青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ツ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

シャツ~ ジャーナリズム~ ズボン~ セ~ ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ ッ~ ~ツ
ツ~
ツイ~ ~テーブル テーブル~ ト~ ~ドア ドア~ ドイツ~ ナイフ~ ナポレオン~ ニ~

「ツ~」 13844, 150ppm, 706位

▼ ツ~ (1789, 12.9%)

60 ゐた 27 ゐる 18 云ふ 16 了ツた 14 ゐるの, 來た 13 ゐて 12 來る 9 ゐること, 來て 8 了ふ, 居る 6 ゐるやう, 仕やう, 行ツて, 言ふ 5 ことが, さう, ゐるので, んだ, 云ふんだ, 楠野君は, 由三は

4 [17件] ものは, ゐるか, ゐると, ゐるばかり, エば, 了ツて, 俺の, 僕は, 可い, 耐る, 聞くと, 肇さんは, 自己を, 行く, 見る, 見ると, 言つた

3 [34件] いいぢ, いふん, しまつてゐた, それを, のは, ゐたので, ゐたん, ゐるかと, ゐるから, ゐるが, ゐるもの, ゐるん, 云へば, 仰し, 何, 何の, 何んだ, 僕の, 出て, 別に, 周三は, 女の, 居たが, 来て, 此の, 涙を, 然う, 自己の, 見て, 見れば, 言は, 言ふんだ, 貰ふ, 頬の

2 [115件] いふこと, いふのに, うちの, おれの, お主婦さん, お房, ことを, さうい, しやう, すから, すかネ, そりや, それは, のなら, ゆく, ゆくよ, ゐたの, ゐたり, ゐても, ゐらツ, ゐるそして, ゐるぢ, ゐるところ, ゐる位, ゐる彼, ゐる故, ゐる間, 一体何, 一生懸命に, 下さいな, 丸で, 了う, 事が, 云つ, 云つたら, 云つてだ, 云つてる, 云ふから, 云ふさうです, 云ふだらう, 云へと, 些と, 人が, 人の, 今云つたぢ, 付端が, 何う, 何か, 何から, 何です, 何でも, 何に, 何んといふ, 來ない, 八時頃に, 其れ, 其を, 其何物かを, 其内情を, 其手で, 出すん, 十二時が, 同じこと, 呉れ給, 問ふと, 妻に, 家の, 家を, 實は, 小松君が, 小楊枝を, 少し頭, 尚だ, 居た, 居るもん, 彼は, 心配し, 星が, 昨日と, 書いて, 月の, 格子を, 此様な, 此様に, 母親は, 温和い, 熟と, 生きて, 男が, 男がさ, 留めたの, 私何も, 立ツて, 答へる, 自分の, 自分は, 行けるだけでも, 行ツた, 見えた, 見たら燐寸箱, 見ようといふ, 見るつもり, 見乍ら, 解らんぢや, 言ふんです, 話でした, 誰, 輕く, 返して, 金が, 金村の, 阿母さん, 頂戴な, 頭を, 馬車に

1 [1122件 抜粋] あいつも, あた, あなた, あの人ら, あやふくお, あるもの, あるん, いいで, いけ好かない, いた, いつでも, いふ, いふと, いふの, いふ予定, いふ家です, いふ様, いふ騷ぎなんですもの, いらつし, うるさい妻, えと飮ら, えらいの, え樂しみ, おけ, おふくろは, おもしろさうに, おれと, お前といふ, お母さんが, お父さんの, お父アん, お蝶さん, お謂ひだ, お金は, かまは, きたが, くる, くるのに, くれ, こちらが, こちらを, ことも, この室, こんな物, さうし, さしつかへは, さて急, さらにその, しまふ怖, しまツた, すんだ, ずんぐりし, そしてカサ, そして消えた, そして黯, その小川, それなりけり, そんなに幅, そんな手, たくさん出, ちつとも, ぢい, ついぞ思出, つれて, とう, どう, どうする, どうせ別れる, どんなこと, ない, なこと, ならないの, ならない甚だ, なわけ, のいは, のんきね, ひろ, べらん, ほんた, ほんとです, ますと, また幾ら努力, まだ親がかり, めんどくさ, もうお, もう冷たく, もう友人, もう晝寢, もう自分, もんだでないか, やつた, やつ読んだ, やらうか, やるぞ, やるん, やれな, ゆんべ碌に, ゐたからと, ゐたす, ゐたもの, ゐた一切, ゐた夜, ゐた時分, ゐた自分, ゐた頭, ゐないこと, ゐなくつたツ, ゐら, ゐらしツ, ゐるけれども, ゐるぞ, ゐるだらうが, ゐるとの, ゐるなんて, ゐるやら, ゐる人間, ゐる俺, ゐる内氣, ゐる力, ゐる奴, ゐる施療患者, ゐる母夫人, ゐる目白, ゐる箇所, ゐる者, ゐろといふの, んです, エのは, エん, エ人の, オホヽヽヽ, カン, ケロリと, サ, チラと, ナニ真実の, ニヤ, バイヲリンの, フト思出し, フン奪, ポイと, 一しきり騒いだ, 一二の, 一匹も, 一家は, 一度關係の, 一月儉約し, 七八つの, 三年ばかり, 下さらないつて, 下腹の, 不愉快だ, 世話に, 了は, 了ツたんぢや, 事も, 事件が, 二三度續け, 二人並ん, 二階へ, 云つたで, 云つてゐる, 云ふと, 云ふん, 井戸の, 人には, 人生が, 人間だ, 今お父さん, 今まで, 今猶, 仕かた, 仕様が, 仕舞ひ, 代に, 伝言頼む, 何あに, 何だえ, 何だツ, 何となく身体, 何にも, 何も, 何ん, 何卑下する, 何時も何, 何程の, 何處か, 作訶など, 來ます, 來心が, 俺は, 偉さうなこと, 傍の, 先生からも, 入口の, 全て人生の, 兩の, 其には, 其の上, 其の季節, 其の幽, 其の解剖室, 其儘歸した, 其樣なに非人情に, 内へ, 凝然と, 出會さねえ, 切符を, 利くと, 到底遣切れ, 千駄木町, 卑し気, 危い, 参りませうか, 友は, 取付くこと, 口惜しが, 叫ぶ, 可うございます, 右手を, 同情せん, 向ふも喜ぶ, 君その, 君寐起きする, 吻と, 呉れるの, 呼ぶの, 唇に, 喧々騷立てる, 喰ツて, 囀るの, 四方が, 困ること, 困るね, 国自慢を, 土の, 垣の, 堪らない, 境内を, 壽命なら, 外を, 夜中に, 大きな声, 大仕掛, 大臣さん方の, 大音寺前の, 天上に, 太陽の, 奥様も, 奴ね, 好いのよ, 好く言, 妹が, 妾に, 始まらない, 姐さんが, 威張も, 婆や, 嬶アに, 存在し, 宅の, 完全なる, 室の, 宿屋の, 寝て, 小さい耳, 小なり, 小犬を, 小聲, 少からぬ, 少し揺れ, 少し面倒, 少し體, 尖ツ, 居やが, 居られねえもの, 居るには, 居るもの, 居る様, 屍體が, 屹度釣れる, 左様言, 左樣いふ, 平筆を, 幾らといふ, 店に, 度々私, 庭柘榴の, 廿四日の, 強く腕, 彼を, 待つて, 御世話, 御覧じろう, 心欝した, 忘れられるもん, 怒るさ, 怒号した, 思ふ壺, 恐い顔, 悪くな, 惡いかも, 愚妄奸悪の, 感情の, 慌てて, 憤慨し, 我々人類生存の, 戸籍を, 所天の, 扉が, 承諾する, 持つてを, 振り向くと, 捨てた鰯, 散亂ツ, 斯んな, 新しい藝術, 斷えず, 日光は, 旦那様よりか, 春から, 時々淫売婦, 暗かつ, 書いた札, 書生も, 有仰います, 本人が, 本当に心配, 来た, 来たもの, 来なかつた, 来ます爺, 来るなら石, 来るので, 来る者, 林は, 根津や, 格別退屈も, 椅子に, 構うもの, 横さまに, 次の, 歎息し, 此う, 此方の, 此樣なに氣が, 此處を, 歩くむく犬, 歩を, 歸ツた, 死ぬん, 死者に対する, 母さんが, 毎日霰の, 氣違ひ, 水垢と, 氷店に, 決して少い, 沒義道な, 泣出したくなる, 泯然として, 活, 流れてる川, 淋しくも, 渠は, 溜らないの, 濫り, 無いです, 無意味な, 無駄だ, 然うです, 燃えて, 父の, 片付けるもの, 猛烈な, 獨其の, 珍らし, 甚だ強く, 生まれて, 生れたの, 田邊を, 申した所, 留めるん, 畳の, 癈頽した, 發育し, 白い骨, 百四五十人ばかり, 皆な, 皆同じ, 目的が, 盲信すれ, 眉間の, 眞實に, 真白の, 眼が, 眼を, 矛盾の, 知れたもんぢ, 研究し, 神妙に, 私あ, 私なぞには, 稍暫時顔と, 稿料が, 空しく路傍, 窓から, 節約し, 約束だ, 紳士程, 結婚した, 綾さんは, 置いたら可, 置くだけの, 置く必要, 美味い物, 考で, 考へて, 耐へ, 耳に, 聞いたで, 聞えるばかり, 肚の, 背も, 胸頭を, 腹に, 臥て, 自分が, 臺所口から, 芝居にも, 若しやとおもて, 苦笑する, 莎薀し, 落ちて, 處, 螢といふ, 螽の, 行きやあ, 行くといふ, 行る, 製作に, 見えなくなる, 見せた, 見たり, 見ても, 見やう, 見るから, 見る我慢, 見んければ, 見込みが, 親子四人微, 覺悟の, 解剖室に, 言つたら, 言つた所で, 言つても, 言ひましたら, 言ふこ, 言ふと, 言ふん, 言ふんで, 言や, 話が, 読心が, 誰からも, 誰れ, 謂はれ, 譯じ, 貧乏揺を, 貴さまなどを, 貴方芝居見, 買ツて, 質屋の, 躍ツ, 近所の, 退けた, 逃口が, 通は, 進げる, 遊んで, 遺ツ, 酷く悪口, 野菊の, 鉛筆の, 闇の, 阿父, 隣の, 雨の, 青いぢ, 響いた, 頑張ツ, 頭で, 頼んだか, 顏も, 風早學士の, 食べられねえツ, 餘り, 駄目です, 驚いたツ, 鳴るので

▼ ツ~ (1057, 7.6%)

16 した 11 すると 7 息を, 立って, 見て 6 こちらを, 出て, 思ふと, 立つて, 言ふ, 身を 5 叫んで, 思つた, 笑つた 4 いえば, いつて, せ, なつた, 來た, 唾を, 手を, 目を, 眼を, 顔を

3 [12件] くれやす, する, なつて, 何か, 前に, 口を, 此方を, 気が, 氣を, 胸を, 路地の, 顏を

2 [50件] あげて, いい師匠, いひながら, えい醫者に, がら俺アお, こちらの, したが, したと, したの, した時, した私, して, するやう, そのままに, その前, なって, まごついた, わらふ, 一と, 一手か, 三ツの, 並んで, 傍らに, 危い, 吹いた, 唇を, 妻の, 寄って, 待つて, 思ふ間もなく, 我に, 折つてそれを, 氣が, 男の, 眼が, 私の, 私は, 紅を, 義雄の, 翅を, 考へ, 肩を, 腕を, 若い時, 見ると, 起きたらどう, 音が, 飮み, 驚きし樣子, 鳴つて

1 [782件 抜粋] あいて, あたま, あつくなり, あるから, あるべきでないところ, あツ, いい人, いうが, いっても, いつた, いはせこの, いふて, いふ間に, いふ間の, うまくい, うまく酒, えい病院へ, おツ, お上り, お休み, お待ち下さい, お話した, お進みなさい, お鳥, かつ, かの女, こけて, こさ自分, この変梃, この頃, さう思つた, さえぎって, さきぢや, したところ, したもの, したらば, したん, した事件, した仕事, した坂, した料理屋, した新, した爲め, した穗, した踊り, した露, した顔付, した食事, しながら, しみ込んで, しツ, するが, するほど, する共に, する教会, そこを, その上, その傍, その意, その意味, それだ, ぞんざいに, だア, つき出す, つねつても, どこかで, なからう, なった, なった大塔, なりし継母, なりて, なり三ツ, なるべきもの, にがい顏, のぞき込むやう, のぼせた, ばら撒かれ, ひきこみしは, ひとつ珠を, ひどい近眼, ひねくれて, ふけ渡って, ふところに, ふり返つたが, ふり返つて, ほかへ, また, またお前, また瞰むやうに, また非常, みその, みんなが, もう一つ珠, もう燦, やつて, やる, やるが, やわらげたばかり, ゆれた, よりそって, らしくも, スと, プラチナの, ホームシツクが, 一つの, 一列に, 一息し, 一歩進みました, 一途に, 一道の, 七ツ即ち, 三ヶ月ばかり, 三人の, 下げ四ツ, 下の, 不安さうに見えた, 不思議に, 乗せると, 二つばかり, 二三言口を, 云う勿, 云つた, 云つて自分が, 云ひ, 云へば, 五ツと, 五銭玉一ツを, 今夜こそは, 付いて, 伸し片手, 伸びた手, 何を, 何処へでも, 來てな, 來る, 侍は, 信吉の, 信吾の, 側へ, 僕の, 充分神經, 先へ, 先生らしく, 免れて, 入つて來, 兩手を, 兩眼に, 八時頃に, 六ツぐらいの, 其處らを, 冴えた, 出す奴, 出たで, 出てた, 刀を, 分らなかつた, 初めの, 刺戟を, 刻まれあ, 加集の, 加集を, 動くとともに, 北斗の, 十人並みのが, 半ば横目で, 双眼を, 取り逆, 取るを, 取卷く足輕, 口々に, 叩いて, 可いです, 右の, 同居した, 同知, 吸つた卷煙草の, 吹いて, 吹くの, 呆れた, 呑込み, 和らげて, 啼いて, 喰いかきながら, 嘆息する, 噛み締めた顔, 困るなア, 地に, 地べたへ, 坐つた, 垣の, 堪へて, 増え来りて, 壁ぎわに, 変じた後, 変形される, 外を, 夢が, 大きく噛みつい, 大将そこぢや, 天丸は, 太つ, 奥に, 奮發すべきだ, 女は, 安い割合, 安く負け, 安心した, 定ツ, 宜しく睨まへれ, 家を, 容易い仕事, 寄つた, 寄ると, 寄ッた, 寸々に, 小さな焔, 屋の, 川下の, 巧みに, 席を, 帽子を, 年う, 年下の, 店先へ, 度を, 引いて, 引き寄せた白衣, 引けば, 引込んで, 当然考え, 彼の, 待つた八, 後で, 後ろに, 微笑した, 心に, 心得た意ぢやつ, 忠實に, 忿怒の, 思つて目を, 思はず声, 思ひしと, 思ひは, 思ひ眼, 思ふ袂, 思われん, 怪しい方面, 怺へて, 恨めしさうに, 息の, 我れ, 戸を, 所天に, 手の, 手廻りの, 手紙を, 手荷物ぐらゐを二三町運ぶ, 打ち驚くかも, 打合って, 扱出した, 投げつけた, 投げ出すと, 折れ仰ぎ見て, 抱きあげ, 拍子をと, 拡げて, 挨拶し, 振ふと, 振り廻された衣, 振返つた, 掛る, 撫でるやう, 擧げた其の, 改良させ, 放れて, 散つた, 文吾を, 斧が, 新九郎の, 方向を, 旅僧が, 早うおいで, 早くかの, 早く知らせなかつた, 明けた, 明るくする, 明るくなつた, 昔時芝の, 映つた, 時間が, 暮せる, 曳戸の, 書くの, 會つて見た, 有形的な, 有馬の, 木を, 本當, 机に, 梢に, 棄てられた間, 構は, 横ざまに, 次の, 歎息し, 止むを, 正面を, 歩いて, 歯を, 歸つてから, 段の, 毟り取って, 氣をかへ, 氣息を, 氣持ちがよ, 氷るばかり, 沈んだ目, 沸き荒れ狂って, 泣いて, 泣きぬ, 泣き伏した, 泣き出した, 泣くか, 泣けて, 浮ぶ文章, 海のむ, 消えるだ, 消えると, 消え込んで, 深入りしたい, 温な, 湯に, 溶ける思ひが, 潜ると, 潮風に, 火ばなと, 煙つてゐる, 煙の, 煙草の, 照りつけるやう, 煽ぐ, 熱でも, 燃えあがると, 片頬, 物を, 現代的な, 生れ代つた樣に, 畑の, 當てが, 痩せたね, 癈頽し, 白々しい峯, 白壁が, 白銅の, 盗み笑い, 目が, 目の, 直き, 眞劍な, 眞面目だ, 眺めた, 睨みつけるやう, 睨んで, 瞰みつけた, 瞼を, 空ぢや, 空想的な, 突き出して, 突入し, 立ちあがつて, 立ちどまつて, 立ちます, 立ち上つた, 立ち上ろうと, 立つた, 立つた女, 立上った, 立寄ツ, 立派な, 笑つて, 笑ひ, 笑ふも, 笑や, 細く毛引, 線路の, 締ツて, 置ならべられ, 罵るかの, 美人には, 群集の, 老女さんの, 考へて, 考へてから, 聞いて, 聞き度, 聽きたかつた, 背を, 脊が, 脣を, 膨れて, 自分も, 自己を, 舗道の, 舶来の, 船は, 良くなるであらう, 若くツ, 苦い顏, 苦笑ひした, 藏つて置く, 藤右衛門の, 蜆汁の, 行き過した, 行つてこ, 行つてさきの, 街頭の, 裏返して, 裸馬の, 襟首の, 見あげ小さな, 見た, 見たいな, 見つめた, 見つめながら, 見ては, 見られた, 見る, 見榮, 親しみが, 親切な, 言つただけ, 言ひ, 訪ねて, 讀み下しました, 象牙の, 責任が, 赤くした, 赤めると, 起る聲, 踏みとまると, 踵を, 身の毛毛穴が, 身体を, 身動ぎも, 身顫ひ, 輕く, 辛抱する, 辻ぐるま, 返事に, 逃げて, 透るやう, 逓信省の, 這つて來る, 這入つて, 速度を, 進んだ, 進んだの, 遡るし土地, 遲かつ, 部屋へ, 都合が, 都會馴れ, 野末へ, 金が, 長い從ツ, 長い樣, 長じ, 開いた, 開けぐいと, 闇を, 降りるん, 障子の, 障子を, 雨に, 霧の, 青葉の, 静かに, 面を, 面白いこと, 靴の, 頬を, 頭が, 顏見合はせる, 顯はれ, 風を, 飛び去つた, 飛び移つた途端, 飛込むと, 飮まう, 飲み乾したお, 飽きが, 饒舌に, 首を, 香の, 驚いて, 驚かされること, 魂消つて, 鳴きながら, 鳴つた, 鳴つて声

▼ ツ~ (900, 6.5%)

12 年に 10 鐘が 6 鐘を 5 人影が, 影が, 頃から 4 ものを, 子供が, 星が, 時から, 死骸を, 鐘の 3 ことを, ころから, 事件の, 事件を, 国が, 孔を, 年の, 頃五所川原の, 顔と, 鼓を

2 [72件] お小さい, ことが, ことに, つづらを, アンポンタンに, カゴを, タイプが, ポーズの, 事件として, 人影, 仕事を, 光りが, 出来事は, 国の, 場合が, 壁は, 声が, 大真珠, 女の子が, 女世帯, 娘は, 子供も, 子供を, 小堂, 屍体が, 岩岬を, 島有, 工事に, 年から, 建物の, 弓を, 思想が, 性格が, 悪魔, 手に, 手段を, 手紙を, 手足が, 提灯が, 方の, 時に, 朝日を, 村でが, 歳から, 流義も, 物に, 現在の, 理解を, 目は, 眺望に, 眼に, 窓は, 童話位では, 箱には, 罪である, 膳を, 船には, 蓑を, 装飾も, 財布を, 質點が, 道が, 道二ツの, 部屋を, 鐘じゃ, 音の, 頃です, 頃に, 顔が, 首が, 首を, 駄菓子は

1 [659件 抜粋] うしろ影へ, うちで, うち三毛の, おりに, おれを, お召縮緬の, お城太鼓, お宮が, が森, きびしい視線, こして, ことは, ころの, ころより, ころミコサマが, すゞと, そして十, その灯, つづらが, つづらの, ときに, とき自らひそかに, とそんな, どちらか, はなしを, ふり残され, みこんで, ものと, ものは, ようです, をり, アパートを, イビキが, イワレが, カギが, カゴは, カバリの, ガラス容器に, キッカケをな, クモリなく, ザアッといふ, スリツパも, スリーで, チャンスを, チリすらも, チリも, トランクの, トランクは, トランクを, ドアの, ドアは, ハキダメ向けに, ヒヤローが, ヒント, ヒントすらも, フシギが, マッチです, ルシヤも, レコードは, 三角形の, 上が, 不備の, 不思議を, 世間に, 両面四手という, 中庭を, 中間の, 乳のみを, 事件が, 事件に, 事件は, 事実を, 事柄の, 二人の, 亡きがら, 人影は, 人格の, 仏の, 仕劃, 仕掛け鼓が, 付目という, 伝説は, 作中の, 作品を, 保証と, 信ずる真, 信仰御, 倉庫に, 偉大なる, 傘が, 僧形で, 光りてらすなり, 光りは, 入江に, 共通点を, 円い噴火口, 出来事とは, 出来事に, 出来事の, 出来事を, 剣と, 劇場が, 力が, 力をは, 勇気によって, 包みが, 包みを, 北向明神を, 午前四時に, 半裸体, 卓に, 卓子に, 卵が, 卵で, 原則から, 取柄の, 古代人の, 古墳が, 名前を, 向う正面, 告白から, 品物とを, 問題が, 嘆声が, 団栗目に, 国から, 国でした, 国を, 土蔵に, 土蔵を, 土蔵口の, 坊さんで, 城の, 埒を, 場合とも, 声も, 変形であろう, 夕刊に, 夕刊を, 大きさ, 大きな影, 大きな料理屋, 大きな金剛石, 大事を, 大字が, 大岩岬有, 大釜が, 天蓋と, 奇妙な, 奇泉有る, 奥の, 女の, 女の子でも, 女中部屋にも, 女人像が, 女肉, 如く厭い恐れ, 姿が, 姿だった, 姿を, 子供に, 子供の, 孔は, 学問を, 安全地帯だ, 定った, 宝石が, 宝石は, 宝石を, 寝床が, 寝床に, 寝床を, 封金を, 小さい卵, 小さな三角形, 小さな島, 小女が, 小白石, 小道が, 少年が, 少年に, 屋の, 屍は, 屍体と, 屍骸の, 山が, 山の, 山は, 岩岬有, 岩島, 岬, 岬を, 峠が, 島有り, 市を, 市気仙沼女川渡波などという, 市街が, 席に, 帽子を, 平屋を, 年大病し, 年大病に, 年甲辰四月廿一日なり, 幹太郎と, 幼帝と, 幼年工は, 座敷ブチ抜きたる, 廣室を, 建築文化を, 影は, 影法師が, 役目を, 彼と, 御退出, 徳を以て, 心でなけれ, 心得を, 念願であり, 思想に, 性格の, 怪事が, 恋が, 息子一人であった, 悪戯盛りにも, 悪魔は, 悴に, 情を, 意外が, 慌しいモガキ方, 慾望が, 戒と, 戒めあり, 所番地と, 扉は, 手が, 手で, 手のひらが, 手を, 手記の, 折大病を, 担架は, 拳を, 持病が, 掟, 掟の, 推量で, 提灯を, 数に, 敷居が, 文字, 斑紋が, 新宗派, 新聞に, 方が, 方法が, 方法しか, 方法を, 早合点に, 時お, 時が, 時だった, 時でした, 時な, 時は, 時亡くなった, 時偸られた, 時分芝の, 時此所に, 時額の, 時馬丁に, 暗い醜い影, 書附を, 書院の, 最後的な, 木剣は, 木枕も, 本筋では, 村より, 村を, 枕を, 果物は, 柱の, 棒が, 棟に, 森から, 楽しみな, 橋の, 欄の, 歌でしょう, 歓喜その, 正面は, 歳今の, 歴史的な, 死の, 死美人像だけで, 死骸に, 死骸の, 殺人を, 民族が, 気持の, 気配が, 水瓜頭も, 水道口残らず, 氷嚢で, 池からは, 河口が, 泉ごとに, 流れは, 流れを, 流れ有, 渓流の, 温泉自殺を, 温泉都市を, 湧出口が, 湯のみに, 滝が, 漁港の, 澗と, 火ウチ袋を, 火縄が, 灯が, 灯に, 灯火, 為にぞ, 焔が, 焦点が, 燈火が, 燈火に, 物を, 物語は, 特徴の, 特殊現象であった, 狆を, 猪口の, 玉を, 現象を, 理想が, 理由か, 理由でしたでしょう, 生命の, 生命を, 生活に, 男の子が, 男の子と, 男の子まで, 町が, 画房を, 異状が, 瘤が, 発見だ, 皮と, 目です, 目の, 目を, 目玉が, 目玉を, 目的で, 目的の, 相撲に, 相異, 相良金吾という, 真相を, 真蒼, 真面目さに, 眸は, 眼, 眼が, 眼の, 眼を, 眼球を, 瞳の, 短篇を, 石こそ, 石段を, 砦で, 祝いでは, 神で, 神まで, 私は, 秘冊を, 秘密を, 秩序乃至, 稀なる, 突かれた傷, 突き傷は, 窓を, 笠が, 笠赭顔総髪の, 筆跡を, 箱の, 箱を, 篝火を, 籠を, 組に, 結論, 美事な, 翼を, 者が, 耳も, 聯隊は, 肱掛イスという, 膳が, 自供と, 色と, 花である, 花巴に, 茶碗が, 茶碗を, 茹卵も, 荷葛籠, 菰梱が, 蒲鉾なりの, 蔵いろは四十七の, 蕪の, 薬瓶を, 藩と, 蝶々は, 行政区画, 袂の, 袋を, 要素を, 見まわり, 見学を, 親骨の, 角で, 言葉の, 言葉も, 証拠を, 証明に, 語は, 説なりとか, 談話を, 謎それを, 財産だ, 貨幣を, 赤い唇, 足跡という, 躰を, 車に, 輪奐を, 輿論を, 辻と, 逞しい手, 運命として, 道, 道とは, 道具と, 道具を, 道場を, 邸宅が, 部, 部屋に, 部落で, 郭に, 酒樽と, 銀光星が, 銃口であった, 銃声が, 鋸でも, 鍵だ, 鐘です, 鐙故, 鐵橋と共に, 長女と, 長女に, 間を, 関の, 陣所こそ, 障碍にすら, 隣組で, 隣組を, 難関は, 電報を, 露店が, 青白い顔, 面で, 音が, 音に, 音を, 音響と, 頃からの, 頃であった, 頃である, 頭を, 頼みが, 顔の, 首の, 首は, 首瓶が, 馬放島という, 骨壺を, 髯の, 魔物が, 鮨を, 鯨専門の, 黒い中, 黒衣が, 鼓の, 鼓は, 龍田の

