青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「バス~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ドア~ ドイツ~ ナイフ~ ナポレオン~ ニ~ ハ~ ハイ~ ハッ~ ~ハッキリ ハッキリ~
バス~
パイ~ パチ~ パッ~ パリ~ パリー~ ~パン パン~ ビール~ ピアノ~ ~ピストル

「バス~」 1596, 17ppm, 6613位

▼ バス~ (441, 27.6%)

31 中で 11 中に 9 中の, 女車掌, 窓から 8 中から, 停留所の 7 中には 5 中では, 停留場が 4 中でも, 中へ, 中を, 停留場に, 車掌に, 部屋へ 3 停留所で, 停留所に, 停留所まで, 切符を, 後部の, 方は, 車掌を, 階段を, 音が

2 [32件] うしろの, ほこり, まわりに, ヘッドライトに, ヘッドライトを, 下に, 中は, 乗客は, 修業に, 停留場まで, 停留所が, 声が, 外に, 女車掌さん, 床に, 待合所の, 待合所へ, 来るの, 研究生狐の, 窓に, 終点である, 行列に, 車体の, 車体を, 車庫へ, 車掌さんに, 通る道, 運転を, 運転手が, 道路が, 部屋の, 音と

1 [224件] あとを, あるところ, うしろにおいて, うなりつ, おいて, かえりに, ぐるりに, すみに, そとへ, ために, ところで, ところまで, とまつ, ないの, なかから, なかの, はいり心, ほうへ, ほうを, ほこりの, ほこりも, まわりの, めずらしさ, もつ近代味, やうな, ゆれざま, ゆれやう, ようです, ような, ウグイス娘コンクールも, エンジンの, エール, ガソリンが, ガレーヂの, クラクションの, タイヤの, ドアが, ドアは, ドイツ人技師が, メロディーが, ラジオの, 三連音が, 上から, 上に, 下で, 下へ, 下へは, 下を, 両側に, 中からも, 中である, 中での, 中などで, 中なんか, 中にさえ, 乗り場まで, 乗り継ぎに, 乗場が, 乗場まで, 乗場までは, 乗客が, 乗客の, 乘り, 争議, 事件一つを, 事務所が, 交通が, 仏蘭西語が, 他愛ない, 代りには, 休憩所の, 伴奏に, 便が, 便を, 俄車掌は, 停留場から, 停留場で, 停留場の, 停留場へ, 停留所では, 停留所には, 停留所を, 停車場タクシの, 入口の, 入口へ, 内部には, 処で, 出るころ, 出る旭ヶ丘, 出入り口の, 出発する, 出発までには, 切符は, 切符売場で, 初発まで, 前方の, 動揺は, 卵に, 卵の, 卵を, 反ソヴェト陰謀, 呻り, 回数券が, 回数券と, 埃, 声ではじめた, 声と, 声に, 声を, 大きな声, 奥に, 始発に, 始発の, 姿が, 婦人車掌は, 婦人車掌月収四十八円の, 子と, 宇山停留所前の, 客は, 少女である, 少女の, 屋根で, 屋根に, 屋根を, 山本正夫さんと, 市から, 広告を, 床板に, 底に, 形は, 往復し, 往復は, 待って, 待合所前で, 後に, 後窓に, 後部に, 扉に, 手当が, 揺れ来る, 搖れ來, 新橋行で, 方で, 旅行から, 日本訳を, 明りを, 明るい窓ガラス, 時刻表を, 時間が, 時間だ, 時間など, 時間には, 時間も, 時間表が, 最後尾, 来んこと, 棚の, 標柱が, 横腹を, 渦巻いた会話, 温泉場において, 炭坑から, 炭坑で, 炭坑でも, 炭坑を, 玉子であろう, 発着ごとに, 発着場に, 発着場の, 発着所から, 発着所だの, 発着所に, 発着所の, 発着所へ, 発着所まで, 発車を, 発車時刻表を, 窓へ, 窓ガラスを, 窓硝子の, 終点から, 終点で, 終点の, 終点は, 終点を, 終車に, 絃の, 罷業破り, 聯絡が, 聲で, 聲の, 聲を, 脱ぎ散して, 若林という, 衆人環視の, 行く道すじ, 見えなくなるまで, 走る道, 車体が, 車掌さんで, 車掌さんなんかで, 車掌さんは, 車掌だ, 車掌と, 車掌の, 車掌も, 車輪に, 転覆が, 通じて, 通ふ, 通りを, 通るの, 通る町, 遊覽案内にも, 運転手, 運転手たちに, 運転手の, 運轉手達は, 間から, 間に, 間を, 降口, 階段から, 音で

