青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「よう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ゆっくり ゆっくり~ ~ゆる ゆる~ ゆるし~ ~よ よ~ ~よい よい~ ~よう
よう~
~ようす ~ようやく ようやく~ ~よかっ よかっ~ ~よかろ よかろ~ ~よき よき~ ~よく

「よう~」 378190, 3632ppm, 19位

▼ よう~ (179634, 47.5%)

8146 して 5021 なって 3793 なった 1436 なったの 1384 見えた 1315 思われる 1193 見える 1185 思われた 1118 云った 1098 なりました 770 言った 745 思う 729 思われて 646 なる 641 した 628 思って 552 思った 469 いった 409 見えて 404 感じた 401 なると 378 思えた 375 言って 370 なってから 336 しながら 335 見えるの 328 自分の 323 なるの 318 眼を 310 彼の 309 顔を 304 私の 289 思われるの 272 云って 265 思われます 255 いって 245 考えて, 身を 243 私は 228 見えました 227 立って 220 なれば 212 出来て 210 それを 209 首を 207 気を 203 しなければ, なったが 202 消えて 195 彼は 194 光って 191 思えて 190 口を 189 感じられた 185 思います 177 なったので, 黙って 176 手を 175 頭を 172 覚えて 171 声を 168 書いて 163 見えたの 156 するの 155 いいました 149 見えます 147 感じて, 飛んで 146 目を, 私には 145 なってからは, 思われました, 見えるが 141 成った 137 なったと 135 静かに 134 みえた 133 走って 130 なります 129 する, 呟いた 127 なったこと 125 出て, 見て 124 思いました, 思うの, 答えた 123 すること, 叫んだ 122 急に, 言いました 121 思える 119 できて 117 聞いて 116 しました 113 なるかも 110 したが, したの, 彼を 107 なったという 106 思うが, 輝いて 105 歩いて, 記憶し 102 彼女の, 思われたの, 見えたが 99 笑って, 聞えて 98 両手を 97 なつた, 思われるが 96 動いて, 流れて 94 笑った, 考えられて, 腰を 93 なっては, 彼女は 92 なっても, 見せかけて 91 訊いた 89 なったから 86 聞えた 85 すれば 83 私を, 肩を, 足を 81 坐って, 注意し 80 なったん 78 それは, 命じた 76 みえる 75 いつまでも, 身体を 74 なつて, 頼んで 73 思ったの 72 なること, 人の 71 なったもの, 何か, 感じたの, 感ぜられた 70 やって, 言う 69 なるだろう, 頭の 68 聞こえて 67 しようと, 感じました 66 そこに, 感じられて 65 したいと, するが, 急いで, 胸を, 自分を, 記憶する 64 空を 63 二人の, 人間の, 彼には, 話して 62 なりましたが, 思ったが 61 すると, なったとき, 一つの, 聞える, 落ちて 60 するため, なるん, 固くなっ, 成って 59 いう, 云うの, 見えること, 見た 58 なったか, 努めて, 家の 57 並んで, 息を, 気が, 部屋の, 静かな 56 思われたので, 頼んだ 55 なるもの 54 ならなければ, 姿を, 相手の 53 日本の, 生きて, 私が 52 あたりを, いうの, なった時, 心の, 感じられる, 申して, 言うの 51 体を, 思われたが, 燃えて 50 なりその, 眺めて 49 はっきりと, 心を, 思われるから, 見えるかも, 見せて 48 女の 47 させて, わたしの 46 いうと, ぼんやりと, 持って, 響いた 45 こう云った, 見えても, 響いて 44 するには, それが, なってからも, 人を, 大事に, 男の, 美しかった, 考えられた 43 一人の, 僕の, 喜んで, 私に, 言葉を 42 したいもの, なるであろう, 力を, 思いますが, 思うん, 思われたから, 積んで, 降って 41 じっとし, するん, なるから, 口の, 咲いて, 思えるの, 死んで, 膝を 40 そこへ, 私も, 美しい, 考えられる, 自由に, 願います 39 しよう, なりまして, 動かなかった, 心得て, 思われますが, 思われるかも, 澄んで, 用心し, 窓の 38 両手で, 僕は, 命じて, 帰って, 眉を, 眼の, 胸の, 見受けられる, 進んで 37 おもえた, されて, しては, なるまで, ひっそりと, 唇を, 父の, 自分が 36 これを, 微笑し, 感じる, 泣いて, 胸に, 話を

35 [16件] しろ, せねば, なさい, なりそれ, ぼんやりし, 他の, 倒れて, 妙に, 彼に, 水の, 水を, 消えうせて, 痩せて, 立派な, 笑いながら, 言ったが

34 [12件] うなずいて, したい, なったり, 云いました, 働いて, 入って, 努力し, 可愛がっ, 多くの, 見えたから, 言われて, 飛び出して

33 [12件] あなたの, うなずいた, かすかに, からだを, しても, すべての, ふらふらと, 云ったが, 横に, 突っ立っ, 簡単に, 耳を

32 [12件] それに, なったし, なるという, 動かない, 思えたの, 思われるので, 感ずる, 感ぜられる, 残って, 空に, 見えましたが, 見えますが

31 [14件] なりは, なるが, なるでしょう, パッと, 云う, 外へ, 揺れて, 物を, 白かった, 考えるの, 自分は, 言うと, 雪の, 非常に

30 かがやいて, します, 人が, 大きな声, 女は, 明るくなった, 目に, 見えるので, 面を

29 [27件] いろいろな, いろいろの, いわれて, すぐに, つぶやいた, なるだろうと, 二人は, 何も, 変って, 寄って, 寝て, 山の, 彼らは, 心が, 思いましたが, 思ったから, 拡がって, 指を, 聞えるが, 腕を, 自分で, 見えなくなって, 近づいて, 開いて, 階段を, 音も, 駈けて

28 [23件] あわてて, いったが, しずかに, そこの, である, なくなって, なったかと, なったそう, よれば, 仕向けて, 何の, 固くなった, 思い込んで, 思うて, 愛して, 明るかった, 横たわって, 浮んで, 眼に, 置いて, 見えたり, 逃げて, 鼻を

27 [21件] きれいに, これは, するから, ついて, つとめて, なった頃, みえました, スーッと, 人に, 冷たかった, 前へ, 彼女を, 思いながら, 思われるん, 疲れて, 知って, 続いて, 聞こえた, 腹を, 行って, 見えるもの

26 [24件] こちらを, なりましたの, なりますと, ゆっくりと, ハッと, 一種の, 云ったの, 例の, 小声で, 床の, 思われること, 感じながら, 暮して, 書かれて, 次の, 溜息を, 熱心に, 眺めた, 考えた, 考えること, 見えるから, 覚えた, 身動きも, 風に

25 [25件] おっしゃって, ぐったりと, たくさんの, なり, なりましたので, ゆれて, 二つの, 信じて, 呟いて, 囁いた, 少しも, 左右に, 後から, 感じるの, 注意を, 浮いて, 祈って, 突っ立った, 聳えて, 見受けられた, 言いながら, 説明し, 静かで, 頬を, 顔の

24 [23件] こう言った, その場, では, なるか, 云われて, 全身を, 叫んで, 小さくなっ, 心がけて, 念を, 怒って, 思ったので, 感じられるの, 手紙を, 眠って, 立ち上って, 笑い出した, 答えました, 葉子の, 見られて, 言ったの, 訊ねた, 顫え

23 [24件] お思い, きいた, するという, そんなこと, なってからの, 一面に, 云いながら, 前に, 子供の, 平気で, 手足を, 描かれて, 木の, 枝を, 母の, 片手を, 自然に, 見えながら, 話した, 説明した, 青ざめて, 静まり返って, 髪を, 鼻の

22 [26件] した方, なりましたから, なりまた, なるので, なるまでは, ひらひらと, 冷たくなっ, 室の, 感じられたの, 成ったの, 机の, 椅子の, 水が, 涙が, 涙を, 現われて, 白くなっ, 目の, 立ち上った, 自分も, 見えたので, 見つめて, 調子を, 迫って, 降りて, 頭から

21 [30件] いったの, ここに, したり, しなくては, その上, その顔, わたくしの, ハッキリと, 両腕, 今まで, 光った, 壁に, 大切に, 家を, 彼らの, 感じます, 感じられました, 手に, 扱って, 空中に, 綺麗な, 聞こえる, 胸が, 色が, 茫然と, 見えその, 返事を, 酒を, 頷いて, 飛込んで

20 [46件] うねって, お前の, したもの, しましょう, そう云った, たのんで, どこまでも, なりましょう, なるよ, ゆらゆらと, わたしは, 不思議な, 云い出した, 云うと, 今の, 今は, 伸子は, 低い声, 作られて, 使って, 動いた, 勝手に, 吹いて, 夜の, 微笑した, 心に, 感ずるの, 或る, 手で, 気の, 海の, 申しました, 真赤な, 突立っ, 考える, 聞いた, 見せかけたの, 誰も, 赤かった, 輝いた, 闇の, 静かだった, 頭が, 頷いた, 飛び込んで, 驚いて

19 [48件] あたりの, お通, こういった, したまえ, とんで, なりたいと, なりましたよ, なんの, ぴったりと, シーンと, 上手に, 今度は, 伸子の, 元気に, 先へ, 冷えて, 叫びました, 右の, 喜んだ, 垂れて, 夫人の, 妙な, 宙に, 幾度も, 心掛けて, 思うこと, 思うと, 思う人, 思われたり, 散って, 来て, 椅子から, 椅子に, 武蔵は, 沈んで, 濡れて, 相手を, 色の, 草の, 見えるだけ, 見えるん, 見られた, 計らって, 足音を, 遊びに, 道の, 部屋を, 音を

18 [43件] おぼえて, おもわれた, おもわれました, かれは, ここへ, これも, こんなこと, ござります, してやる, どこか, どこかへ, ながめて, みえて, キラキラと, ピタリと, 一定の, 下って, 不意に, 世話を, 今日の, 何度も, 勧めて, 尖って, 彼も, 思えます, 想像し, 扉を, 扱われて, 抱いて, 振舞って, 映って, 曲って, 無数の, 白い, 窓を, 綺麗に, 見つめた, 語って, 這って, 重かった, 集まって, 静かであった, 骨を

17 [59件] いたします, うずくまって, うっとりと, かかって, きらきらと, こっちへ, ございます, さけびました, してやろう, しみじみと, しんと, すわって, そう言っ, その男, そびえて, つけ加えた, つっ立って, なったため, なったところ, ふるえて, まっ黒な, フラフラと, 下の, 世界の, 乱れて, 人々の, 人々は, 仕組まれて, 伝えて, 作って, 依っては, 前の, 力なく, 君の, 命じました, 堅くなっ, 少しずつ, 庭の, 快活に, 怖ろ, 慄え, 朦朧と, 歯を, 消え失せて, 白く光っ, 真赤に, 眺められた, 考えると, 耳に, 背を, 自分に, 血が, 見えるけれども, 赤くなった, 走った, 身うごき, 門の, 馳け, 鳴って

16 [56件] あとから, いいつけて, いいながら, くっついて, ここで, これらの, しっかりと, するすると, その眼, それぞれの, つぶやきました, なったわけ, ならんで, なるし, なるに, なるまでには, ひびいて, ぶるぶると, ッて, 一度に, 二人を, 人は, 人間が, 冷い, 命令した, 地に, 地面に, 坐った, 女を, 平らに, 廻って, 後へ, 思えたから, 思えるが, 感ぜられて, 描いて, 映った, 暗い, 暗かった, 気味の, 無雑作, 用意し, 男は, 登って, 眼が, 見えると, 見えるところ, 見ながら, 見受けられます, 親切に, 解釈し, 誰かが, 赤い, 赤くなっ, 足が, 風が

15 [76件] いそいそと, おもいました, かれの, きれいな, し, すすめた, すすめて, そう云っ, そこから, その日, たのみました, どこからか, なったころ, なったその, なった事, なりますよ, ひろがって, ほかの, まっすぐに, わたしを, ジッと, ホッと, 一斉に, 一時に, 丁寧に, 上から, 下に, 下りて, 二階の, 仕組んで, 伸びて, 佇んで, 光を, 努力する, 叫びながら, 向うの, 吾, 天井を, 工夫し, 左の, 彼女に, 思われるけれども, 感じたが, 拵えて, 明かるく, 昔の, 暮らして, 月の, 火の, 熱かった, 熱くなった, 用意を, 畳に, 瞳を, 積まれて, 立ちすくんで, 立ちどまって, 素直に, 考えられます, 考えられるの, 聞きました, 肥って, 自然の, 致して, 色を, 苦しかった, 荒れて, 見えたこと, 視線を, 身が, 身に, 追って, 通って, 金を, 頭に, 額に

14 [94件] あざやかに, ありありと, ある, うなだれて, お願いいたします, かたくなっ, くるくると, こう云っ, こっちを, ささやいた, したので, したらどう, しないと, その中, その人, それらの, たかって, だらりと, なりそして, なるため, なるには, ぴたりと, むやみに, よく気, ソッと, 下へ, 今でも, 他人の, 何でも, 俯向い, 凍って, 口が, 呶鳴った, 土を, 変な, 多数の, 女が, 存じます, 存じますが, 存ぜられます, 完全に, 室を, 尋ねた, 座を, 彼が, 彼等の, 微笑を, 思えたが, 思ったり, 思われると, 恐れて, 扉の, 教えて, 曲がって, 次から, 此の, 歩いた, 浮かんで, 漂って, 無邪気に, 現在の, 畳の, 白, 真白な, 私たちは, 私にも, 空の, 空へ, 立上った, 立派に, 竜之, 聞こえるが, 自分には, 自然と, 自由な, 興奮し, 落着い, 血の, 見えたもの, 見えたん, 見たが, 見入って, 言うが, 言つた, 走り出した, 述べて, 過ぎて, 道を, 額を, 風の, 馬を, 驚いた, 鮮かに, 黙りこくって

13 [97件] あらわれて, いろいろと, おなりに, お蝶, かたまって, こう言っ, こちらの, しずまりかえって, したと, してから, する事, そう言った, その手, それへ, だ, だまって, つぶやいて, なさるが, なったかという, なったけれども, なりながら, なりますから, なるだろうという, なろうとは, にこにこし, ぼやけて, みえたが, もとの, 一と, 一人で, 一切の, 下を, 乾いて, 二つに, 二人が, 伝わって, 僕を, 初めから, 動かなくなって, 半七, 呟きながら, 堂々と, 声が, 売れて, 夢中に, 大声で, 嬉しかった, 巨大な, 思えました, 思えるん, 想像する, 慌てて, 憶えて, 手の, 手も, 沢山の, 波の, 注意する, 深々と, 渦を, 湧いて, 点々と, 現れて, 町の, 痛んだ, 白い顔, 目が, 硬くなっ, 硬ばっ, 私達は, 立ちあがって, 立ち上がった, 答えて, 繁って, 考える人, 聞えたの, 聞えるかも, 聞こえるの, 肩に, 背の, 装って, 複雑な, 見えるこの, 見えるであろう, 言いつけた, 記して, 語った, 誤解し, 読んで, 陽気に, 集って, 雪が, 霞んで, 静かである, 頼みました, 馳けて, 黙々として

12 [126件] いうて, いそいで, いっしょに, うしろへ, おもわれる, お雪, かすんで, かれら, きえて, きこえた, きょとんと, こういっ, したらいい, してやるから, しますから, しろと, じりじりと, すうっと, すらりと, そういっ, そのあと, それから, ぞっとした, たずねた, つづいて, つながって, どんよりと, なすって, なった動機, ふわふわと, ほの, ぼんやりした, まざまざと, みえるの, みんなの, ものを, やって来て, よろよろと, われわれの, われわれは, スルスルと, 一致し, 三人の, 二人で, 人間を, 伝えられて, 何かの, 俺の, 元の, 冷く, 努めた, 努力した, 勧めた, 単純な, 取って, 呟いたが, 命令し, 四辺を, 外に, 夫の, 妻の, 姉の, 岩の, 巻いて, 平次の, 後を, 思い做, 思わる, 思われても, 思われるもの, 思われ出した, 悠々と, 戸を, 振って, 揺れながら, 新鮮な, 日の, 明るい, 明るくなっ, 普通の, 暑かった, 横へ, 汗を, 注意した, 流れ込んで, 浮き出して, 無言の, 熱して, 痛んで, 真面目に, 社会の, 笑うの, 素子が, 細くなっ, 老人の, 聞えるの, 背中を, 腹の, 膝の, 自分から, 舞って, 花の, 葉子は, 葉子を, 襲って, 見えるその, 見せかけながら, 見られたの, 覗いて, 言い出した, 説いて, 誰にも, 走りだした, 身の, 透きとおって, 遊んで, 遠くから, 閃いて, 開けて, 障子を, 隠れて, 雲の, 静まりかえって, 顔色を, 願って, 鳴った

11 [121件] あの人, あらわれた, いう人, いきいきと, いやに, おれの, お互に, お願いし, お願いします, かけて, かすかな, からからと, かわいがって, きまって, ここでは, こそこそと, こちらへ, こんな事, さして, させたの, したん, しなさい, すば, するので, せよ, そこを, その時, そろそろと, たのんだ, つづけた, とびだして, なったらしい, なったらその, なったらどう, なった時分, ならないと, なり私, なるわけ, なる時, なれと, なッ, ひそかに, わたしには, わっと, ガラッ八, ギラギラと, 下から, 仕事を, 体が, 傾いて, 元気が, 光る, 冴えて, 動くの, 単純に, 右手を, 合図を, 向うへ, 咽喉を, 四方から, 固まって, 変化し, 奥へ, 娘の, 守って, 幸福に, 廊下の, 延びて, 彼等は, 後の, 思いこんで, 想像される, 感ぜられるの, 揃って, 曇って, 曲げて, 橋の, 歌を, 歩き出した, 江戸の, 泣いた, 清らかな, 無表情な, 無造作に, 熱くなっ, 現実の, 生えて, 男を, 白くて, 白くなった, 神の, 私たちの, 箸を, 結んで, 続けて, 緊張した, 聴いて, 自分たちの, 船の, 茂って, 行かない, 見えるし, 見られる, 見詰めて, 記されて, 説明する, 起った, 起って, 足早に, 転がって, 透明な, 酔って, 間を, 離れて, 雨戸を, 雪を, 震えて, 霧の, 静に, 飛んだ, 黙りこんで

10 [166件] あとを, あるが, いいますと, お綱, がらんと, きこえて, きらめいて, くるりと, ぐるぐると, こしらえて, こっそりと, この家, この男, これが, してね, してやった, しむけて, じぶん, すすめたが, すべてを, するか, するつもり, せい, そっぽを, その前, その姿, ため息を, つくられて, どなった, なさいよ, なったです, なったよ, なったら, なっちゃ, なってしも, なりそう, なりつつ, なるそう, なるであろうと, のびて, ひっそりし, びっくりした, ふわりと, ほんとうに, まっくら, まっ赤, みえるが, もえて, やって来た, りっぱな, ジリジリと, スラスラと, ニコニコし, ピッタリと, ユラユラと, 一緒に, 上の, 上へ, 上を, 世間から, 世間では, 中の, 主水, 云うて, 今も, 仕向けたの, 傍の, 兄の, 先生の, 光るの, 出来るだけ, 動かして, 動かなくなった, 博士の, 口に, 呼吸を, 外の, 夢の, 娘を, 家へ, 小さな声, 尾を, 左右へ, 左右を, 庭へ, 張って, 当時の, 微笑んで, 怒鳴った, 思い出された, 思われましたが, 思われますね, 思召し, 恍惚と, 感じられます, 成ってから, 我々の, 斜に, 斬って, 日が, 明智の, 春の, 暗くなった, 朝から, 朝の, 柔和な, 棒立ちに, 歯の, 気楽に, 波を, 泳いで, 消えた, 源氏は, 火を, 片手で, 現われた, 生きること, 生き生きと, 用心した, 発達し, 白い歯, 直して, 真白に, 着て, 着物を, 石の, 穴の, 突き出て, 突立った, 窓から, 立ち上がって, 立ち竦んで, 竦んで, 笑いだした, 純粋に, 緊張し, 縁の, 美しいの, 考えたの, 聞えました, 聞えますが, 舌を, 艶, 花が, 茫然として, 血を, 表の, 表へ, 袖を, 見えるだろう, 見える場合, 見せた, 見なして, 見ること, 見受けられました, 解して, 解釈する, 訪ねて, 語りました, 踊って, 逃げ出した, 過ぎ去って, 静まって, 順々に, 頼む, 頼むと

9 [227件] あがって, あっちへ, あなたは, あなたも, あるいて, いうこと, いくつも, うしろに, うつむいて, おもって, おれは, お考え, お辞儀を, お銀様, きめて, ぐったりし, こう言う, ここの, ここを, この部屋, ころがって, させる, さっきから, したいの, しっかりした, しばらくの, しようでは, しろよ, する必要, そういった, そこらの, そのこと, その手紙, その方, ちょいと, ちらちらと, ちらと, つとめた, つぶやくの, ていねいに, なったお, なったとも, なったならば, なったのに, なったらもう, なった原因, なった自分, なりたい, なりましたね, なり今, なり自分, なるはず, なろう, なろうと, なんでも, ひとりで, へばりついて, ぽっかりと, みせかけて, ゆったりと, よろこんで, わかって, キチンと, キラキラ光っ, グッと, グッタリと, テーブルの, 一本の, 上に, 世間の, 両袖, 並べて, 中へ, 丸くなっ, 今日も, 伸子を, 似て, 体の, 何事も, 俺は, 僕も, 元気な, 元気よく, 先生は, 入口の, 冷たい, 冷やかな, 冷静に, 別の, 努めなければ, 厳粛な, 叫び出した, 吠えて, 呟くの, 哄笑した, 四方へ, 土の, 地を, 地上に, 地面を, 城太郎は, 大きくて, 大声を, 太陽の, 夫人は, 宙を, 小さくなった, 屋根の, 山を, 岸本の, 川の, 年を, 幽かに, 床に, 廊下を, 強かった, 彼女が, 待って, 心で, 心配し, 思い出した, 思えたので, 思えたり, 思わせて, 思われますよ, 思われまた, 思われ出して, 悄然と, 想われる, 感じたから, 感ずること, 感ぜら, 慣らされて, 戻って, 抑えて, 控えて, 撫でて, 明るくなりました, 星が, 時を, 晴れて, 暗くなっ, 書いた, 最後の, 村の, 枕の, 楽しんで, 楽に, 構えて, 次郎の, 正確な, 正確に, 気軽に, 水, 水面に, 派手な, 浮き上って, 消え去って, 淋しかった, 溢れて, 父親の, 犬の, 猛烈な, 玄関の, 玄関へ, 生活し, 痛い, 真っ赤に, 真直に, 眼で, 石を, 硬直し, 穴を, 立ち去って, 立った, 立てて, 簡単な, 綺麗だ, 縦横に, 繰り返した, 繰り返して, 罵った, 翼を, 老人は, 考えられるかも, 聞えます, 聞こえました, 育てて, 腹が, 自分にも, 自己の, 自己を, 致します, 花を, 苦しくなっ, 蠢いて, 血の気を, 見えますね, 見えるという, 見せかけること, 言われるの, 訊き返した, 話しかけた, 語られて, 身軽に, 送って, 透いて, 鋭かった, 門を, 閃いた, 階段の, 震えた, 響く, 顎を, 顔が, 願いたい, 風を, 飛びついて, 飛び上った, 飛出して, 駆けて, 駈け出した, 鮮やかに, 鳴いた, 黒, 黒くて, 黒くなっ

8 [289件] あの女, ありたいもの, いいつけた, いいつけました, いたせ, いっぱいに, いつでも, いつまで, いなくなって, うつって, おずおずと, おちついて, おとなしくし, おもう, お扱い, お見え, お話を, きいて, きこえる, ここまで, この, この辺, この頃, こぼれて, こんどは, ござりまする, ごろごろと, さえなりました, さけんだ, させた, ざわざわと, してやろうと, しなくちゃ, しばらくは, じろじろと, するさ, するより, そう思った, そこい, その声, その女, そびえ立って, それには, ぞろぞろと, たがいに, たずねました, だんだんと, つくづくと, どこかで, なったとか, なったな, なったよう, なったわ, なった所, なりさえ, なりますが, のしかかって, のぼって, はしゃいで, ひびいた, ふくらんで, ふたりは, ふるえた, ぼうと, また, またその, まわりの, むやみと, わかるの, わしの, わたしが, クルリと, シッカリと, ドアの, バタバタと, ピンと, フッと, ペンを, ヨロヨロと, 一方の, 一枚の, 一生を, 一生懸命に, 一直線に, 一般に, 上って, 之は, 二階から, 仕向けた, 仰向けに, 仲が, 何を, 俯向いた, 僕には, 先の, 光の, 冷淡な, 冷然と, 刀を, 切って, 努力しなけれ, 動かずに, 動きだした, 動く, 口から, 口へ, 叫ぶと, 周囲の, 命じたの, 哀れな, 問い返した, 四方に, 国家の, 地上を, 垂れ下って, 夢中で, 大きくなっ, 大きくなった, 大急ぎで, 天を, 女も, 女性の, 嬉しそう, 完全な, 寂しかった, 寄せて, 寒かった, 小刻みに, 尽力し, 屋敷の, 崩れて, 左右の, 巧みに, 平べ, 平次は, 庭を, 廊下に, 往来を, 後ろへ, 微かに, 忍んで, 思いましたので, 思い切って, 思うから, 思うけれども, 思うもの, 思えること, 思ったん, 思われますから, 思われますの, 思われますので, 急な, 想像された, 感じたので, 感じつつ, 感じられたが, 感ぜられたの, 我々は, 我を, 拳を, 捨てて, 敏捷に, 教えられて, 敵の, 斜めに, 朗らかな, 朝早く, 東京の, 柔く, 次々と, 止まって, 武蔵の, 歩を, 歩調を, 水に, 池の, 泣き出した, 流れ落ちて, 浮出して, 溶けて, 澄み切って, 灰色の, 無気味な, 無言で, 煙草を, 爛々と, 父に, 父は, 生々と, 生い茂って, 生活の, 生活を, 用心する, 皮を, 相手に, 真っ赤な, 真面目な, 真黒な, 眼前に, 睨んで, 礼を, 種々な, 空間を, 突立って, 立上っ, 笑いました, 笑う, 笑ったが, 第一, 筆を, 細い眼, 続けた, 繰返して, 置かれて, 美くしい, 考えます, 耳の, 聞きかえしました, 聴えた, 聴える, 肩の, 膨れて, 自動車の, 自由自在に, 色々の, 芸術の, 萎れて, 落ちかかって, 落ちついて, 蒲団の, 藤吉は, 行儀よく, 見えたかも, 見えたと, 見えなくなった, 見えるけれど, 見えるじゃ, 見えるに, 見える時, 見せながら, 見ゆ, 見上げた, 見事な, 見事に, 見受けます, 見受ける, 解釈した, 言い放った, 語を, 警察の, 賑やかに, 赤くし, 走りました, 起きて, 身も, 身体が, 近寄って, 逆に, 這入って, 過去の, 道が, 違って, 遠ざかって, 都会の, 重くなった, 重ねて, 金の, 鎌首を, 長い顔, 隠して, 隣の, 雨に, 雨の, 青く光っ, 青年は, 響くの, 頸を, 額の, 飛びかかって, 飾って, 馬の, 駈け出して, 駈け寄って, 駕籠の, 騒いで, 鮮やかな, 鳴いて, 鳴りだした, 鼻で

7 [382件] あった, あって, あなたが, あなたに, あの男, あるの, いい出した, いたして, いつもの, いやな, うしろから, うろうろし, おし, おもえる, おもわれて, おもわれます, おれを, お金を, かいて, きょうは, きらきら光る, ぎらぎら光っ, くっきりと, ぐらぐらと, けろりとし, ここでも, この人, この土地, ころころと, しきりと, したいという, したこと, したまま, しましょうね, しまた, しょんぼりと, すきとおって, すぐには, するほか, すーっと, ずるずると, そう云う, そしてそれ, そのよう, その花, そばへ, た, たわいも, だれも, とがって, とまって, どこかに, どこかの, なった人, なった結果, なった訳, なってるん, なりお, なりましては, なる人, はからって, はっきりし, ばらばらと, ふくれて, ふしぎな, ふって, ふらふらし, ぼくの, ぼんやりとして, ぽかんとし, みて, みんなが, もして, よろめいて, わずかに, わたくしは, わたしに, キョロキョロと, サーッと, ソーッと, ヒッソリと, ヒョイと, ヒラヒラと, フラフラし, ベッドに, ボーッと, ポツリポツリと, ポツンと, 一つに, 一家の, 一心に, 一面の, 丈夫に, 不快な, 世の中が, 世間に, 両方の, 中に, 云いつけて, 云いつづけた, 云うが, 云ったもの, 人から, 今から, 今夜は, 今日は, 信じられて, 傍に, 先を, 光りました, 光り輝いて, 光る目, 入れて, 全身に, 冷たくて, 冷酷な, 凝然と, 出かけて, 出た, 分けて, 力の, 努める, 努めるの, 動き出した, 半蔵の, 南の, 去って, 受け取って, 各, 同じこと, 吐息を, 呟やいた, 命ぜられた, 命令を, 唸って, 問題を, 喉を, 囲んで, 土地の, 地球の, 壁の, 壁を, 変化する, 外で, 大事な, 大切な, 大空を, 天に, 天井に, 奥の, 妻に, 威張って, 子供が, 子供を, 存ぜられますが, 安らかに, 室内を, 家に, 寒さ, 尋ねました, 小さく見える, 小次郎は, 少しの, 少年の, 席を, 床を, 座敷へ, 廊下へ, 廻して, 影の, 影を, 彼女には, 彼女も, 往来の, 後に, 後ろを, 得意に, 心がけなければ, 心掛けねば, 必死に, 怒った, 思いまして, 思いまた, 思う者, 思えるし, 思われがち, 思われては, 思われまして, 思われも, 思われるけれど, 思われるであろう, 思われるのに, 急速に, 恋を, 悲しんで, 悲鳴を, 想像した, 感じたこと, 感じられること, 成る, 成長し, 成長した, 手紙の, 承って, 押えて, 押し寄せて, 拍手を, 振向いて, 据えて, 握って, 揺れた, 教室の, 文学の, 旅の, 日に, 日を, 日本に, 早くも, 明かに, 明かるい, 明るくて, 明瞭に, 暗い中, 書けば, 本当の, 東京へ, 林の, 森閑と, 横わっ, 横を, 樹の, 欣んで, 歩きながら, 歪んで, 殆ん, 母は, 気に, 氷の, 永久に, 泣きだした, 泰然と, 活, 流れた, 流れ出して, 海に, 渦巻いて, 溜め息を, 潰れて, 濁って, 無表情で, 無遠慮に, 無限に, 無限の, 照らして, 父を, 片足を, 物の, 独りで, 生れついて, 町を, 畑の, 痛かった, 白い手, 白粉を, 皆が, 目も, 真っ直ぐに, 真っ蒼, 真黒に, 着物の, 矢代には, 砂の, 祈ります, 種々の, 空気が, 窓に, 窶れて, 立ちすくんだ, 立ちどまった, 立ち上ると, 立ち去った, 立ち止まって, 竹の, 笑ったり, 第二, 答える, 節を, 簡単には, 紙に, 細くて, 細君の, 細工を, 続けさま, 緑の, 群れて, 考えたり, 聞いたが, 肌を, 肩で, 育てられて, 胸へ, 脚を, 腰の, 致しましょう, 舌の, 色々な, 苦しんで, 茶碗を, 落下し, 虚空に, 衝と, 裏の, 要請する, 見えまた, 見えるものの, 見える事, 見せかけるため, 見る, 見ると, 見るの, 見守って, 見開いて, 覚えました, 親しんで, 解釈される, 言いつけて, 計って, 計らいましょう, 訊きました, 誰の, 谷の, 赤い色, 赧く, 走る, 起ちあがって, 蹲って, 躍って, 身体の, 躯を, 車の, 軽かった, 軽快に, 辷って, 辿って, 近所の, 逃げだした, 逃げ出して, 連れて, 運命づけられ, 過ぎた, 部屋から, 部屋へ, 重い, 重くなっ, 重なり合って, 鉄の, 鋭い, 長い間, 間の, 隅の, 隣りの, 雨が, 雷が, 青年の, 静かだ, 静かでした, 非常な, 靴を, 頑丈な, 頼みに, 願った, 飛び上がった, 飛び上って, 食べた, 飲んで, 首の, 駈け込んで, 高々と, 魂が, 鮮かな, 黒い, 鼻に

6 [549件 抜粋] あたりに, あちこちと, あなたを, あの方, あふれて, いうが, いったもの, うごいて, うごめいて, うしろを, うす暗いの, うなって, うれしそう, おだやかな, おだやかに, おっしゃるの, おりて, お互いに, お延, お艶, お願いしたい, お高, かけだして, かぶりを, からみついて, きっぱりと, こう云う, こう言いました, こっちに, この世の中, この国, これに, さっぱりと, さらさらと, したから, してやること, してやれば, しといて, しましたが, しようという, しんとして, しーん, し給え, し自分, すらすらと, するもの, すッ, そういう, そこには, そこらを, そなた, そのとき, そのなか, その着物, その肩, その辺, その音, その頭, それだけを, ぞっとし, ただ, ただ一つ, たよりない, つけて, とのこと, とろりと, どうどうと, どなりました, なさいまし, なさるの, なされば, なったかは, なったからと, なったって, なったとは, なったに, なったばかり, なった時代, なった私, なった者, なっちゃあ, ならぬと, ならねば, ならんの, なりことに, なりこの, なりこれ, なりついに, なりとうとう, なりながらも, なりぬ, なりましてから, なりやがて, なりやすい, なり従って, なるその, なるぞ, なるまでの, なろうという, ねがいます, のそのそと, のぞいて, はたらいて, はっきりした, ひかって, ひとりの, ひらいて, ひらめいて, ふくれあがって, ふたりの, ほっと息, ほてって, ぼくは, またある, また彼, まっ白な, みえます, むくむくと, めいめいの, もって, もつれて, やすやすと, やたらに, ゆらいで, ゆらめいて, ゆるやかに, ゆるゆると, わかった, カントの, ガラスの, キラリと, クタクタに, グルリと, コソコソと, コチコチに, シンと, スタスタと, ゾッとした, フワフワと, ベッドの, ボンヤリし, ボンヤリと, 一列に, 一座の, 一瞬に, 三つの, 上下に, 下唇, 両眼, 並べられて, 事を, 二階に, 二階へ, 云ってから, 云つた, 云われた, 云われました, 互の, 人々から, 人生の, 仆れ, 今に, 今までの, 今松, 仕事が, 仕事に, 仕事の, 仕向けるの, 以前の, 仰向きに, 伸ばして, 伺って, 何と, 何処までも, 作家の, 使われて, 俄に, 信ぜられて, 信長の, 個人の, 先に, 光らせて, 光沢の, 全力を, 八方に, 其処に, 冷たい水, 冷たくなった, 冷淡に, 凡ての, 出して, 出来てるん, 列を, 別れて, 刻々に, 勉強し, 動かした, 動かないで, 勝手な, 厳重な, 又八, 取られては, 取り巻いて, 取り扱って, 口笛を, 叫ぶ, 叫んだが, 台所の, 右に, 右手の, 告げて, 呼んだ, 呼んで, 咆え, 嘆息した, 四つの, 四肢を, 困って, 固かった, 固めて, 執拗に, 堅くなった, 変えて, 変わって, 変化の, 外から, 多くは, 多勢の, 夜が, 大きい, 大きな目, 大地に, 大地を, 天井から, 夫を, 失せて, 奇妙な, 奇麗に, 好きな, 妹の, 始末を, 姿が, 婦人の, 嬉しがっ, 存じて, 容易に, 寂然と, 寄り添って, 射して, 尋ねて, 小さい, 小さくて, 小腰を, 尻を, 屏風の, 屹と, 岸へ, 岸本は, 工夫され, 工夫した, 工夫する, 希望する, 帯の, 平伏した, 平然として, 幸福な, 幾つも, 広々と, 広がって, 店の, 座敷の, 廻転し, 引いて, 引込んで, 弦之, 影が, 彼へ, 彼方へ, 彼等も, 従いて, 微妙な, 忍び込んで, 忙が, 思いなして, 思うかも, 思うけれど, 思うだけ, 思うよう, 思えば, 思ったと, 思つた, 思われたこと, 思われだした, 思われないでも, 思われまする, 思われるし, 急ぎ足で, 恋の, 恐ろしかった, 悲しげ, 想う, 愉快な, 愛撫し, 感じたもの, 感じたり, 感じられるが, 感じること, 感ぜられます, 慇懃に, 憂鬱な, 憎んで, 我れ, 手際よく, 打って, 扱うの, 抱えて, 押して, 指の, 振り向いた, 振り返った, 掛けて, 故意に, 散った, 整理し, 新鮮で, 早い, 昂奮し, 明らかに, 明るいの, 明滅し, 時計を, 時間を, 最初の, 月に, 朗らかに, 東の, 染めて, 椅子を, 槍を, 機械を, 次々に, 歴史の, 殺されて, 殺して, 母が, 母を, 母親の, 水は, 水面を, 沈黙し, 沖の, 津田の, 海を, 準備が, 漲って, 潤んで, 澄まして, 澄み渡って, 火鉢の, 灯が, 無数に, 無気力な, 無理に, 照って, 燈の, 牛の, 特別に, 瑠璃子は, 生きるという, 生の, 生活する, 生長し, 申したの, 男が, 町から, 画いて, 異様に, 痩せ細って, 瘠せて, 白い女, 皆の, 皿を, 盛り上がって, 直立した, 真一文字に, 真蒼, 眸を, 眺めるの, 眼と, 眼ばかり, 矢が, 科学の, 積みあげて, 穏か, 空間に, 突如と, 窮屈な, 立ちあがった, 立ちどまりました, 立ち並んで, 笑うと, 精神の, 糸を, 約束し, 素子は, 結婚を, 絡み合って, 緑色の, 縁側に, 縁側へ, 考えこんで, 考えました, 考えられますが, 聞きながら, 肉が, 肉の, 肉体の, 育って, 腰に, 腰へ, 自分でも, 自身の, 自身を, 致しました, 船を, 艶の, 艶や, 茫と, 荒んで, 華やかな, 蒼い顔, 蒼白くなった, 蒼白な, 薄らいで, 装いながら, 見えたそう, 見えたであろう, 見えたという, 見えたに, 見えた時, 見えますか, 見えますけれども, 見えるとき, 見えるほど, 見まわした, 見ゆる, 見送って, 親の, 言いだした, 言い聞かせた, 言い足した, 言うん, 言われた, 言出した, 記憶に, 説くの, 読んだ, 誰もが, 論じて, 警戒し, 貼りついて, 賑やかな, 赤い唇, 起伏し, 路を, 軽くて, 辺りを, 逃げだして, 造られて, 運動を, 遠くに, 遮った, 避けて, 部屋に, 長々と, 階下へ, 電話が, 電話を, 露八は, 露骨に, 青かった, 青褪め, 面白がっ, 音の, 頷いたが, 頼りない, 顔へ, 風は, 飛びまわって, 飛び出した, 食って, 飯を, 馬車の, 馴, 駆け出して, 高まって, 魚を, 黒かった, 黒ずんで, 鼻が

5 [772件 抜粋] あたりは, いいつけられて, いうので, いくども, いくらでも, いたしましょう, いわれた, うれしくなる, おごそかに, おとなしくなった, おれが, お書き, お白粉, お粂, お経, お酒, かれに, がらがらと, ききかえしました, きょうの, きらきら光っ, きらりと, くちびるを, ぐるりと, こころに, こちらに, ことばを, この二つ, この場, この室, この時, この町, こまやかな, こわばって, さし込んで, したその, しっとりと, してやらなければ, しなくっちゃ, しなやかで, しなやかに, しまして, しようじゃ, しろという, じょうずに, じょうぶに, すすめたの, すたすたと, すべきである, すべてが, すまして, するとか, するに, そそくさと, そそけ立って, そのへん, そのほう, その白い, それと, そんな事, ただの, ただよって, だんだんに, ちょろちょろと, つとめる, つぶやく, です, とけて, とびこんで, どこでも, どろ, ながめた, なさいと, なったね, なったばかりの, なった今, なった処, なってからでも, なってるの, なでて, なにを, なめらかな, なりがち, なりたいという, なりましたし, なりましても, なりますので, なり眼, なるまでに, なる事, はじめから, ばたばたと, ひそまり返って, ひらりと, ぴくぴくと, ふわふわし, ふわりふわりと, へたへたと, ほがら, また自分, また言った, まっ白に, まっ黒で, まん, みえながら, みごとに, みんなに, むこうの, もがいて, もてなして, ものの, やらせて, やるん, わしは, われ, ガックリと, ガランとして, キリキリと, クルクルと, コンクリートの, スウッと, チラチラと, ドアを, バラバラと, パチパチと, ヒラリと, フランスの, ブラリと, 一しょに, 一の, 一切を, 一同は, 一応は, 一杯に, 三人は, 上下へ, 上野の, 不思議に, 世の中の, 丘を, 両の, 之を, 事物を, 云い放った, 云ったけれど, 云わば, 京子の, 人だかりが, 人類の, 今では, 今度の, 今度も, 仕向けること, 仕立てて, 仰いで, 仰有, 伏せて, 低声, 何かを, 何にも, 作者の, 保護し, 俯伏し, 個々の, 僕が, 先生を, 光りを, 八方へ, 兵馬の, 冷静な, 凝っと, 凝視し, 凹んで, 出たの, 列んで, 別に, 前から, 前を, 剥がれて, 努めたの, 努めねば, 努めました, 動かしながら, 勢よく, 勧めたが, 包んで, 半蔵は, 受取って, 口も, 台所から, 右から, 吃驚した, 同じ言葉, 名を, 向こうの, 君を, 吹聴する, 呆然として, 呟くと, 呻いた, 唇の, 唾を, 問うた, 問題の, 噂され, 四辺が, 四辺の, 地べたに, 地上の, 坐り直した, 堕落した, 声に, 変に, 外国の, 多計代, 大きかった, 大変な, 大袈裟に, 天井の, 夫に, 妻を, 存在する, 客を, 宮は, 容易な, 寂として, 寝床の, 将来の, 小さく見えた, 小説を, 小首を, 居ずまいを, 山から, 岡の, 嶮しい, 己の, 布団の, 平らな, 平伏して, 平気な, 強烈な, 弾んで, 影も, 彼と, 彼方の, 後ろから, 徒らに, 得意の, 心掛けるの, 心臓の, 忍びやかに, 思いましたから, 思いますがね, 思いますよ, 思いますわ, 思うわ, 思えたし, 思えるけれども, 思ったけれど, 思ったもの, 思わせた, 思われたし, 思われましょうが, 思われるところ, 思われるほど, 思われ従って, 息が, 息子の, 悦んで, 悲しかった, 感じられたから, 感心し, 慕って, 懐中時計を, 懸って, 成ったこと, 成ってからは, 戸口を, 戸外へ, 投げて, 抜けて, 押しかけて, 拡がった, 振った, 振り返って, 振返って, 掠めて, 支度を, 敏捷な, 教えたの, 敵を, 旅に, 昂然と, 昇って, 明るくなる, 明白な, 晴々と, 暴れて, 書いたもの, 望んで, 本を, 杖を, 来た, 枝から, 枝の, 染まって, 柔かな, 柳の, 桜の, 棒を, 植物の, 極めて自然, 横の, 横目で, 正面を, 歩き廻って, 死を, 残されて, 毎日の, 気持が, 汽車の, 泣いたり, 泣きじゃくって, 泣きました, 泣くの, 注意ぶ, 流れこんで, 流れ出した, 消えたり, 渡して, 源氏の, 準備を, 滑って, 滑らかに, 濃厚な, 灯の, 無邪気な, 無関心, 煙の, 熱を, 燃え上って, 父が, 片手に, 狙って, 独り言を, 狼狽し, 現われたの, 瑠璃子の, 甘美な, 生気の, 用いられて, 用意され, 田代は, 申しますが, 男も, 番を, 病院へ, 白いの, 白い肌, 白くなり, 皮膚に, 盛り上っ, 盛上っ, 監視を, 相当の, 相手は, 真っ白に, 真青に, 眠りに, 眼は, 睨みつけて, 砕けて, 硬くなった, 祈るの, 神妙に, 私から, 私達の, 穏やかに, 空虚な, 空間の, 突進し, 窓硝子に, 立ち止った, 立ち止まった, 笑いだしました, 笑ったの, 答えたの, 籠の, 粗末な, 紫の, 細くなった, 絵を, 絶叫した, 縁を, 縁側の, 美しいが, 美しい顔, 群がって, 考えたから, 考えても, 考えるが, 聞えたので, 聞えるじゃ, 聞こえたの, 背中に, 背後へ, 腕組みを, 自分と, 自動車に, 良人を, 若くて, 苦笑し, 苦笑した, 茶を, 華やかに, 蒸発し, 蒼白かった, 薬を, 蠢めい, 血走って, 行かなかった, 表現し, 袂の, 裂けて, 西に, 要求する, 見え, 見えそれ, 見えなかった, 見えましたから, 見えるまで, 見えるよ, 見える彼女, 見せかける, 見に, 見られました, 見られます, 見受けられるの, 見廻して, 見詰めながら, 覚えます, 角を, 解釈され, 言います, 言われました, 計画した, 話しかけて, 話しかけました, 話すの, 認めて, 買って, 賑わって, 走り廻っ, 走るの, 足の, 身がるに, 身ぶるいを, 車に, 軒の, 転がった, 軽蔑し, 輝やい, 迅い, 近代の, 返事し, 透き徹って, 途中で, 這いながら, 通りすぎて, 進んだ, 道路を, 適当な, 酒の, 酔っぱらって, 金色の, 銀の, 鋭くなっ, 鋭敏な, 鎮まって, 長かった, 閉じられて, 附いて, 陰気で, 障子の, 雪に, 電車の, 青々と, 青くなっ, 青く光る, 靡いて, 頓狂な, 頭へ, 顔に, 飛びました, 馬に, 駈けこんで, 駈けつけて, 魚の, 鳥の, 鳶が

4 [1301件 抜粋] ああし, あけて, あしらって, あたふたと, あっと, あても, あるけれども, いえば, いたしますから, いったこと, うかがって, うまくは, おとなしくなっ, おもて, お八重, お取り, お島, お感じ, お美しい, お藤, お見受けします, かくれて, かすめて, かつては, かんがえて, ききました, きらきらし, ぎくりとした, くしゃくしゃに, くねらせて, げっそりと, こう呟いた, ここは, このとき, この夢, こびりついて, これまでの, さえして, さした, さっぱりし, された, しいて, しおれて, しぜん, したって, したら, しつらえて, してやるつもり, しばって, しぼんで, しまって, しんみりと, じっと見, すいすいと, すぐ眼, すすめましたが, するし, するだけの, する方法, そうし, そう言う, その, その人物, その土地, その心, その胸, その間を, それも, ぞっとしました, たたずんで, たなびいて, ちょこちょこと, ちょろりと, つき出て, つたえて, つっぱった足, つぶやいたが, つやつやと, てきぱきと, できてるもの, どうする, どこの, どこへか, なさいませ, なったかも, なったとして, なったらそれ, なった岩, なった父, なにかの, ならなくては, なりしかも, なりしまいに, なりましたか, なりましてん, なり前, なり頭, なるだけ, なるとともに, なるにつれて, なるよう, なる日, にぎやかに, のばして, はからいます, はって, ばったり倒れた, ひたひたと, ひょいひょいと, びっくりし, ふらりと, ぶっきら棒, へんな, ほっとした, ほほえんで, ほんのりと, ぽんと, またし, まっ白で, まるまると, みつめて, もがいた, やさしい声, やってくる, やわらかな, よどんで, よろこびました, わけの, わたくしには, わたしも, わめいて, カッと, ガバと, ギョッと, クラムの, グレゴール, ソロソロと, デリケートな, ハタと, ブルブルと, ポカンと, ランプの, ワッと, 一個の, 一夜の, 一心不乱に, 一時の, 一途に, 三角の, 上手な, 不機嫌な, 不規則に, 世間で, 世間へ, 両者の, 両足を, 主張する, 争って, 二度も, 云ったと, 云われるの, 人民の, 仆れた, 今日では, 仕掛けるの, 他愛も, 仰しゃいました, 仲の, 伝えた, 伸子が, 低い, 何とも, 余儀なくされた, 使用する, 倉地の, 健康な, 傲然と, 働くこと, 元気を, 光らせながら, 光沢を, 八方から, 内へ, 冬の, 冷え切って, 冷たい手, 出来上って, 切り出した, 判って, 割れて, 力が, 努めなくては, 動悸が, 勧めました, 午後の, 半透明, 卓子の, 即座に, 厳かに, 又八は, 取れた, 受話器を, 可愛がられて, 叱った, 名の, 君子の, 呟いてから, 呻いて, 呼びかけて, 和やかな, 咽喉の, 哮って, 唸った, 喚いて, 嘉門は, 四方を, 四角な, 土に, 土間に, 地べたへ, 垂直に, 執拗な, 声の, 売れた, 外套の, 夢を, 大きく眼, 大勢の, 大規模, 太って, 太陽に, 女に, 好んで, 姉に, 嬉しがった, 学校の, 実の, 宿の, 寺の, 小説の, 岩を, 工夫しなけれ, 帝は, 帽子を, 平然と, 幾たびも, 広大な, 座って, 建って, 弱って, 形式的に, 彼らには, 彼自身の, 待遇する, 心掛けなければ, 必死と, 忠告し, 快活で, 思いその, 思い出される, 思うし, 思うという, 思えるので, 思っても, 思わせようと, 思われますがね, 思われるであろうが, 思われる時, 思われ彼, 恋して, 恐怖の, 息も, 悲しくなっ, 想われた, 愉快に, 感じたと, 感ぜられました, 慎んで, 憤然と, 成ると, 戸の, 所々に, 手筈を, 投げ出して, 指先で, 振りかえった, 振舞うの, 掌の, 提灯を, 放心した, 散歩し, 料理を, 斯う, 新たに, 日本が, 明るくし, 昼間の, 暗い空, 暗の, 書けて, 最初に, 月夜の, 木が, 本来は, 机を, 枕に, 柔軟な, 栄養を, 根気よく, 梅の, 森と, 楽な, 横手の, 檻の, 歌の, 武士は, 歩きまわって, 歪んだ, 死体の, 段々を, 気がついて, 永遠に, 江戸へ, 沈黙した, 沼の, 泰軒が, 活気づいて, 流れ出て, 浮き出て, 海から, 消え失せた, 混乱し, 温和しくなった, 溌剌と, 滑らかな, 潜って, 無心に, 然う, 煙が, 熱いもの, 父母の, 片隅に, 犬は, 狂って, 猪口を, 玄関に, 生かして, 甦って, 用心しろ, 甲斐の, 申し上げて, 町内の, 畳へ, 疲れ切って, 疲労れ, 病気の, 癒って, 白い頬, 白く見える, 皆な, 盛に, 目前に, 真ッ, 眠くなった, 眼にも, 瞬いて, 石が, 砂が, 硬ばった顔, 神に, 秀吉の, 私と, 秘密の, 穏やかな, 穴から, 空虚に, 突いて, 立ちのぼって, 立ち迷って, 立停った, 竹を, 筋を, 糸で, 素朴で, 細い, 絶えまなく, 綺麗だった, 練って, 縺れ合って, 置くと, 美しくなった, 美しく見える, 羽ばたきを, 翔けて, 老人に, 考えなくては, 考える癖, 耳へ, 聞かれた, 聞ゆる, 背が, 背後から, 能く, 腹の中の, 臆病な, 自然が, 致したいと, 舞台を, 芸術を, 苦しい, 苦笑いを, 荷物を, 落着きはらっ, 葉を, 蒼かった, 蒼白い顔, 薄れて, 薄笑いを, 虫の, 行った, 街路を, 表を, 表面は, 装うて, 裏から, 覆面の, 見えたけれど, 見えますの, 見えるであろうが, 見えるばかり, 見せたの, 見つめながら, 見るもの, 見受けたが, 見向きも, 規定し, 覚えるの, 解けて, 言いますが, 言ったので, 言われる, 言葉も, 記憶の, 詩を, 話しました, 話の, 誇って, 誤解され, 誰かを, 警察に, 豊かに, 赤らんで, 走ったり, 走り去った, 起ちあがった, 足も, 跣足で, 踊りの, 身じろぎも, 身構えて, 軽くその, 輝かせた, 輪の, 述べられて, 逃げ去って, 通りぬけた, 逢うこと, 過ぎ去った, 遠くの, 遥に, 都の, 酔っ払って, 金五郎を, 針を, 銘々の, 錯綜し, 長い, 閃めいた, 間断なく, 降りしきって, 隅から, 雨は, 電燈の, 青い顔, 青ざめた, 革命の, 音楽を, 頑固に, 頬かむりを, 頭髪を, 顎の, 顫える, 飄々と, 食事の, 餌を, 首に, 駕籠を, 高い空, 鳴り響いた, 黒くなった

