青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ナポレオン~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ツ ツ~ ツイ~ ~テーブル テーブル~ ト~ ~ドア ドア~ ドイツ~ ナイフ~
ナポレオン~
ニ~ ハ~ ハイ~ ハッ~ ~ハッキリ ハッキリ~ バス~ パイ~ パチ~ パッ~

「ナポレオン~」 1067, 12ppm, 9470位

▼ ナポレオン~ (329, 30.8%)

7 腹の 5 方を 4 ように 3 ことを, ような, 話を, 顔を

2 [21件] ことだ, ために, ための, モスコー侵入を, 主力の, 像が, 墓を, 奇怪な, 存在に, 戦争の, 爪は, 用兵術を, 田虫は, 肖像に, 肖像画を, 野郎今では, 頭字, 首の, 骸骨である, 骸骨では, 骸骨な

1 [259件] いるという, こと, ことが, ことでなく, ことや, こと知ってるでしょう, この奇怪, ごとき天才, ごとき者, ごとく一代, その考案, それが, やること, ようで, ゐるといふ, アウステルリッツの, アンピール式に, イタリア侵入, エルバ島より, カーヌ上陸の, コニャック, デス・マスクが, デス・マスクの, ポケットへ, マントア攻囲は, モスク, モスコー遠征であろう, ロシア侵入の, ロシア遠征の, ロシヤ遠征は, ロシヤ遠征失敗後は, 一体の, 一個の, 一八一二年の, 下より, 両脇, 乱に, 事業を, 二つの, 二番目の, 仲間を, 会戦の, 使ったもの, 使用した, 侵入という, 侵略を, 侵略主義と, 偉さ, 偉大さが, 偉大も, 偉大を, 傑作リーニーの, 傳記を, 兄貴としての, 光栄を, 全身を, 全身像で, 兵隊は, 再挙の, 再挙一百日の, 写真が, 凱旋門, 出現を, 初めの, 前に, 前を, 功業を, 功罪は, 勅令が, 勝利は, 半面像が, 占領し得る, 参謀だった, 口の, 号令に従い, 唇は, 墓場の, 墓場を, 増長慢の, 声は, 声や, 変装した, 外には, 外交タレイランの, 大成功, 大掛りな, 大軍が, 大量殺人と, 天才振りを, 天才的頭脳が, 好戦慾勝利そのものへの, 如きアレキザントル・ハミルトン, 如き偉人, 如くヒットラー, 如く遍く, 姿が, 姿に, 姿を, 宣言の, 宣言を, 寝室では, 寝室の, 対英戦争が, 対英戦争の, 対英戦争は, 対英戦争を, 小傳, 巧妙なる, 帽子にも, 平凡なる, 弟の, 形を, 征戦に, 征服慾と, 後には, 後を, 後一八一四年に, 後継者として, 心の, 心情も, 心情を, 心臓を, 性格描写でも, 感情を, 態度は, 戦争, 戦争主義を, 戦争方式, 戦利品だ, 戦略, 戦禍に, 戦術を, 戦闘方式の, 戸口は, 所までも, 手は, 打ち出した砲弾, 指揮する, 描写された, 支柱であり, 敗戦を, 敵の, 新用兵術, 方に, 方式を, 時代は, 時代へ, 晩年の, 晩年突然, 最も得意, 最後の, 有名な, 来任心よから, 様な, 権威に, 欲し, 歯ぎしり, 歴史的な, 死の, 死刑の, 残忍性は, 殲滅戦略への, 殲滅戦略を, 母という, 母の, 気持を, 汗は, 決心は, 決戦戦争を, 没落という, 没落を, 没落後パリの, 没落後代議士として, 法典も, 泳ぎ着かうと, 泳ぎ着こうと, 活動の, 流されたコルシカ島, 海水浴, 消息を, 消滅によって, 烱, 無謀な, 燦然たる, 爪に, 爪音だけが, 父親は, 犯したと, 狂った青い, 独裁が, 生れた処, 生れた島, 生れた處, 用兵を, 町であり, 痛ましい誤算, 皇妃の, 眼前に, 眼前を, 石膏像を, 破滅は, 神秘を, 称呼に, 立像は, 立像を, 立像奴貴様の, 立案せる, 紋章, 紋章で, 素敵な, 絵の, 署名の, 考えを, 耳に, 肖像そっくり, 肖像だの, 肖像と, 肖像を, 肖像画に, 肖像畫に, 背後から, 背後に, 腕から, 腕は, 腹は, 腹を, 腹部に, 英国に対する, 血を, 行動が, 衰微に対しては, 計画は, 記念祭に, 話に, 豪傑たる, 軍事的勢力に, 軍事的才能は, 軍馬が, 転覆後王党の, 退散前後の, 通りの, 運命を, 遺書, 部屋の, 野砲の, 離宮, 霊が, 露国に対する, 青年時代の, 顏を, 顔に, 風, 風姿を, 風貌は, 首筋を, 馬蹄に, 鷲の, 鼻の, 鼻息で

