青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「クリストフ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

カン~ カント~ ガ~ ガス~ ガラス~ ガラッ~ ガラツ~ キリスト~ ギリシア~ クリ~
クリストフ~
コゼット~ コップ~ コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~ シ~ シナ~ シャツ~ ジャーナリズム~ ズボン~

「クリストフ~」 4841, 52ppm, 2227位

▼ クリストフ~ (2676, 55.3%)

133 言った 63 自分の 56 それを 36 それに 25 彼女の 22 それらの 21 彼の, 彼女が 17 尋ねた, 彼らの 15 少しも 14 彼女を 12 彼を, 肩を 11 何にも 10 彼女に, 考えた 9 叫んだ 8 自分が 7 オリヴィエに, オリヴィエの, 笑いながら, 答えた, 考えて, 耳を, 腹を, 顔を 6 オリヴィエを, 他の, 眼に, 非常に 5 がっかりし, そのこと, フランスの, 彼が, 彼らに, 怒って, 息を, 立ち上がって

4 [15件] そんなこと, オリヴィエが, 二人の, 口を, 家の, 彼らが, 彼らと, 快活に, 扉を, 繰り返した, 耳に, 自分を, 言いつづけた, 返辞を, 額に

3 [51件] いらだって, くり返した, これまで, その話, その音楽, それが, なんの, はいって, びっくりし, まごついた, もうその, やって, アンナの, オットーを, ザビーネの, 不機嫌な, 例の, 冷やかに, 出て, 友の, 呆気に, 執拗に, 多くの, 夜の, 夢想に, 室の, 家に, 強情を, 当惑し, 彼に, 得意げに, 心が, 思い切って, 感動し, 感謝の, 扉の, 手紙を, 書物を, 椅子の, 狼狽し, 真赤に, 眼を, 答え返した, 言いながら, 言って, 言葉を, 身動きも, 面目を, 頭を, 駭然として, 黙って

2 [131件] あまり嬉しく, あるとき, ある日, ある時, あわてて, いたく感動, うっとりと, うれしさ, この男, すぐに, すべてを, そこに, そのあと, そのため, その出来事, その手紙, その新しい, その男, その膝, その言葉, その顔, ぞっとし, ただ一人, つづけて, はっとした, ひそかに, びっくりした, また家, また彼, むっとした, もうそれ, もう息, もう我慢, アシル・ルーサンの, オットーの, グラチアを, ゲーテの, コレットの, シルヴァン・コーンに, ジョルジュが, ジョルジュと, セシルの, ハスレルの, パンを, ヴェールを, 一日の, 二人を, 人々の, 今では, 仕事を, 何を, 冗談に, 冷やかな, 切符を, 即座に, 厭に, 叫んで, 唇を, 声を, 変な, 夢中に, 嫌悪の, 嬉しさ, 安堵した, 寝台の, 寝床に, 少しむっとし, 帰って, 彼らを, 彼女から, 微笑みながら, 微笑んだ, 心を, 恥ずかしくなった, 息が, 悲しい声, 意見を, 憤慨し, 憤慨した, 憤然と, 憤然として, 我に, 我を, 抗弁した, 数歩離れ, 断わった, 晴れやかな, 機械的に, 歯ぎしりを, 母と, 母に, 涙を, 涙声で, 溜息を, 熱に, 父が, 町の, 相手の, 知って, 知らないと, 祖父と, 窓から, 窓の, 立ち上がった, 立ち止まった, 笑いだした, 笑い出した, 笑った, 笑って, 老人が, 聴衆に, 肉屋の, 胸の, 胸迫る, 自作の, 自己の, 落胆し, 見て, 言われるまま, 話しながら, 話を, 認めた, 返辞も, 階段の, 音楽を, 音楽会の, 頬杖を, 飛び上がった, 飛び上がって, 駭然と, 驚いて

