青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「よる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

よせ~ ~よそ よそ~ よっ~ よっぽど~ ~よほど よほど~ ~より より~ ~よる
よる~
~よれ よれ~ ~よろこび よろこび~ よろこん~ ~よろしい よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん

「よる~」 6503, 62ppm, 1834位

▼ よる~ (5569, 85.6%)

80 彼は 49 これは 46 それは 25 彼女は 22 彼の 18 自分の 16 彼が 13 さわると 12 なんでも, 私の 11 私は 10 君は, 女は, 日本の, 第一 9 いう, 人間の, 先生は, 私が, 自分が 8 かれは, それが, 二人は, 例の, 当時の, 彼等は, 非常に 7 その男, 人間は, 今度の, 今日の, 僕の, 僕は, 彼女の, 日本人は

6 [11件] あなたは, ここは, この, この事件, この人, これが, これらの, 何でも, 前の, 彼らは, 父は

5 [14件] いうが, この家, この辺, その日, その時, 二人の, 今度は, 地震の, 夫人は, 子供の, 此の, 犯人は, 申しまする, 男は

4 [19件] あの男, これも, 之は, 事実は, 二つの, 今夜の, 今夜は, 以前は, 何か, 僕も, 女の, 従来の, 急に, 昔の, 最初の, 死体は, 現在の, 番頭の, 自分は

3 [57件] あの女, ある時, あれは, いうよりは, いえども, いまの, かの女, こうである, ここに, このよう, この女, この川, この時, これを, その女, それよりも, それらの, それを, ほんとうの, わたしの, 一種の, 三人は, 世界の, 今の, 今日は, 他の, 作者は, 信長は, 俺の, 外国の, 多くの, 妻の, 少くとも, 彼も, 怪塔王は, 我々の, 日常の, 日本には, 日本一の, 日本人の, 昔は, 昨夜は, 曾て, 次の, 氏は, 父の, 現代の, 翁は, 自分も, 自分を, 船は, 西洋の, 触ると, 賊は, 近いうち, 近所の, 金の

2 [288件] あなたが, あなたも, あのとき, あの人, あの少女, あの屋敷, あらゆる時代, ある種, あれが, あれを, いうより, いうよりも, いきなりドア, いっても, うしろで, うちの, え, おいね, おおかみ, おまえは, お仕舞, お代官, お前が, お前は, お民, お玉さんは, お花という, かの奥さん, かれが, かれら, こうな, ここの, このとき, この夫人, この少女, この日, この春, この書, この温泉, この火災, この男, この紳士, この雪国, これでも, これに, これまで, さはる, すべての, するもの, すれば, ずっと昔, そういうこと, そうで, そうなる, そこには, そこの, そこへ, その, そのうちの, そのお, その人, その前, その吹矢, その婦人, その川, その朝, その目的, その研究所, その話, その跡かた, その頃, そんなこと, つぎの, どうしても, どこか, どんなに無力, どんらん飽く, ひとつの, ほんとうに, ぼくは, まずその, もう実業, もっと意外, わりに古い, われわれの, アイヌ語の, アダムと, カントの, クサイの, ソ満, チェーホフは, パリの, プルウストは, ベートーヴェンは, マリヤンが, マレエ半島産の, マンチェスタの, 一つの, 一切の, 一日に, 一杯かつがれた, 三日も, 不良少年白痴巾着切, 世界で, 丘の, 両手で, 両手に, 主人は, 久吉は, 二三日前彼が, 二十一の, 云ふ, 云わねば, 京極も, 京町二丁目の, 京都の, 人々は, 人は, 人中での, 人間と, 今から, 今でも, 今回の, 今夜あたりは, 今年は, 今度のは, 今朝まで, 今頃は, 令嬢の, 佐川の, 何よりも, 何んで, 何分此校, 俳文に, 元は, 先月の, 全国の, 六角板状の, 其処に, 内容的な, 初めに, 利休と, 前に, 北海道の, 博士が, 博士の, 博士は, 原始的な, 口の, 口語に, 古来の, 右に, 右手を, 同じよう, 同性に, 君の, 君子の, 和尚は, 哲学とは, 啓蒙の, 嘘では, 四明山の, 団十郎は, 地位の, 地震で, 坂井の, 変な, 変に, 外の, 外出を, 夜の, 大いに老人, 大事を, 大学の, 大将は, 大阪の, 天下に, 太宰は, 太陽の, 太陽は, 女王は, 妙な, 妙に, 娘が, 婆さんは, 子供が, 孔子が, 孔子の, 安土の, 宗助の, 実際に, 家康の, 家族の, 小鉄, 島田は, 川上糸子は, 工場の, 己の, 帰りは, 庭の, 彼と, 彼女が, 彼自身の, 心にも, 思います, 思って, 怪訝な, 手紙を, 折角の, 支那では, 支那の, 日本が, 日本では, 日本に, 日本は, 昨夕兄が, 昨夕誠太郎の, 最初から, 最後の, 東京では, 東京の, 東洋の, 森さんは, 横浜の, 正直に, 武蔵は, 死にに, 死ぬかも, 死因は, 母が, 泥棒を, 津浪の, 清水谷から, 湖水の, 爪を, 玉島を, 生涯に, 申すこと, 留守の, 眼や, 知り合, 石が, 社会の, 社会は, 神津右京は, 秀吉は, 私と, 私には, 私も, 科学は, 第二, 紀州根來に, 紀州根来に, 紋次郎と, 考えられる, 能ぎらいの度が, 腕の, 自分と, 自分に, 英語の, 著者は, 蒙古人, 衣通媛の, 被告は, 要次郎, 見えて, 見て, 読者の, 誰かが, 調多, 論理学という, 財産では, 赴任の, 身分ある, 車曳き, 近くは, 部屋の, 重爆撃機, 金蔵は, 隣りの, 頭を, 風邪を, 馬の, 骨の, 高賃金, 髪は, 鱸という, 鼻の

