青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「セ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

コゼット~ コップ~ コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~ シ~ シナ~ シャツ~ ジャーナリズム~ ズボン~
セ~
ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ ッ~ ~ツ ツ~ ツイ~ ~テーブル テーブル~

「セ~」 1290, 14ppm, 7984位

▼ セエラ~ (881, 68.3%)

14 の方, の部屋 13 はその 9 は自分 8 の顔, はいいました, はちょっと, は何 7 はいつも 6 の話, はそれ, は思いました, は父, は紳士

5 [11件] が教室, でした, のため, の手, はしばらく, はふと, はもう, はエミリイ, はベッキイ, は静か, を

4 が初めて, と一緒, のこと, の眼, はそう, はテエブル, はロッティ, は椅子, を見る

3 [17件] に何, の, のそば, の心, の胸, は, はこの, はすぐ, はまた, は一人, は今, は夢, は手, は母, は皆, は顔, を見

2 [63件] がお, がどんな, がベッキイ, が戸, が泣く, が自分, が餓えた, だと, ちゃア, にいいました, のし, の声, の学校, の眼付, の肩, の言葉, の身の上, はあと, はいきなり, はいつ, はいろいろ, はうれし, はそこ, はただ, はどこ, はまだ, はよく, はアアミンガアド, はミンチン先生, は一度, は一歩, は両手, は中, は低い, は元気, は初め, は前, は印度, は大, は大きな, は女中, は子供達, は寝, は寝台, は小さな, は心, は思わず, は急, は昔, は本, は突然, は美しい, は部屋, は頬, は魔法, をじっと, を嫉ん, を慰め, を抱きしめ, を見つめる, を見ました, を見守っ, を見返しました

