての, てね, で一応, とおどろい, とさお湯, とね, とも言いたく, と千谷さん, と恨めし, と立派, と言つて, と額, どうして心配, どうです, なあだ, なもう, な三輪ちゃん, な日本, な雲助, ねいはず語らず, ねえほほ, ねえ貴, ねそいつ, ねただ今, ねと云, ねどうしても, ねよく, ねブレシントン氏, ね介抱, ね叔母さん, ね夫婦, ね斬られた, ね米友さん, ね這, のあの, のそい, のどうぞ, のに爺, のほんとに, のよあの, のん, の兄, の曰く, の話し, ほかの, まあいっ, また番頭, もうどうして良い, もっと烈しい, ものあたしやります, ものあやしい, ものいまの, ものかえって, ものこの間逢ふ, ものそうして, ものそれでいて, ものちつた, ものどこの, もののぼせあがっ, ものまあ, ものやっぱり, ものシュザンヌさん, もの一様には, もの人に, もの何し, もの前から, もの可哀想じゃ, もの堪りません, もの女は, もの御免なさい, もの打ちつけ, もの本, もの気質が, もの父さんは, もの知っ, もの私も, もの行っ, もの貴女からも, もの酔った, もの頸飾だの, もんね, よあたし, よいま, よおばさん, よからっきし, よさあ, よそこで, よたとえば, よつて, よというの, よと云う, よと答えた, よにわか隠居, よへへ, よもっともっと, よキット, よマア, よ一匹, よ三間以上, よ人質, よ仲間, よ兄さん, よ半年分, よ善く, よ好, よ山, よ戯談ぢ, よ昨晩, よ松, よ母様, よ津村さん, よ獵, よ確か, よ芝, よ西国巡礼, よ貯水池, よ閣下, よ馬鹿, わけが, わたしも, わよう, わ御, ウ, チョビ安を, ナオミさんに, ホームズさん, ワもし, 丁稚の, 不具の, 久子さんという, 五人六人と, 今までの, 今頃, 何し, 何んです, 停車場へ, 兄さん大層まア, 兩替屋下谷組の, 又何, 命を, 地代と, 大分前, 奈々ちやんが, 娘という, 実に驚ろ, 少しいい, 年も, 彼等と, 御飯も, 悪いの, 捉まったら, 早く云っ, 暫く来なかった, 本当の, 柿崎さんは, 毎日地球の, 泰軒先生は, 火事です, 牛と, 珈琲茶碗で, 百人が, 神様から, 秋の, 紀念式にも, 舟木を, 藤吉が, 記念の, 貴女と, 釘が, 隊長, 風呂の

▼ ん~ (15807, 8.6%)

560255 するもの 251 するの 238 して 221 するに 145 欲し 144 する者, すれば 110 する時 108 するは 104 する 102 欲す 95 思って 94 するを 91 欲せば 90 した 78 するも 76 云ふ 71 するには 69 しつつ 65 するが 62 するや 58 すること 57 いっても, 欲するもの 55 いって 51 したの 48 するとき, 云って 47 したこと 46 する人, 欲するも 45 したが, せば 40 するところ, 言つても 39 せしに 38 するか 37 せり 34 言って 33 思う 32 する心, 欲すれば, 言ふ 30 するなり 29 いう, 欲する者 28 いふ, した時 27 いて, ならば 26 云っても, 欲する 25 いうので, いかん, する意志, すれど, すれども, 云うの, 欲するの 24 したもの 23 したり, すると, せしが 22 する傾向 21 するならば, する努力, する所 20 し, する場合, 欲するなり, 欲する所, 自分の 19 したる, 思ふ 18 欲するところ 17 いうに, なれば, 思うて, 欲するか 16 すと, 欲するのみ 15 いえども, 云う, 欲するは, 言つた 14 するその, する人々, 心得て, 欲するが, 知つてゐる, 試みたり 13 しつ, 云つても, 私は 12 いつても, する際, 思つた, 申して

11 [13件] したところ, するかの, するものの, する事, なり, 云うて, 思った, 欲した, 欲すること, 申しても, 私の, 考えて, 頭を

10 [20件] いうか, するこの, するよう, する人間, する目的, する頃, なると, 一緒に, 二人で, 云うこと, 云った, 思います, 思うの, 思えば, 横に, 欲したる, 欲するならば, 欲せり, 答えた, 見て

9 [13件] するほど, する刹那, それを, なくその, 云えば, 出て, 思うと, 思ふの, 書いて, 知つてゐた, 言うの, 音が, 音を

8 [14件] するのみ, する意図, 云うから, 余は, 努力する, 困る, 思うが, 思ったか, 思ふと, 思へば, 申す, 言っても, 言はう, 身を

7 [30件] いうが, いうて, おいて, お礼を, しあるいは, したとき, すなり, すらん, するに際し, する傾き, する前, する日, する時代, する瞬間, する程, それは, つとめた, つとめて, なく不安, 不可ん, 云うので, 努めた, 思いました, 思うから, 思わば, 欲する人, 欲せは, 申しました, 見える, 言った

6 [39件] ある, いえば, うなって, したと, した事, し給, するお, するころ, するため, する春, せしも, そうで, なく気, なく私, なしに, 云いて, 云う事, 云おうと, 云つた, 企てた, 企てたり, 信ず, 努力し, 努力した, 坐つて, 存候, 思いながら, 思うね, 思はる, 思ひて, 欲すれども, 気が, 申すの, 知つてる, 考へら, 自分で, 言う, 試みて, 願ふ

5 [53件] いうから, いうても, いうと, いうな, いかんぜ, いかんぞ, いかんの, いつて, したので, しながら, するにも, するので, するよりは, する企て, する処, する力, する意気, する或, する欲求, せし, せしこと, せし時, それが, なくそれ, なく人, なく心, 云つ, 云ひ, 仰向けに, 何か, 僕の, 努めたの, 大きな音, 存じ候, 心を, 思うん, 思えど, 思は, 思ふなり, 手に, 望んで, 欲すと, 欲する時, 申すに, 知つ, 立って, 答えて, 聞いて, 言うん, 計畫, 顔を, 飛んで, 鼻を

4 [102件] いえり, いった, いったって, このやう, ころがって, したから, したその, したれど, した空気, しぬ, するとも, するほどに, するよりも, するわが, するわれら, する也, する事柄, する以上, する傾, する大, する女, する形勢, する意, する我々, する所以, する方向, する様子, する考え, する自然, する運動, する風, す余, なく, なく二人, なく人好き, なく今, なく自分, なく頼母, ほかに, やうに, やつて, 三人で, 云うと, 云うに, 云うよう, 云ったが, 云ったって, 云ったの, 僕が, 僕は, 努めて, 努めるの, 口を, 呼ばれて, 坐って, 女は, 存じて, 存じまして, 彼は, 心に, 心得る, 心配し, 思いましたから, 思うこと, 思ったから, 思ったが, 思っても, 思ひつ, 思ひます, 思へど, 手を, 持つて, 欲するとき, 欲するや, 此の, 決心した, 為れば, 用意し, 眼の, 眼を, 知って, 知つてゐ, 私と, 私も, 立派な, 考えた, 考えます, 考へて, 耳を, 腰を, 見えて, 見えるな, 覚えて, 解つてゐる, 言うこと, 言ったって, 言つてる, 話を, 載つて, 部屋の, 順序を, 首を

3 [214件] あっては, あれば, いうのに, いおうと, いかんです, いかんよ, いったらいい, いひき, いひしを, いふので, おきやす, おもへば, お詫びを, お話を, ここで, こさ, この, このと, この人, この鶏, こんなこと, させて, しかえって, しけるに, しければ, しずかに, しずまりかえって, しその, したもう, したれども, した彼, した理由, してでも, しました, します, しまたは, しようぞ, し一人, し遂に, し風, すこれ, すされど, するあらゆる, するかに, するさま, するぞ, するといふ, するにあたり, するのに, するの勢, するばかり, する一念, する世, する人口, する企, する何ぞ, する勢, する勢い, する吾, する吾人, する如し, する姿, する少年, する希望, する彼, する彼ら, する思想, する悪, する意欲, する折, する方, する方法, する様, する欲望, する殺気, する気, する気持, する気運, する無, する生命, する眼, する私, する第, する要求, する諸, する軍隊, する輩, する青年, する願い, する魂, せしは, せず, せるなり, ついて, てこの, できて, なくそんな, なく不, なく僕, なく千鶴子, なく好き, なく好感, なく智的, なく氣, なく矢代, なく落着, なく見, なく逞, なく騒がしい, なされます, なった, ならば他, やって, 一つの, 云います, 云う音, 云え, 云ったらいい, 云ひぬ, 云へば, 云われて, 仰有る, 企てたるもの, 企てて, 何でも, 出來, 分つて, 力を, 十八日の, 同じ様, 呼んで, 困るぜ, 声を, 彼も, 待って, 心の, 心細く相成, 志して, 思いこれ, 思いしが, 思いしに, 思いつつ, 思いまして, 思いますが, 思うところ, 思うほどの, 思うもの, 思うよ, 思う者, 思ひしに, 思ふに, 思へども, 承知せん, 折れて, 教へて, 断ると, 欲したりき, 欲したるなり, 欲するゆえん, 欲するを, 欲せしに, 欲せしも, 水を, 決心したる, 泣く, 涙を, 為るに, 物の, 生きて, 申した, 申しますか, 申すか, 申すは, 申上げ, 男の, 睨んで, 私が, 立つて, 答へ, 答へる, 羽音を, 考えたの, 考ふ, 考ふるなり, 耳の, 聴いて, 苦心する, 落ちて, 見えるの, 言うて, 言ったの, 言つてゐる, 言はれ, 言ひ, 計ったの, 計って, 試みたの, 誓って, 謂ふ, 貫一は, 返事を, 遊んで, 違うか, 違つて私し, 金を, 静かな, 響いて, 頭の, 駄目だ, 鳴った, 鳴って, 鳴つた, 鳴りました, 黙って

2 [701件 抜粋] あおむけに, あかん, あかんぜ, あかんと, あつた, あの女, あの子, いいあるいは, いい出, いかんが, いかんで, いかんと, いけない, いけません, いけんぞ, いっしょに, いったが, いつでも, いとくれやす, いふが, いふと, いふに, いろいろな, いわぬばかりの, おっしゃるん, おもはる, おもはん, おろして, お前は, お家の, お心得, かかとか, からだを, けとばしました, このおっ, このおふくろ, このは, このを, このオヤジ, この五号船, この先生, この大将, この屋根, この息子, この死んだ, この犬, この目, この連中, こまる, さう書いて, されたとき, しそして, したあの, したお方, したこの, したに, したりけ, したりと, したるが, したる事, したる者, した位, した刹那, した夜, した際, した面, しちり, しつる時, しつれど, しましょう, しまつて, しわが, し恣意, し我官長, し某, し猩々緋, じゃ, じゃろか, すこの, すらんと, するあの, するかという, するから, するかを, するだけ, するだけの, するでしょう, するな, するなど, するなれば, するなんと, するにても, するに際しては, するの希望, するほどの, するまで, するゆえ, するを以て, するテーマ, する一, する一切, する一朝鮮建築, する一瞬, する下, する乎, する予, する二つ, する人類, する今日, する余, する先, する問題, する因循, する国民, する場所, する多く, する太陽, する婦人, する審判, する山内謙三, する御, する恐るべき, する恐れ, する情熱, する意識, する態勢, する慾望, する手続き, する支度, する是, する曲者, する概, する母, する混沌, する熱意, する熱烈, する生活, する用意, する真面目, する老人, する者ら, する自分, する花, する行動, する説, する議論, する辺, する途端, する道, する野望, する限り, する霊魂, する願, すればこそ, す之, す吾人, す汝, す第, せしかど, せしかども, せしとき, せしを, せし人, せし矢先, せし頃, せらるるは, せるも, せる時, そいから, そう言っ, その枕もと, たい, たくらんで, つくだの, つとむる, つとめること, てか帰り際, てた, でござるな, ですか, とんでもない, なくあの, なくお, なくこう, なくこの, なくそこ, なくやつ, なくザワザワ, なく一抹, なく上品, なく動い, なく可愛らしさ, なく四方, なく強か, なく恐ろしいよう, なく恥, なく手, なく日本, なく気持, なく淺, なく無, なく繰り返される, なく興味, なく芸術家, なく豊か, なく賑やか, なく遊び, なく頭, なさいます, なされました, なし給, なつた, ならばこの, ならば大, ならんぞ, ぬかすの, はさみで, ひそかに, みえるな, みんなが, やると, わかる, わかるよ, イワンデミトリチの, ピストルを, 一しょに, 一つ, 一と, 一処に, 一声高く, 一寸の, 一発撃て, 三笠山の, 上人も, 下に, 不思議な, 主の, 主張し, 予期し, 云いさ, 云いながら, 云うぞ, 云うまで, 云うわけ, 云うん, 云う声, 云う法, 云う訳, 云おうかな, 云ったん, 云った事, 云つたつ, 云て, 云はれ, 云ひし, 云ふす, 云ふなら, 云へ, 云われるな, 五歳の, 今度といふ, 今度は, 仕事を, 仰せられて, 仰有るの, 仲よしの, 企つる, 企てこれ, 企てたの, 企図し, 何も, 余念も, 例の, 停つたり, 停る, 傍に, 儀式めかし, 先方へ, 入つて, 八五郎の, 出して, 出で, 出でしが, 切って, 初めて会った, 判りませんが, 前の, 力むるもの, 力めるであらう, 努める, 勉めたり, 動いたよう, 叫びぬ, 名前を, 名簿に, 呑込ん, 呼ばれたの, 問わば, 地面に, 坐ったまま, 外の, 多くの, 夢の, 大きな水音, 夫れ, 奉存候, 女中が, 女中の, 始めて心づきし, 室を, 富者は, 小さく隅, 少しも, 山車が, 岸に, 左記の, 希う者, 希望したる, 床を, 弁解した, 待ち構えて, 待っとって, 後が, 後へ, 心は, 志したの, 志すもの, 念を, 思いたれど, 思いましたが, 思いますがネ, 思いますね, 思うがなあ, 思うたん, 思うとる, 思うので, 思うのみ, 思うばかり, 思う事, 思えども, 思ったの, 思ったので, 思ってるん, 思つてゐる, 思つて居る, 思ひ, 思ひしが, 思ひしも, 思ひながら, 思ひますが, 思ふが, 思ふこと, 思へり, 思へるぞ, 思わる, 思われる, 思われるな, 急いで, 急に, 悦ばしい事, 想像する, 想像せらるるなり, 意気込んで, 愚痴を, 慾する, 我を, 扉の, 折れそう, 押問答し, 招くも, 挨拶を, 据えて, 損ぢや, 損や, 擬するに, 敢て, 日が, 早よ, 時間が, 時間の, 望まれしにも, 望んだの, 本式に, 机に, 机の, 来て, 梅の, 欲したれ, 欲しつつ, 欲するこれ, 欲する乎, 欲する也, 欲する心, 欲する状, 欲する目的, 欲せしは, 欲せん, 此所迄, 歩合を, 殊勝な, 母さんが, 母を, 気は, 気を, 池の, 決心せる, 泣き出した, 浄瑠璃にも, 浪人の, 海に, 満枝は, 為しこと幾度, 為るなり, 為るを, 為れど, 熱っぽく鳴った, 熱望し, 理記と, 田舎者やと, 申したらよろしい, 申す事, 申候, 痛感し, 痛感した, 皆が, 眼が, 着いて, 着物が, 着物を, 知つとる, 私に, 種々の, 空中へ, 窃に, 答えそう, 約束し, 置かれて, 考へたので, 耳に, 耳鳴りが, 自分ながら, 自分は, 致しました, 良くない, 落ちた, 被考候, 見えるが, 見れば, 見抜いて, 覚ゆ, 覚悟する, 親友なる, 解つてる, 言いながら, 言う事, 言う声, 言う方, 言えり, 言つ, 言つてゐた, 言つて彼の, 言つて置いた, 言はれた, 言ひし, 言明せり, 言訳を, 試みた, 話の, 誓ったこと, 誓へ, 調べて, 謀って, 謀る, 赤十字の, 足音が, 途, 通して, 違う, 違て, 鐘が, 開いて, 雪子が, 霊薬を, 静まって, 静まり返って, 響く, 頑張つて, 願うて, 風邪を, 飛ぶ, 飛行機の, 飯が, 馬鹿に, 驚いて, 高い音, 鳴いて, 鳴らして, 鳴り人, 鳴り出した, 鳴ると

1 [6851件 抜粋] あいて, あせる本心, あった, あの森, ありしと, あれだ, いいければ, いいなすった, いい張った時, いうには, いかんからな, いかん私, いけないと, いじの, いたの, いつたつ, いとくれ, いひし三国, いへるにや, いわなければ, うしろで, ええ, おく方, おっしゃると, おぼし召されて, おもわるる人, お前が, お孝, お枕, お紋さん, お貰, かいつたの, かしこまって, かわいいくさめ, きものを, こういう風, こたえて, このいい, このまんなか, この事情, この土地, この庄治さん, この植木, この節まわし, この金箱, こみ上げて, これも, ご存知だって, さだめし一座, しいつか, しずまった, したすなわち, したまでの, したるに際し, したる孔子, したん, した人気, した因縁, した家庭, した批判, した李唐, した物, した瞬間, した親, した際邪鬼輩失業難, しつ戲れつ, しないの, します親分, しよつちう言, し七国, し兵営, し奔, し幸村, し或, し正しい, し玉, し而, し誤り, し離れんと, すぐれて, すてたもの, すまひつ, するいかなる, するこそ, するであろうか, するなるかと, するね, するの無理, するまでに, するわたくし, するダンテ, する一定, する不良性動物, する事数回, する人間的機能, する体, する信念, する児戯, する分子, する功利的要求, する又, する咄嗟, する夏, する大衆作家, する如き文学, する孔子, する寒, する希いあるのみ, する彼等, する快, する悲壯, する態, する手始め, する数千, する映画, する景色, する松本, する此遺書, する沙汰, する無意識模索, する特殊, する生物学, する百難, する矛盾, する米人, する翼, する自動車, する若者, する蛇, する観察者, する豹, する身の上, する道徳的憤激, する陽春, する頃おい, する馬車二三輌, すトラシュメデース之, す別当, す彼等姦徒醜類, す死, す躊躇, せざるべし, せしほど, せし心意気, せし黄金丸, せられしも, せるある, せバ非道其通路, そぞろに, その場所, その病, そりゃ出来ねえで, それをのみ, たたえて, たべんさい, ちょっとやっつかわせ, つっ立って, つとめる肉体, てか今, どうする, ない姉, なくおそろしいよう, なくたたずまい, なくやって来, なくゾッと, なく三白眼式, なく人間, なく円いと, なく割りきれない, なく唯, なく学者, なく幸福, なく心細かつ, なく息苦しい, なく懐中, なく旺盛, なく權高, なく気恥しかった, なく深いよう, なく物々しい眼, なく生き生き, なく秋, なく繰り返す, なく腰, なく荷物, なく見ぬ, なく身内, なく重, なく顛倒, なげだしました, なしつ, なつてる, ならば大本営, なり観, のり給ひ, はし給ひし, ばかばかしい夢, ひらいた柳, ぶつかったの, ほっと息, まさに兵, まとまつて, むしって, もがきぬついに, もとむとも, やられたあと, ゆれた, わかった, わが歩み, わたくしの, ゐる, クロステル巷の, ソース鍋を, ハアお手当, ピストルの, マニラへ, 一つ叩頭を, 一ツ膝に, 一式小一郎で, 一歩前に, 一転させ, 三十両の, 下って, 不思議や, 両腕, 主張してる, 予ては, 事も, 二羽の, 云いました, 云い張れそう, 云うたの, 云うなり, 云う内部, 云う方, 云う綺麗, 云おう, 云ったのみ, 云ってね, 云つてこの, 云つて聴かせ, 云ひふくめ, 云われ, 五体が, 人々安心し, 今の, 仕上げもか, 仰しゃいます, 仰せられしなりき火氣, 仰言いましたん, 企てしが, 企てた時, 企む者, 何よりも, 俄に, 俺には, 僕までが, 全く反対, 其三四日は, 写真の, 出来たでは, 分るやう, 判じます, 利益を, 剣を, 努むるも, 努め努力, 勇み給, 動かして, 務めて, 勧善懲悪の, 千兩小判の, 原始的労力を, 反省する, 口惜しさ, 叩くと, 号令した, 同性の, 吹けり, 呼びうち, 品物が, 喉の, 嘶く, 困りますがね, 困るわい, 土間に, 坐らせて, 境内あちこち逍遙されし, 多かった, 大きな地響, 大川の, 大追撃, 奇怪であろう, 女持の, 姉という, 嫌はれる, 存じ麾下, 学校で, 定めて, 家で, 富岡と, 寝ながら, 寢た, 小猫, 居て, 嵌つて, 巧んで, 帰つて来, 平和で, 床の, 弁護士を, 張飛は, 形容すべきだろう, 彼等が, 待味方の, 御承知, 心ぐるしき, 心掛申候え, 志し芸術, 念ずるのみ, 思いいる内, 思いたるも, 思いやれば, 思い少し, 思い狙いたる, 思い詰め西向, 思うた事, 思うのほか, 思う心洞察, 思し召して, 思ったらしくつと, 思つたのか, 思つて中年から, 思はれる, 思ひますね, 思ひ當, 思ふとるん, 思ふ人, 思わるる, 思われるもの, 急ぐや, 恐ろしい猛烈鋭利, 悶い, 想像された, 意気込む人, 憎々しいの, 我々は, 戻つて, 手枕に, 打揚げられ打落され, 折々思ひ出だされ, 押出した, 持つてかへ, 据ゑてあつてめい, 推察した, 撃たれたよう, 政府といふ, 文治武備の, 断わるたび, 旅館へ, 早う向, 明記し, 暫くは, 書棚に, 望み得られるもの, 朝未明に, 本郷に, 東京の, 校長は, 棒の, 楽み, 横臥し, 欲しメッセル・バルト・ダグリオネ, 欲するごとく婆さん, 欲する一事, 欲する大いなる, 欲する志, 欲する程度, 欲す敢, 欲せしに過ぎざるのみ, 歌つてゐる, 此處等の, 殊に知らず, 殺気立って, 気の毒そうな, 求めた爾, 決めたん, 泊めて, 泣き出しても, 洟を, 涙さえ, 済まして, 滑走路を, 濠の, 為なる, 無理に, 焦慮する, 爲, 物凄い労力, 猛烈に, 現は, 甲乙なく, 申したら落話, 申し上げれば, 申す若者, 男女は, 疑いかえって, 疑われるくらい, 痛むよう, 百雷が, 直々奉行に, 相談を, 眠られやせん, 知つてらあ, 礼に, 私のが, 空振りの, 立ちのぼる, 笑うと, 答えたという, 算盤珠が, 約しき, 紋服に, 経営者が, 絶間なく, 繰返し読む, 美しい尊い情景, 老母や, 考えながら, 考定, 聴いた, 背中の, 腰に, 自信を, 致しましたところ, 舳来の, 苦も, 落したその, 蓬頭突鬢, 蚯蚓を, 衝動の, 裸体に, 見えるそれ, 見ぬいた所, 見当附けた, 覗きますとね, 親身に, 言いおりまする, 言いわけ, 言うき上手, 言う丸ぽちゃ, 言う村人, 言う馬鹿馬鹿しい, 言ったらいい, 言っとくな, 言つて気絶しかけました, 言ふも, 言われた話, 計てた, 記憶に, 詞叮嚀に, 試みたるシュワルツ, 試みなければ, 詩など, 認むる間も, 誓ひしなるべし, 誠に何, 読める字, 諳んじて, 謙遜された, 豪奢な, 買つ, 起き上つて, 身が, 転がって, 近習の, 逆廻り, 進行した, 違います, 遠いこと, 都と, 金は, 鉢金に, 鍵を, 閊えて, 陣取ったるが, 難儀な, 青くなった, 音たて, 順序が, 顎を, 願え, 願へる, 飛鳥の, 飽くまでも頑張つたら, 駐車場でも, 高く低く貝, 鳴く, 鳴りわたって, 鹿爪らしく

▼ ん~ (11416, 6.2%)

549 ために 123 私は 85 ためには 81 為に 76 それは 71 い顎 70 ための 65 私の 52 為めに 46 兎に 41 云ひました 35 これは, ためである 29 それが, それを, ためなり 26 爲に 25 何か 24 僕は 23 なんでも, 何でも, 兎も 21 あなたの, ためであった 19 此の, 自分の 18 為には 17 今の 16 これを, その代り, ためでは, 今日は, 平次は 15 僕の 14 それに 13 私には 12 これも, その頃, 昔は, 爲めに 11 い顏, しかしそれ, た, ためにのみ, わたしは, 人の, 何を, 私が, 私に, 私も 10 さすがに, その時, どうした, わたくしは, 何う, 女の 9 あれは, しかしその, それよりも, ため, 人間の, 少くとも, 彼の, 念の, 来て, 為の

8 [17件] あなたが, あなたは, ここに, これが, しかし私, それも, ためで, ためでありました, ためな, ためのみ, ついて, ともかくも, わたくしの, 今は, 何んで, 併し, 私としては

7 [13件] あの人, これで, そこは, それには, ならない, わたしの, 主人の, 今夜は, 何も, 出て, 妙な, 妙に, 彼は

6 [17件] いずれに, い頤, こ, それより, ちよつと, わしは, 一と, 不思議な, 云った, 先生の, 叫びました, 実は私, 日本の, 為である, 貴方の, 近頃は, 非常に

5 [41件] お屋敷, お話を, ここで, ここの, さう, しかし, そいつは, そうかと, そこが, その中, その晩, それと, そんなら, ためだ, ためです, どうかお, わたくしが, 一人で, 二人の, 人間は, 今から, 今度の, 今日の, 他の, 例の, 去年の, 口を, 君の, 困ったこと, 如し, 平次の, 急に, 是は, 死んで, 為めの, 父は, 相手は, 第一, 自分で, 自分は, 貴方は

4 [56件] あなたに, あの女, あの男, あまりの, あるの, いずれも, お静, この事件, これだけは, これでも, これに, こんなこと, すつかり, そこに, その, その上, その前, その眼, それから, そんなこと, とにかくこの, とにかくこれ, とにかくその, どうか, どうも私, なか, なにぶんにも, ほかの, ほんとうの, 中の, 主人が, 主人は, 何が, 何に, 何の, 何んと, 俺は, 僕に, 兎にも, 前にも, 外に, 実はその, 家の, 幸いに, 心の, 折角の, 持つて, 明日は, 昔の, 来た, 此処に, 確かに, 私たちは, 親の, 訊ねました, 近所の

3 [153件] あっしは, あとで, あとの, あなたも, あなた様は, あのお, あの家, あるん, あれも, あれを, いつた, いつでも, ええ, お一つ, お国, ここへ, こちらの, このお, このへん, この場合, この家, この時, この頃, これからは, これまで, さうかと言つて, しかしこれ, しかし何, しかし僕, そう云う, そこへ, そこまで, そのうち, そのこと, そのよう, その人, その御, その辺, そりや, それでもこの, それ以上に, そんな事, そんな気, そんな風, ただ私, ためだった, ためであっ, ためでも, ためにこそ, できないの, とにかくここ, とにかくに, とにかく何, とにかく大, どうぞお, どうで, どうでも, どこか, どこへ, なにかの, なりません, はたから, ぼくの, もし私, やって, わしが, わたくしも, ガラッ八, 一方は, 不幸に, 事実は, 人が, 人に, 今では, 今でも, 今年の, 今年は, 今度は, 仕方が, 以上の, 何うし, 何と, 僕と, 八五郎が, 厭な, 召しあがって, 噂に, 多くの, 夜中に, 大体に, 女は, 妹の, 宜い, 實は, 少しは, 帰って, 幸ひ, 彼らは, 彼女は, 思ひました, 或る, 手前は, 拙者の, 持って, 斯う, 旦那の, 旦那は, 明後日は, 昨夜の, 昨夜は, 来ても, 来る, 東京の, 母の, 水を, 為なり, 為のみ, 為めには, 爲の, 特別の, 生きて, 生れて, 男の, 町人は, 相手が, 真の, 眼と, 眼に, 私たちの, 私を, 縁の, 腹の中は, 自分が, 自然の, 舞台の, 若い者, 蚊帳の, 血の, 親分, 親分さん, 親分の, 誰か, 誰かに, 貴方が, 貴方も, 足を, 身の, 身形も, 遊びに, 道, 首の, 首を, 馬が

2 [635件 抜粋] あいつが, あった, あなたから, あなたこそ, あの, あのお話, あの事件, あの少し, あの方, あの時, あの朝, あらわれると, ありました, あるいはこれ, ある時, あれが, あれだけ, あれほど, あんたが, あんなこと, いかげぼうし, いかにも非凡, いって, いつか貴女に, いつまで, いづれも, いまだに月給, いまの, いやや, うちの, おそらくその, お上の, お二人, お互に, お前さんの, お前さんは, お勝手の, お嫁, お嬢さんは, お孃さん, お宅, お富, お峯, お父さま, お組, お腹が, お菊, かかって, きみのを, きょうは, けれども私, げーんが, こいつは, こういうこと, ここが, ここでは, ここは, こちらは, この, このうえ, このこと, このごろは, このまま, この世に, この世の, この事, この二つ, この二人, この人間, この問題, この女, この御, この手紙, この次, この点, この物語, この言葉, この辺, この部屋, これからも, これらの, こんどは, ござりました, ごとし, さすがの, さてその, しかしあの, しかしこの, しかし人間, しかし家族, しかし我々, して, そうで, そうでない, そう云った, そこには, そこらへ, そのお, そのかわり, そのと, そのほか, その他肩に, その十二支組, その唐櫃, その娘さん, その寒山, その抗議, その点, その男, その者, その貝, その踊友達, それさえ, それだ, それでは三輪, それでもお, それでもその, それでも小粒, それでも愚痴, それでも横, それでも母親, それでも自分, それなら, それにしてもその, そればかり, それほど相手, そんな恰好, たしかにこれ, ただ何, ただ自分, ためであり, ためであります, ためという, ためにとて, ためばかり, ためばかりにさえも, ちょっとお, ちょっと見た, ちょつまり, でもたしかに, でもまあ, とにかく, とにかくこちら, どうかする, どうしても, どうでしょう, どうもこれ, どうもそれ, どうもそんな, どうも頭, ない, なかなかに, なぜそう落着, なにしろお, なにも, ならないぞ, ならないという, ならぬぞ, なんに, ふたりの, ふと気, ふと目, ほしいと, ほんとうは, ほんとは, ぼくは, まあそういう, まあ日本語, まあ私, またはえ, まだ今, まだ身動き, まア十人, もう一つ, もう一度必死, もう二十, もしそうだ, もしそうだったら, もしそれ, もし損失, もつと, やがて牛込見附, りとも, わしの, わたしに, わで, わに, ツイ調子に, 一人弟子に, 一体何, 一刻も, 一寸足, 一度お, 一緒に, 一致した, 三十を, 三年前母は, 三日の, 上下の, 不快な, 世の中には, 世を, 両親が, 中から, 中が, 中にも, 中年の, 中庭の, 主な, 主人大村兵庫の, 予の, 二三年前から, 二人とも, 云つた, 云ふ, 些と, 人を, 人間一匹殺せる, 今に, 今まで, 今までの, 今度手前共の, 今日では, 今日思い返し, 今晩は, 他に, 他には, 以前だ, 仮りに, 何うせ, 何かの, 何しろ半, 何となく自信, 何ん, 何んか, 何んだ, 何時か, 來て, 來る, 俳優の, 俺が, 俺の, 傍に, 僕には, 僕のは, 僕も, 僕等一人や, 兄さんの, 兄の, 先刻小唄の, 先生が, 先生昔から, 全くの, 全く闇, 八五郎を, 六郎さんは, 其の頃, 其は, 出來, 刀尖, 分家から, 別人の, 前後の, 割合に, 匕首を, 危い, 危いところを, 厚く感謝, 取上げたん, 只今は, 召上る, 可い, 可哀想だ, 君が, 君に, 君も, 困つたこと, 地味で, 変な, 外へ, 夜光の, 夜前からの, 大したこと, 大体の, 大原の, 大変な, 大家や, 大層面白く, 大根畑の, 大森は, 大親分, 大骨折, 太政官の, 夫でも, 夫人が, 女を, 女乞食に, 女子供は, 好きだ, 好きな, 如き趣有, 如何に, 娘の, 婦人の, 子供が, 宗太郎の, 家に, 家へ, 小声で, 小林君は, 少々お, 少々ばかり, 少し, 少しの, 少しばかり, 少し呑み過ぎ, 少し戻る, 山兎の, 山根君に, 左の, 差出人の, 師匠の, 帰つて来る, 平次が, 平次自身に, 幾分か, 床の, 床の間に, 底知れず, 店で, 庭には, 建物に, 当地の, 当時の, 当時は, 役目です, 彼れ, 彼奴は, 御覽, 恐ろしい心配, 悠長な, 悪かった, 悲しさうに云, 成り上り者, 成程, 扉の, 手を, 手口にも, 拙者は, 持物でも, 捕物帖としては, 文句は, 斯うし, 斯んな, 新聞を, 既に国民, 日本人は, 日頃温良な, 明日の, 明治時代の, 昔から, 昨日の, 暇に, 曲者は, 有合せで, 木戸を, 木魚が, 本人が, 本人の, 本當, 材料を, 来たの, 来ると, 柄の, 栄蔵に, 根が, 極く, 次第に身, 止むを, 正直な, 歸り, 死に, 死ぬん, 死んだの, 死んでも, 死骸から, 殆ん, 殊更わたくし, 段々と, 母が, 母は, 気が, 気に, 気の, 氣が, 江島屋の, 江戸に, 江戸川を, 江戸時代には, 決して人, 決して嘘, 決して無邪気, 油を, 泥棒の, 洒落の, 洗練された, 源吉に, 漱石さんが, 火を, 火傷です, 為めである, 為めのみ, 熱心に, 爲めで, 物に, 物事に, 物馴れた, 理解する, 甘える, 生まれて, 生れ乍らの, 用心の, 用箪笥ごと庭に, 町中が, 町内では, 界隈に, 番頭の, 異常な, 白梅の, 白鼠と, 百本杭から, 目口も, 眺めの, 眼の, 着物の, 瞬くうち, 神経やみの, 私と, 私どもの, 私共は, 突当りの, 立派な, 約束だの, 絵の, 継子さんは, 綺麗な, 縁が, 罪に, 考へて, 聲の, 職業的第六感とでも, 腕は, 自動車の, 色の, 葉の, 蒸汽は, 行って, 行つてまして, 要するに, 見ると, 見上げた方, 親分どう, 親父が, 角か, 言ふ, 試みに, 話の, 話を, 誰が, 誰も, 貴公の, 貴方には, 貸地家作, 身もだえを, 身を, 近いうち, 近頃の, 迚も, 追, 道は, 遠方から, 那, 邸内に, 部屋の, 醜いながらも, 金の, 金も, 金之丞さんが, 隅に, 震災以来三度も, 静止の, 頭から, 頭髪を, 頼りない, 顔を, 風太郎が, 飛越す, 餅の, 馬を, 高知の

1 [6824件 抜粋] ああいい, あすこの, あちらに, あつしは, あなたを, あのひと, あの名古屋, あの時計きちがい, あの福島嘉平太, あの黒い, あまり騷ぎ, あるんだい, あれで, あんなうぶ, あんまりびっくり, いいぞ, いかんせん世, いずれ旅, いったんこの, いつもみなさん, いふこと, いよいよお, うす暗くて, おあがり, おこったという, おそらく品川, おつとりし, おれは, お仕事, お前さん私の, お声, お嬢様が, お屋敷方, お所, お殿様, お父さん自分の, お祭の, お茶の間, お誕生日, お銀, かういふの, かかる事情, かなりたどたどしい, からだの, きつと, くるん, こいで, こうして生きた, ここへは, こっちが, このけっこう, この一両日病人, この仲間, この参観, この大, この戸, この次に, この皿, この葱, この野郎, この鳥, これこそ, これ一つだけで, こんな古金, ごく大体, ご次男, さきほど書面, さてどこ, さるお方, しかしそう, しかしなお自分, しかし右門, しかし彼, しかし百両, しかし詮ずる, したいとも, じつに妙, すぐあの, すべて仮作物語の, ずっと時代, せめて鹿, そういう次第, そうだ, そう思われ, そこん, そのお仙, そのガラス, その交換手, その代り蚊, その力, その声, その彫刻, その惨め, その昔, その理論, その素朴, その裏庭, その頃使はれ, それから又ふた, それぢや, それでは母, それでもちょいちょい, それでも一寸, それでも喉, それでも橋, それでも親切, それにしてもあんまり, そればかりは, それ迄, そんな事例, そんな言葉, たけしさんは, たしかに殿, ただぜひとも, ただ不束, ただ次の, ただ青く遠き, たとい専門, たまたま当社, ためだろう, ためにて, ため他日私, ため持参, ため緑, ため食物, だまされる子供, だんだん考え, ちょうどその, ちょっと御, ついする, つまらないこと, できて, でもスウ, でも氣, とても二度と医者, とにかくぴしぴし枝, とにかく一方, とにかく兵曹長, とにかく大徳屋孫右衛門, とにかく濃い, とにかく豊田, ともかくお迎え, ともかく後世, とりにだけは, どうかお許し, どうか気, どうして入らつ, どうぞ何分よろしく御, どうもあつし, どうも胃癌, どこかで, どのくらい, どんな顏, なかなか言う, なにか金座, なにしろ日ごろは, なに珍しい, ならぬといった, なんか, なんです, ぬすみを, はれません, ひッ, ふと向う, ほかには, ほんの少し, まあいっしょ, まあね, まあ初々しい, まあ聞い, まずこれら, またお, また昔, まだ床上げ, まるで内所話, まア手, むしろその, もうすこし変った, もう一度電話, もう得物, もしあつ, もしも接合, もし特に御, もっと笹尾, や, やっぱり馴れ馴れしい, やはり現状, よいだけ, よくねこ, よそ目ながら, よろよろっと, わざわざ第, わたしばかりを, われわれの, アどう, アメーバは, カステラや, グリフォンに, ジュスチーヌは, ツイ今しがた参りました, ネズミ色の, ヒドイ目に, フロシキを, ボクも, メデューサとは, ワツと, 一万二千石の, 一体あなた, 一口に, 一層ひどい, 一度私, 一本突ッ込みました, 一番生命がけで, 一足先に, 丁度私, 万七の, 三保の松原も, 三度とも, 三頭だけ, 下手人に, 不思議の, 不義が, 両人とも, 中中然, 串に, 乗りかえを, 事は, 二人が, 二尺の, 云つてゐる, 井上半, 享保年間の, 人情物芝居がかった, 今おそるべき, 今回は, 今日ご, 今晩の, 今覗い, 他にも, 仮令親, 伯父さまと, 何がなし名前, 何しろ国々, 何しろ輸入, 何だか私, 何となく廃め, 何より体内, 何分あの, 何卒召上, 何様な, 余計に, 修了生が, 偶然に, 僕だけの, 元来民衆的な, 先きの事を, 先づ水曜の, 先日新橋演舞場へ, 先頃ご, 全く旅先, 八っ, 兵隊さんが, 其の間, 其邊まで, 冷淡な, 出よう, 出来るから, 切字も, 到底事情, 剣は, 助手の, 北平の, 十九と, 十幾つりの, 卑劣な, 危險を, 去迚俳優組合, 友さんお前が, 口紅は, 只今四つの, 可哀, 吉は, 同一の, 名主の, 君行っ, 周りは, 唐人の, 唯果たして助かる, 善吉に, 單に, 四十五六の, 困惑しき, 土豪の, 型に, 声楽としての, 夕方の, 多分あの, 多分十二時半か, 多助を, 夢見が, 大そう, 大友君は, 大層歎, 大石殿の, 天下祭または, 天道樣の, 奥方の, 女史たちの, 奴めは, 好だ, 如く見ゆ, 妻子が, 娘が, 嬉し涙が, 孝平の, 宗教心, 実にひどい, 実はそう, 実は彼女, 実費にも, 客商売でも, 家庭の, 寄り道でも, 實の, 小さい声, 小屋の, 小説や, 少しずつ, 少し悪く, 少時立っ, 屋外から, 山キと, 岩を, 左翼と, 帰つてゐる, 幕末に, 平次にとって, 幸い大した, 床に, 引金を, 強力が, 当時支倉の, 彼処に, 後で分ります, 従来西洋で, 御城内, 御新造さんの, 御用取次衆が, 御頼み, 心有る, 志保田の, 怒鳴つた, 急いど, 恐うな, 恨めしげ, 悪しからず, 意気な, 憎らしかった, 我輩は, 所々ジメジメ, 手拭も, 投げられて, 押入の, 捨置かれませんから, 播磨守さまの, 敗れると, 文化九年の, 新しい本, 旅に, 日本だ, 旦那さまの, 早くあけ, 明らかに, 昔教会に, 昨年年の, 昼間は, 時たま女, 晩げに, 曇って, 最初の, 朝暗い, 本夕, 朱実の, 来るまで, 東條の, 栗の, 植込の, 権五郎は, 機会が, 歌人として, 正直で, 此家へ, 此調子で, 歩いて, 死ねと, 殆ど上の, 殺られた, 比較的に, 水桶を, 江戸へ, 決して不可能, 河野さんて, 注意しました, 浪花屋の, 渋い茶, 滝三郎も, 火鉢や, 為めにて, 焙烙地蔵の, 無駄にや, 煙の, 熱帯植物の, 爲め私法を以て, 物事を, 犯人は, 王様に, 理窟の, 生れながらの, 生甲斐の, 申しあげません, 男女同権という, 留置場の, 病人に, 癆症だ, 百助は, 皆着る, 目鼻は, 看板の, 真珠を, 知つてゐる, 社会人生の, 神田の, 私どもでは, 私共では, 秋川駿三と, 突き出して, 笊屋の, 築地の, 紙に, 経済的な, 綱にか, 繊細と, 美しい蔓草, 老け役の, 聖賢の, 肉声では, 胸から, 腹の, 自分でも, 至って漠然たる, 船と, 花の, 苗字帯刀を, 若しお, 若殿が, 荊州の, 萬三郎は, 藝道の, 蜀の, 行きがかり上耳に, 表に, 襦袢なども, 要するに常温, 見張るやう, 親戚に, 言った, 許嫁といふ, 誘つて呉れた, 誰しも, 諸流を, 豹を, 貴嬢, 貿易の, 赤穂義士の, 踊り蒐って, 車体の, 辛くもそれ, 近藤勇の, 逆に, 遅くは, 道さん何う, 遠く離れた, 酒だけ, 金に, 鉛筆も, 鍾馗様を, 閑が, 閣下と, 陽気で, 隣の, 雷が, 青物市場で, 頂戴の, 頼みました, 飛び下りる, 食物の, 香取様の, 騒がぬの, 鮫洲の, 鶴谷が

▼ ん~ (5059, 2.8%)

216197 です 16165 ために 61 じゃ 43 である, ですから 42 だから 41 役にも 40 ですが 39 ぢや, 上に 37 ですか 36 ですよ 29 ことだ, だが 26 變り 25 であります 22 だよ 21 變哲も 18 かね, 物音も, 苦も 17 やうな 16 かい, かな, や, 不思議も, 顔を 15 だろう, んで, 何んの, 異状も 14 變つた 13 ことを, ですもの, 関係も 12 だね, でしょう, 変化も, 手掛りも, 方を, 躊躇も 11 では, ところへ, 気も

10 [13件] じゃない, だな, ように, んに, んの, 中に, 因果か, 家の, 用が, 罪も, 蟠りも, 遠慮も, 音も

9 ことか, ための, ような, んと, 手を, 気なし, 變化も, 顔が

8 ことです, 家は, 得るところ, 意味も, 顏を

7 [17件] こだ, ことは, ためだ, だからね, だと, ですけれど, やうに, ん, んか, んです, 事だ, 変りも, 方は, 訴人, 關係も, 音沙汰も, 頭を

6 [18件] だらう, つて, ですな, どす, 中で, 事を, 変ったこと, 変哲も, 巧みも, 所へ, 未練も, 氣も, 特色も, 理由で, 用事で, 花の, 話を, 足しに

5 [27件] お母さんは, こだわりも, こと, ことで, ことやら, だからな, ですね, どっせ, ない目, やな, 上で, 不思議が, 中へ, 事も, 前に, 家へ, 必要が, 怨みで, 方が, 淀みも, 為に, 用で, 疑ひも, 苦労も, 言ふ, 足しにも, 返事も

4 [35件] こツた, じゃな, そんなこと, だがね, だもの, でありますから, ですからね, ですけれども, とん, は残念, 下から, 不都合も, 中から, 事やら, 取柄も, 声が, 変わったこと, 姿を, 家では, 手に, 挨拶も, 方に, 方へ, 爲に, 目的で, 私が, 興味も, 花を, 表情も, 跡も, 返辞も, 造作も, 隱す, 顔は, 鼻を

3 [85件] お墓, お父さんの, かかわりも, かっ, かなあ, かよ, かッ, ことだろう, ことも, この俺, ご用で, じゃよ, じや, だからねえ, だぜ, だねえ, づぼんをはいて, でしょうか, ですがね, ですわ, とら, なら, なりがたき, はこの, は全く, は私, やが, やけに, やぜ, やぞ, サ, ッて, 上の, 下に, 下へ, 不安も, 不自由も, 事は, 云ふ, 仔細も, 傍へ, 力も, 効果も, 危険も, 口上なら, 含みも, 因果で, 声は, 声を, 好きな, 妾が, 姿は, 家で, 家には, 心は, 怖れ, 怨みが, 怨みも, 意味が, 意趣で, 感動も, 抵抗も, 方で, 木だ, 死骸を, 灯を, 為めに, 現金な, 用も, 甲斐も, 男は, 疑がい, 疑ひを, 發展も, 目の, 着て, 肩の, 花, 花が, 話だ, 間違いも, 關係が, 障りも, 顏色は, 顔には

2 [233件] あなたが, うちの, おとが, おりには, おりの, お土産, お家は, お父, お父さんは, お爺さんが, お蔭で, お顔, かと思う, かなぜ, かねえ, かも知れん, からだを, かわし, かんこお, か君, があります, ことかと, ことが, ことである, これが, さ, ざまだ, じゃから, じゃけど, じゃもん, そのよう, そばに, そんな事, だぞ, だもん, だろうか, ぢやらう, ですかい, ですからねえ, ですけど, ですし, ですぞ, ですつて, です米友さん, です貴方, なかで, なす事も, ならないゴロツキ艇, ならない人物, ならない気分, ならわし, はご, はどう, はまだ, は人, は勿論, は誠に, ふうせんは, まねを, もその, ものの, も無理, やけど, やで, やろ, やろと, やんな, ゆえぞ, わくの, わだかまりも, を無理, んかいな, んが, アフガンを, シュピネルさん, ヨ, 一点張で, 一生を, 上から, 上へ, 下で, 不足も, 主張は, 乘んの, 事か, 人々から, 人々に, 企みも, 側に, 偽り申しましょう, 傷も, 別状も, 前では, 前には, 前ぶれも, 努力の, 動きも, 動揺も, 印象も, 反応も, 反響も, 古い長持, 名前は, 周りを, 呻き声, 呼ぶ声, 唄などを, 問題も, 嘘を, 困難も, 変ったところ, 変わりが, 外へ, 夢を, 大事な, 大切な, 姿が, 嫁女に, 守, 実の, 寝顔を, 小指の, 布つ, 年ほど, 弟の, 形を, 御用で, 御用である, 心の, 心のみ, 心も, 心臟は, 心配も, 怪我も, 恐れ気も, 意味とも, 意趣だ, 懸念も, 所以を, 手で, 手掛りにも, 手落も, 技巧も, 持ち物も, 持って, 支障も, 收獲, 方も, 星とも, 服を, 木かを, 木に, 来るの, 枕元に, 枕元へ, 案内で, 様な, 様に, 樣では, 樣な, 権利も, 母と, 気の, 気を, 気品と, 気持を, 泉の, 泣き声を, 滯り, 澁滯も, 灯が, 灯影の, 為だ, 熱情も, 父は, 理由も, 用だ, 男が, 異常も, 病気は, 病氣の, 痕跡も, 痴事, 眼の, 眼は, 眼を, 着物を, 禁呪だ, 禁呪で, 禁呪です, 答えも, 約束だ, 細工も, 絵は, 考えも, 肩に, 背に, 脊中を, 腕に, 臍から, 芸が, 苦にも, 苦勞も, 衝動も, 見て, 親の, 親切が, 言って, 言ひ, 言葉が, 詮索も, 話でした, 誇張が, 誇張も, 證據も, 足の, 足は, 身に, 身の上を, 躯の, 邪念も, 部屋へ, 関係が, 關はりも, 關り, 雑作も, 露店が, 音かな, 音だろう, 音は, 顔から, 餘念も, 魅力も

1 [2013件 抜粋] あいさつも, あとから, あとを, あの口癖, ある其の, あれしきの, いうこと, いたるところ, いつわり申しましょう, いろに, うえに, うちへ, え私路, おしおきなど, おぢ, おつもりです, おのれら許そう, おまじないな, およみ, お使い, お友達, お好き, お嬢様は, お家の, お役, お悔み, お手遊, お母さんから, お母樣, お爺さんと, お祖父さんという, お腹の, お蔭である, お變, お面, かあそび, かいな阿呆, かお前, かしらん, かたの, かとさ, かと途方, かなア, かの, かふーん, かわりに, かア, か少し, か知らん, か馬鹿, がおる, がむりでございましょうか, が人, が判, が壺, が実に, が当然, が癖, が飲用水, きれいな, くだらない話, こういう人達, こった, ことあたし残らず, ことだろ, ことまだ, こと向うの, これと, ごみ箱の, ご謀反, さびしさも, したとおり, じゃがしかし君, じゃせ, じゃて, じゃろうかな, じゃ乗っ, すがた, すそに, ずぼん, そこら中を, そので, そばへよ, そればかりか, そんな濃厚, たのしみも, ためです, ためらひもなく, だいじな御用, だけど, だこんな, だすが, だっ, だてや, だよと, だん, だ全体, だ怪しから, ちっとも遅い, ぢやろ, つていや, つもりで, でありまする, でございましょう, でしたらわたし, ですかのう, ですけれどねえ, ですなあ, です是, です紳士, と, とがもあるべき, ところでは, ところへでも, ところも, とても好き, とらぞうおいとは, と政治家, どうせ今来月, どこかに, ない丸本慈三, なさけを, ならおば, ならない事態, ならぬもの, ならぬ連中, なら半年, なら起きますよ, はあっしです, はあんまり, はうが, はお父さん, はこういう, はその, はたらきを, はまことに, はよろしく, は丹治, は何, は余程, は同じ, は変, は山の芋, は幸いどうか, は心, は或, は是, は沢山, は知れてるです, は肴町, は遠山權六, は鬚達磨, ひもは, ふるまひ, ほんとうの, まどひ, めったげに, もこの, もむりはないということになる, も当, やけれど, やさうだす, やぞという, やつてる, やましいこと, やる太鼓持, や道頓堀, よう, よく働く, わきま, わけ隔ても, わたしの, ゐる踏切りに, をおく, をわたくし, を大藏, を知らん, を飲む, んずいずいは, んやっ, んを, ん違う, エ, キップが, ザポロージェ人たちに, テラテラツルツルした, ノロちゃんが, ヒステリーは, ベッドが, マグドウガル・ストリートの, ン, 一大事とばかり, 一時の, 一点張りで, 一行は, 上には, 上呂に, 不在が, 不快な, 不足が, 世話を, 中にまで, 中はも, 中毒か, 事かね, 事ぢや, 事わからない, 二七日の, 云い草だ, 云ったよう, 亡くなる時, 人に, 人気を, 今井二官の, 仔細が, 仕事ッて, 他奇, 代りに, 会話も, 体じゃ, 余映, 作為も, 便りに, 信心だ, 修業に, 假借も, 傍で, 備えでござろう, 元氣, 兇変など, 光, 全身を, 其奴が, 処へ, 分別も, 別條も, 刺戟も, 前触れも, 力にも, 功徳が, 助けも, 勇ましい答, 匂も, 単衣, 卷き添, 厭だ, 反感も, 口から, 口真似を, 合圖も, 向こうへ, 味方だ, 命に, 問題か, 因縁か, 困るやう, 場合よ, 壊れたって, 声も, 変わりも, 外皮を, 大きなパン, 大した事, 大学病院の, 天来の, 奇も, 女としての, 如きは, 妨げが, 妻は, 始終は, 姫たちが, 嬉しいこと, 字の, 宅に, 宝の, 実や, 家です, 家へも, 家族の, 家来は, 宿屋の, 寝間着の, 寿命が, 小っぽ, 小説だい, 居るのに, 履いて, 山を, 差別も, 席に, 平茸ここ, 幸せか, 店へ, 引き合は, 張った馬, 当世棚を, 影の, 役に立たぬの, 役に立つもの, 彼のと, 得る所, 御報告, 御用, 御遠慮, 心が, 心底を, 心配さう, 忙しさ, 思ひ入れ, 急務として, 怨まれること, 怨もありやしません, 恐れる色, 恥辱に, 悪いとき, 悪口を, 情, 惜し気, 意あり, 意味だ, 意地悪, 愚かな, 感じにも, 感傷も, 憎さ, 懐中物を, 戸の, 所存であったろう, 手でも, 手先を, 手向ひもせず, 手數も, 手紙僕は, 手飼いの, 投げ出したと, 拙者は, 指圖をも, 採集に, 提て, 放しますもの, 敏捷な, 教養は, 敵を, 方がよ, 旗だろう, 昔しかて, 時にも, 暗号だろう, 書をか, 望みも, 望遠鏡が, 木と, 本だ, 松の, 柄の, 業でも, 概を以て, 様, 権利が, 横顔には, 樹である, 檀那な, 次郎ちゃん, 歩いてるところ, 死んだ時一緒, 母さんにも, 気で, 気概壮と, 氣なし, 水先案内で, 汝殺せ, 油は, 波瀾も, 活躍を, 消息最近の, 滞りも, 灯ざし, 為かと, 無稽な, 爲とは, 爲を, 片足は, 物語を, 犯罪事實も, 理想通に, 琴を, 生れよ, 生家に, 甥である, 用じゃ, 用事が, 用事も, 甲虫には, 画とも, 畫いた, 異議を, 疑念の, 病気といふ, 痩せ我慢も, 百辺も, 目丈が, 目的の, 相談も, 眼が, 眼にも, 睨んで, 知れたつけ, 社会救済事業は, 神社へ, 禁呪な, 私は, 科目が, 積極性も, 立ちながら, 笛が, 約あり, 紐の, 紙鳶だ, 細君であった, 絵具を, 綿の, 罰か, 考も, 耳は, 聲は, 背中を, 腕力が, 腹を, 臥つた日から, 自分の, 色なき, 花だ, 花も, 苦心も, 苦痛も, 荷物は, 落人なんど隠し, 蔓の, 薄光, 藥も, 蟲を, 血統關係は, 術をも, 襟が, 要領も, 見込みを, 親分でも, 角が, 言う地所, 言ひ募る, 言葉も, 記憶も, 訳か, 証拠にも, 話か, 話も, 誕生日に, 調べ書だ, 謝罪に, 讃め言葉を, 貞操を, 賛は, 足に, 跡を, 身の上話い, 車で, 途中に, 連中が, 遊びは, 邪気も, 部屋だつ, 配下では, 重さ, 銭袋を, 間借りし, 間違ひもなく, 關係の, 陰影も, 障害も, 雨の, 非の, 面白いもの, 音で, 音ならぬ, 頬ぺたをなぐりつけておいて八っ, 頼母様は, 顔に, 願いである, 願を, 飛びつく足場, 食券を, 首に, 香川さん, 駈けひき出陣, 驚くべきこと, 髪の毛, 鳥です, 黒い瞳, 鼓賊め

▼ んじゃ~ (4841, 2.6%)

758 ないか 373 ない 276 ないの 231 ありませんか 215 ないかと 176 ないよ 173 ないん 116 ないかしら 105 ないかな 93 ねえか 88 ありません 80 ないでしょうか 62 ないですか 61 ないかね 55 ねえん 53 ねえ 46 なくて 4240 アない 37 ないのよ 35 ありませんよ, ないぞ 30 あるまいね 28 なかった 26 なくって 25 あるまいな 23 ないと 22 ないかい 21 ねえかと, ねえよ 20 ねえや 18 が, な 17 あるまいし, ないぜ 16 ないかという 15 あるまいか, ないが, ないでしょうね, ねえぞ 14 ございませんか, ござんせんか, ないわ, アねえ 13 ないかなあ, ないだろうか, ねえが 12 ねえの 11 ないから, ないでしょう, なかろうかと, ね 10 なかったの 9 ありませんわ, から, ないかって, ないだろうね, ないって, なかったと, なかったん 8 ありますまいか, ありますまいね, ござんすまいね, ぞ, ないけれど, ないや, なかろうか, ねえかな 7 ないかしらと, ないかしらん, ないだろう, ないですかね, ねえかよ, ねえぜ, アありません, 有りませんか 6 ありませんかね, あるまいかと, あるめ, ないかねえ, ないという, なかったのに, ねえですか

5 [13件] ありませんから, ありませんが, ありませんがね, あるめえな, ございません, ないかとも, ないからね, ないこと, ないでしょうかね, もの, アねえか, 仕方が, 無いん

4 い, ござんせん, ごわせんか, ないだろうな, ないですよ, なかったか, アあるまい, アね, 無い

3 [39件] ありませんかい, ありませんかしら, ありませんぜ, あるまい, あるまいかな, あるまいが, からな, ございませんの, ございませんよ, ないあの, ないかとね, ないかなんて, ないかも, ないさ, ないし, ないわよ, なかったかな, なかったっけ, なかったという, なかろう, なかろうな, なかろうね, なし, なしさ, ねえかしら, ねえかね, ねえこれ, ねえだろう, ねえだろうな, ねえやい, ねえんで, ア, アねえや, ア有りません, 有りませんよ, 無いか, 無いから, 無いの, 無え

2 [47件] あっしが, ありませんあの, ありませんかな, ありませんけれども, ありませんここ, ありませんと, ありませんの, ありませんもの, けど, けんど, ござんせんかい, しかたが, しようがない, せに, そうな, たまらないと, だめだ, どうしよう, ないかとすら, ないからな, ないけれども, ないその, ないよって, ないわたし, ないんで, ない今, ない教師, なかったかね, なかったが, なかったな, なかったよ, なかろうと, なくッ, ねえかという, ねえから, ねえですよ, ねえといったら, ねえ女, ろか, アある, アなし, 仕様が, 可え, 折角の, 気が, 無いかしら, 無いのよ

1 [631件 抜粋] あいつは, あたしどう, あの美人, あの藤波, ありますまい, ありますまいいくさ, ありませんお嬢様, ありませんかしらん, ありませんかねえ, ありませんからね, ありませんさ, ありませんし, ありませんせめて, ありませんそう, ありませんそんなに, ありませんでしょうか, ありませんね, ありませんのよ, ありませんやね, ありませんよと, ありません乳母, ありません元, ありません動き出したの, ありません北国人, ありません団子, ありません生きて, ありません私, ありません継母さん, ありません自分, ありません鳥獣, ありゃしまいし, あるまいかね, あるまいわし, あんたも, いい終り, いかに臆面, いくらも, いけないとは, いけませんか, いつまで, いつもそうして, いやか, いよいようるさい, いよいよ餓え, うまい乳, ええ気持, おかしくねえ, おたまり, おれたちも, お前さんの, お前は, お客様に, お笑い草, お約束, お話に, からあ, からそこ, からそんな, からちっと, からのう, からよっぽど, から帰っ, から村, がんせん, くよ, け, けあくまで, けお家, けっしてない, けどこいつ, けどこれ, けどどうも, けどどんな, けどなすんで, けに, けまちがい, けもう, けん, け友田, ここが, こっちへ, こっちも, この先, これから先, これは, これほどの, ございますまい, ございますまいか, ございますまいね, ございませんから, ございませんさき, ございませんどうぞ, ございませんのよ, ございませんみんな坊っちゃん, ござんすまいから, ござんせぬ, ござんせんかしら, ござんせんかね, ごぜえ, ごわせんお嬢様, さがし出せない, ざまは, し原田君, し横浜, し若松, そいで, そうしてわし, そうにござります, そこで労働者生活, ぞあいつ, ぞそれ, ぞ俺, たまらない, たまらないわ, たまらない誰, たまるまいもの, だめです, だんなに, ちっとばかり, ちっとも感じ, ちょっとまずい, で, でわし, でキッチン, とい, とてもイワン, とんだ馬鹿, どうせいい, どよ, なあ, ないああ, ないあたし, ないいつ, ないおら, ないおれ, ないお前, ないかしらとも, ないかしらなんて, ないかってね, ないかとか, ないかなどと, ないかの, ないかのう, ないかよ, ないがね, ないけど, ないこの, ないこれ, ないさかい, ないじゃ, ないすこし, ないぞって, ないだろうかと, ないだろうが, ないだろうに, ないでしょうそう, ないでしょう人間, ないです, ないですかな, ないですからな, ないですが, ないですね, ないどうしても, ないなどと, ないね, ないので, ないひょっと, ないほんの, ないまじめ, ないもっと, ないやって, ないやるならやるでもっと, ないよう, ないよと, ないグウ, ないシルク, ないチャン, ないッ, ない万事承知, ない世間, ない乃武江, ない今日, ない低級, ない何, ない使えないのよ, ない借りるん, ない先生, ない君, ない因果, ない夜遁げだい, ない天下国家, ない天保銭, ない媚びるん, ない学校程度, ない実際, ない御前, ない慾, ない手塚, ない拾ったん, ない持ち手, ない探しに, ない断わりなし, ない斯, ない旗本, ない時間, ない板面, ない死んだん, ない死神, ない殺したん, ない沈んで, ない沖, ない泣いて, ない為すべき仕事, ない煙草入れ, ない父さん, ない現に, ない矢張り, ない神尾主膳, ない筈, ない箱, ない絵描き程度, ない腫れ上がったの, ない自分, ない芸術, ない行かないん, ない誰, ない調停, ない貰ったん, ない追, ない釉, ない金吾さん, ない雀, ない頼むん, ない飛んだん, ない食われたん, ない騒々しい, ない黒田, なかったおばさん, なかったかしら, なかったつまらない, なかったとも, なかったなあ, なかったね, なかったッ, なかった出て, なかった来るん, なかった王様, なかろうかい, なかろうかなどと, なかろうが, なかろうという, なかろうネ, なく, なくいざ, なくては, なく一度, なく出られなかったん, なく受取る方, なく時間, なく生れた時, なく略奪, なく舌, なしただ, なしちっとも, なしって, なしまた, なしイッケシ, なし丸髷, なし人, なし俺, なし四年, なし大丈夫, なし姿, なし度胸一つ, なし明日じゅう, なし生真面目, なし第, なるまいと, なんにもなりません, ねいから, ねえお, ねえかい, ねえかなあ, ねえかの, ねえからだ, ねえからよ, ねえかわいい, ねえかナ, ねえがね, ねえけれど, ねえこ, ねえこっち, ねえそれ, ねえつまらねえ, ねえでしょう, ねえでしょうか, ねえと, ねえとっさ, ねえとも考え, ねえと一番, ねえまさに, ねえまだ, ねえやこれから, ねえや俺らの, ねえジョンドレット, ねえ世間, ねえ九月, ねえ人, ねえ傷つい, ねえ十二支組, ねえ卵, ねえ寄る, ねえ巴屋, ねえ拾った, ねえ拾われ, ねえ本当, ねえ正, ねえ死んだ, ねえ殺した, ねえ男, ねえ赤ん坊, ねえ近い, ねえ頭, ねえ魚, ねとうとう, ねんで, ね一人娘, のう, ひょっとしたら死ぬ, ほかの, ほら分りません, まるで僕, みなさまに, みんな面を, もうバクテリア, もう見きり, もし, もっともちと無邪気, ものきっと, もんなあ, もんの, やっぱりすき, ろくな仕事, わからねえからね, わかりゃしない, わしは, アあまり話が, アありますまい, アあんめえ, アいつまでも, アこの, アこれは, アございません, アしょうが無, アだから, アなかろ, アなく, アサルマタだって, ア今日の, ア勝手が, ア妾に, ア手が, ア承知を, ア昨夜の, ア月番の, ア江戸へ, ア無い, ア蠅が, ア身も, カッと, ダメよ, ナ, ナイと, バツの, フランボー君あの, ボクは, ヤン君も, 一升五合と, 一寸分らない, 並大抵なお, 事実親類へ, 云うが, 今までの, 仏様に対して, 何か, 何だか円い, 何にも, 僕も, 入って, 入費が, 全く板前, 全然面白く, 六分ぐらいは, 凍え死んで, 前方で, 割に, 勿体なくって, 厭だ, 又ずっと, 向上から, 君も, 味が, 命が, 問題に, 困る, 困るからね, 困るじゃ, 困るやね, 困るわ, 大の, 大分悪い, 学問の, 実際わたしたち, 客人に, 小火ぐらいには, 少し話, 少し違います, 巧く, 張合が, 待って, 後住を, 御座いません, 怪我を, 悪うは, 感応作用相互誘導作用じゃ, 成仏出来ん, 手遅れだ, 折角お待ち, 探す方, 斬るの, 明日明後日と, 是非も, 普通の, 末が, 松五郎めくら犬にも, 松五郎立つ瀬が, 殿様に, 気の毒だ, 江戸一統の, 決して無い, 法令の, 海軍の, 清も, 溢さず, 無いいて, 無いかなあ, 無いからなあ, 無いけれど, 無いじゃ, 無いですか, 無いですかな, 無いらしいね, 無いッ, 無い転げ落ちてね, 無えぞ, 無えたとえどんなに, 無かった, 無かったん, 無し, 無しに, 生きて, 神の, 私が, 私の, 私も, 私共が, 約束が, 罰が, 聞いただけでも, 胸が, 腹が, 興ざめだ, 蘇鉄の, 虫が, 見た目が, 解りませんね, 証明に, 誠に気の毒, 読みよう, 誰にも, 諦めきれないよ, 諸君は, 警察でも, 賊を, 辻村君が, 近火は, 追つく, 閉口だ, 間にあわねえし, 間尺に, 限りない, 露払いの, 面白うない, 面白くない, 食べるの, 馬は, 駄目だ, 駄目な, 驚くまいが, 鳧の

▼ ん~ (4761, 2.6%)

291 もない 155 はない 150121 ゐた 90 せう 54 いた 43 せうか 42 来た 33 もありません, も無い 28 はありません 26 もなかっ, ゐたが, ゐて 25 もなく, 来て 22 いて 21 はなく, ゐたの 19 居た 18 もよい, 見て 17 居ります 15 くれ 13 せうね, は 12 ござります, はないでしょう, もこの 11 いました, も自分, 居りました 10 しよう, ねる, もお, も何, 居たが 9 あらうと, はいない, はなかっ, もい, 行った, 親分 8 いたの, いる, なしに, はいけない, はございません, もいい, もその, もねえ, も宜, 聞いて

7 [11件] いたが, いると, はあるまい, も, も仕方, も彼, ゐます, ゐる, 来たの, 来る, 私は

6 [11件] はいけません, は何, もありゃ, もある, もこれ, 下さい, 出て, 居たの, 居りましたが, 置いて, 見た

5 [23件] いった, いるの, おいて, くれた, くれる人, はある, はないだろう, もございません, もそう, もそれ, もな, もなくなる, もなし, ももう, も分る, ゐたといふ, ゐたもの, ゐました, 困って, 帰って, 来ました, 見えた, 見たり

4 [35件] います, おくれ, きた, せうよ, それが, どうする, はありますまい, はいつ, はとても, はなかつた, はならぬ, はねえ, は困る, は無い, もありやしない, もえ, もござらぬ, もやる, も俺, も僕, も好い, も悔み, も昔, も構, も申します, も知つて, も私, 別れた, 居た柔らか, 居て, 来たもの, 来るの, 歩いて, 考えて, 見つめて

3 [83件] いたり, いって, いながら, いること, いるよう, から, くれい, くれよ, しまいました, せうかね, そない, それに, それを, ねそれ, はいくら, はいなかった, はいられない, はしかた, はその, はつまらない, はどう, はないです, はなかつたらう, はなし, はならない, はね, はまた, はまだ, はもう, は全く, は大した, は消え, は私, ひかえて, みた, みたり, みて, もあと, もあるまい, もあれ, もあんまり, もなか, もなけれ, もなん, もやります, も一度, も口, も可, も同じ, も女, も悪, も良い, も言, も醉, も飮, ゐたさ, ゐたと, ゐたに, ゐても, ゐましたよ, ゐますと, ゐると, 何や, 呉れ, 坐って, 居たから, 居ますが, 弱つて, 待って, 来たり, 来る事, 生きて, 聞くと, 行きました, 行く, 行くと, 行くの, 行けと, 見ても, 見まもって, 言った, 近づいて, 黙って

2 [206件] あとで, い, いいました, いうこと, いうの, いたから, いたこと, いたと, いたので, いつた, いるし, いる方, いる様子, いる次第, がす, ください, くださいよ, くる, くると, くれたこと, くれたので, くれます, これも, これを, ござりましょう, ごらん, しまうと, しまうの, しようね, すぐに, せうかしら, せうからね, せうが, せうし, せうな, せうまあ, その人, その脇, それやったら, ねえ, ねさっそく, ねたので, ねて, はあの, はあまり, はあんなに, はいた, はいっ, はいや, はかえって, はここ, はこの, はこんな, はさぞ, はたまりません, はだめ, はどうも, はどこ, はなから, はなるまい, はやり切れません, はわし, はゐる, は何時, は俺, は僕, は夜, は大変, は彼, は得物, は柱時計, は目, は眼, は誰, は駄目, みる, みれば, みろ, もあたし, もあの, もありやしません, もきく, もこいつ, もこんな, もございませぬ, もござんすまい, もそこ, もそんな, もないだろう, もまだ, もよく, もわかる, もわたし, も一, も三人, も主持ち, も云え, も亭主, も其處, も凡そ手, も出, も十日, も吾妻橋, も妻君, も娘, も巴家, も引返します, も彫る, も悔ん, も惡, も手, も来なかった, も此, も此処, も母, も皆んな, も相手, も聞く, も色子, も見た, も親, も話, も身, も追, も金, も鬼, やった, やって, ゐさうな, ゐたお, ゐたこと, ゐたので, ゐたのに, ゐたやう, ゐたん, ゐますよ, ゐること, ゐる頸, ネ, 上から, 之を, 云うと, 云った, 休んで, 何か, 何を, 倒れて, 光子さんの, 吉原へ, 呉れた, 呉れ給, 宜う, 寝て, 寝台へ, 居たし, 居たので, 居たやう, 居た相, 居た郎女, 居つたの, 居ます, 居るので, 居れば, 帰りました, 帰る, 待ち構えた, 待ち構えて, 手文庫から, 控えて, 改めた上, 来たから, 来たので, 来た冷たい, 来るん, 横を, 死んだ, 死んだか, 死んだと, 死んで, 泣いて, 済みますか, 父との, 眠って, 私が, 立ちすくんだ, 立てかけて, 聴いて, 自分でも, 自分も, 行くという, 行く事, 行ったと, 行ったの, 行って, 裏口から, 見えました, 見さ, 見せた, 見る, 見れば, 見張りは, 訊きは, 話して, 話を, 連れて, 飛んで

1 [2104件 抜粋] ああそやそ, あなたの, あらう, いいかね, いいわ, いきました, いそう, いたせい, いたのに, いたら国男さん, いたズボン, いた乗り手, いた柴田勝家, いた野良犬, いったね, いても, いなさるよう, いますからね, いらっしったらわかんないじゃ, いるある日, いるって, いるほう, いるホオル, いる尊氏, いる色, うっとりし, ええ加減, おかあさんと, おこう, おったの, おっても, おる俺, お医者はん, お帰り, お腹の中, かかって, かむりづけを, から寝るらしい, かれの, がしょうが, くるしみはじめたのでね, くれたり, くれて, くれよね, くれコニャク, くろとの, ここ一時間ほど, こっちも, これやったら, ごあすベ, さ, さえ沢山, さわたし, しばらく息, しまった, しようねえ, すぐ駆け向え, すっとぼけて, ずんずん宿, せうけども, せうそして, せうへ, せう親分, そこで女らし, そして二人, そのまま並べた, その後トーアロードで, その日イ一ぺん会うた, その評判, そやなかったら, それでもいかん, そんな工合, たおれたに, たのしむこと, ちっともコリント, つい聞きとれ, できる丈, どうした, どっかへ, なえと, な騒がせ, ねかねて, ねこんな, ねそこ, ねそれほど, ねちっとも, ねなるべく, ねること, ね勿論, ね安全髮剃, ね畳, ね立つ, はあった, はあれ, はいか, はいけないだろう, はいる, はおらぬ, はお腹, はくさく, はこなかった, はござんすまい, はすくない, はそりゃ, はとにかく, はないだらう, はなかなか, はなんにも, はふらふら, はまるっきり, はみんな我儘, はよたよた, はゐない, はボリボリ, は一口, は一時間, は万事休す, は不自由, は今年, は会社, は元気, は全然, は到底, は却つてこちら, は君, は困るなう, は外出, は大石, は将来, は居なかつた, は居られ無くなっ, は御, は怺, は意地, は捨て, は文武館, は村, は桟敷, は泣く, は為様, は生涯, は皆目, は立っ, は耳, は自然科学, は薪, は解け, は話しし, は近頃, は進退, は金銀瑠璃玻璃, は頼り, は高, ひやかせば, ぶら下げたこんたす, ほんまは, まくしたてた, またその, みせた, みたこと, みること, みんなよそで, もあまり町, もいた, もいられませぬ, もえらく, もお前さんたち, もお金, もかん, もございましょう, もさ, もじき, もたった, もつべこべ, もどんどん, もなくさう, もなささう, もなれ, もふだん, もまさか, もやりたい, もよかっ, もらうの, もわし, もジャコビン黨員, もトロ族, もノート, もベラ, も一人, も一八一〇年, も一番心持, も七年, も三年以前, も上がりねえ, も世話, も事実, も云えた, も京子, も今, も今日あたり, も代々金, も会長, も何處, も信心, も傷まない, も兄さん田地, も共産党, も出来た, も分ります, も勝手, も千世子, も及ばぬ, も受かった, も吉原, も啖, も噂, も國難, も執着, も外, も天稟, も如何なる, も姉さん, も學校, も封, も屋, も左, も幕府, も年寄, も彼ん, も心得, も怪我ア, も愛, も手あたり, も抵当流れ, も撮みなすった, も数学, も日本一, も旧幕, も是, も書物, も本筋, も来年, も棚, も武士たる者, も毎日, も水, も洗いざらい, も淺田屋, も演つて, も無し, も焼きもち, も牛肉, も申し上げ, も発生的, も皆, も眞珠太夫, も社会的事象, も粂どん, も縁喜, も義理, も聽, も船長さん, も荷物, も街, も解る, も誰, も貴い, も起こり, も軒, も避雷針, も間違, も障子, も革命, も題, も高圧的, や, やったらよい, やつた, やりたう御座います, やれさ, ゆけたから, よう追い剥ぎやの, わたしも, ゐたとしても, ゐたら女の子, ゐたんぢ, ゐた八五郎, ゐた岡崎家, ゐた村, ゐた死, ゐた男, ゐた義男, ゐた道臣, ゐますが, ゐるが, ゐるもの, ゐる一人, ウヌ両人は, シキの, ネヘエ, ヒョロ, ホラそつたらごとから, 一人前の, 一往聞い, 一遍そんな, 上げたの, 下されませなア, 与えるが, 久しぶりの, 事務所早退きして, 二人の, 二時ごろ戻っ, 二百万その, 云って, 人に, 今夜は, 今松, 仕舞った事, 休んだわけ, 伸びちまった, 何より結構, 來たら, 俺れ, 僕が, 先ず表向き, 内々三次が, 出た, 出来たん, 切り裂いた, 別れたいと, 前よりも, 助かって, 十二時に, 参ったわれ, 口に, 吠えてるな, 呆れちやうこと, 呉れと, 呑み空, 命つない, 問うと, 困っちまうのよ, 困ります金銭, 坐りながら, 売って, 多分綿貫, 大きな物, 大概の, 夫の, 好えと, 委しいこと, 安心し, 室へ, 寝かして, 寝てを, 寝る月夜, 少し軒下, 居たけれども, 居たにも, 居たんで, 居た子規, 居た父舊知, 居た賑やか, 居つたが, 居つた馴染, 居なさるの, 居ます其処, 居りましたから, 居りますが, 居りません, 居るという, 居る人, 山羊が, 帯ほど, 常は, 座へ, 弁護士に, 引受けて, 強がったり, 彼は, 待ちかまえたが, 後で怒った, 得た園味, 御親切, 思いつきましたが, 思う様, 戻って, 把を, 拾って, 挨拶しよう, 掛け並べて, 掻きま, 搖れた, 救おうと, 断岸絶壁の, 早く寝た, 暴風雨を, 書くつもり, 有金五十両ばかりを, 村から, 来たこの, 来たとは, 来たイデオロギー, 来た人達, 来た始末, 来た物, 来た若い, 来ます, 来るか, 来るころ, 来るです, 来るもの, 来る手, 東京市長は, 格子あけ, 橋の, 歩いた, 死ぬと, 死んだ支那, 殺されて, 気を, 泣いては, 浅草の, 済むか, 満口, 漬菜で, 為つてゐる, 燈心を, 特別おいしい, 甚だ不, 生きさ, 留守の, 白首に, 真暗な, 眺めたが, 着いて, 神奈川の, 私好きです, 窶れ果てた女, 立ち竦んだ, 紀念し, 紹介され, 結構でした, 置いたもん, 置いた張物, 置け, 考へた, 肺病に, 自分の, 自動車降り, 芸能化した, 落ちた折本, 虫が, 行うわけ, 行きましたよ, 行くから, 行くところ, 行く声, 行く芸妓, 行けそう, 行ったでしょ, 行った経路, 西崎緑, 見すえて, 見たか, 見たくなる, 見た上, 見た處, 見ましたが, 見度, 見詰めて, 覗いて, 言いました, 詠んで, 話し込んで, 語られそれ, 読んで, 議論を, 貰いてえこと, 貰った, 買ったわけ, 足を, 辛じ, 退いて, 逃げ去るまた, 通って, 遊んだそう, 避けて, 酔っ払いじゃ, 長いことしゃべってたらぼろ, 闘った, 電話で, 顔の, 食う故, 食われないん, 飲んで, 駈け戻って, 驚いたよう, 髮を, 鮓久が

▼ ん~ (3173, 1.7%)

191 ことを 158 事を 83 風に 3629 ものを 26 ところに, 事が 23 ことが 18 ことに, 顔を 17 もので, 類ひ 15 処へ, 調子で 14 処に, 話を 13 ことは, 事で, 風な 12 ことで, ものだ, 事に, 場合に 11 事は, 顏を 10 具合に, 種類の, 途方も 9 はれ, ものか

8 [11件] ところで, の, のが, ものが, やうな, 場合でも, 場合にも, 山の, 時には, 言葉を, 風で

7 ことも, のは, 事も, 嬉しい事, 手紙を, 時に, 目に, 綺麗な

6 せい, 人の, 会話を, 夢を, 怖ろ, 時は, 物を, 顔に

5 ところへ, ところまで, のを, んし, んしよ, 所へ, 気が, 男が, 返事を, 馬鹿な

4 [21件] ことでも, ね, はまるい, ふうに, ものです, 事とは, 事まで, 事件が, 奴だ, 家に, 工合に, 所で, 文句が, 気の, 物が, 状態に, 立派な, 細工を, 虐たらしい, 頃で, 顔で

3 [52件] あんばいか, が附属品, こと, さいっ, せえ, ところも, のに, ものである, ものは, もんだ, もんです, らんように, んしょ, アと, 事の, 人でも, 人な, 人を, 仕事を, 処で, 商賣, 堅い事, 声が, 声で, 失敗を, 奇妙な, 心地が, 所に, 日を, 時にも, 暮しを, 本を, 機会に, 無理な, 物で, 生活に, 用事が, 男に, 眼で, 自分の, 芝居を, 苦労を, 言葉は, 訳に, 話は, 調子に, 酷い目, 類の, 風では, 食事を, 馬鹿, 騒ぎが

2 [146件] いかさま狸, ことじゃ, ことだ, ことな, ことにな, ことばかり, ことまで, ご, さえ, さかさ, さと, ぢや, とこで, ところを, のか, のだ, はらーン, は多淫, は大, ばくち, まし, まねを, もの, ものかしら, ものかも, ものだい, ものだった, ものだらう, ものでした, ものに, ものにも, ものも, もんだい, もんで, やつだ, んだ, んです, 不幸な, 不思議な, 乱暴な, 事し, 事でも, 事な, 事には, 人かと, 何う, 健康が, 僭越な, 六ヶ敷い, 処から, 処には, 呑氣な, 哲理を, 問を, 嘘を, 噂も, 場合にでも, 場合には, 場合の, 場所に, 声を, 変化が, 変化を, 奇麗な, 奥さん, 奴が, 奴は, 奴を, 嬉しいこと, 嬉しい事ア, 子の, 家でも, 家へ, 山でも, 工合であった, 帽子を, 式を, 形に, 影響が, 思いで, 愁らき, 愉快な, 意味が, 意味で, 意味に, 意味の, 愚にも, 愚問を, 感じが, 慾深, 憎態, 所が, 所まで, 手つきし, 手品でした, 政治家でも, 文字を, 新らしい, 日は, 日本にも, 時でも, 月夜の, 有樣, 村に, 楓は, 気持が, 気持で, 水煙り, 浮いた心, 淋しい処, 犠牲も, 瑣細な, 男たちが, 男だ, 男なんて, 皮肉な, 真似を, 眼つきで, 科白を, 程度の, 素晴しい, 結構な, 者で, 者に, 者には, 者を, 職人が, 苦しみが, 蛙の, 袖の, 言葉が, 言葉も, 試験を, 調子の, 責任でも, 踊りを, 身か, 部屋に, 都の, 長閑な, 難有, 難題がか, 顏で, 風が, 風なかたちで, 騒ぎを

1 [1542件 抜粋] あいさつが, あのウスノロ, あんとか, いかにも男, いったいびたてえのは, いばったこどもら, うちには, え, おいくつ, おとなしい悴, お前様は, お客でございます, お方で, お父さんは, お邪魔, かっこうで, かんたん, がゐる, が乳呑兒, が斯, くどさ, こっちが, ことしてたら, ことです, ことにも, ことばを, こと位で, この頃, これまでにも, ごころを, さあ丁, さえまア, さえよ惣吉さん今, さまお, さらなきゃ, さると, じゃア, せいや, せい国を, せよ, そうら蛙ぽかあん, その方, それでも絵馬, そんな持ち, たくらみごと, たちの, だが乳房, だとかで, ちと相談, つたわ, つてから, つてらつ, つまらぬ本, でございますから, でれすけだ, ときちゃ, ときは, とこに, ところでは, ところは, とこ迄, どつ, なんでも, のありき, のだらう, のでおとうさん, ので小学校, のになん, のも, は, はいました, はご, はなしを, はらんか, はろ, は斯, ばかに, ひとり身を, ぼくは, ぼんやりした, またたしなめられる, むこうに, ものかと, ものこうして, ものでありました, ものでも, ものには, ものや, もの面倒くさい, もんや, やつらだ, よいところ, よしんば盗み出した, わけだ, わけの, わびしい気持, をかし, を取りもどす, んだろ, アえらい, アなんやらう, アわしゃやっぱり, ア因縁じゃから, イスと, ゲルマン人を, ザラザラガチャン, ジュピター, ダラシの, トリックです, ハイドンの, ホールの, ポーズを, ワルツの, 一片を, 三味線にでも, 下宿屋の, 下流ささがれ, 不安も, 不手際な, 世にも滑稽, 乞食は, 予には, 事がを, 事です, 事にも, 事実が, 事情に, 事沼の, 亡くならは, 享楽に, 人々も, 人たちが, 人だ, 人では, 人気に, 人物に, 人身攻撃的な, 人間である, 人間は, 仏様の, 仕事で, 仕事の, 仕掛けを, 他人前には, 代物でございました, 伝法な, 位置の, 何うも, 余裕も, 例も, 侍を, 信号を, 個所が, 偏僻な, 元氣, 光が, 児なれ, 入學試驗問題集, 其許の, 具合である, 冗談を, 凄寥, 処になんて, 処置を, 出世の, 分別の, 切端詰つた時期に, 別の, 創造力の, 力も, 効果も, 勤勉家の, 卑しい気質, 博奕が, 危急の, 厭な, 友人が, 叔母さんの, 取返しの, 口を, 古臭い所, 合間でこそ, 君が, 呑気めいた, 品物も, 商売にな, 商法にでも, 問題で無かった, 問題は, 嘘の, 困難でも, 図では, 園の, 土産で, 堂であっ, 場合も, 場所へ, 塩梅でございます, 壮年期の, 変装を, 夜に, 夢想を, 大きなリフト, 大きな金庫, 大まかな, 大事件, 大切な, 大胆な自惚れ, 大袈裟な, 天魔でも, 夫に, 契約書を, 女だ, 女は, 奴だった, 奴には, 好いお客, 好い空, 姉の, 姿の, 婆ア狐ぐらひ, 子であったら, 学問でも, 學僕に, 完全な, 定石を, 客が, 客も, 宴会な, 家になんか, 寂しさ, 寫眞屋さんの, 小さいもの, 小さな意地立, 小指の, 小説家が, 居られたん, 山の上に, 山奥に, 岬の, 工合で, 工夫が, 己が, 席上で, 年は, 幸福が, 幼稚な, 廣太郎は, 弁明を, 弱音を, 形で, 役, 往来が, 得な, 御返答, 心を, 心持を, 心的状態に, 忌わしい事件, 応待で, 怖しい, 思想だらう, 怪奇な, 恋愛沙汰も, 恐ろしい貌, 恰好ぢや, 悪を, 悪戯を, 悲しみを, 想ひ, 意味な, 意思の, 愚劣な, 愛書狂が, 感傷気な, 感情も, 感違ひ, 態で, 態度は, 懐しさ, 戦陣の, 所には, 手合を, 手相が, 才気に, 打撃を, 拙い話, 振舞ひ, 掲示が, 支那料理の, 敵が, 文句を, 斜視を, 斯様な, 方法で, 日誌を, 早朝に, 春らしい, 時も, 時代に, 時例へば, 時娯楽どころで, 晩に, 景色と, 智慾は, 暗い路, 書物にも, 最期でした, 月江の, 服装で, 未練な, 李伯将軍です, 東京から, 枯枝を, 格恰を, 植物であっ, 様子であった, 樂か, 樣子で, 機械的な, 欲深な, 歌も, 歓呼の, 武家な, 残酷な殺し, 毒を, 気に, 気分で, 気持, 氣に, 汚い着物, 河でも, 泣き声が, 洋館まがいになんか, 派手な, 浅ましい姿, 浮いた泡, 渺たる, 澄み切った超, 激励の, 焚火の, 無礼な, 無駄を, 煙の, 爲事だい, 片々たる, 物は, 物貰ひ, 犬猫の, 状態である, 狂気婆が, 狭い家, 理屈を, 理由が, 甘いお菓子, 生れ代らはります, 生活から, 生活を, 生活慾を, 用事で, 田舎に, 田舎警察にも, 男だった, 画を, 病ひ, 病気は, 痴態をも, 發明は, 的な, 目つきを, 目的から, 相変らず, 眞劍な, 眺めを, 眼を, 矢うなり, 破片を, 祈りを, 祈願は, 私の, 秘密な, 稼業を, 穴が, 空想が, 窓が, 章を, 節を, 精力と, 約束が, 素人が, 細い声, 経歴も, 結果が, 絵を, 罪を, 美しい我々, 羽織を, 老耋, 考が, 者じゃ, 聖書は, 職業だって, 肴を, 胸騒ぎ, 舌では, 船遊びを, 良い物, 花でも, 若い目, 若者の, 苦しい銅像, 苦界へ, 草蔭の, 荷物ばかりが, 葬式と, 處から, 處にも, 虚言程, 血は, 行動の, 行装は, 表現の, 装飾を, 裸で, 見ず知らずの, 親しい友達, 言葉づかひ, 計画に, 訳の, 証拠が, 試験方法です, 話が, 話と, 話聽い, 説明をは, 調子だ, 調子は, 諦めの, 證據が, 豪い人, 貧しい家, 責も, 貴様党員じゃ, 贅澤な, 身の上に, 身振, 身體の, 軽業師の, 辛い辛抱, 辻棲の, 近代的情調を, 返事の, 逃げ場所を, 通知に, 遊びが, 遊戯的の, 運動を, 道も, 道具を, 遠くへ, 部屋が, 酒でも, 酒家でも, 醜い人間, 重い鞄, 野蛮な, 金では, 金属で, 鎖で, 長い物, 間に合せな, 関係に, 院長の, 雁首なんか, 離室を, 雨に, 霊と, 静かな, 非業な, 面は, 音が, 頃でも, 頭で, 顏する, 顏には, 顔し, 顔つきです, 顔附き, 風つきで, 風と, 風俗が, 飛んでも, 食事の, 餓鬼の, 馬車を, 駄賃の, 騷ぎで, 高いもの, 髪結道具を, 鷸

▼ ん~ (3148, 1.7%)

99 親分 5424 私は 23 御用で 2118 變つた 13 斯う 12 そんなこと, 知ら 11 わけが 10 あ, 御用, 私が 9 それは, 旦那 8 ほんとうに, ア, 私の, 私も 7 あつた, いや, だらう, どうか, 僕は, 知らん, 變な 6 あなたは, あん, それが, やつて, 自分の

5 [17件] あなたの, お孃さん, これは, これを, それに, それも, なれども, ねえ, んと, 何か, 何でも, 変ったこと, 容易ならぬ, 左せん, 此の, 気の, 用事が

4 [18件] あんと, これが, それを, なれど, みん, わたしは, 予は, 人の, 何も, 何人も, 変な, 惡い, 氣に, 私と, 細工を, 親分さん, 言ひ, 貴方は

3 [41件] ありましたか, あるに, お母さん, その時, そは, それだ, だ, つた今は, でも私, どうした, ツ, 今の, 今改めて, 今日は, 仔細が, 僕が, 大事な, 大変な, 大變, 奥さん, 如何に, 彼は, 御用が, 心當り, 手掛りが, 是れ, 気が, 氣の, 理由が, 皆さん, 知つてゐる, 私に, 第一, 約束でも, 腑に, 見て, 言は, 重大な, 錢形の, 隱し, 面白いこと

2 [171件] あなた, あなたが, あなたも, あなたを, あのね, あの男, あるといふ, あるん, あれが, あれは, あれを, あんが, あんな店子, いうて, うちの, え江島屋さん, お互, お供を, お前さんが, お前さんは, お気に, お願いです, きのう市場で, ここに, このまま, この景色, これ, これこの, これまた, こんな事, さぞやジヤマツケ, さア, し, して, すこし遅い, すなわちこれ, その上, その人, それで, それなら早く, それにお, そんな事, ぢや, づら, でも今度, どうしてあなた, どうでも, ないのに, ないん, なし, めんです, よくある, よくもこんなに馬鹿, んか, ッて, ツて, ホホホ, モノを, 一体に, 一向アテ, 三吉は, 下手人は, 予の, 予甚だ, 今も, 今晩は, 今朝に, 仕事を, 他の, 他人の, 何う, 何うし, 何という, 何や, 何処を, 余は, 余りにも, 依て, 僕も, 先生, 入つて, 其, 其れ, 出掛にばかり, 分らない, 切符は, 助けて, 動きの, 南せん, 厄介な, 又ぶり返す, 含みが, 唯事でない, 堺町の, 外に, 外の, 大きいの, 大抵揃ひました, 夫の, 女の, 将た, 尋常一様の, 少し待っ, 彼の, 御父さん, 御用で御座います, 御用人, 徳の, 急に, 怪しいか, 悠々と, 愚人の, 愛宕下から, 我は, 我も, 拝借した, 持つて, 掛けて, 敵を, 日本も, 旦那さま, 昔の, 時刻を, 書いて, 本当にお気, 東京に, 歌の, 氣が, 汝の, 淋しくて, 渠は, 然ら, 父さんを, 物を, 物音でも, 用事かい, 用事で, 盆踊を, 直ぐ溝, 知つて居る, 知らんがね, 確かな, 私には, 私達が, 第二十一階選士, 素人の, 絵画は, 繁青年は, 考へて, 而し, 背の, 自分が, 芳幾は, 萩原さま, 親分武家も, 言おうと, 言つた, 誰かに, 誰が, 財産と, 貴君が, 貴女が, 貴方が, 貴方に, 費用です, 起きんか, 違いますか, 銭が, 間違ひでも, 非常に, 食べて

