青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ガラツ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

イヤ~ インド~ エ~ オレ~ カン~ カント~ ガ~ ガス~ ガラス~ ガラッ~
ガラツ~
キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~ コゼット~ コップ~ コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~ シ~

「ガラツ~」 2234, 24ppm, 4819位

▼ ガラツ~ (2161, 96.7%)

291 の八五郎 28 は少し 23 は平次 19 の顏 17 の話 15 と一緒, の鼻 14 はもう 12 の方, はその, は飛ん 11 の報告, は妙, は後ろ 10 の手, は自分 9 です, の聲, はそつ, はたまり兼ね, はまだ 8 が飛ん, を促し 7 はもう一度, は大きな 6 の疑ひ, は又, は漸く, は顏, を伴

5 [18件] が歸つて來, が飛込ん, でした, に眼, の後ろ, はす, はそれ, はそんな, はまた, は例, は大, は相, は長い, は首, は鼻, も少し, を案内, を顧みました

4 [19件] がさう, が言, ですが, と二人, と重吉, の驚き, はこれ, はこんな, はさすが, は一生懸命, は何, は到頭, は外, は斯, は早く, は眼, は見事, をつれ, を迎

3 [42件] が旋風, が歸つたの, が眼, とお, と佐吉, にせがまれ, にはまだ, には何, に取, に手傳, の前, の問, の大, の眼, の糞力, の頭, の馬鹿力, は, はお, は口, は唇, は問, は心配, は急, は悉く, は懷, は根氣, は横, は歸つて來, は死骸, は氣, は疾風, は繪解, は膝, は酢, は頭, は默つて, もさすが, もなか, もよく, も驚きました, を顧み

2 [148件] か, がお, がかう, がそんな, が勇太郎, が危ふく, が口, が報告, が思はず, が手, が案内, が腹, が長, が長い, が顏, が飛び込ん, とその, と三好屋, と中間, と富藏, と平次, には一向, には不思議, には益々, にも何, に對, に持たせ, に斯, に言, に誘ひ出され, に逢, の, のところ, の口, の姿, の後姿, の手柄, の手紙, の注進, の燃える, の腕, の腕力, の膝, の言, の言葉, の話術, の調子, の野郎, の長い, の驚きやう, はあの, はいそ, はこんなに, はその間, はたうとう, はギヨツ, はゴクリ, は一世一代, は不平, は事件, は今度, は何時の間に, は元, は先, は入, は全く, は其處, は其足, は内, は出かけ, は利助, は勢, は危ふく, は吉三郎, は唾, は囁きました, は囁く, は四方, は埃, は大袈裟, は女, は宙, は尤も, は左, は平手, は店, は往來, は思はず, は思ひ, は恐る, は懷ろ, は懷中, は指, は指しました, は早速, は昨夜, は時々, は晝, は月, は此處, は氣輕, は泳ぐ, は無, は物置, は狹, は獲物, は甚だ, は直ぐ, は眞, は精一杯, は縁側, は繩付, は繪, は苦笑, は表, は言, は變, は路地, は躍起, は追, は長, は間もなく, は隣, は離屋, は頓狂, は頤, は頸, は顎, は驚い, は高々, は默, もそれ, もツイ, も固唾, も思はず, も開いた, も默つて了, をからかつて, をさし招く, を先, を尻目, を振り返りました, を目, を相手, を眼, を睨み, を追, を連れ

