青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ガラッ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

イデオロギー~ イヤ~ インド~ エ~ オレ~ カン~ カント~ ガ~ ガス~ ガラス~
ガラッ~
ガラツ~ キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~ コゼット~ コップ~ コーヒー~ ゴム~ ゴーリキイ~

「ガラッ~」 1139, 12ppm, 8922位

▼ ガラッ~ (1052, 92.4%)

87 の八五郎 17 は少し 10 の話 8 と一緒, はすっかり, はその, はまた, は平次 7 はこの, はそんな 6 の手, の方, の眼, の顔, の鼻, はもう 5 が飛ん, でした, の前, の報告, の声, の言葉, はそう, を伴, を促し

4 [12件] が飛込ん, です, と二人, はいきなり, はまだ, は妙, は後ろ, は思わず, は親分, もさすが, も思わず, を顧みました

3 [16件] が入っ, が帰っ, と顔, のため, の調子, の野郎, はこう, はそれ, はぼんやり, は何, は懐中, は飛ん, は鼻, もあまり, をつれ, を叱り飛ばし

2 [68件] がこう, がこの, がそう, が呶, が報告, が居たら, が平次, ですが, と仲間, と平次, にこんな, の問い, の左, の注意, の相手, の耳, の言う, は, はあまり, はあわて, はここ, はさすが, はそっと, はそのまま, はただ, はたまり兼ね, はとうとう, はまさに, はもう一度, はペロリ, は一句, は二つ三つお辞儀, は今さら, は危うく, は外, は大きく, は大きな, は大変, は子分, は弾み, は往来, は悄気返っ, は押して, は文句, は日頃, は漸く, は猟犬, は立, は素直, は自分, は表, は路地, は遠慮, は部屋, は長い, は頬, は黙っ, もしばらく, もすっかり, も与次郎, も口, も妙, も石原, を始め, を居睡り, を案内, を迎えました, を追っ立てる

1 [571件 抜粋] か, か何, か騒々しい, がうさん臭い, ががなり込ん, がこんな, がそっと, がそんな, がたまり兼ね, がちょうど, がつくづく, がまた, がまだ, がやって来た, がゐ, が一番先, が人七化三, が人三化七, が入る, が出かけよう, が加わった, が半死半生, が危うく, が取りなし, が夕顔, が大徳屋, が寺島, が差出した, が帰った, が店, が庭, が後で, が思い出した, が手一杯, が手代久吉, が招き猫, が持前, が指さした, が掌, が提灯, が新しい, が日頃, が最後, が桶屋, が横, が横槍, が水, が泊っ, が注意, が現場, が発見, が神田, が突っ, が絵解き, が縋い, が考え, が聞き齧った, が背中一パイ, が言った, が訊いた, が調べ抜いた, が諜, が越後屋, が送られた, が鍋町, が長屋, が飛, が飛出す, が首, が駆けつけた, が驚いた, ぐらいな頓間, ぐらいのところが, こんなに弱った, さえ欄干, その吹矢, その烏, それに与次郎, だったとも, だったの, ちょうど好い, でおよそ, でもよほどの確信, で沢山, という人気男, といえ, とうとうあきらめ, とその, とは日当り, と久三郎, と五六人, と利助, と来, と清次郎, と菊松, と鉢合せ, にあんな, にし, にそう, にとってはこの, にはその, にはそんな, にはよく, には何, には何かしら不安, には手, には謎, にも一種鬼気, にも何となく, にも分りません, にも容易, にも解らない, に任せ, に似た, に何, に半日, に口説かれる, に対する反感, に差出させ, に引立てられ, に引立てられる, に後, に手伝わせ, に持たせ, に教わった, に案内, に止められ, に水, に洗わせた, に清吉, に渡し, に種, に突きのめされる, に縄付, に肩, に膝枕, に薄手, に言っ, に説明, に譲っ, に跟けさ, に送られ, に顔, に飛込まれ, に首根っこ, のぐあい, のこう, のこと, のごとく, のつまみ上げた, のとぼけた, のカン, の倦む, の叔母, の口, の向う, の噛み付く, の困惑, の大, の大変, の巨体, の巨蛇, の差出す, の引い, の引出せる, の後ろ, の得意さ, の得意そう, の心臓, の慧眼, の手柄, の持っ, の掌, の敵, の気, の火傷, の獲物, の疑い, の疑問, の真似, の私, の築き上げた, の純情, の経験, の肩, の背中, の背筋, の腕, の腕力, の自尊心, の英雄的, の覚束, の親思い, の説明, の足許, の跟, の踝, の身分, の近づく, の退屈さ, の逞しい, の長談義, の集めた, の青, の面白, の頬, の頭, の顎, の饒舌, の馬鹿馬鹿し, の驚いた, の骨惜しみ, の髷節, はありったけ, はいきみ出しました, はいつも, はいろいろ, はお, はおどけた, はお勝手, はこんな, はしかし, はしばらく, はそいつ, はそれから, はそれだけ, はそれっきり, はそろそろ, はぞっと, はつくづくそう, はつままれた, はつれ立っ, はときどき, はとんだ, はどこ, はどんなに, はまことに, はもうすっかり, はもっと, はやり過し, はわざと, はガン首, はキッ, はキョトン, はコクリコクリ, はゴクリ, はツイ, はニヤリニヤリ, はヒョイ, はピョコリ, はペッペッ, はモリモリ腹, は一ペン, は一応, は一歩, は一気に, は一生懸命, は三崎町, は不器用, は世間並, は予て, は二つ, は二三本, は二三枚雨戸, は人聞き, は仕方話, は仕様事, は任せ切った, は伝通院前, は何かしら, は何と, は例, は元, は入口, は全く, は出かけ, は利助, は勘次, は勢い込ん, は叔母, は向島, は呆気, は呑込み, は呼, は唸りました, は唸ります, は商売気, は問いかけました, は囁きました, は囁きます, は囁く, は四半刻, は土蔵, は執拗, は堅気, は夜, は大きい, は大はしゃぎ, は奇想天外, は女, は完全, は宙, は寮, は小さい, は小判, は尖鋭, は屑屋, は平, は平手, は平次譲り, は引返し, は弾み切っ, は得々, は徳利, は心得顔, は忌々し, は忿, は思い出した, は情け, は想像, は意識, は拇指, は掌, は提灯, は改めて, は敷居, は新しい, は昨夜, は昼下がり, は時, は晩飯, は有頂天, は本当に, は朱塗, は柄, は桶甚, は横, は横っ飛び, は歯痒, は死体, は死物狂い, は残る, は気軽, は泥棒, は清吉, は渋々, は滅法, は無駄, は煙草盆, は物事, は物足りない, は狐, は狭い, は生れ, は用心, は畳, は百松, は相, は眉, は真上, は眼, は矢庭, は神妙, は立ち上がりました, は立ち止まりました, は立上がっ, は精一杯, は納まり, は素より, は絵解き, は縄尻, は翌, は聴き, は至極, は舌舐り, は芝, は芥子玉, は草, は薪, は行灯, は街, は裏, は襟, は言い切っ, は調子, は諦めた, は貧乏徳利, は躍起, は転がる, は追いすがりました, は追っかけました, は銭形平次, は長兵衛, は間もなく, は闇, は雀躍, は頭, は頸, は顎, は飛びました, は飛び出しました, は飛び出そう, は飛び込みざま茶碗, は飛付く, は飛出しました, は驚いた, は高々, は鬢, は鬼, は魂, は鼻高々, へ妙, ほど高く, もうすっかり面, もお, もがっちり, もこう, もこの, もその, もそれ, もつい, ももう, もやっ, もやって来ました, も人柄相応, も今晩, も十手, も呆れました, も圧倒, も外, も大, も大分したり顔, も少しどうか, も度胆, も引入れられ, も弱りました, も心丈夫, も手, も次第に, も満更, も現われ, も膝, も負け, も責め, も途方, も釣られた, も開いた, も顔, も驚きました, も高慢, や留吉, よく見, よりは事件, よりは四半刻近く, をうんと, をからかい, をからかっ, をすっかり, をふんわり, をやった, を一人, を主人公, を仰天, を伏せ, を促します, を促し立て, を助けた, を受取った, を呼, を呼ん, を呼出し, を始め四五人, を寒い, を尻目, を引っ担い, を従え, を払い退ける, を押し倒し, を押し隔てる, を担ぎあげました, を掻き退ける, を救う, を景気, を目的, を相手, を眼, を睨みます, を自分, を見失った, を試験, 危うく欄干, 大きく開いた, 少しばかり, 少し獅子, 帰ろうよ, 来い, 来い捕ったぞ, 相変らず, 逃がすな, 間もなくつままれた