▼ ナポレオン~ (180, 16.9%)

3 叫んだ 2 まだ学生, パラオ語を, マレンゴオの, ワーテルローの, 同じマレンゴオ, 彼の, 河岸の, 珍しい

1 [161件] おどり上がった, おのれの, かねての, ぐったりと, この命令, この形勢, この戦闘, この要塞, この間敵の, この頃, しばらくは, そうだった, そこでは, その全, その全力, その勃々, その天才的直観力, その学事会員たる, その後にも, その戦い, それであった, たちまちのぼせあがっ, たちまち四つ足, たちまち軍神, ついにこれ, どっちが, にわかにふり向い, はたと当惑, ひき剥ぐよう, まず一つ, まだ密か, もとより砲兵, イタリア人です, イタリア軍に, インポテンツだつた, ウエリントンの, ウォータールーで, ウーゴモンに対して, オーストリアプロイセン等の, グルーシーを, コン吉の, ジェーエーブローの, セント・ヘレナの, デクレスが, ドイツの, ドノー川, ナポレオンらしい, ネー将軍に, フルイルース附近を, プロイセンに, ベルサイユの, ポピノに, ミローの, モスクワ遠征の, ヨーロッパの, ラ・エー・サントに, ルイザの, ロシアの, ロシアへ, ロシヤの, 一七九七年三月前進を, 一七九六年三月二日弱冠二十六歳に, 一八〇五年八月遂に, 一向に驚く, 一度ヨーロッパ最高, 一部をもって, 三十回の, 三軍に, 不利の, 不意に, 二年前まで, 二年前迄, 二百四十門を, 云いながら, 今どう, 仏国の, 何思った, 何者の, 侍医を, 偉大です, 兵七万一千九百四十七を, 再び墺国, 勝利に対する, 十一日更に, 十七日主力を, 十年にわたる, 十日サボナに, 南ドイツに, 反基督者, 周章てて, 四分の三里の, 四時間しかねなかった, 墺軍の, 墺軍を, 大人しく立, 大人しく立上, 妃の, 妙な, 妻の, 存在しない, 実に自ら知らず, 容易に, 寝台に, 寝衣, 対英戦争の, 巧みに, 常に前進, 幸運の, 広々と, 当時の, 彼女の, 後でこの, 快活に, 悪性の, 戦いの, 戦闘を, 手の平の, 敵の, 新しき殲滅戦略, 既に無窮, 明らかに, 暴君とも, 最左翼, 本当に世界主義, 架空の, 柳の, 欧州を, 死んだと, 民衆人であった, 気の毒な, 決戦戦争の, 淋病で, 満足であった, 片手を, 独りで, 獨りで, 生きて, 相当の, 眼へ, 砲七十門をもって, 私の, 突然これ, 答の, 約一万人, 終に遠征, 背丈も, 色の, 若くし, 英雄で, 言った, 誤って, 身体は, 軍隊という, 迅速に, 近衛兵の, 追い付かれた, 追ひ付かれた, 逃走兵の, 通常会戦前に, 閑が, 雷電をも

▼ ナポレオン~ (94, 8.8%)

2 エルバ島より, モスク, 再び島, 逃げたぞ

1 [86件] あの寺, いかにも巧み, いかにデスペレート, いる, おったため, この吉相, すでに十里, その天性, その将士, その皇女ルイザ, たった一人, はじめは, ひいきに, ほしい, むやみに, もはや地位, オーストリアの, カーヌから, クーデターを, シェーンブルンに, セバストポールにおいて, セントヘレナへ, デステュット・ド・トラシを, ド・トラシを, ドーヴァーを, フランス革命を, プロシャ及び, ヘンリー八世が, モスクワ攻撃の, モスコーを, ライプチヒの, ロングウッドの, 一八一五年三月一日エルバ島より, 一挙フランス革命, 一点に, 三十すぎたら, 不肖の, 兵術の, 出たり, 出て, 初めて黒星, 剣によって, 力と, 占領しよう, 同じく大兵, 同じ学校, 同じ時, 国境地方に, 執政官として, 大きい一つ, 失脚後ボナパルトと, 学問が, 宗教を, 居並ぶ島民ら, 居竝, 帝位に, 帝冠を, 心よく, 戦争で, 手を, 手下の, 文学を, 日本へ, 最も好ん, 武骨な, 死ぬの, 気の, 没落し, 浜に, 濱に, 生まれたか, 生まれなければ, 生まれるか, 生れるため, 男色好きだ, 皇后ジョセヒンに, 砂地へ, 自分の, 覆滅した, 踏んだであろう同じ, 運命の, 隠れて, 雄図を, 露国皇妹を, 露西亜を, 黄色い柱頭