1 [2080件 抜粋] ああお顔, あそこで, あたしの, あったけれど, あつたら, あなたに, あのお, あの中村, あの口, あの時泥坊, あの臭気, あほです, あらわすべきことば, ありませんか, あるいはこれ, あるが, あんなお方, あんな心配, あんまりじゃ, あん鳴った, あ柳, いうこと, いかに真摯忠実, いくら呼ん, いったいあの, いまさら一緒, いやしくも夫, いや私, いよいよ以, うっかり血, うーん, ええ沢庵さん, え何ぼう坊主, え是, おい, おじさん, おまけに, おや貴下, お兄さま, お前さんの, お前思ひ込ん, お品さん, お嬢さんらしくない, お家の, お手, お望み通り, お母さまか, お父さん, お神さん, お菓子は, お貞さん, お隣座敷に, お願, かう愚痴, かの近来, きっとそうでしょう, きょうは, くりかえして, こいつは, こうしていなくっ, こう証拠, こっちで, この, この三つ, この写真, この情け, この署長さん, この遠方, こら人殺しめ, これつ, これへ, これ仏性と, こんどは, こんなにこんなに苦しん, こんな悪戯, こんな道, さう, さっぱりなさい, しかしその, しっかりと, しまいにその, し彦根, すでに述, すれば, せっかく買っ, そいつは, そういう驚異, そうでない, そこで密か, そしたらゆっくり, そして仮装者, そつと, そのいじらしい, その上陸, その代り酒, その喜三郎さん, その後は, その明るい, その気味, その禍, その講釈, そらいつか, それから身の上談, それで貴方, それとも或, それなら車屋, それに貴, それよりは, そんなしら, そんなにいじめ, そんなり, そんな弱い, たしかに二三度手紙, たちまち魏呉両国, たとえばかの, たとへば他人, た快く, だから大事, だつた, だらうお前この間頬, だろうお前此間頬, ちゃんと私, ちょうど桜時, ちょっと顔, つい正直者, つたアハヽヽ併し, つまり衣食, ですね, とこう言われ, ともかくも, どうしてわたし, どうぞお, どうなる, どちらが, どっちだって, どんな恰好, ないの, ない奴等, なくて, なぜで, なにか, なんせえらい, なんと返事, ねえあなた, ねえさうな, ねえ伝六親分, ねえ貴方, はっきり説明, ひどく言, ひやりとする, ふつと, ほんまの, まあ先生, また事件, まだあなた, まだ小さい, まァまァすっかり, みんなあなたを, むろんの, めんだ, めんの, もうお客たち, もう一つ, もう一度考へ直し, もう十分, もう理屈, もし引越し, もともと荊州, やかないあの, やる, ゆんべあんまり, よく利きます, わかって, わからなくって, わが朝寝髪, わたくし何だか, わたしの, ゐないの, アガメムノーンに, アンタ, ウン, クラフトさん, シテ見れ, ジエィン, ダーネーさん, ツヤ子さんが, ネエ私達は, ネー貴君なんぼ, ハヴローニヤ・ニキーフォロヴナ, ベトちやんか, マドゥムアゼル・イヴォンヌ・シャンメエル, リザベタ・イワノヴナさん, ロバート, 一つ篠田様に, 一体どうした, 一寸つまし, 一度お尋ね, 一波万波を, 一躍子爵, 丁度好, 三たび心に, 三四十行の, 三輪の, 下手人の, 不精だ, 丸部さん私は, 主翁, 之を, 乙に, 二三日うちに, 二百円位ひ, 云つてな, 井上の, 人がね, 人前に, 人間の, 今に, 今ボルゲエゼ家, 今日と, 今松さん, 仏の, 仕掛けが, 代るに, 仮令悪人, 企らみのある, 会津の, 位の, 何かの, 何ぞの, 何と, 何れ帰れ, 何んとか, 何卒返却, 何時代に, 余丸部朝秀の, 保証人に, 倒けながら, 僕らは, 兄弟を, 先方は, 先生の, 入らう入らう, 全くやけ, 八田は, 公方様の, 其の儘, 其處も, 冗談じゃ, 冠つて後ろに, 出版界の, 分らないが, 分れしま, 分んねえよう, 判らないぜ, 別に著しき, 利弊いまだ, 則ち, 前へ, 勝さんに, 匂ふんです, 医者を, 千両箱の, 半九郎, 即ちその, 去った女, 又飲める, 古今の, 可愛いか, 合わせてでも, 名は, 君達, 吾人の, 呵々, 哀しと, 喉が, 噛り, 四十一度五分の高熱です, 土地を, 土藏と, 墓詣り, 売物に, 変りが, 夜が, 大事に, 大分参っ, 大層お, 大聲, 大馬鹿野郎, 太政大臣じきじきの, 夫人は, 奥さんどう, 女の子を, 好きな, 妙だ, 姉さんに, 姉さんを, 始末を, 嫌厭と, 存じませんけれども, 学歴や, 安くまいる, 実はさっき, 客寄せが, 宰相閣下, 密旨を, 寝棺では, 小さい荷物, 小林さんな, 少しひどい, 尤も清水, 山容全く, 巡査は, 巴丹杏や, 常識で, 年かさの, 年を, 幸何ぞよく, 店は, 庭に, 引き摺って, 当に, 形体を, 彼等と, 後には, 後難を, 御兄さん, 御招待, 御用です, 御迷惑, 徹底的に, 心配事が, 忽ち復, 思い付いたら大変, 思て, 思わずぎょっとし, 急用でも, 恐くは, 恐ろしい行違, 息苦しいよう, 悪漢の, 惚れたの, 惨と, 愚痴らしい, 憚りながら二枚目, 成功の, 我が身命, 手前も, 手摺れ, 抱き止めずとも, 拙者は, 持ちぐされの, 振つて, 捨てたりとも, 握りつぶすこと, 放つて, 教育し, 敵機の, 文学者と, 新情婦, 既に衣服有つて其水, 旦那に, 早く呼び戻しなさい, 早く祭の, 明りを, 星が, 昨日ちよいと, 是は, 昼と, 智惠子さん, 曰くが, 書いたもの, 最早や, 木綿針絹針京の, 李逵, 林さん行っ, 検事さん, 歌を, 正丑, 此処に, 此様な, 歪められた意圖, 死んでるの, 残酷という, 母様たちとは, 氣味の, 汝まさに, 波なんか, 注射を, 深々と, 清さんは, 満里子五時だ, 無くなつた, 無理は, 然るに此, 爪の, 片付けものを, 物音を, 猶も未練, 現にこの, 現代に, 甘谷さん, 生きて, 生憎烟管, 用事です, 申しましたか, 留が, 番頭さんを, 疎開先は, 療治は, 白翁が, 盃を, 直に死なね, 相談でも, 眼が, 知って, 知らないからね, 知らんと, 知ら妙, 知ら重大, 礼なんて, 神聖なる, 私でなく, 私を, 種々私, 第一今月, 精一杯綺麗, 約束を, 終生空閨, 続きの, 繋がりが, 繩籠席の, 美術も, 耳ざわりで, 聞きませんか, 肩の, 腹が, 自分は, 臭ひがしません, 舞台の, 船夫を, 良い匂い, 若しお, 若し貴方, 苦しくて, 荒れて, 落ちて, 藤波金三郎の, 血の, 表口から, 見えた筈, 見事私は, 見當, 親分人間が, 親分碌でも, 解らないだろう実際, 言つ, 言はれる, 計り炭屋でございます, 許して, 話でも, 読書の, 請負仕事を, 譬えばあなた, 變つた話が, 貴女の, 貴方心配は, 買つてぼんやり歸つて來た, 費用は, 質は, 起るの, 軍も, 近頃流行, 連れが, 遊んで, 道具商の, 遠い記憶, 邪まなことを, 酷い奴, 金が, 金蔵破りと, 銀子さん私が, 長いあいだ此, 阪井猛太は, 陛下の, 隣の, 離屋の, 電話は, 露八, 非人情で, 音は, 頼まれて, 風で, 飮んで, 餘つ, 首を, 馬鹿の, 髯こそ, 魏や, 麓に, 黙って

▼ んから~ (3099, 1.7%)

34 私は 25 御安心 15 私の 13 これは, 何う, 安心し 10 それは, どうか, 私が 9 あなたの, ご安心, である, 今日は 8 それを, だ 6 その辺, どうかお, 此の, 私も 5 あなたも, これで, これを, そのつもり, その時, です, どうぞお, どうぞ御, 一緒に, 彼の

4 [25件] あなたに, おっこっ, こ, ここへ, して, すぐに, そんな事, た, な, みんなその, わたくしは, わたしは, 一人で, 今夜は, 何か, 僕は, 店の, 御心配, 心配し, 残念ながら, 決して御, 私に, 見て, 誰が, 誰も

3 [39件] あなたが, お砂糖, ここで, この手紙, これも, じゃ, そういうこと, そのお, その日, その点, それで, どうか御, どうぞその, ほかの, わたくしが, んと, ッて, 今度は, 何も, 何を, 何卒御, 先へ, 分りませんが, 困る, 堪忍し, 大事に, 島へ, 心配で, 念の, 手を, 暇を, 止むを, 此方へ, 略しますが, 私たちは, 自分の, 自由に, 言ふ, 黙って

2 [159件] あきらめて, あちらへ, あの人, あの男, あれを, いくら出, いっその, いつでも, いやに, おひま, およしなさい, おわかり, お互に, お役人方, お案じ, お話を, ここに, こちらに, このお, このこと, この二つ, この子, この辺, これが, これだけ, ご心配, しばらくは, ずんずん略す, そこに, そのうち, そのおつもり, その中, その代り, その印刷術, その噂, その方, その節, それだけは, それではもう, それにお, それも, それらの, たいていは, だいじょうぶです, だべ, ちょッと, どうかあの, どうか許し, どうした, どうぞ, どうぞ命, どうでも, どこか, どんなこと, なんだか変, なア, まず百円, また明日, むやみに, もうお, よく参ります, よく存じません, よく考え, よろしければ, わざと葉書, わしは, わたしが, わたしの, 世間の, 乳が, 二た, 二人し, 二十四日の, 亭主の, 人に, 今でも, 今の, 今日の, 今晩は, 仕方なし, 何うし, 何が, 何の, 何れ後で, 何処か, 何卒お, 元の, 兎も, 其所へ, 出て, 分りませんけれど, 判然した, 力を, 勝手な, 呼んで, 外へ, 多分自分, 夜は, 安心なさい, 家の, 家内にも, 少しばかり, 左の, 平次は, 廊下へ, 弟子は, 当分は, 形の, 後には, 御互に, 御挨拶, 御自由, 御迷惑さま, 御飯を, 心の, 心配する, 思い切って, 慌て, 持って, 文学が, 断るより, 斯う, 明日の, 明朝か, 本気に, 殺して, 母も, 水は, 水を, 渡して, 父の, 犯罪も, 生活教を, 申しますが, 留守居を, 病身の, 病院に, 皆んな帰っ, 眼を, 知らない土地, 私から, 聞いて, 自分で, 船の, 行って, 親分さんに, 話して, 誰でも, 貴女も, 貴方の, 貴方も, 赤井左門も, 農業か, 返して, 途中で, 遠慮する, 非常に, 顔を, 鳥屋の

1 [2295件 抜粋] あいつが, あしからず, あたりの, あなたには, あなた御, あの無, ありったけの, あゝ結構, いかさき, いくらあげ, いけません斯, いちおう安心, いつそ, いづれメール, いまの, いらっしゃい, いわゆる, うろ, おいでを, おっしゃって, おまえらに, おれは, お会いしたい, お前見と, お墓参り, お安い, お家で, お帰り, お心休, お手もと, お早く, お構いなく往らしっ, お気に, お父さんと, お答えせず, お経, お聞苦し, お許し下さい, お諦め遊ばしませ, お醫者さん, お雪ちゃんにも, かういふ, かえって環境, かほどの, きいた上, きっと戻っ, くわしいこと, こういう訳, こう分け, ここを, こっそり知人, このたび, このゆびわ, この前, この塔, この年, この機会, この美人, この連中, こまります, これからひとつ, こればかりは, これ位に, こんな大滝, ごめんなさい, ご老体, さういふ考, さぞ困った, さっきの, しかたなく, しばらく法力, じゅうぶん念, すこしなら, すべてにおいて, せっかくの, せめて昼間, ぜひここ, そいつに, そういう訳, そうで, そう思い給え, そこが, そこで安全圏内, そこまで, そっと起ち上っ, そのこと, そのまま怖, その一疋, その仕事, その内, その場合, その弟, その悪, その書物, その点十分, その記述, それぎりで, それだけいい, それでは明後日, それで御, それならそれ, それゆえ塩田大尉は, そんなにうまく, そんな処, そんな筆, たいへんでした, ただちに職人, ただ平素外部, ただ驚き, たとえ自動車, だまつてみちをよけて, だれからも, ちっと尻切り蜻蛉, ちょいと, ちょっと乃武江, ちょっと待っ, ちょっと洲崎署, つい, つてね, つまりそれ, できて, では歸, とうてい私, とにかく健在, とんでもない, どうかちゃんと存, どうか九郎助, どうか勘弁, どうか暮し, どうか連れ, どうしても, どうすれ, どうぞここ, どうぞゆっくりし, どうぞ勘弁, どうぞ決して御, どうぞ針, どこかで, どこへか, どのよう, なう, なかなか見当らなかった, なにを, なるほどこれ, なんでしたら, なんとも断定, ねえ, はっきりした, はれた足, ひどい目, へしゃがれちゃったんじゃないか, ほかに, ほんとに御, ぼくが, まあ我慢, まことにこまる, まずこの, まず御, またそれ, また帰っ, まだ入場券, まだ険しい, まるっきり分らない, まア向う, むくむくと, もうすて, もう一度値, もう少しこちら, もう帰国, もしもと, もっとほか, やはり商売, やはり悲しん, やはり疑惑, やり給え, ゆっくりなすっ, よかつ, よく検めます, よこづけ, よろしく願います, わかりません, わたくしの, われわれに, イツシヨに, クヨクヨなさらない, サア奥へ, スキーが, ダメでしょう, ツイ眼を, ドシドシ前線に, ハッチの, ホホホホホ, マア十二年勤め, モウ降り, 一々よく検査, 一つ座敷の, 一ぺん見とい, 一人が, 一切わかりません, 一同揃っ, 一層の, 一度描い, 一応説明, 一日一日を, 一杯, 一生懸命に, 一通り弁明いたします, 万事お前に, 三人で, 三日ぐらい, 上げちまっても, 上手の, 不安で, 不消化物を, 両人で, 中で, 丸部という, 主家を, 予め御, 事実そんな, 二人の, 二枚折の, 五日の, 人間が, 今か, 今五十川さん, 今度と, 今日までに, 今晩の, 仕方が, 他人様に, 仙太郎は, 仰しゃい身の上, 会の, 伽羅と, 何ぞ仕様, 何でも, 何とか繰り合わし, 何んとか, 何処ぞへ, 何卒一寸お, 何卒身, 何時も口, 余り大きな, 使って, 俺の, 偶に, 兄三藏は, 先づ第, 先程ある, 八山へ, 兵馬は, 其方で, 内心で, 冒険を, 出せ, 出来るだけ, 分りやすい, 切腹致す, 別に醤油, 前と, 助太刀も, 勝手ながら, 勢いモデル, 医者は, 十分に, 単に参考, 危ないこと, 参れと, 又巻, 叔父さん出, 取捨てようかとは, 取調べも, 只いそがしい, 只畳, 叱つて, 向うの, 向後袖乞, 告げません, 咄には, 唯長三, 四十面相を, 困りますがと, 圖書は, 墨ででも, 外を, 多勢囲炉裡の, 大いにやれ, 大つぶの, 大体以上を, 大急ぎで, 天気の, 夫婦である, 奥さんお, 奴婢を, 如何致したら, 妻や, 始末は, 娘の, 嬉しん, 存分御, 学校や, 学術的な, 安心しろ, 定めて, 宝冠さえ, 実は江戸, 害は, 家庭料理の, 宿を, 富五郎を, 寧その, 尋ねあぐんで, 小匙, 小林君たちを, 少しも, 少し譲り, 屋根づたいににげる, 山へ, 左様御, 師匠に, 帰り, 年季が, 幸三郎が, 床ずれが, 廃しましょう, 弁信の, 強いの, 当分の, 形を, 彼は, 往復ハガキを, 後生です, 御一所, 御無理, 御結婚問題, 御随意, 心配しない, 心配に, 怒る人, 思ひきつ, 急ぐ時, 恐入りますが, 恨めしいなどと, 悋気では, 悪魔は, 惚れても, 意見の, 愛国心が, 慌てて, 成程, 戸を, 手の, 手当が, 手紙で, 折檻しました, 振るも, 掻い摘んで, 攻めんと, 教へる, 料理と, 新三郎は, 方々へ, 日本の, 旦那も, 早々出, 早く儲け, 早く素顔, 早速彼, 明後日頃来, 明神様へ, 是だけ, 是非この, 時々人様, 暫くの, 書きます, 最後の, 木曾さんにだけ, 本当にどうかその, 来っしゃい, 東京へ, 果たして確実, 検査官は, 横柄に, 止して, 此の程は, 此部屋を, 死顔など, 段々何だか妙, 母にも, 毎日済んだ, 気が, 水車小屋へ, 決して悪い, 決して申し上げられません, 泣きながら, 深くは, 渡邊さまの, 漁師は, 火を, 無沙汰に, 爆発が, 物語だけを, 狭い通り, 玉子を, 現代作家を, 生まれたもう, 用意を, 田舎者の, 申し上げませうそれ, 町年寄へ, 番頭を, 療治を, 皆さんの, 皆で, 盗賊は, 直ぐ拾っ, 相場は, 省略します, 眼鏡を, 知りませんが, 石を, 確と, 神尾が, 私かえります, 私にも, 私共は, 窃かに, 立ち会いに, 笑わないで, 箱膳の, 簡単に, 純綿では, 紺縮緬の, 給金だけは, 罰を, 翌朝に, 聞きただして, 聞く機会, 能い加減, 腹が, 膳に, 自害を, 自然最初の, 舶来の, 花火でも, 若し此上, 茶屋の, 落したの, 虫が, 行け武士, 行田の, 襖地としての, 見せて, 覚悟を, 親戚や, 言います貴女, 記代子にも, 詫言を, 話を, 誠に心配, 読者諸君の, 誰彼なし, 諸君の, 警察から, 豹が, 貰いました路銀, 貴方は, 買物帳を, 走って, 躊躇は, 軽便法で, 近しくまいります, 追い懸けろと, 送り返す事, 途中から, 連れの, 遂に掃除, 道庵を, 遠慮なさらず, 邸内どこでも, 重々お, 金右衛門も, 釧路の, 鎌倉の, 門松を, 間に合うよう, 陸を, 隠さずに, 難儀致しまし, 静かに, 鞍山站まで, 頭立って, 食い物や, 食用蕈と, 首尾よく, 馬鹿面は, 駒井が, 驚きました, 鳥を

▼ ん~ (2551, 1.4%)

47 ない 38 凡ての 37 なかった 31 何の 26 毎日の 24 なかつた, 全部が 17 完全に 14 ないと, 何も, 全部を 13 すべての, 忘れて 12 一切の 11 無意識に 10 大部分 9 なくなって, 問題に 8 ありません, 何にも, 凡てが, 無かった, 総ての 7 全部の, 全部は, 同じよう 6 不可能な, 不可能に, 同じもの, 無い, 無意味に, 私の, 覚えて

5 [15件] すべてが, それと, ないの, 少しも, 彼の, 彼を, 毎夜の, 決定的な, 決定的に, 無意味な, 無関心, 知られて, 絶対に, 見えなかった, 見られない

4 [21件] あるか, それを, ないので, なくな, 不可能である, 不可能の, 全くその, 全く無力, 到る處, 同時代, 夢中で, 毎晩の, 無かつ, 皆な, 知って, 知らない, 絶えて, 絶対的に, 見向きも, 読んで, 誰にも

3 [39件] かんと, すべては, そのままに, その例, その大, その姿, それが, それに, ないから, 一瞬の, 何でも, 何んの, 僕の, 全く同じ, 全く同一, 全ての, 全部に, 公然と, 出なかった, 出来ない, 同時に落ちた, 同様の, 変って, 夢中に, 彼女の, 歩くこと, 残って, 水平に, 消えて, 無いと, 無意味である, 盲目的に, 直角に, 総てが, 見えなかつた, 見たこと, 見られなかつた, 見ること, 軒並みに

2 [141件] ありませんでした, きまって, きんいう, きんし, その全部, その跡, それは, だめだ, ちが, つせ, できない, どれが, ないが, ないけれども, ないよう, ない位, なかつたから, なかつたの, なくて, なくなった, なくなつた, なにも, もう綺麗, よりつかなかった, わからなかった, わたしに, 不可能だ, 不可能で, 之と, 之なき, 之を, 云うに, 休む間, 何が, 何らの, 何物も, 信じられないこと, 信じ難い, 入れ違い, 全く, 全く不可能, 全く別, 全く欠い, 全く無, 全く無関係, 全く理解, 全く異, 全く相, 全体に, 全部この, 全部と, 共通な, 凡ては, 凡てを, 凡て科学乃至, 出て, 出切って, 出来ないこと, 切っ立ての, 動かす可, 半分は, 厭らしい, 同じで, 同じである, 同じところ, 同じ位, 同じ瞬間, 同じ頃, 同時に見た, 囁くよう, 夜毎に, 完全と, 完全な, 宜しいん, 寒さ, 尋常の, 居ない, 常にこの, 平らであります, 幽かな呟きで, 彼等の, 御米, 忘れたやう, 忘れられて, 感ぜられずに, 憎くない, 應接に, 捨鉢な, 揃って, 日曜毎に, 昔の, 暑さ, 暗かつ, 朝から, 未だかつてなかっ, 東京の, 毎朝の, 無いに, 無収穫, 無意義な, 無感動, 無感覚である, 無計画であり, 無警察, 無關心, 無限な, 異る, 疑うの, 知らなかった, 知る所, 神聖なる, 私が, 稀である, 稀なり, 突然に, 笠を, 絶無な, 総ては, 考へなかつた, 考へられなかつた, 聞えない, 聞きとれない, 自發的, 至るところ, 薄く剥がれ, 表戸, 見えない眼, 見えなかったの, 見て, 見られなかった, 見られなかったが, 見当らない, 解す可, 認めて, 誰の, 誰も, 走るよう, 起きて, 透明と, 駈けるよう, 高品さんの

1 [1527件 抜粋] あなたの, あの中, あやまるやう, あらゆる国語, あらゆる者, ありとあらゆる思想, ありませんね, あるなく厚い厚い, いっぱいの, いつも入道雲, いれちがいに, おなじよう, お前様の, お息み, お艶, かついで, がなんだ, きんする, ここで, これをしも, さう, し, しんと狭い, すぐに, すべて, すべてに, すべて内地人の, すべて彼等が, すべて賊に, せず家, そういっ, そのたび, そのままだ, そのまま地獄, その一語一語, その五六, その位地, その内容, その半ば滞在, その娘, その対社会的活動, その是非, その木, その独立, その瞬間, その講演, その集り, そんなこと, ただ二つ, ちょっくら, つけなかったはで, でたらめに, どうしていい, どんと地響き, ないし白い, ないという, ないもっと, ない事, ない家庭, ない汁物, なかったろう, なかつた筈, なくお, なくその, なくなったし, なくなるほど, なく一方, なく主, なく小額紙幣, なく時たま, なく翻訳, なし情なし, なんにも知つて, はいって, ひといき, まあその, まだ知られ, まつたくその, まるで犬, みたいに, みな出ました, みな山櫻也, みんな国民学校を, むごたらしいほどの, もう哀願, もう病人, もう脚もと, やってないらしくその, よくな, よく類似, わからなかつた, わたくしとは, われを, アッと, シェイクスピアは, ツせ, ブッカリそうに, ヨーロッパの, 一刻ちかく, 一日も, 一点の, 一直線に, 下り切つたといふ, 不可能と, 不案内な, 不死身に, 与えなかったそういう, 丸ごとある, 乾いた由, 争うべからざる事実, 井上の, 今日世界共通的に, 仰ぐもの, 似よつた人間関係, 何一つない, 何物でも, 何等文芸学, 余す処, 使いません, 使わないダイヤ, 信じて, 信じること, 信ぜぬから, 倒れるばかりの, 偶然の, 僕等の, 先ずまあその, 入り浸りに, 入れちがいに, 入れ違いみたい, 全くこの, 全くなかつた, 全くスポーツ, 全く不明, 全く人々, 全く友人, 全く国際的, 全く容喙, 全く忘れられる, 全く持ち合わさなかった, 全く文学自身, 全く新, 全く有つ, 全く滅ぼしつくされたろう, 全く無理論, 全く用, 全く知る, 全く自作小地主以上, 全く自由, 全く覆はれ, 全く観念論, 全く這, 全く関係, 全く顛覆, 全てが, 全体が, 全山, 全種類, 全部その, 全部である, 全部チベット語に, 全部仮名を, 全部南部及び, 全部変名に, 全部捜査を, 全部淡紅色の, 全部焼け, 全部硝子窓な, 全部金持の, 全部難読である, 公然の, 其の人格, 其の舌, 内輪の, 冷たそう, 凡てこの, 凡てに, 凡て仮, 凡て婦人の, 凡て発明者個人の, 凡て自家広告であった, 凡て辞典的根拠に, 出ずたま, 出なかったので, 出來, 出来なかったから, 出来なくなって, 分って, 分らない内, 分らなかつたから, 刈られて, 判って, 別な, 到る所, 前に, 劇的の, 動かぬ間, 午後の, 半世紀, 半年に, 半里, 危険の, 去って, 取り入れられて, 取るに, 受けて, 叫ぶやう, 同じくし, 同じくらいの, 同じであらね, 同じほど, 同じメニュ, 同じ事, 同じ年配, 同じ情況下, 同じ様, 同じ経過, 同じ言葉, 同じ骨子, 同志社の, 同時にいい, 同時にちらと, 同時にドアー, 同時に世, 同時に五月興行, 同時に他, 同時に勝手口, 同時に各々, 同時に声, 同時に小さい, 同時に弟, 同時に押し寄せ, 同時に片方, 同時に移つたの, 同時に總, 同時に蒲團, 同時に身, 同時に開場, 同時に靴, 同時に飛鳥, 同様な, 同義に, 吝嗇とか, 呑みしろに, 問題が, 問題にさえ, 啜泣くやう, 四半世紀忽然と, 困難なり, 垂直とも, 城北の, 堪へられない, 増さないの, 変らない, 変らない時間, 変わらないが, 夜ど, 夢中であった, 大多数, 大部分反射, 失われて, 奪つて, 媚びるやう, 完全を, 家つ, 富士の, 寝つかれなかつたので, 寝ること, 寸分の, 射さない樣, 小父さん, 少しひで, 尽く観念論, 居ないの, 居なくなった川口, 崩れて, 常に, 常に外らされ, 常に性格的概念, 干上りかかった鉄気水, 平氏なし, 平生に, 年中雪を, 幽かな, 廃る部分, 引ずるやう, 引つ切り, 役に立たない, 彼らに, 彼女だけと, 後世の, 心得なかったから, 必死の, 忘れかけて, 快いほどの, 思うに, 怯えて, 悉く具備, 悉く遊女, 愉しいもの, 感じなかった, 感じられなかった, 憧れ盡, 成立って, 投げつけるよう, 押し出さない, 持たぬレヴューガール, 持て余して, 掠れた響き, 接すること, 摘み取ったこと, 撲倒されたま, 敲いたと, 新聞に, 春子さんという, 普通と, 暗くなりかけた, 曖昧模糊たる, 書きつくして, 有り得ないこと, 望めないこと, 来ないだらうと, 枯れて, 極端まで, 欠かさずに, 止まつて, 正午であった, 正氣, 武者小路君一人の, 死なんと, 死ぬほどに, 死んだ鶏, 残雪も, 毎夏, 毎年二三度は, 毎日この, 毎日五銭以上の, 毎日市内を, 毎日曜, 毎日死ぬ死ぬ, 毎日秋山家へ, 毎日西風が, 毎晩恐ろしい, 毎月僕の, 毎朝寄ってる, 気づかなかった, 気付かなかった, 江戸末期の, 没交渉であった, 泣いてる子供, 泣き明かした, 洩れなく戻って, 浮べないで, 消して, 済まして, 溢れさうに, 滝本の, 激越な, 烏帽子山の, 無いそれ, 無いといふ, 無い四方山話, 無くな, 無くなってから, 無く先頃大阪, 無代価, 無制限, 無力も, 無学文盲の, 無心に, 無意義なる, 無意識なる, 無技巧, 無政府的, 無期限, 無構図主義, 無用に, 無着色, 無縁で, 無証拠, 無關係, 無限に, 焼けて, 片づいたとき, 狂熱的に, 現はれかけ, 生きた心地, 生の, 生れながらの, 生涯を, 用ゐられ, 疑なき, 疑問を, 登りつめた端, 白くなりました, 皆な売っ, 皆備え, 皆失敗し, 皆浜辺に, 皆覚え, 皆退屈な, 直ぐに, 直角とも, 相密接, 真っ暗だ, 真向う, 真暗である, 眠たそう, 眠らずに, 眠らなかったし, 眠れずうつらうつら, 睡りから, 瞬間に, 知らざるもの, 知らないや, 知らなかつたが, 知られてを, 石川の, 確実な, 福沢的に, 私だけが, 私を, 私達の, 稀であった, 稀れである, 立ち上らんばかりにな, 立っては, 第二, 終って, 終始悦ばし, 終日坐, 終日黙りこくつ, 絶えた, 絶対と, 絶対的の, 絶無に, 総て討死し, 羽ばたきも, 考えては, 考えられなかった, 考へたこと, 考へられない, 聞いて, 聞かない, 聞きとれた, 聞き取れない位, 聞こえなかった, 肉感的なる, 腐って, 自然と, 自然大に, 自覺病たる, 若い戦士, 行きっきり, 表参道を, 要らぬ位, 見えないと, 見えなくなり右, 見かけたこと, 見す見す天竺, 見られない淋しい, 見るに, 見るよ, 見付からない, 見当たらないよう, 観て, 言うに, 訪ねて, 話しかけなかった, 認めたといふ, 語ること, 読まない, 誰でもが, 誰もが, 諦めて, 讀んだこと, 買い占めて, 質的と, 起らなくなりました, 超滿員, 跳び上, 辷るやう, 近づいて, 述べなかった, 逃げる様, 這うよう, 連日書き送った, 過去から, 達せられつつ, 邪魔者扱いでございました, 野放しといった, 開けつぱなしのまま, 附ききり, 難かしい, 響かないそんな, 顧みられず會社, 食うや, 飲まずに, 飲めなくな, 黒い濃緑色

▼ ん~ (2032, 1.1%)

15 思ひました 14 それを 9 些や, 自分の 8 獨語を, 言った 7 ならない 6 さう, 兎が, 急に 5 これを, できません, どこへ, 云った, 僕の, 急いで, 私の 4 お民, どうした, なりません, びつくりし, 何も, 喜んで, 恐る, 村の, 頭を, 顔を

3 [24件] おくみ, それから, それが, できないぞ, もうお, 人に, 何か, 何にも, 何を, 僕が, 初めから, 別問題, 土蔵の, 婆やの, 或る, 斯う, 洋卓の, 然う, 私を, 笑ひ, 言って, 非常に, 餘り, 首を

2 [123件] あつけ, あとで, あれから, あんたの, いつもの, いつや, うまそう, えへら笑い, おきみ, おっか, お台所, お父樣, お節の, きっぱりと, きつと, ここに, このお, これから文化五年七月, これが, そのすき, そのたび, その声, その恰好, ちよつと, できない, とき, どうする, どないし, ならないぞ, にこにこし, はっきり自分, ひどく夫, ふざけちゃ, ほっとし, ほんまに, ぼくを, また喉, まだ帰らない, もう何, やつと, ベソを, 一度だけ, 一旦笠原方, 一生武家奉公を, 二人を, 二十九歳で, 二十二か, 云つた, 些とも, 今に, 何うかし, 何うし, 何が, 余の, 元気よく, 光子さんの, 其れ, 其小さな, 厭, 又直ちに, 周一の, 夢中に, 大よそいき, 大急ぎで, 子の, 学校へ, 客に, 家の, 小枝, 彼の, 待つて, 徐かに, 忍ぶべからず, 思いました, 思つた, 意味あり, 手を, 料理の, 易けれど, 暖簾の, 暫く考へ, 有竹氏, 朋友に, 栗を, 構めへん, 次ぎの, 此の, 殆ん, 気が, 決して酒乱, 猶ほ, 生れながらに, 白兎の, 百日咳に, 眼の, 祖母をも, 私が, 私です, 立つて, 答へて, 紙鳶の, 給料の, 続けた, 美人と, 聲高に, 芋蟲が, 行儀好く, 裏の, 言下に, 話の, 話を, 誰から, 誰が, 調法に, 遊びに, 銀公と, 門口から, 隣家の, 難し, 頭が, 驚いて, 驚きの, 黙つて

1 [1551件 抜粋] あいつだけ, あすの, あたらなり, あっという間も, あなたに, あの宇宙塵, あの町, あの馬, あぶないところ, あまりに欲, あれ私が, あんた源さん, あんまりの, あん時チヤンと, いい子, いくつな, いくら私, いって, いつて, いつもおやすみ, いつも苦労, いと惜しとお, いまごろどうしてゐる, いらっしゃいましたかと, うちで, うなぎの, ええこと, おいくつ, おつかなく, おどろきました, おむこ, おわったかの, お前を, お君, お幾つ, お母さんに, お熱, お祖父さんが, お酒, お雛様の, かごに, きかなかつた, ぐったりと, こ, こう云い, こちらで, こつちに, この前, この近く, こびにいっておんなはる五円なお, これから神前, こんな怖, さう前置き, さつ, さつき何処へ, さも不思議さうに自分, さも軽蔑, さんざん田舎医師, して, しばらく眼, じゃ上げよう, すぐかがん, すこしもできなかった, すつかりおこつ, するな, そいから, そこに, そつと, そのそば, その上, その光子さん, その左, その時, その村田家, その蛾, その調子, その隣り, そばへ, それからそれ, それから石段, それぢやあ, それでもい, それは, そろ, そんな幼い, たいへん心配, たった一枚, だいぶ大き, だれよりも, ちやぶ, ぢツとしては, つづけた, つんのめつて, できませんね, とうに死んじまいました, とてもおとなしい, どうかしてる, どうしてゐる, どうせレントゲン, どこに, どんどん紐, どんなに心, どんな気持, なおさらの, なかなかお, なしじゃが, ならないの, なるべく金, な醉, はじめての, ばたり, びくっと, びつくりした, ふいに, ふたりの, ぶらぶらあそび, ほほほ, ほんのりと, ほんまです, ぽつ, またいつた, また却, また毎晩, また逃げ出した, まだいかにも田舎, まだた, まだもじ, まだ早, まだ蚊帳, まだ駄目, まるでひと事, みかんを, みんなから, もうどっか, もう今, もう嬉しく, もう帰つた, もう死ん, もう矢代貫太ぢ, もう絵, やっぱり事実, やつぱりやり遂げた, やみ夜の, よく斯, よち, りっぱな, わが心, わたしは, キャプテンな, グリフォンに, ストーブの, ハラ, ミツちやんの, 一つも, 一二日起き, 一人ぼっちの, 一寸も, 一應不承知を, 一日の, 一朝一夕の, 一生懸命に, 一瞬飛び, 丁寧に, 三七どの, 三月兎が, 上から, 下を, 不作法な, 不思議さうにき, 世界中で, 中学の, 主人が, 乗り気で, 予め期したる, 二三日前から, 二十日ごろ出来上ります, 云つて, 五万クラウンであっ, 人々の, 人騒がせに, 今にあり, 今九尺以上も, 今夜の, 今日も, 仕方なく, 以前と, 伯母さんの, 佐吉を, 何かとご, 何し, 何ぞ光ちゃん, 何でも, 何とも答, 何にでも, 何処に, 何故もつ, 何時に, 何處か, 余り腑甲斐無し, 余り赤く, 俄に, 健全な, 傷口の, 優容に, 元氣, 先づ紙鳶の, 先刻から, 光子さんです, 兎に, 全く危篤, 全真, 其の者, 其兩眼が, 其後から, 其翌日から, 其行列に, 内膜, 再び心配, 决し, 出口を, 刀に, 分娩した, 別にこれ, 利口ものだ, 剽軽者の, 勝ち気な人なれた, 十の, 千円貸した, 卑き, 又あなた, 又左手, 取つて食, 口元に, 口惜しさ, 只一禮し, 叫びました, 可哀相に, 可愛らしい嬢ちや, 叱られた野良犬, 吉左衛門や, 名乗る, 否でも, 周三の, 命令した, 唯春三郎, 喘ぎ, 嘘だ, 四日目エの, 園子さんが, 垣根から, 場合が, 夏蜜柑の, 夜店の, 大きくな, 大きな声, 大きな赤い, 大下落, 大層驚きました, 大急ぎに, 大膽, 太政官の, 夫婦共同の, 奉公人の, 奧へ, 女囚の, 女王樣の, 好きだ, 如何した, 如何に, 妙ならず, 妻籠から, 始めないの, 姿を, 媚へる, 嬉しさうに雀, 子供の, 存分に, 学生に, 定の, 宝暦二年十四歳で, 実は誰, 家から, 家へ, 寂しさうに, 寝床へ, 寶暦二年十四歳で, 尋常二年です, 小用でも, 少しく談話, 少し離れ, 尚ほ, 屋根から, 山村さんに, 屹度永生きを, 島田へ, 巨万の, 希望は, 帰らうかと, 常に犠牲者, 帽子を, 年賦で, 幾らも, 床の間の, 座蒲団を, 弓の, 強い, 当然自分, 彼地から, 待ちど, 後退りしました, 得意です, 御病気, 心に, 心細いに, 心配に, 忙しさうに, 忽ちそれ, 怒つて, 怖い顔, 思つて, 思ひながら, 思ひ切つて云, 急な, 怨んだ, 怪我を, 恥か, 恨めしさうに春三郎, 悲しくたつ, 意地わるな, 感覚鈍う, 慰みに, 成功の, 我座の, 戲談らしく, 所在な, 手足を, 持つて, 捕はれに, 提灯を, 敢て, 敷居の, 斯様な, 日に日に弱, 早くお, 昂奮し, 昔から, 春三郎に, 昨夜中神經が, 時々は, 晩まで, 暫く立, 最も大, 最初多勢が, 最初立ち上つて法廷を, 木へ, 本から, 机について, 来られないね, 板の間へ, 染, 栓を, 案外おちつい, 棚の, 椎の, 極めて速, 次の, 歌ひ, 此れ, 此時迄に, 此頃家に, 歳月で, 死んだの, 母さんと, 毎日, 毒々しく塗つた紅, 気狂の, 永遠に, 決して今日, 泊るでねえつて, 泣いてる顔, 泣きそう, 泣きまね, 泥坊と, 洗吉さんと, 消えうせる自分, 深い深いど, 温泉へ, 滑稽な, 炉ばた, 無事だ, 焦れつたい声, 煩は, 熱心な, 父親が, 物憂さうに長太息, 玄関に, 現れあんどん, 甘えたやう, 甚だ難事, 生あくび混, 生活上に, 田螺を, 男の子だ, 疲れて, 皮肉だ, 監獄, 目の, 直ちに此, 眞つ, 真似ばつかり, 眼ばかり, 着物だけで, 矢を, 知つてゐた, 知るまい, 確かです, 社家の, 神戸では, 秀子に, 私なんかより, 秋ちやんの, 穴の, 空箱の, 立ちあがつてお辞儀, 立ち止つた, 竹を, 笠屋町の, 素より其, 絵の, 綿入, 緯度が, 繃帯で, 罪深し白状, 羝羊の, 考へました, 聞耳を, 聽いとる, 背を, 腰帯やぼてや, 膝を, 自ら其勇氣に, 自分かて, 自分たちだけの, 自分を, 自棄にな, 臺所の, 良人を, 若いから, 若槻に, 茗荷谷の, 菌を, 蒼天に, 虫の, 行く途, 袂で, 要なし, 覚悟を, 言い, 言葉が, 話前に, 誰だ, 誰に, 誰れ, 調子を, 豚にでも, 赤いうすい髪の毛, 赤ん坊の, 起き上り身長, 跳びつかれては, 踊りたいといふ, 身を, 軍人が, 軽く笑っ, 近頃評判, 這ひ込みました, 道の, 酒を, 野原を, 金右衛門さんと, 長い羅宇, 間もなく長火鉢, 附いて, 陰毛が, 随意科の, 隨分長い, 難き事, 青ざめた顔, 面白が, 頗る恭, 頭の, 顏構から, 風に, 食べかけて, 首が, 駈けながら, 骨董趣味に, 魚を, 鹹水の, 默つて居ました, 鼠の

▼ んだろう~ (1739, 1.0%)

21316010751 と思っ 50 と思う 4941 ねえ 35 なあ 29 と思った 2421 と思います 1412 から 10 なア 8 って, と私 7 じゃない, それを, と考え 6 というよう, と云う, と考えた 5 かね, がね, ということ, と思いました, と思われます, と考える, ッて, ネ 4 かと思った, がその, けれど, といっ, と不思議, に, 今日は, 私は

3 [16件] いったいこの, かそれ, かそれとも, かと考えた, かどう, かな, がそれ, と, という, とお, とそんな, と云っ, と云った, と思われる, と言っ, ね君

2 [47件] え, お前が, かおやじ, かねえ, からこんど, からな, からね, がおれ, がする, がそれにしても, がな, が僕, けれどばかばかしい, けれどわたし, この野郎, そいつは, それが, というん, という意味, といったふう, としばらく, とそう, とも考えた, とよく, と云われた, と僕, と彼女, と心配, と思ってた, と思わず, と恒夫, と想像, と答えた, と自分, と言った, と鑑定, どうもそう思われ, なお, に亭主, ねえあんまり, ね何, キット, ナ, 可哀想に, 君の, 私の, 自分で

1 [654件 抜粋] あいつは, あたしッて, あのひと, あの二人, あの人, あの爺さん, あの犬, あの音, あまり寒い, あら血, ありゃ, あれは, あんなところ, あんなもの, あんな変, いちど懲りる, いっそこの, いったい, いったいどうした, いったい永生, いつまでも, いまだに帰っ, いま少し, お, おかしいな, おまえの, おれは, お前さんは, お艶ちゃん, かあの, かえ, かすぐ, かそう, かその, かそんな, かと思い出し, かと思う, かと思っ, かと怪しまれる, かと日野, かと考える, からお前, からこんな, からそういう, からその, からと, からという, からとりあえず, からな孝さん, からな物, からねえ, からよし, から事務, から今更, から出来る, から実, から実は, から早く, から此, から私, から行っ, かわき, かを感じた, かレーニン, か思います, か沼, か私, か自分, か若しそう, か話, があの, がありゃ, がいくら, がいったいこれから, がうかつ, がおいら, がこうした, がこの, がこりゃ, がこれ, がさすが, がざんねん, がしかし, がそう, がそんな, がとにかく, がどう, がどうも, がなあ, がなかなか, がなんにも, がねそれ, がねそれにしても, がびっくり, がふと, がまあどうやら, がむこう, がもっと, がよく, がよくいろいろ, がわたし, がマーメイド, が一つ, が主たる, が乳母, が事実僕, が何しろ, が俺ら, が兎, が八百蔵, が其奴, が受合ったら急げ, が土地, が夜, が夢中, が大分, が封筒, が幾人, が惜しい, が月々余裕, が残念, が私, が見た, が誰, が警察, が起き, が金, が高い, きょうの, ぐらいに解釈, ぐらいのこと, ぐらいの空想, けどそんな, けどでも, けどみっともない, けれどあいにく, けれどあの, けれどい, けれどこう, けれどこの, けれどさ天下, けれどそう, けれどね, けれども, けれどもこれ, けれども代, けれども内側, けれども君, けれども音楽, けれどやっぱり, けれどゼスチュア, けれど家, こいつは, ここは, ここへ, このあくび, この下, この児, この子, この間ッから, この面, これやる, これを, こんどこそ, こんなわる, さあ喰, さきじゃァ, さそれ, ざまアみやがれすっとこ, し, しかし, しっしっ, しパリ, し僕, じいさんそう, じゃあない, じゃあねえか, すぐピーター, すると, ずいぶん夜, ずたずたに, そうがっかりする, そうだ, そう彼, そう考える, そこが, そこへ, そして又, そのクラブ, その日, その羽織, その軍人, その音, それ, それでまあ, それでよく, それとも親, それにお前, それにしてもイヤ, そろそろおれたち, そんな事, そんな為, だからここ, だから考え, だれが, っていう, ってお母さま, ってじれじれし, ってねそいつ, って云われた, って図星, って邸, ついでに, とあたし達, というの, というもの, という名, という気, という疑問, という話, といかにも, といささか, といった, といつも, といぶかしく, といろいろ, とおかしな, とおかみさん, とおっしゃる, とおれ, とかえって, とかお前, とか親類, ときめつける, とげっそり, とこう, とご, とさえ思われる, とその, とつぶやき, とても二人一緒, とでも思っ, とどこ, とにかくこの, とねいろいろ, とは思う, とは思っ, とは思った, とは推量, とふしぎ, とふしん, とむっくり, とも思った, とわたくし, とわたし, と一生けんめい, と一言, と世間さま, と乃公, と云え, と云ったら, と云ってた, と代, と仲間, と佐太郎, と先方, と判断, と友達, と同志, と呆れ返っ, と問い詰めた, と失敬千万, と子供, と子供ごころ, と察した, と当用日記, と心, と心理的, と思いまし, と思い出し, と思い出した, と思ったら, と思つてそれ, と思つて行つて, と思われた, と思われやしない, と思直, と怪訝, と早合点, と歎息, と気, と気づかい, と池田, と決め込ん, と申し, と疑い, と疑った, と皆, と窺い, と立ち止まる, と竹童はじぶん, と考えました, と考え出した, と聞いたら, と自然, と見る, と覚悟, と言う, と言ったら, と訝かる, と訝り, と読め, と論断, と諦め, と軽く, と農場, と鎧櫃, どうした, どうしても一緒, どうして仲, どうせ, どうせな, どうせ見物, どうも一昨日, どこへでも, どっちが, どんな顔つき, なあの, なあもう, なあ何, なあ第, なあ若い, なあ貝谷, なとはじめて, なと思う, なと橋本, なと考えた, などと云う, などと入らざる, などと却って, などと思った, などと祖母, などと考え, などと言つて, などと誰, なにかい, なにそれは, なにも, なわれ等, なんかとうそ, なんてノコノコ, なんて減らず口, なんて生意気, なんて言っ, なアレクセイ, なジム, な一方, な支那料, な染めた, な腓返し, になあ, ににかわ, には参った, ねああ, ねあの, ねい, ねえその, ねえってとても, ねえ千ちゃん, ねえ飽き飽きしちまった, ねこ, ねここ, ねたとえば, ねときた, ねねえ, ねナタリイ, ねポーデル博士, ね厠, ね太郎, ね時計, ね緋, の, のに反撥, のに武装, はやく行っ, まあ山上, まさか一緒, また何等, みんなが, もうわかっ, もう二度と来, もとと, よあんな, よしよし解い, よ備前屋, わたしという, わたしにだって, わたしの, クレエゲル, サ, サイは, テンデ, ナア, ナゼそんなに, ネエまあ, フリーダ, ヤーイヤーイ, 一体, 三沢は, 三途川の, 下駄を, 人の, 今の, 今夜は, 仕様が, 伯爵閣下は, 何となく眠気, 何べ, 何んにも, 何処か, 何処へ, 僕には, 僕は, 八木君は, 別にお祭, 勝負ごとは, 厭な, 可い, 向後袖乞, 命なんぞは, 和田が, 多分チビ, 大方な, 天誅という, 妙だ, 妙で, 始終あすこ, 学校時代も, 宝丹でも, 家へ, 尤も, 己は, 幸子さんたら, 彼処までは, 心の, 急に, 怪しからん, 悪いこと, 戦の, 掘出し物では, 新七は, 早く気がつい, 明日あたりから, 昨日校長は, 朝倉先生の, 木だの, 本当の, 松井くんは, 棒か, 正金なら, 毎日毎晩, 気の毒な, 気を, 江戸ッ児も, 犬か, 猪之が, 現実を, 甚吾が, 甲州で, 畳の, 皇帝は, 目を, 相手は, 確とは, 私だって, 私って, 突然麻痺, 美和子は, 耳が, 臍を, 自分の, 良い心掛け, 色恋にも, 若い女, 薬を, 虫の, 親分でも, 誰が, 誰も, 貴様にはな, 近所に, 近江屋のは, 野中は, 鍛冶の, 長いので, 電灯に, 顔に, 馬鹿, 馬鹿らしいもう, 龍太郎の

▼ んこと~ (1706, 0.9%)

10340 を望む 39 を希望 33 を欲する 30 を欲 26 を恐れ 25 がある, を願 2218 はない 14 を願う 13 になる, を切望 11 を希, を望み, を請 10 には, を切に, を祈る, を請う 9 である, は到底, もない, をいう, を望ん, を期し, を欲す 8 を云う, を希う, を求め, を求めた, を言う 7

6 [11件] で, です, になっ, はあるまい, を云, を勧告, を勸め, を恐る, を期する, を目的, を私

5 になった, もあるまい, をした, を乞, を云っ, を期す, を要す, を誓

4 [15件] が出来た, じゃ, じゃない, にし, をいっ, をする, をねが, を主張, を思う, を期した, を求む, を祈っ, を祈ります, を聞く, を言

3 [41件] が多い, だが, だと, だよ, ですが, ですよ, では, にしよう, にゃ, ね, もおま, やと, をおそれ, をし, を主, を乞うた, を以てし, を企てたる, を信じ, を努力, を勧む, を勧めた, を心, を心から, を怖, を思ふ, を恐るる, を恐れた, を慮り, を懇願, を熱望, を祈り, を虞, を衷心, を要求, を言っ, を訊く, を試み, を請うた, を謀る, を願います

2 [91件] いうて, が出来, が望まれる, が沢山, が起こっ, さ, だね, であります, でありますよ, であるから, でございました, でございます, どした, ないわ, なの, なり, にする, になつ, になります, にや話, はこの, はないでしょう, はよく, はわが, は一切, は即ち, は実に, は無い, は申す, もありません, もある, もなかっ, をいいやがる, をお, をしました, をつと, をつとめ, をねがひ, を一生, を乞い, を予想, を云った, を仰し, を力むる, を勉めざる, を哀求, を奏請, を専, を希い, を彼, を御, を志しき, を念ずる, を念願, を思い, を思ひ, を怠りし, を恐れる, を懇請, を提議, を書出し, を望むであろう, を望めり, を望める, を期待, を欲せし, を欲せしなり, を欲求, を求むる, を求むるゆえんなり, を決心, を申し, を祈, を祈った, を祈念, を神, を競, を約す, を耳, を要請, を言い給う, を許し, を誓い, を請求, を迫る, を願えり, を願った, を願はず, を願わず, んと, 惜しければ

1 [651件 抜粋] あるねんけど, あるべからずすこしも, いいながら, いい潮, いうたらいかん, いと, いと易い, いわんと, か, かねてより, からそう, から人殺し, があります, があるらしい, があれ, がいろいろ, がおまっ, がお前, がこの世, がごわしょう, がずいぶん, がたま, がわたし, が一つ, が何れ, が女, が思われ, が気, が理由, こそ人, こそ思へり, こそ願, この酒, した, した思, じゃあない, じゃありません, じゃったが, じゃで, すこぶる困難, せなん, そう願う, ぞ優るべき, たやすからず, だからね, だけは残念, だけれど, だすさかえ, だぞ, であって, でありまして, でありますが, であると, であるドゥイング・ナッシング・イズ・ドゥイング・アイル, でいい加減, でご, でございますから, でございますと, ですな, ですね, です一昨日, でなかまわれが, でもう, でわれわれ, で他人, で千秋万歳, で大, で失礼, で悶々, で或, で操, で有名, で此, で私, で腹, といわね, とがあるで, となった, とは言い, とも言える, と思ふ, と諒解, どすけど, どろ, ないか, などから自分, などか疑ひ, などは何樣, なん, にきめた, にした, にしとる, については半信半疑, になってる, になり, になりゃがった, になりやがった, にのみ熱中, にはあんた, にはいい, にはいざ, にはだめ, にはつごう, にはとうとう, にはなあひっ, にはやっ, には仕事, には仮令, には何とも, には僕等, には先斗町, には後前, には或は, には承知, には政府, には早, には渡辺, には看守, には腹の虫め, には良かれ悪しかれ, には馬鹿, にもすぐ, にも人手, にゃあなりませぬ, にゃこの, にゃわ, にゃ俺等, にゃ私ア不安心, にや, にやわし, にや俺ア, に在り, に定まりぬ, に心急ぎ, に意, に熱心, に相方, に致します, に青筋, ねえディイ, のあるべき, のため, のみである, のみでございます, のみなり, のみを思っ, のみを欲, のみを祈っ, のよう, の崇高, の恥かしく, の願, の願望, は, はあの, はありません, はうとうとしい, はお, はござりません, はしかも, はしないだろう, はないだろう, はほか, はみんな, はもっとも, はもはや, はやっ, はやらぬ, はよし, はよも, はわ, はわかつとる, はわれ, は一人, は今余, は余, は作左, は先ず, は叶, は吾, は大, は好い, は少しく, は廃せ, は彼, は必至, は最早, は杓子定規, は母上, は気候, は煩瑣, は理屈, は疑い, は益, は知れ, は神学生徒, は竹, は考えまい, は胸中, は苦, は苦心, は許されず, は過去, は難, は面倒, は願, は首, ばかりで, ばかりになっ, ばかりを期し, ばかり云っ, ばかり言う, ばかり詮議, ばっかし, ばっかりいう, まで一々, もありますまい, もての, もな, もないだろう, もなかろう, もむざんなれば, もわかつ, もわたしら, も当り, も恥ずかし, も有るまい, も聞かんで, も追, やいう, やさかい, や無かっ, ゆえみなさま, ゆえ始め, よりも私, をあえて, をいい出す, をいのる, をいはず, をいはん, をいふ, をいわるる, をいわれる, をおそれぬ, をおっしゃる, をおも, をお前さん, をお願い, をきく, をきめた, をここ, をこころざした, をこそ思うべきであろう, をこそ思へ, をこれ, をさらば, をしたくない, をしゃべっ, をしゃべる, をすこし, をすゝむ, をせがん, をせつに, をたえず, をといへる, をとわ, をと寧ろ, をどこ, をなさる, をなぜそんなに, をのぞむ, をのみつとめり, をのみ思ふ, をのみ恐れ, をのみ望みたれ, をのみ目的, をのみ祈り, をば今一とせ, をひたすら, をまあ, をむしろ, をもくろみ, をもっ, をもとめ, をやった, をやってる, をやめ, をわたし, をわれわれ, をアーメン, を一々, を一座一同, を一緒, を一般民衆, を乞いし, を乞う, を云いなさん, を云わず, を云わんで, を人, を今後, を今更, を仏様, を仰しゃいます, を企てた, を企図, を伝えた, を余, を促し, を促す, を偏に, を冀, を冀い, を冀はず, を冀わざる, を切諫, を前, を力め, を努むべ, を努め, を勉, を勉むべ, を勉むる, を勉めき, を勉めし, を務め, を勤め, を勧め, を勧めたい, を勸誘, を即ち, を厚かましく, を口走っ, を只管希望, を命じつ, を問う, を善し, を喋つて, を喋り, を喋る, を嘆, を図りたる, を図る, を天, を奬むるものは僅, を女王, を学ばせ, を察, を工夫, を希います, を希った, を常に, を平常時に, を引つ, を待望, を心がけ, を心掛け, を心配, を必要, を志願, を念じ, を思い出す, を思い立ち, を思わない, を急い, を恐れし, を惧, を想, を想え, を想っ, を慕, を慫むる, を慮りし, を憧れ誘っ, を我, を戒め, を提唱, を政府, を教科書, を敢, を日本国政府, を書き出し, を望まざる, を望まず, を望まなけれ, を望みたるなら, を望むなり, を望むべし, を望むる, を望め, を期せぬ傾がある, を期せね, を期せり, を杞憂, を横堀君, を欲し, を欲するなら, を欲するなり, を欲せなけれ, を歎願, を母上, を気, を求むべし, を求めしむ, を求めなかった, を求めぬ, を求める, を汝, を決議, を深く, を為政当局, を然, を熟知, を熱願, を父, を獻議, を申し上げる, を申出し, を申出でた, を異日, を発見, を知, を知っとる, を祈ったであろう, を祈らね, を祈りし, を祈り奉る, を祈るなり, を祈れる, を祝願, を神仏, を祷った, を祷りぬ, を競爭, を笑, を約, を約しつ, を考え, を考えとる, を考へた, を考へてる, を聞い, を自慢, を色々, を要せ, を見せる, を言いなさる, を言い囃す, を言い触し, を言わない, を計, を計る, を訊いた, を訊くなっ, を訴えし, を試みる, を誓います, を誓う, を誓ひき, を調べ, を論ず, を諾, を謀りたる, を謹ん, を議し, を護っ, を返すがえす, を逼ら, を量り, を非常, を願い, を願い給うべし, を願っ, を願つた, を願つて, を飢え求めた, を鶴首, ん床, 何ぞそれ談笑一夕, 余り遠き, 全く受ける, 単にその, 夥しい, 必ずしも蛇足, 思ひも, 恐らくば, 我が年, 我が輩, 或は宜しき, 最も其謂れ, 望むの, 決して疑うべからず, 物憂きに, 甚だ易から, 疾し, 言うて, 言って, 話したよう, 辛くぞ, 願う所

▼ んでしょう~ (1525, 0.8%)

3603196251 ねえ 5028 かね 1615 から 1211 かしら 10 けれど 9 かねえ 7 からね 5 がね, けど, なあ 4 がお, がそれ, きっと, と思います, に 3 があの, けれどもね, それを, なア, ねあの, ッて, 私の

2 [38件] あなたが, あの男, かあなた, かそれ, かそれとも, かな, からこの, からな, かわたし, がいろいろ, がこれ, がだんだん, がなにしろ, が僕, が私, けど誰, けれどあの, けれども, それが, だから私, って, と云った, と思う, と思っ, と言った, どうせ当節, なにしろまだ十九, ねあなた, ねぇ, ねお, ねその, わたしには, ホントに, 二月だ, 町役場の, 私が, 親分, 電信柱に

1 [443件] あっちこっちで, あなたは, あの人, あの人たち, あの方, あの甘, あの騒, あれで, あんなになっ, あんなに波, あんまり残念, あんまり物数, いいわ, いくら遊ん, いずれその, いっそ金沢, いつかえるっ, いつもこんな, いやねえ, うそを, うちへ, え, おおかた, おばさんの, おばさん帰りが, おまけに, およしなさい, おれは, お前の, お可愛いい, お大名, お客様も, お気の毒, お父さんは, お父様, お這入り, お顔, かあの, かおいで, かお上さん, かお願い, かこっち, かこの, かしらん頭痛, かしら株, かそういう, かそれともただ, かというの, かという意味, かとにかく, かとクイックシルヴァ, かと真面目, かと聞い, かと聞いた, かと顔つき, かなと自, かもない, かも一人, からお礼, からこの間, からこんな, からどうぞあしからず, からねえ, からねまあ, から一寸, から何事, から帰り, から止し, から私たち, から米友さん, かネエ, かママ, か今度田端, か先生, か勉強, か夜中, か此, か清水, か甘え, か私頭, か若い, か風景, がある, がこう, がここ, がこの, がこんな, がそう, がそこ, がその, がそんな, がたちまち, がだれ, がちょっと, がでも, がどうも, がどんな, がなにしろもう, がなら, がなん, がねえ今, がねそいつ, がね只, がね夜汽車, がまあ, がまことに, がやっぱり, がやはり, がわたし, がキミちゃん, が一寸, が一本, が一番轢殺事故, が下品, が主任, が今, が住職, が傍, が出発, が勉強, が博奕打, が地震, が変, が多少, が大, が夫, が実に, が実録, が少し, が山, が帰ったら, が思い切っ, が悪い, が手, が折, が折角, が日本, が明治三十九年六月, が本当に, が段々日, が気, が滑けい, が秋色, が金庫, が間違い, きっと誰, ぎゃあぎゃあ泣い, けどあたし, けどもね, けど何だか, けど光子さん, けど実は, けど実際, けど残された, けど泣き声, けど自分, けれどあんなに, けれどかりに, けれどその, けれどそれ, けれどとても, けれどどう, けれどね, けれどねやっぱり, けれどほんに, けれどもあれ, けれどもその, けれどもつい, けれどもねというとき, けれどもね僕ら, けれどもやッぱりそうは, けれども京都, けれども何しろ, けれども相手, けれど僕, けれど急, こいつ願っ, こう, こうな, この頃, こりゃ死んだ, これまでの, こんどよく, こんないい, こんな弱い, こんな朝, さ, さあ大変, し, しかし僕, しね, し外, し年, ずいぶん可愛, ぜひ友さん, そうしてあかチャン, そうして身なり, そうそうな, そうでございます, そうでなく, そしてその, そのくらいの, そのばかばかしい, その人, その夥しい, その時, その理想, その薩摩, そりゃア, そりゃ不足税, それだけ成功, それでその, それでなく, それで極まり, そんなに謙遜, そんなん, そんな筈, たった今鐘, だから会う, だから蛇, だけれども間夫, って云ったでしょう, って云われれ, って私たち, でもずるい, でもキス, という, ということ, というプチュン, という返事, とおっしゃっ, とか言う, ところであの, とただ, とたんに時計, とにかく, とにかく婚約者, とも云った, とやり込める, と云っ, と仰, と先, と存じます, と星野さん, と申, と笑う, と答え, と答えた, と聞いたら, と腕, と言いました, と訊く, どうぞ, なぜでしょう, なそれ, なと聞く, などと書い, ななかなか, なんだか仔細, なんだか遠い, なんてずるい, なんとなく暗い, な私, に気, ねうちの, ねえそう, ねえと, ねえまた, ねえ何, ねえ心中, ねえ東助さん, ねえ私, ねえ艇長, ねえ親方さん, ねおじさま, ねきっと, ねせっかく, ねそう, ねそこ, ねそれ, ねだから, ねとそう, ねと疑う, ねね, ねエ, ねエキット, ね僕, ね剣道, ね可哀想, ね弁信さん, ね新, ね東助さん, ね温泉, ね狐, ね病院, ね真個, ね秋ぐち, ね稽古, ね親分, のに運八, ひとの, ひとりで, ふだんなら, ぺこぺこに, ほら足, ほんとうは, ほんとにあれ, ほんとになんて, まあ, まだすっかりきまった, まだ何, めッた, もうおやすみなさい, もう十分すぎ, もう私, もしいい, やっぱり, よけれども, よその, よちょっと, よなあに, よねえ, よはじめ, よよく, よ屹度, よ思いきっ, よ色, よ親分, わたしたちの, わたしという, わたしは, オホホホホホ, キット, ネそうでしょう, ネキット, ミハイロフ通りへ, ムクが, 一月位は, 七さんは, 三井寺の, 三人は, 世間の, 両方へ, 五六年前から, 五日まえ, 五時から, 人には, 人の, 人を, 今は, 今夜の, 今年は, 今更取り返し, 今朝は, 仕様の, 伯父の, 何か, 何の, 何んか, 僕が, 僕には, 僕踊りたくなった, 兄さんも, 先方は, 先生, 全くない, 八木沢さんに, 博士の, 可い気味, 可愛いワネ, 合理主義は, 君, 四畳半以上も, 変ね, 外土地の, 大いに自負, 太夫様へ, 女除け, 嫌に, 子供まで, 宗教は, 実に面白う, 寝しなに, 屹度もう, 左側の, 市十郎さまは, 帰りが, 平気だ, 後生だ, 御主人, 御病気, 御馳走さま, 悪魔峠か, 情ないわねえ, 昔は, 朝飯に, 杉之, 東京生活より, 気の, 気味が, 火事でも, 火種ばかり, 熱も, 物騒な, 犬だって, 白犬と, 百何十里も, 真暗く, 私あ, 私それが, 私ちっとも, 私には, 私にも, 私は, 私ン許のも, 私心配だ, 第一書房, 結局何の, 結構なこっ, 継続だ, 縄付では, 罰の, 美しい優しい方, 腹も, 自分で, 舟で, 若旦那は, 茂太郎を, 行き方は, 親分さんが, 言葉が, 誰でしょう, 誰も, 貴君は, 貴方もっと, 辞世の, 避暑地だけ, 酔ッぱらッちまっ, 関所を, 随分何, 雌の, 靴だって, 魚も

▼ ん~ (1364, 0.7%)

676 やない 144 やありません 8945 や無い 40 やあるまい 26 やなく 24 やなかつた 19 やね 14 やが 13 やから, やア 11 やねえ 10 やなし 9 やらう 8 やございません, ゆう 7 や無 6 やけに, やねえか 5 やなから, や無え 4 やあんめ, やよ, やろ 3 やつかん, やて, やもの, や全く

2 [18件] のせ, やあ, やい, やお前, やかな, やけど, やこれ, やつた, やとても, やらん, やらんぢ, やわからない, やァ, や何ん, や御座いません, や無から, ゆうを, りとも

1 [126件] ああはれ, あありません, うひとつ, に至る, まうて, まって, まや, やあなんだか少し, やあねえか, やあねえかい, やある, やあんた, やあ大変, やあ私, やいかん, やいくら, やいけない, やお, やおそかれ早かれ, やか, やからな, やからなあ, やからね, やから全く, やがな, やこの, やこんな, やございますまい, やさうすべ, やさぞかし, やしつかり頼む, やぜ, やそれ, やぞ, やぞよ, やつたの, やつまらなかつた, やつまらん, やで, やと師匠, やと思ふ, やどうしても, やな, やねえぞ, やねえと, やねえの, やねえよ, やねエ, やぼ, やまつたく, やもるまい, ややりきれない, ややれ, やよし, やらうか, やらうしかし, やらうといふ, やらうね, やらう区長さん, やろさ, やろな, やろゆうべ, やろ仇, やゐなかつた, やんぢ, やア入湯, やオレ, やテレ, や一體, や万事私, や並大抵, や中, や人一倍, や仕, や仕様, や何, や何だか, や何時, や俺, や僕, や厭, や只少し, や君等, や困, や困る, や夜店, や天滿宮の先, や孤影悄然, や安心, や居ん, や師匠, や幹, や幾ら, や御座, や意味, や敵, や有, や有りません, や本, や此方, や水, や片手落, や笄, や緩, や置い, や胸, や興味, や蟲, や褞袍, や見せ, や詰まらない, や話, や話す, や讀み, や豆腐料理, や追, や退屈, や遣切れん, や間, や隱居, や預, や驚きません, や魂消た, や魅力, ゆうに足, ようやくと

▼ ん~ (1285, 0.7%)

94 親分 18 私は 10 親分さん 8 あなたは, だ, 私が 7 あなたの 6 それは 5 そんなこと, 君 4 お粂, これは, それに, 僕は, 旦那, 第一

3 [12件] お前さんの, そんなもの, ほんとうに, ツ, 何う, 何か, 僕の, 兄さん, 御新造, 私には, 私の, 精

2 [68件] あの家, あれは, いけませんよ, お前さん, お母さん, お父さん, お目, こ, この通り, しなかりしが, それだけは, そんなさもしい, そんな人, ただ親元, つて, つてな, つてなあ, つて久し振りや, どこに, なにも, はつはつは, へえ, ほんとに, また明日, イワン, ジエィン, ツイ今しがたそれを, 三輪の, 今の, 伯母さん, 僕が, 僕には, 兄樣兄樣と, 先生, 兎も, 冷えるもの, 去年の, 叔父さん, 向柳原, 味瓜は, 味瓜を, 大丈夫です, 奥さん, 宗匠裏木戸の, 彼の, 此の, 江戸一番の, 泥棒なんかに, 町方で, 石原の, 確に, 私も, 立派な, 能く, 親分の, 親分も, 親父の, 誰が, 課長さん, 貴方の, 金を, 錢形の, 長者丸の, 阿母さん, 阿父さん, 静に, 飛んでも, 馬鹿

1 [920件 抜粋] ああ分った, あたしゃ物が, あっしなんかの, あつしといふ, あつしなんかの, あつしも, あなたが, あのお, あの人たち, あの小さな金, あの生, あの話, あの騒ぎ, あまり変り過ぎ, ありゃ正直, あれッ, あんたと, あんなお金, あんな嘘つき, あんまりいろいろ, あんまり話, いい子, いきなり親分, いずれ, いずれ曲者, いっしょに, いつか話したでしょう, いどころ, いまの, いらっしゃいよ, いわんやブン, うちの, おい, おっしゃいナ, おとなしくお, おばさん, おまえが, お内儀さん, お前が, お前さんは, お前と, お前に, お前間が, お医者, お城, お婆アさん, お嬢さん, お嬢様, お客が, お師匠さん寄席, お怪我, お気の毒, お父さん今日は, お祖師様, お神楽笛, お種人參, お静か, お願いだ, きっときっとそうに, きょうで, くそ虫さん, けっして, ここを, こちらへ, こつちだつて, このなり, このまんま, この八五郎, この次, これぁ, これ何時まで, こんなやわらか, こんな空, さうし, さア, しかしだ, しなきに, しんよ, じつはこれ一つきり, すがの, すこしだけ, ぜひとも, そいつは, そうでございます, そうふくれなさん, そこで, そのお, その代り釣り, その名, その小母さん, そら, そらね, それからぽ, それだ, それです, それでみんな, それに一人前, それに又か, それよりか, そろ, そんなことぢ, そんなに威張つ, そんなばか, そんな人情, そんな失礼, そんな物, そんな話, そんな馬鹿げた, たくさんだ, たしかに海, ただは, ただ好き, ただ真面目, たった一枚, たった九十五カペイキ, たとい友さん, たまにゃ, だから朝, だがあんな, だがひどい, だが浮気, だってあの, だんな, ちゃんと分っ, ちよつと, ぢや, つて今度の, つて工夫が, つて賣, できないから, ではさしあげましょう, でもこんな, でも世間, でも若い, でも野郎, とうの, とにかくせっかくの, どうあそばした, どうか確か, どうして甥, どうせ私, どうぞ, どうも, どこにも, どつち, なあに, なにしろ人間, なにを, なんとかここ, ねえあなた, ねえ兄さん, ねえ毎日, はい憚様, はじめから, ひと思い, ふふふ, へえ此様, ぼくの, ぼたもち, まあなんて, まあ上がれ, まさかわたし, またやられた, まだ, まだ死なねえ, まったくよか, まるで何, まア男, むしろ大木, もう, もうこれ, もしそうだ, もしわたし, もし与え, もし書く, もっとも女の子, もっと襟, やっぱりお金, やつぱり, やはり奴ら, ようです, よそを, わしの, わたしが, わたしと, わたしなんぞは, わたしを, われわれとても, アイネス嬢, アハハハ, アラ鍋です, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, イエ本統に, ウ, エミルさん鼠の, オホホホホ, クリストフさん, サア, サヽ早く, シュピネルさん, ジェム, タクシーとんでもない, ッて, ニコニコと, ハイ三文も, ハヽヽどうせ, バビロンの, パーウェル・イワーノヴィッチあなたは, ピイクロフトさん, フフ, ブリュウテンツワイクさん救う, ヘッ, マリヤさん, リザベタさん, ロリーさん, ワラダートとか, 一つは, 一つ銷夏法だ, 一人の, 一寸モデル, 一昨日もネ, 一言だ, 一騎討ちで, 丁寧に, 七十八十の, 三拾両, 下手人は, 与八さんの, 中気に, 串戯じゃねえ, 主は, 二人とも, 二十一だ, 云うと, 五日の, 五月蠅く, 亥刻, 京都三条と, 人に, 人生の, 人間としての, 人間なら, 今も, 今度といふ, 今日こそ, 今日も, 今月に, 今比そんなに, 仕事と, 仲働きが, 会いてえという, 何うし, 何しろ命がけ, 何だ, 何だって, 何で傷, 何に, 何もう, 何時でも, 何時迄も, 何百回と, 例外が, 俺は, 僕あ, 元は, 兄さん本, 兄弟, 先お前それに, 先刻から, 先刻掴み合い, 先生貴, 全く商法, 全く旦那, 八五郎親分と, 其処へ, 出入も, 分つてるわ, 別に, 利口な, 利巧に, 勇士は, 勲章を, 十二社の, 千変万化です, 博士, 原田さん, 参りましょう, 叔父さんは, 口開けです, 可哀そうな, 吉次だった, 向うから, 君たちの, 君に, 呑んで, 唯の, 善いこと, 善い心がけ, 喜三郎のは, 嘘という, 四五六七八もう, 土地の, 地球の, 坊ん, 城太さん, 場所は, 壁に, 夕栄えは, 夜が, 夜に, 大丈夫, 大事に, 大変目立つ, 大山さん, 大澤家の, 大辻は, 失礼します, 失礼だ, 奥さま, 奥さんは, 女の, 女一人と, 女郎なんぞ, 好いぢ, 如何した, 妙に, 嫌がられますよ, 宇佐美さん, 宜しいそれでは, 実にばからしい, 実はまだ, 實は, 小説なら, 少しも, 尤もなまじ, 尤も使つたばかりの, 尤も連れが, 山下の, 岡つ, 川の, 帆村さん, 師匠を, 平家の, 庵室は, 弁信さんらしく, 彼処へ, 待つてるぢ, 後で聞こう, 後暗いこと, 御内儀, 御姓名, 御新造殺された, 御近所, 忠さん日張先生といふ, 怒ると, 恋患い, 悪事を, 憚りながら太閤様, 憚り乍ら濡れ事の, 成り立たないのみ, 成功と, 抓りゃ痛い, 掛け守り, 斯う, 新之助は, 日の, 旦那が, 旦那さま, 旦那の, 旦那冷やかす, 旦那樣, 早く來, 昨夜の, 昨日から, 是は, 是非とも, 最早其の, 木地屋です, 木綿でも, 末の, 本当にあなた, 本当にお前さん, 本當, 杉さんそいつは, 村長さん, 柄の, 根津宮永町の, 梅でも, 極く, 権力者の, 權八といふ, 正直に, 此方へ, 此間の, 歩いて, 歴史とか, 死んでは, 死んでも, 殿様が, 毎晩こう, 水たまりを, 決して出しません, 決して煽てる, 流行妓て, 浅かつ, 消化しきれない, 深川万年町の, 灯台下暗し, 無理な, 父にも, 片方の, 犯人は, 狂人に, 玉屋の, 現にお, 現に伯母さん, 現に何ん, 産後です, 男といふ, 町内の, 當人同士は, 登様, 白い紙, 皆な困る, 盗賊は, 相手が, 眞達さんが, 眠らんで, 知らんよ, 硬軟両, 確かに, 神山樣の, 秀子の, 私と, 私なんか, 私はと, 私ア, 私イハア胸え, 秘密を, 笑つてばかり, 第一読書, 第一食堂, 終りまで, 絶対ありません, 編笠を, 美緒さん, 腕と, 自分の, 船の, 苅谷さん, 若し昨夜, 若旦那どう, 若樣, 萩原さまの, 藤波龍之進の, 行くもん, 親分さん敵を, 親分そんな, 親分や, 親分今朝は, 親分向, 親分米櫃は, 話して, 読んだって, 誰にも, 警官, 警察でさえ, 豊かに, 貴女に, 貴方が, 貴方ね, 足下などは, 身の, 辰巳藝者を, 追つ, 運動し, 遠くから, 金が, 金蔵は, 銀之助が, 銘酒の, 長居は, 門口に, 阿賀妻さんそれを, 隱居の, 雁金さん, 離縁状を, 青丹などとは, 静枝や, 靴を, 頭から, 頭に, 頼まれたもん, 風邪を, 首相なんて, 馬鹿馬鹿しい, 驚きましたなァ, 鬼子母神は, 鼻が, MR

▼ ん~ (1240, 0.7%)

36 である 31 ないか 15 そうです, な 13 もん 12 だ, で 1110 なア, わ 97 がな, けど, 彼の 6 お民, と 5 そうで, それが, てなあ, 悪人を, 自分の 4 あれへん, さかい, ぞ, て, なあ, ないかと, もんな, 阿呆らしい

3 [13件] おまへん, お焙り, からなあ, がさ, ない, ないや, なかった, よつて, ろか, 今日の, 他人に, 彼れ, 私は

2 [48件] あらへん, いうこと, いうて, から, がその, がなア, けどナわい, この金, これは, ぜと浅はか, その母, それは, ぞ二度と, ただその, だがも, ですね, という, とこない, と事, と四辺, と引張った, ないぞ, もんそれ, ア, 他の, 例もの, 俺は, 僧寺夜半の, 半蔵の, 大隈伯の, 太古に, 当時の, 彼等の, 彼等は, 彼等も, 思て, 或る, 新坊さん, 星林の, 是れ, 時正に, 泰西人の, 現に先刻, 生活の, 神の, 綿で, 肉体を, 閣下の

1 [841件 抜粋] ああされど, あの児不良少女, あの確実, あやかりたいと, あらへんよ, ありませんか, ある場合, あれしまへん, あれは, あんたは, いいますけど, いいもん, いうの, いかで, いわんや邦家, うだつたら, うにも, おっかさんと, おっかさんに, おっかさんは, おまけに, おますまい, お前さんの, お前の, お嬢さんに, お由羅, お道姉さん, お金などに, お銭を, かかさん, かかる微妙, かねての, かの敗残兵, からお, からな, から当り前, から素手, か私, がいや, がお前, がこれ, がさて, がでも, がど, がなんと, がもう, が今, が何, が其の, が実際, が疊, が近年, が金, ぐでりんを, けどあと, けどしんどう, けどその, けどどう, けどね, けどほんま, けどまだ, けど今夜, けど何やら, けど大石軍曹, けど止む, けど浴衣がけ, けど總代さんとこ, けれど, けれどどの, けれどもその, こい, こいつかかり, こういう色, ここは, こちらにも, こっちで, このぴい, この事件, この二人, この全能, この合切袋, この堂々, この家, この文教, この明知赫燿, この男, この者, この資本, これが, これを, これ一生の, こんな遅, さかいああ, さかいえらい, さかいどう, さかいどうぞ, さかいな, さかいなア, さかい一, さかい上官, さかい今にも, さかい僕, さかい手紙, さかい構わん, さっきの, さらば汝威光, さりとて之, し, しお, しらん, し裸体, じいやん, すぐれた作品, すべての, すまんが, せっかく頼み, ぜ分ったやろ, そうな, そうに, そう思っ, そっくり貴方, その, そのお, その人, その他の, その他親族家人らに, その前汝命盡, その命, その大将, その帽子, その強, その必然, その我, その手紙, その支部, その老い, その記事, その誤, それ, それを, それ藩籬は, そんな, そんなこと, ぞあんた, ぞオ, ただ鼠, だらしの, だ僕, ちょうちん, ぢや, つてなあ, てなああんたみたい, であります, であるから, でげす, ですお, では, でもありました, で政治, で皆, という宿屋, といつも, とお, とか説, との意, とばかり世にも, とまあ, と予, と云つて, と多年, と奮然書, と曰いし, と書きつけ, と永年想い, と訊かれた, と誠に然, どうも, なあと思, ないかい, ないけど, ないもの, ない旦那, なえらい, なしこの, なし神佛, ななるほど, なまじひ, な思, ぬめりと, ねえボリース・チモフェーイチ, のう, のうてただ, のうて半ば強制的, はおしまい, はなはだ以, ふるさとの, ぼくが, またノルデンスキヨルド, また本, また自ら, また詩, もうそないなこと言, もう五十両, もっともまだ臨海亭, もっと飲ませろ, ものの料理, もはや政治, もんこれ, もん夜半, よう, よし子さんは, よつて上り, りつ, わい, わが口, わたしあ, わなあ, わもう, われら如き, われ病あり, アリヤン文明と, サシを, シッキム王の, ダ君とても, ツンツンと, テな, ネンと, ベソを, マダムは, ローリイと, 一升桝の, 一旦の, 一旦病魔, 一行も, 万年筆を, 万葉以外の, 三千余里も, 上杉軍は, 上野や, 下女たちの, 且つ本邦, 世界は, 之なく, 事の, 二上り新内といった, 二十日の, 五十歩百歩は, 亞細亞に, 人は, 人気とりなどでは, 今こ, 今を, 今度の, 今日は, 今発掘, 会津へ, 住民の, 何うし, 何かと同じ, 信ちやん, 俳聖芭蕉の, 俺たちを, 偶然に, 僕の, 僕等には, 元日の, 兄さん, 光ちやんは, 八州の, 公判廷に, 六朝頃の, 其の之, 其の性情, 其人が, 其他の, 其對症療法として, 円右の, 処士虚声を, 別に満腔, 剃刀だけは, 前記の, 労働組合に, 区々たる, 十分政黨の, 南条から, 単なる客観, 博士を, 卵の, 又ハ, 又趣味, 叔母の, 只だ, 号外の, 君の, 否や, 吾, 吾人豈, 吾震電雷動の, 呉青秀の, 唐虞に, 唯今川口町の, 問うたにも, 善悪正邪の, 嗅ぎつけて, 嘆きや, 国歌を, 基督嘗て, 堂々たる男子, 外の, 多ならざる, 多少の, 多數, 夢中に, 大喪の, 大恩, 大洋の, 大陸に, 天下の, 天下大事の, 太初三年の, 太祖が, 奸臣を, 姉と, 姐御, 婦人の, 嬉しおますやろ, 嬰児を, 孃ちやんに, 存命の, 學問日に, 定はん置い, 宮仕, 宰我は, 家道の, 小国辺土の, 小粒ながらも, 屆書は, 山東が, 己を, 市川の, 常なら, 年齢も, 幾何学の, 広重においてを, 廻り燈籠かな, 廼ち奮っ, 弥陀如来の, 張り籠の, 当世流行の, 彼は, 彼奴は, 彼支倉の, 従って監督, 從來の, 御新造が, 御華族方, 心中の, 心身の, 怪奇に, 息女たちの, 悪意を, 悶々愁, 想世界と, 愚考を以て, 成器を, 我が国の, 我皇室の, 我輩も, 或意味, 戸骨の, 扶桑第, 抵抗する, 持戒を, 捜査課長という, 支倉の, 政治的形躰に, 教育を, 文は, 文学的範疇, 文学青年あつかひし, 文明の, 新聞を, 新聞記者までや, 日本に, 旦那, 易の, 是に, 晴天の, 更に研究, 曷んぞ, 曾て, 最後に, 最早寒風, 朝から, 朝廷を, 朝鮮征伐は, 未だ, 本件の, 本当に面白い, 東京の, 桔梗の, 樺山君とやらが, 欧洲のみに, 此の, 此樣平, 此海底戰鬪艇は, 此間も, 死んで, 母さんが, 母と, 気晴らしに, 気色が, 水は, 決して易き, 汽車に, 沢ちやんに, 泥棒, 浪曲界の, 海を, 渓間の, 渡良瀬川の, 漢語以外に, 灌木などが, 無うても, 無用なる, 然れ, 熱き情思, 燃立つ, 爾が, 狂人の, 狂公子のみに, 現に政府, 理想境には, 琵琶の, 甚句に, 生物学者として, 田舎もんに, 町田さんとこへ, 白日の, 百万の, 皮膚病として, 眞淵は, 知れん, 砒素の, 磐あに, 社會を, 福岡の, 私たちの, 秦蔵六だの, 窓から, 笑はんや, 箒や, 箪笥や, 紫矢絣の, 綱田屋五郎次郎首の, 美術や, 老伯爵, 自らの, 自ら反, 自ら飲まん, 自分にだけ, 自分は, 自己と, 良書の, 若しも歐米流, 若し夫, 苦しまぎれに, 英雄が, 葛藤を, 藤原実美等鄙野匹夫の, 蚊帳と, 螽, 西洋とて, 見合ひなどした, 親の, 言葉じゃ, 誰か, 誰も, 調理割烹と, 諸君の, 識者を, 豚に, 貴族の, 近代の, 追, 道を, 道具が, 酒が, 金だ, 針久旅館などに, 闇屋風の, 隣り近所, 雇女達の, 雲龍寺において, 露領沿海州に, 非樂, 面白くない, 高慢たれやがっ, 鰐なら, 鰯の

▼ ん~ (1205, 0.7%)

15 なると 12 して, なって 11 しても, なる 6 何の, 思って 5 する, 違いない 4 なつて, やって, 聞いて

3 [14件] いえば, すること, なった, なつた, 友達と, 如かずと, 思ひながら, 書いて, 燃えて, 物なし, 登って, 私の, 言って, 話して

2 [52件] あると, いった, おんぼしん, かえて, かれの, きまって, くるまって, くるんで, こたえた, するだえ, するには, するの, するん, する事, せよ此本, だつて, つくれるもの, つけても, なつたり, なりますと, なるの, なるん, なれば, や, やらうや, 之を, 今では, 代つて, 似て, 先づ心を, 十方の, 如何された, 彼らの, 払った, 持って, 教えて, 気焔を, 減って, 渡しました, 灯を, 物なかりき, 目を, 答へ, 言った, 話し合って, 説明した, 速めて, 遠ざかって, 開けて, 附いて, 難く霜, 驚いたか

1 [964件 抜粋] あがるを, あげて, あげようと, あそびが, あったこと, あったらよろしく, あつこ, あのう, あの時計屋, ある, あんじょうペテン, あんた独りで, あんなに逆上, あんまり出鱈目, いいたい言葉, いうが, いかう, いかない事情, いくもの, いたしましょう, いちぶし, いぢめ, いつたの, うしろへ, うなずいて, うら山, ぇわ, おつか, おもいそして, およびさいわい, お乳, お別れ, お前附い, お泊り宿, お種, お答えくだされ, お遊び, お金やる, かくれ場所, かく気, かけだしたので, かけるほか, かんじゃうぞ, がたがたふるへ, きいたんぢ, きけば, きっと心配, きまっとら, きめられないの, くずされるの, くだかれて, くだけるはず, くるまりコーラス, げろに, ここに, こっちの, こまかく話し, これは, こんどは, ご退屈, さう仰る, さしあたりこれから先, さっぱりそういう, さむら, されても, しくは, したいという, したためます, したところ, したまひ, しては, しますか, しようかナ, しろどう, しろ世人, しろ武士, し大, し歳時伏臘, じぶん, すがって, すっかり隠れ, すべき送別, するけれども, するもの, するんで, すれば, すんだと, せめてそれ, せよ父, そいから, そう嘲り笑われ, そこへ, そないむずかしい, その場面, その後邸内における, その時間, その松原, その系統, それが, それも, そんなこと, そんな山, そんな法律, たずねた, たのんだの, たのんで, だまされるもの, ちらばれ, つつみを, できごと, できること, できるよう, でんでん虫虫, とつて, どういう訳, どこかに, どんなこと, なさいます, なさるの, なさるん, なったね, なったら万屋和助, なった能動精神, なつちやつて貰つ, ならう, ならなきゃいけないと, なりこんど, なりました, なります, なり部數, なるかと, なるので, なるんで, なろうぞ, なんでそんな, なんで短兵急, なんなすつた, ぬけたり, ねたか, のべよという, はしりだしました, はねとばし一つ, ひとし, ひらくか, ふるまって, ぷすりとそれをつきとおしてしまうのであった, ほんの小さなきれ, またいずれ, まだお金, むかつて, めづらしくキレイ, もえ立つ炭火, もしもそ, もついち, ゃくと肉の, やっつけられないよ, やつた, やりとげること, やりますから, やれるの, よういして, よく似合, よも憎み, わかって, わかるじゃ, わしの, われて, イヤに, ウロウロしてた, ケチを, チョキンと, ニッコリ笑いなさった, バラ, パッと, ブラック, ムキになるなよ, 一しょには, 一つ注い, 一個の, 一度に, 一時の, 上げて, 上世において, 与ふる為め, 丘を, 中甲板, 久しく傳, 九十九頭を, 九関を, 予告した, 二人で, 二箇づつを用ゐたる, 云つた, 云つて, 云はれてる, 人々の, 人前に, 什麼そは, 今居るらしい, 今頃ようそんな, 会うの, 会ってから, 伴れ, 似た暗, 低く弱くなる, 体が, 何ち, 何で早, 何や, 何回と, 作って, 使ふ, 便利に, 僕には, 先生の, 光ちゃん一人丈夫そうに, 光子さんの, 入っても, 八丁堀の, 其の爭論, 其處にて, 写真ことづけたでしょ, 冷淡な, 出て, 出来上って, 分裂し, 列記し, 前夜の, 加わって, 劣らぬ道徳家, 助けられたと, 原っぱから, 去る, 及ばないという, 反抗的な, 取つと, 口が, 古エジプト人, 叱られるよ, 同じ, 名が, 向って, 吸つて貰は, 吾先き, 告白する, 呼びつけられるわけ, 問はれた, 四方から, 図画を, 坐って, 声を, 変化し, 外套を, 大きくなった, 大概二時か, 大薩摩やら, 夫が, 夫に, 失望する, 女の, 好い年, 如何で, 妻が, 始め後かけ, 嫌はれ, 孔が, 宜しく執成し, 客を, 密夫を, 寝ころんだ, 専門の, 對し, 小さいお, 小栗は, 少しお, 尻モチつい, 崩れる浪, 年が, 広まって, 座談會などで, 引き出させる権利, 張りも, 強きもの, 当って, 後始末を, 後醍醐天皇新田義貞に, 御報恩, 御馳走に, 徳川の, 心を, 心配させまい, 志薄く, 応射し出した, 忿懣し, 怒鳴ったり, 思いましたが, 思ったが, 思ったので, 急用が, 怨望の, 恋に, 悪いわ, 悲しみを, 惚れたよ, 惚れてるもん, 意見を, 憧れて, 成候は, 成立する, 我自ら之を, 手を, 手伝つて貰つてだ, 手桶の, 手紙おかきに, 手込に, 折れるもの, 拡がるあいだ, 持つて, 振り向きました, 捉つ, 捨て置かれしに, 接吻された, 放りつけた, 敏感の, 教室い這入っ, 数が, 文句は, 文藝春秋で, 新聞社では, 旗を, 明朝僕に, 時も, 普遍的な, 暮らして, 曰く班固, 書く, 木枕を, 本家の子達, 来たん, 東京で, 柔道用の, 柿色の, 格子を, 極っ, 横行し, 櫓を, 欲しいもの, 殿さまの, 気の, 氣に, 水上これ無, 永代橋に, 沙翁の, 治りかかって, 洗ひ, 活躍しおる, 流行らなくなって, 消えて, 深みへ, 済まんと, 渡しそれから, 渡しながら, 溢れて, 漢籍は, 火の手を, 為山氏は, 然るに勝氏, 焼けて, 燃えるよう, 燃える父伯爵, 燃ゆる, 片づけて, 片方には, 物も, 狂女染み, 王の, 生まれた家, 甲は, 申されました愛ちやん, 申しますと, 痩せおとろえて, 白じ, 白旗の, 相談し, 着て, 知られた少年, 砕けて, 祝つて進げたい, 私は, 空を, 立つたま, 笑うもん, 笑われてよ, 答えたものの, 答が, 糸を, 約束通り唐人が, 細い腕, 組んだ石, 綿貫の, 総決算, 編んで, 縫ったり, 習うたらええ, 考えたが, 考え事が, 耳つこ, 聞いた佐渡, 聞えはじめた, 肩なぞを, 育つて, 能く, 腹を, 致し候, 船や, 花を, 落ちついた低, 落胆しとった, 薄らいで, 蜜柑に, 行けそう, 行って, 術なく, 衰えて, 衰微の, 裾野を, 見えた, 見える細長い, 見せながら, 見つかると, 見捨てられて, 觸らう, 言いつける太宰, 言えば, 言つた, 言ひ, 言ひ切れない, 訊いて, 訊きました, 訓示ぐらいで, 診察した, 話したつてしようが, 認めて, 誰か, 調べて, 豈服順, 負ふ, 貰つた花で, 買って, 質入れし, 赤き筒袖, 起されたん, 足らない碁石, 蹴飛ばしたり, 身軽な, 軽躁惰弱の, 近所まで, 返事を, 追いつこうと, 追って, 送り出すもの, 逃げ出して, 逆らおうと, 逢って, 連れられて, 進化し, 進呈する, 過ぎなかつたの, 違いあれ, 違ひない, 遠ざかつて, 部落を, 都合が, 醗酵し, 針を, 長け給, 閑な, 限つた, 雄略を, 集めて, 雛吉か, 離籍の, 青柳の, 音楽が, 頼まう, 頼まれて, 頼んで, 顔を, 願ひました, 飛びだして, 飛出して, 食べ物を, 餞別に, 香取郡小見川町に, 馳けた玄徳らは, 駆け出した, 駆け登って, 駈けて, 駿州清見寺内に, 黒煙を

▼ んにも~ (1116, 0.6%)

28 知らずに 20 存じません 19 言は 18 ありません, 知りません 15 ありませんよ, 知らない 14 ならない 13 無い 11 ない, 知らないん 10 言はずに, 變つた 9 わかりません, 知らないと 8 ございません, 知りませんよ 7 氣が 6 ありませんね, ありやしません, 云は, 言ひません 5 ありませんが, わかりませんが, 云わなかった, 出來, 書いて, 無いの, 無かつ, 知りやしません

4 [11件] なかつた, なりません, 存じませんが, 引出せさ, 怖いこと, 知らないお, 知らないやう, 知らないよ, 見えなかつたの, 見えません, 言ひませんでした

3 [29件] あるわけ, しないで, すること, ないから, ないと, ないの, ならん, なるまい, 云へ, 出て, 分らない, 変ったこと, 得るところ, 持って, 持つて, 盜られた, 知っては, 知らず, 知らないで, 知らないの, 知らなかつたん, 知らねえよ, 知りませんが, 知りやしない, 考へずに, 聽きやしません, 見ません, 言ふこ, 訊かずに

2 [58件] あって, いない, いらないわ, いわずに, いわなかった, お民, して, せずに, なかった, なかつたやう, なかつた筈, ならないこと, ならないよ, ならないわ, ならぬ, なりませぬ, なりませんよ, わかりませんよ, 云ふ, 判りません, 御座いません, 惡い, 手に, 持たない, 持つては, 書いたらしまへんがな, 無い筈, 物音を, 申上げる, 知らず平次, 知らないから, 知らないが, 知らない秋山さん, 知らなかつたの, 知らねえだよ, 知らんよ, 知りやしませんよ, 知る筈, 知ろう筈, 穿いて, 答へ, 聽か, 聽きません, 見えない, 見えないけれど, 見えなかった, 見えなかったの, 見えなかつた, 見えなかつたん, 見えなくなった, 見たわけぢ, 見ませんが, 見ませんよ, 見當, 解つては, 言うな, 言や, 附いて

1 [562件 抜粋] あっしには, あつしには, あつた, ありは, ありませんから, ありませんでも, ありませんので, ありません久兵衞, ありません靜, ありゃしますまいよ, ありゃしません, ありゃしませんよ, ありやしませんよ, ある筈, いいこと, いうん, いたしませんが, いつて, いないこと, いはぬ, いひませんでしたが, いへなかつた, いらない, いらないん, いらぬ, いわないで, いわぬ, お尋ね致しませぬ, お残し, お隱, きかない, ございませんので, ございませんよ, ご存知ありません, されて, したわけ, しちゃ, しないこと, しないと, しない青黒い, しなかった昔, しなかつたの, しなくてよ, しませんよ, しません蛇, それから, それ丈けの, ちょっとき, ついてはを, つくる事, とみには, ないあの, ないお, ないけれど, ないじゃ, ないぢ, ないつて, ないので, ないのに, ないやう, ないよ, ない事, ない人間, ない伊萬里, ない傷痕, ない困つた, ない家, ない山, ない広々, ない研究室, ない處, なかつたため, なかつたと, なかつたらこの, なかつたらしい, なくこれ, なくした, なくなつた, なくひどい風, なくわけても, なく土藏, なく年季, なく眞鍮, なく裏二階, なさる事, なったガラス, ならないから, ならないからな, ならないが, ならないし, ならないつてこと, ならないつて言, ならないの, ならぬぞ, ならぬ予, ならねえ, ならねえが, ならねえよ, ならねえ結び目, ならんから, ならんが, ならんや, なりあしない, なりは, なりません八十歳, なりゃあ, なりゃあしません, なりゃしない, なりやしません, なりやせんや, なるまいが, なれへん, なんにも, ねえですよ, ねだらずに, ひとつふん, ほかの, もう止しなさい, もたなん, やつた, やりませんよ, よいお, わからず, わからず平次, わからない, わからないの, わからない兎, わからねえで, わかりません宵, わかるわけ, わかる道理, ゐない, スパイ団の, ドアの, 一しよ, 一つも, 一度見, 一應丁寧に, 三輪車買う, 不用ない, 不足は, 与えなくなった時, 云う事, 云って, 云はずに, 云はず手を, 云ひませんでした, 云わずに, 云わない, 云わないで, 云わぬ, 云わぬが, 云わねえ行って, 云わん心算, 今如何, 仕事が, 仕事なんぞ, 付いて, 仰しやらずに, 仰しやらなかつたといふの, 仰しやりは, 仰つし, 何でもお, 來ない, 係はりの, 信じない, 入つて, 出すぜ, 出ない, 出ないから, 出ないと, 出なかつた, 出なかつたら思ふ存分, 出来て, 出来やしねえ, 出来ん者, 分からない国, 分ったこと, 分らなかつたん, 刈るもの, 初對面, 判らないが, 判りませんが, 劣らざりき, 動かしては, 包まず埃, 半蔵にも, 危い, 卷いては, 及ばれましたと, 口出しを, 召しあがらないらしいのよ, 召し上らなかつたやう, 含んで, 呑まなかつた筈, 周旋料を, 嗅ぎ出したわけぢ, 困りませんの, 変った事, 太政官呼ん, 失望した, 奪られた, 嬉しいこと, 存じませぬで親, 存じませぬと, 存じませんで, 學ばずに, 容易に, 居ないから, 工合ええ, 店座敷に, 引出せそう, 引出せません, 彫んでないところ, 彼等の, 御存じありません, 御存じぢや, 御存じない, 御存じなかつた, 御座いませんが, 御座いませんでも, 御心配, 心配いたし, 心配する, 思い置く事, 思はなかつた, 思ひ出せないくら, 思ひ殘, 怨まれる覺, 怨んでは, 恐れませんね, 恥る, 悪いこと, 感じられないの, 手を, 手下と, 手出しが, 手繰れさ, 持とうとは, 捺しては, 掛けずに, 掛り合, 掴めません, 掴んだもの, 掴んだわけぢ, 掴んで, 教へ, 文学上の, 書いちや, 書いてない白紙, 書いては, 書くこと, 本船へ, 来ないかつて, 楽み, 欲しくない, 欲しくねエ, 歩かないで, 残さずあとかた, 残されないで, 残らなくてこそ, 母子二人切りの, 気がつかずに, 気を, 気付かないうち, 気付かれずに, 求めずに, 注意を, 無いあの, 無いから, 無いが, 無いよう, 無いん, 無い伊万里, 無い引き, 無い恐ろしい毒, 無い所, 無い盲目二疊, 無い貧し氣, 無くひどい風, 無く僅か, 無く口, 無く家, 無く毒, 無しこんな, 片付けられて, 現はさ, 申しませんが, 申し上げること, 當りました, 百千道の, 盜まれなかつた, 盜む隙も, 盜られなかつた, 目立つたもの, 眼に, 着けて, 着て, 知つ, 知つては, 知つてる, 知つてゐる, 知らされなかった, 知らずこんな, 知らずそれ, 知らずた, 知らずにを, 知らず今朝民, 知らず同じ, 知らず唯, 知らず夢中, 知らず奧, 知らず富籤, 知らず小, 知らず懷ろ子, 知らず最後, 知らず近所附合, 知らせて, 知らせないで, 知らないお前, 知らないくせ, 知らないさ, 知らないし, 知らないぜ, 知らないそう, 知らないでは, 知らないという, 知らないのに, 知らないもの, 知らないもん, 知らないよう, 知らないらしいし, 知らないわけ, 知らないんで, 知らない亭主, 知らない彼女, 知らない田舎者, 知らない百姓, 知らない私, 知らない空々寂々, 知らない若い, 知らない迷信, 知らなかったが, 知らなかったと, 知らなかったので, 知らなかったん, 知らなかつたこと, 知らなかつたで, 知らなかつたといふ, 知らなかつたといふだけの, 知らなかつたらしいから, 知らなかつた樣子, 知らなかつた相, 知らぬ, 知らぬの, 知らぬ家人, 知らぬ年始, 知らぬ第三者, 知らぬ転がさうよ, 知らねえ, 知らねえが, 知らねえだが, 知らねえもの, 知らねえワ, 知らねエよ, 知りましねエよ, 知りませんがね, 知りませんでした, 知りませんでしたが, 知りませんでは, 知りません内緒事, 知りません昨夜, 知りや, 知りやしませんが, 知りやしません出戻り, 知るまい, 知るわけ, 私が, 私に, 私は, 私怖く, 立たないん, 第一杵太郎, 縋るべきもの, 考えなし, 考えは, 考へちや, 考へて, 考へない, 聞いて, 聞えない, 聞えないが, 聞えるもの, 聞かなかつた, 聞かなかつたの, 聞きとれなかったよう, 聞きませんよ, 聞くべき便宜, 聞く必要, 聞こえない, 聞こえなくなった, 聞こえませんが, 聴えず, 聴かずに, 聴かなかった方, 聴きませんが, 聴きませんもっとも, 聴こえないのに, 芙蓉にも, 苦労は, 落せしま, 西瓜を, 要らないが, 要らないの, 要らぬ身, 見えず, 見えないに, 見えないの, 見えない処, 見えない真昼, 見えない背中, 見えなかつたさ, 見えなかつたと, 見えなかつたといふよ, 見えなくな, 見えなくなって, 見えねえサツ, 見えませんでございます, 見えませんでしたが, 見えやしねえ, 見えやしません, 見たくない, 見ないで, 見なかったよう, 見なかつたぞ, 見やしませんよ, 見付からないから, 見當ら, 見覚えが, 親の, 解かっても, 解らないが, 解らないの, 解りません, 解りませんが, 解りませんよ, 触れさせないやう, 言いあわずに, 言うこと, 言うまいと, 言はず, 言はずにを, 言はず調布の, 言ひたくなき, 言ふ, 言わさずに, 言わず平吉, 言わず急, 言わず母, 言わず静か, 言わず黙りこくって, 言わない, 言わないで, 言わなかったと, 訊かないで, 訊かない方, 訊かねえが, 訊かんと, 訊くこと, 話が, 話して, 話しやしません, 話は, 語るべき材料, 讀み取りやう, 買はんきめが, 貼らず大急ぎ, 賭けなきや, 起らないと, 起らなかつた, 送って, 途中武田勢の, 道具は, 遺言は, 釣れなかつたと, 附いては, 限らないと, 隱され, 隱す, 頂けませんが, 頓着せん, 頼まねえ, 飛出さないの, 飛出しやしない, 食いたくねえも, 食えなくなったら黙って, 食べない胃, 食べられは, 食わないん, 鼻先で