1 [957件 抜粋] お勇, か騷, があつ, がいつた, ががつかりし, がくすねた, がこの, がす, がその, がつれ, がまた, がやつ, がヘトヘト, がムキになつ, が一生懸命, が三人, が不平, が二の足, が二人, が人七化三, が借り, が入る, が冗談, が剃刀, が取, が吹聽, が唸, が多勢, が宗七, が少し, が居た, が山谷, が差出した, が店, が引添つて, が念入り, が思ひ出した, が手一杯, が手傳, が指しました, が斯, が斯ん, が最後, が本郷, が榮螺, が毛氈, が注意, が潮來, が物, が珍, が穴, が組付い, が繪, が繪解, が聞き, が自棄, が芝, が袂, が褒美, が見, が親分, が言つた火箸, が誘ふ, が赧, が踊る, が身, が逃げ出した, が鍋町, が長屋中, が階子, が集め, が頑張り, が飛び出す, が馬鹿, が龜澤町, その吹矢, だけかもわかりません, だけの考, だつたの, でもガラ六, でも居, で澤山, といふあわて, といふ安値, とそれに, とは貫祿, ともあまり口, と三人, と仁助, と伊三松, と六兵衞, と利助, と山, と平次配下, と張り合つて, と清次郎, と瀧五郎, と異名, と菊松, と萬七, と錦太郎, などはもう, などよりは餘程性根, におびき出され, にきめ付けられ, にさう, にしてやられました, にはその, にはたまらない嬉し, にはよく, には判り, には奇, には想像, には手, には解り, には謎, にも何となく, にも厭, にも矢張り遠慮, にグイ, に二千兩, に似た, に別れ, に別れる, に合圖, に囁く, に引出させ, に手, に押し戻された, に指圖, に掴み, に洗, に渡しました, に目, に目配せ, に突當つたの, に至つて, に見とがめられた, に誘はれる, に跟けさ, に逢つて, に飛付かれた, のいぢ, のとぼけた, のキナ, の一分, の一應, の下手, の不平, の不服, の仕方噺, の八五郎さ, の八五郎相好, の勇猛さ, の半間, の反, の取得, の哲學, の噛みつく, の大きな, の天稟, の安否, の小鼻, の左, の引出せる, の徹底, の心持, の恐ろしい, の慧眼, の慰め顏のし, の懷, の我武者羅, の折, の持つ, の捕, の搜, の暢氣さ, の望み, の板前, の樣子, の歸, の氣組, の注意, の火傷, の無遠慮, の照れ臭い, の爭, の物々しい, の玉蛇, の疑問, の眞, の碁, の神經, の築き上げた疑ひ, の職業意識, の背筋, の脇, の脇腹, の腹, の茫, の見, の言衆, の説明, の豫言, の質問, の足元, の踝, の身分柄, の近頃, の逞しい, の鑑定, の長廣舌, の開けつ放し, の間伸, の集めた, の頭上, の馬鹿正直さ, の驚いた, はあさ, はあまりに, はいつも, はうろ, はお勝手, はがつかりし, はこれ以上追及, はさり, はすご, はすつかりお, はすつかり彈みきつて, はすつかり御, はすつかり恐悦, はすつかり感服, はすつかり面白く, はそれだけ, はそれとなく, はたまり兼ねた, はつま, はどんなに, はのぞく, はほんの, はまさに, はもうすつかり, はもぞ, はアタフタ, はキナ, はクスリクスリ, はスゴスゴ, はツイ正直, はニヤリ, はノツソリ, はハツ, はヒタヒタ, はフイゴ, はプイ, はペコリ, はホツ, はポリ, はモモンガアみたい, は一々, は一人, は一兩二分の件, は一寸, は一應屋敷, は一應逢つて, は一言, は三村屋, は上屋敷, は不安, は不意氣, は不服さうに頬, は中, は中腰, は二つ, は二三日經, は二人, は人影, は今日, は他愛, は仰天, は何ん, は何方, は傳通院前, は入口, は八丁堀, は其儘默つて後ろ, は其日, は凡そ, は前, は十手, は危ふく聲, は取, は只, は名, は向う, は呆氣, は品吉, は唸りました, は喧嘩, は器量, は囁やきます, は土, は地味, は夕方, は大した, は太夫元, は委細構はず話, は定吉, は寒々, は寺男, は小僧, は小柳町, は小首, は尾久, は巧み, は帶, は平内樣, は庄八, は弄ばれ, は張り上げました, は彈, は彌, は得意, は心安立て, は必死, は思ひ出し, は怨めし, は息, は息せき切り, は想, は愛想, は感慨無量, は我慢, は手, は手掌, は押, は拍子拔, は指します, は挨拶, は掌, は擽, は敷居, は新吉, は日頃, は暗がり, は暗く, は暫らく, は曲者, は最後, は木戸, は本, は根岸, は横ツ, は横手, は次, は正に, は此親分, は歸ら, は殺さ, は毎日三度位づつ報告, は沈み返つた, は泥棒, は涙, は澁, は無精, は照れ隱, は片手, は獨, は獵犬, は町内, は疲れ, は目白屋敷, は眞上, は石川孫三郎, は稀, は立ち止りました, は笹野新三郎, は紅屋, は素, は素早く, は素知らぬ, は耳, は聟入, は背, は脊筋, は腰, は臆面, は舌鼓, は芝, は草履, は蔭, は薄寒く, は蛸, は袋路地, は裾, は要領, は見兼ね, は親分, は話し, は足, は轉, は近所, は遠慮, は部屋, は金之丞, は閉口, は闇, は雪, は面喰らつて, は面目次第, は額, は飛, は飛び出さう, は飛び込みざま茶碗, は飛付きました, は飛込んだ, は飯倉, は餘, は馬鹿, は驚きました, は高慢, は鬼, は默つて了, は默つて部屋, は默りこくつ, ばかりで, も, もう少し詳しく, もかう, もすつかり健康, もつれて, もなにか, も一生懸命, も人柄相應, も佐吉, も其處, も利助, も吉原冠, も呆氣, も大, も大分呑込み, も容易, も引き込まれる, も心丈夫, も承服, も散々聽, も暫らく, も次第に, も毒氣, も滅多, も無, も用人小峰右内, も眼, も笹野新三郎, も聽, も膝小僧, も見た, も言つて, も顏, も默つて, や留吉, よく見, らしくこね返します, をかきのけ, をからかひ, をたしなめ, をもう一度, を中二階, を助け起し, を叱り飛ばした, を土手, を山小屋, を平次, を從, を投げ飛ばした, を押しのける, を振り返ります, を撫め, を止めます, を殘, を溝, を甘く, を目顏, を督勵, を睨め, を自分, を裏, を見る, を試驗, を追及, を門弟達, を面喰, を顧, 一杯飮, 今朝食つた物, 到頭あきらめ, 大きく開いた, 如きの, 相變ら, 長い影, 間もなくつま

