青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「パリ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ニ~ ハ~ ハイ~ ハッ~ ~ハッキリ ハッキリ~ バス~ パイ~ パチ~ パッ~
パリ~
パリー~ ~パン パン~ ビール~ ピアノ~ ~ピストル ピストル~ ~フランス フランス~ ブルジョア~

「パリ~」 2301, 25ppm, 4692位

▼ パリ~ (652, 28.3%)

18 屋根の 7 街を 6 下宿で, 夜の, 町の 4 人たちは, 街の

3 [15件] カフェーの, 上流の, 上流階級の, 人々は, 人間は, 場末の, 大使館に, 女の, 有名な, 生活に, 生活の, 生活を, 町は, 警察は, 郊外に

2 [30件] この地獄, さまざまな, たそがれの, どこかで, ほうへ, アカデミーの, エッフェル塔を, モンマルトルの, 一隅に, 中に, 人々の, 便所, 労働者が, 場末町の, 大事件, 女性, 市場に, 市民の, 往来の, 方へ, 生活は, 目, 真ん中に, 空が, 街で, 裏町の, 近代絵画の, 近所の, 遊び女の, 風に

1 [496件] あたりまえに, あちこちを, あの有名, あらゆる令名, あらゆる四つ辻, あらゆる新聞, ありふれたかり部屋, ありふれた町, ある夜, おばさんの, お話には, お針娘たちは, かきたてる幻想, こうがいで, ここで, このあたり, この一角, この夏, この深い, しかもブウルヴァル・ド・ベルヴィル, しゃれもの, すが, すぐ付近, すりへった小銭, すりへった角石じき道, そういう日本人たち, その交通劇甚, それと多く, そんなこまかい, たそがれを, つつましい一人, ときの, ところへ, と同じ, なかで, のこりの, まん中で, みいらに, めざめ, もって, ようである, アカデミーに, アパルトマン暮しの, イエナ街の, エイフェル塔は, エコール・ポリテクニクにまで, エッフェル塔の, エッフェル高塔とともに, エトワールの, エレヴェーターは, オペラ, オペラにも, オペラコミックで, オーグスト・コント通りの, ガール・デュ・ノールでは, グランドオペラの, グラン・ギニョールを, グルネルに, コンクールで, コンサヴァトアールへでも, サロンに, サロンの, サン・ジェルマンの, シャモが, シャモの, ジャコバン倶楽部の, スケッチ, ステーションまで, ソルボンヌ大学では, タアナーは, タクシーは, デザイナーの, トランクで, ノートルダム寺院の, ノートル・ダムで, ハセットの, バリケード戦の, パストゥール免疫所で, パンテオンの, フォンテンブロオの, ブルジョアの, ブルジョア二百五十家の, ブルチュイー町の, ペーヴメントは, マルクスという, マロニエの, ミディネットは, ムシウ・シエールである, ムロンと, ムーリスという, メトロ, メーデーの, モネー館の, ラジオでさえ, ルドワイエンという, ルーヴル博物館に, レストオランに, レストオランの, レストランで, レビューの, ロバートらその他それぞれに, ヴィユウ・コロンビエ座で, ヴォージラール街の, ヴル, 一流の, 一科学者が, 丁髷と, 丁髷の, 七月十四日の, 三越の, 下宿に, 下宿の, 下宿は, 下宿屋と, 下町娘を, 下級勤人の, 世界の, 中へ, 中国青年たちは, 中年を, 中心から, 中心であった, 中心の, 中流層の, 中流男女金を, 中華人たちが, 久慈から, 乾ききった空気, 事実に, 二十五年間の, 亡命作家や, 人たちの, 人には, 人の, 人も, 人名住所録です, 人目さえ, 人目に, 人間です, 人間でも, 人間呼吸困難に, 人間馬鹿な, 代数学者たちを, 伝統を, 伸子が, 何が, 倹約な, 停車場に, 僕の, 光景を, 全人口, 全新聞, 六月の, 写真専門家の, 冠った, 冬が, 冬は, 凱旋門だの, 初夏の, 前面まで, 劇場で, 劇場である, 劇場を, 劇評界を, 労働者たちは, 労働者の, 労働者らしい, 労働者及び, 労働者地区の, 動員が, 匂いを, 北郊の, 医者の, 十一月の, 十六世紀からの, 十月の, 