1 [4109件 抜粋] 〇・一ないし, あけびを, あと一両日だろう, あのボーイ, あの大将, あの旦那, あの片一方, あの馬, あるいはこれ, ある日, あんな事, いうに, いくら一人で, いつた何ん, いまこそ, いろいろな, いわれて, おいらの, おなじな, おめ, お化けは, お客よりや, お手討, お玉さんが, お菊, お霜, かうした結構, かの七人, かわいそうな, くれないかも, こいつも, こうした種類, こうやっ, このいわゆるブレシントン, このまだ, このマンハルト, この三田ヶ谷, この人形, この句, この変装, この威厳, この對立, この店, この態度, この最後, この熔岩流, この界隈, この罅穴, この舟, この軽輩, この間の, この青年, この魚, これからそれ, これ位の, こツそり, さだ子が, ざっとこうだ, すくなひこ, すべては, ずうと, そういう小説, そうだった, そこらに, そのころ, そのもと, その万福, その令嬢, その十年, その変遷, その娘, その巧者, その方, その松下, その派遣隊, その痔疾, その耳, その身構え, その部分部分, その高熱, それと, それ程には, たい, たじたじと, たとえば, だいぶ神経衰弱, ちよいと, つまり絵描き, とにかくここ四, どうもあの, どうやら犠牲者, どれも, なかなか根拠, なって, なんともいへぬ花やいだ, ひさしくお上, ふしぎな, ぼんやり宙, また世の中, まだその後, まだ処理, まだ驚いた, まるで見世物, むかしゲエル人の, もうじき店, もう仕置, もう正一, もし之, もっといる, やって来やしないかと, やはり手心, やる了見, よし子にも, わしへ, われわれは, アメリカでは, イエス, イデアの, インド哲学の, エレアーナ王女は, カモが, クマの, コーヒーだ, シナ人である, ジョンという, タアちゃんは, ヅリヤンを, トランク発送人は, ナポレオンは, ハリソンの, ヒシと, フランス文明の, ヘーゲル百年忌として, マガリャンスは, メルゲルは, ヤマネズミを, ラツールとかいう, ルパンは, ロマンティシズムとは, 一ノ宮大垣垂井の, 一九三五年六月十一日即ち, 一匹の, 一度この, 一日の, 一時間も, 一番そこに, 一般に女, 一雨かかる, 七歳に, 三人が, 三好の, 三本勝負で, 三種の, 上声, 下女が, 不安極りなき, 不運な, 世界を, 両手が, 中古の, 中野も, 主将だけを, 久野氏の, 乞食は, 事務官の, 二三十尾の, 二人づれの, 二十一年の, 二十枚ほどの, 二時間ちかく, 二本松には, 云った, 五代から, 五歳から, 交通遮断に, 人々が, 人体の, 人民戦線とは, 人間一生の, 今や男の子達, 今夜ここに, 今後も, 今晩この, 今沿岸, 仏蘭西の, 以前もっと, 伊勢鰕の, 会いに, 伯自身の, 佐久間さんは, 何かの, 何度と, 余程荒木, 侘助椿は, 信州上伊那辺の, 俳句も, 倫理は, 僕が, 元来が, 兄弟三人とも, 先方の, 先達の, 全権が, 八大政綱の, 公判は, 六歳か, 其地方に, 其處に, 円本を, 出帆する, 列代の, 初代の, 別に悪気, 前日の, 割勢者の, 助けに, 勿論叱っ, 区長は, 十六世紀の, 十時間も, 升田は, 半月ほど, 南朝の, 危篤だの, 又幅, 反乱は, 古くイタリー, 台湾に, 吉城郡上宝村を, 同国の, 同時代, 名古屋近郊にも, 君主は, 呂布には, 和泉へ, 哲学の, 嘉永元年の, 四人の, 四百米の, 