青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「チベット~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~ シ~ シナ~ シャツ~ ジャーナリズム~ ズボン~ セ~ ソヴェト~
チベット~
チャン~ ~ッ ッ~ ~ツ ツ~ ツイ~ ~テーブル テーブル~ ト~ ~ドア

「チベット~」 1554, 17ppm, 6771位

▼ チベット~ (281, 18.1%)

4 国の, 新教派 3 ラサ府に, 事情を, 内地に, 婦女子の

2 [15件] ある地方, お医者さん, どこへ, ように, ラサ府までは, 仏法を, 国情を, 方へ, 母音は, 民心を, 法王が, 法王は, 獄裡に, 西北の, 首府に

1 [231件] いわゆる鳥葬, ぐるりを, ごく内地, ごとき厳重, すべてに対し, どこから, どこの, はそう, はインド, ような, キャングは, タシ・ルンポの, チャンタンにおいては, ハーチェリンという, パーリーの, ラサから, ラサで, ラサへ, ラサ府で, ラサ府において, ラサ府には, ラサ府の, ラサ府を, ラッサだけは, ラマ達が, 一休和尚, 一切蔵経を, 上中等社会の, 下獄者が, 下等社会の, 中央まで, 中央及び, 中央地方へ, 中等以下の, 乞食と, 乾燥な, 事については, 事情に, 事情に関する, 事情は, 交易計算法, 人も, 人を, 人間か, 人間は, 人間を, 今の, 仏具に, 仏教, 仏教が, 仏教について, 仏教のみ, 仏教学者は, 俗語で, 俗語と, 俗語を, 修辞学中には, 僧侶と, 僧侶に, 僧侶の, 僧侶も, 僧服を, 元日とは, 公使を, 兵制, 兵制について, 内で, 内でも, 内地と, 内地へ, 内情に, 内情について, 内情を, 内部へは, 内閣という, 勅任官で, 北に, 北の, 北原においては, 北部に, 医師に, 医者の, 博士に, 厚い敷物, 厳冬の, 古代に, 古代の, 各部落, 名では, 名物とも, 商人であります, 商隊なり, 喇嘛僧リンチェンラマより, 国で, 国は, 国へ, 国境には, 国境の, 国境へ, 国境まで, 国境即ち, 国権を, 土地を, 地勢の, 地理には, 坊さんばかり, 外の, 外交, 外交の, 外交上, 外交政略の, 外交政略は, 多くの, 大商法家あるいは, 大学校, 大蔵大臣の, 大蔵省は, 天地は, 天然の, 奇々怪々なる, 女の子は, 婦人で, 宗教の, 官吏の, 官吏を, 実情を, 実業社会の, 密事を, 寒い国, 将来に, 将軍らも, 巡査には, 巡礼, 役人に, 御馳走という, 戸数は, 拷問の, 探検を, 接待の, 政府部内で, 政府部内では, 文典学者の, 文法を, 方が, 方に, 方へは, 方向に, 旧教の, 暦は, 曠原で, 書物には, 書物よりも, 最初の, 最敬礼なり, 最高僧, 木蓮の, 東南部に, 東方に, 正月二十四日に, 母音が, 民間に, 水腫病という, 法律を, 法律上許さない, 法王に, 法王に対し, 法王の, 法王へ, 法王政府は, 法王殿下は, 火箸を, 物が, 物産, 獄屋日当りの, 珍しい物, 現状は, 異様の, 病人の, 盗人に, 知人の, 神も, 私刑の, 立派な, 紳士が, 紳士流に, 経文と, 経文中に, 羊毛の, 羊毛布などを, 者で, 耕田部では, 聖山カイラスへ, 自然の, 舞踏は, 茶を, 荷持少女, 菓子類西洋品の, 血角を, 西北原で, 西北原に, 西方の, 言葉を, 訛り言葉を, 話を, 誓いの, 諺にも, 財政, 財政と, 財源, 農民は, 銀の, 鋭い刀, 鍋を, 鍛冶屋は, 鎖境, 間に, 関係, 関所いわゆる, 雇兵の, 面白い神話, 風俗あるいは, 食を, 食物で, 首府へ, 首府まで, 高原地から, 高原地で, 高峰ヶ原に, 高等僧官にも, 高等僧官及び, 高野に

▼ チベット~ (246, 15.8%)

