青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゴーリキイ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ガラッ~ ガラツ~ キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~ コゼット~ コップ~ コーヒー~ ゴム~
ゴーリキイ~
シ~ シナ~ シャツ~ ジャーナリズム~ ズボン~ セ~ ソヴェト~ チベット~ チャン~ ~ッ

「ゴーリキイ~」 1253, 14ppm, 8187位

▼ ゴーリキイ~ (398, 31.8%)

10 自分の 4 自分が, 非常に 3 彼の, 彼等の, 真面目な, 雪の

2 [28件] この下宿人, この屈辱, この新, だんだんこの, まだ若, ソヴェト同盟に, ボロの, 一九二三年に, 世界の, 出来るだけ, 却って生活, 合図の, 墓場の, 当時の, 彼等と, 或る, 既に盲目, 日本の, 波止場稼ぎを, 淫売婦や, 深い悲しみ, 生きつつ, 聞いた, 興味を, 若い時, 袋を, 製図師の, 誰かに

1 [312件] あった通り, ある境遇, あんなに, あんなに人間, いかにも彼, お払箱, かえって作家生活, がっかりした, きかされた, きっと, きょうの, きわめて複雑, こういう意味, こういった, こう書い, こっそり本, こっそり足, この別離, この労働, この労働者, この戯曲, この旅行, この時, この経験, この群, この頃, これは, これまでの, これらの, こんなに写真, さりとて蝋燭, ずっとふけ, そういう内容, そういう口笛, そうと, そこへ, その, そのとき六十五歳, そのよう, その中, その名, その屈辱的, その後汽船に, その時, その時代, その永い, その疑問, その継父, その詩, その通り, その靴屋, その頃, それとは, それに, それを, つつみかくすところ, つよく惹きつけられた, どこにも, どんな熱中, ながい歴史, なるほど虐げられた, はじめて資本家, はなはだしく動揺, はなはだ興味, ほんとにそんな, まざまざと, まったく大衆, もちろん労働者, わざわざ繰り返し, アメリカへ, イタリーに, オリガと, オリガとの, カザンへ, カザン市の, ケーテより, ゲーテなどとも, コロレンコに, ゴーリキイだ, シェークスピアゲエテなどと, セミョーノフの, ソレントで, ソレント生活の, ソヴェトに, ソヴェトへ, ソヴェト・ロシアを, ソヴェト同盟という, ソヴェト同盟の, ツァーの, デレンコフが, トルストイの, ナロードニキが, ニジェゴロドスカヤ県の, ニージュニの, ニージュニへ, ニージュニを, プーシュキンの, ベラゲヤを, ペテルブルグの, ペテロパウロフスクの, マカロニ箱の, ムソリーニは, ムッソリーニは, リュドミラの, レーニンによって, レーニングラードへ, ロシアを, ロシア革命史の, ロマン, ロマーシと, ヴァイオリンの, ヴァイオリンを, ヴォルガへ, ヴォルガ河の, ヴォルガ河を, ヴォルガ河通いの, 一九〇五年一月十九日の, 一九一三年, 一寸肩, 一層主人, 一工夫を, 一度ならず, 一枚も, 丁度ヴォルガ河, 主人が, 主人達の, 二十四歳に, 二十歳だった, 五十哥だけ, 五年ぶりの, 人を, 以上の, 伸子たちに, 伸子たちを, 低い椅子, 体を, 何とみるであろう, 何と素朴, 何も, 偉大な, 偶然の, 全く新しい, 八番の, 六十八年の, 六十四歳の, 再び因業, 写真が, 写真を, 初めてペテルブルグ, 初めて首都ペテルブルグ, 初めトルストイが, 初恋の, 労働者の, 勤労者の, 十一時頃不意に, 十月革命までの, 卒倒する, 卓抜な, 単なる一箇, 単に雌, 又製図工, 受けた, 口論しない, 台処の, 回想の, 塵芥の, 夜その, 大きくて, 大デューマ, 大事を, 大衆に, 天成の, 夫の, 女に対する, 女を, 好意的に, 始めて, 婦人が, 嫌悪し, 子供の, 学生の, 学生仲間で, 宙で, 実感をもって, 小学校を, 少しびっくり, 屋根へ, 屡々泥棒, 市場で, 帰って, 平常の, 店から, 当時を, 当時自分の, 彼らに対して, 彼を, 後年この, 後年当時を, 後年書い, 後年自分の, 心の, 思った, 思わずふき出し, 恋して, 恐らく自覚, 恐ろしい乱読, 愛するおばあさん, 感動からも, 感受性の, 感激をもって, 憲兵に, 手帖に, 持たなかった, 指物師であった, 描いて, 政治的活動を, 政治的移民として, 教会の, 教訓的な, 数人の, 既にロマーシ, 既に自分, 春に, 昼間の, 暫く黙っ, 書いた, 書物に対しても, 書記を, 最も混, 最初の, 月二ルーブリの, 朝から, 朝早く, 本が, 本という, 本を, 机に, 村を, 極めて健康, 次の, 次第に本, 正しい社会, 正義の, 歴史の, 死刑に, 母と, 水の, 汽船の, 波止場から, 波止場仕事を, 泣きたいよう, 深くこの, 灼熱された, 熱病に, 猛烈に, 率直に, 生きるため, 生活の, 生涯の, 生粋下層民の, 疾う, 皆の, 真直ぐニージュニ, 社会の, 社会民主党と, 祖母ゆずり, 祖父から, 祖父に, 祖父の, 私に, 笑った, 簡単に, 経済的, 綺麗な, 罪なく, 聴き草臥れる, 膝の, 自分だけを, 自分勝手に, 自制した, 自殺を, 船尾に, 若いのらくら, 若い時代, 苦痛と, 薪割りに, 裏海の, 見たの, 見て, 見上げるばかり, 詩の, 誠実な, 説明した, 説明する, 読書を, 農村に関する, 近づき始めた新しい, 遂にカザン市, 遂に大学, 過去において, 重苦しい反動時代, 鉛筆を, 銅器工に, 長篇小説, 間もなくイタリー, 非常な, 面白いという, 顔のよ, 顧みて, 骨骼の, 魅力を, 黙って