3 [2468件 抜粋] あいず, あたしは, あっさりと, あの子, ありますが, いうけれど, いくらも, いったけれど, いつの, いまの, うかがいました, うごき出した, うつくしい, うなずいたが, えんえんと, おしよ, おどおどした, おばあさんの, お今, お前も, お店, お母さんが, お糸, お言いつけ, お願い申します, かけだした, からだの, がっかりした, きこえるかも, きゃしゃな, ぎごちなく, ぐるぐる廻る, こけて, このこと, この石, これで, こわがって, さえぎった, さすがに, さびしいの, される, しきり, したいもん, したらええ, しっぽを, してやると, しばらく口, しまった, しゃんとし, じっとした, すぎて, すすめたこと, すべては, するほう, ずかずかと, せぬと, そっとお, そのかお, その両, その古い, その森, その縁, そばから, それらを, ぞんざいに, たどって, だん, ちらちらした, つかんで, つったったまま, つめたくて, できるだけの, とぐろを, とり出して, どこからとも, どッ, なったいきさつ, なっただけ, なったらすぐ, なった事情, なった手, なった馬, なつたら, ならして, ならぬもの, なりはじめた, なりましてね, なり少し, なり時に, なるかは, なるなどと, なる迄, のっそりと, はげしい音, はね起きました, ひどいめ, ひろ子は, ぴかぴかし, ふさふさし, ふりそそいで, ぶらさがって, ほくほくし, ほのかな, ぼかされて, まず自分, また新しい, まっ暗な, みえたの, みじめに, むきだして, めりめりと, もりあがって, やつれて, ゆっくりした, ゆれるの, よちよちと, わいて, わしには, わめくの, アカシヤの, ガスが, キスを, クックッと, グーッと, ジーッと, セカセカと, チカチカと, ドアが, ニコニコ笑い, ノンビリ, ヒッソリし, ピカリと, ピョンピョンと, ベンチの, ポッと, 一つところに, 一夜を, 一挙に, 一目散に, 万人に, 三味線の, 上品で, 不吉な, 与惣次は, 世話し, 両脚を, 主人が, 乞食の, 二人し, 二重に, 云い聞かせて, 云うもの, 云ったこと, 交錯し, 人気の, 人間も, 今この, 仕掛けて, 付きまとって, 仰っしゃって, 伊豆守は, 伝六へ, 何となし, 余は, 作者は, 依頼し, 倉地を, 偉大な, 催促し, 儒者ふうの, 兄は, 光ります, 公は, 円を, 冷たいの, 冷たくなる, 冷静であった, 処分する, 出来そう, 分類し, 利助の, 前かがみに, 前髪を, 努力せね, 動かなかったの, 動揺し, 勤めて, 午後に, 印象され, 去来する, 反りかえった, 取られるの, 取れるが, 叩いて, 可憐で, 右手に, 名人の, 向きを, 君に, 吸い込んで, 告げるの, 呶鳴りつけた, 命じられて, 哀れっぽい, 唄を, 唱えた, 喉の, 嗚咽し, 器用な, 四角に, 固定した, 圓朝は, 地面の, 城太郎が, 場内を, 墓地の, 壇を, 変形する, 多分に, 夜具の, 大きく見ひらいた, 大声に, 大砲の, 天下の, 太刀を, 女中に, 妻へ, 始まった, 婆は, 子供に, 存じました, 学校へ, 宗厳は, 実際の, 家庭の, 寛大な, 察せられる, 導くこと, 小坂部の, 小路の, 少しばかり, 屋根から, 島の, 工事を, 左膳の, 席に, 平凡で, 幸福であった, 庄次郎は, 庭先へ, 廻る, 弱い者, 強くは, 弾力を, 彼にも, 往って, 往来へ, 従順に, 御用の, 微動だ, 心がけるが, 快活な, 思いこまされて, 思いますけれども, 思い思いの, 思うであろうが, 思う事, 思えますが, 思ったという, 思わるる, 思われたと, 思われますけれど, 思われるだけ, 思われるらしい, 思われ自分, 思召すかも, 恐れるの, 恐怖に, 悔まれた, 想われて, 意外の, 意識の, 感じさせた, 感じられそれ, 感じられるので, 感心する, 慟哭した, 憤慨する, 懸かって, 成ッた, 戦慄し, 手が, 折って, 押し並んで, 拵えたもの, 振る舞った, 探偵小説の, 揺れるの, 教育される, 料理し, 新聞の, 旅を, 日本人は, 明かるかっ, 明るく柳, 昔から, 昼寝を, 晃, 暈して, 暖く, 暗示し, 曖昧な, 書類を, 朗らかであった, 本人の, 果てしも, 柔和に, 格子を, 棺の, 様々な, 機嫌よく, 欠伸を, 止めども, 歩く, 段取りを, 気勢を, 気軽な, 決定した, 法水の, 泣き叫んで, 泰然として, 活動し, 浴びて, 海水の, 消して, 深い溜息, 清らかで, 清潔な, 湧き出して, 源氏が, 滔々と, 澄んだ眼, 火は, 為吉は, 無口に, 無益に, 無闇に, 熊太郎は, 熱の, 燃ゆる, 片っ, 物が, 特殊な, 狼狽の, 現今の, 生々しかった, 用心に, 甲板に, 申し伝えて, 画家は, 疾走し, 痛むので, 発音される, 白くし, 皮膚が, 盛装し, 相好を, 真っ暗な, 真暗な, 真白で, 眠りつづけて, 睫毛の, 砕いて, 社の, 神様を, 科学と, 積重ねて, 空気を, 突然に, 立ち働いて, 立上って, 童子の, 笑おうと, 答えるの, 精密に, 純白な, 素朴に, 細かな, 結んだ, 絡んで, 絶対の, 綺麗でした, 縛って, 繰りかえして, 美しいもの, 美しい少年, 美しく見えた, 羽織の, 老母の, 考えられたもの, 考案した, 聞えるぜ, 聴きながら, 肥満し, 背中で, 脣を, 腹に, 膝で, 膳を, 自分一人で, 自然も, 自由には, 致したいもの, 舟の, 良人の, 芽を, 英国の, 荒れ狂って, 落ちつきはらっ, 蒲団を, 蒼褪め, 薄暗かった, 薬の, 蜒って, 行かなかったの, 街路の, 袂を, 襖の, 西洋の, 見えある, 見えないの, 見えまして, 見えるだろうと, 見えるわけ, 見える若い, 見せかけては, 見なされて, 見られたが, 見受けるが, 見物し, 覚える, 触れて, 言う者, 言った言葉, 言下に, 計画を, 設計し, 話し合って, 語るの, 読まれる, 誰か, 諸国を, 貞之進は, 資本を, 赤い顔, 赧い, 起きあがって, 起伏する, 跳ね返って, 身動きさえ, 軟く, 軽蔑を, 輪を, 返事した, 逃げこんで, 途中から, 通りすぎた, 連れ立って, 道ばたの, 遠方から, 酒が, 重なりあって, 釣りが, 鋭い目, 長い舌, 長火鉢の, 闘って, 降りそそいだ, 隈なく, 隣室の, 離れたこと, 電車に, 青空に, 面白そう, 響き渡りました, 頭と, 頼むぞ, 頼んだもの, 顔も, 飛びあがって, 飛び去って, 飛出しました, 飲む, 馬車に, 駆け回った, 駛って, 高い声, 高飛車に, 鮮明に, 黒く見えた

2 [6899件 抜粋] ああいう, あかるくなりました, あっけに, あなたには, あらわれる, あわてながら, いい渡した, いたしましょうあの, いった時, いやが, うごくこと, うちながめ, うねうねし, うれしくて, おさよ, おそろしいこと, おとりはからい, おばあさんは, おもった, お二人, お医者さま, お廊下, お父さんから, お芝居, お雪ちゃんは, かがやきながら, かたまり合って, かろやかに, きっちりと, きらきら輝いた, ぎらりと, くりかえした, ぐるぐるまわりだした, こうなっ, こっちにも, この娘, この犬, こぼれるよう, こんなにし, さえて, さばけて, されると, しくしく泣きだした, したくして, した時, してやるが, しばらくじっとカムパネルラ, しみこんで, しようとして, し私, じっと考え, すぎた, すすめその, すべきでは, するのよ, ずしんと, そうだ, そう気, そっとうしろ, そっと頷いた, その人間, その尾, その死体, その自分, その黒い, そろりそろりと, たがい, ただその, たのみます, だまり込んで, ちょうは, つかみかかって, つめたかった, できるか, とどろいた, どぎまぎし, どなられて, ながめること, なったいま, なったとしても, なったらしいの, なったロシア, なった娘, なった男の子, なにから, なりお前, なりでも, なりますれば, なり両, なり子供, なり生きて, なるぜ, なるにつれ, なろうなどとは, ぬっくと, のっかって, はきはきした, はためいた, はね起きた, ひいさま, ひまが, ぴかぴかと, ふざけたり, ふり向いて, ぶらぶらと, べらべらと, ほっと溜息, ぼろの, ぽつねんとし, または盲, まっかに, まるくなっ, みえるその, みられて, むっくり顔, もし, ものやわらかに, やりました, ゆられて, よく考え, よろこぶの, わが大阪, わめきたてて, イライラと, オルガンの, キッと, ギラリと, グッスリ, サト子に, ジョバンニの, ズカリと, タバコを, ツンと, ドンヨリと, ハンドルが, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ピョンと, ブラ下げた, ポケットを, モスク, ワナワナ慄える, 一人に, 一声高く, 一方に, 一羽の, 丁寧であった, 三歩ほど, 上品な, 不可解な, 不確かな, 両国の, 中途から, 主観的に, 事えた, 二三度首を, 云い捨てて, 云われたこと, 交錯する, 人工的に, 今が, 仕事も, 仕込むこと, 仰せられるの, 伝えるもの, 体じゅうで, 何ともいえず, 何時でも, 作品を, 価値が, 修繕したら, 偉くなろう, 催促する, 僕らは, 充実し, 光る顔, 八五郎に, 其処らを, 写実的な, 冷たく見えた, 凝結し, 出來, 出発の, 刎ねる, 前後から, 創作の, 努力せよ, 動かないので, 動けば, 勿体ぶって, 十分ご, 半蔵が, 卵を, 参りました, 双眼鏡を, 取られて, 取れて, 叢がって, 古くなった, 可愛かった, 叱るよう, 合った, 同じよう, 君には, 吹く風, 呟やき, 呻き声, 命じてから, 咲き出して, 唯聞き流し, 啾々と, 喧嘩ばかり, 嘲笑を, 四つん這いに, 固い空気, 土手の, 地球は, 埋まって, 塊まっ, 変りました, 外側から, 大きい口, 大きく頷いた, 大まかな, 大得意, 大袈裟な, 天狗隊の, 夫と, 奥様の, 女達は, 姉や, 嫂が, 嬉しくて, 存じられまする, 安心した, 実生活の, 宣言した, 寂しくなった, 密集し, 寝ること, 寺へ, 小さいにも, 小姓の, 小窓, 尖った屋根, 屋根に, 山野に, 崇められて, 工場の, 差図した, 師団司令部に, 干して, 平行し, 幼い頃, 底が, 庭は, 引き, 弟が, 強権を, 当惑した, 彼女等は, 後部の, 御符, 心がけないと, 心懸け, 忍び足で, 念じて, 思いそこで, 思い声, 思う程, 思えるその, 思ったら大きな, 思わるること, 思われての, 思われよう, 思われる点, 急いだ, 恋愛は, 悚然として, 悲壮な, 惨殺され, 意志の, 愛情を, 感じましたの, 感じ伸子, 感激した, 懇請した, 成ったかと, 我鳴り立てた, 戸惑いを, 手土産を, 手首を, 承りました, 折竹を, 押し戻した, 拝見しました, 指輪に, 振舞う, 捲かれて, 推論した, 揶揄し, 撫でまわして, 放散し, 教えた, 敬虔に, 斑に, 新しいの, 新芽の, 日常的な, 早足に, 明日の, 昨夜の, 時節が, 暖かであった, 暢, 曖昧に, 書物に, 有名に, 朝食の, 朱い, 板戸に, 柔かくし, 栄三郎を, 桟橋に, 植えて, 横坐りに, 機械的な, 歌って, 正体なく, 歩が, 歯に, 死んでは, 殺風景な, 毛の, 水へ, 汗で, 決定され, 河に, 泣きつづけた, 泥水で, 活動する, 流れ去って, 浮き上がって, 海上を, 消魂, 深い太息, 混ぜて, 温和しくなっ, 溌溂と, 漁夫の, 澄江は, 火に, 無内容, 無表情である, 照らした, 熱い涙, 燃え立った, 爽か, 物凄かった, 狡猾な, 玄関前の, 現世の, 生きようという, 生活への, 甲板の, 申せば, 異って, 疾走した, 発展し, 白い毛, 白く光る, 白波を, 皆は, 盥の, 相反する, 真ん中に, 真青であった, 眺められて, 睨まれて, 知は, 砂や, 碧玉の, 祈りに, 神聖な, 私達が, 程の, 空ざまに, 突き出して, 窓には, 立ち尽して, 立停り, 端へ, 笑ってばかり, 箪笥に, 粉々に, 紅色の, 素子と, 細かい雪, 組んで, 絶望の, 緊縛し, 縄の, 繕って, 美しい若い女, 美和子は, 羽が, 考えこんだ, 考えられぬこと, 考えを, 聞えますけれど, 聞き流しながら, 聳立した, 肩越しに, 胸深く, 腕の, 自らの, 自殺した, 興奮した, 船体は, 花瓶の, 若松屋惣七の, 茫々として, 荘田の, 落合の, 蒼黒く, 薄紅, 虚無の, 行かず, 街を, 袋の, 複雑に, 見うけら, 見えつつ, 見えるぜ, 見える岩穴, 見え或, 見せかけ実は, 見ゆるなりと, 見入るの, 見詰めると, 覚束なく, 親譲りの, 言いつかって, 言うけれど, 言語の, 記録し, 詰襟の, 話に, 語気を, 読みはじめた, 諭吉は, 貧しげ, 賞めたて, 赤くこくた, 赭土の, 走り廻り, 足下に, 踊る, 身ぶるいした, 躯が, 軽く会釈, 輪に, 近づけて, 退ると, 逃げ去った, 這いまわって, 速断する, 遊戯的に, 遠く走っ, 邸を, 醜くも, 野原に, 鈍かった, 鋭い眼, 鍛えられて, 長くのび, 間に, 降り立ちました, 陽に, 随い, 雑然と, 電話で, 青いの, 青江を, 静寂に, 頁を, 頭は, 頼むの, 願いますが, 飄然と, 飛び起きました, 食っ附いて, 馬場を, 駈け下りて, 騒ぐの, 高い, 高く聳え, 魂は, 鳴ります, 黄色くなった, 默

1 [60177件 抜粋] Но, あさましい気, あっという間も, あの恐ろしい, あらあらしくひるがえっ, あるいはまた能楽, あわただしく散っ, いいわたしじぶん, いかなかった, いくらかたしなめる, いちどにたおれ, いつの間にか共産党, いまごろ日本人, いわなければ, うすら, うつる, うめきつつ, おいそれと呼び寄せられる, おじいさんも, おとうさんと, おびただしい人馬, おんぶし, お声, お正月に, お見受けできます, お鬱ぎなさる, かけあがって, かたまれ, からまる水, がんがん鳴っ, きびしいけれども, ぎゃっと自分の, くよくよ為, ぐらぐらする, こうして並ん, こころ寂しい, このレストラン, この宿, この竹, こまごまと, こんな光景, さえした, させる傾向, さも焦れった, しおらしくうなだれ, ししげしげ, した幾多, してやりたいそう, しばらく天井, しゃぶったり, し太い, じっと光秀, じろりと忠相, すぐ開きました, すっかり準備, すべり動いて, する三成, せ, そういう立ち入った, そう自分, そして門番, そっと腰, そのまゆ, その地位, その拾円札, その発展, その論鋒, そり返って, そんなに長く, たくさん集まりました, ただ人の, たった一つ, たわわに, ちぢこまり灯ひとつ, ちょっと脣, つき纏って, つと自分, つよい物質, でき上ってるから, とつぜん口, とりこめた部屋, どこにか, どんなに寂しく永い, なくなったそう, なったしね, なったら君, なった二重, なった心持, なった若干, なつかしくなっ, ならべられたテーブル, なりため, なりもみくしゃな顔, なり初, なり憲法発布式, なり紀州, なるそういう, なる望み, にじりつぶして, ねじまげて, のらりくらりと, はじけグズグズ, はねあがって, ぱっと赤, ひっ抱えた臼杵九十郎, ひどく赤い, ひろがり家々, ぴょんとひと, ふっくり盛りあがっ, ふるまったり, へだてられ奇妙, ほとんど一年じゅう店, ぼんやりながら, まげ頭, または一致, また己, また諭す, まったく彼ら, まわりくどくて, みせる, むくつけき態度, めちゃくちゃに, もくせいの, もときた方, やけに鼻先, やにわにはね起きる, やわらかく彼, ゆるぎも, よく往来, よろこばしかった, わき見も, わたし思います, アリシア区の, エルランガーの, カ氏も, ギラ, ケシかけた, サイダーを, シーツの, スーと, チクリと, トム公の, ニラの, バサースト島ゴールバーンウェッセルカンベルランド海峡から, ヒュードロドロと, フラフラふりまわされた, ヘッセンの, ボンヤリとして, ムクムクムクムクと, リップの, 一つとまり, 一兵も, 一年中の, 一枚葉書を, 一般人民が, 七つの, 三反ばかりの, 上り框へ, 下町の, 不精無精に, 両親が, 丸い顎, 久吉の, 乳母に, 二三十本の, 二重の, 云うであろう, 五六人で, 人ごみの, 人間ば, 今目が, 仕末, 仮想の, 伏せを, 伸び始める初夏, 低まり一寸又, 何とも知れず, 何等の, 使い捨てるよう, 俊子は, 修辞学の, 偉人を, 働かされました, 優れた享楽人, 先頭を, 免れ忽ち, 全体系, 公徳心の, 内々努め, 再び言った, 冷たい土, 凄い, 出したくさい, 出現の, 切替えた, 利くので, 前島林右衛門の, 力めれば, 努力せられる, 動かない淋し, 勝利を, 匍廻っ, 十分気を, 半周し, 単に社会理論, 原因の, 又微笑, 取と, 取るの, 受取れそう, 古きもの, 叫びますと, 右より, 吊された, 名物の, 吸いとって, 呆れ申候, 呻き唸った, 和歌俳句の, 唄鳴物の, 啼きつづけて, 喜左衛門は, 噛まれないよう, 四方数里の, 固く冷たいよう, 圓生は, 地方財政の, 垂れ下った猿麻, 堅い表面, 墨なんかを, 変形させ, 多少苦し, 大きい島田, 大きなサーカス舞台, 大事には, 大木魚を, 天井まで, 夫妻の, 女であり, 妓は, 威張るから, 子供心に, 学資を, 宗教的観念の, 実践を, 家鳴りを, 密林を, 寝胸, 尊く且つ, 小さくぼんやり, 小動ぎもせずうずくまっているのみだった, 小銭を, 尖った頭, 屋根屋左官屋の, 岡に, 巌畳に, 巨大なひ, 帆は, 幟を, 年々歳々その, 幾羽とも, 底深く, 廻りはじめた, 引き連れて, 弱くなっ, 強く彼, 当度, 彼等一同を, 従来僧侶でさえ, 御記憶, 心でも, 必ず二本, 快い音, 怖れた, 思い出さずに, 思い込む功名主義, 思えはっと, 思わしめた, 思われた後前, 思われる一切, 思われ斯く, 性は, 恐れ入ってばかり, 息苦しく空中, 悲しい閉尿, 想定され, 愛らしくて, 感じられともに, 感ずればこそ, 慈愛の, 憤ったり, 成りましょう, 戦う技法, 手くばりし, 手込めに, 扱い方, 投げ飛ばされ石, 抱擁し, 拙いもの, 持て囃されたの, 振るい落とすこと, 捺されたの, 掻きまわされた, 揮返って, 撚った藁繩, 改良に, 教会攻撃を, 数学的には, 文学も, 斯うし, 方々が, 日本主義と, 早く廻転, 明るいよ, 昔からの, 時々大げさ, 暁闇を, 暗く運転手, 曇天の, 書きもし, 最高一般的な, 木の根に, 本気な, 来る者, 果実が, 柳は, 梢を, 極めて神聖, 権九郎は, 機関の, 歎息した, 此家庭教師も, 歪むの, 残存の, 毎日おいのりする, 気がつきました, 気高いその, 求める品物, 汽船の, 治郎吉は, 泣き出します, 洋食屋へ, 流れるこんなに, 浮かしはじめて, 海舟の, 涼みの, 深く君, 清冽である, 温かく萠, 溌剌たる, 漁獲の, 澄し返っ, 濁した, 火山脈と, 烈しくきらめきだした, 無気味で, 煖炉に, 熱くばかり, 燒き上げ, 牛の首を, 物語ること, 狩場の, 猩々緋の, 現われるの, 甘い愛, 生けるが, 生魚を, 甲高く響きわたる, 男には, 畳み込んで, 痛々しかった, 痩細った, 白いやわらかいのど, 白くその, 白っぽくさえ, 的中する, 盤台を, 直接自分に, 真っ青に, 真黒であった, 眼鼻を, 矢萩は, 石膏像に, 碧くまばゆく, 祖父ちゃんに, 私なら, 種あかしを, 空お, 突入した, 立ちいたる, 立ったまま俊亮, 竹内が, 笠原さんは, 範之丞へ, 精彩の, 紋太夫の, 素迅く, 細く這っ, 経済現象の, 絶えず両手, 緊張さし, 縛られた細君, 繰返しを, 美しい夕日, 美しく充血, 美貌で, 耀き電信柱, 考えられた思惟, 考察の, 聞え蛍, 聳えた処, 肩ごときつく, 能動的な, 腰かけに, 自分とじ, 至ってていねい, 舞わして, 色好みの, 苛烈に, 苦しくも, 草双紙ばかり, 莫迦莫迦しい己惚れ, 落下する, 蒼ざめて両手で, 薄い黒羽織, 薬研坂を, 蜒くっ, 行きちがって, 街頭を, 裁板の, 襲いました, 見えたところ, 見えはじめて, 見える上高地, 見える町奉行所, 見え小次郎, 見せつけながら, 見られてるよう, 見捨てて, 覗きまわって, 観念中心が, 言いこの間, 言い足すこと, 言問の, 許可露天商人みたいな, 話しも, 語り出したの, 読まねば, 論じ合っても, 警察にも, 財宝を, 費用に, 赤い無数, 赤染めに, 走れなくなる, 足軽たちは, 踊子たちの, 身悶えながら, 転ばった, 軽そう, 辛うござる, 近よりながら, 追い返さるるも, 逃げ失せて, 這い廻りながら, 速急に, 遊び半分には, 道人様にな, 遠く能勢, 邪慳な, 酔わされて, 重く視ました, 金利生活者の, 鉄門の, 鋭く晃, 長いズボン, 長寝する, 開けませんで白井八崎, 附着しよります, 陸から, 雀を, 雪けむりの, 霙が, 青みを, 非人間, 響きますからね, 頭高に, 顔中を, 颯と隠れた, 飛び起った, 食わせ養いして, 饒舌です, 駆けこみざま, 騒いだの, 高い波, 高尚に, 魚釣りを, 鶯や, 黒い帽子, 黒被布の

▼ よう~ (152485, 40.3%)

8237 気が 2662 ことを 2537 ものが 2384 ことは 1911 ものを 1676 顔を 1560 もので 1523 ことが 1348 ものだ 952 声で 769 ことも 725 ものは 680 ものである 646 ことに 640 事を 619 ものです 593 調子で 575 気も 522 声を 509 ものに 470 気持で 440 音が 421 事は 416 気持に 400 感じが 399 事が 393 ものであった 388 心持が 352 ものだった 346 ところが 340 心持で 329 声が 320 ものの 316 気に 313 のが 301 眼を 289 気持が 284 ものも 282 わけで 276 形を 267 眼で 260 音を 253 ことで, 心持に 224 口調で, 形に 221 顔で 209 恰好を 199 話を 196 形で 195 人が 194 のは 191 もの 188 恰好で 184 感じを 174 もんだ 173 表情を 172 人は, 様子を, 言葉を 170 意味の 165 気の 164 事に 163 心地が 160 感じの, 物を 155 一種の, 不思議な, 事も 142 色を 141 態度で 140 女の 138 形の 135 訳で 134 ところに, 顔に, 風を 131 思いを 130 生活を 127 ところも 125 感じで 122 妙な, 様子で, 気持ちに 120 ものな, 気持だった 119 ものじゃ, 具合に, 眼つきで 117 気分に 116 ものと, 状態に 115 ものでした, 思いが, 風に 114 のを, 場合には 113 ところへ, 気持ちが 112 変な, 美しさ 111 男が 108 ふうを, 場合に, 種類の 107 姿を, 者は 105 態度を, 顔つきを 104 勢いで, 気持ちで, 目を 103 微笑を, 次第で 102 人の, 話が 100 事で 98 感じだった, 物が 95 のも 93 気さえ, 目に 92 立派な 91 意味で, 氣が, 結果に 90 眼つきを, 者が, 顔つきで 89 ものさ, 場合が 88 印象を, 口を, 思いで, 日が 85 人間が, 心の 84 気で, 眼付を 83 ところで, ふうに 81 ところは, ところを, ものであります, 表情で 79 人間の, 光が, 工合に 78 気分で 77 真似を 76 人間は 75 心持ちが, 自分の 74 ふりを, 位置に, 性質の, 風で 73 人も, 声であった, 男の 72 ことばかり, 言葉が, 返事を, 面を 71 彼の, 風が 70 人を, 顔し 69 ことの, 口ぶりで, 姿で, 気持を 68 事件が, 心もちが 66 仕事を, 物の 65 ものとして, 光を 64 ことまで, 時には, 足どりで, 顔が 62 気持であった, 私の, 雲が 61 女が, 息を, 感じに, 気味の, 静かな 60 ふうで, ものでしょう, 場合も, 女は, 奴は 59 話も 58 人では, 人間に 57 一つの, 心地で, 男では 56 いやな, んです, 心を, 意味に, 手紙を, 話は 55 人に, 調子だった 54 奇妙な, 気分が, 者で, 言葉で 53 つもりで, 様子だった, 異様な, 調子に 52 ものかも, ものであろう, 巨大な, 心持ちで, 心持を, 恰好に, 所が, 気は, 錯覚を 51 わけです, 大きな声, 感じである, 気もちに, 男は, 色に, 言葉は 50 ものであっ, 奴が, 寒さ, 所に, 所へ 49 ものばかり, 感じです, 時に, 物は, 男に, 目つきで, 色の, 雨が

48 [12件] ものでございます, もんじゃ, 何か, 場合は, 心持ちに, 心持も, 気持も, 物音が, 簡単な, 考えを, 話だ, 顔の

47 へんな, 人間を, 奇怪な, 心地に, 眼付で, 顔付を

46 例は, 複雑な

45 ふしぎな, 女に, 目で

44 もんです, 心に, 手つきで, 方法を, 様子は, 者の, 視線を

43 ことさえ, 人だ, 声だった, 姿勢で, 文句が, 涙が, 笑いを, 者を, 表情が, 表情に

42 の, 声である, 姿に, 工合で, 彼女の, 悲鳴を, 男だ, 立場に, 綺麗な, 考えが

41 ことから, 勢で, 有様で, 痛みを, 色が, 陰気な

40 わけには, 事情が, 家が, 寂しさ, 山の, 手つきを, 手を, 眼が

39 [12件] 事実が, 低い声, 匂いが, 単純な, 女を, 妙に, 心で, 意味を, 派手な, 淋しさ, 速さ, 顔だ

38 [11件] ことにも, ものまで, 傾向が, 力が, 心配は, 怖ろ, 挨拶を, 振りを, 沈黙が, 生活の, 眼の

37 女だ, 感じだ, 様子が, 結果を, 者に, 顔は

36 [12件] いろいろの, かっこうを, ものだろう, もんで, 事実を, 人物が, 水の, 特殊な, 笑顔を, 話で, 道を, 頭の

35 [14件] ところの, わけな, 作品を, 問題を, 奴だ, 影が, 方が, 服装を, 格好を, 気もちで, 記事が, 語気で, 趣が, 騒ぎに

34 ことでも, 二つの, 姿勢を, 意味での, 方法で, 早さ, 気持でした, 物で, 状態で, 騒ぎを

33 [14件] のです, まねを, 口吻を, 喜びを, 声に, 役目を, 感じであった, 歌を, 気にも, 特殊の, 目つきを, 自分を, 響きが, 顔も

32 [12件] こと, ふうだった, やつが, りっぱな, 人であった, 微妙な, 悲しいよう, 瞳を, 空気の, 笑い方を, 観が, 記憶が

31 [14件] ところから, のだ, ものから, 人には, 声だ, 女では, 感が, 態度に, 文句を, 日の, 明るさ, 眼ざし, 訳け, 関係に

30 [17件] ことであった, ものには, わけだ, 口の, 場合でも, 夢を, 心持, 感情を, 気持の, 気配が, 無邪気な, 笑い声を, 経験を, 羽目に, 考えは, 話である, 頭を

29 [15件] ことには, ところだ, ものや, 不安な, 人でも, 処へ, 問題は, 場所に, 性質を, 有様であった, 格好で, 気持ちだった, 質問を, 身振りを, 顔つきに

28 [16件] ことだ, ものであり, 冷たさ, 厭な, 噂が, 境遇に, 声, 家の, 御様子, 心地だった, 文字が, 男を, 眼に, 話に, 足取りで, 頬を

27 [15件] 不気味な, 例も, 時が, 有様だった, 気を, 気持です, 無気味な, 生活が, 社会の, 空気が, 笑い声が, 胸の, 若い女, 言葉の, 顔色を

26 [15件] わけでございます, 不安を, 不快な, 人間では, 叫び声を, 場合を, 思いに, 感じは, 感情の, 暑さ, 様子であった, 気持だ, 気持は, 点が, 面持で

25 [25件] お人, そのよう, 予感が, 人で, 光景を, 処に, 力の, 大声で, 娘が, 家を, 形跡は, 恰好の, 態度は, 或る, 時も, 月の, 気もちが, 生活に, 真似は, 苦しさ, 苦しみを, 衝動に, 覚えは, 訳です, 雪の

24 [30件] かっこうで, けはい, それは, ところです, んだ, 事情の, 例が, 光の, 処が, 処で, 出来事が, 子供の, 小説を, 影を, 感じも, 月が, 気持ちを, 涙を, 状態であった, 現象が, 男じゃ, 男だった, 男で, 素振りを, 衝動を, 運命に, 錯覚に, 音の, 風であった, 馬鹿な

23 [18件] かすかな, みじめな, 不安が, 人じゃ, 人である, 方に, 日本の, 時代に, 有様です, 有様に, 深刻な, 空虚な, 考え方は, 者も, 花が, 雨の, 雪が, 音も

22 [36件] ぼんやりした, ものでも, ものにも, わけである, 一人の, 不幸な, 世の中に, 事の, 事情に, 二人の, 人と, 体を, 具合で, 力を, 口吻で, 名を, 声の, 声も, 大きな音, 始末で, 建物の, 心持だった, 恐怖に, 日に, 暗さ, 木の, 次第である, 汗が, 物も, 穴が, 素振, 胸を, 自然の, 血の, 行為を, 調子が

21 [32件] ので, ようすで, ようすを, 事ばかり, 事情で, 人々の, 仕事が, 例の, 危険な, 場合の, 夜の, 奴に, 影響を, 心細さ, 思いだった, 恐怖の, 恐怖を, 悲鳴が, 意味では, 愚かな, 手で, 様子に, 様子も, 次第です, 理由で, 白さ, 訳な, 調子であった, 響きを, 顔だった, 風だった, 髪を

20 [35件] お顔, きれいな, ことだった, ときには, ないよう, 不愉快な, 仕事は, 仕方で, 傾向を, 単調な, 叫びを, 名だ, 噂を, 女だった, 心持であった, 心持の, 悲惨な, 感じ, 感想を, 所は, 方向に, 昔の, 春の, 灰色の, 無数の, 男です, 痛さ, 眼つきに, 花の, 花を, 言葉に, 話の, 足音が, 響が, 騒ぎで

19 [47件] ことばを, ものでない, ものなら, 事実は, 人影が, 人物を, 他の, 作品が, 作品は, 動作を, 地位に, 大事件, 女じゃ, 奴を, 始末, 姿が, 姿の, 家に, 家は, 建物が, 形が, 心もちで, 心持です, 思想を, 性格の, 悪いこと, 感じな, 態度が, 文章を, 方で, 曖昧な, 本を, 極端な, 水が, 男であった, 腕を, 親切な, 話です, 身ぶりを, 重さ, 重大な, 関係が, 闇の, 雲の, 非常に, 音, 顔付で

18 [39件] ああいう, いろいろな, ことじゃ, ことにでも, ときに, ときは, ところでは, ものさえ, やつだ, わけの, 人々が, 人々は, 人たちが, 人物は, 人間だ, 会話が, 問題が, 多くの, 岩の, 平凡な, 形である, 怪物が, 感情が, 所も, 気分を, 気持ちも, 気配も, 氷の, 男, 男と, 目の, 絵が, 薄笑いを, 見事な, 話だった, 話であった, 身の, 響を, 風の

17 [57件] お話を, ことな, のである, ものか, ものとは, ものよ, ケチな, 不安と, 中に, 今日の, 仕掛けに, 傾きが, 卑怯な, 可憐な, 味が, 嘘を, 場合にも, 場所へ, 声と, 声は, 始末に, 字を, 微笑が, 心持は, 快さ, 恰好だった, 愛情を, 所を, 手が, 扱いを, 文章が, 日も, 機会が, 火の, 点は, 点も, 熱さ, 現実の, 生活は, 神経の, 空の, 粗末な, 絵を, 考えから, 若い者, 血が, 視線で, 調子の, 調子を, 部屋の, 金を, 音で, 音です, 音は, 顔, 騒ぎが, 騒ぎです

16 [59件] かたちで, かたちを, ことである, その声, ところ, ところでした, のや, ものらしい, やつです, やり方で, 事件は, 人です, 人間じゃ, 仕事に, 口調だった, 問題に, 型の, 場所は, 場所を, 変に, 大それた, 大規模, 姿であった, 娘を, 嬉しさ, 子供が, 子供は, 工合だった, 形だ, 心地も, 悲しさ, 悲痛な, 意味が, 意外な, 感を, 所で, 拍手が, 条件を, 次第であった, 気分の, 気持, 滑稽な, 物に, 状態が, 理由から, 異常な, 目が, 目付を, 着物を, 素朴な, 舌を, 色で, 苦痛を, 言い方を, 調子である, 音であった, 頑丈な, 風である, 騒ぎだった

15 [61件] あんばいで, ことです, さまざまな, ものでありました, ものでなく, 一節が, 乱暴な, 事でも, 事件を, 人間には, 便利な, 匂いの, 噂も, 場所で, 塩梅に, 大声を, 太陽の, 女で, 始末です, 姿である, 平和な, 当時の, 心持だ, 心持ちを, 愉快な, 感覚が, 感銘を, 戦慄を, 手の, 手紙が, 文学の, 日は, 日を, 時でも, 時は, 様子である, 歌が, 母の, 気持ちでした, 汗を, 海の, 溜息を, 点から, 特別の, 現象は, 男である, 眸を, 程度の, 種々の, 笑いかたを, 美しい女, 自由な, 色々の, 親しみを, 話では, 身に, 錯覚が, 関係で, 音に, 順序で, 鼻の

14 [74件] かたちに, ことと, しぐさを, ときでも, なつかしさ, ものであったろう, ものね, 会話を, 作用を, 先生の, 光景が, 冷い, 切なさ, 力で, 効果を, 口ぶりを, 哀れな, 場所が, 場面を, 境遇の, 大きなもの, 大切な, 太陽が, 女と, 娘の, 子供を, 存在に, 家も, 帽子を, 微かな, 心が, 心持でした, 心持にも, 思いも, 思想が, 性格を, 恋を, 恰好であった, 愛の, 感情に, 感覚を, 所では, 指を, 方は, 時代の, 有様である, 本当の, 様子だ, 機会を, 気にさえ, 気持ちの, 滑らかな, 激しさ, 点に, 珍らしい, 疑いを, 真の, 真面目な, 笑みを, 笑顔で, 純粋な, 細い声, 結果が, 考え方を, 葉を, 虫の, 行動を, 話, 説明を, 身分に, 身分の, 途方も, 風は, 騒ぎであった

13 [77件] いいかた, お辞儀を, ここちが, ことばかりを, まねは, もののもし, やつは, わけに, 一定の, 事まで, 人でない, 人生の, 今の, 余裕は, 働きを, 光沢を, 光線が, 処も, 処を, 危険を, 口ぶりだった, 名前の, 唇を, 塩梅で, 声音で, 夏の, 外観を, 夢の, 姿は, 実験を, 幸福な, 強さ, 強烈な, 形跡も, 心もちに, 心地を, 恰好だ, 情熱を, 意気地なし, 意気込みで, 感じでした, 感動を, 時代が, 模様が, 残酷な, 気持さえ, 気持にも, 気配は, 漠然とした, 点で, 父の, 特別な, 状態を, 猛烈な, 眼は, 眼付きで, 瞬間が, 積極的な, 美しいもの, 者には, 臭気が, 興味を, 苦労を, 草の, 覚えが, 親しさ, 言葉も, 訳だ, 語調で, 説が, 贅沢な, 跫音が, 身の上に, 音だった, 類の, 騒ぎでした, 騒ぎの

12 [107件] お言葉, きみの, しっかりした, たちの, ときが, ところだった, ところまで, なんともいえぬ, めに, ものでなけれ, ものへ, ものをも, やさしさ, わけ, 三つの, 不自然な, 世界の, 事件の, 事柄が, 人物では, 人間でも, 人間も, 何物かが, 努力を, 卑劣な, 厳粛な, 句が, 名の, 呑気な, 品の, 場所も, 声でした, 大きな眼, 大胆な, 大音響, 失敗を, 女である, 子供らしい, 安らかな, 容を, 寒気が, 山が, 岩が, 工合です, 工夫を, 形, 形跡が, 役を, 心持である, 忙しさ, 思いであった, 思想は, 恋の, 息苦しさ, 恰好である, 意見を, 所作を, 教育を, 新鮮な, 方の, 方法が, 日であった, 暖かさ, 有様, 様子でした, 次第だ, 次第でございます, 気勢が, 氣も, 水を, 波の, 淋しいよう, 状態である, 状態では, 理由が, 男には, 病気に, 白い雲, 皮肉な, 眉を, 研究を, 空を, 空想を, 空気を, 窮屈な, 精神の, 素早さ, 結論を, 罪の, 美しい顔, 美人が, 華やかな, 観念を, 言を, 説も, 趣きが, 身ぶりで, 軽薄な, 運命を, 雰囲気が, 雰囲気の, 静寂が, 非常な, 音響が, 顔色で, 顔色に, 高さ

11 [108件] いい方, うれしさ, かたちの, かっこうに, しなやかな, その顔, ちっぽけな, ところには, なんともいえない, まなざしで, もどかしさ, バカな, 不吉な, 不安に, 事から, 事件に, 事柄を, 人, 人から, 人でした, 人なら, 仕事の, 伝説が, 伸子の, 作家が, 例を, 光に, 光景であった, 冬の, 動物が, 匂いを, 危い, 口ぶりであった, 口調に, 唸り声を, 器用な, 変化を, 好奇心を, 姿だった, 嫌な, 小さな声, 幼稚な, 形だった, 彼らの, 心地, 恐ろしさ, 意味から, 意味も, 意地の, 憂鬱な, 手段を, 批評を, 拍手を, 新らしい, 時の, 時代であった, 暮しを, 楽しさ, 次第, 歯を, 毛が, 気持である, 気持な, 無慈悲な, 煙の, 物音を, 状態だった, 現象の, 男でない, 疑問が, 真白な, 真紅の, 真赤な, 真黒な, 眼, 眼と, 瞳が, 神秘な, 秋の, 答えを, 純な, 結論に, 絵は, 緊張を, 老人が, 者だ, 若い人, 華奢な, 表現で, 解釈を, 話な, 説を, 足を, 返辞を, 運動を, 部屋が, 野暮な, 金の, 鋭い声, 闇が, 陰鬱な, 雲を, 頼りない, 顏を, 顔です, 騒ぎだ, 騒ぎである, 魅力を

10 [151件] おどおどした, お方は, かおを, ことでした, ことについて, だらしの, ので私, のと, のんきな, ばあい, ひとが, ふうであった, ふうも, まじめな, みょうな, もののこれ, もののその, もんさ, わけでした, ヘマは, 一本の, 事には, 人たちは, 人物に, 人間である, 仕掛に, 仕組みに, 位置を, 何かが, 何ともいえない, 偉大な, 傾向に, 冷たい風, 冷やかな, 動物の, 危険は, 口調であった, 名で, 善良な, 国に, 土の, 場合, 場面が, 声です, 変化が, 大きさ, 大きな口, 大金を, 大騒動, 女です, 女性の, 奴で, 始末であった, 始末である, 娘であった, 婦人の, 字で, 孤独の, 完全な, 小声で, 小説が, 工合だ, 工合である, 形と, 役割を, 恐ろしいこと, 態度だった, 態度である, 手まねを, 手真似を, 挙動を, 文字を, 方法は, 方針を, 日々を, 時間が, 暢気な, 服を, 本が, 条件で, 条件の, 松の, 柔和な, 機会に, 機会は, 次第な, 歴史を, 死の, 気持にさえ, 気楽な, 沈黙の, 沈黙を, 清浄な, 点を, 煙が, 熱心さで, 爽やかな, 物語を, 物騒な, 理由は, 理窟を, 男でも, 男女の, 疼痛を, 痛みが, 癖が, 目付で, 笑いが, 筋が, 筋は, 紫の, 緑の, 罪を, 習慣を, 老人の, 考えで, 考えの, 脚を, 若い娘, 落着いた, 衝撃を, 表情の, 観を, 記事を, 訳に, 訳の, 調子だ, 調子でした, 貧弱な, 身体を, 透明な, 速力で, 過去の, 鉄の, 鋭い眼, 鋭さで, 間の, 関係の, 陰惨な, 静けさが, 音だ, 音と, 顔つきだった, 顔つきであった, 顔であった, 顔でも, 顔と, 騒ぎ, 魅力が, 鼻を, 鼾を

9 [183件] お方が, お話も, かっこうです, すばやさ, それらの, そんなこと, そんな悪い, たよりない, ところでも, ところにも, はっきりした, ひどいこと, へまを, もン, やつを, やり方を, わけであった, 一種異様な, 一面の, 下等な, 不人情な, 事実も, 人たちの, 人だった, 人ばかり, 人達が, 人間です, 低声, 体に, 何かの, 何物も, 作家の, 元気が, 光景は, 具合だった, 効果が, 動作で, 勢いを, 区別は, 原因が, 原始的な, 口吻だった, 口調を, 句を, 叫び声が, 吐息を, 味の, 品を, 喜びに, 報告を, 場所では, 境涯に, 声では, 変てこな, 変化の, 大袈裟な, 太い声, 奇抜な, 女であった, 女でも, 始末な, 姿勢に, 娘は, 小さなもの, 小柄な, 少年が, 工合であった, 年の, 底の, 形式で, 形式を, 形相を, 心は, 心臓の, 快感を, 怖れ, 怪しげな, 恥かし, 惧れ, 想いが, 想像を, 意志の, 意識の, 手に, 手付きを, 手付を, 手段で, 敬虔な, 方です, 日々の, 日には, 星が, 景色を, 有様な, 朗らかな, 朝の, 木が, 村の, 格好に, 森の, 模様の, 模様を, 機械的な, 歌の, 歩き方で, 気味で, 気性の, 気持から, 気配を, 水夫は, 沈黙に, 消極的な, 火が, 状態の, 状態は, 理由の, 環境に, 男も, 町の, 疑問を, 白いもの, 目色を, 相手の, 眼差で, 碧い, 空に, 空想に, 緊張した, 美い, 美しい声, 習慣に, 習慣は, 考えも, 考は, 肉の, 臭いが, 色と, 芸当は, 若い男, 若さ, 茶色の, 草が, 蒼白い顔, 表現の, 表現を, 視線が, 角度で, 証拠を, 詩を, 調子です, 貴重な, 赤い顔, 趣を, 身軽さで, 軽快な, 迅さで, 連中の, 連中は, 運命の, 道は, 金色の, 鋭さが, 間柄に, 陽の, 雰囲気を, 霧が, 青い顔, 青年が, 静けさの, 静寂の, 面倒な, 面持ちで, 面相を, 音である, 頬に, 頬の, 頭に, 頸を, 風も, 風采の, 驚きを, 高価な, 髯を

8 [236件] あとが, いそがしさ, えたいの, お方だ, からだを, ことをも, さびしさ, しなを, そぶりを, なりを, ね, のに, はめに, ひとは, ひどい目, ふうは, へまは, へんてこな, ものをさえ, ようすに, わけさ, ヘマな, 一瞥を, 三人の, 上品な, 不快を, 両眼, 中を, 事さえ, 事にも, 事情は, 事情を, 事態が, 事態に, 二本の, 些細な, 人生を, 人間ばかり, 仕儀に, 何とも言えない, 何の, 作家は, 作者の, 侮辱を, 具合には, 内容を, 冗談を, 冷淡な, 冷静な, 切迫した, 力と, 力は, 匂が, 区別が, 口つきを, 古風な, 句は, 叫びが, 名が, 名前を, 唇が, 問答を, 困難な, 土地に, 地位を, 型に, 場所であった, 変梃な, 大変な, 大男が, 大都会, 女には, 奴です, 嬉しいよう, 子を, 実例が, 尾を, 工合でした, 希望を, 幸福を, 幻想を, 弱いもの, 強情な, 形です, 形は, 形態の, 待遇を, 心も, 心持ちである, 心理に, 快感が, 快活な, 怒りを, 思いの, 性質が, 悪い事, 悪事を, 悪戯を, 悲劇が, 悲壮な, 情景を, 意味である, 意味において, 意気地の, 愚を, 感情で, 憐れな, 懐しさ, 所には, 振舞いを, 政治の, 敵の, 文句で, 文字は, 旅の, 日本人の, 早口で, 時にも, 時を, 時代は, 時刻に, 時期に, 晩だ, 晩に, 書物は, 有様だ, 服装の, 本は, 条件が, 根本的な, 格好の, 正直な, 歩きかたで, 残忍な, 気の毒な, 気イし, 気イする, 気持ちです, 気焔を, 気軽な, 気遣いは, 江戸の, 沈黙と, 灯が, 無理な, 無茶な, 無表情な, 物ばかり, 物語が, 物語の, 特色を, 状態から, 現実を, 現象を, 理論は, 生優しい, 田舎の, 白い顔, 白髪の, 皮膚の, 皺が, 皺を, 目には, 目的を, 真蒼, 眼付に, 眼附を, 瞳で, 瞳の, 知識を, 神秘的な, 穴を, 立場の, 笑い顔を, 笑を, 笛の, 策を, 約束を, 紙の, 素直な, 絶望的な, 美しい人, 肌を, 背の, 臆病な, 色彩の, 華美な, 葉が, 蒼い顔, 表情は, 見方を, 観念が, 言葉, 訳でございます, 訳には, 話でした, 語が, 語を, 議論を, 豊かな, 貧乏な, 足で, 足の, 跡が, 身体の, 身振りで, 身装を, 辛辣な, 辺鄙な, 速度で, 連中が, 過激な, 部屋に, 都合に, 都合の, 野卑な, 長閑な, 青年は, 静けさに, 順序に, 頭が, 額の, 顔いろ, 顔である, 顔では, 顔附を, 顫え, 風でした, 風情が, 風采を, 首を, 香が, 髪の毛を, 鮮やかな, 鳴き声を, 黒雲が

7 [310件] あっさりした, あんばいだ, いい男, いくつかの, いらいらした, うすきみ, うれしいよう, おかた, おそろしいこと, おそろしい音, お声, お姿, お島, お手紙, お考え, お話が, お話で, からだ, ことしか, ことなら, ことばが, ことばで, すべての, そんな女, たいへんな, ただの, という, ときも, ところな, とほう, においを, ひそかな, ふうである, ほのかな, ぽかんとした, ものかと, ものでござる, もののそれ, ものばかりが, ものよりも, ようすは, わけだった, わけであります, ノンキな, ハメに, ポーズを, 一個の, 一般的な, 丁寧な, 不安の, 世界に, 中へ, 事じゃ, 事である, 事な, 事ばかりを, 事情から, 事態を, 事柄は, 人な, 人声が, 人物であった, 人物も, 人間だった, 仕組に, 仕草を, 仲に, 体の, 何んとも, 余韻を, 作品の, 僕の, 優しい声, 優しさ, 具合な, 内気な, 冷たいもの, 冷酷な, 処だ, 切実な, 別の, 力に, 勢いに, 匂いと, 匂いに, 卑屈な, 危険が, 取扱いを, 口ぶりである, 口ぶりでした, 名前だ, 名状し, 周囲の, 品物を, 商売の, 商売を, 問いを, 場合で, 境地に, 外国の, 外套を, 大きな手, 夫の, 夫人の, 奇声を, 奇観を, 女, 女の子が, 女も, 奴じゃ, 好い男, 妻の, 姿態を, 威勢の, 威厳が, 娘だ, 字が, 安心した, 安心を, 実例を, 家で, 家では, 容子が, 容子で, 容子を, 少女の, 少年の, 工場の, 工夫は, 左膳の, 年に, 幸福が, 幸福に, 広告が, 店が, 建物を, 形であった, 形では, 形な, 形式に, 心地の, 思いでした, 思想の, 性の, 性格は, 怪物です, 恐しい, 恐怖が, 息の, 恰好し, 悲しみが, 悲しみの, 悲しみを, 情熱が, 情熱と, 惨めな, 想像も, 意味は, 愛を, 愛情の, 感激を, 態を, 態度であった, 態度の, 憎悪を, 所の, 手紙の, 文学を, 料理を, 方だ, 方を, 日, 日光が, 日光の, 時代には, 晩だった, 普通の, 書物を, 有様でした, 柔かな, 柔らかな, 構えに, 構造を, 様々の, 様子, 様子の, 樹, 機会も, 歓びを, 歩調で, 気分です, 気分にも, 気分は, 気味が, 気味悪さ, 気持ちであった, 気軽さ, 波を, 涙に, 清らかな, 焔が, 無意味な, 無理を, 無言の, 焦燥を, 熱情を, 爆音が, 特異な, 犬が, 状態な, 狡猾な, 独特の, 理由を, 環境の, 甘美な, 生やさしい, 生涯を, 甲高い声, 男でした, 病人は, 皮膚を, 目つきに, 目も, 相談を, 真っ赤な, 真剣な, 眼つきであった, 眼差しを, 私を, 科学の, 秘密を, 種々な, 穴の, 空気は, 突飛な, 立場から, 第二, 答を, 紫色の, 細かい雨, 結婚を, 結構な, 緋の, 線を, 羽音を, 考えに, 考え方が, 考え方で, 考が, 考を, 者にも, 能力を, 腕が, 腰の, 自信を, 自然な, 臭気を, 芸当を, 苦心を, 血を, 衝動が, 表情であった, 言いようの, 言い方で, 言動を, 記事は, 記憶は, 訳でし, 話から, 誘惑を, 語気を, 誤解を, 説明が, 賤しい, 身体が, 身構えを, 軽率な, 輪廓を, 返事であった, 迷信が, 遊びを, 部屋で, 銀色の, 鋭い音, 陽気な, 階級の, 隙を, 露が, 静けさだった, 非科学的, 面持を, 頭巾を, 題材を, 顔つきの, 顔ばかり, 風な, 風変りな, 風情で, 風情を, 風貌を, 馬鹿に, 馬鹿は, 骨の, 高い鼻, 高尚な, 髪が, 髪の, 魂の, 鮮かな, 鳥の

6 [420件] あんばいに, おもいを, おろかな, お君, お心, お気持, ぐあいだった, けちな, ことなど, ことについては, ことにまで, この男, こわいよう, ご様子, ささやかな, さまざまの, ざわめきが, しろもの, じめじめした, そうかと, そしてそれ, その眼, それでいて何, そんなもの, たくさんの, ときの, ところあり, ところである, とんでもない, と思った, なんでも, のでございます, のとは, ばかげた, ふうが, ほっとした, またない, まっ暗な, まっ黒な, ものしか, ものじゃあ, ものだけが, もののそう, ものばかりを, もんよ, ようすだった, ようすでした, わけが, アンバイで, イヤな, ガラスの, コンクリートの, ショックを, ハッキリした, 一切の, 一群の, 丈夫な, 下劣な, 下品な, 不安定な, 不得要領な, 不思議が, 不思議の, 不思議を, 不潔な, 世界が, 世界である, 両手を, 中で, 事だ, 事であった, 事です, 事情によって, 事情も, 人柄では, 人物の, 人達は, 人間, 人間であった, 人間と, 人間とは, 仕事も, 代物では, 伝説を, 体裁で, 何でも, 作品も, 傾向の, 傾向は, 優雅な, 元気の, 兄の, 具合であった, 内容の, 内心の, 凄味が, 凄気, 初心な, 刺戟を, 動物を, 勢いだった, 印象が, 印象は, 原因は, 原因を, 厳重な, 口が, 口は, 口吻である, 句調で, 名前が, 君の, 問答が, 問題も, 四つの, 四角な, 国の, 国は, 土地の, 型で, 場合であろう, 場所です, 場所の, 変化は, 多数の, 夜であった, 大げさな, 大事な, 大問題, 大欠伸, 大男で, 大男の, 大粒の, 天才的な, 奇異な, 女性を, 奴の, 奴ばかり, 好奇心に, 妖艶な, 始末だ, 始末だった, 姿も, 姿勢の, 娘でした, 娘に, 子どもが, 子供に, 存在である, 存在を, 孤独な, 実例は, 客は, 室の, 容子であった, 容貌を, 小さいもの, 小さな穴, 小型の, 小屋が, 小屋の, 小言を, 少女が, 工合の, 巧い, 平静な, 年配の, 幸福の, 幾つかの, 弱虫では, 形であります, 彼女は, 得体の, 得意な, 御身分, 微笑さえ, 微笑で, 心なき, 心地であった, 心持さえ, 心持ちであった, 心理状態に, 心配が, 心配を, 必要が, 怒りに, 怖しい, 思いである, 思い出が, 思を, 性質で, 怪奇な, 恐ろしいよう, 恐ろしい力, 息が, 息づかいを, 悠長な, 悪いよう, 悲しげ, 悲しそう, 情熱に, 意味だった, 意味ででも, 意見が, 意識が, 愛し方, 愛嬌が, 感じさえ, 感動が, 感情は, 感覚に, 所から, 所です, 打撃を, 扮装を, 抽象的な, 指で, 振舞は, 敏捷さで, 文化の, 文句の, 文字で, 文面を, 斑点が, 方じゃ, 方には, 方法も, 日でも, 時, 時代を, 時勢に, 時期が, 時間を, 晩には, 景色である, 景色に, 暑い日, 暮らしを, 最後の, 月光の, 有様であります, 有様では, 有様を, 望みを, 木を, 村, 柄の, 概念は, 構えで, 様子です, 様子な, 次第では, 歌は, 殊勝な, 段階に, 気には, 気もちであった, 気持ちは, 気色を, 氷柱が, 汗の, 池の, 注意を, 活溌な, 海が, 深い皺, 深さ, 満足を, 潮の, 濃厚な, 灯の, 烈しさ, 無礼な, 無責任な, 熱を, 熱心な, 熱烈な, 牛の, 物だ, 物であった, 状態だ, 現代の, 現実が, 現象も, 生き方を, 生の, 男なら, 男や, 町, 病的な, 白い光, 白い歯, 目にも, 相手が, 真理を, 真紅な, 眼だった, 眼つきである, 眼であった, 眼差しで, 眼差を, 眼色を, 瞬間を, 瞳に, 石が, 研究が, 砲声が, 社会では, 神の, 穏かな, 穏やかな, 空が, 空気に, 立場を, 笑いに, 笑声が, 筋の, 節子の, 紅の, 純真な, 素振りが, 組織に, 経験が, 経験の, 経験は, 結論は, 緊張が, 美しい姿, 美しい娘, 美しい眼, 老人を, 考えかたは, 者じゃ, 者と, 者や, 耳を, 聲を, 肩の, 腕に, 自分自身を, 若者が, 苦痛が, 苦笑を, 蒲団の, 蛙の, 蝉の, 街の, 表情だった, 装置を, 規定を, 視線に, 言い方は, 記憶も, 設備を, 訳, 訳である, 話じゃ, 話でありました, 話でも, 誇りを, 調子, 調子な, 議論が, 貧乏人の, 賑やかな, 質の, 質問が, 赤い唇, 赤い色, 趣である, 趣の, 足つきで, 路を, 身振, 軟い, 輝きを, 返事, 返事だった, 過失を, 道が, 道の, 遠いところ, 都合で, 醜態を, 野心は, 野暮は, 野郎は, 金は, 鈍重な, 間を, 関係を, 陽が, 隙が, 際に, 雨, 雨に, 雪を, 雲に, 霧の, 靄が, 青年の, 静寂, 非道な, 面が, 面白さ, 額を, 顔つきである, 顔な, 顔には, 顔にも, 類である, 風情は, 風景を, 馬が, 馬の, 驚きと, 高いところ, 魂を, 魅力の, 黒い顔

