青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ニ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ツ~ ツイ~ ~テーブル テーブル~ ト~ ~ドア ドア~ ドイツ~ ナイフ~ ナポレオン~
ニ~
ハ~ ハイ~ ハッ~ ~ハッキリ ハッキリ~ バス~ パイ~ パチ~ パッ~ パリ~

「ニ~」 4949, 53ppm, 2176位

▼ ニ~ (157, 3.2%)

2112 御座候 2 何の, 候よし, 双方士官を, 御取, 私し

1 [114件] ありたり, お, おやしき, おり候事ニ候, かた付申候, けして, ことに海援隊外, すこしゆく, たのもしく存候, つがふよろしけれ, ともに, どふもき, はる, ひなた, べつにりきみ, よく御, よろしき人物, スサキ港まで, ハぎおん新地と, ハとても, ハなし, ハ奉行所ニも, ハ決して, ハ無, 一宿仕候節幕府人数と, 一宿夫より, 一局を, 上に, 上京仕, 上京致候, 中ニ, 五十金官より, 五百人や, 人の, 人を, 今すこし, 今日出足七ツ時頃よりも, 会津の, 何, 候あいだいぜん, 候へども, 候得, 候間後便ニの, 候間誠に, 借入た, 先キ触, 先年も, 先長崎ニ止りおり, 共ニ国家, 兵庫という, 其場引取て, 出崎仕, 出来しうた, 出行ものなし, 則公論, 南奇隊参謀に, 参上と, 命さへ, 命ををと, 和気清麻呂が, 国家の, 土老侯も, 地へ, 大てい, 大ニセ話ニ, 大洲蒸気船ハ三月十五日より, 大笑, 安田順蔵さんの, 寺田や, 帰りし長人ハ虎口, 床ニおり, 引籠居候ま, 当時私ハ諸生, 御こし, 御すく, 御帰国, 御相談, 御聞おき, 御返書書, 心ある, 是も, 是を, 時々人, 書たるなり, 月琴お, 此刀を, 毛も, 水戸に, 浪士等長崎ニ出, 申上候通りニ御座候, 男子などを, 留守の, 私の, 私を, 紀州の, 紀州明光丸と, 義論致候ヘバ航海者の, 船を, 船中ものがたりも, 英の, 蔵ハ八九度も, 蔵太が, 薩生両人周旋仕, 薩邸ニ入, 西洋火術ハ長州と, 見廻りなど, 談論セシ所ニて, 議論相定り, 軍五六度も, 金特出候事と, 長崎へ, 長州へ, 養なふ, 龍女と

▼ ニ~ (109, 2.2%)

373 ズ又, ラズ, ルハ論ナシ 2 ザルナリ, ザルハ論ナシ, ス

1 [57件] ざるなり, サルナリ, ザラン念念声声ハ悉地ノ, ザルコトハ他, ザルコトハ自滅ガ道徳ニ非, ザルト共ニ一躍, ザルト同, ザルナリ既ニ自, ザルハ勿論, ザルベキモ亦, ザル也, ザル事ハ徴兵制ナリシガ故, ザル如ク日本及ビ近接, ザル有リ, ザレバナリソノ高等ナルモノニ到, ザレバ争デカ治罰賞正, ザレバ以テ盛大富強ヲ, ザレバ晞ズ, スト雖モ官民協力将来ニ於テ仏蘭西ノ, ス又, ズシテ, ズシテ亦, ズシテ他ノ, ズシテ全, ズシテ勞働ニ基ク所有ニ一變スルト共ニ強者ガ其強力ヲ, ズシテ唯記性ノ, ズシテ大, ズシテ実, ズシテ經濟的戰國時代タリ經濟的封建制タラントス, ズシテ自由主義經濟學, ズシテ言語ノ, ズトモ, ズト云フコトナリ, ズト云フ信仰根本ノ, ズト明示セシ所以ナリ, ズト謂ハシムルニ至ル, ズト謂フヲ得ズ, ズト謂ワンヤ, ズト雖ドモ今, ズンバ何ゾ必シモ牽牛ヲ, ズ其説ク所尤モ怪シク信ズベカラズ, ズ從テ辯護人ノ, ズ謂ク菩薩ニ依, ナリと, ニシテ, ラス所謂彼, ラズシテ乃チ瑞草ナリ種類同, ラズシテ唯外形ノ, ラズ総, ルト共ニ滿十六歳マデノ女子ハ男子ト差別スベキ必要モ理由モナキヲ以テナリ, ルヲ得ムヤ, ル借入金ヲ, ル如ク一夫一婦制ハ何等, レバたれ, レバ唯, レバ開封スベカラズ, 風死ニ皆僕ヨリ先ニ死ンデシマッタ

▼ ニ~ (80, 1.6%)

102 レタ

1 [68件] かね候, てありし, ッテイルニ違イナイ, ッテ日延ニ到, ツテ流ル, テ仙法ヲ学, テ仙法ヲ学ビ松, ラシム, ラズ, ラズンバ虎児ヲ, ラズ一々, ラナイ, ラントシテ争ツテ邸ニ来ル, ラントテ, リタルモノト覺シク水行ハ十日ニテ陸行一日トアランニハサモコソト思ヒナサルヽナリ, リテ, リテ洛城ニ満, リマシタナ, リ乱レテ見, リ便所カラ外ノ, リ其下地縫裂スル処ヲ, リ名刺ヲ, リ好, リ廻廊ヲ, リ得ベキ特權階級タリシ點ニ於テ日本, リ次デ, リ細ニ亙, リ軽, リ込ミタルカ今之ヲ, リ込ムニ至ッタコトヲ夢ニモ考エタヾロウカ, リ魚ヲ, ルコトヲ以テ一種, ルコトヲ看, ルニ逢ヒ蛤聞熏, ルマジキ事, ルモノハ厳罰ニ処ス, ルヤ自, ルユリネト呼ブ, ルヲ許サズ, ルヲ許サズという, ル世人是ヲ, ル場所ハ何処日ハ何日時ハ如何ニ, ル故, レし, レタモノダガ荷風, レタルヤ, レタ熱湯ヲ, レテアル, レテアルノデアロウ, レテアル筈ノコリーガドウシタ間違イカ飛ビ出シテ来テ突然, レテイロイロ, レテ置キタイト思イマシテネ, レテ脱, レテ見, レテ貰ウ, レバ山川谷, レバ来年雷雨, レバ猟師モ撃タズ, レリ, レリト, レル今日トナリテハ其レニ附帶セル空想的糟粕ハ一切棄却スベシ, レ申セし, ヲ夢ム, 候, 候時御, 候間御, 度存候品を, 置候通り三大夫ニも

▼ ニ~ (70, 1.4%)

1332 ルガ故, ルナリ, ルモノ亦

1 [48件] シ王軍ヲ, ッテハ何ゾ必ズシモ其遽カニ至ルヲ驚カン哉, ッテ泣ク, ツテ務職ニ任ズ奇縁不可思不可測ナリ唯願ハクハ三世, ツテ客ヲ, ツテ此, テハ固, テハ銀時代ナル名稱ハ人, テモ資ヲ, テ之, テ前, テ即, テ君ノ, テ大, テ左褄ヲ, テ是ト揆ヲ, テ石器使用人民棲息, ラス, リキ, リテハ其由来甚ダ遠, リテハ其留守宅ニ相当ナル資産アリテ生活費ニ充ツルコトヲ, リテハ浅草, リテ正規ノ, リテ酸素ヲ, リトハ云フ能ハズ, リト言フニ於テ孰カ能ク之, リト雖ドモ人識ラズ君ガ与, リ信濃国北安曇郡ニ跨, リ故, リ此地磁石ヲ産ス, リ泣ク, リ進ンデ, リ遂ニ植学ヲ, ルガ如ク人ヲシテ毛髪為メニ慄然タラシム, ルト共ニ尚, ルノダ, ルノ日ハ紫隊ノ, ルノ虚ヲ, ルヤ一個, ルヲ知リ項羽ガ天下ヲ, ルヲ知ルガ如キ又, ル内鮮人ハ平等ノ, ル大久保一翁, ル書ナレバ曝スニモ及バジ, ル水母ヨリモ軽, ル父母ノ, レドモ亦, レバ故

▼ ニ~ (66, 1.3%)

72 ツテ由比ヶ浜ニ棄テシム, ラズ一切仔細ニカカハラザルコト同前, リ本職ヲ, ル変化ヲ

1 [51件] ッタノデアル, ッテイル, ッテ仕込マレタ石像美術, ッテ初, ッテ彼女ノ, ッテ忽チ左手, ッテ汗ガビッショリ出ル, ッテ罰スモノ也, ッテ記入スル, ッテ起ス所ノ, ツテ作ラレタル過去現在ヲ, ツテ合唱セルヲ, ツテ活ヲ, ツテ現今第, ツテ聞カバ己ズト通ズルモノアラン, ツテ行フ驚察等云フ名誉心ニ駆, テ依, テ生ズ, テ生ズ之レヲ, テ知ラズ識ラズ其本分ヲ, ラズ現在ニ誤, リ, リテ公知ノ, リテ其, リテ干犯サルルコトヲ許サズ, リテ必ズ殺害ヲ, リテ思考スベカラズ, リテ社会ヨリ注目セラレタシト云フ虚栄, リ保護セラルル著作物ノ, リ全部殺, リ其ノ, リ機ヲ, リ短銃其他ニ依, リ腕力ニ依, リ落チ給フ, リ通牒, リ魔酔剤ニ依, ルトコノ犬ノ, ルトコロナリ, ルト云フモ其二, ルト今日ハ全学連ノ, ルト癌カモ知レナイト嚇カサレテ頸椎, ルト顔ニ一種, ルト颯子ハアレデナカ, ルニ非, ルベキ事, ルヨリ仕方ガアルマイ薬ハ矢張パロチンノ, ル神経痛ト云ウコトニレントゲン検査ノ, レバ, レ永観ニ談ゼヨ, 而茲ニ書ヲ

▼ ニ~ (55, 1.1%)

1 [55件] いまだ長州, いれ候書取御覧, お目ニ, お竹ニ, かんしん, くハ敷, これあり, しらぬ人, なれバ嵐山, よく御, よろしくむバ, わかり候, 一ばんつよく, 一ツつ, 三四日中ニニハ御, 上京御, 中路某の, 兼而御同意の, 出し親類共ニ, 勢ニよりて, 及候ものなれ, 及申まじく, 四五百人も, 土佐一国にて, 大坂の, 安心なる, 家内ニも, 少, 常帯, 度, 後藤を以て, 御主君, 御出京ニ, 御目, 御聞ニ, 御見付ハ, 早, 早々参, 渡り候事, 申候所同人も, 申置度事も, 申聞候間しばらく, 申達候処甚ダ御, 相叶候, 相成んか, 相成候得バ, 相成実, 相成申, 相談致しくれ, 相達し, 蝦夷の, 行詮義仕, 見セ候所, 誠に御, 鞭を

▼ ニ~ (52, 1.1%)

32 尤の

1 [47件] こしつか, こし可, ちうもん, つかハ, めニか, セント欲スレドモ印度人殺伐不, セ話被, 下リ燧ヶ岳, 伝ヘ, 伝奉, 光来, 出, 出しなれ, 出立, 別後三田尻の, 同よ, 味方遮断, 咄致候事件を, 和談の, 国表の, 城ヘ, 尋被, 尽力奉, 屋形ヲ立ココニテ一献進上, 廻付て, 廻願入, 引籠の, 待申候間何卒, 心ヲツケラレ江尻, 気の毒ニ御座候得ども, 求被, 為ヲ, 狂ヒアリテ御, 申付可, 申愚兄が, 申聞相願候事件を, 留りニて, 着アツテ京都鎌倉ノ, 詮儀被, 調製仕, 辺ガ主家ニ得タル罪ト同, 近所マデ参リマシタカラッテ御, 達可, 遣可, 面会仕, 預リ致候也, 頼の

▼ ニ~ (50, 1.0%)

3 エタ 2 失エリ

1 [45件] エカツ少, エタルコト無, エタヾロウニト残念ニ思ウ, エナイ狂気カラ転落スル, エナカッタノハ朝寝坊ノ, エヤガテ部分, エル, エルクライニ, エルコトナドガ原因カモ知レナイ, エルノデアル, エルノデ同, エルノハイケナイ, エルヨウニ, エルヨウニ彼女ヲ, エ候, オロシテイル, ザル國字改良漢字廢止言文一致羅馬字採用等ノ, セタイッテ云ウンダヨ, セテクレナカッタ, セヨウトシナイ, ツケ出サレタノハ口惜シイケレドモ夫トイウモノハ見, ツツ久里浜村ヘ, テオレ, テモラウノガハズカシイノデス, テ貰ッタ上デハッキリシタ御返事ヲシヨウシカシ専門デ, ユル, ユルノ日ナリ, ユ蓋シ信府統記ノ, ヨナド匕首ノゾカセタル態ノケチナ仇討チ精進, ラレタル上ハト焼ケ糞ニナル事ト存候, ラレテシマッタ以上, ラレテハ困, ラレテハ極, ラレテ彼女ハバツガ悪, ラレルデス人ニ見, ラレルト黒船ニ乗込ム前, ル, ルトキ大, ル如ク國民全部, ル露西亞, レバ既ニ家ハ壊レ, 出サレ介抱サレ引取ラレ忽チ駒井ニ愛恋スル所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ, 及ビタル事アリ小生ノ, 惚レナガラ今夜ノ, 開イタガソレハアラヌ方角ヲ

▼ ニ~ (45, 0.9%)

1 [45件] イ, イタリ, イタルモノノ如シ, ウト敏子ガ始メタ, ウ大, カッテミマシタ, カッテ跳躍スルモノアリ, ケテ眼ヲツブッタマヽ何モ予ニ話シカケヨウトシナイ, ケ打電同時ニ別掲容態表並ニ乗組船医二名, ッテイタノダガ昨夜, ッテイタノデアル, ッテコウイウ, ッテダケハイル, ッテ一隻眼ヲ, ッテ協力シタイモノダ, ッテ航行中ナリ, ッテ進ンデイル, ッテ飛ブ, ツテハ極, ツテ叫バレタル政治ノ, ツテ吹キシコトハ米國史上空前, ツテ天誅ヲ, ツテ奴隷トナサンコトヲ企ツ言語道断ノ, ツテ発砲始末全, ツテ自決ヲ, ツテ衂ヌル刃ナシ, ツテ衷心カラ感謝, ツテ進ムヲ得ベシ, テ供給ヲ, テ其親戚朋友ヲ, テ師ヲ, テ極, テ開戰スル如キハ國家ノ, テ鶏首, ヒシ事更ニ疑, ヒテ明カニ, ヒテ進ミ行クコト二十日ノ, ヒ切折ラレテ後棒トナル又, フ, フナク小敵ヲ, フニ便リヨキ地ト思ハルレバ海路モオシハカリ知ラルベシ, フ之ヲ, フ六弁長サ四寸許弁ノ, フ時中川瀬兵衛清秀, フ蟷螂

▼ ニ~ (43, 0.9%)

2 テ微

1 [41件] タモノヲ描カセル, タリ, タリ但, タリ好事, タリ故, タリ煮, タリ腹ハ少, タリ葉ハ細長, タリ葉末広, タリ足柄嶺ニテ見, タリ髪ハ鼠色ニシテ, タルハ凡テ其, タルモノアリ, タル人民ナリ, タル危殆ヲ, タル故, タル者ナカリシハ開戰原因ヲ, タル草浜ニ生ル也茎ノ, タレバ名トスト云フ, タ味ガスル, タ忘レカタデアッタ, タ楽シサデアッタ, タ痛ミガ激シク胸ヲ, テイタ先代嵐芳三郎, テイル髮ノ, テチイサキ草也茎, テルカラダナ, テルワ, テ二尺ニ足ラズ, テ仏, テ大, テ岐叉多, テ文章ニアラザルモノトシテモッパラ洋書ニ親シミツツアルモ最近貴殿, テ母親以上ニ複雑ナトコロガアル, テ畜身ナリ, テ紫赤色ナリ, テ螯ハ蟹ニ似, テ非, テ香シ世ニ言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ, ル, ルニ因ルナリ

▼ ニ~ (27, 0.5%)

1 [27件] ッタカトシキリニ気ニナッテ仕様ガナカッタ, ッテモソウ云ウ意味デ, ッテ置イタ金ガ浮イタ訳サ, ッ掴マッテオ相手ヲ, ラザルハナシ, ラザルハ一トシテ之, ラレテイル, リテハ一ニ奇異ナル風俗トシテ傍觀スレバ足ル, リテハ口惜キコトナラズヤ, リテハ斷然禁止スベキ者ナリ, リテ彼ガ日本, リテ必敗ナリ, リテ支那ハ只分割サレザレバ足ル, リテ焚語, リテ自, リマカレテ, リマショウカ, リヤメヲ請フ手続ハソレゾレアルベシコレ唯一, リ出セル物ハ, リ換エ顔ヲ, リ武家特ニ之, ル, ルカヲ, ルノネ, ル亦, ル古, レル

▼ ニ於テ~ (27, 0.5%)

3 別ニ法律

1 [24件] 之ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学, 今ヤ解カレル一歩前ニアリ折角, 全ク近代的, 又ハ退却, 各, 各別ニ利益配當, 同一ナル罪惡, 同樣ナルニハアラズ, 在東京外国人, 尚我レ刄, 御加療中, 御覽アリ, 採収シタル時ハ灰乾シトシ, 最モ強劇, 未ダ, 本國, 極東西比利亞濠洲等, 濁逸ガ, 然リ, 獲ルモノナリ, 直ニ結実スルニ至ル, 破壞, 第一国立銀行, 若シ白耳義ガ獨乙ト握手シ而シテ英國

▼ ニ~ (24, 0.5%)

4 レヲ

1 [20件] ニ劣レリ, ニ書送, ニ騎ス, レアリ江淮, レ従ヒ其精神ヲ, ヲ, ヲ使用セリ, ヲ借, ヲ写, ヲ分タシム, ヲ報告セヨ, ヲ定, ヲ審視スルコト, ヲ審視スルコト今春ニ至テ幾ド二十年, ヲ弁論周旋スベシト反覆請求シタレドモ, ヲ楽ンデ, ヲ減免スル判決アリタルトキハ前各, ヲ聴クモノバ生ルヽノ我ヨリ先後ニ論ナク皆, ヲ表彰ス, ヲ製造シテ從来煩多キ方法ニ代ヘ

▼ ニ~ (23, 0.5%)

2 レリ

1 [21件] ッタガ, ッテ一言モモ, ツテ天下一トタビ乱レテ主, ツテ天下一度乱レテ而テ主安カラズ, ツテ応接セル所ナリ, ツテ永, テハ最早, テハ輪蹄陸続トシテ文士雅流俗子婦女ノ, テマヅ今生ノ, ラズ, リ, リテ敢テ法典ノ, リテ立ツ, リ海陸兵制モ亦, リ紛争日ヲ, リ自, ル, ルヨシ, ル金御, レバ彼ノ, 豊明権現ノ

▼ ニ~ (22, 0.4%)

4 ギズ

1 [18件] キズ, ギザリキ, ギザルガ如シ, ギザルナリ, ギザルハ論ナシ, ギザル物質的差等ヲ, ギザル飮食ニ差等ヲ, ギズ間モナク遮断サレテイタ神経, ギテイルノデアルガイツ何時再, ギナイ, ギルト思ワレル, ギ天辺, グ, グベカラズ, グルナシ千思又万考速ニ我身ヲ, ザル当, ズシテ叢生ス房彙モ小ナリソノ中ニ一顆或ハ二三顆アリ形小, タル船

▼ ニ~ (20, 0.4%)

2 ヘス

1 [18件] エカネテコレヲ書ク, エカネテコレヲ書ク気ニナッタノダ, エズシテ群起シテ其保護ヲ, エズモハヤ誰モ住ンデイナイ, エズ数日後佐々木, エナイ, エナガラ足, エナクナリハシナイカ, エラレナクナル, ザル者ヲ, ヘザルガ如キモ隔ツレバ則チ聴クベシ, ヘザル不具廢疾ハ國家之, ヘズ, ヘズト云フ者アルマジ, ヘン次第デ, ヘ得, ユヘケンヤ押川春浪子, ル能ハズ聊カ懇

▼ ニ~ (17, 0.3%)

3 ッテ来, ル

1 [11件] シテオイタ, ッタ気ガシマストソウ云ッテクレタ人モアッタガ困難デ, ッテイタ, ッテベッドニ横タワル, ッテ按摩ヲ, ッテ約, テ無事ノ, リ我政治ニ異, ルトキハ則チ之, ルノデアル, ル時危ク転ビソウニナリ居合セタ人ノ

▼ ニ相成~ (17, 0.3%)

2 候よし, 申候

1 [13件] リ其上無名, 候, 候て, 候まで, 候ヘバ一両日おくれ, 候上は, 候得バ中島作太郎方迄, 候時別紙の, 候而は, 其節英国軍艦も, 実にうれ, 宿処ニ帰る, 居候事故鞆津直様御上坂可

▼ ニ~ (15, 0.3%)

1 [15件] カサレルコトヲ喜ンデハイナイ, グリンソン氏式シュリンゲト称スルモノ, テイタ, テイテクレル方ガ望マシイ気ガシタ, テクレタッテイヽジャナイカ東京デモ時, テクレ給エ僕ハ颯チャント此方デ, テシマッタ, テミタイ, テ頸ノ, テ首ヲ, ラレナイト云ッテコボス, ルヨウニナッタ, ル夢ヲ, 暗イ部屋, 過ギルホド

▼ ニ~ (14, 0.3%)

1 [14件] てさし出申候存意, てなり, てハ私, て一家, て兵器等日, て急, て此人ニ, て江戸ニ来レル仏, 不届ナガラ訴人, 少, 左様承知下サイ, 御やく, 直ニ官員差遣シ, 至急谷山本部ニ帰投サレ度

▼ ニ~ (14, 0.3%)

1 [14件] ていつも, てハ, デ, デ其技, デ去, デ又, デ才ハ各部神經, デ日暮テ, デ来, デ渭水, 大洲の, 廊下カラ浴室, 是非長州征ハ止メニ, 稽古方仕

▼ ニ~ (13, 0.3%)

1 [13件] ムト雖, メタルモノナリト云フ, メテ貰ウ, メテ貰ウノデアルコトヲ知ッタ時ニモ彼女ハ格別ノ, メテ貰エバ東京, メバ自, メラレタクナインダ, メラレタッテ構ワナイヨウナモノダケレドモ今, メラレタ場所ニ埋, メラレテイル訳デハナイ, メラレルノハイヤダ, メラレヽバ予ハ本望ダ, メ塚ヲ

▼ ニ~ (13, 0.3%)

1 [13件] セテオ静ガ二階, セテソノ上ニ運ンダ, セテ世ニ公ス可シ, セテ持ッテ来ル, セテ極端ナ, セテ見, セ五本, セ得テ帰ラル, ッテイル, テ今, ルクライニ小, ルモンデスカ, 置シテ完全ニ蒸焼ス

▼ ニ~ (12, 0.2%)

1 [12件] ナル圓ヲ, ニシテ辣多ク辛シテ甘, 乘的寳藏ヲ, 坂に, 坂を, 怪我ヲナスッテモイヽンデスカ, 日本帝國ヲ, 日本植物誌編纂, 海軍ヲ, 火事ニ焼ケテ裏店ヘハイッテイルト聞イタ世ノ, 眼玉だ, 羅馬ヲモ亡ボシタル者

▼ ニ~ (12, 0.2%)

21 イ特別通路, ウシテ幽, カラン, キ処, キ現状ナリ蓋シ従来本邦ニ留学スルモノ満, キ骨董舗ニテ獲, クシテ喧聒ニ堪, クナッテイタ, ケレバ家財富貴ヲ, ヅカンヤ尾ヲ

▼ ニ~ (11, 0.2%)

31 ツテ懈, リ倫敦ヨリ来レル一味, リ僅ニ両, リ直, リ着セル時ハ北米, ルノ際吾ガ肌膚ハ身ニ粟シ吾ガ手足ハ尽ク亀ス, ル人間ニ在, レバ神崎蟹島等ノ

▼ ニ~ (11, 0.2%)

1 [11件] ラセマイトスル, ルモノデハアリマセントカ云ッテナカナカ願イヲ聴イテクレナイ, ルヽ物ヲ, レアッテ此度双方勝負ノ, レタコトハ一度モナイノニ今日ハドウカシテルンデスナ, レナイヨウニ注射針ヲ, レヤスイ所ニ置ケバ, レルコトガ出来ルノデハナイカト思ウ, レル一点ヲ発カネバナラナイガ彼女ニハ彼女自身全, レンコトヲ, レ得ル機会ヲ

▼ ニ~ (11, 0.2%)

1 [11件] シテアルノダガソシテ時, ス所ニ先帝三顧, リテカヾマリヲレルガ春, ル固, レソレカラ風呂場, レタ, レテイタ, レテイル, レテハ疑, レテ非理不法ヲ, レ居給フコノ時内裏ヘ

▼ ニなり~ (10, 0.2%)

1 やすいもの, 両方より, 今にて, 候, 候や, 候所此家も, 候方ハいつも, 其勇気あり, 変り候て, 申候

▼ ニ~ (10, 0.2%)

41 シ時ニ或, フル各, ヘテ離別ヲ, ヘ半, ヘ残余中ヨリ於菟ヲシテ志げ, リ其編纂ノ

▼ ニ~ (10, 0.2%)

21 へ後, へ日, フル事本意ナラズ存ゼラレ候, フ裘葛ヲ, ヘテ平氏世ヲ, ヘ今, ルガ然, ルベキ旨御

▼ ニ~ (10, 0.2%)

1 イテ盗ミヲ, シタルガ爲メニ爭ハルル如ク國際間, シテ其書ノ, シテ皇帝ニ墮落セザル以前, スルノハ申シ訳ナイガ予ハドウシテモ五輪塔ニシタイ, スルモノナリ, スルヲ, スル事項ヲ, リ生ノ, 對シテ露西亞

▼ ニ~ (10, 0.2%)

41 シム, タザルモノハトウテイ社会有用ノ, チテシカモ声無, チテ殊ニ愛悦スベシ然, チ履靴戸内ニ盈ツルヲ, 三年ニシテ本社改称節ノ

▼ ニ~ (9, 0.2%)

31 キモノナリ, ク, ク響ト音トハ其常ニ欲スル所タリ, シ, 博士ト談話ヲ, 論ニて

▼ ニ~ (9, 0.2%)