▼ バス~ (223, 14.0%)

21 乗って 14 のって 13 乗った 7 乗つて 6 ゆられて 5 乗つた, 乗る, 揺られて 4 のった 3 乗らなければ 2 のりこんだ, のるには, のるの, 乗った時, 乗つた時, 乗りおくれると, 乗りそこ, 乗り込めたこと

1 [124件] いるうち, いる妾, おのり, お乗せ下さい, お乗り, かけつけて, きっと憲兵, さっきの, して, しては, しろ始発, つかって, つかつて, つみこまれ琴平, どなたか, なさいませんか, のったこと, のったの, のったら伊東, のらざるを, のらずに, のりおくれた形, のりおくれまいと, のりおくれまいという, のりバス, のる, のるし, のると, のれば, まぎれこんで, まもられて, もどって, 一区のって, 乗せて, 乗ったの, 乗ったらいつも, 乗ったり, 乗った或, 乗つたが, 乗つたの, 乗つて帰庵, 乗つて村, 乗つて町, 乗られましたか, 乗りおくれたこと, 乗りおくれたばかりに, 乗りおくれた僕, 乗りおくれて, 乗りおくれるわけ, 乗りかえる, 乗りかえるの, 乗りかけその, 乗りこむこと, 乗りこむと, 乗りこんで, 乗りつつ, 乗りながら, 乗り一先づわたしは久里浜, 乗り五里奥, 乗り伊豆半島, 乗り合わせて, 乗り始めた, 乗り御坂峠, 乗り振り向くと, 乗り換えるの, 乗り映画, 乗り東白浜, 乗り汽車, 乗り灰沼村, 乗り移った, 乗り終点, 乗り込むの, 乗り遅れて, 乗るから, 乗るし, 乗ると, 乗るところ, 乗るの, 乗るまで, 乗るよう, 乗る人, 乗れなければ, 乗れば, 乗ろうと, 乘つ, 乘つた, 乘つても, 乘つて小八幡か, 乘つて峠の, 乘つて新宿へ, 乘りこんだ, 乘りません, 乘る, 人ごとながら, 何千と, 先生と, 入つた, 入りヒゲ, 再び乗っ, 出逢うと, 分乘, 周二君を, 外国資本が, 太い拳, 引かれるか, 徒消した, 御案内, 押しあげて, 押し込む遊山客, 揺られながら, 於ける彼, 比べて, 浴し, 湯を, 秋子さんは, 空席が, 群衆は, 背を, 轢かれたり, 這入った, 運ばれて, 間に, 頼んで, 飛び乗つた

▼ バス~ (197, 12.3%)