午後を, 半移民, 南東約, 印象が, 危急を, 危険が, 友達の, 取引所において, 古いアパート, 各停車場, 同業組合, 名吟な, 名称の, 商家に, 喜び悲しみを, 四つ辻で, 四つ辻には, 国立図書館の, 国際書籍芸術展覧会へ, 國民文庫に, 在りかは, 地下牢なる, 地名は, 地図について, 地底を, 坩堝に, 埋葬場, 埋葬場なり, 場末に, 塔を, 墓地に, 夕暮は, 外に, 外の, 外国人は, 外字新聞は, 夜が, 夜に, 夜は, 夜店など, 夜空に, 大きい部屋, 大さ, 大使館から, 大使館で, 大使館へ, 大博物館, 大學都市, 大工が, 大群集, 大蔵大臣邸で, 大路を, 大通りに, 大通りの, 大通を, 大門に, 奥さんは, 女が, 女くら, 女と, 女としては, 女仕立屋, 姿を, 婦人用家具が, 子供や, 学生生活の, 宅に, 宗教裁判所にて, 官立女学校に, 実物に, 客舎で, 客間で, 室の, 家に, 宿を, 小市民, 屋根屋根, 屋根屋根に, 屋根屋根を, 屋根裏から, 屋根裏部屋で, 展望大した, 巷の, 市中の, 市中へ, 市井の, 市会議事堂で, 市価を, 市内では, 市内にも, 市内の, 市役所に, 市民からは, 市民で, 市民である, 市街が, 市街は, 平和会議にも, 影が, 往来が, 御宅, 御感想, 怖ろ, 感想という, 或カツフエ, 批評家に, 政治が, 文化擁護の, 文壇画壇楽壇の, 料理屋の, 新聞の, 新聞を, 方が, 旅舎で, 日々の, 日ざし, 日本人から, 日本人たちの, 日本人で, 日本人の, 日本人クラブ宛で, 日本大使館の, 日本料理には, 日本料理店が, 日本郵船支店から, 日盛り空気は, 昧爽の, 景色も, 景色を, 暴徒は, 最後の, 最高級, 朝の, 朝食の, 本店を, 杜の, 東京流の, 東部の, 横町と, 歴史そのものみたいな, 歴史に, 歴史の, 歴史も, 死刑執行人の, 殷賑を, 母は, 母校高等師範学校の, 比較的上流, 洋服は, 流行が, 流行を, 流行雑誌まる, 深い企て, 測候所の, 灰色の, 無数の, 燕の, 爛熟し, 片山さんと, 片隅に, 牢の, 牢や, 牢屋, 物ずき, 物価が, 物語を, 狼狽者流は, 現実的な, 環境で, 生活, 生活が, 生活そのものは, 生活で, 生活である, 生活には, 生活へ, 生活や, 男って, 男の, 男や, 男女は, 町に, 町には, 町へ, 町中を, 町町には, 発行に, 目抜き通りは, 真中だ, 真中です, 真中でも, 真中に, 真中の, 真実が, 真実日本人の, 真紀子の, 石じき道だった, 石の, 石敷道に, 礼儀に, 社交人を, 社交界で, 社交界人が, 秋は, 空に, 空のみが, 空は, 空気は, 第八, 筆の, 管弦団を, 籠城の, 精神学及び, 紳士が, 紳士淑女が, 絢爛たる, 絵葉書を, 練達な, 繁華な, 繁華街の, 置かれて, 罷業の, 罷業は, 美は, 美人局従妹ベットの, 習慣を, 老齢の, 聲には, 聲を, 聴衆に, 聴衆は, 肉屋で, 自分の, 自動車運転手の, 自然博物館長であった, 自由さこの, 自由性と, 興行主は, 芸妓家と, 英字新聞, 華麗な, 著作権聯盟, 著作権聯盟に対し, 街, 街では, 街に, 街は, 街街には, 街路樹の, 裏町で, 裏街, 裏通りを, 西南に, 見物は, 見納めかと, 観客という, 観衆が, 詩界に, 話を, 読売支局で, 諸新聞, 諸銀行, 講和会議, 警察はね, 警視庁から, 警視総監, 警視総監は, 財布ベニスの, 貧しい人々, 貧しい文士, 貧乏人の, 貧乏生活を, 貧民窟のと, 賑やかさの, 起伏を, 近くでは, 近郊を, 通りは, 遊人等の, 運転手たちが, 郊外で, 郊外では, 郊外には, 郊外の, 郊外へ, 郊外や, 郊外らしい, 郊外遠く, 都も, 都会と, 銀行の, 銀行家など, 長い白暮, 門番の, 防塞の, 隅々迄, 階級勢力の, 雨だけは, 雨の, 雪景色の, 雰囲気として, 靄の, 静かな動かぬ, 音楽学校が, 音楽学校へ, 音楽家も, 風景画を, 風致を, 食い物屋みな一斉に, 食品市場で, 食料品市場を, 騎馬巡査が, 騒然と, 騒音を, 骨董屋には, 骨董店を, 高い文化, 高塔, 黄金期に, 黒い山高帽

▼ パリ~ (281, 12.2%)