▼ ツ~ (538, 3.9%)

15 ツて 13 のだ 109 の, んです 7 のか, やうな 6 のは, 大變ツ 5 かと思ふ, のが, ので, もんです 4 かね, ことが, のぢ, もんぢや, やうに, 一つの, 事が, 方が, 様だ 3 か, な, のかい, のに, よ, わ

2 [36件] あエ, お房, からと謂ツ, から多少, かナ, か其菊池, が楠野君, が綾さん, が翌朝, けれども調子, ことあるです, ことも, だけで, ぢや, といふ, といふの, としても彼, のかと, のだらう, のであ, のであらう, のです, のを, ものだ, ものは, アな, 一人の, 三疊の, 人の, 人間が, 声で, 声の, 様な, 樣だ, 聲で, 風呂敷を

1 [310件] おひる, お熊, お米さん, お蔭に, かえ, かさうな, かでがんす, かといふ事, かと思はれる, かな, かなう, かな学校, かまた, から, からさ, からそれ, からだ, からね, からよ, から其の, から勇ん, から多分, から我慢, から散歩, から自分, から設, から誰, から貴方, から遠慮, かを疑ひ, かツ, か勿論, か味, か実に, か知らぬ, か知れない, か知れぬ, が, がいに, がそれ, がそれでも, がた, がつた, がと謂ツ, がと躍起, がまた, がウソ, がネ其胸中, が一家, が中, が何, が何時も, が俊男, が口, が可, が始終, が実に, が実際, が敷金家賃, が更に, が末ツ子, が氣, が無駄, が然, が然し, が爲方, が當家, が直ぐまた, が眼, が空, が自分, が色, が處, が裸, が議案, が軈, が音, が風早學士, けさら闇え, けれども其の, けれども學士, けれども自分, けれども遂, ことで, ことに, ことを, さうに顔, さて長火鉢, し, しかしまだ, し今, ためしは, だけだ, だけである, つけ, といふこと, といふです, といふ奴, といふ嫌, といふ所, といふ方, といふ趣, といふ鹽梅, ところが, ところで, ところは, とさ遊ぶ, としても賤婦野人, との事, と同じ, と謂, などうして, なア, にある, にわたくし, ね文句, ね此, ね汽車, のかしら, のかも, のであつ, のである, のでございます, のでさ, ので一度, ので學生, ので更に, ので骨折損, のと, のとで, のに不思議, のねエ如何, のや, の十分, はやく陰れ, ばかりか病身, までのこと, もので, ものでない, もので無い, ものと, もんだ, もんで, も束の間, やがて雲, よこの, るいやうな, るい口調で, るい声を, るい寄書は, るい舌で, わよ, ア, ガスが, ガスの, ツけね, ツけや, ツても, 一す, 一つおました, 一つ丈わたしは, 一ツ趣味ある, 一ポンドだけを, 一人寢る, 一人除いた, 一個ある, 一個の, 一圓を, 一度往ツて, 一度試し, 一日で, 一晝夜の, 一目覗きたい, 一貫目, 一週間打つた, 三つだ, 三つ上ぐらゐのが, 三四丁の, 三四年會は, 三四枚しか, 中折を, 九ヶ月を, 乳を, 事も, 事柄で, 事業家も, 二つばかり, 二人は, 二囘分だ, 二圓や, 二間幅しか, 五六本の, 五年の, 人さ, 人間でも, 伯母さんを, 例が, 側を, 僅かの, 儘で, 儘凍ツて, 元氣, 兄か, 先へ, 其である, 処で, 出來事にも, 十錢銀貨と, 反動で, 叢に, 口調で, 古洋服, 名残の, 向ふ, 呼聲やらが, 夕燒は, 大島染の, 奴許り, 子な, 家に, 家を, 彼は, 後に, 性質と, 戰後の, 所でなけれ, 手を, 折角拾つた石, 故か, 斯う, 日だ, 時, 時あんなに, 時の, 時やらう, 時よりの, 時便所へ, 時分に, 月琴の, 木立の, 本棚, 杉の, 様に, 樣な, 樣に, 機會も, 此の, 此様な, 死骸が, 氣の, 燒肉を, 物は, 物や, 獨りでゐる, 獨りぼ, 用水の, 男の, 痕跡は, 白眼を, 的は, 眉には, 眼の, 積で, 綾さんの, 繪を, 罐やらが, 美人も, 老爺, 考が, 聯隊長や, 胸に, 腕を, 自分は, 船の, 蠅は, 衆なら, 言葉が, 訳で, 話も, 譯な, 豊艶な, 貸家札は, 資格さ, 資格の, 足かけ二ヶ年の, 足を, 跡が, 路を, 身振, 躰で, 通り螢の, 連中ばかり, 酔の, 野郎コンコ奴の, 長い長い土塀, 間だ, 間に合せ物の, 関口さんお, 雜木林で, 雲の, 頭へ, 顏で, 顏と, 顏に, 顏を, 顔にも, 風に, 風を, 馬の, 髓と

▼ ツ~ (304, 2.2%)

15 なって 8 して 5 折って, 組んで 4 なった, なると, なる男の子 3 なります, なるの, 分けて

2 [21件] しても, すれば, なったが, なっても, なるお, なるか, なる女の子, なる娘, なる幼き, 三日の, 分れて, 割って, 割つて, 割られて, 寄せて, 折れば, 畳んで, 砕けて, 私の, 組んでも, 裂いて

1 [208件] いのちを, おなり遊ばします, おやじが, お城, お煎, お袖, かえり出す, かたく結びついとく, からげて, くくって, くらべて, さいたり, したの, しようと, すぎなかったの, すぎぬ覚一, する, するん, する位, たたまれたり, たたんだる嘉平, たたんで, なったかと, なったかの, なったばかり, なったばかりの, なったら大, なったハズミ, なった娘, なった年, なった気まぐれ, なってるという, なつた, なつち, なつちまつた, なつて, ならなければ, ならねえや, なられるの, なりて, なりは, なりましたね, なりまして, なりまする, なり井戸, なり六ツ, なり散々, なる, なるお河童さん, なるじゃ, なるので, なるまで, なるわが子, なる七女, なる上, なる事, なる二人, なる今, なる先達小学校, なる光吉, なる友太郎, なる太郎, なる女, なる子供, なる時, なる男, なる観世丸, なる赤ん坊, なる辰蔵, なる頃, なれと, なろうと, はら, みても, よく似, よる, よると, わかれて, わかれ各自, われて, ギッシリつめ, チョン斬っ, パッと, ブルドッグ, ポッキリ, 一ツしか, 一ツだ, 一切を, 乗り瀬田川, 今日までを, 仕切って, 供するやう, 入りきれない程, 出ざるは, 分かれて, 分て紐, 分れた, 分れたりとも, 分解し, 切つた, 切られ左右, 切りさ, 別けて, 別れて, 利用し, 割けず三国飛行, 割けて, 割け脳骨, 割っただけの, 割て, 割り結局コック氏二千円, 割れおそれおおく, 割れた, 割れて, 割れ骨肉同士, 割ッて, 包まれたる寝姿, 区切って, 取り組んで, 取組んで, 合し遙, 合せて, 合った, 合わせて, 向つた卓子が, 啼く, 固って, 固つ, 在る事, 壁上には, 奉行が, 存在し, 小さいの, 平凡な, 引き裂いた, 張砕け, 役に, 彼を, 惑った彼女, 成つた, 成つたと, 成ても, 成るの, 截って, 截り放された, 折った紙片, 折った葉書, 折つた, 折られた新聞紙一頁大, 折るる, 折れて, 折れ真直, 抱き合って, 担ぎ上げられて, 拾ひ集め, 挾まれた切ない, 数えうるであろう, 数えよう月夜, 数へらるる, 斬りこむ男, 斬り落す, 斬る気, 断っても, 断られて, 断りは, 斷り, 方様の, 検めながら, 注意すれ, 消えるので, 減らしました, 湯島天神の, 点いて, 父の, 畳んだの, 畳んだ人相書, 疊んで, 眺めよう, 砕けたるを, 硯箱の, 算え, 組むには, 組んだので, 組んだ時, 結び合わせるカスガイ, 聖書の, 肉感的な, 育てたま, 臨んで, 自分の, 至つた時未だ, 蔵め置きつ, 裂けた姿, 襲ねた, 覆が, 見えるぜ, 見まわした彼女, 見まわった時, 見来れば, 許して, 近い頃, 這いなど, 長幡部神社, 集まッ, 集めて, 雨をも, 面白い話し, 館へ

▼ ツ~ (205, 1.5%)

13 ない 5 ないの 4 なかった, 三ツも, 六ツも 3 あるの, 五ツも, 八ツも, 四ツも, 荷物を

2 [11件] あった, ないという, ないので, なかったらしい, 居ませんよ, 年上であった, 持たせて, 無いの, 見えず場末, 貪り喰, 買って

1 [138件] あって, ありましたし, ありません, あるたいてい, あるまい, あろうという, かけて, こもって, ころがさないと, ございませんと, して, しなければ, じっとし, そんなもの, ちよこ, ついて, つまる音, どうしたら, ないそう, ないそういう, ないとは, ないね, ないよう, ない政府, ない筈, なくなって, なく仕立屋芋屋駄菓子屋挑灯屋, はいりそう, ふれずに, ぶらさげたこと, ぶらさげて, もちたいと, やって, やらない, らい来つ, ツお, フンパツしよう, 七ツも, 三ツもの, 上だ, 不足なく, 並べて, 云はれ, 兄なら, 八ツもの, 八百長レースが, 凄いの, 出して, 出ない, 出ぬ女童, 出来た位, 勝味の, 十も, 合せること, 同じこっ, 呉れた事, 品物を, 四ツもの, 大勢を, 姉様の, 年上で, 年上な, 年下で, 年下な, 年下の, 年長な, 幾ツも, 建てたり, 廻るよう, 彼女は, 心を, 思うよう, 懸けられりゃ勿体, 所持品を, 手に, 投げたくなるよ, 持たずに, 描いて, 新しいお話, 旅館を, 明が, 暗いじめじめ, 暗闇の, 書けるよう, 有升, 望めませんか, 欲しいところ, 残さず採ッ, 満足の, 漏らすこと, 無い世界一, 無い左, 無い所, 無かろが, 無く人, 爲さね, 獲候上, 用意し, 男の, 知らないねえ, 知らなかった, 知らねば, 私の, 私より, 穴が, 穴の, 約束された, 置いちゃあねえ, 聞こえなくなって, 若いきん, 若かろう, 荷は, 荷物が, 要する, 見えない, 見せないこと, 見る事, 見当らない, 解く力, 言いながら, 言える位, 読めなくては, 買い込むと, 買は, 買わされた事, 越えたらしく幅, 逃すこと, 通り越して, 過ぎて, 過ぎ芝, 違つた, 重大な, 飲み昼, 飲むん, 飾って, 駢んで, 鳴かず静まり返って, 鳴らせば

▼ ツ~ (171, 1.2%)

17 ツは 74 ツと 2 じき落し, 悪魔である, 暗澹たる, 自分の, 赫々たる, 青眼先生の, 面倒な

1 [129件] あすこを, あった, あなたの, あらむ芝茸は, あります, あるでしょうね, いかにも手, お志乃, このよう, この二階, この場合, この鏡, これぞ日本人, ごぞんじなかつた, どうする, ない, わが山, アベコベの, オカネと, コマ村だけは, サッフオの, ツイ今しがた君が, ツハ, ツ余程, ツ大分勃然にな, ツ婆様が, ツ水へ, ツ顔を, トムが, ポッと, ラジオの, 一ツに, 三枝ちゃんで, 上であろう, 上に, 中本たか子が, 主人の, 人の, 人間の, 仰向き一ツ, 何と, 俯向き横に, 共犯が, 内側から, 出入りの, 利子も, 加工品専門だ, 十四じゃあ, 危く頬邊を, 取れるな, 右へ, 各々動機, 吉野橋を, 君の, 国中に, 国自慢で, 外側一ツは, 夜の, 大伍, 好事家の, 好奇心に, 子の, 宅送, 実に見事, 家へ, 小形の, 左り, 平地の, 底疲の, 度々此, 当家の, 当局初め一般の, 当日津右衛門の, 彼女の, 彼所を, 御木本の, 御病気, 徹底する, 心柄で, 志摩の, 愚か二十でも, 手に, 手掛りを, 持ち合せて, 捨て鐘で, 明らかに, 昼の, 最も小さい, 最初に, 東太は, 松岡という, 松阪の, 極めて細長き, 様参る, 此頃始終, 武勇談で, 母の, 気分だ, 氣分だ, 灰色の, 烏帽子を, 特に彼, 現在の, 生き不動, 生れて, 生活難が, 男の, 白鬚橋の, 私から, 秘蔵の, 算を, 米国水兵数多車座に, 紅木大臣の, 花魁たちの, 荒れきツ, 親類筋の, 角の, 講釈師が, 身分は, 道理で, 野蛮そのものの, 鉄よりも, 長瀬旅館の, 関東は, 附き物, 陳の, 離婚し, 風守の, 駅止め

▼ ツ~ (146, 1.1%)

6429 ツへ 2 ツ飛んだ

1 [51件] エ, ギッシリつめ込んだ, ツあつし, ツあの, ツいくら, ツいはぬ, ツお, ツおまけに, ツこの, ツこれで, ツさ, ツさすが, ツそいつは, ツその, ツそれぢや, ツそれは, ツそんなに, ツたまらねえ, ツぢや, ツほんの, ツまア, ツ一枚買ひました, ツ二十五兩と, ツ到頭, ツ可笑し, ツ商賣, ツ天下は, ツ妹の, ツ怒つ, ツ恐れ入ります, ツ憚り乍らお, ツ旦那を, ツ有難い, ツ眞つ, ツ素つ破, ツ綺麗な, ツ良い, ツ親も, ツ親分, ツ親分え, ツ親分は, ツ親分も, ツ親分今晩は, ツ親分變な, ツ話を, ツ近頃は, ツ隨分間拔けな, ツ馬鹿野郎に, 廻ろうと, 薄いゼラチン, 集つた心地が

▼ ツ~ (114, 0.8%)

4 のやう

2 [11件] かい, が自分, だと, だべ, である平和, どが, の女, の魂, は, はン, も罹つた

1 [88件] かあの, か鼠, が, があるなら, がゐた, がガサツ, が子供会, だ, だから, だからといふのみで, だつた弟, だよ, だらう, であり代表的, である, でない樣子, ではない, で両親, で九ツ, で兄, で家, で引つ込み, で愚痴, で私, で見る, といえ, といふ概念, として可愛がられ, とでも言, とパン屋, と八丁堀, にかい, にし, にでも當つて, にみえた, にやつ, によく, に前, に死なれた, に注意, のいらぬ, のお, のよう, の一挙一動, の人氣, の代表, の内, の天氣豫報, の夫人, の姿, の時分, の末, の源作叔父, の癖, の皮肉, の盲縞, の端ツコ, の耳, の肌, の膽, の血潮, の許, の詩情, の負, の連中, の部落民, はン胆玉, は手習, は斯, は洟, は皐月, は穏, は穩, もゐる, も行ぐのがえ, よそして, よばはり, よ京橋ツ子, らしいの, らしいスツキリ, らしい処, らしく叫びました, らしく舌, を夢中, を気取, を理想, を自由, 持つ芋

▼ ツ~ (101, 0.7%)

7 八ツの 6 アは 4 五ツの 3 七ツの, 四ツの 2 かつた, かつて來, りやつて呉れ, アが, アに, 三ツか

1 [66件] あったに, あんたは, あツ, いしや, お泊りやす, かつてあたい, きつくべし, しい橋, しい面, しい顔, しからん園さま我, しじや, ず負ける, っきりには, つくえんた奴, どの意見, のせて, はせるこれら, はせる大抵, ぶさつた, ぶさつて, らちつと, りと, りとは, りやない, アちやんは, アの, アも, ツと, 七つの, 七ツぐらいかね, 七ツ半ごろ囚人を, 七歳ぐらい, 三ツかの, 三ツで, 三ツ失望しない, 三ツ年上であった, 三ツ年上でした, 三ツ襲ね, 九ツごろ, 九ツに, 九ツ幼名丈太郎さんと, 九ツ時分でしょう, 九ツ頃の, 五つ位も, 五ツぐらいの, 五ツに, 五ツ位の, 五ツ宛行列を, 五ツ頃で, 五歳頃までは, 八ツくらいの, 八ツも, 八ツを, 六ツしか, 六ツに, 六ツ刺さない, 助役さん一體税ちう, 十の, 四ツという, 四ツ買った, 多くて, 多くても, 敷い名, 総称か, 郊外の

▼ ツ~ (99, 0.7%)

9 の銅八 3 の, の生き埋め行者, の親分 2 か五ツ目あたり, に出, の橋, の辻, の間, より太平町

1 [69件] からこの, から深川, か少く, が出た, が大声, であった, である, で紋, と云い, などのハナショウブ園, に住ん, に勝る, に天恩山羅漢寺, に癲癇, に組んだ, のお, のが, のすこし, のところ, のなかあど, の五百羅漢寺, の冠木門, の包み, の向う, の商人, の声, の大坂屋, の室, の小座敷, の岡崎女郎衆, の峰, の弾, の怪, の提灯, の曲り勾配, の木連格子, の植文, の横町, の水戸屋, の牡丹, の牡丹園, の町, の眼, の石, の窓, の筬, の節, の紋, の羅漢寺, の裾, の車, の辨天樣, の鐘, の間道, の面, の響, の駅, の高く, は訊き返した, へ帰ります, まで, まで帰る, も覗いた, をパッ, を右折, を左折, を聞かぬ, ノ窓ニ星印アリ, 崩し松葉蝶々

▼ ツ目屋~ (97, 0.7%)

39 の新 3 の露地 2 と雲霧, の奥, や雲霧

1 [49件] おめ, から御, が疑い, が立ち上がっ, が連れ立っ, が顔, だ, でしょう, での伊太利珊瑚, という紺のれん, と彼, と聞いた, などにも耳打ち, にも生ける, の, のあった, の一組, の事件, の二人, の兄哥, の兄弟, の兄貴, の声, の帰り, の店, の輩, の野郎, はお, はほめ, は半, は時折, は横町, は身, は鎧, は黙っ, へ向っ, へ売り, へ持っ, へ珊瑚, へ行っ, までびッくり, もか, もその, もまた, も声, も戸, も縁先, も茫然, を張

▼ ツ~ (88, 0.6%)

2 受ける地盤, 合図に, 回って, 少し過ぎた

1 [80件] おき坐るとも, お約束, きいて, こちあて, さそい出して, しらべて, すぎた深夜, ちょっと過ぎた, とりだして, なにがし両の, ならべて, はっきりと, まとめて, もって, ザッと, チョイと, ハッキリと, メンミツに, 一まとめに, 一度に, 一筋に, 三和土の, 並べた, 入れて, 入れ少し, 助かりしが, 占し, 取つて, 取立て, 同時に思い浮べ, 同時に空中, 告げる尼僧院内, 回った深夜, 増したるは, 増してわ, 尽し之, 峡門の, 帯に, 廻った冬, 引渡すからと, 思い出して, 手に, 打ちました, 打ちまして, 打った時分, 打つ, 押入れへ, 持って, 挙げて, 振り仰いだ, 捉えて, 捜り出し, 捨てると, 捻って, 撞くの, 数えてから, 殘す, 浴室に, 現実に, 祀ったの, 私は, 立ててこそ, 茲に, 見て, 見詰めて, 覗いて, 設る, 語って, 語つて見, 買って, 賞めて, 軽く三ツ, 過ぎたころ, 過ぎた頃, 過ぎて, 過ぎるころ, 選ぶより, 選ぶ為, 選んで, 頭に

▼ ツ~ (87, 0.6%)

2 さが, さを, ど今それ, ど古い, ど遠, の頭, りと

1 [73件] かすと, がよく, が答, けな一私人, けな動物, けな地方新聞, けな慢心, けな理由, けな生徒, けな醫學校内, こばかり, こ会社員奴, こ官吏に, こ官吏には, こ記者に, こ醫者へ, さと, そい指, だけれども, ちでさ, ちで身, ちにな, ちの人に, ちの体から, ちの癖に, ち同志, つちだけれど, つちならと, では, とおこる, と烟, と燃え, と青い, どいい, どうぬ惚れ, どお考, どどうかしてる, どわるなつ, ど借金, ど偉い, ど商, ど山刀, ど早い, ど早う, ど準備, ど疑, ど細君, ど美しい, ど西, ど遠く, な頭, になつ, になつて, ねが, の抽斗, の袖, の黄色, り一, り出して, り出しても, ろい, を充, を向い, を発見, を知つて, を踏み, ツ, ツちのことに, ツちのこと何と, ツちの金で, ツぽ, 丸が, 袖には

▼ ツ~ (83, 0.6%)

2 あつた, よいの, 嘘を, 失望どんぞ

1 [75件] あとは, あらうと, お父様, この三疋, ござりまする, ござアい, すむこと, せう, せむしの, そのため, その稚拙, それもか, まず眼, よいかと, よいと, よく三日目, カギの, コマを, タクサンだ, バタ, バレエの, 中程を, 二人は, 二分と, 五瀬命や, 人生を, 仕事に, 何百年も, 俗に, 信用は, 先頃亡くなりました, 十四銭に, 千万金に, 千万金にもと, 可いんだ, 四人の, 國庫の, 売りだしたもの, 大鎧, 天下を, 寅は, 川を, 御用金, 拵へて, 拾銭という, 斯う, 桃色で, 江戸へ, 洗濯を, 渡ったり, 無く飾つて, 熟練する, 登って, 百九十万円ふんだくろう, 立上る, 立川文庫の, 竹内スクネは, 細々と, 細い乳, 維持せ, 肝胆の, 育てられたの, 花が, 茶屋を, 血が, 見事纏る, 親女房に, 貴婦人方は, 追い出すこと, 進退去就を, 雨が, 頭から, 顔が, 黄金機会が, 龍馬が

▼ ツ三ツ~ (77, 0.6%)

2 おしょうろ船, して, はじき

1 [71件] あった, あった限, ありたりとて, が無残, ぐらい読ん, ぐるぐると, ずつ各自, ちらちらした, つぶして, であつ, という年ごろ, と乗せる, に張, のたく, の心得, の温泉自殺, の酒樽, の青梅, は上, は危く頬邊, は手, ばかりある, ばたばたと, ぶんなぐったの, ぶん殴って, ものいううち, ものいえりし, も獲, も若かろ, よりぞ多から, 借りて, 取って, 叩いて, 咽びながら, 大きくうなずき, 大きく櫓幅, 引ったくる, 御相伴, 打ちすえて, 打った, 打つ, 抉りましたから, 挙げて, 振廻され此方, 掴み出して, 撲りつけた, 教えて, 有り升, 洩れた, 煽ぐよう, 狭い入口, 立って, 続けて, 聞かせたまいつ, 聞かせ給ひつ, 落ちて, 見せて, 詠んで, 超した超さぬが, 足らざるべく洋服, 載せたこと, 追続い, 選んだなか, 重った不意, 重つた不意, 長けて, 隠して, 面白い事実, 頬張っては, 飛び越えて, 飲んなすったか

▼ ツても~ (73, 0.5%)

4 可い 2 い, 君の, 尚だ, 駄目だ

1 [61件] あんな意地, いいぢ, いないし, おれが, おれの, お天氣, さう, ちやんが, まあ情ない, また皺だらけ, ゐない何, 一束は, 上は, 上手下手無く, 人の, 人間の, 今起きます, 何でも, 余り暴れんです, 依然として忙しく, 其の實田舍, 其樣な, 受付けようとは, 可いか, 可いじ, 可いと, 可といふ, 可よ, 喰へる, 執着が, 好からう, 宜しい, 實業が, 小川で, 屍體を, 帰るッ, 彼は, 我々人間の, 敗けても, 村道へ, 此の, 氣が, 氣の, 汚いと, 濟アし, 生えて, 白いか黒いかは, 眞ンの, 筋肉と, 肖像畫を, 胸に, 自分は, 見世物では, 見當らなかツ, 訴へる, 誰かと, 調子こそ, 賣らなくつて, 頭は, 食ひ込む, 麺包屋が

▼ ツとして~ (72, 0.5%)

5 ゐた 4 眼を 2 ゐて, ゐる, 彼の, 横を, 置け

1 [53件] あたま, これと, しまつてあの, しまつて何も, その顔, たそがれ時に, ほんとうに, ほんとにそれツ, やたらに, ゐました, ゐられないの, ゐられなくな, ゐると, ダブって, ダブッて, 人の, 今なお, 今日の, 他日別, 俺に, 其処に, 力一杯自分, 口を, 寺観の, 居ると, 御座いませんでした, 快い憶, 悲慘悽愴の, 打ち消した, 振り返る隙, 星が, 本場の, 欲しからざる, 止せば, 死神の, 煙草を, 目も, 目を, 空を, 立上つた, 続けて, 縮上る, 置いたかの, 置きや, 置くの, 置くやう, 胃の腑の, 荒々しく階段, 見た義雄, 訪者の, 輕い, 返事を, 面を

▼ ツとも~ (69, 0.5%)

5 ない 3 ないから 2 ない女, よくない, 一緒に

1 [55件] うちに, ここへ, こんなお婆さん, せず, せずに, その手續, だが, だと, ないその, ないぢ, ないとしても, ないばかり, ない婦人, ない着物, ない聲, ない見, なかつたぢ, なくて, なく袂, な云, に, にある, ねいこと, ふり向きも, みんな男の, よくならん, よくならんぢ, らしい樣, チャンと, 不思議で, 云えよう, 他の, 何もかも承知, 其ま, 同じよう, 御遠慮, 思つて呉れない, 思ひやつ, 思ひやりが, 憂慮を, 手許には, 書いてないぢ, 歩きま, 水の, 無くなって, 白髮が, 直りやせん, 知らんの, 行きたか, 言へ, 話が, 辛く無い, 違う, 違や, 面白いこと

▼ ツ~ (67, 0.5%)

3 へ行 2 へい, へころり, へ行け, まひま, まふ, まツ

1 [52件] えの, えツ, が, がさき, が分らず屋, が分らない, が大きい, が好い, が好き, が負, こそよろしく, ことよ, でもえ, でもねいや, で少し, にし, にもある, にも横目, にゐる, に對, に頼る, は人聽きが惡, は藝者屋, は離縁, ばよう, ふから俺も, へお, へばどうも, へ來給, へ入ら, へ取り, へ引ツ, へ歸つて來, へ渡し, へ渡り, へ行つて一処, まふから, まふん, められ, も駄目, を向かない, を向け, を引きとめ, を選ばう, イ行け, ツ, ツち, ツて, 上げやうと, 側の, 稻は, 道輕いこ