5 [626件 抜粋] あいさつを, あさ, あんばい, いい加減な, いい女, いい気持, うわさを, おだやかな, おはなし, お世辞, お方です, お方では, お方に, お話でした, お話は, かっこうだ, かっこうであった, からだの, こころもちに, ことかも, ことせ, ことであっ, ことなどは, ことまでは, ことまでも, ことや, さみしさ, さわやかな, しずかな, しだいで, すさまじい音, するどさ, そう云う, そこの, ちぐはぐな, ところであった, ところであろう, どこか, はやさ, ばかな, ふうな, ふうには, へんに, ほおを, ぼろぼろの, まっかな, むずかしい顔, ものこそ, ものさね, ものすら, ものだけ, ものだけを, ものだったろう, ものであったらしい, ものであるなら, ものであれ, ものでし, ものとしての, ものにしか, ものにまで, ものによって, もんの, やつでした, やわらかな, ようすも, わけでありました, グロテスクな, スピードで, タイプの, フシギな, ポカンと, ロマンチックな, 一団の, 一枚の, 一陣の, 三本の, 下等の, 下駄の, 不可解な, 不合理な, 不埒な, 不思議に, 主観的な, 乱暴を, 事, 事にでも, 事柄に, 二三の, 五月の, 亢奮を, 人たちだ, 人たちに, 人物, 人達の, 人間でない, 人間な, 仕事には, 他愛も, 低級な, 体裁の, 何物をも, 余裕が, 余裕も, 作を, 作品に, 侘しさ, 信仰が, 偉い人, 健康な, 偶然の, 傾向も, 働きの, 優秀な, 元気は, 光で, 光沢が, 具体的な, 具合だ, 写真を, 冷たい顔, 冷ややかな, 冷気が, 凄惨な, 処置を, 出来事は, 出来事を, 判断を, 労働者の, 効果は, 動悸が, 動悸を, 動揺が, 動物は, 印象だった, 厳しさ, 友人の, 口つきで, 口惜しさ, 口調だ, 向きに, 味気ない, 呼吸の, 呼吸を, 命令を, 咳を, 品は, 哄笑が, 唇に, 唸りが, 問題について, 問題には, 喜びが, 喝采が, 噂は, 固定した, 国では, 土地が, 執拗な, 場合にでも, 場面も, 壮い, 外見を, 多計代, 夜だった, 夢に, 大きな石, 大事業, 大声が, 大女, 大暴風雨, 大木が, 大爆発, 大胆不敵な, 大雨が, 天井の, 失態を, 失礼な, 奴と, 妻を, 始末でございます, 始末でした, 娘では, 婦人が, 存在であった, 存在は, 学問を, 学者は, 学者を, 官能的な, 実際の, 実験は, 室内の, 家だ, 家庭の, 家庭的な, 寒い風, 小さい眼, 小供, 小動物, 少女に, 少女を, 尻尾を, 山を, 島が, 島の, 巧みな, 巧妙な, 巨体を, 巷の, 常識的な, 幅の, 平次の, 年ごろの, 年頃の, 幻を, 幻覚が, 幻覚を, 広さ, 広大な, 広汎な, 店で, 形も, 形や, 影も, 彼女が, 微細な, 心もちの, 心もちも, 心安さ, 必然的な, 思いは, 急な, 性格が, 恐ろしい顔, 恐怖と, 恥かしい, 恰好です, 悲しい目, 悲しみと, 悲しみに, 情勢の, 想いを, 意味な, 意気な, 愚にも, 愛想の, 感じでも, 感に, 感傷的な, 懸念は, 手付で, 手拭を, 指が, 描写が, 擽ったいよう, 文句であった, 文章で, 文章は, 文面だった, 料簡で, 旅を, 時世に, 時節が, 時間だった, 時間は, 景色だ, 景色だった, 景色であった, 景色は, 暇が, 書き方を, 月光が, 有様でありました, 朝が, 未熟な, 柔い, 柿の, 植物の, 極く, 楽な, 機械を, 欅の, 欠陥の, 正確さで, 歴史の, 死に, 死を, 気もちだ, 気分, 気分も, 気取りで, 気安さ, 気持では, 気持でも, 気持と, 気持には, 気質の, 気配だった, 気配に, 気障, 水に, 水蒸気が, 水面に, 江戸前の, 汽車が, 沈痛な, 沈黙であった, 波が, 深夜に, 清純な, 湯の, 激痛を, 瀬の, 火花が, 災難が, 無智, 無謀な, 無関心さ, 煙を, 熱が, 物好きな, 物腰で, 物足らな, 物静かな, 犬だ, 犯罪を, 状態です, 状態と, 獣の, 珍しいもの, 現実的な, 理由によって, 生々した, 生命の, 生活であった, 生活と, 異様の, 異臭が, 疲れが, 痛々しさ, 痛快な, 白い毛, 白い眼, 白い花, 皺の, 目付きを, 相手では, 眉の, 真夏の, 眼だ, 眼玉を, 着物に, 瞬間に, 矛盾した, 矛盾を, 石の, 破滅に, 社会に, 社会的な, 神経を, 私では, 秘密の, 稀有の, 穴は, 笑いの, 筋を, 精神を, 素人が, 結晶が, 結果と, 結果は, 絶望の, 緑色の, 線が, 緩慢な, 群集の, 習慣が, 者である, 者です, 聲で, 職業に, 職業を, 肉体を, 胸苦しさ, 能なし, 腕は, 腹を, 腹立たしさ, 自由は, 興奮を, 船は, 色である, 色は, 色も, 色彩を, 艶の, 艶や, 芝居が, 花だ, 若いの, 若干の, 若者を, 苦労も, 苦悶の, 苦痛に, 落付いた, 落付か, 葉子の, 蒼白さ, 薄暗さ, 薄気味の, 虚ろな, 虹が, 蛇の, 血の気の, 行為が, 術を, 表情である, 表現が, 裸の, 要求を, 要素を, 覚えも, 言葉でも, 計画が, 計画は, 計画を, 詩人は, 話ばかり, 誘惑に, 謙遜な, 豪華な, 資格を, 質素な, 赤い光, 赤い眼, 赤や, 赭い, 趣味の, 足が, 路の, 身なりで, 身なりを, 身軽な, 軽い気持, 輝きが, 輪を, 返事が, 迷信は, 退屈な, 連中だ, 部分を, 部屋だった, 酒の, 酒を, 重苦しさ, 野蛮な, 金が, 関係は, 陋劣な, 雑誌が, 雑誌を, 電燈の, 露骨な, 青さ, 青春の, 静けさ, 静けさです, 静けさを, 非難を, 面で, 面白いこと, 靴を, 音楽が, 音楽の, 順序を, 題の, 題を, 顏で, 顔つきです, 顔つきは, 顔でした, 顔付きで, 風体を, 風俗の, 風景が, 飯を, 香りが, 馬鹿が, 馬鹿気た, 騒々しさ, 高い声, 高度の, 高級な, 高貴な, 魚を, 鳥が, 黒い髪, 黒さ, 鼻声で

4 [982件 抜粋] あいつの, あたりの, あんばいだった, あんばいです, いきさつが, いまの, うちに, うっとりと, おそれ, おっとりした, お嬢さんの, お方で, お節介な, お銀, かたが, かたちです, がらんと, けしきを, ここちも, こころもちで, ことすら, ことだけは, ことなく, ことまでが, ことらしかった, これらの, ご心配, すがすがしさ, すてきな, そのくせ, その時, その言葉, それが, それを, そんな生, たわいも, つぶらな, とき, ところさえ, と思う, どちらかと, なつかしいよう, なんともえたい, にぎやかな, のには, のんびりした, はっきりしない, ばかに, ひとつの, ふうの, ほんとうの, まっくら, むだな, ものだの, ものとしか, ものの私, もの以外, もんだった, やさしい声, やつに, やるせなさ, ようすでありました, わけでございました, んで, ズボンを, パリの, ミジメな, 一夜が, 一点の, 一種異様の, 一通の, 下手な, 不完全な, 不当な, 不満を, 不覚な, 世に, 世界は, 中途半端な, 主人を, 事だった, 事なら, 事について, 事件も, 事情である, 二人が, 五色の, 京都の, 人たちと, 人でなけれ, 人をも, 人柄の, 人気の, 人物で, 人達ばかり, 人間にとっては, 人間や, 仕儀で, 仕掛けが, 仕方に, 代物じゃ, 会話は, 体裁である, 何とも, 何とも云えぬ, 何を, 俺の, 個人的な, 健康を, 傷を, 先生が, 光彩を, 光景であります, 光景に, 光線の, 全く新しい, 具合である, 内面の, 冷, 凡庸な, 処女の, 出来事の, 切ないよう, 剣幕で, 劇しい, 努力も, 勇気が, 動きが, 動機を, 化物の, 千鶴子の, 博士の, 印象の, 友情は, 反響を, 口ぶりが, 口上を, 口吻に, 叫びと, 合図を, 含み声で, 吾, 和やかな, 品では, 唄が, 唇の, 嘆声を, 四辺の, 困難を, 国で, 土地は, 圧迫を, 地形で, 地形に, 地点では, 型を, 場合であっ, 場合です, 場面に, 壮観を, 声し, 声でも, 夜に, 夢が, 大きい眼, 大きな山, 大きな都会, 大な, 大人の, 大地震, 大男です, 大石が, 大閃光, 大雪渓, 大鼾, 夫, 失礼を, 奇態な, 女じゃあ, 女なら, 女性は, 好奇の, 姪の, 姿では, 娘と, 婦人は, 嫉妬を, 子は, 字は, 安全な, 安易を, 客が, 室が, 容子だった, 寂寥を, 寛大な, 対話を, 小さな物, 小物を, 小銃の, 山で, 岩壁の, 嶮しい, 工合な, 平な, 年増の, 幻想的な, 広い心, 底深い, 店の, 庭に, 弱さ, 強い力, 形でした, 形容詞を, 影法師が, 役目は, 彼は, 御容子, 微笑と, 心もちでした, 心地でした, 心持ちにも, 心構えが, 必死な, 忠告を, 思が, 性格で, 性質に, 怪物は, 恰好と, 悩ましさ, 悪い女, 悪党は, 悪魔の, 悲哀の, 悲運に, 悲鳴, 情ないよう, 情景が, 惨忍, 惨酷, 愉しさ, 意見に, 愕き, 愛が, 愛に, 愛着を, 感覚は, 態度や, 憐れっぽい, 手続きを, 抗議が, 拳を, 指の, 放心状態に, 数々の, 文句に, 文学に, 斑を, 方と, 方法に, 日でした, 明るみを, 明白な, 時であった, 時間に, 景観を, 晴天が, 暗い心持, 暗示を, 暮色が, 最期を, 望みは, 本質の, 材料を, 東京の, 松並木の, 枝の, 柄でも, 根性の, 梅の, 極度に, 概念に, 概念を, 様子さえ, 権利を, 欠点が, 欲望を, 歌声が, 歓喜を, 歩きつきで, 歯が, 歯の, 歴史は, 殆ん, 毒舌を, 氏の, 気もちから, 気分だ, 気分でした, 気勢も, 気味わる, 気持ちな, 気風に, 決定的な, 法則が, 泣き声が, 洞穴の, 流れが, 涙の, 深い色, 混乱が, 混乱を, 溌剌と, 溜息が, 激動を, 濃い闇, 炎が, 点と, 為事を, 無法な, 無限の, 焦躁を, 煙草の, 熱の, 物じゃ, 物云い, 特色ある, 犬を, 狂態を, 独特な, 猫の, 現象に, 理想的な, 理論も, 甘いよう, 生気が, 男な, 画が, 異形の, 疑いに, 病気が, 症状を, 痛切な, 癖を, 発音を, 白い影, 白い煙, 白髪を, 皮の, 皮膚は, 目であった, 目的で, 真似も, 真昼の, 眠りに, 眸が, 眼から, 眼です, 眼付きであった, 眼付し, 瞬間の, 矛盾の, 知識は, 砂の, 確信を, 社会が, 祖母の, 私が, 秘密な, 稼業を, 空気だった, 窓が, 窓は, 端正な, 筆法で, 筋合いは, 箱の, 精巧な, 約束に, 純白の, 紙片を, 素子の, 素振りで, 細い眼, 細工を, 経験に, 結婚生活を, 絢爛たる, 絶望感に, 繁華な, 罪は, 美しいお, 美しい手, 美しい花, 美の, 美人だ, 羽織を, 考えかたが, 考えや, 而も, 肌の, 肌合の, 背嚢を, 腹が, 自信の, 自分に, 自動車の, 自由を, 興味は, 興奮が, 色であった, 艶っぽい, 花は, 芸術家が, 苦しげ, 英雄は, 荷物を, 落付きを, 葦の, 薔薇の, 行為に, 表情, 見方で, 見解を, 親しみが, 親分に, 解説が, 言葉であった, 言葉では, 言葉ばかり, 計画の, 記事の, 記述を, 設備が, 試みを, 語の, 論が, 論理は, 諸現象, 警句を, 讃辞を, 豪奢な, 豪雨と, 赤い斑点, 趣きの, 趣も, 身体に, 辛いよう, 農家の, 述懐を, 連中を, 運動が, 運動は, 道具を, 適当な, 部屋には, 重いもの, 重い空気, 鈍い音, 鋭さを, 長いもの, 長い手紙, 閃光が, 間に, 間柄だった, 関係も, 陽炎が, 雄大な, 雨を, 雰囲気に, 雷鳴が, 露を, 青い火, 青い色, 青銅の, 非常識な, 面に, 面白いよう, 音でした, 音色を, 頬っ, 頭では, 額に, 顔や, 顔色の, 風だ, 風体の, 風習が, 飄逸な, 飛躍を, 香の, 騒動を, 高い山, 髪の毛の, 髷に, 鳥は, 黄色な, 黒い影

3 [1929件 抜粋] ああした, あたりまえの, あまの, いい人相, いい話, いなせな, うめき声を, おかしいよう, おもしろさ, お嬢さんが, お感じ, お方の, お粂, お角さん, からだつき, きたないふう, きょとんと, ぐあいに, けだ, ことさ, ことでありました, ことでなく, ことにばかり, ことより, この世の, この青年, こんな不安, さまであった, しみじみと, するどい眼, そういう感じ, その日, そんなお, そんな境遇, そんな思い, たおやかな, だぶだぶの, つまらないもの, ところだろう, ところね, どっしりと, なめらかな, はかないもの, ばけ, ひとを, ふうだ, また何, まるいもの, ものかという, ものでありましょう, ものとも, もののいざ, もののでも, もののやはり, ものまでも, もや, やさしい顔, やり方は, ゆとりが, わけじゃ, われわれの, イデオロギーの, ショウ, スレートぶき, ドアを, ホテルの, マントを, ヤワな, 一句を, 一時的な, 一種妙な, 万寿丸は, 上着を, 不利な, 不器用な, 不平が, 不幸を, 不正な, 不義理, 不覚は, 世にも美しい, 世話を, 中年の, 乳くさい, 争いは, 事実に, 事項を, 人々である, 人だかりが, 人でありました, 人に対して, 人形を, 人生観を, 人達と, 人間にとって, 今は, 仕事で, 仕組みで, 仮装舞踊劇が, 位置で, 住居の, 体格を, 何という, 何処と, 余韻が, 作品には, 信仰を, 個人としての, 偉い方, 健全な, 催促を, 儀は, 元気な, 光と, 公けの, 円錐形の, 冷たい光, 冷汗が, 凄まじさ, 凝視を, 出来事も, 初々しさ, 別な, 刺戟は, 劇的な, 労働が, 勢を, 化粧の, 博物館が, 危機を, 原理が, 厳格な, 口ぶりだ, 口吻であった, 口振, 古来の, 叫声が, 可笑しさ, 史実は, 名である, 告白を, 咄嗟の, 哀調を, 唸りを, 啖呵が, 喜色が, 噂だ, 四肢を, 因業な, 図を, 土地には, 地形が, 地面を, 堅実な, 場合その, 塊に, 境遇が, 声とともに, 夕暮の, 多人数の, 夜風に, 大きな力, 大きな穴, 大の, 大仕事, 大小の, 大建築, 大木の, 大波が, 大笑いを, 大雨と, 天才を, 失望と, 奇怪の, 奥の, 女でした, 女性であった, 奴でも, 奴等ばかり, 好奇心も, 姫君の, 威厳の, 婦人を, 嬌態を, 子では, 存在, 孤独を, 学生は, 安堵を, 宝石が, 実状である, 家であった, 容で, 寂しいよう, 寒々と, 寒気を, 尊大な, 小刻みな, 小説に, 少しの, 屈託の, 屋根が, 山である, 岩壁を, 工合ね, 差別を, 帯が, 幕府にとって, 平板な, 幸福は, 幻想に, 底知れぬ, 庭の, 弟の, 強いもの, 強力な, 形式的な, 形相が, 彼, 後姿を, 御親切, 微笑は, 心づかいを, 心にも, 心境が, 心持な, 心理状態を, 忌々しさ, 思いです, 急激な, 性格だった, 怪物である, 怪異な, 恐ろしいもの, 恐ろしい生活, 恥ずかしいよう, 恰好, 悪いお方, 悪人の, 悲しい声, 悲境に, 情緒に, 意味あり, 意味でも, 意志と, 意見も, 愛では, 感じしか, 感傷に, 感興を, 感銘は, 態度です, 憂欝が, 憤怒を, 我儘を, 戦慄が, 所と, 手ごたえが, 手掛りは, 手筈を, 手紙も, 才能が, 批評家が, 抑揚の, 拳で, 按配だった, 振舞を, 支那の, 数分間が, 文句である, 文章の, 断崖の, 新聞記事を, 方向へ, 日中の, 旧家の, 明るみが, 星は, 春雨が, 時その, 時で, 時代である, 時私は, 景物を, 暇は, 暗鬱な, 書体で, 月は, 月明の, 服装で, 朧ろの, 本能が, 材料は, 条を, 東京で, 林の, 柔軟な, 根も, 格で, 森が, 極く軽い, 構造で, 模様であった, 機敏な, 次第だった, 歌である, 歓声を, 武器も, 武者声が, 歯車の, 殺気を, 母を, 民衆を, 気ぶりは, 気もちには, 気丈夫な, 気合である, 気息を, 気持にまで, 気魄が, 水は, 汚ない, 沈黙だった, 泣き声で, 注目すべき, 流言が, 淋しい気持, 混雑を, 清潔な, 渋面を, 湯気が, 漆黒の, 激しい音, 火の粉が, 無いよう, 無垢の, 無気力な, 無関心, 焦慮を, 熱心を, 爪が, 物, 物には, 物足りないよう, 特徴は, 犬に, 猛然たる, 現象でも, 理想を, 理解の, 生きかたを, 生意気な, 生活も, 生返事を, 男達が, 異様に, 疑いの, 疲労が, 病気の, 痕が, 痛烈な, 発言を, 白い指, 白い眉, 百貨店の, 目つきが, 目は, 直線と, 眉が, 眠りから, 眸で, 眼くばせ, 眼や, 眼眸で, 瞬間は, 知識に, 研究の, 破れ鐘の, 社会を, 神経に, 私は, 稲妻が, 穴に, 空には, 空虚さが, 立場で, 竹の, 笹村の, 答えが, 節も, 精神は, 純白な, 素人には, 素気ない, 細いもの, 紳士が, 経済状態に, 結果にでも, 絵と, 絶対的な, 緊張と, 縞の, 美しい女子, 美しい羽, 美人と, 美味さ, 美男である, 老人だった, 考えかたも, 者でも, 聖い, 肌が, 胸に, 脊の, 自分では, 自由の, 舶来の, 色です, 艶な, 若いもの, 若者であった, 苦労は, 茫然と, 荷を, 著名な, 薄緑, 虚しさ, 融通の, 行動が, 表情でした, 装いを, 褐色の, 見せかけを, 観察が, 観念に, 角が, 解釈が, 言動は, 言葉として, 計らい, 記憶の, 訳であった, 詞が, 話さ, 話し方を, 誘惑が, 誤りが, 調子と, 諸国の, 豊満な, 貧乏人が, 賑かな, 赤いよう, 赤ら顔を, 趣向が, 跡も, 身なりの, 軒の, 辞を, 近代的の, 透徹した, 運びに, 遠い音, 邸に, 部屋であった, 部落の, 重苦しい気分, 野武士の, 金で, 鈍感な, 長い睫毛, 関係から, 陶酔を, 雀の, 難題を, 雲も, 霧雨が, 青い目, 青年です, 青筋を, 静かさだった, 静けさである, 面の, 音でも, 頑固な, 題で, 顔つきだ, 顔付きを, 顔色と, 風にも, 風情, 風聞が, 飛沫を, 香気が, 騒ぎと, 高調子, 鬱陶しさ, 鷹揚で, 黒いマント, 鼠の

2 [5352件 抜粋] あいそ笑いを, あの夜, あらわな, いい人, いきさつを, うすのろ, うら悲しいよう, おかしみ, おそろしいもの, おとなしさ, おやさしい, お咎め, お客も, お月さま, お眼, お話な, かおし, かんだかい声, くせが, ぐあいに自分の, ことか, ことによって, こと書い, この子, こわい目, さむざむと, しずけさです, すきま, するどい光, そういう人達, そしてもっと, その娘, その瞬間, そらの, そんな低い, そんな生易しい, たのもしさ, つもりに, といっ, ところでなく, どこにも, ならわし, ねうち, のでわたくし, のびやかな, はげしさ, はなやかさが, ひどいめ, ふっくらした, ぼそぼそ声, また予期, まっ青な, むっとした, ものかい, ものだったらしい, ものにでも, ものの今, ものの銀座あたり, もんだろう, やつじゃ, やり方では, よぼよぼの, わしでは, アラレも, オランダの, グアイで, ショールを, タイプとは, ツンと, ニュースが, ピアノの, ボソボソ話, メリメは, レコードは, 一件が, 一徹な, 一瞬だった, 一言が, 三吉の, 下生えの, 不吉を, 不快さを, 不法な, 不経済, 世界と, 両手で, 主人は, 乱暴は, 事かも, 事のみ, 事実な, 事物を, 五月雨めいた, 人々であります, 人たちで, 人にとっては, 人声も, 人情の, 人物との, 人間として, 今まで, 仕掛は, 代物でない, 仰山な, 位置から, 体験が, 何物かを, 作品では, 侍を, 修業が, 倹約を, 傷の, 儀で, 元の, 先生たちが, 光線で, 具合いに, 冒険心を, 冷酷さに, 凄みは, 処置は, 刃物を, 初期の, 制服を, 剛毅な, 労働に, 動作の, 勝鬨が, 北国の, 半透明, 南風は, 危険の, 厳い, 反感と, 取留めの, 口付きを, 口振りを, 古今の, 可哀, 史料は, 同門の, 名前で, 吾でも, 呼び声を, 咳払を, 哲学の, 問を, 善良さを, 嘆息が, 四十五六の, 図形を, 土地でも, 地質に, 城が, 報告は, 場合でない, 塊を, 墨色の, 壺を, 夕方が, 多種多様な, 夢で, 大きなところ, 大きな火, 大きな驚き, 大勢に, 大夕立, 大政治家, 大浪が, 大空に, 大金持, 天体の, 天真な, 夫婦の, 奇蹟を, 女にとっては, 女房を, 奴よ, 妖しい美しさ, 姐御, 姿態である, 娘には, 婦人も, 嬌声を, 子供にも, 存在でも, 学説の, 宏大な, 宝石の, 実誼, 家じゃ, 容体で, 寂しい思い, 寒いよう, 寝息を, 尊氏だった, 小さな傷, 小さな青い, 小具足いでたち, 小悪党, 小蟹ども, 少しも, 少年です, 屋根の, 岩山の, 峻烈な, 巨き, 希望は, 帽子の, 年頃に, 幽幻, 広義の, 度胸が, 建築が, 引力が, 弱味は, 強い女, 強固な, 当惑の, 形勢であります, 影で, 彼が, 後の, 御冗談, 御褒美, 微光が, 心もちだった, 心境を, 心持ちには, 心理を, 必然性を, 快楽の, 怖い顔, 思想上の, 性情を, 怪しい女, 恋人を, 恐ろしい事実, 恐ろしい音, 息ぐるしさ, 悠々たる, 悪人型では, 悪意は, 悪質な, 悲哀が, 情味が, 情緒の, 想念を, 意地も, 意義の, 愚者は, 愛情で, 感動は, 感興で, 態勢を, 憂いが, 憤怒に, 戦争に, 手きびしい, 手掛りが, 手配を, 折に, 持続ある, 振りで, 推理を, 放言を, 教師の, 数行が, 文字に, 料理の, 新しい道, 方でない, 施設が, 日である, 日本特有の, 昂奮に, 昔者には, 昼下がり中年者の, 時勢には, 晩春の, 智慧の, 暗影が, 暴言を, 書物が, 有様は, 朝子の, 木立を, 本質は, 松林の, 枝葉を, 根を, 桂子の, 椅子を, 極めて簡単, 概念, 標語を, 横町が, 機械で, 次第でございまする, 歎声を, 武器を, 歳月の, 母親は, 毛むくじゃらの, 気むずかしい顔, 気勢で, 気持だったらしい, 気振, 気運を, 氣は, 水面が, 汚い海, 汽車の, 泉が, 波動を, 注意で, 活動が, 浅薄な, 海を, 淋しい場所, 深い悲しみ, 深所, 清らかで, 温情が, 満足さで, 滑稽も, 激しい衝動, 濃い雪, 灰を, 焔, 無根拠, 無邪気さと, 然うい, 熱くて, 熱気には, 父に, 牧場が, 物体の, 物珍らしい, 物音も, 特色は, 狂女の, 狭小な, 獲物だ, 珍事を, 理智の, 甘た, 生徒は, 生活態度を, 用語が, 男でございます, 町を, 番附を, 疎毛, 病人と, 発光は, 白い建物, 白熱の, 盗みが, 目附を, 相談が, 真剣さが, 眠が, 眺望を, 眼球を, 矛盾は, 石な, 破綻は, 祖先を, 私達の, 稚拙な, 空ろな目ざし, 空虚な目ざし, 童を, 笑いな, 笠の, 筒袖の, 簡単に, 精力と, 紅い唇, 素振だった, 細い体, 細長いもの, 経験である, 結論が, 絶世の, 絶海の, 緑色であった, 繁昌の, 美が, 美しい小, 美しい身体, 美少年は, 羞恥を, 習性を, 老婆であった, 考慮も, 者ばかり, 職場の, 肝の, 胸が, 脈を, 膚の, 自嘲の, 自然力を, 自由と, 興味を以て, 船室から, 色や, 艶を, 花粉が, 苛苛しい, 若僧が, 苦しい思い, 英雄に, 草を, 落ち着きを, 蒲団に, 薄い霧, 薄紅色, 虫だ, 血しお, 行動と, 衝動的な, 被害者を, 裾を, 見識を, 親しみぶ, 親爺を, 解説を, 言葉によって, 記録は, 訴訟を, 詞を, 話しぶりであった, 話らしかった, 語気である, 説明は, 調子とは, 諸問題, 議論は, 貧乏ぐらしを, 貴族の, 質問ばかり, 赤さ, 趣は, 足音を, 身なりだった, 身分でも, 軍の, 辛い思い, 返事などが, 逃避的な, 造りでは, 連関は, 運動に, 道も, 遠い未来, 部分にも, 鄭重な, 醜男に, 重荷を, 金五郎の, 金額では, 銅製の, 鋭い目, 鏡の, 門構えの, 闇黒の, 陳述を, 隙の, 雑な, 難行苦行を, 雰囲気であった, 電灯が, 霧に, 青二才の, 青砥色の, 静的な, 面だ, 面白くない, 音楽だ, 韻の, 頬や, 題目が, 顔ぶれだったろう, 顔附で, 風には, 風景の, 風采だった, 馬を, 騒ぎも, 驚嘆すべき, 高い柱, 高潔の, 鬱然と, 魅惑を, 鯉の, 黒いやつ, 黒木の

1 [39780件 抜粋] ああ, あとは, あの強い, あまりゾッとしない, あわた, いい姿, いかにも痛み, いびきの, いわば潜水服, うちの人たちは, えらい力, おじいさんに, おとなしい生徒, およそ現実, お喋りを, お手引き, お筆さん, お里の, かなしいお, がっしりと, きわめて大切, ぐあいにスルスル, こおろぎの, ことせん, ことスポーツ魚釣り各人各様に, この一首, この改革, この都会名物, こんな暑, ご眉色, さもしい態度, しかも異様, じいさんの, すじを, せまいトンネル, そういう種類, そして何, その上品, その心, その精神そのもの, それで, そんなさもしい, そんな忸, そんな莫大, ただならぬ空気, ちぐはぐの, つめたくちいさな, ときとくに, ところでか, とんまな, どんな困難, なんだか妙, のじゃ, ので奉公人共, のびのびと, はずかしいこと, ひとつ歌ばかり, ひどく遣, ふところ育ちじゃァねえ, ほとんど異教的方法, またいつか, また怖い, まっかに, みすぼらしい男, むなしいもの, ものおそろしい声, ものどこへ, もののヒロセ元美, ものの極めて, ものサ, もの異国的な, やけくそ気味で, やや大きく, よい連れ, わけであろう, アカデミアであり, イタチが, エハガキを, カラカラと, キリスト教は, ゲラゲラ笑い, サロンも, ジョーは, ゼイタクな, チョイと, トラピスト風の, ニュアンスが, バリバリと, ビールくらいの, プライドが, ホリモノが, ママである, モンタージュ展を, ルリの, 一ぱしの, 一大事に, 一日物懶, 一瞬ふと, 一般的事実の, 七八つの, 三本足であった, 上等なら, 下素, 不埓者, 不明快, 不覚者では, 世情の, 中傷が, 丸木小舎を, 乙の, 亀甲が, 事にな, 事柄でも, 二百ばかりの, 交わりの, 人だかりな, 人口問題の, 人波と, 人込みの, 人間最高の, 仏像だって, 仕業と, 仰せを, 伝奇的な, 低い畏れた, 体臭では, 何一つない, 作品とも, 例であります, 俗人が, 俳優と, 値と, 偶然は, 僧でも, 優しい親切, 兇暴い, 光景なり, 全篇, 共同の, 内海の, 冗談口の, 冷やかさだった, 凄じい声, 凶報が, 刀鍛冶など, 切ッ先を, 利潤追求の, 前書が, 力も, 労働者生活の, 動物や, 勿体なさ, 十円紙幣を, 半蓋馬車, 単なるエティケット用語, 危なっかしいこと, 原始感情に, 又は何とも, 反応だった, 口々きい, 口調, 古めかしい物静か, 可愛いリズム, 右門流でした, 同権論者が, 名高い人, 告白文だった, 咆哮が, 品なら, 唯物思想を, 善い性質, 喧嘩下手は, 器械は, 団欒でした, 国イギリスの, 土方や, 地名からでも, 坂道に, 堅い乾物, 場合ね, 塔や, 墨筆で, 声凄く, 変質者にとって, 外国人の, 夜会服の, 大きい煙突, 大きな入口, 大きな機構, 大きな記念碑, 大事は, 大声と, 大敵を, 大番頭, 大軟派, 天候である, 太い汽笛, 失態も, 奉公人の, 女の子には, 女性語は, 奴隷的服従を, 好適な, 妹に対して, 威も, 婦人関係, 子には, 孝心に, 宅は, 完成を, 実に殺風景, 客観としての, 家並と, 容色を, 寂然と, 寝台に, 専門学校から, 小さい松明, 小さな字, 小っぽ, 小学修身的俗見, 小細工まで, 少しねつい, 局外者の, 山へは, 山荘の, 島なり, 工夫に, 差異が, 席でも, 平たい鋭さ, 年増で, 幼い日, 広い畑地, 座蒲団の, 弁で, 弱々しい嘆息, 強い効果, 強暴な, 形までが, 影口が, 径路その, 御人体, 御気性, 復讐鬼に, 心じゃ, 心態では, 心理も, 忍び泣きが, 快勝は, 思いやりは, 急進派の, 怪しい者, 恋句の, 恐ろしい妄想, 恐怖です, 恰好よ, 悪じゃれ, 悪玉に, 悲命に, 情念の, 想いも, 意慾が, 愛くるしいまなざし, 感動とで, 慈愛と, 憂暗に, 懐疑は, 或は股, 所ばかりに, 手はずの, 手管は, 才技肌では, 抑制を, 拳骨を, 振舞だ, 揉消し, 攻勢へ, 敗亡を, 敵ながら, 文学, 文部大臣の, 新しい呼吸, 新形式, 方向定かならぬ, 旋毛曲りが, 日本式談合万端にこそ, 早合点を, 明土を, 映画も, 時代後れの, 晩ね, 暇な, 暗さ静けさ, 暴行は, 書画が, 有り様だろう, 望遠鏡である, 木村鷹太郎主義は, 本屋が, 村で, 東洋的な, 枯枝の, 柾を, 桁外れな話し, 椀太鼓の, 極り悪げな, 構図だった, 権威者であろう, 機動性が, 次第には, 歓待ぶりを, 武者修行が, 歴史性の, 殺し文句を, 毒蛇や, 気ぜわしなさ, 気前の, 気持ちでは, 気質しか, 水兵仲間が, 氷刃の, 池である, 河童姿法衣の, 波頭が, 洒, 流行物であった, 浮気に, 涙とを, 淡青色, 深い緑, 添言葉を, 温もりが, 源之助自身の, 漢の, 激しい痛み, 濶達さや, 炎暑の, 烈しい身震い, 無機物です, 無邪気で, 煩いも, 熱湯を, 爽かさだ, 物すごい響き, 物思いばかりを, 特にぽつんと切り離された, 状態へ, 独り者で, 狼式の, 玄徳の, 現代的な, 理由です, 甘い快感, 生え際へ, 生活そういう, 生理的状態に, 田舎くさい, 男から, 男落語の, 異いが, 疥癩の, 痛みそれと, 発端の, 白い肩, 白歯恩田だ, 百鬼朝行が, 目ざましいスケイティング, 直接さで, 眉目を, 真理形式, 眼でこそ, 睫の, 短い嘴, 石高路を, 碌に, 社会形態が, 神仙譚に, 秀抜な, 科学論だけが, 種類を, 空想な, 窓枠その, 端麗さを, 笑顔であった, 策は, 米だけを, 精神的活劇が, 紆濤に, 素子からの, 細いくせ, 細かい計画, 組織, 結果でしか, 絶壁で, 緋房の, 縦横の, 美しいいきいき, 美しい気持ち, 美しく貴重, 美術品としての, 羽も, 老医家, 考え方に従って, 聞苦しいこと, 肉片や, 背広などを, 脈管の, 腰強い, 自信も, 自然概念を, 臭気には, 船手は, 色には, 芦や, 芸術である, 若い夫人, 若輩から, 苦心と, 茨の, 荒いそして, 菜の花の, 葉である, 蒼黒い, 薄暗い予感, 藤次郎の, 蚤を, 血潮で, 行違が, 表紙かい, 裏道へ, 西風が, 見物の, 親しい感じ, 観察と, 言い訳を, 計算だ, 訳何しろ, 詩的一生であった, 話題に, 誤解も, 調査の, 諸君が, 議論だったら, 豪族は, 貧しさ, 買いだめは, 質問書を, 赤マントを, 超高速度, 跛の, 身体です, 軍事犯まで, 軽く盛っ, 辛いもの, 近世の, 追憶である, 逞しい意志, 逸話の, 過程は, 遠いとどろき, 邪魔を, 配慮から, 醜い美しさ, 重体の, 野生仙人掌に, 金襴の, 鈴音と共に, 鋭い不気味, 鍋ものを, 長い睫, 長話を, 間抜けで, 闘志に, 陶酔の, 際どいところ, 雑沓, 雨漏り吹き, 電力不足の, 青あおした, 青白い冷たさ, 静脈が, 面構えし, 音にも, 頂上および, 頭上の, 顏は, 顔鬼の, 風情によって, 飛切上等の, 餅に, 馬鹿者だ, 驕奢な, 高い樹, 高楼の, 魂だった, 鱗片から, 黄昏の, 黒い棒, 黒犬も

▼ よう~ (5948, 1.6%)

404 もある 257 もあり 136 はない 104 ござります 103 はある 75 いて 39 もあります 38 もない 37 ござりました 35 あつた 33 はなかっ 28 もあれ 26 ござりまする 25 はなく 24 私は 23 気が 22 はありません 19 もありました, もなかっ, もなく, 私の 18 その実, はあった 17 それが 15 はその 1413 ごぜえます, 自分の 12 さえある, それは, は, はとても, は困る 11 はあります, はこの 10 はもう 9 さえあった, はございます, は駄目, もやはり, も女, 妙に 8 おかしいが, それを, はございません, 伸子は 7 いやだ, はまだ, は何, もまだ, 何が 6 うれしかった, がんす, ござりましょう, そこに, それに, はいけない, は仕方, もそれ, 気持が, 足が

5 [16件] いながら, おもしろい, しかない, はいかん, はとうてい, はまだまだ, は今, も困る, 何か, 僕には, 変に, 容易に, 少しも, 恐れ入りますが, 眼の, 非常に

4 [27件] あッた, これが, これは, さえあります, しかもその, そのくせ, それも, はありませんでした, はいけません, はお, は世間, は決して, は私, もこの, もございます, もどこ, もやっぱり, わたくしは, 口を, 変な, 彼は, 心が, 気味が, 気持ちが, 美しかった, 胸が, 面白くない

3 [60件] あつて, いけない, おかしかった, お気の毒, しかもそれ, すぐには, その眼, ところどころに, どうする, な, なにが, なりません, なんの, はありました, はこんな, はございませぬ, はそれ, はなん, はやはり, はわが, は今日, は随分, もありません, もそこ, もその, もなかなか, ももう, も何処, わたしは, 人を, 人聞きが, 何の, 何も, 何を, 口の, 口は, 多少の, 妙な, 実はなかなか, 実は少し, 居て, 心は, 急に, 我ながら, 日本の, 朝子は, 気に, 気の, 江戸の, 涙が, 無いよう, 相手の, 私には, 自分が, 自分で, 複雑な, 足の, 面白い, 面白くなかった, 頭が

2 [249件] あれで, いいじゃ, いくらか, いけないし, いつまで, いやだった, いやです, いやな, いやに, いや又, いらっしゃいますか, うっかりする, おかしい, おはずかしい, おもしろくない, お政, からだ, がした, げすな, これでは, これを, こわかった, こんな結構, ごさい, ござりまし, さ, さすがに, さすがの, さそして, さもしいとも, しかも地面, しかも棄て, しばらくは, しまいには, すぐに, すみませんが, そこらの, そしてその, そしてそれ, そのじつ, そのため, その前, その変化, それまで, ただ嫌悪感, とても美しかっ, とても面白い, どうにでも, どうにも外, どうにも手, どうも気, どこが, どこと, なかなか立派, なにも, なにより, なんだか変, なんともいえない, はあなた, はあの, はいかぬ, はいよいよ, はかえって, はここ, はこちら, はこれ, はござる, はじめから, はそんな, はだめ, はっきりしない, はと非常, はどうも, はどんな, はないだろう, はなかなか, はならない, はほか, はまるで, はよく, はダメ, は今夜, は今後, は全く, は全然, は到底, は商人, は大事, は心細い, は所詮, は料理, は日本, は東京, は殿, は気の毒, は父, は理屈通り, は申訳, は真に, は自分, は芸, は話, ふっと声, ほかに, ほんとうに, またその, また非常, むしろこの, もあるでしょう, もいけない, もいざ, もさすが, も世間, も人, も人間, も実は, も年, も広い, も海, も無い, も無かっ, も田舎, も若い, ゆっくりと, よく見れ, わかって, わけの, イヤな, サイは, 一時は, 一種の, 一面に, 不安な, 不思議でない, 不思議な, 不気味だった, 不気味に, 両側の, 中には, 二人とも, 人が, 人に, 人の, 今でも, 今日は, 仕方が, 他人の, 体が, 何でも, 何事も, 何度も, 例の, 僕は, 先方の, 凄じい, 分って, 危なくて, 口には, 口惜しくて, 可厭, 可笑しいから, 可笑しいが, 可笑しいけれど, 台所部屋の, 味が, 味も, 四角いとは, 壁に, 変だ, 外の, 夢では, 天下の, 実はきわめて, 実はそう, 実はむずかしい, 実は頗る, 寒さ, 底が, 底の, 店の, 彼の, 心を, 心苦しいが, 心苦しゅうございます, 心配だ, 恐ろしかった, 恐縮です, 息苦しかった, 悪いから, 悪いが, 悪いけれども, 悪うございます, 愛くるしいので, 戸を, 手の, 時々に, 暗澹と, 月の, 有った, 桃子は, 気も, 気もちが, 気分が, 気味の, 気恥かしい, 気持ちも, 流石に, 浴衣に, 淋しい石, 滑稽だ, 滑稽に, 狭い, 狭いもの, 癪に, 目の, 目を, 眼には, 眼を, 睫毛が, 短かいよう, 窮屈で, 脆いもの, 腹が, 自分でも, 自分ながら, 自分にも, 自然と, 自由に, 苦しかった, 落ちつかない, 見っとも, 見当が, 誠に喜ばしい, 誰が, 豊かで, 身が, 身体が, 道子は, 雨の, 雪の, 面白いと, 面目ない, 面目も, 頭の, 頭も, 首の, 鳥の, 鼻が, 鼻は

1 [3216件 抜粋] ああの, あたりも, あなたさまについての, あの頃, あまり面白く, ある美し, あんまりほめた, いいもの, いかにも惜しく, いくら拭い, いごこちが, いっさい要領を, いっとき世間が, いつもうつらうつらし, いつも若干, いや, いやポッポちゃん, うすきみ, うとうとし, うれしいと, おいでなさいます, おかしくて, おくびょうな, おちつかず半, おまけに, お八重, お安い, お父さんが, お言葉, かえって不安, かくして両手, かねちゃんは, かわいそうにさえ, きみの, くさくさする, けた心の, こういう詩趣, ここへ, ことにその, このとき, この地, この素晴らしい, これからの, こんなこと, こんな村, ご婦人, さっきまで, さっぱり親しみ, さもない, しかしなんだか, しかし相, しかもどこ, しかも大, しかも永久, しっとりした, じきに帰り支度, じつはなにひとつ信拠, すこし残念, すっかり驚かされ, すべすべし, せっかくの, そうして仙台平, そう無, そこらあたりに, そして頸筋, そのくせ不安, そのままで, その中, その冷た, その向う, その姿目, その店, その望, その父子, その舞, その酔い, それから, それから家禄, それでいていつも, それで今, それとは, それまでには, そんな工合, たしかに先日侯爵邸, ただ仄, たちまちなくなる, たまらなかった, ちっとも欲しく, ちょっと返事, つい私たち, つらかった, でも六百五十両, とてもうれしかっ, とても言葉, と小歌, どうしても万歳, どうしても開かなかった, どうにもできなかった, どうも不気味, どう見, どこの, どんなにで, なお不気味, なかなか出ず, なかなか普通, なし, なにを, なんか話しこん, なんとなくきみ, なんともたより, なんにも記憶, ねとやこうして, はあり, はいかなる, はいつか, はお互い, はがんりき, はございますまい, はござんすまい, はじめてきた, はそれでは, はだし, はともすれ, はどう, はないです, はなに商売, はならぬ, はばかりがあります, はもうしまいだ, はよい, はわし, は一人, は万吉, は云々, は何者, は倶, は先祖, は初めて, は十月一杯, は名刀, は商売, は地下, は大変, は孫子, は小幡, は平生, は後援会, は心許ない, は意味, は探偵, は文学者, は末始終, は東北振興電力株式会社, は楽屋, は滅多, は物, は生まれ, は真個, は精神一, は自分たち, は虱, は誠に, は軍曹, は遺憾, は銀座, は風流, ばた, ひとり涙ぐまず, ひどく質, ふさわしい白猫, ふと眩しく, ほかの, ほとんど見詰められなくなる, まあ猿, まことに申しわけ, またあまり, またない, また古い, また有る, また耳, まだぼんやり, まだ手, まったく新しい, まるで反対, みっともないったら, むしろ高台, もあまり, もある痩せた, もうめちゃくちゃ, もう生き, もこっち, もしん, もせまい, もっと漠然とした, もなくしい, もぬかり, ももうちゃんと, もよく, も下司, も他, も内容, も同じ, も売られ売られ, も小夜子サン, も年月, も徒に, も愈, も拍子, も根, も此の際三十万, も無, も現, も秘密主義, も老, も貴族, も電車切符, やっぱりいなくっ, やはり利い, ゆったりと, よく似た, よく聴い, よろしくない, わたくしには, わたしの, われ勝ちに, オコが, クールフェーラックは, シックリとは, ゾクゾクし, ニュートンと, バツが, ヘエへ, ポローニヤスも, 一九二三年発行カモン将軍の, 一向潮, 一度も, 一旦ちゃぶ台, 一生気の毒に, 一睡も, 一馬の, 三方が, 上手な, 不可能である, 不快で, 不愉快で, 不満が, 且つ自然, 中は, 主人の, 二三度大きな, 二度めに, 亡君の, 人気沸騰, 今にも卒中, 今までとは, 今度初めて, 以て, 住持は, 何かと云う, 何だか変, 何でもかんでも自分, 何となく水, 何とも申し, 何事をも, 佗しい, 作者だって, 俗で, 偶には, 優婉であり, 先生が, 全く憶出, 八方から, 内には, 冬亭としても, 出来かねます, 初めよみ, 刻々に, 動かない, 動物の, 北村君の, 単純な, 却ってもの, 厭じゃ, 厭な, 又左衛門, 口が, 只風景, 可愛い, 可笑しいこと, 合点が, 同時にそれ, 呉服屋への, 哀切にも, 唯わけ, 啓之助は, 器用な, 困った, 地上の, 堪え難い, 声も, 変化も, 外は, 多少は, 大きく腰以下, 大勢の, 大変苦しい, 大食が, 太刀の, 夷岐戸島に, 女子供, 好く見えなかった, 妙です, 始終お, 嬉しい事, 存外当っ, 実にみっともない, 実に非常, 実はこの, 実は不完全, 実は大変直接, 実は意外, 実は死味, 実は矛盾, 実行できない, 実際栄養, 家の, 寝台の, 尊かろ, 小歇, 少々うるさい, 少し妙, 少し赤み, 居堪ま, 峯子は, 希望が, 年じゅうひょろひょろ, 広い巴里, 廊下の, 弱いから, 強くない, 彼から, 往来の, 得体の, 御家人の, 心ぼ, 心外だった, 心細いの, 心苦しいまずしばらく, 志の, 怖ろ, 思い当たれないお, 恋人を, 恐縮でございます, 息は, 悪いと, 悲しい事, 愉しく屈託, 意固地そうな, 意気な, 感慨無量であった, 懊れったい, 我乍ら髪も, 戦士らは, 手も, 手紙を, 拝殿の, 揺れ通しで, 教会や, 文学そのものに, 日光の, 早くからグッスリ, 明瞭でない, 是と, 時々ふっと思い返す, 時代を, 暖い, 暢や, 更に考えれ, 有ったらば, 木の葉が, 本当に不愉快, 机に, 来月中旬には, 林之助は, 柱まで, 案外多い, 棄て難かっ, 極りが, 横坐りには, 次第にそれ, 此方の, 歯痒くなる, 死んだよう, 段だ, 毎日みまい, 気に入って, 気の毒にも, 気味わるかっ, 永久に, 決して南無, 洟を, 浅間しい, 淋しかつ, 深く考える, 済みませんが, 滑稽です, 濶, 無くて, 焦れったくって, 爪先が, 物の, 特色の, 独酌でなきゃ, 狭い車内, 猿知恵です, 現在朝湯の, 甚だ汚らしい, 生死を, 申訳ありません, 画家は, 畳を, 痛々しかった, 白が, 皮の, 相すみません, 真に凄, 真暗に, 眼つきも, 矢代は, 短く短いよう, 砲撃の, 福々しく耳, 私と, 秋も, 空気は, 立派な, 節子は, 精緻を, 素直に, 終に筆, 結構至極, 綺麗な, 署長さんや, 羽織を, 耳障りな, 肉も, 胸ぐるしかった, 腕が, 腹の, 自分には, 自然に, 舟も, 色彩に, 苦しいほど, 苦に, 茶屋や, 荷車馬子供犬などが, 蔭ながら, 蘆の, 蛇の, 衰弱しきっ, 褌を, 見当さえも, 覚えず胴戦い, 言わば, 訳らなかっ, 話声が, 誰彼の, 象牙などは, 賑やかでも, 足に, 身の, 車夫は, 轟々と轟く, 近い明日, 近頃は, 連れの, 道路という, 遠いわかった, 部屋に, 金儲けで, 銀座などを, 鍋を, 長さ, 間が, 際限も, 雨戸の, 電話で, 青森県の, 面映, 音も, 頭に, 額を, 顔を, 風景ほど, 首も, 駄目だ, 魚の, 鳥追だの, 黄色の

▼ よう~ (5322, 1.4%)

40231028511980 から 75 ぜ, わ 67 がそれ 53 がその 49 がこれ 48 がこの 4639 が私 27 が実は 24 が何 21 がね 20 がしかし 1918 がそんな, が実際, と云う, なあ 17 がどこ, と云った, と思った 16 けれど, という, の 15 と云っ, と思う, ねえ 14 ということ 13 からね, があれ, が今, が僕, と思っ 12 があの, がお前, がそう, がどう, というの 10 が併, ネ 9 がお, がおれ, がそれでも, っけ, と思い, なア 8 からそれ, から私, がここ, がまた, が君, が決して, しまた, と言っ, んじ

7 [12件] からお, からその, がいったい, が事実, が俺, が彼, けど, けれどもその, といい, といっ, と言う, もの

6 [14件] からこの, からまあ, がいずれ, がそういう, がなん, がまだ, がもう, がもし, がよく, けれどもこれ, しその, て, といった, と私

5 [20件] いね, からこれ, がこんな, がそれだけ, がちょっと, がどうも, がまあ, がわたし, が一体, が全く, けれども, けれども私, こと, しそれ, と, と思われる, と感じた, のう, わい, わね

4 [47件] おれは, からここ, からである, からでは, から早く, から気, がいま, がそれで, がとにかく, がともかく, がどうして, がなお, がなに, がまず, がやはり, が二人, が人, が人間, が今度, が他, が何しろ, が別に, が大体, が実に, が急, が手, が日本, が最初, が気, が自分, が誰, けれどお, けれどこの, けれどこれ, けれど何, しお, しそう, し私, というよう, といおう, とそう, と申します, と皆, と言った, んを, ッた, ナ

3 [63件] からお前, からきょう, からこれから, からです, からともかく, からな, からまだ, から自分, から見, があいつ, がありゃ, がいや, がお前さん, がけっして, がこいつ, がこう, がこんど, がする, がその後, がそれら, がただ, がどうか, がな, がなかなか, がなにか, がほか, が一方, が之, が今夜, が何故, が大, が大丈夫, が少し, が年, が御, が昔, が案外, が男, が眼, が若い, が酒, けどその, けれどあの, けれどあれ, けれどもそれ, けれど私, っけが, といいました, という意味, とお, とか, とのこと, と好い, と彼, と彼女, と答えた, と考えた, と誰, なと思った, などと云っ, な八, ね親分, んに

2 [180件] あれは, いよ, お前は, からあるいは, からいずれ, からお尋ね, からきっと, からことに, からこんな, からじゃ, からすこし, からそのまま, からそろそろ, からたしかに, からという, からというの, からなおさら, からまた, からもう, からもし, からよく, から今日, から何, から何とか, から君, から安心, から御, から竹子笠, から誰, があまり, があんな, があんまり, がおまえ, がきょう, がこちら, がこれから, がさて, がしかも, がじつは, がそこ, がその他, がそれから, がそれでいて, がそれにしても, がたしかに, がつまり, がでも, がとんでも, がどういう, がどうせ, がはた, がはたして, がほんと, がまったく, がみんな, がもう一度, がもっと, がもの, がやっぱり, がわが, がわれわれ, がハッキリ, が一年, が一応, が中, が云う, が今ここ, が何処, が元来, が兄, が先刻, が全, が具体的, が内実, が冬, が前, が前後, が古, が右, が国, が婦人, が小説, が山, が幸い, が後, が戦争, が拙者, が是, が本, が本人, が本当, が本当は, が本来, が村, が正直, が真に, が知ってる, が考え, が芸術, が要するに, が近い, が近頃, が途中, が銭, が顔, が首斬り, が馬鹿, が高品家, けどそんな, けどもう, けど伊作, けれどその, けれどそれ, けれどでも, けれどどうして, けれどほんとう, けれどもあれ, けれどもいつ, けれども僕, けれども実際, けれども彼, けれど僕, こうしよう, これまで, しことに, しこれ, しそれに, しつまらない, し人, し自分, し顔色, そこへ, それを, っけだ, とあれ, といいましょう, という噂, といったら, といわれた, といわれる, とか何とか, とか言っ, とする, とな, とは思った, とみる, とみんな, とも思いました, とよく, と妻, と形容, と思いました, と思います, と思え, と思える, と思ったら, と書い, と本当に, と申し, と申しましょう, と言いたい, と言います, と言え, と証言, と話す, と鴨田, ど, なうん, なし, な何, ねと云っ, わねえ, んぢや, んで, ア, ッけ, 事, 何か, 私が, 詳しいこと