1 キヲ, キヲ以テ日本ガ國家ノ, ク之, ク得ル事難シ, ク現, ク自生アリ, シ宿根ヨリ生ズ一名ワレモカウ, シ庭訓往来ニ宰府, シ長

▼ ニ~ (9, 0.2%)

1 カラズ, クトモ三本, シノ疵モシミモ附ケズニ来タモノヨ, シ心ニアルコトヲ記シテミル, シ考ガアッタンダガソンナコトハ口ニシナカッタ, シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ亦, シ高ク擡ゲテ下, ナクナイノデアル, 數者ノ

▼ ニ法律~ (9, 0.2%)

4 ヲ以テ 2 ノ定 1 ヲ以テ其, ヲ以テ婦人, ヲ以テ臨マザル方針

▼ ニ~ (9, 0.2%)

1 シテ手ノ, シ三杯酢ヲ, シ及ビ灰ニ, シ及ビ熱灰ニ, セバ便チ緑ニ反, ッテイタ, ミ通ッテイテ車ノ, リツツアルノヲ思ッテ自分ノ, リテ死セル人

▼ ニ~ (9, 0.2%)

1 ジテ蚌, ズ, ハレタル者, ル, レタリマズイコトニハオ静ト打ツカッタリシタ, レル, ワレタノデアル, ワレルヨウニナレバ果シテ彼女ハ夫, ワレ彼女ヲ

▼ ニ至ル~ (9, 0.2%)

1 まで日, 恐アル時, 皆開テ傍ニ, 迄, 迄一日, 迄古代, 迄國政ヲ把リテ志, 迄息, 迄意外

▼ ニ~ (8, 0.2%)

2 点に 1 こし候, ような, 意と, 次ぎで, 軍隊式の, 部

▼ ニ~ (8, 0.2%)

2 打消の 1 二年前ホは, 居られ申間敷, 弾薬大小の, 白色の, 長崎ニて, 預り申間敷候

▼ ニ~ (8, 0.2%)

3 得ども 1 て又, て御, へば何, べしと, やと申ヨリ

▼ ニ参り~ (8, 0.2%)

1 其ま, 又此地ニ帰リ, 同九日ニ, 夫より, 滞留致し, 相談致し, 色, 長州を

▼ ニ~ (8, 0.2%)

1 ハ三葉或, ハ師ヲ, ハ心ニ従フ故, ハ書説ニ与, ハ貴族院勅選議員ニ任ゼラレ明治三十七年十月病テ歿ス, ル時ハ強ク或, ル種ノ, 省ニハ殊更

▼ ニ~ (8, 0.2%)

1 ナランヤ, ナリ人取, ナリ見, ナルコト無, ナルハ固, ナル一殊, ラズ, ルコトナシ

▼ ニ~ (8, 0.2%)

1 ッテイマス, テ妄ニ害ヲ, ラレタイ, リタリ, リテ和ヲ, リ候手紙御, リ国内ニ群集シテ我州民ヲ, リ込ンデシマウト

▼ ニ~ (7, 0.1%)

21 二ノ山, 届, 忍池ノモノモ年ニヨリテ隆替シ殆ンド其形ヲ, 拘見聞ニ及ビ候通, 覊独立

▼ ニ~ (7, 0.1%)

1 ゲリ, セテ火災盗賊ノ, セテ誅サセラレ候, 向イテ臥, 向ケニ, 向ケニナッタ, 向ケニナッテ彼女ニ顔

▼ ニ~ (7, 0.1%)

21 ガレテイルガ何モ読ンデイルノデハナイ, キ特ニ日本ヲ, ギ渡良瀬川ニ奔下シテ沿岸其害ヲ, ギ渡良瀬河ニ奔下シテ沿岸其害ヲ, ス

▼ ニ~ (7, 0.1%)

1 ガレバ, リ薄村ニテモ山上ニ両神権現両神明神ノ, リ高山ニシテ積雪四時不, リ高峻ニシテ高不詳, ル, ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス, ル大

▼ ニても~ (6, 0.1%)

1 おんこし, よろしく御, 土佐国ハ幕の, 手が, 明白ニ御座候, 皆大将

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 キ者アリ, シカラズ, シキ者ナルカノ如ク彼ノ, シクナイ, シク和紙ガ皆無ニチカイ今日ノ, 故に成功速

▼ ニ候間~ (6, 0.1%)

1 万一の, 今夕方, 何卒一人, 御聞取, 御聞込, 早々人数召連レラレ

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 あね, オレニ頼ンダカラ諸方, モウ一度改築シタガ隠居所ダケハ奇蹟的ニ火災ヲ, 三春柳ト名ヅク其花ハ雨ニ遇ヘバ則チ開ク宜, 他, 来ヨウカト思ッテイタノダッタ

▼ ニ國家~ (6, 0.1%)

1 ノ法律, ノ物價調節ニ反抗シテ買占メ, ノ生産的利益, ノ當然ナル權利, ノ統一ト國民, ノ養育及ビ教育

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 ハラズトモ各, ラズ其上ニ彫刻スル所, ラズ勉強仕, ラズ彼等ハ自, ラズ所謂君子成人, ラズ終局迄ヲ

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 シイ騎士道ヲ, シキコトアリテ洋書ヲ, シト雖モ本州ニ於テハ甚ダ古, タニ印度人支那人朝鮮人ノ, ナル工夫卜自己鞭撻ヲ, 藁ヲ

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 ても一言, て何, て兼而召つれ候人数, て申立也, も折, 私し不

▼ ニ~ (6, 0.1%)

2 キハ何ゾ人ヲ, クシテ今 1 憂華樹ト翻ヘス因果経ニ云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無, 數ナル者ヲ

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 ッテ死ンダガ今度ハ颯子ガ正体ヲ, リ一時仮館ヲ, リ易キ乳歯時代ニ於テヨク留意シ口腔歯牙ノ, リ村里, ル毎ニ権ク爰ニ仮, レルガ故

▼ ニ~ (6, 0.1%)

3 與シ又 1 リタイノデアリマス, ルベキ遺物ヲ, ル所

▼ ニ這入~ (6, 0.1%)

1 ッタラ早速, ッテキヤガッテ, リマスカラ, リ一ト休ミスル, ルナト云ウ訳ニモ行カナイ, ルンダケドコヽデ入

▼ ニ~ (6, 0.1%)

1 ク且浮腫ンデイル, ク病弱ナ, ナル刹那ノ, ネテ畳, ミガカヽリモツレルヨウニナル, 壓感ガアル

▼ ニ~ (5, 0.1%)

2 ゐて 1 ふざツパ, ふじ候得へども, イち

▼ ニ~ (5, 0.1%)

2 へる 1 へりたり, へり候時ハ, へり其

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 ッテ空想スル, ッテ足, リテ維持ス, リテ英語ヲ, リ事ヲ

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 涸ビ風邪ヒキ加減ニナッテイルセイデ呼吸ガ喉ヲ, 與ス, 與スルノ權ハ國家全局ノ, 與スル代リニ衆議院ヲ通ジテ國民トシテ國家ノ, 與セザル原則ニヨリテ審議院議員ノ

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 ざしお, せき出帆, せわしく候中ニ, のよい, ヲ明カシタカ

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 イデ昨夜, ギ上レ, デアル, ニハット自省心ガ湧キ気狂イニナルノガ恐, ニ不思議ナ

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 ケ以テ所属, ケ可, ル, レリ, 峙スル島嶼

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 ヲクム, ヲ割リ微温湯, ヲ加フルガ如ク彰, ヲ注, 少シ物

▼ ニ~ (5, 0.1%)

21 リ然, ル事ニテ姫兒ト云フ稱ハ物ニ見, レ共あの

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 たいとて, てど, て唯, て御, て高柳

▼ ニ~ (5, 0.1%)

2 ヲ遁レ 1 をひそめ, ヲ其業ニ委スル能ハズ此ニ於テカ余ハ日夜其任務, ヲ終ルト雖ドモ後世ニ益アリ是レ書

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ制シヨウトシテモ制シキレナクナッタノデアル, ヘル者, ラザルベカラズ, ラズ, ラズという

▼ ニ~ (5, 0.1%)

1 ッテ息ガハアハア云イ出シ次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入, ラシメテ省ミルナキモノ是レ臣ノ, ルカソノ反応ヲ, ル左様, レテ困

▼ ニ~ (4, 0.1%)

2 かへ候 1 かハ, ちとち

▼ ニては~ (4, 0.1%)

1 正金都合悪く, 西川の, 遊撃軍参謀, 長州御

▼ ニより~ (4, 0.1%)

1 し則小倉, 候ハず, 出かけて, 近日山口までも

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ノ植物園, 同潜ム, 向由縁, 大欠陥アル

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 の勢, シバらく借用仕置候間其御心積奉, ヤ該協商, 改メテ国際法ト名ヅク

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ノ因縁モナクナッテシマッタ土地ニ, ノ渓タル, ノ自主的人格アランヤ, ノ補ヒタラズ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ウシテ聞達ヲ, ク無能力者デハアルガダカラト云ッテイロ, 世界ニ通ズル幹線ヲモ民有トスベシトハ道理ニ合セザルモ甚シ, 國家ノ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 へ賜ハリテ悦バセ給ヘル歟, ヘ怨恨, ヘ蒸食, ヘ食フ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 劣國トモ不被, 奉差上事, 被思召候已上, 被遣

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 シテ辱ナクモ四箇月, ス南風一掃胡塵静ニ西長安ニ入, ッタリシテ冷エルトイケナイカラオ止シナサイト婆サンハ頻, ッテイタヨウデモアルガイツノ間ニカ門外ヘ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

2 ニ腹ガ立ツ 1 ニイロ, ハ颯子ト約束ガアルンダ

▼ ニ彼女~ (4, 0.1%)

1 ノ淫乱, ノ眼ニ, ヲ悪酔イサセルニ限ルト思ッタ, ヲ調べ始メタ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 を振り, ヲカケタラ, ヲノバシテヤッテ, ヲ曳カレテ庭

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ケテ之ヲ, ケ之, ケ植物学ノ, 候

▼ ニ於テモ~ (4, 0.1%)

1 之ヲ施行スルノ全権アリ, 亦然, 到ル処, 少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 クモスギル幾十里, ク已ニ此, ク日本國民タリシ彼等ニ拒絶スベキ理由ナキヲ以テナリ, ク見

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ヲ呈ス, ヲ是レ信ジテ, ヲ読ミシハ, 之

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 モ多, モ好, モ驚ク可キハ王莽, 惡ナル政治ト云フノ外ナシ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

2 ノ改造組織 1 ノ二者, ヲ以テ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 エテコレカラチョク, スギルノガイケナインダヨスッカリ舐, スル者アルベク數拾萬圓, 蕉ト名ヅク

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 上る, 奉ル, 実ニ, 遣セ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ヒヲ容レザルナリ, ヒ無, ワシイ行為ガアッタトシテモ, ワレテイルコトヲ知ッテイル颯子ハ治療

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 グ変ニ取, シタカッタガコレハ颯子ニ反対サレタノミナラズ金ノ, セズ, 譯シテ論及スルノ理ナシ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

2 ノ体 1 をさし, を以て利

▼ ニ至テ~ (4, 0.1%)

1 亦腐朽シ, 尚存スト凡詩詠ニ言フ所, 尚未, 新理

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ハ益遠, リアリ, リテ惡源因ニ從事スレバ未來ニ惡果ヲ, レリ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

2 ハシメントスルモノナリ 1 クノ大罪ヲ, ケタ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 テ飽食シ歳, リテソノ付近, ル, 附セザランコトヲ企ツルト共ニ獨逸ノ

▼ ニ~ (4, 0.1%)

1 ラレザル者ヤアラン, ラレテイルト際限モナク旺盛ナ, ラレテ暗闇ヲ, ルモ何ノ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 てハ何分別, て事, て出す

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 決定する, 訴ニ付則御, 馳け

▼ ニなる~ (3, 0.1%)

1 よふす, 女ハだ, 妹と

▼ ニ一生~ (3, 0.1%)

1 の思ひ, ヲ得, ヲ棒ニフル者ガ

▼ ニ上昇~ (3, 0.1%)

2 ヲハジメ 1 ヲ始メタ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 うつり土佐, かへ須崎, 入ル

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 すミ, を論じ, ヲ奏スルトキハ香

▼ ニ二人~ (3, 0.1%)

1 りが, ヲ置イタ, ヲ置キ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ヲ挙グ, ヲ観, ヲ送

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 なく又, を尽す, ヲ極

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 カルダロウ, ケテ以テ稍ク二三ノ楼ヲ, 六ト意休ト揚巻ノ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 リ妻ハブランデーノ後例ノゴトクニナッタ, ル七月廿七日及八月朔日小倉合戦終ニ落城と, ル例ナレドモ今年ハ珍シク冬籠リノ客多数居残

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ヘ, ヘハ転蓬ヲ, ヨリ大

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ッタカラ天野ノ, ッテ嘘ヲ, メラレシトコロニアラズヤ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ジ英文學ヲ, リ, 対スルノ志ニ非

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ノ全, ノ外出用, ノ攻撃ニ壓倒サレツヅケテイタ意気地ナシ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 シ入, シ込マレルノガ感ジラレタ, シ込ムコトガ至難ナノデアル萬一動脈ヲ

▼ ニ對スル立法精神ニ於テ~ (3, 0.1%)

3 別ニ法律

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ニ保温セシメ置クモノナリ, ニ該事業ヲ, 処ナシ自由ノ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ラクハ一生涯ソノ記憶ヲ, ラク予ガ治療ヲ, ルベキ實力ヲ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 イイキサツガ出来テシマツタノデス, イ不良老年ジヾイ・テリブル, シク枝葉ニ美シ秋風一タビ起レバ根且ツ抜ク

▼ ニ~ (3, 0.1%)

2 立小屋ヲ 1 ツクリ返

▼ ニ支那~ (3, 0.1%)

1 ヲ保全セシメタル米國トガ, ヲ北方ヨリ脅威セル露西亞, ヲ財政的准保護國トセルコトハ説明

▼ ニ於テ其~ (3, 0.1%)

1 ノ分配, ノ生, ノ生長ト共ニ參政權

▼ ニ日本~ (3, 0.1%)

1 ノ享有セル領土擴張, ノ各, ヲ研究セムトスル機運顕著ナルモノアリ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 キ古代トハ云ヘド餘リノ迂, シ如此, 日ナシ

▼ ニ曰ク~ (3, 0.1%)

1 不落不昧, 両軍相当ルトキ, 嗚呼吾ガ心ハ謹慎ニシテ吾ガ胆ハ縮小ナリ

▼ ニ朝鮮人~ (3, 0.1%)

1 ノ其レ, ノ血液ガ多量ナリト云フコトハ, ノ道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 タ, ルベシ, ル是和蘭の

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 サレルト思イマシタ, スベキモノ, スベシト云フ囘教ノ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ッタ時ハ上ガ一五四下, ルヘカラサルニ至ル而モ尚, ル可

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 レし, ヲ治メテ以テ尺寸, 芋ヲ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ラレタリト云ヒ得ベシ, レタルガ故, 却ニ会ヒ一修行者ノ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 三中隊ハ板倉橋附近ニ陣地ヲ, 二中隊ハ柳島ニ第, 十三潜水戦隊ハハワイトパナマ運河トヲ結ブ海面附近ニ出動シ途中ニオイテコレヲ撃滅スベシ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ニ到, 功, 功アリ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ッタ, リ佛法王法ヲ, ル

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ラ作曲シタルモノヲぴあの, ラ号シテ斗南狂夫トイフ, ラ製図スルコト能ハズ且加フルニ不文ヲ

▼ ニ至り~ (3, 0.1%)

1 て御同よ, て明光丸士官両人来ル, 此時京留居吉井幸助も

▼ ニ至リ~ (3, 0.1%)

1 よをやく, 再ビ花サク本邦ニ来ルモノ一年両度花サク唐山, 漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ

▼ ニ致し~ (3, 0.1%)

1 てハ, 候て, 申候

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ヲ加ル者, ヲ開ク, ヲ開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル

▼ ニ~ (3, 0.1%)

2 ヲ俟ザルナリ 1 なく先生ニ地下ニ

▼ ニ諸君~ (3, 0.1%)

1 の御船ハ, の無異, ヲ納得セシメルノハ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ッテオクレヲトリシカ一大事と, リタル彼等ノ, リ排尿シテ見

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 イ付コウトハア, イ込ムマデモ満足ヲ, ワレテイルノデツイコトシマデ絵ヲ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 カフコトモ有ランナレドソハ余ガ一家言トシテ宥シ給ヒネ, ラウ者ハ亡ブ, 巻キ

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ケ敗者, ケ部屋ヲ, ル只

▼ ニ~ (3, 0.1%)

1 ヲ剃, ヲ打, ヲ見

▼ ニおり~ (2, 0.0%)

1 候ものから, 其後又

▼ ニおる~ (2, 0.0%)

1 よふ, 内二月末ニも

▼ ニさし~ (2, 0.0%)

1 ゆるし候事ニ, 送り申候間

▼ ニとも~ (2, 0.0%)

1 にあ, に宜

▼ ニなら~ (2, 0.0%)

1 ねバ, んかと

▼ ニよりて~ (2, 0.0%)

1 ハ海外ニも, 改ム

▼ ニナん~ (2, 0.0%)

2 じの

▼ ニ一夜~ (2, 0.0%)

1 ヲ人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, 寝タルトナリ

▼ ニ三次花~ (2, 0.0%)

1 ヲ作シ, ヲ作ス

▼ ニ上半身~ (2, 0.0%)

1 ヲ与, ヲ跳

▼ ニ下リテホトンド零ニ~ (2, 0.0%)

2 戻ル

▼ ニ世界~ (2, 0.0%)

2 大戰

▼ ニ中リテ死スルモノ~ (2, 0.0%)

2 亦年々

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ノ拒絶ニ会ッテカラ, ノ案内人ト別

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 おつのる, ヲ殺傷スル場合ニハ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ナラズ, ノ一理由ハ日本

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヘ以テ廣ク之, ヘ朝鮮鐵道南滿鐵道等

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ彎曲サセルベク命ゼラレル, ヲ預

▼ ニ供スル者~ (2, 0.0%)

1 ヲ果瓜ト為ス, ヲ菜瓜ト為ス

▼ ニ候得バ~ (2, 0.0%)

1 さらにあ, 何卒小生

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヘ夜討, ヘ此学ヲシテ益明ナラシムル所以ノモノハ皆一トシテ財

▼ ニ先日~ (2, 0.0%)

1 の御, 御直申上置候二件

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ノ終結, ノ領有

▼ ニ其筋~ (2, 0.0%)

1 へ訴, ヘ通報スベシ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ビ前時ニ認メ得タル者ナルコトヲ知ル上ニ在, ビ好機来復

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 リツイテ, リツク

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ノ切味, ヲ抜イテ之

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 フモノナリキ, フヲ得ンヤ此ニ於テカ専心一意之

▼ ニ勞働~ (2, 0.0%)

1 ヲ加ヘテ利益, ヲ負荷セシメザル國是

▼ ニ勞働省~ (2, 0.0%)

1 ヲ設ケ國家生産及ヒ個人生産ニ雇傭サルル一切勞働者, 之ヲ決定ス

▼ ニ參政權~ (2, 0.0%)

1 ヲ取得スベキ者ナルハ論ナシ, ヲ神權視スルコトハ歐米

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 で高柳, まで家兄

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ラレテアツタカ, リ上ゲタリ腰ニギプスデコルセットヲ作リ当分ソレヲ篏メル必要ガアルトモ云ウ

▼ ニ同情~ (2, 0.0%)

1 ヲ持ツコトヲ知ラズ, ヲ持ツデアロウコトヲ我輩ハ

▼ ニ君ト腕ヲ組ン~ (2, 0.0%)

1 デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ削, ヲ説クベカラズ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 を出, ノ掟

▼ ニ在り~ (2, 0.0%)

1 て幕府, 今ニ至テ

▼ ニ垂涎シ粉焉沓~ (2, 0.0%)

2 然風

▼ ニ大兄~ (2, 0.0%)

1 に言, の反した

▼ ニ奔下シテ沿岸其害~ (2, 0.0%)

2 ヲ被

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ハル, ヒ去

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 カレヨウナンテ馬鹿ナコトヲ思ウ訳ハナイ, ク類似セリ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ナ話ヲシタ, ヲ得

▼ ニ妻子~ (2, 0.0%)

1 ノ生活, ヲ故郷ニ残シテ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ノ末, ヲ下

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 シカラズ広中ニ出ヅル者ハ筍味佳カラズ江西及ビ衡湘, 明スル彼等ハ大

▼ ニ対シテ~ (2, 0.0%)

1 有スル緊密ナル利害関係, 深ク愧ルコト莫カランヤ

▼ ニ対スルホドニ善ト~ (2, 0.0%)

2 悪トナイゾ

▼ ニ対スル嫉妬~ (2, 0.0%)

2 ヲ利用シテ妻

▼ ニ對シテ~ (2, 0.0%)

1 大父母タル立場ニ於テ其, 無月謝教科書給付中食

▼ ニ對シテ賠償~ (2, 0.0%)

1 ヲナス能ハズ實ニ其資, ヲ命ジ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 一ツノ目的アリ, 五六十人バカリ出来タカラ名前ヲ

▼ ニ就テ~ (2, 0.0%)

1 之ヲ問フノ外ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人, 御尽力下サレツツアル事

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 の尾づる尾さきト云, ノ名

▼ ニ帆影ニ随ヒテ~ (2, 0.0%)

2 去リ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 アリ, ナリ

▼ ニ幾分ノ制御~ (2, 0.0%)

1 ヲ加エタ方ガヨイノデハアルマイカ, ヲ加エルデアロウカ

▼ ニ彼等~ (2, 0.0%)

1 ノ或, ノ殆

▼ ニ往々~ (2, 0.0%)

1 ニシテコノ種ノ, 錯雜ヲ

▼ ニ復興シテ~ (2, 0.0%)

1 全世界, 漲溢シツツアル國民的

▼ ニ徴兵制~ (2, 0.0%)

1 ノ價値, ノ如ク勞働強制

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 あるを, を振ひ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ルコトナキヨウ, ルコトナキヨウ責任ヲ

▼ ニ愁フ~ (2, 0.0%)

2 ともいふべき

▼ ニ戒名~ (2, 0.0%)

1 ヲ附ケテ貰ッタ, 又ハ俗名

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 フ可カラズ僅カニ一介書生, 壓サルル他

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 キ者アリ, 儀御国の

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヒ, ル

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ラセル, リ稍温ムレバ則チ柔ク乾果

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ッタ, ラレテ出テ来ルノハポーラロイドヲ使ッテ写スノデアル

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 伐シツツアル現代支那ガ政治的ニ統一セル者ト云フ能ハザル如ク, 破ツテ天主ニ詰メヨスル

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 あり, 有リ矣

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ゼヨ, ラバッテ見

▼ ニ斯ク~ (2, 0.0%)

1 モ変遷スルモノデアロウカ, 頑迷移サザル者多

▼ ニ於テハ~ (2, 0.0%)

1 取敢エズ更ニ詳報方船長ニ, 比較的ニ

▼ ニ於テハ婦人~ (2, 0.0%)

1 ヲ工場ニ驅使シテ其, ヲ炎天ニ晒ラシテ其

▼ ニ於テ將來~ (2, 0.0%)

1 半世紀一世紀間ハ現代, 大領土

▼ ニ於テ彼等~ (2, 0.0%)

1 ノ獨占ヨリ奪取スル開戰, ノ鋭気

▼ ニ於テ支那~ (2, 0.0%)

1 ヲ保全シツツ, ヲ分割スル者

▼ ニ於テ英語~ (2, 0.0%)

1 ノ直, ヲ全

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ズ, ズルハ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ノ観, 迄度々結構

▼ ニ是等~ (2, 0.0%)

1 ノ地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事, ヲノミ視ルモ一利ニ對シテ千百害アルコト阿片輸入

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 之候, 唯頓所ニ居申候

▼ ニ有難~ (2, 0.0%)

1 ウゴザイマス, シワレコノ恩ヲイカニ報ズベキト前後モ覚エ給ハズ泣給ヘバ孝高モ暫シ涙ヲセキアヘザリシト

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ダ嘗テ之, 屋鋪ニ入事あ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

2 デ足

▼ ニ来り~ (2, 0.0%)

1 十日ニ鹿児島ニ至り, 同国の

▼ ニ来りし~ (2, 0.0%)

1 事迄, 頃ハ薩州先ン侯の

▼ ニ栖カネテ西山辺ニ身~ (2, 0.0%)

2 ヲ遁レ

▼ ニ植学~ (2, 0.0%)

1 ヲ以テ, ヲ修ムル所以

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 シキ道理アリ, シク書シ生徒ヘモ亦

▼ ニ此名~ (2, 0.0%)

1 ヲ以テ呼ブ可シ, ヲ寓ス

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ド世界凡テノ言語, ド近カリキ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ取, ヲ静メヨウ

▼ ニ流レ杯~ (2, 0.0%)

1 ヲ挙ゲテ愁, ヲ擧ゲテ愁

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 エ僅カ半日, ユワレソノ雲ニ突進セントスオワリ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 紫花ヲ, 緑花ヲ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 カヽラヌ人ハ必ズ骨董商ノ, ク入

▼ ニ清鶯~ (2, 0.0%)

2 ノ有

▼ ニ温泉場~ (2, 0.0%)

1 ヲ開イテ以テ仲街, ヲ開クモノアリ

▼ ニ満足~ (2, 0.0%)

1 デ此年マデ無難ニ通ッタノダ, ヲ得

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ク一挙両得, スルノ理ニテ固

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ケタ部分ガ紅潮ヲ, ケテ来

▼ ニ生ズル所~ (2, 0.0%)

1 ノ毒水ト毒屑ト, ノ毒水ト毒屑ト久シク澗谷

▼ ニ生レ封建的~ (2, 0.0%)

2 ナ空気

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 廓外ニシテ旧来, 楓ヲ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ルコトガ出来ル, レル以上日本建國

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 カレタル國家改造ヲ, ク者多

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ク, ケテ行クタメニハ木村トイウ刺戟剤ノ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 帰り申候, 越候ニ付金子入用ニ付借用候事実正ニ候

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ当, ヲ貸

▼ ニ自然ニ下リテホトンド零ニ~ (2, 0.0%)

