青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「コゼット~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

カント~ ガ~ ガス~ ガラス~ ガラッ~ ガラツ~ キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~
コゼット~
コップ~ コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~ シ~ シナ~ シャツ~ ジャーナリズム~ ズボン~ セ~

「コゼット~」 1018, 11ppm, 9847位

▼ コゼット~ (373, 36.6%)

15 言った 7 それを 6 彼の, 目を 5 答えた, 自分の 4 マリユスに, マリユスの 3 一つの, 何を, 少しも, 彼に, 彼を, 身を

2 [17件] あなたの, それに, はいって, ジャン・ヴァルジャンの, マリユスを, 人形の, 修道院で, 修道院の, 叫んだ, 急いで, 桶を, 父が, 眠って, 考えた, 胸掛けの, 非常に, 頭を

1 [269件] あなたを, あらゆる制限, ある日彼, いかにも神々しい, いくらか, いくらだまされ, いつもできるだけ身, いつもの, いつもフォーシュルヴァン氏, いつも彼, いつも父, いるの, おずおずと, お上さんが, かつてこんな, きれいです, この冬, この家, これまでに, こわがらなかった, ごく快活, ごく自然, ささやいた, されるまま, しだいに一人前, しだいに夢想, しばしば昼間, すばらしくしてる, ずっと以前, そこに, そこにも, そこを, その, そのそば, そのひとり, その家, その意外, その石, その老人, その言葉, その謎, それが, それらの, それ以上尋ねなかった, ただジャン, ただ彼, ただ漠然と, たぶん彼, たやすくついて行った, ちょっとひっかく, ついに自分, どうなるだろう, どこに, どんなにか, なお頭痛, ひとりで, びくり, ふたりの, ふと, ふと引きずられる, ふと自分, ぶたれたそれ, まじめな, まじめに, またテーブル, また仕事, また彼, また料理場, また辻馬車, まだごく若い, まだそれ, まだほとんど子供, まだ小さい, まだ少し身体, まだ年, まだ散歩, まだ無関心, まっさおに, まったく傑作, もうその, もうひどく, もう何, もう目, もう神, もだえて, やはりまだきれい, やはり世間, よくジャン, われ知らず, カトリーヌを, サント・メクティルド修道女から, シェルに, シェルの, ジル, テーブルの, トゥーサンが, バビローヌ街の, パリーに, フォーシュルヴァン氏と, プリューメ街を, ポケットを, マリユスが, マリユスにとって, マリユスに対する, マリユスほど, モンフェルメイュから, 一二言口ごもった, 一種の, 丈夫です, 上さんの, 不安を, 不平を, 世の中に, 両腕, 二つの, 二人にとっては, 二日間に, 人形を, 今は, 他人の, 以前は, 低い枝, 低く言った, 何とも口, 何も, 何事も, 何者である, 例の, 修道院でも, 光り輝いて, 光輝そのものであった, 全身を, 八歳であった, 冬も, 出て, 初めてようやく叫んだ, 別にそれ, 別に何, 剣を, 勝ち誇ったよう, 化粧着を, 十分安心した, 危険な, 口を, 名前を, 呆気に, 喜び勇み笑み, 嘘を, 土地に, 声を, 外観の, 多少地歩, 大きな目, 大きな笑い声, 大地が, 大鏡, 天井の, 天使の, 失策を, 女中とともに, 好んで, 子供らしい, 孤児であった, 孤児でした, 室の, 寝台の, 尋ねた, 小さい時, 小さな両手, 少しの, 少し気, 帰って, 幸福であり, 弱々しく言った, 張り裂けるよう, 彼が, 彼とともに, 彼らの, 彼女にとっては, 後ろに, 心痛の, 思いきって, 思い沈んで, 思った, 急に, 息を, 息をも, 悲しげ, 愛という, 愛によって, 懊悩の, 晩に, 更にマリユス, 更に激しく, 服装を, 朝日の, 梯子段を, 歌を, 正気を, 死に絶えた一家, 母の, 母を, 母親に, 毎日一時間ずつ, 気を, 汝の, 法律上ウューフラジー・フォーシュルヴァン嬢と, 泣いたの, 涙に, 深く眠っ, 激しい感動, 燦然として, 男爵夫人たる, 疲れて, 病気では, 病気に, 白琥珀の, 盛んな, 目が, 祖父の, 私どもを, 私の, 空虚な, 窓を, 立ち上がり庭, 立ち止まった, 笑い戯れ歌っ, 答えなかった, 答え返した, 純潔に, 編み物から, 編み物を, 美しい夜会服, 老人の, 考えて, 肩を, 肩掛けを, 自らそれを, 自らはっきり, 自分が, 自分でも, 自分を, 自然思った, 花弁に, 蒼天の, 薪が, 見知らぬ男, 言いつけられて, 言い出した, 言い張った, 訳が, 誓願を, 買って, 足が, 身体じゅう震え上がっ, 身動きも, 退った, 連れて, 酔い喜びおびえ天, 醜くかった, 鉄門から, 長年の, 隠れて, 難破者たる, 震えた, 震えて, 震えながら, 静かに, 驚いて