▼ ゴーリキイ~ (314, 25.1%)

21 心に 9 心を 4 作品の, 回想に, 心は 3 ように, 全心, 初期の, 生涯に, 生涯にとって

2 [29件] いうこと, ことを, 中に, 伝を, 作品に, 作家としての, 全生涯, 写真は, 回想の, 回想を, 地下室仲間は, 如何にも彼, 子供の, 小学生生活は, 心が, 智慧の, 気を, 漫画が, 生き方作家的経験から, 生活に, 生涯の, 目の, 知性の, 祖父の, 観察と, 話の, 話を, 頭の, 騒々しくて

1 [199件] あとを, あの小説, すべての, それと, どんなすぐれた, なじみ深い, まわりに, まわりには, まわりは, まわりを, ような, アカデミー入り取消し, イタリーにおける, ソレント住居時代に, ソヴェト訪問の, パン焼仲間は, ルバシカを, ロマンティシズムが, ロマンティシズムという, ロマンティックで, 一年六留の, 三人は, 不安な, 世界の, 両手を, 中で, 二十歳という, 亡くなった今日, 人生に, 人生は, 人生を, 今日までの, 仕事と, 仕事という, 似顔へ, 作品として, 作品は, 作品集レルモントフ詩集などが, 作風が, 個人主義的な, 健康を, 全体は, 全傾倒, 内部の, 写真を, 出る学生, 出現に対して, 出現は, 判断の, 前に, 功績が, 半生の, 原稿それから, 参加した, 同感を, 名は, 名を, 周囲に, 善意と, 回想的作品が, 困りはてた云いわけ, 声を, 多くの, 大きい肖像画, 天性に, 天質と, 失望と, 奔放な, 好奇心と, 宝の, 室の, 室を, 宿って, 小説の, 少年の, 少年時代の, 少年時代青年時代の, 居場所である, 展覧会の, 巨大な, 年を, 幼い心, 幼年, 幼年と, 幼年及び, 幼年時代によって, 幼年時代の, 幼年時代や, 当時までの, 影響の, 役目な, 後に, 心には, 心の, 心情に, 心持が, 心持にとって, 心臓に, 心臓は, 思い出に, 思い出を, 性分に, 息子が, 息子である, 息子とは, 感動的な, 感受性の, 成育の, 手を, 抵抗は, 持ち物を, 描く婦人, 敏感な, 文学が, 文学には, 文学的成果は, 文学的遺産の, 日々は, 旺盛な, 最大価値として, 最近の, 歩んだこの, 母親ワルワーラは, 気に入らない, 気紛れを, 気質にとって, 淡白な, 深い味わい, 温かくは, 父が, 物語は, 現実的な, 環境は, 生きかた, 生きて, 生活の, 生活及び, 生活環境の, 生涯は, 生涯を, 生涯を通じて, 疑問と, 病篤し, 発展の, 盛大な, 真似を, 真率でとりつくろった, 知った祖母, 短いこの, 研究を, 社会的実践によって, 簡素さと, 籠の, 精神には, 精神の, 精神は, 素朴な, 給料とも, 総体を, 職業は, 肚に, 肩を, 育ったこういう, 育って, 肺病が, 肺病は, 胸に, 胸には, 腹へ, 自伝的な, 芸術についての, 芸術家としての, 若々しく濁り, 若い希望, 若い心, 若い精神, 若かった, 若く激しい感情, 苦悩は, 荒い少年, 著作と, 薄灰色, 見聞きした, 観察に, 記憶の, 評伝を, 誇高い, 誕生に, 誕生六十年記念祭にあたって, 誠意に, 足元に, 鋭い心, 面目を, 頭へ, 顔と, 顔を, 風采という, 馴染み深い, 髪の毛を