9 いるとき, 来て 6 いたとき, 住んで, 帰って 5 いる日本, 滞在し 4 いるの 3 いたころ, いた間, いて, いること

2 [14件] いた時, いた時分, いても, つくと, はいった, 向かう, 幾人に, 暮して, 殘し, 生活し, 留学した, 着す, 移って, 行って

1 [191件] あった土, あらず, あらはれ一八五〇年, ありその, ありと, あるわけ, あるん, いた, いたが, いたという, いたとして, いたらと, いたシゴイさん, いた伸子, いた夏, いた小林市太郎君, いた或, いったが, いてさえ, いない筈, いなかったカーニュ, いなくなる, いらっしゃりさえすればきっと, いらっしゃる日本, いられるとき, いるいろんな, いるうち, いると, いるときさまざま, いるとき外務省, いるより, いるん, いるポーランド人労働者, いる中国, いる中国青年, いる久慈, いる人, いる伸子, いる姉, いる当時, いる松本君, いる筈, いる蜂谷良作, いる谷, おいて, おさまって, かえってその, しばりつけるほどの, じっとし, たくさんある, だれか, ついた晩, ついて, とどまって, ないとの, なりました, なんかベンベン, のこされる事情, のこして, のこったこと, のこった伸子, のこるという, のこる伸子, ひきとめようとばかり, ゆく由, ゐて, ゐるんで, ゐる日本人, フレッド, ローマに, ワシントンに, 一人いる, 一泊, 乗り込んだ時, 乗替えた, 二年も, 二年住ん, 似て, 住み世界文学史, 住み馴れて, 供給する, 入つた, 入城六月二十五日休戦成立した, 出すセントルイス, 出来て, 到る一二四八年以降ケルン, 到着し, 動員が, 勝手に, 博覧会, 向け離陸後消息, 向って, 向つて, 営まれて, 在って, 在つて, 在勤し, 夢中に, 學びシトー, 居る多く, 居る知人, 帰った, 帰ったが, 帰ってからの, 帰つた時印象はと, 帰りそう, 帰りついたの, 帰ろうと, 幾年か, 御滞在中, 恋愛を, 或はワシントン, 戻ってからは, 持って, 於けるが, 於ける凡そ, 於ける地味, 於て, 暫く足, 最後まで, 来させて, 来た私, 来る奥さん, 止まった, 止まるため, 残った久慈, 残って, 殘留する, 永く生活, 沢山来, 渡られたの, 滞在中下宿の, 現れた事, 生れた, 留学中, 白馬が, 着いた, 着いたら新聞, 着いた年, 着いた晩, 着いて, 着きパンテオン附近, 着くまで, 社会党の, 科学を, 移し更に, 移ったこと, 移ったの, 移り一八三九年, 移る前, 立ち寄りこれから, 総がかりで, 置いて, 聞け, 自分が, 葬られたれども, 行かれ東京, 行きたがって, 行きますよ, 行くこと, 行けて, 行けと, 行けば, 行けるやう, 行こうと, 行った, 行った時, 行つた, 行つてゐた, 行つてゐる, 負けるもの, 赴いたが, 赴きそこで, 赴き久しく, 近い有名, 近くなれ, 近づいた, 近づくに, 迫って, 退避した, 遊びたるとき, 遊びて, 遊ぶもの, 遊んだ人々, 長くゐ, 長らく行っ, 開かれた文化擁護, 限らずわれわれ, 離れて, 類す, 駐在した

▼ パリ~ (216, 9.4%)