7 は非常 4 はその 3 が出, ではない, の信仰, の癖, の誰

2 [11件] である, ということ, という意味, の嘘, の最も, はそういう, はシナ人, は大いに, は最も, は決して, を感化

1 [198件] あるいはカム人, および蒙, が, がいい, がこの, がそんな, がどうせ, がネパール, が主, が出掛け, が占め, が嘘, が四, が拵えた, が沢山, が酒, が長く, が隠し, が飲む, だと, であって, であります, であるか, であるから, である仏教信者, でごく, ですら, ではある, でも古く, でも洗う, でプチュン, で真実, で私, という, という名, としてその, としての入学試験, としては最も, として取り扱われる, とはいわれ, ともインド人, と変らん, と少し, と思う, と言う, などは実に, なりという事, なる自分, にいろいろ, について充分研究, には, にはこれ, にはよい臭い, には不向き, には全く, には実に, には数学的観念, にも鉄砲製造方法, に伝うる, に伝えよう, に劣らん, に対しその, に対してはほとんど, に対しては余程, に対してやっ, に対して耶蘇教, に対し他, に対し殊に, に対する道, に忠告, に恩徳, に殺され, に限った, の, のある, のいう, のごとく, のすべて, のよう, のダージリン, のラサ府, の一般, の不潔, の中, の事, の住宅, の作, の依頼的根性, の半分, の呼ぶ, の坊さん, の多く, の大抵, の妄信, の子女, の宗教, の専有, の常, の常例, の幸福, の怠惰, の怨み, の恐るる, の技術, の拵えた, の教師, の書記, の様, の目, の眼, の短所, の種々, の肺, の脳裡, の言います, の訳官, の誓言, の説, の身体, の間, の風俗, は, はいつも, はかね, はこういう, はそんな, はただ, はどの, はどんな, はなかなか, はほとんど, はみな家屋, はもうよく, はもちろん, はもとより, はもはや, はインド語, はコマ・リンボチェ, はチベット, はネパール, はネパール人, は一向, は一己, は不人情, は五百人, は何, は信じ, は僅か, は嘘, は土葬, は外国人, は外見, は好ん, は婦人, は実に, は平気, は恬, は我, は断れ, は昔, は景色, は本気, は欧米人, は殺される, は殺生, は満足, は無上, は病気, は皆インド政府, は神聖視, は私, は空気, は立派, は統計, は耕作法, は肉, は胎内, は茶, は誠, は諦め, は銭儲け, は顔面, は馬, は髯, ばかりが居る, ばかりでネパール種族, もそういう, もやはり実際, も充分, も十五日, も大分, も始めラサ府, をポェパ, を充分, を名乗る, を除く, を鞭撻, 及びインド人

▼ チベット~ (118, 7.6%)

5 で話, を研究 3 で, と英語, の文典, の経文 2 が出, と屁, に翻訳, に訳された, の伝授, の経典, をやらなけれ, を学ぶ

1 [80件] がわずか, が分る, だけで書い, だと, だという, であの, であります, であるし, ではない, でもなく, でキャーカ, でシナ, でチューラ, でブッダ・バッザラ師, でマパム・ユムツォ, でヤンブー・チョェテン・チェンボ, でラブラン・チェンボ, で仏教, で和訳, で書い, で罪状, で記され, で話しました, で話せる, ときたら, とインド語, とネパール語, と双方, に, にて伝わっ, にほかならず, にもシナ人, にキャン, にチョモ・ラハリ, にヤムド・ツォ, にラクガル・ツォ, にンガリ, に訳され, の, のアルファベット, のカン・リンボチェ, のタムチョク・カンバブ, の一つ, の一切蔵経, の上書, の仏典, の仏教辞典, の出来る, の大, の大家山口恵海先生, の師匠, の教師, の教頭ツーミ・ウォンデン, の法華経, の研究, の翻訳, の臭気, の訳官, の話せる, の講師, の辞典, の辞書, はたしかに, は仏教, ばかり学ん, も知っ, も通用, や梵語, をそのまま, をよく, を伝授, を使う, を使っ, を初めて, を勉強, を吸い, を学, を学ばなく, を学び, を専門

▼ チベットでは~ (112, 7.2%)