▼ ゴーリキイ~ (186, 14.8%)

4 そこに, 自分の 3 ソヴェトへ, 五つの

2 [13件] もういず, 世界的であった, 出て, 実際の, 帰って, 彼に, 物心つく, 生れた時分, 腰かけて, 計らずも, 話して, 話しはじめると, 重病である

1 [146件] あのよう, あらゆる点, うまく木片, おこなった文化, かつて最も文化, こき使われて, この二つ, この作品, この科学, この舞台, これまで, これを, そこから, その時代, たのんだ, では何故, どうしてもその, どうして今日, どんなに今昔, なくたっ, はじめて本, まだ二十一歳, まだ女, もぐり込んだの, ものごころつい, イタリーから, インテリゲンツィアを, カザンで, カザンの, サモワールの, サーシャの, スタンドで, セミョーノフの, ソヴェト人民の, ソヴェト同盟に, デレンコフの, トルストイの, バラライカを, パリで, ペテルブルグの, ペテルブルグ市中の, レーニンと, ロシアに, ロシアの, 一九二三年に, 一九二八年の, 一番年若であった, 三十三歳の, 世界的に, 中篇小説において, 二ヵ月で, 二十哥握って, 五哥十哥を, 五年ぶりで, 亡くなった後, 人々の, 人民主義者の, 人生に, 人間生活を, 今まで, 今日まで, 伸子たちと, 何故クリム, 作家として, 作家の, 作家を, 作家的出発の, 偉いという, 偉大な, 入って, 再びソヴェト同盟, 再会した, 処女作, 勝手に, 勤労者としての, 十三の, 十五歳に, 十代の, 取交したあの, 周囲の, 善玉, 嘗て彼女, 困難な, 夜を, 大人の, 天成の, 女の, 婦人という, 子供で, 子供心に, 宣伝文を, 年ごとに, 幼年時代に, 彼の, 彼等に, 待って, 息子と, 愛して, 把握する, 折々心, 描き出したこと, 揺籃に, 政治的注意人物で, 故国で, 新進作家として, 既にロシア, 既に彼等, 昔から, 晩年に, 書いて, 最高であった, 朝磨かなけれ, 死刑を, 毎日目撃し, 民衆の, 民衆学生デレンコフや, 沢山かい, 波止場稼ぎを, 波瀾多い, 深い苦悩, 火を, 火傷を, 炉ばた, 現実と, 現実生活の, 生れた後, 生れる迄, 疲労で, 私に, 私の, 笑うと, 第一, 結核だ, 結核を, 自ら悟った, 自分では, 自分に, 自分達の, 芸術家風と, 若い労働者, 負けた金, 赤坊を, 起訴された, 返事しない, 階級性という, 非常に