▼ ガラツ八はさ~ (9, 0.4%)

5 う言 1 ういひながら, うでも, う言つて, う註

▼ ガラツ八こと八五郎~ (4, 0.2%)

1 の思ひ, はつく, を相手, を迎

▼ ガラツ八これ~ (4, 0.2%)

1 はあまり, はお, は下駄, は少し

▼ ガラツ~ (3, 0.1%)

1 あけて, 格子戸が, 開いて

▼ ガラツ八俺~ (3, 0.1%)

1 にこんな, は寢, を何處

▼ ガラツ八手前~ (2, 0.1%)

1 その塀, は大

▼ ガラツ八相手~ (2, 0.1%)

1 にこんな, の一日

▼ ガラツ八自身~ (2, 0.1%)

1 でした, もよく

▼1* [44件]

ガラツ八こいつは手前, ガラツ八こと八五郎髷節へ赤蜻蛉, ガラツ八これぢやお, ガラツ八さんが怖い, ガラツ八それにつままれた, ガラツ八のは左, ガラツ八はいふ迄もなく, ガラツ八はでつかい舌鼓, ガラツ八はやつきとなりました, ガラツ八一世一代の糞力, ガラツ八一人をつれ, ガラツ八事わが八五郎, ガラツ八二度目には變, ガラツ八今度は少し, ガラツ八伊三松を劬め, ガラツ八伊三松多勢の番頭手代小僧, ガラツ八位のところが, ガラツ八來い捕つたぞ, ガラツ八兄さんぢや目鼻, ガラツ八兄哥かそいつ, ガラツ八其處に居る, ガラツ八其踏臺を持つ, ガラツ八利助を始め, ガラツ八力だけは二人前, ガラツ八勘助の三人, ガラツ八名題の惡筆, ガラツ八四つん這, ガラツ八奴手前などはだらし, ガラツ八家中の者, ガラツ八平次はその, ガラツ八扱ひぢ, ガラツ八日本橋を越し, ガラツ八曲者の襟髮, ガラツ八有無を言, ガラツ八有頂天で飛出した, ガラツ八歸らうよ, ガラツ八流の樂天的, ガラツ八源吉四方はもうすつかり暮れ, ガラツ八犬つころ, ガラツ八相應の變裝術, ガラツ八種村の騷ぎを後, ガラツ八自分の親分, ガラツ八親分なんざ, ガラツ八飯を食