1 [2057件 抜粋] あのこと, いよいよ次, おそらくその, お出入り, お祖母さま, からいま伴, からうんと, からおれ, からお願い, からこっち, からすぐ, からそういう, からその間, からただ, からちょい, からつとめて, からであろう, からと云う, からと思っ, からなああ, からなにやら, からひとつ江戸, からまして, からもう一度, からやっ, からよかっ, からわたくし, からサアここ, からノータリン, からワザ, から一つ永久的, から一心に, から丁度, から下手, から二, から今夜あたり, から会っ, から僕, から光子, から冷, から十両, から可哀想, から塔, から大伴さま, から子息, から家政, から少し, から庭, から彼女, から心配, から慌て, から打解け, から振返える, から新三郎, から明神さま, から本来, から此処, から気晴らし, から物, から生垣, から目, から神, から結局, から聞かし, から自然, から行っ, から見合わせる, から試し, から退却, から連れ戻された, から鋸, から雰囲気, から驚い, があか, があたし, があやしい, があんなに, がいくら, がいっこうに, がいつの間にかぐっすり, がうち, がおそい, がおま, がおもしろい, がお前さん何貫, がかほど, がきみ, がこころみ, がこの間, がこれぞ, がさあ, がし, がじゃ, がせめて, がそうすると, がそりゃ, がそれなら, がたびたび, がちっと, がついウトウト, がでは, がとても, がとキミ子, がと注意, がどうしてあんなに, がどちら, がなおも, がなにしろ, がなんとなく, がねその, がふたり, がぼく, がまだまだ, がむずと, がもう少しよく, がもと江戸子, がよかっ, がわしら, がウィルキンソン, がオレ, がコツ, がジョセフ, がソコ, がニュアンス, がプロフェッサア, がマスト, がモウ一度, がワラタ号, が一国全体, が一足飛び, が三月いっぱい我慢, が不義理だらけ, が中本たか子, が事件, が五つ, が亮作, が今ごろ一人旅, が今朝, が仙太郎, が似つかわしい, が体じゅう, が何で, が何一つ, が何科, が作者, が備後一国, が先方, が全体右, が其日, が凡手, が初めて, が加十, が勤王系統, が半面, が又, が取りとめ無い, が古人, が可哀そう, が君一人, が命, が問, が図, が地方, が壊れるまえ, が外れる, が多分, が大人, が大将, が天然居士, が女, が如何なる, が始めて, が学生, が実, が実状, が家中, が射手, が尋常会話, が山口, が左, が平常, が幾太郎, が建物, が引越し, が弾力, が当時大成中学, が彼ら, が徳間, が必ずしも, が恋, が悪い, が我々, が手前, が折, が散文, が文化史上漱石物, が料理, が斯, が日, が日神, が明るい, が時々, が書きたい, が木, が木道具, が本当に, が杉, が柿江, が桜痴居士, が楽, が橙, が正月, が武蔵, が殺された, が気分, が汝, が泰軒, が浪ちゃん, が濃霧, が無傷, が爼橋際, が犬, が猿, が理屈, が男っ振り, が病気, が百瀬, が目的, が真実, が矢張り, が知人, が神月君, が私たち, が積, が笑わず, が素人, が結局, が美惠比丘尼, が老女, が耳, が肝腎, が腹, が自由, が芭蕉, が荷物, が虫, が西洋人, が解っ, が詳しい, が謎, が貴様, が躯, が近ごろ, が通訳, が道場, が重大, が金言, が間違い, が陣寿, が雲, が青梅, が願, が食事, が鬼塚村, が黄金十枚, きっと台所, けどこんど, けどどう, けども後, けど一体, けど先, けど急ぐ, けど柏崎, けど這入っ, けれどあんな, けれどおぼえ, けれどさて, けれどだって, けれどちょっとした, けれどね, けれどほんの, けれどまったく真に, けれどもきょう, けれどもこの, けれどもすこし, けれどもそれだけ実際, けれどもばか者, けれどももう一度, けれどもやはり実際, けれども一軒一軒, けれども事実, けれども俳人, けれども北海道, けれども口, けれども徐福, けれども承知, けれども歴史, けれども目鼻立, けれども裸体, けれども部屋, けれどよく, けれど事実, けれど仕方, けれど唄, けれど女優, けれど小屋, けれど才気, けれど果してどう, けれど然し, けれど真情, けれど脆い, けれど見る, けれど身体, けれど飛んだ, ここは, こりゃ今夜, しある, しいろいろ, しかしそうして兎, しかも, しくれ, しこれから, しそして, しそろそろ, しと云っ, しのみならず, しもっとも, し一体どう, し亭, し伯父さま, し先, し前, し即ち, し君ら, し外, し夫婦, し学校, し廂, し忍藻, し所帯持ち, し明君, し気立て, し浦上, し深々, し現金払い, し男, し目まい, し稼いだ, し結句, し胃, し裸, し身形, し隔て, じゃ失敬, ぜあにい, ぜお洒落, ぜ兄哥, ぜ帰ろう, ぜ誰, そうで, そしてそれ, そして黄色, そのつもり, それから劬, それにも, ぞはて, たしかにという, ちょいと, つたあの, てえ, とあまり, という人, という喩え通り, という推測以外, という評判, といったもの, とうっとり, とおっしゃっ, とおりつ, とかそこ, とかまず, とか月見茸, とか誰誰, とこまる, とさらに, として疑, とその, とつくづく, とでもいう, とどこ, とね, とはたしかに, とは思, とは決して, とまで形容, ともし, とも申しましょう, とよほど, とホッ, と下宿屋, と云いたい, と云われた, と今, と伸子, と僕, と勝蔵, と叱った, と困る, と夜更け, と大笑い, と婆さん, と宗, と宿場, と庄作さん, と後, と忠告, と思われだしました, と感心, と批評, と時ちゃん, と次郎, と熟, と申す, と皆さま, と祝った, と笑い, と総領女, と考え, と裏木戸, と言いました, と言わるる, と話, と辱められた, と頷い, どうしてこんなに身, なあの, なおまえ, なでも, なと万三郎, なと登, なと考える, などとまで云った, などと皮肉, なにも, なわれわれ, なんて無理, な向う, な銭形, ねえソヴェト, ねさあ, ねってお母さん, ねと尋ね, ねねえ, ね今夜, ね春, ね身勝手, のにこの, のに大乗哲学者, ひとつこの, ぶっきらぼうな, ぼっと霧, むしろまだ黒吉, もしこの, ものウ, やっぱり外国, よマアマアマア, よ向う脛, わいや, わととりまく, わ何, んでせう, んべ, イヤこうあらためて, フーン成程, 一生を, 今では, 今晩来, 何に, 便所かな, 厭だ, 周助は, 外遊中の, 夫が, 寸分たがわず, 少し暇, 御新造だ, 憚りながら石原, 時うつれ, 木太刀を, 正夫人, 残雪は, 水を, 理由は, 目的は, 稲が, 素人療治では, 蕎麦饂飩でも, 贅沢などという, 隣は, 頑童が

▼ ようです~ (2735, 0.7%)

51719014810679 から 5243 がそれ 38 が私 34 がこの 28 がその 23 がこれ 2217 がね, けれど 15 ねえ 14 がお 12 があれ 11 からね, が何, わね 10 がしかし 9 からお, から私, があなた 8 からその, が今, が実は 7 からこれ, が僕, が実際, けど, し, の 6 からわたくし, があの, がそれでも, がでも, もの 5 からそれ, から何, から少し, から御, がどうか, がよく, が事実, けれども私, って 4 か, がそう, がそんな, がどこ, がほんとう, がわたくし, が今日, けれどもその, なア

3 [29件] からあの, からこの, からな, があと, がいったい, がじつは, がすぐ, がどう, がどうしても, がどちら, がどなた, がなに, がまだ, がもう, がもし, がやはり, がわたし, が一体, が人間, が以前, が実に, が御, が自分, けれどもとにかく, しまた, ぞ, ナ, ネ, 私は

2 [76件] からこんな, からそれで, からどうぞ, からもう, からもう少し, から失礼, から或は, から早速, があいつ, があたし, があんな, がこいつ, がさりとて, がしばらく, がそういう, がそこ, がそれっきり, がたとい, がだんだん, がでは, がどういう, がどうして, がどうぞ, がどうも, がなお, がなにしろ, がなん, がまあ, がむかし, がもっと, がわし, がハムレットさま, がフランス, が一般, が万一, が今度, が元来, が兄, が先ず, が先生, が受話器, が多分, が大した, が少し, が平次, が旦那, が昔, が昨日, が次に, が気, が江戸時代, が決して, が決してそう, が病気, が相当, が真実, が眼, が確か, が若旦那, が西洋, が近ごろ, が非常, けれどあなた, けれどその, けれどそれ, けれどね, けれどもそれ, けれども事実, こと, しこの, しそれに, どこも, なあ, ね親分, テ, 事

1 [894件 抜粋] あたりまえの, いま動かれ, うたそのものの, お母様が, かい, からあげた, からあと, からあなたがた, からあるいは, からいくらか, からいよいよ, からおすすめ, からおそらく, からお家, からきっと, からここ, からこれから, からこれからまだ充分, からさよう, からじ, からすこし, からせめて, からそいつ, からそこで, からそれら, からただ今, からちょい, からついうかうか, からとにかく, からと隆夫たち, からなおも, からなぜ, からねハハ, からまあ, からまったく, からむりもございますまい, からもし, からやはり, からわざと, からヒョイ, からボヤ, から一つ私, から一段, から下宿, から五十両, から人間, から今度, から今日, から仏様, から何と, から何事, から侍, から兄, から入れ, から別に, から南洋, から呆れる, から坊さんたち, から外, から多少, から大川, から太平洋新聞, から姫, から家主, から寒心, から引子, から彼, から御存じ, から戻っ, から所詮, から早く, から最初, から板倉侯, から気, から気の毒, から甥, から病人, から白鷺, から百松, から相模, から竜, から腹, から詰らない, から話, から誰, から買っ, から長次郎谷, から隙間, から面白く, から髪の毛, がああ, があまり, があらた, がいじらし, がいっ, がいったん, がいつの間に, がいつも, がおそらく, がお嬢様, がお松, がきょう次郎君, がけさ, がこいつあい, がここ, がことし, がこんな, がさすが, がさて, がしづ, がずいぶん, がそうした, がそうなると, がそのいわゆる, がその他, がその間, がそもそも, がそれから, がそれだけ, がそれでは, がそれにしても, がそれら, がただ, がちかごろ, がちゃんと, がちょうど, がつむり, がとうとう, がとにかく, がとりあえず, がとわたし, がど, がどうもわっ, がどの, がどれ, がなあに, がなか, がなその, がなるほど, がねえそう, がねお, がねどうして, がね肚, がひとこと, がひとつ, がふだん, がふとした, がほか, がぼく, がまがい, がまた, がまもなく, がみっともない, がみんな, がむかし漢, がむろんそう, がもしそう, がもっとも, がもはや, がやがて, がやっぱり, がよくよく, がわたくしたち, がわたしたち, がわっ, がアペテイート, がジーナ, がソオリヤ君, がタダメシ, がナア一知, がヒョロヒョロ, がマサカ, がリード, がレコード, がロッテナム夫人, が一人前, が一人福田徳三博士, が一切, が一番, が一種, が三月, が上野あたり, が下手, が不意, が両, が九月十九日, が事実これ, が二人, が人柄, が今年, が今日廊下, が他言, が以前井上, が伊東市民, が伜, が何処, が何年, が併, が傍, が先達様, が全くそう, が全体, が典型的, が出懸けましょう, が別に, が到底, が前, が加茂川, が勝負, が北の方, が医者, が単に, が取立て, が司令部, が同族, が同時に, が名代, が呉, が咲く, が器, が四十年, が國綱, が堅く, が塀, が変, が外, が大き, が大変, が天明, が太平, が女, が妾, が娘たち, が孔子, が学校, が宇津木秋子さん, が実, が実録, が宮中, が家人, が寧ろ, が小林君, が山, が峠, が川, が布置, が年上, が強, が当人, が当分他人さま, が彼, が往々, が従って, が従来, が御用聞, が心持, が思召, が悪徳, が我々, が手前, が手近, が拝察, が指, が捨てる, が文法上, が日本, が明智, が映画俳優, が昨夜千々岩さん, が時々, が暫く, が最近, が服装, が木製, が本人, が本当, が本当に, が村, が東京, が柿, が構いません, が歌集, が死に, が母親, が毛家, が気楽, が江戸, が法律家, が浩一, が浪次さん, が湿っぽく, が漁, が父, が物事, が現在, が生れ, が異人仲間, が白山白水谷, が皆母親譲り, が相手, が省線電車, が神話, が私たち普通人, が私達, が種, が空, が筋, が精神, が紙, が紛れ, が結局, が結局心, が美和子, が肝心, が脳症, が自炊, が至って, が芸術, が若い, が若し, が藤ダナ, が見, が親父, が誰, が買った, が軍隊式, が近江屋, が連れ, が遠く, が金吾, が長ったらしい, が間もなく, が雇人, が雪子ちゃん, が頂けたら, が食べ, が鹿島槍あたり, きっと本当にそういう, けどあたし, けどきょう, けどごめんなさい, けどそんな, けどとても, けどね, けど僕, けど手, けど汽車, けど私, けど誰, けれどあの, けれどあんな, けれどどうして, けれどどうぞ, けれどなんだか, けれどまあ, けれども, けれどもかえって, けれどもこの, けれどもしかし, けれどもできない, けれども一面, けれども二, けれども個人, けれども大抵, けれども大谷さん, けれども屋敷, けれども広い, けれども急, けれども旨く, けれども普通, けれども直ぐに, けれども竜, けれどやっぱり, けれど今しがた, けれど使っ, けれど実に, けれど実は, けれど巡査, けれど思想, けれど江戸中, けれど決して全然, けれど熾った, けれど私, けれど細かい, けれど臥, けれど食慾, ことね, この上, これでは, ご免なさりませ, しあんな, しかしあれ, しことに, しその, しそれ, しなお, しなにしろ, しふさふさ, しダーネー君, し下, し人, し何, し変, し失礼, し房枝さん, し服装, し毛布, し神村さん, し私たち, し貴君, し銀行, ぜ親分, そこでは, そしてまた精神, それが, それは, ただ農学士, だが本当に, だれも, てや, と, という答え, とお, とつまりません, と一刻, と云った, と備前, と報告, と答え, と答える, と豎牛, どうです, どう致しましょう, なあんた, なと答える, な初めて, な母上, な私, ねあちら, ねあんなに, ねお, ねここいら, ねこちら, ねその, ねとかいい, ねと感心, ねと機関助士, ねどなた, ねなどと言われる, ねはっ, ねわたし, ねツマリ闇い, ねユリ, ね学者, ね米友さん, ね見かねたらしい, ね鷹ヶ峰, のに冷, のに知らない, の最初, まったくお, むしろ詩, もう御, もしお, ゆうべも, よああ, ようち, よやっぱり, よ僕, よ小説, よ旦那さま, よ談判, わあの, わねえ, ッて, ハッキリおぼえ, 一つは, 丁度いい, 二人の, 今日も, 俳句方面にも, 呵々, 喰物の, 大理石の, 子供二人と, 寝台も, 従て, 折々は, 松江に, 正直の, 決して珍, 病気しなかった, 矛盾が, 碌に, 紙数ばかりの, 肉体の, 膝にも, 蘆屋は, 表玄関は, 釣を

▼ ようにも~ (2535, 0.7%)

129 思われた 128 思われる 91 見える 81 見えた 63 思われて 54 思えた 34 思った 33 思われるの 30 なって 29 なった 26 思う, 思われるが, 感じられた 25 思える 24 なる, 感じた 23 思われます 21 見えます, 見えるの 17 見えました 16 見えるが 15 思われました 13 思われたが, 見られた 12 思って 11 なったの, 思えるし, 思ったが 10 思われたので 9 思うが, 思えて, 思われますが, 思われるし 8 思えたが, 思えるの, 感じられて, 考えて, 考えられた, 考えられる, 聞えた, 見えまた, 見られる, 覚えて 7 思います, 思いますが, 思うの, 見えたが, 見えたので, 見えるし

6 [12件] 受取れる, 思えなかった, 思えます, 思われるので, 感じて, 考えられて, 考えられるの, 聞えますが, 聞える, 見えて, 見えない, 見えなかった

5 なったが, なりました, なるの, 取れる, 見えたの, 見えるもの

4 [11件] ある, なったし, なったので, みえた, みえる, 取れるが, 思えたし, 感ぜられた, 考えられるが, 見られました, 見られます

3 [32件] あった, なるだろう, なるもの, 取れば, 取れます, 受取れた, 思いながら, 思うし, 思えない, 思えるが, 思われたの, 思われない, 思われなかった, 思われまた, 思われるでは, 感じられたが, 感じられたの, 感じられる, 感じるし, 書いて, 相手が, 考えられますが, 聞えて, 聞えます, 聞こえた, 聞こえるが, 見えたし, 見えなかったが, 見えましたが, 見えますが, 解せられて, 記憶し

2 [92件] あるが, あれば, お思い, お思われ, きこえました, きこえる, ない, なったん, なれば, みえない, みえるので, 云われて, 何を, 信じられた, 出られなかった, 取れた, 喉が, 御成敗, 忘れる暇, 思いなされた, 思いましたが, 思いまた, 思うけれども, 思えたの, 思えたので, 思えるので, 思えるわ, 思わない, 思わなかった, 思われそれ, 思われたから, 思われたし, 思われたり, 思われだした, 思われないから, 思われぬ, 思われますので, 思われまするが, 思われません, 思われるかも, 思われるほどに, 愛して, 感じたの, 感じられたので, 感じられます, 感じられるの, 感ぜられる, 方法が, 映った, 映って, 灌漑の, 相勤め, 相手の, 私には, 考えた, 考えようによって, 考えられたの, 聞いた, 聞えました, 聞えるが, 聞えるの, 聞かれた, 聞きなされる, 聞こえて, 聞こえます, 聞こえる, 聴えた, 聴える, 背中合せの, 自分を, 見えないが, 見えません, 見えませんので, 見えるけれど, 見えること, 見えるだろう, 見えるね, 見えるので, 見える形, 見える彼, 見えれば, 見え或は, 見られて, 見られるが, 見られるの, 見ること, 見れば, 見受けられる, 覚えた, 逃げられないん, 逃げられません, 響いた

1 [934件 抜粋] あいにくと, あたる, あつい鉄, あのお, あまりに発展, あらわれるあの, ありちょっと, あり可哀そう, あるけれども, あるだらうさ, あるので, いう土地, いえば, いたします, いちどいった, いって, いふ, いろいろに, いわれる, うごくこと, おしたい申して, おぼえて, おぼろげながら, おもうが, おわびは, お伺い, お前様に, お力には, お感じ, お指図, お詫びいたします, お金が, かえられる, かわいそうな, きこえたが, きこえたであろう, くりと, ここの, このあたり, こりゃ貴女, これには, ご処分, ご出世, されるの, してやりたい, しまいにも, すべきなれども, せきとめるすべ, せまい山腹, せんと, そしてまた恐縮, その向う, それが, それほどの, ぞんじます, たずねる人, だいたい見当, ちょっとどう考え, つけられませんよ, つながる意義, できず私, できて, できないから, ときには海, ととのって, とどろいて, とられようが, とる標準, とれたの, とれるが, どうする, どうにも, どうにも隠れ, どろ, ないのに, ない商売物, なしえようが, なし得られる, なったから, なったと, なったならば, なつた, なみなみならぬ, ならないの, なりかねません, なりましたから, なりましょう, なりますから, なりまする, なりまた, なり又, なり正規, なり自然, なり阪地, なるで無念, なるので, なれるかも, なろう, にげられず諭吉, ひどく近く, ひびくよう, ほしがる, またこれ, またそう, またなにか, または行手, また単なる, また小沢, また得意, また時には, また短い, また空, また遠く, まだ見物, みあげの, みえて, みえなん, みえるが, みえれば, みんな遠くに, もう間に合わなかった, よるが, われらから, 一つ腰を, 一度しげしげと振り返った, 一度後ろ, 上洒の, 不足は, 並べられて, 予感された, 云う, 人知れず思う, 人類生活に, 今では, 仮想させた, 伝えて, 伸子に, 何だかキタナイこと, 何も, 信じられて, 信頼し, 個人的な, 僅かな, 償いますが, 先生は, 光線の, 其方しゅびしだい届け候え, 冠の, 冷やかな, 出来て, 出来ませんよと, 勇敢に, 動かすこと, 参りますまい, 又そんな, 又ほほえむ, 又短い, 叔孫には, 取られようが, 取られ易い, 取り計ろうて, 取れたが, 取れますが, 取れるかも, 取れるじゃ, 受けとられ無理, 受けとれるが, 受け取られるの, 受け止め難い, 受取られること, 合理的な, 名前を, 否定すべき, 商事会社の, 土から, 堪忍も, 声に, 変わるもの, 大いに益する, 大きな顔, 太い頸筋, 妬ましいよう, 姉の, 孝心深く, 実際思える, 宿相続仕り来, 寝られないじゃ, 寝られぬわい, 届きません, 工事の, 左右される, 強く云おう, 当りますから, 当るの, 彼には, 彼女が, 彼自身今後の, 後で, 後悔し, 御和談, 御意を, 御援助, 御詫, 心がけて, 忌み嫌わるるが, 忘れられない日, 忘れられん, 怒らせようと, 思いなして, 思いました, 思いましょう, 思いますの, 思いメルバ, 思い半ば, 思い取られます, 思い苦しんだ, 思うから, 思うけれど, 思うこのごろ, 思うん, 思えたけれど, 思えたり, 思えましたが, 思えますので, 思えませんでした, 思えるでは, 思えるひとり, 思える両側, 思ったから, 思ったこと, 思ったもの, 思ったり, 思った傷, 思はれるので, 思わないうち, 思われあるいは, 思われいわゆる, 思われずおととし, 思われそう, 思われたこと, 思われたほど, 思われたよう, 思われた魅力, 思われないし, 思われないほど, 思われない今, 思われぬが, 思われは, 思われますね, 思われますよ, 思われまするので, 思われませんからね, 思われるいや, 思われるから, 思われること, 思われるほど, 思われる丑, 思われる弁護士, 思われる救い, 思われれば, 思われジャンヌ, 思われ変化, 思われ御, 思われ気持ち, 思われ自分, 思われ蔭, 思召し, 恐ろしがり, 悪しゅうとれる, 悲惨な, 想える, 想われるが, 想像される, 想像せられる, 意義曖昧な, 愛慕し, 感じたから, 感じたが, 感じました, 感じられました, 感じられるが, 感じられるほど, 感じ無く, 感ずるの, 感ぜられたろう, 感ぜられて, 感ぜられました, 感ぜられるよう, 感心し, 慕われて, 憎いよう, 懐しく思われる, 成って, 手がかりの, 手掛りが, 手近に, 才覚しよう, 承れるがねえ, 抑えよう, 振舞ったこと, 捨てられないの, 推測されぬで, 教えて, 敬って, 数えよう, 方針が, 早朝と, 明るく見える, 映るの, 時々は, 曲らない, 机も, 梶棒を, 模し, 止めること, 正三, 残念ながら, 気力と, 油が, 洋服の, 清くはかなく消え, 清らかな, 清逸には, 温かく松風, 滑らかである, 濁って, 烈しかった, 無邪気に, 特許範囲を, 珍重された, 現在この, 生きるすべ, 申しますが, 男子が, 疑われる, 白い頸, 皆それぞれの, 直して, 相手は, 真佐子が, 瞞られ, 破壊され, 祈祷を, 私は, 穏便に, 第一, 精神を, 紐一本紙一枚僕は, 結局相手が, 縛る当て, 美しかった, 美しくも泣き, 美作と, 翻訳しよう, 考えあるいはまた, 考えたの, 考えました, 考えられ, 考えられたし, 考えられますから, 考えられませんでした, 考えられ易い, 考えるし, 考へられますが, 聞いたけれど, 聞いて, 聞えたので, 聞えますし, 聞えまするが, 聞えるだ, 聞えるので, 聞えれば, 聞かない, 聞かれるの, 聞きなされた, 聞きなされたが, 聞きなされるが, 聞きます, 聞き做, 聞き取れましたので, 聞こえなかった, 聞こえるの, 聞こゆるけれ, 聲が, 聴えて, 肝腎の, 自分自身が, 自己の, 致しましょうと, 致しまする, 致し後, 舌が, 若くみえた, 茫然と, 落ちつかぬ気持, 行くまい, 行先が, 裾の, 複雑と, 見うけましたが, 見え, 見えず五穀, 見えたであろう, 見えたです, 見えたり, 見えてよ, 見えとある, 見えないと, 見えないの, 見えないん, 見えなくは, 見えは, 見えまするし, 見えませんでした, 見えよう, 見えるあの, 見えるおば, 見えるから, 見えるでしょうが, 見えるところ, 見えるばかり, 見えるほどな, 見える二区切り, 見える実は, 見える山, 見える強い, 見える微笑, 見える然し, 見える眼尻, 見える親切, 見え仲人, 見え做される, 見え彼, 見え従って, 見え泣きたいよう, 見え矢代, 見え空, 見え自分, 見え顔, 見せかけて, 見せるの, 見て, 見ゆるが, 見られない状態, 見られない陀羅尼, 見られぬこと, 見られますね, 見られるところ, 見受けられ, 見当が, 見透しは, 見遣られました, 覚えます, 親切に, 解せられるか, 解釈する, 言い, 言いようが, 言うの, 言えば, 言って, 言われる, 言葉は, 計らわん, 記されて, 話されて, 誌し, 誠意と, 説かれたが, 説明される, 説明しえられる, 読まれるもの, 諦められずに, 負かされ続けた外国人たち, 貴いと, 足が, 足一つ動かせない, 身を, 身体に, 追っかけよう, 逃げられず絶間, 逃げられないこの世, 逃げられないで, 逃げられぬ檻, 進歩させる, 運命の, 違えるべき約束, 重さ, 錨は, 鎖で, 間違えよう, 関係し, 隣の, 離れられねえ仲, 静思を, 響くの, 頼りに, 飛んで, 騒がれず張合い, 麗わしい

▼ ようにと~ (2203, 0.6%)

51 思って 35 云って 31 言って 26 云った 23 いって 19 頼んだ 18 祈って 15 いった 14 いいました, 私は 12 念を, 書いて, 願って 11 いうので, 注意し 10 命じた, 気を, 頼んで 9 願った 8 私に, 言った 7 云うの, 勧めて, 念じて, 注意した, 言われて 6 おっしゃいました, 云うこと, 合図を, 心の, 申して, 祈った, 言うの 5 おっしゃって, して, 思いまして, 熱心に, 言いつけました, 頼んだの

4 [18件] いわれて, すすめたの, ひそかに, 伸子は, 努めて, 命ぜられた, 彼に, 心に, 心掛けて, 思ふから, 懇願した, 手紙を, 教えて, 望んで, 源氏は, 申し出た, 考えて, 言いました

3 [38件] いいつけられて, いう, いわれました, おっしゃった, おもって, お願いした, すすめて, そればかりを, わたしは, 云ったが, 云われた, 云われて, 傘を, 僕は, 前から, 勧めた, 勧めたが, 命令した, 希って, 彼は, 彼女に, 待って, 心がけて, 心で, 忠告した, 思う, 思うから, 思ったの, 懇願し, 教えられて, 注意を, 祈ったもの, 祈りながら, 神さまに, 自分の, 苦心し, 言い残して, 頼みました

2 [104件] あったが, いいながら, いい残して, いっても, いのって, いわれた, お思い, くれぐれも念, すすめた, すすめられました, すすめるの, するん, そう云う, そう言っ, それが, それを, た, たのんだ, つとめて, ねがって, ほうも, 云いました, 云い置いて, 云う, 云うので, 云う条件, 云ったそう, 云ったの, 云つた, 云われる, 仰せに, 仰せられまして, 仰云って, 伝えた, 先生から, 力を, 努力し, 勤めて, 勧められた, 医者は, 十分に, 厳命した, 召使に, 合点いたし, 命じて, 命令が, 命令を, 女中に, 始めから, 存じて, 宮は, 家来に, 少年に, 希望する, 建設せられ, 彼の, 心からお祈り, 心ひそかに, 心を, 心配し, 忠告し, 忠実に, 念じながら, 念に, 思います, 思った, 思ったが, 思ったもの, 懇願する, 懸命に, 戒めた, 手まねきを, 招待の, 望むならば, 注意する, 源氏から, 特別の, 用心し, 目で, 祈ったの, 祈ったり, 祈られます, 祈りました, 祈ります, 祈るの, 祈るばかり, 祈祷を, 神信心を, 答えました, 絶えず巧み, 脚下に, 薫は, 要求した, 言いつけた, 言うと, 言うので, 話を, 足音を, 院長が, 非常に, 頼まれて, 頼むの, 願いを, 願つた

1 [1343件 抜粋] あいずを, あちらでも, あっさり返事, あなたの, あらかじめ食料品, あれほど, いいつかりました, いいのこして, いいましたけれども, いい残した, いうより, いくらか考えた, いさめて, いったとの, いつも申す, いふ使を, いまでは, いわなければ, いわれたこと, いわれ犯人, おいのりを, おかゆと, おじいさんの, おせんべに, おっしゃいましたこと, おっしゃったでしょう, おねだり申した, お使い, お内儀さん, お告げ下さい, お慈悲, お時, お松に, お湯わかし, お百度, お祈りする, お祖母さんはじめみんなへ, お縫, お言い残しだった, お進めする, お頼み, お願いしました, お願い申し, お願い申し上げました, かけさせた, かたくなっ, きまって言う, くどいた, くり返し書い, くれぐれも仰し, くれぐれも注意, くれぐれ申し残しまし, こういう意味, こうしてきびしく, ここに, こしらえられた, こっそり部屋, このよう, この宇宙服, この巻き奉書, こんこんと, さいさん使者を, さし招いた, しかつめらしく畳御幣, しきりに催促, しきりに迫った, した事, しを, すすめられそれ, すすめられて, すでに内々, するの, するよう, ずいぶん気, そういう意味, そういう風, そう願っ, そっと仰せ, その十四, その御, その言伝, それからは, それだけお, それで奥様, そればかり, そればっかり, それ以上なにも, そんな時, たってのお, たのんだの, たびたびねんを, たびたび手紙, ちょっとそこ, つたえました, つっかえした, つとめて平板, できるかぎり, どんなに熱心, なすっても, ねがいながら, のぶな, はげまして, はるばる日本, ひたすら僕, ひろ子に, ふた, へえ手前, ぼくに, ぼとぼと歩みはじめた, まことに切, またしても, まッ, みんなに, めでたい多く, もう一度はげしく, よく注意, よく言伝, よほど注意, わざと物, わざわざ使, わざわざ荷, わたしを, オセロに, キッティの, ケリッヒ夫人に, シュレーゲル首相様も, ジュピターから, チョン髷の, ドサ貫を, ニキタに, フリーダに, ベシーから, ボートを, メルキオルが, ロダンさんは, 一家そろつ, 一梃の, 一言眼を, 丁寧な, 万事先方の, 上からの, 上衣を, 不動様に, 与えた外套, 両手で, 両親の, 主人よりの, 主君義貞も, 九十郎に, 乳母に, 二つに, 二度も, 云いおもい, 云いつけた, 云いながら, 云いましたが, 云い出したの, 云い鼓楼, 云うところ, 云うんで, 云う心づかい, 云う怪物, 云う沙汰, 云ったと, 云ったり, 云った瞬間, 云つてゐ, 云ひ, 云ひつけられた, 云われたので, 云われましたので, 云われ座蒲団, 京の, 今も, 今日まで, 仏様に, 仕向けては, 仕掛けたの, 仰しゃいますし, 仰しゃる, 仰せなすったからね, 仰せられましたけれども, 仰せ出されたともして, 仰ゃいますが, 仰有った, 企てただけに, 伝えさせたの, 伝言を, 住田から, 何から, 何と, 何時も, 使いを, 依頼した, 信心し, 偶然会わせる, 僕に, 元の, 兄に, 先供に, 先日云っ, 児童の, 八十吉の, 兵庫様よりの, 内々御沙汰を, 再三云っ, 冷静な, 出した手紙, 切望し, 切角の, 別離の, 副官の, 力説し, 努めた, 勇気づけて, 勧めても, 勧められて, 勧誘し, 千篇一律の, 博士に, 厳重に, 叔母さんに, 取りきめが, 只管それが, 合図し, 合圖した, 向うに, 告げた, 周囲の, 呼びに, 呼んで, 命じたから, 命じながら, 命じ出迎え, 命令けた, 命令する, 咳も, 哀願し, 問屋場へ, 嘆願書が, 在った, 執事や, 堅く申付け, 墨を, 壁の, 夜に, 夢の, 大変思っ, 大碓命, 天が, 天地の, 夫人は, 奨めた彼, 女が, 妻の, 始終頼んだ, 存じまして, 守衛に, 宗祇に, 宣告した, 宥免を, 家人に, 宿の, 尋ねられても, 小包を, 尽力する, 山中の, 巌の, 左手で, 布告の, 希います, 希う余りに, 希つた, 希望し, 帽子の, 幸子は, 幾らかを, 店員たちに, 弟の, 弾丸を, 役人連中だの, 彼らの, 彼等から, 後世の, 御いい残しでございました, 御前を, 御息所は, 心から念じ, 心から願います, 心がけおり参らせ候えども, 心がけまして, 心がけるの, 心にかけて, 心掛けねば, 心掛け万事控え目, 心着けた, 心配する, 応用の, 念じないでは, 思いさしひかえて, 思いますので, 思いカフェー, 思うて, 思うよ, 思うん, 思う理由, 思ったから, 思っては, 思ってる願い, 思つて出, 急いで, 恐い顔, 悦んで, 惣左衛門が, 意見を, 憚るらしい, 懇切に, 懐炉を, 手を, 手真似で, 払いのけて, 抜き足し, 招きが, 拝まぬばかりに, 拝んだ時, 指で, 指図した, 指圖し, 控えめに, 教えたし, 教えたの, 教訓された, 断わった, 斯う, 日割を, 日本的限界を, 旦那様の, 明石の, 昨日僕に, 時限装置を, 暗号電報が, 書き残されたの, 望まれましたそして, 望むこと, 朝に, 朝夕化粧に, 末を, 机の, 東京じゅうの, 板倉伊賀守と, 栄二は, 楫を, 横田さんと, 歎願なすった, 母が, 母親に, 毎晩白魚橋の, 水桶に, 江島屋の, 沙汰が, 注意された, 注意も, 注意深く語り, 泰軒に, 浦子に, 添書まで, 激励した, 火急の, 無意識に, 煙草を, 父の, 父親も, 片すみに, 犬追い, 玄四郎が, 生垣に, 用心を, 甲斐は, 申されました, 申しつかりました次, 申しましたし, 申しましてな, 申し上げます, 申し入れると, 申し残しましてね, 申すんで, 申上げ, 申上げる, 男は, 町役人に, 白川侯に, 百方考え, 皇帝は, 直ぐにね, 看護婦は, 知らせて, 祈ったのに, 祈つた, 祈りさて, 祈りはじめました, 祈るだけ, 祈る気持ち, 祈願し, 祝福し, 神, 神信心や, 神詣でを, 私の, 私を, 秘蔵の, 種々考えまし, 窓の, 笑い興じながら, 答え仏, 節子に, 約束を, 素振りを, 細心に, 絶えず不安, 絹とか, 繰り返しきびしく, 繰り返し頼んだ, 考えたの, 育てられた二人, 腕白小僧どもが, 自らこれを, 自制する, 良吉は, 苦心した, 荘園の, 蓮華蔵界, 蚤たちに, 袖で, 要求されました, 見ると, 親が, 親戚から, 観音様に, 言い付けた, 言い含めまして, 言い渡されて, 言い聞かせた, 言うこと, 言うん, 言う注文, 言ったから, 言ったろう, 言つた, 言わせたが, 言われたん, 言伝を, 言拵え, 計り考えて, 詩を, 話が, 話の, 誘うこと, 説きつける機会, 説得し, 説得に, 請うた, 諭すよう, 警告し, 走って, 身が, 輿を, 迫った, 連れ立って, 運命という, 遠まわしの, 遺託して, 配慮し, 重職から, 金光教の, 銀時計を, 長々と, 開成山へ, 防いで, 階段の, 電報し, 電話を, 靴に, 頑張ったの, 頻りに云う, 頻りに神信心, 頼みいま, 頼みなお, 頼むこと, 頼んだそう, 頼んだので, 願いすべて, 願います, 願い申して, 願うの, 願う若い, 願つてゐるだらう, 願わずに, 養生所へ, 骨を, 高飛車の

▼ よう~ (1893, 0.5%)

304 ない 158 なかった 121 ありません 10175 ないの 27 ないと 23 ないじゃ, ないので 19 すとも 16 ないで 14 ある, すか, ないん, 無い 13 ないから, ないという 12 すよ 11 しょう, なくなって, 無かった 9 ありませんでした, ないほど 8 すぜ, ないよう, なくて, 悪いと 7 悪かった, 無いの 6 ありますまい, あるまい, あるもの, ないよ

5 [12件] ありそう, ありませんね, ありませんよ, あると, すかい, すかえ, すかね, すじゃ, ないこと, ないであろう, なくなった, 無いと

4 [12件] あります, ありませんから, あるの, このお, ございません, すね, ないでしょう, ないわけ, 来まいが, 無いから, 遅いから, 遅かった

3 [23件] ありませぬ, ありませんが, おそかった, ござりませぬ, すその, すな, すよう, せう, ないからね, ないが, ないし, ないだろう, ないもの, ないらしい, なかつた, なくなったの, なさそう, ねえじゃ, ひどいので, わるかった, 謂は, 足りないと, 遅いので

2 [59件] あった, あったの, ありませんぜ, ありませんな, あるか, あるから, あるという, あるね, あるん, あろう, あろうと, いまいが, ござらぬ, さね, されまいが, しかしこれ, した, しょうとな, すか親分, すそれ, すて, すなあ, それが, そんなこと, ついて, ないさ, ないそれ, ないです, ないといった, ないね, ないのに, ないまま, ないわ, ない事ネエ, なかろう, なく, なくって, なくなったので, ねえん, ひどくて, もっと経済, 云った, 其日送りでござん, 反映し, 変わったん, 尋常でない, 少なかった, 居まいが, 悪いから, 有りませんから, 死のうが, 無いで, 盂蘭盆が, 英語で, 誰一人来る, 足りないから, 遅い, 遅いと, 違う

1 [516件 抜粋] あったであろう, あったに, あったのに, あったはず, あったろうと, あったろうにと, あっても, あつただろう, あなたの, あまりに濃厚, あまりひどい, あまり意気地, あまり激しかっ, ありそういう, ありそれ, ありますか, ありますわ, ありませぬと, ありませんからね, ありませんからねえ, ありませんしかし, ありませんでしたねえ, ありませんでしたもの, ありませんです, ありませんねえ, ありませんの, ありませんもの, ありません掘り荒された古城趾, ありません甚だ, ありません額, ありゃしない, ありゃア, あるかしら, あるかと, あるが, あるだろう, あるだろうよ, あるまいと, あるまいに, あるめ, あるもう, あるもん, あるらしいん, あるわけ, ある筈, ある面, あろうとは, あんまりひどい, あんまりイジラシサ, あんまり不思議, あんまり変っ, いっこうにすました, いっそきびしい, いつもとは, いや鳴きよう, ういて, おくれたこと, おそいから, おそいと, おそいねえ, おそいんで, おのずから反映, お粂, お茶を, かいて, かかる意味, かまひませんでした, かわって, がらりと, がんしなえ, きいた, くつろいで, くれまいが, こうして傍, この巨大, この深刻, この稚気, この銅像, この頃, ございませんわ, ござらない, ござらぬこの, ござります, ごぜえ, さあ, さぐるよう, さっきと, したのせそんでも, したろう, しに, しょうがな, しょうがなかなか, しょうが南蛮屋だって, しょうが忠三だって, しょうとも, しょう何, しょう殿様, すあっし, すいま, すお供, すかここに, すかその, すかそりゃ, すかそんな, すかほうります, すからえ, すからどうか, すかわっ, すかバラしちまいます, すか其の, すか手前が, すか用を, すか話の, すが, すがね, すそう, すだ, すだんな, すな御, すの, すやりましょう, すやりましょう途方, すやりやしょう合点, すよねえ, すわし, すわっ, す一ツ, す三ヵ条, す久しぶり, す受け合いました, す夫, す山, す心得ました, す思い切って, す行きますとも, ずばずばと, せう今, せう滅多, そのたびごと, その年, その恐ろしい, その注入, それで, それである, それも, それを, ためおれども, ためせっかく, ため奴, ため赤坂見附内, だけど無い, だ呼吸, ちがいますけど, ちっと早い, ちゃんと記載, ちょうどその, とりあげられるよう, どうか, どうしよう, どうだ, どうで, どんなじゃった, ないあと, ないあり, ないか, ないかにも, ないかも, ないからと, ないからな, ないかれ, ないくらい, ないぐらい, ないけん, ないこういう, ないしかし, ないじゃあ, ないじゃて, ないため, ないだから, ないだけの, ないって, ないっていう, ないでしょ, ないとは, ないとも, ないな, ないねえ, ないのみ, ないはず, ないもん, ないらしく, ないわね, ないガラッ, ない人柄, ない今, ない位, ない医者, ない又, ない唯, ない場合, ない失火, ない女王, ない彼, ない感, ない有様, ない次第, ない筈, ない返事, ない風, なかったらしい, なかったらしく, なかったろうという, なかつたの, なくあれよあれよ, なくあッ, なくいい加減, なくおせん, なくしかも, なくじりじり, なくせっかく, なくそう, なくそこ, なくそのまま, なくそれ, なくただ, なくちょっと, なくところ, なくな, なくなったころ, なくなった時, なくなりかけて, なくなりましたよ, なくなります, なくなる, なくなるの, なくなる時代, なくもういい加減, なくよんどころなく一般壮丁, なくわずか, なくアレヨアレヨ, なく先頃, なく呆然, なく咄嗟, なく夜光, なく女達, なく子爵, なく徳利, なく慰めよう, なく残念そう, なく深くはまっ, なく炎天, なく福松, なく結局, なく運動, なく陰鬱, なく隣室, なければ, なにしよう, なんだか少し変, ねえからな, ねえけどさ, ねえのよ, ねえも, ねえやな, ねえやねえ, はなはだ突然で, ひどかった, ひどく不器用, ひどく近所, ひど過ぎる, ひらひらと, ひろ子に, まずいん, また恐ろしく, まるっきり違う, みられなければ, もし手近, やや遅く, よろしくば, わからない人, わかること, わかるの, わたくし共の, わに, わるいの, キャラコさんを, ダーキーニでは, チット六か, チト早, チョット無い, ビクとも, ビクともしませぬ, 一向おかまい, 一向に感じない, 一向平気, 一層大きい, 一番ひどかっ, 下手だって, 下手で, 下手な, 不釣合で, 世間の, 丸刃であろう, 人間には, 今度は, 代って, 伸子には, 何か, 何とのう, 何に, 何処かの, 余り早い, 余り早かっ, 余り遅い, 俗な, 信じまいが, 傍の, 僕は, 充分だ, 全くない, 出まいが, 出来ない, 出来まいが, 判らない, 前の, 勉の, 十分じゃ, 厶りませぬ, 同じに, 唯事じゃ, 唯事でない, 商人が, 善く云われよう, 嘲られようが, 囁いた, 囁き声, 土台ちがわい, 地面が, 変わって, 変わりましたかな, 変わりましたぜ, 変わり将軍家, 多かった, 多くの, 大きくその, 大それ, 大変な, 大変遅かっ, 天に, 太いの, 如何にも簡単, 如何にも芝居, 娘の, 孔雀の, 宅守を, 実は一つ, 尋常事でありません, 少い由, 少しおそかっ, 少しばかりの, 少し拙い, 少し浅薄, 少し遅かっ, 少ないとか, 少なくなった, 屁とも, 己は, 平常の, 平気であった, 強なっ, 彼は, 後列に, 御大層だ, 御座いませぬ, 御座いません, 御座いませんでしたのでね, 御辛抱, 心に, 心を, 怪しいから, 恐しい, 悪い, 悪いお, 悪いの, 悪いので, 悪いほど, 悪うご, 悪かったれ, 悪くって, 惚れまいが, 慣れ過ぎた女, 拙いので, 拙劣でも, 挨拶を, 新吉, 日本に, 早く否応, 昔は, 暴うございます, 有ったでしょうけどねえ, 有りません併, 有りません先達, 有るかと, 有ろうが, 本場所角力と, 桜田御門で, 次から, 正月が, 正義だけは, 毎々いうごとく, 法律の, 浅いので, 深くって, 満足の, 激しいや, 激しくて, 烈しいので, 烈しいよう, 無いじゃ, 無いので, 無いらしい, 無いヨウ, 無い位, 無い為, 無い筈, 無えから, 無かったです, 無かろう, 無くなったの, 無くなったん, 無くなって, 無能と, 物凄かった, 特に大した, 狙った壺, 狸が, 獣を, 生じたもの, 病み上がりとは, 皆喜びに, 皆引掴んで, 目ざましいので, 真に今, 真個に, 真実で, 真逆, 眼に, 知れたよ, 知れぬ, 知れまいが, 私に, 突拍子も, 粗末であれ, 糸が, 絶対媒介の, 緩くなっ, 老夫人, 老母どもは, 腐ろうが, 自分以上には, 自身に, 船が, 芥川と, 落ちまいが, 薄くなった, 血液の, 複雑変幻きわまりない, 見えたから, 見えまいが, 覚めようが, 認めまいが, 誰よりも, 謂わば, 負は, 赤い空, 起きようが, 足らぬと, 足りない, 足りないなぞと, 足りないね, 足りないの, 足りないよう, 足りなく感じられた, 足りんだった処, 蹴られようが, 迅かった, 通じまいが, 速すぎる, 遅いとか, 遅かったら, 遅くなり, 遅ければ, 過ぎやしないか, 違うから, 違うの, 邪魔を, 非道うございました, 面白い, 高射砲や, 魯西亜が

▼ よう~ (1872, 0.5%)

102 を見 81 をし 66 もなく 41 を見る 37 はなかっ 32 もない 30 もありません 29 をした 28 をうかがっ 24 はありません 21 になっ 18 がありません, を見た 17 はない 16 もなかっ, をながめ 14 はなく 13 がない, をみ 10 を眺め, を見守っ 9 はどこ 8 がなかっ, がよく, は少し 7 がわかる 6 が見える, で立っ, という, になった, になり, はいかにも, はまるで, も見えません, をうかがいました, をうかがった 5 が眼, で入っ, をくわしく, をさぐり, をのぞい, をみる, を聞い, を見まもった, を観察

4 [22件] があまり, があんまり, がいかにも, がどうも, がへん, がわかるだろう, が目, で, のない, はすこしも, はどう, をお, をさぐる, をしました, をじろじろ, をする, をながめました, をよく, を注意, を眺めた, を見せた, を見まもっ

3 [28件] から見, がありませんでした, がおかしい, がどことなく, がどんな, がわかっ, が手, で机, で眼, で首, に気, に眼, に耳, はいよいよ, はまったく, は人間, をお知らせ, をじっと, をすっかり, をたずね, をつくづく, をはっきり, をみせた, を報告, を拝見, を知る, を示した, を窺った

2 [85件] があった, があらわれ, がありあり, がありました, がいつ, がいつも, がおかしかっ, がじつに, がすっかり, がちがっ, がなく, がなんだか, がひどく, がぼんやり, がまったく, が変っ, が急, が見え, が見えない, が見えませんでした, が間断, さえなかっ, そっくりで, でいいました, でお, でそれ, でオルガン, でハープ, で云った, で出, で椅子, で歩い, で立ちあがった, で筏, で聞く, で転がし, といったら, にお, に変化, に気がついた, に気づい, に注意, に興味, に見えた, のいい, の変った, の男, は, はいつも, はし, はすこし, はどんな, はなんとなく, はほんとに, はまだ, はみえなかった, は以前, は変っ, は殆, は見せない, もたいてい, もだいぶ, もふだん, も僅か, をさぐっ, をさぐらせました, をしばらく, をしよう, をつくり, をふり, をみせず, をみせなかった, をみよう, を探っ, を探る, を知りたい, を知ろう, を示し, を見せ, を見せなかった, を見せる, を見とどけよう, を見ます, を見よう, を見れ

1 [749件 抜粋] いっぽうの, からし, からみる, から心, があ, があからさま, があたりまえ, があまりきっぱり, がある, がいたましく, がおかしく, がおかみさん, がおち, がかわっ, がきまじめ, がこのごろ, がしました, がしれ, がすこし, がその, がただごと, がだいたい, がだれ, がだんだん, がとき, がどう, がなぜそんなに, がなんとなく, がはっきり, がはつきり, がますます, がみえなかった, がやはりどうもそう, がわかった, がアリアリ, がキャラコさん, が一通り頭, が互い, が伊達, が余り, が公卿, が兵馬, が判る, が可笑しい, が変, が変つてしまつたの, が変りだした, が変りはじめた, が変わっ, が変わり, が子供めいてい, が少々, が常, が強く, が彼自身, が思いだされ, が悪う, が想像, が感じられる, が朝, が栗, が案じられ, が気の毒, が湿気, が理屈, が異様, が知りたい, が知りたかった, が知れた, が空家, が腹立たしく, が若者, が見えた, が見えたら, が見えません, が訝しかっ, が誰, が違っ, さえ見えました, さえ見えません, じゃああんまり, じゃあ死目, じゃ四朗, じゃ泉田筑後, それが, だけきけ, つづみの与吉は, であがっ, でいきすぎ, でいった, でうろうろ, でおし黙った, でこたえた, でこたえる, でこの, でご, でそこ, でその, でだまっ, でつくづく, でなにか, でなにごと, ではござります, でむっつり, でやって来ました, でやっと, でわかります, でわたし, でグッタリ, でコォフィ, でスラリ, でツイ, でバア, でビール, でロープ, で一二歩後, で伝兵衛, で伴, で僕, で再縁, で判断, で動きまわっ, で半ば氷, で口, で古, で向き合っ, で唇, で問い, で坐っ, で坐った, で壁土, で太郎, で安芸子, で客, で察した, で居間, で山木, で岩, で帰っ, で広縁, で床几, で庭, で弟, で戻っ, で指, で掛け, で敬礼, で数珠, で春一, で暮し, で書斎, で林立, で沖, で河風, で無言, で焼け残っ, で現れ, で現われ, で盗っ, で目, で突っ, で窓, で答えました, で糸, で老人, で考え込ん, で草, で薄, で街路, で袖, で西南方, で見えかくれ, で見る, で言いました, で走りだし, で足, で跪い, で道, で電車, で頬, で飛び込ん, で飲んだ, といえよう, といわれた, とてありません, とで飛び移る, とを見くらべ, と云い, と当時, と痛い, どうみ, なぞから, などが目, などどうやら, などはなかなか, などはなにか, などまことに, などをとくと, などを書け, などを目, などを訊いた, にいく, におどろい, にかえっ, にかえる, にかわった, にこわい, にさえみえる, にしめ, にすこしも, にその, にそれ, にただ, にだんだん, にて, にどことなく, になりはて, にはかれ, にはじじむさい, にはとりみだす, にはなにか, にはまいらない, には不, には事実いつ, には同情, には変化, には心, にふさわしく, にも声, にも変った, にやきもき, によく, によってこっち, にギョッ, に三根夫自身, に三次, に何, に動かされ, に変った, に変わった, に大, に大笑い, に家来たち, に対してじ, に惹かれ, に気がつい, に気づいた, に源三郎, に白河夜船, に石田, に裾, に見えます, に見える, に返っ, に鍛冶富, に驚き, のあった, のとき, のもの, の女, の方, の違っ, の違わない, はありませんでした, はいかが, はいま, はおちつい, はかわり, はけぶりにも, はこれ, はこんど, はさびし, はさらに, はしばらく, はじつに, はその, はそれ, はただごと, はだいたい, はだれ, はだんだん, はちょっと, はつば, はときどき, はとても, はなかつた, はながめられました, はなにか, はなにもかも, はなんとも, はにわかに, ははた, はひどく, はほぼ, はほんとう, はみなさん, はみられなかった, はものものしい, はよく, はわからなかった, はわかる, はグロッス, は一層, は万更嘘, は些か, は何, は何とも, は全く, は全然, は変りました, は変わっ, は女, は嫌い, は島, は年, は怖い, は急, は手, は日, は松田, は毒婦, は水戸様石置き場, は決して, は現われなかった, は生憎, は眼, は知りません, は笑い, は筒, は若い, は衰え, は見えぬ, は見えません, は見られなかった, は見る, は都会, は重い, は霧, は食事, もありませぬ, もありませんでした, もしない, もしました, も仔細, も伝え, も変わっ, も大層, も接触, も気, も示さなかった, も自分, も見えなかった, も見えませんでした, も見られませんでした, も見る, も赤土, やじっと, やその, や女の子, や爪弾き, や甲斐, や鷲, や鼻, を, をあと, をいえ, をいちいちじっと, をいっそう, をう, をうかがいはじめました, をうかがい始めた, をうかがおう, をうかがったなら, をおそろしい, をお話, をきい, をきき, をきく, をくどく, をごらん, をさ, をさっき, をさっし, をしかと, をしげしげと, をしなかった, をしゃべりたてた, をしらべました, をしらべよう, をせず, をそれ, をたえず, をたずねさせ, をただごと, をちらりと, をつくっ, をつくろう, をとくと, をながめた, をなさる, をなんと, をねっしん, をのこらず, をのぞきこんだで, をのぞく, をひと, をぼんやり, をみつめ, をもう, をよそおっ, をカメラ, をジッ, をジロジロ, を一刻, を一渡り, を予て, を人, を仏さま, を伊達君, を俯瞰, を偵察, を入念, を兵馬, を吟味, を嘲笑った, を城内, を報ぜる, を多少, を左膳, を彷彿, を後, を心配げ, を心配そう, を思いうかべた, を思いだした, を思い出し, を思い出す, を恥ずかしい, を恥辱, を手, を打ちながめぬ, を探り, を探りたい, を探索, を斜め, を村人, を検査, を無遠慮, を生家, を監視, を目ばやく, を相手, を眺め見, を睨みつけ, を知っ, を研ぎすました, を示される, を禅, を私, を窺っ, を笑い, を絶えず, を考え, を聞き, を聞きたかった, を聞きました, を聞きます, を芳夫, を若者, を表わした, を見おろし, を見くらべ, を見させ, を見させました, を見さだめた, を見せたら, を見せだした, を見せられ, を見つめ, を見とどけ, を見はっ, を見まもり, を見まわした, を見るべく, を見上げ, を見守った, を見直した, を訊い, を訊いた, を診よう, を話し, を語る, を調べる, を連想, を遠く, を隠す, ポシャリポシャリ忍びやかに, 新しくけばけばしかった, 疾翔大力これを, 表通りの

▼ よう~ (1355, 0.4%)

112 ない 84 なかった 69 ありません 33 ないの 25 ないほど 23 知れぬ 17 ございません 16 ないが 14 ないから, ないこと 12 なくて 11 ないと 9 ございませぬ 8 しれぬ, ないので, ないよう, ようも 7 ないん 6 ないじゃ, ないで, ないという, ないもの, なく, なくその, 無い, 知れない, 足の 5 ありませんが, ありませんでした, ある, あるが, ございませんが, なくなって, 無かった 4 ありませぬ, あるの, あろうに, ござらぬ, ないくらい, ないし, ないほどに, ないわけ, なくまた, なく心 3 あるもの, ない人, ない悲しみ, ない有様, ない程, なくあらわれ, なくただ, なく暑い, なく私, なし