3 有名な

2 [12件] お別れ, それを, マックスが, 別れて, 別れる際, 子供を, 客死した, 待って, 暮して, 死んだ, 絵を, 買って

1 [189件] あったか, あつた, あるとかいう, ある友人, ある程度進ん, おしゃれの, おなくなり, お出し, お客どちらでも, お生れ, お逢いしましょう, かいた, きまった勉強, この文章, してな, しばしば逢つて, しらふで, すきな, そっと会う, そっと耳, そのよう, その景色, それこそ, そんなこと, たしかやす, たやすく手, ちょっとその, とまるはじめて, どうして暮し, なくなった, はじめて父, ひとりふらふらし, ひらかれた世界平和大会, ひらかれる, ほとんど見られぬ, ぼくたちが, まだそこ, みたがって, みんなは, もっとも有名, やっちゃった, よく家具店, よりぬき, アミと, アルコール中毒に, ガロフォリに, ジョセフィン・ベイカアが, タクシーは, トルストイに, ナポレオン三世政府との, ピアノを, ピスカトールの, ブレーク・キンネーアドと, ペテルブルグよりも, ペレールに, ボートを, マルチネの, ルブラン夫人の, 一八, 一八〇〇年に, 一旗あげる, 一番長い, 一緒に, 上演した, 世間と, 久慈や, 二十年前と, 亡くなった磯崎恭介, 亡くなられた黒田先生, 人類の, 会ったこと, 会ったロシア, 会った人物, 会って, 伸子が, 何を, 何百羽食べただろう, 作ったらしい身, 作って, 僕らが, 八千人ばかりの, 公演しました, 再三見た, 出会った, 出会った時, 出来た知人ら, 出版し, 初めてこの, 初めて会つたアイルランド, 初めて知り合った, 別れた最後, 別れてから, 別れるとき, 別れる前, 医学を, 十日間の, 千鶴子さんと, 千鶴子と, 友だちの, 友人らと, 名声を, 喀血した, 四日間に, 坊さんしてやろう, 売れるという, 妙な, 妙に, 季の, 學問を, 幸子から, 待機する, 急死し, 所謂風の, 拾った赤子, 捜して, 支那料理の, 教育を, 散髪を, 日支銀行の, 暮したこと, 暮したん, 暮そうと, 暮らしたツルゲーネフ, 最後まで, 有名だった, 柚子の, 案外楽, 歯医者を, 死ぬまで, 母が, 母の, 毎日数時間ずつ, 淋しく死んだ, 演ぜられチェホフ, 災難に, 生れたため, 生れた生粋, 生活し, 用いられた手段, 矢代にも, 知つてゐ, 知り合つたコンシャアルつて, 知合つてわりに, 磯崎の, 第一回文化擁護国際作家大会, 素子の, 結婚式を, 絶えず論争, 緑郎どうして, 腐らしとく手, 自分たちの, 自動車衝突の, 興行中の, 若鶏, 英国式作法教授の, 落ちあったと, 落ち合つて, 蜂谷に, 行われた, 製造された, 見た, 見たとき, 見たの, 見たもの, 見たクレンクビュ, 観たモスクワ芸術座, 観た時, 解放された, 誰が, 講演を, 買えるデイリー, 近く暮した, 送ったもの, 送るため, 逍遙し, 逢つてゐる, 逢へる, 遊んだこと, 遊んで, 金が, 金を, 開いた彼, 開かれて, 開かれ参集国, 降りて, 雨の, 靴買いに, 食いつめて, 飢えて

▼ パリ~ (214, 9.3%)

19 来て 10 行って 8 来てから 6 帰って 5 着いて 4 出て 3 戻って, 行っても

2 [16件] ついて, 出かけたの, 出かけた形跡, 向けて, 向って, 帰る, 来た, 来たとき, 来てまで, 来る日本人, 生れて, 行きたいと, 行くこと, 行ったこと, 赴いた, 電話を

1 [124件] あなた一人でいらっしゃる, いったんだ, いって, いら, お立ちに, お金を, かえってカシニ街, かえって来, かえって来た, かえって来る, ついてから, ついてからでも, つくと, つれて, みいらを, もどるの, やってきた, やって来る, よこしは, トレモンに, バルメラ男爵を, 一つは, 一人のこっ, 三年留学する, 二度も, 仕事に, 何し, 入った, 入る, 入る日, 出かけた, 出かけようと, 出かけるいたずら者, 出たの, 出る準備, 出掛けた頃, 出発する, 勉学に, 呼び寄せる一通, 夜行の, 帰ったらゆっくり, 帰ったら見る事, 帰りましょうよ, 帰りますの, 帰るつもり, 帰ると, 帰るん, 帰る列車, 帰ろうかとも, 引き上げた, 後送され, 戻った原因, 戻ると, 戻る仕事, 打った形跡, 招待された, 捨てて, 来かかって, 来たかったの, 来たという, 来たらホテル, 来たん, 来た世界, 来た土産, 来た矢代, 来られたと, 来ると, 来るという, 来るまで, 来るみたい, 来る日, 永らく考え慣れた, 流れ込んで, 現れた, 現われたの, 留学させる, 着いたという, 着きたい, 着くと, 着く伸子たち, 移住し, 立ちます, 立ったので, 立って, 立つ, 立つこと, 立つ予定, 立つ友人, 絵の, 続く郊外, 舞ひ戻つ, 著いた, 著いて, 行き, 行きたがって, 行きますわ, 行き着くこと, 行き自分, 行くと, 行くの, 行くので, 行く船客たち, 行く道, 行けば, 行けるの, 行こうという, 行った, 行ったか, 行ったばかりの, 行ったもの, 行ったらどんなに, 行ったらシャンゼリゼー, 行ったら何, 行ったら別れようと, 行ったら葡萄酒, 行った外国人, 行ってからの, 行つて文学芸術の, 講演に, 足を, 送って, 連れて, 連絡しなきゃ, 電報を

▼ パリ~ (96, 4.2%)