▼ コゼット~ (174, 17.1%)

7 方は 6 ことを, そばに, 手を 5 方で 3 そばで, 室の 2 ことが, ために, 姿を, 寝台の, 心を, 所へ, 方へ, 方も, 足は, 長衣

1 [118件] いないの, いる所, ことで, ことに, ことも, ことや, こと彼女と, びっくりした, ぼろの, まっかに, まわりに, もとを, ものです, ものに, やさしい命令, やさしい顔, やせた弱々しい, ように, 一瞥は, 一部であり, 両腋の下, 全身は, 六十万フランが, 冷淡など, 出会う愛, 前に, 受けた神秘, 口に, 古い衣裳, 名を, 吸い取り紙, 喜びは, 夢をも, 室に, 室へ, 家に, 寝てる物, 小さな家, 小さな手, 幼年および, 庭の, 後見人と, 後見監督人として, 心が, 恋一八三二年六月の, 恐れ, 悲しみに, 悲しみは, 意志と, 戸籍という, 手か, 手に, 手紙に, 手紙を, 持って, 教育の, 教育も, 方から, 方に, 方へは, 方を, 最初の, 服装を, 木靴だった, 木靴の, 本能は, 楽しいやさしい声, 楽しみは, 母親が, 母親は, 沈黙の, 注意を, 無言の, 父たらしめた, 父です, 父と, 父は, 父親である, 皸の, 目には, 目は, 私室へ, 筆蹟さえも, 純潔を, 結婚および, 結婚贈り物に, 美しい裸, 美しさ, 習慣に, 考えの, 腕から, 腕に, 腕を, 膝に, 衣裳に, 衣裳の, 衣類を, 袖の, 裾を, 観念とは, 言うとおり, 財産の, 財産は, 足下に, 跡を, 身にまで, 逆の, 青白い顔, 靴下留めから, 頭から, 頭が, 頭の, 額に, 顔つきも, 顔に, 顔を, 魂には, 魂の

▼ コゼット~ (115, 11.3%)

