青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「られ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

らい~ らく~ ~らし らし~ ~らしい らしい~ ~らしかった ~らしく らしく~ ~られ
られ~
られず~ ~られた られた~ られない~ られなかった~ られぬ~ ~られる られる~ らん~ ~り

「られ~」 50650, 503ppm, 191位

▼ られ~ (35727, 70.5%)

2185 いる 1691 いた 1165 いるの 482 いたの 408 ゐる 394 しまった 383 いるよう 308 ゐた 297 あった 295 いること 270 いて 260 ある 251 いるが 239 来た 234 ゐるの 181 しまったの 174 いると 159 しまいました 157 いるもの 153 います 152 居る 151 いたが, 来て 146 いるという 131 いました 130 いない 129 来たの 127 あるの 122 きた 111 いるから 104 しまつ 102 あつた 99 しまって 96 いるので 94 いたので 89 いたこと 88 ゐたの 87 いるん, ゐるやう 86 行った 77 おります 74 しまう 72 いるところ 71 いたもの, 來た 69 居るの 66 いたから 65 ゐると 64 来る, 私は 62 いないの 60 ゐて, ゐるが, 居た 59 いるか 57 しまうの, 来るの 56 いたよう, いなかった 55 ゐること 53 行くの 52 彼は 49 みると 47 いった, 居ります 44 いたと, ゐるので 43 いるわけ 42 あって, いるし, いるに 41 行く 40 ありました, ゐるもの 37 いたという, くる 36 きて, 居たの 34 いるのに, おりました, 来ました, 行つた 33 おる 32 ゆく, 来たもの 31 あったの, ゆくの, ゐたが 30 くるの, それが, ならなかった, 了った 29 いても, いるその, それを, 見ると 27 いたん, いるらしい, ゐたので 26 いなければ, いるため, いるだけ, きたの, しまったん 25 いるかという, ならない, ゐます, 來る 24 あること, いたに, いますが, しまったよう, たまるもの 23 いないこと, 来たこと 22 あります, いるうち, いる人, いる時, しまったので, 来ると 21 いたし, いるこの, いるでは, いる事, 自分の 20 あるが, いないという, いるかも, いるそう, いるとは, しまふ, しまふの, ゐない, 居るが, 死んで 19 あったが, いましたが, おいでに, しまうと, しまつて, しまひました, 今は, 出て, 来たので, 行って 18 いなかったの, いながら, いる場合, 私の 17 いた時代, いる間, しまったが, そこに, ゐたこと, ゐました, 彼の, 行ったの 16 いるかを, いるけれども, いる自分, しまっては, それに, なりません, ゐるから 15 いないと, きました, 居るので

14 [20件] あつて, あるもの, いたところ, いるとき, いるとも, いる点, いる者, おりますが, ならないの, ゐたと, ゐたもの, ゐないの, ゐるか, 了う, 了つた, 今では, 居ること, 居ると, 行くこと, 行くよう

13 [13件] いくの, いるはず, いるばかり, いる人間, いる処, しまったこと, その上, びっくりした, ゐるといふ, ゐるん, ゐる事, 仕方が, 来たが

12 [12件] ありその, いたらしい, いるかの, いるであろう, いる筈, きたもの, ゐたから, ゐますが, ゐる様, 了ふ, 帰って, 気が

11 [19件] あったり, いたそう, いって, いるだろう, いるらしかった, おった, おるの, きたが, しまうよう, しまったから, ゆくよう, よい, 二人の, 他の, 家を, 居る事, 彼女は, 来るよう, 行きました

10 [28件] いたその, いたのに, いた頃, いったの, いては, いないから, いないが, いるあの, いるお, いるかと, いるならば, いるよりも, いる位, しまいましたが, しまったという, ゆくもの, わたしは, ゐるのに, 了って, 二人は, 居りますが, 居るから, 居るやう, 泣いて, 生きて, 行くと, 見れば, 黙って

9 [28件] あったこと, いく, いたか, いたはず, いたり, いないので, いないよう, いるだろうか, いるにも, いる大, いる女, いる様, いる男, ここへ, これは, しまいます, そこへ, ゐなかつた, ゐるところ, 何か, 居たもの, 居ます, 居りました, 居るもの, 居るん, 来たよう, 来たん, 身を

8 [44件] あったから, あったと, あると, あるという, いいの, いたお, いたかも, いたため, いた私, いた者, いますから, いるとの, いるものの, いる事実, いる作品, いる国, いる彼, おりその, おりますので, おりまする, かれは, きたこと, これを, さすがに, しまうこと, しまったと, その中, たまるもん, ゐても, ゐないやう, 人の, 半七, 堪るもの, 大阪へ, 始めて, 家に, 居るよう, 平次は, 急に, 息も, 来たと, 目を, 眼を, 顔を

7 [36件] あるから, あるに, あるので, いたであろう, いたならば, いないもの, いるくらい, いる人々, いる最中, いる現在, いる通り, いる限り, おりそして, ここに, これに, しまうだろう, しまえば, そこから, ゆきました, ゐたに, ゐたやう, ゐた事, ゐるかの, ゐるその, ゐる自分, 一人で, 容易に, 居たが, 居つた, 居て, 居る様, 来ます, 東京に, 町の, 身動きも, 非常に

6 [63件] あるやう, ある所, いたかという, いたせい, いたとき, いたとは, いたわけ, いるそれ, いるだけに, いるのみ, いる中, いる以上, いる所, いる時代, いる有様, いる様子, いる程, いれば, おらぬ, おりますから, おりまた, この家, ごらんなさい, しまうかも, しまうところ, しまうに, しまったのよ, しまったわけ, しまつてゐた, その家, それから, た, どうする, ならぬの, みれば, やって, ゐないこと, ゐながら, ゐましたが, ゐるし, ゐる筈, 今度は, 來て, 入って, 土蔵の, 居りましたが, 居りますから, 居る程, 帰った, 手も, 来ましたが, 殺されて, 母の, 私も, 自分が, 自分は, 行かなければ, 表へ, 見えた, 遊びに, 間も, 頭を, 首を

5 [99件] あったので, あるか, あるよう, いいこと, いいと, いきました, いくよう, いたけれど, いたろう, いた人々, いた人間, いた当時, いた程, いた筈, いた自分, いつまでも, いないで, いなかったこと, いましたから, いまして, いません, いようとは, いるある, いるいろいろ, いるかは, いるじゃ, いるらしいが, いる一つ, いる一人, いる人物, いる大衆, いる手, いる現実, いる私, おしまいに, おりまして, おりません, おん子を, お叱り, きたので, これが, しまうから, しまうん, しまつたのである, そこを, その夜, その日, それで, それは, それも, ならなかつた, ひそかに, まいりました, ゆくかという, よいと, ゐたのに, ゐるかも, ゐるだけ, ゐるとは, ゐるにも, ゐるばかり, ゐる時, 一つの, 一時は, 一緒に, 中には, 了ひました, 今日に, 喜んで, 多くの, 奥の, 女の, 家の, 居つたの, 居ても, 居なかつた, 居るに, 居る位, 左の, 心配し, 手を, 来たお, 来たか, 来たから, 板屋の, 此の, 死んだと, 江戸へ, 獄に, 私が, 秋の, 立って, 立派な, 終った, 自分も, 行つてゐた, 近所の, 遂には, 部屋の

4 [190件] あったもの, ありますが, あるばかり, ある筈, あわてて, い, いいだろう, いくこと, いずれも, いたかの, いたかを, いたこの, いたでは, いたほど, いたらしかった, いた事が, いた事実, いた場所, いた心, いた時, いた証拠, いた通り, いないに, いなかったから, いなかったが, いなかったので, いましたので, いますよ, いようと, いるあいだ, いるかが, いるさまざま, いるすべて, いるせい, いるといった, いるとおり, いると共に, いるほど, いるらしいの, いる今日, いる仕事, いる任務, いる例, いる光景, いる場所, いる形, いる彼女, いる文学, いる日本, いる次第, いる気, いる法則, いる物, いる若い, いる部屋, いる際, いろいろの, おいで, おっても, おりながら, おりましたが, おりましたので, おるが, ここまで, しばらくは, しまいそう, しまうか, しまうし, しまうもの, しまったでしょう, しまったに, しまったよ, しまったらしい, しまひさ, しまふだらう, しまふと, すぐに, すつかり, そこには, その人, その時, その男, どうかし, はいって, もとの, ゆかなければ, ゆくこと, ゆくとき, よいでありましょう, よいの, わずかに, ゐたかも, ゐたし, ゐた彼, ゐるに, ゐる事実, ゐる屋敷, ゐる最中, ゐる通り, ゐる間, ニューヨークへ, 一と, 一人の, 一度その, 一種の, 両手を, 中の, 二階の, 今の, 何の, 例の, 俄かに, 候, 僕の, 僕は, 八五郎は, 其上に, 前に, 参りました, 困って, 在る, 地獄の, 坐って, 夜は, 大勢の, 天に, 好い, 妙に, 娘が, 寝て, 居たと, 居たに, 居たん, 居た様, 居ぬ姫, 居るけれども, 居る人, 山の, 床の, 座敷へ, 廊を, 彼を, 往った, 後に, 後は, 心の, 息が, 愉快である, 或る, 手の, 敵の, 新に, 日本の, 暮して, 村の, 来たその, 来たという, 来なければ, 来るので, 歩いた, 気絶を, 父の, 男の, 男は, 町に, 私に, 私を, 窒息し, 糞に, 育って, 腹が, 腹を, 自分で, 自分を, 舟を, 衆人環視の, 行かねば, 行くうち, 行くもの, 行くやう, 行く事, 行ったが, 行ったこと, 行ったと, 行ったもの, 見に, 足の, 金五郎は, 青年は, 驚いて

3 [377件] あったという, ありそれ, ありましたが, ありましたので, あるかと, あるきり, あるそう, あるその, あるところ, あるなり, ある襖, あれ知らぬ, いい, いきます, いその, いたかと, いただけ, いたにも, いたほどの, いたものの, いたよりも, いたらしいが, いた事, いた事は, いた人, いた位, いた大, いた子供, いた彼, いた彼女, いた折, いた時分, いた水, いた男, いた結果, いた部屋, いた間, いっしょに, いつた, いないし, いないため, いないのに, いない場合, いない時, いない点, いなかったと, いなくては, いましたけれど, いましたし, いますね, いますので, いやな, いよ, いようなどと, いるだけの, いるとか, いるとしても, いるなと, いるのね, いるばかりか, いるふう, いるほか, いるよ, いるより, いるらしいこと, いる一定, いる一方, いる一種, いる上, いる両手, いる之, いる二人, いる人たち, いる今, いる作者, いる口, いる問題, いる土地, いる多く, いる大きい, いる大きな, いる女らし, いる女性, いる娘, いる家, いる家庭, いる小さな, いる小説, いる少年, いる当人, いる御, いる手紙, いる文章, いる最も, いる歴史, いる気持, いる生活, いる由, いる相手, いる社会, いる訳, いる証拠, いる責任, いる資本, いる身, いる部分, いればこそ, うれしいの, おったが, おったの, おまけに, おらずまた, おりしかも, おりそれ, おりますの, おりませぬ, お島, きたこの, きたと, きたよう, くると, ここの, こちらへ, こっちへ, このよう, この上, これも, こんどは, こんなこと, さきに, さへ, さやさや風, されば, しまいこの, しまいには, しまうお, しまうであろう, しまうでしょう, しまうので, しまったそう, しまったもの, しまった形, しまっても, しまつた, しまふので, しまふやう, しまわなければ, すこし元気, そこい, その下, その利器, った, どうにも, どこかへ, どことも, どこへ, なければ, なりませんでした, はじめは, ひろ子は, ほんに御門, やつと, ゆくという, ゆくところ, よいこと, よいもの, よかった, わたくしは, ゐたといふ, ゐたらしい, ゐた時代, ゐた為, ゐた私, ゐては, ゐなければ, ゐるかを, ゐるけれども, ゐるよりも, ゐるらしい, ゐるらしかつ, ゐる一人, ゐる人, ゐる人間, ゐる処, ゐる小説, ゐる樣, ゐる物, ゐる私, ゐる者, ゐる話, ゐる部分, ハッと, フラフラと, 一座の, 上野の, 下に, 世の, 中へ, 主人の, 了いました, 了うた, 了うのが, 了うのである, 了つたのです, 二人とも, 人に, 人も, 人民の, 今でも, 今まで, 今も, 今宵も, 今度こそ, 今日の, 今迄, 仕事の, 仕方なし, 仕舞った, 仕舞ふ, 住んで, 何う, 何だ己, 來ました, 俄に, 俺は, 僅に, 元の, 光彩を, 六三郎は, 其処に, 別の, 午後の, 半死半生の, 参って, 反って, 取越しの, 口を, 古綿, 吉や, 土と共に, 土に, 塀の, 声も, 外に, 夜の, 夜も, 夢の, 天国へ, 奧の, 女を, 妙な, 姿を, 娘は, 子供を, 小坂部は, 居たり, 居た事, 居ました, 居るさ, 居るでは, 居るよりは, 山に, 山へ, 帰つて来た, 平次の, 平次も, 幾度か, 庶人と, 彼が, 彼らは, 彼女が, 彼女の, 後から, 後には, 得意に, 心に, 怪我を, 悲鳴を, 我に, 我れ, 我を, 描かれて, 散々な, 斯う, 日本橋の, 早や, 最後の, 朝から, 木の, 本を, 本当の, 机の, 来たあの, 来たとき, 来たやう, 来た事, 来た人, 来た家持, 来た彼, 来た男, 来た自分, 来つつ, 来てから, 来ましたので, 来るから, 来るでは, 東の, 東京へ, 栄之, 梯子を, 棚おろしでも, 森の, 正太さん私は, 武蔵は, 歩いて, 残って, 殺されたと, 気を, 氣が, 汽車に, 海中へ, 涙が, 満足に, 灯の, 無理に, 燃えて, 父と, 父親の, 物別れに, 猫の, 田舎へ, 町を, 畳の, 病院に, 病院へ, 目の, 相手の, 相手は, 神の, 私達の, 米友が, 縁側に, 自殺した, 自由に, 苦役に, 荊州へ, 虜に, 行きつつ, 行くという, 行くので, 行く女, 行く時, 行く有様, 行く自分, 行ったその, 行ったに, 行ったよう, 行った先, 行つたと, 行つたのは, 見える, 親父は, 誰が, 警察へ, 踊りの, 返事が, 逃げ場を, 都へ, 酒を, 針を, 鉄の, 長崎に, 雪の, 電車で, 電車に, 風に, 馬鹿

2 [1253件 抜粋] あたりは, あったならば, あとは, あの恐ろしい, ありそれら, あるかを, あるし, あるでは, あるほか, ある一枚, ある事, ある大きな, ある小さい, ある山家, ある葛籠, ある鏡, あんなに高い, いいやう, いくところ, いたけれども, いたそれ, いたといった, いたばかり, いた一つ, いた上, いた以上, いた全国, いた名残, いた婦人, いた所, いた日, いた様々, いた母, いた盗賊, いた第, いた語, いちゃあ, いったよう, いつて, いないこの, いないでは, いないらしい, いなかったならば, いやしない, いようとも, いるあなた, いるうえ, いるからと, いるからの, いるそれら, いるといふ, いるどころ, いるなど, いるふたり, いるもう, いるらしく思われた, いるんで, いる三年間, いる世界, いる作家, いる先生, いる別天地, いる努力, いる吾, いる品物, いる地点, いる場面, いる夫, いる始末, いる宮本顕治, いる山, いる建物, いる形勢, いる悲し, いる感じ, いる我が身, いる所以, いる捕虜, いる文化, いる日常, いる時間, いる柱, いる機械, いる沢山, いる為, いる父, いる現象, いる男女, いる神様, いる笠原, いる紙片, いる背中, いる自由, いる行為, いる評論, いる説, いる貨物, いる身の上, いる重圧, いる雪, いろいろな, うまくそれ, おずおずと, おったと, おって, おらなかった, おり, おりましたその, おります私, おるそう, おろうとも, お勢, お延, お留守, お蝶, かがやくであらう, かれの, がんりきが, きたに, きた日本, きます, くること, くるもの, こちらの, この人, この新, この話, これらの, し, したが, しまいその, しまいましたわ, しまいますでしょう, しまい私, しまうた, しまうて, しまうほど, しまったかと, しまったねえ, しまったんで, しまつては, しまふが, しめつけられて, しょうこと, すること, そうしてその, そして, そして其の, そのとき, そのま, その兄, その後で, その経験, その都度空中, それこそ, それだけに使い, それによって, それらの, たまらない, だれが, とうとうお, ときどき快活, なくなって, なにを, ならなくなつ, のけ反りました, はじめて我, びつくりし, まいったの, みんなで, もって, やがては, やっと, ゆくうち, ゆくその, ゆくやう, ゆく姿, ゆく途中, よく見る, わるいよう, ゐたあの, ゐただけ, ゐたとは, ゐたわけ, ゐた様, ゐた酒, ゐないと, ゐなかつたやう, ゐませんから, ゐるかは, ゐるこの, ゐるだけの, ゐるらしいこと, ゐる一艘, ゐる不思議, ゐる作品, ゐる場合, ゐる時代, ゐる様子, ゐる歌, ゐる牢屋, ゐる蝶, ゐる身, ウトウトし, ガバと, シドチに関する, タジタジに, フト顏を, 一の, 一冊の, 一同は, 一度行った, 一方は, 一旦は, 一本買つた, 一窓庵へ, 一週間ばかり, 三つに, 三人を, 上から, 上京した, 下の, 不動明王の, 不思議な, 与えられて, 世間の, 丘の, 中空に, 了い, 了つて其上に, 二条の, 二階に, 五郎さんとしては, 人々は, 今この, 今日では, 今日まで, 仏壇の, 仕事を, 仕舞つた, 仙台へ, 以来は, 仲, 伸子は, 体よく, 何とも云え, 何事も, 何度も, 保守派より, 候ぞ, 傷んで, 兄の, 先方が, 光って, 入口に, 全体が, 其の言動, 兼輔は, 冷めたい距離, 出たの, 出る事, 出來, 初て, 初めて, 前の, 加藤高明に, 動かなかった, 動くところ, 包み兼ねて, 卑怯な, 厭, 厳重な, 友之助の, 口の, 叱られて, 右手で, 吉次郎は, 同じ姿, 味方の, 命を, 哀れなり, 唯五六通に, 喬生は, 困るよう, 國に, 土藏の, 坂の, 垣根に, 壇上に, 変な, 夜が, 夢を, 大に, 大事な, 大将は, 大怪我, 大阪の, 天の, 夫れで, 女は, 好いだろう, 好いの, 妻は, 嬉しかつ, 子供の, 安心し, 宿へ, 将軍家へ, 小さく堅くな, 尻尾を, 居たので, 居た位, 居つたから, 居つたもの, 居ない筈, 居なければ, 居らぬ, 居りその, 居るかと, 居るのに, 居る奴, 居る寒霞渓, 居る此, 居る間, 市長の, 帰ること, 平作は, 平生の, 幼稚園へ, 幾分か, 店の, 庭の, 弟の, 当時の, 彼に, 彼等は, 後ざま, 御泉水, 心が, 思ふやう, 急いで, 恥かし, 悪い気持, 感心する, 我にも, 戸を, 扉の, 手ずれを, 手術を, 折角の, 捨てるか, 散々に, 文字春は, 断崖の, 方々へ, 早くも, 昭和の, 更くる, 最初は, 有志の, 朝八時頃から, 本来の, 札幌の, 来たところ, 来たわけ, 来た人間, 来た様, 来た私, 来た路地口, 来ても, 来るん, 松村も, 校長先生の, 梶原源太が, 椅子の, 樹と, 機嫌よく, 歇む, 正当の, 死にました, 死んだという, 死んだ師匠, 残りの, 殺されたもの, 母娘は, 江戸の, 池の, 油を, 泣いたり, 洗礼を, 流れて, 浪路は, 消えて, 渋谷の, 湯気を, 溝口医師は, 滅多に, 灸を, 無性にやるせない, 然るべし, 煙草を, 牢屋を, 物凄さ, 狐の, 玉藻は, 生まれて, 生活し, 生長した, 田舎廻りを, 町人は, 留置され, 疑ること, 発見された, 皆の, 盗賊役人だ, 目黒の, 相客が, 真赤に, 着物を, 矢鱈に, 砂を, 神々しくも, 科学政策を, 空を, 窓から, 立ちも, 竜之, 竹矢来の, 笹村の, 米友は, 素直に, 終う, 緑色の, 縄の, 置かれて, 美しいお, 美には, 義政公に, 聴かぬ気, 腋の下に, 自分から, 自動車に, 舞ひ, 船の, 若い女, 苦い顔, 英詩壇に, 茶呑茶碗の, 落ちて, 蘆の, 血が, 行かざるを, 行きます, 行くはず, 行くわけ, 行く中, 行く男, 行ったん, 行っては, 行つた事が, 表の, 西久保高力家上屋敷の, 見て, 見物旁上京した, 親の, 話を, 諸国の, 謹厳に, 豹一は, 貴君は, 跡を, 身も, 身体を, 車の, 近づくこと, 退屈し, 逃げるところ, 逃走した, 連れて, 運ばれて, 金の, 釣に, 鏝の, 長崎の, 陽の, 雨の, 青い袂, 面白い, 頭が, 頭の, 顔の, 風の, 飛騨の, 飯の, 首が, 馬の背に, 馬鹿な, 驚いたが, 髪を, 魂を

1 [12473件 抜粋] あ, あたら丸髷, あったニッケル, あった砂金, あつたらしくその他, あの時一寸, あらゆる歓待, あり五十万, あるこの間, あるんぢ, ある以外, ある奇怪, ある書物, ある男, ある詩, あれ, いいました, いきなり, いく時, いたあいだ, いたでしょうね, いたらしい形跡, いたサヨ, いた三七七八米突, いた余, いた劉岱, いた呼吸, いた大衆, いた実家, いた島津道鑑, いた恐るべき, いた新, いた根本, いた点, いた痛切, いた純粋, いた苦痛, いた足利, いた陰気, いったぎりもらいに, いつも一番, いない一つ, いない文化, いない金魚, いなかった鉄則, いますかしらん, いやおうなしにその, いらっしゃいましたが, いるお話, いるすべてそれら, いるとさえも, いるぶつ切り, いるらしいなんて, いるらしく見えた, いるコリンス方面監察, いるヒミコ, いる一, いる下町風, いる事件, いる今度, いる保護, いる写実, いる北条時政, いる各種, いる囚人, いる夜空, いる如く, いる実家, いる少数, いる延暦寺, いる怪し, いる手先, いる文学上, いる時刻, いる木箱, いる榛名火山, いる民種改善, いる灌木, いる獄屋, いる疑問, いる瞼, いる窒息, いる紡織仕事, いる耳元, いる若, いる装飾, いる誠, いる賃銀, いる銃, いる雑炊鍋, いる願望, いろいろ相談, うつかり立ち止りました, うんざりし, おしあわせ, おのずからなる, おらず古い, おりおり本田, おりまするかのう, おり左手, おるだけに, おればこそ, お前は, お座, お粂, お里婆やが, かく秀吉, がらがら震え, きた入り口一つきり, きた猟犬, きてから, くるしいが, けがを, ことしも, この上なに, この山, この花, これから西, こんな返事, さけぼうにも, さらに日本, しかもそれ, しっかと押えつけられ, しまいある, しまい命からがら, しまうよと, しまったそして, しまった今夜, しまった身, しまはないか, しまへば, じりじり苛ら, すっかり泡, する死ぬ覚悟, そうして窮迫, そこは, そちらに, そのほとんど, そのハライセ, その前, その女性, その後について, その末席, その目的, その要求, その領内, それでいて抵抗, それにも, たいへん御馳走, ただ美しい, ために, ちょっとした金額, ついに探索隊, つまらないわ, で私, とうとう駄目, どうかする, どこまで, どんな人間, なかへ, ならんが, なんらの, はいようが, はっきり分っ, ひだの, ひよろひよろに, ふらふらと, ほとんど十年振り, まいったこと, ますます紅く, また悄々, まだ癒えきらぬ, まんざらで, みんなが, もう一日, もと覚悟, やがて起ろう, やはり富吉町, ゆかれて, ゆくよさ, ゆく所, ゆとりの, よかれ悪しかれ物議, よそながら捜, れいの, わるい気持, ゐたなら二, ゐた卵, ゐた方, ゐた窮屈, ゐないけれど, ゐなかつた頃, ゐるかが, ゐるべき筈, ゐる一種, ゐる光景, ゐる如く吉井勇, ゐる思慮分別, ゐる此の世, ゐる男達, ゐる腹いせ, ゐる跛, アブラを, ウームと, ガンと, グウの, シマ蛇で, セツルに, デーツコエ・セローの, ノブちゃんは, ビックリしたらしい, プリューメ街に, マア何と, ラヂオを, 一つは, 一八九七年トリエステにおける, 一太刀斬りつけられた, 一応事情, 一段と有名, 一藩一身の, 七月に, 三四郎は, 三組売る, 上顎の, 不安の, 与えられたよう, 両眼失明, 丸の内の, 乗る人, 了いなれや, 了わ, 二三里も, 二度ほど, 五六日を, 亡され, 人気者に, 今に, 今苦役中, 仕舞つて土は, 以来という, 以来諏訪家の, 会員の, 佐野は, 何もかも告げ, 何等の, 使わないよう, 便所に, 倒れる敵, 僅かばかりの, 先ず一杯, 入りし, 全身が, 六年越奉公を, 其の方, 其抱負を, 円い光, 冬は, 出た東北, 刀を, 初めて僅か, 初歩の, 前後も, 力に, 動かなくなって, 勢好く著, 十メートル位から, 千仞の, 半身の, 危険に, 参った次第に, 又邪魔, 取殘, 可憐で, 合せた手, 同時に十五等出仕, 吹き抜けること, 命からがら江戸, 唐桟の, 喜多床の, 四日も, 固い決心, 土地でも, 地下室の, 城下の, 塵一本も, 売付ける石膏, 多くは, 夜通し眠れない, 大きな行列, 大塔宮様を, 大正昭和の, 天下一の, 太政官その他の, 奏樂する, 女主人公, 妹よ, 婆さんが, 子供まで, 宇治橋の, 定めの, 実際この, 家事不, 寄宿寮に, 寧ろ気の毒, 尋問せられた, 小宰相, 小藤次, 少し多く, 尾久の, 居た各自, 居た色調, 居ないこと, 居や, 居り其の, 居るとさえ, 居る卑俗, 居る様子, 居る鳥達, 山また, 岩氏は, 左まで, 市中一円を, 帰ったの, 常人の, 年久しい, 幾年か, 店から, 延暦元年まで, 弘法までさえ, 弾かれた, 彼には, 後へ, 後頭部に, 御不勝, 御辭儀, 心持動いたげ, 快活かくの, 思いの, 思わずよろよろと, 怪しまれて, 恙なく, 悄気かえり, 悪人や, 惱んで, 感に, 憤然として, 我々の, 戦死した, 手放そうとは, 投げ捨てられること, 拝跪し, 捕へられ三宅島, 撃ち殺されたの, 敗走の, 整列する, 料亭へでも, 新十郎, 旅籠屋の, 日本でも, 昇った, 映し繪, 時々桐, 暗い廊下, 曲りました, 最初の, 朝夕枕もとに, 本丸の, 村人を, 来たそうです, 来た今日, 来た子供等, 来た日本固有, 来た種々, 来た階級意識, 来ようとも, 来る亡者, 東京市の, 林に, 柵壁を, 梢に, 楊は, 樫の, 歌いなおされて, 此れで, 歩きま, 死ぬか, 殆ど眺望は, 殺されるといふ, 毒流しを, 氣狂ひのやうにな, 氷屋の, 決して平, 治療させられた, 泣きたくなって, 注射を, 流行唄にさえ, 海岸へ, 淡い涙, 済まないこと, 満々と, 演じたが, 澤は, 為に, 無理やりに, 焼かれはじめたとき, 燃え上りました, 片頬, 物蔭につれ, 独り憤激した, 玄関に, 現在に, 甚伍左の, 生死も, 甲府の, 留守居したであろう, 病後の, 登場し, 白縮緬組の, 目まいが, 相済まない, 眠ったが, 矛盾の, 硬い胸, 神尾の, 私達兄妹を, 穴ばかりに, 窮命し, 立身出世する, 第二波止場, 米倉の, 紙入れの, 終わるもの, 絶えず束縛, 編物も, 罪を, 美春は, 老母の, 肉体も, 胃痙攣を, 腑抜けと, 臥せって, 自動車が, 自身番へ, 船底に, 花火の, 若者は, 苦笑せず, 草深さ, 落ちつく先, 薄暗い板敷, 虚子氏なども, 血流れ出, 行くいろいろ, 行く信念, 行く気, 行ったです, 行った道順, 行ど, 裁判を, 要路の, 見るさえ, 見苦しい様, 角藤も, 評定所の, 読んだの, 諸葛孔明, 象は, 賤しい, 起ったの, 蹣跚いた, 車井戸の, 輝いて, 近くで, 迷いに, 退出しました, 逃げ出して, 途中風呂敷包を, 進退の, 運転を, 遠くまで, 郡立刑務所へ, 酔醒の, 野毛山の, 鈴木主, 鎮江の, 門前に, 間もなく布教長フランシスコ・カブラル, 限りない, 隔ての, 離れる事, 電機学校に, 青笹川を, 音羽の, 願書は, 食代を, 首の, 駆けつけて, 高く売りつけられる, 魏の, 黒いもの

▼ られては~ (971, 1.9%)

24 ならない 15 困ると 13 いない 12 いるが 11 大変だ 10 いたが, いないの, ならぬ, 困る 9 たまらない 8 ならないと, 大変と 7 いけないと, ならぬと 6 一大事と 5 いけない, いなかった, いなかったの, どうする, 仕方が, 大變, 如何, 甚だ迷惑

4 [12件] それこそ, たまりません, 困るから, 困るという, 堪ま, 堪らない, 堪らないと, 大へん, 大変です, 工合が, 私も, 面白くない

3 [21件] いかがです, いたけれども, いましたが, いるけれども, さすがに, たいへんだ, たまったもの, どうです, ならないこと, ならないの, ならんと, ゐないの, 何にも, 何の, 困ります, 困るので, 如何です, 成らぬと, 敵わ, 私の, 黙って

2 [56件] いけないの, いけません, いずペン, いたけれど, いても, いないが, いないだろうか, いないはず, いるの, おしまいである, こっちの, しないかを, たまらぬと, たまるまい, てれて, どうかと, どうじゃ, どんな義理, ならないという, ならないもの, ならぬ知られては, ならんから, なりません, やりきれない, ゐない, 一大事だ, 三宝鳥も, 代々武道の, 叶は, 叶ひません, 困るもの, 堪らぬ, 堪らぬと, 奉公の, 如何か, 小堀家が, 居なかつた, 山への, 平次と, 御代々, 御代御代の, 御米, 恥の, 悪いと, 悪いもの, 悲しくなる, 手も, 明日は, 町人の, 自分の, 誠に困る, 身の, 都合が, 間誤つく, 面倒である, 駄目である

1 [548件 抜粋] あたいの, あっても, あの仲間, あの柳生, あば, あんなつらい, いかが, いかがでございましょう, いかな, いかなる名論, いかに気負い, いかん, いかんと, いかんとも, いけないかう私, いけなかった, いずさがって, いた, いたの, いたもの, いつまで, いないから, いないくらい, いないだろう, いないだろうし, いないという, いないよう, いないん, いない与えられて, いない彼, いない通り, いなかったか, いなかったかという, いなかったが, いなくて, いぬ宮, いまいと, いませんけれど, いませんでした, いまにこうした, いまや欅, いやです, いやどうも, いよいよ捨て置かれなくなった, いよいよ面倒, いる, いること, いるに, いるものの, うるさい, うるさいだろう, おおいに困る, おしまいだった, おた, おたがいによく, おれは, お前も, お園, お家の, お巡りさんも, お納戸, お顏, かたじけなくも, かなは, かなはん, かならず異変, かなりうるさい, かなわない, かなわぬという, かなわねえこれ, かなわん重役ども, かよわい貂蝉, げんなりし, こちと, こちや困る, こちらも, この七日間, この儘, この問題, これへ, これほど, これまでの, これも, こんな姉, さしも鎖甲, さすがの, しまうの, しょげるより, しようがない, すでに幽明さかい, すべての, すまい, すまいか, せっかくの, せわアねえ, そう思う, その乞い, その国書, その幻, それまで, それも, たいへんです, たいへんと, たいへんな, ただただ迷惑, ただ気の毒, たちまち又, たちまち閉口, たまったもん, たまらないから, たまらないもう, たまりますまい, たまりませんな, ちと迷惑, ちと都合, ちょっと防ぐ, ついに知事, つてお, つねにその, つまらない, とうていやり切れなかっ, とても我慢, とても抱え, とても生き, とても罪, とても落ち着い, どうか, どうした, どうしたら, どうでしょう, どうに, どう身扮, どんなもの, どんな船, ながく魂, なくして, なにも, ならじと, ならないから, ならないが, ならないこの, ならないとさえ, ならないので, ならないよう, ならない名, ならない問題, ならない点, ならない煩悩, ならなかったそう, ならぬから, ならぬが, ならぬこの, ならぬの, ならぬ事, ならぬ品, ならぬ要点, ならん, ならんあなた, なりますまい, なんぼ武蔵, ばからしきくらいに, ひとたまり, ひと騒動もち, ふしぎそうな, ふは, ほとほと手段, ほんの少し, まごついた, またいけない, また困る, また水面, また飛び出す, みすみす自分, もうかんべん, もうしりごみ, もうそれ, もうどうする, もうどうにも, もう一刻, もう下界, もう手, もう拒み能わぬ, もう是非, もちろん面倒, やわな, ゆめなりませぬ, よくないでしょう, よけい虫, わざわざ乗り, わしは, わたしも, ゐても, ゐないのに, ゐなかつたやう, ゐながら, ゐまいと, ゐる, ゐるが, オヤジも, チャップリンも, チャンスを, ヒガマざるを, ブチ壊し, ホテルにも, 一分も, 一大事, 一揆または, 一方ならず迷う, 一日二日の, 一言の, 下らないと, 不可とも, 世間への, 主税としては, 事です, 事面倒に, 二の句を, 二十年目に, 二度目の, 二言が, 京橋近い, 人民の, 人種も, 仇は, 今度は, 今更何, 仕方ない, 付近の, 令嬢達も, 企んだ狂言, 会社としては, 伝八郎恥しゅう, 何う, 何うし, 何かに, 何事も, 余の, 來ません, 侍臣花山院師賢卿へ, 価値が, 信じないわけ, 俺も, 傍が, 兎ても, 全くどうする, 公儀に, 其分に, 具合が, 内外の, 出さないわけ, 初めて西, 到底じつ, 勘定に, 勿体なくも, 化の, 十五六分しか, 半兵衛は, 協は, 危なくて, 危険で, 危険であった, 厄介だ, 口を, 可哀想だ, 叶いません, 君に, 否応も, 周囲の, 味噌部屋へ, 味方の, 命令に, 商売の, 回天の, 困ったなあ, 困りますけれど, 困りますね, 困ります帰って, 困ること, 困るし, 困るそれとも, 困るであろう, 困るでしょう, 困るねえ, 困るもう, 困るわね, 困るんぢ, 困る何物, 困る君, 困る場合, 困る硬骨, 困る者, 土の, 土佐に, 堪ったもん, 堪らない心持, 堪らぬだらうと, 堪らぬ強制, 堪りません, 多少お答え, 大分僻易らしい, 大変じゃ, 大変である, 大変な, 大義を, 失礼だ, 如何でござる, 如何な, 如何に, 如何先ず京中, 妖怪, 宜からぬ如き, 実に堪, 家中の, 家康も, 容易なら, 寄席などに, 實は, 将軍家を, 少しくら, 居ない, 居ながら, 居らず, 居られ無い, 居りますが, 居りません, 居りません夏, 居るが, 巌は, 差向きこまる, 市之助も, 庶民訴訟出来の, 弱るからな, 弱るよ, 強ひ, 当人納まらないだろう, 彼は, 征夷大将軍に, 後々まで, 後に, 後鳥羽上皇の, 御かばね, 御不興気, 御健康, 御子の, 御尊父様, 御挨拶, 微笑み老人, 心何ものも, 忌々しいもの, 恐縮です, 恥ずかしいと, 恥辱, 息を, 悪い, 悲しいので, 我慢の, 所在が, 手術が, 折角の, 拾われその後二, 捨置に, 換えが, 損だ, 放善坊, 教育課長も, 敵う, 敵手に, 断然拒む, 日さえ, 旧例に, 是非も, 普化宗の, 最早取付く, 最早男, 有難くねえ, 東京市民が, 東西も, 櫂を, 此の, 此方が, 此方の, 死んでも, 残念な, 残念ながら, 殘念な, 殿村の, 母に, 気の, 気の毒である, 気忙しいから, 汗顔の, 河内の, 泊る気, 浮ばれぬ, 消えて, 済まんと, 満足出来なかった, 溜つたもの, 溜まらない, 溜まりません, 溜まりませんからね, 溜らないと, 無一文の, 無益に, 父君にも, 物騒でなりません, 特使の, 猶々夢, 猶更, 甚残念である, 生きて, 生きながらの, 甲谷とて, 申し訳が, 申訳が, 男の, 疑はれは, 病人も, 病体で, 痛しかゆしです, 痛み入ります, 痛み入りまする, 癒えざる痍, 百に, 盲人である, 直接と, 相成らぬと, 相手が, 真白に, 眼の, 着物が, 矢張私は, 砂馬を, 私が, 窮屈で, 窮屈で堪らない, 立つ瀬も, 竹は, 第一声が, 結局当, 絞られる時, 罰が, 考へなくては, 聞きにくいこと, 肝が, 致し方ございませぬ, 芝居を, 若いもの, 苦しき御, 落ちて, 落胆します, 蒲團の, 蓋を, 藤原季房ならず, 虎の, 行きますけれど, 行くところ, 行処の, 要するに凡て, 見るも, 覚える事, 親兄弟, 角が, 試されるの, 誠に夜廻り, 誠に面白く, 誰が, 誰だ, 誰でも, 謝罪を, 近く侍従を, 返らぬ日, 迷惑する, 迷惑だ, 逆臣左馬頭直義の, 適は, 酒が, 酒の, 野垂死する, 釣る人, 長安へ, 間違ひます, 関羽も, 防ぎの, 降参する, 難かしい, 靈長教の, 非常に, 面くらって, 面倒だ, 面倒と, 面倒也早, 面白くなかった, 面目次第も, 面目次第もござりませぬ, 顏が, 飛び揚って, 飽きて, 駒井が, 驚かなければ