4 出た人 3 去った 2 中心に, 出て, 出発する, 見て

1 [81件] あこがれて, あとに, おとづれて官舍に, さして, しばらく離れる, たのしみその, はなれて, ば威嚇する, ひきあげるつもり, ひとり放れ, ひとり旅立つ, ふしぎな, やったら美味かろ, やって, 中心として, 予想に, 出る, 出るの, 出る時, 出る最後, 出発し, 出発した, 南から, 去って, 去つて, 去らなければ, 去る, 去ること, 去るに, 去るよう, 去る予定, 去る時, 去れば, 大兵力, 奪取され, 引きあげるときペレール, 引上げる, 引払われた後, 後に, 思い泛, 憧れて, 懐しむ, 拡張し, 放れたこと, 放れると, 模し, 歩いて, 熱愛する, 狙う事, 発し急行, 発ったの, 発つ東野, 發って, 着て, 知らざれば, 砲撃した, 立たずあと, 立ち郊外, 立って, 立つと, 立つとき, 立つの, 立つ仕度, 立つ前, 立つ気, 脱出する, 西北に, 見おろして, 見ベルリン, 見上げて, 見物し, 親たち去る, 訪ねて, 貫く十二, 貫流する, 足の, 逃げ出した, 逃れなければ, 造ったと, 離れて, 離れないと

▼ パリから~ (66, 2.9%)

5 帰って 3 モスク, ロンドンへ

1 [55件] いなくなろうと, ことづかって, このよう, せっせと書き送った, ついた, やってきた好奇, わざわざ買っ, ケルンに, ジュネエヴに, ボルドーへと, ボローニュまで, ロンドンまで, ヴァルセに, ヴァルセまで, ヴァルセまでは, 一時間ほど, 一晩泊りで, 下すった, 二人の, 二年前より, 出て, 出ること, 出るほとんど, 出発し, 出発します, 切手の, 動こうと, 動こうとさえ, 北へ, 北京へ, 千鶴子に, 大きいトランク一杯, 帰ってから, 帰つ, 帰らせようと, 廻送し, 手紙を, 持ち帰ったあらゆる, 数千キロは, 書いた二番目, 書物が, 来た一九三六年型, 来た便り, 来た時彼, 来た裁縫師, 来た見物人ら, 来て, 来るもん, 柳沢金吾あてつう, 行ったの, 見えたが, 買って, 追ひ立て, 遠く離れ, 飛び出して

▼ パリ~ (61, 2.7%)

2 引け時間地下電車の

1 [59件] いいでしょう, いつもの, いろいろ表現, お師匠さん, これで, すでに危險視, どんなに美しい, どんな風, ない, ぬくい間, まだしばらく血, もう笑顏, コーヒー店ブドウ酒の, ボルドーにも, ヨーロッパへ, 五時間以内では, 今の, 何によって, 全世界, 前の, 危険らしい, 又大した, 又少し, 壮麗である, 夜に, 平静です, 年齢なんて, 幾らか平靜, 廢墟の, 戰災を, 持ちこたえるだろうという, 文化の, 文字通り世界文化の, 暴動化し, 歴史的な, 決して一無名, 決して人, 無くなったっていうのよ, 登りつめた都, 目と, 眠りの, 秋立っ, 科学であり, 立派に, 美しい平和, 美と, 脅威を, 良いところ, 芸術の, 街燈が, 表現という, 補充六個軍団で, 見たいけど, 解らない, 貧乏人ばかり, 靜かに, 駄目に, 高さ, 高山の

▼ パリ~ (50, 2.2%)

3 何か 2 ニースの, モスクワと

1 [43件] あまり強い, いえば, いわれて, きくと, その周辺, ほとんど何, ウィーンこれが, ウィーンだろう, フランスと, フロウレンスであった, ブルターニュとの, マドリッドとに, マルセーユ間で, モスク, ロシアとの, ロンドンで, ロンドンとの, ロンドンに, 下手な, 云つた, 凍って, 名づくべき, 周遊し, 呼ぶ豪奢, 命令する, 塗つた, 断つて, 断りながら, 歯切れが, 氷柱が, 火花が, 爪を, 特別な, 異って, 称し市街, 答へる, 縁が, 舌ざわりよく, 言ひきりました, 言ひきる, 闘って, 音が, 音の

▼ パリでは~ (40, 1.7%)

1 [40件] ああいう, あんなに厳重, いままで, こういう感覚, この種, この道, さう, それを, そんなパン, だからきっと, どこのが, わたしは, シュールレアリズムとか, ノートルダムの, フランスの, ブル, マロニエの, ミディネットが, モンマルトルの, ルーブルを, ヴァイオリンを, 一つの, 一対一三七である, 一時日華の, 一頭地を, 年出生の, 年結婚の, 彼の, 手を, 生活しよう, 番地を, 真紀子と, 素子も, 絵画の, 総人口, 藤田氏の, 諸般の, 警吏が, 顔を, 馬車の

▼ パリパリ~ (37, 1.6%)

3 と何 2 と音, なん, の

1 [28件] がビスケー湾, だった, でこの, でさえこう, でし, ですからね, でたしか, で妙, で日支銀行, で柚子, という幽か, という物, と凍っ, と歯切れ, と氷柱, と火花, と爪, と特別, と舌ざわり, になりました, に乗, のところ, の名吟, の東京流, の筆, の芸妓家, を狙う, を着