▼ ナポレオン~ (60, 5.6%)

4 召捕りに 2 オロシヤに, 見つめたまま

1 [52件] ちょっと見た, どこかの, ひきあいに, ひどくきらった, また島, やっつけて, フランスに, 一七九五年の, 一概に批難, 中心と, 保護者と, 倒した, 倒したの, 円柱塔の, 列挙し, 利用す, 変形し, 大観した, 奪い去った同じ, 嫉視ない, 島流しに, 崇拝し, 彷彿せしめる, 思うまま, 想ひ出し, 想ひ出す, 憎む頑固, 持ち出した, 指すの, 攻撃しすぎ, 欺いた案内者, 殺そうと, 演じたが, 熱読した, 生みナポレオン, 知らず亜米利加人, 研究し, 称して, 笑ひうる, 粉砕した, 英雄なりという, 荒牛に, 蕾に, 見いだすのみで, 見たまえ, 語つては, 護衛し, 軍神視する, 追跡した, 遂に倒した, 隠して, 駆って

▼ ナポレオン~ (43, 4.0%)

3 似て 2 しても, 似た人, 渾身の

1 [34件] なり芥川龍之介, なるよう, なれとは, なれるだろうがな, なろうと, よく似た, 不運に, 与えた感じ, 会つてゐる, 似たひと, 依って, 勝るところ, 報告した, 墺国の, 変って, 引き摺られて, 征服された, 徹底的に, 恋したつて, 悲鳴を, 感動した, 投機し, 歩兵を, 生き写しであった, 祭り上げた藤枝, 突つかせる, 肖て, 脅かされつつ, 言った, 詰め寄った, 違いない, 違ひない, 重用され, 金を

▼ ナポレオン~ (37, 3.5%)

4 田虫 2 云うの

1 [31件] いいもしくは, いえども, いっても, どっちが, なること, ウェリントンとの, ウェリントン彼らは, ウエリントンも, カイゼルと, ベートーヴェンは, マチュラン・ブリュノーと, ルイザとは, ルイ十八世, 云う名詞, 剛頑の, 同じだ, 同じよう, 同じコルシカ島, 同日同, 向き合って, 差向かいで, 戦って, 書いて, 決戦せん, 王党派との, 称する欧州, 称せられた大, 自由とを, 董卓と, 言った, 釈迦と

▼ ナポレオン三世~ (27, 2.5%)

2 の手

1 [25件] がローマ, が平和条約, が没落, というよう, とその, になった, によってなされた, に踏襲, のため, のやう, の側近者, の命, の奸雄, の妃, の宮中, の帝政布告, の治世, はその, は之, は政権, は自らセダン, まで来, を学び, を學び, を屈伏

▼ ナポレオン~ (24, 2.2%)

2 最初は

1 [22件] あの通り手, また風邪, もう二十年後, もはや天下, ようやく事, アウステルリッツの, アレキサンダーも, イエスも, ウィルヘルム第, ガンベタも, ガンベッタも, ジョセフィヌも, ブールボン家の, マリアを, レーニンも, ロシヤに対しては, 大自然, 耶蘇かと, 自ら欲せずし, 英国に対しては, 表面から, 言つた

▼ ナポレオン一世~ (17, 1.6%)

1 [17件] が, がありし如く, がここ, がどう, がエルバ島, が没落, にたいするプロシア, の下, の代り, の在位, の子, の弟, の手, の肖像画, は自分, も豊臣秀吉, を相手

▼ ナポレオン時代~ (12, 1.1%)

1 [12件] つづいて, というもの, にも諸君, のきれ, の外務大臣タレイラン, の第, の紛糾, の軍需商人, は散, は既に, もつづき, を通じて活躍

▼ ナポレオン戦争~ (8, 0.7%)