7 出て 6 通って 4 来て 3 来た, 走って 2 ある, この頃, なくなって, 一日に, 出るまで, 来たと, 橋を, 行って

1 [158件] あたかもわたくし, あっから, あった, あつた, あのとき, あぶないから, あるそれ, あると, あるの, あるので, あるのに, あるん, ある筈, いいという, いかにも伊豆, いく台もとまっ, いっぱいの, おくれて, きまっそ, くる蟹, ぐんぐん遠く, こいつは, こういった, ここで, そういう交通機関, そのまま赤い, その広場, その町, それを, たくさんなら, つくと, でございますか, でる, とまったとき内海, とまって, とまり女先生, どっさり出, ないと, なくなりますのでね, なじみの, ひっくりかえったという, ひっくりかえったなどと, ふとった図体, ぺちゃんこに, ほかへ, また一日二三度, まだ幅, めんどうだ, もはや通過, やって来た, やって来たが, ゆつくりし, ゆれはじめたほど, ようこそ, ジュラルミンの, ヘッドライトの, ロータリーの, 一台来, 一時間以上です, 三十分前に, 三臺つづい, 不足し, 乗心地の, 人間が, 來た, 來ない, 停り彼女, 停るたび, 傾きながら, 処も, 出ます, 出る, 出るさ, 出ると, 出るの, 別に, 利用出来れ, 動きだした, 動き出すと, 十台ばかり, 千ヶ滝道から, 同じよう, 唸って, 唸り出し苺, 大層すい, 奇妙な, 宮の, 山毛欅の, 往復し, 待って, 待つて, 後方から, 思わしくないから, 急停車した, 恰度出発した, 揺れながら, 日の丸小旗を, 早うても, 来かかったから, 来たぞ, 来たの, 来たので, 来たよう, 来ないですつて, 来なければ, 来る迄, 止まつて, 止る, 毎日村へは, 池袋から, 澁川に, 無い, 爆音を, 猛烈な, 珈琲店, 病院の, 発車し, 発車する, 白浜まで, 着いたり, 砂塵を, 砂煙を, 笑つ, 終日雲の, 終点に, 終点まで, 花見客を, 藤の, 行かあ, 行き逢うとき, 行くと, 衛門に, 警笛とともに, 走りはじめる, 走るので, 迂回する, 通う一路坦, 通じて, 通ったらさっそく, 通つてゐ, 通つてゐた, 通つてゐる, 通りか, 通りはじめた, 通りました, 通り過ぎて, 通ること, 通るという, 通るというじゃ, 通るので, 通るもの, 通る水田, 通れなくなるん, 運転中止でし, 運転中止と, 響いて, 頻りに駅前, 高い

▼ バス~ (171, 10.7%)

3 山口へ 2 かえりました, 上郷まで, 出て, 帰って, 帰庵, 湯田へ, 行くこと

1 [154件] いや或いは円タク, おせむさ, お帰りなさい, かえった, こちらへ, しかもところどころ, そして五時, でかけて, どこへ, どこまででも, のろのろ走, はっきり聞えた, ひとめぐりし, また駅, まつすぐ, めでたく帰庵, やつて, エトナに, メフィストの, ルーヴルの, ヴィクトリヤ・ステーションの, 一めぐりしたら, 一九二八年大陰謀が, 一休庵迄, 一同揃っ, 一時間余それも, 一時間半から, 一時間近く坂道を, 一緒に, 一路湯田まで, 三つ階段が, 三十分も, 三十分程, 三時間ちかく, 三時間沿道の, 上野から, 上野町へ, 下瀬まで, 中禅寺, 九時頃帰庵やつぱり庵が, 二時間ばかり, 二時間足らずかかる, 五合目まで, 五時間も, 井月の, 人を, 今井の, 今泉といふ, 伊保庄へ, 伊東の, 伊東まで, 伊東下田行が, 先発, 全体二十五分ぐらいで, 六甲越え, 出かけたん, 出かけて, 出発さよなら, 出発する, 出発松崎へ, 前の, 北上し, 十ほどの, 十五分くらい, 半日ほど, 吉敷地方を, 団子坂上まで, 国分寺へ, 国府津へ, 夕方の, 夕方帰庵, 大分郊外に, 大急ぎに, 大涌谷, 奈良行一時間半以上ガタクリ, 室積へ, 宮ノ下へ, 富士屋ホテルへ, 小田原まで, 小郡まで, 小郡駅まで, 少し小高い, 山径を, 岩国へ, 帰ります, 帰ること, 帰ると, 帰るん, 帰る事, 帰る仲間, 帰庵した, 帰庵満月の, 彼の, 往復し, 後潟蓬田を, 戻つたの, 戻るに, 折尾へ, 数十分飯梨川の, 新潟へ, 来たの, 来て, 東京迄, 松の, 柳井へ, 消防前, 清水に, 湯, 湯本に, 澄太君は, 町へ, 畑中の, 目白まで, 県庁へ, 神の, 神湊へ, 私は, 約二十分, 素通りした, 葛入り高瀬館に, 蘇葉居へ, 行きました, 行きます, 行き中野実, 行き元明, 行く, 行くん, 行ったか, 行つ, 裁判所や, 言った, 話しかける, 赤間へ, 走つた, 越生の, 足元の, 通うよう, 通ったので, 通る, 野原から, 野原へ, 銀座へ, 鎌倉へ, 鎌倉まで, 鎌倉山の, 長靴は, 青山方面へと, 青森へ, 飯塚へ, 馬返しから, 馳け, 駅に, 高田の, 鳥居峠を