▼ んという~ (918, 0.5%)

38 のは 25 ような 21 ことは 19 のが 16 ことだ 14 のだ 11 ことも 10 ことを 9 ことに, のか, 事も 8 不思議な, 事は 7 ことなし, のです, んだ, 考えを, 音が 6 のである 5 ことが, ことで, 人が 4 ことです, のを, わけだ, わけで, 大きな音, 奴は, 音は

3 [18件] ことだろう, それは, ので, のなら, ものあり, ように, んじゃ, 事だ, 事に, 人は, 仕合せな, 名前の, 子の, 法は, 理由も, 言葉が, 音を, 風に

2 [47件] こと, ことである, ことでした, ことな, ことなく, これは, ところから, ところの, のかい, のかね, のじゃ, のであります, のであろう, のに, のも, ものあれ, ものだ, ものなく, ものを, やつで, んです, 不愛想, 事を, 人も, 先覚者の, 名の, 声が, 変な, 嫌な, 子が, 子は, 意味だ, 所だ, 構えだ, 法が, 無礼な, 理屈は, 立派な, 考えから, 考えが, 考えで, 説, 説が, 返事, 返事である, 顔で, 風の

1 [489件] あたくし, あたりこの, あなたの, ありさ, いとしい娘さん, うなりとともに, おいしいもの, お偉い, お叱りです, お心, お方でございました, お方の, お約束, お達しで, かたいやく, きまりも, きりで, けたたましいベル, こいつは, こった, こっちゃない, ことさ, ことしか, ことじゃ, ことぞ, ことだけ, ことだつた, ことでありました, ことでし, ことなどは, ことをな, この欲望, しみったれた芸当, しるしに, すばらしい豪壮さ, そぐわない優しい声, そんな義理, ただ一人の, たと, つぶやきが, つまらねえ事, つまり戒律, つもりから, ときが, ところに, ところは, とって, とる, にぶい小, のかと, のかな, のだけが, のだった, のだろう, のでございます, のでない, のとは, のはね, のや, のよ, のんきな, はずが, はずの, ひとである, ふうで, ふうに, まことに有り, まだ埋められてない, ものか, ものが, もので, ものであった, ものは, ような有り得べからざる, わからない娘, わけか, わけです, わけな, わけは, わけや, わけよ, わびしさ, んだろ, ゾッコン打ちこんだ, ハきまりものなり, フンマンでも, ミから, 一人, 一味の, 一念を, 一片の, 三角対峙, 下女であった, 下手だろう, 下等な, 不可解の, 不安までが, 不完全な, 不幸せの, 不心得の, 不思議だろう, 不思議でございましょう, 不断からの, 不甲斐, 不覚な, 不調法を, 不運の, 主義だ, 主義であった, 事が, 事だい君が, 事であった, 事でしょう, 事です, 事なし, 事まで, 二十五に, 二心が, 人です, 人を, 人物が, 人間では, 人間の, 仕事は, 仕儀に, 仲の, 企を, 企謀を, 位に, 使命を, 侍臣三輪文屋君の, 供述を, 信じられない光景, 信念を, 健康な, 僕と, 僥倖宮家は, 冷淡な, 凶悪の, 出鱈目だ, 出鼻の, 前触れである, 力強い宣言, 動物です, 勘定が, 千鶴子の, 卑怯だ, 卑怯な, 即答で, 原始的の, 厭らしい, 厳重な, 反省が, 取引を, 古めかしい事, 句です, 可憐な, 名, 名であった, 名前, 名前でしょう, 名目が, 名高い花魁, 向うの, 呆れた態, 周章てた振舞, 命令を, 問題じゃ, 喜びだろう, 喧しい後見人, 嗜みの, 噂が, 因果な, 固いもの, 国は, 国産の, 地響と, 地響とともに, 坊主だろう, 垣を, 場合に, 場合之を, 境涯に, 壮麗さだろう, 声を, 変りようでしょう, 外ない, 大きな水音, 大爆発, 大行動, 天道様の, 失敬な, 失礼でございましょう, 失礼な, 奇妙な, 奇怪さだろう, 奇怪な, 奇習が, 奇観, 奇観でしょう, 奇蹟, 女が, 女で, 女の, 女性は, 奴らが, 奴等だ, 好みでしょう, 好運であったろう, 妄説は, 姉の, 始末だ, 姓名を, 娘の, 娘を, 婆も, 子も, 子役が, 孤独, 宝石か, 実にこれ偉大, 実に厄介, 実に宿命的, 実に色気, 宣誓を, 家だ, 富者に, 対照だろう, 小さい村, 小さなおばさん, 小判の, 少女と, 屋台店の, 希望だけでも, 希望よりも, 平和な, 年増の, 年増芸者が, 幸運でしょう, 彼と, 待遠しさ, 律義者だ, 後援者が, 得心が, 御好意, 御心, 御意の, 御諚, 御返事で, 御返事な, 心である, 心持から, 必要は, 忌わしくも, 忠告の, 思い設けぬ運命, 思し召しから, 思し召しであった, 思想だ, 思慮が, 怠慢, 性質の, 恐ろしいこと, 恐ろしい死骸, 恐ろしい道, 悪い口, 悲しいお, 情ないこと, 想像の, 想像のみ, 愉快な, 意味が, 意味では, 意味の, 意味を, 意思を, 意気ごみでした, 意気を, 意見で, 意見な, 意見を, 愚かな, 感じを, 慈しみの, 慈愛, 態だ, 慰め歓びであったろう, 憎むべき蠱惑, 戦法だろう, 所でございます, 所存か, 投書が, 抗議を, 挨拶が, 挨拶であった, 振舞が, 操の, 故蘆原, 料理人が, 新聞記事などを, 方が, 方です, 方な, 方に, 旋毛の, 早熟た, 明けッ放し, 時に, 時は, 時振り返りたる, 時鳥の, 智識的の, 暖かい喜び, 暮しの, 有様, 有様だ, 望みが, 木は, 柄じゃ, 楽しい遊び, 構えでありました, 次第で, 母と, 気が, 気の, 気も, 気持ちの, 気持で, 気持の, 気持も, 気運が, 気風が, 沼な, 法も, 法律は, 注文, 洒落た助, 洒落は, 流儀の, 浅ましいこと, 浅ましい風体, 淫らな, 深刻な, 渇望, 潔白を, 点に, 点は, 無慈悲な, 無残な, 爆発的な, 爆裂音と, 状態から, 理屈に, 理由を, 理窟は, 男らしい人, 画策を, 畜生共だ, 疑いも, 痛快な, 痴事, 癖が, 真似の, 真面目な, 矛盾した, 矛盾でしょう, 破れかぶれの, 神の, 禁令が, 程度の, 程惚れた, 穢き振る舞い, 筈は, 答えが, 答を, 簡単な, 約束の, 約束を, 素敵な, 素晴らしい教訓, 素樸な呼び, 素裸捨身の, 細やかで, 経験の, 結構な, 結論までにゃ, 纏まったもの, 置手紙を, 羅馬法王の, 美しい幻覚, 美しい淋しい名, 美しい絵, 美声でしょう, 美女の, 義務が, 羽の, 老人が, 考えと, 考えは, 考えも, 考で, 考である, 者あり, 者あるべし, 者を, 者七蔵と, 肚が, 肚な, 肚に, 脂肪の, 脱けた自分, 腑抜けの, 腑甲斐な, 臆病な, 自営心をも, 自然作用です, 自由とは, 良心の, 芝居に, 花でござる, 芸者が, 苦患に, 蛇だ, 血相で, 行儀だ, 衛生的食道楽も, 表情で, 要害の, 見下げた性根, 親不孝者であろう, 言葉は, 言葉も, 言葉を, 計画で, 訳, 訳で, 訳には, 訳は, 診断, 話, 話だ, 誓言を, 語も, 調った輪廓, 貧しさ, 貴方は, 貼出し, 赤誠が, 足どりでは, 辻占売り, 返事だ, 返事であった, 返事です, 返答でし, 返答でした, 連中も, 運命の, 道具を, 道理に, 違いであろう, 野心から, 野暮だろう, 金を, 金属性の, 金高の, 鉄の, 閑文字が, 阿呆かのう参右衛門は, 随分不人情, 雄志大略の, 音とともに, 音の, 響と共に, 頑固な, 顔つきで, 顔であろう, 顔を, 顔色ぐッと, 風が, 風で, 風情で, 飽くこと, 飾り道具を, 馬鹿でしょう, 馬鹿馬鹿しい事, 馬鹿馬鹿しい忍術, 騒々しいいや, 高い唸り音, 魅惑的な

▼ ん~ (913, 0.5%)

43 何べ 15 なんべ 9 眼を, 頭を 8 繰り返して 6 知るべからず 5 ない, 来て, 知れず 4 お母さんから, お父さんから, 行ったり 3 うるさければ, 出たり, 斗り, 測りがたし, 繰りかえして, 聞いた, 読み直して, 通ったり, 鬼っ

2 [56件] ある, あるもの, あるもん, いるよう, うい, おれが, おれの, お民, お辞儀を, お鎌, かけて, くだ, ここに, しねえど, すの, そこへ, そは, それを, だん, できない, どこかで, ないよ, なくて, りつあらあたる, 何か, 作つて御覧な, 倒れては, 傾けて, 助けようと, 反響し, 古い葉, 同じ所, 吐きちらした, 噴火しました, 女の, 家の, 巻いて, 年を, 往復し, 我は, 文句を, 橋のて, 水を, 無い, 父の, 甘えか, 目を, 眼鏡を, 知らずい, 繰返して, 裏の, 見た, 親分の, 詮なし, 読み返して, 雪が

1 [657件 抜粋] あえて差支えなく, あが, あしかるべし, あたしも, あたりを, あった, あったと, あって, あつた, あの勤め, ありません, ありませんけれども, ありゃしない, あるが, あるきました, ある折, あんたと, あんな健康, あゝならなけり, いい出したの, いうよう, いかが行きつかん, いくぶんか, いた, いだかずむこうがわ, いったから, いって, いと無礼, いない男四人, いました, いらっしゃい, うしろめたし何, うなずいた, うなずきながら, うなづく, おいて, おいでよ, おかしいし, おかしからねばとて, おくれて, おない, おなじな, おびえ手足, おまへと, おまん, およみ, おれに, お前も, お参詣, お可哀, お帰り, お座敷の, お父さんに, お礼を, お見せ, お辞儀した, かいて, かくやとばかりに, かれは, かんぱんの, きいたし, きき, きまりが, きれを, くらくなり, くりかえして, ぐるぐるまわっ, けったいなし, こするやう, この小川, この神様, この節, これには, これに対しては, これまた, これを, こんこん下げました, こんなにふとつたかげ, ごまかす隙, さすがなり, さつきから, さつと顔, しないで, しねえで怒られちや, しれずという, すすめて, すでに七十八歳, すでに六十五歳, そう思っ, そこから, そこに, その, そのいまだ, そのこと, その偶, その工場, その後を, その性質, その時分, その朝, その氣, その部屋, その集中点, そも亦, それから誰, それが, それで, たうとう, ただただもう感じ, ただ相, ついて, つかなかったが, つづけて, できあがった茶わん, ですか, でたらめを, では行きませう, とかくそちこ, とって, とどめない眼, どんどんお, どんなに心配, ないお前, ないが, ないじゃ, ないね, ない事, ない昨夜, なかつた, なくむしろコンコン, なく明るい, なく棚, なく現れ, なさらないで, なって, ならへん, のぼると, はあね, はいったからとて, はっと思った, はやと, ばらが, びつくりし, ふと往来, ふりかえって, ぶっつけた所, ほかに, ほかの, ほんとにうち, またあて, また倉田, また姨, まだ学校, まだ来, みんな姉ちゃんの, もう十六, もう帰らない, もつと, やったの, やった亀菊さん, やっと昨日, やりました, やり直させられた, やり直しを, ゆすったが, ゆるがずなんと, ようく, よくよく苦しい, われいかで, ゐて, ゐなかつたら小父さん, キッコさんは, シュバちやんも, タンと, ツバを, トランクを, ナイフで, マリ子しゃ, マンを, ライターを, 一つは, 一人で, 一応私, 一思いに, 一緒だ, 一緒に, 丁度帰つて入らつした, 上げずお, 上つて來た, 上んなさい, 下りて, 不思議とは, 不明なり, 云うたが, 云って, 云ふんです, 亦計るべからず, 亦駈け出しました, 人真似を, 今ここに, 今は, 今一緒, 今云つた通り僕, 今日において, 仕合せだ, 他出した, 仙十郎と, 仲, 会社へ, 何うし, 何となくめめしく, 何ん, 余は, 例の, 修繕し, 偉う高え, 催促され, 僕たちと, 兄ちやんも, 先週會ひ, 党は, 入らなかったん, 内心持て余し, 冷めたい手, 刀かけの, 切出しましたが, 初代圓生の, 別してご, 力を, 動いて, 勘当の, 半蔵の, 半蔵夫婦の, 危ぶなげ, 厚くお礼, 去ぬの, 又必ずや, 口の, 口惜しこ, 可愛くなつ, 可愛相ね, 同じく心配, 同じこと, 同じところ, 吹いて, 吾豈, 呼んで, 唯だ, 唱えて, 唱えるよう, 嗅いで, 嘗て自分, 四へんも, 回は, 囲炉裏ばた, 図られませぬ次第, 国民は, 地元の, 坊さんも, 塩梅が, 夢中で立ちあがつた, 大きく息, 大きく成つた, 大きな木, 大け, 大へん, 夫の, 奈良やった, 女房の, 好からぬ, 如何なるを以てか, 姥神さまの, 婆やに, 嬉し泣きに, 学校へ, 孫たちを, 宜しいかに, 実はその, 家へ, 寄つてみた, 寒いのに, 寝が, 寝返りを, 寢返り, 小さくなり, 小ッちや, 尤もです, 就中われに, 居たの, 島と, 已むを, 帰つて来ない, 幸に, 底へ, 弟の, 弾かされましたつけ, 彼の, 彼は, 彼君の, 往復しました, 後を, 御丈夫, 御入用, 御承知, 心の, 必らず, 念を, 念押し, 息が, 悲しまれました, 惡い, 成るも, 或はこれ, 戦後だ, 手や, 手を, 手拭で, 承りて, 承諾した, 拙し少し, 招いた, 振りいそいそ, 振り返りながら, 描く情熱, 救は, 数えて, 文太郎が, 旅に, 日が, 日本の, 早く大きくな, 早苗さんも, 明日から, 春三郎も, 昨日あたりから, 晩からず, 書いては, 書きだしたの, 最うこれ, 最う其, 最早濟, 本意なし, 杖を, 来たの, 来たん, 来ない, 来るツ, 板で, 枉げて, 果して重盛, 栄蔵と, 栄蔵に, 案外気, 楢夫の, 欲しいの, 歌ひました, 止めさせようと, 歩きま, 歩きまわってから, 残って, 残らずお, 殺されかけたの, 氣を, 求婚しました, 汚らわしい思いまし, 決して想像, 泳いで, 洋服が, 海岸へ, 海水を, 涙が, 渡航を, 滝にか, 漁夫より, 潜つたといふ, 火傷した, 無くまた, 無けれど, 無理は, 無益し, 熱い湯, 爾後予の, 片方の, 物憂かるべく, 理窟らしい, 甘い考, 生きて, 申しあげたもの, 申し上げたよう, 画いた事, 畫いた事あ, 白糸で, 目に, 盲目よく, 相変らず, 相當, 相鬪, 知ってるよ, 知つ, 知らず, 知らずと, 知らんと, 知るべから, 知れずと, 知れず怪しから, 知れず行路, 知れぬ, 知れねば, 礼を, 神護寺の, 私には, 私の, 私も, 稍後れ, 稍目に, 空中へ, 笑い出した, 笑った, 筆者が, 細い身, 紹介に, 終に必ず大, 縁組みし, 繰り返しながら, 繰り返し繰り返ししゃべって, 繰り返し繰り返し試みた, 罪な死に, 考へた, 耳に, 聞いて, 聞かずに, 聞きほれて, 聴いて, 肱で, 胸くそ悪し, 能く, 自分の, 自分は, 芝居の, 花が, 落すよう, 落第しました, 蓉子姉ちやんも, 薄々それ, 行きました, 行ったけれども, 行って, 行つた, 襖の, 要な, 見せられましたがね, 見たこと, 見たぞ, 見たって, 見まわした, 見ること, 見受けられなかつたといふ, 覗き込みながら, 言いたい事, 言う, 言うよう, 計られずと, 計られずとのみ, 計られねど, 話しと, 誓ひ, 語氣より, 読むこと, 読んでは, 誰か, 警察に, 讀んだ黄表紙, 谷へ, 起らなかつた, 起伏を, 足を, 転んだこと, 迎えに, 這ひ, 通って, 遊びに, 道理じゃ, 重ねたらルオー, 金茶も, 鏡へ, 長い手紙, 閑スケが, 間には, 間誤つき, 降りたの, 随分幼稚, 雉子も, 雲に, 青木さんも, 頑固だ, 頭ばかり, 食べないの, 飲むん, 馬鹿, 高座の

▼ んので~ (899, 0.5%)

34 ございます 12 した 10 ございますから 7 私が 5 ございますよ, それを, 私は 4 ございますが, わたくしも 3 ございますけれど, ござります, してね, せう, どうした, へえ, わたくしは, 困ります, 小林君は, 私の

2 [39件] あつた, おかめ, お札を, これは, ございますか, ござりました, したが, して, すぐさま御, そこから, それが, た, ただ私, どこか, はたで, ひとりの, まことに困り切ります, スタンレーは, 一人で, 中には, 今まで, 仕方なく, 仕方なし, 何か, 何も, 先方に, 全く敵, 大抵の, 寄り寄りその, 手を, 村の, 村人達は, 止むを, 私たちは, 私に, 腹を, 詰り潔く, 默つて弟の, 黙って

1 [705件 抜粋] あくる日は, あたりを, あなたの, あなたを, あの方々, あの日, あの物置, ありました, ある朝, いいなさったの, いくら観察, いづれ後程, いま研究中な, いやとにかく, いよいよ老耄, いろ, いわば彼, うれしゅうございます, おいと, おとうさんに, おとどまりなさいませ, お供の, お前の, お天気, お孃樣, お寺へ, お忙, お手伝いでも, お母様が, お畄守, お神さん, お習字, お花, お訪ね, お通夜も, お邸, お金を, お険, かまわずアレコレ, かように, きいて, きのうも, きめんじょうと, くさりである, くわしいこと, げすが, ここに, こっそりと, この人, この廓, この本, この機会, この見渡す, これからずっと煙硝庫, これが, こんなお, こんなの, こんなみょう, こんな難儀, こン, ございますけれども, ございますもの, ござりまする, ござんす, ごはんを, さう, さてはと, しかし根, しかも私, しきり, したので, してねえ, しばらくは, しばらく迷った, しまいには, しよう, しようね, じっと見, じつに厭, じつはご覧, すぐ立ちあがっ, すっかり安心, せうか, せうな, せっかくそこ, そういうところ, そこに, そこを, そっと奥, そのうち, そのとき, そのところ, そのま, そのままつり, そのまま通りすぎよう, その人々, その人数, その場, その夕方, その座談會, その悪, その手段, その港町, その点, その眉根, その辺, その間から, その馬, それからわたし, それで歯癢, それで高く, それ自体としては, そんなへん, そんな囈言, そんな時, たいへん恨まれた, ただこうした, ただ今は, ただ悪い悪い, ちょっと道草, つい, つい巡査さん, つい目鏡, つきとめては, とう, とうとうしまいに新宿駅, とても叔父さま, とても死ぬ, とりあえず帰り, どういう風, どういった, どうかと, どうか去年あたり嫁, どうしよう, どうする, どうするだろう, どうも自分, どうも観念, どこが, どこと, どこへ, どんな用, なくっちゃ, なんだか不安心, なんとも申し上げかねます, にせものと, はい, はいいずれ, はぶいて, びっくりし, ふたりは, ふだんなら, ふと寫眞, ぶくりん, ぶしつけながら, まあもう少し辛抱, まあ小遣い取り, まあ紛失物, まことに面倒, まず第, また二階, また勇, まったく食っ, まるで墨汁, まんなかへ, むだです, むなしく残り, もうまったくの, もう少々御, もしも帰り, もどかしさ, やがてみんな, やはり日本, やみの, やむを得ず眼, よくは, よくわかりません, よんどころなくそのまま, ろくなお話, わかりませんが, わざと家, わたくしども贅沢は, わたしが, われわれには, われわれ両名が, エエ腹立つ, カギは, ザンキいたし, ジェンナーは, ステトスコープも, ッしょう, トテモお, ハッキリした, ハテどこ, ヘエ, ベソを, ホッと, ホムダの, ボンヤリ隣席の, マタンは, レンズの, 一つ皆さんで, 一同妙に, 一寸その, 一応試験, 一応長井, 一時は, 一筆かんた, 七つ道具の, 三郎は, 下に, 世人は, 世間の, 中に, 中国では, 主人の, 二三日間の, 二日ばかり, 五日の, 人の, 人夫に, 今すぐ, 今年の, 今度は, 今日は, 今日拜み, 今言った, 今迄, 仕事も, 仕方無しに, 他日に, 仙臺まで, 代りに, 会社の, 伯父の, 伺う道理, 体中が, 何う, 何かしら, 何かしら患者を, 何が, 何だか気味が悪い, 何でも, 何の, 何分あの, 何卒し, 信ちやんを, 俺は, 僕は, 僕も, 元の, 先づき, 先刻から, 兎に, 兎も, 全く別々, 全く私, 全然そうでない, 全身の, 八五郎は, 六ヶ敷と, 兵隊に, 其の年, 内の, 内実は, 再三辞退, 凡てを, 出ちまった, 別々に, 別段あと, 助けに, 勤務中坑内仮寝, 卻つてし, 去年僕が, 又一本, 取敢, 叡山の, 只今の, 只今船の, 可けも, 右門を, 同行の, 君が, 呆れて, 唯驚い, 困りました, 困りますわ, 困るん, 国中の, 土地の, 外出着には, 夜に, 夜分に, 大きなあくび, 大使館の, 大勢で, 大夫が, 大變, 天子さまは, 太田さんは, 夫婦の, 女子衆に, 女達は, 好意を, 妾は, 姿を, 娘にも, 娘を, 嫌々腰, 実に困っ, 実に困る, 実は主人, 実は事, 実は固く, 実例の, 実際吾, 家来達は, 容貌や, 宿屋へは, 寂しくて, 寝しなに, 寧ろ徹底, 小僧が, 小者が, 少し焦れ出し, 尚書の, 屈託げに, 山人とともに, 山村の, 左翼を, 已むを, 帝位に, 師匠の, 年號を, 幸いに, 幸一君は, 床に, 庫裏の, 引かれるまま, 引越しする, 弟の, 彼の, 彼も, 後々の, 後年の, 後藤氏も, 御座います, 御座いますか, 御座いますとも, 御座いますよ, 御殿の, 御殿を, 御滿足, 御立腹, 御驚き, 必竟ずるに, 忘れられたかのう, 応対に, 念の, 思ひ切つて申, 思わず眼, 急に, 怪み, 患者の, 意趣を, 慥か何時ぞや三田, 成ろう事, 或は重複, 手こずりました, 手で, 手帳に, 手紙で, 持て余して, 指で, 指の, 探検隊は, 控えて, 故人の, 料理人に, 方々を, 日は, 日曜日だけ, 早く大戸, 早川さんに, 明智の, 時々聞い, 普通の, 書くこと, 本の, 本題に, 栄吉の, 根エ掘り, 桑野君に, 梨売重助も, 極く, 極りが, 極難所, 次第に憂ひ, 次郎が, 正ちゃんには, 死骸は, 殆ど絵を, 残念です, 残念ながら, 母もかの, 毎日二三服の, 毎日退屈で, 気持が, 水が, 決して我意, 汽車の, 温度を, 火の番の, 為朝も, 無理やりに, 無論来, 爺さん牛は, 特にお, 玉村君は, 珍重され, 甚だ当惑, 申しました, 畜養員と, 異議申請を, 病気なれ, 病氣なれ, 発狂者には, 百姓は, 盗んだ品物, 直ぐには, 相変らず, 相手欲し, 相談によって, 省略し, 短く簡単, 研究目的は, 私どもは, 私ども困っ, 私共も, 私自身も, 稍失望した, 空腹で, 立ち帰りました, 糊を, 紅茶だけ, 経験が, 給金を, 総監も, 義通は, 翁も, 翌日町の, 胸では, 脱衣場は, 自分は, 自殺らしい, 至極ぼんやり, 致方ございません, 草葉で, 蛸漁の, 蟒は, 表は, 袖が, 見当を, 親仁殿は, 親戚の, 誠にどうも, 誠に当惑, 誠に申し兼ねました, 諸方へ, 警官たちも, 警察でも, 貴方は, 赤松家の, 趣向した, 足音が, 車掌と, 近くまた, 近頃は, 途中で, 途方に, 連れて, 遂に照, 遠眼鏡に, 酷く手持, 重ね重ね勿体ない, 鏡は, 長州征伐の, 閉塞装置に, 間も, 障子を, 雨が, 電話を, 頂上へ, 須山中尉殿の, 食い殺されること, 駄目である, 騒ぎだしたわけ, 高徳の, 麻布の, 黙っとるだけじゃ

▼ ん~ (855, 0.5%)

34 して 12 つれて 10 かぶって, 見すまして, 連れて 9 伴れ, 見て 5 しない, 呼んで, 恐れて, 抱いて, 欲す, 頭から 4 かけて, すると, もって, 着て 3 しいて, した, しては, しました, するため, のぼって, 何故ぶつ, 擲かせ, 相手に, 開いて

2 [49件] あがって, おりると, きかせて, しかせて, しないで, しないよう, つけて, どうかし, どうする, ぬつて, はねのけて, ゑゝ厭や, 一目見, 上がって, 中心に, 信じて, 助けて, 包んで, 呼びまへう, 呼んだ, 恐る, 捉まえ, 救つてあげ, 敷いて, 日比伯林の, 植えて, 欲すれ, 殺したの, 江戸に, 無理に, 爲せる, 目見えに, 聞いて, 膝の, 見あげた妻女, 見かけるたび, 見せて, 見た, 見た事, 見つけて, 見に, 見舞ったの, 言い合ったり, 許し給, 負つて, 追かけ, 選み, 邪道に, 魔道に

1 [587件 抜粋] あざむいて, あそばして, あちこちに, あやしながら, いく枚も, いたしませんよう, いただいて, いつたり, いとしいと, うしろへ, うつちやらかしたま, うつと, おきながら, おくるの, おこすの, おしえて, おした, おしのけて, おそる, おとすわよ, おなじ学校, おも, おりたところ, おりたり, おりて, おりれば, おんぶし, お受け, お坊さん, お嫁さん, お母さんの, お渡し, お負, お通さん, かけあがって, かけた男の子, かける様, かけダンテ, かさねたよう, かざる家, かたく抱い, かっきり膝, かぶった, かぶりました, かぶるよう, かむつて了つた, かむりました, かりて, きちんとご, きめたん, きめるまでに, くれと, くれますか, けたおしたまま, けなしつけた, こされたま, こしらえて, ことさら瓦斯, この国, ころがるやう, こんなに泣かし, さぐれよ, さぐれよと, さげて, さしあげて, させその, させた, させ給銀, さらつて此處から, さわがした透明怪人, さわがせた透明怪人, さわがせて, しくくすりびん, したいと, したちょうど, したの, したもの, したよう, したらとんでも, した方, した話, しちゃあ, しても, しないでは, しないの, しないほう, しないん, しなかった, しましたそして, しらべ出したん, じろりと見, するから, するん, する人足, する時, せり上げて, そこに, そこまで, そのままに, その代り, そんなところ, そんなにした, たてて, たのみそれから, たのむ, たのむしか, たべて, ちやんと, ぢさんが, つかまへて, つかまへると, つくる木, つく計略, つねって, とびおり大, ともしに, とらえて, とるため, どうかする, ないしょに, なおして, なさい, なさいますな, なさらないの, なされたらし, なされては, なだめたり, なだめて, なめより, ぬきはなって, のべて, のべられましたが, はいたパヴロア, はじく, はじくと, はじめた, はじめよめ, はじめ一日の, はじめ半蔵夫婦よめ, はじめ妻の, はじめ宗太夫婦に, はじめ清助から, はなちました, はなれないフョードル・チモフェーイチ, はねのけたので, はねのけるの, はらします所存, ば願は, ひいて, ひきかぶって, ひきつけて, ひきはがして, ひっかぶって, ひッ, ふせぎました, ふりかへ, ぶたしゃんす, ほすの, ほんたう, まきつけて, また三メートル, まもること, みすまして, みな神の, みんなそこの, みんなで, めくつて, めぐらして, もとめたの, もらう式, やったの, やって, やってけ, やめて, やりだした, ゆかの, よろこばすか, よんだ, よんで, りいと, りの, りは, わたくしどもが, ゑゑ厭や, スッポリかぶっ, ソッと, トントントンと, ハダカに, ハラ, ハラハラさせ, パッと, 一ツ頬張ったる, 一体何うしよう, 一度抱い, 丈夫志有り, 上って, 上へ, 上草履で, 両手に, 二つ取っ, 二反買う, 二枚かさねた, 二百ポンドに, 云って, 云つた, 人も, 人質に, 今の, 介抱し, 仕よう, 仰っしゃったりしまして, 仰っしゃっちゃいけません, 仰っしゃってはいけませんぜ, 企てたる段不埒, 何を, 作りながら, 使嗾ける, 信用し, 借りて, 倹約した, 傍から, 傍へ, 先夫の, 入れ, 六三此金に, 共に死, 凝視て, 出して, 出て, 刎ね, 利用し, 割るの, 創ること, 加へて, 勝手に, 勧めて, 十の, 却って楽しみ, 去って, 取りむすんだらゆくすえ国, 取戻すつもり, 口に, 口説くかたはら, 叩いて, 叩くよう, 可愛がるの, 同行し, 含んで, 吹きかけては, 吹き消した, 呼ぶばかりじゃあねえ, 呼んでよ, 咄し, 問はず精力絶倫な, 問ふ, 喜ばせること, 噛んで, 四つくらいずつ, 四ツン, 因果物に, 圖る如き, 売っ払って, 外の, 外へ, 大きな広間, 大好きだ, 失うなとの, 奉公に, 奪つて, 好きだった, 好きだつた, 好しと, 始めみんな大変に, 嫌へり, 家に, 家藏持參の, 寝かせるまで, 察し, 寢か, 少し上, 左手に, 干しました, 幸福に, 床へ, 店へ, 引つ掛けたので, 彼女は, 彼氏に, 往来ご, 待つてるん, 待つものの, 後から, 御報告, 忘られぬ, 念じ他, 思い独り自ら憂慮, 恐ると, 恐れこれ, 恐れるの, 恥じて, 悲しめり, 悲観させた, 惜むか, 惧る, 惧れ, 愛したいの, 愛して, 愛すこと, 愛児の, 感じるの, 憎んだこと, 戻して, 手なづけ, 打眺めました, 抱いた妻君, 抱かされて, 抱きあげて, 抱き上げた, 抱き取って, 抱くやう, 抱へて, 抱へる, 押しやった, 押へ, 持ち込みそこ, 指しながら, 振り返りながら, 掘りに, 掛けたテーブル, 探した, 揺ぶつて, 擦り上げながら, 支払つて了ふと, 救つてやらう, 救ふ, 敷いた, 敷いてさ, 敷く, 敷くの, 文藝春秋で, 斬り教会堂, 旅行し, 明智たんていは, 晴らしさ, 書いて, 有難いこと, 望みき, 望む, 期すわれ, 案内し, 欲し, 欲するのみ, 歩いて, 殺したとでも, 殺して, 殺すぜ, 殺すの, 殺せば, 求め購, 波うたせて, 泣寝入りに, 泰二君の, 浮かせたあの, 淺川や, 為せるが, 煮て, 煽て, 片手に, 物に, 独専したい, 猫の, 用いて, 用ゐ, 申しました, 番頭さんが, 百万だら並べた, 百五十ポンドに, 直さんせに, 直したげたり, 相手ぢや, 相手の, 眺めた, 眺めて, 着せて, 着たままその間, 睨みつけると, 睨んだ, 瞞し, 知ってるけ, 知つてゐる, 知らなかったん, 知らぬこころゆ吾ため, 知り, 知り鶴夜半, 研ぎてもとむるものを, 祷るばかりに, 私は, 穿いた男, 穿いて, 突破し, 純世話物式, 細い指, 結ばせ給うならめと, 綺麗な, 縁日に, 縫つてさしあげました, 罪に, 耕地整理の, 耳まで, 聞いたら地下, 育てる時, 脱いで, 自分が, 自分の, 自分達の, 臺所から, 花の, 葛籠から, 蘇生せしめた, 表の, 被つたまま, 被る, 裏返して, 要す, 見すまし竹童, 見たい, 見たら口, 見た云うもん, 見つけました, 見つめました, 見ば, 見ようと, 見ようとも, 見る, 見ろ稀, 見んと, 見上げるばかり, 見下して, 見世物に, 見守りながら, 見込んで, 言って, 言つ, 言つてる, 討て爾, 診たが, 誘い出そうと, 誘って, 誘つた家は, 誘つてめいめいの, 誘つて一緒に, 誘ひたいよ, 誘拐す, 読んで, 読手に, 誰が, 誰の, 論ずるの, 護つて留守を, 負ぶつ, 買ふ, 賞めたり, 賭して, 走って, 起したが, 起して, 起す聲, 足蹴に, 足蹴にまで, 迎へに, 返せと, 追いかけるん, 追ひかけたい, 退けて, 送つて, 連れてと, 運ばして, 運んで, 遠慮なし, 邪魔に, 附けた時, 降りそこ, 降りまた, 降りる, 陽に, 隱した, 青木さんが, 青木さんの, 鞭撻し, 頼みます昼前, 頼みます晝前, 頼みや, 願い終に, 願ひ, 願ひぬ, 願へり, 顧み, 顧りみ, 驚かせて, 鳴らすよ

▼ んでございます~ (833, 0.5%)

194883729 から 272616 もの 11 からね, わ 9 がね 7 けれど, って 5 かね, な, のよ 4 けど, ねえ, ものね 3 かい, からお, がその, がそれ

2 [21件] からもう, から仕方, か知ら, があの, がいかが, がこれ, がそんな, がつい, がなん, がねえ, けれども, けれどもまあ, けれど私, それに, それを, つて, どうぞお, のに, まあお, よそれ, よはい

1 [290件] ああし, あなたは, あなた様が, あなた様の, あなた様は, あの友, あの後生, あの野郎, いくら金であろう, いま死ん, いやに, え, お安い, お関所, かあなた様, かお, かここ, かそうして, かそれ, かではない, かといったところ, かな, かなかなか, かねえ, かまあ, からあそこ, からあなた様, からいかん, からお通し, からお願い, からこう, からこの, からこれ, からこんな, からその, からそれ, からそれくら, からそれら, からただ今, からちよ, からついつい, からどう, からどうか, からどうぞ, からな, からなあ, からねえ, からねこちら, からねせっかく, からねー空, からほんとに, からまあ, からもう少しどうか, からわっ, から争われません, から今更どうのこうの, から何, から先生, から地理, から御, から御免, から恁, から感心, から是, から楽, から楽屋, から殺された, から決して, から白雲先生, から私, から芸人, から表向き, から調子, から講中, かわっ, か人違い, か何とか, か奥様, か旦那, か旦那様, か私ども三人, か聞かし, がああ, がいくら, がお, がお話, がこう, がこの, がこのごろ, がしかし, がそういう, がどう, がどうしても, がどうにも, がどうも, がなあに, がなに, がなんと, がねえいや, がねこれ, がねなかなか, がねみんな, がねやかましい, がね三輪ちゃん, がね何分店, がね余り話, がね加賀, がね名主様, がね持った, がね暖, がね本人, がね貴下, がむずかしい, がもう, がもつともつと, がゆうべ, がわたくし, が一体, が五日, が今度, が今日, が何しろ, が何でも, が全く, が出来ます, が只今一寸, が向う, が場所, が女, が実に, が少し, が幸, が御, が念, が漸, が男, が皆さん, が相手, が蚕, が角屋さん, が道, が閑静, が間, けどあんまり, けどかう, けどね, けど少し, けれどあの, けれどそれ, けれどもあれ, けれどもそつ, けれどもその, けれどもただ今, けれどもね, けれどもわたし, けれども今月限り, けれども他, けれども行き帰り, けれども証拠, けれどわたくし, けれど使い道, けれど夜, けれど少し, けれど生憎どうも, けれど自分, けれど自分ひとり, こいつが, ここで, この通り虫気, これからまだ一軒, これから帰っ, こんな機会, さあこんな, したら, そいつが, そいつを, そうすると遽, そう思う, そこに, そのいたずら, その次, その通り, それから先生, それが, それだけ, それは, それほど大事, それゆえ致しました, ってそういう, ってね過, ってよく, つぶしに, という, とさ厭, とても腕ずく, とね, と言, と言います, どうか, どうかお, どうかし, どうかひとつ, どうか助け, どうもいけません, な上総分, な毛氈, ねあちら, ねねそう, ねもし, ね困りました, ね大した, ね実は, ね御, ね渋い, のその, のどうか, のねえ, の大丈夫, まことに申しわけ, まるでお, もっとも浅草, ものそして, ものそんな, ものでも, よあ, よあの, よお, よおじさん, よけっして, よそこら, よそれで, よどうか, よほど腕, よまあ, よまさか, よまるで, よもっと, よもとより, よ八時頃, よ出払っ, よ名, よ奥さま, よ拙者, よ早く, よ本所, よ神尾, よ私, よ頭, わたしが, わっし, ッて, ツて, ヨ, 丁ど, 二つに, 人間界から, 今お役人, 今の, 何と, 何卒お, 光君が, 全く気, 同じこと, 嫌いな, 実はがんりき, 宮重大根の, 小判で, 居酒屋といった, 年こそ, 幾らかは, 悪いこと, 悪くつきまとう, 打捨, 日本の, 朝早く, 桂川の, 此処に, 殿様に, 殿様方が, 殿様方の, 江戸へ, 決して言いつけられ, 現に今朝, 生れは, 甲州では, 皆さんが, 眼が, 私だって, 軍人なんて, 長屋でも

▼ んとして~ (819, 0.4%)

13 ゐる 10 居る 6 おる, ゐるの, 居るの 5 ゐた, ゐます 3 僅に, 努力し, 手を, 空は

2 [37件] いて, おるの, これが, そこに, はぁあとため息, ますます俗, ゐたが, ゐたの, ゐる状態, ゐれば, 何故にか, 光を, 卑俗に, 嘆き訴ふる, 失敗し, 居るか, 居るが, 居る抗議, 斬り損じたこと, 朋友の, 来た, 来ました, 模し得ざりし, 歿せし, 煩悶, 煩悶に, 畳岩絶壁の, 種々の, 端なく, 筆を, 能わず, 苦しき努力, 苦心し, 閉さぬくぐりの, 顰むる顔見る, 風楼に, 馬を

1 [682件 抜粋] あたわざりしもの, あつちの空, あの手この手どう, あまりいい, あらぬ方, あるいは緩, あるかなし, あるよ, あるんで, いたく骨折ってる, いつしよ, いのりあへず, いました, いまだ変ぜざる, いまだ果さざる, いまだ消えず, いよいよ度, いらつし, うなじを, おなじく庭, おらるる, おられるに, おられる方, おられる自余, お蔦衝と, お貰, かえってこれ, かえってますます不信, かえって下, かの文殻, かれに, きた, くちびるを, こ, ここに, この作, これから舟, これを, ごらん, さへ, しかも真, しきりに運動中, しのぶあたわざる, しまつて前後の, すがりつく, すこぶる苦悩せり, すゝみ, そのため, そのダム, その女, その建業城, その男たる, その糟粕, その途中, その隻脚, その静かさ, それも, ただ思い出す, ただ首, ただ髪の毛, ついに双方, つまずいて, とある山蔭, どうした, どこを, なお余喘, なお天下, なお開き, なかごろ大本を, ながらくで, ながれるほどの, にわかに心事, のろ臭く, ぱッと, ひしめきゐたり, びっくりせず, ほとばしり出ずるとき, まず午餐, まず手, またパッ, また倒れ, また暑き, また間, まだ歌, もう物音, もえない者, やまざるところ, よろ, よろめくを, わが旧習, われわれは, ゐたこと, ゐたし, ゐた処, ゐた状態, ゐた竹丸, ゐて, ゐました, ゐるけれども, ゐると, ゐるところ, ゐるクリスト, ゐる一つ, ゐる事, ゐる処, ゐる女, エウリピロスに, コップを, ゴドウィン氏は, シシとして, ドッコイ是は, フィエスキーが, マハナディ三角洲は, ヨブの, 一人離島に, 一時の, 一時明りの, 一羊皮を, 一部の, 一部を, 上を, 上方勢が, 上陸る, 不幸と, 不思議な, 不肖なる, 世の中は, 両手を, 中止され, 中軍の, 亀山天皇と, 二人あ, 二重より, 互いに性質, 井戸へ, 人の, 今この, 今なほその, 今日も, 仏国の, 他の, 会うた以上, 会堂及び, 会社の, 住吉堺を, 何も, 何を, 作るに, 作為せし, 使を, 侍臣を, 価を, 俗悪である, 倒れられその, 借りた, 偶然白鷺の, 傷つくる, 僅かに, 僕の, 先づ詠むべき, 先づ身を, 先づ黄河, 先哲叢談に, 先生の, 六百の, 其の注文, 其根拠なき, 再び座し, 再三和, 冷え返つて, 冷寂な, 凶事動乱潮の, 出でたる, 出でて, 出征した, 出来上ったもの, 刀の, 分けた細かい, 到る所, 制し得ず我心, 力めねば, 力を, 努めて, 勁い, 勁風の, 動いたの, 北を, 区隊の, 半兵衛重治の, 南下した, 南柯の, 危なく崖下, 又たため, 又倒, 又慙ぢ懼, 又葉越, 取ること, 右岸に, 号泣し, 呆けた, 命からがら岸, 唇の, 四十七士中の, 四方より, 圧迫する, 増賀を, 夙やく飛び去つた, 多少の, 夜更けに, 大勢勇猛の, 大概な, 大鳥時計店に, 失敗する, 奮戦中馬を, 奮闘する, 女房幇間に, 実を, 家の, 寂寥の, 密かに, 寒い寒い道, 將帥の, 少くとも, 少しおくれた, 尚開き, 尽く枕, 居た, 居らるるよう, 居られました, 居ります, 居るとの, 居る人, 居る処, 山椒の, 山路に, 差し伸べたる新婦, 己の, 己れ, 平氣, 幽かなる, 廓に, 弥増す, 当人との, 当然経ね, 後を, 従わぬを, 得べからず再び, 復讐し得ざる, 心惑える, 忘る, 忘れ得ないの, 忽ちとある, 思ふところ, 思わず笑っ, 怠ること, 怨霊の, 怪奇なる, 息を, 意地悪い, 意識的に, 憂いを, 憎み得ないもの, 懲り懲りした, 成らずソアイ, 成らず自首, 成らず遂に, 我等を, 我輩の, 戦ったが, 戦って, 戦塲に, 所天の, 手に, 把握出來ず, 抜き得ざる焦燥, 抜け出して, 抵抗を, 持病の, 挙兵なされた, 捕はれ石牢, 接近し合ってる, 撥條に, 数千円の, 敵の, 文化価値の, 断行した, 斯く待てり, 新たに, 日いまだ, 日も, 明神に, 春風に, 時々頭, 景気ふるわず, 暫くは, 暫時立止った, 曙光自ら消滅す, 曲亭馬琴の, 更に宮, 書かれたという, 最後の, 朋人に, 期待に, 未だに目的, 未だ成らず, 未だ爲, 未だ語り得ない, 机に, 村人を, 来たの, 来り集まり, 東方の, 果さなかった, 果さなん, 果しえなかった内奥, 柴を, 柴堆, 校合の, 構えた姿勢, 模糊たる, 横に, 樹明来そして, 機である, 櫻あかるき, 歌集を, 此所に, 武田軍に, 死ぬ能わずしかも, 殆処の, 母に, 毎年この, 毒水の, 気を, 水の, 氷点の, 求むる所の, 江戸に, 波煩悩の, 泣かざるを, 泣声に, 流しの, 流れて, 流石に, 浴室に, 海から, 深夜の, 渇きに, 溜息を, 溺死す, 漢語を, 潮流に, 無理に, 焦るもの, 然も, 爪立てた片, 爭へ, 牛を, 犬の, 狂犬に, 猶予ふ, 猿に, 玄関に, 琵琶法師の, 瑠璃に, 用ゐられざりし, 畳の, 畳を, 疾行し, 痛みあり, 痛める所, 目を, 相手を, 真暗だ, 眺めて, 眼の, 着かず, 瞬間的な, 矢田平が落しし, 知識に, 知識人中の, 石山寺に, 破るべからず徳, 神怒, 禁じ得ざる激語, 移らない, 移り得ぬ場合, 空しく二時間半, 空に, 空を, 突っ込んで, 立ちかえれり, 立ちどまり日暮, 立って, 笄を, 第一, 続けて, 置きませんとね, 群参の, 羽叩きする, 老補鍋, 耳を, 聞いて, 聴いて, 職を, 聽い, 肉厚で, 腰を, 腹心の, 自ら止まつた, 自分よりも, 自動車に, 舟筏を, 花赤し, 芳てんを, 茶の間に, 草鞋は, 萱を, 落ちずさすが, 落ちず二, 蒟蒻を, 蔽いがたき, 藻掻き, 蟹出づるに, 衝突隔蓆が, 袂に, 見すごすこと, 見せた, 見せながら, 見るを, 見る影, 見送りに, 解き得べく, 觸れ, 言い得ざること, 言い難き, 言うあたわず乙女, 言わでやむは, 言葉づかひ, 訪ねら, 試みかけて, 諸子を, 買収した, 起つた哲學, 起らぬ為め, 足元よろめき, 躊躇し, 躊躇しつ, 躊躇せず, 躊躇らひぬ, 躓ける流れ星, 軒下なる, 軽ん, 辛と, 農業興らず, 辻褄の, 近づく時, 返事が, 返事を, 退いたが, 送られたる間者, 途中斯の, 通行人の, 逝かれた, 逡巡する, 進むゆゑに神, 進む時, 遂げなかつた相原某, 遂に伸び得ず, 遂に刺客, 適, 那倶羅子の, 部屋を, 醍醐の, 重く悠々, 鏡台の, 門人その, 開きみれば, 閾の, 阿性房, 阿摩和利, 隙間だらけな, 障ありて, 集った小, 離るる, 電光に, 鞍の, 顔色を, 顧み見しかば, 風雲大いに, 飛びかかって, 飛びて, 食後に, 飲み損じたもの, 首が, 馳せ参じた者, 駐むべ, 驚いて, 鼠が, 鼠の, S村岸野農場小作人代表十五名が

▼ ん~ (769, 0.4%)

26 それに 4 私は 3 あなたの, そうでなく, それに私, それは, またその, 先生も, 男の, 私が, 私も, 第一

2 [28件] あなたも, あの人, こればかりは, そうかと, それが, それも, どこの, どだいどうも私たち, ほんとうに, またあなた, またそんな, またなん, また他, また自分, もう自分, わたしの, わたしは, 保子さんも, 喉も, 売るには, 女の, 宿屋の, 屹度再, 此の, 火事の, 百姓にも, 自分の, 足が

1 [653件 抜粋] あいさつの, あいそは, あそこから, あたいを, あたくし, あっても, あとで, あなたが, あなたは, あの, あのひと, あの着物, あの高い, あまりひどい, あらぬ疑い, あるひ, あれを, あんなノッポ, いっても, いつそ, いつそ換, いつも楽し, いろいろまた, おかしい思う, おまけに, お前に, お前は, お医者はん, お夜食, お姫さまに, お嫁さん, お屋敷, お梅どん, お歸, お爺さんに, お苦し, お蝶さん, お酒, お金も, お願, お鳥さん, かたがた病床から, かなり温和, かまうまいと, かりに与えた, くやんどるとい, こっちから, こっちの, ことに夜, ことに秘書, このとき, このソース, このフランツ, この二つ, この幕, この近所, この間の, この間逢つた時も, これに, これサ乙女や, こんな事, こんな式台, こんな村, こんな村ぢ, ご菜園, さう, さうなつて, さっきから, さりとてそのまま, さんざん恨みいう, しかたが, しかも値段, したがってだました, したがって昨夜お宅, すると, ずっと男世帯, ずゐぶん苦労, ぜひ憶えね, そうかって, そうでのう, そうと, そう一日針, そう信じこん, そう疑っ, そこが, そこに, そこを, そして我家, そのうえ客席, そのうち日本, そのため, そのま, その上, その上あすこ, その人間, その他心当りを, その心算, その点, その窓, その筋, その裏, そりゃ全く, それかつて, それこそ, それだ, それではと, それとなく家, それにあの, それにどうせ, それには, それに三合入, それに主, それに二人, それに光子さん, それに大分, それに時々, それらしく振舞っ, それ考えたら, そんなうすっぺら, そんなくらい, そんな事, たいしたことぢ, たいして臆病, たしか先月, ただおそろしく, ただ一種, たつた一人, たと, ちっとも眠れません, ちつとばし大, ついでに, ておく, てくれない, てまいった, てまた, てみました, て日本海, できます事, ときには一つ二つ, とにかく賢妻, とんかく, どうし, どうしても必要, どうなる, どうにも, どうも空, どこから, どないし, どなたが, なかには純然, なにしろ四十幾歳, なるたけ早い, はいっては, はじめは, はっきりおっしゃっ, ひょッ, ほんた, ほんとに何処, ほんに東京の, まあそれ, まあ日本人, まあ鵞鳥, まごまごする, まさかそんな, ましてこれ位お世話, まして僕, まじめに, また, またあたし, またぐずぐず, またここ, またこちら, またこれ, またさ, またそれら, またちっとも, またとやかく, またどう, またどういう, またべつに, また一々, また了解, また今に, また今夜, また何, また信用, また別段, また句法, また始終, また実際, また家, また寺方, また往来, また恐怖心, また木, また決して, また海上, また滅茶, また甥, また申, また疲労, また笹部, また誰, また豊か, また述べ, また馬車, まだどなた, まだまだ私共, まどを, みなさんを, みんなとは, むかしの, むしろいつ, もうどうか, もしそれ, やい多助, やがて芸人, やっても, やはり行っ, ゅによびかけました, ゆさ, よしできる, よしんば戦場, よし不幸, わたくしは, わたしが, わたしたちは, わたしには, わっし, アタクシも, オメオメ牛に, クラムの, バカげたこと, フラフラッと, ホントウに, 一でなく, 一人一人の, 一度一寸突っついた, 一文も, 一時かなり長く, 一時に, 一概に甘い, 一生独身で, 一般的に, 三味線では, 三味線は, 三枝ちゃんが, 上流と, 世間の, 中には, 久七も, 予審の, 云々, 人に, 人任せでは, 人形あそび, 人形が, 今さしずめ, 今だって, 今でも, 今もっ, 今後とて, 今後も, 仕事は, 代議士に, 仮令そうだ, 仲間の, 会社も, 伯母の, 何が, 何ともかとも, 何の, 何を, 何程男勝りでも, 余計な, 使えば, 俎の, 俺れ, 借金は, 偶に, 僕も, 元より, 光子さんかて, 兎に, 其運動自身が, 内輪の, 出来ないし, 別にこれ, 前の, 前借の, 匪賊が, 医者も, 単に性欲, 参禅も, 又いくら, 又こんな, 又斧, 又昔, 又本人自身, 又誰, 友達から, 只葛城, 召使たちには, 君と, 味も, 唯おたがいに顔, 営業違反と, 困りましたよ, 国へは, 土地ってっても, 地下で, 地位の, 地方地方の, 地震も, 坊やは, 場合によっては, 夏に, 外に, 外にも, 多少映画, 夜は, 夜も, 大丈夫です, 大分疲れ, 大切な, 大変吹き込んだらう, 失格者も, 奉公人共も, 奥の, 娘も, 娘を, 子が, 子供は, 存外質素, 学問を, 官途に, 実にこまる, 実は綾子様, 実際の, 家も, 家具も, 寝室い入れる, 小太郎さんの, 小学生の, 小染さん, 少し皮肉, 少女は, 尚更仕, 屍骸が, 平田伍三郎とは, 平野の, 年つきが, 建前が, 彦七の, 彼らの, 徐州には, 従ってこの, 御義理, 心臓にも, 思へば, 怪しいこと, 恃み, 恨めしいとも, 惡い, 態度に, 戯曲家は, 戸を, 手が, 手も, 手前金銭に, 手紙と, 手続き上私から, 抗議の, 折角ここ, 折角遠く, 揶揄つたら, 支度も, 支那や, 文章も, 斯う, 新しくこしらえさせる, 日本髪の, 明日からは, 是非伺はう, 時代も, 書いても, 書きません, 朝早くから, 本家や, 材料は, 村尾さんと, 東京は, 根つ, 根ッからの, 此儘放つ, 武蔵の, 母親は, 毎日退屈し, 気も, 気分は, 気持も, 決して永, 河魚も, 油は, 浅草などは, 湯水も, 滝沢三次郎の, 無論何処, 無論男, 煉瓦の, 熱も, 燈火管制も, 爺さんは, 特別の, 狭い軽井沢, 猶それ, 猿は, 瓦版を, 生涯さう, 由兵衞は, 男なし, 男の子も, 男子と, 町の, 畳も, 病死した, 病気を, 瘤の, 白首の, 皆さんから, 相手に, 看守に, 真実である, 眼エあく, 睡眠も, 知るとしても, 硝子障子の, 私の, 私自身の, 秋ちゃんなんかが, 窓ガラス一つ壊れた, 立ち上ったまま何処, 第一品夫自身, 第二, 紙の, 組合の, 経費も, 総ての, 緑は, 美保子は, 聞きも, 脅迫の, 腹巻は, 臭気は, 良人も, 芸一本の, 苦労が, 英國中で, 落ついて, 葬儀の, 被告が, 被害者を, 裏へ, 親分様お, 親切に, 訪ねて, 詩を, 話を, 詳しく聞き糺す, 誠に僕, 誠に当地, 誠に申し上げ, 読む人, 誰を, 貨物自動車が, 責める資格, 起請などを, 足は, 近くでは, 近頃の, 退くこと, 逃げよ思, 道に, 道も, 道場も, 郊外の, 酒を, 金持の, 鍋焼饂飩も, 陽気に, 雨の, 雨風に, 音楽の, 須堂さんなぞ, 飛ぶ方向, 飛山君の, 馴れない道, 魚屋も, 鯉かんさんが, 齒も

▼ んばかりに~ (764, 0.4%)

121 して 20 なって 13 なった 9 喜んで, 驚いて 8 驚いた 5 喜びました 4 よろこんだ, 叫んだ, 喜んだ, 愕いた, 身体を, 顔を, 驚きました 3 いった, おどろいた, した, しながら, 駭いた

2 [30件] おどろきましたが, びっくりし, 云や, 仰天し, 吃驚した, 哄笑した, 夢中に, 廷丁は, 張り詰めて, 彼の, 彼を, 彼女の, 悲しい, 感謝する, 気の, 激昂し, 無言で, 狂喜した, 眼を, 笑った, 自分の, 興奮し, 落着きすまし, 訴えたの, 訴えて, 身を, 輝いて, 迫る, 騒いで, 驚いたが

1 [476件] あざやかな, あせりきって, あちこちと, あとしざりした, あやまった, あやまって, あわてた, あわてたの, いきなり熱心, いったの, いろいろと, うち叩かれ, うれしがる, うろたえながら, おせい様, おつ, おどろいたの, おどろきました, おどろきまして, お礼の, お辞儀する, かがんで, かき口説くので, かつと, からだごと顔ごとの, からだを, がたがたと, がんとして, ぎょうてんした, ぎょっとし, ぎょっとした, くっついて, ぐいぐい食う, けわしい目つき, げらげらと, こうしてやって来た, こうたくさん人, こう云った, こう申した, ここへ, ことばを, この無法, さして見せます, された経験, しそれ, したり, してど, しながらも, しばらくの, しばらくは, すぐと, すげなくまっ先に, すすめたので, すばしこく指, するその, すると, するもの, する者共, すれ違って, ずばりと, そこそこ家, その時, その男, その窓, その言葉, そびえて, それを, たしなめた, たたかれた, たたき起こしました, たたく黒い, たのんだが, たまげさせられた, つんとする, でれりと, どう見, なされますので, なったが, なったところ, なってるその, なつて, なりそれ, なりました, なり化助, なる, にっと笑い, ぬッ, のしかかって, はいはいし, はためく, ひくい声, ひとりの, ひびきました, ふくらんで, ぶら下げたまま, へたばって, ほとんど失神, まさしく, またもや長老, また例, まだ踊子, まるで何, まんまる, みつめて, めざましきを, もうべつ, もだえたお, ややおおげさ, やや同, ゆがめた口, ゆっくりうなずき, よろけた佐藤, よろこんで, よろめく身体, われ勝ちで, アマーリアに, カルルの, キャラコさんの, クラム以外の, シェシコーフスキイの, シッカリ抑え, スクルージは, セルゲイを, チンと, ドキつかせた, ハタきつけ, ヒシと, ヒューム管を, ホクホクし, ムッと, リーロフの, 一人の, 一時に, 一瞬間に, 三十郎の, 三四本並ん, 上機嫌だ, 上着の, 不意に, 世話を, 乱打し, 云った, 互に近寄った, 五月蠅げな, 人を, 今度は, 今松, 仰天した, 伝二郎は, 伸びを, 低い, 低くうずくまっ, 低く飛び交うた, 何か, 健康だった, 僕の, 充実し, 全身の, 兩手の, 八十右衛門の, 六さんは, 冷然と, 凝然と, 動いて, 勿体振っ, 北鳴, 即座に, 反響しました, 取付いた, 口に, 叩いたが, 叩かれた, 吃驚させられよう, 吃驚しました, 向き合って, 吹きだしながら, 吹きなびいて, 吹き抜けて, 吹き靡かされその小さな, 呼吸せき, 呼吸を, 咲き出して, 哀願し, 啓之助は, 喚いた, 喜こんだ, 喜びホッ, 喜んだが, 喜んだの, 喜左衛門夫婦と, 喫驚した, 囁きました, 坐って, 垂れる, 夢中である, 大きな口, 大きな女体, 大よろこびである, 大切に, 大気に, 大鳴り, 天を, 奮い起こりました, 嬉しく感じた, 子供の, 存在する, 守は, 実を, 寄り添うて, 寄添って, 対座し, 小使たちの, 少年も, 局長の, 巡り廻る, 差し出して, 帆を, 帆桁を, 帽子は, 平伏する, 幾たびも, 幾日を, 座敷を, 弁政は, 引いた時, 引き上げられて, 引き締めた表情, 引締りました, 弱り込んだ, 強く打ちだした, 弾き出した, 彼に, 彼は, 後退りを, 微笑する, 心から後悔, 心せは, 忠実に, 恐ろしがっ, 恭しく仕え, 息を, 恰も何, 悄然と, 悦んだ, 悩まされること, 悲みの充ち, 悲嘆した, 悶絶した, 意見した, 愕い, 愕か, 愛らしい口許, 感激し, 感激する, 慄いあがっ, 憤った眼, 懇願した, 成って, 戸を, 扉を, 手を, 打ちはためく電, 打った, 批評を, 押しつける, 押しならん, 招じ入れた, 拜んだ, 指を, 振動し, 探偵が, 接近し, 提督の, 握りしめられて, 握りたり, 握り詰めて, 揺って, 揺らめいて, 揺れるし, 摺り寄っ, 撓む, 教えたの, 断ったが, 旧友を, 曇って, 書いて, 書く訳, 月の, 木の, 机から, 椅子に, 椅子を, 検事に, 楽屋の, 構へる, 横とんびに, 歩いて, 歪めて, 死んだやう, 殺気立って, 汗に, 池の, 沸き立ち家いっぱい, 泣き伏して, 泣き叫ぶまだ, 泣き狂うて, 泣くもの, 流れるの, 深く一本, 混乱し, 湛えられる, 激動せり, 激怒し, 激昂し熱し, 点って, 烈しく迫った, 烈しく迫つた, 無念の, 無言の, 煩悶した, 熟れ切つて, 熱心を, 父は, 片手を, 狂い嘆くノブ子, 狂い立って, 独りごとを, 狼狽した, 猛烈な, 猛然として, 猛風, 現われた, 琴うたでも, 生きてると, 甲斐の, 男の, 畳石を, 疑い深そう, 痙攣的な, 痛んだ, 痛憤し, 癇癪を, 登志子と, 白い歯, 白い泡, 監視の, 目を, 相列び, 眉を, 眞劍な, 眺めます, 眼で, 睨め付けました, 睨んで, 示すの, 福知山の, 私は, 私へ, 秘密を, 突っ立った, 窓の, 窓を, 笑いつづけたが, 笑つた, 筋張って, 絶望する, 総監の, 縋りはじめたの, 罵った, 羊歯が, 羽田医師は, 肉塊を, 胎動し, 胡坐の, 胸を, 脹れて, 腕を, 腰を, 腹が, 腹を, 膝も, 興奮した, 艪を, 苛立たせて, 苦しみようよう, 苦しんで, 苦悶した, 茶壺と, 莞爾と, 葉子は, 蓊鬱と, 蔽い被さって, 虎松に, 行き違ったの, 街を, 表戸, 要害を, 見えましたが, 見えますため, 見た, 見開いて, 親切に, 詩人巡査の, 詫言を, 詰めよった, 詰寄って, 話しこんで, 誘って, 起った, 足を, 足音を, 蹣跚い, 躍動し, 身に, 身悶えした, 軋みを, 軒下に, 輝いた波斯絨氈, 辞退した, 込み上げて, 迎えたの, 近づいた, 近づいたとき, 近づいて, 近づけた, 近づけて, 近よって, 退去を, 逆上し, 這いかがみながら, 這いつくばる, 速度を, 重かった, 重油を, 金山寺屋は, 長ったらしい, 震えて, 震動した, 青木の, 鞍壺に, 響いた, 頭を, 頷く, 頸を, 頼まれた, 頼みこんで, 頼みながら, 頼む, 頼むの, 頼んだが, 額ずいて, 額へ, 願いました, 願ったが, 顫え, 風は, 風を, 食事を, 首うなだれ, 駕戸から, 騒ぎ立てる, 騷ぎ立てる, 驚いたらしく彼女, 驚いたらしく思わず, 驚いた様子, 驚きましたが, 驚きホテル, 驚き一斉, 驚き人, 驚き打たれて, 驚き直ちに, 鳴りはためく, 鳴る, 鼓動し出す, 鼻の, 鼻声で

▼ ん~ (719, 0.4%)

77 やない 43 ている 14 ていた 12 てその, てゐる 1110 ない 6 て, てゐた, て可 5 ないの, や無い 4 てい, やありません 3 ていられる, てこの, て下さい, ないと, ないもの, やあない

2 [42件] たり久しく, てあいつ, ていられない, てお, てくる, てご, てそして, てそれ, てはいけない, てはいない, てはいなかった, てはならない, てゐられる, て一室, て之, て人, て力, て天壽, て断定, て日本, て期待, て死ん, て汝, て生き, て生業, て生産, て確信, て私自身, て精神, て自ら九月, て食う, ないばかりか, の生命, やなし, ようと, を審判人, 乱れ, 其の俗, 悩みの, 相疎んずるなら, 精神を, 給へ

1 [402件] ぁございませんか, あねえか, あるいは妻妾一処, あるいは避忌, かつこれ, かつ口, かつ彼, かつ眠らん, かねて行きつ, があります, がたいの, がたく乃ち, こ, これで, ご徳政, さて殿軍, しかも因襲, すなわち府門, そして一念ただ清涼無熱悩, そして自然療養, その業, たまえ, たまふ, たらしく曇つて日, たらしく曇ツ, たり, たりし, たりなどしたら, たりなんかし, たりまた, たり失っ, たり嫉視, たり慢心, てあえて, てあげない, ていたいの, ていただきたい, ていたら, ていつ, ていない, ていなかった, ていなく, ていました, ています, ていらっしゃる, ていらつ, ていられた, ておい, ておく, ておこう, ておらるる, ておりました, てお爺さん, てかえって, てください, てくれ, てくれ給え, てこう, てこれ, てさ, てさま, てしまった, てしまわれる, てすわっ, てそれぞれ業, てただ, てちつ, てて, てはいません, てはいませんでした, てはいられぬ, てはならぬ, てはならん, てはなりません, てはゐられない, ては居よう, ては居られないだろう, てもいい, てもいない, ても直ぐ, てやがて, てやっ, てよい, てよかろ, てよく, てわし, てゐない, てゐなかつた, てゐます, てゐられない, て一身, て主君, て事, て二神教, て云, て云々, て云い得るであろう, て交わる, て今, て仔細, て住む, て何事, て何時, て使っ, て依頼, て俗神道, て信じ, て信憑, て働いた, て働きかける, て先鋒中, て全快, て処, て前進, て剣道さ, て勝つ, て受けたろう, て句, て同年船, て君国, て君國, て君自身, て国, て国土, て国家, て土, て坐つ, て士, て外, て大事, て女性, て如何にも, て子女, て孔明, て安楽豪奢余念, て小, て居た, て居つ, て居つく, て居つた, て居られた, て居られない, て居られる, て巣, て平気, て幼君, て引用, て彼, て心, て恋, て恬然, て恰も, て憎ん, て懸命, て振ひ, て政治, て故, て教鞭, て新来, て斷言, て日記, て早く, て時, て時間, て暮し, て更に, て来た, て来る, て業, て横木, て此, て死ぬ, て死ぬる, て消え, て熱心, て物, て甘えかかっ, て生, て生命, て甲斐, て発表, て眠り, て眺める, て瞑する, て瞑目, て福音宣傳, て私, て空しく, て窺, て立つ, て笑つて, て答, て置かう, て翌日, て耐忍, て聞く, て職, て自分, て自家, て色, て蜀, て行かれる, て行ける, て袖, て見る, て観内, て譲りたい, て身, て車, て農耕, て通商, て逝かれた, て進む, て遂に, て道徳, て酒びたり, て重用, て銭, て鑑賞, て門前, て閑寂, て闊達自在, て雨戸, て音楽, て頂こう, て頼り得る, て食い得る, て骨, て龍村さん, でまけ, ないが, ないそれ, ないという, ないといふ, ないなら, ないものの, ない人, ない処, ない利己主義, ない娘さんたち, ない生きん, ない生命, ながらまた, ながら今度, ながら能楽, なくては, なくな, なんでも, になっ, に乱し, の片足, の闘渦, はしなかった, ひいては藤吉郎, ひたすら国力, または是, また不幸, また玄徳, また職業, また自ら, また鞏志, まは, まひます, もしくは不, もした, もしない, もっぱら日記, ゃあおあんなさらない, ゃあござんすめえ, ゃあまったくたまんねえでがすよ, ゃありますめえ, ゃありますめえか, ゃあるめえか, ゃあるめえかな, ゃあるめえしあ, ゃあるめえしあわて, ゃあるめえしいいかげんに, ゃあるめえしおもとなんぞと, ゃあるめえしこりゃ, ゃあるめえしこんな, ゃあるめえしそう, ゃあるめえしだれの, ゃあるめえしどっちを, ゃあるめえし一丁一丁ご, ゃあるめえし沈んだ, ゃあるめえし矢鱈に, ゃあんめえか, ゃあんめえかな, ゃあんめえな, ゃごぜえませんかね, ゃないあたりまへなんだが本が, ゃないのでござりまするか, ゃねえんでがすがわっ, やあねえ, やあるまい, やございません, やそう, やなく, や商売, や無え, や無し, や私, や言, ゅさげしたまがり, ゅしゃげ, ゅしゃげを雨と, ゅ進上, ゆう屋の, ょう, ょう原, よう, ようという, よう寧ろ, よというの, らと共に, わが基業, をり, 一は, 一日城内を, 一見旧, 万有自然の, 上に, 下の, 不断の, 二十年に, 候所ハ唯, 先輩を, 全軍, 其前面には, 内に, 冷評された, 出づる者, 分を, 初めた, 刻下の, 功は, 又熱疫, 周公の, 国体を, 国家を, 国民人文の, 圧へ, 夏侯楙は, 妻妾の, 子に, 小さく安らか, 小庸, 屋だ, 座客を, 形相的の, 得々として, 御自愛, 恩を, 懇に, 我を, 我師の, 政治を, 方によっては, 施を, 日々富を, 易い思索, 朝廷も, 未だ半時, 松を, 武勇の, 死を, 毅なる, 民と, 池の, 治乱興廃外国に関する, 満足してる, 父の, 玉ふ, 現在に, 目を, 秣陵には, 笑ふこ, 給へと, 羞恥を, 自ら賤しむ, 自ら足る, 自己肯定の, 若くは, 虱其の, 衆生を, 衣食に, 議論を, 財産を, 賤しめた, 賤むる色は, 身を, 農は, 遊び半分に, 過ぎはしまいか, 道を, 錦衣玉食する, 長久の, 難い愛着, 難い所以, 難い時代, 難い火宅, 難き金額

▼ んとも~ (709, 0.4%)

22 言へ 18 云えない 12 すること 9 云へ 8 云わなかった, 思って, 限らん 7 せず 6 言いようの 5 いわなかった, なかった, 何う, 思つ, 言は, 限らない 4 せざりき, なすべからざる, 思っては, 答えなかった, 言わずに, 返事を, 限らんからね

3 [15件] いいよう, いって, おも, すべから, する術, せぬに, 云いよう, 云は, 云はれない, 思いは, 思ってや, 思つては, 相濟, 言って, 返事が

2 [40件] ありませんよ, いえない変, いふ, お礼の, かぎらん, ございません, それを, ないが, ないもの, ないよ, なしがたい, 云い出さなかった, 云えず美しい, 云ひ, 云わない, 云われない懐かし, 仕様が, 何人も, 形容の, 得体の, 思はない, 思や, 思わない, 早速連れ, 無い, 申しよう, 申そう様, 素姓の, 考えられる, 言はずに, 言わなかった, 謂はれぬ, 返事無之, 返辞が, 限らないからね, 限らんから, 限らんし, 限らんの, 音が, 音を

1 [428件] あなたが, あの優しい, ありは, ありません, ありませんか, ありませんが, ありませんがね, ありませんや, あるもの, いいがたい, いい様, いう, いうこと, いうに, いう間, いえずすがすがしかっ, いえずなつかしい, いえずに, いえず厭, いえず可愛く, いえず愉しい, いえず新鮮, いえず気, いえず涼, いえず綺麗, いえず美くしい, いえず美しい, いえず美音, いえず胸, いえないですね, いえない凄い, いえない味, いえない困難, いえない土, いえない奇怪, いえない淋し, いえない淫, いえない渋面, いえない滑らか, いえない異様, いえない色合, いえない身, いえなかったよ, いえぬ, いえぬ威厳, いえぬ莫迦莫迦, いえぬ落莫, いえねえ紫, いえナニ物, いたしようが, いはなかつた, いはれまじく又, いふこと, いへずすがすがし, いへず心, いへず惻々, いへません, いやアしねえ, いわずそれなり, いわずに, いわず皆, いわないから, いわなかったら気の毒, いわぬ先, いわばこそ, いわんと, うその, うるさく云わなかった, え, ええぢ, おっしゃいませんでした, おっしゃらなかったので, おもって, おん身と, お嬢様の, お師匠様, お待, お思いなさらず, お思ひ, お答えの, お話しします, かかずに, かぎらない, かぎらないの, かぎらぬ, かぎらんけ, かぎらんしね, かんとも, けっしてかく, この男, この路筋, ございませんか, ご挨拶, しようが, しようがなかった, しようは, し又, するよう, するを, する道, ずーっとお, せざりしは, せざるか, せざるところ, せざるに, せずこの, せずさりとは, せずといふ, せず何時, せず依然として, せず候ひき, せず只, せず夜更, せず小, せず忽ち, せず意, せず救うの, せず時頼, せず薄暗き, せず高く, せで一足, せで唯, せで難, せぬ, せぬ地獄, その醜き, それには, そんなお, た, たてを, たとえよう, つかず一つ, つかない物, つかぬ話ぶり, つて外へ, つんとも, で私, ない, ないぢ, ないの, ないばかり, ないよう, ないん, ない月並, ない樣子, ない毒, なかつたの, なささうな, なさざるの, なさずして, なしえぬとか, なし難い, なす能わざる, なって, なっては, ならなくなって, ならぬらしい, なりませんでした, なるべきこと, ひとり責は, ほどこすすべ, またすてんと, みぢ, もういう, もって, よくはなしあった, わからんとき, アッタスンさま, イヤな, クリストフさん, ネオプトレモスわが, ハイ御, ハヤ云い, 一生着ない, 不可能な, 不幸な, 予知し, 二つに, 云いかねる幸福, 云いがたい, 云いにくかっ, 云いは, 云いませんでしたよ, 云い出さずに, 云い出そうと, 云い様, 云うこと, 云うべからず余, 云えず, 云えずに, 云えずばつ, 云えず好かっ, 云えず強かっ, 云えず快い, 云えず楽しい, 云えず美しく, 云えず豪華, 云えないいい, 云えない佳い, 云えない寂しい, 云えぬ, 云えぬ好い, 云えね, 云えましょうが, 云おうと, 云って, 云つては, 云はずしまひです, 云ふ, 云ふこ, 云わずに, 云わないの, 云わなかったが, 云われないって, 云われないほど, 云われない芳香, 云われない詩的, 云われない豪壮, 云われぬ鬼気, 仏心に, 仕様の, 令嬢だ, 何うも, 何かに, 何です, 何をか, 信じがたく, 出来ない出来事, 分らぬこと, 別に, 勇ましい名, 口へ, 可い, 可え, 可愛がるか, 命令を, 哀れ不びんや, 奇妙な, 妾に, 少し若く, 工面が, 弁疏なすべき, 当りが, 彼處なる, 往きましょう, 御返事いたさず, 御返事が, 心定らず, 忘れませんとも, 念ずるなり, 思いました, 思う, 思うなり, 思うにより, 思った, 思ったけれども, 思っちゃ, 思つてゐない, 思つて居ない, 思はず, 思はずに, 思はないで, 思はないの, 思はないん, 思はない殺人鬼, 思はない鬼, 思はなかつたが, 思はなかつたの, 思はなかつたり, 思はぬ却つて是, 思はれないの, 思ひ定めざりしなり, 思ふまい, 思へり, 思へる貫一, 思わざりし所, 思わないどころ, 思わないの, 思わないらしい事, 思わない恐ろしい, 思わなかった, 思わなかったが, 思わなかった癖, 思われた, 思われて, 恐れいりますが, 恐れ入りました, 我が恋, 我はかほどに, 我心我が, 手段尽き, 拙者方家人の, 持て餘, 方法の, 施す術, 旦那さま, 早や, 早気の毒, 時々は, 書いた, 書いて, 有難い次第, 梅干一つありゃ, 死なめと, 死にましても, 残念千万, 氣に, 消すこと, 涙一滴こぼさぬ, 深く考え, 為ざりけり, 為しがたい, 為ず, 為なり, 為様が, 無い平凡, 狂わしがたい, 申されぬうち, 申されませんが, 申しわけが, 申し上げられません, 申し訳ございません, 申し訳の, 申上げられません, 申上げ兼ねます, 申訳が, 申訳けがございません, 申訳の, 申譯が, 申譯の, 申譯は, 病名の, 直りは, 相成り難く, 知らず, 知らず心尽し, 知れない石像, 知れない者, 知れぬ不思議, 知れぬ圧迫, 知れぬ奇妙, 知れぬ悲し, 知れぬ狐猿, 知れぬ鳥, 私が, 私に, 答えず腕, 答えては, 答えなかったが, 答えぬので, 答えられぬ苦し, 答へる, 素性の, 綾子とも, 羞しい, 考えた, 考えて, 考へて, 考へられた, 至難である, 致し方が, 致し方の, 致方が, 苦情を, 行きませう, 見えずあ, 見たらそれ, 見當, 覚えずあはれ, 覚えずし, 親分, 言いません, 言い兼ねたもの, 言い表わしがたい, 言うたが, 言うては, 言うに, 言えない, 言えない不安, 言えない心持, 言えない美し, 言えない魅惑, 言えなかった, 言えぬうつらうつら, 言えぬ人なつかし, 言えませんもう少し, 言えん, 言つ, 言つてや, 言つて來なかつた, 言はれぬ, 言はれん, 言ひ, 言へる, 言わず, 言わない, 言わないのに, 言われない, 言葉を, 話が, 説明の, 読めませんでした, 謂へ, 謂ツた, 貫一は, 貴方の, 足も, 返事の, 返答が, 長老様, 限らないさ, 限らないよ, 限らないん, 限らなかつた, 限らぬ, 限らぬこの, 限らぬでは, 限らぬゆえ, 限らねえ野郎, 限らんじゃ, 限らんぜ, 限らんでは, 限らんもん, 限りませんし, 限りませんぜ, 限れしません, 願は, 餘つ

▼ んなら~ (708, 0.4%)

7 何も 6 僕も, 私は 5 それを, 仕方が, 私の 4 いいけれど, 俺は, 僕が, 僕は, 私が 3 いいでしょう, なにも, 何か, 東京へ

2 [38件] あすこに, おめ, おらが, お七, お店, お餅, きつと, ここで, ここまで, こっちの, そんなこと, だがも, ちゃんとこっち, ば, ほかを, ほんまに, まだいい, まだお前, もう少し薄, もっと早く, をツさん, んと, 一般の, 仏様の, 何処へでも, 元の, 先に, 兎も, 分署の, 地上で, 念の, 手を, 早い方, 私も, 自分から, 誰に, 赤十字社の, 赤裏

1 [566件 抜粋] あからさまに, あしたまだ, あすこへ, あたいも, あたしも, あたし帰る, あっしも, あつしは, あなたが, あなたを, あのとき, あの人, あの大昔, あの山, あの栓拔, あるよう, あれだけでも, あれを, あんたいい, あんたも, あんなにチャン, あんな不, あんな人, あんな学校, あんな隅っこ, あんまり畳, いいがね, いいじゃ, いいじゃあ, いいとして, いいよ, いいん, いい割, いい心持, いくらいくらよこせ, いくらでも勝手, いくらでも撲たれ, いくら短くっ, いくら見た, いっしょに, いっそいわない, いっそ佃, いつでも, いつ来, いまお, いや, いよいよ安心, うちの, おいらは, おいらも, おっかさんは, おやめ, おらいや, おれたちが, おれだって, おれ一人で, お世話に, お前は, お打ち, お断りする, お書きなさりゃ, お目, お稲さん, お菓子を, お訊き, お話にも, お起し, きっとお, きっと探し出し, こ, こういうとき, こうも, こちらが, こっちが, こっちだって, こっちでも, こっちにだって, こっちへ, こっちよ, このひと, この家, この手帳, この火鉢, この畦道, この覚悟, これからいっ, これに, これは, こんどこそ, こんなところ, こんな場所, こんな皮肉, こッち, ご案内, さう, さきに, さっさとやっ, さっさと俺家出, さっさと出かけ, さっさと咲き揃ったら, さまず, すきな, すぐに, すぐ手, せめておれ, せめて顔, ぜひ僕, ぜひ羽生, そいつあまた, そういうの, そうと, そう物, そう言っ, そしてお前, そしてついで, そない, そのつもり, そのジェリー, その前, その方, その方法, その時, その次に, その歴史, その証拠, その靴下一足, そら仕方, そりゃまだ, そりゃアお前, それこそ, それでもい, それでもいい, それでも結構, それまで, それも, それや, それより, そろそろ出, そんなけち, そんな生活, たいへんだ, だれか, だれも, ちっとは, ちっとも恥ずかしい, ちとこっち, ちゃんと抱い, ちやんと, ちょうどいい, ぢや, ついでに, つて言ふ, つべこべいわず, とうさんが, とにかく犬, ともかくなんにもしない, ともかく花, とッ, どうかこの, どうした, どうしたら, どうしてお前, どうして知つて, どうぞ持っ, どうぞ見つけ出し, どこでも, どこに, どっちに, どれどこで, どれほど口, どんな痛み, なあ, なくっちゃあ, なぜその, なぜ七回, なぜ自分, なにかべつ, なほさら返し, なまじの, ね, ねえ, ねまた, ね旦那, ね普通, ばおいら, ばこちら, ばと云う, ばもう少し, ばわたし, ば致し方, ば逢いたくっ, ふろ屋の, ほんとうに, ほんとに欣, ぼく窓の, まあそんな, まあまっすぐに, まあ人, また二十年後, まだこんど, まだしもだ, まだ分る, まだ男らしく, まだ脈, まアぼつぼつ, もうお, もうきっと今, もうすこしあと, もうちっと君, もうなに, もうほか, もうゆるし, もう仕方, もう学校, もう少したったら, もう少し尋常, もう帰らなけれ, もう決して二度, もう結構, もう面倒臭い, もっとどしどしほか, もっと切実, もっと穏, やっぱり隠し, やつぱりこゝを渡つた方が, やはり昨日, ゆつくり, ようございます, ようござん, よかった, よくよくの, よご, わざ, わざわざ動物園, わしにも, わしは, わたしの, わたしも, わたしゃ聴きやしない, われわれに, われわれは, ん, んいう, んに, ん今娘が, オヤジの, サアここまで, ブツ, モディリアニは, モンソーでも, ルロイ・ソレルの, ロマンチックに, 一つ乃公の, 一人で, 一号だ, 一度やっ, 一日五円には, 一日車を, 一生先生の, 一辺此方へ, 一高で, 丁度い, 二人つ, 二度と己, 五十円くらい, 五年生の, 五郎吉一家の, 人別を, 人間の, 今の, 今会っ, 今夜の, 今夜一つ奢ろう, 今度は, 今日だって, 今日午前中仕事が, 今晩来, 今直ぐ, 他に, 他の, 他人の, 他県, 仲間なんぞ, 伴れ, 住宅に, 何で注射, 何とか言っ, 何にも, 何んで, 何処なと, 何処までも, 何故お前, 何故アルバム, 何故君, 何故彼, 何時からでも, 何時でも, 何處で, 俺だって, 俺でも, 俺も, 俺ら止めた, 俺を, 僕あ, 僕に, 僕乳母やに, 僕父さんの, 先ず貴女, 先の, 先へ, 公爵も, 其の証拠, 内に, 内密で, 処女の, 初から, 初めっ, 別です, 別問題です, 前のよりも, 助走する, 労働者の, 医者が, 十や, 千恵造の, 占領し, 却って勉強, 卵かなんか, 厩の, 厭, 厭ぢや, 叔母が, 叔母さんの, 叔母さんや, 口を, 可い, 可いよ, 可けれど, 各々手の平, 吉之助が, 吉見さんの, 同じ山かん, 同行し, 君たちは, 君に, 君は, 告白し, 哲学を, 哲學を, 喜惣よ, 喧嘩しねえ, 器用に, 四五日ぐらい, 地代も, 声ばかりも, 夕飯が, 夕飯を, 多く作らにや, 夜でも, 夜に, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大変軽卒の, 天の, 好いが, 妾で, 妾にも, 妾本当に, 子供の, 子供らしい, 学校なんて, 宜しいです, 家は, 家へ, 家を, 宿屋を, 小ツ, 小母さん, 少し手, 山本さんに, 岩田の, 己あ, 幽霊が, 弁護士諸君私は, 弾丸さへ, 当分に, 役者か, 後日の, 御一緒, 御免蒙られう, 御新造さん一風呂お先き, 復活語も, 必ず見, 怪しい来客, 悶死すべきでない, 慥りやれ, 我々は, 戸田先生なんか, 手前の, 手前は, 手間には, 手際よく, 拙者が, 支度を, 改めてシラフ, 教へて, 日本中の, 早くあの, 早くそう, 早く俺, 早く出しなせ, 早く御飯, 早く然, 明日にでも, 明日は, 是處だ, 昼間に, 月謝納めない, 有り難いが, 未だしも, 本当に困る, 本望でございます, 机に, 村で, 格別校舎, 横浜の, 欲しいと, 此処だって, 武雄さんと, 死恥を, 毎晩どんなに, 比翼塚の, 水を, 水天宮様の, 決して承知, 沢庵でも, 溝泥だって, 無駄だ, 煉瓦場を, 独りじゃ, 田舎へ, 男と, 留守の, 皮も, 目と目とから, 矢張りこれに, 破談に, 碁は, 禁酒会へ, 私それで, 私に, 私立探偵でも, 私等あ, 私達は, 立派な, 立派に, 第一あたり前, 箪笥の, 簡単だ, 結果としては, 署で, 考へ, 聽き, 腹を, 自分で, 自分に, 茅ヶ崎の, 葬儀屋が, 蝋燭を, 行つて御覧冬ちやん, 行んでも, 表の, 見舞に, 角の, 話を, 話合いに, 誰か, 誰の, 誰れ, 調査旅費を, 貰つておかう, 買つて来, 身を, 辛いね, 近所に, 邪魔が, 郷里の, 酔は, 金剛石の, 鍵を, 雨なり, 青野の, 鞄へ, 頭から, 頭巾を, 馬位ゐ, 骨は, 魂も, 鯨でなく, 鳥獣の

▼ んとか~ (596, 0.3%)

101 して 17 言ふ 12 言はれ 8 言って 6 しなければ 5 云って, 返事を 4 いって, 言は, 言ひ, 言ひました, 身の 3 いったっけ, かんとか, ならないもの, ならぬもの, 小町と, 色を, 言つ

2 [23件] いった, うまい事, うまい工夫, したとか, しよう, しようと, する, なつた, なるだらう, 世話を, 云えば, 云ふ, 僕が, 助けて, 取返して, 工夫する, 恰好を, 流の, 言うの, 言はれる, 言ふんだらう, 話して, 誤魔化して

1 [355件] あはれ草臥もうけに, あるいは物, あるならさ, あれには, いい工夫, いえと, いくらでも術, いたしたかな, いったそれ, いったっけな, いったなあ, いったもん, いっても, いつたこと, いつもの, いはれるだらう, いろいろの, うまいこと, うまい具合, うまい名目, うまい言, うまく僕, うまく優しく云, うまく懲さ, うまく答えたい, うまく話, おすがり申して, お互に, お便りが, お前さんに, お前の, お眼鑑, お詫びの, くだを, ぐでりんとかいふのと同じ, この儘何事, この場, この身上, この青ちょこ野郎め, これからの, ござり奉っ, ご処分, しかるべくいいなさい, したいと, したいもの, したって, したとやら, してやらなければ, してやろう, してやろうと, してよ, しなきや, しなくちゃ, しなくては, しなければと, しようでは, しようという, しようとは, しようよ, すきや建築なども, すらりと, するが, するぜ, するだらう, するであろう, するであろうが, すると, せめて自分, そういう工夫, その区別, その場逃れ, それは, それより, それを, そんな事, だと, だとよ, つくしたいの, つべこべいいくさる, なしげな, ならう, なりませうどれ, なりませんかね, なること, なるそう, なるだろう, なるだろうから, なるだろうと, なるであろう, なるに, なるまいかと, なるまで, なるよ, なるよう, なる事, なろう, なろうと, なろうなぞ, なんとかそんな, または東海, まとまるもの, もう一度癒し, もう少しならない, ものに, よくある, よく分りませんでした, わけあり, ウマクやっ, キット難くせを, ツイおだてられ, テレビン油を, ペコンと, 一つ, 一つ再現し, 一つ誤解を, 一定され, 一年の, 一言いいなさい, 三ぶ, 不足が, 世間から, 事件の, 云いな, 云いなさい, 云いね, 云いねえ, 云いましたね, 云うお, 云うが, 云うて, 云うん, 云う小間物屋, 云う料理屋, 云ったか, 云ったが, 云ったっけ, 云ったね, 云ったのう, 云ったッ, 云った善, 云っても, 云ってるよ, 云は, 云はれたらう, 云ひます, 云ふお, 云ふだらう, 云へよ, 云わなかったかい, 云われて, 云ッた, 人に, 人並な, 付くだらう, 仰しゃいましたが, 仰有しゃいよ, 仲間の, 伜の, 但は, 何とかそんな, 何とか云う, 何とか云っ, 何とか少しの, 前途の, 加里と, 厭らしい, 厳しい命令, 又女, 取りなして, 口実は, 口實を, 名前を, 味噌を, 呼ばれた処, 呼ぶこと, 呼んで, 嘘を, 噂を, 因縁を, 圭一郎の, 坊の, 埒が, 埒の, 声を, 変な, 外に, 外の, 大きなこと, 大層らしい評判, 女史が, 好い方法, 姉を, 姿を, 嫌な, 宜い, 小町に, 屋の, 工夫に, 工夫の, 工夫も, 工夫を, 巧く, 平次と, 幾人もの, 庇の, 庵とでも, 彼とか, 彼を, 彼んとか, 後の, 従来の, 得意の, 御便宜, 御挨拶, 思い花, 思うだろう, 思す一旦, 思ったかも, 思つたかも, 思はない者, 思わないかな, 思われるだろうと, 思想だ, 思案する, 思案を, 意見を, 愚案の, 愛嬌笑ひ, 懇意な, 成るだらうと, 所詮表看板, 手は, 手段を, 手繰れるだろうが, 手詰の, 手軽に, 打算を, 指図を, 挨拶が, 挨拶を, 捨臺詞を, 揉み消して, 搜す, 敵を, 文句を, 斬るにも, 新兵器, 方法が, 旨い案, 早く下手人, 景気を, 景氣を, 智惠を, 書いたの, 東都に, 格好を, 樣へ, 檢校, 江戸の, 池上に, 法の, 法見付けたら, 泣いて, 注意された, 流と, 浮世離れの, 渡りを, 物を, 独白が, 玉を, 申したが, 申しましたね, 申します, 直ぐに, 眼鼻が, 矢代に, 知らして, 私が, 稼ぎが, 立派に, 簡單に, 精一杯噛, 約束めいた, 組の, 絶対に, 纏り, 罪亡ぼし, 考えて, 考えんと, 考へなければ, 考へませうが, 育てて, 胡魔化す, 自分に, 自由に, 致したかな, 良い工夫, 若い娘, 莫迦莫迦しい, 見張つて, 見得, 親切な, 解決しない, 解決を, 言いだしてね, 言いましょう, 言う, 言うとく, 言うので, 言う人, 言う情事, 言つたな, 言つた方が, 言つた蟇蛙の, 言つて, 言つてすぐ, 言つても, 言つてやつて, 言つてゐました, 言つて來る, 言つて口を, 言つて大概の, 言つて承知し, 言つて散々賽錢と, 言つて申松の, 言つて異, 言つて自分で, 言つて良い, 言つて見る, 言つて遊びに, 言はれた, 言はれました, 言はれます, 言はれるだらう, 言ひ出し, 言ひ解く, 言や, 言われて, 言われる人, 話を, 誤魔化さうと, 読みよう, 読めないか, 謳はれる, 身づく, 近藤殿に, 遣り繰り算段し, 野郎の, 難題を, 非難される, 面倒を, 面白くない, 館という, 馬鹿気た, 體裁の

▼ んけれど~ (572, 0.3%)

7 それは 6 私は 5 あの人 4 あなたの, 私の 3 そのお, ともかくも, 何でも, 此の

2 [25件] あたしは, あなたが, あの方, こちらの, これが, これは, しかしそれ, その代り, それを, とにかくその, どうもお, まだ若い, わたしは, 二人とも, 今から, 今は, 先生は, 原籍は, 大よそ, 嫌ひ, 容貌は, 少しは, 服装は, 毎晩泊りに, 知って

