青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

られず~ ~られた られた~ られない~ られなかった~ られぬ~ ~られる られる~ らん~ ~り
り~
りき~ ~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る る~ るべき~ ~るる るる~

「り~」 30326, 301ppm, 321位

▼ り~ (2944, 9.7%)

53 いえども 48 した 45 雖も 29 すれば 25 いう 24 して 19 する 17 したもの 15 す, なって 14 腰を 13 せば, 云ふ 10 いふ, いへども, 浮いて 9 するの, するもの, なす 8 切れて 7 した眼, するのみ, 聞く 6 落ちて, 言ふ, 音が

5 [11件] いうべし, いふもの, したが, したよう, しながら, すると, するよう, する者, 口を, 謂ふ, 音を

4 [23件] いって, いっても, いふに, いへば, したの, しました, すべし, せず, そこへ, なった, 云へ, 出て, 感じられて, 抜けて, 映つて, 毛布を, 浮出して, 膝を, 自分の, 覺しく, 謂ふべし, 起き上って, 音も

3 [41件] いふの, けなされて, させて, した感じ, した感触, します, すべきであるかも, せざる, やつて, 並んで, 云う, 云うの, 云に, 云ふべし, 光って, 前へ, 思うな, 思さば, 感じたの, 書いて, 椅子に, 歩いて, 流れて, 湧いて, 目を, 穴が, 立った, 笑つた, 答ふる, 肩を, 落ちた, 見えて, 見ゆ, 見れば, 覚ゆ, 触れて, 言へば, 話を, 起き上がって, 身を, 頭を

2 [190件] あきました, あぐらを, ある, いいあるいは, いいましょうか, いうだけは, いうても, いうには, いうので, いえば, いはざる可, いふが, いふこと, いふべし, いふを, いふ事, いへるに, いわねば, お休みなすっ, お遊び, かじる夜, かぶって, させた, ざき, したところ, したり, した卯平, した味, した手, した方, した春陽, した目, した調子, した路, した顔, した風, しも, し或, し給, するが, するところ, するに, するも, するを, する人, する時, せざるなり, せずして, その上, その光, つてそれを, なしき, なり, なるの, なるもの, ふ, 一緒に, 上の, 云って, 云つた, 云ば, 云へば, 体を, 信ず, 信ぜら, 倒れた, 倒れて, 傳へらる, 元の, 入り来る客, 其処に, 出して, 出た, 判断する, 割れて, 動いて, 動かした, 同じ色, 名にこそ, 告ぐ, 呼ばれた少年, 喰わして, 噴き出て, 坐った, 垂れて, 報ぜられたりき, 容易く頭, 寄って, 寒くな, 小判を, 尻を, 居眠りを, 山の, 帽子を, 廻して, 影を, 彼女の, 思うて, 思うなかれ, 思って, 思は, 思はる, 思ひ出せるの, 恥ぢを, 息を, 手に, 打ちつける, 投込む, 拾って, 捉えて, 明言する, 映して, 是れ, 暗い中空, 末松男が, 来た, 格子を, 梅が, 横に, 欠けて, 此の, 浮いつ沈んつ音, 浮んだ, 浮んだ阿寒山, 浮んで, 火鉢の, 為すに, 玉菜を, 現れて, 申しても, 申せば, 眼を, 着込んで, 穴を, 立つて, 笑うて, 笑って, 笑つて見せた, 答ふ, 答へ, 紅かつ, 紫玉は, 繭の, 置いた, 置いて, 置くの, 考へて, 聞えて, 聞て, 聴いた, 肉の, 肥つた手で, 胡坐を, 脱いで, 脱ぎ棄て病院服, 脱け, 自分は, 落ちかかった, 落ちる, 落ちるばかり, 落ち羽重, 被って, 見えた, 見えるの, 見える女教師, 見せた, 見て, 覚えて, 解する人, 記せり, 詰寄りぬ, 調子を, 負ぶさった, 起きあがると, 起きて, 起き上がりながら, 足を, 連立つて, 遊んで, 銅貨の, 鎌首を, 開いて, 開けた口, 雪ふりつもる, 震えた, 靴の, 頷いて, 顔を, 飛び起きた, 鳴って

1 [1860件 抜粋] あかりが, あたったもの, あたりを, あなたの, あり, あるくの, ある人, いいて, いいまた, いうでは, いうべきだ, いうべしである, いえる, いったので, いはしむる, いひしこと, いひ彼, いふにぞ, いふよりも, いへるその, いわざるべからず, いわれるほど蜿蜒屈曲, うち消す, おきあがりいきなり, おはこが, おぼしく臉, お休み, お出やる, お河童頭の, お眼, お起ち, かかった, かすかに, かぶりて, きめて, くらわしたん, こたつから, この汗まみれ, これに, さした, させました, させるよう, されるため, しさらぬを, しただが, したちょうど, したひとり, したる身, した不, した事, した何, した凉, した口, した大, した子, した心持ち, した懷, した時, した曲線, した樣, した気もち, した温み, した玄蕃允盛政, した男, した眼つき, した緑, した自分むき出し, した薄気味, した貧乏動ぎと云, した遊園地, した重み, した雨風, した風貌, してる, しない, しなかった, しよう, しテバイ人, し再び, し敢, し轅, すべきであり自ら典型, すべて彼の, すみれが, すること, するは, するわけ, する事, する叢, する気味合, する粗, する豪農, すわり両脚, せし武男, せず小気味よく, せず未来, せむか, そこに, その果して, その瓶, その蒼い, それを, たくわえた一人, ただ食べ, だが骨組, ぢて, つて来る, つめ寄る, ところどころに, とりかこんで, なく曲つて, なさざるもの, なされ, なしまた, なすとも, なすのみ, なすや, なす何等, なす理, なす説又一は, なったという, なった金井一角, なにか取り出したらしい, ならべて, なり無い, なるやう, のぼりまた, はいれる程, ひとつ浮かびました, ふるえたの, ふ枯山, ほく太平洋, ほほゑまれた, みえ我, みゆる靈, むとによつて時のちが, もち上がっ, やった時, やられて, よその, よろこびを, わが邦, われわれが, ソファの, バットに, ホールの, ワラ山の, 一つよろける, 一つ農家が, 一人浮出した, 一大決戦を, 一杯やろう, 一瞥むつと, 一言では, 三藏と, 上半身を, 上眼づかひ, 下の, 世の, 両手で, 並んだいぬ, 並んだ温泉, 乗りだしたが, 乳を, 二ツに, 云い人類学派, 云うかすか, 云うほう, 云う音, 云つてオランダぜ, 云は, 云ふこ, 云へど, 人々に, 人影が, 仙台河岸へ, 伏せて, 会議室の, 伝へたいといふ, 何か, 信じて, 信ずる事, 倒れる音, 優しく唖娘, 光ってる小さな, 光る, 入ったもの, 入れて, 入江の, 其手許を, 冬の, 出すと, 出來ごと, 切った髪の毛, 切り落し曹休, 切るの, 切れた彼, 列んで, 刺し入れた, 前後に, 創世記一の, 動かすよう, 動き苔, 匂うて, 包んで, 北へ, 十冊近くも, 博士の, 印象の, 参って, 又同じ, 取れその, 古註, 叫ぶ時, 合う山羊, 同じもの, 吸いますその, 吹聴したかつた, 告白し, 呷ると, 命じたので, 咽喉まで, 啣え, 喜悦斜めならず, 嗜みとを, 噛みながら, 噛んで, 四角に, 土を, 坊主頭へ, 坐りこみました, 坐り残り, 垂れた一, 士気すでに, 外れて, 夜具の, 大いに明るい, 大きく伸び育つた, 大らかで, 大胡座, 太い眉, 女から, 女郎買を, 姿の, 孔を, 安里を, 室へ, 寄りて, 寐物語りを, 寢れよ, 小さき鼻, 少しは, 尖つた枝, 居眠りしました, 崩れたビル, 州太の, 差し込んだ, 帽子をか, 床に, 建つて, 引き被, 弛んだ帶, 彼の, 彼思へるなるべし, 後架の, 御入来, 微笑まれた, 心も, 忍んで, 思いきりが, 思う, 思しく和歌, 思はしめたる漢詩文, 思はれなば, 思ひその, 思ひ給, 思ふもの二, 思へ, 思惟する, 悲痛慷慨せる, 意ふ, 感じた, 感ぜられた, 懐紙に, 成つた木材に, 手の甲を, 手首に, 抃舞したる, 投げ出した, 投出すと, 抱きとめたの, 押へ, 持ち込んで, 捨てて, 探照灯が, 提灯を, 揺って, 撥ねて, 擦って, 擲りつけた, 支度も, 数万年後の, 文壇の, 断じた, 断ち切られて, 断れた思い, 新しいもの, 旅の, 早朝顔を, 明瞭に, 晴耕雨読その, 暗さ, 曰ふべし, 書けるの, 束ねて, 来ては, 東へ, 枝を, 極まり且つ, 横目で, 止まって, 此方を, 歩いたもの, 歩行き出す, 歸る, 死骸の, 殴りつけると, 殺すが, 気づいて, 水面に, 決心を, 泊って, 洗濯物を, 浮いた, 浮かんで, 浮び上, 浸って, 涙を, 湯女が, 滑りぐちゃりと, 滯留致すべし, 濃い鼻筋, 瀬戸の, 炊て, 点頭かる, 為すの, 為れり目, 焼け失せて, 煤と, 照り漂ふ, 燈籠切籠を, 物淋しいのに, 犬の, 王曰く善哉それ貞潔は, 生温い空氣, 申さば, 申し上げねば, 男の, 當り, 痛まぬ程, 白い眼, 白く置い, 的中あまつさえ, 目が, 目近に, 眉根を, 眺め入って, 睨みま, 砂に, 破れて, 社会的環境の, 私は, 穴の, 窓際の, 立ち上がると, 立つたので, 立上り音せぬ, 竹を, 笑つてゐる, 笑ひました, 筆太に, 答えた, 答える勇気, 箏を, 糖黍を, 納つたのである, 組合ったまま, 絶えて, 締りなく, 繁って, 置かれた, 美しい五色, 考えて, 考ふる, 耳まで, 聞いたらさだめし, 聞える, 聞くに, 聞しゆゑ一度, 肥えて, 背向きに, 胸をけ, 脇息から, 腰かけて, 臥して, 自信を, 自然に, 自身の, 船頭は, 色着いた, 荷物は, 落して, 落ちたが, 落ちはじめたの, 落雁の, 蒲團に, 蓋し彼, 薬戸棚を, 融合する, 表の, 袖に, 被りました, 西瓜の, 見えたり, 見えだした, 見せたの, 見た三角形, 見ました, 見よ, 見るとも, 見做す, 見流しただけで, 覚えたり, 観察し, 解けたの, 言い伝う, 言うべきである, 言ったが, 言って, 言はる, 言わんばかりの, 託し八使, 記憶に, 診察室に, 話して, 話そう, 認識した, 説けば, 諸軍, 謂う者, 譽れの, 貫一は, 赤く成つた提灯, 起きた処, 起き上がると, 起き返つて, 起ちかけた, 足許を, 身に, 身分を, 辷った, 辷る柄, 通じたとは, 進み, 運転する, 遣って, 酔いが, 重い味, 銃声も, 長い顎, 開けて, 降ろした, 際立つて, 雖この, 雖他日能文の, 雖所謂惡税は, 雖秀峯直ちに, 雖雲は, 雲が, 霧が, 青く悲しき夏, 静かな, 面, 音の, 頬を, 頭へ, 額ぎわまで, 飛び下りた, 食って, 飲みはじめた, 首尾よく, 骨から, 體を, 髯剃, 鳴きはじめるかの, 鳴らした, 麥のうね, 黒いの, 默り込ん, 點つて居た

▼ り~ (2343, 7.7%)

16 やうな, ように 13 中に 11 ような 10 やうに, 事に 9 男は 8 人が, 惡い, 手を, 手拭を, 間に 7 い, 男の, 金を 6 ために, ないやう, 中から 5 ないこと, 上に, 下から, 命の, 嬉しさ, 快樂, 男が, 遲き, 間は

4 [16件] ことに, ないもの, ま, ものだ, 中で, 人は, 女の, 家の, 時に, 時は, 村の, 歸り, 美しさ, 血を, 雨が, 風が

3 [29件] あること, しない樣子, なかの, もので, ものを, よくない, 下に, 事と, 人の, 夢を, 幅の, 所に, 手の, 手紙を, 方へ, 月が, 歌を, 永遠性, 瀑が, 物を, 玉之助は, 目は, 空地が, 者は, 自動車の, 船が, 船は, 言葉を, 酒を

2 [169件] ありさ, あるお, いのちがけの, うちに, お味噌, お礼を, ことが, ことだつた, ことを, そこらの, つもりで, ない僕, ない朋輩, ない群衆, なかで, なかに, まへに, ものに, ものは, やう, よい当時, ようであった, ノオルド・エキスプレスに, 一人で, 一人の, 上へ, 中を, 事で, 二ツは, 二十日許り, 人々が, 人に, 人数が, 仕事を, 仕度を, 俗に, 借りた金, 停車場所在地に, 切符も, 動く群, 句を, 土が, 土の, 地に, 坊さんの, 坑夫に, 場所を, 声が, 声であり, 夏の, 夜に, 大地に, 女を, 女中は, 娘共は, 子供が, 子供は, 客の, 家に, 幌かけ, 年に, 底に, 後には, 御懷, 意氣な, 戸外の, 所へ, 手拭ひ, 文明的な, 文章を, 斜面には, 新しい三十二面刷, 新しい出席簿, 新築の, 方に, 方の, 方を, 日は, 明るい吊, 星が, 春の, 時だ, 時です, 時には, 時も, 月影に, 朝日に, 松の, 板敷に, 板敷を, 桑畑は, 森の, 森林を, 様な, 模様に, 武士は, 水が, 水を, 汽車の, 泥濘を, 濡れた古, 為に, 無いこと, 片割月が, 犬の, 玉之助の, 田植の, 男女, 番兵だ, 眺め, 眼の, 石垣が, 石塊の, 破れ障子がらり, 硝子を, 社な, 私の, 秋の, 程も, 穴を, 立派な, 竹煮, 米五升, 米搗男が, 級の, 者に, 職人が, 自分は, 色を, 芋掘りには, 芥溜わきに, 花の, 花は, 花を, 茄子の, 草の, 薄光, 裡に, 親切を, 評論の, 話の, 話を, 調子で, 道, 道である, 道を, 遲い, 遲く, 酒が, 醜女の, 里に, 里の, 野川が, 野菜畑で, 金子を, 間の, 間を, 間座には, 難局に, 雨, 雨に, 雨を, 電車の, 響を, 頃早く, 頭に, 顔も, 高さ, 髪の毛を

1 [1645件 抜粋] あいだ毎日の, あったこと, あもの, ありし日, あるふかい, あるゆうべ, ある人, ある滝野川, ある象牙, いい顔, うそ, うちつ, うまさ, おそくお, おめかけ, お北, お歳暮, か, かさえもわからないらしかった, かわいた磧, くちの, ことだ, ことも, こまかな, ごときである, さびしいす, した林, した樽柿, した道路, しなかつた亭主, する列車不通, せつどこやらの, その広い, それを, たが, たつ道路, ため最前屏風の, っしり悠々, つかない事, つき今日, つみとも, できぬ素性, ですが, ところで, ないきれい, ないよう, ない他人, ない小さい声, ない意識, ない所, ない本音, ない現状, ない肉, ない英雄的, ない赤心, ない食慾, なかつた形, ならぬ身分, ねったの, はげしくゆれる, はつきりした, びんせんに, ぶっつり切った, へんに, ぼろぎれを, まぶしさ, まま武士に, もう何うに, ものばかり, もの一切自身でととの, やからで, よい大, よい芝生, よい黒光り, ようにさえ, わるい首, を送っ, ギゴチない, サアヴィスと, シヤツや, ステイシヨンまで, ツネに, ハイカラ書生などを, ヒルの, ポコポコする, 一つを, 一册は, 一千七百萬は, 一方だけ, 一瓶は, 一老人始め, 一部を, 三兩は, 三宗も, 上から, 上御, 下で, 不審さに, 世じゃ, 並んだ二脚, 中へ, 丸を, 事の, 事一寸申候, 二分は, 二味が, 二者之を, 人, 人たちに, 人らしい, 人力車に, 人数を, 人足が, 人間である, 仕度が, 仕業とも, 仰せつもり, 件数九十七ヵ所, 伯父の, 住居の, 何某, 作品の, 例の, 修法は, 偶作で, 傷が, 儀は, 元の, 兄弟が, 先は, 光り, 兒童が, 八丁艪の, 兵さんが, 其月堂鶯谷宗匠です, 内には, 写真屋を, 出來の, 分量が, 刑に, 制服を, 前畑, 力で, 動きを, 勞は, 勿躰な, 化身の, 千兩は, 升田は, 半職業人, 印象や, 原則は, 原義は, 友人を, 口惜き, 古い美術品, 古生層の, 可笑しさ, 同勢八人の, 名を, 名人倉松地上三間あまりの, 吹き降りである, 呪詞播磨風土記の, 命に, 品の, 哲学者メ, 唐紙を, 商家が, 喜びは, 喝采で, 嚴重な, 固い層, 土に, 土堤山畑の, 土砂が, 地が, 坂が, 型通りの, 場は, 塩水を, 壁ぎはに, 壯者に, 外客整備に, 多いの, 多人数に, 夜店などで, 大きな岩山, 大きな背中, 大入道を, 大地の, 大滿月位, 大部分, 太刀先から, 契に, 女, 女の子を, 女児と, 女給二人に, 女達とは, 奴らを, 好さ, 妹だった, 姪を, 婆さんが, 子を, 子供を, 孟宗が, 學生, 定宿にて, 客も, 室です, 家では, 宿りを, 寒風が, 小さいホテル, 小さな銀杏, 小商人, 小布が, 小突起, 小遣銭が, 小都會, 小鳥も, 少年の, 居間に, 屋根を, 山を, 山氣が, 岩壁の, 川柳, 差である, 席で, 平仮名文で, 年増左よりは, 広い処, 度に, 庭と, 廊下で, 廿五兩を以て, 強いこと, 当日不, 役です, 往還を, 後は, 後天の, 御仁體です, 微妙な, 必要な, 思いが, 思ひ入れ, 怪しい奴, 恐ろしさ, 悦びの, 悪い識者, 悪さ, 情景が, 惡田を, 意義の, 感じは, 懸崖に, 或客, 所と, 手に, 手引きを, 手拭の, 手蔓を, 拍子木と, 指さきで, 掛合など, 放胆さ嶄新さが, 教も, 文体を, 文字で, 新しい音色, 新鮮な, 方にも, 旅仕度だ, 旅客傘を, 日, 日を, 早いの, 明るさ, 時だつた, 時日は, 時間を, 景色に, 書店で, 最肝要, 有無を, 期間は, 木の葉が, 木戸は, 材木や, 村雲だ, 来客に, 松下岩男という, 枝を, 枳殼垣越しに, 桐の, 棚ツ尻剩へ, 様なれ, 模範的な, 橋の, 歌や, 正面に, 武装した, 歸りなり, 殺風景な, 気分と, 氣持で, 水潦が, 水銀を, 汽船に, 沼地や, 泥と, 活字は, 流れて, 深いヨ, 深かった, 清い水, 滑らかな, 漁師を, 激しい驟雨, 火を, 灰色な, 為の, 烏帽子白丁の, 無い樣子, 無分別に, 無限性に, 燒傷の, 父なりと, 牡丹餅を, 物凄まじい光景, 状に, 狩屋の, 猫柳の, 玉之助でした, 環境とを, 用は, 田地は, 男で, 男も, 男女に, 町が, 留置場の, 畳建具を, 病氣に, 白い手拭, 白無垢を, 百味だ, 百姓家に, 盟は, 目配した, 看板かけむ, 眞砂路に, 眩さ, 着流しに, 知れない鼠色, 石段を, 砂の, 砂目である, 神が, 神様見たい, 禮を, 稽古を, 穴へ, 空の, 突起が, 窓格子は, 立工夫を, 端で, 筋を, 節も, 粗いもの, 粟飯を, 紅葉を, 紙銭へも, 組の, 結繩乾枯びた薔薇などを, 絹ごろもを, 緒が, 縄が, 群が, 義が, 老人を, 老莊, 者で, 者を, 耳は, 肥大な, 肩の, 肩越しに, 胡麻塩頭を, 脇指にて, 膝を, 自己紹介だった, 臭を, 與八の, 良い方, 色気ある, 芋茎の, 花あり, 花びらが, 若いきれい, 若い者, 若者だつた, 苦痛を, 茶漬けを, 草は, 荷物が, 菎蒻に, 葉, 葉を, 蒟蒻と, 蓮は, 薄汚ない, 藪に, 處よりも, 蛙も, 行水盥と, 袖も, 裏の, 見える家, 覺束無き, 言葉に, 言葉の, 記載を, 詔旨, 詩物語が, 話と, 語から, 語調では, 談判を, 警官を, 護摩壇が, 豪屁を, 賠償額三等は, 赤黒い土, 趣が, 足どり怪しく, 足ギクリ, 跡なども, 跡を, 路用として, 身の上話で, 身體の, 轉調演者の, 返事を, 送別会を, 途中暴れ馬が, 連中は, 進藤孫三郎の, 道が, 道でなけれ, 道中が, 違つた空気と, 部下と共に, 都を, 配置とか, 里で, 野暮つたさに, 金の, 金六十兩餘も, 金廿四兩を, 鉄は, 鋏持たせられし, 長い綱, 長屋へ, 開き扉から, 間先づ十風の, 間田舍言葉で, 闇太郎だ, 附髷や, 陰と, 隙間を, 集りの, 雨の, 雪だるま作らへられ, 電場では, 電車賃が, 霜を, 青畳を, 面倒を, 音は, 頑丈そうな, 頭でつかちだ, 頭を, 願望の, 飛行機が, 餅である, 馬場に, 騒擾が, 高慢さで, 髪は, 髯を, 魔術的設備と, 魚軒と, 鳥屋から, 黒い布, 黒土は

▼ り~ (2338, 7.7%)

76 なって 57 して 21 なつて 19 なつた 17 なるの 13 なりました 12 なると 10 けり, なったの, 文藝的な 7 択って 6 なる, 撰って 5 手を, 離れて 4 なった, ふれて, 人に, 人の, 出て, 法服を, 私の

3 [30件] した, しては, しても, する, つながれたるやう, どこかへ, なった時, なるもの, なる時, まみれて, わざ, 之を, 人を, 人間の, 口に, 子供とて, 彼の, 心を, 急に, 散って, 書いて, 来たの, 来て, 歩いて, 當る, 皺を, 興奮し, 行くこと, 行くところ, 連れて

2 [119件] あげて, ありついたん, ある繁華, いづ, けりきびしく, けりな, これを, したところ, したる, すると, その日, だよ, つけて, とまる鴉, なったから, なったまま, なつたら, なつてる, ならないの, ならなけや, なりながら, なりましたよ, なりましても, なります, なりませんか, なり半分, なるか, なるから, なるところ, なるまで, なるやう, なる外, なる方, なれば, 一つより, 一杯奢る, 一行の, 不信任動議を, 乞食どもが, 云はれ, 他の, 他人の, 住んで, 何も, 公衆と, 別れて, 劫初の, 喜んで, 四十男の, 多くの, 夜の, 子供が, 寄りたかつて, 小さかつ, 尻端折り, 平氣, 廣く, 延びて, 形式論理を, 我れ, 撰った, 撰り, 日の, 曲りて, 有名な, 来たこと, 来たと, 来たん, 権威を, 気を, 法制の, 注意し, 消えて, 消して, 涙ぐんだが, 涵, 生きて, 男女の, 當つた, 目を, 直ぐも, 知ること, 私は, 空漠である, 繞った, 義雄は, 聞えて, 肥えて, 肥った男, 腰を, 自己の, 自慢し, 行かうと, 行かねば, 行きては, 行くの, 行つた, 見ると, 角兵衞の, 言うの, 話したこと, 話して, 議院政略の, 變つた, 買つて來て, 起って, 身を, 遁げる, 選んで, 酒を, 鐘楼あり, 雀まぎるる, 集って, 雨さへ, 面白半分, 頭が, 顧せ, 首筋白, 馳った

1 [1708件 抜粋] あえいで, あたつ, あとの, あらずやと, ありその, あるだけ, あるの, ある深夜, いくならこんな, いって, いろんな人, おなり, おみつ, お前の, お房, かかったこと, かかる女房, かける彼, かような, きかされたら全く, くければ, ぐいとこじ上げ, けり福寿草, この大まか, この解釋, これ等が, さう答, させて, され礎石, したの, したらきっと, した奴, した痕, した鉄板, しとや, しようじゃ, しろ男, し呉, すな, するおつもり, するの, する時, せよ, そうで, そしてまた距離, その庇, その生命, それが, そろそろと, たかり見て, ちよいと, ちりそめて, つけつ, つひ朝, つらかりし, どこへとも, なし壹岐殿坂, なったそう, なったとか, なったもの, なったわね, なった一群, なった兄さん, なった密航団, なった老舗, なってしか, なってる群集, なつたり, ならないぢ, ならぬうち, ならば, なりかけて, なりすぐ, なりたい点, なりは, なりましたこ, なりましたね, なりましたらお, なりましてね, なりますね, なりませう, なり旦那, なるがね, なるでせうか, なるには, なるん, なる二週間, なる肉類, なれないの, なろうと, ねじ切って, はつきりとして, ひどく驚いた, ふとった水へび, ぶつかる感じ, ほだされた夫人, まかせて, まだ火, まみれた本所, まみれ勝ち, みだりが, めしあがりますの, もしそれ, やってきた, ゆくと, よく見える, わかり過ぎて, わがおも, わやわや人声, キッカケが, サタンが, シーンと, バガウトフと, ベルナルドオに, ホッと, 一同を, 一應許容した, 一歩も, 一緒に, 三十八人と, 下で, 下りる, 不審と, 不思議なる, 両手を, 中や, 之れ, 乳色に, 予の, 二人は, 云う, 云拔んと, 交游に, 京都で, 人夫は, 人為を, 人間的に, 他人に, 代へらる, 伸びて, 似て, 何とかいふ, 何べ, 何処かへ, 來たんだ, 來ませう, 依って, 俗衆の, 俺が, 候へ, 値する生活, 僕が, 儒學の, 充ち亘った美しい, 入る可ら, 全官感, 公平は, 兵器を, 其事のみ, 其素朴性を, 円座を, 冷い, 冷たく餘, 凸凹し, 出すと, 出るの, 出來, 出掛けた, 分からぬ事, 分れる日, 切つ, 別れた六歌仙, 劇しく, 力を, 勇んで, 勤労奉仕に, 北海道廳の, 半分だけ, 厳しくことわられ, 参りました訳, 友達と, 口でも, 古い時代, 吃度, 吉原へ, 君とは, 吝嗇だ, 吹, 吾, 呶鳴った, 呼んだの, 咲く撫子, 唐桟の, 啓蒙的で, 單純で, 嘉禄二年を以て, 噛る, 嚴急な, 四五人の, 図柄を, 土佐堀の, 坊さんに, 城内へ, 堂々たる, 塗れた, 境界と, 変って, 外へ, 外國人が, 多い, 多きに, 多く書く, 多毛性でも, 夢かと, 大きく白, 大きな渦まき, 大和巡りも, 大袈裟に, 天幕を, 太鼓を, 奇怪なる, 奥へ, 奴隷では, 始末の, 娶ること, 安ん, 実益の, 容易く目, 寄る邊, 寒きに, 対外対社会的な, 射部, 對手の, 小さくて, 小犬の, 少し猫背, 尨大なり, 居なくな, 山田谷へ, 崩さぬため, 巧妙なる, 帰って, 常識すぎる, 平凡で, 年の, 幾度も, 底が, 延びた濃い, 廻り始めた, 引続い, 弱過ぎた, 当ったが, 彼処を, 彼等の, 後戻りし, 御氣, 御難儀, 心弱きを, 怒りすぎたため, 思ひやりの, 急激で, 怪しければ, 息を, 悲慘である, 情なし, 意外なる, 慌て, 憎々しいやり, 憤つて, 戀しう, 成って, 成つて居る, 成るまで, 戦がまけて, 戻るよう, 扉を, 手拭を, 打倒れ, 批評を, 抜き上げた帽子, 押へ, 持つ椀, 捜り寄っ, 掛かりかえって, 採取する, 措大の, 握り締めつつ, 撫で上げて, 支倉を, 政黨を, 教會へ, 敷居を, 新を, 新聞の, 旋る, 早いこと, 早くやつ, 明かです, 明るく騒がしい二階, 明白なる, 映えて, 是非沼津, 晩年の, 暇が, 暗黒の, 更にロダン先生, 書き立てるよう, 未熟にも, 来たなどという, 来た奴, 来ました私, 東洋の, 格子を, 棄てたおぼえは, 権力の, 欠点を, 止つてゐる, 正直過ぎた, 歯を, 殘念物の, 母ちやんと, 気づいたの, 永く世話, 汚れて, 沈欝なる, 沸って, 泊に, 泣き崩れた, 浅葱の, 深いこと, 深くかがやく, 深く耀き, 深刻餘り, 清く餘, 渇いて, 湯島の, 滅却し去り, 漁りつくされたかたち, 激しく疲れた, 火が, 点頭いて, 無念で, 無爲, 無聊期と, 焦って, 焼けた鉄デッキ, 煩さい, 煮詰められた用語, 熾烈なる, 牛肉を, 特殊で, 狐猿を, 現れたの, 球突塲へ, 甘い一種, 生えます, 甦る, 由らず自己, 男と, 町家の, 番町の, 異つて, 當つて, 當つて置いた, 疑問として, 痩せたりき, 登り來, 百貨店へ, 監房へ, 相成可, 眞しや, 眞正直らしい, 着用せず, 瞻った, 短かい人, 砂嚢おく, 礼拝し, 神聖だ, 私党を, 秋の, 移り氣, 積極的刺戟的に, 突然だつた, 突然に, 窓に, 立ち去った, 立寄って, 立腹する, 筒袖の, 箭を, 簡略に, 精細に, 素氣なく, 細まり何事か, 結束を, 經世的に, 罪なき, 置き忘れられたよう, 翅を, 翻訳する, 老成に, 肥った女, 肺病だ, 胸が, 脆くし, 腰に, 自ら行政権に, 自分に, 自然を, 舞踏の, 色んな餘計, 若しと, 菓子屋へ, 董其昌の, 蒼み, 虐げ, 蛇坂で, 蠻性の, 行かない若者, 行きましたが, 行くもの, 行く深山, 行ったとき, 行つ, 行つても, 袖打ちかけし, 複雜に, 西洋の, 覆われて, 見えたこと, 見かけたん, 見たが, 見ゆ, 見兼, 見馴れて, 覺束なげなる, 解決が, 言ひ足らなかつた, 訊いて, 詫まっ, 話し合う声, 説明した, 謎と, 譯しすぎる, 讚めちぎり, 貧しい, 貰ひ, 買物を, 贅口を, 趣味とも, 足拵を, 身分の, 軟く, 輕少だ, 輕視する, 迂遠なる, 近く明瞭に, 近く見た, 近處, 追憶談を, 逃げまわるの, 逃亡した, 這入給, 連れ立つて, 進行いた, 過ぎなかつた, 道義を, 遠く懸隔, 遣せしが, 都會を, 重々しく彼, 重なり合いながら, 重過ぎる, 鋭い悲痛, 長いので, 長羅, 間接に, 附して, 限定された, 陰氣に, 隠しの, 集つて來る, 雜駁に, 雲を, 露骨に, 非ず, 面白おかしく, 順を, 頼みましたから, 顛倒し, 飽きた人々, 饒舌り出した, 馳けて, 駈け付けます, 騒ぎて, 高い煙突, 高く餘, 高過ぎる, 麹町の, 黴臭い

▼ り~ (2126, 7.0%)

13 これを 10 我を 7 見れば 6 人の, 我に, 手を 4 以て, 夢の, 彼の, 病を, 過ぎ行く夢

3 [25件] いふやう, これに, とられしそ, ますかも, われに, われは, 一種の, 之を, 來る, 元の, 大に, 媼は, 彼は, 彼を, 待てり, 我れ, 我等を, 我面を, 曰く, 死す, 死骸を, 汝の, 目を, 神の, 馬に

2 [111件] いた, お役目, こられた比較, これでも, ころもに, その面, そばに, のち寺に, もって, やり度, わが家の, わが目, エリスが, トロイアの, 一年うち通しの, 一時ここに, 之に, 云ふ, 人を, 今に, 今の, 他の, 住けり, 何か, 何を, 何時舊の, 余を, 侯を, 侵かし, 兩軍の, 公使の, 其夜は, 前に, 力を, 加減が, 口を, 口笛を, 右の, 君を, 図書室に, 在り, 天を, 夫れ, 女児を, 女子の, 如何と, 完了せられたる, 宮中に, 家に, 家路に, 小さき身躰, 居れば, 己を, 床に, 庭を, 彼が, 後も, 想像力に, 我は, 投げ飛ばし, 捨て, 政治的活動を, 敵將の, 斉しく廻る, 新に, 日を, 朝日にか, 東海に, 楽器の, 歌ひ, 此の, 歸路に, 洵に, 流れも, 海の, 灼くが, 物に, 異な色, 白し, 眺むれ, 睦みつ, 立つ, 腰を, 自分の, 自分を, 興じ合, 艪が, 茫然たる, 茶を, 藤本信如と, 蜘蛛の, 衆の, 行くか, 衣服を, 表の, 裸男を, 襁褓縫ひたりし, 見えしが, 言へば, 詩人の, 賛美の, 超然主義を, 足は, 逍遙子は, 遥に, 都下の, 鏡を, 集合せる, 雲の, 頻りに一同, 驅け

1 [1761件 抜粋] あたりを, あやしく我心, ありし襖, いうなるかた, いかなる文言, いづくに, いと, いなんて, いふ汝等, いまは, いよ, うるは, えと思っ, おそろしき呑噬爭奪, おのづか, お光, お常忠八, お辰さ, かくいひしなら, かしこに, かの人, きぬ娘娘廟, こうして, この問題, この底, この瀧, こぼる, さうし, さっと通り抜け, さて頭, さらさらと, しは, すな, そこに, その反抗, その失, その御, その殿, その生命, その社会, その隆昌衰頽, たぢろ, たるめり奉納, つき纒, どうしよう, ぬりご, はじめて其の, ひるのけたふへて, ふ月, まこと, また上に, まだ返さず, まづベアトリーチェ, みづから, むや, ものの, やまざるもの, ゆく, ようやくに, よみける, より公子, より母, より猶お, わが小, わが故郷, わが霊魂, われを, ゐたり, アイア, アキリュウスを, アートレ, エを, クレオソート三嚢を, タクシーで, ダンテの, テク, トロイア落城の, パトロクロスに, フルヘッヘンドを, ヘクトール更に, マカオーン同じく共に, レスアマへ, ヴェネツィア灣に, 一々其名, 一の, 一伍一什を, 一宿を, 一波の, 一町毎に, 一禮する, 一行の, 七右衞門を, 上代の, 下りぬ, 下れる, 不正の, 且叫び且走る, 両側の, 主を, 主觀的分子, 乙字を, 争ふべから, 二つの, 二度香椎へ, 云うと, 亡友の, 京都まで, 人並に, 人波打てる, 今は, 今日の, 仕へ, 他に, 以上諸家の, 伏せと, 休息せよ, 伸上れ, 住み悪行, 佐保山の神を, 何ぞこれ, 何時とも, 余の, 來し, 例の, 信あり, 個人的に, 倶に, 傍に, 僧の, 兄弟の, 先の, 光り輝いて, 全く下界, 兩岸これが, 公平なる, 共にす, 其の上, 其の折物語, 其事を以て, 其愛子は, 其河下に, 其筋に, 其道一向に, 内部より, 再び市人, 再選を, 凡九十里とも, 出る五時頃, 出入の, 切に懇願, 判斷を, 到處, 前部を, 勇士らは, 動き出す, 匍匐い, 十兵衞を, 半は, 半成品, 南湖に, 即ち地民, 却て, 去たり, 又搜, 又直に, 取て, 口の, 古を, 叫喚は, 右手には, 吉之助を, 同居仕, 君亡き, 否そ, 味も, 咲き揃いたる藤, 售れ, 善なる, 囘答を, 四海に, 國境の, 園内の, 土間へ, 垣に, 堪ふ可, 壁に, 声を, 夕間暮遠く, 外方を, 多大の, 夜に, 大きなる, 大事とる, 大勢徒黨し, 大殿を, 大藤の, 天よりの, 天神丸の, 夫の, 失せぬ, 奉らんとて, 女の, 女子懇親会を, 妙なる, 始めて私権, 姫の, 嫉みの, 安寝しなさぬ, 宮は, 容体穏なれ, 寒暄の, 寢たれ, 対面の, 對面を, 小さき身体, 小事に, 小鐘声, 居たり, 居ぬ全く, 居も, 居るさま, 居る所, 居諸を, 山々紫に, 山風寒し, 岨道を, 崩れたまえるなり, 川面を, 己ま, 市を, 帝国ホテルに, 帰附し, 平伏なす, 幸手宿に, 庇を, 廂より, 建文に, 強いて纔, 彦兵衞悴なる, 役人を, 彼らは, 彼男に, 往返せる, 後なる, 後今又, 後善人, 後悔し, 得がたき幸福, 御世話, 御關所, 心の, 心落つ, 忠兵衞に, 怜しや, 思ひ合, 急度申聞, 怱忙と, 息絶え, 悲哀戯曲外に, 惜別の, 想ひ, 愁ふ, 慇懃に, 憂はしげに, 懺悔の, 成れり己, 我が家を, 我が神經, 我前を, 我等が, 我頭を, 或一物, 戰は, 房戸に, 手に, 手持無沙汰に, 打たんと, 投げ飛ばす, 拉き去りつ, 捉え得るいかなる, 控へ, 揮毫を, 支持す, 政党の, 政順わ, 敵と, 數年を, 断崖より, 新代に, 旅路の, 日は, 日頃説ける, 早稻田文學, 明なる, 明月高く, 星かとばかり, 時計の, 晩に, 暫く彼, 暴威を, 曰く吾已に, 曰ふ, 書き初めるもの, 最も小額, 最も盛ん, 朝廷のと, 木枯嵐の, 未だ忘れず, 朽ちざるに, 来て, 杯酌に, 東海の, 松浦郡値嘉島の, 板橋驛に, 柴野栗山大和に, 桶の, 棄つるが, 樣子知りたき, 次に弟, 歎くも, 歡樂を, 正造は, 此場に, 此旨を, 此濠を, 武士なる, 歸りぬ, 死すとも, 死居る, 母を, 毒水を, 氣は, 水と, 水路三里那珂川を, 汚い水, 汝等の, 江戸桜盛りの, 沒理想を, 油紙の, 泣くを, 流涕し, 浮萍の, 消えて, 深谷の, 渾沌を, 湧くが, 満々と, 演劇の, 濡るる, 火を, 無理に, 煙の, 熟, 燕王に, 爪を, 父が, 爾し, 物も, 犇き, 狂呼す, 猶豫, 獨り, 現在父の, 甘美清, 生活する, 申せば, 留守番せり, 疲れ果て, 疵所を, 發せられた, 白き腕, 白熱する, 白雪の, 皆, 皮骨連立した, 直に立ち出, 相州に, 相談致すべし, 真面目の, 眺めて, 睡眠をもよ, 矢放た, 破り棄て給, 確徴を, 祖竜遂に, 神国日本へ, 禽獣稀に, 私を, 稍, 穢れ級, 空向ける, 穿たしむ, 立ちても, 立ち去った, 立てる一少年, 端嚴の, 第二, 第四回, 米子に, 終に御, 継母と, 縄の, 罪を, 美き, 義盛の, 翌年の, 聖明を, 聞くに, 肉に, 背後なる, 胸に, 能く, 脚下に, 膝を, 自ら物を, 自暴自棄の, 臭気紛々として, 舞台に, 色も, 若旦那の, 苦しめむ, 菖蒲売る, 落ち縁先には, 薪に, 藤の, 蠣求め, 行くに, 行李を, 衣の, 補填し, 襲ぎ受く, 見えつ隱れつ, 見まするに, 見よ思慮, 見下ろせば, 視る事, 親戚の, 言はく, 記憶と, 訴訟の, 語らんと, 語る樣, 説きて, 調布に, 諸國, 諾は, 豫め引を, 賞玩する, 走る者, 跡に, 踊るも, 蹈舞せし, 軍船さして, 轉居の, 近く側に, 追, 退き居り, 逃ぐ, 逃れ渡り, 透し見れば, 通ぜざるとき, 連出し身, 遁る, 遊戯談笑自由自在の, 過してさえ, 遠き族, 遠景を, 那良の, 都の, 酔態を, 重井と, 金色に, 銕丸を, 鎌倉に, 長兵衞并, 門の, 降る雨, 陣笠連と, 陰気也, 隙間なき, 雙の, 電, 青みな, 非常なる, 須坂を, 頬の, 飛び去りたま, 飜譯の, 飢を, 餘り, 香以を, 駕籠の, 骨に, 高さ二丈, 魔と, 鳥の, 鵝の, 鷲の, 黒き船, 黙坐し

▼ り~ (1598, 5.3%)

145 して 23 待つて 20 した 17 りに 16 しました 13 りは 11 つけて, 取って 10 あげて 9 しながら 7 とって, り, りの, 立てて 6 したり, すると, つづけて, 入れて 5 したの, する, もって, もつて, 挙げて, 結んで, 見て 4 した男, 持って, 越えて

3 [21件] おいて, かけて, くれて, くれました, されて, したま, たてて, 下げて, 始めた, 待ち受けて, 忘れて, 擧げて, 有つ, 渡して, 生じて, 考へて, 見せて, 許して, 読んで, 谷中の, 返して

2 [89件] あけて, あげると, お詠み, かなぐり捨て悪童ども, かぶって, させて, されたが, しいとは, したまま, したもの, した上, した中年, した大男, した家, した遊び人風, します, しみんな, すること, するのに, するやう, つけようと, とった, なくしまた, なして, はじめた, はじめたの, はじめました, はらって, もつの, やるん, りふいと, り人, り候, 一本入れました, 上げた, 上げて, 上げながら, 今度は, 仕掛けて, 何時と, 作って, 保つて, 傷ける, 入れます, 入れると, 入れるやう, 其角に, 加えて, 取ると, 取るの, 取れと, 受けて, 含み理, 吹いて, 喰は, 失つた人間の, 好くする, 待ちながら, 待つた, 得て, 感じた, 持つと, 指して, 指の, 描いて, 書いた, 次の, 殘り, 気に, 求めて, 消した, 爲し, 生じたるなりき, 用うる, 私が, 私の, 結ぶに, 絶って, 繰返したがるの, 置いて, 脱して, 見せながら, 言は, 言ふてやる, 読んだ彼, 走つて, 起せ, 蹴立て, 避けて

1 [983件 抜粋] あくまでも把持, あげたら萬, あげに, あげるか, あげ激しい, あそばさねば, いうて, いそいで, いたしますよ, うけたから, うち呉佩孚, うるさそう, おぼえた結果, おろして, お急ぎ, お目, かけた, かけると, かこんで, かすかに, かねて, かぶり湿った空気, きいたよう, くって, くれてから, くれるが, ぐるぐる廻り, こしらえて, こすつて, こめた静か, こめて, ごらんに, さがして, させたの, させられた, されたので, しいま, しお前, したお店者, したこの, したため爪バン, したまま顎, した一人, した人, した大入道, した奧木茂之助, した姉, した屈強, した後詰め, した意氣, した方, した汽船, した町人風, した親父, した銀次, した錢形平次, しつ, しないで, しないの, しない約束, しなかったらなった筈, しに, しましたが, しましたよ, しようと, し乍ら, し戸口, し精女, し紺看板, し過ぎて, す, すっかり自分, すますと, するが, するため, するついで, するところ, するには, するよう, する何, する哲学, する娘, する時, する父, する醫者, ずるずる辷り流し, そうです, そこから, たがいに, たてながら, たのしみに, ため森閑, ちょいと, つかみだすの, つきあげれば, つくして, つけた男, つけなければ, つけると, つけるべき時機, つげたの, つとめたの, つとめるの, つとめ上げた日本, とったが, とつて, とらして, とらなければ, とり友人間, ながめだした, なさいまし, なさるけどさ, なすって, なるべくはつきり, なんしける, ねらって, のみこんで, はこんで, はじめて, はじめましたが, はつきり感じ, ばつさりやらかし, ふきとばして, ふみしめあるいは, ふみしめること, べらべらやる, まして, みせては, みつけて, みんな喰べて, むすびついに, もう梅雨頃, もちそれ, もち得るため, もつた老人, もとめて, もはやなんらの, やかましくいふ, やめず一つ喰, やめて, やらうと, やる, やれないの, ゆびさしました, よく眺めた, らず, りあ, りある, りかれの, りこんな, りしろく, りたが, りまじる薄, りもれし君, りバス, り交つて, り体, り光り大人しく, り勝利, り君, り唯, り姉, り封建的, り山百合, り彼, り悲鳴, り掘りだして, り新聞, り映る, り植物園, り欄干, り浮びただよ, り濁る貧し, り父親, り生じ候, り立留つて, り繰返した, り老人, り自分, り落ちて, り見ゆるのみにて, り訪ねて, り赤く, り鈍き, り頓狂, り飜つて, り鳴らす鉦, わたして, デブ腹の, ポケツトに, 一しほ, 一つくれる, 一つ見舞われ, 一回だけ, 一寸解い, 一杯含ん, 丁ど, 上げる, 上る人, 不可能なら, 並べて, 主張した, 二本より, 云つた, 云は, 云ひけれ, 互ひ, 人々に, 今か, 仕るの, 付けなかったの, 仰いだ水夫, 休めない, 何に, 作へては, 來て, 保ち, 保つだけ, 傳へた最も, 傷つけるもの, 傷つけ日本人, 先づこ, 入れた, 入れるん, 円く舞う, 凍らせたか, 出して, 出來, 出迎, 制え, 刻んで, 剥いだはずみ, 加へたと, 勤めた, 包んで, 医したいと, 半周し, 卷き返すの, 厭ふ, 参考に, 取った馬子, 取つて, 取りかこみ被害地, 取り卷いて, 取り手拭い, 取るもの, 取れえ, 取締て, 受け一三二七年, 口に, 叩いた, 叩いて, 可致由誓紙, 右に, 含んだ土塊, 呉れた, 呑み込んで, 呼び留めて, 啜つた, 喜美子に, 喰はせろ, 固くする, 堅持し, 夢みながら, 大きく歓び, 失つた, 失はずこ, 女は, 如実に, 始めたり, 始めました, 姑息なる, 学ぶとは, 宣房も, 尋ねて, 小作男, 差上げたくも一杯きり, 巻き返すの, 年ごとに, 床の, 底に, 引き摺つた, 形ばかりの, 待ちしは, 待ち伏せして, 待って, 待つの, 待つ可愛い, 待つ迄も, 待んと, 得意として, 微行で, 心配し, 忘れムク, 思い浮べて, 急いで, 急がれて, 急ぐ途, 悉く皆, 惜しみながら, 惜ませ, 想い出させる, 意識し, 感じて, 感じ言葉, 慌しく呼寄せ, 懸けて, 戴く事, 打ち仰向, 打つては, 打破し, 払つ, 承った左部彦次郎, 投げる, 投げ込んで, 押えたもん, 押戻す, 担うこと, 拾って, 持たないよう, 持たなけりゃいけない, 持ち歸ら, 持った人, 持った赤, 持つた下, 持つて, 持つ黒い, 指で, 振ってや, 振り廻らすなり, 捨てると, 捲き上げて, 授ける呪言, 排した堂々たる, 探して, 推す音, 掻きあつめ幾册, 描き得るの, 搜しました, 搜つて菊坂の, 搜索し, 撫でた, 撮る, 文壇にも, 断つたり, 新八郎, 施した一つ小箱, 春の, 曲げて, 書いた籔, 有って, 枕の, 棄てたも, 森の, 楽しんで, 様々な, 横綴に, 次第に小さく, 止めた筈, 正して, 歩いたり, 殆ん, 殘し, 殘すのみ, 池の, 洩らしてから, 浴びた大型, 浴びた足もと, 浴びて, 浴びなけりゃならないん, 消さうとして, 深くし, 測らず私部小室, 湯元で, 濶歩した, 点けて, 為して, 焚きその, 無視した, 熔し, 片腕に, 生涯の, 用ゐよう, 申すやと, 申ぞと, 申な, 申上げる, 男の, 畫いた, 病監に, 発さしめやがて, 発見し, 白状させ, 直し長い, 直訴しよう, 真直に, 眼も, 睡むそうに, 知って, 知つてゐた, 知らず半, 知らなかったと, 知らんの, 破壊しなけれ, 祈って, 私は, 立てるよう, 立て並べて, 競つて樂しんだ, 竹冠り, 糺せば, 約二トン, 経て, 結びましょうや, 結ぶという, 結ぶ御身, 結んだの, 結んでは, 給うたうえ, 絶ち分らぬ理窟, 絶つも, 絶てりと, 經た, 継ぎ足したので, 続けたが, 繞り, 續けた爲に, 續けて, 考えて, 聞いて, 聞きひたすら, 聽い, 自ら棄て去り, 自由に, 自覚せず, 致して, 致しますが, 致し予て, 良くし, 葉子は, 薄く揚げ出す, 行った, 表象し得る, 裂いて, 要求する, 見ず夜陰, 見つけて, 見てさ, 見ま, 見れば, 見付出されては, 見廻した, 見得るので, 見続けること, 見詰めて, 觀光した, 言うて, 言ひ, 言や, 言わねば, 許された, 話して, 認めこれ, 読んだやう, 調べに, 貰ひ, 費した訳, 超えて, 跳び廻る犬, 踏み躙られたやう, 蹴散らして, 身近く感じ, 迎へて, 述べ我々, 連れて, 運行する, 過しけるが, 過した時, 遠くに, 避けながら, 金に, 鉢金に, 附けようとして, 附け度, 隈なく, 隠して, 集めて, 離れて, 音を, 頬張ったが, 願いたいもの, 願つ, 願はんと, 願ふ, 風に, 飛び始めた, 食うの, 飮み, 駈け廻って, 默殺せよ