▼ ツ~ (66, 0.5%)

14 やい 8 やいます 7 ゆツ 4 やいまし, やいました 3 やつて 2

1 [24件] ぐらにかかる生涯の, つたそれは, てもこの, て写す, て悲哀戯曲, て眼, と掌, と掛けた, と頬, は人, やいません, やいよ, やいツ, やうじ, やうの, やつた, やつたの, やつたら, やホトトギス, よりの草鞋, より深夜, より熱汗, ツ, ツて

▼ ツ張り~ (65, 0.5%)

1 [65件] いい海岸, えらい場所柄, おれの, お前が, かの山, が尖, が次第に, くツ, ここも, こちらを, この人, この田舍, こんなところ, こんな冷靜, さう, さうだ, した姿, そのさき, その後ろ, その時代, その部屋, そんな風, で傷み, ながら言, ながら面, なん, ねえ, は出来ない, もとからの, もとの, を強く, 一般の, 人の, 人通りが, 今感じた, 今見た, 何かに, 何の, 例の, 前囘, 可愛がり過ぎて, 同じやう, 同じ樣, 向ふ, 困ること, 妾と, 嫉妬なり, 實感によ, 敷島さん, 文學と, 止むを, 泣いて, 浦河支廳の, 淺薄な, 無言で, 留守な, 結局は, 耶蘇教徒婦人ばかりを, 若々しい戀, 豪いな, 輪廓の, 通るの, 遣り切れねい, 金は, 隻手の

▼ ツ~ (65, 0.5%)

2 が, の前, の後方, は八郎太

1 [57件] いつから, から見える, が一座, が七瀬, が二三人, が人々, が出, が刀, が参っ, が玄関, が襖, が遠く, じゃ, だ, とで調べた, との間, と一緒, と仰し, などと一緒, ならよかろ, に致しまし, に蹤, のすぐ, の上席, の下, の差出した, の後姿, の無法, の物, の腕, の邸, の頬, の頭, の顔, はじ, はすぐ, はそのまま, は一言, は将, は平伏, は激怒, は素早く, は脣, は鋭く, は黙っ, も二人, も蒼白, をやり込める, を睨みつけた, を睨んだ, を見, 喜十郎, 喜十郎であった, 喜十郎の, 斬れるか, 當です, 阿彌

▼ ツ~ (63, 0.5%)

1 [63件] あるから, いかがの, いつダブること, いらない, かぞえられた, きこえる前, きこえる頃, しゃしゃり出たこと, それな, ない, はじめて耳, ひっくり返って, ひつくり返つて腹, よく見えます, カチカチふれあう, ツと, 一ツに, 丁度きこえる, 上野の, 乞食の, 予定の, 何か, 何となくその, 八坂神社だろう, 再開店, 合一し, 合流し, 同時に行われ, 四ツお互い同士関係が, 天孫たる, 家の, 尾を, 市中の, 庭にでも, 強すぎ, 彼の, 持出されて, 来たら, 東京に, 梶を, 残って, 無残に, 独り手に, 珍しくて, 真実を, 空中高く, 立とうと, 聞きとれただけ, 蘇我天皇の, 被害者の, 言ふ, 重なって, 重なりあって, 重太郎への, 門限で, 関係し, 鳴ったのに, 鳴ったよう, 鳴ったら富松, 鳴る, 鳴ると, 黄に, 黄色に

▼ ツくり~ (62, 0.4%)

11 して 2 お鳥, したの

1 [47件] かへる, さ, したこと, したと, したどす赤, したやう, したん, した低い, した奴, した美人, した聲, した頬, した顏, した顏立, しても, し過ぎるほど, するぢ, するでしようよ, するの, でしたね, でよろし, とした, として仰向け, として考へた, と二人, と來, と倒れかけた, と席, と暖か, と柔らか, と立つた, と肥えた, と起, の近眼, ぽツくり, 其のま, 其の儘, 吃患者, 早く返し, 歩いて, 歩き出した, 窪んだ胸, 立ち寄つて, 話して, 起きたの, 返つた切り, 返りかけた

▼ ツ一ツ~ (61, 0.4%)

2 のポーズ, 消えて, 白い雲

1 [55件] ああと, お目, から御用, から骨, がはじめて, がよく, が予定, が何, が何となく, が庭, が強, が珍しく, が黄, が黄色, にかえり出す, にブルドッグ, に分れた, に分解, に存在, に平凡, に担ぎ上げられ, に検め, に注意, に眺めよう, に私, に聖書, に見まわした, に見来れ, に面白い, のぞいて, のはなし, の躰, は実に, は算, は花魁たち, ひッぱる糸, やがてくれけり, をはっきり, をメンミツ, を捜, を私, を茲, を覗い, 取り除いて, 取出すを, 拾って, 持上げたるさま, 放り出す, 積み重ねられる, 蠢き始めて, 見えるよう, 見て, 調べつづけた, 運ぶ事, 鳴るかとばかり

▼ ツぽい~ (57, 0.4%)

2 女だ

1 [55件] あはれみの心などは, いや愚鈍, から無闇, ことばかりを, ことを, ところだけが, のと, のねえ, はにかみなどが, やうな, 一時の, 事を, 事實を, 人, 光が, 光だ, 周圍の, 夢を, 女で, 女な, 女の, 妄とえ, 婦人は, 子供だらう, 宛名だけは, 微温の, 急設國際色だらう, 性質だ, 愛嬌が, 感傷的な, 感情の, 憂鬱に, 手足や, 方の, 書棚には, 本で, 海水浴帽を, 物は, 玩具の, 男ぢや, 男と, 私の, 程濃緑, 網の, 者にと, 者のみに, 聲を, 肚を, 色を, 藤づるのおほ土瓶がか, 虚栄心の, 調子で, 輪廓が, 道を, 馬乘り

▼ ツたら~ (54, 0.4%)

2 ないぢ, 全くありません

1 [50件] あなたは, お前は, かしたま, さぞなさけなく, そつたらごとだ, そりや, それは, とても真面目, ない, に心配, また見事, まアだだ, まア何事, もういい, よ, よすぐ, カラ最早, プリツと, ホホヽヽヽヽ, 云は, 亡母さん其儘で, 何う, 何うだ, 何ともいへぬ, 何卒怠惰屋, 其は, 其も, 冷, 可い, 周三を, 嚴正な, 女といふ, 子爵家の, 少しも, 帰ツて, 彼の, 此うし, 此様に, 歸ツて, 殺しも, 田代クンに, 眞個天稟で, 突倒す, 素敵だ, 終夜歩い, 老先, 船なんぞに, 話に, 遊びに, 頑固な利かぬ

▼ ツちや~ (52, 0.4%)

5 になツ 2 と出, どつ, ならねえ

1 [41件] あ, あお帰り, ありません, あ事, あ臺, あ處, いいこツちや, いけぬと, いのね, おますまいと, おまへん, がなお前, さかいな, さかい朝, で, と着物着更, どえらいこ, な, ない, ないちい, ない全体, ない果して, なもの, ならねえからと, なア, になつて, に燃えた, ねえ, また放蕩, まといふ, ま入らつ, らして, るだけの, ん俺, ん早く, ん甚太郎さん, 丁度いい, 因まりますゼ, 曳かれねえ風, 無いてな, 置かん

▼ ツ~ (51, 0.4%)

3 上りなし 2 しょうろ船が, よしつたらくだらない, 町の, 聞かせなさいましなね

1 [40件] あがりいまお茶, かみさんは, もつたより良い, 三は, 上りつてば, 下りに, 互に若い, 京さんの, 作の, 力添えを, 千勢, 及ばなイツ, 品さん, 坊ちやま, 孃さんは, 孃樣が, 孃樣無事に, 安い御用, 察しの, 床で, 洩らしに, 父ちやんが, 町か, 目にか, 秀を, 秋の, 空より, 糸の, 菊, 菊確かりし, 袖さんは, 袖の, 試しに, 貸し下さいませんか, 酒を, 隣りには, 靜姐さんが, 食んなさいと, 飲り, 駒は

▼ ツずつ~ (51, 0.4%)

1 [51件] あいかわらず鶏卵, あるわけ, ある芝, こっちから, そのなかば, それを, ひっくりかえした, ぶらさげて, ゆっくり拾え, キャラメルを, 一時間オナラを, 三十五十と, 並べたり, 二段重ねに, 云った, 入れて, 包みに, 包んでるとは, 卵を, 取って, 取りのけて, 各自の, 同じ鍵, 吟味し, 壁の, 大きい荷物, 大きなほくろ, 女と, 字を, 小さな水玉, 左右の, 平行した, 抱えこんで, 持って, 握って, 数万の, 検分し, 消しちゃ, 湾に, 生々と, 生命が, 確かめて, 竹行李の, 続いたん, 置かれた, 胸に, 蜻蛉が, 話そうじゃ, 買う, 蹈んで, 鶏卵を

▼ ツばかり~ (51, 0.4%)

2 つないで, 重ねて

1 [47件] あった人々, ある, ある引出し, いま階下の, おまはり, おまわり, くる, くるくると, だが, でもう, どうん, なる女の子携, はき, はきはきと, ガンと, 上である, 上は, 云いよる, 先の, 十畳敷の, 卵を, 叫び声を, 噛むで, 噛んで, 小さくし, 年かさにや, 年紀たけたる, 念仏講の, 押して, 握拳, 握飯, 揺ぶっ, 横に, 母が, 添へて, 畝って, 眉を, 突き上げるよう, 羽は, 薄彩色, 見ゆるまで, 谷へ, 降りて, 集まった, 靴の, 頭を, 黄色い花

▼ ツ~ (51, 0.4%)

3 を曲る 2 でまるで, へ出た

1 [44件] からでも必ず, から右手, から君, から左, が広く, ちかくまで, であつ, でいたずら子供たち, でさ, でその, ではあり, では帆村, で右, で消えました, で翁, で落ち合っ, なる珈琲店パンテオン, に出, に出る, に小さい, に待たし, に抛り捨て, に点い, に盲, に立っ, に立ている, の交叉点, の安全地帶, の所, の神, の茶店, の薄暗い, の郵便局, の駕政, は至極, は遺失, へきた, へ出る, へ別, へ向っ, をまがる, を右, を空, を見付ける

▼ ツ~ (50, 0.4%)

4 はない 3 に取, をし 2 に居, に私, はねえ, へ流れ, 書けと

1 [30件] か何, さが, たしか當, ちて, ちとら, でもい, といふ約束, にする, になつて親ん, になり, にも, に兩足, に出た, に小さく, に抛出した, に黒く, ぬいて, ぬかれて, はありません, はし, もなく, をくべ, をしない, をしませう, をもやらるる, をやつ, を押, を鷲, 引くの, 見たやう

▼ ツから~ (49, 0.4%)

3 七ツまでの 2 八ツ半までの, 敬服し, 金八ほどの

1 [40件] おれも, けさの, この宵六ツすぎ, しでしたよ, すつかり, そんなにお, ちやんを, どうもこれ, なかった, ゐさ, 人の, 六ツ半, 判りませんよ, 北町南町両ご, 十二歳ぐらいまで, 十歳ぐらゐまでは南京繻子を, 南の, 夕七ツまでの, 大変に, 屋敷を, 山で, 幕が, 庭の, 御用御用御用御用, 我を, 早や, 明け六ツまでの, 来いへんえ, 浮かぬ顔, 煙草許り, 生活に, 空ッ風に, 紅オシロイまで, 育ツたんだ, 覚えて, 解つてゐた, 通用しない, 酒飲みの, 飛んで, 骨の

▼ ツかり~ (45, 0.3%)

2

1 [43件] お前に, ぢや, つぶつてまで, と事實, と宙, と腰, は性分, は掘る, は男, ひよこ, もした, やおま, やつて, をそ, ドツサリ割り付けや, 力ぬけ, 原稿でも, 呪へ, 在來, 巨きな, 愚老の, 我を, 戰つて行かう, 手頼つてゐり, 承知させた, 時期を, 枝に, 構つて居た, 泊りや, 泥塗れで, 清水で, 物であるらしい, 玄關の, 眼が, 脱けて, 腰を, 若葉にな, 西洋風で, 言や, 足を, 輕く, 長う引ツ張らい, 骨身に

▼ ツきり~ (44, 0.3%)

2 して

1 [42件] しかない, した區別, した姿, した姿致, した積極的, した髷, だ, だつた, つまらないこと, でいつた, では余り, で憲法発布, とおなか, ととほつ, と僕, と告げなかつた, と單調, と映, と曳かれた, と笑靨, と胸, と辯解, なく降り, なん, の引導, の格構, の此労働者, の水入らず, ふえた訪客, よそれから, ゐないん, 分らないん, 分りませんので, 強く吹かなけれ, 感じたの, 現はれ, 知れないから, 老けこんだの, 解らないの, 触れるから, 話せねえや, 飛び出したん

▼ ツ~ (43, 0.3%)

10 をする 3 うする, をし 2 をしあがる, をなさる, を言

1 [21件] うして, か思わせぶり, か言, が, が到頭, が早い, だす, だと, て自棄, といふいけません, といふこと, といふ女, とでも戒名, にか變, の理由, も僕, をお, をつまらねえ, を何, を申す, を馬鹿

▼ ツ四ツ~ (43, 0.3%)

2 と並ん, と折つて, の装飾, 売って

1 [35件] あたかも人, あるが, おちし村雨, きらきらとして, くるりと, した, つづけさま, でコマ, とふけ渡っ, と投げこんだ, に砕けたる, の灯, は手掛り, ふら, むくむくと, もっとかと, も年上, も暗い, より行末, をおき, を設, 伏せて, 出て, 小さな顔, 張り飛ばされ両, 抜いたん, 数えて, 暗い流し, 残して, 浮いたり, 溜った, 落ちたという, 薄暗き明, 起ったよう, 預けたとて

▼ ツたり~ (40, 0.3%)

5 して

1 [35件] いつて, こびりついて, した聲, しながら, するから, すること, するだけ, するので, すれば, なる, または白旗櫻, 下げなくても, 低くな, 倒れた音, 倒れて, 古くな, 合致し, 坐わり, 坐わる, 坐ツ, 小間物店や, 尻餅, 摘出し, 斷わ, 止むと, 演説を, 突伏し, 義雄に, 落ちた, 裾が, 謂ツて, 跳たり, 蹴ツ, 造花や, 體にく

▼ ツ~ (40, 0.3%)

3 の談判 2 しかない, の鯨, までのあいだ

1 [31件] か, かい, から七刻, から外, から鎗, がけようやく, が四ツ, きっちりに, ぐらいだ, だという, でありました, というの, といっ, ともなれ, にて月, にはもう, に成っ, の, の用件, までにはあと, までに高輪, をつい, を少し, を廻った, を期し, を考える, 下り, 刻の, 刻供揃にて, 近くお前さんが, 過ぎては

▼ ツ~ (40, 0.3%)

3 い, 気を

1 [34件] あの時, あまるねえ, あわせて, おかしいや, お好, でなければ, どうかし, のぼせて, 三田文学社へ, 丹念に, 何うかし, 力が, 可笑しな, 増しだ, 大きく成つて, 嫌はれたらしい, 嬉しいと, 強いからね, 怒つてる, 急いで, 慣れて, 救は, 滝は, 祟られて, 私の, 考へなけりや, 肝を, 自惚れも, 落着いた, 要心しない, 面白いや, 面白かつ, 馬鹿だ, 馬鹿だい

▼ ツ八ツ~ (39, 0.3%)

5 のころ 4 の頃 2 羽ばたきを, 若やぐばかり

1 [26件] お洩らし, から人, から十歳ぐらゐまでは, から庭, から紅オシロイ, くらいまでは子ども, とうとう暮六ツ, と数えまし, どころか十五, ならば, になる, にもなれ, のお, のとき, の児, の女の子, の小女, の少年, の火ウチ袋, の菰梱, の露店, の青白い, ぶらさげちょうど, 入乱れて, 盛られて, 見えて

▼ ツ~ (36, 0.3%)

9 になつて 2 にし, になつ

1 [23件] であつ, です, なうそ, なハギ, な人體, な化粧, な口, な気孔, な空, な色, な顏, な顔, になつて声, になつて形, にのぼせ, に咲い, に怒, に燃えた, に紅葉, の嘘, の御所柿, の色, らしい色

▼ ツさん~ (35, 0.3%)

4 をツさん

2 [11件] え, かてま, が銀場, さア行き, に先, の子供, はもう, また詰まつ, も古い, 呼ばうと, 讀んで

1 あの泥, が今, が毎日, が銭, は年取つて腰, も來, も来, やない, 読んで

▼ ツその~ (35, 0.3%)

2 通りで

1 [33件] おびんづる金太親分, ことあいつの, ことお, ことお前の, こときのふ社長が, ことこの, ことこれから, ことこんな, ことどう, ことも, こと思ひ切つ, こと握られた, こと斷然ことわ, こと歸つ, こと死ぬ, たしなみ生憎, ふくれつ面は, 一つには, 事あなたの, 事その, 大玄關, 女が, 早瀬塾の, 時こそ, 暇な, 氣で, 滅法女の子, 爺を, 用心棒格で, 積りで, 竹囲いの, 辺の, 阿佐ヶ谷神楽の

▼ ツ六ツ~ (35, 0.3%)

3 並んで

1 [32件] くらった, くらわせた, くらわせる, こんな事, したかった, たかって, でバタ, ともう, ならんで, になる, のころ, の女の子, の悪戯盛り, の歳, の水瓜頭, の私, の茶碗, の頃, ぶんなぐって, も若い, も買い込む, も買っ, も買わされた, も越えたらしく, をザッ, バラバラと, パチパチと, 撲るよう, 老けて, 買い込むと, 転がって, 駈けて

▼ ツある~ (33, 0.2%)

2 ね, のです, ようだ, んです

1 [25件] うち最も, から一ツ, から一緒, から不思議, がその, が新潟, が特に, が金, だけのただ, といふ意味, と考え, のさ, のだ, のであった, よ一つ, 処じゃねえ, 切り, 化け物の, 可くも, 新聞紙が, 殿様, 目の, 筈な, 肺の, 間を

▼ ツ立つ~ (33, 0.2%)

7 てゐた, てゐる 3 たま 2 ていた

1 [14件] ている, てからは毎日一つづつ, てしまひ, てにやりと, ては方角, てゐれ, て仏頂面, て何, て何時何処, て其の, て勢, て雨戸, て電車, と

▼ ツそり~ (32, 0.2%)

4 して 3 やつて來 2 した

1 [23件] かの女, したるなか, した口調, した女ぢ, した家, した意氣, と, として出, として滅多, と小舟, と店, と立ツ, と自分, と靜, や親分, 其の騒, 出て, 囁くやう, 自分だけか, 行くの, 讀んで, 賣つて貰, 起きあがつて

▼ ツ母さん~ (31, 0.2%)

2 がいらつ, はお

1 [27件] あの清水, がかうし, がどん, が出, だ, でな, でまだ, にでもし, の乳頸, の眠つて, の考, の都合, はきよろ, はた, はどこ, はウント力, は不意, は僕, は坊や, は暫く, は気狂, は頻りに, は黒ちやん, も, も亦, も義雄, も近々

▼ ツ~ (31, 0.2%)

2 になつて

1 [29件] あ蹴破つ, が不愉快, が大分, が減つた, が立つ, だ, だと, でした, でも蹴破, で妾, な漁業家, に, に匕首, に見えない, のこの, の兄妹, の太り肉, の御, の男らし, の皮肉, の面白い, の餘, へ五六十両, へ器械, へ干し, へ頭, をたて, を立て, を蹴つた

▼ ツ~ (30, 0.2%)

1 [30件] から六ツ時, から午後, から夕, から始まった, から翌朝, でございましたが, でございますから, でちらり, でもあろう, で私, という頃おい, となった, と定められた, と相, になる, になれ, に伯州米子, に彼是, に町奉行, の御, の縁, までは帰省, まで互に, まで八ツ番, まで宿番, まで營中, まで物, より御, 終に御, 退ク

▼ ツ~ (30, 0.2%)

7 の羽織 5 の青年

1 [18件] に染め, に白麻, に透綾, のお, の古, の夏羽織, の瀟洒, の紳士, の肩, の黒絽, の黒羽織黒袴足袋跣足, は商人, は慌てた, もある, を取出し, を抜いた, を畳ん, を背後

▼ ツ裂き~ (30, 0.2%)

11 にし

1 [19件] にされ, にされよう, にしたい, にしてやる, にしてやろう, にしろ, にすべき, にする, にするある, にせず, にせん, にできなかった, にでも何, になりましょう, にもいたしかねますまい, にもする, にも値する, に破, に裂い

▼ ツ~ (29, 0.2%)

3 ゆさ 2 かさま, と歩き出し, と銀場

1 [20件] うしよう, うだ, うと, うとは, う來, う親分, う言, う言つた, と六號室, と反, と書い, と橋, と歩いた, と歩き出した, と歸つて, と社殿, と自分, と行かつ, と行け, ばツさ

▼ ツつい~ (29, 0.2%)

10 てゐる 2 てゐた

1 [17件] あの, ていた, ていました, てお, てしまつたの, てやりたかつた, てゐ, てゐます, てをつたら, てブツ, て取れる, て大, て居る, て水平線, て行, を買, ツと

▼ ツこれ~ (28, 0.2%)

43 はどう 2 だ, はひどい, は何

1 [15件] あまた, がどこ, が分らない, だツ, でもかツ, でも喰, で支度金, はたまらぬ, はソラ豆, は俺, は矢, ほど云う, も見納め, やツ, を眠らし

▼ ツてる~ (28, 0.2%)

2 ぞ, の, のは, んだ

1 [20件] か豆腐, ぢや, でせう, と僕, のであ, のへ, のよ, もんだ, よ芸妓, よ藝妓, んだらう, んです, 人の, 位です, 処あるです, 樣だ, 者が, 股引が, 通り溢れる, 釣師も

▼ ツ~ (28, 0.2%)

3 二ツの 2 半分斫り, 四ツは

1 [21件] つてお, つて見よう, ろう, ろうと, んが, んに, んにも, んの, んも, ツけ, ツと, 七ツは, 三ツで, 二ツあ, 二ツくらい, 二ツ隠, 五ツのと, 十で, 十の, 十ウの, 四ツあった

▼ ツかけ~ (27, 0.2%)

8 て來 2 てゐた, て来

1 [15件] てかつ, てブラリ, て二町計り, て出る, て意外, て戸外, て母, て穿いた, て角, て貰, にずらし, に彼, 指輪も, 眞白な, 眼ツパ跛蹇または

▼ ツには~ (27, 0.2%)

2 貧乏人の, 金持ちの

1 [23件] いずれ本土, さんざん清, なれた敵, またその, キク子を, ジルベールの, トミ子が, ドーブレクの, ボーシュレーと, 一躍地頭さま, 先生の, 冥土への, 奴は, 娑婆に, 小田原着, 己れ, 彼の, 我児の, 散, 数へ, 自分の, 譬えば絹, 露子の

▼ ツ切り~ (27, 0.2%)

2 なしに, にした, になる

1 [21件] いくら手紙, お鳥, かと思ふ, この座敷, だつた, だと, だらう, で, であつ, でも困るだらう, で義雄, とは義雄, にされ, にし, のこと, の手拭, の紙三つ, の黒ずんだ, は面倒, 反對, 話しましょう

▼ ツては~ (26, 0.2%)

2 もう駄目

1 [24件] あんたに, お聲, こんなこと, それこそ, できない事, もう爲方, 一箇神聖なる, 七日, 何う, 何んの, 何方が, 何等の, 俗事談判の, 又朗々, 學生等は, 実にこまる, 幾らえらい, 彼樣な, 或意味, 無くては, 熟慮深, 父子爵は, 終に区別, 血統斷絶の

▼ ツ~ (26, 0.2%)

2 に, の花

1 [22件] がしげっ, が群生, が青く, ぐれえ, ですね, で梅幸, と鶏卵, のおした, のやう, の上, の刻んだ, の根, の細い, は庭一面, もとけ, や雪の下, をざわざわ, を五銭, を摘みはじめた, を摘んだ, を買う, 抜いて

▼ ツ~ (25, 0.2%)

8 をし 2 をする

1 [15件] から洒, がその, だけで軽蔑, のやう, の技巧, ばかりが安, ばかりを売, へたたきつけ, を, をた, を作つた, を手ひどく, を擲, を毆ぐらうとした, を見る

▼ ツ~ (24, 0.2%)

1 [24件] から, からお, からゑぐつて, から嶺, から左, から林檎, から氣違, から病院, ちよツと, ながら, な聲, な背中ア, に元, に戻, の窓さき, の雪, もおれ, やツ, をもて, ヤぜ, 云つたのとは, 千代子に, 甘くなくしつ, 迄遊び

▼ ツ直ぐ~ (24, 0.2%)

4 な道 2 に胡坐

1 [18件] な街道, な青草, にふう, に天滿宮, に少し, に帰る, に東京, に燃え, に白い, に直し, に置かれた, に行, に行かう, に行きます, に飛べ, に駆け, 前を, 行くぞ

▼ ツ~ (24, 0.2%)

1 [24件] かと思, からスーツ, から借金だらけなんぢ, から刎, から刺し殺し, から叩落, から殴り付け, から殺し, から細君持ち, から讀ん, に, に立つ, に義雄, の厭, の小, の度胸, の歳人気取り, の酒飲み, の長男, は皆, まで歩きました, やらガラス, 忙しい用事, 見て

▼ ツ~ (24, 0.2%)

2 から雨

1 [22件] から人質, から今日, から四ツ頃, から蚊帳, だそう, であった, であるの, でご, でせう, で夕方, には必ず, に帰っ, に来た, に棺桶, に物, に町奉行所, に神田, のあどけない, のこと, の悪戯ざかり, 再ビ出動, 迄にお越し

▼ ツころ~ (23, 0.2%)

2 でも生き, でも立派, なんて可愛い, に向, を, を早く, を産む, 又蹴り 1 に深い, のやう, の如く生活力, の樣, の淡泊, の騒ぎ, を拾

▼ ツしか~ (23, 0.2%)

4 ない

1 [19件] ありませんが, ないの, ない身体, なかったら, なくなって, 入口が, 持ち合せませんと, 授からないから, 敷かれて, 書かない連載, 無い種子, 無く他, 特技が, 見えないという, 見つけること, 買えませんが, 買って, 込て, 違わない

▼ ツ~ (23, 0.2%)

4 その下 2 で四ツ身, のもの, は一反, は三ツ, は何尺, は半, を着た 1 から本身, は一ツ, や四ツ身, を着, を縫う

▼ ツ~ (23, 0.2%)

