青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ハ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ツイ~ ~テーブル テーブル~ ト~ ~ドア ドア~ ドイツ~ ナイフ~ ナポレオン~ ニ~
ハ~
ハイ~ ハッ~ ~ハッキリ ハッキリ~ バス~ パイ~ パチ~ パッ~ パリ~ パリー~

「ハ~」 3299, 36ppm, 3277位

▼ ハ~ (32, 1.0%)

2 マデ, ヤ化シテ黄茅白葦満目惨憺

1 [28件] カラ新, コノ瞬間ニ死ニ直面シテイルノダト思ウト, デハ颯子ヲソンナニ愛シテハイナイヨウニ見, デモ覚エテイル, ニて, ノ一銭八分九厘, ハ日本中ニ而格別は, マデニアンナ妖艶ナ, マデニオイテモ行書, マデニナイ, マデニ何十人トナクコノ患者ヲ, マデノ呼ビ方ト声ノ, モナオ妻ヲ, モナオ消, モナオ疑問ダ, ヤ, ヤ本戦隊ノ, ヤ皆無カ全部カノ斷崖ニ立テリ, ヨリ七日前スナワチ八月三十一日休暇ヲ, ヨリ何程以前ナリトハ决シテ云フ事能ハザルナリ, ヨリ凡六十年前, ヲ距ル事凡ソ三千年前, 云フれんげさう, 巴里ニ居テコーランノ処ヘ, 御国の, 持合候時計一面さし出し, 是レヲ, 甚ダシキ危険ニ臨ミ居レリ

▼ ハ~ (26, 0.8%)

1 [26件] イニアルノダガソレヲ裏付ケル体力ガ缺ケテシマッタトイッタ方ガヨイ, イニ太シとか, イニ教エラレマシタヨ, キクハナイガ非常に, キナタオルヲ, キナバスタオルデ母, キニ心ガユルンダカラ吉原ヘバカリハイッテ居タガトウトウ地廻リノ悪, シタ打チ込ミ方デアッタガ今, ナル歡迎ヲ, ニシテ厚シ葉ハ細ク小サクシテ他, ニ故あり, ニ用られ, ニ目おつけ又, 刈鎌ニ乗ツテ奔騰スル, 失敗ヲシタ, 學豫備校ノ, 戰, 戰中ト講和會議トニ於テ彼ノ, 日本國民タル權利ニ於テ平等普通ニ衆議院議員ノ, 日本帝國, 父母, 謀モ乱ル, 資本ヲ, 部分完備ニ向, 顱, 體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ

▼ ハ~ (24, 0.7%)

3 レヲ

1 [21件] を仁, を愛, ニ乗ル, ヲ五等ニ別ツ一ヲストリクチュラルボタニート云フ弁物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前, ヲ作ルコト能ハザルナリ, ヲ倒シテ更ニ此大趣旨ニ基キ人ノ, ヲ國家ニ納付セシム, ヲ國有, ヲ好, ヲ廢止シ國家生産ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ私人生産業限度以下ノ, ヲ廢止ス, ヲ心ニ考ヘ, ヲ拘留シ又, ヲ擴大セルモノ由テ以テ片鱗ヲ, ヲ有, ヲ海外ニ需ムルニ至リ彼我經濟上ノ, ヲ現在, ヲ私人經營ニ開放スベシ, ヲ自己防衞, ヲ説クノ時期到, ヲ阻害スル惡制度ナキガ爲ニ著

▼ ハ~ (24, 0.7%)

1 [24件] 同様ニ上ミの, 咄しなく, 奉公デモシテ世間, 定約, 客様ガ御, 帰リニナルソウダカラ寝床ノ, 年六十ニも, 心の, 手下の, 旗本様ヘ, 書拝見又, 本藩御, 案内仕, 止メナサレトイッタラナゼト云ウカラ御, 止メニなれ, 無用デ, 眉目モ美シウ情モ深, 羸疲甚シ, 聞取も, 聞取被, 自分デ, 談じ, 遠, 面遠

▼ ハ~ (19, 0.6%)

1 [19件] おもしろき人也, トシ実, ニいやにて, ニいやミで, ニうらやましい, ニお, ニドン, ニ千有余年来, ニ同志ニて, ニ大馬鹿ものなり, ニ小事件ながら, ニ御, ニ龍馬の, ノトコロ予, ノトコロ手ガ痛ムノデ剃刀ヲ使ウノモ不自由ナンダガソレヲ怺エテ今朝剃, ハキマラズ, ハコヽニアル, ハ刀も, ハ彼女ガ日記ニ木村ニ対スル心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐

▼ ハ~ (17, 0.5%)

1 [17件] にげだすによりて, アレダケノ心ガケガナケレバイケナイ, フルエテ居オッタ, ンナガイロイロハグラカサレタ江戸ヲ, 失ない, 寝みました, 小農夫, 常ニ座右ニ, 斬, 日蓮ガ敵トナルベシ, 甜クシテ脆, 直書シテ諱マズ, 祈ルコトヲ知リタレドモ, 脚ニタイツオ穿ク, 苦渋熟スル時ハ皆, 雌花ナリ之, 青天白日

▼ ハ行音~ (15, 0.5%)

2 がワ行音

1 [13件] およびエ・オ・セ, が変化, であって, になる, の前, の変遷, はこの, はむしろ, はパピプペポ, はパ行音, は第, は遠, を

▼ ハ~ (14, 0.4%)

1 [14件] があ, が論, しが, しのうバ, しハ, しハ主人, し兼而召つれ候人ニ, などハ, までと, よりハ書状ハ御国ヘハ出し, ノコノ美シイ足, ノ故郷ダカラ, ヲオ信ジニナッテ下サイ, 同よふ

▼ ハ~ (13, 0.4%)

1 [13件] ノ三分ノ一ニ居ル, ノ他, ノ代表ヲ選ビテ事業, ノ出願以前ニ於テ, ノ多, ノ小, ノ干, ノ所有ガ奪取ナルト否トヲ問ハズ強者, ノ暴戻惡逆, ノ終了ト同時ニ完全具足シタル男女タルベク, ノ翌朝, ノ超過セル土地, ノ超過額

▼ ハ~ (13, 0.4%)

1 [13件] うバ, つぎニ申上る, ふの, 一ツノ楽シミヲ, 今夜アタリカラ痛ミ出スニ決マッテイル, 喉ヲ, 喚イテ佐々木ヲ, 國家自身, 寝室デ, 戦争と, 浴室, 痛イ目ニ遇ワセテクレル異性, 金が

▼ ハ~ (13, 0.4%)

7 一審事件 1 一ニ登校兒童ノタメニ毎朝母ヲ, 一期, 二と, 二ノ, 二審事件, 四次元

▼ ハ~ (12, 0.4%)

2 にも 1 がし, でも出来る, と云ったら, もしよふ, を仰せあそばす, ノ國家何, ノ爲メニ日露, ノ證拠ダロウ, ヲ意味スルカ, 之心配

▼ ハ~ (12, 0.4%)

2 クトモ僕自身ノタメニ不利カモ知レナイ 1 イダロウ, イダロウナ, シク閑ヲ, シズツ間接的方法デ, シモナイガデモ生キテイル限リハ異性ニ惹カレズニハイラレナイ, シモ豫期シテイナカッタ涙デ, シ早, シ楽デ, シ長クシテ蜘蛛, ナイヨウデス

▼ ハ~ (12, 0.4%)

1 [12件] グ寝室ヘ, グ脈ヲ, チニ, チニ一ツノ着想ヲ, チニ上ニ朝ヒ日ガ西ニ沈メバ則チ花ハ西ニ朝フ, チニ思想トナリ思想ハ直, チニ支配トナル, チニ殺, チニ海龍倶楽部副, チニ跡ヲ, チニ針路ヲ, ニ此ノ

▼ ハ~ (11, 0.3%)

21 これあり, ておき, やのば, ナウシ, 候と, 候間御, 度, 私し, 自ら拾金計つ

▼ ハ~ (11, 0.3%)

4 字も 1 字, 字の, 字を, 通って, 部, 部を, 音と

▼ ハ~ (11, 0.3%)

1 [11件] カラ之, カラ国民ニ帰シ其本国ハ内外, ラニシテ得ベシ, ラニシテ正々堂々タル宣布トナル者, ラニシテ跡ヲ, ラ同時ニ母性保護トナル, ラ欲スルママニ信仰, ラ称シテ, ラ質粗, 營自給スル能ハザル幾多, 由也国家ヨリ賦課セラルベキモノニアラズ

▼ ハ~ (11, 0.3%)

3 の仮名 2 の子音 1 とは日本, とマ行, とラ行, の活用, の音, やサ行

▼ ハ~ (10, 0.3%)

2 そう来られ 1 すぐ参ります, とはずみ, と苦し, 広海屋, 眠たいです, 解りは, 面白い, 頼まれたこと

▼ ハ~ (10, 0.3%)

1 チ五辛ニシテ其辛臭ニシテ神ヲ, チ其ノ, チ枕ノ, チ此レナリ, チ牢舎ニシテ地下数丈階段ヲ, チ芭蕉, チ論題ナル學問ノ, 根津権現, 根津神社ナリ, 此時ニ在

▼ ハ~ (10, 0.3%)

1 ジキ在郷軍人團中, ジ日本間ノ, ツカラ生ジタモノ, 上北ハ上野南甘楽郡楢原村ニ界ス三州ニ跨, 上古金鉱アリ天正中武田氏之, 人種間ノ, 先生ニ向, 十四日ニ上陸荷物も, 程度, 程度以上ノ

▼ ハ~ (10, 0.3%)

1 の先年, ノ地ニ存スル竪穴, ノ女, ノ妻, ノ姿, ノ心理状態ガ, ノ心身, ノ無慾ト其, ノ自由戀愛論, ヲアマリニ刺戟スル

▼ ハ~ (10, 0.3%)

2 エナイ 1 へ渡り, エナカッタ, セヌト脇差ヘ, ルカ, ルコトガ出来ナイ, ルノモ癪ダカラ附イテ来ルナラ別ノ, 抜イテルンデス, 落シテイタノデアッタ

▼ ハ~ (9, 0.3%)

1 ク完全ニ保存サレテイル, ク平気ダッタコンナニモ平気デイラレルモノカト我ナガラ意外ニ感ジタホドダッタ予, ク科學的根據ナシ, ク自然ノ, 世界ニ跨, 世界無産階級, 生産, 裸体, 道

▼ ハ國家~ (9, 0.3%)

3 ノ根本法 1 ノ保障スル所有權, ノ兒童, ノ兒童タル權利ニ於テ, ノ手, 之レガ扶養, 又ハ他

▼ ハ~ (9, 0.3%)

2 ニ言ヲ 1 ニ六月ヲ, ニ妻ノ, ニ婦人, ニ新, ニ束ネテアッテコンナニ解ケテイタ, ニ神士ニ化シ田舎漢ニ化シ, ニ青銅器

▼ ハ~ (9, 0.3%)

2 ル意味ニオイテ必要デモアリ快感デモアル 1 ハブチ殺, ハ此レヲ, ハ阿, ル信仰ニ基キテ徴兵ヲ, ル劃一, ル商店デ, ル程度ニ於テ支那ヲ

▼ ハ~ (8, 0.2%)

1 しも, はずみの, まるやどの事ニて, ハシキヤシの, 同じく平野, 同音, 発音し, 苦しそう

▼ ハ~ (8, 0.2%)

2 ヲ気ガ狂ウホド嫉妬サセテホシイ 1 もそうさして, ノ嫉妬カラソンナ風ニ気ガ廻ルノカト思ッテ, ノ性慾点, ノ期待, ヲ欺ク, ヲ苦

▼ ハ~ (8, 0.2%)

1 の如し, よりの事, より六丸込ミ, より諸国, ト是百済人也云々, ヨリ心易カッ, 亀天正ころの, 來何レ

▼ ハ~ (8, 0.2%)

2 ニ自然ニ下リテホトンド零ニ戻 1 イデブラウスノ内側ヘ, ゲッテ云イマスカラネ, ニ感ズルコトアリ今朝ヨリ暫時ノ, ニ拓本ヲ, ニ真, ニ自然ニ下リテホトンド零ニモドル

▼ ハ~ (8, 0.2%)

1 ま, よふな, ノ一方, ノ三, ノ改造ニ基ク國家, ノ改造組織, ノ請願, ヲ防グベク

▼ ハ~ (8, 0.2%)

1 カッタ息子ガ七歳, キ也, キ事と, シ, 智ト事情不通トノ爲メニ日本内地ト同時ニ着手スルトキハ内地, 生ノ, 要敵ハ友田友田サエ居ラナケレバ, 邪氣ニシテ幸福多

▼ ハ~ (7, 0.2%)

1 きがら計である, ならず, へらんよ, へりて, へり見るに, へるかも, 様に

▼ ハこれ~ (7, 0.2%)

2 でご 1 だけお, なくほんと, なく先日大坂, まで早々, も尽きせぬ

▼ ハ~ (7, 0.2%)

1 これありしむす, てありし, バ六月廿九日の, 今土佐の, 候, 私が, 豊饒なる

▼ ハハハ~ (7, 0.2%)

2 そう来られ 1 とはずみ, と苦し, 広海屋, 解りは, 頼まれたこと

▼ ハ~ (7, 0.2%)

2 ニ無 1 イ弁護士カ代言人デ, キ伝聞モアラサルヲ当, ヨリ人ノ, 來ノ, 來皆支那ヨリ來ル者ニシテ大

▼ ハ國民~ (7, 0.2%)

1 ノ凡テニ其日暮シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ, ノ權利トシテ受クル者ナルヲ以テ, ノ母タルコトナリ, ノ獨自, ノ義務ナル道念ニ忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ, ノ自由, ノ財産所有權

▼ ハ~ (7, 0.2%)

1 イガ苦シイカラ許シテクレ玉エ, カルベシ, クノ賃金ヲ, ク刀ヲ, ク有用ナラズ, ク朽腐シ或, シセンジュギクト称ス秋月苗高五六尺葉互生紅黄草ノ

▼ ハ~ (7, 0.2%)

1 ラクコンナ風デアロウトオオヨソ想像ハシテイタノダガ果シテ想像, ラク当, ルベキモノニ充チテヰル, ル其禍, レテ丸腰デ, レナイガ死ニ伴ウ苦痛ト緊迫感ト恐怖感トハ御免ダナ, ロシイ

▼ ハ~ (6, 0.2%)

2 頼申します 1 ふけなお, やしない致すことハ, やつガアリマセン, 耳に

▼ ハ~ (6, 0.2%)

1 とも山, にじつ, バ外ニ術なく, バ幕府と, 人是を, 何卒御仁免

▼ ハ~ (6, 0.2%)

1 カラソンナニ恐, カラ知ッテタノカ, カラ知ッテタンダロウ, ニモタビタビ書イテイルガソレハ偽, ニ列スルモノ, 時代

▼ ハ~ (6, 0.2%)

1 タフリヲシナガラ颯子ノガウンノ端カラ覗イテイル支那履ノ, テイルモノト思ッテイタ, ラレナカッタワ, ル, 惚ケテイテ痛, 惚ケテ木村ト情交ヲ

▼ ハ彼女~ (6, 0.2%)

1 ノ二ツノ足, ノ方モ数回ニ, ノ素足ニ, ヲ俯向キニサセ, ヲ盲愛シテイタ, ヲ酔イツブシテ

▼ ハ~ (6, 0.2%)

2 ヲ取 1 をいためし, ノ如ク, ノ痛, ヲカラメテヰル

▼ ハ~ (6, 0.2%)

1 モ好, モ復讐ヲ, モ忌ムノデアル, モ愛スベキ忠犬ナレバヨクイタハリカヘルトモ留マルトモ犬, モ近, モ重

▼ ハ~ (6, 0.2%)

1 ダシ, ダ以テ之, ダ其跡ヲ, ダ斯ニ盡キズシテ感覺ニテ知リ記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ, ダ詳カナラザレド中毒死ト認ム, 歴驗セズト雖其理亦

▼ ハ短調~ (6, 0.2%)

1 の, のソナタ, のワルツ, のヴァイオリン・ソナータ, の交響曲, の四重奏曲

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 かられず, ナニハ, ワでなけれ, 三年前ニは, 便所ニは

▼ ハ~ (5, 0.2%)

2 と奉 1 とす, とする, なれども

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 ノ報道, ノ愛読書, ノ記憶ニアル, ヲ倒シテカラ次ニ佐々木ニ戯レカヽッタ, ヲ無理ヤリニ寝室

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 何レ, 大戰, 循環的ニ市, 新繁昌中, 當然ニ國際語ノタメニ亡ブベシ

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 から一歩, にもよる, ノ心ニイイロナ事, ノ親, ヲ教ヘテ

▼ ハ勿論~ (5, 0.2%)

1 ドンナ親シイ人ニモ話サヌコトヲ誓イマス, 困ルト云ウモノニハ, 日本人モ扨, 藤樹蕃山, 颯子ヲモデルニスル

▼ ハ~ (5, 0.2%)

2 テ他国ニ流離セリ 1 リ予ハ書斎ニ戻, ル月六日の, ル正月廿三日夜八ツ時半頃なりし

▼ ハ~ (5, 0.2%)