3 これより 2 最上等

1 [107件] ある種類, あれだけ, いろいろ奇態, ここほど, このお方, このハルジェ, この人, この多, この大法会, この酸乳, これこれだ, こんな物, そういう品格, その家, その習慣, それほどにも, ただ仏, たった二十四銭, だんだん商売, ちょっと盗み, どういう風, どうもイギリスの, なかなか外交, なかなか法王, ほとんど見る, ラマと, ランラと, ンガクバと, 一番の, 一番旧い, 一般にいえ, 三百年経たぬ, 人力車とか, 他国から, 余り大きい, 例の, 例を, 公正証書を, 公然の, 兵士に, 冬の, 別段花, 博士に, 四人また, 四十あるいは, 四銭を, 坊主の, 夏向きの, 夢にも見る, 大なる, 大抵兄弟三人, 大抵月曜日, 妙です, 子供を, 実に盛大, 容易の, 尊いラマ, 屍骸を, 年々シナ皇帝の, 年利一割五六分位で, 手紙を, 接骨の, 教育は, 文法よりも, 新教派, 既に清国そのもの, 最もうるわしい, 最も勢力, 最も酷い, 機織を, 母音は, 決して洗わんです, 沢山である, 無着菩薩, 燈明は, 男の子が, 病人が, 病人の, 病気に, 皆チーキャブが, 秋の, 秘密仏法と, 立って, 第三, 粥と, 船という, 菜種油で, 菩薩と, 薬は, 西の原を, 見ること, 許されんの, 誓いの, 貧乏に, 通用しない, 道中雪山を, 酒を, 金が, 鉄砲を, 関羽の, 陽暦が, 非天, 非常な, 非常に, 類が, 食物が, 高価い

▼ チベット~ (97, 6.2%)

3 住んで, 行くの, 行って 2 入って, 入りラサ府, 入り込んで, 入ること, 入る前, 存在し, 居た時分, 居るシナ人, 帰って, 進入する

1 [68件] あったよう, ありとあらゆる器具, ありとあらゆる産物, あるシナ, お越しに, またがる, マホメット教が, 下りて, 伝わったので, 伝わるや, 侵入しよう, 入った時, 入った記念, 入らしめ遇い難き, 入らぬ前, 入りまた, 入り得られぬまでも, 入るかという, 入るという, 入る珊瑚珠, 入る道, 入れたチベット人, 入れた最初, 八年ばかり, 別る, 到着した, 在るところ, 在るよう, 居った時分, 居って, 居られるという, 居りました時分, 居ること, 居るシナ人等, 居るシナ官吏, 居る中, 居る時分, 居る間, 帰ること, 於ては, 服従し, 来る金, 残って, 沢山配付され, 流布し, 流説が, 留って, 留まって, 留学し, 行かずに, 行かないの, 行かなくては, 行かれるそう, 行きたいけれども, 行くか, 行くこと, 行くため, 行くと, 行ったという, 行ったとか, 行ったの, 行った目的, 行ってからは, 起って, 送ったの, 進入された, 遣わした, 遣わしチベット

▼ チベット政府~ (65, 4.2%)

2 と合戦, の官吏, の意向, へ貢物

1 [57件] からし, からも手当, から許され, がそこ, がその, が五名, が例, が保護, が新た, が現今, ではまた, でも日本, でも統計, とは甚だ, と条約, なり国民, においては四名, には従来, に告げ口, に対してネパール政府, に対し毎年幾分, に対する勢力, に最後, のその間, のなす, の世界, の命令, の大いに, の官商, の属領, の意思, の損害賠償, の政権, の方, の考え, の裁判沙汰, の誰, の財政, の遣り, の金, の高等官, はその, はなぜ, はロシア, はロシア政府, は大分, は私, は腐敗, は自分, は英国, は非常, へ告口, へ対し, へ掛合い事, へ申込み, へ私, も少し

▼ チベット~ (36, 2.3%)

1 [36件] ただ二人, なかなか要用, サラット・チャンドラ・ダース師の, シナ人の, ツァンニー・ケンボの, ヤクと, 一番ありがたい, 一番よく, 一番名高い, 一番大きな, 中等の, 仏部祖師部に, 修学した, 八代から, 出来る仏像仏画, 出来る自然生, 名高いの, 名高いセンチェン・ドルジェチャン, 名高い学徳兼備, 商いを, 大学の, 得られる限り, 成功し, 政治を, 新派を, 旭日の, 最も上手, 最も大, 最も尊崇, 最も聖, 最も開け, 最大難病として, 生れた人, 第一, 行商を, 非常に

▼ チベット~ (32, 2.1%)