1 [1569件 抜粋] あきずに, あくまで固執, あたりの, あの悲し, あまりに男性的, あまり興, あるとき話, ある恐怖, ある眼つき, いかなる武器, いきりたって, いくら用心, いたって, いつもその, いつも同じ, いつも彼, いつも陥れられ, うちながめた, うれしかった, おかしくて, おずおずと, おののきながら, おびただしい部数, かつてそんな, かつて一定, かならず彼, がんばって, きわめて健全, ぎくりとし, くり返し訴えた, こういう成功, このフランス音楽, この二人, この強健, この河, この狂信家, この馬鹿げた, こわれた箱, しだいに無制限, しばしばやって来, しんみりした, じっと眼, すぐ人, すっかり向き, すでに彼女, するまま, そういうあさましい, そういうなれなれし, そういう一般, そういう作品, そういう御馳走, そういう探索, そういう水平派, そういう生, そういう神秘, そういう論説, そういう音楽欲, そう信じ, そこで, そこを, そのかわいらしい, そのとき, そのエジル, その一日, その不運, その仲間, その偉人, その出現, その劇場, その叫び声, その唐突, その塀, その大将, その岸, その役目, その従順, その快い, その惑乱, その慣例, その方, その昔, その書物, その様子, その注解, その犬, その眼, その祭式, その純, その耳馴れた, その若者, その訪問中, その通り道, その鏡, その靄, その魂, それで, それの, それ以上何にも, たいていブラウン, たいへん喜んだ, たいへん教えられる, たくさん言うべき, ただ一つ心配, たとい餓死, だれかを, だれとも, ちっとも安心, ちょっと祖父, ちょっと黙った, ついに理想主義, つとめてりっぱ, できるだけ早く, ときどきある, どの連中, なおさら気づかなかった, なおも一つ発見, なお数分間, なお演奏, ながめた, なぜ二人, なんとない, なんらの, にわかに燃え立っ, はっとして, ひきやめた, ひどい親子争い, ひどく感動, ひやかすよう, ふたたび一人, ふたたび雑踏中, ほかに, ほとんど拒む, ほんの出, ますます切ない, ますます震え上がっ, またシメーヌ, また何, また勇ましく, また昔, また無言, また膝頭, また黙り込んだ, まだオーストリア大使館, まだ同人ら, まだ成功, まっさおに, まったく不案内, みずからその, みずから知らず知らず, むしろののしられる, むっとし, めんどうくさくなっ, もうそのうえ何, もうふたたびもどるまい, もう仕方, もう作曲家, もう彼, もう手段, もう港, もう若い, もしその, もっと内密, もとより婦人, もはやそれ, もはや祖国, やがてそういう, やさしく彼, やって来るの, やはり機械的, ようやくそれ, よくあらため, より多く, ろくに答礼, アルノー夫人に, アントアネットの, アンナに, アーダとともに, イタリー式の, エルンストと, オットーが, オリヴィエから, ガマーシュの, グノーや, ゲーテが, コリーヌの, コーンの, ゴーティエよりも, シドニーが, シュルツの, ジャックリーヌから, ジョルジュや, セリーヌに, テーブルを, ドイツと, ドイツ人たる, ハーモニュームの, パリーに, パリー市中を, ピアノで, ピアノを, フランスにたいする, フランス人が, フランス人を, フランス文学を, フランソアーズを, ブラームス派の, ヘヒトが, ポットペチミットの, ミンナの, ムソルグスキーと, モークにたいする, ユーディットに, ライン河の, ルーサンの, レヴィー・クールの, ローザを, ワグナー派の, ヴァトレーの, 一つの, 一人の, 一同から, 一度彼, 一時心迷った, 一歩進ん, 一瞬間前では, 一言で, 一閃の, 三四度くり返し, 上機嫌に, 不快に, 不正という, 世間の, 両腕, 主人の, 乱れた寝床, 了解に, 二階の, 人を, 今この, 今まで, 今ゲルマン魂の, 今話した, 他に, 代わる代わるに, 伯父の, 何が, 何一つ眼, 何物にも, 作曲する, 傷ついた獣, 先ごろ孤立した, 先刻悟った, 兜の, 内々いらだった, 冷淡に, 切ない心地, 列車の, 初めて自分, 初め断わった, 別に驚こう, 前からの, 前よりも, 劇場の, 労働運動の, 勝手に, 十一歳に, 午餐の, 厄介にも, 厭な, 反抗的に, 叔父が, 口ごもりながらも, 叫び出した, 同じ場所, 同情から, 名前を, 向かっ腹, 呆然と, 味わって, 問題の, 喜んだ, 喪服を, 四方を, 困りきった様子, 国約, 堪えがたい懶さ, 墳墓の, 夕方食後に, 外出しなけれ, 多少憂い, 夜中過ぎまで, 大して気, 大真面目, 天分の, 太鼓の, 奇異に, 好んで, 娘を, 嬉しくて, 子供の, 安堵の, 客席の, 宮邸に, 容易に, 寂しくなっ, 寝ぼけながら, 将に, 小声で, 少し心, 居室に, 左右を, 平然と答えた, 年老いた母親, 幸いにも, 幻覚に, 幾度も, 床几で, 庭の, 強健な, 強者独立者の, 当時の, 当時宗教にたいしては, 彼から, 彼女らの, 待った, 復活した, 徹頭徹尾正しから, 心くじけ, 心の, 心打たれた, 快楽を, 怒号する, 思いやりも, 思ってること, 恋してる, 恥ずかしさ, 悪い知恵, 悲しげ, 惘然として, 愉快がっ, 意地悪い, 意識を, 感動しきった, 感嘆させられた, 慈母めいた, 憎悪の, 憤りに, 憤怒に, 憤激の, 我れ, 我慢できなかった, 戦いから, 手真似を, 手足を, 打ち勝った, 承諾する, 押しつぶされた心地, 振り向いた, 探って, 攻撃にも, 教えに, 数日間引きつづい, 断わられたのに, 断言した, 新しい友人ら, 新聞社へ, 旅行を, 日暮れの, 昏迷の, 昼食を, 時々数時間, 時として幼年, 晩に, 書いて, 書き送った, 最もりっぱ, 最初に, 最後まで, 期待し, 柵を, 案内者とともに, 極度の, 楽長から, 様子あり, 欠席し, 正気に, 歯の, 死者の, 毎日やって来, 気おくれ, 気づかなかった, 気を, 水から, 汚い巣, 決してそれら, 泣くの, 注釈を, 満足しなかった, 演奏を, 激しい手紙, 無名の, 無邪気に, 熱を, 燭台の, 物に, 犬に, 珍しくも, 生きようと, 産業組合, 留守な, 疑わしい様子, 疲れて, 疲れまた, 発見した, 皮肉にも, 目が, 真の, 眠った, 眠るの, 眩しかった, 知らず知らずに, 知らなかった, 祖父の, 私にとっては, 種々の, 空うそぶいた, 突然感情, 窓ぎわの, 立ち去った, 立って, 立派な, 笑い出して, 答えかえした, 答えなかった, 管絃楽の, 粉屋と, 糸の, 終わりの, 終日室に, 翌日の, 考えただけでも, 考えを, 聞えないふう, 聴衆席の, 肩や, 背後の, 胸を, 腕を, 腹の中で, 自作が, 自分にたいする, 自分に関する, 自分自身の, 自由思想家, 興味を, 芝居から, 芸術もしくは, 苛立って, 苦情を, 茫然と, 荒々しくその, 蕭条たる, 見かけたこと, 見出した, 言いきった, 言い知れぬうれし, 言った彼ら, 訳が, 話さなかった, 誠実の, 説明し, 読んだかい, 議論し, 豚料理と, 貪婪な, 起き上がって, 路の, 身内の, 軽蔑の, 近く嵐が, 返事を, 逃げるの, 通りすがりに, 遠くから, 配達夫の, 金入れを, 長い間家, 間もなく見て取った, 階段を, 隣席の, 青葉棚の, 面くらって, 音楽上の, 頑として聴き入れず, 食べること, 馬鹿げた贅沢心, 騒ぎに, 驚嘆し, 魂が, 黙り込んで