▼ ゴーリキイ~ (82, 6.5%)

5 向って 3 云った, 会って, 目を 2 会ったの, 叫んだ, 或る, 発見された, 自分の, 訴えた

1 [56件] あっては, いまいましい思い, おくった, ささやいた, しろ一人, しろ前例, しろ或いは, しろ肉体的, すすめた, その鞄, ついて, どうしても馴染めない, なって, わかった, アンデルセンの, ナロードニキ達によって, 云ったよう, 云われて, 仕返しを, 伸子は, 余り強烈, 共感を, 写真を, 初めてカルタ, 勝手に, 反駁した, 噛んで, 堪え難く肉体的, 奇怪な, 婦人オルグを, 子供の, 屡々云った, 幅の, 影響した, 彼の, 彼等と, 彼等とは, 彼等の, 思い深, 愈々, 手を, 握らせ念, 最も強い, 湧かせるの, 物語って, 生きる力, 稼ぎが, 稼ぎの, 約束どおり製図の, 自由な, 見せたらば, 見せたら彼, 見せる約束, 話したの, 語るの, 近く又

▼ ゴーリキイ~ (77, 6.1%)

2 [12件] ひきつけなかった, 彼等流の, 怒鳴りつけた, 生えぬきの, 眺めた, 眺めて, 自分の, 誘った, 迎えたの, 追い越して, 除名した, 魅した

1 [53件] かっぱらいの, ここから, このよう, さし招く, して, その店, たしなめた, ついに放浪, とらえた, ひょろつかせた, もっとも重大, やって, よろこばせ自身, ペテロパーヴロフスク要塞に, 一層暗く, 一度は, 働かした, 喝采し, 強く感じた, 惹きつけた, 愛して, 愛し時々, 感動せしめた, 憤怒させた, 我らの, 打擲した, 抑え難い, 散々卑猥な, 更に立腹, 泊らせた, 無条件に, 焦立てた, 理解する, 発展せしめる, 目の, 眺めやがて, 立ち戻らせるため, 立腹させた, 苦しませ恐怖, 苦しめた, 苦しめ圧した, 見て, 見ながら, 見ると, 見詰めた, 記念する, 訪ねて, 説得した, 迎えるため, 頭の, 驚かしたこと, 驚かし羨ませること, 驚ろかせ

▼ ゴーリキイにとって~ (23, 1.8%)

2 従前とは, 悪夢の, 記憶から, 話したい打ちあけたい生活

1 [15件] このロマーシ, この雰囲気, これは, これらの, エフレイノフの, 不明であった, 切ない精神上, 忘れ得ぬスムールイ, 恥しかった, 文法であった, 明瞭に, 最も苦しい, 朝から, 決して楽, 苦しかった

▼ ゴーリキイには~ (22, 1.8%)

2 考えられた

1 [20件] こういう場合, この母親, この生活, これらの, その意味, その意義, なかなか出来ない, レーニンが, ロマーシの, 一人の, 今や本, 会って, 何も, 写真で, 分らない, 当時の, 有名な, 益々この, 自分が, 金の

▼ ゴーリキイ~ (17, 1.4%)

1 [17件] いえば, いわれた由, うつって, どこか, デレンコフとは, プレットニョフとは, ロマーシンとは, ロマーシンに, 一緒に, 会ったの, 何かの, 同じニージニ, 当時の, 本とを, 知識人との, 祖父の, 言われた作家魯迅

▼ ゴーリキイ自身~ (14, 1.1%)

2 にも感じられた, は知り 1 が, がこの, が嘔気, が想像, なかなかたくみ, のロシア民衆的, の個人的, の発展, の精神的飢餓, をそして

▼ ゴーリキイ~ (11, 0.9%)