2 にし, に集まつ

1 [19件] けで, けになつて, でもいい, なおほ, なの, な古ぼけた家, な彼, な森, な砲車, な穴, な顔, になつたの, になつて, になる, になツ, に噴出, に掻き曇つ, に見え, 旨く名

▼ ツぽく~ (22, 0.2%)

1 [22件] て少々, て氣, て浅い, はしやぎ出した, シンボリカルな, 云ひ返した, 冷えて, 台の, 感じたザア, 横た, 渠の, 狡猾に, 胸を, 脚を, 臺の, 見える, 見えるばかり, 見せた, 身悶えました, 露悪的に, 頭を, 首を

▼ ツ~ (21, 0.2%)

2 は見せぬ

1 [19件] かな, がつい, が木の下, が駈ける, ですが, にした, に結えられ, に絡ん, の外, の裡, は先, や人通り, をあげ, をすえ, をたたく, をつける, を拍, を横, を組む

▼ ツあの~ (20, 0.1%)

4 野郎だ 2 娘の

1 [14件] お年玉の, 乞食坊主, 人が, 人です, 去年の, 奥方が, 娘は, 子は, 山は, 武藝自慢の, 牡丹餅を, 犧牲も, 聲は, 高慢な

▼ ツこの~ (20, 0.1%)

2 方に, 燈光の

1 [16件] ぢ, ない事, やうな, 喜三郎の, 女は, 度矢張私許り, 方から, 生垣の, 相談を, 私が, 穢多町の, 通り, 道なら, 邊で, 野郎だ, 養殖場を

▼ ツたん~ (20, 0.1%)

54 だから 3 でせう 1 がツ, だからなあ, だよ, だらう, だらうと, でございますか, ですけれども, や

▼ ツ二ツ~ (20, 0.1%)

2 の童話位

1 [18件] お秋, かきつく, こして, ずつ続いた, であと, でタクサン, と増え来り, と轄, ならぬをも, の短篇, の談話, はさまって, は度々, も兄, 叩くを, 残ると, 落ちて, 話しませう

▼ ツ~ (20, 0.1%)

2

1 [18件] がそんな, だ, でもたしなめる, でも知っ, で面白い, と同, なるを, にはなき, にも劣っ, ねえ, のやう, の坊や, の尻, の魂, は猶, は総じて, を産んだ, を相手

▼ ツ神妙~ (20, 0.1%)

10 にせい 4 にし 3 にしろ 2 にせ 1 に歩け

▼ ツ親分~ (20, 0.1%)

3 大變 2 大變ツ

1 [15件] え, が聽, のめがね, の前, はそれ, はどうして, はまた, は目, は見通し, また大, も口, も宜, も訊い, 到頭やつ, 待つて

▼ ツ過ぎ~ (20, 0.1%)

1 [20件] て風, であったが, でしたろう, で自分, にその, になっ, には表, に原宿, に大塚仲町辺, に宜いか, に寺, に帰っ, に御, に旦那, に柳原, に清五郎, に突然, に逢おう, に連れ合い, まで遊ん

▼ ツ道具~ (20, 0.1%)

2 を引摺り

1 [18件] かも知れません, が揃っ, でそれ, として別に, の一つ, の容子, の有りふれた, の音楽家, は多年, をしっかり, を下, を使っ, を忍ばせ, を投げすて, を持たせられ, を揃え, を片づけ, を金盥

▼ ツしやる~ (19, 0.1%)

32 んだ

1 [14件] おつもり, お方なら, からいい, からさ, から子, が素, とあなた, とは, と思ひました, と見える, のぢ, やうな, んです, ナ

▼ ツだけ~ (19, 0.1%)

2 では

1 [17件] あること, あるという, あるよう, その溝, ですよ, ハッキリし, 不足が, 二度と見る, 分離され, 叩きつけて, 変らぬ物, 教えて, 書かなかったの, 残ったの, 特にメンミツ, 目ざましく雄大, 真珠を

▼ ツ五ツ~ (19, 0.1%)

2 の提灯

1 [17件] ずつ並べ, つけて, ではない, と下げ, と舶来, のお, のみこん, の子供, の砦, はあらむ, はあります, ばかり羽, まるまると, 入乱れて, 固まって, 若かつ, 飲んで

▼ ツ当り~ (19, 0.1%)

1 [19件] がしたくなった, がしたくなる, したり, して, って云う, であった, である, でその, で十言, ならよろしい, にやられる, に喧嘩, に当った, に恨み, に突, のきみ, も出来ぬ, を兵馬, を浴びせ

▼ ツ目小僧~ (19, 0.1%)

2 の豆腐買, は

1 [15件] が, がひとり, が出た, と手, などいい, にお茶, になっ, に化け, のつた, のつたい, の眼, の茶給仕, は人さ, も出, や南蛮渡り

▼ ツつり~ (18, 0.1%)

3 して 2 絶えて

1 [13件] が厭, した口調, した氣, した笑, した肩, とは少し, と出なく, と出入り, と切り取, と切れ, と姿, と消え, むいちやツ

▼ ツでも~ (18, 0.1%)

1 [18件] あって, いいから, 二ツでも, 五十両した, 何か, 何万, 十でも, 呆れたま, 命を, 多く叩き潰し, 多く実例, 小脇に, 盗まれた金箱, 繋げる生命, 自分に, 行うの, 閃いて, 間違いなく

▼ ツ~ (18, 0.1%)

2 で呑気

1 [16件] からでも移し, だといふ, で一寸, で下りた, で働く, のやう, の夜道, の大きな, の女郎屋, の籔, の薩州屋敷, の見世物, へ午, へ引き, を歩かせられた, デ

▼ ツ少し~ (18, 0.1%)

1 [18件] すぎでした, すぎまして, てまえじ, ばかり寄り道, まえあたり, まえだったかと, まえにね, 下がったばかりの, 前, 前に, 手前で, 手前でした, 手前な, 手前の, 稽古事を, 胸の, 足りない野郎, 過ぎに

▼ ツ~ (17, 0.1%)

2 ひ叩

1 [15件] づれて野村の, と枕許, と立ち上つて, と立つ, と立つたら, と立向つた様子, と起き, のかばん, のでひる, の革鞄, はしや, わら, ツと, 吩付け, 聞し召し呵々

▼ ツ~ (17, 0.1%)

2 ツせ

1 [15件] いま大, えなあ, とかよはうかと, とその, と仕事, と工場, と新, と歩, と歩く, と灰, と臺所, ツ, ツと, 可哀相な, 雪駄の

▼ ツ伏し~ (17, 0.1%)

4 てし 3 てゐる 1 ている, てしのび, てゐた, てシクシク, て泣いた, て泥酔, て睡, て細か, て背中, て鼾

▼ ツ放し~ (17, 0.1%)

4 にし

1 [13件] ぢや, てある, てしまつた人, てやる, で何, で口, な可愛らしい, になつ, になつてしまつて, の押入れ, の男, の義雄, の點

▼ ツ込ん~ (17, 0.1%)

3 でゐる 2 でばかりゐる

1 [12件] で, である, でしまう, でしまひ, でゐ, でゐた, でゐろ, で了, で云, で口錢取り, で行, で行つたあと

▼ ツあん~ (16, 0.1%)

4 の自転車 2 はいつた, は自転車 1 である, でも參, にすまない, はけげんさうに, は別れ, は町, は考へた, 俺つい

▼ ツそれ~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] がね親分, が判り, が白状ぢ, だツ, には及びません, に餅一臼, は冗談, は大変, は無法, は間違, も承知, も滿更ぢ, をまだ, を助け

▼ ツ~ (16, 0.1%)

3

1 [13件] から率, から穴, が今回, が目の玉, が頂, が顔, けど耳男, すか, と申し, と訊い, な, も留めず, わ

▼ ツ~ (16, 0.1%)

3 のである 2 んで

1 [11件] のかも, のさ, のであろう, のです, のでそこで, ので傅人, のね, んだ, んです, アーる, 奮迅も

▼ ツ~ (16, 0.1%)

6 這いに 3 這ひ 2 ばいにな 1 としてゐた, と戸田老人, ばいに, ばひ, 這いで

▼ ツ~ (16, 0.1%)

3 のない

1 [13件] から親, がある, がない, なくない, なく云, なく見えた, なく言つて, なの, な老爺め, に食わない, もない, もなく, をみせた

▼ ツ目錐~ (16, 0.1%)

9 の殿様 2 の屋敷 1 といえ, のお, の炎, は今日, を急所

▼ ツ~ (16, 0.1%)

2 のある

1 [14件] があっ, があつ, が全く, が少々, が青い, で行列, のふち, の一つ, の人, の怪物, はクルクル, をひらめかす, を休め, を明い

▼ ツこり~ (15, 0.1%)

2 笑つた

1 [13件] とした, と歩いた, と迫つて來, と顏, ぴツこり, ぴツこり歩い, やツ, 現はれる, 笑つたツけ, 笑つて姙娠を, 笑ふ, 笑ふうつくし, 笑ツて

▼ ツ~ (15, 0.1%)

6 をつい 2 ついて 1 ついたの, で, と泣き顔, へ礼儀, をおつき, を極めた, を突いた

▼ ツ目橋~ (15, 0.1%)

6 のほう 4 の方角 1 から, があっ, となるであろう, の袂, を向こう

▼ ツ錢形~ (15, 0.1%)

9 の親分 4 の親分さん 1 だか, の

▼ ツかりした~ (14, 0.1%)

1 [14件] ことは, ところの, のが, はツきり, やうに, 口振りから, 口調で, 女です, 学問も, 樣に, 決心を, 疲れ果てた, 自我主義で, 調子を

▼ ツこい~ (14, 0.1%)

2 眼で

1 [12件] と腰, のとは, もんが, 人である, 力で, 家庭を, 手で, 灰白の, 達磨船を, 長靴の, 頬に, 體質が

▼ ツとり~ (14, 0.1%)

2 して, と夜露 1 とした, として人, として螢, となつ, と滲み出た, と閃い, と露, ばやく, 早く演, 浮いた刄渡り六七寸

▼ ツもの~ (14, 0.1%)

1 [14件] いえりし間, をも言わず, んで, コブが, 会で, 低い岡, 各方面, 小さい嶂巒, 小砦, 思いだ, 提灯と, 明りや, 目が, 行李を

▼ ツ年上~ (14, 0.1%)

1 [14件] であったから, であったが, でした, ですが, で獅子ッ鼻, なので, のおなじ, のその, のタエ, のロイゼル, の年恰好, の清, の若い衆, らしき竹村

▼ ツ年下~ (14, 0.1%)

2 だが, の十六 1 だ, であった, ですけれど, で姿色, で角, なの, のことし四十三歳, のスミ, の娘, の美しい

▼ ツそんな~ (13, 0.1%)

2 勝手な

1 [11件] ことで, つまらない話ぢ, ものです, ものに, 事で, 事を, 前科が, 呑氣な, 暢氣な, 毒藥を, 氣取つた臺詞は

▼ ツつけ~ (13, 0.1%)

2 て, てゐた, てゐる 1 たがる女性, てくる, てもらう, てをりました, てストーヴ, て三年, もう

▼ ツばかりの~ (13, 0.1%)

4 男の 1 卵を, 可愛いの, 可愛い男の子, 時に, 猿股を, 生きた女, 男の子が, 稚児に, 絣の

▼ ツ下り~ (13, 0.1%)

2 の雨

1 [11件] ではある, に帰った, に自分, に落し, のフロック, の日, の時分, の紋付袴, の縞縮緬, の陽, も少し

▼ ツ~ (13, 0.1%)

8 きに 1 ですよ, でやつ, にそれ, の元, へ杯

▼ ツ~ (13, 0.1%)

2 入らつし

1 [11件] が新ら, つて, ですと, で寝, にし, にしたらう, にしたろう, の大きな, 砕かれウン, 程の大き, 聞えずに

▼ ツ山下~ (13, 0.1%)

4 の本陣 2 の御殿 1 で電車, に落ち合っ, のちょっと, の木戸, へ来, まで突っ走っ, をこちら

▼ ツ~ (13, 0.1%)

2 勘辨

1 [11件] 内儀樣が, 冗談, 名指しと, 尽力を, 用意あり, 相伴の, 祈祷を, 話を, 近所の, 達しする, 鑑定通り

▼ ツ~ (13, 0.1%)

3 はう 1 つて, はせるほどの, はれさ, はれたこと, はれて, ひが, ひに, ひの, ふやう, ふ唸る喚く慘憺

▼ ツ~ (13, 0.1%)

1 [13件] で滑, な肌, な肌の, な長い, な雲, な露, になつ, になつたの, になる, に塗, に引ツ, に晒された, に雪

▼ ツ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あなん, だと, であると, で空中, と二本, に至っ, のケダモノ, の人間, の捨札, の皮, を喰う, を大地, を縛

▼ ツ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるを以て, から上流, と云, と称する, などの名, に劣る, に引湯工事, に至る, の利用, は上諏訪寄り, は湖水, や下七ツ釜, より此

▼ ツぐらいの~ (12, 0.1%)

2 子供を 1 ことで, その子, ときその, もので, 女の子が, 子供が, 小学一年生を, 時であった, 村の, 珍しいこと

▼ ツたい~ (12, 0.1%)

1 [12件] と思はず, な, な病氣, のを, の瘡うらみ, ほどそれ, やうに, 故か, 月だ, 顏を, 鼻で, 鼾を

▼ ツにも~ (12, 0.1%)

1 [12件] ここでは, なった自分, なつたの, なれば, 三ツにも, 似て, 六ツにも, 別れて, 四ツにも, 持主の, 新しい血, 見えたり

▼ ツ~ (12, 0.1%)

4 ツほ 3 ツと 21 と独り笑ひつ, ーほうほ, 何を

▼ ツまで~ (12, 0.1%)

2 なる児, 夜延を 1 かぞえるから, 勝味の, 女流である, 据ゑ置かれぬ, 江戸中を, 粋を, 花村様が, 見つからんと

▼ ツ並ん~ (12, 0.1%)

4 でいる 2 でい 1 でいた, でおり, で五月, で小さな, で残っ, で浮

▼ ツ~ (12, 0.1%)

2 の赤ん坊 1 から十二三位, だから, なるべし, のお, の女の子, の子供, の時, は呉れる, ゐ行くわ, 注ぎせえ

▼ ツ~ (12, 0.1%)

5 變ツ 31 玄關は, 變ツ親分, 變親分, 變親分は

▼ ツ~ (12, 0.1%)

1 [12件] が付いた, が付きました, が無く, が無くなる, と道樂氣, なく言つて, なしに, になります, のもの, はありません, を付けろ, を出す

▼ ツ~ (12, 0.1%)

1 [12件] だつて, に立替えさし, の伜, の名, の閉口, は五酌上戸, は入れ, は口, は此通り居候, は私, ひグウグウ, を罪

▼ ツ~ (12, 0.1%)

2 になつ, になつて, の開け 1 で出掛けた, な現, にされ, になつて身ぐるみ大地, に浅黄, の馬子

▼ ツ返事~ (12, 0.1%)

2 で加入, で承知 1 で, であった, でしょう, でタバコ, で呑込み, で承諾, で救援, で欲しかっ

▼ ツお前~ (11, 0.1%)

2 はお 1 がいはなき, こそ逃げる, のやう, の坊主頭, の縫った, はお前, は亥太, は平次, 見たいにと

▼ ツ~ (11, 0.1%)

1 [11件] お待ちなさい, どうな, ない純粋, なく立ちあが, なく過ぎ, ませう, んを, ナアなんて, ムヽウ何とか, ヱべ, 無さ

▼ ツつら~ (11, 0.1%)

2 をし 1 が直せない, な情愛, になつて, のこと, の所業, ばかりの觀察, を平手打ち, を思ひ切りな, を見

▼ ツという~ (11, 0.1%)

3 のは 1 ことも, ところまで, のが, のに, 妄執だけは, 年ごろ, 簡素さだ, 警報に

▼ ツといふ~ (11, 0.1%)

2 大鼾 1 ことも, 只ならぬ, 叫びとともに, 呼吸で, 声人なだれを, 声笑ふ, 年の, 様な, 溜息

▼ ツほど~ (11, 0.1%)

2 小説を 1 ありと, あるが, ある長, ブラさげ, リンゴを, 一時に, 吊されて, 年長やっぱり, 衣類を

▼ ツ~ (11, 0.1%)

2 と路地 1 と付い, と侍, と寄る, と潜る, と真一文字, と裸馬, と豊か, と進んだ, と闇

▼ ツ~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, が來, が見, にあくたい吐きおる, の体, の命, の目, の聞, の金, を嘗めた, を馬鹿

▼ ツ~ (11, 0.1%)

2 だ, だぜ 1 だが, ですわ, でぶん, で何, で少し, という一部, なり

▼ ツ~ (11, 0.1%)

1 [11件] が氣, には勿體, の手, の門口, はよく, は上, は稼業, や御用聞, を手古摺らせ, を狩出し, を買收

▼ ツ張られ~ (11, 0.1%)

1 [11件] てみれ, てゐた, てセル, て君, て往, て行, て行け, て雪, ながらもなほ暫らく, グルグル引き廻され, 定吉に

▼ ツ~ (11, 0.1%)

2 にし, にした 1 から小判, で粗末, のハンカチ, の半紙十数枚, の柳行李, の編笠, の誠に

▼ ツ時分~ (11, 0.1%)

2 になる 1 からへえ, から腰掛, だから, でしょう遙, とお茶お菓子, には沖, に堂, 起きて, 迄呼ビニ来ルカト待ッテ居タガ

▼ ツ~ (11, 0.1%)

2 の文楽座 1 で金五十兩拾つたやつ, のプラネタリウム, の天文館, の電気科学館, まで歩き, まで西横堀川, を四つ, を渡つて, を渡り

▼ ツ~ (11, 0.1%)

3 の朱塗 1 とか言い, にし, に分ける, に分れ, に編ん, の者, の背広服, の菓子器

▼ ツ這い~ (11, 0.1%)

5 になっ 4 になった 1 には呆れた, に獅

▼ ツあっ~ (10, 0.1%)

1 たって足りやしません, てその, てそれ, てそれに, てもたらない, ても上げたい, ても悪く, ても足りねえ, て一ツ, て行かれる

▼ ツこく~ (10, 0.1%)

1 て效果, なつた人間, られちや, る, るぞや, 効果が, 太つて色は, 子供を, 禿げ口前, 肥えて

▼ ツたかい~ (10, 0.1%)

1 のが, 床が, 感じを, 抱擁に, 樣な, 氣は, 熱では, 胸から, 臭ひ, 蒲團から

▼ ツたらう~ (10, 0.1%)

1 か, し不, し冷酷, し奉ずる, し空想的, それからまた尚, と思はれる, ねえ, また慾, 忠志君

▼ ツない~ (10, 0.1%)

1 ことの, じゃない, ものに, ように, 墨の, 大悲劇, 家な, 暗がりでも, 槍ブスマの, 靜けさである

▼ ツツツ~ (10, 0.1%)

2 と路地 1 と侍, と前, と寄る, と潜る, と裸馬, と豊か, と進んだ, と闇

▼ ツ付い~ (10, 0.1%)

3 てゐる 2 て歩いた, て薄暗く 1 てゐた, て渠, て見

▼ ツ~ (10, 0.1%)

1 である, でした, でしたから, なるが, に並べ, に立っ, の十一時発, ヘ進メツ, 壺を, 高柳使来ル

▼ ツ取り~ (10, 0.1%)

1 ばやくしなけれ, よせて, 早い, 早いさ, 早い理髪師, 早くする, 早く捕獲, 早く着こなした, 早く義雄, 早く要領

▼ ツ~ (10, 0.1%)

1 で, であ, であつ, で其の, と申し, なので女ども, な中, な土間, な夜着, な死

▼ ツ~ (10, 0.1%)

3 か來 2 がこんな 1 か, か誰, がそんな, に斷つて, も宗旨

▼ ツ越し~ (10, 0.1%)

1 する者, てさ, て川端, て蕎麥畑, て行く, なの, の時前, は嫌ひなの, は巧, をしよう

▼ ツぐらい~ (9, 0.1%)

1 だろう, できるはず, な存在, はぎとって, もう獲れ, 上であろう, 年上であった, 読んで, 貴様に

▼ ツすり~ (9, 0.1%)

1 して, と一, と光ツ, と射す, と日光, と此, と消, と金色, ぼかされて

▼ ツたく~ (9, 0.1%)

1 それだ, つて來た, て, なつた, なつたり, なつて, ツて, 舌を, 謂ツたら

▼ ツてえ~ (9, 0.1%)

2 のはね 1 から少, から私, のさ, のは, のを, ば, ほどひ

▼ ツもう~ (9, 0.1%)

1 かうなれば, 一人あの, 一遍ワンだ, 大丈夫, 決心した, 覗くの, 言ふ, 食べたつて, 駄目な

▼ ツ七ツ~ (9, 0.1%)

21 が家, ころがす有様, というの, のころ, の頃, は十四, 尚だ

▼ ツ~ (9, 0.1%)

1 から七つ, から始め, から持ちまわりゃ, だから, だったろう, ですから, とうけたまわった, に木津, の時計

▼ ツ~ (9, 0.1%)

2 を向い 1 なら十二三円, によせ, に逸らした, の奥様姫様方, はこの, を向けた, を睨め

▼ ツ立ツ~ (9, 0.1%)

2 てゐる 1 た, たの, たりまたは, た老爺, ていた, ても氣, てゐた

▼ ツ~ (9, 0.1%)

1 といいたる, という処, といえる, といっ, といつ, といひたる, といふ処, とおしえたる, とをし

▼ ツかい~ (8, 0.1%)

2 お腹 1 たり君, に似た, は偶, もこの, をせぬ, 棒である

▼ ツさがり~ (8, 0.1%)

1 にその, に私ども御堂, の浦島, の陽, の飯炊, をその, 暑いさかり, 遂に沢山さがる

▼ ツそいつ~ (8, 0.1%)

1 は一ト月, は不思議, は卑怯, は大, は有難, は言, は飛んだ, を呑む

▼ ツちやア~ (8, 0.1%)

1 いかねえ, いけませぬよ, ならないから, ならないの, なんねえの, やり切れないよ, 仕やう, 悪ひと

▼ ツぺた~ (8, 0.1%)

1 の紅い, へ押しつけました, へ接吻, を一つぎゆツ, を力一杯, を厭, を抓つ, を撫で

▼ ツ~ (8, 0.1%)

1 か, だし, であった, なるべし, の冬吉, の十八, の姉, の婆ア

▼ ツ~ (8, 0.1%)

5 した 2 したの 1 したま

▼ ツ~ (8, 0.1%)

1 がこれから, が一番乘出, が見る, の紙入れ, は俺, は哲学科, も男, をだます

▼ ツ~ (8, 0.1%)

3 のやう 1 であつ, ねえあなた, の雀たち, の駄洒落云, より高い

▼ ツ~ (8, 0.1%)

2 の三角標石 1 から南, の南, の右, の方, へ登る, へ近く

▼ ツ~ (8, 0.1%)

1 から軽薄, だか, ではある, とも云, に紛れ, に颯と, も見えまする, を見つけた

▼ ツ残っ~ (8, 0.1%)

4 ている 3 ていた 1 ておらぬ

▼ ツ~ (8, 0.1%)

1 で名, とよばれ, と天ツ神, に仕立て, の交渉, の本家, を祭った, 亡びた豪族

▼ ツ背中~ (8, 0.1%)

2 を叩い, を叩いた 1 をくらわす, をたたきました, を拭かう, を拭こう

▼ ツあつし~ (7, 0.1%)

1 がゐない, のいふ, は何方, は死ん, も呆れました, よりは若く, をのぞい

▼ ツいけ~ (7, 0.1%)

3 ねえ 1 ねえお, ねえ年寄り, ねえ注射針, ねえ親分

▼ ツかりし~ (7, 0.1%)

1 がみ付いた, てまるで, てゐる, てイ, て呉れん, て御, て筋肉

▼ ツくら~ (7, 0.1%)

1 すけられると, で訊ねた, と云, な家, をし, 聳やかし, 肥えた體躯

▼ ツこいし~ (7, 0.1%)

42 よと浮かし 1 よど

▼ ツごろ~ (7, 0.1%)

1 からこんど, から始め, でもあッ, でもう, になる, のおさない, むこうへ

▼ ツたかみ~ (7, 0.1%)

1 である, に接する, のあり, を吸ひたい動物, を感ずる, を敷島, を望ましく

▼ ツちやツ~ (7, 0.1%)

2 た, たん 1 たけさら闇, たツ, た野郎コンコ奴

▼ ツちり~ (7, 0.1%)

1 した返事, した骨組, して, として骨格, と明け, と赤い, をこんな

▼ ツてから~ (7, 0.1%)

2 僕は 1 もう三年, もう五週間, 其老人は, 手紙を, 既に足掛三年

▼ ツです~ (7, 0.1%)

21 か, が大雄寺, が重要, し子供, もう九ツ

▼ ツでは~ (7, 0.1%)

1 ありますが, あろうと, ないかと, ない七八ツ, 今度は, 天皇たり, 私が

▼ ツ~ (7, 0.1%)

1 から刎, だから, といえ, の三十三, の二十一歳, の小次郎, の通り

▼ ツ~ (7, 0.1%)

2 につかわした 1 がミノ, で大国主, という天孫降臨, へ降り, を平定

▼ ツ~ (7, 0.1%)

2 い平原 1 い室, い樣, い臺所, い野原, くて

▼ ツ手前~ (7, 0.1%)

1 あの浪人者, が知らなくたつ, にある, の駅, は五位, は何, は此處

▼ ツ白い~ (7, 0.1%)

2 雲の 1 嘆かひの, 嘆きを, 學生などが, 息子さお, 方で

▼ ツ目結~ (7, 0.1%)

2 の紋幕 1 とやらである, の幕の内, の旗, の紋, は佐々木党

▼ ツ~ (7, 0.1%)

1 おとつ, がだ, がより, が親爺, さう, もそん時やつ, 知りも

▼ ツ~ (7, 0.1%)

2 にし 1 にされ, にしてやりたい, にする, の九段坂, れた自暴女

▼ ツ~ (7, 0.1%)

1 はない, ひますよ, ふとも, ふな, も云はず, やがつたな, 争って

▼ ツ込め~ (7, 0.1%)

1 たり出し, て, ても其の, てゐた, て固く, て奧, て痛い

▼ ツ返し~ (7, 0.1%)

2 て行 1 その手綱, て來, て左, て弁天堂の前, て戸

▼ ツ~ (7, 0.1%)

2 を下げれ 1 が一箇十銭, でも唐, はいかが, へ風, を突い

▼ ツ~ (6, 0.0%)

41 たつたツ, つても

▼ ツあった~ (6, 0.0%)

1 かね, が女, という, とか承る, ところで, 限で

▼ ツあり~ (6, 0.0%)

1 たりとて大, て雑草, はしない, 日により, 記名を, 頭散髪身長五尺三寸位中肉

▼ ツかける~ (6, 0.0%)