1 [494件] からお菓子, から人形, があたい, があなた, があの, があまり, がある, がいい, がいう, がいきなり, がいつかパン, がいつも, がいる, がお金, がかつて, がぎょうぎょうしく, がこう, がこの, がじっと, がそう, がそっと, がちら, がどこ, がほんとう, がもう少し, がエミリイ, がパン屑, がフランス語, がミンチン先生, がモントモレンシイ家, がロッティ, が一日中, が一日中何, が上座, が二階, が今にも, が何, が使, が入っ, が十一歳, が印度紳士, が厚い, が叫びました, が名刺, が呼ばれ, が喚い, が坐っ, が壁, が大, が大きな, が嫌い, が寝, が小父さん, が居間, が屋根裏, が床, が店, が心, が怖く, が抱きかかえる, が抱きしめる, が描く, が晩, が普通, が本, が来た, が来る, が無, が男, が男の子, が疲れはて, が相当, が眼, が立っ, が芝居がかり, が落ち着いた, が見えなくなる, が許し, が話す, が語り出した, が語り終える, が身じろぎ, が通ります, が非常, その人, だとは, として馬車, とても天使, とは似, とは別人, とアンヌ, とエミリイ, とセエラ, と印度紳士, と呼ぶ, と小父さん, と親しく, と話した, などはフランス語, ならむずかしい, なら威張らずには, なんかちっとも, にあたりました, にお前, にし, にすっかり, にそう, についてなら, につきまとう, にとってたくさん, にとってたった, になり戻っちゃった, にはあの, にはたいてい, にはどうしても, にはわかりました, にはアンヌ, には判りませんでした, には室内, には殊に, には解りませんでした, には財産, にまとも, にフランス語, に一言お礼, に人形, に何と, に厚く, に同情, に向き直っ, に向き直る, に向っ, に喰っ, に囁きました, に対していくらか, に尋ねました, に従いました, に手紙, に接吻, に来い, に約束, に縋りつい, に縋りつきました, に見とれ, に訊ねました, に話し, に話しかけた, に話しかけました, に飛びかかっ, に食っ, のいい出そう, のいう, のいた, のいる, のうしろ, のお, のしとやか, のそういう, のその, のつくり話, のところ, のひどい, のよく, のママ, の仕事, の仕業, の低い, の住ん, の作った, の傍, の傷, の僕, の凛と, の出た, の口癖, の喉, の坐っ, の好き, の姿, の嬢様, の子供, の小さな, の居所, の後, の微笑, の所, の手紙, の望み, の横面, の欷歔, の母, の気がかり, の父, の生れた, の生活, の用, の癖, の空想, の細い, の緑色, の腕, の自由, の行く, の行った, の誕生日, の贅沢, の足, の身の上話, の返事, の通り, の通る, の頬, の頭, の顔色, の髪, はあの, はいい, はいつかお金, はいつかアアミンガアド, はいつかベッキイ, はいま, はいや, はいわれた, はうれしく, はお, はおかし, はおどおど, はお話, はかねて, はがたがた, はがっかり, はくるり, はこう, はこうした, はこと, はこんな, はしかし, はじき我, はそっと, はそれぞれ, はそれだけ, はそんな, はたいてい, はたちまち, はたった, はちっとも, はどうして, はどきどき, はどんな, はどんなに, はなお, はにこにこ, はひどい, はひどく寂しい, はびっくり, はべたりと, はほほえみました, はほんとう, はほんの, はまじまじ, はませた, はまだちょっと, はまるで, はまるまる, はむらむら, はやがて, はやさしく, はやっと, はやはり, はやや, はよそ, はアメリア嬢, はカアマイクル氏, はカリスフォド氏, はセエラ自身, はフランス語, はプリンセス, はプリンセス時代以来, はマッフ, はマリエット, はミス・ミンチン, はラム・ダス, は一二度, は一人ごと, は一目, は一種, は丁寧, は乞食娘, は事実上皆, は二人, は五つ目, は今に, は低, は何だか, は何だかまだ, は何と, は何となく, は何度, は例, は傍, は先生, は切なく, は危く, は口, は口許, は古い, は古ぼけた, は可哀そう, は吃驚, は周章て, は壁, は壁ぎわ, は声, は夕方, は外, は大して, は大事, は大変, は妙, は子供, は学校, は室内, は宮様, は家, は寄宿生, は寝られぬ, は小さい, は少し, は少しもじもじ, は少女達, は席, は帳場, は幸い, は幾日, は床, は彼女, は怖く, は思い返し, は思っ, は怯える, は悲しみ, は意外, は戸, は戸口, は戸棚, は手籠, は手紙, は振り向く, は放課後, は教室, は教科書, は昔ならい, は昨夜, は時々, は書物, は様子, は次, は歩き, は歯, は残った, は毛皮, は気絶, は激しく, は火, は炉, は無心, は燃え立つ, は甘, は生徒, は疑わし, は疲れ, は痩せっぽち, は目, は相手, は真暗, は真面目くさっ, は眠く, は眠る, は眼, は着飾った, は空いた, は空想, は窓越し, は立ち上っ, は笑っ, は答えました, は答える, は素直, は羞, は翌朝, は考え, は聞える, は肥った, は膝, は自然, は興奮, は舞蹈, は落ち着い, は蒼ざめて, は蝋燭, は血色, は行儀, は街, は衣類, は袋, は見, は見のがす, は話し, は話題, は語り終る, は読書, は贅沢, は赤い, は跛, は身分, は身動き, は車道, は辛い, は辱められ, は返事, は通りがかり, は運びこまれる, は道行く, は鉄, は銀貨, は鎧戸, は隣, は面白, は頭, は飛び上っ, は飛び起きました, は食物, は養母さま, は馬車, は駈け出しました, は驚い, は黒髪, は黙っ, への愛, へ来た, へ眼, もあの, もいつか, もうれし, もそこ, もよく, もアアミンガアド, もバアロウ氏, も今日, も真, も立ち上がりました, も自然, や別れ, よお父さん, よりも惨め, をじろりと, をその, をひきよせ, をひしと, をほめそやし, をみつめ, をもう少し, をミス, を先頭, を別室, を吃驚, を呼ん, を咎める, を大きい, を女神, を嫌っ, を崇拝, を怖がっ, を感嘆, を憬れる, を探し, を書斎, を横目, を生ん, を生徒達, を眼, を竊, を自分, を苛める, を見せびらかす, を見つめました, を見下ろし, を見付け, を見守り, を見送る, を認, を馬車, 以外には, 程たしなみ

▼ セ~ (33, 2.6%)

2 字も

1 [31件] もとだ, 七龍といった, 中央に, 制法を, 十四五人ぐらゐの文学愛好者が, 名を, 四大寺, 土着の, 字に, 字にも, 小さな唇, 屍を, 峰の, 方を, 東の, 枕もとに, 死に, 死ぬところ, 死体の, 汗で, 渡れる, 王系が, 石像観世音菩薩の, 祈願を, 臭ひ, 舟は, 近くの, 部, 霊跡史を, 靴に, 高さ

▼ セエラさん~ (25, 1.9%)

2 ありがとう, のお

1 [21件] あの, からこの, が嫉ましい, なしには, にお礼, に会い, のもの, のフランス語, の物惜しみ, はもう少し, はメルチセデク, は世の中, は今日, は今日十一歳, は変ってる, は学校中, は私, は莫迦げた, よく出来ました, を印度, 帰って

▼ セ~ (18, 1.4%)

2 兄イ引き剥ぐ

1 [16件] ところが, ところが見事, 仕事着を, 体構えが, 兄さんだ, 兄チャンが, 兄チャンは, 名人肌という, 容子を, 料理偽物料理に, 昔の, 村の, 板前たちの, 気分が, 男女が, 若者であった