▼ り~ (841, 2.8%)

21 ある 20 ない 13 して 11 あつた 10 なかつた 9 あること, あるの 7 あると 6 あった 5 あるもの, 付いて, 出來, 無い, 遲い 4 あつて, あるだらう, あれば, ついて

3 [16件] あって, あるかも, たけれど, つ, ついた, ないから, ないと, ないの, なかった, なくて, なければ, 出て, 惡く, 私の, 立つと, 遲く

2 [37件] あっても, ありさ, ありそう, あります, ありますから, ありませんが, あるが, あるって, あるので, あるん, しやしまいし, ちらほらし, できて, ないでも, なかつたの, ぼんやり白い, ましいこと, わるいの, 上がって, 云った, 付かないため, 動いて, 口の, 急に, 惡い, 手に, 早からう, 気を, 消えて, 深くて, 無いこと, 無いもの, 煙の, 見えた, 見える, 途中で, 遅い

1 [572件 抜粋] あったか, あったかも, あったが, あったって, あったの, あったので, あったら住みよい, あつて扉, あの湖, あらう, あらば, ありさうな, ありすぎて, ありその, ありそれから, ありましたか, ありません, ありやや, あり人, あり相, あるか, あるかね, あるから, あるだけ, あるだらうと, あるだらう生, あるという, あるといふ, あるとか, あるならば, あるに, あるまい, あるよう, あるわけ, ある以上, ある筈, あろう, あろうとは, あんまり過ぎ, いいぐらいに, いいよう, いひました, うす暗い空, お前が, かえって変態的, かすかに, きみにも, きられて, この部屋, こはれおち, こびり付いて, ころころと, こんなにまあ御苦労, ござるか, さりと少, さんらんたる, し, したかと, したの, しっとりと, しないつまり, しなくて, しにくい, しばしばある, しばらく中天, しました, します, しみて, しや, すぐ出, するやう, すんで, ずっと眼, せぬ, せぬ渠, そこでは, そのはし, それと, それの, それを, たし毎, たつと, たまって, たるんで, たんと巣, ついたが, ついてるん, つかないじゃ, つかないので, つかなかった, つかなかったでは, つかなくな, つかなくなる怪我人, つかぬ, つきません, つく, つくだらう, つくと, つくに, つくべきであると, つくよう, つづいたので, つづきました, つづきもう, つよくで, てら外國文學, できたよう, できなかった, とうごぜ, とまりただ, とろとろと, どうして出来た, どしんと, どっしりと, ないかを, ないため, ないだらう, ないで, ないといふ, ないので, ないのみ, ないばかり, ないよと, ない雨戸, なかつたこと, なかつたり, なくなつた, なく今晩千兩箱, なく今朝八時過ぎ, なく時には, なく晝, なく着物, なく遂に, なさすぎますよ, にぶく光っ, はいつて, はやって, はりの, ばたばた生き, ぱちぱちと, ひき続い, ひっそり立っ, ひとつドデンと, ほんの少, ましいいや, ましいと, ましいの, ましい了見, ましい凋, ましい処, ましい子守女, ましい気, ましい物, ましき戯れ事, ましき類, ましゅう, ますますその, またうたわせられる, まだ煙り, まぶしい光, むさくるしく軒, むずかしくなっ, めぐまれた日, もうすぐ山懷, もの狂おしく見えた, もろ刃の, やってきて, やをらと, よくて, よく四肢, よすぎ, よろしくない, わたしに, わるくては, われわれの, カイちゃんの, ガラスの, ガラス戸の, ギツシリと, スタッセン英国大使様御, スッと, チカッと, チラチラと, ドッと, バサリと, 一つほしゅう, 一つ二つ自分の, 一つ入っ, 一つ雪団子が, 一人かくれ, 一入しんと冴え返る, 一時間も, 一本, 一本据ゑてあつて赤ちやんを, 一瞬電撃の, 一羽十一羽の, 一重の, 三十人ほど, 三粒附い, 下がる, 不夜城の, 不愉快に, 不連續的, 不遠慮, 並んで, 乗っかって, 二つあった, 二つ三つ立て続けに, 二つ浮い, 二つ置かれ, 二三人無駄話を, 二人の, 互いの, 五六百兩ある, 五時近かっ, 五色の, 交わされた, 人の, 今の, 今めかしく輝き渡つた, 今よりも, 付いたと, 付いたの, 付かないだろうという, 付かなくって, 付かなくつて, 付きさ, 付きさうな, 付きませう御免, 付くかも, 代表的な, 何うなる, 何かを, 何より好き, 何処までも, 何等かの, 余り利き過ぎた, 保たれるの, 保てると, 俳諧の, 傘止めの, 催された, 傷つけられるとでも, 僕の, 優しい僻歌, 先頃から, 光線の, 入るの, 八段目の, 円朝の, 出ると, 出来て, 出来ないので, 出来なくては, 出来れば, 分るか, 切りに, 勃然として, 動く, 十二年続い, 十風の, 卓子の, 即ち京風, 厚くた, 古市の, 可成長, 吊る, 同じ樣, 喉に, 噴き出さうだつたの, 四種五種列べ, 堅い様, 墜落し, 壁で, 夏草の, 多い, 多い今日はいち, 多かつ, 多少新た, 夜の, 夜櫻見物と, 大きいので, 大切心持の, 大変お, 夫人には, 好い, 好いので, 好きで, 始まった, 寂しくなる, 射して, 小さいの, 小さな輪, 少しも, 少し明るい, 少し見られる, 少なければ, 屑屋の, 山襞, 岬の, 川の, 左右四方から, 巻き返して, 常の, 強いぞ, 強さ, 強すぎやしません, 強ひ, 弾丸の, 彼に, 彼等の, 待たれた, 御座いまして, 御座いますが, 復活し, 心持ち色調を, 恋しくなる, 息に, 悉くわれわれ, 悪いところ, 悪いん, 悪るかった, 情景を, 惜しまれて, 惜まれた, 惡るく, 意気てえ, 感じられる福慈, 戻ったよう, 打ち続いたならば, 掌に, 撃つたの, 支那史學に, 敵塁の, 文學者では, 斧で, 断続し, 早いです, 明るい燈火, 明るくされ, 映って, 時々現れる, 暮して, 書いて, 最も完全, 有者かと, 本当に純潔, 来たか, 柔かで, 樹の, 次第に小さく, 歌の, 残って, 殖えて, 汗の, 決して自慢, 沈黙した, 波の, 泥んこだ, 洩れてる所, 流行り現に, 浅くなる, 浮いて, 浮きだした, 浮んで, 深い, 深かった, 深くなる, 深く広, 済んで, 湧いて, 湯氣の, 澪, 濛々と, 濛として, 濟ま, 火を, 灯って, 点々と, 烈しいからと, 無いさ, 無いとしても, 無いの, 無いわけ, 無いん, 無い方, 無かったら, 無かつ, 無く却つて自分, 煮え上がりましたが, 熊右が, 爆発し, 物思ひ, 猛然と拡がつ, 猫の, 甚だ好い, 生きるもの, 生れるの, 甲乙なく, 痛んで, 皆子供の, 目當て, 眞ツ平で, 真白で, 真黒く下っ, 眼前の, 矜り, 神の, 秀吉と, 私である, 私を, 秘められて, 積つてゐます, 積み上げられたその, 立たないのに, 立とうという, 立御免の, 笑たり, 糸を, 終えると, 絶えず白い, 義雄の, 翻って, 聞える, 肩を, 胸の, 胸へ, 膚に, 自由であれ, 舞いあがって, 良いから, 良いせゐ, 花の, 芽を, 荒れて, 薄の, 薄黄色く, 蜒って, 蜘蛛の, 蝶の, 表はれ, 西の, 西洋風の, 見えそう, 見えて, 見え右手, 解けたよう, 触った, 言って, 読売新聞紙上に, 誰の, 赤く映え, 赤とも, 赧茶けた畳の, 足許に, 軈て雪, 込み上げて, 逃げさったあと, 逃げたあと, 通ります, 通行人の, 遅々として, 道ばたまで, 違ひます, 違ふ, 遠いから, 遲いから, 遲いからと, 遲いけ, 遲いといふ, 遲いんださうです, 醸みし, 重って, 重なり合ったもの, 鉄骨から, 長くな, 開かれた, 開かれるたび, 降りか, 降るほど, 限りなく, 除れた, 難儀だ, 電柱に, 霧の, 青い空, 静かに, 面倒だの, 頗る悪い, 頭の, 風も, 飛びこんで, 飛び出して, 飛び込んでるだし, 飛んだ, 食い残されて, 騷ぐやうに手古奈は, 高い崖, 黙々として, 龍ちゃんと

▼ り~ (749, 2.5%)

26 ないの 24 ない 20 ありませんか 12 ありません 11 ないか 10 ございませんか 8 しないかと 7 しない 5 しませんか, なかつたの, 無いの 4 ないが, ないと, なかった, なかつた, 御座いません 3 ありませんが, ございません, しなかつた, しません, せぬ, 夜に, 無いか, 無かつ

2 [49件] ありませんね, ありませんよ, あるかい, あるまい, あるまいが, したが, して, しないか, しないそんなに, しないの, すまいか, すまいかと, するが, せぬかと, ただ寂しく, たて二尺五六寸, つきましたか, どうし, ないかね, ないだらうか, ないので, ないよう, ない筈, なきやと, なけれど, 一同に, 云った, 例の, 大抵娘盛り, 女の, 妻と, 家の, 寄ると, 少し鬱陶しい, 山に, 御座いませんか, 御座なく, 急に, 懷手の, 此石の, 母さんが, 水を, 渡りの, 無い, 無いが, 無き筈, 眼を, 青きつけ, 顔を

1 [474件] あすに, あの頃俺, あまりの, あらじ, ありますよ, ありませぬか, ありませんから, ありやしない, あり書付, あるか, あるでせう, あるの, あるまいね, いちいちに, いよいよこわく, いるくら, うたうこと, うんとあります, おそくなる, おなじところ, お勝手元勘定方, お吉, お屋敷外, かの娘, きて, きりきりと, ぐれた, このリスト, これからどうなる, これくらいとして, こんなもの, こんな時, ございませんでした, ございません父, ござるまいか, ごすとて, さういふ, さし示す, さつき教壇を, しっかりと, しては, しないから, しないが, しないでしょうね, しないと, しないといふ, しないので, しないよ, しない容子, しなかった, しなかったが, しなかったに, しなかったの, しなかつたけれど, しねえ, しまいか, しましたものの, しませぬ, しませんやね, しませんわね, しません電車, じっとし, すっかり暗く, すつかり, すべての, すべて無, すまい, するに, すれ, せじ, せず, せぬぞよ, せぬの, せむ, そのあと, そのうち, そのよう, その場所, それぎり離れ離れに, そんなに怒つた, たしか九月, たつた一つ, たつの, たとえそれ, たのしかつ, たまらなく咽喉, だか, ぢめた, ついたの, つかず考えれば, つかねえ, つくだらう, できました, できる, どうしても十一時過ぎ, どうして垣, どうです, どうなるであろう, どこかに, どこかの, どこの, ないかと, ないかといふ, ないからといふ, ないさ, ないし, ないぜ, ないで, ないなんて, ないね, ないやう, ないよ, ないん, なかつたか, なかつたし, なかつた樣, なかなかするどい, なからう, なくあの, なくこの, なくつて, なく八五郎, なく名, なく曲者, なく濡れ鼠, なく老, なく腹, なく開けて, なされぬは, なしあと, なしたやう, なして, なす言葉, なれば, なんともいえない, ぬる三, ねえが, ねえつてこと, ねえ体操, ねる微笑, はてじはな, ふいと, まことに興味深い, まこと耳に, まだそこ, まだ湿っ, まつて, まるでわが, みんな若いやすっぽい, むしろ二つ, もう非常, もつと, やはりに, やめられないな, やめる気, よくな, よこ, よして, ろばろと, わかきう, わたくし一人の, わるく風通し, アングルを, ショウが, ドウセ夜に, ナニクソッと, パチパチ降つ, パッタリと, マッチを, ワルツの, 一つも, 一人旅に, 一分金それから, 一寸したしもた, 一層つよく, 一日の, 一杯のんだ, 一瞬ごとに, 一間の, 丁度火災, 三人で, 三号の, 三島で, 三日の, 上りに, 下がって, 下手人の, 乘り, 乳に, 二三日と, 云えまいよ, 云へ, 人格的生として, 仕方が, 他の, 付いたか, 付いたつもり, 付いたで, 付いたの, 付きましたかい, 以上の, 仲冬の, 何か, 何かと問, 何によ, 何ゆゑに, 何んにも, 何處かの, 何處に, 依然として表象, 僅かに, 全く絶え果てた, 全然ない, 八に, 其神に, 出して, 出しぬけに, 出来ない, 出来なかった, 出来ぬなり, 別な, 別路を, 前述の, 前金で, 加茂川に, 助けて, 動きも, 動乱する, 十八あるべき, 卑弥呼の, 原本では, 又三年, 双方が, 可笑しくて, 同じこと, 吾れ, 和歌を, 喜右衛門尉が, 嘘だ, 変らない上機嫌, 夏やせの, 多くの, 多勢の, 夜ごと独占, 夜の, 夢にも見た, 夢の, 夥しいよう, 大小名, 大抵夜なか, 奧の, 好まなかつたから, 如何とも, 如何なるかたち, 嫋々と, 宜しくても, 実にオツ, 小さなごり, 少いの, 少しざらつい, 少し欝陶, 少し鬱陶し, 少時問はず我我は, 少時問わず, 居られない, 居るまい人, 島田三郎, 左, 帝都として, 常に寛大, 幾代餅か, 廣小路あたりの, 弟も, 当方も, 彼の, 往來の, 往来から, 後藤の, 得られなかつた, 御世始めの, 御座いませんかと, 御座いませんが, 御座いません決して, 御座りませぬ, 微笑し, 心配し, 必ず何もの, 必要以上に, 忍び入る, 忘れも, 思はれない, 思ひがけ, 思ひの, 怪しからぬ, 恍れし, 恐い, 恐ろしく厳重, 情けなく切れ, 我身みづか, 或は一夕, 打ち出歩りか, 持たなかっただろう, 持って, 探したらうな, 搜した, 敵を, 數寄を, 断りました, 明日子が, 明神下の, 是れ, 時々意見, 普遍的で, 有まじ, 有ると, 朝鮮公使の, 未だ数年, 未だ試みられ, 来意を, 松助の, 松本雄次郎右は, 根本が, 森として, 極めて淡い, 樂ぢや, 次第, 次第にほぐれる, 次第に高く, 止められない, 此方から, 殆ん, 残して, 残つてる, 殘つてる, 段々消え, 母にも, 河童には, 注射し, 派閥を, 浄瑠璃坂の, 浅瀬の, 浚えられ新しい, 浮世の, 消えかかって, 深い植込み, 深く藩閥者流, 済みました, 演る, 灯い, 無いし, 無いで, 無いと, 無えへ, 無くお金, 無くなった, 無く町方, 無ささうである, 無言の, 無論その, 無論拡, 熟れた果実, 爺さんの, 牛を, 独学に, 狹い, 王子へ, 珍らしや, 現実的には, 生きて, 生れて, 申し上ず私し生, 申し分なかつた, 申上ず, 申上ませぬ, 町役人に, 白山下で, 百合子を, 皆川樣, 盆までに, 直接性において, 省いて, 看護服ばかり, 知れて, 短く思はれる, 石原の, 破裂し, 確然と, 神妙に, 神宮と, 私が, 私は, 私を, 立に, 笹子峠の, 紅くつり上がっ, 素敵に, 終日沈黙し, 組みかへ, 組み合ったまま本堂, 経って, 絶対で, 練塀か, 考えたよりも, 肉親の, 腰高障子を, 自分が, 自分も, 自然と, 自然貸切の, 致さぬと, 致しません, 芝居と, 芝草に, 茶室を, 草木生茂りし, 蓄へて, 薄くも, 藍紙中, 蛭子の, 行は, 行はるべく, 袷の, 裏口から, 觀光客の, 言つて居られます, 許さんぞ, 誰が, 誰一人微傷だ, 諸国の, 變ぢや, 贋物である, 赤とも, 赤紙内, 連山峨々たる, 遊びに, 運動場を, 道を以て, 道路に, 遲か, 遲く, 酒屋から, 金華山の, 鏡に, 鑛毒問題から, 長くは, 長兄の, 長野に, 離ればなれに, 雨が, 雲雨に, 零に, 青年同士の, 静かな, 靜か, 面白い現象, 頂上より, 頑丈な, 顔料や, 飲食によつ, 馬鹿, 駄目な, 驚かぬ身, 鬼子母神の, 鮮か, 鳥けもの, 鳥でも, 麗しくきらめく, 黒い水, 黒くて, 默つて居る, 黙りこみその間, 黙阿弥の, 鼠の, 8とな

▼ りながら~ (531, 1.8%)

7 言った 5 私は 4 はら, 言つた 3 東京へ, 私の

2 [22件] いった, これを, すすめも, それを, ぢつと, 下腹を, 二時間の, 云った, 嬉しそう, 少年らしい, 彼の, 急に, 新聞を, 東京の, 歩いて, 比較的冷やか, 片手を, 確かに, 立って, 良秀の, 追っかけて, 鞄を

1 [461件] あがって, あたいが, あの人, あまりあなた, いくらかずつの, いつた, いつまでも, うなずいて, おくご, おなじく埃, おのずから同じ, おもしろさうに, お前を, お品, お品はずッ, お待ちなさい, お節に, お通りすぎ, お附合五六軒, かう一, かれこれ一年近く, げら, こういっ, こう云った, こつぷ酒, この大木, この感じ, この踏切, こんどは, こんな事, こんな立話, ごぶさたしました, さすがに, さて読後ふり, さも自分, さりげなく, しかも逆, しきりに考えた, じっとお立ち, じっと私, じれ, すぐ止んでしまつた, せつせ, そいつを, そこから, そこに, そちらへ, そっと庭, そつと, その, そのすがすがしい, その中, その人, その位, その低い, その半面, その友人, その問題, その忙しい, その推理, その教会, その日暮し, その阿呆陀経, それでもそっと, そろ, たった一度, ちよつと, つ, ついに一言医者, つい話頭, どこそこの, どなった, なおしばらく, はじめて落ちついた, はらはらし, ひと休みした, ひらりひらりと, ぴったり振, ふとその, ふらりふらりと, ぽかり, ぽろぽろ泣い, またぶらぶら, また學校, まるで催眠術, もう一度, もう一度ぐるり部屋, もう一度降り, やや人, ゆつくり歩い, アマゾン奥地の, イワン, カニューレの, ギリリと, グッと, サアと, ジット時計の, セルギウスの, ツイホロホロと, ニコニコと, パンを, ポケットから, ミツキイの, メチャメチャに, ラジオの, ランプの, 一つ一つ差しくべ, 一人づゝ子供の, 一人讀み, 一刻の, 一寸後向い, 一度人身, 一心に, 一方に, 一目に, 一箸ごとに, 三人の, 三吉は, 下歯, 不安な, 不漁の, 久しく果たす, 九時近くやっと, 事もなげに, 二三度声を, 二人で, 二幕目に, 享樂し, 人と, 人込の, 人間を, 仄暗い, 今まで, 他の, 令嬢たちは, 仰しゃることが変, 仰る, 件の, 伸子の, 何が, 何ものかを, 何一つ思い出せない, 何事か, 何度も, 何時迄, 余は, 作品とも, 俳道修行に, 俺の, 側へは, 傍に, 先き, 先刻から, 入口から, 全然別々, 内儀さんの, 冴えない顔, 冷酒を, 凉しい, 凝つと, 出陣までの, 分を, 初めから, 初めて富岡, 動揺めいた, 北村は, 半平は, 印度人を, 又倒れた, 反って, 叔父さんに, 取りまいて, 叫ぶよう, 叫ぶ使部, 叫んだ, 合品を, 同一く, 同情し, 向島に, 君を, 咄嗟の, 唄を, 啼き叫んだ, 善く書け, 国につれ, 坐り込んで, 声を, 夜と, 夜深更まで, 夢の, 夢中で, 夢中に, 大きい声, 大人しく遊ん, 大型の, 大急ぎで, 大沼喜三郎は, 大波小波か, 大長谷の, 夫と, 奔走した, 女の子の, 妹の, 妻は, 姉さんの, 孫玄孫への, 客と, 寛斎が, 寝返りを, 導いて, 小さな青服, 小歌では, 小石を, 尾根に, 山荘を, 岸に, 島住居の, 川下へ, 左右なく, 左右を, 席に, 帯の, 帯を, 帰つた, 帰を, 帰庵した, 年寄達は, 床の, 座を, 強いて安心, 彼と, 彼は, 彼女は, 彼等の, 往きますこの, 後から, 後には, 後ろの, 後肢で, 後退りに, 御位, 御本腹, 御自分, 復た, 心の, 心身ともに, 忘れて, 思はず, 思はず下, 思ふた, 思ふ心, 急勾配, 恒夫の, 恣に, 悠長な, 悲鳴を, 慌てて, 憎悪の, 憎態, 憤死した, 戊己庚辛壬癸の, 我が君主, 扇を, 手で, 手も, 手紙の, 手足を, 折ふし地方遊説など, 押し寄せた, 拇指と, 拔足に, 振り返って, 攀じ上ると, 政どんが, 斯申せし, 旅雁の, 既に用, 早速御, 時々溜息, 時としてふと何, 普通の, 晴れた日, 晴れ晴れと, 暫くは, 暫く翡翠色, 暫時無言で, 暫時話す, 暫時雑談今日は, 更に上, 更に佐分利, 朝顏の, 木の葉の, 本を, 来る, 東京も, 東西に, 松の, 林の, 樣, 横たわって, 横道へ, 機銃を, 次々の, 次の, 此宿を, 此程召捕, 歩いた, 歩かうと, 歩きしに, 歩きはじめた, 歩くこと, 歩くまで, 歸る, 歸を, 殆ど一人の, 母に, 母へ, 気がついた, 気の, 氷菓子を, 沿海の, 津の, 流れてるかも, 流れる煙, 海陸二百五十里を, 消えて, 涙を, 涼むもの, 深い考, 深刻な, 湯ばかり, 溌剌として, 溪から, 漸くの, 火星の, 烈しく顔, 烟るやう, 無暗, 無造作に, 然り, 煙草を, 父様が, 狂うん, 狭い山稜, 猥雑な, 猫に, 珍しく自省的, 現われて, 町を, 登つた, 皀莢坂の, 皆の, 目に, 目も, 目を, 真面目に, 瞑目し, 砂の, 私を, 私達の, 種々な, 笑った, 笑つた, 笠置山の, 第三矢, 笹に, 答えた, 答へ, 紅白の, 細い小路, 紺地に, 結婚という, 絶えず微笑ん, 絶望した, 続々と, 緊張しき, 縁台の, 縫物を, 老夫婦, 考えて, 耳元へ, 聞いた, 聴聞を, 肝腎の, 背向きに, 脚を, 腕組を, 腰を, 腹の, 臺所から, 舎で, 舟に, 艙口の, 蔓に, 虫の, 血ぶるいする, 行ったり, 裏梯子から, 裾を, 見て, 見れば, 親の, 言い出した, 言葉せ, 言葉を, 訊いた, 話した, 話しつ, 話して, 談笑し, 走った, 走って, 跣足ですた, 踊るの, 踏台を, 躄り寄って, 身を, 軽々と足, 輪を, 辛うじて何事, 近付いて, 返事を, 追っかけた, 逢っては, 進んだ, 進んで, 遊びつづけること, 道を, 遠くに, 遠くを, 遠慮勝に, 酒を, 金盥を, 長い間, 閑静に, 闇を, 阿賀妻は, 降参し, 陶然と, 階下の, 雪の, 雫を, 雲を, 雷に, 雷の, 霧に, 霧の, 青竜刀の, 静に, 靜かな, 靴跡を, 頼り無い, 額と, 顔と, 顔色だけは, 飛ぶよう, 飛んで, 馬を, 騒いで, 高慢らしい, 鷹狩の

▼ り~ (385, 1.3%)

18 ありません 5 しないで, ない 4 ないもの 3 あらう, ありませんが, ございませんでした, ないの, ないので

2 [38件] ありませんか, かういふ共感, したし, したの, して, しなかった, しよう, するだろう, せずに, できて, ないが, ないと, ない人, なかつた, なく六月, なしかと, なしと, なりません, やはり嫁入り前, 上に, 不問語を, 何か, 取らずに, 唯一人で, 唯九ヶ月の, 坑道の, 密, 御座いません, 明瞭と, 構内の, 無いと, 物思ひ, 貯金してる, 身動きを, 過ぎてからだつたらうか, 隔つた某, 青森へ, 首うなだれ

1 [262件] あった, あって, あらうよ, あらんと, あり, ありそれ, ありませんでした, ありませんよ, ある, あるには, あるの, あるまい, あるまいが, ある上, ある筈, あれば, あろう, あろうかと, いへなかつた善良, いやよ, うるさいし, おもむろに下がっ, かういふ輩, きせちなし, けむるばかり, こうし, これ有る, ころころと, されまじ何, したり, したりけ, しないが, しないこと, しないのに, しない動作, しなかった瞼, しなかつた, しねえで, しませんが, しようが, する, すると, ずいぶんながらくおや, せずしたがって, せず主婦, せず干乾びもせず, せず疲れ, せにや, せぬうち, せぬ男, せねば, せん心は, そちこち歩い, それからそれ, たてぬ, だゆる, ぢつてころころ, つかなかつたの, つかぬので, つきさうに, できず一生涯, できましょう, とかずに, ないこと, ないところ, ないやう, ないよそごと, ない一皿, ない乾き, ない夫妻, ない心境, ない正確さ, ない社会, ない私事, ない自分, ない隣り, なかった, なかつたと, なかつたの, なき客, なき由, なく今朝小僧, なく内, なく唯, なく喉佛, なく夜半過ぎ, なく夢, なく大層御機嫌, なく存在, なく店, なく恐れ入って, なく應, なく支配所, なく無限, なく血, なく進みます, なく養子園江金次郎, なさらないで, なさらなかつたし, なし, ならず薄暗がり, ならぬ紅毛碧眼, ひたつて, まだ一粒, みんなその, むしろますますか, もちたいで, やらぬ花嫁行列, ゆすれる, よいし, ようだ, よくなかつた, 一つ進ん, 下げて, 下の田の, 云わないで, 交って, 付きさ, 付くで, 付くわけ, 仮寝を, 何も, 使は, 來て, 保養し, 假寢を, 儚き昔, 入れて, 入院した, 出て, 出よ時鳥, 出來, 切らぬ灰燼, 前に, 勤續され, 十ヶ月かかる, 十四五なる, 単なる矜, 取らず何やら, 同様是に関する, 同道なり, 含みは, 和やかに, 商用てえ, 四千円近くか, 夏の, 多くなる, 大がら, 大切であった, 女が, 好う御座ん, 小鼻も, 少々お, 少々立つ, 居て, 差上げなかったのに, 干上る時弟, 床に, 引ッ吊れる, 強い力, 彼の, 待って, 律儀に, 後れて, 御座いませう, 心細けれ亡き人, 心配も, 怠って, 悪くは, 惑ひもない, 感ぜないまでに, 手伝つて人目を, 折り伏して, 択って, 拂つては, 挽けた利助, 捲いた狹, 斯うし, 旅行しました, 早いし, 早かろう, 是有ば, 暑い夏, 最上先生の, 有ける, 有ぬべし只今, 有ば, 有んと, 来て, 東劇休憩室に, 楽土の, 気に, 沈むかの, 深くて, 湧き立たぬほど, 滯らば, 滯在し, 灌漑の, 無い, 無いが, 無いは, 無い樣子, 無かつ, 無くはらり, 無く倒れる, 熱を, 猟師も, 瑞気の, 甘露蜜で, 生命がけ, 畔道にて, 直さず坪内君, 直ちに之, 眞砂町の, 眞黒な, 真砂町の, 真黒な, 着物を, 睨みつけて, 知れぬ広い, 立ず, 結んで, 絶えた兩國橋, 經つて兄弟とも, 続きこの, 罪の, 美しきも, 群がる鳥, 股引も, 致させん, 行き又, 行つた, 行われて, 要領を, 話し込んだ上, 語り古された, 赤味も, 走りしに, 身が, 轉が, 退たり, 通らねえ隨分氣, 過しけるに, 遲いが歸つてから, 酷さ, 重なれば, 鎗持たる, 隣の, 雄々しい武者, 雜談に, 雨上りの, 静かに, 音を, 飾りも, 餘程變つて居つた, 馳け, 高いよう, 高徳寺は, 麥煎餅を, 麦煎餅を, 麹町の, 黒かつ

▼ り~ (258, 0.9%)

14 なり 7 程に 6 やと

2 [13件] がこの, がわし, が淋し, こうしてその, すぎる訪問客, てるん, なるべし, なる同じ, やらりと, 今日の, 処光り, 居れば, 時に天皇

1 [205件] あれなる, いか, おのれが, お兼, お話しにて, かばお梅, が, がこれ, がごと一日, がその, がはらはら, がふと, がむす, がやがて, がジエンナロ, がマルタ饗応, が一里瀧, が今, が休息, が俄然, が傳吉之, が友次郎, が如き, が寥廓, が当時東京, が思へ, が急, が時, が曳く, が泰然, が為め, が熊, が男, が當歳, が終に, が翌朝, が腫, が身, が長三郎, が頷く, こうしてこの, こうして今, こうして拙劣, こうして政府, これも, ごとき芳之助, ささやきばかり, さても, その日, それこそ, ぞっと足元, たくっても, たつて, たといへる, ちゃいられないの, ちやつてよ, ちやゐられない, つかりした返事, つかれた, づけかるかも, づけき峰, てたぢろ, てたひと, てた私, てても, てらしつて, てらつし, てるの, てるも, ときわが, なに必ず, ならば, ならむ, ならめ, ならん, なりけり, なりと, なり今, なり今日, なり其後樣子, なり其節弟十兵衞朝未明, なり其頃, なり又, なり彼等, なり御, なり扨, なり是非, なり此儀, なり馬車, なるべく, なる可, はじめました, はじめる, ませんわ, まるで別, もてあそびの, や, やれたこと, よりこの, より世, より以降斯, より器械, より多く, より後, より早々支度, 一人は, 一勇士, 一座も, 一歳半の, 一緒に, 世に心, 主從二人, 予等皆其の, 二人が, 二人の, 二人は, 二人を, 何でもかんでも舶来, 余と, 共最初小夜衣, 処, 初めた, 又何かしら, 双刀を, 唯継, 四萬餘騎餘五將軍の, 大井川の, 大切の, 如くさし, 如く墨染め, 如く慈善, 如く青き, 如し, 妙念の, 妙源は, 始末も, 始末公儀を, 學校教員らしき, 宇治の, 小西屋で, 少しの, 己れ, 庄太郎に, 彼れ, 後藤半四郎秀國は, 慌て, 我が身は, 打漏され, 指折り数うれ, 故なり此度, 故にやすく, 故に此節, 故乞食, 故今左仲, 故兄弟久々, 故兵助, 故取, 故心落付き草臥出し, 故怪敷, 故用右衞門肝, 故跡, 数人の, 新尼, 昨日の, 時にシモエース, 時に中, 時に扶助, 時に遊客, 未通女子, 村井長庵高手小手に, 来て, 松が枝も, 柴田めも, 梅咲に, 梅枝は, 樣子故, 次第に候, 湯川の, 満枝, 潜りの, 瀧口が, 由これでも, 留守の, 留守中に, 真裸体, 程の, 立つは, 立花左仲は, 篠田は, 絡んでか, 自分の, 若駒, 解も, 貫一は, 蹶き給, 近いもの, 途中にて, 途中吉原堤にて, 途中汽車の, 途中鈴が森と, 野島は, 金四十錢を, 金子百五十兩を, 金庫に, 麥の

▼ り~ (237, 0.8%)

28 のこと 2110 の事 7 ぢや 5 ですよ 4 だが, である, になつ, のやう, の人間, よ 3 さ, だと

2 [18件] だお前, ださうです, だといふ, だとも, であらう, でございます, です, ではない, にもまして, に一度, に新築社屋, に生きた, に盛岡, に竹山, に行きました, のことぢ, の話, を行く

1 [100件] かも知れん, から道樂, こ, だお, だか, だそんな, だつたの, だね, だのに, だよ, だらう一度, だ世, だ俺, だ十歳, だ夜中, だ女郎屋, だ手紙, だ畜生, だ臍, だ酒, だ馬鹿野郎, ての園咲, であった十時, でしかない, でしよう, ですが, ですわ, でせう, でもあなた, で一町内, で伊勢屋さん, とみえ, と同じ, と考へ, と言, なこと, なの, なので, なやう, なら廿六, な約束, な顏, にて難儀, には相思, にも來, にも来た, に先づ代作, に出した, に劒沢, に妻, に帰つた, に本郷, に歸つた, に田, に簡單, に親父, に過ぎ去つた, に龜, のある, のこつちや, のことみたい, のすこしも, のところ, のはなしぢ, のもの, のシヤツポ, の事ぢ, の兄妹, の天草商事, の客, の島原, の晩夜中, の書き出し, の東都, の樣, の熱病, の獨逸行, の看板, の腦髓, の葉, の調子, の返事, の顏つき, は可, は地球, は山中, へ出た, へ抜けた, また一人, やない, やろが, よそんなに, より善く, よ油斷, を暢, 占者に, 東京の, 過ぎます, 過ぎること, 髮を

▼ りその~ (196, 0.6%)

53 ために, 上に 2 前後大凡源之助の, 晩は, 水口に, 湯を, 細い茎, 解決は

1 [173件] あさみどり, あたりだけ, あたりの, うしろはるかに, くせ伝来の, くせ同時に, ことによ, ころは, さまさながら, さま失へる, さま身を, それ弾の, ためその, とほる, ひとりトロイア役の, ひとりヤーコポ・ルスティクッチといへる, ほとんど近く, ゆえは, ダンテと, 一つ, 一人びとりに何ものかを, 一味を, 一端の, 一者他の, 一部の, 上を, 上智慧も, 上若旦那の, 下げ物の, 下に, 中を, 中アキリュウス, 事は, 人々が, 人が, 代り外から, 作品も, 信ずる神, 優雅なかぶりもの, 先に, 先は, 内側は, 内職でした, 出處, 前に, 前の, 動くや, 匕首から, 南天燭の, 危き事いはん, 又ランナア, 叫びいと, 周圍を, 国に, 声は, 夜の, 夜寝ん, 大きさ, 天主閣と, 天稟のみに, 奥から, 女に, 妖を, 姿には, 姿勢は, 宣告に, 家の, 尊厳は, 對象として, 小傳, 山と, 市政その, 帰り路に, 序文が, 底の, 底意を, 強烈沈静な, 影を, 性質上男子の, 感情が, 慈悲なき, 慘害の, 支脈は, 敏捷を, 日は, 昔, 時, 時いろ, 時分なら, 時満場の, 最も恐ろしかりし, 木村が, 本を, 来らざるを, 桔梗色の, 標準を, 次ぎの, 次には, 次は, 武具を, 死骸は, 歿する, 残食を, 毒計に, 水に, 沖合遥なる, 点ルナアルの, 焼け野も, 父こ, 牙の, 物なら, 猛威, 理は, 生い立ちが, 生命の, 男の, 相場が, 眞つ, 瞬間海賊等は, 秘密を, 継橋を, 綱は, 美しき眼, 美は, 老いし父, 耳には, 耳鼻を, 肉は, 能力は, 脚と, 脚本の, 膝は, 舞台の, 船で, 若干は, 荒廢した, 衣は, 裂け目は, 見解の, 解釈に, 言葉は, 評判も, 話を, 諸將ペーレーデース, 赤きこといま, 超人的視力を, 身には, 身の, 身渡世も, 転る, 通般の, 連絡船が, 邊のかは, 部下は, 銀数片を, 附近には, 附近の, 附近暫く, 隙には, 隣りは, 隨學の, 雲は, 霧が, 面目を, 頂あり, 頃から, 頃と, 顔を, 顔色を, 風習の, 高さ, 髪は, 齒骨に

▼ り~ (155, 0.5%)

8 りて, る 4 れば, ん 3 て, りしに, るに, るは, るを 2 ぬ, りければ, り夫, るの, る太吉郎, る子, る時, る美登利

1 [100件] ざりしとき, ざるべしと, ざれば, し, しが, ず, ずとも, たりし, たり而, たる小, たれ, た時, つ, てこがれ, てしづけささめ, てつど, てみこ, てウーリュンポス, てトロイア勢, て今地, て友, て心, て急, て死屍, て痛く, て聞, て舟, て見る, て野邊, て長, て黄金, なかつた, なくに, ぬとぞ, ぬれば, ぬ先, ねえでた, ねば, べきに, べけれと, ましけり, ませり, も, よアルフイイアス, よシシリヤ, よ眞先, り, りいと, りし, りしかば, りしが, りしは, りしゆゑ久兵衞, りし時河原, りし時盜賊, りたる, りぬ, りヂュウス, り偖, り其岩窟, り其處, り居間, り師匠, り我家, り拔手, り早速, り灯, り翌日午前十時頃, り表, るが, るがねと, ること, ると, るなり, るべきこと, るべきや, るもの, るネーレーイオス, る二三人, る二兒, る人, る姿, る庄兵衞, る我, る汝寶石, る物, る神, る迄, る迄は, る運命, る電車, る飛揚, る黄昏, れり人間, れるその, れるイダイオス, れる副, れる大神ヂュウス, れる幾多, んアラ笑止

▼ りたま~ (153, 0.5%)

63 はく 38 ひき 18 ひて 3 ひつ, ひぬ, ふ時, へ, へり 2 はくは, ふこと, へば

1 [13件] はく葦原の, ひそ苗売, ふあ, ふたつきあらむ, ふべく思はれて, ふほどに, ふもありとかや, ふを, ふ大命, へし, へば答, へり我等, へるまにまに

▼ り~ (134, 0.4%)

3 せう 2 あらう, あらうとは, いるの, 感心し, 書いて, 雇われて

1 [119件] あらうと, いくならよし, いけないが, いたらもうつい, いつた, いる, くよくよし, すぐ眞面目, すぐ知れた, せうか, せうね, せえ, そう思い励ます, とこう云う, どうにもこうにも, どうやらかう, にやりと笑つた, ぼんやりし, ぽつねんとし, まったので, クルクルかせ, スルスルと, ドンと, ポツン, 一向滝, 一向途, 一杯過ごし, 並んで, 乾杯した, 仕切った楽屋, 仕方が, 休んで, 住みついて, 住んで, 何時の間にか漸く遠, 余り好い, 作業に, 働いて, 働いては, 再び橋, 出征する, 出歩いたこと, 出歩くには, 別に右, 別に桐油, 動いて, 包んだ左, 占有し, 叫んだ, 可笑しくな, 呑み込んだ顔, 呟いた, 呟くの, 喜んで, 嗅ぎ廻つて, 困ったの, 困ったもの, 塗って, 始末した, 安心してる, 少し泥, 帰つて来や, 廻すの, 引いて, 微笑ましくなつた, 微笑んだ, 心配な, 思ひ出して, 思ひ詰めて, 成功した, 押し通すずる, 掛かって, 描いて, 擦り寄って, 放蕩が, 日許り立っ, 昂奮し, 暮らすと, 書いたと, 有った, 有ったのに, 有ったろうか, 未だ舗装, 検査し, 歩いて, 泣いた, 泣いて, 淋しく暮す, 満足し, 然う, 煩悶した, 現に六百四五十人, 米友の, 結構だ, 置いて, 習ったの, 興行を, 苦しんで, 苦笑した, 苦笑ひし, 行かれるところ, 行くこと, 行くと, 行く待合, 行って, 補つた, 解いたので, 貯水タンクも, 起居し, 躍り出す, 辛抱し, 返す様, 返す樣, 返事を, 追払うこと, 逮捕する, 進みながら, 遣ってると, 随分いかが

▼ りとして~ (113, 0.4%)

3 ゐる 2 居るの, 手足も, 柱時計の, 用ゐられし

1 [102件] ある, いかにも私向き, こう言う, しいんとなった, しかも大まか, そこに, それを, ちょっとおさえ, とんだいい, どこか, ながめるほどの, よろしいでしょう, ゐたの, ゐたもの, ゐるやう, ゐる芸術家, ゐる観, ソヴェト共産党青年団中華民国共産党青年団救護隊が, バルザックは, 一つ立て, 一寸口を, 三つひらめく, 不明確, 中には, 五十年の, 人々は, 人も, 他人に, 兩側に, 冷たか, 動搖いた, 只お, 喜代子の, 團扇で, 変若水信仰の, 夢の, 大いに威張り, 大きい独特, 女中さんの, 小づくりなれ, 小氣味, 少しの, 尻なぞは, 居りました, 居る卯, 居る彼, 居睡ると, 帰って, 後世喪中に, 思いの外に, 慰めとして, 探偵が, 日向守の, 映ったの, 景雲へ, 晴々と, 曇って, 杯を, 権威づける, 止まらず, 水を, 獨で, 現状に, 生きたいな, 生れ故郷の, 異国人にまで, 目が, 目を, 直ぐ自分, 眺めると, 私は, 立って, 立つて, 筆誅する, 縁の, 背が, 膝近, 自分も, 自然的生は, 舌を, 花巻から, 若い顔, 薄気味悪い男, 表すと, 見えた, 見るべき事, 貝細工の, 貴族的で, 退る, 逃げ出すか, 遊説の, 金吾の, 離屋の, 雲の, 青年一人一人の, 非常に, 額に, 顔を, 飛び上った, 飛脚の, 鳴く虫, 黙し込んで

▼ りそろりと~ (103, 0.3%)

7 進んで 4 進みました 3 あごを 2 あごの, 三人の, 引上げる, 後退りし, 手拭に, 歩いて, 重病人の

1 [75件] あのあご, あの手, この部屋, さかだちした意味, すすんで, すゝんで, そっちに, そつち, その丘, とりかえして, なでて, なでながら, はいでるケン監督, また行進, 上の, 下って, 下の, 下駄を, 人魂が, 伸びて, 便所の, 催眠術みた, 傾けて, 刻み足で, 動いて, 厠の, 参られたそう, 参られましょうで四国町, 坂を, 室の, 室内へ, 岩に, 岩を, 岩肌を, 岸の, 庭の, 延びて, 後ろへ, 後退した, 後退を, 扉の, 揺がし始めた, 撫でて, 攪き, 散歩を, 暗い洞窟, 横むき歩きで, 歩き出しました, 池を, 派出所の, 滑っこい畳, 片方ずつ, 現われて, 用意の, 甲板の, 畳を, 着物を, 私に, 立ちあがりました, 絵巻物を, 船の, 草履を, 落ちて, 行く, 裸の, 足を, 近づいて, 近づく, 這って, 部屋の, 降りて, 雁坂越の, 音が, 願います, 飲みました

▼ り~ (102, 0.3%)

7 だから 5

2 [12件] だつたの, だよ, で, ですが, ですよ, で尤も, で暮した, の八五郎, の氣樂, の癖, は皆んな, らしい

1 [66件] かい, があつ, がある, が默つて, だぜ, だちよい, だね, だまご, だ丁度, であと, であまり, であんな, でこれから, ですぜ, で人, で人一倍, で兄嫁, で内儀, で友達, で口, で朝, で構, で此裏, で生憎, で男, で良い, で道樂, と來, と聞い, ながら昨夜, ならそんな, になつ, にはあれ達, のあつし, のお前, のくせ, のする, のところ, のガラツ八, の三原玲子, の主人, の主人利右衞門, の六兵衞, の噂, の四十男, の女, の山名屋, の方, の昔, の猪, の米山, の總七, の金藏, の鑄掛屋幸吉, は察し, は樂しみ, は氣, は用心, へ渡り, よ, らしい愚痴, らしくない年増, らしく妙, らしく話, を見, 少しは

▼ りには~ (100, 0.3%)

2 いろ, なりますまいからと, 寒さ, 待伏せする

1 [92件] いっぱい目, いつも拇指, いつも端, いろんな下らない, おも立つた, こういうたぐい, して, それを, そんないや, とること, どことなく漠然とした, なな, ならずと, ならないと, ならないの, ならない様子, なんでも, はがきに, ひょぐって揶揄, まるで若武者, みどりの, もう一度丹波屋, ゆツくり立ち寄つ, よく清元, タクシーの, 一種の, 七十年ほどの, 三人の, 主從六人, 二通りあります, 人生は, 他にも, 付きものの, 何時も, 例の, 八度も, 凡三種あり, 叔父に, 古い家具, 古來遵奉し來, 國分寺より, 多くし, 大小さまざまの, 子供達の, 家主で, 寄りますからね, 寅吉親分の, 寧ろ全力, 小岩鏡御前橘石楠姫石楠イワハゼ珍車岩高蘭立山竜胆蔓苔桃麒麟草猩々袴鷺菅などが, 小笊, 屹度荷物を, 常にめぐみ, 彼等の, 御所より, 必ず隠密, 成るけれど, 戰地で, 所々この, 手拭を, 散々聴せ, 是非寄つて, 晴々しい, 樹が, 此岡の, 汽車に, 洋々たる, 洒を, 渋谷行の, 渠等は, 無理さ, 相違なかっ, 福引に, 種々の, 籾四十餘萬石金は, 置ききれなくなったので, 至って臆病, 芋やけ, 花びらの, 花を, 茶碗又は, 荷を, 萱ぞ, 覆面の, 解けなかったの, 触れること, 雪は, 順法と, 顏が, 馬の, 駄菓子を, 騙りが, 鳶頭の

▼ り~ (98, 0.3%)

2 けれど修身, さるの, つて口寡にのみ, エッセンスが, 人と, 此荒磯の

1 [86件] いままで, かるべし, がち若い, くすみましたが, さし出口は, さそのまま, さりませ, さりませず滅多, さるが, さることあれ, さるまでは, さるもん, さるん, さる事, さる其悲歎, さん, さんな, さ加減に, せり, つて行つた, なわば, はつた, はるか, はれへ, ばけたりな, まし, むとす, やうに, パン屋夫婦の, 世界に, 事を, 人間で, 今また, 仕打で, 体躯を, 佛蘭西語で, 健康な, 冷笑が, 唄ひ, 問題へ, 圖, 地主だ, 場合が, 外見にも, 夢想などは, 大きさ, 女で, 女の, 奴だ, 家に, 少女は, 忘れ方, 思ひを, 態度が, 料理で, 旅行者の, 望みを, 村の, 架空や, 様だ, 樣だ, 機械である, 機械を, 機械人間を, 歌を, 氣の, 田舍少女では, 男として, 異人屋敷, 病院よりも, 癖に, 癡けさに, 私の, 結い上げぶり, 老入門者, 背広姿で, 自殺を, 自然に, 虫の, 蟲の, 語気に, 道を, 部落が, 重勞働, 風を, 鼻柱の

▼ り~ (97, 0.3%)

33 のやう 9 を言 6 をいつ 5 を言つて 4 ともなく, をいひ 3 の樣, を云 2 する其聲, になつて, はれて, をいふ, をした, を云つて

1 [18件] が兎, が少し, して, である, ともつかず, にくり返す, になります, に八五郎, のつもり, のよう, の形式, はう, はなく, へない, をし, を吐いた, を背, を言つて死體

▼ りとも~ (93, 0.3%)