国債の, 土井利位或は, 地殻傾動が, 地震を, 城代家老に, 場所が, 墓室に, 夕飯だけ, 外記は, 多量の, 夜眠れない, 大きな捕り, 大体次の, 大地は, 大家と, 大正九年, 大臣は, 大阪に, 天主の, 天文十三年この, 太つ, 太陽と, 奈良原到, 女でも, 女酋卑弥呼が, 妻は, 姪が, 子供等が, 学生が, 安さんが, 宝石の, 実は仏法, 実際は, 宮城の, 家族づれの, 密教傳燈史上忘る, 寝ぼけて, 小さいこえ, 小学は, 小栗の, 小諸の, 少なくともソーシャル・ダンピング, 尾張屋は, 山の, 岡崎藩でも, 崇神天皇は, 左翼に対しての, 巴里まで, 帝紀の, 帰りの, 幅の, 平七が, 平民を, 幸福かも, 店が, 延焼区域は, 弟の, 当世人, 当時八歳の, 彦太郎が, 彼ほどの, 彼女を, 往きと, 御すぢ, 御病気, 心の, 志賀直哉という, 思うの, 思ふが, 恋愛は, 悟性即ち, 惟任日向守光秀の, 感じから, 慾望は, 成金は, 我我は, 戦時中だ, 戸数万戸に, 扉の, 批評家は, 抜群の, 掘出し物に, 撲った男, 政友会では, 故意に, 数え切れない程, 敵が, 文学が, 文禄までは, 文鳥は, 新たな, 新聞種に, 既成宗教の, 日本で, 日本橋辺の, 日田の, 早暁また, 明日の, 明治四十二年十一月の, 映画館でも, 昨夜自分の, 昭和以後日本新劇史の, 時候おくれ, 暴風の, 書類の, 最初あの, 月光の, 朝顔屋敷の, 木村重吉の, 本来なら, 本誌に, 村の, 東京から, 東大の, 松の, 松永久秀は, 林大将の, 校内に, 桝本は, 植物漢字名の, 模写の, 次右衛門, 正成は, 此友達といふ, 武器武術を, 歴史的, 死屍の, 殺害が, 母親や, 比野町での, 水の, 永禄十卯十年上杉謙信は, 決して物数奇, 治六も, 泰三さまが, 浅井さんの, 海に, 海軍主脳部の, 混乱した, 渋峠から, 源平盛衰記太平記などにも, 濡れた所, 火星の, 無人の, 無窮の, 熊は, 父, 牢屋に, 特にある, 独占資本に, 玄宗皇帝の, 珠緒さんが, 現在海軍で, 瑞歯別の, 生または, 生涯で, 田山白雲は, 申しても, 畏友ラッパチーニは, 當時鑄字を, 発火地点や, 白石は, 百合の, 盗人という, 盲目的に, 相当莫大, 真実な, 知的な, 石川は, 確かに, 祖先を, 神山四至の, 福岡では, 私宛の, 秘書の, 空也上人が, 竜という, 笞打石抱き, 第五列, 米国の, 精神病者低能者体質異常者は, 約束の, 細君が, 結婚する, 絶えず働く, 総工費, 罰が, 美濃がよ, 義和団に対する, 老人の, 職業に, 肺腑を, 脊丈が, 自分くらいの, 自然なる, 舌は, 船に, 良永歿年に, 芝居と, 花田先生は, 苛立たしい生活, 若者は, 英国人が, 菜穂子さんは, 蓑吉は, 薬の, 藤沼警視総監が, 蛭の, 蟋蟀の, 衣装髪の, 被害者の, 西は, 西枕に, 見せかけて, 親戚関係を, 観念論とは, 言うもの, 訓を, 話が, 誠心誠意主人の, 諸大寺供養, 警察では, 貂と, 貴方より, 赤いかんには, 起つかも, 身体各部の, 農民団体の, 近代物理学の, 近頃では, 逃亡した, 通称, 道を, 遠州敷知郡地方, 酒と, 重大な, 金に, 釣は, 鉄砲かも, 錆の, 長く手間, 門口の, 関ヶ原の, 院本で, 随分非道, 雄花と, 雨を, 電車で, 青年将校たちは, 音も, 須永は, 風邪でも, 食べものを, 餘り學ぶべき, 馬一匹を, 駅馬車が, 高等学校を, 魯の, 鴨かも, 黄檗に, 鼠や

