青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~りました ~ります ~る る~ るべき~ ~るる るる~ ~れ れ~ れい~
れし~
れず~ ~れた れた~ れたら~ れたる~ れてる~ れない~ れなかった~ れなけれ~ れぬ~

「れし~」 1403, 14ppm, 7998位

▼ れし~ (98, 7.0%)

4 口惜しさ 2 メエルハイムは, 其の面影, 故ありてい, 頓て

1 [86件] これには, これを, ごとく身動き, ごとし, さりとは, し損じたりと, その室, その監倉, それより, つて居る, どの道うれしから, また崛起, まだ帰られず, やがて御, やがて月, やがて玄関, ゆゑに, ようやくに, 主税之, 久兵衞儀辯舌巧みに, 今しも, 今は, 今度も, 今文右衞門, 今更跡, 仕損じたりと, 件の, 傾く舟, 儂も, 全くは, 八幡鐘, 其宗女壹與なる, 其後渠が, 其後程, 其方は, 其時大岡殿庄兵衞を, 再度熟考, 十七日の, 十三歳の, 又猶, 叔母の, 右は, 右樣の, 囈語に, 大守, 如きと, 如き風習, 如く身, 如し, 安田佐々木の, 安禄山, 幸いに, 当時における, 彼は, 御懷姙, 忠義に, 数月の, 早伊豆守殿, 早速同心山本, 昨四十年樺太巡回, 是や, 暖地にては, 未だ帰られず, 此事一應加役方へ, 此時露伴子は, 母人は, 気焔また, 源太十兵衛ともに, 源太十兵衞ともに, 澤の, 牢の, 病有ては, 眼覚め, 私には, 稿成りし, 聟樣を, 茲に, 行くべき處, 輕から, 遂に其甲斐, 遂に取つ, 過ぐる日曜日, 過ぐる晩春, 酒に, 高橋も, 黄子澄練子寧は

▼ れし~ (81, 5.8%)

3 昨年の 2 おとなしき性質, これなり, 七月廿八日なり

1 [72件] あたかも余, あまり浮世, あらざる可, いつの, そぞろ天保寅年, その甞, まさに昔日, まず例, やや心安き, 一三〇二年なれ, 一二九五年なり, 一足先に, 上の, 下世話に, 二年ほど, 京都堂上方の, 今こそ, 仏在世より, 仙道七郡を, 何と申される, 何故ぞ, 何故と, 何者か, 備は, 其弟の, 其資性の, 千々岩が, 半島に, 去る, 合點行ず, 同月十七日なれ, 名の, 天晴頓智の, 如何なる儀, 娘御, 嫡子藤五郎次男藤三郎並に, 宝暦, 小波山人の, 屠所の, 座中に, 当らず, 彼を, 心地能こそ, 必ず警察官, 恐らく当然ならん, 我の, 払暁なりき, 抑何人, 拙者の, 斯かる, 春風か, 最初の, 松川の, 此お, 此二王が, 此巖の, 武士の, 残念である, 浅井氏なり, 無殘, 然も, 爰なりと, 碁盤碁器と, 神功皇后なり, 第一貳千五百石, 第三難, 耆婆も, 茶店に, 著しきもの, 螢の, 違へ, 鼻下に

▼ れしもの~ (66, 4.7%)

5 ならん, にし 3 かこれ, なれば, にはあらざる 2 なるが, なるべし, にあらず, に候, を偶

1 [37件] か御, がある, たる事, とすれ, と傳, と共にこ, と判明, と思惟, と異なる, と知らる, と見, と覺, ながら先年久政, ならは, ならば, なり, なりとぞ, なること, なるべし此時將軍, なるや, なるを, なる事, に, にて突出, に御座候, に非, のみを数, の大要, の如く, は大略先生, は少なく, は既に, は時に, は皆, を葬り, を補わん, を貫かず

▼ れし~ (60, 4.3%)