▼ られても~ (961, 1.9%)

19 仕方が 9 それは, 少しも, 私は 6 しかたが, それを, 平気で, 彼は 5 い, いる, それが 4 いいの, いたの, 自分の 3 いい, いいから, いた, すぐに, よろしい, 一向平気, 知らない事, 私には, 黙って

2 [49件] いいが, いいと, いない, いなかった, いねえが, いるの, お前は, お道, これは, すぐには, それでも良妻, それに, た, なおその, ひそかに, びくとも, まんざらでないらしく, やむを得ないもの, よいと, よいの, よかった, よかろう, わたくしは, 一向無, 今の, 仕方の, 他人の, 何か, 何の, 勘次は, 口を, 否やは, 娘は, 容易に, 弁解の, 或る, 文句を, 本来の, 止むを, 此の, 焼かれても, 相手に, 矢張腹が, 簡単に, 貶されても, 返事も, 返事を, 返辞を, 閉口だ

1 [739件 抜粋] あくまでも否認, あたしには, あたりまえの, あなたは, あまりな, あるいはまた古格, いいであろう, いいでしょう, いいという, いいよう, いい位い, いい誰, いかなかったの, いかに無念, いず地位, いず彼, いたから, いたけれども, いたずらに一つ所, いたもの, いた折, いちばいお, いっこう差支えない, いったんマゴコロ, いつもたわい, いつも自分, いないし, いなかったし, いなかったので, いました, います, いるが, いるしね, いるん, うどない, おいでに, おくちか, おたがい, おどろくよう, おめおめと, おれの, お前さんの, お前にだけは, お四歳, お手, お松を, お構いに, お止め, お請け, かえってくすぐったい, かまいませぬ, かまや, かまわないか, かまわないから, かまわないけれど, がまん出來る, きょうの, くる, けっして飢え死に, こいつばかりは, こっちは, こなかったに, この両, この先生, この身, この通り, これが, これぐらゐに捌けね, これほど, これまでの, ご自身, さからうでも, さしつかえないと, さしつかへ, さしつかへの, さて実行, さのみ, しかし青年たち, しかたの, じっとし, じっと俯き, すまして, そうたいして害, そうやすやすと, そう痛, そこから, そこには, そのもと, その儀, その前提, その墓標, その多数, その大体, その子供, その時, その武蔵, その瞬間, その精神, その罪, その若い, それだけは, それでも平気, それまでに, ただその, ただ何, ただ微笑, ただ日にあたり, ただ社会制度, だまって, だめです, ちやんと, ちょっと飲む, つけられる一方, つまらねえ, てれくさくない, とどのつまりは, どうしていい, どうも已, どうやら自宅, どこに, どこまでも, どんな気, なおこれ, なお彼女, なにし, なほ美を, ならないし, なんと答えよう, なんにも口, はねかえす力, はまらぬ事, ひらりと, ふしぎでない, ぶたれても, べつにあわてる, ぼくは, またくみつい, またもし最も, まだまだ玉藻, まだ丑松, まだ寛大, まだ忠興, まだ死ななかった, まだ私, まだ退かなかった, まったく顔色一つ, まるで魔法つかい, みじんつねの, もし先, もともと漢方, やっぱり何だか気, やはりメチャメチャ, やはり端め, やはり頑張っ, よい, よいでありましょう, よその, よそへ, よろしいです, わからないよう, わずか四, われわれの, ゐた, ゐたし, ゐたの, ゐないやう, イヤな, キンタマには, ゴマカせる, ステパンは, チンピラたちは, ピアノを, フンとも, 一たびも, 一体何, 一向に知らぬ存ぜぬ, 一寸返辞, 一時に, 一瞥, 一言も, 一言一句も, 万乗の, 万人が, 三十六鱗ビクとも, 下から, 不名誉で, 不平を, 不思議で, 不思議は, 世の, 世間に, 世間一般の, 云い憎い, 人々は, 人の, 人を, 人間は, 人間自然の, 今なし, 今度は, 今日の, 今更驚く, 仕方あるまい, 以前の, 住む身, 何しろ最初, 何です, 何ら不都合, 何処に, 來る, 信じる者, 俺の, 僕の, 元来大星由良之助と, 兎角盃, 全級, 八角の, 六角に, 其実入牢させられた, 再び主, 冗談に, 冷やかな, 出す音, 出ずまことに, 出づることを欲, 初さんの, 別に不都合, 別に羞ら, 別に苦痛, 別に驚き, 別段何, 剛情に, 効いなく, 動かなかった, 動かねえ積り, 動じないだけの, 千石が, 午後に, 取り返しを, 口に, 可, 可い, 名のらず死んだ, 君の, 咎めるわけ, 唱歌の, 喜びます, 嘘よ, 困らないよう, 困りますから, 困る, 困るがナ, 困るけれど, 困るの, 困るやう, 困るん, 国家の, 多助は, 多大の, 大きな草鞋, 大した損, 大丈夫安心じゃと, 大不畏, 大抵は, 大甞祭, 夫に, 夫は, 女こじきはへ, 女房の, 好い, 好いもの, 好き子なりと, 好くただ, 始まらねえ, 嫌な, 嬉しが, 子供みたいに, 安心の, 宗治が, 宜かろう, 実際問題, 客僧を, 客観的認識である, 家の, 少しの, 尻に, 居たの, 山陽道まで, 岡氏が, 工合が, 差し支えない事, 差支が, 帝は, 干物しか, 平助は, 平気だ, 平気に, 座敷へ, 弁解せず, 当今, 役に立つの, 彼処まで, 彼女は, 後腐れは, 従属させられ, 御免を, 御出版, 御本人, 御機嫌麗は, 御自身, 御詠出の, 徳川直参という, 心ゆたかであった, 必ずしも怪しむ, 必らず, 念仏を, 怒る様子, 怖くは, 思ひつかぬこと, 急には, 怨みは, 恐らく信用, 恥かしい, 恥かしくない, 恥しからぬ, 恨は, 恨まれぬ筈, 恨みとは, 悔いては, 悔いない覚悟, 悩まず鞭つて, 悪い事, 悲鳴を, 惡いし親に, 感付かれ, 我らの, 手紙の, 承知しない, 抗弁の, 持前の, 掘り起されも, 播磨は, 撮影の, 散りさ, 文三は, 文句の, 文句は, 斯様な, 旧容, 時々はい, 暫くそれ, 最後まで, 朗らかな, 朝夕み, 来るし, 格別の, 格別大して苦, 案外不自由, 構いませぬ, 標準に, 権力に, 正直僕には, 武士である, 歩き出そう, 死なない筈, 死ぬこと, 殆ん, 残りおしい, 殿の, 母に, 母親が, 民衆の, 気を, 気遣いは, 汝は, 江戸時代の, 決してそれ, 決して上らう, 決して動揺, 決して心, 決して投書, 決して肯ん, 決して言わぬ, 治平さんの, 泰二君は, 浮かびあがらうと, 淋しかった, 清之介君は, 清子は, 滅多に, 為方, 無理も, 無色なる, 照りつける烈しい, 牢屋を, 狂言の, 猜疑なし, 玉藻は, 王子は, 申開きの, 男の, 疲れて, 疲れ切った私, 白状しなかった, 白状せぬ, 百姓は, 皆が, 盗賊追剥の, 監守に, 盲目的な, 直ぐに, 直ぐ四十度近く, 相続せぬ, 真似られないらしいですね, 知らないこと, 知らなかったこの, 知らぬといった, 知らぬ存ぜぬ, 短い草付, 短い返辞, 禄や, 福島の, 私が, 私や, 私事の, 種彦は, 穏やかならぬ, 立つ立たぬは, 笑って, 筒井は, 素人の, 紹介所を通じて, 給はる, 美しい行者, 美紅としか, 聞えなかったん, 聞かず二人, 脳髄においては, 腕は, 腹は, 自ら怪しみ, 自分には, 自分は, 至って素直, 致し方が, 苦に, 苦情の, 苦笑いし, 落ちねえので, 藤六といふ, 行かなければよ, 見るたび, 見る気, 見棄てられても, 見物は, 親しまれ愛されること, 觀客の, 解けず黒板, 言わなかった隠し田, 読んだの, 誰も, 讃美の, 貝十郎は, 負けぬ, 賢明な, 赤穂は, 身じろぎも, 身ぶるいが, 身口に, 軽蔑をこそ, 辰は, 近江屋の, 返事し, 返事せぬ, 返答し得ぬ, 迷惑します, 逃げたこと, 逃げて, 逃れる道, 這入つて, 遊には, 道庵のは, 遠くの, 部落の, 醜い形, 釈明する, 重ね絵の, 長揖, 関羽は, 非難され, 面倒である, 面白ない, 面目は, 頑強に, 頓には, 顔が, 顔を, 騒がず叫ばず歯, 驚くの, 黒人種たるを

▼ られたり~ (886, 1.7%)

108 して 51 した 23 するの 22 すると 15 すること 14 する 12 しては 9 したこと, しました 7 したが, しながら 5 したの, するよう, 何か 4 したもの, しなり, しもの, するので, 彼の 3 いろいろな, するところ, するん, する事, すれば, 何べ, 励まされたり

2 [40件] こんなこと, しがち, した事, してから, しましたが, するから, するが, するくらい, するだけ, するもの, するやう, するよりは, する場合, する時間, する騒ぎ, そうかと, とにかく大騒ぎ, 一躍新進作家, 七平が殺され, 今朝なんかは, 伸びる力, 因て, 天井に, 弓の, 彼は, 怪しい男, 怪しげな, 手紙を, 是に, 水を, 無理に, 相談を, 磔刑に, 聞かせられたり, 色々な, 苛められて, 褒美を, 訊かれると, 讃めたてられ, 閉められたり

1 [473件] あきらめ兼ね, あなたの, あの大きな足, あの男, あらぬ幻影, あるいはすすめられ, あるいは偶然, あるいは勘定, あるいは大塩平八郎, あるいは意地悪婆さん, あるいは日本, あるいは極楽, あるいは空しく, いい役まわり, いずれにも, いろいろ鞭撻, うらやまれたり, おどされたり, おろされたり, お三どん, お嬢さん的云々と, お手だま, お菓子の, お陣屋, かつ又, くしや, ける, こういう隠し作法, こっちから, さうし, さすられたり, させやしない, され易い, さんざんな, しかれども, しが, しこと, したか, したそれ, したため, しただろう, したと, したという, したので, したよう, したら, したらあかんさかい, したらそれ, したらそれっきり, したらたいへん, したらたまらない, したら大変, したら気, したん, したイボタ, した人, した人間, した作者, した其恐怖, した典型的, した古人, した場合, した後, した点, した生きもの, した自然科学者, しちゃ, しちや, しつつ, しても, してるさま, しと, しないの, しなかった, しなかっただろうか, しなければ, しに, しましたので, します, しますが, しません, し乍ら, し易い, し時代, じゃまに, すまいか, すまいと, するいわれ, するうち, するか, するかの, するけれど, するけれども, するのに, するば, するほどにも, するらしい, する事実, する人たち, する危險, する各々, する始末, する対象, する帝, する時, する理由, する甲斐性, する目的, する訳, する間柄, せられたいため札ビラ, そこを, そして昼, そのある者, その上私, その親ども, それから寫眞, それでも若旦那, それらの, たった一日, たのまれたり, つき落されたり, つねられたり, つみ上げられたり, であった, でもマア, とりこに, なされました, なぞし, なぞすれ, ぬらぬらと, ねむるよりも, はげまされたり, はじき返されたり, ばかに, ひっこすりも, ひどい目, ひどくきびしい, ひどく感心, ふざけきったの, ほうむられたり, ほとんど手, ほめられたり, ほんとうに, またこの, またその, または教授, また全く, また冷たい, また凍らせられ, また創成, また勅命, また国家, また幾人, また復旧, また復活, また時に, また社員たち, また路, また近, まるごと一軍団, みんなに, もがれたり, もしお前, やがては, わが矢, わざと無, わざと疊, アッと, アフリカへ, キバで, コキ使われ, デュパンの, バスの, バスケットボールみたいに, 一体これ, 一方また既往, 一旦自由黨員, 一杯の, 一緒に, 三つ並んだ, 下品な, 世には, 世事に, 主税是を, 事実そのものは, 事毎に, 二カ月後と, 二ヶ月後と, 二十年も, 互角に, 今言った, 仕たん, 仲間の, 低く落しこまれ, 体よく, 何だか腹, 何回も, 余病の, 余計な, 佛教にては, 作文を, 作者が, 使者として, 偖て, 偖喜八儀は, 儲けられる時, 兄や, 先は, 入口の, 全く空, 八方わかれ, 公卿の, 公訴され, 其處を, 再び屋宅, 冷かされたり, 冷やかされたり, 出來, 初めて来た, 刺しころされたり, 劔術遣ひ, 力づけられたり, 助けたり, 助けたりといふ, 助けたりの, 勵まされ, 包まれたり, 危険な, 又その, 又た, 又は, 又は彼, 又与えたく, 又仁王門, 又御, 又方程式, 又時, 又自身, 又降ろされ, 反省させられ, 収容の, 取られたり, 受けとめられたり, 口を, 可笑しがられ, 叱られたり, 名誉心に, 味加減を, 商家の, 国家の, 土を, 土手の, 圭子が, 地藏尊が, 堺兄は, 変な, 外套を, 多忙な, 大山の, 失恋し, 奉公に, 女の子は, 女中に, 女学生達から, 女房も, 女房を, 妨害され, 妾是までは, 嫉妬を, 嫌や, 嫌われたり, 學校の, 家の, 尊敬され, 小平野, 小耳に, 尤も當年十二月, 岩の, 巻かれたり, 年来の, 幾人かの, 床の, 床や窓の, 座敷には, 建物の, 引き延ばされたり, 強いられたり, 彦兵衞殿は, 彼氏の, 後を, 御新造が, 御用ききに, 御諚百箇条的思想で, 復仇の, 徴用され, 心外と, 忌がられ, 忙しい合間, 怒ったり, 思い出したよう, 怠られたり, 怨まれたりも, 怪しまれたり, 悟ったり, 惡い, 感心され, 慰められたり, 憐まれたり, 我も, 或いは恐ろしい, 或いは文化, 或はいつも, 或はまたかの, 或は又, 或は胸, 手錠足止めに, 打ち落されたり, 扨又惣百姓連印を以て, 抗らつたあとが, 抛り落されたり, 押しつけられたり, 押し倒されたり, 押し寄せられたり, 拳を, 捲かれたり, 捲き込まれたり, 揶揄はれ, 撥返され, 撲られたり, 擲たれたり, 攻められたり, 放たれたり, 文中悦子と, 文章を, 断わったり, 斯る, 新しい命令, 旅の, 既にし, 書かれたり, 有毒な, 木ベエに, 木曾川沿岸で, 材木屋の, 桀紂にも, 棒で, 次には, 次に久八並び, 此一大, 此三右衞門は, 此事確に, 武蔵が, 死刑囚われは, 殊にぼく, 殴られたり, 殴りつけられたり, 殺されたり, 毒草を, 水が, 泣かせられたり, 注文に, 注目され, 淪落の, 混和ッて, 渦を, 無理にでも, 然ども, 煽がせられたり, 燒かれ, 特別な, 猿轡を, 理論的概念の, 甚しい, 生活に, 用を, 町や, 画中の, 病気の, 白粉を, 監禁され, 目こぼしされ, 着せられたり, 着たくも, 着物を, 知って, 硝子の, 社会の, 私が, 私は, 科学から, 稀釈され, 種を, 突きは, 突き落されたり, 突飛ばされたり, 窪みに, 童蒙の, 笹子峠から, 糸で, 紛れたり, 素人離れの, 綱を, 縛って, 老僧, 老母の, 考へ, 而し, 而また, 耳に, 聞かされたり, 背に, 背骨を, 脛を, 脱走と, 脳細胞の, 腰縄を, 自分で, 自分の, 若人よ, 英兵衛と, 茶菓を, 荒ませられたり, 荒れたこと, 莫大な, 萩の, 著作権侵害の, 蔵の, 薩長の, 虐げられたりは, 行動を, 裾が, 見えなくなったり, 親分の, 觀られ, 言葉を, 話しかけられるの, 話しかけること, 調べられたり, 貶されたり, 買物に, 贋加賀屋の, 赤心を以て, 蹄を, 蹴落されるの, 身を, 軍器の, 辛らい事を, 辱められたり, 追っかけられたり, 送られたり, 進んだ施設, 逼塞した, 道春の, 重ねて, 銃の, 鎖を, 閉ぢられ, 間もなく綱條卿, 鞍壺に, 音階中の, 頂上を, 頭を, 風にも, 食物へ, 飢えたり, 馬に, 馬鈴薯や, 馬頭姫頭烏帽子頭等の, 騙されたり, 鮮鋭な, 鱠に, 鼻紙に

▼ られそう~ (453, 0.9%)

100 もない 19 になった 17 な気 15 なもの 13 になる 12 である 11 だった 10 だ, もありません 7 であった, です, になかっ 6 にない 5 して, に思われる, もなかっ 4 なの, になっ, にもない, に見えた, に見える 3 だから, なところ, な気持, になったら, になり, に思われ, もなく

2 [26件] だし, だと, だね, であるが, なくらい, なので, な人, な場所, な大木, な希望, な様子, な模様, な物, な草, になりました, にもありません, にもなかっ, にも思われる, に思う, に思えた, に想える, に私, に見え, もありませぬ, もねえ, も無い

1 [111件] か, かあるいは, かという, だからと, だったが, だったの, だという, だとか, だわ, であったかも, であったが, でありさせられそう, である吾, でいてて, でご, でした, ですから, でためらって, でない, でないもの, でなかなか, でなくも, でびっくり, で別に, で私, で耐えられなくなって, な, なあらゆる, ないきいき, なからり, なこと, なと考えられ, なはず, なめそっこ鰻, なもん, なようす, なれど, なわけ, なアクチュアリティー, な三面ダネ, な個所, な冷た, な処, な勢, な名案, な声, な大きい, な女, な姿, な家具, な山国, な幽, な形勢, な感じ, な方法, な時, な期待, な椅子一つ彼女, な機会, な気もち, な湿地, な潤み, な田, な破目, な空模様, な範疇秩序, な緒, な自信, な自分, な船, な虞, な詩, な説, な諸, な路, な部分, な野性的, な風采, な馬, な馬鹿, な鳶色, にありません, にさえ思われた, になく, になります, にはなかっ, には思えなかった, には思わない, にもなくなっ, にも思えなかった, にも思われた, にも思われなかった, にも思われません, に呻吟, に思えなかった, に思っ, に思った, に思われた, に思われない, に思われました, に昂進, に滅入っ, に煽り, に鋭い, に黙った, ね, もございません, もなくなった, もなくなる, 育てられて, 見て

▼ られながら~ (424, 0.8%)

6 それを, 私は

2 [12件] その式場, わたしは, 下から, 伸子は, 何の, 入って, 夜を, 彼は, 待って, 暫らくの, 歩いて, 自分の

1 [388件] あなたには, あなたは, あばれて, あやまった, あれらの仲間, あんな悪態, いうの, いたずらにその, いった, いったん福井, いつとは, いつの間にか氷雨, いつも傲然, いわゆる鈍帳役者, うつくしく輝い, うと, おとなしく償, おもしろからぬおん, おゆう, お家来, お帰り, お役に立たず, お母さんの, お見え, お越, かすかに, かすり傷一つ, かれは, かろうじて足, くすぐったい思い, けろりとし, こうしたこと, こう淋しく, ことし早や, この将軍家, これだけの, これを, こんな日, さすがに, しかもなお生命, しかも彼女自身何等, しかも明, しまり, じっと耳, ずッ, せまい入口, そうした勇気, そう云う, そこを, そしてもし, そのそば, そのま, そのまま遠い遠い, その不名誉, その不幸, その内部, その原, その愛弟レオ, その感じ, その時, その注文, その湖水, その翌日, その説, その通り, それが, それでもどうやらこう, それでもまだ, それでも私, それは, たそや, ただ, ただそれ, ただ見, だれが, だんだんと, だんだん読ん, だんだん辿っ, ちっとも臆, ちっとも自覚, ついに思い切った, ついに美術工芸的心境小説, つかつかと, つぶやいた, である, です, でもシャチヨン, とかくお, どうして嫌, どこから, なお冷, なお前, なお御, なお生き, なんらの, のぞき窓, はあはあと, はいって, はかない人生, びつこを引き引き歩い, へやの, まじりまじりと, またあのお, まだちらちら降っ, まだ片息, まだ隠し立, まんじりとも, むなしく旅, もじもじし, やがては, やせ細った芋虫, やって, やっと岡崎, やっと本郷, やっと来たら入れ, やっと自分達, やっぱりそれ, やはり後醍醐天皇, ゆっくりゆっくり歩, よたよたと, よりよく生きよう, アツシジの, アピア政府の, アフンルパ, イギリスに, ギロチンの, サト子の, シンミリした, スゲの, テーブルの, デッキの, トッテンカントッテンカンと, ドアに, ニセコの, プロレタリア文学運動に対しては, ユゴオと, ユリが, ヴァイオリンを, 一人だけ, 一人黙々, 一向怖く, 一方では, 一本の, 一生懸命に, 一言の, 三人の, 三四十貫ずつも, 三度の, 世の中の, 事実上依然として, 事情を, 二つばかり, 二の足を, 二人の, 二人連れで, 二時間立てつづけ, 互の, 京吉は, 今さら戦争, 今の, 今は, 今まで, 今までの, 他を, 伸子に対して, 住んで, 体は, 何かと見, 何が, 何度も, 何時までも, 何物にも, 何處だ, 佛教の, 修学旅行に, 倫敦の, 僅かに, 元の, 先生は, 再び自分, 再び親衛隊司令, 冷たくなった, 処処に, 出て, 出発の, 力の, 勉の, 北海の, 半七, 半分は, 去って, 口を, 口一つ利かず, 古井戸, 叫んだ, 吉左衛門は, 咲きしだれ, 喉の, 執事師直を, 声を, 外套の, 夜警という, 太陽に, 奇妙な, 女王自身は, 姿の, 孫の, 実はそれ, 客の, 室の, 家の, 寢返りする, 小さい部屋, 小柱の, 小鳥の, 少しづつ返却, 尾を, 山羊の, 岩の, 巻煙草を, 帆村探偵は, 平気で, 平生は, 幾多の, 引きずられるやう, 弟の, 弼馬温の, 役者たちと, 彼が, 彼の, 彼女の, 彼女は, 御両名, 御徒歩, 御自分, 心に, 忘れて, 忙しそう, 思ひ出, 怯えながら, 恥か, 悄々として, 惨めに, 意志の, 愚図愚図し, 感心し, 慌てて, 或は高く, 戻って, 所々に, 手を, 指を, 捨てられたよう, 改めて万太郎, 改札口を, 放送室の, 数頁ずつ, 斎木と, 既に古く, 日本一の, 昔住ん, 昨日まで, 時どき歪んだ, 時節でも, 晶子の, 最も快活, 朦朧と, 木小屋の, 木煉瓦の, 未だ實, 本堂への, 本陣の, 果ては唯一場, 楽屋へ, 横目で, 欲しい劇場, 歌の, 正体を, 歯の, 死ぬの, 死を, 毀れた木偶, 母の, 母屋の, 毛筋ほどの, 毫も悔, 水戸出発右に, 水船なりにも, 永久に, 沈んで, 泣いた, 泣き泣きお, 泳いで, 洞窟の, 浅草という, 涙声を, 源四郎は, 漸く階段, 炉べりで, 無我夢中に, 無限の, 焦, 片方からは, 牛に, 牛飼と, 物の, 生きる理由, 生活人としての, 疳癪声を, 疼痛を, 病人の, 登って, 登つて行つた, 直接に, 私たちは, 私達の, 立佇まった, 第二, 範疇という, 米友は, 紅い花, 純情と, 細殿の, 終日の, 綱は, 而も, 聞いた神話, 膝小僧を, 自分は, 自分を, 舞台から, 芝生の, 苦しい思い, 苦痛に, 萬人の, 葬列の, 虫の息が, 血だらけの, 行つた, 街道の, 衣嚢から, 西の, 西洋人の, 親しい学友, 言う, 言った, 訊ねると, 誰の, 貝の, 起き上つて, 越中島から, 跳返す, 踏板を, 蹣跚たる, 身ぶるいする, 車から, 軍人に, 辛うじて思い止まる, 逃げるというは, 逃げ隠れする, 進んで, 達磨に, 邸に, 部屋の, 酒と, 酒は, 野羊の, 釣られるよう, 降りて, 除き去られる歌, 階段を, 隙を, 雛菊の, 雨の, 雪を, 露骨に, 頸部から, 食堂の, 飯に, 駅の, 驚いて, 骨太な, 高手小手にくく, 高齢にも, 鰹の, 麻酔に, 黒田玄四郎を, 默つて膝に

▼ られその~ (374, 0.7%)

10 ために 7 上に 5 中に 4 中で 3 あとに, ま

2 [13件] あいだを, あさましさ, うちの, 一梃は, 上には, 下から, 下に, 人の, 供物の, 場は, 日は, 重さ, 音が

1 [316件] あいだじゅう沢山の, あくる日また, あたりを, あたり一帯は, あとへ, あと今度は, あやめが, いずれも, うしろから, うへに, うへの, お言葉, かたわらに, かわり今までは, ことは, ころもう, ご不満, さかいに, したで, したに, すえこれが, すっきり高い, そばには, たびに, たび大助の, ためには, ための, ため岩壁と, ため木曽家との, ため自分の, たんびに, とおりに, ところだけ, どれもが, なかで, はたらきに, はっきりし, ほかの, ほか五千の, ほか恩賞の, まんなかに, もと折られた, わきに, わきの, ムリな, 一か所京都に, 一つは, 一は, 一册を, 一夜学問で, 一方で, 一族に, 一本立ての, 一枚一枚の, 三角で, 上で, 上では, 上ほんものの, 上もっと, 上ヴァイニング夫人の, 上一日二円ぐらいの, 上三人の, 上下の, 上二度目の, 上封印まで, 上手癖が, 上数日後に, 上比較的, 上目かくし, 上肝腎の, 上自分が, 上船長に, 上諸臣にも, 上駕籠を, 下で, 下には, 世話を, 両尖端, 両端を, 中から, 中でも, 中には, 中程の, 主君たる, 主従関係が, 事件に, 事實である, 五億円の, 人が, 代りに, 代り大衆に, 任も, 侮辱に対して, 保護と, 側らところどころに, 傍に, 傘が, 儀命ぜられ, 儘大往生を, 先駆的な, 光の, 六歳の, 分量は, 判断を, 刹那の, 刹那意識の, 前に, 前には, 前へ, 前肢に, 労賃は, 効力が, 勢いが, 印象が, 原因は, 原型らしい, 又父母, 双方が, 口は, 口演に, 古典味が, 台石だけが, 各々が, 名前が, 和田村あたりには, 哄笑が, 唇には, 噂の, 四十八字は, 困難が, 困難の, 国の, 土地の, 地に, 地は, 地域の, 場から, 場で, 場では, 場を, 場合には, 場合の, 塗込め, 壁の, 壁面には, 声の, 変名に, 夕大牢の, 外側には, 外力によって, 大方針, 夫人光子さんも, 女の, 妹の, 姿に, 子二人は, 子二人僅かに, 学名は, 宝塚楽士が, 実はまっか, 実際通った, 寺内へ, 対象は, 尊きくは, 小次郎が, 川の, 巨大な, 帰るさ, 帰郷の, 年夏の, 度に, 度びに, 当事者が, 当然と, 形に, 彼自身を, 待遇長崎の, 徒藤井右門は, 思想は, 恋愛生活は, 恩義に, 悪の, 意味で, 意味では, 意味を, 意志の, 意義は, 意趣晴らし, 感じは, 感情が, 慈悲によって, 懸合い中, 成果が, 成果も, 成績によって, 成行を, 才はほど, 指さきによって, 支峰なる, 文句も, 方が, 方法を, 日の, 昔飛行上人が, 時々の, 時の, 時去来は, 時槍騎兵を, 時間が, 時間中蟹はが, 曲は, 最初の, 有効需要と, 期間に, 木が, 本尊慈覚大師の, 棒杭の, 機械を, 機械場常に, 次代の, 歯と, 気風に, 水が, 汽船が, 没後数年は, 泣き声を, 点で, 煙が, 熱の, 父の, 父親が, 生命と, 生氣, 生産方法にのみ, 用意が, 男の, 男性的な, 療法としては, 皿の, 目を, 目的を, 相当実証的な, 相棒で, 眞中に, 眼の, 知識が, 研究の, 破れを, 社会心理は, 稽古の, 筆の, 管の, 箱は, 系図縁故京都との, 素直なる, 細かい部分構成, 終りに, 結果が, 結果二〇〇〇〇〇クヲタアは, 結果決闘裁判の, 結論も, 統一として, 縄が, 美が, 翌年亡くなられた, 老人は, 考え方は, 肥胖の, 背しば, 自覚に, 花穂の, 若者は, 荼毘の, 著, 著作の, 著書は, 装禎の, 裔は, 見られたもの, 親分の, 詠み口, 話された言葉, 諸費用に, 變更は, 谷の, 責めを, 貴重品を, 赤坂城には, 足取りによって, 跡は, 跡へ, 跡を, 軍勢も, 辺で, 送別会が, 途上に, 通りし, 通りに, 道にかけては, 道徳を, 都度都度前よりは, 醜なる, 銃口は, 錠前に, 長い端, 門下にも, 際振り落された, 障壁の, 雜誌を, 頼りに, 風は, 飛沫の, 首が, 首は, 馬の背から, 骨牌の

▼ られ~ (264, 0.5%)

26 しないかと 21 しない 16 したが 14 すまいかと 13 しなかった 9 しないかという 8 しまいか, しまいかと 7 しないか, せぬかと 6 しないの, しないよ 5 しないで, しません, するが 4 しないだろうか 3 したものの, しないかといふ, しないであろう, しなかったかと, しまいかという, せぬ

2 [16件] いたしません, した, しないけれども, しないぞ, しないだろうかと, しないという, しないわ, しなかつたかと, しなかつたの, しまい, しませんか, しませんでしたか, しませんよ, せぬか, せん, せんぞ

1 [54件] いたしませぬか, したに, したらしいけれども, しても, しないかしら, しないかね, しないが, しないけれど, しないこと, しないじゃ, しないぞと, しないだらうか, しないだろう, しないであろうか, しないでしょうか, しないと, しないのよ, しないふふでも, しないや, しないん, しなかったか, しなかったかという, しなかったが, しなかったけれど, しなかったけれども, しなかったでしょうか, しなかったろうか, しなかったわ, しなかった秘密, しなかつたが, しねえ, しねえもん, しまいかといふ, しまいし, しますが, しませずな, しませんでしたが, しませんわ, しようが, すまいか, するの, するものの, せぬかという, せぬもの, せんかな, せんの, なれば, ぶりも, 仕なかったでしょう, 爲ぬ, 致しは, 致しません此者, 調ひ, 逆語序

▼ られ~ (252, 0.5%)

24 しなかった 18 した 11 する 8 しない 7 したが, しないこと, しないのに, するの 6 して 5 したの 4 しなかつた, しました, するが, せずに 3 しないし, しないの, しないよう, しまい, しません, せずまた

2 [11件] しないが, しないので, しないやう, しなかったこと, しよう, するし, するよう, せず, せず岸がん, せぬ, せんと

1 [96件] いたしました, したい果敢ない, したこと, したそう, したそんな, したであろうが, したでしょうけれど, したと, したもの, したろう, したヘレネ, した一人, した金銭, しないいろんな, しないうち, しないお喋り, しないくせ, しないけれど, しないだろう, しないぢ, しないで, しないに, しないもの, しない事, しない峯吉, しない様子, しない腹, しない花, しない観賞魚, しなかったが, しなかったその, しなかったの, しなかったのみか, しなかったもの, しなかった学問, しねえから, しまいし, しますが, しますけれど, しませんが, しませんでございましたで, しませんでした, しようが, しようもの, すまい来ても, するけれど, するであろう, するので, する欠点, せずあいかわらず, せずいい, せずいひやう, せずかなり, せずしかも, せずすうと, せずで, せずばかり, せずよし, せず中途半端, せず予想, せず又, せず名, せず帰り, せず早, せず棄て去りも, せず欲, せず然, せず草鞋, せず貴様, せず道, せず音, せず食用, せで, せぬし, せぬじぶんたち, せぬほど, せぬまだ, せぬよう, せぬ只, せぬ思ひ出, せぬ程, せぬ酒, せぬ餌, せませぬから, せんじゃ, どうもし, 仕兼ねない, 何うもし, 尊ばれも, 弘まりも, 強められも, 致され赤, 致しませんな, 致そうか, 落しも, 高められも

▼ られそれ~ (180, 0.4%)

5 がまた 3 と同時に 2 からし, から更に, がし, がため, をうまく, を何

1 [160件] からいろ, からいろいろ, からはいつも, からは民間, から一週間, から三十年, から半歳經つて, から四年目, から大きく, から生ずる, がおそろしく大きく, がかたち, がきっかけ, がこたえ, がことごとく, がすむ, がそれぞれ, がときには, がまるで, がよく, がわかる, がタンク, が一流品, が一般, が中国固有, が二人, が交際, が京都, が人間味, が今, が他, が何, が先生, が再転, が又, が和洋折衷, が唐松尾連嶺, が因, が大抵, が女, が定まった, が導火線, が広々, が度, が引い, が必ずしも, が忘れられない, が日本精神, が明大文芸科, が暗く, が曲玉, が気, が海底, が片, が現代人, が甲斐, が終る, が自分たち, が苦痛, が道徳, だけが現代, でなければ, で呼ばれる, で成功, で興奮, とともにあの, と共に知識, と母, につづい, につれて男女, にどう, には前面, には楚々, には質, にふさわしい, にもしいんと, にもたれ, にもよく, によって上記, によって却って, にイベット, に一種, に仕, に及ぼした, に向っ, に基く, に対しての意識, に対して一種, に対する反感, に対する社会的, に従属, に現われ, に目付, に税金, に関して獄中, のみならず, の實現, の応え, の永続, の解決, はこの, はまた, はめいめい勝手, は一層, は一方, は万代, は事務員, は伸子, は何, は作品, は古い, は唱門師, は多分, は寧ろ, は専売局, は次, は穢い, は素子, までは健康舎, もこの, も多分, やこれ, より広く, より後, をくみたて, をぢろぢろ, をひそか, を下敷, を二つ, を使っ, を公言, を前号, を包む, を反駁, を取まい, を受け, を四個, を囲ん, を学校, を左右, を幕府, を幾町, を座右, を御, を恨, を悪縁, を掴ん, を文章, を棒, を氷河, を目当て, を真似うる, を祇園有楽館, を解く, を評価, を貰った, を載せた, を通じて美, を遠巻き, を高唱