▼ パリ~ (27, 1.2%)

1 [27件] ありベルリン, あるもの, いやに, うごきだして, おちたらフランス, このごろだんだん, そうだ, その女, それを, だんだん近, なつかしまれたもの, わかりかけて, わかるの, パリとして, パリの, ビスケー湾の, 世界に, 人の, 今にも包囲, 包囲され, 同盟軍に, 好いと, 少しヒステリカル, 平素よりも, 芸術の, 陥落した, 離れられなくて

▼ パリには~ (25, 1.1%)

1 [25件] いつもある, たくさんいない, なるほど人, ひつた, ひりこんで, もう永く, ゐる, ギメ氏の, ナチスの, パリの, ファラデー町が, フランス料理の, 一番に, 七月十四日の, 三四か月も, 二月革命の, 八万五千人もの, 到るところ, 十一月いっぱいぐらい, 早や, 最初に, 素子も, 罷業が, 象徴派の, 長く滞在

▼ パリでの~ (23, 1.0%)

2 二人の

1 [21件] ある一事件, イエニー, 一年半の, 一時期とて, 一時期の, 一般の, 久慈との, 共同家族の, 出来事も, 婦人との, 度び度びの二人の, 感想中に, 暮しかたが, 暮しで, 暮しの, 極端な, 泰造と, 生活については, 生活を, 磯崎恭介夫妻の, 私の

▼ パリという~ (17, 0.7%)

1 [17件] ところについて, ところには, ところは, ところ京都に, のが, ものが, 大都会, 幽かな, 所は, 料理店です, 物を, 都が, 都の, 都は, 都を, 関所を, 順だった

▼ パリ~ (17, 0.7%)

2 ベルリンに, ロンドンに

1 [13件] あちこちで, ニイスや, ニューヨークの, ヘルシンキや, ベルリンの, ベルリンを, ミュンヘンや, リヨンの, ロウマの, ロンドンあたりの, ロンドンを, ローマの, 何かから

▼ パリ~ (17, 0.7%)

1 [17件] がすむ, がすんで, が明日, だと, にパリ, の夜, の夜景, の日, の賑やかさ, も変れ, をぶち壊した, をむかえよう, を伸子, を待つ, を見たく, を見たくなきゃ, を見れ

▼ パリまで~ (15, 0.7%)

2 出て

1 [13件] いらしって, たばこなし, もちこされて, もって, 出かけて, 引き揚げること, 引き揚げるつもり, 来たわけ, 歸る, 行きます, 行って, 行つちまつた, 走らせた

▼ パリでも~ (14, 0.6%)

2 ベルリンでも

1 [12件] かなり評判, このドーム, どんな政治的, エペソでも, 七月末に, 到る所, 労働者の, 実に平穏, 歌いました, 芝居見た, 若干の, 見えたそう

▼ パリ~ (11, 0.5%)

1 [11件] いいけれども, いよいよ餓鬼, そこまで, そんなに恐く, なつかしい, よく勝手, デカルトも, ベルリンと, モデルが, 全く別, 目を

▼ パリ~ (11, 0.5%)

2 というもの 1 ならだれ, の中, の人気, の平和, の心, の抱い, の趣味, らしいかんで, らしいふう

▼ パリ大学~ (11, 0.5%)

2 に滞在中 1 からのとくべつ, から発射, で教育学, においてのべました, のドン助教授, の学位論文審査, の構内, の研究室, の若き

▼ パリ生活~ (11, 0.5%)

2 の最後 1 がはじまり, というもの, につながる, のさまざま, の深まり, の真相, の秩序, を切り上げなけれ, を想像

▼ パリ~ (9, 0.4%)

21 から, という, といっ, と喧嘩, と思っ, なあと感服, のの

▼ パリ時代~ (8, 0.3%)

1 からご存じ, にその, には絵具, のあなた, のまま, の友人, の夫, の馬鹿

▼ パリからの~ (7, 0.3%)

1 ニューズがは, 列車の, 友達ドクトルで, 客と, 新しい流行歌, 歸途昨夜遲く, 目で

▼ パリっ子~ (7, 0.3%)

1 か, であるとか, でかつて, でない日本人, とは同じ, の見た, はどうしても

▼ パリにおける~ (7, 0.3%)

1 マルクス一家の, 三年の, 偉大な, 地方人の, 日本人という, 自分の, 自身の

▼ パリじゅう~ (6, 0.3%)

1 が憤激, が騒い, のせんたく女, のどんな, の高利貸, を見おろす

▼ パリにも~ (6, 0.3%)

1 またロンドン, 一二冊残存し, 夏らしい, 留学した, 達せず敵, 飽きたんでね

▼ パリ~ (6, 0.3%)

1 だと, という, な気分, のやしき, の家, の特別

▼ パリ~ (5, 0.2%)

2 んです 1 の, のだった, んだ

▼ パリ~ (5, 0.2%)