3 知りて, 見て

1 [54件] いう, いふ, いへるならん, うれしと, お出入, これ一生の, さりとは, しほに, しりて, その夫アレース神, トラシュメデースまだ, パートロクロス悲しみて, 一閲する, 不審に, 九助, 何の, 何故に, 信じて, 先には, 可成原意, 喜びしこと, 喜びて, 將監御, 巧みに, 御無心申, 忘れしには, 怒る, 思合せ, 怨めるなるべし拳, 憐み, 憤り彼, 我また, 打転けし, 是れ, 時至りたる, 權三助十默止ますまい, 歌い或は, 殘し, 活かし危き, 深く意恨, 漸く起回り, 直に播きつけし, 祝す, 端無く人, 筆記せし, 聞きし事, 色にも, 見送り, 詫びに, 認め近く, 迎へて, 避けつつ, 鎌倉河岸と, 長生王赦し

▼ れし~ (56, 4.0%)

2 山腹の

1 [54件] あらざるか, あらじを, あらず已むをえざるにいづ, あらで, お菊, その舟, つき余, よりて, 三吉は, 久しく日の目, 久兵衞は, 九十九人舞ひ, 似たり, 傷持つ, 僧侶答て, 勘太郎一言の, 勘太郎其日小間物屋彦兵衞金子無心を, 十日も, 善右衞門は, 城富は, 塵も, 女も, 女房が, 委細申立たる, 富右衞門は, 寛永十二年十一月十日御, 小僧然, 就き一同, 平左衞門, 年老いたる侍医グッデンこれ, 庄三郎其等の, 庄兵衞ヘイ其者當時は, 役人は, 御遺言, 心着かず, 故郷に, 海賊共七八年以前泉州堺又は, 父富右衞門は, 由る, 申口不, 相違なし, 秀忠公も, 細引にて, 翁は, 逢い同, 逢ひ, 遇いしかば, 道十郎は, 重助は, 錠前が, 長庵, 非ず, 非らず, 馬喰町米屋市郎左衞門は

▼ れしこと~ (50, 3.6%)

3 あり 2 なり, なれば, の気, を知り

1 [39件] ありける身也, ありされど, ありしときフォティヌス彼, あるに, が漠然と, とて大いに, と云, と存じ上げ, どもとある, なくさ, なく堂々たる, なければ, なし爲さる, などいへ, などおおよそ, の今, の口惜し, の殆夢, の胸, の食器, はあらじ, はいふ, は一回, は全く, は我ら, また由来すこぶる, も少から, も無けれ, やある, や無, をもって羅馬, を思い, を神, を聞き, を聞知, を讚む, を録, 単に一度, 救われし少女

▼ れし~ (36, 2.6%)

2 なり, に呪い, の如き

1 [30件] かの家, その民アル, その自白, といふ, において全, にも我, の如く, の悲哀そ, はその, はや殘, は不自由, は春, は渠等, は風, も中将, も頭, よく之, よりこの, よりも深し, より今に, より何處, より幾百年, をもとめ, をも加, を索め, 御臺處, 既に大人, 生る力, 程恐ろしかりし, 駐仏公使曾根荒助

▼ れし~ (35, 2.5%)

2 フト御家の

1 [33件] あるその, あれから, いたの, いたよう, いる中, お相手, しまいには, つづけるうち, つひに, はにかんで, みましょうかね, もうその, もみくちゃに, ゆるゆる歩い, ゐた, ゐます, ゐる, ヤット会社へ, 参ってから, 大きな眼, 居た事, 常にむだ使い, 息の, 時間の, 来たが, 満足な, 疲れきつ, 立って, 置いて, 船に, 萬人の, 近世の, 迷いに

▼ れし~ (26, 1.9%)

2 あり, なれば, もありき, 有るなり

1 [18件] あり此事世, あれど, いずく, と腹, なくその, なし五十兩, なるが, は存じ, は正月廿五日, もなき, もなし, も有るべけれ, やと, より考へ, をキリスト, を喜び, 承り及び, 甚だ不便

▼ れし~ (26, 1.9%)

2 ならん

1 [24件] あり, ありき中, が天, と初めて, と思しく, と想像致候, なりその, なるを, なれば, のみが尊い, の兄弟たる, の受, の叫喚, の報酬, の外, の數, の方, の遺物, は舟, ひとりわが, もフォカッチヤー, や誰, を知らじ, 必ず破壊

▼ れし~ (18, 1.3%)

2 否やを

1 [16件] して, その隅石, なり, よろこばしや, 何ぢや, 假令夫に, 否やは, 嗜好品として, 如何にと, 情なき忠兵衞殿, 我行け, 流儀の, 知るべから, 考定の, 謙りて, 金子は