11 連れて 3 所有し, 返して 2 そばに, ながめた, ながめて, 両腕, 引き取りに, 御渡し, 抱いて

1 [84件] あとに, うらやましそう, お呼びなさい, こき使ってるところ, この寒空, さがしに, さし示した, しだいにジャン, すべて失った, たたき出して, たたき出しますよ, とらえて, どうすれ, ながめその, ながめだした, ながめること, ひどくけりつけた, 一つくれ, 下に, 不安ならしめ, 世に連れ戻した, 乗せ次に, 作り上げその, 保護する, 修道院の, 初めの, 取り上げ連れ出し救い出した時, 喜ばした, 壁の, 失い自分, 好きに, 娘として, 娶ること, 家に, 寝かしつけた, 寝かしに, 寝かすと, 寝床に, 導いて, 少し休まし, 幸福なら, 幸福に, 引き留めて, 得るか, 得ること, 思い込んで, 思う幸福, 愛して, 愛し初め, 愛するとともに, 所有する, 抱き上げた, 持って, 持つコゼット, 支配し, 救い出した日, 教育した, 散歩に, 残して, 無頼の, 父の, 犠牲に, 疑う, 祭壇の, 背中に, 自分の, 苦しめては, 見た時, 見つけだした, 見ること, 見守りながら, 負いながら, 負ったまま階段, 車除石に, 連れないで, 連れ出すこと, 醜いと, 鍾愛し, 震えさ, 静かに, 預けて, 預けてから, 黙らした, 黙らせるため

▼ コゼット~ (83, 8.2%)

7 言った 5 尋ねた 3 腕を 2 また会います, 与えた, 会うこと, 会って

1 [60件] あげる, あっては, あてて, うなずいて, お待ちさせます, こう言った, して, それとなくいろいろ, つらく当たっ, まとって, 一口も, 不実な, 不快を, 与える幸福, 事情を, 人形を, 会いたいの, 会いたかったの, 会いたくないの, 会いに, 会えましょうか, 会える, 会えるだろうという, 会えるん, 会っては, 会ってる時, 何の, 免れさ, 別れを, 叫んだ, 合い図, 向かってさえ, 復命しなかった, 手紙を, 決して一言, 父親が, 現われて, 知らす, 示しながら, 約束した, 綴りを, 翼の, 自分が, 自分の, 至っては, 見せたら彼女, 見惚れてること, 話さなかったという, 話されるつもり, 話しテナルディエ, 語った自分, 読ますよう, 読み方, 近寄った, 近寄って, 送ったマリユス, 酔って, 関係の, 隠すの, 靴下留めの

▼ コゼット~ (75, 7.4%)

2 いなかったならば, 彼の, 目を, 自分を

1 [67件] あなたの, いた象, いだいて, います, いる間, うらやんで, うるさく勧める, お話相手に, ここに, したよう, すすり泣いてるの, そこに, どうなった, どこへ, はいって, ふり返っ, ぼんやりし, また向こう, もう後ろ, やがて知ったら, ようやく聞き得た, マリユスに, モンフェルメイュを, 丁年に, 人形に, 住んで, 修道院で, 俺の, 円光に, 出会ったの, 出発し, 切に勧める, 化粧品の, 去ってからは, 地面に, 多少不謹慎, 大事に, 大胆にも, 寂しげな, 寝て, 小さかった, 彼に, 彼につき, 彼女を, 恋を, 悲しい様子, 承知しません, 明日参ります, 時々き, 時おり顔, 最初に, 気を, 生きてるの, 相当な, 眠って, 美しくは, 考えそう, 自ら, 自ら知らずし, 自分から, 自分の, 語ったこと, 踏み段の, 身を, 通りつけたその, 遊び駆け回る, 黒パンを

▼ コゼット~ (48, 4.7%)

6 マリユスとは 4 いっしょに 3 ジャン 2 ふたりで, マリユスとの

1 [31件] あれほど, いいます, いいますの, いいファンティーヌ, いう, ただ二人きりに, ふたりきりの, ふたりの, ジル, トゥーサンとが, トゥーサンとの, トゥーサンとを, マリユスとが, マリユスとにとっては, マリユスとを, マリユスと共に, マリユスは, 二人きりで, 会ってから, 何らかの接触, 共にやってきた, 同じくよろめい, 同じく実は, 呼んで, 彼とは, 相並ん, 私と, 自分との, 親しい調子, 言って, 顔を

▼ コゼット~ (16, 1.6%)

1 [16件] いっしょに, かくしてついに, しだいに生長, そこを, それは, ついに満足, またトゥーサン, もう再び口, マリユスと, 今は, 今記憶を, 父に対する, 笑い戯れるよう, 結構恋, 言い添えた, 譲歩しなけれ