▼ クリストフ~ (732, 15.1%)

23 ことを 18 うちに 14 方で 12 心を 10 手を 9 ような 7 ために, ほうは, 方は 6 心は 5 そばに, ところに, ところへ, ように, 前に, 方へ, 眼に, 顔を 4 上に, 姿を, 心の, 手に, 眼には, 眼の, 腕を, 言葉を

3 [28件] うちには, ほうが, ほうで, ほうを, もとに, 中に, 作品を, 室の, 悪口を, 意見に, 成功を, 手の, 様子を, 歌曲集を, 気に, 注意を, 眼は, 眼を, 精神に, 耳に, 耳には, 肩に, 言葉は, 音楽に, 音楽を, 頭の, 頭を, 顔が

2 [38件] ことなんか, ところで, ほうから, ほうへ, もとへ, 不在中, 世話を, 作品は, 健康は, 唇の, 噂を, 姿が, 姿に, 家から, 心も, 悩みを, 意見を, 態度や, 方から, 歌曲を, 気を, 演奏に, 生活は, 番と, 腕に, 芸術上の, 親切な, 言葉に, 論説を, 身の上を, 隣りの, 音楽から, 頭に, 顔に, 顔は, 首に, 魂の, 魂は

1 [387件] ある言葉, あわれ, いつの, いらだちに, いらだちの, おかしな客気, ことであり, ことなら知りつくしてる, ことについて, ことは, ことばかり, こともも, この一巻, ごとき芸術家, すぐれてること, せいで, そばを, ためには, ための, といっしょ, ところが, ところを, ひくピアノ, ほうに, ほうにも, まわりには, みじめな, もっともよい, もとで, もとを, ものだ, ものだった, やさしい態度, やや乱暴, やや田舎者, やり方に, やり方は, わずかな, コップに, ダヴィデと, テーブルに, テーブルの, テーブルへ, 一方に, 一言に, 一身に, 一身をだけ, 三人の, 上にも, 下手な, 不品行は, 不安な, 不当な, 不機嫌, 世話にばかり, 世馴れないこと, 中においてさえ, 乱暴を, 予想どおりに, 交響曲の, 人物を, 他の, 住所を, 作品が, 作品については, 作品の, 作曲を, 健気な, 像の, 儀式張った挨拶, 優秀さとを, 優秀さを, 公正な, 冷淡の, 出発を, 切符を, 初めの, 利害だけを, 到来は, 前では, 創作力は, 勇敢な, 友人らにとっては, 友人らは, 友人らへ, 友情よりも, 友情を, 口は, 同席者らは, 同情は, 名は, 名前は, 名前を, 名声は, 周囲では, 周囲には, 周囲の, 周囲を, 味方を, 喉には, 喜ばしい表情, 噂が, 困窮を, 声に, 声の, 多少失礼, 多少激越, 多少荒くれ, 天才や, 天才を, 天才中に, 奇矯な, 妄言に, 威厳に, 子供の, 存在を, 孝心深い, 宗教的な, 室から, 室で, 室に, 室には, 家で, 家庭内の, 家庭的特質に, 寝姿, 尊重の, 小言を, 尽力によって, 希望や, 帰りを, 帽子が, 幼年時代の, 幾度もの, 弟である, 強い魂, 強健で, 強健な, 影に, 影響を, 役目は, 後に, 後について, 後ろ姿を, 後方には, 心とは, 心に, 心中の, 心中を, 心理の, 快活な, 忿怒を, 思いも, 思い出が, 思い出は, 思想と, 思想や, 思想を, 性格や, 性質と, 性質の, 性質中には, 恐怖は, 恨みだけ, 息が, 悲しみを, 悲惨な, 悲痛に, 情熱の, 意図だ, 意図を, 意志を, 意見が, 愛情や, 感動を, 感化で, 感情が, 態度が, 態度と, 態度は, 懇願にも, 成功の, 成功は, 手から, 手紙を, 手腕を, 才能を, 打ち明け話, 批判, 批判を, 批評を, 技倆は, 抜け出すこと, 拙劣さや, 招待を, 握手から, 攻撃的な憤り, 文体は, 新しい恋, 新しい手紙, 新しい矯激, 方が, 方に, 方も, 方を, 旅費を, 時代の, 晩飯を, 曲を, 書斎に, 最初の, 最後に, 服装問題だった, 末弟の, 机は, 来たるべき名声, 来た理由, 来てること, 枕頭に, 椅子の, 楽観主義に, 様子は, 権力を, 横に, 次の, 歌曲に, 歌曲の, 歌曲集が, 歌曲集に, 歌曲集も, 歓びよりも, 正面に, 死は, 母は, 母親ルイザの, 気に入った勇ましい, 気に入らなかった, 気に入るはず, 決断に, 渋面は, 満ちあふれた力, 演奏との, 激昂を, 無作法を, 無器用さを, 無言の, 無頓着な, 熱は, 熱情を, 父が, 父にも, 父の, 片手は, 犠牲の, 狂暴な, 独立不, 狼狽した, 現われるの, 現在の, 現状を, 理論は, 理論を, 生の, 生活の, 番に, 疑問は, 疑惑は, 病気が, 痛ましい顔, 真の, 真価については, 真価を, 眼から, 眼つきかが, 眼つきに, 眼つきは, 眼つきを, 眼と, 眼を通して, 知らない出来事, 破竹の, 硬い髪, 祖父と, 祖父とは, 祖父を, 祝い日には, 神経は, 競争者に, 笑みに, 筆戦を, 答えは, 管弦楽団の, 精神が, 精神には, 精神は, 精神力に, 約束を, 素気ない, 終わりの, 経歴の, 経験と, 総譜を, 考えを, 耳へは, 肖像が, 胸に, 胸は, 膝から, 膝の, 自信ある, 自負心にとっては, 興味を, 興奮は, 芸術を, 芸術的独創性を, 苛酷な, 若々しい感激, 若き生, 苦しみを, 苦悩は, 落胆は, 虚栄心は, 血液は, 行動を, 行状にたいする, 表情を, 袖を, 裏面を, 要求に, 親愛な, 観察を, 言うこと, 言は, 計画を, 訓戒が, 記憶や, 訪問と, 訪問には, 訪問によって, 訪問は, 訪問を, 許に, 訳の, 評判が, 話の, 話を, 誇張に, 誕生日には, 説に, 説を, 賞賛者だった, 趣味に, 足を, 身の上についても, 転倒した, 近作の, 逃亡が, 逃亡と, 逃走には, 逸品を, 逸話は, 道徳的優秀さと, 遺せるリンダ, 部屋は, 限られた狭い, 隠栖を, 電報は, 露骨な, 面影を, 革命観を, 靴の, 音楽は, 音楽上の, 音楽会後であった, 頑丈な, 額の, 顔から, 顔つきと, 顔つきに, 顔の, 顔へ, 顔も, 騎馬行を, 驚きを, 骨折りを, 魂中に, 鼻先へ

▼ クリストフ~ (369, 7.6%)

7 自分の 4 はいって, 自分を 3 そこに, そばに, もどって, 帰って, 彼の, 彼女の

2 [16件] いること, それらの, だれよりも, またやって来る, ドイツ人である, 他の, 何を, 家に, 家の, 彼女に, 手を, 期待してる, 演奏してる, 眼を, 稽古を, 音楽に