1 [484件] ああ取乱した, あがって, あそこのは, あた, あたいは, あたくし, あたしすぐ, あたしそそっかしい, あたしちょっと, あたしつくづく, あたしには, あたしの, あたしまだ, あたま, あちらに, あなたには, あなたは, あの, あのひと, あの叔母さん, あの時分, あの源右衛門, あの男, あの頃, あまりよくほえます, ある処, あれっきり荒田さんの, あれでねえ, あれを, あんなに真っ, あんな人間, いいもの, いい気味, いけないの, いずれ後に, いずれ準備, いつかは, いつかフレンドシツプが, いつぞや神田, いつ部屋, いまそこで, いま壺が, いま申し上げた, いやです, いらっしゃいませんか, いろいろ考えます, うちは, おうち, おそらくそんな, おとうさんは, おぼろげなれ, おれも, お二階, お供を, お側について, お別れ, お姫様は, お嬢さん買いかぶっ, お客は, お役に立て, お怒り, お望み, お母さんも, お気に, お気の毒, お湯などへ, お父さんが, お父さんの, お金だけ, お銀様, かくの, かねて肺病, きっと書きます, けさ早く, けっして軽はずみ, こ, ここが, このごろ山岸さんの, この土地, この実験動物, この深, この間包む, これからちょいちょいどうぞお, これじゃ, これでは, これまで, これも, こんなふう, こんな事, こんな話, こんな雨, さう, さうし, さうで, しかし二人, しきりに涙, しっかり護っ, すぐに, すこしの, ずっと以前, そういうわけ, そういう器械体操, そういえ, そうしたら正ちゃん, そこであの, そこでは, そこには, そこは, そしたら, そのおもしろい, そのかわりお座敷, その一生, その寡, その弟, その恰好, その教育法, その時, その時分, その書置き, その災難, その花, その関係, そりゃいや, それが, それでは何卒, それでも, それでもなんだか, それでも家, それでも田舎, それでも眼, それでも私たち, それでも茂太郎, それほどまでに, それよりも, それ程に, そんなこと, そんなに厭, そんなに待っ, そんな憎まれる, そんな瓜二つ, そッと, た, たしかに物影, ただその, ただそれ, ただ山, たった一つ, ためしに, ちょっとお願い, ちょっと外, つい心, つぎ合わし, できてるん, でもあたし, でもあの, でもお, でもこの, でもそれ, でも全く, でも口, でも機械, でも気がつい, とかくこのごろ, ときには着替え, とにかくお, とにかくもっと柔らか, ともかく今, ともかく日本語, どうかお, どうかする, どうか召, どうしてもそうなさらなけれ, どうして本名, どうぞ貴, どうにか看護婦志願, どうもあの, どうもね, どうもほか, どうも平さん, どう始末, なにかこうおかしな, なにか大変, なまじつか, なりますこと, なんだかたいへんむずかし, なんでも, なんとなくからっぽ, なんとなく私, なんに, にくみも, ねえおせい様, ねえどうか, ほうって, ほかに, ほかの, ほんとうに, まあなおった, まあ段々に, まあ涼しい, まさかあ, まずまずどんな, またそう, また同じ, また私, また苦しい, まったく気, みなさんと, みんな三人に, もう万感, もう二度とそんな, もう春ごろ, もしそんな, もしもあの, もしも何, もしわたし, もし万, もし丸髷, もし出したら, もし寝言, もし歩い, もちよ, もはや恋, やがてその, やっぱりたかが金魚, やっぱり私, やつは, やつぱり大変不愉快でした, よい手本, よくまあそんな, よく見, わたくし逃げよう, わたしが, わたしに対して, わても, わりに近頃, イヤがる, コルサコフ症状群を, ジェステュアを, ゾッとしました, タイクツせざる, チベットの, ミチ子さんに, ムクの, ロチスターさんは, ヴァン・ダインなどは, 一つこの, 一つの, 一つ所に, 一人決まった, 一切私に, 一婦人の, 一日だけ, 一旦愛相, 一昨年の, 一時お宅の, 一時の, 一本一本吹く, 一通り稽古する, 七兵衛の, 三両だけ, 世の常の, 丙午の, 二見ヶ浦を, 五月五日と, 人たる者は, 人に, 人力車で, 今まで, 今夜は, 今日の, 今日は, 今日先生が, 仏蘭西語は, 仕上がりについて, 仮りに, 何か, 何し, 何しろこの, 何しろ始末, 何だかかう, 何だか一向さっぱりしません, 何だか世間, 何だか人間, 何とかあの, 何とかいたしませう, 何とかし, 何と云, 何分急病, 何卒お許し, 僕などは, 僕の, 僕は, 元氣, 兄の, 兎に, 全然反対, 八五郎さん代つ, 八犬伝の, 兵馬は, 其お, 其の御, 内は, 凹面鏡では, 出来ないもの, 別にこの, 前の, 力士の, 医者も, 受け売りの, 合羽坂の, 吉村さんの, 周囲の, 味方に, 唯ほんの, 坊やだけは, 外の, 多くは, 多分, 多分その, 多分話し, 夜にな, 夜は, 夜勉強しない, 大体そんな, 大恐慌, 大間知さん守随さんに, 天井に, 奥さんが, 奥様に, 女だ, 女に対して, 女の子かも, 好きでも, 好きな, 子供の, 存じて, 宅でも, 実に陋, 実際は, 室内は, 宮仕えよりも, 少しお話, 少しふさわしく, 少し何ん, 少し普通, 山やに, 師匠の, 平生私達の, 幸内の, 幼い時, 店の, 度々人さま, 弁信さんに, 弟が, 弦之, 強い井上君, 後の, 御別荘, 御新造さんは, 御用は, 御自慢, 御覧なさい, 御飯でも, 心では, 思いきって, 急に, 恐れながら母, 愚図, 或はさ, 手紙ぐらいは, 折角ご, 探偵小説作家たる, 数年前は, 数箇月の, 文学者は, 方々へ, 既に店番, 日本という, 日本は, 日本人は, 明日の, 昨年一昨年と, 是は, 時代おくれ, 暗い屋根裏, 書いても, 最近社長の, 月日を, 月末だ, 有るとでも, 本ものの, 本当によく似た, 本文の, 杉田には, 来客は, 松山が, 楽屋の, 歌の, 死んだ身体, 殺して, 母さんの, 氏の, 永久に, 河野の, 河野は, 洗面や, 津の, 浅草の, 潜水機なら, 濃い青色, 無いこと, 無邪気な, 煙突から, 父母は, 独逸の, 獨身で, 生活内容には, 産婆に, 男性である, 百人の, 皆さまで, 皆さんなどとは, 皆人の, 目が, 目は, 盲目で, 相当な, 相手が, 相手は, 知らないで, 神尾主膳の, 私が, 私それ程, 私に, 私には, 私弱りきりました, 第一, 籍を, 美人である, 羞恥心を, 義姉の, 聊か慰むる, 聞いて, 職人が, 自分の, 至って挙動, 芹粥を, 若し出来たなら, 若様の, 西洋の, 見るの, 親しく生活, 親方の, 解釈しきれない, 言つてしまわなけれ, 話しかけた筋, 話しても, 誰かに, 財産は, 貴下が, 貴方の, 足の, 足許の, 身に, 身体だけは, 造化の, 逢えませんでは, 連れ戻るときわたし, 道場を, 那裏の, 部屋へ, 都合の, 酒は, 重いらしい, 金え, 銀色の, 間に, 随分いや, 随分好い, 電気の, 順序よくお話, 頭の, 食ふところは, 鬼門とか

▼ んもの~ (515, 0.3%)

4637 ですから 12 だ, でも 98 だから 7 で, はない 6 か, だと, である, です 5 でございます, でしたから 4 だな, でございますから, ねえ 3 じゃ, ぞ, でな, と, と見え, は誰, を殺した

2 [28件] かな, かね, があります, がある, さ, だが, であること, でございますが, でしょうか, ですからね, ですよ, でせう, といきなり, とかく, との御, と心得, と思い, と思う, と機会, と身, に金, は, は必ら, もある, よ, を余り, を買う, 何で姉さん

1 [254件] あって, あらず, ありや, いづくに, かなあ, かなと惘然, から種, かをも, か此胸, があった, がここ, がそうした, がやれる, がわざわざ, が全部洗, が多から, が属, が昨年頃, が残っ, が縁談, きっと讐, こつちが, さネ, じゃから, じゃそれ, じゃところで, じゃよ, じゃわ, じゃ真言, そうでしょう, だこれ, だそれ, だぞ, だつて, だといふ, だなあ, だよ, だろうか, だろうかなあ, ちょっと縛る, であ, であった, であつ, であの, でありますまた, であるけれど, であると, であろうかの, でございまして, でして, でしょうが, ですがね, ですな, ですなあ, ですなわち, ですね, でたまさか, でと, でなあ, では, で今, で伊之助, で何と, で実に, で本人, で本当, で火傷, で終夜安眠, で習慣, で船上忠平, とあがい, といわゆる, とお, とかたく, とこれ, とし, としてこれ, として出, として選り, とじっと, とすでに, とする, とすれ, とその, とだいぶ, となめ, とは, とはぞんじます, とひたすら, とひと, とまで思いつめた, とみえ, とペン, と世故, と交番, と人交ぜ, と今や, と今頃, と出陣, と刀, と夜, と大将, と大雨, と始終, と存候事, と引っ, と心, と志し, と思いまし, と思い直し, と思われた, と急い, と悶掻, と意気, と意気込ん, と手, と打, と数年間, と既に, と日々兵, と曹操, と果敢, と権現山, と武将, と民間, と永遠, と決心せり, と海岸, と涙ぐましき, と準備, と燐閃, と献策, と理, と理論, と秀衡殿, と秘し, と稍決心, と総督, と考える, と自ら槍, と落ち散る, と見, と見えまし, と見えます, と覚悟, と計画, と訪ね, と試みた, と誓っ, と諦め, と身許, と道中, と野心, と鉄索, と魏, な, なきや, なの, ならそいつ, なら今, なら此地, にきまって, にでっち上げ, には見せ, に前, ねあたし, ねでは, ね何となく, のお, のよう, はありません, はかく, はこ, はこの, はございません, はただ, はためし, はつづけ, はどう, はやっ, はよろしく, は一ツ, は人穴城, は内外, は分らんです, は寂寞, は尾, は幸福さ, は庭, は心得置くべき, は文明, は沢山, は海, は無い, は現, は細心遠慮, は行け, は見えん, は負, は貴く, は音, ほんの余計者, まで取った, むべゑの, もう少しお, やがな, よ栴檀, らしいが, をかく, をさしあげましょう, をそして, をそれほど, をと, をと乗らぬ, をと嘆, をと家人, をと思いし, をと用意, をと種々, をと負, をと踵, をどうして, をわかった, を上げ, を出せ, を唄う, を御, を思い出し, を我, を持ち出す, を探ね, を書い, を残し, を汚れ, を生命, を私, を見当違い, を説明, を買, を送った, を邪魔, を邪魔もの, を間さん, を食った, ネ, ネつまらない, ネ昔, ヲ, 人が, 人の, 呑んだり, 売もの, 我が如き, 故に琵琶

▼ んよう~ (495, 0.3%)

5920 にし 18 になった 14 になっ 12 な事 11 です 8 なこと 7 だが, で, になる 6 では, なもの, な気 5 にお, になりました 4 ですが, な訳, にする 3 じゃ, だ, だから, でした, ですな, なところ, な次第, に思う, に持っ

2 [21件] だな, だね, でございますが, ですから, なお, なでん, なものの, な人, な場合, な始末, な御, な気イ, な状態, にした, になさい, になり, になります, にね, にの, に思います, に思われる

1 [223件] あらためて山吹, いけませんよう, お別れ, ござんすか, ご入念, じゃが, じゃない, じゃないです, だぞ, だったが, だったらどう, でありますな, できるだけ早く, でございます, でございますから, でしたが, でしたもと, でしたら何ん, でしたら明日, でも, で八さん熊さん, で面目, な, なありさ, なおかしな, なくかえって, なくかつ, なくこれ, なし, なすこぶる, なそれでいて, なそんな, なの, なびっくり, なふう, なふくよか, なら御, なら私, なわけ, なハメ, な一大事, な丈夫, な不都合, な不都合さ, な争い方, な事件, な云い方, な仕組み, な原因, な場所, な変わり方, な失礼, な奴, な山奥, な心持, な性格, な恐ろしい長い, な挨拶, な政治, な文意, な方向, な日, な曖昧, な有様, な植込み, な様子, な死に方, な気の毒そう, な気持, な気持ち, な汚い, な物, な犬, な生きた屍, な生徒, な私, な絵師, な絶え間, な羽目, な者, な薄暗い, な言葉, な迂闊, な部屋, な面付き, な音色, な顔, な風, な高尚, にある, にいえる, にいささか, にうまく, にお祈り, にきっぱり, にこれ, にさされ, にしたまえ, にしてた, にしとい, にしといた, にしとる, にしない, にしなけれ, にしなさい, にしよう, にしろ, にするよっ, にせん, にせんけりゃ, にそう, にそれでは, にたのみます, にだ, にちゃんと, にと御, にと心がける, にと心ひそか, にと忠告, にと思った, にと書きます, にと私, にと袖, にと言われ, にどう, にどうか, にどろん, になあと云われました, になったです, になったらしいけん, になってる, になつ, になにとぞ, になりましょう, になりゃ, になるじゃろう, になるだ, になるです, になるやろ, にはせぬ, には取り計らい, にまた, にもっと, にシッカリ, に云いました, に云う, に云え, に云っ, に仕, に任せ, に何, に何とか, に光子さん, に凛々, に処置, に出来, に出来る, に務め, に危, に口止め, に叩きつけ, に同じ, に喋る, に奈良, に存じました, に年下, に幾重にも, に弱りまし, に心づけます, に思われ, に思われますやろ, に態と, に成っ, に扉, に手, に手前, に手紙, に打ち潰し, に持ち掛け, に早う, に段取り, に気, に気イ, に注意, に洞穴, に浮き浮き, に甘く, に用心, に監視, に祈ってる, に筆談, に組合せ, に考えた, に考えられます, に致せ, に芸術, に行, に襖障子, に見えた, に見えまする, に見張り, に覚悟, に言っ, に誓約書, に謀っ, に責任, に身, に追, に追払いました, に通路, に酩酊, に鍵, に頼ん, に願えます, に鹿の子, に麻痺さし, ね, はない, はなき, もなかりき, やっぱり美津, 御慈悲, 来たない

▼ んでも~ (486, 0.3%)

40 いい 10 ええ 9 いいから 8 よろしい, 知って 7 なかつた 6 いいさ 4 かんでも, して 3 いいじゃ, いいです, いいの, いいん, なかつたの, わかって, 厭なら, 好きな, 非常に

2 [25件] あれへんなア, いいこと, いいでしょう, いいと, え, ええです, すきな, それは, だめか, どなたも, ようございます, よろしいの, わかっちょ, わかっとる, 呼んで, 変な, 宜しい, 書いて, 来い, 東京の, 死んだら地獄, 珍しく聞く, 私の, 私は, 自由に

1 [313件] あけすけに, あちら様で, あなたが, あの女, いいが, いいがの, いいじっと, いいぞ, いいただ, いいだろう, いいつて云つて, いいなあ, いいに, いいので, いいのよ, いいますよ, いいもう, いいや, いいよう, いいわな, いい他, いい加減, いい早く, いい無理, いい私の, いい結構, いい進めや, いうたげるわ, いちど助け, いないという, いないのに, いなかった, いるん, えい, えいぢや, ええから, ええこと, ええことおしゃべり, ええし, ええぞ, ええたい, ええち, ええと, ええという, ええとです, ええとにわかに, ええなあ, ええの, ええや, ええやらう, ええわ, ええ気, ええ泣かん, おまえが, おれには, おわかり, おんなじこんだ, お父, お禁じ, かうして, かぶろうじゃ, かまわず早く, かまわぬ, かめしめへん, かめしめへんで, きっと話し, くりかえすほかありま, くれる, ここに, ここら中の, この上, この病気, これで, これは, こればかりは, さ, したの, してやったでは, します, すまして, するか, するが, するさ, するぞ, するよ, せめて縞柄, そう事, その因縁, その娘さん, その心情, その時, その気分, その点, それだけの, それで, ちょうどよかっ, です, どうにか出, どこかで, なかつたが, なかつたといふ, なかつたので, なかつたわけ, なかつたわよ, なくなった, なくなって, なったらとても, なったらどう, なにか大変, なんとか言いよう, ねい, ほかに, まあ静か, まず安らか, まだ足りない, みこしを, みなさんは, もう皆さん, やったという, やり遂げようと, よう知つとる, よろしいぞ, よろしいちょい, よろしい一人芝居, よろしい出し, よろしからう, わかっとると, わしの, わたくしは, ゐなかつた, ヨーロッパ大戦の, ロンドンへ, 一切道具ばかり, 一番都合の, 三人の, 下総へ, 不釣合だって, 与れなら与れと, 云い付けるが, 人生の, 以前の, 伺いまして, 佐久間町の, 何となく謹みません, 何と言つて, 余処で, 俺走るで, 僕には, 元々根本, 充分死ぬ, 先生には, 公正価で, 几帳面だ, 出来るが, 出来る器用, 分って, 切れるよ, 判ってる, 判ってるや, 動きそう, 勝手に, 包むよう, 厄介な, 厭な, 取れないやう, 受け入れること, 呑みこんで, 喫茶店でも, 好かろう, 好きだ, 好きで, 娘の, 嫌な, 定めし諸君ら, 宜しいあちら, 宜しいさ, 宜しいそれ, 宜しいので, 宜しいよ, 宜しいエ, 宜しい主人, 宜しい何, 宜しい傷, 宜しい其処, 宜しい弟, 宜しい硯箱, 宜しい礼, 宜しゅうございます, 宜しゅうござる, 宜しゅう是非, 家で, 家は, 容易に, 寝られないん, 少し曲りまし, 尚侍などに, 居ない時, 山に, 差し支えない事, 平和の, 年に, 引きつける丁度, 強情でも, 当って, 彼の, 彼は, 御修行者, 御法通りに, 御疑念, 思うたこと, 怪しいと, 恥ずかしいよ, 惜し氣, 挨拶も, 捕えて, 描きましょう, 擧げずには, 文字を, 旗本衆の, 日暮までには, 早う直, 是れ, 晴らすぞよ, 書ける時代, 来いだと, 来よ, 来ようが, 東京や, 東京新報の, 東京新聞さ出たちゅうでねえけ, 構いませぬ食物, 構わずたべる位, 構わない, 構わないん, 構わない暴力, 構わない神様, 構わない鉄気, 構わぬ私, 構わん四五人木遣, 欲しがる, 死ぬにも, 死んだ父, 死んで, 淋しいの, 済む, 済むからと, 済むじゃから, 済むだろうにと, 済むの, 済むよう, 済む天下, 済んだ訳, 物の, 玄関を, 生きて, 田舍者には, 皆様たいてい, 目黒あたりの, 着いた時, 知ってや, 知ってるわ, 知ってるん, 知っとるわい, 私から, 私には, 私等は, 箱の, 細心綿密な, 結構です, 繰り返す, 美しいもの, 聞いて, 聞こう云って, 聴いて, 背中に, 自由自在だ, 色々な, 色も, 若くて, 行けと, 衣裳を, 見えるのね, 見張って, 親分さんあの, 解ってる, 言いますよ, 訊いて, 訊きねえ, 話し合った, 話は, 誰が, 誰に, 貴方川留で, 足りねえやう, 軽く取次い, 追っつかない, 追っつきません, 追っつけめいぜ, 追っ付かないので, 追付きません, 追付きませんよ, 追付きやしません, 逃げ込むつもりぢ, 酒などは, 開閉は, 非常の, 食って, 飲み込んで, 飲む事, 饗応方が, 馬鹿らしく見え, 騒ぎ立てるの, 高いところ

▼ ん~ (478, 0.3%)

1814 がある 11 を希望 10 はない 9 もない, を云う 8 を祈る 6 だ, だと 5 で, をいう, を望む, を欲, を願 4 だが, です, になった, を切望, を思い

3 [11件] があります, でも, になる, はあるまい, もあります, よ, を云っ, を恐れ, を申し, を言う, を願う

2 [33件] がよく, が分明, じゃ, じゃない, である, であるから, でげす, では, になっ, になりました, はお, は有るまい, は無い, は言, もありません, もあるまい, をお, をし, をする, をと思, を以てす, を庶幾, を思う, を望み居たれ, を期す, を欲する, を気, を申す, を祈っ, を要す, を言, を請, 云うな

1 [243件] あらじ, あ何, いふて, いろ, かと存じます, かへつて, から無造作, から起る, があった, があったです, があるべき, がございます, が亡骸, が出来する, が多い, が山, が度々, が書い, が有ります, が有る, が毎度, が看取, こそ吾人, こそ気, さ, さ俺, じゃな, じゃのう, じゃろう, じゃ是, たぞ, ださ, だ以後, だ何, だ相, ついにここ, であったが, であります, でありますから, であるけれども, であろうと, でお, でお前, でご, でございまして, でございます, でございますけれども, でござんす, でさ, でして, ですけれどね, でもしや, で中, で人, で人間, で今日文学, で何, で併, で剣術, で女, で学校, で幾ら, で御座いますもの, で心配, で此の方, となります, となる, とは知ってる, と信ずる, と存じ, なの, なら仕方, なら遣りますわ, なり, なり難く, なれども, にしました, にしよう, にでも感じ, にどう, になり, になります, には肚, にも目口, にゃなる, に今更, に全快, に决, に力み, に思う, に打つ突かつ, に断念め, に極め, に気, に決す, に由, に興味, に角, の口惜し, の汝, の災難, はあの, はありますまい, はありません, はその, はやるべし, はよく, は一つ, は先達て, は分らん, は女史一人, は彼, は思ひ, は武士, は無かろう, は無けれ, は独り挨拶, は確か, は考えぬ, は腹, ばかりが評判, ばかりで, まだ結ばん, もある, もあるだろう, もなから, もなかろう, も事実, も亦, も無い, や思うた, ゆめゆめ疑い, よりもその, をあいつ, をいい出し, をいっ, をかの, をく, をここ, をしない, をしよる, をせられ, をとて熱心, をと歎息, をどどういう, をば, をひそか, をもっ, をゲーレス, を予め, を予期, を云, を云い, を云うた, を云うとる, を云え, を人生, を仰し, を仰しゃいます, を仰せられます, を伏し, を伺います, を伺いまする, を余, を冀, を内々, を出家, を切願, を力む, を努め, を務め, を務め全体, を厚く, を喋舌, を図り, を国家, を希, を希う, を希望致候, を平生, を弁解, を待っ, を待つ, を御存じ, を心配, を必, を忘れ, を思った, を思ひ, を怠らざるなり, を恐れた, を想う, を想っ, を慮りて, を我, を教, を望みし, を望みしなり, を望むべきなり, を望めり, を期し, を期すされ, を期する, を期せり, を期待, を東亜, を楽しむ, を欲し, を欲せり, を求めぬ, を渇望, を熱望, を父, を申しかけまし, を知っ, を祈り, を祈るなり, を神, を秀吉, を私, を考, を考え出した, を聞きます, を聞く, を能くせられた, を致しました, を虞, を見る, を覚悟, を言っ, を訊く, を話しました, を誓いおりし, を請うた, を貴方, を黙, 云いや, 何たる因果因縁, 何でも菊様, 偏に冀望, 堪へ難き, 庶幾うところ, 最も穩當

▼ んけれども~ (437, 0.2%)

6 私は 5 兎に, 私の 4 それは, 今の 3 我邦の

2 [17件] ある意味, この私, これは, それが, そんなこと, そんなん, どうもあの, プウ・フウ新聞は, 主人の, 併し, 兎も, 君の, 外に, 多くは, 或る, 確かに, 自分の

1 [376件] あいぬ, あたくし, あたしの, あっちにも, あなたが, あなたも, あなた礼坊は, あの地方, あの男, あの竹, あの肝臓, あれはあ, あんまりそれ, あんまり問題, いけないこと, いちばん根本は, お刀, お前さんも, お力さんに, お君, お土産, お尋ね申します, お滝, こ, ここでは, ここに, ここは, こちらの, このマナサルワ湖, この二人, この人, この十日, この悪い, この総領娘, この西, この記事, これで, これまで, これを, こんなの, こんな本当, さぞ痛かろ, さればとて, ざっと三十, しかしこうして奥様, しかしそれら, しかしアレ, しかし一通り, しかし気の毒, しかし要らない, すぐれて, そういう池, そうなる, そう遠く, そのうち, その他の, その仙太郎親方, その代り今, その休養, その山, その穴, その筋, その蔵, その言葉, その証拠, その近郷, その鼻息, そもそも, それじゃ, それでは何卒, それでは味, それでも今にも, それでも払渡し, それと, それなら, それにも, それによく, それによっても, それよりも, それを, そんなら, たしかにしんぞう, たしかに人, たしかに本人, ただ一つ何人, だんだんにそれら, ついでだ, つい笑っ, つくづく私, つまり仏教, つまり他, でもたとえば, とても優しく, とにかくそれ, とにかくやつ, とにかくタダモノ, とにかく一流, とにかく五種, ともかく夏, ともかく母, どういう人, どうかし, どうしてよい, どうにも, どうも今, どうも問答, なかなかチベット, なんだかひどく私, なんとなくそんな, ね, ね見よう, ほんとに残念, まあこんな, まあそこ, まあ大抵そんな, まさかにそんなにも, まず全体, まず外, まず私, また武雄, また私, まア志, みんなあんなに, むかしは, もう一度あなた, もしこの, もしや道, もし仮にあった, もし熱, もともと国家, やがてすっくと立ち上っ, やす子の, やはりその, やはり貴種流離, やはり首筋, よく新しく, よんどころない訳, わたくしは, イタリー語の, エキス分を, コンギュ州の, ゴトーンと, シナ皇帝から, ズーニェル・チェンモなる, ゼーツン・ミラレバという, チベットにおいて, チャッブや, テンピでも, テンピなら, ナニもう, ビフテキの, プデンが, マッサージか, 一人二人お, 一室内に, 一所懸命やつて, 一番先へ, 一般に, 一通りの, 上野を, 下手に, 世間じゃ, 世間には, 世間の, 中味の, 中身だけの, 久しぶりの, 之に, 予が, 事実ある, 事業の, 二三人の, 人の, 人間として, 今から, 今その, 今までの, 今夜は, 今幾分か, 今度夏休みに, 今日先生が, 他人が, 会いたいん, 伯母さんその, 何う, 何しろ吾, 何せ力, 何だかあの, 何だかあんまり, 何だかアノ, 何となく中, 何と申す, 何に, 何卒し, 余り感心した, 余念を, 余程景色, 作者という, 例によって, 俳優の, 僕は, 僧侶社会には, 先日も, 先生は, 兎角数字, 全体に, 公子の, 兵舎が, 其に対する, 其の皿, 其の頃, 冬は, 副食物拵えは, 勢い私, 勢ひ, 十二円五十銭は, 厳格に, 双方に, 叩きに, 只全く私, 右の, 同じこと, 周囲の, 和製の, 喜んで, 困つた事, 夏に, 外国の, 外道の, 多分母, 大へん雨, 大体私共の, 大切の, 大学校, 大層もう結構, 大抵物品, 大牛, 女の, 婦人の, 子供の, 字体には, 安田一角が, 実際事, 宮廷に, 封建時代の, 小僧が, 少くとも, 少し用, 少し考え, 山国では, 差迫った場合, 帰って, 帽子という, 平安朝に, 平民に, 強いて, 強いて譬えれ, 彼らの, 得手勝手ねえ, 徳義の, 心の, 心得の, 心理学では, 心配し, 急ぐ時, 急に, 悪い時, 悪い癖, 懺悔の, 我々には, 或はかういふ, 戦争が, 手前は, 折々は, 折には, 折角の, 折角持っ, 持って, 掛けて, 支那料理では, 政府の, 文学という, 新らしい, 旅で, 日常の, 日本の, 昔は, 是れ, 時々コッソリ, 最近では, 木村の, 本来から, 東北地方を, 枯木も, 柿は, 梅の, 極く, 此の, 此儘に, 死んだ人, 殆ど同じ, 母は, 毎日料理法を, 毎日襯衣を, 比較的そういう, 決して恋, 沢井の, 沢山に, 活字は, 無逸, 照も, 物には, 玄奘三蔵渡天の, 現代の, 用心に, 番頭に, 百合さんどうか, 相応の, 真底私は, 神仏の, 福代さんが, 私ども常識を, 私も, 私共は, 突然この, 立像を, 立派に, 箒で, 篠の, 紋付の, 紫の, 結局は, 經塚と, 置電燈丈で, 習慣が, 老人にとっては, 考えて, 聞いただけでも, 腐ったもの, 自分が, 自分だけの, 自分としては, 自然と, 良人たる, 良人の, 色の, 若旦那の, 萬事届い, 蝉取り運動上には, 要するに学校, 親たちが, 親父が, 言いましょうが, 訣らない, 詩では, 誠に上品, 誰も, 譬へばなもと, 議会の, 貴方の, 貴老, 軒の, 辺鄙な, 造語能力が, 都会の, 長い髪の毛, 長く伴う, 長く置い, 青年である, 面白いという, 面白い芝居, 頭の, 食パン屋が, 飽くまでもこれ, 黒田さんは, 黒百合の

▼ んかと~ (419, 0.2%)

6 云って, 尋ねて, 思って, 言って 5 いって, 云つた, 思うて 4 いうと, 云った, 思う 3 云ふ, 思います, 思うと, 聞くと, 言うと

2 [23件] きいて, きたから, これは, 云い出した, 云う, 云うから, 云うと, 云うの, 云ふと, 代助, 声を, 心配し, 思ふ念, 梅子が, 男が, 私は, 自分に, 親し気, 言った, 言ったん, 言ひ, 言ふ, 順平は

1 [307件] あれこれお, いいました, いいますと, いうに, いうので, いうのに, いえば, いった, いったつもり, いったら宜しゅう, いったんで, いつたら洗うて, いはれて, いひしに, いふこと, いふと, いまは, いやつまりそれほど, いや不具者を, いわれたこと, いわれ断っても, おっしゃって, おもいしところ, およそ予感, お兄様, お前は, お小夜, きいたそう, きけば, この間から, これでもかといふ, これに, さいご, さだめしひしめき合っ, さっき下検分に, しきりに左右, しきりに申します, しんからの, すすめた, そそのかして, そそのかします, それのみ, それのみを, たずねた, たずねて, ただ恐縮の, たづね, たのんだ, ちぢこまりながら, ちゃんとふだん, どの部屋, にこりと, はなはだ文学者ら, ひもじい腹, びくびくもの, ぶたれて, ぼくが, まアそんな, まア思う, わたくしは, わたしは, セシルが, ビクビクし, 一ぴきのめばる, 一同配慮する, 一度は, 一所懸命に, 一旦は, 一枚づゝ繰り返し見つ, 一緒でござろう, 一緒に, 一考したる, 不足を, 主人が, 也, 予審廷へ, 二重瞼の, 云いたい所, 云いますと, 云い訪ねて, 云うに, 云うので, 云うほど, 云う事, 云う意味, 云う案内, 云う頼み, 云えば, 云ったこと, 云った時, 云つた事が, 云つた時帯の, 云つて居る, 云つて御, 云はれた, 云ひたい所で, 云ひたれ, 云われたそう, 云われて, 云われるので, 人に, 余計な, 來て, 便り少なく, 信吉が, 先生から, 兎さま角さま思ひ, 兢々として, 内々心を, 円朝が, 刃を, 切りだしかけると, 初歩の, 危ぶまるるに, 口惜しくなりまし, 吉田が, 同意を, 呟いて, 呶鳴っ, 呼びかけられて, 問いて, 問いますと, 問うた, 問うたんで, 問うと, 図星を, 外の, 夜も, 大概最後に, 女が, 妙に, 存じまして, 存じます孔子, 存候, 存候え, 孰方からとものう, 安手に, 宿の, 尋ねた, 尋ねたらそれほど, 尋ねました所, 尋ね歩いて, 少しまごつい, 工夫し, 庭師に, 当りちらし, 彦太郎が, 彼は, 彼女は, 彼女らの, 心を, 心得斬って, 心配に, 思いしかど, 思いしが, 思いしところ, 思いたれど, 思いつめた時, 思いましたが, 思いやれば, 思いケセネギツ, 思い出したので, 思い初め, 思い往, 思い悩みいたるうち, 思い煩って, 思うそれ此, 思うだろうと, 思うてな, 思うとった, 思うの, 思うばかり, 思うほど, 思う念, 思た, 思った, 思ったなれど, 思ったので, 思ったらお, 思ったらお父さん, 思ってね, 思ってると, 思つてためしに, 思つてました, 思つてゐました, 思つて五十兩か, 思はしむる, 思はれし, 思ひおり候, 思ひて, 思ふ, 思ふとつ, 思ふなり, 思ふん, 思ふ節々, 思わるるばかり, 思われたり, 思案に, 思量致し, 悩み奇怪, 悪口を, 惑ったもの, 惑は, 想像し, 想像します, 戯れた歌, 戯れ候, 戸籍しらべ, 手で, 手前に, 打按じ, 批難する, 技師の, 拙者考えます, 探して, 探ろうと, 推して, 推測せられたる, 教えられたおかし, 斯う思っ, 方丈さまや, 早速その, 時々尋ね, 時の, 曳子は, 有仰つ, 松蔭大藏も, 案内が, 權六にも, 欲せし事, 正直な, 母親が, 気遣ひ, 泣き顔の, 注意を, 犬俯仰し, 狭い場所, 用心に, 申しますと, 皆固唾を, 監視の, 直ぐ言い出します, 私が, 私たちは, 私を, 私議いたし, 種吉に, 笑って, 笑ふだらう, 第一, 紛らせば, 考えて, 考えまして, 考えます, 考えられる, 聞いたらそう, 聞いたら先生, 聞く, 聞くから, 肩を, 胸跳らせ, 腐心するなら, 腹も, 苦心した, 苦慮し, 裏問ふ, 西も, 見据えるよう, 規約の, 覚悟致し居り, 覚束なく, 言いて, 言いまた, 言うん, 言う意味, 言った時, 言つた, 言つたといふ, 言つて用が, 言つて聞き, 言はる, 言ひなじ, 言ふと, 言われました, 言葉は, 訊いた, 訊いたとき, 訊くと, 訊ねるの, 詩の, 誘つても, 誘ひに, 議するが, 賑かな, 質問した, 赤シャツが, 身構へて, 金魚の, 錫かんを, 雁の, 電信柱は, 電車が, 革の, 頼みましたが, 頼むの, 頼んで, 飢の

▼ んだらう~ (397, 0.2%)

3329 か, な 15 と思ふ 76 と思, と思つて 5 ねえ 4 と思ひます, なあ 3 が, と思つたの, と私, と言 2 から, からな, が僕, だからこれ, ぢや, といふ, ツて, 今後

1 [231件] あの面, あれは, あんなで, あんな生一本, あんな風, え, おおこれ, お前に, お前も, お友達つて, お瀧, かこんな, かと, かといふこと, かと種子, からさ, からとか何とか, からど, からね, からほつ, から僕, から帰り, から日, から油斷出來, から着物, か居ない, がああ, があまり, がお茶, がこれ, がさ, がその, がそれでは, がな, がね, がねそれに, がひよつ, が事務所, が二人, が何しろ, が先, が兎, が凡そ, が君, が対局中, が百姓, が私, が紫紺色, が経験ずみ, が総じて, が親殺し, が霜どけ, きつと, けどそれ, けれど, けれども, けれどもあんまり, けれども代, けれども僕たち, けれど私, けれど胸, この天気, これは, これツぱかりの事を, こんな見覚え, こ此武村を, さ, さあ, さう, さうに, さつきは, さね, しいよ, しね, し用向き, ぜと呟く, そいつに, それで一日飮, それに, それにしても今, それにしても照子, それは, そんなこと, そんなら, だが少し, だけど母親, つて, つてや, つて云つてる, つて言つた, つまり人間, て, てえ, てんでん, とい, といふやう, といふ不審, といふ事, といふ意味, といふ氣, といふ疑問, といふ荒んだ, といぶかり, といや, とさ, とつく, とひとりでに, とふと, とほんとに, とも思へる, とわたし, とヘン, と下男, と不思議, と事もなげ, と云, と云つて, と云つて姉, と云つて心配, と今, と仔牛, と代, と内海達郎, と凡そ, と千種, と呟いた, と地団太, と太一ツあん, と思つてお母さん, と思つて窓, と思つて言, と思はせ, と思はれる, と思ひ, と思ひ思ひした, と思へる, と推察, と旅館, と笑, と義雄, と考へ, と考へた, と言つて, と諦め, と鬱ぎ, どうも今日, なあと思ふ, など, などと半畳, などと疑ひ, なんだか俺今夜, なんとなく少し気持, な可哀想, な子供, な宜, な本当に, にな, にトさ, に逢, ねい, ねえあんた, ねえまあ, ねお前さん, ねと彼, ねまるで, ね君, ね日当り, ね殊に, まあ彼, まさかあたし, まさか軒並み, また瀬川君, むづかしい顏を, もう一眠り, もう留学, よし, よとにくまれ, よどうしても, シャンの, チユウ, トレゾールと, ハッハッハと, フツ, フロラに, ヘツ, 不思議だ, 井伏先生に, 他人が, 位に, 何か, 何しろ巨, 何しろ此儘葬むつ, 何といふ, 何べ, 信平に, 俺が, 俺にも, 偉大な, 先生, 割合に, 加けに, 勘定違ひでは, 可哀想に, 唯の, 好きな, 妾は, 実家の, 家が, 小さな上, 小説なんて, 巡査に, 彼奴は, 心で, 心の, 惡い, 新兵の, 明日あたりから, 此れ, 矢張り囚へ, 絶対に, 藤ちやんを, 行つて訊い, 言つた, 追つかけ, 途法も, 遲い, 離縁状に, 餘りだ, 餘計な, 馬鹿する, 馬鹿メ

▼ んだって~ (373, 0.2%)

7 いうこと 5 いうん 4 さあ, 言って 3 おっしゃるん, 云うじゃ, 云って

2 [14件] あとで, いうから, いって, えば, きいて, ことを, それだ, そんな事, 云ってるよ, 喧嘩に, 営業違反って, 教えて, 皆そう, 言いますぜ

1 [316件] ああいい, あたしに, あなたの, あのね, あの女, あの辺, あの鬼顔, あるさ, あれでしょう, あんた淋しい, あんなお, あんなにそわそわばかり, あんな事, あんな野郎, あんな馬鹿気, いい, いいじゃ, いいたいん, いいの, いいますから, いいますがね, いいますもの, いいますよ, いいますわ, いいよ, いうからなあ, いうじゃ, いうぜ, いうとき, いうのでね, いうのに, いうのにさ, いうもの, いくさが, いったじゃあねえか, いったでしょう, いったら, いったわ, いったんです, いってるわ, いつか勇ちゃんが, いやな, いや全く, うつん, えからね, えじゃ, えのよ, おいらを, おじいさんが, おそらくこんな, おっしゃったの, おとうさんと, お半, お姉様, お帰んなさる, お父さんは, お飯粒, かまうもん, かまや, きいたらどうして, こうでも, こったほか, こっちの, ことが, ことは, ことよ, こと知ってるだろう, こまって, こんな, こんなとき, こんなところ, こんなもの, こんな写真, こんな匂, こんな所, こんな無, さあまだ, さもなければ躯, しかしかの, しょっちゅう考えてた, そいつあお, そういってる, そうだ, そうです, そうポカン, そう仰, そう言っ, そう言ってた, そのぐらいの, そのため, その奥さん, その軍人さん, そりゃいい, そりゃ何, それが, それじゃあ, そんなこと, そんなにお嬢さん, そんなに云ってる, そんな乞食, そんな乱暴, そんな太, そんな色んなこと, だから僕, だから犬ころ, ちっとも白粉, ちっとや, つい啖呵, つまり麻疹, でもベス, とうとう来ませんでした, とうとう自分, ときたま聞えた, とっつぁんの, どうしてもきかない, どうして云っ, どつち, どの女, ばからしいの, ふーんなかなか, またそう, またそんなに, まだ高い, まるで喧嘩腰, まるで大きな, みとめないわけ, みんなお祖母さんが, みんな酔っ払っ, もとは, やっちまう, やれるよ, よっぽど力, わけさ, カチヤを, キラリと, サその, ニコニコしてる, ネエまだ, ネエ気を, パパは, ホホ, ママが, メートルグラスで, レギイネ先生と, 三百円も, 事は, 云いさえ, 云います, 云いますから, 云いますよ, 云うが, 云うのよ, 云うもん, 云える, 云ったけな, 云ったら皆, 云ってたん, 云ってるじゃ, 云ってるだろう二人分, 京橋へ, 人が, 人に, 人の, 人は, 今ッ, 仰言ったでしょう, 佃の, 体が, 体面が, 何でも, 何度も, 俊ちゃんを, 信玄の, 修行が, 兄弟子さんたち二人に, 先っきっ, 先生逃げ掛った, 出来は, 医者が, 南蛮温室だって, 又あんなに, 又お前, 又女だてら, 又私, 取支えて, 口ぐせに, 可哀相だ, 可哀相に, 唐朝唐朝で, 四時過, 因縁を, 地蔵だって, 堕落し, 夢の, 大変です, 大変大きな, 失礼だ, 好い事, 威張って, 威張るん, 嫌がる男, 宅の, 安心し, 実は親分, 宮部京子が, 家の, 容易じゃ, 容易なこっ, 容易の, 巡査さんが, 己ぁ言ったろう, 師匠が, 常と, 帽子など, 平気で, 度々水, 引き入れて, 彼は, 彼奴にへ, 待ちな, 応接の, 思ってや, 怪物に, 恐れ多い事, 悲しそう, 愚図つい, 打たれたく, 教養の, 料理を, 斯う, 方々に, 方角が, 明智先生に, 昨日の, 暴れたん, 朝夕斯様な, 朝野さんが, 未高い, 本当かしら, 来なくては, 東風子は, 松つ, 校長先生が, 楽しみに, 構わない, 死にゃせん, 殺して, 母屋に, 母様の, 気が, 泣いたわよ, 源さんたちを, 物さえ, 物という, 生れつき授ってる, 申します, 町の, 病人を, 病院で, 省線市電白山に, 知って, 知ってるのよ, 科も, 管や, 約束日を, 羽を, 考えると, 聞かされて, 聞きますとね, 聞くだろ, 聞くと, 自分で, 自分は, 至急御, 興味を, 花嫁を, 若いきれい, 行くな, 西洋の, 見ないわけ, 言いふらして, 言いましたよ, 言いますもの, 言いますよ, 言うこと, 言うじゃ, 言うん, 言ったから, 言ったの, 言ったん, 言ってたから, 言ってたよ, 言ってるが, 言われたん, 訊くの, 評判です, 話が, 話だ, 誰かに, 誰にも, 誰の, 謂いましたよ, 資本を, 軍医に, 軍医長が, 辛抱出来た, 這んな, 道が, 鑑札を, 随分勝手, 随分楽しみ, 難民たちが, 香具師に, 馬耕を, 鯉が, 鼻っ

▼ んとて~ (368, 0.2%)

3 これを, なり, 仕事を

2 [15件] かくは, かしこに, これまで, なりき, やや混雑, 也, 人の, 來れる, 可愛き弟, 心も, 數の, 此子の, 自ら我僑居に, 親戚の, 身を

1 [329件] ああでも, あやまりて, いず, いつか俺が, いまだその, おとしを, お庭, かくいひ, かく定めた, かく振舞, こ, ここに, ここを, ことごとく手中, このやさしき, これが, これに, さてこそ, しかく惨, すでに身, すでに雲母越, そこまで, その備, その原因, その巣, その手段, その注ぐ, その者, その顔色, それそれに, ただ一方, ならず, ならずた, にわかにその, はや迎え, ひしめく群衆, またいで, また鳶, まだ明けやらぬ, まづわ, まはり, めぐるなり, もぐり入る, やや寐入り, やり損, ゆきまたは, わがかの, われに, アビナダブの, イタリアに, カルヴァーリに, コンスタンティノポリスに, サルダナパロの, シルヴェストロを, ナポリを, ベアトリーチェの, マルシリアを, ヴィルジリオを, 一切の, 一生懸命なり, 一身の, 上屋敷から, 世を, 両肌, 中途の, 之に, 之を, 乗馬の, 二三日分を, 二日泊りにて, 互いに先, 五千円の, 井に, 些ばかりの, 人々心を, 人を, 今や仕度最中, 今わが, 今日しも, 今日委員会の, 今汝, 仏の, 他の, 企てたるナンセンス, 企てた梓君, 会堂および, 会堂や, 会社なり, 余が, 余は, 作られた譚, 作りし願書, 來ぬ, 來り, 來れるあり, 來れるならず, 俯くところ, 倉皇起っ, 假粧舞の, 優しく抱き上げたる, 先ずその, 其の膏血, 其処に, 内部にかへ, 再び跡, 出かけたる壮士連, 出かけると, 出で, 出でしにぞ, 出でたり, 刃の, 切に羅摩, 別れし後, 利根の, 前に, 割りたれ, 勉めたる者, 勧むる者多し, 勧進し集めたる, 去る折柄, 去勢された, 又件, 受け付けな, 召させたまいたる時, 召しに, 右の, 各一丸, 合祀を, 吉井が, 同き, 告別に, 呼びに, 問へるなり, 土牛を, 土間桟敷に, 地より, 坂崎氏には, 墓を, 多くの, 大兵を, 大木の, 天へと, 天より, 奧深く, 奪い去ったの, 奸策を, 婿殿を, 学問は, 家人に, 家財雑具を, 密に, 寺の, 少しか, 少時し, 山に, 山口県等では, 岩に, 川中に, 巣を, 左官が, 師子に, 座敷より, 庭前を, 廊下に, 弁者は, 彼の, 彼女の, 彼既に, 往くとても, 待ちぬ, 微笑みつ, 思い煩うなかれ, 急ぎその, 恐らくはその, 恭しく座, 悩みつ, 態と大手, 懇に, 我と共に立出づれば, 我は, 我傍に, 我手を, 戸外に, 手を, 打ち殺すべき談合, 押し来りければ, 排異教徒史七卷を, 撃った話, 撰びて, 救世主血を, 数の, 数万の, 数日の, 新しき帳, 旅立った, 日本武尊の, 昇降口から, 昔から, 昨日まで, 是非安市城攻撃を, 暴れ廻る, 書きたるもの, 最もつとむる者, 最初, 朝まだきに, 村人の, 棟の, 樋を, 此船に, 武芸学問を, 死せる, 殊更山の手, 氷を, 永遠の, 汀に, 汝らを, 池に, 澄める泉, 火の, 父上の, 特にかく言, 特にこの, 犬の, 王宮に, 現わる, 現場へ, 琴を, 生れいでし蟲, 画板など, 當世流行伊勢おんどう, 痛く鉗鎚, 登山せり, 百, 百合の, 皆齊しく, 目を, 目付にて, 相挈, 盾に, 瞳を, 知る人, 知頭郡蘆沢山の, 石の, 破約を, 磯山が, 祈祷読経を, 祈願を, 神の, 神社合祀を, 私の, 稍, 種々の, 積み累, 窺ひ, 立ち向うを, 立てり, 立上り玄関で, 竜の, 竜宮入りの, 竹筒に, 笑へ, 第一回, 筆を, 筆執りし, 紙とりゆきたる, 紺青色の, 終に九日, 網で, 美しき手, 考ふれ, 肋骨を, 腰なる, 自ら右側を, 自ら海宮より, 自ら進み, 自ら高く, 船を, 花といふ, 荷造りを, 菅笠いただき草鞋は, 薪を, 藤四郎の, 蛇に, 行けるところ, 行為言動を, 西へ, 見せら, 親心に, 許しつと, 誤りて, 警察署を, 賄賂を, 赤色の, 赴くもの, 足を, 足をと, 跳びついて, 車の, 軍艦咸臨丸を, 輕氣球の, 辰弥は, 迎えに, 近ごろ熱心に, 近村より, 逃ぐるを, 通るもの, 進みいづるを, 遣は, 都府楼を, 錐を, 録す, 録す者, 鑰を, 降り來, 陰道, 頓て, 頻に, 飛びかける鷲, 館を, 香華燈塗の, 馴れし襖, 駕籠買いに, 高名な, 魔が, 魔や, 鹽肉團を, 黒坂備中守に, 黙って, 鼻を

▼ んには~ (360, 0.2%)

4 これを 3 我は

2 [20件] あまりにも, あまりにもも, これすなわち, ふるさとが, 上の, 両親とても直ちに, 何が, 何を, 俗句と, 公の, 吾人は, 影護かるべけれ, 彼は, 微なる, 本島の, 汝は, 紛々たる, 聞えないらしい夫人, 連絡が, 驚いたわ

1 [313件] あたら意匠, あとで, あに怖, あの図書, あの紙鳶, あるいはこの, いかが, いかで暗き, いかない, いかないから, いかなかったの, いかなる目, いかなる詫, いかに引き出さん, いかん, いって, いつでも, いへ, うまく説明出來, おかみさんが, お友達, お酒, かくの, かくまで, かなは, かなひません, かほど軽げ, ここより, この咎むる, この書, この柿, この機会, この面, これに, これ望外の, こんなでも, さのみ, さらでも陳腐, さらにその, しかしてわが, そういうところ, そのいと, その勇敢, その周囲, その幸, その智増し, その架空, その根拠余り, その求め, そも, それが, そんな癖, たくさんいる, ただただ真, たと, たといそれ, たとい著者, つたえました, でて, どれぐらい, なお恕, なかなか心易, などてあはれ, なんにもわかつ, なんの, はなはだしく迂なる, ほんとに女, まいらなくなったよ, まさか話せない, まず公刑所, まず国権, まず役僧たる, またいつか蜀都, またかの, またぞろおびただしい, まだまだいろんな, まだ何, まだ解らない, めずらしかった, もう会えねえ, やりたくないので, よしや富婁那, わからねえ, わがなほ, わが心, わが流罪, わたしたちでは, われその, われ深く, アヌンチヤタも, カタローニアの, サッカリンが, チンチンナートや, 一は, 一方に, 三七どの, 三十年憲政党内閣の, 不都合なり, 世の, 世評の, 世間の, 中, 主人も, 予は, 予期し, 二三日し, 二人が, 二疋の, 二者の, 互にこれ, 人に, 人事不省に, 人間に, 人非人は, 今こそ, 今を, 今日歐洲諸, 他の, 伏見の, 会えないよう, 似て, 何ぞ旅行費, 何だか解りませんでした, 何の, 何分宜しく, 余は, 余りに果, 侵入できないだろう, 信を, 傍の, 兄さんの, 其の人, 其の史眼, 其時に, 再び怎麼, 分かりきれまいという, 利にも, 到底尋常一様, 割愛を, 北平危しと, 卑彌呼を, 即ち死せ, 及ばない, 友無く, 可惜意匠, 君こそは, 吾, 和親し, 囚徒は, 四海心を, 四谷麹町青山白金の, 国中ますます, 国家治教など, 國巣を, 多くの, 夜の, 大いに快し, 大日本史, 大納言殿, 天晴れ, 天晴れの, 奧さんも, 女体が, 如かじ, 如何に, 如何にか, 如何に従順, 妙に, 学界の, 学資を, 學資を, 定めて, 家も, 寡を, 小生は, 少しく生気, 尻の, 山陽道の, 巌石鶏卵を, 左の, 平和なる, 平生の, 幸に, 幽霊も, 広き緑野, 床場賃を, 弱いほどの, 形式上の, 彼が, 彼の, 彼らの, 彼らは, 後に, 必ずお気, 必ず利, 必ず秩父, 必ず算筆, 忠告を, 思の, 思ふに, 恐く踏, 恐らくは嘲, 恐らくは我, 悔いても, 悔ゆとも, 情あり, 愈々合點, 我に, 戒を, 手に, 手を, 抑も, 敢て, 散所, 断定できないであろう, 日本を, 旧縁の, 明日の, 是非にも, 時頼予は, 更に闡發, 最も愉快, 有るやう, 未來の, 本当の, 束髪だつ, 枷も, 某決して, 構わんが, 機械体操の, 欺せない, 此の, 此世に, 此世の, 此家屋は, 此方の, 此方より, 武士を, 武門の, 母をも, 氏の, 気がつかないで, 氣も, 水の, 汝が, 洲股に, 浮き雲いかに, 淑女の, 渠は, 源氏譜代の, 無智妄信, 無益の, 無論それ以上, 爪も, 爭で, 父を, 父君の, 父母が, 物なけれ, 特殊の, 猫像或は, 猶甲斐なか, 理窟が, 白い糸, 白地に, 目を, 直ちに大字, 相応の, 真情といふ, 礼儀を, 社会の, 祖先累代の, 神入相結ぶ, 私は, 竿なし, 而し, 耳新しい事柄, 聽取れなかつた, 腹鼓も, 自分の, 自由独立の, 興味索然と, 色々お世話, 若かず何事, 藩王たる, 行かない, 行かないぞ, 行かなかった, 見えないの, 見えないよう, 解らないと, 言えませんの, 言葉の, 詭辯者の, 誠に獲, 誰か, 誰か一人の, 誰が, 警察官の, 趣味低き, 身を, 軽々しくジャン・モレアス, 遠い距離, 關はず, 阿母さん, 随分とも, 雀一羽すら, 難なくお迎え, 非再建論, 食べるほか, 饗応の, 骨も, 魂魄すでに

▼ ん~ (354, 0.2%)

6 にある 4 で, にし 3 に, にいる, に穴, に立つ

2 [20件] でもう, でやっ, で繼, に俯向, に小さく, に床, に座布團, に敷いた, に枕もと, に狼, に立ち, に隠れ, に頭, のあたり, のこと, の一字, の家, は私, ばかりに引つ込ん, へ

1 [288件] あドンドン, あ思う, え置くだ, からお, から出, から出る, から原稿紙, から奇態, から思っ, から湧き上っ, から獺, から誰, から這いあがっ, がいい, がいや, がこんがらかっ, がどう, がスーッ, がダメん, がムチャクチャ, が乾い, が張り, が静か, が面白, が黄色く, じゃあいつか一度, じゃあの, じゃこう, じゃしょっちゅう, じゃわかん, すう, ずぶぬれ, だ, だからな, だけで作りあげ, だけの走り使い, だけの飯, だけ殘, だで, だと, つちうたつて, であまり, である, でうんこ, でお父つぁん, でこう, でこない, でこぼれた, ですもの, ですよ, ですれ違った, でその, でそんな, でた, でたった, でちぢかん, でねるでしょう, でのたれ, では何, でぶっ, でべ, でアリュウシャン, でコト, でコトコト, でステッキ, で二三, で亭主, で働く, で光っ, で問うた, で坪十五圓, で天, で寝, で山猿共, で引つ, で当分, で後ろ, で文化人, で文化施設, で暮しますだ, で暮らさう, で書い, で果, で死ぬ, で泥棒, で漆, で爪, で猿みたい, で生れ, で畜生身體, で目, で真面目くさ, で突き當, で笠, で細胞, で育った, で腕組, で與, で船, で芋, で若い, で草鞋, で蠅, で行, で西比利亞, で誰, で貴様みたい, で金掘り, で鐵砲, で除け, で面白, といふやう, と考えた, と違つて, などに掘った, にあの, にあるだろう, にあんまり沢山, にいよう, にいろんな, にうまく, にお, にこれ, にしまってる, にしやれた, にでもドンブリ, にとけ込ん, にどうにも, にどし込ん, には, にはいろんな, にはさっき自分, にはもうよっぽど, には善盡, には家光将軍宣下祝賀, には片, には私等古参, には美しい, には若い, にひつぱりこまれかゝつたりした, にまくれ込んじまっ, にまるで, にめり込ん, にもぐり込ん, にもみんな, にゃいないや, にゃびくついた, にやあ, にやドブ, にや何, にゐた, にドツカ, にホコリ, に一人, に人, に住ん, に倒れ, に入れる, に冷たく, に十坪あまり, に叩, に向け, に坐つ, に大きな, に大変, に天道様, に妖怪, に家, に富農, に寝, に居, に床几, に引, に引込んでる, に当っ, に手網, に投, に押しだした, に押し出し, に押し込ん, に拵, に捨て, に据ゑ, に据ゑたのです, に据ゑた白木, に据ゑられ, に有りあんした, に本物, に橘, に次第に, に止めた, に此那こと, に汗, に油紙, に浮彫, に浮袋, に渾天儀, に爐, に男, に百両, に皿, に着座, に祭壇, に私, に突ツ立て, に立, に立ち止りました, に立っとら, に立つた, に素早い, に置いた, に置いとい, に落ち, に葛籠, に血だらけ, に血相變, に行つて, に観音様, に許, に誘ひ込む, に貼つ, に贅澤, に身構, に転げさせ, に轉げ, に通せん坊, に重詰, に飛込ませた, に飛込み, のこたあ, のちっぽけ, のわ, のゴタゴタ, の一切, の一枚, の事スツカリ人, の天道様, の女, の小, の巾着, の床, の御仁, の所, の枝, の棺桶, の深い, の温泉, の猿, の理屈, の眞圓, の礎, の穴, の空家, の竜神さん, の脳, の自由, の船底, の草, の金, の隅, はひっそり, は粥河圖書此, は話, ばかりだつた, へこんな, へヌツ, へノコノコ, へ入っとれ, へ出, へ投, へ投げられた, へ持つ, へ槍, へ立ち止つ, へ逃げ込んだ, へ運び入れた, へ頼る, までおっかけ, まで見透かされ, もうなん, やそい, を, を一文字, を存分, を片づけ, を突き切らね, を藁, を覗き込んでるでねえ

▼ ん~ (344, 0.2%)

16 親分 7 えな 5 えが 4 して

2 [21件] えから, えかんな, えで, えなあ, えよう, これは, するん, それに, それを, ですから, なにしろ変ってる, もう亥刻, ン, 何んとか, 六です, 小柄で, 旗本か, 盲目の, 神田で, 私は, 私も

1 [270件] ああそこ, あなたは, あのくらい, あの主人, あの浪人, あの船, あはははははは, あるなら伺いたいもの, あれから, あれが, あれは, いいじゃ, いくらい, いったい甲斐, いでいても, えがね, えこと, えごつ, えぞ, えぞよ, えだが, えでも, えと強請り, えと言い張った, えに, えべちゃ, えもの, えやう, えやつ, えんだそん, えジエィンさん, えッて, おおきに, おしいしま, おしか, おしよ, おっしゃって, おつとめ, おでんや, おなじ事, おまけに, お内儀さん, お前の, お勝手には, お可愛, お嬢さん, お孃さん, お梅, お母さんが, お父様, お野菜, かえって人, きみと, けさ午前五時半の, けど, けどな, けれどあの, けれどおそらく, けれども何, けれどハッキリ, げすけ, こうして一匹一人, このややこしい, この世の, この節, こら, これが, これじゃ, これや, これを, こんなに入る, さして上げましょう, さして上げませう, さすがの, さっき一寸来た, しかし商売人, した, しな, しながら, しましたよ, しましょう, しましょうね, するの, せめて字, せめて春先, そういう自然, そうじゃ, そう勘, そして叔父さん, そのクラス会, その代り野菜, その志向, その手, その次, その証拠, そらおつうげ, それお, それが, それじゃ, それぢや, それにあのお, それはね, そんなこと, そんなで, そんなにだだっ子, そんなら, そんな乱暴, そんな人, そんな恰好, たとえ十八文, だ, だから一旦, だが, だが父, でも, ところがどう, ところで親分, とても寝られないでしょう, とにかく一休さん, どうした, どうしていい, どうして行方不明, どこが, どこにも, どこへ, どんなにあの, どんな大力, どんな男, なあーに, なさいましよ, べっぴんと, まあ可愛い, まだ呑み足りない, むずかしいもの, もう少し當つて, やけど, やぜ, やったらあて, やっぱり山, やろ, よしわかっ, アレ塩煎餅の, エミちゃんの, カアルあなたの, カトリックは, ガブリエレ, シャーロック, シーツいかがでしょう, ゼイタクは, トテモ, ナイフで, フフ, ヘボンの, ヱ, 一寸, 一度よん, 下手人に, 中旬か, 五十間, 今によくなる, 今の, 仕よう, 仕事は, 他の, 伯母さんは, 体中血だらけに, 何う, 何が, 何とかしなく, 何にも, 例えば, 僕たちぜんたいどこに, 先生何も, 全く, 全くいい, 全然そんな, 切出しかな, 別れる時, 前世の, 勝手に, 十一月の, 十七で, 十手だけは, 同胞は, 名代の, 君が, 君は, 地蔵さんも, 垣根の, 城太さん, 報告し, 外へ, 多分あなた方, 大工の, 夫から, 女が, 妙な, 妙ね, 始めて会った, 子供たちの, 実に精力的, 屹度怒られ, 川のでござい, 川のでございます, 帰ってから, 弁信さん, 引揚げませう, 御嫁さん, 御用人, 御病人, 恐ろしい剛力, 支倉君たぶん, 改めて城中, 敬服します, 文具やに, 斯う, 旅から, 旦那今日は, 旦那様で, 曾我兄弟ほど, 止めましょう, 死んでから, 殺し合っても, 母さん, 母様, 気が, 浪人ぐるみ引取っても, 済みませんね, 無論, 犯罪の, 独りで, 生れつきから, 用が, 白い布, 矢張手拭の, 私たちも, 私の, 私ゃア親方に, 私一人じ, 立派な, 筆の, 節穴は, 粂どん実は, 精, 紙が, 結局, 線路に, 羨しいったらありません, 聞かして, 脈が, 自分が, 蝶の, 蝶子さんの, 要するにみんな型, 親分どう, 親分もう一度, 論語より, 諸君は, 謹慎, 貴君は, 都頭さん, 金が, 鏡といふ, 闇市は, 零落て, 青表紙を, 音頭を, 頭がな, 顕微鏡でも, 食物を

▼ んだら~ (336, 0.2%)

20 ぞめ 8 染めの, 縞の 7 模様の 4 の幔幕, 染の 3 のとんがり, の幕, の服, よかった, 染めに, 頼みに

2 [11件] お美味から, どうです, に塗った, に染まっ, の棒, の鯨幕, 來て, 幕の, 獨りで, 私も, 誰が

1 [245件] あいつに, あなた三バイ召しあがれ, あの人, あんたの, いい, いいじゃ, いいでしょう, いいのに, いくさは, いくぶん樂, いっそ組合総体, いったん目, いつでも, うち知ってる, ええの, ええ加減, えらいこと, おれおしへて, おれの, お前にも, お好き, お濱, お父, がくるくる, この前みたい, こら, これ美人の, さぞやおふくろさま, さぞ美味しかろ, さつ, すっかり満腹, すべて自然に, そこは, そなた, その小僧, その時, その書類, その金, そばへ, それで, それは, それを, たった三日, だまツてる, どうする, どうせば, どうなっとった, どない良, どのくらい, どんなこと, どんなにわれわれ, なほお, なまじ事, なやつら, なんでも, になっ, にウメノキゴケ, に並べた, に修繕, に入り交った, に向っ, に塗られた, に塗り分けられた, に染めた, に棚引い, に空じゅう, に絞られた, に隈, の, のきれい, のこれ, のひも, のもの, のジヤケツ, のズボン, のピエロ服, の休憩場, の囚人服, の大, の大きな, の家並, の小さい, の小さな, の尖, の巨大, の帯, の方, の海水着, の玩具, の着物, の窓かけ, の絞りである, の絹, の綱, の綺麗, の縞, の腹, の荷物, の蜂め, の襯衣, の酸漿提灯, の銘仙, の長い, の雲, の靴下, ぱっと世間, ぼつぼつ歸, まさかこんな, また雨, まだら, みんなが, めがと, めわいは, もう少し小作料, もの言う, も帽子, も死人, も結局死人, よう間に, よからう, よかろう, わざわざ管理人さん達, わしは, わしも, わたしが, わるいこと, を, をついに, を見, キット自分の, ジャケツを, 一も, 一層の, 一日でも, 三田公の, 下りの, 不思議であろう, 世界の, 世間のて, 予且に, 今でも, 今日から, 今頃は, 仏さまに, 他の, 何だかえらく酔っ払っちまった, 何処ぞ, 何処までも, 何卒某, 余は, 僕は, 先生の, 六波羅中を, 勿論大いにやる, 十七日には, 半束ずつ, 又妹, 又氣, 又煎, 可哀そうや, 可惜, 同じながらも, 味噌の, 和女われに, 四日目も, 団兵衛と, 団兵衛とは, 坂の, 外へ, 大先生, 大抵利くだろう, 大方年頃, 太東岬に, 奴がと, 奴わいは, 好いの, 少し御飯, 屋根の, 師弟の, 幕で, 幕を, 店じ, 必ず死ぬ, 必ず逃がすまい, 怪人, 恐うて, 悦子怒る, 悪いよう, 悪口いう, 悪戯する, 手を, 承知し, 播磨へ, 日よけ, 日本人に, 早うに, 早く引, 早く用意, 果して正しく, 染が, 染で, 染等の, 格子の, 棒あの, 模様が, 模様に, 模様を, 模樣に, 歯の, 汝は, 流産か, 浴衣神器所の, 渦巻で, 湯でも, 犬が, 直ぐに取り掛かる, 直ぐ目黒, 直ぐ返し, 破産じゃと, 私出られ, 私立へ, 私立を, 縞を, 考えが, 胃と, 腰の物の, 自分で, 自分も, 薄暗くなる, 蟇の, 行ぐど, 行ぐも悪か, 見物だ, 親子みんなで, 蹈んだ, 通りを, 酒の, 金し, 阿呆だ, 雲を, 青年の, 須山さんの, 顔が, 駅へ, 鼠に

▼ んばかりの~ (334, 0.2%)

18 顔を 6 気持で 5 勢いで 4 声を, 様子で 3 ことを, 凄まじさ, 勢で, 恰好で, 表情を, 面持で, 顔つきを

2 [21件] ていで, 勢い, 味覚に, 地獄である, 大雨も, 思いです, 恰好を, 態度であった, 憎悪を, 樣子で, 気配を, 淡い色, 物を, 状態な, 聲で, 表情で, 調子で, 近くに, 顏を, 顔つきで, 顔で

1 [234件] あてこすりも, ありさま, いきおいだった, いきおいです, おろおろ声, お蓮様, けたたましい啼き, けんけんごうごう, この我儘, すさまじい大, その見上げる, そぶりであった, ところに, どよめきが, はげしい剣幕, ばんざいの声は, もどかしさ, ものすごい形相, やつを, よろこびです, オロオロ声, シャアは, ムシャクシャした, 一刀, 不思議なる, 世上の, 乳母を, 人気で, 何が, 傲慢な, 元金で, 光が, 凝視を, 切口上であった, 刑罰, 劍幕で, 力と, 勢いだった, 勢いであった, 勢いである, 勢いなり, 勢だった, 勢に, 勢ひ, 勢ひでそんな, 勢を, 取扱いである, 口調だ, 口調でした, 哀訴です, 品だ, 喘ぎであった, 喜び, 喜びが, 喜びようだ, 嘆願だった, 嘲った調子, 圧迫感, 地方が, 堂々たる人物, 声だった, 声で, 声であった, 変名だ, 大入だった, 大河を, 大爆発, 大爆音, 大音響, 女の, 女中たちの, 姿, 姿は, 姿勢であった, 媚めかし, 嬉しがり, 嬉しさ, 子供である, 寂寥を, 小さいとき, 小市民生活, 小舎に, 屋根の, 島の, 巨人が, 巨大なる, 幻であり, 度を, 形勢にな, 形相で, 形相でした, 御有様, 心地が, 心得顔, 心持で, 思いいまや, 思いつめた様子, 恐怖に, 恐怖の, 恐怖を, 息苦しい瞬間, 悪寒に, 惨状だつた, 意気ごみであり, 意気込みで, 感覚を, 態で, 態度だった, 態度で, 態度を, 憎しみと, 憤りと, 我々も, 手つきで, 打撃を, 挨拶に, 探索を, 掬い切り若, 文句が, 新しき苦悩, 日光が, 日本刀で, 時から, 有さまを, 有様だ, 有様だった, 有様であった, 有様とは, 有樣, 極点に, 様子が, 様子だ, 様子だった, 様子であった, 様子である, 様子な, 様子前にも, 樣子を, 母親の, 毒々しい言葉, 気分に, 気勢を, 気配に, 水嵩に, 法悦に, 浅間し, 涙, 涙の, 深度である, 演劇至上熱の, 激動に, 激動を, 激情が, 濁り水が, 濃艶, 炎暑の, 烈しき歔欷, 爆音が, 物堅そう, 物影などは, 物音であった, 状態に, 獰猛な, 異様な, 白い灰, 眼つきで, 研究の, 科で, 積雪は, 端金では, 競争が, 笑を, 紙包みが, 緑の, 美しい瑪瑙色, 美女であった, 羽振りを, 羽根蒲団が, 老いた母, 肩先に, 膏汗だった, 色香を, 苛立たしさ, 若い衆ぶり, 苦しい修業, 苦痛を, 菊日和, 萩乃である, 落ち着きを, 落付いた, 落胆である, 蒸し暑さ, 蒼白さ, 表情であった, 裸体女神が, 見幕で, 観客であった, 言葉で, 語勢です, 語気の, 語氣で, 説明であっ, 謎が, 豪奢な, 豪雨と, 貌つきです, 賞讚の, 身振りを, 身近に, 轟きであった, 迅さで, 近さ, 返辞な, 醉態を, 金が, 隆盛を, 雁行を, 雨は, 非難めいた, 靨を, 音と, 音立て, 響きの, 頂上は, 顔し, 顔に, 顔付きで, 顔色である, 風情である, 飛躍だった, 騒ぎに, 騒音闇の, 鬼気から, 鮮明さで

▼ んばかり~ (317, 0.2%)

27 であった 20 である 17 だった 15 な顔 118 です 5 な顔つき 4 であったが 3 なの, なり, な眼 2 いやその, だったが, だつた, では, オリガの, 苦痛だ, 驚いて

1 [187件] あがきおるが, あせり立って, あてども, あやかって, あるいは哀願, くるくる廻った, この船燈, さながら生きた, しがみついた, して, すっかり意気沮喪, そこに, そっくりかえってその, その背, だし, だったん, だつたの, だねえ, ぢや, であったから, であつ, でありました, であります, であるのに, でおそろしく, でしかも, でした, でしたが, ですら, でなくお, でなくそれ, でなく初犯, でなく指物屋, でなく日本人, でも, でもう, で手, で筑波, で自然, で談, とりあわなかった, なお良人, なけんまく, なりしが, なるに, なる丈, なる声, なる市街, なる樹木, な勝鬨, な口ぶり, な口吻, な品, な喜悦, な声, な威嚇, な容子, な平, な悲鳴, な態度, な慶次郎, な有様, な材木, な橋, な欣びが, な歓声, な流し目, な目, な礼, な紅潮, な紅葉, な緊張, な色香, な詰責, な語気, な身構え, な鉦鼓, な陣鉦, な風, な騒ぎ, にあわれっぽく, はにかむよう, ひたすら私, ふるえて, まっすぐに, わざと大きな, わななき声, チリの, 一人グリフォンの, 丈高い, 不思議そうに, 世の常ならぬ, 争って, 働いて, 其光の, 出陣の, 励まして, 勝敗定まっ, 叱った, 叱咤し, 否応なく, 呉岸へ, 哭いて, 喧嘩を, 堂に, 寄り添って, 帆村を, 常陸の, 廻ってから, 廻ると, 強く打, 後ろに, 怒濤, 怪しんだ, 恐ろしい顔, 恨めしげ, 悲鳴を, 愕いた, 我軍艦, 戸を, 打ちよせて, 折よく, 拳銃で, 握りつぶした, 数千尋に, 横を, 欣んで, 泣き濡れて, 涙を, 満々たる, 濃く茂れる, 熱望を, 燃え熾った, 爺さんむっと, 狂喜した, 玄徳を, 盛り上がって, 目が, 直が, 相抱き合っ, 真剣だった, 神々しいまでの, 空泣きに, 突如鼓, 突張った, 突張つた脚もなよ, 絢な, 罵倒され, 聞えたが, 肌に, 胸突き八丁の, 興じて, 舳に, 若草萌ゆる, 藤波の, 街すじに, 襟を, 見物人の, 訴えた, 証拠も, 詫びて, 謝るの, 赤くなっ, 身を, 転がった, 近寄って, 返して, 透き徹る, 這うよう, 銀が, 面と, 面色を, 鞍の, 鞍を, 鞍腰上げ, 頓首し, 顔いろ, 顔も, 顫えて, 馬腹を, 馳け, 駈け巡って, 驚いた, 驚きおびえた, 驚破, 髪ふり乱し, 鳴りとどろき

▼ ん限り~ (313, 0.2%)

28 の力, の声 5 の智慧, を尽し 3 の努力, の媚態, の悲鳴, の手, の聲, は

2 [20件] に, の勇気, の古い, の品物, の媚び, の悪名, の手段, の手管, の智恵, の物, の狂態, の花, の苦労, の虐待, の言葉, をしぼつて, を絞っ, 包む社会, 大日本, 延ばして

1 [189件] あるいはその, この運動, せめたいの, でささえ, なしいにしへ, な力, な声, な罵詈, にお, にこれ, にみな一つ, に於, に最後, のお, のおし, のお喋り, のし, のともし, ののぼせ, のもの, のイザコザ, のダイナマイト, のマッチ, のヨタ, の下らない, の人, の今宵, の仕事, の侮蔑, の侮辱, の兵力, の冒険, の動物, の卑しい恐ろしい, の原書, の可愛い, の号泣, の同情, の咆哮, の四周, の困苦, の声援, の大きな, の大声, の大音, の太い, の太平楽, の失態, の妖艶さ, の子供たち, の弾丸, の役人重役, の恥, の恩, の悪い, の悪事, の悪徳, の想像力, の愛情, の愛撫, の感嘆, の感情, の感覚, の憎悪, の憤懣, の才覚, の投票, の抵抗, の掛声, の新, の星, の服, の木, の模様, の横暴, の樹液, の武者, の死物狂い, の残虐, の毛布, の気力, の沙漠, の泣声, の注射, の活動, の火薬, の爆竹, の生, の療治, の瞼, の知力, の空想, の空気, の立派, の箭, の米, の精, の細かい, の絶叫, の綺麗, の罵り, の肴, の肺臓, の背のび, の背丈, の腕力, の自分, の苛責, の苦しみ, の華麗, の薬, の蝉, の衛生, の表情, の観察, の訴え, の謎, の讃辞, の貧乏, の責め折檻, の贅沢, の躊躇, の辛苦, の農夫, の速度, の醜態, の重荷, の金, の金銀米穀, の陰険, の雨, の馬鹿, の骨, の髯, の鬨, の魅力, はあたかも, はこの, はと存じました, はと戦う, は一日, は及ばぬ, は外面, は奮戰, は尋ねあるい, は我, は改進文明, は自分, は防ぎ, は隈公, までよく, やスエコ笹, やスヱコ笹, をそそぎかけよう, をつくし, を動員, を尽くさなけれ, を尽す, を引っぱり出し, を最善, を現, を用い尽くさね, を盡, を試みます, を逞しゅうすれ, を馳, 入揚げた, 写した, 叫ばれました, 射たまえと, 尽しおれ, 広がって, 引き続き全国, 彩る事, 悶えから, 戦った医者, 押し込んで, 持って, 揺り起しましたが, 新局面, 深く遥, 漕ぎまくって, 炊いで, 照ろうと, 知って, 縫うとも, 走っては, 遠く思え, 高く叫びました

▼ んだり~ (301, 0.2%)

50 して 20 した 8 する 7 しながら, すること 4 するの, 食ったり 3 しました, するので, はねたり, 怒ったり

2 [12件] すると, するよう, する事, する青年, たべたり, フランス絵画の, 何か, 悲しんだり, 憎んだり, 暦を, 消えたり, 話したり

1 [165件] いかにも気楽そう, いね, いろいろで, うつろの, うなずいたり, おしる粉屋, お菓子を, くったり, けんくわを, されては, したこと, したため, したの, したもの, した例, しちゃ, しても, しないが, しなくなって, しはじめました, しません, しろ, しろくに, し又, するそう, するため, するだけの, するもの, するやう, する心, する角テーブル一つ, する詩人式, それから煙草, そんなこと, たばこを, てれたり, なさるに, のませて, はねたりが, はねたりや, ひやしたり, ふざけたり, また, または私, まるで小犬, むづからずによく遊ん, めでたいめでたいと, らああおお, アナタと, オツクウに, カルタでも, タバコを, チェエホフの, トランプを, マッチの, メロン水を, 万年床に, 人に, 人の, 人氣の, 伝言などを, 僞造し, 僻んだり, 冷房裝置の, 出たり, 出血し, 助けたり, 励ましたり, 化粧する, 医者に, 卵をの, 去就風の, 取り澄ましたり, 唄ったり, 喋ったり, 喰つ, 喰べたり, 壓し, 天子の, 女と, 如何にも気楽さうに, 客に, 室内を, 家中暴れまわっ, 寝たり, 寝転んだり, 寢たり, 小遣に, 尻まくる, 尾州の, 左へ, 床下に, 延びたり, 御馳走を, 怒つたり, 悠悠と, 悶い, 憤つたり, 或いは敵, 或は労作, 手を, 打つたりといふ, 招ばれ, 新聞を, 於通の, 映画を, 昼間でもな, 時には三田, 時に動悸, 朋輩の, 朝起き, 果物を, 桶を, 梅雨工事, 楽しん, 横に, 欠伸を, 歌を, 水を, 泊ったり, 泣き叫んだり, 火の車を, 焼酎を, 煙草を, 熱いコオヒ, 物を, 眼に, 石燈籠を, 突つ立つ, 立ったり, 立つたり, 笑つ, 筆立の, 素食手工で, 考へたり, 聖降誕祭らしい, 胃弱だ, 自殺し, 船から, 花びらの, 苦しんだり, 茶を, 菓子を, 蕪村の, 親達の, 談笑し, 谷川の, 這ひ, 遊んだりの, 道理の, 酒をの, 鉱泉に, 門衛の, 阿諛を, 雜煮を, 雜談に, 額を, 食うたり, 食べたり, 食物の, 飼ものに, 餅や, 鹿を, 鼻へ, 鼻や

▼ んといふ~ (286, 0.2%)

19 ことだ 14 のは 11 ことは 9 ことを 7 やうな 6 のだ 4 ことで, のである, わけだ, 口を 3 ことも, 事を, 運の

2 [14件] ことが, ことです, のが, のも, わけで, 事だ, 人が, 口のき, 意味も, 挨拶で, 結構な, 罰の, 風に, 馬鹿な

1 [167件] あたりこの, あれは, お宗旨, お面, こった, こと, ことだらう, ことなく, ことなし, ことに, ことにな, ことになつちや, こと無く, これは, それでは鉄鉢, たらなら, だかや, ところに, なまめかしさ, のか, のを, むごたらしい, ものが, もの恐らく, もんが, やうなる, やうに, わけが, わけには, んだ, んぢや, んです, んなら, ザマだ, タワゴトだ, ハインリヒの, 不仕合せな, 不幸な, 不心得だ, 不粹, 不運で, 主義で, 亂暴な, 事なし, 事は, 五つ六つの, 人, 人からか, 人で, 人と, 人生です, 人間は, 人非人の, 傾向が, 児に, 兒に, 凄まじい身扮, 出鱈目だ, 十ばかりの, 厳命も, 厳粛な, 友達だ, 口だ, 口の, 吃りといふ, 名前な, 名前も, 呆れるぐらゐ愛嬌, 哀しさぞや, 問題も, 因果な, 変な, 大層御, 太い唸り, 失禮な, 女の子が, 女の子に, 奴が, 奴で, 奴ほど, 好い月日, 好い言葉, 妻は, 娘が, 娘は, 嫌な, 學者の, 平凡な, 平次の, 年は, 年も, 心なり, 恥つ掻き, 息子か, 恰好だい裏へ, 情けないもの, 情けない道樂, 惡い, 意なし, 意地の, 感じの, 感激好きの, 慰めだらう, 手落ちな, 方へ, 日だらう, 有難い天道樣, 模範兵であります, 横着な, 母の, 気が, 気持が, 氣に, 汚れやうで, 法が, 法は, 法律なぜ, 深切な, 淺ましい, 無技巧, 無法な, 無關係, 状態は, 獸物だらう, 玉枝殿, 理屈は, 理屈を, 理由は, 理由も, 理窟は, 皮肉さで, 皮肉で, 盲目だ, 相違だらう, 空しさ, 立派な, 簡単な, 素朴な, 纒の, 美しい風景, 美しさ, 美女の, 義務も, 翅音を, 考が, 腑甲斐ない, 臆面の, 自棄な, 色若衆で, 花な, 莫迦な, 處な, 規則でも, 解らない人, 變り, 豐富な, 返事だつた, 遊楽気分が, 違ひでせう, 長男が, 間違ひ, 陳辯書と, 音が, 響が, 風で, 馬鹿, 騷ぎだらうねお前は

▼ ん~ (283, 0.2%)

20 あらず 6 因って 4 あるべからず 3 ひにな, 彼は, 放辟邪侈, 私は

2 [18件] うは, これを, しりに, なしの, ひに, らん, んな, 人を, 何ぞ之, 何を以て, 何を以てか, 其国民も, 可なり, 大学教授の, 既に文芸, 明日の, 真実を, 自然の

1 [205件] あなたは, あにただ, あに今日, あらざりき, あらざるべし, あらずであろう, あらずと, あらず彼等, あらず然, あるべからざる処, ある可, いかに多く, いかに重宝, いけませんぞ, いつまでも, うだから, うなさい, うもの, う願, かかる毎夜, かの下等動物, この花, これこそ, これは, これまた, さり気なき, し, しやう, そのルネッサンス, その血, ただ一揆, たちまちに, たんとひどい, たん梯子段を, だ, ちかに, ちに, ちの御, ちよりも, ち宿, ならないな, なんであろう, ほとんど彼, また天下萬邦, もつと, ゆくすえ, よし, らんと, わが家の, わが邦, われも, んだ, んで, んに, ァちゃーん, ウィーン・フィルハーモニック管弦団を, コロムビアの, ヴァイオリンに, 一つの, 一人を, 一室を, 一社会を, 一説を, 七歳以上の, 三木の, 三間あった, 上述の, 不可なり, 不彌, 世にも稀, 世を, 世界の, 久しくは, 乾坤必ず, 人と, 人に, 人生は, 人種地理歴史恩讐の, 人種文明地理上の, 人間は, 人間互に, 今度の, 他人が, 他人さまへ, 他界的の, 仮相の, 伯爵夫人は, 何ぞ一顧, 何事を, 何事をか, 例えばいかなる, 先に, 党派批評あり, 全編を, 公等の, 其の人萬事, 其人の, 其企畫や, 其秘密を, 其邦の, 写生文家も, 凡ての, 凡夫も, 則ち, 則ち来たれ, 去年その, 又お前さん, 反射運動的に, 古稀の, 名を, 名裁判, 君が, 唇を, 唯の, 四等以上にも, 国威は, 執鞭, 堰き止めること, 夏季榛軒等が, 大正癸亥大震の, 天下いずれの, 天下を, 天然の, 女が, 女は, 如何に, 妻を, 学校以外で, 學校以外で, 家名断絶遺族離散の, 家康危かった, 寧ろ哲学者, 将に, 将来の, 尊ぶに, 小さい手柄位, 常陸地方に, 当時の, 当然の, 彼も, 彼等の, 後者は, 御身は, 応ぜざるべしと, 意思なし, 憂いは, 我が小, 手にて, 批評は, 斷じ, 既に人物, 春花秋月なほ瓦礫に, 更に來, 更に溯, 最後の, 果して英雄, 此世は, 永遠に, 汝我が, 江戸へ, 活劇風の, 混成猫旅団を, 漢字を, 物に, 狂人の, 独り棊を, 現世において, 理学士が, 生前一二年の, 癸亥大震災後ようやく, 白業黒業さまざまな, 真の, 眼前千里ただ, 私どもが, 私淑したい, 空文と, 立たずと, 第二, 第四次元, 精神ならず, 結果なし, 罪せよと, 職工に, 臣君を, 自分の, 自我意識無し, 自然に, 茫然たる, 行き得ぬ故, 行為なし, 西洋音楽なし, 見るに, 詩は, 誰れ, 貪欲之を, 足利時代の, 退却か, 連日の, 遂に人間, 過去である, 過去という, 重忠秋毫の, 革命生ぜず, 音楽に, 魏延こそ

▼ んとは~ (266, 0.1%)

21 なしに 5 何の 3 する, 誰も

2 [18件] いって, かけても, し給, するぞ, するなり, せじ, せず, せず伯, どういうわけ, 不埒だ, 云は, 云へ, 云わん, 夢に, 思はず, 有竹, 申しますまい, 誰か

1 [198件] あきれかえった話, あまりに能, ありませんよ, いうが, いうまい, いえません, いて, いひたから, いへません, いへん, いわさんぞ, いわせない, いわん, いわんの, えらい違い, おかしいどうも, お前田舎者だ, かえすがえすも, この時, これルイ十五世が, こんな言葉, さても, しけるぞ, したま, したり, して, しなかった, しなかったの, し給う, すっかりうっ, すなり, するの, すれど, せざりしか, せざりしなり, せずいつも, せずかえって, せずみだりに, せず日本橋, せず柱, せで頭, せり, そも何, そも又, だ, ちと無理, つかずに, づむ心の, とても我慢, どうする, どうなる, どこか, ないぜ, なおさら書けず, なさざりき, なしぬ, なしの, なんたる, ひつて, ふふふふ, ほざきやがるよ, みづから, もはやよい, よくよく, よ維康さんとこイ, わが思はざりし, われわれの, ハツバス・ダアダアが, ハムレットの, 七年間此雰圍氣の, 不思議千万, 不義とや, 世間の, 云いません, 云えない, 云はず, 云わさんぞ, 云わず可愛い, 云われまい, 互に暫く默つて睨ツ競, 五六年前からの, 人事畢竟, 人間の, 今が, 仲よしらしかった, 企てゐたり, 何か, 何たる清き, 何という, 余にも, 余の, 余りにも, 余り理, 係りが, 保証が, 信ぜられず, 全く天, 全く思い寄らざることなれ, 全く此度, 全く趣, 兼て, 可笑しいぢ, 存ぜしが, 定めぬ, 実にも, 実に得がたき, 実に意表, 実に神, 少し人, 左衞門如何で, 平家の, 彼が, 御輿に, 心外千万じゃ, 念へるなり, 思いましたけれども, 思いません, 思うけれど, 思って, 思はざりしなり火藥庫, 思はれず, 思ひがけ, 思ひきや, 思ひたらずこ, 思ひも, 思ひ掛けざりしなり, 思ひ立ちしなれ, 思ひ設けぬ事, 思へど, 思へども, 思わざりしに, 思わずただちに, 思わぬ, 思わるれども, 思設けざりき, 怪しきまで, 情けないやつ, 想の, 想ひぬ, 憎い奴, 我儘である, 我妻に, 我等も, 持つて, 捕物心得の, 推知さるる, 推知せらるるなり, 文太郎が, 断言できません, 新たに, 是れ, 曾て, 案外の, 決意せり, 泳ぎの, 流石に, 浪子を, 渠は, 為ざりき, 為したるぞ, 爲ざり, 片腹痛し, 犬羊を, 申しません私, 知らざりき, 神ならぬ, 笑止千万, 義を, 翌日午前九時迄に, 考えたの, 聞いたが, 臣が, 藤木麻女の, 衆目の, 言は, 言はさん, 言はれぬ, 言われない, 計らざりけるよ, 誰そ, 誰人も, 諸新聞, 豫て, 貫一の, 貴方も, 貸せないのよ, 速断であります, 違た, 違ひまつせ, 関係が, 限らない, 限らぬから, 限らん, 限らんからなあ, 限らんからね, 限らんけれども, 限らんだろうと, 限りませんが

▼ ん~ (249, 0.1%)

7 ことを 6 落づるずおん 3 厭らしい, 口を, 方ゐ

2 [14件] うまいこと, え事, おれは, ことさ, ざまだ, や, 云うの, 云おう, 微妙な, 方は, 沢山な, 綺麗な, 馬鹿だ, 馬鹿な

1 [199件] あたしは, あの人, あの尼, いい, いい声, いい気味, いい顔, いさぎよい方, いったっけなあ, いつも召し, いふちつちや, いふぢ, いふなよ, いふ良い, いふ酒, いやな, いわっしゃるけんど, うちへ, うまいん, えおう, えお方, えだ, えに, えの, えよう, えーん, え作銘, え女, え態, おっしゃるだろう, お姉様, お目, お馬鹿さん, きの, きみは, ここは, こちらは, ことさね, ことだ, ことも, ことよ, この塀, さう, すね本当に, そう云った, そう言, そしてわしたち, それは, そんな話, たって, たって強い, てんで相手, どうする, なにを, のは, まあ子供, まえが, まアお山, やさしい利口, よかったでしょう, わしは, んし, ッて, ッても, ネエ, ハア何, マアマア不作法な, マア上品な, 一体どうしたんだい, 一向心当, 下らない奴, 不合理だ, 不思議な, 不思議に, 事で, 事に, 云うお, 云うても, 云うん, 云う方, 云う樹, 云ったら何病, 云つて, 云つてゐました, 云ひ, 云ふ, 云ふかセンチメンタリズムだ, 云われたって, 人が, 人だ, 人精神も, 人間は, 今叱られた, 仰し, 仰しゃるの, 俺は, 優雅な, 冷たい指, 冷つこい, 冷淡な, 初心な, 力だろう, 卒然匿してた, 叔母様から, 口下手な, 口止めを, 可哀想な, 可愛いい目, 可愛らしい子, 可笑しな, 名だ, 名で, 名前さあ, 名前もらった, 君こそ, 君の, 呆れたこと, 因果な, 変な云い, 大きな声, 大きな観音様, 大した子, 大胆な, 奇麗な, 奴だ, 嫌な, 子ね, 少ししか, 尨大な, 幸福そうに, 幾歳な, 建物は, 恐ろしいん, 恐ろしい物音, 恐ろしい顔付き, 恰好だい, 悲しさうな面, 惡るいんだらう, 意気地なし, 感謝し, 断っちま, 方です, 方な, 方ゐます, 早いん, 早くお, 早く雪, 景気が, 有難いこと, 根性だろう, 死んだ爺さん, 気し, 氣狂ひ, 深味の, 物凄い面, 生一本な, 生意気な, 用心ぶ, 痛いん, 百姓って, 百姓は, 真似を, 私が, 私の, 穢ね, 穩や, 答えて, 素敵だ, 結構な, 縁起でも, 美しい女, 美しい花, 聲だ, 臆病な, 言い草だ, 言ったん, 言っても, 言つたらう, 言ひ, 詰まらない身の上話, 誓って, 證文張つたんで, 貴郎, 遠くの, 酔狂な, 酷いこと, 野郎が, 金は, 間抜けな, 間拔け, 間拔けな, 阿呆だ, 頑固な, 顔だい, 馬鹿だろう, 馬鹿気た, 馬鹿野郎だろう, 騷, 魂消た話しだ

▼ んじゃあ~ (240, 0.1%)

22 ないか 19 ない 11 ないん 9 ないの 7 あるまいか, なかった 6 ないかと 4 ないよ, ねえぞ, ねえの 3 ありませんか, あるまいかと, ないかしら, ないから, ないけれど

2 [12件] ありますまい, ありません, あるめえな, ないかい, ないかとも, ないが, ないけれども, ないだろうな, ないでしょうか, なくて, ねえけれど, 間に

1 [108件] あの熊, ありませんが, ありませんわ, ありゃしないわ, あんまり手柄, あーん, いくら吉田一派, いくら聞い, おせい様, おらあ, おれが, おれの, お話にも, こちと, この世の中, この話, この黒坂, ございませんが, ございませんので, ございませんや, ございません俺, ございません駆けてる中, ござんせん, さつ, たまらないと, どうせ午すぎ, どうせ本, どうせ碌, どうにもなら, なあのけ, ないおまえ, ないかという, ないこりゃ, ないさ, ないじゃ, ないそう, ないそれ, ないだろうね, ないだろうねえ, ないでしょう, ないでしょうね, ないですか, ないと, ないどうせ, ないな, ないのよ, ないや, ないわねえ, ないんで, ない上, ない家, ない景色, ない隠し立, なかろう, なくって, なく手許, なしただ, なし一度, なし庇っ, なし詰らなく, ねえかしら, ねえから, ねえや, ねえやや, ねえん, ねえんで, ねえんでさ, びっくりなさる, ほんとうの, ほんとにやりきれ, やりきれねえからな, やりきれねえそれ, やり切れない, わしらが, わたしも, わたしゃなんの, 事だ, 何かに, 僕なんか, 僕は, 僕も, 先の, 取り上げるわけ, 只の, 嚇しにも, 困っちゃうね, 国民が, 始まらねえ帯, 宝の, 室さがし, 居られやしない, 布村って, 弱る, 後にも, 手前なんかに, 日本食について, 明るいところ, 有るまいかと, 歌ったり, 気が, 滅多な, 為方, 約束が, 絵が, 芝居にも, 葡萄酒は, 辛抱が, 騒ぎが

▼ んけど~ (229, 0.1%)

8 そいでも 4 そない 3 それは, 光子さんの 2 お酒, しかし, 何でも, 探偵の, 私は

1 [201件] ああいふ風, あたしで, あたしに, あたしには, あたし最近ある, あてかて, あてが, あの人, あの通りぢ, あまりよく似, あやつ, あれほど, あんたこそ, あんたも, あんな時, あんな気味, あんまり考え, いきなり飛びこん, いつや, いのちの, うちなんにも, おかげさまで, おかみさんに, お医者はん, お茶を, きっと後, ここの, このお, このとき, このバクテリヤ, この僕, この時計室, この清水, これだけは, これは, これも, さう, さうらしい, さてど, すこしわけ, すべてが, そうかて, そのうち, そのため, そのたんび, その時私, その男, その間兄の, それかて, それが, それだけか, それで, それではアンマリ, それで気, それと, それに, それやったら, そんなふうにばかり, そんならそい, そんな手エ, た, たいそう小, ただちょっと, ただわたし, たとえばモオツァルト, つまり猫, でもあなたお気, でもそれ, でもたしか, でもたとえどんなに, でもわたし, でも十年前, でも自分, とても怖く, とにかくそい, とにかく樂, どういう訳, どうかご, どうしてあんなに政党政党, どんなに頼ん, なかなかそんな, なにィ思うた, なんでも, なんという, なんぼでも, ひょッ, ふき残されて, ほかを, ほんとうに, ほんまや, まさか子供, まったく危, まアやっ, ま明日, みなさんの, もう大分長い, もう少し待つ, やはり父, ガスの, シーツの, ニヤニヤ笑, マアかんべんしっこです, 一度家に, 一銭貸し, 三好さんあんな, 下りて, 乾鰯も, 事務所の, 二三度会った, 人間には, 今さら仕様, 今の, 今また, 今度の, 今日は, 以前から, 会って, 何せ相手, 何も, 何れ相談を, 何故だ, 先に, 光子さんは, 利根川が, 利根川べりは, 口惜しま, 和服の, 外い出る, 外側が, 多分そんな, 大した意気込み, 夫の, 女中が, 女車掌だけは, 好きでございます, 妙に, 姉ちゃんは, 媒妁だけは, 子供生れるいう, 学生の, 定夫兄さんも, 宛名は, 家の, 家内は, 専門家が, 小父さん, 役くらゐ, 後で商売, 後妻という, 心配です, 恐いこと, 愛して, 或る, 教育家いう, 日本で, 日本に, 時々おそろしい, 普通の, 最初は, 本人は, 村尾さんは, 校長さんは, 母がなんて, 湘南の, 滿洲に, 潮が, 無駄飯を, 特に私, 琴は, 生意気な, 生活状態が, 田中, 男の, 病気で, 発送人の, 白く濁っ, 知って, 私ぁそんな事よりも, 私が, 私はね, 私も, 立川景子さんから, 篤農家などと, 簡単に, 精神病らしい, 結婚いう, 結局賃銀が, 義務よりも, 若松じゃあ, 藝妓はんが, 訪ンね, 警察の, 谷窪の, 貴女の, 車なら, 近いうち, 隠して, 電話は, 頭まく, 頼みます, 首縊りでも