3 しない, しなかった, 否とも 2 いふ, せずに, 動かないの, 日々夜々の, 物音を, 知らで乳, 音が

1 [70件] いうべし, いえません, いずれを, いひかねて, いふべ, いふべし, いふ人, いわずに, え讀みあ, この家音, させないの, させない隣室, して, しないの, するなるべし, せずこの, せず坐って, せぬ強者, たれかかるよう, つかず下手, つかず障子, とれまた, なく大師鬢髮, なし, なし百合, ならんかと, なり異邦人, まこと, また越瓜, 一人の, 云, 云ふ, 云わぬうち, 他の, 出来なかった程想像, 出来ませんでした, 動かないで, 吾に, 思いませんもし, 情熱なき, 更に心付, 汚き垢, 父を, 申して, 申します, 知らざれば, 知らで削り落し払, 知らで母, 知らで犯せし一旦, 知らぬミハイル, 知らぬ痴人, 穢なき, 細い毛, 聞きしが, 肌刺され, 見えず覚めたりとも, 見ず, 見ゆる小さい, 見るべきは, 覚えず, 覚めたりとも, 覺めたりとも, 解せられざるに, 言うこと, 言わずたとえ, 記しすなわち, 誰を, 音は, 音を, 音立てぬ

▼ り~ (92, 0.3%)

3 れは 2 のすべて, の心, は禿頭, れが, れの, れ一人

1 [77件] から遠ざか, がまさに, が一世, が天下, が後年史学, が投獄, た, と對面匆々, のよう, のエスプリ, の一生, の人生, の以後, の僧目, の光栄, の八十兩, の再, の唯継, の子, の微笑, の悲慘, の惣右衞門, の毒藥, の気質, の精神, の老人, の膝, の英傑ガーフイルド, の薄, はさも, はそれ, はただ, はやって来た, はトルソ, は一個, は一門, は不軌, は亡友, は今, は供奉, は倹約, は卜者マント, は各, は外形的, は実に, は実行, は岩窟, は度々, は彼女, は感情, は成功, は斯く, は新風, は旧都, は正しく, は氣輕, は満面, は炭, は猶, は直ちに, は相手ら, は罪, は賭博師, は迷想, は遂に, は開国, は隠, は飛ぶごとくし, は飽く迄も, は髪, れ其実, れ第, をし, を制する, を呼びかける, を悩ます, を誣

▼ り~ (91, 0.3%)

4 いいん, アいい 2 いい, いいのに, つみが, ゐない, ア, 否や, 宜いんだらう

1 [69件] ありがたいが, いいけど, いいさ, いいに, いいの, うれしい, おならを, しないの, しないわ, しないわよ, そんなに騷ぐにやあたらねえ, ならぬ, ほんのり, まが, みるほど, わかるわ, アあ, アい, アお前には, アこんな, アさう, アす, アどう, アまだ何とか, ア十分だ, ア大丈夫つかまるです, ア狐に, ア自分も, ガラツ八も, 一年の, 一時の, 一遍に, 亭主の, 今朝から, 他人の, 余程病院, 其處らあたりは, 判る, 千人力で, 占めたもん, 可哀, 四五年の, 四枚肩, 天候の, 宜い, 宜いと俺, 平気な, 必ずポッ, 支那人の, 新しい例, 早引けの, 本望, 朱塗の, 歡樂の, 毎日かうだ, 汝よ, 澤山だ, 直な, 矢張駄目です, 紺の, 自分も, 若造かな, 葱でも, 蔵が, 蚊帳を, 裏の, 起ると, 道具も, 離れよと

▼ り~ (90, 0.3%)

10 ひに 8 つた 7 ひの 6 はせた, ひを 3 ひが, ひながら, ふ 2 はし, はした, ひ融け合つて, ふこと

1 [36件] いや馬鹿げた, がある, だ, つたので, つたやう, つたらし, つたり, つちやいかん, つて, つてるなんて, つてるん, て喧嘩, て朝敵藩, と言つて, なんぞはなかっ, に成, はう, はざる, はす, はせること, はせる人, はなかつた, ひから, ひて, ひにな, ひによるの, ひは, ひ一二杯, ひ一人前四圓, ひ触れ合つて, ひ蹴り飛, ふてゐても, ふほど, ふ具合, ふ騷ぎだ, を恐れた

▼ り~ (87, 0.3%)

3 をした, をする 2 が少し, が旨い

1 [77件] からもその, から山草, がある, があんまり突然, がうまい, がかえって, が不完全, が余り, が君, が早い, が気, が猶, が素人療治, が行, が速, が違, じゃの, だけに頗る, だったが, だとは, だらう, である, ですが, で強く, で矢, ということ, というもの, といひ, といふばかりで, とがある, と反省警戒, と言, なので, なん, なんかを教, については世間, について因幡守, について質問, にぶつ, にゆるぎ, に少し, のいかよう, の如何, の曖昧さ, の粗雑, は, はいろいろ, はさ, はさも, はせん, はどうも, はまた, は三本, は二度と, は他人, は彼女, は成るべく, は稀大, は筏, へまわった, もいかにも, も世, や柄, や目, をさえ御存知, をし, を再現, を写実主義, を彼, を採, を採らず, を研究, を見つめた, を説明, を選んだ, 古い形式, 歩き方

▼ り~ (86, 0.3%)

3 つし, ぬひは, 笑ひ 2 尻の, 島が

1 [73件] たべ, つた然るに, ばあちゃん持参の, びゆる, ほきい聲, ほびら, ほ浪, もひおこす, もひだす, もみを, もろ双紙, わると, わるより, 世辞と, 両方の, 主の, 主婦さんも, 互に牽制, 互ひ, 休みなさい, 休みなさいましそれ, 休みに, 休み下さい, 休息なさい, 分りに, 吉が, 咄しましょう, 喫り, 噺は, 坐りなさい, 太りに, 好きぢや, 妙も, 宅の, 安は, 寒うなりました, 寝なさい明日, 峯の, 島は, 島を, 役人の, 往きよ, 志保と, 手習和學の, 春を, 染と, 樂の, 歩きなすつ, 氣の, 江野を, 町さんの, 目にか, 目通りを, 答へ, 篠の, 経べ, 線香の, 縄を, 縫と, 花が, 花に, 茶漬を, 菊は, 行列の, 袖は, 読みなさい, 辰は, 辰素性の, 近が, 邸へも, 酒と, 銀の, 高の

▼ り~ (84, 0.3%)

4 もの 3 と申立, べく候 2 べき

1 [72件] か人様, が其時, が実は, この地, しかし小生, す, た, つもり先日, ては右, て一応, て受取申さ, て帰りて, て御, て窓, て薩土及云云, て血気, とて宅, とて手附, とて與惣次方, とにかく雑誌, と傍, と告げた, と存候, と然, と申せ, なりと村中, にも仕形, にやがて, により其後兩三度, に付外, に付據ころ, に付瀬川, に松, に豈, に驚き, は, は申す, は諸方, ひしため延引致候, ひぬ, ひぬれ, ふに, ふまま, へとていかにも, へどもあるいは, へどもこの, へども一ヶ月, へども一向に, へども全体, へども此中, へども當暮, へばもともと, へば客観, へば御, へば読みゆく, へば迚, へ共, ほどのなか, や, や存, や相知, よし恭しく御, を聞き, 例へば帝国劇場, 実はただ今, 得ば, 御參考, 故不審, 故助, 故此度, 次第に御座候, 然るに質屋

▼ りつつ~ (82, 0.3%)

6 騎り 3 あった, ある 2 あつた, あるの, そよぐ蔦かづら涼風たち, 嘲み, 圧しつつ

1 [60件] あるか, あるであろう, あるでは, あるよう, ある三百許, ある存在, ある時, ある淫魔, ある間, ある雉子, いうに, かき光り, きよとりとして, この山道, さは, しかも自然, その努力, その謬, とうとう中等甲板, なおも解放治療場内, 上った途中, 便無げに, 処刑移送と, 去りゆけり, 呻く絶体絶命, 固唾を, 塔前に, 変更し, 多田の, 太脛が, 夷をぞ, 夷をば, 奥から, 寝台の, 少女の, 幸福を, 引続き二回目, 手うちを, 手で, 抑えられつつ, 日ね, 月の, 朝の, 林冲を, 椽側に, 男は, 登って, 目を, 納屋の, 腰の, 蛙鳴くなり, 言ったの, 貝や, 鋤きつつ, 雀躍し, 頽れゆく, 風に, 首を, 馳出づるを, 黒き血

▼ り~ (80, 0.3%)

9 をあげ 4 をあげた 3 が聞こえ, を出し 2 が美奈子, が聞え, です, のする, をあげる, を立て

1 [49件] から与えられる, がこちら, がします, がたかく, がどこ, が内部, が四辺, が引つこむ, が次第, が発生, が突然, が聞えた, が賑やか, が駕籠, が高まる, さえ例, それから次第に, だけは聞える, でびっくり, で目, ともつかない, と共に昏倒, などでその, に気がつい, の間, はしなくなった, はとうとう, はなく, ははじまった, は聞こえなかった, は高く低く, も此森林, も聞えなかった, をきく, を上げました, を二度, を二度三度, を交え, を富岡, を挙げ, を揚げ, を洩らす, を発する, を立てた, を耳, を聞いた, を聞こう, を録音, 立てて

▼ りとは~ (77, 0.3%)

3 雖も 2 いふもの, せでなじか, その木槌, 云ひ, 是非も

1 [64件] いうまい, いえども, いえないし, いかがな, いかにも生温い, いつたの, いつとは, いつも私, いひがたし, いひ難し, いふべからず, いへども, いる黒い, いわれぬ油絵, お解り, かの鋸山, きつい御, さてもさ, したり, しない, しないで, すべから, せず, そもそも如何なる, どうも可笑しい, わからなかつたけれども, 不都合なる, 事なし, 云はれない, 余り受け取れぬ, 保証出来ない, 信じない, 信ずる能はず, 分りませんでしたが, 区別し, 吾人の, 埓が, 幾組か, 心付ね, 思いも, 思われない, 戀する, 戸籍の, 時代と, 格段の, 殊勝な, 申しませぬ, 知らない, 知れど, 結び付いて, 自ら恃むところがあることであります, 自分等の, 見えなかつたが, 言うべからずと, 言はず唯, 言われないが, 誠に詰らぬ, 違って, 響かなかつたが, 飛んだ愛嬌, 飲まずお, 飽くまでも自分, 餘儀なく, 騎士と

▼ りにも~ (77, 0.3%)

2 世に, 数奇を, 激越的な, 藝術の

1 [69件] ありつきませんよ, いた, じつと, それと, それを, なって, なりしかば, はつきりし, ふびんだ, やや反省, よく知りすぎ, わざわざそれ, デカダン趣味に, 一ヶ月ばかり, 不憫であり, 不都合なく, 人間が, 人間的な, 今日遺され, 別に, 博物館わきの, 反するで, 名人上手とうたはれた, 多くの, 多く見せつけられた, 大きすぎる, 大きなかけ離れ, 大きな黒子, 奉行の, 安藤君は, 寄つて見る, 年若だ, 強かつた, 性急な, 情趣が, 愛して, 感じが, 慇懃を, 我々の, 択って, 拘らず最も, 據る, 文雅的でない, 日本の, 明かです, 昔の, 時流の, 有まじ主, 有名ぢや, 歐洲文學を, 澤山ある, 現代的でない, 眞に, 眞正面に, 眞白で, 破倫無道, 立ち初め, 純粹, 美しく崇高, 自明であり, 著しくあらはれ, 見掛けは, 豫想外でした, 貧しい事, 貧弱すぎ, 貴重な, 辛いもの, 近頃の, 馬鹿馬鹿しかつ

▼ りそう~ (75, 0.2%)

7 もない 4 だ, になった 3 になる 2 だから, だった, なの, なもの, もなかっ

1 [47件] じゃない, だったの, だな, ている, であった, である, でございます, です, でそわそわ, でたった, でどうやら, で何とも, で自殺, で遂に, な, なあの, なしかし, なったので, なので, なのに, なむずかしい, なんで, な円髷, な口もと, な小さな, な手, な気, な気勢, な清い, な濡毛, な瓜, な背, な見幕, な赤い, な顔, な高い, にした, になっ, にまで成った, にも思われない, に思われる, に艶麗, もなく, もねえ, 思ふの, 感ずるの, 櫛巻の

▼ りこう~ (74, 0.2%)

3 な人, な子

2 [11件] だか, だから, でやさしい, なこと, なもの, なよう, なん, な方, な鳥, ぶるよう, 者が

1 [46件] じゃない, だ, だと, だという, だな, だね, だねえ, でありました, であるかも, できれい, です, でないよう, でのんき, では, で木, で正直, で注意, で物, で頭, と取りかえ, と評判, なうさぎ, なかた, なから, なこぞう, なこの, なすずめ, なの, なやり方, な大, な女の子, な子供, な少年, な牛, な者, な芝居, な香具師, な馬, になっ, になった, になったろう, ぶった私, ぶって, もんの, 者でありました, 者と

▼ りそれ~ (74, 0.2%)

2 に火打道具, はつまり, より行方不明

1 [68件] から一年, から三日目, から二人, から惹い, がし, がすむ, が先, が動かなくなる, が十手, が原因, が又, が惰性, が流行, が第, が筋肉, が終る, が菊池寛氏, が蝋細工, が見えだし, が近代, が飛び, だそう, とは解らない, と共にロゴス, と自然的直接性, についてはつねに, にて差し支えなく, によれ, に依っ, に午前, に天皇, に従, に掴まらう, に補足, に関して蒐集, のいづれ, は任意, は女房, は岸辺, は必然的, は或いは, ばかりでなく, へ乗, まさに死せ, よりも小, より御, より終日室内, をきつ, をわが, を三つ揃, を下手人, を人手, を全う, を取卷い, を口, を墻壁, を妃, を引ついだ, を思ひ出した, を手ぐつて, を柱, を歌, を見, を観察, を金, を隱, 故に存在, 故に彼

▼ りから~ (73, 0.2%)

2 御内心を

1 [71件] お茶に, かいて, こめかみへ, その中, その人, だよ, ついて, とめども, どこかで, なれば, のぞく人, ぽろ, また大, わたくしは, 一と, 一番上の, 三軒目溝板の, 上陸し, 中館に, 主軸が, 主軸と, 乱れた髪の毛, 伊之助の, 傳は, 凡ての, 出した優越感, 出て, 分署に, 切り出した二つ, 右と, 吹きくる風, 喰み出し, 多くは, 屆けもの, 岸辺に, 忍べ, 手に, 明白に, 星の, 書き出したよう, 朝日の, 歸つた年の, 歸つた文吾は, 歸つて來て, 歸つて來る, 死を, 涙の, 涙みたいな, 涙を, 物の, 特別柔かい温, 生み出されて, 白くながれ, 眼と, 突き出た毛束, 綺麗に, 美人の, 聞いたの, 脂汗が, 自分自分の, 草笛ゆる, 裂け目を, 見ても, 車気近う, 追, 遠いもの, 金田一博士の, 開いて, 頬の, 飛んで, 髱つきまで

▼ りっと~ (70, 0.2%)

35

1 [35件] いえば, こう苦み, した工合, して, たまったかと, カーテンを, 一人が, 一足出た, 一足進み出た, 一部が, 上へ, 下って, 刻んだだけ, 刻んで, 割れた, 力に, 動きました, 夜が, 寺の, 山椒の, 微かな, 怪人が, 握りしめた, 棹を, 樹の, 海禪坊主横に, 浸りながら, 突きと, 背を, 脚を, 膝の, 膝横の, 苦しさ, 進んだ時, 響く

▼ りにな~ (70, 0.2%)

6 つて居た 4 つた家の, つては 3 つてから, つてゐた, つて居ります 2 つて, つてよ, つて悲しく

1 [41件] つた, つたに, つたのである, つたのは, つたわ, つた訳である, つてからとの, つてくるくる, つてし, つてしまつ, つてすぐ, つてぢつと, つてひた急ぐ, つてぽ, つても, つてや, つてアカシアの, つてオケの, つてオホハツセの, つて不愉快さうな, つて二三年し, つて來ます, つて備後の, つて兩手の, つて共通な, つて咽喉を, つて平次の, つて打寄せ, つて暫らく隣の, つて江口の, つて煙草ばかり, つて私の, つて立つ, つて筑前の, つて落ち, つて踊つ, つて遠く, つて驅け, つて鬼ごつ, ッて, ツた

▼ りしが~ (68, 0.2%)

2 代々九代の, 如し誰れ

1 [64件] この頃馬琴, また遠, 三五郎めは, 久兵衞は, 今兩人, 今日あたりは, 今此處, 何な, 先其打扮, 兩人の, 其夜に, 其後夫を, 其後明暮心懸, 其後澤の, 其節加役方の, 其頃澤の, 切て, 別れて, 利兵衞樣に, 只今水を, 右妻儀は, 吉右衞門は, 向の, 大將, 大膳, 夫より, 夫程迄に, 如何にも不思議, 子罵る, 寶澤は, 幸ひなり, 彦兵衞は, 影さへ, 忠八にも, 忽ち小指, 怪しやと, 我惡事を, 或日兩親, 手元の, 日は, 是を, 未夜, 此事番頭始めへ, 此咄し, 此時は, 此時土地の, 此體を, 氣も, 然とて, 爲なり, 父なる, 猶身延, 甲夜より, 程ヶ谷の, 稍有て, 米屋の, 衣類は, 親分長兵衞の, 豫て, 途中には, 途中下伊呂村の, 遂に誰云, 那の, 龜屋の

▼ り~ (68, 0.2%)

24 りと 10 やない 3 や, りして 2 やありません, やア, りさせて, りし

1 [20件] やけに, やで, やなかつた, や何, や出來, や御座いません, や珍, や置かねえ, や逃げ出しやしません, りさせたり, りしか, りした様子, りした髮, りしましたが, り僕, り前, り双方, り彼, り憂欝, り痩せるね

▼ りという~ (65, 0.2%)

4 ものは 2 ことは, ことを, ものが, 訳で, 音も

1 [51件] ありさ, お裾分けに, ことで, ことに, こと久しき, こと能わず, それが, ところだ, のが, のである, のは, ものである, ものでしょう, ものの, ものも, やつを, ようなる, チンドン屋式, ヨナの, 事で, 事に, 人物は, 内報を, 功も, 取次ぎに, 噂が, 四月二十日の, 地名が, 心から, 思いです, 感情に, 拵えで, 文章を, 日本語も, 時には, 条に, 極月の, 歯ぎれのいい音が, 流なり, 点は, 甲斐, 答に, 籾です, 行商が, 言葉を, 該撤の, 論文を, 音, 音を, 響が, 顔つきでした

▼ りなく~ (65, 0.2%)

2 出る樣, 動悸い, 搜された, 歩いた

1 [57件] いは, して, しては, そねみなく, その上合祀, て, てはモンセーニュール, らしい聲, ヴァイオリンの, ヴヰオロンの, 仕向けて, 児を, 児葱ぬく, 出す樣, 十月, 又勘次, 口には, 告げないでは, 四通八達の, 地にを, 失ひ悴傳吉十六歳, 存者なりと, 客を, 寸斷し, 寸斷に, 恨みの, 恰も日の出, 手配を, 振舞ひ, 描き出した, 整理し, 松虫きこ, 楽翁と, 此方より, 求め讀みしが, 波子を, 濟んだ, 火中に, 現は, 申立る, 發達し, 白粉の, 百年先の, 盡し得る, 眼界の, 聞込んで, 肥立つた, 自分を, 融け去つて, 見んため, 解決し終るなら, 誠に當惑, 證明し, 還元する, 錢を, 鎖されて, 雨なら

▼ り~ (64, 0.2%)

84 はぬ 3 ひぬ, へり 2 ふ, ふを, へと手

1 [40件] はるべし手始め, ひしこと, ひしところ, ひしと咄, ひしと問, ひしなれば, ひしに, ひしよと, ひたる御, ひても, ひに, ひ今, ひ婚さま, ひ涙, ひ聲, ふこと, ふとも, ふは, ふもの, ふ天神地祇云, ふ故に, ふ期, ふ淺, ふ程, へといつ, へといつて, へといふ吉兵衞, へと云, へと帽子, へと我手, へども御, へばわれ獨, へる如し舞臺, へる者, へ主, へ其口上, へ我, へ瀧口, へ然, へ緩

▼ り~ (61, 0.2%)

22 れども 132 も皆, りと, り否, る後, れば

1 [16件] と出発, と否, ど予, のみならず戀, ば越前守殿, もあるべし, もその, も奸黨, らず, らば, りただ, りでありその, りもし, り大, り彼, る常

▼ り~ (60, 0.2%)

51 して 3 うして 1 してと, も大, も往々, も時に, も自ら民黨, れども

▼ り~ (59, 0.2%)

7 はし 4 するとて 3 しよう, すると憚り, せい, はした 2 づ, はす, へん

1 [30件] くした, さる思ひなる, しようね, しようよ, すけれ共, するとあれ, すると其処, すると少し, すると普通男, すると此方, せいで, づアレースに, はせないと, はりながら, びれの, へな, へなん, へに考へる, へのこと, へのまち, への事, への理解力, へみたい, わるに, ゐくれ, んねんと, んの, ッせ, ツかいな, 夏の

▼ り~ (58, 0.2%)

8 に仕方, はない 3 にありません 2 に出, に途, の青き, はなかつた, は何

1 [29件] ないで, なかつた, なし其手段, にせ, にその, になかつた, には何等, には工夫, には言葉, に仕, に分別, に曲らん, に桜, に活きる, に考へられない, に表現, に道, に騒々しく, の言葉, はありません, はありませんでした, はなし, は無い, へも出ない, へ出, へ消え失せる, をいそげ, を眺め, 何一つ申し立てない

▼ り~ (58, 0.2%)

3 をし 2 があつ, がある

1 [51件] があっ, がなく, が來, が極まり過ぎ, だからと, って何, です, で細々, と顔, などを取つ, には無論, に乘つて, に好い, に接する, に關, の中, の在る有り, の白衣, の贅澤, の輿, の頂邊, は提重, は政府, は此處, は渡した, もなし, も有りし, も脱, も言, や草鞋, をあさる, をしっかり, をとっ, をとる, をとれ, をめいめい頭, をも用いない, をやる, を冠, を取っ, を取り, を味, を折りまする, を渡した, を禁じ, を脱がない, を見送らう, を貰つて, 思ふこと, 思ふは, 思ふらん君

▼ りこの~ (57, 0.2%)

2 僅か三秒の, 墓庭の

1 [53件] へんの, へんは, ままで, ジャンチオットは, ホールの, 三味線堀の, 上の, 上も, 不思議なる, 両派の, 乾物屋の, 事件との, 人は, 停車場前で, 千載一遇の, 太鼓の, 太鼓を, 孔の, 宮の, 峰丹波然, 幽閉の, 形を, 役目を, 故に, 方が, 日から, 時も, 時嚢の, 景地と, 服中生, 海賊が, 濠の, 点に, 煽動性によ, 男は, 異様な, 病気が, 神賀詞を, 絵が, 耕作者は, 耳で, 船は, 色の, 解最も, 説, 辺りには, 邊は, 隙に, 面の, 頃は, 頃江戸で, 風聲に, 體を

▼ り~ (56, 0.2%)

9 かつた 42 えると, えるよう, 英語で

1 [37件] える, えること, え八, お竹, かつたり, かつてでも, からくっ附い, かり出した, この地, さなる, しれないよ, ちつとも, ついで白い, ぶされて, へらず待ちつ, へりさ, へる, へるやう, ましだ, やうに, ハ洵ニ能ク此等, ヘト出帆シタリ, 人らしい, 何かで, 其の海市, 又はそれ, 安心は, 憧憬の, 戻って, 所詮内気, 現われて, 発して, 私には, 私も, 聴えて, 荒々しい声, 袴の

▼ り~ (54, 0.2%)

5 の多く 2 のお, の杵太郎

1 [45件] あるいは云わん, があった, がなけれ, が三人, が問題, である, として英俊, と共に何, と議論, になら, に嗤, に見せ, のため, の一念岩, の姿, の悪い, の意, の権利, の爲事, の耳目, の肩, の見ない, の身, の騷ぎ, はまぎれ, は代る, は俺, は急転, もねむりぬ, も変り, をかたづける, をかみ殺す, をし, を幻惑, を得, を打つ, を攻, を替え, を殺し, を殺した, を見せ, を訪問, を頷かせる, を馬鹿, 生れ人死

▼ りまた~ (50, 0.2%)

1 [50件] ある限度内, この多く, その槍, それが, それを, もう一歩突, わが顏, ツレ舞し, ミケーレピエル及び, 一塊に, 先を, 各種の, 同じ霧, 同郷人間に, 嘗てスピーク, 坂の, 埴輪の, 基督教界の, 場合によ, 大根を, 彼の, 彼等の, 往いて, 御部屋住, 徳川家の, 我は, 打ちて, 数日する, 數ある, 數學者ポアンカレは, 時間的にも, 東し, 水びたしの, 汗も, 汝深き, 沼の, 澎湃の, 當代は, 社会における, 神社に, 立つこと, 総務会でも, 自らも, 薄野に, 藤原咲平, 貝原氏が, 鍛錬し, 降って, 雪片の, 飜つて瞬を

▼ りたる~ (48, 0.2%)

2 も閣下等, を踰

1 [44件] が中, が九州, が今頃, が山王, とをみしごとく, に一朶, に参軍高巍, に夫, に宮, に幸運, に拘らず, に於, に日暮れ, に比すれ, に窓, に紳士中, に臥す, に蟻, の一点, の意識, の日, ほど強く, ほど眞實いや, まで委細, もあり, も甲冑, より音, をこれ, をめで, をよ, をり, を告げ, を報告せり, を心, を感ぜしむ, を攀ぢ, を標準, を求め得, を示し, を聞けり, を見, を覺, を記臆, を身材

▼ りでも~ (48, 0.2%)

6 して 2 された日, したの, するやう, するよう, 選手が

1 [32件] したか, したさ, したやう, したらあの, した方, した跡, しましては, しましょうか, しようか, しようかなんて, すると, する以外, せんかと, なかッた, ばかには, 一日二日は, 亭主と, 仔細は, 何でも, 來て, 動いて, 寂しいのに, 指の, 本當, 此世の, 涸れること, 淨玻璃の, 無事に, 礼を, 禿は, 程なくなくなっ, 結構や

▼ り~ (47, 0.2%)

6 りと 3 くりと, つちで, つちの, り掻いて 2 つちでゐら

1 [27件] かりなぐりつけた, かり光り出すと, かり煙草, かり自分, っぽっぽ, つちだと, つちで憎まれてるなんて, つちで旅, つちで淋しい, つちで立つて, つちなの, つちの不幸, つちの私, つちの身の上, つちの部屋, りいり豆, りかゆい, りしたものぢ, りひっ掻いた, りやる者, り噛みつづける, り掻いた, り掻きながら, り食べ初めたが, り齒, り齧つて, ツちだ

▼ り~ (47, 0.2%)

2 米の, 迷惑を

1 [43件] 上使, 世話に, 世話も, 両君に, 仏の, 休と, 休ませ申して, 休み, 側へ, 咄き, 坐しませ宿福広大, 客には, 客筋の, 寝みなさいましまだ, 寺に, 屋形へ, 廊下を, 役人樣の, 心配なす, 性急かと, 意見を, 懇意の, 文などを, 暇を, 本尊を, 機嫌だ, 洗ひ成れまし, 申越の, 當所狸穴に, 目に, 相談を, 相談申し, 示し下された, 示の, 納戸縮緬の, 聞きに, 自分の, 茶でも, 託宣の, 詫仕つらんなれ, 辭退する, 頼申す, 養生なさい

▼ り~ (46, 0.2%)

3 はせれば 2 がりの, つてその, つては, つても, ひいがみあひ絶望, ひて, ひの, りく

1 [27件] がつた, つてうごめい, つてうつかりしてる, つてし, つてゐた, つて吊革へ, つて結婚を, つと言, はせたわけ, はせて, はせ文章, はで止むべき, はぬ, はんやうな, ばかばかしいほんとに, ひ, ひつひには, ひと承, ひなき吾領民, ひを, ふぐ時いよよ, ふところには, まつさ, やふく限, をき, をし, 良かつ

▼ りとの~ (46, 0.2%)

8 物音も 2 報を, 音も

1 [34件] およろこびです, お近付き, きこえありとも, ことなり, ことなれ, たまひぬ, たまへ, びのよかった筆致は, 事なり, 事也, 事又, 傳説に, 傳説行はれたる, 口実に, 口實に, 咎めを, 噂ある, 地境に, 報到る, 弁解を以て, 思を, 思想を, 意であろう, 物音一つしなかった, 確信あら, 神學説に, 聖經の, 言葉の, 記事すでに, 註穩當なる, 評さかんなるなき, 説あり, 説に, 風説

▼ りなき~ (46, 0.2%)

2 不安が, 感謝の

1 [42件] かいが, がし, こと猶, この妙, の声, の興, をしはじめました, をはじめましたら, をわれら, を得ない, を望む, を望んだ, を知る, を示し, 事実では, 人の, 友には, 告白と, 夢を, 大洋を, 天地大なる, 幸に, 心の, 心悲しい, 怒気が, 怒氣, 感情の, 慕し, 我心を, 方々は, 満足を, 滿足を, 物象と, 現象である, 発展に対する, 祖先の, 純の, 縁で, 者即ち, 自我の, 記録である, 音に

▼ りがけ~ (45, 0.1%)

2 それが, に, に我, を道草

1 [37件] それは, だつたん, でやすて, など道ばた, なん, にお勝手, には, にもう一度よく, にわざ, に僅か, に又, に受取る, に幸堂氏, に彼等, に思つた, に思ひ, に棄て, に氣, に玄關脇, に疝氣, に突然, に茶の間, に西片町, に見, に見る, に路易, に道具屋, に電車, に駿介, の途, の頃, の駄賃, バスを, 日暮れ前の, 時分時だ, 直に笠原粂之進, 見付の

▼ りしも~ (45, 0.1%)

3 あれ 2 こ, 亦其の, 十六七の, 秋の, 老人が, 遙に, 順礼の

1 [28件] ありつ, あれば, かなた野のうへは, この御, ころ, もし宗匠, わが前, 一老, 亦宜, 人々の, 健康頓に, 元はと云, 其往往に, 剛直の, 宜なり, 擬古という, 擬古といふ, 是天命なり, 月の, 此譯也又其節先生が, 満月の, 漕来る, 畢竟瘠我慢, 貴族の, 遂に進ん, 都会は, 長庵, 雁なき

▼ りしを~ (44, 0.1%)

3 見て 2 うつらうつら舁きあげられ, 狂哥堂真顔翁珎書なれ

1 [37件] ある夜姑, いふ, かうは, さないが, らしい樣子, われ見, 万豪和尚に, 不便の, 二月十二日より, 今アキリュウス取り出で, 包み隠しぬれど, 包み隱, 吾助は, 壻に, 奈何か, 如何に, 宅兵衞好機と, 幸ひ, 彼甚兵衞世話致し, 後助, 忌, 悦ぶ事限り, 想起す毎に, 父は, 知りぬ, 知其者草履に, 私し, 空く燼余, 立石夫婦も, 維盛の, 聞き母上, 聞れ, 見たりと, 見たる人まれ, 見れば, 覚めて, 話も

▼ りある~ (43, 0.1%)

3 ことである, 時は 2 ところです, ものが, 事甚奇異なり

1 [31件] いたら梅雨, いて, ぐらゐの小形の, ことです, ことを, なり扨御門の, に非, のである, ひは, ものである, ものと, ものは, やうである, を指す, を見ずや, 事で, 事である, 微少の, 日佐太郎は, 日私が, 時には, 時の, 曲者だ, 次第, 次第を, 為に, 甘さ, 知識人を, 種の, 自覚とに, 訣だ

▼ り~ (43, 0.1%)

2 切れた, 抜けて, 押當て

1 [37件] ぐるりと, さらにお忍び, つらひ物事, ぽとりと一つ柿, まがらせずには, 一二鍼打や, 下りるダラ, 人を, 何か, 全部人を, 別れける斯, 寄って, 折れて, 折れる時, 抜て, 振る, 曲がるの, 曲がる方, 曲つた, 曲つて二丁ほど, 曲つて道廳構内の, 毎朝早く, 眼を, 突当りの, 立越便宜を, 綾なし越前, 行くか, 行くも, 行けば, 行っても, 行つ, 近づいて, 近づかなん, 避ける, 附いた綿屑, 飛出して, 馳け

▼ り~ (43, 0.1%)

2 を洗

1 [41件] おくれなどの, から膝, がこん, がない, がなだらか, でその, にある, にさめ, には九寸五分, に前進, に巡査, に当っ, に從つて, に手, に数珠, に敷居, に見える, に響き, に黄金, の入らない, の惰眠, の末, の自由, の部屋, はこの, はない, まかせの, をあげ, を以て去っ, を伸べ, を出し, を待つ, を拡げ, を拡げた, を振り, を燒, を真直, を袖の下, 入の, 違ひ, 鍵を

▼ りもの~ (42, 0.1%)

4 をし 2 になつ, をした, を冠

1 [32件] あまりもの, いただいて, があり得る, がある, がうつらぬ, がはさまった, が見えなかつた, だか, だという, ですな, ですよ, でないだけに, でなかろう筈, でなくては, で旦那衆, で理兵衛, で自分, というよう, とか履, として加, として奉ら, とても入りっこない, などをし, のお, をもっ, をも言, を書い, を生かす, を貰っ, を頭, 慣れた召使, 柔かい絹

▼ りこれ~ (39, 0.1%)

1 [39件] がため, がまつたく, が夜啼き, が残心, その目, で梅, なお該論派, にくら, にて一時, にて筆, によつて, によつてスミス, に二十人, に心付, に當, に過失, に驕, の浅, は如何, は目籠, また枝上, も月日, よりその後政論, より先, よりKR, を乗り切る, を尊敬, を形見, を得, を手, を捕っ, を操れる, を敬, を正当, を汁, を聚宝, を見, を語る, 豈景略

▼ り~ (39, 0.1%)

1 [39件] しかせね, しばらくたつ, する機会, その以前, その背後, それだ, それを, もつとも大きく, も千秋二千秋, よく破れ, ゐたを, アイヌの, 一方で, 中秋の, 亡きあと, 其兄弟を, 出来る丈, 千種園で, 去る, 参観の, 同じ道, 吹掛け降に, 夕申刻過, 大学士, 忠兵衞は, 懼れ, 文中読者を, 此列の, 狂人よという, 知らない床, 私自身が, 脚の, 船ニも, 迫害偽, 重いもの, 長男の, 霊魂の, 露人の, 高倉

▼ りそして~ (37, 0.1%)

1 [37件] ある階級, きちんとち, こ, この地代, しだいに恐怖, すべての, そこには, その上, その言葉, その限り, それは, ふいに, アントロポロギーは, パリで, プラグマチズムを, ベン, 万一, 人間といふ, 他の, 俗人は, 寝棚, 常に一人, 引っこみ勝ちな, 悪魔の, 或る, 灰皿然, 眞なる, 確かに, 総ての, 肚裡で, 自己と, 語るところ, 負ける者, 過ぎやすく, 野村が, 難なく二階, 頬の

▼ りたり~ (37, 0.1%)

2 しは, し人, 然れ

1 [31件] いついつと, ける, されど二輪車, しが, しこと, し柱, し者, ヤレ, 些の, 今少し, 仔細は, 其間に, 只今思ひ, 吉右衞門殿御在宿かと, 埃を, 大岡殿是に, 夫と, 心配か, 戸ごと鎖し, 早々喜内樣, 昨日御, 櫛の, 此一行が, 武藏野や, 汝聲を, 江戸にも, 然ば一應, 然るに其跡, 然るに其金, 道庵は, 顧ふ

▼ りては~ (36, 0.1%)

2 先づ行政各部の

1 [34件] あれど, その各, づかしめ, ならぬ禮儀, 人の, 人馬ともに, 噛み囓, 大變, 奧方必ず, 家の, 實に, 實の, 専馬琴その他の, 彼の, 必ずま, 時ならぬ, 無心を, 熟慮を, 王者の, 秘密出版其他の, 移る風病, 筆を, 簑打ち払う, 美酒を, 自から, 舌鼓し, 裂き留り, 赤毛の, 載せこ, 載せ截, 遂に再び此, 金瓶銀, 閑に, 須らく廊廟

▼ りとて~ (36, 0.1%)

1 [36件] いくら考へ, ございません, みづから, 一日床に, 不換金, 之を, 今泣く, 初冬にも, 又た, 否とも, 吾人も, 唯これ, 坊主を, 寒中一七日或, 巴里劇界の, 思想のみにては, 意の, 我身に, 排斥する, 教へ, 敵に, 數寄屋町の, 早池峯, 是を, 物語す, 理を, 町内の, 私し, 竜の, 竹村の, 背後に, 自分は, 菊五郎を, 諸人安堵の, 諸大将, 謝罪し

▼ りばらばら~ (36, 0.1%)

9 になっ 2 になり

1 [25件] ここらあたりに, だった世界文学, となっ, な惰気, にさせられ, になった, になつて, になりました, になる, にめいめい, に今日文学, に住み慣れた, に味方, に成っ, に教える, に武装解除, に認識, に遁げ, に陣, のよう, ばらと, 入り込んで, 呂宋兵衛さまも, 御府内朱引内から, 蜘蛛の

▼ りはじめ~ (35, 0.1%)

174 ました

1 [14件] から小股, たが, たの, たので, たもん, たら, たら間もなく, たり, た想念, た様子, た軈て, のほどに, もした, られるだらうと

▼ り~ (35, 0.1%)

1 [35件] いかに, しも男, すべての, その肩, では彼ら, にし, に受, に夫, の井上侯, の日本, の有様, の處, は何, は刻一刻, は昔, は縁日, は驚く, またおなじ, また大, までの着物, までの雉子, まで無理, まで絵入, も変りありません, より汝, 一石と, 一錢二錢の, 刑場へ, 将に, 思うに, 愛するもの, 是等の, 是過, 癲癇と, 逃出んと

▼ り~ (35, 0.1%)

3 になつ 2 になつて來, の毒, を帶びてゐた

1 [26件] が多い, が狂つて, だといふ, ない調子, なくハヾトフ, なく密, なく庭先, にか, になつたの, になつた話, にならない, にはかけない, にはなれない, にもかけ, にも留めなかつた, のない, の上, の乘ら, の無い, の甲高, は亂, をお, を出し, を揉折柄, を落し, を負

▼ りしは~ (34, 0.1%)

2 明治二十七年二月中旬なりき

1 [32件] この寺, まことに自他, 事實なれ, 二十一二歳の, 何か, 六つ七つばかりの, 其人すでに, 冷泉と, 十二時半, 午前七時三十分早や, 却て, 合乘り, 外の, 夜の, 夜ふけて, 夜半なりき, 天晴頼母敷志ざし, 彼少女なり, 必ず誤, 恐ろしさゆゑにはあらで, 恰も是, 恰も晩餐, 新教を, 日くれ, 日も, 最笑, 村の, 此の, 死人の, 片手にて, 甚だしき誤解, 貴樣

▼ りしと~ (33, 0.1%)

1 [33件] あり其刻限, いえども, 一什を, 云つ, 云て, 云に, 云にぞ, 云ば, 云ふも, 伝うるに, 思ふもの, 思へども, 承ま, 有し樣子, 有の, 有り夫, 正直に, 物語りなど, 申しければ, 申し給, 申せしは, 申ゆゑ彌, 申給へと, 申置し, 相見え候, 答へ, 答へて, 聞渺, 聲を, 菊が, 見えたり, 見えて, 言ふ

▼ り~ (33, 0.1%)

2 を押しつけよう

1 [31件] がこちら, がムダ, が執筆, が學問, が知つたの, しと, しは, し妻, し明家, と同年輩, の側, の原稿, の心, の故郷, の母, の物, の知らぬ, の計, はそれ, は三学期, は常春藤, は新しい, は最も, は沼田, は物陰, は私自身, は自然, もそれ, も子供, をつけ狙つて, を訪ね

▼ りしに~ (32, 0.1%)

2 女房お

1 [30件] 九郎兵衞は, 仁術家業の, 今は, 付き文右衞門事其掛合, 何も, 何やら路次, 何れも, 元より, 兄嫁などと, 其夜の, 其時貴殿は, 女子どもは, 小猿三吉, 按ば, 新藤市之, 最前より, 此家の, 母の, 清兵衞は, 渠如才なき, 渠約束を, 白洲は, 相違なし, 相違御座なく, 肌の, 財布の, 近來, 重四郎, 難波戰記の, 非ず

▼ りら子~ (32, 0.1%)

2 は私

1 [30件] がそんな, がまた, がわらつた, が人物, が煙草, と停車場, につけつけ, に会, に告げた, に心, のところ, のま, の人物, の友達, の声, の笑, の腕, の言葉, はその, はアトリヱ, は今更, は切り, は口, は岡, は未だ, は知り, は見向き, は閑吉, は食べる, を画

▼ り~ (32, 0.1%)

4 はない, はなかつた 2 に仕方, に爲方, 爲方が

1 [18件] には全く, に仕, に手段, に方法, に見様, の一切, の一方, の人々, の存在, はありません, はなく, はみち, は会話, は悉く, は無, より見れ, 書に, 村から

▼ り次第に~ (31, 0.1%)

1 [31件] つけあるは, やつた, ツルゲネフの, 一つ双手を, 一枚の, 並木道を, 人を, 他人の, 何も, 多くの, 始めること, 家財を, 投り込んだ, 掻き廻すとは, 掻浚ひ, 文學書を, 暴權を, 本を, 棚の, 此家へ, 澤山見, 灯りを, 積みあげまた, 荒こなし, 荒したといふだけ, 薙ぎ倒す, 襲ひ, 試みるの, 讀む, 讀んで, 馬を

▼ り~ (30, 0.1%)

1 [30件] かつてかかる, すなは, その請, なんじが, に命じ, に對, に眼, のみならず, のみにはあらず, の庭, の爭ひと, の答, は, はあきらか, はその, はヴァンニ・フッチ, は世, は力, は即ち, は已, は彼等, は汝ら, は神饌, は行きつ, は躰, は魂等, も老いゆく, れ今, わが心, 即ちいふ

▼ りしか~ (29, 0.1%)

3 可笑し桂次 2 ば余は, 無かつ, 知らなかつたが

1 [20件] ありません, かかる心, どこれ, ど如何, ど我が家, ど我等これ, ど此方, なくて, ば三吉後へ, ば八五郎は, ば紙は, へるさ二夜, むつまじう, チエンチイといふ, 伸びて, 出ませんでした, 此雪で, 眠らなかつたので, 経ちませんの, 經たぬ

▼ りといふ~ (29, 0.1%)

3 やうな 2 ところであつ

1 [24件] この異本, されどその, はまことか, ダンテの, ベルヒ城の, リノアルド, 体で, 傳説に, 古の, 女の, 奴が, 彼ハノホにぞ, 彼此兩立す, 恐らくは後説, 悔悟の, 感じが, 有名なる, 物音一つからでも, 現実の, 籾です, 詞自身さなへにも, 銘は, 長い病院生活, 顔付で

▼ り~ (29, 0.1%)

4 れ閣下 2 は彼, れ侯, れ議院政略, を見てた

1 [17件] が残心, とても右樣, においてか我, に於, は, は明日峠, は母樣, までの弊衣, も酒, も隱居所, れ主, れ本, れ豈, を以て父, 実に普通法衙, 抑, 故に爾

▼ り~ (29, 0.1%)

13 のない

1 [16件] がなく, がなくっ, が付いた, が附かなかった, ないあどけない真心, ないマルクス主義者, ないローザ, ない様子, ない献身, なく光鋩, なく千種十次郎, なく誘ひかける, なく諭し, なさ, になる, の感じ

▼ り~ (28, 0.1%)

3 の事

1 [25件] あの如く, から小, から聲, から身体中真白, から身體中眞白, には舞, にオクスフォード, に殘, に至り, のラムセス二世, の家, の方, は原っぱ, は庄太郎, は老母, は見す, は誰, は鼾, またさけび, を見れ, 久しく中絶, 延宝五年正月に, 徳川家康の, 眥からは, 骨は

▼ り~ (28, 0.1%)

3 ひて, ひながら, ひました, ひを 2 つたり

1 [14件] つ, はざりき, ひかけた, ひが, ひこむやう, ひして, ふ, ふといふ, ふと赤い, ふので, ふほど, ふ譯, へざりけり, へば鼻

▼ り~ (27, 0.1%)

2 を愕, 懸けて

1 [23件] なきこと, なしに, にく, になった, にひかれなけれ, に入れ, に快から, に考へ, に謂らく, に點頭, の中, の奥, の寥, の無聊, の闇, は人, よくも, を委ね, を慰むる, を痛め, を苦しめし, を遣ひ過ぎた, 刺さる

▼ り~ (27, 0.1%)

2 助けて, 扶けて, 結んで

1 [21件] だ, なお粂, な夜帽, に卯平, に彼, に成つた, はない, もない, も見えませんでした, 争ひ, 助くべきもの, 助け合, 戯るる, 扶くる, 扶ける, 抱いて, 拍ち, 掛かって, 果て候かの, 距たっ, 逢わんとて

▼ り自分~ (27, 0.1%)

2 の鼓膜

1 [25件] でも覚え, で何, で剃っ, と指井, にはどうしても, に最もよく, の作品, の悪質さ, の暮し, の書齋, の気持の, の証明, の都合, はお, はパン粉, は二個, は國, は大, は好, は曹操, は相, は衷心, ばかりで行く, も申しました, を子供

▼ りにて~ (26, 0.1%)

2 我に

1 [24件] 住むを, 來る, 叩き倒せと, 在しければ, 外見苦しき, 多分病氣を, 實は, 彼事は, 忍んで, 攻めむと, 是より, 是全く, 浅間と, 淺瀬を, 無政無法, 燈火に, 狂へる如く, 申すべし, 突き放さむとす, 箇樣, 若御, 荒増出來上り建具屋疊張付諸, 身を, 運動する

▼ りぼつ~ (26, 0.1%)

10 りと 5 ちに

1 [11件] ちだ, ちでも, ちで居なければ, ちにな, ちサ, りあった, り噛み始めた, り歩き出した, り毎日朝, り話しはじめました, り身の上話

▼ り多く~ (26, 0.1%)

2 ない

1 [24件] あるまい樣, そんな事, ない併, の希望, の年數, の新説, の注文, の生, の興味, の鑰, の風, はない, ゐるのに, を語っ, を語らず立ち去りました, を語り得なかつた, を語る, 知らぬが, 知られて, 考へようとも, 腦を, 自意識を, 観なければ, 過去を

▼ り易い~ (26, 0.1%)

2 ことを

1 [24件] からです, かを示す, この術語, すべての, といふ説, ところも, のでそんな, ものである, ものです, 事は, 人が, 例に, 危険性を, 奴で, 山腹に, 意見を, 敵な, 早呑込みが, 温泉地から, 男は, 病気でしょう, 脚本を, 脱船に, 自己と

▼ り~ (26, 0.1%)

1 [26件] がかすか, がゆらぎ, がバチバチ, が急, が燃え, が遠く, に, に蛇経, に蛇經, に限, の中, の仄, の光, の数, の明り, の炎, の燃えさし, の用心, の餘焔, は荒れ, をストーブ, を掻き起し, を焚い, を焚く, を縦, 掛かりする

▼ りやう~ (25, 0.1%)

2 がない, の実

1 [21件] があり, がはには一, がはに紫, が思ひやられます, が突拍子, が立つ, が自分, だな, だなお, であ, です, で貧乏人, にぽかんと, のない, の五つ, の哀しみ, の節, はあるべき, はどう, よ, をさまざま

▼ り合つて~ (25, 0.1%)

5 ゐた 3 ゐるの

1 [17件] がたがた搖, その日, もはや白河, ゐたが, ゐた傍ら, ゐます, ゐること, ゐるだけ, ゐるので, ゐるもの, ゐる支那女, ゐる自然, 仲よく半分づつ, 別れた, 居るかの, 居る度合, 行くやう

▼ り泣き~ (25, 0.1%)

4 の声 2 が瑠璃子, の聲, をし, をした

1 [13件] が一座, が女, が彼, が消えた, が聞える, ともつかない, に泣いた, に變化, の義理人情, の間, は声, を初めた, を期待

▼ り~ (25, 0.1%)

2 でルリさん, の按摩さん

1 [21件] で有馬, で父親, なる侍, にしかも, にはその, にはひどい, には必ず, に一杯, に上りぬ, に屋臺, に牡蠣, に通, のついで, は朝, まで語氣, もいつ, をそこ, を塞ぐ, を聞く, を行き, 元益方

▼ り~ (25, 0.1%)

2 して, をし

1 [21件] がなんだか, でもし, でロールズ氏, で日本, ときたら殆ど一歩, にくぎられ, にちら, にて熊谷, にでも寄つて, にはならない, に大きな, に待, に是, のかた, は往路, も亦, を, をした, をもよう, を守っ, を斷