2 [42件] あったもの, ありそう, ありますが, ありませなん, あるけれども, あるだろう, あるまい, あるん, ございますが, ござらぬが, しれない, しれぬと, ないお, ないその, ないであろう, ない不思議, ない今, ない問題, ない寂寥, ない寂寥感, ない幸福, ない怒り, ない憂鬱, ない次第, ない気, ない絵, ない複雑, ない謎, なかつた, なかつたの, なくとうとう, なくなった, なく嬉しくて, なく毎日, なく爽やか, なく美しい, ひどかった, 一通りで, 無いの, 知らないで, 知れぬと, 知れません

1 [634件 抜粋] あちらむきや, あったから, あったの, あったのに, あったろうと, あったろうに, あの砦一つ, あまりひどい, あらあ, あらざれば, ありましょうが, ありましょうに, あります, ありませぬ前世, ありませんしかし, ありませんで川, ありませんね, ありませんわ, ありまた, ありやすから, あり聞きよう, あるかと, あるがね, あるじゃ, あるでしょう, あるまい若し, あるや, あるわけ, あろうと, あろうのに, あろうもの, いずれあと, おそかった, おとしを, おとなびて, おのずから深浅, きびしくこれ, こう云う, ここまで, このよう, これあるべき, これだけ, ございましたが, ございますまい, ございませぬそれで, ございませぬと, ございませんから, ございませんでしたが, ございませんと, ございません今晩, ございません別して, ございません恐らくわずか, ござらぬわい, ござらんが, ござんせぬ, さまざまです, しなくなった, しようも, しれずお, しれないとな, しれぬという, しれませぬみなさま, すかしよう, せずため, そちは, そのまま取次いだ, それとなく伝えたい, そんなこと, そんな気, たしかにある, どうしよう, ないいとおしいもの, ないいらいら, ないおせん, ないおまえさん, ないからね, ないからねえ, ないくせ, ないくらいに, ないこの, ないこんな, ないさまざま, ないそそう, ないその他, ないだらう心, ないだろうと, ないぢ, ないでしょうという, ないとの, ないなつかしさ, ないには, ないのに, ないふう, ないふくよか, ないほどと, ないほどの, ないほほ, ないまま, ないもんぢ, ないやね, ないよ, ないらしい, ないらしく, ないノスタルジア, ない一つ, ない一種, ない三河以来, ない不可思議, ない不安, ない不満, ない不運, ない世にも, ない乱心, ない事実, ない人間的, ない仕, ない代物, ない位, ない佗, ない俸給, ない先ず, ない児戯, ない凄まじい破局, ない動き, ない千波万波, ない印刷物, ない反動, ない口, ない同僚, ない困惑, ない地, ない声, ない大きい魔物, ない失望, ない奴等, ない如何に, ない妖しい色気, ない嬉しいこと, ない孤独感, ない宇宙間, ない宿命, ない小綺麗, ない少年, ない心持ち, ない思い, ない恐ろしい矛盾, ない恥辱, ない悔, ない悲しい気持, ない愁然, ない感傷主義, ない感情, ない態, ない憎しみ, ない憎悪, ない憧憬, ない抑揚, ない捕捉, ない敗色, ない時勢, ない晩年, ない晴れ晴れ, ない暗澹, ない暴力的, ない柔順, ない極悪非道, ない楽しいもの, ない橇, ない正確さ, ない気持, ない池上, ない泡沫, ない泣き, ない浅ましい意欲, ない淋しさ, ない深い深いこころ, ない混沌さ, ない清明, ない烙印, ない無, ない無二無三, ない無限, ない狂乱振り, ない狂暴, ない狭い家, ない異様, ない病人, ない痛快, ない皆さん, ない短, ない破, ない神秘的, ない究極, ない細い崖, ない絶望, ない緊張, ない美しいこころもち, ない美しさ, ない美音, ない老人, ない自分, ない自分自身, ない自己憐愍, ない自身, ない艶美, ない若宮, ない苦患, ない苦悩, ない荒布, ない葛岡, ない解し, ない誇らしさ, ない貧, ない貧乏神, ない貴族的, ない賢女, ない辛いおもいに, ない退屈さ, ない進歩, ない青春, ない静, ない静か, ない頑固一徹さ, ない食物, なかったらしい, なかったろう, なかりき, なかろうでは, なき人非人, なき仕儀, なくあきれ, なくあだめい, なくあの, なくいか, なくうれしくおもいました, なくお, なくかれ, なくくたびれ, なくこの, なくさやか, なくしかし, なくす, なくすがり, なくすばらしい春, なくその間, なくただただ, なくただ家, なくついに, なくつながった縁, なくなさけない悲しい感じ, なくなったが, なくなったよう, なくなつかしかった, なくなにかまだ, なくなりました, なくはっと, なくふらち, なくぶかっこう, なくほのぼの, なくぼく, なくみやびなところ, なくむごたらしく扱われた, なくもの寂しい気持, なくよかった, なくザブリ, なくハタ, なくヒラリヒラリ, なく上品, なく上手, なく不幸, なく不機嫌, なく二度と, なく云った, なく五月, なく人, なく何事, なく光秀, なく全員ただ運, なく十年, なく単調, なく友松, なく古風, なく呆然と, なく呑気, なく多く, なく大きな, なく夫妻無病, なく奇怪, なく奥ゆかしい, なく好もしいの, なく娘, なく孤独, なく寂しい思い, なく少年, なく平次, なく床しい修養, なく心丈夫, なく怒り, なく思い, なく思える, なく思われる, なく悲しい不可解, なく悲しかった, なく悲しくなり, なく悲痛, なく愉しかった, なく愛くるしくのっ, なく愛想, なく抑え, なく拡がった火の手, なく旋風, なく旗本, なく普請, なく暮す, なく楽しいもの, なく橘, なく民子, なく気恥しかつ, なく浜田屋, なく浮かび出, なく淋しくやるせなくそして, なく淡泊, なく清洌, なく激しい官能的, なく焦れ, なく燕順, なく物静か, なく現実, なく男, なく眼, なく石勇, なく童心, なく笑わせ給う, なく紅矢, なく美しい紺青, なく美しい青い極光, なく美しかった, なく美しく愛らしく見え, なく羽搏, なく考え込ん, なく肌ざむい, なく股, なく腐りた, なく膝, なく自分, なく自業自得, なく苛立たしく, なく苦悩, なく荒れ果てた, なく蒼ざめて, なく複雑, なく見せつけられ, なく見つめ, なく解決, なく証明, なく赤らんだ, なく越前屋, なく身, なく遂に, なく道誉, なく遺る, なく重く悲しく当の, なく重苦しくその, なく隨つて記憶, なく顔, なく騒ぎたつ, なく高まっ, なく黙っ, なければ, なさそう, なしいや, なしさ, なしどうしてもこう, なしまた, なし本当に, なりま, ねえから, ねえが, ねえじゃ, ねえので, はかり難い, はなはだしいで, ひとの, ほんとうの, まあご, まあその, まあそんな, まあ仕組み, まあ似せた, まあ似た, まだぎごち, みんなで, むつきの, よくおちつき払っ, ンなら, 一層強かっ, 一段猛烈を, 上野介様を, 並大抵でなかった, 人を, 以前には, 似合うた詰襟, 入りよう, 全くない, 出来ないでは, 判じよう, 効, 勝つ策, 卒中や, 参りません, 号令の, 同じじゃ, 大人げなく思われた, 子飼いの, 家名を, 尋ねて, 尋常で, 己を, 帯も, 広, 御座いましたろうもの, 御座いませぬ, 御座いませんが, 御座いません尤も, 御座んせん, 心得ないとか, 思いの外器用そうです, 思わないし, 悪かった, 手堅く先々, 揃えたもん, 普通で, 暢気な, 書きよう, 有りゃあ, 有ろうのに, 朝鮮人に, 機嫌の, 次第に形勢明らか, 汝は, 泰然たる, 無いからにも, 無いが, 無いもの, 無い一種, 無い不快, 無い次第, 無い異様, 無い荒川岳, 無くいじらしい姿, 無く当惑, 無く皆, 無く美しかった, 無之, 珍しいの, 甚だしければ, 町人には, 瞬く暇, 知らずそれでも, 知らず弓, 知らないといった, 知らないので, 知らない人, 知らない代り, 知らない分際, 知らなかった, 知らなければ, 知らぬ不風流者, 知らぬ者, 知るまいから, 知れずと, 知れずどこ, 知れずもとより, 知れないし, 知れないね, 知れないの, 知れないわ, 知れない可, 知れない時, 知れぬぜな, 知れねえ, 知れねえという, 知れますまい, 知れません次郎さん, 知れんのさ, 知んねエ, 粗末であった, 考へ方, 自分の, 至極お, 至極ご, 致すかも, 落胆の, 見いだせない, 覚えこの, 足蹴に, 違うと, 避けよう, 酷しいまね, 食べた

▼ よう~ (1130, 0.3%)

65 した 47 すると 40 するの 31 して 27 思って 26 する 23 したが, したの 20 云ふ 11 言ふ 10 思つた 8 しない 7 する者, 思ふ 6 した時, しましたが, するもの, すれば, 云うの 5 したとき, しました, する所

4 [12件] いったらありませんでした, したもの, しないの, しなかつた, するが, 云って, 努めた, 思う, 思うと, 思つてゐる, 思ひます, 決心した

3 [17件] いったらなかっ, いって, するうち, するかの, するならば, するよう, する人, する努力, する女, する時, それは, 思ったが, 思ったの, 思つてゐた, 申して, 私は, 言ふんだ

2 [54件] あたしの, いったら, いったらそれ, いふので, がり笠お, したけれど, したその, したため, した所, します, しますと, すること, するころ, するという, するところ, するに, するので, するやう, する事, する企て, する口, する場合, する方, する率, する自分, なさるから, 云う声, 云った, 云ったらありませんでした, 云ったらなかっ, 努力した, 喚ぶ, 声を, 夢中に, 思います, 思い立った, 思うて, 思えば, 思つ, 思つたのである, 思つたら, 思つて昨日も, 思ひましたがね, 思ふと, 思ふの, 思ふ事, 思へば, 悶躁い, 焦慮る, 眼を, 知つたなら, 自分の, 試みて, 酒屋の

1 [533件 抜粋] あせらうと, あまん, あれば, いい, いい別, いうに, いうので, いたしましょう, いったらありません, いったらなし, いったら大変, いったら射った人間, いっては, いつまでも, いひながら, おっしゃったの, おっしゃったらヒョコリ, おっしゃるの, おもうと, おもて, おもふ, おれ達の, お前を, きたらとても, きたらほか, きたら素敵, きめかけました, きょうは, ぎらぎらと, くりゃ荒れも, ここまで, この映画, この点, この部落, これに, こわくねえ, さあ事, させるであろうから, しかかった, しきりに奨めた, したから, したけれども, したこと, しただらうと, したって, したと, したとたん, したな, したので, したほどの, したまで, したみたい, したらう更に, したらそれ, したら何, したら侍従長, したん, した一人一人, した一念, した事, した位, した八五郎, した冒險, した即ち, した古人, した大河, した娘, した実在, した寸前, した時鍛, した本来, した本能的, した異色, した者, した謂, した趣き, した途端, してつ, してる, してると, しないかに, しないし, しないので, しなかった自分, しながら, しましたら忽ち, しますのに, しや, し仏, し新, し民党, し気に入らぬ作品, し祟り神, じんの, すべきであるが, するあたり, するその, するぢ, するとき習慣的, するには, するほか, するほどまでに, するむかし, するもどかし, するや, するらしい, するん, するゼ・シムプル・ツラベラ, するハーゲン, する一種反射運動的, する主人板屋八十郎, する人間根本, する仇, する伝道意欲, する其手, する列, する動き, する匕首, する反撥, する古臭い, する外人宣教師, する大, する委員, する家庭, する尊い, する小売商人, する帽子, する弁証法, する彼, する意図, する憤懣, する戦争, する手紙, する挨拶, する日本民族, する明るみ, する時分, する標準, する民俗, する気, する気持ち, する気魄, する江戸幕府, する注意, する理想, する生物, する用意, する目的, する程, する精神, する考, する苦心, する著者, する虫, する表現, する角, する課題, する身体, する身構, する迄, する過去, する道, する酒, する間, する間際, する間髪, する霊気, する面相, する頃, する馬鹿, せずに, せず他人, せず教育, せなかつた, せぬ所, せんべい焼の, そういう条, そして恐怖, その批難, その明るい, それからという, それが, それさに, たくらむでゐるといふことであつた, たくらんで, たといわが身, つとめた共同体, なさるが, なった, なって, なり日々, なんてし, ねがいつつ, はじめの, はちよつと, ひたすら詫び, または一億, みな恟々と, わざわざ訪ね, 一人魚の, 一友と, 一心に日課, 一言の, 上野介その, 世話には, 云いだしたを, 云い草鞋, 云うと, 云うなら妾, 云うなら己, 云うので, 云う了簡, 云う目的, 云う積り, 云う面持, 云ったの, 云ったらお話, 云ったらたとえ, 云ったらない, 云ったらもうとても, 云っちゃ, 云つ, 云つた, 云つた方が, 云つてハンケチを, 云つて立ち去りかけ, 云はれた, 云ふて, 云ふと, 云われたの, 云われたり, 云われて, 云われる必要, 五足六足追, 人々が, 今は, 仰しゃるなら, 仰しゃるんで, 企てた, 企てたの, 何を, 何程陰に, 僕が, 僕の, 全くちがう, 其の胴巻, 再び石段, 再び金, 刀を, 切りは, 初枝とが, 努めてから, 努めても, 努めるから, 努力し, 努力する, 動かした唇, 勝手だ, 勧めました其の, 千万を, 友子が, 叫びながら, 叫んだ, 右を, 同志とともに, 君に, 呼ぶ声, 呼んで, 哀鳴号泣する, 四苦八苦し, 四辺を, 城下隠密組の, 増田が, 大きな声, 大主人, 大通りの, 奥方さまも, 奨めた, 女房も, 好い程, 存じて, 実は嬶, 家へ, 家を, 家人に, 密接な, 小止みに, 少し笑, 居酒屋の, 崩れようと, 左の, 己の, 幸三郎は, 幾度か, 庭つ, 引きくらべられたりも, 彼の, 彼は, 待ち構へて, 後に, 後生大事に, 心がけて, 心はくだ, 心を, 志して, 念じつつ, 思いこの, 思いましたが, 思いましたけれども, 思いますが, 思いますので, 思い又五郎, 思い襷掛け, 思うから, 思うが, 思うこと, 思うた私, 思うても, 思うの, 思う好奇心, 思う心づくし, 思った, 思ったしかし, 思った方, 思っては, 思っても, 思つたから, 思つたつ, 思つたつて駄目です, 思つたのだ, 思つたんでした, 思つた事に, 思つた事も, 思つた僕達も, 思つた床の, 思つた彼の, 思つた方が, 思つた時何にか, 思つて, 思つてせめて, 思つてね, 思つてやる, 思つてる, 思つてゐます, 思つてルナンに, 思つて上塩山の, 思つて今, 思つて休んだ, 思つて大急ぎで, 思つて居りました, 思つて居る, 思つて斯う, 思つて斯うし, 思つて有繋に, 思つて母に, 思つて然し, 思つて粉を, 思はねば, 思はれる, 思ひついた, 思ひは, 思ひ立つた, 思ふから, 思ふ樣, 思ふ氣持, 思わないの, 思ッて, 思ツて, 惑って, 想像されます, 慶喜公へ, 我知らず身を, 拳を, 挨拶した, 挨拶に, 捜し出させて, 放けまいと, 教育した, 数回手紙や, 數次喚び掛けた, 日本の, 是から, 時々見, 晴々いい, 智恵子が, 智惠子が, 暫く躊躇, 来たら, 来たらそれ, 来たら全く, 来たら底なし, 某料亭, 梅三郎も, 此方を, 歩を, 気に入らぬ所業, 水が, 決して口, 決心しました, 河口が, 波の, 洪水の, 為て, 焦つた, 焦つて, 煩悶し抜いた, 熟議した, 燐寸を, 父様の, 独り自, 獨り, 現代の, 用意し, 甲府を, 申しました, 申す計策, 申込んだが, 眉の, 知らんたいまだ, 祈ったり, 私が, 私を通じての, 積極的に, 笑いなさい, 笑って, 答えつ後, 答へ, 精一杯に, 約束し, 繰返しおっしゃった, 老いた農夫, 考えとかにゃ, 考が, 考へた, 考へてた心, 聞えたので, 肚を, 膳立を, 自分でも, 致して, 致しますると, 舵取, 色とが, 芸術的内容とは, 苦しさ, 苦心する, 荒く身動き, 見向きも, 見送ったの, 親切に, 観世清次の, 言いきかせてから, 言いましたから, 言い出した, 言うの, 言ったら, 言ったらありません, 言つた大, 言つて怒つた, 言ふお, 言ふところを, 言ふも, 言われる美しい, 詞を, 試みた, 試みながら, 試みましたが, 試みる, 試みること, 語らふ冬, 調べたうえ, 諭した, 走つて來乍ら, 起きようとを, 足の, 足纏い, 身じろぎを, 身を, 迷惑なんか, 進み出た, 遠く弟, 長患いの, 門に, 関ふも, 関係しあった, 隨分苦しみ, 頬張つて眼を, 頼んだ, 頼んで, 額銀一ツ投出し, 願いつつも, 願い王承諾, 願う心, 願つてゐる, 飛び降りると, 餅に, 養生一つでは, 首を, 高窓, 鳴いたとさ

▼ よう~ (987, 0.3%)

23 ないこと 20 ないもの 17 ものを 15 ないほど 9 ない 8 ことで, ないの, ものが 6 ない不安, ない気持 5 ないさびしさ, ない不思議, ない事, なかった, もので, 事は, 物を, 鉄の 4 ないかなしさ, ないくらい, ないこの, ないところ, ない人, ない寂しさ, ない感動, ものに, ものは, ように

3 [17件] ないお, ないその, ないという, ないよう, ない一種, ない事実, ない奇妙, ない女, ない寂寞, ない恐怖, ない感情, ない憂鬱, ない程, ない顔, ものの, をぢ, 事で

2 [53件] ことの, ことは, ことも, ことを, ない世界, ない人非人, ない伝染病, ない位, ない侮辱, ない光景, ない処, ない力, ない娘, ない嫌悪, ない形, ない御, ない心, ない心持ち, ない怒り, ない悔い, ない愉悦, ない所, ない政府, ない有様, ない激しい感情, ない火, ない状態, ない男, ない疲労, ない眼, ない私, ない美しさ, ない薄笑い, ない表情, ない謎, ない難問, なんのと, ものであろう, ものには, ような, 中で, 事が, 事を, 事件は, 器に, 早かった, 木箱の, 次第で, 無いこと, 無い心持, 無い悲哀, 物, 物が

1 [630件 抜粋] あるいちばん, あるいて, あるだぶだぶ, あるカブトムシ, ある大, ある大きな, ある文句, ある白い, ある銀, あれこれについて, うちに, うてあっち, お叱り, お咎め, お揃い, きとう毎日毎日致し参らせ, きれで, ここの, ことが, ことさらに, ことなるべく, ことわけの, こと云えた, こと仰せられ, こんたん, ご斟酌, しきものの, すきま, す速, だけれども, ちがい, ついて, ときは, とジタバタ, と血道, ないあの, ないあまいよう, ないいぶかしさ, ないいやらしいゾーッ, ないいわゆる, ないおそろしい盗賊, ないかつ, ないきらめき, ないくやしさ, ないくやし涙, ないここ, ないこころもち, ないごたごた, ないさびしいもの, ないす, ないせまい有蓋街路, ないそう, ないぞっと, ないただ, ないたま, ないであろう, ないなつかしい思い, ないのに, ないのんだくれ仲間, ないばかりか, ないふしぎ, ないふしぎさ, ないほども, ないぼろぼろ, ないまるで, ないみごと, ないみじめ, ないもな, ないやり, ないやんちゃ, ないゆかしい調子, ないよい心持ち, ないヒッソリ, ないメランコリック, ないヤッカイ, ないルンペン的下手, ない一事, ない一徹一図, ない一本, ない不吉, ない不和, ない不忠, ない不快, ない不気味, ない世, ない世の中, ない事件, ない人々, ない人達, ない人間美, ない仄か, ない仕度, ない他, ない伊賀, ない会心, ない供述, ない保証人, ない偽善者, ない僅か, ない優美, ない児戯, ない凄惨, ない勢い, ない単一さ, ない単純, ない厳粛, ない叫声, ない可愛い動物, ない右門流, ない同感, ない哀しさ, ない哀れ, ない哀切, ない善意, ない喰, ない因果, ない困った, ない困惑, ない執着, ない場合, ない境遇, ない声, ない変畸狂態, ない夜更け, ない大, ない大量, ない奇抜, ない奢った, ない奸悪, ない妻, ない始末, ない嬉しさ, ない孤独さ, ない寂しい気もち, ない寂寥, ない屈辱感, ない山, ない山村, ない岡, ない常識, ない平和, ない幻滅, ない当惑, ない彼, ない後悔, ない心持, ない忍苦, ない快感, ない思い, ない恐ろしい事実, ない恐ろしい境遇, ない恐ろしさ, ない悔恨, ない悪い事, ない悪名, ない悪意, ない悲しげ, ない悲しみ, ない悲痛, ない悲鳴叫喚, ない惨忍, ない愁しみ, ない感じ, ない感謝, ない慟哭, ない慰安, ない憂愁, ない憎悪, ない我まま, ない或, ない所業, ない抑揚, ない擽ったいよう, ない放蕩者, ない文字, ない文言, ない方法, ない日, ない日常, ない明々白々, ない昼, ない時, ない時代, ない曲者, ない最低音, ない朗, ない未練, ない柔らかさ, ない根深い態度, ない森本, ない極限感, ない欣, ない此様, ない武蔵, ない残酷, ない殿様, ない毛, ない気の毒, ない気もち, ない気味, ない汚辱感, ない波動, ない深い喜悦, ない深傷, ない深味, ない混乱, ない清い澄んだ, ない清い高い, ない清楚, ない満足, ない烈しい戦い, ない無常, ない無念さ, ない無残, ない無礼, ない無軌道, ない無限, ない焦点, ない熱誠, ない爽やか, ない爽快さ, ない犯人, ない狂気, ない猛, ない珍しさ, ない環境, ない異変, ない異形, ない疑惑, ない病, ない病気, ない相手, ない真面目くさった, ない矢崎, ない種々様々, ない空想, ない空漠, ない突き詰めた, ない窮屈さ, ない素晴らしい気持, ない組み立て, ない綺麗, ない緊張, ない緩慢さ, ない罪, ない美しい音, ない老人たち, ない胸, ない脂, ない臨終, ない自信, ない自分, ない自責, ない自身, ない臭気, ない興味, ない色合い, ない苛立, ない苦しさ, ない苦悩, ない茶釜, ない落伍者, ない蒸し暑さ, ない行い, ない複雑, ない見幕, ない規定, ない計画, ない謎々, ない貧しさ, ない貧乏, ない足袋, ない車夫, ない輝き, ない辛さ, ない返報, ない迷惑, ない逼迫, ない遺憾千万, ない金熊手, ない釣友, ない鉄鍋, ない長雨, ない関係, ない陰鬱, ない隠然たる, ない静, ない馬鹿笑い, ない駻馬, ない騒々しさ, ない驚き, ない高級, ない高貴, ない鬱憤, ない魅力, ない魔, なかつたと, なくなった異様, なくなった鍜治屋, ねえこと, ほうは, ませた好い, まるで女の子, むかしの, もの, ものかは, ものである, ものです, ものと, ものにて, もの一つ錆鉈一挺一同不審の, もの勝山さんだけの, もの白丁に, もめんの, ようです, よきこと古, よし悪し, よろいが, よろいを, わからないドア, わけで, わけでございます, ガスでは, サラサで, トンマさに, フェンシングの, マントを, 一ぴきの, 一典型として, 一念しか, 一方ならぬ, 不可能な, 不思議なれ, 中に, 中には, 中ゆえ拙者の, 亂暴さと, 事をば, 事件と, 事件に, 事実は, 位地を, 依頼状を, 便宜を, 俗説は, 傾, 傾甚だ, 働きは, 働役に, 典型を, 内意を, 凄じき武器, 判決を, 剽軽な, 南京豆が, 取り計らい方, 各々に, 味も, 問題じゃ, 問題として, 塗料で, 塗料を, 声々あまり悪から, 変遷, 多面の, 夜の, 大ぎょうさ, 大事にても, 始末で, 始末につき, 姫君の, 娘の, 寒さ, 少し老けた, 少ないの, 工夫も, 巧みさ, 巧緻さである, 布の, 彫刻の, 影が, 御人, 御咎, 御計らい, 御詫び, 心地いたし, 心地致し, 怪異は, 悪いとき, 想像でも, 意味じゃ, 感じだ, 態度に, 所か, 所存であろう, 投げ詞, 折檻お, 振る舞いする, 掻巻袍を, 斯う, 方が, 方には, 方法にて, 旦那が, 早いの, 春の, 曲線に, 服装を, 条件に, 来るの, 様子も, 樹だった, 次第でありました, 正しさ, 武器が, 武器を, 死様が, 気が, 水蛇から, 漬け方を, 激しさ, 炭が, 無いあわれ, 無いほど, 無いもの, 無い事, 無い体たらく, 無い兇賊団, 無い光, 無い原因, 無い変挺, 無い失望, 無い妖魔, 無い恐ろしい破局, 無い悲惨, 無い感動, 無い我儘, 無い暗い心持, 無い気持, 無い涙, 無い烈しい春, 無い神秘作用, 無い種類, 無い粉雪, 無い軟弱浮華, 無い道楽者, 無い青さ, 無い馬鹿, 無い魅力的, 物で, 物リボン写真ドレスや, 特殊さが, 理合で, 用談やら, 異常な, 相違が, 祈願から, 秘密が, 秘密を, 程度を, 箱には, 粉一袋を, 紙を, 細虫の, 絵姿を, 綺麗な, 緑がかった, 繊維の, 者かと, 者には, 者も, 腰から, 花, 葛藤と, 術を, 裃を, 言葉で, 記憶無し, 註文などを, 話を, 誤怪, 調査を, 責苦に, 趣意の, 輩に, 返事を, 迷信は, 遅いの, 遅かった, 道具位にしか, 道化師が, 野蛮さに対して, 鉄のと, 門の, 間を, 陶器などが, 陽であった, 雪の, 雲が, 魂胆と

▼ ようである~ (980, 0.3%)

47 がこれ 46 がその 36 がこの 31 がしかし 27 がそれ 2421 が実は 19 が私 12 が実際 11 が自分 9 がそう 8 がそれでも 6 がここ, がまた, が併 5 が事実 4 があれ, がこれら, がそういう, がわれら, が何, が日本

3 [16件] があの, があまり, があるいは, がそれら, がどうも, がなお, がよく, が一方, が今日, が他, が僕, が或, が此, が決してそう, ことを, という

2 [48件] から何心, から余り, から韓, がかかる, がけっきょ, がこう, がこういう, がしばらく, がそうした, がそこ, がその他, がそれにしても, がそんな, がだいたい, がもし, がもともと, がやがて, がやはり, がわが国, が一度, が人, が人間, が今, が以前, が全く, が別に, が北海道, が却, が大変, が実に, が容易, が少し, が後, が必ずしもそう, が東京, が果して, が正直, が水, が決して, が現在, が私たち, が近年, が雪, けれども実際, し, それが, といい, ように

1 [498件] いっそお, かと思う, かの明示, かもしれない, から, からあるいは, からこそ一つ, からこの, からこれ, からさすが, からせめて, からその, からそれほど, からちょっと, からとうとう, からとお, からどうして, からひどく, からまず, からササリンドウ, からジャック, から今日, から何, から何れ大衆文芸, から儲かる, から勤人, から南, から哀れ, から喜ん, から国司, から婦人, から家, から容易, から思いきっ, から掻, から新三郎, から時々, から朝, から此談, から深く, から特に, から田舎, から皆, から破り棄てられた, から私, から私たち, から稀, から立ちどまっ, から英帝国, から茲, から読ん, から追, から遂に, から金, から鎌倉時代, から間髪, から驚いた, か知る, か見, がああ, があまりに, があらかた, があんなに, がいう, がいずれ, がいつ, がいまだに, がうら, がお, がおよそ, がかく, がかならずしもそう, がかの, がこうして, がこの同じ, がこまやか, がこれ一番近道, がこれ等, がこんど, がさすが, がさてこうして, がしかも, がしばらくこう, がす, がすくよか, がせっかく, がぜんたい, がその後, がその或, がそれでいて, がそれでは, がそれと, がそれなら, がたしか, がただ, がため, がだんだん, がちょうど, がとに角日本, がと腑, がどう, がどういう, がどういたしまして, がどうもそう, がどこぞ, がどれ, がどれほど, がなかなか, がなかなかどうして, がなかなかよく, がなにか, がなにしろ, がはたして, がひとり保険会社, がひとり旅, がほととぎす, がまあ, がまず, がまだ, がまだまだ, がまだ最も, がまったく, がもう, がもしか, がもと, がもと七倉岳, がやっ, がやや, がようやく, がよし, がわたくし, がわたし, がわれわれ科学者, がイブセン, がオナラ, がキリスト精神, がハゲ, がハゲ蛸, がルーベンス, が一寸外, が一年三百六十五日, が一時, が一般, が丁度, が七十四年間, が七月なかば, が万葉集巻三挽歌, が上, が不思議, が世界, が中, が中国, が中指, が中野, が主人, が主人信雄, が之, が九十度以上, が二, が二週間, が人事, が人民ども, が今に, が今一歩確め, が今君, が今度, が今日我々, が以上引用, が伊兵衛, が伯父, が余, が作者, が例え, が信長, が僅か, が僧, が儀式, が元, が元禄, が先ごろ, が先ず, が先生, が全体, が全部, が公, が其意義, が写本, が写生文, が処, が出来, が分け, が分子物理学, が分家, が到底, が前衛, が十六綴音, が卒業後, が卒業後肋膜, が原子バクダン, が口, が句, が右, が同時に, が呉清源, が味覚, が和尚, が和算家, が唯一回, が四隣, が国, が土地, が多分, が大き, が大事, が大体, が大体成人, が大抵, が大高, が天明, が太子, が奇抜, が女中達, が好む, が如何, が妹, が始め, が娯楽, が婦人, が学校, が実, が實際稗田, が小説, が少しく, が就中薩摩, が岡沢秀虎, が師匠, が平均, が幸い品, が当局者, が当時支那道徳, が彼, が彼ら, が彼女, が徒ら, が御, が徹底的, が心, が怒った, が恰も, が悪事, が惜しい, が意味, が感心, が我々, が我国, が我国自身, が戸倉村, が折々, が文学, が新興現時, が既に, が日, が日本固有, が日蝕, が旧, が明智日向守光秀, が明治時代, が昔, が昨日, が普通, が暑く, が暗黙, が最後, が最終, が有力, が木曾路, が本人同士, が本艇, が杉野君, が果たして, が柳橋, が榛, が横, が次, が次に, が此開き口, が母, が母親, が気, が波, が洗煉, が流体, が浮世草紙, が温泉, が漢字, が漢語, が無, が無論, が然し, が煙草苗, が父, が物品, が物理学者, が特殊, が犠牲, が猫, が現実, が理窟, が生活費, が用人, が男鹿, が病勢, が相当, が真個, が真宗, が眼, が確証, が祖母, が稲, が積極的, が第, が筑前国司, が管理, が精神分析学者, が素人, が結局, が結局みんな, が結局風, が罪, が翁, が聞く, が自分等, が色, が若し, が落ちつく, が藩地, が街頭, が西南諸島, が見る, が言葉, が記者, が訳する, が証拠, が話し手, が諸, が責めら, が路, が近い, が退い, が遊び, が長, が長篇評論, が限られた, が陸軍, が額, が高時, が高雄, が髷, が鮎, が鮨, が鶴見町, が鹿, が黄村先生, が龍之介, けれどその, けれども, けれどもこの, けれどもしかし, けれどもそう, けれどもその, けれどもキュウシュウ地方, けれども一人称, けれども事実そう, けれども仔細, けれども同じ, けれども害, けれども寝入, けれども少し, けれども年代, けれども後, けれども曲線, けれども罷り間違え, けれども駄作, けれど一縉紳, けれど充分, けれど彼女, ことは, こと天の, この方, この頃, これが, しあるいは, しかし新聞, しその他万般, しちょっと, しまた, し一旦, し八田青年, し吾, し和算, し多喜子, し家, し岡本, し支那文学, し文字, し自分, そうして梓川, そこで公園劇場, そしてなお, そして自然, そのとき, その頭, それからやや暫く, それでも, それは, ぞ, といいました, ということ, というところ, というにおいてや, というの, という手紙, という知らせ, という話, といった, とか思い返し, とし, とすれ, とは見, ともいえる, とも若君, と中, と中将, と云う, と備前, と共に部分, と同時に, と喜んだ, と家族たち, と源氏, と老人, と聞いた, と見る, と言った, な, なるほど人間, にかかわらず, にもかかわらず, に船頭ども, のが, のだ, のです, のと, のにつきつめ, のに他, のに孤児, のに行っ, のも, まことに本懐, ものさ, ゆえここには, ゆえもし, ゆえ各国ともに, よ, よく似た, よりも死んだ, アメリカ製の, ソロモンの, 一方で, 上に, 中で, 二人とも, 今後は, 兄弟が, 勿論吾, 卵形の, 同じ芸術, 声, 姪からの, 小出から, 尤も詳細, 彼の, 彼は, 後悔の, 急変が, 意味で, 我々日本人が, 植木取りに, 殊に独逸, 然し彼等, 独逸の, 猫ぐらいに, 私なども, 統計数学上の, 自分の, 遠くへ, 金之助は, 非常に

▼ ようには~ (911, 0.2%)

33 いって 23 見えなかった 16 思われない 13 して 12 しないから 11 見えない 10 なって 8 できて 7 しない 5 ならなかった

4 [11件] いかないもの, いかなかった, ならない, 出来ないの, 思えなかった, 感じて, 行かない, 行かなかった, 行きません, 見えなかったが, 見て

3 しませんから, なった, ならないもの, みえない, 思われなかった, 書いて, 書かれて, 行くまいが, 見えても, 見えません

2 [49件] いかないの, いかないん, いきません, しないという, しなかった, せずに, できなかった, なったが, ならないの, ならぬもの, なるまい, なれない, ゆかない, 出来て, 出来ないもの, 出来なかった, 動いて, 動かなかった, 参りません, 参りませんが, 延ばされない, 彼を, 思いません, 思うが, 思えない, 思えないの, 思えませんでした, 思えませんね, 思われないから, 思われぬ, 思われません, 思われませんから, 成って, 私には, 私は, 考えて, 行かないもの, 行かぬ, 見えないが, 見えないし, 見えないじゃ, 見えないで, 見えなかったの, 見えますが, 見えませんか, 見えませんでした, 覚えて, 語られて, 響かなかった

1 [601件 抜粋] あたしどもは, あったと, あまり話し込まない, いかない, いかないでしょ, いかないとき, いかないむかし, いかなかったよ, いかねえや, いかんか, いかんよ, いきませんて, いきませんよ, いくまい, いけなかった, いけんし, いたさぬ, いたしませぬ, いたしませんから, いつなれます, いやがりも, いろいろ思い出, いわない, うまくひろがらない, うまく行かない, うまく行かなかった, おもいきって, おもえなん, お春, お考え, お見受け申しまする, お話しに, かいてない, かわいがって, きいて, ききませんが, きびきびと, この人, こぼれが, こんな見つ, させません, さらさら思われません, したが, したくなかったの, してやらない, しないからな, しないが, しないそう, しないつもり, しないでしょう, しないと, しないの, しないよ, しない心算, しなかったの, しにくい, しねえから, しねえよ, しねえん, しねえ意, しましたけれど, しません, しむけられるん, じらいを, すこしも思えなかった, すこしも見えなかった, すすみません, すらりと, するけれども, せず話, せぬ, せん, せんつもり, そのよう, その児, その笑い, それだ, それ自体の, ただ同意, ちっとも思えなかった, ちょっとも, ついて, できあがって, できないもの, できない様子, できない気, できなかったの, できませんでした, できるだろう世間なみ, できるでしょうが, とても出来ない, とても見えまい, とれないほど, どうしても思えない, どうも参りません, どうも眠られません, ない, ないん, なかった, なかなかいかなかった, なさるまいね, なし, なったけれども, なったの, なつかなかった貞世, ならず全く, ならないかしら, ならないと, ならないもん, ならないよ, ならないらしいが, ならないん, ならなかったかも, ならなかっただろう, ならなかったよう, ならなかったらしい, ならなかったろう, ならなかったわけ, ならなかった筈, ならぬと, ならぬ骰子, ならねえの, ならんよ, なりそう, なりたくないもの, なりは, なりました, なりますまい, なりません, なりませんので, なりゃしません, なるが, なるまいかとまで, なるまいという, なるまじく不案内, なれと, なれないという, なれまいし, なれまいそう, はからいません, はからぬ, はからわない, はずまなかった, はっきり通じなかった, ほとんどならなかった, まいらなくなりましたこんな, まいらぬ, まいらん, まいらんぞ, まいりませぬから, まいりません, まだ何人, まわなかった, みえないという, みえなかった, みえなかつた, みえるが, ものを, やつて, やらぬから, やれそう, やれねえ, ゆかないお, ゆかないという, ゆかないの, ゆかないもの, ゆかんので, ゆきませんから, ゆきませんが, ゆきませんでした, ゆくわけ, よく慣らされ, わたしには, ッと, トラックが, マンさんは, 与えないから, 両親の, 主観性は, 二人は, 云い切れないところ, 云えぬの, 云って, 云われませんじゃろう, 人情が, 今夜は, 他の, 以前からも, 仰ゃれずにいらしった, 伝えられずその, 伸子の, 何とて造らざる, 何となく家族的, 何の, 作って, 作られてを, 使われて, 働かなかった, 働きが, 働けません, 働けも, 充分致し, 入る人, 全体的な, 冴えなくなった, 冴えぬ, 出やしません, 出來, 出来ちゃ, 出来ないが, 出来ないし, 出来ないので, 出来ないのみ, 出来ないのよ, 出来ないん, 出来ません, 出来悪かっ, 判断を, 到底ならない, 努めも, 動かない, 動きそう, 動けない, 動けないの, 動物を, 勢い歌そのもの, 参らん, 参りませんからね, 参りませんもの, 参り難き, 又ゲーテ, 取られたくない無理, 取り計らいま, 取り計らわぬが, 受けいれられなかったこと, 受け取らなかったに, 受取れない, 呑み込めない頼り, 品が, 器用に, 土地を, 変りも, 外へ, 多くなくなった, 大きくする, 大きくは, 好い収穫, 姉さん私が, 嫌われなくなりました, 嫌悪され, 子供を, 存じませぬ, 学ばれなかった, 実現される, 寒くなかった, 寝られないらしい, 専門的な, 年始の, 弁じ立てず薄暗い, 彼の, 御覧なさいませんでしょう, 心がけた人, 必要が, 怖がらなかった, 思いませぬ, 思うこと, 思うたが, 思えた, 思えないですね, 思えないどうか, 思えなかったし, 思えなくなった, 思えぬ, 思えますが, 思えませぬし, 思えませんが, 思えませんよ, 思ったが, 思って, 思わなかった, 思わぬか, 思われずそれ, 思われないが, 思われないだろう, 思われないの, 思われなかった私, 思われぬが, 思われぬよ, 思われませぬが, 思われませんか, 思われませんでしたの, 思われるかも, 思召し, 急げなかった, 息も, 悟らなかった, 愚かな, 愛して, 感じない, 感じないらしく, 感じられないの, 感じられなかった, 感じられなかったし, 感ぜられなかったかね, 感情を, 成ったが, 成るね, 成ッた, 戦争や, 手が, 扱えないであろう, 扱わないで, 扱わなかった, 扱わなかったね, 扱われて, 投げられません, 指を, 振舞わないだろう, 捗どらない, 捗らない, 描けませんよ, 揺れること, 教えられて, 新聞の, 新聞紙の, 暮して, 暮らして, 暮れては, 書かせぬ力, 書かなかった, 書きたくなかった, 書くこと, 書けぬという, 朝晩の, 杉浦明平が私に, 歌わなかったに, 歩いて, 死なない, 死なないの, 死にません, 決して扱わない, 泣かなかった, 泣きも, 泣けないただ, 泰然として, 無いの, 無かったろう, 無意識の, 無理を, 無駄口も, 独立的な, 現れなかった, 現在の, 理解し, 生きて, 由良の, 甲斐性も, 申さずお話, 申さなかったこれ, 癒えなかった, 白白しくし, 盛に, 盛んに, 相成り申さずその, 知って, 私に, 私を, 私自分で, 笑わなかった, 美しくなく, 考えぬ, 考えられず女, 考えられない, 考えられなかった, 聞えなかったし, 聞えなかつたが, 聞えぬの, 聞えます, 聞えませんでしたが, 聞こえません, 聴えず, 聴手に, 育たないの, 育たなかった, 自分の, 自慢に, 致さぬもし, 致しません, 致しませんから, 茂, 荒くない, 薄々の, 藻掻いた, 藻掻かなかった, 行かないから, 行かないこと, 行かないの, 行かないん, 行かない感, 行かなかった佐助, 行かなかった製本屋, 行かなくて, 行かなくてよ, 行かぬか, 行かぬという, 行かぬもの, 行かんが, 行かんぞな, 行きませんが, 行くもん, 行って, 行われて, 行われなくなって, 行動しない, 表現しなかったであろう, 裁き切れない, 見えずかつて, 見えずなにか, 見えずわが子, 見えず自分, 見えず顔, 見えたが, 見えたけれども, 見えないから, 見えないでしよう, 見えないという, 見えないな, 見えないの, 見えないので, 見えないよ, 見えないわ, 見えない事, 見えなかったけれども, 見えなかったし, 見えなかったよ, 見えなくなって, 見えまい, 見えまいがね, 見えませぬが, 見えませんし, 見えませんでしたが, 見えませんのよ, 見えませんよ, 見えませんわ, 見えるけれど, 見えるけれども, 見えるけんど, 見えるの, 見えんかな, 見えんね, 見せかけて, 見せかけないこと, 見せたくなかったので, 見られまいと, 見受けませんでしたから, 覚えませんが, 覚し召すまい, 親しくみんな, 解釈されない, 言い廻せなかった, 言い得なかった, 言えない, 言わなかったの, 言われまいと, 計らいますまい, 計らいません, 計らいませんが, 計らうまい, 計らわないから, 計らわない許して, 計らわぬ, 計ろうて, 計われぬ, 話せなかった, 語って, 語ろうとして, 説明する, 読めそう, 誰も, 誰もが, 負けた, 走れなかった, 通らない, 進まれない, 進めない, 進歩しない, 過ぎるの, 違いない, 選定名称を, 雑作なく, 非難されず, 響かなくなった, 頻繁に, 飛べないよう, 食い住み着煖, 養育不, 駆けられない, 駈け出せません, 高ぶって, 黒ずんだ色

▼ ようでした~ (634, 0.2%)

41352622 がやがて 1615 がその, がそれ 10 から 9 がまもなく 8 がしかし, がと 7 がそこ, がそれでも, が私 5 か, がわたくし, が不意, な 4 がこの, がすぐ, がそれから, の 3 からわたくし, がお, がこれ, がそう, がほんの, がようやく, が今, が声, が突然, が間もなく

2 [28件] からお, からすぐ, からその, からそれ, から私, があと, があれ, がくどく, がこちら, がさて, がそのまま, がそれっきり, がただ, がね, がふたり, がふと, がまた, が何, が別, が急, が暫く, が網, けどやっぱり, けれど, けれどいよいよ, ぜ, ので, ので私

1 [286件] からいかで, からおこり, からお雪ちゃん, からきっと, からこの, からこれ, からずいぶん, からそれで, からたぶん, からだんだん, からどうか, からなと其の, からなにか, からふた, からまだ, からキッコ, からピグミー, から一同, から一瞬間, から万事, から休む, から兵部, から医務室, から変, から失礼, から妾たち, から安心, から家, から心配, から浜町, から甚兵衛, から自分, から荘一清, から誰, から隙, から顔, があえない, があご, があの, があんまり, がいきなり, がいくら, がいさん, がいっこうに, がいっしょ, がいとも, がいぶかしい, がいま, がうるさく, がおおかた, がおちつき, がお辞儀, がお金, がお雪ちゃん, がかたわら, がかねて, がけたたましく, がこっち, がこの間, がこんな, がさき, がさすが, がさりとて, がしまいに, がすっかり, がすでに, がずばり, がそういう, がそうなると, がそちら, がそのままふと, がその後, がそれだけに, がそれでいて, がそれなり, がそんな, がたしか, がだ, がだれ, がちょうど, がつい, がついに, がとちょうど, がと見, がと質問, がどちら, がどんなに, がな, がなさけ, がなにか, がねなにか, がねまもなく, がはじめ, がはだの色, がふ, がふうふう, がふっと, がまことにどうも, がまさかに, がまだ, がまだ全く, がまだ多少, がまもなくやっぱり, がむりやり, がもう, がもう一度, がもの, がもはや, がやがてそのまま, がやがてどっと, がやがて突如, がやにわとうしろ, がやはり, がやはり遂に, がより江, がわざといかにも, がわれわれ仲間, がエミイ, がジョウ, がセエラ, がナ, がネネム, がフザケ, が一体バクテリヤ, が一番温和, が一面, が不二夫君, が主人, が二棟, が井戸, が亜米利加, が人込み, が体, が僕, が兄, が先方, が全身, が再び, が別に, が勢い, が十時, が右門, が同時に, が同時におもわず, が名人, が呉一郎, が周囲, が和紙, が四半とき, が四方, が夜目, が大, が大変静か, が女, が実に, が実は, が宵, が岸本, が川, が帰る, が平穏, が幸い, が店, が廿日過ぎ, が彼女, が後で, が得意そう, が快活, が忽ち, が思い切った, が恰度そば, が数年後, が智恵子, が最後, が朝夕, が村人達, が果然, が案ずる, が次, が歌い終える, が水中電灯, が法本, が海辺, が源吉, が父, が独言, が生命, が田山白雲, が番頭, が疑っ, が癇癖, が皇帝, が相, が真に突然, が矢玉, が私たち, が私等, が竜, が結局わたくし, が続い, が翌, が自分, が自慢, が芸者, が苦笑い, が見る見る, が覚悟, が誰, が警戒, が譲治, が軈て, が近づく, が遅く, が道庵先生, が遠縁, が重い, が間, が雀, が雨風, が馬, が駆けだし, が黙っ, けどお, けどさあ, けどね, けども, けど今日, けれどあの, けれどいずれ, けれどいま僕, けれどその, けれども, けれどもその間, けれども酒興, けれど以前, けれど朱文自身, しお雪ちゃん, しその, しまた, し佐竹さん, し彼, し映画, し森, し海保さんたち三人, その中, それから頭, たいそう重大, っけ, っけそれ, っけでも, って白羽二重, でもその, という家, とさ, と言った, ないいえ, なぜです, な帰りがけ, な貴方, ねああ, ねえ, のでたぶん, ので自分, のよ, もとの, もの, ものです, ものね, やがて発揚状態, よ頻りに, わね, わ夢, ジョウが, ナ, ヨ, 傍を, 勿論それ, 嘘は, 嫌に, 左手は, 御家来, 料理が, 昨と今, 病人に, 美味しく美味しく, 誰かが

▼ ようじゃ~ (604, 0.2%)

109 ないか 57 ありませんか 3512 が, ないの 11 ねえか 7 ございませんか, ないですか 6 ないかね 4 のう, 駄目だ 3 が何, ないかと, ないん, わい, アねえか, 油断が

2 [18件] おしまいだ, おれも, お話に, があれ, がお前, がこれ, がその, がでは, がよほど, なあ, ない, ないわね, なくって, なア, の, アない, 無いか, 銭形の

1 [286件] あなたが, あなたこそ, あなたの, あなたも, あの家, あの番頭, ありましたが, ありますまいか, ありません, ありませんかしら, ありませんかと, ありまッせんばい, ある, あれも, あんまり失礼, いい指輪, いい百姓, いけない, いけないん, いけない何でもかでも, いけません, おッつけ人間, お前は, お島さん, お望, お気の毒, かける必要, からなぞ, から念, から火の元, から皆, から言葉, がいか, がいずれ, がいっそ, がいったい, がいつごろ, がいや, がうち, がお前たち, がこう, がこの, がしかし, がそ, がそう, がそち, がそれで, がそれでは, がそれにしても, がそんなに, がところどころ, がどう, がどうして, がどこ, がどなた, がどれどれ, がなんぞいぶかしい, がほんとう, がまさか, がまた, がもし, がやっ, がやはり, がわれら, が世, が世の中, が五年, が伯林, が伯母, が何度, が命取り, が墓参り, が変装, が寝覚め, が彼処, が御, が心, が恐らく, が書く, が栄湖, が無駄, が煮, が男, が真, が老子, が肝腎かなめ, が虫歯, が誰, が願い筋, が黒石, きさま, けれどもここ, けれど一つ, けれど今, けれど来年, けん, げな, こ, このごろ少し, このひとたち, この二つ, この仕事, この先, この六天山塞, この辺, これァ, ございませんの, ござんせんか, しそんなに, しようが, すぐまた, そのくせ, その甲斐, それも, それや, それより, ぞ, たいした事, だいじな財産, だめだ, ちっともない, ちと骨ばなれ, つまらない, と, とてもいい, とても今日, とても望み, とても身上, とても駄目, どうする, どうせ大した, どうせ碌, どうも困る, どこへ, ないかい, ないかという, ないからね, ないかネ, ないが, ないでしょう, ないですかね, ないと, ないという, ないのね, ないまあ, ないもっとよく, ないよう, ないわ, ない事, なかって, なくちゃ, なくってよ, なくて, なくッ, なと老人, なにもかもネタ, なみろ, ね, ねえかな, ねえぜ, ねえや, ねえん, ね無理, のうお前, ほんとの, まだ免状, まるで打壊し, まるで私, もうお, もう一人死霊, もう俺, もう疑い, もう長く, やっぱり上皮, やっぱり高, よほどお前, わ, われながら, わハハハハハハ, アございません, アよくよく, ア乃田の, ア些とばかし, ア人間の, ア困ります, ア御, ア生れ故郷の, タクシーの, ダメだ, ナ, 一人前の, 下手い, 下手人が, 世話アねエ, 二人とも, 云々, 人の, 今村に, 仕方ありません, 他に, 何でも, 何の, 何も, 僕たちも, 儂は, 兄さんも, 全く年, 其方が, 到底戯作, 勘弁出来ません, 勤まらん, 勿体ないほど, 商売には, 善人らしく, 四角往来の, 困る, 困るから, 大した土産, 大した御, 大した活き, 大使館だ, 奴め負ける, 好い男, 安斉先生も, 小説は, 少し派手, 少し眠ろう, 工合が, 康有為氏を, 弱虫に, 当分海上に, 役に立たぬ, 役に立たん, 彼の, 御座いませんか, 心ぼそい, 心細いね, 心細い訳, 悪い事, 情ない, 我が運命, 戦争も, 拙者は, 拝見しない, 探偵を, 放っちゃ, 日本も, 末の, 末を, 案山子ほどの, 橋の, 欲に, 毎日の, 法界屋景気が, 浮気を, 清貧では, 無い一寸, 無理でのう, 爺やも, 珍らしい, 申しわけが, 男として, 男に, 目が, 相変らず, 真物, 矢萩さんも, 私ゃ本当に, 脈はねえ, 自分で, 芹沢は, 落着い, 藤原家の, 行燈が, 見処が, 貴殿の, 逃げて, 酸いも, 銭箱も, 鎌鼬という, 長続きは, 長野氏の, 随分苦しい, 馬は, 馬鹿には, 駄目です

▼ ようだった~ (564, 0.1%)

4822 がやがて 14 がそれ 13 がその, よ 1197 のです 6 から, ぜ 5 がすぐ, が私, ので私 4 がしかし, がね, が何, のを 3 がなあ, が彼, が直ぐ, ぞ, な, のだ, ものです

2 [27件] かい, からね, から簡単, がそこ, がそのうち, がそのまま, がそれでも, がでも, がはっきり, がふと, がまた, がもう, が今, が僕, が其, が彼女, が結局, と, という, ということ, と云う, と看護婦, と言う, の, のは, わね, 彼の

1 [309件] あたりに, いつも同じ, か, からす, からその, からそれ, からである, からです, からひとっ走り, からまあ, からやっつけられ, からやむを得ず, から僕, から取次, から大変, から控え, から最初私, から無理, から私, から蛔虫, から訳, から追って, かナ, があの, がいきなり, がいつしかうっとり, がいつも, がいよいよ, がうなずき, がお, がおれ, がくわしい, がこう, がこっち, がこの, がこのごろあれ, がこれ, がこれっきり, がさすが, がされ, がしばらく, がじつは, がそう, がそれから, がそれだけに, がそれでいて, がそれなり, がそれ限りもと, がそんな, がついに, がとうとう, がときどきびく, がところどころ, がともかく, がどう, がどうも, がどどどど, がなあチビ公, がなに, がぬきんでた, がね私, がはッ, がふたり, がまさに, がまだ, がむかし, がもろく, がやがてこう, がやがてモゾモゾ, がやがて漸く, がよく, がわたし, がイツデモ一つ領分, がセロ, がト松崎, がポロシャツ, がマリちゃん, が一夜, が三十四五人中, が三原玲子, が三月, が不思議, が中途, が久三, が之, が二人, が井伏さん, が人情, が今日, が伸子, が低まった, が健康, が其中, が別に, が同時に, が君, が和田, が堀口生, が夏, が天保七年, が奥, が娘, が実は, が寝巻一つ, が小, が少時, が山根さん, が屹度僕, が帆村, が帰った, が平気, が御幣, が快活, が思切, が急, が恐らく, が我が家, が授業, が新八, が昼間, が更め, が書籍, が朝, が村川, が柘植, が水, が混戦, が火鉢, が然し, が煙草, が父親, が牧夫, が王孫賈, が目, が瞬間, が矢張り, が磯, が礼, が私達, が結局二人, が絶え, が考え, が考え方, が自動車, が芸, が若者, が落ち着い, が薬, が解らねえ, が計算, が訊かれた, が試写室, が軈て, が近づいた, が重大, が隣, が雲, が震え, が青木, が面目, が風呂, が高熱, けど, けどいません, けどおれ, けどそれでも, けどひょっと, けど道, けれど, けれどしかし, けれどすぐ, けれどすっかり, けれどなかなか, けれどもこの, けれども何, けれども思い切っ, けれど声, けれど父, けれど私, けれど私たち, ことことに, ことも, ことよ, この繃帯, し, しその, しタクシー, し中でも, し侯爵, し俺, し外出, し母親, し眼ちがい, し自分, し顔中, じゃない, そうだ, そうでございます, そうです, そこには, そして夕方, その異様さ, その顔, それらの, というン, という者, とみんな, とも言っ, と云いました, と同じ, と彼, と御, と漸, と私, と見, と言います, と話し, と載す, どれちょっと, などと考え, なんて, なんてつまらない, なア, な堅気, に, にし, にちがい, に基づく, ねえ, ね僕, ね夏目先生, のが, のじゃと, のである, のでお, のでこれ, のでございます, のでほとんど, のでまさかの, ので一同, ので刑事, ので大納言, ので天堂一角, ので奥, ので専務, ので床, ので彼, ので日曜学校, ので正夫, ので荒木夫人, ので辰代, のにどうしてこんなにまた, のに今, のに午頃, のに私, のも, ものどうして, もんで, もんです, ようだった, んだろう, んでひょいと, ネ, バルナバスが, ミス, ヨーロッパが, 一名は, 一発の, 七月に, 事を, 今夜の, 僕は, 其時の, 午後九時すぎも, 博士は, 古九谷, 城中の, 変な, 大うねり, 天気は, 失望する, 女の, 小桜, 庭面の, 彼は, 彼れ, 情景を, 意識も, 指も, 時とは, 本来座興的に, 杉の, 武智光秀の, 母と, 気も, 由, 町も, 眼が, 碧海湾の, 私も, 空は, 空気が, 符号を, 義兄の, 若い時, 蝉の, 青年は, 顔が, 髪の