3 の方 1 とベルリン党, の興奮

▼ パリ市民~ (5, 0.2%)

2 が饑饉 1 と同じ, の日常, らしく昼飯

▼ パリ近郊~ (5, 0.2%)

1 のある, の下院代議士補欠選挙, の労働者, の大, の森

▼ パリからは~ (4, 0.2%)

1 よほどはなれ, プラーゲは, 二百五六十キロも, 特別に

▼ パリじゃ~ (4, 0.2%)

1 なくちゃ, 一番美しい, 君に, 子供の

▼ パリへの~ (4, 0.2%)

1 半移民的生活, 帰途に, 旅を, 連絡を

▼ パリベルリン~ (4, 0.2%)

1 が鮮やか, の生活, は実に, を通過

▼ パリ交響管弦団~ (4, 0.2%)

3 を指揮 1 のだけ

▼ パリ以来~ (4, 0.2%)

1 の二人, の懸案, の気がかり, の真紀子

▼ パリ~ (4, 0.2%)

1 とが喧嘩, の好み, の粋, の誰

▼ パリ市中~ (4, 0.2%)

1 にある, に一寺, に築いた, を行進

▼ パリ滞在~ (4, 0.2%)

1 についての素子, について和一郎, はあまり, もあと一年

▼ パリ滞在中~ (4, 0.2%)

1 にこの, の体験, は一緒, は財布

▼ パリ音楽院~ (4, 0.2%)

1 で初演, に入学, のオルガン教授, の正規

▼ パリ音楽院管弦団~ (4, 0.2%)

2 を指揮 1 で入っ, の以外

▼ パリ~ (3, 0.1%)

1 アメリカへ, ロンドンで, 東京よ

▼ パリにおいて~ (3, 0.1%)

1 御者と, 氏が, 魚類に対する

▼ パリにて~ (3, 0.1%)

1 上等の, 催された日本陶器展, 往来の

▼ パリまでの~ (3, 0.1%)

2 汽車賃が 1 道順を

▼ パリより~ (3, 0.1%)

1 イタリヤの, 購入まだ, 遠くへは

▼ パリロンドンベルリン~ (3, 0.1%)

2 などの都市 1 などに行った

▼ パリ交響楽団~ (3, 0.1%)

1 が名演, とヴラソフ合唱団, を指揮

▼ パリ全市~ (3, 0.1%)

1 は若い, を通りすぎる, を馬鹿

▼ パリ周辺~ (3, 0.1%)

1 の一五箇村, の村, の村落

▼ パリ~ (3, 0.1%)

1 博覧会の, 學に, 擧の

▼ パリ市内~ (3, 0.1%)

1 に独身ぐらし, のその, へ向っ

▼ パリ特派員~ (3, 0.1%)

2 の名刺 1 の某

▼ パリ郊外~ (3, 0.1%)

1 のムードンあたり, の労働者, の街

▼ パリ銀行~ (3, 0.1%)

1 のもの, のロンドン, の臨時本店

▼ パリその他~ (2, 0.1%)

1 にアブストラクト, の外国都市

▼ パリだの~ (2, 0.1%)

1 ヘルシンキだの, ミュンヘンだ

▼ パリ~ (2, 0.1%)

1 児, 児で

▼ パリとの~ (2, 0.1%)

1 生活から, 通話

▼ パリなんて~ (2, 0.1%)

1 あれは, ところは

▼ パリへと~ (2, 0.1%)

1 志して, 走った

▼ パリへも~ (2, 0.1%)

1 帰ろう, 急いで

▼ パリよりも~ (2, 0.1%)

1 むしろこの, 物珍らしく見られた

▼ パリジァン~ (2, 0.1%)

1 にもなれる, の意気

▼ パリベルリン等~ (2, 0.1%)

1 へ出す, へ着した

▼ パリロンドン~ (2, 0.1%)

1 とワルサウ間, などを見物

▼ パリロンドン間~ (2, 0.1%)

1 の交遊仲間, の飛行機

▼ パリロ氏~ (2, 0.1%)

1 がその, と牧場主

▼ パリ一揆~ (2, 0.1%)

1 が敗北, の時

▼ パリ下町もの~ (2, 0.1%)

1 の系列, の系列以外

▼ パリ以来久慈~ (2, 0.1%)

1 と衝突, や矢代

▼ パリ以来久方ぶり~ (2, 0.1%)

2 の東郷青児君

▼ パリ博覧会~ (2, 0.1%)

1 か何, で演奏

▼ パリ名物~ (2, 0.1%)

1 の一つ, の細い

▼ パリ大学滞在中~ (2, 0.1%)

1 の宇宙学者長良川博士, の長良川博士

▼ パリ好み~ (2, 0.1%)

1 のネッカチーフ, の身なり

▼ パリ~ (2, 0.1%)

2 のアンナ

▼ パリ~ (2, 0.1%)