▼ りふし~ (24, 0.1%)

2 に雀, は夜中人家, は憤怒

1 [18件] くだりゆく人, なれば, にこぼれでる, に瞳, に空, に美, の妻, の歌, の目, の移り変り, の風, は松, は窓, わがため, を遠く, 変る荻むら, 我が方, 紅くそ

▼ りなど~ (23, 0.1%)

2 しけるが, して

1 [19件] いふ種類, おのずからの, おのづか, お忙, さへ, しなかった, するの, するは, するもの, その前半, その効幾, それからそれ, それを, 二三尋ね, 夥しい神鹿, 浅草の, 申者では, 綯らされた, 言ふ

▼ りよう~ (23, 0.1%)

2 か伯父さま暇, に, のない

1 [17件] から私, がわに, が何と, が悪かっ, こくす, したロケット推進器, だったらそう, だと, ですよ, で情けない, とする, なら茶, によってはいくら, ね, は実際, もなく, も有ろう

▼ り~ (23, 0.1%)

2 で, でつ, でよ

1 [17件] でいち足, でし, でしなり, でたる, でたる時文評論記者と絶對, でむ, で一同, で以, で利劒, で夜分, で我, で日出雄少年, で来り, で諸, で輕, で騷ぎは, で驚き

▼ りされど~ (22, 0.1%)

1 [22件] かかる叫声, この不徳, これを以て, その俗語, わが概略, ソルデルロは, 云ふて, 今華美, 余の, 其失敗の, 勇めども, 各, 夢の, 我等を, 橋を, 汝の, 淑女いと, 火明るく, 猛獣の, 獸の, 益なし, 素姓賤しかりしか

▼ りまして~ (22, 0.1%)

2 ございます

1 [20件] このこと, ございますよ, ござんす, すか, びつくりいたしました, ソヴェートの, 中へ, 儒教で, 叙述様式とは, 大約日本里數で, 崇道神社といふ, 後に, 後も, 後天の, 後木梨の, 我姪なりと, 戰爭の, 穴蔵様な, 第一高女校友會, 跣足で

▼ り其の~ (22, 0.1%)

2 或は極端, 歴史より

1 [18件] 一つでしょう, 中に, 中間の, 前後には, 前足を, 右手には, 國を, 大小の, 子が, 後影ながめ遣りたる, 戀塚とやらに, 法の, 爲さむ, 美を, 翌朝は, 財布の, 金を, 頃の

▼ り~ (22, 0.1%)

2 いと思ひます, と申

1 [18件] いとも思ひません, いと強, いと熱心, いやう, いんです, い位, い本能, うおす, うございます, きや, くない, くなる, くなるも, くねえだ, く出ました, よし, 御待申上ぐる, 思ふにより

▼ り~ (22, 0.1%)

2 も鼻, 懸けるので

1 [18件] がこの, がよく, がわかつ, であります, といふもの, には大きな, には布團, には赤, に就, のふち, の甚, の色, をねむ, を大きく, を感じた, を拭いいる, を考へ, を造った

▼ りがん~ (21, 0.1%)

1 [21件] からや言, がす, がだ, きめ込んだん, だ, だけで, でな, とは先づ, の一うねり, の上, の名, の本性, の本質, の本領, の老, の説明, はもう, も征服, をきめ込みたい, をきめ込む, を決め込ん

▼ りない~ (21, 0.1%)

2 ところに

1 [19件] から省略, が有名, ことながら, さ, さうです, た, どうしても生れ, ね, のだらう, ばかりでなく, ものを, やうに, 不断な, 天空の, 心悲しい, 片側に, 自由さと, 雑談が, 雨が

▼ り~ (21, 0.1%)

2 かたは六把を, 鞆は

1 [17件] なる刺激, なる智, キライで, ボリに, 先生は, 坂の, 坂へ, 太, 學に, 汗たら, 熱演で, 聲立て, 膽な, 詐欺師を, 賛成, 造を, 騷と

▼ り~ (21, 0.1%)

3 くな 2 くなつ, れて

1 [14件] くない, くならんうち, くなる, くゐすぎる, く着い, く私, れ, れたか, れたの, れたらこと, れたらまた, れた人々, れては, れわざ

▼ り~ (20, 0.1%)

2 りこちごちの野も, んなんか

1 [16件] た, つかったさかい, ないもの, ない人類的感銘, ない今, ない女, ない歓び, なかった, なしという, め, めや, め三月の, ものと, んと, んの, んを

▼ りめん~ (20, 0.1%)

4 の帶 2 の帯, の紐, の長じゅばん, の長襦袢 1 だったり, といふなまめかし, のくくり, の半襟, の緒, の裾, の襦袢, も色あざやか

▼ りやあ~ (20, 0.1%)

3 唯も 2 己れ

1 [15件] しない, しないと, すつかり知れる, どうでも, みんなに, 今に, 同じこと, 命も, 大丈夫だ, 屹度捉へ, 有難いの, 犬も, 生身を, 確だ, 麥は

▼ り~ (20, 0.1%)

2 じりッ

1 [18件] とお, とおり, とした, とその, とのぞきました, と下, と下った, と刎, と包囲, と大きな, と引きよせ, と彼, と残る, と痙攣, と私, と簾, と草原, と長い

▼ り~ (20, 0.1%)

3 即ち風

1 [17件] が洒掃, では却つて足手絡, に伴, に反し, に堪えざる, に次ぎ, は素人, れを, れ罪, を兵士, を利用, を卷け, を宗教, を日々, を盜, を筆, を軽んず

▼ りあい~ (19, 0.1%)

2 慰めあうの

1 [17件] がさらに, が始まっ, でもない, で大砲, ならば, になった, になってる, になる, の場合, の男二人, の銃声, はあろう, はやや, をくり返し, をし, を持ち, を演じた

▼ り~ (19, 0.1%)

2 私姉さんの

1 [17件] お前なんぞとは, ごとに, させて, して, つぽ, なく, なくねずみさん, なく戸, なく沢山, なく窓, なく訊問, なんかし, わたしは, 可愛が, 楽しみは, 皆な, 私は

▼ りよく~ (19, 0.1%)

2 ない

1 [17件] お寢つて, ないの, はいつて, はない, はなかつた, 働きよく, 思い巡らされて, 晴る, 晴れて, 此方法に, 燃えて, 知つてゐる, 答えた, 群れしかも人, 聽え, 蟠根錯節, 雲なく

▼ り~ (19, 0.1%)

4 へた

1 [15件] せて, へし, へてそれから, へて一生懸命御機嫌, へです, へに二時間, への罪, へるため, へると, へるなんて, へるのに, へ場, へ場所, へ池田屋, へ沼津

▼ り~ (19, 0.1%)

1 [19件] さ, で夜店, で眞面目, には何時, に上りました, に坂井, に宜, に寄宿舍, に曲り角, に白く, に足, の寺, の方, の疎ら, は玉, へ被った, をし, を遠, 元益坊主

▼ りさうな~ (18, 0.1%)

3 ものだ 2 ところで, 気が

1 [11件] ことぢや, そんなふく, ので苦しく, もの日沒, 人柄に, 勢ひです, 物言ひです, 處也, 見幕だつたさうです, 譯語を, 顔を

▼ りながらも~ (18, 0.1%)

2 どうしても誰

1 [16件] かなりの, しかし武術, すぐ其, なお尽きぬ, ほんの他人行儀, まだ何, 亦その, 何か, 便所へも, 兵衛が, 冷やかしたこと, 名誉心が, 市井の, 気が, 理由を, 考えた

▼ りわれ~ (18, 0.1%)

52 もまた

1 [11件] にし, の不興, の心情, は兄, は帆綱, は日本, は死刑囚, もアヌンチヤタ, も倶, も籠, 走り

▼ り~ (18, 0.1%)

3 とする 2 が惡, を聖衆來迎圖

1 [11件] か御, がある, がない, が無, なしには, にし, になつた, も考へ, を叩かしめた, を得, を示さず

▼ りかかる~ (17, 0.1%)

4 ように 2 場合その他にも

1 [11件] ことの, のに, のは, やうに, よほど前, 一人の, 処は, 怪語を, 時分に, 者が, 身も

▼ り~ (17, 0.1%)

2 を滑らした

1 [15件] から血, が丸紋, が辷りし, で燃やし, にしません, に乘, に建つ, の上, の雪, は開きたる, も利かぬ, をきかなかつた, を糊, を走らした, を開い

▼ り~ (17, 0.1%)

5 には時々 3 が違 2 は二十 1 が違つて, に二萬貫, の暮, の違, の頃, を経, 去り年來

▼ り~ (17, 0.1%)

3 があい

1 [14件] から腕, がある, に倚, のすき間, のついた, の障子, も煽つ, を入, を叩き, を押す, を推し, を開け, を開けた, 開けては

▼ り遠く~ (17, 0.1%)

2 はない

1 [15件] ては響かぬらしい, で吠える, ないあたり, ないだらうな, ない同じ, ない府下, ない所, ない植物, ない縣, ない誰, なく能褒野, なつて土手, に銃聲, へ離れ無い, 自ら参で

▼ り~ (17, 0.1%)

2 である風, となつ, に立つ

1 [11件] が叢, が深い, である, となった, に御する, のごとく, のそら, は霧, を引かん, 吹くとも, 和らげば

▼ りさえ~ (16, 0.1%)

9 すれば 1 したらねえ, しなければ, すりゃあ, はいったこと, ピカつかせ, 傷つかなければ, 耳に

▼ りても~ (16, 0.1%)

2 身を

1 [14件] あゝ友, こ, なほ離れかね, 又レツシング, 天の, 好し, 必ず先, 忠兵衞は, 惡事は, 泣かんを, 生き上ろうと, 碌々挨拶も, 能夫は, 行く處

▼ りほか~ (16, 0.1%)

3 に仕方 2 に手, に道 1 なかつた, なかつたが, にすべ, はない, はなかつた, はなから, は無い, ひ, 無い

▼ り乍ら~ (16, 0.1%)

3 歩いて 2 尋ねた

1 [11件] いつた, はら, まだ諸, 一寸是方, 仰有, 入つて, 寒いので, 少し節, 言った, 話した, 飛び出す二三

▼ り~ (16, 0.1%)

2 に入らなかつた

1 [14件] だったろう, になった, には老いたる, にゐる, に寄りつかず, に殘つたの, の中, の切廻し, へ帰っ, へ帰ったら, まで歩く, も藏, をほろぼし, を興し

▼ り早く~ (16, 0.1%)

2 障子を

1 [14件] ない, プラツトホームに, 一つ静子を, 一つ靜子を, 引擔いで, 手先兩人づか, 智恵子の, 智惠子の, 着かないで, 私服に, 親の, 謀を, 通り過ぎたやう, 運びます

▼ り~ (16, 0.1%)

2 を以て大隈伯

1 [14件] では深夜通行, に続い, の一致, の三國志の倭人傳, の事, の假名, の古, の如く推する, の擧動, の時, の様, の通り私, ほど奪, 短き

▼ り~ (16, 0.1%)

3 をし

1 [13件] がしたい, がない, が容易く, でもしましょう, で腹, に更け, は断, は斷, をしなけれ, をしなさい, をしましょう, を聞きたい, を致しましょう

▼ りかた~ (15, 0.0%)

1 [15件] が原因, だってたいして, だらう, である, であるに, でもない, で一寸, となりました, につれお, のする, は如何にも, は實, をしない, をすべて頭, を考へた

▼ りそこ~ (15, 0.0%)

1 [15件] からは九江, から奥, から筋道, で中断, には戰沒, には行かない, にもこ, に引籠つて, に彼女, に現れる, のショウウヰンドウ, の堅松寺, へ出た, へ来る, へ私

▼ りたりと~ (15, 0.0%)

1 [15件] いふ, するも, 云せ, 云ふ, 假定し, 具に話しけれ, 夫より, 心の, 泣きて, 爲し, 申されよと, 聞き寒月子, 表の, 覺し, 覺る

▼ りぽか~ (15, 0.0%)

15 りと

▼ り~ (15, 0.0%)

1 [15件] が出るで, が取れる, なく, なくご, なくどしどし, なくはぎ取る, なくピアノ, に乗せ, に仰せられず, に欠伸, に爆発, はしない, は誰人, へだて, 申しましょう

▼ り好み~ (15, 0.0%)

2 をし, をする

1 [11件] がない, がなく, するわけ, なんて出来る, の曲, はいっ, は云っ, もし, をした, をしたくない, をしなかつた

▼ り或は~ (15, 0.0%)

1 [15件] ほむちわけなど言, 一行が, 壊らんと, 宮廷外に, 岩角を, 悶え或は, 感ぜられる様, 月を, 沿岸を, 熊襲の, 町へ, 秋冬大風大水など, 羽を, 舟に, 芽を

▼ り支度~ (15, 0.0%)

4 をし 2 するを 1 と, のやう, をした, をしました, をすましたらしい, をする, をはじめた, を始めました, を始める

▼ り~ (15, 0.0%)

4 になっ 3 になる 1 から見た, にでも成つて休まつ, になったら, になつ, になり, にもなれない, に乘, に倒れました

▼ り~ (14, 0.0%)

5 かつた 2 かつてゐた 1 かつてくる, かつてせ, かつてゐる, かつて来た, たつた山嶺, たらす経津主, たれ黝ずみ

▼ り~ (14, 0.0%)

1 [14件] から登っ, た処, つて其の, つて国貞芳年の, つて附庸に, つる熱湯の, に見る, の大岩, の所, の方, は上, は宗室, へ下りる, るれば

▼ り~ (14, 0.0%)

1 [14件] うする, かで彼, か共通, か用, か話し, か黒い, ともはや, にか迷, にも着ない, の変った, はさておき, も欲しい, も食, や彼

▼ り~ (14, 0.0%)

2 つて

1 [12件] つた, つたお北, つたその, つた年配, つた慰め, つた水量, つた男盛り, つた美し, つた藤村君, つた見方, つた貧しい, つた顏

▼ り~ (14, 0.0%)

3 けてゐる 2 いて, けてゐた 1 きでは, きの, けて居る, けて慰め, けるの, ければ, け打

▼ りきり~ (13, 0.0%)

1 [13件] だつた時, です, でそれ, ででもゐる, でもっ, でゐた, でゐる, で気, で泣き, で灰色, で眠つた祖母, になる, の一つ

▼ りこくっ~ (13, 0.0%)

3 ていた, ている 1 たまま, てお, てしまった, て大股, て森, て老人, て酒

▼ りここ~ (13, 0.0%)

1 [13件] では但馬, にい, において余, において廟堂, にて乗りかえ, にアントロポロギー, に到り, に年, に見る, に購, に銀光, の塔かしこ, はいなか

▼ りそれから~ (13, 0.0%)

2 それと

1 [11件] ぐるっと防火線沿, リッツで, 下森に, 山の, 後御, 得意げに, 急に, 櫛簪から, 維新さ, 蹴込み, 頼まれましたんで

▼ り~ (13, 0.0%)

2 と晩, の大岡氏 1 と冬, と通り, には煮, に唯, の大河, の子分, は妙齢婦人, は小学, 坐一臥

▼ り初め~ (13, 0.0%)

72 た許 1 から人々, たの, と云つて, はどこ

▼ り~ (13, 0.0%)

2 をつきつけられた

1 [11件] がで, である, で離縁, と勘当, はこれ, は藤兵衛, をお前, をつきつけた, をつきつけられ, を芳男, 服今朝また

▼ り~ (13, 0.0%)

2 が歌, と飲みたい, に相談, は 1 がうた, がおも, ならずして, のみとは言はず君, の苦衷察

▼ り好い~ (13, 0.0%)

2 感情を

1 [11件] おぢ, ことで, 寂寥の, 心持では, 心持でも, 心持は, 氣持が, 氣持では, 結果を, 表現では, 香りが

▼ り~ (13, 0.0%)

2 聖堂に

1 [11件] さかりき, じま, なる花二つ, 兒臭い, 六丈が, 尼公に, 春日の, 清潔した, 箱の, 範圍に, 蛇は

▼ り~ (13, 0.0%)

2 なにな, なになり, は木華開耶姫 1 なであつ, なに成ける, なに成漸, なに燒失ひ, 婦の, 言をも, 青年期の

▼ り文句~ (13, 0.0%)

1 [13件] いはせず連れて, いわせず連れて, だったははははは, で彼, になっ, になつ, は言, ばかりです, をた, をどちら, を云ってる, を出した, を機械的

▼ り~ (13, 0.0%)

2 されて

1 [11件] して, し置きそれで, つた, りしば, りたれど, る, るのみか, る完全, る頃, れるのみ, 酷いかも

▼ り~ (13, 0.0%)

2 の田

1 [11件] に晒し, に死にゐ, に浸した, に臨み, に臨む, は清く, は湯, は透明, も四澤, を飼, 付く柳

▼ り~ (13, 0.0%)

1 [13件] が唯ひとり, が手, のむく, の姓, の思ふ如く, の義兄救, の聖なる, の膝, は無双, まだ迷っ, を子息ら, 大惡無道, 我がため

▼ り~ (13, 0.0%)

2 を蒔けよ

1 [11件] が幾つ, でした, ですね, で江戸, と同棲, なの, の友人, の大, の蕾, の詩集, を蒔く

▼ り長く~ (13, 0.0%)

2 なるから

1 [11件] お目にかからないで, なりましても, なりますから, なり過ぎて, なるばかり, はない, 惑は, 書いて, 續い, 續けて, 電車に

▼ りかへ~ (12, 0.0%)

2 つて居た 1 された, されたやう, されぬやう, し, した上, つたづどんどう月夜に, つたと, つて, つてゐる, つて來る

▼ りしかして~ (12, 0.0%)

1 [12件] いづれも, かの貴き, その結果, みづから, 全衆, 動かざること岸, 地球は, 後彼も, 条約改正の, 甲は, 贖の, 避くべき

▼ りたい~ (12, 0.0%)

2 にと老人, のよ, ほど気味が悪う 1 だらう, にもその, にも小諸, に決つて, ほどただ, ほど退屈

▼ りなし~ (12, 0.0%)

1 [12件] とどんな, となす, とは云, と傍, に作らう, に入, に渡り行く, に親しん, に足絡, の扱い, の風音, 清節を

▼ り~ (12, 0.0%)

2 を誰 1 にあら, に聞えた, の, のかぎり我, の一大変転, の初夜, の塵紛, は彼等, を去る, を益する

▼ り出し~ (12, 0.0%)

3 やがる 1 と神代巻一書, に任せ, に行く, の標準, もし得ず, やばりすぎる, や一ペン, をばわれ明, を喜び

▼ り少く~ (12, 0.0%)

4 なつて 1 とも僕, とも明年, とも私個人, なつたが, なつた八月, なつた水, なると, なるの

▼ り微笑~ (12, 0.0%)

2 しながら, すると 1 しつつ, しようと, つた, をもらした, をもらす, を催す, を漏らし, を見せる

▼ り~ (12, 0.0%)

2 のあたりよみ, の夕かげ 1 が短, にはお, ねもす, の暮れぬ, はぽかぽか, は没, をば泛, を経る

▼ り日本~ (12, 0.0%)

1 [12件] と交渉, に於ける, に行, に限, の中世, の作家, の坑夫, の流行歌, の特別, の生命線, の石器時代, を識

▼ り~ (12, 0.0%)

1 [12件] かつた, 一文である, 感動で, 政府主義者のみ, 暗に動きません, 沙汰を, 物語に, 躾な, 邪氣で, 關心に, 關心過ぎる, 雜作な

▼ り~ (12, 0.0%)

2 やさみしき, を見る 1 には風あれども地, に描い, に殘, に爆, は暗い, を仰ぎ, を蔽った, 咲いて

▼ り~ (12, 0.0%)

1 [12件] で拍子, なよ, にて遙, の下, の悪い, をあげ, をこちら, をまた, を爪立て, を竦めた, を踏みならし, 早き

▼ り~ (12, 0.0%)

1 [12件] だと, だらうな, であること, で暮し, になつて, には長い, に素袍, のこと, の人々, の高, を, を屈し

▼ り~ (12, 0.0%)

1 [12件] がぞっと, でじっと, で仕事中, にいう, につぶやいた, に沢庵, に耕介, の挨拶, の部分丈けが, をかくす, をなで, を軽く

▼ りかく~ (11, 0.0%)

1 [11件] てもおく, てゆきつ, て一, て世, て單, て實, と見る, のごとく, の如く, 思ふ我, 膽ふとく

▼ り~ (11, 0.0%)

4 ういふ 3 うした 2 うして 1 はれ飮食今われ, 夜ふけに

▼ りすると~ (11, 0.0%)

1 [11件] さながら私達, その一号法廷, ハツと, 小さい唇, 思ひますが, 笹紅を, 落葉松の, 言つた容易ならぬ, 言ふより, 邪念の, 飛んだ愛嬌

▼ りつけ~ (11, 0.0%)

1 [11件] のない, のねえ, の医者, の太田医学博士, の安斎医学博士, の患家, の方, の醫者, はない, へ行, をつた

▼ りての~ (11, 0.0%)

2 後は 1 作意にて, 咄し, 後なら, 後カラブリア酒誂へ, 抜群の, 暴言か, 會友が, 立腹お, 閼伽井の

▼ りとか~ (11, 0.0%)

2 ひまきを 1 いって, いわなとか, それが, べしとか, また以, むつて, 何とか矢鱈, 否とか, 隱さず

▼ りどころ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, があれ, とかいふべき, とする, なきうすなさけ, のない, はこれ以外, もない, をきめ, を人形, を持つ

▼ りやがて~ (11, 0.0%)

2 麓に 1 じく, そこを, 事実は, 冬の, 尾鈴の, 干滿, 水の, 私は, 食事の

▼ りら子さん~ (11, 0.0%)

2 を招 1 が折, だとかとの, の借り, の友達, は, は何故, は居る, も, を迎

▼ り~ (11, 0.0%)

2 つたら可, ひ出して 1 しか共, つた, はなかつた, はれて, ふもあれど, へばゆき子, へば心

▼ り~ (11, 0.0%)

1 [11件] が先考, が弁護士, の心, は元来小説家, は元来言文一致, は反っ, は寒, は思わず, は漸く, は絶望, 予め衣

▼ り合せ~ (11, 0.0%)

21 が惡, だね, であると, で裁判所, といふもの, と諦めなん, に向わされる, の悪い, の相

▼ り~ (11, 0.0%)

1 [11件] があけ, た, に於, の町, の部, はふけ, はやがて, は明け, は縄, までつい, 深の

▼ り大きく~ (11, 0.0%)

4 はない 2 見える 1 ない地震, ない町村, もなく, 見えない, 見ないで

▼ り寧ろ~ (11, 0.0%)

1 [11件] あらゆる健全, 一種の, 佛蘭西人が, 単なる不用意, 感覺以上の, 海苔の, 生命思想と, 瘠せて, 華麗な, 走つて, 途方も

▼ り深く~ (11, 0.0%)

1 [11件] そして底, て人, ない所, ふれるの, 丸々と, 信ずるにも, 兩人の, 根を, 穿鑿した, 立入つて論究思索する, 顏を

▼ り~ (11, 0.0%)

2 べしと 1 けるは, べくや, ますと, ます勿, 上げた方, 上げましたが, 上ると, 居しなり, 聞せ候

▼ り~ (11, 0.0%)

2 をあげ 1 と鼻, には涙, は八咫鏡, は慾情, は涙ぐん, は独楽, をあい, を奇妙, を注

▼ り~ (11, 0.0%)

2 の上, を催嘔 1 が前屈み, に思案, に手, をのみ傷め, を満す, を焦せし, を熱

▼ り遂に~ (11, 0.0%)

1 [11件] かくして秘密, このお, 一個の, 一命亡しぬ, 個人の, 兵を, 我家を, 此地に, 清国より, 病を, 製造所を

▼ り高い~ (11, 0.0%)

2 渠の, 黒塗の 1 からよさう, から負けさす, ところへも, のに怖, 中間に, 気流の, 頬骨の

▼ りかえって~ (10, 0.0%)

1 いた, いるよう, 不意に, 女の, 小牀, 濡手拭を, 葉ずれの, 軽く転がる, 青天井で, 音一つその

▼ りしかも~ (10, 0.0%)

3 それが 1 その妻, それらの, 価値そのものの, 底に, 戰を, 社会といふ, 肘の

▼ り~ (10, 0.0%)

1 がゆ, が人間自由, その刺し, つけないと, と詔, ね, は人, は我等, は静か, を鑄

▼ りわが~ (10, 0.0%)

2 導者は 1 かくなせる, みしもの, アンセルムッチオかく, 労働運動人間竹内の, 國の, 父の, 疾くとく來, 長所汝は

▼ り二人~ (10, 0.0%)

1 が二人, が門, で帰っ, の人, の惡者, の旅人, の紋, の腿, の顏, は無言

▼ り人間~ (10, 0.0%)

2 の群 1 とは如何なる, の, のみには有限的意思, のみに自由意思, の姿, の歴史, は最も, を牛

▼ り~ (10, 0.0%)

2 に彼 1 なる徳利, に, に人, の崖, の歩道, の窓, の脇玄関, へ行く

▼ り~ (10, 0.0%)

2 の手, の拳, の次第, の肩 1 の肱, の趣き申立

▼ り同じ~ (10, 0.0%)

1 やうに, ように, 下宿屋に, 二俵を, 山間に, 年に, 故國, 日本民族と, 題材が, 齢の

▼ り彼等~ (10, 0.0%)

1 の危險視, の名, の来た, はより, は少なくとも, は平氏, は教会, は泥, は知らず, は長い

▼ り惜しい~ (10, 0.0%)

2 やうな 1 が止む, ぢや, と見え, やうだ, 思ひが, 次第である, 氣が, 顏を

▼ り~ (10, 0.0%)

1 から首, で彼, となつ, に並ん, に移った, の上, の實, も小さく, をたたいた, を愛する

▼ り~ (10, 0.0%)

2 寂びた宮居 1 に恃む心, に誓, の側, の力, の畏怖われ, は愁, へ祈りし, をば大きな

▼ り~ (10, 0.0%)

2 が, があつ 1 なぞもおそろしく, に匍, の尖, の庵, の種子, を穿ち

▼ り~ (10, 0.0%)

3 れか 1 か又, にも見られず, にも遇わなかった, に交, もこない, も聞く, も詣でざる

▼ り~ (10, 0.0%)

2 ぎゆかば, ぐる火輪の 1 ぎたあとに風が, ぎたことはいふまでもあるまい, ぎたもんだでね, ぎてどうかと思つた, ぐ, てり告げずし

▼ り~ (10, 0.0%)

1 が降り, さらさら落ち, というの, に浴, のふり, の中, の窓, はらら過ぎ, を浴び, 降る夜

▼ りいざ~ (9, 0.0%)

2 や焼飯 1 その時, となった, や今, 其時はと, 汝歩履を, 独唱という, 行かむ

▼ りかけ~ (9, 0.0%)

1 というもの, などがころがっ, のとき, のむすび, の仮面, の干し, の胡瓜さ, を一寸手, 硝子窓を

▼ りただ~ (9, 0.0%)

2 一策である 1 その一点, それこれを, それと, もう頭, ゴロゴロと, 一死を以て, 佐太郎のみ

▼ りとばかり~ (9, 0.0%)

2 その試食会, 裂けり 1 おき上り何, もとの, 思って, 筆を, 胡坐かき

▼ りとを~ (9, 0.0%)

2 ふり替へること 1 いっしょに, しだまつて, もつて, 取り出して, 基礎として, 恐れて, 禁じ得なかった

▼ りにくい~ (9, 0.0%)

2 咄が 1 といふだけの話, のです, ものだ, もので, 病気は, 言ひ, 電話を

▼ り一人~ (9, 0.0%)

2 で家 1 である, の男子, の紳士, は伊勢屋, は拔身, は母親, は片手

▼ り~ (9, 0.0%)

2 の所 1 から石臼, がつて支度, がつて槲, こんな告白, の大腿部, の棧, 描いて

▼ り~ (9, 0.0%)

1 淨門より, 生産的な, 用意の, 申失礼致候, 申昨, 覺を, 謹愼な, 随意に, 雅な

▼ り仕方~ (9, 0.0%)

7 がない 1 ありません, がありません

▼ り~ (9, 0.0%)

1 きたるらし, に眠る, の暮方, の水いま街裏, の炉辺, の陽, は布団, は流行感冒, よるべ

▼ り~ (9, 0.0%)

1 から又, から山脈, と見る, なきに, より上野, より古河, より御, より直に, れより

▼ り姿~ (9, 0.0%)

1 が小さく, が豹變, でノッソリ, で高, の小さな, の髯面, を見せなかつた, を送つ, を隱

▼ り実に~ (9, 0.0%)

2 はたが, 悲しい哉, 憎むべきである 1 はげしいコツコツ, 旦那様の, 無礼な

▼ り思つて~ (9, 0.0%)

3 ゐた 2 ました, ゐる 1 ゐるうち, ゐるので

▼ り~ (9, 0.0%)

1 か, き合うと, たるは, たるむさぼり, 叩くを, 寄て, 捨んと, 棄るだ, 氣も

▼ り易く~ (9, 0.0%)

2 言へば 1 いえば, いへば, おなりに, てその, 味ひよか, 言はうなら, 言ふなら

▼ り来る~ (9, 0.0%)

1 もので, 事も, 商人相手に, 度撓む, 暮色を, 群集エンジンの, 車輌の, 雪の, 魔

▼ り~ (9, 0.0%)

2 ふなりと, ふ頃 1 は, ふ, ふべき便, へば両人とも, へ飯

▼ り~ (9, 0.0%)

2 を伏せ 1 となり, に仮, の左方, は例, を缺, を見ない, 賣は

▼ り高く~ (9, 0.0%)

1 あげて, して, ないといふ, ない木, なつて, 浄し, 無いところ, 買つてゐた, 骨までも

▼ りかつ~ (8, 0.0%)

1 こうかつ, 三ともに, 主として土地, 尋ぬれ, 戰場に, 撃ち二時, 消ゆる, 認めえたこと

▼ りかね~ (8, 0.0%)

2 顏を 1 しが, しとぞ, 候人なれ, 家探しを, 申候, 顔を

▼ りかねて~ (8, 0.0%)

1 執筆を, 寂しいよう, 殘つた者が, 湖上の, 相識れる, 窃に, 負傷し, 頓興な

▼ り~ (8, 0.0%)

2 ちた 1 しだという, ちた時, ちつ, っとり, りで, んぼ

▼ りごと~ (8, 0.0%)

2 のやう, を云 1 つき琵琶これ, にさも, を仰つ, を言う

▼ りしもの~ (8, 0.0%)

1 あらん, なりし事, なるや, の何と, の如し, はなすべからざる事, 右の, 少からざる

▼ りしや~ (8, 0.0%)

1 はつた, また誰, 先此方, 其日限を, 其行先を, 否やを, 大膳太夫殿と, 或人

▼ りじゃ~ (8, 0.0%)

1 こい, で, ない幽霊, なく先輩, ねえですか, アねえ, ア塩噌に, 休みましょうとは

▼ りたて~ (8, 0.0%)

2 の花 1 に近い, のもの, の晒木綿, の石, よりもより, を口

▼ りより~ (8, 0.0%)

1 のろ, 一軒手前の, 入りて, 八つ橋は, 彼町人體の, 申, 美しいもの便利, 高く生きよう

▼ り~ (8, 0.0%)

1 て其の, て初期議會, て吾人, て實査當時, て暫らく政變, て申上, て華族, て調和一致

▼ り~ (8, 0.0%)

2 のない 1 のごとく, のヴィユー・コロンビエ, の如く店, の桃色塗, の薄暗い, の邵伯湖

▼ り候処~ (8, 0.0%)

1 その妾, はとても, へまた, へ富子さん母上, 実は今夕偶然銀座通, 御病臥, 突然彼方, 突然後

▼ り~ (8, 0.0%)

1 にはどうしても, には平時, に迫る, の惡魔, の話, は云わなかつた, は相, は遠い

▼ り~ (8, 0.0%)

1 が強情, づ安心, に人間, の嶮岨, は首尾, へ行き, をとめ, 松葉屋へ

▼ り~ (8, 0.0%)

1 つた主人の, つてゐた, つてゐる, つて居る, つて見た, ぬ, るる戰車, 亂れ

▼ り~ (8, 0.0%)

1 に哭けり, に潜っ, に襟, の幾分, の運行, は春, を潜る, を耕す

▼ り~ (8, 0.0%)

1 お柳, お由利, つこたち, にもらつた, のお, の急死, の生命, や女房

▼ り少し~ (8, 0.0%)

1 でも不便, の田地, ばかり重い, ひよわな, も厭はず參詣, 四辺が, 買い一朱, 遅くは

▼ り~ (8, 0.0%)

2 のおごり 1 ではない, と共に一口, の, の乱, の苦參, の長き

▼ り彼女~ (8, 0.0%)

2 の希望 1 が至るべき, と共に上野, は丈, は総身, も駒, を束縛

▼ り感心~ (8, 0.0%)

1 した風, して, しないが, せぬこと, せぬ事, せぬ風計り, もしない, も出

▼ り我等~ (8, 0.0%)

1 が上ん, が現に, すでにすべて, にこひ, に預け, の中, の入江, はこれ

▼ り~ (8, 0.0%)

1 である, で支那流, で書い, にする, に改めて, に書き, に直す, を作る

▼ り~ (8, 0.0%)

1 らしい物, 參が, 參で, 右衞門町の, 圓貳千圓および, 夫婦は, 左が, 紙幣二千圓を

▼ り更に~ (8, 0.0%)

1 また私, 一書にも, 上下卑賤とは, 今又, 又, 幾句かを, 文科大学然, 變じ

▼ り~ (8, 0.0%)

1 がかけ, の上, の下, の中程, の手薄, の方, を提灯, を渡る

▼ り次第~ (8, 0.0%)

1 すぐよこす, のところ, のもの, 列ねると, 可申上候也, 呼ぶ樣, 縛らせたくないと, 討取つて夫

▼ り澤山~ (8, 0.0%)

2 頂いたので 1 あつて, に使つて, はいけない, は勸め, ゐるので, 産まぬやう

▼ り~ (8, 0.0%)

1 がオレ, につれられ, にゐず, はもう, は佐太郎, は死ん, よかく, を養

▼ り~ (8, 0.0%)

1 なり然, ひ, ひ笑み戲, ふて聲, ふ子供等, へり, へり夜, 立つて

▼ り笑つて~ (8, 0.0%)

1 いつた, うなづき合, さつと顏, さて一膝, その手, それから声, 見せた, 軈て私

▼ り~ (8, 0.0%)

1 一圈にては, 一私と, 一第, 三の, 二に, 二には, 二伊藤侯の, 二枚は

▼ り~ (8, 0.0%)

3 の若い 1 とおぼしい, に召抱えられました, のサラリーマン, の磯吉, の鳶頭

▼ り~ (8, 0.0%)

1 から下, に手, に手拭, をおろした, を下しました, を押し, を掛け, を落ちつけた

▼ り~ (8, 0.0%)

2 りは 1 つた, なること, へたん, りといふ, りなく, るので

▼ り~ (8, 0.0%)

2 は勸め, は実に 1 をのむ, を薦め, 持つて, 臭くて

▼ り~ (8, 0.0%)

2 に枝 1 に遇い, の夜明, もふつ, もよひ, を舞, を舞い入らせる

▼ りあつ~ (7, 0.0%)

41 たので, た心的状態, た色

▼ りあの~ (7, 0.0%)

1 娘が, 寒いところ, 強大な, 様な, 深い山岳, 話の, 谷川の

▼ りいい~ (7, 0.0%)

1 お客さんとは, 勉強と, 匂り, 感じは, 氣持ちでも, 氣持とは, 舞臺にも

▼ りいつも~ (7, 0.0%)

1 ただ人の, の元気, の通り袴, は派手, テラスに, 人氣なき, 先導を

▼ りけむ~ (7, 0.0%)

2 厳橿が 1 そこすぎば, その幼児, 得三は, 我が沈設水雷, 木の葉屑をば

▼ り~ (7, 0.0%)

1 はかく, は人, は是白日, は末凶, は殆, は白き, は神

▼ りそめ~ (7, 0.0%)

4 にけり 1 たり田植水, の事, の縁

▼ りとぞ~ (7, 0.0%)

2 畏み 1 いうなる, いふなる, なる, 思わるる, 聞えし

▼ りばん~ (7, 0.0%)

7 こに

▼ りびく~ (7, 0.0%)

2 りして, りと 1 りするん, り羽, り震えて

▼ りやすい~ (7, 0.0%)

1 かと思っ, もので, ものと, ロマンシングに, 巧い, 日射し照っ, 通弊として

▼ りよって~ (7, 0.0%)

2 来て 1 きた, 儲り, 困るじゃろ, 来たが, 来る池

▼ り一方~ (7, 0.0%)

1 ならず残り惜げ, においては久坂, に傾いた, は木曾川, は盛栄, を切り開い, クララとの

▼ り伊藤侯~ (7, 0.0%)

2 も亦 1 が一方, に倦まれたる, のみに非, の冀望, の本意

▼ り具合~ (7, 0.0%)

2 が好い 1 が旨く, とその, と来, によって兄弟, をともすると

▼ り再び~ (7, 0.0%)

1 上の, 亡父の, 四馬路の, 基礎を, 礼を, 秀子の, 船へ

▼ り~ (7, 0.0%)

2 だ百姓議論 1 し其の, だ我九膓, 之を, 寒い処, 遠くの

▼ り~ (7, 0.0%)

2 方もう, 舌て 1 武の, 過ぎては, 過ぎるお供

▼ り女房~ (7, 0.0%)

1 お梅, にも, にも此事, に渡し, のお, のゐない, は井

▼ り~ (7, 0.0%)

1 てとほれ, て居たる, て行き去れ, の四十男, もやらず, をし, 起きして

▼ り惜し~ (7, 0.0%)

1 さうにし, さうに別れ, さうに手紙を, さうに見, さが, さを, 相に

▼ り~ (7, 0.0%)

1 かれて, けて來, けて和尚さん, けて溪流, けながら彼, けると, けるので

▼ り支那~ (7, 0.0%)

1 に倣うた, の俚伝, の儒教, の勢力, の孝道, の風習, の黄河

▼ り~ (7, 0.0%)

1 にし, については語りたくない, をしなく, を善く, を習う, を著わし, を讀む

▼ り~ (7, 0.0%)

21 し互に, し船, せざりき, つて, はう

▼ り~ (7, 0.0%)

2 ののぼる, の光 1 の夜寒, の山路, は夾鐘

▼ り~ (7, 0.0%)

2 らくも 1 たりて, つた年の, つて, つて観ずれ, つて錦橋本の

▼ り~ (7, 0.0%)

2 へる 1 と言, に敢, ふといは, まで合せ, を題し

▼ り段々~ (7, 0.0%)

1 と鑑, の話, 不要分子を, 日延に, 樣子を, 相尋委細, 若返りして

▼ り~ (7, 0.0%)

1 と空, に俯, に臨める, のごと, は目, を横ぎり, 深く潮

▼ り~ (7, 0.0%)

1 ちました, つた, つと丑之助, つと同じ, つと少し身體, つと打つ, つと歸つて行

▼ り~ (7, 0.0%)

1 にかけ, にぶらさげ, まで着る, や手, や腕, を接し, を搖つて

▼ り~ (7, 0.0%)

1 がすぐ, が房州, などが芋, に乘, の傍, の棹, や白帆の

▼ り~ (7, 0.0%)

2 の光ゆらぎ 1 の大, の姿, は落ち, も生, 之助

▼ り語り~ (7, 0.0%)

2 が囈語, する語部, の物語り 1 居りしも

▼ り込み~ (7, 0.0%)

1 が來, でもなん, でも夜討, と一緒, な, に來, やがっ

▼ り~ (7, 0.0%)

1 が這入ってる, にならない, の儀, の出道, の鰻, は沢山, を入れ過ぎ

▼ り~ (7, 0.0%)

1 が氣, にもう, に奉公人, に気, に襟つき, の邪魔, は此袖

▼ り~ (7, 0.0%)

1 かだ, かなの, かになつ, かに碎け, かに立つ, なもの音, に藝術

▼ り~ (7, 0.0%)

1 がまだ, が荒馬, その第, といはれた, に鞭, まで跛, 肥せの

▼ りかに~ (6, 0.0%)

4 響いた 1 仕立趣向仕り, 實現した

▼ りからの~ (6, 0.0%)

2 暁闇を, 朝寒夜寒に 1 菊紅葉に, 追分ぶしや

▼ りげに~ (6, 0.0%)

1 いかなる羽, この曲淵, そのおそろし, そのさわがぬ, や伊丹, 兇猛なる

▼ りといった~ (6, 0.0%)

2 ような 1 ことを, やつで, ように, 調査会な

▼ りとが~ (6, 0.0%)

1 ある, なければ, 土間に, 彼女の, 独立に, 蓄積され

▼ りなん~ (6, 0.0%)

1 かと自ら自分, だが, だぜ, だと, だな, ていういかもの

▼ りはり~ (6, 0.0%)

1 がつい, が合っ, が此所, だつて変つて, の合わねえ, の調子

▼ り~ (6, 0.0%)

2 こいだしければ 1 かまの, し, たまで, ツたりに

▼ りばかり~ (6, 0.0%)

3 して 1 あったわけ, したがって, でなく松花堂

▼ りぶつ~ (6, 0.0%)

5 りと 1 倒れさうに

▼ りぼん~ (6, 0.0%)

1 でしばった, に, にとめし, のやう, の大, は村中

▼ りまで~ (6, 0.0%)

1 お風呂, たどり着いたので, 此子の, 此處で, 氷塊が, 附き合つたわけぢ

▼ りみたい~ (6, 0.0%)

1 な毛むくじゃら, な腕, な連中, にふわりふわり, に思え, に逃げ散った

▼ りむしろ~ (6, 0.0%)

1 叫びて, 故郷に, 生理的な, 自己の, 若い婦人, 高等民種の

▼ りもし~ (6, 0.0%)

1 なんだ, 地球の, 捕えて, 桃青の, 足下の, 飛び廻わり刎

▼ りもぞ~ (6, 0.0%)

6 りと

▼ り~ (6, 0.0%)

1 うりゆうと, かむ, たに, ふべは, をつかふ, 吐き出づる水

▼ りらら~ (6, 0.0%)

6 りら

▼ り~ (6, 0.0%)

1 が最も, にはまだ, にも九郎兵衞, の村, は暗かっ, より出でし

▼ り何ぞ~ (6, 0.0%)

2 自家の 1 や, 公私を, 天下の, 知らん舞台

▼ り~ (6, 0.0%)

3 すら脇士 1 が新しい, れが, を眺めう

▼ り~ (6, 0.0%)

2 は既に 1 は士氣, ヶ谷の, 氣で, 養

▼ り初めて~ (6, 0.0%)

4 ちようど今日と 1 いた, からといふもの

▼ り~ (6, 0.0%)

2 が入 1 ありげ, あるヘーラクレ, を以て國, を入れすぎ

▼ り即ち~ (6, 0.0%)

1 ダンテは, 接觸でなけれ, 日の, 繁き魂, 轅よりは, 霧か

▼ り去る~ (6, 0.0%)

1 あり或は, ことが, を望み, ラケダイモンの, 程に, 風雨の

▼ り又は~ (6, 0.0%)

2 人の 1 おしめり, 地面の, 東海道へ, 車に

▼ り~ (6, 0.0%)

1 一の, 七二年に, 三時三十分より, 八年には, 十時より, 樣の

▼ り~ (6, 0.0%)

2 の上 1 で猫, に手, に潜む, の下

▼ り~ (6, 0.0%)

1 から機關車, がなくなる, で女中, で私, へ急いだ, まで行

▼ り~ (6, 0.0%)

2 つた, られても 1 くった, られした阿波

▼ り~ (6, 0.0%)

1 の手先, は皆, を買, を選ん, 居りて日, 道樂を

▼ り~ (6, 0.0%)

1 にする, の男兒, は曇れり, は覚め, を出し遣る, 墨子の

▼ り~ (6, 0.0%)

1 が引き上げる, としてこんな, の中, は皆手, は私, を兩國

▼ り寄つて~ (6, 0.0%)

1 お辭儀, くる樣, その手, 何時も親分, 来たかと, 来て

▼ り~ (6, 0.0%)

1 にし, に堂々たる, に女, に月, に風景, 在的

▼ り尽く~ (6, 0.0%)

2 せりと 1 せり, せりか, せりであった, せりの

▼ り~ (6, 0.0%)

3 の手 1 に突當, の肩, は国東半島

▼ り~ (6, 0.0%)

1 が変心, の妻, れの, れを, を去, を調

▼ り平次~ (6, 0.0%)

2 と八五郎 1 が當つて, に預けた, は向, は妻戀町

▼ り~ (6, 0.0%)

1 が込ん, に坐つ, の前, の者共, の重助喜助松五郎, へも出さない

▼ り彼方~ (6, 0.0%)

2 に聞え 1 に転んだ, に轉ん, の壁, へ至り戸

▼ り~ (6, 0.0%)

2 に明る 1 にお, に烈しく, に腹, 角度に

▼ り故に~ (6, 0.0%)

1 その名, 利益の, 我等は, 横浜海面埋立問題起りたる, 横濱海面埋立問題起りたる, 深く責

▼ り~ (6, 0.0%)

1 ができた, させるなんて, したこと, では有, の時, の汽車

▼ り易き~ (6, 0.0%)

1 をも悟り得, 人は, 今しかく, 天候に, 盛りと, 秋の

▼ り~ (6, 0.0%)

1 たる此姿, たる此有樣嘸, たる浮世, つべくも, は血気, 見知る者

▼ り~ (6, 0.0%)

1 へりしまで, り, りした, りも, り來, り去る

▼ り気味~ (6, 0.0%)

1 がみえ, に, に書い, に褄, のある, の口吻

▼ り~ (6, 0.0%)

21 の広, の廣, の水澁, や山田

▼ り特に~ (6, 0.0%)

1 カルフッチを, 十年の, 変態と, 自然弁証法である, 講談, 黒海沿岸では

▼ り~ (6, 0.0%)

2 はれて 1 はれた, はれたもの, はれたり, はれ居る状

▼ り相手~ (6, 0.0%)

2 を識 1 になり, の胴, の顏, も裸

▼ り~ (6, 0.0%)

2 もふけ 1 の日, の水面, は夕, 去り冬來

▼ り立ち交~ (6, 0.0%)

2 るという 1 りに, り叩頭, り座敷, り彼

▼ り~ (6, 0.0%)

1 がかなり, に示され, のゐなく, はっきりその, よりも娯樂, 異説多し

▼ り~ (6, 0.0%)

2 へ出す 1 ふるに, へもしなかつた, へを纏めよう, へ勝ち

▼ り~ (6, 0.0%)

1 かむ行, しかば是, でましし, はれた, はれて, りましょうエ先生逃げ隠れ

▼ り言葉~ (6, 0.0%)

2 の詩 1 が裸, もなく, を掛たら, を神

▼ り~ (6, 0.0%)

21 ひ彼ら, ひ氣, ふこと, ふもの

▼ り難し~ (6, 0.0%)

1 と推し, 三十六計, 大智と, 彼是と, 氣の, 然る

▼ り~ (6, 0.0%)

1 に乗り, に包まれ, に駕, の如く, もさっき, を掴む

▼ り~ (6, 0.0%)

1 に浮んだ, に縋りつい, まで水, をうごかす, をさげ, を包ん

▼ り~ (6, 0.0%)

1 かるべき時刻, が五ルーブル, さは, るを, 擧超脱, 過ぎる經驗

▼ りあるいは~ (5, 0.0%)

1 再び古い, 励まし甲斐, 唐筆を, 妾の, 酒を

▼ りかの~ (5, 0.0%)

1 パドック, 冷際に, 山裾に, 書を, 畏も

▼ りがち~ (5, 0.0%)

1 で好い, なまるで, なりけれ, なセンチメンタル, にいつた

▼ りくどい~ (5, 0.0%)

1 奴に, 方法を, 樣に, 表現を, 言い方で

▼ りこうそう~ (5, 0.0%)

1 な男の子, な目, な顔, な黒い, な黒いかわいらしい

▼ りしかと~ (5, 0.0%)

1 いはるる声音, 三人大ひ, 今が, 御尋, 心付俄かに

▼ りしぞと~ (5, 0.0%)

1 問れしか, 尋ねら, 有に, 物語りしかば, 狸寢入を

▼ りしとぞ~ (5, 0.0%)

1 依て, 假初にも, 扨又大岡殿は, 昔時唐土漢の, 爰に

▼ りたち~ (5, 0.0%)

2 はなれ 1 が, のお, の中

▼ りてや~ (5, 0.0%)

1 まず, 其やさしき, 庭前颯と, 所謂智識を, 泥土熱し

▼ りとある~ (5, 0.0%)

3 人は 1 胸を, 陽炎が

▼ りとな~ (5, 0.0%)