▼ よう~ (523, 0.1%)

65 ない 46 ありません 24 なかった 10 ないと 8 ないの 7 無い, 無かった 5 あるまい, ございません, ないが 4 ありませんよ, ございませんが, どうだ, どうだい 3 あるめ, どうだろう, ないじゃ, ないもの, 無いから

2 [18件] ありますまい, ありませんか, ありませんでした, ないから, ないし, ないであろう, ないという, ないので, ないよう, ない筈, もうしますまい, 大変でした, 心得て, 斯う, 無いと, 無いの, 赤くなった, 違うから

1 [274件] あの当時入手, ありは, ありませぬ, ありませんし, ありませんその, ありませんな, ありませんね, ありませんわ, ありません千万, ありません失礼, ありません見掛け, ありゃしないよ, ありゃせん, ある, あるべきはず, あるまいが, あるまいよ, あんまりおかしい, いかに前田, いくらも, いくらわが身, いけない, いずれも, いらず, いろいろある, おざる, おのおのの, おもしろい, およそこれ程無鉄砲, おろか黙礼さえも, かなり甚だしい, こうだった, こうな, ここでも, こつちが, このみ, この光川左門太, この滞京中, この頑固, これだけ, これまで, ごさら, ございませぬ快く, ございませんから, ございませんけれども, ございません先ず, ございません嘸, ございません孝行, ございません毎, ござえませぬ, ござえません, ござらぬ, ござんせん, させぬ, さまざまだ, さまでとも, しないだろうが, しなかったと, しねえだろう, じろりと文三, すまい, ずいぶんひどかっ, せぬから, せぬの, そのため, それが, それだけの, それに, それは, たえず地上, たしかにある, できない, できない性質, できなかった, どういうこと, どういう事, どうか, どうだったであろう, どうでしょう, どうな, どう見, どんなでございましょう, ないか, ないかと, ないかね, ないかも, ないじゃあ, ないすっかり, ないぜ, ないその, ないだろうと, ないだろうという, ないでしょう, ないでしょうし, ないですが, ないな, ないね, ないのに, ないゆえ, ないよ, ないわけ, ないん, ない四十俵, ない境遇, ない山, ない打っ, ない死, ない鳥取城, なかつた, なかろう, なかろうと, なきものの, なく, なくてもね, なくまた, なく中央, なく結局, なさそう, なさらねえもしや, なし, なしサ, なれようと, ねえが, ひどいもん, ひどかった, ひどくな, また別, まるでヒステリー, まるで火花, みすみす十, むしろ彼, もうとっくになくなった, もっとずっと歴史的, もっと全, ゆるさない, よくもお, よろしい, わからないで, わからんが, スコーネの, ホホホホホホウと, マアどう, メグにも, 一通りで, 両手を, 二人の, 二月の, 五条の, 五百体より, 些と, 京都だけの, 人の, 今では, 今でも, 今思う, 他の, 他所ながら, 何でも, 何と其, 何処か, 何処までも, 余計に, 作品に, 元すえ, 元より, 全くお, 全く非凡, 出来ないもの, 出来るもの, 分らない, 勿論存じませぬ, 勿論料理献立, 又法外, 只今申しあげた, 器用で, 地形もしか, 変って, 大の, 大変だった, 如何する, 娘らしい, 媚びた微笑, 存じては, 実際わし, 寂しそう, 察しられる, 尋常で無かった, 山国の, 師冬山名の, 帰らぬ悪い, 幾らも, 幾通りにも, 広海屋さん, 当節の, 彼に, 彼の, 彼女の, 御座いません, 心に, 念仏申さるる, 思いの外早い, 思わないの, 急だった, 悪風な, 想像以上な, 感情よりも, 手前なども, 持って, 日々の, 明と, 明の, 有りませんあんな, 有りませんのに, 有りません絽色, 枕の, 格別と, 極めて複雑, 権右衛門きょうの, 次第に緻密, 武蔵守の, 殺人的で, 無いが, 無いじゃ, 無いでしょう, 無いとか, 無いとは, 無いので, 無いもの, 無い此様, 無い親, 無えじゃ, 無えの, 無えもの, 無く成ったの, 特別の, 理解しなかった, 田舎よりは, 畏き極み, 番頭に, 疑いも, 疑わしげ, 益, 真剣でした, 真剣な, 知って, 知らなくっても, 知らん, 知らんが, 知らんばって, 確かだ, 私は, 私以上に, 粗いよう, 考えこんだ, 考えて, 自分の, 自然別様に, 致しません早く, 致すまいな, 色々ある, 蛇蝎を, 見て, 見る眼, 見事でした, 誠に珍しい, 起きあがり行燈, 都近くの, 開かれずに, 非常に, 面目ござらぬ, 風変りです, 驚くばかり, 鶏の, 鼻柱に

▼ ようであった~ (470, 0.1%)

25 がやがて 17 が, がその 11 がそれ 9 がしかし 5 がこの 4 がすぐ, が私, という 3 がこれ, がそれでも, がふと, が僕, が暫く, が遂に, し彼, な, のが

2 [14件] がここ, がしばらく, がそこ, がそのまま, がその後, が今朝, が実は, が彼, が彼女, が忽ち, が結局, が自分, が誰, と言われ

1 [319件] いつもそういう, お手紙, お茂登, か, かその, かと思う, かと思わるる, かも知れない, から, からお, からかたく, からこれ, からじっと, からその, からだ, からである, からどうも, から一層, から下等室, から司馬父子, から問う, から圧迫, から大, から孔亮, から横川, から正信房, から源氏, から私, から簡単, から親類, から試, から車, かを見当, がああ, があいにく, があたり, があちこち視線, がいく, がいざ, がいずまい, がいずれ, がいつ, がいつも, がいま, がお, がかねて, がかれこれちょうど, がけれども, がこっち, がこんな, がさて, がしばし, がすでに, がそういう, がそのうちどうして, がそれぎりでまた空, がそれでいて, がそれとも, がそれなり, がそんな, がただ, がたまたま, がだんだん, がちら, がついに, がつかつか, がとうとう, がとき, がとにかく, がとんと, がどう, がどうぞ, がどうやら, がどこ, がどんな, がなお, がなに, がなにか, がねい, がふた, がふたたび, がべつだん, がまだ, がまったく, がむりもないことと, がもし, がもちろんいくら, がも一度きっぱり, がやおら, がやがておもむろに, がやがてふと, がやがて極めて, がやっぱり, がやはり, がキャラメル, がゴトン, がチラ, がチラリ, がツ, がハッ, がマチア, が一方, が三人, が三木家, が不, が中, が九太, が二つ, が人々, が人一倍, が今, が今度, が仮に, が何, が何ん, が何故か, が余, が側, が八時頃, が内心ヨッポド屁, が凄まじい, が判然, が別に, が十分, が半, が又, が同時に, が君枝, が呀ッ, が声, が外, が夜, が大川, が天野, が太刀川, が女房, が如何にも, が孫, が宇乃, が宮, が対手, が小池さん, が少し, が帆村, が床柱, が廻廊, が強い, が当分秘密, が彼小人菊池慎太郎, が彼等, が忠利, が思いがけない, が思い做, が恋愛至上, が恵進, が戦争後, が所謂五相会議, が振り払おう, が日々, が旨く, が早く, が時々, が時おり, が暗く, が最も, が木, が木戸銭, が末造, が本当は, が本能的, が林きん子, が案外, が次, が次第に, が殆, が毒, が河馬, が浪曲師, が涙, が深い, が満堂, が滋幹, が父, が特に, が由也, が男, が町中, が異国人, が直ぐ, が相, が相手, が真に突然, が矢張, が硝子窓, が碁, が私たち, が突然, が窓, が笹村, が紫色, が結局破産, が続い, が考え出せなかった, が耳, が聞きとる, が茅野雄, が萱野, が虎, が語調, が谷川, が負け, が足, が返辞, が鉛筆, が長良川博士, が間もなく, が闇, が階段, が離れた, が頭, が鶏, が鶴さん, が黙っ, が龍子, けれどこうして, けれども身丈, けれども軍隊, けれど出, けれど師, けれど彼, けれど顔色, ことから, ことが, ことは, ことも, ことを, これで, これには, しこむら, しその, し呼吸, し洋袴, し生月島, し眉, し肩揚げ, し自分たち, し通りかかった, すると女, そうでございます, そこで飯行李, その商売, その夜中, その席, ぞ, ために, と, といいます, というの, という事, という以外, という話, といっ, といった, とかこう, ところに, ところも, とし, とすれ, とそんな, ともいう, とフロイス, と云う, と云え, と妹, と思った, と申します, と言う, と記され, と長左衛門, に違い, ね, のか, のだ, のだろう, のでその, のでわたし, ので人々みな恍惚, ので始めて, のにそちら, のも, のを, また伊原君, よ, ように, わけで, スヴェンは, 人は, 人物を, 先生の, 光秀を, 唇の, 寒さ, 小さい脣, 彼の, 性格の, 新九郎は, 日の, 春寒をも, 月が, 本丸に, 様子が, 沿岸一帯の, 現代の, 甲賀世阿弥は, 私の, 際に, 雨は, 食物は, 馬が

▼ ようにさえ~ (358, 0.1%)

33 思われた 30 見える 18 なって 15 なった 13 見えた 10 思った, 思われる 9 見えるの 8 思えた, 思われて, 感じた 6 思われるの, 感じられた, 見えます 5 思えて, 思われました 4 すれば, みえた, みえる, 思うの, 思える, 思われたの, 感じて, 感じる 3 なったの, 思うよう, 思って

2 [17件] なる, 思いました, 思います, 思う, 思われます, 思われ出した, 感じられたの, 感じられて, 感じるの, 感ずるの, 感ぜられた, 考えられた, 考えられて, 考えられるの, 見えたが, 見えました, 見做

1 [93件] あれば, いうもの, いきいきと, いわれて, うけとられたの, おもわれすすき, おもわれるの, ぎるものをひづめにかけていっ, ざえしていた, ざえして来る, ざえとてらしている, ざえと目立つ, してやれば, できるん, なったが, なったくらい, なつた, なり間もなく, なるかも, なるので, なれば, ひそかに, みえたもの, みえる一個, 云われて, 何となく思われ, 公言した, 努力した, 勇吉には, 勧めたこと, 受取られます, 彼には, 思いおりました, 思いなされるの, 思いなされる傾向, 思いなされ日本, 思い出されます, 思うこと, 思えたの, 思えた彼女, 思えるの, 思え出した, 思われその, 思われた程, 思われはじめた, 思われるかも, 思われるそんな, 思われるほど, 思われる穏やか, 思われる節, 想えるの, 感じたの, 感じられます, 感じられる, 感じられるの, 感じられる昔, 感ぜられましたの, 感ぜられる, 憎むの, 振舞うこの, 振舞って, 明るくなってる, 気を, 疑われて, 疑われる, 私には, 考えて, 考えられ私, 聞えた, 聞えたと, 聞える, 聞こえた, 自分は, 見えたの, 見えるかも, 見えるので, 見える処, 見える場合, 見える心, 見える所謂, 見える父親, 見える距離, 見える陰翳, 見せかけて, 見られた, 見られたの, 見られて, 見れば, 見受けられた, 見受けられる, 評判された, 説かれて, 附け加えて

▼ ようなら~ (351, 0.1%)

9 僕は 4 私は 3 その時, わたしの, 直さま追出し, 私も, 自分が

2 [17件] お前は, お力は, それこそ, それは, ば, ばこれ, ばもう, ば綺堂, ば自分, をいっ, を言う, 三分の一程度だけ, 主客顛倒でしょう, 何か, 僕の, 私の, 首を

1 [289件] あたし女優に, あなたの, あるいはラテン語, いくらかもっ, いっしょに, いま, いまの, おっ母さん, おのぶ, おまえを, およびした, おれは, お出でなさい, お前さんに, お婆さんを, お断わり申す, お母さんだって, お気の毒, お父さんの, お父さんは, お約束, お話いたしとうございます, お連, かあさんは, きっとほか, こっちも, これに, これは, これを, すぐおいで, すぐ送ります, ぜひ一夜, そういっ, そうしておしまい, そのうち, そのとき, その娘さん, その小次郎様, その山, その方, その日, その男, それでなんとなく, それには, それを, ちっとこんな, ちょっとここいら, つまらないじゃ, とお金, と仰言っ, と店, どうした, どうしたら, どのよう, なるべく早く, なるほど悪人, なんだ, ねえ, ばいよいよ, ばうち, ばお客, ばこの, ばさ, ばその, ばそのまま, ばそれ, ばそれで, ばそれら, ばちっと, ばと郷里, ばどう, ばわたし, ばわれわれ, ばズボン下, ば上方勢, ば不安定, ば二階, ば今, ば仏作, ば係り合い, ば僕, ば全然, ば又, ば姐さん, ば嫁入り, ば実際, ば廃刊, ば手前, ば書きかた, ば月五歩, ば桃の節句, ば火事, ば無理, ば親許身請け, ほかの, ぼくの, ましてわたしたち, まずつき合える, まず八, また房路, また来なさる, みんなその, みんな尼さんの, もうお, もうこれから送らない, もうへえ, もうもう快, もう一度忍ん, もう一時間, もう構わない, もっと酒, も一度, やむを得ず公力, よいの, より以上, よろしい, わたし死んだ, をした, をしました, を告げ, を言い, ん, んぼうな, んぼうを, んぼう者には, サアベルなんぞに, ソレ返す, テールの, ドイツ語じゃ, フォーシュルヴァン氏は, ミドランドの, 一つ考え, 一同で, 下谷に, 世は, 世話人が, 世間に, 事情を, 二人で, 五百円ぐらいは, 人形の, 人間を, 人間業で, 今ごろ来る, 今の, 今夜の, 今夜は, 今度は, 今日は, 今時分こんな, 今頃は, 仕方無, 代々木荘まで, 位が, 何う, 何んで, 何時たり, 俺は, 倹約すれ, 備えの, 僕らお, 僕弁償する, 先ず確定, 先に, 先生も, 公証人に, 兵庫県の, 其で, 内藤君は, 再び休暇, 前途有望即ち, 力づくで, 加十さんには, 勝手に, 勝手の, 勿論の, 勿論駄目, 却って宜かろう, 却って寂しい, 可いのです, 同志や, 君には, 君は, 君も, 外に, 外の, 大反対, 姉は, 始めっ, 婚約は, 安心し, 安心だ, 定った, 宜しいが, 家内一同夜に, 将来敵討ちを, 尚おのこと, 岡八なんかとは, 幸今は, 弱い心, 当分の, 彼と, 彼女は, 御免を, 御免蒙る, 御看病, 御飯ぐらい, 心の, 心配ない, 心配は, 戸沢さんに, 手を, 承知な, 拙者ご, 文句は, 断然流産, 早くお, 早く御, 早稲田の, 早速渡そう, 早速習っ, 明日は, 未だし, 末の, 本所の, 東西の, 森川さんを, 橋の, 次の, 正しく彼女, 正造等は, 此方へ, 此様結構な, 毎日そちらへ, 湯の, 無数の, 無論出る, 然う, 然るべく, 父の, 犯人は, 申し分ありません, 畸形です, 目明し文吉の, 直ぐに, 直ぐに後, 直接内務省へ, 相当の, 矢張り凝っ, 知合の, 私から, 私と, 私にも, 私容子を, 競輪の, 竹槍で, 紀州の, 結構だ, 絶交する, 翌晩単騎遠征を, 腕の, 自分は, 自己を, 自然えらい, 興味が, 茶も, 萩原部落へ, 蕾を, 藤江おい, 褞袍に, 読者諸君は, 警察へ, 議論の, 豪い, 貴僧閉めましょう, 賢夫人である, 近藤も, 退校を, 道場などは, 遠くの, 遠慮なくそう, 遠慮なし, 銭を, 随い, 頼もしいん, 飯田さんへ, 首に, 駄目辛抱し, 鵝鳥じゃ

▼ よう~ (328, 0.1%)

34 して 9 見て 8 した 5 するの 4 したの, する 3 したと, 見ると

2 [18件] くわしく話し, ざっくばらんに, したもの, しながら, します, しろと, すること, する人間, すれば, つぶさに聞いた, 反映し, 待ちました, 教えて, 知らない, 見ても, 言えば, 話した, 話すと

1 [222件] ありのままいえ, いいのどかそう, いたします, いろいろに, おもしろく見せた, お話いたします, かいた, かいて, かえって涼しく, かぞえたの, きかされる, きき正しました, くれました, げさくな, こころみて, この作者, こばみながら, こまかに, さぐって, させ政夫さん, さっして, されて, ざっと告げ, しきり, しずかな, したなら返り血, したので, したはず, したよう, した女性, した筵, しだした, しても, しないこと, しないって, しないで, しないとも, しますね, しや, しらぬから, しらべはじめました, し大袈裟, し始めたらしようが, し朝, じっと思い較べる, すっかり改めて又, すっかり話した, すっかり頭, すばやくつかみ, するかと, するくせ, するじゃ, するという, するとは, するので, するわけ, するん, するんだい, する人, その全, その姿, たした時, たずねたが, つくったり, つぶさにするよす, つぶさに説明, どるおのれ, どれだけ, ながめて, なさいましたの, なさらなくて, なさるの, なす, にらんで, ぬきに, ひとつここに, まちがって, みたうえ, みてから, みとめなくなったから, もたらして, もち得ないこと, カントクする, クの, ブルジョア地主の, 一つ頬張つた, 一統の, 享楽の, 人々は, 仰っしゃったのでしょう, 伝授しよう, 作って, 作者が, 作者として, 信用せず, 全然取りちがえる, 十分に, 反映したであろう, 告げて, 告げまた, 告白し, 咎めて, 問い, 喋ったん, 図がらに, 変えて, 夫との, 奏した, 姫君は, 学んだとて, 学んで, 定めたいの, 定めて, 客観的に, 家人は, 工夫された, 彼女は, 待ちましただが, 待って, 待つの, 待つらしく黙りこくって, 心から理解, 心に, 思い浮べながら, 悪寒を, 悲しんで, 想うべし, 愛した故, 憚った, 手短かに, 抜いた地味, 持つて, 振り返りそれからまた, 捕り眠, 探って, 文献の, 本当に知りません, 武蔵に, 測り兼ねて, 為って, 珍しげ, 生涯に, 由次郎に, 申しますと, 異にす, 痛烈な, 目から, 省みさせること, 真似た, 眺め, 眺めて, 眺めながら, 眺め理解, 知ったら武蔵, 知って, 知らせてさえ, 知らせるよう, 知らないの, 知らない伸子, 知らなかった, 知らなかった人間, 知らぬ, 知らぬ一種, 知らねえよう, 知らねえ人様, 知りたがるの, 示して, 示す, 示そうと, 私は, 窺いたり, 窺う, 精力的に, 細かくしよう, 綴った方, 考えたり, 考えて, 考え地方生活, 聞きとった, 聞きながら, 聞き取りちょっと, 聞こう, 聴いて, 肉体群像の, 自ら揶揄し, 自在に, 自慢する, 芸術の, 褐色の, 見おろすこと, 見きわめるという, 見その, 見た, 見たもの, 見たらぼくら, 見に, 見ました, 見まもって, 見よう, 見るため, 見徹す力, 見習い候え, 視察し, 覚えは, 観察し, 解明する, 言うとね, 詳しい書類, 詳しくお話, 詳細に, 詳述す, 語ったが, 語って, 語るわけ, 説明し, 談じ合っ, 農村生活の, 逃げてばかり, 逐一申し上げました, 院が, 電話で, 高調子の

▼ ようとして~ (327, 0.1%)

20 ゐる 12 ゐるの 10 ゐた 3 ゐるかの, 口を, 居るの, 居るので, 眼を

2 [11件] ゐたの, ゐます, ゐるところ, ゐるもの, ゐる人, ゐる所, 居る, 工夫に, 手を, 裏口へ, 逃げられる場合

1 [248件] あせって, あせり立つて, あの時大勢, ある, いつ時あたりを, うつかり, おいでの, おられるらしい, おるが, おれは, かえってじ, かえって深間, かえって部屋, こうして網, この書, この朝, これも, これを, さし出された, さて一座, しかもまだ, しきりに身, すさまじくなった, すすきの, その上, その消息, それが, それに, ぬかるみに, のこ, ひょいと顔, ふと立ちどまっ, べたりと塗, まる見え, みて, むちゃくちゃに, もがいて, もがき出した, もっと本質的, やはり当時, やめる場合, わからない, わからない黒雲, わざわざ姿, ゐたかを, ゐたんぢ, ゐた子供, ゐた平次, ゐた時, ゐましたが, ゐるあの, ゐるか, ゐるが, ゐること, ゐるその, ゐるでは, ゐると, ゐるといふだけの, ゐるに, ゐるのに, ゐるやう, ゐるらしいので, ゐる一つ, ゐる一人, ゐる上, ゐる今年, ゐる大事, ゐる子供, ゐる形, ゐる扇ヶ谷, ゐる時, ゐる時代, ゐる水蒸氣, ゐる矢先, ゐる観, ゐる鹽氣, ハッと, ヒョイと, ブルジョア民主主義的な, モウそれも, 一層高く, 一本槍に, 一眼ことの, 七瀬の, 上ると, 下車する, 争うならよい, 二三歩進んだ, 二十八歳の, 五百に, 人の, 人数を, 伸びずに, 何でございます, 俥が, 偶然内では, 優れた人々, 光が, 全くの, 八方停める, 兵士を, 其餘力が, 出兵した, 出来るもの, 刀を, 切符を, 初手は, 前もつ, 努力し, 努力する, 勇士の, 勇敢に, 北上し, 十に, 単身出羽守狩猟の, 反向けられない, 向う見ずにも, 呉れて, 囲炉裏に, 売り手との, 夕日は, 夢中に, 大いにしゃべりました, 大声を, 失敗し, 失敗する, 失敗せられた, 女を, 寢卷を, 尋ねた, 少しも, 居た, 居たもの, 居ります, 居ること, 居る一人, 居る内儀さん, 居る所, 差出した人, 帝の, 席を, 帽子へ, 幾度も, 幾筋と, 床を, 店の, 延言を, 弘く, 当りが, 彼が, 彼と, 彼の, 彼等被害民の, 待ちかまへて, 後から, 後向きと, 得た良人, 思い思いに, 思わず知らず, 怪我でも, 手拍子を, 打留めた, 扨て, 抑えられぬこんこん, 拳し, 探してるん, 政界は, 日に日に気, 旨く往かなかつた, 春の, 暗い処, 暫らくは, 最初の, 枕元に, 構え込むちょうど, 止まるもの, 死ねるか, 気が, 気づいた, 気違扱いに, 水を, 沓を, 沸き立つて, 消息を, 溺れたん, 溺れ死んだ, 灰色ネズミを, 焦ること, 焦心る, 焦燥る, 煙草盆へ, 熄ま, 片附ける, 獣と, 現れてる場面, 現れないで, 生きろ, 留めても, 眉の, 着物の, 矢張り夫と, 知らない, 石偏や, 祁山の, 神は, 私が, 私は, 種々智惠, 穿き物, 突き進んだの, 突然狙撃, 群つて来た, 習ふ, 耐へ, 腕を, 自分が, 自分の, 自分も, 苦しんででも, 苦心した, 菊女は, 蒔の, 藤田に, 見た, 見ると, 訪ねたのに, 認め得られなかったの, 貰いたいこと, 起き上がると, 起き直って, 身じろぎの, 身体を, 軟に, 途中で, 途方も, 這って, 遣るの, 鉛筆を, 闘って, 降りるの, 陽気に, 面白半分, 顔を, 馳せつけ身, 駆けよった, 驢馬も, 骨を, 高まるもの

▼ ようでございます~ (316, 0.1%)

443423 が, な 1911 かな 5 から, わ 4 なあ 3 から私, とも, の, わね

2 [12件] から御, があなた様, がこれ, がしかし, がその, これは, それが, と妹, ねえ, のね, のは, もの

1 [112件] あなたと, あのちょうど, あれを, お父様, かたいそう, からありがたい, からお, からぎこち, からこう, からこの, からこれから, からついで, からどう, からどうも, からねその, からまことに, から今度, から女中部屋, から婢, から宿, から瘠せます, があなたさま, があの, があれ, がいずれ, がいつこれ, がいわゆる, がお, がおりん, がお許し, がけれども, がここ, がそれ, がただ, がどう, がどうか, がどうして, がなるほど, がね, がねエ, がほか, がまこと, がまて, がまア, がやがて, がやっ, がよもや, がわたくし, がわたし, がズン, がナーニ, が下駄, が与力衆, が何ぞ, が何分, が先ず, が別に, が十日, が去る, が大きな, が委しい, が実に, が岡野三太夫様, が当家, が彼, が御, が急, が旦那さま, が皆, が私, が穀種, が絵端書, が薫習, が話, が貴族, けれど, けれどもどうか, けれどもどんな, けれども今日お前さん, けれども家, けれども弁信, けれど正直, けれど苦労, こと, これと, し, し増し, し群がった, それからどうか, それからもう, それを, ぞ, という程, といっ, とやはり, と先日典侍, どこの, なお家, などちら, なにか二人, なア, な先ず, ねと云った, ねエ, ね一年, のに, のね蘆, まあとにかくお迎え, よたしか, よ驚きました, 巽口で, 彼が

▼ ようございます~ (310, 0.1%)

4525 よ, わ 1510 とも 7 が, わね 4 から, の 3 こと, ね私 2 かお, のね, 何も

1 [156件] お兄さま, お前さんの, お屋敷, かあの, かい, かお嬢さん, かここ, かこの, かしら, かたとえば, かという質問, かね, かもう, からお, からこの, からどうぞ, からな, からね, からね安心, からまず, から一度, から世間並み, から今, から今夜, から何分, から卸し, から命, から弱い, から御, から母, から現, から私, から顔, か作る, か勿論, か和子様, か存じません, か恐れながら, か知ら, か知れる, か若し, か若様, か郁次郎さま, か黙っ, があの, がお, がこれ, がそのまま, がそれ, がな, がね, がねえ, がねエあなた, がモット, が一人前二, が一体, が丁寧, が中, が何, が悲しく, が早速, が朝, が村, が流, が無くっ, が関取, が雉, けれどお, けれどねえ, けれどもいまだ, けれどもなに, けれども声, けれども急ぎました, けれど万一, こうなる, このくらいの, この屋敷, この次, これでも, し何と, し百合, し葛, そういうこと, そうすれ, それから, それで, それではわたくし, それでは申しましょう, それは, たしかに私, では十両, といわない, としきりに, となかなか, ともいつ, ともすぐ, ともよう, とも出, とも序, とも御, とも私, と叱られました, と言っ, どうぞよく見, どんな処, な, なんとかひとつ, ねあれ, ねいつ, ねえ, ねお, ねさあ, ねといった, ねと申しました, ね何, のに, のにと反撥, のにね, のにねエ奥様, のに床, のよ, の挨拶, もう何, ものを, ようございます, よこの, よそのうちなんとか, よたとえ, よわたし, よガラス, よガラハート, よ妾, よ牛乳, よ禅尼さま, よ間違っ, わいや, わお, わこれ, わという気分, わねえ, わねもう, わね泥棒, わね泰三さま, わ他人, わ仮にそう, わ姉, 主人から, 主人へは, 今の, 其処を, 却って, 大森の, 幾ら私が, 建築を, 此処です, 道人様それでは

▼ ようでも~ (284, 0.1%)

204 あった 16 あったが 12 あったし 8 あって 2 あったの, ありません, 容易に

1 [38件] あったがネ, あったね, あったら私ども, あったり, あったわねえ, あった漱石, あった蒼ざめた庄吉, あります, ありまるい, あり土間, ある, いいところ, つまり駄目, どうにも, ないし咳, なくあと, なくただ, なく私, なし, ねえが, わるいの, 丈夫な, 不規則に, 入用な, 勝気の, 同じ味, 大きい手落ち, 妙に, 打ち融けて, 気の毒である, 江戸の, 浅はかな, 無事な, 真直な, 絶えないもの, 読んで, 馬鹿さ, 馬鹿だ

▼ ようにという~ (268, 0.1%)

9 のが 7 のであった 6 ことが, ことだった, のは, ような 5 ことであった 4 ことを, のだった 3 ことです, ことは, のだ

2 [13件] お言葉, お達しである, ことで, ことであります, ことでした, ためな, 先方の, 御催促, 注文, 注文であります, 言葉が, 電話が, 風に

1 [180件] おことば, おごそかな, おせい, お使い, お望み, お言伝, お話でした, お話も, お諭し, お達しによりまして, お達しまで, お電話, かれら, きびしい要求, こと, ことから, ことそれから, ことだ, ことだけ, ことだけで, ことだけを, ことであり, ことであるらしい, ことと, ことも, ことらしい, ことテムポテムポで, こと十五円だけ, こと然し, こと若々しい, ご下命, すすめも, その科学的日本魂, それにたいして, ためだった, ためであろう, ためでは, ためと, ために, つもりから, ときに, ところまで, のじゃ, のである, のでした, のです, のと, のも, ひどく興醒め, ふうです, まじない, まじないかと, やさしい心づかい, ように, わけ, わけであった, わけです, んだ, んでしょう, アサハカな, オルガの, 一事を, 一字だけ, 事で, 事は, 令を, 仰せでした, 伝言だった, 伸子の, 使いの, 侍従長からの, 催促を, 具合に, 切実な, 勧誘が, 取締法の, 口上だった, 口上な, 口上を, 口実の, 合図を, 吩咐を, 命を, 命令が, 命令で, 命令な, 命令は, 命令を, 土屋相模守殿の, 声が, 声に, 大変革, 大祈祷会, 奥様の, 審美的の, 将校の, 小坂氏の, 山上元の, 岐阜の, 工夫だけの, 布告が, 希望から, 希望だけでも, 希望で, 帯刀の, 形で, 御内意, 御厚意, 御深切, 御用命, 御話, 御遺言, 忠告だった, 忠告は, 忠言も, 悪どい, 意味が, 意味だろう, 意味の, 意味も, 意味を, 指名で, 指図を, 文面であった, 方向で, 旨を, 旨意が, 書面が, 本当に火, 条件を, 条項など, 極めて消極的, 次第です, 気が, 気持ちに, 決心である, 沙汰が, 注意も, 注意書が, 父からの, 父の, 特別な, 申付けだ, 目標によって, 相談を, 眼くばせ, 知らせが, 祈りみたいな, 神様の, 範囲で, 約束で, 約束を, 細かい克明, 細かい心づかい, 考えから, 肚だ, 自覚を以て, 苦心の, 表現で, 要求でした, 観念を, 言伝てが, 言葉は, 計画であった, 訓令が, 訓示, 訴えを, 註文だった, 話で, 説が, 譬えの, 返電が, 達しであった, 遠大の, 関心が, 電話な, 願いが, 願いです, 願いを, 願文を

▼ ようすで~ (257, 0.1%)

3 汗を 2 はなに, はまだ, めしの, キャラコさんの, ラムネ玉の, 何か, 私も, 顔を, 鼻唄を

1 [236件] あいそを, あちらの, あっちへ, あとへ, あにき, あのよう, あまり口, いかにも満ち足りた, いきなりかよの, いきなり悲鳴, いちど下見に, いっかな腰, いつもこちら, いまにも, うしろへ, うっとりと, おたがいに目, お台所遊び, お褥, かったるいよう, きみが, くろと, ぐったりと, こそっとも物音, こちらの, こっくりを, このホテル, こんなこと, ごく短い, さも申しわけ, しかしかなしい, しかしその, しきりに七十郎, しきりに口, しきりに面会, しきりに頁, しんとうた声, じっとなに, すぐさま客間, すぐに, すこし首, すばやく道, ずいぶんわがまま, そうさとられた, そこい, そこの, そこへ, そっと舌打ち, その場, その親切, その長火鉢, それから, それからずっと, それが, それなら新, それを, そろそろと, そんなこと, ただ右手, たびたび何, ちょっとお, ちょっとの, ちょっと片手, とっさに, とぼとぼと, とめどなくしゃべりつづける, なおもつづけた, なぜ審問, なにかただならぬ, なにを, なんでも, なんの, のろのろと, はあいだ, はありません, はうまく, はおじいさん, はこの, はこんど, はその, はとても, はどうも, はなにか, はほぼ, はよほど, はモミ, は万三郎さま, は二十面相, は十二時, は博士, は四十面相, は大, は客, は家, は小さな, は彼女, は悪者たち, は慥か, は日本, は正午ごろ, は江戸, は牢, は男, は疾く, は精神, は紀伊家, は腹, は賊, は途中, は金, ばあいによっては, ひたと秀之進, ひどく狼狽, ぴたりと, ふしん, ふっとふしぎ, ふんふん, へらへらと, まっくら, まっさきにあいさつ, みんなが, むさん, もうおまえ, もうけっしてお, もとの, も一まわり, も二人, も分る, ゆびで髪を, よくわかりました, エリック, エリーザは, キョロキョロと, サロンの, スカーフを, ソファの, ドアの, ニールスを, ヒョコヒョコおどる, 一心に壁, 一歩あとに, 七人まで, 七十郎に, 上半身を, 中空たかく, 丹波へ, 二人が, 二階の, 五たびめには, 些細な, 今日は, 仕事の, 以来非常に, 低い声, 低く鼻唄, 僧正様に, 前から, 動も, 半ば口を, 友達も, 取次の, 口を, 咳を, 夕方奥庭の, 大声に, 奥の, 娘の, 宝石を, 封の, 小窓, 小鬢の, 左右から, 常にあからさま, 平太夫, 幾たびも, 弔問が, 張りの, 影の, 彼は, 彼女に, 心の, 悠然と髪, 悪意の, 悲しげに, 慇懃に, 手を, 手燭に, 新八, 暗い町, 機械の, 汽車が, 河岸まで, 無言で, 煙を, 熱心に, 父親が, 片方の, 玄四郎に, 甲斐の, 盃には, 真向に, 眦も, 眩しそう, 眼だけは, 眼つきが, 突っ立った, 竹矢来の, 結構でございます, 結飯の, 絶えず六兵衛, 絶えまなし, 耳を, 脇に, 膝の, 膝を, 自分の, 血の, 表情も, 赧黒い, 近くへは, 酌を, 重々しくこたえた, 金銀細工の, 門扉を, 階段の, 隙が, 隼人の, 雨戸へ, 霧の, 靴の, 頭は, 顔は, 食卓の, 馬車に, 高くとびあがりました, 鼻も

▼ ようにしか~ (214, 0.1%)

11 見えない 10 思えなかった 9 見えなかった 7 思われない 6 ならないの, 思われなかった 4 見えないの 3 ならなかったの, 思われないの, 考えられなかった 2 ならないもの, 思えないの, 思われぬ, 成りは, 考えられない, 見えないん, 見えません, 見えませんでした, 見て, 頭に

1 [132件] あり得ない, おもわれない, おもわれないの, お雪ちゃんには, きかないという, しない人, その時, ならない, ならないん, ならない世の中, ならない戦, ならなかったろう, ならぬ, ならぬという, ならねえもの, ならねえん, ならんという, なりは, なりやしない, なるまい万事, まって, みえない, みえなかったのに, わたしは, 云いよう, 作用しない, 僕の, 写されないので, 写らなかった, 出て, 動いて, 取れなかった, 取れませんでした, 受け取れない人間, 受け取れまい, 受取れないの, 受取れないので, 受取れない奴等, 声が, 思いだせない, 思いだせなかった, 思い出せない, 思い出せなくなって, 思えない, 思えないただ, 思えないのよ, 思えないん, 思えない芸術家的心事, 思えなかったから, 思えません, 思って, 思っては, 思ひだせなかつた, 思われて, 思われないから, 思われないが, 思われないがな, 思われなかったが, 思われなかったもの, 思われません, 思われませんから, 思われませんけれど, 感じなかったこと, 感じやしないと, 感じられないのに, 感じられないほど, 感じられなかった, 感じられなかったほど, 感ぜられない, 成らない, 成らぬという, 成りません, 成りゃしませんから, 持てなさないの, 教えて, 教えられて, 書かなかったの, 書きよう, 書けないわけ, 物の, 物を, 理解しない, 生きたくない, 生きること, 百姓弥之助には, 眺められない, 考えて, 考えぬ, 考えられず又, 考えられないの, 考えられなかったから, 考えられなくなった, 考えられなくなる, 考えられなくなるの, 考えられぬ, 考えられぬの, 考えられませんでしたが, 聞えない, 聞えなかった, 聞えなくなって, 聞えは, 聞えません, 聞かれなかったの, 聞き取れない, 聞こえないよ, 聞こえなかったもの, 聞こえませんでした, 行動が, 見えて, 見えないが, 見えないこと, 見えないらしいわね, 見えない子供, 見えない生々し, 見えなかったと, 見えなかったの, 見えなかつたもの, 見えなくなったの, 見えなくなりました, 見えませんが, 見ては, 見ないの, 見ない人, 見なかった, 見られないの, 見られませんでした, 視て, 記憶に, 語れまい, 進まなかった, 響かないだろう, 響かなかった

▼ ようでは~ (190, 0.1%)

76 ないか 17 ありませんか 9 ないかと 4 ござらぬか 3 ございませんか 2 あるが, ない, ないかという, なかった, 二様に

1 [71件] ありますまい, ありません, おそろしい悪, きっと面白, これは, これほどの, ございましょうけれど, ございますまいよっぽど, ございませぬか, ございません, ございませんかと, ございませんが, しみじみと, すぐ忘れる, すでに勝, すべてが, そんな大道具, たいへん穏やか, どの兵隊さん, ないかといふ, ないかも, ないですか, ない余程, なかなかかわいい, なかなか美しい, なくその, なくどこ, なく夢中, なく少し, ぶつかっても, みじめな, むしろ甚だ不合理, もうそれ, やはり気, スポーツ型とも, 一番基本的に, 一筋縄では, 丈夫な, 五十銭ぐらいに, 人生の, 仕事が, 伝吉の, 何うにか, 何でも, 何の, 侮辱とも, 冷淡とも, 北京総, 半月は, 却ってこの, 坂を, 弁解らしく, 御座いましたが, 御座いますけれども, 御座らぬか, 御座りませぬ, 怪我を, 恐ろしく大胆, 指なし, 横着らしく, 機械を, 油断が, 深刻な, 激成する, 無邪気で, 父の, 砂馬が, 示談にでも, 立派な, 醜く見える, 駄目だ

▼ ようであり~ (160, 0.0%)

6 ながらその 2 ある者, ながらどこ, ながら実は, 手桶は

1 [146件] あるいは湯川さん, いつか二年近くも, いやな, いわゆる, かなしいよう, きりが, この男, この関所, この顔, これにも, さらに一尺, しかも見る, したがってまたこれ, すっかり心服, そしてそれ, そして下層階級, そして蛇, そのため, そのひれ, その動静, その多く, その新風, その罪, その裝束, その言葉つき, その記念碑, その重荷, その関係, その魂, その鼻, それが, それだけに少年, それとともに, ところで各, どの室, どの家, どんなこと, ながらお客, ながらこの, ながらしかも, ながらそういう, ながらそこ, ながらそれ, ながらたしかに, ながらなお, ながらまるで, ながら一定, ながら乳, ながら伸子, ながら全然, ながら内実, ながら女王, ながら実現, ながら尊氏, ながら巧まざる, ながら本質的, ながら男, ながら異様, ながら眼, またある, またこちょう, またエキゾチック, また一方, また今後, また写しよう, また外人, また当時, また戦争, むしろ滑稽, ジャヴェルは, ソ連でも, ヤマト, ラーベンシュタイナーは, 一方では, 一方には, 一瞬髯から, 一種の, 丁度同じ, 世界の, 他に, 他人の, 仮にこういう, 作者が, 俳句は, 偶像の, 全然外出, 兵部の, 劒の, 勿論附近一帯, 単に文字, 又, 又それからむくむく, 右手に, 同国では, 四宮氏や, 地上における, 変な, 大阪の, 夫婦仲も, 女たちの, 実際一般, 屋敷の, 左を, 広場と, 彼は, 彼女は, 彼女も, 後に, 従ってその間, 怯ける, 愛と, 或る, 所々に, 改造文庫は, 日本に対する, 来訪者に, 枯木が, 機関士席に, 水母の, 洋犬の, 源女が, 男の, 砂上に, 私自身は, 空気の, 美春は, 耳を, 聴衆の, 自分達の, 自然その, 船窓より, 芭蕉の, 葱の, 薄い皮膚, 親友と, 読者諸士滅多に, 謂然, 足が, 足は, 踵まで, 近くに, 遠景が, 銀子も, 頬は, 顔色などは, 馬車や

▼ ようにとの~ (156, 0.0%)

8 ことでした 6 お言葉 4 ことだった, ことで, 注意を 3 ことでございます 2 お心遣い, ことであった, ことである, ことでございました, ことです, 事であった, 事でした, 仰せです, 依頼を, 命令を

1 [107件] いいつけです, おことづけ, おことば, おた, お使い, お定め, お心, お心添え, お指圖, お考, お考え, お言づて, ことであっ, ことでござった, ことで御座います, ことな, ことは, ことを, この一事, ご命令, ご相談, ご諚, さまの, すすめが, それは, ためであった, つつましく厳粛, わずかな, シモン様の, 上杉殿が, 事です, 事で御座います, 事に, 仰せが, 仰せだ, 仰せつけを, 仰せでした, 伝言であった, 伝言も, 伯母の, 使である, 切なる, 切願だった, 勅命を, 博士の, 厳談であった, 合図らしかった, 命が, 大目的, 夫人の, 宣誓式を, 徒士目付の, 御上意, 御下命, 御内意, 御思召, 御手紙, 御案内, 御沙汰で, 御詔, 御話, 御諚が, 御諚で, 心使いを, 心遣いから, 思召し, 意なり, 意を, 意味な, 慎重無比なる, 手紙が, 指令が, 掛念が, 教皇の, 書簡が, 書簡を, 有り難い御, 東照神君の, 注意が, 注意では, 注意をすら, 注文を, 用心の, 督促が, 矢の, 知らせが, 社長の, 老住職, 苦心を, 薫の, 要求を, 親切から, 親切でした, 言い伝えが, 言伝が, 話が, 諭達を, 謎だった, 迎えが, 通報を, 通達が, 重任までも, 隊長の, 電報でした, 頼みの, 願いから, 高山代官所からの

▼ ようだったら~ (137, 0.0%)

3 それは 2 すぐに, 私は

1 [130件] あなたの, いいねえ, いつでも, おれは, お茶わん, この冷たい, この家, これに, これを, ご番所, すぐピストル, すぐ帰ろう, すぐ殺っ, すぐ父様, すぐ知らせ, そう云いなさい, そう仰言っ, そう言いましょう, そこで一泊, そこは, そしてその, そして話, そちは, そちらに, その後に, その方, その機, その肝, その間の, その隙, それが, それこそ, ぞうり一足まちがわない, つまりこの, ときどき手紙, どうした, どうしましょう, どこか, どんなに愉快, ばそういう, ひとまずここ, ぼくが, またぐずぐず, またこの, また来ます, みんなが, もうこれ以上講演, もう一本綱, もう大丈夫, もう少し助け, もう阿, わしが, わたしたちでは, わたしの, アイスウォータ云いましょう, ピストルで, ヴォージラールまで, 一ノ関の, 一夏置い, 一日に, 二人の, 五日でも, 人の, 人間の, 今いる, 今度は, 何もかも騙り, 何時かの, 何時から, 俺が, 僕は, 八百屋は, 別館という, 勿論私共, 十人でも, 合図を, 君は, 君も, 君を, 商売は, 大変だ, 女に, 山よ, 工場の, 帝大へ, 幼児園へ, 幾分でも, 当然に, 彼は, 後は, 忽ち阿, 承知した, 承知しない, 改めて鉄管, 文庫でも, 文章家として, 早く退出, 早めに, 本斗, 来年は, 武士を, 無理に, 無論出席, 熱海に, 猿轡に, 留守を, 病院に, 監視も, 着物を, 祝祭日という, 福井城下の, 私しゃ唯, 私に, 私にとっても, 私の, 私も, 私らは, 私直接に, 自分たちは, 自分の, 自分も, 自分を, 芸者は, 衣類を, 誰かを, 誰が, 誰れ, 近所の, 鉄扇で, 非常に

▼ ようござん~ (134, 0.0%)

4420 すか 14 すね 10 すとも 5 すから, すが 2 すネエ

1 [34件] したに, しょうがちっと, すかあなた, すかいま申しました, すかえ, すかお, すかここが, すかここで, すかそれとも, すかと, すかという, すかとらえます, すかね, すかねえ, すからあたしひとり, すからと, すからね, すからねえ, すから早くその, すから賑やか, すかエ, すかリヤ王は, すか先生様今度は, すか君, すか御, すか蓋取りますでござん, すか誰が, すか辛い, すか開けます, すと, すのね, すらに, すヨ, す書きましょう

▼ よう~ (118, 0.0%)

6 ころりよ 3 命じに 2 とつ, 来な

1 [105件] いのり致すでご, ことばを, ざる, たのみなされ, つぎ少, つたえ申しあげて, つたえ申しあげよう, つたえ申して, ねげえ, はからいの, ひきたて願いまする, ひきとり下さいましたら双方, めえッ, めずらしい, もつとつたんや, やりなされよ, わかりだったでは, 主の, 二人様を, 仕合せで, 任せいたします, 伝え下さい, 伝え下され, 伝え願いたい, 依みしました, 働きだ, 働きやす, 公儀に, 出しなさい, 別れに当たり, 助けくだされた, 勧めしたい, 勧めしたに, 勧めする, 化粧着こなし緋縮緬の, 取は, 取次を, 取計い致しましょう, 呉れ, 味方へ, 噂を, 夏さんばかりが, 夏の, 大尽の, 天気が, 奉行の, 姿が, 嬢さまを, 嬢っ, 子達へも, 寝みだわ, 寝みの, 察しじゃ, 導きあらんこと, 帰り, 帰り下さいました, 往きやすか, 志は, 慶び申しあげまする, 手当なさりませぬ, 手紙を, 手配下さい, 扱いねがいます, 招きで, 持ちなされ, 暮らしなさい, 染さん, 梅どんち, 楽に, 構えあれ, 歩きなされまする, 母ちゃ, 治しくだされました, 注ぎいたします, 父様, 留守が, 約束し, 考え直しを, 考え遊ばしませ, 聞かせくださいました, 膳番へ, 舅どのからも, 袖さん, 計らいくだされい, 訪ねくだされましたの, 詠みなされましたが, 詣り, 詣りを, 詫り, 諌めしなければ, 諭し申せ, 謝り, 越しやす近ごろ, 身より, 通さんてば, 隅さんようございます, 隣りへ, 隣りへた, 雑巾がけまで, 雪は, 頼みして, 頼み申したい, 頼み申します, 願ひいたします, 馴染の

▼ ようござんす~ (103, 0.0%)

3952 ともよう, よもう, ワ

1 [53件] けれど, けれどあなた, けれどそして, けれど何しろ, けれど刺, けれど本当, けれど番頭さん, ぜ子, そういうこと, そうして置い, そう言いましょう, それほどわたし, ちょうどこの, ちょっとそこ, ではわたし, といふ, とは御, ともお, ともこうして, ともこんな, ともそんな, ともどうぞ, ともどっさり, とも判, とも誰, と応じた, と貸し, どのみち浮名, な, なまあ, ねえ, まあ休ん, よいっそ, よお婆さん, よお礼, よとこわい, よフランス料, よ大切, よ早く, よ関ヶ原, わたし車で, ワこれからそう, ワだけど, ワねえ, ワ妙華園, ワ貴方, 何ぞおかけ, 姉さんの, 弁信さんが, 拙が, 早くその, 昔の, 馬鹿申せ

▼ ようであります~ (103, 0.0%)

5 がこれ 3 がそれでも, が実際 2 がしかし, がその, が実は, が私, けれどもその, な

1 [80件] あの, あの一言, からあなた方, からいきおい, からその, からその道, からも早, からやはり, からよく, から失礼, から字, が, がいつしか, がお伽噺, がここ, がこれら, がご, がさて, がしかも, がぜひとも, がそれ, がそれだけ, がそれで, がた, がたしかに, がだんだん, がどうして, がまったく, がよく, がわれわれ, が一旦, が七兵衛, が出汁, が前, が又, が土地, が坊さん, が大, が失礼, が如意, が妙, が客人, が怪しい, が我々, が昔, が様々, が決してそう, が私たち, が私ども, が緊張, が考え, が脂肪, が見本品, が遠征, が鉄道, が鉱毒, が非常, が靴, が高僧, が黄金, が鼻, が龍麿, けれどその, けれどもここ, けれどもよく, けれどもわれわれ文学, けれども今, けれども俳句, けれども大きい, けれども大して, けれども大体, けれども大抵, けれども正味, けれども私, けれども突飛, けれど白衣, それです, 私は, 第一馬鹿, 絵具のの

▼ ようなる~ (93, 0.0%)

2 ものにて, 声し

1 [89件] うれしき火, えな, お方の, かたあり, かもしれん, かも知れん, ことで, ことばかり, ことより, ことを, じゃなし, ためしなく, という当て, ときいぶかし, とじゃ, まず吉野郷, ものなれ, ものの, もの今まで, を瓦, を面, 一種の, 乙音を, 事ある, 事どもを, 事なれ, 事を, 事をも, 二つの, 人しあら, 人で無い, 人なり, 人何国よりとも, 人四五人集まりき, 仔細で, 仮名書し, 任務でも, 便宜をも, 働きをも, 処ある, 叫び声を, 命に, 問題は, 場所が, 声にて, 大それた, 島田を, 弾力が, 形である, 心地し, 心地す, 心持で, 恐れは, 悪態が, 意気事筋で, 所より, 手つきを, 手段を, 春景色和やかな, 時に, 氷を, 物が, 物を, 物をも, 状態を, 王公気質に, 畑中の, 白粉に, 益なき, 眼を, 碌々たる, 純白の, 縁せまき, 縞あり, 美妙な, 翹望と, 荒療治も, 虫多く, 説教を, 趣に, 趣旨に, 迷信の, 運命にて, 静穏の, 音し, 音を, 顔色を, 風情にて, 鹿島洋

▼ ようという~ (89, 0.0%)

11 ものは 2 ことだった, のか, ので, のは, ものについて

1 [68件] こころ, ことが, ことに, ことについて, ことは, その心根, たなら大した, つもりであったらしい, ない者, のが, のじゃ, のだ, のだった, のであった, のである, のです, のには, ものが, ものだ, ものにも, ものも, ものを, わけだ, わけで, んだ, んです, 事だ, 事に, 交代者が, 人と, 伝八郎の, 処へ, 努力を, 句も, 大願を, 女性現代の, 平和説と, 心から, 心が, 性質の, 方角も, 期間は, 気で, 気は, 気も, 片手間に, 目的で, 目的の, 目途も, 積りでは, 立法府の, 策動であった, 縁喜が, 考えだ, 色町の, 若い師匠, 苦しがりで, 計算から, 訳だ, 訳な, 話でした, 起してという, 趣きが, 遠大千万な, 顔色にて, 黒い中折, 黙契の, 鼻声まで

▼ ようよう~ (88, 0.0%)

8 のこと 3 の事 2 と酒屋, に夜, に息, に正気

1 [69件] いつもの, お通さん, こりゃどう, ごく僅か覚る, しげくなりたる, その場, たる水, とし, とした, と城下隠密組, と居酒屋, と鳴いた, なの, なんて甘ったれてる, にうすれ, にお, にその, にたどりついた, になつて, にのぼりかけた, にほぐれかけた, に一二ヶ所, に二階, に五軒町附近, に人垣, に仕度, に取りつくろうた, に口, に堪える, に夫, に宥め, に家, に寝ぼけた, に届い, に山駕籠, に巣立ち, に抱き止めた, に月夜, に梢, に歩み行く, に殖えまさり, に気, に気がつい, に水, に真実, に眼, に絵高麗, に脾腹, に腹ばい, に落着, に見わけ, に象, に過ぎ, に道, に重い, に重大事件, に鋭き凄, に隔たり, に頭, に顔, に駈け寄る, はげしくなり, ほんとに今ようよう, よいや, よろめきよろめき歩きながらも, わが左翼, 傾く頃, 分ったか, 大きくなった

▼ ようなあり~ (85, 0.0%)

34 さまで 10 さまだった 8 さまです 7 さまを 6 さまに 3 さま 2 さまでは, さまと

1 [13件] さまけれども, さまだ, さまでね, さまとか, さまとも, さまな, さまなん, さまなんだ, さまなんです, さまの, さま人間性を, 様だ, 樣であります

▼ ようとは~ (77, 0.0%)

7 しなかつた 5 しないで, しなかった 3 せなかつた, 言は 2 しない, 思えない, 思はぬまでも, 思ひません

1 [46件] さすがの, したくない, しないし, しないだろう, しないの, しなかつたの, しませぬ, せずに, せでこの, ちつとも, どうしても考えられなかった, なさるまい, わたしは, 世どれとは, 何だ, 夢にも思はなかつた, 夢にも思ひ, 夢にも思わなかった, 大きくは, 存じも, 小説における, 彼の, 彼らは, 思いません実に, 思えなくなった家, 思つてゐた, 思はない, 思はないけれど, 思はなかつた, 思はなかつたの, 思はなかつたよ, 思はなくな, 思はぬ, 思ひがけ, 思ひも, 思わないが, 思わなかった, 思わなかったのに, 思わなかったわ, 思わなん, 思わぬ, 思わぬ何, 打って, 決してしない, 自分でも, 誰に