2 ッテイルケレドモ母 1 リ敢エズ京都ホテルニ泊ルヨ, ルベカラザル者ヨリ寸土ヲ, 急候間

▼ ハ~ (5, 0.2%)

2 ノ最 1 ノ不, ヘ語リカケ, ヲ深

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 シ, ヨリ企テ及ブベキ所ニ非, ヨリ有用ナレド務メテ雅致ヲ, ヨリ独立スルノ理ヲ, ヨリ説明解釋ヲ

▼ ハ支那~ (5, 0.2%)

2 ノ労働者 1 ノ唄イマショウ, ヲ祖トスレバ, 自ラノ力

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 より少々, より長崎, れ四海同胞, 又天, 迄聞キマセヌ

▼ ハ~ (5, 0.2%)

2 ワシイ 1 ナク著作物ト認メラレルカト思フ, ナシ敗軍, ワナイノデアル

▼ ハ~ (5, 0.2%)

1 ニ博士, リニコノ天候ヲ, リニ嘆声ヲ発シテイル, リニ首ヲ, 尿ニナル癖ガアルガ頻

▼ ハざる~ (4, 0.1%)

1 なく是必近日, の時ニ当り, よし, 所以なり

▼ ハすまい~ (4, 0.1%)

1 かとそふだん, かと存候, かと思ふ, かと相楽ミ申候

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 ふぞや, ふなりても, ふもそふゆ, ふもむつかしかるべし

▼ ハよほど~ (4, 0.1%)

1 おもしろき事, はなぐずなれ, めを, 勢も

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 トき, 度先上件申上候, 申候, 致候

▼ ハハイ~ (4, 0.1%)

2 あの方 1 しっかり勉強, 宜しくどうぞ

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 の関, ヘ降, 文ニ男王卑彌弓呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ, 極メテ密ニシテ上

▼ ハ依然~ (4, 0.1%)

1 トシテ事ニ当, トシテ小資本ニヨル私人經濟ガ大, トシテ志ヲ, トシテ見当ラズマタ管下ニ痣蟹ラシキ人物ノ

▼ ハ全然~ (4, 0.1%)

1 ソウイウ, 其, 廢止スベキモノトナル, 顔モ出サナイ

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 に一字金壱円宛申受候, ノコト, ノ手段, ノ車

▼ ハ別ニ法律~ (4, 0.1%)

2 ノ定 1 ヲ以テ, ヲ以テ其

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 カッタト胸ヲ, カルカト尋ネタラ六ツカシク云ウカラ先ズ悴ヲヒドク叱, ケタイモノダト云ッテ涙グンダカラカアイソウダカラ段々, 六ノ

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 だまされぬ心積, 天下国家の, 是優孟, 貴方の

▼ ハ天下~ (4, 0.1%)

1 のセ話ハ, の人ニ, の儀論初, の大義論

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 キジャナインダ, キダガ鮒鮨ハ御免ダト云ッテイタ, キナダケヒラガナヲ書ケバヨイ, キニ買ッテ十分ノコトヲシテ来

▼ ハ~ (4, 0.1%)

21 より申上, ヲ横抱キニシテ腰カケ

▼ ハ少し~ (4, 0.1%)

1 おくれながらも, もさわり, 入よふなれ, 故障在

▼ ハ~ (4, 0.1%)

3 ノ区別ニ従ウ 1 ノ事実

▼ ハ彼等~ (4, 0.1%)

1 ノ女子, ノ小屋, ノ結婚, ノ貪

▼ ハ日本~ (4, 0.1%)

1 ノ一部タルコト北海道ト等シク, ノ最, ノ積極的權利タルト同時ニ, 第一

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 山大多, 月七日付を以て, 植物ハ元来吾国ニハナク遠, 療養所患者ニシテ七月三十日ハ其

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 メテ容易デ, メテ簡単デ, 大事の, 東西比利亞ヲ

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 かくご, まで何, ノ瞬間マデ, ヲ怯レテ苟モ免レズ

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 イ深, ク, ク國民ノ, 墨ニシテ其

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 前線ニ止マレルヤ否ヤ, 幸の, 敵中に, 耕農モ整ハズ五穀ノ

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 ニ受ケナイ, ニ受ケハシナイケレドモ, ニ活字子ナル哉, 西ナリ

▼ ハ誠に~ (4, 0.1%)

1 いやなれ, むごい, 久しぶりに, 小事件

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 葛武侯ガ造ル所ノモノナリト曰ウ, 道具屋ヘ, 隊の, 隊を

▼ ハ~ (4, 0.1%)

1 ニヨク或, 官ノ, 局ニ驚クベキ報道ヲ, 局ヨリ

▼ ハ長崎~ (4, 0.1%)

1 の者, へ月琴, まで御, ヘ御

▼ ハ長調~ (4, 0.1%)

2 の前奏曲 1 で上下, の

▼ ハ随分~ (4, 0.1%)

2 キワドイ所マデ行ッテヨイ 1 注意深ク剥ガシ, 熱烈ナ

▼ ハこの~ (3, 0.1%)

1 ころハいか, せつ兄上にも, 状を

▼ ハそう~ (3, 0.1%)

2 来られちゃ 1 です

▼ ハその~ (3, 0.1%)

1 きよに, よふ, オ田ば

▼ ハちと~ (3, 0.1%)

1 ふしが, ふやり, 目あてがちが

▼ ハつまらぬ~ (3, 0.1%)

1 という面白味, 事に, 事を

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 がさき, がとの国, を雪げ

▼ ハなく~ (3, 0.1%)

1 ても可, らくにけいこ, 宗虎方に

▼ ハならぬ~ (3, 0.1%)

1 と存じ, ものにて, 事故ニ諸人ハ竹島行の

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 ハなり, 続けたたぐい, 進めら

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 お大隅, ふしに, 早御

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 同不案内ニ候, 向呑メヌトイッタラ, 大種族

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 得聞ヲ, 忍池ノ, 申及近郷近在マデ聞伝エテ群衆ナシ昼夜ノ

▼ ハ何処~ (3, 0.1%)

1 ノ国籍ニ属スルヤ, ノ馬, ヘ

▼ ハ何故~ (3, 0.1%)

1 の勢, カ実, ニ最後マデ余ニ愛セラレザリシカ

▼ ハ和服~ (3, 0.1%)

1 デアル, デ来, ヲ洋服ノヨウニ着コナス

▼ ハ大坂~ (3, 0.1%)

1 の百文, より十里あまり, より申

▼ ハ如何~ (3, 0.1%)

1 で御座いますか, ナル議論ヲ長論大著ニ構成スルニセヨ要, ニシテ犯罪ヲ

▼ ハ実に~ (3, 0.1%)

1 人を, 命の, 蔵をは

▼ ハ当方~ (3, 0.1%)

3 ノ送信

▼ ハ当然~ (3, 0.1%)

1 の事ニ候得バ, の所, マダ寝

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 でうけた, より, ヘ残ッテ居テ

▼ ハ御国~ (3, 0.1%)

1 にて流行申候長剣ハ兼而, に帰れ, をたすける

▼ ハ必ズシモ~ (3, 0.1%)

2 真ナラズ 1 睡ラセルノガ目的

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 するものハ, になれぬ, のはじまる

▼ ハ日曜~ (3, 0.1%)

2 デアル 1 デ百貨店勤務中

▼ ハ木村~ (3, 0.1%)

2 ヲ愛シテイルヨウニ思エテナラナイ 1

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 チ石ハ鳴, 三十年女ハ満, 二十五年ニ達シタル後ハ此限ニ在

▼ ハ~ (3, 0.1%)

2 うです 1 うで

▼ ハ病気~ (3, 0.1%)

1 なりとて, にてけし, デ静養中デアッタガ

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 御勇壮, 御勇壮ニ, 遠カル

▼ ハ~ (3, 0.1%)

2 ノ具 1 ヲ描イテ居ナイ

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 テ閑ニ不, テ閑ニ及バズ, 軍ヲ

▼ ハ自由~ (3, 0.1%)

1 ノ侵害者, ノ為メニ戦フト云ヒ, ヲ以テ放火

▼ ハ誠ニ~ (3, 0.1%)

1 たのしみニ, 御和談, 心得あるべしとても

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 の音, をも持たぬ, を捨

▼ ハ長崎ニ~ (3, 0.1%)

1 おいて, ては長州, て英

▼ ハ長州~ (3, 0.1%)

1 と申, の政事, より帰り

▼ ハ~ (3, 0.1%)

3 ヲ指シ

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 に移る, へ移り, へ移る

▼ ハ~ (3, 0.1%)

1 と申, ヲ得, 今妻也

▼ ハさておき~ (2, 0.1%)

1 今日虎が, 去年六月望月らが

▼ ハすぐ~ (2, 0.1%)

1 参ります, 長崎へ

▼ ハせん~ (2, 0.1%)

1 かへ, とす

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ね, まして母

▼ ハとても~ (2, 0.1%)

1 対戦ハ出来申すまじく, 此儘ニは

▼ ハどの~ (2, 0.1%)

1 よふ, よふくらし

▼ ハなき~ (2, 0.1%)

1 か, 父の

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 や御, 故たずね

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 かえし右往左往, ばならぬ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 つまへより, づ

▼ ハまた~ (2, 0.1%)

1 かけ仕時, 外なる

▼ ハまだ~ (2, 0.1%)

1 さむく風ハ吹もの, ニ御

▼ ハもはや~ (2, 0.1%)

1 沈没し, 諸国の

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ふしも, 程相変日

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 づかに, 夫で

▼ ハハッ~ (2, 0.1%)

1 勿体至極も, 昔の

▼ ハ一人~ (2, 0.1%)

1 でした, ノ百日ニ等シ

▼ ハ一切~ (2, 0.1%)

1 ヲ打, ヲ直

▼ ハ一向~ (2, 0.1%)

1 常ニ, 恐クナイ

▼ ハ一層~ (2, 0.1%)

1 手, 面当

▼ ハ一旦~ (2, 0.1%)

1 身命ヲ, 軽卒

▼ ハ一金~ (2, 0.1%)

2 ヲ他

▼ ハ~ (2, 0.1%)

2 といふ日本的原理

▼ ハ三人~ (2, 0.1%)

1 をな, デ浄吉ハ缺席

▼ ハ三繋~ (2, 0.1%)

2 平ト云

▼ ハ世間~ (2, 0.1%)

1 ノ多, ヲ広

▼ ハ二重~ (2, 0.1%)

1 の羽織, の茶色

▼ ハ二階~ (2, 0.1%)

1 デ, デアル

▼ ハ今や~ (2, 0.1%)

2 奸悪なる

▼ ハ今夜モ~ (2, 0.1%)

2 同ジ夢

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ニナイ, ノ一方

▼ ハ伏水~ (2, 0.1%)

1 にとりの, の事位ニ

▼ ハ伏見~ (2, 0.1%)

1 の寺田, の屋敷

▼ ハ何と~ (2, 0.1%)

1 御申候也, 御申候哉

▼ ハ何ガ~ (2, 0.1%)

1 故ニ, 故ニ英米ト日本トガ國民精神

▼ ハ使ワナイ石~ (2, 0.1%)

2 ノ代

▼ ハ傷ツキ七分~ (2, 0.1%)

2 デ沈没シタ

▼ ハ光レリ鏡~ (2, 0.1%)

2 ノ中

▼ ハ~ (2, 0.1%)

2 リマセン

▼ ハ全く~ (2, 0.1%)

1 権力と, 谷中村の

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 を練候事甚盛, ヲシテ死

▼ ハ兼而~ (2, 0.1%)

1 も申候通り壱人, 参ると

▼ ハ凡テ~ (2, 0.1%)

1 之ヲ國家ニ集中シ國家, 之ヲ市有トス

▼ ハ凡テ國家~ (2, 0.1%)

1 ノ保護ニヨル, ノ經營ニ移スベシ

▼ ハ出来~ (2, 0.1%)

1 申すまじく御, 金モ少

▼ ハ出来得~ (2, 0.1%)

1 ル限リ声ヲ, ル限リ速カニ地域外ニ転出スベシ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 より少々, 眠ノ

▼ ハ卑賤ニ~ (2, 0.1%)

2 依ラズ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 彼等ノ, 肉體ノ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 よふ, 計也

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 家庭ニ於テ父母, 市町村此レヲ

▼ ハ吉原~ (2, 0.1%)

1 ヘ行ッタ, ヘ行ッテモ大丈夫ダトイッタ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ウヲ歩イテ行ク妻, ケキリニナッテイルソレ故

▼ ハ吾谷中村~ (2, 0.1%)

1 と利害興廃, と同一堤内

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 リモノダケレドモソレモ一概ニハ云エナイ, ルカラ支配向

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 よりも父母, ノ制度

▼ ハ国本~ (2, 0.1%)

1 へ御, を見つくろ

▼ ハ國家ガ國家~ (2, 0.1%)

1 ノ兒童ニ對シテ, ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務

▼ ハ國庫~ (2, 0.1%)

1 ノ經費, ノ負

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 デ凡テ土ニ就テ生ズルモノヲ形容シテ土ト云ツタ例シハ頓医抄ニ, ノ如ク

▼ ハ土佐~ (2, 0.1%)

1 で生, の軍艦

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 の用事ニ, よりも御

▼ ハ大農法~ (2, 0.1%)

1 ノ耕地, ヲ利トスル土地ハ

▼ ハ天皇~ (2, 0.1%)

1 ヲ始メ女御皇妃ニ交リ歌, ヲ政治的中心トシタル近代的民主國ナリ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 までの命, ヲ見送

▼ ハ女人~ (2, 0.1%)

2 之レニ

▼ ハ如何様~ (2, 0.1%)

1 なる暮し方, 之武士

▼ ハ嫉妬ヲ感ジルトアノ方~ (2, 0.1%)

1 ノ衝動ガ起ル, ノ衝動ガ起ルノデアル

▼ ハ実際~ (2, 0.1%)

1 ニハ善良ナ, 気ガ狂ッタンジャナイカナコレガ気狂イト云ウモンジャナイカナ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 の主, やしき

▼ ハ寂然不動~ (2, 0.1%)

2 即チ心

▼ ハ寝台~ (2, 0.1%)

2 ヲ下

▼ ハ左様~ (2, 0.1%)

1 で, で御座います

▼ ハ幕府~ (2, 0.1%)

1 の周旋斗致セ, の敵

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ベッタクッテアタシノ足ニハ合ワナイト颯子ハ自慢スル, 羌江水ニ入

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ニ洋籍ヲ, 国那賀郡角野本郷今

▼ ハ彼女ト直接閨房~ (2, 0.1%)

2

▼ ハ彼女自身~ (2, 0.1%)

2 ノ幸福ノタメデモアルト思ッテ貰イタイ

▼ ハ御船明光丸~ (2, 0.1%)

1 も与, を此港

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ノ奥深, ヲ冷カニシテ天

▼ ハ必要~ (2, 0.1%)

2 デナイ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ッテ見, リ内心ウレシクドレドレト眼鏡カケナオシテエエトナニナニ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 の為, ヲ懸

▼ ハ感ジテ遂ニ通ズ~ (2, 0.1%)

2 即チ心

▼ ハ承知~ (2, 0.1%)

1 しました, 致しました

▼ ハ拙者~ (2, 0.1%)

1 より申談候てつ, 急

▼ ハ數年~ (2, 0.1%)

1 ノ後, 前吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ニ残虐ナル爆弾ヲ, 陸ノ土地ニ適セザルカ彼等ノ

▼ ハ於菟ニ~ (2, 0.1%)

1 与フ, 与ヘ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 に同胞, ノ誤

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 イカラネ, ク世ヲ

▼ ハ早寝~ (2, 0.1%)

1 デマダムハ何モ知ラナイヨウデス, 早起キデ

▼ ハ早速~ (2, 0.1%)

1 今夜後楽園ジムヘ, 経助

▼ ハ更ニ~ (2, 0.1%)

1 幽ナリ, 重ク

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 てより, て中川宮

▼ ハ最早~ (2, 0.1%)

1 ヤ断乎トシテ之, 乗組一同貴藩之御手ニ倒レ申より

▼ ハ有難う~ (2, 0.1%)

1 アノウ, 御座います

▼ ハ未だ~ (2, 0.1%)

1 何時と, 曾て

▼ ハ植学者タル~ (2, 0.1%)

2 ヲ得

▼ ハ樹ニ~ (2, 0.1%)

2 依テ生ズ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ニコノ一戦ニ懸, ニ雲外ニ懸

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ド支那, ド消費的各省及ビ下掲國民

▼ ハ殊更~ (2, 0.1%)

1 ソッケナクスル, ニ悲壮ラシク云ウ

▼ ハ海外ニ~ (2, 0.1%)

1 も渡り, 向テ供給

▼ ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ~ (2, 0.1%)

2 去テ他国ニ流離セリ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ノ如ク燃エシカド, ヲ雨ラセ

▼ ハ現時~ (2, 0.1%)

1 ノ教育的差等ヨリ結果セル者ナルヲ以テ, 大資本家

▼ ハ男女~ (2, 0.1%)

2 ヲ問ハズ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ナレドモ書画鼎鐺偶像貨幣, 人種異

▼ ハ真理~ (2, 0.1%)

1 を求める, ノ有

▼ ハ知ラズ知ラズ気ガ~ (2, 0.1%)