▼ れし~ (14, 1.0%)

1 [14件] なりとぞ, なるべけれど, 不思議に, 世の, 偖は, 其儘に, 右にも, 小夜衣は, 尻軽く, 座敷, 忠右衞門大, 村役人へ, 權三助十は, 離縁状を

▼ れし~ (11, 0.8%)

2 の如く 1 が間違, と会, と覚し, なれば, にてありけれ, の賠償, はずだず, は如何なる, は無き

▼ れし~ (10, 0.7%)

1 からは吾, からは跡, つ毛, なれば, に与へられざりし, に惡口, に裏, は, はとても, 早速其所

▼ れしなり~ (8, 0.6%)

2 然れ 1 とぞ然るに, と云, と聞かぬ, 彌七, 然り, 然るに駿河屋三郎兵衞

▼ れし~ (8, 0.6%)

1 であるだけに, ならずや, なるもの, に御座候, の, は戀, は臆病神, を

▼ れしにぞ~ (7, 0.5%)

1 其間に, 吉三郎は, 寶澤は, 左仲は, 憑司は, 留は, 私し始め

▼ れしにより~ (7, 0.5%)

1 九助, 其段豐島屋より, 其罪を, 同心二人直に, 斯は, 老中方の, 若者等は

▼ れしより~ (7, 0.5%)

1 かの月丸, この勢遏むべ, 一月あまり, 世は, 僅に, 戸の, 花は

▼ れし~ (7, 0.5%)

1 と伝, と豪信, は何と, より跳, をや見し成ん, を取り扱える, 終に包み

▼ れしには~ (6, 0.4%)

1 あらざりき, あらずして, あらずやとの, 四まで, 相違なし, 非ず

▼ れしのみ~ (6, 0.4%)

1 で別段, ならず連日多大, ならず隣家, なりけれ, なる第, にて滅び失せし

▼ れし~ (6, 0.4%)

2 より今 1 の車, も宮, を憶, 須らく湘南国府津西方

▼ れし~ (6, 0.4%)

1 あらば, なり又, の的, はなき, は液体, を取去られし

▼ れし~ (6, 0.4%)

2 御当家 1 に候, を慥, を聞き, 嘸かし憎き

▼ れし~ (6, 0.4%)

2 を早速 1 のかげ, のなごり, の息づまり, もいつしか

▼ れし~ (6, 0.4%)

2 に取 1 に拵, に拵ら, に自身, を凝視む

▼ れしため~ (5, 0.4%)

1 なり, なりされば, にそれ, に燐光, 諸新聞

▼ れしにも~ (5, 0.4%)

2 あらざれど 1 あらねば, 何等の, 超えたり

▼ れし~ (5, 0.4%)

1 なれば, のロムロス, はじめて犬, は一際, も国事犯者

▼ れしところ~ (4, 0.3%)

1 でここ, と伝えられる, にゐ, に目

▼ れしながら~ (4, 0.3%)

1 ときどきその, 太郎は, 實に, 満載され

▼ れし人々~ (4, 0.3%)

1 なりき, は読後, よりもはるか, を喰

▼ れし~ (4, 0.3%)

1 を思へり, を救, を見, を護り

▼ れし~ (4, 0.3%)

1 のごとき, のごとく, の姿, は消え

▼ れし~ (4, 0.3%)

1 からなれ, から御, なりし, に招ぜられたる

▼ れし結果~ (4, 0.3%)

1 として一個, にし, にやしばしば, 遂に明治十一年八月三日両国橋畔

▼ れし~ (4, 0.3%)

1 なりといふ, は即ち, よりた, 一旦荒膽

▼ れしさま~ (3, 0.2%)

2 をみよ 1 は画

▼ れしとき~ (3, 0.2%)

1 その母, その頃, も若

▼ れしよう~ (3, 0.2%)

1 にほっと, にほとほと, に感じ

▼ れし五十兩~ (3, 0.2%)

1 の金, の金子, を既に

▼ れし以前~ (3, 0.2%)

2 に購われし 1 に購

▼ れし~ (3, 0.2%)

1 を払い, を振, を振り

▼ れし~ (3, 0.2%)

1 の美麗, は膝, は飛び

▼ れし時彼~ (3, 0.2%)

1 はかしこ, は満, を動かし

▼ れし瀬戸物~ (3, 0.2%)