▼ セ~ (17, 1.3%)

2 いつて

1 [15件] いって, する, つれて, ポルポラが, 云ひ, 取込んで, 名づくる, 変化した, 申者にて, 画を, 織つて, 羽を, 脚本を, 色々の, 飛んで

▼ セ~ (16, 1.2%)

2

1 [14件] に中りし, に是ハ何, に組討, に高杉普作ハ本陣, ナリ, ニ小倉言葉なく, ニ随分, 事なし, 事ハ実, 人を, 兼而御聞ニ達セし, 夫ハさて, 書面を以て, 曽根拙

▼ セ~ (16, 1.2%)

2 参詣した, 慣れないので

1 [12件] たべさせました, ハ薩州にて, ボクも, 下せるもの, 依つてエジプト, 参詣し, 扮した, 着陸しよう, 近い方向, 近い風, 逢わぬなり, 進んで

▼ セ~ (16, 1.2%)

2 して

1 [14件] たずねること, たずねる手紙, ほんとうにか, イエスに, 出発した, 巡ろうという, 忘れては, 撒いて, 着そのうえ, 知って, 緑に, 見るに, 責めたと, 遣は

▼ セイヌ河~ (15, 1.2%)

3 のほとり 2 のむこう 1 からみ, にかかった, の上, の古本屋通り, の対岸, の水上, へ投身自殺, や隅田川, よりの右, をむこう

▼ セメド~ (12, 0.9%)

2 の記事 1 がその後, の, の如き, の所傳以外, の記事以外, の飜譯, は漢名, は西安杭州間, は西暦千六百二十八年, も皆景教碑

▼ セワード~ (11, 0.9%)

1 [11件] から撥陵遠征隊, が本国, としてはあせり, との関係, にもたらした, に向っ, に撥陵遠征隊, はある, はやむなく, はジェンキンス, は撥陵計画

▼ セ~ (8, 0.6%)

1 おいしそう, だまって, チュンセの, 元来奉公人に, 十一月ころ俄かに, 山の, 敬語の, 食すの

▼ セ~ (7, 0.5%)

1 いた, せっかく植え, ほんとうに, やっと答えました, パリ交響管弦団を, ヘルメス神に, 小さな卵形

▼ セ~ (7, 0.5%)

1 いこうかしらと, 何食は, 何食わぬ, 参詣し, 参詣する, 指して, 通つてフランス語の

▼ セイス先生~ (5, 0.4%)

1 に會, のこと, の懇情, の柔, の逗つて

▼ セマン人~ (5, 0.4%)

1 は以前黒, は酋長死, 信ずらく虎, 信ずるは, 言う藪中

▼ セ~ (4, 0.3%)

1 キノを, フランス語の, ロベール先生の, 若旦那模樣の

▼ セエラ自身~ (4, 0.3%)

1 まるで何, もその, もロッティ, 温められ慰められるの

▼ セシメ~ (4, 0.3%)

1 られて, 今マタコノ事, 初テ, 又ハ

▼ セ~ (4, 0.3%)

1 イカナレバ此クノ如ク得難, トイウ話ガアツタ, 其戸籍ノ, 蠅男より

▼ セ~ (4, 0.3%)

1 おする, がか, 相かけ, 致し申候

▼ セイス~ (3, 0.2%)

2 老先生 1 老教授

▼ セイヌ~ (3, 0.2%)

1 の河岸, の河岸通り, を側

▼ セイヌ河岸~ (3, 0.2%)

1 にいる, にトウキオ, へ出る

▼ セエラ様~ (3, 0.2%)

1 がお, はあんなに, はお

▼ セツナ~ (3, 0.2%)

1 そうなる, の中, 何とかいう

▼ セ元美~ (3, 0.2%)

1 が踊り, というよう, の裸体

▼ セ~ (2, 0.2%)

1 といつた, よ

▼ セ~ (2, 0.2%)

1 おびたゞしき死人也, 行こう

▼ セ~ (2, 0.2%)

1 みんなの, 別れの

▼ セエラお前~ (2, 0.2%)

1 の罰, はお前

▼ セエラさんあなた~ (2, 0.2%)

1 だったの, のお

▼ セエラさんここ~ (2, 0.2%)

1 へお出で, へ来

▼ セエラちゃん私~ (2, 0.2%)

1 このお, もここ

▼ セエラ嬢さん~ (2, 0.2%)

1 この方, にいちいち何だか

▼ セセツセ~ (2, 0.2%)

2

▼ セビラ~ (2, 0.2%)

2 の床屋

▼ セレース~ (2, 0.2%)

1 が, の歌

▼ セワード氏~ (2, 0.2%)

1 が領事館通訳者ジェンキンス, は早速

▼ セ来り~ (2, 0.2%)

1 ケベールを以て, 云様御

▼ セ栗鼠~ (2, 0.2%)