1 [304件] あらゆる生籬, あるか, ある人々, ある名高い, ある場面, ある成功, あれほど, いかにもも, いかにも晴れやか, いかに夢中, いかに願っ, いた, いたころ, いっしょに, いつまでも, いつも瞞, いないとき, いよいよ発足, いらだって, いるため, いるの, いる小さな, うれしかった, おずおず異議, おのずから最もよく感じた, おのれの, かくまで, かくも, かつて拒んだ, この地, この都会, これまでに, さほど醜く, さらにまざまざと, しっかりしてる, しばらくその, じっとしてる, すなお, すべてを, ぜひとも生き, そういう無関心さ, そう望むなら, そのこと, そのままで, その名前, その旧知, その理由, それを, たえずザビーネ, ついに思いきっ, とにかく自分, どうして生涯, どうして自分, どうもそう決心, なお陰気, なし得たすべて, なすこと, なんらの, ふたたび甦る, ふたたび行っ, ふと見る, ほんとうに, まず周囲, まず当時, またひきだした, またピアノ, まだかつて感じた, みずからその, もう彼ら, もう彼女, もじもじし, もっとも早く, もっと早く, やって来たころ, やって来たの, やって来たので, やって来ると, やって来るという, やって来るとき, やって来るの, ようやく話, よく知ってる, よく隣, アントアネットへ, エルンストを, グラチアの, コレットにたいして, ゴチツク形の, ゴットフリートは, ザビーネの, ザビーネを, シャツだけ, ストゥヴァン家へ, セシルを, パリーで, パリーに, パリーへ, フォーゲル一家の, フランスで, フランスへ, ヘヒトを, ポケットから, ユーディットを, 一二度その, 一人きりで, 一人で, 一曲を, 一種の, 万人に, 不品行を, 不孝者の, 不満足に, 与える助言, 二人いっしょの, 二人を, 仲間である, 会いに, 何か, 何者である, 信じてる事柄, 先ごろ出入りし, 八時前に, 六か月の, 冒した危険, 出かけるの, 出会った若い, 出入する, 出稽古から, 刈株の, 初めて名前, 初めて来た, 初めの, 十七世紀の, 十分心を, 午後に, 即興的に, 友人ラインハルト家の, 口を, 右の, 同じ建物, 周囲の, 呼ばれた, 唯我独尊主義者の, 嘗て居住, 嘲笑され, 嘲笑される, 嘲笑痛罵を, 四等車から, 回復の, 変わったの, 外から, 多く作曲, 多少の, 大事な, 大言壮語の, 天才を, 好きで, 好ましくなる, 好感を, 子供であったおり, 子供の, 実際聞いた, 宮廷と, 宮廷の, 宮邸へ, 家で, 尋ねてること, 少し安心, 少し琵音, 平素より, 幼年時代の, 引き留めたわけ, 弾き終わっても, 彼らと, 彼らを, 彼を, 彼女を, 往来で, 心ひかれた, 心凍え, 心打たれた, 心配し, 応戦を, 怒りに, 怒鳴りつけるの, 思い切って, 思ってる頃, 恐れてるの, 悲しがってる, 情熱に, 愛してた人々, 愛してるので, 愛してる人々, 感動した, 成功を, 我慢を, 所要の, 扉口を, 手も, 手紙を, 批評家を, 承諾の, 押えかねてる情熱, 拾つて来た, 挨拶を, 振り向いた時, 振り回す拳固, 捕縛されたら, 攻撃を, 敵陣の, 断わると, 新聞記者らと, 昔彼女に, 昔攻撃した, 晩に, 暴風雨の, 書き散らした楽譜, 最もよく知ってる, 最も予期, 最も好ん, 最後の, 有名に, 朝の, 来たの, 来たので, 来るの, 楽しんでるの, 様子あり, 樅と, 歌曲の, 正当だ, 毎日珈琲店の, 毎朝引きしめよう, 気晴らしの, 決闘した, 演奏する, 無感覚から, 無頓着な, 無頼漢の, 牛飼い, 狂人に, 狼狽し, 理解する, 癪に, 百姓でない, 相変らず, 真蒼, 真面目に, 眠ってること, 眼の, 知って, 知ってる現在, 知らなかったほど, 祖父とともに, 稼いだパン, 窮屈な, 立ち去るとき, 笑うだろう, 義務は, 考えて, 考えてる時, 聞いたこと, 自作の, 自分よりも, 自然だ, 興味を, 苦しんで, 苦しんでるの, 苦情を, 落としてる帽子, 著者に, 行きそう, 行くと, 行ったり, 見えなくなったこと, 見たフランス人, 見た多く, 見て, 見ると, 見入って, 見出したある, 言おうと, 言って, 訪れて, 話し終えても, 話を, 誠実を, 読みも, 負担してる, 贔屓に, 踊らないこと, 身を, 通るの, 遠のくの, 酷評を, 間違えるの, 関係の, 降りるべき町, 雑誌上で, 非常に, 音楽の, 頑固に, 願っても, 食べようと