2 戻ル

▼ ニ至テハ~ (2, 0.0%)

1 直チニ肩, 真ニ辟易

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ滋ウルコト九, ヲ種ヱテ以テ神

▼ ニ血壓~ (2, 0.0%)

1 ノ変動ガカヨウニ激シイノハヨロシクナイ, ヲ測

▼ ニ血涙~ (2, 0.0%)

1 ヲ呑ミシ爆發ハ現前ニ, ヲ流

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 スル順序ヲ, メズ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

2 ヲ左右ニ托シテ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ラッタライヽ一々, ラレタリ我オロカニモ先頭ニ走

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 へん, ヘ令シテ下吉田

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ル可, ル如キノ比ニ非

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 し候所, ヲ賜ハセラル

▼ ニ財産~ (2, 0.0%)

2 ヲ有

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲフミ出シテ, ヲ落シ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ絶チ, ヲ絶ツベシ

▼ ニ蹈ミ~ (2, 0.0%)

1 殺サレルノデハ, 殺サレルノデハナク

▼ ニ転ジ壮者ハ~ (2, 0.0%)

2 去テ他国ニ流離セリ

▼ ニ転生シテ~ (2, 0.0%)

1 第三, 第四

▼ ニ退~ (2, 0.0%)

2

▼ ニ通ズ~ (2, 0.0%)

2 即チ心

▼ ニ達セシトコロ~ (2, 0.0%)

2 突然轟音トトモニハゲシキ震動

▼ ニ達セルトヲ~ (2, 0.0%)

1 見テ, 見テ憂悶手足

▼ ニ達セルモ敵機~ (2, 0.0%)

2 ヲ発見スルニ至ラズ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

2 ヲ着

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 をうつ, 干

▼ ニ長崎~ (2, 0.0%)

1 へつか, より下

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ヲ出, 過グル人々

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 富汗ニ及ビ波斯ニ及ビタル彼ガ中央亞細亞ニ進出スルハ論ナク極東海上, 州家ヨリ御

▼ ニ随ヒテ~ (2, 0.0%)

2 去リ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ッテ済マナイコトアリマス, リマスカラ

▼ ニ隨ツテ~ (2, 0.0%)

1 散リ, 遠ク

▼ ニ青海四川~ (2, 0.0%)

2 甘肅

▼ ニ頼ミ~ (2, 0.0%)

1 たり, 遣ス

▼ ニ飛ビ~ (2, 0.0%)

2 去リ

▼ ニ騎シテ~ (2, 0.0%)

2 来リ

▼ ニ~ (2, 0.0%)

1 ッテ来, ツテ故里ヲ

▼ ニ鬚髯~ (2, 0.0%)

1 ヲ示シタルモノ, 無キ人民棲息セリ

▼ ニ鹿児島ニ~ (2, 0.0%)

1 かへり, 至り此時京留居吉井幸助

▼ ニ龍馬~ (2, 0.0%)

1 すこしもつ, の名

▼1* [3017件]