1 が駈けだす, が駈け出す

▼ セ~ (2, 0.2%)

1 にイワシ, の中

▼ セ釣り~ (2, 0.2%)

1 とも言っ, 枝鈎釣り

▼1* [128件]

からこっちに, セがしもやけの, セがって三尺帯を, セくれしより手帳ニ記シアリ, セしなれども此頃薩, セすなわち釈迦牟尼仏の, セたまふや, セってなんじゃ, セでもその名, セというのは, セとかフェローの, セとかいう低級俗悪な, セとのこと也, セとも聴える, セにて打や, セには出来て, セまたは藥味註釋者曰くボローニアの, セ巡りこの世, セイヌ上流地方の退職戸籍吏, セエラからですって, セエラがちゅっちゅっと雀の通り, セエラさんあなたみたいに何, セエラさんあなた大変疲れてるよう, セエラさんお願いだから, セエラさんピトキン夫人にフランス語, セエラさんベッキイは下女, セエラさん応接室へ行っ, セエラさん私莫迦ね今, セエラちゃんが話し, セエラちゃんあなたほんとにもうお, セエラちゃんお隣には黄色い, セエラ一人のもの, セエラ何のつもり, セエラ初め学校の中, セエラ同様その物語, セエラ女王殿下か, セエラ嬢だ, セエラ自身胸を躍らした, セエラ達と比べ, セエラ附の女中, セエン河を往復, セオーセ, セクスの観念以外, セグロコマルリウソヤマガラヤマバトヒバリとても書い, セサケ等でトア, セサル程, セサル吏僚カ国法ヲ無視シ国際条約, セシカ或ハ更ニ北方ニ移リテ今, セシメ且ツ巡洋艦ヲ新造シ, セシメ之ト同ジキ者ニハ右手, セシメ其残余ハ於菟類ヲシテ適宜ニ之ヲ分タシム, セシメ印度ヲ獨立セシメ, セシメ婦女ヲ犯サシメ切支丹ヲ流行シ, セシメ支那ヲ自立セシメタル後ハ, セシメ日本精華ニ基ク世界的常識ヲ養成シ, セシメ海軍亦東西ニ相分レテ英國艦隊, セジュー派の管長, セセリ食うおもしろ, セソテナヌ, セタガ大キニ, セタラ神ハ速カニ納受ガ有ロト思ウ故ニ云ウノダ, セタラ金十郎ハコワガッタ金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, セチリ河筋ピラカプト同フシコタン, セトー氏病の気味, セと云, セネガ人馬を得れ, セバットの鉄橋, セパナマ運河ヲ通過シテハワイヘ, セパート犬のよう, セビリつけば, セブラは, セブラオーソニイそしてダビツト, セブリをつづけ, セマン人いわく太古夫婦あれど, セマン人懐妊すると, セミン軍曹と部下四五人, セミン軍曹チチハル・ホテル主人ヤアフネンコ支那人ボウイ兵卒ロシア人の売春婦三人, セレナああフライベルヒ, セレナ旗太郎に劣る, セレナ様が, セレナ様貴方がたはたぶん, セレンガの花, セレンガ河の岸, セレーンな空気, セロスで湯, セワード総領事がワシントン政府, セツタ, セヲトセナセワガセ等の諸, セヴェールな, セの裏, セ候事ニて候, セ候所皆粟田口忠綱位の目利, セ候間御朱印ナサレ候様ニト言上ノ処, セ先生にはオ, セ其彈能中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, セ出サレ即チ播州, セ出サレ候向後相, セ出ダサレ八月十五日ヨリ十九日マデ諸手ヨリ搦メ捕ツテ進上サレ候分, セ別当と云いならわし, セ即ちマウント・カイラスの, セ参候然ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ, セ受ケテ申シ開キ相スム迄国元ニ蟄居シ, セ右申所の姦吏, セ在世中悪魔とは交際, セ分伊セ家, セ家竹二国家山桜家松新丁字松恵比寿増田福の家, セ寄せ餌を入れ, セの王, セ得ルモ速度ハ遅シ, セリ直政ニ蒐ル, セ我慢ヲシテ踊リ場デ休マズ, セ接吻デモシカネマジク頬擦リヲシテ, セ方等が僕, セ気の, セの姿, セ栽ルニ初メハ, セ申スト等シク日向守ガ備ヘヲバ突キ崩サレ一町バカリ引退ク処ヘ又, セ縮ム放ツトキハ忽チ勃起, セ耶蘇などだ, セらしい, セ蔵宿デ百七十五両, セ衰ヘテコレヲ戦場ニ駆ルモ, セ要塞に後退, セ話ハ実ニ, セ郵便来去忙シク電信往復忙シ, セ降参などは朝飯前, セ雪峰から台地, セヲ取