1 にともなう, に参加, に戦功, の時代, の直後, の講義, の進行, も済ん

▼ ナポレオン~ (7, 0.7%)

1 アレキサンドロスのは, ジンギスカンなどの, ソクラテスに, ソクラテスを, パスツウルの, ミケランジェロに, 秀吉は

▼ ナポレオン自身~ (7, 0.7%)

2 の言葉 1 がそう, にさ, にさえ恐怖, の口授, も誤った

▼ ナポレオンによって~ (5, 0.5%)

1 一方の, 全ヨーロッパ, 勝利を, 同時に大きく, 連戦連敗させられ

▼ ナポレオンでも~ (4, 0.4%)

1 なく四時, アレキサンダーでも, ワシントンでも, 蚤に

▼ ナポレオンにとっては~ (4, 0.4%)

1 すべてそれらの, それは, セント・ヘレナの, ロシアは

▼ ナポレオンよりも~ (4, 0.4%)

1 いっそう高い, むしろ小国イヴトー, 好い, 尊敬し

▼ ナポレオン~ (4, 0.4%)

1 は傑作, は面白い, やニーチェ伝, を高声

▼ ナポレオン少年~ (4, 0.4%)

2 の新しい 1 の顏, の顔

▼ ナポレオン~ (4, 0.4%)

1 よりも遙, を戴い, を渡した, を被

▼ ナポレオン皇帝~ (4, 0.4%)

1 から特別, でさえ彼, との, のこと

▼ ナポレオンから~ (3, 0.3%)

1 イタリーを, 召集された, 授かったその

▼ ナポレオン~ (3, 0.3%)

3 あつた

▼ ナポレオンに対する~ (3, 0.3%)

1 彼の, 意見をも, 感情など

▼ ナポレオンらしい~ (3, 0.3%)

2 男の子を 1 顔を

▼ ナポレオン三世時代~ (3, 0.3%)

1 でもなかろう, の古い, の老

▼ ナポレオン以後~ (3, 0.3%)

1 のくされ切った, の戦争, は決戦戦争

▼ ナポレオン~ (3, 0.3%)

2 の美青年 1 の顔立ち

▼ ナポレオン~ (3, 0.3%)

1 のヘルメット, の男, の面貌

▼ ナポレオン~ (3, 0.3%)

2 三世の 1 一世は

▼ ナポレオン金貨二つ~ (3, 0.3%)

1 だわ, ですぜ, を婆さん

▼ ナポレオンです~ (2, 0.2%)

2

▼ ナポレオンという~ (2, 0.2%)

1 のは, 名前に

▼ ナポレオンとか~ (2, 0.2%)

1 そのほか, アレキサンドロスとか

▼ ナポレオンについて~ (2, 0.2%)

1 次の, 種々の

▼ ナポレオンについても~ (2, 0.2%)

1 今まで, 彼が

▼ ナポレオンに対して~ (2, 0.2%)

1 快からぬ, 正義と

▼ ナポレオンに関する~ (2, 0.2%)

1 研究資料を, 軍事研究の

▼ ナポレオンみたい~ (2, 0.2%)

1 な生涯, な男らしい

▼ ナポレオンより~ (2, 0.2%)

1 六歳の, 第一次欧州大戦

▼ ナポレオンを以て~ (2, 0.2%)

2 任じた君

▼ ナポレオン三世風~ (2, 0.2%)

1 の頬髯, の髭

▼ ナポレオン乃至~ (2, 0.2%)

1 ヒットラー無く, レニンを

▼ ナポレオン~ (2, 0.2%)

1 に対して持つ, の一つ

▼ ナポレオン先生~ (2, 0.2%)

1 大人しくこの, 大人しく此

▼ ナポレオン再挙~ (2, 0.2%)

1 の百日, の百日間

▼ ナポレオン当時~ (2, 0.2%)

1 の人々, の軍隊

▼ ナポレオン戦役~ (2, 0.2%)

2 の時

▼ ナポレオン旗下~ (2, 0.2%)

1 の将軍, の軍人

▼ ナポレオン時代後~ (2, 0.2%)

1 というフランス, の腐敗

▼ ナポレオン~ (2, 0.2%)

1 の後方, の敗残兵

▼ ナポレオン配流~ (2, 0.2%)

2 のこと

▼ ナポレオン金貨~ (2, 0.2%)

1 ではなく, を四つ

▼1* [115件]