▼ られまた~ (173, 0.3%)

3 自らも 2 ある他, ドイツの, 少しく小高い, 或る, 私は

1 [160件] あらゆる党派, ある場所, いかに多く, おかく, おし進められる, ことごとく天が下, ことにさまざま, このとしの十月三日, これからも, これから先, これまでは, これも, これらの, これら二商品相互の, そのうち, そのままで, その事, その修養, その場, その後も, その所有, その皮, その石, その註釈, それは, それほどの, たまには, ついに大臣, どういういきさつ, もしそれ, も浪人, わざわざその, アマーリアの, エレン・ケイ女史に従っても, オックスフォードの, ザボンの, ジルノルマン氏は, 一人の, 一度大連, 一方では, 一部では, 三四囘の, 世上今日の, 両辺を, 中尉の, 予ね, 五百の, 交換価値が, 京の, 人間の, 以前蜀臣だった, 伝染病の, 何代目まで, 便利の, 信書を, 僕自身も, 元へ, 共和国に, 兵部東市正らの, 其前に, 別な, 別に独占, 利殖, 剣と, 動いて, 勲二等に, 勾玉も, 反省させられ, 取って返しては, 受けるもの, 古靴底, 可哀, 右の, 各種の, 同学の, 同時に何, 吾, 商品, 啓示される, 土地の, 外国人が, 外部の, 多くの, 大和路などにも, 大連の, 天皇即位の, 女性尊重の, 妨げて, 孔明自身が, 安土桃山文化などの, 家人と, 小さい楠, 山や, 常に一部, 常に私, 引っ越す, 引続き他所者, 彼らみずからも, 後進をも, 御意見, 悲しく思はれた, 悲しく思われた, 悲田院の, 情念を, 憎まれた, 憎まれて, 押へる, 握手を, 政府の, 斬られた斬られた, 日本の, 早い青年時代, 時として浮世絵, 最も乱暴, 有名である, 民約, 民間でも, 水に, 浮き上がる, 海底の, 深淵の, 煙柱を, 燈籠の, 父の, 牧牛で, 物理学においても, 生まれて, 盗賊を, 相手を, 秀吉軍の, 種々の, 第二, 紛れました, 経験によって, 美術的な, 老人を, 自任する, 自分も, 自己の, 舟を, 舷側の, 船上山いらい, 色の, 花巷の, 若干は, 見た覚え, 見つけられるという, 認められて, 諸所, 貴紳の, 軍事の, 酵母麥角等より, 野草の, 門人達が, 閉められる, 関税が, 難工事, 霊前へ, 青屋大工という, 鳥が

▼ られてから~ (163, 0.3%)

3 このかた, だが, 間もなくの 2 お舟さん, それに, 一週間ほど, 今までの, 女房は, 母親の, 絶食し, 間も

1 [138件] ある日, いくらか日数, いつの間にかとり, いろいろ考え, おおくは, おのずと心, およそ十年, お増, かれの, がぜん有名, こっちの, この国, この方おぼえ, これで, じっと俯, そういう人々, その人気, その余風, その女, その日, その許し, それから心, ちょうど十二年, であった, できた新, でした, どことなく底気味, なお顔, なぜあの, はや二十余年, ふいに, またその, まだおそく, まだ二, まだ二時, まだ日, もう五十日, もう何週間, もう幾年, わしを, わたしは, 一二分間も, 一人監房の, 一家の, 一寸, 一年ばかり, 一月も, 一般に, 丁度七日目の, 三たびめの, 三年とは, 三年目と, 三日めの, 不思議にも, 丹三郎は, 久しく便り, 乞食者なる, 二十日に, 二年以上に, 五日めの, 今の, 今日が, 何だか凄く, 係が, 俺だち, 僕は, 入れたもの, 六年に, 其子の, 出来た新, 初めて自分, 割あいに, 十二代に, 十八世紀経つた, 十四五日の, 千石取っ, 厭, 味を, 変ったこと, 多くの, 大阪が, 始まったの, 始めて, 実に十一年間, 家中の, 富塚内蔵允中島伊勢また, 實は, 少し眼, 島は, 平次は, 幾分ひらけた, 幾年ぐらゐ經つて之を, 幾日も, 彼ひとりが, 彼女を, 後その, 後私は, 徴用で, 怒って, 思い立って, 悲しくない, 我が一家, 我国の, 戦つたのである, 数年の, 数日, 数日経った, 既に半年近く, 日が, 明らかに, 暗いひきだし, 暫くし, 暫くは, 有らゆる出版業者, 村長を, 東京高等商業学校に, 柳橋へ, 毎晩です, 比叡子は, 洋服ダンスに, 渠は, 熱せられたならば, 犬の, 発意し, 私達が, 絶息した, 総選挙, 脱出は, 自分は, 論語や, 謡曲民劇小説などで, 足かけ三年に, 辛抱を, 近代の, 間もなくこの, 間もなく或, 静かな, 騒いだとて

▼ られつつ~ (162, 0.3%)

25 ある 12 あるの 4 あり 3 あった, あること 2 あったの, あって, あるが, ある間, 溜息つい

1 [105件] あったかを, あったところ, あった点, ありと, あります, あり奥様, あるあなた, あるうち病気, あるか, あると, あるところ, あるとも, あるに, あるのに, あるは, あるゆえん, あるらしい, あるバビロン, ある事, ある五億, ある今日, ある共同語, ある堺筋, ある姫, ある学藝, ある幻象, ある時, ある気, ある眼, ある社会道徳上, ある自由, ある若者, ある踊, ある農村, ある近所, ある黒瀬戸, いる, うち續い, この駿河台, しかも対象, すぎて, その中, その席, その生涯, その足, その頭燃, ただ何, われわれの, 一所懸命に, 一番先に, 一路江州への, 中心を, 人生の, 人間性の, 今ここに, 今一度頭の, 仏蘭西の, 俺は, 元三の, 入って, 全身が, 内に, 動いて, 動く人間的行為, 喜んで, 土倉氏出阪せ, 在る事, 地の, 夢中で, 大いなる河, 完成した, 家族の, 展開され, 床頭台に, 庶民の, 彼と, 後れて, 思想の, 恐る恐る机, 恐怖の, 或る, 手を, 故郷へと, 新たな, 既成の, 来たの, 楽屋の, 樹明泥酔し, 沈着なる, 滞陣半月を, 燃えさかる炎, 犯罪を, 現実には, 生活に, 病院を, 眼を, 結ばれて, 羽ある, 聳えて, 自分に, 裏の, 走る世界, 辛辣鋭敏を, 遂に強, 領主の

▼ られ~ (148, 0.3%)

14 とする 5 です, とし 4 でも, とした, とす, のぢ 3 がため, じゃない, では, と云う, と思う, のじゃ 2 から, だろうと, と欲する

1 [84件] いうて, かと云う, かも知れません, から少し, から船長, か其の, がな, がねえ, がの, が一度, が今, が休さん, が何一つ, が御, が為, が相当, が良伯, が藤助確, くらい悽愴, じゃないです, でございまして, でしょうからな, でしょうな, ですから, ですな, と, といふ, といふなら, とおっしゃいます, としたれ, としてゐる, として不肖, として人, として今, として僅, として危うく, として号泣, として居る, として時々, として柴, とせし, とてカルヴァーリ, とて人, とには非, とはいう, とは思ひき, とみえる, と云, と今日, と慷堂, と書く, と欲せ, と申す, と男泣, と見え, と言, と謂, ならこられんで, なら吉之助, なら哲学, なら哲學, なら声, なら悶死, なんて木偶の坊, には, にはわれ, には忽ち, には詭辯者, のかい, のさ誰, のだて, のみ人之, のやけ, のやさう, のよ, は口惜し, ほど嬉しかっ, も知るべからず, も知れぬ, やない, や磐, よりはむしろ, よりは少く, を恥じ

▼ られちゃ~ (126, 0.2%)

7 大変だ 2 アなら, 困る, 困るわ

1 [113件] あたしとても, いい説く, いい面, いないん, いないッ, いなさいだが, いませんのさ, いやして, いやだ, うるさいと, お家で, お座が, かないませんよ, かなわない, かなわねえ, かなわねえからな, こっちが, この八五郎, こまる, これからさき, しかたが, せっかくの, せっかく咽喉, たまらない, たまらねえ, たまらねえ親分止め立て, たまりませんいくら, だめだ, ちょっと迷惑, とてもおれ, どうする, ならない, ならねえよ, めんどうと, よっぽどの, ア, アここで, アここらに, アこまる, アたまん, アとにかく, アのぼせちまわ, アもう, アやりきれねえ, ア口惜しかろ, ア命がち, ア困ります, ア困る, ア堪りません, ア大変と, ア寝, ア己の, ア有難, ア村に, ア猶, ア私も, ア迷惑だ, ッたんだ, 一寸妙, 一気に看護婦, 三空曹の, 事こわし, 今日は, 何ぼ, 俺が, 俺ア黙っ, 僕等の, 出る当人, 動きが, 厭だ, 口車だ, 台無しだ, 叶わないが, 叶わねえと, 呑む気, 困ります, 困りますねえ, 困りますよ, 困ります実は, 困るからね, 困るだろう, 堪ったもの, 少し体面, 少し困ります, 弁解も, 後では, 御用の, 悪いの, 悪かろう, 挨拶に, 捜査は, 敵わ, 気の毒で, 浪花屋が, 犬だって, 癪の, 眼障りで, 私が, 私共は, 筋が, 縁起が, 腹の虫が, 話が, 諦めきれまい, 踊ること, 身も, 迷惑だ, 道場の, 邪魔で, 面倒だ, 面白くねえ, 顔が, 駄目よ

▼ られそして~ (109, 0.2%)

2 これを, 当時の

1 [105件] あなたさまは, いい加減に, いまの, おれが, おれたち監視人を, かかる恐るべき, かずけられた自然, この必要労働, この新法公布後, これらの, ごく弱々しい, ごはんがわりに, そのあと, そのまま没収, その不健全性, その文体, その目的地, その結果, その起伏, その首, それを, どこへでも, またうち捨てられ, みつばちやちょうが, もし土地, わけの, シャワーの, スミス中尉の, ボタンが, 一人の, 下院に, 世の中に, 云うまでも, 五分置き, 亡びずに, 人口が, 今なお, 今も, 他の, 俺が, 個人生活よりも, 僕の, 僧侶は, 又今しがた, 双方は, 吉岡が, 吾, 地球上における, 変だ, 大きな葺いた, 失敗した, 奉仕は, 実行を, 実際又, 寝かしつけられた, 小麦が, 常にほほえん, 当夜彼が, 彫刻師によって, 彼には, 彼は, 彼らが, 彼れ, 心臓は, 忘れられたころ, 悲しい哉, 我々四人は, 或時, 捨てられて, 暗い中, 最後に, 本藩, 柏が, 極めてわずかが, 正に復活, 残りの, 殺人罪で, 沢山の, 火焔に, 為替相場は, 甃の, 盛んに, 目算の, 私の, 私は, 私を, 穀つぶしなどと, 窓ぎわに, 第三等地, 等しく地代, 粗生, 総督は, 脳波受信機の, 虚無を, 装飾された, 見事に, 費用と, 資本は, 農事作業に, 農業者は, 送られるに, 遂にこの, 運ばれた, 隠れた美質, 飢饉が

▼ られでも~ (108, 0.2%)

18 したよう 12 すると 7 するよう 6 したかの, して 5 したやう, するやう 3 した様, しようもの, するかの 2 したもの, したら, したらそれ, したらと, したら私, した日, しては, してはと

1 [24件] したいの, したならば, したの, したらあの, したらいい, したらといふ, したらぶちこわしだ, したらもはや, したら一ぺん, したら困るでしょう, したら日本製, したら誰, したら面白く, したん, した場合, しようもん, するかと, するごとく気, する如く氣, せぬか, とにかく自由, なすつたやう, 仕様ものなら, 爲ぬ

▼ られ~ (107, 0.2%)

10 うも 8 うな 5 うである, うもない, へすれ 4 うで, うです, うもなかつた 3 うして, うだ, うだが, うぢ, うであるが, うもないと, うもないので 2 うだし, うだと, うだな, へしたら, へしなけれ

1 [31件] ういふ, ういふ子, うした, うする, うだかうしては, うだからと, うだといふ, うでそん, うでないの, うでないよ, うでなかつた, うで恐ろしい, うは, うもございませぬ, うもないには, うもないほど, うもないやう, うもない事, うもない恋, うもない樣子, うもない気, うもない濶達, うもない状態, すれば, っしゃる, のみ淀み, ふらは, へした, へする, へもした, ほ子

▼ られ~ (81, 0.2%)

2 がお, に依, は, はその, は珍, 故武家

1 [69件] が只管, が来春, が苦苦しく, さてその, て今, て助命, て取, とも御, とも拙者, とも自己, と云, と委細, と申, と聞, と身, なりと申, なるべしと, なれ, については右貸金, につき, には六十七万石, には聖護院宮樣, に付出牢仰せ付ら, に付則, に及び, はされど, はば人, はば宜, はば屹度閉密, はんずらめ, は容易, は当日小生, は日本国, は身, ひけん, ひしかば, ひつれその, ふやう, ふ事, ふ時, へどもいま確, へども其の, へども梅事, へども聖母, へど当節, へば何事, へば折角, へば是, へば町内一同有難仕合也, へば能, ほどの儀, ものゆえ, もむりしての, も何, も同然, も御, も稗粟, やと申, やらん, よしいづれ, を主人, 且つ又, 御婦人, 故伝来, 故名主, 故自分, 然れ, 程の儀, 若し同案

▼ られたる~ (70, 0.1%)

3 もあり 2 が如き, にもかかわらず, にやあらん, に由る, を見る

1 [57件] がごとし, がため, がゆえに, が其の, が多し, が如し, が故に, とを感じ, にあらず, にあらずし, にあらずや, にはあらず, にもせよ, にや, にや晝, に似, に依っ, に依る, に係わらず, に傳吉與惣次, に呆れ, に源次郎夫, に異ならず, に相違, に神, に答, に自刎, に非, の事実, の事實, の国, の時, も亦, も先例, も現, も逃げ出し, やという, よりなつかしき, よりもなほ, をもっ, をも泰助, をわれ, を初めて, を取り出で, を吉祥, を唯, を恨む, を悲, を憤慨, を殘念, を深謝, を渡りぬ, を見, を見た, を見るべし, を見ん, を説か

▼ られながらも~ (63, 0.1%)

2 人などを, 頭を

1 [59件] うとうとし, さすがにば, しかしそれ, しっかりと, すべてが, そこを, そのいろ, その不安, その連想, それを, ついにあの, なお聞く, また痛ましい, まだ毒づい, もつと, よくこつ, よくその, ガラッ八, ゴッセンの, 人が, 人は, 人慣れたる, 仙太は, 仙太郎は, 先代以来の, 半身を, 単に時代, 品の, 妹の, 容易には, 御幼稚, 心の, 必ずその, 恐ろしく氣, 手足を, 改めてこの, 敵の, 断続し, 明るい色, 時刻かまは, 最後の, 権之, 母親の, 津上氏の, 特にこの, 猶何となく其, 私は, 耳朶を, 胴体から, 胸を, 自分の, 自然の, 良人と, 若い女, 足技を, 躍起に, 陰では, 高い天井, 鼻を

▼ られ~ (62, 0.1%)

1 [62件] あの一聯, ある時, かうした方面, これと共に, その後には, その為, た家財, はやりだして, よき恋愛, ポーランドに, 三五郎を, 世間一般の, 事実世間の, 人間の, 今も, 何年間かの, 作り上げられて, 保持せられた, 個性は, 切支丹も, 北面北小路從五位下東大寺の, 単に少納言, 取り扱われること, 吉田三五郎には, 同時に凡, 同時に此, 同雜誌, 国民道徳家によって, 実に即決即断, 実現した, 宣命の, 市中に, 帰還する, 平常の, 擬活用を, 救われて, 新聞や, 是等の, 時には之, 暖められた, 更にそれ, 最蒙り, 正木不如丘は, 歴史科学は, 歸られる, 江戸に, 真実に, 磐が, 私という, 私は, 筆者自身自己批判する, 給人牧野小左衞門を, 聞き取られて, 自然と, 記紀自身の, 読めるという, 谷底に, 貞観十三年五月十六日の, 近所の, 重い物, 銀座の, 音樂取調掛兼勤と

▼ られがち~ (61, 0.1%)

4 になっ 3 だった, であった, である, なこと, なの, なもの 2 だが, であつ, です, な私

1 [31件] だ, だから, だつた, であ, でありすなわち, でありましたが, であります, であり現に, であるが, であるため, でした, でただ, でつい, で外祖母, で私, なこの, なところ, なので, なわれわれ, な事, な古い, な山中, な所以, な点, な踊り, な重大, な青春, になった, になってる, に帰っ, に過ごし

▼ られ~ (58, 0.1%)

2 の目, は, はその, はそれ, はとびあがり, もまた

1 [46件] がその, が予て, が会頭, し儀, に, におきまして誠に, に対し非常, のその, のロシア劇, の家, の心, の母, の研究, の礼拝, の胸, の親たち, の闘病生活, の雑然たる, の魂, はまことに, はロシア語, は二階, は其處, は出掛ける, は厭, は又, は固く, は坐, は次, は田舎武士, は瞬時戸惑い, は自身, は自身失業, は苦しい, は診察台, は質屋, は長い, は静か, は鷹, もその, もつられ, も呉, も喜ん, も彼, も続い, を投獄

▼ られそこ~ (56, 0.1%)

1 [56件] から, からあの世, からの脱出, から九州, から人間的思惟, から全市, から北, から学校, から投身, から日本人, から更に, から流れ出した, から病院, から細く, から脱走, から通学, がことごとく, では家, で終結, で腐っ, で選り分けられ, なったり, に, にうっ伏し, におさまっ, にぎっしり, にくるま, にだれ, につきささった, にのみ生甲斐, にはまだ, には三人, には大きな, には浄瑠璃本, には黒板, にみ, に一つ, に他, に兵営, に奇怪, に子供, に小鳥, に意外, に植, に田村検事, に置い, に腰, に都蕃長又, に酒, へお, へやられた, へカッ, へ坐った, へ導かれた, へ行く, まで古着

▼ られ~ (48, 0.1%)

2 が画面, の嗅覚, はすぐ

1 [42件] が何, が倭文子, が支度, が誇る, と一つ屋根, に伝, に最初, に臨ん, のわくわく, の一生, の作品, の名, の唇, の宜, の所, の決意, の独創, の畏敬, の百兩, の神, の精神, の細工場, の芸術上, の追随者, の魂, はその, はそれ, は命, は幾度, は彼, は彼女, は溺死, は男爵, は目, は私たち, は胸, は腰, は腰縄, は苦笑, は身, も一箇, を敬愛

▼ られこれ~ (45, 0.1%)

1 [45件] が, が一つ, が今, が日本, だと, でさしも, と共に西域人, と同時に, にある, によってかかる, によって野上, に伴, に優る, に対してまた, に対して一言半句, に対する婦女, に従属, に心專, に意志, に憑, に次いで, に注連, に睨まれた, に背, の視, はその後迷宮入り, はクリスマス, は何, は皇帝, へお供, また大, まで大体, まで管轄, もぶじ, も思いきれない, も獄舎, より後, をかの, をもっ, を侵されない, を八重天蓋, を基, を愛好, を読もう, を読ん

▼ られこの~ (44, 0.1%)

2 やうな, 胸は

1 [40件] うえも, ところを, ままでは, まま引込ん, ような, ドイツ生れの, 主婦の, 予め決っ, 事実は, 人たちの, 伝授の, 俺を, 土地で, 建物は, 後は, 御憂悶, 恥辱を, 手で, 新しい内容, 旗の, 日ともに, 日暮里南泉寺の, 機会に, 法の, 玄蕃の, 男の, 町の, 直観的明証が, 石塀に, 系譜的説明によって, 結婚には, 統一は, 義務の, 聞き込み, 通りまだ, 配所に, 針の, 院に, 陶工が, 霊験の

▼ られ~ (43, 0.1%)

8 けり 6 なって 2 なっただけ, なるの

1 [25件] き, ければ, その船長, なったという, なったとき両方, なったなんぞと, なったの, なったら本当にどんなにさっぱり, なってこそ, なりますか, なり人生, なる方, なる日, ゆく老女, 出て, 出るので, 帰って, 来るもの, 行かない, 行く, 行くさ, 行くでも, 行くところ, 行くの, 行った猫

▼ られてを~ (42, 0.1%)

10 ります 5 るの 2 らぬ, り, りこの, りその

1 [19件] つた, つたのです, らなかつた, らんそれで又, りしかるに, りましたの, りますが, りますの, ります故に, りよろしく, りベルナアル, り一つ, り信長, り娘, り此, り英国, り誘ひゆくもの, るから, ると

▼ られ~ (42, 0.1%)

2 ではアメリカ文学, はまた

1 [38件] しばらくは, ではあらゆる, ではもと, では人口三十万, では八丁堀, では勅令, では雨, でもその, でも道普請, どんどん水面, のよう, の壺屋, の春, の殿, の青森, はじめてそれ, はただ, はキャプ, は五八方, は何, は全く, は又, は如何, は彼, は灌木, は空箱, またお, また風聞, までの山朸, までの浅から, もって, もなお, も僻地, も先島, 何事か, 新しく初めて, 朝方出発って, 迄厳正中立

▼ られ~ (41, 0.1%)

2 せいは一刀の, 糸も

1 [37件] きみは, ちかづけに, ばばに, ますが, りつが, 八重は, 助けくだされた, 助けし, 勝と, 叱言, 土産の, 城に, 墓の, 増と, 妙が, 手拍子ご, 政へ, 暇の, 暇を, 添い臥しは, 父さまお母さまの, 父様に, 牢屋へ, 犬奉行お, 由羅に, 申越しであります, 祖師様が, 経に, 経を, 線香なども, 耳止められ, 船へ, 賽錢だけでも, 酒を, 霜と, 顔も, 高に

▼ られ易い~ (41, 0.1%)

4 のである, ように 2 のです, ものである

1 [29件] かは凡て, がみつ, が併, が如き, が此, が決して, が決してそう, ここらの, し會計掛り, といふこと, ならはし, のかも, のだ, のであります, のでこの, のと, わたつみの, 事は, 仕事に, 傾向が, 所以である, 東京の, 機微を, 歌です, 為に, 肉体を, 自分の, 霜柱の, 魏書の

▼ られ自分~ (40, 0.1%)

2 の心, の思う

1 [36件] からも思い立った, が決して, が親, でする, でもそう, でも内心それ, でも得意, でも経験, で自分, と山住居, ながら妙案明知, ながら心, にとって一番, にも都合, の, のできる, のデタラメ, の世界, の仕事, の優越感, の力, の取った, の安全, の尽すべき, の歩い, の眼, の私, の言, の隊, の頭, もそう, もまた, も亦, も相当, をきびしく, を蔑視

▼ られ~ (35, 0.1%)

2 当家へ

1 [33件] ところへ, 会見の, 利発とは, 助けなさる可, 助け下さる樣願, 召捕に, 命ばかりは, 喜びなさるであろう, 墨附の, 對面ある, 小袖は, 屏風揮毫の, 幕下のみ, 幟を, 心底を, 戦果のほど, 指定に, 挨拶せね, 改易の, 書を, 歴代の, 目通り願ひ, 胎内の, 胤を, 装束更え, 覚悟の, 親閲を, 誠意のほど, 身上御, 逢を, 随身どもと, 隱居樣に, 食事後も

▼ られ~ (34, 0.1%)

2 なるべけれど

1 [32件] あれをば, お袖, かばお常, がため, なるべく人類同志, なるべく精製石棒中, なるべし, なるべしと, よりこの, 二個の, 俗名齋藤時頼と, 兄君辰猪が, 創を, 勿体なさ, 君, 少女の, 彼お, 彼の, 彼は, 彼を, 思ひ出, 悲しさ, 普通名詞は, 火掻棒ようの, 犬の, 真白き家, 神格の, 美しきダネーエ, 美しき新婦, 老眼の, 覚え有り今, 返事も

▼ られしかも~ (34, 0.1%)

2 それが

1 [32件] この原料, この組織, これに, その孤独, その扇型, その純理的, その頃としては, それは, だんだんその, つや子自身の, なおその, なんの, アカイアの, ブル新聞に, ワンワと, 事実上継続せられ能わなかった, 功は, 宝蔵院の, 己は, 常に彼, 当人は, 彼女の, 推薦者は, 日比から, 決して好い加減, 泣かずに, 清廉な, 画期的な, 社会全体の, 至純の, 若く稚い人たち, 這奴の

▼ られさえ~ (33, 0.1%)

12 すれば 9 しなければ 2 する 1 したが, したならば, したら, した正木一家, しても, すりゃ, すりゃいい, するよう, する嘆き, 致せば

▼ られちゃあ~ (33, 0.1%)

2 大変だ

1 [31件] いけねえ, いけねえからだ, おいらにゃ, お聟さん, かなわないねえ, こっちが, こっちで, せっかく親切, とてもかなわない, どうして慌てず, もう助からねえ, やり切れねえ, 乗り降りの, 仕方がねえ, 何日まで, 僕の, 困る, 困るじゃあ, 困るぜ, 困ると, 困るね, 堪まり, 大変です, 片時も, 自然に, 親として, 逃げること, 道庵旗を, 遣り切れないだろうよ, 長屋ぜんたいの, 黙っては

▼ られさうな~ (31, 0.1%)

4 気が 3 ものぢや 2 ことを

1 [22件] この傾向, だけ, ので絶えず, のに, はずが, ひとつの, ものある, ものぢやあない, もので, ものな, 処まで, 処を, 小さな焼, 幾分か, 恐怖に, 所に, 所の, 新戯曲, 時の, 氣が, 疑惧, 馬ぢやあ

▼ られさうに~ (31, 0.1%)

5 もなかつた 3 なつて 2 もない

1 [21件] きしみ揺めいた, ない, なかつた, なかつたから, なったわ, なったん, なつた, なつた仇敵, なつた子供, なつた時, なつて援, なりました, はない, も思, も見えます, 思はれた, 思はれない汚, 思へた, 澄みきつて, 痩せて, 見えた

▼ られやがて~ (31, 0.1%)

3 それが 2 リンチの

1 [26件] この怪傑, この枕言葉, この術, さわぎを, 一晩厄介に, 不必要, 其處から, 冷汗を, 出て, 大機嫌, 年の瀬が, 後妻の, 御寝の, 御縁, 昼間の, 朝日の, 柩を, 氷が, 海女は, 田に, 腕を, 葛尾の, 葛野, 衛士と, 越前の, 頸でも

▼ られてでも~ (30, 0.1%)

15 いるよう 4 ゐるかの 3 ゐるやう 1 いたの, いたよう, いるか, いるの, いるらしくそれから, いる態度, しまいそう, しまつたもの

▼ られてばかり~ (29, 0.1%)

2 いて, いるの

1 [25件] いた, いたお, いたか, いたの, いたので, いた曾呂利本馬, いた結果, いなければ, いる, いるあの, いるが, いるのよ, いるわ, いるん, いるアルトゥール青年, いる身, だ, で左, ゐた, ゐたのよ, ゐや, ゐると, ゐる可, 居たぎりで, 来て

▼ られちや~ (28, 0.1%)

3 大變 2 どうする

1 [23件] あ不愉快, いけないよ, いけません, たまらない, たまらないなあ, ならないからね, ならねえよ, ふのよ, やりきれないね, 可哀, 困るぞと, 困るだらう, 困るなあ, 堪らない, 堪らないからね, 堪らないわ, 堪りやしない, 寒くて, 後では, 打ちこ, 放つて, 死にたくも, 諦めきれまい

▼ られての~ (28, 0.1%)

3 上で 2 ことで, 作業では

1 [21件] おさ, ことだった, ことなら, ご情報, そり, やむをえぬ生活法, 上だ, 上の, 事で, 事でしょう, 仕置である, 仕置に, 御心配, 御誦経, 手入れだ, 文壇遍歴の, 旅行は, 歸途圭一郎は, 禁慾の, 表現です, 話に

▼ られ~ (28, 0.1%)

2 にはその, には次第

1 [24件] からガチャン, さらに今, にはサンチャゴ, には佩用者自身, には和算家自ら, には是, には棄てし, には権大納言, には牢屋, に其少女, に山の神, の世, の八人, の四個, は加世子, へ後, へ退り, もみな, シーボルトの, 又江戸, 漢時代には, 病気により, 秦王天下を, 長く口語

▼ られ~ (27, 0.1%)

2 と人, の子

1 [23件] がこれ, が死ん, でないよう, にも追, に敬, に知られず散っ, に逢え, のうわさ, の心, の愛, の手, の眼, の背, の背たけ, は大きな, は眼, は知らず, をも愛する, を小馬鹿, を殺す, を見る, を量る, 争うて

▼ られ更に~ (27, 0.1%)

2 転じて

1 [25件] うすいメリヤスシャツ, この馬, その者, それを, は衆生, アンソーの, 先祖の, 其南には, 其旅程も, 医者の, 和歌子を, 實在, 平生は, 拡張せられ, 数日を, 海を, 発展した, 第六版, 箱の, 綿温かき, 貴族に, 近くは, 近衛内閣の, 遠い空, 重蔵に

▼ られてからは~ (26, 0.1%)

2 少しの

1 [24件] あの野原, いくらすすめられ, また昔, めっきり人, もうずっと最後, もはや支持, 人造海水で, 以前と, 全く意識, 千鶴子と, 叔父さんは, 夜な, 平和を, 必死に, 新に, 日一日と, 時々かうし, 朝暮の, 歌界の, 流相明媚な, 漸次地位, 目の, 著しくど, 詰所に

▼ られやう~ (24, 0.0%)

3 か, かまあ 2 が人, としてゐる

1 [14件] が一向, し鑑賞點, といふ先づ押し, とし, とした, とする, とは思ひ, とは思ひません, とも, と感心, と焼かれ, なんて思, な樣子, はない

▼ られ~ (24, 0.0%)

3 をうつ

1 [21件] うも, かに憑かれ, かに突進, かぶちこわす, から何, かタワイ, か一つ, か気, か笑い, か胸, か話し, で力, と云われる, と言い開く, に依っ, のばからしい, の不足, もない, をご, をなしてる, を書こう

▼ られそれから~ (23, 0.0%)

1 [23件] くらしが, ぐつすり一と, もう一度おり, やや距, エレベーターに, 一目散に, 三月の, 下されて, 全身が, 別の, 君の, 外へ, 大騷動, 次には, 次の, 研究様式と, 簑笠を, 胴切に, 裏庭の, 西域人が, 長野電鐵で, 関ヶ原の, 麻酔薬で

▼ られ~ (23, 0.0%)

151 えかな, えから, えとわざと, えと思っ, えと思つて, えと騒ぎだす, えよ, ちゃ婆さん

▼ られ~ (23, 0.0%)

2 のもの

1 [21件] から威す, が尻尾, と絶縁, に捉, のいかなる, の一つ, の一方, の両方, の二人, の二本, の仲間, の大, の奴隷, の子供, の憑き物系統, の種々, の者, は寵臣, は窒息, は荊棘, へ向こう

▼ られかつ~ (21, 0.0%)

1 [21件] この曲線, これと, その花, それ等の, 上席に, 他の, 他人と, 価値尺度財の, 呪われたまま, 国元へ, 守られて, 尊敬され, 引続きそれ, 改良が, 江戸へは, 示された究極, 解かれて, 長く殘, 階級が, 非常に, 驚かされた

▼ られ勝ち~ (21, 0.0%)

3 である, なの 2 であるが

1 [13件] だから, だつた, であった, であったこと, であったの, であつ, です, な事実, な些細, な傾向, な小説, な文学意識, になる

▼ られついに~ (20, 0.0%)

1 [20件] お亡くなり遊ばした, その事, その河岸, その種子, それが, はその, は百メートル, は親, は近ごろ, 一切の, 供給は, 小山を, 帝王生活の, 必要な, 我国における, 政事の, 敢然として, 武行者の, 死刑に, 運命の

▼ られ通し~ (20, 0.0%)

2 だった, でやって来ました, なん, の農民

1 [12件] じゃかなわないだろう, じゃない, だ, だが, だつたので, でありいす, でゐた, で泣き, で疲れ, ということ, に責められ, の六十年

▼ られしと~ (19, 0.0%)

1 [19件] いたく異なれり, いふ事, するも, 云う事, 云ば, 云ふ, 其趣頗る, 尋けれ, 思ふ間, 思わる, 感ぜし時, 打悦び詞, 承ま, 物語りを, 私より, 見えたり, 言へば, 記憶す, 語るに

▼ られたりと~ (19, 0.0%)

2 せよ, 思惟すべき

1 [15件] ある, いう, いひし所以, いふ, おっしゃいますけど, せんか, なん, 云ひ, 仮定すれ, 仮定せよ, 做し, 心着かしめ, 我一人呑込顏その, 拝す, 聞けりとにかく

▼ られ~ (19, 0.0%)

1 [19件] からいえ, がまた, が必要, が有り, が甚だ, が男性, であろう, ではなく, で恐縮, なり, なんてありゃしない, によって決して, の甘, はしたくない, はない, はやはり, は焼, をした, をする

▼ られ~ (18, 0.0%)

4 へん 2 へんな, んなあ 1 ぃが, さ, じい面魂で, つりてよりの, づ大, へんがな, へんどす, へんなあ, ゐら, 昼の

▼ られやすい~ (18, 0.0%)

2 のである

1 [16件] から行動, がこの, が非常, ことまた, そして官僚肌, ところに, と思う, のだ, また見え透いた, ものが, 土地であった, 姿を, 娘達な, 振舞いを, 新参である, 残臭を

▼ られ或は~ (18, 0.0%)

2 他の, 懲役に

1 [14件] 住居を, 侍臣の, 其用途が, 単に, 悉く信ぜられぬ, 戀慕に, 歪曲させられる, 源之, 絶頂の, 義憤に, 自ら泅ぎ着き, 荒らされる, 誇張され, 馴じ

▼ られもし~ (17, 0.0%)

1 [17件] あるいは亀裂, これら二商品の, またその, 世間に, 又御, 報告せられ, 強くも, 憐れみの, 敬せられも, 敬われも, 殺されも, 毀されも, 毀られ, 疑われ出しても, 認識も, 郷里に, 驚歎され

▼ られ~ (17, 0.0%)

2 の中

1 [15件] では岡倉さん, には住まず, には病人, に入れ, の八分の七, の後方二間, の納屋, はまた, へかえされた, へはせ帰った, へ帰つた時, も淋しく, を出る, を提供, を見付けられ

▼ られ遂に~ (17, 0.0%)

1 [17件] その秘訣, は, はさらぬ, は病, 上下谷まっ, 人殺しの, 俗信上の, 文化という, 権兵衛は, 殺して, 皇位に対して, 破産した, 社会全般の, 老翁に, 誤認や, 鎌倉へ, 隙を

▼ られそうして~ (16, 0.0%)

1 [16件] いちばん肝心, そのさき, そのとおり, その紐, それが, なくなり忘れられたこと, はなはだ苦々しく, 三つの, 上酒一升鴨一羽が, 人々の, 同じよう, 土の, 天の, 村里には, 自分の, 輝くよう

▼ られなん~ (16, 0.0%)

2

1 [14件] だが, だこと, だだけが, だとは, だやろ, だらお前, だらその, だら寝られん, だわさ, だ書籍, だ樣子, だ食べもん, のこと, の処罰

▼ られよう~ (16, 0.0%)

2 もない, もなかっ

1 [12件] がありませんでした, がいっこうに, では, な悲しみ, に, になった, にも名誉, もしれぬ, も知れず, よりいのち, 恐が, 見られようと

▼ られただ~ (15, 0.0%)