▼ よる~ (128, 2.0%)

15 である 8 であるが 5 だ, だが 4 やみを 3 だろうが, では 2 か, か知らん, が一番強腹, じゃ, であった, であろう, でしょうが, ともし, 海にて

1 [67件] あらしの, かそれとも, かともかく, かと思うた, かも知れん, が尋常, しじまの, じゃが宜, じゃない, じゃろう, じゃろか, たべもの, ために, だすか, だそう, だね, だらう, であったが, でありましょう, であるか, であるされば, であろうが, でした, でしょう, ですが, ですけれども, とちがう, なかに, はあれ, はお, はまず, はやめるだろう, は二, は思ひ出した, ふけるに, ふけるにつれて, まに, も判ります, も大変, も御, や, を匙, を待ちました, を待った, を皮膚, を眺め, を知らずにおった, 夜中に, 女王マカよ, 家根のうへで, 御殿にも, 微塵や, 月, 杖, 来るの, 海に, 胡桃の, 茶卓の, 讚美を, 部を, 部済ん, 部相, 部終っ, 部終った, 錦よと, 雨に, 青葉を

▼ よる~ (85, 1.3%)

2 ごときは, それよりも, とにかく動き, 一つは, 三千代は

1 [75件] あすこの, あの息子, ありや, うける感じ, お辺, きた, この田舎, これが, ごと, ごとくお, しかし自己, そういう例外, そのさびしい, そのため, その前後, その法, それが, それであり, それと, それにしてもいろいろ, ひとつには, ふければ, また一, また一つ, また民衆, もう一つ, もっと大きな, もっと心, もっと深い, 一本足という, 三日も, 下手を, 下部の, 二三年から, 二十五六匁ぐらいまでの, 五十カペイキから, 以前から, 処世上の, 十尋の, 半ば人生そのものに対する, 又この, 又一つ, 又土地, 召し出されて, 同じく脳漿, 同時に孔明, 商いが, 坂口先生以外直接に, 大体二三週間も, 大抵八貫前後取れる, 実際には, 少し古い, 少佐が, 常陸源氏の, 幸福つ, 彼は, 思う存分の, 捕物帳という, 故に視力一切, 斬罪を, 方法自身本質自体に, 晩年の, 有力な, 本郷台で, 殖えれば, 海岸からの, 潮通しの, 私にゃ, 私の, 精細に, 編輯の, 肥育の, 読みたいもの, 高氏の, 鰻を

▼ よること~ (57, 0.9%)

4 が出来た, もできない 2 である, になっ

1 [45件] ができず, ができた, ができぬ, ができました, ができません, ができるであろう, が出来さう, が出来なかった, が出来ませんでした, が珍しかっ, さえいこじ, さえ出来ない, さえ許されなかった, だが, だったけれど, であって, ですから, で幻覚, と思う, と思ふ, なくかれ, などがある, ならん, にした, になった, のほか, の出来ない, はいみじ, はできません, はならぬ, は出来ない, は明かである, もいや, もちろんである, もできず, もできませんでした, もない, も出来ない, を信用, を勤め, を禁ぜられ, を考える, を許される, を遠慮, 少なくない

▼ よる~ (51, 0.8%)