▼ ん~ (227, 0.1%)

312515 んと 4 いを, えが, えを, んに, んも 3 いか, えそれで, えな, ぢや, や, エ

2 [14件] いが, いな, いの, いはて, いよ, いツ, い虫, えから, えじゃあ, えなあ, えに, んが, ー, 屋の

1 [90件] いおら, いか何, いがて, いが若し, いさんが, いで出来る事, いと思う, いと思った, いと思つて, いと連れ, いなす聞かねえ分, いに産, いめえ, いや, い何, い俺ら手, い押, い水, い独りブックリ, えあんな, えか, えかね, えじゃ, えだ, えとおかしい, えと思う, えと撲, えと言, えどの, えなア, えね, えの, えのう, えは, えよ, えウーン何, え俺, え婆様, え彼処, え成, え此, え江戸者, え物, え面, おいおいおい, おとつ, おれも, かや, が何, が俺, が別々, が此, が空, さうだ, そら, それで, そんなもの何, ちやんと, でも燒, どつち, まあぢつき, やの, よきも, る夜長, んとして, んな, ん臭い, エから, ーって, ーを, 一口は, 俺が, 俺ら可怖, 入つ, 兼さんは, 兼さん等自分で, 大け, 學校の, 寄せんな, 屋と, 屋夫婦の, 最上川は, 横丁の, 横丁を, 此ら大, 歸つて來る, 添つたら, 爺蕎麥つ, 直ぐ來たつき, 見たか

▼ ん~ (222, 0.1%)

13643 なし, 今に 2 いや, これは, とんでもない, や, ウ, 君, 大隈伯の, 大鵬の, 恋愛なる, 用だっかと

1 [173件] あかんぞ, あすは, あはは, あんたと, い, いいか, いい包, いらない, うむ, うんと喫, ええ, えな, お, おい慎作, おうめえうめえ, お気に, お父さんは, お祖父さんは, かくの, ここに, このろくでなし, この女, この尻曲りめ, この貧しき, この銀, この間の, これからおとなしく, これや, これを, ごん, さア, しっかりしろ, しっかりと, しつかりと, そうなったら, そこの, それは, それも, それ厳冷酷烈なる, そんな物, たしか十時三十分, ただ詳しく, つ, つかまえたぞ, であった, でないとまた当て, どうした, どうもお, なんぼ何, ほらお父さん, まあ考え, もう一度取り直せ, もう其の, もはや敵, やである, やという, やといふ, よいかっ, よく此, よく考え, らウソでは, り返って, アハハハハハ, ォ, オ, ソンキ, ッ待て, ツ, ツと, ナニ感心する, 一度は, 一座の, 上げましょうか, 下婢に, 主君の, 亭主其の, 亮政公御, 人間の, 今までの, 今思い出した, 仮令向う, 体の, 何も, 併し, 促, 僕ぁ, 僕は, 六ちゃんと, 其眞趣を, 十年したら, 可き, 同く, 命薄く, 哀念か, 喜んで, 図らんや, 国民の, 圖らんや, 変わったこと, 夜分は, 定めし上役, 宜いかえ, 実に仕合せ, 実着, 富まむや, 対等の, 尼さッさ, 居るか, 帰ったらどう, 幽美, 廉う, 彼, 彼んぞの, 御用は, 怒るからな, 悪党だ, 悲なき, 憂なきを, 手に, 手前は, 手遊品持つ, 拙者も, 支那の, 斯かる, 是なる, 暴動せんや, 書けと, 有村, 栄辱に, 權六放し, 此に, 此の, 此方は, 水でも, 水に, 汝に, 治平殿から, 激しき, 火に, 独り狗子を, 獨り, 用だ, 用でも, 用事かな, 用心を, 異状無かっ, 知らむ黒壁, 知らんや, 知らん一国民, 礼義を, 神様の, 禽獣と, 種あらん, 純聖なる, 紛せん, 聞たら聞いた, 能く, 艾に, 苟くも武士たる者が, 若僧に, 蜂に, 親爺だ, 警察で, 軍人に, 輿は, 逃げると, 遣ろうかの, 酒だけは, 長舌弁士, 門之, 預言者英雄詩人を, 頼むぞ, 高尚なる

▼ ん~ (219, 0.1%)

7 はあなた 3 の方

2 [17件] がそんなに, しは, のいう, の家, の故郷, は, はそれ, はほんとう, は何, は全く, は其の, は唯, は正直, は私, は自分, は越中高岡, を貴方

1 [175件] あそれ, あね, あもう, あ御存じ, あ親, お作, からは特に, があなた, がいきなり, がお, がすすめ, がぼんやり, が世話, が今, が今晩, が伊香保, が來, が先, が刈り取, が助け, が医科大学一年生, が十歳, が参った, が参りました, が参る, が只, が困ります, が如何よう, が妹, が嫁, が届かねえ, が帰ります, が床, が後に, が斯, が書きます, が此, が此手, が濟, が縫つた財布, が若い, が若し, が見えなけれ, が貴女, が貴方, が踊り子, が開けた, が附い, しでは, だって素, でございます, で御, などもよく, にそれ程, には, にはたった, にはちやん, には健康, には妨げる, に何, に保護, に手, のいない, のほう, のよう, の云う, の力, の助太刀, の勘, の口, の喉笛, の姪, の娘, の居る, の悪い, の方法, の村, の秘密, の胸倉, の花, の見解, の越權, の願, はあの, はお, はここ, はこの, はこれから, はすっかり, はその, はそば, はそんな, はちょっと, はとんだ, はどう, はどなた, はね実は, はほんとに, はまだ, はむしろ, はもう, はもう一応, はゆうべ一, はイヤ, はエスペラント, はヘ, は一寸上, は二十四, は二疊, は他, は何ん, は何所, は作家, は先つき手紙, は先刻, は其様, は内心痛快, は剃髪, は十七, は困ります, は変, は外国, は大事, は娘, は嬉し涙, は子供, は屋敷, は怖, は按摩膏, は放送局, は故, は斯ん, は日本莨, は暫く, は最う, は最初, は未だ, は此短刀, は此間, は殆, は気, は深川, は生, は生涯, は目ざとい, は盲人, は直に, は看護婦, は矯風会, は米松, は結局彼女, は若様, は見られた, は覚悟, は誠に, は貧乏, は食客, へお, もお, もご, も一緒, も先生, も出る, も只今, も女, も当年五十五歳, も我儘もの, も敵, も斯, も行きたい, も貴所方, も路銀, も飽くまで, を襲った, を追いかけ

▼ んため~ (215, 0.1%)

8 なり 5 である 4 に来れり 3 にその, に我 2 だ, であります, ですか, ではない, に, にこれ, に他, に生れし, に自己, のみ

1 [172件] いくばくの, かかる噺, か年, か背中, この山かく, この頃, さはれ, そして人, その下, その冊子中, その家, その父ラバン, その相者, その茅屋, ぞ, だろう, であって, である自分, でござる, でしょう, ではお, ではなかっ, でもし, で曹家の子, で理想, とある, という意, と見るべき, なりき, なりきとの, なりや, なり兩者, なり階段, なるや, なれば, にあらかじめ, にあらゆる, にいかに, にいそしみぬ, にいろいろ, にかく, にこの, にすなわち, にそうして, にその後あれ, にであった, にです, にとて如来二種, にのみ一変, には, にはその, にはまず, にはわれら, には互に, には何物, には止む, には空襲, には自分, には骨肉, にほか, にほかならぬ, にみずから, にも, にもきっと, にわが, にアテーネー, にエーテル, にブランデー, にヘクトール, にベッカリア, にモンフェルメイュ, にヨブ, にリエージュ, にロンドン, に一, に不可能, に不自然, に予審, に二三春, に二日, に人, に今日限り, に伊太利, に來, に内的生命, に再び, に出, に出かける, に出で, に午前, に参り, に参内, に只今自害, に堂前, に奉仕, に奔走, に妖怪出ずる, に安藤太, に寧ろ大いに, に左右, に徴す, に愛, に戦う, に描ける, に新撰隊, に日々群集, に日輪, に望む, に来た, に来りし, に棺, に歸陣, に毎夜, に滔々数千言, に生きとる, に祈祷, に神職, に空気, に築かれき, に群れ, に肉体, に胃壁そのもの, に至急, に評論, に試みよ, に読者, に造られ, に進めり, に部將甘英, に重ねた, に鐵, に集団, に雷神, に青草, に食堂, に驅けい, に魚類, のわが, の出版也, の力, の奸計, の序, の御, の手段, の技巧, の最も, の機械, の物, の祈願, の芸術, の語, の隠遁, またしか, また人, まづ海路, まづ男子, わがみづか, わが何故, わが指, わが方, 作られしもの, 同じ年ボローニア, 引きかえして, 御譲位後二十四年一回, 朝来ここ, 未だ世, 来たの, 来たり, 深き地獄, 溯りて, 生れながらの, 老グイード

▼ んとの~ (207, 0.1%)

4 意である 3 事に, 心を, 意を, 願ひ

2 [11件] 事なりき, 事を, 些の, 必要は, 念は, 念を, 念を以て, 結婚も, 膳を, 説あり, 野心を

1 [169件] あひだ, いきさつを, おことば, おさとし, お旨, お確約, お祈りか, お給仕, お話を, お達しだ, ことでした, ことです, ことゆえ, じゃァ, のむべ, よからぬ, ヨブの, 一芝居打ち, 下心あれ, 予想にて, 事し, 事でした, 事にて, 事も, 事丈は, 事御, 仰せでござる, 仲を, 会話お客は, 作法であろう, 假定説を, 僭上心より, 先決問題起り, 内意あれ, 切実なる, 切望あれ, 刹那すこし, 前触れと, 努力に, 勇ましい願望, 勇猛心であった, 叡慮も, 古の, 合理的探究にも, 同僚の, 噂, 噂なり, 執着は, 夢も, 大いなる威嚇, 大勇猛, 大志願, 大胆極まる, 大計画, 大陰謀, 夫妻生活を, 委員会が, 嫌疑を, 宗旨であれ, 実践の, 小室の, 工夫なり, 巧計なる, 希望から, 希望では, 希望の, 希望を, 建議を, 御下心, 御尊慮, 御思召, 心に, 心にて, 心にてや, 心は, 心より, 心掛は, 志か, 志望を, 念ある, 念が, 念しか, 思し召, 思ひに, 恐ろしい企み, 悪だ, 想像を, 意ありし, 意に, 意味を, 意図も, 意圖を, 意志あり, 意志ありし, 意志だに, 意志とは, 意思さえ, 意欲は, 感情などが, 慾心を, 戦略であった, 所思の, 手筈です, 手紙を, 斡旋を, 旨にて, 望みを, 朝御飯の, 欲望を, 汝の, 決心を, 注意です, 渇望に, 為で, 熱心は, 熱意に, 熱望を, 牝牛は, 独立自重の, 献策が, 申し入れには, 疑を, 目的から, 目的なる, 目的の, 目的を, 相談は, 祈りである, 私慾心から, 約束なれ, 考えが, 考えも, 考にて, 考へより, 考へを, 考艇中からは, 腹案を以て, 自然の, 自由の, 見込みも, 規定も, 覚悟にて, 覺悟, 言なれ, 計画も, 計畫, 計策, 診断を, 試みであり, 話だった, 誓ひ, 説なり, 説も, 説を, 説當を, 謀なら, 謀なるべし, 謀りごと, 議が, 返事, 運動であります, 間には, 関係は, 關係だけは, 願いなれ, 願に, 願ひもげに, 願望と, 鬼胎を

▼ んなせ~ (205, 0.1%)

12029 えよ 10 えまし 8 えな 2 えお願えだ, えと云う, え少し

1 [32件] えいいえこんな, えお, えお内儀さん, えお打ちなせ, えこりゃア, えさ, えさあ先生, えじゃあ, えつい, えと, えと門附振売り, えどうしても, えね, えまあだ, えまお, えまだ, えもう, えよう御新造様, えわし等野郎, えイカサマ, え先, え処, え待っとく, え放さね, え村中, え死口, え済まねえ, え生き, え私, え私ども夫婦, え税金, エ

▼ んなさい~ (196, 0.1%)

672453 よよ 2 という, よう, よ親分, ッ, 私は

1 [87件] あれを, いやど, えへ, お前さんは, お母さん明け, お腹も, お願えだ, きっとお, ぐらいな頼み, こいつは, こうだ, こうな, このあっし, このあつし, この上, こりゃああの, これでも, ずいぶん譲っ, その朱鞘, でないとわっ, でもその, とその, とな, とも云われません, と云い, と云う, と云っ, と云ったら, と只管, と心, と言う, と頼まれた, どうして淋し, どうも済みません, なお, なんて云, ははははナニ, もし旦那, よあんた, よこの, よと云っ, よエ, よエロ, よ家, よ家大事, よ左様, よ新吉さん, よ父, よ私, よ飲み過ぎ, ヨ, 三八さんにまで, 三四人手分けを, 与八さんの, 世間じゃ, 世間ぢやさう, 世間へ, 五八マア此方へ, 今も, 今四軒茶屋の, 今日一日休まし, 今晩よく, 何しろその, 傘屋の, 大急ぎで, 実は東京楼, 後ろには, 御免なさいまし, 御当番, 戴院長, 戸外を, 文七親分, 旦那, 旦那あっしの, 旦那七万両と, 最う何処, 櫓臍が, 気が, 真個に, 私だって, 私ゃまた, 若しあったら, 裸体にでも, 親分, 親方お, 親父への, 銭形の

▼ んそれ~ (171, 0.1%)

4 だから, だのに 3 をあなた 2 だと, はあなた方, はお, はお前, は人違い, は先生, は大丈夫, は自分, をお, 故にこの

1 [140件] から, から七万両, から五十日, から藤田様, がうまく, がこの, がそう, がため, が伊津丸殿, が厭, が好都合, が当, が当然, が御, が恐ろしい, が悪い, が悪う, が慥か, が東, が真底, が老人, が証拠, さる事, じゃずいぶん, じゃア, じゃアお前, じゃア狼藉者, じゃア相談, だからと, だけに備わる, つきり息, でございますから, で参りました, で思いきっ, とは全く, ならば, にいきあう, にお客様, にお父さん, にはただ, には既に, には飛行機, にわかっ, にわたし, に中條, に今, に今度金沢, に今朝, に先陣, に光, に包, に右内, に就, に悴, に折目はめちや, に旦那様, に晩学, に格子, に洋学, に火, に狐猿, に私, に第, に舌, に音, はあたし, はお前さん, はかく, はかわいい, はこんな, はそれ, はとんでも, はひっきょう, はまた, はまだ, はわかりすぎる, はわたし, はウスノロ氏, はバルザック, は他, は何ん, は何事, は何故, は僕ん, は全く, は古, は唯, は嘘, は女部屋, は引つ掻き, は或, は数年前, は施十娘, は時, は本当, は歌, は殺された, は水鏡先生司馬徽, は男, は白馬ヶ岳, は私, は穴山梅雪, は美, は花, は貴方, は鐙小屋, は飛んだ, ばかりは, へ直れ, もこれ, もほか, も当, や, よか第, よく言うでしょう, よりか宇津木様, よりは矢張, よりカテリーナさん, より一年, より相川, より立つ, よ草菖蒲, をお松さん, をどうして, をみんな, を一口, を今, を取っ, を思います, を思っ, を払いのけ, を振り切っ, を知っ, を聞き込んだ, を言う, を資本, を餌, 故に御無沙汰, 故に長浜, 故誠

▼ ん~ (167, 0.1%)

2 勢を, 屋敷へ, 粂の

1 [161件] うっ, おんと, さむる, さよに, じいさまも, せわだ, そそうが, ついでの, ともを, なおなぞ, ねんねを, はなです, めえ, めききを, もひ出, やめに, ろ, わかりに, 上りよ, 世辞なんぞを, 世辞は, 主おもい, 久しぶり, 乘ん, 二人の, 互の, 人だ, 人や, 会いできぬは, 使い先で, 侍さんの, 俊と, 借り申したもの, 元気で, 元気です, 入りなさいよ, 内儀さんも, 内儀さん危ない, 出入りする, 加減が, 助け下さいまし, 勤め, 医者さんで, 医者さんや, 取持, 口を, 可煩く, 台所の, 吉と, 君は, 吸物も, 咲に, 喜び貞ちゃんの, 喜佐お里それに, 園はんには, 城の, 城へ, 天気でございます, 姉さん呼ぶ, 姓名を, 孃樣を, 子供も, 宅に, 家主さん貴方何卒筆が, 寝みなさいな, 尻が, 屋敷の, 屋敷様の, 帰りなさいッ, 幸は, 序の, 弟子さん方の, 役御免をと, 役目柄と, 恥しいの, 恥しいん, 情の, 手紙有難う, 文も, 望みなら, 梅どんで, 梅はんの, 母ん, 民お, 気の毒です, 気の毒様で, 気もちの, 気楽でげしょう, 氣に, 汁粉です, 求めに, 江戸へも, 浜が, 浦の, 温ければ, 湯銭たあせ, 濱が, 為に, 父さまの, 父さん, 父ちやんずつと, 父っ, 爺さんや, 目に, 目の, 目を, 礼物などは, 祖父様は, 笑ひなさる, 米なし, 米は, 米を, 粂さんは, 絹様から, 繼は, 耳よごしじゃった, 腹が, 膳の, 芋の, 芝居の, 芝居は, 菓子で, 萬さんが, 薬が, 蘭, 蘭さんの, 見捨てなさるとき, 言葉で, 訊きに, 説の, 諏訪様どうか, 賤は, 賽銭を, 起きなさいよ, 越は, 身体に, 逃げに, 通さん, 通さんお, 逢いに, 運び申した, 道楽でございます, 部屋は, 酌の, 酒を, 銀様だけ, 銀様で, 隅さん必ず, 雪は, 題目の, 顔に, 顔を, 願え, 願と, 願ひ申します, 風呂へ, 飯を, 饒舌を, 香物を, 鮒は, 龜が

▼ ん~ (154, 0.1%)

3212 だと 7 じゃ, だな 3 だから 2 ですよ, を仲間

1 [89件] かによって追っかけ, がいくつ, がいる, がなぜ, がゐる, が偶, が垣, が多い, が多かっ, が殿様, じゃア, じゃウーン, じゃ他, じゃ無礼千万, じゃ誰, だう, だが, だこれ, ださ, だぜ, だて, だという, だどう, だなあ, だね, だやい下ろ二階, だよ, だ人見小六さん, だ何処, だ侍, だ其事, だ大夫, だ年甲斐, だ御, だ悪口, だ慌て, だ斬ッ, だ旦那さま, だ汝, だ餅, であらう, であるぞ, でお嬢様, でございますから, です, ですから, ですぞ, ではある, で僕, で先刻, で大胆不敵, で意気地, で指, で然, で途中, とばかりその, と思っ, と思はれる, と相手, と逢った, なん, に, にはかなわん, にはそう, にはぶん殴っ, には寄りつかん, には違い, の世話, の云う, の処, はあの, はいくら, はござんせん, はみな, は何, は信用, は平和日本, は撃て, は暗室, は暫く, は生存, は神経衰弱, は魚売, ばっかりじゃ, もねえ, も居た, を相手, 少し痛めつけ, 憎い奴

▼ ん~ (151, 0.1%)

2 あなたの, あなたも, あんと, そんなこと, 上手に, 何を, 少し渦, 近頃, 金さん

1 [133件] ああアレクセイ・フョードロヴィッチ, ああ左様, あたくし, あなた一人を, あのミーチャ, あの人, あんまりうるさい, いかにも独身者, いまの, うまつり, え, えそんな, え武士, おじさまは, おばさまありがとう, お坊ちゃん, お母さま, お父さま, お父さんの, お父様, からん云うとるん, かわいそうに, が帰る, けれどまだまだ, けれども普通, けれども私, これからよ, これは, これ電気船です, ごらんなさい, さア此処, ぜひまいりましょう, そうです, その理由, その鉱毒問題, それともあなた, それに私, それは, それを, それ以上は, そんなにし, そんな事, そんな弱虫, ただちょっと, ただ自分, たとえ事情, だからその, だけど君子さん, だって私たち, ちょうど主人, つちが, ですけれども, でもやつぱりお父さん, どんな強い, なぜかと, なんでも, ほんとにわたくし, もしお, もしかする, もしもおじさま, わたしお, わたしなどには, わたし前から, ア, アもう, アンナ・グリゴーリエヴナ, キャラコさん, シュピネルさん, ダーネーさん, ニコライ, ハナァに, 一切断る, 一日も, 二人分四百円も, 今い, 今まで, 今晩に, 何うせ, 何でも, 何にも, 割合に, 却ってその, 可哀相に, 向ふ, 君子さんといふ, 塵劫記とは, 外に, 大門まで, 女にとっては, 好いで, 好いでしょう, 好きで出てる, 好男子どころか, 姉上さまこそ, 宵の口から, 寝台は, 帯刀さま, 廻り合せだ, 御都合, 慌てて, 投げた方, 早く元服, 昨日なんかも, 書きたくなったから, 本当です, 本当よ, 決して決して, 熱なんか, 現にこうして, 理屈を, 男っていう, 相手の, 相談や, 知りませんが, 禿な, 私に, 私は, 私を, 私一度だ, 第一, 第一指, 結んでも, 自分で, 草鞋なんて, 親しいお, 貴夫, 貴方今まで, 貴郎, 起きちゃ, 通行の, 運命という, 飛行機が, 馬鹿

▼ んところ~ (140, 0.1%)

6 がある 42 からあの, が, が少し, は, もある

1 [120件] からその, から出発, から剃っちまっ, から夫婦不仲, から男, があっ, があれ, がい, がひどくよかっ, が一番, が勘, が怪, が赤黒く, きまつ, しばらくやって来ない, じゃな, だからのう, だがね, だけが静か, だけで好い, だよ, だツ, ちょっとお勝手もと不都合, でいつも, でしたねんけど, ですから, でたな, でできそこない, でとっくり, ではいったい, ではない, ではなし, では一般, では今, では御座いません, では泣かされちゃう, でもう一度, でやるまい, で弁当, で格別, で石川組, で謙遜, とても忙しい, なの, なんざア, に, にいいたい, につまり, には家臣団, には畑, にゃあらゆる, に下宿, に大きな, に弥陀光如来, に役, に志村, に晩めし, に気がつかなかったろう, に泊まり込みだ, に現れる, に脚, に自分, に里子, に預, に餓鬼め, の一個, の一本杉, の壁, の尊い, の幽, の神さん, はかんにん, はご, はまだまだ, はわからん, はプラス, は一時, は俺, は推量, は残しとく, は目, は読む, は連日連夜, は遠慮なく, は静か, ばかりが板, ばかりで, へお, へ女, へ少し, へ建てる, へ思いがけなく, へ新橋芸妓, へ署名, へ莚, へ落ちた, へ言っ, まだほんの, まで来, もない, を, をこう, をすっぽり, をた, をひとつ, をみる, をもう一度, をもって推論, を何, を拭い, を箒, を船長, を見, を見とどけ, を逆, 使うの, 少しの, 少しひもじい, 暫くこの, 狭いの

▼ んその~ (130, 0.1%)

3 うちに 2 公方さま花の, 子には, 時は, 点は, 為に, 頃今の

1 [115件] うしろには, うちの, ぉ膃肭獣は, お婆ちゃん, お話を, かはりこれ, かはり針仕事, かわりお, くらいなら, ことじゃ, ことは, ことを, ために, ためには, ときわれを, ひとの, また父母, ように, フラ, 一念の, 一着手として, 一緒に, 上に, 上昨夜の, 下に, 中でも, 主の, 主人に, 事情を, 二十五の, 人が, 人の, 人は, 代りお気に, 代りわたしの, 代り何分か, 代り原料へ, 代り私が, 代り給料は, 体格で, 信念を, 共に同, 内には, 剃刀は, 効果において, 十一人の, 十五年前において, 博士が, 反対に, 召連れ, 同情が, 名さへ, 土地の, 報いで, 報徳宗の, 報酬として, 場合は, 変な, 女房が, 子の, 安樂椅子, 家を, 寒さ, 寒暖計を, 年寄に, 形が, 心として, 性を, 息子という, 悪弊は, 想像を, 意味で, 懐中に, 成分を, 敵勢は, 方達の, 日は, 昼鳶を, 時, 時うるさい, 時の, 時代が, 時分でも, 時分には, 時分の, 時座の, 時彼女は, 望は, 朝は, 様子が, 民の, 油を, 点を, 点彼の, 物は, 生涯忘れられない, 男の, 相手が, 眼光は, 糜竺も, 素性聞か, 翌日も, 翌日君は, 脳中の, 若いの, 袷は, 言語が, 調子が, 證據には, 身は, 身一つ遁れ, 金を, 音色に, 頃は, 預け先という

▼ んがね~ (123, 0.1%)

3 これでも 2 この先, 今日の, 何せあなた, 何に, 併し, 私の, 私は, 親分

1 [104件] あっしは, あつしに, あなたと, あの女優志願, あの方, あれから, あんたが, あんまり世間, いかがです, いくさの, お前さんが, お君, お菊, お雪ちゃんの, かなりこれ, きよろきよろあたりを, ここに, この怪物, この郡下, これからちょっと水車小屋, しかし今, しかし僕, しかし彼奴, すくなくとも椿屋, すっかりよくなっ, そういうもの, そういっ, その雷様, それが, それでは私, そんなこと, ただ今後, ただ時日, ちとその, ちょっくらお暇, でもご覧, とにかくあのお, とにかく冷房装置, とにかく歌います, どいつか, どうしませう, どうもわたし, どこへ, なにしろ患者, なんか気分, なんだか気味が悪い, なんでも, なんに, へつ, まあ探っ, まあ私, まあ行っ, まア拝見, まア斯, もしそんなにあるなら, もし私持合せ, よそから, よそからの, わざわざお, わたしも, わっし, ステパン・ドミートリエヴィッチそれは, 一座の, 上總屋の, 下がった袷, 主人の, 人は, 人殺しの, 今月の, 他人の, 佐久間町の, 何處かで, 先生, 先生そう, 名題の, 君の, 夜道は, 大方そんな, 学校の, 守の, 実はある, 家の, 少々お尋ね, 少しは, 平田派の, 待ち合へ, 後ろに, 昨夜ッから, 柴井町, 江戸一番の, 清水には, 火の手は, 癪に, 矢の, 知らぬは, 私はね, 私も, 自分では, 船の, 若し飯山, 親分何日ぐらい, 起きて, 閾を, 黒ぽい

▼ んこの~ (122, 0.1%)

10 眼を 3 通り 2 上は, 下に, 子は, 方は, 機会に, 眼で

1 [97件] あいだの, うえ融通し, うまいの, お召の, お方が, お脈, ことは, ことを, しゃあ, しゃあと日, しゃあと草露, できもの, とおり食らい酔っ, とき隣室に, ところを, ところ山岳地方の, ま, ままこの, ゆるやかな, わたしを, 一夢は, 一点が, 不体裁を, 二人を, 井戸は, 仕事が, 仕事を, 会飲永劫の, 兄弟の, 力を, 器量で, 国に, 土に, 土地では, 土地へ, 土間の, 地は, 地上における, 地上の, 場で, 場合においては, 女だけは, 妓心ざま素直にて, 子の, 宗さんが, 家は, 尺八の, 山は, 後だつ, 後とても, 御城下, 心がかりが, 故によく, 時代の, 時節だ, 期において, 植民地に, 様子なら, 様子を, 深山険路の, 火の, 炭焼小屋の, 点において, 点は, 片田舎には, 献策を, 男西洋に, 病体, 目には, 相格, 着物を, 私も, 秋は, 粉砕された, 統領も, 罰當り, 美肉をよ, 羽織を, 花の, 行事は, 貧乏神その, 身の, 身は, 辞令は, 通で, 通りで, 通り癇癪玉が, 通り金無垢で, 通り鏡の, 醒ヶ井が, 金は, 隣りの, 震動が, 霙の, 頃の, 頃は, 馬鹿者奴らが

▼ ん~ (121, 0.1%)

7 んと 3 だ, に丸め

2 [11件] である, にし, は, をたべ, を出し, を囲ん, を食べる, んごま, んごまは, んごまを, 屋の

1 [86件] うと, うな, うらしゅうござりました, か, がほしい, がもらえる, が一面, くんと, け, じゃあるめえし, だなんて, だろうと, だんだん, でさあ, です, ですよ, でも一くし, でも食い, どうだ, などもっ, にかぶりつく, にして, になっ, にまるめ, に焼いた, に青粉, のかたき, のこと, のつつみ, のところ, のなぞが, のよう, の杵, の柱, の横, の竹, の紅提灯, はいずれ, はとりかえしました, はもう, ばかりゃ, ふかし芋等, みたいに, やもこれ, やらないけれど, やるに, やア, や真珠, をひろげました, をまだ, をやりませんでした, をわたす, を三つくし, を三つもみ, を五, を今, を作り, を売っ, を思い出し, を竹, を言問, ん, んご, んごうごう, んごまが, んの, ん胡麻は, ん鐘ご, ん鐘と, ん鐘といったのさ, ん鐘より, ん鳴った, ん鳴らした, ん鳴る, ピカピカ磨きたてた, 召し上がって, 夕飯食っ, 大切なら, 小だ, 屋は, 承知でしょう, 汁を, 色の, 茶屋にゃ, 近所の, 道断なり

▼ んである~ (117, 0.1%)

85 のは 3 かという, ことが 2 かと言う, から高い, か分らなかった, ということ, のか, のを, 下衣, 否己, 洋紙を

1 [80件] かがやっと, かぐらいは知っ, かさえ判らない, かそれ, かということ, かという事, かとその, かと言え, かと詮索, かはさっぱり, かはつきり云, かもしれない, かも感じなかった, かも突き止める, からと思った, からパテー・カムツァン, から鍵, かを察した, かを知っ, かを知らない, かを調べる, か分らない, か分る, か判っ, か知つて, か私, か若し, か解っ, か解つて, か黒吉, が, があれ, がまだ, がゆえに, が今日, が勿論, が又, が帝国議会, が砂糖, が酒間藝術, くに石だ, けません, ことによって, とかおせんちやん, とかその, とすれ, とはいえ, と書く, などと仲, のだ, のだった, ので, のですぐ, のにいいかげん, ものです, やうに, よ, んじゃ, んだ, んです, 一着の, 今朝の, 其船長から, 割に, 十吋レコードを, 小さなデッサン, 巻紙大の, 程な, 筒型の, 築山の, 美濃型日本綴の, 色の, 茶店下の, 蒲團を, 蓋なんか, 鈴川源十郎なる, 鍵の, 雑誌や, 頁を, 麻綱は

▼ ん~ (116, 0.1%)

13 がいい 10 なし 5 がよい 4 がええ 3 がえ, がよろしい, が宜 2 がい, がよかろ, が奥床しく, が好い, が結句, なく候, は御, もなく

1 [59件] かれら, が, がえい, がえいじゃ, がかえって, がずつとい, がない, がよか, がよかっ, が勝ちじゃ, が却, が多く, が好え, が宜しゅう, ぞしかるべき, でこれ, ですな, でそれで, では, で大雨, ないただ, ない気持, ない蛇, ない親愛, なかりき, なきに, なき不安, なき不快, なき光景, なき失望, なき奇怪, なき快感, なき悲痛, なき満足, なき爽快, なき苦しき紛紜, なき苦悶, なき驚異, なく, なく今にも, なく心地よい, なく暑かった, なく膝栗毛, なく落胆, なく蚤, なしと, にお, には御, に仮令, に慕, のお, のこと, の好, ゆえ丈助, をお, を助け, 極めて妙, 無く候, 無し

▼ んやう~ (115, 0.1%)

133 なもの, な事, な我が, に願 2 なし, な次第, に言う, もなく

1 [82件] だ, だな, で, でしたが, ですが, ですこの, ですな, では, でへ, で一度, なきを, なこと, なそんな, なの, なもつと, なれど, な了簡, な人間, な気, な氣, な話, な顔, にいくら, にお, におも, にきつ, にくれぐれも, にさせた, にし, にしいや, にしたい, にしなくつ, にしなけれ, にな, になつ, になり, になりました, になる, になるで, にの, にのう, には愛でず, にも覚, によう遊び, にナイフ, に一種, に世の中, に仲良う, に何等, に倦み困じ, に冉, に出来る, に半年分ぐらゐの生活費, に吾が, に多少, に宮, に帰んなさい, に弱, に形, に彼, に心持, に忘, に思はれます, に思はれる, に懇, に拠, に曳け, に為, に白く, に目, に耀けり, に萎え, に褌, に覚え, に鼻, の面色, もなけれ, も無き, も無けれ, も知らで, を見よ, 白くなります

▼ んだったら~ (114, 0.1%)

5 僕は 2 それは, 大きい人

1 [105件] あたしこれから, あっしも, あの枝道, いいけれども, いいじゃ, いいな, いますぐ, おれは, お強い, お父さんだって, お辞儀する, きっと真っ先, この暑, この書面, この話, これは, こんな無理, じゃ兄さん達, すぐ電話, そうして悪い, そこらの, そのとき, その前, その半分, その生物, そりゃ卑しい, それくらいの, ただでは, だめだ, だれかの, ちょっと困る, ちょっと訪ねたい, とんだお, どうかあの, どうしよう, どうとも, どんなにいい, どんなに惨め, なにも, ひとりで, ぼくと, まあどんなに深刻, まあどんなに私たち, まあ言う, まっぴらだ, みんなは, みんな一緒に, もう私たち, もっとしゃれた, ゆうべ日本橋で, よほど高い, わざわざ求め, わしの, グズグズいやあ, ノンキで, マスクよりも, 三日や, 今ごろは, 今の, 今度の, 今日これぎりでやめます, 仕方が, 会費は, 僕あ, 僕が, 僕も, 内からと, 内地の, 十日ばかり, 命なんか, 四五人習いに, 夏まで, 夏休みが, 大丈夫だ, 女子大出は, 子供みたいな, 帳場に, 当主の, 後でわし, 心得に, 心臓を, 戦車よりも, 手前等は, 木材運搬の, 橋の, 温灸に, 病的だろう, 白雲荘を, 百年も, 目を, 私いい, 私お願い, 私たちの, 私の, 私は, 膝とも, 衛生の, 親愛なる, 話あ, 軸木が, 金で, 間違いだ, 院長の, 電話で, 高角砲を

▼ んのに~ (112, 0.1%)

2 どうした

1 [110件] あの人, あの浅吉さん, いくら親, いざ養子, いら立つ処, いろいろ尋ねます, うかうかした, お一方様, お前は, お園さん, お宅, お父様, かかわらず皆様, かわいそうに, きっと江戸, この店, この雨, この頃, これは, これも, こんなところ, こんな黒装束, ごらんの, さすがに, しかもあなた, その五六百坪, その人ら, その評判, その高慢, ただ米友さん, ただ面倒, でも昔, どうしてそんな, どうして交っ, どうして私, どうです, どこかへ, どんなこと, ふと見る, みぐるしい病人, みんなはでに, もうお, もう世の中, もしもの, やっと今こっち, クリームなんぞと, 不思議に, 亭主が, 人様の, 今の, 仔細の, 仕様が, 何だつ, 何でしょう, 何で一人息子, 何故だ, 余病まで, 僕は, 光子さんだけは, 出すこと, 厚い御, 友田さんは, 同じよう, 君が, 吹聴し, 外国まで, 奥州二本松と, 女房たちと, 姉様は, 娘の, 子供に, 宮さんお前は, 家来の, 御引留め申しまし, 御様子, 御離縁, 惡口なんぞ, 或る, 押並べて小, 拳法先生の, 改造社から, 散財し, 気が, 法師を, 消化力は, 漁夫らの, 漁夫等の, 煤掃でも, 牛の, 独りで, 直ぐおれ, 秀子は, 私は, 第一, 簡便主義は, 米友は, 脳髄にだけ, 若旦那などと, 見紛うよう, 親に, 角だって, 話は, 誰が, 豚の, 貧乏を, 賑か, 違無い, 長治一人で, 顔だけが, 駄目だ

▼ んとしても~ (106, 0.1%)

2 小品の

1 [104件] いつもの, いまだに此, うかがえないこと, おぬいさん, この心, この推理, この番頭, これに, しないわけ, すこし甲斐甲斐し, それは, それより, つまり買手, なお坂本, なじまないやう, もう驚かない, 一言申上げ度い, 三世の, 上り得ず種々, 不可能であり, 不可能であります, 不思議の, 世上の, 何処かで, 僕は, 免れられない運命, 兎に, 八五郎の, 其思惑資金だけの, 力に, 勘辨なら, 勘辨出來ない, 取り除けない矛盾, 取返しの, 口を, 口説き落さうと, 叶はずその, 地から, 堪えられないの, 山の上で, 崩されそう, 幻を, 彼の, 彼奴等には, 御聽入れ, 忘るる, 忘れよう, 忘れられない癒さんとしても, 忘れること, 怖れざる, 怨を, 恐しい力, 恥しい話, 慊らず, 我慢が, 手が, 承知が, 捉まりません, 擧がりません, 支倉の, 放して, 普通の, 木目の, 未来の, 東京から, 欺し討ちなら, 殺し切れないもの, 気がかりやの, 氣が, 氣にな, 江戸の, 消ゆる, 父親は, 玉枝お前だけは, 番頭の, 癒しきれない魂, 目に, 私の, 私は, 細くありません, 結構な, 耐えられぬの, 職権以外に, 聽き容れず, 腑に, 腰が, 腹の虫が, 自分の, 至難である, 見すぼらしい風體, 親の, 解せない大きな, 言は, 説明の, 諦めません, 諦らめきれない, 逃がさぬぞと, 進んで, 適当な, 避けがたい, 開くべき好, 隠しきれぬ, 隠居届を, 駄目で

▼ んかの~ (104, 0.1%)

8 彈み 4 方法で, 足しに 3 用事で, 都合で 2 やうに, 弾みで, 意味が, 拍子に

1 [74件] お疑念, きっかけで, こわい顔, ごとき士師, ごとき心持, ごとく, ごとく障子, しあんた, した, たれ死にしたつて構, はずみで, はずみに, めぐり合せ, ように, ノミ屋に, 一問題なり, 一問題に, 一番丈夫で, 事で, 事件で, 事情で, 今日は, 仕掛物と, 仕業ぢや, 使ひ, 僕の, 前触れじゃ, 問題でなく, 問題に, 問題を, 因縁, 因縁が, 場合には, 変化が, 大事さうな, 寄合が, 引合せだ, 弾みに, 形で, 形式で, 形跡が, 役には, 役に立つこと, 役に立つだらうよ, 役に立つん, 御気色, 思ひなき, 思ひ違, 恐れあり, 手を, 手蔓で, 撰択の, 時鼻唄位は, 暗き庭隅, 暗示が, 欲求が, 滑稽は, 生活問題から, 相貌であっ, 種に, 積りで, 空に, 約束事で, 縁すまねえ, 縁だ, 見受けた処, 責任が, 足しには, 迷でも, 遊藝や, 間違いです, 間違ひ, 間違ひだらう, 關係を

▼ ん~ (104, 0.1%)

2 たまらねえな, どうだって, 小汚ねえ, 持つて, 洒落たもの, 無くても, 見たくも何ん

1 [90件] あがりっこあるかよ, ありません, あんなにも, いい度胸, いつもお正月, え芳さん, お目出度く, お邸, くるッ, くるツ, こんなに毛, こんなもの, こんな不, こんな真似, じりじり焦げ, そりゃおい, そんな事, たたんと, たった一人口, たまったもん, たまらねえ, ちとおかしい, ちょっと鳥羽絵, ついぞ立っ, とんと見られた, どうでも, どうなつ, どう変っ, どんなに手, ねえ愛吉, まさに大津絵, また生めあいい, まだまあ伯母さん, まだ青二才, まるで御, もうと, もう楽, もう私, よく気, よく知っ, わざと買っ, ァはじめッ, ァ金輪際, 今思出, 余程凄い, 入った様子, 入ってや, 入つ, 入つた樣子, 入らねえだ, 凄いもん, 凡そありやしない, 出さねえで, 取らないお方, 呑まないに, 塗るん, 夢にも知りませず, 始終そうだった, 実は外, 少々氣味, 引くまいと, 忘れても, 恐れ入って, 恐れ入るからね, 悪くも, 惚れちま, 打棄, 搗いたから, 暫く呑まない, 書けとは, 有るはず, 死んだ亭主, 減ったって, 潰れても, 無いと, 無え, 爛れたよう, 甘め, 生れた時, 皆味方, 知らねえん, 聞かうとも, 聞こうとも, 落として, 要らねえかと, 貰うと, 貼んねえツ, 通り越して, 銜えて, 随分脱兎

▼ ん~ (100, 0.1%)

8 うぞ 5 うか, うも 4 の様 3 も彼 2 うあっ, うして, とすべき, をなさる

1 [67件] ういう, ういたしまして, うかして, うしたら, うです是, うでも, うもお, う云う, う致した, かいい, かが実在, か外, か怪美人, か新しい, か有ったら褒めよう, か着物, か脂ッ, か証拠, か間違い, がかく, がほしい, だって其様, だって十二, てって, でしたらそのうち, ですか, でもいい, でもちゃんと, でもハア, でも二十両, でも其奴, でも早く, でも気, でも物事, でも自分, でも進む, ということ, にし, にもなくなった, にも入らない, にも私, に仕ましょう, のかの, の因果, の異状, の病気, の目的, ぼ何, も, もいりません, もございません, も女郎, も拙者, も材料, や面白う, よ元, をおい, をか民権論派, をしよう, をやっ, を夢みた, を大きい, を察し, を聞い, を見, を証拠, んで相島

▼ ん~ (99, 0.1%)

3 うだ, んとして

2 [14件] いな, いや, うが, うして, うの, うは, うを, つた, へ丈夫, まだから, ような, 子供騙しだ, 我身に, 要するに貧乏

1 [65件] あの人, いずれ密, い玉井, うあり, ういふ, うおしや, うか, うしんぎく, うちし, うぢ, うで, うですよ, うで御, うで招魂社, うにそれを, うにま, うにまた, うに当てられ, うに皆んなの, うに石谷さんは, うに鼻高の, う柚子, う沢山, えすこし, かえとんだ, さかずきさしましょう, しずを, すれば, そこは, それにもう, そんな事, だが先生, に小, ね, のみ悲しい, へ差, ほっとけぼく, ほどに我々, ほんとに省さん, まあそれ, まったくよ, もあらん, らんとな, んと, ア, アね, ア切るなら斬っ, ア早く, ア泣き止ん, ア貸し, ダーネー君, ハッハハハハハ, 人生は, 何ういう, 俊三君なら, 役署が, 斬って, 新しい日耳曼帝国, 日中焼ける, 早く致せ, 早く行け, 然し旧友, 貴方も, 電車ん, 鮭の

▼ んていう~ (97, 0.1%)

5 ものは 3 ことは, やつが 2 の, やつは, ケチな, 幻影に, 男は

1 [76件] いろいろな, おかしなやつ, おふくろは, およそ発展性, お人柄, ことが, ことなし, ことを, だ農場, でたらめが, とぼけた学業, のでしょう, のは, のよ, はかないもの, ばかばかしい飛び, ようすは, んだい君の, スピードは, セックスを, ソルボンヌの, チャンチャラ可笑しい, モダンな, 一弟子の, 一般社会に, 不料簡な, 事は, 人は, 人間を, 俗な, 名, 名だい, 名は, 名を, 名前から, 名所が, 地名を, 大枚を, 奴かね, 奴そりゃ, 奴は, 奴ほど, 子は, 官職は, 山が, 嶮しい, 年が, 形式を, 役人などが, 怪物は, 恍けたもの, 招かれざるお客, 拾い物は, 極く寒い, 模擬貨幣は, 江戸っ子の, 潮風の, 生優しい, 生意気な, 生易しいもの, 病気にでも, 相手でない, 考は, 菓子が, 言葉を, 話は, 豪勢な, 贅沢な, 連中にまで, 酷いこと, 野蛮な, 雑誌は, 難しい言葉, 馬鹿が, 魚な, 魚は

▼ ん~ (97, 0.1%)

3 な人間 2 なの, な気持ち, な顔, になっ, の男

1 [84件] から中間層, がある, がする, がつかない, だ, だった松之助, だな, だね, だの相, であつ, である, です, では, でも鼓, で一度, で休む, で午食, で喧嘩強そう, で平次, で往来, で愚, で紙鳶, で苦虫, で身体, とは方角, なお顔, なこと, なしあわせ, なもの, な事, な兵, な娘, な底, な所, な手, な牢屋, な老中以下, な連中, な面, に, にそんな, になる, にぶらんこ, にほ, にみえる, にやっ, に一年, に充ちた, に判断, に又, に婀娜, に平, に広々, に暮し, に暮らし, に歓楽, に笑う, に見え, に過ごさし, に陶器, に鼻唄, ねえ, のお, のニーナ, の亭主, の人, の太い, の子供, の爺, の眼, やったら結構, よ, らしい中年者, らしい人相, らしい医者, らしい垢, らしい声, らしい辰三郎, らしくここ, らしくさそいかけた, をもませられる, を僅か, を出し, を晴さん

▼ ん~ (93, 0.1%)

5 親分 32 旦那, 水が

1 [81件] あいつは, あったくサァヴィス百パアセット, あの御, あの男, あんたも, いうこと, いったいいつ, いつどこで, え, え鰻, おばさんの, お前此処へ, お止め, ここんところ, このホシ, これでも, こんなところ, ざらん, ざるところ, しっかりしなくっ, ず, ずしかも, ず応報, それが, それこそ, それは, そんなこと, ただの, ちよつと, とても費用, なかつた, なぜかって, なぜと, ひとつ歌っ, まるで奉公人, まるで女郎屋, もう本年, らる, られた, られた具體的個體的内容, られて, エ, 一人逃げや, 二度目の, 五百両の, 京女に, 人気が, 人気の, 何も, 何処までも, 併し, 先刻も, 先方で, 判りますかい, 君, 地主から, 夜半に, 子供が, 密夫の, 少し此方, 己後斯う, 旦那一生に, 旦那貴方ア両方の, 此の, 殿様, 永年海で, 火に, 煮え沸, 畜生, 畳にも, 相手は, 相良さん, 粟田口國綱という, 膝を, 若旦那, 若旦那あなたは, 袖ぐらい, 覚悟を, 飛騨の, 馬春堂だって, 鼻っ垂らし

▼ んだった~ (89, 0.0%)

1184 のだろう, のに 3 かな 2 が, っけ, なあ, ねえ, のだ, よ, んだ

1 [45件] かしら, かどう, かなあ何, かな苦沙弥君, かネ, か今, か兎, がうち, がもう, が五つ目, が長火鉢, けど, けな, けれど今, こんなに, っけか, っけね, という捨身, とのろくさ, と出, と始めて, と彼, と後悔, と思った, と感じた, なあその, なお前, などというもん, なア, に, ね僕, ね御免, の, のか, のかと, のでや, のにと今, のになあ, のわたし, わ, わねえそん, んです, ッけ, 年の, 時代の

▼ んもん~ (88, 0.0%)

10 ですから 4 だ, ぢや 3 じゃけ, じゃけん, だから, で, や 2 あれへん, じゃなあ, だが, だと, でも, な

1 [43件] おへん, かと思, かな, かなあ, がある, こないし, じゃわし, だからね, だこれ, だぞよ, だつたが, だて, だでなあ, だという, だといふ, だのう, だろうかの, だろうからね, ぢやけに, でしたから, でしょうかな, ですかねえ, ですからね, ですさかい, ですてね, ですと, ですな, ですよ, です一年たあい, でその, でへ, でもあったら, でわしら, で末始終, で親方思い, なア, にし, の店, はしようが, やで, やなと, やよって, 俺が

▼ んそう~ (86, 0.0%)

15 です 132 だ, でございます, でなければ, なると

1 [50件] いえば, かといっ, かと言っ, くち, したら私, して, しようと, じゃ, じゃがとにかく, じゃが考え, じゃてどもならん, じゃない, じゃね, するならお前, すれば, だから, だがね, だね, であるよう, でご, でございますが, でございませんと, でした, でしょう毎晩, ですから, ですからな, ですけ, ですそれ, です動物質, でどうも, でなくても, では, でもしなけりゃ返す, で二月, で前, で菱屋太兵衛, としきゃ, な, なれば, な顔, にききました, に頭, 云いながら, 云うこと, 思いながら, 思わないかね, 早う落胆, 殿様の, 考えた者, 言って

▼ んよりは~ (85, 0.0%)

2 小さしと, 真率に, 苦しくとも

1 [79件] いい, かくて, ここらが, この名, これ当時の, すこし大き, すこぶる葬礼祭礼, ずっと沢山こっち, その個人, ましかも, ましだ, ましだらう, むしろアマトヨオル, むしろ一種, むしろ世上, むしろ初めて純粋, むしろ大, むしろ実用, むしろ怪奇, むしろ歯たる, むしろ浪花節, むしろ矛盾, むしろ競売者, むしろ経文, むしろ行き, むしろ輪廓, むしろ遥か, イタリアの, 一層の, 一度に, 上品で, 之に, 今はた, 今も, 今少し, 優なら, 前進し, 十人の, 却て, 富貴の, 寧ろその, 寧ろローマンチック, 寧ろ墓, 寧ろ如かん, 寧ろ我, 寧ろ火焔, 寧ろ黄色, 寧チヤイルド・ハロルドの, 小さき店, 少く給せられ, 幾分に, 心の, 我むしろ死を, 松島の, 柳に, 様子ぶった, 此方より, 死して, 激した, 無寧二, 然るべき時節, 煩悩の, 狂者に, 田舎で, 眞率に, 美くしく, 義兄たる, 能く, 臆した, 色なる, 苦痛である, 西瓜と, 謝し, 退嬰的な, 酒を, 長く将軍, 頗る熱心, 飛べるなり, 魂を

▼ んかも~ (79, 0.0%)

7 知れんが 5 しれん 4 知れん 3 しれない, 知れないね 2 しれないが, しれないぞ, しれんが, 知らんが, 知れない, 知れぬ, 知れねえ, 知れませんが, 知れませんよ

1 [39件] しさうなら私, しらんが, しれぬ, しれぬが, しれぬぞ, しれませんが, しれませんよ, しれんね, すこし, 分らないぞ, 分れしません, 分れしませんが, 分れしませんけど, 分れしませんし, 分れしませんねん, 分れへんけど, 分れへんよって, 分れへん思, 判らないでは, 別に深く, 少し俺, 知らざれども, 知らない, 知らぬ, 知らん, 知れないからな, 知れないが, 知れない楊宇霆, 知れねど, 知れへん, 知れへんまあ, 知れませぬ, 知れんから, 知れんけど, 知れんぞ, 知れんとか, 知れんな, 知れんねえ, 知れんよ

▼ ん~ (78, 0.0%)

6 は音 2 はそれ由

1 [70件] がある, があるやろ, がここ, がでしゃばっ, がない, が多い, が始め, が私, が軍勢発向, だ, だが, だった榎本武揚, で, である大老, でお, でございますけれども, です, でのう, でも, と友人, と思いおりし, と思召, と進ん, なれば, には我, に向, のやう, のよう, の子, の爲, の輸送, は, はさ, はそういう, はだめ, はつづけ, はない, はまったく, はわれと, は仕方, は仮令, は出, は到底, は官私, は幾, は心, は必ずしも, は忘れ, は惠まれ, は来い, は来り学ぶべし, は水泳, は決して, は無い, は申し出ろ, は皆, は行け, は許されじ, は長崎, は集れ, は駄目, ばかりじゃで, ばかり居る, もある, もなく, やある, を渡邊, を置い, を頭, 又剛勇

▼ んこれ~ (76, 0.0%)

2 でお, はどうも, は全く

1 [70件] お筆さん, お繼, お繼私, があたし, が上手, が俺, が幸徳等, が恋愛, が残念, が生涯唯一, こそ大事, しては, すなわち人たる者, ではいかん, でもう, でも新前, でも武士, でも男, でも神妙, で失礼, なら当分私, に乗せ, に反対, に有, はお, はおと, はその, はどない, はまた, はわたし, は二二, は人, は兄, は危険, は夏侯楙, は大, は大いに, は奥様, は家来, は廣小路, は既に, は皆, は私, は自分, は譬え, は買入れる, は鉛筆, ばかりは, へ酌ぎますか, まで信心, まで種々御苦労, もいい, もこう, もやはり, も出来ませんでした, も前世, も唱歌, や, よ九八郎どん, をやつ, を以てお, を召し, を実現, を実行, を捨て, を笑わぬ, を過ち, を養う, 有る哉, 見たえま

▼ んだい~ (75, 0.0%)

2 え, てもわるし

1 [71件] あの人, あの意味, あの西洋人, あんなもの, いったい俺, いつもお前, いやァ, ええナゼ俺ら, えお久美, おい, おかしいな, おかしな人, おそろしく変ってる, お染さん, こう煎じつめた, こてこて光らしてる, この夜中, この槍, この穀つぶし, この糸, この罰当たり, この裏, この馬鹿野郎, こりゃあ, こりゃア, これから, こんなすてき, こんなところ, こんな怪物みたい, こんな物, さあいっしょ, さあ聞かう, さツさツ, しみつたれ, そして, その金, そりゃ銭金ずく, それから, そんなところ, そんな大きなもの, だしぬけに, ぢらしく, ですって, という給仕, という調子, といっ, と嘲笑, と思い, と恒夫, に様, の上, まさか高円寺, まだだ, まるで蚊姥, もう晩いよ, やいあの, 何故, 寝て, 小姐さん, 小父さん, 御亭主, 教えて, 早く外, 早く帰っ, 早く謝罪, 無論僕, 見えない目前, 踊らねえの, 面白かった, 馬鹿馬鹿しいこと, 驚いたなあ

▼ んかぎり~ (74, 0.0%)

7 の力 5 の声 2 の難儀, は, りんと, 延ばし四本

1 [54件] あけて, おさえて, おとなしいええおかみさん, ご機嫌, で忠, で船, と掴ん, な埋め樋, に叫んだ, に金屬, のあこがれ, の人参, の努力, の勇気, の威嚇, の尽力, の巧舌, の心, の悪戯, の愉悦, の憎しみ, の手段, の敵愾心, の智力, の暴言, の歓待, の気力, の熱情, の男女, の真心, の触覚, の誠実, の贅沢, はふたたび, は胆, をこめ, をしぼりつくし, をその, を出し, を尽くし, を尽し, を明るい, 叫んで, 大きな勇気, 怒鳴ったり, 思はず仮初, 次第に遠く小さく, 止まずに, 泣きだした, 烈しく撃ちつづけ, 組みついて, 逃げようと, 防ぎ戦って, 高く延ばし

▼ んかで~ (70, 0.0%)

3 せう 2 喉の, 廻しながら, 突き上げて, 肩を, 顏を

1 [57件] あつた, あの家, せうか, せうな, せうチラ, その喉笛, どっからか, やられたこと, やられたんぢ, わけも, アメリカへでも, コジ開けた, ドボンと, 七千兩の, 世の中の, 二つに, 人生観が, 出来るだけの, 初めて, 別口の, 勝負は, 化粧し, 取濟, 叩き落す, 叩込む, 呼出して, 堺奉行が, 夜光の, 夜半まで, 大呑込, 大呑込み, 大禿, 左の, 恰好を, 打つたもの, 掘つたらしい大穴, 散々庭の, 朽ち果てた庇, 格好を, 椎茸髱の, 此家搜し, 殴ったもの, 無いこと, 眼を, 突いた傷, 突かれて, 締めて居た, 背中から, 胡魔化し, 茶化したこと, 見たこと, 読んだ覚え, 警視庁へ, 間に, 附け廻して, 頓死した, 頤で

▼ ん~ (70, 0.0%)

3 は, やな 2 の心, もある, やおま

1 [58件] あらじ, から借り, がそこ, がふらふら, が多い, が来ない, が楽しみ, が突然, が見せ, が見ます, こそ世にも, じゃありません, だから, だけになおのこと誘惑, だでのう, だな, だね, でありますが, でお釈迦さま, でも挨拶, にたよりたい, にぶつかります, にも出来る, に見られる, のお, の上, の云う, の噂, の墨, の氣, の言, の話, はありません, はどこ, はない, はほ, はま, はもう, は事, は今, は仏, は作者, は凡俗, は寿命, は御, は必ず, は截, は決定, は猿, は真田, もなき, や, やねん, やのん, やもん, やわ, を助ける, を罰する

▼ んよと~ (65, 0.0%)

2 いった, いって, 云って, 云はれ, 云ふ

1 [55件] いっても, いつて, いはれたこと, いふ, いふわけ, いわれたに, いわれると, お前言うだろう, そう言っ, 一言で, 云いました, 云い出した, 云う前, 云う姿勢, 云った, 云ったけれど, 云ったを, 云つた, 云つて帰つて来た, 云て, 云われれば, 仰しやつ, 何時まで, 出て, 到頭私, 友人に, 叫び出す, 叱られたり, 吐いて, 向むい, 妻は, 宮村さんが, 常に云つて, 彼は, 念へ, 念を, 意志表示を, 懇, 撲いた烟管, 断然申します, 母は, 注意し, 滋幹は, 白船君に, 知る人, 笑って, 答え人, 芸妓は, 芸者に, 薙刀つかひ, 虱に, 言いたい程, 言って, 言わぬばかりの, 調べたの

▼ んでございましょう~ (64, 0.0%)

18953 ねえ 2 かしら, が何

1 [25件] あんまり不思議, お父さんは, かねえ, かよく, から, が, がねえ, が道中筋, そこの, それを, そんな綽名, どうもあの, な, なひとつ, に, ねあんまり, ねえ恐ろしゅう, よ可哀そう, わたしの, 世が, 今日此処へ, 子曰わく, 御前を, 祖母さんと, 越前守殿ほどの

▼ んねえ~ (64, 0.0%)

2 出べ, 家ぢや

1 [60件] あああ, あたしなんか, あれは, いい先生, おなか空いた, おやおやもう, お斬りなさるなら, お母さま, くれえ, こういう話, こちらの, こつたなあ, この着物そりゃあ, この通り六枚, しなあ, そこへ, そんなこと, そんな家, だ, だよ, で世話, とかく町内, どうしよう, どうも山, な, はずかしいが, んだ, ジエィン, 一向イラン, 人に, 今夜は, 今日という, 今日は, 何うし, 借金だらけだ, 僕ぁ, 先生どうぞ, 子の, 庄さんお, 弁信さん今に, 慈悲の, 折角です, 押掛の, 旦那あん, 旦那は, 是から, 有難うございます, 残らず字, 畜生だ, 皆さん, 相変らず, 真赤な, 私あ, 私アね, 船橋まで, 誰か, 貞藏さん, 運命なんて, 酌いどくん, 量見

▼ んあの~ (63, 0.0%)

4 人は 2 人が, 人に, 子は, 方の, 方は, 時の

1 [47件] あなたの, おばさんの, お松の, マドロスの, マーシェンカが, 上からは, 不器量だ, 人たちは, 人だけが, 人の, 人はうらなりの, 人を, 侍の, 健全な, 児は, 商人を, 土手の, 女は, 姉さんの, 子が, 実家は, 家から, 家へ, 小法師, 屁っ, 御別宅, 文士の, 方が, 時から, 時には, 時三十分ばかりは, 時代の, 晩も, 殿様から, 純情, 花魁が, 貼紙の, 輩に, 辺は, 通り, 里ばかりは, 野郎に, 音色, 音色は, 騒ぎです, 高い峻, 鳥は

▼ んかね~ (63, 0.0%)

18 親分 2 それぢや, 君は

1 [41件] あっちは, あんたあ, お母さん, お若い, この真昼間, そうして置い, それどころかやせちまった, ちょっとここ, つまり小田, ところがあの, どうも, なア, ねえ奧さん, ほんとに, 一体, 一向に音, 人相書の, 今はじめて, 今日は, 今時は, 何んだ, 何処で, 喧嘩は, 坂本さん, 御家老, 旦那様, 検事さん, 次郎ちゃん, 決して悪い, 疳癪まぎれ, 皆さん, 私は, 私も, 綾子さん, 美智ちやん, 親分ちよいと, 親分此通り, 連れて, 銭形の, 錢形の, 食えさえ

▼ んですつ~ (63, 0.0%)

12 てさ 62 てあの, て神山さん, て私

1 [39件] てあつし, ていつも, ていへ, てえ, てお, てお爺さん, てお話, てこいつ, てこたま, てさあたし達, てさつき私, てそれ, てそれから, てそれぢ, てた, てだから, てなん, て二階, て仕, て兩方, て卓子, て呆れ返る, て夜, て徳太郎, て新, て旦那さん, て此処, て此方, て空氣枕, て箸, て罰, て若し, て親分, て誰, て貰つて, て身の程, て間違, て随分, て隨分

▼ んより~ (63, 0.0%)

2 その時節

1 [61件] この高, した晩, しょうこ, とてもきれい, なほ夢の, むしろスペイン, むしろ僥倖, むしろ孔明そのもの, むしろ彌縫的改革主義, むしろ思いつき, むしろ悄然, むしろ日本, むしろ暑い, むしろ無, むしろ無惨, むしろ理想的, むしろ石の, むしろ笑い, むしろ芸術, むしろ詩趣, むしろ語れぬ, もつと, わが邦, われ自ら一流の, 事に, 二つも, 人の, 今後の, 今生は, 他は, 何か, 八重葎に, 冷しと, 力を, 厭味な, 商業を, 外に, 外術なし, 寧ろ挑戦, 川底を, 広く世間, 心中の, 忽ち消え, 我れ, 手取疾く, 早く外, 死して, 温かいです, 無念を, 理想高き, 眼と, 脂ぎった大, 西洋人と, 身命を, 速に, 進んで, 隣の, 高く楼, 魂魄と, 黙も, 鼻が

▼ んでない~ (59, 0.0%)

132 かと思う, ことは, んです

1 [40件] おまえが, かい, かいわく猫, かと云った, かと思った, かな, から何時壞, から否, かッ, ぞ, ぞう, ってこと, て居る, といけないです, とすれ, とちょっと, とまた, とみえ, と出来ん, と外交官, と見た, と見極めた, と責任, のかい, のです, のと云っ, ものは, よ, よお前, よさあ, んだ, シャンパンの, 事は, 以上それは, 全く我ら, 前に, 家主のだ, 悪いの, 清正幼名虎之助に, 金を

▼ ん~ (57, 0.0%)

32 を一寸

1 [52件] あづけ, から出, から右, があった, がありまし, がある, がどうも, が悪い, が私, け置いた, じゃない, だ, ってねえ, では現在, でもあります, で御, で擦, と云, におき, におっこちる, には荷車, にや来てない, に厄介, に芋屋, に金, の役, の恩, の血, は, はない, はもつ, は安心, は幾重にも, は書き, は貴, ばこん通り, へいらっしゃい, へかける, へがん, へその, へは行く, へよこした, へ君, へ差し, へ持っ, へ繋い, まで連れ, もう一度, をきいた, をもう少し, を少, を聞かねえ

▼ ん~ (56, 0.0%)

37 をし 5 して 2 も出, をする 1 してる, してるけれど, でげらげら, でゐる, で糸崎行, に本, の半, をされ, をした, をしてる

▼ んあなた~ (55, 0.0%)

32 がお, のお, はお, は何

1 [44件] おせつない, お一人, がお足, が全然, が小三郎さま, が悪い, このお, ご自身, だって御, と一緒, と二人, と私, と逢う, なの, なんぞはお, にあっ, にはなく, にはわからん, には冷たい, にももう, の名前, の妃, の心, の考, はいい, はかまわず, はきっと, はずいぶん, はそう, はそんな, はまだ, はまるで, は小夜子, は小生, は後, は殻, は見ず知らず, まだそれ, もお, も心置き, も覆面, を日頃, を解放, 一寸お

▼ んうち~ (55, 0.0%)

4 にお 3 に, は

1 [45件] あんたそんな, からほか, からよそ, じゃったど, だ, にいそぎますでございます, におい, にかたづけ, にすっかり, にその, にそろそろ, にと支度, にな, になぜ, にひとり, にもしも, にやめ, にチビス, に今, に何ぞ, に出, に子葉殿, に家, に帰り, に御飯, に恋, に断行, に歸, に死ぬる, に無事, に片づけ, に瘤, に腹立っ, に金子, に飛ん, はどないし, はわしら, はウッカリ, は勘弁, は寐, は岸, は抵抗, へ行く, やったら, わたす遠

▼ んでござん~ (55, 0.0%)

348 すか 2 すが

1 [11件] さあだから, しょうがそれにしても, すかえ, すかただ, すかな, すからその, すからそれ, すからどうにも, すからな, すから知らない, すと

▼ んからね~ (54, 0.0%)

1 [54件] あすこには, あなたの, あまり物思い, ええそれ, この家, この部屋, これで, こんな瞬間, ご免を, じゃ別口, せっかくだ, そういうところ, そうすると血, そうです, そこで異人, その中, それから食べる, それだけは, それでもしや, それは, だってゾシマ長老, だんなに, ときにはつよい, どうか, どうしても手, どうぞその, どうも, まあもう四, よくよくお, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチ一匹の, ハハハ, 一つは, 一応与え, 不審に, 二重の, 仏様が, 何か, 何かの, 何も, 僕こ, 先ア糠喜びも, 出来ること, 商売で, 島田糸なんぞに, 当たって, 怪我の, 惜しいこと, 拭きとったと, 昼間寝, 村を, 監は, 私は, 若い女, 間違って

▼ んなど~ (53, 0.0%)

2 いう, 思いも

1 [49件] あな可煩し, いう考え, いう者, いふも, いふ人さへ, いへど, いわばこれ, うかして, する賎しき, その当時, それをのみ, へえ地面, 七ツ八ツの, 世にもあられぬ, 二派に, 云える, 人知れず悶え苦しみし, 企らんで, 余は, 其処に, 几案作戦は, 区々な, 取つ置いつ思案, 噂取りどり, 噪ぐを, 大方に, 寝返りし, 思いつづ, 思うて, 思は置所, 思ひつづ, 思ひ候ひき, 思ひ煩うて, 浅墓, 無量の, 独語を, 申しけるを, 申し候, 疑うべき妾, 疑う儕輩, 疑ふべき妾, 種々の, 自らも, 言い罵られけるを, 言ひ, 話が, 語り合いつつ, 貫一は, 身の程知らず

▼ ん~ (52, 0.0%)

12 んな, んに 42 んだ

1 [22件] えいろ, えこの, えともかく, えほん, えよく, え今度, え口, え結婚, おれの, お前に, つはんけつ, どうぞ堪忍, ふは, ふりん, んが, んつまらんですたい, んを, アなんねえ, エ, 仕方が, 選挙権は, 頬べ

▼ ん~ (52, 0.0%)

7 の中 2 がおい, ぢゃ, のひきだし, の抽斗, よ

1 [35件] かい, がある, がその, がわたし, がバカ, そのうごめく, つこ, としてのわたし, とにやつき, と云う, と仕事, などもあっ, にちかづい, によ, ねえ, のいちばん下, のぢ, のふち, の前, の外, の形, の類, はここ, は女たち, をはじめ礼拝, をも滋養分, を踊った, を開け, 中の, 古形説を, 幾箇に, 旅の, 袂の, 覺悟なら, 高い処

▼ んなどと~ (50, 0.0%)

2 云って, 真面目らしく

1 [46件] ああ何だか, いきり立つ必要, いって, いろいろ理屈, この際断言, するは, どうして親, のんきに, ほのめかすそう, シラを, 一念ここに, 一旦は, 丁寧な, 云うの, 云つてゐられる, 人の, 仰せ出られたら和氏, 冗談を, 口に, 大きなこと, 専いう, 小生は, 屁理窟言っ, 徒らに, 御主張, 心配しました, 思う者, 思つた, 急に, 恨みを, 有仰います, 木戸を, 案じて, 狭量な, 理窟を, 生意気な, 申したが, 百方に, 眞面目らしく, 穿鑿する, 考えたり, 西洋への, 言いおるが, 言って, 調べに, 陰謀めいた

▼ んたる~ (49, 0.0%)

3 けしきで 2 ものが, 貝の

1 [42件] ことだ, ことであろう, ざまだ, もので, ものである, を頌榮, タイガ号の, 一族の, 不孝の, 不幸, 不思議, 住居である, 光景を, 危険蝮が, 声が, 変りようでしょう, 大河に, 太鼓の, 奇怪な, 幕府へ, 怪異であろう, 意外ぞや, 日でありましたろう, 樹が, 浮世小路です, 濁水の, 炎なり, 無情でしょう, 無礼か, 無禮, 狂態だらう, 緑色の, 自信です, 蝕の, 言葉を, 軽捷, 農業危機を, 迂遠さで, 道を, 鐘の, 青い敷物, 風を

▼ んでした~ (48, 0.0%)

5 かね, ね 4 っけ 32 か, かしら, から右門, わ, わね

1 [21件] かな, からお, からたとえどんなに, が, がこの, がそれ, がふだん, が今ぢ, が奥さま, けれどさあ, けれど私部屋, こいつの, っけね, つけ, な親分, の, のにアア, ものあの, ネだけど, 一通りよめ, 訳で

▼ んそんな~ (47, 0.0%)

4 こと 3 ことを 2 ことばかり, 事で, 事を

1 [34件] ぐずぐずし, こた, ことあなた知っ, ことが, ことぢや, ことなら, ときには, のが, のは, もの, ものも, もん, ような, わけです, 不人情な, 乱暴を, 了簡では, 事と, 仲よしが, 場合で, 女ぢや, 屈辱は, 悪いお, 意気地なし, 方なら, 時には, 檜扇で, 無理ばかり, 筈は, 者は, 言葉なり, 遊女は, 量見では, 風に

▼ んただ~ (47, 0.0%)

2 あなたの

1 [45件] あなたに, あの二人, あの光子, ある因縁, お医者さま, かれが, その上, その盗賊, だまって, ちょっとした禁厭, ちょっとした縁, の交際い, の按摩, わたくしの, わたしに, われわれ絵描き社会で, ボンヤリと, 一心に神仏, 事実だけの, 人生を, 人間は, 何事に, 何心なく, 向うの, 困ったこと, 尺八の, 心に, 怪我を, 感興の, 我は, 手入れを, 推定した, 文世高と, 朱孝廉の, 清盛の, 白骨へ, 私は, 綺麗な, 翁びたる声にて, 自分で, 船上山の, 話の, 読書が, 隠密に, 面影に

▼ ん~ (46, 0.0%)

3 お前をば 2 のうち

1 [41件] おっしゃったじゃ, から捜し, こそ車夫, しも海賊, じゃア腰, でもたま, なんていつた, においてその, の其の, の内, の学生, の時, の時世, の時代, の様, の足ざわりと, は, はしばらく, はまだ, は其の, は分りません, は唯, は早, は猶, は用水堀, は船中, は血一滴, までにない, までの関係一切合財新聞, までは我儘, までも報酬, まで一切, まで江戸, まで物事, 七草粥を, 二三日がほど, 云う通り, 水を, 自害する, 警官を, 迄の事

▼ んかて~ (45, 0.0%)

4 よろしい 3 ええや 2 よろし, 大概分つ

1 [34件] あの人, あんたが, あんたは, あんたはん結構に, いいがな, いいぢ, ええがな, ええし, ええなあ, ええねんで, ええねんわ, ええわ, えと家, かめへんわ, ちょっとも, もう分ってる, よろしいのに, よろしいやろ, わしらは, オドスつもりやったら, 世話に, 何で, 何とかもうちょっとええ, 俺が, 俺達は, 僕は, 分ってるさかいに, 外に, 大手振っ, 村で, 聞いて, 腕を, 良え, 門から

▼ んであろう~ (45, 0.0%)

142

1 [29件] かと先生, かと山口, かと思っ, かと考える, かと近寄っ, から充分, が上, が彼等, ぞ, という, とまだ, とも流派, とも美しき, と人, と介意, と兄弟, と全く, と実験的特色, と引ずっ, と思った, と思われる, と民, と皆様, と私, と苟, と菊之丞, と親仁殿, と鈴子さん, なあの

▼ んやろ~ (45, 0.0%)

754 なア 3 か気 2 かいな, かそれとも, けどまアあ

1 [20件] お父さんに, かい, かけったい, かと何気ない, かと心配, かと考え, かチャンさん, が, けどこないなっ, けど洋服, けど言, ごツ, その時分, という, なあ, まだ酒, 奇人ドクトルは, 戦争は, 無言で, 野口さんが

▼ ん~ (45, 0.0%)

3 は私 2 にしとく, は

1 [38件] かうえ, からぢ, つから, で, でございますから, でして, でも, でもからつき, どのよう, なり, にあすこ, にこの, には, にはいったいどう, にはし, にはもはや, には一臂, には先祖, には日本, に困るけん, に大, に死ねなけれ, に汝, に立ち至っ, の所置, はいい, はい其の, はおりる, はぶる, は兄様, は好え, は恨み, は確か, までエジプト, まで我, わがいふ處忘, を待ちぬ, 善くその

▼ んださう~ (43, 0.0%)

3921 な, な其

▼ ん~ (43, 0.0%)

8 せいろん 42 エー

1 [29件] い三井さん, い希代, い庭, い私, え不得手, え田舎, お礼の, くるまって, ごろんと, すうつ, もぐり込むが, もじゃもじゃあ, エへ, 上げようと, 上りました, 兵部は, 同情した, 埋めて, 山高帽を, 当面の, 抱いて, 指輪と, 来ました, 横に, 深い立皺, 牛肉食ひ, 答へ, 落して, 行つてらつ

▼ んかを~ (42, 0.0%)

7 想ひ 3 持つて 2 選んで

1 [30件] いって, うつして, おそる, きざんで, して, しては, つぶやきつづけたのみ, やつた, 卷きつける外, 唸りながら, 嗅ぎ出せば, 引き出そうとして, 恐るるに, 情夫に, 想像せざれ, 手も, 手繰り出そう, 持って, 振り廻して, 朝暮に, 用いて, 私は, 藥研で, 賭けちゃ, 連弾し, 遅へる, 釣つて留守, 食は, 食わされて, 鼠の

▼ んださうです~ (42, 0.0%)

233 から 2 ぜ, ね, の 1 が, がいざ, が聞い, けどそれ, けれど二三日前, の此, よそれ, よ大, よ尤も, 日本軍隊の

▼ んだつ~ (42, 0.0%)

6 て又 4 てまた 3 てあなた 2 ていつ, てこんなに, てそんなに, て殺す

1 [21件] たかね, てあんなに, ていうん, ていつた, ておどす, てお前, てお前達, てそれ, てました, てみんな, てもう少し, てわざわざ, て俺, て俺ら今日頭髮結つて, て宜, て彼, て私, て逃げ出さない, て頻りに, て騙さつる, ぺつちけな可

▼ んもう~ (42, 0.0%)

1 [42件] いちど御, ええあと, おあきらめ, おっしゃらないで, おなかが, お返事, ここへ, さがれ, さらばだ, だ, できませんわ, わたし少しく, 一ぺんよく, 一人医者を, 一分, 一刻経て, 一刻經てば, 一回だ, 五年たったら, 今年はい, 今晩きりで, 何刻か, 兄妹の, 十二時五分前よ, 取ッ, 帰りません, 彼が, 思案も, 懲, 我慢が, 朝もやが, 東京に, 死ぬまで, 死ぬ迄, 直きお母さん, 見るが, 覚悟を, 詩は, 逢つては, 遅いです, 頼まんという, 飲んでるん

▼ んわたし~ (42, 0.0%)

2 というもの, はこれ, は自分

1 [36件] がきっと, がそれ, がたしかに, が久助さん, が思い立っ, が来なけれ, が間, だけじゃありません, で御, という人間, なんだか頭, にとっても少し, にはわかっ, のこんた, のため, の友達, の大好き, の耳, の聞いた, の足, の身, の連合いが甲府, は, はそれほど, は不幸, は今夜, は女, は女角力, は鬼子母神, もあなた, もまた, も久しく, も自分, も覚悟, を可愛がっ, を殺し

▼ んやと~ (41, 0.0%)

2 いえるだろう, 言って

1 [37件] いいしごとく吾人, いふに, いへば, さすがに, ふとそんな, 一人あり, 一切の, 云い先賢大儒, 云うところ, 云つてゐる, 云ひ, 人は, 却り, 古井に, 声甚だ, 大笑, 奮然として, 威張った, 宣う, 席亭大, 思いたり, 思うの, 思ひ做, 曰いしと, 朱栄劉江等を, 決意する, 為す, 熊吉は, 疑は, 自分の, 言ったら負, 言ってな, 詠じ靴, 説き太祖, 越前身のほども, 願けれ, 魏延は

▼ ん~ (41, 0.0%)

2 なら効, にお

1 [37件] であつ, で舌, と存じまし, にあった, にある, にかたづけとく, にこう, にすわりこん, にだしぬけ, にはひくい青い, には淡島, にひょいと, にぶら下っ, にべったり, に何, に寺, に山高帽, に昨日, に来, に来ました, に立っ, に立った, に行つて, に見えた, のもの, のよう, の原始的, の所, の歩道, の部屋, へ座っ, へ置いた, までかけ, もすつかり田舎, をいつも, 刻体を, 申した通り体

▼ んほど~ (40, 0.0%)

1 [40件] お案じいたし, さまざまに, すべり落ちただけ, ずばぬけて, だ, つらい, であったに, でした, です, でつい, で我, なら本, な若者ばら, はと家に, ばかだ, ひどいもん, まだわが, 下駄を, 切迫し, 大きか, 奇怪な, 嬉しかった, 廻ってから, 弱い気質, 御飯の, 念仏し, 手足を, 本は, 気を, 水の, 永き悲しみ, 渇く思い, 燃えあがって, 私たちが, 立つて, 精神的な, 美しい, 老人危篤な, 複雜にもな, 驚愕いたしおる

▼ んまた~ (40, 0.0%)

1 [40件] あの男, あるはず, このお, これは, これを, そのお母さん, それは, どこの, なるべく陸地, わたしたちが, わたしたちの, 一ノ関さまについて, 人を, 今から, 他を, 先生に, 参りも, 困ったとまでも, 如何ぞ, 姿を, 左様な, 常人には, 御当人たち, 有るべき筈, 林の, 様々の, 此の, 汝らに, 生まれ来ぬ, 申すまでも, 秀吉奨励も, 私だって, 自分の, 舞台へ, 芸者に, 見えるはず, 誰も, 途中の, 過を, 違って

▼ んかな~ (39, 0.0%)

52 もし, 手の

1 [30件] あなたは, いつは, え, お医者さま, お怪我, そしたらわしら, つまり女, で書いた, ほらぷんと, もしと, もしは, やっつけて, やれも, わしに, アお前の, ア今夜でも, ジェコブ君, ロッパ祝はんかな, 三文文士の, 仕事に, 伊賀之, 唄はんかな, 地代に対してさ, 売らんかなの, 夢想と, 景気の, 次郎ちゃん, 江戸ッ子一人欲しい, 狼か, 羅馬を

▼ ん~ (39, 0.0%)

1 [39件] 世辞を, 主人の, 主名を, 亭主に, 僧などを, 先祖さまの, 先祖様に対して, 勘当に, 厚意は, 商売です, 城下の, 城内の, 墓にや, 夫妻が, 奉行所の, 奉行様, 尤も様でございます, 尤至極で, 心配なされる, 恩で, 意見に, 承知の, 拾いも, 掛り合い遊ばさぬの, 柱, 案内お, 様子を, 無礼な, 無礼至極じゃ, 琴の, 紹介を, 縁が, 縁の, 註文と, 贔屓を, 迷惑でござんしょう, 遠慮を, 間柄が, 養子前の

▼ んぞと~ (38, 0.0%)

2 いうと, 私は

1 [34件] いう, いえば, いっしょに, いって, いふ気, いふ類ひ, おっしゃって, おほせられ, どなった, どなって, 万里荒浪ね, 下婢が, 云う命令, 云ふと, 仰有, 厳しく禁じ, 反りくり返つて, 呶鳴りつけ, 呼ばわった, 嚴しく, 固く戒め, 威張って, 差し止められて, 必死に, 念を, 申しあげて, 申した所, 申す小者, 章三は, 胸倉を, 腹の中で, 言いました, 言い捨てて, 負けずに

▼ んで御座います~ (38, 0.0%)

10 か, よ 4 って 2 から, けれど 1 かね, が, がこんな, けれどもう, な, のにあなた, もの, よと仰いました, よ誰, わ

▼ んのよ~ (38, 0.0%)

32

1 [33件] あたしに, あんな年, おあいにく, お口, お若い, くれて, さう, そう云う, それは, ですから誰, どうえ, どうかお, ふな事, ほら, まさか酔つて, まよい, よれよれって, わたしが, わたしに, わたしの, キャラコさん, センセーッ, ッ, 不器用だ, 二円五十銭よ, 今日は, 何十万という, 柴田さんて, 此處, 相当の, 馬鹿, 馬鹿ね, 馬鹿ツ

▼ んからと~ (37, 0.0%)

2 いって, 自分は, 言って

1 [31件] いうて, いうと, いうので, いった, いわれたの, きのう話し, こう正直, ことわられいつも, このミウーソフ, そう言いなさい, それこそ, 云う, 云うて, 云うの, 云うので, 云ったとき, 云って, 云つて止められた, 先生に, 啖呵を, 固辞し, 平気な, 店番を, 思って, 本音を, 申しまして, 言うので, 言った, 訴える, 跣足の, 返すと

▼ んごろ鐘~ (37, 0.0%)

2 を献納

1 [35件] がいよいよ, がこんど献納, ができた, がはたして, だってお, でできた, という名前, といっちまった, と呼ぶ, と深い, と目, にあわし, についてのおもいで, になった, に別れ, の出征, の前, の方, はあった, はひとまず, は僕たち, は出発, は深谷, は鐘, もあの, もきっと, をおろす, をずいぶん, をつく, をめぐって土塀, を吊りあげる, を拝ん, を撫で, を最後, を送っ

▼ んださうで~ (37, 0.0%)

2 それで鎌倉見物, 偶然同じ

1 [33件] あつしも, あんなの, お亡んなす, さうなれ, それを, はない, ノコノコ神田, 一生懸命幾太郎を, 主人の, 今朝三輪の, 何んにも, 値段に, 八五郎に, 四十五だ, 大概の, 嬉しいぢ, 年頃は, 御近所ぢ, 掛り人の, 旦那は, 春之助も, 最初の, 札幌小樽の, 梅干の, 武家は, 死骸が, 毎晩物干, 泰道さんに, 箪笥の, 近所でも, 香之, 骨董は, 鬼婆アの

▼ んだろ~ (37, 0.0%)

43 うけれ共, な 2 多分な

1 [25件] あの女, いったい, いつに, いつもの, お前もう, そんなばか, とま, とビール, と云いました, と云っ, と云った, と少年, と思った, と栄さん, なあ, な辰ッ, ね, べい, ほんとにしよう, もアネサ, よ, 実はあの, 援軍の, 痛うも, 返事を

▼ んなと~ (37, 0.0%)

2 いふもの, 訊いて

1 [33件] いうこと, いうと, いうよりは, いって, いふを, こい行, このロケ, ころだ, ころに, ころへ, ご用に, しうまれて, しでは, その影, ひそかに, 一緒に, 云うと, 云って, 別れたこと, 古い銀煙管, 怒鳴り込む車屋さん, 思った, 思つた, 思ひつ, 月が, 望みに, 海仙氏も, 番頭の, 答えた, 舟で, 言え, 賞賛しました, 遠慮なく

▼ んふり~ (37, 0.0%)

18 をし 11 して 1 じゃあない, するの, だった綾子, である, でお出で, はし, をしてた, をしよう

▼ ん~ (37, 0.0%)

53 だが 2 はない, をし

1 [25件] がある, がいまどき, じゃ, じゃから, じゃが, じゃない, だからね, だがね, だね, で, であまつさえ, です, で夜半怪我人, なんぞ氣, にウンザリ, の具合, の工合, はその, は止し給え, ばかりお, ばかりだ, ばかり殊に, も滿更ぢ, やいう, やと思ふ

▼ んつもり~ (36, 0.0%)

93 だが 2 だから, だよ

1 [20件] かも知れん, しかしお, ぞ, だここ, だで, で, でいる, でございます, でしょうよ, です, ですいうの, ですから, ですが, ですがね, でをつたら, で御座います, どすよって, や, やよろしまっ, らしいぞ

▼ んなか~ (36, 0.0%)

2 の楡

1 [34件] うえに, か, から犬, ここんと, じゃあ僕, じゃねえ, だった, でくりかえし, でこともなげに, でささやい, でさぞ, で呶, で思った, で本, で松, で米, で跳ね廻, と, にさかな, にすんでる, にはたち, にイノシシ, に元, に小さい, に躍らせ, に飛び出し, のエンタシス, の鳥, は火の車, へニーナ, までじゃりじゃり, をん, をんなに, を家人

▼ んかに~ (35, 0.0%)

2 助けて, 腰打ちかけ

1 [31件] ある, いったい何, お冬さん, さ, さされでも, つかまえられて, なってるんで, なりたくありませんね, やられたん, やられたんぢ, ホトホト迷い切っ, 会わないで, 僞の, 入れられた事, 入れ親切めかしく寅藏, 化けて, 引っ掛って, 引つ掛つて, 従わなければ, 潜つて一緒に, 濕した, 無頓着である, 負けるもの, 載って, 載つて, 迷う, 迷って, 迷わしめて, 違げえ, 頼まうぢ, 馮かれ

▼ ん~ (35, 0.0%)

92 だなあ, の方

1 [22件] かも知れない, が一人, が嫌え, じゃ, じゃなあ, だと, だという, だなあと, だよ, だろう, であるな, です一度, でパリ, と女, なども居りました, なん, にやつ, のよう, の坐, はいと, は千金丹売, を

▼ ん~ (35, 0.0%)

6 はない 4 がない, だ 3 だのに 2 はあるまい, は無い

1 [14件] じゃが, じゃがなあ, じゃけど, じゃ此様, だが, だがなあ, であるが, です然し, ない, なの, はないじゃろう, はないでしょう, はねえと思ふだ, もない

▼ んなあ~ (34, 0.0%)

2 わいろで, 辰さん

1 [30件] お神さん, これは, こんなに言っ, さぞええ, しかし, そうして夫, そう祈られ, その娘ッ子, その後どう, といつて挨拶をかは, どういふ, どうも, みいんな, エビと, モール博士などという, 人の, 今に大きく, 何の, 何も, 俺あ, 俺は, 其様な, 夢の, 大分眼を, 我々は, 日本に, 村の, 猫, 畜生め, 與吉が

▼ んねん~ (34, 0.0%)

2 して, ひつと, ひつま, やろ, 話という

1 [24件] おだに, ぐさ, し, した, そしたらきっと, そのお, そんなこと, だ, だな, だらう, でが, でご, どうだ, どない, やさかい, やろか, やろなあ, やろ思, 小谷らくじょうのみぎりのぶな, 編輯は, 草の, 話と, 話を, 飛騨守どのが

▼ ん~ (34, 0.0%)

1 [34件] からお, から框, から相, から花魁がく, がある, があるで, があれ, が妙, が金次郎, だ, だが, であるらしい, では有りません, では虫, で今, で死に, の御, の毒薬, の田舎侍, はなおす, は大概温度, は足利, へボーイ, へ何年ぶり, へ変, へ御, へ持っ, へ永禪, へ泊っ, を掻きまわし, を見る, を貴方, を隠し, を飛ばし飛ばし読んだ

▼ んあれ~ (33, 0.0%)

2 は私

1 [31件] が上総, が反芻, が昨夜, が来, だけあれ, だけの由緒, でございます, でも昔, でも私, で御座います, の声, はああ, はそんな, はたあい, は何, は兄貴, は常盤丸, は慶応二年, は歌, は看板, は真さま, は秋, は耳, は製造, は辻斬, は髷節, ほど可愛い, やあっし, をああ, をここ, をむざむざ

▼ んだつた~ (33, 0.0%)

103 かなあ, よ 2

1 [15件] かしら, かそれとも, かな, かなあ何ん, かなたぶん, かなとたつた, かねお, かねたしか, か訊かなかつた, が, がうち, がこの, がた, が實際, よフ

▼ んざあ~ (32, 0.0%)

2 どうでも

1 [30件] あんまりいい, いくらくれ, いけ好, かえつて, このチョビ安兄ちゃん, たつ瀬, とてもお, どうだつ, どの面, なんと天下, なんにもし, まるで生物, 休んで, 可愛らしくもねえ, 噛めない, 大したもの, 嫌えです, 忘れちまった方, 悪くある, 我が子, 抱きやしねえや, 持って, 搾らねえでも, 有難くねえ, 濡れても, 生きて, 被つたこたねえよ, 要らねえよ, 解らねえが, 買いやしませんがな

▼ んじた~ (32, 0.0%)

3 わけで 2 今日, 結果な

1 [25件] かお, がよろしい, が振り返る, ことが, ことであった, ことは, せいです, ということ, という点, とは運命, ともいうべく, ので, のである, のでしょう, のは, は柳橋, ような, 人々の, 口吻は, 巽斎の, 形でありました, 心持で, 方が, 頃戸外に, 高からず

▼ んじる~ (32, 0.0%)

4 ことは 3 ことが, ような 2 ものである, 事情が

1 [18件] か, かに見える, から一言, が体系, くらいなら, ことなく, という質, のみか軍功, ふうの, ふうは, ものを, ようで, わけで, 情愛の, 気で, 気持に, 趙雲では, 風が

▼ んだの~ (32, 0.0%)

3 ぢや 2 あの猿, 木が, 犬が

1 [23件] いろいろな, うす蒼いん, おおかた好き, かいな思われる, たたみなんて, ちいちやんだの, つて二人も, 乳母だ, 俯向いたんだ, 大変に, 子供の, 小父さん, 悪い奴, 手紙の, 昨夜帰りがけに, 犬の, 百万の, 相場によって, 緑茶に対し, 茱萸の, 蟻塚が, 赤いん, 黄色いん

▼ んとでも~ (32, 0.0%)

7 して 2 いうよう, 云え

1 [21件] いうが, いうの, いって, するの, するもの, つく, なったら命, なる, 云うが, 僕達極東の, 弁解する, 申すか, 解決を, 言うが, 言つて置く, 言は, 言ふ, 言へ, 誤魔化して, 返事を, 附會出來る

▼ んどうか~ (32, 0.0%)

3 して 2 御勘弁

1 [27件] いっしょの, いつでも, お慈悲, お許しを, お遊び, お静か, この私, したら, したら石臼, しまって, その時, なるでしょうと, 一つ其の, 何時までも, 六百円持っ, 友達の, 御はいり, 御免なすっ, 御辛防, 御遠慮なく, 打捨, 犬を, 私どもは, 私に, 舅さんに, 貴女の, 金も

▼ んなんて~ (32, 0.0%)

2 へっこんな

1 [30件] あば, いい気な, いい鳴き声, いつたいどんな, いふん, おじさんには, そう平気, そう言っ, それは, そんな野暮かたぎ, ぬかす, よく家, ゐたはれへん, 全くおそろしい, 刃物三昧を, 卑怯だつせ, 呼んで, 噂も, 愉快が, 書いて, 木偶の坊とも, 氣持は, 決して寄せつけない, 牛肉は, 相変らず, 言いなすつたけれども, 言いわけ, 謝罪り, 貴様は, 阿呆らしい

▼ んわけ~ (32, 0.0%)

4 では 2 さ, じや, だ, です, でも

1 [18件] じゃ, じゃあるまい, じゃない, じゃなかばってん, だから, だが, だよ, だろう, である, ですが, でなければ, で花魁, にはゆかぬ, には行くまい, にもゆかぬ, に行かん, はなかろう, は昔

▼ ん~ (31, 0.0%)

2 が五年

1 [29件] あ, がもん, が病氣, が行っ, が黒田組, ちゃあん, にはこの, にはなんとも, に拵え, のやっ, の弟, の従妹, の志, の方, はこんな, は今, は僕, は全然, は女, は帰らなけれ, は恨んだ, は新聞記者, は極力, は決して, は知らん, は知り, も一つ, も君, も実は

▼ んかい~ (30, 0.0%)

2 わしを

1 [28件] あの石, あははは, いけないじゃあ, この罰あたりめ, しながら, じゃねえ, その人, そんなら, たとへ, たはけ奴, とある日, なにさらつ, にし, の, めいた気持ち, ろ, をつづけた, ツいまさら, 一思いに, 土器とかを, 地主に, 撲ん殴るぞ, 案山子, 案山子来ん, 白痴めが, 程度の, 陰気な, 馬鹿が

▼ んしかし~ (30, 0.0%)

2 これは

1 [28件] あなたの, あなたは, お前さんが, ここへ, この猿, その人, その国, それが, どうもうまい, なんぞ計らん, もし芸術作品, やがてわかるでしょう, わたしの, 一点, 僕は, 太平の, 思い当ること, 教育者は, 是非とも, 瀬戸物が, 真箇, 私が, 私としては, 糸子さんあなた私の, 苦労を, 著者は, 逃げたの, 馬鹿は

▼ んだけ~ (30, 0.0%)

15 れ共 4 んど

1 [11件] え, こまります, でなく誰, では, で室, や, 弾いて, 斬人, 見て, 附け増し, 面白いん

▼ んなさる~ (30, 0.0%)

42 か, のでいつ

1 [22件] かい難, かそれとも, から有難く, から白状すり, なと火, に違えねえ, のかな, のが, のでがしょう, のではい, のね, めえ, ものを, やうに, んでしょう, 人でも, 御親切, 文楽師匠の, 旦那の, 有難いこと, 此の, 気で

▼ ん~ (30, 0.0%)

3 れが 2 だか, も

1 [23件] か外国, か抜い, か本国, がこの, がこんな, がそんな, が禰衡, だって, だってほか, でもあの, でもお, と誰, に, にし, にもできる, にも逢わん, に対して済まない, の仕業, はなんぜん, もしらない, もわたし, も近寄る, れか

▼ んかという~ (29, 0.0%)

1 [29件] ことが, ことに, ことのみを, ことばかり, ことよ, のである, のは, ぼくの, ような, ような訊き, んです, 主人と, 位に, 問題で, 問題の, 始末です, 家事への, 尋ねである, 是非ない, 最も基本的, 次第で, 疑いの, 眼付で, 結論であった, 見込の, 言葉でも, 訳な, 選択の, 顔で

▼ んたう~ (29, 0.0%)

4 をひらく, を持つ 2 は草, をひらい

1 [17件] うれしい, が重たい, こ, すしビールまさむねサイダーなどと, の蓋, はおい, はこし, は青草, は飯, を, をかみしめ, をたべ, をたべた, を詰め, を貰つて, を開いた, を食べ

▼ んだつたら~ (29, 0.0%)

2 僕は

1 [27件] あんたに, お持ちなさい, これは, さうだ, ずつとお, その日, そんな気, とつく, どうする, どんなにあたし, ね, ひとつ出かけ, もう少し何, われわれは, 一度歸つて, 一緒に, 会社の, 何とも仕方, 初めつから, 勿論罪悪, 四年ぐらゐ平気よ, 敵に, 日本精神とか, 私言は, 自分の, 設計者を, 話は

▼ んどうぞ~ (29, 0.0%)

2 お慈悲

1 [27件] あてに, あなたこれを, あれへ, おあけ, お大事, お寄, お気を, お見, お見のがし下さいまし, すぐおいとまを, てまえ, ランプを, 光子さんを, 助けて, 嬢様は, 安心し, 彼女を, 御勘弁, 御随意, 思ひ切つて喧嘩, 教えて, 明日まで, 最後の, 此の, 気を, 私の, 話して

▼ ん~ (29, 0.0%)

3 にする

1 [26件] が何, して, じゃない, であった, でございましたが, では, なもの, な事, に, にし, にということ, にと思う, にと願っ, にな, になつ, になります, に一たび山蔭, に云う, に成っ, に私, に見え, に見える, に隠し, はない, を知りませんでした, 入んなさいや

▼ ん~ (29, 0.0%)

42 だろう, で

1 [21件] がある, がない, が有る, じゃが何, じゃア, だから, だが, だだから, であります, でありますから, であるから, である殊に, でげす, でございます, でしょう, です, ですから, ですが, では, でも, になります