1 [32件] から出ね, でも実に, とは交際国, とは余程, とは親密, において一大疑獄事件, において行われ, における僧侶中, にはまず, に対してはなんら, に対し訳, に対する外交策, に行く, のため, のみである, の人情, の仏教, の名, の地勢, の境界, の最上権者, の獄屋, の疑獄者, へかれこれ, へ入る, をロシア, を利益, を廻っ, を独立, を称し, を踏台, 即ち天然

▼ チベット~ (31, 2.0%)

3 行くの 2 帰って, 行くという

1 [24件] ござる時分, その経典, 一切蔵経を, 伝播された, 侵入し, 入って, 入っても, 入るべきモンゴリヤ, 入る峠, 入る道, 入れば, 公使に, 向けて, 持って, 持去った, 行きたかったの, 行くならば, 行くなん, 行くよう, 行く時, 行く話さ, 行って, 行っても, 連れて

▼ チベットには~ (29, 1.9%)

2 ほとんどない

1 [27件] あれだけの, その戒, どれだけ, なかなか沢山居ります, ほとんど例, もちろん新聞紙, チベット文字が, マパム・ユムツォすなわち, 一種不可思議に, 一軒も, 三つの, 余程奇態, 入れない, 入れぬ事, 全くない, 川魚も, 布教しない, 春夏秋冬の, 月を, 本当の, 殺生禁断の, 沢山あります, 沢山は, 稀なる, 肺病が, 軍歌という, 随分山師坊主

▼ チベット~ (29, 1.9%)

1 [29件] いかになん, そういう点, その善悪, もはや独立, シナに対して, ロシアに, 世人に, 人を, 仏教国なり, 元来樹の, 兵隊で, 厳重なる, 厳重に, 夏と, 天主教の, 妙な, 寒国でございます, 強国三ヵ国から, 必ず大, 恐らくネパール国, 政治上の, 残酷な, 独立する, 申すに, 美術の, 英国の, 諦めて, 鎖国の, 階級の

▼ チベット仏教~ (27, 1.7%)

2 に侮辱

1 [25件] が真実, との協同和合, について沢山説明, のいよいよ, のため, の半分, の古派, の学問, の新派, の現今, の腐敗, の顕部, の高僧, は下火, は大体, は顕部, も今, を信ずる, を充分, を学んだ, を研究, を覚える, を調べる, 及び文字, 及び文学

▼ チベットから~ (22, 1.4%)

4 出て 3 来たの

1 [15件] ここへ, インドへ, ロシアに, 一切蔵経を, 出られた事, 帰って, 来たからと, 来たという, 来た人, 来ながら, 求めて, 沢山その, 沢山買い出し, 這入らなければ, 麦焦しの

▼ チベット~ (21, 1.4%)

2 去って, 経て, 踏台に

1 [15件] して, とおって, 出ずる時, 出ます時分, 出る時分, 動揺する, 取って, 取るという, 取ろうという, 土台に, 征伐し, 手に, 旅行した, 横切り, 窺って

▼ チベット国民~ (20, 1.3%)

1 [20件] が実に, のあらゆる, の人心, の仏教的母親, の信仰力, の感情, の歓心, の真実, の負担, の迷信中, はその, はほとんど, はシナ政府, は一層, は仏教, は元来宗教, は大いに, は戦争以来一般, は盲従, を愛せ

▼ チベット~ (17, 1.1%)

2 ネパールの

1 [15件] いわないで, するの, ほとんど反対, インドとの, ネパール国, ロシア, 三強国, 全くお, 北清事件, 合戦を, 境界を, 日本とは, 英国との, 英領インド, 英領インドとの

▼ チベット~ (17, 1.1%)

2 の十一月二十五日

1 [15件] では大変妙, の一月一日, の一月三日, の一月十五日, の二月十一日, の五月三日, の五月八日, の四月二十日, の四月二十日荷物, の四月十三日, の四月四日, の正月元日, の正月前, の由来, は昨年

▼ チベット~ (15, 1.0%)

2 の仏法

1 [13件] あるいはネパール風, で屋根, にごく, に大王, に念仏, に染み, に法王, の二畳, の四角形, の寺, の生活, の純金, の花模様

▼ チベット法王~ (13, 0.8%)

1 [13件] あるいは第, が一年, に上書, に与える, に奉る, に私, に謁, に送り, の宮殿, の支配, の胸, は敢為, への上書

▼ チベット~ (13, 0.8%)

8 二の 4 一の 1 三の

▼ チベット婦人~ (12, 0.8%)