▼ ようとも~ (73, 0.0%)

8 しない 7 しないで 6 せずに 2 せず

1 [50件] いたしますんで, おかた様, お仕置くださいます, お引廻, しないの, しなかった, しなかった鶴さん, しなかつた, しなかつたが, しなかつたので, せずその, せず何處, せず少し, せず彼, それは, つきましょう程に, なし給え, なったの, われらお送り申しあげますれ, 仕ないで, 併せて, 出来申すべく候えども, 又運, 和談を, 国民としては, 堂々たる教頭流, 対応し, 岐阜が, 御処罰, 御相談, 御随意, 思はない, 思わずし, 思わないさ, 思わなければ, 思わぬ, 思付かぬ, 慎んで, 是非を, 渡すもの, 為ずかうして, 為ない, 為なかつた, 見立てが, 言は, 言わずに, 謝罪の, 野生といふ, 隠れようとも, 離れると

▼ ようなれ~ (73, 0.0%)

7 どもその 2 どその, ども政岡, ば

1 [60件] どいつも, どお前さま, どかならずしもそう, どこの, どだれ, どひとたび人, どもあっさり, どもいつ, どもここ, どもこの, どもこれ, どもさき, どもそれ, どもまた, ども一切只, ども世の中, ども世界, ども事柄, ども先祖代, ども凡夫, ども同じ, ども実際, ども左, ども我輩, ども拙者一人, ども是, ども深く, ども題名, ど主人, ど今, ど余程, ど俄, ど商店, ど実際, ど小生, ど左, ど心細, ど指, ど教養, ど極めて, ど氏, ど父母, ど自分, ど蔭, ど遠野, ばいずれ, ばいつ, ばここ, ばこれ, ばやはり, ばわかれ, ば一旦, ば今ごろ, ば変った, ば奢っ, ば宜いと, ば心安く, ば放逐, ば神仏, ば面

▼ ようであっ~ (66, 0.0%)

5 て実は 4 てその 3 てしかも, てはならない 2 てはならぬ, て決してそう

1 [47件] たりする, たりまた, たり順序, て, てあらゆる, ていくつ, ていくぶん, てうすい, てお, てこそ君ら, てこの, てしかし, てしばしば, てそれ, てただ, ててんぷら, てところどころ, てともすると, てはかえって, ては労し, ては友釣, ては各, ては手ぎわ, ては臣子, てほしく, てまこと, てまた, てもそれ, てもそんな, てもたぶん, てもふと, ても一種, ても刻々, ても多く, ても私, て三種, て事実, て単に, て容易, て彼女, て日本, て日本人, て時代物, て暖める, て書道, て私, て輝き

▼ ようでございました~ (65, 0.0%)

1842 から, がその, がやがて

1 [37件] あちらから, お姿, かな, からもし万一, から悪い, から愈, から流石, かわたし, がそれから, がでも, がどうも, がなにぶん, が仕方, が店, が座敷, が弟, が恰度心配, が恵印, が持っ, が昨日, が書斎, が燈, が眼, が須利耶さま, しなん, ぜ, っけ熟, ね, ねえ, ね抱茗荷, ので, のににわかに, わね, わねえ, 三十の, 悲しいお話, 村里が

▼ ようによっては~ (65, 0.0%)

2 どうにでも

1 [63件] いくらでも, お宝を, この上, この歌, この洋服, すてきも, ずいぶんお, ずいぶんおいら, ずいぶん拗ねた, そうも, ただ和一郎, なかなか律義, まことに下等, まさに時代遅れ, まだまだ役, むれるよう, ピグミーとても, 一枚と, 一種の, 一肌も, 二度にも, 人間の, 人間以上に, 何方にでも, 使える男, 俗界の, 像は, 充分こうなる, 内大臣に, 内閣を, 刀身いっぱい刺す, 勝ち誇ったよう, 十行乃至, 反感を, 口では, 大変な, 大津屋橋とも, 存外の, 川の, 幾らかの, 座敷牢である, 徳川幕府を, 日本国中を, 松遁の, 武器にも, 物が, 理想国が, 生涯かけ, 皮肉にも, 相当に, 締めきって, 義務を, 自暴に, 苦味走っ, 薩摩も, 詩を, 過去に, 限りなく, 随分銭, 雅楽頭の, 雲海から, 頼みも, 黒白の

▼ ようにって~ (60, 0.0%)

4 云って

1 [56件] あれほど, いいつかって, いって, いつも云う, おしもへは, おっしゃいました, おっしゃったじゃ, おっ母さん, お帰り, お母さんが, お祈りを, このケース, これまでに, そう云いつかっ, そう言っ, そんな命令, たのまれたの, みんなで, むずかしいな, やかましく言っ, よくあたし, よくそうもうしました, わたしは, ブルンスウィックに, 今申, 付けたん, 何度おだやかに, 使いが, 僕に, 先生も, 勧めたん, 半分は, 可怪しい, 名指しでない, 御使い, 懇, 拝んで, 断わったでしょ, 望んで, 校長先生が, 油部屋の, 注意でした, 石原の, 祈ったの, 祈るなんて, 私に, 耳懊く, 要求を, 言いつけるの, 言うん, 言って, 言われたと, 頼んで, 願って, 首を, 駅で

▼ ようない~ (59, 0.0%)

7 でたち 2 ても立っ, のです

1 [48件] からかえって, がぐりあたまが, がなに, ことだった, ことで, じゃない, ぞ, ぞの, たが, でなはははは, で立ち, と云われました, と聞いた, に, のじゃ, のだ, のであった, ので便宜上, は姉娘, ほど天真, ものじゃ, ものと, やみは, ら, ろが, ろに, ろの, わけであった, わけです, んいんたる, んです, 不思議な, 人が, 人では, 優雅さの, 力を, 嫉妬が, 微笑が, 忘恩の, 愛と, 気持を, 気長に, 状態だ, 現代の, 自分の, 苦痛の, 軍帽を, 陰極の

▼ ようとしても~ (58, 0.0%)

4 かう言, 思ひつめたやう 2 止らない甘い, 逃げられない, 逃げること

1 [44件] いまと, こう言う, ここに, この部屋, それが, だめな, ちょっと手間, なおらなかった, ひとりでに声, まず国会, ベッドに, 中, 主婦は, 具体的解決の, 出て, 向けられないの, 向こうの, 家の, 忘れる事, 怖らく, 思いつめたよう, 捨られない, 果せない妙, 止まらないらしく彼, 止らないらしく袖, 止らない胴震い, 止りません, 決して出来ない, 決して只珍, 無駄だ, 無駄な, 発し得ないであろう, 発作が, 皮肉な, 相手が, 相手は, 社会条件が, 結局その, 美醜の, 翼が, 車の, 逃がすまい, 逃れられないそれ, 鞄には

▼ よう~ (57, 0.0%)

3 願い致します

1 [54件] ざんすよ, 二方は, 仏に, 伝えさッ, 使いを, 供養を, 全盛で, 処分ねがいたい, 努力下さい, 取は, 合点は, 在ました, 在ます, 坐い升, 奉公が, 姉様また, 姉樣又何時もの, 嬢様を, 宅には, 家老職に, 尽力を, 工夫下さい, 心懸け, 性質も, 意見申上げね, 慈悲を, 懇篤な, 手伝い仕りましょう, 手配なさりませい, 承知おきいただきたく, 承知くだされた, 承知や, 指図なさる, 揃えなさい, 本望を, 案内いたしまする, 案内を, 用心, 用心を, 相談纒まりて, 示導あらん, 紹介を, 縁が, 計らいなされては, 許可頂けましたら, 迷惑ながら, 連中たいそう仲よく, 過し下さいませ, 附け加えなされた, 願いいたします, 願い申します, 願い申し上げます, 養育申しあげよう, 高配下さる

▼ ようはず~ (56, 0.0%)

17 はない 13 がない 5 がなかっ 4 のない, もない 3 はありません 2 がありません, はございません, はなかっ 1 はありますまい, はなけれ, もありません, もなかっ

▼ ようにまで~ (54, 0.0%)

8 なって 3 なったの 2 して, なった

1 [39件] いって, いろいろの, いわれて, させられて, するには, なされないでも, なったけれども, なる, なるの, わが子関平も, モデルの, 一般化した, 世界が, 世間が, 変って, 工夫を, 後援した, 思ったが, 思ったこと, 思われるの, 想われる男, 感じられたの, 成長し, 文学の, 書かれて, 永い日数, 汚くなった, 深い謀略, 発展させ, 眼を, 私は, 算盤にかけて, 育てあげられたいわば, 落ちて, 進んで, 達しつつ, 長寿も, 開けると, 離れて

▼ ようでしたら~ (53, 0.0%)

4 私は 2 それこそ, 九段の

1 [45件] あの大工, おいでくださいません, お母さんの, お見合せなさいまし, ここにも, これ以上強い, しばらくお, すぐ行きます, そのあいだ, どうかお, どうかその, どうぞ, どうぞお許し, どうぞすぐおっしゃっ, ひとつ冷水療法を, やはりつづけ, わたくしすぐ, ハッキリと, 一つその, 一つ訳したい, 今些, 今夜歌子さまの, 何んとか, 冬子さんそうしたら, 匿名でも, 国際娘を, 声を, 夜中まで, 夜分でも, 当分こちらへ, 御迷惑ついで, 早々引上げ, 明日に, 湖水の, 現在の, 秀夫さんを, 私の, 私も, 私共の, 若旦那を, 草に, 迷惑でも, 遠慮なくやめろ, 重々お詫びいたします, 黒田先生に

▼ ようといふ~ (53, 0.0%)

5 のだ 3 のか, 議が 2 のである, やうな

1 [38件] ことになつ, ことになつたん, のだつたら, ので, のであります, ものだ, ものは, んだ, 主張そのものが, 事にな, 動きは, 大願を, 奴は, 寸法で, 寸法です, 寸法な, 希望を, 念願を, 恐しい, 悪気は, 意地の, 意志も, 日本的の, 時, 樣な, 機運は, 気構へは, 氣さへ, 氣持丈で, 男だ, 発願に, 考へを, 者が, 議さへ, 質で, 趣向です, 頭の, 風な

▼ よう~ (51, 0.0%)

3 伯父さま暇を, 風邪に 2 それは, 今度は

1 [41件] いかにも珍しい, いや解った, おおかたそう, お早い, この細い, そこは, それとも師弟, それとも舞台, それまで, それを, で何処, なア, または心, よく解りました, よろしゅうござる, 世帯を, 主従の, 伝奇の, 何かで, 何んの, 何者かな, 同じこと, 困ったもの, 存じて, 小説の, 彼が, 後退する, 従兄妹の, 思てる, 愚問かも, 明日山へ, 是非に, 毎晩の, 求林斎殿で, 浜路さんで, 無いよう, 益, 知らんそれとも, 舌に, 芝は, 連れて

▼ よう~ (51, 0.0%)

4 ざりましょう, ざります 3 ざりました, ざりますとて 2 ざりますが

1 [35件] がた, さいますいらっしゃいまし, ざりましたな, ざりましたのに, ざりましたろうに, ざりましょうがな, ざりましょうぞ, ざりましょうに, ざりますか, ざりますかの, ざりますぞ, ざりますと, ざりますどうぞ, ざりますなあ, ざりますので, ざりますまい, ざりまするか, ざります必ず, ざンすか, ぞんじ, んす, んすか, 健康を, 入念に, 内密に, 分別を, 協力のほど, 意図の, 承知で, 推量で, 注意, 注意ねがいたいです, 注意申しあげる, 用心, 用心を

▼ ようすな~ (46, 0.0%)

5 のだ 4 のです 2 の, のである, ので磯五

1 [31件] ので, のでお, のでおまえさん, のでかなわぬ, のでがっかり, のでこれ, のでご, のでございます, のでざっくばらん, のでびっくり, のでみな, のでゆ, のでゆうゆう, のでニールス, ので上陸, ので入口, ので外記, ので平之丞, ので彼, ので思わず, ので机, ので私, ので竹童, ので草むら, ので落ちる, ので誰, ので越前守, ので辻駕籠, ので金之助, のに竹童, んで風

▼ ようございました~ (45, 0.0%)

124 こと 32 のに, わ, わねえ

1 [20件] いつかから, がだ, がな, けれどもし, けれども大, けれども秋, ことでは, そのお, それという, ともかく腕, なるほどおじさん, なんて申し, に, ねえ, のにいつも, のにただ, もので, よ, 危ないところ, 山鳥を

▼ ようじゃあ~ (44, 0.0%)

3 ないか

1 [41件] あっしも, ありませんか, いかさま地いろ, いけませんよ, おめ, お角, がんりきも, このお, ございませんよ, そいつらは, ちっと気, つまりませんから, とても日本, とても末, どうする, ない, ないの, なかなか一流, まあ嘸この, まだほか, よっぽど悪い, 上の, 二階や, 余り信用も, 別に, 勝蔵にも, 商売に, 困るね, 大したこと, 大変だ, 大概の, 女は, 定めて, 宿も, 小遣いだって, 徳蔵と, 念が, 本当に読んだ, 此処へ, 済まねえが, 結局駄目に

▼ ようすだった~ (44, 0.0%)

9 がやがて 52 がそれでも

1 [28件] あるとき, え, から, からずっと, からねいきなり, か参考, がいっしょ, がお, がそれ, がとつぜん, がまた, が坐っ, が持っ, が栄二, が相手, が顔つき, けれど落胆, しその, それが, と後, のである, のでその, のに安心, のを, わ, 三度めかに, 大助は, 幸太郎は

▼ ような云い~ (44, 0.0%)

10 方を 4 かたを 3 ようの, 方は 2 かたで, 方で, 方であった, 訳を

1 [16件] かたこれから, かたは, がかりらしい, ぶりな, ようも, 分だ, 分では, 廻しに, 方だった, 方でした, 方です, 方な, 方に, 方も, 構えは, 難い苦痛

▼ ようにでも~ (43, 0.0%)

2 して, すれば, なって, 思って, 思われますの

1 [33件] いたしま, お役に立ちたい, たれおちた形跡, なくほのか, なったか, なったすえ, なったらそれ, なったらまた, なったら葉子, なったん, ならなければ, なりますれば, なると, なるならば, なるん, 価を, 出来て, 大きく結われる, 引受ける, 御対手, 思いの, 思ってるん, 思われるかも, 成ればねえ, 映ったの, 映るの, 書いたらおおよそ, 書き続けて, 私どもは, 考えたらしい, 色々に, 見えた, 謝るから

▼ ようにばかり~ (43, 0.0%)

7 して 3 思って, 思われて 2 思われた

1 [28件] おっしゃるが, お思われ, お言いです, させないの, なさるの, ならない以上, わたくしの, 世の中は, 人間を, 仕向けて, 仕向けるそして, 仕組んで, 動いて, 思うの, 思った, 思われましたが, 思われまして, 想像を, 振舞って, 書いたので, 書きましたが, 決めて, 浮舟には, 聞こえるから, 致しお茶, 行動できる, 衛門督は, 躾けられ

▼ よう~ (43, 0.0%)

9 ないか 3 又後 2 何か

1 [29件] あざみや, あると, いうこと, おへん, が, が今二十円, くにし, くに後から, ぐ金銭に対する, けどほんま, けど一体, しようがりゃしない, そうやけ, その病身, つて來た, というてる, とこの, ようさ, らん人間である, 初枝, 又口外, 始終ニコニコと, 形つきを, 文化の, 新しい希望, 環境ひとつで, 箸の, 郵便切手帳の, 顎の

▼ ようなある~ (40, 0.0%)

3 かなき, ものが 2 ものを, 物を

1 [30件] か無き, きつきが, イングランドの, フーリエが, 一つの, 一夜を, 事を, 事件が, 他の, 内心の, 力の, 名声を, 商家の, 団体の, 大きなキャフェ, 対象を, 建築様式においてのみ, 心持で, 感じが, 時が, 未知の, 物が, 特殊な, 種の, 筋の, 者と, 若い婦人, 行為を, 趣味で, 髯の

▼ ようなどとは~ (40, 0.0%)

3 思いも 2 些とも, 思って, 想像も

1 [31件] この際, これまでに, しない, しないだろう, 勿論夢にも思っ, 及ばぬこと, 夢にも予期, 夢にも思っ, 夢にも思つて, 夢にも思わなかった, 夢にも考え, 娘の, 思っても, 思はないけれども, 思はなかつたらうが, 思ふまい, 思わないけれども, 思わないの, 思わなかった, 愚も, 最も思いがけない, 毒々しくて, 毛頭考へ, 決して期待, 考えて, 考えても, 考えませんから, 考えも, 要介本人思い, 誰も, 貝十郎には

▼ ようかん~ (39, 0.0%)

3 がたっ, の中 2 の外

1 [31件] があまり, だけがぽつんと, でもある, と大きく, にかえりました, にかけつけ, にかけつけました, にすん, にはおお, にはまだまだもっと, のえ, のおいしかっ, のおく, のちかし, のまえ, のまどから, のまわり, のよこ, の三がい, の二かい, の方, の缶詰, はむかし, は古く, へいそぎました, へつれこまれた, や最中, をたん, をばけ, を作り, を売っ

▼ ようその~ (38, 0.0%)

1 [38件] かえり道, ことが, たびに, つもりで, むねを, ような, ように, 一縷の, 下調べに, 中に, 事情に従っての, 人々が, 人と, 代りとして, 代りに, 代り今夜滝村を, 兇勢を, 全力を, 反面には, 名人の, 場を, 季節外れの, 家族的紐帯を, 専任の, 市之, 影響が, 息は, 方にて, 方の, 樣な, 横顔は, 点充分に, 相違は, 美しさ, 船も, 製作が, 訳を, 軍律に

▼ よう~ (38, 0.0%)

14 はない 6 がない 3 はなかっ 2 のない, はございません, もない 1 がありません, がありませんでした, がある, のなき, はありません, はなかつた, もなかっ, もなく, も無い

▼ よう知っ~ (37, 0.0%)

7 ている 5 ています, てます 3 ておる

1 [17件] ちょる, ていなさる, ていまし, ていやる, ているだろう, ているなれ, ておい, ておっ, ておられる, ております, ておりまする, てなさる, てま, てやす, てエ, て居ります, て浮世

▼ ような光り~ (36, 0.0%)

2 がみえた, を持っ

1 [32件] がしかも, がじっと, がする, が刺した, が大路小路, が柵, が空, が飛び交いいつ, とは隼人, に満ち満ち, のある, のなか, の尾, の流れ, の流れる, の群れ, は兄, をあび, をおびた, をもつ, を一面, を中野君, を反映, を帯び, を投げ, を持ってる, を放っ, を散らし, を秋, 方である, 方は, 方を

▼ ようなく~ (35, 0.0%)

2 胸が

1 [33件] おつ, かえって恥, かつは, これこそ, さしつけるよう, さめを, すんだ光, だらん磁力砲, て土, て往生, はッ, ふうは, ぼ地, 不機嫌である, 世間に, 仕事が, 凄絶また, 各個体, 哀れで, 困りきって, 夜営の, 思えるの, 惜まれて, 愉快そうな, 目を, 眼に, 私は, 空気は, 腹が, 苦しんだ, 見えて, 論より, 進退窮まっ

▼ ようにすら~ (35, 0.0%)

4 見える 3 見えた 2 思えて, 思われた, 感じた, 感じられた

1 [20件] おもわれた, なった, なんとなく思われた, 彼には, 思うの, 思えた, 思われたが, 思われて, 思われる幇間的, 思われる時, 感じられるの, 映って, 楽しく思うらしかった, 疑い出して, 考えられたから, 考えられる, 見えたくらい, 見えて, 見えるの, 言った

▼ ようでなく~ (34, 0.0%)

2 てはならない, てはなりません, ては料理

1 [28件] ことに郊外, しじゅうそれ, そちらこちら家の, ちゃいけない, ちゃなりません, ちゃ駄目, て, ては, てはいけぬ, てはどうしても, ては二度と, ては駄目, て普通, ひとまず帰朝, まことによく燃える, またベルリン, ッちゃ, 世間に, 何となく主君, 冷たい針, 到頭死, 品が, 少しも, 康囘貪婪飽くなく, 簡単な, 自分としても, 途中は, 鳥の

▼ ようとの~ (34, 0.0%)

3 関係で 2 御言葉, 贈物では

1 [27件] おぼしめしでした, ことで, ことでございました, 下心では, 予想も, 事で, 仰せであった, 仰せを, 口上でござんした, 命令が, 御事御, 御命令, 御意に, 御所望, 意も, 意味が, 懇篤な, 手段では, 書状を, 槙三からの, 特信ありけれ, 相異, 訓戒も, 通知の, 間には, 関係では, 関係に

▼ ようでない~ (33, 0.0%)

1 [33件] かかり人に, から一寸, から一層, から涙ぐましい, から細君, から自然男, から飲まず, ことを, だがそれ, つくりに, といけない, と不平, と学問, と親身, のが, のです, のとの, のに, のにいなくなった, のは, のを, もんです, ようで, ように, んです, ジカな, 一種の, 女な, 点が, 皮膚の, 結婚を, 表情が, 議論でありました

▼ よう~ (32, 0.0%)

4 ゐる 2 サラリとして

1 [26件] あんな穢い, いた, いる光線, おりますあいだ, かすむ月かげ, くる, くるしたが, そんなにほれた, どっしりしとる, まえが, ゆく, ようが, ゐた三十年前早稲田在学中, ゐて, ゐないむろん, ゐます, ゐる山気, ゐる由布岳, んだろう, 二三日, 何の, 年を, 望んだか, 来る, 桐一葉, 若うて

▼ ようなぶ~ (32, 0.0%)

16 きみな 3 ざまな 2 きみさを

1 [11件] うんという, きみきわまりない, きみさが, きみに, きみにも, くりと, ざいくな男でも, ざまで, ざまな転げ, ざまを, よが

▼ ようこの~ (31, 0.0%)

3 子が 2 泥棒が

1 [26件] おはなし, ような, 上とも, 上なし, 上の, 兄に, 名称に, 嘘を, 坊ちゃんに, 大事な, 娘を, 子と, 子は, 心掛けあっ, 有村が, 木函拾得者に対する, 機会に, 次には, 段しかと, 病院の, 私には, 老母も, 道を, 頃お前は, 頃は, 頃用便が

▼ ようなお~ (30, 0.0%)

3 若い方 2 しる粉屋

1 [25件] こうの, ねえ, はぐろ, もて, 偉いお方, 偉い方, 叱りに, 叱言, 咎めを, 固い処, 堅いこと, 強い方々, 心細い目, 情ない事, 情ない浅ましい御, 情深いお, 手荒いこと, 探ね, 疑を, 祟り, 若いお, 若い人, 若い立派, 諭し我, 豪い方

▼ ようお願い~ (29, 0.0%)

7 いたします 4 致します 2 する, 申します, 申し上げます

1 [12件] いたしたの, したわけ, して, します, しますという, せい, でご, でございます, 申しあげます, 申して, 申す, 致したいもの

▼ ようかと~ (29, 0.0%)

2 思うたん, 思つて居る, 思ひます

1 [23件] おたづ, 云うかと, 云うん, 云つたら, 千々に, 思いましたの, 思いまする, 思って, 思つ, 思つた, 思つたくらゐである, 思つてゐる, 思つて居ます, 思つて板土間を, 思つて私が, 思はれて, 思ひましたの, 思ふ, 思へば, 思ッて, 聞く人, 腰まで, 迷ふ

▼ ようについて~ (29, 0.0%)

2 来た

1 [27件] あまり明白, あるく, おるらしく思われます, その正当, わたしたちは, ワイワイいっ, 世上の, 入ったに, 出て, 又読者, 居る気味が悪い, 廻り定太郎, 折々何, 文士は, 来た覚え, 来ます, 歩いて, 歩きました, 歩く, 泳いで, 深く思いめぐらしたい, 疑問を, 私たちは, 簡単な, 離れなかったの, 面白い観察, 飜る

▼ よう~ (28, 0.0%)

3 ができた, よい 2 のこと, ようい, をしました

1 [16件] ができました, こらア, てくれ, ではありません, ではない, には手, に動く, に聞き入れ, はいいかね, よういと, よや, を, をさせ, をし, をととのえた, をはじめた

▼ ようでありました~ (28, 0.0%)

3

1 [25件] からどうか, からどんな, からケー, からパン, がいつ, がその, がまずだいいち, がやがて, がやや, が一年, が一日一日, が並みいる, が事実, が二度目, が思い切った, けれどどこ, けれどもしかも, けれども結局, けれど実は, と告げられ, な, ので, のは, よ, 是れ

▼ ようでござる~ (28, 0.0%)

5 かな, な 4

1 [14件] があの, がお嬢様, がかの, がその, がどちら, がなるべく, が大夫, が手前家来, が早打, が身共, ぞ, と, とも, ワ

▼ ようでなけれ~ (28, 0.0%)

6 ばならない 3 ばいけません 2 ばいけない, ばその, ばならぬ

1 [13件] ばいかん, ばとても, ば上等, ば勤まらない, ば喰った, ば困る, ば新しい, ば気持, ば病者, ば直に, ば経営, ば親, ば記念日

▼ ような呻き~ (28, 0.0%)

7 声を 2 を発し, 声が

1 [17件] がし, がした, が口, が咽喉, が聞えた, が起った, とが同時に, となり, など半ば, にちかい, の声, を最後, を立て, 声とも, 声に, 声は, 声や

▼ よう~ (28, 0.0%)

3 ていた, ている 2 ておる, てござる, てゐる

1 [16件] ちょる, ていられる, ているで, ているであろう, ておい, ておいで, ておった, ておらるる, ておられまする, ておられる, ておりました, ておりまする, てござらっし, てはる, て居る, て真

▼ よう~ (28, 0.0%)

8 てくれた

1 [20件] ていた, ておくれた, てくだされた, てくれ, てくれはりました, てくれました, てくれる, てくん, てつ, てはった, てはりました, ても遅う, て下, て下さいました, て下された, て下さんした, て呉れはる, とくれた, とくれはった, とくれやはった

▼ ようすでした~ (27, 0.0%)

6 がやがて 32 が眼, よ

1 [14件] あっしは, から, がくじいた, がこんど, がその, がそのうち, がなに, がにわかに, がべつに, がわたくし, が木下君, が目, の, わ

▼ ようこそ~ (26, 0.0%)

2 おいで

1 [24件] あれと, いらっしゃいました, いらっしゃいました覚えて, おいでくださいました, おいでくだされた, お越し下すった, きて, さあおはいりくだされ, まあまあお, まことにはや御, 参った, 参られた, 参られたな, 参られたの, 察して, 来たと, 来た実は, 来て, 植えたという, 母を, 渡らせられました, 生まれつき植物に, 草木が, 袋猫

▼ ようさん~ (25, 0.0%)

2 が数年前, だった, にはお, は勝気, は長年病身, は顔, を見た

1 [11件] お揃いで出勤, がきかれたら, がやつ, が部屋, ですか, との間, とも以前, な眼, のあと, は戸棚, を追

▼ よう~ (25, 0.0%)

21 やない 3 やありません 1 や駄目

▼ ようございましょう~ (24, 0.0%)

10321 か御, がそれ, が江戸, そうしてお, そうなれ, なんとかいう, に, よ血液, 油は

▼ ような破~ (23, 0.0%)

15 目に 1 小屋の, 廉耻的の, 毛布を, 目だ, 目にも, 目の, 目へ, 落者でも

▼ ようにね~ (23, 0.0%)

1 [23件] ああそれから, あなたが, いくら困つた, うちの, おかえりん, お前さん, こっちも, ぜんたいの, それからまた銃隊, で牛, ひどく冷える, やっぱりそういう, ケメトスや, 今の, 何という, 入って, 八畳の, 君は, 国も, 擦って, 東京は, 病は, 貴下は

▼ よう~ (23, 0.0%)

1 [23件] あもう, からお願い, が先刻, が申した, と舟, に似たる, のため, の声, の家, の戸籍名, の義弟, は, はこの, は三年, は今, は及ぶ, は妻, は来た, は考え, もお供, もお祈り, も着実, 困るの

▼ ようから~ (22, 0.0%)

2 して

1 [20件] あすから, おすと, そしたらこんな, そのガンダーラ系統, です, ねえ, 人間的な, 再び樺太, 判断する, 大小脚絆の, 山の, 本名俳名も, 極めて自然, 男が, 真の, 着実な, 私は, 習い覚え戦場, 詳しく話せ, 誘い出された

▼ よう~ (22, 0.0%)

2 ている, てお

1 [18件] て, てあげまつ, てあたし, てい, ていた, ていない, てくれます, てくれるだろう, てしまった, てはりまツ, てみ, てみんな, てやる, て呉れ, て暮し, て送られ, やはりまし, 衣服も

▼ ようすだ~ (22, 0.0%)

2

1 [20件] え, からお側, からまず, から一つ, から二人, から癪, から聞かし, から震えあが, から風呂, がおれ, がそれ, がそれでも, がそんな, が君, が思った, けれどそれでも, とたぶん, とわけなく, な, ね

▼ ようであれ~ (22, 0.0%)

2 ばいい, ばいよいよ, ばこの, ばその

1 [14件] あのよう, ば, ばこそどんな, ばこちら, ばこんな, ば出離得道, ば半次, ば即ち, ば屠っ, ば市, ば思い切り, ば病人, ば直ぐ, ば賢者

▼ ようなき~ (22, 0.0%)

3 もちに 2 もちでした

1 [17件] しみ音も, ばつな, びの, びのわるいところにある, みょうな, めが, もちで, もちなんか, もちは, ような, りょうで, りょうの, を変, を察し給え, 大破壊, 失望よ, 次第であります

▼ ようござんした~ (21, 0.0%)

3 ねえ, よ 2

1 [13件] か, からね, ともいけませんでした, ねえ二十年前, ねえ今, ねえ今日, ね人柄, のにねえ, ほんとうに, よここ, わたしは, わねえ, ネエ私が

▼ よう一つ~ (21, 0.0%)

2 でどう, なん

1 [17件] お取りなし, じゃねい, だと, でいつ, でこの, でできなけれ, では仁参, では聖人, で中毒らん, で何ん, で君, で平気, で彼ら, で結構どう, で蔵元屋, のもん, 御工夫

▼ よう似た~ (21, 0.0%)

2 菅笠が

1 [19件] あの顔, お方と, ことが, ところが, のが, ものが, 人や, 仔馬か, 声が, 女の, 姿をば, 子供が, 悪魔が, 栗毛が, 男が, 眼を, 花が, 薔薇の, 顔を

▼ よう注意~ (21, 0.0%)

4 して 3 せよと

1 [14件] が隅々, しいしい頁, したよう, し祈つて, すべきだった, すること, せねば, に注意, のこと, をしなけれ, を怠らなかった, を怠らぬであろう, を要す, を起こさし

▼ よう~ (20, 0.0%)

1 [20件] お教え, お越しを, お越し召された, お逢い下された, しやった, なし, まいられた, ようぞ, 御辛抱, 怺えなされた, 早くに, 来て, 茅屋へ, 見えられた, 訪ねて, 迎いに, 遠くを, 遠路を, 長い間, 隠れようぞ

▼ ようであったら~ (20, 0.0%)

2 その家

1 [18件] おりを, おれにも, すぐエキホス, その時, その附近, それは, と希望, なんぼ愉快, わたしに, 世の, 世の中に, 二人は, 加賀へ, 我々真っ先に, 私が, 貴公ゆく, 近所の, 遠く故郷

▼ ようなどと~ (20, 0.0%)

1 [20件] あなた様を, かつて考えた, この肚, さすがの, したこと, どうして考える, 世間の, 云う量, 云ふ, 何んの, 努力する, 姦策を, 幾度思ひ浮んだ, 思っても, 空想した, 考えて, 考えると, 誰が, 貴殿と, 階下へでも

▼ ような見~ (20, 0.0%)

5 っともない 4 得を 3 かたで, かたを 2 ていない 1 かたである, とおし, ともない

▼ ようこれ~ (19, 0.0%)

2 を保証

1 [17件] だけは切に, で頬, は, はこれ, はご, は思いがけぬ, は拾い物, は長谷戸さん, は飛天夜叉殿, は驚きました, へお迎え, へ出ませい, もまた, を仆, を囲み, を羊羹箱, 無く候

▼ ような言い~ (19, 0.0%)

5 かたを 2 かたが

1 [12件] かたかも, かただった, がたい慰安, ぶりが, ぶりで, ぶりでありました, ぶりであります, ぶりです, ぶりの, 廻し言葉だろう, 振りで, 難い悪寒

▼ ようなこえ~ (18, 0.0%)

2

1 [16件] でいった, でご, でそう, で倉庫, で叫んだ, で囁やきかけた, で日和, で正太, で言った, で返事, になっ, をあげ, をあげた, をだし, を出し, を出す

▼ ようなし~ (18, 0.0%)

3 かけに 2 ごとを

1 [13件] かけが, かけを, ごとでは, ごとの, しっぱなで, たれば, たを, だ, つっこいところ, です, まりの, ーんと, 方である

▼ ようなひびき~ (18, 0.0%)

2 があっ

1 [16件] があった, がきこえ, がきこえた, が感じられた, が聞こえ, と黒い, に変わっ, やどん, をたて, をまき起こし, をもっ, を伝え, を伝えた, を持つ, を耳, を腕

▼ ようなよろこび~ (18, 0.0%)

2 を感じた, 方だ

1 [14件] かたで, があっ, があります, さえ無い, でそれ, で人眼, とも顫震, に私, の少い, の感じ, の笑, は感じなかった, を告げる, を永遠

▼ ようなり~ (18, 0.0%)

2 こうな

1 [16件] すぼんと, ただおの, とかくする, と喜ばし, まへん, ゃせんと勝は, やはる, オオこの, 中には, 傍正面の, 到底席, 島に, 紀州は, 行きしは, 骨も, 魚見岬へ

▼ ようにとは~ (18, 0.0%)

1 [18件] いえなかったし, いっては, おっしゃって, かくさえ, かねて神戸村, その実, ほんのりと, もちろんかいてなかった, 云えなかっ, 云わなかった, 今朝も, 促さなかった, 切に願う, 年老いた師匠, 思わないけれど, 時政が, 言ったが, 誰しも

▼ ようまあ~ (18, 0.0%)

1 [18件] あの二階, おっしゃって, お帰ン, ここまで, しやったなあ, それで一国, よつて, 世間が, 子供を, 平気で, 御無事, 怨みも, 悪かねえよう, 戻り来しぞ, 書けたもん, 気が, 考えて, 達者で

▼ ようもの~ (18, 0.0%)

2 では

1 [16件] ならあの, ならさも, ならそれ, ならば, ならもう, なら今日, なら却って, なら反対, なら和寇, なら大, なら妾達, なら我慢, なら河, なら血相, を取り出し, を饒舌

▼ ような死に~ (17, 0.0%)

12 方を 1 かただった, かたを, 度くなる, 方さえ, 方であった

▼ ようにから~ (17, 0.0%)

11 だが 3 だ全体 2 だ中 1 だの

▼ ようにて~ (17, 0.0%)

1 [17件] かえって主我, この所, にわかに雨, はいした, まえは, まえも, 多少の, 姿甚だ, 尋ね申し候えば, 小生は, 帆綱にあたる, 恐縮いたし, 昇降いと, 柳橋の, 森も, 欲くもあらね, 路をよけ

▼ ようによって~ (17, 0.0%)

1 [17件] いろいろに, これは, ちがって, では, どのよう, 今現に, 大丈夫だ, 富貴必ずしも, 彼女の, 来たと, 死ぬる生きる, 清明な, 皓たる, 積極的な, 算盤に, 至って大きな, 黄色は

▼ よう~ (17, 0.0%)

1 [17件] おじさんもしかして, このよう, こんなハガキ, しかもその, だからそういう, でも私, なかなかよく書い, ハハハ筆が, 一向浮き上らない, 天河落処長洲路あわれ, 思いがけない支障, 悪い陽気, 水の, 無論, 着きましたろうか, 貴方小説なんか, 近代日本の

▼ よう~ (17, 0.0%)

4 來とる 2 來た

1 [11件] けた, さな, ておる, てくれい, てくれた, てこない, て来た, て来ました, で居る, な, 來ません

▼ よう~ (17, 0.0%)

3 をつけ, を配っ

1 [11件] いおつけん, が狂い出す, の付く, をつけい, をつけてたもれ, をつけます, をつけれ, をつけろい, をまぎらす, を付け, を鎮め

▼ ようなすぐれた~ (16, 0.0%)

1 [16件] アクションや, 人物が, 伝記作者でも, 作家は, 天才的な, 子を, 建築が, 思想の, 感覚を, 数学者を, 珍聞も, 精神の, 考えを, 装置を, 趣味を, 頭脳は

▼ ような澄んだ~ (16, 0.0%)

2 調子の

1 [14件] おとなしい泳ぎ方, 呼び声に, 声が, 声とに, 心持ちで, 思いに, 思いも, 明るさ, 月の, 眼を, 神々しさ, 輝きに, 露わな光り, 音が

▼ ような見る~ (16, 0.0%)

3 影も

1 [13件] からにいかにも, からに悪魔, からに悲壮, からに沈鬱, からに黄色い, からガッシリ腕ッ節, だけで食わない, だに膚, のも, もおそろしい, もむざんな傷あと, も無残, ような

▼ ような馬鹿げた~ (16, 0.0%)

4 ことを 2 ことは, 真似を 1 ものにて, 倫理学を, 場所で, 御家風, 恥知らずの, 流言まで, 豪奢が, 質問を

▼ ようにが~ (16, 0.0%)

2 くりと, ーんと

1 [12件] あんとして, せいに, ちゃりと, ちゃんと土間, ちゃんと大きな, なくては, なった, ばっと, ぶと飲ん, み, 儼乎として, 土台に

▼ よう努力~ (16, 0.0%)

3 して, しなければ 1 した, すべき政治的義務, するつもり, するの, するよう, せなければ, せにゃ, はし, を尽し, 致します

▼ よう~ (16, 0.0%)

11 のさまよう 2 の中 1 が持てた, には寄せ附けねえ, は稀

▼ ようあくま~ (15, 0.0%)

3 のよう

1 [12件] があらわれ, がぎょっと, がはいっ, につれられ, にばけ, のおそろしい, のからだ, のきみ, のまほう, の黒いす, はびっくり, は三人

▼ ようござる~ (15, 0.0%)

2 が, ウ

1 [11件] か修行, が近頃, ぞ, ぞよ, な, な添う, な見込み, よ, ようござる, わい, 日に

▼ ようなさけび~ (15, 0.0%)

6 声が 4 声を 2 声でした 1 が船首, で鳴り, 声

▼ ようなさわぎ~ (15, 0.0%)

4 になっ, になった 2 をし 1 がだんだん, が始まっ, で, となった, になりました

▼ ようなやり~ (15, 0.0%)

7 かたで 1 かたであった, かたででした, かたに, かたの, かたを, かた絶対に, っぱなしでは, 所の

▼ ような優れた~ (15, 0.0%)

1 [15件] 人々あるいは, 人材が, 人物が, 人物でも, 作を, 作者に, 写実の, 写真家が, 多くの, 姿の, 所が, 才能も, 縹緻の, 通信優れた, 頭脳の

▼ よう命令~ (15, 0.0%)

3 した 2 されました, したの 1 したと, しました, し医師, し自分, し袋, をだしました, を下した, を受け

▼ よう考え~ (15, 0.0%)

3 てみい, てみる 2 てみ 1 ておく, てみたら, てみよう, てみれ, て来る, て馬鹿, 中です

▼ よう自分~ (15, 0.0%)

1 [15件] からもよく, から先, でそっと, で彫った, で読み直す, としては蔭, に言い聞かせる, の病い, の脇差, の身体, は今回有志者, は先生, は祖父, もまた, も人

▼ よう~ (15, 0.0%)

5 がない 4 けはない 1 がありません, けもない, でないから, はない, はなかっ, 話して

▼ よういし~ (14, 0.0%)

3 ていた 2 てあった, てある, ておいた 1 てありました, ていない, ていました, ておい, て穴

▼ ようとか~ (14, 0.0%)

1 [14件] してるのに, するほどの, する考, それ等は, そんな方面, どこが, なんぼ高い, アヽ為ようとか, 云えば, 出世し, 差し当り何十万, 形とか, 更に又, 良い紙

▼ ような見ない~ (14, 0.0%)

13 ような 1 ような振

▼ ようまた~ (14, 0.0%)

1 [14件] じっと眼, とかく狭量, どうぞ何分お願い申上げ, 一日も, 人からも, 原田甲斐は, 口を, 少々拝見, 少い手当, 得心し, 明日にでも, 朋輩に, 火山の, 空中に

▼ ようだって~ (13, 0.0%)

1 [13件] あの人, いうけれども, いってたがね, おっかさんから, おっしゃるもの, のは, ほんとうだ, 云ったあれ, 云って, 書いて, 知ってるわね, 言うぜ, 言ってるぐらい

▼ ようなおも~ (13, 0.0%)

4 むきが 3 もちで 2 むきを 1 ばせ, もちでした, わくも, 味に

▼ ようなわからない~ (13, 0.0%)

12 ような 1 ようなうなずき

▼ ような歩き~ (13, 0.0%)

9 方を 1 方, 方だった, 方笑っ, 方鉄人

▼ よう御座います~ (13, 0.0%)

3 と言 2 か森栖さん, がしかし 1 から人, が, がな, が餘, ぜ, よ

▼ よう来た~ (13, 0.0%)

2 な, なあ, ね, よう来た 1 ない, なう, な小僧, のうすっかり, ナ

▼ よう~ (13, 0.0%)

2 さっし, て置け 1 ておけ, ておれ, てはりま, てみ, てやれい, てゐる, て下さいました, て居る, もせず

▼ よう覚え~ (13, 0.0%)

31 つつ公判, ています, ている, ておいでた, ておく, ておりました, ております, てくれたはった, て来なさい, とき

▼ よう道理~ (13, 0.0%)

3 がない 2 はございません, はない 1 がありません, がご, がなかつた, はござらぬ, は有るまい, は無い

▼ ようでし~ (12, 0.0%)

42 てね 1 てこっち, てねエ, て思う, て次に, まりが, ゅ

▼ ようで御座います~ (12, 0.0%)

32 が私 1 がたった, がやはり, がマッタク, が蔵元屋, が返事, ね, ねえ

▼ ようなす~ (12, 0.0%)

3 がたで 2 がたに 1 うすうした, がたでした, がたを, ってな, てばちで, ばしっこい, 早さ

▼ ような仕~ (12, 0.0%)

2 かけを, 末で 1 かけで, かけに, こなしまで, 末, 末さ, 末である, 末に, 末一時は

▼ ような思い切った~ (12, 0.0%)

2 ことを 1 むごい仕打ち, スタイルで, 娘は, 態度で, 皮肉の, 直言や, 英断が, 行動は, 趣向が, 非現実

▼ ようにとも~ (12, 0.0%)

1 [12件] いちど御, 云い添えて, 云い自分, 云った, 友達たちは, 思った, 思って, 申兼ねました, 言いました, 言われちょっと, 計らって, 認めて

▼ ようにの~ (12, 0.0%)

2 た打って 1 さの, そりと, そりの, た打つの, っしりの, びかかったおもしろい髪で, ッかっ, ッと, 何とか分別, 前に

▼ ようわかっ~ (12, 0.0%)

4 ている 2 てます 1 ちょる, ていよう, ているなら, ておりますじゃ, てくれた, てで

▼ よう~ (12, 0.0%)

2 このウ, てば 1 くようッ, く歌, たらよう, てばねえ, て働い, て寸法, て空場, 生きてたな

▼ よう存じ~ (12, 0.0%)

3 ている 2 ております, ておる 1 ておらぬ, ておりまし, ておりまする, てご, て居ります

▼ よう御座ん~ (12, 0.0%)

43 すか, すか貰ひまする 1 すから, すが

▼ よういう~ (11, 0.0%)

2 てくれた 1 ちょる, てくれりゃ, てはある, てました, て何, て聴かし, のじゃ, ので仙太郎, 者は

▼ ようござんしょう~ (11, 0.0%)

1 [11件] か, から, と, と葬式, ねえ, ねお, も一寸, よ, わたしは, 新撰組を, 至極賛成

▼ ようごぜ~ (11, 0.0%)

4 えます 1 いますし, えさあほい, えましたな, えましょう川, えますか, えますよ, えますアーメン

▼ ようすです~ (11, 0.0%)

1 [11件] お嬢さんは, からまさか, から伊達君, がすぐ, がその, が諭吉, このへん, しその, となにか, ねえ, 封建の

▼ ようそんな~ (11, 0.0%)

2 こと 1 こといえる, とこ見, 事を, 急でも, 時に, 理不尽な, 真似しくさります, 記事が, 顔が

▼ ようだろう~ (11, 0.0%)

31 か, かと飽きる, しかし会, とそんな, と国, と思っ, と思われる, イーの

▼ ようであろう~ (11, 0.0%)

1 [11件] が正直, ともさいぜん, ともたぶん, とも三人, とも此, とも歴史, とも私たち, と思う, と案ぜられる, と農民, 赤児は

▼ ような変った~ (11, 0.0%)

1 [11件] お気性で, ことは, ことを, ところは, 形には, 気象の, 習慣が, 自動車事故で, 蠅の, 顔は, 風態の

▼ ような話し~ (11, 0.0%)

1 [11件] が伝わった, じゃありません, てみ, を, をさも, をし, を持っ, 位い, 振りで, 振りです, 振りな

▼ ような遣り~ (11, 0.0%)

1 [11件] 奪りであり, 方だった, 方で, 方であった, 方でない, 方とは, 方な, 方の, 方ばかり, 方を, 水築山雪見燈籠瀬戸物の

▼ よう云う~ (11, 0.0%)

2 て貰 1 ておけ, てくれはりました, てくれる, てみたなら, てやる, て下された, て来, な, 気イない

▼ よう分っ~ (11, 0.0%)

3 てます 1 ています, ている, ておられますやろ, ておりますなれ, てくれ, てくれる, てはりますやろ, てまし

▼ よう命じ~ (11, 0.0%)

3 ておい 1 それから患者, たりした, ていた, ていました, ておいた, てください, またみずから演奏, 親らも

▼ よう~ (11, 0.0%)

2 懸けて 1 がくべき, でいた, に問う, に掛け, ふかさ, をつかい, を定め, 御わ, 掛たくと

▼ よう~ (11, 0.0%)

10 のさまよう家 1

▼ よう言う~ (11, 0.0%)

2 てくれた 1 ておくな, てくれました, てはりました, てをられた, て暇貰, て聴かす, て貰いたい, て頼んどいた, でえ

▼ ようおすすめ~ (10, 0.0%)

2 します 1 したい, して, しました, するという, にきた, 下さい, 申します, 申し上げまする

▼ ようお出で~ (10, 0.0%)

2 下さいました 1 たなあ, で下さいました, といふ, なさ, なさいました, なされた, になりました, 下された

▼ ようすであった~ (10, 0.0%)

1 かとすぐ, が, がそれでも, がそんな, がやがて, が急, が格子戸, が沈黙, が職務規則, という

▼ ようする~ (10, 0.0%)

3 んや 2 人は 1 のです, のは, のよ, のを, もんです

▼ ようそれ~ (10, 0.0%)

1 が又再び, が眼, こそ足もと知らず, じゃア斯, だけを附記, で連れ, のみを祈りまする, は私, を客観的, を指導

▼ よう~ (10, 0.0%)

1 こんな風, そういう奇蹟, その時うち, その時分, その頃, 夫婦約束の, 日曜で, 木村正辞先生といふ, 藤枝に, 霧の

▼ ようなありふれた~ (10, 0.0%)

1 もので, ものとは, 事態で, 俗物でも, 品です, 問いを, 妥協でも, 才子の, 紋では, 道楽で

▼ ようなうなり~ (10, 0.0%)

4 声を 3 声が 2 音が 1 ごえを

▼ ようなんて~ (10, 0.0%)

1 あまり男, いふ可愛らしい, ことは, そんなわけ, そんな大, まるで知る, 甘ったれてるの, 美しいん, 考えても, 虫の

▼ ような乾いた~ (10, 0.0%)

2 声で 1 唇が, 唸り声だ, 木の, 枝先から, 笑いが, 音が, 響きが, 顔を

▼ ような得ない~ (10, 0.0%)

10 ような

▼ ような沈んだ~ (10, 0.0%)

2 青色の 1 うらさびしい時刻, のみの顔, 声で, 心持を, 気分に, 深みの, 調子である, 顔色を

▼ ようにか~ (10, 0.0%)

1 あいがって, あかあと笑いました, この世に, やん中, りんの, 彼の, 彼女の, 御仁慈, 或は散文詩, 無礼と

▼ よう~ (10, 0.0%)

2 うも 1 うしても, が旨い, というやさしい, の様, はどう, や角, をもて生き抜い, を鬱ぐ

▼ よう~ (10, 0.0%)

1 が十分, の配り, も赤く, をあい, をくばり, をつける, をはなたず, を細く, を閉ぢよう, 立たぬよう

▼ よう辛抱~ (10, 0.0%)

2 せんさかい, 出来なさるね 1 したはりま, しとったもの, しや, し切れんけに, なさるでしょうか, 出来るかしらん

▼ ようかの~ (9, 0.0%)

2 め, めで, めであり, めの 1 めに

▼ ようすもない~ (9, 0.0%)

1 のでおそるおそる, のでどこ, のでまた, ので伊兵衛, ので明智, ので演奏者, のにいつも, のにきょう, のにもうたい

▼ ようそう~ (9, 0.0%)

2 して 1 すれば, だそう, であったな, 云うと, 没義道な, 話が, 駈け出すでねえ

▼ ようだい~ (9, 0.0%)

21 うまい, これから先, でございますかと, と言つて五百円, はあぶない, をうか, を申し

▼ ようなおどけた~ (9, 0.0%)

1 ものも, 丸い鼻さき, 失敗は, 形の, 汐ふきの, 表情と, 表情を, 顔つきに, 顔ばかり

▼ ようなおどろき~ (9, 0.0%)

1 がかれ, にうたれた, にうたれる, に打たれます, の声, の眼, の表情, をもって再, 方だった

▼ ようなつまらぬ~ (9, 0.0%)

1 ことを, ものである, ものは, 乱暴を, 小さな遊び方, 気兼ね遠慮が, 男を, 話は, 馬鹿らしい話

▼ ようなほ~ (9, 0.0%)

3 がらかな, の白い 1 の明るい, の温か, の赤い

▼ ような分らない~ (9, 0.0%)

9 ような

▼ ような困った~ (9, 0.0%)

4 ような 1 ことは, ところは, 様子で, 表情を, 顔を

▼ ような憤り~ (9, 0.0%)

2 を感じた 1 すら覚えた, の心, は感じなかった, や自嘲, を悔やん, を感じました, を現

▼ ようにだけ~ (9, 0.0%)

1 して, その面, われわれが, 仮定し, 作られて, 思われて, 見ようと, 見自分, 解釈し

▼ ようにとか~ (9, 0.0%)

1 そういったぐらいかね, とかく健康, 云って, 何とか, 千客万来お, 取って, 女房らが, 日光に, 申して

▼ ようにとばかり~ (9, 0.0%)

1 あの人, いって, おっしゃいました, 思って, 教導し, 桑港に, 気を, 考えて, 苦心あそばされる

▼ ようにに~ (9, 0.0%)

21 おやかな, ぎやかによろこびさわいでいるありさまが目に, こついた, ったり, ったりと, やっと笑い, 答えました

▼ ようにぶ~ (9, 0.0%)

2 ざまな 1 あいそに, いぶいと, きみであった, きみです, きみに, ざまに, わぶ

▼ よう~ (9, 0.0%)

1 並んで, 勤めらるべく, 変らず美しい, 定って, 心得若き, 聞え以ての外, 聞え次に, 聞こえ候えども, 變らず

▼ よう聞い~ (9, 0.0%)

1 ていなはれ, てみましたら, てみません, てゆけ, て下さりませ, て見んなら, て賜, て頂戴, とくれ

▼ ようお越し~ (8, 0.0%)

2 くださいました 1 くだされた, なされ, なされた, なされました, なされましたな, を

▼ ようがす~ (8, 0.0%)

1 いかにも八幡やわ, それからそれだけ, べつにとって, ウントコサ頼まれましょう, 一番当っ, 宿の, 船長, 貴郎

▼ ようここ~ (8, 0.0%)

1 が知れました, でお, で三野村さん, で逢う, に皇徳, へお, まで来られた, よりのがれる

▼ ようした~ (8, 0.0%)

2 もんぢや 1 ぞよ, たり落ちる, と讃め, ツと, ロケット推進器が, 時

▼ ようそして~ (8, 0.0%)

1 あんまり熱く, その製品, たとえ以前, 人間の, 倒に, 国の, 運河の, 過労後の

▼ ようだっ~ (8, 0.0%)

2 たりし 1 たりこの, たりする, たり今, たり子供, たり年寄, たり枯木

▼ ようないない~ (8, 0.0%)

6 ような 2 と思え

▼ ようなうめき~ (8, 0.0%)

1 がもれる, が出, が洩れ, とともに砂礫, と木, をした, を又, を立てました

▼ ようなどという~ (8, 0.0%)

1 ことは, ことを, しみったれたこと, 利いた風, 気持の, 狭い了見, 道を, 道楽気分から

▼ ような云わ~ (8, 0.0%)

1 ばむずかしい, ば哲学プロパー, ば師範式概念, ば心理学的, ば条理的, ば科学通論, ば笑っ, ば自然法概念

▼ ような呟き~ (8, 0.0%)

2 をもらした 1 が尊氏, をした, をつけ加えた, をのこし, を記憶, 声では

▼ ような怒~ (8, 0.0%)

1 の為, 愁の, 濤が, 濤そして, 濤に, 濤の, 濤を, 色は

▼ ような煙り~ (8, 0.0%)

1 が束, が流れ出し, が炉, が立ち, が立ち昇っ, は強い, は黒駒, や湯気

▼ ような痩せた~ (8, 0.0%)

1 からだ, 優男であった, 冷たい手, 弱々しい感じ, 手を, 男や, 躯で, 顔を

▼ ような笑う~ (8, 0.0%)

8 ような

▼ ような落ちついた~ (8, 0.0%)

1 また型, 御態度, 心持に, 態度で, 方で, 表情で, 見方を, 顔を

▼ ような誤った~ (8, 0.0%)

2 説を 1 先入観を, 印象を, 想定に, 考を, 解釈の, 運動を

▼ ようにのみ~ (8, 0.0%)

2 思われて 1 すべての, 傾いて, 導いて, 歴史の, 訓練され, 骨を

▼ ようにゃ~ (8, 0.0%)

1 あ思われねえ, あ行かねえや, しないという, アしねえ, 思えねえん, 気精を, 行かないからね, 行かないらしいん

▼ ようまで~ (8, 0.0%)

1 たべろ, みんな数字に, 仔細に, 別に, 女の, 子どもらしくなっ, 気に入るて, 黙りこくつた妹娘

▼ よう~ (8, 0.0%)