▼ コゼットとの~ (10, 1.0%)

1 ほかは, 幸福は, 方を, 破滅を, 窓の, 結婚に, 結婚の, 結婚も, 結婚ジャン, 間に

▼ コゼットとともに~ (8, 0.8%)

1 いる時, その大通り, バビローヌ街の, モンソーの, 住んだ別室付き, 暮らす, 深い木立ちの中, 物置き

▼ コゼットにとっては~ (7, 0.7%)

2 マリユスが 1 ごく単純, その日, プリューメ街の, 自分が, 霞の

▼ コゼットお前~ (6, 0.6%)

2 の夫 1 はモンフェルメイュ, は幸福, は私, もまた

▼ コゼットという~ (6, 0.6%)

1 のは, のも, アメリカの, 一つの, 小さな暴君, 得も

▼ コゼットには~ (6, 0.6%)

1 それが, もう十分, りっぱな, 一言も, 少しも, 楽しみだった

▼ コゼットから~ (5, 0.5%)

2 愛されて 1 保有し, 引き離すこと, 目を

▼ コゼットに対して~ (5, 0.5%)

2 私は 1 およそあり得る, まったく別人, 保護者の

▼ コゼットに対する~ (5, 0.5%)

1 ものだった, 彼の, 極度の, 興味を, 院長の

▼ コゼットと共に~ (4, 0.4%)

1 オンム・アルメ街から, 外出する, 散歩する, 白髪の

▼ コゼットにも~ (4, 0.4%)

1 会えないの, 前もって知らし, 腰掛けさし彼ら, 許さなかった

▼ コゼット~ (4, 0.4%)

1 はお前, はここ, はだれ, はほんとう

▼ コゼットである~ (3, 0.3%)

1 こと, ことに, ことをも

▼ コゼットとは~ (3, 0.3%)

1 その間ただ, 何の, 次の

▼ コゼットに対しては~ (3, 0.3%)

1 何の, 何らの, 少しも

▼ コゼット~ (3, 0.3%)

1 にはもうすっかり, は一生涯, は実に

▼ コゼットさえ~ (2, 0.2%)

1 あれば, いて

▼ コゼットその~ (2, 0.2%)

1 寝台の, 籤を

▼ コゼット~ (2, 0.2%)

1 よ, わ

▼ コゼットでは~ (2, 0.2%)

1 ないん, なくて

▼ コゼット~ (2, 0.2%)

1 何かの, 遺贈された

▼ コゼットをも~ (2, 0.2%)

1 寝かそうと, 永久に

▼ コゼット~ (2, 0.2%)

1 こそお前, ちょうどお前

▼ コゼット~ (2, 0.2%)

1 へそれ, へというの

▼1* [36件]

コゼットあってのフォーシュルヴァン氏, コゼットあなたは行く, コゼットあの人は, コゼットお前たちのやる, コゼットこの方こそ, コゼットさえも知らなかった, コゼットそれをあの, コゼットちょっと向こうへ, コゼットってかわいい名, コゼットでございますか, コゼットですよ, コゼットというもウューフラジーが, コゼットとが立ち去った時, コゼットとに向かって, コゼットとを漠然と二つ, コゼットどうしてもいけないの, コゼットなしに生きる, コゼットにとって全世界, コゼットにとっても同じくひとり, コゼットによって輝かされる未来, コゼットのみであった, コゼットのみが彼の, コゼットひとり日の沈んだ, コゼットまでがそっとそれ, コゼットこの頃お前, コゼット何と不思議な, コゼット僕たちには三万フラン, コゼットのほほえみ, コゼット彼女が非常, コゼット暗中に未知, コゼットい天使, コゼット聞いたかこの, コゼット自分をどう, コゼット自身と同じ, コゼット誘拐に関する苦情, コゼット防寨共和のため