▼ クリストフ~ (259, 5.4%)

10 ながめて 5 ながめた 4 ながめながら, 見て 3 恨まなかった, 愛して, 捜しに 2 好んで, 家に, 相手に, 相手の, 眺めその, 研究し, 自宅に

1 [213件] いじめようとばかり, いっそう面白い, いやがらせまた, いらだたせたの, いらだたせて, いらだたせなかった, うちながめ, うるさ, おだてて, かって, かわいいと, きびしく観察, きらって, さし示した, さらに注意深く, じろじろ眺め, じろじろ見, すっかり激昂, その汚い, たいへん喜ばした, たまらない男, とらえた, ながめてる彼, ながめるだろうか, ながめ外套, ねぎらいも, ねたんで, ののしりちらした, ほとんど理解, もって, もっとも深く, もてあそんで, もの珍しそう, やや偏狭, やりこめるため, よく知ってる, オペラ, オリヴィエに, ストゥヴァン家の, ドイツから, ドイツの, フランスの, フランス座へ, 一人きりに, 一人置きざりに, 三番目の, 不断の, 不良で, 中傷した, 保護し, 信じては, 停車場まで, 偶像視し, 冷評し去った, 冷遇する, 制しようと, 助けるつもり, 勘弁し, 午餐に, 危険な, 厭がらした, 取り巻いた, 取り巻いて, 取り巻いてる人々, 呼びかけた, 呼びながら, 呼び手さぐり, 呼んだ, 呼んで, 喜ばせること, 嘲って, 嘲弄する, 困らした, 地位から, 墓参に, 変装した, 多く驚かした, 嫉視してる, 安心さした, 害すること, 家の, 少しいらだたせる, 少しやりこめ, 平穏に, 幻惑し, 幾晩も, 床の, 弁護し, 弁護する, 引き回して, 引張って, 当惑させ悩ました, 往来の, 待たして, 待ちわびながら, 待って, 得ようと, 得られないと, 心から気の毒, 怒らせた, 恋しは, 恨めしく思いがち, 愛したこと, 愛しては, 愛してると, 愛し小さな, 憎まなかった, 憎んだ, 憤激させる, 成功させよう, 扉の, 打ちながめそして, 打ち捨てて, 抱いて, 押しのけみずから数節, 招待した, 招待しない, 支持しつづけた, 支持してやり得た, 支持する, 攻撃し, 放しそう, 救い出して, 救う役目, 書き始める, 案内し, 桟敷の, 横目で, 欺き得なかった, 歓迎しない, 殴って, 民衆の, 気に, 泣かせるばかり, 満足させなかった, 滑稽な, 無視する, 焼いた, 犠牲に, 珍しげ, 理解してる, 理解しなくなっ, 理解しよう, 理解する, 病理学の, 監視し始めた, 監視する, 直接に, 眺めなくなった, 眺めやたら, 知ってからは, 知る前, 窓ぎわに, 粗野な, 紹介した, 紹介し始めた, 置きざりに, 育ちが, 腹だたせると, 興がったの, 芸術家として, 苦しめた人々, 苦しめて, 虚無から, 虚無の, 虜に, 襲って, 見かけて, 見た, 見つめた, 見ると, 見出した男, 見守って, 見守りクリストフ, 見知らなかった, 親しませないつもり, 訪れた, 訪れて, 訪問し, 認めた, 説き落として, 賛美し, 起こして, 起こしは, 軽蔑し, 迎えた, 迎えるため, 迎え入れた, 追っかけ回してる, 送って, 送り出して, 逃げ回らせるほどの, 途方に, 連れて, 連れ出した, 連れ帰ってる汽車, 遠ざけて, 鏡の, 関係さし, 阿亭, 除いては, 隣りの, 青葉棚の, 非難した, 非難する, 面白がらせ, 音楽会で, 頭から, 驚かした, 高く買った, 魅し, 魅惑した, 黙らせようと