2 つてゐた 1 つてゐる, つて立昇る, つて見えた

▼ りなんか~ (5, 0.0%)

3 して 1 打つたつて, 無いん

▼ りまたは~ (5, 0.0%)

1 おのれの, 団十郎, 小さなころ, 徒立にて, 矜持と

▼ り~ (5, 0.0%)

1 ゆ, 冬なり, 同に, 或は打, 見よ

▼ りやつ~ (5, 0.0%)

2 たもの 1 てきた, てのける, て来

▼ りょんさん~ (5, 0.0%)

1 おもがな, どげん, を見かけん, 大層遅い, 御安心

▼ りをば~ (5, 0.0%)

1 わが心, 實は, 性的の, 悦び且疑ふ, 飾り列ね

▼ り且つ~ (5, 0.0%)

1 それぞれ一方の, それらの, 多分に, 運び多く, 飛んで

▼ り~ (5, 0.0%)

1 が顕, だ, と存ずる, などと思う, へが第

▼ り今日~ (5, 0.0%)

1 こそ我が, その日, における鉄道株券同様, の僧侶, は御

▼ り仕度~ (5, 0.0%)

2 をし, をする 1 をはじめた

▼ り~ (5, 0.0%)

1 が出まい, へること, へるだけの, を送れ, 師範の

▼ り以上~ (5, 0.0%)

1 に, に粧, に陋劣, に面白い, のこと

▼ り住居~ (5, 0.0%)

1 がありました, して, のともすれば, の家, を見

▼ り何と~ (5, 0.0%)

2 なれば 1 やらん申候得共, 多事で, 見む

▼ り何処~ (5, 0.0%)

1 かけん, かへ飛び去, から持っ, ともなく, の鍛冶屋

▼ り信用~ (5, 0.0%)

1 ができぬ, しては, しなかつた, すること, するまでに

▼ り~ (5, 0.0%)

2 氣を 1 のよう, は此所, 來巧し

▼ り先生~ (5, 0.0%)

1 の氣, は其気, は御, は既に, 然は

▼ り切り~ (5, 0.0%)

2 になつ 1 にする, になっ, に歸つて來

▼ り~ (5, 0.0%)

1 さうと, されたり, され大, したり, しなど

▼ り勝ち~ (5, 0.0%)

2 で思はず 1 であった岸本, な幻覺, の有

▼ り勝手~ (5, 0.0%)

1 な推量, な横暴, より手燭, より窺, 過る話しなり其爲

▼ り~ (5, 0.0%)

2 譽の 1 なりと, を貪り, 殘惜げに

▼ り~ (5, 0.0%)

3 ふの 1 ひ合つて, ふ側

▼ り大事~ (5, 0.0%)

1 あるに, すでに定まった, であ, な時間, にし過ぎた

▼ り小さい~ (5, 0.0%)

1 からと禁め, のを, ジャケツを, 峰が, 者を

▼ り~ (5, 0.0%)

1 しに, たれば, にはあなた, は堪らない, をなさる

▼ り~ (5, 0.0%)

1 といふ料理屋, のせい, の息子連, は, へ行つて

▼ り工合~ (5, 0.0%)

1 が少し, が面白く, でこれ, とかがかもし出す, 柔かさ

▼ り~ (5, 0.0%)

2 でまして 1 か不幸, でます時, ひ黒眼鏡

▼ り~ (5, 0.0%)

2 もほどろ 1 の大, の奥, の小池

▼ り彼ら~ (5, 0.0%)

1 が八幡, の戰車駐め据, の血液, はツギ, は今来

▼ り~ (5, 0.0%)

2 を吐いた 1 をつく, を凝らし, を喘

▼ り我が~ (5, 0.0%)

1 五十年の, 國は, 宮内省御用掛といふ, 意も, 日本のみが

▼ り~ (5, 0.0%)

1 ときは, ひは, 場合には, 日惠梅比丘尼は, 者は

▼ り~ (5, 0.0%)

4 されて 1 されるか

▼ り既に~ (5, 0.0%)

1 この場, 大組を, 瀬戸川まで, 相果候跡, 近づける鷹

▼ り~ (5, 0.0%)

1 に一醫, に鳥, のま, 平公, 移るに

▼ り暫く~ (5, 0.0%)

1 すると, その島, 此寺の, 足を, 食客と

▼ り~ (5, 0.0%)

2 の上 1 に倚掛つて, に兩肱, に対する時に

▼ り~ (5, 0.0%)

2 のやう, ほどなる 1 の蕎麥殼

▼ り~ (5, 0.0%)

1 で日本國中, の出, の眼, の部屋, 右衞門に

▼ り正直~ (5, 0.0%)

1 には務めなかつた, に云い, 過ぎて, 過るゆゑなり, 過る此上

▼ り此處~ (5, 0.0%)

1 で聞ける, で言つた方, にはもう, にぼつ, よ彼處

▼ り殊に~ (5, 0.0%)

1 九助は, 倭人傳に, 社交界の, 英語において, 陸に

▼ り氣味~ (5, 0.0%)

1 です, になる, に言, の好い, の肌ざはりは

▼ り~ (5, 0.0%)

1 で壞, の立つ, を打っ, を立て, 分けて

▼ り注意~ (5, 0.0%)

1 して, すべきこと, する者, せぬですけれども, を拂つて

▼ り深き~ (5, 0.0%)

2 水の 1 に臨み, 哀しみより, 庭に

▼ り~ (5, 0.0%)

2 登る事 1 叫喚の, 委細の, 屹度愼み罷り在べし

▼ り~ (5, 0.0%)

2 に映るかげ, を借り 1 よ春

▼ り甲斐~ (5, 0.0%)

1 がお, がな, のある, のない, を見る

▼ り~ (5, 0.0%)

2 の中 1 じみるが, の小, を見物

▼ り番こ~ (5, 0.0%)

2 に睨ん 1 に彼, に瞬い, に飯

▼ り~ (5, 0.0%)

1 て, てた, てて新聞社, てられないので, てるまでには

▼ り目科~ (5, 0.0%)

1 が当, は何所, は余, は例, は倉子

▼ り~ (5, 0.0%)

2 せっ 1 き直, しっ, 樣役所へ

▼ り~ (5, 0.0%)

2 けり 1 せしゆゑ闇, の蝉, 上らんと

▼ り立派~ (5, 0.0%)

2 な美しい 1 な室, な時代, に出

▼ り~ (5, 0.0%)

1 つた, つて, には社會改良家, の始, へし

▼ り~ (5, 0.0%)

2 の遠い 1 で階下, に打ちつけ, の庭

▼ り~ (5, 0.0%)

1 にせぬ, へ被さっ, をすました, を澄し, を澄まし

▼ り~ (5, 0.0%)

2 から其の 1 から沈思, 證によるのみ, 轉車は

▼ り葉堀~ (5, 0.0%)

21 りな, り使, り御

▼ り~ (5, 0.0%)

2 つてしまふ 1 つてた, つて姉のを, つて息つまる

▼ り西~ (5, 0.0%)

1 に山, に離れ, に離れた, の御, は亞拉比亞

▼ り~ (5, 0.0%)

2 えてゐる 1 えて, えてゐない, えて居ります

▼ り證文~ (5, 0.0%)

1 の一件, を何と, を出し, を取る, を忽ち

▼ り~ (5, 0.0%)

1 いと又, いんでも, かるべきも, くしない, く胸

▼ り~ (5, 0.0%)

1 つたところ, はない, ひ過, ひ過ぎる上, やしない

▼ り長い~ (5, 0.0%)

1 からと云つて斷, 冬の, 手紙にて, 稻妻の, 間浮い

▼ り~ (5, 0.0%)

1 から男振り, がキイ, に紺暖簾, のところ, はぴたり

▼ り集つて~ (5, 0.0%)

5 居た

▼ り難い~ (5, 0.0%)

1 でしょうと, 事も, 事情の, 物が, 言葉を

▼ りあいな~ (4, 0.0%)

1 くらいにみごと, くらいの美男子, のです, 気持の

▼ りいと~ (4, 0.0%)

1 さかしげ, ほしみ愛しみ刈り居る, 便なかるべし, 白々しく今朝茗荷屋源兵衞樣方

▼ りいや~ (4, 0.0%)

1 いあの, なんぼ憎らしい, な顏, 黒くひとり

▼ りうち~ (4, 0.0%)

2 霞み鳴く 1 から少し, の事情

▼ りかと~ (4, 0.0%)

2 思はれて 1 一緒に, 感じられた

▼ りかなり~ (4, 0.0%)

1 くたびれた続篇, 乱暴な, 大きな餘震, 存分に

▼ りくつ~ (4, 0.0%)

1 だ, にあっ, になっ, をいいました

▼ りけむか~ (4, 0.0%)

2 人の, 土をのみ

▼ りけれども~ (4, 0.0%)

1 その前, 層楼高閣の, 猶ほ, 終に介抱

▼ りこそ~ (4, 0.0%)

1 あれと, がんりきの, よけれ常世, 取る金

▼ りごろりと~ (4, 0.0%)

1 まわして, やって, 横に, 魚の

▼ りさま~ (4, 0.0%)

2 に二三杯 1 に六波羅, へでも一緒

▼ りしかるに~ (4, 0.0%)

1 善人の, 汝今われを, 知覺判斷には, 雪頽に

▼ りしこ~ (4, 0.0%)

1 とありき, と何人, と静か, と餘

▼ りしづか~ (4, 0.0%)

2 なり鶸茶 1 な杜, に山上

▼ りしとて~ (4, 0.0%)

1 之を, 件の, 宵の, 此返答は

▼ りしなり~ (4, 0.0%)

1 何卒御, 併し乍ら人樣, 然ば, 聊かの

▼ りずぶりと~ (4, 0.0%)

1 つきさしました, 水中に, 突きささり, 突き上げるの

▼ り~ (4, 0.0%)

1 さながら影, ゆくあな恐怖, り自分, 過ぐれ

▼ りだけ~ (4, 0.0%)

1 した, であります, れ共, 逃げずに

▼ りだらけ~ (4, 0.0%)

1 で紋付羽織, になつて, になりました, の布団

▼ りちくりと~ (4, 0.0%)

1 つっつくため, 刀で, 妬くの, 皮肉な

▼ りっぽい~ (4, 0.0%)

1 土を, 日の, 薄膜の, 譜本を

▼ りつる~ (4, 0.0%)

2 りつる 1 なり, り

▼ りてを~ (4, 0.0%)

1 うく, ぐらき我が, ちこちに, ぢは

▼ りとお~ (4, 0.0%)

1 さへて, もひ, もへり, もへるなり

▼ りとしか~ (4, 0.0%)

2 出なかった 1 見えない松木立, 言わず鼻

▼ りとのみ~ (4, 0.0%)

1 思えり, 思って, 見る, 解釈し

▼ りなどに~ (4, 0.0%)

1 モアンの, 一の, 於ても, 栽え

▼ りなども~ (4, 0.0%)

1 したもの, 住んで, 映画的だ, 此類だ

▼ りによって~ (4, 0.0%)

1 こんな所, 手塚さんへ, 自分の, 花柳街総が

▼ りはたり~ (4, 0.0%)

2 ちようちよう 1 ちやう, ちょうちょう

▼ りはらりと~ (4, 0.0%)

1 その雪, 落ち散るの, 辷り止まって, 風の

▼ りふり~ (4, 0.0%)

2 かへり 1 かへりしてた, かへり来れ

▼ りまあ~ (4, 0.0%)

2 かぶる 1 なさいまし, やらんよりは

▼ ります~ (4, 0.0%)

4 でせう

▼ りまでは~ (4, 0.0%)

2 正宗式逃避性の 1 かうした隠者, 殘つて居りました

▼ りまみれ~ (4, 0.0%)

1 でよごれ, になっ, の置物, の靴

▼ り~ (4, 0.0%)

1 えだ, がいる, りめ, りッ

▼ りゆーら~ (4, 0.0%)

4 りと

▼ りょなく~ (4, 0.0%)

1 乗って, 戴きますと, 話しなさい, 話し合いました

▼ りょん~ (4, 0.0%)

1 に迷惑, は大層, も転けた, 御見物

▼ りりん~ (4, 0.0%)

2 じりりん 1 ととびこん, と電話

▼ りわたし~ (4, 0.0%)

1 から師匠, は獨立生活, も休ませ, も少し

▼ りを以て~ (4, 0.0%)

1 出来て, 居合せ候町人共, 申立る, 貫かなければ

▼ りガラツ八~ (4, 0.0%)

1 はかう, はまた, は例, は繪

▼ り一つ~ (4, 0.0%)

1 の墓, は西洋映画フアン, は貴族的, よこさないという

▼ り上り~ (4, 0.0%)

1 から其茶室, て喝, 幸でまし, 踴り

▼ り上等~ (4, 0.0%)

1 でないパナマ帽, でない何方, で無い料理, な職業

▼ り不思議~ (4, 0.0%)

1 です貴女, と申, に思うた, に思ひ

▼ り世間~ (4, 0.0%)

1 からさう呼んだ, に読まれ, の人, も何だか

▼ り今度~ (4, 0.0%)

1 からシェクスピーア, は新道, は東京, は鳥

▼ り以前~ (4, 0.0%)

2 に長野 1 の人, の如く

▼ り仰天~ (4, 0.0%)

2 して 1 かな, したね

▼ り何事~ (4, 0.0%)

1 が起りし, ぞや身, も何事, も行き

▼ り使~ (4, 0.0%)

1 あんだつぺか, のもの, ひさうなもの, ふ彼

▼ り來ら~ (4, 0.0%)

1 ず依て, ず然, ぬ君, ば早々

▼ り候事~ (4, 0.0%)

1 とて, と方角, は風雨雷鳴, 度々なれ

▼ り偉大~ (4, 0.0%)

4 なる風博士

▼ り~ (4, 0.0%)

1 が十, であった, でございます, ではございませぬ

▼ り全く~ (4, 0.0%)

1 この思想, つながるところ, 一群に, 取るに

▼ り共に~ (4, 0.0%)

1 はそれら, 地に, 帰るところ, 里見義弘を

▼ り~ (4, 0.0%)

1 ざる剣幕, と密通, ると, れば

▼ り~ (4, 0.0%)

1 はる, はれり, へたか, へられ

▼ り加減~ (4, 0.0%)

1 がよく, だろうと, にガラッ, に巻い

▼ り~ (4, 0.0%)

3 を執る 1 を執つ

▼ り卓子~ (4, 0.0%)

2 に片 1 の上, の傍

▼ り~ (4, 0.0%)

1 なく大峰, なりけるベルナルドオ, よ地上, を殺せり

▼ り~ (4, 0.0%)

2 がする 1 が見る, れは

▼ り~ (4, 0.0%)

1 りして, りロク, り反省, り飲んだ

▼ り四方~ (4, 0.0%)

1 に逃げました, の景色, より輝, を見まわし

▼ り~ (4, 0.0%)

2 粥の, 體の

▼ り土地~ (4, 0.0%)

1 の国有, の御用聞, を兼併, を手

▼ り~ (4, 0.0%)

1 が高く, に神辟, の威力我, を信ぜり

▼ り天下~ (4, 0.0%)

1 の人氣横綱, の多事, の批議, の民

▼ り~ (4, 0.0%)

1 とかがみ, のお婆さん, の實家, の機織臺

▼ り~ (4, 0.0%)

1 がおどろいた, はとう, はべつに, もあきれました

▼ り居間~ (4, 0.0%)

2 といふか茶の間 1 へ至る, へ通り久々

▼ り~ (4, 0.0%)

1 の差し出でたる, の方, の温泉, へは出かけなかつた

▼ り~ (4, 0.0%)

2 をよじ 1 に躍り, の間

▼ り巻き~ (4, 0.0%)

1 だから, である, に巻き上げ, の貴

▼ り~ (4, 0.0%)

1 い澱, くない, くは, く科學者

▼ り~ (4, 0.0%)

1 をひく, を射る, を持ち, を習

▼ り~ (4, 0.0%)

2 とする 1 であらう, になる

▼ り~ (4, 0.0%)

1 にやけた鉄, に入る, 笑み乍ら云つて茶を, 笑み傍を

▼ り心地~ (4, 0.0%)

1 のい, のよ, の良, もよかつ

▼ り~ (4, 0.0%)

1 つた, つてるうち, に沈む, 切った政治

▼ り~ (4, 0.0%)

1 いけれど, いやう, い状態, ふざけは

▼ り我家~ (4, 0.0%)

1 に到り, の中, へ入, を終了

▼ り掛つて~ (4, 0.0%)

1 ゐて, ゐる私, 不機嫌, 見るも

▼ り故郷~ (4, 0.0%)

1 なり我が, に歸, をさして, を離れ

▼ り~ (4, 0.0%)

1 ういう, ういふ, かる至人, る證據

▼ り~ (4, 0.0%)

1 まつて認定, や閭樹顕われ村見え, 過ぎますよ, 過ぎると

▼ り~ (4, 0.0%)

1 のま, は拝顔, も今, 住んで

▼ り~ (4, 0.0%)

1 になる, の雨, よいづこ, 去り夏來

▼ り~ (4, 0.0%)

1 事故種々思案なし, 依て, 得ないから, 苦しからず

▼ り~ (4, 0.0%)

1 に絶望, のパン, の三時, の予告

▼ り未だ~ (4, 0.0%)

1 三洞の, 寸功も, 有縁の, 紋服を

▼ り~ (4, 0.0%)

1 に両為, の頁, をめくる, を執り

▼ り本当に~ (4, 0.0%)

4 ありがとう

▼ り~ (4, 0.0%)

1 よりおちし, を除き, 自から, 見れば

▼ り次いで~ (4, 0.0%)

1 私も, 節季候, 跡部の, 雷聲大に

▼ り~ (4, 0.0%)

2 を喰 1 がみし, を露出

▼ り~ (4, 0.0%)

2 ては神 1 せる者, は神

▼ り殘念~ (4, 0.0%)

1 で友人, なりと云, なり然, に存じ

▼ り~ (4, 0.0%)

1 と休ら, の族, の老父, へカベー

▼ り~ (4, 0.0%)

2 をかい 1 になり, はふい

▼ り~ (4, 0.0%)

2 の声 1 する調, 悲しむも

▼ り深い~ (4, 0.0%)

1 空氣の, 聡明な, 自己の, 處には

▼ り無い~ (4, 0.0%)

1 ことと, しした, のであります, ものである

▼ り無理~ (4, 0.0%)

1 な強請りなど, にも賣らずん, に角助, に讓つて貰

▼ り~ (4, 0.0%)

1 して, に大, 來公の, 來横濱海面埋立事件にも

▼ り甚だ~ (4, 0.0%)

1 その矜恃, 了解し, 残念である, 醜く候

▼ り~ (4, 0.0%)

1 あらば, いたり, なかの, 冷たい

▼ り白状~ (4, 0.0%)

2 して, なさいよ

▼ り~ (4, 0.0%)

1 が首, 水なれ, 相顧み, 絶壁なり

▼ り石城~ (4, 0.0%)

4 と謂

▼ り研究~ (4, 0.0%)

1 し畢, の後其非, をしませぬ, を始めた

▼ り種々~ (4, 0.0%)

1 の事, の奇行, 介抱致し, 難儀な

▼ り空しく~ (4, 0.0%)

2 雄志を 1 われは, 過した

▼ り突然~ (4, 0.0%)

1 なので, なん, の質問, 目の

▼ り立ち~ (4, 0.0%)

2 啼き立ち急 1 の仕事, をし

▼ り立て~ (4, 0.0%)

1 なば, の葉子, はしまい, を勘弁

▼ り~ (4, 0.0%)

1 の平, の葉, の葉竝, を抜き

▼ り~ (4, 0.0%)

2 へた 1 ふる途端, へて田丸

▼ り~ (4, 0.0%)

1 とその, と知つて私, にならない, を持つた

▼ り~ (4, 0.0%)

1 いて, きつつ, き度, けり

▼ り~ (4, 0.0%)

1 の部分, をつくす, を割い, を右手

▼ り興味~ (4, 0.0%)

2 を持たない 1 が多く, を持ち得なかつた

▼ り~ (4, 0.0%)

1 はし, ひ, ふが, ふに

▼ り~ (4, 0.0%)

1 ながら新陳代謝, の, のそれ, の都

▼ り~ (4, 0.0%)

1 の前, の王アガメムノーン, をヂュウス, を勵

▼ り~ (4, 0.0%)

2 から現し 1 でつつんだ, に番号

▼ り~ (4, 0.0%)

1 ひしも, ふとき憩, ふに, ふを

▼ り~ (4, 0.0%)

1 司代松平丹波守殿へは, 國修行と, 科専門の, 葛亮のみは

▼ り~ (4, 0.0%)

1 うと, で倉子, まして, れたの

▼ り~ (4, 0.0%)

1 つたやう, はむ, ふこと, へ我

▼ り~ (4, 0.0%)

1 が, の叫び聲, の守神, の日頃敵

▼ り~ (4, 0.0%)

2 りぬ 1 り御者, れり

▼ り~ (4, 0.0%)

1 り強まるし, 兵衞長八兩人十四五日逗留の, 臣が, 談議に

▼ り間もなく~ (4, 0.0%)

1 友人の, 天神橋の, 御安産, 父老朋友を

▼ り閣下~ (4, 0.0%)

1 が餘, の利益, の屬僚, は方正謹嚴

▼ り障子~ (4, 0.0%)

1 の破れ紙, は破れ, をあけ, を開け

▼ り~ (4, 0.0%)

1 ひたり, ひて, ひぬ, へる衆人

▼ り難き~ (4, 0.0%)

1 の人, むしろ相反撥する, ものである, 言葉否

▼ り電車~ (4, 0.0%)

1 に乗る, に乘, の中, の線路

▼ り静か~ (4, 0.0%)

2 な印度 1 な夜, な読経

▼ り~ (4, 0.0%)

2 のみしろき 1 に深く, は次第に

▼ り~ (4, 0.0%)

2 まない 1 ぬ口, まぬ

▼ り~ (4, 0.0%)

1 は朽, は鳴った, を削る, を浸透

▼ り高き~ (4, 0.0%)

1 が故に, イーリオン, 光は, 立山

▼ りあたかも~ (3, 0.0%)

1 かなたに, よしすし久, 断末魔の

▼ りあたり~ (3, 0.0%)

1 など見よう, には茅, の様子

▼ りあなた~ (3, 0.0%)

1 の周り, の聲, を信じ切る

▼ りあれ~ (3, 0.0%)

1 と夫庄三郎, ほど鎌倉中, 冷泉樣

▼ り~ (3, 0.0%)

2 でしは 1 から斷

▼ りいま~ (3, 0.0%)

1 の訥子, は信貴山, は昔

▼ りかなた~ (3, 0.0%)

1 なるは, にては我討論法, には

▼ りかは~ (3, 0.0%)

1 大したもの, 私は, 頓狂に

▼ りがたい~ (3, 0.0%)

1 と思い, と思え, ものが

▼ りけれど~ (3, 0.0%)

1 その実, 死に, 軒端なる

▼ りこく~ (3, 0.0%)

2 りと 1 ツた

▼ りこちら~ (3, 0.0%)

1 に一塊, へ, へごろ

▼ りこぽ~ (3, 0.0%)

1 り, りこぽ, りと

▼ りごえ~ (3, 0.0%)

1 が段々, をあげ, をあげた

▼ りごろ~ (3, 0.0%)

21 の加減

▼ りさし~ (3, 0.0%)

2 入るなべ 1 込む日

▼ りさも~ (3, 0.0%)

1 なくば, 恨めしげに, 輕

▼ りざら~ (3, 0.0%)

2 りと 1 ひして

▼ りしかど~ (3, 0.0%)

1 はかばかしき獲物, 更に心, 樂は

▼ りしぞ~ (3, 0.0%)

1 何か, 尋常に, 庄兵衞ヘイ二三年跡身代零落に

▼ りしたら~ (3, 0.0%)

1 出来そう, 早速僕, 朝の

▼ りしにより~ (3, 0.0%)

1 其後體をも, 是幸ひと乳母は, 歸り

▼ りしばかり~ (3, 0.0%)

1 にて其節, にて漁, 兩隣に

▼ りそこで~ (3, 0.0%)

1 少し泣き, 父の, 豊かに

▼ りたって~ (3, 0.0%)

1 からそこ, こう叫び, 母親が

▼ りだけは~ (3, 0.0%)

1 せねば, 取って, 法外に

▼ りてか~ (3, 0.0%)

1 学士博士など, 詞も, 霜の

▼ りとしては~ (3, 0.0%)

1 その間の, まづ, 仮名垣魯文と

▼ りとで~ (3, 0.0%)

1 半ばもみくち, 熟, 辛くも読む

▼ りとや~ (3, 0.0%)

1 いふべき, 思いけむ, 思ひけん一言

▼ りどんな~ (3, 0.0%)

1 動作を, 思想も, 恐しい

▼ りながらに~ (3, 0.0%)

2 少しく爪先上り 1 釈明した

▼ りなぞ~ (3, 0.0%)

1 して, つてしつこく, 少なくなった

▼ りなどには~ (3, 0.0%)

1 往來で, 決して手, 針仕事を

▼ りなどは~ (3, 0.0%)

1 したこと, どんなもの, 情景躍動見るべし

▼ りなどを~ (3, 0.0%)

1 教へに, 時々心, 脅かされた若い

▼ りなに~ (3, 0.0%)

2 かはさむき 1 の疑著すべき

▼ りなり~ (3, 0.0%)

1 ければ, 當分の, 親に

▼ りにても~ (3, 0.0%)

1 むつかしき時, 六つか, 此世に

▼ りぬき~ (3, 0.0%)

1 といった神父たち, のあぶれ, の悪態

▼ り~ (3, 0.0%)

1 あんたは, この端金, 多賀ちゃんも

▼ りはじめて~ (3, 0.0%)

1 いた, いたもの, 云つてゐる

▼ りはつきり~ (3, 0.0%)

1 と, とではない, 映り過ぎて

▼ りばらりと~ (3, 0.0%)

1 投げ入れて, 金を, 降り出せば

▼ りまだ~ (3, 0.0%)

1 ガソリンが, 三年にも, 陽は

▼ りまっ~ (3, 0.0%)

1 すそりば, せ, せん

▼ りみち~ (3, 0.0%)

2 やがて吾が 1 にはあたり

▼ りもう~ (3, 0.0%)

1 一生動かない, 足を, 辻節子は

▼ りもはや~ (3, 0.0%)

1 抗議では, 最後の, 行くに

▼ りょして~ (3, 0.0%)

1 かえって行きました, じっと暗やみ, だまって

▼ りよい~ (3, 0.0%)

1 でしょう, 咄は, 習慣では

▼ りよかっ~ (3, 0.0%)

1 た, たが, たと

▼ りよき~ (3, 0.0%)

1 岩水より, 時は, 貸間を

▼ りわけ~ (3, 0.0%)

1 たりする, でも, のわからぬ

▼ りわずか~ (3, 0.0%)

1 にその, に尾見ゆ, に次

▼ りわれわれ~ (3, 0.0%)

1 がこれ, の先祖, をしなやか

▼ りわれ等~ (3, 0.0%)

1 の教, の痛切, は何れ

▼ り~ (3, 0.0%)

1 けない, と折れ, と棹

▼ り一ツ~ (3, 0.0%)

1 として人, にはジルベール, は鉄

▼ り一日~ (3, 0.0%)

1 に何百囘何千囘, の幸, も早く

▼ り一説~ (3, 0.0%)

2 に偽書 1 にはボニファキウス

▼ り丁寧~ (3, 0.0%)

1 に拜, に謄写, に謄寫

▼ り三藏~ (3, 0.0%)

1 は一日, は京都, は何處

▼ り上げ~ (3, 0.0%)

1 か, になられた, もした

▼ り不都合~ (3, 0.0%)

2 はない 1 なれども

▼ り世に~ (3, 0.0%)

1 かかる浮雲, 屬する, 珍とて

▼ り世界~ (3, 0.0%)

1 にある, の大勢, の平和

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の肘, 兄曰く君が, 眼が

▼ り~ (3, 0.0%)

1 いかに彼, は外, 個夫婦長三郎の

▼ り主人~ (3, 0.0%)

1 が出掛ける, に篤と, の首

▼ り~ (3, 0.0%)

1 て寶珠花屋, り氣, れなかつたらその

▼ り~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 の親しみ

▼ り互に~ (3, 0.0%)

1 心情を, 渡り合, 顔を

▼ り人々~ (3, 0.0%)

1 の気質, は彼ら, もこの

▼ り今朝~ (3, 0.0%)

1 の春, 死んで, 見れば

▼ り仕事~ (3, 0.0%)

1 について考え, の能率, を終った

▼ り~ (3, 0.0%)

1 になる, の私, の考

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の囲, も心持, をゆすぶつ

▼ り何たる~ (3, 0.0%)

2 滑稽である 1 御真実

▼ り何れ~ (3, 0.0%)

1 にも九州邊, の時代, も興味

▼ り來ん~ (3, 0.0%)

1 に何, に其處, までの費

▼ り~ (3, 0.0%)

2 は既に 1 の勢力

▼ り~ (3, 0.0%)

2 は彼の世 1 は決して

▼ り候もの~ (3, 0.0%)

1 と見え, をわざわざ, ををみな

▼ り候様~ (3, 0.0%)

2 に覚申候 1 もてあまさぬ見かけ

▼ り候由~ (3, 0.0%)

1 にて藤五郎藤三郎建部郷右衞門伴佐十郎右四人匿, に付後, に受合申候

▼ り~ (3, 0.0%)

1 はつた, ふべき他, へられて

▼ り~ (3, 0.0%)

1 と一所, を半作, を招

▼ り~ (3, 0.0%)

2 なき空 1

▼ り八五郎~ (3, 0.0%)

1 が少し, にせがまれ, は少し

▼ り其処~ (3, 0.0%)

1 から西南, に旗, へ尻餅

▼ り其處~ (3, 0.0%)

1 には主人, に前, に番小屋

▼ り~ (3, 0.0%)

1 い不得要領, く持ちかけ, く訊かれる

▼ り出來~ (3, 0.0%)

1 ない方, るだけ, るもん

▼ り~ (3, 0.0%)

1 でまた, で切り合う, で駈けつけまし

▼ り前後~ (3, 0.0%)

2 して 1 には竜頭

▼ り前方~ (3, 0.0%)

1 に送電塔, をチョコ, をチヨコ

▼ り~ (3, 0.0%)

1 に向い, に向う, の昏

▼ り~ (3, 0.0%)

1 來自國の, 唐津然, 沼を

▼ り~ (3, 0.0%)

1 いって, 申や, 申由承

▼ り合つた~ (3, 0.0%)

1 ひには, 世にもふしぎ, 某船長

▼ り~ (3, 0.0%)

1 よと最, よと頼まれ, よ此事承知

▼ り~ (3, 0.0%)

1 て, て併せ称し, て此名

▼ り~ (3, 0.0%)

1 は鐡, みおの, んで水攻め

▼ り基督~ (3, 0.0%)

1 は今, は凡て, は愛

▼ り大き~ (3, 0.0%)

1 さが, なり蜜柑山, 過ぎるから

▼ り大きな~ (3, 0.0%)

1 声で, 眼鏡で, 聲を

▼ り大した~ (3, 0.0%)

1 事件が, 變り, 騷ぎにも

▼ り大隈伯~ (3, 0.0%)

1 は其の, をし, を總理

▼ り奉行~ (3, 0.0%)

1 に申達, は彼, へ此由

▼ り好き~ (3, 0.0%)

1 でない, では, な女

▼ り~ (3, 0.0%)

1 のお, は合歡, を突き飛ばし

▼ り委細~ (3, 0.0%)

1 に物語りしけれ, を聞糺, を聞遂

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の中, は何だか, を見廻し

▼ り室内~ (3, 0.0%)

1 が熱う, が真暗, は燈火明

▼ り家内~ (3, 0.0%)

1 も寢靜まり, を改め見たる, を騷

▼ り寂しく~ (3, 0.0%)

1 今日の, 眠つた竹丸は, 聳えて

▼ り寒き~ (3, 0.0%)

2 鶏の 1 落葉松

▼ り寺院~ (3, 0.0%)

1 の脚高, や僧侶, を訪い

▼ り小屋~ (3, 0.0%)

1 で過した, の到つ, を作つて

▼ り居候~ (3, 0.0%)

1 が何より, とは申, や御

▼ り左手~ (3, 0.0%)

1 で青竹, にはアラビア, の拳

▼ り~ (3, 0.0%)

1 に秩序, の一番賑やか, の中

▼ り常に~ (3, 0.0%)

1 効果を, 嘆いて, 大變化

▼ り~ (3, 0.0%)

1 なる処, 右衞門町の, 氣な

▼ り廊下~ (3, 0.0%)

1 もなく, を踏ん, を通っ

▼ り~ (3, 0.0%)

1 つた, つたから, つてゐられる

▼ り~ (3, 0.0%)

1 て其怒, 氣なる, 過ぎるの

▼ り御前~ (3, 0.0%)

2 が温順 1 へ出

▼ り快く~ (3, 0.0%)

1 はひ, もない, 思はぬの

▼ り忽ち~ (3, 0.0%)

1 京都へ, 去り時, 怒り面に

▼ り息子~ (3, 0.0%)

1 で板倉屋, は巴里, を鬼

▼ り~ (3, 0.0%)

1 しさ, だ, の歌

▼ り~ (3, 0.0%)

1 もつ手, を揮っ, を煽りすぎた

▼ り折々~ (3, 0.0%)

1 散るとき, 窓より, 香華を

▼ り折角~ (3, 0.0%)

1 のコントラスト, の安息日, 評判も

▼ り~ (3, 0.0%)

1 かつてゐた, かつて忙, に又

▼ り~ (3, 0.0%)

1 り一方, り門口, り香水

▼ り~ (3, 0.0%)

1 くなった, ってまごまご, なへば

▼ り政治~ (3, 0.0%)

1 には熱心, の健全, は下意上達

▼ り~ (3, 0.0%)

2 を巻い 1 を卷き

▼ り明るい~ (3, 0.0%)

2 月光に 1 日光を

▼ り時に~ (3, 0.0%)

1 享保二年四月廿七日今日は, 應じ, 越前守殿二人の

▼ り暮し~ (3, 0.0%)

1 に思ひ屈した, のこと, を續

▼ り月見~ (3, 0.0%)

1 で主人, の異, をやつ

▼ り札幌~ (3, 0.0%)

2 に行つた時 1 へついた

▼ り~ (3, 0.0%)

1 のほ, のゆり, の篠懸

▼ り格子~ (3, 0.0%)

2 が何 1 の中

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の萼, の頃, を描かう

▼ り~ (3, 0.0%)

1 から前後左右, のなか, を越え

▼ り~ (3, 0.0%)

1 はない, へてゐた, へて御

▼ り~ (3, 0.0%)

1 が兄さん, で, を見た

▼ り~ (3, 0.0%)

1 しかつた, しむといふ, みし赤繩茲

▼ り樣子~ (3, 0.0%)

1 を尋ね, を承, を覗き見

▼ り正中上方一線~ (3, 0.0%)

3 の霞

▼ り正面~ (3, 0.0%)

1 なる大理石階, に島田講中, に窓

▼ り此方~ (3, 0.0%)

1 に居る, の木, へと云案内

▼ り歩き~ (3, 0.0%)

1 するといふ, する時刻ぢ, をし

▼ り歴史~ (3, 0.0%)

1 の中, の導く, を傍観

▼ り殘つて~ (3, 0.0%)

1 ゐたが, ゐたゴルフ服, ゐる俳諧

▼ り~ (3, 0.0%)

1 に出かける, に必, 日々

▼ り~ (3, 0.0%)

3 を殺し

▼ り氣乘~ (3, 0.0%)

1 りが, りの, りは

▼ り求食~ (3, 0.0%)

2 るを 1 りして

▼ り汝ら~ (3, 0.0%)

1 が知る, 何とて神, 斯くも

▼ り洋服~ (3, 0.0%)

1 で歩い, は名誉, をむき出し

▼ り浅黄~ (3, 0.0%)

1 と紺青, の手甲, の股引

▼ り~ (3, 0.0%)

1 でぬらし, を墮, を零し

▼ り~ (3, 0.0%)

1 さから, さという, 庇

▼ り~ (3, 0.0%)

1 ひたり, ふやう, ふ島島

▼ り~ (3, 0.0%)

1 が要, はさ, を汲み出し

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の水, は轟き, 見むと

▼ り無法~ (3, 0.0%)

1 な事, な調子, の挨拶

▼ り~ (3, 0.0%)

1 がある, さは, てらせながら

▼ り~ (3, 0.0%)

1 にせめて, に一個, に勢州阿漕

▼ り~ (3, 0.0%)

1 枝折れたる, 附く水, 附けようと

▼ り片手~ (3, 0.0%)

1 にて我衣, に花桶片手, を伸す

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の糸屑, は出しといた, を書いた

▼ り~ (3, 0.0%)

1 りで殘つて, り倩, り殘

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の尖りたる, ひてを, をたし

▼ り申候~ (3, 0.0%)

1 この段, と云, ま

▼ り~ (3, 0.0%)

1 らしたまで, り波, り遥々

▼ り番頭新造~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ り~ (3, 0.0%)

1 つた恐ろしい, つてゐる, 族を

▼ り~ (3, 0.0%)

1 から一直線, です, な気質

▼ り相談~ (3, 0.0%)

1 して, しなければ, を為たい

▼ り眞面目~ (3, 0.0%)

1 だから, である, な話

▼ り程なく~ (3, 0.0%)

1 一ヶ年も, 廣州に, 身重に

▼ り稽古~ (3, 0.0%)

1 するもの, で勝手, を積ん

▼ り~ (3, 0.0%)

1 とうとしや, の底, へでも入りたい

▼ り~ (3, 0.0%)

1 つ起つて, つ込んだ話, 掛けると

▼ り~ (3, 0.0%)

1 に凭れ, の障子, を打つ

▼ り立て呼~ (3, 0.0%)

3 たつる

▼ り~ (3, 0.0%)

1 から, に狩る, のその

▼ り~ (3, 0.0%)

1 のしらべもさうだ, をば有馬宗智, を結ぶ

▼ り約束~ (3, 0.0%)

2 せんと 1 をたて

▼ り紅く~ (3, 0.0%)

2 なつた 1 今燃ゆ

▼ り終に~ (3, 0.0%)

1 勸め込て, 選擧干渉に, 酒に

▼ り結構~ (3, 0.0%)

1 な手蔓ぢ, な經驗, な身なり

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の旗, の袍, の袴

▼ り~ (3, 0.0%)

2 り過ぎて 1 って行く

▼ り美しく~ (3, 0.0%)

1 て餘, 凄惨で, 笑ひました

▼ り老人~ (3, 0.0%)

1 と正直者, に随, は政府

▼ り聖骨~ (3, 0.0%)

3 を守る

▼ り~ (3, 0.0%)

1 がし, を惜, を發

▼ り~ (3, 0.0%)

2 く任 1 く理範數疇

▼ り~ (3, 0.0%)

1 が枝, にしみいる, を忘れ

▼ り~ (3, 0.0%)

1 いと黒き, で語る, の底

▼ り~ (3, 0.0%)

1 に挟んだ, は主, を重ね

▼ り自ら~ (3, 0.0%)

1 の行為, を抑制, 慰めて

▼ り自然~ (3, 0.0%)

1 の一部, の大, の美し

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の褪せた, は血走り, を添

▼ り若い~ (3, 0.0%)

1 二人は, 人達では, 女といふ

▼ り若旦那~ (3, 0.0%)

1 がお前, の金之助さん, を此處

▼ り英語~ (3, 0.0%)

1 の様, の讀める, を解し

▼ り~ (3, 0.0%)

1 だで, のあつ, を引取歸

▼ り~ (3, 0.0%)

1 あれど, ない宛て字, を示した

▼ り蚊いぶ~ (3, 0.0%)

3 し火鉢

▼ り~ (3, 0.0%)

1 りて, りのぼり候首尾, り自然

▼ り~ (3, 0.0%)

1 がよ, のよき, は姿

▼ り衣服~ (3, 0.0%)

2 などを取 1 の顧みる

▼ り西洋~ (3, 0.0%)

1 の文明, の法律政治經濟, の道理

▼ り親しく~ (3, 0.0%)

1 されること, なかつた, はなかつた

▼ り誠に~ (3, 0.0%)

1 有難う存じ, 有難う存じます, 殘酷であります

▼ り説明~ (3, 0.0%)

1 が簡單, する事, を加え

▼ り變つて~ (3, 0.0%)

2 み經 1 ゐない樣子

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の坊, ようやく窮まり, を渡り

▼ り~ (3, 0.0%)

1 外国に, 夫れ, 読書の

▼ り~ (3, 0.0%)

2 ひました 1 ひ都合百五十兩餘

▼ り貴殿~ (3, 0.0%)

1 が落し, の眼力, の門弟

▼ り赤き~ (3, 0.0%)

1 その束, 煙突屋根の, 茨の

▼ り~ (3, 0.0%)

1 には七助, に殘, に猶

▼ り身体~ (3, 0.0%)

1 が大切, に左, のなか

▼ り~ (3, 0.0%)

1 とて一挺來, なら七錢位, に乘

▼ り~ (3, 0.0%)

1 ひ火, ふるに, へ翌日

▼ り途ガラツ八~ (3, 0.0%)

1 は寒々, は平次, は相

▼ り~ (3, 0.0%)

1 かすむ森, ざかつてゐないやうな心を, ッ離れ

▼ り~ (3, 0.0%)

2 けば 1 そうに

▼ り重い~ (3, 0.0%)

1 お尻, 二つの, 押戸を

▼ り金子~ (3, 0.0%)

1 があります, の事故驚, を騙り取り

▼ り~ (3, 0.0%)

1 で一息, で薔薇, とをかたげた

▼ り門口~ (3, 0.0%)

1 へ往, よりサア, より内

▼ り~ (3, 0.0%)

1 が遠, に合ふし, も無く

▼ り降り~ (3, 0.0%)

1 が隨分, の人, は階段

▼ り~ (3, 0.0%)

1 の伊賀屋, の友, の部屋

▼ り非常~ (3, 0.0%)

1 にい, に緊張, に飮

▼ り~ (3, 0.0%)

1 て其年, て白洲, て近所

▼ り~ (3, 0.0%)

2 の辺 1 を固

▼ り食い~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をされ

▼ り食事~ (3, 0.0%)

1 して, し終り, をする

▼ り~ (3, 0.0%)

1 に熱い, を済まし, を濟

▼ り首尾~ (3, 0.0%)

1 の宜, よく地獄谷, よく行

▼ り~ (3, 0.0%)

1 くべき術, くるを, けて來

▼ り高天~ (3, 0.0%)

3 の原

▼ り~ (3, 0.0%)

1 を剃っ, を撫でる, を洗う

▼ り~ (3, 0.0%)

1 を捕ります, を積んだ, を食

▼ り黒い~ (3, 0.0%)

1 絹の, 肩掛けを, 鴉が

▼ り~ (3, 0.0%)

1 ならびの, に當, を以て肉

▼ りあと~ (2, 0.0%)

1 に殘つたの, は私

▼ りあはれあはれ草いきれ~ (2, 0.0%)

2 しるき中

▼ りあまり~ (2, 0.0%)

1 の悲劇, の汚らし

▼ りあんな~ (2, 0.0%)

1 哲学者風な, 袖の

▼ りあゝ~ (2, 0.0%)

1 やれ, 天下もはや

▼ りいつ~ (2, 0.0%)

1 ちこと, でも収入

▼ りいまだ~ (2, 0.0%)

1 しも落葉松, 前の

▼ りいろいろ~ (2, 0.0%)

1 な種類, 珍しいもの

▼ りいわんや~ (2, 0.0%)

1 字を, 日々中尉の

▼ りうつ~ (2, 0.0%)

1 かり手, かり飛出すわけ

▼ りうるさく~ (2, 0.0%)

2 出入りを

▼ りおき~ (2, 0.0%)

1 を, を願いたい

▼ りおし~ (2, 0.0%)

1 なさえよ, なさえよ與助

▼ りおの~ (2, 0.0%)

1 が座, づから信長

▼ りおり~ (2, 0.0%)

1 まする, まするぞ

▼ りおれ~ (2, 0.0%)

1 のあ, は独り

▼ りお待ち~ (2, 0.0%)

1 してを, なすつて

▼ りお話~ (2, 0.0%)

2 しようと

▼ りかくして~ (2, 0.0%)

1 ぞ年明け, 閨房に

▼ りかしこく~ (2, 0.0%)

2 も明治大帝

▼ りかも~ (2, 0.0%)

1 しれないという, 知れないよ

▼ りかゆい~ (2, 0.0%)

1 ところを, 所に

▼ りがたき~ (2, 0.0%)

1 ほどなりけれ, 故羽翼

▼ りがは~ (2, 0.0%)

1 しい國, ひつて

▼ りがわ~ (2, 0.0%)

1 しく乱れて, しく居ずまいを

▼ りくら~ (2, 0.0%)

2 りと

▼ りくらき~ (2, 0.0%)

2 孟宗の

▼ りけの~ (2, 0.0%)

1 ない一面, ない粗金

▼ りこれから~ (2, 0.0%)

1 先も, 自活する

▼ りこれ春~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ りこんな~ (2, 0.0%)

1 ふうに, 話が

▼ りごころ~ (2, 0.0%)

2

▼ りさえも~ (2, 0.0%)

1 ない文学分子, 呪文で

▼ りさき~ (2, 0.0%)

1 の二者, を遮

▼ りさくら~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ りさて~ (2, 0.0%)

1 かの歌, こそ愈

▼ りさては~ (2, 0.0%)

1 それが, 奈良炎上の

▼ りさびしく~ (2, 0.0%)

1 歩いたかも, 身を

▼ りさみしき~ (2, 0.0%)

1 か鳩, ものぐるひ

▼ りしかし~ (2, 0.0%)

1 てこは, 甘やかさず水先案内

▼ りしかた~ (2, 0.0%)

1 がない, がなかつた

▼ りしかども~ (2, 0.0%)

1 哀しとおも, 松右衞門は

▼ りしき~ (2, 0.0%)

1 しくしく思, はた

▼ りした~ (2, 0.0%)

1 は源次郎, もン

▼ りしとの~ (2, 0.0%)

2 ことなり

▼ りしとは~ (2, 0.0%)

1 思へども報, 知らず大いに

▼ りしのみ~ (2, 0.0%)

1 ならず本件裁判確定後, ならず理論

▼ りしのみにて~ (2, 0.0%)

1 其後使一度さし, 直行は

▼ りしばらく~ (2, 0.0%)

1 して, の間外部

▼ り~ (2, 0.0%)

1 つかりお, つかり暗く

▼ りすべて~ (2, 0.0%)

1 に酌み, のもの

▼ りずみ~ (2, 0.0%)

1 の噂, の願

▼ りそのもの~ (2, 0.0%)

1 から一応, は色

▼ りその後~ (2, 0.0%)

1 ずっとお, たびたび文通

▼ りそれとなく~ (2, 0.0%)

2 事情の

▼ りそれら~ (2, 0.0%)

1 しい人, の周圍

▼ りそれ以外~ (2, 0.0%)

1 の文化施設, は悉く

▼ りそんな~ (2, 0.0%)

1 ものも, 事を

▼ りたしかに~ (2, 0.0%)

1 人権ジュウリンである, 彼の

▼ りたりとて~ (2, 0.0%)

1 半數以上, 夫より

▼ りたる者~ (2, 0.0%)

1 の奔走, も三人是

▼ りだが~ (2, 0.0%)

1 仲裁裁判によって, 名人と

▼ りだけが~ (2, 0.0%)

1 うたいました, 餘り

▼ りだけに~ (2, 0.0%)

1 止まらず田舎, 荷物とても

▼ りだけの~ (2, 0.0%)

1 仕事を, 處でし

▼ りだの~ (2, 0.0%)

1 寒さ, 楽屋落ちも

▼ りちか~ (2, 0.0%)

2 りと

▼ りっけ~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ りっぽく~ (2, 0.0%)

1 ていけない, 見えるだけ

▼ りついで~ (2, 0.0%)

1 井上平兵衛を, 愛撫する如く

▼ りついに~ (2, 0.0%)

1 林邑に, 美を

▼ りつまり~ (2, 0.0%)

1 これは, なにさ

▼ りでもが~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ りといふは~ (2, 0.0%)

1 何故ぞ, 誠か

▼ りとう~ (2, 0.0%)

1 ぞんじます, ない

▼ りとては~ (2, 0.0%)

1 甚だ不安心, 相済まず

▼ りとばかりに~ (2, 0.0%)

1 小川秋明も, 閣僚名簿が

▼ りと共に~ (2, 0.0%)

1 ユサユサ揺れ, 人を

▼ り~ (2, 0.0%)

1 でビフテキ定食, ほしだつた

▼ りどう~ (2, 0.0%)

1 する事, 飾つてゐ

▼ りどこ~ (2, 0.0%)