2 やうに 1 が早い, と猫背, んだ, 北條の

▼ ツこいつ~ (6, 0.0%)

1 はいけ, はたまらねえ, は全く, は大, へ注い, を聽

▼ ツこなし~ (6, 0.0%)

21 さ早く, です, と, としまし

▼ ツこん~ (6, 0.0%)

1 だりし, でしまふ, でゐた, で離れ, で顎, で齒

▼ ツさすが~ (6, 0.0%)

2 に錢形, は親分 1 は錢形, は錢形親分

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 おりないで, この方, ずツ, その通り, そんなこと, となり

▼ ツたつ~ (6, 0.0%)

1 てよ, てナ, て事, て何, て構, て汝ツ等

▼ ツちで~ (6, 0.0%)

2 もいい 1 そのに, は分つてる, は親子, 病死でも

▼ ツてな~ (6, 0.0%)

2 何です, 甚 1 ア, 今日は

▼ ツとの~ (6, 0.0%)

2 ことで 1 やうに, 事で, 尻おし, 間に

▼ ツなら~ (6, 0.0%)

2 んでお, んで輝い 1 ば大風, んでいる古ぼけた

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 くれてるの, た, ツ, ツと, ツば, ツばかあ

▼ ツぱい~ (6, 0.0%)

1 が味噌漬, に受け, に擴, に自分, に蔓, 怒濤

▼ ツ下がり~ (6, 0.0%)

2 でした 1 ころで, の紫紺, までには品川, 途中駕籠を

▼ ツ冗談~ (6, 0.0%)

4 でせう 1 で, も休み

▼ ツ寄る~ (6, 0.0%)

6

▼ ツ~ (6, 0.0%)

2 の沖 1 の, の前, の浜屋敷, の陸橋

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 が限界, の左, の悪場, へのぼつ, 向ふ, 或は黒岳

▼ ツ張る~ (6, 0.0%)

1 つもりで, と同時に, と網, ものが, わけな, 女が

▼ ツ御用~ (6, 0.0%)

3 だぞ 2 だツ 1 呼ばはり

▼ ツ拂つて~ (6, 0.0%)

1 ゐた, ゐても, ゐる, ゐる北劍, 踊り出す, 逃げて

▼ ツ持っ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ている, ても心持, て出, て日野, て来た

▼ ツ放す~ (6, 0.0%)

2 やうな 1 さ, やうに, 内心で, 樣な

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 に手, のところ, は細く, をギユツ, を圧, ヲ挿シ

▼ ツ目入道~ (6, 0.0%)

1 が屍, だこれ, というの, どろどろどろ, の神尾主膳, もぬい

▼ ツ自分~ (6, 0.0%)

1 が嘗められない, で打つ, で頷いた, の身, の頭, は張り倒され

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 ちやゐられねえや, ちや居られません, てやる, てゐろ, て居た, て廻った

▼ ツ買っ~ (6, 0.0%)

3 て来る 1 たってお前, て行く, て行った

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 に結っ, のすき焼, の紅, の頭, は今, またつぶし

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 があり, がある, ぐらいの家, しかない, に合, ばかりのお家

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 だ, だし, の大紋, の幕, の紋, はあの

▼ ツ~ (6, 0.0%)

1 から手, が蠢, にも苫舟, の頭, をうごめかし, をやられた

▼ ツあれ~ (5, 0.0%)

1 でも女の子, は何處, は出帆, ばその, ば襖

▼ ツかの~ (5, 0.0%)

2 部屋を 1 僅少な, 助手を, 組に

▼ ツけて~ (5, 0.0%)

1 あげるから, やるん, ゐる, 締めつけそれ, 見たり

▼ ツこけた~ (5, 0.0%)

1 ところがか, 無生氣, 犬が, 白髮の, 藝術に

▼ ツこんな~ (5, 0.0%)

1 のが, 事を, 問題で, 手紙を, 綺麗な

▼ ツしやろ~ (5, 0.0%)

1 あの箪笥, お子さんも, て小池はんとこ, 何處に, 其處へ

▼ ツしよ~ (5, 0.0%)

1 になつて, に一廻り, に握飯, に炊出し, に逃出

▼ ツすぐ~ (5, 0.0%)

1 にこられる, にまた, に云, に帰つた, に長崎

▼ ツたまらねえ~ (5, 0.0%)

31 なア, な親分

▼ ツたりと~ (5, 0.0%)

2 糊付か 1 掛かつて, 煙草の, 紙卷煙草を

▼ ツ~ (5, 0.0%)

2 やない 1 や, ややる, や今度

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 おうの獨, かハ, ツた, ツつ, 張ツつも

▼ ツつき~ (5, 0.0%)

1 あつて, の三疊, やあせ, やがら, 廻る奴

▼ ツてば~ (5, 0.0%)

1 さう, アレそんな, サ, 無理に, 突き当らなければ

▼ ツである~ (5, 0.0%)

1 かも知れない, か更に, が家, したしかに, という外

▼ ツとしては~ (5, 0.0%)

2 居られない 1 ゐられなく悲しく, 居ない, 居られなくなつ

▼ ツとは~ (5, 0.0%)

1 するが, なりつ濃き, 大変に, 癪も, 限らないさ

▼ ツ~ (5, 0.0%)

2 ツと, ツは 1 ツ嫌に

▼ ツぽき~ (5, 0.0%)

2 思想陳腐なる 1 その頤, ものに, 者多き

▼ ツまた~ (5, 0.0%)

1 こそこの, もぐつた, 出直しか, 有, 皆な

▼ ツまでに~ (5, 0.0%)

1 かえって, わからんと, 出頭しろ, 数寄屋橋の, 本陣へ

▼ ツまでの~ (5, 0.0%)

1 あいだ, あいだ寮に, 外出を, 時刻には, 間は

▼ ツ以上~ (5, 0.0%)

2 は恰好 1 の三流れ, も見る, 置くの

▼ ツ~ (5, 0.0%)

2 ています 1 て来ました, て行き, て路

▼ ツ~ (5, 0.0%)

2 ねえ 1 い, いツ, ねエ氣

▼ ツ小袖~ (5, 0.0%)

1 に藍鼠金, に藤色紋縮緬, に黒, に黒七子, の上

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 から三窓, と称する, の岩峰, の裾, の麓

▼ ツ張つて~ (5, 0.0%)

1 ゐるので, ゐる前, 行かれた, 見たが, 見たろか

▼ ツ~ (5, 0.0%)

2 の紋所 1 の紋, の紋幕, は誰

▼ ツ扇屋~ (5, 0.0%)

2 の亭主 1 とやらの主人, の花魁誰袖, へ参り

▼ ツ手駕籠~ (5, 0.0%)

1 が下り, で刺青だらけ, に復古, に桐油, の中

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 で鼻, の女中, の鍬, をかくさう, を長い

▼ ツ残らず~ (5, 0.0%)

1 いろいろの, すべてが, 名刺型の, 坂田の, 敏感な

▼ ツ母ア~ (5, 0.0%)

1 とあつし, と一緒, は去年, を探し, を探してた

▼ ツ~ (5, 0.0%)

2 がつき出した 1 が点いた, は関明神, へ向っ

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 になっ, のフチ, の狐だい, の蚯蚓, の貉

▼ ツ置い~ (5, 0.0%)

2 て二条 1 てあった, てありました, て碁

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 でしゃくっ, で意気込ん, にあまる, を叩いた, を突かれ

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 が残っ, でと自身, にする, の口, を斯

▼ ツ込んだ~ (5, 0.0%)

1 が其処, のを, ま, 時の, 樣な

▼ ツ逃げる~ (5, 0.0%)

3 かツ 1 か野郎, 氣か

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 であつ, に音, ギ土佐の, ギ退, ニ退

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 でもいい, な色, になつ, になつて, に見え

▼ ツ~ (5, 0.0%)

1 があっ, じめ, となっ, に変じた, を出す

▼ ツ飛んだ~ (5, 0.0%)

1 かひつそり, 天文で, 恩知らずだ, 眼の, 色つ

▼ ツ驚いた~ (5, 0.0%)

3 の驚かねえ 1 なア, ドブ板が

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 ても知らない, はふ, 其處で, 岡っ

▼ ツかしい~ (4, 0.0%)

1 くらい, 仰山な, 問題を, 山家の

▼ ツくらい~ (4, 0.0%)

1 とって, な女の子, な子, 三つくらい

▼ ツくるり~ (4, 0.0%)

2 と廻る 1 と廻っ, と立身

▼ ツこと~ (4, 0.0%)

1 したの, です, を忘れない, 困るならおれ

▼ ツこツ~ (4, 0.0%)

2 といひ 1 と叩い, と鳴き

▼ ツさり~ (4, 0.0%)

1 と取り, と白い, ぶち撒けれ, 流寄ツて

▼ ツしやん~ (4, 0.0%)

1 すみれの, は陸, を貸し, 料理場から

▼ ツしり~ (4, 0.0%)

1 したの, したもの, と曇つて, と腰

▼ ツじゃ~ (4, 0.0%)

2 ないか 1 いけねえかな, ないし

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 ぐにつながらうといふものだ, ツと, 先生様ア, 先生樣ア

▼ ツたなら~ (4, 0.0%)

1 ば彼, ば自ら立派, ば進, ば風早

▼ ツたれ~ (4, 0.0%)

1 が何, に厄介, めが, 貝塚なんか

▼ ツちの~ (4, 0.0%)

2 寂しさ 1 から紙, よこしたの

▼ ツちやつて~ (4, 0.0%)

1 は置くまい, 置いて, 置くさ, 置け置け

▼ ツつあん~ (4, 0.0%)

1 はおす, はこんなに, はやだ, 構アね

▼ ツつかれ~ (4, 0.0%)

1 てふい, てゐる, て働い, 合つてゐる

▼ ツつく~ (4, 0.0%)

1 のも, やうに, 針が, 鴉どん

▼ ツつける~ (4, 0.0%)

1 けれども滅多, ことは, やうに, 力一杯の

▼ ツてた~ (4, 0.0%)

1 の, のでしよう, ものがね, 時も

▼ ツてね~ (4, 0.0%)

1 別に躰, 私どもは, 閉口し, 顏を

▼ ツてや~ (4, 0.0%)

1 がるん, がるんだい, がるんで, 聞かうとも

▼ ツてネ~ (4, 0.0%)

1 ほんとに先生, 井上様の, 去年の, 貴嬢

▼ ツとでも~ (4, 0.0%)

1 ほかの, 歸つ, 皮肉に, 絶えると

▼ ツどうして~ (4, 0.0%)

3 それを 1 そんな事

▼ ツながら~ (4, 0.0%)

1 ヒサに, 全うし, 割れて, 橋を

▼ ツぱう~ (4, 0.0%)

2 を向い 1 を向いてる, を見

▼ ツぱり~ (4, 0.0%)

1 ないので, 出した, 廻して, 御一所

▼ ツぶらさげ~ (4, 0.0%)

1 ちょうど猿廻し, てきました, て上京, て土俵

▼ ツほどの~ (4, 0.0%)

1 仕事が, 年下で, 息女を, 都市へ

▼ ツ一しょ~ (4, 0.0%)

2 に包む 1 にし, に目まぐるしく

▼ ツ付く~ (4, 0.0%)

1 なりする, なり何と, ほど汗, よ

▼ ツ何ん~ (4, 0.0%)

1 だつて神經, てこと, といふ事, と云

▼ ツ半過~ (4, 0.0%)

1 から外へ, にここ, 今の, 外へ

▼ ツ半頃~ (4, 0.0%)

1 だそう, でしょう, という, に出ました

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 に分れ, のヤリ, の交叉路, へきた

▼ ツ~ (4, 0.0%)

2 つちや 1 にもマスク, の分

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 でも目, に, に入, を横ぎツ

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 さらばだ, だからでも, の婿, やお

▼ ツ小さな~ (4, 0.0%)

1 壜を, 潜り戸が, 猫, 顔が

▼ ツ小僧~ (4, 0.0%)

1 とか肩, なんか出し, に氣, を揃

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 があった, とある, を三ツ山, を賞し

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 に上っ, の方, へ出ます, より高い

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 にこんがらか, の大, の紋, の紋着

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 がわかけれ, をとっ, を取, を取っ

▼ ツ待ち~ (4, 0.0%)

2 やがれツ 1 なよ, ねえ

▼ ツ打つ~ (4, 0.0%)

1 ころつた家ッて, ところり, のかね, やうに

▼ ツ時頃~ (4, 0.0%)

1 までに轡, よりも出かけ, より此, 迄国中

▼ ツ痛い~ (4, 0.0%)

1 うぬ, よ, ツ痛い, 先生には

▼ ツ目垣~ (4, 0.0%)

1 だの, の外, の薔薇, を向う

▼ ツ目鰻~ (4, 0.0%)

1 なと, のよう, の干した, の目

▼ ツ直に~ (4, 0.0%)

1 ずツ, 佐太郎の, 壱岐殿坂, 進むだら楢

▼ ツ~ (4, 0.0%)

3 濟みません 1 變らず

▼ ツ立つた~ (4, 0.0%)

1 が先刻, ので, ままからだを, ままわざと

▼ ツ~ (4, 0.0%)

2 えツ糞 1 でも食ら, に書いた

▼ ツ~ (4, 0.0%)

2 を歸 1 をぶら, を眞

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 で聞いた, をたてる, を立て, を立てる

▼ ツ蚊帳~ (4, 0.0%)

2 には寝ない 1 に, に寝る

▼ ツ覚え~ (4, 0.0%)

1 てしまった, である, という役に立つ, に覚えこんだ

▼ ツ調子~ (4, 0.0%)

1 が妖しく, ではある, に喋舌, の態度

▼ ツ込む~ (4, 0.0%)

1 から疾く, で來, 時する, 時に

▼ ツ近い~ (4, 0.0%)

1 ころでした, というよう, 刻限でした, 夜ふけに

▼ ツ邪魔~ (4, 0.0%)

2 だツ 1 しや, をし

▼ ツ附き~ (4, 0.0%)

1 合つ, 合つた, 合ひます, 物の

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 であつ, で締切ります, になる, に木戸

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 が吹い, が吹き荒ん, に恟, の吹きまくる

▼ ツ~ (4, 0.0%)

1 である, で小柄, を血, を見せ

▼ ツおまけ~ (3, 0.0%)

1 にひっぱたかれた, に字, をもらった

▼ ツお前さん~ (3, 0.0%)

21 は矢張り此家

▼ ツお話~ (3, 0.0%)

2 して 1 しなければ

▼ ツかかる~ (3, 0.0%)

2 やうな 1 やうに

▼ ツかし~ (3, 0.0%)

1 さうに少し, 聞えて, 見てるべ

▼ ツかしく~ (3, 0.0%)

1 して, て聞く, なって

▼ ツかと~ (3, 0.0%)

1 おたずねなされ, 思はれる女人形, 立揚つた大

▼ ツかも~ (3, 0.0%)

1 知れない, 知れん, 解らねえでしやう

▼ ツかる~ (3, 0.0%)

1 な, わい, 互に話ヨ為

▼ ツくたば~ (3, 0.0%)

2 つてしまへ 1 つて了へ

▼ ツくわ~ (3, 0.0%)

2 と照る 1 ツころ

▼ ツぐらいな~ (3, 0.0%)

1 女童が, 小娘に, 楽器を

▼ ツこま~ (3, 0.0%)

1 しいところ, しい人, して

▼ ツこ無し~ (3, 0.0%)

1 さ, です, を望む

▼ ツさかい~ (3, 0.0%)

1 わたへんとこ, 米や, 總代さんとこへ

▼ ツさらし~ (3, 0.0%)

1 の二階, の停車場, の平原

▼ ツしやらない~ (3, 0.0%)

1 でせう, の, ものどうしても

▼ ツせず~ (3, 0.0%)

1 に済んだ, 却て, 車掌の

▼ ツそれぢ~ (3, 0.0%)

1 や下手人, や出かけよう, や行つて參

▼ ツそれほど~ (3, 0.0%)

1 でも, でもありません, でもねえ

▼ ツたけ~ (3, 0.0%)

1 ある, な生理, の遲さ

▼ ツたさう~ (3, 0.0%)

1 な石, に呟い, に苦しんでる

▼ ツだった~ (3, 0.0%)

1 そうです, ね, 其上学校の

▼ ツちから~ (3, 0.0%)

1 も夫婦, も無理心中, も金

▼ ツちと~ (3, 0.0%)

2 鳴いて 1 も僕自身

▼ ツちまつ~ (3, 0.0%)

3 たんだ

▼ ツつおう~ (3, 0.0%)

2 はんだした 1 や君茶

▼ ツつけた~ (3, 0.0%)

1 と云, ね, 幻覺で

▼ ツてい~ (3, 0.0%)

1 ふとお前, らしつたの, らしツ

▼ ツてさ~ (3, 0.0%)

1 う謂つたの, お前其様なにお, 愚痴や

▼ ツてん~ (3, 0.0%)

1 だ, で僅, のさ

▼ ツであった~ (3, 0.0%)

1 がそれ, ことは, だけのこと

▼ ツとかの~ (3, 0.0%)

2 女の 1 女は

▼ ツとばかり~ (3, 0.0%)

1 乗出しぬ, 胸を, 間道を

▼ ツとばかりに~ (3, 0.0%)

1 おどろきながら, 呆れて, 雲の

▼ ツなかっ~ (3, 0.0%)

1 た, たそう, たの

▼ ツならず~ (3, 0.0%)

1 二ツならず, 十ならず, 咄嗟の

▼ ツにて~ (3, 0.0%)

1 善き父様, 建てんというは, 建てんといふは

▼ ツぱくれ~ (3, 0.0%)

2 て古山 1 ても駄目

▼ ツぷり~ (3, 0.0%)

1 が悪い, が惡, 肥えた石川

▼ ツへだてた~ (3, 0.0%)

1 向うに, 次室に, 近さ

▼ ツぺん~ (3, 0.0%)

1 から出た, から足, に淡い

▼ ツほんとに~ (3, 0.0%)

1 して, にくらしい時計, イツびツびツ美妙斎とも

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 さう, はりて, ツほんとに

▼ ツやっ~ (3, 0.0%)

1 てみよう, て庭場, て見た

▼ ツやん~ (3, 0.0%)

2 や早苗さん 1 なんか追いこし

▼ ツよく~ (3, 0.0%)

1 あつしと, ない性格, 無事でゐ

▼ ツより~ (3, 0.0%)

2 八ツまで 1 行末さぞ

▼ ツりやせん~ (3, 0.0%)

21 ともえ

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 入ルベク, 獲タリ, 要ス

▼ ツ並べた~ (3, 0.0%)

1 ような, ピースの, 熟字は

▼ ツ九ツ~ (3, 0.0%)

2 まで夜延 1 ばかり母

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 うよ, ふもの, ふんだ

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 から吉塚, でも知っ, でも知つて

▼ ツ付いた~ (3, 0.0%)

1 が靜子, のだ, やうに

▼ ツ伏せ~ (3, 0.0%)

1 て有る, て泣い, になった

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 いツ, い八五郎, やがれツ

▼ ツ倒れ~ (3, 0.0%)

1 てしまひたく, てゐた, ながら書き

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 の眼, の鼻先, はさつき

▼ ツ其處~ (3, 0.0%)

1 に居た, までわかる, 迄は考へなかつた

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 に考えなおし, の冷, ナ考エガ予

▼ ツ前後~ (3, 0.0%)

1 にきっと, に一匹, に神田

▼ ツ助け~ (3, 0.0%)

1 て, てくれ, て私ぢ

▼ ツ勘辨~ (3, 0.0%)

2 して 1 ならぬ女

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 が惡, に入れる, をきい

▼ ツ咳払い~ (3, 0.0%)

1 がした, をし, をしました

▼ ツ外れ~ (3, 0.0%)

1 だが, だよ, に笑

▼ ツ大きな~ (3, 0.0%)

1 声を, 瓢箪が, 聲ぢや

▼ ツ子一人~ (3, 0.0%)

1 居ずはた, 来ないと, 通らないで

▼ ツ~ (3, 0.0%)

2 が然 1 の漂流民

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 で顫, をし, を喰つて

▼ ツ山口~ (3, 0.0%)

1 からあす, から単独, か高輪

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 だった, のおお, までへえる

▼ ツ~ (3, 0.0%)

2 のくろい 1 だが

▼ ツ年長~ (3, 0.0%)

1 だつたが, である, の少年

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 へ着い, へ行く, へ行った

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 えらいな, が強い, 分らない

▼ ツ御免~ (3, 0.0%)

1 なさい, よ, 下さい親分さん

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 じゃと申し, にかかる, に任せぬ

▼ ツ手網~ (3, 0.0%)

1 のやう, をかけ, をひろげ

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 ひ, ひなんぞは, ひは

▼ ツ折り~ (3, 0.0%)

1 にし, の枕, の裾

▼ ツ拍子~ (3, 0.0%)

1 で声, もない, を取る

▼ ツ~ (3, 0.0%)

2 めて 1 むでゐる毒ガスさへ

▼ ツ持つ~ (3, 0.0%)

1 ことも, て来る, て行け

▼ ツ掛け~ (3, 0.0%)

1 て何, て駆け歩く, 白い帶

▼ ツ旦那~ (3, 0.0%)

1 を一人占め, を突い, 少々お待ち

▼ ツ昨日~ (3, 0.0%)

2 見出したを 1 も沢山

▼ ツ暗に~ (3, 0.0%)

1 なつて, なると, 無うては

▼ ツ最中~ (3, 0.0%)

1 だつた, にあちら, に平野屋

▼ ツ有難~ (3, 0.0%)

1 てえ, てえこと, てえな親分

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 などが要る, の両端, を掉

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 であった, の紋, や瓢箪

▼ ツ歩け~ (3, 0.0%)

3

▼ ツ母様~ (3, 0.0%)

1 と花子様, にはひどく, へはどう

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 があつ, へ入, を取

▼ ツ消え~ (3, 0.0%)

1 て唸り, て峰, て行っ

▼ ツ~ (3, 0.0%)

2 てえ 1 えこん畜生

▼ ツ目あたり~ (3, 0.0%)

2 の停留場 1 に咲き掛けた

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 ぐなからだをそと輪に, ぐにかしこまつたのをじろりと一瞥し, な通り

▼ ツ~ (3, 0.0%)

2 拔く 1 拔いたら

▼ ツ立てる~ (3, 0.0%)

1 ので馬子, 儘鋭き, 樣に

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 のよう, を持った, を鳴らす

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 けに何處迄行つて, けに十日, けに燻し

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 のあたり, をくら, を揺る

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 で狐狗狸さん, を伸す, を注意深く

▼ ツ苦しい~ (3, 0.0%)

1 わね, ツ言ひます, 圧迫が

▼ ツ落ち~ (3, 0.0%)

1 てゐ, て来ます, 転げて

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 になつ, になツ, に苔

▼ ツ行つて~ (3, 0.0%)

1 見よう, 見ようそいつ, 見ようどうやら

▼ ツ見えない~ (3, 0.0%)

1 ので, やうな, ような

▼ ツ言う~ (3, 0.0%)

1 ことが, にも気, のも

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 なこと, なもの, な女

▼ ツ越した~ (3, 0.0%)

1 か分り, だけの隣りである, 部落で

▼ ツ越す~ (3, 0.0%)

1 だけだ, のかと, んだ

▼ ツ込み思案~ (3, 0.0%)

1 でつい, にならない, 過ぎるよ

▼ ツ返す~ (3, 0.0%)

1 と本社, なり自分, のさ

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 に顔, ひに, ひにな

▼ ツ違い~ (3, 0.0%)

1 であるが, の兄さん, の生徒

▼ ツ違げ~ (3, 0.0%)

3 えねえ

▼ ツ附いた~ (3, 0.0%)

1 のであつ, んぢや, 飯を

▼ ツ隔てた~ (3, 0.0%)

1 この台所, それなる, ように

▼ ツ面白い~ (3, 0.0%)

1 のは, 事が, 事実だけを

▼ ツ頼ん~ (3, 0.0%)

1 でも間, でも間に合った, でやらう

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 が二ツ, をし, を赤く

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 でも押し, に一杯ぢ, を突き付けられた

▼ ツ馬鹿~ (3, 0.0%)

1 だな, な, なツ

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 けてゐた, けて來, けて行きます

▼ ツ~ (3, 0.0%)

1 が惡, の太い, を折らせ

▼ ツ默ら~ (3, 0.0%)

3 ないか

▼ ツ黙れ~ (3, 0.0%)

21 幼稚な

▼ ツあげ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, 隱してやる

▼ ツあつ~ (2, 0.0%)

1 たら格別, ちへ

▼ ツあと~ (2, 0.0%)

1 から上った, は戸棚

▼ ツありました~ (2, 0.0%)

1 よ, よ親分

▼ ツいたします~ (2, 0.0%)

1 さいあの, さえあの

▼ ツおう~ (2, 0.0%)

2

▼ ツおり~ (2, 0.0%)

2 てのぼる

▼ ツおれ~ (2, 0.0%)

1 に案内, はこ

▼ ツお辞儀~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ ツかかり~ (2, 0.0%)

1 ができたら, 氣味にな

▼ ツかかれた~ (2, 0.0%)

1 と見え, のである

▼ ツかな~ (2, 0.0%)

1 がつてる, びツくらで

▼ ツかりやり~ (2, 0.0%)

1 給へ, 給へと

▼ ツきら~ (2, 0.0%)

2 棒に

▼ ツくに~ (2, 0.0%)

1 取つて, 追ン

▼ ツくり話~ (2, 0.0%)

1 も出, をし

▼ ツぐらいずつ~ (2, 0.0%)

1 のむ習慣, 五回も

▼ ツけが今~ (2, 0.0%)

2 は怎

▼ ツけが僕~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ツけに~ (2, 0.0%)

1 取られた, 取られた樣

▼ ツけの~ (2, 0.0%)

1 ない三十前後, ない谷間

▼ ツけへ~ (2, 0.0%)

2 した中揚底

▼ ツここ~ (2, 0.0%)

1 にも野衾, に私

▼ ツこし~ (2, 0.0%)

1 てゐ, て鼻下

▼ ツこしい~ (2, 0.0%)

1 ことぢや, 論戰を

▼ ツこりし~ (2, 0.0%)

1 て, て挨拶

▼ ツさげ~ (2, 0.0%)

2 てあっちこっち

▼ ツさら散財~ (2, 0.0%)

2 知らん人

▼ ツさん一寸銀場~ (2, 0.0%)

2 を代

▼ ツさん別れ~ (2, 0.0%)

2 まへ

▼ ツさん善哉~ (2, 0.0%)

2 でも喰

▼ ツさツ~ (2, 0.0%)

1 とし, と何処

▼ ツしやるでせう~ (2, 0.0%)

1 ね, 自分が

▼ ツすぎ~ (2, 0.0%)

1 にかえり, まで少しく

▼ ツすり寢込~ (2, 0.0%)

