青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ト~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ ッ~ ~ツ ツ~ ツイ~ ~テーブル テーブル~
ト~
~ドア ドア~ ドイツ~ ナイフ~ ナポレオン~ ニ~ ハ~ ハイ~ ハッ~ ~ハッキリ

「ト~」 2439, 26ppm, 4415位

▼ ト~ (85, 3.5%)

6 も前 5 ばかり前 4 の間 3 のうち 2 と同じ, の余, ほど前, も下宿, も二タ月, 程前

1 [55件] あまりにな, おくれの, が二タ月未決, が幻, くらいは顔, ぐらいずつその, ぐらい前, たらずも, だとか, ちかくも, で上達, で卒業, とは経たぬ, ともならない, と保つ, と十日余り, になる, にもなつ, にもなる, に一回, に一度位, に一度宛, に一遍, に二十円, のあいだ, の中, の入院, の収入, の後, の旅行, の辛抱, ばかりたっ, ばかりの予定, ばかり一文, ばかり後, ばかり牛乳, ほどの予猶, ほど滞在, もさかのぼ, もしたら無くなっ, もたたない, もたつ, も一緒, も入る, も居ります, も後れ, も暮らし, も田舎, も私, も過ぎた, や二タ月, や二月, を長門, 待ちましたが, 待って

▼ ト云ッ~ (33, 1.4%)

4 てまた 3 て文三 2 てお, てくれる

1 [22件] た, たら或は, た昇, た時, てお鍋, てさも, てしまッ, てその, てキョロキョロ, てジッ, てスコシ胸, てツラリ, て些, て全く, て宛然雪達磨, て差俯, て悔し, て文三冷笑, て文三起上ッ, て昇, て襦袢, て顔

▼ ト~ (32, 1.3%)

2 もなし, 懸けて, 振かへ

1 [26件] かけて, が気, くらい, ぐらい, ぐらい言ッ, こう浴びせ, でもなぐさめ, でも申しあげたい, にて済ませ, にて濟, には身, に一方, の御諚, の愛想, も, もいわず, も口, も自ら, をいつ, を悔いず, 仰っしゃったきりだった, 何とか, 出ただけ, 懸ける折, 掛けると, 考えて

▼ ト~ (24, 1.0%)

2 ぞ, にお

1 [20件] いれて, して, だ, だよ, ついた, ついた間, つこうぜ, であの, で吹き, といふところ, と云う, にわたしたち, に矢, に言っ, に言った, に駆けあがつた, 入れた, 入れて, 入れてでも, 吐きまして

▼ ト~ (23, 0.9%)

42 ジデアッタ

1 [17件] クス, ジカラザレバ古刹, ジキ者ニハ右手ヲ, ジキ辨當ヲ, ジキ飮食ニテハ戰爭ニ堪, ジク, ジク併セ用ヒ一切, ジク群居スル者ナルヲ以テ自, ジダッタ, ジモノナリ, ジ事件ノ, ジ姿勢デ, ジ活字ヲ, ジ紀州吉野高野, ジ長襦袢ヲ, 坐シテ, 意味ナリ

▼ ト~ (20, 0.8%)

6 に言 2 に云

1 [12件] で言わんで, にさえそれ, にてこの, にて此あたり, に言う, に言っ, に飲んだ, ふくんで, へ出し, も安, 飲み, 飲む真似

▼ トある~ (17, 0.7%)

2 四角に, 家の, 寺の, 小路右側に, 角に 1 森の, 横町へ, 牛店へ, 社の, 竹藪の, 角の, 警視庁官舎の

▼ トいふ~ (17, 0.7%)

2 に, に金眸, に黄金丸

1 [11件] さへ, て呼ぶ, と, に聴水覚束, に鷲郎, に黄金丸打, に黒衣, のを, も実は, を黄金丸, 折から

▼ ト~ (14, 0.6%)

3 エタリ

1 [11件] つつ夢, てお, て指, エマスガ左様デ, エ雁ニ雁番アルガ如シ, カウ見し, シ嘲, ユル, ラレテ候, ルベキナリ, 較ベンニハ可

▼ ト通り~ (14, 0.6%)

2 は心得

1 [12件] でない憎しみ, でなか, でなかったと, ではない, ならん処, の予備知識, の心得, は, や二タ通り, 分けて, 拵えて, 読むと

▼ ト云う~ (13, 0.5%)

2 声が

1 [11件] お政, て貴, と天覧, は慥, も昇, 事知てる, 所に, 武器が, 者も, 説も, 間もなく少年

▼ ト~ (13, 0.5%)

1 [13件] かたりあって, ぐらいはひき止められる, さらしといて, だけは通夜, だった, でもねむらない, でヘシ, とそこ, どうだ, のうち, を木賃, 寝て, 貸して

▼ ト~ (13, 0.5%)

1 [13件] ぐらいは成人ぶり, でそれ, でわから, で佐々木家, で分ろう, で高氏, に眺め, に着く, に見えだす, を擦った, 会わせて, 見た時, 見ますと

▼ ト~ (13, 0.5%)

2 のやう

1 [11件] があった, にはよく, のきびし, の乱軍, の新田十六騎, の私, の艱苦, はこの, は伊吹, は羽振り, よりもずんと

▼ トいう~ (12, 0.5%)

1 [12件] お政, から文三, が畢竟, のが, よりはむしろ, 光景で, 口の, 娘の, 家内ゆえ叔母一人の, 母親の, 訳だけ, 訳で

▼ トその~ (12, 0.5%)

1 [12件] 凝視めていなすった, 垣根へ, 壁の, 心を, 日は, 時お, 時料理番が, 樹の, 気で, 片手だけ, 色も, 薬を

▼ ト~ (11, 0.5%)

4 勢は 2 政が, 政は 1 勢を, 千世が, 種さんが

▼ ト文三~ (11, 0.5%)

1 [11件] が叔母, が尋ねた, が徘徊, が手頭, の方, はあたかも, はニコニコ, は少しく, は慄然, も今朝, 再び我と我

▼ ト~ (11, 0.5%)

1 [11件] しか知りませぬ, すら分りませぬ, ではない, ならず私, ならぬ鬼胎, な騒ぎ, にも, による院宣, の御台所, の院宣, を赤坂城

▼ ト見る~ (11, 0.5%)

2 と露草 1 と右, と唇, と房, と直ぐ, と肩, と襖, と重役渡邊外記, と雛鶴一羽, 時また

▼ ト~ (11, 0.5%)

4 のうち 1 が元成, だけ借り, で手帳, に顔, の部屋, へ伺っ, へ移っ

▼ トとんでも~ (10, 0.4%)

5 ない 1 ないこと, ない師匠, ねえ, ねえ酒, ねえ野郎

▼ トまた~ (10, 0.4%)

2 ふるえた 1 口を, 大声で, 引懸り, 悪怯, 欠伸, 繰返して, 話しだした, 連忙しく

▼ ト云い~ (9, 0.4%)

3 或は 1 ながらお, ながら二階, ながら得々, ながら文三, ながら昇, ながら首

▼ ト~ (9, 0.4%)

1 かけつつ, して, だったが, で易々, は男, も音, をきく, ノ調子ガ違ッテイタ, 啼いたの

▼ ト~ (9, 0.4%)

41 が代り, に金, は人間, は結婚, ほど偉大

▼ ト言ッ~ (9, 0.4%)

2 たが 1 たの, たまま文三, た声, てまた, て先, て忘れ, て文三

▼ ト~ (8, 0.3%)

2 ドクと 1 さまかう, なずなを, なり五色人, ふりハ一年中ニ, 前へ, 同知

▼ ト~ (8, 0.3%)

1 あつまりおり申候ゆ, して, じみ声, なる, 命じた, 書き変えたり, 納まりでも, 訂正し

▼ トいっ~ (7, 0.3%)

1 てお, てまだ, て何故, て何故か, て僕, て歯, て置い

▼ トいひ~ (7, 0.3%)

1 つつ咳一咳, つつ天井, つつ走り, つつ進みより, つつ鷲郎, もあ, 畢り

▼ トいへ~ (7, 0.3%)

31 ば猟犬, ば聴水, ば聴水頭, ば鷲郎

▼ ト~ (7, 0.3%)

1 がひ, たりとも空, の善い, は国, は色紙, 付ず, 満足なる

▼ ト~ (7, 0.3%)

3 懸けて 2 ふの 1 ながらイロハ丸日記付録, ヘトモ

▼ ト思い~ (7, 0.3%)

1 ながら二階, ながら文三, にその, に欲情, に死んだら, に退治, 決めて

▼ ト~ (7, 0.3%)

1 が駈け去る, くらいは拵え, じわじわ煮立つ, となっ, またこちら, を先, を連れ

▼ ト~ (7, 0.3%)

1 そのなか, を伸ばし, を崩し, ノ先, 入れると, 出て, 早かったら

▼ ト~ (6, 0.2%)

2 のうち 1 でめっきり, のあいだ, をそこ, を過した

▼ ト思う~ (6, 0.2%)

1 としめ切らない, と一呼吸, と日光, と早瀬, と細長い, 耳の

▼ ト~ (6, 0.2%)

1 は飜, をちゃんと, をつい, を翳し, ヲトリ級, ヲ握

▼ ト~ (6, 0.2%)

2 に生き, の手拭 1 に駈け出した, の旗

▼ ト~ (5, 0.2%)

2 う思つて 1 ういつて, ういつてあたり, う思ひながら

▼ トしきり~ (5, 0.2%)

1 そこに, は満座歓宴, 重吉の, 静にな, 高くなった

▼ トすじ~ (5, 0.2%)