1 か無限, までも主体的

▼ りなお~ (2, 0.0%)

1 ど, 遊学中独立の

▼ りなかなか~ (2, 0.0%)

1 昂奮の, 落ちないのね

▼ りなすつた~ (2, 0.0%)

1 が可, のかい

▼ りなどが~ (2, 0.0%)

1 あるから, 侵入し

▼ りなんて~ (2, 0.0%)

1 とんでもない, なに

▼ りなんと~ (2, 0.0%)

1 せうぞの, 嘆き思ひ

▼ りにかけて~ (2, 0.0%)

1 すみやかに, 養つておかね

▼ りにくかっ~ (2, 0.0%)

1 たが, たという

▼ りにくく~ (2, 0.0%)

1 なったハハハハ, なりますから

▼ りにては~ (2, 0.0%)

1 あるまじ所々方々, これを

▼ りにでも~ (2, 0.0%)

1 するしか策, どうかした

▼ りに従って~ (2, 0.0%)

1 作られたという, 縄の

▼ りぬる~ (2, 0.0%)

1 夜の, 楠の

▼ りのみ~ (2, 0.0%)

1 あし, ならずこの

▼ りばったり~ (2, 0.0%)

1 にどこ, に尋ね

▼ りひぐらし~ (2, 0.0%)

1 のこゑをひとり, のこゑをひとり聽

▼ りひとつ~ (2, 0.0%)

1 の共通, の物質

▼ りひと日~ (2, 0.0%)

2 濁れり光

▼ りひどい~ (2, 0.0%)

1 ことを, と思ふ

▼ りひどく~ (2, 0.0%)

1 自分自身を, 降つて來

▼ りふかき~ (2, 0.0%)

1 河楊の, 香を

▼ りふと~ (2, 0.0%)

1 すれば, 向うを

▼ りふらり~ (2, 0.0%)

2 と出

▼ りべたりと~ (2, 0.0%)

2 横に

▼ りべら~ (2, 0.0%)

2

▼ りほそぼそ~ (2, 0.0%)

2 と見

▼ りほのか~ (2, 0.0%)

2 に俤

▼ りぽい~ (2, 0.0%)

1 もので, 庭に

▼ りぽつり~ (2, 0.0%)

1 ととだえ, と雨

▼ りまでが~ (2, 0.0%)

1 むづ, 無上に

▼ りまでを~ (2, 0.0%)

1 粗末に, 見せて

▼ りみんな~ (2, 0.0%)

1 で寄っ, で寄つて極めやう

▼ りもと~ (2, 0.0%)

1 の足本, の路

▼ りもなあ~ (2, 0.0%)

1 でとらむね, でを

▼ りもの稀~ (2, 0.0%)

2 に色めく

▼ りもん~ (2, 0.0%)

1 だから, 着更

▼ りやさしく~ (2, 0.0%)

1 し過ぎたり, も親しき

▼ りやすく~ (2, 0.0%)

1 それについて, 高低が

▼ りやっと~ (2, 0.0%)

1 そこを, 宮本村に

▼ りゆっくり~ (2, 0.0%)

1 歩いて, 登った

▼ りょか佐渡~ (2, 0.0%)

1 へだ, へ佐渡

▼ りょくで~ (2, 0.0%)

1 そのほう, はしりだしました

▼ りょくでい病~ (2, 0.0%)

2 にかかっ

▼ りょせずに~ (2, 0.0%)

1 ききたいと, 早くいえ

▼ りようやく~ (2, 0.0%)

1 に近く, 事なく

▼ りよも~ (2, 0.0%)

1 すさん, なかつた私

▼ りをも~ (2, 0.0%)

1 制し嚴重, 又つきやぶる

▼ り~ (2, 0.0%)

1 有難てえ, 赤うが

▼ りアカイア~ (2, 0.0%)

1 の, の族人中

▼ りアテーネー神女~ (2, 0.0%)

1 に捧げ奉る, の助けかしこ

▼ りアヌンチヤタ~ (2, 0.0%)

1 は靜, を失ひつる

▼ りア己~ (2, 0.0%)

1 が魂消た, も嬉しゅう

▼ りインバ~ (2, 0.0%)

2 を着た

▼ りウェルギリウス~ (2, 0.0%)

1 が殊更, その中數人

▼ りエミリー~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ りトロイア~ (2, 0.0%)

1 さして進み漕ぐ, の城中收めし者

▼ りパーティー~ (2, 0.0%)

1 ではたびたび, をし

▼ りモリエール~ (2, 0.0%)

1 だのボルテール, やヴォルテール

▼ り~ (2, 0.0%)

2

▼ り一寸~ (2, 0.0%)

1 ばかり大, 寝るばかり

▼ り一尺二三寸~ (2, 0.0%)

2 ばかり八九寸六七寸

▼ り一番~ (2, 0.0%)

1 ききめ, 少ないの

▼ り一種~ (2, 0.0%)

1 の自己發明, の迷信

▼ り一篇~ (2, 0.0%)

1 の想膸, の蕪辭囚人

▼ り一緒~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ り一般~ (2, 0.0%)

1 が広告, の觀念

▼ り一言~ (2, 0.0%)

1 も云はず行つて, をも云

▼ り七年~ (2, 0.0%)

1 に亙る, の後

▼ り丈夫~ (2, 0.0%)

1 でない身體, な體

▼ り三々五々~ (2, 0.0%)

2

▼ り上手~ (2, 0.0%)

1 な人, な書神

▼ り上野~ (2, 0.0%)

1 の帝國圖書館, の広小路

▼ り下げ~ (2, 0.0%)

1 しを, たる一束

▼ り不快~ (2, 0.0%)

2 な夢

▼ り不意~ (2, 0.0%)

1 な恐怖, の病

▼ り不躾~ (2, 0.0%)

1 だと, ながら肉

▼ り世話~ (2, 0.0%)

1 して, をやく

▼ り世間話~ (2, 0.0%)

1 に余念, をし

▼ り世間輙~ (2, 0.0%)

2 ち之

▼ り両手~ (2, 0.0%)

1 で頭, を腰

▼ り乍ら何~ (2, 0.0%)

1 の文字, もせず

▼ り九州~ (2, 0.0%)

1 の大名これ, までまいった

▼ り九時~ (2, 0.0%)

1 迄か, 迄がんばっ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 が辷り流れ, は緑染

▼ り~ (2, 0.0%)

1 りて, ると

▼ り~ (2, 0.0%)

1 が云, が従来学界

▼ り事件~ (2, 0.0%)

1 と縁, は一歩

▼ り二つ~ (2, 0.0%)

1 に成り, の扇

▼ り二人歸~ (2, 0.0%)

1 り亥刻半, り直に

▼ り二寸三寸~ (2, 0.0%)

2 と物

▼ り二時半~ (2, 0.0%)

1 より二部, 迄か

▼ り云々~ (2, 0.0%)

1 との伝説, 只見る

▼ り云つて~ (2, 0.0%)

2

▼ り~ (2, 0.0%)

2 りに

▼ り京都~ (2, 0.0%)

1 でどんこ, のみならず

▼ り亭主~ (2, 0.0%)

1 に斯, に見せ

▼ り人心~ (2, 0.0%)

1 の向, を動搖

▼ り今や~ (2, 0.0%)

1 その勃々, 時局も

▼ り今更~ (2, 0.0%)

1 之を, 何と

▼ り仏教~ (2, 0.0%)

1 は文学, は興隆

▼ り他方~ (2, 0.0%)

1 には藁小屋, は富貴

▼ り付け~ (2, 0.0%)

1 たる所謂十字, の醫者

▼ り仙台~ (2, 0.0%)

1 では国目付, に遊ん

▼ り伊澤氏~ (2, 0.0%)

1 に於, のみで

▼ り伊藤君~ (2, 0.0%)

1 が乘, の連れ

▼ り休ら~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ り休憩~ (2, 0.0%)

2 した

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の指導, は辯論演説

▼ り佐伯~ (2, 0.0%)

2 からの返事

▼ り佐太郎~ (2, 0.0%)

1 は人影, は涙ぐみ

▼ り何かと~ (2, 0.0%)

1 たよりて, 云へ

▼ り何とぞ~ (2, 0.0%)

2 命を

▼ り何とも~ (2, 0.0%)

1 恐れ入りまするが, 言へ

▼ り何やら~ (2, 0.0%)

1 主人に, 熱心に

▼ り何方~ (2, 0.0%)

1 が海, へ成共奉公

▼ り作者~ (2, 0.0%)

1 の哲學上所見, は讀者

▼ り來よう~ (2, 0.0%)

1 としてゐる, として居る

▼ り來給~ (2, 0.0%)

1 ひしより, ふこと

▼ り例えば~ (2, 0.0%)

1 こういう意味, 子の

▼ り俊吉~ (2, 0.0%)

2 の肩先

▼ り信吾~ (2, 0.0%)

2 は其手

▼ り候やう~ (2, 0.0%)

1 なりし, に承

▼ り借金~ (2, 0.0%)

1 を返し, を返し切っ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 いたル氏, きて

▼ り~ (2, 0.0%)

2 にも優し

▼ り偉い~ (2, 0.0%)

1 人の, 文學者は

▼ り~ (2, 0.0%)

1 も, も折惡敷雨天

▼ り健康~ (2, 0.0%)

1 で無い體, な方

▼ り~ (2, 0.0%)

1 から, に立ち

▼ り~ (2, 0.0%)

1 もぬれる, をも指

▼ り優しく~ (2, 0.0%)

1 して, 響く

▼ り元吉~ (2, 0.0%)

2 は俥

▼ り光澤~ (2, 0.0%)

1 の衣此場, を流した

▼ り全体~ (2, 0.0%)

2 に連

▼ り兩人~ (2, 0.0%)

1 にて又, に向

▼ り公判~ (2, 0.0%)

1 の審理, は控訴院

▼ り~ (2, 0.0%)

1 せず翌朝, 奴が

▼ り其中~ (2, 0.0%)

1 に下女, に少し

▼ り其他~ (2, 0.0%)

1 の古い, の民族

▼ り其命~ (2, 0.0%)

2 に因り

▼ り其後~ (2, 0.0%)

1 にまた, 平左衞門病死

▼ り其所~ (2, 0.0%)

1 に御, へ平伏

▼ り其旅館~ (2, 0.0%)

2 の隣家

▼ り其時~ (2, 0.0%)

1 にこそ師匠感應院, にテチス先づ聲

▼ り其處ら~ (2, 0.0%)

1 が奇麗, が明い

▼ り冬木~ (2, 0.0%)

2 が中

▼ り况むや~ (2, 0.0%)

2 其の二

▼ り冷淡~ (2, 0.0%)

1 だといふ, な口調

▼ り切つて~ (2, 0.0%)

1 やつて來, ゐた

▼ り切言~ (2, 0.0%)

2 せば

▼ り前朝草刈~ (2, 0.0%)

1 の帰り, の歸

▼ り前者~ (2, 0.0%)

1 の門札, は白黨

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の方面, を軽蔑

▼ り劉備~ (2, 0.0%)

1 と孔明, は久しく

▼ り勉強~ (2, 0.0%)

1 するです, に凝る

▼ り勢力~ (2, 0.0%)

1 ある人, もなく

▼ り勿論~ (2, 0.0%)

1 日頃の, 秋子も

▼ り北海道~ (2, 0.0%)

1 ばかりぢ, へはひる

▼ り千慮~ (2, 0.0%)

2 の一失

▼ り千鶴子~ (2, 0.0%)

1 も笑顔, も黄鼬鼠

▼ り単に~ (2, 0.0%)

1 紙の, 話の

▼ り~ (2, 0.0%)

1 にし, をし

▼ り~ (2, 0.0%)

1 な気持, な顏

▼ り~ (2, 0.0%)

1 りたる者, る旅人

▼ り友達~ (2, 0.0%)

1 とは何, の家

▼ り~ (2, 0.0%)

1 對の, 對黨の

▼ り~ (2, 0.0%)

1 くべき人, の有

▼ り口惜~ (2, 0.0%)

1 き事, き事限り

▼ り古き~ (2, 0.0%)

1 ものに, 言葉に

▼ り古代~ (2, 0.0%)

1 の獄吏, よりも現代

▼ り只今~ (2, 0.0%)

1 までの奉行, 帰りて

▼ り右手~ (2, 0.0%)

1 にタバコ, はゆるやか

▼ り合つてそこ~ (2, 0.0%)

1 に穹窿形, の裂目

▼ り合わせ~ (2, 0.0%)

1 ではありません, ということ

▼ り合點~ (2, 0.0%)

1 されては, して

▼ り吹雪~ (2, 0.0%)

1 となり, めいたもの

▼ り呼吸~ (2, 0.0%)

1 が深く大きく, の痕

▼ り命令~ (2, 0.0%)

1 てやつ, に從

▼ り和尚~ (2, 0.0%)

1 を認める, 誤れりと

▼ り咲き~ (2, 0.0%)

1 に星光日精, の

▼ り唐詩選~ (2, 0.0%)

2 にておぼえたる

▼ り善い~ (2, 0.0%)

1 事と, 感じを

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ り喫ん~ (2, 0.0%)

2 でゐ

▼ り單純~ (2, 0.0%)

1 だから, で僕

▼ り国民~ (2, 0.0%)

1 の意気, もこれ

▼ り坊主~ (2, 0.0%)

1 くさい調子, の一つ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 よりかけ隔て, を抜け出した

▼ り城山~ (2, 0.0%)

1 に於ける, より沖

▼ り~ (2, 0.0%)

1 には鼠, に顔

▼ り~ (2, 0.0%)

1 つて, に懊

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の初め, は湿度

▼ り夕方~ (2, 0.0%)

1 に限らず, のすきとおった

▼ り~ (2, 0.0%)

1 から醒めた, にさえみ

▼ り大きい~ (2, 0.0%)

1 といふ, 口元や

▼ り大勢~ (2, 0.0%)

1 でありし爲, なので

▼ り大原~ (2, 0.0%)

1 のふり, の古り

▼ り大岡殿~ (2, 0.0%)

1 へ申されよ, へ申立

▼ り大浦~ (2, 0.0%)

2 の蓮花寺

▼ り大空~ (2, 0.0%)

1 はいよ, 高く昇り去る

▼ り大金~ (2, 0.0%)

1 の事, を出し

▼ り天井~ (2, 0.0%)

1 からは小さい, の闇

▼ り天窓~ (2, 0.0%)

1 から豆, へ汚き

▼ り奇遇~ (2, 0.0%)

2 といふべし

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に三峰山, の方

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の方, の方ぢ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かりければ, 遇し

▼ り如何に~ (2, 0.0%)

1 仏国艦隊の, 越前守此儀惡かるべきや

▼ り妹達~ (2, 0.0%)

2 と私塾

▼ り妻子~ (2, 0.0%)

1 にも此こと, に面す

▼ り~ (2, 0.0%)

1 のところ, の家

▼ り~ (2, 0.0%)

1 はたといどう, は仮令

▼ り~ (2, 0.0%)

2 からみつ

▼ り嫉妬~ (2, 0.0%)

1 すると, すれば

▼ り嬉し~ (2, 0.0%)

1 がって, さに

▼ り子供~ (2, 0.0%)

1 にいひ聞かせ, の身体

▼ り孔子~ (2, 0.0%)

1 のみは終始, を生

▼ り~ (2, 0.0%)

1 したため道家, りながら

▼ り孝行~ (2, 0.0%)

1 な息子, を盡

▼ り学問~ (2, 0.0%)

1 する癖, をした

▼ り學問~ (2, 0.0%)

1 のみならず, の方針

▼ り~ (2, 0.0%)

1 をぐるぐる, 賣りしたの

▼ り安い~ (2, 0.0%)

1 ものぢや, 樣だ

▼ り~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ り宗教~ (2, 0.0%)

1 などは野蛮未開, や學術

▼ り~ (2, 0.0%)

1 をなせし, を避

▼ り容易~ (2, 0.0%)

1 な話, に崩れ

▼ り宿~ (2, 0.0%)

1 の人々, へ帰っ

▼ り寄り~ (2, 0.0%)

1 のがら, も來

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたら

▼ り寛ろ~ (2, 0.0%)

2 いだ話

▼ り寡婦~ (2, 0.0%)

1 として一貫, の獨

▼ り将軍~ (2, 0.0%)

1 の凱旋, の形質

▼ り將來~ (2, 0.0%)

1 は純, も過去

▼ り小さな~ (2, 0.0%)

1 峰を, 犬にすら

▼ り小形~ (2, 0.0%)

2 の緑絨氈

▼ り小柄~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ り小遣~ (2, 0.0%)

1 がなかつたらしい, をお

▼ り少なき~ (2, 0.0%)

1 にこの, 日暮れは

▼ り局面~ (2, 0.0%)

2 の展開

▼ り山上~ (2, 0.0%)

1 なる寺院, 或は大海

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に欹, を降つ

▼ り左門~ (2, 0.0%)

1 が突っ, へ走りかかった

▼ り~ (2, 0.0%)

1 なら左, に珊瑚

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に早く, を張る

▼ り~ (2, 0.0%)

2 となし

▼ り~ (2, 0.0%)

1 は顕密, 即ち我

▼ り師匠~ (2, 0.0%)

1 の跡目, へもば

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に連れる, を清め

▼ り常識~ (2, 0.0%)

1 なき痴情, は科學

▼ り~ (2, 0.0%)

1 は広く, を利かし

▼ り年齡~ (2, 0.0%)

1 が違, の相違

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に寝る, へ入る

▼ り度々~ (2, 0.0%)

1 のこと, 拵へる

▼ り座敷~ (2, 0.0%)

1 に在る, へ現れました

▼ り~ (2, 0.0%)

1 にはまた, に漾

▼ り弄つて~ (2, 0.0%)

2 ゐたので

▼ り~ (2, 0.0%)

1 にし, に学んだ

▼ り強く~ (2, 0.0%)

1 主張し, 爛々と

▼ り彫刻~ (2, 0.0%)

1 に據, のやう

▼ り彼ん~ (2, 0.0%)

2 な袖

▼ り後ろ~ (2, 0.0%)

1 へ斜め, より大袈裟

▼ り御用~ (2, 0.0%)

1 の聲, を達しける

▼ り~ (2, 0.0%)

1 た, へし

▼ り必要~ (2, 0.0%)

1 がない, を感じない

▼ り思いがけない~ (2, 0.0%)

1 二人の, 方向に

▼ り思つたの~ (2, 0.0%)

2 かも知れぬ

▼ り怨嗟~ (2, 0.0%)

1 の声巷, の聲

▼ り悠々~ (2, 0.0%)

1 と充実, と歩ませる

▼ り悠然~ (2, 0.0%)

2 した心地

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かつた, の秘し

▼ り情実~ (2, 0.0%)

2 と私利

▼ り惜げ~ (2, 0.0%)

1 に欄干, に身

▼ り惜しく~ (2, 0.0%)

1 去らなければ, 思はれるので

▼ り惜しげ~ (2, 0.0%)

1 に例, に出行

▼ り惡事~ (2, 0.0%)

1 の身代, をなさん

▼ り愉快~ (2, 0.0%)

1 でない, では

▼ り意表~ (2, 0.0%)

2 に出た

▼ り~ (2, 0.0%)

2 いたの

▼ り愚か~ (2, 0.0%)

1 なり, にもです

▼ り~ (2, 0.0%)

1 でたからぬ, の故郷

▼ り~ (2, 0.0%)

1 き他, に堪へた

▼ り感じ~ (2, 0.0%)

1 のいい, の宜

▼ り憂欝~ (2, 0.0%)

1 になつて行, になり

▼ り懸命~ (2, 0.0%)

1 にし, に匿っ

▼ り成俊~ (2, 0.0%)

1 の子, の子成豊

▼ り我々~ (2, 0.0%)

1 に示さう, の生活

▼ り我國~ (2, 0.0%)

1 のみならず, の堪へざる

▼ り我独り~ (2, 0.0%)

1 清めり, 澄めり底

▼ り我輩~ (2, 0.0%)

1 が孔明, の怪む所

▼ り戦争~ (2, 0.0%)

1 の精神, は遠く

▼ り戲曲~ (2, 0.0%)

1 の體, をどし

▼ り房もみじ~ (2, 0.0%)

2 かかりけり

▼ り手綱張り~ (2, 0.0%)

2 引く

▼ り手足~ (2, 0.0%)

1 にも頬, を震

▼ り~ (2, 0.0%)

1 からの雨, から矢部

▼ り抜き~ (2, 0.0%)

1 の名手, の部分

▼ り~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ り拜見~ (2, 0.0%)

1 した事, も致しませぬ

▼ り振り~ (2, 0.0%)

1 が良家, は揺り

▼ り振舞つて~ (2, 0.0%)

2 居たが

▼ り掛け~ (2, 0.0%)

1 に駿河臺下, の道中

▼ り掛け幸~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひ其處

▼ り提灯~ (2, 0.0%)

1 の紅き, をつけ

▼ り改め~ (2, 0.0%)

1 しに, 見しに

▼ り攻撃~ (2, 0.0%)

2 してるのよ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 へば, へ諭し

▼ り敬服~ (2, 0.0%)

1 して, に堪へぬ

▼ り文学~ (2, 0.0%)

1 などよりももつ, はどんなに

▼ り新しい~ (2, 0.0%)

1 工夫を, 窓掛おろし

▼ り新しき~ (2, 0.0%)

1 乳酪, 族天より

▼ り方柄~ (2, 0.0%)

2 の選択

▼ り日かげ~ (2, 0.0%)

2 の花製本見本

▼ り日暮~ (2, 0.0%)

1 にならざる, るる頃

▼ り日本国民~ (2, 0.0%)

1 が先天的特質, にのみ限れる

▼ り早速~ (2, 0.0%)

1 主人の, 公用人二人を

▼ り明日~ (2, 0.0%)

1 の暮し, は未明

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かつた, ってゆく

▼ り昨今忌~ (2, 0.0%)

2 はしい

▼ り昨夜~ (2, 0.0%)

1 の八つ橋, の咄

▼ り昨年~ (2, 0.0%)

1 は奥通, は病魔

▼ り昨日~ (2, 0.0%)

1 まで一文, もまた

▼ り是非~ (2, 0.0%)

1 お宅, にも小本

▼ り~ (2, 0.0%)

1 はな, もよく

▼ り時々~ (2, 0.0%)

1 ふしぎそうに, 肢で

▼ り~ (2, 0.0%)

1 はシビ, は志毘

▼ り晝寢~ (2, 0.0%)

1 でもし, をし

▼ り晩食~ (2, 0.0%)

1 を食, を食おう

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かつた, けき

▼ り暑い~ (2, 0.0%)

1 といふ, 土用に

▼ り暗い~ (2, 0.0%)

1 もの, 岸邊が

▼ り暗く~ (2, 0.0%)

1 して, なつて

▼ り暫し~ (2, 0.0%)

1 停立, 涙に

▼ り書き~ (2, 0.0%)

1 に彫りつけ, のわたくし

▼ り最後~ (2, 0.0%)

1 にのっ, にのつ

▼ り有無~ (2, 0.0%)

1 を云, を言

▼ り木戸~ (2, 0.0%)

1 があ, の上

▼ り木賃宿~ (2, 0.0%)

2 へ泊つて行つた事

▼ り木賊~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ り未亡人~ (2, 0.0%)

1 としての梅, も女中達

▼ り~ (2, 0.0%)

2 遂に雲居

▼ り~ (2, 0.0%)

1 が賣れ, は梅

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に斧, の花

▼ り村山~ (2, 0.0%)

1 にし, にしてやられる

▼ り東京~ (2, 0.0%)

1 に参っ, の諸

▼ り東兩國~ (2, 0.0%)

2 の見世物小屋

▼ り東宝劇場~ (2, 0.0%)

1 へ戻る, へ移る

▼ り東洋~ (2, 0.0%)

1 のラツコ島, を代表

▼ り林有造氏~ (2, 0.0%)

2 は去れり

▼ り柔かき~ (2, 0.0%)

2 金色の

▼ り校訂清書~ (2, 0.0%)

2 し図

▼ り~ (2, 0.0%)

1 は更に, は莖

▼ り梯子~ (2, 0.0%)

1 から落ち, を登つて

▼ り~ (2, 0.0%)

1 など婆さん, よ繩

▼ り椅子~ (2, 0.0%)

1 に凭, に凭つて

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の板, へ腰

▼ り楠公~ (2, 0.0%)

1 の為め, は金剛山

▼ り極めて~ (2, 0.0%)

1 秘密の, 純粹

▼ り楽しみ~ (2, 0.0%)

1 とただに, なり

▼ り模樣~ (2, 0.0%)

1 の最初の, はたいてい

▼ り~ (2, 0.0%)

1 である, を注意

▼ り~ (2, 0.0%)

2 の枯葉

▼ り~ (2, 0.0%)

1 くべきに, じて

▼ り歔欷~ (2, 0.0%)

2 あげた

▼ り歡迎~ (2, 0.0%)

1 されないの, される筈

▼ り正しく~ (2, 0.0%)

1 ない佛蘭西語, なければ

▼ り此処~ (2, 0.0%)

1 が面白い, の渓間

▼ り此小千谷~ (2, 0.0%)

2 にもあれ

▼ り此後~ (2, 0.0%)

1 とも被告, は大人

▼ り此等~ (2, 0.0%)

1 の姉妹, を組合せ

▼ り~ (2, 0.0%)

2 を回らし

▼ り死骸~ (2, 0.0%)

1 の頭, を檢め

▼ り~ (2, 0.0%)

1 さう言つて間違, んど

▼ り殆ど~ (2, 0.0%)

1 気づまりのするほど真正面に, 誰も

▼ り殊勝~ (2, 0.0%)

2 に觀音さま

▼ り残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐて, ゐる

▼ り毛糸~ (2, 0.0%)

2 の手袋

▼ り氷雨~ (2, 0.0%)

2 たまれり深き

▼ り永く~ (2, 0.0%)

1 居りに, 相親睦

▼ り永遠~ (2, 0.0%)

1 にわたって沈黙, の生命

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の水, の畔

▼ り決して~ (2, 0.0%)

1 単純な, 御催促

▼ り沢山~ (2, 0.0%)

1 あつて, に使つて

▼ り~ (2, 0.0%)

1 では水揚げ帳, の靈

▼ り河原~ (2, 0.0%)

1 にて物, を横切り

▼ り注射~ (2, 0.0%)

1 しない者, をし

▼ り流行~ (2, 0.0%)

1 せなかつたの, せぬ

▼ り浪人~ (2, 0.0%)

1 に向, をし

▼ り海岸~ (2, 0.0%)

1 の, はお

▼ り深から~ (2, 0.0%)

2

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の明り, の照る

▼ り清き~ (2, 0.0%)

2 むらさき

▼ り~ (2, 0.0%)

1 せまく煙しづか, に架

▼ り~ (2, 0.0%)

1 二十歳まで, 基

▼ り滯在~ (2, 0.0%)

1 して, になつ

▼ り漢字~ (2, 0.0%)

1 で銘々, を大事

▼ り激しき~ (2, 0.0%)

1 戰鬪を, 穗先その

▼ り濃き~ (2, 0.0%)

1 植込に, 香油の

▼ り烈し~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ り無く~ (2, 0.0%)

1 なつた後前, 之を

▼ り無心~ (2, 0.0%)

1 を申事, 申せし

▼ り無謀~ (2, 0.0%)

1 な計, 過ぎるだらうと

▼ り煙草~ (2, 0.0%)

1 をパクリ, を吸っ

▼ り煙草入~ (2, 0.0%)

1 を忘れ, を落せし

▼ り煩悶~ (2, 0.0%)

1 いて, もしない

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かならぬ, かな緑

▼ り爾来~ (2, 0.0%)

1 したしく交わらせ給わ, 横浜海面埋立事件にも

▼ り片岡健吉氏~ (2, 0.0%)

2 は去れり

▼ り片足~ (2, 0.0%)

1 の股, 斯くの

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の色, 帰る

▼ り~ (2, 0.0%)

1 がその, の遠吠え

▼ り現に~ (2, 0.0%)

1 この邊, 浪人庵崎數馬が

▼ り球根~ (2, 0.0%)

2 が見

▼ り~ (2, 0.0%)

2 を提げ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 しく侮り自ら智, しく滑稽化

▼ り甚だしい~ (2, 0.0%)

1 ので座以外, 間違は

▼ り生々~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ り生前~ (2, 0.0%)

2 に整頓

▼ り生徒~ (2, 0.0%)

1 は悉く, は自分

▼ り田圃~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ り~ (2, 0.0%)

1 にでき, の不安げ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 になっ, には狢

▼ り當時~ (2, 0.0%)

1 に於い, のい

▼ り疲れ~ (2, 0.0%)

1 と疑惑, 果てた一行

▼ り疾風~ (2, 0.0%)

1 が砂, の女房

▼ り~ (2, 0.0%)

2 り障り

▼ り~ (2, 0.0%)

1 する者, の手套

▼ り白々明け~ (2, 0.0%)

1 の濱町河岸, の街

▼ り白い~ (2, 0.0%)

1 ほこりが, 顔だけが

▼ り白く~ (2, 0.0%)

1 なった上, なりました

▼ り盡せり~ (2, 0.0%)

1 で一色道庵, の御

▼ り直ぐ~ (2, 0.0%)

1 喪った, 飛んで

▼ り直ちに~ (2, 0.0%)

1 喉を, 歸路に

▼ り直に~ (2, 0.0%)

1 御召捕, 臺所に

▼ り~ (2, 0.0%)

1 倒ま, 澄む後空

▼ り真白~ (2, 0.0%)

1 な湯気, の皮膚

▼ り着物~ (2, 0.0%)

1 に點, も着替え

▼ り矛盾~ (2, 0.0%)

1 するもの, の子

▼ り知つて~ (2, 0.0%)

1 よく實行, ゐない

▼ り短い~ (2, 0.0%)

1 序詞が, 橋の

▼ り石垣~ (2, 0.0%)

1 を攀ぢ付, を築い

▼ り石楠木~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ り~ (2, 0.0%)

1 なもの, な證據

▼ り礼節~ (2, 0.0%)

2 と信念

▼ り~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 だけについ, を刈る

▼ り空肚~ (2, 0.0%)

2 をか

▼ り窮屈~ (2, 0.0%)

1 な考, な辛棒

▼ り立ち換~ (2, 0.0%)

1 りに, りやつ

▼ り立交~ (2, 0.0%)

1 りるす, り説來

▼ り~ (2, 0.0%)

1 にお, へて

▼ り童子~ (2, 0.0%)

2 は鶴

▼ り竹山~ (2, 0.0%)

2 を訪ね

▼ り笑つた~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ り節十五~ (2, 0.0%)

2 の少年

▼ り築山~ (2, 0.0%)

1 の谷, を越え

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の問題, の粒

▼ り精微~ (2, 0.0%)

1 に入り, の情

▼ り~ (2, 0.0%)

1 一時間半五時半頃迄, 四十五パーセントは

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の結び方, を引き抜い

▼ り純然~ (2, 0.0%)

2 たる外交交渉案件

▼ り素通り~ (2, 0.0%)

2 もなるまい

▼ り~ (2, 0.0%)

1 り所々, る嶮

▼ り細かい~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ り細工~ (2, 0.0%)

1 が過ぎ, だった

▼ り細竹~ (2, 0.0%)

2 の杖

▼ り經つて~ (2, 0.0%)

1 お利代, から成吉思汗

▼ り網目~ (2, 0.0%)

2 して

▼ り縞物~ (2, 0.0%)

1 の渋い, の澁

▼ り~ (2, 0.0%)

1 なる精巧, は到底

▼ り美しい~ (2, 0.0%)

1 ので私たち, 正月九日の

▼ り~ (2, 0.0%)

1 その中, 尽くる

▼ り義経~ (2, 0.0%)

2 及びその

▼ り~ (2, 0.0%)

1 いこんだこと, 僕に

▼ り聖母~ (2, 0.0%)

1 と救世主, の惠

▼ り職業~ (2, 0.0%)

2 を探す

▼ り肥料~ (2, 0.0%)

1 をやらぬ, をやり

▼ り~ (2, 0.0%)

2 切れさうに

▼ り~ (2, 0.0%)

1 と腕, を十字

▼ り自我~ (2, 0.0%)

1 の真実, を見つめ

▼ り自由詩~ (2, 0.0%)

1 には形體上, の境地

▼ り自由黨~ (2, 0.0%)

1 に倦まれたる, の冀望

▼ り~ (2, 0.0%)

1 が口一杯, へくっつい

▼ り舞台~ (2, 0.0%)

1 へ出る, を見限つたらしい

▼ り舞臺~ (2, 0.0%)

1 であつ, も滑る

▼ り良い~ (2, 0.0%)

1 作家では, 男では

▼ り芸術~ (2, 0.0%)

1 に無, は彼等

▼ り~ (2, 0.0%)

1 も信州邊, 葦の

▼ り苦心~ (2, 0.0%)

1 して, をする

▼ り~ (2, 0.0%)

1 には其の, に十歳

▼ り荒い~ (2, 0.0%)

1 のを, 兵舍の

▼ り~ (2, 0.0%)

1 付くだろう, 著いて

▼ り落葉~ (2, 0.0%)

1 した木の間, はふやき

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かずに, くる所

▼ り~ (2, 0.0%)

1 った, り様短刀

▼ り薄き~ (2, 0.0%)

2 月夜に

▼ り~ (2, 0.0%)

1 は一ツ, も亦

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に驚かされ, を斬る

▼ り蛾眉山下橋~ (2, 0.0%)

2 なりと人

▼ り~ (2, 0.0%)

1 が附い, と塵

▼ り行衣~ (2, 0.0%)

2 を着

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に立ち, をいそげ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の口, 戸を

▼ り被布~ (2, 0.0%)

1 を羽織, を羽織った

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の山, へ廻りゃ

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かでない, かで無い

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の処, を端折り

▼ り~ (2, 0.0%)

1 を, を下ろし

▼ り~ (2, 0.0%)

2 お釋迦

▼ り見物~ (2, 0.0%)

2 でもなさいまし

▼ り~ (2, 0.0%)

2 へてゐる

▼ り~ (2, 0.0%)

2 むこと

▼ り親切~ (2, 0.0%)

1 でないなんて, な交通公社

▼ り~ (2, 0.0%)

1 るに, るも

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の計量, へ来た

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に云はく, を交し

▼ り~ (2, 0.0%)

1 は人間性, は韻律

▼ り詩人~ (2, 0.0%)

2 を解す

▼ り誇張~ (2, 0.0%)

1 したの, に流れる

▼ り~ (2, 0.0%)

1 なれば, よ聞

▼ り誰つた~ (2, 0.0%)

2 ゆるとも

▼ り諸侯~ (2, 0.0%)

1 に諮る, の動き

▼ り警固~ (2, 0.0%)

2 に置かれ

▼ り~ (2, 0.0%)

2 ふれば

▼ り議論~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ り變化~ (2, 0.0%)

1 しないやう, なく又

▼ り谷中~ (2, 0.0%)

1 から神田, へ拔

▼ り~ (2, 0.0%)

1 も出, を捐

▼ り貴族~ (2, 0.0%)

1 の行った, 及び貴族院

▼ り貴族院~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ り買つて~ (2, 0.0%)

1 遣つて, 遣つて來

▼ り賑やか~ (2, 0.0%)

1 すぎる騷ぎ方, なタンゴ

▼ り赤い~ (2, 0.0%)

1 よだれ, 上衣を

▼ り赤く~ (2, 0.0%)

1 匍へ, 夜の

▼ り~ (2, 0.0%)

1 さむ, へ背戸

▼ り越夕~ (2, 0.0%)

2 して

▼ り~ (2, 0.0%)

2 手繰て

▼ り輕卒~ (2, 0.0%)

1 なこと, の事

▼ り~ (2, 0.0%)

1 がつた處爪先, がるとが

▼ り込みたい~ (2, 0.0%)

2 ほどの怨み

▼ り迅速~ (2, 0.0%)

1 には行かぬ, 過ぎる

▼ り近き~ (2, 0.0%)

1 あたりの, 鐵道の

▼ り返し~ (2, 0.0%)

1 をやっ, を恐れ

▼ り~ (2, 0.0%)

2 ひいで

▼ り途中~ (2, 0.0%)

1 から脱走, で武生

▼ り途平次~ (2, 0.0%)

1 はガラツ八, は面白

▼ り造化~ (2, 0.0%)

1 の妙機, も唯

▼ り進歩黨~ (2, 0.0%)

1 の主義綱領, の領袖

▼ り~ (2, 0.0%)

1 れる生命, れ出でん

▼ り過激~ (2, 0.0%)

1 であ, ないひやう

▼ り違つて~ (2, 0.0%)

1 ゐては, ゐる

▼ り遠い~ (2, 0.0%)

1 ために, 古の

▼ り遠から~ (2, 0.0%)

1 ざること, ぬ町

▼ り遥々~ (2, 0.0%)

1 と続い, と黒い

▼ り遲い~ (2, 0.0%)

1 からだ, から大方何處

▼ り~ (2, 0.0%)

1 さ, 貌の

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に下り, 近い田畑

▼ り重き~ (2, 0.0%)

1 を置かなかつた, を置かぬ

▼ り重く~ (2, 0.0%)

1 たぷたぷと沈み, 尻尾沈め

▼ り重畳~ (2, 0.0%)

1 たる灰色, の山

▼ り野木~ (2, 0.0%)

2 の枝

▼ り金儲~ (2, 0.0%)

1 が忙しい, をし

▼ り釣り~ (2, 0.0%)

1 とも貝殻釣り, もよい

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の竪琴, の鼎

▼ り鋪石~ (2, 0.0%)

2 のうへに

▼ り~ (2, 0.0%)

2 の端

▼ り鑑賞~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ り閉ぢ~ (2, 0.0%)

2 こもつて

▼ り關係~ (2, 0.0%)

1 が薄い, は無

▼ り限り~ (2, 0.0%)

1 ないそれ自身, もなし

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に上り谿山, の方平山

▼ り階段~ (2, 0.0%)

1 のやう, を降り

▼ り隔つた~ (2, 0.0%)

2 或村

▼ り~ (2, 0.0%)

1 あったら一, に投じ

▼ り障り~ (2, 0.0%)

1 がありません, のない

▼ り難う~ (2, 0.0%)

2 もあるべき

▼ り難から~ (2, 0.0%)

1 う先, ん

▼ り難く~ (2, 0.0%)

1 いもので, て男

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かも來む, かも来

▼ り~ (2, 0.0%)

1 いたくふり, を置く

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の宿, わす条

▼ り露骨~ (2, 0.0%)

1 で單純, に欲する

▼ り青い~ (2, 0.0%)

1 つ, つつじの

▼ り~ (2, 0.0%)

1 ざるか, なるかと

▼ り面白~ (2, 0.0%)

1 かねえ, さうにうなづき

▼ り面白き~ (2, 0.0%)

1 事は, 御咄

▼ り面白く~ (2, 0.0%)

1 ないと, なさ

▼ り面目~ (2, 0.0%)

1 ない樣, に關

▼ り~ (2, 0.0%)

1 といい, などと申す

▼ り頼み~ (2, 0.0%)

1 がいある, にもならぬ

▼ り~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ り~ (2, 0.0%)

1 にし, は我等

▼ り首筋~ (2, 0.0%)

1 の皮, を掴み上げられる

▼ り~ (2, 0.0%)

1 に過ぎぬ, を高み

▼ り~ (2, 0.0%)

1 がねえ, が無い

▼ り騷ぎ~ (2, 0.0%)

1 がある, が次第に

▼ り體裁~ (2, 0.0%)

2 のよい

▼ り~ (2, 0.0%)

1 のおくれ毛, を

▼ り~ (2, 0.0%)

1 かになった, かに自分

▼ り鴛鴦~ (2, 0.0%)

2 を前

▼ り~ (2, 0.0%)

1 の肩掛け, の衣裳

▼ り黒松内~ (2, 0.0%)

1 で停車蕎麥, で停車蕎麦

▼ り鼻謡~ (2, 0.0%)

1 をうたっ, を謡

▼1* [4620件]