▼ クリストフ~ (221, 4.6%)

13 言った 5 向かって 4 頼んだ 3 それを, 会いに, 彼の, 手紙を

2 [12件] なんらの, 同情を, 告げた, 恨みを, 手を, 気を, 演奏を, 示して, 興味を, 説明し, 近寄って, 隠して

1 [163件] あてた室, あてた手紙, あふれるばかりの, あるか, あるという, あるの, きびしく頼んだ, きらわれてると, したこと, せめてある, そう知られてる, そのラブレー風, その上発言, その勇敢, その心配, その愛する, その楽譜, そばに, ついて行って, なんの, はいれと, ひかせた, ひきつけたの, ふざけないでは, ほとんど半身裸体, またコレット, もうできなくなる, もう防御, やさしく微笑ん, わかった, オーベルを, パンを, 一人で, 不利な, 不快を, 与えた訓戒, 与えて, 事情を, 二人の, 仕事を, 他の, 代わって, 会うなどとは, 会おうと, 会おうとは, 会った, 会ったこと, 会ったとき, 会った最初, 会って, 会ってること, 会わせまいと, 何よりも, 偶然往来で, 公然と, 内密で, 出かけさせたかった, 出されたコーヒー茶碗, 出会うと, 出会うとき, 出会った, 出発の, 割り当てられた時間, 劣らぬ嫌悪, 即座に, 厭な, 取りあわない風, 取り合わなかった, 口を, 向かった, 向けられる攻撃, 呼びかけられると, 呼びかけ脂ぎった両手, 問いかけた, 型ばかりに, 堪えがたい不快, 夢の, 好かれてるの, 尋ねかけるの, 尋ねた, 尋ねられて, 席を, 影響を, 従った, 微笑みかけ何気なく, 心を, 忠告した, 思い起こさした, 恩を, 恵んで, 悪戯を, 感ぜさせたかった, 慎重な, 憐憫を, 我を, 手加減を, 打ち明けた, 拾わしてやろうと, 指し示して, 挨拶を, 接近しよう, 推察された, 教えそれでも, 書き送った, 来て, 構わないの, 構わなかった, 正規に, 気づかれないよう, 注意した, 注意を, 深い信愛, 渡した, 申し出た, 相談する, 眼を, 知らした, 知らして, 示した, 示したがらなかった, 種々の, 種々尋ねだした, 突然開き示した, 答えは, 背中を, 自信の, 自分が, 自分の, 良人を, 見えて, 見せたかった, 見せたかったの, 親密な, 言いたがらなかった, 言いつけて, 言おうと, 言ったもの, 言って, 言わすれば, 証明した, 話しかけ彼, 話した, 話したこと, 話して, 話すこと, 語った, 語った時, 責を, 起こさしたの, 起こさせるべき悲しみ, 起こった不快, 近づきたくは, 近寄らずに, 近寄り彼, 述べようと, 進んで, 隠した, 隠れて, 非難した, 面接しない, 願った, 馬鹿な, 駆け寄った

▼ クリストフ~ (121, 2.5%)

8 同様に 5 いっしょに 4 オリヴィエの 3 オリヴィエとの, オリヴィエとは, オリヴィエは, 話を

2 [12件] オリヴィエとが, オリヴィエとに, グラチアとの, グラチアとは, ザビーネとが, ルイザとは, 二人きりに, 口を, 同じよう, 弟たちは, 気が, 自分との