1 の変化, の矢, の菊水, 抜きとって, 通って

▼ トつかみ~ (5, 0.2%)

3 賤しき身分を 1 ずつとらせる, の木の葉

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 つと手, 云え余自ら此, 云ッた, 仰あって, 知らずして

▼ ト~ (5, 0.2%)

2 し考えて 1 し塞いで, し声, し顔

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 ありまする, お向けざま, ッシャイ菊チャンモ京チャンモソウ呼ンデヨソウシナケレバ返事シナイカラ, ッシャルカ伺ッテ参リマショウソシテ先生ガソノ注射ヲシテオ貰イナサイト仰, ッシャルカ伺ッテ見

▼ ト先ず~ (5, 0.2%)

1 の御, 別れて, 帰って, 懐中に, 空惚けて

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 の一伍一什, の硝子戸, へ被さった, へ越す, 刻止せ

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 で見る, の縁, は大きな, を中納言具行, を滝口

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 だけでも会いたい, に見える, を細く, 眩デ, 見たが

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 に射られ, のひびき, の争い, も余す, も手

▼ ト~ (5, 0.2%)

2 は直ぐ 1 が來, が来た, が覗いた

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 一番ニカラカツタノハオネコサンデシタ, 三ノ, 二ノ, 五趾ガ全, 四ノ

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 から爪, こんなにも道誉, だね, の雨, 食ったこと

▼ ト~ (5, 0.2%)

1 へ来た, をつかれ, をつかれた, を打たれ, を撫で

▼ ト言い~ (5, 0.2%)

1 って, ながら昇, ながら狼狽, ながら膝, ながら黄ろ

▼ ト足先~ (5, 0.2%)

1 にそのまま, にたむろ, に別れ, に山, へ帰り

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 欲しい, 欲するだけの, 毒酒で, 要する大金

▼ トこの~ (4, 0.2%)

1 天窓の, 奇異なる, 母様とが, 調子かね

▼ ト~ (4, 0.2%)

2 字も 1 眼前で, 部

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 となず, と前, 散ります散りますと, 飛んでも

▼ ト~ (4, 0.2%)

2 祈ル 1 居常見聞セシメラルル兒童, 遮斷シタル任務ニ働キシ者

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 まで冴え, まで誰一人, まで黙想, 尚存セリ

▼ ト休みし~ (4, 0.2%)

1 てから晴れ着, てゐる, て下さい, て宿

▼ ト~ (4, 0.2%)

2 も大袈裟 1 か判らぬ, でもその

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 リ散, 合ハ其比威勢アラソイトモ云又, 合フコトノ無益ハ匹夫モ覚ルベシ, 旁付に

▼ ト同時に~ (4, 0.2%)

2 口の 1 この内証話, 渠は

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 イアッテ立ツ, ッテ先ズ顎附ノ, ッテ颯子ニソンナ命令ヲ, ヶ岡トハ東西相対ス

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 が寝苦しく, が経過, を明し, を語り合っ

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 キナ, 喧嘩ヲシタガ熊ヲ, 談事ヲ, 郎が

▼ ト少し~ (4, 0.2%)

2 ドギマギし 1 得意の, 落ちついた様子

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 のとき, の理想, の豆滓, の黒衣

▼ ト思ッ~ (4, 0.2%)

1 た事, てチョイ, て文三, て赦し

▼ ト挨拶~ (4, 0.2%)

2 をし 1 をした, ヲ交シ

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 のあわただし, のあゝ, の如く, をよろこぶ

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 おつかけ, にもなる, の古手紙, を函

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 ナラ, ナラズ, ナリテ農業者ノ, ナリト雖ドモ其差違此

▼ ト群れ~ (4, 0.2%)

1 の市民, の影, の血泥, や僧衣

▼ ト聞く~ (4, 0.2%)

2 と等しく 1 とお勢, と文三

▼ ト走り~ (4, 0.2%)

2 行って 1 して, でフアテイア

▼ ト~ (4, 0.2%)

1 な敵中, の山霞, の情, の白

▼ ト~ (4, 0.2%)

2 あてて, の距離

▼ ト~ (4, 0.2%)

3 話しは 1 でかかれ

▼ トこう~ (3, 0.1%)

2 思って 1 じらされて

▼ トこれ~ (3, 0.1%)

1 かれ斉, じゃおもり, で下枝

▼ トしづく~ (3, 0.1%)

3 幾層の

▼ トそう~ (3, 0.1%)

1 思いながら, 思うほど, 思ってるのに

▼ トたまり~ (3, 0.1%)

2 もなく 1 もない

▼ トまず~ (3, 0.1%)

1 大阪の, 金剛杖を, 閉じて

▼ トまでは~ (3, 0.1%)

2 知らないが 1 調子に

▼ トトト~ (3, 0.1%)

1 となず, と前, 散ります散りますと

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 を分けたる, ヲ行ウダケデ, 御頼申上候

▼ ト云フモ~ (3, 0.1%)

2 悪ニ対スルホドニ善ト 1 亦可

▼ ト今度~ (3, 0.1%)

2 は菊池君 1 はその

▼ ト合戦~ (3, 0.1%)

1 はある, 致し退かでは, 致すべし

▼ ト同様~ (3, 0.1%)

1 デアルト考エテイタガ, ノ装身具, 多少ニ

▼ ト安心~ (3, 0.1%)

1 ですよ, をした, 仕候

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 シノ野菜ヲタベ, シモカワリハナイノデアル, シ違ウ

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 などはさして, をおび, をその

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 あってか, ヲ合セオイチ御料ヲムカエ, 定マラズ

▼ ト思ひ~ (3, 0.1%)

1 に, に突いた, に遣つつけたら

▼ ト思ふ~ (3, 0.1%)

1 と細長い, にぞ直ちに, 耳の

▼ ト思案~ (3, 0.1%)

1 きめて, して, してから

▼ ト~ (3, 0.1%)

2 に之 1 に身

▼ ト~ (3, 0.1%)

2 トナイゾ中庸 1

▼ ト振り~ (3, 0.1%)

1 の太刀, の御, の鈴

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 がイヤ, は憤然, は歎息

▼ ト月あまり~ (3, 0.1%)

1 に衰, も彼, を過した

▼ ト月前~ (3, 0.1%)

1 ぐらいに予告, であったなら或は, にも起つた

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 の團右衞門方, の奇異, の鑿

▼ ト無理~ (3, 0.1%)

2 に押出し 1 なところ

▼ ト白い~ (3, 0.1%)

2 蝶は 1 手で

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 の和歌, の書類, を妻

▼ ト纏め~ (3, 0.1%)

2 にし 1 にした

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 かつぎ着物, にかけた, をおさえ

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 そのからだ, を拔, を捻り状

▼ ト言った~ (3, 0.1%)

1 がいかにも, その声, のが

▼ ト~ (3, 0.1%)

1 も消え, を見合せた, ヲ合ワサナイヨウニシテイタ

▼ ト風呂~ (3, 0.1%)

1 あびて, 浴びて, 浴びる

▼ ト飛ん~ (3, 0.1%)

2 でもない 1 でもねえ向こう様

▼ ト騒ぎ~ (3, 0.1%)

1 が起っ, であった, もやみ

▼ トあの~ (2, 0.1%)

1 西瓜で, 鼠鳴が

▼ トあるいは~ (2, 0.1%)

1 威しあるいは, 詈り

▼ トいい~ (2, 0.1%)

1 さして, ながら徐

▼ トいつ~ (2, 0.1%)

1 しよに, ちやあ

▼ トいと~ (2, 0.1%)

1 哀れげに, 頼もしげ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 どの男ども, ますの

▼ トかう~ (2, 0.1%)

1 おつ, 思つて見

▼ トかつ~ (2, 0.1%)

1 勦は, 慰めかつ

▼ トさながら~ (2, 0.1%)

1 不機嫌な, 返答を

▼ トすぐ~ (2, 0.1%)

1 に続い, 裏に

▼ トすこし~ (2, 0.1%)

1 気の, 鼻声で

▼ トそこ~ (2, 0.1%)

1 に高髷, を通り越し

▼ トはっと~ (2, 0.1%)

1 した体, 気を

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 らと共に, らの

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 まだ心, 一人笑った

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 此頃早, 省きて

▼ トコヽ~ (2, 0.1%)

2 デ又

▼ トチョイ~ (2, 0.1%)

1 とお, と首

▼ ト~ (2, 0.1%)

2

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 のクノイチ, のハツコウ

▼ ト一日手~ (2, 0.1%)

2 を離さぬ

▼ ト一緒ニ~ (2, 0.1%)

1 近々軽井沢ニ行ク豫定, 這入リマスカラ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 を見る, 坐舗

▼ ト並ン~ (2, 0.1%)

1 デ足, デ鼻ガ二ツ

▼ ト予ハ~ (2, 0.1%)

1 又喉, 又喚イテ佐々木

▼ ト二人~ (2, 0.1%)

1 デ夕餉, デ旅ヲスル楽シミガ

▼ ト云った~ (2, 0.1%)

1 時には, 時は

▼ ト云つて~ (2, 0.1%)

1 御手助, 置いて

▼ ト云ウノ~ (2, 0.1%)

1 デ, デ敏子ガ捜スト

▼ ト云ヒ~ (2, 0.1%)

1 約二十年ト云フ年限, 重葉

▼ ト云其東ハ三繋~ (2, 0.1%)

2 平ト云

▼ ト云甲信武三州~ (2, 0.1%)

2 ノ分界ニシテ

▼ ト互に~ (2, 0.1%)