2 一身の, 自らに

1 [11件] いまは, もう恐れいる, 一人で, 一親戚たる, 住民が, 宇宙を, 張遼徐晃などの, 恩に, 慚愧のみ, 書かんが, 自国と

▼ られ二人~ (15, 0.0%)

1 [15件] あたかも一身同体, が嘗て, が自分, が躊躇, で様々, で樣, で行った, の孫, の少女, の皇子, の間, は何時の間に, は暫く, は着席, までいのち

▼ られ其の~ (15, 0.0%)

1 [15件] かげにな, 下に, 中から, 人の, 内容は, 冷い, 口調を, 女是へと, 家益, 後は, 日は, 男の, 眞相を, 腹立たしさ, 醜処弱処

▼ られ従って~ (15, 0.0%)

1 [15件] お前たちに, このこと, わずかに, 一般に, 先天的乃至, 又社会的, 右事件の, 吾, 天狗の, 市中どこにでも, 悪く権利, 社会そのものとは, 給料も, 農業が, 鹿島槍では

▼ られある~ (14, 0.0%)

3 時は 2 ひは, 者は 1 ものを, 場合が, 夜の, 寒駅で, 箇所は, 距り, 首は

▼ られあるいは~ (14, 0.0%)

1 [14件] そのシナ皇帝, それを, 下関そのまま, 不徹底と, 元禄年間の, 医を, 参考書や, 意地悪く, 暗渠と, 材料を, 死人の, 眠らされて, 積まれまたは, 自分から

▼ られさらに~ (14, 0.0%)

1 [14件] うらみかさなる拳, その上, その傾向, ピアニストであり, 二枚三枚と, 応接の, 易経には, 神聖に, 秘密の, 蜀将の, 透徹した, 進んで, 進んでは, 震災後の

▼ られたる者~ (14, 0.0%)

1 [14件] が後, のごとき, のごときほほえみ, の中, の内, の前, の姿, はこれら, は之, は少なから, は虐げられたる, への唯一, を善本, を残忍

▼ られまたは~ (14, 0.0%)

1 [14件] みずから申し出た, 全然停止, 分配され, 土地から, 忘れ去られた, 手に, 曲げら, 片方の, 盛な, 縛られ悉く, 自然法, 興味を, 蘭童かかりつけの, 補償され得ないであろう

▼ られもう~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつぺん, いまでは, それが, 一つという, 一方には, 一等級には, 三枚しか, 今日限り勘当と, 何十万部発行された, 十七年も, 大分前に, 宮に, 殆ど出, 着のみ

▼ られ一方~ (14, 0.0%)

2 に於

1 [12件] からは又, ではまた, では近代化, にはそれほど, に於い, に高橋景保, の隅, は焚く, は雨露, 加十からの, 山田一家は, 彼の

▼ られ~ (14, 0.0%)

1 [14件] ピアニストなる, 公儀の, 多数の, 実験室の, 屋根の, 恩ある, 恩を, 検使小検使など, 渦巻の, 眼玉を, 神楽にも, 英帝国も, 部分は, 體に

▼ られ~ (14, 0.0%)

2 は親分, も足 1 から手, と足, につめたい, には団扇, に触れる, の下, は後, もなく, をつけられる, をとっ

▼ られ~ (14, 0.0%)

3 の前 2 を廻し 1 からは涙, が見えなく, が見えなくなった, の縮む, はとうとう, は不吉, を固く, 眩みながら, 覚めるや

▼ られしも~ (13, 0.0%)

1 [13件] さてかなた, その文簡短, そは, 其女の, 其後次第に, 前後三つの, 卑彌呼が, 和歌などは, 幾何も, 有るべし, 末世現代に, 死を, 而後その

▼ られそこで~ (13, 0.0%)

1 [13件] そのまま拿捕, 一つ一つ火は, 中絶も, 修行を, 初めて有罪, 又初め, 夜が, 始って, 始めてショパン, 始めてメトロポリタン, 少し尿, 病歴が, 私は

▼ られそのまま~ (13, 0.0%)

2 築山の

1 [11件] お師匠さま, お逝く, になっ, 不面目な, 奉行所へ, 御国詰, 止まって, 浪に, 空へ, 立ち上がると, 立ち停って

▼ られてはと~ (13, 0.0%)

1 [13件] ご飯も, 一こく, 三人は, 先頃按摩に, 土耳舌帽氏も, 心配し, 怒つて, 思いこんど, 思えば, 思った, 歯を, 自粛した, 覚悟が

▼ られ~ (13, 0.0%)

2 は上古

1 [11件] から普遍者, によつて産, に反し, に対して後, れに, を主, を好む, を実際, を愛讀, を抜き, を機会

▼ られ同じ~ (13, 0.0%)

2 呼吸に

1 [11件] ことを, ように, 中坂の, 人に, 人間の, 年に, 年の, 年頃の, 日本の, 時刻に, 流れを

▼ られ~ (13, 0.0%)

2 い人, くない 1 い, いことも, がる嗜好, くて, くなかつた, くなる, しと, との口上, と願

▼ られてか~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるいは夜, なんとなく会, まったく話しやめ, 伊藤一刀斎は, 内務省の, 明敏子貢には, 注意する, 深い淵, 潤んだ聲, 葉も, 覚えずあっ, 辰代は

▼ られてしも~ (12, 0.0%)

32 うたと, てて 1 うたお蔭で, うたのだ, うてただ, うとる, たら何

▼ られ~ (12, 0.0%)

2 れ等 1 が中小工業政策論, が爲花街, につれてフジ, によって政治感覚全体, の三郎氏, の大曾根, は何, や姑, より同心, れを

▼ られ既に~ (12, 0.0%)

1 [12件] お手討, その事, キリシタンと, 一萬俵づつの, 一部は, 伊豆守殿御屋敷御, 切腹とも, 危い, 地主との, 居留地に, 瀕死, 盛り上がるよう

▼ られいま~ (11, 0.0%)

1 [11件] では先祖, でも伯父夫妻, にもぷっつり, のうち何, の所, はかえって, は今夜, は仕方, は鉱山, ふっと眼, 帰らんと

▼ られここ~ (11, 0.0%)

1 [11件] およろこび, にはじめて, に二流, に再び, に装飾的, に適度, まではただ, までは連れられ, まで遁げ, を行在所, 両三日

▼ られことに~ (11, 0.0%)

2 それが 1 この淺草倉, その才能, ひとり法隆寺現存の, 人口が, 今年は, 十二年前には, 安永七年に, 某の, 湖畔の

▼ られしか~ (11, 0.0%)

1 [11件] なしさ, ば長庵眞顏にて, を知るべきである, 二人共に, 如何に, 暫時控へよと, 最早斯, 殘念や, 然るにても, 盲信する, 見られしに

▼ られてさえ~ (11, 0.0%)

1 [11件] いた, いないと, いました, いる, いるの, いるので, かくばかりの, ほうたくさん, 一大事である, 腹を, 避けること

▼ られ~ (11, 0.0%)

4 アしない 2 アしません 1 がった, がったヤーイ, がって, アしねえ, 致しません

▼ られ乍ら~ (11, 0.0%)

1 [11件] お越, かすり傷一つ負, どうやら陽, もガラツ八, も余り, も品, も誰, も足, も部屋中暴れ廻つて, 何彼と見, 尚も悪鬼

▼ られ~ (11, 0.0%)

2 になる 1 な, になっ, のランプ, の明ける, の男ども, の空, は木賃宿, は珍しい, は疾く

▼ られあの~ (10, 0.0%)

1 いつも忘れた, 二人の, 人によ, 人は, 懐しい人たち, 狭い境内, 碧の, 程度の, 節出なく, 野原も

▼ られすべて~ (10, 0.0%)

1 が終わる, の不安, の外界, の実体, の生活, の罪人, は便利, は戦争一本, を忘れ, 直礼

▼ られてからの~ (10, 0.0%)

1 ことだ, ことで, クライマックスが, ロシアについて, 三毛の, 働く男女, 写真を, 常盤御前の, 彼は, 自暴では

▼ られ一人~ (10, 0.0%)

1 あるきが, ずつ順番, だけの世界, で子供, にまかせ, の役人, は彼, は忙殺, も無事, 残らず殺されるわ

▼ られ~ (10, 0.0%)

1 からその, では只人, では魚, なる諸, には一基, の方, の者ら, は湿地, より蔑まれ, 伊呂村役人は

▼ られ~ (10, 0.0%)

1 には大ざっぱ, に云った, の二つ, の年, の方程式, は暗, は果し, を向いた, 隊は, 頭部に

▼ られ同時に~ (10, 0.0%)

1 その時, その題材, どこで, コロリと, 三人の, 三男の, 将軍の, 彼の, 現在の, 評価も

▼ られ少し~ (10, 0.0%)

1 くらいの小遣銭, でも療養, なりとも, の異状, ふくらみを, も抵抗, も油斷, をびえて肩, 動こうと, 困った

▼ られ手足~ (10, 0.0%)

6 をしばられ 1 の自由, の運動, も縛られ, を縛られ

▼ られ特に~ (10, 0.0%)

1 ロンドン, 亀有には, 兄様そもじ, 内政の, 出羽に関する, 声に, 硯の, 音楽文学演劇の, 願いを, 馬琴が

▼ られ~ (10, 0.0%)

1 でないが, な気, な葬式, に危まれ, に思はれた, に思へるなら, に成った, もない, 勤居候處當三月十九日夜下伊呂村大井河續きの河原に, 續し

▼ られかく~ (9, 0.0%)

1 あるべき人生, てこの, て人爲的作爲的, て常に, て文化価値そのもの, て時, て理論, て精神, もあからさま

▼ られそれら~ (9, 0.0%)

1 が今, が生命, について市場, のいくつ, の一方, の交換, の王, の総和, の詩人文人皆

▼ られつつも~ (9, 0.0%)

1 そうなっ, ひそんで, 外へ, 彼は, 忍術使いだけの, 最期の, 此奴までも, 立ち去ること, 華雲殿この

▼ られてや~ (9, 0.0%)

1 がって, がらア, がる, しないかしら, しないよ, まず, むをえずする仕事は, ッと, ッぱしそれッきり

▼ られようやく~ (9, 0.0%)

2 上陸許可に 1 この頃, にし, のこと, 八時半に, 打解けて, 逃げて, 間が

▼ られ~ (9, 0.0%)

1 からおもい, から大きな, で必要, には樹林, には飛行甲板, のおぼえ, の御, へ引上げ, より八番目

▼ られ今度~ (9, 0.0%)

1 こそはと松林, の一條主税之助儀先一應, の事件, はその小さな, はちょうど, はコンクリート, は米屋, は見馴れぬ, は陵

▼ られ今日~ (9, 0.0%)

1 ではソヴィエト連邦, では小さい, なお世界音楽, に及ん, のギセイ, は何, までここ, まで延引, まで慣用

▼ られ再び~ (9, 0.0%)

1 いや應, ドーバーを, ピサロの, ベッドの, 汽車にて, 波打際に, 糸を, 見物に, 鏡板がが

▼ られ又は~ (9, 0.0%)

1 かすかにしか, 容れられない場合, 次の, 殺されそう, 清算される, 片歌, 発見される, 酔狂人などに, 關係し

▼ られ~ (9, 0.0%)

2 も掃かせられ 1 には水, に乾された固まつた, の作りよう, の立木, の隅, の隅々, をご覧

▼ られ~ (9, 0.0%)

1 にひろびろ, に呼ばれた, に大胆, に殺す, に気, に氣, に酸, 直下する, 行軍し

▼ られ次に~ (9, 0.0%)

1 は朝, 年齢に, 沈没し, 用ゐる, 第三の, 紋也の, 絵付けと, 警察部長大森吉五郎氏と, 近世に

▼ られ~ (9, 0.0%)

1 のかお, の側, の意地みたい, の所有, の考, の血, は女, は子, への愛着

▼ られ~ (9, 0.0%)

1 ひけり, ひし, ひしより, ひしを, ひし時, ひ後, ふ, ふの, ふ聖主

▼ られ~ (9, 0.0%)

1 につまされる, に余り, に取りまし, の囲, の縮む, の置き, をつけられ, を任せたい, を震わし

▼ られあまり~ (8, 0.0%)

2 のこと 1 ながいこと合掌, 器用に, 好かれないよう, 着込んだため, 笑ったり, 野生とは

▼ られいよいよ~ (8, 0.0%)

1 乗船の, 出張という, 執心した, 深く御, 熱狂的に, 益, 目的の, 長途シベリアの

▼ られいろいろ~ (8, 0.0%)

1 うるさく聞かれる, と考えさせられた, と聞かれる, なふしぎ, の体, の物, の雑誌, 問題に

▼ られかた~ (8, 0.0%)

1 が不足, が感じられた, が近代, には例外, の点, をした, をする, を知らない

▼ られしもの~ (8, 0.0%)

1 なり, なり熟考る, の如し, ペーリオン嶺の, 也, 宇宙の, 與謝野君の, 誰か

▼ られすでに~ (8, 0.0%)

2 死亡した 1 今朝は, 危うく見えた, 変質し, 縛られしうえ, 落飾の, 藩地へ

▼ られどこ~ (8, 0.0%)

1 かへはこばれ, かへはこん, で穴もろ, ともしれず, にしまわれ, へともお, までものび, を真似よう

▼ られどんな~ (8, 0.0%)

1 ふうに, もので, 人間的な, 場合に, 理窟で, 環境にも, 種類の, 風に

▼ られ~ (8, 0.0%)

2 こと 1 さる, するに, つぴき, どなられの, 寄宿生は, 心得あり

▼ られまるで~ (8, 0.0%)

1 そんなこと, みなと, アマゾン河畔の, 寢床に, 日本の, 氣違ひ, 流民の, 竜宮に

▼ られんで~ (8, 0.0%)

1 すんじょる, よかったけん, 二郎は, 困る, 外へ, 当地へ, 煩悶し, 貴方が

▼ られ且つ~ (8, 0.0%)

1 あわせて, それが, 信じて, 合理的に, 愉快に, 東照宮修繕の, 萎縮せしめられ, 銀子の

▼ られ両手~ (8, 0.0%)

1 でグッ, で膝, で荒々しく, は背中, をうしろ, を後, を空っぽ, を縛られ

▼ られ~ (8, 0.0%)

1 によって私, の, の一馬, の指輪, の時代, の水滸伝, の西園寺公宗, の豪勢

▼ られ~ (8, 0.0%)

1 からし, が更に, が段々, に就, に車, れを, 行き方, 齎す詞章

▼ られ子供~ (8, 0.0%)

2 の月謝 1 と云, の唱歌, の怖がる, の火遊び, の養育, を縁

▼ られ~ (8, 0.0%)

2 となっ, のよう, を胸 1 の小片, の断片流動

▼ られ~ (8, 0.0%)

3 二の 1 一級の, 七項目は, 三期には, 二世達は, 二回に

▼ られ終に~ (8, 0.0%)

1 二十五浅, 人殺しの, 人間の, 伊太利より, 御免にて, 晩香と, 永の, 浪人し

▼ られ~ (8, 0.0%)

3 であった 1 でありました, であること, でした, として育つ, の中

▼ られ~ (8, 0.0%)

2 の上 1 から蒲団, がいい, のほう, はまた, を下, を打たれ

▼ られおまけ~ (7, 0.0%)

1 にその, に唯一, に晝日中呼出し, に猛烈, に猪, に窓ガラス, に踏んだ

▼ られたけ~ (7, 0.0%)

7 だもの

▼ られてこそ~ (7, 0.0%)

1 おれあれに, やっと抜け出す, カチューシャが, 初めて哲学, 味の, 彼から, 恋は

▼ られ~ (7, 0.0%)

3 怪しきふるへ 1 おしてきた, なって, 同時にそれ, 耳の

▼ られひどく~ (7, 0.0%)

1 おもしろがられた, 不潔な, 大それた, 左肩を, 急な, 緩りした, 貴重品に

▼ られへん~ (7, 0.0%)

3 のん 1 に気味悪く白く, やお, やろか, 寝られへん

▼ られみんな~ (7, 0.0%)

1 からさかん, の注目, の生き抜こう, の笑い聲, の間, はその, 知って

▼ られわずか~ (7, 0.0%)

1 に祭, に職, に過ぎし, に食事ごと, の金, ばかりの金, 二日間で

▼ られ一度~ (7, 0.0%)

2 帰られてから 1 は, は梁, は母, は軍人, 聽か

▼ られ一般~ (7, 0.0%)

3 の教育 1 にしっかり, に用いられる, に盛ん, に長

▼ られ~ (7, 0.0%)

1 が芥川, に愛され, の人間, はその, ははっと, は中庭, は十時半

▼ られ~ (7, 0.0%)

1 二十六日ニースに, 五年三月には, 先生其他同校職員の, 公園に, 十二時十分遂に, 博士入魂の, 宗者と

▼ られ~ (7, 0.0%)

2 と金を 1 ある樹木, だけは別, も知れぬ, を一学, 聲も

▼ られ大きな~ (7, 0.0%)

1 七宝焼の, 扉に, 掲示が, 星の, 煉瓦の, 瓶に, 音を

▼ られ彼女~ (7, 0.0%)

1 が結婚, に堪え切れない, の有名, はがつかりした, は深水高六, は灰色, もまた

▼ られ新しい~ (7, 0.0%)

1 二階が, 作者を, 土地を, 川に, 日本を, 時代の, 興味が

▼ られ日本~ (7, 0.0%)

1 にて同様, に於ける, の婦人, の色刷版画, は将, へ渡航, もやがて

▼ られ~ (7, 0.0%)

1 にて何もかも, は何, は何人, は全く, へ, まで安心, 又種々

▼ られ~ (7, 0.0%)

2 の家 1 お講中, と前後, の儘, の進化, を謝らし

▼ られ殊に~ (7, 0.0%)

2 その頃発行 1 この頃山上, その演出目録, 今日は, 夜の, 罰金の

▼ られ~ (7, 0.0%)

2 からちまた 1 から吹, から辷り落ちた, のそば, の下, を閉め切っ

▼ られ~ (7, 0.0%)

1 からも採用, が注い, でも健康, にも氣, にも頭, に話しかけ, に踏み

▼ られああ~ (6, 0.0%)

2 これが, 私の 1 いふ考, もう遊び

▼ られあげく~ (6, 0.0%)

2 の果 1 によそ, に五千円, に戦争, の果て

▼ られ~ (6, 0.0%)

2 づだかく花輪が 1 すぐもり, すら明り, ねくる, ーッと

▼ られこれら~ (6, 0.0%)

1 がずらりと, が交換者, の商品, の森, の生産物, も軍役

▼ られしばらく~ (6, 0.0%)

1 は敵, ゴトゴトゆれ, 唖然と, 胡堂という, 蘆の, 襖子の

▼ られその他~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, のもの, の一味, の人, の者, の角

▼ られそれで~ (6, 0.0%)

1 ご当家, コロリと, ノラを, 一件は, 日本アルプスと, 現在工事が

▼ られてからも~ (6, 0.0%)

1 ヂパングは, 口では, 政枝は, 暫く蘗, 注意すべき, 渠は

▼ られなお~ (6, 0.0%)

1 そのうえに, その後に, 三方の, 咽喉に, 男子の, 足らずし

▼ られやあ~ (6, 0.0%)

3 しない 1 がって, がつて, しねえから

▼ られやっと~ (6, 0.0%)

1 のこと, 今辞去し, 八十年くらい, 子供を, 気を, 生きて

▼ られよく~ (6, 0.0%)

1 その村, 油を, 知られて, 組織され, 見ると, 買喰ひした

▼ られわたくし~ (6, 0.0%)

1 がこれ, に言いたい, のこ, はやっと, への熱い, を求められる

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 と先づ通夜, は國人, は寡独, は醜業婦, もその, 握の

▼ られ世間~ (6, 0.0%)

1 からは蔑す, でも使, でも御, のこと, の相手, をアッ

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 の御, 処偶然に, 宮及び, 肩には, 腕や, 腿の

▼ られ其方~ (6, 0.0%)

1 が通つて, は何時改名, は吉三郎, は嫁秀, は強情者, 知らざる事

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 からはまた, から厳重, に兵糧, も外, より溢れ, 證事で

▼ られ初めて~ (6, 0.0%)

1 から或, それと, わあっん, 大洋を, 朝子の, 此の

▼ られ~ (6, 0.0%)

2 へ行け 1 からも左, の座, の方, の老

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 には口説かれ, には恋, のお, のこと, のつめたい, は桃色

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 休止が, 兒は, 十人頭から, 市民的サラリーマンの, 沛には, 謡いが

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 から三十糎, には住吉派, には棒, の中央, は白, は白ちや

▼ られ~ (6, 0.0%)

2 がつまり 1 がつまっ, がつまつて, さえ胸いっぱい, をする

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 あわれさ, ひは, る人, る韻文, 文学的潮流に対する, 時は

▼ られ或いは~ (6, 0.0%)

1 そうで, 他より, 全く不可能, 反対に, 殺された, 郷国追放の

▼ られ時々~ (6, 0.0%)

1 姿を, 常陸の, 引出されて, 水を, 蓋を, 身も

▼ られ暫く~ (6, 0.0%)

1 すると, の休息, はそのまま, 受話器を, 経文を, 謹慎を

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 から次, でニューヨーク, で予審判事, で法印, で起訴, の時代

▼ られ次第に~ (6, 0.0%)

1 よつて, テーマを, 勅撰集批判なども, 彼の, 放しとも, 有頂天に

▼ られ気味~ (6, 0.0%)

1 だ, で故郷, で時々, に問い返した, のわるい, の表情

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 と共にいる, と姉, に連れられ, の動き, の要人, は荘平

▼ られ~ (6, 0.0%)

2 は, へり是 1 ひしなれ, ふまじ

▼ られ~ (6, 0.0%)

3 して 1 て其子孫, も反対文化, も彼

▼ られ~ (6, 0.0%)

1 から上, と腹, に両刃, に合掌, の動悸, を剖

▼ られ誠に~ (6, 0.0%)

1 優しき御, 恐れ入った次第, 有難いこと, 残念致し, 殘念致し, 申訳の

▼ られ部屋~ (6, 0.0%)

1 のなか, のマンナカ, の一方, の掃除, の調度, を飛び出し

▼ られあらゆる~ (5, 0.0%)

1 ものの, 努力を, 物を, 現象が, 面倒を

▼ られかくして~ (5, 0.0%)

1 あらゆる存在, すべての, 客觀的實在世界としての, 得た高, 特殊な

▼ られこそ~ (5, 0.0%)

1 すれ, すれトガメ, すれ下座, すれ何, すれ良く

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 介抱によって, 帰国の, 満足を, 自身も, 親切にも

▼ られざら~ (5, 0.0%)

2 んこと 1 むことを, んしかも, ん事

▼ られしかして~ (5, 0.0%)

1 かくの, このところ, その下, それが, 後に

▼ られすぐ~ (5, 0.0%)

1 そばに, にまた, に屋根, 外は, 翌年また

▼ られたりは~ (5, 0.0%)

2 しません 1 して, してを, しますが

▼ られちょうど~ (5, 0.0%)

1 その刹那, その朝未明, ギリシア人の, ピラミッド形の, 人の

▼ られてと~ (5, 0.0%)

1 いうより, いうよりも, いひさして, 云ば, 母は

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 おし, おしだった, おしで, ほしだ, ほしで

▼ られなど~ (5, 0.0%)

2 して 1 したらなんと, したる探偵, しながら

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 えと思つて, えと頭取, えと鬼, ぢまげられた, 畫にも

▼ られまだ~ (5, 0.0%)

1 七つばかりの, 十四歳の, 幾分の, 物曰へ, 獄に

▼ られもしくは~ (5, 0.0%)

1 善によって, 憶い出そう, 正当の, 滑稽化された, 養成せられた

▼ られわれ~ (5, 0.0%)

1 とし, ながらあさましかっ, は今, をたずねざりし, 知らず太

▼ られわれわれ~ (5, 0.0%)

1 がユーカラ採集, が三時, の上, の遠い, は植民地

▼ られ一つ~ (5, 0.0%)

1 しかない, の, の大きな, の鍋, は個人

▼ られ一切~ (5, 0.0%)

1 そのほか, に背, の, の外的, の罪

▼ られ一同~ (5, 0.0%)

1 しみじみおいしく, で斎藤老人, に向っ, は急い, は既に

▼ られ一層~ (5, 0.0%)

1 の面白, ヤンの, 謙遜に, 進歩せる, 雄弁に

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 に忘, のさまざま, のなか, の物笑い, は恋し

▼ られ人々~ (5, 0.0%)

1 から重宝, はいざ, は人家, は高い, をし

▼ られ候事~ (5, 0.0%)

1 とて宅, と存候, と頼母, ども有, 第一

▼ られ其後~ (5, 0.0%)

2 は老母, 又勲二等 1 段々と

▼ られ初め~ (5, 0.0%)

21 たの, は一箇國, より一毫

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 あまって, はどんなに, を光, を失い, を込め

▼ られ四人~ (5, 0.0%)

2 でも五人 1 の乗組員, の抱え, の豪傑

▼ られ多く~ (5, 0.0%)

2 はたあい 1 の思いがけない, の書物, の見方

▼ られ如何~ (5, 0.0%)

1 に久八五十兩, に伸び育つであらう, に取扱, に菊此越, に長

▼ られ如何なる~ (5, 0.0%)

1 人々が, 方法でなさる, 状態で, 罪や, 舞台効果を

▼ られ彼ら~ (5, 0.0%)

1 の往生, の血, の觀念, は他, もまた

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 で呼吸, にふれられる, に此奴, の動く, をおどろかし

▼ られ最後~ (5, 0.0%)

1 には上方, に牛, に織られ, の恍惚境, の運命

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 は音, ものめず, もめし, やえさ, を飲む

▼ られ現在~ (5, 0.0%)

1 いよいよ好評, でも京成バス, というもの, の穏, は同じ

▼ られ生活~ (5, 0.0%)

1 からも棄てられ, が賭けられ, しつつ, の安全, の安定

▼ られ白い~ (5, 0.0%)

1 夏大根が, 大きな蕾, 干飯, 棒の, 烟が

▼ られ相手~ (5, 0.0%)

2 にもされなくなる 1 の姿, の男, はお

▼ られ真に~ (5, 0.0%)

1 勇敢な, 噛みわけた人生, 故旧に, 涼やかに, 発展させられる

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 が奇蹟, ならぬ身, に赴く, の公審判, の恩寵

▼ られ空中~ (5, 0.0%)

1 でばたばた, には飛行機, を目茶苦茶, を飛ん, を飛行

▼ られ自ら~ (5, 0.0%)

1 もいたずら, も万民, も公言, も発芽成長, 卑しめる必要

▼ られ若い~ (5, 0.0%)

1 ロマンチックと, 主が, 奥様が, 女が, 浮気な

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 は元, は全部, をやる, を五十両, を出さずし

▼ られ難い~ (5, 0.0%)

1 かを語っ, ことである, ものだらう, 立場に, 而し

▼ られ~ (5, 0.0%)

1 に乗せられ, に食わせ, の食, は水飼場, を殺す

▼ られいつ~ (4, 0.0%)

1 でも弱っ, にても独立, までこんな, 見ても

▼ られいわゆる~ (4, 0.0%)

1 凍上の, 学習院党を, 楠木式築城の, 百姓町人との

▼ られかなり~ (4, 0.0%)

1 の勢力, の進歩, ひどい目, まで表現

▼ られこっち~ (4, 0.0%)

1 では断わられ, の座員, の隅, へ曳かれ

▼ られさんざん~ (4, 0.0%)

1 たのんで, である, な目, 叱られました

▼ られすこし~ (4, 0.0%)

1 づゝ内容が, の窪み, 大げさに, 硬ばった感じ

▼ られすっかり~ (4, 0.0%)

1 おじけだって, りっぱに, 懲りて, 身仕度を

▼ られすなわち~ (4, 0.0%)

1 後者は, 支店や, 発光生物の, 請うて

▼ られその後~ (4, 0.0%)

1 でミンチン先生, また一年あまり, もヘブライ人, 久しく消息

▼ られそれに~ (4, 0.0%)

2 何か 1 よつて統一, 何本も

▼ られちや叶~ (4, 0.0%)

3 はない 1 はねえ

▼ られつい~ (4, 0.0%)

1 その氣, 祝いも, 要領が, 言葉少なにな

▼ られついで~ (4, 0.0%)

1 それに, 二十七日笠置山に, 八百十五年に, 次女を

▼ られてのみ~ (4, 0.0%)

1 初めて把握, 問題としての, 理解されるべきである, 考えられる

▼ られとうとう~ (4, 0.0%)

1 こんな方角, 偽手紙, 巡査が, 清君は

▼ られどう~ (4, 0.0%)

1 いふ風に, したらそれ, だ貴様, 現されその

▼ られどの~ (4, 0.0%)

1 やうに, 室にも, 書物もが, 雑誌を

▼ られのち~ (4, 0.0%)

1 ついに絶縁, には火薬, に播磨, 殺されしこと

▼ られびっくり~ (4, 0.0%)

2 して 1 したよう, 致し振返れば

▼ られまったく~ (4, 0.0%)

1 のかんかん, 孤立し, 慎重きわまる, 生物の

▼ られやつ~ (4, 0.0%)

1 とはたち, と安心, と目, と階下

▼ られよい~ (4, 0.0%)

1 でしょうと, 半面は, 批評も, 老婆と

▼ られわが~ (4, 0.0%)

1 懊悩の, 文学界の, 父は, 邦にも

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 あげる, る事実, 訛つた発音志多礼で, 語尾に

▼ られアメリカ~ (4, 0.0%)

2 は西部 1 に遊び, の港

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 折は, 比等の, 熱心者は, 起訴に

▼ られ世界~ (4, 0.0%)

1 あまねく平和, に公認, の何もの, は統一

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 から口を, には馬, の手紙, の物

▼ られ人間~ (4, 0.0%)

1 となった, にかわらせた, の心, は次第

▼ られ他方~ (4, 0.0%)

1 においてはジャーナリスティック, には上路, に流, の場合

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 つたもの, て今, て波, りしには

▼ られ僅か~ (4, 0.0%)

1 に記念物, の日雇銭, の月日, 一坪半の

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 の場所, を削っ, 來寶澤は, 徳三年は

▼ られ全く~ (4, 0.0%)

1 人造掘割の, 正気に, 気絶した, 自分一人に

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 であつ, で既に, な良人, になる

▼ られ~ (4, 0.0%)

2 く作られたる 1 哀い, 申と

▼ られ商人~ (4, 0.0%)

1 に重い, の手, は出かけた, は武具

▼ られ国民~ (4, 0.0%)

1 からは慕われ, の思想, の祈願, をたいへん

▼ られ地方~ (4, 0.0%)

1 からの食糧輸送, から上京, の中学校, の豪族

▼ られ多少~ (4, 0.0%)

1 とも強制, の誘惑, 凹處を, 道学者めいた

▼ られ女房~ (4, 0.0%)

2 には死なれ 1 にはナイショ, は早々

▼ られ完全~ (4, 0.0%)

2 にせられ 1 に働きだす, に現実

▼ られ将軍家~ (4, 0.0%)

1 に於い, の純一, もこれ, 御直々

▼ られ尊敬~ (4, 0.0%)

1 さるるという, されて, されるべきもの, せられながらも

▼ られ小さい~ (4, 0.0%)

2 仏壇と 1 ときから, 唯三人限りの

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 おその上に, それよりも, 他に, 東大の

▼ られ幕府~ (4, 0.0%)

1 の一部, の諸侯, もその, を鎌倉

▼ られ御殿~ (4, 0.0%)

2 の中 1 のうしろ戸, の御

▼ られ忽ち~ (4, 0.0%)

1 はね起きて, 満員に, 間口一間奥行三尺ばかりの, 食を

▼ られ~ (4, 0.0%)

2 れられて 1 るべき冬将軍, れられ蔑まれ口

▼ られ思わず~ (4, 0.0%)

1 そこへ, 二三歩退いた, 今日までの, 悲鳴を

▼ られ恐ろしい~ (4, 0.0%)

2 老人の 1 戦車を, 目に

▼ られ早速~ (4, 0.0%)

1 に組下, シナ文字と, 死んだこと, 追い払われて

▼ られ~ (4, 0.0%)

2 とする 1 の將軍綱吉, の状勢

▼ られ時に~ (4, 0.0%)

1 はつめられ, は親方, 背中から, 鬼として

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 から小, のピオニェール, の人, の少女

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 にしばりつけられ, につながれた, に吊るし上げられ, に幾個

▼ られ歴史~ (4, 0.0%)

1 に新, のなか, への判断, や修辞

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 が気, が練れ, づけられるよう, に掛り

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 が狂つて自分, になつて, に掛り, のついた

▼ られ汽車~ (4, 0.0%)

2 の中 1 がそのうえ, が煙

▼ られ漸く~ (4, 0.0%)

1 にし, 助友, 卒業した, 吾に

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 がおこっ, に焚かれ, のごとき, を焚く

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 を轉, 始の, 實の, 産婦人運動は

▼ られ~ (4, 0.0%)

2 らば 1 ばなり, る後

▼ られ爾来~ (4, 0.0%)

1 今日に, 幾戦場の, 最後の, 重大なる

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 に一身, の我, の見事, を持て

▼ られ特別~ (4, 0.0%)

1 なもの, な一大事, な取扱, な取扱い

▼ られ現実~ (4, 0.0%)

1 といふもの, に減少, の人口, の逸楽

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 かくし, の前, を廻し, を赤く

▼ られ直ちに~ (4, 0.0%)

1 マゼスチツク・ホテルに, 一城を, 引拉された, 空の

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 がごろ, にその, に化せられた, の間

▼ られ私たち~ (4, 0.0%)

1 にその, の日常生活, は郊外, も要求

▼ られ美しい~ (4, 0.0%)

1 がこの, ものが, 女達を, 娘の

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 る日, 一四九九年五月に, 七年には, 九年獄中に

▼ られ背中~ (4, 0.0%)

2 も頭 1 を押され, を板壁

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 は絶えず, も地, をかけられる, を踏みつけられ

▼ られ近く~ (4, 0.0%)

1 の街, は半島, は更に, は魯西亜

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 ては吟味, ひ立てられた, ひ詰められて, 除けられして

▼ られ途方~ (4, 0.0%)

1 には暮れる, に暮れた, もない, もなく

▼ られ遠く~ (4, 0.0%)

1 から見る, にかなし, には青い, の木立

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 さの, じて, 吏の, 年月の

▼ られ長い~ (4, 0.0%)

2 間留め置かれました 1 ひもで, 食卓の

▼ られ階段~ (4, 0.0%)

1 のよう, をはずされ, を下っ, を下りる

▼ られ非常~ (4, 0.0%)

1 にいきいき, に上品, に人, に恐れられ

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 には紅玉, に氷嚢, のへん, の皺

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 だけちょこんと, に鉄, は西苑, をすっと

▼ られ~ (4, 0.0%)

1 であしらわれた, は塞がれ, もひっかけられない, をしっかと

▼ られあたかも~ (3, 0.0%)

1 人智が, 自然が, 荒々しい砦

▼ られあたり~ (3, 0.0%)

1 の公卿, は一層, も開け

▼ られあと~ (3, 0.0%)

1 でたいへん, でひとり, は清洲

▼ られあなた~ (3, 0.0%)

1 からは見離され, にお, 御自身

▼ られあわや~ (3, 0.0%)

1 一刀両断の, 裸に, 道場の

▼ られいつも~ (3, 0.0%)

1 私を, 軽い空腹, 閲覧室で

▼ られおのれ~ (3, 0.0%)

1 がと俊雄, も十九年十一月, を卑

▼ られかつて~ (3, 0.0%)

1 公言された, 死滅せず, 皇帝に

▼ られけむ~ (3, 0.0%)

1 一頭流浪の, 溝には, 裾も

▼ られこうした~ (3, 0.0%)

1 ドアを, 女が, 時の

▼ られこんど~ (3, 0.0%)

1 は反対, は政祐, は胴中

▼ られこんな~ (3, 0.0%)

1 善良な, 柔かい蒲団, 物も

▼ られさうだつ~ (3, 0.0%)

21 たけれど

▼ られさうに煽り~ (3, 0.0%)

3 きしんだ

▼ られさて~ (3, 0.0%)

1 うち俯しぬ, こそ例, 秀吉も

▼ られしかと~ (3, 0.0%)

1 あるに, それには, 保たれなければ

▼ られしぞ~ (3, 0.0%)