ぁよかった残念だね, りあいだこの白髪首, りあいななまめかしい夜着が, りあい的諍議を仕出し, りあい相手に誠実, りあかがねの箱, りあかるき春さきは, りあきらかに, りあたり静かになり行く, りあちこちと東京近く, りあっと言う間にその胸, りあて丈夫な手, りあなやの小さい, りあなた方の目ざし, りあなた樣の御身, りあはれ仔山羊は何, りあまくつて, りあまねく令しいふ, りあめがきらめき, りあやしめりされど, りあらむ, りあれめと蔑み, りあんにもタヒチ人, りいかも知んねえ, りいかなる道の, りいかに強き地震, りいかにもラエーフスキイの, りいかばかり秋はかなしかる, りいがなそんだつて盲目, りいくつかの幕, りいくらかのこって, りいつかしき冬の姿, りいつどこで何, りいつのまにか銀座の, りいとどにしろき, りいのちの中, りいまや三角戦の, りいま学校を追われる, りいやしくも皇室の, りいるかさか, りいわば馬庭の, りいわゆる差別撤廃から, りうす目を, りうち羽振り大きなる, りうどになつて, りうねうねと彎曲, りうまし實は, りうやうやしくクラーヴヂヤ・ペトローヴナに, りうれしさう, りうれしからぬ赤毛也, りえて來た, りおいでなせえましよ, りおいなはれ, りおそろしき活地獄の, りおって友川の, りおなじく勇猛なる, りおのれの業, りおもへば, りおもしろき榛の木の, りおもにルムフォード伯と, りおやすみよき眠り, りおやまの行方, りおよそ我と親しみて後, りおんおば上からおさず, りお伝えおき賜われば, りお供の余暇, りお初とつけ, りお前さんが何, りお勝手から持つ, りお座敷がかかる, りお昼になる, りお母さんにスリル, りお礼は二分, りお茶でも飮, りお話し申して, りお金の這入っ, りかえってさざなみ一つなく, りかき抱く思い, りかけ候故據ころ, りかしこに朱, りかしましく啼きたてる, りかしらには紗, りかすをひもじ, りかすかに聞, りかたがた墨壺墨さし矩尺もって, りかたがた小林の細君, りかたは一とおりでありません, りかつかつながらも今, りかつまたいくらか, りかでは賭け, りかどにきかかりたる二人, りかな山の上から, りかなしみねぐらにも, りかなと思ひながら, りかねてちと滝太郎を, りかねてぬっと立った, りかへって不便に, りかまはなさ過ぎる, りかまきりいつはりならじと, りからは一筋の, りからも呼ばれて, りかれこれ六時に, りかを胸で, りがけ村井長庵を見, りがさのやう, りがたく候間不文ニハ一ツ書の, りがね前の, りがねのこえかもめ, りがねも列に, りがむしゃらに駈け出す, りがもぢやも, りがやがや騷ぎながら遊ん, りがん事なんぞと戲, りがん事三月十二日永劫の旅路, りきいからきい, りきつたやう, りきみと現実, りきらびやかの姿, りきりりとゆるやかに, りきり意識の分裂, りきれいにやっ, りぎくりとした私, りぎっちょの逞しい, りぎつちよの逞しい腕, りぎはには短, りぎみに長椅子, りぎめの通人肌, りぎめで金主自身の娘, りぎめをして出た家, りぎゅうぎゅうぐいぐいと行っ, りぎりだった, りぎわの小降り, りくどくしかも鋭利, りくるしきか海, りぐあいが悪く顔つき, りぐらいでワラジムシ, りぐんと年が, りけいとな感じ, りけがないよう, りけだしその自ら, りけっして野蠻人といふ, りけんからでも渡んなすった, りげんなりする程, りこうして夏が, りこくりのみこみ, りこっちに一塊, りことばはなく, りこの世に同一, りこまうどんといふの, りこれからどうするつもり, りこれ位の事, りこれ四方に沼, りこれ我らが宿昔, りこれ日本の新, りこれ最大の下策, りこれ汝の依頼む所, りこれ神代より馬, りこれ等の姉妹, りこれ罪の道, りこれ肖像畫の如き, りこんどは自分, りこツちのから紙, りごつやうに, りごみするやう, りごろごろして, りご不沙汰を, りご覧なさい, りご飯やお湯, りさあつ, りさいきんの中共, りさく花散りて, りさしも善美を, りさし藥をもらつ, りさすがに恐しからぬ, りさばかり莊嚴の, りさらに誰を, りさらば一服仕ろう, りさりげなく書類, りされどまた多少の, りざま抜き放った鬼丸包光, りざんと敗北した落武者, りしかすがに月夜さやけ, りしかの愛らしき児, りしかは知らざる中, りしずかな杜, りしたたるオリムピアが, りした室の一方, りした目のうち, りしといふ大洞二つあり, りしとか云ふも, りしとかや然れ, りしなの寂しい白い, りしなどと道すがら語り, りしにて此名有る, りしべい己, りしほどに山深き, りしほどには驚かざりき, りしやは寧ろ言, りしょとお, りしょい投げを食わされる, りしよとのことに, りしよりは著しく足早, りしろッ, りしろく激ちつつ, りしわが戀, りしをりのかた, りしをり店へ來, りしんとしてゐる, りしんめりと, りじっと正面を, りじゃあないの, りすぎ夜中飲みすぎたので, りすぎ遠慮我慢泣き寝入味気, りすくなくなりにける, りすぐまたぬッ, りすぐりの名優, りすこしも風の, りすこぶる大仕掛, りすっかり夜に, りすってんころりであった, りすでに一人前の, りすなわち従の, りするりと逃げ廻る, りずくなになつた上, りずつの煙りを, りずんとただの, りせいっ, りせまき湯あみどに, りそくなったら必ず, りそぐはぬ比喩のやう, りそこらの枝, りそしてただ自己の, りそしてまたすぐおいで, りそのまま横に, りその他の自然, りその他一切の美, りその後二十一日までその, りその間曲直瀬道三が往診, りその頃余が修繕, りそばの女の子, りそめしはまだ, りそらぞらしく聞えたの, りそれからまたここへ, りそれぞれの研究, りそれぞれ学者の家, りそれで發掘された, りそれ以来の二度, りそれ奮闘努力せよ, りそろりといつのまにかあごの, りそろりとしきりに散歩を, りそろりと忽ち飲みつくして, りそ事明かに知り, りぞと莞爾と, りたきや小米, りたくさんではありません, りたくさん發見せられません, りたちまち見る入口, りたったある日, りたとえば炬燵に, りたまえ殊に五月六月頃, りたまはんもはかり, りたる立烏帽子に布衣着, りだから詩人の, りだくだくと不逞, りだけからならば, りだけでも話して, りだけをつかんで, りだしやがっ, りだるまのめ, りちょぽり, りちょう噂島の娘ら, りちよいと覗い, りちよッとパンパン, りちらと高須, りちらつと認められたきり, りぢやあないの, りぢろり見ながら, りぢ当主治兵衛は新町辺, りっけのない白大理石像, りっぽさ暗, りっぽい旧い桐の, りつい一足歩行いた, りつぎ約一時間後, りつぎはぎのモンペに足袋はだし, りつくづく考へるには, りつくねんとして, りつけ下着もその, りつばらかに語り聞かせよ, りつめた悲壮な, りつらあてに, りつるぎにかけて争ってこそ, りづつ吐き出して, りづめしかも此根室線, りづめにされていたお島はある, りづれにて霧島山の方, りづゝ修正して, りづゝ水がついてる, りていうようかく, りていざとばかりに誘はれぬ, りてかの文書に, りてから此の, りてからが女の, りてからはどうも人生, りてけふの, りてでも骨董趣味通俗趣味文学青年趣味の, りてと愛嬌を, りてなどいふ言葉, りてをのづから, りでは浅草へでもの, りというは同じく危険, りといふの言葉は, りといふも西おとし, りといふを以て之れ, りとおのがいふ, りとかいう方の, りとかや東山の, りときやがる, りとさえして, りとしてこそその方向, りとしてのさの, りとしてもいいと, りとつた, りとてもこの老婆, りとともにずるずる踏みすべらし, りとに於て, りとにかく勲位官名ある, りとになつてしまつたのでした, りとねへえ雷門, りとのみのこの子, りとぼしく霜の, りとまで綽名され, りともかく充足し, りともに住みたま, りとやに下るには, りとりどりに紅葉, りとを以て人に, りどうかお前さんに, りどうしても掴まらなくなり, りどうせするなら徹底的, りどうにかそれに, りどうやらこふやら, りどおりに厳格, りどころか小皺一つ無い, りどころぢや御座いません, りどこんとこの, りどっしりした無紋, りどどんじゃじゃん, りどの辺だ, りども青と, りどもの竹槍などに, りどもを集めなかったら日向守, りどんと突き当ると, りなかにはお代りを, りなからう, りなくせわしい日を, りなく広い海を, りなく淋しくなやましくあつた, りなく淡然と, りなけれやならない, りなすつたのです, りなぞに出遭うこと, りなつかしきこそわりな, りなどと推論せらるる, りなどといふのも, りなどまで見洩らすまじと, りなにかあらん上, りなのであつたら, りなほ一層の, りなほ子の心, りなほ隣組全員力を協, りなむを, りなりしか汝さへに, りなんかは疾くに, りなんぞしや, りなんぞは気の, りなんぴとの追従, りなんら血の, りにあたりの人目を, りにおいて信義に, りにおきましてはすべてが, りにおける主體そのもの, りにくそうに, りにしは時雨, りにしかばしなへ, りについてとんち問答, りについては何にも, りにつき先生に, りにつつあり, りにつれなかりしか, りにとつてのみの, りにとかいうつもりで, りにまで届かせること, りによつて大なる, りによりまた久しき, りに対する情は, りぬかるみに黒く, りねがはくは, りねばならなかつた, りねばいられぬとき, りねもほそく, りのうゥらみ, りのおきを黒く, りのち徳川家康の御朱印, りのち猛死し堅南晋, りのにこと, りのねえ面, りのぼる青い腹, りのみがおつぎ, りのみは敬語にて, りのよいせゐか, りの余ですらも, りはい並び, りはかうだつた, りはげしく合歓ぞ, りはじむる處にいたれり, りはじむ和漢相同じ, りはじめてしだいに烈しい渦巻, りはずまずに, りはたの者, りはてなきは, りはも荒々しくツ, りはや敵へ, りはやく二人は, りはるかの塘, りはるばると遠来, りばかばかしい人間の, りばかりが耳について, りばさーり, りばつたりに最初, りばなとくちづけするに, りぱつぱつとひそやかな羽音を立て, りぱなしで花一本供げず寺, りひたすらに海, りひたむきに創作, りひっそりして, りひつかぶつ, りひつそりして, りひでよし公, りひとにぎりづつ, りひとつふたつは食べ, りひとりひたれり梅, りひよろりと, りひろふ童, りびきりと, りびんつけにすべりました, りふしガンジェより出るごとく, りふし一の像, りふし交合のない, りふし人目の関, りふし俄かに物蔭, りふし夢に負, りふし岸の小舟, りふし條を引く, りふし秘かにさういふ, りふし罪人のひとり, りふし蚊帳にとん, りふたりみたりの, りふりかまはぬ, りふろおけを, りぶつぶつ何か, りぶらぶらと山みち, りぶりを羨しく, りぷかーり, りへと十間は, りへの案内で, りへは行かなかったの, りへまで芝居茶屋が, りへも帆綱番へも, りべろりと, りほか仕方がなかつた, りほか術はあるまい, りほしがった, りほっと溜め息を, りほととぎす心あらば, りほど経たり, りほどで治つて相, りほどなく麓に, りほらりと, りほろほろと乾く, りほんなども心得あり, りほんとうに新しく, りぼつちの淋しさ, りぼつちの塊が石塊, りぼやりと, りぼろぼろと赤く, りぼんやりした顏, りまことに不幸な, りまさがわが, りまさあネあゝ, りまさに我を, りまさアね, りまさ眼には見られない, ります者の手代, りまっ黒な南, りまつさきにメノイチオス, りまでも皆領地, りまるで平チャラ, りまろき眼, りまんじりともせず, りまんまろき柿, りみじん柄の素袷, りみちのくの高館, りみちわたくしは昨夜, りみち友人の山岸外史, りみな泣きつ, りみな皇室に献金, りみんなインヘルノへ落ちる, りの花, りむきもしなかった, りむさうの花, りむざむざと歩み棄て, りむっつりしたその, りむつりと, りむらむらと軟か, りめえのこつちや, りめぐつてゐる小川の氷, りめでたきとし, りめらり燃え上る焚火, りめん人目をうば, りめん桃いろちりめん, りめん無垢の下着, りめん福草履八幡黒の鼻緒, りめん鹿ノ子, りもうすっかりシェファードの, りもう少し暑いなら, りもかすけき小さ, りもしくは後より, りもしやうが, りもし既に崩れても, りもっと跳ねろやあ, りもっぱら解しやすき, りもつともつとどうにもならぬ, りもてくれば, りものぼろの手ぶくろ一揃, りもの水が出, りもの言はぬ, りもをりとて, りゃあかえって人眼につくし, りゃあまだおまえさんも三十そこそこの若, りゃいてえじゃねえかっていったらいまさっきいったよう, りゃくがござりましたかどうかわたくしのぞんじ, りゃくだつしていったとその, りゃそこいらのお嬢さんの方, りゃそれにちげえねえが野郎めまたなん, りゃぽうっとなるにちげえあるめえがのぼせて, りゃめっちゃくちゃに可愛いどこ, りゃんけんぽと口々に言っ, りゃんときめて所在なげに, りやうぢや, りやうまちす, りやう乳のふくらみ, りやう十人が拝領, りやう周囲のうつり, りやう自身の生命, りやさうでも, りやさしき虫の, りやすうして, りやすきものである, りやっぱり八波の, りやと思はんでも, りやはり時代が, りやらで雜務, りゅうのひげさ君まだ知らない, りゆうごんさん, りゆうきんしゆぶんきん, りゆうには母, りゆうらりと, りゆえにその説真, りゆかばいかにせん, りゆきつめて, りゆき夫婦は夫, りゆき月も離, りゆらぎ更にまた, りゆらりと動かすの, りょうかおれはとてもだめなのかしらんと思う, りょうしはつくづくかわいそうなことをしたと思って, りょうじをいたすということでござりましたけれども城中たいくつ, りょうぶんでござりましたからのぶなが, りょうわきにかかえるようにしてだきあげたかとおもうとまっくら, りょうをなさるのがそれはそれはお得意でしじゅう, りょうをなさるのがたいへんおじょうずでいつもいろんな大きな, りょえしゃくもなく人々のあ, りょか焦れて, りょかーって百人一首, りょくで走っ, りょさに気, りょしいしいこの知らせを伝えた, りょしてとび出さないの, りょしてひとつのベッド, りょして小林少年が出かけるなら, りょして心のうち, りょしないで眠りたまえ, りょしながら犬の名, りょと覚悟した, りょなく≪うううう≫, りょなくふきこんで骨まで通る, りょなく一文でも二文, りょなく僕をやっつける, りょなく内のようす, りょなく註文して, りょなく食事をすませる, りょなしに入って, りょなしに勘定書につけ, りょなんかしていないことがわかったの, りょな人間だと, りょにおよばぬから早々に在所, りょにたずねますとおじいさんはあけ, りょのない質問をした, りょぶかい女になっ, りょぶかくよわよわしい性格, りょもなくツカツカ, りょやの早苗, りょをしてくれないでもようござりますむかしのよう, りょをしてわたしはしばらくじっと, りょんおれを恨む, りょんこないだはありがとう, りょんさんあんたほんとに心配, りょんさんおれを信用, りょんさんには一番大事なこと, りょんさんはまださっぱりせんらしいなと云った, りょんさんを大事になあんた, りょんさん母はこんなに, りょんさん玉井さんは他人, りょんも猫好きあんただちも, りょんや寄って, りょん今度ええ猫, りようらんと在る, りよか速戸, りよりは今日は, りよろしくロテイレニエらが, りの, りらららりるろ, りらら鯨油は, りらタア何の事, りわあわあ騒ぎ立って, りわかりつこは, りわけて見ると, りわけても祖先後藤祐乘の, りわざと進めたるなり, りわざわざ若い女, りわれらのもの, りわれら二人を打, りわれ幸にし, りわれ爾が冷, りをかぶつて, りをすら感じながら, りをてのひらにほじくりだした, りをもって肩から, りそれで, りアカイア壘壁打破る, りアカイア族の言, りアカシヤの花, りアキリュウスを陣頭, りアクリーナは, りアダムの裔, りアッシリア人潰走す, りアテに成ぬ, りアテーナイ市の若き, りアテーネー彼らの心, りアベベのかたき, りアムピトリュオーンの, りアメリカ人と日本人, りアラスカ東端を發見, りアルタイア直ちに火, りアルバノの山, りアレコレ云つて下らないこと, りアロウユウスの二人, りアンタイオスの身, りアンテノリの懷, りアンドレアは良王, りイディオマチックなもの, りウオーヅオルスも能, りウチからの送金, りウワッパリに細紐, りエイと左, りエチウドを惜, りエノケンと金語楼, りエラトスを, りエヽと呆気, りオネロは癇癪, りオランヂ砂糖漬を惠, りオレーフで白い, りオーイもう一度もぐつ, りオーケストラ伴奏入りの私, りカアライル逝けりボルテーア, りカメレオンの籠, りカンタイ夫れ吾, りカントのいつた如く, りガワガワ云わせて, りキロン矢を取り, りギベルリニ黨はこ, りギャングの魂, りクリスチアン・モラリチーも亦, りクリスマスの常盤木, りクリティシズムは一つ, りクロニオーンこれにトロイア勢, りクロニーオーンわれに今, りグリフォネはその, りコップの中, りコマ食堂の幕の内, りコリヤ和尚匿したる, りコルラディーノを虜, りサギにか, りサッと肩先へ, りサルペードーンの屍, りシャルルマーニュの世フィレンツェ復舊, りシャルル・ゲランがジャム, りシルヴァのポタージュ, りシルヴァーといふの, りシヱクスピーアも能, りスタンドの光, りスティックの粉々, りストラスブルガアの植物學, りスラヴ諸民, りセンチメンタリストが自己, りソルダンの地, りソープ村の方向, りタクシー那をへ行く, りタップリ稽古し, りダカラ學者は世間, りダンテは日光, りダーヰンは其後, りチヤムバーレーンは全く, りチヨツと舌打ち, りチヨンマゲは頑固, りチーズの夢, りヂュウス諸神, りッぱにあなたが払うのよ, りツ気のない, りテチスの座, りテバルデルロはこれら, りテラモーン生める豪雄アイアース, りテーバイに使, りデーイオコス先鋒中に逃げ行く, りきトハ通用シテ山吹, りトラックなどが走っ, りトラツク遂に進行, りトラツク途中にて屡, りトルンクと鳴き, りトロイア中に名, りトロイア軍の騷ぎより, りトロイア軍勢と長く, りドアーを開け放し, りドカンと突き當つた女, りドストエフスキーは読者, りドッグ・ビスケットを噛み, りドッシリした無紋, りドニェープルの彼方, りナニ悴がみえぬ, りナニ疾うに盗賊にもう, りネウヨルクえ罷, りネッソス死に臨み, りすまいかと, りハイそれでは, りハゲ天へ, りハツバス・ダアダアに對, りハネは十一時, りハルツに旅, りハ伊藤先生おわづら, りバスがヘッドライト, りバスチールを壊, りバラバラになり, りバラバラようやくのこと, りバーコの都奴婢, りパイロットは前, りパチクリ, りパチパチさしてゐて, りヒポロコス彼ぞ正しく, りヒユーマニチーは衣装, りヒョロヒョロ危く墮ちよう, りヒヨウと気, りピータースよりポタージュ二人前, りピーピー悲鳴のよう, りフアビアニの君, りフィリップカスティリア王アルフォンソ十世と戰, りフト見ると, りフト出來心で結改場, りフト畑の中, りフランス当局も亦, りフランチェスコ・ダッコルソ亦然, りブルバラネクの曠野, りプリアモスの子, りヘクトール新たに令, りヘラクレス之を着くる, りヘーレー黄金の盃與, りベダイ人を載せた, りベルナアルとボヴィイ, りベルナルドオあるのみにて, りペテロ及びヨハネ, りペンキ道具一式と酒, りホツと息, りホメロスかつてこれ, りボオンヂインと時, りボルテーア逝きバイロン, りボンデルモンティは恐らくは, りボーレア口を直, りポーター先生や引退, りマウイもまた, りマカオやマニラ, りマキの証拠, りマザマザとそうした, りマホメッドの始め, りマントを捨て, りミカエルその使者, りミケル祭の供, りミユツセ詩集其他貸與, りメエルハイムには, りメーリオネースの足許, りメール社がけち, りモンペと藁靴, りうかとは, りャア親父が帰ったら, りャ華族様も平民様, りうかとは, りヤア盜人は面, りヤ華族様も平民様, りユウリュピロスは股, りラジウム購入費三〇〇〇ポンドに対して仮令いかに, りラジオの先覺者サー, りラファエレに眼, りラムプの下, りリュックをぶらぶら, りリード夫人は私, りルボンばかりで, りレジスウルが例, りレーイトスユーリピュロスはメランチオス, りロォザァヌの市街, りロクな事, りロチスター氏の方, りロバァトとその, りローマをし, りローマニアの現状, りワカ末といふの, りヴェニスにて暫く, りヴェニースの埠頭, りーんといい, りー取りの六月十一日, り一〇七二年ファーエンツァに死す, り一すじは東濱, り一たびは, り一つプールに停, り一つ極ると, り一ト夜も湯, り一ノ宮に下る, り一パァセントだけの微か, り一ヶ月三十円ぐらゐで生きてを, り一三〇〇年ミラーノの君, り一三〇七年三月にい, り一二一二と級長, り一二九一年アルフォンソ死して, り一二九四年に死す, り一二八六年の頃ベアトリーチェ, り一二六九年の頃, り一以つて萬に通ずる, り一休みの暇, り一入出精し, り一六〇九年に終り, り一円の闇, り一分にあり, り一切の友, り一切他を尊, り一刻を爭つて, り一升桝へ再び, り一同平伏す時, り一同降参した, り一向忘れ不, り一塊りと, り一夏のうち, り一字一字が人間, り一尺七八寸あって, り一層あとなき, り一店に投じ, り一意專心物理を探究, り一應の斷, り一撃彼にあつ, り一方急報により, り一日人に誘はれ, り一昨日御出, り一時は天下, り一時半より, り一時泉岳寺畔に僑居, り一時間半の行程, り一時非常に流行, り一月去り一月來, り一本には唐土, り一杖一鉢常の如く都, り一流の細水潺, り一点の非の打ち所, り一瓢を余, り一生の悲哀, り一生懸命に英語, り一番上側に卷い, り一種夢の如き, り一筋木刀が闇, り一管の筆, り一線に神, り一群の水兵, り一臺の賃錢, り一行の意見, り一見如何にも高い空, り一軒は浪人, り一轉して, り一部人士の常識, り一間に籠り, り一陣の旋風, り一面地方の緑營, り一齊に, りと云, り七ヶ年相勤め候處昨年春中より眼病, り七人は其儘龜屋, り七八人に取巻かれ, り七八百万がとこ白状, り七右衞門の門, り七重の高, り七面鳥動くも, り万事不束で人, り万有引力恒數が缺, り万象が奇しくも, り三人の子供, り三人額を集め, り三元が三氣, り三分の二人前ぐらゐには通用する, り三分の植附けを, り三十枚書き上げた, り三十萬の大軍, り三周するを, り三太夫をにらみし, り三宅博士と星野博士, り三年前より今, り三斎公の御供, り三日半調べに三日, り三月東宝進出のプラン, り三百枚の飜訳料, り三眛の境地, り三筋町に医, り上げ初めた, り上さんをひどい, り上つたかと思ふ, り上つた時は何等, り上りさま稍や円味, り上り最所治部は, り上ッてあたり, り上体も足, り上山と銀座, り上座に着, り上從順な會員, り上意と聲掛, り上杉謙信も然, り上樣には決つて, り上気して, り上気性と見え, り上氣して, り上演といふこと, り上私も仲間入り, り上衣を脱ぎ, り下げ堀り出したる土, り下りに因つて地割れ, り下戸は甘き, り下手人の庄兵衞, り下流で釣つて, り下火に成る, り下男といふの, り下男善助に向, り下駄にて板敷, り不可見の, り不可分に結合, り不吉を怖, り不死の諸, り不義理だらけで友達, り不言の海, り不釣合でなく着て, りは叔父, り且又見知人, り且慰め相談なし此由, り且推移した, り世にも憎むべき二重生活, り世の中の事, り世帶を片付女房, り世渡りのむづかしきは, り世變り之, り世間一般の注意, り丘陵には電柱, り並びに生簀の, り並木の陰, り中古の例, り中士格ながら羽振り, り中央に低い, り中央公論社顧問給料金五百圓を贈らる, り中庭に咲き盛っ, り中村敬宇氏が元老院, り中腹を断ち切った, り中部アメリカ地方では二條, り中野信近五味国太郎演, り丸山町の直, り丹青家が無意味, り主我れに, り主義として人命救護, り主題の全貌, り乃至珍らしい, り久々にて面會仕つり互, り久々奉公仕つり, り久しき時鮫内海に, り久保田万太郎は商業劇場, り之土人此話をする, り之節縫箔の振袖, り乍らお召しに, り乍ら乘り出し氣味, り乍ら入口を塞い, り乍ら千兩程の大鳥, り乍ら接触の可能性, り乍ら歸つて行く八五郎, り乍ら淺草橋の御, り乍ら満面に笑, り乍ら無理に落ちついた, り乍ら目を瞑り, り乍ら茫然とそこ, り乍ら茶を呑む, り乍ら行き過ぎようとして居た, り乍ら言つた, り乍ら赤蜻蛉の行方, り乘地に成つて, り乙部では古, り九助は伯父, り九十兩を持てぶら, り九日ホノルル寄港十八日午前十時横濱に歸りつ, り九郎兵衞へ相, り九郎兵衞八右衞門久七八内忠七六之助などは分家, り乞い問う罪, り乱れからみ, り乱菊を刺繍, り乳母また共に, り乾山の能書, り乾草の匂い, り乾退助ニ引合置キ夫より上国, り亀井おばあちゃん, りる, り亂心と相, り了つて顏を擧げる, り予定より三十分, り予防工事を起さしめ, りひといつた, り争いみたいに凌, り事務の勢力日, り事実を見る, り事業家の顔, り二つ三つ松原をくぐります, り二三人子供もこもれり, り二三尺も空, り二三日前に會つた一人, り二三日逗留しけるが, り二三時間は休む, り二人一所に遁げ, り二人默り復, り二分を持て, り二十の騎者, り二十一年七月に物集高見君, り二十九年進歩党の成立, り二十九年進歩黨の成立, り二十余年が間, り二十分休憩幕の内一つ食ふ, り二十四人掃除方八人仲間十四人張番組十二人駕籠十八人としてあ, り二十年前の連判帳, り二十年間に於ける, り二十枚の歯形, り二十隻の川蒸汽隊, り二声言ふんで, り二年間一緒の教室, り二度試みて, り二度目を当, り二振りの宝剣, り二方荒神といふもの, り二日目にミシシッピ, り二時の次に, り二本のライチ樹, り二枚の上衣, り二條殿へ右, り二派に立ち別れ, り二畝耕やした, り二番息子の清二郎, り二百兩は下人共, り二百餘日の後, り二輪馬車がございます, り二里に亘っ, り二間ほど高い, り二階の書斎, りが並ぶ, り五六丁もとろ, り五六輛の車, り五分の一程になつて, り五年ほど前, り五時近し, り五時頃かえりそれから又, り五百を識, り五百兩は我が, り五行の序, り井上先生あるのみ, り井戸を覗い, り亘つて居る有様, り些細なこと, り亜細亜研究所にこの, り亡長男の七周年忌日, り亢旱にし, り交つてゐたり, り交友を求められ, り從ふべし, り亭午登天眞に昇る, り人々これを引出さん, り人並よりか口数, り人交際も出, り人口は三万くら, り人垣は後ろ, り人外境とも云うべき, り人夫らが, り人好きのする, り人工を加, り人情に基づい, り人生に相, り人界に, り人畜悉く斃, り人知れず朝か, り人聞きの好い, り人足どもは夫, り人身御供に上, り人魂のよう, り仁清乾山木米あるいは柿右衛門, り仁義だに行, り仄闇き空, りす有様, り今お調べの, り今し方明いて, り今に至つては, り今上を廃し奉り, り今回の地變, り今夜泊って, り今夜一晩で別れられる, り今左にその, り今所証の浅き, り今朝馬丁の惡漢, り今生の思ひ, り介抱なし先々今宵, りに告ぐ, り仏文学を原統的, り仏経には釈尊, り仔細に詮索, り仕合者よと呟き, り他人に甘える, り他日の再起, り他界の人, り又餞別, り付きもよく, り付大釜に汲, り仙臺に遊ん, り代りに乗つたら, り以つて臭ぎ其の穎, り以上醜行の稍, り以下に落つ, り以來第二次, り以前木の芽も未だ, り以外よく飛ぶ, り仮令ばその, り仰々しくならないよう, り仲哀天皇の崩年壬戌, り仲尼の後, り仲違ひを, り仲間の者, りの入歯, り企画室といふの, り伊勢大神宮に詣で, り伊藤内閣の公等一派, り伊賀袴を穿き, り伏見へ出よう, り足せしが, り休みなさえ, り休学して, り休戰の約, りの彌, り伜ドメニコ・スカルラッティとオルガン, りひに, り伝つた話で誰, り伝承的であるが, り伯母の棺, り但し段落の, り位置をずらせました, り低い山では, り低く掠めた声, り低く黒い鳥が, り低頭掉尾すとある, りし信光, り住友邦子は住友家, り佐久の馬主, り佐倉宇都宮麻生小見川其他幕府直屬, り佐十郎郷右衞門の兩人, り佐野一雄とアベール, り何くれとなく厚く, り何こをさして, り何せ台本の, り何れ位の損失, り何不自由なく養生, り何人が何人, り何割か安く, り何卒今一度母や, り何喰ぬ顏, り何彼と参考に, り何是となく, り何時も同じポーズ, り何某の所番地, り何樣して, り何百人の人, り何程是あるやと, り何等の怪, り何處かよい, り余りに心地好かりけれ, り余程の新劇ファン, り佛壇を見上げ, り佛教を始め, り佛蘭西ばかりで無い, り佛蘭西書籍十餘册を貸さる, り作品を通じての思想感情, り使つて此方の忙しい, り使人を見, り使用せぬ, り來しみ酒ぞ, り來らんと樂, り來ん時誤りて見失ふ, り來合はせて, り來月中旬頃御止宿, り來爪立てにつかみ, り來玉ひし, り來玉はずば我命, り例へばそんな風, り侍士の來, りを除き, り供前を妨ぐる, り侯爵閣下はその, りは互に, り便所へ行く, りの者, りに三階惣出, り俗人もまた, り保養して, り信仰なきの, り信切顔をし, り信州飯田行の旅費, り信濃人の語る, り信長の意中, りと共に走っ, り俳優に限つた事, り俳優養成に名, り俳諧の尤, りの方, り個人的能力の伯, りいて, り候うちふと下総, り候ぎんという女, り候ことにて各, り候ところは一か所, り候なかにはかやうに人, り候はずなくあたり皆顔, り候はん其儀は少し, り候ままかつてとまりし, り候もとより御, り候中に付, り候事故当山の御, り候事是無く勿論, り候今後種々の方面, り候儀と存じられ, り候其夜全くの, り候内少, り候処一人の侍無理, り候処唯今にても当, り候処屑屋先生の今更高慢, り候処近来生らの相, り候哉と見廻し, り候小笠原流諸礼, り候得バ日数も相, り候所より段右衞門, り候手紙に相違御座, り候折から実, り候文芸に型, り候時は案外, り候曼陀羅を盜, り候某が不肖, り候榎の大木, り候樣申參べし必ず, り候正直なる者, り候由右傳吉妻專と申者愁訴有, り候留守に煙草盆, り候秀を起し, り候節中仙道熊谷土手にて越後浪人新藤市, り候節九助へ里, り候節東海道戸塚宿より江州商人, り候者と相, り候者共方へ三間, り候者相知申べしと, り候自ら末路を早, り候處ろ取合, り候處主人留守にて分り, り候處右の騷動, り候處外より盜賊出, り候處是に控, り候處町内の天水桶, り候趣き勿論其節衣類, り候途中にて召捕れ, り候途中盜賊に付かれ, り候運と思出, り候金百八十兩島田宿藤八へ預け是, り候間せめて今, り候間上新田村無量庵の住寺, り候間何日頃罷り歸, り候間右の旨, り候間若や彼, り候面體殊の外怪敷存じ候, り候頃兄もまだ, り倭文子の着物, り倶舍に關, り偉くおなりにな, り偖傳吉は金, り偖喜内は翌日, りし得ら, り偶然な邂逅, り偶馬に乘, り傑作は必ず, り傳吉に向, り傳法の事, りつくるは, り傾斜の上, り僅かに一夜, り僧周鳳あり文正, り價値は無い, り元始は綿, り元治元年は夏, り兄妹を愛せり, り兄弟よ汝みずから, り兄弟アスモデリウスはきたれり, り兄弟子にあたる, り先々御客さま, り先づ従来の弊政, り先刻まで聞え, り先刻みな樣のお, り先刻歸り道, り先導し嫁, り先祖代々の霊, り先鋒の中, り光沢を流した, り児玉は小学生, りが脱げる, り入りし間, り入ろうものを, り入来しって, り入浴して, り入船町の入口, り入院して, り軍の, り全国通過を許され, り全然新たな, り全身はあまりに, り全部といふことに, り兩三年も世話, り兩側に一間, り兩國へか, り兩岸の厦樓高閣, り兩帶の區別, り兩親始め忠兵衞にも挨拶成, り八割五分の金で米, り八十八歳の今日, り八大山人の対幅, り八州様へ願っ, り八方から猥雜, り八日には小屋掛, り八時十三分長次郎谷の出合, り八時近く食堂へトマトクリーム, り八月には九蔵, り八月廿八日に終る, り公共的なもの, り公園のベンチ, り公平とは云, り公用人平石次右衞門吉田三五郎を呼出し, り公義を忘れる, り六ヶしなるから, り六七尺茎甚だ肥大, り六俵ぐらゐがこの地方では普通, り六師雷のごとく, り六時がらみこれがその, り六月頃まで巴里, り兵助は心得, り兵火に罹り, り兵車より足疾, り其一には然, り其一人の外, り其一命を亡, り其上利兵衞の娘菊事私, り其下に流る, り其不注意なこの, り其他武家の法制, り其余の不平分子, り其儀を慎む, り其儘をむき出し, り其儘奏聞なし給, り其内七十五兩伯母に遣し, り其勢ひに, り其周圍の人達, り其境地に於, り其変化は著, り其外組頭左治衞門周藏始め村中一同へ廻り歸村, り其夜は假牢, り其室を檢, り其宵ば部屋, り其岩窟に棲む, り其布教も群衆, り其席へ出ませんでした, り其引立に逢つた, り其弟醇が児玉氏, り其後私し儀, り其戰馬並に御者, り其方へ少々, り其方どもの訴状, り其方法を比較分解, り其時我々は跡, り其曉きに, り其曾て保守黨員, り其様雪の一, り其清潔なる境地, り其盜賊の難, り其盾を, り其砌り殺害, り其節吉野屋と申大門前, り其節憑司の娘千代, り其經歴を考へ, り其群に加, り其翌年天子親祠したの, り其若君が早晩, り其蓙へ腰, り其蛇は, り其術中に陷, り其角につかまり, り其設置を語りぬ, り其許の勞, り其誇張の適例, り其誤解を解かん, り其説が僻, り其論高尚に似, り其趣きを常, り其辛抱は餘所目, り其邊の或, り其重大なるもの, り其頭を以つて支那, り其餘の不平分子, り其餘焔尚消滅, り其黨員を率, り内々は日光, り内々相談に及びける, り内側から鍵, り内地には山, り内壁は懸崖杜絶, り内容はすでに, り内密に清水門, り内祝言を濟, り内蔵助長政と云, り円髷の手巾, り言すれ, り冒険である, り写実的な手法, り冠つてだぶ, り冥府の如き, り冬次郎切り込もうと, り冬草まじり, り冷たい笑いを, り冷やかにほほ笑ん, り冷遇したから, り凝視すれども, り凡そ最初の, り凡ての共通, り凡悩の人間, り凡百五十人餘りの, りによる, り処置がなかっ, り出さんとし, り出しがちだった, り出しぬけにぱあ, り出し物のあて, り出し相に成る, り出し者がひとりでに, り出だしアイチイケスに放ちし, り出だし候が群集, り出づる時中学校の門前, り出づる時中學校の門前, り出づる玉兎のいと, り出世をせず, り出刃庖丁をドギドギ, り出家は恩, り出席はしなかつた, り出来上って了, り出演せるもの社内, り出版屋は東京, りから喰, り刀劍のみと爲, り刀掛をおく, りに過ぎない, り分けを母, り分度器やコンパス, り分析すると, り切つたのはない, り切にもなるまじ, り切開手術が必要, り切齒を爲, り初めてちょうど今日と, り初め十五分間運動し五分間安樂椅子, り初心過ぎるぢやないか, り判決されるもの, り別れを告げました, り利三郎さんは棺, り利劍により, り利益を減損, り到頭アンドレイエフ論まで, り制みたいな事, り刹那の生, り刺子の手袋, り刺激するやう, り前さ俺は親, り前借して, り前妻の娘, り前方後圓の塚, り前私は此処, り前面の敵, り前髪のよう, り剛い黒い髭, り剛一は足, り副詞の位置, り割りでも, り割高になる, り創作が出, り劇団自体も亦, りを拔, り力三十人を兼ねたる, り力強く押し附けたと, りを失つたの, り加はつた, り加はりぬ, り加はるもの一人, り加はる人もあり, り加田の浦にて盜賊, り加藤道子よりの京樽詰合せ, り助けあって, り助け呉しは, り助成すること, り勅許を得ざる, りは彼, り勇將の現, り勇悍なりこれ, り勇猛の, り動すに, りで好い, り勝利を得る, り勝手元の事, り勞働をした, りが烈し, り勢猛く飄々, り勵ますは, り勸めるので, りりて, り北の方に有, り北京に乘, り北史は桓靈間, り北国の隅, り北狄支那を呑む, り北米の盡所, り匿名での一言居士, り十一景終ると, り十万二十万の端金, り十三世紀の半, り十二の鐘, り十二三分の間に写真, り十二時半頃迄か, り十二月二十日夜永遠にかえらぬ, り十五六日目又一度, り十五分もねばっ, り十五日午前十時四十五分愛宕山上より黒煙噴出, り十兵衞が四十兩餘, り十分に見る, り十四の秋, り十太夫に廉, り十年振りで母, り十時三十分敵艦隊は突然, り十月二十四日に病ん, り十萬二十萬の端金, り十萬圓掛けたが, り十風と三藏, り千万遍も愚か, り千住燒場光明院へ置捨, り千六百四十年にポルトガル, り千回つづけて, り千太郎には頃日, り千尋の海底, り千歳の下, りと四方, り午前一時すぎ漸くアガリ, り午後第四時, り午後十時近くなるのに, り半ば平野に臨んだ, り半分に詠っ, り半鐘の音, り卑彌呼女王の人物, り卒業す, り協力を惜, り南人はよく, り南天のほのけき, り南庭に乱れ入り, り南門のそ, り単線のレール, り占めをしよう, り平に向, り印度のみでなく, り印度洋を越え, り印象を訊い, り危げな棧橋, り危言激語して, り危険が伴う, り即刻老母變死の始末, り即死怪我人数人有之官軍不利, り即興的にお話申, りて他, り却つて住心地が良, り却つて石垣の穴, り卷烟草を吹かし, りかりしが, り原上の戰事, り原庭の松嚴寺, り厳かしきアツシシ, り厳達して, り参考になる, り參詣者多きを以て, り又七を離縁, り又四郎はその, り及び之を, り友吉の言葉, り友次郎樣お花樣にも此事, り双方で後退り, り双眸は前方, り反乱どころの話, り反射して, り反撥したと, り反省もした, りった時, り収容病室から舎, り叔姪を愛せり, り取りの二銭八厘, り取次もなし, り受け又は繼承, り受附へ声, り叡智的になった, りに躍り, り口上の趣き, り口吃り目眇み足曲り手斷, り口巾ツたきこと, り口惜涙に哽びながら, り口説に實, り古い外套を, り古くないこと, り古来義士なきに, り古製は然, り古風な太刀, りの形, り叩頭に来る, り一つ動かぬ, り只今彼方にて御, り只今歸り道也是, り只今町奉行方より平石, り叫びやがて嘆願, り召上つて, り召連れまゐる, り召食れ, り可愛相な, り右二大難關を如何, り右左に踏み動かし, り右母病死仕つり他, り司馬遷が史記, り各々配下の, り各国の商賈, り各所で大, り合うたがよい, り合せガタ馬車に搖, り合せ十兵衞が娘, り合せ境内でも後, り合せ綯り戻して, り合つたのは榊, り合つた一種生々しい金属音, り合つた向うに眺め, り合つた実業家茂木氏の女, り合つた山脈が見え, り合つた日のこと, り合つた河口の趣, り合つた軽井沢の夏, り合つた道徳的な墮落, り合つてたよたよと, り合つてトンネルのやう, り合つて事毎に啀, り合つて何方もその, り合つて原因して, り合つて悲しみには泣き, り合つて殆ど一の大きな, り合つて生れ出た説明, り合つて行つたに相違, り合はずにその, り合ひだ拳固が飛ぶ, り合ひだ立ち合つて, り合ひでも, り合ひで變な野郎, り合ひなんかにはしない, り合ひな位にその, り合ひもすれば, り合切嚢を斜, り合山崎町質渡世家持五兵衞并びに同, り合槌を打ちました, り吉之助初瀬留, り吉野さんを拜借, り吉野様を拝借, り同じく理想を, り同じく共に亡さる, り同僚に渡し, り同僚みな否とせり, り同化性能が強, り同士がこうして, り同年九月グィリエルモ・ディ・ノガレット及びシアラ・デルラ・コロンナ, り同情する所, り同所裏門前に於, り同時に先生に, り同村に於, り同様に陣, り同氏の塾生, り同然のし, り同道にて參, り同院の判事末弘嚴石氏外數名, り名位を占め, り名匠の手, り名誉が厳然, り向け末を右向, り君トロイア城を禦ぎ, り君側輔弼の宰相, り君臣の關係, りなら否, り否定的態度といふもの, りひつけた煙管, り吼付し故, り吾人の腦裏, り吾妻屋永左衞門はお, り呉候間惡人とは少, り呉八段の勝, り呉葉の胸, り呑込んでゐる, り呑込みの話, りやいたもの, り周囲の状況, り周圍の列, りはるる, り呵々と笑, り鳴りその, りをかけ, りしの, りをする, り咽喉のたるみ, り哲學を勉強, り唄帆を織る, りを極度, りに流れつい, り唐時代の一里, り唐桟を端折っ, り唐棧を端折つ, り唐棧揃ひの, り唐突で變, り唯今まで獸類, り唯物論も亦, り賣下手, り商人その訳, り商人体の者, り商工業が近年著, り問いの不思議, り問君としてある, り問屋の隱居, り問題にされず, り善き祈りの, り善く馴らされし牝犬, り善人の死, り善悪を説けり, り喉元を刮, り喜べり彼らは城, り喜内が寢息, り喝采とは行かねえ, り喧囂おびただし, り單獨にていふ, りせ我, り喰つてから渠, り嗚呼復讐汝の, り嗜みのない, りう者, りじ曰, り嘉傳次の死骸, り嘖んだり飼もの, り嘗て自分が, りのあら, り噌唹に着する, りみ裂き, りし過ぎる束縛, り嚴敷拷問に掛らるれ, り囘教は預らぬ, り四五人もあるべし, り四五尺小なるも, り四五百年來今代に通じ, り四人がかたまっ, り四俵かつがつの, り四十一歳の時, り四十年度以降の増加図書, り四國沖を航海, り四方山の咄, り四日目位からボツ, り四時になる, り四時五時六時となり, り四時半から, り四米ぐらゐの溝は飛びこす, り四辺の様子, り四邊近所の者, り四隣の人, り団扇をつかひ, り図太きは南禅寺, り固定する方, り国家活動の一部, り国府越より此方, り国民性の埒外, り国法を犯した, り国津神系統の先住民族, り國内では歡迎, り國分寺にて乘りか, り國學をやりませぬ, り國會論者と爲, り國道を辿る, り圓柱の如き, り團結して, り土塀を潜り, り土塊を跨い, り土止めの石垣, り土産に玉子十一惠, りに候, り在世間の出世間, り地下足袋をはき, り地主から土地, り地震の規模廣大, り地面はぎらぎら, り坊主めが何だ, り坐り煙草を吸う, りなの, りの下, りたつ家なみ, り城内の一室, り城内らしも, り城内控への間, り執筆に際し, り堂々とし過ぎ, り場所も家屋, りへ参ります, り塊つてついて, りを離, り塗けた骨組の頑丈, りを拂, り境遇人間の姿, りに詣り, り壁際へ並べた, りに歩, り士心を得た, り壮士十余人を従え, り壯健な身體, り売子は春秋, りは朱, り壺中の天地, り変つたのがあの, り変つてみ経, り変化が含蓄, り夏遠足するとき, り夕べに変ずる, り夕刻彼所を立歸, り外交の深憂大患たる, り外仕方がない, り外国人の内, り外国劇の影響, り外国文学の研究, り外国語も四五ヶ国, り外國に對, り外套を着, り外手段はない, り外爲樣が御座いません, り外致し方ありません, り多き事限りな, り多く人に話さなかつた, り多勢の入來, り多少の豪奢快楽, り多年の厳しい, り多言を毀, り多賀ちゃん竹スダレのことお話し, り夜中まで鑿, り夜具の上, り夜前清三郎が云, り夜半の病室, り夜汐かまじる, り夜為事を終, り夜爲事を終, り夜着を被, り夜遊びに出た, り夢にも左樣の, り夥しきまでに存, り大きく美しく打見られる, り大凡六時間の会話, り大切なもの, り大名には大名, り大名小路の上屋敷, り大地は共に, り大坂の神, り大声で唄いました, り大学生などと泊り, り大学非難のこと, り大寺はよし, り大小の河, り大山街道を通り, り大工のっそりという, り大工のつそり, り大師の罪人たる, り大廈でもない, り大抵どの家, り大日坊へ何, り大月に着いた, り大望を企つる, り大木より下, り大東に下り, り大根に沙魚, り大業な仕返し, り大殿祭のをり, り大河内から栗島すみ子, り大知大能大聖は人間界, り大笑いした, り大腿部も表側, り大衆に嘘, り大衆文芸といわるる, り大金若此事世間へ相, り大陸の一端, り天一坊は駕籠, り天保十二年前将軍家斉は死せり, り天幕には少数, り天忠に就, り天忠言葉を改め, り天氣が朗らか, り天津教に限らず, り天父の恩愛, り天皇家の日本支配, り天蓋を吹落, り太い方で, り太い長い柱を, り太夫が借り, り太子懼ぢたり, り太閤恩顧の大名, り太陽は白い, り太陽泥をした, り夫婦の者, り夫而已ならず慈恩寺村, り失敬なこと, り失敬ぢやア, り夸大に失す, り奇妙なまちがい, り奇抜なの, り奈何せむ, り奈良へ逃げ込んだ, り奉公人達は蔭口, り奉納の絵馬, り奉行大岡忠右衞門に此趣き, り奉行越前は將軍, りせぬ, り奔然一瀉し來, り奥さまは機, り奥山の松, り奥歯を噛み締め, り奧方は御, り奧方看病のため國元, り奧村と定まる, りひ進みて, り奮然と江戸表へ, り女の子ばかりな, り女中として住み込ん, り女中頭の子供, り女厄坂三十三段男厄坂四十九段あはせ, り女学校の頃, り女帝は更に, り女装したま, りが, り好き地を撰びしなるべし, り好くなかつたとも, り好天氣なれば, り好都合の時, り如何なる文体の, り如水はさらでも, り妓王フリーネはこれ, り妥當でない, りは暫く, り姉さま唐茄子頬かふり, り始めてゐた竹丸, り始め大に蓼太, り姑言葉も出ざりし, り委曲事を話し, りの病牀, り威勢づいた, り威海衛の砲撃, り婁師徳が懇, り婚約が殆, り媚態を画く, りした, り嫁入の仕度, り嫁菜花さく與謝の海, り嫉妬猜疑の坩堝, り嫌らひして, り嬉しいので私今, り嬉しき時は, り嬉しく思い給ふらんと, りって尖, り子らぞたたける, り子供達は二つ, り子分のガラツ八, り子母口然り, り字間を明け, り字音ばかりで, り存在する, り存在せりとの説あれ共, り孝孺の志す, り孤独の身なり, り学生服を着た, りが出来る, り學校と家庭, り學習院の事業, りに居, り守護す娑伽羅等八竜王, り安く専らそこ, り安五郎に逢今何者, り安永六年に大, り安藤は微塵, り宗教思想が未熟, り宗義惟義が知らなかつた, り官紀振肅, りを飛ぶ, りつてゐる, り定規の方, り宛其処此処に咲い, りくなかつた, り宝盤に瓜, り実にぞっと足の, り実家に帰つて, り客室で手, り客観の叙写, りし曰, り宣伝スティルを撮る, り宮月のかげせし, り宵闇の柳原, り家々では扉, り家並みが左右, り家主八右衞門に頼み右, り家屋の外, り家庫を金銭, り家搜しを, り家族向きの料理, り家来共も召捕, り家老中諸役人町役所立會, り家臣の群れ, り宿場の用, り宿屋の場, り宿志の蹉躓, り寂しき朝明, り寂然として霞, りつたお京, り寄つた平次はたつた, り寄つて一と眼, り寄つて一目見せて, り寄つて問題の死骸, り寄つて壁際に立てかけ, り寄つて平次を小手招ぎました, り寄つて澁紙と麻繩, り寄つて澁茶の茶碗, り寄つて疊で額, り寄つて目の玉を怪しく, り寄つて真赤な燠, り寄つて線香をあげ, り寄つて鉄挺を見た, り寄つて香を捻る, り密集しつ, り富士観象会の目的並, り富豪の家, り富貴栄達の道, り富貴権勢飛ぶ鳥, り富貴權勢飛ぶ鳥, りてゐる, り寒い景色な, り寒山の氷雪, り寒暑昼夜の, りに其の, り寛大過ぎはしない, り寛政四年に京都, り寝物語にしてやろう, り寢通して, り實否を承, り實親子の事, り寧神自身になつて, り寧象徴性の暗示, り寶澤は默然, りの燈籠, り寺小屋式の小, り寺社雑事記にはこれ, り寺院内にうた, り寺領も寄附, り対向つてゐて, り対岸の小松宮, り対策を講じよう, り寿福寺を御, り封じになっ, り封建的だと, り封筒をつくります, り専門に習っ, りに茶, り将軍家へ御, り專斷過ぎると, り專門に傾き過ぎる, り專門的の事, り尊卑序無くん, り尊敬をすべき, りで同月二十二日先, り對面致し候, り對馬島の周圍, り導者すなは, り小さくうごきて, り小使らしい黒い, り小夜衣の事, り小姓が薬, り小学の兵書, り小学生のとき, り小川の烟, り小川部隊長もそれ, り小樽新報を探し, り小橋を渡り, り小波山人が五番町, り小生も日本人, り小田といふ高利貸, り小石川御屋形, り小艇の底, り小荷物を提げ, り小説で成功, り小説二三枚ほど書き得, り小説浮沈表紙の意匠, り小間物の拂, り少々古ぼけては, り少い同窓生で, り少しく田畑が, り少なに打ちなされ, り少ない舊家の, り少女彼らの手, り少年牽く, りほ變つて, りくとも, りを野原, り端折りで股引, り尻端を折っ, り尾羽張りてと, り尾関にそう, り居候ゆゑ打驚き種々介抱いたし呼生, り居候是は當今, り居怪敷思ふ品, り居殘致す者, り居給ふ, り屈託しては, り屋さんは, り屋久島が見える, り屋子爵岡部法相を送, り屋床屋八百屋時計屋などがある, り屋敷へ歸, り屋武士に捕ま, り屋雑貨店と一字, りを取っ, りとせられぬ, り山々の頂, り山の端に腰, り山中尤巨竹多し, り山国の浅間, り山崎の宝寺, り山巓の曙色洗, り山木梅子の美しき, り山本新左衞門の宅, り山水烟霞の爲, り山海の間, り山百合の白い, り山県公を見た, り山窩にまじっ, り山縣侯は善く, り山縣系に屬, り山藤松にか, り山賊の類, り山野泉流ただ自然, り山陽の撃ちたる, り山麓に於, りと容, りを越, り岩島暗礁多し, り岩疊だから, り岩石雑りにな, りの方, り岸辺の岩, りを越え, り峨江初は觴, りに纏っ, りに立つ, り峰右衞門と閻魔, り峰道を越え, り峰頭を越え, りに逗留, り島田髷はガックリ, り崖左右より我等, り崖樹の自ら僵, りるる真中, り巌角を躡, りへ下, り川上樣にお, り川下の方, り川崎の萬年屋, り川田順三木羅風芥川龍之介の三氏, り川魚を買出し, り工合等によつて, り工女掃除女に到る, り工面のよく, り左右の山々近く道, り左右物事は祝ひ, り左手廊下続きに洋風家具, り左樣に申, りすぎて, り差図して, り已来秋稼に至り, り巴中に入, り巴里生活のあらゆる, り巻すきばいすき蝶など, り巻右巻ならば, り巻同然で紺, り巻煙草を吹かし, り巻身だしなみもよろしからず, り市場へ売られ, り市民が一齊, り布団を摺り出し, り帆柱に何, り帝業の基, り帰国してから, り帰順朝貢しを, り帳場の入らつ, りとなるべき, り帶方より邪馬臺, り帷子をつけた, り帷衣に白装束, り花の, り常識的になりすぎ, り幕切で手, り平井保昌を狙った, り平仮名文にし, り平伏ある中納言綱條卿, り平助は主税, り平常の素懷, り平常着も前, り平氏は遂に, り平民の内, り平石に向, り平衡を得る, り平野村を發足, り年増の下女, り年紀こそ十五六, り年若なれ共, り年頃二十六七歳位運転手風の好男子, り年齢もふさ, り幸子の振る, り幸村の陣取った, りを絞り, り幼童を手馴, り幽かな音色, り幽愁の, り幾千萬の青年, り幾多の河川, り幾度か研究改良, りさ凡一里半余も, り広間は六フィート四方, り庄三郎に金子, り庄司三郎兵衞も一應, り庄左衞門は下僕, り床の間の前, り床座を沾, り床褥の上, りの考え, り度夫のみを樂しみ, り度心願の由夫, り度旨を願, り度旨申により其意, り度由長庵へ呉, りを起つた, り座布團を贈らる, り座頭に儀太夫, り庵僧とも覺しき一個, りのもと, り廣瀬川の河畔, り廣間の屋根, り廣闊なる舞臺, り延元の元年, り建業城下に迫る, り建築に據, り廻転する, り弁当に出た, り弊社が逸早く, り式部は天, り別れて, り引きの姐さん達, り引掛あれど中, り弟十兵衞にもお, り弟妹に邪慳, り弟子にはしねえ, り弥次られその, り弱きを助け, り張りきつた, り張り合のない, り張魯のため, り強い者勝ちで, り強き人あり, り強大ならざる地震, り強盗は武士, り強羅ホテルへ, り強請一切おことわり, り強迫観念を截っ, りが上, りにし, り当時わが国にあり, り当期の花, り当然さうした, りは影, り形體は毀され, り彦兵衞事右等の惡事, りの薄い, り影響を受けた, り役人勢子の末, り彼めと蔑み, り彼二婆さんは余, り彼人氣勇烈を含む, り彼土蜘蛛と云, り彼壺を開き見る, り彼女たちは不思議, り彼女らの本領, り彼庄藏三郎兵衞の兩人, り彼我に告げ, り彼是なす間に長助, り彼曰ひけるは, り彼自身は力かぎり根かぎり一散, り往来は絶え, り径道をのぼつ, り後に圭一郎と, り後七十三年文化四年に七十一歳, り後世から其人物, り後世これを崇め, り後傳吉は倍々其身, り後名けて安永島, り後大岡氣脱致し候, り後家のお, り後山より投, り後日まで残すべき, り後月より六度, り後期の諸, り後細川家に預けられた, り後藤の方, り後藤半四郎の噂, り徐ろに一盞, り徒士の者, りひて, り従姉の横顔, りしか, り得たるにやあらん, り得て坐せば, り得意でない私, りふべし, り從つて古い屋敷, り從つて國民としての成功, り從順な人ぢ, り御免なさいと, り御座やせんと, り御座船やうの大船, り御用状を御, り御礼参りをし, り御者も亦, り御願ひを, り御飯をめしあがれ, り循つたかの頃, り徳利に殘つて燗ざま, り徳宗の建中三四年, り徴兵を促す, り心からお礼やら, り心安く致すべからずと, り心掛たもの, り心理としてさ, り心臓と脚気, り心臟はその, り心配はない, り心靜かに書を讀まし, り必ずまさに頂戴し, り忌言葉は聞いた, り忍び足の音, りありて, り志願者が多い, り忘却すること, りがしく, り忙しかつた, り応接間でお待ち, り忠告書をも受取れり, り忠義の忠兵衞己, り忠臣蔵狐忠信十種香などの切抜絵, りを正しうする, り忻忻たり, り怒りと憎しみ, り怒り叫び其等を拂, り思いの外殺急, り思い思いなかっこう, り思回らすの外, り思想の漢土化天竺化, り思想力に冨むのみならす, り思考の根, り思量する暇, り性急にやつ, りむべき, り怪き者兩三人後に, り怪しい侍の, り怫然として悦ばず, り恋人として未練, り恋愛を説き, り恍惚となる, り恐い目に, り恐らくこれ下, りち愚癡我慢, り恥辱を受, り恨み骨髄に徹し, り恭しく頭を, り恰好がよく, り悉く其手足を, り悔し涙にかき, り悔み言つ, り患者の眠り居る, りに入, り悦びを述, り悪いけれど女, り悪しくその時, り悪業の深い, り悪行をする, り悪魔の舌, り悲しみの深い, り悲哀に浸り, り悲歎に暮, り悲鳴を揚げる, りが命, り悴夫婦が柏原, り悶絶しやう, りり呟けり, りを汲む, り情ないでは, り情なき仕方なり, り情熱の咽喉元, り惜しくも振返へられた, り惜氣に見送りける, り想い詰めた情慾, り愉しい氣持では, り意想外な話, り意気地がない, り意気相投じて, り意氣の銷沈, り意氣地のない, り意識が少し, り愚僧が如き, り愚癡は並べなかつた, り愛国詩人キヨルネルが事, り愛想よくも, り愛想竭かしを述べ, り愛我を動かし, り愛相なき事故, り感くに小進して, り慄然たりし, り慇懃に其無礼, りり起きて, りひまた, りるる馬, りに御方, り慰みものにされた, り慰めむとて牛門の酒亭, り慶喜にもちいられ, り憂悶措く能, り憂鬱のなか, り憎い爲方ゆゑ明日に, り憐憫の情, り憐憫愛にかわり, り憚つて居たの, り憾みを霽らさ, りに仕舞っ, り懐しさを, り懲膺せよ憎むべき悪徳漢, り懷中都合が惡い, り懷郷の匂, り戀人こそ知らね, り戀路の關, り戌刻過に, り程此脇差, り成功がなかつた, り成效した場合, り成績が可, り我かしこにありき, り我が家の表口, り我らは不, り我ヱヌスと美, り我世に許され, り我国石佛中屈指の古い, り我彼より此, り我獨り清めり, り我等二千七八百兩の穴, り我等何分にも取扱, り我等此節不仕合打續, り我船を焼けり, り我艦隊は全力, り我見しに, り我輩内國人の眼中, り我邦の現時, りを引き受け, り戦つて而して, り戦死者をも含め, り戦鼓をうつ, りはしめん, り戰利に飽かしめ, り戰場に, り戰車進めて, り戰鬪や作戰, り戸籍を誤魔化し, りの種子殻, り房内に放つた, り所々煽って, り所在なさ, り所存を申し上げ, り所帶じみて, り所謂理学的論理的に如何なる, り所謂繖にし, り所謂順養子となつ, り扇岩を飛出し, り扇形の肉, りを蹴る, り手ごたへの, り手すさみの科, り手代は裾短, り手代始め一同呼出し今日大岡樣斯, り手廻し過たり, り手強くばかり致し, り手拭の下, り手拭いの下, り手杵のさき, り手甲を着け, り手紙書いた, り手練手管も見ぬい, り手縫いの草履袋, り手脱る事, り手袋をはめ, り手間を取らない, り手際よく行きます, りお梅, り扨臺上へのぼり, り批評して, り批評家が頭, り込むと, り折柄の自動車, り折柄警部は次, りへの遊女, り戴く様, り押して御願ひ, り抽象的な言葉, りふ當, り拓拔氏のみならず, り拔けたと見る, り拔手も見せず, り拙作上場のこと, り拙稿ひとりごと六月の雜誌展望, り拙者に範之丞殿, り拝見しよう, り拝観をゆるされる, りごり, りへる海, りを喰わす, りへ呉, りひ上, り持參金のある, り持槍は片, り指一本で相手, り指揮の果, り指組みあはせ, り指貫のりん, り按摩をする, り挑発し是, り挨拶あり, り振りかまはぬ, り振り顧りした, りまって, り捕縛られた風, り据ゑた松の大, り掃除や雑巾掛, りくるなり, りり苦し, り掌面に握, り掛け煙草を買ん, り掛つた戰友の血, り掛つた時に其葉, り掛つた時私は悲しい喜ばしい, り掛つた舟だ宜しく, り掛つて之を噛め, り掛つて僅に切ない, り掛つて演芸画報を見, り掛つて眠つた儘代助, り掛つて眼に見えぬ, り掛つて空を眺め, り掛つて肩越に球, り掛つて雲を眺め, り掛りあるいは窃, り掛下伊呂村へ來, り掠奪の, り採用はされ, り接近すること, り推定した, り推測り思回らす, り推称される, り掬つて見たり, り提議でもされたら, り換えの罪, り換へた民彌の, り損失は全然, り損害を蒙る, り撞木飛び人, りみ入る, り擁護の恩幽明, り操船に熟し, り支那人の信仰, り支那學者間には知られなかつた, り支那語を學び, り穫れて, り改めて二人の, り改訂を試みたい, り改進黨其餘の各派, り放心状態に這入っ, り放蕩をする, り放題である, り政府の役人, り政治上の智識, り政治家がそれ, り政治経済の情勢, り政黨の首領, りに面白く, りかない, りはれき, り救いを佛, り敗軍せしと, り教会へやって来た, り教導的に家庭, り教師を見, り教育は始められ, りて一様, り散々の惡事, り敬称として用, り数千騎を率い, り数隻の小舟, り整つたなりをし, り整理せられかけたま, りの一首級, り敵同士とは知らずし, り敵將プルート及びカッシオこれ, り敵車を焼き, り敷物の上, り數千年養成し來つた善良, り數寄屋橋を指, り文化の低, り文台は初め京都, り文右衞門さんは御家, り文壇に関係, り文士としての兆民先生其人, り文子とも會, り文字はなるべく, り文字通り解釋して, り文學書以外には殆ど, り文學音樂に據らむとする自然, り文明九年二十三歳の時, り文書の順序, り文法字義を明, り文筆のみと爲, り文辞のみに在らず, り文運進まば, り斎戸に木綿取り垂, り斎藤又兵衛の顔, り料理の鹽梅, り斜かけに切, り断じて鏡を, り斯くの如く, り斯んな声, り新年の仕度, り新生社振出し封鎖小切手, り新生社拙著腕くらべ印税金到底支拂, り新生社閉店近き由, り新築中から豫約, り新聞の勝地案内, り新聞界の友人等, り新聞社の會計, り斷つて昔ツオイスの神, り斷崖を下り, り方々と聲掛, り方これがアアサア・シモンズ, り方丈と覚しき, り方度り方, り方式通り天地紅の結び文, り方星宿の手水鉢, り方等も皆それぞれ, り方襟付の小袖, り施寧は生れ附き, り旅仕度に深編笠, り旅支度を成し, りり近づいて, りを卷き, り既往は是非, り日ヶ窪右堀田原とある, り日傘諸共空中に舞飛べり, り日出日沒ごとに鳴る, り日本三景などといふ, り日本人のみならず, り日本側の記録, り日本固有の道徳, り日本國民は其, り日本将来の一大問題, り日本橋側にあり, り日本橋通り二丁目の横町, り日本画家にはずいぶん, り日本神話に於, り日本語が達者, り日本酒及料理を惠, り日本開化小史の最も, り日程を狂わした, り日続きであつ, り日耳曼神話に於, り日英同盟は益々, り日蓮への憧憬, り旦那樣變な客人, り旧知の急逝, り旨く又何時も, り早い雨戸の, り早口文句などが発達, り早晩大に相, り昌益然りである, り昌造十九歳の天保十三年, り明いてゐる, り明い白っぽい番小屋の, り明からぬ五分心, り明らかに, り明る巳の, り明旦土人を呼び集め, り明朝鹿之助の死, り明治の國民, り明神下の俺, り易つて止まざるが, り移り段々, り星氏の脚下, り春彦走り出づ, り春日川という川, り春花爛漫の節, り昨夜兩國橋からドブン, り昨夜帰宅仕候, り昨年一昨年一昨々年の冬, り昨日残りの二百円, り昨日預り歸りし, り昨晩江戸表へ歸, り是らの理由, り是偏へに御, り是等の諸, り昼すぎ迄に二景, り昼寝でもし, り時には机に, り時世を諷する, り時代に順応, り時勢を窺伺, り時子にも呑み込め, り時易つて楓山文庫は内閣文庫, り時津風に靡かぬ, り時間にもまた, りに磨き, り晩くまで心, り晩夏の朝, り晩年放送局であつ, り普及して, り普段ならわけ, り普賢菩薩の使者, り普通の売店, りは細かく, り景隆は南, り晴がましきこと云ふ, り晴天には海上遙, りき導者, り暑くならないうち, り暑苦しいやうな, り暖室用の炭火, り暗々たる土蔵内, り暗礁多し, り暫時休息なし頓, り暫時物語等致し居存外遲, り暮らし姥ひとり住む山小屋, り暴風雨吹け吹け, りの霜, りふ, り曰く人生意氣に感ず, り曰く春水の病急, り曲めた腰, り曲亭馬琴も能, り曲目も抜群, り曲筆の少から, り更にいよいよ支那軍隊の, り更に一層彼等から, り更に再び集りて, り更に又彼の, り更らに以上, り書道にも心, り曼珠沙華の花, り仕舞れ, り最も天下の, り最前我腰掛居たる邊, り最早十年程, り最終の場丈, り最近自由詩が之, り月夜明りに, り月末には巴里, り有力でなかつた宦官, り有望の貝塚, り有難い戒名でも, り有難う存じます, り有難くない御風體, り有馬の温泉, り服中に生れた, りは身, り朗讀致しますと, り朝典を敗, り朝十一時過熱海を去る, り朝立の酒, り朝職工長の事務所, り木の間もれ來る坐敷, り木曾の山中, り木曾路に入り, り木根立ちしかさ, り木炭を隣村, り木版に造つて, り曽有の, り未来を察し, り未開人の間, り本人にも素姓, り本妻の綾野, り本島アイヌを通じて渡り黨, り本文は削られた, り本日はこれから, り本書是れ也, り本郷に少し, り本郷二丁目に向, り本願寺も然, りに輝く, り李斯は秦, り李逵へむかっ, り材料既に備, り村家の近く, り村道を柴, りにすがり, りの方, り東側と北部, り東北の山, り東國に盛, り東照宮の前, り東西南北の区劃, り松下君の写真, り松下岩男氏の体験談, り松前氏の始祖武田信廣, り松島と顔見合, り松浦侯に仕, り松葉や竹枝, り板垣伯は然, り板草履をはい, り枕一つを畳, りの奥, り林中に處, り林太郎のこと, り林立して, り枚数の多い, り果てたる世, り果てし世の樣, り果てし容姿に慣れ, り果てし盛衰に憂き, り果てし面影は我, りしの, り枯田の畦, りおちて, りしに面會, り染五郎は小網町二丁目, り柔かい掌で, り柔和の中, りに四五羽, り柳原でいきなり, り柳原土手で髮, り柳川がはしら, りもとざされ, り査列斯四世を刺, り栄えのしない, りをなしたる, り校正および修治, り校舎に入り, り根ほり葉ほり伺ひましたところ, り根本的には変革, り桃源橋を過ぎ, り桃色の口, り案内をする, り桑樹に対して太息, りの馬場, り桜花爛漫として旭光, りは心, り梅代は母, り梅園拾遺には今年, り梅子はヒシ, り梅花は舊, りを攀ぢ, りの花, りを下り, り梵士教法に従い誦経, り棍棒を携え, りを突, り椀缶を銜, り植物園に出掛ける, り椎の木も雪, り椽側には型通り, りは走り出, り楠本君に辞任, りは機械職工, り楯六郎親忠は来れり, り極端なる拙劣さ, り楼梯を下り, り楽しそうに, り榎本屋三藏に頼み加納將監樣, り榛名山の遥か後方, りえて, りを横たえ, り構内へもれ, りを小脇, り様々な形, り様々吟味もします, り様短刀にて咽喉部, り樂しみ居りしに, り樂しんでゐたらしい, り樂んで居た, り樓上に坐す, り標準とすべき, り権義の発達, り横っ面へ叩きつけ, り横川までは何事, り横抱きにしがみついた, り横浜に赴き, り横目で見た, り横行をやっ, り横道へ外れた, りに登る, り樹木はない, り樹林を縫う, り樹間をもれ, り橋本目がけて, りは来れり, り機会あらば, り機械もごらん, り檜物町を覗い, りに寶器, り櫻島の東北海中, り櫻島東側の熔岩流, り櫻木海軍大佐は無事, りを越え, り欄干によつて, り權勢を得, り次第あれこれとレコオド, り次第兎に角, り次第市之丞へ渡す, り次第教へて下され, り次第林檎を採, り次第棒箱小道具を投げつけます, り次第次の駅, り次第演る事, り次第申聞今晩にも直に, り次第相似た諸, り次第誰の罪, りんでゐない, りに隨つて, り欲しがられつと, り歌女が上, り歌学の伝統, り歌留多も取つた, り歐洲賣色史, り體も, り正しい秩序と, り正しき国民軍隊を, り正直無類の彦兵衞勿, り正真正銘の正札, り正確なもの, り此の間も中止, り此やす子かも知れぬ, り此アイヌの内八百四十餘名, り此一書を江戸, り此事のみにはあらず, り此人は谷中長運寺, り此例に外れる, り此君のみは面, り此国の人, り此地而已高しと, り此境に在り, り此年加納將監江戸在勤を仰, り此故に我こ, り此時家督相続をし, り此時寶澤は漸く, り此書に載, り此村の麻績堂, り此歳月の間, り此段御取次, り此段主人へ申, り此段取次申せとの, り此瀑布のみにはあらず, り此由を三五郎, り此笑見る人, り此老人の死骸, り此者の世話, り此西濱と云, り此説明は神婚説明, り此趣きを越前守, り此鈎束を免, り此鏡許りが, り此間人に被, り此頃では新聞, り此騷動に及び, り武士も紳士, り武州然り, り武左衞門は此一件, り武左衞門親子の者, り武田勝頼といふ人, り武者さんからといつて村, り武藏屋長兵衞方に落着寶珠花屋, り武裝せる幾多, り歩行いても, り歴史的思想の方, り歸つてからはこの, り歸國の振舞, り死人の魂, り死刑囚われは, り死王を覩, り殉道の死, りには御, り残つた肉をあげます, り残りの一方, り残念ながら嬉しい, り残虐を加え, り残躯天の許す, り殖民化の歴史, り殘つた時自分の顏, り殘念さに氣絶, り殺しをうける, り殺人の心きざ, り殺害の場, り殿といえる, り母衣かけて, り毎日朝から晩, り毎日毎日奴らは俺, り比較的素直な, り毛筆で書ける, り毛糸編の鼠色セーター, り氏神の自覚, り氏秘魯國に往, り民謡として行, り気の毒なので, り気候も違う, り気分を強く, り気質的にも淫奔, り気随気儘にそこら, り氣のにほひ, り氣候も山, り氣兼苦勞の多い, り氣分のみいらいら, り氣懸があ, り氣持がよく, り氣樂隱居をせん, り水屋で手, り水師めざして, り水干を着, り水底に渇き疲れた, り水泡に変つて, り水瓜を一つ無心, り水田屋藤八方より金子百八十兩餘騙り取り其後下伊呂村, り水盤の中, り水紅色を扱った, り水音の耳, り氷峰と義雄, り氷店も然, り氷炭相容れざるもの, り永久不死なりと, り汚き中にも, り汚く書いたと, り汝泰平なり汝智, り汝等と偶像, りにつづくらし, り江尻に於, り江州の空, り江戸の通人, り江戸ッ児のシンボル, り決つた一つの考へ, り決めして, り決心した, り汽槌のドズッ, り汽船に乘, り沒却理想なる戲曲, りの白帆, り沙汰の限り, り沢山使ふから見るから, り沢正が弁慶勧進帳, り河内の石川城, り河原町に張りわたされ, り河涜親家翁乃ち河神の舅さま, り河身を遡っ, りり返る激怒, りはジュウジュウ, り油掃除して, り油断は出来ぬ, り治癒が思はしくいかぬ, り況や人間の, り泉下に入り, り泉水の尺余, り泊つたやうです, り泊つて今朝戻りましたが, り法典編纂の顧問数名, り法律學者の參考たる, り法王クレメンス五世令旨を下し, り法科大学の教師, りく鴨, り波浪のみ其上襲, り波路ちわきて, り泣く泣く各, り泣女は葬式, り泥だらけな笹, り泥棒でないといふ, り泰助あり今夜, り洋書二册を贈らる, り洋食だと, り洗濯を頼み參, り洗禮を受, り洗面器は吐きだす, り活動して, り活東子又振, り活溌でない噴火, り派手な羽織, り流れ去る溪流, り流山から花輪村鰭ヶ崎, り流産が続いた, り浅き微笑を, りがガラス, り浪語させたと, りするもの, り浴衣の尻, り海上からは防波堤, り海平らかに, り海底にでもゐる, り海底潜行艇の一種, り海拔約二百米突の所, り消息もない, り涌出す, り液体の表面, り涼しく逝きたま, り涼しげな楊柳, り淋し過ぎる, り淋しいもんだ, り淋しき森影に, り淋しくともただ, り淑女汝を携, り淑女等涙を流しつ, り不淨, り淪落のどん底, り深入りすること, り深海床又は地下, り淵瀬ことなる飛鳥川, り混戰状態で修羅, り混沌としてゐる, り淺五郎に罪, り淺草御門迄來, り淺草觀音地内の小間物屋, り淺薄に解しすぎ, り淺黄の股引, り添つて母に甘, り清くしみらに, り清國に向, り清楚な夏, り清溪流れて, り清溪脚底を流る, り清虚に任じ, りを歩いた, りは魔物, り渡し口に眼, り渡し度く存じ, り渡つてゐた, り渡つてそれが藍, り渡辺へ報せる, り渡邊子が心機一轉問題, り渡邊織江の大難, りをなし, り温かに相, り温くなりかけた内湯, り温なしくして許, り温泉に入浴昼食, り温順すぎ設し病氣, り渭南の岸の上, り満々たる大沼, り満島より続きたる, り満州へ行つて馬賊, り満面塵に埋もれ在る, り源氏は真に, り源泉溢れ來, り滄浪として父, り滅亡に垂, り滅裂なこと, り滑稽にも土牛, りだけでした, りを越した, り滝さんが, り滝川一益のさし, り滞在した事, り滯留いたした, り滿洲撤兵の談判, り滿身悉く傷痍, りひて, り濃く絡みつく, り演劇だけは一人, り演戲のその, り漠然たる阿呆学生だ, り漢以來の古い, り漸く出京, りり一夏, り潮ざひのやうに林の奥, り潮波を吹出, り澁峠のみなら, り澁谷に下り, り澄江の登場, り澤山使ふから見るから, り激しいので後三條天皇, り激しく思ふこと, り激情の弄ぶま, り激昂を思はず, り激流へ筏, りすぎし引眉毛, り濃淡相接し空翠, り濡通つてしまつ, り怒り巖, りに上層, り瀬田の長橋, り瀬田済之助, り火模様描くもの, り火花がパチパチパチッ, り火鉢には火, り火附盜賊改め役奧田主膳殿組の與力同心, りを點, り炎天の遠, り炬燵の枠木, り炬燵櫓の脚, りいぶり炭, り炭二十銭線香十銭これが今日出山, り為めにならない, り烈しい悲鳴を, り烈山氏の柱, り烏孫は今, り無事に歸國, り無事帰城して, り無口で陰鬱, り無慙の打撃, り無病息災もいけない, り無茶苦茶に止め, り無論魯西亞領なりと, り無難に救, り然して裸一貫江戸への, り然しながら同時にこの, り然るに彼れ, り焼きにした, り煉瓦亭へ, り煙草盆の中, りし出されたの, り煩悩に苦しめられ, りを追い, り熊襲の酔い, り熔岩流の厚, り熱弁を揮っ, り熱心に見, り熱海へ湯治, り熱狂できなかつた, りをあかく, りませうと, り燒けた火事跡に雪, り燒場切手を持參, りを去る, り燕一羽気まぐれに浮いた, り燕麦ならし, りに埋れ, りけ石, り爆薬の筒, り爆藥の筒, り爪先から砂, りふ聲, り爲撥死はせぬ, り爲政者の壓迫斯, り父元宗の後, り父兄三代の基礎, り父母から招かれ, り父親は母親, りさ, り爾後の諸, り爾後四五年間はその, り片側ははるか下, り片時も側, り片身をそい, り片隅から疲れた, りを色々, り牛乳二合ほどつとめて, り牛込の勸工場, り牛込加賀町の自邸, りのライオン, り牝牛の乳, り牡山羊は檻, り牢獄なり人間, り牢番は目科, り牧島湾頭やがて面, り物々しい喇嘛風の, り物々しく技巧的過ぎ, り物アルバニアの女, り物事に出し, り物位にはあり付けるだらう, り物價も下, り物半襟つきの前, り物堅き人かなと, り物数々金子二百円代筆ならぬ謝状, り物求食り寄り, り物覆面遮光器の事, り物酒場のし, り物陰に凝然, り物騒なる風説, り特殊な場合, り状態とを見較べ, り狂い死にをさせ, り狂つてゐるので, り狂暴驕悍, り狂氣じみた所, り狂癲の発作, り狐狸妖怪が美女, り独楽のごとく, り独立なる存在, り狭い水路を, り狭き道の, りの毛皮, り狼狽たる體, り猛烈に馳驅, り猩々の様, り献金なし得ぬ, り猶も跳らんと, りの如き, り猿眼に成, りのよう, り獨立して, り獲物はそこ, り玄関へは廻らず, り玄關には例, り率爾ながら能急, り玉之助も今年七歳, り玉虫色の口紅, り即ちいそぎ, り王これを身, り王妃エステルこの謀, り王気燕に在り, り王滝川に臨み, り玲瓏たる楽, り玻璃窓の砕くる, り玻璃製の水瓶, り珊瑚の鞭, り珍しいので近頃, り珍しく思つたから, り珍しければ前, り珍器重宝をどんどん, り珍重して, り現にさういふ, り現世の苦痛, り現代の科學, り現実に対する反逆, り現象として示されね, りをなし, り理想を高く, り理想實際の二派, り理解し教えて, りを修業, り瑞西を一巡り, りから出た, り甘いのを, り甘味しくない, り甚だしきは奇怪, り甚五郎の彫た, り甚太郎幼稚にし, りて稗史小説, り生前一度馬を見, り生命を塵芥, り生地だつて, り生殖生活と巣, り生活単純化の最も, り生者必滅會者定離, りを毀つ, り用事を濟, り用心が深, り田丸家を訪ね, り田原さんの側, り田原坂の横, り田舍藝者にふられた, り田舎出の血色, り甲冑武者を担ぎ上げ, り甲府の盆地, り甲板の上, り甲賀者を城中, り申さん間暫時の中, り申候あいだ私しの, り申候一つの釜, り申候処或日, り申候十八歳に成候者愚姪方, り申候十四五町許參り候, り申候此者の一處, り申候粕壁の代金八十兩也大豆, り申候隨分御用辨に相成, り申立べし是, り申聞候には小夜衣事木場邊, り申述けるは, り男おなごやア, り男らしくよ, り町内の人達, り町奉行の威光, り町端れの, り町裏の路地, りにおいても同様, り画面に向, りろしい, りに見え隠れ, り留つた報を受け取つた, り留学の幸福, り留學ののち, り留守を監督, り畝つて閃めき上るが, り番地も變つて, り番號を見る, り番頭に面會, り番頭傳兵衞に此事, り番頭若者も皆, り異本多し委, り異本各種の比較, り異様な鋭さ, り異説或ひ, りなりて, り當つて見るがい, り當代に雄, り當年の矢叫び鬨, り當御支配内の儀, りに手, り疊二疊に足らぬ, りになっ, りぶれ酔い, り疵所を養生, り疾く疾く疾く来よ, り疾走して, り疾駆して, りを厭, り病後はじめて出席, り痒いやうな, り痛い感じである, り癲癇なるよし, り見せられず石室, り發見されませんが, り發達して, り白き手に, り白き長き鬚を, り白し真昼は, り白刃閃く此刹那, り白山から団子坂, り白山あたりへ辿りついた, り白揺らぎ黒さ, り白木綿の羽織, り白樺の簇葉, り白洲へ引, り白石の探究精神, り白米を惠, り白米五升を惠, り白粉を附け, り白糸縅の大, り白紙を出し, り白紫衣を着け, り白菜新漬, り白足袋を穿き, り白露の厩, り百トンの帆船, り百人が略, り百人長の二輪馬車, り百歳を經, り百里を五昼夜, り百餘日に亘つて, り皆必然性を帶びて何等誤り, り皆目を, り皇后と卑彌呼, り皇帝と稱, り皮膚がいや, りや火鉢, り益々甚しいらしい, りを捍ぎ, り盗賊の刃, りに黄禍論, りんで來, り盜んだもの, りしたの, り盡くせる有, りはその, り目はしの利, り目まぐるしい変化が, り目前の事斯, り目当なく歩い, り目撃したアペルレース, り目當のつかない, り目的物は銀時計, り目變り目, り目頃からし, り直したまへどもなほ, り直向ひには, り直接舞台裏の空気, り直様此の場, り相当に物わかり, り相撲茶屋を横, り相本位的に独立, り相違がない, り看護もし, りに自己, り眞白に塗り, り眞近く來て, り真に然り君, り真実である, り真珠のよう, り真青に, り真面目半分吹聴したま, り醒めなば, り眠いので十一時半頃飯, り眠つて畢つた, りむれば, り眼ざましい御馳走, り眼許のいくら, り眼鏡の中, り眼鼻だちにも, りきけん知らず, り着いていたいため, り着用のじゅばん, り睥睨した, り瞑目したるとき, り瞬きをせず, りりつい, り矜持をもつ, りであった, り矢代を見降ろし, り矢立は震災, りと源十郎, り知合いになった, り知己人には御座れ, り知識の倫理, りかいので, り短檠の光幽か, りい藁屋, り石ころの上, り石川貞白が随従, り石油泣き瓦斯, り石炭を積み初めた, り石田守衛来り共に, りのうち, り砂ほこりが感じられる, り砌間となく, り研き磨って, り研屋を當つて, り砲丸でも破裂, り破れかぶれの三度笠, り破れ頽れたる僧庵, り破損したところ, り硝子戸のない, り碁盤をとつ, り碧橋を渡っ, り確かに事実存在, り磁器のやう, り磨石とホー丁, り社務所は新築, り社會事業に至, り祕密とすべき, り神佛を祈り, り神泉氏が水墨的, り神社から一段上, り神経は昂進, り神經を使, り神職に金, り神輿が堺, り神隨の王國, りにおいても然, りを專, り福岡へは江戸, りといふもの, り禮物今うけよアカイア族, りにも縁, り秀子に対しては全く, り私たちを恐れ, り私共が途方, り秉つて歎きの科を強, り秋山の眺望, り科学者宗教家などもその, り科學的方法が發達, り科擧の制, りを記述, り秘密のま, り秘法を知らせる, り移つたほどのあわて, り移つたのである, り移つた時のやう, り移つて自分を刈り込ませ, り移つて舟を操縱, り移つて血の流動, り移りたる者にもせよ, り移り變り易つて, りみじめな, りや誤解, り稍時候の挨拶, り種痘をなす, り種類の上, り稻束を縫つて, りる談話, り積極なる可, りかならし, りになびく, りし過ぎる, り空井戸の中, り空理虚談の途, り空腹だから, り空間が存在, り空閨を守る, り穿過ぎた見方, り突き入るよう, り突拍子なの, り突進をつづけた, り突飛なもの, り窓下より径, り窓外に立てり, り立ち居たり傳吉, り立ち替り附いて, り立ち替り地面の上, り立乍ら大音上天一坊は贋者, り立交りする人, り立体孵卵器には一万五千, り立己がこと, り立憲政友會に在, り立替へて貰, り立留つて大きく呼吸, り立談の際, り端嚴の神女, り競争は国家, り競走をした, り竹刀の音, り竹川町で下り, り笑いをした, り笑つたものだ, り笑つた時に見える, り笑つて手をにぎりました, り笑つて私のはその, り笑つて言つた, り笑壺に入相の鐘, りをふき, りを持っ, り筆者の態度, りも釣り, り筑波日光然り, り策略に長ぜぬ, り算盤を弾い, りを巻く, り箪笥の抽斗, りと掛物, りを執る, りを折つて恭儉, り土八幡樣に, り篠田は既に, り篤と容子を, りふ雪, りの左右, りの竿, り籠められたる猿, り籤梅の千五百十八番, り粂之進の肩衣, りを競った, り粘いている, り粘っこさを, り粛然とし, りを出さない, り精神の不朽, り精良な碑帖, り精鋭一呵電光, りを噛む, りを埋, り糞げり糞, り糸織の綿, りも白粉, り紅梅の枝, り紅茶をコツプ, りなま, り純文学は唯, り純粋な歌舞伎, りに包ん, り素掌の野球, り素知らぬ顏を, り素肌の片, り索めたらば, りの水, り紫苑の花萩, り紫衣金襴の袈裟, り紫裾濃の鎧, り細い白い頸に, り紳士は二重外套, りのツギハギ着, り紺地の浴衣一枚, り紺足袋日勤草履と云う, り終つて築山の裾, りける時, り経綸と申す, り絡ツて激しい, り給はずばといひ, り給ひねと約束, り統合す, り統治の実権, り絶えず打ち守る此方, り絶え間なく去る, り絶望の地獄, り經つたある日, り經つて信吾兄妹は加藤醫院, り經つて加藤は自, り經つて暇乞をした, り經つて私は漸, り經驗主義的實證主義的傾向が勝つ, り綜合的発展がなけれ, り維新以来わずかに, りの閃く, り綺麗でもなかつた, り綺麗さつぱり, り綿屑のやう, り綿糸紡ぐ車, り緊めている, り振仮名であっ, り総てがリツチ, り総帥めかしく采を揮う, り総身に迫り, り緑樹宇に迫り, りのたま, り線彫りの像, り線香の煙, り締りのない, り締切がとつく, り編輯長に, りりした行動, り練吉には漠然と, り縁遠いから何とも, りりて, り縞縮緬のはでやか, りに裂い, り縵四縵矛四矛を天皇, り繁きこの秋雨, り繁みにおも, り繁昌せず, り繃帯の足, りはなれし, り繍帳にも竜, り織機者は貧民階級, り繞つて行く, りになつ, りを破つた, り繼ぎもとどおりの本線, りに後世再建, り罠これを執う, り罩むる陰を離れ, りなり然, り置死骸を改め, りなり然, り署長が連呼, り罵倒罵言, り美くしきかな, り美山の捷路, り美濃路に入る, り美術学校然り, り群鴉の喧號, り義公の英斷, り義心少き生れ, り義雄に對, りを動かし, り羽うついとかすか, り羽仁女史の渡歐迄, り羽目板をぶつけた, りに臥猪, りも透明, り日本郷六丁目へ, り翌日午前十時頃起き出づれば, り翌日約束の時間, り翌朝裾に血, り翼賛会は翼賛運動, り老媼の乞丐, り老後は此處, り者め其方紀州家の浪人, り者シミのやう, り者寝巻の裾, り者彼等のため, り者無口で一克, り者風景です, り者餘人は知らず, りかしい逢引, り耻ぢ入つた, り耻辱を取, り聊か勧賞の, りなればこそ, り聖ベルナルドゥスをし, り聖人だって苦痛, り聖書の巨人, り聖都の西四十五度, りに參, り聟殿信長は何, り聰明でない人物, り職人で家, り肉体的な論理, り肉慾の快楽, り肌襦袢の真紅, り肝腎の數字, り肢體を働かさず, り背ろの壁, り背後へ廻る, り背理を認識, り胡坐を組ん, り胡蝶花の花さく杉, りの癖, り胴金造りの長い, り能登の, り脆弱なる否定者, り脚下の怒, りと皿, り脳天からザックリ, りに落ちねえ, り腕車を雇う, りをわざと, り腰の物を改め見, り腹の中で愚痴つて, り腹ふくる, り膝頭で板の間, りを二人前半四郎, り膺懲せよ憎むべき悪徳漢, り臟腑を喰, りって柱, り臥床に殘, り自ずと自分に, り自ら其党派を樹, り自ら其技能を知れり, り自ら得意とする, り自ら狹くする, り自ら現状打破の主, り自ら蝉吟と號, り自ら覺る誰, り自分勝手を構, り自分達丈は疑, り自動車が通り, り自然弾丸の唸り, り自由な嬲り者, り自身實子の佐五郎, り自身番の前, り臭い言語だ, り至極實體に, り與力に向, りがつて笑つた, りの田畑, り舊オペラ館踊子其他公園藝人の近況, り舌なめずりをし, りれること, り舍兄綱教卿は忌服十二月朔日, りの時, り舞つてゐた, りに寐, り舟中にある, り舟白帆つらなめ榜ぐなべに味村騷ぎ沖, りを操る, り船ごとに, り船中の夷輩, り船見ゆ下総の浦, り船通ふらし, り船頭杢右衞門は漸く, り艮輔がのち, り良く切れるもの, り良人の手, り良夜の涼し, り色々と重大, り色男に見える, り色目鏡を掛け, り色色の洗濯物, り芝居で喜知六・団八, り芝庚申堂前に知合, り芥川は田端, り芥川僕ちやん, り花吉は絹巾, り花壇へ行っ, り花鳥を描い, り芳しからぬ事件, りを好む, り芸術座へ戻り, り苛責なまれるよう, り苛酷仕方ゆゑ其方が胸中察し, り苟も天下の, り若し進歩の, り若君をば同, り若菜摘める少女ら, り若葉の頃, り若衆歌舞妓になつて, り若見當り玉, り苦しそうに, り苦しい事でありましょう, り苦情が云, り苦痛己を切, り英国は世界市場, り茂つてる邊, り茄子の夕日, り茫漠として拡がっ, り茫然と後, り茶器ばかりでなく, り茶漬けは天下一品, り草とりがいちばん, り草合歓の花, り草稿の閲讀, り草臥たれば, り草野和歌集を撰んだ, り荒き縞の, り荷物を置き, り荷造をした, り荷鞍に着けた, りの隙, り莫迦に踵, り菅沼刑部貞吉の武節, りの宿, り菩薩の疾い, りの実, りの餅, りのこと, り萬事盡きて, り萬葉の戀歌一首, り萬葉集の内, り落伍者といふ萎縮, り落着いて, り落語の巖流島, り落輝をばひろふ, り落附がある, り葉掘り聞いて, り葉穿りして, り著いた, り著かれようか, り著者の幸, り著者自身の哲學, り著述に耽り, り葛の葉の話, りはそよがず, り葬儀を行, り葬礼を出し, りの脛穿, り蒲団を被, り蒼ざめた頬がぴくぴく, り蔓四本矛四本を天皇, り蕃神渡来の記憶, り蕎麦屋の主人, りの葉, り薄い鼠色の, り薄しと云, り薄っぺらな屋根, り薄茶の夏外套, り薔薇の香, り藁草履を穿い, り藁雪沓を穿きまし, り藁靴を穿き, り藍染真綿を亀の甲, り藍水に浸つ, り藝人と爲, り藝州宮島にて出, り藤八お節同道致すべしと, り藤八サア是でも汝等, り藤夜叉がこれ, り藤川宿の外れ, り藤村ほどの不器用, りえて歸, り藥鑵と湯呑, り藩閥者流若くは, りを分け, り虎杖の原, り虎松を呼寄, り虐待しては, り虚空を落す, り虻蜂取らず智慧, り蛇平へ出る, り蛇草にかくれ, り蛇身を細く, りは蒼白い, り蜜柑を食, り蜥蜴のみは其口, りの木, り蝋燭のない, りのよう, り融合して, りして, りを蛙, り捕器, り血だらけになつ, り血気の門人, り血液病に罹る, り血祭よしと, り衆人が附い, り衆目驚いて, り行きはしる雲, り行つたツておま, り行先きは, り行違ひさ, り街灯だけが明, り街頭に見掛ける, りにほ, り衣冠布衣なるべきは, り衣引まくれ胸あらわ, り衣袖漬の国, り衣食住だけを全て, り表情にとん, り表紙画みだれ髪, り表通を流し, り袖無を着, り裁縫をなし, りふ, り裏庭の亭, り裏金の陣笠, り裏面からその, り裸体にする, り裸像の時, り裾長の外套, り褄お釈迦が三味, り複写したり, り複雜で八五郎, り襁褓を乾せり, り襦袢肌抜ぎ尻端折という風, り西手の小藪, り西教史の序文, り西方よりは牛, り西暦八世紀の半頃, り西部劇かね, り見えそして多勢, り見よ見よいかにと, り見世物みたいな服装, り見方に花, り見苦し此段をも, りふこと, り覚悟をする, り親しい仲でも, り親子對面する上, り親方の酒, り親類中を呼, り親類共にても兩三人同道, り観客が見, り観察した, り観音堂に参詣, り覺悟せよと, り觀棚に坐し居, り角いたく叩けば, りかりませんでしたけれど, り解つた風に無分別, り解釋でさうきめ, り言つてものも言, り言はず語らずの, り言はず立どころに三椀, り言留守してこそは, り言語も違, り言頓て千太郎, りに逢わした, り討めてその, り訖んぬ, り記憶したの, り記載せぬ習慣, り記述の態樣, り訣別できる伝蔵, り訴え出た, り訴訟出る條, りり熊, り試驗の成績, り話為かけて, り該事件を輕視, り詳しい註釋を, り詳しくは博士, り誇り顏に支度, り誕生佛のあ, りを云ひつ, り語根その物, り去るところ, り説來り説, り説諭して, り読み錯り解するかも, り読書して, り読者よ老人, り誰かが, り誰人も知る, り調つた顏容といひ, り調べの直線的, り調味のあんばい, り調子になつて, り調度もなか, りくなります, りしたから, りひ當日, り諏訪郡の一青年, り論争した結果, り論語の眞, り諮問に與, り謀略は管仲, りは此, り謙信も然, り講席を主持, り講演であって, り謫天情仙のみ舊, り證據の品, り譜代同樣, り警備線を突破, り警官力を極めて, りを話しませう, り議会は殆ど解散, り議會は殆ど解散, り過るなり, り讀者よく思ふべし, り變つたところなくた, り變つたので一寸見, り變らないやう, り讓つてゐるやう, り谷戸の方, り谷片掛湯の谷と六里半余, り豁然として一景象, りの豆, り豆腐にし, り豊かな恰幅, りかでない, り豚小舍よりもまだ, り豪しやな, り貝十郎が始まった, りあるもの, りりして, り嬢は, り貴き國司ニーンよ, り貴下や市郎さん, り貴公其所へ養子, り貴君樣には何時, り貴女は僕, り貴様の手, り買つて帰つて来た, り買物を致しました, り貿易を禁じ, りとして私, り資料の蒐集, り賛成反動という叫び方, りはりしは, り賞めた事, り賠償金の一番, り賢いね黒, りき身, り賤民とか隱亡, りして, りを取っ, り質問を始めた, り贊成をせぬ, り贔屓の客人たち, り錆びたレール, り赤貧と親しみ臥, り赤革の鞄, り赤飯を惠, り走り寄られて, り起き伏しする處, り起上って手, り起草して, りゆるを, り超えよ, り越ゆべかりし, り越中褌的な豫言, り越前守に對面, り越前屋のお, り越後の方, り趨つて前代を蔑視, り足なみも揃わぬ, り足利時代の縉紳, り足軽数十人を随, り距離の隔つて, り跫音を盗ん, り路ガラツ八は平次, り路三日紀州表の調べ, り路傍に, り路八五郎はたまり兼ね, り路朝の清々しい, り路柳原土手でガラツ八, り路次の開, りえると, りで叩き, りの觸, り蹉跌のため, り身の丈三尺五六寸胸廓手足之に準じ, り身の上をきい, り身の上話をはじめた, り身近に薔薇, り身體に害, り軈て初夏の, り車中も何となく, り車中安眠するを, り車夫の爲, りを解き, り軍人もまた, り軍隊式の規則, りの古巣, り軽いユーモアで, り軽快であるばかり, りかつた, り辛いと云, り辛氣臭いので, りを淫, り辞任した, り辭書言泉を贈らる, り辰次が秤座, り農兵の關係, り農村の人々, り込みこまかにやはり, り込み來ると, り込み灯を消し, り込むとなつて停車場のプラトフオム, り込むばかりになつて居るん, り込夫より辛抱, り込彼方と話せし, り御待申, り迄と御止め申, り世子家は, り近々御所置に, り近くに置かれ, り近しく交はる人なり, り近事を, り近江八景を揮毫, り近江屋與惣次と言, り近道をし, り返事もせぬ, りぶるも, りふ雲, り追分驛の先小田井, り退屈もせず, り逃亡者を渡せ, り吃を, り透明にすかした, り逐次上映され, り途いつまでも自分, り途八五郎は言, り途四目垣のある, り途東兩國の盛り場, り途金澤町へ廻つて江島屋, り逗留して, り通しだと, り通り巻きくるまって, り通訳もをり, り逢ふかも解らない, り逢引の縮尻, りっている, り連峯の, りで調和伴行, り進歩派の爲め, り進行が遲, り進退共に勇, り遁さじものをと押, り遊客の登る, り遊興をさせ, り運び去るが, り運動遊戯ではうしろ向き, り運搬の時間, り遍く身内の, り過ぎを取り繕い, り過去の思い出, り過去帳を取出させ, り過日神田今川小路の古き, り道あまりの事, り道也是から又, り道二人が話し, り道徳上許されざるのみ, り道田井さんと三人づれで, り道端の大石, り達者でない, りかに函館海峡, り遜色がない, り遠方のこと, り遠藤の日高, り適切な例, り遲くもないのに, り選手に向, り遺物の出ない, りに世の中, りりましき, り邑居を構えた, りの數, り部長さんと一昨日, りに歸, り郷土の恩人, りであるなら美しい, り都会人の修行, り都合六七兩にも相成, り鄭重にせられ, り配偶どうし安らかに相, り酒好きの私, り酒宴数刻に及ん, り酒屋へ這入, り酒肴等を前揃, り酒飮みて, りどい穿ち樣, り酷けりや他人, りふことは, り醉つて居たので, り醒むる者は容れられず, り醜態にならない, り重い強い発動器の, り重宝な箪笥, り重昌は二人, り重要な意味, り重要視されて, り野天風呂も沸, り野州の足利, り野心が少い, り野村より立派, り野武士などの名, り金子三雄が出演者一同, り金子騙り取しに, り金泥の斑点, り金銀を鏤めた, り金錢を輕, り金齒入れた高利貸, り釣上て發打, りしや, り鈍き蛇の, りの扇, り鉄瓶の下, り鉄砲隊は銃座, り鉢卷にし, り銀行にはゆかり, り銀行利子の勘定, り銀貨を引く, りを肩, り銅臭の資本家, り銅貨幾箇を酒, りの一円, り市と, り錫色のどん, り錫蘭嶋のみでない, りれるを, り鍵番に戸口, り鎌倉文庫支拂印税金一萬圓を贈らる, り鎌倉驛前の運送屋, りを着, り鎮圧の名目, りの中, りの矛揮, り鐵砲傷を調べ, りふる, り長与の外行留主中, り長助夫婦の名, り長居をしない, り長屋の人たち, り長幼を序する, り長座をする, り長政公はすりはり, り長波の邁, り長生王その后, り長篠に出, り長谷で下り, り長門守用人共へ此書状, り門前にて駕籠, り門前町の幇間幸三郎, り門外に折助, り門外漢をし, り門戸を立てる, り門絹地を拔, り閉ぢこもつて, り閉ぢ籠つておゐ, り閉口してるもん, り閉籠つて居る婦人, り開放的であること, りとこれ, り閑室に坐する, り間もなく大分消えて, り間近に名, り間部要撃血誓の同志者, り間隔は有るまい, り関東節では亡小金井太郎, り闇夜なりけり, りく者, り關所の趾, り關渉無き樣, り阿倍川町を引, り阿漕が浦, り附着いて, り降灰の大阪, りの嬖臣, り陣中御難儀, り陣屋より甘美, り陣門の前, り陣頭にトレーイケス, りに陽, り陰陽道を経, り陰鬱拔きの, り陶然として名手, り陸尺七右衞門に折入, りに黙す, り隈公と諸君, り隊長の車, り階子段が横, り隔て棒杭を打ち, り際平次はフト, り際限もなく, り隠れ森のかげ, り隣室との境, りへり, り隨つて喜怒愛憎の變轉, り隨所に會合, り隨時指導し曉す, りが横死, り雅名を正樹, り集つて一个所に竈, り集つて春迄も消えず, り集むる具なりとぞ, り集めなど営々, り集會の席の, り雉山鳥の羽音, り雑作もない, り雑司谷に徃, り雑木の林, りると, り雨中をど, り雪三憎しと, り雪渓が続い, り雪車哥うたひながら, り雲哲等も一緒, り雲州をへ, り雷夥多敷鳴渡れども, り雷門へ出る, り雹さへ乱れ, り電線の上, り霊魂の行末, り霞網などを大枚, りが捲い, り霧愁ひ風悲, り露地の入口, り靈泉に浴する, り青々軒さんの, り青年的な生活, り青年鬪士として恥, り青森の林檎, り青牛翁して, り青白いはためきを, り青臭い病臭が, り靜かになつて, り靜閑に過, り非人共見屆たる, りを並べ, り面會を求む, り面白からぬ事ゆえ是, り面白ろい話, り面白味のない, り面目次第もない, り革命の風雲, りの上, りの人, りして, り音楽の音色, り音樂の師, りは愈々, り頂上近くになる, りは享保十一丙午年六月十日, り順次神吉の, り須らく男児の, り須臾の生, り頓狂な聲, り頓着せぬ南人, り頤鬚の下, り頭脳に浮んだ, りが短い, り頻りに盛春館の, り頼もしい精神力を, りを出さない, り顏立もそんなに, り顔ぜんたいが精気, り顔色を変えた, り顔見知りのその, りふべしと, り願つて置きたいの, り願はくは今, りえて, り風俗の好み, り風濤洪水の暴力, り風迷ふ, り風雅陶の再現, りしたかも, り飜つて考へて, り飜訳者を探し, りを足し, り食中りことに胡摩, り食堂のテーブル, り食料は餘, り食物の少量, り飢渇を救, り飮めないので, り飮らん方ですね, り飮んだ, り飮食を欲, り飯食ひ過ぎたの, り飲物をのませ, り飾ゆゑ本末不都合の事而已, りを食う, り養母并に實母, り養父五兵衞が病氣, り養生をする, り餓ゑ切つたやう, り餘光を輝かし, り餘裕がありませぬ, り館柳灣が林園月令, り饒舌つた, り香さへも全く, り香具師の様子, り香料の袋, り香水の香い, り馬上の競技, り馬琴が重視, り馬車が直下數十丈, り馬鈴薯をつかみ, り馬頭観音の小夜, り馬頭觀音の小夜, り馬鹿氣た事, り馬鹿遠慮責任感の誇示, り駄作は公表, り駅前広場へ散っ, り駒ヶ岳を仰ぎ, り駒岡子安篠原樽箕輪最も不, り駒貞両主人公, り駕籠を撞乎, り駿介はまた, り駿馬を御する, り騙りをする, り騷ぐと後で引込, り驚きをもつ, り驚奇なり極めて, り驛前で下り, り驥尾に附し, り骨肉の如く, りが變, り高しとして他人, り高利の三千円, り高堂の前, り高尚な理由, り高山へ登, り高瀬川を越え, り高田然り, り高級の出來榮, り高麗青磁や李朝, り髭面が入, り鬚面が入, り鬢毛の, りを揚げ, りと云, り鬱々として日, り鬼王丸の姿, り鬼畜にひとしき, り鬼魂をこめ, り魚貫して, り魯提轄と街, り鮮やかに覺, りにパン, り鯉口を切った, りが出没, り鳥羽の作り道, り鳳簪は月光, り鳴動轟々爆聲を連發, り鴨嘴の群れ, り鴨居に支え, り鴨島の群, り鴨川天津を經, り鴨鳥の群, りの子, り鶏小舎は, りの羽, り鷄二が乘, りの宮, り鷹先を勤める, りを求める, り鹽原家忠に依りける, り鹿島の宿, り麁末な肉, りへ下り, り麹町の御, りなる陽, り黄子澄は蘇州, り黄巾の賊夫, り黄金黄銅其船に, り黒きこほろぎ, り黒く染めて, り黒塗の小, り黒川村の春日神社, り黒木の中, り黒煙のなか, りり, り默つて國友の前, り點頭つ, り黨員の盲從, りを連ね, りの荒れる, り鼠無地の着物, り鼻眼鏡をかけた, り齒脱けおち見る, り龍土軒の玉突場, り龍頭より小舟, り龕燈のあかり