1 で来, の電報

▼ パリ市直属~ (2, 0.1%)

1 の精鋭, の鉄甲

▼ パリ本店~ (2, 0.1%)

1 において支払っ, へ問い合せる

▼ パリ案内~ (2, 0.1%)

1 をバルコン, を出しかけた

▼ パリ発祥~ (2, 0.1%)

2 の地

▼ パリ~ (2, 0.1%)

1 一の, 一等の

▼ パリ見物~ (2, 0.1%)

1 そのままに, の傍ら

▼ パリ警察~ (2, 0.1%)

1 の探偵, の連中

▼ パリ~ (2, 0.1%)

1 だけに接続, には十個軍団

▼1* [161件]

パリあかんやうに, パリあたりから来, パリ斷わりする, パリおよびローマの, パリかなア, パリからかどっちかから, パリからも円盤の, パリつての, パリきっての上品, パリくんだりまでなん, パリしか知らなかった私, パリしたところも, パリそのものの生活断面, パリだけであった, パリだけが文化の, パリだって見て, パリっ子式である, パリ児は, パリつて色気の多い, パリである一人の, パリでさえこうだ, パリですからね, パリでということは, パリでなくて東京, パリとかフランスとか, パリとかいうときモスク, パリとして歴史の, パリとで見当り次第に, パリとは違って, パリともロンドンとも, パリなど各国の, パリなどでは夏に, パリなどへ送金する, パリならフランス人の, パリなればこそどこ, パリなんだ同じ, パリにおいては秘密処刑の, パリにしかないある, パリにすら達しなかったの, パリについて激論し, パリについてから和一郎たちにとっても, パリのどぶの, パリへだって来て, パリへは帰り道の, パリへまで吹きつけて, パリまがいのフランス語, パリまたはロンドンの, パリまでは行くつもり, パリみたいだ, パリらしいものは, パリわからないよ, パリイタリアのブリンディッシ, パリジァンなぞより余程, パリセルの戦い, パリセーヌ河岸の古本屋, パリパリ尾張名古屋の方面, パリパリ連中がみんな兜, パリベルリンウィーンに次ぐべき, パリベルリンヴィーン等等到る所, パリペーピンどこへ行つて, パリポン・ヌフの一書肆, パリロンドンニューヨークという風, パリロンドンベルリン等における一流商店, パリ一つでさえが眼, パリ一流の服飾家, パリ万国博覧会の絵葉書, パリ上下の同情, パリ下りだという, パリ事件の本質, パリ二月革命の三日間, パリつた, パリ交響管弦団のがある, パリ人士の注目, パリ仕込みですよ, パリかない, パリ以上だとも, パリ以来私にはズット, パリ以来論争ばかりで, パリ会議以後である, パリ伯爵の大, パリ住居の女, パリ公演といふこと, パリ共産党の本部, パリ出来の帽, パリ初演三年目のこと, パリ劇壇の寵児, パリ勤めの苦し, パリ占領を祝し, パリ印象をかく, パリ及びナポリの, パリ在住の通信員, パリ地図を買った, パリ地方のそれぞれ, パリ城下の恥, パリ大学ニ滞在中デアル, パリ尾張名古屋の方面, パリに遊ぶ, パリの暗渠道, パリ市一年の予算額, パリ市場などという, パリが出来た, パリ帰来後の孤愁, パリ広しといえ, パリって, パリ当時に破れ, パリ断に, パリ支店の買収, パリ文明もこの, パリ断つた自分な, パリわつた, パリ方面よりする, パリ最も盛んなる, パリ東南部の労働者地区, パリ東方地区に於, パリ板コラン・ド・ブランシーの, パリ板サントスの, パリ板シニストラリの, パリ板タヴェルニエーの, パリ板ターパンの, パリ板ワイツとゲルランド, パリ法廷づきの, パリ滿城の春, パリ版ゴダールの, パリ版フランシスコ・コルムナのポリフィルス, パリ独特の細い, パリ生れであること, パリ生活間に蜂谷, パリ生粋のもの, パリ留学失敗展は伸子, パリ発行の, パリ神学部の, パリ神學部の, パリ祭シャンソンパーティーというの, パリにキリスト, パリへて, パリ籠城の輩, パリも根こそぎ, パリ繁栄の基礎, パリをする, パリのころあい, パリの列車, パリ行きの列車, パリ行列車の切符, パリ行急行を取り, パリ裁判所の目, パリ西南方から遠く, パリが耳, パリだ, パリ贔屓の久慈, パリ近在の植木屋, パリ通信は多く, パリ連中がみんな兜, パリ進撃を連合軍, パリ遊覧自動車の運転手, パリ附近なる, パリ電信の記事, パリ音楽院のが入っ, パリ音楽院交響管弦団をコッポラ, パリ音楽院管弦団のは, パリ音楽院管弦楽団を推すべきであろう, パリ駐在の日本大使館