2 幸なる 1 隱さず

▼ られしたがって~ (3, 0.0%)

1 ここが, その夫役負担, 是も

▼ られしばかり~ (3, 0.0%)

2 つく 1 つくづく迷惑

▼ られしまいに~ (3, 0.0%)

1 はへとへと, は唯, は自分自身

▼ られそういう~ (3, 0.0%)

1 ときにあたって, ものとして, 意味で

▼ られそしてまた~ (3, 0.0%)

1 ここに, 煩わされた, 私の

▼ られそのうえ~ (3, 0.0%)

1 に大きな, の壁, 用意の

▼ られその間~ (3, 0.0%)

1 からいまここ, で育った, の関係

▼ られそれぞれ~ (3, 0.0%)

1 の人物, の専門家, の独自性

▼ られそんな~ (3, 0.0%)

1 ことから, 矛盾に, 風に

▼ られたりとの~ (3, 0.0%)

1 傳説に, 聞えが, 證

▼ られたりも~ (3, 0.0%)

1 した, して, するの

▼ られだんだん~ (3, 0.0%)

1 に売れだした, 個人が, 矢代の

▼ られちや惡~ (3, 0.0%)

1 いとか, いの, からう

▼ られちや私~ (3, 0.0%)

1 が主人, が困る, は眩暈

▼ られてかへ~ (3, 0.0%)

1 つたといふ, つて心が, つて芭蕉集中第

▼ られてしもて~ (3, 0.0%)

1 お梅どん, ましたの, 腰帯から

▼ られてね~ (3, 0.0%)

1 かなり深く, それで突き落され, 百姓の

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 必死とばかり 1 ハッと

▼ られところどころ~ (3, 0.0%)

2 に黒い 1 意味が

▼ られどんなに~ (3, 0.0%)

2 飜弄され 1 久しぶりに

▼ られにくい~ (3, 0.0%)

1 出版社の, 悪人が, 社会と

▼ られはっと~ (3, 0.0%)

1 した, 息を, 目を

▼ られほか~ (3, 0.0%)

1 にいろいろ別説, の地頭, ひ

▼ られまもなく~ (3, 0.0%)

1 また水, 二人は, 又水

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 けだしは, と堪えずうつむきぬ, の計

▼ られもの~ (3, 0.0%)

2 をやった 1 かも知れない

▼ られもはや~ (3, 0.0%)

1 その能力, 一分の地肌をも, 新しい生活

▼ られやはり~ (3, 0.0%)

1 一方の, 子供を, 忌避者たる

▼ られやむなく~ (3, 0.0%)

1 これへ, 中甲板, 学位論文を

▼ られより~ (3, 0.0%)

1 よき暗示, 少い生産物, 明るい将来

▼ られるこつ~ (3, 0.0%)

1 か, てねえ, てねえからなあ

▼ られベッド~ (3, 0.0%)

1 でねむっ, の上, の金具

▼ られ一生~ (3, 0.0%)

1 が賭けられる, のあいだ, をめちゃめちゃ

▼ られ下し置~ (3, 0.0%)

2 れ候樣偏 1 れ度願

▼ られ不安~ (3, 0.0%)

1 でならなかった, に引っ張られ, のどん底

▼ られ不思議~ (3, 0.0%)

1 と物淋しい, な感動, に健康感

▼ られ主人~ (3, 0.0%)

1 からは気立て, の與惣次, や番頭

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 えに, の協力, の生活

▼ られ五百石以上~ (3, 0.0%)

3 の大船

▼ られ享楽~ (3, 0.0%)

1 され夫, は享楽, も商業

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 の大臣, の御, を去らね

▼ られ人民~ (3, 0.0%)

1 の苦しみ, はそれ, を武装蜂起

▼ られ今にも~ (3, 0.0%)

1 どこかへ, 両腕, 飛び出しそう

▼ られ仕方~ (3, 0.0%)

1 なく旨く, なく時々, もなく

▼ られ以前~ (3, 0.0%)

1 により大, に幾度, はこれ

▼ られ伸子~ (3, 0.0%)

1 がスーモチカ, の目, は新しい

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 が竦ん, にも小ざっぱり, の良い

▼ られ何事~ (3, 0.0%)

1 かと待っ, にもみごと, も決せられる

▼ られ何物~ (3, 0.0%)

1 かが欠け, かはそれ, であろうヒョロ

▼ られ余儀なく~ (3, 0.0%)

1 こう答, された意識, 笠森お仙碑文起草の

▼ られ候こと~ (3, 0.0%)

1 と推察, にもあり, 尤も賢女

▼ られ偶然~ (3, 0.0%)

1 つづきの, にそこ, に制せられ

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 世界へ, 公卿全, 我を

▼ られ其処~ (3, 0.0%)

1 に迷っ, の委嘱, の生活様式

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 うるに 1 之この

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 其國の, 医家で, 船進路を

▼ られ同じく~ (3, 0.0%)

1 やつれた阿闍利さま, 医学を, 血を

▼ られ向う~ (3, 0.0%)

1 の庭, の通り, もこつち

▼ られ周囲~ (3, 0.0%)

2 ともさ 1 を野武士達

▼ られ呼吸~ (3, 0.0%)

2 が一瞬 1 も逼

▼ られ商品~ (3, 0.0%)

2 の構造 1 に信用

▼ られ問題~ (3, 0.0%)

1 にされ, の中心, は完全

▼ られ喘息持~ (3, 0.0%)

3 の隠居

▼ られ増加~ (3, 0.0%)

1 して, し得られる, せる供給

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 が聞かれる, である, で膝

▼ られ天井~ (3, 0.0%)

1 と壁, も鏡, をながめ

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 に寝かされ, の仕え, へ通り

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 としての心情, などはいくら, は男

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 に尊, を求め, 熊の

▼ られ実に~ (3, 0.0%)

1 何とも, 其の時, 胸くそが

▼ られ実行~ (3, 0.0%)

1 されて, されようと, せられ終結

▼ られ実際~ (3, 0.0%)

1 さういふ運動, に於, 上ある程度

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 とも遠出, の方, は箸

▼ られ家財~ (3, 0.0%)

1 はおろか, は飲みつぶし, を売り

▼ られ小さく~ (3, 0.0%)

1 かじかんだ曾祖母, なって, 凝集する

▼ られ小林君~ (3, 0.0%)

1 とも電話, はその, は手

▼ られ少く~ (3, 0.0%)

1 とも今日, なりぬ, も名義上

▼ られ左右~ (3, 0.0%)

1 に数十人, の方々, わずかな

▼ られ常に~ (3, 0.0%)

1 御徳, 愁訴断えず, 歴史を

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 から追い出される, がいくつ, の仕事

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 将軍家御, 百銭, 職が

▼ られ彼等~ (3, 0.0%)

1 のあがき, の利害, は皮革

▼ られ復讐~ (3, 0.0%)

1 されて, だけが私, と云う

▼ られ心ならずも~ (3, 0.0%)

1 御当家, 激情の, 誓書を

▼ られ必死~ (3, 0.0%)

2 にしがみついた 1 の努力

▼ られ恋愛~ (3, 0.0%)

2 は不義 1 を若い

▼ られ悲惨~ (3, 0.0%)

1 な暮し, な目, にこの世

▼ られ愉快~ (3, 0.0%)

1 と感ぜられた, な喜劇味, な方法

▼ られ感動~ (3, 0.0%)

1 させられて, されてるよう, したという

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 られ憎まれも, られ憎まれるよう, られ疎まれかつ

▼ られ我々~ (3, 0.0%)

1 から無条件, が何, はうッ

▼ られ我が~ (3, 0.0%)

1 ためには, 国家の, 遣唐大使

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 られして 1 られて

▼ られ故郷~ (3, 0.0%)

1 の母, へのむかし, へ帰っ

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 ういふ, の仕合, の如く

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 ばし, らしいの, らしい雪駄

▼ られ日本人~ (3, 0.0%)

2 は美術観念 1 の見た

▼ られ易く~ (3, 0.0%)

1 なって, もある, 実すれ

▼ られ時には~ (3, 0.0%)

2 作者の 1 流行の

▼ られ普通~ (3, 0.0%)

2 の意義 1 のとおり

▼ られ最も~ (3, 0.0%)

1 合理的な, 多く殺した, 私の

▼ られ最初~ (3, 0.0%)

1 の一発, の係, の手本

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 になっ, になる, はお

▼ られ木製~ (3, 0.0%)

3 のきれい

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 しじゆう, の妹, の皇女

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 に染まっ 1 に染み

▼ られ東京~ (3, 0.0%)

1 から逆, のぜんぶ, へ出

▼ られ果ては~ (3, 0.0%)

1 天狗或いは, 死を以て, 自然と

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 が次に, の柄, を持つ

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 がひどい, とはそこ, とは何だか

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 にはところどころ, をくいしばっ, を立てられ

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 により, の権利, の部下

▼ られ死刑~ (3, 0.0%)

1 に処せられた, の判決, の宣告

▼ られ殿~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 が渡し, や姉たち, をうしなった

▼ られ母親~ (3, 0.0%)

1 に済まない, の手ひとつ, はそれ

▼ られ法律~ (3, 0.0%)

1 により社會, の捕虜, の權威

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 にしぼん, に塗れ, の如くなり

▼ られ流石~ (3, 0.0%)

1 に明治初年, の仙太郎, の悪人

▼ られ浄め~ (3, 0.0%)

1 られた愛, られて, られ励まされる

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 の狼, はその, をはしる

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 を流し 1 が溢れ

▼ られ深く~ (3, 0.0%)

1 なる, 心に, 心を

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 されて 1 えんと

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 に汚れた, のまにまに, の早

▼ られ無事~ (3, 0.0%)

1 に助けられた, に大学, に持主

▼ られ無残~ (3, 0.0%)

1 な死, にも刑死, の最後

▼ られ無視~ (3, 0.0%)

1 されて, され破壊, され軽蔑

▼ られ現代~ (3, 0.0%)

2 を超越 1 の中国

▼ られ甚だ~ (3, 0.0%)

1 不屆, 迷惑致す, 面目を

▼ られ生命~ (3, 0.0%)

1 さえおびやかされ, さえ脅かされた, はない

▼ られ生死~ (3, 0.0%)

1 のほど, の苦しみ, を超越

▼ られ男子~ (3, 0.0%)

1 で毒殺, の大学, の精神

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 っちゃ, の手套, を黒

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 がっかりだった, はまた, 死んで

▼ られ砂利~ (3, 0.0%)

2 と金物 1 に居づく

▼ られ社会~ (3, 0.0%)

1 が科学, は一, は母性

▼ られ神社~ (3, 0.0%)

1 の杜, の藪, は海

▼ られ秀吉~ (3, 0.0%)

1 とも親しく, は早, も床几

▼ られ~ (3, 0.0%)

2 に美花 1 の日

▼ られ種々~ (3, 0.0%)

1 の新, の祈祷料, の苦

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 とぶ円盤, には早く, 怨めしげ

▼ られ組織~ (3, 0.0%)

1 づけられた結果, の仕事, 立てられる

▼ られ結婚~ (3, 0.0%)

1 に失敗, の儀式, の日

▼ られ絶えず~ (3, 0.0%)

1 嬉しそう, 帷幕に, 後ろを

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 のはし, の長, をとかれ

▼ られ綺麗~ (3, 0.0%)

1 な女中たち, な花, な部屋

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 で結えられ, のあまり, をかけられた

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 なき者, は縫い込め, 無き者

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 先生は, 免せられる, 衲が

▼ られ老人~ (3, 0.0%)

1 にそれ, は尊敬, は煙草

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 をとられ, を伸ばし, を縛られ

▼ られ自己~ (3, 0.0%)

1 の権利, はどこ, を卑

▼ られ自然~ (3, 0.0%)

1 この夢殿観音像, として取扱われる, と舶載

▼ られ自由~ (3, 0.0%)

1 と考えられる, になる, に朕

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, の動揺, は二つ

▼ られ色々~ (3, 0.0%)

1 なたべ物, な思い出, の本

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 の, の団塊, も及ばず

▼ られ芸術~ (3, 0.0%)

1 に捧げられよ, の有難, はしだいに

▼ られ若く~ (3, 0.0%)

1 は生育, は自ら豫想, ば養成

▼ られ苦悶~ (3, 0.0%)

1 した, や滅史, や滅失

▼ られ茶碗~ (3, 0.0%)

2 取る手 1 の水

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 し儘終, に常, 戻さるることし

▼ られ行動~ (3, 0.0%)

1 されて, する自己, に組織

▼ られ詮方~ (3, 0.0%)

2 なさ 1 なくて

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 国王者の, 枝の, 街道の

▼ られ警視庁~ (3, 0.0%)

1 で眼, にご, へ運ばれました

▼ られ豊か~ (3, 0.0%)

2 にされた 1 にされ

▼ られ貴族~ (3, 0.0%)

1 となっ, は憎まれ, は都会

▼ られ赤い~ (3, 0.0%)

1 服を, 絹糸の, 造花が

▼ られ身動き~ (3, 0.0%)

1 すること, の出来ない, もできず

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 に人間, に天皇, に電鉄

▼ られ道路~ (3, 0.0%)

1 は砂利, も本線, 取ひろげの

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 は人々, を内密, 臭い息

▼ られ長火鉢~ (3, 0.0%)

1 にはぴかぴか, の側, の縁

▼ られ間もなく~ (3, 0.0%)

1 亡くなつた父親, 増比良伯爵の, 燃えさかる炎

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の上, の地上

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 や板裏, をはかせられた, 拭いが

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 に金印, を出した, を覗かせた

▼ られ~ (3, 0.0%)

1 にきもの, にパタパタパタパタ, に着物

▼ られ麻痺~ (3, 0.0%)

2 させられて 1 されて

▼ られ黄金~ (3, 0.0%)

1 の打物, の鎖, を溶かす

▼ られあけ~ (2, 0.0%)

2 にそみ

▼ られあちこち~ (2, 0.0%)

1 にはクリスマス, に小

▼ られあまつさえ~ (2, 0.0%)

1 へやの, 酔っ払った男

▼ られあやうく~ (2, 0.0%)

1 奥へ, 逃げた伊集院

▼ られあるは~ (2, 0.0%)

1 すすめられん煩わし, 勧められむ煩

▼ られあれ~ (2, 0.0%)

1 ほど近く, を見よ

▼ られいかなる~ (2, 0.0%)

1 ことある, 真理の

▼ られいかに~ (2, 0.0%)

1 もと兵を, 四十面相でも

▼ られいきなり~ (2, 0.0%)

1 判決を, 物置の

▼ られいくら話~ (2, 0.0%)

2 がはずん

▼ られいずれ~ (2, 0.0%)

1 にせよ, 寛元の

▼ られいたずらに~ (2, 0.0%)

1 天井の, 神仙の

▼ られいっさい~ (2, 0.0%)

1 の犯行, の責

▼ られいわば~ (2, 0.0%)

1 先生の, 北条氏に

▼ られうしろ~ (2, 0.0%)

1 から小突かれ, でにしばりあげられました

▼ られおいしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 弁当が

▼ られかかる~ (2, 0.0%)

1 一期の, 演出家の

▼ られかき擁~ (2, 0.0%)

2 かれ慰められ力づけられる言葉

▼ られかすか~ (2, 0.0%)

1 な人, に現され

▼ られがたい~ (2, 0.0%)

1 ようだ, 一面も

▼ られぎみ~ (2, 0.0%)

1 でややしばし, となり

▼ られぐるぐる~ (2, 0.0%)

1 巻きに, 廻らされます

▼ られこういう~ (2, 0.0%)

1 事柄についての, 名所に

▼ られこめかみ~ (2, 0.0%)

1 から眼, は裂け

▼ られこわき~ (2, 0.0%)

1 にかかえられ, 説明を

▼ られさっき~ (2, 0.0%)

1 から寝かされ, の声

▼ られさまざま~ (2, 0.0%)

1 の供物, の壁訴訟

▼ られさるぐつわ~ (2, 0.0%)

1 をされ, をはめられ

▼ られざらん~ (2, 0.0%)

1 か, もその

▼ られしこ~ (2, 0.0%)

1 とまして, と右金子

▼ られずっと~ (2, 0.0%)

1 ここに, 多くの

▼ られせっせと~ (2, 0.0%)

1 心霊研究とやらを, 質屋が

▼ られそこここ~ (2, 0.0%)

1 には伊那丸, に突起

▼ られそれでも~ (2, 0.0%)

1 う二進, 足らぬので

▼ られそれとなく~ (2, 0.0%)

2 太田は

▼ られそれ以上~ (2, 0.0%)

1 の請求, 故なく

▼ られそれ以外~ (2, 0.0%)

1 のなにもの, の別

▼ られたくさん~ (2, 0.0%)

1 の下され, の書落し

▼ られただちに~ (2, 0.0%)

1 夜道を, 絞首刑に

▼ られたちまち~ (2, 0.0%)

1 その衣冠, 彼方から

▼ られたとい~ (2, 0.0%)

1 一枝の, 終身刑務所で

▼ られたとえ~ (2, 0.0%)

1 志願する, 所得税の

▼ られたまさか~ (2, 0.0%)

2 に現れいでる

▼ られため~ (2, 0.0%)

1 にしばしば, に東京湾

▼ られたりなど~ (2, 0.0%)

1 した事件, して

▼ られたりなんか~ (2, 0.0%)

1 して, するもの

▼ られちやかな~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ られちや氣味~ (2, 0.0%)

1 が良く, の惡

▼ られちょっと~ (2, 0.0%)

1 なまけると, 落ち着ける住居

▼ られっぱなし~ (2, 0.0%)

1 で自分, になっ

▼ られっ子~ (2, 0.0%)

1 で学校, とである

▼ られつる~ (2, 0.0%)

1 なり, もありき

▼ られてからでも~ (2, 0.0%)

1 ずいぶん経つ, 思わなかったん

▼ られてなどという~ (2, 0.0%)

2 風流な

▼ られてばっかり~ (2, 0.0%)

1 いるの, 居るけに

▼ られとかく~ (2, 0.0%)

1 の話題, 戦場に

▼ られとにかく~ (2, 0.0%)

1 これは, 一昼夜水から

▼ られともすると~ (2, 0.0%)

1 体に, 太刀先が

▼ られともすれば~ (2, 0.0%)

1 足が, 車輪が

▼ られどうして~ (2, 0.0%)

1 それが, 悲しみの

▼ られどれほど~ (2, 0.0%)

1 ために, 少年らしい

▼ られなかなか~ (2, 0.0%)

1 お許しが, 興味が

▼ られなに~ (2, 0.0%)

1 がしか, も受けつけなくなっ

▼ られなにか~ (2, 0.0%)

1 いまわしい想像, 土手の

▼ られなるほど~ (2, 0.0%)

2 消防とは

▼ られなんだか~ (2, 0.0%)

1 うしろ暗い, 私の

▼ られなんとなく~ (2, 0.0%)

1 おちつかない気分, 眩暈の

▼ られねと~ (2, 0.0%)

1 いひき, なり

▼ られはじめて~ (2, 0.0%)

1 われに, 知った次第

▼ られはては~ (2, 0.0%)

1 山人である, 襲いかかって

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 愁ひとすべから, 正成義貞高徳武重の

▼ らればか~ (2, 0.0%)

1 にされる, に華々しく

▼ られひと~ (2, 0.0%)

1 けのない, へに国家

▼ られひとり~ (2, 0.0%)

1 の風流, 古風な

▼ られひどい~ (2, 0.0%)

1 暴行を, 目に

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 なんでん

▼ られほとんど~ (2, 0.0%)

1 安眠を, 心を

▼ られほんの~ (2, 0.0%)

1 ところどころに, 処々に

▼ られぼく~ (2, 0.0%)

1 の脳みそ, は義兄

▼ られぼんやり~ (2, 0.0%)

1 と射す, と部屋

▼ られまことに~ (2, 0.0%)

1 お覚え, 残念致し

▼ られまさに~ (2, 0.0%)

1 スピノザ翁も, 備中へ

▼ られまず~ (2, 0.0%)

1 客観的存在そのものが, 将校の

▼ られまた一方~ (2, 0.0%)

1 どのくらい, 秀子の

▼ られまっ~ (2, 0.0%)

2 かいな

▼ られみずから~ (2, 0.0%)

2 へりくだる人

▼ られむかし~ (2, 0.0%)

1 の武士, を知っ

▼ られむと~ (2, 0.0%)

1 の意, 恐しくとこう

▼ られむとするに於~ (2, 0.0%)

1 て山県公爵, て山縣公爵

▼ られめでたい~ (2, 0.0%)

1 ことこの, 木で

▼ られもう一度~ (2, 0.0%)

1 ご寛大, 家族の

▼ られもちろん~ (2, 0.0%)

1 その船底, 生活上には

▼ られもと~ (2, 0.0%)

1 きたほう, へもどる

▼ られやすく~ (2, 0.0%)

1 して, 忘れると

▼ られ~ (2, 0.0%)

2

▼ られわざと~ (2, 0.0%)

1 よそよそしくし, 花を

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 しないだが, しないよ

▼ られアッ~ (2, 0.0%)

1 と云っ, と思う

▼ られサクラ号~ (2, 0.0%)

1 から持っ, が船脚

▼ られチェホフ~ (2, 0.0%)

1 が友人, はイギリス

▼ られツイ胸~ (2, 0.0%)

1 の奥, の奧

▼ られピストル~ (2, 0.0%)

1 でお腹, をつきつけられ

▼ られピリオド~ (2, 0.0%)

1 のうたれ, までうたれた

▼ られボストン~ (2, 0.0%)

2 へ行った

▼ られポンプ~ (2, 0.0%)

2 みたよう

▼ られ一々~ (2, 0.0%)

1 それに, 侮辱されね

▼ られ一夜~ (2, 0.0%)

1 に城地, 明けると

▼ られ一応~ (2, 0.0%)

1 の結末, 退去しました

▼ られ一族~ (2, 0.0%)

1 とともに自, の方々

▼ られ一日~ (2, 0.0%)

1 として彼女, も早く

▼ られ一行~ (2, 0.0%)

1 は種々, を現代支那音

▼ られ万事~ (2, 0.0%)

1 に失敗, に途

▼ られ三人~ (2, 0.0%)

1 の乾児, の警官

▼ られ三尺~ (2, 0.0%)

1 の土饅頭, の青竹

▼ られ三年~ (2, 0.0%)

1 の間, ほど前

▼ られ三日~ (2, 0.0%)

1 にし, の間首里

▼ られ世にも~ (2, 0.0%)

1 厚き御, 奇怪な

▼ られ世上~ (2, 0.0%)

1 しきりに新帝, の論議

▼ られ世界中~ (2, 0.0%)

1 に報告, の善意

▼ られ世良田~ (2, 0.0%)

1 と妙心, の四囲

▼ られ両側~ (2, 0.0%)

1 には排水, の歩道

▼ られ両者~ (2, 0.0%)

1 の不可分, の円満

▼ られ中央~ (2, 0.0%)

1 には楢, に空地

▼ られ中学~ (2, 0.0%)

1 の私, もそこ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 水は, 體の

▼ られ主として~ (2, 0.0%)

1 地質学者と, 自然科學者の

▼ られ乃至~ (2, 0.0%)

1 は下され, 同一と

▼ られ九歳~ (2, 0.0%)

1 のとき, の時ラテン話

▼ られ乳母~ (2, 0.0%)

1 だけは知, に抱かれ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 と論戦, の誤

▼ られ二つ~ (2, 0.0%)

1 とない, の船

▼ られ二匹~ (2, 0.0%)

2 の牛

▼ られ二度~ (2, 0.0%)

1 の方, まで早打ち

▼ られ互に~ (2, 0.0%)

1 流用せられた, 融合し

▼ られ京都~ (2, 0.0%)

1 からも多く, へ張っ

▼ られ人形~ (2, 0.0%)

1 の顔, は白い

▼ られ人物~ (2, 0.0%)

1 の取扱ひな, の絵模様

▼ られ今さら~ (2, 0.0%)

1 のやう, 自分達の

▼ られ今や~ (2, 0.0%)

1 ピーターの, 足跡殆ん

▼ られ今夜~ (2, 0.0%)

1 がその, この温

▼ られ今後~ (2, 0.0%)

1 の尽力, は絶対

▼ られ今朝~ (2, 0.0%)

1 おりた霜, は夙に

▼ られ仏教~ (2, 0.0%)

1 は興隆, を研究

▼ られ以下同様~ (2, 0.0%)

2 である

▼ られ仲間~ (2, 0.0%)

1 に伴, はづれ

▼ られ住職~ (2, 0.0%)

1 からはさんざん, は墓前

▼ られ佐渡屋~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ られ何より~ (2, 0.0%)

1 でござる, の御事

▼ られ何ん~ (2, 0.0%)

1 かの方法, とも答え

▼ られ何処~ (2, 0.0%)

1 かの佗び住い, へともなく立去った

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 は言はず, もまた

▼ られ信念~ (2, 0.0%)

1 に生きる, は益々

▼ られ候まま汗顔平伏~ (2, 0.0%)

2 お耳

▼ られ候もの~ (2, 0.0%)

1 なり, の臣下

▼ られ候やう~ (2, 0.0%)

1 に段々, 奉申上候事

▼ られ候哉~ (2, 0.0%)

1 さて上手, と忠兵衞

▼ られ候段~ (2, 0.0%)

1 は誠に, 有難き仕合

▼ られ候由此事~ (2, 0.0%)

2 御申伝

▼ られ候間~ (2, 0.0%)

1 お言葉どおり, 何卒御

▼ られ健やか~ (2, 0.0%)

1 であった, な感覚

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に制服, の盆

▼ られ傷養生~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に五六, に接し得る

▼ られ儒教~ (2, 0.0%)

1 と神道, に由っ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 が陸軍, はガヴローシュ

▼ られ充分~ (2, 0.0%)

1 には外, に精根

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に山東, を出る

▼ られ先ず~ (2, 0.0%)

1 十字架の, 始めに

▼ られ先年出羽~ (2, 0.0%)

2 の配所

▼ られ入口~ (2, 0.0%)

1 が何となく, の扉

▼ られ全体~ (2, 0.0%)

1 から理解, としてまことに

▼ られ全力~ (2, 0.0%)

1 を挙げ, を擧げ

▼ られ全身~ (2, 0.0%)

1 に発疹, の血

▼ られ公共~ (2, 0.0%)

1 の場所, の目的

▼ られ共に~ (2, 0.0%)

1 山県侯の, 山縣侯の

▼ られ其年二月ゼームス坂病院~ (2, 0.0%)

2 に入院

▼ られ其面~ (2, 0.0%)

2 に唾

▼ られ内地~ (2, 0.0%)

1 をおさらば, 同樣

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 を描い

▼ られ写真~ (2, 0.0%)

1 をうつされる, をとられ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 ならざら, の縁側

▼ られ出世~ (2, 0.0%)

1 の夢, の障り

▼ られ切に~ (2, 0.0%)

2 入閣を

▼ られ刑場~ (2, 0.0%)

1 へ引かれた, へ曳かれ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 て芙蓉, て香爐峯

▼ られ別に~ (2, 0.0%)

1 檜皮ぶき, 自分の

▼ られ利用~ (2, 0.0%)

1 があっ, され傷

▼ られ到底~ (2, 0.0%)

1 力を, 眼を

▼ られ到頭~ (2, 0.0%)

1 伊三郎を, 密旨の

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 によって三千石, も積ん

▼ られ労働階級~ (2, 0.0%)

1 の境遇, は完全雇傭

▼ られ十八~ (2, 0.0%)

1 と二十, のとき

▼ られ十日~ (2, 0.0%)

2 にはほとんど

▼ られ十歳~ (2, 0.0%)

1 から山, になったら

▼ られ~ (2, 0.0%)

2

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 時間も, 衿一つ白粉一壜買う

▼ られ半幅~ (2, 0.0%)

2 の白木綿

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には錦, のうえ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 のはずれ, を向いた

▼ られ博士~ (2, 0.0%)

1 のからだ, の独言

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 かったので, ふい命

▼ られ危く命~ (2, 0.0%)

1 をおとす, を取られよう

▼ られ危なく~ (2, 0.0%)

2 笠の

▼ られ即ち~ (2, 0.0%)

1 土地の, 歐羅巴大陸の

▼ られ却って~ (2, 0.0%)

1 口を, 目立ち出した雲母

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 の裏

▼ られ厳重~ (2, 0.0%)

1 なお, なる訊問

▼ られ双方~ (2, 0.0%)

1 の間三尺, 無證據

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 は長年, を利け

▼ られ古典~ (2, 0.0%)

1 の仲間入り, の摂取

▼ られ古語~ (2, 0.0%)

1 の持っ, の持つ

▼ られ只今~ (2, 0.0%)

1 差出しの, 御懐妊中

▼ られ召使~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の者等

▼ られ右手~ (2, 0.0%)

1 にモリエエル夫婦, の中指

▼ られ各種~ (2, 0.0%)

1 の建築物, 各色

▼ られ吉野~ (2, 0.0%)

1 の行宮, へご

▼ られ同一~ (2, 0.0%)

1 の環境, の義務

▼ られ名札~ (2, 0.0%)

1 が打ちつけられた, を添えられ

▼ られ呵責まれ~ (2, 0.0%)

2 た愛

▼ られ咄嗟~ (2, 0.0%)

1 に逃げこん, の考え

▼ られ品行~ (2, 0.0%)

1 が乙, が甲

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 戸に, 社名に

▼ られ唯一~ (2, 0.0%)

1 の楽しみ, の装飾

▼ られ喉笛~ (2, 0.0%)

2 を脇差

▼ られ噴火~ (2, 0.0%)

1 する気魄, の古い

▼ られ四郎~ (2, 0.0%)

2 が死ぬ

▼ られ国家~ (2, 0.0%)

1 が泰平, の元勲

▼ られ圧迫~ (2, 0.0%)

1 さるべきであると, されること

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 から萌える, に挿し込まれ

▼ られ地面~ (2, 0.0%)

1 にへたばっ, は平

▼ られ執達吏~ (2, 0.0%)

2 はくる

▼ られ基地~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には大きな, に背

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の宵, はまた

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 では歓呼, に対するの私

▼ られ大いに~ (2, 0.0%)

1 心を, 船舶を

▼ られ大きく~ (2, 0.0%)

2 開いた口

▼ られ大体~ (2, 0.0%)

2 において病人

▼ られ大切~ (2, 0.0%)

1 にいつくしまれ, に輿

▼ られ大慶~ (2, 0.0%)

1 に存じあげまする, の至り

▼ られ大砲~ (2, 0.0%)

1 ご鋳造, の下

▼ られ太陽~ (2, 0.0%)

1 に鏡影録, は光

▼ られ奇妙~ (2, 0.0%)

1 なもの, にポチ

▼ られ奉行~ (2, 0.0%)

1 にまでどなり込んだ, を督

▼ られ好き~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に自殺, の小

▼ られ妻子~ (2, 0.0%)

1 にわかれ, は古内源太郎

▼ られ始めて~ (2, 0.0%)

1 世の中に, 心の

▼ られ婦人~ (2, 0.0%)

1 の病気, の病気治癒

▼ られ嬉々~ (2, 0.0%)

1 として笑, として笑い

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の手, 重根の

▼ られ安田家~ (2, 0.0%)

2 の庭

▼ られ完成~ (2, 0.0%)

2 させられること

▼ られ室内~ (2, 0.0%)

1 にはその, の恐ろしい

▼ られ家族~ (2, 0.0%)

1 がここ, は四階

▼ られ容易~ (2, 0.0%)

1 に内部, に足

▼ られ寒い~ (2, 0.0%)

1 やうな, 田舎を

▼ られ寝台~ (2, 0.0%)

1 の上, の置い

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 まざる貴重扱い, まる

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 で二十何歳, で熱蒸氣

▼ られ小さな~ (2, 0.0%)

1 箇を, 紙片が

▼ られ少々~ (2, 0.0%)

1 面喰つた, 面喰ひ

▼ られ屋根~ (2, 0.0%)

1 から手, の上

▼ られ展開~ (2, 0.0%)

1 せられ補充, せられ閉じられして

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には一帶, のわらび

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に挟まり動く能わず, の上

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の中, をくだっ

▼ られ工藝~ (2, 0.0%)

1 の民衆的意義, の領域

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に行く, へ寄っ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 は多く, は御

▼ られ年中~ (2, 0.0%)

2 嬉しからぬ

▼ られ幸吉兄妹~ (2, 0.0%)

1 に蒲団, も私

▼ られ幸福~ (2, 0.0%)

1 の門, も得られる

▼ られ幾度~ (2, 0.0%)

1 か名誉賞, も死

▼ られ広く~ (2, 0.0%)

1 公議を, 同胞に

▼ られ広大~ (2, 0.0%)

1 なる邸, な都大路

▼ られ床板~ (2, 0.0%)

1 がはずされ, が上げられ

▼ られ廊下~ (2, 0.0%)

1 の方, は活気づき

▼ られ建物~ (2, 0.0%)

1 が直角, の要

▼ られ建設~ (2, 0.0%)

1 に寄与, の原理

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 はジャズ, は柴

▼ られ強い~ (2, 0.0%)

1 てもためられ, 感化を

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 七事金高の, 十は

▼ られ当の~ (2, 0.0%)

1 早坂勇は, 青地氏は

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に幾つ, 造られたがって

▼ られ後で~ (2, 0.0%)

1 気が, 氣が

▼ られ後に~ (2, 0.0%)

1 この本, 谷中の

▼ られ後世~ (2, 0.0%)

1 に誤られる, の学者

▼ られ後者~ (2, 0.0%)

1 の場合, は又

▼ られ従来~ (2, 0.0%)

1 の文化部, の朋友

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ られ御所~ (2, 0.0%)

1 のお, へあがっ

▼ られ微塵~ (2, 0.0%)

1 に分解, に成

▼ られ徳太郎~ (2, 0.0%)

2 は嫌がる

▼ られ心労苦吟~ (2, 0.0%)

2 が賭けられ

▼ られ忍耐~ (2, 0.0%)

2 して

▼ られ恐怖~ (2, 0.0%)

2 せられ襖

▼ られ悪い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 子の

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 き中, に絞られ

▼ られ悲しい~ (2, 0.0%)

2 上にも

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 又惨

▼ られ意匠~ (2, 0.0%)

2 の野卑

▼ られ意志~ (2, 0.0%)

1 の門口, を脱してる

▼ られ懲罰~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ られ懷疑~ (2, 0.0%)

2 と厭世

▼ られ成功~ (2, 0.0%)

1 と仰せられる, の望み

▼ られ成金~ (2, 0.0%)

2 に対する攻撃

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 れも, を喚出

▼ られ戦い~ (2, 0.0%)

1 は翌, を好

▼ られ所在~ (2, 0.0%)

1 の地, の地さ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には堅く, は閉められた

▼ られ手もとさ~ (2, 0.0%)

2 へいと

▼ られ手分け~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ られ指揮~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 にし, になる

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 へられ, へられた

▼ られ教養~ (2, 0.0%)

1 ある富裕, の機会

▼ られ数百哩~ (2, 0.0%)

2 離れた主人

▼ られ文化~ (2, 0.0%)

1 は絶対主義宣伝, や野蛮

▼ られ文明生活~ (2, 0.0%)

2 の華

▼ られ文書~ (2, 0.0%)

1 には手形, は紛失

▼ られ斜面~ (2, 0.0%)

1 のまん中あたり, は淡

▼ られ新た~ (2, 0.0%)

1 な活気, な生命

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の, の憂さ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 ならずして, の光

▼ られ日本堤~ (2, 0.0%)

2 は丁度

▼ られ早く~ (2, 0.0%)

1 もここ, もその道

▼ られ明るい~ (2, 0.0%)

1 うちにも, 大通りの

▼ られ昨夜~ (2, 0.0%)

1 の十月五日, は一睡

▼ られ昨日~ (2, 0.0%)

1 の国賊, 相尋ねし

▼ られ是非~ (2, 0.0%)

1 とも満, 無く殺害

▼ られ時計~ (2, 0.0%)

1 という, の音

▼ られ時間~ (2, 0.0%)

1 に縛られ, の都合

▼ られ晩年~ (2, 0.0%)

1 の書, まで変らなかつた

▼ られ晩秋~ (2, 0.0%)

2 から冬

▼ られ暫時~ (2, 0.0%)

1 その家, 御休憩

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の私, の雑用

▼ られ最近~ (2, 0.0%)

1 には粟野秀穗君, の一年半

▼ られ月見~ (2, 0.0%)