2 の大黒樣 1 の大黒様

▼ れし~ (3, 0.2%)

1 かな, の罎, よ見よ

▼ れし罪人~ (3, 0.2%)

1 が既に, の知識, の遺骸こ

▼ れし義理~ (3, 0.2%)

3 としても嫌

▼ れし貫一~ (3, 0.2%)

1 は今, は頽, もこれ

▼ れし部分~ (3, 0.2%)

2 もあり得べき 1 を取りぬ

▼ れし~ (3, 0.2%)

1 のひま, を朔風, 剃りて

▼ れし~ (3, 0.2%)

2 の暫し 1 に似

▼ れしあと~ (2, 0.1%)

1 あり, の猶

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 よ, を

▼ れしては~ (2, 0.1%)

2 一大事である

▼ れしのち~ (2, 0.1%)

2 そのま

▼ れしほど~ (2, 0.1%)

1 ありて, 力を

▼ れしまま~ (2, 0.1%)

1 に姉上, 動かず

▼ れしむる~ (2, 0.1%)

1 にある, に足る

▼ れしやう~ (2, 0.1%)

1 にて郎党どもみな落ち, に思ひたれ

▼ れしやを~ (2, 0.1%)

1 うたた驚嘆, 思ひみば

▼ れしゆゑ其書~ (2, 0.1%)

2 を借りえ

▼ れしを以て~ (2, 0.1%)

1 直に其心裏, 直に科擧

▼ れし~ (2, 0.1%)

2 なれば

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 にてよろめき, にて叢

▼ れし其後~ (2, 0.1%)

1 にて私, に此遺書

▼ れし出来事~ (2, 0.1%)

1 であろう, にし

▼ れし医師~ (2, 0.1%)

1 なり, の子

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 の, の中これ

▼ れし多く~ (2, 0.1%)

1 の罪人, の霊魂

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 鍋ごとき, 鞆に

▼ れし如く~ (2, 0.1%)

1 に思考, 美々し

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 をいや増し, を育てず

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 に疱瘡人, の店番

▼ れし山河叫び合~ (2, 0.1%)

2

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 の住民, の名

▼ れし巨人~ (2, 0.1%)

1 その頭エトナ山下, の像

▼ れし~ (2, 0.1%)

2 の美徳

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 を貫かず, を貫き

▼ れし当日~ (2, 0.1%)

2 に相成り

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 仰六波羅上下, 庇蔭を以て

▼ れし心地~ (2, 0.1%)

1 せしが, せし浪子

▼ れし~ (2, 0.1%)

2

▼ れし我片腕~ (2, 0.1%)

2 をも見た

▼ れし所以~ (2, 0.1%)

1 は以, は後期印象派

▼ れし手紙~ (2, 0.1%)

1 の返事, も添

▼ れし文字~ (2, 0.1%)

1 は友, 即ちダンテ

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 であった, には御礼

▼ れし~ (2, 0.1%)

2 の雨

▼ れし最後~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 は花咲かじ, も声

▼ れし死骸~ (2, 0.1%)

1 のごとく, は思當

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 わが對面, 見えたり

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 の姿, の子七人

▼ れし男爵~ (2, 0.1%)

1 そのままという, は英雄肌

▼ れし皮蒲團~ (2, 0.1%)

2 を貰

▼ れし~ (2, 0.1%)

2 に立派

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 五十万年前の, 十万年ないし

▼ れし紳士~ (2, 0.1%)

1 と美人, は快活

▼ れし者これ~ (2, 0.1%)

1 に祷れ, を見れ

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 にて熟, は山林家蔵椽

▼ れし路加伝~ (2, 0.1%)

2 も亦

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 に明, の香

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 の出, を保母ら

▼ れし~ (2, 0.1%)

1 の間, を見き

▼ れし~ (2, 0.1%)

2

▼1* [527件]