1 遠クナッテシマウノデスガ, 遠クナツテシマフノデスガ

▼ ハ石ハ使ワナイ石~ (2, 0.1%)

2 ノ代

▼ ハ積年~ (2, 0.1%)

1 の志願ニ, の思ひ

▼ ハ竹馬ニ騎シテ~ (2, 0.1%)

2 来リ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 デ気ハ香バシク, 微ニ

▼ ハ自分~ (2, 0.1%)

1 のこと, ノ前

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 の一ツ, の事大ニ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 イ時美人ト云ワレタ, 奥様マコトニ恐

▼ ハ英語~ (2, 0.1%)

1 ノ会話ニ於イテ, ヲ強制セラルル英領印度人ニ

▼ ハ薩州~ (2, 0.1%)

1 にてハ小松帯刀, に送り来り

▼ ハ行上一段~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, の語尾

▼ ハ西郷~ (2, 0.1%)

1 の咄, より申来リ候ニ付

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 スルニ予ノ, スルニ只一百萬圓ヲ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ナリ花鏡, リナルコト明カナリ

▼ ハ調四分の二拍子それ~ (2, 0.1%)

2 が最後

▼ ハ諸侯~ (2, 0.1%)

1 が各, ノ私有ヨリ解放サレントシタル維新革命ニ始マレル民生國時代ナリ

▼ ハ諸生~ (2, 0.1%)

1 の稽古, 五十人斗ハつれ

▼ ハ警吏ヲ派シテ~ (2, 0.1%)

1 之ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル, 之ヲ抑圧シ

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 にもつれぐず, ヲ速

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 をく, をよする

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ゴロ原稿ヲ書クニモ手紙ヲシタタメルニモヒラガナトイウモノヲ使ツタコトガナイソレハナゼカトイウニ我々仰臥シタママデモノヲ書クモノニトツテハ些細ナ力ノ, ニあるべく奉

▼ ハ近日~ (2, 0.1%)

1 おふ, 又参り

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 イ昔ハ江州商人ノ, カラズ予ガ死ンデシマッタ後モ

▼ ハ野村君~ (2, 0.1%)

2 は今日頭痛

▼ ハ~ (2, 0.1%)

2 がなけれ

▼ ハ釜中ニ~ (2, 0.1%)

1 在ッテ泣ク, 在リ泣ク

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 をなげ, を中段

▼ ハ鐵器~ (2, 0.1%)

1 ノ存在スル地ヨリ, ヲ出

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 翁ヲ, 輸柯ト名ク大論ニ無

▼ ハ颯子~ (2, 0.1%)

1 デアル, ノ入

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 うまいな, ノ塩焼

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 リヲ, ル

▼ ハ~ (2, 0.1%)

1 ノスキ焼キガ食ベタイ, ノ徴発ニ赴カネバナラヌ

▼1* [2161件]