▼ ガラッ~ (43, 3.8%)

4 戸を 3 変って 2 ひらきました, 窓を, 障子が

1 [30件] あいて, あけて, かわって, した室, しょうじの, そのわ, それを, とつぜん風, なにか物, ひらかれました, ウイスキーの, ガラスま, 人間が, 厚い車戸, 変るん, 威勢よく, 崩れ落ち始めたよう, 引きあけいきなり, 戸が, 押し開けたもの, 油障子が, 窓が, 細目に, 重い板戸, 門が, 門を, 開いて, 開く賢一郎, 開けた, 開けて

▼ ガラッ~ (4, 0.4%)

1 のたんか, の声, の野郎, はまっ

▼ ガラッ八これ~ (3, 0.3%)

1 はお, は下駄, は何

▼ ガラッ八手前~ (3, 0.3%)

1 その塀, にとっ, は大変

▼ ガラッ八自身~ (3, 0.3%)

1 の方, は止めど, もそれっきり姿

▼ ガラッガラッ~ (2, 0.2%)

1 とその, とわだち

▼ ガラッ八それ~ (2, 0.2%)

1 でわかった, は何もかも

▼1* [27件]

ガラッとわだちを, ガラッパチの旧跡, ガラッピシリドタバタと, ガラッ八さんが怖い, ガラッ八どこから持出した, ガラッ八どっちだ, ガラッ八なんざ小当りに当っ, ガラッ八はつと足下, ガラッ八はとにもかく, ガラッ八今晩一つ付き合わないか, ガラッ八今朝食った物, ガラッ八俺は寝ず, ガラッ八力ずくとなる, ガラッ八天水桶の埃, ガラッ八女房のお, ガラッ八奴何を面, ガラッ八得意の力業, ガラッ八揃いの手拭, ガラッ八有無を言わせず, ガラッ八流の楽天的, ガラッ八自分の親分, ガラッ八足を結綿, ガラッ八辰蔵の態度, ガラッ八青物町の久三郎, ガラッ熊得意の壇場, ガラッ熊鳶由左官の伝次, ガラッ熊鳶由細野浪人この四天王格