ナポレオンあの骸骨は, ナポレオンいえることあり, ナポレオン乃木大将の, ナポレオンさえ百世の, ナポレオンさんによろしく, ナポレオンしっかり手並を, ナポレオンじゃ無いし, ナポレオンその人で, ナポレオンたらしむる巨大なる, ナポレオンぜ, ナポレオンだけでありしかも, ナポレオンだったらあるいはヒトラー, ナポレオンでない限り本当の, ナポレオンといつても島民, ナポレオンとかいう夫, ナポレオンとさえ言わずムッシュウボナパルト, ナポレオンとしては三軍の, ナポレオンとに同時に心, ナポレオンとの二つの, ナポレオンとは呼ばずブナパルト氏, ナポレオンとを驚くばかり, ナポレオンんだ, ナポレオンなど所謂英雄なる, ナポレオンなどは偉大なる, ナポレオンならつまらない男で, ナポレオンなり天才なりとして, ナポレオンなる者生れ候由, ナポレオンなんかもとは, ナポレオンについてのスタール夫人の, ナポレオンにはもっと野卑, ナポレオンにもウォータールーの, ナポレオンに従ってエルバ島に, ナポレオンはというと, ナポレオン人身御供と, ナポレオンほどの力が, ナポレオンぼんやりして, ナポレオンもう一度学校へ, ナポレオンやの生涯は, ナポレオンらしく聞えるやうな, ナポレオンアレキサンドルの如き, ナポレオンセント・ヘレナの口述, ナポレオンビスマルクを嘆美, ナポレオンビスマルクゴルチャコフのごとき, ナポレオンブリューメルイエナの勝敗, ナポレオンミケランジェロ下は伊藤博文, ナポレオンモルトケ時代の戦争, ナポレオン一世ビスマルクワシントンモルトケナポレオン三世というよう, ナポレオン一世時代の名優, ナポレオン三世政府との間, ナポレオン三世皇后ウージェニイ学問自慢の貴族, ナポレオン三世皇帝がプロシヤ, ナポレオン二つだって, ナポレオン以上になれる, ナポレオン以後仏国三代の帝王, ナポレオン以来はほとんど, ナポレオン侵略の一八一二年頃, ナポレオンの領袖, ナポレオン凱旋門の堂々たる, ナポレオン出現時代のフランス, ナポレオン初期の戦争, ナポレオン及びヒットラーに対する, ナポレオン反対の運動, ナポレオンがゆうべ, ナポレオンを以て詳しく, ナポレオン外観上相反するその, ナポレオン大帝の形, ナポレオン失敗の第一歩, ナポレオン失脚後フランスが英, ナポレオン孔子ドストエフスキイダアウィンクレオパトラ釈迦デモステネスダンテ千の利休等, ナポレオン孔子ドストエフスキイダアウインクレオパトラ釈迦デモステネスダンテ千の利休等, ナポレオン家康と秀吉, ナポレオン崇拝でと云っ, ナポレオン崇拝家である, ナポレオン崇拝者たらしめてるもの, ナポレオンに臣事, ナポレオン帝国をたてた, ナポレオン帝政を経, ナポレオン帝政下の天才, ナポレオン帝政当時の胸甲騎兵, ナポレオン帽子の庇, ナポレオン式共和国がいつ, ナポレオン当時募兵員が巴里, ナポレオンの聰明さ, ナポレオン得意の中央突破戦法, ナポレオン掲示の上部, ナポレオン政府が吾, ナポレオン時代以後が新た, ナポレオン時代史を官本, ナポレオン最大の兵力, ナポレオン没落後のくされ切った, ナポレオン犯罪芸術のベートホーヴェン, ナポレオン的意力である, ナポレオン的超人にならう, ナポレオン着任当時のイタリア軍, ナポレオン着任当時マッセナはゼノバ, ナポレオンがある, ナポレオン砲以上だ, ナポレオン立像は彼, ナポレオン維廉シシルローヅをし, ナポレオン遠謫, ナポレオンを以て詳しく, ナポレオン胸中の元帥, ナポレオン覇業の没落, ナポレオン見たいね, ナポレオンのポイント, ナポレオン言行録ブルターク英雄伝等々の書名, ナポレオン軍苦戦のあと, ナポレオン軍隊の堅実, ナポレオン部下の砲兵士官, ナポレオン配所の所感, ナポレオン金貨一つずつを上げる, ナポレオン金貨三個をとり出し, ナポレオン銀貨四箇黄玉を嵌めたる, ナポレオンの最上, ナポレオンな力ずく