あいております, ハあいかわらずつまらん事斗御, ハあお峰が, ハあかみちやとおしろい, ハあくして, ハあにさんなり, ハあの辺は, ハあのよふなもの, ハあはれと何, ハあまり興味を持たない, ハありがたき御心付ニ候, ハありますまいか, ハあるまいと, ハあれども相成, ハの所, ハいか斗うれしかりけん, ハいかう浮気ニ成リ給ヘリトテ笑ヘリト也, ハいさましかりける次第, ハいたし居り候ものなり, ハいつかふうち, ハいつも死人多く, ハいづくニても, ハいと寒きに, ハいもばたけ, ハいやと存候バ, ハいらぬことと, ハいり申候もの, ハうけあい雨が, ハうちにハ, ハうみをつけ, ハうんがつよく, ハおいでなされ, ハおかしきものにて, ハおかまいハなく, ハおさなというなり, ハおしろいあぎのかまほねより先キ, ハおそろしきものとや, ハおまへさ, ハおもしろい殺セ, ハおもしろき事ニ候, ハおもわなだに御, ハおらざりしよし, ハおりから又, ハお前がすすめ, ハお話を伺っ, ハかのげいしやなど, ハかわり余程大丈夫ニ, ハてんの, ハきずハ付ハすまい, ハきづかいもする, ハきまりものなり, ハきみへにお, ハぎおん新地と申ところ, ハぎなどたがいニ申実ニ, ハハ敷さし出候中島作太郎に, ハくわの木, ハけして, ハこまり候事故私も, ハこんな映画を, ハまでふじゆう, ハさしてく, ハさつまのやしきおり, ハさてをき, ハさよでございますか, ハされかし, ハされたくねんじ候, ハさんと思ふ, ハざきにて乱板し五月二日, ハざらしむ, ハざらんや, ハしかられん事の, ハしき事なけれども, ハしく御咄, ハしたる事など, ハしめ土地田畑の価, ハしやるろふ, ハしょうちしました, ハしんるいというもの, ハよん, ハじつにはらおつかみたり, ハいまより, ハすこしさしきれなり, ハすねより下, ハずいぶんよきお, ハせしなり, ハせずますますすみか, ハせぬ位な, ハせねども又, ハそふだんニおふじ候得, ハそれはなん, ハそれア今流行, ハそハわ夫, ハたしかに天狗, ハたすかりたり, ハたつきもなく, ハたまらんことに, ハちいさけれども人, ハちょっと痛いです, ハがふよ, ハつれており, ハはいかん, ハでき候べし, ハできずいつたい医者という, ハとか言ふ, ハとんでもない話, ハどうも有難う御座います, ハなけれバならぬ, ハなしてある, ハなりたれども, ハなりがたくと, ハねずみヒねずみフねずみの三匹, ハねども先は, ハねぶともよく, ハねぼけてにげた, ハはかまを着, ハはぎナド, ハはたごやニ, ハはやしぬるやらしれんき, ハはりへハ, ハひとかけ合セにて打, ハふだんニハやかましくにくまれ, ハふろよりいでん, ハぶるうすた, ハべして女, ハほろびあとなく, ハまあすこし何かげい, ハまいらぬものゆへ, ハまことにおもしろき女ニ, ハまアよオく, ハて呉れた, ハもう何かの, ハくにたち可, ハやくたいニて, ハやすいことなれ, ハやって見せ, ハやりさへ, ハゆる南面し, ハようやく村の, ハよきたよりに, ハよそ事ではない, ハよっぽど沢山の人, ハよほどよく候, ハず自身, ハらふかぢお, ハりひをた, ハへからす, ハれおり候, ハれざれば固, ハれまじく残念の, ハれる人なり, ハれんぞよ, ハれん事を恐れ, ハわたくしあの, ハこすまいつまらぬ事, ハをもわくいつ, ハアカルイとおつし, ハアタクシアマリ好キデワアリマセン, ハアナタニ解決シテモラウシカ手ダテガナイト考エタノデ急ギ, ハアノイヤリングヤレースノ手袋ガ和服デ着, ハアノ昨日夕方に, ハイズレモ来ル十二月二十六日, ハイノチ迄, ハイヨイヨ彼女ノ忌避ニ, ハイーエ私のでは, ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, ハオレガ骨折故出来タヲ, ハガシャガシャ節ヲオ聞キニ, ハキマッテ頭ヲマエニウナダレ女ハコレモキマッテ胸ヲ張リ, ハクイチガッタ我等ハココニアリ至急スクイ出シ, ハグレたんだろう, ハグワンとやい, ハコノ計画ノ第, ハコレモキマッテ胸ヲ張リ, ハコレヨリ敵艦隊ノユダンニツケイリナルベク早ク所期, ハコレラヲ僕, ハコヽデ辛ウジテ嘴ヲ入, ハゴム人形ダイテ歩イテイタツカンデ見, ハソウスレバ彼女モ僕ガイカニ彼女ノ裸体, ハソノ美シクナイヒラガナヲソノママ活字ニ移シタモノデ活字ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, ハソラセドと云, ハソレゾレ少シズツ金, ハソンナニザラニアルモンジャナイ恐ラク十五カラット以上アルコトハ確カダト云ウンデス, ハソ連潜水艦タルコトヲ極力, ハタイヘン寒イトユフコトヲキイテタマゲマシタ, ハタマニハ寝室モ彼女ガ勤メテクレルコトヲ望ンデ已マナイノデアルガ, ハチョットシェパードガ足元ニ絡ミ着イタヾケデ転ンデ大, ハテヅカシヨウイチあッそれ, ハすぎるし, ハナタ様モ怨ミマセン, ハドツコイドツコイドツコイサ音頭とる子, ハナカナカ県令ハ大役故ニ勤メラレヌト云ッテナゲ出シタ, ハハお前がすすめ, ハハこれも尽きせぬ, ハハとんでもない話, ハハアハッと, ハハイどなた樣で, ハハイ今すぐ開けます, ハハッハッ猿轡が, ハハツハツ猿轡が氣, ハハハお前がすすめ, ハハハこれも尽きせぬ, ハハハハそう来られ, ハハハハ三人をな, ハハハ三人をな, ハハハ何んにもいない, ハハハ兎に角わし, ハハハ呉羽之介, ハハハ自分のこと, ハハヽ妙な面, ハハ三人をな, ハハ何んにもいない, ハハ兎に角わし, ハハ呉羽之介, ハハ張り子の虎, ハハ自分のこと, ハヒドイ御病気, ハヒフへホ, ハフヘマミムメモユワ, ハモシ僕ガ日記帳ヲ故意ニ彼女, ハモシ彼女ガ空寝入リヲシテイルノダトスレバ, ハモト下ノ, ハワタシ行ッタコトナイカラ少シモ知ラナイ, ハ一ニ只英國海軍ヲ撃破シ得ベキ日本及日本, ハ一ニ師表タル者ノ徳化ニ俟ツ, ハ一モ通ズル所ナキ也雖然其説ク所必ズシモ, ハ一・六五〇貫増し身長, ハ一二三吉兄の方, ハ一人モイナイヨトソウ云ウト本当ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, ハ一人天下をへめぐり, ハ一代きりのものゆ, ハ一作失エシモノノ深サヲ, ハ一分二分斗の本, ハ一切予置スルハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, ハ一切無用之事, ハ一囘ヲ限リトシテ衆議院, ハ一子と二三子, ハ一尺八寸ニ巻カセ二尺一寸ノ打, ハ一年ニ三タビ花サク之レヲ食ヘバ人, ハ一年中ニ百二十両もなけれ, ハ一年半ノ軍隊的軍艦的訓練ハ如何ナル專門的使命アル者モ身心, ハ一度見タラ忘レラレナイ世ニモオ綺麗ナオ方デスシ, ハ一度モナイバカリカ挑ン, ハ一律ニ八時間制トシ日曜祭日ヲ休業シテ賃銀, ハ一応良クナッタノデ行ッテ行カレナイコトハナイノダガ夜, ハ一戦仕りと, ハ一戦争と存候うち, ハ一文も用意, ハ一文デモ利益ヲ得, ハ一新の起歩相見, ハ一日も早く, ハ一昨夜夜ガ明ケル前ニ螢光燈, ハ一昨日薩州村田新八山口の方, ハ一橋又紀州, ハ一決断を以て浪輩, ハ一生嫌ヒ途上ニ会フモ道ヲ避ケテ通レル事, ハ一番よく直り, ハ一種輕キ物質ヲ以テ造レル舟, ハ一筋ニシテフトシ末ニ枝多ク分レ下垂シテフサノ如シ, ハ一般國民ノ購買能力ト世界市價トノ差額, ハ一通リ拭イテアッタガマダ体ジュウニ湿リ気ガアリ長襦袢ガベットリシテイタ, ハ一遍注射針ヲ局部ニ, ハ一銭一文のたすけおうけず, ハ一面に平地, ハ七八百上りたりと, ハ七十五六歳マデハ可能デアルカラ思イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, ハ七年の間, ハ七月二十八日ト同ジ姿勢, ハ万事オレ次第ニナッテ居ルカラ大ガイオレノウチヘトメテ居タガ, ハ万力筋切差西保等ト山脊ヲ界シ, ハ万山ヨリ重シ, ハ万物ヲ多, ハ万葉ニハ其例ニ乏シクナイ, ハ丈夫に相成, ハ三分ノ二以上損傷シタルモノト被存候, ハ三分利付公債ヲ以テ交付ス, ハ三匁五分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, ハ三十一両より三十三両斗, ハ三十俵三人扶持ダカラ困ッテイル, ハ三十六宮第一, ハ三十分グライ一人デ寝室ニ待タサレテイタ, ハ三十斗も渡り, ハ三十日もおり, ハ三大夫及君御召立がと, ハ三文五厘よ, ハ三日路も外, ハ三時ニナルト再ビ寝室, ハ三月中旬より四月朔日, ハ三月十五日より四月朔, ハ三本以上ノ多数, ハ三段ノ進化, ハ三羽ナリ元禄十一戊寅三月一鶴死ス里人公庁ニ訴ヘ令シテ下吉田, ハ三葉或ハ五葉, ハ三階ダッタガ生憎好, ハ上ガ一五四下ガ九三デアッタガ, ハ上ガ一四五下ガ八三, ハ上ッテ来テ障子, ハ上リ屋ヘ行ッテ三年, ハ上下雅俗ノ別, ハ上京致し候, ハ上体ヲ右カ左ヘウイービングスルンダケレド, ハ上野南甘楽郡楢原村ニ界ス三州ニ跨ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス, ハ下リノ時ハブリッジヲ沢山登ラナケレバナラナイノデコレガ甚ダ億劫デアル, ハ下半身ヲ受ケ持ッタ, ハ下情上ニ連兼候所よりの事ニ御座候, ハ下旬マデ学校ガアルシ八月ニナレバ軽井沢ヘ追, ハ下春江戸より京ニ上リ, ハ下等ナ奴ダ, ハ不可能デアル, ハ不孝でしたお, ハ不幸者と雖ども, ハ不忠ナル偽病者ニツキ, ハ不意ヲ食ッタ, ハ不案内之事故, ハ不正ノ侵害ニ対スルコトヲ必要トスル, ハ不用ニナッタカラオレノ所ヘカケツケテ夫婦デ来, ハ不義ニ非ズシテ他, ハ不肖ニシテ時マタ利アラズイタズラニ君ノ義胆, ハ不親切デ嘘ツキ, ハ不運デモアッタガ又捉エラレルニ適シタホドノ脆弱性ト不安定トヲ持ッテイタ気, ハセズ, ハノ中, ハ世の中のかきがら, ハ世ニ有ル程昨日ニカハル習ナレバ, ハ世界大戰終了, ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ差別セズ, ハ世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, ハ世界人類ノ不幸, ハ世界思想ニ戰ヒテ凱歌ヲ擧タル時ニ認メラルル者ナリ, ハ世話人ガウソツキニナルカラ片ハシヨリ切ッテ仕舞ウツモリデ来タカラ, ハ世間カラキラハレタ人間ダカラ世間カラキラハレタレプラ療養所デ働ク決心ヲシタ, ハ両刀使イダケレドモ鮒鮨ハアマリ, ハ中世的弊習ヲ復活シタル上ニ歐洲, ハ中學教育ニ英語ヲ課シ來レル慣習, ハ中島作に相, ハ中座シテ便所ニ隠レ, ハ中立的關係ニ立ツ能ハズシテ彼ノ從屬的現状, ハ丸ビルダト言ッタラコンドハ向ウガマイッチャテネエ, ハ主トシテ中華民国及満洲国学生ヲ目的トスルモノニシテ, ハ主人の要, ハ主従共ニ此所ニ一戦の上, ハノ後裔ナリトハ云フ能ハズ, ハ乙丑ノ九月ナリ校正者識, ハ九月節句とておや, ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, ハる, ハ亂雜ニ書スル等ノ不規則, ハ予ト颯子デアル, ハ予ニソレヲ誇示スルタメニ浴室ヘ招イタラシイ, ハ予ニハ見エナイガ, ハ予ニ背中ヲ向, ハ予ノソウ云ウ気持ヲ実, ハ予一人ダケガ鱧ノ附焼, ハ予専用ノタイル張リニシテ, ハ事ニヨルト過去ノアラユル隠シ場所, ハ事業家ノ奮鬪心, ハ二カ月ゴトニ一回トス賞表ヲ有, ハ二丁目赤づら馬, ハ二三回支那ヲ漫遊シタコトガアルガ, ハ二三年前ニ戒名ヲ附ケテ貰ッタ, ハ二三日後死ンデ浮上ツタガソレヲ喰ツタ人ハ死ン, ハ二三顆アリ形小ナレドモ味優レリ是茅栗ナリ, ハ二人デ郁子ニ寝間着, ハ二分五厘正中ニ稜アリコヽニテ厚サ五分上下共ニ端円ニシテ首尾同ジ, ハ二十三次ハ十六歳, ハ二十二歳目下姙娠四箇月ナリ死因ハ未ダ詳カナラザレド中毒死ト認ム, ハ二十円ヲ払込メバ一年後ニハ, ハ二十分以上モ所謂ネッキングヲ恣ニシタ, ハ二度或ハ三度ニ書スベシ, ハ二日ニ関西方面ヘ出, ハ二百以上下も百五六十アル, ハ二等デアル, ハ二等車デアル, ハ二舷砲門の艦, ハ二萬何千圓デアル, ハ云イ直ス, ハ云ウガソウダトスレバコレモ予ヲ揶揄スル積リナノカモ知レナイ, ハ云ッタガアノ時ハ恐ラク, ハ云ッテイタガアマリ長イノデ木村ハ気, ハ云フニ及バズ諸侍, ハ云フ日忙シ楊万里ハ云フ月忙シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, ハ云フ月忙シ陸亀蒙ハ云フ雲忙シト, ハ云ワレルマデモナク郁子ヲ信ジル, ハ五丸のミ込, ハ五六萼ニ至ル皆開テ傍ニ, ハ五十間も落て, ハ五子ノ紹介, ハ五子ト佐々木ガ戻ルマデニ仕事, ハ五子ノタメニ自動車ヲ一日買イ切リニサセ, ハ五年目毎ニ借地料ノ評價, ハ五歳むすめ惣領ハ二十三, ハ五葉秋ニ淡緑花, ハ五軒ト号ケ或ハ局ト呼ブ者, ハ亞米利加舊來ノ石器使用人民, ハ亞細亞文明ノ希臘トシテ已ニ強露波斯, ハ享樂ハ之レ, ハ京都ヘ自分, ハ京都ホテル颯子ハ南禅寺ニ泊リ二十日ノ水曜ニ帰ルト云ッテイル, ハ京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋に宿申候, ハ人がらがくだり申候, ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラコノ如クニナルト最早世, ハ人ソレ諸ヲ舎テンヤ, ハ人丸赤人など時, ハ人事不省デ先夜以上ニ泥酔シテイルヨウニ, ハ人心ニ具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, ハ人性マデ溯, ハ人民にあり, ハ人民ニ於テハ甚ダ貴重ニシテ暴政ヲ行ハントスル者, ハ人爲ニ諸遺跡, ハ人生ノ活動ニ於ケル一, ハ人足ガ越シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, ハ人身ニ似テ畜身ナリ, ハ人身ニ於テ内景臟腑ノ結構, ハ人間ヨリモ恐ロシイ, ハ人類ノ進化程度, ハ人類社會ノ存スル限リ存スベキ法律, ハ今どこにおる, ハ今に耳ニ残居申候, ハ今や正に其住家を, ハ今パリ大学ニ滞在中デアル, ハ今何シテイルカト問ウノデコレ, ハ今夜モホドヨイ所デ自分ダケサッサト食事, ハ今度クルブラ島ヲ去, ハ今後モ頻繁ニ彼女ヲ悪酔イサセルニ限ルト思ッタ, ハ今日ハこれだけお, ハ今日ハ花見小路ノオ茶屋ヘ電話シテ, ハ今日モナオ時代オクレナ舊道徳ヲ重, ハ今日只今日本帝国内ニ本邦植物図志ヲ著, ハ今晩ニモ受合ハ出来ヌト云ッタカラウチ中ノ奴ハ泣イテバカリイル, ハ今朝ハ一応良クナッタノデ, ハ仕方なけれども, ハ仕立屋デ毎日, ハまいと, ハ付ハすまいかと, ハ付申べし, ハ仙台の国産, ハ以テ遠キニ寄ス, ハ以テソノ及バザル所ヲ補クルノミ, ハ以テ刻下教育ノ須要ニ応ジ一ハ以テ日常生計, ハ以テ読マザル可ラズ書ヲ読マザル者ハ一モ通ズル所ナキ也雖, ハ付度奉, ハ企業家ノ年俸ト等シク作業中, ハ企業的能力ヲ提供シ勞働者ハ智能的力役的能力, ハ伊藤先生おわづら, ハ伊藤先生及洪堂兄等の御, ハ覆, ハ伏水ニて御, ハ伏見ニておや, ハ伏見寺田や家内, ハ伏見寺田屋おとセと申者, ハ会計方の者, ハ伝ヘザレド新座郡小榑村ヨリ高橋図書ト云フモノ来リ発シトモ云リ, ハ伯父サンオ見受ケシタトコロ大層オ元気, ハ伯耆安綱ナリシ由然ルニ熊本ニ来リテ後, ハ伸ビタル足ヲ縮ムルガ如キ, ハ伺イマシタアンタナンカイタラ邪魔ダカラ何処カヘ行ッテラッシャイッテ追イ出シタノヨ, ハ何やらはなの, ハ何れ明日でも, ハ何んにもいない, ハ何カ向フハ闇夜, ハ何カシラ安心シマア今日ハ助カッタト胸, ハ何カ空白ガデキタヨウナ淋シサヲ覚エタ, ハ何ゴトモナク無事ニ過ギテイルノデアルガ, ハ何デモオモイ浮ンダコトヲ書ツケテオイテソレガドレダケノ月日ヲ経タラ, ハ何トカシテアノ素晴ラシイ美シイ足ヲ思ウ存分ワガ舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願, ハ何トナク四角ナ, ハ何トモ云エナイ若イ時ノヨウニ尿ガシャー, ハ何ニアルカトイウト第一ハ, ハ何ニ使ウノカ全ク見当ガツカナイラシク, ハ何事で, ハ何人ニテモ之ヲ有, ハ何処カラ見テモ立派, ハ何処ニアリヤト考エルノニ要スルニ夫レハ主トシテ眉目, ハ何処ニ御座ルカト見レドモ我輩ハ其顔, ハ何処ヨリ手ニ入レタルヤ, ハ何分別りがたく, ハ何分道中の事, ハ何卒先生も, ハ何国ノ人, ハ何時ニテモ保管中ノ証書, ハ何時爆発スルヤモ計ラレズ, ハ何気ナクコレニ近寄リ, ハ何等カノ手段ニヨリテ他ニ所有セシムルヲ得ズ, ハ何等方式ノ履行, ハ何者ノ子, ハ余ガ家ニモ有レド今ハ空蝉ト, ハ余程六ヶ敷ク品もの, ハ余等ノ学友ガ卒業記念ノタメニ, ハ余輩天道ノ扶助, ハ佛壇ニ頭ニ綿帽子ヲ載, ハ佛滅二十八日ガ大安デ, ハ佛蘭西ニ對スル愛國心ヲ, ハ佞人ナドノ官ニ在テ君, ハ佩用トシテ武州鍛冶和泉守兼重ヲ用ヒキ, ハ來ルベキ第二世界, ハ例ニヨリ嫉妬ト感謝トノ相半バスル気持, ハ侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, ハ侵略者ヲ排除セントスル現状打破, ハ俗名ヲ記シ, ハ俚諺の起原, ハ俯向キニ寝テイル妻, ハ俸給ヲ給付ス, ハノ行動ニツイテ, ハ倉庫ノ一部ナリ, ハ個人ノ自由意志ニヨル自由契約ニ成ルト云ヒシ當時, ハ候ハねども先, ハ借用地ヲ耕シテ其勤勉, ハ借金ヲ抜クニカカル, ハ倫常ヲ壊乱ス, ハ倶ニ皆廓外ニシテ旧来, ハ健康ヲ回復シタラ, ハ偶然ニソウナッタノデアルガ午後ノ六時ニ今夜ハオ暇, ハ偽筆ニ違イナイカラワシガアヤマッタト云ウカラサヨウナラ大兄ヘ手紙, ハ僅カ十二種ナレド其レサヘ識ラヌ者多ク, ハ僕ガ負ッテアゲマスヨ, ハ僕ガ何ノ写真, ハ僕ニタマラナイ愉悦ヲ与, ハ僕ハ彼女ガコレヲ実際ニ盗ミ読ミシテイルト否トニカカワラズ, ハ僧ト成ツテ正法ヲ弘持ス, ハ僧侶ト軍人ヲ以テホトンド全部, ハ價格ガ私人生産業限度以上ナル各種大鑛山, ハ優勢ノ海軍, ハ元来健康ナ体質デアッタ, ハ元来吾国ニハナク遠ク渡リ来ル水鳥ガ時, ハ元老院議官ニ或ハ貴族院勅選議員ニ任ゼラレ, ハ先ズ第一ノタンポニ朱, ハ先ズ本所デ男ダテノヨウニナッテキマシテ, ハ先ヅ一ト先ヅ召捕とり正, ハ先ヅ将軍職云云の御, ハ先ヅ屋敷に行, ハ先ヅ荒土ヲ拓イテ種, ハ先ニ去リ, ハ先ハ右計也, ハ先住者ヲ呼ブニ種々, ハ先刻カラ或ル計画ガ心ニ浮カビツツアッタノデ, ハ先夜御別後, ハ先夜ト同ジ長襦袢, ハ先幕か蘭, ハ先日土佐ニ行老侯ニ謁し候所, ハ先月ノ二十九日, ハ先月アタリカラアノ茶羽織トイウ丈ノ短, ハ先生のおぼしめし, ハ先発隊トナリテ和蘭ヲ去, ハ先程アタシハ父ニ内證デ一ト足先ニ日航, ハ先程オ一人デ伊丹ヘオ立チニナリマシタ, ハ先負明後日ハ佛滅二十八日ガ大安デ, ハ先達テ中ノ狼藉, ハノ槍ブスマ, ハ免ルベキモ言語ノ組織其者ガ思想, ハ免レズトモ全クハ棄ツベキ者ニアラズ, ハに角わし, ハ兎角引ッ込ミ思案デ, ハヲ哭ス, ハ児玉氏ナラ差支エナイト思ッタケレドモソレデモ妻ノコウイウ醜態ヲ見, ハ入道盈進までおん, ハ全体トシテ二重ニ見エ, ハ全壊シ着荷ハ三分ノ二以上損傷シタルモノト被存候, ハ全学連ノ反, ハ全智ニシテ全能ナルガ故ニ, ハ兩相待テ他國, ハ兩者共ニ法律ヲ以テ臨マザル方針, ハ八九度も戦場, ハ八幡村ノ二階ニテ, ハ八日ト同ジ事件, ハ公債ヲ以テ悉ク此等, ハ公債ニ變形シタル依然タル巨富, ハ公共的ト私利的トノ欲望ヲ併有ス, ハ公共的動物ナリト云フ共産主義者ノ人生觀ガ半面ヨリ, ハノ大目, ハ六十日計り致し能, ハ六国ノ相, ハ六時頃マタ一緒ニ帰ッテ来テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, ハ六百両ホド勝ッタ故オレガ, ハ共ニ魏ヲ伐, ハ兵ニ当ラズ, ハ兵ハ動しながら, ハ兵学雑談或ハ堂上方, ハ兵火ニ罹リ, ハ兵車ノ事, ハ兵隊サン助ケテ, ハ其レヲ維持スベキ物質的條件, ハ其レニ雇傭サルル肉體的精神的勞働者ヲシテ, ハ其人ヲ容ルヽ能ハズト云フ源因ニ, ハ其修正ヲ行フカ為メ明治二十九年十二月三十一日マテ其施行, ハ其前期ヲ各, ハ其季節を失はん, ハ其実ヲ多, ハ其實社會共同ノ進歩ト共同, ハ其左へ立変り立, ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名ノ影響, ハ其形式亦實ニ丹田, ハ其徳ノ寛大ナリト云フ源因ニ, ハ其心既ニ適宜ニ組織シタル事ニサヘモ相應スルコト能ハズ, ハ其所屬タル内務省ガ決定スベク教師ガ増給運動ヲナス時ハ文部省ガ解決スベシ, ハ其手きず養生中ニ, ハ其折再告申スベキ事, ハ其攀登ニ飽カズ洋海川河ハ其渡渉ヲ厭ハズ, ハ其比威勢アラソイトモ云又信長公, ハ其渡渉ヲ厭ハズ, ハ其用をなす, ハ其發達ヨリ結果セル利益ヲ單ナル占有者ニ, ハ其肉ヲ食フ, ハ其衣ノ薄, ハ其許様御船ニテ被遣, ハ其賠償トシテ三分利付公債ヲ交付ス, ハ其賠償トシテ三分利付市債ヲ交付ス, ハ其超過額丈ケ賠償公債ヲ交付セズ, ハ其辺まで御, ハ其邊まで御, ハ其長州でた, ハ其顔ヲ知ラネバ何分ニモ見当ラズ, ハ其馬能馳セ其彈能中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, ハ兼而御聞ニ入置候通り, ハ兼而通常人の形斗西洋, ハ兼而長州の政府, ハニ余帛アリ外ニ贏財アラシメテ以テ陛下ニ背カザル也, ハ内ニ薄片多シ, ハ内地トソノ隆ヲ比スルニ至ルベシ, ハ内地ニ於テ労働者農民ヲ搾取シ, ハ内外人ニヨリテ正義ヲ二ニセザルコトヲ, ハ内心非常ナ不安ニ襲ワレタ, ハ内憂外患並ビ到ラントスル有史未曾有, ハ再建ヲ云フベク我ハ改造ニ進ムベシ, ハヲ経レバ尽ク紅ナリ, ハ决シテ臆断ス可, ハかに墳墓ハ乱, ハ凡テニ非ズ, ハ凡テニ於テ惡模倣ヨリ蝉脱シテ其ノ本, ハ凡テノ土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生殺與, ハ凡テ無償ヲ以テ國家ニ納付セシム, ハ凡テ謎ヲ以テ語ラル, ハ凡ベテノ約束ヲ無効トス, ハ出ナイワ, ハ出来ず水夫らに, ハ出来るものにて, ハ出来ヌソノ訳ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, ハ出来ヌトイッタラサヨウナラ今日ハ吸オウト云ウ故ニ, ハ出来ヌト云ッタカラウチ中ノ奴ハ泣イテバカリイル, ハ出来ヌモノダガトイウコトデ顔ガ売レタロウト皆ンナニ咄シタトテ, ハ出来マスマイ親類共ガ毎度私ヲバ, ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, ハ出発直前ニ測ッタ時ハ上ガ一五四, ハもなく, ハ刀ハなくても, ハヲ出, ハ分ッテイタガ中ヘハイルノハ始メテダ, ハ分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, ハ分ラヌトイウモノダナント私ガ書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, ハ分リ過ギルホド分ッテイル, ハ分子トシタル小社會ヲ國家内ニ有シ, ハ切々トシテ, ハヲ成ス, ハ初編巻之一, ハ別トハヨウイウタモノ金五郎サンハ前カラ, ハ別ニ之ヲ定, ハ別ニ辞退セズデハ御馳走ニナリマスト云ッテ坐リ込ンダ, ハ別段に大した, ハ別紙に指上候, ハ別紙松井周助兄まで送り, ハ別而然り, ハ別荘ト云フ言葉ヲ聞イテドウ思ハレルカ, ハ別途其, ハ制御ヲ命ジタトシテモ, ハ刺ス棒ニ刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, ハ刺戟剤トシテ利用シテイルニ過ギズ, ハ刻々ニ命ヲ, ハ短衣高屐, ハ則チ新花, ハ則チ何ニ在ルナリ, ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會ノ出現ナラザルベカラズ, ハ則チ山河摂三州, ハ則チ支那上国ノ人, ハ則チ日英兩國ガ海上ニ見ユルノ日ナリ, ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, ハ則チ海陸軍ノ共同ニ成ルモノヲ曰ヒ, ハ則チ陸軍ヲ曰フ其, ハ則嬬人侍女ヲ携, ハ則紅袖翠鬟ヲ拉シ, ハ前後八十名斗ニて蔵ハ八九度, ハ前掲ノ諸, ハ前掲ニ同ジ, ハヲ脱, ハ剣難ガ有ルガ人ガ大勢痛ムダロウトテ心当リハ, ハ加賀川ノ入, ハ助けられ候事ども, ハヲ好, ハしながら, ハ勘定局重役も船ニ乗組, ハ勞働ノミニヨリテ生クル者ニ非ズ, ハ勞働爭議ヲ株主會議内ニ於テ決定シ, ハ勞働者ニ非ズ, ハ勧メラレレバ黙ッテカナリノ量, ハの山, ハ北ニ大ナル圓, ハ北海道ニ於テハ比較的ニ, ハ医師ノ忠告ニハ耳, ハ十三マダ若輩ナガラ一番ニ乗入, ハ十二なりしが, ハ十五弟ハ十三マダ若輩ナガラ一番ニ乗入, ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, ハ十六歳次ハ十二, ハ十分とれるなり, ハ十年間居住ノ後, ハ十時ニハ寝ル習慣, ハ千万なれバ, ハ千万人ノ羨, ハ千両バクチ故ニ, ハ千五百石デ道具ガ一ツ, ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, ハ千葉先生より越前老公, ハ午前三時頃カラ約一時間以上モ妻, ハ午後九時過ギニ決マッテイルカラ, ハ午後二時半カラ四時半マデハ予ガ治療ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, ハバ夢見ツツアルカノゴトキ様子デ, ハ半年ニテ足ル國際語ノ修得ガ, ハ半旗ヲ掲ゲテ航行中ナル旨九時二十分無電ニ接セリ, ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, ハ南海ニ生ズ葉ハ手ノ如ク, ハ南禅寺ヘ泊ルノハ懲リ, ハ南禅寺ニ泊リ二十日ノ水曜ニ帰ルト云ッテイル, ハ単に名義上の, ハ卯木家ニ於テ確乎タル地歩ヲ占メルニ至リ, ハあり, ハ印度ニテ見ラレヌ物マデモ, ハ印鑑を以て坂, ハ危共御気の毒, ハ危機ニ瀕ス至急救援, ハ却テ之ヲ能ク成セリ, ハ卵形ニシテ外面絨毛ヲ帯ビ先端ニ短柱, ハ厄介ニナルガネ今日ハ取リ敢エズ京都ホテルニ泊ルヨ, ハト仙品其形色変幻端倪スベキナシ故, ハ去年台所ヘディスポーザー, ハ去年頃よりも御, ハ去月廿三日夜伏水ニ一宿仕候所, ハ参り兼候べし, ハ參政權ヲ有, ハ又村役場に出張, ハ友人矢田堀函陵ノ余ニ, ハ双生児ノ片, ハ反対ニ洋服ヲ和服ノヨウニ着テイル, ハヲ出ス, ハ口ニハ出サナイガ原因ハ分リ過ギルホド分ッテイル, ハ古人も在, ハ古今ノ比較ニ於テモ東西, ハ古来見究タルモノナシト云フ, ハ古道具やなどほし, ハ只宜シク独用スベシ搭配スベカラズ, ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, ハう御座いますとも, ハリツケタ, ハ右品物ハ何卒先生, ハ右浪人ニ命セバ唯一日ニして, ハ右証書ヲ保管中左, ハ叶エラレタガ首尾ヨク同衾シ事ヲ行ウニ至ッテモ, ハ各々其人ヲ中心, ハ各々其國民精神ト建國歴史ヲ異, ハ各部神經ノ作用ニ由ルコトト, ハ合戦ノ御負, ハ同じ御事ニ御座候, ハ同一ノ観, ハ同志の中, ハ同志多数今や村中混乱, ハ同志社大学ノ佛語教師, ハ同時ニ國民ノ自由, ハ同盟者タル危機ハ恰モ英國ニ取リテ, ハヲ知ルナシ, ハ君タラズトイヘドモ臣モッテ臣タラザルベカラズ親ハ親タラズトイヘドモ, ハ吸オウト云ウ故ニ, ハ吹ものからそろ, ハ吾ガ為メニ勤労シ吾レハ汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, ハ呉羽之介, ハ呼吸ヲ止メテ下サイト云ワレル, ハ和睦ヲ議シ, ハ品物ニて御, ハ唇ダケデナクッテモイヽ舌ヲ着, ハ唯ダ祖考ノ親, ハ唯大兄計ニ内, ハ唯家の店, ハ唯此源因ト結果トヲ相結合スル所以ヲ知リ, ハ商法で名, ハ問ハス今日ニ於テハ實ニ經濟上ヨリ人ノ國家, ハ善良ノ風俗ニ, ハ善良ナノデアロウガイツノマニカ偽悪趣味ヲ覚エ, ハノ作用ニ其作用備ハルガ如シ, ハ喜ンデ手, ハ單ナル休戰條約トシテ調印セラレタリ, ハ單ニ國内ノ地主對小作人ノミ, ハ單科大學, ハ單語ノミノ問題ニ, ハ嘉永六年六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, ハ嘗テ家ノ子, ハ四六ヲ用ヒ詩ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, ハ四分五厘一方ハ二分五厘, ハ四十ニシテ惑ワズか, ハ四十臂ヲ有, ハ四方そふぞ, ハ四面佛ハ必要デナイ, ハ図ラズモ幼年ノ頃, ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, ハ国内軍事に懸る, ハ国家の為骨身, ハ国家思想ヲ欠ク, ハ国際法ノ字允, ハ國境ヲ超越シタル大社會, ハ國家トシテ不合理ナル所有ニ對シテ賠償ヲナス能ハズ實ニ其資, ハ國家ト國民ヲ害セザル程度, ハ國家ハ全生産, ハ國家ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, ハ國家全局ノ生産成績ヲ達觀シ得ベキ衆議院ニ於テセザルベカラザル所以トナル, ハ國家組織ヲ根本的ニ改造スル時獨リ宮中, ハ國政ヲ共, ハ國有タルベキガ故ニ, ハ國民ニ徴兵制ノ如ク勞働強制, ハ國民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, ハ國民教育トシテ必要ニモ非ズ, ハ國民權ヲ取得スル者, ハ國際語ヲ以テ國民教育期間中ニ世界的常識, ハ國際間ニ於ケル國家ノ生存及ビ發達, ハ團體的ニ興味付ケタル者トシ從來ノ直, ハ土中デ骨ト骨トガカタ, ハ土佐のとの様, ハ土佐人高坂龍次郎と申, ハ土佐商会之会計, ハ土佐国ハ一新の起歩相見, ハ土偶ヲ以テ證スベシ, ハ土地私有限度ニヨリテ一度國家ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, ハ土曜日ダカラ寝坊スルト銀行ニ間ニ合ワナイ善ハ急ゲッテ云イマスカラネ, ハ土栗子新鄭山野, ハ土瓜児根ニ似テ, ハ土蹈マズニ唇ヲ着, ハ桑港総領事ニ電命, ハ在郷軍人團ナル好適ノ機關ナク, ハヲ離レルコト四寸, ハ地ニ黙シテ哭ス, ハ地代ソノ外滞ラヌカラ悦ン, ハ地図を以て側, ハ地方の重任, ハ地球北半ノ大, ハ坂本龍馬なるものハ決而, ハ執筆ニ堪エズ, ハ基礎ヤ標準ヤニ頓着スルマデモアリマセヌタダヤタラニオハナシ体ヲ振, ハ埼玉県ノ生, ハエラレナイ苛責デアルベキハズダガ彼女ハ例外ナノデアル, ハノ常, ハ壱文弐文ヲアラソウ故皆ンナガ悦ン, ハノ焼, ハ夏期ニ於テ採収シタル時ハ灰乾シトシ, ハ夕方のしお, ハ夕食後俄ニ一念発起シテ外出スベク自動車ヲ命ズル, ハ外シテル方ガ楽ナンダガ外スト餘リ老醜ヲ極, ハ外ニ少シ考ガアッタンダガ, ハ外ニ於テハ国家ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, ハ外ニ書クコトモナイカラコンナ時ニ少シ心ニアルコトヲ記シテミル, ハ外ニ用向もあり, ハ外人ナミニ白皙ナノデ日ニ, ハ外国人摂海, ハ外国奉行より見, ハ外境ノ組織セル關係, ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力ヲ缺ケルガタメナリ, ハ夙ニ莫大ナル費用ヲ投シテ外国留学生, ハ多分今晩演説の, ハ多分出帆仕たしと, ハ多分病名ヲ頸肩腕症候群ト称スルモノト考エラレル, ハナ夜, ハ夜ダケ生キテイル動物妻ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, ハ夜デヨカッタケレドモコレカラダト時間ガ時間ダカラ必ズドコカデデモ隊ニ打ツカリマス米国大使館ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, ハ夜中に長い, ハ夜中ニ眼ガ覚メ耐エ難イノデ佐々木, ハ夜光虫ノ誤, ハ夜半密かに秘密会議, ハ大久保岩下がうけ, ハ大体東山方面デ四条方面, ハ大兄よりも色, ハ大勢帰国仕候もの, ハ大坂町奉行より長崎健山奉行, ハ大安デアル, ハ大工ノ子, ハ大役故ニ勤メラレヌト云ッテナゲ出シタ, ハ大村の村瀬, ハ大概同ジヤウナ形ニナツテヰタ頭ガヒドクフクレ, ハ大概足袋ヲ穿イテイル, ハ大様の所ハ, ハ大義にあたらず, ハ大胆ナ, ハ大蒜小蒜, ハ大阪市新世界, ハ天下ニ横行の国, ハ天下大変にて生, ハ天下無二の軍学者勝麟太郎, ハ天保以前嘗テ一タビ之ヲ開ク, ハ天其ノ驕, ハ太陽の光, ハ夫トシテ彼女ニ十分ノ義務ヲ果タシ得ナイノハ申シワケガナイケレドモ, ハ夫ニも及申, ハ夷艦を買, ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, ハ奈何せ私, ハ奉行所ニも相, ハ奥仙丈ノ中, ハ女子ニ負荷セシメザル所以ハ愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ故ニ, ハ女子參政權問題ニ於ケルガ如ク日本ト歐米トガ全然發達, ハ女性ラシク両膝ヲ揃エテ, ハ女難ノ相, ハ奴隸的社會萬能ノ中世時代ナリ, ハ如何トイッタラバ呑マヌト云ウカラ甘物ハト聞イタラ, ハ如何ナル場合ニオイテモ決シテ妻ヲ離縁セズ, ハ如何ナル宿因有テカ, ハ如何ニモ一生懸命デ全力, ハ如何ニモ明白デアル, ハ如何程金銀ヲ惜マヌトテモ, ハナ笑イ方, ハ妙ニ挑発的ニ見エルコト, ハ妥当ノ訳字ナクシテ, ハ妻ガ一生懸命酔イヲ隠, ハ妻ガ協力シテコノ追加条項ヲ忠実ニ履行スル保証, ハ妻ガ嵩張ラナイデ音ノシナイアノ紙ヲ何, ハ妻ニも一ツ, ハ妻ハホントウニ寝テイルノデハナイ, ハ妻一人のみならず, ハ妻一人ニて留守, ハ妻子ヲ失ッタ悲シサノタメニ酒色ニ溺レテ, ハ始メカラ晩ノ食事ヲトモニスル底意ガアッタノデアロウ, ハ始メテ参ッタカラ何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ御好キナ物モ知レヌ, ハ始メ是レ摂州, ハ始ヨリ一宗派ヲ組成スル意志, ハ威力ヲ以テ学理, ハ婆サント浄吉梅肉ハ予ト颯子デアル, ハ婆サンニ突然急所, ハ婆サンニ窘メラレテ一層依怙地ニナッタ, ハ婆サンノイナイ所デハ颯子ノコト, ハ婆サンハ転ンデカラ以後勤メナイノデ颯子カ女中ガ勤メルノデアルガ佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, ハ婆サンモ留守デアルカラ至ルトコロガ空イテイルノニ二階ヘ上ルニハ及ブマイ, ハノ訴ニヨリテ婦人, ハ婦人ハ男子タル父ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, ハ婦人ハ自己一人以上ヲ生活セシムル勞働力ナキ原則ニ, ハ嫁ニ行ッテカラ今マデ一度モコンナ話, ハ嫌イダッタノデアルガコウシテ見ルト, ハ嬉シソウナ顔ヲシタラシイ, ハ子女ノ安全ナル生長ニアリ, ハ孔孟之ヲ教フト雖モ無益也, ハ字音レン鏡匣である, ハ学問ガナクテハナラヌカラヨク本デモ, ハ学文ある女尤人物也, ハ学料欠乏ヲ致ストキハ隊長建議シ, ハヲ哭シ, ハ孫三郎孫二郎お養子ニ, ハ學問ノ淵源, ハ學者ノ忌日, ハ安田順蔵大兄の本, ハ宏大ニシテ天ヲ極, ハ而御きづかい, ハ定めて小人共私, ハシク斎藤昌三氏ノ, ハ宝刀をわかち, ハ実歴親験ノ重, ハノ御, ハ家国民生ヲ以テ念ト為サザルニ, ハ家庭内デ颯子ガ安ッポク, ハ家政ノ切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨ, ハ家族ニ對スル權威ヲ失シ交友ニ於ケル信用, ハ家督相続人デアルケレドモ目下ノトコロ予ガコノ家ノ主人, ハ家老にて海軍惣大将, ハ家賃廉低ノ地, ハ家長的中世期ノ腐, ハ容易ニ非スト雖モ官民協力将来ニ於テ仏蘭西, ハ容易ニ受ケ得ルト雖ドモ組織セル念慮ハ之ヲ作ルコト能ハザルナリ, ハ密ナルヲ良シトスだの敵, ハ寒々トシテ臥セル地面ハ固シ, ハ寒威猛烈ナル極月ノシカモ三十日ナリキ, ハ寒暑ヲ凌グ計, ハ寝台カラ立チ上ッテ彼女ノ前, ハ實ニ最惡ナル政治ト云フノ外ナシ, ハ實ニ一日ヲ忘ルベカラズ, ハ實ニ我ガ扶導擁護ヲ外ニシテ自立, ハ實ニ朝鮮人ノ道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ, ハ實ニ根本ヲ忘レテ枝葉ニ, ハ實ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, ハ實戰ニヨリテ立證セラレタルモノニ非ズ, ハ實驗ヲ主, ハ寧ロ彼女ノ経理, ハ寧ロ蛇柳ヲ以テ此種, ハ専門ガ違ウノデ左手, ハ専門外デアルカラソノ可否ニツイテ立チ入ッタ意見, ハ将校ヨリ庶民ニ至ル迄, ハ蒜韭芸薹胡, ハ小倉江渡し以後長州ニ, ハ小商人ニ過ギザリキ, ハ小幹弱枝之レヲ挿スニ生ジ易シ, ハ小店ト称シ或ハ五軒ト号ケ, ハ小弟を愛する, ハ小弟ラ多少の, ハ小戸ト化シ函陵亦多, ハ小春訥升治兵衛団子孫右衛門猿之助女房オ庄宗十郎多兵衛団, ハ小曽根英四郎の親類, ハ小松帯刀が見, ハ小松帯刀西郷吉之助などが如何程, ハ小松西郷などにも申, ハ小楢峰ノ別称ナル可シ, ハ小薊葉ニ似テ岐叉, ハ小西両氏及老兄龍等も御, ハ小説ナルモ實ハ精神教科書ニシテ即チ軍學研究, ハ小高故ニ, ハ少々故障在, ハ少年ノウチカラ彼女等トノ交遊ニヨツテ振リ棄テルヨウニシナケレバナランノダ, ハ米國, ハ尤も松島の, ハ尽ク皆赤シ, ハ尿道ガ非常ニムズ痒イノデ眼, ハ局ト呼ブ者ノ若, ハ居りませんから, ハ居ニ常処ナシ, ハ居住三年ノ後, ハ屈曲シテ明月ヲ留メ, ハヲ造ルニ皆, ハ深ク嶮岨ナル, ハ山ニモアラズ水ニシモ非ズ, ハ山中今ハ浜, ハ山岳地方跋渉ニ在ルト共ニ, ハ山東ヲ満, ハ山東侵略ノ命令ニ服スルコトヲ止メヨ, ハ山辺之道, ハ山辺道ノ勾之岡ノ上ニアリ, ハの真, ハ島流の上ニ其地ニ, ハ工場ヤ銀行ヤ病院ヲ守ッテイルダケデアル, ハ左右に, ハ左右両方デ日増シニ連動, ハ左手ノ運動ガ不自由, ハ左肩ヲ差出, ハ己レ自ラ兵卒ト, ハ已ニ海軍力ヲ喪失セル露國ニ, ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, ハ已ムヲ得サリシ所ナルヘキモ今ヤ帝国, ハ已ムヲ得マセンガコノ前測ッタ時ト比ベテ異状ハアリマセン, ハ布団カラ顔ヲ出, ハ希有ノ, ハヲ出, ハ帰ッテカラ食べマス, ハ帰宅ノ途中デアッタラシイノデアルガ, ハ常人以上デアル, ハの役, ハ幕府ハ一決断を以て浪輩, ハ幕府大目付某が伏見奉行, ハ幕府目下のうれい, ハ幕情不通なり, ハ平然トシテ悪ビレタ様子モナイ, ハ平等ノ權利ニ於テ其, ハ平等自由ノ國民タル人權, ハ年ヨリモ派手好ミナノダガ, ハ年来君ノ, ハ幸イニモ常態ニ戻ッテイタ, ハ幸カ不幸カ彼女ヲ熱愛シテイル, ハ幼童ノ純白ナル頭腦ニ口腹, ハ幾度モ取ッタコトガアル, ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, ハ幾重ニモ御断申候, ハ海屋, ハ庖饌ニ充テ絶佳ナリ此筍ノ出, ハ座敷ヲ汚, ハも惡, ハ廊下ヘ出, ハ廣キ買客ヲ欲セズト思考スル者ナシ, ハ廣ク人類學ヲ益スルモノナル事, ハ建國精神ヨリ又現代國民思想, ハ廿一日と書く, ハにひかれず, ハ引続キ当方ノ送信, ハ弟妹ニ学資ヲ与, ハ弱クトギレトギレニ繰リ, ハ張り子の虎, ハ張輿武士数百騎路頭前後ヲ囲ム, ハ強ク或ル時ハ弱ク, ハ当地ニ於テ今ヤ解カレル一歩前ニアリ折角, ハ当時ハ病気にてけし, ハ当時反対ダッタノニ僕ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, ハ当村ト薄村ノ両, ハ形躯有ルモ智覚無キガ如シ, ハ役員等ノ順序モアリ, ハ彼ガ立チ去ッテシマイ, ハ彼ト文明交渉ノ密接セシ王朝時代, ハ彼ニ上半身ヲ与, ハ彼ニ於テ破壞, ハ彼モ幾分カ負担シテイルヨウデアルガ依然トシテ, ハ彼女ガ多クノ女性, ハ彼女ガイカナル反応ヲ示スカト思ッテアノ性慾点, ハ彼女ガコレヲ実際ニ盗ミ読ミシテイルト否トニカカワラズ, ハ彼女ガサンダルヒールヲ穿イテ這入ッテ来, ハ彼女ガドンナ場合ニモ僕トノ情交ヲ拒マナイ, ハ彼女ガドンナ身ナリヲシテイルカ見タクナッテ, ハ彼女ガ日記ニ木村ニ対スル心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, ハ彼女トタッタ二人差向イデ食事スルコトガ出来ルノデアル, ハ彼女トノ性交ヲ嫌ッテイルノカトイウト, ハ彼女ラヲ同等ニ愛シテイルノデアル, ハ彼等ハ公債ニ變形シタル依然タル巨富, ハ後刻彼の道越町魚屋万蔵方, ハ後藤象次郎福岡藤次郎佐々木三四郎毛利荒次郎ニて中, ハ徒ニ知識ト適用トヲ蓄積スルニ在ル耳ナラズ, ハ徒ラニ古クモ有ラヌ玉瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ, ハ従四位ヨリ以上ヲ望マズ, ハ従来男女七歳ニシテ席ヲ同, ハ御免蒙ムルト云ッテイル, ハ御手許より御, ハ御機嫌伺イトイウ事モアリマシタガ今デハ, ハ御殿ヘ上ッテイルカラ世話ハ, ハ御物遠奉, ハ御苑ニアル分ヲ写させ, ハナリト雖モ性常, ハ微笑ンデ教エル, ハ微細ナル水蟲ヨリ大ナル禽獸ニ至ルマデ, ハ微衷を諒せられん, ハヲ以テ, ハ徳光光子ト結婚後ニオイテハ常ニ光子, ハ徳川家の御, ハ徴兵制ノ佛蘭西ト露西亞ニシテ, ハ徴兵制ナリシガ故ニ辛ウジテ獨逸, ハ心ニ従フ故ヲ以テ, ハ心得テイルノデ決シテ執拗クハ注告シナイ, ハ心臓ヲ何度モ打診シテ, ハや老兄, ハ必そこに拾人, ハ必シモ三時代ヲ經過セズ, ハ必ズコノアワレナ男ニ同情ヲ持ツデアロウコトヲ我輩ハ, ハ必ズコレラノ写真ヲ見, ハ必ズシモアノ方ノ精力ガ常人ニ劣ッテイタワケデハナイ, ハ必ズシモ離姻ヲ目的トセズ, ハ必ズソノ秘部ヲノゾキ, ハ必ズソレダケノ注意ヲ怠, ハ必ズ一人ヲ指サズ我ヨリ先ニ, ハ必ズ救ヒクレタル人ヲ一生嫌フモノニ候, ハ必ズ骨董商ノ為メニ, ハ必此者がよろしく, ハ必死覚ご, ハ志げニ与フ, ハ志げ喜美ト協議シ其取扱方法ヲ定, ハにたり取, ハ忘れたり, ハ忠興様御船ニテ被遣, ハ樂少ク生命短, ハ快気ハオボツカナイカラ悴ノコトハ万端頼ムカラ嫁ヲ取, ハを出すべき, ハ忽チ呼吸困難ニ陥ル, ハ怒鳴ッタ, ハルル, ハよふ, ハ思ひ出し候, ハ思イノ外早ク九時前ニ戻ッテ, ハ思イモ寄リマセンセメテ三四日安静ヲ保チ, ハ思ウトコロガアッテソノ日ヲ特ニ今日ニ選ンダ, ハ急用これあり今日江戸, ハ怪訝ナ顔ヲシテ, ハ恐れ入ります殿下, ハ恐怖ニ似タ楽シサデアッタ, ハヲ怨, ハ恰モ英國ニ取リテ, ハ悉ク事大的國是トナリテ現ハレ, ハ悉ク右又ハ左, ハ悉ク情理ヲ尽シタルモノト謂ハザル可カラズ, ハ悉ク明朝ヲ待タズシテ鏖殺セラルルコトヲ銘記セ, ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, ハ悉地ノ観念真言也, ハシト偏執スルハ悟リ無, ハ悪く候, ハ情状ニ因リソノ刑ヲ減, ハ惜シミナク奪ウ, ハ惡用スベキ大資本, ハ惣人数の銃, ハ想像デキタ, ハヨ正, ハヲ決シテ木村ニ云ッタ, ハ意外ノ變, ハ意義ニ於テモ少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ, ハ愚カ生命マデモ懸ケテ, ハ愚妻儀本国ニ送り返し可, ハ愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ故ニ, ハ感ジテ見セル, ハ慈善家ノ冷遇ニ委スルハ不幸ナル者ニ虐待, ハイニ閉ジ殿裡, ハ憂慮ニ過ギ, ハ憲法上ノ命令権ヲ減縮ス, ハルコト勿レ, ハ戀愛ノ自由, ハ戊辰ノ変ニ愛, ハ成ル程マコトニキタナラシイ, ハ成就仕候事, ハ成田山新勝寺オヨビ三里塚ノ近, ハヲ利セズ, ハ我ガをこたる, ハ我ガ扶導擁護ヲ外ニシテ自立, ハ我ガ王父従五位下図書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, ハ我儘放盪ニテ, ハ我国ヘ近, ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, ハ我州民ノ保護, ハ我植学ノ域内ニ, ハ戦ひ修行する, ハ戦場と申セバ人, ハ戦場ニて人, ハ戦火ニ焼カレル迄コヽノツイ, ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ差別セズ, ハヲ釘ヅケニシテ里ニ, ハ所有主ヨリ請求サレタル時ハ何時ニテモ保管中ノ証書, ハ所詮四国, ハ手数ガカヽッテ困ルワネ, ハ手洗イニ行ク振リヲシテ便所ニ, ハ手首ガ最モヒドク, ハ才アリテ能之ヲ成シ, ハ打シ一ハ刺ス棒ニ刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, ハ打合セノタメ至急庶務ヘオ出デ下, ハ打殺すことでき, ハ打破れたり致し, ハ打金を上ゲ敵拾人斗, ハ押シ倒サレテ芝生ニ仰向, ハ拝顔の上, ハ持ッテイルスネークウッドノステッキノ石突ヲ示シ, ハ持ツマイカラドウデ御心願ガ成就ナスッタラ, ハ持テナイガ恐ラク虎ノ門病院, ハ指導員ノミノ巡回, ハたりと言バ慎蔵曰, ハメテユク, ハ推想スルヲ得ベキモ其眞實ヲ去, ハ措テ論ゼズ慶元以還, ハ援用立像ヲ以テ拒絶セラルル理由, ハ州神戸海軍所の, ハ摩利支天ノ鑑通, ハ摸傚ニ長ズ發明思索ハ長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, ハ撃劍柔道大弓薙刀鎖鎌等ヲ個人的, ハル, ハ支配ヘ行クト金ニナルカラ, ハ改心シタカラ見出シテクレロト云ッタラ, ハ改心シロトイウカラオレガ此上改心ハ出来マセヌ気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, ハをあづかり, ハ救ヒクレタル男ヲ避ケ嫌フ事ハ, ハ救助車ヲ待ツ, ハ敢テ之ヲ否マズ, ハ数年前マデ婆サンガ処理シテイタガイツカラカ颯子ガ当ッテイル, ハをバ, ハ敵ニつ, ハ敵讐ヨリ出ヅルニ如カズと, ハ御申, ハ敷さし出候中島作太郎に申聞候間, ハ敷申上ル御聞取, ハ文句ヲ云ワナイカラ, ハ文字又ハ單語ノミ, ハ文章ニ似テ文章ニアラザルモノトシテ, ハ断然征討ス, ハ断絶ニナルカラ決シテ働キノナイ者ガ勤メル役デハナイト云ッタラウチジュウガオコッテ地面ヲ返, ハ斯ル建國ニモ非ズ, ハ新築ノ隠居所, ハ方今第四区六小区中ノ地ニ属ス, ハ方法ヲ改メテ, ハ於菟茉莉杏奴類ニ平等ニ分チ与フ於菟ハ志げ, ハ於菟類ヲシテ適宜ニ之ヲ分タシム, ハ於長崎ニ船の求め, ハ旗田鶴彌土居三津子, ハ既に北行の, ハ既ニ多ク得ル事難シ, ハ既ニキシロカインヲ注入シタ注射針ヲ手ニ持ッテイル, ハ既ニコノ憎ムベキ計画, ハ既ニハワイパール軍港ヲ出, ハ既ニ三井組小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, ハ既ニ地方気象統計ニヨル記録ヲ破壊シ, ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ表, ハ既ニ此大業ヲ執, ハ既ニ漢中王ノ実子ガ継グコトニナッテイル, ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, ハ既ニ貧富地ヲ易, ハ既定計画ニ基キ陣地ヲ占領シ主トシテ高田市附近, ハ日ニ瘠セテ以テ独リ吾レヲ肥サントス, ハ日一日ヨリ急ナリ今, ハ日光ノ万年グサ一名ビロウドスギト云石松, ハ日数ハ少しおくれ, ハ日本モ西洋モカハリナキト存候尤モアイリッシュノ婦女ナドハ裸体ヲ見, ハ日本ヲ外ニシテ支那ニ恐ルベキ實力, ハ日本中ニ而格別はぢ申事ハ, ハ日本人ナルカト思イタレドモ後ニ至リテ彼等ハ日本人ニハ, ハ日本人ニハ非ザルモノノ如キコト判明セリ, ハ日本内地ノ改造ニ經驗, ハ日本国ノ棟梁ナリ, ハ日本海朝鮮支那ノ確定的安全, ハ日本語ト國際語ノ存亡, ハ日本資産家ノ侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等, ハ日本音楽文化協会日本浪曲協会の独自, ハ日給ハ企業家ノ年俸ト等シク作業中, ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, ハ日記帳ヲ入, ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, ハ旦那芸ト言ウテ深ク苦慮シテ居マシタ, ハ黒田藩喜多流ノ, ハ早々謹白候, ハ早きものゆへ, ハ早どん腹と屋ら, ハ早仕舞九ツ時退ク, ハ早子ができた, ハ昌ニシテ天ニ逆ラウ者ハ亡ブ, ハ明々白々の事, ハ明ラカニハットシテ眼ヲ覚マシタラシク瞬イタ, ハ明治三十七年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, ハ明治二十七八年頃ノ割下水ダト思ッテイル, ハ明治十六年ニ生ンダ我ガ子ノ督, ハ或ル美術商カラ手ニ, ハ昔カラ名高イ物デアル, ハ昔ニ倍加スル情熱ヲモッテ妻ヲ溺愛スル, ハ昔咄しの, ハ映画ノホウノ人間デ数年臥床, ハ春くりや花, ハ春久ハ来テイナイノカネ, ハ昨今ヴィタカンフルノ注射液ヲ絶ヤシタ, ハ昨夜僕ヲ驚喜セシメタ, ハ昨日も小弟宿, ハ昨日ヨリモ一層歩キニクイ, ハ昨日ヨリ三十分ホド遅イ, ハ昨日一日ノ無理, ハ昨日以来の御, ハ昭和七年三月三十日正宗白鳥君ノ論文, ハ昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, ハ是ハおらざりしよし, ハ是レ同ジ, ハ是レ天ノ不徳, ハ是役ノ優婆塞, ハ是非なき事, ハ時也天朝ニ非ズ, ハ時価ニシテ五十万るーぶりニ達ス, ハ時価四十万るーぶりニ達ス, ハ時分ヲ見, ハノ食事, ハ普通ノ個人, ハ普通ナラバ姦通シテイルト認メラレテモ仕方ノナイ状態ニ二人, ハ智力單素ナルヲ以テ知覺スベキ關係ハ夾雜組織セル者ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, ハ智能ヲ以テ公私, ハ智能的力役的能力ヲ提供ス, ハ智能的勞働者及ビ力役的勞働者ヲ總, ハ暮雲ヲ逐ツテ飛ブ, ハ曰ク三福長屋曰ク恵比寿長屋等各三四戸アリ, ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, ハ曲筆ヲ免レズト雖, ハ曲線デアリ, ハ更に群馬埼玉茨城三県の, ハ更ニ三分シテ茉莉杏奴類ニ平等ニ与フ, ハ更ニ北方ニ移リテ今尚ホ其血統, ハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, ハ更ニ造ル事無シ, ハ書クノモ気恥カシイ是レトイウモ無学ニシテ手跡モ漸ク二十余ニナッテ, ハ書斎ニ戻ル, ハ書林にはしり, ハ書説ニ与シ時ニ, ハ書賈ノ前, ハ曹操ヲ拒ギ, ハ曽而後藤も来, ハ曽而手紙参りたり, ハ最初ハホントウニ寝テイタラシイガ, ハ最初予ガ何ノ目的, ハ最大ノ不幸ニオチイルデアロウ, ハ最後マデ彼, ハと雲, ハヲ貢シテ, ハ有マジ本道ヲ露見シテ通ルベシト言ヘバ, ハ有害ナル者ヲ神, ハ有機的不可分ナル一大家族ナリト云フ近代, ハ有難ウゴザイマスガ, ハ朕力之ヲ祖宗ニ, ハ望月亀弥太が戦死, ハ朝夕十五分間グライソノ上ニ寝グリンソン氏式シュリンゲト称スルモノ, ハ朝起キルトキカラ手ノ痺レ加減モ脚, ハ朝野の名士五人, ハ朝鮮ガ日本支那露西亞ノ三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト, ハ朝鮮国ヨリ伝ヘシニヤ朝鮮ハ我国ヘ近, ハ木ト金ニテ作リ荷ヲ運ブニ用フルモノナリ, ハ木圭小五郎よりも長, ハ木村ガシェリーグラスニ二杯半マデ彼女ニススメタ, ハ木村ガハイッテ来ルト入レ違イニ出テ行ッテ, ハ木村ガ暇ナノデソレト関聯ガアル, ハ木村ニハ何ノ説明モ求メナカッタ, ハ木村ニ対スル嫉妬ヲ利用シテ妻, ハ未婚婦人ガ純潔ヲ破, ハ末藩召出しの, ハ本ヨリ大ナリ, ハ本国いぎりす, ハ本日午前九時履歴書ヲ携帯シテ本社受付マデ, ハ本日頂戴致シタル金員ノ代償トシテ, ハ本来ソンナニ悪イ性質デハナイ, ハ本気デ注射ヲスルノガ馬鹿気テイルノデ, ハ本社又ハ現地事務所ニツイテ問ヒ合サレタク, ハ本能ノ限局ナキ者ト, ハ本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, ハ本陣より錦之手のぼり, ハ本願出願以前ニ帝国領土内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, ハヲ解テ, ハ朱色デ拓本, ハやの, ハ材木を見, ハの異, ハ条約ヲ結ビ, ハテイナイノカネ, ハ来らず此間に, ハ来ル明治二十七年十二月三十一日マテ之ヲ延期ス, ハ来客ニ対シテハ不愛想, ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, ハ東京にゐ, ハ東京ニ置イトカレルト骨ニナッテカラモ始終アッチコッチヘ逃ゲ回ラナケレバナラナイ, ハ東京市銀座四丁目帝都百貨店洋酒部ノ, ハ東半部強ヲ於菟ニ西半部弱, ハ東廻りニて御, ハ東海ニ生ズ形チ帯ノ如シ, ハ東西文明ノ融合, ハ松平大隅守と云, ハ板倉橋附近ニ陣地ヲ占領スベシ, ハ枕サガシダト分ッテモ却テソノタメニ興味ヲ惹カレテ, ハ林蘭ト曰ヒ杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, ハ果シテイツマデ続クカ分ラナイ不安, ハ果シテ籐椅子ニ寝テイタ, ハ枝ニ吊ラレテアツタカ, ハ枯レ行クモ全ク枯レ尽ルコトナキ多年生, ハ柳島ニ第三中隊ハ板倉橋附近ニ, ハ柳鰈ノヨウニ華奢デ細長, ハ柿本人丸朝臣三人目ノ後妻ナリ, ハ栗原筋ノ雁坂峠ニ連ナリ, ハ根本ニ悪シク枝葉ニ美シ, ハ根本的ニ構造ヲ異, ハ根本的ニ永久的ニ跡ヲ絶ツベシ, ハ格別ノ意見, ハ桂ニ似テ香シ, ハ桃園ニ義ヲ結ンダ仲デアルガ, ハ案内人ヲシテ夜, ハ案外身辺ニ少, ハ桜花ニ非ズシテ, ハ梅山弥曾八小林真平ソノ時代, ハ梅本家満喜岩村等ト曰フモノ大ニ優ル, ハの段, ハ森アリ畑アリ牧場アル原野ニ自然ヲ友トシ, ハ構ワズサッサト隣室ヘ這入, ハ構ワズヴィタミンヲ射シタ, ハ構ワヌトイッタ故ソノ時ハオレガホホノ下ニハレ物ガ出テイテ, ハ槙寺尾下ヘ手猪, ハ槙山之奥ボウジノ峠カギリ, ハヲ見, ハノ瞬間ニ, ハ次第ニ廃レタガ予ノ幼少時代マデハソウデアッタ, ハ歌舞教師ノ女, ハ歐洲中世史ノ諸侯國神聖皇帝羅馬法王ト符節, ハ止メニすべき論, ハ止ンデ空ハ綺麗ニ晴レ上ッテイル, ハ正金ニ而ハ余程六ヶ敷ク, ハ此レヲ取, ハ此一句之前後, ハ此三十日計後ト幕吏ら龍馬の京ニ入り, ハ此儀にて御座候, ハ此八月より定宿, ハ此処ニて双方士官, ハ此四月頃宇和島候より長州, ハ此地点ニ通リカカルヤ一大驚異ヲ発見セリ, ハ此小曽根をかくれ, ハ此度の紀土, ハ此度出崎仕候事, ハ此度参ル寺内新右門参候間, ハ此後ノ通信, ハ此故にてハ, ハ此直次郎きすて, ハ此省ノ計算ニヨリテ内閣ニ提出ス, ハ此等ノ訓練アルヲ一理由トナスヲ以テ其レヲモ廢止スルガ, ハ此節ハ先ズ本所デ男ダテノヨウニナッテキマシテ, ハ此通義ヲ固, ハ此限ニ在ラス, ハ此限リニ非ズ, ハ此限度ヨリ免カルヽ目的ヲ以テスル外國, ハ此非難ニ對抗センカ爲メニ個人ノ名, ハ此頃御同行ニ, ハ此頃八度の戦段, ハ此頃英国のたすけ, ハ此頃黒沢直次郎と申, ハ武士ト人民トノ人格的覺醒ニヨリテ各ソノ君主タル將軍, ハ武士ラシクスルガイイ此方ハ侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラフトイ奴ダトテ吸物膳ヲ打, ハ武士等ノ私兵, ハ武士道において導き, ハ武蔵相模ノ二国ニ限リ, ハ武術ヲ修練スルノ国民ナリ, ハ死ンデ行ク, ハ殉ジ或ハ, ハの外, ハ残ラズ御紋服, ハ残ラズ断ワッタ故段々, ハ残ラズ行路ヲ申聞ケタ, ハ殺され島ながし, ハと知定院, ハ母自身ノ維持スベキモノトス, ハ母親ニ似テ母親以上ニ複雑ナトコロガアル, ハ毎ニ他人ヲ倩テ, ハ毎事各別ニ相振舞之間, ハ毎日忙シイ仕事ト激シイ労働ニ追ワレテイルノデ, ハ毎朝伺ッテオリマシタピイピイッテオ可愛ラシイオ声, ハ毛ガ少イワ, ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, ハ毛頭出来不, ハ毫モ吾ガ心ノ憂悶ナルニ関セズ, ハの殊勲, ハヲ揉ン, ハ気の毒がり居候, ハ気ガ違ウタソウダ雑人ノ喧嘩ヲミタヨウニ, ハ気ヅイテイテ強イテ気ヅカヌ, ハヲ逐フテ流ル, ハ水夫頭及び其外十八人一同, ハ水害予防に供する, ハ水戸ノ御, ハ永久ニ回復セズ万一コレヲ回復スルモ, ハ永久ニ獨立ヲ考フベキ者ニ, ハ常ニ是レ臆念スル所也, ハ江州商人ノ出, ハ江東ニ多ク, ハ池畔ニ僅ニ其形骸ヲ現, ハ池蔵太ニ而候, ハ決して幕を, ハ決死ノ覚悟, ハ決而ぬすみかたり, ハ沈没仕候間, ハ沈默ハ金ナリヲ信條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, ハ河原町二条東入ル筆墨商竹翠軒デアル, ハ河川に連接, ハ河田羆氏ノ西征地理考ニ, ハ河野氏ノ遠祖子致彦, ハ油倉庫ノ中, ハ沼津市駅前菊屋食堂ノ, ハ沿岸の人民其利害, ハ泊メタソレカラ真言ノコトヲイロイロ教エテ先ズ稲荷ヲ拝メトテソノ法, ハ法律ニ依ルニ, ハ波ニ隨ツテ散リ, ハ波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, ハ泣イテバカリイル故思ウサマ小言, ハ泰西文明ノ吸収ト相俟チ, ハ洋式便所ヲ可, ハ活字以外ノ領分ニ脱線シタ, ハ流シ場ニ下リテ脈ヲ取, ハ流血ニ訴ヘテ不正義ナル現状, ハ浅手なれども, ハ今ハ鉄橋渡ルゾト, ハヲ逐ツテ, ハ浪人ハ関以西強国と聞, ハ浮カンデ来, ハ浮毛ヲ帯ブレドモ, ハ浴室デアル, ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國ヲ觀ルニ, ハ海路國許エ差遣シ船手之モノ共爲習練, ハ海軍の事ニハ, ハ海軍少将大勲位, ハ涙ト泣キ声トヲ胡麻化スタメニ頭カラ掛布団ヲスッポリト被ッタ, ハニシテ白粉ヲ, ハ淡路釜口デスカ, ハ淫肆放縦ニシテ獲ル所ノモノハ, ハ深山ニテ山名モ無シ, ハ淵源ヲ深, ハ清儒ヨリ先鞭ヲ着, ハ清水寺ニ在, ハ済マヌカラ書附ヲ出, ハ済ンデイルト云ウノデ三人デテーブルニ就ク, ハ渓雲ヲ過, ハ厳兼ネ備ヘタル秀麗ノ, ハ渺トシテ際リ無ク, ハ湖地高燥本栖湖ニ至テ最高ク湖面不断ニ光ヲ発シ, ハ煮ニスレバ却テ, ハ湯花ヲ汲来ツテ, ハ湿気ガ多イノデソノセイモアルガ, ハヲ皇開山間ニ発シ, ハ溝渕と龍馬, ハ滝川ドウフノ他ニ晒シ鯨, ハ滾滾トシテ潮ハ満, ハ漆ニテ百入塗タルゴトクニシテ, ハク旺盛ナルヲ以テ竟ニ英國, ハ漸次的ニ勞働界ヲ去, ハ潔白ニシテ堅シ其味ヒ極メテ, ハ激シク反対シコンナ高血壓ノ際ニ旅行ハ思イモ寄リマセン, ハ濠洲ト極東西比利亞トヲ要求ス, ハ火鉢を打, ハ灰乾シトシ又ハ熱湯, ハ炎天デ昨日ヨリ, ハ為シ得ル限リノ手段ヲ取, ハ為メニ蘇生シ今後続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺, ハ烏丸通ヲ越エテナオマッスグニ歩イテ行ク, ハ無いのです, ハ無垢ノ女, ハ無益ダカラ手前ハ自分ノ前, ハゲ, ハ焼ケタ後間モナク地上ヲ這ツテヰタラシイガ, ハ焼杉下駄名物ハ鮎うまいな, ハ焼跡ヲ廻リ, ハ熊曾ノ女, ハ熱ガ四十度近クモアッタニ, ハ熱湯ヲ注, ハ熱湯ニ浸シ及ビ灰ニ, ハ燈心デデモオコシラエナサレバイイニナゼトイウニ私モ今度入ルト, ハ爰元船ニテ向島ヘ渡候事, ハが病, ハ父ナキ兒童ハ國家ノ兒童タル權利ニ於テ, ハ牛込矢来町三番地字中ノ丸丙六〇号, ハヲ相, ハ物ガ乱レテ知ラヌ顔デカマワヌガイロイロ, ハ物ニ見エタルコト, ハ特ニ嚴禁ヲ要, ハ特ニ婦人參政權問題ニ見ル, ハ特ニ明瞭ニソレガ彼女ノ芝居, ハ特別ノ休息期間, ハ特有ナ鉄漿, ハ特殊ノ研究者ニ, ハ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, ハ犧牲的冒險ヲ敢行シ得タル如ク, ハデスガ, ハ犯人はアレ, ハ犯罪手段ニ対スル記憶ノ残留セルモノアリヤ否ヤ, ハ独得ノ意地, ハ独立して, ハデアル, ハ獄門罷成, ハ獨逸ヲ目的トシテ聯合シタル列強ガ, ハ玄関ニウロウロシテイタヨウデアッタガ僕ラト入レ違イニ, ハ率先其レ自ラノ精神ニ, ハ王侯ヲ模ス, ハ王子ノイナリヘモ百日半田稲荷ヘモ百日参シタ水行ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, ハ王莽ノ鋳, ハ玲瓏トシテ紫烟ヲ圧ス, ハ珍シク冬籠リノ客多数居残リヲレリ, ハニ商埠遙ニ散在シテイル貧窮セル居留民達ノ, ハ現今マデ放任セラレタル道徳性ヲ國家, ハ現前ニ見ル露西亞, ハ現在ノ私, ハ現地事務所ニツイテ問ヒ合サレタク毎年三月下旬ヨリ十月下旬マデ旅費二三等何レモ片道本社負担ニテ現地御案内, ハ現存者ヲ列記ス如左, ハ理想的自由戀愛論ノ徹底シタル境地ナリ, ハ瓢亭ノ半月弁当, ハイモノガ嫌イデ酒飲ミノ好, ハよろしからぬ, ハ甚ダ臆病デ用心深, ハ甜シ救飢ニシ根ヲ採, ハふるトアルハ自然ニハエテ居ルコトデ蒔イタ者カ栽ヱタ者ナラバ, ハ生レツキ陰性デ秘密, ハ生活ノ不安ニ襲ハレテ一ニ歐洲, ハ生理的ニ彼女ノヨウニアノ方ノ慾望, ハ生産業ヲ專有スル時是, ハ生産的各省個人生産者及ビ勞働者ノ一律ニ服從スベキ者ナリ, ハ生産的活動ノ自由ニ於テ表ハレタル者ニツキテ特ニ保護助長スベキ者ナリト云フモ其四, ハ生類ノ下等ナル者ニ至リテハ殊ニ甚シキ者ニテ, ハ生食セラルルコト稀ニシテ多クハ晒サレテ白色ニ変ジタルヲ乾シ恰モ白羅紗, ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, ハ用向と申, ハ用心あしく候, ハ田平子也其葉蓮華ニ似テ仏, ハ申ニ及バず便船, ハ申聞用意仕候内, ハ男ダト云ッテ年カッコウソノ時ノ死ニヨウマデ, ハ男子ヲ挙ゲタ, ハ男子タル父ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, ハ男子ナクシテ貧困且ツ勞働ニ堪ヘザル不具廢疾ハ國家, ハ男子ハすねより下, ハ略スガ音律ニ依ツテ聞カバ己ズト通ズルモノアラン, ハ番茶ヲタンブラーニ入レテ貰ウ, ハ異様ノ風体, ハ當今コソ西洋醫學開ケタレバ齒牙ニ列スルニ足ラズト雖ドモカノ山脇東洋吉益周輔ナドノ古醫方ト稱スル者ハ, ハ當然ニ土地兼併者ノ自由, ハ當然ニ實力援助トナリテ現ルベシ, ハ當然ニ革命的大帝國建設ノ一實行者タラザル, ハ疲レ諸卒倦ミテ兵器馬具モ古リ, ハ疵口よくつげ, ハ病室ヘ寄越スナッテ云ットイタノニ, ハ痩セ衰ヘテコレヲ戦場ニ駆ルモ, ハ白地ニ粗イグリーンノ縦縞, ハ白氏ノ祖トスル流ハ措テ論ゼズ, ハ白状スルトコノ間カラ心身ニ或ル種, ハ白色ニシテ弁多ク並ビ, ハ白黒ヲ問ハズ眼中涼シクシテ, ハ百万台ノ, ハ百姓ヲ以テ, ハ皆兄弟の如く, ハ皆大和国や野州, ハ皆天ヲ敬シ, ハ皆学ブヲ要, ハ皆無用の事, ハ皆私が元, ハ皆金屬ノ名, ハ盗ミ読ミハシナイケレドモソレニシテモ本当ノ, ハ盤石ヲ貫ク, ハ目下ノトコロ工合ガ悪イ, ハ直に海老瀬村の, ハ直径壱尺余ニシテ直聳シ喬木, ハ直線デアル, ハはこび, ハ相ツギテ死シ今ハ, ハ相分り申候故ニ, ハ相定め置たり, ハ相違すれ共, ハ眉上ノ翆, ハ眞ニ世界大戰, ハ眞個其ノ自由, ハ眞個父兄的愛情ヲ以テ, ハ真先ニ掠奪スルタメニ有利ナル戦略的状勢ヲ利用シテ, ハ真志保のしもやけ, ハ真顔ニナッテ予ヲ叱, ハレル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒又, ハ眠たいです, ハ眠ッタラシカッタガ夢ノ中, ハヲ半眼ニ, ハ眼ガ晦ンデ倒レソウニナッタ, ハ着る間なし, ハ正ニ, ハ瞬時にし, ハ矢張パロチンノ注射ガ一番イヽデショウ, ハ知ラズ識ラズコヽニ永代不滅ノ資産, ハ知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, ハナルガ如シ, ハ短気して, ハ短調交響曲の箍, ハ石器ヲ出, ハ石器時代人民ガ住居セシ跡ナル事是等ノ中, ハ石器時代人民ガ食余ノ貝殼, ハ石川清の助, ハ石清ニ申送候, ハ石田栄吉よりく, ハ石製ノ利器, ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍皆縁故アレドモ生死別ル, ハレ田野ハ芒草ニ蔽ハレ五年三年, ハ破れぎハなりつ, ハ破損スレド既ニ惨タルモノハ薄ラグ, ハ硝子ヲワル砲丸ヨリ, ハ礙磚石ナレバ則チ間ニ遠近ナシ但シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ, ハ社會主義ガ其ノ建設的理論ニ於テ, ハ祈祷ヲ商ヒ, ハノ人類ニ與ヘタル人權ナリト云フガ如キ愚論, ハ神佛ヲ信ジナイ, ハ神前ニ桶ヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, ハ神功皇后異國, ハ神戸をも守ら, ハ神明の知る, ハ神田の青年館, ハ神祠ニ因ツテ名ヲ得, ハ神速ヲ貴, ハ禿頭故ニ創ガツイタ, ハ私し預候得バ人数きま, ハ私ガ実際ニ感ジルヨリモアマリ平面ノヨウデス, ハ私ガ酔ッタ勢イデ立テタモノデスガソレガ記者様ノオ眼ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, ハ私ニと, ハ私思よふ, ハ私手ニ入度存候品, ハ私方ニて何, ハ私申上候事能御聞分, ハ税トシテモ貴マレ, ハ種々ノ織, ハ種樹古香ト號ス, ハ稲及むぎ山にてハ, ハ穏カナラズジヤカウサウハ生ノ時苗葉, ハ空シク筑ヲ撃チ, ハ空気ガ這入ッタヾケデモ, ハ空蝉ト同ジモノナリ, ハ突然右側ニ廻ッタ, ハ立ッタママ男ハキマッテ頭ヲマエニウナダレ女ハコレモキマッテ胸ヲ張リ, ハ立合呉候べきかと, ハ立派ニ新シイ騎士道, ハ竜神ニ祷リ, ハ竹島行の事共ハ, ハ竹翠軒デ求メテ来タ硯, ハ竹翠軒ニ電話ヲカケ直チニ色紙ヲモウ四十枚届ケサセタ, ハ竹行の為ニ, ハ筆順等ノ違ヘタル, ハ節句とてもめん, ハ篠田長二と申す, ハ籐椅子ヲ二段ニ伸バシテ長椅子ニシ, ハうけとりよ, ハ米國ノ, ハ米獨其ノ他, ハ粉ニ雑ヘテ衣書ニ蔵メ蠹ヲ辟ク, ハ粗美ヲ編セズ枠附額面仕立ニテ高サ一尺八寸, ハ粟田口の寺, ハ精力ノ補給ヲスルタメニ相馬博士ニ相談シ, ハ精神教科書ニシテ即チ軍學研究, ハ精詳微密ニシテ遠ク和漢, ハノ硬, ハ紀州より主人土佐守, ハ紀州ハ何故の, ハ二時間後スナワチ午前四時ニ行ウベシ, ハ紅日ニ隨ツテ遠ク, ハ紅門ヲ以テ彩ル, ハ紊レ起居ハ王侯ヲ模ス, ハ紛レモナク彼女ノ足デアッタ, ハ紛失シ只本国, ハ紫隊ノ一羣ハ階下ニ留マルト云フガ如シ, ハ細字ヲ書シ或ハ石盤全面, ハ細川主税正義並ビニ美濃部大慶直税, ハ細長披針形ニシテ先端尖, ハ終ニ婦人ニ勞働ヲ負荷セシメザル國是, ハ終ニ隕チテ還ラズ, ハ終日ホテルデ休養スルコトニナッテイル, ハ助坊チャンヨリクーパーノ方, ハ経チャンダッテ飛ビ込ミマスヨ, ハ結核菌ノ所有者デアルガ, ハ統一國家ニ非ズシテ經濟的戰國時代タリ經濟的封建制タラントス, ハ絶対に之, ハ絶対ニ取リヤメヲ請フ手続ハソレゾレアルベシコレ唯一, ハ經驗ニ因テ愈々練熟, ハケナイデ下サイ毎朝怠, ハ綺麗ノナリデ居タトオレノハナシヲシテ二時バカリ休ンデ居, ハ綿密ニ神経質ニ大事ヲ取, ハヲ罩ム, ハ緑色卵円形ニシテ外面絨毛ヲ密布ス子房ハ卵形ニシテ外面絨毛, ハ罪人ニ非ズ從テ辯護人, ハ出段, ハ羅侯子ノ子, ハ美ナルモ腰ハ大イニ太シ, ハ美人ニ限ラズ誰デモアンナ風ニ内股デ歩イタ, ハ美和山或は三輪山, ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, ハ義務ノ観念カラ強イテ情慾, ハ義手ヲ人体ニ添架スルニ, ハ義足ガ公然製造使用セラレタルコトハ, ハヲ交, ハ老人六名青年十九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, ハ老親ヲ養フモノアリ, ハ考ヘル所ガアツテ好キ勝手, ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル, ハ聚テ筒ノ如ク末ハ開テ, ハに参り, ハ聰明ト情意ヲ増進シテ, ハ聴キ入レナカッタ, ハ肥後の兵, ハヲ摺リ, ハ肺炎デアル, ハ肺病デアル, ハ背景ヲ描カンガタメニ俳優, ハ能ク其舍ヲ作ル者ナルニ, ハ能化ノ主, ハ脂粉謌咲シテ以テ人心ヲ蕩ハシ, ハ脈搏モ早ク, ハ脳動脈硬化ノ結果, ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, ハ臣下之君, ハ臣辱メラルと, ハ臥セル龍ニ似ル, ハ臨終ノ際, ハ自ら売らんと, ハ自ら好て軍艦ニ乗組候, ハ自分ダケ囲イノ中ヘ這入, ハ自分デハ意識シテイナイノカモ知レナイガ自分デハ若イ二人, ハ自分ニモ不思議ナクライ旺盛ナ慾望ニ, ハ自分也天ニ非ズ, ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ逃レテ和蘭, ハ自己一人以上ヲ生活セシムル勞働力ナキ原則ニ, ハ自由契約ヲ原則トス, ハ自由戀愛説ノ註ニ説明シタル所, ハ自異ル, ハ至急武田造船大佐ノ, ハ至極宜候得, ハ至誠を尽くし, ハ致さぬ者なれ, ハ致し候得, ハ致すぞと申, ハ致すべからず候, ハ致すまじくたあほふ, ハ興長ノ船ニテ可, ハ舊時代ニ生レ其ノ見, ハ航海日記応接一冊を西郷ニ, ハ舶来ナリト云フ人ガアルガ若シサウデアツタトシテモ万葉時代ニハモハヤ野生状, ハ船路ヨリ直チニ今, ハ船長室ニ安置シイキトス号桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, ハヲ失ッタヨウデアルガ, ハ花モ美クシクシテ人ノ注意, ハ花見小路ノオ茶屋ヘ電話シテ, ハ甘シ, ハノ小, ハ英人等道路雑説を聞取, ハ英國ノ自, ハ英國人ガ支那人ヲ亡國民タラシメタル阿片輸入ト, ハ英太郎が父, ハ茫然トシテ無言デ顔, ハ草木生セサル程, ハ荒木博臣遺物並新年賀式用器具一揃, ハ萩ノコトナリ昔ハりト, ハヲ落サズ一葉舒ルトキハ則チ一葉蕉ル, ハ葉ハ樹ニ依テ生ズ, ハ著作者ノ氏名, ハ蒙昧ノ, ハ蒜ナリ小蒜ナリ根茎倶ニ大ニシテ辣多ク辛シテ, ハ蒲団ヲ積ン, ハヲ取去, ハヲ延テ生ズ, ハ蔵一向病, ハかりしがども, ハ薄ク乳ト臀部ノ発達ハ不十分, ハ薄情ニ予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, ハ薩州人さし立テ御受取申, ハ薩州先ン侯の内命ニ, ハヲ贄トシ大夫ハ蘭, ハヲ灌イデ老樹腐爛, ハ薬ガ利イタト見セカケテ, ハ藤原氏ヨリ平氏ノ過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ, ハヲ贄トス, ハヲ得, ハ虎口をのがれし, ハ虚トスと, ハ蚤蚊対人間ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, ハ蜀葵ヨリモ大尖狭, ハ蝦ニ似テ, ハ蟹ニ似タリ, ハ行カズニシマッタノデ委シイ様子ハ知ラナイガアトデ聞クト餘リ嫌味ヲ云ワレタノデ却テ颯子ガ反撃シタ, ハ行ハれまじく残念, ハ行上一段活用の動詞, ハ行動ニ幾分ノ制御ヲ加エルデアロウカ, ハ行四段に活用, ハ行衛ガ知レズイロイロ, ハ街上ヲ歩ミナガラモ, ハ街頭ヲ彷徨スル精神異常者, ハ衣ニ摺ル料ニシタコトハ十分ニウカヾハルヽサテれんげさうハ, ハ表門カラ中門ヲ通ッテ飛石伝イニ焼香ニ来ルノニ便利, ハ表面立つた媒酌人, ハ袂カラ小サクタヽンダ札束ヲ取, ハ被告人ニ於テ納付シタルモノニ無之候間右執行, ハ袴腰ト云山形ノ似, ハ装束ヲ着, ハ裏店神主ナル故何事モ知ラヌト, ハ裏表紙ヲゴランナサイ, ハ裸体ニナッテ浴槽ニハイリ妻ヲ抱エテ浴室, ハ西丘ヲツラヌイテ走ルコト里余, ハ西南西微西, ハ西奥仙丈ノ高, ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, ハ西町のねへさんたち, ハ西番葵高サ一二丈, ハ西藏獨立ノ交渉中ニ青海四川, ハ西郷吉之助の家内, ハ要用を被, ハ見物ニ来タル男ハ必ズソノ秘部ヲノゾキ, ハ視力ガ衰エテ読書ニ不便デアル, ハ親タラズトイヘドモ子モッテ子タラザルベカラズ, ハ親切デ正直, ハ親類同様ニシテクレトイウテカラ両人ガ起請文ヲ壱通ズツヨコシタ, ハ観ルヲモ厭フ輩モ無キニ, ハ観世音ト同様ノ装身具, ハ観音柳一名ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, ハ解りはしまい, ハヘ古, ハ言フ迄モ, ハ許サレテモイヽサ年ヲ取, ハ試験デ忙シイトイウノニ, ハ読ミタル者ヲ聰明ニ成ストハ限ラザルモ, ハ読書セズテレビモ殆ド見ナイ, ハノ子, ハ誰レノ所有ニ属スルモノデアルカ, ハ誰レカ歎声ヲ放, ハ調の弥撒曲, ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ無カッタ, ハ諒恕せられん事, ハ論じて是, ハ諸事ヲ為スモノノ決シテ欠クベカラザル者ニシテ繁密錯雑ナル我植学ニ, ハ諸君ヲ山東ニマデヨコサシメタル田中ハ諸君, ハ諸君ニ応ジ分割スベシ諸君冀クバ協力同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, ハ諸国人数を引つれ, ハ諸州ニ在レドモ, ハ諸難諸病ヲ, ハ講和會議ニ於テ英國ノ保護, ハ講師ヲ嘱託スルコトヲ得, ハ識アリテ能之ヲ成スベシ, ハ譫語ヲ装ッテイルノデアル, ハ譬ヘバ人ノ夕, ハ譬ヘバ書畫ヲ能クスル者ハ, ハ譬ヘバ血ヲ以テ血, ハ豫期以上ニ積極的デアル彼女, ハ実ダト云ッテ, ハ財産ノ制限タル前者ト, ハ貧困者多キ, ハ費シタルニ怡土郡ヨリイカニ迂, ハ貿易ヲ為ス等, ハ賀古鶴所君ナリコヽニ死ニ臨ンテ賀古君ノ一筆, ハ賄賂ヲヨロコビ賄賂ハマタ苛斂ト誅求ヲ諸, ハ資本乏シク列強ヨリ後レタル日本ニハ特ニ急務ナリ, ハ賠償公債ヲ交付シ且ツ繼承シタル該事業, ハヲ捜ルモ却ッテ吾, ハ賢王ト成ツテ愚王ヲ誠責シ, ハ賤ニヨシ上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, ハ與スルヲ得ズ, ハ赤口デ日ガ, ハッテ長安ニ入, ハ起キルガソノタメニ寝ソビレテ眼ガ冴エルナンテコトハ一度モナイ, ハ起キ上ッテ洗面ヲ済マセ, ハ足ハ地ヲ離レルコト四寸, ハ足袋ヲ穿イタ時ニ踝, ハ足音ヲ忍バセテイッタン寝室, ハ跪イテ足ヲ持チ上ゲ, ハ踊リ子上リダト云ウ負ケ目ガアルタメニ, ハ身勝手ニ筆とりひとのなれ, ハ軍事ニ預る此人下, ハ軍艦内ニ於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活ヲ平等ニスル所以ハ自明, ハ軍艦内ニ於テハ階級的表章以外ノ物質的生活, ハク一杯オ数ハヴァライエティーニ富ンダ方ガイヽト云ウノデ, ハ輿論ガ甚ダ多クノ場合ニ於テ感情的雷同的瞬間的ナルヲ以テナリ, ハ辛抱して, ハ辯護士ノ外ニ自己, ハ農事ヲ怠, ハ農業地ノ如ク所有者, ハたれども, ハ近々ニ婆サンニ無理ニ承諾サセテ壊シ屋ヲ, ハ近日国に帰り, ハ近頃家ニイレバ大体イツモコノ時刻ニシャワーヲ浴ビルコトヲ予ハ知ッテイル, ハ追徴ノ請求アリタル場合ニ, ハ追記ニシテ後半ハ逐次續録セシニ, ハ退却或ハ降伏, ハ逃げやア, ハ逃ゲテ伯父ヲ取, ハ逐次續録セシニ似, ハ速カニ納受ガ有ロト思ウ故ニ云ウノダ, ハ速成學士ノ, ハ連帯の行為, ハ連絡ヲ失ウコトナク, ハ進マナカッタノデアルガ相馬博士ガ切ニススメルノデイヤイヤ行ッテ見タ, ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, ハ進ンデ取, ハ遂ゲザレドモ父母朋友信者ノタメ, ハ遂ニ皆無ナリキ而シテ土人ヨリ分与受ケタル玉蜀黍ノミガ成功シコレニヨツテ僅カニ主食ヲ備, ハシ, ハ遊ビニ来ル表向キノ口実ガナクナッタワケダケレドモ, ハ過渡時代ノ, ハ遙ルカナ雲ヲ測, ハ適合性ヲ持タナカツタタメ, ハラレテ一枚, ハ遺棄シタル事情ガ背徳ニセヨ又, ハ遺言ニマカセ播州ヘ送, ハルデアラウカ星ハ, ハ郁子ヲ担ギ込ンデカラソノママ寝室デウロウロシテイタノダガ, ハ郁子ガ何ヲ欲シテイルカヲ知ッテイルカノゴトクデアル, ハ部下之銃卒壱人馳セ, ハ部屋ニ戻ッテ按摩, ハ都テ公儀ヲ憚ラザル致方, ハ都合に依, ハ酔ウガソノ酔イ方ガ陰性デ外ニ発セズ, ハ醇厚久シキヲ経テモ損セズ, ハク, ハ重大ナル罰金又ハ體刑ニ處ス, ハ重役の事, ハ金ナリヲ信條トシ謙遜ハ美徳ヲ教養セラレタル日本民族ニ, ハ金五郎サントオ京サントガ二人デドコカニ行ツタ事, ハ金子御入用, ハ金權督軍ノ内, ハ金車戎輅ハ兵車ノ事, ハ釘トナラズ好漢ハ兵ニ当ラズ, ハ鈴木氏ニ体ヲ預, ハ鈴木氏自身デスルケレドモ常ニ弟子, ハ銀杏返シ, ハイケドココロハスルドクナク沢山, ハノ時間, ハ鎌倉已来武門ニ帰せる大権, ハ鏡ニ掛ケテ見ルガ如シ, ハ鏨彫リト云ウ彫リ方ヲ委シクハ知ラナイ, ハ鑑識頗ル難キモノニテ古鏡古銅器ヲ観, ハ長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ, ハ長大ニシテ悍気高ク海外ヨリ得タル新兵器ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, ハ長崎表ニてハ奉行所ニ, ハ長州ニ行けバ, ハ長州侯ニもお, ハ長州家及び国家, ハ長持幾棹トカ有リシモ, ハ長短に係らず, ハ長襦袢一ツデ寝, ハ長調作品一〇二ノ一, ハ開テ反巻ス白色ニシテ, ハ開山上人伝法院ノ建立以来, ハ間諜座内ニ其儘止リテ打出シト共ニ群衆ニ紛レテ脱出セヨ, ハ間違あるまじく, ハ関以西強国と聞, ハ関田町ヘ駆, ハ関田町ニ一層近, ハ閣下が御, ハ閣下彼が先刻, ハ阿諛ヲ知ラヌナリ, ハ人トナリ甲州中府スデニ定, ハ限らないものだ, ハ陛下ノ聰明, ハ陷穽ヲ作リ他蟲, ハ陸上ニアルト同一以上, ハ陸奥に任し, ハ険シク北ヘ長, ハふまじくか, ハ随分長イ月日ヲ生, ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, ハ隣ニ寝テクレ給エ, ハ雁皮ノヨウナ紙ガ急ニクシャクシャト揉ミクシャニサレル音, ハ雅兄ニもよく, ハ集ッテ来ナイ常ニ必ズ一匹, ハ雨ニ遇ヘバ則チ開ク宜シク, ハノ降, ハ雲根ヲ断ッテ, ハ霊験アラタカナモノデ佛様ガ歩行スル時ハ足ハ地ヲ離レルコト四寸, ハ霜こほる冬, ハ露國ノ復讐戰ニ對スル, ハ霹靂忙シト云ヒ放翁ハ燕子忙シト云フ, ハ青ク背ハ淡ニシテ白粉, ハ青山斎場ナドヘ持ッテ行カナイデコノ家ノ庭ニ面シタ十畳, ハ青銅器ヲ出, ハ非常ナ恐怖感, ハ非常ナル不公平ヲ生, ハ非常ニ偽筆ヲ上手ニ書ク男ガイタソウデアルカラ, ハ面倒臭ガッテホントノコトヲ云ッテクレナイノ, ハ面白いや, ハ面白き事にて, ハ面白イ馬場ノムカフガワニ馬ガ行ツタ時ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, ハ面談料三十分間に付金五円宛申受候, ハ革命論ニ於テ羅馬法皇ヲ奉戴セントスル自己矛盾ナリ, ハ韓種ニシテ世ニ少シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ, ハ須らく自県, ハ頓ニ水色ヲ変ズ, ハ頭ト骨ト尾トヲ皿ノ一方, ハ頭腦ニ關セズ只機會ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, ハノ中, ハ頸程デナイト云ウ, ハ頻々タル火災ト時代ノ推移ノタメニ詳カナラザルニ至リ, ハ頻繁ニ或ル時ハ強ク, ハも敷もの, ハ頼まれたことを, ハ頼めバ何も, ハヲ見, ハ顔マデスッカリ隠レテイテ, ハ顔立ガ貴族的デ一種ノーブルナ感ジガスル, ハ顔色ヲ変エタガ, ハ風前短焔, ハ風呂より上りし, ハ風浪ノ危険ヲ犯シ, ハ颯チャント此方デ寝, ハ颯チャンハソノ効果ヲ考エテワザト篏メタノカモ知レマセン, ハ颯子ガ自ラシテイル, ハ颯子ガ勤メルヨウニナルト予ハヒソカニ期待シテイル次第デアル, ハ颯子ガ正体ヲ現, ハ颯子ニ媚ビル気持カラ彼女ノ前, ハ颯子ニ異存ガナイバカリカ少クトモソレヲ面白ガル気持ガアルコトヲ認メタ, ハ飛んでもねえ, ハ飛脚ニ用ヒ候為小ナル蒸気ナリ, ハ食フ時一二顆ヲ用テ掌ニ握リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果, ハ食糧空気燃料等ノ在庫数量, ハの食, ハ飯田在番ヘハ耳, ハ養子のつがふ, ハ養子清次郎を論じ, ハ養男子ニ貧困ナル老親ヲ扶養セシムルハ歐米, ハ饒津ヲスギ橋, ハ香シキヲ以テ, ハ香バシク芳麗ニシテ愛スベク頗ル仙物ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, ハ香港ヲ根據トセル英國ト青島, ハノ歯, ハ馬上ノ傘ニ用ベシト云, ハ駅所駅所ニテ立チ所ニ斬リ, ハ常ニ, ハ高度約二千メートル, ハ高柳楠之助, ハ高角砲ニヨリ粉砕シ他ノ一機ハ海中ニ墜落セシメタリ, ハ高野ノ万年グサ物理小識, ハ高雄方面ヘ紅葉見物ニ行キタイノダガ一人ボッチデハ仕様ガナイ, ハヲツカミ乱シ, ハ髪ハ常ニ束ネテアッテ, ハ鬼神と云ハ, ハ鮭色ピンクノサッカーノガウンヲ着テ支那製ラシイ牡丹ノ刺繍, ハノ薄, ハ鴨島ニ第二中隊ハ柳島ニ, ハ鹿児島につれかへり, ハ麦藁ヲ入, ハ黄ニシテ熟スレバ黒シ一タビ地ニ堕ル毎ニ即チ小樹, ハ黄ニシテ黄色ヲ染ムベシ, ハ黄皺内ハ潔白ニシテ堅シ, ハ黒イ肉ノ場合モアルガ, ハ黒クシテ円ク味ハ苦甘シ, ハッテ血壓ダケヲ, ハ鼻ガアイタ故気