1 [68件] いえば, いずれかを, いっしょにしてしかられたのがうれしかった, その友, その町, その眼, どちらが, なってる, ほぼ同じ, もっとも交渉, アンナとの, アンナとは, アーダとの, エルンストも, オットーとは, オリヴィエとにとっては, オリーノ, ザビーネと, ザビーネとは, ザビーネとを, ジャックリーヌとの, ベルトルトとは, ランジェー氏とは, ランジェー氏は, リオネロとの, ロドルフとの, ローザとの, ワッセルマンの, ヴァイオリンを, 世に, 二人きりの, 云ふ, 他の, 冷やかな, 出会ったこと, 別れたくは, 別れて, 別れると, 同じくらい, 同じく否, 同じく時日, 同じく短気, 同じやう, 同じ意見, 同意見, 同階, 咳を, 妻とを, 床を, 彼との, 接するの, 握手する, 文通を, 昔の, 歓喜せる, 正反対に, 知り合いの, 知り合ったころ, 祖父とは, 結婚しよう, 葛藤を, 親しく話し合う, 話しだした, 話してるところ, 話してる時, 論争してる, 非常に, 顔を

▼ クリストフ~ (74, 1.5%)

3 それを 2 そのこと, それに, ついには, 同様に, 自分の

1 [61件] あとに, これを, こんどは, こんなもの, そういう不幸, その例, その唯物的, たやすく推察, ちょうどその, ついに我, なくて, またそういう, またその, またそれ, またドイツ, また彼女, また待ってる, また快楽, また手紙, また朗読, また自然, もう疑わなかった, やがて彼, やはり心, オリヴィエが, オリヴィエも, ブラウンと, ラインハルトも, 以前そういう, 何かを, 初めは, 友に, 口を, 同じく圧迫者ら, 実際そう考え, 巻きこまれて, 引きこまれて, 彼と, 彼の, 彼らと, 彼らの, 彼らを, 慎重に, 憤った, 旅行の, 明らかに, 時々それ, 朝食を, 死者と, 母親にたいする, 父にたいする, 理解されてる, 皆の, 相槌を, 眠りは, 立ち止まった, 精神的に, 自分と, 観客の, 返答の, 長い間

▼ クリストフには~ (67, 1.4%)

6 それが 4 わからなかった

1 [57件] あまり弟子, いっそう面白く, きわめて不思議, これら二人の, すでにオーロラ, そういう沈黙, そういう計算, その三倍, その姿, その理由, その胸, その言葉, その誘い, まさしく足りない, まだフランス語, もっとも興味, もっと癪, もはや公, よくわかった, わからない感情, オットーの, オリヴィエが, 与えなかった, 了解が, 信じ得られないほど, 優雅な, 出発の, 助力者が, 合点が, 困ると, 堪えがたかった, 大きな子ども, 嬉しかった, 少しも, 弟子が, 彼らの, 彼を, 彼女を, 後者の, 思われた, 手の, 最初から, 某の, 気品が, 理解できなかった, 眼も, 祖父が, 空気が, 素敵な, 苦しかった, 見えなかった, 言わなかった, 訳が, 詩人の, 責任が, 面白くも, 頼めないと

▼ クリストフから~ (37, 0.8%)

2 引き離そうと

1 [35件] いじめられたこと, いつも監視, いつも面白い, された注意, そういう懸念, それを, ないがしろに, なぐり倒された下士, よい手紙, シルヴァン・コーンや, ピアノの, ピアノを, 仕向けられた直接, 叱られる訳, 吹き込まれた誇大, 命令的な, 嘲弄され, 執拗に, 少しも, 当座引き出し得る, 感心され, 感心されてる, 本気に, 母を, 発散する, 荒い一瞥, 見ると, 観察されてる, 訪問される, 訪問の, 説明し, 送って, 遠ざけクリストフ, 重視されてる, 金を

▼ クリストフ~ (28, 0.6%)

2 手紙を

1 [26件] かつて話さなかった, こちらから, すがりついて, その年, その決心, アントアネットの, ピアノで, 会いに, 助言を, 十分述べつくす, 友情の, 向かって, 宛てられた招待, 心からの, 心向け, 手を, 接近した, 断言し, 止まれという, 死去の, 知らしたの, 答えたとおり, 話すの, 近づかせようと, 返事を, 頼んだ

▼ クリストフにたいする~ (22, 0.5%)

2 自分の

1 [20件] のとは, もっとも激しい, オリヴィエの, フランツの, 一種の, 優越感を, 兄の, 呪詛, 彼の, 情愛からだけでも, 愛と, 愛情の, 戦いは, 支配権を, 昔の, 熱情に, 若気の, 賛嘆の, 賛辞でさえも, 非難を

▼ クリストフにたいして~ (19, 0.4%)

1 [19件] いだいて, いだいては, しだいに愛情, 一種崇敬の, 二重の, 同感と, 同感を, 完璧な, 強い愛情, 忠実な, 感謝的な, 憤って, 扉を, 昔彼を, 熱烈な, 猛烈な, 示してる興味, 自分が, 顔を

▼ クリストフとの~ (18, 0.4%)

2 間に

1 [16件] ために, ような, 二人の, 交わりは, 交誼を, 仲違いを, 公明さを, 几帳面な, 友情に, 眼の, 苦しみを, 親交を, 議論中に, 通信も, 間の, 間は

▼ クリストフ自身~ (15, 0.3%)

1 [15件] だった, でもそれ, にもよく, にも働きかけ, にも意欲, に関する新聞, の耳, もいかん, もその, もそれら, もまた, も今, も几帳面, やルイザ, よりもいっそう

▼ クリストフにとっては~ (14, 0.3%)