ふた人にて, ニあいたがり候, ニあたりてかん, ニあふ所に, ニあらざれバ自, ニあらわれ我又, ニあらハれおり候, ニありけれども五六日, ニありがたがり居申候, ニ申候時ハ誠に, ニいたし申つもりにて, ニいたすべくとの神願, ニいたりてしづか, ニいやにて御座候, ニいやミで候得バ, ニいらず候間かの, ニいりおり候, ニか, ニうつし候事なり, ニうらやましいと申候, ニうりしなり, ニおいてあなた, ニおき候所ふと蔵ハ外, ニおくりし文がと, ニおどりハ致すまじく, ニおもハしやる, ニおもしろき勢当年七八月の, ニおりし頃ニハ吉村三太と, ニおりてぬかみそ, ニかたくやくそく, ニかよふなるおもい, ニ使われて, ニきりしたん, ニくだりてをる, ニこまり候から, ニこれを止ム, ニさすが殺すという, ニしるし大てい半紙位, ニはずなりし, ニすんでおる, ニせんの大廻, ニたいしてもはづかしく, ニたのしみニて, ニだいら川ト云フ川アリ是ヲ界トスルナリ, ニだまされ候よ, ニつき京よりうつ, ニつみ廻さんと今日下, ニてろふニ入て, ニあい候所, ニとぞ父上母上おばあさんなど, ニとで區別される, ニとまり候ハん, ニフなる, ニなく又長州, ニなされてをる, ニなつたので, ニなにぶん何も, ニならずとも御, ニなれバか, ニにており候, ニのぞむの際ニハ必, ニのぼりあまの, ニのり込ミ長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, ニはたあげすべしとて, ニひめあすなろう, ニまかせず彼是する, ニまで二君ニつ, ニみよふな女, ニもつがふ, ニもれたまふて, ニつがれが, ニよき者故, ニよく似て, ニイロイロ世話ヲシタガソノ時ニオレニ云ウニハ今度ハ快気ハオボツカナイカラ悴ノコトハ万端頼ムカラ嫁ヲ, ニオイチニの軍隊式, ニオレガ女房ガソノ女ヲ貰ッテヤロウト云イオルカラ, ニオレガ異見ヲシテ供ニ連レテ行ケト云ッタラ聞済マシテ連レテ行クツモリニナッタラ正之助ヘ供先ノコトヲイロイロト教エテ, ニオレガ骨ヲ折ッテ, ニオレニ云ウニハ今度ハ快気ハオボツカナイカラ悴ノコトハ万端頼ムカラ嫁ヲ取, ニとひとこと, ニグズグズ言ワセテハ自分, ニケンシガ来テ, ニコノ由ヲ告ゲ申サルルニモ及バズ, ニコノ調子ナラコレカラ後モ気狂イ的行為ヲ繰, ニコレハコウイウワケナノカイヤソウデハナクテコウナノカトサマザマナ場合ヲ想像シテ嫉妬ヤ憤怒ニ, ニ散ラシケレバ, ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, ニジョットーノ偉才ニ襟ヲ正, ニソノコトヲ云ッテヤッタラ, ニソノ人ハ喜ンデ手, ニソレガ彼女ノ芝居, ニソンナラ面白イトコロデ鮨, ニチョット悶着ガアッタ, ニニヂ博士ですか, ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, ニヨクモ泥ヲ塗ツタ, ニルなど, ニ一つさし出し可, ニ一ケ所水道ノ出, ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, ニ一ツノ神通力ヲ下, ニ一ツモ相対スベキ勝味ハ無キ也, ニ一ハ實驗ヲ主, ニ一人モイナイデショウカト五子ハ妙ナ笑イ方, ニ一人種中最モ, ニ一処ニ攅生ス根ハ土瓜児根ニ似テ, ニ一分ノ用ヲモナサズ, ニ一切政刑を挙, ニ一名ヲ付て送, ニ一向カマワズソノ日ノ, ニ一嚢ヲ掛ケテ諸州, ニ一回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, ニ一国ヲ建ルノ時ニ至テハ, ニ一塊ノ, ニ一大改革ヲ施スベキヲ主張スル一宗派起リ, ニ一女ヲ捨テ, ニ一孤丘アリ下ニ小祠, ニ一家ノ見, ニ一宿仕候所, ニ一層近イ, ニ一度クライヴィタミン五〇ミリヲ注射, ニ一度ハ顔ヲ見, ニ一律ナル公語ヲ決定シ彼等ガ日本人ト語ルトキノ彼等, ニ一応レントゲン写真ヲ, ニ一念発起シテ外出スベク自動車ヲ命ズル, ニ一戦の上, ニ一日ヲ忘ルベカラズ, ニ一日オ暇ヲ戴イテ奈良見物ヲサセテクレト云ッテイタノデアル, ニ一朝幕と戦争, ニ一民族タルベキ大本ヲ具體化シタル者ニシテ, ニ一百萬圓以下ノ株券, ニ一目置クヨウナ素振ヲ, ニ一種唐種漢防已ト呼ブ者アリ葉形オホツヅラフヂニ似テ薄ク色, ニ一萬圓ヲ投ジテ, ニ一議論ヲ発シ一文章ヲ綴レバ, ニ一變スルト共ニ強者ガ其強力ヲ失ヒテ其所有權, ニ一躍此ノ, ニ一身ヲ自由ニシテ, ニ一顆或ハ二三顆アリ形小ナレドモ味優レリ是茅栗ナリ, ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, ニ七草ヲ活ケル, ニ七郎三郎ガ誘ッタ故袴ヲハカズニ行ッタカラ, ニ万死ニ当レリ, ニ大原則, ニ三〇三地点ニ達セルモ敵機ヲ発見スルニ至ラズ, ニ三タビ花サク之レヲ食ヘバ人, ニ三井組小野組ヨリ入社セリ一万株即チ一百万円ハ諸君ニ応ジ分割スベシ, ニ三人ヲ倒シタル者ガ他, ニ三人予ヲ囲ン, ニ三分シテ茉莉杏奴類ニ平等ニ与フ, ニ三十三人附キ従ヒ奥州ヨリ此山中ニ来リ盗賊ヲ業トシテ年月ヲ経過セシニ, ニ三四回服用スレバ必ズ痛ミダケハ取レル, ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, ニ三回二時半カラ四時半マデ鈴木氏, ニ三回服用オ蔭デ痛, ニ三年も授乳, ニ三度実ノルト云越後ノミナラズ石州予州土州上野下野ニモアリト云, ニ三度ズツ水行ヲシテ食ヲスクナクシテ祈ッタガ, ニ三度栗ヲ収ム, ニ三度栗ト号ス其味ヒ佳ナラズト為サズ此類, ニ三慎ニあらざれバ, ニ三春柳ノ名, ニ三本又ハ三本以上, ニ三条侯の身内小沢庄次, ニ三百萬圓ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, ニ三輪田君ノ梅, ニ上ッテイクガ敏子ガ一人デ台所, ニ上ツリタルヨリハ大ニシテ仕形モヤヤ精密ナリ, ニ上ミの急用, ニ上リ取リアエズ今夜, ニ上リ夫より蒸気, ニ上ル近キモマタ愛スベシ, ニ上下スルニ論ナク皆悉ク, ニ上京仕候, ニ上段の時勢, ニ上陸荷物もあげ, ニヘイイツケテ煙草入煙管ヲ買ワシタマタ酒モ呑メトセメタラ同断ノ, ニ下り同二日, ニ下り四日に蒸気船ニ両人共ニのり込ミ, ニ下り明朝上京と存付候間, ニ下リ長イ, ニ下リテ脈ヲ取, ニ下リ諸国を遊ビ, ニ下ル二時過ル頃, ニ下向再ビ錦旗ニ抵抗致サントシタル段重々不埒, ニ不便デアル, ニ不便ヲ感ズルホドノコトハナク人ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, ニ不信ナリトノ理由ヲ以テ, ニ不倫ナ関係ガ成リ立ッテイルト云ウ證拠ハナイシ, ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, ニ不快ナ峡江, ニ不思議ナ紳士ニナツテ数々, ニ不思議ナ顔ヲシテイル, ニ不愉快ヲ与, ニ不意討チヲ喰ッテ泣カサレタコトガ未ダニ胸ニ残ッテイ, ニ不正不義ヲ殘シテ改造, ニ不法ナル土地兼併が行ハレテ, ニ不義ノ強力ニ, ニ不自然ナ方法, ニ世界無比ノ強大海軍, ニ世界的常識ヲ得, ニ世話ヲ焼, ニ三根ヲ, ニ両人共ニのり込ミ長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, ニ両手ヲ掛ケ, ニ両神権現両神明神ノ二社ヲ祭レリ, ニ並ンデイタ彼女ハ突然右側ニ廻ッタ, ニ硝子, ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, ニ中ラザルヲ逆トイフ, ニ中ラザルヲ野トイヒ勇ニシテ礼ニ中ラザルヲ逆トイフ, ニ中世貴族ノ所有地, ニ中央支那以南ヲ英國ニ妥協シタル者ナリ, ニ中島作太郎も急, ニ中華ヨリ初テ長崎ニ来ル, ニ丹楓ト名ヅク秋色ノ最, ニノ親, ニ主張セラルルナラバ國際的無産者タル日本ガ力ノ組織的結合タル陸海軍, ニ久セガナッタ故世話ヲシテヤロウトオモッテ呼ビニヤッタラ, ニ之ニサシサワリアル向ニ対シ警告ヲ発スル次第ナリ, ニ乗セパナマ運河ヲ通過シテハワイヘ, ニ乗セラレテコンクリートノ長イ廊下ヲレントゲン室ニ連レテ行カレル, ニ乗リ今ヤハワイ群島, ニ乗組候て稽古, ニ乗込ム前ニ, ニ乙さんのおび, ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, ニ九十以上百近クモ打ッテイル, ニ九州ヘ帰ルカラ, ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, ニ九時間カ十時間ハ寝ル, ニ九界ノ間ニアソビアルクホドニ念々, ニ乱アリマタ成親等ヲシテ鹿ヶ谷ニ会セシメ今マタコノ事, ニ乾物ヲ謂テ巴ト為ス, ニ乾青魚二ツヲ入, ニ予ガ廊下ヘ出, ニ予ガ治療中ノ時間, ニ予ソノ隣ニ婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, ニ予ソノ隣ニ颯子通路ヲ隔テ, ニ予ニソノヨウナ機会ヲ許シ, ニ予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, ニ予ハ又一ツノ楽シミ, ニ予ハアンナニマデ怒ッタノカ, ニ予ハタオルノ上カラ両肩, ニ予ハ押シ倒サレテ芝生ニ仰向, ニ事エテソノ本ヲ忘レズ, ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, ニ事務所ヲ開始シ公私, ニ二アリ果ニ供スル者ヲ果瓜ト為ス, ニ二万斤の見込ナリ, ニ二三〇三地点ニ達セルモ敵機ヲ発見スルニ至ラズ, ニ二倍セシ人口増加率ニヨリテ百年後少クモ二億四五千萬人, ニ二倍量ノ庶糖, ニ二十万ノ兵, ニ二十世紀ノ今日, ニ二千年来ノ一人, ニ二又ヅヽ二枚ヲ出, ニ二回カ三回ハ起キルガソノタメニ寝ソビレテ眼ガ冴エルナンテコトハ一度モナイ, ニ二度位ズツ評定所ヘ出, ニ二時間以上経ッテイル筈ダガマダ血壓ガ下ラナイト見エル, ニ二百六十度乃至二百七十度ニ, ニ二種アリ根茎倶ニ小ニシテ弁少ナク辣甚ダシキ者ハ蒜ナリ小蒜ナリ, ニ二間余ノ凹所, ニ二隊ヲ置キ階下ニハ一隊, ニ二階の手すり, ニ云イツケタノカ知ラナイソノ晩ノ十時, ニ云イ立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, ニ云イ聞カセタガオカシナコトニソウ思イナガラ彼女ノ足ヲシャブルコトハ一, ニ云ウニハ段々兄弟ガ, ニ云ウノダ南平ニ聞クニオノシガ出過ギタコトヲイウトハ失礼ダト, ニ云ウヨウスデシテ決シテ一郎トイウ名ヲタダヨンダノデハナカッタト思イマス, ニ云ク芝草ハ常ニ六月, ニ云ク蕉ハ葉ヲ落サズ一葉舒ルトキハ則チ一葉蕉ル, ニ云ッテ現在ノ僕ハ週ニ一回クライ, ニ云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, ニ云ヒ残スモノニシテ何人ノ容喙ヲモ許サス, ニ云フ大青山下, ニ云フ海松見延喜臨時大甞祭図書寮玄番寮民部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式, ニ云フ長楽未央漢宮瓦高帝五年治, ニ云ヘル早歳能語, ニ云ヘル如ク摸擬ニ長ジテ思索發明ニ短ナリト雖ドモ, ニ云ワセレバ執拗イ恥カシイイヤラシイオーソドックスデナイトコロノ痴戯ノ数々, ニ云云は兵, ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, ニ五子ガ部屋ヲ訪レテ, ニ五子自動車デ佐々木, ニ五臓モ凍断セントシタリ, ニ亘リ終生ヲ通ジテ脅威シツツアル此等, ニ亘リ一山皆桜樹ニシテ, ニ亘ル秘密ノ一部, ニ亜人ハ自由ノ為メニ戦フト云ヒ, ニ亞ギテ來ルベキ可能ナル世界ノ平和ハ, ニ亞ギテ對建國家ノ集合的統一, ニ亡シタル一面ヲ有, ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, ニ亡僧ヲ送, ニ交ハル可シ, ニ交リ歌ノ御, ニ交ワリタルトキニ生ズル立体的切口ナリといえる, ニ交易場を開キ, ニ犯スベカラザル者アリ, ニ享樂ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, ニの事, ニ京橋有日野屋孫兵衛と申もの, ニ人々酔ッテ騒グヲ見, ニ人並のよふ, ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, ニ人口ノ繁殖スルヲ妨ゲント欲シ, ニ人有ルガ如ク無キガ如キ思ヒス, ニ人物なしと, ニ人里ニ構ヘ置ク住家, ニ人類文化ノ発展ニ貢献セントスル文明国家, ニ仁モ大ニシテ岐多シ, ニ仁吉ト云ウ男ガ研ガ上手ダカラ呼ンデオレノ住居ヲ分, ニ仁政ヲ施スモノハ人, ニ仁風ヲ熾ニシ, ニ今夜ハオ暇ヲ戴キマスト云ッテ, ニ今夜伏水ニ下り明朝上京と存付候間, ニ今日右よふ, ニ今日木圭より一紙相達候間, ニ今江南ニテ呼ンデ婆羅門参卜為ス, ニ介シ天下ノ要, ニ介抱シテ辞去シタノモ先夜ト同ジ, ニノ座ハ田平子也其葉蓮華ニ, ニ他人ヲ倩テ, ニ他流ヘ行キテツカイツツ行ッタガ, ニ付キ模範囚人苦心調製の七宝製, ニ付キ私其許様御舟ニテ向島ニ可被遣, ニ付テノ公開演述ハ著作者ノ氏名, ニ付テハ他日再述ブルコトアルベシ, ニ付テハ曽テ木桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, ニ付一年どふし, ニ付今日ヨリ当屋敷門前, ニ付八ツ頃再ビ出動, ニ付其儘大小を指し, ニ付其制度之支配, ニ付其御地の御, ニ付大谷源兵衛七十六歳にて伝聞, ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ罷, ニ付小弟宜しく引合, ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, ニ付心当リノ者ハ注意セラルルヨウ此段為念警告ス, ニ付態ト不申候テ爰元, ニ付村内ハ不申及近郷近在マデ聞伝エテ群衆ナシ昼夜, ニ付此段御届, ニ付死罪申付ベキ者ニ候処大弐右門企ノ儀ハ, ニ付群馬県ヨリ大蔵省ヘ御, ニ付義眞歸國之上同年十月朝鮮之譯官使對話仕候刻, ニ付而は勘定組頭清水, ニ付而私ニ命候事は無, ニ付而逗留仕居候, ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, ニ付通弁者其外人数をそろ, ニ代テ暴雨ヲ防グ, ニ代ハリ得ベキ爲ニ男子ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, ニ代ハルベキ半期毎ノ給付, ニ代フルニ人間自決主義ト云フガ如キ笑倒ノ沙汰, ニ代フルニ此等小君主, ニ代フレバ能ク甜味ヲ生, ニ代ヘタルガ故ニ, ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為御安行, ニ代リテ當年ノ保全者ニ脚下, ニ代リテ近世各國, ニ代官ヲ先代ヨリ勤メタ, ニ以前此レヲ以テ國際語トセント決議セシ, ニ肆ヲ, ニ任セバ臣ハ恐ル, ニ任セルワダケドオ爺チャン, ニ任ゼズ自如トシテ以テ意, ニ伊丹ヲ立ッテ二時ニハ羽田ニ着イタノヨ, ニ伍シテ辱ト為サズ優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, ニ伏シ山ニ隠レテハ, ニ伏地埼伏崎トモ記セリ是又福地崎ナルベシ, ニ会エルノデ佐々木ニハ都合ガイヽノダガコチラハ颯子ガ何ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, ニ会セシメ今マタコノ事, ニ会ッテカラ彼女ハスッカリ予ニ愛想ヲ盡カシテイタ, ニ会ヒ一修行者ノ狂歌, ニ会ヒ給ヒ其手ヲ取, ニ会フモ道ヲ避ケテ通レル事, ニ伝ハルモノ六七枚秤量皆此銭ヨリ軽シ, ニ伝フ昔女子アリ人ヲ懐テ至ラズ, ニ伝布シテ恰モ此書普通ノ称タルガ如シ, ニ伝染ノ可能性スコブル多大, ニ伝送シ最モ美ト称ス, ニ伴フノ趨勢ヲ現, ニ伴フモノハ唯糞桶唾壺ノ二物ノミ, ニ伴フ利益ヲ計上スルヲ得ズ, ニ伴フ權利トシテ賠償ヲ得, ニ伴ワレスグ来, ニ伸バシテ長椅子ニシソレニ臥コロンデ持ッテ来タ本, ニ伸バシ滑リ台ノ傾斜ヲヤ, ニ住シ後和蘭国ニ留学, ニ住シ近隣ヲ掠奪シ, ニ住シ霊田大学法学教授法学博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, ニ住ス可シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, ニ住ミ無憂華, ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ逃レテ和蘭, ニ住職カラ連絡ガアッタト見エテ石屋, ニ佐々木サンガ寝テヽクレヽバ何カアッタッテ安心ジャナイカ, ニ体ガ一方ヘ傾クノデアル, ニ何とも相似たる, ニ何カ早ク東京ニ帰リタイ理由ガアッタノデハナカロウカ, ニ何カアッタトシテモ浄吉ツァンハ見テ, ニ何カ堅イ物ガサワッタノデ夢中デ要之助, ニ何トナクアレガ不吉ノ前, ニ何ナル印ヲ結ブトモ思ハズ, ニ何回トナクコノ注射ヲシテルンデスガ血管ニ触レタコトハ一度モナイノニ, ニ何気ナク見テ置イタコトガ, ニ何等カノ変化傷害ヲ与, ニ何等カノ親密ナル關係ノ存スベキハ實ニ, ニ何等立法的制限ナキハ國家ノ物質的統制, ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, ニ余ハ最後マデ彼, ニ余輩言ヲ卑フシ謹テ願訴シタレドモ嘗テ, ニ作リ直しソコニ今度ハワレ, ニ作ル高八千尺, ニ佩キシ刀ハ伯耆安綱ナリシ由然ルニ熊本ニ来リテ後, ニ使ヲヨコシタ, ニ使ウノカ全ク見当ガツカナイラシク, ニ使シテ君命ヲ辱メズ, ニ使ッテイルカヲ直チニ想像スル, ニ使役セラレテ其レヲ日本ニ, ニ使者ニ来り同国, ニ來タレル露西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, ニ來ル道バタ赤クツイタ柿ニ歩イタ等の僕, ニ來レリト宜シテ終ニ羅馬, ニ侍リ美くしい又, ニ侍衛スルモノ十数名ヲ見, ニ供シタルハ本邦ニ在リテハ其由来甚ダ, ニ供ストアリ而シテ現今本邦ニテ主トシテ用イラルルハみる及ビ, ニ供スベキモノ甚ダ多シ則チ名, ニ依頼シテ弱國ヲ併呑シ以テ私慾, ニ依頼シテ無理ニ切符ヲ手ニ, ニ依頼シ散歩遠足ヲ以テ肉體, ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, ニ依頼セントスルガ如キ淺薄ナル信念ニテ何ノ信仰ゾ, ニ価スレバ我事オワレリ白扇サットヒライテスネノ蚊追イ払ウ, ニ便ヲ得, ニ便所ヘ行ッタ, ニ係ハル妃ノ命, ニ係ラズ第二, ニ係ル等ハ决シテ臆断ス可, ニ促進サレル性ノ衝動, ニ俄ニ自分ガ腕白盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, ニ俗諺ニモ日本人ハ摸傚ニ長ズ發明思索ハ長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, ニ保温シ得ル等ノ効果, ニ保温室ヲ設クルコトニヨリ, ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, ニ保護ヲ求ムルヲ得ズ, ニ俟ツノ物ハ一切予置スルハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, ニ俸給ヲ給付スベキハ國家, ニ個人ノ創造的活動ニ, ニ倍加スル情熱ヲモッテ妻ヲ溺愛スル, ニ倒レ申より外, ニ倒卵形乃至匙形, ニ候エバ御筆問下サレ度, ニ候ヘバ侍ノ冥加アリテ, ニ候処古来ヨリ父兄ノ為ニ, ニ候処大弐右門企ノ儀ハ, ニ候得バ元より天下, ニ候得バ其御心積なり, ニ候得バ其御船ニ而小弟の危難, ニ候得バ此上疑相, ニ候得バ私よりも相, ニ候得共今少し御, ニ候所此頃御国より相, ニ候所返済の期限相立申, ニ候間暫御忍ビアレ某御トモ, ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國ヲ觀ルニ, ニ倚リ嬌声外頭ニ出ヅ若シ是織女ニ, ニ倚ル鳥ハ眉上ノ翆, ニリテ出ル位ダカラ世間デ, ニ借入の定約, ニ借受候事いと安き, ニ借地料ノ評價, ニ倣ッテ線彫リニシタ勢至菩薩, ニ倦ムニ同ジ, ニ倫セザルノ標目ヲ以テスル者徃, ニ偉観タルヲ失ハナイ, ニ偏スルノ病ヲ防グニ足リ兼テ博覧, ニ偏在スレバ遂ニ重要ノ点, ニ偏辟ス一方, ニ滯シ蓄積セラレタル者ニ係ハルヲ以テナリ, ニ停車場ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, ニ偽筆ヲ上手ニ書ク男ガイタソウデアルカラ, ニ備エテ仰山ナ準備ナドヲセズ, ニ備エテ麻酔ドクターニ附キ添ッテ貰イ酸素吸入ノ用意, ニ備ハラザルコトナク皆其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, ニ備フルト共ニ物價ヲ合理的ニ調整スルヲ得ベシ, ニ備フルハ大ニ便, ニ傷ツケル糧ヲ曝シテ, ニ傷マザルハ非ズ, ニ傾意セラルヽ如キアラハ豈ニ吾人, ニ僅カナ変化ガアルノデソレガ脚ニ影響シテイルノダトモ云イ又レントゲン, ニ僅カニ思慮ヲ費セドモ一タビ足ヲ動カセバ, ニ僅ニ其形骸ヲ現, ニヲ見付ケテ自分, ニ僕ガ彼女ノ性慾点, ニ僕ハスデニ木村ニ対シ淡イ嫉妬, ニ僕ハ雁皮ノヨウナ紙ガ急ニクシャクシャト揉ミクシャニサレル音, ニ僕モココマデ来テハ後, ニ價値ナキ又ハ有害ナル者, ニ元原ノ表出, ニヘ世話ヲカケテ気, ニ兄ガ困ッテイルト聞キナガラ, ニ充ツルコトヲ得, ニ充テ絶佳ナリ此筍ノ出, ニ先チテ此地ニ鬚髯無キ人民棲息セリ, ニ先ヅ參政權ヲ與ヘテ政治的訓練ヲナスベシト考フルハ, ニ先日此地を上方, ニ先生此頃御上京, ニ先立ッテ注射針ヲ外, ニ先覺者ノ簇出シテ實證, ニ先頃ハ罷出段, ニ先頃西郷より御, ニ先頃長崎より後藤参政, ニヲ発シ, ニ光子ヲ妊娠セシメザルヨウニ注意ス, ニ光子ト逃亡シ所在ヲ晦マシ, ニ光榮ヲ加冠スル羅馬法王トシテ, ニ光線ガ当ラヌヨウニ, ニ光被セシムルノ途他ナシ, ニ克ツノ義ニ取ル, ニ免減価格ノ一割トス, ニ入りしと, ニ入り貝類魚類海草などを見る, ニ入事あた, ニ入椋梨伝八郎来ル, ニ入浴シ浴後直チニ寝室ニ, ニ全島ガ爆破スル注意セヨ, ニ全然自由ヲ, ニ兩分セシメ十分ナル優勢ヲ持シテ各々, ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, ニ八時間制トシ日曜祭日ヲ休業シテ賃銀, ニヲ以テ, ニ公儀御役人, ニ公論を相, ニ六年ニナリヌ又天皇, ニ六月ヲ以テ生ズ春青ク夏紫ニ秋白ク冬黒シト, ニ兵卒ノ粗食飢餓, ニ兵庫ニ下り同二日, ニ兵庫ノトコロヘ行ッタソウスルト大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, ニ其一類ヲ写シテ望蜀, ニ其人ヲ任ズルヲ原則トス, ニ其作用備ハリ歌謠ヲ能クスル者ハ, ニ其例ヲ以テ我諸州ヲモ独裁, ニ其儘ニシテ置イタサウシタ方ガ史料トシテノ價値ヲ損ジナイト思フカラデアル, ニ其儘止リテ打出シト共ニ群衆ニ紛レテ脱出セヨ, ニ其名ヲ連署スル時ハミナ, ニ其品種ヲ探, ニ其土地ヲ私有シ得ル所以ハ凡テ國家, ニ其地ニてろふニ入, ニ其大成ヲ期シ洵ニ此学必須ノ偉, ニ其害を及ぼす, ニ其形骸ヲ現, ニ其所有權ヲ保障シ享樂セシメントスルニ, ニ其方共ノ訴ヨリ, ニ其時高柳先生ハおいでなされ, ニ其有スル所ヲ交換スレバ其益タル, ニ其業ニ従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極, ニ其等ヲ有, ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, ニ其自由ヲ建設スル價値ナキ者ナリ, ニ其資本ヲシテ有史未曾有, ニ其長の書, ニ其顔がつくり, ニ具ウル保温室内ニ常ニ保温セシメ置クモノナリ, ニ具ハリタル天性ニシテ人情ニ近ケレバ, ニ具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, ニ内乱ヲ起サシメテ, ニ内揺クハ繋ゲル駒伏セル鼠先聖コレヲ悲シンデ法, ニ内股デ歩イタ, ニ内證デ一ト足先ニ日航, ニ内通シテクレル故イチモ損, ニ再建ヲ拒ミ, ニ再建セラルベキ十年後ノ將來ニ存ス, ニ冒険サセテソレヲ見, ニ冷イ無愛想ナ顔ヲシテイタ, ニ凡テノ利益ヲ專有スベシトハ, ニ凡テ關税ハ此省ノ計算ニヨリテ内閣ニ提出ス, ニス可, ニ処シテ或ハ, ニ処シテ以テ動ヲ観, ニ処スルノ道ヲ知ラザルコト匹婦ヨリモ甚シ, ニ出おり候もの, ニ出かけんとする, ニ出たる参政後藤庄次郎共小弟に, ニ出カケタノデアロウト察シ書斎デ日記ヲツケテイタガ, ニ出サナイノガ常デアルガ, ニ出ス之ヲ三弦ト云, ニ出タカラ随分トクガ附イタ, ニ出ヅ若シ是織女ニ, ニ出ヅ上流ヲ漆川ト云, ニ出ヅ細茎ハ蔓ヲ延テ生ズ, ニ出ヅ縄ニテ之レヲ把索シ巻麻, ニ出テモアマリ多クヲ歩カヌヨウニシ, ニ出テ人ノ上ニ立ツ者, ニ出テ四条通ノ南側, ニ出テ来タ母ハ予ノ記憶ニアル, ニ出テ行ッタノカソレトモ流石ニバツガ悪イノデ一人, ニ出テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, ニ出デテ不思ニ, ニ出ルト雖モ畢竟私憤, ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, ニ出会タ人ハ誰レカ歎声ヲ放, ニ出候て薩, ニ出候人ニハ少々御, ニ出候得バいか, ニ出先デ出会ッタ, ニ出入セシ時ノコト, ニ出勢仕候, ニ出合ッテキン玉ヲ喰ワレタガ, ニ出帆仕候, ニ出帆仕度候得バ御論決, ニ出現スベキ偉器ニ待ツ者ナリ, ニ出航セントセルモハワイ根拠地ノ防備ニ一, ニ刀ガ股倉ヘ入, ニ刃ナクンバ何ヲ以テ刺スコトヲ為サン, ニ分チ与フ於菟ハ志げ, ニ分割サレテ列車ヲ直通スル能ハズ, ニ分布シ居リシカト云フ事ト如何ナル遺物ハ何レ, ニ分有セシメ又ハ, ニ分科的價値ヲ有, ニ切断シテ塩ヲ散布シ, ニ切符ヲ手ニ, ニ列スルニ足ラズト雖ドモカノ山脇東洋吉益周輔ナドノ古醫方ト稱スル者ハ, ニ列スルモノハ古貨幣ナリ, ニ列ヲナシテ発生シテ居ルノハ実ニ偉観タル, ニ別ツ一ヲストリクチュラルボタニート云フ弁物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, ニ別レヲ告ゲ, ニ別世界ダトテ余念無ク, ニ別封桂小五郎先生まで相達申度, ニ利器ヲ出, ニ利子ヲ附シ即時本人, ニ利益配當ヲナス時ハ非常ナル不公平, ニ利益配當ヲ用ヒザル所以ハ國家ハ全生産, ニ到着マダ時刻ガ早過, ニ到達スル手段トシテノ遊戯デアル, ニ制スルモノハ法ヲ用ウルコト明ラカナルニ依ル, ニ制服トシテ靴洋服ヲ強制スルコトハ實ニ門戸閉鎖, ニ刺戟ヲ与, ニ刻スル文ニ云フ長楽未央漢宮瓦高帝五年治, ニ刻マレ明治維新以後三十餘星霜ヲ經ルノ今日ニ至ルモ, ニ刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, ニラシタライヽジャナイデスカ, ニ則リ勉メテ現在ニ善源因ヲ施シ, ニ剛柔ヲ以テ相済ウベク, ニ割り一分ハ大村の村瀬, ニ割拠しコーカサス方面, ニヲ示シテ, ニ力ンデ堅イオ通ジデモナサイマシタカ, ニ加フベキ大逆罪ノ法文ナキ, ニ加フルコトニ付テハ我輩屡々之ニ忠告シ, ニ加フル所ノ働作ナリ, ニ加ヘテ利益ヲ計, ニ加ヘテ横暴ト悲慘トヲ居常見聞セシメラルル兒童, ニ加冠セラレタル軍國主義トハ印度獨立ノ, ニ加算九々ヲ誦シテ, ニ劣ラヌ陰険ナ男, ニ労セズ之ヲ上策トス, ニ勉メタル苦心ノ一斑, ニ動カシテ種々ナ姿態, ニ動物育種場及び動物市場, ニ務テ之ヲ行フベキナリ其之, ニノ隠居ダトイッタラ, ニ勝ツコトヲ得ン, ニ勝ツト大金ガハイルカラ壱人デハ帰リガ気遣イダカラト云ウカラ, ニ勝レリ好デ食スベシト, ニ勞働界ヲ去, ニ勢至ノ二脇侍立像ガ侍立シテイテ, ニ勤メラレヌト云ッテナゲ出シタ故オレガ, ニ勤務シテイタコトガアッタガ昨日午後一時間ノオ暇ヲ戴イテ歯, ニ勤務シテイラッシャル先生デスカラ間違イハゴザイマセン, ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, ニ勳位ヲ受ケ, ニし金, ニ包ンダモノヲ二本風呂敷ヲ解イテナイトテーブルノ上ニ置ク, ニ包ンダ豆腐ヲ土産ニ持チ, ニ化シタルナリト云フモ失言ニハ非ザル可シ, ニ化シテ電力ニ依リ, ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, ニ化シ商人ニ化シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, ニ化シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, ニ化膿シテ死ンデ行ク, ニ北ニ在ルノダ, ニ北支那ニ投資的侵略ヲ學ビタルコト悉ク獨逸, ニ北方ニ移リテ今尚ホ其血統, ニ北露南濠ニ大帝國ヲ築, ニ匹敵スベキヲ以テ自ラ現役年限, ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, ニ十二ぶんもはこび, ニ十五分ヲ二十分ニ伸バシ, ニ十分ノ義務ヲ果タシ得ナイノハ申シワケガナイケレドモ, ニ十年近クナルノニ, ニ十年ニシテ全ク一変セリ, ニ千丈ヘ下, ニ千光国師栄西入宋ノ時宋ヨリ菩提樹ノタネヲワタシテ筑前香椎, ニ千六百〇八年英国北部ノ一寒村タル, ニ千年ヲ飼, ニ千軍万馬ヲ坐, ニ千輻輪ノ相, ニ千金ヲ費ヤシ反故紙ニモ劣ル偽其昌贋徴明ナドニ流涎シテ, ニ午睡カラ覚メテ一旦書斎, ニ睡半, ニ南平モ悦ンデオレノコトイロイロ骨折リヲシテクレタ, ニ南方ニ見失エリ, ニ印セラレルノヲ見タ時, ニ印度人種支那民族ヲ迎, ニチ小樹ヲ, ニク且ツ仁侠, ニ原名ヲ考フル時ハ国際法, ニ原因スル者ニ非ズシテ, ニ厳島ヲ見, ニ去月伏見船宿寺田屋ニて一宿仕候節, ニ参らねバ数万金にか, ニ参りたる事件云々, ニ参シ必シモ書ノ所説, ニ参与シ兼テ諸官, ニ参候時節人なく幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共, ニ参我父存命ナラバ二度本意ヲ遂ゲ, ニ参申候何レ近日拝顔の時ニ, ニ参百俵宛貢納シ人夫労役ノ要, ニ參與スルノ權ハ此ノ一方, ニ及バず便船, ニ及バズ各領国ヨリ即日, ニ及バヽ先初ニ此談ニ, ニ及ヒ曾テ聞天明年中浅間山焼燃セシ災難ヲ追懐, ニ及ビ親趾, ニ及ビタリ一日ニ死スルモノ二三人百二名ヲ以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ, ニ及ビマシタノデ仰セノ通リア, ニ及ビ候通有体ニ訴出ベキ所上モナク恐多キ儀, ニ及ビ彼宇和島より来る, ニ及ビ歯ハ馬ノ歯, ニ及ブモ向後ニオイテハ須ラク誅戮シ奉ルモ, ニ及ンデ甦, ニ及ンダガ佐々木ガシノミンヲ四錠スヽメ尿道ヲ湯タンポデ, ニ反対サレタノミナラズ金ノ用意ガ不足シタ, ニ反抗シテ買占メ賣惜ミ等, ニ反抗スル事ヲ得, ニ反抗セントスル者アルヲ此輩, ニ反省シ改過スベシ, ニ取付ケ従来ノ二本, ニ取得シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, ニ取得スベキ運命ニ於テ同一ナル罪惡, ニ取懸ルニ適シタ未知電波ダ, ニ受ケ遮那, ニ受ケヨウト受ケマイトオ前ノ勝手ダ, ニ受ケ得ルト雖ドモ組織セル念慮ハ之ヲ作ルコト能ハザルナリ, ニ叙スレバ即曰ク松葉楼, ニ叢生ス粽皮アリテ木上ヲ包ム, ニ口ニ出サナイノガ常デアルガ, ニ只一人ノ醜, ニ只一花黄弁大心, ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會, ニ只英國海軍ヲ撃破シ得ベキ日本及日本, ニ召サレ候ヘバ下民ノ娘ニテハ不都合ユヘ, ニ可申上ト存候ウトモ御承引ナサルマジク候ニ付, ニ台石ヲ据エテ, ニラレテバカリイルヨ, ニ右京ガ大病ニテ死ンダ故イロイロト世話ヲシタガ, ニ右腕ヲ下, ニ号泣スルヲ見, ニ自筆トリテ見聞キシコトヲ書キタル反故ナリ, ニ合シ十五里許ニシテ利根川ニ入ル, ニ合セザル勞働ヲ課スルハ, ニ合ワナイ善ハ急ゲッテ云イマスカラネ, ニ合図シタミタイニ手ノ痛, ニ合理的ニシテ國家ガ其ノ主, ニ吉備酒ヲ満, ニ吉原デアノ通リノ振舞ハ出来ヌモノダガトイウコトデ顔ガ売レタロウト皆ンナニ咄シタトテ, ニ吉田兵庫トイウ者ガアッタガ友達ガ大勢コノ弟子ニナッテ神道ヲシタオレニモ弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, ニ同学新ニ, ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, ニ同志ニて人, ニ名ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, ニ君ニ親愛ヲモツ君ノ父ヨリ, ニ君臨スル最強ナル國家ノ出現ニヨリテ維持サルル封建的平和ナラザルベカラズ, ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, ニ吾レ死スルノ後速ヤカニ火化, ニ吾人ノ幸ノミナラン乎哉, ニ吾妻下駄ヲ穿イテ歩イテイル, ニ吾常勝軍ニ従フニ依ツテ徒ニ行李, ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, ニ告諭セヨ, ニ周旋今又二艘斗, ニ呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, ニ命ジ之ヲ射シム, ニ命ジテ続訳セシム, ニ命ジテ十九世紀ニ背クヲ禁ズル革命論ノ多, ニ命ジテ同居ヲ父ニ強ヒザル所以ハ, ニ命ジテ多量ニ石炭ヲ投ゲ込マセタ, ニ命ズという辞令, ニ命セバ唯一日ニして, ニ命令スルトコロヲ見タイト思ッタンダガナ, ニ命候事は無, ニ咫尺シ身ヲ持スルコト謹厳恬淡ニシテ, ニ咲イタ花コノ花ビラハ煮テモ食エナイ, ニの意, ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, ニ唯君のミ, ニ商埠遙ニ散在シテイル貧窮セル居留民達ノ生命ヲモ財産ヲモ保護シテハイナイノデアル, ニしニ, ニ問ウ何ノ意ゾ碧山ニ棲ムト, ニ問エバ此陵ハ諸葛武侯ガ造ル所ノモノナリト曰ウ, ニ問テ曰ク何スレゾ其レ然ルヤ, ニ問フテ曰ク我君ニ事フルコト三年技進マズ其ノ故, ニ問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, ニ啓發スベキ教育ヲ施シタル後, ニ善源因ヲ施シ, ニ善行を励む, ニ喜悦ヲ禁ジ得ナイデアロウ, ニ喧嘩口論ヲ挑ム者アリ, ニ單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, ニ喰イ散ラサレテイル, ニ喰ワレテ気ガ違ッタト云イオッタ位ダガトウトウキズモ直リ, ニデ臭, ニ嗣ナク兄某家小倉藩ニ仕ヘ, ニ嗾ケテ家庭ニ紛紜ヲ起サセテ, ニ嘗テ人ノ性理ヲ論ジ, ニ嘗メシメタルモ亦汝, ニ嘯集シテ近里, ニ噎ル生肉ノ日々, ニ噴飯笑止ノ至リナリ, ニ嚴禁ヲ要, ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, ニ四人婆サン五子陸子浄吉ノ四人ガ乗ッタ, ニ四回時ニ同学新ニ, ニ四肢ヲ歪曲サセ彎屈サセ, ニ回復セズ万一コレヲ回復スルモ, ニ因ツテ伍相ニ逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, ニ因ツテ名ヲ得, ニ因ツテ民屋ハ兵火ニ罹リ, ニ因ツテ海浪ニ激揚セラレテ自ラ天王寺, ニ因テ愈々練熟, ニ因リソノ刑ヲ減, ニ因リテ之ヲ記ス, ニ因リ父林吉松本喜一ト相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, ニ因リ訴追ヲ必要トセザルトキハ公訴, ニ困難ヲ伴ウ, ニメ置キテ後固, ニ固着シテ愚ヲ重, ニ国家の咄, ニ国家生民ノ為ニ図リテ, ニ国民性ノ堅実不撓ナルニアラザレバ, ニ国躰を一定, ニ国際学友会ヲ組織シテ, ニノ滅亡, ニ國内ノ地主對小作人ノミ, ニ國内ニ不法ナル土地兼併が行ハレテ, ニ國家的保障ヲ得, ニ國民ノ自由, ニ國民教育ニ於テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, ニヲ設クレバ則チ磁盆鋤鍬, ニノ生, ニ土佐のいもほり, ニ土佐国の人, ニ土地兼併者ノ自由, ニ土地徴集ニ於テモ各所ニ其等ヲ有, ニ圧迫セラレタルヲ以テ故国ヲ逃レテ和蘭, ニ在郷軍人團ナキヲ以テ國家任命ノ改造執行機關ヲシテ土地資本財産, ニ地下ニ御面会, ニ地方気象統計ニヨル記録ヲ破壊シ, ニ城山家ヲ訪ウ, ニ執着スル気ハ少シモナイガ, ニ培養セザルヲ得ズ又山地沼沢等, ニ基キ各艦ハ連絡, ニ基キテ國家ノ政治的經濟的組織, ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, ニ基キテ徴兵ヲ在, ニ基キ一大英断ヲ以テ天下ト更始一新セン, ニ基キ人ノ安全幸福, ニ基キ陣地ヲ占領シ主トシテ高田市附近, ニ基ク世界的常識ヲ養成シ, ニ基ク國家ノ大, ニ基ク所有ニ一變スルト共ニ強者ガ其強力ヲ失ヒテ其所有權, ニ基ケルモノナル時ハ凡ベテノ約束ヲ無効トス, ニ堕ルモ亦汝ニコレ因ラズンバアラズ, ニ堕ル毎ニ即チ小樹, ニ報ユルニ惨毒, ニ報效セント欲シテ孜々懈ラサル所以, ニ塞ガレタルガ故ニ, ニ墓ナンカ作ッタラドンナ時ニドンナ都合デドンナ所ヘ移転サセラレルカ分ッタモンジャナイ, ニ壅塞丕閉シテ理内ニ暗シ如此, ニ壟斷サルルノ不義ト危險トハ鑛業省ノ註ニ述ベタルガ如シ, ニ士官岡本覚十郎成瀬国助側ニ在ル, ニヲ飛ス, ニ壱万金と申, ニ変りたる事なし, ニ変エタノハ木村デアルト思ウト, ニ変ゼシメラレキソレト共ニ一ツノ神通力ヲ下, ニノ廊下ヲウロツイテイルノハ予モオカシイ, ニ外側ヘ彎曲シテオリ, ニ外物ノ感化ニ是レ由ル幼時, ニ多くの空地, ニ多種多様ナ未知, ニ多量ニ朝鮮人ノ其レ, ニ夜中ノ, ニヲ説クベカラズ, ニ夥シク水ガ飛ビ散ッテ濡レテイル, ニ大久保公ハ何処ニ御座ルカト見レドモ我輩ハ其顔, ニ大事ヲ取, ニ大兄ハ昨日も小弟宿, ニ大兵ヲ送, ニ大勝ヲ獲, ニ大名ニ私用セラルルコトト同ジ, ニ大坂ヲ創テ, ニ大坂退城仕ルベキノ旨, ニ大宮ヲ立タセラレ愛鷹山ヲ左ニ御覧ジ, ニ大帝國ヲ築, ニ大幸の事ニ候, ニ大洲の船, ニ大竹源二郎トイウ仁ガ有リオレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, ニ大計ヲ遺, ニ大馬鹿ものなり, ニヲ戴カズ, ニ天保ノ改革ニ, ニ天命アリ宜シク外ニ防ゲ, ニ天地の間, ニ天寵限リナキヲ見ルベシ, ニ天日照覽ノ下, ニ天皇大權, ニ太郎兄が帰長, ニ夫ニ忠実ナル妻デアル以外, ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, ニ失礼ダト存ジマシタケレド先日颯チャンカラオ願イシマシタラ御承知下サイマシタソウデ誠ニ, ニ奉公ニ出デ又, ニ奉行して, ニリヲ, ニの道, ニ女子ヲシテ優美纎麗ノママニ發達シタル強健ヲ得, ニ女色ヲ衒ヒ売ル者, ニ女酋ノ興起スルニ至リシヤモ知ルベカラズ, ニ如クハ無シ, ニ如何アルベシナド思イイツシカ歳月ノ流, ニ如何ナル大知識ト雖ドモ, ニ妻ガ留守ノ, ニ始マリ拙ニ終ル, ニ委シク書イタ筈デアル, ニ委スルハ不幸ナル者ニ虐待ヲ加フルト, ニ委セラルルコトハ人命ヲ殺, ニ委嘱スルトスレバ彼ヲ措イテ, ニ姦淫スルコト他邦ニモアリトイエドモ, ニ威名ヲ蒙, ニヲ抱カセテ男谷ヘヤッテ, ニ婆サンガ陸子ヲ連レテ, ニ婆サンニ無理ニ承諾サセテ壊シ屋ヲ入, ニ婆サン運転手ノ隣ニ佐々木ガ乗ル, ニ婢モ亦開店, ニ婦人ニ勞働ヲ負荷セシメザル國是, ニ婦人ヲシテ夫ノ前, ニ婦人其者ヲ殘賊スルノミナラズ, ニ婦人參政權問題ニ見ル, ニ媚ビル気持カラ彼女ノ前, ニ媚ブルコトヲ職トスル階級ニシテ彼等ノ信仰自由ニ同情, ニ嫁シテ餘力アル者ト雖モ其老親ノ扶養, ニ嫌疑相掛候而度々前件, ニ子供ガ三人デ狭, ニ子供ガ月々今ニオレ, ニ存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, ニ存スル小學校舍トシ後期ヲ高等小學校舍トシ, ニ存スル竪穴ヲ以テ證スベシ, ニ存何レ近, ニ存在スベキ其等ニ對シテ國家ハ兩者共ニ法律ヲ以テ臨マザル方針, ニ存意書を認候, ニ孚マレ獨立ノ憤, ニ学校へ行キ, ニ学資ヲ与, ニ安ラカニ横タワッテ親類縁者ニ取リマカレテ, ニ安ンジテ毒竜ヲ制スの概, ニ安泰ナルベキ改造ヲ要, ニ安置シ奉ル千手観音立像ガ四十臂, ニ安置シイキトス号桑港着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, ニ安酒ヲ飲ムニ於イテ贅, ニ完シ嗚呼公瑾今ヤ永ク別ル, ニ完備セル建築圖ヲ求ム可ラザルハ, ニ完成スレバイヽンダガチットデモ早ク完成サセテ喜ブ顔ガ, ニ官史ヲ命ジテ此国ニ, ニ官員差遣シ見分為致候処右届之通相違無, ニ官民協力諸般ノ施設, ニ印弥陀坐像ソノ向, ニ宛テ沼波利久佐此間ニ云豆知波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, ニ宝冠ヲ戴イテ胸ニ瓔珞ヲカケ, ニ宝石ヲ買ッテヤルンダ佛様ダッテイヽコトヲシテヤッタ感心ナ忰ダッテオ褒メニナルサ, ニ実物取揃申居候間, ニ実行シテ各其権利, ニヲ送, ニ宣布セントスル者ガ自ラノ國家内ニ於ケル幼少ナル同胞, ニ宮中ノ廓清, ニヲ加ヘントスル為メナリ, ニ家人ヲ起シテ便通アリ, ニ家内中ハ, ニ家屋ヲ建築セリ, ニるべからず, ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, ニ寄ス眇タル滄海ノ一粟, ニ寄セテクレロト主計ガ頼ンダラ生霊ガ附イテアルカラ二三日ソノ生霊ヲハナサナケレバナラヌ故金五両ホドカカルト云ッタカラ, ニ寄ッタ方ノ席ニ掛ケサセラレル, ニ密輸サレタル数量ハ時価ニシテ五十万るーぶりニ達ス, ニ密閉シ君ノ文章, ニ寇シ我都府ヲ焼, ニヲ頼ンダ, ニ富ミテ才ニ拙キ者アリ, ニ富ミ百難ヲ排シテ勇往猛進シ以テ國威, ニ富ンデ居, ニ寒心ニ堪ヘン次第, ニ寝室ト浴室ト便所トヲ作リ直サセタコトガアッタ, ニ寝床ガ取ッテアッテ妻ガ静カニ, ニ寝間ヲ取, ニ寝間着ヲ着, ニ實ニ大海軍, ニ實力援助トナリテ現ルベシ, ニ實地ノ經驗, ニ対シ淡イ嫉妬, ニ対シテイマダニ貞節ヲ保ッテオイデデスト, ニ対シテハ不愛想, ニ対シテハ殺害ノ予告ノミヲシテ方法及ビ期日ヲセザリシ為メ普通月並ナル脅迫状位ニ思フテ覚梧, ニ対シテ剣ヲ振, ニ対シテ吾人法医学者ハ如何ニシテ犯罪, ニ対シテ大胆ナ方デハナクスコブル臆病ナノデアルガ今度ノ, ニ対シテ弾ク弓ナク御辺, ニ対シテ悽然旧ニ感ズ, ニ対シテ攻撃ヲ加エントシ, ニ対シテ碁ヲ囲ムモノ両人, ニ対シテ訴訟ノ提起, ニ対シ不敬ヲモ顧ミズ一書ヲ呈スルノ大罪, ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, ニ対シ危害ヲ加, ニ対シ自己又ハ他人, ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, ニ対シ適当ナ電波的保護, ニ対スル御自身, ニ対スル余ノ愛ガ彼, ニ対スル心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, ニ対スル記憶ノ残留セルモノアリヤ否ヤ, ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, ニ封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會, ニ封建ノ治, ニ將來ノ建設ニ避ク可カラザル準備ナルヲ悟得スベシ, ニ將來日本領土内ニ居住シ又ハ國民權, ニ尊族ノ家庭ニ於テ勞働スル者ハ此限リニ, ニネ然, ニ對シ又ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ, ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, ニ對シテハ義勇兵制ヲ採用スル者アルベシ, ニ對シテ人類ハ公共的動物ナリト云フ共産主義者ノ人生觀ガ半面ヨリ, ニ對シテ其ノ納付金, ニ對シテ勳功アル者ハ戰爭政治學術發明生産藝術ヲ差別セズ, ニ對シテ國家ハ大父母, ニ對シテ國家ハ俸給ヲ給付ス, ニ對シテ國家ハ兩者共ニ法律ヲ以テ臨マザル方針, ニ對シテ土地ヲ借, ニ對シテ恣ニ鎭壓軍ヲ輸送セシムルナラバ其, ニ對シテ應答ヲ免除サレンコトヲ期ス, ニ對シテ戰爭ヲ開始スルノ權利, ニ對シテ最高限度ノ活動權域, ニ對シテ朝鮮ニ日本語ヲ強制シタル如ク我, ニ對シテ死刑ヲ以テセント云フハ必ズシモ希望スル所ニ, ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, ニ對シテ起レル民族主義ガ近世史ノ一大潮流ナリシハ言フノ, ニ對シテ軍國的組織ヲ放棄シ得ザリシ所以, ニ對スル自衞的必要ニ基キテ獨立擁護, ニ對スルニハ現代的再建ヲ想像スルヨリモ, ニ對スル一般且ツ有理ノ非難, ニ對スル反逆ト考フルハ恰モ政治的特權者ニ向ツテ叫バレタル政治, ニ對スル大陸軍ヲ缺クベカラズ, ニ對スル富豪等ノ罪惡ガ國家, ニ對スル愛國心ヲ, ニ對スル權威ヲ失シ交友ニ於ケル信用, ニ對スル父母トシテノ日常義務ヲ果スモノナリ, ニ對スル言語ナク人種下等ノ國ニテハ, ニ對スル非難トシテ輸入サレツツアル内容皆無ノ文化運動, ニ對セントスル如キハ實ニ龍車ニ向フ蟷螂, ニ對抗センカ爲メニ個人ノ名, ニ導カルルニセヨ國民ノ財産權ヲ犯ス者ハ, ニ導クベキ天ノ計, ニサイオヂサントコチラヘオイデ, ニ小サキ窓アリテ金網ヲ張ル, ニ小ニシテ弁少ナク辣甚ダシキ者ハ蒜ナリ小蒜ナリ, ニ小事件ながら実に, ニ小倉言葉なく幕府ニ其長, ニ小地主ト小作人ノ存在スルコトハ神意トモ云フベク, ニ小弟の志, ニ小弟先日中風けニ, ニ小弟宿の事, ニ小松西郷大久保木戸後藤三岡八郎横井平四郎長岡良之助等ヲ以テ, ニ小柄ヲ具, ニ小皿ヲ持チ, ニ小祠ヲ置キ福地権現ト称ス, ニ小策士ノ陰險手段, ニ小遣でもやり, ニ小頭組合モ労働組合モツブシテ見セマス, ニ小馬鹿ニ致シマスガ天下ノ評定所, ニッタ足ハ日本人ニハ珍シイ, ニ尚武的價値ヲ求ムルニ及バズ, ニ就イテ去風流, ニ就イテコレヲ正シ給エトイウ, ニ就カントスルニ猶早, ニ就シト雖モ後幾クモナク悲運ニ遭遇シテ其梓行ヲ停止シ此ニ, ニ就テハ一切私見ヲ加ヘルコトナシニ, ニ就テハ余諸處ヨリ, ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, ニ就テ欧洲政学ノ要, ニ就テ精微ナル理ヲ穿鑿スル, ニ尽ク社員ノ前過, ニてハ, ニ居タ時分ダガ或女ニホレテ, ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, ニ居テコーランノ処ヘ通ッテ居ルソウジャナイカ, ニ居リ人ト交テ気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, ニ居住シ又ハ國民權, ニ居住スル必要ナキ婦女子ハ出来得ル限リ速カニ地域外ニ転出スベシ, ニ居常且終生劃一ナル兵隊服ヲ着用セシムベシト云フト一般, ニ屈スルハ其山水ノ観, ニ展ブ億兆昇平ヲ謳歌セザルナシ, ニ属シ御威光ナカナカアゲテ数フベカラズ, ニ属スルヤ全ク不明ナリシガ只今マデ数日間観察セルトコロニヨレバ, ニ属スルヲ以テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, ニ属スル武士約七十名ハ, ニラレテ, ニ履行スル保証ヲ得, ニ屯シ卿ガ妙才ヲ観, ニ山々ヘ逃ゲノボリ候, ニ山城ヲ拵, ニ山栗アリ極メテ小ニシテ一年ニ三度, ニ山田湿ト云ウ法学士ガアッタ, ニ山腹ヨリ烟リ相立初メシカ, ニ山花一樹アリテ人ハ名ヲ知ルナシ, ニ岩下清周ニ重刑ヲ課スルモ幾寓人, ニ岩村楼ニ革メ又吉野屋ニ革ム, ニ島田虎之助トイウ男ガアッタガ当時デ, ニ川村盈進入道ニ行合幸御一家, ニ工夫ハ多クノ賃金, ニ工面モイイカラオレガコトハイロイロシテクレソレ故ニウカウカトシテ七月三日, ニ左様ナ能力, ニ左腕ヲ下, ニ左記ノ処ニ事務所, ニ巨費ヲ投ズルハ, ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, ニ差等ヲ設ケテ部下, ニノ冠, ニ巻カセ二尺一寸ノ打, ニ布クコトハ実ニ日本国ニ於ケル歴代一貫, ニ布列スル者概ネ希世, ニ布告シテ其明論ヲ待ツベシ, ニ布団ヲ敷イテ, ニ布団綿ヲチギッテ大キイノハ六七センチ, ニ布設經營ノ積極的活動等, ニ帆影ニ随テ去リ, ニ帝国領土内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, ニ師事シ子弟ヲ教フ, ニ師表タル者ノ徳化ニ俟ツ, ニ帰せる大権を, ニ帰られ今月十日頃ニハ西吉兄, ニ帰り一昨夜土佐出帆今日馬関ニ来ル, ニ帰り度とのこと, ニ帰シタリと公卿日記, ニ帰シ兵農始テ分レ遂ニ封建ノ治, ニ帰スとこう, ニ帰スルコト三年又モ, ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ在リ遂ニ植学, ニ帰センでしたかね, ニ帰ッテ見マシタラ, ニ帰ッテカラモ親兄弟ハ勿論ドンナ親シイ人ニモ話サヌコトヲ誓イマス, ニ帰ッテ来テ僕ラ家族ト夕食ヲトモニシ九時少シ, ニ帰ル説には同意, ニ帰レバ陽アタリテ暑シ, ニ帰京シテ七日ノ日曜カラ, ニ帰還し云, ニ帰陣仕リ候段, ニ常備兵ヲ設ケタリ, ニ幣束ヲ持タセテ神イサメヲシテ, ニ平等ナル分配ヲ以テ相續セラル, ニ平等ニ与フ, ニ平等ニ分チ与フ於菟ハ志げ, ニ年七十海内仰イデ儒宗トナス, ニ幸スル所以ノモノハ即チ吾徒ニ禍スル者ト謂フモ, ニ幾十載, ニ幾筋モ走ッテイルノガ認メラレル, ニ床ヲハナレタソレカラ今ニナントモナイカラ, ニ序グ者則チ曰ク大磯屋曰ク勝松葉曰ク湊屋曰ク林屋曰ク新常磐屋, ニ序セムコトヲ需ム, ニ度胸ヲ据エタ, ニ座右ニ在ル書ナレバ曝スニモ及バジ, ニ廃レタガ予ノ幼少時代マデハソウデアッタ, ニ廊下ヘ出, ニ廊下ノドーアガ開イテ女中ノオ静ガ二段ニ畳マレル籐椅子ヲカツギ込ンデ来, ニ延テハ国際ノ融和, ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, ニ建テ漱石當時排悶ノ一詩, ニ廻るよふ, ニ廻シ多クノ下小屋, ニ廿六日四ツ半時頃なり, ニ弐拾俵五人扶持ヤッテ好キノコトヲシオルカラ, ニ弓ト書シタルモノナラン卑呼彌呼ハ彦御子ニテ, ニ引くらべ, ニ引キ取ッテイタ, ニ引ケル者ハ彼ト文明交渉ノ密接セシ王朝時代, ニ引ッ込ンデイテ殆ド一日テレビヤラジオヲ聞イテイル, ニ引ッ込ンデイルノカ一向姿, ニ引取て後ハ小松, ニ引取申べしと, ニ引合置キ夫より上国, ニ弟子ノ一人ガ附キ添ッテウシロニ控エテイル, ニ強キ心アル故数珠, ニ強ヒザル所以ハ遺棄シタル事情ガ背徳ニセヨ又, ニ強硫酸ノ一滴ヲ点ズルトキハ已ニ発火ス云々, ニ強者ガ其強力ヲ失ヒテ其所有權, ニ強露波斯ヲ, ニ当り多数の村民出, ニ当り村民の生命財産, ニ当今世上の人情目前, ニ当所ヲ退, ニ当村出行仕候, ニ形態豊満ニシテ男子ニハ筋肉腱骨ノ強大ニシテ挺起スルガ為ニ其形態稜, ニラセ死後ソノ石ノ, ニ影響ヲ與ヘタル獨乙語ニ, ニ影響シテイルノダトモ云イ又レントゲン, ニノ船ニ御上リ, ニ彼女ガドコカヘ立ッテ行ッテシバラク戻ッテ, ニ彼女ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, ニ彼女ノヨウニアノ方ノ慾望, ニ彼女ハ遠カラズ予ガ死ンデシマッタ後モ, ニ彼女以外ノ種々, ニ彼者本ト悪心, ニ往所ニ停車場ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, ニ往昔ヨリコノ種ノ犯罪ガ行ワレツツアリシ事実, ニ往来スル倭船モ必ズココニテ酒壺ニ吉備酒ヲ満, ニ待受社稷の為, ニ後ルト定マリタルモノニハアラザルナリ, ニ後援シテ日本ニ支那ヲ保全セシメタル米國トガ, ニ後藤庄次郎どのおらんと, ニ徐々ニ上昇ヲ始メタ, ニ徒跣シテ獄門ニ到ルノ際, ニ従イ左ノ割合, ニ従イ必ズソノ行事ヲ厳粛ニ行ワナケレバ承知シナイデアロウ, ニ従ウ者ハ昌ニシテ天ニ逆ラウ者ハ亡ブ, ニ従エバコウ冷エル時ハ大キナタオル, ニ従ッテ嬉遊し層台ニ登ッテ情ヲタノシム, ニ従ツテ為ス所ヲ異, ニ従テ新陳代謝シ四方ヨリ風ヲ臨ンデ集リ来レルモノ, ニ従ヒ宜ヲ制セサルヘカラス, ニ従フ故ヲ以テ, ニ従フトコロノモノモ屈強ナル壮年男子ニ限リタレドモコノ信神渡航者ノ一行ニハ, ニ従フニ依ツテ徒ニ行李, ニ従ヘリ而シテ其書タル精ヲ極, ニ従事仕候間此段, ニ従事スルコト五週間或日, ニ従事スルモノヽ大ニ忽ニス可ラザル所ニシテ, ニ従事センガ為メニ始メテ俗累ヲ遠, ニ得々タリシ所謂學者ナル者ノ反省, ニ得タリト為シ独ダ一ニ書ヲ是レ信ジテ, ニ得タル罪ト同坐, ニ徘徊スル他蟲, ニ徘徊スルハ是レ此学ニ従事スルモノヽ大ニ忽ニス可ラザル所ニシテ, ニ從テ其數ヲ増スヲ得其版圖ノ鋭利ナル, ニ從ヒテ消費セントスルハ亦國民, ニ從ヒ其數ヲ増スヲ得, ニ從ヒ日露戰爭ニ於テハ露西亞ヲ迎, ニ從事スベキヤト云フニ余ガ見ル所ニテハ, ニ從事スレバ未來ニ惡果ヲ招クコト避クベカラザルノ勢ニテ, ニ從事セシメ且ツ巡洋艦ヲ新造シ, ニ御上リ余モ亦隨フ, ニ御在セバ軍中何トナク重, ニ御座ルカト見レドモ我輩ハ其顔, ニ御座候得ども, ニ御座候処諸君ハ日数ハ少しおくれ, ニ御座候哀れ今一度御意度得存候然者, ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, ニ御座候間御見知り, ニ御用モタサズシテ困ッテイルト高田藤五郎トイウ者ガ云ウカラ, ニ御茶屋ヲ構, ニ御蔵のにわとり, ニ御覧ジ富士川ヲ乗越サセラレ, ニ復スルノダガイツマデタッテモ物ガ二重ニ見エルノデアル, ニ徴シテ書ニ参シ必シモ書ノ所説, ニ徴スルニ之ヲ捨テ, ニ徴兵忌避ノ私, ニ徴集スルト共ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, ニ心得あるべしとても御国, ニ心配仕候人, ニ心願ガ出来タラ紅サンヘ三十両瀬山サンヘモ礼ヲスル約束故ニ, ニ必ズ一匹デアル, ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学ヲ励マシムルハ刻下, ニ必要ノナイトコロハ絶対ニ見セテクレナカッタ, ニ必要ヤ尤大ナリ, ニで之, ニ忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會, ニ忍耐ヲ添加シテ其功, ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, ニ忙シイノデ拙宅ヘオ越シ下サルコトヲ望ムガ, ニ忙シキ亦何ゾ言フニ足ランヤ, ニ応じ候や, ニ応ジ分割スベシ諸君冀クバ協力同心シテ共ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, ニ応ジ専心建築工事ノ設計監督ニ従事, ニ応ジ薬ヲ売リ償ヲ取, ニ応ズベク候間遠慮ノウ当館ヘ申出, ニ応ズル必要ガアッタタメニ早期ニ精力ヲ消耗シ尽シ, ニ応用シテソノ精神作用ニ何等カノ変化傷害ヲ与, ニ忠ナル者ト謂フベク假令少數タリトモ此, ニ忠実ナル妻デアル以外, ニ忠実ニ情誼ニ厚ク且ツ仁侠, ニシトセザル所ナリ, ニ快感ヲ覚エル, ニ忰ガコノヨウナ狂人ニナリコノヨウナ嫁ガ我ガ家ニ入リ込ムニ至ッタコトヲ, ニヲ入, ニ忽ニス可ラザル所ニシテ当ニ務テ, ニ思イガケナイ位大キナ声, ニ思ハヌ事ヲモ枉ゲテ行ハネバナラヌナドト, ニ思考シテ見レバ, ニ急報シ至急調査開始, ニ急報スベキ事件ノ発生, ニ急用アルヲ以テ道, ニ怪事有之右ニ付村内ハ, ニ恐怖シ村役人共申合登山トシテ見分ナスニ中央ノ拝所ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余, ニ恥シクナイ充分ノ待遇, ニ恥ヅベキ者ナラズヤ是レ之ヲ強求スレバ必ズ得ルコトアルモ我, ニ恵マレ得ヌ家族ガアルコトニ想ヒ到ラレヨ, ニ悩ム折ナドモ官兵衛ニ語ラヒ何トスルヤト問フニ彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, ニ悪人デアリ, ニ情オ在シマス人ナリ, ニ情誼ニ厚ク且ツ仁侠, ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, ニ惟六芝ヲ以テ名, ニ惡果ヲ招クコト避クベカラザルノ勢ニテ, ニ惡税ノミナラズ多クノ租税, ニ惣官参謀あり郷, ニタルモノハ薄ラグ, ニ愉悦ヲ覚エタカラダ, ニ意地悪ヲスレバスルホド彼女ニ魅セラレル, ニ意外ノ禍害, ニ意見ヲシテクレテ女房ハ貞実ダト云ッテ, ニ意見書ヲ提出スベシ, ニヲ割キテ尽ク売却シタレバ, ニ愛恋スル所アリコレハ西洋流ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, ニ愛想ヲ盡カシテイタ, ニ感ジルデアロウガムシロ気味悪ク感ジル方ガ強イデアロウ, ニ感ズルコトアリ今朝ヨリ暫時ノ旅行, ニ感化セラレタル彼等ノ移住, ニ慈雨ノ兆, ニ慣習セシムルハ其天性ヲ殘賊スルコト, ニ慰問隊の活動, ニヘ尚, ニイ予ガ死ヌ時ハイッソ彼女ハ薄情ニ予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見, ニ憐ム可シ乞食嗚呼自分, ニ憑ツテ之ヲ観ルニ, ニリアル時ニ当, ニ應ジテ貸銀, ニ應ジ捷徑ヲ取, ニ應ズル完成ヲ得, ニ懸り止宿の, ニ成サレマシソレハ云ウコトガ違ッタラ生キテハオ目ニカカラヌト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, ニ成ッタ幸イニ息子ガヨクッテ孝道シテクレ又娘ガヨクツカエテ, ニ成ッタ者ガ数知レヌガオレハ好運ダト見エテ, ニ成ラントスルヲ欣ビ奮ツテ自ラ其説文, ニ成ルト云ヒシ當時ノ幼稚, ニ成ルモノヲ曰ヒ第三線ハ則チ陸軍, ニ成レル事多クテ, ニ成功シテイルノデソンナ神業ナンテ云ワレル程ノムズカシイモノトハ思ッテイナイ, ニ我カ民族ノ滅亡, ニ我ガ前生ヲ示告セ, ニ我ガ子弟ニ異ナランヤ, ニ我ガ扶導擁護ヲ外ニシテ自立, ニ我身ヲ衣食, ニ我輩止ムヲ得ズシテ交ヲ絶チ, ニ我輩自身ヲ我輩, ニを期せし, ニ戦ニて命, ニ戯ルル者ハ斬, ニ戰ヒテ凱歌ヲ擧タル時ニ認メラルル者ナリ, ニ戰場ニ死戰スルヲ見, ニ戰慄シタル危機ヲ顧ルナラバ, ニ戰爭開始ニ訴ヘテ國際的劃定線ノ不, ニ所有スルコトガ出来爾後十年間払込, ニ所有主ヲ満足セシムル保証, ニ所置仕度何卒よろしく奉, ニ所謂重十二銖ニ適ス, ニ所謂人種差別撤廢問題ノ中, ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, ニ所謂軍國主義ニ非ザル事ハ, ニ手ブラデ参ッタガ, ニ手巾細物, ニ手數料ノ徴収ニ止ム, ニ手段ナキコレラ一万ノ青年, ニ手紙ヲカク, ニ手足ヲ動カシ器具ニ依頼シ散歩遠足, ニ手間ガカヽルノデ二回目ノ時ハ丹那トンネルヲ通リ抜ケテモマダ用ガ済マナイ, ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, ニ打ッテカカッテコレマタベツダン高イ思念ノ故, ニ打ツカリマス米国大使館ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, ニ打沈ム然ウ而, ニ托シテ之ガ適当, ニ托シテ之ガ適当ノ措置, ニ托シテ我ノ不明不通, ニ承諾サセテ壊シ屋ヲ入, ニ賣ヲ行ハシメテ損失, ニ投ゲ入レラレ, ニ投ゲ出シテ居リソレハ全く見, ニ投ジタル逆謀, ニ投ジテ之レヲトフ葉開ケバ, ニ投ジテ洗滌スルヲ可, ニ投ジテ而モ終宵阿嬌, ニ投ジ三タビ投ジテ二タビ還ル, ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, ニ投ズル金ヲシテ深川, ニ投資的侵略ヲ學ビタルコト悉ク獨逸, ニシカネルヨウナ気ガスル, ニ折レテ十余町スレバ浜辺へ出, ニ披露シタニ過ギナカッタ, ニ抵抗致サントシタル段重々不埒至極依, ニ押サレテ日本亦内, ニ拇指ヲ置キテ指, ニ拓本ヲ作ル必要ガ出来テネ, ニ拠ルニ数百種アリ茲ニ止ダ其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, ニ拵エタ故, ニ持チ十時頃五子ヲ誘ッテ法然院, ニ持場ヲ定, ニ指上ゲ候而も実, ニ指揮セラレタル全日本國民ノ超, ニ挑発的ニ見エルコト, ニ挟ンデ戻, ニ捉ハレタルニ依ルモ一理由ナリ, ニマッテシマウデスモ少, ニ掘取レバ輒チ多, ニ掛ケサセテ予ハソノ下ニ仰向, ニ掛ケタンダソウデスソシテオ知リ合イト見エテ仲, ニ掛ケテ見ルガ如シ, ニ掛ケテイテモ予ハ眼ガ晦ンデ倒レソウニナッタ, ニ掛ケテ古代開化國ノ存在セシ證跡甚ダ, ニ掛ケ寡婦ガ自ラ薪, ニ掠奪スルタメニ有利ナル戦略的状勢ヲ利用シテ, ニリ以テ染メ黄金ヲ, ニリアテル, ニ探査追求シテ犯人ヲ検挙スル事ガ, ニ探険隊ノ相分, ニ接シタヾケデモ五味溜メヲ引ックリ返シタヨウナ東京トハ比較ニナラナイ, ニ接シテイタ老夫婦専用, ニ接シテ数箇ノ小, ニ接シ甲斐国界ヲナシ, ニ接シ秋霜己レヲ持ス, ニ接シ金峰鉄岳ノ東三繋, ニ接吻サセテクレト云ッテモマア汚イトカ, ニ接触スルカソノ様子ガ見タカッタノデアルガ, ニ接近シテ住スルヲ厭ヒ, ニ接近スルノハ僕ガ彼ヲ敏子ニ妻ワセテハドウカトイウ考エガアッテ, ニ掲グル例外的不幸ヲ除キテ無用ナル立法ナリトス, ニ掲出ノ, ニ搗キテ殻及シブ皮ヲ去, ニ搭ジテあめりか, ニ摩利支天ノ神主ニ吉田兵庫トイウ者ガアッタガ, ニ摺ルコトヲ詠ンダ歌ハ万葉ニハ其例ニ乏シクナイ, ニ摺ル料ニシタコトハ十分ニウカヾハルヽサテれんげさうハ, ニ撃タレタ兇牙利ノ, ニ撃破シテ陸兵輸送ヲ不可能ナラシメタルコトニ存ス, ニンデ, ニヲ執, ニヲ異, ニ據テ之ヲ考フレバ, ニ據リテ戰フコトハ國家ノ國際的權利ナリ, ニ據レバカノ特別ノ觀念ヲ作リ得レドモ, ニ擢任ス時ニ年七十海内仰イデ儒宗トナス, ニリ取, ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, ニ擲チ目ニ血涙ヲ流, ニ攅生ス根ハ土瓜児根ニ似テ, ニ支持セラレ之ヲ支持点トシテ運動スル如ク構成セラレタルニ対シ, ニ支那朝鮮民族ヲ迎ヘテ先住, ニ收得シ得ルハ亦論ナシ, ニ改メタノモ実ハイツカハコウイウ機会ガ来ルデアロウ, ニ改メ将軍自ら兵士に下り, ニ改造スル時獨リ宮中ノ建築, ニ改革シテ十年間ヲ一貫セシメ, ニ攻撃スル程, ニ放逸散離セシメザレバ一睹スル者此ニ瞭然一閲スル者此ニ粲, ニ政事ノ自由ト云ヘバ, ニ政庁ニ送達尚御, ニ政府ヲ立ル所以ハ此通義ヲ固, ニ政府当局ノ怠慢曠職ニシテ, ニ故障ガアルモノトスレバソコノ交感神経ヲ遮断スルタメニ横突起, ニ敏子カラ電話デ, ニ救ヒ一国ヲ不, ニ敗ラルル点ニオイテハ御同様デス, ニ敗ラレツツ幾年ヲ經過シタル後, ニ敗北シ足利又太郎忠綱, ニ教師塗板ヘ書スルトキ, ニ教育スル所以ハ國民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, ニ教育セザル道理ノ一ツモ, ニ散々駄々ヲ捏ネテ泣キ声ヲ立テ, ニ散在シテイル貧窮セル居留民達ノ生命ヲモ財産ヲモ保護シテハイナイノデアル, ニ散布スレバ虫害ヲ除クトテ参詣, ニ返洗フベシ其脆ク淡味香, ニ数千百字ヲ駢列スルモ, ニ数年ヲ加エ, ニ数黄苞ヲ発ス苞中ノ細子ハ列ヲ成ス, ニ整形形状変更等ヲナシ得ル部分ハ, ニ敵すべからざるを, ニ敷地百坪乃至二百坪トヲ併セテ, ニ文通し申度, ニ斗酒相対シ徹宵劇飲快論セリ, ニリ鳶ヤ烏, ニ方リ打門, ニ於イテ多少デモ意趣, ニ於ケル異民族ニ對シテハ義勇兵制, ニ於ケルガ如キ物的証拠ヲ厘毫モ留メズ, ニ於ケルガ如ク日本ト歐米トガ全然發達, ニ於ケルヤ開化之薬舗ニシテ而シテ文明, ニ於ケル一小部分ナリ, ニ於ケル上級審事件ハ第一審事件, ニ於ケル並ニ近世諸大家ト雖ドモ, ニ於ケル信用ヲ損スル重大ナル苦痛, ニ於ケル利權設定等ノ禍因, ニ於ケル印度獨立運動ノ失敗ハ凡テ日本ガ日英同盟, ニ於ケル國家ノ生存及ビ發達, ニ於ケル國民ノ私人生産業, ニ於ケル外国留学生ニ関スル施設如何ニヨリ将来益々増加セムトスルノ趨勢ニアリ外国青年子弟, ニ於ケル如クナラズ朝鮮全部ヲ掩有スルニ實力, ニ於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活ヲ平等ニスル所以ハ自明, ニ於ケル幼少ナル同胞ヲ酷使シテ何, ニ於ケル所謂拓殖政策ナル者亦實ニ歐人, ニ於ケル斯種ノ施設ニ比シ遜色ナキ設立完全ナルモノトナシ所期, ニ於ケル日米ノ紛爭, ニ於ケル日英開戰ハ已ニ論議時代ニ非ザルナリ, ニ於ケル洵ニ名ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, ニ於ケル無産者ノ地位ニアル日本ハ, ニ於ケル積極的活動ヲナス, ニ於ケル立場ハ英國ノ自, ニ於ケル糖業及ビ森林ニ對スル富豪等ノ罪惡ガ國家, ニ於ケル英米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品トヲ遮, ニ於ケル調印ハ獨逸ヲ目的トシテ聯合シタル列強ガ, ニ於ケル開墾又ハ大農法, ニ於ケル騎士ガ婦人ヲ崇拜シ其眷顧, ニ於テカ図画ナル者アリテ一目能ク其微妙精好, ニ於テカ専心一意之ニ従事センガ為メニ始メテ俗累, ニ於テソノママ富貴ヲ望ムナラバ, ニ於テノミ彼ノ獨立, ニ於テハ事実ヲ詳ニシ, ニ於テハ二者相距ル事遠シ, ニ於テハ優レタル天分素質ヲ有, ニ於テハ先ヅ小梅才蔵松吉梅吉房吉増吉鈴八小勝小蝶, ニ於テハ問題ノ多, ニ於テハ国家ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由ヲ以テ, ニ於テハ夫レ等僅少ナル寸法ヲ短縮スル等, ニ於テハ實ニ經濟上ヨリ人ノ國家, ニ於テハ帝国大学総長ハ講師ヲ嘱託スルコトヲ得, ニ於テハ必ズシモ強兵ヲ意味セズシテ, ニ於テハ清國ニ從ヒ日露戰爭ニ於テハ露西亞ヲ迎, ニ於テハ漸次消滅スベキコトヲ信ズト共ニ暫クノ近キ將來ニ存在スベキ其等ニ對シテ, ニ於テハ甚ダ古キ事, ニ於テハ甚ダ貴重ニシテ暴政ヲ行ハントスル者, ニ於テハ艶逸比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, ニ於テハ茲ニ掲グル例外的不幸ヲ除キテ無用ナル立法ナリトス, ニ於テハ華国ハ眠レル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒, ニ於テハ軍人ノ精鋭ト兵器, ニ於テハ階級的表章以外ノ物質的生活, ニ於テハ露西亞ヲ迎, ニ於テハ驚キ怖ルル者, ニ於テモ各所ニ其等ヲ有, ニ於テモ平和ノ其レニ於テモ何等後顧, ニ於テモ日本ハ濠洲ト極東西比利亞トヲ要求ス, ニ於テモ時代ヲ異, ニ於テモ東西ノ比較ニ於テモ, ニ於テモ組合ト組合員トノ間ニ雇傭契約ヲ締結スルハ, ニ於テヨク留意シ口腔歯牙ノ清掃, ニ於テ一タヒ米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝ヲ獲, ニ於テ一家ノ生活, ニ於テ一律ニ國家ノ養育及ビ教育, ニ於テ三年後ニ取得シ得ベキ理由ハ既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, ニ於テ不法過多ナル所有者ノ存在スルコトニ革命的理論, ニ於テ不義ナリシ如ク廣漠不毛ノ西比利亞, ニ於テ九坪乃至十五坪, ニ於テ予メ之ヲ許可シ居リタルモノト認ムベキハ条理上, ニ於テ二國ガ亦同, ニ於テ仏蘭西ノ, ニ於テ信仰ノ自由, ニ於テ借財ヲ為シ以テ一家, ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事ヲ證スルノミ, ニ於テ偽作者ニ対シテ訴訟ノ提起, ニ於テ先ヅ此ノ三, ニ於テ公知ニ属スルヲ以テ特許法第一条ニ該当セザルモノト認ム, ニ於テ其奸邪曲策ヲ弄セントスル者ノミ, ニ於テ其等ヲ有, ニ於テ内景臟腑ノ結構, ニ於テ労働者農民ヲ搾取シ, ニ於テ勞働スル者ハ此限リニ非ズ, ニ於テ南方ヨリ北方ニ向ヒシ事更ニ, ニ於テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, ニ於テ各人ノ所有權, ニ於テ善結果ヲ招キ, ニ於テ國家ノ所有ニ納付セシムル所以, ニ於テ國家ハ別途其, ニ於テ國民的人權ヲ有, ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, ニ於テ地ヲ堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼, ニ於テ執心ナキガ故ニ九界, ニ於テ妄リニ生滅ヲ見, ニ於テ姦通罪ヲ檢擧セザル原則ニ, ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, ニ於テ密航者ヲ発見ス, ニ於テ小国城主右馬頭頼之馬上七騎ニテ宮, ニ於テ屬邦タルベカラズ又植民地タルベカラズ, ニ於テ岩流小次郎ト仕合致スベキ由, ニ於テ平等普通ニ衆議院議員ノ被, ニ於テ彼ノ革命黨ノミハ大局ヲ達觀シ日本ト結ビテ獨立, ニ於テ思想ノ自由信仰, ニ於テ悉ク心理的法則ニ背反セルコトハ英語ヲ譯シ漢文, ニ於テ我国人ヲ捕, ニ於テ所有權ニ伴フ權利トシテ賠償ヲ得, ニ於テ断獄ノ際, ニ於テ斯ル例ノ他, ニ於テ既ニ然リ, ニ於テ日本ノ健康體ナルコトニ, ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利ノ各, ニ於テ日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名ノ影響, ニ於テ是レヲ可能ナラシムル幾多, ニ於テ本文ニ詳記シ且別紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, ニ於テ殘虐ナル一方ヲ處罰スベシ, ニ於テ流行性脳脊髄膜炎ト診断船中ニ於テ御加療中, ニ於テ海上ニ在ルガ, ニ於テ異常ナル勢力ヲ保有シオリ, ニ於テ確乎タル地歩ヲ占メルニ至リ, ニ於テ確實ナル所有權ヲ設定サルルコトハ國民的人權ナリトス, ニ於テ穏ナラズ宜シク改正, ニ於テ米国ノ放送, ニ於テ納付シタルモノニ無之候間右執行, ニ於テ絶滅セシカ或ハ更ニ北方ニ移リテ今, ニ於テ羅馬ノ奴隷, ニ於テ羅馬法皇ヲ奉戴セントスル自己矛盾ナリ, ニ於テ義手或ハ義足ガ, ニ於テ老婆少女ヲ有, ニ於テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト然ラザル者トアルハ, ニ於テ舊痾ヲ養フ一時危篤ニ瀕スルヤ疾, ニ於テ英國ノ保護, ニ於テ英國ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, ニ於テ英米ガ傭兵制度ヲ日本ニ強ヒタルハ何タル迷妄ゾ, ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, ニ於テ英語國民ガ世界的知識ノ供給者ニアラズ, ニ於テ遺憾多ク, ニ於テ遺物ノ一致スルヲ以テ知ルヲ得, ニ於テ錦旗ニ発砲シタルニ依ツテ羽津光明寺ニ謹慎, ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, ニ於テ項王乃チ悲歌慷慨シ自ラ詩, ニ於テ食フベキ土地ヲ有, ニ於テ高度約二千米, ニ於ル我カ帝國ノ位置, ニ於御察申御尤, ニ於此度取入, ニ施スべカラズ, ニ施行シテ主權國民自ラ私利横暴ヲ制スルト共ニ, ニ旅行ハ思イモ寄リマセンセメテ三四日安静ヲ保チ, ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, ニ旋風ガ發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄大イニ荒レタサウデアル, ニ日々血ヲ吐イテ止マズ, ニ日坂ニテ富士ヲ望メハ, ニ日本デハ手ニ入ラズ, ニ日本ニ於テハ茲ニ掲グル例外的不幸ヲ除キテ無用ナル立法ナリトス, ニ日本ハ露國ノ復讐戰ニ對スル, ニ日本人ト同一ナル參政權ヲ得, ニ日本化シ更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, ニ日本古銭ヲ玩ブ人, ニ日本植物誌ヲ作ルヲ素志トナシ我身命, ニ日本茶ヲ取, ニ日本語ヲ強制シタル如ク我, ニ日米兩國ヲ同盟的提携ニ導クベキ天, ニ日航デ帰ル, ニ日露開戰ニ至ル迄國政ヲ把リテ志, ニ府ノ, ニ昇ラセ給ヒテ此皇子モ田原天皇ト追尊セラレ給ヒ, ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, ニ明ナリト雖ドモ心常ニ壅塞丕閉シテ理内ニ, ニ明瞭ニソレガ彼女ノ芝居, ニ易シトスル所ニ非ザルナリ既ニ, ニ春筍ヲ生, ニ是ハ我ガをこたる, ニ是レ従フト雖モ俗累肘ヲ内, ニ是レ由ル幼時ノ感染ハ, ニ是レ聾盲ニシテ嘗テ之ガ為メ正論, ニ是秋胡ヲ想フベシ, ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改過スベシ, ニ普及シテイナイガ普通ノ手札型ノロールフィルムニ印画紙ガ, ニ普及セラレタル暁ニハ世界中ニ只一人ノ醜, ニ景致ヲ成ス, ニ暫クノ近キ將來ニ存在スベキ其等ニ對シテ, ニ前ニ出, ニ暮レテイル者ハソレゾレ少シズツ金, ニ暴露セラレタル如ク日本ハ自營自給スル能ハザル幾多, ニ曝シテ見タイトイウ念願, ニ曰クプロフェッサー梶浦ノ仰, ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, ニ曰ク女ヲ相, ニ曰ク此度進発在ルハ長州外夷, ニ曰ク財ヲ吝, ニ更ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, ニ更ニ遺言スルコト下ノ如シ, ニ書イタノハ誤リデアッタ, ニ書イタラソノ煩ニ堪エナイ, ニ書イテ送ッタガ, ニ書カズニイタノダガ実ハ数日前ニウスウス気ガ付イタノダッタ, ニ書カレタポスターノ大キナ字ニヒラガナガ混ツテイルトヨクワカル, ニ書キ妻ガイカナル反応ヲ示スカ, ニ書クコトモナイカラコンナ時ニ少シ心ニアルコトヲ記シテミル, ニ書シ各, ニ書スルニ當リテ或ハ細字ヲ書シ, ニ書スル等ノ不規則, ニ書テ与ヘバ, ニ書斎デ新聞, ニ書有和蘭人も赤面, ニ書送リケレバ早速, ニ最初カラ彼女ニ一目置クヨウナ素振ヲ, ニ最早心ニ奢, ニ最高ノ所有者タル國家ガ國, ニ月ニ開明ニ進ム故今日, ニ有り又摂, ニ有シ或者ハ國境, ニ有ス数学文章学ハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, ニ有リ又我兵馬ニツツマレ終ンヌ, ニ有ル程昨日ニカハル習ナレバ, ニ御, ニ服スベキ者ナラバ天ハ彼ノ心身, ニ服スルコト能ハザルトキハ前借金ニ利子, ニ望ミ候得ども, ニ朝シテ開クニ異ナリ, ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, ニ朝鮮ニ在ル内鮮人ハ平等, ニ期シ死ヲ以テ, ニヲ植ヱ, ニ木村ニ対スル心持ヲドンナ風ニ告白シテイルカソレヲ知ルノガ恐ロシイノダ, ニ未練ガアルノサ親父ヲ出, ニ阿弥三郎兵衛ト云ウノ, ニ本妻トナサレ都ヘ召レ上レ, ニ本小ナリ風之, ニ本心ハヒネクレテ薄情極マル人間ナノデアル, ニ本日ノ十一時二十分比ニテ有リキ, ニ本日午後七時二十七分西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, ニ本木昌造ヘ酒, ニ本気デ剃, ニ本邦ニ於ケル外国留学生ニ関スル施設如何ニヨリ将来益々増加セムトスルノ趨勢ニアリ外国青年子弟, ニ本邦植物図志ヲ著, ニ札幌ヘ出張スルカモ知レナイト云ウ, ニ杏ガ実ル, ニ材木ヲ渡シテ屋根トシ, ニヲ曳イテ, ニ来るよしなれ, ニ来タソノヨウナ小量デハ江戸ノ修行ハ出来ヌトイッタラ, ニ来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, ニ来タル男ハ必ズソノ秘部ヲノゾキ, ニ来ツテ語ル所ヲ聞クニ, ニ来テカラ既ニ十年近クナルノニ, ニ来ラバ先ヅ其事件云々ヲ委曲, ニ来リ御対面, ニ来リシ犬ハ最モ愛スベキ忠犬ナレバ, ニ来リ学フモノ亦尠ナカラス就中東方諸国例ヘハ暹羅, ニ来リ盗賊ヲ業トシテ年月ヲ経過セシニ, ニ来リ附ス志姓ヲ給ハランコトヲ願ハバ, ニ来ルノニ便利デアル, ニ来レル仏の, ニ来航シテ居ヲ構エシガ, ニ来血壓ヲ測, ニ来診ヲ乞ウタラト云ウコトニナリ, ニ来迎勝家夜半ニ清洲ヲ出, ニ東京ニ来航シテ居ヲ構エシガ, ニ東京ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ表, ニ東大梶浦内科ニ梶浦先生ヲオ訪ネシテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ, ニ東方諸国留日学生ノ保護善導, ニ東海粟島ノ孤立, ニ松坂三右衛門ガ越後ヘ行ク, ニヲナラベテ, ニ枕シ艱難漸ク都ニ帰リ着クコトヲ得タリ, ニ林町ニテ出来タトテ正之助ガ諏訪部トイウ男ヲ頼ンデヤッテ, ニ果シテイツマデ抗シ得タデアロウカ, ニ多ク分レ下垂シテフサノ如シ, ニ枝葉ナク人家庭院ニ栽植ス枝葉扶疎清陰地ニ満チテ殊ニ愛悦スベシ, ニ枯柴ヲ積ミ, ニ枯田ナク天ニ暗日ナシ, ニ架シタル木材ニ過ギザルガ如シ, ニ柄長柄短カノ, ニ某隊中ノ阿, ニ栄ヘシ枝ハ枯レ行クモ全ク枯レ尽ルコトナキ多年生, ニ根據シ而カモ門戸ヲ爭ハズ, ニ根本ヲ忘レテ枝葉ニ, ニ根来寺雑賀熊野山中高野領ニマデ亘リテ悉ク打チナビケ給フ果断決断ノ程, ニ栽テ之ヲ験スベキナリ, ニ栽培スル者ニシテ其形状亦相似テ其長サ三四尺ニ至ル其需用, ニ栽植ス枝葉扶疎清陰地ニ満チテ殊ニ愛悦スベシ, ニヲ置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタ, ニ梶浦先生ヲオ訪ネシテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ, ニ森玄道ニ申遣セ, ニ棹サシ舶ヲ看, ニ棹シテ浩渺タル怒濤, ニヲ安置スル, ニ植ユベシ若シ天, ニ植物学ヲ修スルノ輩ハ其延袤, ニ楠木ニよく似, ニル者ニ於テヲヤ, ニ楽ミ申候今夜もふで, ニヘ置ク住家, ニ構成スルニセヨ要スルニ原始的共産時代, ニ構造ヲ異, ニ権ク爰ニ仮肆, ニ横ッ坐リニ, ニ横井を尋候所, ニ横行の国, ニ横行シテ他邦, ニ横行濶歩スルヲ得タルハ固ヨリ膽大力剛ナリシニ由ルト雖モ海戰, ニ檜栂赤松ノ属茂密ニシテ, ニ欠損シテ而シテ未ダ備ハラザルヲ思ヒ此ニ, ニ次グ伍ヲ全, ニ次グ卒ヲ全, ニ次グ旅ヲ全, ニ次グ軍ヲ全, ニ歌舞伎俳優ノ若, ニ歐洲諸國, ニ止りおり候, ニ止り候よふ, ニ止り拝顔を希, ニ止ダ其十分ノ三ヲ録シ以テ山林高隠, ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, ニ止マリ又し, ニ止マル者アリテ下半特ニ枝葉ナク, ニ止ル前後六十日計ナリ, ニ此ウミノ名ヲ知ルヤト尋ネシカバ伊豆, ニ此クノ如キノ異容ニ, ニ此儀ハ英人等道路雑説を聞取, ニ此前ヲ通ル間, ニ此国ニ来ラバ先ヅ其事件云々ヲ委曲, ニ此大業ヲ執, ニ此大趣旨ニ基キ人ノ安全幸福, ニ此学必須ノ偉, ニ此度の御, ニ此度云々の念, ニ此所ニ一戦の上, ニ此時ニアリトス固ヨリ必然, ニ此等功名的動機軍事的手腕ヲ發揮セントスル自己滿足, ニ此船行合の事ハ夫ニ, ニ此花ヲ生, ニ此談ニ及ぶべし, ニ武器ヲ与, ニ武道ノ稽古, ニ歩イタ等の僕, ニ歩シ斗ヲ踏ン, ニ歩行クハ眠ラザルニ何, ニ歯整ヒ且強ク臓腑善ク発達スルモノ之ヲ強壮, ニ歴任シ或ハ元老院議官ニ, ニ歸スル如ク所謂江海ノ浸, ニ歸來シ境内ニ掘立小屋, ニ歸宿とある, ニ死ぬもので, ニ死スルノ拙ヲ免レザラントス, ニ死スルモノ二三人百二名ヲ以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ, ニ死ナズ在リヌル, ニ死ノウナンテ虫ガヨスギル今苦シムノハ, ニ死戰スルヲ見, ニ死骸ハ手ヲカラメテヰル, ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, ニ殉死スルコトヲ天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, ニ残し申候, ニ残シテ遠ク海外ニ渡航シ, ニ残ッテイコンナ場合ニ何トナクアレガ不吉ノ前, ニ残ッテイテ少シイツモヨリ萎ゲテイル, ニ残ツテ独リ召サレ直チニ東京ニ赴ク, ニ残ラズ結ンデ居, ニ残念ニて先, ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ, ニ殖ヤスヨウニシテ二三カ月モ続ケレバヨクナルダロウトノ事, ニ殖民地ヲ得, ニ母ガ我ガ家ノ門前, ニ比シ軽キ刑, ニ比ス七齡思ヒ即チ壮, ニ比セラレテ朱印ヲ紙ノ上ニ落スノ, ニ比ベルト優雅ナ体ツキ, ニ比較スレバ縦ヘ大楼ト謂フ可キモ, ニ毛髪叢生シ膚色潤沢ニ歯整ヒ且強ク臓腑善ク発達スルモノ之ヲ強壮, ニ氈席ヲ展ベ酒ヲ煖メ盃, ニ気ガ廻ルノカト思ッテソノ考エヲ努メテ打チ消シテイタノデアルガ, ニ気付カレルコトモナイノデ今日マデソノママニシテイルガアノ日カラズット今モソノ状態ガツヅイテイル, ニ気分ガ悪クナッテ茶, ニ水ニ溺レタル婦女ハ必ズ救ヒクレタル人ヲ一生嫌フモノニ候, ニ水底ニアレバ開花ニ不及, ニ水心子秀世ト云ウ男ヲ呼ン, ニ水色ヲ変ズ, ニ水飼イ呉会ニ兵ヲ観, ニ永久ニ眠ルコトガ出来ル, ニ永久的ニ跡ヲ絶ツベシ, ニ氾濫シ毒屑ノ浸潤スルノ処茨城, ニ求ムル如キ低級極マル小乘的信仰, ニヲ掻クト, ニ點ヲ, ニ汝ガ罪戻ニ, ニ汝ト永ク相終始セントス, ニ江戸ニ来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, ニ決シテ見セテクレナカッタ, ニ決定的ニ撃破シテ陸兵輸送ヲ不可能ナラシメタルコトニ存ス, ニ決闘ヲ映, ニ沈淪シテ死スルニ至テハ誰カ之ガ為メニ暗涙滴, ニ沈淪スルコトアルモ自ラ慚ヂテ待合, ニ沈着セシムル者ニシテ金銀銅鐵石木ヲ撰バズ新古ニ, ニ沒交渉ナル直譯的遊戲, ニ没スとある, ニ没スルコト三百七十余日西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, ニ河身変ジテ洪水頻ニ臻リ, ニ泊るくだらない, ニ泊リ二十日ノ水曜ニ帰ルト云ッテイル, ニ波山ヲ瞻レバ翠鬟拭フガ如シ, ニ泣カレルトカラッキシ意気地ガナク, ニ泣クナンテ見ットモナイト思ッテイルノダガ, ニ泥酔シテイルヨウニ見エタガ, ニ注射シテ貰イ直グ良クナッテ大喜ビデ帰ッテ行ク, ニ注意ヲ要, ニ泰西ヘ往カズトモ, ニ洋服ヲ和服ノヨウニ着テイル, ニ洋籍ヲ不, ニ洒ギ遂ニ此花ヲ生, ニ洞口八十許ヲ存ス, ニ洞簫ヲ吹ク者アリ, ニ洪益ヲ謀ランコトヲ, ニ流シチャワナイト気味ガ悪イ, ニ流レアリ女ドモ芋洗フヲ見, ニ流レテ新州, ニ流レ出タガ今日ノハポツリトホンノ一ト垂ラシ, ニ流疏記資財帳などを読まされます, ニ流行シタモノダソウダガコレモ悪クナイ, ニ流麗細巧, ニ浄吉ガ二三日中ニ札幌ヘ出張スルカモ知レナイト云ウ, ニ浄吉ガ会社ニ出テ行ッタ後庭ヲ散歩シテ四阿ニ休ム, ニ浄花ヲ採, ニマシキ魅力ヲ感ジ彼女ニイジメラレルコトヲ楽シミ自分, ニ浅草辺マデオ出デト断ワルヲムリニ引出シテ浅草デ先, ニ浪ノヨル見ユ, ニ浪ノヨルヲ見テヨメル, ニ浪人しつけるに, ニ浮カブノハ妻ト寝ル, ニ浴センコトヲ欲スルニ至ルベキヲ以テナリ, ニ浴室カラコップニ水ヲ運ン, ニ海事思想ヲ蓄, ニ海圖ヲ披キ太平洋ニ於ル我カ帝國, ニ海船ヲ入, ニ海軍力ヲ喪失セル露國ニ, ニヲ垂ラスハ, ニ淡紅暈ヲミル, ニ淪落シ窃盗罪デ告発サルルニ, ニ深川ヘ行ッテ, ニ添ウテ浦賀園ヲ左ニ, ニ添エテ慈悲ノ御, ニ添架スルニ在ルモノト認ム, ニ清初ノ諸家ニ於ケル, ニ清洲ヲ出, ニ済時ノ急務アルナシ, ニ渉リテ知ラザル莫キガ如クカノ政事家ノ如キハ, ニ渉リ包括シテ受任シタル場合ニ於ケル上級審事件ハ第一審事件, ニ渉リ我邊民カ片タル葉舟ニ棹シテ浩渺タル怒濤, ニ渉リ細大トモ一聯絡タルヲ知ルニ外ナラズ, ニ渉登シ高歌狂乱シテ信者, ニ渡りし者ニ問し, ニ渡る者の, ニ渡シ其後九郎兵衛請取コノ人耕作勝手ニ付宮本ヨリ十町バカリ下ヘ罷, ニ渡航シ数年間妻子ニ対スル送金ヲ絶チタルガ如キ場合ニ, ニヲ巻イテ沸キ上ッタ, ニ温泉アリテ山六七分以上ハ草木生セサル程, ニ渾身ヲ打, ニ源因ヲ施セバ他, ニ溢レ威八紘ニ展ブ億兆昇平ヲ謳歌セザルナシ, ニ溺レタル婦女ハ必ズ救ヒクレタル人ヲ一生嫌フモノニ候, ニ溺レテ恵ミ深イ, ニ溺レ彼女ニペッティングヲ許シテ貰イソノ代償ニ三百萬圓ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, ニ滑車ヲ入, ニリアル莫レ, ニ滞在中デアル, ニ漢中王ノ実子ガ継グコトニナッテイル, ニカッタオ蔭, ニ漬ケテモ清水ニ数返洗フベシ其脆ク淡味香, ニ漸進シ羅馬ヨリ佛英ニ至リ漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ, ニ潜ム恐ロシイ爆弾売買, ニ満チ, ニ澆浩シ維新以降漸次ソノ繁昌, ニ澳斯太利人ノ言語ニハ, ニ激揚セラレテ自ラ天王寺, ニカナリ, ニ濶歩セシムル尚幾年カアル, ニ瀕ス至急救援, ニ瀕スルヤ疾ヲ問フ者踵, ニヲ発セル家, ニ火ヲ付ケルノハワレワレノウチノ誰カナノダガ今夜ハ時分ヲ見, ニ火光ヲ以テ道路, ニ火災ヲ免レタノデ, ニ烏鵲南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, ニ無辜ヲ殺傷シ惨害, ニ焼カレル迄コヽノツイ, ニ焼ケテ裏店ヘハイッテイルト聞イタ世ノ中, ニ煉瓦ヲ積ム工事ハアラカタ終ッタガ, ニ煙草ハドウダト聞イタラ呑ムガ修行中故ヤメテ居ルト云ウカラ, ニ看セシメ, ニ照シテ日本帝國ノ一部タリ一行政區タル大本, ニ熏増シテ第五, ニ熟スル後三段以上ノ題, ニ熟練ナル時ハ其馬能馳セ其彈能中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, ニ熱中シタ時ニ親指ヲ立テテ拳固ヲ握, ニ熱心デアル, ニ熱湯ヲ運ン, ニ燈明ガ点ッテイル図デアル, ニ燒カルト信仰ストモ是等ノ信仰ガ信仰ナルガ, ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會ノ出現ナラザルベカラズ, ニ爭ヒテ私人生産業限度ヲ超越セントスル奮鬪心, ニ爾臣民ト共ニ在リ, ニ片寄セテ身ヲ一片モ残サズニ猫ガ, ニヲタテ, ニ牙ヲタテル岩碓ノ, ニ牛身ヲ受ク, ニ物價ヲ合理的ニ調整スルヲ得ベシ, ニ物價騰貴ニ至ル恐アル時, ニ物理ニテモ心理ニテモ大顱, ニ特ニ注意ヲ要, ニ狂亂狼狽スル者ニ完備セル建築圖ヲ求ム可ラザルハ, ニ独リ古キ櫃ドモ取出, ニ献ジ半右衛門ニ黄金一枚, ニ献ズルニ因テノ故ニ, ニ献ズ近代ハ江東ニ多ク, ニ献貢シタリシモノナルベシ古歌ニモ, ニ夢の, ニヲ友トセリ, ニヲ喚ン, ニ獨立ヲ考フベキ者ニ, ニ獨逸ノ投資, ニラル, ニ率ヒ由ラザルハナシ矣其ノ俗天下ニ女色, ニ王朝貴族ニ朝鮮人ノ血液ガ多量ナリト云フコトハ, ニ現代ヲ以テ東西文明, ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, ニ現出シ来ル鉄甲錚トシテ鳴リ金戈戞トシテ, ニ瑣細ナル事ニ就テ精微ナル理ヲ穿鑿スル, ニ瓔珞ヲカケ天衣ヲ風ニヒルガエシタ颯子, ニ甚シキ者ニテ譬ヘバ蜈蚣ヲ半, ニ生れ成長ニ及まで家兄, ニ生キテ逆転セザル妄想ヲ深, ニ生ジテ最肥大ナルハ茎太サ八九寸, ニ生ズル処ハ一筋ニシテフトシ末ニ枝多ク分レ下垂シテフサノ如シ, ニ生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, ニ生ズ形チ帯ノ如シ, ニ生ズ葉ハ手ノ如ク, ニ生ズ陸地ニ生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, ニ生ズ雨後ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, ニ生ズ高野ヘ至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草, ニ生ルレバ皆各其体質アリ, ニ生ル也茎ノ百重アルナリ, ニ生レテハ十歳ニモ成ヌレバ甲冑ヲ帯シ, ニ生レテ身ヲ農迹ニ, ニ生レ其ノ見, ニ生レ出デタルモノニシテ人格ト権利ヲ没却セラレテモ, ニ生レ四十一歳ニシテ來朝シ尋デ歸化シ姓名, ニ生レ幼時早ク我父母, ニ生ンダ我ガ子ノ督, ニ生存シテイテコノ颯子ノヨウナ女而モ彼女ノ義理, ニ生歿アリテ事情一変セリ故ニ更ニ遺言スルコト下, ニ生活スル限リ國家ノ至上權ニ於テ國家, ニ生芋ヲ入替, ニヲ鄙北ニ受ケ, ニ産シ形ヲ小, ニ産スルニ非ズ, ニられ国論, ニ用イルノミデ一般ニ普及シテイナイガ普通ノ手札型ノロールフィルムニ印画紙ガ, ニ用ハナイハズダガト思ッタトタンニハット驚イテ眼ヲ見, ニ用ヒ候為小ナル蒸気ナリ, ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再, ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再鏤スルノ勞, ニ用ベシト云コレヲ南部ニテ十和田ブキト云此根ヲ取, ニ用ユルヲ得ザル大々的不便ヲ其, ニ用事ヲ云イ付ケテ予ト巧ク打ツカルヨウニ豫メ仕組ンダノカモ知レナイ, ニ用向もあり, ニ田舎より登候ハバ, ニ由テ之ヲ観レバ忙ハ人生, ニ由テ国政ヲ議スルノ権ハ, ニ由テ容クルニアラスヤ然ラハ帝國, ニ由リ寒キ結果ハ雪, ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, ニ由リテ時代ヲ區別セリ, ニ由リテ石器時代人民ノ如何, ニ由リ其國治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, ニ由ルコトト見エタリ, ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, ニ由ル如ク見エ, ニ申シ上ゲテ先生ガ何ト仰ッシャルカ伺ッテ参リマショウ, ニ申セバ有リ得ベカラザル事ニ御座候日本ノコトハ知ラザルモ難産ヤ子宮患ナラ命ヲ救ヒクレタル医者ヲバ, ニ申上事なし, ニ申伏見之難, ニ申候ニ付而逗留仕居候, ニ申候金ハわづか, ニ申聞候処実御尤, ニ申送候, ニ申達然ニ壱万金, ニ男子ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, ニ男王卑彌弓呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, ニ画図ヲ引クヲ学ブベシ, ニ界ス三州ニ跨ルヲ以テ此名アリ字猿市ヨリ上八十八町以上同村中津川ニ属ス, ニ留学シ今後益々其, ニ留学スルモノ満支両国青年子弟, ニ留学セシ男ガアイリッシュノ若キ女, ニ留学セルハ周知ノ事実ナルカ近時, ニ留守ヲ預, ニ番頭ニ更ニ同宿セシモノニ注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, ニ異存ガナイバカリカ少クトモソレヲ面白ガル気持ガアルコトヲ認メタ, ニ異常ナ技巧, ニ異彩ヲ放, ニ異状ナ変化ガ起ッタノデアルラシイ, ニ畳マレル籐椅子ヲカツギ込ンデ来, ニ當ラシムルハ明白ニ不正不義ヲ殘シテ改造, ニヲツケテシマッタ, ニ痛イ時デナクテモイヽ痛イ, ニ痛クモ何トモゴザイマセンカラ御心配ナク, ニ痛ク觸ルヽ時ハ伸ビタル足ヲ縮ムルガ如キ, ニ痛ミヲ与, ニ痛メツケラレタ記憶ヲ持ツ人ニチガイナイ, ニ痛ンデ巧ク廻ラナイ, ニ痛嘆ニ堪ユヘケンヤ押川春浪, ニ痣蟹ラシキ人物ノ徘徊セル, ニ瘠セテ以テ独リ吾レヲ肥サントス, ニ発揚スルニ足ルベキモノト為サント欲スルニ在ルヲ以テ, ニ発生シタ灌園がやつり, ニ発砲シタルニ依ツテ羽津光明寺ニ謹慎, ニ発達シテ野氷ヲ形成ス, ニ登ツテ酔ヲ買ハント欲スルモノ若シ特ニ某隊中, ニ登山ヲ開始セリ, ニ登校兒童ノタメニ毎朝母ヲ勞苦セシメザルコトナリ, ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, ニ發源シ更ニ現代ニ復興シテ漲溢シツツアル國民的, ニ發足スル者ナリト見ルベシ, ニ發達スルモ公共的生産ガ國民生活ノ全部, ニ白イレースノ手袋ヲ篏メ, ニ白イ紙ヲ伸バシテ傍カラパタ, ニ白人ノ新, ニ白粉ヲ塗ッテ貰イタイ, ニ白金懐炉ヲ二箇所グライ, ニ白魚ガ泳イデタ時代ノアルコトヲ知ラナイ奴等ノ仕種, ニ百二十両もなけれ, ニ百倍スル如ク屡バ他人, ニ百利アリト假想スルモ存置セシムベキ除外例ニ非ズ, ニ百姓共ハ農事ヲ怠, ニ百里ナリとお, ニ百難ヲ与, ニ当セル法令, ニ皆無ナリキ而シテ土人ヨリ分与受ケタル玉蜀黍ノミガ成功シコレニヨツテ僅カニ主食ヲ備, ニ皇女ヲ降嫁セシメタル政略的, ニ盈ツルヲ, ニ益アリ是レ書ヲ以テ家屋ト為ズシテ書, ニ益スルナシ是レ書ヲ以テ我, ニ益母草苗也今名めはじき, ニ盍簪相娯ムヲ得レバ吾徒復タ何ゾ汝ヲ怨ミ汝, ニ盗ミ読ミシテイルト否トニカカワラズシテイルモノト考エテ間接ニ彼女ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, ニなる事, ニ盛テ以テ珍ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, ニ盡キズシテ感覺ニテ知リ記性ニテ認メタル物ニ就テ其源由ヲ推ス上ニ, ニ監禁セラレタル予ノ案内人, ニ目おつけ又長崎, ニ目録ニハ御, ニ直線ヲ引キ, ニ相会百万の兵馬唯意, ニ相候はずの御事ニ候, ニ相分レテ英國艦隊ヲ本, ニ相叶候品何なり共被, ニ相妨ゲズ以テ一身ノ幸福, ニ相当ナル資産アリテ生活費ニ充ツルコトヲ得, ニ相待と申, ニ相應給スルコト能ハザルニ在リ, ニ相成れバ此人も, ニ相手ニシテクレナイコンナ有様デ生, ニ相振舞之間八人方よりは不, ニ相掛候事なれば, ニ相等シイのと同じ, ニ相談仕候所, ニ相談シ大体月ニ一回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, ニ相達拝見仕候, ニ相違ナシト考フ昨年学友某亦, ニ看護婦ノ必要ガ起ルト, ニッ青ニナッテ階段, ニ眠ッテイル私ハア, ニ眩暈ヲ覚ユ, ニヲ蔽ヒテ何ノ所謂科學的ゾ, ニ眼ガ覚メ耐エ難イノデ佐々木, ニ眼ダケノ故障デナクモット致命的ナトコロニ病源ガアルヨウナ気ガシテ行クノガ恐クモアル, ニて其上, ニ着イタノヨ, ニ着キタルトキ童僕戯レニ抛ツテ天王寺堂前, ニ着セラレ御宿村司嘉慶泊リ御前足ニ国, ニ着手スル所以ハ無智ト事情不通トノ爲メニ日本内地ト同時ニ着手スルトキハ, ニ着物ニハ附ケナイ朱墨ヲ塗ルノハ君, ニ着船仕候, ニ瞑目シテ腮髯ヲ抜クニ用ヒタルモノナリ, ニ瞬時雌伏スルニ過ギズ, ニ瞭然一閲スル者此ニ粲然, ニ矢鱈ニ見付カルモノデハナイ現ニ, ニノ元, ニ知ラセズニ彫ラセルコトガ出来ル, ニ知ラヌ顔シテ居タラ直ニオレガ, ニ知リ且又之ヲ結構, ニ知ルベシ此ノ四菩薩, ニ知ル事能ハズト雖モ北海道ト本州ノ大, ニ知識ヲ得, ニ知識ト適用トヲ蓄積スルニ在ル耳ナラズ, ニナリト雖ドモ必ズ然, ニ短刀ヲ女房, ニ短柱ヲ具, ニ短調第三番ハ長調, ニヲ蹈ンデイル時トハ限ラナイ, ニ石炭ヲ投ゲ込マセタ, ニヲ降, ニ確立セラレタル関係ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, ニ示サルル如ク印度ニ起リタル亞細亞文明ハ世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, ニ示サレタル原理ガ國家ノ權利, ニル, ニ神州之大事此時, ニ神様カ佛様ガアルトスレバ颯子ヲ措イテ, ニ神経質ニ大事ヲ取, ニリヲ, ニ禍スル者ト謂フモ亦タ不可ナル莫ランカ, ニ福田扇馬殿印藤猪荻野隣羽仁常諸兄御出崎, ニ私ニ非レバ, ニ私ニ交易場を開キ, ニ私ハ近ゴロ原稿ヲ書クニモ手紙ヲシタタメルニモヒラガナトイウモノヲ使ツタコトガナイ, ニ私儀此頃老主人, ニ私共長崎へ帰りたれ, ニ私兵ヲ養ヒテ私利私欲, ニ私十一月廿四日浪華出帆同廿六夕上, ニ私方にも唯今長府馬関, ニ私有財産限度以下ニ於テ所有權ニ伴フ權利トシテ賠償ヲ得, ニ私用セラルルコトト同ジ, ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, ニ租借地ヲ得, ニ移り鞆の港ニ上陸ス, ニ移シ御帰国, ニ移シタモノデ活字ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, ニ移シ以テ土地民有制ヲ取, ニ移シ加フルヲ得, ニ移ス方法如何デアル, ニ移リソコモ大地震, ニ移リテ今尚ホ其血統, ニ移リ住ム呉派ノ第, ニ移ル頃ノ代表的, ニ移レル事業ヲ其人ニ經營セシムル手腕發揮, ニ移住シタル者ハ居住三年ノ後, ニ移住シ居住スルホドノ者ハ大體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ, ニ稜アリコヽニテ厚サ五分上下共ニ端円ニシテ首尾同ジ, ニヲ播シテ何処ヨリモ, ニ稽古致し候, ニ積ミ重ネタ悪事, ニ積極的デアル彼女, ニヲ穿チ, ニ突入セリ噴射機関等ニマッタク異状ナキニモカカワラズ速度計ハ零, ニ突如素ッ破, ニ突然ト左, ニ竊ニ大兄に言, ニ立チシガ故ナリ, ニ立チテ史ヲ繙キツツ当時, ニ立チテ此等ニ尚武的價値ヲ求ムルニ及バズ, ニ立チマスノデツイツイ遠クカラ拝見シテイルトイウヨウナコトデ, ニ立ッテイテ庭カラスグニ離レ座敷ヘ案内シ, ニ立ッテ拓本ヲ製作シテイルトコロヲ, ニ立ツヲ要, ニ立ツ者ノ挙動ナランヤ, ニ立ツ能ハズシテ彼ノ從屬的現状, ニ立テル法律ヲ制定スベシ, ニ立替エタ故ダ, ニ立派ナ心ガケト云ハナケレバナラナイ, ニ立脚シタルガ故ニ, ニ立至リ候得, ニ立花氏の西遊記, ニ竜神大明神社ヲ勧請ス, ニ端々普請掃除ヲ申シツケ, ニ端円ニシテ首尾同ジ, ニが渡し, ニ笑フベシ性水ヲ澆ゲバ能ク活スルコトヲ知ラザレバナリ, ニ符号ス此ニ相違ナシト考フ昨年学友某亦, ニヲ揮フトキ蝋燭立トスベシ, ニ筆とりひとのなれ, ニ筆墨ヲ弄シテ日ニ数千百字, ニ等シイ場合悪イ性質, ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, ニ筑紫ヘ坂東サ, ニヘ我等ガ, ニ答ヘント欲ス而シテ余ヤ素ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, ニ算盤ヲ弾カセテイルコトモアルガ, ニ篏メテ見タイ, ニ篏メテイラシッタノガハッキリ見エタ, ニ籠ッテイル時ハタマラナイ倦怠ヲ覚エル一面, ニイグリーンノ縦縞, ニ然, ニ精力ヲ消耗シ尽シ, ニ糯米飯ヲ以テ搗爛シ, ニ紅茶ヲ啜, ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル故ト云ハ, ニ納メテ何事モ起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ去ル, ニ納メ尾瀬院殿大相居士ト号ス則チ文ハ宮ノ御, ニ納付シテ賠償ノ交付, ニ納付スルヲ欲セザル目的ヲ以テ, ニ紛レテ脱出セヨ, ニ紛紜ヲ起サセテ, ニ累セラレテ鮮人ニ先ヅ參政權ヲ與ヘテ政治的訓練ヲナスベシト考フルハ, ニ細長イ畫面デ, ニ紹介スルノ利アルヲ知リ淺劣, ニ終ル思ニ出デテ不思ニ, ニヲ擁シ右手ニ撥, ニ組ミ合ワサセテ脚気ノ検査ヲシテイルガ, ニ組織シタル事ニサヘモ相應スルコト能ハズ, ニ結ンデおったる, ニ結婚シ結婚後ナオ避妊ガ可能ナル時ハ為シ得ル限リノ手段ヲ取, ニ結跏趺坐シテイルガコノ勢至菩薩ハ女性ラシク両膝ヲ揃エテ, ニ絡ミ着イタヾケデ転ンデ大, ニ絡ンデ云ウ, ニ給付シ年賦金ヲ以テ其所有タラシム, ニ給料ヲ受ケズ, ニヲ見, ニ絶シタル厳メシサナリキ中ニハ干鰯俵, ニ絶倫ナ妻ニ対抗シテイル次第ダガ, ニ絶聳スレバナリ雖然是レ今時ニ在テ, ニ經濟上ヨリ人ノ國家, ニ經濟的私兵ヲ養ヒテ相殺傷シツヽアル今, ニ經濟的諸侯政治ヲ築, ニ經驗ヲ得タル官吏, ニ綿帽子ヲ載, ニ緑陰幽草, ニ線香立テノ穴ト手向ケノ水ヲ供エル穴トヲ穿ッテアルアノ形式, ニ締メテ垂レヲ普通ヨリ長イ目ニ垂ラシテイル, ニ編ミテ舟ヲ作り, ニ編笠ヲ付ケ槍ノ上手, ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, ニ縮ミ入ル, ニデ思慮, ニ續出シタル舊キ哲人等ノ誤謬, ニ纏ッテイルモノヲ悉ク剥ギ取リ, ニ纏頭ヲ他, ニ罪深イ, ニ置イトカレルト骨ニナッテカラモ始終アッチコッチヘ逃ゲ回ラナケレバナラナイ, ニ置カズ天下無敵ノ全勝將軍トシテ支那ニ臨ムベシ, ニ置カレテイタ期間ハモノノ二三十分ニ過ギズ, ニ置キテ室内第一, ニ置キ蒸シ熟シ晒シ乾セバ蔵スルコト久フシテ壊レズ備テ道糧ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, ニ置ク可カラザルナリ是レ洋籍ノ結構, ニ置ケドモ猶木片, ニ置テソノ才智ヲ計, ニ罹りて瀕死, ニ羅紗羽織ヲ着, ニ羅馬ヲ天火ニ亡シタル一面, ニ美シイ同程度ニ予, ニ美酒一杯ヲ飲マセ, ニ疑出態シケルニ, ニ群衆ニ紛レテ脱出セヨ, ニ群集シテ我州民ヲ煩, ニヲ結ンダ仲デアルガ, ニ義歯ヲ外シテカラ鏡, ニ義眼ヲ入, ニ羽毛宝玉冠ヲ載, ニ羽翼ヲ生, ニ習ヒ現今山頭ニ在ツテ務職ニ任ズ, ニ老親ヲ負, ニヘ心ニ徴シテ書ニ参シ必シモ書, ニ考エテスレバヨカッタ博士自身ガ神経過敏ニナッテイタノガイケナカッタノダト云ウ点デハ二人ノ意見ガ一致スル, ニ考ヘザレバ則点一ニ帰スルナク貿貿乎トシテ霧中ニ在リ遂ニ植学, ニ考察シタ文章ヲ他, ニ者世界之公法トハ幕府, ニ而ハ余程六ヶ敷ク, ニ而困入申候, ニ而小弟の危難, ニ而引取り而は又, ニ而御国御重役, ニ而御定約申兼候, ニ而手銃一千廷買求芸州蒸気船をかり, ニ而格別はぢ申事ハ, ニ而読上候ヘバ廿五日夜のところ, ニ而邂逅道理ヲ知ルトイヘトモ, ニ耕シ苟モ生命ヲ乱世ニ, ニ聞イタラソノ通リダト云ウカラ大キニ, ニ聞イタラ旦那ハ水戸ノ御, ニ聞イタンデスガアメリカンファーマシイニ神経痛ノ薬デドルシント云ウノガアルソウデス, ニ聞イタ兼ガ遠州, ニ聞イテ見ル, ニ聞エ且婦女子ニ於テハ驚キ怖ルル者, ニ聞カナイトワカラナイガ多分直線ノホウガヨリ, ニ聞キニ行ッテ戻ッテ, ニ聞クニオノシガ出過ギタコトヲイウトハ失礼ダト, ニ聞ク越前侯は廿八日国, ニ聞コエ判読不能ノ意, ニヘ南辺根利村ニ属ス, ニ聳チ一切前景ヲ遮, ニ職業辯護人ト限ラルルガ爲メニ被告ノ平常, ニ聽テ聲ヲ知リ, ニ育ッタ彼女ハ今日モナオ時代オクレナ舊道徳ヲ重, ニ育テラレソレハソレトシテはんさむナ, ニ育兒ヲ講義スル如キ, ニヲ向, ニ背カズ前ニモ二三度杖, ニ背クヲ禁ズル革命論ノ多, ニ背中ヲ向, ニ背反セルコトハ英語ヲ譯シ漢文, ニ通じ居り候もの, ニイ癖ニ本心ハヒネクレテ薄情極, ニ脱線セシメテ相犯サザル各自ノ自由, ニ脳卒中デ死ヌンジャナイカ, ニ腰カケテ治療ヲ施ス, ニヲ屈シテ恬然タリ, ニ臥セル所ヘ方術, ニ臨ミテ之ヲ奇貨トシ, ニ臨ミ槊ヲ横タヘテ詩, ニ臨ミ泣血頓首シテ書ヲ主君明公, ニ臨ミ生疎施スナク, ニ臨ムモノアラバ神風トナツテ之ヲ禦グベシト, ニ臨ムヤ民政ヲ旨トシ, ニ臨ム時明治大帝ハ何ノ爲メニ日露, ニ臨ンテ賀古君ノ一筆, ニ自主自尊自得自若自主宰, ニ自他彼此大小高級ヲ差別シタリ, ニ自分ガ腕白盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, ニ自分一人デ考エルノガ楽シミデモアッタ, ニ自動車ヲ呼ン, ニ自己ヲ證明シ辯護シ得ベキ知己友人其他, ニ自己ガ問題外ナル傭兵制ナリト云フノ理由ヲ以テ, ニ自然ヲ友トシ, ニ自然部分的ニトコロドコロヲ見タ, ニ自生シ根形狭長五六尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, ニ自由ヲ与, ニ自由ナリト認ムル能ハザルコトハ戀愛ナルガ故ニ自由ナリト認ムル能ハザルト, ニ自由ナリト認ムル能ハザルト同ジキ意味ト程度ニ於テ, ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, ニ至る頃初, ニ至ッテ始メテ生キ甲斐ヲ見, ニ至ッテ孑遺無ケン, ニ至ツテハ幸ニ吾常勝軍ニ従フニ依ツテ徒ニ行李, ニ至ツテ政道ハ紊レ起居ハ王侯ヲ模ス, ニ至ツテ松葉屋某ナル者魁主トナリ, ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, ニ至テハ百幅中ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, ニ至テハ随在之, ニ至テモ富ヲ有, ニ至テ世界列強ガ戰爭ヲ開始セントスルトキ悉ク自他, ニ至テ最高ク湖面不断ニ光ヲ発シ, ニ至テ茎頂ニ淡紫花, ニ至ラザル時九年一月發賣頒布ヲ禁ゼラル, ニ至ラスト云フ意味ニ非ズ, ニ至ラバ則チ後生ニ至テ新理, ニ至ランニ海陸トモニサバカリ多クノ月日, ニ至リテ漸ク眞ニ融合統一シタル, ニ至リテハ古式ヲ按ジテ, ニ至リテハ殊ニ甚シキ者ニテ譬ヘバ蜈蚣ヲ半, ニ至リテ彼等ハ日本人ニハ非ザルモノノ如キコト判明セリ, ニ至リテ直右衛門ニ書テ与ヘバ, ニ至リテ風吹キとか天候, ニ至リ信濃上野国界ヲナシ, ニ至リ官復許シテ之ヲ興ス, ニ至リ心意開發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, ニ至リ杖ヲモッテ一死野狐ヲ挑出シ, ニ至ルニ吉井幸助もまち, ニ至ルノ間既ニ五臓モ凍断セントシタリ, ニ至ルマデ各其餌食, ニ至ルマデ一切秘密無ク交際シタル友ハ賀古鶴所君ナリコヽニ死ニ臨ンテ賀古君, ニ至ルマデ丁寧ニ刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, ニ至ルマデ内外人ノ覧閲, ニ至ルマデ悉ク其由來ヲ踪跡スレバ, ニ至ルマデ死ヲ喜ビ斬罪, ニ至ルマデ連綿トシテ絶タルコト無シ, ニ至ルモ未タ, ニ至ル二里半の道標, ニ至ル其需用亦彼ニ, ニ至ル線ガ外側ヘ曲ッテイテ, ニ至ル者ト見エ, ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, ニ至ル西の端町入江和作, ニ至レバ総テ剣法ヲ学ビ, ニ致シマスガ天下ノ評定所, ニ致候事ができず, ニ臻リ毒流四方ニ氾濫シ毒屑ノ浸潤スルノ処茨城, ニ與ヘツツアル害毒ハ英國人ガ支那人ヲ亡國民タラシメタル阿片輸入ト, ニ與ヘラレタル現實, ニ興味付ケタル者トシ從來ノ直, ニメラレタミタイデ一日気持ガ悪, ニ舶来ス可キ理無キヲ熟考セ, ニの求め, ニ船一条甚因循のよし, ニ芙蓉ヲ仰, ニ花候ニ当テハ輪蹄陸続トシテ文士雅流俗子婦女, ニクハナシトハ下界人間共ノ, ニ苦シムノ余民ヲ塗炭ニ救ヒ, ニ苦シム國語ヲ比較的, ニ苦シメラルルコトアリ依ツテココニ茅屋, ニ英兵ニ敗ラレツツ幾年ヲ經過シタル後, ニ英國ヲ第, ニ英國艦隊全部ヲ本, ニ英語ヲ課シ來レル慣習, ニ范蠡ナキニシモ非ズ, ニ莫大ナル費用ヲ投シテ外国留学生, ニ菩薩ヲ刻ムダケノ, ニ華観ヲ立テ飛閣ヲ西城ニ連ヌ, ニ萬能ノ藥品ナキニ係ラズ政治學ニ參政權, ニ落シテスタンドヲ消, ニ落スト次ニ浴室カラコップニ水, ニ落スノヲ見, ニ落チテ朝三ノ食秋風ニ, ニ落城と承り, ニ隠レテ, ニ葉モ花ラシキ者モナキ寄生品ヲ見, ニ葉山デ泳イデ来タト云ウ, ニ葉緑素入リコールゲート, ニシク國民ノ, ニ著シク或ハ陷穽ヲ作リ, ニヲ送, ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, ニ葷素ノ別, ニク, ニ蒸焼サレタル芋ハ蓋ヲ取去, ニヲ張ラズ, ニ蓋ニ保温室ヲ設クルコトニヨリ, ニ蓮池ヲ抱ク, ニ蔵メ蠹ヲ辟ク, ニ薄片多シ, ニ虎ガ出テ袴ヲハイテ座敷ヘ通シ, ニ虐待ヲ加フルト, ニヲ突カレタアトノ心, ニ虚偽ガアルカ否カハ自然明ラカニナルデアロウ, ニ蜻蛉石線彫阿弥陀三尊石佛, ニ融合統一シタル全世界史, ニ螢光燈ヲ二階, ニ蟄居シ慎ミ在ルベキコト, ニ蟋蟀ガ鳴クコトハアルガ, ニは月下, ニヲ流, ニ衆ニシタガッテ法ヲキク, ニ衆議院議員ノ被, ニ行けバはからず, ニ行カナイ触ラレタ傍カラ, ニ行カムト欲スルガ如キモ行カムト欲シテ其方向ヲ定, ニ行カレルトアトハ乱脈ニナルカラ一両年居テクレロト云ウカラ居タガ人ノコトハ修メテモオレガ内ガ修マラヌカラ困ッテイタラ, ニ行キ把手ヲ廻シテミル, ニ行キ東大寺新薬師寺, ニ行キ面ト向ッテ先ズ顎附, ニ行クカラ浄吉モ来ラレタラ来ルヨウニ云ワセル, ニ行クト云ッテ三人デ出, ニ行クホド暑クナリマス, ニ行クンデ和尚サント懇意ダモンデスカラ, ニ行ク小南朝日奈出間ト同クス, ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, ニ行ケバ華ガ無事ニ一夜ヲ人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, ニ行ッタラソノ時オレガ思ウニハ九州者ノ二三年先ニ江戸ニ来タトイッテモ, ニ行ッタ晩馬道デ喧嘩ヲシテ, ニ行ッテカラ今マデ一度モコンナ話, ニ行ッテ血壓ノ検査ヲシテ貰ウ, ニ行ツタケイ馬ハ面白イ馬場ノムカフガワニ馬ガ行ツタ時ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, ニ行ハルルヲ忘却スル横暴ナル行爲ヲ禁ジ, ニ行ハレタル時代有リシ事ハ古ヨリ人, ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ之ヲ施行スルノ全権アリ, ニ行ワレテイル長方形ノノッペラボウノ石ノ表面ニ戒名, ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, ニ行合ハセ別ニノゾカザリシモ, ニ行合幸御一家, ニ行老侯ニ謁し候所, ニ行高柳来ル, ニなく御願, ニ表現ノ苦心尋常ニアラズ, ニ表裏アルヲ見, ニセテアッタ黒イ布ノ, ニヲ左ニセン, ニ補セラレ尋デ公議院, ニ裸体ヲ見, ニ裹ミ鉄杵ヲ以テ徐徐ニ, ニヲ正, ニ襲ハレテ一ニ歐洲諸國, ニ西ヘ指, ニ西洋飾リノ門松ト詠フル如ク緑葉ヲ以テ柱, ニ西長安ニ入ッテ日延ニ, ニ西風来ツテ吹キ懸余多, ニ見付カルモノデハナイ現ニ, ニ見立テ而カモ蛇苺ノヤウニ土ヲ這ツテ居ルトコロカラヤガテ土針ト呼ンダノデアラウ, ニ視テ色ヲ知リ, ニ親切ニハ助ケテクレナイ, ニ親愛ヲモツ君ノ父ヨリ, ニ親指ヲ立テテ拳固ヲ握, ニ観察シタ上デ, ニ観察シテ之ヲ記ス可シ, ニ観音左ニ勢至ノ二脇侍立像ガ侍立シテイテ, ニ見セテ戴キマショウ, ニ角アンナニ大キクナッタノハ飼イニクイモンダゼ, ニ角予ハ助六, ニ角京都ニ埋メテ貰エバ東京, ニ解散スル今カラ浜作ヘイラッシャレバ, ニ觸ルヽ時忽チ目ヲ塞グハ, ニ言フ所ノ木蘭舟ハ, ニ言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ刻ミ七里洲中ニ, ニ言及スル積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, ニ託セド君家未ダ兵馬, ニ記し候もの, ニ記シアリし故, ニ記スベキモノナク専ラ暴政ヲ以テ我諸州, ニ記如ク上野衆北条ト一味故, ニ訪ウタノハイツノコトデアッタカ殆ド記憶ガナイ, ニ設ケテ人民ノ議論, ニ設定セラレタル地上權ヨリ利得ヲ計, ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ表, ニ許サレタモ同然デアルト考エルニ至ルカモ知レナイ, ニ訴エルコト再三ニ及ンダラシイガ, ニ訴フルヤ又却テ米國, ニ訴ヘテ不正義ナル現状, ニ訴ヘテ國際的劃定線ノ不, ニ訴出ベキ所上モナク恐多キ儀, ニ証明サレルガナオソレニツイテイササカインチキナガラ力学的ニ考察シタ文章ヲ他, ニ評價セル神學者的要求ニ發足スル者ナリト見ルベシ, ニルモノヲ乗セタルガ為メニ更ニ転生シテ第, ニとせり, ニ試シ斬リヲ行フコト珍シカラズ, ニ試ミテミタイトイウ好奇心ニ果シテイツマデ抗シ得タデアロウカ, ニ試ミ一回ノ失敗モナク成功シテイルカラ, ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線ヲ以テ敵, ニヲ題スレバ, ニ話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, ニ話シテ見マショウ, ニ該リ予審ヲ経ザル事件ハ金百五十円トス, ニ該事業ヲ健確ニ支持スベシ, ニ詳報方船長ニ向ケ打電同時ニ別掲容態表並ニ乗組船医二名, ニ詳記シ且別紙図面ニ付説明セル如ク略ボ腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, ニ認メテ而モ二十世紀ニ至リテ漸ク眞ニ融合統一シタル, ニ認メラルベキ勞働者ノ特權ニ, ニ認メ得タル者ナルコトヲ知ル上ニ在リ, ニ認候事ども御直, ニ認候間はたしてわかりかね, ニ誘ウト称シテ連レ出シニ来十一時過ギテモ, ニ誘ウ文高津君ノ悔ミノ文ナドヲ凌駕スルコトト思召シ下サイ, ニ語ラヒ何トスルヤト問フニ彼サシテ分別ニ惑フ態モナクソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニ仕ルガ, ニ誠になげくべき事ハ, ニ説ク如ク日本ハ最モ, ニ説ク形状ハ高野ノ万年グサ物理小識, ニ説明シタル所ヲ移シテ, ニ説明シ盡シタルハ人ノ知ル如シ, ニ説述シタ吾ガ田内整形手術ガ全世界ニ普及セラレタル暁ニハ, ニ読マレテハ困ルカラ手提金庫ニ, ニ読ンデ兄, ニ誰々サンノ所ノ老人ハ, ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, ニ誰ニモ見セナイデスベテヲ君自身デシテクレタマエ, ニ課シテ何ノ便不便ゾ, ニ課罰スル別個重大精密ナル法律ヲ制定スル所以ナリ, ニ談判ニてかた付申候, ニ論ナク皆悉ク, ニ論議時代ニ非ザルナリ, ニ遺跡, ニ諸人ハ竹島行の事共ハ, ニ諸所ノコン意, ニ謂ヘラク古物ヲ愛玩スルハ本邦及ビ支那, ニ謠曲ヲ課セザレバ不可, ニ謹慎仰付候ニモ, ニ浅く加, ニ議論ヲ闘ハシタリ, ニ譲渡仕候段, ニ變形シタル依然タル巨富, ニヲ復スルヲ以テ, ニ讓歩スルトキ成ルベク長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, ニ豫備運動ヲ行イ, ニ豫言サレツツアル基督ノ再現トハ實ニ, ニ負荷セシメザル所以ハ愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ故ニ, ニ財産取得編中第十三章及第十四章, ニ貧乏ニナルシ仕方ガ無イカラ妙見宮ヘムリノ願, ニ貧困ナル老親ヲ扶養セシムルハ歐米, ニ貧富地ヲ易, ニ販売仕候, ニル, ニ取テ三ニ, ニ責ムルハ敢テ望ム所ニ非ズト雖ドモ, ニ貴重ノ光陰, ニ買ッテヤルンジャナイ大事ナ嫁ニ宝石ヲ買ッテヤルンダ, ニ費スコトガ多ク, ニ貿易上ノ利益, ニ出サントスル現, ニ質サンガ為メコヽニ会同シテ州内良民ノ名, ニ質子ヲ送, ニ赤イ細イ血管ガ異様ニ幾筋モ, ニ赦サルル將軍ハ日本ノ最, ニ赴カシメ自ラ守ルヲ虚シュウスルハ長計ニ, ニ起キタ時急激ナ動作, ニ起キ顔ヲ洗ヒ飯ヲタベ, ニ起リタル亞細亞文明ハ世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天ノ保存シタル者, ニ起リタル日清戰爭及ビ滿洲ニ來タレル露西亞ガ其ヲ侵略セントセシガタメニ, ニ起ル疑惑ハ事業家ノ奮鬪心, ニサレザルハ難シ, ニ超然タルヲ得, ニ越前行は今, ニヲ成ス, ニ趣アルヲ覚ユ, ニ趣味有ルモノヲ擧グレバ次ノ如シ, ニ足ガカスカニ触レテイルクライ, ニ足ラズ頭ハ蝦ニ似テ, ニ跡一発限りとなり, ニノ突起ガ目立タナイノガ自慢ナノデアル, ニ躍進セル現代日本ヨリ視ル時單ニ分科的價値ヲ有, ニ身ナリガ悪イト融通ガ出来ヌ, ニ身ニシムヤウニ聞ユルハ御謀反, ニ致し将軍家, ニ転ジタ是レハ全ク中村先生ガ学術ニ忠実ニ情誼ニ, ニ転ジテ十一年ヲココニ送リタリキ, ニ転ジテ真ノ沢山, ニ転勤ニ付至急谷山本部ニ帰投サレ度, ニ転嫁シテ実ハ其, ニ転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, ニ輸出卸値ト同様多少ニ, ニ辛ウジテ獨逸ヲ防止スルヲ得タル佛蘭西ガ, ニ辛棒シテオリマシタガ無論ドットネテイルトイウデハアリマセズ, ニ辞退セズデハ御馳走ニナリマスト云ッテ坐リ込ンダ, ニ辟易畏避セザルヲ得ズ, ニ農業神話或は産業神話, ニイクラノ, ニ迎エヲヨコシタカラ茶屋ヘ行ッテ, ニ近々軽井沢ニ行ク豫定, ニ近世諸大家ト雖ドモ, ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, ニ近前スル其罪実, ニ近親共ガ来テ相談シテオレニ当分林町ニ居テクレロト云ウカラ毎晩毎晩泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, ニ迫レル支那ト英國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, ニ迫レル露軍ノ爲メニ巴里占領, ニ迷惑ヲカケルコトハ当今ノ流行デアツテ何モ私, ニ送らんと記せし, ニ送り候道にて, ニ送りし状の, ニ送達尚御, ニ逃げるよ俺, ニ逃居シテ財産ノ安固, ニ逍遥シ荒原田野ニ徘徊スルハ是レ此学ニ従事スルモノヽ大ニ忽ニス可ラザル所ニシテ, ニ透キ徹ッテイルヨウニ見エル, ニ逗留シテオリマシタ昨夜帰宅イタシマシタバカリデ今マタ東京, ニ通じ候もの, ニ通ジ殊ニハ又自己, ニ通ズル者ヲ以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ, ニ通ッタノダ四十二ニナッテ初メテ人倫, ニ通リカカルヤ一大驚異ヲ発見セリ, ニ通俗政治家ノ標本タル, ニ造ル事無シ, ニ逢ウタラ鰹節一本贈ルナドトイウテ居タガ, ニ逢ヒタル乎ト五体ヲ地ニ擲チ, ニ逢フ応ニ是秋胡ヲ想フベシ, ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, ニ逢フ毎ニ再ビ前時ニ認メ得タル者ナルコトヲ知ル上ニ, ニ連ツテ平カナリ, ニ連ツテ風露香ヲ送, ニ連リテ三峰山ニ接シ甲斐国界ヲナシ, ニ連レテ行ケト云ッタラ聞済マシテ連レテ行クツモリニナッタラ正之助ヘ供先ノコトヲイロイロト教エテ, ニ連兼候所よりの事ニ御座候, ニ奉セラル, ニ進ミて馬上ニ, ニ進ム故今日, ニ進ムノ勢ヲ抑, ニ進出シテ防備ヲ試ミントスル軍閥, ニ進長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, ニチ少, ニ遇ヘバ即チ土, ニ遇ヘバ則チ開ク宜シク, ニ遊びし頃, ニ遊び候事を思ひ, ニ遊ビ古廟, ニ遊ビシ時該撒ノ故, ニ遊ビ女子ガ長刀鎖鎌ヲ戲ルルハ其興味ニ於テ, ニ遊ベリ本ハ三羽ナリ, ニ運試シヲシテ見テモヨクハナイカ, ニ運転サセテクーパート相乗リデ街ヲ乗リ廻シタリソコラヲ曳ッ張ッテ歩イタリシタノデ若奥様ハ経, ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人ヲ指サズ我ヨリ先ニ, ニ達し候ことをしらせぬ, ニ達し置度事も在, ニ達シタル後ハ此限ニ在ラス, ニ達シ魚族斃死シ田園荒廃シ数十万ノ人民産, ニ達スルタメニハ如何ナル犠牲ヲモ辞スルナ, ニ達スルマデソノ間ニハ女児ヲ一人分娩シナガラヨクモソノ皮膚ニ, ニ達スルマデハ肛門周囲炎ノ手術, ニ達スル爆弾ヲ装填シアルモノニシテ, ニ達セし人, ニ達セザル國民權ヲ此, ニ達セザル者ト雖モ此ノ新, ニ違イナイカラワシガアヤマッタト云ウカラサヨウナラ大兄ヘ手紙, ニ違ハズ塀越シノ槍長柄ニテ大イニ利, ニ違フ者ハ断然征討ス, ニ違反シテ雇傭シタル者ハ重大ナル罰金又ハ體刑ニ處ス, ニ違反セル文字ニ非ルハ論ナシ, ニク聴クベシ, ニ遠近ナシ但シ出ヅベキ処ニ遇ヘバ, ニル性アリ, ニ適セザルカ彼等ノ携, ニ適宜ニ組織シタル事ニサヘモ相應スルコト能ハズ, ニ適応スルモノニ至リテハ殆ト皆無ニ近キ現状ナリ蓋シ従来本邦ニ留学スルモノ, ニ遭セラレルヤ妃弟橘媛命ハ竜神ニ祷リ, ニ遭遇シタル時國民ノ不安騷亂, ニ遭遇シテ其梓行ヲ停止シ此ニ, ニ選ビ調整ノコト, ニ選レテ衆議院議員トナルヤ第二議会, ニ選レテ衆議院議員ト為ルヤ第二期議会, ニシ保存シテ同, ニ遺棄セラレタル兒童亦同, ニ遺物ノ散在スル所, ニ遺言スルコト下ノ如シ, ニ邇言取ルニ足ラズト云ガ如キニ至テハ我, ニ邪気を払った, ニ邪魔者ガイルコトハイルガ何カ月ブリカデ颯子ト席ヲ並ベルコトガ出来タコト, ニヲ銀坑洞ト称シ, ニ都留郡福地郷之上村トアリ又鳥沢, ニヲ仕込ンダノハ僕ダガ, ニ酒家ニ入ルマジキ事, ニ酔ッテ居オッテ西久保デ百万石モ持ッタツモリヲシ, ニ酷似スルヨウニシナイコトダボンヤリト彼女ノ感ジヲ匂ワセルヨウニスルコトダ, ニ酸甜ノ異, ニ采リ得テ青ク籠ニ満ツ, ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, ニ里人ニ問エバ此陵ハ諸葛武侯ガ造ル所ノモノナリト曰ウ, ニ重刑ヲ課スルモ幾寓人, ニ重大ナ場合デアルカラ, ニ重役も何分, ニ重役ニ当ッタガ, ニ重臣一同浪花ヨリ分散, ニ重要ノ点, ニ野心ヲ包藏ストナシテ敵味方, ニ野狐ヲ脱, ニ鉱毒事件ニ就テ御尽力下サレツツアル事, ニヲ擬シテ立チ防ガリタル一団アリ, ニヲ乞ヒ百銭ニ一銭モ受ケ落スト云フコトナシ, ニ銭切ニ而困入申候, ニヲ懸, ニ鎌倉中期カラ後期ニ移ル頃ノ代表的, ニ鎭壓軍ヲ輸送セシムルナラバ其, ニヲ支エタ, ニ鑑ミ本邦ニ於テ之ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学, ニ鑑ミ茲ニ国際学友会ヲ組織シテ, ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, ニ長ジテ思索發明ニ短ナリト雖ドモ, ニ長ズルノ人主ト謂フベク, ニ長ズル者ヲ雇ヒ, ニ長ズ發明思索ハ長ズル所ニ非ズト謂ハシムルニ至ル, ニ長州ハ曽てより, ニ長調のロンド, ニ門戸閉鎖ノ有力ナル一理由ナリ, ニ閉ジ籠ッテイテ方々家ノ中, ニ開ク者ヲ以テ巨擘トナス, ニ開明ニ進ム故今日, ニ間ニ合ワナイ善ハ急ゲッテ云イマスカラネ, ニ間違も出来, ニ関シ総指揮官部, ニ関シテノ妄想ノ数々バカリデアル, ニ関シテハ五十六歳ノ今日ニ至ッテ始メテ生キ甲斐, ニ関シ姉ノ指揮, ニ関スル施設如何ニヨリ将来益々増加セムトスルノ趨勢ニアリ外国青年子弟, ニ関スル知識等々デ彼ヤ彼女等, ニ関スル記載ガ頻繁ニ現ワレルヨウニナレバ, ニ関スル詳細ハ本社又ハ現地事務所ニツイテ問ヒ合サレタク, ニ関スル重要書類ハ紛失シ只本国, ニ関セシニ非ズヤ, ニ関係スル学科ハ皆学ブヲ要, ニ関西方面ヘ出, ニ閼伽ヲ汲ン, ニ關スルトハ自ラ別ナリ, ニ關スル事ハ君ノ不, ニ關スル研究ノ結果ハ廣ク人類學, ニ關スル著述頗ル多シ千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生, ニ關セズト言フニハ非レドモ, ニ關セズ只機會ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, ニ附イテ来タガ走リ方ガ速イノデ, ニ附イテ来給エ五分カ十分デ直, ニ附ケタカラ壱人モオレニ刃向ウ者, ニ附シテ未ダ公刊ニ至ラザル時, ニ附シ力ヲ無用, ニ附与スルニ動カス可カラザルノ通義, ニ附会シテ敢テ其理ヲ討セザレバナリ, ニ附隨セル名稱ハ未ダ其跡, ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ進ミタル我ヲ解セズシテ後レタル彼等, ニルカ, ニ限ラズ何ノ注射デモ, ニ限ラズ誰デモアンナ風ニ内股デ歩イタ, ニ限ラズ近頃ノ助, ニ限ラレタルノミナラズ淺薄極マル哲學ニ立脚シタルガ, ニ限ラレテイタノデアッテ情事ニ必要ノナイトコロハ絶対ニ見セテクレナカッタ, ニ限リ唯努メテ北人固有, ニ限リタレドモコノ信神渡航者ノ一行ニハ, ニ限リマセンオ歳ヲ召スト誰方モ喉ガ, ニ限ルッテ仰ッシャッテタワネ, ニ限度アリト雖モ聊カモ勤勉ヲ傷ケズ, ニ陣シ千葉上総甲信武相ノ諸, ニ陣取リケレバ諸方, ニ陣地ヲ占領スベシ, ニ除キ以テ祖宗ノ治業大仁, ニ陪シテ栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, ニ随ウノ衣食悉ク官ニ仰ゲリ, ニ随ッテ奸雄一旦ニ休マン, ニ随テ去リ, ニ随テ回転ス如シ日ガ東ニ昇レバ則チ花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, ニ随ヒ曝ス可キ物ヲ曝スゾ善ケレ, ニ随分御同心ニ候, ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, ニ隕チテ還ラズ, ニ隕ツルニ及ベバ其軍破敗, ニ際シテ大西郷アリ明治大帝アリシナラバ, ニ際シテハ万遺漏ナカランガ為メ在米英国大使館ハ, ニ際シテ追撃ヲ断ツ手際ナドニイウ, ニ際シ官憲ノ削除シタル所, ニ際シ必要ノ施設ヲ講シテ, ニ際シ最初ノ数滴, ニ際会スルコトヲ得テ本誌ハ為メニ蘇生シ今後続々出版スルコトヲ得ルニ至リ秋風蕭殺, ニ隣室ニシテ同様物置ナル所ヘ一時, ニ隣家の家, ニ隨ヒ各家, ニ雄略舒明両帝, ニ集リ主トシテ国会警視庁辺, ニ集中シ國家ノ統一的經營トナス, ニ集中セシメタルガ爲メニ一擧根本ヲ屠, ニ雇傭サルル一切勞働者ノ權利, ニ雇傭セラルル者ヲ云フ, ニ雇傭契約ヲ締結スルハ, ニ雑ヘテ衣書ニ蔵メ蠹ヲ辟ク, ニ雕蟲技ヲ甘, ニ離レ飢テ食ナク病テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, ニヲ避ケヌ, ニ雨ガ降ラナカッタジャナイカ, ニ雨フラントスレバ先ヅ以テ之レニ応ズ, ニ雨中ニ生ズ雨後ニ采リ熟シテ食フ日ヲ見, ニヲ降, ニ雲外ニ懸ル, ニ電話アリ大学ノ整形科, ニ電話ヲカケ直チニ色紙ヲモウ四十枚届ケサセタ, ニ電話ヲカケヨウトシタラ毎日ノヨウニカケテイル彼ノ学校, ニ電話口デ声ヲヒソメテ, ニ電車汽車内ニ往所ニ停車場ニ旅行中ニ宿屋下宿屋ノ女中ニ番頭ニ, ニ需ムルニ至リ彼我經濟上ノ關繋, ニ霊芝ノ称アリ, ニ露牀ヲ設ケ花間ニ氈席ヲ展ベ, ニ露骨ニ酷似スルヨウニシナイコトダボンヤリト彼女ノ感ジヲ匂ワセルヨウニスルコトダ, ニ青島ニ租借地ヲ得, ニ非常ナ疲労, ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, ニ非常時ニ安泰ナルベキ改造ヲ要, ニ靡ヒテ何処ヘ往ク, ニ面会直チニ墓地, ニ面倒ナ日記ヲツケタリシタノデ, ニ面白き事にて, ニ面白キコトモナシトテ過行カバソレギリナリシガ其時思フニ, ニ革メ又吉野屋ニ革ム, ニ革命的大帝國建設ノ一實行者タラザル, ニヲ加ウ, ニ順ツテ碧波ニ入ルニ逢ヒ, ニ順次行ウヲ以テ塩ノ, ニ順蔵さんが私, ニ預る此人下の, ニ頬張ッタ時恐ラクアノ時ニ血壓ガ最高ニ達シタニ違イナイ, ニ頭カラ水ヲ浴ビセルヨウナ皮肉ナモノガアッタ, ニ頭ニ騰ッテ, ニ頭ニ綿帽子ヲ載, ニ頭打チツケタキ思イアア君ノ姿ノミ燦然, ニ頭沙汰ニシテ権右衛門ヲ追, ニ頼みしほん, ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, ニ頼モシクコソ隠シ置, ニ頼ンデ漸, ニヲヌラシテヰルノダ, ニ顔ノヨウナ表情ヲ浮カベテイル, ニ顕ミ或ハ已ムヲ得サリシ所ナルヘキモ, ニ顕著デアル, ニ顕著ナリ精細之ヲ別テ, ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, ニ類ヒナキ絵書キニテゾオ在シケル, ニ風呂場ヲ二ツ作ルナンテ無駄ナコッチャアリマセンカ, ニ風景モ一入ヨク, ニ風習の起原, ニ風雲ヲ望ム, ニ颯子ガ這入ッテ, ニ颯子ガ何処カラカ現ワレタ, ニ颯子モ地下デ喜ン, ニ颯子通路ヲ隔テ, ニ颯子達ノ一行モ菊太郎モ参加シテ, ニ飛ビ込ンデ鑓, ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ西ノカタ夏口ヲ望ミ, ニ飛乗リマシタノデ今日マデ机, ニ飛行中ノ敵, ニ食堂ニ見エナカッタノハ, ニヲ盛リカケテイタノガ, ニ飯ガクエレバコンナラクナ事ハアリマセヌ慾ニハ私モ東京ニイテ文芸倶楽部ノ末, ニ飽カズ洋海川河ハ其渡渉ヲ厭ハズ, ニ飾置キ御勅使, ニ養成シ戰時ニモ改メザル如キハ殆ド軍隊組織, ニ饒カナレドモ識ハ短ナルガ如シ, ニ饒カニシテ識ニ乏キ者アリ, ニヲ入, ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ雲, ニ首都巴里ノ労働者ニシテ, ニ香気馥郁タリ宛モ当門子, ニ馬車入ル, ニ馳セシムルヤ気ヲ負, ニ駄々ッ子ノ真似, ニラレテイル, ニ駕シ匏樽ヲ挙ゲテ以テ相属ス, ニ駕籠デウチヘ連レテ来テ, ニ騎リ銃ヲ打, ニ騰貴スルトキハ國家ハ一般國民ノ購買能力ト世界市價トノ差額, ニ驅リ貞節ナル良妻ヲ賣, ニ驚カヌトイッタラ何シロ先ズ一度御宅, ニ驚キ呆レアマリニ羞カシイ恰好ヲシテイルノデ寝タフリヲシテ通ソウトシテイルノダ, ニ驚クベキ報道ヲセムトス, ニ骨おり候人ニハなんぼあほふ, ニ體刑ヲ以テセズンバ一掃スル能ハザル官吏横暴國ナルヲ以テナリ, ニ高名なりしが, ニ高山なれバ目の, ニ高御座ニ昇ラセ給ヒテ此皇子モ田原天皇ト追尊セラレ給ヒ, ニ高橋オ伝ノ弁護, ニ高野ニ隠レ居給フ, ニ髭ガ生エタ猟師ヲ見, ニ魂消ユルガ如ク驚キハネ起キテ兵古帯ズルズル, ニ魅セラレタノハ彼女ノ姿態ニアルコトハ確カダガ, ニヲ伐, ニヲ生, ニ鳥渡なりともかへり, ニ鳳来寺ニテ逢ッタトソノ時ハ綺麗ノナリデ居タトオレノハナシヲシテ二時バカリ休ンデ居, ニ鶏項草ト名ク他薊, ニ麝香草ト称ルモノニ充ツ未的切ナラズ麝香草ハ生ニテ動揺スレバ香気アリ乾セバ香気ナシ漢名麝草, ニ麦醸果酵ヲ蓄ウ, ニ黄ガカッタ糸ト金糸デ乾山風, ニ黄花ヲ開ク, ニ黒キ大ナル漂流物アリ, ニ黒田了介殿御出ニ候得共今少し御, ニ黒色の, ニシテ哭ス, ニ黛瞼ニアイ・シャドウヲ着ケフォールス・アイラッシュデ附ケ睫ヲ着, ニ龍ハ下春江戸より京ニ上リ, ニ龍車ニ向フ蟷螂