れしうえにてその, れし高が, れしお客様には入場料金, れしがためのみ, れしがのうつせみの, れしぎり振り向きもし, れしくやしさにこ, れしこころは, れしこと孝助を急ぎ, れしこと我参る度々, れしこの時のみ, れしさま博物館の如し, れし今一度と, れしため力及ばず, れしちやならねえよ, れしてもしかたが, れしといへどもとにかく, れしとか或は一本, れしとき二十六歳なりき, れしとき仇を報いん, れしとき塞暑針は猶, れしとき家康か利家, れしとき王オロデスその首級, れしとき筆を採り, れしとき舊道へ入る, れしとき酒盡きしかばマリア人々, れしところ今はた, れしところ力よわり断る事, れしながらもよろこびや, れしなり大切の品, れしなり夫より勘兵衞, れしなり委細は斯, れしにやあらん, れしはなししかしてわれ永遠, れしひとこそ, れしびらされ創造, れしますらをの父, れしまま一つ廻る中, れしまま伝内はハタ, れしむることなくたえず森, れしむるなといふこともどれもこれ, れしやも知るべからず, れしやら如何に, れしゆえそれがし, れしゆえニタと言うべき, れしゆえ得意になり, れしゆえ我より, れしゆゑ吾助は喜内, れしゆゑ大によろこび, れしゆゑ所々より嫁, れしゆゑ流石の惡黨, れしゆゑ茶屋迄は度々, れしわが子ポリュドロスを見出せる, れしをばわれ猶, れしアンドワリは怒っ, れしイエスはその, れしウオーキン・ミラーの住みし, れしウラノスの流せし, れしエルコラノの古, れしカラバンの, れしキリスト教徒第六夏期学校, れしコロボツクル説も小金井氏, れしスリッパのごとく, れしディオメーデスの馬, れしフィレンツェのギベルリニ黨シエーナ人, れしプロヴェンツァ人等笑ふを, れしヘクトール狗に與, れしヘラクレスの事業, れしベッケーリアの者, れしマリボオ風ともいふべき, れしミルチロスの呪咀, れしヨハナーン飛び起きて, れしリュクルゴスの幼兒蛇, れしロイテル電報は政治社会及商業社会, れしの五百, れし一切の實, れし一哲学者があつ, れし一念の御, れし一時代につき, れし一条を附加, れし一片の火花, れし一牝馬は今, れし一項あり, れし丁稚どの如何, れし万物に対して仁慈, れし三人は之, れし三美人が明日, れし三頭三體の巨人, れし上一寸なりとも, れし上人十兵衛が頭, れし上人十兵衞が頭, れし上今十分に食事, れし上其方常に立入, れし上紙入を奪, れしよりくだる, れし両人の中, れし中国浪人のきり, れし丸山氏のもと, れし乙女の我, れし九日目の例刻, れし乞丐の孤独, れし也寔に昔, れし也頓阿はかかり, れし乾酪の三個, れし事他聞も宜, れし事冥加至極有難き仕合せ, れし事哉と聞, れし事如何にも殘念, れし事情あるを, れし事故小輩女優, れし事故心中如何はせん, れしの焔, れし二三の実例, れし二棟は右, れし二盗賊の死, れし二艘の舟, れし五七人は頭, れし五位鷺の, れし人之を知り, れし人形の様, れし人相書を御覧, れしを我, れしまでの容姿, れし仏教の新た, れしを責むといへるゲラルド, れし以来絶えて, れしのため忿然, れし佐渡が島, れしがない, れし俘虜あまた町にむらがる, れしのおも, れし儷人よ, れし先例に依る, れし兩人の願, れし兩親の寢顏さし, れし六つの子, れし其人にまで此方, れし其夜の車, れし其砌り助け呉, れし内部に在り, れし写真多数を拝見, れしなる墳墓, れし処女の銀, れし分社あり, れし刹那又は衝突, れし則光の刀, れし髮に, れし力これをと, れしも水の泡, れし努力は既に, れし十三のいも, れし十戸足らずの寒村, れし千々岩は身, れし半球を離れ, れし印籠は私, れしに, れしローマの, れし古狐が黒衣, れしの肩, れし名器なるを, れし名残なり, れし名馬なりけれ, れし呼び名が師, れしの人形, れし商人に候, れし喞言人には聞せ, れし嚆矢なりと聞けり, れし団蔵の仁木, れしなのに, れし国土よ, れしにてピエートロ, れし坪内逍遥氏が, れしに棄ておき, れし塹濠に沿, れしか杉, れし墓石の古びたる, れしの干, れし壁一重たるみの出来たる, れしをわれ, れし夜食の卓, れしより覚め, れし大学の跡, れし大小印形に勿論, れし天主の如く, れし天国の杳, れし天長節夜会の食卓, れし太神楽のその, れし女王は大概此, れしの心, れし姉さ迷よえる, れし姿幸あらずや, れしが手道具, れし娘粂儀南殿村稲葉氏へ縁談, れし子ユウリピロスの令, れし子供に対して鄭重, れし子兎を, れし子智謀に富める, れし子規先生の写真, れし學士が言, れし実在に於, れし客人なるやと, れし宵やみの, れし家柄で酒造, れし家系なりとか, れし富山は余りに, れし寺院の政治, れし将軍後者は卑俗, れし小六はおさなき, れし小包の包み紙, れし小娘かみな, れし小松殿世を去り, れし小鳥に殊, れし少女の英雄, れし屈指の名士, れし屍體剥ぐ爲, れし屍體脚とりて, れし山木と千々岩, れし岨道を要し, れし岩間の徑, れし左右の手, れし帆木綿の幕, れし幸徳傳次郎始め廿六名の無, れし幽霊談の中, れし広重の絵, れし知れぬ沼, れし庖丁大きけれ, れしもあり, れし弟姫の, れし当座なれば, れし当時の思想, れし当時これより安, れし形態をこそ讃美, れし後ヘラその眼, れし後三年まで其屍躰, れし後二人は謂, れし後今の情婦, れし後千八百八十五年ボストンにて再刊, れし後徒にて逃げつ, れし後換言すれば, れし後縊死に擬せられ, れしといふ, れし御前のまだ, れしなりこれ, れしを押し, れし心ひれ伏さむ, れしよりおの, れし恰好何ともいえず, れし惣内源藏の兩人, れしを表, れし愛弟を凝視, れし憂思を解く, れしひの, れし我身の定業, れし所僥倖に貴公樣, れし所其書面に曰く, れし所其節折惡く私, れし所汝ぢは運好, れし手品つかひの, れし手配りを彼方, れし投槍は, れし故御國許の, れし數百千人烟をながめ, れしは又, れし考案の, れし新田のお, れし方松平宮相湯浅内大臣鈴木侍従武官長侍従一方武官, れし旅芸人のかつ, れし旅順の黒, れし旗竿にはああ, れし日御方の軍千人, れし日本国旗は散々, れし旧家をば一朝, れし早稲の香, れしの好き風俗, れし昔日の面影, れしの光, れし昨日の声, れし過, れし時三郎兵衞はギヨツ, れし時乞食僧は逃げ去り, れし時五兵衛の三男要蔵とい, れし時代もありき, れし時件の男, れし時何かの手柄, れし時兩人委細白状なせしかば, れし時六右衞門愼んで頭, れし時分にその, れし時口利れたは, れし時在野の政客暴民, れし時天の星, れし時太祖其名を記し居たまい, れし時太陽は白羊宮, れし時座に在りし余さし, れし時桁中途より折れ, れし時段右衞門は大岡殿, れし時私し口, れし時詩に云, れし時越前守殿出席有て訴訟人越後高田領百姓憑司, れし時跡ふりむきて, れし時都人各近鄰, れし時間もキェルケゴール, れし時魂等己を洗はん, れしなるが, れし重要の, れし最大の教訓, れし朗円上人木蘭色の無垢, れし朗圓上人木蘭色の無垢, れし朝よそほひの, れしを見, れし木片は此, れし木立の裾模様, れし木製十字架上のキリスト, れしの一部, れしの木, れし東大寺の大仏, れし東沢の釜, れし松澤儀右衞門が一人息子, れし枇杷の木, れし枕木黒く, れし果て今日の非運, れし持てる長, れし柳橋林家女将追福の通袱紗, れし桜花あらぬ春, れし森先生の眼光, れしに鯱張り, れし樣子確に覺, れしにいたれる, れし次手悪さ, れしの数々, れし武勳にのみ因る, れし武士の霊魂, れし死亡證書によれ, れし死屍を引, れしりの, れし殘念さに何卒, れし段々を前後, れし段上樣へ申上候處御滿足, れし段申立しかば則, れし段白地に白状, れし殺害の罪悪, れし民族の心, れし汝兩脚に, れし汝等は誰, れし江南の一奇花, れし江戸の美術, れし河原に, れし洗淨の, れし浪子はのがるる, れしをわたれる, れし海戦の実験談, れし源叔父またもや人, れし溪流なりきといふ, れし滑稽談あり当時, れし火桶かな, れし為先生も時に, れし無念に父, れし煙草盆よりは煙真直, れしなる可, れし燈火の焔, れし爲め父に叱られる, れし父神の呪咀, れし牝犬とともにグアンディ, れし牝鹿は泣き, れし牡丹灯籠多助一代記等に勝る, れし物体と同様, れし物永遠の威能, れしの尾, れし猿兎に誘われ, れし獅子狐に欺かれし, れしの頭, れし理想なりしかど素より, れしの糸, れしの水, れし田中佐一は土地家屋, れし田崎某といえる, れし田沼様の下屋敷なんど, れし忌々しければ, れし男也長兵衞の子分, れしにゐる, れしが御座る, れし疵痕あり丈, れし疾足を駆り, れしを受け, れし白黨はフィレンツェ, れし百舌の声, れし皮蒲団を貰, れしを離, れし直後皇后が政治, れし直道なり, れしの外輪, れし真理なるもの, れしより落つる, れし着物を抱きしめ, れしの飛ぶ, れしの上, れしに蠅, れし砂煙やがて靜まり水, れしの氏子, れしの恩惠, れしかな, れし秋雨のけふぞ, れし科学上の大発見, れし秘密の中, れしの人, れし稲荷のやしろ, れし八天, れし節金二兩貰ひしと申, れし範囲内に於, れし精霊のごとく, れし糸萩の流れ, れし紀伊の国, れし道徳と, れし紫繻子や節句, れし細身の剃刀, れし結果氏子周章百方工夫して, れし維盛卿の御事, れし綿雲に, れしと桃色, れし総てが愛, れしにはあらず, れし縫針の孔, れしは消えぬべき, れしなるいみ, れしも, れし翌日正午頃マザガン港を出発せり, れし紳士は, れし老爺あり顔一面, れし者ゆゑ其の遺, れし者尠からざる, れし者死して, れし者無之候, れし者等がふり, れし者註或ひは, れしの内, れし胸甲中に進み入り, れし臓腑湯気を立つ, れしにのせ, れし船室に帰り, れし色彩のかえらじ, れし色艶屈托に曇り, れし駒の, れし若年の砌, れし苦痛より先の日汝, れし英豪の將ヘクト, れし英雄の生, れしも身, れし草木にはその, れし荒磯の, れし華厳のなか, れし著述なること, れしの如く, れし薔薇の花石, れし藤原家の秘密, れし處今吉兵衞が長々, れし處其軍利なくし, れし處幸ひ向, れし處後家は謹ん, れし處悴忠助は稍, れし處此儀容易ならずと, れし處流石に町奉行, れしの如く, れしのけの, れし行屍走肉, れしの有, れしを切る, れし被害に対し十分, れし裁許天晴明斷と言, れし親友の, れし記事に無, れし詩人なりしかして, れし詩才を称, れしなるヴォイ, れし誡めの布告, れしに貫一, れし將軍, れし謙三郎もまた, れし謙遜の例, れし譯ゆゑ何も別に, れしの一, れし財宝は即ち, れし赤シャツ少尉の顔, れし赤城は六百トン, れし越後浪人新藤市之丞, れし足利中期以後の畫, れしに進みぬ, れし身なり捨られける人, れし身ひとりは斷, れし身一ツに雨, れしの上, れし軍夫は分捕りなるべし, れし軍物語の画本, れし近世仏蘭西文学史によりてなりき, れし返辞にこの, れしひに, れし通りを申立, れし通り先祖伝来の堂々たる, れし通り獄中にて病死, れし遊歩甲板の電灯, れしは水, れしの御方, れし都市アテーナイすぐれたる, れし都市ミケーネー領と爲, れし酒桶のなか, れし金子を分, れしは無限, れし銀子の手, れしの廂, れし關門を圍, れし陶器文房具の類, れし際余と蝦夷, れし雨戸より泥棒, れしよ汝, れし静緒は何事, れしにギロリ, れしは力, れし頭死せりと大, れし頴悟聡敏, れしつよく間もなく, れし食物よりは橡實, れしの髮, れしはしき煙, れし香山家の姫, れしのこころ, れし驚駭と, れし體此世の人, れし魂樂しみのため, れし魂等よ我