1 の気分, の氣分

▼ られ有無~ (2, 0.0%)

1 を云わさず, を言わさず連れ戻され

▼ られ朋友~ (2, 0.0%)

1 に, よりは絶交

▼ られ望み~ (2, 0.0%)

2 を奪われ

▼ られ朝廷~ (2, 0.0%)

1 の少壮武官, の御

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の恰好, の角

▼ られ本年三月~ (2, 0.0%)

2 を以て京城

▼ られ本当に~ (2, 0.0%)

1 何から, 恟り致します

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には妙高火山群, は明智

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 は彼者

▼ られ梅毒病患者~ (2, 0.0%)

2 と同室

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 の冕

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の木, の烏

▼ られ権威~ (2, 0.0%)

1 と勢力, に屈せず

▼ られ樹木~ (2, 0.0%)

1 の蔭, は倒され

▼ られ次いで~ (2, 0.0%)

1 内務省試補に, 古い上衣

▼ られ次第~ (2, 0.0%)

1 によっては即座, によっては幕府

▼ られ正体~ (2, 0.0%)

1 もなく, をあばかれた

▼ られ正気~ (2, 0.0%)

1 なもの, になっ

▼ られ此処~ (2, 0.0%)

1 とリュクサンブール, に散華

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には全, のほか絵画

▼ られ段々~ (2, 0.0%)

1 と卒業者, ひろがつて

▼ られ殺気~ (2, 0.0%)

1 に挫, 満ちたる得三

▼ られ殿上人~ (2, 0.0%)

1 にも親しまれ, の列

▼ られ毛氈~ (2, 0.0%)

1 がしかれ, の染料

▼ られ民衆~ (2, 0.0%)

1 に対する責任, のなか

▼ られ氣味~ (2, 0.0%)

1 です, にそんな

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 にまみれた, をかけ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に上った, に流れ寄る

▼ られ満面~ (2, 0.0%)

1 に笑, に笑み

▼ られ演劇~ (2, 0.0%)

1 に於ける, はそれだけ

▼ られ漸次~ (2, 0.0%)

1 に味, 勢力を

▼ られ激しい~ (2, 0.0%)

1 怒りと, 言葉を

▼ られ点検~ (2, 0.0%)

1 された印象, に答え

▼ られ烈しい~ (2, 0.0%)

1 発作が, 闘諍を

▼ られ無え~ (2, 0.0%)

1 かも知れ, からわざと

▼ られ無人~ (2, 0.0%)

1 の境, の孤島

▼ られ無言~ (2, 0.0%)

1 のうち, のまま車内

▼ られ然し~ (2, 0.0%)

2 甘く見くびられ

▼ られ父母~ (2, 0.0%)

2 にまで見すてられ

▼ られ片々~ (2, 0.0%)

1 に碎かれ, の小鬢

▼ られ犯人~ (2, 0.0%)

1 は少し, は確実

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 ほ無用, 太人は

▼ られ猿轡~ (2, 0.0%)

1 をさえ掛けられた, をはめられ

▼ られ玄徳~ (2, 0.0%)

1 の御内方, をかえりみ

▼ られ理想~ (2, 0.0%)

2 を実行

▼ られ理論~ (2, 0.0%)

1 の環境, は実践

▼ られ瑠璃子夫人~ (2, 0.0%)

2 に対する幻滅

▼ られ甚だしき~ (2, 0.0%)

1 はあべこべ, は東洋

▼ られ男女~ (2, 0.0%)

1 の芸者たち, の間

▼ られ町内~ (2, 0.0%)

1 にお, の重立た

▼ られ畏く~ (2, 0.0%)

1 も令旨, も内裏

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 には京菜, の中

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 踏まる, 踏まるる足

▼ られ病人~ (2, 0.0%)

1 の対策, はそこ

▼ られ瘢痕~ (2, 0.0%)

1 づけられた年長者, づけられて

▼ られ発展~ (2, 0.0%)

1 されて, するに

▼ られ白鳥~ (2, 0.0%)

2 の島

▼ られ盛塩~ (2, 0.0%)

2 のしたぬれ

▼ られ直ぐ~ (2, 0.0%)

1 女が, 帰られるはず

▼ られ相当~ (2, 0.0%)

1 な学識, 面目を

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の強い, の認識

▼ られ真実~ (2, 0.0%)

1 お味方, を蔽われ

▼ られ祝祭~ (2, 0.0%)

1 には積極的, の行事

▼ られ私自身~ (2, 0.0%)

1 その焼き直し, は空っぽ

▼ られ私達~ (2, 0.0%)

1 は先生, は此宿

▼ られ科学~ (2, 0.0%)

1 という, は演繹的

▼ られ秘密~ (2, 0.0%)

1 のうち, の工場

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 に見る

▼ られ竹藪~ (2, 0.0%)

1 に囲まれた, の間

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 はれ嘲られても, ひの

▼ られ算数~ (2, 0.0%)

2 の学

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を折っ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 のインデアン, を買う

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 がとかれ, で動かす

▼ られ純粋~ (2, 0.0%)

1 に母性, 極る

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 いに口, には毎日朝

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 でぐるぐる, を打たれた

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 にはまった

▼ られ罪人~ (2, 0.0%)

1 であり罪人, の乗る

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 が当, が当っ

▼ られ翌年~ (2, 0.0%)

1 に至り, の

▼ られ翌日~ (2, 0.0%)

1 から市中, すなわち四月二十七日

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 を訊かれる, を退い

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 で書かれた, を切り取られた

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 は傷

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 にとげとげしい, もあらわ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 が張っ, は丸く

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 のあたり, は縛りあげた

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 は幽か, は裂け

▼ られ自信~ (2, 0.0%)

1 ももっ, を失う

▼ られ自分たち~ (2, 0.0%)

1 の小道, はその

▼ られ自動車~ (2, 0.0%)

1 で警察, で韮崎駅

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 を噛ん, を焼い

▼ られ苦しい~ (2, 0.0%)

1 から, 暮しを

▼ られ苦しまぎれ~ (2, 0.0%)

2 に横

▼ られ茫然~ (2, 0.0%)

1 とした, と眺め

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 が積み上げられた, を加え

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に染まっ, を吸はる

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 も振, を背

▼ られ西~ (2, 0.0%)

1 には信濃, の山陽道方面

▼ られ要素そのもの~ (2, 0.0%)

1 も関係, も關係

▼ られ規制~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の言う, 属の

▼ られ親類~ (2, 0.0%)

1 であるからと, の家

▼ られ観客~ (2, 0.0%)

1 の子女, は自分

▼ られ観念~ (2, 0.0%)

1 の上, の起原発生

▼ られ評価~ (2, 0.0%)

1 されたの, される危険

▼ られ詩人~ (2, 0.0%)

1 から歌われ, の夢

▼ られ読み書き~ (2, 0.0%)

1 そろばん, はもちろん

▼ られ読者~ (2, 0.0%)

1 を持ち続け, を驚異

▼ られ調子~ (2, 0.0%)

1 づけられて, を食っ

▼ られ警察~ (2, 0.0%)

1 からの臨検, の人

▼ られ豊富~ (2, 0.0%)

1 にされ, にされた

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 のいい, の優れた

▼ られ越中島~ (2, 0.0%)

1 に持っ, に持つ

▼ られ足もと~ (2, 0.0%)

1 をさらさら, を見る

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 で地べた

▼ られ跣足~ (2, 0.0%)

1 になっ, になつ

▼ られ路幅~ (2, 0.0%)

1 の狭い, も在来

▼ られ身体~ (2, 0.0%)

1 の軟部, を検査

▼ られ軈て~ (2, 0.0%)

1 あの巨万, 泣き出すとき

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 しめられた過去, を受けず

▼ られ農民~ (2, 0.0%)

1 の暮し, の階級分化

▼ られ近々~ (2, 0.0%)

1 九州方面へ, 出立とて

▼ られ近頃~ (2, 0.0%)

1 ではあまり, になっ

▼ られ逃げ場~ (2, 0.0%)

1 がなく, がなくなっ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 にふみ迷い, も大

▼ られ道理~ (2, 0.0%)

1 なりと合点, のいかん

▼ られ道誉~ (2, 0.0%)

1 は警固, もいつのまにか

▼ られ遠い~ (2, 0.0%)

1 北国の, 家から

▼ られ部落~ (2, 0.0%)

1 から毎日二名宛看護, の人々

▼ られ都市~ (2, 0.0%)

1 は反抗, は破壊

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 はされ, ひし上

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 を着けられ, 五郎と

▼ られ金銀~ (2, 0.0%)

1 の飾り物, を奪

▼ られ錢箱~ (2, 0.0%)

1 の山, を投

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 がおろされ, は鍵穴

▼ られ長く~ (2, 0.0%)

1 あなたと, 年を

▼ られ関羽~ (2, 0.0%)

1 だけが供, は智勇

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 い社会, のなか

▼ られ附近~ (2, 0.0%)

1 の評判, を昼間

▼ られ陛下日夕親臨~ (2, 0.0%)

2 せられたる御

▼ られ隠居~ (2, 0.0%)

1 して, は一服喫

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 の神社, の間

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 が降る, に咲い

▼ られ電車~ (2, 0.0%)

1 にのれ, の動揺

▼ られ霜月親鸞上人~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ られ青年時代~ (2, 0.0%)

1 には物質的, にアメリカ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 たれながら, でピシリ

▼ られ音楽~ (2, 0.0%)

1 の河水, やテープ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 て呼び, て火

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 からだらだら, はほてり

▼ られ食事~ (2, 0.0%)

1 と宿泊, もできる

▼ られ骨董蒐集~ (2, 0.0%)

1 が行, が行われる

▼ られ~ (2, 0.0%)

2 を切られ

▼ られ~ (2, 0.0%)

1 に捕らるる, の念仏

▼1* [3932件]