▼ バス~ (138, 8.6%)

2 どれも, ペンクラブの, 二時間おきに, 御幸橋を, 比治山の, 瓦斯会社の, 産業奨励館の, 過ぎて

1 [122件] あったが, ありませんでした, ありませんよ, あるだろう, いずれも, いやな, お昼頃, かなり込ん, ここで, ご自由, しずかに, しばらく停車, すぐ動き出し, すし詰めの, ずっと豊島園, その危険, その時刻, ちょっとみる, ときどき揺れ, とっくにでました, とまった, どうかと, どこでも, どこの, どこへ, ないかと, のろいので, ひどく揺れた, まったくあっという, もう狭い, サーカスの, スピードを, 一ぱいで, 一台しか, 一日に, 一日一回です, 三時すぎまで, 上野広小路から, 主として海岸ぞい, 主として海岸線, 二十分おくれ, 人見の, 今通ります, 信用し, 停まった, 停る, 八割ぐらいの, 出発した, 前の, 動いた, 動き出したが, 十銭この, 右に, 吾, 坂瀬川上津深江に, 大きな尻, 大変な, 天井に, 女ばかりの, 嫌だ, 安くて, 官庁街の, 客が, 宮の, 寂寥を, 小さな道, 小刻みに, 小日向の, 山路をの, 度々泥地, 彼が, 往来した, 後でご, 感じ悪し, 接岸する, 揚鍋の, 揺れて, 早瀬を, 明朝まで, 時に島, 村人にと, 来ない, 東京行きの, 東海道を, 案外空い, 横腹が, 次第に混ん, 止って, 止まった, 河口湖を, 海水で, 滑らかに, 熱い湯, 町の, 目の, 相当に, 着いた, 立派だ, 第三発電所, 蓮根の, 行きかえり殆ど一人, 行きませうと, 裏の, 警備隊本部の, 走って, 走つたが, 走りぬけた, 走り濃い, 走る, 車内に, 通って, 通ってるん, 速力を, 速度を, 運転手台のよ, 道いつ, 道中やたら, 遠ざかる, 陸橋の, 雨の, 震動が, 駅前の

▼ バス~ (94, 5.9%)

10 待って 6 降りると 5 降りて 3 待つて 2 利用する, 待った, 待つの, 待つ行列, 待つ間, 立つ, 降りてから

1 [56件] あびた神田氏, うかがって, おりて, おりても, しらべて, でつぷりと肥つた運転手, とりかこみ入口, とりかこんで, まって, やめて, 一寸洗い, 一時間も, 乗り換, 乗換へて, 予想外の, 交渉し, 停めた, 出てから, 動かして, 占領しよう, 少々だけ, 待ちわびて, 待ち伝蔵, 待ち合せて, 待ち合わせる, 待つた, 待つたが, 待受けた, 待合所で, 悪戯半分操縦し, 棄てケーブル, 歌った, 止めて, 源一は, 自分の, 見かけて, 見はって, 見まもって, 見事に, 見学する, 見捨てて, 見送って, 見送つて, 見送りつつ, 訳して, 走らせた, 迎えた, 追つて來, 追ひかけ, 運転し, 選ぶやう, 選んだ, 降りた, 降りた紋付羽織, 降りてからも, 降りようと