4 なきさま 2 ないアキ, なき乞食, なさ

1 [41件] ないその頃, ないよう, ない下級武士, ない境遇以上, ない大空, ない寡婦, ない影, ない彼等, ない果敢なさ, ない気持, ない空, ない者, ない足どり, ない身, ない迷, なき, なき人工, なき単葉, なき女, なき子, なき孤, なき心ひとつ, なき我, なき我が身, なき水素, なき海, なき無, なき蚊, なき身, なき運命, なき郷愁, なき門司, なぎさ, なくおまえ, なくお針女, なく禁教, なく青いどこ, なし, なみ風の, 浪路に, 無き身

▼ よるので~ (28, 0.4%)

2 あつた, こまる

1 [24件] この一家, これを, それも, まことにどうも扱い, みんなで, もう一つ, やはり婦女子, ウチの, 俺は, 先生が, 化学変化とは, 喧嘩を, 困って, 店の, 智育と, 材料が, 父と, 現代の, 私のは, 罪悪の, 英國の, 蒙古, 薄気味わるう, 警部が

▼ よる~ (24, 0.4%)

43 じゃ, や

1 [14件] か, じゃせ, じゃない, じゃもの, だけれど, だぜ, だろう, です, ですって, でない悪い, どい, なら盜, やな, やなまじ

▼ よる~ (20, 0.3%)

3 意地わるの 2 なると

1 [15件] あらず必ず, おこずる, したがって, なして, なったらあなた, なるまで, ゆめみたと, 今を, 仲哀天皇の, 何し, 夙の, 定ってる, 武内宿禰東夷を, 遊猟の, 違いない

▼ よるもの~ (20, 0.3%)

2 である

1 [18件] があった, がなかっ, が何, が陥り, だった, でありません, であるが, であるといふ, であろう, でない, でないと, でぼく, とその, なること, は, はだれ, も実際, を

▼ よる~ (18, 0.3%)

6 ツンツン月あかり 2 よもやまは 1 いつに対する, かくれて, ことわって, 危険千万だ, 安眠が, 寄せ手も, 巖かげ潮の, 裸形に, 長く寝た, 馴寄也といふ

▼ よるところ~ (17, 0.3%)

2 がない, じゃが

1 [13件] があるでござろう, が多い, じゃに誰, その安んずる, です, の学説, はナカナカ奇観, は結局, へおもわず, を知らしめる, を話し, 走るとき, 走るとき両方

▼ よる夜中~ (16, 0.2%)

1 [16件] こうしてところ, こっそり女, こんな淋しい, ごくろう, だと, でもい, でもいい, でも見, にそれ, に一体どう, に帰っ, に庭, に跳ね起き, に醫者, わざわざ僕, 出歩いちゃ

▼ よるという~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことで, ことに, ことを, のが, のだ, はっきりした, ものだ, ような, モティーヴによって, 五日の, 新しい真実, 次善の, 風で, 風に, 風習に

▼ よるとは~ (13, 0.2%)

2 詩人の

1 [11件] いえもし, いえ布衣, いえ救われた者, これは, するも, 云え, 云えその, 云え一つ, 思われない皮膚, 考えられない, 限らないの

▼ よるよう~ (13, 0.2%)

1 [13件] だ, なところ, な苦笑, にあらわれた, にし, にしましょう, にと手まねき, になる, に孔子, に思える, に感じられた, に身, に近づい

▼ よる~ (13, 0.2%)

3 もない 1 がなくなった, のある, のない, のひとみ, はなかつた, もなかっ, もねえあの, も居る, をかた, をたれかれとなく

▼ よる~ (12, 0.2%)

1 [12件] また富裕, わたしは, 何うなる, 恩を, 暇を, 死ぬ前, 死体の, 気力や, 水が, 流れて, 深いか, 題材の

▼ よるとも~ (12, 0.2%)

2 考えられる 1 いいあるいは, いえるの, いはれよう, いわれまた, つと値上り, つと酷い, 思われなかった, 決して前, 甲斐なから, 見られないこと

▼ よるべを~ (10, 0.2%)

4 つきとめて 2 覚えて, 覺え 1 失つたお, 生じて

▼ よるから~ (9, 0.1%)

1 この空気塊, これには, た, であ, である, 一概に論ずる, 今夜と, 早く金, 誤伝とは

▼ よる~ (9, 0.1%)

1 ようッ, ア, アと, 人間よりも, 危ないぞ, 吾等は, 感心ぢや, 松山とも, 物いふ

▼ よる~ (9, 0.1%)

3 であろうが 1 がむつかしい, では, ながらそれ, の出来ない, を知らざれ, を考える

▼ よる~ (8, 0.1%)