1 [12件] および男子, が身体, の本性, の欠点, の臍, の髪の毛, はあるいは, はどんな, は実に, は自家撞着, は裁縫, は馬

▼ チベット~ (10, 0.6%)

5 を着け 2 を着けた 1 しかない, の大きな, も全身濡

▼ チベット~ (10, 0.6%)

2 のため, の餞別 1 はう, は非常, を全う, を決行, を満足, を送る

▼ チベットにおいて~ (8, 0.5%)

1 充分仏教の, 大疑獄事件, 娼妓とか, 最も特別, 沢山財産の, 確実なり, 私が, 輸入品に対し

▼ チベット文字~ (8, 0.5%)

1 が出来, で書いた, のよう, の母音, は四字, を創造, を拵える, 即ち前

▼ チベットでも~ (7, 0.5%)

1 この辺, これまでは, そういうよう, それが, そんな事, 一番高価に, 三四人しか

▼ チベット内地~ (7, 0.5%)

1 に入った, に入り込み, に兵隊, に持っ, に踏み込ん, のここギャア・カルコ, を望む

▼ チベットとの~ (6, 0.4%)

1 国境を, 境の, 本当の, 貿易は, 関係, 関係について

▼ チベット~ (6, 0.4%)

1 のカタ, の刀, の厚い, の猟帽, の茶, の音楽

▼ チベットという~ (5, 0.3%)

2 国は 1 名は, 名目で, 国の

▼ チベットにおいては~ (5, 0.3%)

1 これを, 修験者の, 前にも, 娼妓の, 非常に

▼ チベットにも~ (5, 0.3%)

1 あって, ラッサの, 一夫一妻が, 全然ない, 北京にも

▼ チベット文典~ (5, 0.3%)

1 では不完全, についてはどういう, について非常, の大綱, を調べ

▼ チベットにおける~ (4, 0.3%)

1 仏教は, 疑獄事件は, 誓詞の, 霊跡を

▼ チベット一般~ (4, 0.3%)

2 の人民, の国民

▼ チベット古代~ (4, 0.3%)

2 の教え 1 のポン教, の高僧

▼ チベット国中~ (4, 0.3%)

1 が海, で評判, にはどこ, へ入っ

▼ チベット宗教~ (4, 0.3%)

4 の将来

▼ チベット探検~ (4, 0.3%)

1 には関係, の動機, を完成, を試みた

▼ チベット高原~ (4, 0.3%)

1 にある, においてしばしば, の山々, へ進む

▼ チベットに対し~ (3, 0.2%)

1 いかに注意, いろいろの, 深き注意

▼ チベットに対して~ (3, 0.2%)

1 その衰勢, どうである, 戦端を

▼ チベットに対しては~ (3, 0.2%)

1 まだうまく, 戦争でも, 特によい

▼ チベットに対する~ (3, 0.2%)

1 外交政略は, 小さな義務, 露政府の

▼ チベット~ (3, 0.2%)

1 でカム, の最高雪峰, の金満家

▼ チベット兵士~ (3, 0.2%)

1 にはそんな, には五百名, の守っ

▼ チベット国人~ (3, 0.2%)

1 が拵えた, に殺され, の結婚期

▼ チベット国内~ (3, 0.2%)

1 だけでなく, では非常, のお

▼ チベット国境~ (3, 0.2%)

1 から僅か, に入る, の高

▼ チベット学者~ (3, 0.2%)

1 になりかねない, になりたまえ, の説

▼ チベット文法~ (3, 0.2%)

1 の問答, の真意, を精確

▼ チベット~ (3, 0.2%)

1 と同時に, の御馳走, を持っ

▼ チベットあたり~ (2, 0.1%)

1 ならば, へ商い

▼ チベット~ (2, 0.1%)

1 シナに対する, ロシア政府と

▼ チベットである~ (2, 0.1%)

1 から, から進ん

▼ チベットでの~ (2, 0.1%)

1 一番始めのは, 高い山の上

▼ チベットとは~ (2, 0.1%)

1 言い出し兼ねた, 言い直しかねた

▼ チベットへは~ (2, 0.1%)

1 昔の, 金剛石の

▼ チベットまで~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 来て

▼ チベット~ (2, 0.1%)

1 ネパールや, 中央アジヤの

▼ チベット人民~ (2, 0.1%)

1 が大いに, はごく

▼ チベット僧侶~ (2, 0.1%)