▼ バス~ (43, 2.7%)

3 電車も 2 円タクも

1 [38件] あった, あり一人, ある, あるの, いない, いれて, うっかり乗れない, この頃, できるという, とまった, ない, ない時代, なくなつた, なく柱, もう通っ, やがて今, タキシーも, タクシーも, トラックも, 何も, 何んにも, 初めてであった, 午後から, 実に辛い, 屡々牛, 恐れる難所, 悪くない, 有るには, 無し人力車, 用意し, 空つ, 行き渡って, 走る, 通うて, 通う道路, 通つてしまつて螢, 通らなくなり焼け跡, 馬車も

▼ バスから~ (20, 1.3%)

6 降りて 2 普通の, 降りると 1 あが, すべり落ちた君, そこの, われがちに, バスへ, 五六人の, 辷り落ちてさ, 降りた, 降りたとたんに, 雪子が

▼ バス~ (19, 1.2%)

2 なつた

1 [17件] いっても, それからいろいろ, バリトンの, 一四九二年とが, 云う名, 円タクだ, 呼んで, 小部屋, 汽車賃バス代二十五円の, 洗面所との, 蒸気船と, 車体とを, 連絡し, 電車が, 電車で, 電車に, 電車賃金七銭何といふ

▼ バスガール~ (19, 1.2%)

2 や女給

1 [17件] がコンクール, が説明, と車掌, と運ちやん, なの, のうた, のよう, のネクタイ, の案内口調, の説明, はうた, はバス, もこれ, も心得, をつけ, をつれ, を同乗

▼ バス~ (15, 0.9%)

2 電車の

1 [13件] エレヴェーターで, タクシーの, タクシーは, トラックが, トラックの, 修学旅行の, 円タクで, 円タクとは, 円タクに, 千鶴子の, 自動車が, 自動車や, 電車に

▼ バス~ (12, 0.8%)

1 [12件] いそぎました, かけつけましたが, のってから, のる迄, トクリから, 乗った, 乗って, 乗る近道, 出て, 帰って, 落ちて, 行く程

▼ バスには~ (9, 0.6%)

1 いつたら生れ, ちゃんと街道, ゾウ使いの, 乗らず別に, 乗らず桜, 二等が, 珍しくのんびり, 矢代夫人神山夫人諸井さん, 私の

▼ バス~ (8, 0.5%)

1 あるの, がない, が往復, と別に, なし, の立て, を倹約, を惜しんだ

▼ バスまで~ (7, 0.4%)

1 ぶらぶら歩き, 小料理屋なぞで, 戻りながら, 見送って, 見送る, 送って, 送つてつ

▼ バスルーム~ (7, 0.4%)

2 がつき 1 がつい, づきの, のドア, の中, へ這入っ

▼ バスなどの~ (6, 0.4%)

2 無い時代 1 ない時分, 中で, 公衆の, 車掌が

▼ バスにも~ (6, 0.4%)

1 乗って, 乗らずてくてく, 乗らずわざわざ, 乗らず酒瓶, 乗れないわ, 赤字で

▼ バス~ (5, 0.3%)

1 が尖鋭, という, の, のの, よ

▼ バスでは~ (5, 0.3%)

1 あぶないと, あり得ない, いったん海, ない, 客が

▼ バスタオル~ (5, 0.3%)

1 が下半身, が足部, を押え, を羽織っ, を羽織る

▼ バス炭坑区~ (5, 0.3%)

1 の中心ゴルロフカ, の殆ど, の生産破壊計画, はその, を近く

▼ バス~ (4, 0.3%)

1 トラックか, パノラマみたいな, 何かの, 電車と

▼ バス会社~ (4, 0.3%)

1 の会計主任, の経営, の車庫, は六万円

▼ バスだけ~ (3, 0.2%)

1 あとは, である, 据おきよ

▼ バスという~ (3, 0.2%)

1 ものも, ような, 市で

▼ バスひき~ (3, 0.2%)

1 とのべつ, など饒舌, の譜面台

▼ バスヴィオラ~ (3, 0.2%)

1 とが素人, のうしろ, のかげ

▼ バス道路~ (3, 0.2%)

1 に大型, はその, を一里

▼ バスである~ (2, 0.1%)

1 とはいへ, のに服装

▼ バスでも~ (2, 0.1%)

1 オーダーし, 平気で

▼ バスといふ~ (2, 0.1%)

1 のが, 計画で

▼ バスなどに~ (2, 0.1%)

1 のって, 乗って

▼ バスなら~ (2, 0.1%)

1 四十銭です, 真直に

▼ バスより~ (2, 0.1%)

1 ましだ, 高いとは

▼ バス事件~ (2, 0.1%)

1 に対する大衆, の公判

▼ バス代用~ (2, 0.1%)

1 に提供, の新

▼ バス停留所~ (2, 0.1%)

1 のほう, の標識柱

▼ バス炭坑見学~ (2, 0.1%)

1 とだけは繰りいれられ, をした

▼ バス~ (2, 0.1%)

1 のこと, を歩く

▼ バス電車~ (2, 0.1%)

1 そして欅, を利用

▼1* [94件]

バスあるいはチャンバスと, バスあれから今日, バスおくれて到着, バスおくれた大石先生は, バスかも知れませんぜ, バスからは一塊の, バスがなぶぶうって, バスがまがつて, バスくらい悲しいもの, バスぐらいしかないから, バスぐらいの大きさ, バスさえも戦争中に, バスそこから宮床, バスだけは至極便利, バスちっともいいこと, バスでありながらどこそこ, バスででも行くの, バスとが衝突したらしく, バスとしか見えません, バスとは早々の, バスなすことは, バスなぞが眼に, バスなど交通費も, バスなどで見るよりは, バスなどは往復回数を, バスなんでも利用, バスなんかに轢かれなや, バスにて帰庵直ぐ, バスにでものり合わしたら, バスにのつてお, バスへは是非よろう, バスへもおとうさんの, バスほど確定的に, バスまでも緊張を, バスよく事故が, バスらしかつた, バスらしい権威で, バスをというと, バスガールバアガールそして電車, バスガール個人の特技, バスガール全体がそういう, バスガ如キ態ヲナス, バスチャンタイロルの二人, バスチャンタイロル等この研究事業, バスチヤやらそんな, バステノル蝶の羽ばたき, バストラックダットサンの交通, バスハイヤーの場合, バスバスは嫌, バスバリトンテノオルアルトソプラノなどと云つて, バスポンポン蒸気など, バスルーム付きの十六畳, バスレリーフとしてのスフィンクス, バス一方はアルト, バス上等のお, バス並んで通ります, バスってな甘い, バス代りに一九三二年型, バス代二十五円の汽車賃二百七十円, バス代宿銭を借り, バス代湯銭がない, バス伯爵夫人とカロリイネ, バス傾くとひっくりかえり, バス勲位ホレーシォ・ネルソン・レーという清国, バス地下鉄の停車場, バス地区でも, バス地方に近い, バス市丸潰れとなる, バス市営買収が行われた, バス市電ラッシュの時間, バス待ちてう, バス待っている, バス文字通りの鮨詰, バス早廻り競争ての, バス時代の坊さん, バス朝二代のカリフ, バス来るや虹, バス汽車の網, バス渡船も旗立て, バス炭坑はソヴェト同盟最大, バス産むところリコメーデースの, バスで結婚式, バス自動車がとび過る, バス自動車人力車などが通っ, バスから逃げ出してる, バス街道から田畑, バス買い入れ問題公立病院不正事件若戸渡船建造入札問題, バスから離れ, バス車庫の辺, バス運転手とがひねもす, バス銀バス渡船も旗立て, バスの部屋, バス附気持い, バスまでまた