1 いっそ露骨, なほ灯に, ひるも, もうだいぶふけ, よなか, 合戦の, 昼も, 楊柳の

▼ よるべの~ (7, 0.1%)

1 ないお気, ない子, ない寂しい男, ない捨小舟, ない空虚さ, ない足どり, 水の

▼ よる~ (7, 0.1%)

1 がある, が絶えなかった, という男, なら誰, は自分, もない, を殺し

▼ よるけれど~ (6, 0.1%)

1 あの男, 女の, 秋も, 蛇が, 解釈法の, 高の

▼ よるとの~ (6, 0.1%)

1 くるたび, ことである, とけ合った一時, 別ある, 差と, 考えは

▼ よる~ (6, 0.1%)

2 楓は 1 うつして, 見て, 見れば, 近所の

▼ よる~ (6, 0.1%)

2 からさ 1 とは馴れ, にメネラオス, に崇敬, に脚

▼ よるなり~ (5, 0.1%)

1 そいつを, 大声で, 文字盤に, 早いところ, 駒を

▼ よる勇気~ (5, 0.1%)

2 がありません, はありません 1 をもっ

▼ よるかと~ (4, 0.1%)

1 公卿たちは, 思うて, 思へば, 思われます

▼ よるとしても~ (4, 0.1%)

1 その対話篇, 徒労である, 決して余技, 現実の

▼ よるに従って~ (4, 0.1%)

1 この音, その提灯, 云うこと, 東京の

▼ よるほど~ (4, 0.1%)

2 わが 1 伺いました, 愛らしい人

▼ よる気配~ (4, 0.1%)

2 を察しる 1 がする, には殺気

▼ よる~ (3, 0.0%)

1 おわかりなり, その行く, どうだ

▼ よるかも~ (3, 0.0%)

1 しれないという, 知れぬが, 知れませんが

▼ よる~ (3, 0.0%)

1 うな, へも多けれ, へや

▼ よるさかい~ (3, 0.0%)

1 こいつも, 早うい, 聞きにさ

▼ よるそれ~ (3, 0.0%)

1 を一本, を繰り返し繰り返しし, を見

▼ よるだけ~ (3, 0.0%)

1 でいかにも, ならいい, 損じゃ

▼ よるとと~ (3, 0.0%)

1 はじめ自分の, ほうも, 思つて

▼ よるべも~ (3, 0.0%)

1 なくさびしいの, なくぽつんと, なく救い

▼ よる~ (3, 0.0%)

1 いまだ明らか, そぼふる春, また一大疑問

▼ よるやう~ (3, 0.0%)

1 だが, な冗談, にした

▼ よる~ (3, 0.0%)

1 さえない, の気勢, の足音

▼ よる~ (3, 0.0%)

1 に俺, に腰, に自分

▼ よる夜なか~ (3, 0.0%)

1 うろつきま, だって叩き起さない, 話すの

▼ よる~ (3, 0.0%)

1 がしねえ, なごんだ, はいが

▼ よる~ (3, 0.0%)

3 に鳥

▼ よるがな~ (2, 0.0%)

1 ひいきに, 浪花節でも

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 えおマン, 懇談しよ

▼ よるけど~ (2, 0.0%)

1 一文にも, 勝ってるや

▼ よるけに~ (2, 0.0%)

1 何か, 老先生

▼ よるけれども~ (2, 0.0%)

1 さらに一層根本的, その解義

▼ よるその~ (2, 0.0%)

1 中央に, 節まで

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 ふこと, ふ事

▼ よるとな~ (2, 0.0%)

1 どんな女, 小父さん

▼ よると共に~ (2, 0.0%)

1 合図の, 門人達は

▼ よるなと~ (2, 0.0%)

1 わたくしへ, 申しつけて

▼ よるの十時~ (2, 0.0%)

1 にあの, までにです

▼ よるほか~ (2, 0.0%)

1 はございませぬ, はない

▼ よるまで~ (2, 0.0%)

1 二石位米は, 黙って

▼ よるもん~ (2, 0.0%)

1 か, だから

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 つて, 中引ッぱッ

▼ よるわけ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, やな

▼ よるんで~ (2, 0.0%)

1 こいつは, 今度も

▼ よる合邦~ (2, 0.0%)

2 もとめかね

▼ よる場所~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, へかけ

▼ よる子供~ (2, 0.0%)

1 が呼びかける, の夢

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 がなくなっ, を不

▼ よる捕方~ (2, 0.0%)