▼ ん~ (28, 0.0%)

4 の中 3 の火 2 がつい, くあんじはつ, に薪, のそば, のなか

1 [11件] があります, その上, に目, のお, のぼっちを, の上, の下, の前, の煙突, よ, を見つめ

▼ んさかい~ (27, 0.0%)

2 安心し

1 [25件] あて遠慮しよう, あんたから, いっそいつもの, えらい我が, お前見つもっ, ここ半歳か, こないだ光子さんが, さう, さつ, そのつもり, それが, ただじっと, ちと笑ろ, とにかくお, どうせ肥代, どないし, ぼく泣き, ようお, 何処ぞ, 光子さん毎日々, 帰れ帰れ, 聞くの, 自分は, 逃げられること, 遲う

▼ んでしょ~ (27, 0.0%)

2 そうでしょう, 取調べに, 古い引幕, 荷物を

1 [19件] あたしが, あたしだって, あんな奇麗, いつか暇を, いまお茶を, おもて, お燕ちゃん, きっと, ことによる, そうだ, そうでしょ, それでつい, それを, そんな嘘, ねえそう, やっぱり元の木阿弥, よし一生理髪屋, 伊勢正の, 意地悪さんいつまでも

▼ んどり~ (27, 0.0%)

2 をく, をつけ, を呼びました

1 [21件] がかつ, がまつ先, がゐなく, が見えなく, が違つて子供, じゃない, だけはなか, にとびかゝつたのでした, のさけび, のとう, はもう, は出, は片足, は狐, は頭, ばかりでなく, よくあいつ, をつける, をよく, を小屋, を御

▼ んなさいまし~ (27, 0.0%)

6

1 [21件] あの大筒, これは, さすれ, さっきの, その御返事, というん, とてもとても石, ともなんと, どなた様かは, なねえ, もうこの, よ贔負分, わしは, わしゃ実は, 二本差は, 出世を, 寒くって, 殿様が, 殿樣が, 水車が, 私は

▼ んまるく~ (27, 0.0%)

5 して 2 なって, 膨ませ

1 [18件] うちひらい, しました, そっくりお, なるまで, ふくらまして, 下界を, 出来るの, 古藤表の, 圓滿に, 大福餅の, 太った子供, 眉と, 眼を, 肉が, 肥った熊, 見張つて, 見開いた眼, 視開いた

▼ ん其の~ (27, 0.0%)

2 中に, 内に

1 [23件] うちにも, ために, まま二言と, 上殿様思いで, 上綺麗な, 人の, 代り事成就なせ, 代り云い, 兵分れ, 功と, 宿屋へ, 後彼は, 後旦那様に, 時には, 晩の, 晩は, 次は, 箱の, 翌年金五郎は, 許の, 証拠には, 語先頃其方が, 頃には

▼ ん~ (27, 0.0%)

2 があります

1 [25件] かこの, が生え, したくも, じゃア, だが, だけれども, でありますが, でございますけれども, ですが, ではい, でほんの, の道理, は五倍, は皆, は預かっ, までご, も天, を, をこしらえ, をはぐくみ育てる, を差しあげませう, を持っ, を食, を食っ, 足らんよう

▼ んかしら~ (26, 0.0%)

3 重大な

1 [23件] お友達, この女, そうすれ, それは, ついこの, つてそんな, ん思う, ギヨツと, リヴァズさま, 一脈の, 上の空の, 不吉な, 仔細あり, 午前中なら, 妙に, 屏風の, 必死の, 根強い理由, 此邸の, 火の, 素晴らしい計画, 腑に, 陰慘な

▼ んやつ~ (26, 0.0%)

73 じゃ, だな

1 [13件] がある, がおる, じゃな, じゃよ, じゃ手, たらさ, たら裏切者, だの, だろうと, に臆病風, の方, はきらい, を一人

▼ んわたくし~ (26, 0.0%)

2 の尋ねる, はこの

1 [22件] がどんな, が少, とした, にも覚悟, のやう, の五体, の勘, の子, の子孫, の手, はあなた, はあれ, はいま世界平和, はまだ, はマクシーモフ, は何, は依頼, は初め, は現在ここ, は琵琶, もそれ, を雪

▼ ん~ (26, 0.0%)

2 の心

1 [24件] が教訓, が無難, が理, の下男, の仕事場, の成功, の所存, の持ちまえ, の相する, は, は人間, は先ず, は全然, は囚人, は狼狽, は蜻, は途中, は逸早く, ほど酒, れなるべしさらば, れは, れを, を細輪, 必ず自ら

▼ んじゃァ~ (25, 0.0%)

5 ないか 3 ないだろうか 2 ありませんか

1 [15件] ありませんよ, ありませんわ, あるめ, どうした, ないかしら, ないかと, ないかな, ないちゃんと, ないよ, ないん, なかった, ねえが, ねえぜ, ねえん, 無かった

▼ んであります~ (25, 0.0%)

5 か, がこれ 2 がこの

1 [13件] からそこ, から構いません, が, がそれ, がつまり, が今日, が大体詩人, が少年時代, が情ない, が現代, が裏側, けれどもその, けれども大体

▼ んでございまし~ (25, 0.0%)

94 てね 2 てな 1 てええ, てそれで, てなあなた様, てわたくし, て後代, て御, て春, て色, て葉, よう

▼ んとお~ (25, 0.0%)

3 もひ, もふ, もへり 2 もひき, もひぬ, もふなり 1 つし, みつつ, もひしか, もひしが, もひしと, もひたりし, もひ居, もふこ, もへる, もへるなりき

▼ ん~ (25, 0.0%)

2 れも

1 [23件] こそ我, この皮, ながら慌て, ながら薄, なくし, なけなくに, ならず, にあらなく, に従わん, に答え給え, の死, はこの, は例, は全, は彼, は神, より先, れ汝, れ筆, をし, をばい, を罪, 生きて

▼ ん~ (25, 0.0%)

32 にはステツチン, はいかに

1 [18件] じゃけ気, たつても, でも早く, と云, にはみごと家, のあるべき, の何より, の近き, の限, はおま, は竹, ほ, まで幾度, まはり, も延び, を, をば指折り, を天

▼ ん~ (25, 0.0%)

14 りに 5 りの 1 りだつた, りであった, りである, りで有名, りな, りなの

▼ んここ~ (24, 0.0%)

2 から吉原, がその, へ来

1 [18件] が肝心, ぞ詰問, で殺される, で油断, で言います, にいる, にはおらん, に来たれ, に正に, の家, の肩, はお前, は近江, へ暫く, へ連れられ, までになった, まで来, を立つ

▼ ん~ (24, 0.0%)

2 うも, う分け

1 [20件] うあた, うたべ, うたべた萱の, うのの, うはおむす, うばこが, うばこは, うほろ, うまづしけれども, う行李, がめ, が疼い, けれど浅草, ぜ, にこすりつけ, むしだ, むしよ, ん近づい, ア, 一つ打ちまわし

▼ んでねえ~ (24, 0.0%)

72 ぞ, ど, んだ

1 [11件] かね, かほら, から, か道, ことは, この野郎ら, って渋ってた, と打ちかこった, と隊長, のか, ツてな

▼ んはず~ (24, 0.0%)

4 はない 3 だが 2 がない, だ

1 [13件] じゃ, じゃが, じゃがもう一度, であります, である, でございますが, です, ですが, ですのに, なのに, のもの, の場処, はないだろう

▼ ん人間~ (24, 0.0%)

2 の力

1 [22件] が人間同士, が喧嘩, が居, が澤山, だぜ, でしかない, でしたから, です同胞兄弟, とは違う, と同じ, と称する, なの, に談話, に追従的, に限る, のよう, の体, の原始, はけっして, は動物, をここ, をでも

▼ んこう~ (23, 0.0%)

3 して 2 はない

1 [18件] してれば, という, とか光悦, と言い, なった以上, などから見たら, なりゃあ, には長次郎, に限る, の先, の茶碗, の釉薬, をお茶人, 世の中が, 云う機会, 瓦っ, 見えても, 頑張って

▼ んであった~ (23, 0.0%)

2 か, のを

1 [19件] かどんなに, かもしれぬ, かよく, か狩屋三郎, がわたしたち, そうである, という事実, といえる, と覚しく, なかから, のです, のは, んだ, んだろう, 時代は, 無機化学の, 赤錆の, 金を, 鳥打帽を

▼ んでし~ (23, 0.0%)

43 てね 2 やう

1 [14件] てな困っ, てねあの, てねお前さん, てはあ, て大概, やうけれども, やうでも, やうと, やうまつ直ぐに, ゅね, ょとくらあへっ, よと詰め, よ平生くら, ョことなし

▼ んでなく~ (23, 0.0%)

2 て自分, て貧乏

1 [19件] ちゃあ, ちや, つては, つても, てどうか, てはいけぬ, ては存在, ては陛下, てもう, て会社, て慕わせる, て機械, て知つて, て苦悶, また朝幕, むを, ッちゃ, ッちゃあ, 身体を

▼ んなり~ (23, 0.0%)

2 と私, と訊い, まへん

1 [17件] して, そうな, とお, とお引き受け, ときく, とも承りましょう, とも頼まれ申そう, と仰せつけください, と喜ん, と御用, と我ら, と決して, と腑, と褒め, と訊かれる, と訊く, ウンと

▼ ん円い~ (23, 0.0%)

2 ものが, 大将に

1 [19件] お天道さん, と言う, のは, 坊主が, 大きな月, 太陽が, 手足を, 月の, 月も, 水滴の, 深緑色皮の, 物の, 真赤な, 眼付で, 眼鏡を, 純白色を, 膨れたお腹, 面の, 顔の

▼ ん少し~ (23, 0.0%)

1 [23件] うちの, うと, お上り, でいい, のろまでも, はわたし, ばかり姿, ばかり尋ねたい, ばかり意見, もあの, も堪忍, も悪意, も興味, 思い上って, 我慢し, 手伝って, 機嫌の, 清算し, 絵心の, 衛生上の, 調べて, 身体を, 過ぎますが

▼ んお前~ (22, 0.0%)

1 [22件] がうんと, がわたし, が七歳, が真面目, こそ知ってる, だったの, という人, とって, にも似合わない, に又, に迷惑, の体, の家, はお前, はきっと, はそんな, は此地, は相, は知っ, は親, も横, をお

▼ んとかいう~ (22, 0.0%)

1 [22件] ことで, のは, ボクサーくずれ, 上等兵が, 事で, 人の, 吉原の, 小さな淫祠, 数学者だった, 東洋人の, 漢名が, 玩具の, 竈河岸の, 考えよりは, 言葉が, 言葉は, 話で, 話は, 長ったらしいむずかしい花, 駅で, 魚に, 黄色い水

▼ んとき~ (22, 0.0%)

2 まつて

1 [20件] から成田, が来た, が遅かれ早かれ, たら万事休す, だけ働く, です, と決まっ, なさいや, にはお上, には入らん, に口, に餓鬼ども, ね, は不朽, は行かん, は誰, まいよ, やす, をいう, 助けて

▼ んもし~ (22, 0.0%)

1 [22件] あなた様が, おまかせが, お怪我, お逝去, この家, これが, その途中, そんなこと, また真如, わたしたちについて, 一人を, 何か, 声を, 悪い廉, 旦那どうぞ, 求むべからずんば, 熊の, 私が, 私に, 金助さんが, 間違っても, 鬼あり

▼ んよりも~ (22, 0.0%)

1 [22件] たど, なほ明かに, ほんの偶然, むしろ具体的, むしろ国家, むしろ嬢, むしろ幻覚, むしろ法則, むしろ漢語, むしろ現代, むしろ神, 一つ年下です, 同志者の, 命の, 娘とともに, 寧ろ天然的解釈, 寧ろ英国, 小児の, 弱虫だ, 恩重きは, 花ある, 麗はし

▼ ん~ (22, 0.0%)

2 の男, らしい中

1 [18件] すぎる, です, ではない, でゆ, で喧嘩, で平次, で苦蟲, で身體, にお茶, に歩行き, の人, の付いた, の女, らしい中年者, らしい唇, らしく昔, をた, を匂

▼ ん貴方~ (22, 0.0%)

2 でなければ

1 [20件] から堅い, が勘弁, が家出, が紳士, そら尻, そんなに可, と一緒, に御, に迷惑, のお, のお家, のやう, の傍, の前, は今, は堅, は明日, は衆人, も先刻, も真

▼ んださうだ~ (21, 0.0%)

3

1 [18件] から, が, がそれ, がね, がまだ, が其二三ヶ所, が帳場, が情死, が成, が百人長, が配下, けどあたし, けれど, けれど病院, ぜ, なあ, 三哩しか, 大変だ

▼ んにゃ~ (21, 0.0%)

1 [21件] あれは, いかん, いィ, おまえは, お前さまそんな, お前決して, ここで, さあはっきり, そうじゃ, そうは, みんなよせる, 名古屋の, 妾に, 理を, 生きて, 空想じゃ, 章魚が, 褒められた, 貴様の, 隠す物, 駄目です

▼ んやったら~ (21, 0.0%)

2 そないし

1 [19件] あの子, お前も, そない, それだけの, ちょっと知らし, まだ話し, わいの, 人に, 今や, 例の, 俺も, 前から, 十五日は, 十姉妹でも, 大阪の, 度胸きめ, 昨日も, 男子でのう, 自分かて

▼ んよって~ (21, 0.0%)

1 [21件] あんたは, これを, それでちょっと, に, にあたし等, にあんた等, にいっぺん, また相談, 一緒に, 一遍あとの, 云うん, 今日は, 何も, 奥様御, 念を, 是非姉ちゃんに, 時機を, 監督してる, 私も, 速うお返し, 頼むの

▼ ん早く~ (21, 0.0%)

1 [21件] あの峠, いれて, おしえてよ, おちつかねば, おっしゃって, お帰んなさい, お引, お手打, お耳, こちらへ, 勘定を, 支度を, 相談の, 真砂町へ, 私の, 苦痛の, 行け, 詰めんか, 追つて, 飯が, 養子を

▼ ん~ (21, 0.0%)

3 なり 2 に来れり

1 [16件] であったと, に, には手脚, にわれわれ, に候, に吉良殿, に奥州, に早し, に来た, に競, に許, に附, のみである, の官符, の悔悟, の死

▼ ん~ (20, 0.0%)

2 で, になっ, ッて

1 [14件] このどれ, たねえよ, だけでい, だったがね, にした, になつ, になり, によって秋田訛り, に寝, に肥, を酒, ッちゃあ, 云々という, 様好み

▼ んざア~ (20, 0.0%)

1 [20件] ありゃア, くそでも, こりゃア, すごい見物, ちっともない, つまらねえもの, てんで物, できれば, どうせ不実, どうでも, ね此方, ぶっ放っ, よっぽど季題, ハア放蕩, 出来る身の上, 忘れて, 申しませんが, 知るもん, 聞く耳, 違いますね

▼ んじゃが~ (20, 0.0%)

1 [20件] うまいこと嘘, このあたり, こんで, じつを, それが, それでも荷物, どうだろう, どうも友田喜造, なに友田の, みんなあッ, サテは, 一つ飾っ, 今度は, 何処にも, 君の, 夕方ごろから, 姉歯の, 控室で, 谷元は, 資本を

▼ んそこ~ (20, 0.0%)

1 [20件] からふるい起った, が取柄さ, が畜生, が肝心, でいえ, な人, にいる, にお気, に来る, に諸, の場, の裏, はあなた方, は処女, へお, へ転がり込ん, をひとつ, をわかっ, を申した, 憎い奴

▼ んだす~ (20, 0.0%)

32

1 [15件] からあきまへん, がなア, が当の, が田舎, ぐらいはワケ, ことが, てなア, て先, とおんなじ, なんてこと, な東京, にはお母さん, ぱっとね, よつて, ツモリでした

▼ んだ踏ん~ (20, 0.0%)

2 で口惜し

1 [18件] で, でいう, でいた, でいる, でにらみつけた, でもいま一度今年, で上庸, で叫んだ, で味方, で営中, で後悔, で我慢, で泣いた, で泣き出し, で泣き叫ぶ, で父, で躁, で頑張っ

▼ んといった~ (20, 0.0%)

3 ような 2 のは

1 [15件] そうです, では, ふうの, 坊主に, 孔子の, 彼の, 感じが, 由, 聲で, 肚な, 訳であった, 話を, 調子で, 陵の, 顔で

▼ んとかの~ (20, 0.0%)

2 守に

1 [18件] ドュウルン村へ, 二人名が, 五右衞門が, 助が, 名槍, 和三郎と, 威を, 守の, 息女, 悪霊鎮まる, 懷劍でも, 手, 水差で, 色紙で, 茶碗と, 茶碗を, 草石といふ, 頭陀袋破れたら縫え

▼ んとには~ (20, 0.0%)

4 非ず 3 あらず, 金づかひ 1 あらざるべしと, あらず今, あらず唯, あらず朝, あらず由無き, あらで友, あらで島, とりさんの, 別に金銭, 摸写ならで

▼ んどう~ (20, 0.0%)

1 [20件] かお, かお入りくださいまし, かお知らせ, かまあ平に, か堪忍, か御, か離縁, したこと, したの, したん, しましょう親分, します, しませう親分, するかは, と来る, なるかね, 一尾やろう, 豆と, 鯨でも, 鯨白長鬚鯨長

▼ んなすった~ (20, 0.0%)

2 のが

1 [18件] お七, お嬢さんを, が実に, ことは, しねえ, そういうこと, そうだ, そのおかげ, ね, ねお, は御, もんです, よお, んでしょう, 多分そう言っ, 姑に対して, 時も, 石秀さんで

▼ んなん~ (20, 0.0%)

112 でもない 1 した御, しろ竹生島, しろ絵かき, です, でもありません, の恩顧, の苦

▼ ん七さん~ (20, 0.0%)

4 もご

1 [16件] といふ名, のお, のやく, の家, は, はい, はじまん, はまけ, はめちやめちや, は今雄さん, は四階, は大, は朝, は瓦, もまけぬ, も三階

▼ ん丸く~ (20, 0.0%)

2 しました, 刈り込んだり

1 [16件] てキレイ, なりながら, なる, ふくれあがり石炭粉, ふくれ上がって, ピカピカ光っ, フットボールの, 光る頭, 打ち終わると, 曲げて, 膨れて, 見張って, 見開いて, 輝く森林, 重なり合った枝, 開かず少しく

▼ ん~ (20, 0.0%)

1 [20件] が一言, が談判, ちァ, とちぎり, にはわからん, のため, の土産, の躯, はそう, はチョーク画, はチヨーク畫, は一番信用, は主人公, は余, は君, は君自身, は帰っ, は愛ちゃん, まだ辞職届, も仇

▼ ん~ (20, 0.0%)

1 [20件] から男, が誘い, じゃの, だ, だね, としての地位, にも授けやす, に誘惑, のひと, の一人旅, の産みし, は家, も終, より慈悲, をとりおさえ, を女房, を慰め, を貰おう, を連れ, を騙す

▼ ん~ (20, 0.0%)

1 [20件] うへは, お屋敷, のお, のまま父上, の事, の俊徳成功, の家, の寒き, の後貴方, の時, の段, の盆前, の者, の苦労, の辺, の通り, の鍵, の鎌, は草鞋, 若き日

▼ んとぞ~ (19, 0.0%)

4 思ふ

1 [15件] いうなるいと, おもう, おもはる, する, 務むるなる深く, 嘆きける, 守りける, 思う, 思う俊雄, 思ふああ, 承はりおよぶ無, 決しける, 犇いたる, 言来したる, 願ふめる

▼ んのさ~ (19, 0.0%)

1 [19件] いちゅうと申す, いや本心, この人, しかし貧乏人, ただ世間, つまらない, びしいすがたもそのあたりにみられた, もうお, ようようゆうべひさしぶり, ケチ, 其の子供, 思ひの, 構想も, 用なんて, 突然, 行く位, 誰に, 酔っぱらいさん失礼な, 馬鹿

▼ ん~ (19, 0.0%)

2 でも私, 私の

1 [15件] あなたは, でももう, 一日居, 一服やりましょう, 会って, 何うし, 博士, 命拾いの, 大抵は, 既に貴女, 死ぬほど, 父と, 私だって, 私は, 自分の

▼ ん先生~ (19, 0.0%)

1 [19件] お抜き, がお, がお気付き, がご, が蹴落され, すでにお話, でございまして, ではござらぬ, ならすぐ, にはお, にも似合わん, に有ります, のお, の腰, はのぼせきっ, は例, は私達, らしくも, 早くわたし

▼ ん八さん~ (19, 0.0%)

1 [19件] といふ名, に, のやく, はそれ, はとくい, はとても, は三階, は夕方為事, は大, は顔, もうち, もかん, もきかぬ, も両方, も二人, も京一さん, も四階, も首, をたたきおとし

▼ んがと~ (18, 0.0%)

2 いって, 言って

1 [14件] いうと, いつて, いふと, どこおりなくやっ, 云いながら, 云うの, 云って, 云ふ, 仰有って, 当惑の, 斷わり, 畳に, 苦笑した, 言つて座敷へ

▼ んでる~ (18, 0.0%)

2 所を

1 [16件] うちに, から, からとても, ぞ, と女子, と平野, ので評判, のよ, のを, んだ, んで安心, 中に, 時と, 横へ, 男という, 腹を

▼ んとしては~ (18, 0.0%)

2 いけない, 純金の, 身を

1 [12件] また起つ, まつわられあわれ見る人, 争わざらん, 会い難かっ, 幾度か, 引きとめられ逃れん, 思わず人, 時に戦争, 死なんと, 消えんと, 縁側に, 藁でも

▼ んなすっ~ (18, 0.0%)

42 ちゃ

1 [12件] たって風, たりし, ちゃ困る, ておまけ, てからも居間, てちょい, てねその, てね善い, ては, て何, て其の, て有難う

▼ んなの~ (18, 0.0%)

2 こと思ひつめ

1 [16件] こどもが, しづかなる, それ, ところばかりへ, へそを, 乳房を, 圓い, 夏の, 存在, 心に, 才を, 指といふ, 眠り底知れず, 肉声, 願ひ, 風儀が

▼ ん~ (18, 0.0%)

2 いましがた, ですが

1 [14件] だ, でした, でしたから, です, でそれに, で御座いますが, で首, なら今, のこと, のもの, むつかしい文章, やない, よう売れます, 小さい

▼ ん~ (18, 0.0%)

1 [18件] た今, だ奸夫, の按摩, 之だけにて, 二本で, 問糺す, 實用計りを, 御出張, 心配に, 松谷秀子が, 歩いて, 殿様から, 気の毒です, 私の, 翁が, 自分だけで, 貴方だけには, 遺恨と

▼ ん~ (18, 0.0%)

1 [18件] その裳裾, その許, ならず, なり, にあらず, にさて, にて, にも, にもあらざりし, にもあらず, にもはた, にも必然, に幾千, に戰, に論, に長城, に韋駄保, 又は屋内

▼ ん~ (18, 0.0%)

1 [18件] ざくりと, で多助, で御座います, なので, にはいつか自分, のいい, の力, の恥かしく, の者, の見幕, は戦っ, は見, も影, 作物が, 僕の, 無うお, 血迷つては, 錯雑し

▼ んかつ~ (17, 0.0%)

83 たが 1 たから, たけれど, たと, たの, たわけ, んと

▼ んくらい~ (17, 0.0%)

2

1 [15件] あった, それが, だという, でまして, で妻, で将軍家, で御, なので, ならいい, 区々である, 古雅な, 悽愴惨憺醜, 精しく知っ, 質素な, 遠くに

▼ んけん~ (17, 0.0%)

3

1 [14件] いつもかつ, いらん, おばさんが, さあどうか, じゃん, そのうち又, ちょっという, という, どタッタ三室, ど気, ポカポカどっこいしょ, 二円ば, 東京から, 返さあ

▼ ん~ (17, 0.0%)

2 ごん, はただ, は正直者

1 [11件] が通行人, のよう, のプリューシキン, の噺, の子供, の悪党め, の爺さま, の頭, はいらん, を見る, 連と

▼ ん~ (17, 0.0%)

1 [17件] あらず深き, で人, とわれ, にまかせ, に問え, に楽しみ, のこと, のみいそ, の腐った, の進むべき, は極, もなけれ, も候わず, も起さず, よな, を外, を生ずる

▼ ん決して~ (17, 0.0%)

2 違ひません

1 [15件] ありません火, しませんわ, ないん, 云っては, 処刑に, 外出させない, 心配する, 忘れては, 悪いこと, 所刑に, 男の, 疑って, 皮肉に, 致しません, 雪の

▼ ん自分~ (17, 0.0%)

1 [17件] だという, でまた, でもそれ, で殺した, で説諭, で豪傑, として握っ, にこだわる, には乏しい, には出来ない, の疫病, の言う, の身, の顔, の食い, の鼻, を笑った

▼ んいや~ (16, 0.0%)

1 [16件] こちらにも, それは, どうして結構, やっぱりあいつ, わたくしどもばかり, ツ, 九郎兵衛一身を以ても, 分別を, 嘘でない, 寄って, 少し位, 必ず御, 思い出しませんが, 愍む貴方よりは, 此処へ, 織田と

▼ んからな~ (16, 0.0%)

5

1 [11件] そこには, それでさすが, まだまだ喧嘩, やっぱり政府, アハハむやみ, アハヽ無, ハヽヽ, マア, 何とも言えない, 別々に, 飛び火だけは

▼ んそこで~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの先生, あの蒸気車, おもむろに一足, どうか精一杯, フト思いつい, 乱世に, 取調べの, 問題を, 彼等は, 昨夜は, 私は, 私も, 茶目気を, 見て, 雄二は, 鶏たちは

▼ んだってね~ (16, 0.0%)

1 [16件] すごいねえ, すっかり見直した, そこへ, そりゃ凄い, それに, それを, そんなこと, とんだ洒落た, 世間の, 何だ, 同じ役者, 君かと, 四五日前に, 火の, 猿回しの, 金でも

▼ んって~ (16, 0.0%)

2 思ったのよ

1 [14件] いうと, いうん, いまに, そういつ, そう申, それでものみたい, まだ何, んだ, サンプリスさんの, 云って, 今度割る, 名前を, 申しましたらきょう, 言うの

▼ んでやす~ (16, 0.0%)

3 か, よ 2 かね 1 かねえ, から扇, から皆さん, かオヤジ, が, が甚公, けどさっき, べえ

▼ んどき~ (16, 0.0%)

1 [16件] あんたに, たりとも殿, どこから, どんなこと, やつらが, ん鳴っ, 九紋龍が, 何処からか, 僕の, 当直の, 此の, 爆発する, 相果てる, 自分を, 謀叛骨の, 變な

▼ んどこ~ (16, 0.0%)

2 かこの

1 [14件] かええ, かに口当り, そこでご, でお, でだってみな親たち, といっ, にも合図, に疎漏, の物置, へでも坐った, へ手錠, へ行つて, も一杯, をどう

▼ んどと~ (16, 0.0%)

1 [16件] いうべきだろうが, いっても, いつて, がらがらやりだした, しがみつくでしょう, し児, やかましくどなり, やかましく始めた, 伝六の, 地団太を, 大浮かれです, 得意顔を, 急がせました, 私は, 言ふ, 雛人形を

▼ んのみ~ (16, 0.0%)

3 である

1 [13件] ぎりかんとう, ならず先, ならず精神, 人之を, 何となれ, 奮励一番飛び出でん, 我等にも, 構えて, 確に, 親子夫婦むつま, 詔は, 詔や, 霜ば

▼ んべを~ (16, 0.0%)

2 して, 焼いて

1 [12件] かいのせて, かい抱いて, かじりながら, したり, しないで, しながら, し呆気, 抱き下しながら, 掌の, 添えて, 犬の, 経る

▼ ん全く~ (16, 0.0%)

1 [16件] あつしが, あの人ひとり, お浦, お銀様独得, のふり, の他人, の振り, 人違いでございます, 母親の, 水気の, 浮ばれないところ, 男で, 疲弊しきっ, 私が, 遺恨です, 髪の毛で

▼ ん~ (16, 0.0%)

1 [16件] から飯, に, にいっそ, にお, にと口, に僕, に半分, に応, に旅僧, に私, に自分, は分別, は齋藤, へ入っ, 堂々たる紳士, 早くと

▼ ん~ (16, 0.0%)

1 [16件] ではおかげ, でも安心, には無論, に財, のうち, のお母さん, の中, の案内, の者, の規則, はぬ, へかへってだまっとっ, へ使, へ帰る, を建て, を思い

▼ ん~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] あれで, きっと, ここに, そうじゃあ, という椙, わんぜ, 家は, 少しも, 昨日お, 父はん, 違います, 違ふ

▼ んお前さん~ (15, 0.0%)

1 [15件] がここ, がそう, が他, が黙っ, こんなところ, と差向い, のは急場, の信用, の心, の様, の発心, の言葉, の量, も美代吉, 本当にそんな

▼ んかた~ (15, 0.0%)

8 なし 2 なく 1 からも今度, なくめい, なく動, なしに, 泣く泣く大きな

▼ んだに~ (15, 0.0%)

2 今夜來て, 來て

1 [11件] かけた縄さ下, なし, のめのめこの, 人の, 天鵞絨葵の, 夫子よく, 忝ねえ, 相違ない, 豚小屋まで, 違いない, 違ひない

▼ んでござんす~ (15, 0.0%)

91 いいや, かい, けど, ぜ, といっ, のにさっき

▼ んながら~ (15, 0.0%)

1 [15件] お嬢さんにゃ, こう見え, この家, この稲荷, そんな女, 今でも, 僕が, 博多の, 大橋から, 山三郎が, 揶揄一番しよう, 昼興行の, 江戸ッ児の, 私あ, 違います

▼ んなどとは~ (15, 0.0%)

1 [15件] けっしてしなかった, それこそ, 存じも, 思いも, 思うて, 思ひも, 想ひも及ばぬ, 慮外な, 期しても, 痴人の, 築城の, 考えたこと, 言語道断だ, 身の程を, 野望し

▼ んねと~ (15, 0.0%)

2 云って, 云つてゐた

1 [11件] 云う, 云った, 云ふ, 井谷も, 仰言いました, 嶮しい, 平気で, 心で, 笑って, 答えたが, 胴間声で

▼ んのう~ (15, 0.0%)

2 とるろ

1 [13件] ありますわ, あんな人間, お前は, かりそめ, です, もっと弱く, 何ん, 何処か, 君も, 実物を, 成程, 父娘だ, 長者物語

▼ んびら~ (15, 0.0%)

1 [15件] が弱腰, でしかも, で俺, は意外, やわき, を, をかざし, をひっさげ, をひねくりまわし, をひねくりまわしゃがった, を下げ, を守り, を持ち出す, を自分, 提げて

▼ んまで~ (15, 0.0%)

1 [15件] あがって, ありました, いい家来, お嫁, くれば, しいて, つい自分, 事闕く, 人目に, 十數日で, 弥勒の, 殺されたぢ, 焦れし横笛, 種々お, 追いかけたの

▼ んわい~ (15, 0.0%)

2 放蕩者で

1 [13件] あんなやつ, おおおじさん, おもて, これから, それに, なんと見当, やくたい, わしらが, 人中だ, 兵道の, 家事は, 成程, 早くおれたち

▼ ん~ (15, 0.0%)

2 此の

1 [13件] あと戻りしたら, おえいに, 一緒に, 何の, 何も, 同藩, 大きな身体, 当山にても, 御婦人, 憎い奴, 松浦竹四郎氏の, 菊坂に, 親とは

▼ ん~ (15, 0.0%)

3 袋を 2 變だ 1 ぢや, とぼけが, にし, 丈, 俎の, 動乱の, 奥様は, 有り名古屋, 氷山は, 真面目に

▼ ん~ (15, 0.0%)

1 [15件] になっ, にもなお, に小, に思ひいでよ, に捨て残された, に遅れ, の今, の子等, は国老ども, は恐れ入ります, は手, は果して, までは決して, まで頼み置かれし, 遂には

▼ ん~ (15, 0.0%)

1 [15件] から一晩, から何れ, が七十八十, が分れ, が書生上り, でも私, のみは今, は主家金森家改易, は家造り, は当然, は悪党, も敢, れから, れでは, 迄私

▼ ん誠に~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありがたき御事, お恥かしゅうございますけれどもべん, お言葉, 不都合だ, 商人なぞは, 困るな, 天魔の, 女々しい奴, 御親切, 感心だ, 有難うございました, 有難う存じます, 済まねえが, 薄命の, 話は

▼ んこんな~ (14, 0.0%)

3 ところへ

1 [11件] こと, ことで, ものを, 事には, 処が, 創ぐらいは, 安茶店, 稼業は, 處に, 親切な, 連中に

▼ んさん~ (14, 0.0%)

1 [14件] か, が来, が通る, たる彼, たる自分, としてで, として彼, として漂, として駅前, な, にならはる, のお, のやう, は汗

▼ んざま~ (14, 0.0%)

5 すよ 31 あ一寸, すと, す小三郎さま, だ女, だ幼, っぴらごめんだと

▼ んでなけれ~ (14, 0.0%)

2 ば, ば風呂敷 1 ばああ, ばあたし, ばあんなに, ばいけない, ばそう, ばつて, ばマネキン人形, ば仕方, やあたし, やそれ

▼ んでの~ (14, 0.0%)

1 [14件] ことで, ところで, よろしく頼, オ, 上の, 事に, 信頼とを, 停車は, 刻苦勉強に, 小宴では, 気違騒ぎ, 私ら木挽木樵も, 芸道である, 茱萸です

▼ んどんな~ (14, 0.0%)

7 事が 1 ことが, ご面相を, 事で, 絶滅の, 若い女, 苦しみでも, 陋劣な

▼ んない~ (14, 0.0%)

2 なあ, よ, わ 1 かい, か知らん, がね, です, なあ乳母, のならいく, や, 方が

▼ んなどという~ (14, 0.0%)

2 ことは

1 [12件] ような, 不逞な, 主人に, 云いまわし, 仇討ちの者では, 壮語を, 大野望は, 望みは, 気は, 穢い心, 答えは, 者も

▼ んぶらんと~ (14, 0.0%)

3 ゆれて 2 動かして, 揺れて 1 ふりながら, ぶらさがって, ゆれながら, ゆれるから, 振子運動を, 馬の, 馬まかせ

▼ んほどの~ (14, 0.0%)

1 [14件] お歎, ことで, ものは, 余資あら, 例であります, 図太い女, 大きさ, 抱擁が, 滋養物です, 粋の, 者は, 自覚に, 誤算を, 踏みだん

▼ ん今日~ (14, 0.0%)

1 [14件] のお礼, のところ, はこの, はこれ, はただ, はゆっくり, は好い, は実に, は御機嫌, は是非とも, は梅, まで拙者, よりぞわれ, 初めて位

▼ ん~ (14, 0.0%)

1 [14件] から警察本署, こそは悲し, とも少し, ならば, に又, に就い, に此, は私, は貴方, も余り, れに, れ天下, を書附, を老人

▼ ん~ (14, 0.0%)

2 たん

1 [12件] たけど, たのんで, てこないだ, てたと, てたら, てた際, てつい, ててん, てました, てるぐらい, てエ, やはるやろ

▼ んあんな~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことした, ことを, もので, ものは, 侍などに, 好いお方さま, 小悪, 弱氣, 性質の, 犬玉子食う, 者の, 蒼澄んだ, 野郎の

▼ んいん~ (13, 0.0%)

2 の木村くん

1 [11件] が一本スギ, といっしょ, と五人, にしらせる, のい, のノロちゃん, の中, の木下くん, はモーターボート, 五六人に, 六人と

▼ んかちつ~ (13, 0.0%)

2 ともありません

1 [11件] とはできる, ともチャーム, とも分からん, とも嫉, とも念頭, とも恐ろしい, とも悪く, とも無い, とも綺麗ぢ, とも聞えない, とも聞かない

▼ んかって~ (13, 0.0%)

1 [13件] きくん, どんなもの, なんべ, よろしや, 下の, 伺うの, 何時間でも, 呼んで, 聞いて, 苦労の, 裏ぐちから, 訊くん, 訊ねましたん

▼ んかは~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありません, お身, そう呶, ちっともなかっ, まッぴらご免, よくわかる, よそう, わたしの, 云へ, 僕等も, 問題外で, 怪物でなく, 皆自分が

▼ んがっ~ (13, 0.0%)

9 ちゃん 1 ちゃんと動きだした, ちゃんと機械人間, ちゃんと荒々しく, ちゃんと金属

▼ んこそ~ (13, 0.0%)

1 [13件] いい迷惑, せめての, まだ子供, 佗しかりぬべけれ, 却, 口惜しけれ言, 好い面, 妾が, 実に便宜, 後々までも, 自分の, 詩人の, 誠の

▼ んこれから~ (13, 0.0%)

1 [13件] こちらの, はどうぞ, は一世一代, は茶店, われわれ日本人は, 三人仲好う, 大急ぎで, 方々散歩し, 生きようと, 直ぐでも, 直ぐに, 遊び半分に, 重い刑

▼ んさあ~ (13, 0.0%)

1 [13件] こちらへ, この通り潔白, それを, といっ, どうか, わたしを, 前へ, 取って, 大変だ, 帰のう, 帰るん, 相手に, 行きまつ

▼ んざます~ (13, 0.0%)

2 がおま, が何 1 から少し, から私, がお前, が初会, が漸, が私, が花魁, が誠に, のよ

▼ んたち~ (13, 0.0%)

2 と仲好し, はもう 1 がお, がさつき, に言, のお母さん, の二年生, はいい, はその, はどう, は人

▼ んだっ~ (13, 0.0%)

51 つうじゃ, てこッた, ぺ, ぺえな, ぺがな, ぺけん, ペからよ, 気が

▼ んでは~ (13, 0.0%)

2 御免

1 [11件] このお, どうして組合せ文字, ひとつ夜の, ひと言申上げ, 何を, 失礼, 早速に, 早速山, 明日は, 暫くお, 近附

▼ んとこ~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるお, か知らん, ですばい, ですよって, でねむる, で入歯, へ戻れ, へ目, まで, や, やな, をカット, を切れよ

▼ んわし~ (13, 0.0%)

1 [13件] が殿, に佳い, の考え, は, はお, はそれ, は与兵衛, は会いたくない, は往く, は武州, は高家衆, もこの, も何處

▼ んわね~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの男前, こんな時, そのお, それが, それに, それやもう, た, ですから, みんな何を, 主人が, 申し遅れて, 誰も, 間違って

▼ ん~ (13, 0.0%)

7 に角 3 も角 1 に角大谷千尋, に角此, も角斯

▼ ん子供~ (13, 0.0%)

2 じゃなあ, だな 1 がお, ができた, でも大人, のため, の時分, の考えごと, の買占め, も舐めます, 生れたら何処

▼ ん~ (13, 0.0%)

1 [13件] いそがしく御状, か誠に, と, どうかこの, 何かと, 余儀なく此の度主人, 先に, 境木などに, 少し上っ, 意外の, 或日用達, 昨夜貴方が, 間が

▼ ん旦那~ (13, 0.0%)

1 [13件] あ立派, え私, がお茶, の御, の御新造, の方, の気に入り, の臨終, の見, はたいへん, も待ってる, 少し代っ, 忘れても

▼ ん~ (13, 0.0%)

7 れども 2 らば 1 うして, るを, れど, れ共

▼ ん若し~ (13, 0.0%)

1 [13件] お疑りなさるなら, お祖父さんが, お許しが, かしたらホテル, 人生が, 兄が, 夫ほど, 宗教でなけれ, 小遣が, 私が, 貴女は, 貴様が, 遅くなれ

▼ ん~ (13, 0.0%)

1 [13件] の交錯, の安, の生気, の貴き, は, は一生, は此, は減, は魔道, を吸, を尽し, を我頭, を記

▼ んあなた様~ (12, 0.0%)

1 [12件] が当然, が男, が第, とお, にはほんとう, に助けられ, に祟り, のお, の方, はちっとも, は御, もまた

▼ んからも~ (12, 0.0%)

2 少し借し, 少し先 1 すこし補足, ずいぶん林檎, 一ぺん四年生だって, 一人誰かに, 伺つてました, 少し見合, 愛されやう, 笛村君の

▼ んがな~ (12, 0.0%)

2 気の 1 あれを, この節, すわらんか, そりゃ東京, なんでも, わしの, ア, 土佐の, 娘さんは, 臭うて

▼ んずる~ (12, 0.0%)

4 なり 1 まで浪子, ものとは, 刹那, 時しらず, 時の, 瞬間に, 途端に, 霙か

▼ んそれで~ (12, 0.0%)

1 [12件] お蚕, よく世間, カチーリ, 事ずみじゃ, 何う, 厳寒の, 夜が, 後日糺問される, 私は, 老母と, 英人商社には, 遅れを

▼ んそれに~ (12, 0.0%)

1 [12件] あなたこの, あなた附添のが, あの人, お借りできる, この人, この頃, じく, じくじく湿れ, ぼくには, 三階です, 私も, 誰が

▼ んぞは~ (12, 0.0%)

1 [12件] あたふたと, いつもの, いつも主人, やがて帰っ, 寝衣, 庭へ, 櫛筥を, 直ぐ井戸水, 直ぐ戻っ, 見えませぬか, 跳び上がって, 駈け寄って

▼ んだから~ (12, 0.0%)

2 疑いが 1 お前さんを, して, ねお, ネネにとっては, 其の前, 宗教なんか, 彼女の, 着物や, 私の, 自然に

▼ ん~ (12, 0.0%)

2 ゅうもんでもねえだよ, ゅう村は 1 おかみさんを, がある, がふよ, つても, へ来てた, ゅうところはこけ, ゅうところへ移される, ゅう事を

▼ んちょう~ (12, 0.0%)

1 [12件] がさけん, が木村くん, です, に, につい, のバッジ, の小林くん, の耳, はあの, は三, もはっと, をさがす

▼ んとうに~ (12, 0.0%)

2 なって 1 うしろから, した一隊, たって, たてて, 一歩も, 天野勇一少年明智探偵のか, 小荷駄後備え, 朱柄の, 立ったの, 立って

▼ んとかいふ~ (12, 0.0%)

1 [12件] お役者衆, のが, 下女と, 名作で, 名酒, 娘に, 子供騙しの, 有名な, 歌舞伎役者の, 苗字まで, 難かしい, 驛で

▼ んどうも~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの青梅, わからん, ハア三百両, 五千疋御散財を, 判らん, 斯様な, 是では, 気分が, 済みません, 眼ばかり, 纏らない, 都合が

▼ んぶる~ (12, 0.0%)

4 んと 2 んぶるん 1 ん, んさせ, んぶる, んプロペラが, ん鳴し, ん鳴る

▼ んほんの~ (12, 0.0%)

2 頸動脈を 1 かすり傷, つい今しがた, ひょっとした, 一寸下ん, 一瞬間に, 一走りこの, 前触れで, 半刻, 少しばかり, 顔つなぎだ

▼ んぼう~ (12, 0.0%)

2 が泣きだした 1 が育つ, だろう, な苧, の国, の子供, の後, はやさしく, は泣き出しました, をしました, を乗せ

▼ ん~ (12, 0.0%)

2 な機械 1 かしれない, と言え, なきかい, ななわ, な世界, な場合, な大き, な機械人間, ゆうきんし, ょさに

▼ ん~ (12, 0.0%)

2 し御, し斯 1 しおい, しさう云, しどうも, しね旦那, し六ヶ, し是, し此, し罪跡

▼ ん~ (12, 0.0%)

1 [12件] あ, が慰み, の前, の娘, の酒, はお前, はひとり, は何もかも, は菱屋, は迚, れにゃ, れら

▼ ん実は~ (12, 0.0%)

1 [12件] こういうわけ, その婆, ぼく三十年前に, 召使の, 少々尋ねる, 彼の, 彼は, 無いもの, 私の, 私も, 迷惑千万である, 鳴子屋の

▼ ん~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出ない, が血染, が見えたら, が違う, に持つ, に立つ, の処, はない, も利きません, を取っ, を握つ, 輩とは

▼ んかとも~ (11, 0.0%)

1 [11件] うたが, 危まれ候, 思い夜, 思ったん, 思つた, 思はるれど, 思ひたれば, 思へり, 思わるれど, 考えしかど, 聞けまいじゃ

▼ んがい~ (11, 0.0%)

81 なの, なァしょん, の

▼ んけれ~ (11, 0.0%)

2 ばならん 1 ばこちら, ばなら, ばならぬ, ば困ります, ば困る, ば宜, ば成らぬ, ば成るまい, ば眼

▼ んせつに~ (11, 0.0%)

3 して 2 いって 1 してやったのに, なにから, びんの, もてなされて, 世話し, 乗せて

▼ んでた~ (11, 0.0%)

1 [11件] うとう目, ことある, そうだ, づねると良人と, のにメルシ, よう, ように, 時に, 煙草の, 皮を, 長所が

▼ んでなくっ~ (11, 0.0%)

1 [11件] たって新, ちゃあ, ちゃあ御, ちゃあ話, ちゃなんにも, ちゃァ, ちゃ厭, ちゃ面白く, て本当に, て石, て社会

▼ んとのみ~ (11, 0.0%)

1 [11件] せば, つとめたこの, 云われるが, 倖せし, 噪ぐにあらずや, 思う, 思ひけるかな, 思ひたり, 悶き, 考えた, 言った

▼ んとや~ (11, 0.0%)

2 しけん, 思ふ, 折々曲ぐる口元 1 いふ, おも, おもいけん, し給, 迂なり迂なり想

▼ んなじ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことだ, にお, に口先, ように, 位に, 姿勢でばかり, 意気で, 服を, 様だ, 汽車で, 踊りを

▼ んのって~ (11, 0.0%)

1 [11件] あんなこと, そんな, どんなおかしな顔, 人が, 君, 少々ヘン, 珍しく汚いの, 私共が, 言うけれども, 言う段, 高台から

▼ ん~ (11, 0.0%)

1 [11件] けして, さまでさえもが, つま, づ, に出, に尻, に早う, に這入っ, んの, 何う, 腹へらし

▼ ん~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなたの, た今, った今, 伊之助さんの, 實らしく思はる, 温順しい, 畑の, 眼あらん, 私を, 許嫁の, 遊び一方で

▼ ん~ (11, 0.0%)

5 けません 1 いですか, うが, うございますか, かあ, 怖可, 笑いのも

▼ ん~ (11, 0.0%)

2 商人の 1 それた位, 供じゃ, 供でございます, 商いを, 孩の, 左衞門さえ, 県さん私知っ, 萩が, 野山の

▼ ん~ (11, 0.0%)

1 [11件] が何, が雑誌, だつたら何, だらう彼等, とこんな, と一, に行つて, は, はどう, も, を育て

▼ んいう~ (10, 0.0%)

3 のん 1 けどした, ていま相談, てその, てました, て大, て姉さん今, 工合に

▼ んかく~ (10, 0.0%)

2 のごとき 1 あらんと, いう我, てはおん身我, てアキリュウス, やあらん, 心づいて, 答えんと, 苦悩を

▼ んくせ~ (10, 0.0%)

1 に, にけつたい, にそれ, にそんな, にモデル, に書物, に白綸子, に自信たっぷり, に自分一個, に花

▼ んごつ~ (10, 0.0%)

7 んと 1 ねえ, ん打, ん打ちつける

▼ んじられ~ (10, 0.0%)

2 ている 1 ていた, ておった, ても親しまれ愛される, てゐる, て来た, て見える, また以前蜀臣, よ

▼ んじられる~ (10, 0.0%)

2 ように 1 ことは, ところだろう, に隨つて, のか, のです, もので, ものは, 風だった

▼ んだなら~ (10, 0.0%)

1 ば, ばです, ば世の中, ば彼, ば水産, ば無論, 今でも, 伊織の, 森主, 高木へ

▼ んちゃ~ (10, 0.0%)

2 くも手を 1 くだよ, くに差しこむ, くの, になりゃせん, まを, りんと, りんナイフ, 知らんの

▼ んぢやあ~ (10, 0.0%)

3 ないかと 2 ないか 1 ありません, ない, ないかね, ないから, ないん

▼ んでございませう~ (10, 0.0%)

541 かと泣き

▼ んとを~ (10, 0.0%)

1 さまつて, しへて, つたもの, のせて, 勉めしもの, 勤めたの, 勤めました, 持ち右, 遮二無二十七人, 除いては

▼ んどす~ (10, 0.0%)

321 な, べてシェイクスピア, んという, ん暴れ, 女中衆と

▼ んなんか~ (10, 0.0%)

2 汗水流し 1 いつでも, しない, たかが西洋雑貨店, 何の, 嫌ひ, 恐れて, 母あ, 駄目だい

▼ んによって~ (10, 0.0%)

1 お考え, この大根おろし, しこたま載せ, そんな奇怪, 今度だけは, 便所へ, 前まで, 我心が, 次の, 私の

▼ んほう~ (10, 0.0%)

5 がいい 1 がうまい, がよい, がよかっ, がよかろ, がよろしい

▼ んまだ~ (10, 0.0%)

1 あつた, あとが, うまいもの, お年, お若い, すつかり死ん, その手前, 実家には, 散らかって, 若いん

▼ ん~ (10, 0.0%)

1 いうて, これを, こんなところ, やけど, 今が, 前に, 奥も, 曾に, 浦原浦女は, 言ことが

▼ ん~ (10, 0.0%)

1 が棲む, にも以前, に屁ッチョロ, に身, のお, の事, の妖精, の物, へ廻し, 日山崩れ海湧く

▼ ん~ (10, 0.0%)

3 にし 2 になっ 1 なカーフィム真珠, な所, な眼一杯, な赤い, にした

▼ ん~ (10, 0.0%)

1 が手, だったから, でもその, で振舞酒, と裸, になり下っ, の事, の冷えつ, の居る, をする

▼ ん~ (10, 0.0%)

2 な, をこそ祈れ 1 ですら, のため, の仕事, の心地, は駄目, 巡ること

▼ ん悪い~ (10, 0.0%)

2 のは, 事を 1 が悪い, ことと, ことなんか, とか憎い, 人でなく, 地主なり

▼ ん~ (10, 0.0%)

2 が恋 1 が身体, た, と共に, に王冠, は臆病, は賢し, わがため, 来って

▼ ん~ (10, 0.0%)

1 一に, 一の, 一ガソリンが, 一信心者で, 一其の, 一初心の, 一御, 一背の, 一見た, 四次元の

▼ んかとの~ (9, 0.0%)

1 ことで, 一念, 事である, 仰せもつとも, 思いがけない話, 意を, 意見が, 考えに, 迷ひ

▼ んさま~ (9, 0.0%)

2 になっ, のかた 1 がある, がにゅうと, のおす, のとき, の上

▼ んじない~ (9, 0.0%)

1 でなん, でもいい, でも一旦, で一, で六十, で勉強, で受難, で財, ので弱っ

▼ んじゃろう~ (9, 0.0%)

31 かと, からネ, がしかし, てのうあれ, なあ十二歳, のう

▼ んすべ~ (9, 0.0%)

3 もがな 2 だにもなき 1 がなかっ, なし, などおも, もなき

▼ ん~ (9, 0.0%)

1 とある, とぶるぶる, と凄まじ, ほどに心安く, ーと, 千載の, 我等また, 舞ふ, 面がまへ

▼ んそして~ (9, 0.0%)

1 この人間, その為, それらの, ゆうぜん, わたくしによって, 三日までは, 彼女の, 灰を, 盗んだ金

▼ んだらしい~ (9, 0.0%)

1 がそれ, が予, ぞ, だけです, のに一方, 小石か, 跡が, 銀三が, 風が

▼ んでござい~ (9, 0.0%)

9 まス

▼ んでござんしょう~ (9, 0.0%)

31 そうでなけれ, とにかくどっち, な, なあ, ね, よ

▼ んというは~ (9, 0.0%)

1 七月の, 可なり, 曹操と, 有る訳, 汝たち二人二人の, 血統の, 話に, 誠に早, 誠に浅ましい

▼ んとこそ~ (9, 0.0%)

1 あるべきに, おもい侍れ, 奮ひ, 思いしを, 思はめ, 思ひ侍りしなれ, 思ひ候, 思へ聊か, 願へ

▼ んとまで~ (9, 0.0%)

1 この頃, 云いだした, 云い自ら旃陀羅, 僻目で, 呻きつる其美女, 思うこと, 思うたほど, 考えて, 考え込んだこと

▼ んとやら~ (9, 0.0%)

1 いう有名, で沢庵, ゆるして, 仰しゃったのを, 姿に, 御主人, 悲しゅうてなもし, 粉を, 言ふ

▼ んなどは~ (9, 0.0%)

3 思いも 1 とても待つ, まだ他愛, 以ての外の, 平路を, 火中の, 笑止の

▼ んなに~ (9, 0.0%)

1 くどく書いたらしい, はない, までお, まで急迫, も他意, も拙者, より効験, 宜しゅうございます, 飛ぶと

▼ んなる~ (9, 0.0%)

1 こと, んです, 前だって, 哉, 意気よりも, 撥音に, 秘蔵ッ子を, 腕白小僧を, 重役先生が

▼ ん~ (9, 0.0%)

1 と, と云々, 今日数百輩の, 仍つて此の, 其後義盛件の, 子孫敢て, 早く院御所, 狂態源吉の, 重成法師又

▼ んのっ~ (9, 0.0%)

51 てこの間, てすっかり, てサ, て贅沢

▼ んのみか~ (9, 0.0%)

1 かえってあばた, 一枚の, 他の, 何度繰り返し, 却って正義, 向うへ, 用を, 習えば, 頼りも

▼ んばかしの~ (9, 0.0%)

2 酒に 1 ものが, 態度を, 端を, 虫を, 道具や, 金が, 金を

▼ ん~ (9, 0.0%)

3 くろを 1 くろ, くろが, くろそれ, くろに, くろの, くろみた

▼ んほんとに~ (9, 0.0%)

1 あなたの, あの方, ご存じない, 思う, 本当の, 歯が, 煩い孔雀, 若く見えるない, 輪郭の

▼ んやの~ (9, 0.0%)

1 ん今時分, ビックリ箱と, 域に, 女将までが, 思いきやでした, 有様舞台監督は, 正反対, 油断大敵だった, 趣一同する

▼ んやら~ (9, 0.0%)

1 あんな誓約書, うわからんやらう, お気の毒さま, くさすんやら, こわらしゅうて, 分らない様, 如何にも子供向き, 急な, 時間も

▼ んよく~ (9, 0.0%)

3 考えて 1 お婆さんの, なりました, 知って, 練れて, 聞いて, 見るが

▼ んわが~ (9, 0.0%)

2 目彼を 1 ため恋しき, 友の, 命の, 槍の, 目かれ, 言に, 進みしとき

▼ ん世間~ (9, 0.0%)

1 です, ではごく, で何事, の人, の娘, の悪口, は反省, へ対し, 見ずで

▼ ん二人~ (9, 0.0%)

1 して, でやりました, とも言葉, に死ね, に負け, の子供, の身体, はす, は死にかけた

▼ ん先ず~ (9, 0.0%)

1 お聞, その結果, まアお芽出度, 中気の, 其遺恨と, 肝腎な, 自分の, 請書を, 飲みましょうと

▼ ん出され~ (9, 0.0%)

1 さうにな, たり茶わん屋, てしまいました, てしまう, てしまった, ても文句, て来や, て行き, べえ

▼ ん~ (9, 0.0%)

1 で, などがお, によき, はもう, は売っ, は断然, も子供, や思う, 御が

▼ ん実に~ (9, 0.0%)

1 これには, めざましいグロテスク, 悔しいと, 憎い奴, 残念で, 気の, 面目次第も, 驚いたさ, 驚くべき時勢

▼ ん手前~ (9, 0.0%)

1 が仕合, が当家, が預ってる, の事, の持ち, の方, は相州東浦賀, は鹽原角右衞門, も剣道

▼ ん~ (9, 0.0%)

1 がありません, の世話, ばかり読み耽, ばかり読ん, へやたら, ヲ調ベニユク, 國では, 羊歯は, 舞台の

▼ ん此処~ (9, 0.0%)

1 から三右衛門, で貴方癪, な家, にはお, にもあすこ, に参っ, は家, は往来, は色里

▼ ん殊に~ (9, 0.0%)

1 アノ方を, 今日は, 北條彦五郎は, 土地は, 多かりける, 彼は, 御当家様, 結構な, 証拠の

▼ ん~ (9, 0.0%)

2 して, に 1 にあの, にかう, になる, に因果, に大胆

▼ ん~ (9, 0.0%)

1 お大事, が知, ちりぢり, と同じ, なの, な兄弟, な坊ちやん, な職方, 善く浩然

▼ ん~ (9, 0.0%)

1 が好い, が悪う, にひん, にやる, に三休橋, に上流階級, に分っ, に魂, は日ごと

▼ んかといふ~ (8, 0.0%)

2 ことを 1 冷たい顏, 思ひがけ, 見るだけでも, 訳で, 調子で, 譯で

▼ んがネ~ (8, 0.0%)

1 それでもマア普通, まあ見, ハハハ, 唯依頼, 折角母様, 明日の, 昨日私が, 私ツたら

▼ んけれどね~ (8, 0.0%)

1 ああ私, あのーあのーただ, まあこれ, もしあなた, 人間に, 子供が, 学課の, 私は

▼ んさる~ (8, 0.0%)

2 かあ, かね 1 かの, ことは, とよ, まあ

▼ んしね~ (8, 0.0%)

1 あんたには, お一人, そして結局, それに, 今夜は, 仮りに, 其れ, 詩を

▼ んじゃあねえ~ (8, 0.0%)

1 あの女, いつも可愛い, うんと, お提灯様, もっと月々雑誌, 一ぜん飯に, 疲れたあと, 酌を

▼ んする~ (8, 0.0%)

2 んだ 1 ことあれへん, ことは, のでよし, ものにな, 事に, 真似を

▼ んそういう~ (8, 0.0%)

1 ことに, ことは, ことを, はずは, 仕事は, 地点に, 訳じゃ, 訳でございますなら

▼ んそんなに~ (8, 0.0%)

2 忙しく叩い 1 までし, むずからねえでも, ヤいら, 押しちゃ, 窮屈がらず, 腹を

▼ んぞや~ (8, 0.0%)

1 もうでくるな, 一婦の, 下婢や, 人殺し, 北条高時陪臣執権の, 吉宗奴隠密を, 父の, 鈍刀とは

▼ んだい君~ (8, 0.0%)

21 が, の名, の知, の顔, は君, んとこ

▼ んだくれ~ (8, 0.0%)

1 てもカストリ, になつて, のならず者, のへべれけ先生, の俤, の大, の生活, の警部

▼ んだち~ (8, 0.0%)

1 ぇっよしゃ, ぇッ, けから全く, けがまさか, けど, つと世間, ょっくら駕籠から, アんと

▼ ん~ (8, 0.0%)

3 ものは 2 好がった 1 もんは, 水飲ん, 野原さ行ぐべすさ

▼ んでなき~ (8, 0.0%)

1 あ泣く, やテニヲハ, や二人共下手人ぢ, や何處, や清次郎, や辰三, や隣, ア家の

▼ んでなきゃ~ (8, 0.0%)

1 あれは, ア何だって, ア家の, ア身投げだ, 下手人か, 御亭主, 滅多な, 隣の

▼ んところが~ (8, 0.0%)

1 あつて, あの国, あの奥方, その此処, 今日家内が, 島村さんには, 幸い, 青嵐の

▼ んとても~ (8, 0.0%)

3 親も 1 いけません巧, やりきれません, 可愛かった, 死は, 長くは

▼ んとにかく~ (8, 0.0%)

1 この三郷, これだけ, やって, 一通りお, 今の, 何かで, 地球の, 小田切さんとは

▼ んどうせ~ (8, 0.0%)

2 一度は 1 来るなら早く, 芸者だ, 退屈な, 遊んで, 遠からず死ぬ, 間抜けた

▼ んどきんと~ (8, 0.0%)

1 強く打ちました, 心臓が, 恐ろしい早さ, 胸が, 騒ぎ立ちいても, 鳴ってるから, 鳴つた, 鳴りだしました

▼ んなく~ (8, 0.0%)

2 思惟が 1 つても, カードを, センサクする, 一様に, 円満に, 日光が

▼ んはい~ (8, 0.0%)

1 と答えました, もうごき, よ, 何故に, 其理由は, 女の, 如何にも残念, 馬になぞ

▼ んばかしに~ (8, 0.0%)

1 なったの, わざとの, 伊都子は, 厄介に, 我慢しきれぬ, 男が, 突っぱなしたその, 鳴り出したその

▼ んぶるる~ (8, 0.0%)

2 んぶるる, ん三ど 1 んと, んぶる, んぶるるん, んまわしはじめました

▼ んべん~ (8, 0.0%)

1 くだりと, くらり, したいん, だらだら書い, ぢや, 固唾を, 弾いて, 訪れて

▼ んまあ~ (8, 0.0%)

1 お一つ, 一合上戸ぐらいの, 一服おつけなさいまし, 御上がり, 止された方, 歩きながら, 英雄豪傑の, 陸前の

▼ んまでも~ (8, 0.0%)

1 その心, その心得, そんな噂, 一体此家, 暮しに, 泊って, 発狂する, 相良どのは

▼ んよという~ (8, 0.0%)

1 ことだった, これは, のである, ふうに, ような, 一巡査の, 意味にも, 顔付だった

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 かの数学上, が集まっ, の名案, の奇, の実在性, の感情, は細道づたいに, よ

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 って, て, てお, てば, て云ってた, て継母, と女, 早く

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 に伺う, に着, に見え, の人物, の女, の枝, は, も下

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 仕合わせやとは, 埓至極の, 慣の, 斷から, 案内にて, 死人らしく, 熱心な, 礼な

▼ ん仕事~ (8, 0.0%)

1 がある, がまた, が違, だし, です, でも一所懸命, はわかつ, をしたら

▼ ん何しろ~ (8, 0.0%)

1 あっちが, がんりきは, この誓文払, 家では, 暇を, 此処で, 面白い勝負, 飛んだ御

▼ ん何と~ (8, 0.0%)

3 なれば 2 いはん言 1 仰しゃっても, 仰有, 短銃では

▼ ん何ん~ (8, 0.0%)

2 でも 1 だか, とか敵, としても小品, と何, と言う, な山

▼ ん何処~ (8, 0.0%)

1 かもらっ, か茶屋, と云っ, にも異状, の奥さん, の御方, の物置, までもお供

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 から冷たい, に, にお, にちゃんと, に早う, に私, に進ん, ア欺された

▼ ん円く~ (8, 0.0%)

3 して 2 おまけに 1 うち開いた, てあぶらで, なって

▼ ん勿論~ (8, 0.0%)

1 それは, 一切の, 余の, 無事を, 牛は, 私は, 罪に, 課長は

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 だの, だのう, である, は鶯, も知らぬ, をばただす, 一時の, 酒は

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 から來, でためらっ, に唯, の人, の学校友達, の鳥, へで, へ出

▼ ん尤も~ (8, 0.0%)

1 お倉さん, 主人が, 云うまでも, 同人の, 夜中の, 宅へ, 幼年の, 麻布の

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 で, でころん, ででも野良, にある, の息, の鳥, や山, 之助

▼ ん左様~ (8, 0.0%)

2 なら 1 じゃア, なお方, なら又, なら手前, なりますと, な者

▼ ん旦那様~ (8, 0.0%)

1 が聞い, にお願い, の前, は御存じ, へお, も御, をかついだ, 聞いて

▼ ん明日~ (8, 0.0%)

1 お出, になっ, はとても, は磔刑, は約束, よ昨日, 厳しく叔母, 洗ったって

▼ ん時分~ (8, 0.0%)

1 から居馴れてる, だから, である, で只今, においで, には光子さん, に会った, 故洋物店

▼ ん東京~ (8, 0.0%)

1 では今頃, にて役人, の姉, の御, の方, の知った, も旧, を立っ

▼ ん様子~ (8, 0.0%)

1 が変わっ, だから, でありますゆえ, で是, とにかく御, なく余, なり勝負, も見えず

▼ ん為め~ (8, 0.0%)

1 なり, にここ, にはあらずし, に予め, に当地, のひめや, の結婚, 勧めて

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 が醒め, にでもあわなきゃ, には見えない, に逢う, に遭った, の不自由, をつぶっ, をぱちぱち

▼ ん直に~ (8, 0.0%)

1 出立いたします, 屋敷へ, 帰れその, 引取る, 引抜いて, 往って, 萎れて, 追出して

▼ ん~ (8, 0.0%)

2 の中 1 で帰っ, に居た, のうへの月, の入港, は打, は米利堅

▼ ん若い~ (8, 0.0%)

1 もので, 亭主は, 同志で, 娘に, 御武家風, 時だ, 者が, 者なら

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 つたらお婆さん, はない, ひ抜けん, ひ拔, ふとるだけの, を, をお, を構

▼ ん貴女~ (8, 0.0%)

1 お使い, さえ立ち去れ, と少年, に生命, の濡衣, は御飯, は私, を置い

▼ ん~ (8, 0.0%)

1 してるの, だ, です, の色, は何様, も知らん, をし, をする

▼ ん高い~ (8, 0.0%)

1 ところから, ところへ, 優れた人間, 山の, 座に, 框に, 正面に, 神界が

▼ んああ~ (7, 0.0%)

2 して 1 いう間違った音楽, しないと, もうやがて帰っ, をかしい, 今日は

▼ んある~ (7, 0.0%)

1 かい, と云, ように, 夜怪しい美しい, 時は, 片田舎の, 者は

▼ んあんた~ (7, 0.0%)

1 ぐらいな, にもわっ, に売った, のお, はあ, もお, もひとつ

▼ んいずれ~ (7, 0.0%)

1 も屈強, も張子, 事が, 仕上げます, 山また, 後刻, 明日にも

▼ んおれ~ (7, 0.0%)

1 が命ずる, が眼, が責任, についてこい, の行く, は杯, は隠居

▼ んかねえ~ (7, 0.0%)

1 いいでしょう, お嬢さん, こうばく蟹, これは, どこぞ他に, 年紀の, 村の

▼ んからねえ~ (7, 0.0%)

1 あすにでも, きっとチチコフ氏, とにかくみんな, 人様の, 何卒直に遣っ, 手を, 斯う

▼ んごと~ (7, 0.0%)

1 なった, なった生命, などいふ, に力, の道具, は, もなし

▼ んごろん~ (7, 0.0%)

1 ところがっ, とした, としてゐる, と体当り, と落ち, と転がる, と転げる

▼ んじゃと~ (7, 0.0%)

1 いう, 云うだろうじゃ, 名乗られたこと, 思っとりましたよ, 皆な, 言うて, 言って

▼ んすぐ~ (7, 0.0%)

1 あなたを, ここから, そこだ, にまた, に刃, 武の, 着替えますその間

▼ んそれとも~ (7, 0.0%)

1 たって入っし, 今少し, 向うで, 好きや, 文吉は, 縄に, 若しや

▼ んたしかに~ (7, 0.0%)

1 ありません, あれは, この斑鳩嶽, この私, これは, 女が, 男の

▼ んだが~ (7, 0.0%)

1 ね堅, ほんの遊戯, もう一度この, 兄貴の, 旗本の, 旦那こりゃ, 矢張川口町へ

▼ んだ話し~ (7, 0.0%)

1 てくれなきゃ, てみる, てみろ, て見, て見る, て見ろ, を止め

▼ んちょっと~ (7, 0.0%)

1 えい景色ね, この辺, ただ口, 威厳さえ, 水が, 私の, 見て

▼ んでござる~ (7, 0.0%)

31 か, なご用, なその後, な音響学

▼ んですやろ~ (7, 0.0%)

1 かその後, か巧, がそんな, が綿貫, けどおおびら, けどそれ, なあ

▼ んでを~ (7, 0.0%)

3 るの 2 ります 1 りませう, り中部アメリカ地方

▼ んとつ~ (7, 0.0%)

1 からサンタクロース, がニューッ, のかわら, のてっぺん, の先, の口, の煙

▼ んどうしても~ (7, 0.0%)

1 これで, 今度の, 夢で, 木で, 白川まで, 私には, 粉が

▼ んなせえまし~ (7, 0.0%)

51 な, 後生でござん

▼ んなぜ~ (7, 0.0%)

1 って, といっ, と言っ, ならその, 助けん其の, 手紙を, 隠す云いなよ

▼ んにと~ (7, 0.0%)

2 つては 1 つてうまい, 下山後医師の, 思つて持つ, 悔むのである, 言ふ

▼ んびらき~ (7, 0.0%)

1 に両手, のでっかい, のドア, の大きな, の扉, の押入れ, の重い

▼ んやらう~ (7, 0.0%)

2 があんまり 1 が, が今, が息子, 今晩から, 変どした

▼ ん一度~ (7, 0.0%)

1 あつた, あなたを, だってそんな, 此処で, 焼いて, 結婚した, 茶屋へ

▼ ん~ (7, 0.0%)

3 は御方便 1 ならば, のい, は冠せ, を期し

▼ ん今年~ (7, 0.0%)

4 とやいはん 1 とやいわん, の一月, は子

▼ ん何で~ (7, 0.0%)

1 ございますか, もちやんと, やろ, 四十一歳で, 怖気の, 秀子が, 見合せるの

▼ ん~ (7, 0.0%)

1 はもはや, は他, は倶, は前後, は夢, は殆ど, は聊か

▼ ん~ (7, 0.0%)

3 てしまった 1 てからの住い, てやつ, てゆかれた, て今

▼ ん出し~ (7, 0.0%)

2 てまでおい 1 あとでほど, ていた, てしまった, てみせる, てやれ

▼ ん場合~ (7, 0.0%)

1 がある, でも村, なれども, にはもちろん, もある, もあるだろう, もあるです

▼ ん多分~ (7, 0.0%)

1 したで, に何, に買い出す, 何んで, 恥しさ, 死骸も, 私が

▼ ん彼奴~ (7, 0.0%)

1 から私, が借主, はいけません, はどう, は馬鹿, も無駄挽, 一体そういう

▼ ん拙者~ (7, 0.0%)

1 でも余り, の方, は人, は女, は御, は旅, も厄介人

▼ ん本当に~ (7, 0.0%)

1 お前さんの, お可愧, お大事, お愧しゅう, マア幼な, 小増さんを, 意地の

▼ ん次第~ (7, 0.0%)

2 だと 1 じゃが無理, だったけれども, である, で御覧, によってはその

▼ ん此方~ (7, 0.0%)

1 でございますよ, で十日, の家, は勿論, は富五郎, へ寄越せ, へ往く

▼ ん江戸~ (7, 0.0%)

2 の近在 1 と違っ, の町奉行, へ来, へ行け, までいらっしゃる

▼ ん理窟~ (7, 0.0%)

1 から言え, だのに, ですな, のため, のもの, はよせ, を言う

▼ ん相手~ (7, 0.0%)

1 が金田, の人, は何分, は大人, は御, は恐ろしい, は老人

▼ ん私達~ (7, 0.0%)

2 に運 1 のア, の同窓, の頭, は今, は仲よく

▼ ん~ (7, 0.0%)

3 して 1 うして, し支那, も実に, れども

▼ ん~ (7, 0.0%)

1 だけ持たせ, とがある, の管, は僅か, や繭, をもっち, を拵

▼ ん開き~ (7, 0.0%)

5 のドア 1 が両方, の扉

▼ ん~ (7, 0.0%)

5 をし 1 に造船所, も出

▼ ん~ (7, 0.0%)

2 をし 1 が吹いてる, して, じゃったらしい, でした, にふかれた

▼ んあるいは~ (6, 0.0%)

2 漢書の 1 ことさらに, ザウイエルの, 家に, 血気の

▼ んいざ~ (6, 0.0%)

2 田園将に 1 ふれ汝, 奮ひ, 案内さっせい, 立ち帰りなんか

▼ んいつも~ (6, 0.0%)

1 お父さんを, お越しくださる, この通り, ながら粗忽, の通り, 相対的な

▼ んかなと~ (6, 0.0%)

1 云うところ, 云ったの, 四方を, 思ってると, 我知らず云ひ, 田舎言葉を

▼ んかなどと~ (6, 0.0%)

1 お世辞, 云われる, 寄り寄りささやき合っ, 戯談をね, 言ふ, 近所の

▼ んかよ~ (6, 0.0%)

1 え, おい君紙芝居君, ぬれて, ウ, 忘れて, 源吉が

▼ んきっと~ (6, 0.0%)

1 そのうち, 仕損じますまい, 入りましたの, 嬉し泣きに, 帰って, 感心し

▼ んけども~ (6, 0.0%)

1 が伯父ぢ, この事, まア話, 大層もう結構, 時二とか, 神様の

▼ んけに~ (6, 0.0%)

1 こんどは, 二分の水だけは, 往生する, 止めと, 濡手拭で, 用が

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 さ逃し, でも小作争ギ, と同じ, な気違い, の正ちゃん, られて

▼ んこっち~ (6, 0.0%)

1 が怖がる, の種, は漫才, は透かさず, へお, よこしなさい二十歳

▼ んごま~ (6, 0.0%)

1 がございます, でちゃんと, はいつ, は見当らなかった, を摘んだ, を私

▼ んされど~ (6, 0.0%)

1 いずれの, も婦人, 人を, 此の, 海賊が, 説法を

▼ んすか~ (6, 0.0%)

2 の一句 1 そうなら, と, も知れんすまい, 又真実心

▼ んせい~ (6, 0.0%)

1 できないこと, と腕自慢, の人, はしなかった, はすらり, 的な

▼ んそりゃ~ (6, 0.0%)

2 アもう 1 お門違いです, アまた, ア困る, 其様な

▼ んだけは~ (6, 0.0%)

2 怺え 1 ただ一人ビク, もうよし, わたしは, 嫌や

▼ んだってさ~ (6, 0.0%)

1 おかしいでしょう, そいから, それに, ア, クラムとだってさ, 香港で

▼ んぢやけ~ (6, 0.0%)

1 にしかし, にとそれ一點, にどもならん, になるべく, に仕方ア, に何もかも

▼ んてん~ (6, 0.0%)

1 したん, しん, だ, つくの太鼓, 大黒仁王まで, 引掛け

▼ んでしたら~ (6, 0.0%)

1 いくらでも謝ります, お止め, ほんとに取つ, 僕が, 少し頭, 車を

▼ んですから~ (6, 0.0%)

1 この土地, どこまでも, わたしが, 一つです, 作衛じいさんに, 登山界に

▼ んでなけりゃ~ (6, 0.0%)

1 あどうしてあんなにしょっちゅう, お前は, どうする, ア外に, 一行も, 冥途の

▼ んでもの~ (6, 0.0%)

1 こと, 事だ, 事で, 事である, 事よ, 事を

▼ んとう~ (6, 0.0%)

1 という言葉, と水筒, どころで, のあばれ, の明智探偵, はもちろん

▼ んとおい~ (6, 0.0%)

5 とくれやす 1 でなさるあの

▼ んとが~ (6, 0.0%)

1 お櫃の, そこに, はしやい, まだここ, 立ち寄つたの, 野原の

▼ んとにも~ (6, 0.0%)

2 あらねど 1 あらざるべし, あらずまた, あらず又, あらず唯

▼ んとばかり~ (6, 0.0%)

1 で迷, ソッポを, 人前では, 体当りに, 空から, 考えて

▼ んどが~ (6, 0.0%)

1 内地から, 半自由労働者, 強制移民であれ, 抱いた感じ, 金銭問題, 長屋の

▼ んども~ (6, 0.0%)

1 うその, うたれも, うちの, ぢも, のを, 母様が

▼ んなよ~ (6, 0.0%)

1 おっ母, おっ母さん, オホホ, 今に, 竹の, 色男金と

▼ んなれ~ (6, 0.0%)

1 ども人間, ども前節, ども多言寡言, ども家庭, ども扨, ども是

▼ んねんに~ (6, 0.0%)

2 用意深く 1 働けといふ, 句稿整理, 抜いて, 書かれたもの

▼ んのという~ (6, 0.0%)

1 では, ので, もんかと, わけには, 人では, 家じゃ

▼ んのね~ (6, 0.0%)

1 そうお, だら, どうした, まき姿の, 之を, 結婚し

▼ んべな~ (6, 0.0%)

3 え本家 1 また折角, 後が, 爺つあん

▼ んまったく~ (6, 0.0%)

1 あのお内儀さん, ですよ, のところ, は此者, わからぬ女, わからん

▼ んまア~ (6, 0.0%)

1 一生懸命に, 五十両有れ, 私の, 笑談の, 考へても, 能く

▼ んみたい~ (6, 0.0%)

1 だ, な珍客, にねちねち, に平気, に死ん, に顔色

▼ んもす~ (6, 0.0%)

2 圖, 牙上彫刻ま 1 といふ大, といふ大きな

▼ んものの~ (6, 0.0%)

1 はじめて聞いた, 侍らば, 命を, 恐らくは何人, 素人相撲が, 言う事

▼ んやっぱり~ (6, 0.0%)

1 こんな本, 人間です, 学校からの, 時代の, 西洋流に, 酒と

▼ んゆえ~ (6, 0.0%)

1 で有ります, どうかし, もうもうご, 出て, 早く往, 追

▼ んわと~ (6, 0.0%)

1 云い返え, 云う, 云う訓戒的, 大憤慨, 悲しそう, 答えただけ

▼ んわれ~ (6, 0.0%)

1 ならず, はいかん, はこれ, は万人, は神, は車

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 おいおいそれ, どうだろう, よ, んよ, 分った, 分る

▼ ん一つ~ (6, 0.0%)

1 だけで, でも古い, どころか頭さ, を疑ひ出す, 弾いて, 残らず手製

▼ ん一人~ (6, 0.0%)

1 でもよい, ならと, の儒者, の妹, 志しを, 鬱いで

▼ ん主人~ (6, 0.0%)

1 から預かっ, が居ない, が言葉, さえ世, は立派, も見

▼ ん今夜~ (6, 0.0%)

2 はじまらなければ 1 だけつき合う, の橋場, は寝られません, は覚悟

▼ ん以上~ (6, 0.0%)

1 はもう, は予期, は火, は自力, もある, 待て

▼ ん何とか~ (6, 0.0%)

2 して 1 いう待合, と云, 心配を, 方法は

▼ ん何卒~ (6, 0.0%)

1 お免, 先生を, 御立腹, 明年も, 私の, 迷いを

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 がおごつて, だけであやまる, に出せ, も思わぬ, をきかない, を出し

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 であろうはず, ともだえる, と思う, と悶えた, に聞, の似

▼ ん廻っ~ (6, 0.0%)

2 て煙草 1 ておい, てお辞儀, てそこ, て歩

▼ ん心配~ (6, 0.0%)

1 して, するな, でお, はする, をする, を致しました

▼ ん必ず~ (6, 0.0%)

1 おうらみ, 一億円以上に, 何う, 徳操才色ふたつながら, 訪ひ, 誰かの

▼ ん思う~ (6, 0.0%)

1 てはります, てもまだ, てんね, て見, とん, に論者

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 には勝負いかん, には堂々たる, の蜀兵, は我が, も味方, をあなどっ

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 うして, うも, う云う, う仕, う思う, して

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 からふしぎ, から奇談, から申す, し羅馬, は美しかっ, は隨分何ん

▼ ん時々~ (6, 0.0%)

1 あちらから, は我慢, アパートへ, 思い出したよう, 思ひ出したやう, 遊びに

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 なり, な譯, に, にし, になツ, もなく

▼ ん殿様~ (6, 0.0%)

1 がお, のお, のおかみさん, の御, もよく, 決して御

▼ ん無理~ (6, 0.0%)

1 では, ないいう, にでも室, に云, に後, もございますまい

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 うじゃ, して, だ知って, の子, ほど秘密, 見せるには

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 あらねど, はない, はなく, もなく, もなけれ, や死せん

▼ ん確か~ (6, 0.0%)

1 においで, にそれ, にもう, に昨晩書類, に歿, りして

▼ ん~ (6, 0.0%)

3 かけて 1 に誓い, に誓った, は汝

▼ ん芝居~ (6, 0.0%)

3 をする 1 だとつッ, で演じまし, ばかりな

▼ ん~ (6, 0.0%)

2 もなく, もなし 1 なし, を知らなかった

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 どもらこの, なれば, につまされました, に真心, に聞かせまつる, のかるい

▼ ん随分~ (6, 0.0%)

1 お守を, 催促が, 四十に, 気の, 苦しかったろう, 酔って

▼ ん~ (6, 0.0%)

1 から柔弱野郎様, から柔弱野郎樣, のなか, のよく, の中, をさげた

▼ ん高く~ (6, 0.0%)

3 なって 1 なったところ, なりたれば, 尊敬します

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 こげた, さぼらけ, だかも, ツ, 痛い何

▼ んあんまり~ (5, 0.0%)

2 綺麗な 1 しつっこいから, すること, 悪いこと

▼ んいくら~ (5, 0.0%)

1 もいくら, 甘木さんに, 申し上げましても, 輝さんが, 金助が

▼ んお嬢さん~ (5, 0.0%)

1 でな, なんざ何, に似てるだろう, のため, ばっかりは働かない

▼ んお雪ちゃん~ (5, 0.0%)

1 がうっとり, が昔, ぐらいよく, の帰る, の魂

▼ んお願い~ (5, 0.0%)

2 ですから 1 するの, でございます, でございますから

▼ んかいな~ (5, 0.0%)

1 お客さんも, こちら様へ, や, ア, 思いまして

▼ んかつて~ (5, 0.0%)

1 の毬使い高毬, 云つ, 伺つて来, 聞いたで, 聞く所

▼ んからねと~ (5, 0.0%)

1 云うの, 彼は, 憫笑を以て, 答えた, 言い添えたもの

▼ んからの~ (5, 0.0%)

1 お, 事さ, 事で, 便りに, 贈物の

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 たんに, で台張, のあと, のふた, の中

▼ んけどね~ (5, 0.0%)

1 その一年半, ただ敦, わたしたちの, ソンナに, 四五日前ルリ君と

▼ んこちら~ (5, 0.0%)

1 でと控え, の小屋, の殿様, は明るい, は眼

▼ んごろ~ (5, 0.0%)

1 うという, という鐘師, んし, ん下, ん寝

▼ んざ何~ (5, 0.0%)

1 だって構, でもない, でも分っ, でも嫌, のたし

▼ んじたる~ (5, 0.0%)

1 か, ことについて, 儒教も, 極端の, 致し方で

▼ んじ奉る~ (5, 0.0%)

1 こそ神祖, ことが, ことに, 唯一の, 日を

▼ んじ得る~ (5, 0.0%)

1 のである, ものです, 妥協的な, 家康で, 点である

▼ んせっかく~ (5, 0.0%)

1 こうして危ない, の名答, 天皇様が, 月見草が, 聖賢の

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 そうじゃ, なこと, なたは, なたも, はこ

▼ んそうして~ (5, 0.0%)

1 その国, ね着物, 氣を, 襖を, 頂ければ

▼ んそれから~ (5, 0.0%)

1 おじさまあたい歯の, それ一人で, 一刻も, 暫くし, 貴方は

▼ んぞが~ (5, 0.0%)

1 去ると, 帰って, 慌てて, 町人たちから, 齎した蜂須賀小六

▼ んぞの~ (5, 0.0%)

3 ように 1 足しに, 障りと

▼ んたって~ (5, 0.0%)

1 お前さんも, こっちには, 何も, 只今云った, 福澤だ

▼ んたとえ~ (5, 0.0%)

1 どちらに, 主従の, 京の, 大千世界を, 寂しくとも

▼ んだ死ぬ~ (5, 0.0%)

2 んだ 1 まで男, よりも苦しい, 時の

▼ んちょうと~ (5, 0.0%)

2 ユウ子ちゃんと 1 だん, ポケット小ぞうが, 木村くんは

▼ んつまり~ (5, 0.0%)

2 死んでしまつて 1 こっちは, 気は, 自然の

▼ んづめ~ (5, 0.0%)

1 でした, をかん, をどこ, を一つ, を作りはじめました

▼ んであったろう~ (5, 0.0%)

41 かと考え

▼ んであり~ (5, 0.0%)

1 おなじよう, そして明瞭, その人, ジャアナリズムの, 横顏の

▼ んといふの~ (5, 0.0%)

1 かい, ぢや, はだれでございます, んなら, 外また

▼ んとな~ (5, 0.0%)

1 しける時, つてよ, つて助かりました, つて見る, へて

▼ んどうして~ (5, 0.0%)

1 あんた此, いまに, ここへ, またそんな, 勿体ないお

▼ んどころ~ (5, 0.0%)

1 じゃありません, ですか, のお茶, も確か, を外さね

▼ んなさいます~ (5, 0.0%)

21 かね, かまア, な

▼ んなさりゃ~ (5, 0.0%)

1 どんなに肩身, ァ棒鼻, ア是で, 千人力だ, 日本橋でも

▼ んなどの~ (5, 0.0%)

1 同じ年ごろ, 望みも, 注意さえ, 身に, 附けた字

▼ んにでも~ (5, 0.0%)

2 なって 1 なれるの, 清さんにでも, 逢ふ

▼ んにな~ (5, 0.0%)

1 つてし, つて前からの, つて惡く, つて来た, づいて

▼ んねんけど~ (5, 0.0%)

1 それが, とにかく子供, 二人の, 何ぞ訳, 何や

▼ んねんと~ (5, 0.0%)

1 云うよう, 他ア, 喜んで, 坂田も, 答えそうして

▼ んばかりと~ (5, 0.0%)

1 いうか, なりそして, なり汝, なる, 云は

▼ んばかりな~ (5, 0.0%)

1 たのもしいいで, 底気味の, 突ッ拍子も, 第二, 驚き方

▼ んばかりも~ (5, 0.0%)

1 ありやしません, 嘘は, 思や, 間違いは, 間違ひ

▼ んべの~ (5, 0.0%)

1 口遊み, 売りどころ, 田丸屋や, 親が, 面を

▼ んほどに~ (5, 0.0%)

2 だぶだぶし 1 勢力の, 疾く疾く主人, 驚いたが

▼ んほんとう~ (5, 0.0%)

1 ですよ, に, にどんどん, にコレラ, はわたし

▼ んぼく~ (5, 0.0%)

1 はそれ, はひとり, は香具師, もみな, 帰ります

▼ んもう少し~ (5, 0.0%)

1 だから, で柚子味噌, 様子を, 砕けたの, 辛防が

▼ んもっと~ (5, 0.0%)

1 分る者, 力を, 悪い人, 明るいところ, 面白い話

▼ んやっ~ (5, 0.0%)

1 ていた, ている, てもよろしい, ても時間, ぱりきゃつは廻し者だ

▼ んやという~ (5, 0.0%)

1 のは, 気が, 表現は, 見得半分, 語が

▼ んよね~ (5, 0.0%)

1 いい子, えお祖母様, お初さん, 八五郎親分私は, 親分

▼ んツイ~ (5, 0.0%)

1 その, ふら, ふらふらと, 向っ腹, 向つ

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 奥さんは, 女郎文学で, 自惚, 若い女ども, 青切符が

▼ んフリ~ (5, 0.0%)

3 して 2 をし

▼ ん仕方~ (5, 0.0%)

2 なしに 1 がありません, がない, んなか

▼ ん仮令~ (5, 0.0%)

1 女子たり, 親父を, 謀計が, 身体が, 長く下げまし

▼ ん余り~ (5, 0.0%)

1 といえ, 変だ, 心持の, 極りの, 馬鹿な

▼ ん余程~ (5, 0.0%)

2 前の 1 あなたは, 前から, 違つた芝居の

▼ ん其処~ (5, 0.0%)

1 が私, に懇意, に手伝っ, に留守居, へお

▼ ん出された~ (5, 0.0%)

1 かねえ, くせに, ってもう, んじゃ, んだろう

▼ ん出た~ (5, 0.0%)

2 んだ 1 の, んじゃあねえか, 形で

▼ ん初め~ (5, 0.0%)

1 からその, から唯一本, から警察, から買切です, はそう

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 に思う, のある, の籠つた云, の量, もなく

▼ ん医者~ (5, 0.0%)

1 がやるべきでない, なんていけません, の玄道, は居, を呼ぶ

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 でももしもまだ, みじかし楽しまずして, やない, をうけた, を土

▼ ん問題~ (5, 0.0%)

21 であった, について夫人, は

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 じゃありません, だと, でない証拠, の母親, も云はん

▼ ん~ (5, 0.0%)

2 に寝かし, の物 1 まで黙っ

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 じゃ, たかく, をはりあげ, を上げ, を張った

▼ ん~ (5, 0.0%)

2 と知りせ 1 さめて, のやう, を見る

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 と地, にも昇れない, の恵, はまっ, は青き

▼ ん奴等~ (5, 0.0%)

31 だから, はどう

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 が優技, が探す, でさえ芸者, の名前, の教え

▼ ん平次~ (5, 0.0%)

2 の女房, の男 1 と八五郎

▼ ん御免~ (5, 0.0%)

1 こうむります, なさいね, なすって, 下さいましハイ, 下さいましハイハイ

▼ ん怪しから~ (5, 0.0%)

2 ん事 1 ん, ん僕は, ん奴だ

▼ ん我が~ (5, 0.0%)

1 ものに, 友へ, 弦月丸が, 思う思う心, 眞の

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 あしくも, し来ぬれば, なんでな, の備に, を待ち兼

▼ ん日本~ (5, 0.0%)

1 が損, にもその, の古, の宗教, は海国

▼ ん昨夜~ (5, 0.0%)

1 にもう, の人数, の人數, は, もだから

▼ ん時に~ (5, 0.0%)

1 お茶代, ふさは, よると, 何んの, 因りますとね

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 から晩, に源氏, のこと, も早く, 行けば

▼ ん本当~ (5, 0.0%)

1 だつたかなあ, ですあれ, の事, の愛, を言う

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 が悪い, の出端, の覇者, も酒, を流した

▼ ん無礼~ (5, 0.0%)

1 なこと, な奴, は百, を働い, 至極不

▼ ん然し~ (5, 0.0%)

1 あなたの, あの人, 僕のは, 冤罪の, 私は

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 が叔母さん, なり私, の財産, も母, 御さま

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 だっておりません, だつて, と喧嘩, に吠えられる, の他

▼ ん理由~ (5, 0.0%)

1 あるやろか, があっ, ないのん, にいかん, の分らん

▼ ん真似~ (5, 0.0%)

1 はしない, をし, をした, をする, を始めやがった

▼ ん私たち~ (5, 0.0%)

1 はお母さん, は大急ぎ, は海賊, は生き, を監視

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 がわくわく, が一ぺえになりやすという訳, に心配, を撫で下し, 先ず塞がり

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 の数, は散, は預かり, も盛り, をとどめず

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 から廻っ, でお嬢さん, に積ん, の夏目さん, の方

▼ ん覚悟~ (5, 0.0%)

1 なので, なれば, をしとる, をなした, を様子

▼ ん証拠~ (5, 0.0%)

1 がございまする, じゃのうなどと言い, だ, とみえます, にならん

▼ ん走り~ (5, 0.0%)

2 でした 1 に向かった, に向島, に急ぐ

▼ ん身の上~ (5, 0.0%)

1 だから, で, でございまして, でございますが, は無えっ

▼ ん近頃~ (5, 0.0%)

1 の人, は二葉屋さん, は人, は合わん, は昔

▼ ん~ (5, 0.0%)

1 になった, ひに, ひにでも, ひにな, ひの

▼ ん~ (5, 0.0%)

2 釣って 1 でも人間, でも多分, の事

▼ んあつし~ (4, 0.0%)

1 の油斷, は娘運, は貧乏, も心

▼ んあと~ (4, 0.0%)

2 の兄弟 1 で婆, のこと

▼ んあまり~ (4, 0.0%)

1 お名残, ひとすじに, 穢うございます, 馬鹿馬鹿しくつて

▼ んうっかり~ (4, 0.0%)

2 すると 1 して, 申上げ

▼ んお嬢様~ (4, 0.0%)

1 が何, のお気, をお, をどこ

▼ んお茶~ (4, 0.0%)

1 がこぼれます, だ人数, を人数, を淹

▼ んかけた~ (4, 0.0%)

2 かほった 1 か, かけき

▼ んかとは~ (4, 0.0%)

1 ひどく気障っぽい, 仲, 存じまするが, 思ひしが

▼ んかなあ~ (4, 0.0%)

1 いう気イ, おばさんきんに, それから先, 人が

▼ んかなど~ (4, 0.0%)

1 いたづら, わいわいわめい, 引きとめたくも, 思ひ出す

▼ んがの~ (4, 0.0%)

1 いつか見た, この土地, オ, 和女ちょっと

▼ んぎょう~ (4, 0.0%)

1 です, のまき, はくろい, は二メートル

▼ んぐらい~ (4, 0.0%)

1 その点, だから, やさかいな, 見て

▼ んけんで~ (4, 0.0%)

1 きいて, なごやかな空気は, やって, 一所に

▼ んこういう~ (4, 0.0%)

1 ことに, ふうに, 算術が, 風に

▼ んことん~ (4, 0.0%)

2 と音 1 と廻る, と足音

▼ んさか~ (4, 0.0%)

21 えな, え考えてる

▼ んしと~ (4, 0.0%)

1 いって, こんなに哀れ, 云って, 早速駄々

▼ んしゃ~ (4, 0.0%)

2 んしゃんと 1 んしゃ, んしゃんしゃん

▼ んしよ~ (4, 0.0%)

1 あんたの, めで, 伯母さんは, 何だ多助

▼ んじゃった~ (4, 0.0%)

2 なあ 1 のう, のに

▼ んじゃろ~ (4, 0.0%)

21 か, かなと女

▼ んじ奉り~ (4, 0.0%)

1 下万民, 候よう思し召され, 四民の, 四民を

▼ んすでに~ (4, 0.0%)

1 しからばなんぞ, その時, 兵車の, 蜀兵の

▼ んせつ~ (4, 0.0%)

1 だ温泉宿, だ滞在, できれい, でしずか

▼ んせめて~ (4, 0.0%)

1 お国, は殊勝, 他人の, 同じ室

▼ んそれでは~ (4, 0.0%)

1 あんまり取越し, 今晩は, 困ると, 申上げます

▼ んぞな~ (4, 0.0%)

2 もし 1 アリョーシカイワンを, 云は

▼ んぞに~ (4, 0.0%)

1 壓ツ伏せられ, 私が, 薬には, 馬を

▼ んたとい~ (4, 0.0%)

1 これある, その人, 一時の, 髪の毛一筋ほども

▼ んたり~ (4, 0.0%)

1 ずむ, ずむをきみは, 不尽の, 立番の

▼ んだいお前~ (4, 0.0%)

31 が云ってる

▼ んだい今日~ (4, 0.0%)

31 に限つて

▼ んだい誰~ (4, 0.0%)

1 かどつ, か負傷, が沖, が貼つた

▼ んだし~ (4, 0.0%)

1 てしまえ, て叫ん, て塩, て見れ

▼ んだした~ (4, 0.0%)

1 な, ので, ものあ追, んだ

▼ んだってよ~ (4, 0.0%)

1 ほら, ォ, オ, 丈夫な

▼ んだであろう~ (4, 0.0%)

1 か, か余り, があの, 途中目の下に

▼ んだりと~ (4, 0.0%)

1 どこほりなく, 云ふ, 告った, 思うと

▼ んだわかった~ (4, 0.0%)

21 おめ, 全く油断

▼ んだ出る~ (4, 0.0%)

3 んだ 1 のを

▼ んだ詰らねえ~ (4, 0.0%)

1 そんなこと, そんな事, 事を, 水車小屋か

▼ んだ踏み~ (4, 0.0%)

1 ながら, ながら目, ながら船, 足ずりし

▼ んちっとも~ (4, 0.0%)

1 おちついて, 極りの, 見せん癖, 違いませんあの

▼ んちや~ (4, 0.0%)

2 くの 1 あつはつ, んへにやしないねい

▼ んちよ~ (4, 0.0%)

1 が, つとついで, つとの, ふむてい

▼ んつい~ (4, 0.0%)

1 あなたの, 一夜参りました, 以前の, 電車路ぐらいまで

▼ んであっ~ (4, 0.0%)