1 んでしまつた, んでしまつたので

▼ ツずつの~ (2, 0.0%)

1 マッチを, 握り飯を

▼ ツそこ~ (2, 0.0%)

1 は危, は端近

▼ ツそこそこ~ (2, 0.0%)

1 でご, の刻限

▼ ツそれで~ (2, 0.0%)

1 わかつた, わかつたぞ

▼ ツそれ程~ (2, 0.0%)

1 でもねエが, 言ふなら

▼ ツそろし~ (2, 0.0%)

1 いぞ, いやき

▼ ツそんなそんな~ (2, 0.0%)

1 事は, 無法な

▼ ツそんなに~ (2, 0.0%)

1 ぐら, 氣障な

▼ ツたい色白~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ ツたかく~ (2, 0.0%)

1 包まれた中, 鼻を

▼ ツたくつ~ (2, 0.0%)

1 て, て脇

▼ ツたたき~ (2, 0.0%)

1 つぎつぎに, ながら

▼ ツたま~ (2, 0.0%)

1 が出, の据わつたらしい

▼ ツたらかし~ (2, 0.0%)

1 てある, て出

▼ ツたらしい~ (2, 0.0%)

1 ことが, 浪人は

▼ ツたる~ (2, 0.0%)

1 いやう, さを

▼ ツだから~ (2, 0.0%)

1 お前に, 言は

▼ ツだけは~ (2, 0.0%)

1 誰にも, 退治れば

▼ ツだって~ (2, 0.0%)

1 ある訳, 知って

▼ ツだろう~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思った

▼ ツちのこと~ (2, 0.0%)

1 にいちいち, 何とで

▼ ツちまつた~ (2, 0.0%)

1 とさ何, のねえ

▼ ツちやん~ (2, 0.0%)

1 が云つて, は屹度永生き

▼ ツちよ~ (2, 0.0%)

1 な手, に土間

▼ ツちよツ~ (2, 0.0%)

1 で, と旅人

▼ ツついて~ (2, 0.0%)

1 て一向, らあ

▼ ツつかれた~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ものだ

▼ ツつかん~ (2, 0.0%)

1 でしまふ, で引きずり

▼ ツつづけ~ (2, 0.0%)

1 さまに, て云う

▼ ツつん~ (2, 0.0%)

1 では母, では父

▼ ツづゝ~ (2, 0.0%)

1 打つて, 集めて

▼ ツていう~ (2, 0.0%)

1 のだ, 名を

▼ ツてからといふ~ (2, 0.0%)

2 もの怎した

▼ ツてと~ (2, 0.0%)

2 云ふなら

▼ ツてり~ (2, 0.0%)

1 と油, 塗りこく

▼ ツであり~ (2, 0.0%)

1 あるいは確か, 壇ノ浦の

▼ ツでしか~ (2, 0.0%)

1 ない万寿, ない観世丸

▼ ツとか~ (2, 0.0%)

1 うして, 何んとか

▼ ツところ~ (2, 0.0%)

1 か, にならん

▼ ツとで~ (2, 0.0%)

1 せうと, 茶屋が

▼ ツとと~ (2, 0.0%)

1 言つて触れ廻つた, 驅け

▼ ツとれる~ (2, 0.0%)

2 三ツ身は

▼ ツどう~ (2, 0.0%)

1 して, するか

▼ ツどん~ (2, 0.0%)

1 も惣七どん, ナ旦那

▼ ツなどと~ (2, 0.0%)

2 絶叫し

▼ ツなる~ (2, 0.0%)

1 と, ままだ

▼ ツにでも~ (2, 0.0%)

1 有り付, 眼を

▼ ツばかりに~ (2, 0.0%)

1 なる男の子, なろう

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 なしである, にチカ

▼ ツぱくれない~ (2, 0.0%)

1 様に, 樣に

▼ ツぱなしで~ (2, 0.0%)

1 打つちやらかして, 終るの

▼ ツぱら~ (2, 0.0%)

1 から此様愚痴, 巫山戯た眞

▼ ツぴて~ (2, 0.0%)

1 泣き別れたと, 点けて

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 ツ申し, ツ言う

▼ ツぷち~ (2, 0.0%)

1 に干し, を相生町

▼ ツぺい~ (2, 0.0%)

1 が被布, だ

▼ ツぺい返し~ (2, 0.0%)

1 をする, を喰

▼ ツぺらな雑誌~ (2, 0.0%)

1 を切り, 見たいなもの

▼ ツぼんやり~ (2, 0.0%)

2 うつって

▼ ツぽう~ (2, 0.0%)

1 を向い, を向いた

▼ ツぽか~ (2, 0.0%)

1 されたやう, しても

▼ ツまとめ~ (2, 0.0%)

1 て一包み, て背

▼ ツまるで~ (2, 0.0%)

1 心學の, 掛合噺見たいな

▼ ツまア~ (2, 0.0%)

1 さう, そんなこと

▼ ツむい~ (2, 0.0%)

1 てちょうだい, て頬ばった

▼ ツやられた~ (2, 0.0%)

1 のだ, ツ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 あ柄杓そつ, 知りも

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 もんかつ, 理由ぢや

▼ ツをば~ (2, 0.0%)

1 安心の, 社会から

▼ ツツツ懐~ (2, 0.0%)

2 へ入る

▼ ツツ懐~ (2, 0.0%)

2 へ入る

▼ ツツ月夜~ (2, 0.0%)

1 だ, に花盛り

▼ ツ一ツ伸縮~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ツ一ツ嘴~ (2, 0.0%)

2 を向け

▼ ツ一ツ眼~ (2, 0.0%)

1 があっ, があつ

▼ ツ一ツ蛭~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ ツ一面~ (2, 0.0%)

2 に血

▼ ツ三ツお辞儀~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ ツ三ツ今~ (2, 0.0%)

1 でも知っ, でも知つて

▼ ツ三ツ冗話~ (2, 0.0%)

1 しして, し仕て

▼ ツ三ツ四ツ~ (2, 0.0%)

2 と並ん

▼ ツ三ツ年上~ (2, 0.0%)

1 で獅子ッ鼻, のおなじ

▼ ツ三ツ年長~ (2, 0.0%)

1 だつたが, の少年

▼ ツ三ツ昨日~ (2, 0.0%)

2 見出したを

▼ ツ三ツ間~ (2, 0.0%)

1 があり, がある

▼ ツ三ツ頭~ (2, 0.0%)

1 が来, を撲いた

▼ ツ三輪~ (2, 0.0%)

1 の親分, の金座

▼ ツ上っ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃいまし, てこっち

▼ ツ下げ~ (2, 0.0%)

2 て煙草管

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 屆な, 景氣です

▼ ツ不思議~ (2, 0.0%)

1 といふの, ナ

▼ ツ並べ~ (2, 0.0%)

2 て一斗飯

▼ ツ並んだ~ (2, 0.0%)

1 土蔵の, 間に

▼ ツ二ツ灯~ (2, 0.0%)

2 がつき出した

▼ ツ人間~ (2, 0.0%)

1 といふろ, の端くれ

▼ ツ今日~ (2, 0.0%)

1 は間違ひも, は風當

▼ ツ付き~ (2, 0.0%)

1 が貸し蒲團, やア

▼ ツ付け~ (2, 0.0%)

1 てお, て模様

▼ ツ代り~ (2, 0.0%)

1 にチャンポン, に何

▼ ツ代用~ (2, 0.0%)

2 のクセ

▼ ツ伸縮~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ツ何だ~ (2, 0.0%)

1 つてお, つて冒頭つからさう

▼ ツ何處~ (2, 0.0%)

1 の何奴, へ失せやがる

▼ ツ倒れた~ (2, 0.0%)

1 事が, 音とも

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 の位置, 氣出すんだ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 だった, らしく中肉中背

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 つて居る, 違えたの

▼ ツ入れ~ (2, 0.0%)

1 てやりました, て行った

▼ ツ入れる~ (2, 0.0%)

2 より他

▼ ツ入乱れ~ (2, 0.0%)

1 てけた, て駆出す

▼ ツ六ツ年上~ (2, 0.0%)

1 の清, の若い衆

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 だけに就い, ノ女

▼ ツ其様~ (2, 0.0%)

1 なこと, な人

▼ ツ冗話~ (2, 0.0%)

1 しして, し仕て

▼ ツ冗談ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やねエ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 に長持ち, 立ったらそれ

▼ ツ出し~ (2, 0.0%)

1 て, ておくれ

▼ ツ切り會~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ ツ切れ~ (2, 0.0%)

1 でこし, の餅

▼ ツ別々~ (2, 0.0%)

1 に揃つて, に食っ

▼ ツ到頭~ (2, 0.0%)

1 やりやが, 陷ち

▼ ツ動き~ (2, 0.0%)

2 もせず

▼ ツ勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, にしろ

▼ ツ十ウ~ (2, 0.0%)

1 くらいの時, に及ぶ

▼ ツ半ごろ~ (2, 0.0%)

1 のこってさ, まではたしかに

▼ ツ半ごろ眼~ (2, 0.0%)

1 にたつ, に立つ

▼ ツ半時~ (2, 0.0%)

1 と申す, までちょうど

▼ ツ危ない~ (2, 0.0%)

1 よ師匠, ツ降り

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 どころです, 早く一緒

▼ ツ取っ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て置い

▼ ツ古い~ (2, 0.0%)

2 談を

▼ ツ叩く~ (2, 0.0%)

1 のは, を前

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 にはいろ, は醒め

▼ ツ~ (2, 0.0%)

2 を向け

▼ ツ四ツ崖~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ ツ四ツ年紀~ (2, 0.0%)

1 の長けた, もたけ

▼ ツ四ツ頭~ (2, 0.0%)

2 を下げれ

▼ ツ在る~ (2, 0.0%)

1 のが, のを

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 に溢れ, の上

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 が働い, をはじき

▼ ツ売っ~ (2, 0.0%)

2 てみた

▼ ツ売り~ (2, 0.0%)

1 にきた, 二つ売り

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 では裸体, には三十人

▼ ツ大いに~ (2, 0.0%)

1 力に, 取調べる必要

▼ ツ大きく~ (2, 0.0%)

1 うなずきながら, 櫓幅を

▼ ツ天下~ (2, 0.0%)

1 は泰平, は靜謐

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 え奴, てえ

▼ ツ女言~ (2, 0.0%)

1 はぬか, ひわけ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 だつたので, になつて

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 な婆ア, になる

▼ ツ子がら御馳走~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ ツ子ぢ~ (2, 0.0%)

1 やわい, やア

▼ ツ子ア今夜~ (2, 0.0%)

2 何とも言はな

▼ ツ子ア遙~ (2, 0.0%)

2 と美

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 並んだ十二, 新しいお話

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 があります, で睨み合い

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 でも致したごとく思い詰めました, の床

▼ ツ小言~ (2, 0.0%)

1 が多, をいった

▼ ツ山ホテル~ (2, 0.0%)

1 ってところ, と云う歪んだ

▼ ツ山坂~ (2, 0.0%)

1 の坂道, を向こう

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 つ引, つ引奴

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 とかいふ力士, の取組

▼ ツ~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ ツ師置き引き九官~ (2, 0.0%)

2 引き攫浚付

▼ ツ平に~ (2, 0.0%)

1 俺の, 意見され

▼ ツ年紀~ (2, 0.0%)

1 の長けた, もたけ

▼ ツ張られた~ (2, 0.0%)

1 が今や, 網の

▼ ツ張り福造~ (2, 0.0%)

1 から來たんか, から来た

▼ ツ張り自分~ (2, 0.0%)

1 の仕事, は自分

▼ ツ張れ~ (2, 0.0%)

1 てゆるい, ば拔

▼ ツ張れた~ (2, 0.0%)

1 のに氣, やうに

▼ ツ張乞食~ (2, 0.0%)

2 だん

▼ ツ当っ~ (2, 0.0%)

1 てみた, て見る

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 の場合, の気づかない

▼ ツ待つ~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て居ろ

▼ ツ忘れ~ (2, 0.0%)

1 ちや情けない, てゐた

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 にさ, に凉

▼ ツ恥かしく~ (2, 0.0%)

1 て彼, て見せ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 か六息, する間

▼ ツ情け~ (2, 0.0%)

2 ねえこと

▼ ツ愉快~ (2, 0.0%)

2 もなき

▼ ツ~ (2, 0.0%)

2 へ入る

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 程さう, 程ね

▼ ツ成る~ (2, 0.0%)

1 程房州へ, 程考へやが

▼ ツ戸前~ (2, 0.0%)

1 の蔵, ばかり他

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 に成る, も好い

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 へ集まった, より出たる

▼ ツ打ち~ (2, 0.0%)

1 三ツ打ち, 四ツ打つ

▼ ツ抱え~ (2, 0.0%)

2 もある

▼ ツ押す~ (2, 0.0%)

1 ために, とチン

▼ ツ拡げた~ (2, 0.0%)

2 山の

▼ ツ振り~ (2, 0.0%)

1 が, でも調べ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 へ, へ大

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 でもしたら, なんぞにした

▼ ツ揃い~ (2, 0.0%)

1 ぐらいじゃ, の背広

▼ ツ提げ~ (2, 0.0%)

1 て何処, て出た

▼ ツ文句~ (2, 0.0%)

1 ではない, で云い

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 うしては, うする

▼ ツ明日~ (2, 0.0%)

1 の朝行, は兩國

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 からヒダ, の地図

▼ ツ星デパート~ (2, 0.0%)

1 で珍しい, の常務井上氏

▼ ツ昼間~ (2, 0.0%)

1 に大手, の田舎

▼ ツ時今~ (2, 0.0%)

1 の三時半頃殿様, の八時頃

▼ ツ時竹島~ (2, 0.0%)

1 の内, より出帆せり

▼ ツ時赤羽橋辻~ (2, 0.0%)

1 まで, まで御

▼ ツ暗い~ (2, 0.0%)

1 わね, 流しに

▼ ツ暗がり~ (2, 0.0%)

2

▼ ツ曲っ~ (2, 0.0%)

1 てもう, て突当り

▼ ツ書い~ (2, 0.0%)

1 てこの, て戴けません

▼ ツ書いた~ (2, 0.0%)

1 が一つ, ものだ

▼ ツ月夜~ (2, 0.0%)

1 だ, に花盛り

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 つた, よし

▼ ツ有難い~ (2, 0.0%)

2 仕合せで

▼ ツ本氏~ (2, 0.0%)

1 が斬った, と

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 などという酒, の実

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 だかえって, で二ツ

▼ ツ欲しい~ (2, 0.0%)

1 けれども, な

▼ ツ此處~ (2, 0.0%)

1 にも小判, は鐵璧

▼ ツ死ん~ (2, 0.0%)

1 ぢや, でゐる

▼ ツ残りし~ (2, 0.0%)

2 耳までも

▼ ツ残る~ (2, 0.0%)

1 とそれから, 疑問は

▼ ツ流石~ (2, 0.0%)

2 は錢形

▼ ツ浮い~ (2, 0.0%)

1 たり舞, ていましょう

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 クッテ大小マデモ逢対, 禮者ツ

▼ ツ熱い~ (2, 0.0%)

1 のを, ツと

▼ ツ~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ツ特別~ (2, 0.0%)

1 あつかいに, なもの

▼ ツ狭い~ (2, 0.0%)

1 入口を, 間を

▼ ツ獅子~ (2, 0.0%)

1 と称する, の頭

▼ ツ用意~ (2, 0.0%)

1 がある, して

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 て付けられ, るも

▼ ツ目屋尺~ (2, 0.0%)

1 取なん, 取千束

▼ ツ目屋雲霧尺~ (2, 0.0%)

1 取などは, 取先生金右衛門

▼ ツ目形~ (2, 0.0%)

2 に井筒形

▼ ツ~ (2, 0.0%)

2 つ直ぐ

▼ ツ瞬い~ (2, 0.0%)

2

▼ ツ立ち~ (2, 0.0%)

1 ながら, 悲しみを

▼ ツ立て~ (2, 0.0%)

1 ばそれでも, ツ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 のやう, や飛び

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 の強, を先

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 な血, にし

▼ ツ組み合~ (2, 0.0%)

1 ひが, ひましたが

▼ ツ置く~ (2, 0.0%)

1 にし, 必要が

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 い乳首, く包んだ

▼ ツ羽ばたき~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 が無い, も亦

▼ ツ聞い~ (2, 0.0%)

1 て下されます, て愛

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 にわかれ, に分れる

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 にぶらさげ, をがっくり

▼ ツ臭い~ (2, 0.0%)

1 のが, 油煙が

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 にのっ, に乗り合せた

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 でのりこんだ, は神話

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 かつたら, 樣が

▼ ツ若やぐ~ (2, 0.0%)

2 ばかり処女

▼ ツ若旦那~ (2, 0.0%)

1 はその, まで縛らせた

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 けた, の花

▼ ツ莞爾~ (2, 0.0%)

1 して, とし

▼ ツ菱屋~ (2, 0.0%)

1 っていう揚げ, の二階

▼ ツ葉微塵~ (2, 0.0%)

1 だ, の形

▼ ツ葉葵~ (2, 0.0%)

1 ことに隠されぬ, の御

▼ ツ薄色~ (2, 0.0%)

2 の眼鏡

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ ツ蝙蝠傘一本帽子~ (2, 0.0%)

2 それだけな

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 で檜扇, の裳

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 が重く, を連ね

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 つて姉さん, つて寢て

▼ ツ裂い~ (2, 0.0%)

1 てあげたい, て了

▼ ツ裸踊り~ (2, 0.0%)

2 でもし

▼ ツ見え~ (2, 0.0%)

1 て来た, なくて

▼ ツ見えなかった~ (2, 0.0%)

1 んだ, 空が

▼ ツ見える~ (2, 0.0%)

1 のみで, ようだ

▼ ツ親六十~ (2, 0.0%)

2 で児

▼ ツ詰め~ (2, 0.0%)

2 に結つた

▼ ツ證文~ (2, 0.0%)

1 に物, の表

▼ ツ谺四ツ谺~ (2, 0.0%)

1 といっ, といつ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 か何, に虎耳草

▼ ツ貯めたげ~ (2, 0.0%)

2 なと知

▼ ツ趣味~ (2, 0.0%)

1 ある行爲, もなけれ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 にのせ, に詰め込め

▼ ツ軍人~ (2, 0.0%)

1 は, は忠節

▼ ツ辛い~ (2, 0.0%)

1 が底, 汁で

▼ ツ込み~ (2, 0.0%)

1 ふんふんふん, 鉛の

▼ ツ込んでしまつた~ (2, 0.0%)

1 が諭鶴, 頃義雄は

▼ ツ近く~ (2, 0.0%)

1 にここ, に小屋師

▼ ツ近頃~ (2, 0.0%)

1 は暇, 評判の

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 へされ, へし

▼ ツ逃げた~ (2, 0.0%)

1 か, ぞ八

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 まに, 毛の

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 つてるワ, ひの

▼ ツ部屋~ (2, 0.0%)

1 にでも臥, に集っ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 つた不意の, 兵衛の

▼ ツ重った~ (2, 0.0%)

1 のが, 不意の

▼ ツ重ね~ (2, 0.0%)

1 ておい, の小

▼ ツ重ねた~ (2, 0.0%)

1 上へ, 足台から

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 ぞと五水りょう, と聞く

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 やら銀行, を捨てた

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 の音, をひびかせ

▼ ツ附い~ (2, 0.0%)

1 てゆく, て居つた

▼ ツ限り~ (2, 0.0%)

1 であるから, になる

▼ ツ面倒臭い~ (2, 0.0%)

1 やこんな, 酔つてしまへ

▼ ツ~ (2, 0.0%)

1 のあたり, へ叩き付けた

▼ ツ飛び~ (2, 0.0%)

1 に五六歩, に格子

▼ ツ飛ん~ (2, 0.0%)

1 じゃ来ない, で入りました

▼ ツ駄目~ (2, 0.0%)

1 だ駄目, よ駄目

▼ ツ鳴る~ (2, 0.0%)

1 あいだに, かとばかり白銀黄金

▼1* [2152件]