1 励ましつ励まされつ, 紹介すれ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ヲ絶チ, ヲ訂シ長

▼ ト仕方~ (2, 0.1%)

1 で見せ, をし

▼ ト以前私~ (2, 0.1%)

2 の居た

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 の麻袋, の鼠

▼ ト休み~ (2, 0.1%)

1 お休みなすっ, もなしえた

▼ ト会釈~ (2, 0.1%)

1 しつつ, をし

▼ ト何処~ (2, 0.1%)

1 かの隠居, でか異

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ク別事ナリ, ク同一ナル由ヲ

▼ ト全く~ (2, 0.1%)

1 顫え, 顫へ

▼ ト八戸君~ (2, 0.1%)

2 も小松君

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 に初め材料

▼ ト共ニ~ (2, 0.1%)

1 在リ, 少クトモ三本

▼ ト其の~ (2, 0.1%)

1 外套の, 胸を

▼ ト其何時~ (2, 0.1%)

2 見ても

▼ ト化シ~ (2, 0.1%)

1 去ッタコトヲ知ラサレル, 醜人

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 まで言切らぬ, 靴の

▼ ト取ろう~ (2, 0.1%)

1 と, とする

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 に受けた, を反らし

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ヘ又, ヘ夫レヨリ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 かくれ, ふに

▼ ト回り~ (2, 0.1%)

1 しながら, 歩いて

▼ ト國民~ (2, 0.1%)

1 ヲ害セザル程度, 大多數

▼ ト多少~ (2, 0.1%)

1 曖昧ニ答エテ出テ行ク, 疑イヲ抱カセルクライデアッテモヨイ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 という気, のよう

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 に喜び, を睨んだ

▼ ト太刀~ (2, 0.1%)

1 くッ, をまず

▼ ト女中~ (2, 0.1%)

2 が不意

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ム, メ追討使ヲ

▼ ト少女~ (2, 0.1%)

1 はビックリ, は祈る

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 てそして

▼ ト屹度私~ (2, 0.1%)

2 の許

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 が書下された, ばかり芝居

▼ ト平気~ (2, 0.1%)

1 で伸, で澄まし

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 の学問, の學問

▼ ト張り~ (2, 0.1%)

1 の粗末, の蚊帳みたい

▼ ト御意~ (2, 0.1%)

1 遊ばして, 遊ばすと

▼ ト情交~ (2, 0.1%)

1 ヲ行ッテイルト夢見, ヲ行ッテイルト夢見タノデアルカ

▼ ト愚痴ッ~ (2, 0.1%)

1 ぽくい, ぽく言

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 る時, 時我を

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 で燗, を当て

▼ ト揉み~ (2, 0.1%)

1 にと当っ, の気勢

▼ ト握り~ (2, 0.1%)

1 の砂, の髪

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 う思つて, う静

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 があ, があたっ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 もあり, も超え

▼ ト時代~ (2, 0.1%)

1 ちがった人間ども, ノ推移ノタメニ詳カナラザルニ至リ

▼ ト月二タ月未決~ (2, 0.1%)

1 に喰い込ん, に繋がれ

▼ ト月足らず~ (2, 0.1%)

1 であの, も滞在

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ ト束十~ (2, 0.1%)

2 か二十

▼ ト松崎~ (2, 0.1%)

1 が留めた, が見

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 を並べ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 に歌, の柴

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 東西比利亞トニ革命大帝國ヲ, 東西比利亞トヲ要求ス

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 は一ト歩, より遅く

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 をすすっ, を喰切ッ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ふた段, 低い中坪

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 を替え, を附けられ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ながらに掻口, ながらに物語れ

▼ ト淡紅色~ (2, 0.1%)

2 の襖

▼ ト漸く~ (2, 0.1%)

1 に思ひ定めつ, に雪

▼ ト為セルガ~ (2, 0.1%)

1 故ニ, 故ニ河身

▼ ト熱気~ (2, 0.1%)

1 とした, として自ら叱責ッ

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 着き片

▼ ト独り~ (2, 0.1%)

1 つぶやきながら, で笑う

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 上げて, 上げ夫人

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 さえでき, へたらたら

▼ ト直接閨房~ (2, 0.1%)

2

▼ ト眠り~ (2, 0.1%)

1 じゃと横, はできる

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 って, で帝釈天

▼ ト瞻め~ (2, 0.1%)

1 ても針, ながら

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 に覺, に起上る

▼ ト突き~ (2, 0.1%)

1 で命, に突き刺した

▼ ト笑い~ (2, 0.1%)

1 ながらお, ながら逃ぐる

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 を兵, 書かれる身

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 ごときは, をする

▼ ト粒一ト粒~ (2, 0.1%)

1 から爪, こんなにも道誉

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 僧は

▼ ト考え~ (2, 0.1%)

2 て七面鳥

▼ ト聞い~ (2, 0.1%)

1 て只, て文三

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 でもふた, ぬいで

▼ ト腕ヲ組ン~ (2, 0.1%)

1 デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 も残らず, を私

▼ ト蔵海~ (2, 0.1%)

1 がいった, が云

▼ ト蔵海先生~ (2, 0.1%)

2 実に頼もしい

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 存候貧生マタ些カ鍛腕ヲ, 直して

▼ ト見やれ~ (2, 0.1%)

1 ばこれ人間, ば破れたる

▼ ト見れ~ (2, 0.1%)

1 ば, ば家来

▼ ト言葉~ (2, 0.1%)

1 いまだ畢らざる, に力瘤

▼ ト語る~ (2, 0.1%)

1 をわれ, を聞き

▼ ト談話~ (2, 0.1%)

1 の内, ヲ交シタ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 上る, 揚る

▼ ト連送~ (2, 0.1%)

1 が終った, の電文

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 が一具据

▼ ト階段~ (2, 0.1%)

1 ノ途中カラ声, ノ途中ニ立チ止リナガラ妻ガ云ッタ

▼ ト雖ドモ~ (2, 0.1%)

1 亦無用, 皆蹈襲摸傚

▼ ト雖モ~ (2, 0.1%)

1 之ヲ施行スルコトヲ得, 之ヲ罰スルコトヲ得ズ

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 に押し流し, 来れば

▼ ト面目~ (2, 0.1%)

1 は立った, は都

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 して, もなく

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 へ当て, ヲ伝ワル

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 をうなだれた, を下げた

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 は野, を納

▼ ト~ (2, 0.1%)

1 だろう, を折つた上

▼ ト~ (2, 0.1%)

2 な蝶

▼1* [1293件]