1 て, てじっと, てそれ, て盗み去られた

▼ んでいらっしゃる~ (4, 0.0%)

1 から恰度, ときわきから, のに, んだ

▼ んでが~ (4, 0.0%)

2 すから 1 したがね, しょうな

▼ んでござんし~ (4, 0.0%)

1 て, てな, てね, てねそれで

▼ んでしょうです~ (4, 0.0%)

1 からお, からこの, からわたし, もの危いわ

▼ んでっし~ (4, 0.0%)

3 ゃろ 1 ゃろか

▼ んでなかろう~ (4, 0.0%)

31 かそして

▼ んで御座いましょう~ (4, 0.0%)

21 か, ねえ

▼ んとさえ~ (4, 0.0%)

1 思いました, 思った, 疑われそう, 試みたの

▼ んとに~ (4, 0.0%)

31 非ず

▼ んともかく~ (4, 0.0%)

1 この人混み, もこの, も白骨谷, も立

▼ んともかとも~ (4, 0.0%)

3 言いようの 1 云われないよう

▼ んどなた~ (4, 0.0%)

1 だって風邪, でいらつ, にでも自由, も暫らく

▼ んどは~ (4, 0.0%)

1 えらい御馳走さん, づれであつた男は, 三十歳を, 支払停止である

▼ んどん~ (4, 0.0%)

1 にいつた, に応待, に答, の持つ

▼ んなお~ (4, 0.0%)

1 き手紙, さらい話を, 一層の, 年頃かの

▼ んなさいません~ (4, 0.0%)

31 とあなた

▼ んなったら~ (4, 0.0%)

1 あっため, だんな, よくなる, 明るく成る

▼ んなにしろ~ (4, 0.0%)

1 この通り, 五十三ではねえ, 旦那は, 面白い勝負

▼ んなや~ (4, 0.0%)

1 われも, 出窓の, 喃, 夜の

▼ んならん~ (4, 0.0%)

1 しほんに, なあ, ねんやろ, わ

▼ んについて~ (4, 0.0%)

1 噂を, 山の, 行けば, 行つたことが

▼ んのみと~ (4, 0.0%)

1 せば, 云い諸, 古井より, 思いてや

▼ んばかしも~ (4, 0.0%)

1 ないから, ないイ, 思ってや, 色氣といふ

▼ んばった~ (4, 0.0%)

1 んと, んの, ん的措辞も, ん角力ばかり

▼ んぶるるる~ (4, 0.0%)

2 んぶるるる 1 るる, ん

▼ んべが~ (4, 0.0%)

1 尾鰭を, 次第に重う, 行き方, 重みは

▼ んべは~ (4, 0.0%)

1 につこと, やれ楠, 悲しげ, 言いはやすので

▼ んまいだ~ (4, 0.0%)

3 んぶつ 1 んぶつの

▼ んやった~ (4, 0.0%)

2 と気がつい, と紙袋

▼ んよりはと~ (4, 0.0%)

1 丞相の, 思つたので, 無分別を, 維茂と

▼ んらしい~ (4, 0.0%)

1 のが, のです, 片思ひ, 處の

▼ んらん~ (4, 0.0%)

1 がおこりました, として一抹, と明るい, の幕

▼ んわっ~ (4, 0.0%)

1 しが, しは, しを, はっは

▼ んをと~ (4, 0.0%)

1 一旦抱ける, 心のみは, 直ぐに, 遣れば

▼ んホン~ (4, 0.0%)

1 の四, の有合せ, の袖, の軽い

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 だん, だん一, にならん, に子規居士

▼ ん不思議~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 なぐらい, な事

▼ ん世の中~ (4, 0.0%)

1 だ, とはそう, には癆, の事

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 と自ら, 更に光彩陸離, 襲うて, 誠に氣

▼ ん事件~ (4, 0.0%)

1 いらい実家, だもの, はここ, らしいぞ

▼ ん今晩~ (4, 0.0%)

1 お酒宴, はお前さん, はなんとなく, はわたし

▼ ん仕儀~ (4, 0.0%)

1 だ, となる, になります, によっては手込

▼ ん他人~ (4, 0.0%)

1 と交渉, になる, にまでも自分, の評

▼ ん代り~ (4, 0.0%)

2 利きやせん 1 に家, に毒

▼ ん以前~ (4, 0.0%)

1 とちがっ, の, のわたくし, の弁信さん

▼ ん何故~ (4, 0.0%)

1 と云, に斯, セレナ夫人は, 行かんか

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が馬, たるもの, でござる仮令, なんてもの

▼ ん便宜~ (4, 0.0%)

2 も旧 1 なくしばし, なく暫時

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 れだから, れに, んなに無闇, 憎くまる

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 の手前, の柄, の油, を抜い

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 なこと, なやつ, に思わない, に目

▼ ん大きな~ (4, 0.0%)

1 声で, 宗教大きな, 水平の, 音楽堂で

▼ ん失礼~ (4, 0.0%)

1 いたしました, しました, のみ致し, をお許し

▼ ん如き~ (4, 0.0%)

1 白き梢, 纖腕痲る, 駿馬である, 驚愕を

▼ ん如く~ (4, 0.0%)

1 一刻千金も, 今更明かし暮らせし, 燃ゆる, 足は

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が参りたい, の, のお, の方

▼ ん姿~ (4, 0.0%)

1 して, であつ, であります, を見せたなら

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が急, の佇つ, は無い, 刻

▼ ん~ (4, 0.0%)

2 にはもう 1 に狐, を抜け

▼ ん弁信さん~ (4, 0.0%)

1 と一緒, に聞い, は人, は疲れ

▼ ん~ (4, 0.0%)

2 をもとめ 1 もなく, も形

▼ ん後世~ (4, 0.0%)

1 には酒, の俳家いたずら, の俳家徒, の者

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 つけては, ッ放しちまう, 案じ顔し, 棄つ

▼ ん支那人~ (4, 0.0%)

1 に読ませる, は入, も一人, も閉口

▼ ん政府~ (4, 0.0%)

1 と雖, によって証明, に楯, はひとり変革

▼ ん故に~ (4, 0.0%)

1 一人を, 何所の, 僕は, 私が

▼ ん断じて~ (4, 0.0%)

1 ありませんが, できないです, ならんぞ, 出来ない

▼ ん既に~ (4, 0.0%)

1 お紺婆, 昨年とかも, 稍, 頼んで

▼ ん早う~ (4, 0.0%)

1 お帰り, 唄うちゃ, 帰って, 神様に

▼ ん~ (4, 0.0%)

2 はほうけ 1 は早く, は来ぬ

▼ ん時代~ (4, 0.0%)

1 だね, だろう, で原型, は永徳

▼ ん暫く~ (4, 0.0%)

1 人を, 待って, 此方にて, 経って

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が水, では活閻羅, の大徳寺, の衆

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 そして, その家, てくれる, てよへん

▼ ん正直~ (4, 0.0%)

1 に言え, に言っ, のこと, を捨

▼ ん気の毒~ (4, 0.0%)

1 だの可哀相, なの, な事, やとか

▼ ん沙汰~ (4, 0.0%)

21 じゃ, です

▼ ん~ (4, 0.0%)

2 はない 1 がある, を恐れず

▼ ん~ (4, 0.0%)

2 もがな 1 の音, もまた

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 だ, の七国, の劉皇叔, の司徒袁安

▼ ん然るに~ (4, 0.0%)

1 アイノは, 彼が, 東洋文明と, 此三本の

▼ ん用事~ (4, 0.0%)

1 がある, でワーミントン, の有る, もなくなる

▼ ん病気~ (4, 0.0%)

1 でもない, の方, の経験, ばかりし

▼ ん皆さん~ (4, 0.0%)

1 が剣難, が喜ん, はわたし, 歩いて

▼ ん直ぐ~ (4, 0.0%)

1 これで, にお, に巡査, 城内へ

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 から思っ, の田舎料理, の闇, 蒼に

▼ ん真実~ (4, 0.0%)

1 この阿賀妻, でげす, の伯父さん, は真実

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 だと, と見えまし, の不自由, の悪い

▼ ん積り~ (4, 0.0%)

1 じゃったが, だ, でへい, で事

▼ ん立派~ (4, 0.0%)

1 な処, な生活, な行い, に名

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が生真面目, と云う, のよう, はどこ

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 と乾カレー, は最早, は銭, を蒔く

▼ ん約束~ (4, 0.0%)

1 がちがう, しました, しますか, は出来ません

▼ ん結果~ (4, 0.0%)

1 になっ, になり, になる, を来すだらう

▼ ん羽目~ (4, 0.0%)

2 になる 1 に, にたちいたった

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が好き, く其の, く消した, く考え

▼ ん自身~ (4, 0.0%)

2 は七十一歳 1 にそんな, のもの

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 とも知らぬ, と金, に撥袋, の大

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 で下手, で差し当り, より奥, を通しません

▼ ん藤原氏~ (4, 0.0%)

4 なりけり

▼ ん見栄~ (4, 0.0%)

2 にすぎない 1 といい切る, といひ切る

▼ ん親父~ (4, 0.0%)

1 が寝付いた, が死ん, だといふ, の店受

▼ ん言う~ (4, 0.0%)

1 てブツブツ, のが, のも, わ

▼ ん言葉~ (4, 0.0%)

1 だ, のよう, は国, も無く

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 郎が, 郎でございます, 郎は, 郎着換も

▼ ん~ (4, 0.0%)

2 は冥加 1 ではある, の臆測

▼ ん遠い~ (4, 0.0%)

1 ところへ, ところを, のです, 彼方の

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 ごん, といっ, といったのさ, よりごろ

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 が降, が降る, に降られた, 降らば

▼ ん~ (4, 0.0%)

1 でも解ける, に埋れた, に当っ, に触るる

▼ んあなた方~ (3, 0.0%)

1 に尻押し, の我儘, の来る

▼ んあんなに~ (3, 0.0%)

1 外は, 有難い嬉しいこと, 痩せ衰えて

▼ んあゝ~ (3, 0.0%)

1 して, 有難い事, 済まないと

▼ んいい~ (3, 0.0%)

1 かこういう, 気に, 気持どころか

▼ んいかに~ (3, 0.0%)

1 たかくても, 射るぞと, 死のうとして

▼ んいっ~ (3, 0.0%)

1 てこられる, てちょうだい, ても師匠

▼ んいっそ~ (3, 0.0%)

1 不景気の, 気は, 黙って

▼ んいつ~ (3, 0.0%)

1 でもそう, でも貧乏, まで待っ

▼ んいふ~ (3, 0.0%)

1 そな, のが, 田圃さなぜ

▼ んいろんな~ (3, 0.0%)

1 かぶと虫にも, 事を, 男が

▼ んおとなしく~ (3, 0.0%)

1 お家で, じっとし, 親方や

▼ んおま~ (3, 0.0%)

1 はんには, ん, んと

▼ んお世話~ (3, 0.0%)

1 ですよ, になった, になりまし

▼ んお前新網~ (3, 0.0%)

2 へ歸 1 へ帰る

▼ んお客様~ (3, 0.0%)

2 の御 1 が折角

▼ んお母さん~ (3, 0.0%)

1 どうか旨い, のいい, 御心配

▼ んお気~ (3, 0.0%)

1 に入りました, に召されたら, に障ったら

▼ んお父さん~ (3, 0.0%)

1 が助け, たった一言, ねえ少さいうち

▼ んお話~ (3, 0.0%)

1 する気, なすつたわ, をお

▼ んかが~ (3, 0.0%)

1 その岐, それで, はっきりと

▼ んかとて~ (3, 0.0%)

1 なり, 敢えて身, 柴を

▼ んかとまで~ (3, 0.0%)

1 いたしましたが, 腹立つたの, 馬鹿な

▼ んからさ~ (3, 0.0%)

1 まことに自由, 又お前はん, 押して云え

▼ んからなあ~ (3, 0.0%)

1 うちの, つまるところ自分, わしが

▼ んがしかし~ (3, 0.0%)

1 仮りに, 殿下, 誰が

▼ んがった~ (3, 0.0%)

3 んと

▼ んがなあ~ (3, 0.0%)

1 お島どん, これえ, その五人

▼ んがへ~ (3, 0.0%)

1 エ, ッへ, 製本も

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 で書いた, やう, よふ

▼ んきょう~ (3, 0.0%)

1 な叫び, な声, はね葉ちゃん

▼ んぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ことは, チンピラなら, 壮行会には

▼ んけどな~ (3, 0.0%)

1 わて, 慎作きっとそう, 高門の

▼ んけれどもね~ (3, 0.0%)

1 えお嬢様, 何でも, 私まだ

▼ んこいつ~ (3, 0.0%)

1 がこの, の尾, は三年子

▼ んこく~ (3, 0.0%)

1 ご承知, の奇態, の戦慄

▼ んことぢ~ (3, 0.0%)

21 やけんのう

▼ んころ~ (3, 0.0%)

1 から親, と, りんと

▼ んこんなに~ (3, 0.0%)

1 意氣地が, 涙が, 火の

▼ んごく~ (3, 0.0%)

1 の世, の地, 幼少の

▼ んごとく~ (3, 0.0%)

1 岸に, 肩を, 進退隙なく

▼ んさえ~ (3, 0.0%)

1 しまわず行って, はっきりは, 助手たちは

▼ んさかいな~ (3, 0.0%)

2 ちやツちやと 1

▼ んさき~ (3, 0.0%)

1 にドーン, に自分, ほどからお話

▼ んさて~ (3, 0.0%)

1 其暁は, 早速ながら, 段々貴方

▼ んさも~ (3, 0.0%)

1 さうず, とられっぺし, なくば

▼ んざそれ~ (3, 0.0%)

1 が出来ない, は大した, を無理

▼ んざ気~ (3, 0.0%)

2 を揉ん 1 で勝つ

▼ んざ物~ (3, 0.0%)

1 の數, を言, を言う

▼ んしばらく~ (3, 0.0%)

1 室, 待って, 見ないうち

▼ んしゃんと~ (3, 0.0%)

1 やりたいところ, やろうという, 心なし

▼ んじや~ (3, 0.0%)

1 から, がたら, ねえよ

▼ んじ給う~ (3, 0.0%)

1 か, などということ, を常に

▼ んすから~ (3, 0.0%)

1 ね, パジャマを, 多分丁馬親分

▼ んずいずい~ (3, 0.0%)

1 などという妙, ははなはだ, 乗込んで

▼ んずつ~ (3, 0.0%)

1 のぼって, 用心し, 階段を

▼ んせつな~ (3, 0.0%)

1 人たちばかり, 介抱を, 私の

▼ んそいつ~ (3, 0.0%)

1 あ御免, は聞きません, を素っ裸

▼ んそれだけ~ (3, 0.0%)

1 はやめ, は山三郎手, 長い手紙

▼ んぞという~ (3, 0.0%)

1 のは, ような, 筈の

▼ んたかい~ (3, 0.0%)

1 将台に, 身分を, 部屋の

▼ んたぶん~ (3, 0.0%)

1 うまくゆく, 兄さんは, 外に

▼ んため我~ (3, 0.0%)

1 いはじ, はカミチオン・デ・パッチ, は曳かれ

▼ んたら~ (3, 0.0%)

1 ことう吐くだ, この頃, 気の毒な

▼ んだいそれ~ (3, 0.0%)

1 が, もちっと, を聞かし

▼ んだき~ (3, 0.0%)

1 さま, さまは, さま達に

▼ んだされ~ (3, 0.0%)

1 てお, てから大, ては大変

▼ んだされる~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, と同じ, のは

▼ んだする~ (3, 0.0%)

1 と, とぜひ, と昨夜山田川

▼ んだそい~ (3, 0.0%)

1 でなけりゃ, で又, で己はだし

▼ んだっし~ (3, 0.0%)

1 ゃろ, ゃろか, ゃろから枕も

▼ んだってと~ (3, 0.0%)

1 みなに, 云った時, 来て

▼ んだってネ~ (3, 0.0%)

1 可哀想に, 罰の, 親分

▼ んだなっ~ (3, 0.0%)

2 てよだが 1 て思っ

▼ んだやい~ (3, 0.0%)

1 お駒, 通しや, 鉄砲を

▼ んだやっ~ (3, 0.0%)

1 てみる, てやろう, ばり突きおとした

▼ んだらしく~ (3, 0.0%)

1 それとなく訊き質し, てそして, ザワザワと

▼ んだれ~ (3, 0.0%)

1 どこれ, にも判りません, ばこそ

▼ んだ知っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ている, ての通り

▼ んだ知らな~ (3, 0.0%)

3 んだ

▼ んだ荒び~ (3, 0.0%)

3 心で

▼ んだ見~ (3, 0.0%)

2 ている 1 っともねえ

▼ んだ解った~ (3, 0.0%)

21 かい

▼ んだ言わない~ (3, 0.0%)

3

▼ んだ踏んだ~ (3, 0.0%)

1 があらゆる, がすでに, ことだろう

▼ んだ頼む~ (3, 0.0%)

1 からいっ, きょうは, よ頼む

▼ んちつ~ (3, 0.0%)

1 しゆ, ともちつ, ともねむく

▼ んちと~ (3, 0.0%)

1 入用が, 若い者, 鼻が

▼ んちふ~ (3, 0.0%)

1 代物を, 奴等は, 訳だ

▼ んちょ~ (3, 0.0%)

2 っぽん 1 と見

▼ んちょうど~ (3, 0.0%)

1 あなたの, そこへ, 去年の

▼ んぢゃ~ (3, 0.0%)

1 いよいよ餓ゑて, ないよ, 御座いませんたら

▼ んぢやつ~ (3, 0.0%)

1 たから, たが, たら澤井

▼ んづ勢~ (3, 0.0%)

3 ひ若者

▼ んてね~ (3, 0.0%)

1 そんなに言いました, へえそれで, へっへ

▼ んてば~ (3, 0.0%)

1 あツ, このきれい, なんにもしない

▼ んでじ~ (3, 0.0%)

1 つと耳, つと踞ん, ッと

▼ んですが~ (3, 0.0%)

1 それが, 今日先生の, 米友さんは

▼ んでたら~ (3, 0.0%)

1 ひょっこり中野実, 加藤清眼に, 武者小路実篤氏に

▼ んでなかったら~ (3, 0.0%)

1 こう平和, どんどん日給, 小説なんて

▼ んでね~ (3, 0.0%)

1 あなた, その木原店, 裁縫を

▼ んでもが~ (3, 0.0%)

1 いいの, 小綺麗に, 金で

▼ んでもと~ (3, 0.0%)

1 大分これでも, 存じて, 申されますから

▼ んでやし~ (3, 0.0%)

1 て, てそこ, て春さん

▼ んで下さる~ (3, 0.0%)

1 あなたの, し御, 方が

▼ んとこう~ (3, 0.0%)

2 いうの 1 申して

▼ んとね~ (3, 0.0%)

1 お種, がへば, 愚図

▼ んとんだ~ (3, 0.0%)

1 ことに, 恰好を, 騒ぎを

▼ んどういう~ (3, 0.0%)

1 ものでございましょう, わけで, 本な

▼ んどちら~ (3, 0.0%)

1 でもよろしゅう, に致しまし, も浪人衆

▼ んどを~ (3, 0.0%)

2 みと 1 消費する

▼ んなさいました~ (3, 0.0%)

1 な, ッて, 其のお前さん力

▼ んなさるまい~ (3, 0.0%)

21

▼ んなすったら~ (3, 0.0%)

1 じいさん涙を, よかろう, 右側の

▼ んなせえました~ (3, 0.0%)

1 んです, 此間は, 私イは

▼ んなぞは~ (3, 0.0%)

3 夜る

▼ んなっ~ (3, 0.0%)

2 て下さい 1 て来た

▼ んなどを~ (3, 0.0%)

1 かけて, 聴かせられると, 追廻して

▼ んなはる~ (3, 0.0%)

1 と, よ, 御新さんに

▼ んなまし~ (3, 0.0%)

1 よね, よ確か, よ花魁

▼ んなら教え~ (3, 0.0%)

1 てくん, てくんねえ, てやら

▼ んなら見~ (3, 0.0%)

1 ていらっしゃい, て来たろう, にいらっしゃい

▼ んなを~ (3, 0.0%)

1 ばさん, んな, 言わるるたび

▼ んなんかに~ (3, 0.0%)

1 アわからない, 御免なさいする, 横恋慕を

▼ んねえと~ (3, 0.0%)

1 思って, 遣ったの, 鼻で

▼ んねえよ~ (3, 0.0%)

1 ジョー, 俺にゃ, 其の頭巾冠

▼ んねんを~ (3, 0.0%)

1 きめた, つけるひっかかりは, 話し始めたの

▼ んのかい~ (3, 0.0%)

1 その方, そら飛行機, 怪しからん奴

▼ んのにや~ (3, 0.0%)

1 保證人無く, 笑つ, 餘り過ぎ

▼ んばかし~ (3, 0.0%)

2 でも 1 ぢや

▼ んばっかりに~ (3, 0.0%)

1 一途に, 未亡人の, 横睨みに

▼ んばっかりの~ (3, 0.0%)

1 ジロリと, 面持を, 顔を

▼ んばってん~ (3, 0.0%)

1 が, が顔色, 嬉しそう

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 が卵黄, の火影, 危なし店先

▼ んへえ~ (3, 0.0%)

1 何う, 手前が, 開けます

▼ んへの~ (3, 0.0%)

1 感謝状を, 気おくれ, 記憶が

▼ んべと~ (3, 0.0%)

1 おれは, 思つて持つ, 言って

▼ んほか~ (3, 0.0%)

1 に本職, のいたずら, の方

▼ んぽき~ (3, 0.0%)

2 んと 1 ん折っ

▼ んまさか~ (3, 0.0%)

1 ここに, 彼奴が, 途中で

▼ んまず~ (3, 0.0%)

1 アメリカに, 原始的という, 横綱の

▼ んみんな~ (3, 0.0%)

1 ありがとう, 知って, 許せば

▼ んみんな私~ (3, 0.0%)

2 が悪い 1 の不調法

▼ んもともと~ (3, 0.0%)

1 こっちの, 一切が, 金公の

▼ んもはや~ (3, 0.0%)

1 充分でございます, 書きつ, 書きつづける自信

▼ んやがて~ (3, 0.0%)

1 南北両派の, 家も, 車は

▼ んやだ~ (3, 0.0%)

1 どうだい, ど倒れ, 全然破

▼ んやに~ (3, 0.0%)

1 あの男, 坐布団縫い, 辛気く

▼ んやはり~ (3, 0.0%)

1 特殊の, 神主です, 苦労人でない

▼ んよから~ (3, 0.0%)

1 ん, んや, んよから

▼ んよなどと~ (3, 0.0%)

2 叫びながら 1 大上段に

▼ んよへ~ (3, 0.0%)

2 ツへ 1

▼ んりな~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことも, ものが

▼ んろ棚~ (3, 0.0%)

3 の上

▼ んわしら~ (3, 0.0%)

1 の身の上, はただ, は能義郡

▼ んわよ~ (3, 0.0%)

1 そんな恥, ぴしりっ, 先生

▼ んをも~ (3, 0.0%)

1 まずよろこばせた, 仕られ申すべく候, 折々は

▼ ん一刻~ (3, 0.0%)

3 も早く

▼ ん一寸~ (3, 0.0%)

2 お預り 1 出ろ善藏や

▼ ん一時~ (3, 0.0%)

1 に仲裁, の悲痛苦悶, はそう

▼ ん丁度~ (3, 0.0%)

1 い, 中途で, 見えて

▼ ん七さんところ~ (3, 0.0%)

1 の三階, の四階, の平家

▼ ん上達~ (3, 0.0%)

3 の速やかさ

▼ ん不束~ (3, 0.0%)

1 だとか, でございますが, な者

▼ ん世界~ (3, 0.0%)

1 から私, に思想, を得た

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 に反し, へお, を廃する

▼ ん人殺し~ (3, 0.0%)

1 の下手人, の凶状持ち, の大罪

▼ ん人物~ (3, 0.0%)

1 だ, だが, ですな

▼ ん今度~ (3, 0.0%)

1 はどう, も左様, 来たら屹度

▼ ん今朝~ (3, 0.0%)

1 のこと, も七草粥, 程少し

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 でございますから, にし, や

▼ ん何ぞ~ (3, 0.0%)

2 故ら 1 強兵に

▼ ん何もかも~ (3, 0.0%)

1 分った今, 申上げます, 言って

▼ ん何事~ (3, 0.0%)

2 かの御 1 も思召

▼ ん何分~ (3, 0.0%)

1 この仕事, 御贔屓, 私は

▼ ん何處~ (3, 0.0%)

1 かへ嫁, か人, にもゐない

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 で御座いまするが, のとりつけ, の表

▼ ん先刻~ (3, 0.0%)

1 お約束, の三千ポンド, 逢ったら矢張平常

▼ ん共に~ (3, 0.0%)

2 死なめと 1 玄徳の

▼ ん出す~ (3, 0.0%)

1 ことばかり, なんてそれで, わけにも

▼ ん出る~ (3, 0.0%)

1 ことに, と注ぎ込んだ, 如くに

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 のお客, 時雨, 霰

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 のもの, の夢, も少く

▼ ん勇士~ (3, 0.0%)

1 の戦場, は名乗り, も

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 でございますなれども, でしょう此, で安兵衞

▼ ん博士~ (3, 0.0%)

1 の腕前, はどこ, はダメ

▼ ん却って~ (3, 0.0%)

1 一人が, 悪いから, 是が

▼ ん叱られ~ (3, 0.0%)

2 てもあの 1 てもまた

▼ ん名前~ (3, 0.0%)

1 は何, は又, までお

▼ ん~ (3, 0.0%)

2 いちゃんと 1 を以て食

▼ ん喧嘩~ (3, 0.0%)

1 じゃろうよ, は緩く, をする

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 と言, の著, へ連れ

▼ ん土地~ (3, 0.0%)

1 で開業, のお, の生産

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 になる, の夜, も立ちける

▼ ん外国人~ (3, 0.0%)

3 とや申さん

▼ ん多く~ (3, 0.0%)

1 の事実, の人, はその

▼ ん夜半~ (3, 0.0%)

1 に客, に密, の狂風

▼ ん大した~ (3, 0.0%)

1 お心掛け, ものです, 値打は

▼ ん大丈夫~ (3, 0.0%)

21 です

▼ ん大抵~ (3, 0.0%)

1 のこと, の事, は二十代

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 え了見, 史慈である, 史慈の

▼ ん好き~ (3, 0.0%)

1 という扉, なの, になる

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 な事, においやり, に気

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 とても召使, の軽率, は余りに

▼ ん姉さん~ (3, 0.0%)

1 だが, というの, にお

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 で向島親子, には古びた, は私

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 から來, にお, に一寸姿

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の前, 彌何, 彌如き

▼ ん小栗~ (3, 0.0%)

2 は東照権現以来 1 は名家

▼ ん少なくとも~ (3, 0.0%)

1 あの魔気, 真だけ, 農奴を

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 ては一国, ては彼, ましては

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の行かん, を老, 久しく伽藍

▼ ん幸い~ (3, 0.0%)

1 に余, に私共, わしたちには

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 のいびつ, の上, を具え

▼ ん彼等~ (3, 0.0%)

1 の住む, は何, は銭勘定

▼ ん心地~ (3, 0.0%)

1 す, にてくすしくとうとく, もしつ

▼ ん必要~ (3, 0.0%)

1 があった, がある, と意義

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 なきや, のため, 強く

▼ ん怖い~ (3, 0.0%)

2 やうな 1 中で

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 だろうと, で, でなあ

▼ ん怪我~ (3, 0.0%)

2 にでも一人 1 も過失

▼ ん意味~ (3, 0.0%)

1 がだいぶ, の無い, を伝え

▼ ん我等~ (3, 0.0%)

1 が死, は此人, を見

▼ ん日本人~ (3, 0.0%)

2 は誰 1 ならともかく

▼ ん昨年~ (3, 0.0%)

1 から引続き, の八月, の分

▼ ん是非~ (3, 0.0%)

1 こっちへ, ともお世話, 書けの

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の都, を見, 見る毎

▼ ん有様~ (3, 0.0%)

1 でありますから, で官人貴族, なるに

▼ ん望み~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 を起さず

▼ ん未だ~ (3, 0.0%)

1 ゐて, 此職に, 頑張るん

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 したって, をした, をする

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 く恐ける, 御疳癖, 真面目な話しな

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 から次, のとき, の室

▼ ん段々~ (3, 0.0%)

1 ああなって, に冬, 日数も

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 に連れられ, の名, や妹

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 とか様, の文学論, を立てる

▼ ん深夜~ (3, 0.0%)

1 に及ん, に坊さん, の眠

▼ ん爲め~ (3, 0.0%)

1 なり, に, には當然隔て

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 変らず何, 変らず夜々, 見る時

▼ ん知人~ (3, 0.0%)

2 もおます 1 なしに

▼ ん私ども~ (3, 0.0%)

1 の云う, は商用, は深川

▼ ん私共~ (3, 0.0%)

1 の鍬, みたよう, 殊に痴情

▼ ん笑止~ (3, 0.0%)

2 しければ 1 とや云わん

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 となんと, の態度, 出席

▼ ん筒袖~ (3, 0.0%)

2 の處 1 の処々引

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 ですら, はお手本, はまもなく

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 があります, が切れ, は切れ

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の当, の深い, も報い

▼ ん老人~ (3, 0.0%)

2 をなぜ 1 の咽

▼ ん花魁~ (3, 0.0%)

1 でございますから, で何, の御

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 主人は, 先生, 先生が

▼ ん薩摩~ (3, 0.0%)

1 のせとに, の泡盛, の瀬戸

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 なんぞ無, も飲まない, を服ん

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 でも鳥, にでも襲, もこいしげ

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 がすっかり, の出る, も沸か

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 が子, に愛想, 父さん一人養っ

▼ ん親分~ (3, 0.0%)

1 お助け, お怨み, は

▼ ん言っ~ (3, 0.0%)

1 てきかせ, ても動い, ても追っつかない

▼ ん調子~ (3, 0.0%)

1 が一つ, をそろえ, を下す

▼ ん貴方様~ (3, 0.0%)

1 がおいで, へ御, を罪

▼ ん貴様~ (3, 0.0%)

1 の親父, の負け, は国

▼ ん~ (3, 0.0%)

2 へて 1 ふさうです

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 あるは, であった, ならず闇襲

▼ ん身体~ (3, 0.0%)

1 のお, の斑, も動かす

▼ ん身分~ (3, 0.0%)

3 が何で

▼ ん違う~ (3, 0.0%)

1 か思, のん, 世帯繰り

▼ ん遠慮~ (3, 0.0%)

1 だつて言, をし, をする

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の上, の中, を無茶苦茶

▼ ん野郎~ (3, 0.0%)

1 だ, だ引っ, も薹

▼ ん関係~ (3, 0.0%)

1 でも拵ら, のある, は有

▼ ん電車~ (3, 0.0%)

1 でゐ睡りし, にのつてつて, はひとつ

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の此, の身, もつ尾花

▼ ん静か~ (3, 0.0%)

1 な心, にし, に上げた

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 くは, に侍り, ひとはにと

▼ ん風邪~ (3, 0.0%)

1 でも引い, のこじれ, を押損

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 ついて, つきり, でもない

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 はこの, は塊, は米

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 の屍, は鼻, を買う

▼ ん馬琴~ (3, 0.0%)

1 の八犬伝, の前後, は忠臣孝子

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 が舍利, が舎利, を拾った

▼ ん~ (3, 0.0%)

1 かと思っ, とすこし, 脅しの

▼ んあいた~ (2, 0.0%)

2 いたいたいたいた

▼ んあすこ~ (2, 0.0%)

1 の店, はまた

▼ んあたい~ (2, 0.0%)

1 は人, は嬉しく

▼ んあたし~ (2, 0.0%)

1 の一番大切, は証人

▼ んあっし~ (2, 0.0%)

1 こそ勘弁, の頼まれた

▼ んいいえ~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 阿父さん

▼ んいかん~ (2, 0.0%)

1 ぞ我が, と思ふ

▼ んいきなり~ (2, 0.0%)

1 息杖を, 私の

▼ んいたずら~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ んいったい~ (2, 0.0%)

1 役人が, 紅葉山は

▼ んいま~ (2, 0.0%)

1 いった通り, では見

▼ んいろいろ~ (2, 0.0%)

1 ありますからね, 手配を

▼ んおいニキタ俺~ (2, 0.0%)

2 は出なけれ

▼ んお伴~ (2, 0.0%)

1 いたしましょう, いたしませう

▼ んお前様~ (2, 0.0%)

1 が仔細, の足

▼ んお呼び立て~ (2, 0.0%)

2 して

▼ んお婆さん~ (2, 0.0%)

1 この二, は世にも

▼ んお客~ (2, 0.0%)

1 がムリ, が蝦蟆

▼ んお蔭~ (2, 0.0%)

1 で私, で腹

▼ んお許し~ (2, 0.0%)

1 下さい, 下さいませ

▼ んお金~ (2, 0.0%)

1 が欲しい, なんかいらない

▼ んお隣~ (2, 0.0%)

1 じゃございません, のお客様

▼ んかえって~ (2, 0.0%)

1 おかしいと, 陽気の

▼ んかぎり首~ (2, 0.0%)

2 を延ばし

▼ んかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, ッけ

▼ んかとか~ (2, 0.0%)

1 なんとか云, 何とか云われ

▼ んかとして~ (2, 0.0%)

1 居ると, 鉛筆を

▼ んかなあと~ (2, 0.0%)

1 不満であった, 異口同音に

▼ んかなどとも~ (2, 0.0%)

1 思ひ申し候, 思ふ

▼ んかなんて~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 先生よく

▼ んかには~ (2, 0.0%)

1 しない殺された男, ないの

▼ んかねなんて~ (2, 0.0%)

2 おつ

▼ んからこそ~ (2, 0.0%)

1 それを, 今宵御

▼ んからって~ (2, 0.0%)

1 いい気, お前の

▼ んからという~ (2, 0.0%)

1 ことに, 度胸を

▼ んからとか~ (2, 0.0%)

1 何とか言訳, 何とか言譯

▼ んからは~ (2, 0.0%)

2 女体の

▼ んかわり~ (2, 0.0%)

1 にはがらん, もんでな

▼ んかん~ (2, 0.0%)

1 から, を

▼ んかネ~ (2, 0.0%)

1 ハッハッハハ, ハハハ

▼ んがく~ (2, 0.0%)

2 のでる

▼ んがた~ (2, 0.0%)

1 はきっと, をのせ

▼ んがち~ (2, 0.0%)

1 つとや, でございますよ

▼ んがて~ (2, 0.0%)

2 まえが

▼ んがという~ (2, 0.0%)

1 のは, 始末です

▼ んがとにも~ (2, 0.0%)

2 かくにも

▼ んがねえ~ (2, 0.0%)

1 しかしいずれ, 殿様の

▼ んがまた~ (2, 0.0%)

1 お許し下さい, 決して自殺

▼ んがも~ (2, 0.0%)

1 ひとつだけ, 一つお願いが

▼ んがを~ (2, 0.0%)

1 かしいなあ, ふくめますと

▼ んがナと~ (2, 0.0%)

1 云った, 言った

▼ んきゃ~ (2, 0.0%)

1 んきゃん, ん啼い

▼ んぎした~ (2, 0.0%)

2 けれどこんど

▼ んくう~ (2, 0.0%)

2 んと

▼ んくら~ (2, 0.0%)

1 ゐ看病, ゐ苦しい

▼ んくらいの~ (2, 0.0%)

1 こと判らねえで, 小悪口

▼ んけい~ (2, 0.0%)

1 があり, がある

▼ んけったい~ (2, 0.0%)

1 ですの, やったほんま

▼ んけどさ~ (2, 0.0%)

1 すべての, ヘヘヘ

▼ んけれどもねえ~ (2, 0.0%)

1 なにしろ親, 一日じゅううちにばかり

▼ んげん~ (2, 0.0%)

1 の種, の黒ごま和

▼ んこうして~ (2, 0.0%)

1 お菊, 我々は

▼ んことに~ (2, 0.0%)

1 ここは, 現代は

▼ んこと小説~ (2, 0.0%)

2 に書いた

▼ んこと我輩~ (2, 0.0%)

1 の希望, の望む

▼ んこと是~ (2, 0.0%)

1 なり, れ摸写小説

▼ んこと疑い~ (2, 0.0%)

1 なし, もありませぬ

▼ んこと覚束~ (2, 0.0%)

1 なく思召, なし妾夜叉神

▼ んこの世~ (2, 0.0%)

1 にたつた, につかわされた

▼ んこりゃ~ (2, 0.0%)

1 狼藉者め何等の, 立っと

▼ んこんど~ (2, 0.0%)

1 の整備, 出やがったら村

▼ んさあお~ (2, 0.0%)

1 入りなさいまし, 逃げなさいまし

▼ んさうな~ (2, 0.0%)

1 顔で, 顔を

▼ んさかいに~ (2, 0.0%)

1 こうし, 多少は

▼ んさっさと~ (2, 0.0%)

1 出て, 用意を

▼ んさった~ (2, 0.0%)

1 とな, んじゃが

▼ んさと~ (2, 0.0%)

1 主人は, 先生は

▼ んさなあ~ (2, 0.0%)

2 同僚

▼ んさよう~ (2, 0.0%)

1 ならと, ならば

▼ んさらば~ (2, 0.0%)

1 その者, で御座います

▼ んざあ何~ (2, 0.0%)

1 でもよう, の役

▼ んざあ眼中~ (2, 0.0%)

2 にない

▼ んざあ腰~ (2, 0.0%)

1 が低い, を抜かし

▼ んざつ~ (2, 0.0%)

2 です

▼ んざみんなごまかし~ (2, 0.0%)

2

▼ んざア一人~ (2, 0.0%)

2 だつて

▼ んざア男~ (2, 0.0%)

1 が好くっ, でせ

▼ んざ一つ~ (2, 0.0%)

1 だってありゃしない, も手

▼ んざ一人~ (2, 0.0%)

1 もありゃしません, も居ない

▼ んざ思い~ (2, 0.0%)

1 も寄らず, も寄らない

▼ んざ掌~ (2, 0.0%)

1 に針, に針たてたくら

▼ んざ百~ (2, 0.0%)

1 も持っ, も持つ

▼ んざ禁呪~ (2, 0.0%)

2 にもなる

▼ んしか~ (2, 0.0%)

1 ないから, なかった

▼ んしかして~ (2, 0.0%)

1 これに, その定見

▼ んしかも~ (2, 0.0%)

1 われら青二才が, 同日法皇は

▼ んしさ~ (2, 0.0%)

1 それに, 人の

▼ んした~ (2, 0.0%)

1 がこれ, 方が

▼ んしたがって~ (2, 0.0%)

1 ない角, 真の

▼ んしだい~ (2, 0.0%)

1 で, です

▼ んしな~ (2, 0.0%)

1 ア, 車じゃ

▼ んしよう~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, にもまっ暗

▼ んじい~ (2, 0.0%)

1 ずこ, た王

▼ んじき~ (2, 0.0%)

1 れない, れないもの

▼ んじたい~ (2, 0.0%)

1 と存じます, と願う

▼ んじなかつた~ (2, 0.0%)

1 のでした, 人である

▼ んじなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ んじました~ (2, 0.0%)

1 が犬, 小生は

▼ んじゃあね~ (2, 0.0%)

1 えから, 此方だって

▼ んじゃあねえかと~ (2, 0.0%)

1 まあこいつ, 心配し

▼ んじゃァねえ~ (2, 0.0%)

1 おもて, もっと外

▼ んじられない~ (2, 0.0%)

2 ものが

▼ んじ居る~ (2, 0.0%)

1 こと真情吐露し, に遑

▼ んじ得ない~ (2, 0.0%)

1 であらう, 私である

▼ んすで~ (2, 0.0%)

1 それよりも, それよりや

▼ んすべて~ (2, 0.0%)

1 の人, まこと

▼ んずい~ (2, 0.0%)

1 ずいと繰出し, だ

▼ んずっと~ (2, 0.0%)

1 前へ, 精神を

▼ んずる勢い~ (2, 0.0%)

1 なり, を見せ

▼ んずる心地~ (2, 0.0%)

1 して, せるなり

▼ んせんす~ (2, 0.0%)

1 を妖艶, 芸術

▼ んぜと~ (2, 0.0%)

1 ナイロンの, 駄目押す

▼ んぜや~ (2, 0.0%)

2 知らんぜや

▼ んそつ~ (2, 0.0%)

1 ちへよつて, と私

▼ んそのうち~ (2, 0.0%)

1 また一人, 雨も

▼ んそら~ (2, 0.0%)

1 ここに, 誤解や

▼ んぞよ~ (2, 0.0%)

1 かしこ, 必ずとも

▼ んぞを~ (2, 0.0%)

1 使いに, 顧みて

▼ んたいへん~ (2, 0.0%)

1 ですとにかくもう一度, ね

▼ んたとえば~ (2, 0.0%)

1 故郷の, 甲羅酒の

▼ んためこれ~ (2, 0.0%)

1 まで参っ, を目立たぬ

▼ んため一つ~ (2, 0.0%)

1 はその, は参詣者

▼ んため例~ (2, 0.0%)

1 の嚊煙草, を前者

▼ んたより~ (2, 0.0%)

1 とも思ふ, にと

▼ んたらしい~ (2, 0.0%)

1 お小姓, 名前のと

▼ んだいう~ (2, 0.0%)

1 までもない, んだ

▼ んだいお母さん~ (2, 0.0%)

2 からだらう

▼ んだい今~ (2, 0.0%)

1 から, までも

▼ んだい何~ (2, 0.0%)

1 が何だか, を珍

▼ んだけが~ (2, 0.0%)

1 この讃美, 残った

▼ んだけでも~ (2, 0.0%)

1 なんぼよけりゃ, もったいないん

▼ んだけに~ (2, 0.0%)

1 まだ心, 知らせました

▼ んだけの~ (2, 0.0%)

1 ことだ, 方針を

▼ んだけを~ (2, 0.0%)

1 さらに肩, 好きな

▼ んだここん~ (2, 0.0%)

2 ところから

▼ んだこつち~ (2, 0.0%)

1 でやきもき, は

▼ んだこり~ (2, 0.0%)

1 や, やア

▼ んだされた~ (2, 0.0%)

1 んでございます, 筈でございます

▼ んだだ~ (2, 0.0%)

1 つて昼間だ, ーん

▼ んだちつ~ (2, 0.0%)

2 とも嬉しく

▼ んだってば~ (2, 0.0%)

1 さあ, なんの

▼ んだつち~ (2, 0.0%)

1 ぞお, 譯ぢや

▼ んだつまらねえ~ (2, 0.0%)

1 事を, 寒垢離が

▼ んだでしょう~ (2, 0.0%)

1 が私, 貴方の

▼ んだにと~ (2, 0.0%)

1 北原ミユキは, 思ふと

▼ んだふむ~ (2, 0.0%)

1 やらわめく, ように

▼ んだぶ~ (2, 0.0%)

2 なんま

▼ んだやめた~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ んだらうつ~ (2, 0.0%)

1 てふう, て皆

▼ んだらまからんや~ (2, 0.0%)

2 が雨

▼ んだりから~ (2, 0.0%)

1 商売の, 擔ぎ出し

▼ んだりも~ (2, 0.0%)

1 した, する

▼ んだろうそい~ (2, 0.0%)

1 から深川八幡様, で

▼ んだろう行っ~ (2, 0.0%)

1 てみよう, て訊い

▼ んだんだん~ (2, 0.0%)

1 だん, 利きます

▼ んだ下らぬ~ (2, 0.0%)

2 文人気風の

▼ んだ冷かし~ (2, 0.0%)

1 たり交っ返し, たり何ん

▼ んだ助け~ (2, 0.0%)

2 て呉れ

▼ んだ困る~ (2, 0.0%)

1 ね, よしっかり

▼ んだ寝~ (2, 0.0%)

1 てしまった, 惚た

▼ んだ来る~ (2, 0.0%)

1 早々素っ気, 時は

▼ んだ眠る~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ んだ笑う~ (2, 0.0%)

1 のかと, んで

▼ んだ聞け~ (2, 0.0%)

1 ば松公, 鐚公こっちでは

▼ んだ行く~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ んだ言う~ (2, 0.0%)

2 もんか

▼ んだ詰まらない~ (2, 0.0%)

1 こんな事, それだけか

▼ んだ退い~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ んだ逃げ~ (2, 0.0%)

1 てし, てみせる

▼ んだ逃げる~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ んだ進ん~ (2, 0.0%)

1 で案内, で知らし

▼ んだ阿~ (2, 0.0%)

1 母を, 父さんが

▼ んだ飛ん~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ んちういう~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ んちっく~ (2, 0.0%)

1 な而, な詩

▼ んちつく~ (2, 0.0%)

1 な詩, の少年は

▼ んちゃんと~ (2, 0.0%)

1 ここに, 車屋の

▼ んちやん~ (2, 0.0%)

1 との関係, もそれから

▼ んちり~ (2, 0.0%)

1 んちり, ん鳴らし

▼ んぢら~ (2, 0.0%)

1 に告げん, を息ません

▼ んつうもん~ (2, 0.0%)

2

▼ んてえ~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことを

▼ んでありません~ (2, 0.0%)

1 か, から

▼ んであるで~ (2, 0.0%)

2 はありません

▼ んであるまい~ (2, 0.0%)

2

▼ んであれ~ (2, 0.0%)

1 が葬式, ば作った

▼ んでございました~ (2, 0.0%)

1 が山本志丈, わね

▼ んでございまする~ (2, 0.0%)

1 か, がでも

▼ んでござった~ (2, 0.0%)

1 あの御, 人間離れの

▼ んでござんすが~ (2, 0.0%)

1 ね, ねえ

▼ んでしょう見~ (2, 0.0%)

1 ている, て来ます

▼ んですいえ~ (2, 0.0%)

1 勘ちげえ, 理窟が

▼ んですし~ (2, 0.0%)

2 やべつ

▼ んですだ~ (2, 0.0%)

1 とほんとに, よ

▼ んですです~ (2, 0.0%)

1 からあの, けど

▼ んでたでしょ~ (2, 0.0%)

2 それを

▼ んでなくつ~ (2, 0.0%)

1 ちや, ちやご免だ

▼ んでみよう~ (2, 0.0%)

1 かと云う, と思ふ

▼ んでもさ~ (2, 0.0%)

1 かうして, よだれ

▼ んでもね~ (2, 0.0%)

1 えだが, え鹽梅

▼ んでもを~ (2, 0.0%)

1 吸取紙, 破裂させる

▼ んでやしょう~ (2, 0.0%)

1 か, が口

▼ んでん~ (2, 0.0%)

1 と云う, ねんど

▼ んとい~ (2, 0.0%)

1 の, へるを以て

▼ んといふも~ (2, 0.0%)

1 可笑し, 固より

▼ んとおり~ (2, 0.0%)

2 とのすき

▼ んとかが~ (2, 0.0%)

1 ちゃんとか, 残って

▼ んとかって~ (2, 0.0%)

1 んだ, 下郎が

▼ んとかを~ (2, 0.0%)

2 しろと

▼ んときなん~ (2, 0.0%)

2 じらさいわい

▼ んときまつ~ (2, 0.0%)

1 た方, た法則

▼ んとく~ (2, 0.0%)

2 ぞうさん

▼ んところで~ (2, 0.0%)

1 ちよつと, グリゴリイ・ワシーリエヴィッチは

▼ んとしてか~ (2, 0.0%)

1 とうとうきびしい, 或は他

▼ んとしてけ~ (2, 0.0%)

2 ふもあり

▼ んとての~ (2, 0.0%)

1 業なり, 業には

▼ んとばかりに~ (2, 0.0%)

1 思はれて, 目覚しい活動

▼ んともの~ (2, 0.0%)

1 すご味を, 玉は

▼ んとん~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, 売りの

▼ んと共に~ (2, 0.0%)

1 初めて此處, 輝かしい春

▼ んどうぞちょっと~ (2, 0.0%)

1 お眼, 待って

▼ んどから~ (2, 0.0%)

1 だが, 邪道扱ひ

▼ んどくん~ (2, 0.0%)

1 と浪, なはれ

▼ んどころか~ (2, 0.0%)

1 その方, 祝っても

▼ んどすんと~ (2, 0.0%)

1 大きく鳴りはじめる, 重いもの

▼ んどという~ (2, 0.0%)

1 のは, 文句が

▼ んどの~ (2, 0.0%)

1 いいたて, 大貫さんの

▼ んどのみち~ (2, 0.0%)

1 殿様に, 真実な

▼ んどれ一つ~ (2, 0.0%)

1 やりましょうかね, やりませうかね

▼ んなあと~ (2, 0.0%)

1 呟いて, 相手が

▼ んなかなか~ (2, 0.0%)

1 の曲者, 裏面に

▼ んなき~ (2, 0.0%)

1 ようお願い申し, ように

▼ んなさった~ (2, 0.0%)

1 まあよかっ, 上は

▼ んなさらなかった~ (2, 0.0%)

1 ということ, といっ

▼ んなさらねえ~ (2, 0.0%)

1 か, もので

▼ んなさるなら~ (2, 0.0%)

1 どんな辛抱, 願つ

▼ んなし~ (2, 0.0%)

1 とやせん, をらしい

▼ んなじで~ (2, 0.0%)

2

▼ んなぞ~ (2, 0.0%)

1 と思っ, 取越苦労のみ

▼ んなぞと~ (2, 0.0%)

1 思ふ, 思立た

▼ んなった~ (2, 0.0%)

1 の, んでございます

▼ んなってたら~ (2, 0.0%)

1 だんな, ちょっとだんな

▼ んなであった~ (2, 0.0%)

2

▼ んなどとも~ (2, 0.0%)

1 存じ候, 疑ったり

▼ んならい~ (2, 0.0%)

1 て見とい, ツそ來ん

▼ んならたつた~ (2, 0.0%)

1 今わたしあなたから, 今帰る

▼ んならだ~ (2, 0.0%)

1 ね望遠鏡, 畜生

▼ んなら云っ~ (2, 0.0%)

1 てあげましょう, てみろ

▼ んなら出し~ (2, 0.0%)

1 てお, て見なさい

▼ んなら出る~ (2, 0.0%)

2 とこへ

▼ んなら来る~ (2, 0.0%)

1 んじゃァ, んぢや

▼ んなら死ぬ~ (2, 0.0%)

1 で俺, ように

▼ んなら生き~ (2, 0.0%)

1 ちゃいません, 人形なぞも

▼ んなら行きます~ (2, 0.0%)

1 と云っ, よ私

▼ んなら飲ん~ (2, 0.0%)

1 でもいい, で飲めない

▼ んなんかって~ (2, 0.0%)

1 事は, 私にゃ

▼ んなんかと~ (2, 0.0%)

1 淋しさうに云つて, 言うやつ

▼ んなんぞ~ (2, 0.0%)

1 つれて, 情を

▼ んなんぞと~ (2, 0.0%)

1 余計な, 思って

▼ んなんとも~ (2, 0.0%)

1 このごろの, 恐懼に

▼ んにかけ~ (2, 0.0%)

1 おりて, 出しました

▼ んにかけて~ (2, 0.0%)

1 きたの, きた黒装束

▼ んにはと~ (2, 0.0%)

1 心むら, 思ふ間さ

▼ んにや~ (2, 0.0%)

1 なるまいがな, 迚てもが

▼ んに対する~ (2, 0.0%)

1 同情な, 慙愧も

▼ んねえか~ (2, 0.0%)

1 何かで, 死んだもん

▼ んねえという~ (2, 0.0%)

1 御異見, 興味ある

▼ んねといふ~ (2, 0.0%)

1 意見で, 言葉を

▼ んねエ~ (2, 0.0%)

1 シテ見る, 泥棒する

▼ んのでと~ (2, 0.0%)

1 同時にまた立ち上りました, 曖昧に

▼ んのでな~ (2, 0.0%)

1 みなさんに, 町内の

▼ んのでね~ (2, 0.0%)

1 お上へ, これは

▼ んのや~ (2, 0.0%)

1 今日の, 猪の

▼ んのよと~ (2, 0.0%)

1 心の, 言うと

▼ んはじめ~ (2, 0.0%)

1 のうち, の日曜

▼ んはな~ (2, 0.0%)

1 あつちや行, こそ散ら

▼ んはは~ (2, 0.0%)

1 ちす, ぢめ私の

▼ んはも~ (2, 0.0%)

1 ぢも, つたいらしく大人

▼ んばい~ (2, 0.0%)

1 そんな心, になる

▼ んばか~ (2, 0.0%)

1 だから, の壮麗

▼ んばかりにな~ (2, 0.0%)

1 つて, つて來た

▼ んばかりには~ (2, 0.0%)

1 いつて, なったが

▼ んひとり~ (2, 0.0%)

1 で探し, のコレラ患者

▼ んひょっと~ (2, 0.0%)

1 お前は, して

▼ んびき~ (2, 0.0%)

1 するほど, を習つて

▼ んびき少女~ (2, 0.0%)

1 が手紙, だったん

▼ んぶっ~ (2, 0.0%)

1 つけました, 放して

▼ んぶつ~ (2, 0.0%)

1 の音律, 座敷牢だ

▼ んべか~ (2, 0.0%)

1 お内儀さん, 到頭女

▼ んべかと~ (2, 0.0%)

1 まあ, 思つてよ

▼ んべだの~ (2, 0.0%)

1 おこしだの, 巻きせんべだの

▼ んべやの~ (2, 0.0%)

1 お婆さんが, 首振

▼ んべり~ (2, 0.0%)

1 だらりと, と遊ん

▼ んぺん生活~ (2, 0.0%)

1 へとぼく, をなんとか

▼ んほども~ (2, 0.0%)

2 憚られ

▼ んほんま~ (2, 0.0%)

1 にいけずや, に氣

▼ んぼう者~ (2, 0.0%)

1 には死ん, は何

▼ んまえ~ (2, 0.0%)

1 の男, の職人

▼ んまさしく~ (2, 0.0%)

1 女の, 焚火でありましょう

▼ んまして~ (2, 0.0%)

1 芸術家が, 軽がるしく

▼ んまつ~ (2, 0.0%)

1 さきかけて, て笑つた

▼ んまでの~ (2, 0.0%)

1 詐に, 費をば

▼ んまでは~ (2, 0.0%)

1 感心し, 背後に

▼ んまま~ (2, 0.0%)

1 で年, に左右

▼ んまるで~ (2, 0.0%)

1 人間の, 鐵の

▼ んまわっ~ (2, 0.0%)

1 て, てお辞儀

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 ゃくさんぼだいの仏たち, やうなど

▼ んみんな顔~ (2, 0.0%)

2 をまっ

▼ んもしや~ (2, 0.0%)

1 お留守, 予想外に

▼ んもっとも~ (2, 0.0%)

1 私の, 黒い奴

▼ んもと~ (2, 0.0%)

1 の怨み, 富家に

▼ んやけに~ (2, 0.0%)

1 さやうさなあ, 失敬する

▼ んやさう~ (2, 0.0%)

1 だす, な

▼ んやし~ (2, 0.0%)

2

▼ んやつら~ (2, 0.0%)

1 だ, だな

▼ んやとて~ (2, 0.0%)

1 暫し病苦, 汝は

▼ んやとの~ (2, 0.0%)

1 勢いにて, 意は

▼ んやも~ (2, 0.0%)

1 保しがたし, 知れんけど

▼ んゆゑ~ (2, 0.0%)

1 なつかしいお, 何分用意等

▼ んよか~ (2, 0.0%)

1 会社の, 若竹の

▼ んよし~ (2, 0.0%)

1 借りられるもの, 怪我が

▼ んよしや~ (2, 0.0%)

1 んに, アイノが

▼ んよす~ (2, 0.0%)

1 がにもと, がもなけれ

▼ んよっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃん, て呉れる

▼ んよといった~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ んよも~ (2, 0.0%)

1 すこし待っ, 一人の

▼ んよー~ (2, 0.0%)

2 お父

▼ んりで~ (2, 0.0%)

1 もあり, 能率の

▼ んりん~ (2, 0.0%)

1 この渡し, なん

▼ ん~ (2, 0.0%)

2 御覧

▼ んわいと~ (2, 0.0%)

1 ます, 思って

▼ んわねえ~ (2, 0.0%)

1 どうかお, アンナ・グリゴーリエヴナ

▼ んイヤ~ (2, 0.0%)

1 な夢, 私は

▼ んエホバ~ (2, 0.0%)

2 与えエホバ

▼ んエリス~ (2, 0.0%)

2 は病

▼ んチウ~ (2, 0.0%)

1 し自分, て一等運転手

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 ありゃ男, なあ溝部

▼ んナと~ (2, 0.0%)

2 顔中皺だらけに

▼ ん一体~ (2, 0.0%)

1 人間が, 盗られたと

▼ ん一年~ (2, 0.0%)

1 でも二年, も土

▼ ん一応~ (2, 0.0%)

1 ですいや, の文名

▼ ん一旦~ (2, 0.0%)

1 お前は, 用いそこ

▼ ん一時遁~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ ん一番~ (2, 0.0%)

1 の難場, 結構なお

▼ ん一緒~ (2, 0.0%)

1 にお, にゆきましょう

▼ ん~ (2, 0.0%)

2

▼ ん万事~ (2, 0.0%)

1 の奉仕, は金助

▼ ん~ (2, 0.0%)

2 どまわす

▼ ん三年~ (2, 0.0%)

1 すれば, ですから

▼ ん三日~ (2, 0.0%)

1 に上げず, の間

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の仮庵室, の板じき

▼ ん不意~ (2, 0.0%)

1 でしたから, に目

▼ ん且つ~ (2, 0.0%)

1 は帰参, 其遺訓をも

▼ ん世に~ (2, 0.0%)

1 か枯れせん, 愚鈍なる

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 手の, 隣りの

▼ ん両親~ (2, 0.0%)

1 の愛, の頼み

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 ある女, は此

▼ ん主命~ (2, 0.0%)

2 で主人

▼ ん主客平等~ (2, 0.0%)

1 と思はつ, と思わっし

▼ ん乎僕~ (2, 0.0%)

1 はこの, は生憎

▼ ん九月十三日~ (2, 0.0%)

2 の夜亥

▼ ん乞食~ (2, 0.0%)

1 でな, を忘れた

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 と, と威した

▼ ん乱暴~ (2, 0.0%)

1 とや言わん, なこと

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 は白山, は集

▼ ん事ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やい

▼ ん二つ~ (2, 0.0%)

1 あつた, でやりましょう

▼ ん二階~ (2, 0.0%)

1 の庇, の廊下

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 ひかへれば, やはるの

▼ ん五体~ (2, 0.0%)

1 を劇, を微塵

▼ ん五月二十六日~ (2, 0.0%)

2 の朝まだき

▼ ん亭主~ (2, 0.0%)

1 の横面, はない

▼ ん人民~ (2, 0.0%)

1 の方, は六萬圓以上

▼ ん人違い~ (2, 0.0%)

1 で, にも程

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 がある, でもあるまい

▼ ん今ここ~ (2, 0.0%)

1 で煙草, にいる

▼ ん今や~ (2, 0.0%)

1 余の, 信仰の

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 とやいわん, んあらん

▼ ん仏様~ (2, 0.0%)

1 にはお, の前

▼ ん代物~ (2, 0.0%)

1 じゃて, だ

▼ ん伯耆~ (2, 0.0%)

2 の安

▼ ん伴天連~ (2, 0.0%)

1 に騙され, の為業

▼ ん低い~ (2, 0.0%)

1 ところに, 土間に

▼ ん何だか~ (2, 0.0%)

1 あきるわ, 此方へ

▼ ん何でも~ (2, 0.0%)

1 弥之助が, 彼奴が

▼ ん何とぞ~ (2, 0.0%)

1 この切, 如何ようにも

▼ ん余計~ (2, 0.0%)

1 くれる方, な事

▼ ん作家~ (2, 0.0%)

1 なんか何, の業

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 に挙げた, の熊

▼ ん偶然~ (2, 0.0%)

1 の会話, やない

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 へ来, へ来られ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 からこう, は皆

▼ ん兄さん~ (2, 0.0%)

1 にはよい, はけっして

▼ ん兄弟~ (2, 0.0%)

1 でもあっ, や姉妹

▼ ん先方~ (2, 0.0%)

1 の心, は浪人者

▼ ん先達~ (2, 0.0%)

1 のお, は又

▼ ん光子さん~ (2, 0.0%)

1 と打ち合わせした, は全く

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 人間の, 宗教界の

▼ ん八さんところ~ (2, 0.0%)

1 の四階, の平家

▼ ん六十~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ん其方~ (2, 0.0%)

1 でもあるまい, も又

▼ ん再び~ (2, 0.0%)

2 目的地へ

▼ ん冗談~ (2, 0.0%)

1 をつい, 云っちゃ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の日, の雨

▼ ん出した~ (2, 0.0%)

1 上に, 腹いせに

▼ ん出たとこ勝負~ (2, 0.0%)

1 でいたずら, で頼まれる

▼ ん出ちまった~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ ん判事~ (2, 0.0%)

1 は書記, より少し

▼ ん勇気~ (2, 0.0%)

1 なく高き帽, なし

▼ ん勇氣~ (2, 0.0%)

1 なく高き帽, なし

▼ ん勘定~ (2, 0.0%)

1 じゃが, をし

▼ ん務め~ (2, 0.0%)

1 の余暇, もこれ

▼ ん勢い~ (2, 0.0%)

1 である, にてひととおり

▼ ん北条足利時代の~ (2, 0.0%)

2 もあらん

▼ ん千万~ (2, 0.0%)

1 忝うございまする, 辱ない

▼ ん千丈~ (2, 0.0%)

2 の雪

▼ ん千里~ (2, 0.0%)

1 のだちょう, の江水

▼ ん即ち~ (2, 0.0%)

1 史学也, 競争の

▼ ん原因~ (2, 0.0%)

1 からあの, ではなく

▼ ん又は~ (2, 0.0%)

1 不徳義に, 中途に

▼ ん友人~ (2, 0.0%)

1 が, を葬っ

▼ ん友達~ (2, 0.0%)

2 だと

▼ ん只今~ (2, 0.0%)

1 では少し, にも勘当

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 に論ずる, の蛙

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 くらいお, 飲んで

▼ ん同じ~ (2, 0.0%)

1 地点へ, 道行返り

▼ ん同時に~ (2, 0.0%)

1 人間には, 同情の

▼ ん名誉~ (2, 0.0%)

1 もいらん, も捨てなけれ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 な人, な弁償

▼ ん吾輩~ (2, 0.0%)

1 かつもっぱら, は仰せ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 やよき, を寓

▼ ん味方~ (2, 0.0%)

1 でないもの, の大将

▼ ん和臭~ (2, 0.0%)

2 を帯びたる

▼ ん商売~ (2, 0.0%)

1 や, やさかい

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 あなたさまも, お前さんには

▼ ん四明山~ (2, 0.0%)

2 に鉄冠道人

▼ ん因縁~ (2, 0.0%)

1 がある, に逢着

▼ ん国内~ (2, 0.0%)

1 だけに限っ, の人材

▼ ん国民~ (2, 0.0%)

1 の選良, も張り切

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 い月, にし

▼ ん土藏~ (2, 0.0%)

1 が二三軒ぶつ, の闇

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 に在っ, に言え

▼ ん地塗り~ (2, 0.0%)

2 とか空

▼ ん坊主~ (2, 0.0%)

1 だ, ですから

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 あらば, 淋しくそぞろ

▼ ん多助~ (2, 0.0%)

1 が馬, も世

▼ ん多寡~ (2, 0.0%)

1 が吹け, の知れた

▼ ん夜分~ (2, 0.0%)

1 な星, は稽古

▼ ん大きく~ (2, 0.0%)

1 なったらきっと, なる

▼ ん大切~ (2, 0.0%)

1 なお, に心得

▼ ん大方~ (2, 0.0%)

1 一月に, 出来ないの

▼ ん大望~ (2, 0.0%)

1 というの, を持った

▼ ん天下~ (2, 0.0%)

1 の直参, は広大

▼ ん天地~ (2, 0.0%)

1 というもの, の足り

▼ ん天職~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を稟

▼ ん夫婦~ (2, 0.0%)

1 と為らね, に成れ

▼ ん失敬~ (2, 0.0%)

1 した, な

▼ ん奉公人~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の土蔵部屋, の用意

▼ ん奥さん~ (2, 0.0%)

1 そんな元気, の事

▼ ん奥様~ (2, 0.0%)

1 どうぞお, もやはり

▼ ん女性~ (2, 0.0%)

1 が男性, の一人

▼ ん奴ぢ~ (2, 0.0%)

1 や, や我輩

▼ ん好い~ (2, 0.0%)

1 塩梅に, 景色でございます

▼ ん好み~ (2, 0.0%)

1 でしょう, はせん

▼ ん如何~ (2, 0.0%)

1 でございましょう往き, に女房孝行

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 が必ず, にせずし

▼ ん姉さま~ (2, 0.0%)

2 這入つて

▼ ん始終~ (2, 0.0%)

1 外の, 憎い奴

▼ ん委しい~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ ん娘さんちよ~ (2, 0.0%)

2 つとお

▼ ん婿~ (2, 0.0%)

2 を取る

▼ ん孝行~ (2, 0.0%)

1 な君, のしたい

▼ ん学校~ (2, 0.0%)

1 ですねんけど, でだって家

▼ ん学生~ (2, 0.0%)

1 なわけ, は決して

▼ ん安心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ ん完全~ (2, 0.0%)

1 な場所, の域

▼ ん宗教~ (2, 0.0%)

1 の何たる, を信じなけれ

▼ ん定吉~ (2, 0.0%)

2 はあの

▼ ん宝永~ (2, 0.0%)

2 ですと

▼ ん実際~ (2, 0.0%)

1 に私, 何を

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 になる, をしません

▼ ん密夫~ (2, 0.0%)

1 にあら, を拵え遊ばし

▼ ん富士~ (2, 0.0%)

1 の雪, の高嶺

▼ ん~ (2, 0.0%)

2 微より

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 は主人, 否く

▼ ん寧そ~ (2, 0.0%)

1 今茲, 御決心

▼ ん寧ろ~ (2, 0.0%)

1 勝手な, 私の

▼ ん小さく~ (2, 0.0%)

1 とも六百坪, なって

▼ ん小僧~ (2, 0.0%)

1 というところが, を足蹴

▼ ん小説~ (2, 0.0%)

2 を読む

▼ ん少々~ (2, 0.0%)

1 外に, 遺恨有っ

▼ ん少く~ (2, 0.0%)

1 ともこれ, とも僕

▼ ん工場さ針工場~ (2, 0.0%)

2 だよ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 くなっ, く瞞

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の間, までが宿

▼ ん常識~ (2, 0.0%)

1 がある, の人

▼ ん~ (2, 0.0%)

2 じいの

▼ ん平常~ (2, 0.0%)

1 ならば, なら宜

▼ ん廊下~ (2, 0.0%)

1 の雨戸外, へ行く

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 のごとき, をした

▼ ん引き裂かれ~ (2, 0.0%)

1 てもかま, てもかまいません

▼ ん形勢~ (2, 0.0%)

1 だという, になります

▼ ん役人~ (2, 0.0%)

1 であれ, でもいや

▼ ん彼方~ (2, 0.0%)

1 からいらっしゃる, へ行っ

▼ ん後で~ (2, 0.0%)

1 差引きますよ, 細かに

▼ ん従って~ (2, 0.0%)

1 この国, 山のね

▼ ん御新造~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ ん御礼~ (2, 0.0%)

1 には山海, はするです

▼ ん徳義上~ (2, 0.0%)

1 においては我々共, に於

▼ ん心得~ (2, 0.0%)

1 から用心, で居りまする

▼ ん心掛け~ (2, 0.0%)

1 だ第, の宜

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 なればと, を達せ

▼ ん忠孝~ (2, 0.0%)

1 このふたつ, 全からず

▼ ん快く~ (2, 0.0%)

1 なって, なつて行

▼ ん思い~ (2, 0.0%)

1 もせらるるなりけり, もよらぬ

▼ ん思うた~ (2, 0.0%)

1 もんどす, よってに

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 に心がかり, に規矩男

▼ ん性質~ (2, 0.0%)

1 でして, のもの

▼ ん怪し~ (2, 0.0%)

1 さよと, 火の

▼ ん怪しい~ (2, 0.0%)

1 事が, 道や

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 より, より槍

▼ ん恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 ですか, 事です

▼ ん悋気~ (2, 0.0%)

1 は疑り, ばかりし

▼ ん悪漢~ (2, 0.0%)

1 なんかになる, の手

▼ ん悪魔~ (2, 0.0%)

1 の数, は一晩

▼ ん惜しい~ (2, 0.0%)

1 ぢや, 哉人道以外に

▼ ん意見~ (2, 0.0%)

1 なんぞは相手, をし

▼ ん憎い~ (2, 0.0%)

1 奴だ, 奴でございます

▼ ん憲法~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 程小, 程己

▼ ん我慢~ (2, 0.0%)

1 はしない, 出来るだけ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 る日二階, 時雪の

▼ ん或いは~ (2, 0.0%)

1 今生この世で, 停車場と

▼ ん或は~ (2, 0.0%)

1 どこかに, 辞藻や

▼ ん手帳~ (2, 0.0%)

1 の中, を何百册

▼ ん手紙~ (2, 0.0%)

1 のため, は出し

▼ ん振っ~ (2, 0.0%)

1 てもまだ, て見せました

▼ ん振舞~ (2, 0.0%)

1 に及ばない, をしよう

▼ ん改めて~ (2, 0.0%)

1 自省を, 親の

▼ ん敵討~ (2, 0.0%)

1 の本懐, を致した

▼ ん斯く~ (2, 0.0%)

1 して, の如く困窮零落

▼ ん斯様~ (2, 0.0%)

1 なもの, な結構

▼ ん新聞~ (2, 0.0%)

1 にもあります, に何

▼ ん新聞記者~ (2, 0.0%)

1 がいる, を呼ん

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 が出来る, が常住

▼ ん旦那方~ (2, 0.0%)

1 は秋祭, は秋祭り

▼ ん早い~ (2, 0.0%)

2 話が

▼ ん明瞭~ (2, 0.0%)

1 な推理, に言

▼ ん昔恩~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ ん昨日~ (2, 0.0%)

1 の午後, もおい

▼ ん昨晩~ (2, 0.0%)

1 からの陣触れ, もちょっと

▼ ん時汝~ (2, 0.0%)

1 はまさに, を救

▼ ん時間~ (2, 0.0%)

1 ないよって, においで

▼ ん暗黒~ (2, 0.0%)

1 なる光耀, のなか

▼ ん暮し~ (2, 0.0%)

1 が苦しい, をし

▼ ん曲者~ (2, 0.0%)

1 の目的, は蝋燭

▼ ん更に~ (2, 0.0%)

1 あたるべからず云々, あの山人たち

▼ ん最う~ (2, 0.0%)

1 身を, 逃れぬ所

▼ ん最初~ (2, 0.0%)

1 は猟師さん, 第一

▼ ん月今宵晴れ~ (2, 0.0%)

2 を待つべき

▼ ん朝夕~ (2, 0.0%)

1 だけ, の鏡

▼ ん木綿~ (2, 0.0%)

1 の大, の財布

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の慫名, を思ひ料らせ

▼ ん~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 は両, 合いを

▼ ん案外~ (2, 0.0%)

1 に大勢, 着物の

▼ ん楽しみ~ (2, 0.0%)

1 と云っ, にし

▼ ん模本贋物~ (2, 0.0%)

2 を御

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の上, を渡り

▼ ん次郎さん~ (2, 0.0%)

2 ばかりで

▼ ん歌麿~ (2, 0.0%)

2 と北斎

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 いて, ではありました

▼ ん此の間~ (2, 0.0%)

1 はお, も六十七

▼ ん此事~ (2, 0.0%)

1 は海軍部内, 必ず我爲

▼ ん此者~ (2, 0.0%)

1 は中, より先

▼ ん此處~ (2, 0.0%)

1 から聖堂, は湯島

▼ ん武士~ (2, 0.0%)

1 の, の荷物

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 なば, の来る

▼ ん残念~ (2, 0.0%)

1 だろう己, ながらこの

▼ ん毎日~ (2, 0.0%)

1 いい天気, のやう

▼ ん気そう~ (2, 0.0%)

1 に両手, に鼻唄

▼ ん気イ~ (2, 0.0%)

1 付いて, 済まんもん

▼ ん気持~ (2, 0.0%)

1 でした, でした当

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の苦しき, もせん

▼ ん江戸表~ (2, 0.0%)

1 においで, へ参り

▼ ん沢山~ (2, 0.0%)

1 です, ほしいの

▼ ん油断~ (2, 0.0%)

1 もすき, をすれ

▼ ん沿岸~ (2, 0.0%)

1 には地主, の人心

▼ ん注意~ (2, 0.0%)

1 して, を呼ばなかつた

▼ ん浮むよしなき埋れ木~ (2, 0.0%)

1 のわが身, の我が身

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 かは, 飲み込みました

▼ ん清澄~ (2, 0.0%)

1 のお山, の茂太郎

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 では本当, もよい

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 に出ん, の具合

▼ ん漸く~ (2, 0.0%)

1 嫁いて, 手掛りが

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 は愛, を噴く

▼ ん災難~ (2, 0.0%)

1 で私, には違いありません

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 だつまらない, などについて今更

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 作法者で, 届け出府の

▼ ん煙草入~ (2, 0.0%)

1 だってこんな大きな, ですが

▼ ん燈火~ (2, 0.0%)

1 の前, をふっと

▼ ん牛乳~ (2, 0.0%)

1 もクリーム, を沢山

▼ ん独り~ (2, 0.0%)

1 あけて, ぶらぶらと

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の首, 売りません

▼ ん現に~ (2, 0.0%)

1 こうしてお嬢様, これには

▼ ん現在~ (2, 0.0%)

1 こんなに元気, の賀川豊彦

▼ ん理屈~ (2, 0.0%)

2

▼ ん甚だ~ (2, 0.0%)

1 漠と, 薄情な

▼ ん生死巌頭~ (2, 0.0%)

2 に立っ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 あるの, を勤めたら

▼ ん甲府~ (2, 0.0%)

1 にいる, まで逃げれ

▼ ん申刻~ (2, 0.0%)

2 少し前

▼ ん男ぢ~ (2, 0.0%)

1 や, や無い

▼ ん町内~ (2, 0.0%)

1 の女の子, の若い

▼ ん画家~ (2, 0.0%)

1 が自画像, を個人的

▼ ん疑念~ (2, 0.0%)

1 をおかけ, を受け

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 と称し, の赤児みたい

▼ ん痛い~ (2, 0.0%)

2 ものに

▼ ん登様あなた~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ん白い~ (2, 0.0%)

1 玉子焼だ, 粉さ

▼ ん白状~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, をせん

▼ ん皆んな申~ (2, 0.0%)

2 上げます

▼ ん皆んな義兄~ (2, 0.0%)

1 に養, に養われ

▼ ん目明し~ (2, 0.0%)

1 の猿, の釘勘

▼ ん知る~ (2, 0.0%)

1 と恐怖, 人か

▼ ん~ (2, 0.0%)

2

▼ ん神様~ (2, 0.0%)

1 へ参詣, もったいのうございます

▼ ん秀子~ (2, 0.0%)

1 が此, に対する私

▼ ん私事~ (2, 0.0%)

1 はこの, を聴かせ

▼ ん種々~ (2, 0.0%)

1 深い訳, 考えましたが

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 なながめそ, をたのめ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 のもの, はない

▼ ん米友さん~ (2, 0.0%)

1 とのあの, もちっとも

▼ ん粉雪~ (2, 0.0%)

2 の吹溜り

▼ ん素より~ (2, 0.0%)

1 器量は, 貴方さまに

▼ ん素人~ (2, 0.0%)

1 がこれ, でございましても

▼ ん細木永~ (2, 0.0%)

2 之丞君

▼ ん締り~ (2, 0.0%)

2 は内

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 に四里八町, ひ皇運末

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 き者, を取り

▼ ん義務~ (2, 0.0%)

1 がある, はま

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 が身, 荘は

▼ ん考え~ (2, 0.0%)

1 なりし, は頭

▼ ん職業~ (2, 0.0%)

1 というもの, に我が

▼ ん胸騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 がしました, して

▼ ん自分たち~ (2, 0.0%)

1 の頭, より先

▼ ん自殺~ (2, 0.0%)

1 する様, 致すなどと

▼ ん至って~ (2, 0.0%)

1 まめな, 上手で

▼ ん與助~ (2, 0.0%)

1 はウン, は翻筋斗

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 は手慣れた, は流れ

▼ ん花屋町~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ ん花活け~ (2, 0.0%)

2 へでもお

▼ ん花車~ (2, 0.0%)

1 は傍, も来た

▼ ん苟も~ (2, 0.0%)

1 土そのものに, 藩の

▼ ん若旦那~ (2, 0.0%)

1 のお, 先ずトロリと

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 と頼みし, もなし

▼ ん薄い~ (2, 0.0%)

1 刃物で, 鞣皮一重を

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の吉, の吉そのもの

▼ ん裁縫~ (2, 0.0%)

1 がえり, がへり

▼ ん西~ (2, 0.0%)

1 でもどった, に向

▼ ん要するに~ (2, 0.0%)

1 人間を, 自由という

▼ ん親分私~ (2, 0.0%)

1 はもう, は怖かっ

▼ ん親切~ (2, 0.0%)

1 ありがとう, に案内

▼ ん親方~ (2, 0.0%)

1 がそう, のため

▼ ん親類~ (2, 0.0%)

1 が深川, の

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 がけられな, をかけます

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 祖と, 葛亮その

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, めいた童歌

▼ ん警官~ (2, 0.0%)

1 は敵, を呼ん

▼ ん警察~ (2, 0.0%)

1 へそう, へ馳附

▼ ん谷間田~ (2, 0.0%)

1 はアノ, より私

▼ ん貧乏~ (2, 0.0%)

1 しよるとが, でございますから

▼ ん貫一~ (2, 0.0%)

1 が心, が胸

▼ ん貴下~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, が放蕩

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の方, はつかれ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 には心, を附け

▼ ん跣足~ (2, 0.0%)

1 で庭, で雪

▼ ん輪索~ (2, 0.0%)

1 に陥没, に陷沒つて了つたの

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 奮戰苦鬪爲さんため, 戰鬪や

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 よれば, 処でも

▼ ん近づい~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て来る

▼ ん遊び~ (2, 0.0%)

1 なり, はよせ

▼ ん遊女屋~ (2, 0.0%)

1 で柔術, の若い

▼ ん運命~ (2, 0.0%)

1 のいたずら, を

▼ ん過失~ (2, 0.0%)

1 って取, ではありました

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 とはさらに, を玉虫

▼ ん違い~ (2, 0.0%)

1 ませんわたし, まッ

▼ ん遠から~ (2, 0.0%)

1 ずくっきょう, ず放免

▼ ん野心~ (2, 0.0%)

1 などを持つた, なん

▼ ん金子~ (2, 0.0%)

1 と引替, を渡し

▼ ん金高~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ ん鈴慕~ (2, 0.0%)

1 に誘惑, の悪気

▼ ん長州~ (2, 0.0%)

1 でも土佐, の菜っぱ隊

▼ ん開会~ (2, 0.0%)

1 の午前九時, の始め

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 の外, より出

▼ ん阿呆~ (2, 0.0%)

2 同じ阿呆

▼ ん限りビヨルネ~ (2, 0.0%)

2 よりは寧ろ

▼ ん限り戦争~ (2, 0.0%)

1 の精神, はとうてい

▼ ん限り誠実~ (2, 0.0%)

2 に互に

▼ ん陛下~ (2, 0.0%)

1 のお, 惑いたもう

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 がか, は薄りか

▼ ん面白い~ (2, 0.0%)

1 気分の, 男じゃけ

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 もせん, を立て

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 には吾等, を待ち

▼ ん風情~ (2, 0.0%)

1 あり, ぞかし

▼ ん食物~ (2, 0.0%)

1 のこと, を精進物

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 なんか恐く, に捲きつけた

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 はあらぬ, もが葛飾

▼ ん駕籠~ (2, 0.0%)

1 が重う, もたまりません

▼ ん騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 にこんなに, を起こす

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 こそ真っ白, をぞんざい結び

▼ ん鳴る~ (2, 0.0%)

1 のではじめ, 大団扇

▼ ん~ (2, 0.0%)

2

▼ ん~ (2, 0.0%)

1 が十六, の丸い

▼1* [4589件]