2 これには, 勉強する 1 それは, ロイコ・ゾバールの, 加った, 始めは, 度胆を, 自分の, 製図道具と

▼ ゴーリキイとの~ (9, 0.7%)

2 接触が, 間に 1 交友は, 会話の, 性格の, 正当な, 間には

▼ ゴーリキイとは~ (7, 0.6%)

1 もうすこしで, 夜昼かわり番こに, 夜昼交代に, 店を, 深い恐怖, 百姓達を, 離れて

▼ ゴーリキイ~ (7, 0.6%)

1 からあんまり, からの帰り途, のとき, の一つ, は伸子, を見, を開いた

▼ ゴーリキイ~ (5, 0.4%)

1 アンナ・シーモヴァが, アンナ・シーモヴァの, ダビや, トルストイが, ロマーシも

▼ ゴーリキイという~ (3, 0.2%)

2 一人の 1 一九〇〇年代からの

▼ ゴーリキイとともに~ (3, 0.2%)

1 レンズに, 去ったチェホフ, 歩いて

▼ ゴーリキイに対して~ (3, 0.2%)

1 うちの, こういう表現, 時代の

▼ ゴーリキイに関する~ (3, 0.2%)

1 あらゆる資料, 夕を, 特別な

▼ ゴーリキイより~ (3, 0.2%)

1 三つ年下の, 二歳年下の, 十歳年上で

▼ ゴーリキイらしい~ (3, 0.2%)

2 批評を 1 飾り気な

▼ ゴーリキイ研究~ (3, 0.2%)

2 の材料 1 を一冊

▼ ゴーリキイ~ (2, 0.2%)

2

▼ ゴーリキイでは~ (2, 0.2%)

2 なくなって

▼ ゴーリキイにだけは~ (2, 0.2%)

1 会いたい心持, 会って

▼ ゴーリキイにとっての~ (2, 0.2%)

1 上役太っ, 上役料理番の

▼ ゴーリキイにとっては~ (2, 0.2%)

1 あの忘れ, 文法であった

▼ ゴーリキイによって~ (2, 0.2%)

1 始めて達せられた, 描かれた農村生活

▼ ゴーリキイに対する~ (2, 0.2%)

1 熱中が, 評価を

▼ ゴーリキイをも~ (2, 0.2%)

1 その店, 害した

▼ ゴーリキイ死刑反対~ (2, 0.2%)

1 の大, の運動

▼ ゴーリキイ芸術~ (2, 0.2%)

2 に於ける

▼1* [40件]

ゴーリキイからお前は, ゴーリキイきのこという大きな, ゴーリキイそしてフールマノフ, ゴーリキイそのひとは, ゴーリキイたちの店, ゴーリキイとが暮して, ゴーリキイとしてはレーニンの, ゴーリキイとしても要点を, ゴーリキイとを特別の, ゴーリキイのである, ゴーリキイなどをのぞいたら世界, ゴーリキイについて一時間特別講演を, ゴーリキイについての醜聞を, ゴーリキイに対しかたが, ゴーリキイほど人間らしくて, ゴーリキイほどの強靭な, ゴーリキイまでが読みたいと, ゴーリキイみんなそういう目, ゴーリキイを通して民衆的な, ゴーリキイガルシンアンドレーエフなどの作品, ゴーリキイ一人でなく例えば, ゴーリキイ処刑反対の大, ゴーリキイの入口, ゴーリキイ対手に話し, ゴーリキイ展覧会を組織, ゴーリキイと呼ばれ, ゴーリキイ歓迎のため, ゴーリキイ父子をそういう, ゴーリキイ特輯号のため, ゴーリキイ独特の, ゴーリキイ生きるために, ゴーリキイな地色, ゴーリキイは自分, ゴーリキイ自身これに対して闘い, ゴーリキイ自身物心づくとから, ゴーリキイ自身自分の全, ゴーリキイ記念の夕べ, ゴーリキイ賞レーニン賞等のほか, ゴーリキイとなった, ゴーリキイなと特徴