1 [14件] あまり不快, もうたまらなく, ラインハルトが, 一つの, 一打撃だった, 不幸にも, 少しも, 彼女が, 慰安でも, 最も堪えがたい, 最良の, 無信仰, 美わしい, 音楽の

▼ クリストフにとって~ (10, 0.2%)

1 あまり面白く, さらにひどかっ, そうだった, 何か, 問題では, 最も圧迫的, 絶対に, 苦しいもの, 重要な, 非常に

▼ クリストフにも~ (9, 0.2%)

1 そういう眼つき, それを, たれて, わかってるはず, 二度と家, 彼女の, 歓待を, 聞えた, 自分を

▼ クリストフより~ (9, 0.2%)

1 いっそう心, いっそう明敏, いっそう明知, ずっとすぐれてる, ずっと劣ってる, どのくらい, なおいっそう, 少し年下, 少し背

▼ クリストフとは~ (8, 0.2%)

1 いつもお, その枕頭, その費用, 家から, 異なった道徳観, 話を, 風が, 飲食店の

▼ クリストフさん~ (6, 0.1%)

1 から聞きました, が言った, とお話, ねえクリストフさん, 帰らなけりゃいけません, 時によります

▼ クリストフ~ (6, 0.1%)

2 オリヴィエの 1 またきっと, セシルの, ブラウンの, 自分にとって

▼ クリストフよりも~ (6, 0.1%)

2 なおいっそう 1 さらによく, はるかに, よく彼女, よく知っ

▼ クリストフ~ (6, 0.1%)

1 にもわかるだろう, のうち, はただ, は帰国, は芝居, は食事中別

▼ クリストフとともに~ (5, 0.1%)

1 やさしい切れ切れ, 別の, 艫の, 過ごした一日, 過ごした一日じゅう

▼ クリストフほど~ (5, 0.1%)

1 それに, 初心では, 幻影を, 深くは, 要求多い

▼ クリストフだけが~ (4, 0.1%)

1 感動し, 膨張したく, 見通すこと, 食卓を

▼ クリストフにたいしては~ (4, 0.1%)

1 夫妻とも, 母親らしい, 無駄である, 笑いながら

▼ クリストフさんあなた~ (3, 0.1%)

1 が尊重, は一人ぽっち, も御存じ

▼ クリストフとを~ (3, 0.1%)

1 心から好き, 結びつけてる感情, 結婚させよう

▼ クリストフ~ (3, 0.1%)

1 はもう, は君, は彼女

▼ クリストフたち~ (2, 0.0%)

1 が夢想, をお

▼ クリストフでさえ~ (2, 0.0%)

1 ある疑念, 初めは

▼ クリストフでは~ (2, 0.0%)

1 なかった, なくて

▼ クリストフという~ (2, 0.0%)

1 んです, 名だった

▼ クリストフにしか~ (2, 0.0%)

1 注意を, 話しかけなかった

▼ クリストフについて~ (2, 0.0%)

1 ピアノの, 聞き知った事柄

▼ クリストフにとっても~ (2, 0.0%)

1 仕合わせな, 親愛な

▼ クリストフによって~ (2, 0.0%)

1 一人の, 表白されてる

▼ クリストフに関する~ (2, 0.0%)

1 ものである, 醜聞を

▼ クリストフはも~ (2, 0.0%)

1 一度故郷の, 少し残っ

▼ クリストフへは~ (2, 0.0%)

1 何にも, 打ち明けること

▼ クリストフ一人~ (2, 0.0%)

1 でパリー, に関係

▼ クリストフ一家~ (2, 0.0%)

1 の感情, の者

▼1* [56件]

クリストフあてで旅館, クリストフあんたは嘘, クリストフおれを馬鹿, クリストフからも何一つ聞き出し得なかった, クリストフさんお願いですから, クリストフさん人からどう, クリストフさん何をおっしゃる, クリストフさん僕が何, クリストフさん気を悪く, クリストフそんなことが, クリストフたることであり, クリストフたるべきゆえんから, クリストフと間違えた, クリストフだけはなぜだ, クリストフだけを訪れて, クリストフでさえもそういう執拗, クリストフでなければならなかった, クリストフとが非常に, クリストフとしか表には, クリストフとばかり話を, クリストフにおいては珍しいこと, クリストフについてもなんらの, クリストフによりもいっそう多く, クリストフに対していくらか, クリストフに対する政府筋の, クリストフに対すると統御の, クリストフはかのレベッカ, クリストフばかりであった, クリストフへだけは自分の, クリストフへも伝わって, クリストフまでが知らず知らず水, クリストフみずから少年の快楽, クリストフめがけて大声, クリストフよみがえらんが, クリストフよりは巧妙だった, クリストフをしか尊敬し, クリストフをも一度舞台, クリストフを通じてザビーネを, クリストフクリストフが愛してた, クリストフ以上のもの, クリストフ全体より優っ, クリストフ助けてくれ, クリストフ君たちドイツ人がわれわれ, クリストフ君僕は永遠, クリストフ坊やのお, クリストフ尊者に捧げ, クリストフ少数の自由, クリストフ愛しててよ, クリストフ気の毒だが, クリストフにで, クリストフ疲れてるのだ, クリストフ眠ってるのか, クリストフ聞いたか, クリストフ自身それらのもの, クリストフ自身腰掛から転げ落ちた, クリストフ苦痛を籠