られほうを, られあいつらの為, られあいまいになった, られあからさまなる敵対行動, られあくがれぬ, られあたしたちの着物, られあたふたと降りた, られあたらしいにゅう, られあちらこちらとさま, られあちらこちら往来するには, られあっちこっちを袋, られあとあとまでも長く, られあとさけびたるこゑに庫裏の雪, られあまいものとは, られあまたの僧徒, られあやかさんは散々, られあらかたは殺され, られあらためて頭山先生から, られあるいはなお一歩進ん, られあれきり途絶えて, られあんまに背中, られあんまり豊年過ぎる, られあゝいうこと, られいい加減温っ, られいかにも得意そうに, られいくらか馴染に, られいささかも繊弱, られいちおうとりしらべを, られいちど見たいという, られいちめんに春, られいっしょに近く, られいつか夕暮の散歩, られいつしかセンゲンと, られいつの間にか裁判所の, られいまいましく腹立たしくならないでは, られいまだ十分に, られいまや天地大とも, られいま徐晃の副将, られいやながら学校, られいやおうなしに収容所へ, られうかと野望に, られうさをはらし, られうちにい, られうっかり税庫の, られうつかり口, られうつくしき王侯たちを, られうとうと眠りかけたらすぐ, られうろうろして, られへと笑う, られおじさん自身ずいぶん骨折っ, られおそろしい火花が, られおそろしくなって, られおでん汁粉を賣る, られおとぎりさうは金糸桃科の小連翹, られおどおどし窒息, られおなじように, られおのが民族, られおや髪を, られおよそこの世の, られおん枕辺へ近々と, られお上のご, られお上さんは其後, られお互いに忠告, られお先つ走り, られお出でをお待ち, られお前廻しを取る, られお子さんも大勢, られお客さんたちは席, られお家もいよ, られお年ばえ, られお母さまはきっと, られお祝いの客, られお蔭で是, られお話は多く, られお金はたくさん, られお雪ちゃんは幾度, られいるの, られかあさんたちの一人, られかえって自分が, られかしこくも仙洞御所, られかたがた岩国川の畔, られかたは一種独特な色調, られかたわらに隠坊, られかつまた新参の, られかつらをかぶせられ, られかねての同僚, られかの文芸復興期に, られからだを横, られからだじゅうをぐるぐる, られかれこれ三年の, られかんざし紙屑, られかんぬきも完全, られちとなる, られがたきをなどか忘れしめ, られがたくなるの, られがたし利害を, られがっかりして, られがっしりとし, られがやがや喚きながらも, られきっとおいさめなされました, られきびしくはげしいものだけが, られきゅうに起きあがる, られきょうの生活, られきわめて専制的の, られきんせんはぞろりと, られぎごちない娘, られぎょっと立ちすくんだ旅人, られよ, られくさりでしばられ, られくわっと口を, られぐつたりとソファの上, られぐるりと一廻転, られぐんと乗り出して, られけっこうな珍味, られけらいの身, られけれども是とても未だ, られこういうほんのちょっとした絆に, られここかしこには面白い, られこころ一面に燃え盛っ, られこちらはお, られこちら向きになり, られこつねんと今日大逆無道の, られことごとに冷笑, られことしは鴎外署名, られこの世からおさらば, られこの間の晩, られこれからどんなめ, られこれからどうなること, られこれからどうしていいか, られごくごく最近に, られさあ見て, られさうになつたわ, られさうになつたんですつて, られさえもしなくなって, られさきに二人, られさきごろ跡式の儀, られささやかな竹垣, られさしたる用も, られさすがの一切智人, られさだめしお疲れ, られさっぱりした感じ, られさび槍に命, られさも沈痛な, られさんざ富貴を, られざったんで, られざった名物の凧, られざらましかばいかに, られざらむや豈ひとり後, られざらむ様に息, られしかしついには, られしかたなく他, られしかとは粗末なる, られしかと初めて悟りし今, られしかもこうして再三この, られしこそげにさる, られしし今宵の清き, られしその種子, られしたがってまた職業に, られしたしくその肺, られしたたか腰骨を, られしだけ殊勝なり, られしだけにこの篤学, られしっかりととめ, られしとこそ聞えたれ抑, られしとぞ伝へ, られしとの実感であった, られしとは珍説也語り, られしなど未だ例, られしの人其の書, られしばしば滑稽にさえ, られしみじみとか, られしわが喜び, られしんに身の毛, られじっと我慢し, られじつに苦戦は, られじゃまなッ, られじゅうぶん暖まって, られすき間からふきこんだ, られすすびたる行燈の陰, られすでにこうよと見えたる, られすべて私たちの愚か, られすらすら運ばれるやう, られすゝめられ涙, られずいぶん聞き苦しい毒舌, られずたずたに引き裂かれた, られせめて子爵でなく, られよかぜ, られそいつをつかまえ, られそうこうするうち, られそこらいちめんに, られそしてかくして單に, られそしてただそうし, られそして例えば愛の, られそつとそのまま, られそのものすごい脅迫, られその他日光造営帳による, られその他海胆の卵, られその後なんの沙汰, られその後一世紀足らずの間, られその後三十六歳にし, られその後停年制のため, られその後半年ばかり経つ, られその後書物による知識, られそれからまた国松方の, られそれぞれ奇抜な景品, られそれぞれ調査が進められ, られそれだけ存在性から, られそれっきりのもの, られそれでは孫三郎が, られそれゆえその死, られそれ以來有名になつ, られそれ等はやがて, られそれ計りで夕食, られそろそろと立ち帰った, られそ我に今, られぞろりとした細君, られたいして苦にも, られたいへんな御馳走, られただ今かくの, られたとへばすでに破綻, られたまたまそれを, られたらしゅうござります, られたりかへりみれば, られたりがもとで, られたりしも暫時に, られたりしもの多かりしなるべし, られたりというものと, られたりともこれは, られたりなんぞしたら安心, られたりのために, られたりばたんと閉められ, られたる余は疾風, られたる側に杉, られたる木標の示す, られたる等の本, られたる電氣暖爐の銅板, られだれからも愛せられず, られちとお困り, られちゃあとぐされが恐ろしい, られちゃんと用器に, られちやいやだからなあ, られちやお客がハチ, られちやかなはんな, られちやこちとら, られちやつていやだなあ, られちやなんぼでも生命, られちやほまちが溜らない, られちやみじめなもん, られちやアいやになる, られちや何にもならない, られちや大変だから, られちや大概の金魚, られちや天氣も好い, られちや嫌も應, られちや後の祭り, られちや極りが惡い, られちや極り惡いものばかりです, られちや筋が解らなくなる, られちや話がわからない, られちや面の皮, られちや餘つ程, られちや體裁が惡, られちょっとした下物そんな, られちらと提燈, られっきりでもなかっ, られっけえ, られっとでもいうの, られっぷりでもあれ, られついに全く幻滅し, られつぎには捨てられ, られつぎつぎと口, られつつはあるが, られつまみ物の小, られつまらないので三時間位, られつまり仏像として, られつらい思いを, られつらい悲しい修業を, られつること歎服, られつる事もありし, られてかといとにくし, られてかのモオパッサンが, られてからが縁の, られてからじゃ手前の, られてからというものは, られてからにして, られてけものの, られてさ腹も, られてしか工夫出来ない, られてじゃのうよかった, られてぞ有りける, られてだけいるもの, られてつつ突かれは, られててもなくでく人形, られてでもをるかの, られてともすれば, られてに出す様, られてはという難かし屋, られてはなどという先見は, られてはをらん, られてばかりはいない, られてばかりもいず夜床, られてまでの経営は, られてもへいきな, られてもをるの, られてよりはさらに荒き, られてわづかに, られということに, られとうとうかれ, られとくにその人物, られとなりの部屋, られとに角小学校を, られとも言ふ, られともかくも預かった, られともにそれらの, られとんだ罪の, られどういうような, られどうしだ, られどうしても押えること, られどうせ生えて, られどうにも近寄って, られどうも佐藤信淵あたりの, られどことなくゆかしい人柄, られどどどどーんと, られども絶えて, られどれも尿, られ私し宜, られなおかつ戦意を, られなかたつた, られなかんずく尾州三州勢州江州または, られなかツたので, られなぞしたる揚句, られなだれを打っ, られなどの位置や, られなるべく深く読みこもう, られなんで山野を, られなんという意地, られにっこり彼の, られについては柳田先生大正十年琉球渡島後屡, られにも見へ, られにやならんから, られのち藤原鎌足の正室, られの明日の日, られはしごのてっぺん, られはじめの申出, られはじめかくて感情, られはじめ手記にかいた, られはじめ滅多に教室, られはじめ父たちが行く, られはっとして病母, られはてし, られはやこれまで, られはらはらしながら, られはるばる東京の, らればあいによる, らればこそ死ぬより, らればつたりそこ, らればなしに, られぱちぱち爆ぜた, られひいては人間生活の, られひたすら御善政, られひとたび信雄の, られひとつ家康の前, られひとまずすべてを, られひねもす御しゅえんがござりまして, られひろい澪は, られふし眼がちに市十郎, られふたたび日の, られふとあること, られふりもぎること, られぶっ払われ次第, られへっと首, られへどもどして, られいか, られべちゃくちゃ囀りながら, られべつな鱶, られべつに副将とは, られほし殺しに, られほとほと割り込むすき, られほのかに匂, られほのぼのとした, られほんのりその灯, られぼろはまき散らされ, られぼろぼろの服装, られぼんぼりがとぼっ, られぽかぽかとなぐられ, られぽつぽつ註文が, られぽんと投げ出された, られまあす, られまさに公然反逆すべき, られまさに大いに用いられん, られまじめな熱い, られまずは欣しく, られまません, られまるいすきとおった宇宙帽, られまるっきり睡くなくなって, られまれびとと言へば, られまわりにはかがり, られみかどのご裁可, られみかどの出御を待つ, られみごとにチクリ, られみな樫の棍棒, られみわに生, られむざんやミイラにされ, られむしろ未来に対してのみ, られむだなかけひき, られむっとした, られむつらさをお, られむなしく血路を, られむろん貴方の, られむ事の口惜しく, られむ海にゆかめ, られむ煩はし, られめえななにせ大家, られめちゃくちゃになっ, られもうこの上, られもし万一その穢れた, られもつともつと鋭く深くなされる, られもともとこんな痩せ細った, られもみ上げから下, られやうやうに知る, られやう况して, られやう烟草やの録さん, られやう頂上には小さな, られやおら茵から, られやがてついにあたりは, られやきもきしたり, られやさしいことから, られやすかった, られやすやすと袁紹, られやたらに接吻, られやむにやまれずそうした手段, られやむを得ず一当てあて, られやや広い平野, られやりきれない思ひに, られやんごとない夫人の, られやァしませんよ, られゆすりにし, られゆっくりと船頭, られようよう櫛まきお, られよう訳がありません, られよかったが, られらアねお前, られりやア鶴田君もそれツ切り, られりや曩日の御, られるるが終止言, られわあっと大声, られわけもわからず驚きあきれ, られわけて生母には, られわざとがぶがぶ呑んで, られわしは何, られわたしは彼, られわれらの罪, られアアナで潰えた, られアカシアキラカアキラケシの類, られアダジオのよう, られアツといつて倒れたり, られアツシリヤの寺院, られアナヤという, られアナーキズムとマルクシズム, られアブゾーブされ切れない, られアララギの御, られアルサイイル族の水牛, られアルマグロはトゥンベス要塞, られアンチ徳川の, られアンビギュ座では幼き, られイギリスでの最大, られイタリー語の辞書, られイプセンの婦人解放思想, られイヤ驚いたネ, られウイスキーをのまない, られウラル丸の船客, られエエエエエエエエツンツンツンテツテツトンテツトン国へ帰れ, られエヂンバラ総会報告書の編輯, られエッちゃんと別れ, られエネルギーはだんだん, られエリザベスは身動き, られオセロの嫉妬, られオランダシナ朝鮮をのぞく, られオレが名人, られカセット街の小さき, られカムパニアの廣野, られガタガタ醜悪に震えた, られガダマルというドクトル, られガラス戸だな, られキリキリ舞いさせられた, られキンチャクのクビ, られギッシリ書物が詰っ, られギャアギャアいって, られギョッとして立ち上がり, られクシャクシャになった, られクララはそれ, られクリート島から歸つて來, られクルクルと木の葉, られグウの音, られグッタリとなっ, られグローチゥスの, られケチで用心深い, られこのあり, られコゼットにあっ, られコツプを取りあげた, られコリヤ九助其方, られコリヤ九郎兵衞今大源が申, られコリヤ了源寺の所化, られコリヤ浪人文右衞門其方が申立, られコリヤ願山其平左衞門には外, られコレ城富幸手の實母, られコンコルド広場へと運ばれた, られコンソメ・カネロニー鶏のコ, られゴーリキイは感動, られサアベルや鉄砲, られサビーン岬の近く, られサーカスへ入れられた, られシヅ子の胸, られシャンデリアに当っ, られシュク・ショウモン・エタなどと連, られシヨオペンハウエルを講ぜられし, られシリアにては耶蘇教, られジャーナリズムの勝利, られジュスチーヌは身, られジルノルマン氏の児, られスイスに引き返せ, られスカートの長い, られスクリューをかじりきられ, られステンは除名, られスピーカーや店員たち, られスピードや空間, られスリルを刺戟, られズックの屋根, られセリフがいたずらに, られゼイランの王, られソラされて, られソーンフィールドの周圍, られターザン氏は全然, られダラダラと門外, られチュウゲンは多く, られツイうっかり奥方と申, られツイ外へ出る, られテイイ事務長の頭, られテーブルも久しぶり, られテープがグルグル, られテーマの上, られデンマークは今日, られトランクの中, られトーキー映画に於, られドイツの同志, られナプキンで包まれ, られニュージーランドで暮した, られニュートン自身もまた, られニューフェイスの教室, られニワトリからはつっつかれ, られネダ板が一畳分, られノガイ韃靼人が抛棄, られノッと立ち上った, られノドに荒縄, られノド輪に手, られハッハッハッハッと喘ぎ, られバケツが運ばれ, られバラツクのま, られバンドのうしろ, られパアデレ・アンゼリス樣パアデレ・フランシスコ樣シモン遠甫樣その他十六人, られパスカルのよう, られヒドイめに逢った, られヒポサツポは生きる, られピアノトリオに浮き立っ, られピンと上向いた, られフランスによって払われたる, られフランス人の儚, られブランデーか何, られブリーカーの理論, られブルジョア民主主義という言葉, られプログラムづけられて, られプロレタリアートの祝祭, られプロレタリア大衆の熱烈, られプロレタリア文学というもの, られヘリコプターの中, られヘンナカは火, られペルセウスに助けられし, られホッと蘇生, られホヤホヤと煙, られホーソーンの言葉, られホーホーと我, られボロの漁着, られボロクソにやられ, られボンヤり突, られボンヤリ突っ起っ, られポッカリと黒い, られポルトガルにおいては高められるであろう, られポーランド王国へ追いやられました, られマクスウェルに到っ, られマッチ一本で灰, られマラッカへ連行, られマリアもつよく, られマートンは大儀そう, られミカドの政府, られミュンヘンでは同年三月三日レシデンツ座, られムネ・シユリイのサン, られムリに任命, られムーシャの友達, られモジモジしながら, られモヤモヤと襟クビ, られモレロはやっと, られモーツァルトにその, られヤッとばかりにポーチ, られユラリユラリと重, られラケットは袋, られラ・カットリーカに近く, られルイ十五世によって利用, られルイ十六世が断頭台上, られレオンに於, られレヴュウ・ガールとも近, られロウ仮面をはぎとられ, られロシア人はステップ, られロシア文学もフランス文学, られローマ帝ヴェスパシャヌスは公事, られワスカルは捕虜, られワセダの下宿先, られワーグマンの門, られワーナー博士と会見, られン川島家にも代えられ, られ一つ所に動き, られ一つ目小僧の仮面, られ一めんに咲き, られ一万五千が旋回一路, られ一万石の小, られ一九〇五年にアインシュタイン, られ一九%だけがわずか, られ一二〇二年ナイマン部等の大, られ一二世紀のころ, られ一二町先は灯火, られ一五二二年に赴任, られ一人一人花嫁にお辞儀, られ一億草莽感動に胸, られ一兩日過て引出され其外桝屋久藏飯焚宅兵衞, られ一八一一年に陸海軍, られ一八五二年にそこ, られ一刀は馬, られ一反ばかりの広い, られ一台の消防自動車, られ一同大笑いになっ, られ一同源氏重代のみ旗, られ一同競つて落書の下, られ一名はついに, られ一寸法師の気, られ一年前に表, られ一年間文學にあまり, られ一座はますます, られ一座杯盤狼藉の最中, られ一思案の時期, られ一所になる, られ一括した精神, られ一族十八人珠数つなぎに配所, られ一旦は死んだ, られ一昨年の冬, られ一時にその, られ一時其極に達し, られ一時性に放射能, られ一時的に流行, られ一時間中黒板の横, られ一時間半も揺られ, られ一望沙漠のよう, られ一枚の白い, られ一歌舞伎俳優が, られ一浴みした上, られ一滴の愛, られ一生うだつのあがらない, られ一番無事な婦人, られ一疋前の犬, られ一発の強力爆弾, られ一目見て, られ一瞬東勝寺堂塔の瑶珞, られ一種のけもののよう, られ一種上はずつた, られ一種異様な侘し, られ一等になっ, られ一等船客中の大, られ一緒に荻堂, られ一般用語にすらなった, られ一般群集は騎馬憲兵, られ一行中貰ひ泣き, られ一見無雑作, られ一見赤児さえ懐き, られ一足飛に病気, られ一途に目的, られ一通りの学問, られ一週二回ずつ髭, られ一部では城壁, られ一門子弟ことごとく郡守刺史, られ一面茶色の叢, られ丁寧に仕え, られ丁度裏門から, られ七人か八人, られ七十五クヲタアの報酬, られ七年の十二月, られ七日たてば, られ七日夜までに出陣, られ七月に仙台, られ七月一日除幕式が擧行, られ七月二十三日に正, られ七月二十日には左近中将, られ七石の扶持, られ七色に日光, られ七輪をあおい, られ許されて, られ万機親裁の事, られ万里の波濤, られ三・四行の始め, られ三万七千石の大, られ三人四人と別々, られ三六とも註せられる, られ三円の給料, られ三十分も走った, られ三十分位で終った, られ三十畳ばかりの広間, られ三千年の媚, られ三室位打ち抜いた長方形, られ三島県令の計画, られ三崎町の仏英和女学校, られ三帰五戒を授け, られ三年經たない, られ三方が海, られ三日目に甦った, られ三更四更雲もしずか, られ三月に仙台, られ三条河原に引き出され, られ三枚とも見られる, られ三棟ばかりの倉庫, られ三次が白状, られ三河の一部, られ三河衆にとっては国, られ三犯は三十九年奈良地方裁判所, られ三番ハッチの底, られ三等郵便局の貯金口, られ三絃まで仕込まれ, られ三脚の上, られ三萬七千石の大, られ三軍を麾いた, られ三鞭酒を片手, られ上下の人, られ上代史についても種々, られ上士の位, られ上奏を経, られ上州路の碓氷妙義, られ上方の滑車, られ上方地方のエタ, られ上杉家に抱えられ, られ上様おため粉骨砕身, られ上海を割かれた, られ上着のみならず, られ上等の役人, られ上衣をぬい, られ上述の想像, られ上部の白壁, られ下人の斬られ, られ下僚は上, られ下女は慌て, られ下層社会の教育, られ下層階級の人民, られ下界は森, られ下谷山崎町家持五兵衞召仕ひ久兵衞其方生國, られ下谷山崎町家持五兵衞悴五郎藏其方年は何歳, られ下駄に踏み, られ不実な使用人ども, られ不当の死, られ不快になった, られ不意をくらっ, られ不日評定所に, られ不明にし, られ不測の変, られ不用な品々, られ不立文字の記録, られ不自由に満ちた, られ不運も心, られ不道徳な嬌, られ与力捕手獄役人などの大勢, られ与平さんがまだ, られは文右衛門夫婦, られ且又其符も同じく, られ世話になろう, られ世路に勇み立つ, られ世間一般からも甚だしく, られ両人ひどく話, られ両手両足をほそ, られ両手両足ギリギリ巻きにくくられ, られ両者相対して, られ両親の膝, られ両足も同時に, られ中古特にいちじるしく, られ中国地方も隠岐島, られ中央公論四月号にけいさい, られ中書の宮尊良, られ中村屋のお, られ中村座は一丁目, られ中津川の方, られ中絶してから, られ中途でその, られ丸い首筋と, られ丸太材は横, られ丹治おかめ, られ丹生川平へおいで, られ主人儀は何卒, られ主人治兵衛の手, られ主人治兵衞の手, られ主家の覚えは, られ久しく牢舎に, られ久しぶりに感じる, られ久七に縛られた, られ久兵衞は再び, られ久左衞門夫婦は顏見合せ暫時默, られ久留島武彦君も歐米漫遊, られ乍らそれが却って, られ乍ら乞食坊主の鑑哲, られ乍ら事情を知らない, られ乍ら云つた, られ乍ら毎夜を紫色, られ乍ら物も言, られ乍ら身分の隔て, られ乍ら頼門は幾刻, られ乍ら體を女, られ乍ら齒を喰, られ乗員は溺れた, られ乗客も乗務員, られ乗鞍権現もある, られ乙類はまた, られ九代一鐵の時寛政五年, られ九代目団十郎から破門, られ九分九厘まとまったとも, られ九國の山野廣, られ九州人東北人などは材能, られ九日紀の温湯, られ九月に日本, られ九月十五日にまた, られ九段の警察, られ九郎兵衞は一言, られ乞食のよう, られ乞食同様に扱われた, られ亀山上皇も御, られった状態, られ了らんとす, られ予感され欲求, られ予防の手あて, られ事あまりて言, られ事件はそのまま, られ事務の分掌, られ事実といふこと, られ事実上武士すなわち, られ事成就は必定, られ事業を愚弄, られ二の丸が窮屈, られ二の句もなく, られ二の次にされ, られ二の足も三, られ二ノ俣より危険, られ二三年のちに牢, られ二三年分の貯金, られ二三間後へ退いた, られ二位殿からもまた, られ二十一日の本読み, られ二十五日兄慶篤の後, られ二十六日午後三時納棺された, られ二十六歳のかれにとっては, られ二十四五の美少年, られ二十四時間後が最高, られ二十日右大臣政所始の御, られ二名の作業服, られ二回休んだが, られ二大将の前, られ二宮の為, られ二年とも見られる, られ二日の暇, られ二時間を費し, られ二本の水火棍, られ二枚襲の友禅縮緬, られ二段三段に重ね, られ二汁七菜に酒二献, られ二等車の中, られ二荒山の下の木挽小屋, られ二葉亭の名, られ二説確定して, られ二間柄から三間柄, られ二頭立の箱馬車, られひたいこと, られ互いに眩惑した, られ五六メートルから先, られ五十里の山路, られ五寸ほどの厚み, られ五年二月二十八日に御, られ五感が完全, られ五時には下り, られ五時間ほどし, られ五百余人の六波羅勢, られ五色の幡, られ井上文雄から松の門, られ井伊大老もしくは安藤老中, られ井伏が締切, られ井出君ひとりでぼんやり, られ些か後悔の, られ亡き母君の, られ交際を求むる, られ享和三年十二月六日まで屏禁, られ享和元年に儒官, られ京都守護をまかせられた, られ亭劇にセシル・, られ人さまの前, られ人みなの亂, られ人中ではあり断り切れず, られ人人はひたすら, られ人出入りを断ち, られ人力車が非常, られ人家の屋根, られ人專ら寺院の法規, られ人性や人, られ人情の句, られ人格の自由, られ人為的の小策なんど, られ人生を見直し出した, られ人肉試食事件関係の被告, られ人見張役にも命じられた, られ人足たちも訊問, られ人間一般を明らか, られ人間的であるよりも, られ人類の意志, られは実利, られ仁和寺の北, られ仁左衞門小猿, られ仁明文徳清和の頃, られ今し方浜をお, られ今に出雲大社の, られ今のは明治四十四年, られ今やたった一人で, られ今一個を得, られ今夜ハネてから来い, られ今夜午前五時までダンス, られ今安からむ秀麗, られ今川与党の各, られ今年の夏, られ今日其方店先に金子, られ今日宗教のほんとう, られ今日梅沢夢之助, られ今日民間でも時, られ今日私たちはその, られ今朝命によって五千余騎, られ介抱された結果, られ介錯大儀と仰せられ, られ仏壇や墓場, られ仏教家なるもの, られ仏法領の物, られ仏間と見せかけ, られ仏頂面をし, られ仕事は無味, られ仕事机もきれい, られ他人のため, られ他国へ売られ, られ他愛なく城, られ他方地代及び労賃, られ仙境を思わせる, られ代々藩の刀鍛冶, られ以後ぜったい出入禁止, られ以後二十余年の今日, られ以後二日それも夜, られ以来明治維新まで連綿, られ粧坂の, られ仮に一室へ, られ仮令収用法の, られ仲間はずれにされ通し, られ任原の弟子たち, られ伊予の果て, られ伊兵衞事八十兩喜八に遣した, られ伊豆守越前守同道參上仕り御, られ伊賀へとかかれ, られ伊賀流甲賀流などと武術, られ伊達家では愛宕下, られ伎楽に代る, られ伏見宮家職田中氏にあ, られふのに, られ会得されて, られ会桑二藩が宮門警衛, られ会話したり, られ伝七郎を討たれ, られ伝兵衛諸国を遍歴, られ伯母に従い, られ住吉の海辺, られ佐々木方の旗幟, られ佐々木道誉を数日前, られ佐賀の事変後, られ体系づけられねば, られ体験させられるの, られ何ごとについても学問的, られ何せ学校の, られ何だか頭が, られ何とかして, られ何もかも御相談, られ何やかやと物珍, られ何やら一人の, られ何ら非難すべき, られ何れともつかぬ, られ何オメオメと生きられよう, られ何一つ新しい発見, られ何一つ事を欠かぬ, られ何十回となく, られ何年間か一貫, られ何度も腰, られ何月何日某処, られ何氣なく植木, られ何進は数名, られ何間道路とかいう大通, られ余りの骨, られ余吾之介, られ余程たってから気がつい, られ佛蘭西譯の中, られ作家そのものの実質, られ作業全般の監督, られ作歌の時, られ作者といえ, られ使節も今度, られ侍女と二人, られ侍者二人は馬の背, られ侏儒にし, られの者大勢, られ供給が需要, られ供花の黄菊, られ侮辱されたよう, られ係員達はある, られ促進されその, られに, られ俗世と時勢, られ俗悪なる趣味, られ保元平治から平家物語, られ保土ヶ谷の科学工場, られ保守陣営の進歩党, られ保護の名, られ信助はまた, られ信吉は断りきれなくなっ, られ信子もその, られ信孝はここ数日来, られ信濃において兵, られ信用のおける, られ信頼するようす, られ修理儀も人数, られ修理権太夫にまでも進めり, られ修繕され繁栄, られ俳優はこの, られ倉庫には遺物, られ倍額の切手, られ候ところもむりしての, られ候はずや, られ候はんには銀一枚, られ候まま御枕もと, られ候まま父に手あつく, られ候ゆゑ名誉より説くべき, られ候よう祈りあげ候時下晩秋黄落しきり, られ候よう御沙汰に候事, られ候一個年若き佳人, られ候上は有難く, られ候事ゆえ小生も大きに, られ候事明白の御沙汰, られ候事無用なりと, られ候事目も当てられず, られ候人々こそよき, られ候以來私欲押領等の儀, られ候処まで逃げ申す, られ候処泰勝院殿以来の忠勤, られ候天一坊身分越前我意に募り, られ候巾著わたくしへも十年前御買被下候, られ候後兩人の男子, られ候御事数々御め, られ候御前様の是, られ候恩義有之容易, られ候悴が今, られ候所を一筆, られ候文化時代吉原遊女の文殻反古張, られ候斯ることごと, られ候方々借財等のため自殺候様, られ候是は全く, られ候様子ともはわさ, られ候樣御慈悲の御沙汰願上, られ候樣願ひ奉つる, られ候段笑止の事, られ候由以て当今社会, られ候由大慶に存候, られ候由薫申聞候に付, られ候由驚入申候仔細, られ候筆とりて, られ候節は酒井左衞門尉, られ候節實は中小姓, られ候節越前直々に言上, られ候處に有, られ候處御吟味中牢死仕つり死骸, られ候衣類并に笠, られ候訣には参り兼ね, られ候越前天下の御, られ候趣にて村方嘉右衛門殿, られ候道を辿り, られ候間お蔦夫婦の者, られ候間みなみな人質, られ候間據ころなく殺害, られ候間誰もみな滅多, られり嬰, られ借金は山, られ値踏みされた, られに市村座, られ停車場には万歳, られ健胃剤に使われ, られ偽りなく行動, られに青い, られ傍らの杭, られの卸し, られ催眠術にかかっ, られ傳吉は其頃一兩年村内, られ傳吉儀御用有之に付私, られ債権者に拘引, られけられて, られ僕等は今更, られ儀式の時, られ儒家が六國, られ優に一家を, られ元服される皇子, られ元来が数学, られ元老院議官というお, られ兄安日は奥州外ヶ浜, られ兄弟マイエルはヴァイオリン, られ兄貴やおやじ, られ先づは今年, られ先代菖助がのこした, られ先何成奴ならん, られ先刻以来見物たちに一種異様, られ先日の非礼, られ先月二十七日の御, られ先生によつて, られをにじませ, られ光子母子の金, られ光栄ある讃辞, られや山鳥, られ兎角の評判, られ入営後もその, られ入学の者日, られ入牢申付られ郡奉行其外, られ入獄中に牢死, られ入道さまは手続き, られ入院しなければ, られ全くどうも奴の, られ全巻を二篇, られ全身垢と吹出物, られ全身蘇芳を浴びたやうになつて, られ全部の人足, られ兩手を縛られた, られ八つで小学校, られ八九間も彼方, られ八五郎は否, られ八代將軍吉宗公上覽有し處後藤, られ八代巣河岸は鈴木作右衛門, られ八女津媛は単に, られ八日分の食物, られ八月五日に江戸, られ八重は人心地, られ公使館の人, られ公卿と西国大名, られ公文の手, られ公然奥州を, られ公爵の剣, られ公用人服部九十郎と名, られ六ヵ月苦役を宣告, られ六十を越えた, られ六十七万石の封城, られ六十歳の老母, られ六十門の十五糎砲, られ六年経つて, られ六年振りでまた, られ六月二十七日にはその, られ六月二十五日八十日間の検束, られ六波羅の敗北, られ六畳の間, られ共々間道へ, られ共同と主張, られは国境, られ兵士が靴, られ兵庫迄お, られ兵部に抗すれ, られ兵隊に剣付鉄砲, られ其三年には上野, られ其両側を渦まき流れ, られ其人につれられ, られ其他同様の境界, られ其儘動と倒れ, られ其内容から本名, られ其名声は却つて此二人, られ其呪詞もい, られ其場で三人共相, られ其巧な陳列振り, られ其年の大震災, られ其度に四五十分, られ其弟子の手, られ其影響が粗野, られ其後五月十二日に九助九郎兵衞, られ其後同所町奉行桑山下野守殿種々吟味ありしか, られ其後差紙にて金屋利兵衞娘菊伊勢屋三郎兵衞小間物屋與兵衞旅籠屋清兵衞雲源等殘ら, られ其後種々の拷問, られ其後返上なく東叡山, られ其教授に任, られ其文字を忌ん, られ其方事去る十月二十八日夜兩替町島屋治兵衞方, られ其方事女には稀, られ其方儀去十二月二十七日, られ其方儀今日三五郎妻文と對決申付, られ其方儀帶刀をも致す, られ其方共身分は何, られ其方左程に再, られ其方手元に之, られ其方願書の趣き, られ其日の廳, られ其本質もほ, られ其様式を襲い, られ其用例から認容, られ其用意をなし, られ其登攀隊に随行, られ其目的を達し得ざる, られ其節委細に承, られ其花の香, られ其處で止, られ其親分の家, られ其言詞を知る, られ其間に漸次事實, られ具教卿より奈良, られ具足まで着せられた, られ典型者は唯, られ典獄になった, られて引替御用, られ内側には足跡, られ内在魂を完全, られ内田五観は著書, られ内藤狩野小川三博士などは將來支那, られ円頂緇衣に太刀, られ合作の, られ再三御問答, られ再度の吟味, られ再転して, られ冒険好きの狩猟家, られ写経も進む, られを授けられた, られされて, られ冥加至極の儀, られ冥加至極恐れ入り奉ります, られかなる, られ凡そ紅粉と, られ凡下と区別, られ凡作は然, られ凡情熱の磨滅, られ処刑された者, られ処女を生贄, られ処女造庭境まで逃げ, られ処理された後, られ出口を塞いだ, られ出稽古の供, られ出羽より胆沢, られ刃物懐中電灯の類, られ分割ということ, られ分娩後にも哺乳, られ分散して, られ切っ先の勢い, られ切り拓かれはや, られ切れ切れに何, られ切支丹宗門のこと, られ切歯扼腕して, られ切腹して, られ刊行せらる彼, られね起きた, られに処せられ, られ刑事たちにとり囲まれた, られ刑務所へ送られ, られ初め男児誕生のよろこび, られ初代の天皇, られ初春には厩, られ初演の際, られ初老にはいった, られの寝室, られ別府大将の前, られ利害をも離れた, られ到着の翌日山住河内, られ制度の沿革, られ刺殺されるの, られ刺青師にも断られた, られ刻々の票数, られ前のめりに倒れ, られ前夜晩く巴里, られ前屈みにからだ, られ前座をしない, られ前方の黒板, られ前日来仰せを蒙っ, られ前立腺のマッサージ, られ前者が試みた, られ剥製の梟, られ副使には黒川大隅, られ創意が湧い, られ劇団の自主的挺身活動, られ劇場からも優遇, られ劇敷拷問に及びしか, られ劔道御指南, られ功名の犠牲, られ加冠の役, られ加州方からは朝夕, られ郷の, られ助けに来られた, られ助勢されて, られ努力の結果, られ努力奮闘遂に立志伝中, られられるの, られ労働能力のない, られ勅使万里小路藤房のいる, られ勅使以下の通行, られの体, られ勇氣づけられる一人, られ勇躍して, られ勉強した期間, られ動きのない, られ勘合符の貿易許可, られ勘次はあわてふためい, られ勝成公に再, られ勝気な母, られ勝頼は縁越し, られけるが, られまされさ, られ勿論級長は, られ匂いの好み, られ包囲を受けた, られ化學が開發, られ化粧煉瓦に装飾, られ化粧臺も整, られは七島, られ北京の軍法会議, られ北国の街, られ北村家は上, られ北条氏討伐をお, られ北海道樺戸の監獄, られ医師の手当て, られの年, られ十一年に順成, られ十一月二十七日の夜, られ十一月十五日に福山, られ十七日の晩, られ十九日にはそれ, られ十二になった, られ十二スーの壁紙, られ十二人涙ながせば, られ十二分の働きのできぬ, られ十二宮二十八宿の智識, られ十二月二十六日には御, られ十二月二日より評定所, られ十五分ばかりは頑張っ, られ十八年前にかかれた, られ十兵衞事死骸は兄長庵, られ十台の車, られ十四五間ばかり退却, られ十字に組み合わした, られ十数人の肩棒, られ十数間あなたに離れ, られ十月五日に, られ十銭の包み, られ千入の靱, られ千早城に拠っ, られ午頃より雍和宮一見, られ半分は地面, られ半数あまりの原, られ半日余もかかり, られ半殺しにされた, られ半生地下の上達部, られ卑屈にさせられ, られ卑賤と醜悪, られ卒業間際になつて退校処分, られ卓上には地球儀, られ南極の頂点, られ南海の一孤島, られ南翠氏が濱路もどき, られ南蛮国王の孟, られ南階段の円柱, られ単にこの掻き, られ単本位の勢力, られ単身岐蘇路を過ぎ, られ博多の帯, られ博物館にはその, られ印刷物の上, られ印度の神話, られ危うくスイスの, られ危く見えたが, られ危ない命を, られ危機一髪と云ふところ, られ危機打開のため, られ成の, られ即刻みことのり, られ即刻新任出張所長の仏語通訳, られ即刻早馬でお, られ即刻裁決されて, られ即刻身体検査を受け, られ即日の吟味, られ即日発遣せしめるといふ, られ即日見習の席, られけられ又, られ厄介者視せられて, られ原料と結合, られ原語の意味, られな日々, られ厭応なしに, られ厳かに大小, られ厳しい叱責を, られ参会者は皆退散, られ參加すること, られとする, られ友次郎は包み, られ友達の折合, られ反対に面識, られ反対側ばかりに枝, られ反省され検索, られ収容者に聞かせる, られ叔母について家, られ叔父に泣き付く, られ取調べの刑事, られ叙情的な一切, られ叙述されるの, られ叛逆者の名, られ叡山の法燈鳥語, られ口惜乍ら詮方なく凄然々, られ文辞派と, られ古い友だちの, られ古く驢と, られ古参連には憎がられ, られ古学と称する, られ古物商に売られ, られだ土臺, られ只今以て三人扶持づつ參, られ只今刑場へ臨む, られ只今憑司が申所, られ可哀想にあんな, られ台の下や開き戸, られ台帳及び所定, られ史家が勝手, られ史書講筵が天子, られ右京さまは隠岐守, られ右巻左巻の大波小波, られ右府信長の征旅, られ右翼からは徒食, られ右腕の傷, られ各々その中心, られ各人はわずか, られ各国の眼科教科書, られ各室の扉, られ各所の農場, られ各自それぞれの程度, られ各自轎に乗, られひながら, られ合宿横にある, られ吉之助様や俊斎様, られ吉井良秀氏の, られ吉原へ往, られ吉田監物は半地, られ吉蔵ばかりがお, られ同君はまた, られ同地で直ぐ, られ同好者の間, られ同席に与謝野夫妻, られ同年七月を以て謁見応接, られ同年出版の津田真道先生, られ同年後半に完成, られ同志とともに翌年七月, られ同情されるに, られ同族に向っ, られ同派は組ん, られ同盟通信の業務, られ同級生に苛められ, られ名主附添のうえ城下, られ名山大川も道士, られ名案がふっと, られ名香を音讀, られ后宮御方にも又, られを督, られ向いの森, られにとつぎぬ, られ君子も小人, られ君江はさすが, られ吠陀の諷吟, られ吸収された熱, られ吹矢で燕, られ吾平爺はどうにも, られ吾船は沈没, られ吾輩等は刑事, られ告ぐるに曹操, られ告訴した子孫, られ呪文とせられ, られ呪言の威力, られが口, られ呼リン一つで用, られをとりとめた, られ和卿の旅宿, られ和歌的な雰囲気, られ和気乃と呼ばれた, られ和泉式部のよう, られ和田英松氏がこの, られ和睦といえ, られ和算上の重要, られ残る野菊, られ哀れな少女千葉房枝, られ哀愁を通り越し, られ品川の海, られ哲学的に深く, られはすっかり, られ唐人はそれ, られせられても, られ唾液を呑んだ, られ商売のなかっ, られ商店をはやらなく, られ問屋場刎銭の割合, られ啻に少年のみ, られ善き姥は, られを焼かれる, られ喜兵衞は組頭勘右衞門, られ喜時には喜, られ喝采され雷同, られ喝食の修業, られ喧しくがみがみ云わない, られ喧嘩を売付けられ, られ單純無比な書生批評家, られ嘲笑はれた場合, られ嘲罵迫害飢寒あらゆる行, られをきい, られ四五年の間, られ四代将軍綱吉の乳母, られ四作目の, られ四十の学術的称号, られ四十五年間説法の後, られ四年に表, られ四年謫せられて, られ四年間調べたが, られ四方を御, られ四方八方へまるで, られ四本の五寸釘, られ四窓庵は庭, られ四角な黒い, られ四門はかたく, られ四隻とも即時撃沈, られ四馬路に人気, られて台命, られ団結の精神, られ困苦欠乏に耐, られ囲棋のお, られ固いご意中, られ国々を巡らせたまい, られ国中みな昭烈皇帝の遺徳, られ国元へ送り帰された, られ国家並に学問, られ国師の頂上, られ国民一般の決意, られ国民精神総動員運動がおこされた, られ国法を犯し, られ国祭日の夢, られ国許逼塞を申, られ国語学と国語教育, られ国論なとも取, られ国造が兼ね, られ国際的な統計, られの天井, られ土地の人, られ土塀の裾, られ土工の飯場, られ土方たちがもう, られ土間には真黒, られ圧しつぶされた魂神, られ圧倒されるの, られ在方の樣子, られ地下室に閉じこめられ, られ地中魔変じて, られ地域的組織と並ん, られ地本さんは目, られ地球へ向け, られ地震研究所の設立, られ地面上に生活, られ坂本は悩ましい, られづくられるところ, られ城中時計の間, られ城主兵部少輔, られ城兵の損害, られ城内の四郎, られ執拗なる皮膚病, られ執政参政等を大少, られ執行猶予の沙汰, られ執行自身が大, られ基本的人権がふみにじられる, られ基礎附けられてを, られ堂々たる朝臣の, られ堅い塊り, られ堅くなって, られ堅剛な肌, られ堤防は新た, られ場内へ通じる, られ場面が整理, られには無惨, られに盛られ, られの買, られ塩詰めとされた, られ塵一つのこさず, られ墓場のある, られ墓碑銘に, られ増田屋の庭先, られ壁際には書棚, られとなつ, られ士分に取立てられた, られ士族は天狗, られ士農工商の身分的区別, られ売行きが増加, られに不安, られ変色して, られ変転究まりない彼女, られ夕方お寝間, られ夕闇にすかし見た, られ夕陽新聞の雑報記者, られ夕食後廃帝の部屋, られ夕飯もそのまま, られ外交官として露西亜, られ外側は黒く, られ外国人の写真, られ外国暮しの微, られ外科には栗崎道有, られ外面には芝, られ多かれ少かれ大阪ものを, られ多助おえい, られ多勢の下女下男, られ多年弓箭にかけて攻, られ夜どおし目も眩, られ夜な夜な怪異を, られ夜中の通行, られ夜具も豊か, られ夜半に飯盛山下砂, られ夜明けて見れ, られ夜眼にもその, られ夜行列車に積まれ, られ夜道にて犬, られ夜間外出は夏期, られ夜露に冴えた, られ夜風の戸外, られ夜食も終わり, られ夢心地に追憶的, られ大いなる隙なき, られ大まかな分類, られ大丈夫の魂, られ大人その人, られ大人たちからは侮辱的, られ大勢の臣下, られ大名と立てられる, られ大和旅館に入る, られ大地に平, られ大学の屋上, られ大学総長の愛嬢, られ大寿至極恐悦奉申上候, られ大小さまざまの影響, られ大小二つの水溜り, られ大岡殿は十右衞門, られ大岡殿イヤハヤ意氣地のなき, られ大岡殿出座あつて七右衞門并, られ大嶋行の汽船, られ大手筋の辻, られ大村にも会堂, られ大枝に掛け, られ大正のころ, られ大破した, られ大統領は富士男, られ大罪は賞, られ大臣以下供奉の官員, られ大船から暑, られ大軍をもっ, られ大輪のハンドル, られ大野君はじめ三人の少年, られ天一坊樣へ御, られ天上の鳥, られ天下にのぞみ, られ天丼や鰻丼, られ天使的願望にみたされ, られ天保の大, られ天保三年故あつて林氏, られ天保十一年庚子今王に位, られ天保弘化の間, られ天地に身, られ天平二年大納言になっ, られ天平宝字元年に従五位上, られ天慶の乱, られ天文博士を兼ねし, られ天皇この宮, られ天皇おん自ら旧辞, られ天空高く揚げられた, られ天鵞絨のやう, られ太一は游水發根, られ太刀川青年の舌, られ太子御柩, られ太田水穂氏の, られ太鼓の音, られ夫人からその, られ夫婦として同室, られ夫婦乞食より一足先, られ夫婦竹の中, られ失敗もし, られ奥さまはきっと, られ奥さんはお, られ奥州の独眼龍政宗, られ奥州地方にも拡つて, られ奥様と御, られ奮然と弦音高く, られ女中と書生, られ女中たちの品物, られ女仲仕の手, られ女史のお, られ女子は予言, られ女学生の活人画, られ女房おせんは村役人, られ女舎にはあやめ, られ女軍水泳の図, られ女連は髪, られ奴めはそれ, られ奴隷となった, られ奸計がめぐらされた, られ箇な, られ好い鴨に, られ如何にも残念に, られな顔, られ妹さんの容疑点数, られ妹紀伊は忠興, られ妻子一族とともに首, られは一年有余, られ姉さんの臨終, られ始めはこれ, られ始皇が六国, られ姓氏録に載する, られの身, られ威圧されて, られ娘ヤスにまもられ, られ娘達はその, られと女房, られを獲る, られ媒介によって家, られ嫌悪されるに, られ嬉しく思った, られ子供たちが石, られ子供等の室, られ子分はみんな, られ子守奉公やら辻占, られ子爵黒田広志氏の次女雅子嬢, られ孔明の虚実, られも書けない, られ存在をさえ否定, られ孝助は止む, られとしての意味, られ学務委員や有力者, られ学問からは遠ざかり, られ学徒をし, られ学校へはひつ, られ学校中での寵児, られ学校教育もま, られ学界からおくられる, られ学界最高の栄誉, られ学者として詩人, られの子, られ孫文ご自身, られ生時代, られ學校の基金, られへ端書, られ宅兵衞は元, られ宇乃ははっきり, られ宇吉は主人方, られ宇治瀬田の二道, られ安元二年従三位に進ん, られ安定したの, られ安房さまが強い, られ安政三年四月蕃書調所の教授手傳出役, られ安楽椅子の間々, られ安達太郎山から二本松城, られの高, られ宋代文化の所産, られ宗円これを多紀, られ宗易は茶室, られ宗正卿をし, られ宗祇はわざわざ, られを奪われ, られ官兵二人はそれ, られ官兵衛は素直, られ官制の上, られ官能の芽, られに泛ん, られ蓮寺の, られ定基は遂に, られ定日ありて, られ宝暦三年の三月廿八日, られ実は上滑りを, られ実力としては中国征攻中, られ実在との関係, られ実存して, られ実演でくさった, られ実物と寸分, られ実現されるか, られ実用されて, られ実用上の目的, られ実隆がわざわざ, られ実験室には電気, られ客觀化されること, られ客間の外, られ宣教師格のもの, られの上席, られ室外のあの, られ宮崎も電話魔, られ宮川久雄君が採録, られ宮廷の命令, られ宮殿のうち, られ宮門の内外, られ宰相に擧げられ, られ家々は一層, られ家あるじの齡, られ家主家財勘太郎家財とも權三助十, られ家事を委せきっ, られ家人子供らには笑われるしで, られ家倉を焼かれ, られ家元樋口家もその, られ家光の一字, られ家名は取, られ家庭でも競馬, られ家庭教師の山口青年, られ家庭教育社会教育を重視, られ家康の第, られ家持五兵衞其方は質屋渡世, られ家斉の孫紀伊宰相慶福, られ家来を殺され, られ家格等も特別, られ家治には快く, られ家畜が奪略, られ家督は孫, られ家督相続をする, られ家禄も百二十石, られ家臣は殺され, られ容疑者村松検事は別室, られ容貌は人並以上, られ宿の三階, られ宿元へ帰れ, られ宿命づけられたよう, られとして聲, られ寄手は駈け渡っ, られ寅造はその, られ富時には富, られ富美子の方, られ富財も積ん, られさに, られ寒々と悲しい, られ寒日も火, られ寒暖計が壁, られ寛ろげられた, られ寛大にさえなりました, られ寝具の用意, られ寝巻一枚を着, られ寝床に寝かされ, られ寝起きの世話, られ實行され更に, られ寵愛いよいよ厚き, られ寶澤は泣, られ対応せしめられること, られ封印をつけられ, られ専ら欧洲事情を, られ将士鏖にさる, られ将軍家光にちかづい, られ将門は官符, られに彼地, られ尊められるため, られ尊大な気分, られ尊氏が鎌倉, られ尊爵を得たる, られ對岸の深川, られ小さい暗い宝石の, られ小作米取立の検分, られ小僧が背負ってる, られ小前のもの一同, られ小型寝台やキャンヴァス・ベッド, られ小夜衣其方事も久八, られ小屋の中, られ小島に麗, られ小指をつめ, られ小早川隆景や吉川元春, られ小林多喜二の虐殺, られ小林少年のながい, られ小次郎の身の上, られ小物の並