1 の愚, はすべて肉

▼ チベット入り~ (2, 0.1%)

2 の一行

▼ チベット~ (2, 0.1%)

1 が教え, にもない

▼ チベット~ (2, 0.1%)

1 ではこの, で文法

▼ チベット内地人~ (2, 0.1%)

1 の買う, はバタ

▼ チベット内部~ (2, 0.1%)

1 に得る, の事

▼ チベット即ち~ (2, 0.1%)

1 チベットの, チベット半部に

▼ チベット及び~ (2, 0.1%)

1 シッキムブータンの, 日本の

▼ チベット国民一般~ (2, 0.1%)

1 に信じ, の信用

▼ チベット外交~ (2, 0.1%)

2 の将来

▼ チベット~ (2, 0.1%)

1 のもの, を沢山作り歌

▼ チベット蔵経~ (2, 0.1%)

1 の仏部, の正蔵秘密部

▼ チベット西北原~ (2, 0.1%)

1 のホルトショ州, の一地方

▼ チベット語フランス語ラテン語之~ (2, 0.1%)

2 だけ一緒

▼ チベット語学者~ (2, 0.1%)

2 として尊崇

▼ チベット~ (2, 0.1%)

1 で水, のもの

▼ チベット進入~ (2, 0.1%)

1 の目的, を企てた

▼1* [103件]

チベットトルキスタンあたりの, チベットからとブータンから, チベットからの輸出品も, チベットからは十月頃に, チベットそのものは通商上鎖国, チベットだけについて言うたもの, チベットとやらの十万億土へ, チベットならびに我が国の, チベットにおいての汚ない, チベットへの本道に, チベット知らんの, チベットより仏教を, チベットを通じてインドに, チベットアンナンシャム等諸国の文学, チベットインドマレー諸島に住む, チベットシナ朝鮮満州蒙古, チベットモンゴリヤシナ及びネパール等, チベットモンゴリヤ等の部分, チベットラマの風, チベット一切蔵経の版木, チベット一国にこういう, チベット一般人民の希望, チベット人ここではよほど, チベット人のは非常, チベット人インド人シッキム人ブータン人ネパール人等が住ん, チベット人ブータン人シッキム人などは特別, チベット人中にサラット・チャンドラ・ダース, チベット人中殊に強壮, チベット人北の蒙, チベット人口六百万人に対する五千人, チベット人無上の娯楽, チベット人自身はチベット, チベット人蒙昧なチベット人, チベット今日の状態, チベット仏教秘密の事, チベット侵入の便宜上再び, チベット俗語を使用, チベット兵これは大抵, チベット北原の猛犬五, チベット半部に売込まれる, チベット博士が生れず, チベット古代宗教のいわゆる, チベット各部の総て, チベット唯一の非常, チベット商人でさえこの, チベット固有の景色, チベット国そのもののため, チベット国セラ大寺のジェ・ターサン, チベット国中確かに一般, チベット国境無限の感想, チベット国興隆の策, チベット土人は布類, チベット土産なん, チベット在留のシナ人, チベットを縫い, チベットに休憩, チベットを穿い, チベット山中にある, チベット支那そして日本仏教, チベット政府そのものはなるべく, チベット政府部内でも真実, チベット教育はあるいは, チベット文法学者中に非常, チベット教派の, チベット新派の開祖, チベット旅行という事, チベット旅行中いろいろの, チベット日本等の諸国, チベット曠原に落ち, チベット最上等の羊毛, チベット最高等の僧, チベット未来の運命, チベット本道からの廻り路, チベット民族などがはいっ, チベット泥棒の規則, チベット滞在中非常に好, チベット猛犬が屋根, チベット獄裡の友, チベット琴笛などいろいろ, チベットも山, チベット第一流である, チベットを一疋, チベット美術としては余程, チベット菓子を携え, チベット行きができなく, チベットの毛布, チベット語本来の性質, チベットを致し, チベット貴婦人尼僧や高僧, チベット農民にとっては大いなる, チベット退去の意, チベット銀二十タンガー即ち日本金五円, チベット銀貨に繰り上げます, チベット銀貨二十タンガーと茶一塊, チベット銅鍋一つその他いろいろ旅中, チベットを出し, チベット雪峰の三霊跡, チベット雪峰間の美景, チベットを離れ, チベット風シナ風インド風の三つ, チベット風俗の真相, チベット高僧と泣き, チベットも棲ん