ああお気の毒な, んあいつの云う, んあいにくとこまかい, んあえて急ぐには, んあおうと平気, んあかりがつきます, んあざみとそれ, んあすでもあさっ, んあそこにあやしい, んあそばされたと申す, んあそばしますな, んあたい蛇だって狼, んあたしたちが悪かっ, んあたし力ずくでもお, んあたりまでは蜂の巣, んあたりまえのこと, んあっけに取られ, んあったか知れない, んあなやと思ふ, んあなたこれをかけ, んあなた何をそんなに, んあなた景気が宜, んあな美はし, んあはれかふ, んあはれ今一度寄手の来る, んあべこべだった, んあまん世の, んありゃ私の, んありゃそらトモの, んあるいたし谷底へ, んあるいはまた訳された方々, んあれあれ私の, んあれ位ひで疲れるかね, んあわれかかるものに, んあんしんして, んあッ監視灯が, んんを, んいいかげんにしない, んいいますしそしたら, んいいわけをする, んいかがでございましょう出過ぎた申し分, んいかなる場合にも, んいかにも英雄は, んいざ改めてお発し下さいませ, んいちだん, んいちげ淡紅色のいはか, んいちどいっしょに帰りましょう, んいちど神戸でお目にかかっ, んいつか恋するよう, んいつかお話したわね, んいと覺束なく心許なき, んいとしき者よ, んいないの, んいのちの執拗さ, んいまお知らせ申そうか, んいやいや考へること, んいやただ世間には, んいらしても指, んいるでしょうか, んいわば主人といった, んいわば先ず造化の, んいわんや感化を, んいんたる別様の, んいんやけいじ, んうち召上ると, んうち自分で悟っ, んうつかりしちやつた, んうまく行った, んうれしの思い, んうわさは解決, んうんと云った, んえお嫁に, んえご懇には, んえらいこと間違ひました, んえらく気が, んえ御懇には, んおいおい貴様何を, んおいしい物を, んおいらが教える, んおい副級長, んおおびらになっ, んおかけなさいこういう, んおかしい事が, んおかみさんのお, んおじいさんは嘘, んおじさんが一生, んおじさんそそそんな礼儀, んおせっかいを申, んおそらく酒井侯は, んおそろしきものを, んおたがいに和衷協同し, んおとよさん, んおとッつさん, んおばあさんですよ, んおばさんの面, んおよそ江戸城の, んおらの友達, んおらんと洒落, んおら何も知らん, んお互いに男同士, んお代さんの事, んお代先生が日本, んお側におられる, んお出でなさいちょい, んお前さんたちも先, んお前さん何がそう, んお前たちの力, んお前ほんとうにおいら, んお前らも儲け, んお前急にへん, んお勝手で仕事, んお客さんの云う, んお寺様へ行っ, んお尋ねを蒙る, んお昼の分, んお松とは姉妹, んお母さまぼくできないん, んお母さんアノ仙太郎親方が, んお母様が勧める, んお母様誤解して, んお湯にお, んお玉の家, んお盆にでもなれ, んお祖父さんの傍, んお立ち寄りを願います, んお腹は空い, んお詫びを申, んお送りいたしました, んお門違いじゃございません, んお預けですよ, んかいなあいう気イ, んかいなあと大真面目, んかいね此人あ, んかいのウ, んかいらんッと呶, んかうと言, んかうして検閲官, んかかッた, んかから聽いた, んかぎり上の方, んかぎり二度の祈祷, んかぎり力の及ぶべき, んかぎり劫罰を受ける, んかぎり反対しなければ, んかぎり善行を修め, んかぎり声をひくく, んかぎり彼は飛行島, んかぎり手をのばし, んかぎり曲者の手, んかぎり火の乾雲丸, んかぎり都は焦土, んかぐらいでござんしょう, んかしこには又, んかしらね兄さん知つとる, んかじゃないのに, んかずつと昔に, んかた藍本ありと, んかた身の爲め, んかっおい, んかといったときは, んかとでも云ったよう, んかなあははは僕は, んかなぞ宛ら警察署, んかなどという不穏な, んかなどの事を, んかなの両人の, んかなのみであるを, んかなはッは, んかなめせきちくなどが咲き, んかなり厳粛な, んかなんぞと言って, んかねとははっきりしない, んかはははははよし休もう, んかぶるの, んかへ潜り込んで, んかゆいところに, んかよたんは五つ, んかよと言はれ, んからかとお気の毒, んからからかつてやつ, んからじゃとたしなめた, んからっても此方で, んからとて生埋, んからなけだものめ, んからなといって, んからなどなかなか固苦しい, んからなどとひどく本気, んからに多くの, んからねなどという人が, んからねね電報を, んからへエ, んからナアッハッハ, んからネ森彦叔父さんに, んかりそめにも, んかわいそうにぐっと, んかわの麻地が, んかんにんして, んがいしてきた, んがい婆ァばさん, んがい婆さんというあたり, んがかといって, んがかへしたからには, んがけだものみたい, んがこうして彼等と, んがこそぼかったもん, んがさて脱獄し, んがって眼光竜鬼の, んがとに角棒紅の, んがのう早うお, んがのと云った, んがはれつした, んがばかり蒼褪めた, んがらが云いだした, んがらがらがらっという大きな, んがりの頭, んがんがんがん, んきすのをど, んきそうな, んきったんと, んきっときっとお返し申します, んきっとそうなん, んきみが富士男君, んきみ自身もそんな, んきゃあならんなあ, んきょう口を始めやがった, んきょう者じゃな, んくさつて子供みたいに, んくさい乞食が, んくにかくれたぽ, んくにびとの心, んくらいと仰しゃるほど辛抱人, んくらいになって, んくらいはそれとなくほのめかし, んくらいも承知し, んぐいと橇が, んぐらいじゃありません, んぐらいでごまかせる悲壮感, んぐらがった生活で自分, んぐらがつた生活で自分, んぐらしの頃, んぐるん, んけしからん奴だ不孝もの, んけちを引きさい, んけっして望みません, んけどかといって, んけどなあも一人着物ない, んけどねえ明けても, んけどナ女学生の, んけになあ先生, んけりやならん, んけりゃ不可, んけれどさて實現が, んけれどしもの方へ, んけれどでもそうし, んけんして負けた, んけんしたら奥さんの, んけんしようよ, んけんぽと言っ, んげに思うちょ, んげんさまにもよく, んこおろぎかねたたきあらゆる, んここんちブルジョアだね, んこそが芝居を, んこっとんとのんき, んこつちで粘つたんだらう, んことあれしません, んこといま眼前に迫る, んことかくのごとく, んことこれまた我が, んことすべての人, んことそれが我々, んことなればやはり, んことはるかに楽しくよろこばしく, んことゆえ御無沙汰に相成った, んこと一大緊要の事, んこと一月の間, んこと人目恥かしけれ, んこと今から他人, んこと今日を限, んこと何ぼうの憾み, んこと余が今日, んこと余輩の懇, んこと先祖の遺, んこと判決しようと, んこと十年五載すとも, んこと如何にし, んこと子供に話す云う, んこと安かるべし, んこと容易に非, んこと専一でどんな, んこと屬望に堪へず, んこと常の事, んこと弓矢の瑕瑾, んこと後生一生のお願い, んこと後輩の癖, んこと思もよらず, んこと思いもよらず, んこと情も知らぬ, んこと掌を反す, んこと提議せしが, んこと方今至急の要務, んこと本意なく二たび三たび, んこと火をみる, んこと炭積んで, んこと百年ならん, んこと目前にあり, んこと相違あるまじ, んこと種に使, んこと迚も出, んこと難かるべし彼, んこと魂の死, んこのごろじゃァどこ, んこの大きな力に, んこまかいところです, んこりゃなんだかへんな事件です, んこりゃ御新姐, んこれきりしかあげられません, んこれぞ真田の, んこれ如何ですこれ如何, んこれ婆ア此処へ連れ, んこれ家来の無調法, んこれ政七余の品, んこれ汝の様, んこれ益なきわざ, んこれ神の人, んこれ蚊帳の釣手, んこれ金宜く聞け, んころびに関する書, んころみんながあすこ, んころんとても澄ん, んこんと藪, んこツた, んこ眼で姫, んごうごう暗やみの, んごぜえます, んごてのは, んごといつたりき, んごときに若く, んごとき沈める力ある, んごやァるに, んごらんここに僕, んごろごろと鳴る, んごろ鐘さまも行っ, んさいな官能, んさいぜんも申し上げる, んさいわいわたしは, んさかいにといやはれ, んさかいもうどない, んさきほど店前で, んさくは日本, んさけ大丈夫どす, んささこの上方, んさし当り兎なんぞがいい, んさすがの警官, んさせてあやした, んさぞ御愁傷様でございましょう, んさち子さん重治さん徳さん本橋さんそのほか, んさったちゅう事じゃ, んさっき体を洗いました, んさったろうがの, んさっぱりして, んさという顔を, んさびしくないと, んさまざまな小, んさよと心を, んさりとは隱居樣, んさりとて猥褻なる, んされ煙草が, んざああとでいい, んざああなたと生, んざあいふな嫌でが, んざあおれがポルタワ, んざあお前さん馬鹿のする, んざあこっちのもんだどれもう一稼ぎ出陣, んざあさっきからさんざっぱら, んざあそれで沢山よ, んざあどうだね石部の宿, んざあどうでもいいいよいよあす, んざあどこから来た, んざあみんな大弐公のお, んざありませんやせっかくだ, んざあ上草履で廊下, んざあ中学校を出, んざあ主人にした, んざあ南玉いささか不服, んざあ外から養子, んざあ外聞惡くつて厭, んざあ学者の先生, んざあ島田がじかに, んざあ後幾日だつて, んざあ文久錢一文でもおら, んざあ文字の学, んざあ旨え物, んざあ槍で, んざあ檢査したばかり, んざあ甥に親愛, んざあ石岡の旦那等, んざあ粋だが, んざあ絶対に明るい, んざあ羽左衛門そっくりだ, んざあ聞てくれる, んざあ苦もなく, んざあ覚悟の前, んざあ金持の悪党, んざあ馬車大工のミヘーエフ, んざあ駄目だなあと, んざいますと, んざいままでのお礼心, んざいますその許嫁, んざいますが五日か六日, んざいますものをそんなお客を相手, んざいらねえからそこを締めたら, んざい孤立の身の上, んざおかげがねえで, んざおれのほう, んざお上だって有難く, んざお内儀げいひあんせん, んざお前の師匠, んざお年が若い, んざかいちゃァいねえ, んざかえって足手纏いそこに立っ, んざがさがさやつて天邊, んざくらをせ, んざごまめの齒, んざしたくねえや, んざしないでおこう, んざすてきな, んざその夕日, んざそんでもどうにか, んざだれも見, んざどうしてもとれべと思つてんのよ, んざどうだって宜い, んざどうでも宜いん, んざどうでもいいから早く上がっ, んざどうなつたつて構やしません, んざないんですからお嬢さんは日傘, んざなおのこと何にも思わない, んざねえやよき汝みんな芋, んざはじめからしまい, んざべらんめえこれんばかしの端, んざままになれだ, んざめいたらさぞさぞ面白いこと, んざもとよりのこと腹の底, んざアそう言ッちゃア, んざアそれがため, んざアみんな舟で買つて來, んざアノ画の通り, んざアベラボーめ男の知った, んざアポウッと気, んざア喰ふもの, んざア天性これ淑女中の大, んざア左ウチワでころがりこむ, んざア泣えてばい, んざセーヌ河の河沙魚, んざポケットへ収, んざ一人勝手から抜出し, んざ一文もやらない, んざ一粒だってありゃ, んざ一遍にガラ落ち, んざ一錢だつて, んざ三年でも五年, んざ三枚におろした, んざ不具者の外, んざ事務所の方, んざ二の次ですよ, んざ二ツ三ツつぶして, んざ二十年から屋台, んざ二日たってから, んざ人がわる, んざ今聞いたよう, んざ何んの役, んざ何時敷つ込めるもん, んざ俺ら博奕なんざ何, んざ僕よりもいつも, んざ八五郎にうつ, んざ割れつこありませんよ, んざ十坪だってありません, んざ千年ものだわね, んざ半分がた火になっ, んざ半歳前嫂が嫁, んざ叩破りそう, んざ問題じゃない, んざ団扇を持っ, んざ売り手は腐る, んざ夜鳶だ河童, んざ夢でなし, んざ天晴れなお手のうち, んざ奈落で廻り舞台, んざ奴の日傘, んざ妙が独活, んざ学者で先生, んざ小僧だけで沢山, んざ小唄にもならねえ, んざ小指でころり, んざ左傾がどんな, んざ年紀も違う, んざ幾つ貰ったって, んざ廓までは廻らぬ, んざ影も形, んざ御存じじゃありません, んざ心配しなくとも, んざ愚連隊というもの, んざ手拭で汗, んざ断食をしない, んざ昨日も喰, んざ望みとあれ, んざ本統に来なく, んざ東京の土, んざ桟がぶら下っ, んざ梅雨どきの, んざ横倒しにし, んざ武者振つく勢, んざ歯に障りましょう, んざ水へ突込, んざ泥溝へ棄てる, んざ洒落にもならねえ, んざ無学だから, んざ片らも出やしません, んざ牛込浄源寺の弥勒仏, んざ物の数でもございません, んざ甘えもんで, んざ畳が刎, んざ百姓に限る, んざ盥ほどに咲かせたつ, んざ真実に泣いっちまう, んざ眼中に無い, んざ石塔ぐるみ背負ってると, んざ私にゃ分りません, んざ笑つたつて驚くやう, んざ糠味噌に漬けたつ, んざ綺麗に忘れ, んざ耳に入らない, んざ臨時雇いか, んざ自分ぢや一つ, んざ若旦那においで, んざ苦にならねえ, んざ草双紙を読んだ, んざ薬にした, んざ藪蚊が立ち, んざ裏の地面, んざ親孝行の旗幟, んざ貧乏だよ, んざ買いに行きゃ, んざ賛成せんです, んざ足手まといに, んざ足許へもお, んざ遊女じゃあなし, んざ錢出しせえ, んざ雪のよう, んざ頼みにならない, んざ顔を真赤, んざ首の上, んざ鼠の皮, んざ鼻血まで出しやがっ, んしかしながらたしかに桃山, んしかるにスエズ運河の, んしきりにその異様, んしこうして, んしとったんじゃ, んしとやかな学僧, んしなどと相手に, んしの建立ありし, んしもやけだ, んしゃくという種類, んしゃくすじを立てた, んしゃく声でいいました, んしゃんな, んしょよ, んしょうとわざわざ, んしょげてしまいに, んしょって早く, んしょぼしょぼ雨の, んしるしか, んしんいたしたか, んじう食って帰る, んじおるな, んじけりさるにても, んじすぎている, んじたごとき調子で, んじたてまつるための, んじたらよいの, んじだつてうちの, んじっさい私は, んじっとして, んじつにふしぎだ, んじてるものであっ, んじなば身, んじなかったと聞い, んじなかったらその男, んじまってちと, んじゃぁろう, んじゃあからだが, んじゃから何も, んじゃがなその足, んじゃがのやっぱい聞かんで, んじゃったら承知すりゃせん, んじゃというのは, んじゃとかとても変, んじゃの横浜には, んじゃもん痛うのう, んじゃろしからずんば鰻, んじゃァねえか分り切った話, んじゃー堪らん, んじられず信教自由をも, んじられたか軽, んじられないかずかずの誤り, んじられなくなり怒らなくても可, んじられねばならなかった, んじりもしなかった, んじるならばそれだけ, んじ侮るように, んじ切れない対照に, んじ合うことのみ, んじ奉らねばならぬ, んじ奉らんがため, んじ奉りたいとぞんじまする, んじ奉ろうと思う, んじ居て求むれ, んじ得た境地に, んじ曇りのない, んじ終ると翌, んじ賜わらむ事を, んじ退いて静か, んじ遊ばされますか, んすが立っています, んすぐれていました, んすこし休んで, んすする馬電気賭博に, んすだとか古い, んすっかり洗いざらいお話しいたし, んすっとこ, んすっとこがったんすっと, んすなら請け出して三日, んすなわち自分の, んすべて拙者はまだ, んすみませんが, んすみませんすみませんと何遍, んすると武が, んすればのぶ, んずいくしろおこぜ海鰻, んずつと商売に, んずで御台や, んずるようにし, んずるテオリーはつまり, んずるボイオーチア,のプロマコス, んずる勢して, んずる天変の大, んずる所である, んずる気勢をしめした, んずる空模様に百計つき, んずる輩は今日, んずる雲行であつ, んずる鼻さきへ先妻, んせいぜい五日か, んせつにそう云ってね, んせよアボルトは, んぜって私の, んぜひ聞かして, んそうこうして, んそうしいて云うならば, んそこひででもございました, んそそそんな事, んそちらの惠梅様, んそちらさんこそどうぞ, んそっくり今日の, んそっちのお, んそのままあなたに, んその後久しく消息, んその後丈夫かね, んその道の人, んその間あなたはここ, んそりゃあとてもヒドイん, んそれお前さんは婿どの, んそれぢや隨分御機嫌よう, んそれでもわたしは, んそれどころぢやない, んそれにしても筋合が, んそれほどにされた, んそれゆえ欲いと申されました, んそれ位の事, んそれ秋たけた野, んそれ自由主義のまね, んそろそろ放送時間です, んそんなれば, んそんじょそこらのアチカーソフ, んぞうを摘んだ, んぞといった調子である, んぞとのご厳命, んぞとやら申すお, んぞへ伝え自分, んぞも居合わせたので, んぞよと大きく書かれ, んたうたべないか, んたかが他人の, んたかき小座敷あつ, んたかく金めっきした, んたく場にい, んたく屋のシナ人, んたく町というところ, んただこうしてながめて, んただしかし唯今, んただただ恐縮の, んただ人のこれ, んただ子らのなお, んただ年ごろが似, んただ時の運, んただ顔の長い, んたってそう, んたった一晩だけ, んたった今今の, んたて場に有力者, んたまに入っ, んたまさか叱りましても, んたまに女が, んたまらないもので, んためかしこに叫びあらしめき, んためこのごろは小説, んためわがなすべき, んためわれ常に世, んためわれ人は顏, んためわれ間にある, んためエルクレが標, んためクリメーネの許, んためパルマの附近, んためマリアの懷, んため一たんは強襲, んため一日も早く, んため一時権宜に, んため一粒の飯, んため万民に代っ, んため今朝より里, んため光線反射の原理, んため八度尾をもて, んため劇に上すべ, んため力を盡, んため午前九時に皇帝, んため協議して, んため印度流の言葉, んため右にあたり, んため名だ, んため国法を破っ, んため土岐左近を用い, んため地下より起ちあがらん, んため城を繞, んため堤防を築く, んため多くは筋目, んため天より下界, んため始め絲をもて, んため安全灯を作ろう, んため家を出た, んため将軍家光にちかづこう, んため小生は絶對的, んため尾を曳き, んため屋の棟, んため山を穿ちし, んため岡山公園なる観楓閣指, んため己が肉欲, んため庚申の夜, んため弥勒の代り, んため心を我, んため応援を乞い, んため斟酌なく狩り, んため早口にかたり, んため智と技, んため最高価で購われた, んため本人を池, んため汝に弟子入り, んため物言はんとてほどよく, んため百両の金, んため目を今輦, んため神に捧げまつれる, んため竜の身, んため糧食を身, んため絲を身, んため縄を持参, んため腕を首, んため自ら室内操櫓器と名, んため自ら責むるその事をもて, んため補充の途, んため詩人等道をかの, んため變裝して, んため豫め一定の罸金, んため贋狐憑となり, んため身を起せし, んため達り行くこと, んため釜に湯, んたるありさまです, んたん足の化粧法, んだあがり給えあがり給え客間は, んだあけようと思え, んだあやまりにきた, んだあわてたように, んだあん奴あ, んだいあれから, んだいいますと光子さん, んだいお縫ちゃんは, んだいおばさんの良人, んだいおまえのいう, んだいおらを, んだいおれらは明日, んだいお前さんはなぜ, んだいお前たちの手, んだいじょうぶですか, んだいそいつの名, んだいそぐのか, んだいそれぢや, んだいってえ, んだいつなんどきパルチザンに, んだいないって, んだいはじめのうち, んだいぶ食われた, んだいほんとの首尾, んだいゆうべは, んだいオの字, んだいクロもう一, んだいケチな皮肉屋め, んだいパイプにでもする, んだい一人でなんぞ, んだい一杯の水, んだい両国橋にいれ, んだい二人とも, んだい人間だぞよ, んだい佃さんは, んだい俺らの言う, んだい兄貴のやつ, んだい先生にそんな, んだい冗談もいいかげん, んだい加減でも悪い, んだい半間にもほどがある, んだい右へやっ, んだい君勇のやつ, んだい君病気なの, んだい大変な顔, んだい大変ぼんやりしてるじゃ, んだい失礼な, んだい好きだから, んだい小平兄貴やア何, んだい島に上る, んだい弱虫めあっちへいっ, んだい往來でゆきち, んだい後ろに綺麗, んだい御馳走を出せ, んだい急に, んだい旅に出るなら出る, んだい朝ッぱらから湯, んだい松の木だアぞう, んだい森野遠慮せずに, んだい此処に薬, んだい此方の隅, んだい浜田君と熊谷君, んだい玉ちゃん跣足で息, んだい白状の仕方, んだい稀に朝起き, んだい競馬へ行く, んだい競馬場で酒, んだい縁起でもない, んだい罎をさ, んだい自分で意味, んだい親分の為, んだい親方は, んだい言葉の機, んだい話は, んだい誘拐めぐずぐず言わず, んだい阪井さんは, んだい頬つぺたなんかふくらましたりして, んだい鰡八がどう, んだうわそれでいて, んだうそぶいた冷さに, んだうむ直ぐ呉れる, んだおちつくものなら, んだおどしつすかしつするように, んだおりたくなったら上から, んだかうをぢさん, んだかんナ, んだがしかし大層好い, んだがら又三郎, んだきゃッきゃ, んだくたびれたから休んでる, んだくれだからいい, んだけけどほらもうこんなに, んだけどそんなもの, んだけもあれへん, んだけんちょいと, んだこたえられねえやそれに, んだこつがねその, んだこないじゃねえ, んだこねえな金輪際, んだごとく因業に, んださうでしてそれで, んださうで御座いますが東, んだされなきゃア半年あとには, んだざわめく声の, んだしたいことを, んだしてやらアという, んだしなくてもいい, んだじれってえ, んだすまねえが兄, んだすやろといった, んだすやろなア竹さん, んだたァ思え, んだたべるなら取りに来なさい, んだたるのうしろから, んだだだーん, んだだらうと推する, んだちがうんだ, んだちっなんて火, んだちゆうわけか, んだったならなにも, んだったらありますわ, んだったらそっちゃ方角ちげ, んだったらなってないわ, んだったらはじまる前に, んだったら帰ってよ, んだったら死んだ兄さんだって, んだったら黙って寝ろい, んだっちふことだ, んだってじゃねえか, んだってねえ昨夜は, んだってねと言うと, んだってばさこの娘, んだついてき, んだつたらもつと楽しん, んだつたら出て来やしない, んだつたら死んだ兄さんだ, んだつっ立って, んだつてえのにおし, んだつまらんと思う, んだてえことも, んだではない, んだでえだらぼっちが来た, んだでございましょうか, んだでございませうか, んだですかな, んだとぼけて, んだとめるなそこ, んだどいてくれ, んだどけえ行, んだなア, んだなのってそれ, んだなりゆき任せに手, んだにもよるけれど, んだねぼけるないっ, んだのにちに, んだはしりだからな, んだはばかんながら此, んだひよつとする, んだふははははは, んだふざけた事を, んだふざけやがるな糞, んだふざけるな, んだふざけるなってよ, んだぶやけた聲し, んだぼけたのか, んだまかり間違ったら槍に, んだまつてゐた, んだまにあうように, んだまぬがれることの, んだもうかられている, んだもつと, んだやいふざけたことを, んだやらなきゃアならない, んだやるともさやらなくっ, んだやろし徳光さん, んだらあやまられたって破れた, んだらいたづらする, んだらういづれはわかる, んだらうでなきやあその, んだらう出ない外れちまや, んだらう別れちまへば, んだらう困つたなあ, んだらう急がうぜ八, んだらう持つて来た, んだらう疑をかけさせない, んだらじまの, んだらで飴ん, んだらであるのが, んだらなぐりこみを掛ける, んだらやっては行け, んだらりや四五年, んだら入らなんだ, んだら出て行, んだら困るのう, んだら好かッた, んだら引き上げますがね今, んだら摘んで鼻唄, んだら死ぬかも知れない, んだら死んじまうわよ, んだら殺された者だ, んだら済んでしまう, んだら織ですから, んだら行かうか, んだら見せてやろう, んだら訊くぜえ, んだら駈け落ちする, んだりなどする, んだりはしない習慣, んだりばかりしては, んだりまで追いやるとは, んだろうけんど連盟, んだろうこないよ, んだろうじれッたい, んだろうだけれど山, んだろうつて多津姉さん, んだろうですつて, んだろうでないまでも結局, んだろうぬすと, んだろうまかり違えば死ぬ, んだろうもってき, んだろうやいこのへび, んだろうわかってるよ, んだろう呆れた野郎だ, んだろう帰ってくれ, んだろう弱ったなあ, んだろう急ごうぜ八, んだろう書きゃア, んだろう気取るつもりで, んだろう生れてから今日日, んだろう疲れて寝込ん, んだろう知ってるよ, んだろう見えなくなってしまった, んだろう解らない奴だ, んだろう解らんナ自, んだろう診立て違いで, んだろう返しゃァ, んだろう通すの通さねえ, んだろう飲んだら不思議は, んだわからねえ奴等じゃ, んだわかるね, んだ云うたらあの人等, んだ云われることさえ, んだ休まないのも, んだ伸ばしたらいいの, んだ住むのは, んだ使ってしまったら返し, んだ依羅娘子は, んだ借りておこう, んだ値するのだ, んだ働くものに, んだ僻んでからそれから, んだ光りは流れ, んだ入れて貧農, んだ出たんだ, んだ出来あがったんだ, んだ分ってい, んだ分ったか, んだ分らないんだ, んだ分りませんかえ, んだ別れたければさっさと, んだ削屑も, んだ動かすなといつたら動かさなけりやい, んだ取押えろも出来, んだ叱られでもした, んだ呆れ返った婆さんだ, んだ咎めねえでおくんなさいよいちいち, んだ困つたなア, んだ困ったね, んだ坐りこんじまって, んだ埋るんだ, んだ執こくて, んだ失うか得る, んだ寝っちまえよ, んだ寝ぼけちゃいけ, んだ寝るんだ, んだ帰って来れ, んだ帰るから羽織, んだ建てた棟梁は, んだ当てて見ろ, んだ往けったら往かねえか, んだ待っといで暗い, んだ忘れずに持っ, んだ忘れるなよ, んだ思え出しても身の毛, んだ思ひきつて, んだ愛してなんぞいる, んだ懸価の, んだ成っちゃ居ない, んだ成るべきように, んだ手放すのは, んだ払いますよその, んだ抱えても背負っ, んだ拝んで可, んだ拝んどりゃ世話は, んだ持ち応えツ放し, んだ授からねえんだろう, んだ揚げてやりたい, んだ撞くよッ, んだ撲倒すぞ, んだ放しておくれ, んだ敷いてくれた, んだ斬られて浮べねえ, んだ明けたんだ, んだ曳かれ者の, んだ有る時は, んだ来い八, んだ止せよ, んだ死にたい死ななければならぬ, んだ死んでいる, んだ殺すんだ, んだ気に入らなきゃア隣の, んだ汚れてるんだ, んだ泣く奴が, んだ済まねえがあに, んだ濡れてい, んだ焼かれようが殺されよう, んだ焼け死んだのでなけれ, んだ煎じ方は, んだ片づけるから覚悟, んだ生きてゐる, んだ盗られやせぬじゃない, んだ知らない客とは, んだ知らんとお話, んだ禿げた皮膚が, んだ立って騒ぎ, んだ立てッ, んだ笑い方を, んだ笑っちまえばそれっきり, んだ縛られる覚えはねえ, んだ繰り返して云, んだ置く處は, んだ聞いてくれ, んだ聞いてても小, んだ聞く者の, んだ聴いてくれ, んだ肥った故も, んだ脅かしなんだ, んだ脱がなきゃア, んだ腐った西瓜でも, んだ膨らみの中, んだ若けえの, んだ褒めたり腹, んだ見えない此処からは, んだ見くびってもらい, んだ見ねえどうも気, んだ見廻す中に, んだ見知らない町の, んだ言ってみな, んだ詰らないとつぶやく, んだ貸せとは言, んだ起きりゃいいん, んだ踏まぬばかり呶, んだ踏むさまを, んだ返すんだ, んだ逃げたって女一人, んだ連れて来い連れ, んだ進むんだ, んだ違うよ大変, んだ酔っ払わずにいる, んだ醒めるから又, んだ間違えている, んだ降る時は, んだ隠してもおれ, んだ青ざめた学生の, んだ頼んでみたら, んだ飛び込みましょうよ, んだ食う物が, んだ食べるんだ, んだ食われたんだ, んだ飲まねえのか, んだ駈けて行っ, んだ驚いたかい, んだ黙つて畑うちか, んだ黙っていろ, んちいうものは, んちうものを, んちふものは, んちゃあんと, んちゃよか金持ちどもは, んちゃんのこと, んちゃんと一々お検め, んちやうど今, んちやうど三十五になりました, んちやくだよ, んちや駄目だなか, んちゆうて顔, んちょいといかが, んちょうど幸い小山さん御, んちょうのちえは, んちよいとその, んちよ坊にてもきり, んちんぴらがおる, んち来風が, んぢそこに座し, んぢまひ三時宝塚へ帰り, んぢゃさがし出せない, んぢゃなくてた, んぢゃなくて渡り鳥どもがまっ黒, んぢゃ馬は使, んぢやあ気味がわるい, んぢやからの, んぢゅうはポッポッポ, んぢゅうやおそば, んぢゆうの墓碑, んぢら心に平安, んっていうんだ, んってねそこへ, んついでに素っ首土産, んついに日暮れに, んつくとヒューヒューヒャラヒャラ, んつくづく愛想が, んつたらろくにしや, んつづけて, んつてしゃんりんしゃん, んつて吹聴なさるの, んつて返事しちや, んつと立つて, んつまを得, んつまらないものです, んつよがった, んつらをし, んつれて来い, んつ見申したよだ, んづめがすきだと, んづめが三十も四十, んづめのれつてるには, んづめのれつてるを見ました, んづめ会社のし, んづアテーネー神女は彼, んていうかなとにかく曲芸, んてったのねえ, んてな誰が, んてやそんげ風に, んてれつく庄助さん, んてんか手前は, んてんこちないたんぼらめ, んてネどこイ行っ, んてネよ手紙へ, んであいさには, んであたらせてもらいました, んであったでしょうか, んでありましょうのう, んであるかちつとも分らず, んであるきながら道みち, んであろ速射砲弾の, んであんすけど, んでいらっしゃるでしょうか, んでうな垂れた, んでから指先の, んできいてみよう, んできずにその, んでくださるかもしれぬ, んでございましたら失礼でございます, んでございます見たものも, んでございます見るたんびに, んでございます間違ったら御免下さいまし, んでござれ並尋常で, んでござろうの, んでござんせんことは, んでしたなら誰にだって, んでしたら切っても切れねえ, んでしたら打ちあけたところを, んでしたろうか叔父, んでしまつてわたし, んでしもてやろか三匹, んでしやうとからか, んでしょういってとめ, んでしょうかまわないわこの, んでしょうずッと, んでしょうだんな, んでしょうわからなくなってしまった, んでしょうわかりませんね, んでしょう呼んで見た, んでしょう恐しく騒いでるから聞い, んでしょう放っといてくれれ, んでしょう生きている, んでしょう見たければ見せ, んでしょう見廻るほどのこと, んでしょう貸すというもの, んでしょおちぶれた恰好を, んでしょたのしむだけたのしん, んでしょ生れて, んでしられる通りに, んですあり得るんです, んですいいっそ千曲川, んですいうとみんな, んですいくんです, んですいけないことな, んですいつたい用事つていふ, んですいろじかけで, んですうたうんです, んですくずれるほどは有りません, んですこないならんうちやったら, んですこりのない, んですさっきだってやはり, んですされば此村, んですしらんぷりして, んですすまないからもう, んですするとする, んですずゐぶん気が, んですそいで又, んですたいなあ, んですつかり潰れて了, んですつぶした方が, んですもらわなくても, んですわかりましたか, んです亡くなった古い友だち, んです出來るなら, んです動く植物動物の, んです呼んで参りましょう, んです寝ていやしません, んです帰るんだ, んです待つてください, んです恐れ入りました兵助さんよく, んです慌てきって, んです斬られるよりもつらい, んです構いませんここで, んです死にたいんです, んです死ぬまで面白い, んです死んでから誰, んです殺られたのは, んです生きている, んです突かれてもいない, んです聞いて下さい, んです聞きたくって堪らない, んです落ちるとあぶない, んです行け行けってね, んです見たところもちよ, んです話さなくっちゃならない, んです誓いにそむいた, んです逢いたかったが何, んです間違っていた, んです阿父が, んです食うとすぐ, んです馴れていない, んでせえだい, んでそいから後, んでたずねるとニッコリ, んでたらめを言います, んでちゆち, んでつしゆ, んでつひに海拔一萬二千餘尺, んでと斯う, んでとっつきの枳殻, んでないだろうな, んでなかつたのである, んでなくちやあ, んでなくなっている, んでなけりゃ担ぎやアがん, んでなどと挨拶を, んでねえこまってるんです, んでねえだろか, んでねむるというの, んでのうてこっち, んでは又ね, んでもかまひません, んでもかでも臭い, んでもという私ア暇を, んでもな健ちゃ, んでもなよおつか, んでもに趣味を, んでもねエがお, んでもやつて見よう, んでもよ働き手ば, んでやしねえものと, んでやんす, んで下さるならどうぞ貴方, んで乗つてゐた, んで借り切られたんだ, んで取ったとしたら, んで問わず聞かず敵の, んで嗅ぎつけたらあの誓約書楯, んで壊れてたん, んで御座いましたねえ, んで急いで傍, んで急いでるんだ, んで振り向いて見たら, んで書いて得意, んで死ぬときは, んで無いからナ, んで着ていた, んで立ち上った順造は, んで立つてゐる, んで迂濶な, んで間違うてたんか, んとあるもので, んというかも知れません, んというこそ事の, んというの豪懐を以て, んというまでに進んだ, んというも応ぜず使, んというもなあ儲けさして, んといったくらいだ, んといったじゃないか, んといったのかい, んといふか知りませんが, んといふは果して何, んといふはけふの, んといふほど木魂した, んといふほどの人は, んとうとう繋いで, んとおきんは, んとかかとかいうしある, んとかくは打ち棄て, んとかじゃ割り切れんわい, んとかでカンカンに, んとかと申しますから, んとかというアレです, んとかなア, んとかなんてこれは, んとかに欠くという, んとかは藝當の, んとかや哉つて十七文字並べる, んときわれ又汝, んときわれらは取る, んときアカイア人に祭られ, んとき人みなは生れし, んとき其馴れし, んとき我に怒, んとき神は汝, んとこうまあいったよう, んところいたずらの方, んところおいらもまだ, んところひとり男が足らない, んところソヴェトで一年, んところ其下に又, んところ幕府のお, んとさそれに, んとしか言えない, んとしてさうして, んとしてをります, んとすらむ, んとすれば私も, んとっぷり日は, んとでせう, んととうど学校の, んとど助さん, んとについて行つた, んとにやさすれ, んとねがひしも, んとはの嘆あらしめた, んとまでに決心したる, んとまでは考えない, んともくふうが, んともと何故これ位, んとやらの和讃の, んとよりも彼は, んとるの異人, んとろんとした陽炎, んとを以て下に, んとんきんじや, んと迄に猛りたれど, んと迄は一たびも, んどうかまああなた様も, んどうぞたんとお打ち下さいまし, んどうぞどうぞ生命を, んどうぞもう一週間イヤ, んどうぞ始終遊びに, んどうにかくっついてさえ, んどうも少し傷寒の, んどきやってくる, んどき帰っても差支え, んどき帰るのだ, んどき怒り狂いその本性, んどき晴れるかもしれない, んどき来ていつ, んどき飛び込んで来る, んどくんと, んどころぢやない, んどさどうしよう, んどすいうて訊く, んどすたれ石油一般に, んどすやろか, んどっかが心持, んどっしゃろか, んどよ今度ばかりは, んどりで二人は, んどりなんだ, んどりもさう言はれ, んどれ丈手伝いどれ丈勉強するかという, んどんどんどんどんとさかん, んどんなにうれしかったでしょう, んどんより鼠色に, んどん一流の百貨店セリフリッジ, んなあにちっとばかり, んなう云うて, んなえ田舎珍らしい, んなかには涙を, んなかドサリドサリ伸びて, んなか両手をコウ, んながいことあられ, んながらもともかくその, んなさツた, んなさいまし助けておく, んなさいますまいか, んなさい先立ちますまた万年町, んなさい急いじゃ駄目, んなさい許しておく, んなさい黙ってい, んなさらなきゃア私どもが, んなさらなけりゃア私イハアお前さんがたを, んなさるだかね, んなさるだろうと思っ, んなさるでしょうね, んなされよ, んなされませと甘味, んなさんしと早速, んなしゃいと申しました, んなじだね, んなじだったって云う, んなじですわね世界じゅう, んなすつた恩は, んなすったでしょうか, んなすった阿母の, んなすつたんだ, んなすつたらぢいさん, んなぞといふもあり, んなぞにあんたそない, んなぞをくださりました, んなつちまふ, んなという示威運動を, んなとは気に入ったね, んなとも称する, んなとやらがこのうち, んなどが度外れに, んなどもまことに心, んなにかの芸, んなにせ同権な, んなにせよほど熟練な, んなにとぞいつまでも, んなねっす, んなはは私も, んなはればおま, んなへへん, んなましいう事が, んなますな黙っ, んなもすこし打明けた, んなよとあれほど, んならあっしゃもう今, んならあぶのうがす, んならあんやん唄うちみ, んならいたように, んならいってくれ, んならいつそ監獄に, んならおりゃ一番に, んならかまわず盛んに, んならかまわないけれど, んならかまわねえがお前, んならきいて見る, んならこられんで代り, んならごしいきに, んならして上げよう, んならしくもねえこっちまでが, んならしたってしなくっ, んならしねえことも, んならしゃべったってしようが, んならするがいい, んならそいでいい, んならつきあうわよ, んならつれて行つた方, んならできるよ, んならですね, んならとめられないことかも, んならない様な, んならなけりゃいけないんです, んならなるんでその, んならのけるように, んならはつきり云つて御, んならふん縛っといても思い, んならぶちまけますが今度, んならほくの生命, んならもつとはつきり, んならやったがええ, んならやめても構わない, んならやりますがその, んならわかるが縁起, んならわけないですね, んなら出て来た, んなら分るけれど, んなら動くの当りまえ, んなら取って上げよう, んなら取り寄せて, んなら取次ぎますわ, んなら喋りながらこれ, んなら売るんで, んなら寄ってくれた, んなら居るで可いが, んなら帰ンねえ, んなら帰ってくれ, んなら帰らないでいいから, んなら怒りなさいよ, んなら思いきってひとつソヴェト, んなら慣れねえ素人には, んなら拝んでもやります, んなら探すように, んなら放ぽり出し, んなら教えるべ, んなら数え切れ無え程, んなら書いて下さい, んなら書き直すんでもっと, んなら構わねえから東京, んなら次ぎの下り, んなら止めませうよ二三日口, んなら歩いて行ける, んなら死んだ方がよ, んなら殺してしもう, んなら決めなくては駄目, んなら燃えしきる焔の, んなら知らぬことこの, んなら置いてらっしゃい, んなら聞えてるが一時融通, んなら聞かせてください, んなら聞こえるはずだ, んなら蒸して上げます, んなら行くとして今夜, んなら行ってやる, んなら解ってるが旦那さん, んなら言わなくてもいい, んなら買ってもらっ, んなら起きて出迎えろ, んなら起してき, んなら開けてくん, んなら黙つてゐ, んなら黙っちゃいません, んなりに在来の, んなるほど此話し, んなんかとは云わないで, んなんかの働くには, んなんかもその口, んなんての趣味は, んなんであの時, んなんと説明致しませう, んなんらの確証, んな取るに足らぬ, んな掘出物が, んな曲った事で, んな気取つてゆく, んな疑ひをかけられる, んな破目に, んな立入った質問も, んな葺き方に, んにかけてはほとんど子供, んにたいするていさい, んにだけ聞えればよ, んについても京丸で, んにつけてあつた, んにて話に, んにとってかえした, んにとっては確かに, んにとりかわって, んになあ毎日でも, んになど今更の, んにねあたしが, んにはとの答えのみ, んにばかり苦労を, んにもと云ふより, んにもの懶く, んにゃの恐しゅう歯, んにわかに少しく変わりたり, んにわたって咲耶子の, んに対して憤つて, んに対してといふよりはむしろ自分自身, んに対しては一目おかなけれ, んぬけた歌ごえ, んねえお比奈さん, んねえだけのこんだ, んねえとは寛怠, んねさ常夏け, んねたければ外, んねという返事に, んねなどと話すと, んねのに酒なんどな, んねはつけよいい, んねむくなる, んねる二十六, んねんかおみちすじ, んねんが附いて, んねんというのであった, んねんなアと, んねんなあと止めだ, んねんには読みましたが, んねんもない人, んねんわ奈良い行く, んのうもきんのうでしたがね, んのかべにおそろしい手, んのかもしれないが, んのが気が, んのけえ, んのさと間接に, んのじゃないか, んのせそんだ, んのぜにさしの, んのでがつかりして, んのでねえと言われる, んのでねなんて勿体振つた, んのでのそれどころかここ, んのでのうばばの, んのでへエ, んのでナアハハハハハ, んのとすては, んのといふことを, んのどっしゃろなあ, んのにと思うこと, んのにねひどくすごい, んのねえ行きましょうよ, んのみとかなかば無意識にも, んのみとてあたかも郷里, んのも同情を, んのよなあそれから泣き, んはかへつて, んはかっても一分, んはからつきしねんね, んはがつかりしました, んはじめ奴が泣い, んはじめ腕白どもも駈け出し, んはたして文法に, んはっと胸いこたえる, んはつきりしたこと, んはとか言って, んはどや知らん思, んはなはだしきは相互, んはにやり笑, んはのこ, んはやあい食辛抱と, んはやく行け, んはよけんと, んはれぬながめ, んはをぢ君の, んばかりしかもらわなかった, んばかりじゃあなたが, んばかりで籠って, んばかりにて全身海水に, んばかりにまであなたと, んばかりは僕の, んばかりへもどつてきた, んばかりを誘ふと, んばっかりや, んばっかりかかいって, んばっかりじゃないでしょうまだ, んばっかりも役にゃ, んばっちどうしやす, んばってまず予想, んばってんわしだけ上, んばってん恵比寿ならご, んばてれんでさえ殺された, んばの葉, んばりばりと板, んぱいの小林少年の声, んぱいぶってあれこれとおしえ, んひそひそ話をし, んひとから見ます, んひとたびその平生, んひとたび火の洗礼, んひとつには怨霊, んひとりでに血が, んひどかもん売っ, んひどい風ね, んひどくでっかい彫刻, んびっくりしたし, んふしがある, んふてきなポケット小僧, んふるうのだ, んぶくと単調, んぶくれをし, んぶり泥の中, んぷの下へ蚊帳, んへんですよ, んべかな恁し, んべから汝そつち, んべけまあ見, んべなどは夕日が, んべね腹立たせんな, んべやお化けの, んべら坊としてる, んべろ茸生える殖える, んべんでおまけに, んぺいじいのにわとりを思い出して, んぺいじいの家から祖母, んぺいじいはいつでもはげた頭を平手, んぺいじいは去年の冬, んぺい夫婦は草, んぺんと称され, んつと勇ましい, んほうぼうを, んほしいという, んほどぞ浮きたる, んほどは引もどす, んほどはと家に, んほどを目にも, んほほほ, んほほほほほ, んほらたふいとぬけ, んほんとはありがたい, んほんのこの目と, んぼうものだ, んぼくらはかつて, んぼやいらくさ, んうん, んぽうし, んぽたぽたぐらい, んまああまり考へない方, んまあともかくわたしの, んまいだぶなんまいだぶ, んまお一つそう, んまくわはそれ, んまことに本懐至極の, んまさかの時は, んまさき小供, んまじめにお尋ね, んまずいと思わせる, んませんね, んまだいくらでも鯨は, んまだこれからでございます, んまだぴったりと現実, んまったのでしたろう, んまったく少し心細い限り, んまっぴらです, んまでがまねを, んまでにして, んまでもなあ諸君せめて, んまでを自分の, んまもなく江戸へ, んまるく四角い弾力に, んまるく大きい光ったもの, んまるく大きく顫え, んまるく小さく縮こまつた霓博士, んまるく深い靨が, んまるっこくてさ, んまるでまあ失礼な, んまるまるるるん, んまれた, んまわす日本左衛門, んまわることが, んみじかきこの世を, んみじめなもん, んみぞれ雑炊, んみっちゃん, んみつともない, んみつちり句も作らなけれ, んみづから出る, んみともない, んみな失敗です駒井さん, んみんなわたしを嫌います, んみんな二束三文に売払っ, んみんな坊っちゃんのため, んみんな墨で描いた, んみんな寿命でございます前世, んみんな山からふき出した, んみんな木っ端のよう, んみんな申上げます, んみんな白骨温泉の炉辺閑話, んみんな金のため, んむかし加賀の千代女, んむかし熱かりし心, んむさし屋の, んむさ苦しい姿です, んむしろ小説体に, んむつかしい事書い, んりっと, んめえな此んで怪我, んめかしたわびを, んめさるなよ, んめし諸, んめづらかなる, んもうけた金を, んもうこの辺, んもう多分永久に, んもう決して足踏は, んもごうごうごうごう弾きつづけました, んもしかしてわたしからの, んもしひょっともしひょっとあゝもしひょっと, んもしもし番頭さんお, んもしもつと悪い状態, んもし仮にあれが, んもし相当多数の, んもったいなくも一人, んもっとはっきりおっしゃって, んもっぱら優美に, んもつと, んもてきづかれし墓, んもとより大小の, んもと安房国清澄の山, んもと柴田家の浪人上部八風, んものあはれ也とは慈鎮, んものこれが, んものぢや, んもので俳優に, んもの一寸は来られない, んもの位にて意, んもの何です一体, んもの可恐くって, んもの妾の食, んもの後ろへ後ろ, んもの敵討の処, んもの文士の著作, んもの此處に微塵, んもの瀧口爾ならで, んもの片時も忘, んもの皆無とはあるまい, んもの貴方はお, んもはしたなり, んもほどがあるし, んもめんで頬かぶり, んももゆるさんだ何, んもりした空気が, んもろもろの災難, んもんじゃからなあ, んもんだつた, んやあねえ, んやうぢや, んやう御願ひ申します, んやう立派な不具, んやくざ者でそれでも, んやさしい声で, んやったら出て行っ, んやったら慌てて拵え, んやったら止めてもええ, んやったら知らせたらどない, んやっとこな, んやつ不孝者じゃな, んやで竜吐水が, んやとして居るが, んやないでエ, んやなんて言つてその, んやね旦那, んやほのん, んやむを得ず洋髪な, んやめだ, んややともすると母に, んやらがしだらなく, んやろいうて私うち, んやろ執こいえな, んやろ待つて, んやろ思いながら, んやろ思いますねん, んやろ思ってアパート, んやろ空惚けててもちゃんと, んゆうゆうとし, んゆえお腹立でもございましょう, んゆえそれが忙しい, んゆえに塚塔中に, んゆえ三人の悪者, んゆえ久離きって, んゆえ何うなすった, んゆえ先ほどから不審, んゆえ先刻から検屍, んゆえ十一歳の時, んゆえ半信半疑に聞い, んゆえ圓次は右, んゆえ明早天出立致す了簡, んゆえ此の縁談, んゆえ永井喜八郎から用達, んゆえ誰あって, んゆえ起上って手水, んゆゑ無分別とは知り, んよい手蔓も, んようやっと持上った, んよう人家の門, んよう何の様, んよう内聞にし, んよう朝晩凶事なく達者, んよう立派に名乗り出, んよう自ら身分を尊び, んよう落着いて, んよう衆人に代っ, んよきをしたがえられ, んよしいかばかり勇むとも, んよしもなしと, んよしんば事実に, んよそへ出たく, んよっぽど損な, んよとだけ言って, んよとのことでした, んよなど厄鬼に, んよなんて拝んだり, んよの一言に, んよのう源兵衞, んよりとした曇り日, んよりとして北国の, んよりのお言, んよりはとはその時, んよりはねがわくば, んよろしく敬遠黙殺の, んよろしゅうないから, んよをかしな, んよんであげます, んよんどころなくこうしてお, んらしく述べ立てる口上を, んらそれ以上のするべき, んりでありますから國務大臣, んりょうしたの, んりんごをひろつ, んんでせう, んるいに, んれいの式, んろくな者と, んわいな小前の, んわがこの言葉は, んわが子は敵, んわが身が一夜, んわくようなひびき, んわしゃお前さんから助けられた, んわずかなすすぎ洗たく位この, んわたくしどものため, んわたくし自身もまじめ, んわたしたちがこうして, んわたしどもこそお嬢様, んわたし自身の鼻, んわたつみの配, んわなあ父はん, んわなと彦太郎は, んわなど洒蛙, んわねと云って, んわのうお雪, んわれらに末期, んわれわれ火星人は物, んわれ彼を嘉納, んゑんがやつり, んをかぶつて, んをからかつてゐた, んをだに忌わしと, んをというのが, んをどえらい嫌うとる, んをばわれまた, んをやとございます, んを以て斬って, んんとついた, んん何よ元, んアイヌ一変せば, んアカイアの若き, んアネットを殺し, んアノ服を着けた, んアメリカだって御, んアレ又止った, んアヽヽ松葉の中, んイエまア又, んイギリスの姫, んイヤナニ是は怪しむ, んエこれが嬉しく, んエロ芝居ですね, んエンジンが破裂, んオホホホ式であって, んカンナの漢名, んガネと言う, んガネヒマになったら, んキチン屋のガリガリ, んグッとさ, んグルリと体, んグレーでもカツレツ, んケダモノだ, んコソ泥です, んコッソリ歩いても, んコレお國, んゴムの生命, んサア既に斯, んサア是だけ聞け, んサア道さん私と一緒, んサア道九郎君嬢は全く, んサキなら尚, んサヨナラって, ん実に, んジャックお願いですわ, んジャヴェルを殺した, んジーナとスパセニア, んスウともピイ, んスグ行って, んストオリーなどは問題, んスパセニアだったの, んズッと出, んズーと酔っ, んセエヌの畔マロニエ, んセメンが一部, んセレナーデを覚えさせられる, んセンイ類や藥品, んソバを買, んソミイルのむす, んソレ香料の袋, んゾッキ屋某へ抵当, んタア何じゃい, んダイヤ族の首狩, んダンテはこの, んチウタラ打出の小槌でたたい, んチウテ遺言されて, んチウ事を小耳, んチウ言葉はこれから, んチューのか, んチヨツト疲れて, んヂヤ今日は大勝, んていふ, んツイ一ヶ月ばかり前, んツイ今しがた警察へ電話, んテウーイ女なんテ, んテバと口ごたえ, んテ私は大嫌いサ, んデンマーク人は戦い, ん思ひ僻めつ大, んトラはぜんぶ, んトランスレートしては, んドイツ語ばかりは苦手, んドウゾ御慈悲, んドチラへつとめまし, んドレ拙者もお, んナゼ早く買いつぶし, んナンセンスかまあそう, んナンテいう奴, んネイかあ, んネーと意味, んノンビリさんの, んハイ私はそう, んハッとし, んハムレットの懐疑的, んヒマラヤの雪, んプロペラがまわりはじめた, んヘイ何方のお, んヘエ御免なすって, んヘルツェンシュトゥベなんかのこと, んペーリュウス騎馬の老, んホイッポて何, んホイツスラアの為, んボルネオは健康地, んポウと一つ, んポヤポヤした狐, んマこれはもっとも, んマア癒るまではと, んマドロス君が先発, んマリ子しゃん, んムク犬もまた, んムムムさうか, んモノである, んモリイシャしかしまず, んヤソ教は仏教, んヤットお眠り, んユニテリアン宗一変すれば, んユートピアへと叫んだ, んハンは, んレコードをかけ始めた, んロシアも一目, んロック鳥の卵, んワねえそうでしょう, んワネ私は, ん一それが私, ん一つ処に置い, ん一つ奮発して, ん一つ言をいっ, ん一二ケ月経ってから, ん一二度廊下でお, ん一人息子の清次郎, ん一人者ですから, ん一切の事物, ん一切わたしの方, ん一号と二号, ん一合取っても, ん一同は去, ん一向知りません, ん一国民の耐久的修養, ん一大事どうしよう, ん一子剛一の今, ん一学っ新手, ん一家遠国へ流転, ん一幕もあり, ん一度外へ出, ん一心に男の, ん一急なこと, ん一所に食べよう, ん一攫千金お茶の子の朝飯前, ん一方に新, ん一日にも書けません, ん一日母と娘, ん一時頃でしたけど, ん一服しよう, ん一点の汚, ん一片位僕にも裾分け, ん一生恩に着ます, ん一生涯を旅, ん一番大切な事, ん一番正直な雌, ん一筋道の里, ん一箱で一両, ん一致もこの, ん一茶以前に一茶, ん一葉ぐさ月にや花, ん一行の書, ん一角は狽, ん一足も退く, ん一通りわしのいう, ん一週間ばかりのうち, ん一面白妙なん, ん丁寧に封筒, ん七ツの時, ん七分弱の入り, ん七十二の疑, ん七景は霧, ん七足袋は製作, ん万が一間違っても, ん万一のため, ん万一さもなき節, ん万人ひとしく注意, ん万次郎さんとは仲, ん万歳の一つ, ん丈夫の死所, ん三人に引きずられる, ん三八ですと, ん三八さんのお, ん三冊或は五冊, ん三千円や四千円, ん三国港でもありません, ん三島江に生, ん三日目エの晩, ん三百六十のひとつ, ん三等車の隅, ん三芳君が二度目, ん上方見物はかこつけ, ん上本町のあと, ん下の句出し給へと人々, ん下心なりし, ん下手人は思い, ん下等な人間, ん下谷辺へ来る, ん不二夫君といいました, ん不便とや申すべき, ん不具にも為れなけれ, ん不可い不可いよ, ん不吉な前兆, ん不器量でも同役, ん不如意は人生, ん不孝不義の不, ん不安らしく考え込みたる後兄弟, ん不幸とや云わん, ん不幸者は唐天竺, ん不徳な行為, ん不思議そうな顔, ん不意打ちだった, ん不断から手癖, ん不用ごろが一番, ん不良やわ, ん不行跡です, ん不調法が有ったら, ん不通だ, ん不馴れなもの, ん与謝野君ですか, ん世帯染みたことを, ん世話たい, ん世話ぢやがねえ, ん世間並みのゴザ, ん世間様へお, ん世間樣へお, ん両人で手, ん両君は実に, ん両手は塞, ん両方から合せ, ん中あたりは廣, ん中のは佛事法事, ん中五つづつ並べて, ん中国で毛利, ん中夕景近いと, ん中央山脈の中, ん中根は早帰り, ん中気の病人, ん中津川の景蔵さん, ん中神田向柳原, ん中納言のお, ん中雨がふつ, ん丸い眼玉陰影の, ん丸山の御, ん丸部さん丸部さん貴方も口, ん丸部さん私は大変, ん丸部さん貴方にはおさらば, ん主家の恥辱, ん主家伊太夫のため, ん主義でして, んと一緒, んで中, ん乃ち曰く若し燕王, ん乃公の腕前, ん久しく待つ扶揺万里, ん久しぶりで紋付, ん久兵衞の野郎, ん久助さんに間違い, ん乎伝記の一つ, ん乎余は高, ん乎妾に資, ん乎彼の一生, ん乎復興は世, ん乎教会は直に, ん乎文盲人の不便, ん乎本校の意, ん乗物といっ, ん込んで, んを討たん, んの字, ん九州で生れた, ん九月の二十一日, ん九死の中, ん乞食同様になっ, ん乱世に乗じ, ん乳母がお母様, ん乾坤の意, ん予備知識が却つて僕, ん事ニなり今, ん事今日に到っ, ん事他から医, ん事兩刀の曇, ん事前にこころみまし, ん事務の受持, ん事実はすでに, ん事実神楽は道楽, ん事實を知つた, ん事思いも寄らず, ん事情を聞きました, ん事愁らや何事, ん事故爲方も無い, ん事斗御も, ん事旧来御恩, ん事業から手, ん事生前の面目此上, ん二つ三つ四つ八時か否, ん二つ三つ慰めの言葉, ん二ツ井戸のおこし, ん二三度とっくりと聞かせ, ん二三歩先に立った, ん二人おいでになりました, ん二十七日の晩, ん二十四五年前にお, ん二十弗の方, ん二十面相はそうして, ん二声ばかり泣く, ん二本ありとならば, ん云々さるを宝永三年根津左衛門, ん云うて宿, ん五つはんいつもの, ん五八さん大きに御苦労, ん五六日前から山の手, ん五匹いるわ, ん五千の寄せ手, ん五百草も千草, ん五秒過ぎた, ん五郎さんがおさえ, んったお父さん, ん交代の銃手, んから江戸, ん人々はわが, ん人あれへんで, ん人たちはそれぞれ, ん人事とは思はん, ん人体でした, ん人増しのこと, ん人心の変化, ん人材である, ん人生は苦悩, ん人目にかけない, ん人相がある, ん人等の考, ん人許りでご, ん人道問題ですよ, ん人達が多い, ん人間一疋乗れそう, ん人間正直はいい, ん今おいくつ位に, ん今にも追出され, ん今一時の快楽, ん今一首歌よめと, ん今井さんに入れ, ん今土地を見る, ん今夜音羽へ行っ, ん今娘が入, ん今家へ行ったらつかまる, ん今後もあなた様, ん今後注意せよと, ん今日お婆さんがお湯, ん今日親類方に寄つて, ん今日限り離縁する, ん今晩わたしは一つ, ん今晩一晩が一生, ん今殿様と一つ, ん仏道修業が自分, ん仔細はあと, ん仕事ギューギューで, ん仕業だ, ん仕様が無い, ん仕立ましたばかり, ん仕立屋がズボン, ん仙太郎親方も万年町, ん気の, ん代わりにゃけっして, ん以上官吏執務規律にある, ん以外の人, ん仮になんじの, ん仰せにご, ん仰天せざるを, んと違う, ん仲達が逃げ, ん伊万里ですと, ん伊東の放言, ん伊津丸殿はおいで, ん伊那丸の幕下, ん伊香保のお隣室, ん伊香保饅頭は温かい, ん伏勢があった, ん会議さ, んと嫁, ん伝兵衛さんお前とわたし, ん伝吉さんはそんな, ん伝記の中, ん伯爵切手入れの中, ん伯父と兄, ん伯父さんのできる, ん伯父上はたしか, んにつれ, ん伴天連おれの念力, ん似顔へ吉野紙, んだ其の, ん但し貴方は, ん位野陣見るよう, ん低く腰かける装置, ん佐吉さんは昔, ん体つきからそう, ん何うしよう困った事, ん何かと御苦労で, ん何せよほど熟練な, ん何となく人が, ん何とも名状の, ん何れ何処かの島, ん何彼だって好い, ん何所かの貧民病院, ん何日入って, ん何時でもお, ん何時の間に私の, ん何時もぶりぶりして, ん何時何人の手, ん何様な事, ん何物をか呑ま, ん何番目の娘ちゃん, ん何等の委細, ん何者に対しましても求めざる, ん何蕨でも生えてりゃ, ん余儀なさからの, ん余所ながら五八, ん余裕もなけれ, ん佛壇の中, ん佛樣にされる, ん作物の凡, ん使いに出す, ん使ったってもべつに, ん例へば吾等の, ん侍女たちの中, ん供先を妨げ, んは敗北, ん便ち以, んに混じ, ん保護せんけりゃならん, ん信仰であります, ん信号もかかげ, ん信子さんとこに寄せ, ん信州者だとも, ん俳優の尾張屋, ん倉子は今, んは罪人, ん個所には字, ん借金の当, ん値段ぢや, ん偉業を果す, ん傑作ですよ, ん助広小路, んに探り寄せた, ん僕たちは宇宙, ん僕なんざ年の暮, んでも五, んは宮方, ん元手が出来た, んの云う, ん兄さん姉さんも草葉, ん兄貴が死に, ん充分顔を見て, ん先づ日清間は如何, ん先代から御, ん先刻アノ何が, ん先刻貴方は本堂, ん先天的に怒る, ん先待給へと止め, ん先生あなたが悪い, ん先生わたしが踊れるなら踊っ, ん先祖へ対し, ん先祖代々の禅宗, ん先約があります, ん光丸さんのいなくなった, んだちゅうたら, ん児供が中毒, んらっしゃいましよ, ん入りの旗本, ん入れられたらうな, ん入れられたろうな, ん入牢申附ける, ん入獄の後之, ん全員総上陸, ん全部を想像, ん重さ, ん八五郎親分を三日, ん八十歳の住職, ん八幡さまの池, ん八百やの, ん公高は私, ん六日におめでたい, ん六月七日の晩, ん六月十五日の夜, ん覚え侍らず三条河原, ん共々に打ち, ん共和党早くも, ん共存共榮と云, ん兵衛なかじま, ん兵隊に手, ん兵馬の手, ん其他の手段, ん其前は局面何, ん其女といふは背, ん其子供は即ち, ん其手近くせられて, ん其時分にはもう, ん其時汝等は福, ん其月の二十一日小學校時代, ん其様な事, ん其歌にさ, ん其証拠とも云う, ん其道徳文學等も良く, ん其間私は一日, んて聞きたる, ん内儀のお, ん内儀さんに怨, ん内分沙汰に致す, ん内緒事という, ん内部抵抗のつよい, ん円い赤い月や, ん円く白い雲の, ん写真もない, ん冬村さんと四人連れ, ん冬物の仕度, ん凄腕や, ん几帳面な男, ん凡そ此等の, ん処格別のお, ん凶日に旅立つた, ん出したたあちゃんと, ん出しただ百姓が, ん出しちゃったんだ, ん出そうと思いやし, ん出ればそれで, ん出征なさる前, ん出戻りで肩身, ん出来たが四月, ん出来なかったのでね, ん出来なくなってきた, ん出頭せよと, んに横たえる, ん切めて小梅, ん切角の伊太利, ん初めてのお客, ん初端から終り, ん初茸でも何, ん初鰹の頃, ん判明したこと, ん別してお俊, ん別に何の, ん別家も同, ん別離を告げる, ん利子の内金, ん前多くは土, ん前日雪が降りました, ん前津小林の方, んよ, んを甲板上, ん剣術も心得ません, んを多量, ん剽窃をも試みなけれ, ん加はりその上, ん加寿子さんゐなけれや, ん努力ばかりぢ, んばかりで治まる, ん動きもしません, ん勘弁して, ん勝ち負けを心一つ, ん勝手にしろ, ん勝政どの勝家公, ん勝負事は時, んを含ん, ん勢ひで巻き起つた, ん勤め奉公でございますから, ん勤王の方, ん勾配はどの, ん勿論まだ私の, んが, んではございます, ん包み兼て白状, んひにな, んすること, ん北国人の鎧, ん北畠信雄に属する, ん匹夫だ, ん医者はんや, んだけ白い, ん十一位でしたろうか, ん十一年あとの八月二十日, ん十七字を二, ん十五日に立ちます, ん十八文の藪医者はん, ん十円に売れ, ん十分で弱りきるまで, ん十日ばかり前お, ん十日以後は, ん十月の二十八日, ん十石三人扶持御作事方賄い役, ん十秒立った, ん千両といいてえ, ん千家一鉢の食, ん千萬人の心, ん午後の部, ん半ちゃんが往, ん卑下を, ん卒業試驗の優等證, ん南条様にお目にかかりたい, ん南瓜がちっと, ん南瓜畑の物置, ん南部の藍, ん単に身体の, ん単に逐一比較し, ん博多へ帰ろう, ん博奕の宿, ん印刷所も飯田町, ん印度美人の自慢話なぞ, ん危なかったな, ん即時に止めましょう, ん即時成都に還れ, んて私利私慾, ん却って只見る方, ん却って後で生木を, ん厄病だよ, ん原口作左衛門が死んだ, ん原子力を使っ, ん原子爆弾によって私, ん原田さまお一人, ん原田さんは着座, んがらせでも, ん厳粛沈痛なるもの, ん去れど何処, ん及び甚吉続い, んをおも, ん友さんは死んじゃった, ん友造君を迎え, ん反対療法に如く, ん叔公御機嫌ようと, んがうまく, ん受けついだという, ん口惜しい入らつし, ん口数に及ばず, んさとの, ん古いもんで, ん古人の教え, ん古城の方, ん古着屋か知らん, ん古藤さんがね大急ぎ, ん古銭研究会の幹事, ん叩き殺して, ん只人の噂, ん叫び声を立てよう, ん上る物, ん可愛がるだけ, ん可愛い可愛いわたしの, ん可笑しかつぺなア, ん台所へ入り, んつても, ん叱っても叱っ, ん右様な者, ん合羽をお, ん吉原とさえ言え, ん吉親子の顔, ん海同胞です, ん同僚横井源太郎の死, ん同情ストライキそれはいけない, ん同衾をなされ, ん名刺を書く, ん名声を高めた, ん名将の供養, ん名残を惜しん, ん名義が廃ります, ん名高き月花をなど, ん吐くんです, ん向うは馴染, ん向う様のお, ん向えにジョン, ん向きがお, ん君子の徳, ん君等はつまらぬ, んかの雅之, ん吾何をか懼れん, ん吾信州教育界の名誉, ん吾等は潔, んの参謀, ん呉服商人が来, ん味噌汁などことに, ん呼吸がみな発句, ん命運に委ねられ, んだ, ん和肌に, ん咎めやあらん, んいでげすから, ん咲耶子の一指一揮, んかへる, ん咽喉を締められる, ん哀れとや言わん, ん品川の女郎上り, ん哉乃ち商工省特許局発行の広報, ん唄どころじゃない, ん唖頑聾或は悪い, ん唯もう御覧の, ん唯もう何となく怖くて, ん唯今ふッ, ん唱えながら摩する, ん商人が大きく, ん商人衆も泊り, ん商買はない, ん啓之助のこと, ん啻に後代の, ん啼いている, ん善きを挙げ, ん善縁悪縁にかかわらず, んを突い, ん喋舌るのに, ん喜六やお前, ん喜劇に一個, ん喧まし人は矢張, ん嘆美でもありません, ん嘉吉がころり, ん四へん稲びかりから漂白される, ん四ツ目屋の新, ん四ツ足あなん, ん四五人木遣で曳い, ん四五度行馴れて, ん四人とふたり, ん四十恰好の少し, ん四国を歩きます, ん四年已前に死, ん四日目になり, ん四月以降相当でした, んは一, ん因州鳥取あたりにその, ん因果やさかい, ん因業なやつ, ん団子と申した, ん団子坂の角, ん図らず此処で, ん図面を一つ, ん固いといった人, ん国家ありての, ん国表に於, ん国際性を失つたかわり, ん國語學が重要, ん園さま我れに, ん圖書に済まん, んをできるだけ, ん土佐画にやあらん, ん土浦にはどう, ん地の利を得なかった, ん地主が不, ん地唄の秋色, ん地獄は怖, ん地獄絵のあと, ん地球よりもずっと, ん地者の達者, んもすぎた, ん坊ちやんが生き, ん坊ぢや斯うだつ, ん坊っちゃんが生き, ん坊やは強い, ん坊共の毎日, ん執着には違, ん堀江克之助と申す, ん堂上方から出, ん堂堂とどこ, ん堅いお屋敷, ん堅きもの二三個入れおけり, ん堪忍して, ん場所ではない, んですから, ん塩梅で十二時, ん塩気で締まっ, ん塩物をやった, ん塵一つでも盗めない, ん境地にただ今, ん境遇に立つ, ん墓どころじゃないでしょう, ん墓場に葬式, ん墓穴もかくや, ん墨光を放つ, ん墨染めに霞, ん壁虎のよう, ん士道が立ち, ん壮士連の中, ん売られた喧嘩じゃったらしい, ん売人に確, ん変って自然, ん夏子の丸い, ん夕暮に再び, ん外のは随分, ん外部ばかりの話, ん多分そうでしょうよ, ん多少の効果, ん多彩な万華鏡, ん夜なかにたべさせる, ん夜中になる, ん夜光の短刀, ん夜具蒲団はちゃんと, ん夜明けまでにさえ金子, ん夜昼かけて, ん夜更の事, ん夜更けになっ, ん夜遊びの歸, ん夢むる如き目, ん大きなる熊, ん大事であると, ん大井広介に似, ん大体便所の汲取口, ん大俗でただ, ん大分に嘘, ん大国に頼らなく, ん大変よ大変, ん大変愚図だね, ん大夫是はどうか, ん大好きです, ん大姉樣は上野の, ん大屋が云っ, ん大層おいしいから, ん大島の紺がすり, ん大悪非道の, ん大抵人殺は, ん大概英語でやっ, ん大江の水, ん大江山さん貴方は隠し, ん大河の堰, ん大河湖沼が乏しい, ん大砲を一発, ん大神は富貴, ん大義を四海, ん大胆に細心, ん大船に乗っ, ん大藩の御, ん大蛇の火, ん大谷千尋は再三, ん大路の霜, ん大通りはつい, ん大道からお, ん大雪の年, ん天ぎわから地上, ん天下後世の識者, ん天地間の重大事件, ん天晴だぞ, ん天色大気も殆ど塵境以外, ん天運です広い, ん太公望様それ自身の本心, ん太刀に, ん夫人の心, ん失敗だって何, ん失敗談だがね, ん失望しても, ん奇妙な魚類, ん奇陣をく, ん奈何などいへり, ん奈都子女中になっ, ん奥方様よりもわたし, ん奥村どのにもなお, ん奥行は存外, ん女さんは俳句, ん女の子でございます女の子, ん女一人を夜中, ん女中めいめいの影, ん女子に病ん, ん女子供はましてそう, ん女子蛆のうめきな, ん女房はどこ, ん女牛の乳, ん奴どもだ, ん奴めと表向き, ん奴らを叩き倒し, ん奴エエ面倒だっ兄貴, ん奴金を持っ, ん奴隷それ名流なるを, ん奸臣に迫らる, ん兒よ, ん好々爺で年がら年中, ん好き処ありとも, ん好き處ありとも, ん如斯な狭い, ん如月の寒, ん妊娠でないこと, ん妖怪や狐狸変化, ん妖言浮説は止め, ん姉さん此の玉子焼, ん姉様確かりして, ん始めからお, ん始末なん, ん始末それに今お前様, ん姿見の前, ん娘何んで袖, ん娘気に思い違い, んがね娘, ん婆さんやったが, ん婆さんお前は口, んだって言います, ん婿どんじゃけん, んにとらん, んひ, んれしさ, ん嬌媚の体, ん嬢さんの御, ん嬢ちゃん何うも, ん子どもとてなし, ん子供たちにまで, ん子分たちは無理無体, ん子等である, ん孔明その人, んを書い, ん字四つ瓣の花形, ん存分に御, ん存念其企も既に, ん孝助様後で御, ん孝慈ならば, ん孤児じゃない, ん孤帳の寒檠, ん学問は実地, ん学者でもそう, ん学術的とはいわれません, ん孫めがお, ん孫兵衞さんお前さん一寸御, ん孫奴が畏れ多い, ん孰方から仲直り, ん宅助に聞い, ん宇宙は狭い, ん守将まで助け, ん守旧家流にも貴ぶべき, ん安兵衞どん能く考え, ん安息の疲れ, ん安楽椅子でちょっと, ん安物ながら博多, ん安田一角は喧嘩, ん宍戸改造の人, ん宗之儀彌, ん宗悦が無礼, ん宗教的にはなかなか, ん宗輔からそういう, ん宗門は累年, ん官吏がええ, ん宛のにやき, んく私, ん宜いか又御, ん宜しきようにと, ん宝ものにし, んを云う, ん実業家なんぞ, ん実隆所持したところ, ん実験室に付き物, んを品物, ん客女を二階, ん家中の大, ん家名相續は何とも, ん家屋税は毎, ん家庭料理へ生活費, ん家政婦の気狂い, ん家来がやる, ん容態ですから, ん容捨がなり兼ねる, ん容色風采この人, ん宿にお, ん宿屋の下婢, ん寄合にも上席, ん密旨に忠義, ん密林なの, ん富士見で, ん寒く雪や, ん寝巻のまま, ん寝言みたいな変, ん寿命が尽きねえ, んを解い, んにその, ん将軍どうか首, ん将門に睦びて云, ん尊い古人の, ん小さい時に, ん小さな堂が, ん小児に乳, ん小党でもすべて, ん小名路の花屋, ん小学校のあの, ん小川様のお, ん小川町に講武所, ん小座敷には酒肴, ん小松殿の嫡男, ん小林少年はやっと, ん小母さん冷やかしちゃ, ん小生が最愛, ん小町の晩年, ん小禄でも宜しく, ん小紋の変り裏, ん小細工に引っかかっ, ん小言を云っ, ん小高いところの, んォしで, ん少なくも広大な, ん尚も最後の, ん尺八の音色, ん尺素往来にいふ, ん尾頭つきに何, んの平気, ん屁理窟を言, ん居留守をつかっ, ん居酒屋へ帰れ, んにも及びますまい, ん届かん事で, んで出逢う, ん屋敷は相馬, ん屠蘇の春, んのひくい, ん山ざくら風よりさき, ん山の端もなし, ん山中へ何, ん山口殿二人でここ, ん山岡鉄太郎や松岡万あたり, ん山廬の我, ん山持たん者ぢゃ話にならん, ん山河の流れ, ん山田伸吉とロンシャン, ん山賊が団楽, ん山邊にも啼く, ん山里は月出づる, ん山門をひらく, ん山風が出, ん屹度伯父に話, んつ引, ん岡山がいか, ん岡崎街道でああ, ん岡村に頭, ん岡村由兵衞の枕元, ん岡田村だけで一万八千円, ん岩手の子あはれ, ん岩本さんのところ, ん島コロンボ市のことに, ん島コロンボ市マカラム街の珈琲店キャフェ・バンダラウェラ, んの中, んの中, ん川留めになる, ん川破りをお達し, ん工場がなけれ, ん左様さ投捨て仕舞いました外, ん左樣覺られたからは, ん差し出口たたかんで引き下がっとる方, ん差出人は旅川周馬, ん己達の本質, ん之松さん, ん帆村探偵が声, ん帝室内閣は党派, ん帝王の都, ん帝銭十万貫を以て蛇処, ん師匠は先刻, ん師匠失敗ったのに, ん帰命稽首敬って, ん幅三尺ばかりなる, んの半ば, ん幕府の方, ん幕金襴ぶちの, ん幕間にでもやっ, ん平に御勘弁, ん平一郎さんいけません, ん平地ありしと, ん平気で行けます, ん平田大人ではお話, ん平等でないと, ん年頃のこと, ん年齢にはかてず老い, ん幸福でした, ん幸雄さんのたより, ん幼齡の, ん程おもい直し, ん幾らひょっとこ見たよう, ん幾ら堀っても金, ん幾ら金を包ん, ん幾口もございます, ん幾日分もございません, ん幾晩泊るつもり, ん幾百年此の底, ん幾組にもわかれた, ん幾週間の後, ん広間の方, んにチョット, んの端, んにいた, ん座敷好みなんぞし, ん座談会で大, ん廂下から土間, ん廊下伝いに行きます, ん建てかへても形, ん建前にこうして, ん廻して歩いた, ん廻った煙草の, ん廻らせてやる, ん廻わしている, ん弁説だよ, ん弁護士は弁護士, ん引込思案ばかりだ, ん弟子だと, ん張り出した強情だ, ん張任の軍隊, ん張合のない, ん強くわが胸, ん強情を張る, ん当りさわりのない, ん当り前やない, ん当人も隠し, ん当分は室堂, ん当分私はだめ, ん当家の先生, ん当然聞くべき人, ん形相である, ん役員は引責辞職, ん役目でございましてな, ん彼らはもちろん, ん彼女のそぶり, ん彼女ら三人ともに私, ん彼様なもの, ん往来で以前ガッソー, ん待っておりました, ん待ぼけを喰, ん待合さんかもそれ, ん待給へ諸共, ん後おん身は馬, ん後人の書いた, ん後戰なさず飛ぶ武器, ん後来此人乃ち襄が著書, ん後生ですから, ん後髪引かる, ん従妹の妾, ん従者の松明, ん得意とする, ん御仁と申すべきである, ん御存じの近頃江戸中, ん御徒町松山園に参り, ん御意に背くまい, ん御新造様は早くから, ん御用学者ですよ, ん御覧になった, ん御身を妻, ん御酒も随分, ん御飯ですもの, んは十分, ん徳さんさあこれ, ん徳三郎を銭形, ん徳川を去らしめ, ん心から鶏の, ん心がまへなり, ん心中者だ, ん心地惡しとの, ん心底でござるから, ん心弱き女子なら, ん心当りは無い, ん心得違いだと, ん心意なり, ん心構へ萱, ん心算だ, ん心細い次第の, ん心組なり, ん心耳をすまし, ん心臓に悪い, ん心許なく物悲しく覚えら, ん必らず横, ん必定全力を盡, ん忍び来りて, ん忘れたるにはあらず, ん忘れてんねちがう, ん忙しさう, ん忠義をすれ, ん忠造に洗足, ん怖くって恐ろしい, ん思いますのん, ん思い出にはいっそ, ん思い出してみます, ん思うてるね, ん思たんが気, ん思ったかしれない, ん思ひつきだ, ん思出し笑い, ん思索哲学に耽る, ん怠慢だ, ん急用という程, ん性分と見えます, ん性根を据ゑて, ん性格になっ, んある人, ん怪人のからだ, ん怯勇剛弱高下, ん恐しい音, ん恐らくわずかばかりで, ん恐れあり, ん恐れながらその儀, ん恐れ乍らその儀, ん恐ろしさを, んの上塗り, ん息大事ございませぬか, ん息子たち三人を押し込む, んまれます, ん悪くすると, ん悪人ではございません, ん悪因悪果土冠の竹槍, ん悪戯にすぎません, ん悲しい予覚し, ん悲しくなるか, ん悲惨ですね, ん悶着の起る, ん情けない腹に, ん情なかったの, ん惡いものと答, んふに, ん愁傷で先初七日, ん愈々藻西に, ん愉快ぢやありません, ん意久地なし奴, ん意地なんか捨て, ん意志を抱く, ん意思である, ん意気地なしな, ん意気組であった, ん意気込みであるの, んなこと, ん愚痴を, んに充実, ん愛想よく腰, んを与えられました, ん慚愧にたえません, ん慥かにこの, ん慶長小判から今時, んの国, ん慾ばりの爺さんども, んはあらじ, ん憂鬱じゃない, んくみも, んい隠しだて, ん憚り覚え候, ん憫然だが, ん應用的に研究, んに突, ん懸念のため, ん懺悔をし, ん成善は医者, ん我儘を申します, ん我歌をよみ, ん或は又過去の, ん戦争へのぞむ, ん戦国争乱の世, ん戦国時代の切支丹大名, ん戯言をなし, んを開ける, ん戸まどいして, ん戸外に出, ん戸締りを能くし, ん戻ってきた, ん房枝さんのいう, ん所ぢやあるまい, ん所つてねえ貴方, ん所作ですな, ん所受の身, ん所存にてありし, ん所爲だと, ん扇子を帯, ん手前どもでは一本一文, ん手合だと, ん手塚君は英雄, ん手後れになる, ん手段を考えた, ん手水に行ったなら, ん手爾葉の結尾, ん手習をしまっ, ん手荒いことしない, ん手配はつけ, ん才踈ニ識浅く加, ん打ちつけることでなけれ, ん打被ぎたれど正しく, ん承ったところで, ん承知しません, ん折そちが上, ん折っては道, ん折助仲間の兄はん, ん折節ね旦那, ん折角の御, ん抜刀で口説く, ん押しておとおり, ん押入の床, ん拍手の音盛ん, ん拜むでもなく大佛さん, んなく坊さん, ん拳固で貴僧, ん拷問に懸け, ん拾い物でございますよ, ん拿破里は少き, ん持藥も用意, んを啣, ん挙動がなけれ, ん振舞いをしよう, ん探偵ちゅう商売, ん推量して, ん換言すれば, んわない, ん損ぢやといふ, ん損害を掛けた, ん摩訶不思議あらら不思議に妙不思議, んが立ちません, ん擲げ落して, ん支度を申し付け, ん支那仏教の渡りし, ん改心すれば, ん改札場の中, ん放ったらかしや, ん放蕩漢だ芸妓, ん政府欺を用, ん政職の手紙, ん故人無からん, ん救いの手, ん救済会の相談, ん敗戦後は敗戦, ん散々揉み抜いた揚句, ん散財や, んれお詫び, ん数十枚の毛布, ん敵意がありません, んを作らん, ん文六ちゃんがこわい, ん文句を云う, ん文学を愉し, ん文科だつて, ん文筆を好ま, ん文銭はいつ, ん文錢は何時, ん見だらう, ん料理である, ん料簡方のもの, ん断崖の釣魚, ん断念めましょう貴方, ん断念らないわけ, ん斯んな近事, んに柳橋, ん新しいとどうしても, ん新しき年, ん新たに死ぬる, ん新九郎が夢, ん新五郎が帰っ, ん新刀と書いた, ん新吉は何処, ん新吉さん帰って, ん新吉さん折角迎いにお出で, ん新所帯で気の毒, ん新聞紙包か何, ん方々は出合いたまえ, ん方丈様のおっしゃる, ん方法でわれわれ, ん方角もわかりませぬ, ん旅先のこと, ん旅行は一等, ん旅費のところ, んを振ろう, ん日じゅう蒸しましたもの, ん日二日獨でゐた, ん日月の影, ん日本人一変せば, ん日本国中の人, ん日本左衛門の下風, ん日本服のハルビン, ん日本部支那部安南部と分れ, ん日此ゆ鳴きわたれ, ん日近くなりし時, ん日頃から一剋者, ん旦那先ほどは何と, ん旦那斯うしましょう, ん旦那旦那怒っちゃ, んさ加減それに, ん早坂勇さえも愕然, ん早慶戦でKO, ん早速万兩さんと, ん明夜十時三十分を期し, ん明後日は家, ん明日あたり話すで, ん明日南の馬場, ん明日私が其の, ん明盲やさかい, んによって判断, ん昔馴染の友達, ん映画で妙, ん春先の或, ん春子さんをたずね, ん春山氏を惨殺, ん春日さんのは幸い, ん春日重蔵と千浪, ん春秋にはその, ん昨夜どなたかこの, ん昨夜店で帳合, ん昨夜風邪の氣味, ん昨年刊行されたる測量部, ん昨日散歩のみぎり, ん昨日確定裁判を下された, ん是非吾助も拜見, ん是非腹の虫を殺し, ん昼日中提灯をつけ, ん昼過ぎになっ, ん昼間お客来, ん時介の妻, ん時先づ來りて, ん時分ゆえ頓と分りません, ん時分亜米利加という処, ん時妻子の愛, ん時徐ろに質問, ん時思慮遲くして策淺, ん時手討に致した, ん時敵陣へ紛れ入り, ん時機の迫り来った, ん時流の人々, ん時親の家, ん時計が止まつ, ん時誤りて見失ふ, ん時遊びに来られ, ん時運とや云わん, ん時間後のこと, ん時黄銅鎧ふアカイア, ん晝間は忙しい, ん晩方直きその, ん晴れやかさもなければ元気, ん智慧も力, んにはこの, んさです, ん暑い暑いと卯平, ん暗いなかで, ん暗くなり一層, ん暫らく休んで, ん暴れて埃, ん暴人にはあらじ, んに宣戦, ん曲るし役にも, ん曲事に候, ん悪くは, ん更思いやりのな, ん書付を取る, ん書生を刺した, ん曹操自身が許都, ん曹純牛金の後詰, んてハリダース, ん最うおくの一人で, ん最も外出致す, ん月並みだと, ん月日を思へ, ん有体に白状, ん有難い思いますけど, ん有難うがんす, んを著せた, ん服従の無き, ん望月さんどうぞ, ん望月君も他人, ん朝寝して, ん朝御飯が濟, ん朝日には附録, ん朝立ちなれば, ん朦朧と知ってる, んは風, ん木具屋と申し, ん木口勘兵衛安直デモ倉プロ亀築地異人館の誰々, ん木島三郎という男, ん末期の煙草, ん末梢なのね, ん本人よりもよく, ん本国も悪銭身, ん本当に全く素朴に, ん本当はこ, ん本来ならば, ん本来女には家そのもの, ん本来女人というもの, ん本来虚弱な藤江老人, ん本船左舷後方の海上, ん本道をサッサ, ん机竜之助, ん杉村さんは疑っ, ん材あかしの本, ん材料のある, ん来年は必ず, ん来訪者の一行中, ん東洋の薬, ん東海道筋も御, んの上, ん松さんも元, ん松五郎が名乗っ, ん松井さんかてあの, ん松本先生などがお, んへ徳川天一坊殿御旅館, ん板の間稼ぎでも何, ん板戸に手, ん板橋の方, ん林藏さんと斯, ん果して文法に, ん果實と水, ん果敢なき樓閣を, んの胸, んの袷, ん染めの袷, ん柱一本立直らないで, んの木の下, ん柿の木金助ではございません, ん栄吉勝重それに佐吉, ん栄枯盛衰は世の常, ん栗皮茶のよう, んの方, ん案内役のわたくし, んの樹, んの花ただ, ん梯子を踏みかけ, ん棄置かれん今日の挙動, ん植木屋が十人, ん楊雄とは親しく, ん楠木方のほう, ん極光淨天の如く, ん極力部屋を, ん極楽の仏, ん楽屋はどっち, ん構え必死に見えまし, ん構造物がある, んで叩, ん槍持は仲間部屋, ん様ソロオッと遣っ, ん様方へおねがい申上げおき, ん権力の他, ん権幕にしかた, ん権田さんの外, ん横浜まで出迎え, ん横着者だて, ん横頬を撲った, ん樹木も多かろ, んみで, ん機会ばかりうかがっ, ん機変も妙味, ん機微かもしれぬ, ん欄干の始め, ん權六は上, ん次の間に居た, ん次男でした, ん欧米社会党の盛大, んが出まし, んだつて, ん歌よみの嘘, ん歐洲に於ける, ん歟上士の内, ん歟下士の勤学, んい事で, ん正しく南柯の, ん正体見届けんと, ん正当防衛ですもの, ん正気でございますが, ん正直者でもござる, ん正義正義といったところ, ん此の世のお, ん此の方にか, ん此三筋を斯, ん此二人は四年以前, ん此儘死にましては, ん此儘引取ること, ん此処らの女, ん此地もいにしへ, ん此奴の前, ん此家は青樓, ん此所より此所, ん此海賊團體の狡猾, ん此邊一帶のもの, ん此間から一疋, ん此題は男性的, んは不在, ん武具はヘクト, ん武力が整い, ん武器も弾薬, ん武王は紂王, ん武蔵野といえ, ん歴史で少し, ん歸りやしない, ん死んでしまつたな, ん死物狂い一生懸命に三藏, ん死骸の後, んには彼ア, ん残りのお金, ん残るえ, ん残念残念何とも譬え様, ん残暑の頃, ん殺しはせん, ん殺害して, ん殺生戒といっ, ん殿様御機嫌様よう入っしゃいました, ん殿様方もお, ん殿樣あれは冬, ん母ちゃんよ, ん母上あッち, ん母子が夕飯, ん母屋にいらっしゃる, ん母親は心配, んもお, ん毎年この暗闇祭, ん毎度また結構, ん毎日毎日血腥さ, ん毎日毎日心の中, んです, ん毒婦恨平らぎ難き, ん比較したって, ん毛利家を万代, ん毛際から小脳部, ん毛頭覚えは, ん毫も書籍の, ん気さも陽気さ, ん気なかおして聞い, ん気にいって雪, ん気ぶりにてそろ, ん気分落ち着かんと, ん気勢を示したれ, ん気千万のくせ, ん気味の悪い, ん気平次もさすが, ん気狂ひは, ん気絶させたの, ん気至極の老人, ん気色に見えます, ん気遣いはない, ん氣さうに聽いて, ん氣分のひどく, ん氣味が惡, ん氣孔ひとつにも泣きたい, ん氣屋にて大勢寄つて勝手, ん氣平次もさすが, ん水兵等も今, ん水換えばかり能, ん水曜日だったので, ん水飴は取棄てえ, んのよう, ん永い貧乏暮しの, ん永らく御厄介, ん永世の蝶, ん永年潮風に吹かれ, ん汚なうて乘, ん汝たちまずこれ, ん汝われに答えよ, ん汝内に稠林, ん汝我を呼び給わん, ん汝達先づこれを, ん江戸城の本丸, ん江戸時代に屡々, ん池田さん詩の金さん, ん沈んでは浮び上れ, んへ出なく, ん河岸の女郎, ん沼地には道, ん況んや自ら, ん法恩寺の方, ん法隆寺をや觀ん, んついたの, ん泣きは致しません, ん泣きだしたとなれ, ん洒落を云っ, ん洗練を経た, んがせんせ, ん流しの手桶, ん流祖の反町, んはまた, ん浜松の大, ん浜町まで参らなけれ, ん浦山しさ, ん浩一郎から借りた, ん浪人者に斬られた, ん浪子さんも知らん, ん浪次と言っ, ん浮浪の壮士, ん浮雲を行方, ん海嘯だけは用心, ん海岸三里四里の間, ん海波を隔て, ん海老屋と違っ, ん消防の設備, んの川瀬, ん淋しい気持が, ん淋しい苦しい世界を, ん深い訳の, ん深みい陥まって, ん深切で聞い, ん深尾殿なら貴方, ん清吉ごとき卑劣, んないこッ, ん済まなかったね, ん渡船小屋らしい物, ん渡邊殿は別段, ん温かいのを, んだが, んの水流, ん湯殿ですから, ん源因を虚偽, ん準備の竹, んの水, ん滝の川以来もう一度会っ, ん滝尾どのもいきなり, ん漁夫もいません, ん演繹法の推理, ん演説なんぞせん, ん漕座あまたの舟, ん漢方の先生, ん漢詩などはわれわれ, ん漫談をお, ん漸う此処まで, ん激情に煽られた, ん乱れた黒髪, ん濡手拭と百姓, ん火事ですたいへん, ん火入は輕石, ん火口箱を探し, ん火曜日にそちら, ん火鉢の白灰, ん灰洗ひに, ん灰色の霧, ん炬燵の火, んが悪い, ん炭荷を担い, ん点取り宗匠連が金, ん為め苦めるにや, ん為め養父相川とも申し合せ, ん為忰の先途, ん為洛陽の帰途, ん為虚偽の自白, んの足, ん無いので, ん無からん故人, ん無くなつたの, ん無事で居たなら今頃, ん無念のおもい, ん無情でも差支えん, ん無法だと, ん無理やりいや応なしに, ん無礼至極の奴, ん無茶は困る, ん無茶苦茶をやっ, ん無闇に金, ん無限の感, ん無駄使ひは, ん然るべき途の, ん焼くのん, ん焼山になっ, んとなりし, ん煤掃の時, ん煤掃きのドンパタ, んも実に, んが出ました, ん熱心になられた, ん燃えて天, んと似ざる, ん燕子花はけっして, ん爪弾きされとるの, ん爲以下一一一行まで神, ん爲神より出, ん父上の伊太夫様, んをお, ん爾来廿年関西各地に, んなぞを, ん片手落ちだ, ん片足出て, んでも鳥, ん牛蒡の椀なんど, ん牝鶏でも牝, んいやこれ小山直槙どの, ん物々しくして, ん物笑いですから, ん物貰ひにも, ん犬畜生といっ, ん狂暴なあらし, んの化けた, ん狡猾なやり方, ん狩人は若々しい, ん独楽廻しじゃ有りません, ん独身者ですから, ん独逸のお, ん狼虎にひとしい, ん猛獣と一緒, ん猟人よ, んに鰹節, ん猫めの頭, ん降りに, ん獄門橋の先, ん獅栖より出, んですからね, んりぶら, ん散る刃, ん玉子と外部, ん玉子焼に鰌汁, ん玩具にくれ, んしからぬこと, ん珍しい改まりよう, んはれ出でたの, ん現に既に必須科目に, ん現代の社会組織下, ん現在私が見, ん現在貴君にその, ん現場に手, ん現物をつみこん, ん球江さんは子供, ん理屈一点張りで行こう, ん理想が生, ん琵琶湖は大きい, んは砕け, んへたる調子, ん甘いそうして空, ん甚樣はしばし, ん生れつきの眉, ん生れなるべけれども歳, ん生命のある, ん生得大の臆病, ん生意気で, ん生涯でもお前さん, ん生涯私を度外, ん生田は藻西太郎, ん生甲斐のない, ん生臭坊主や心中, ん用心棒に雇つた, ん用意はよい, ん田家の垣, ん田舎仏師の拵えた, ん田舎者ゆえ盗られると, ん由っちゃん, ん由十二月請求の分, ん甲冑が役に立つ, ん甲州の山, ん上げますが, ん申つくしがたく, ん申候得共一圓通し不, ん男の子が今, ん男仲間の結束, ん男同士でも交情, ん男囚の間, ん男振りがよう, ん町人のお, ん町柄ですな, んのお, ん畜生谷へ行く, んの傾斜地, ん畠山父子は共に, ん畢生の願, ん日の, ん異変にご, ん病死の積り, ん病氣を負かし, ん痛みでございますゆえ, ん登場したり, ん白き世とのみ, ん白く細かくて枸杞, ん白刃を振っ, ん白妙さんのお客様, ん白木でも朱塗, ん白百合の花, ん白雲は尽く, ん白馬からの下り, ん白骨以来ほんとうに落着, んの野郎, ん百さん今日はやれ, ん百姓には限りません, ん百姓姿に化けた, ん百年以上もつづいた, ん百文の香奠, ん百歳の老翁, んにあんな, ん的人情世界への沈没, ん的措辞も幾分, ん的読者を欣, ん皆お嬢様の方, ん皆きんが悪い, ん皆んな良い方々, ん皆んなぼんやりして, ん皆んな私の至らぬ, ん皆因縁じゃからそれ, ん皆所謂沒理想なりしならん, ん皆様へ御馳走, ん極天皇紀, ん益々我が身に, ん盛んに一皮むける, ん盛岡でおろします, ん監視を部屋, ん目玉クルリとさせ, ん目科が念, ん目黒にも桐ヶ谷, ん盲人にからかつ, んきですよ, ん直し様もない, ん直ちにこの怪しい, ん直様返事をおしなさい, ん相場がねえ, ん相州の五郎入道, ん相当の事, ん相悪む人は, ん相談しながら, んの愛, ん眞中にあり, ん眞白に, ん真中を洋杖, ん真影流の奥儀, ん真正面から胸, ん真理は我と, ん真言秘密と申す, ん真赤に錆びてる, ん眼前目に見える, ん眼隱しを, ん矛盾だとも, ん矢張晒木綿の褌, んつてるかい, ん知ってるな, ん短剣でしたと, ん石橋が逢, ん石舟斎はすでに, ん石見に別れし, ん破壊です絶滅, んを自分, ん碑銘にま, ん磁力砲などを仕掛ける, ん磐代の岡根, んの如く, んが欠けます, ん社會教化日でありますかういふ設定日, ん社長に逢っ, ん祖先兵衞直頼殿, ん祖母の小さい, ん神主さん大丈夫だ大丈夫, ん神原殿がお, ん神官僧侶がなぜ, ん神業ですよ, ん神楽師であります, ん神社のお札一枚, ん神経を御, ん神経衰弱の薬, ん神識逝けば, ん禅堂の床, ん秀さんあッち, ん私いだって国, ん私のは大切, ん私はじめ夢の様, ん私一人が耻さ, ん私人では, ん私利私欲を棄て, ん秋川徳子が昨夜毒殺, ん秋月の御, ん科学などはそれ, ん科学者は研究, んにあっ, ん稀代な妖人, ん程なく御全快, ん程の人歌を, ん暫くたっ, ん種類が出来ます, ん稲吉の体, ん稼ぎがあります, ん稽古が足らん, ん稿なり, んかな日, んの中, ん穴蔵へ行く, ん空手形はださない, ん空気と水, ん空腹の余り, ん空色の洋服, ん空風呂敷ではある, ん突然今朝思ひ立つた, んのわき, んの際, ん立ちまさってうつくしく, ん立ち聞きするつもり, ん立上りさえしなかった, ん立場にある, ん童子の旋, ん童謡が直に, ん競争をお, ん竹のを検め, ん竹日がさ雨傘, ん竹生島へ渡ろう, ん竹町へ真っ直ぐ, ん笑いをこぼした, ん笑ってしまった, んも嘸, ん筋骨に響く, んはキャンヌ, ん算段が肝要, んだけは慥か, んはまた, ん篦棒なそれ, んは半年前, ん米友さんわたしはお前さん, ん米友さん後生だから, ん米屋の隱居藤兵衞, ん米谷どのまでが誤解, ん才者の, ん粟粥や芋粥, ん粥河さんはねあれ, ん精神どんな事, ん精進を妨げる, ん糖衣もなけれ, んだけでげす, ん紀州の師匠, ん八勺は, ん紅葉も, んが少し, ん紋床の親方, ん純真無垢のお, んへ包め, ん破と, ん素手で殴っ, んの単, ん紫縮緬が仲の町, ん細君の機嫌, ん紳士です, んの木綿糸, んはいっせいに, ん結びに若向き, ん結城紬の着物, ん結婚したばかりの, ん結婚者は当然, ん結局残りましたの, ん結局それが幸い, ん結局大阪ってとこい, ん結界をばわれら, ん統制つて奴が杓子定規, ん絶対にゐません, ん絽色で丸, ん継母さんが悪い, ん綺麗な女, んりなさいましよ, ん緊張が足りん, ん総代を選ん, ん締切の時間, ん緩んだ気持は, ん縁側の上, んにかけて役所, んい一時, ん縦しや此, ん縦令い惹爾日公雨, ん繊細い身体, んを解い, んも描く, んが当ります, ん美しくホホ笑ん, ん美代吉の真実, ん美作城代家老私いまさか羊羹鹿の子餅, ん美濃の国, ん群集がです, ん義理あいになっとった, ん義理合になつて, ん義賊と名, ん翩翻として千軍万馬, ん老いもしつらん, ん老人方は相続, ん老師はあの, んへなんか, ん考えように依っ, んの下, ん耳許近き木, ん聞きもの, ん聯想のいた, んを去り, んというもの, ん肝腎の娘, ん股肱のわれわれ, んをもん, んの療養地, んの低い, ん背中から肩, ん胡麻は老婆, ん胸一杯でもの, ん能い心に, ん脇の下をお, ん脊伸をし, ん脊伸びをし, ん腰折が出来ました, ん腰板の上, んが冷えます, ん腹黒男ぞ, ん腹黒き人の, んともといふ談合相手, ん臆測をみだりに, んはもはや, ん自信がある, ん自分等の帰る, ん自前でございます, ん自害せんと, ん自己の存在, ん自己犠牲はやめ, ん自身手込に打擲, んさや, ん臭い百姓の, ん臭剥はまだ, ん至極高味でげし, ん致候ゆえ文して, ん與三郎さんが憎く, ん舞台は此瞬間, ん舞妓が出, ん船上は古く, ん船長様の御, んえ子, ん色情狂だよ, んな景色, ん芝口二丁目の仕事場, ん芥川はこの, ん芭蕉が自ら, ん花屋でございます, ん花房一郎が警視庁, んっちゃ, ん芳年の月百姿, ん芸者は孰, ん芸者衆なんか二階, ん芸術としては価値, ん若い衆さんに一口, ん若い衆娘たちの相談相手, ん若手ではあれ, ん若殿の方, ん若江は亡, ん苦み走った芝居, ん苦痛を誘ひ, ん英吉利仕込みと違います, ん英国でも前, ん英雄になっ, ん茂ちゃんほんとうにお前, ん茄子の鳴く, んは着物, んがくれ, ん草木はなかりけり, ん草葉の露, ん荊妻もその, ん荒き浜辺に, ん荒物の店, ん荷物にさわる, ん菖蒲の寮, ん菩提心の一つ, んの庵, ん萩原さんはお, ん萬次郎さんとは仲, ん落人をかくまえ, ん落着いて, ん落着きのある, ん落花を夢む, ん落語家社会でも三遊社, ん葉子さん信じて, ん著者は專心一意, んの恨み顔, んである, ん蔵元屋の内輪, ん霧のうへに, ん薄田十五頃と申します, ん薩摩藷でも執り, んの上, ん藤原氏なんめり, ん藤吉郎直属の城兵, ん藤堂の番所, ん藤沢寺の遊行上人, ん藤野屋から来るなら, ん藤野屋杢左衞門は帯刀御免, ん藥草の力, ん藻西太郎も初め, ん虚空の中, んのうち, ん迄拾, んといへ, ん蜂須賀家の手, ん蝦蟇の方, ん蠱惑的という言葉, ん血相です, ん血道をあげる, ん衆人はた, ん行かねかも知らね, ん行動に出でたらしい, ん行末の事, ん行為を援助, ん行燈か行燈, ん行者武松である, ん行脚の身の上, ん術さへ無けれ, ん衝動に駆られた, ん衣服を脱い, ん衣裳を捨て, ん衣類等は如何, ん衣食足りて, んでございますこんな, ん表向になりますれ, ん表紙なんか私, んをひい, ん袋物問屋のお, んに浅く, ん被害者です, ん裁判所の召喚, ん裏切られれば崩れ, ん裏道から大廻り, ん裸体でお前さん, ん西国の兵, ん西洋の山水画, んあらずただ, んてから行, ん見えへんかった, ん見掛けは綺麗, ん見知らぬ武士が, ん見苦しゅうございますが, ん親分さんお蝶, ん親切気においてをや, ん親友もあれ, ん親方アこれから気, ん親玉の方, ん親類内から到来, ん親類身よりもこの, ん覺束なし, ん觀者は非常, ん角力ばかりやっ, ん言うたらお分りどん, ん言うまいと思つて口, ん言ったら納得する, ん言ふたらあきまへんえ, ん言種だと, ん畫を, ん計りにぞ嬉し, ん記事の取消し, んふ声, ん訴えもせん, ん証人は近所, ん詐欺をした, ん評判の宜, ん試しに試す, ん試験を受け, ん詮方がない, ん詮議をした, ん詰らん者を集め, ん話し合ってみる, ん話ぢや, ん話どころでなくあらゆる, ん詳しいことを, ん認定をした, ん語り伝えたりとや, ん語学をおさめる, ん誠に宜く働き人足, ん誣いるのでなけれ, ん説法はやめ, ん読書にし, ん読者以て如何, ん課長に憎まれ, ん誹謗であると, んふ恕せよ, んを知つて, ん論文を書く, ん諸侯方の御, ん諸君アヽ我等は何等, ん謀叛人で海賊, ん謂れやある, ん謄本を返し, ん講演を聞い, ん講義を始める, ん講釈するん, んする事, ん謝金はことごとく, ん識らぬ者, ん警察長は僅か, ん警戒で間, んだ, ん議論家のよう, んせん詠ぜん記せんと, んを渡り, ん貝殻骨のところ, んの盗み, ん貧しくなりて, ん貧乏暮しのうち, ん責め殺されて, ん貴方一つ御読みなすっ, ん貴方樣を罪, ん貴族の病人, ん買って来, んに迫られ, ん賛成です, ん賞めている, ん賞玩家におだてあげられ, ん賭博は感心, んもだいぶ, ん贋金造りだなんて, ん赤瀬氏とも相談, ん越智こちですと, ん趣味がはやりで, ん足元を括った, ん足音さしつつ, ん跛足の亭主, んも見えね, ん路次の締り, んの場, ん踏むと茶堂, ん躑躅などの丈, ん身ども土民どもにも脆く, ん身の上是よりぷッつり悪事, ん身まかりにし, ん身共ばかりは独り者, ん身扮も乞食, ん身構へまでなし, ん身等凡てを甘受, ん身體の恰好, んだ, んに残った, ん車井戸を鳴らし, ん車夫は逃げよう, ん車夫ゆえ橋本幸三郎は宜, んも解かん, ん軍令を忘却, ん軍艦ではありません, ん軒はぶッ潰れるぞ, ん転がることに, ん軽い合服に, ん軽業を土台, ん軽蔑するな, んの源松, ん迅速にとり行え, ん迎いをやっ, ん近づいたら極力い, ん近日拝面おわび申す諒せられよ, ん近江の国, ん近衛の町, ん近郷の人, ん近頃少し健廉を, ん返答をせん, ん返辞したらえ, ん迚逐ひ廻るを, ん迷い事を, ん迷信や思, ん退げて, ん逃げられないと思, んトンボウを, ん逆賊尊氏の兵船, ん途中で何所, ん這奴は何もかも, ん通い番頭で年, んましき敵, ん速やかに大兵, ん造化機論を拝見, んそめて, ん連中の中, ん進めや進め, ん進んだ文明開化の, ん進行の緩, ん進退が自由, ん遅くなって, ん遊びごとでも何, ん遊牧民でも来, ん悪く流れ弾, んたるは, ん過ちを犯した, ん道中も急い, ん道徳の問題, ん道理でやつぱりヤマカン事業, ん違うやろかと想像, ん計に, ん遠く離れて, ん遠ざかってしまった, ん遠眼鏡で見, んくなりました, ん選手なん, ん選者のおべっか, ん遺失主の無い, ん遺恨も唯, ん遼河の流濁水, んくる間足らず左, ん邏卒とか云っ, ん那様が殺されました, んが非, ん邪推でもなん, ん邪魔ばすっ, ん郁太郎がかわいそう, ん部分がある, ん部屋の隅, ん酒倉の伊八, んたらしい始末, ん酷い事を, んさぬ内, ん大事が, ん重々悪い事, ん重々私が悪い, ん重大な秘密, ん重役どもの屋敷, ん重治を抱きおろせ, ん重荷を卸した, ん重鎮の風, ん野槍の先, ん野淵君は英雄, ん量見で容子, ん金なぞは一さいもら, ん金公も仲間, ん金吾様は今に, ん金庫も此, ん金箱というの, ん金蔵です金蔵, ん金輪際助かりつこない, ん金銭の外, ん鈍刀で稍, ん鈍剣を磨い, んの鳴る, ん鈴木屋さんで人, ん鉄道や病院, んでしょうそうして, んを執る, ん鉱夫どもが深山幽谷, んではありません, ん銚子屋と云う, んはでけん, ん鍼医だ鍼, ん鎖國の弊, ん長き短き人の, ん長安の市中, ん長男のお前, ん長谷川氏のため, ん長閑に聞える, ん門口でつかまえ, ん門番にお, ん開けては一大事, ん開港貿易を説く, ん開闢以來を尋ねたら, ん開闢以来を尋ねたら, ん閑人でいらつ, ん間もなく疑が, ん間アに傍, ん間夫が有るなら添わし, ん間彼のもの, ん間拔野郎で何ん, ん間柄でご, ん間近にある, ん間違が有っ, ん間違えねえんだ, ん間違つて釣れたの, ん関ヶ原まで伸そうで, ん関取の力, ん関東の地方, ん閣下ああしてやる, ん闇取引のコーヒー店, ん闘わねば子分輩, ん闘争のため, ん阪井については師範校, ん陀佛や, ん限りどこまでもこの, ん限り一切の雄, ん限り世の相, ん限り人の正, ん限り人文に進歩開展, ん限り人畜に祟る, ん限り人間に知識慾, ん限り人間万事数理の外, ん限り先生家の家事, ん限り勉強を続け, ん限り変な顔, ん限り床の間か戸袋, ん限り引攫うて還るべし, ん限り強情を張った, ん限り御身のみ心, ん限り手をつくし, ん限り搖り起しましたが, ん限り暴力は正義, ん限り本書の如き, ん限り柔かな手段, ん限り楢夫をかばひました, ん限り櫻木大佐の援助, ん限り気がつくまい, ん限り流連して, ん限り災害防止に力むべきである, ん限り父子の衝突新旧思想, ん限り皿も茶碗, ん限り社会に発達, ん限り科学の研究, ん限り耳の聞かん, ん限り著書飜訳の事, ん限り読者と共にこの, ん限り越前の家, ん限り農は人, ん限り隠蔽して, ん限只だ大海, んもなし, ん陰気くさい役目, ん陰険らしいの, ん陳腐だったかも, ん階子を昇, ん階段が日日, んって薬, んあらば, んに皇帝, ん障子をあけましょう, ん障子襖は閉切, ん隨分人樣にもよく, ん雁皮を細く, ん雇人でもない, ん離縁された亭主, ん難儀を救う, ん雨宿りにこの, ん雨工です, ん雪見にころぶ, ん雰囲気と申します, ん雲行だ, ん電気やさん, ん電燈を点け, ん電話をかける, ん電飛の神通力, ん震動が夜, んのしらしらあけ, ん青書生の余, ん青眼虎李雲であった, ん青鬚で唐棧, んかに鞘, ん非人乞食を御, ん非常の火, ん非常事件だから, ん非道い奴, ん面はゆげに, ん面倒だから, ん面倒くさいのよ, ん面映ゆい気が, ん面白そうな, ん面白かったね, ん面目も無い, ん面目次第もございません, ん靴下をはいたら, ん音楽のこと, ん頂戴致します有難う, ん順列を, ん須磨の浦人しほた, ん預り物でございまして, ん頭寒足熱ですかな, ん頼みがある, んに青筋, ん顔付をし, ん顔良へ落ち, ん願はくは汝, ん願ひなしと, ん願ひもなし, ん願文の残り, んれば, ん風しづかなるみ吉野の山, ん風上ですからね, ん風流ということ, んもたれ, ん食卓につく, ん飲めもしない, ん飴屋もやった, ん飴屋さんとお話, んふ口, んを食っ, ん養子の身の上, ん養父丸部朝夫に対し毒害, ん饂飩屋さんで泊める, ん首切台は知, ん首実検のため, ん首尾好く悪人, んや絵本ひろ, ん香港経由の東京電報, ん馬エは阿呆, ん馬春堂です, ん馬車をやれ, ん馬鹿だか, ん駒井を頭, ん駒井甚三郎は改めて, ん籠ん中, んをひきい, ん驚きで布卷吉, んなん, んが四畳半, ん高山にい, ん高橋邪魔立て致さば, ん高砂の, ん高等下宿だなと, ん高輪田長三は既に, んこそ眞, ん髯武者である, ん鬢華らんと欲する, んのない, ん魅力なんで, んの夏侯淵, ん魏軍は喊声鼓雷, ん魔法などというもの, ん魔物が棲ん, ん魔軍狗狼形を作, ん魔軍猫狸形を作, ん魔除にああ, んなどの廣告, んでも比目, んは少し, んの頭, ん鳥渡顔を貸し, ん鳥獣の沙汰, ん鳥羽伏見あたりで稽古, んというやつ, んならん, ん鳴し續けて, ん鳴ってます, ん鳴らしたがわからなかっただ, んのまだき, んという鳥, んの宮, ん鹿皮衣汝に何, んの立場, ん麻上下を着, ん黄河その教師, ん黄金と土地, ん黄金丸の声音, ん黄金機会ツてなに, ん黒うなっとるが, んの声, ん