べ, られ小石や砂利, られ小笠原壱岐もまた, られ小舟が幾艘, られ小説に対して敬虔, られ小説家以外のもの, られ小野の於通, られ小首を傾くる, られ小高い所に, られ者には, られ少しく長じ, られ少なからず堅く, られ少壮の頃, られ少量の水, られ尚かつ営業し, られ尤も憐愍を以て家財, られ尼前よ心配, られ尾部は三枚, られ居候に同書刊行, られ居候事さすがと, られ居候處玉稿に依り, られ居室をうつされる, られ屈従を強いられ, られ屋敷から親元, られ屋根看板もなく, られを絞, られ屍体から, られ屍毒化させられ破傷風化, られ屑屋に払い物, られ山々に金, られ山上の根本中堂, られ山下町東洋銀行に到り, られ山伏感應院の弟子, られ山城の大徳寺, られ山寺の広間, られ山崎の一城, られ山川菊栄さんと山田わか子さん, られ山林からの収入, られ山県蔦之助, られ山精オリノーネに愛せられ, られ山門の代表者, られ岐路の運命, られ岡侍医を差遣, られ岡場所など言, られ岡崎の城, られ岩瀬氏と早苗さん, られ岩田義道の命, られ岸頭にあり, られに上がった, られ島田三郎訴へらる, られ島田木下二少年の写真, られ崇拝されるの, られ崑崙国はコーチンチャイナ, られ崖州に遠, られ嶮崖は海岸線, られに遮られ, られ巡査に咎められ, られ工人の予想, られ工夫し出されては, られ工業との階級的結合, られ工業以上に農業, られ左側の窓, られ左兵衛義高となっ, られ左手を伸べ, られ左翼にも三千あまり武田信豊, られ左衞門が伺候, られ左近衛右近衛の武官, られ左馬頭に叙, られ巧雲は髪, られ巨大な石塊, られ差別されたもの, られ差当りその角度, られれの, られ已に一命も, られ已むなく博士某の邸, られ巴御前との仲, られ巷間の常識, られ市中諸処の縁日, られ市内の動揺, られ市場へ送りだす, られ市場価値も高く, られ市民たちはここ, られ市議の勝手, られ市長として就任, られで目隠し, られ帝劉禅も皇后, られ帝國の園, られ師直の暴慢不遜, られ師資相傳するもの, られ席札もろ, られ帰りも何ん, られ帰朝すると, られ帳場のお, られどんは, られ常世神とも称せられる, られ常子は思はず, られ常識がひろくつよく, られ帽子のない, られ干場に出される, られ平たくなされた面, られ平らかな前途, られ平安の末, られ平家ハアカルイとおつし, られ平時の格式, られ平民籍に列, られ年ごろになっ, られ年上の方, られ年來の素懷, られ年増役には先代, られ年末ごとに賞銀五両, られ年齢としては早く, られなき者, られ幸吉へと指名, られ幸徳は発行人, られ幹部連中からは敬遠, られ幻滅を感じる, られもなく, られ幾分ずつなりとも育てられ, られ幾多受驗の, られ幾年幾十年に亘り, られ幾缶かの石油, られ広い道路が, られ床の間に古流, られ知れぬ恐れ, られ度いがためになされた, られ度外視せられて, られ度願上候若し無事帰宅, られ座敷へみちびかれる, られ座談会をやり, られ庭園の植え込み, られ庭木を保護, られ庶民の間, られ之助, られを破っ, られのほう, られ廣常の後, られ廩米は兵糧, られ延喜式に出, られ廿兩の金子, られやとかいう街, られ弁太や杉次郎, られ弁慶ばかりを見殺し, られを終っ, られの折, られ弓之助はバッタリ畳, られ歪められ, られ引上げられた水死人, られ引取所へ林藏, られ引越しを余儀なく, られは勿論, られ弟分に等しい, られ弟直義をも左馬頭, られ弥吉はとうてい, られ弱小を征服, られ張り渡された死, られ張作霖の死, られそうな, られ強いて連れて, られ強く主張されなけれ, られ強力な野性, られ弾力ある頬, られ彊柢はわずか, られ当方が甘んじ, られ当日は赤飯, られ当時の海賊船, られ当時我輩も加藤弘之博士等, られ当時映画劇場としては立派, られ当時相当の芸術的効果, られ当然考察の, られ当社に奉仕, られ形容せられ謂, られ形式のみ残つて, られ形式主義と宗教的, られ彩色などを加え, られ彫刻に飾られた, られ影響されたるもの, られの一同, られ彼女たちの目, られ彼奴の怖, られ彼氏はダブル, られ往時の播州文化, られ往来で叩きのめされ, られ征東将軍の称, られ待合へ遊び, られ後々三十六歌仙を御撰, られ後年さまざま自分がつけ込まれる, られ後手の肱, られ後方部隊は中軍, られ後来の見せしめ, られ後部が内裏, られ徐々に乾燥し, られ徐に軽いさら, られの者二名, られ従つて彼の理論, られ従者たちへは体裁, られ得三は赤く, られ得票の知らせ, られて認識, られ從つてその力, られ御太刀御佩き, られ御幣の紙, られ御機嫌よく講演, られ御歌を下され, られ御用御座候えば, られ御膳番の天野なにがし, られ復一人のこれ, られ微妙な美, られ微弱で馬鹿らしい, られ微笑を湛えた, られというもの, られ徳川北畠両軍, られ徳川時代には武家, られ徹底的に文学書, られ心から驚き入ること, られ心そのものよりも画法, られ心中情死の文字, られ心持よかった, られ必要なとき, られ必要費があれ, られを屈し, られ志水幹之介, られ志賀の辛崎明神, られられて, られ忙しない息が, られ応接間はお, られ忝くも松雪院様へ御, られ忝なく存じ奉ります, られ忠兵衞今は理, られ忠義を盡, られを押された, られ念仏のこと, られ怒りを感ぜず, られ怖いほど髪, られ思いのまま, られ思いがけなく見ること, られ思念の中絶, られ思想的背景をさぐられ, られ思索を深く長くひろい, られ急ぎ本堂へ, られ怨みの籠っ, られ怪しいと見られた, られ怪塔王は額, られ怪奇では, られ怪我人は介抱, られ怪談は怪談, られ恋歌気分を総て, られ恍惚として耽読, られ恐らく戰國末期の, られ恐るべき様を, られ恐悦至極に存じます, られ恐縮したこと, られなく江戸, られ恥しくも私, られ恥辱も受ける, られ恨みをのんだらしい, られ恭賀たてまつり候, られ息子の脚, られ恰度そこへ広, られ恵心僧都の筆, られ悍馬絶叫血は河, られられた, られ悩乱させられたばかりに, られ悪く言えば, られ悪事に対する他, られ悪人ににくまれる, られ悪名を附けられ, られ悪女も終, られ悪意にゆがめられ, られ悲しい汚らわしい多くの, られ悲しく疎外された, られ悲しみに沈ん, られ悲劇はその, られ悲壮激越の感, られ悲歎にくれ, られ悲鳴が起こり, られゆるも, られ悶絶なさぬ計り, られ情勢圧迫によって中絶, られ情熱に燃えた, られ想定されて, られ愁いに似た, られ愈々目的の, られ意識は又, られ愚かな人たち, られ愚老も有難き, られ愚衲がその, られ愛ゆゑに死なれた, られ愛着の覚えられる, られ感化も蒙っ, られ感受されると, られ感嘆せられ羨し, られ感情化されて, られ感興で彩られ, られ感覚は魂, られ感銘に価する, られえさせられ, られ慌しく日を, られ慢性的の神経衰弱, られ慰めらるるであろう, られ慰藉を与えられる, られには時々, られ時には, られ憂悶は快活, られ憂鬱になるだろう, られ憤怒させられ石, られ憤激しながら, られ憲兵や死刑執行人, られ憲兵隊と宗教局, られ憲法も定められ, られ懇望されて, られ應酬された, られ懊悩としたる, られ懐中が外側, られ懐中電灯の光, られ懷姙し母, られ懺悔をさせられた, られ成熟して, られ成都宮の南門, られ成長したといふ, られ我々後生がバトン, られ我国でも鑑賞, られ我親の位牌, られ我身の心, られ戦々恐々として彼, られ戦い数合のうち, られ戦争も利害, られ戦地へ送られ, られ戦場へ連れられ, られ戦場ヶ原の一時間行程, られ戦局の大勢, られ戦時には陣夫, られ戦時中ことに戦後, られ戦時気分に満たされ, られ戦車が海底, られ戰友達にはなぶり, られ戸棚の下, られ房州の名家, られ所謂停胙一年, られ手かせ足かせをはめられ, られ手ぬぐいのよう, られ手代の伴造, られ手帖に書きとめられ, られ手拭を出し, られ手桶やバケツ, られ手洗台の石, られ手渡しにし, られ手短かに言うなら, られ手紙をかわす, られ手繰り寄せられて, られ手術室へ運ばれ, られ手首のところ, られ才能が流暢, られ批判されて, られ承認を与えられる, られ技術は只, られ把手をはなした, られ投獄された, られにふれ, られ折敷の端, られ抜き差しのならぬ, られ抜刀を突付け, られ押し入れの中, られ担架隊の学生, られいた上, られ拘留されたこと, られ拙者の父, られなく奥, られ拡張されて, られはれました, られ拷問されやきころされそう, られ持ち重りがし, られ持続的な関心, られの跡, られ指導されたか, られ指輪はこ, られ捜索された, られ捨て値同様値ぎり倒されて, られ掃除もよく, られ掌大の土地, られ排斥されると, られ掛り役人評議の上右關係, られ探偵は気, られ探検隊は帰途, られ探究されるよろこばしさ, られ接吻をされたなら, られ接待役によばれる, られ描写されまとめられて, られ搾取された無産階級, られ摂津では軍船, られ撮影を見せられ, られ據ころなく切捨申候, られ擬人法の句, られ擯斥されて, られ支柱がとり外され, られ支那の詩, られ支那人の道徳観念, られ支那大陸文化の輸入, られ支那自身が鴉片, られ改めて桂を, られ攻城法が用いられ, られ放送内容もある程度, られ放題にされた, られは自ら, られ政令は朝, られ政令帰一の思し召し, られ政吉はひとまず, られ政府からは何, られ政治を商売, られ政治改良は却, られ故国へ帰る, られ故意に何, られ故障なくコムソモーレツ, られ救ひだされる言葉, られ救済せられた, られ敗北しそして, られ敗走せしが, られ教会へ行く, られ教員も総, られ教室の中, られ教育せられて, られ教育上等に好個, られ教誨師が焼香, られ敢えて珍らしい, られ散々に翻弄, られ散々油を絞られた, られ散乱の心, られ散文の対照, られまわれ慕われて, られ敬天の職掌, られ敬寿たてまつり候, られ敬遠されて, られ数人は逃げた, られ数声のラッパ, られ数多くば, られ数学的操作は数千年, られ数年後に漢, られ数日の苦戦, られ數臺のバス, られ文化主義の知性, られ文化事業といへ, られ文化二年に五人扶持, られ文化人にとっては文学以前, られ文化史としての新しい, られ文化四年に更に, られ文右衞門は直, られ文吉のこと, られ文字は手紙, られ文学的現実は結論, られ文學は徳川期, られ文政二年四月二十二日に歿, られ文明からは押流, られ文禄三年の二月二十五日, られ文部省御自慢, られ料理という文字, られ斜めにそれ, られ斬殺されました, られ断じて法の, られ断り兼ねて, られ新しき婦人と, られ新人を招い, られ新入生のため, られ新庄の叔父, られ新政厚徳の旗, られ新田義貞といえ, られ新聞に専念, られ新聞紙上に其の, られ新聞雑誌に喧伝, られ新進作家として稀有, られ方便の教, られ方六尺の石, られ方注意の惹き, られ方自身は全く単に, られ方角さらに分らね, られ施薬や施粥, られ施薬療病の諸, られ旅烏といっしょ, られ旅行のバス, られ旗鼓雲に喊, られ日ごとに大きな, られ日の出を見, られ日の目と人目, られ日光を精神, られ日吉に参籠, られ日夜の責め問い, られ日本じゅうの人, られ日本出品事務所所長となり, られ日本楽団の大きな, られ日本橋に晒し, られ日本橋電信局東京府庁電信局等に勤務, られ日本的な多く, られ日本精神史の叙述, られ日枝神社が本, られ日毎新しくなる, られ日記は滅茶滅茶, られ制度は, られ旧幕時代の万事, られ旧臣みな結束して, られ早うここを, られ早馬を以て安土, られ旭川盆地をつつむ, られ旭日重光章を授けられ, られ明け方近くなって, られ明り取りの円窓, られ明るくされ今日, られ明日にでもなったら, られ明智は指紋, られ明智小五郎は宮瀬氏, られ明治以後までここら, られ明治十九年十二月三日享年六十三で歿, られ明治十四年七月から新道, られ明治四十四年三月に開場, られ明瞭になり, られかつた, られを祭る, られ映写さるべき部分, られよしの, られ春料も官, られ春木と牛丸, られ春琴もそれ, られ春秋彼岸の中日, られ昨夜菊事其方が家, られ昨年断被申候事途中之間違, られ昭和三十一年三月に完了, られ是吉兵衞久八ことは千太郎, られ昼間通る弥之助, られ昼食はお, られ時むきになつて腹, られ時局下の出版, られ時節の花, られ晒し首にされた, られ普く貧民に, られ景燿元年となった, られへかけ, られ暁烏の群れ, られい暖, られ暖炉の前, られ獄の, られ暗々と奪, られ暗い聯想もすつかり, られ暗い淋しい幾月かを, られ暗殺天誅等の語, られ暗示的でその, られ暫らく辛棒の具合, られ暮れざらんこと, られ暴力的に捩, られ暴行のあげく殺害, られ暴風にもやられる, られ曲りなりにも遊軍, られ曲學を爲, られ曲者なんて叫ばれた, られ更にむりやりに尻, られ更らに面, られ書机は普通, られ曹将軍には心から, られ上層まで, られ最ど赤い顔, られ會長には伯爵二荒芳徳氏, られを見る, られ月余の苦刑, られ月俸十五円の辞令, られ月俸百円を給せられた, られ月光に漂っ, られ有り難い智識を, られ有望な新, られ有権者は衆議院議員, られ有罪の宣告, られ有角家畜共進会において賞金, られ有頂天で金助, られ朋輩からは蔭口, られのお, られ服役中のこと, られ服装習俗またその, られ朕不徳あらば, られ朗らかになり, られ望見した姿, られ朝士之がため, られの槌, られ木戸口に立っ, られ木戸木戸は堅く, られ木曾路の青葉, られ木材は巨大, られ木賊山の頸あたり, られ木靴をはかせられる, られ開発の, られ未成品を包む, られ未来に向けられる, られ末代殿の悪名, られ本人も気がつかず, られ本堂が大破, られ本家では鼻つまみ, られ本山派の開祖, られ本年は病患, られ本懐の至り, られ本日諸軍先手, られ本来あるべき場所, られ本棚にはぎっしり, られ本気で恋文, られ本署のある, られ本艇は破壊, られ本質的には嬰児, られ本郷の貸間, られ本願の法理, られ朱雋は都, られのうえ, られ机博士の頭, られ材木や石, られ材木座の八百屋わき, られ村中替, られ村中寄合の席, られ村方の者, られもおあ, られ条件はいっそう, られ来世に在り, られ東京じゅうの人, られ東京市民の喉, られ東京板橋区の或, られ東京都民をふるえあがらせました, られ東人が, られ東平府へ送られ, られ東漂西泊するより, られ松山から引越し, られ松村はその, られ板挟みになっ, られ板敷の一部, られ板木を取壊す, られ枕辺にて厚く, られは数万, られ果ては死に絶えた, られ果敢であること, られ枯野の小松, られ枳林に禁錮, られをかけられ, られ柄本だけが残っ, られ柄杓は噴水, られ染料もほとんど, られ柔かい光が, られ柔らかき御手, られ柘榴のやう, られの横, られの影, られ柴田丹羽らと並ぶ, られを透し, られ栂尾の高僧明恵上人, られ栖鳳先生も三十歳, られ栗門という所, られ株式電報のテープ, られ根津までと云う, られ格別の迫害, られ格子窓があっ, られ桂子の顔, られの実, られ桃われの少女, られ案内されると, られ桜井秀君は, られ桶伏にぞせられける, られ梅花月光の契り, られし首, られに袖, られ梨本門跡とならせられた, られ梶原のドラ息子, られ棄教をせまられた, られの両端, られ森下雨村氏の監輯, られに納められ, られ植木が片寄せられた, られ植物を病養, られ植物ホルモンがうまく, られ検事は実刑二年, られ椽側でお, られく単純, られ楼門の外, られ楽壇の視聴, られ楽屋でも愚談, られ概念的構成とは独立, られ榊原家の老臣伊奈兵右衞門, られ様々な甘言, られ様ものを, られ様可哀そうな, られ模範とせられる, られ模範隣組の一例, られは結婚以前, られ中属, られ横ざまになり, られ横文字の看板, られ横町の角, られ横面を張飛ばされる, られの高価, られ樽拾ひを, られ機械的にそつ, られ檐端はずれに枝, られ檜垣の媼, られ檢死を其場所, られ檻車に乗せられ, られ櫓塀まわりはいう, られ權六身に取りまし, られ次女のカエ, られ次年に至つて徙, られ次男が夭札, られ次郎右衛門その者, らればしい, られ欧州中世の闇黒, られ欺瞞がひどく, られ歓呼の声, られ歓待された, られ歓楽の跡, られ孝は, られ正午近い時分, られ正弘の措置, られ正当に評価, られ正月と言, られ正直に, られ正確な砲撃, られ正義のない, られ正規の學課, られ此事を聞, られ此年の暮, られ此方の一間, られ此方さまの御, られ此月備後及備中に於, られ此段丹後守殿へ申達, られ此澎湖島の岩, られ此處へは始め, られ此越前一言, られ此通り自害して, られ此願書の趣き, られ武力に奪われ去っ, られ武士は捨てさせられ, られ武士大衆は公然, られ武士道がすたれ, られ武田家の血統, られ武男が乗り組める, られ武蔵はその間, られ武蔵屋へしょびい, られ武藝に勵む遑, られ歩道の区画, られ歳禄は万石, られ死刑宣告はロンドン塔, られ死者の軽率, られんど, られ殆ど冷たくなっ, られ残らず没収され, られ残りの百冊, られ残念至極う, られ殘つた金魚はなまこ, られ段右衞門は江戸表大岡殿, られ段階づけられねば, られ殺戮された, られ殿中を退い, られ毅然たる様子で, られ暁寅の, られ毎年三円五円と昇給, られ毎日礼拝をする, られ毎晩缺かさず入, られ毎朝先生のお, られされるあらゆる, られ比叡山に上らせられ, られ比較的に絶対化, られをひっぱられ, られ毛利家の定紋, られ毛織布は二〇シリング, られのため, られ民主日本の成長, られ民族としての優秀, られ民法はそれ, られ民藝館も合せ, られ民論によってはげまされなけれ, られ気の毒に思う, られ気味頭を抱え, られ気持が明, られ気絶させられ悩乱, られ気随気儘の画家, られ水寨の弩, られ水師になだれ, られ水引きと當番總代, られ水気を含んだ, られ水浅黄の水干, られ水色のキャベツ, られ水藻のゆらぐ, られ水責の後, られ水車の廻転, られ水車小屋の片隅, られ水面に浮ん, られ氷釋するが, られ永久に救われない, られ永劫不滅の体験, られ永年の誘工者, られ永遠に関する一つ, られを辿らん, られ汁粉を待つ, られ求婚されるという, られ汚い桝の, られわが罪, られ汝らは他家, られ汝先年日野家に於, られ汝床下にあり, られ汝惡人ながらも英雄, られ江戸の神田山, られ江戸構へ申付, られ江戸近在迄も探索, られの端, られ池田大助には天一坊召取方, られ決して多くの, られ決闘は快事, られ汽車中の衆人, られ沓掛で降ろされた, られ没収されて, られ沢庵に引かれた, られのなか, られ河口湖底に沈む, られ河岸に上げられ, られ河床には木の根, られ河童頭の毛, られ河開きにはポンポン, られ沸騰し飛散, られ油学士ははっと, られ沼間氏自身は百万長者, られて此事, られの適正, られ法信は二度と再び, られ法廷に出, られをくらッ, られ波たちさわぐ海, られ波打際の夜明け, られ注意がお, られ注目されて, られ注進の者, られ泰平を謳歌, られ洋服を着た, られ洋風赤瓦の建築法, られ洗練されたもの, られ洛邑の麗姫, られ洞窟の中, られ津々に藻, られ洪武十七年旌表せらる, られくるとも, られ活用形の違い, られ活躍したもの, られ流刑を云い渡された, られ流星球と呼ばれ, られ流行歌を吟ずる, られ流通用具として取除けられる, られ浄書され送達, られ浅ましい相剋の, られ浪人武士数十人異船へ乗り込み, られ浪人竹中十兵衞から改めて, られ浪華文化では極めて, られ海上を漂浪, られ海底の怪物, られ海水の動搖, られ海辺に泣き居, られ消費目的物に結合, られ淋しい砂利路を, られ淡路の国, られ淨められるであらう, られ淨化した爽かさ, られ深い聖い, られ深更酔払つてその芸者, られ清七は三十日, られ清吉は又, られ清水次郎長と西行法師, られ渇きがその, られ渋い中世風の, られに答, られ渡頭の方, られ温室には各種, られ温泉にでもつかった, られ港サセボはなかなか, られ渾身の脂, られ湖村は一ヶ月, られは満々, られ湯たんぽを二つ, られ湯呑みに注がれた, られ湯気が立っ, られ満山の樹, られ源次郎は着物, られ源氏も御, られ溜池署に留置, られ漆長者が駒込, られ演劇不振の声, られ演奏全体にあきあきし, られ演奏家としての自分, られ漕流されて, られ漢江の渡口, られ漢算と区別, られ漢籍の講義, られ潜水機は鉄, られの井殿御胤, られ澳門へは汽船, られせられて, られ激励の手紙, られ激勵の手紙, られに上つた, られ瀕死の容態, られ瀧口時頼とは武骨者, られ灌木があしらわれ, られ火の玉が空中, られ火刑が宣言, られ火山灰と共に遠方, られ火星兵団にぶつかったれ, られはけされ, られにも釜戸, られ炊き出しもそこ, られ点々を入れられ, られに漢統, られに喙, られ烏山からさらに, られは更に, られ焚刑に処せられ, られ焚火が燃え, られ焜炉の上, られ無念に思へ, られ無我に入る, られ無我夢中でしがみついた, られ無数の彫り, られ無知で無学, られ無籍ものの浮浪, られ無縁仏のため, られ無茶苦茶に車, られ無造作にバタバタ, られ無銭飲食者に出喰わす, られ焦熱の底, られ焦燥させられ慄, られ焼夷弾の処置, られ焼物を作る, られに巻かれる, られ煤煙の色, られ煩らはしく, られ煩わしくてならなかった, られ煩悩のため, られ煽り立てられ沸き立たせられる, られみまもなく, られ熊谷守一坂本繁二郎氏等の芸術, られ熱帯に多く, られ燈火はメラメラ, られ燈籠がたった, られは黒繻子, られ燗鉄瓶がその, られ燦然と輝かされる, られ爆発の際, られの裏, られ父君に上書, られ父親の恐ろしい, られ父親ひとりは浅間, られ爺さんも向かいあっ, られ爽やかに冷たい, られ來重大なる, られ爾後養蚕専門たるべしとの, られ膝つい, られ片倉小十郎, られ片側は丸坊主, られ片隅には職人図, られ版本も世間, られ牛乳配達車の上, られ牛小屋を出, られ牛込の顔役, られ牝鶏常に暁, られ牝鷄常に曉, られへいれられ, られ牢問い拷問の劇, られ牢屋にまで送られた, られ牧草や大麦, られ物の怪の魔気, られ物価高に苦しめられ, られ物心ついてからは, られ物理學上研究論文の大, られ物質的素材によって製作, られ物靜に庄兵衞妻其方, られ特殊部落扱ひを, られがうまい, られの毛皮, られ犬猫と同様, られ犬馬の労, られ犯罪事実もよく, られ犯罪怪異に対する刺戟, られ狂い死に死んだ, られ狂おしく燃えるもの, られ狂乱に身, られ狂燥なジンタ, られ狐狸のすむ, られ独り歌許りでは, られ独楽に記され, られ独逸のリーベル博士, られ狭い田の, られ狭い細路を, られ狼心の偽, られ猛烈な速, られ猛然と廊下へ, られ猶々榮え, られ猿ぐつわをはめられ, られのよう, られ玄関で追い帰された, られ王城の府許都, られ王朗は御, られ王朝末には説経師, られ王様の御, られ王樣から振向い, られ珍しい暑い夏を, られ珍しく面白い話に, られ珠簾には紫, られ内閣書記官長安広伴一郎氏は, られ現今では殆ど姿, られ現場で書く, られ現場附近は更に, られ現実性と迫力, られ現象界に存する, られ球ボヤに鶴床, られ理由なしに, られ理解される方, られが今夜, られ甘い酒と, られ甘く辛くと煮られる, られ甚十郎の死後十年のち, られ來の, られ生き残りは油絵師, られ生き生きとした, られ生き甲斐のある, られ生前の僻見, られ生命そのものが粉飾的, られ生命危篤であった, られ生存競争が進化, られ生徒監の体操教師, られ生来の跛者, られ生活協同化は消費, られ生玉町に一戸, られ生産のすべて, られ生田花世氏に会う, られ生粋に社会主義建設時代, られ用人に相成, られ用意されるの, られ田の面の薄氷, られ田丸先生も第一線, られ田安殿内藤殿脇坂殿いずれへなり, られ田村をおん, られ田畑に踏み込ん, られ田舎ならば, られから乙, られ甲州から木曾, られ甲州大判は尋常, られ甲州街道をまっしぐら, られ甲府ももうすぐ, られ甲斐はいつか, られ甲板へさして, られ申し訳がない, られ申候昨夜は明月, られ申聞らる, られ男の子は相手, られ男純情の, られという町, られ町中の家々, られ町方の警固, られ画家の言う, られ畔道には薄, られふ所, られぬ, られ畢んぬ, られ番衆も據, られ番頭喜兵衞外には何, られ異母弟に邪魔物, られ異端邪説とされ, られ異論者は斥けられ, られ畳表の下駄, られ當日は警固, られ當時恐らく日本人, られに散れる, られや黴, られ疲れ果てた体, られ疲労の多い, られは數ヶ所, られを得, られ病気災難の多い, られ病氣にても出ぬ, られ病院の研究室, られ病魔に責められ, られ痛い所を, られ癸亥三月二十二日に発, られ発売を禁止, られ発奮して, られ発射するばかりに, られ発展成長しつつ, られ発展途上にある, られ発揮される活舞台, られ発狂をした, られ発表されて, られ発見されるべきもの, られ登場人物の一人一人, られ登山者が激増, られ登記所となった, られ白壁がきら, られ白状するとは, られ白粉を下手, られ白衣を着る, られ白革のお, られ載の, られ百八十名の雑兵歩人ら, られ百匁蝋燭の燭台, られ百城月丸と改めて, られ百姓は流離, られ百日間に國綱, られ百難を排し, られであった勉強, られ皆家へ入っ, られ皆屋敷内に謹慎, られ皆顔いろが, られ皇太子のカンボ・コマ, られ皇室は本来, られ皇帝曹丕もまた, られ皮肉裂け血, られ皮膚の白い, られだけは変, られ益州の牧, られ盛んに俳句行脚, られ盛大の限り, られ監獄につながれ, られ監視された, られ目の下には早く, られ目上の者, られ目新しい絵画的な, られ目方まで改められ, られ目賀野が陳述, られ目録に載せられた, られ目隠しをされ, られ帰るとて, られ直接の揶揄, られ直観といえ, られ直隆の向う所, られ相州の津久井, られ相州さまと入道さま, られ相役と両人, られ相役横田清兵衛と両人, られ相手方の上野介, られ相続烏が出来る, られ看守の棍棒, られ県民としてわ, られ県立図書館長を兼ね, られ眞先には捨札紙幟, られ真偽をたしかめ, られ真名古は深々, られ真珠のやう, られ真白に輝い, られ真紅の布, られ真黒な骸炭, られ眷属の繁栄, られ着物が吹き捲られ, られ睡眠不足のアゲク, られ矢代は返答, られ知人の葬式, られ短銃を乱発, られ石仏四体が刻まれ, られ石原安右衛門に樫村啓介, られ石垣に一点, られ石山本願寺だけで五千貫, られ石油をぶっかけられた, られ石炭の積込, られ石碑にはた, られ研究される時, られ砲台を破壊, られ砲弾のよう, られ砲手はすばやく, られ破傷風化させられて, られ破滅させられる, られ硝煙に包まれた, られ硬くなって, られい瞳, られ磨きがかけられ, られの香さ, られに祀られる, られ社会党代議士と労働者八名, られ社会化されたモメント, られ社會に益, られ社會中の最も, られ社稷の存亡, られ祁山において孔明, られ祈願をかけた, られ祖人の血液, られ祖先のお, られ祖先以来の本領, られ祖母は又, られ祝詞が全体, られ祝賀の宴, られ神丹を含ます, られ神主は神, られ神主さんがやって来ます, られ神人の假裝, られ神仙の棲遲, られ神原も中, られ神妙に控え, られ神宮聖域の幽邃, られ神様からは悪魔, られ神秘的に変形, られ神輿を担ぎ, られ祥瑞の卜占, られ禄券の恩典, られ禅門に参堂, られ秀吉夫婦が側, られ私宅に退い, られ私小説からの脱出, られ私設鉄道の計画, られ秋雨蕭々のうち, られ科学者は文学, られ科長から皮肉, られ秘密警察隊の司令官ハヤブサ, られに用, られ秦王の誅, られ秩父や箱根, られ称められても, られ称讚されプロレタリア, られ稀少性はその, られ子と, られ稽古朋輩にも親しまれ, られ穀物が引続き, られの色, られ穎川はたった, られ穗積八束博士また參詣, られかになり, られ穴ぐらの入り口, られ穹窿形の天井, られ空しく無明の, られ空気の中, られ空色の服, られ空虚になった, られとして第, られ突如河中の, られ窒息死に致, られ窮亡のドン底, られ窮鼡の多治見, られ窶たるを見, られ立幟に景気, られ立花飛騨守と伊達兵部, られ立証せられて, られ竜造寺や秋月, られ童子の師匠, られ竹屋の渡し, られ竹崎の地, られ笑止に存候, られ筆記がす, られ等しいと思われる, られ筑前が岐阜, られ筑前様には大慶斜め, られ筑前様自身にもお, られ策略に制せられ, られ筵一枚そこに見られなかった, られ算木は日本, られ算盤も教え, られがなかつた, られ箱火鉢の傍, られ築地小劇場に拠る, られ篠原長房の裁断, られ篤志の料理人, られ米友は主人, られ精密実験をした, られ精神がしまっ, られ糊本は遂に, られをたれかけられた, られの様, られ紀念の道之, られ紅玉湾の奥, られ紋也が刀, られ納りかねる気持, られ収入には, られ紛失した歌仙本, られ素子は悪魔, られ素早く裸に, られ素朴さを失っ, られ素直にいう, られ紫色をした, られ累進して, られ累進処遇令による一級者, られ細かな白金, られ終つたのである, られ終戦後の復員, られ終日饗應になる, られ組織的に組み合わされる, られ経文修業も追, られ経験に与えられる, られ結合され高められつつ, られ結婚式の美しい, られ結局其の巫臣, られ結局佐助の所為, られ結局女はやっぱり, られ結局数万人にのぼるだろう, られ結局田と畑, られ結構でしたが, られ絞殺されて, られ給はんことこれ亭主の希望, られ絨毯が敷きつめられてる, られ統一づけられた霊魂, られ統計づけられて, られ絵の島の兄平左衛門, られ絶間なく太陽, られの半, られ維持され存続, られ綾子の柔かい, られ綾羅錦繍の裡, られ緊張して, られ国分寺として, られ総てに歪められた, られ総理の肖像, られ総理大臣の耳, られ総理衙門大臣の那桐, られ総領の嫁, られの大きな, られ編笠をかぶせられ, られ縄目の恥辱, られ繊維が細かい, られ織田家の水軍, られけてゐる, られくる處, られ罪輕き者こ, られ置いてきぼりを喰っ, られ罰金を課せられた, られ署長の好意, られ羅刹金剛の変化, られとされ, られ美しさに, られ美しい軽いドレスを, られ美しくされないもの, られ美作から京都, られ美感は変らう, られ美神の顕現, られ美童であった, られ美術館のガラス箱, られ羞められるが, られ群衆の潮, られ義歯の割れた, られ義雄がお, られ羸者倒れ残るもの, られ羽根はぬけ, られはいつも, られ翁屋内外一切の事, られ翌年一月三日京都一条の辻, られ翌年三月には空しく, られ翌年入部した, られ翌年従四位下となった, られ翌日翌々日無事に艶冶, られ翌朝抽斗を空, られ習合せられて, られ習慣づけられて, られ翻訳に演出, られ老人自身も亦, られ老年の芸術家, られ老後を全く, られ老若男女凡そ病める, られ老衰した身体, られへさせられる, られ考究され紹介, られのよう, られがうつろ, られ聖められし肉, られ聖徳太子は四天王寺, られ聯隊司令部へもその, られも立てず, られ聲出ず苦き, られ職事を召され, られ職人膚を帯びたる, られ職業柄締切日を宣告, られ肉体的なもの, られ肉差しとしては獸骨, られ肉身より血, られ肌身に迫り透っ, られ腦を, られ育ちのよい, られの内容物, られ胃腸の弱, られ胆沢に移っ, られの勾配, られ背丈を揃えた, られ背嚢を負わされ, られ背後の方, られ胎内に充満, られのため, られ胡桃なども多く, られ胡澹庵をし, られ胡魔化されて, られ縛りに, られ胸部レントゲン写真では心臓肥大, られ能動精神が唱えられ, られ能率増進のため, られ脆くなって, られ脊筋が痛い, られを動かし, られ脚部には湯婆, られ脱稿の目あて, られ腕力のみをもっ, られ腦天を碎いた, られ腰縄がつけられた, られをいため, られ腹立たしい気が, られ腹背に禍い, られ臣死するの一時, られ臨書して, られ臨邑の仏哲, られ綱は, られ自ら卑くする, られ自ら大罪を犯した, られ自ら奥地へ行っ, られ自ら道徳家をもつ, られ自他容易に気づかぬ, られ自分ひとりでその, られ自分らのすぐ, られ自分幼年中は駿河, られ自分等の真, られ自分達の巣, られ自尊心をそこなわれた, られ自己自身を越えた, られ自慢の肉体, られ自殺したという, られ自然イやウ, られ自然主義の自己検討, られ自然幼少より家事, られ自由向上の積極的方面, られ自由貿易の功徳, られ自身の心, られ自転車に乗る, られ至つて侠氣有者なり此八五郎, られ致し方がない, られ興味深い書き方を, られ興味深くまた面白, られ興奮して, られ舎弟の藤三, られ舞台的生命を失つた例, られ船前方の海面, られ船員一同は新築, られ船首の三角帆, られは滑走, られ艇長リーマン博士のほか, られ艦橋からころげおちる, られ艦隊は完全, られ良人の長政, られ良民中より技術, られ白く唇, られ色紙で造った, られ芝居は懲り懲り, られ花事は一旦, られ花園のスカート, られ花車はギョッ, られ芳男が叔父甥, られ芸州広島へ左遷, られ芸術味のはなはだ, られ苗字帶刀を許され, られ苛察冷酷の典型的, られ若殿附と称する, られ若者の手, られ惨を, られ苦し相に, られ苦しみの大, られ苦労のため, られ苦役をした, られ苦痛の記憶, られ苦笑いをし, られ苦苦しい沈黙を, られ苦難に弱い, られ英仏学伝習所が横浜, られ英国のサー・トマス・ブラウン, られ英国中古の物語, られ英太郎八十次郎の二少年, られ英文の通譯, られ英雄の生涯, られで開かれる, られをがぶがぶ, られ茶人たちに好まれた, られ茶菓の用意, られ茹物がぐしよ, られ草むらに落ち, られ草履といつても片方, られ草木瓦石を執る, られ草野谷から大谷山, られ荒々しい手で, られ荒廃した主観主義, られ荒涼として横たわっ, られ荒縄で縛られ, られの中, られ荷揚げのほう, られ荷車にのせられ, られ菊池博士のごとき, られ菊池寛の小説, られ菓子皿には帰り道, られは塩辛, られ華族中間だの役人中間, られ華族女学校横まで連れ行かれ, られ萎縮するなどの, られ萬事に圖, られ落着の調べ, られのしげみ, られ葉一枚もおろそか, られ著者は又, られ葛西清重が伊沢, られで編んだ, られ蒲団から乗り出した, られ蒼くなって, られ蒼ざめた額に汗, られ蒼ざめた顔付して, られ蓆棚の前, られがあい, られ蓋し晶子歌中の, られの上, られ蔓梯子がブラ, られ蔽布を掛けた, られ蕃書調所教授となつ, られ蕩尽せられん, られ薔薇いろの, られ薦一枚の上, られ薩摩へ向かっ, られ薩筑両藩, られ薩長の以外, られ薬草道人すぐ答えた, られ藤五郎藤三郎並びに佐十郎郷右衞門, られ藤兵衛から後, られ藤原先生が師事, られ藤川や春, られ藤本組との破談, られ藤澤宿大津屋段右衞門方へ罷り, られ藤田君の家, られの一気風, られ藩士以外の上手, られを通り, られ掻いた, られ藻西夫婦の平生, られ蘭軒が神辺, られ虎符を佩び皐比, られ虐待され身体中, られ處理に委ねられるべきである, られ虫の息である, られ蚊帳がはずされ, られの通有性, られ蛇夫人とよばれた, られ蛤町の久七, られ蜂蜜や甘, られ蝋燭の火, られの死体, られ血ヘドを吐い, られ血刀ふるいエーイ, られ血液も尿, られ衆愚の前, られ行く先が無い, られ行人の官, られ行先時間割見学予定旅費その他を研究, られ行政の実権, られ行李をまとめ, られの四辻, られ街見物に廻っ, られ街道に添う, られ街頭には人影, られ衛門督の問題, られ衣川合戦の前, られ衣服はさけ, られ衣笠山の坂道, られ表口の受付, られ表現派以前である鏡花氏, られ表紙を爪, られ表面だけだ, られへたる, られ袁紹の本陣付近, られ袖垣の傍, られ裁判にかけられた, られ裁判所は此一人, られ装飾らしい装飾, られの空店, られにされ, られ製菓材料としてのみならず, られのこぼれた, られ複協奏曲にはビクター, られ複雑な事情, られを正させられた, られ襟足から手頸, られ襲撃されよじ登られたが, られ西征総司令官, られ西洋薬草を七, られ西金堂の諸, られ見物人は切符, られ見知らぬ顔の, られ見返しの裂けた, られ視野のどこ, られい誤らずズブリ, られ親しげな, られ親しくご閲兵, られ親たちが縄付, られ親元へ相, られ親友とも話さなくなり, られ親友以上の親友, られ親愛と信頼, られ親戚知己の人々, られ親王を宮中, られ親衛の大任, られ親許へ送り返される, られ親類一党から義絶, られ親類一黨から義絶, られ親類身内のもの以外, られ角力になつて, られ角将といった役割, られ解死人願ひは, られ解釈されるだけ, られ言い訳めいたこと, られ言はず語らずの, られ言葉の悪い, られ計画されたところ, られ訊問されましたが, られ訓点を付した, られ記帳された, られ記憶されるよう, られ記録せられした時代, られなう客, られ許しを得, られも了ら, られ詔勅を批判, られ評判になつ, られ試煉を経, られの原始形態, られ詩人全体の特権, られ詩歌の稿, られ詩集を無断, られ詰め寄せられて, られ詰問され姙娠五ヵ月, られはこれから, られ話題になっ, られ誇張せられた彼ら, られ誓願を立てた, られ誕生を強いた, られ誘拐されたという, られ誠実と勤勉, られ誤解されて, られ説得されて, られ説明せられて, られ読本があり, られ調査して, られ調法にお, られ諏訪湖の底, られ諏訪町の家主長屋, られ諸君と共に其處, られ諸所の攻め口, られ諸色土藏とも殘ら, られ講堂からはオルガン, られ警乗兵は銃, られ警固は千葉, られ警官達に続い, られ警官隊のなか, られ警察本署へと引立, られ警視総監を伴った, られ議奏伝奏御親征, られ讃美歌の声, られ豆州八丈島へ流罪存命, られ象徴味の深い, られ豪奢な椅子卓子, られ豪雨に洗われ, られて養, られに哺まれ, られ貞観元年従四位下を贈られ, られ負傷した女優, られ財産の権利, られ財豊かに身安らか, られ財貨が捧げられ, られ貴族男子や武士, られ貴殿などとも知り合う, られ貴紳の従僕, られ貴重視せらるる結果, られ貸家などが建ちまし, られ費亭侯の爵, られ資朝は都, られ賓客の礼, られ賞められると, られ賞讚されたという, られ賢明に芸術, られ賤者の待遇, られ質料の概念, られ質札を売り, られいいなずまに, られ赤児を結いつけ, られ赤坂の料亭, られ赤格子と異名, られ赤錆になった, られ走りの野菜, られ走り使ひを, られ超脱せしめられ淨化, られ越前大掾, られ越前天一坊儀と有, られ越前守に御, られ越前守是迄の心勞, られ越前守殿心中に何程佞奸無類, られ越後者の身体, られ趣味のいい, られ足利党はひとり, られ足蹴にされる, られ跡形もなくなった, られ跡役は二人, られゆく人, られ路上の酒樽, られ路傍には浮浪者, られ路銀から医者, られ踏台の上, られえて, られ身元調査の結果, られ身分証明を求められ, られ身神ともに冷凍, られ身軽なもの, られ車夫にさ, られ軍国的で営利的, られ軒別に手拭, られ軽い芝居を, られ軽くみられたらもう, られ軽蔑さるべき人間, られ軽視され忘却, られ輕構申付る, られ輝きをます, られ輪飾りや七五三飾り, られ輿論もこれ, られの痛み, られ辛い境遇を, られ辛くも一命は, られ辛櫃に相, られ辞退しかねて, られ辰野驛に汽車, られ農家などにあ, られ近う寄り声を, られ近世初期に於, られ近代美術はほとんど, られ近江京に行っ, られ近隣の人々, られ返答にさ, られ迫害を受ける, られ追分に達した, られ追放に遇い, られ追放遠島の替り, られ追求され展開, られ退屈すれば, られ退屈しのぎに笛, られ逃れんとしてはまつわられ, られ逆風と逆浪, られはるる, られ逐一事実の, られ途中で輿, られは叶はじ, られ通り醫師も招き, られ通例斜向の衝突, られ通貨收縮を來, られ逞しくされながら, られかに逢度, られ造り替へられて, られ造花が添えられ, られ連絡船の影, られ連署の衆, られ連行された, られ進みもならず, られ進退の自由, られ進退ここにきわまった, られ進退谷まつて, られはやく逃げた, られ逼つて來るの, られ逼塞した隙間, られがれ, られ遂に全く見われ難き, られ遅く生れた信雄, られ運動遊戯を好まれ, られ運命が決定, られ運河に達する, られ遍在しその, られ過分のお, られ過去一五〇年に亙る, られ過般の厳秘, られ道すじの家々, られ道中駅路駅路で庶民, られ道十郎も種々, られ道場破り果し合いに顔, られ道徳的科学的芸術的な観点, られ道路工事に使役, られ道路橋梁等のやむを得ない, られ達磨や犬張子, られに離宮, られ遊びを, られ遠征の軍馬, られ遠矢に左肩, られ選出された者, られ遺族たるそれ, られ遼河の流域, られ還俗して, られの女, られ那珂氏自身は狗奴國, られ邦人を見る, られ邯鄲淳に文章, られ郁子を説得, られとなっ, られ郎従をその, られ郡奉行の役人たち, られ郡奉行其外は江戸表屋敷, られ部分的に閉じこめられる, られ部将張保敵に降り, られ部屋一ぱいにひろげた, られ部屋中粉だらけになりました, られ郷士たちは陸, られを離れた, られ都ぶりに好奇心, られ都会そのものが国家, られ都合がよかっ, られ配所たる豊後国府内, られ配給品についての苦情, られ酒井讃岐守の仲裁, られ酒甕の口, られわるる, られが呪われる, られ醜くされようと, られ里人は私, られ重々とこの, られ重い罰課に, られ重立たる余の十二名, られ重苦しい苦悩の, られ重荷を負, られ重藤中尉に頬, られ重量を失っ, られ野々宮に不潔, られ野心的な作曲家, られ野犬狼の徘徊, られ野獣毒虫の恐怖, られ野生の植物, られ野良犬のよう, られ金五郎の好き, られ金入の所在さ, られ金兵衛の隠宅, られ金剛吉野の攻略, られ金剛杖に身, られ金十八両六人扶持を受けた, られ金印紫綬を賜わった, られ金庫のよう, られ金曜日には先生, られ金縛りのよう, られ金色に輝く, られ金銭崇拝の一事, られ金鵄勲章を授けられ, られ鈍い真珠の, られ鈍色に磨き上げられ, られ鈴ガ森の仕置場, られ鈴木重行を家中, られ鉄扉が閉, られ銀子は少し, られ銀行に出, られ銃剣を擬せられ, られ銭七貫以上を蓄, られ銭箱を投, られ鋒芒を収めたる, られや鋏, られ鋼鉄はデコボコ, られをつけられ, られ錦紗の訪問着, られ錯雑して, られ鎌倉駅を下り, られ鎌倉驛を下り, られにつながれた, られ鎖骨は折れ, られ鏡台のすぐ, られはあんまり, られ鑓薙刀鉄砲の類, られ長安の守備, られ長崎のコレヂヨ, られ長崎奉行の厚意, られ長州藩主父子も許された, られ長年の間, られ長禄元年から五十年間, られ長者を辱めた, られ長野市に下宿住居, られ長門守父子も傷, られや家, られ門前には見舞, られ門弟は膽潰, られ門構えの家, られ閉鎖された, られ開墾を進めた, られ開発せられ生活, られが悪い, られ間敷と存じ心, られ間断なくチェリオ, られ関東調伏の大法秘法, られ関白を止めた, られ閣老阿部正弘の大患, られ闖入者達は去り, られ防がんに策, られ阿佐ヶ谷の外科病院, られ阿波にも本, られ阿Qはよろよろ, られ降服したとしても, られ限りない幸福, られにおかれ, られ陣場が昨今, られ除名になった, られに羨まれる, られ陳列品の價値, られ陸中の水澤, られ陸地の近い, られ陸奥守を兼ねる, られ陸軍省医務局長に補せられ, られ陸軍総裁という職, られの卓, られ隆三は会, られ隊長の前, られに使者, られ階下には茶屋, られ随分苦い辛い目, られ随所に小屋, られ隔離され泥棒, られ障子をしめきっ, られ隠坊や掃除, られ隣村へ行った, られ隱居して, られ隻脚をひい, られ雄渾壮麗なもの, られ集会所や大きな, られ集団行事においてそれ, られ集議院をつくっ, られ雑巾も亦, られ雑役に服し, られ雑役夫として働き, られ雑草などは全然, られ離れ離れに監禁, られ有仕合に, られ難儀の由私, られ難儀千萬の處貴君, られ難渋を致し, られ雨戸が閉め, られ雪解の水, られ雰囲気を醸し出す, られのた, られにおびやかされ, られ電子の約, られ電気はつけっぱなし, られ電気磁気以外のお, られ電灯の光り, られ電熱を使う, られ電燈のかさ, られ震災の際, られ霜夜の空, られ霰弾の連発ごと, られの命, られ青い作業服地下足袋に, られ青山長者ヶ丸子恋の森, られ青春の日, られ青磁の火鉢, られ青銅のよろい, られ青雲に登る, られ静かに真名古, られ非人との間, られ非人小屋又は大寺, られ非常時の合図, られ非常線をはられる, られ非道なめ, られ面白いねというふう, られ面目を施した, られに布, られ鞍馬より横川, られはどこ, られ順次に黙々, られ須山春一の変死事件, られ須川賢久氏の, られ頗る滿足の, られ頭上から何百貫, られ頭取下役という事, られ頭痛がする, られ頭髪にも丁寧, られの後ろ, られ頸筋を掴, られ頸飾りの輪, られ頼朝は死, られと人名, られの糸, られ願人憑司同人妻早相手傳吉, られ顛倒して, られ風呂屋の烟突, られ風流の嗜み, られ飄々と気中, られ飛行機ですぐ, られ飛鳥彫刻の圏外, られ食べものや飲みもの, られ食卓は扉, られ食堂の一騒動, られ食慾も却, られ食慾等の如き, られ食料品燃料機械類資材清水などが貯えられ, られ食物のこと, られ食用に供せられる, られ食終て公舒, られ飢えと渇き, られ飢餓を下された, られ飲料水を汲む, られ飽食して, られ飾りの金属, られはれたこの, られ養家先なる水道端, られ馴されて, られり首尾, られ餘儀なく夫婦, られの奥, られ饑餓と死, られ饗筵につらなれる, られ首の座へ直った, られをたきこめられ, られ香料の麝香, られ馬丁に叱られ, られ馬喰町二丁目武藏屋長兵衞並に前, られ馬糞くさい町中, られ馬骨とおなじ, られ駅前の道路, られ駆逐せられて, られ駕籠に身, られ駕籠屋の腕, られ駿府御代官太田三郎四郎殿, られを現, られ怖による, られ驚きおそれて, られと一緒, られ二百俵を, られ高きものは, られ高く四周に, られ高価に取引, られ高名な錢形, られ高官たちは天幕, られ高山の守っ, られ高島田紋付真白に塗っ, られ高島駅で又一君, られ高祖のおわす, られ高輪田は当惑げ, られに真珠, られ髪の毛と馬, られ髪長尼比丘尼髪切少女などと一々, られは絶対無限, られ魏帝はさっそく, らればかりが高音, られ鳥獣をおびえさせ, られ鳩山和夫訴へられ, られ鳳鳳のついた, られ鴻山はぬき, られの持つた, られを自分, られと生まれ変り, られの巣, られ鷹司家の定紋提灯, られ鹽原も戸田侯, られ鹿の首, られかに閑, られ麹町のある, られ黄昏帰邸初夜寝に, られ黄色緑色との釉, られいきれで, られ黒幕には誰, られ黒沢と同じく, られ黒焼屋の天井, られ黒色に揃い, られ黒雲の鉄碪, られ黙々百姓の, られ點檢に答, られの軽重, られ鼓舞となります, られが喰, られ鼻下にはやはり, られ鼻面をすりつけられた, られに用, られと共に沁, られ龍子に小言, られ龍顔は華やか