あし遅れると, トあじな眼付, トあせるばかりで, トあたかもこの溝, トあとびしやりをした駅員のあと, トあどけなくいッ, トあの大提灯を, トあらためて眞白な, トありしかば, トあれ見よ其の, トあわてて, トいった風で, トいひさして容, トいふ声も次第に, トいよいよ猛り狂, トいわれて文三, トおいでなす, トおっしゃる方が, トおもう頃に, トおもえばまた, トおもしろい談, トお茶注しましょうと, トお鍋が襖, トかういふことだった, トかすていらを, トかたついた, トかたまりの人影, トトハ通用シテ山吹ヲ, トきょとんとした, トきわ若いひとり, トきわ目についた, トくさり聴きて, トくだりにだけつい, トくるりと背後, トぐるりと廻っ, トこういうことだった, トこま二タこまという呼び, トこりゃお夏さんが, トこわごわ眼鏡を, トごぜえや, トさえ冠詞が, トきりの, トしおだったにちがい, トそういう自分が, トそこら白いもの, トそれより連立ち, トそれから上着は, トそろひ持ちこんで来, トびおもひを文學に, トたたみかけて意地目, トただ一つ留ったの, トたび焦土に化した, トだしぬけに言ッ, トちょっと更まった, トちょっと額に手, トちらりと見たの, トつあらわれ二ツあらわれ, トついにかすかに, トつかまろうとする, トつかみ取って捨てた, トつせずおのが, トつぶの涙, トつまみずつ落す, トつ云わずにやりとも, トつ遺して米塩買, ト言葉の, トでござんすかよっぽど, トどうかは知らん, トなだらかな薄紫, トなだれとなつて下, トなほ近く進み寄り, トらいを, トばかりにて二匹は, トひねり二タひねりするうち, トふわりと起った, トぶらりと提げる, トっかっこ, トほっと真白な, トまくりにやりつけられ, トまだ言終らぬ, トまとめにし, トむこうでも莞爾, トもじもじ立迷ったが, トもとのかげ, トもんどりを打っ, トつた風采は, トやがて凄味の, トややしどろの, トよくよく見れば, ト七星を, トてさて, トれたのが, トわざと睨んで, トわたりの酒盛り, トオ母サンハ目を丸クシテヨロコビマシタ, トクルボアジエヲ注イデ出シタ, トズット粋を通し, トズバリト云ッテ反響ヲ見, トセサケ等でトア, トソウ来テクレヽバ締メタモンダガ, トソシテワタシタチノ間ニ悪イイキサツガ出来テシマツタノデス, トソノ外五六人デ行ッタ時ハ, トタイトル・マッチガ始マロウトスル時大層スマートナ奥サンガ一人, トチョット叱ッテ睨ミツケルト, トツイ乗リ出シテ云イカケタ言葉ヲ僕ハ怺エテ, トツンと済まし, トトごぜえや, トトとんでもない, トトッそら突け, トトトッそら突け, トトトトッそら突け, トトトトトッそら突け, トトトトラックをかか買う, トトトラックをかか買う, トトラックをかか買う, トトンでもない, トヒソカニ胸ヲ撫デオロシタ, トヒヘの七つ, トヒヤリルロのほか, トヒヤリル口の七音, トブルブルと頭, トミツルクンヲ, トモシ必要ナラ戒名モ加エテ享年ヲ刻ン, ト一つ大きな達磨, ト一つ一つ自分の睫, ト一ツ留って, ト一人でさえ, ト一列になっ, ト一同心痛ナシ右図面ヲ以其県庁, ト一味故越後, ト一声高く吠え, ト一声叫びもあ, ト一度引かかったよう, ト一心に思詰め, ト一思いに言, ト一所ニトッタソレヨリ十二十位ハ幾度モ取ッタコトガアル, ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタソウスルト大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハオマエガオ入リニハ, ト一揃イ御新調, ト一時間ホド雑談ヲ交エル, ト一生出戻りと人, ト一礼すれば, ト一處ニ教育セザル道理ノ一ツモ, ト一越調子高な声, ト一飛低く草, ト三人デ茶, ト三羽一ところにト, ト三羽一処にト, トへ向け, ト上目づかいに, ト下トノ差ガ少イノガ, ト下女の呼ぶ, ト下駄の歯, ト申候テ爰元ヘ, ト不意ニ颯子ガ何処カラカ現ワレタ, トニ波ニ漂ヒ砂石ニ交糅シテ四海ニ流ルルコト千歳, ト世界中トノ貿易ヲ絶ントスル為メナリ, ト世界市價トノ差額ヲ輸出税トシテ課税スベシ, ト両側を詰めた, ト並んだと思う, ト並行スルモ亦敢テ難シトセズ, ト中指ニテ大指ヲ圧シ, ト中腰になっ, ト中音で口癖, ト主人は悶蹈, ト久シク澗谷ヲ埋, トヲ同日ニ論ズ可ケンヤ, ト掛って, ト乗地に成ッ, ト乙トハ同種族ノモノナリトハ云フ能ハズ, トの上, ト予トハ元ヨリ仇デハナク, ト予ハ寝台ヲ下, ト予ハ持ッテイルスネークウッドノステッキノ石突ヲ示シ, ト争い起ったが, ト事実しやかに物語れ, ト二ツノ急要ガアルタメデス, ト二人キリニナル機会ヲ作ラヌヨウニシ, ト二人キリノ時ニモ嘗テ愛情コマヤカナリシ時代ニハソンナ風ダッタデアロウガ今デハソウデモナサソウデアル, ト二人ジャ心細イカラ, ト二子ハ皆青天白日, ト二尺ばかり頭, ト二號うさぎやニ屆ケル事, ト云々火事其外ツイエアル故也, ト云い捨てて起上ッ, ト云うでは無い, ト云ってどう, ト云つて山の中, ト云ふところでございます, ト云わぬばかりの索然, ト云アリ又原中ニ水田, ト云イ直シ, ト云イカケテオ前ト云イ, ト云イカケテ予ハ云イ直ス, ト云イカケテ云イ直ス, ト云イシガ赤阪喰違外ダガ毎日毎日行ツテ御番, ト云ウ故一同ガ嬉シガッタ, ト云ウカラムリニ仲ノ町ノオ亀ズシヘハイッテ二階ヘ上ルト間モナク, ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, ト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, ト云ウコトデアレバ他ニ神経, ト云ウコトニレントゲン検査ノ結果診断ガツイテオリマス, ト云ウコトハナイデショウ僕ヲ楽シマセルト同時ニ, ト云ウコトハ明カデナイガ多分割下水時代, ト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, ト云ウト急ニ電話口, ト云ウトイカニモ善人臭ク聞エルガ涙脆ク, ト云ウト茶碗ニ飯ヲ盛リカケテイタノガ, ト云ウニ太平楽ヲヌカシテコキ遣ウ, ト云ウノダガ妻ハソレニハ不賛成デ母親トシテ監督スル責任ガアルト云ウ, ト云ウノデアッタガ黙ッテイルト, ト云ウノニ似テイルガ, ト云ウノハ正シクアンナ女, ト云ウノハタイルニシテ見タラ濡レテイル時ツル, ト云ウノハ五子モ暫ク奈良ヘ行ッタコトガナイノデ, ト云ウモノガアッテ中尊ニ, ト云ウモノヲ載セテイル, ト云ウヨウナコトガアッテハ困ルノデ, ト云ウヲ気遣ウ, ト云ウ人ガ来テイルカラ命ハ助カルカト尋ネタラ, ト云ウ仁ノ屋敷ヘ住ンデイタ, ト云ウ呼ビ方ヲ殊更, ト云ウ声ガシテ珍シク彼女ガ朗カナ顔ヲ出, ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, ト云ウ意味ナノカ予ヲ信用シテイルカラト云ウノカ, ト云ウ所以デアル, ト云ウ気ガシタコトハ事実デアル, ト云ウ点デハ二人ノ意見ガ一致スル, ト云ウ物ガアリマストテイロイロヌカス故オレガ座敷, ト云ウ生物ガ限リモナク優秀ニ見エル, ト云ウ男ヲ呼ン, ト云ウ男ガ研ガ上手ダカラ呼ンデオレノ住居ヲ分, ト云ウ男ニモ地面内ヘ家作ヲシテ, ト云ウ男ニ聞イタ兼ガ遠州, ト云ウ目算デアッタガ動キ出シテ見ルト窓際ハ風ガスウ, ト云ウ者ガウチヘ上ッテイロイロ世話ヲシテクレタ, ト云ウ者ガ公儀ノキジカタ小遣モノノ御, ト云ウ者ト大談事, ト云ウ音ヲサセテ子供, ト云ッタガ本当ニ痛イ時デナクテモイヽ痛イ, ト云ッタガ江戸ヘ来, ト云ッタガ考エテミルト実ハ, ト云ッタケレドモ冷エ方モコレホドニナルト痛ミト, ト云ッタソノ時ニ短刀ヲ女房, ト云ッタッケナ何トカ云ウ有名ナ絵草紙屋, ト云ッタラ木村ハチョット困ッタ顔, ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, ト云ッテ退ケタ, ト云ッテイタガ午後四時ニ来タ, ト云ッテイルジャナイカアレモオ前サンガ亭主ニソウ云ワセテイルンダロウト, ト云ッテソコヘ颯子ガ這入ッテ, ト云ッテモマダ暑イノデ洋装ニスレバイヽノニ, ト云ッテモ京都ガ一番安全デアル, ト云ッテモ返事ヲシナイ, ト云ッテヴィタカンフルノ注射ヲシテ児玉氏ガ帰ッテ行ッタノハ夜中ノ二時デアッタ, ト云ッテ二人デ乾イタタオルヲ持ッテ濡レタ体, ト云ッテ努メテ無表情ヲ装ッテ, ト云ッテ君チャンノカオ, ト云ッテ寝室ヘ行ッタ, ト云ッテ注射ノ用意ヲトトノエテ, ト云ツテアルガ一向其要領ガ得ラレヌ, ト云ハ誤ナリ花鏡, ト云ヒ二ヲ緑隊, ト云ヒ古事記ニ手を振り, ト云ヒ声ヲ呑テ涙, ト云ヒ才ノ短, ト云ヒ詩ト云ヒ声ヲ呑テ涙, ト云フ未ダ的, ト云フガ如キ笑倒ノ沙汰, ト云フコトデれんげさう, ト云フトコロヲ手をふき, ト云フノ他ハ皆金屬, ト云フハ我一ヲ以テ敵, ト云フモノハ一宇モ無シ, ト云フモ可ナリ屁ト云フモ亦可, ト云フヲ以テ直ニ範圍狹シトナス勿レ, ト云フヲ以テ唯野蠻ノ一種族ニ關スト速斷スル勿レ, ト云フ名ノ影響, ト云フ川アリ是ヲ界トスルナリ, ト云フ年限ヲ豫定シタルハ, ト云フ稱ハ物ニ見エタルコト, ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, ト云フ者アラバ只國家, ト云フ者アリ好搗栗ヲ用テ蒸熟シ布ニ裹ミ鉄杵, ト云フ者ハ經驗ニ因テ愈々練熟, ト云フ者始メテ自身自國, ト云フ能力ハ人心ニ具ハル能力ナリト雖ドモ其依テ源ヲ取, ト云フ言葉ヲ聞イテドウ思ハレルカ, ト云ヘルハ實ニ然ル事ニテ, ト云ヘルモ亦然, ト云ワレタ時代ノ彼女, ト云和州芳野高野山野州日光山殊ニ多シ, ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, ト云山内ニ西ヘ指, ト云山形ノ似, ト云旅人人馬断所々の世話, ト云紅黄草二種アル故ト云ハ, ト云者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, ト五人ト角力シテ已ニ三人ヲ倒シタル者ガ他, ト五体ヲ地ニ擲チ, ト五子ガ苦イ顔ヲスル, ト五子ハ妙ナ笑イ方, ト交テ気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, ト交渉ヲ持ッタ経験ガナカッタナラバ, ト實ニ私人生産業限度, トノ才ト云フ者ト略相似タリ, ト人トヲ把テ如此キノ悲境ニ陥ラシメテ省ミルナキモノ, ト人民トノ人格的覺醒ニヨリテ各ソノ君主タル將軍, ト人民トヲ救済スベク其ノ請願運動, ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生殺與, ト人生ノ理解, ト人種ヲ異, ト今夜もばたばた, ト今少シ駅ニ近, ト今日モ婆サンガ這入ッテ, ト合致スベキ由ヲ, ト種族ト混交シテ, ト仙品其形色変幻端倪スベキナシ故ニ霊芝, ト仰いで雨戸, ト仰しゃると昇も, ト仰山ニ流レ出タガ今日ノハポツリトホンノ一ト垂ラシ, ト仰有っても幽霊, ト仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, ト仲良クスルノヲ好, ト企ンデイル悪事ヲ実行スルノニハ, ト伏し拝みつつその, ト伏目で見た, ト休めと思うた, ト会飲スル毎ニ各自筆トリテ見聞キシコトヲ書キタル反故ナリ, ト上って, ト低い鼻に, ト佐々木ヲ傍ニ置イテ三時カラ五時頃マデ, ト佐々木ガ戻ルマデニ仕事, ト佐々木ガオ静ニ聞キニ行ッテ戻ッテ, ト佐々木ガ上半身ヲ起シタ, ト佐々木ガ口ヲ挟ンダ, ト佐々木トハ一等五子ハ二等デアル, ト佐々木トハ夜ガ晩イカラト云ウノデ吉兆ニ泊ル, ト佐々木ニ聞イテ見ル, ト何となく不平そうで, ト何んとなく, ト何時にない, ト何皆鳥が囀つてる, ト何處へ響い, ト余所事に聞流し, ト作シ或ハ以テ, ト作ス又芝草ハ一年ニ三タビ花サク, ト作スニ堪ユ, ト佳い薫が, ト併行シテ國有鑛山ノ積極的開發等, ト供ニ御狂ヒアリテ, ト便所トヲ作リ直サセタコトガアッタ, ト信仰トノ活路ヲ見, ト向いたまま, トもそれでは, トに控, ト働きすると, トノ首トガ一ツ胴カラ生エタリシテ, ト僕ガ言つてはヤツパリ広目屋, ト僕ハ叱リツケタ, ト僕ハ云ッテイタガアマリ長イノデ木村ハ気, ト僕ハ構ワズヴィタミンヲ射シタ, ト儲けを賭ける, ト二が, ト兄トハ黒ノカアテンヲカムリテ睡ムル, ト兄ト原田好子漸ク手当, ト先づ其の局, ト先ヅ召捕とり正, ト光子トノ既ニ確立セラレタル関係ニ対シ何ラ異議ヲ申シ立ツルコトナシ, トレ代リ通路ニ寄ッタ方ノ, ト八海山嶺ヨリ笠ヶ岳迄, ト共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, ト共ニ劒ヲ示シテ, ト共ニ參政權ヲ取得スベキ者ナルハ論ナシ, ト共ニ左記ノ処ニ事務所, ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, ト共ニ東京ニ来航シテ居ヲ構エシガ, ト共ニ鎌倉中期カラ後期ニ移ル頃ノ代表的, ト共同ノ生産ニヨル富, ト兵卒トノ物質的生活ヲ平等ニスル所以ハ自明, ト兵器即チ軍艦水雷艇砲銃水雷等, トノ保護者トノ爲メニ制限セラルルハ論ナシ, ト其処に囚, ト其加算ガ私有財産限度ヲ超過シタル者ハ前掲ニ, ト其奴が薄笑い, ト其如何ノ処ニ生ズルカヲ知ルニ足レバナリ, ト内心で言, ト内証で見せ, ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力ヲ缺ケルガタメナリ, ト円心に翳し, ト再び会釈し, トぐらいは送っ, ト冬我慢すれば, トで取, ト出世を思っ, ト出銭ガ多クッテネ, トに斬っ, ト刀一ト鑿突いては, トにした, ト切りになる, ト切歯して, トりのむこう, ト初めて口を, ト利己トノ間ヲ劃定セントスル者, ト刺戟物ト塩カライ物トハ禁ジラレテイルガ食慾ハ常人以上デアル, ト前のめりに泳いだ, トヲ結合セヨ, ト勇み立ちて黄金, ト勇猛不屈ノ精神トヲ以テ一篇, ト勝家慶テ約諾ス然, ト勝負後見した, ト包みはやがて, ト化シ函陵亦多, ト化スト云ッタ塩梅デアル, ト協議シ其取扱方法ヲ定, ト協議シ親戚故旧ニ贈ルベキ遺物, ト南平台ヲ結ブ線, ト印度ヲ脅威セシ露國トニ恐怖ナキニ至レルコトハ, ト印度濠洲トノ防備ニ兩分セシメ十分ナル優勢ヲ持シテ各々, ト危險トハ鑛業省ノ註ニ述ベタルガ如シ, ト原田好子漸ク手当, ト厭味文句を並べ, ト聞える, ト反撃くれて, ト取外して言いかけ, ト口ト合ワセナイデ互ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, ト口宛の会話, ト口早に制し, ト口湯でも呑む, ト口癖のよう, ト口頭まで出た, ト叫ンダ拍子ニ俄ニ自分ガ腕白盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, ト叫喚く声, ト相成, ト可愛らしく口を, ト台所の方, ト号ケ或ハ局ト呼ブ者, ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, ト号ス其味ヒ佳ナラズト為サズ此類, ト号ス則チ文ハ宮ノ御, トながら言ッ, ト吃りながら, ト種類撮, ト合ワセナイデ互ニ一センチホド離レテアーント口ヲ開ケサセテ, ト同じ燈籠を, ト同一無差別ナル利, ト同一ナル勞働ヲ爲ス能ハザル原則ニ基ク, ト同一ナル參政權ヲ得, ト同一ナル國民權ヲ取得スベキ時期ニ達セザル者ト雖モ, ト同一ナル權利ヲ有, ト同一ナル生活權利ノ各, ト同一ナル行政法ノ下, ト同一ニ教育スル所以ハ國民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, ト同列シ別ニ一国, ト同居シ又同, ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, ト同時ニ一百萬圓以下ノ株券, ト同時ニ此ノ改造組織, ト同様ナル着想ハ本願出願以前ニ帝国領土内ニ於テ存在シ且遍ク知ラレタルトコロニシテ例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, ト同様ニ御セント欲スレドモ, ト同車シテ町用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, ト名ク他薊, ト名クル如ク英帝國其者ヲ組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ, ト名ク大論ニ無憂華樹ト翻ヘス, ト名ヅク其花ハ雨ニ遇ヘバ則チ開ク宜シク, ト名ヅク秋色ノ最, ト名ヅク葉ハ冬ヲ経レバ尽ク紅ナリ, ト名ヅケ年々外国人ヲ捕, ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, ト向うが勲三等, ト向直つて元, ト君チャンガキクトイヤト頭ヲフル, トき, ト呼ばれて出, ト呼ぶ声耳に, ト呼べば件, ト呼ビ捨テニシテルジャナイカ浄吉モオ前サンノコトヲワタシノ, ト呼ビ捨テラレルモヘイヘイト追従笑ヒナド泛ベタルハ, ト呼ビ都会人ノ多, ト呼ブ場合ガ多イ, ト呼ブ者ノ若, ト呼ブ者アリ葉形オホツヅラフヂニ似テ薄ク色, ト呼ンダノデアラウ又常, ト命じて其処, ト命名セシ港ニ入レリ, トしながら, ト和ボクシテクレト云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, ト和紙ニ対シ適合性ヲ持ツテイタタメ今日マデ愛用サレタニ, ト咎められてお, ト咽喉部ヲ丁寧ニ含嗽スル, トが出た, ト唱フ皆文字異ニシテ唱ヘハ, ト唱ヘル場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, ト唱廻場留場ト号シ銘々私ニ持場ヲ定, トで破い, ト喞言がまし, ト嘆息するを, トをしなく, トみかかるをば, トをし, ト四ツシカ違ワナイノニモウイヽ加減中年婆サンニナッテイル陸子ガアトヲ引キ受ケテ続ケタ, ト四時頃ニ便所ヘ行ッタ, ト四肢トヲソレトナク彼女ノソレラニ似ルヨウニ畫カセル, ト固まりになっ, ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, ト國家ノ薄弱, ト國家ニ移レル事業ヲ其人ニ經營セシムル手腕發揮, ト國民トヲ阻隔シ來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, ト國民平等ノ人權トニ深甚ナル理解, ト國際語ノ存亡, ト團聚力トハ無シト, ト地主トノ間亦之レニ, ト興に, ト堀川ノ, トである, ト場所ヲ明示シテ, ト場所一ト晩ぎりのふた晩, ト分ケテ戴キタインダガネ, ト塩カライ物トハ禁ジラレテイルガ食慾ハ常人以上デアル, トの方, ト墺太利製ラシイベージュノスウェードノ口金ニサファイヤノイミテーションラシイ石ガ這入ッテイルハンドバッグノ前, ト声それは辺り, ト声邪慳に叱り飛ばされ, トな調子, ト変リハナク携帯ニモ便利デアル, ト夏二ハ早速経助, ト夏漢文の校正, ト夕告のとり乱したる, ト夕食ヲトモニシ九時少シ, ト大分旨い仕事, ト大喝一声吠えかかるに, ト大声を揚げさせ, ト大差ナカリシ平等ノ理解ニ立チシガ, ト大差ナキ民族タル理由ニヨリテ日本國民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, ト大様に視, ト天下の安危, ト存候此儀私ニハ御構不被, ト奮闘トヲ祈, ト如何ナル遺物ハ何レ, ト如何ナル御作集録致サレ候ヤマタ貴殿ノ諸, ト妻トノ関係ニツイテハアマリ詳細ナ, ト始終さう思つて, ト姦シタル者ハ婦ノ訴ニヨリテ婦人, ト姿体ノ写真, ト威張リ散, トの挿した, ト婆サンノ反対, ト婆サンガ助ケ舟, ト子ト江渚ノホトリニ漁樵シ魚鰕ヲ侶トシ, ト子供三人女中ノオ節ノ七人ガ軽井沢, ト存候ウトモ御承引ナサルマジク候ニ付, ト季節ノ, ト安堵をした, ト安心十九日発売依託雑誌の配本, ト宗山が凝, ト宗教的信仰トニヨリ發現セシメタル古來一貫, ト容レザルモノアリ彼若シ知ルコトアラバ, ト容易ナラヌ表情デ云ッタ, ト容貌ヲ等, ト寄らんとすれ, トヲ捨テル気カ, ト寐入りして, ト寛大の処置, トル, ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, ト實ニ通俗政治家ノ標本タル, ト將來トニ於テノミ其ノ推移, トぬれば, ト尋ねても返答, ト尋ねた時行かぬ, ト尋ねると, ト小作人ノ存在スルコトハ神意トモ云フベク, ト小作人トノ存立ヲ認ムル點ハ, ト小声デ聞イタ, ト小指を刎ねた時, トからず, ト尾トヲ皿ノ一方, ト尾瀬沼過半ヲ遮, ト尾鰭を刎ねた鯉, ト居直って, ト屋敷は構える, ト屋根に生えた, ト屋根ヤブレルホドノ大喝采, トいて, トにかか, トを作っ, ト山いくらで滅法, ト山口は憤然, ト山積んであった, ト山脊ヲ界シ, ト山越して甲州裏街道, ト岩野抱鳴ノ半, ト巡りして, ト左右糸で繋いだ, ト左様右様思ひ, ト覗く状, トヲ並ベルコトガ出来タコト, ト常に異ッ, ト幕ものとして立派, ト幕吏ら龍馬の京ニ入り, ト平和ノ交際, ト平等ノ國民教育, ト平等ナル國民教育ヲ受ケシム, ト年日野俊基が山伏姿, ト度グレーの講義, ト度善蔵氏に少しく, ト廊下カラ敏子ヲ呼ンダ, ト建國歴史ヲ異, ト挟まるよう, ト引取って, ト引返した鳥打を, ト彼方を透し見れ, トなき叢, トを見, ト後ナル淵源ヲ深, ト後ニ附イテ来タガ走リ方ガ速イノデ, ト神燈の, ト御座候処御主人, ト御新造の聲, ト微かに云ッ, ト心得テ近所ハ勿論困, ト心得不用之参詣, ト心易イカラ通リガカリニ寄ッタラアナタハ大変ダ上レトイウ故上, ト心有気に母親, ト心私かに敬服せり, ト忌々しそうに, ト忌々しいと言え, ト忍耐力トヲ保有シテイルナラバ君ノ今日, トヲ同, ト忠之ヲ取, ト快感トガ代ル, ト忽ち矢の, ト思い直してジット意馬, ト思えば荐, ト思ひしが, ト思ひ僻めつ大に, ト思われるも残念, ト思ウ程ナオ涙ガ出ル, ト思ウト恐クナッタ, ト思ウナラ直グニ寄加持ヲシテ, ト思ウノデスカト怒ルデアロウガ, ト思ウノハイヽケレドオ爺チャンヲ楽シマセルタメニ, ト思ッタカ問題ノキャッツアイ, ト思ッタ途端ニコノ言葉ガ出タノデアルガ正直ヲ云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ, ト思ッテイル気持ヲ僕ニ分ラセヨウトシテイルノデアロウカ, ト思ッテソレカラ直グニ刀, ト思ッテ予ハモウ一遍耳ヲ澄マス, ト思フモ有元ヲ捨テルニシノビズ, ト思出し笑をし, ト恍惚とする, ト恭子ハ焼跡ヲ廻リ, ト息入れながら五郎, ト息入れそれからの山坂道, トの八千度百千度, ト悲慘トヲ居常見聞セシメラルル兒童, ト悶着をみた, ト情意ヲ増進シテ, ト意休ト揚巻ノ三枚, ト感ジル人ガアツタラオソラクソノ人ガカタカナヲ見, ト感謝トノ相半バスル気持, ト憤然として文三, トみさせてから, ト懇切に教, ト懷中へ御, ト成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然ノ順序トシテ青銅器ヲ製シ出ダサンヤ, ト成ツテ愚王ヲ誠責シ, ト成ツテ正法ヲ弘持ス, ト我トハカツテ一度ハ桃園ニ義ヲ結ンダ仲デアルガ, ト我儘トハ動モスレバ其義ヲ誤, ト我宿志ヲ遂ゲレバ則チ足ル, ト我知らず言ッて文三, ト戰ヒ英佛ノ二國獨兒格, ト所山の斜面, ト手向ケノ水ヲ供エル穴トヲ穿ッテアルアノ形式, ト手持の辻番小屋, ト手短かに勿論, ト手軽な挨拶, ト手首を口, ト才トノ二ツニ分ツナリ識ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, ト才トハ何人ニテモ兩ナガラ之ヲ具スト雖ドモ必ズ長短, ト投機商人トノ有スル大資本ガ米穀, ト抱えもの文献, ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, ト押しぞ, ト押重って木の実, ト招ぎの手附, ト拝む風に, トの尖, ト指し示せば黄金丸, ト捧げた体で, ト捫着した後, トひ, ト揃購ひぬ, トヲ一ニセサルモノ果シテ幾何カアル, ト揉めはかねて, ト揚巻ノ三枚, ト握手シ同ジ目的ニ, トへが大黒屋, ト搦げとした, トへ来りし, ト撓めて刺す, ト撞木を被っ, トへも二擁, トッテヨ, ト支えたらしい早急には, ト改メテ剃髪シタソレカラ家来ノコトモミダラニナッテイルカラ家来ニ差図シテ取締方万事口入レシテ, ト改造後ノ致富トガ致富, ト攻メ立テヽ先ズキャッツ・アイノ件ヲ白状サセテ予ヲグウノ音モ出ナイヨウニサセ, トニ此国ニ来ラバ先ヅ其事件云々ヲ, ト教ユルニ非ズヤ, ト散ります散りますと來, ト敦圉あらく立かかる, ト敬イ四時牛馬ヲ屠, ト数度喜び聞えなほ四方山, ト数度嘆賞するに, ト数度養育の恩, トを追って, ト敵手が傍, ト文三憤然として分, ト文明交渉ノ密接セシ王朝時代, トしく振返ると, トにがッくり, ト斜めに向, ト方べつな皇子, ト方法トヲ具ヘテ教育者ガ被教育者ニ加フル所, トを考え, ト旗組も地理, ト日本ノ統一軍隊, ト日本人トハ米國内ノ白人ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ, ト日本皇女トノ結合ヲ以テ日鮮, ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, ト早瀬の声, ト映画演劇演芸等の外, ト春久ガ挨拶シテ通リ過ギテ行クノガ聞エル, ト春久トノ関係ニ言及スル積リダッタニ違イナイガソウナルト事件ガ深刻過ギルノデ迂闊ナコトハ云イ出セズ, ト春久ト仲ガイヽコトハ予ガ知ッテイルバカリデナク自分デモ公然ト云ッテイルシ, ト昨日文三にいじめられた, ト時皆な皆, ト時瞳の先, ト晩ぎりのふた晩, ト晩ジュウ満足ニ寝ラレナイト云ッテコボス, ト晩中寝ないで, ト晩中女は安火, ト晩外へ出なかった, ト晩蚊に食われちゃった, ト普通ノ方法, ト見ガ此, ト暗夜の如き, ト暗愚ヲ憐ム者, ト曰ウハ瀘水甘南水, ト曰ヒ杜蘭ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, ト曰フモノ大ニ優ル, ト曰フ皮ハ桂ニ似テ香シ, ト曰フ職ヲ帝國, ト曳立て曳立て裏手なる槐, ト更に心に, ト更ニ急報スベキ事件ノ発生, ト曼殊院ノ階段, ト月たち二タ月たち三月目がすぎる, ト月七月に入, ト月二タ月の未決, ト月五十円ぐらいで暮せた, ト月以上も前, ト月位は大丈夫, ト月位住うには不足, ト月余になる, ト月余りも過した, ト月六月になつて, ト月居続けしたお客, ト月新緑の中, ト月目に極度, ト月近く続けて, ト月過ぎ二タ月過ても, ト有難ク御礼申シ上候泥棒ヨリ, トなどふと, ト朝八十余歳の, ト木彫のあの, ト木村ガ云ウノデ彼ニ命ジテ多量ニ石炭, ト木村ガ云ッテ背中ヲ出, ト木村ガ飛ンデ来, ト木村トデ彼女ヲ風呂場カラ寝室, ト木村ハ二人デ郁子ニ寝間着, ト本州ノ大, ト本州トノ古物遺跡ヲ對照シテ, ト朱墨ヲ磨ル, ト村雨の露, ト束ねの物, ト来た日にゃ, ト東洋ノ平和ハ, ト東西呼應シテ一擧露國ヲ屈服セシメ, トの縁, ト板橋の欄干, ト柱襖その金屏風, ト柴田修理ト取合ハ其比威勢アラソイトモ云, ト栄名ヲ此一挙ニ期シ, ト根據ヲ異, トノ救援ニ息ヅク思ヒアリキ, トも二タ梱, ト棄てようとして水, ト楫棒へ掴, ト構えた体が, ト構内の長屋, ト様々にいひ紛らし, ト権利ヲ没却セラレテモ, ト横目ニテじろりと睨メタリ, ト横眼で天井, ト權能トヲ無視スルコトヲ畏ルベシトナス, トナル結果ナル效驗トヲ相結合スル上ニ在, ト歐米トガ全然發達, ト歐米崇拜者トノ爭鬪ハ實ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, ト止めろッ, ト此小曽根なるものハ長崎ニ, ト此方で澄まし, ト此言大ニ笑フベシ性水, ト武朴ヲ守リ, トヲ決シタノガ, トんど, ト殊勝にも言葉, ト残る隈なく, ト母トハソノ古イ方, ト母親ですら, ト毒屑ト久シク澗谷ヲ埋, ト比シ本邦ヲ以テ英國ニ比シ, ト比ベテ見ルト, ト毛筆トヲ盆ニ載セテソノ上ニ運ンダ, ト民有タルベキ者ト亦實ニ私人生産業限度, ト気軽ナ風ヲ装ッテ云ッタ, ト永ク相終始セントス, ト拭いて, ト汝ハ如何ナル宿因有テカ, ト江渚ノホトリニ漁樵シ魚鰕ヲ侶トシ, ト決定スル所以ハ只肉體, ト決心して, ト決断カノ小論ノ行間, ト沈鬱トヲ写スコト到底ジョットーノ比ニアラズ, ト沒交渉ニ非ズト云フコトナリ, ト河合女史トガ出テ行ク様子デアル, ト河流トノ関係デ北上, トふかせろ, ト波瀾が起き, ト泣キ声トヲ胡麻化スタメニ頭カラ掛布団ヲスッポリト被ッタ, ト浄吉トノ結婚ヲ予, ト浄吉ハ云ッタガアノ時ハ恐ラク, トみせぬか, ト浴室ト便所トヲ作リ直サセタコトガアッタ, トヲ隔ツト雖モ, ト海月の骨, ト涼みしてよかろ, ト深津ハ後ヘ残ッテ居テ, ト渡り見渡して女, ト溜息噛雑ぜの愁訴, ト滑車ヲ作ラセ, ト漢中王トハ養父子ノ間ニナッテイルガ, ト漢詩ハサシテ巧ミデハナイケレドモ彼ノ小説ハ予, ト激シイ労働ニ追ワレテイルノデ, ト瀝青ヲ背負ツテ, ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, トヲ同, トス可, ト為サザルニ在ラズンバアラズ, ト為サザルベカラズコレ彼等ノ耐, ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, ト為サズ優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, ト為サレ新中納言知盛, ト為シ各同ジカラズト雖ドモ, ト為シテ強奪ヲ恣ニシ, ト為シ一世ヲ睥睨スル者世其人ニ, ト為シ仏家ハ大蒜小蒜, ト為シ十年以下ノ懲役二処ス, ト為シ国ヲ破, ト為スノ弊タルノミ如此クナラザル者ハ之ヲ心ニ考, ト為スハ蓋シ勝軍利ノ義ニ, ト為ス巴モ亦蕉, ト為ス此レ本朝式ニ所謂平栗子耶或ハ曰ク搗栗ハ脾胃ヲ厚クシ腎気, ト為ス甜瓜西瓜是レナリ菜ニ供スル者ヲ菜瓜ト為ス, ト為ズシテ書ヲ友トナスノ益ニシテ, ト為テ心了セザルコトヲ僧ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, ト為テ心了セザルコトヲ私は若い, ト為テ心了セバ総テ僧ニ輸セン, ト為リタルガ故ニ, ト為リ琵琶ヲ, ト為ルヤ第二期議会, ト為ル瑞応図ニ云ク芝草ハ常ニ六月, ト為伍ヲ破, ト為卒ヲ破, ト為旅ヲ破, ト為軍ヲ破, ト無慈悲な記臆, ト無慙や行燈, トラザル者トアルハ恰モ等シキ人間ノ, トの市街戦, ト煽り煽り立て急速, トと視, ト爲サンノミ然リト雖モ贅疣, ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍ヲ曰ヒ, ト爲スニ足ル顧フニ漱石深沈ニシテ苟合セズ靜觀シテ自適ス往々, ト爲セリ原ト一種海事的並ニ冐險的, ト爲リ又青, ト爲リ黒ト爲リ又青, ト爲ルハ一ニ外物ノ感化ニ是レ由ル幼時, ト片手ついたが, トに噬, ト牛頭と顏, ト物議もあり, ト特別ナ言葉, トは廊下, ト狙いながら件, ト独り感涙にむせびし, ト独言を言い, ト獅子は紅, ト獨逸ノ徴兵トノ優劣ハ實戰ニヨリテ立證セラレタルモノニ, ト玄関から庭前, トらしく人声, トレルダロウナアヽ貴様ハアンナコトモシタコンナコトモシタソレデテ楽ニ死ノウナンテ虫ガヨスギル今, ト現代トヲ理解セザル頑迷圃體論者ト歐米崇拜者トノ爭鬪ハ實ニ非常ナル不祥ヲ天皇ト國民トノ間ニ爆發セシムル者ナリ, トを抱いた, トぐらいはお, ト用心シナガラウワベハ驚イタ風ヲシテ空ットボケテ, トヲ獲, ト申すと何, ト申シマスノハネアノ顔ヲ見, ト申スハ九郎義経公ノ御, ト申者我等数年兵法などをし, ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, トは忌々し, ト男谷忠次郎トソノ外五六人デ行ッタ時ハ, ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, トの鶉籠, ト番いを贈呈, トッた, トありげ, ト癖確にある, ト白トノコノ対照ヲ五子, ト白足袋ト一揃イ御新調, ト白骨は肋, ト皆無ナレドモ乙ノ製作品中ニハ其例决シテ稀ナラズ, ト皆無ニ近キ現状ナリ蓋シ従来本邦ニ留学スルモノ, ト皮下が恐く, ト目ザス者ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, ト目ニ望ミ候得ども, ト目会いたやと泣き慕う, ト譯スベキ歐羅巴語ノ, ト相俟チ愈々光輝ヲ発シ, ト相反シテ我ガ日本ハ彼ニ於テ破壞, ト相應シテ中部支那以南ノ割取, ト相成海運橋兜町ニ於テ第, ト相手のない, ト相照暎シテ爛然異彩ヲ放, ト相結ビテ彼等ノ土地, ト相聞へ申候, ト相談を覆ひ被せよう, ト相談ヲシテオレヲ地面カラ, ト相謀リテ此記念碑ヲ帝國圖書館ニ建ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計, ト相識リシハ初メテ蕃書調所教授手伝並タリシ日ニアリ, トを皺め, ト做サレ従テ同盟, ト真赤な蟹, ト真黒に成ッ, ト眼元と口元, ト睨み合うとこけ, トを注ぎ, ト知ッテ史ヲ語リ兵ヲ談ジ, ト知ラズニイルデモアロウガ若カリシ頃ニ遊ビヲシタ, ト短日月ノ修得トハ世人, ト石屋トハ五子ト佐々木ヲ傍ニ置イテ三時カラ五時頃マデ, ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱, ト礼儀ヲ以テ語リ会ツタ, ト社會及人性ノ理解, ト私ガカケツケマスト奥様モ目ヲアイテ私, ト私人生産トノ併立スル原則ニヨリテ私人生産業限度以下ノ生産, ト私利的トノ欲望ヲ併有ス, トノ朝, トス即, ト称シ或ハ五軒ト号ケ, ト称シテ純日本式, ト称シテ盗賊火難除ノタメ, ト称シ南蛮王ノ巣トシ, ト称ス今丹, ト称スルコト甲斐国志ニ見ユ, ト称スルモノト考エラレル第六番目, ト称スル神仏類似ノモノニ奉仕スル輩ノ中, ト称スル者今其ノ二三, ト称ルモノニ充ツ未的切ナラズ麝香草ハ生ニテ動揺スレバ香気アリ乾セバ香気ナシ漢名麝草, ト程度ニ於テ然リ, ト種々に分, ト稱スベキモノヽ存在ハ今ヨリ凡六十年前, トかせいで, ト穏便をおもっ, ト突出た廂, ト突如に昇, ト突然お勢, ト立とうとした, ト立直して裏, トを破る, トの雑魚, トに取っ, ト笑顔を擡げ, ト符節ヲ合スル如シ, ト筆お便りをなされませぬ, ト筆これに, ト筈高にがツ, ト等シク正ニ, ト等シク作業中ノ生活費ノミ, ト等効ナル動作ヲナス機械腕, ト答フルヲ得, ト飲んでも, トを弾, ト簡明正確ト短日月ノ修得トハ世人, トを献上, ト米國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト日露戰爭ヲ有力ニ後援シテ日本ニ支那, ト一時間後ニ僕ガ云ッタ, ト素ッ破抜イタ時, トの目, ト組合員トノ間ニ雇傭契約ヲ締結スルハ, ト結ビテ獨立ヲ企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ, ト結合シタル勞兵會ノ出現ナラザルベカラズ, ト結婚後ニオイテハ常ニ光子, ト結果トヲ相結合スル所以ヲ知リ, ト絵本の読み, ト絶ツノ策ヲ画スルノ, ト絶對的ニ兩立セザルガ故ニ實ニ, ト絶縁スルノガ俺ノ生, ト続いて颯と, ト続け様に呼んだら, トかけた様子, ト綿貫栄次郎トハソノ各, ト緋色の雲, ト緑金ノ刺シ違ヒ, ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國ヲ觀ルニ, ト罵れば, ト美女は袂, トの同志, ト羽織ヲ外シテ上カラ着セタ, ト翳しながら熟, ト翻ヘス因果経ニ云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, ト老爺は煙草, ト考フルガ上院制ヲ否, ト考フルガ如キハ現實的改造, ト考フルハ恰モ政治的特權者ニ向ツテ叫バレタル政治, ト耳朶トガ互イニ効果ヲ助, ト聞いたらネ, ト聞イタノハ蟋蟀デハナク予自身ノ呼吸音ダッタノデアル, ト聞エソノ勢逐日熾烈, ト肉トハ未ダアルダロウカラ, ト肉体トノ両方面ニ, トの裏, ト背向きに頸, ト背後を振返, ト背負い町へ, ト背負いまして片手, ト背面各部分, ト胴ト四肢トヲソレトナク彼女ノソレラニ似ルヨウニ畫カセル, トが白く, トを曲げる, ト膳ニ向ウト敏子ガ始メタ, ト臀部ノ発達ハ不十分, ト耳義, ト自分ダケ浴室ヘ引ッ, ト自家撲滅文三はフト首, ト自己が云う, ト自愛トヲ祈, ト興奮ト快感トガ代ル, トは赤い, ト舞台は車軸, トである, ト色沢ノ映, トさかせる所, ト芳ちゃんは小さい, ト芳ちやんは小さい, トイ者トハ好, ト苦々しそうに, ト苦労増して, ト英國トノ衝突ハ日英同盟ヲ存立セシメザル者ナリ, ト草鞋を脱い, ト果てたが, ト菓子ヲ盆ニ, ト萎れ返ッた, ト落胆した容子, ト葉山ガ始末ヲ聞イテ, ト蔵海めさすがに, ト蔵海め流石に仏, ト薄弱ナル意志ト衆愚ノ喝采, ト薄村ノ両, ト薬指トガ最モ激シク, ト蛇の目に開いた, ト衆愚ノ喝采, トた, ト行った時はじめて, ト捲き込まれて, ト袋袂の中, トを捲い, ト袖口を軽く, ト袴ト白足袋ト一揃イ御新調, トを床, トを一つ掻, トへさした, ト見知ラヌ人ハ有マジ本道ヲ, ト覗いていた, ト覚えず取外して, ト覚シキモノヨリ発シタル無線電信ヲ受信シタリ, ト角力シテ已ニ三人ヲ倒シタル者ガ他, ト言いっておく, ト言い懸けて敢, ト言イ作ッテ之ヲ行ウヲ士大夫ト謂ウ, ト言ウテ深ク苦慮シテ居マシタ, ト言ワレテカエス言葉ナシ素直ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ雲, ト言一ト言何とか, ト言二タ言話して, ト言何か仰っし, ト言彼等の労, ト言恥を知れ, ト言捨てて高い, ト言辺りへも聞える, ト記シタル唐紙片ヲ発見セラルベシ, ト記憶に存, ト訝かり問へば, トも解らぬ, ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, ト診断船中ニ於テ御加療中, ト詈リ侵略者ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, ト詠フル如ク緑葉ヲ以テ柱, トぶるに, ト詰問サレルコト再三ソノタビゴトニ悲シク, トしして, ト誅求ヲ諸, ト認ムルニ依ル, ト認識ヲ超, ト語ルトキノ彼等ノ公語タラシメザルベカラズ, ト語ルニハ戯弄多ク, ト誣ユルハ昏迷者ノ狂言ナリ, トリタルナラン, ト調の一大交響楽, ト調和スルヨウニマニキュアモ常ヨリ紅ク染メテイル, ト談話ヲナシツヽ指ニテ之ヲ彈ズルニ, ト論議も覚悟, ト陣申合ヘリ, ト諸君はお, ト謂ヒ甚ダ美ナリ留メテ取ラザレバ春ニ至テ, ト謂フベク假令少數タリトモ此, ト謂フモ亦タ不可ナル莫ランカ, ト謂フ可キモ亦カノ, ト講和會議トニ於テ彼ノ十分ニ安意シタル所, ト變シ幾多ノ雄, ト貝鮹と云う, ト出サレテアリ, ト賃銀トニ干渉シ得ベキニ非ズ, ト資本と云う, ト賠償公債トノ加算ガ私産限度ヲ超過スル者ハ其超過額丈ケ賠償公債, ト赤い目で, トリ出シタ, ト走り寄て木, ト越中国トノ界ハ山深ク嶮岨ナル, ト足二タ足ゑゑ何ぞいの未練, ト足二タ足ゑゝ何ぞいの未練, ト足二タ足歩イテ見セル, ト足先ニヒルマンガ走リ出シテ, ト足先ニ日航デ帰ル, ト足後へドッコイ, ト足歩度を伸ばす, ト足踏して, ト足離れ退くとたん, トでお, ト跪いてお, ト踊りをどら, ト踊リ素晴ラシイモノデスワタシ日本デハアンナスバラシイモノ聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, ト踞んだ形で, トを返し, ト身内ノ名, ト身構へし, トヲ止メテ颯子ガ云ウ, ト車軸を流す, ト軍人ヲ以テホトンド全部, ト軍需品トヲ遮, ト転倒がる女, ト軽井沢ヘ立ツ時モワザトコヽヘ寄ラナイデ上野駅デ落チ合ッタ, ト近辺の者, トシタガソレカラ万事金ノ, ト返答をし, ト尊セラレ給ヒ皇統今, ト逃亡シ所在ヲ晦マシ, ト逆上あが, ト透すと二重, ト途方に打, ト逗留シロトテ座敷ヲ一間明ケテ, トのこと, ト通り口早に教えた, ト通り幼少以来の飲酒, ト通り漢学者の前座, ト通り詮議をいたします, ト通リスガリニ立チ寄ッテ線香ノ一本モ手向ケテクレル, ト忙しく尋, ト連和シ呉ヲシテ蜀ヲ取, ト連忙はしく, トく処, ト違イ僕ガ彼女ヨリモ彼女ノ母, ト遠山の附添福崎, ト遣った工合は, ト適用トヲ蓄積スルニ在ル耳ナラズ, ト郵便を手, ト鄭重に一礼, ト配当所得ニ依ッテイル, ト酔覚のよう, トトニヨル差別待遇, ト野戦ヲ構ウルハナオ, ト野村ガ見送ル, ト野村ハ云ウガソウダトスレバコレモ予ヲ揶揄スル積リナノカモ知レナイ, ト金ニテ作リ荷ヲ運ブニ用フルモノナリ, ト金糸デ乾山風, トの粟, ト釣っていた, ト銀トハ全然形容ナレドモ, ト銀トヲ縄ノヨウニ撚ッタモノ, ト銚子階下へいいつけた, トを極, ト鍵形に曲げ, ト鐵トハ半バ形容ニシテ, ト鑿突いては, ト長火鉢のさし, ト長雨のあと, ト関わない断然辞し, ト闘争シ弓矢ヲ取, ト限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, ト限ラルルガ爲メニ被告ノ平常, ト限リテ町村住宅地ヲ除外セル所以ハ, トによせ, ト階下デ妻, ト隔てなく口ごと持っ, ト際聴手が殖えた, ト障子の内, ト雖ドモ其元行ヲ求ムレバ唯縱横ニ架シタル木材ニ, ト雖ドモ其元行ハ唯此源因ト結果トヲ相結合スル所以ヲ知リ, ト雖ドモ其關係極メテ夾雜組織セル者ニ至テハ, ト雖ドモ希臘ヨリ羅馬ニ漸進シ羅馬ヨリ佛英ニ至リ漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ, ト雖ドモ為ザル所ニテ豈文明, ト雖モ何等ノ制限, ト雖モ其老親ノ扶養, ト雖モ古物遺跡ヲ基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ, ト雖モ此ノ新, ト雖此ニ反抗スル事ヲ得, ト離シタリ合ワシタリシテ黄色イ舌ヲ口腔デベロ, ト離別シ且既ニ不覊独立, ト離別スルノ理ヲ以テ, ト難儀はとし, トを蹴立て, ト雪枝の作品, ト雲泥ノ相違アリ, ト露西亞ニシテ甲ノ徴兵國ガ乙, ト青塚トニ在リ, ト青島ヲ根據トセル獨逸トガ, ト青島ヨリ加ヘタル恐怖ヲ除去シタル者ナリ, ト静子は今し方自分, トを合せ, ト鞭ビシッと当てた, トに一人, ト頃外国製のエハガキ, ト頃足利方の士, ト頃里は暗澹, ト頬杖か何, ト頬被りはじろりと, ト頭振りを振る, ト頻りに案じ煩ひ, ト頼シゲニ言ヒテンケレバ少童二人召具シテ住狎タル玉, ト頼ンダカラ一カ月三文三合ノ加入ヲスル人, ト顛落るもの, ト風入れに掲げた, ト風呂敷として跡, ト風呂敷包がそれ, ト風異りて, ト颯と烏の, ト颯子デアル, ト颯子ガ睡ソウナ眼ヲコスリ, ト颯子トガドンナ工合ニ接触スルカソノ様子ガ見タカッタノデアルガ, ト飲ミマワッテ化粧ノ女, トを捻っ, ト馴染ンデ党中トナリ, トめきの, ト騒動だし, ト骨ト尾トヲ皿ノ一方, ト高い男は, ト高手小手ニ縄ヲカケ袖ヨリ袖ヘ縄, トヲ食ベルノハ浜作以来ダナ, トリ絡ミ合イ笑イ合イ謡イ合イ軋, ト鷲郎を指し, ト黄ノオモヒキリ派手ナ, ト黄金丸も彼, ト黒人トノ如キ人種的差別アル者ニ非ズ, ト黨閥内閣トニ差等ヲ附スルノ, トを鳴らした, ト鼻紙入ヲ拾イテ