1 の人数, の人數

▼ よる時分~ (2, 0.0%)

1 だぜ, で見

▼ よる~ (2, 0.0%)

2 がもと

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 のめづらし, はなべて

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 のなから, のなごやかな色

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 のけはい, の夕暮れ

▼ よる障子~ (2, 0.0%)

2 を開けた

▼ よる~ (2, 0.0%)

2 に涙

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 にし, のごと

▼ よる~ (2, 0.0%)

1 の首, を取らう

▼1* [172件]

よるあれをき, よるいちどとだけ外出, よるうちに仁三郎, よる蓮様の, よるおっかさんの顔, よるかの永劫回帰の, よるけどかへつて田舎ま, よるげに世界一たい, よるさかいなそこで, よるしら綾の鬢, よるじゃないか, よるじゃあありませんか, よるそうだ, よるって来て, よるつもりでそろそろ, よるというも両方の, よるといった方が, よるといふことが, よるとかつまり好きの, よるとがいざと, よるとなァに一割でも, よるとねある男児, よるとを問はず常に, よるどころない現在, よるどころか少し後, よるなあと思て, よるなという注意書の, よるなどはずいぶんこわい, よるなんぞそれは, よるにぞお政, よるにつれ半天は, よるにつれて雪の, よるには近よる, よるないだろう, よるひどい電車, よるべと定めんに, よるべとしての御服, よるべに芥を, よるべについて考へ, よるほどに近づくと, よるまもなく縦横に, よるみどりの椅子, よるようすがなかっ, よるうがね, よるこの分, よるわいの, よるわいとおもてる, よるをのみこそたのしめ, よるド・サヴィニャク伯爵の梯子, よるマクベスの如く, よる一つの物, よる一人の足, よる一人乗魚形水雷ボートが吾輩, よる三ばい位の罰杯, よる人々の腕, よる仇あらめや, よる位置がわかれ, よる傾きが寿江, よる傾向が出, よるに玉, よる功利の波, よる午後である, よる半月形の散, よるより命ぜられたる, よるの小川, よるの蝌蚪, よる夕ぐれを楽しん, よる夕やみよ, よる外人たちの中, よる夜なか變な女, よる夜中ひとの格子, よる夜中わたしを街頭, よる夜中床の上, よる夜中格子をあけ, よる夜中江戸の裏町, よる夜中線路の間, よる夜寒の気, よる大事な度胸, よるの声, よるや, よる妖怪じみた厭, よるが顔, よるがいん, よる學校の中, よるは常に, よる宵やみのなか, よるは剛弓, よる小鹿かな, よる山伏に対して彼, よる山城ぐらいがなに, よる幻想を忘れる, よる度びにそわそわとして自分以外の誰, よる彼女が東京, よるなし, よる憲兵の足音, よる手段もあろう, よる敵機あらば, よるの潮, よる時刻である, よる時間がない, よる曙光をじっと, よるのうち, よる本堂に出る, よる林助手の腕, よるつめたき秋, よる森園天涙花田大五郎, よるを別, よる様子が陰性, よる権利もなし, よる死刑囚等のといき集め, よるに日除け, よる気勢にぱっと, よるの音, よるに赤き, よるをもあはれ, よると鵜, よる清子が身, よる火星人たちをしかりつけた, よる灯火をかぞへ, よるに申す, よるですから, よるの姿, よるに与へる, よる玄文社から序, よる瑞瑞しさを, よる男共は手痛い, よるろしい, よる登山の客, よるにまち, よる秘策をいだい, よる若い娘, よるの友人, よる筑紫路となり, よる糸口を作ろう, よる約束をし, よるのはし, よるはその, よる群衆と引き返す, よるもなし, よる脆い華奢な, よるの小さ, よるむかへぬ, よる若者のうち, よる茶屋めいた処, よる葉子をせき止めよう, よる葦村の花, よるが御座いましたら, よる行商人が見えた, よる街角に洋傘, よる記憶を呼び, よるである, よるの静かさ, よる貽貝が島, よるは早, よる足音にハッ, よるなくし, よる其れ, よるのまるで, よる連中だ, よる運命の跫音, よる郎党に矢, よるが養子殿, よるの金魚屋, よるの秋, よるは途中, よる飯一杯あんかけ, よる魅力を強く, よる魔ものの姿, よるの大群, よるや冬椿, よるの穗, よる黒き