ぁん負傷あります, ツああと返事, ツあいてるがこの, ツあがらない御修行, ツあけるべ, ツあげましょうかとお, ツあたかも人の, ツあづかつておく, ツあなたはいつ, ツあまさず見つけだして取りあげ, ツあまり失敬な, ツあらわれて総督, ツありけり曰く牡丹咲の, ツありし初茸の, ツあるいはナベヤキ一ツ, ツあれこれ胸にたく, ツあわせた記念日としてだけ, ツあんな小娘に, ツあんなに言つて置いた, ツあんまり景氣の, ツあん摘んですけな, ツあゝツ, ツいい虫だっ, ツいかがでございます, ツいくら海女が, ツいけねえことが, ツいたづらを, ツいって二ツ, ツいつまでも子供, ツいつたね, ツいはぬが花, ツいぶかしいのは, ツいまに呉れつ, ツいやに鼻, ツいるのだろう, ツいろいろのこと, ツうまい事を, ツうまくやつて, ツうれしい助か, ツうろ覚えのウオーズオース, ツツも, ツえらそうに, ツおいしく食わせて, ツおかせてコミ, ツおかれて甚八, ツおすと岸, ツおちし村雨は, ツおぼえのよう, ツお互い同士関係がある, ツお前さん錢箱なんか覗い, ツお婆さん手もと見ねえつたつてさ, ツお許しを願, ツお願いして, ツかいないんま, ツかいな解釋や指導, ツかういふ狭い, ツかからうと云, ツかきむしりに來, ツかきむしるなんかし, ツかく足を, ツかけないやうに, ツかけない乾いた台所から, ツかけようとした, ツかけ逃げてゐる, ツかけ逃げ出すやうに, ツかさん戻らないの, ツかしかつたのである, ツかしく絶叫した私, ツかす句点の形, ツかちにしなく, ツかってしかも九死一生, ツかつた以外, ツかどをでて, ツかについて居る洋燈, ツかねえで, ツかぶさる樣な, ツかむな八, ツからでもお内儀さん間合, ツかりおろせたと云, ツかりしろよ, ツかりすると負け, ツかりせざるを得ない, ツかりやがらあなんて, ツかり云うて, ツかり堪へられる樣に, ツかり延ばしたからだ, ツかり引きまとめ風呂敷に, ツかり押さへるだけの強, ツかり握つてゐる, ツかり消えてしまふ, ツかり画いて居りました, ツかり起して考へ, ツかり踏みこたへた, ツかれてゐる, ツかれぬうちへ, ツかをつかつて, ツがけ大きな内, ツきいていない, ツきかせずに思わぬ, ツきし駄目ぢやねエか, ツきちよツと這入, ツきの酒はない, ツきらきらとして周囲, ツきりいつたのである, ツきりづゝ話して, ツきりなしに降, ツきり上手になり, ツきり來ないつもり, ツきり取返しにも来ない, ツきり当になんてなり, ツきり御無沙汰しちまつて, ツきり東京の家, ツきり答へて, ツきり聽えるもの, ツきり草色よれ, ツきり行つた, ツきり調査になつ, ツきり通つてゐるやう, ツきり道時も何, ツきり都のスター, ツきり雑談に時, ツき逃げて行つた清水, ツくい奴でございます, ツくうの特点, ツくさ言いながら, ツくずれただけでもすぐ, ツくそツ, ツくに手を切つたの, ツくに離婚されて, ツくらいの男の子毛糸で, ツくらいまでは子どもも, ツくらいを数えながら, ツくらした肉附き, ツくら口を利かう, ツくら田圃の方, ツくら瘤のやう, ツくりあげることに, ツくりあとの相談, ツくりお母さんとわたし, ツくりお話も出, ツくりぢやな, ツくりわけの分る, ツくり云つてにやり, ツくり俊男の前, ツくり島田の寝巻姿, ツくり弱込むで, ツくり性が合はん, ツくり構込むで, ツくり煙を吹き, ツくり煙草を飮, ツくり自分の部屋, ツくり載せる奴ぢや, ツくり顫へあ, ツくるしい白地の, ツくるまつて目を, ツくるめて生々しく, ツくれたり, ツくれるぞ, ツくんな, ツぐらいしかなかった, ツぐらいは分けて, ツぐらいもくッ, ツぐらゐな小造りな小さな, ツぐらゐのときその怒り, ツぐらゐの時であつ, ツぐらゐ年上であつ, ツぐるぐると濁水, ツけが此節はもう, ツけた能代の膳, ツけと義雄は, ツけとは縁が, ツけねえその罌粟, ツけやゆんべらも, ツけるやうな, ツこういう際どい芸当, ツこしくて溜らない, ツこしらえてくれた, ツこすりや五分五分の, ツこちたと思ひ, ツこちらに一ツばらばら, ツこちらアな, ツことしで幾年, ツこなく俺達ばかり, ツこまごました物, ツこみそれが, ツこみたいに坐つた, ツこむと会計役, ツこらツ酒に, ツこりさせて, ツこりすることも, ツこり歩いてゐた, ツころがす有様であった, ツころがっていた, ツころツくわら, ツこんだ儘時折くり展げては, ツこんでしまつたものと, ツこ拔かうと, ツこ煙草の割前, ツごとに蛇足, ツごまかして茶碗, ツごろあっしが夜網, ツごろお前さんが夜網, ツごろごろして, ツごろようように仕度, ツごろ万屋から使い, ツごろ使屋が封じ, ツごろ白地に赤二本引き, ツごろ行灯凧が厩, ツごろ金座の川, ツさあツと, ツさあれがイガズル, ツさえ怖れあった, ツさがりだ掘立小屋でも, ツさきに築地橋, ツさせず奥深く進んだ, ツさびし気に, ツさまの家ぢ, ツさら他人のやう, ツさら嫌ひでもあるまい, ツさりしてやらア, ツさり有るですから彼, ツさん子だつたから, ツさアと遊ぼ, ツさ今のその, ツざきにしても飽き足りぬの, ツざツと, ツざツざツと, ツしかれている, ツしたわけで, ツしたらすぐ消え, ツしっかりと握り込ん, ツしつかりと私, ツしつかり歩かんか, ツしでかしたか, ツしでかすものかと, ツしないで助, ツしねえか, ツしぶとい女だ, ツしまツた, ツしもいよ, ツしゃくり附けると革, ツしやいよ, ツしやらうお信さん, ツしやらなくつて其方の, ツしやりや太平樂, ツしやるならぜひ一度, ツしやればい, ツしやろちうて水, ツッくり考える, ツじゃって皆な, ツじゃと蒼くなっ, ツすこし前, ツすら覺えてる, ツすり一と安心, ツすり寢つづけて, ツすり眠つてをります, ツすり青光を放, ツするんじゃ, ツずつか配給された, ツずつがッくり窪んだ, ツずつで空に, ツずつにしたの, ツずつについて細心な, ツずつはいい気な, ツずつを持たせて, ツずんと正氣, ツせなアお, ツせ待つてなはれ, ツせ解りまツ, ツそうだ, ツそこで一番, ツそら十一だ, ツそりさきへまはつて, ツそり入口に突ツ立ツ, ツそり其處らを夜歩き, ツそり家にいれた, ツそり家根へ出, ツそり廣げて見る, ツそり戸棚の奥, ツそり机の引き出し, ツそり氷峰に聽, ツそり立つて二三歩, ツそり罪惡でも犯し, ツそれからここの, ツそれでは若しや, ツそれどころぢやない, ツそれんばかりの金, ツそろしい熱さ, ツそ今一つ向うのいつも, ツそ來ん方, ツそ來年元旦の發行, ツそ僕が全く, ツそ惡くて, ツそ散歩に出よう, ツそ此うして, ツそ歸つて, ツそ歸つてしまへ, ツそ浮世をよそ, ツそ變心して, ツそ金が來, ツそ鎌倉まで行かう, ツ今はの, ツたいゴマ石を道子, ツたい家も多, ツたかっている, ツたかんべ, ツたくいふと惡, ツたくられてし, ツたくられるし勝つた, ツたくると急い, ツたく思ふ程待つ, ツたけ與へける, ツたけ這入つて当日, ツたげますよ, ツたことぢ, ツたずさえてきた, ツたせツせ, ツたそんでもおら, ツたた大變ツ, ツたつた一人で, ツたのむと云う, ツたのも同じこと, ツたのんだぜ, ツたひにやあ, ツたぶんその節, ツためしていただけまい, ツたよりも淺, ツたより意久地がなく, ツたらありませんでしたね, ツたらかされてそして, ツたら三年目の覚悟, ツたら来なよ来せ, ツたら無かツ, ツたりがツたり, ツたりにならせて, ツたりもたれかかつて, ツたれで小心翼々で, ツたわけめツ, ツたんだい山村によ, ツたんぢやない, ツたんと狹く, ツだいたい私を, ツだけしか小次郎の, ツだけも屋根の, ツだせばあがっ, ツだに持たず狭い, ツちう五十錢で, ツちかと言, ツちから電報が來, ツちがいの今年二十八, ツちがいい位か, ツちがってい, ツちくりとも, ツちだなア, ツちであることも, ツちでとまるかね, ツちで出し本人は, ツちで待つてお出で, ツちで見つけなければならない, ツちの事業があやしく, ツちの來たの, ツちの女にもさぞ, ツちの季候ではこの, ツちの室にゐます, ツちの恨みが少し, ツちの本妻に立ち直らう, ツちの用は濟ん, ツちの範圍内に立ち入らせた, ツちの金で想像, ツちの障子に當, ツちの雪はぱさ, ツちふ相撲知つてる, ツちまう処だ, ツちやつた酒沸すのにや, ツちやつてしまへ, ツちやつて來ようとまで一度, ツちやらう柿, ツちやらかして置く, ツちやりたくなツちやツ, ツちやろかい, ツちや不可ません, ツちや仕様がありません, ツちや何でもありやしない, ツちや変だけれど, ツちや幾らするごつ, ツちや急に引き返へす, ツちや是れツ, ツちや眞箇偶然に得られた, ツちや瞳が溶け, ツちや砂利を投げてる, ツちや變だけれど, ツちょこなんと揃って, ツちょんとあの, ツちらかツて, ツちらちらしたばかり, ツちんで俺, ツついぞ祝儀の, ツついたんだらう, ツついてしまつた, ツついてたんです, ツついて行く馬丁や, ツつおうするいふよつて, ツつかつかと階子段, ツつかまへてやらう, ツつかるやうに, ツつかるですから, ツつかれないやうに, ツつきかけるほど睡魔, ツつきませんしその, ツつき合ひながら, ツつき物なら知らずまだ, ツつき突ツつかれ合つて, ツつくる広さ, ツつけなければならない, ツつけ來るで, ツつけ加えるのが, ツつけ合つて大工が寢そべつ, ツつちツぽ, ツつついては首, ツつて言つてゐて, ツつぶしておいた, ツつぶし給へ, ツつぶれるやうな, ツつまみ取るように, ツつまらねえことを, ツつまんで差しだしました, ツつまツた間に合せ物, ツつみ重ねて, ツつめたる無雑作, ツつも正義や, ツつらなことを, ツつりきれそれが, ツつりだこがある, ツつり下を向い, ツつり切落し鏡, ツつり答へた, ツつ切りじやありません, ツづつあひかはらず鶏卵を吸, ツづつトランクを待合所, ツづゝ數萬の蛾, ツづゝ此方から見える, ツづゝ皆水を湛, ツづゝ鶏卵を飲まし, ツていらツしやるの, ツてうといふ鳥也, ツてえ詰らねえ事を, ツてか可愛さうに, ツてからがゆツくりし, ツてからにしようと, ツてからの手紙には, ツてからも久しくお, ツてがツくり弱込む, ツてくべえ, ツてこと始めて, ツてこそ美觀も, ツてでもゐるやう, ツての通り半熟の, ツてばかりゐらツ, ツてまでだ, ツてまでも安さ, ツてものア其樣なふざけた, ツてらア, ツてるですもの, ツてる様だけれど, ツてをかしくツて, ツてんで態, ツできるという妙, ツでございますから, ツでして苦労人, ツでなければならない, ツでのああどう, ツでもと祈りに, ツといつてとびしさつた, ツとうとう暮六ツが, ツとからだの, ツとくツつい, ツとけはふ, ツとこになつ, ツとこツちを, ツとつツ立つた, ツとても悪事を, ツとむかふむき, ツとものことと, ツとやら持て出たので, ツとらの子, ツとり泥が付い, ツとり濕ツて井戸, ツとるがね, ツとんぼ返りを, ツどうしてそれ, ツどうかして, ツどうもその節, ツどき今で, ツどころでは, ツどころか十五十六と, ツどじをやっ, ツどなたもさ, ツどんうつかり番頭さん, ツなかろう仮令, ツなく晴れわたつた小春日和, ツなさらうぢや, ツなさらずに眺め入る, ツなさるでなく奥様ばかりを, ツなっていた, ツなどがヒダ族の, ツなどという語とともに, ツなどの教師の, ツなにするかっ, ツならぬをも覚り, ツならべてその, ツなりとも多く持出そう, ツなんだ, ツにては暮しも, ツになつて道教に, ツにもなツて, ツによる事なり, ツにわッて, ツのこらず道が, ツのぞいて行く, ツのほどの事なりき, ツのみ葉も, ツのみのいくさは, ツはさまっていた, ツはさまれて歩, ツはじまつた, ツはめている, ツばかりは若やぎそう, ツばたばたと音, ツばつかりウワ言, ツばらばらに懸けられ, ツぱいつゆを味はひ, ツぱい空氣を吸, ツぱい顔が浮ぶ, ツぱかりで好いと, ツぱかりのことでまたそんな心を起し, ツぱかりのことで此方の気, ツぱかりのことケチ臭い, ツぱかりの事を何, ツぱがして奪ひ去, ツぱがる顔を見よう, ツぱぎをこすツて行き, ツぱくするだけが馬鹿気切つて, ツぱくなるまでもそれ, ツぱくれてるのだ, ツぱさうなのばかりでまだうまい, ツぱしから差押, ツぱしとが尚しも, ツぱし日本の酒盃, ツぱたかしても困るので, ツぱたくがたくり馬車の馭者, ツぱたくばかりでなく時には板戸, ツぱたくやうに風早の頬, ツぱだかに投げ出して, ツぱちを吹聴, ツぱと使つて見せそれから, ツぱと瞬きをし, ツぱと金を使, ツぱなしになつてゐる三畳へ大きな, ツぱなしになつてゐる三疊へ大きな, ツぱなしに亂雜にし, ツぱなしは老巡査一家, ツぱへ集つていろいろと, ツぱらさんざ遊んでかへ, ツぱらつても唱歌を歌, ツぱらつて公園や六區, ツぱらひには慣れて, ツぱらふと直ぐにこれ, ツぱらツて此様, ツぱら姉の棚卸し, ツぱら酒を飲ん, ツぱりおツぽり出し, ツぱりして思ひ殘, ツぱりして出山の釋迦, ツぱりとお暇を下す, ツぱり人好きのしない, ツぱり加集はやつ, ツぱり女郎は女郎, ツぱり文學者でつづく, ツぱり斷わりだ, ツッぱる糸が, ツひつぱたいてくるりと, ツひでりサ, ツひとつ彼等に内緒, ツひとつ思出の深い, ツびツ美妙斎とも云, ツぴしゃッと撥ッ, ツぴしりツとむちでなぐられる時, ツぴてうつぶになツて寢, ツぴて點けておいた, ツぴどくやつ付けて, ツぴどく小言を言, ツぴどく批評し内心, ツぴらに口を出し, ツぴりした餘波さへ來, ツぴるまに突然發狂, ツふえた筈な, ツふざけた事を, ツふそくこれなく, ツぶしている, ツぶんなぐって髪の毛, ツぶんなぐったのを, ツぶん殴って, ツ喘いで, ツぷうツぷ喘いで, ツぷりお絞んなすつて, ツぷりしたからだを横柄に割り込んだ, ツぷりした目のうるほひ, ツぷりと冷水をあびせかけた, ツぷりぬれし水色のたつた, ツぷり顏を洗, ツぷツと襟首, ツを撫で, ツぺいにお女郎買ひが, ツぺえだと云つて嘲笑するとは, ツぺえでせうだから妙, ツぺかすと力をこめ, ツぺしよるやうに引ン捩ツ, ツぺたあどうでせ, ツぺたにまで表情が隘, ツぺたのあたりに生温い物体, ツぺたをつねりあげられたので思はずぎよツ, ツぺたをふくらませて玄関へ来, ツぺたをやぐらに載せて, ツぺらの船板, ツぺらで寒さ, ツぺらなのだから直き讀めた, ツぺらな城壁は大砲一発, ツぺらな感情に動かされ, ツぺらな戯談や下品, ツぺらな石に字, ツぺりした顏を掩ひつ, ツほんとうにイツ, ツほんの少しばかり, ツたんの, ツぽい悲しさうな声で, ツぽく鬱陶しかつた, ツぽなからだでと, ツまきあげてやれ, ツまさか此處まで, ツまさに圖星で, ツまだその時, ツまでくらいが七八人砂山の, ツまでには帰って, ツまではまだ半, ツまでも信玄の, ツまでを限りに, ツまるまるとした, ツまわりてまた, ツを立てた, ツみんなのポケット, ツむかうにも逃げ, ツむくむくと泳ぎ出す, ツむらさきの帯, ツの窓, ツもう二度とラツキーは, ツもった廉品な, ツもっとかと思う, ツもてばま, ツものいううち青楓の, ツもらして必死, ツもんどり打つと, ツやかましい女だ, ツやがてくれけり千松島, ツやる気にはなれない, ツゆすって通, ツゆるさぬなどは下種, ツよい奴い, ツよせの箪笥, ツよっぽど過ぎた時分, ツよりぞ多からざりける, ツよりのこと, ツりやがるな, ツりやすか, ツをもいい尽す, ツアナのある, ツイキの良い, ツカラカラと湧, ツカンジンカナメの, ツココデ真似テ見ルデス, ツコハダの上等, ツジタバタしたつて何うに, ツスリーと絹, ツソノ眼ト並ンデ鼻ガ二ツ, ツソレモトクト当ラズ, ツツウとお, ツツツウとお, ツツツツと潜る, ツツツツーと滑り出す, ツツツーと滑り出す, ツツトムであ, ツツ皆さん早く逃れ, ツ寝テイタ, ツわなないた, ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, ツト前のめりに泳いだ, ツバラバラと飛びかかっ, ツパチパチとくら, ツヒダの一の宮, ツマイセリンコゴラミウイヲダイハモラチチノトレマカテギヲチマメチイモシウトトウミケシテモアエゲイコリマヨトスカイルウヨレオインンウハノナオナスヲトレツコタデレスハ, ツマタ三ツ強ク打ツ, ツマリ印度の所謂密語, ツマリ独逸人の眼, ツ一ツばた, ツ一ツトわなないた, ツ一ツ一刹那一刹那に云い知れぬ, ツ一ツ一重ながら茫, ツ一ツ五拾銭銀貨が一枚, ツ一ツ何か思わせぶり, ツ一ツ元の位置, ツ一ツ印を集め, ツ一ツ影をかさね, ツ一ツ急にさ, ツ一ツ撰り出す毎, ツ一ツ消去つて遂に二度とふた, ツ一ツ畳の上, ツ一ツ白髑髏のよう, ツ一ツ皆真蒼, ツ一ツ笊へ拾っ, ツ一ツ美い乳首, ツ一ツ萱にも尾花, ツ一ツ音があっ, ツ一ツ順々にまた, ツ一ヲストリクチュラルボタニート云フ弁物本草ト訳ス二ヲフィシヲロジカルボタニート云フ生理本草ト訳ス三ヲシステマチカルボタニート云フ分科本草ト訳ス四ヲジヲグラフィカルボタニート云フ地理本草ト訳ス五ヲフヲッシイルボタニート云フ前世界本草ト訳ス, ツ一刹那一刹那に云い知れぬ, ツ一年志願兵特權ハ此等ノ訓練アルヲ一理由トナスヲ以テ其レヲモ廢止スルガ, ツ一度に宙返り, ツ一所に名倉, ツ一杯上ったよ, ツ一枚の名刺, ツ一枚買ひましたよ, ツ一段低い処, ツ一緒に來, ツ一羽ぢやない, ツ一言もねえ, ツ一重ながら茫, ツ丁度眞晝だらう, ツ七ツ八ツにもなれ, ツ七ツ十五六二十一二十七三十一四十四が手痛い, ツ七ツ召上るだけ, ツ七ツ秀吉のまわり, ツ七ツ茸を薄, ツ七ツ足駄の歯, ツ万籟が熟睡, ツけの力, ツ三ツうろ覚えのウオーズオース, ツ三ツたたきながら, ツ三ツのをり, ツ三ツものをも言わず, ツ三ツもんどり打つと, ツ三ツコロコロと混, ツ三ツ上なるべし, ツ三ツ不意に南京花火, ツ三ツ云合った所, ツ三ツ人の体, ツ三ツ体を捩った, ツ三ツ何か言, ツ三ツ余分に頭, ツ三ツ作たものサ, ツ三ツ兄らしく中肉中背, ツ三ツ口を利く, ツ三ツ叩頭をし, ツ三ツ呼吸をつく, ツ三ツ咳払いをしました, ツ三ツ四ツ五ツばかり羽, ツ三ツ四ツ五足に一ツ, ツ三ツ四ツ八時か否, ツ三ツ団扇ばかり動いた, ツ三ツ土間少し空きたる, ツ三ツ圧えて, ツ三ツ地の上, ツ三ツ塵をはじき, ツ三ツ境のない, ツ三ツ岩があった, ツ三ツ年を取, ツ三ツ年層で優しく, ツ三ツ引金を引いた, ツ三ツ手前の駅, ツ三ツ手酌を重ね, ツ三ツ拍子を取る, ツ三ツ指で, ツ三ツ時田さんをぶ, ツ三ツ杖を掉, ツ三ツ横面をくらわし, ツ三ツ波を打つた, ツ三ツ源次の頬, ツ三ツ灯が点いた, ツ三ツ片羽羽たたきたれど, ツ三ツ皿に乗せ, ツ三ツ石つぶてが武蔵, ツ三ツ礼拝した, ツ三ツ私は五酌上戸, ツ三ツ肩のあたり, ツ三ツ背中をくらわす, ツ三ツ英語の不審, ツ三ツ蚊の声, ツ三ツ言争って, ツ三ツ言爭つて出たいま, ツ三ツ話の口, ツ三ツ足ぶみして, ツ三ツ酌の愛想, ツ三ツ音じめ, ツ三ツ飛石を伝う, ツ三人共膾にし, ツ三年の吉川静江, ツ上げましょうと言っ, ツ上のだそう, ツ上草履を穿いた, ツ下がり刻限でした, ツ下り四時頃と覚えます, ツ下り斜めに水, ツ下手人は此男, ツ不安なの, ツ不意に南京花火, ツ不自由のない, ツ与えられないものは, ツ之次郎さんの, ツ世話を燒かし, ツ両者の間, ツ両雄並び立とうでは, ツ中りの僥倖, ツ中世組織ノ, ツ乃至四ツも, ツ久シ性極テ肥, ツヲ以テ既知遺跡實踐ノ, ツ乍ら差別を立てず, ツ九ツ八ツと数えまし, ツ乞食と華魁, ツ乱れ一ツなかっ, ツ事件が紛糾, ツ事務所の役人, ツ二つに割れた, ツ二ツ・ガッチャガチャ左ツ右ツ・ガッチャガチャつてさわぐん, ツ二ツ年上らしき竹村, ツ二ツ手毬を携え, ツ二ツ牛の傍, ツ二ツ落ち転げて, ツ二ツ落ッこッてるの, ツ二十五兩と稼いだ, ツ二千五百兩を返せ, ツ二銭とか三銭, ツ合った所, ツ云いたいことが, ツ云うもんじゃ, ツ云つてやがんだい, ツ五ツ先ですよ, ツ五ツ大地を踏み鳴らし, ツ五ツ年上であったが, ツ五ツ往復ビンタをくらわせた, ツ五ツ手をたたく, ツ五ツ排列して, ツ五ツ揚板をメク, ツ五ツ星に紛れ, ツ五ツ棍棒の乱打, ツ五ツ歯ぎしりして, ツ五ツ縦に並べた, ツ五拾銭銀貨が一枚, ツ五足に一ツ, ツ五階へ上つて, ツ交さないでいた, ツ人參を澤山, ツ人殺しは此野郎, ツ今度は逃さねえ, ツ今度来やが, ツ今晩こそ思ひ知らせ, ツ今更どうなるもん, ツ今朝犬を繋い, ツ仕切を空, ツに書類, ツ他念なく, ツ付きからだ中がひやりと, ツ付き氣味であつ, ツ付き物が離れた, ツ付けたな, ツ代診野郎の味噌摺, ツ以前の足利将軍時代, ツ仰せの通り, ツ伊達が, ツ伏せられてゐた, ツ伯父の敵, ツ伽羅大盡, ツを捩った, ツ体みたいに抱き合っ, ツ何ぞと言, ツ何とでも, ツ何れもつと, ツ何アに失敬, ツ何何うして, ツ何処へでも勝手, ツ何年か前, ツ何時までもしつこい, ツ余り好い気, ツ余分に頭, ツ余程心配にな, ツ作ってもらいたい, ツ作ルナンテ無駄ナコッチャアリマセンカヨゴザンスヨアタシハ母屋デ佐々木サンヤオ静ト一緒ニ, ツ佝僂の男, ツ使いに来た, ツ使われている, ツ例外はある, ツしたま, ツ俯セニシテ睡ッテイタ, ツ俺達はそんな, ツ倒されるかぶ, ツ倒すか, ツ倒れよろけて傍ら, ツ倒様に転倒, ツ借りて来い, ツ借込んだ皿にね, ツ借金の抵當, ツいので, ツにぺたりと, ツ傘柳五葉牡丹花ぐるま, ツ元来の薬嫌, ツ先きの崖からこの, ツ先きの釣革に願います, ツ先づそんなこと, ツ程じゆくした, ツ光らしておりました, ツ児一人居さうに, ツ児同士であり其, ツ児弁急き込めば, ツ兒六分に變人二分, ツ入れるべき隠処も, ツか何, ツ八さんお前さんの方, ツ八ツおまけにひっぱたかれた, ツ八ツパッチンパッチンテーブルへぶっつけ, ツ八ツ卓子へぶっつけ, ツ八ツ嚔をした, ツ八ツ擧がつた, ツ八ツ腰にぶらさげ, ツ八ツ身体の前後, ツ八ツ身體の前後, ツ八ツ風光明媚なるところ, ツ八五郎親分はさすが, ツ八來いツ, ツ八其處へ何ん, ツ八時か否, ツ八歳頃からし始めた, ツ八階ぢやない, ツ六ツひつぱたいてくるりと, ツ六ツ九ツ八ツと数えまし, ツ六ツ前に並べ, ツ六ツ土地のもの, ツ六ツ用意して, ツ六ツ私は口, ツ六ツ袂を連ね, ツ六ツ買つて来たの, ツ六ツ餅をとっ, ツ六畳が別に, ツ六蔵の妙, ツ共妾が誰, ツ共通なの, ツ兵式体操でもやつ, ツ其の通り小, ツ其方から突, ツ其方共に縛られる, ツ其鱗の早く, ツ内端じゃあねえか知己, ツ写真機万年筆四本等をもっ, ツせるやう, ツ凄まじき音聞え, ツ出かけて見よう, ツ出來たの, ツ出来やうじ, ツ出来ないように, ツ入るの, ツ分けてやりましょう, ツ分占領するん, ツ切つて悲鳴を追跡, ツ切りあいつア氣違ひぢ, ツ切りおれをあの, ツ切りどちらからも言葉, ツ切りギユツと女, ツ切り世の中から忘れられた, ツ切り二人は共に, ツ切り何にも語らず, ツ切り彼は, ツ切り横を向い, ツ切り歸らないしろ物, ツ切り泥をはねあげ, ツ切り行き倒れになつて, ツ切り見舞つてやるまいと, ツ切何うしても, ツ切角波江さんが買つて, ツねないと, ツ刎ねた朱に金色, ツ列車に八ツ室, ツ初めましてお, ツ別格に扱われ, ツ別盃の前, ツ利くわけで, ツ利己的欲望其者ヲ解剖スルモ, ツ刺さないことには, ツ刻七駕籠七場所七橙と七七ずくめ, ツ刻拙宅まで御, ツ削いだやうに, ツ剥がして青く, ツ剥ぎながら, ツの青竹, ツ割りにし, ツ割ニして, ツ割草履を買う, ツが借りたい, ツ加えたものと, ツ動かさずぬっぺりと世を, ツ動くと當, ツ動けばむね, ツ務まるもんか, ツ勞働ニ堪ヘザル不具廢疾ハ國家, ツ包むで了ツ, ツ匐いになっ, ツ北の方お待, ツ十一二なの, ツ十二十といつか籠, ツ十五六二十一二十七三十一四十四が手痛い, ツ十五貫あり尻もち, ツ十五錢のと十錢の, ツ十年で三十八兩, ツ十手を使っ, ツ千慮の一失つて講釋師, ツ半ごろここへ押しかけ, ツ半ごろ囚人を伝馬町, ツ半日經たない, ツ半時戸田村大行寺之魯人使節布恬廷呼寄候, ツ半時頃なり, ツ半時頃成瀬国助及俗事役壱人来リ, ツ半時頃此所へ着船, ツ半頃みなが焔口供, ツ半頃ニハ必船にのり, ツ半頃庭に盥, ツ半風呂敷をゴミ箱, ツ卑怯だぞ, ツ卒業せずに, ツ卓子へぶっつけ, ツ卓絶て出来る, ツ南無阿弥陀仏の話, ツ占めて先づ, ツを集め, ツ危いから氣, ツ即ちこんに, ツ去ればまた, ツ出て, ツ又一ツ僕の鼻先, ツ叔母さんが, ツ取っておきの, ツ取り除いて行く, ツ取ればさぞ, ツ取出すをとしより, ツ受けると, ツ受取って行った, ツ口惜しいツ, ツ口説きも何, ツ古代人の神話, ツ叩いてくれ, ツ叩頭をし, ツでは置かない, ツ只中に, ツ上るだけ, ツ召しゃがって, ツ召食れと, ツ可キナリ各國有爲, ツ可笑しなこと, ツを置い, ツ叱って客, ツ右ツ・ガッチャガチャつてさわぐん, ツ右足の足クビ, ツへばまた, ツはせて, ツ合して一組, ツ合せても足りない, ツ合せると個人, ツ合わせて一包み, ツ吊して下さい, ツ同じく近寄りて, ツ同時にテーブルの, ツ乘れ, ツ名誉ヲ重, ツ名誉毀損の訴訟, ツ向うの廣室, ツ吸ふところにも修行場, ツ呆れたもので, ツ呼びかけてやりたい, ツ呼吸をつく, ツを惜しみ, ツも近頃, ツ咲いたつて花ぢや, ツ咲きぬいづれも入相, ツ咲出でたり, ツ咳ばらいに及ん, ツ咽びながらお, ツ品格が落ちる, ツ唄って退いた, ツを引緊め, ツは置く, ツで拭く, ツ賣, ツ善根の為め, ツ喚いてみた, ツ喜んで下さい, ツへ, ツったですよ, ツ噛み付くぜこの, ツ器用な事, ツをした, ツ四ツあれこれ胸にたく, ツ四ツおまけをもらった, ツ四ツごろごろして, ツ四ツそれをまだ, ツ四ツ一度に宙返り, ツ四ツ七ツ足駄の歯, ツ四ツ上か, ツ四ツ五ツばかり羽, ツ四ツ五足に一ツ, ツ四ツ例外はある, ツ四ツ八時か否, ツ四ツ地に溢れ, ツ四ツ小片のは無数, ツ四ツ年上の年恰好, ツ四ツ年下ですけれど, ツ四ツ數へて七ツ八ツ, ツ四ツ梅の実, ツ四ツ濡るる, ツ四ツ用意がある, ツ四ツ続けざまにあの, ツ四ツ聟どのと花嫁, ツ四ツ辞儀をし, ツ四ツ頃のあどけない, ツ団扇ばかり動いた, ツ困った事には, ツ固まっている, ツに脱い, ツ土地のもの, ツ土間少し空きたる, ツえて, ツ在野の剣法, ツ地境に挟まり, ツ地獄に仏, ツ坊さんと来りゃ, ツは大, ツ執念が過ぎる, ツ基督教団ノ基礎, ツりに, ツえたん, ツ壊されたり燒, ツ売れるたびに, ツ隣りの, ツ外濠の作事, ツの明け, ツ夜着で芋虫ごろごろ, ツなんぞが宛, ツ大したもので, ツ大井大井久我之助, ツ大八車に載せ, ツ大分勃然になつて顔, ツ大地を踏み鳴らし, ツ大層怨んで, ツ大野暮に我輩, ツ天晴れ十兵衛汝がよく, ツ天晴十兵衞汝が能, ツ天狗が出や, ツ太い阿魔, ツ失敬な男, ツ失望しないもの, ツ奇妙な, ツ奉って呼んだ, ツの落合, ツ奥歯をスッ, ツ奮ッテナドト思ウコトノナイデモアリマセヌガ何分オソロシサガ先ニ立チマスノデ, ツ女お前が内儀, ツ女房のない, ツ女房共の惱, ツ女王様のお召, ツ好い點が, ツのお, ツはもう, ツ始めたかも知れぬ, ツ威張ったよ, ツ婆様が家ぢ, ツ子たちがぞろ, ツ子ひとり通りはしない, ツ子らしからぬ処, ツ子サシャ・ギイトリイはやはり, ツ子一人來ないと, ツ子一流の, ツ子全体に烏金, ツ子口調を出し, ツ子同士流行ツ児同士であり其, ツ子気質を充分, ツ子特有の辛辣, ツ子的浮薄な皮肉, ツ子的神経の都会人, ツ子肌らしい物, ツ子自慢の聴衆, ツ子許の店, ツ子諸君が第三者, ツ子達は小便組, ツ孤光燈を燭, ツ学校まで取り, ツ學者はあつし, ツ安泰に秋, ツ宛丸裸体の人間, ツ宛白湯で丸呑み, ツ宛突込んで, ツ宛行列を立て, ツい氣, ツ実行シテ見ルカナ, ツ宣告をしてやろう, ツ容子は似つかわしく, ツ宿屋に落ち合っ, ツ寒く輝く下, ツ寝るとお正月, ツ専念に, ツ鐘が, ツ小さくなりその, ツ小倉右一郎コレガ彫刻設計ヲ爲ス, ツ小片のは無数, ツ小盥を累, ツ小袖ゆき短にきりりと, ツ小袖上には墨, ツ小説にし, ツ小鍋をかけた, ツシ飛ビ離レタ一二尺高イ空間ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極, ツだ生々しく, ツ尻剩へ跛, ツ尾張からお, ツ居るぞ居る, ツを積ん, ツのやう, ツ山ホテル品川へ行った, ツ山下船着場限り上陸致し神奈川宿辺, ツ岡浪之進, ツ岳一二・〇〇烏帽子の小屋二・〇〇, ツ岳五郎岳と薬師岳, ツ岳寄りの平ら, ツ峠頂上に達する, ツの牛, ツ崩れて落ち, ツ川上へ登っ, ツ巡洋艦ヲ新造シ, ツうぢ, ツヲ保護スルノ具アリテ, ツに包ん, ツ師匠を死ぬ, ツ師範学校フウン小学校の教師, ツり戀, ツ平らで彼処, ツ平次と知つて, ツ年上珠緒さんが二十二, ツ年少の弟, ツ年層で優しく, ツ年齢が下, ツ年齢上のソプラノ, ツべる, ツ幼名丈太郎さんといっ, ツ靈に, ツ広い庵を, ツい思ひが, ツ度いもので, ツ座上に出された, ツ座席へ二人一しょ, ツ座敷へ寝た, ツ廣がりではなく, ツ建てるだけの用意, ツ建増した勢, ツ廻つて姉の針箱, ツ弁えておくべき, ツ式台に横, ツ引きだとか, ツ引ったくると, ツ引出しの中, ツ引金を引いた, ツお兄さま, ツ弧形の花床, ツ張つたが首, ツ張つた時の痛, ツ張つて來るなり, ツ張つて來たんぢやない, ツ張つて室に引き入れる, ツ張つて疊つづきの, ツ張つて簇がつて, ツ張つて腕を組み足拍子, ツ張つて行き窪んで, ツ張つて行つて處分を付けます, ツ張つて道を進み, ツ張らいで早う, ツ張らうとしても一足, ツ張らせてやらう, ツ張られたらとても堪らない, ツ張られるやら押される, ツ張りあたしがあの, ツ張りあなたであつ, ツ張りあれは岩間, ツ張りいけないのかね, ツ張りお前であつ, ツ張りお客に出る, ツ張りもとの通り, ツ張りレコやな, ツ張り一ツ目小僧は, ツ張り人並の國, ツ張り人間の様, ツ張り仙臺でもかね, ツ張り僕は手紙, ツ張り元の通り詩人, ツ張り先刻自分にした, ツ張り共産主義ツた様, ツ張り冷やかみを感じさせる, ツ張り凍死した馬ども, ツ張り出さうとする, ツ張り出したので勇, ツ張り出すな, ツ張り切れるものだ, ツ張り利口だ, ツ張り口説くかも知れません, ツ張り合ひを, ツ張り合つてゐないよりや, ツ張り向うにも未練, ツ張り土筆と同じ, ツ張り夜と昼, ツ張り天滿宮や光遍寺, ツ張り女房のある, ツ張り好人物なの, ツ張り妻子のある, ツ張り婦人だ, ツ張り常識家を以つて任ずる, ツ張り引ツ込んで, ツ張り心当りが無い, ツ張り忠君愛国と言, ツ張り恢復はできなかつた, ツ張り恥かしいぢ, ツ張り惚れるなど, ツ張り惡いこと, ツ張り戸籍の命ずる, ツ張り手を切る, ツ張り支那流の六ツ, ツ張り文吾が一番遲, ツ張り文學者でつづくだらう, ツ張り有馬氏當てでよこす, ツ張り氣心の分つた, ツ張り漢法醫がよい, ツ張り獨りで不安, ツ張り甲高な笑, ツ張り目が肥え, ツ張り眞個だつたの, ツ張り私の心, ツ張り笑ひ續けた, ツ張り美人のつもり, ツ張り舌や何, ツ張り蝋燭やな, ツ張り見たのよ, ツ張り輕蔑をつづけ, ツ張り込まれかけたことも, ツ張り飛ばされ両腕, ツ張り駄目となれ, ツ張り龍馬の龍, ツ張ツたり裾, ツ張佳味い梨, ツク打ツ, ツ弾胸にくらっ, ツねたの, ツ当りみたいな文章, ツ当り罵詈讒謗を極めた, ツ当り馬鹿者の中, ツ形見に切, ツ彫刻の装飾, ツをかさね, ツ彼方に謡う, ツ彼男も余計, ツ往復ビンタをくらわせた, ツ待てツ待て, ツ後々の世, ツ後世の與太談, ツ御不省なすっ, ツ御座いましてね, ツ御用ツ御用だぞ, ツ徳利を川, ツ心当りは無い, ツ忍耐といふ事, ツ怒つちやいけません, ツ思い切って立派, ツ思い当る記憶が, ツ思ひやりがある, ツ急いでな, ツ急用の手紙, ツへては經, ツうして, ツ恍けるやうに, ツをかい, ツ息六ツ息する間, ツ悲惨を連想, ツ情事の本, ツ惚氣を聽, ツ惚氣どころぢやね, ツい見立て, ツ愈々以つて八五郎親分は, ツ憎き野良狐めトよくよく, ツ憎らしい水出だつた, ツ憚りながら親分の, ツ憚り乍らお剩錢, ツ懷手をした, ツ軸が, ツ懸けられてお父さん, ツ成し遂げなかッた, ツ我が夏の, ツ我慢して, ツ我日本国憲法及ビ法律ヲ正当ニ実行シテ, ツ我邦ニハ是レ迄公私トモニ, ツ戯談じやねえ, ツ扇屋抱えの遊女誰袖, ツ手のひらに入れました, ツ手先御用聞に口, ツ手懸りを得ない, ツ手拍子そろえて, ツ手毬を携え, ツ手籠の灯, ツ手足まといには, ツ手足四ツの両面四手, ツ手足四本これによって両面四手, ツ手酌を重ね, ツ手駕をやり過ごし, ツ手駕月の都, ツたりと思ふ, ツ打ちすえて, ツ打っていなかったら, ツ打つたな, ツ打挫がなく, ツ打破れたんでございまし, ツ払いてくるり, ツ払おうが又, ツ払つてあんな騒ぎ, ツ払つて賛成したらしいん, ツ抉りましたから無慙, ツり出す馬鹿者, ツ投げこめば江戸城, ツ投書しよう, ツ抗議さえよく, ツ折くらゐな, ツ折れてまた, ツ抜いたんです, ツから察しる, ツ拂つて藝者と共に電車, ツ拂ふかするまで, ツ拙者がなろう, ツんぢ, ツ拜承まりまして御, ツへてお, ツ拵えさつせ, ツ拾って並べる, ツ又六尺棒持たる者其左右, ツ持たずに出かけた, ツ持ち出せなかつたんです, ツ持てればいい, ツ持上げたるさまを, ツ持參付の聟, ツ持直したのを, ツ挙げて見よう, ツが癪, ツ振だつた, ツ振廻され此方は, ツ捕へられはしない, ツ捻つてツイ, ツり得るもの, ツ排列して, ツつちや, ツ掛けるか薩張り, ツ掛りましたね, ツ掛り相なもの, ツ採りて懐, ツ採れば一ツ, ツ採用されたが, ツ接三ツ組五ツ組とか言い, ツ掬つてぐいと寄せ, ツりましょうで, ツ掴み出して来, ツ掻かれたとおも, ツ掻きな場所, ツふてゐるからは, ツ揃ッた所, ツの煙草入, ツ揚げて貰う, ツ揚板をメク, ツ握って表, ツ揺って, ツ揺りながら鍬, ツ摘んで食べ, ツふやう, ツ撥ねに布巾, ツ撫でて, ツ撮もうとした, ツり出す毎, ツ撲るように, ツツて, ツ擦る響が, ツがつた, ツ擽つたいぢや, ツ攫まれて, ツ攫むでもしや, ツ放されたので, ツ放されたら俺には, ツ放しでございますが昔, ツ教えて下さいません, ツかした, ツ散かされて亂脈, ツ数えて七ツ八ツ, ツ数えると止んだ, ツしいと, ツ敷いてあっ, ツへて七ツ八ツ, ツ數珠をきつ, ツ文字はこの, ツ文字牛の角文字直, ツ斬りにし, ツ断っておきたい, ツ斯んな事, ツ新しい枕を, ツの照す所, ツ日嗣は必ず, ツ日本男兒の魂, ツ星漁業の支店長花岡さん, ツ星漁業会社の出張員, ツ時々は學, ツ時ごろには駕籠, ツ時モワザトコヽヘ寄ラナイデ上野駅デ落チ合ッタ, ツ時代を超越, ツ時分ニナッタカラ虎ヘ云ウニハ, ツ時分ニ迎エヲヨコシタカラ茶屋ヘ行ッテ, ツ時分三島へ来, ツ時分井上が角, ツ時半頃なりしが, ツ時後の夜, ツ時田さんをぶ, ツ時頃二十人計寝所ニ押込ミ, ツ時頃出足ニて候, ツ時頃夷船遠沖, ツ時頃打入り候処一ヶ所は一人, ツ時頃此所にまいりし, ツ時頃高柳使ひ来り則彼, ツ時頃高柳楠之助, ツ景気のえいところ, ツらしい田舎, ツ智惠の時貸し, ツ暑い覆面を, ツの方, ツ書いたらばどうせ, ツ書かれていた, ツ有り升, ツ有るのに, ツ有理ノ非難, ツ有難うそれでわかつた, ツ望むところだ, ツ木の葉の摺れ合う, ツ木馬はトロヤ城, ツ的切ナラズ麝香草ハ生ニテ動揺スレバ香気アリ乾セバ香気ナシ漢名麝草, ツ本一人を対手, ツ本卑怯者っ, ツ本氏手前すぐつづきます, ツ本汝の支配, ツ本藩の名, ツの下, ツの左, ツじみた行爲, ツ条件が有っ, ツ来ないんです, ツその釣鐘, ツの白, ツ松さんが, ツの夢, ツ林さんマザーになっ, ツ柄先三寸の洒落, ツに油紙, ツで一升位づゝ, ツ格式は上, ツ桜宮から網島, ツ梯子を一つ, ツ棄てるのは, ツ棍棒の乱打, ツにしか見えやし, ツ極りを遣, ツへが大黒屋, ツになっ, ツ横ツ腹でも蹴破, ツ横面をくらわし, ツ橋大仏や門前, ツ橋懸で隔てました, ツ橋電気科学館の星, ツのいい, ツ櫻庭樣丁度い, ツ欠伸も出ます, ツ正に一言もねえ, ツ正直に遊ん, ツの栗, ツ此方の方, ツ此野郎ですか, ツ武藝の御, ツ歯ぎしりして, ツ歳上じゃない, ツ死ねば佛樣, ツ死力を尽す, ツ死骸を見つけた, ツ残さず隅から, ツ残さず食いあげてしまう, ツ残して運ん, ツ残した握飯を, ツ残ってるんで, ツ残つたばかりで, ツ残らず取除かれてしまい, ツ残らず知っとるんだ, ツ残念だ, ツ殺すと思つた, ツ母さんお前気をきかし, ツ母さんかんにんして, ツ母さんさへ御, ツ母さん今日人と約束, ツ母さん何か, ツ母さん大明神だ, ツ母さん最初子爵と懇意, ツ母さん東京に歸, ツ母さん隨分眞面目なん, ツ母さん露はどこ, ツ母アさんのいらつ, ツ母様何なら露, ツ母様露なんぞはもと, ツ毒湯だツ, ツに岩窟, ツ気味が悪い, ツ氣味が惡い, ツ氣無しの疣尻卷, ツ氣違ひよりやア, ツ水天宮樣で誘拐, ツ水底に沈む, ツ求めて十銭札, ツねえどころか, ツ汚い事を, ツノ崇拝者ヨリ, ツ河野さんの病院, ツ泊りの七ツ立ち, ツがのこっ, ツを打つた, ツ泣きついてみましょう, ツ注意して, ツをこすりつけた, ツ洩れない暗い玄関先, ツふやう, ツにもまれ, ツ浮かせていた, ツで一晩, ツ海カイビャク以来たった二人, ツ消されたやうに, ツ消去つて遂に二度とふた, ツ添えて金之助, ツ清子さんか, ツ減ってやしない, ツ減ったかも知れない, ツ満足に見えない, ツ源吉はまだ, ツ源次の頬, ツの水, ツ滝付近で漁, ツるる, ツ火事だ, ツ火鉢本箱でおしまい, ツで他国, ツ点頭いてやる, ツ無く又先生, ツ無理して, ツ無論お世嗣, ツ無駄を言, ツ煙草入などを出し, ツ煩さい, ツ煽ぐように, ツきや, ツ爪尻でえ, ツ父上は御, ツ父親の小説, ツ片付けの方, ツ片手に一つ, ツ片羽羽たたきたれど, ツの傍, ツ物好きですね, ツ特に農村の, ツが菓子, ツ狂女だツ, ツ独立の対象, ツ猪口戴くて, ツ献じようとさされたる, ツ玉乃が年上, ツなるが, ツ現れてこなかった, ツ現れた時も, ツ不盡, ツの剣術使ひだ, ツ甚だしく唯物的な, ツ生きやうとは, ツ生き残っている, ツ生意気なこと, ツ生憎お夏, ツ申しておる, ツ町役人が文句, ツ留って右, ツ畜生ツ器用な事, ツというの, ツニスベキ將來ヲ, ツの上, ツ畳んでしま, ツ當つて見ませうか, ツ病人の枕元, ツ痛ツた, ツにさはる, ツ白くて小さく, ツ白エしや, ツ白旗の旦那, ツ白梅の精, ツ白白のオフェリア, ツ白髑髏のよう, ツ百兩稼ぐか, ツ真蒼, ツ皆さん早く逃れ, ツ皆貴重ス可, ツに乗せ, ツ盆ニ載セテ, ツ盗んではん, ツ盛られて五十円, ツ目うなぎ屋の横町, ツ目ぼくがまた, ツ目入道みたいな男, ツ目入道懐手の袖, ツ目入道裸の小児, ツ目垣一重隔てたる裏山, ツ目小川芋銭さんが四ツ目, ツ目尺取なんど, ツ目屋ふたりのほか, ツ目屋敷に戻っ, ツ目屋秦野屋雲霧なども人間, ツ目屋稲吉にもそれ, ツ目屋酒代をくれ, ツ目扇の幕屋, ツ目殺しという第, ツ目籬や, ツ目羅漢寺千住目黒青山竜巌寺青山穏田水車神田駿河台日本橋橋上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, ツ目菱それを目あて, ツ目行者のほう, ツ目辺りよりの帰途, ツ目麻布の仙花園, ツ眼ざましに, ツ眼屋敷で今日, ツ眼錐の殿様, ツ睨みしてあれこれ, ツ矢張りあの辰之助, ツ矢張りお玉が殺され, ツ知らずに過ごし, ツ知らぬという事, ツ知らねえ野郎だ, ツ知りたいことが, ツ砂丘があっ, ツ破れかぶれだ, ツ確かなこと, ツ示すことが, ツ礼拝した, ツ社會ノ存立及發達, ツ祇園を素見さう, ツ神さんぢやあるまい, ツ秀吉のまわり, ツ私私は何ん, ツ秋谷在へ近道, ツ稽古に往かぬ, ツつ立つて, ツ突ッ立って, ツ突喚だ, ツ突慳貪に云っ, ツ突拔きが載つて, ツ窓茶室というよう, ツ立たぬ處へ, ツ立ち聞きして, ツ立っていた, ツ立つた煙りは周圍, ツ立てずに去っ, ツ立て尻をしかけた, ツ立派に腐, ツ端微塵だぞ, ツ端詰つた頭からふつ, ツへ拾っ, ツはかしちや, ツを鳴らした, ツ笹野の旦那, ツもなく, ツ等げ呉れは, ツ等ことばかし遣れつかえ, ツ等厭だつちん, ツ管轄に帰した, ツ籠つて義雄は筆, ツの國屋, ツ約束して, ツ紋つきたる羽織, ツ紋小倉の袴, ツ紋小刀持つ手, ツ紋熨斗目の派手, ツつ破拔いち, ツ素氣ない返事, ツ絃妓ヲ蓄フ, ツ組み合せた巴の, ツ組み合つてあツちの障子, ツ組み合つて密集して, ツ組五ツ組とか言い, ツ組六本でいい, ツ結構な仕事ぢ, ツってずる, ツ絡むだやうに, ツ絡むで色も, ツ絡んで喧嘩, ツ続けて嚏, ツ続けざまにあの, ツ綺麗なところが, ツのお下げ, ツ縛らねばならぬ, ツに並べた, ツ美妙斎とも云, ツ老けてご, ツ老爺の胸, ツ考えておく, ツ考えさして頂きます, ツノ挙動ナランヤ, ツ者ハ皆斬, ツへてゐる, ツつ掻きお前, ツ聞えしがわれ, ツ聞かしてもらいたい, ツ聞かせ給ひつ, ツ聞きわけの, ツ聞カセテアゲルコトアリマススペインハ日本人イスパニヤ言イマスイスパニヤハ果物タイヘンオイシイデス唄モナカナカ面白イデスオ婆サンモ若イ娘サンモ, ツ聞分けのない, ツ聟どのと花嫁, ツをし, ツきわけ, ツ股かけと呼ばれ, ツ股者の降参, ツ背後へ縮緬, ツ胡蝶の狂う, ツに土壇払い, ツ胴カラ生エタリシテソノ全体ガマタ二重ニ見エタ, ツ胴震いをし, ツがなく, ツ能ハズシテ常ニ個人, ツ能ハズシテ彼ノ從屬的現状, ツ脅かしちやいけません, ツ脅かすぜ爺さん, ツで踏, ツにより, ツ腕白いたづら, ツ腹ア立つて, ツ腹的にありのまま, ツに控え, ツ膨れに肥え, ツの並んだ, ツ害か, ツ自惚れてやがら, ツ與一兵衞の拵, ツ與三郎は自分, ツを噛み, ツ良い色を, ツと答, ツ色男には誰, ツ若い女四人も, ツ若し其れなら, ツ苦心したこと, ツ英語の不審, ツ茫々然トシテ天佑, ツを薄, ツ荷物を持った, ツ菱屋さまからてまえ, ツにも尾花, ツ落ちたというの, ツ落ッこちて, ツ落ッこッてるの, ツ葉うど抔が多く, ツ葉ガ飛ンデル君ノ顔, ツ葉一把三銭野菜もだ, ツ葉一本でも無断, ツ葉沢山の鮨, ツ葉海賊奴御乗船, ツ葉蒟蒻紅生姜鯣鰯など一銭天婦羅, ツ葉蝶新蝶大形鹿子, ツの提灯, ツ蒲団の上, ツ薄暗き明映す, ツその外高家, ツの声, ツ蜒つて這ひ上るの, ツ蠢き始めて睫毛, ツ血胸を一, ツ行き二ツ行き遠方に, ツ行き遠方に小さく, ツ行く先だけを伺いましょう, ツ行つて来給へ, ツ行儀よく並べ, ツ被さツて, ツ裂きだぞ, ツ裂地獄の中, ツへて見せつせ, ツ褒められて居る, ツね, ツ見えずイヤ何一ツ見えない, ツ見えぬ処へ, ツ見え出したが見る, ツ見せて下さい, ツ見たつて己, ツ見るものが, ツ見出されないし彼, ツ見学して, ツ見当がつかない, ツ見当らないじゃない, ツ見物しなかったの, ツ見落してはならぬ, ツ見透しだね親分, ツ見開いて一本, ツ覗き越しにも一つ, ツ覚えさせなかったことに, ツ覚えてるから好い, ツも親, ツ親分さん私ぢやありません, ツ親分どこでそれ, ツ親分今晩は, ツ親分八五郎が關, ツ親分變なこと, ツ親爺が来た, ツえてゐやがれ, ツ角五階建名物食堂も真暗, ツ言つて了へ何, ツ言爭つて出たいま, ツ言葉も服装, ツ言語道断ノ次第ナリ, ツ計りブラ下つて居る, ツ計略的な下心, ツへ來, ツ許嫁とか何ん, ツ証拠にする, ツ詠んでみました, ツ試みて見よう, ツ詮索をし, ツ詰つたのもをかしい, ツ詰つた束髮や色氣, ツ話しですよ, ツ誤算したこと, ツ謡って見ましょう, ツ讀めますねこいつ, ツ谺といへるかい, ツ谺坊や二ツ谺といえる, ツ谺坊や二ツ谺といへるかい, ツねぢ, ツ惜み, ツ貢さんあなたが考え, ツ貰ったがその, ツ樣らこそ, ツ貴公のやる, ツ貴女がおとなしい, ツ貴様も己, ツ貴様らこそ, ツ買い込むと私, ツ買つて来たの, ツ買つて來る, ツ貸してくれる, ツ賭ける土蔵一ツを, ツ購ツた, ツ赤中は真, ツ赤味をおびた, ツ赤地獄の色, ツ赤斑のある, ツつたと, ツ走らうと思つて, ツ起きた二日の, ツ起きなければ, ツ起ちてあり, ツ起ったようでございます, ツ超した超さぬが出入衆, ツ越えた彼方と, ツ越えれば其処, ツ越さうか, ツ越させたのは, ツ越させるだけのこと, ツ越したてに云, ツ越し好きだね, ツ越し費の過半, ツ足してゴザリスデゴザリス, ツ足ぶみして, ツ足らざるべく洋服脚絆草鞋の, ツ足りなかった為か, ツ足りねえと思う, ツ足半の足巾, ツ足食いの無法者, ツ足駄の歯, ツてていた, ツ踊つて今日限り一切踊ること, ツ身体の前後, ツ身軽になつ, ツ身體の前後, ツ転がっている, ツ転がりゃあ粉微塵, ツ転がり出した土俵異変, ツ軽便が来た, ツ載せたことが, ツ輪ふく髷かけ下し, ツ輪亭南店に牛鍋, ツ辛抱してから, ツ辞儀をし, ツ込まう何を, ツ込まれた時は, ツ込みたくないのだ, ツ込み通しで來, ツ込めたかと思ふ, ツ込んでる盲者等は, ツ近かった, ツ返されて今度, ツ返し馬上八里の疲れ, ツ返せ水車場が, ツ返せないわよ, ツ返辞で差上げんけれ, ツ続いて, ツ退かないか, ツ退かぬと力, ツ退けツ, ツ逃がすなツ, ツ逃げ出すんぢや, ツ逃しちやなら, ツ逃すなツ, ツ逆様に下, ツ這いのみし行きし, ツ這入っておりました, ツ通しに呑ん, ツ通行の女, ツ運ばせて象牙, ツ運ぶ事に, ツ運んで来, ツ運んだでさ, ツ過ぎころに富士裏, ツ過ぎた頃に, ツ過ぎ会読終る, ツ道中いたっての, ツ道具一式持って, ツ道具代用の細引, ツ道具入りのサック, ツ道具小屋掛け資材だけ持っ, ツ違ひだつたから六十七歳, ツ遥か彼方の峰, ツ選んだなかから, ツサレ候也, ツの愛想, ツに飲まれ, ツえこと, ツ酷くこき下した同じ, ツ金持になつて, ツ釜不動岩は畢竟, ツ釜立神岩などの奇勝, ツ釣らせて, ツ釣銭に貰った, ツ釣鬢の束髮, ツを押す, ツからの正直, ツのよう, ツで置いた, ツ銀流しのお, ツ鋒詩人にて終りたら, ツ鋳付けて一尺回り, ツの柄, ツ長けて大人び, ツ開いておる, ツ開く筈だろう, ツ開けろツ, ツ間に合いはじめると天下国家, ツ間違えば頗る, ツで, ツ附けたるは売, ツ降りて下さい, ツに照らされ, ツ隔たりたり, ツ隔ててお鍋, ツくしても, ツ隠しておく, ツ隣りの部屋, ツいて, ツ隨分ひどい事, ツ隨分間拔けな話ぢ, ツ離して献げ, ツ離せ何を, ツ静かに, ツ静ちゃんに, ツかにせい, ツ花ちやんに, ツ非常な証拠者, ツ非常喇叭だ, ツ面ア見せろ, ツ面倒なりか, ツ面目次第もねえ, ツ響くとその, ツ頃雪が止ん, ツ頃顎十郎は岩槻染, ツ順々にまた, ツ預けたとて物の数, ツでしゃくる, ツ頬張っては呑み込み呑み込みした, ツ頬張ったるが関の山, ツ頭おでん屋の鍋, ツ頭芋を差した, ツ頷いた丹平の, ツ頼もしいところが, ツ顕家もまだ, ツ風上にも置けねえ, ツ風光明媚なるところ, ツ風邪でも引いた, ツ飛ばさうか, ツ飛ばされるやうに, ツ飛ばすやうに, ツ飛び越えて次第に, ツ飛石を伝う, ツたが, ツ食うただけじゃない, ツ食えば帰し, ツ食べたきりな, ツ食べるのが, ツ食卓の兩側, ツの炊き, ツってみな, ツ飲んでいる, ツ飲んなすったか目, ツ飴屋さんの家, ツをとっ, ツ餘計な口, ツ馬鹿めんのモデル, ツ馬鹿ツたわけめツ, ツ馬鹿言ふな, ツ馬鹿野郎になつ, ツ駈けて行く, ツ駈けろやドタ臼馬, ツ駕籠も七つ, ツ驚くでせう, ツ高野を恃, ツ髷束ね鴨脚櫛巻鹿子娘島田町方丸髷賠蝶流形賠蝶丸形竹の節, ツ鬼臍は氣, ツ魂消て了つた, ツ魔法とやらに掛り, ツ鮮麗に行く, ツだ鱶, ツの箱, ツ鳴りて, ツ鳴りぬアヽ, ツ鳴物が欲しい, ツ黄色に熟し, ツ黄色い月で, ツ黒助は水, ツ默つて引込んで, ツ默つて聽いて, ツ言で, ツ黙つて黙, ツ鼻廣い額