1 いきなりひとりでにすっと手, うっ, すぐこの, でもどうして, 何しろ三十何台, 何と私たち, 島田の, 或は西村

▼ ようよく~ (8, 0.0%)

1 たのんで, 云って, 兄より, 勉強せね, 注意する, 申し聞かせて, 相談を, 訓誡し

▼ よう申し~ (8, 0.0%)

2 てやります 1 てありますれ, てある, ておけ, てもらいましょう, て下さい, て二

▼ よう~ (8, 0.0%)

1 にしろ, に逢っ, に附, の事, の家, もそういう, も遂に, を見舞っ

▼ ようがん~ (7, 0.0%)

21 しょう, すよ, す何, す金, ます

▼ ようしっかり~ (7, 0.0%)

1 した性根, して, してよう多助爺, と修行, なさいよ, 勉強を, 考えな

▼ ようしない~ (7, 0.0%)

1 けれども多分, でい, でただ, にきまつ, のである, ように, 園芸界の

▼ ようじゃった~ (7, 0.0%)

1 からなたぶん, が, があの, がどう, が一体, が先程試合前, な

▼ ようでありまし~ (7, 0.0%)

1 て, てかく, てこの, てどこ, て中, て人, て今後

▼ ようでございまし~ (7, 0.0%)

2 てその 1 ていくら, てただ今, てな, てね, て仕方

▼ ようでございましたら~ (7, 0.0%)

1 お粗末, お身の上, そう言っ, その手箱, 何か, 失礼ながら, 永くお

▼ ようでしょう~ (7, 0.0%)

1 か, から, がその, ちょっと片, ね, ねえ, 蝙蝠安を

▼ ようどう~ (7, 0.0%)

1 したい, したいその後, したの, したのよ, しようと, しようという, だ

▼ ようなかれ~ (7, 0.0%)

1 であった, では, の一瞬, の姿, の頭, らからの, ら五人の

▼ ようなかんじ~ (7, 0.0%)

2 がする 1 がし, がした, がします, がつづきました, が梃子

▼ ようなかんた~ (7, 0.0%)

7 んな

▼ ようなきれ~ (7, 0.0%)

1 ぎれな叫び声であった, ぎれの, で包んだ, の長い, をつまみあげた, をぱっと, 込みである

▼ ようなこた~ (7, 0.0%)

1 あから, あねえ, あねえだろう, あまっぴら, ない, ァいたしやせん, ァしねえ

▼ ようなしない~ (7, 0.0%)

7 ような

▼ ようなわからぬ~ (7, 0.0%)

6 ような 1 理窟を

▼ ような寝~ (7, 0.0%)

1 かたを, まき姿である, 呆け声を, 場所の, 姿, 姿が, 方は

▼ ような曇り~ (7, 0.0%)

2 のない, 日の 1 なき眼, めの, を私

▼ ような汚れた~ (7, 0.0%)

1 ものは, 人足が, 天蓋から, 手で, 枕紙に, 毛からは, 風態の

▼ ような浮いた~ (7, 0.0%)

1 お話なら, ところを, 大胆さと, 気も, 沙汰では, 話で, 調子で

▼ ような澄み切った~ (7, 0.0%)

1 水の泡が, 眼で, 瞳を, 紺碧の, 美しさ, 親切な, 静かな

▼ ような甘えた~ (7, 0.0%)

1 ような, 口の, 嗚咽と, 安らかな, 心持で, 泣き声を, 眼付だった

▼ ような阿~ (7, 0.0%)

1 娜者だった, 婆摺れ, 弗利加奥地の, 闍利さまの, 附主義でない, 魔さ, 魔女だ

▼ ようにとり~ (7, 0.0%)

2 交わされるの, 計って 1 乱して, 散らかされ酒屋, 澄まして

▼ ようになどと~ (7, 0.0%)

1 いって, くどくどと, だれだって, 忠告すべきだろう, 思う自分, 恩に, 言われると

▼ ようふく~ (7, 0.0%)

3 だんす 2 だん 1 とにん, をかきわけ

▼ よう~ (7, 0.0%)

3 真夜中の 2 眞夜中の 1 この山里, 靜かな

▼ よう伝え~ (7, 0.0%)

2 てくれ, てくれい 1 てくれた, てもらいたい, もしました

▼ よう出来る~ (7, 0.0%)

2 だけの力 1 さうで, ぞ, だけの努力, だけ金, だけ静か

▼ よう命じた~ (7, 0.0%)

1 ことさえ, そうです, のでありました, のにこれ, のみで, もうであろう, ものさ

▼ よう後生~ (7, 0.0%)

6 だから 1 だよう

▼ よう次第~ (7, 0.0%)

1 で, では作家, で一人前, で人, で千里, で待たね, で早く

▼ よう~ (7, 0.0%)

1 が分かった, のわかつた, のわかる, の言われる, を喰い得なかった, を申すまい, を言われい

▼ よう用心~ (7, 0.0%)

1 した, しつつ, して, しなければ, するん, の男, を頼ん

▼ よう~ (7, 0.0%)

1 で教える, に分たるる, に留まった, は赤く, もあてられた, をあいた, をやった

▼ よう知り~ (7, 0.0%)

6 まへん 1 をる

▼ よう考へ~ (7, 0.0%)

4 て御覧 1 てみい, てみなされ, て御

▼ よう聞け~ (7, 0.0%)

51 よう聞けや, 武蔵が

▼ よう見えた~ (7, 0.0%)

21 が, で, な, のです, 田も

▼ よういな~ (6, 0.0%)

3 ことじゃ, ことで

▼ ようおい~ (6, 0.0%)

3 でなされました 1 でくだされました, でやす, でやす下河原

▼ ようくれぐれも~ (6, 0.0%)

1 おすすめ申上げます, おたのみもうします, お依みし, お頼みいたし, 注意された, 配慮を

▼ ようござんすわ~ (6, 0.0%)

1 おかみさん, どうせ源さん, なんでも, わたしが, 冬子さん, 私の

▼ ようごろうじ~ (6, 0.0%)

4 ませ 2 なさりませ

▼ ようしだい~ (6, 0.0%)

1 です, ではある程度, で随分, によってはいくらでも, はかく, を打ち割っ

▼ ようしとる~ (6, 0.0%)

1 と政友会, に, のが, やっぱり傭兵, ように, わ

▼ ようしゃ~ (6, 0.0%)

3 はしない 1 なく見せつけられる, はならない, を願います

▼ ようじゃが~ (6, 0.0%)

1 お身, ハテ, 今の, 仏説に, 御坊姫は, 最初の

▼ ようじゃと~ (6, 0.0%)

1 いえ, いつもの, さいぜんから, 気の毒の, 申上げた, 苦しむ者

▼ ようすから~ (6, 0.0%)

3 察する 1 すぐにでも, 天気の, 怪物は

▼ ようすである~ (6, 0.0%)

1 おせんは, からいっそ, がすぐ, が水戸, とのこと, のにあまり

▼ ようそういう~ (6, 0.0%)

1 ものが, ものを, 生きかた, 生活万端の, 議論は, 関係が

▼ ようそこ~ (6, 0.0%)

1 からかまた, からかまたは, には愛妻, に生える, に防禦工事, まで探り出さっし

▼ ようでござん~ (6, 0.0%)

2 すが, すね 1 す, すからみんな

▼ ようでなくっ~ (6, 0.0%)

1 ちゃあいいえ, ちゃあ本場もん, ちゃ若い, ちゃ駄目, て上, て白い

▼ ようなかすれた~ (6, 0.0%)

2 声で 1 低声, 囁き声が, 囁き声で, 音を

▼ ようなとぼけた~ (6, 0.0%)

3 顔を 1 ひとが, 事が, 竜舌蘭の

▼ ようなひ~ (6, 0.0%)

2 げが, げを 1 ぐまの, ややかな声

▼ ようなふざけた~ (6, 0.0%)

1 もので, ような, 心持では, 眼つきで, 話だ, 調子で

▼ ようなほほえみ~ (6, 0.0%)

1 がほのか, が彼, だのお祈り, をうかべ, を浮かべ, を浮べた

▼ ような下らぬ~ (6, 0.0%)

2 話を 1 ことを, もので無い, 細工物や, 者が

▼ ような冷めたい~ (6, 0.0%)

1 ものに, 人に, 人間孤独の, 語気で, 風に, 風の

▼ ような凹み~ (6, 0.0%)

1 ができ, が寄っ, が見られる, に誰, の中, を見せ

▼ ような取~ (6, 0.0%)

1 とめも, 做方を, 極が, 計は, 詰め方で, 附の

▼ ような嗄れた~ (6, 0.0%)

1 カサカサした, 声が, 声で, 声である, 御声, 御返辞

▼ ような思いきった~ (6, 0.0%)

1 ことは, ことも, 御諫奏, 悲しいアキラメ, 所作は, 記事が

▼ ような歪んだ~ (6, 0.0%)

2 顔を 1 形の, 扉を, 梯子段を, 顔付きだった

▼ ような気取った~ (6, 0.0%)

1 ものの言い方, 口調で, 手紙を, 書出しを, 様子で, 無邪気も

▼ ような泣き~ (6, 0.0%)

4 方を 1 方だ, 方です

▼ ような泣く~ (6, 0.0%)

3 ような 1 がよう, にも泣かれず, に泣かれずむかつく

▼ ような澄ました~ (6, 0.0%)

1 態度を, 無表情な, 細面の, 面で, 顔で, 顔を

▼ ような疲れた~ (6, 0.0%)

1 ときの, ような, 埃っぽい, 声を, 顔を, 黒洋服申訳ばかりの

▼ ような疼き~ (6, 0.0%)

1 が鬱積, とが鬢, に終夜, をおぼえた, を胃, を覚えた

▼ ような立ち入った~ (6, 0.0%)

1 事が, 事まで, 写実的傾向の, 咎め立てするなら, 本質的な, 説明は

▼ ような遣~ (6, 0.0%)

2 瀬ない 1 切ない事, 口じゃ, 方では, 瀬の

▼ ような食い~ (6, 0.0%)

2 方を 1 かたという, 心棒にゃ, 方だ, 方は

▼ ようにといった~ (6, 0.0%)

1 ことが, のは, ほうが, ような, 意味は, 方が

▼ ようにな~ (6, 0.0%)

1 つてからも, よいか, 何か, 暗い冷, 源助, 自分の

▼ ようにばっかり~ (6, 0.0%)

1 いうけんど, いうもの, 受取られるけれど, 思われて, 思われる心持, 理屈を

▼ ようのね~ (6, 0.0%)

1 えやつサ, え不思議, え仕事, え奴, え怖, え野郎

▼ よう~ (6, 0.0%)

1 がすん, に負, に顔, のよう, の心, らしくなったが

▼ よう今日~ (6, 0.0%)

21 からお, から準備, が危, はお

▼ よう何処~ (6, 0.0%)

1 かへ出, かへ嫁, の奴, へも行く, へ行かう, まで行く

▼ よう希望~ (6, 0.0%)

2 する 1 があつ, して, するし, するもの

▼ よう祈っ~ (6, 0.0%)

1 ている, ております, てやまない, て下さい, て居ります, て止みません

▼ よう話し~ (6, 0.0%)

1 てくれません, てったら, てやってき, て十円手つけ, やはった, やはる

▼ よう~ (6, 0.0%)

1 か面白い, がおなじ, だってしん, でも, とも話し合える, にもいわない

▼ よう頼ん~ (6, 0.0%)

2 でくれ 1 であげよう, でおけ, でちょうだい, でなおも

▼ ようあれ~ (5, 0.0%)

1 で一丁, は見事, ほどしっかり, をごらん, 死んじゃうよう

▼ よういっ~ (5, 0.0%)

1 さんに, てン, て参れ, て居る, て置い

▼ よういに~ (5, 0.0%)

1 くさむら, そうじゅう室, そのば, 大きなクマの, 手入れが

▼ ようおいで~ (5, 0.0%)

1 せめてお茶, で, なさりませ, になった, を賜わりました

▼ ようおねがい~ (5, 0.0%)

2 いたします 1 します, せい, 申して

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 ておくれました, なはった, になっ, もに銘じ, ゅッ

▼ ようきい~ (5, 0.0%)

1 ている, ておくれやす, てからにする, てくれた, てくれました

▼ ようごす~ (5, 0.0%)

1 お父さんは, ひとつ書きやしょう, 一つ拝見しやしょう, 旦那もう, 私達が

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 くり切れたは, すれば, まであがめ, やちようさ, りつかた京へ

▼ ようさえ~ (5, 0.0%)

1 あった, ありません, づる鳥が, 気に入ったら妾, 知って

▼ ようしゃも~ (5, 0.0%)

1 なくかわいそう, なくころし, なくどろどろ, なくわし, なく畳

▼ ようそれとなく~ (5, 0.0%)

1 すすめたの, 努めて, 断って, 計らって, 身分を

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 あ, あ言わない, づねてみて送れん, ところが, 様子を

▼ ようっていう~ (5, 0.0%)

2 んだ, んだろう 1 友人な

▼ ようつて~ (5, 0.0%)

21 なあ, ばなんか, ばよう

▼ ようであったなら~ (5, 0.0%)

1 どれほど助かる, ばおれ達, ば三百五十両, ば手金, 人々は

▼ ようであったろう~ (5, 0.0%)

1 か, か二つ, と想像, と拝察, と私

▼ ようでござった~ (5, 0.0%)

21 かな, が, の

▼ ようでわからない~ (5, 0.0%)

1 つい近い, のが, のだった, のは, ゴム製品の

▼ ようとしては~ (5, 0.0%)

1 いられませんが, これは, より多く, 不審の, 遁げられつ

▼ ようどこ~ (5, 0.0%)

1 かへ書い, から知れた, か材料, に隠れる, の精神

▼ ようないう~ (5, 0.0%)

3 にいわれない 1 にいえぬ, にいわれぬ

▼ ようなしゃがれ~ (5, 0.0%)

3 声で 1 声が, 声を

▼ ようなしゃれた~ (5, 0.0%)

1 ことを, 答えかたは, 者も, 道行では, 金網が

▼ ようなった~ (5, 0.0%)

1 くらいです, ぞ, と云っ, よ, わい

▼ ようなど~ (5, 0.0%)

1 えらいこと, なり声, ろぼうだ, ろまみれの, 注意し

▼ ようなども~ (5, 0.0%)

1 きわめて凝った, よく人, 下の, 存じおるであろうが, 至極丁寧

▼ ようなふるえ~ (5, 0.0%)

2 が自分たち 1 がシーツ, 声で, 声でしか

▼ ようなりし~ (5, 0.0%)

1 が怪しい, が愚か, という, にて箱館, 小親

▼ ような冴えた~ (5, 0.0%)

1 声で, 月が, 美しい雲, 色が, 藍色が

▼ ような冷めた~ (5, 0.0%)

3 さで 2 さを

▼ ような分らぬ~ (5, 0.0%)

3 ような 1 ことを, 淋しさ

▼ ような吠え~ (5, 0.0%)

3 声を 1 声が, 声と

▼ ような啼き~ (5, 0.0%)

2 声を 1 声が, 声である, 工合や

▼ ような喚き~ (5, 0.0%)

1 と喚き, に迎えられ, 声, 声が, 声を

▼ ような建て~ (5, 0.0%)

3 方で 1 方であった, 方でした

▼ ような戯れ~ (5, 0.0%)

1 をこの, をし得る, を申しましょう, 看板せず, 謡が

▼ ような濡れた~ (5, 0.0%)

3 大きな眼 1 感じの, 雪の

▼ ような生きた~ (5, 0.0%)

1 のでない, ギリシア人形模様を, 屍に, 新鮮な, 話であった

▼ ような知らない~ (5, 0.0%)

1 ような, 人達の, 他国で, 声から, 年若

▼ ような腐った~ (5, 0.0%)

1 ような, 店と, 根性は, 牡蠣の, 魚の

▼ ような荒れ果てた~ (5, 0.0%)

1 この地方, 山寺の, 建物でした, 建物の, 館の

▼ ような落ち着いた~ (5, 0.0%)

1 ようすで, 心地で, 調子であった, 響だった, 高華

▼ ような言う~ (5, 0.0%)

4 に言われぬ 1 に言われない

▼ ような訊き~ (5, 0.0%)

2 方を 1 方が, 方だった, 方は

▼ ような訴える~ (5, 0.0%)

5 ような

▼ ような謂わ~ (5, 0.0%)

1 ば, ば一介, ば危機, ば古, ば生活力

▼ ような間違った~ (5, 0.0%)

1 ことは, 不自然な, 料簡で, 芝居を, 話が

▼ ような驚くべき~ (5, 0.0%)

1 ヒステリイに, 事実を, 俗信は, 心理状態に, 氷や

▼ ような鳴~ (5, 0.0%)

2 声を 1 声で, 声と共に, 声に

▼ ようにかの~ (5, 0.0%)

2 女の 1 古塚, 女に, 女を

▼ ようにぞ~ (5, 0.0%)

1 おーッ, ろ, ッと, ーっと, 居る

▼ ようになんて~ (5, 0.0%)

1 すすめは, 教えて, 気づかわれるよりは, 祈りやしませんよ, 私が

▼ ようにばかりは~ (5, 0.0%)

1 いかぬ, ゆかぬと, 事実は, 出来て, 参らんです世の中

▼ ようもう~ (5, 0.0%)

1 いちど勉強し直す, そんな考, やめに, 一つだけさ, 一遍丈夫に

▼ ようわけ~ (5, 0.0%)

1 がない, はありません, はない, は知り, もなく

▼ ようわし~ (5, 0.0%)

1 が留守, には思われ, の屋敷, を思え, を救つて

▼ よう~ (5, 0.0%)

2 ふこと 1 つてるンだい, ふて聞かせるだよ, やはらん

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 から諸家, の悪戯, までのこと, まで多少, まで生き

▼ よう伏し~ (5, 0.0%)

1 てお, ておすすめ, ておねがい, てお願い, てねがいあげます

▼ よう似合う~ (5, 0.0%)

1 てますやろ, な, のです, のに朋輩, わこいさん

▼ よう依頼~ (5, 0.0%)

1 されて, したの, したもの, しました, を受けた

▼ よう充分~ (5, 0.0%)

1 に土地, に気, 気を, 見張りを, 覚悟致し

▼ よう切に~ (5, 0.0%)

1 おすすめします, おすすめ申し上げまする, お進めいたします, 慫慂された, 懇願す

▼ よう寝た~ (5, 0.0%)

1 ぐつすりと夢も, さすがに, はる, 三時半には, 何もかも忘れ

▼ よう帰っ~ (5, 0.0%)

2 て来た 1 ておい, てお出で, て来

▼ よう御存じ~ (5, 0.0%)

1 じゃからとなあ, じゃのう, であらせられる, でご, の筈

▼ よう思う~ (5, 0.0%)

2 んやったら 1 ちょらんけ, てみ, てもみられい

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 に入り, の挙げよう, をつけなかった, を組み合せ, 短く読切

▼ よう手配~ (5, 0.0%)

1 されて, して, せい, でもさっしゃい, をする

▼ よう教え~ (5, 0.0%)

2 てくれた 1 ておくれよう, てくだされた, て御

▼ よう泣く~ (5, 0.0%)

21 のは, 子に, 子供だ

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 つてるの, つとるくせ, つとるぞ, つとるの, つとるやらう

▼ よう知らん~ (5, 0.0%)

1 があの, が東, が肺病, くせに, なア

▼ よう~ (5, 0.0%)

2 かけて 1 に念じた, のみ国, を祈れよ

▼ よう~ (5, 0.0%)

1 には伺う, は後, をし, をしました, をばきめん

▼ ようあと~ (4, 0.0%)

1 からあと, から持っ, つけろ, で代金

▼ ようあんな~ (4, 0.0%)

2 下卑たこと 1 不細工な, 生活は

▼ よういい~ (4, 0.0%)

2 じゃねえ 1 ですか, 働きてと

▼ よういつ~ (4, 0.0%)

1 てきかせる, むうな, 帰ったん, 迄も印象

▼ よういと~ (4, 0.0%)

21 なあ, まけ

▼ よういろ~ (4, 0.0%)

2 男, 男と

▼ ようござんすね~ (4, 0.0%)

1 この辺, こんなとき, もと, よろしうござんす

▼ ようせず~ (4, 0.0%)

1 に怠りがち, に煩悶, に通つて, ば過

▼ ようせぬ~ (4, 0.0%)

1 つもりだ, ばかりか路, 男よ, 筑前じゃ

▼ ようそっと~ (4, 0.0%)

1 この坂道, この式, ついて, 餉台を

▼ ようそれから~ (4, 0.0%)

1 それへと, と聞きたがる, 摩耶は, 私の

▼ ようたっ~ (4, 0.0%)

1 て, てその, て捕, て無理

▼ ようたつ~ (4, 0.0%)

2 て駄目さ 1 てつけられやしません, て駄目

▼ ようって~ (4, 0.0%)

1 いえば, たらようだんな, ば, んでしょう

▼ ようても~ (4, 0.0%)

1 ありながら, お客が, こっちの, 器量が

▼ ようでげす~ (4, 0.0%)

1 がお嬢さんの, がべつに, と相, 好い女

▼ ようでござんす~ (4, 0.0%)

1 けれどこの, ぜ, ねえ, 少しでも

▼ ようではござります~ (4, 0.0%)

1 がこの, が只今, が実は, が腹

▼ ようで御座いました~ (4, 0.0%)

2 がその 1 が, が私

▼ ようで見~ (4, 0.0%)

1 っともない, ている, てすぎる, ッとも

▼ ようとて~ (4, 0.0%)

1 一貫文くれた, 出来るもの, 拳に, 為得ぬ

▼ ようなあわて~ (4, 0.0%)

1 かたに, 方だった, 者では, 者はねえ

▼ ようなう~ (4, 0.0%)

1 がいを, ざっこさは脱し, なりを立て, ッとう

▼ ようなうなずき~ (4, 0.0%)

2 をした 1 かたを, が万吉

▼ ようなかくし~ (4, 0.0%)

1 ボタンが, 戸が, 戸な, 立てという

▼ ようなかたまり~ (4, 0.0%)

1 ができ, が海, はふしぎ, は炉

▼ ようなくぼみ~ (4, 0.0%)

1 があっ, が自然, の所, をこしらえ

▼ ようなしかめ~ (4, 0.0%)

3 顔を 1 面を

▼ ようなしくじり~ (4, 0.0%)

1 がなかっ, のみであった, もありました, をし

▼ ようなぞとは~ (4, 0.0%)

1 どこから, 夢にも私, 思はなかつたな, 閻魔様で

▼ ようなとどろき~ (4, 0.0%)

1 が動悸, が彼, とともに消え去った, を上げる

▼ ようなとりとめ~ (4, 0.0%)

3 のない 1 もない

▼ ようなはしゃぎ~ (4, 0.0%)

2 方で 1 かたさえ, 方だった

▼ ようなはね~ (4, 0.0%)

1 がみじかく, でフワフワ, で飛ぶ, をもち

▼ ようなもっ~ (4, 0.0%)

1 くりした, たりした, たりとした, てえねえ

▼ ような下卑た~ (4, 0.0%)

2 やつは 1 やつとは, 薄笑いを

▼ ような乱れた~ (4, 0.0%)

1 文字で, 走りが, 足音が, 髪の

▼ ような光る~ (4, 0.0%)

1 ものの, ものを, 影も, 星影が

▼ ような凝った~ (4, 0.0%)

1 ものじゃ, 丹念に, 渋好みの, 美味い食事

▼ ような古びた~ (4, 0.0%)

1 地下タビを, 小舎, 皮膚の, 葉鶏頭や

▼ ような叱~ (4, 0.0%)

2 言を 1 言は, 陀とともに

▼ ような呼び~ (4, 0.0%)

2 方は 1 方であります, 方も

▼ ような唸き~ (4, 0.0%)

1 とともにがつんと, と共にぶっ, にのた打った, を立て

▼ ような喋り~ (4, 0.0%)

1 かたで, かたは, 方, 方が

▼ ような奥まった~ (4, 0.0%)

1 六畳の, 諸現実, 部屋いっぱい煙草の, 静かさは

▼ ような媚び~ (4, 0.0%)

2 の笑顔 1 があった, の低

▼ ような憧れ~ (4, 0.0%)

1 の世界, をよせた, を抱きはじめた, を捧げ

▼ ような懸~ (4, 0.0%)

2 声で 1 声であった, 声を

▼ ような振~ (4, 0.0%)

2 をした 1 をし, をする

▼ ような探し~ (4, 0.0%)

1 ものさ, ものに, 方であった, 物が

▼ ような暮し~ (4, 0.0%)

4 方を

▼ ような枯れた~ (4, 0.0%)

1 ような, 柔和さが, 淋しい山中, 絵を

▼ ような濁った~ (4, 0.0%)

1 しかし鋭い, 声が, 水の, 空気に

▼ ような照れた~ (4, 0.0%)

4 ような

▼ ような生きる~ (4, 0.0%)

1 ポーズは, 意欲そのものの, 感情の, 権利を

▼ ような老いぼれ~ (4, 0.0%)

1 になん, の弱い, を夫, 清水不

▼ ような聞かない~ (4, 0.0%)

4 ような

▼ ような聞く~ (4, 0.0%)

1 からにムッ, にたえぬ, に堪えない, も無残

▼ ような苛立たしい~ (4, 0.0%)

1 わびしさ, カゲリや, 愛情ある, 氣分で

▼ ような解らない~ (4, 0.0%)

4 ような

▼ ような誓い~ (4, 0.0%)

1 の文句, の言葉, をする, を合唱

▼ ような遣る~ (4, 0.0%)

2 瀬な 1 瀬ない, 瀬の

▼ ようにといふ~ (4, 0.0%)

1 ことである, ことでございます, 私の, 願ひ

▼ ようにとでも~ (4, 0.0%)

1 いいつけたこと, 云ったら好い, 形容したい, 祈ったん

▼ ようにもの~ (4, 0.0%)

1 あやしい, ほしの, わかりよい, 優しい働き者

▼ ようによ~ (4, 0.0%)

2 つては 1 つて不幸でも, つんば

▼ ようにわ~ (4, 0.0%)

1 あっと叫び, ざとじぶんの譜へ, ッと, ーっと

▼ ように対する~ (4, 0.0%)

1 新たな, 真摯な, 見かた, 関心では

▼ ようべの~ (4, 0.0%)

4 雨に

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 づだなんてよう, づぢや八九年も, づなんざ譯あ, づなんち病氣は

▼ ようやっ~ (4, 0.0%)

1 ておりましょう, ております, てみせ, て呉れる

▼ ようやっぱり~ (4, 0.0%)

1 おまえだった, これは, 美津から, 貴公か

▼ よう~ (4, 0.0%)

2 っぱ 1 っぱにおけると, っぱのひとりの少年

▼ よう~ (4, 0.0%)

21 い, なあ先生

▼ よう云っ~ (4, 0.0%)

1 てくれた, てよこす, て下さい, て居

▼ よう交渉~ (4, 0.0%)

2 して 1 した, すべきだと

▼ よう今年~ (4, 0.0%)

3 居れば 1 は僕

▼ よう似てる~ (4, 0.0%)

1 が違う, けど, さかいわし等, わ

▼ よう出来た~ (4, 0.0%)

1 お人, と見せよ, よう出来た, 稲の

▼ よう分りませぬ~ (4, 0.0%)

1 が, がその, が敦賀, が馬

▼ よう努め~ (4, 0.0%)

2 ている 1 てて, て平気

▼ よう努める~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことである, というの, のが

▼ よう取り計らっ~ (4, 0.0%)

1 てつかわす, てつかわそう, てやる, て得させよう

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 さわぎを, にお, 富豪令夫人, 焼野原に

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 だけ出来る, の嫉妬, は見, を見入った

▼ よう御存知~ (4, 0.0%)

21 でご, でございましょうがの

▼ よう心得~ (4, 0.0%)

1 ている, ております, てます, て出頭

▼ よう心掛け~ (4, 0.0%)

1 てくれ, てくれる, 何事が, 手紙だけでも

▼ よう忠告~ (4, 0.0%)

2 せよと 1 を申, 仕候

▼ よう手筈~ (4, 0.0%)

1 が出来, をきめ, をきめました, を致し

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 がやって来た, が暮れ, には二ひき, のごご

▼ よう早う~ (4, 0.0%)

1 に来, 帰りました, 支度させい, 来う

▼ よう~ (4, 0.0%)

2 の光 1 の影, を蔽い

▼ よう燃える~ (4, 0.0%)

2 火で 1 感泣, 木に

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 う, からも堅く, には晩酌囲碁, に申し出た

▼ よう特に~ (4, 0.0%)

1 あの六体, 厳命され, 手紙を, 皆さんの

▼ よう~ (4, 0.0%)

2 上げて 1 上げたつもり, 付けた

▼ よう知っとる~ (4, 0.0%)

1 さ, し本当に, と云う, わい

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 という神経, と云い出したら, と夢にも, と夢想

▼ よう致し~ (4, 0.0%)

1 てみよ, 候心得か, 度し, 恐れながら

▼ よう行っ~ (4, 0.0%)

1 ていらっしゃいまし, てくれ, て来ぬ, て見

▼ よう行つて~ (4, 0.0%)

1 くらつし, まアまアくつろいだ, 見て, 見ること

▼ よう見る~ (4, 0.0%)

1 に従って肩, 目にも, 間に, 顔や

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 えてゐや, えてゐる, えとき, えません

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 のこなし, の強健, をいとう, を休め

▼ よう降る~ (4, 0.0%)

1 ことじゃ, なあ, なモロコ, 雨だ

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 からむしろ, の形, を下げました, を喇叭

▼ よう頼んだ~ (4, 0.0%)

2 のも 1 のだ, のです

▼ よう~ (4, 0.0%)

1 は青, をばあげ, を上げた, 見せて

▼ よう~ (4, 0.0%)

2 を折っ 1 をおるでござろう, を折った

▼ ようあなた様~ (3, 0.0%)

1 からも何とぞ, のお, は早く

▼ ようあの~ (3, 0.0%)

1 亀は, 女は, 頃の

▼ ようあらかじめ~ (3, 0.0%)

2 セロファンで 1 言って

▼ ようある~ (3, 0.0%)

1 場所で, 時間押し, 話や

▼ よういたし~ (3, 0.0%)

1 て下さる, て来た, 候ことに

▼ よういつも~ (3, 0.0%)

1 おそば, の自分, 内輪目の

▼ よういわん~ (3, 0.0%)

1 さかいあんた, といわば, わ

▼ よう~ (3, 0.0%)

2 ーい 1

▼ ようお母さん~ (3, 0.0%)

1 の手, またこんど, もやたら

▼ ようお礼~ (3, 0.0%)

1 いうて, を申しあげなさい, を申せ

▼ ようお祈り~ (3, 0.0%)

1 いたして, いたします, 申しあげ候

▼ ようお願い申~ (3, 0.0%)

3 上げます

▼ ようかという~ (3, 0.0%)

1 場合かと, 時此方から, 点に

▼ ようかとも~ (3, 0.0%)

2 思って 1 思ったが

▼ ようかん色~ (3, 0.0%)

2 になった 1 にかわっ

▼ ようがねえ~ (3, 0.0%)

1 久し振りで, 当てに, 新吉さんお前が

▼ ようきみ~ (3, 0.0%)

1 からたのん, は自由, をこらしめた

▼ ようこちら~ (3, 0.0%)

1 から取計らっ, が果てしない, の人かげ

▼ ようこっそり~ (3, 0.0%)

1 とお, とやっ, 抜出し伯父

▼ ようことに~ (3, 0.0%)

1 そのあし, その晩, 目は

▼ ようござんすが~ (3, 0.0%)

21 ねお

▼ ようござんせう~ (3, 0.0%)

1 が, よ, 大豆も

▼ ようしかも~ (3, 0.0%)

1 下名らは, 二杯頼んだ, 部落の

▼ ようすぐ~ (3, 0.0%)

1 お客の, に手配, に調え進ぜるでござろう

▼ ようすでありました~ (3, 0.0%)

1 からまごまご, から思わず, がその

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 い, これでは, みんな

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 なたを, は例, よろそ

▼ ようため~ (3, 0.0%)

1 ではありません, のもの, の御

▼ ようたる~ (3, 0.0%)

1 ものを, やとうてい, 水の

▼ ようだけ~ (3, 0.0%)

1 あな, では, れ共

▼ ようでございまする~ (3, 0.0%)

1 がお, がともかく, が多勢

▼ ようですまない~ (3, 0.0%)

1 が, ことです, 気が

▼ ようでわからぬ~ (3, 0.0%)

1 のは, 場合も, 歌です

▼ ようで困った~ (3, 0.0%)

2 ものだ 1 ものと

▼ ようで困る~ (3, 0.0%)

1 からどうぞ, と冗談, のだ

▼ ようで寝~ (3, 0.0%)

1 たり起き, ている, 覚が

▼ ようで死ぬ~ (3, 0.0%)

1 ことは, のじゃ, ほどに心配

▼ ようで見る~ (3, 0.0%)

1 目に, 目には, 者も

▼ ようとでも~ (3, 0.0%)

1 するやう, するよう, 云うべきもの

▼ ようどなた~ (3, 0.0%)

2 か駐在さん 1 かに力

▼ ようどんな~ (3, 0.0%)

1 ことに, ことを, 事を

▼ ようなあけ~ (3, 0.0%)

1 っぱなしな, っ放しの, 方までも

▼ ようなあやまち~ (3, 0.0%)

1 をその, を敏子, を犯し

▼ ようなありき~ (3, 0.0%)

1 たりのもの, たりの洗面装置, たりの道徳論

▼ ようないたみ~ (3, 0.0%)

1 をかんじ, を感じました, を感ぜず

▼ ようないら立たし~ (3, 0.0%)

2 さが 1 さは

▼ ようなおす~ (3, 0.0%)

2 がた 1 がたも

▼ ようなおち~ (3, 0.0%)

2 つきを 1 つきの

▼ ようなおちつかない~ (3, 0.0%)

2 気分が 1 三角法的な

▼ ようなおびえた~ (3, 0.0%)

1 ような, ヒソヒソ声に, 心持ちで

▼ ようなからかう~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ ようなかわった~ (3, 0.0%)

1 たてものでし, 掛軸も, 食べ物を

▼ ようなきまった~ (3, 0.0%)

1 語のみに, 關係は, 食器が

▼ ようなけむり~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 を曳い

▼ ようなこっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃ, てまっ, てやすから

▼ ようなさびた~ (3, 0.0%)

1 声が, 色を, 金具などの

▼ ようなされ~ (3, 0.0%)

1 てもかならず, ばといっ, ば宵

▼ ようなしわがれ~ (3, 0.0%)

1 が加わっ, 声で, 声を

▼ ようなっ~ (3, 0.0%)

1 て感心, て来る, て駄目さ

▼ ようなどを~ (3, 0.0%)

1 くは, 忘られぬ, 聞き入れた

▼ ようなねばり~ (3, 0.0%)

1 と適確さ, のある, 多様性動き

▼ ようなのぼせ~ (3, 0.0%)

1 かただ, 方であったらしい, 者を

▼ ようなはにかみ~ (3, 0.0%)

1 ながらのキス, を現, 笑いを

▼ ようなひそまり~ (3, 0.0%)

1 がしいんと, が蔵人たち, をたたえ

▼ ようなひねくれた~ (3, 0.0%)

1 とこがのう, 変質的な, 心になんか

▼ ようなふくらんだ~ (3, 0.0%)

2 声で 1 頬っ

▼ ようなむきだし~ (3, 0.0%)

1 な生活, のがらがら, の石山

▼ ようなわめき~ (3, 0.0%)

1 それらが, 声が, 声は

▼ ような上ずった~ (3, 0.0%)

1 お声, 声が, 聲で

▼ ような云う~ (3, 0.0%)

2 に云われぬ 1 に云われない

▼ ような企み~ (3, 0.0%)

1 が成功, でも起さぬ, を致しました

▼ ような信じ~ (3, 0.0%)

2 がたい話 1 やすい心

▼ ような僻み~ (3, 0.0%)

1 が起っ, だの含羞, も出た

▼ ような凹んだ~ (3, 0.0%)

1 三角地帯に, 道を, 頬と

▼ ような出しゃばり~ (3, 0.0%)

2 者を 1 屋の

▼ ような出来ない~ (3, 0.0%)

1 ことばかし, ような, 相談を

▼ ような力み~ (3, 0.0%)

1 かたで, のある, を帯びた

▼ ような古ぼけた~ (3, 0.0%)

1 煤色を, 皺だらけの, 縁反帽の

▼ ような吠える~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ ような唸~ (3, 0.0%)

2 声を 1 ような

▼ ような喘ぎ~ (3, 0.0%)

1 とたたかい, と一緒, をする

▼ ような嘲る~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ ような夢見~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ているらしく

▼ ような寛ぎ~ (3, 0.0%)

2 方で 1 を覚え

▼ ような怨む~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ ような怯み~ (3, 0.0%)

1 などはどこ, に彼, を覚え

▼ ような恐しい~ (3, 0.0%)

1 光景であった, 目に, 誘惑を

▼ ような恵まれない~ (3, 0.0%)

1 ことは, 境遇に, 宿命を

▼ ような悲しむべき~ (3, 0.0%)

1 場合が, 安慰, 日が

▼ ような悶え~ (3, 0.0%)

1 でそれ, に絡まれ, をおたがいに

▼ ような愛すべき~ (3, 0.0%)

1 ものも, やさしさ, 作品を

▼ ような慌て~ (3, 0.0%)

2 かたで 1 振りは

▼ ような憑かれた~ (3, 0.0%)

1 ような, 人々の, 浮気を

▼ ような憤~ (3, 0.0%)

1 と共に涙, と恋人, をもってその

▼ ような打ち解けた~ (3, 0.0%)

1 口ぶりで, 素振りであった, 談話を

▼ ような握~ (3, 0.0%)

1 太な, 拳を, 鮓の

▼ ような教え~ (3, 0.0%)

2 方を 1 方徳義の

▼ ような曇った~ (3, 0.0%)

1 そとの, 日ざし, 空の

▼ ような死んだ~ (3, 0.0%)

1 ところが, ような, 色の

▼ ような気づかい~ (3, 0.0%)

1 はない, や愛情, をさせられる

▼ ような洒落た~ (3, 0.0%)

1 心持でも, 思い付きだった, 訳にゃ

▼ ような浮かれ~ (3, 0.0%)

1 心に, 心にも, 男の

▼ ような痩せ~ (3, 0.0%)

1 を身, ッこつ, 肉では

▼ ような罵~ (3, 0.0%)

2 言を 1 しり声は

▼ ような老いた~ (3, 0.0%)

1 女房までが, 父の, 苦笑を

▼ ような至らぬ~ (3, 0.0%)

1 ところが, ような, 人物を

▼ ような蔑む~ (3, 0.0%)

2 ような 1 ような侮る

▼ ような行き届いた~ (3, 0.0%)

1 ところは, 世話を, 注意を

▼ ような褪せた~ (3, 0.0%)

1 が紫色, 色を, 鈍い外光

▼ ような見すぼらしい~ (3, 0.0%)

1 事務所から, 様子は, 駅夫風情に

▼ ような観~ (3, 0.0%)

3 方を

▼ ような詰らない~ (3, 0.0%)

1 もので, 必要の, 時に

▼ ような詰らん~ (3, 0.0%)

1 事ばかりが, 境遇に, 身の上は

▼ ような赤茶けた~ (3, 0.0%)

1 崩壊面を, 無精ひ, 頭髪

▼ ような踊り~ (3, 0.0%)

3 方を

▼ ような軋み~ (3, 0.0%)

1 をのべつ, を立てた, 声を

▼ ような迂~ (3, 0.0%)

3 濶な

▼ ような透き通った~ (3, 0.0%)

1 白い玉, 眼で, 高くない

▼ ような這入る~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ ような違った~ (3, 0.0%)

1 世界を, 楽器で, 歌を

▼ ような鄙びた~ (3, 0.0%)

1 姿の, 洋装, 良さ

▼ ような醒めた~ (3, 0.0%)

2 心で 1 顔いろ

▼ ような隠れた~ (3, 0.0%)

1 功績も, 室が, 行為が

▼ ような面し~ (3, 0.0%)

1 ていやがった, て一升五合, て体裁

▼ ような頷き~ (3, 0.0%)

1 をし, 方, 方を

▼ ような飛び~ (3, 0.0%)

2 方を 1 方で

▼ ような飛ん~ (3, 0.0%)

3 でもない

▼ ような駈~ (3, 0.0%)

2 出しの 1 出しは

▼ ような驚いた~ (3, 0.0%)

2 ような 1 心持が

▼ ような黒ずんだ~ (3, 0.0%)

1 水面に, 物を, 青だ

▼ ようにおいて~ (3, 0.0%)

1 汽車が, 見えざるを, 飛び出して

▼ ようにげ~ (3, 0.0%)

1 ら, ッそり窶れた, ッと

▼ ようについての~ (3, 0.0%)

1 完全な, 疑問も, 目は

▼ ようについては~ (3, 0.0%)

1 あの当時, 何も, 語るところ

▼ ようにば~ (3, 0.0%)

1 さっと畳, しばしと, ッと

▼ ようにへ~ (3, 0.0%)

1 えつくばれ, たっと, ッと

▼ ようにべ~ (3, 0.0%)

1 んりで, ッたりと, ッドから

▼ ように対して~ (3, 0.0%)

1 そこから, どうしてただ, 云われるの

▼ ように迄~ (3, 0.0%)

1 なって, 一筆しめし参らせ申そ, 苦しめて

▼ ようねえ~ (3, 0.0%)

1 おじさん, そのテスト, 秋川さんそう

▼ ようねむれた~ (3, 0.0%)

1 山頭火は, 朝の, 行乞すべく

▼ ようみたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, にこ, に組みあわせ

▼ ようやつ~ (3, 0.0%)

1 たもん, て来た, ともう少し

▼ ようよくよく~ (3, 0.0%)

1 おっしゃって, ご注意, 各村民

▼ ようわが~ (3, 0.0%)

1 左翼に, 恋人, 良人の

▼ ようわきまえ~ (3, 0.0%)

1 て, ておりまする, てはおりまする

▼ ようわたし~ (3, 0.0%)

1 に頼んだ, の口, の身

▼ ようソッ~ (3, 0.0%)

1 とあと, とその, と車

▼ よう~ (3, 0.0%)

2 たア 1 てエ

▼ よう二人~ (3, 0.0%)

1 のひとたち, の袖, を二人

▼ よう似合~ (3, 0.0%)

1 のうと, ふぞな, ふとるけど

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 のところ, は心得, は知ってる

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 た, たな, たよう來

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 で鞭撻, に身, へ来

▼ よう働いた~ (3, 0.0%)

1 あの高徳, ことだ, そうで

▼ よう全力~ (3, 0.0%)

1 を尽し, を尽します, を挙げ

▼ よう出来~ (3, 0.0%)

1 たりとみかどの, てゐた, てゐる

▼ よう出来てる~ (3, 0.0%)

1 けど, わな, わア

▼ よう分つてる~ (3, 0.0%)

2 のです 1 がそい

▼ よう分り~ (3, 0.0%)

1 まいた, まっせ, よの

▼ よう判っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ています, ております

▼ よう取り計らう~ (3, 0.0%)

1 が人情, ことが, つもりで

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 なりお, 哀なる, 笑く

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 からも云う, の為め, は恋

▼ よう喧嘩~ (3, 0.0%)

1 をし, をしてた, をする

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 べなん, べぬ, べん

▼ よう好い~ (3, 0.0%)

3 新年を

▼ よう始末~ (3, 0.0%)

1 いたす考え, をしませぬ, をしろ

▼ よう小さい~ (3, 0.0%)

1 声で, 字は, 私は

▼ よう工夫~ (3, 0.0%)

1 した, すれば, をこらしました

▼ よう常に~ (3, 0.0%)

1 慎しむ, 慎重なる, 拭き清めて

▼ よう平に~ (3, 0.0%)

1 お願いいたしまする, 御容赦, 御願い申

▼ よう幾重にも~ (3, 0.0%)

2 お願い申します 1 願いたてまつり候

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 の考え, は全, もまた

▼ よう得心~ (3, 0.0%)

1 させようぞ, した, して

▼ よう心がける~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことだ, とともに店

▼ よう心得た~ (3, 0.0%)

1 のだ, 人が, 人多き

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 をいれ, をおし, を入れ

▼ よう恨み~ (3, 0.0%)

3 にでも思ふ

▼ よう持つ~ (3, 0.0%)

2 て行きます 1 ほどな

▼ よう支度~ (3, 0.0%)

1 さして, せよなど, 致して

▼ よう東京~ (3, 0.0%)

3 にお

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 がそち, が今, が形見

▼ よう準備~ (3, 0.0%)

1 し夜, をし, を整えよ

▼ よう~ (3, 0.0%)

2 えよう 1 涙ご

▼ よう知ってる~ (3, 0.0%)

1 くせに, なあこいさん, わ

▼ よう知つて~ (3, 0.0%)

1 ゐなさるんぢ, ゐる, 居られて

▼ よう祈る~ (3, 0.0%)

1 がいい, や切, 次第である

▼ よう競争~ (3, 0.0%)

1 して, だ, の末人

▼ よう絶えず~ (3, 0.0%)

1 いや増して, 人数の, 自分の

▼ よう~ (3, 0.0%)

2 に手 1 なでおろし参らせ候

▼ よう自ら~ (3, 0.0%)

1 も犯さぬ, を警戒, 戒めて

▼ よう虫めがね君~ (3, 0.0%)

3 お早う

▼ よう行く~ (3, 0.0%)

1 すえを, ものか, ように

▼ よう要求~ (3, 0.0%)

1 しつづけて, します, しよう

▼ よう見える~ (3, 0.0%)

21 のでなかろ

▼ よう見とどけ~ (3, 0.0%)

1 ておい, ておくりゃれ, よ

▼ よう覚悟~ (3, 0.0%)

1 して, しとったのに, はし

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 つた, はん, 出すよう

▼ よう計らっ~ (3, 0.0%)

1 ていただきたい, ておいた, てき

▼ よう訪ね~ (3, 0.0%)

1 てくれた, て来, て賜

▼ よう遊び~ (3, 0.0%)

1 なはれや, に来, 飽かぬ奴

▼ よう~ (3, 0.0%)

1 がない, とてもない, へ乗り出し

▼ よう頼まれた~ (3, 0.0%)

1 が然るべき, といっ, 仕立ものを

▼ よう頼む~ (3, 0.0%)

1 ためであった, は神様仏様, よ

▼ よう骨折っ~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てしまった, てつかわす

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 ははあ, ばよとい

▼ ようあけ~ (2, 0.0%)

2 がた近く

▼ ようあらゆる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 援助を

▼ ようあんた~ (2, 0.0%)

1 に顏, ァ

▼ よういうたある~ (2, 0.0%)

2 なあ

▼ よういかん~ (2, 0.0%)

1 けにろくな, によってできる

▼ よういく~ (2, 0.0%)

1 たびか, をし

▼ よういたしたく~ (2, 0.0%)

1 との儀, 候

▼ よういならぬ~ (2, 0.0%)

1 じたいと, 不安を

▼ よういや~ (2, 0.0%)

1 な, はってた

▼ よううまく~ (2, 0.0%)

1 あとを, 別れる方法

▼ ようおっ~ (2, 0.0%)

2 かあ

▼ ようおっしゃっ~ (2, 0.0%)

1 て, ては下さいません

▼ ようおとなしく~ (2, 0.0%)

1 坐って, 遊んで

▼ ようおぼえ~ (2, 0.0%)

1 ちよう, ちよんな

▼ ようおまえ~ (2, 0.0%)

1 ではよく, も勇気

▼ ようお似合い~ (2, 0.0%)

1 でございます, なさいます

▼ ようお参り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ ようお守り~ (2, 0.0%)

1 なすって, 下さいと

▼ ようお家~ (2, 0.0%)

1 へお, を大事

▼ ようお話し~ (2, 0.0%)

1 して, 申して

▼ ようかく~ (2, 0.0%)

1 が書, ていつ

▼ ようかしら~ (2, 0.0%)

1 それにしてもこの, 警察へは

▼ ようかなと~ (2, 0.0%)

1 二親は, 思つてゐる

▼ ようかも~ (2, 0.0%)

1 しれない, 知れねえが

▼ ようからの~ (2, 0.0%)

1 君な, 告げられたが

▼ ようかれ~ (2, 0.0%)

1 くさ, くさの

▼ ようくおわかり~ (2, 0.0%)

1 になっ, になったであろう

▼ ようくお考えなさい~ (2, 0.0%)

2

▼ ようけれども~ (2, 0.0%)

1 その時, 夢にもたえず浮ぶ

▼ ようげしょう~ (2, 0.0%)

1 が南蛮屋, が忠三

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 ならかし, よいは

▼ ようこっち~ (2, 0.0%)

1 から中途, から話しかけ

▼ ようこりゃ~ (2, 0.0%)

1 どうだい, ア大

▼ ようこんな~ (2, 0.0%)

1 兵隊って, 話は

▼ ようこんなに~ (2, 0.0%)

1 ぐづ, 明るくなった

▼ ようございませう~ (2, 0.0%)

1 か, ね

▼ ようござんすかい~ (2, 0.0%)

1 くれぐれもいっ, 私は

▼ ようござんすねえ~ (2, 0.0%)

1 お恥, 沢山よい

▼ ようご存じ~ (2, 0.0%)

1 じゃろが, でございますな

▼ ようご存知~ (2, 0.0%)

1 のはず, らしいおん僧

▼ ようさらさら~ (2, 0.0%)

1 と緒, 御座なく

▼ ようさりとて~ (2, 0.0%)

1 姿を, 損は

▼ ようさん自身~ (2, 0.0%)

2 がどんな

▼ ようしかし~ (2, 0.0%)

1 當の, 責めて

▼ ようします~ (2, 0.0%)

1 からとまでいっ, さかいぼんぼん

▼ ようしよう~ (2, 0.0%)

1 といった, とは昔

▼ ようじゃったら~ (2, 0.0%)

1 もうその, 吾輩の

▼ ようじゅうぶん~ (2, 0.0%)

1 に注意, 勉強いたす

▼ ようすか~ (2, 0.0%)

1 とたずねる, 知って

▼ ようすこし~ (2, 0.0%)

1 足でも, 離れて

▼ ようすじゃあまにあうめえと~ (2, 0.0%)

2 思っただ

▼ ようすつき~ (2, 0.0%)

1 で旅, を見る

▼ ようすでしきり~ (2, 0.0%)

1 と座敷, と考えごと

▼ ようすで立っ~ (2, 0.0%)

1 ていました, てゆき

▼ ようすべて~ (2, 0.0%)

1 がいやらしく, の形式

▼ ようずっと~ (2, 0.0%)

1 すみの, てまえ

▼ ようそうして~ (2, 0.0%)

1 おいでなはる, 時々二人

▼ ようそもじ~ (2, 0.0%)

2 より母上

▼ ようただ~ (2, 0.0%)

1 そこばかり, 懸命を

▼ ようだけでも~ (2, 0.0%)

1 ざっと聞かし, アリアリと

▼ ようだに~ (2, 0.0%)

1 おとよ, 窺われないのに

▼ ようだの~ (2, 0.0%)

1 古くはたくた, 昼寝を

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 えっち, ょっくら停め

▼ ようちょい~ (2, 0.0%)

1 と, と貴方ア

▼ ようでいつ~ (2, 0.0%)

1 とはなし, 夜明が

▼ ようでがす~ (2, 0.0%)

2

▼ ようでき~ (2, 0.0%)

1 さえすれ, たちし

▼ ようできた~ (2, 0.0%)

1 などと得意, 稲の

▼ ようできるだけ~ (2, 0.0%)

1 やって, 早くしなけれ

▼ ようでける~ (2, 0.0%)

1 さかい遅れ, もんかい

▼ ようでございましょう~ (2, 0.0%)

1 から, が

▼ ようでしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 歩かないみたい

▼ ようでする~ (2, 0.0%)

1 と官庁, 事なす事取り止めありません

▼ ようでなかった~ (2, 0.0%)

1 か, かと云え

▼ ようでもねえ~ (2, 0.0%)

1 ああまで, あんまり世間

▼ ようで出来る~ (2, 0.0%)

1 ことなら避けたがっ, だけ側

▼ ようで分らない~ (2, 0.0%)

1 けれどどうも, ね

▼ ようで分らぬ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものの

▼ ようで動く~ (2, 0.0%)

1 とガチャガチャ, 気にも

▼ ようで恐れ入る~ (2, 0.0%)

1 がいささか, な

▼ ようで無い~ (2, 0.0%)

1 もの大き, ような

▼ ようで相すみません~ (2, 0.0%)

1 から一通り弁明, が

▼ ようで知らない~ (2, 0.0%)

1 のは, 自分は

▼ ようで続け~ (2, 0.0%)

1 さまに, て百日

▼ ようで考え~ (2, 0.0%)

1 てみれ, て見れ

▼ ようで解らない~ (2, 0.0%)

1 のだった, 理屈である

▼ ようで這入る~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ようで黙っ~ (2, 0.0%)

1 ていれ, て膳

▼ ようとかな~ (2, 0.0%)

2 きり声で

▼ ようとしての~ (2, 0.0%)

2 細工だ

▼ ようともあれ~ (2, 0.0%)

1 先に, 布陣を

▼ ようどす~ (2, 0.0%)

1 え, な

▼ ようどれ~ (2, 0.0%)

1 にも半分, のひ

▼ ようどんなに~ (2, 0.0%)

1 私が, 苦心した

▼ ようなあざ笑う~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ようなあせ~ (2, 0.0%)

1 がふきで, が行列

▼ ようなあらたまった~ (2, 0.0%)

1 口調で, 顔つきで

▼ ようなあり来り~ (2, 0.0%)

1 の特徴, の男女

▼ ようなあるき~ (2, 0.0%)

1 かたを, 方だった

▼ ようなあわれな~ (2, 0.0%)

1 俗解は, 盲目の

▼ ようないいまわし~ (2, 0.0%)

1 をする, 方を

▼ ようないきれ~ (2, 0.0%)

1 それらが, を吸い込ん

▼ ようないんき~ (2, 0.0%)

2 な声

▼ ようなうめく~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ようなうろたえ~ (2, 0.0%)

1 ざまを, をし

▼ ようなおっかね~ (2, 0.0%)

1 えこと, えよう

▼ ようなおののき~ (2, 0.0%)

1 やすい少年, を見せ

▼ ようなおもむき~ (2, 0.0%)

1 になった, はすこし

▼ ようなかがやき~ (2, 0.0%)

1 が転がり込みました, をもった

▼ ようなかくれ~ (2, 0.0%)

2 かたを

▼ ようなかすり~ (2, 0.0%)

1 傷を, 痕が

▼ ようなかすれ~ (2, 0.0%)

1 声だった, 声で

▼ ようなかっ~ (2, 0.0%)

2

▼ ようなかまえ~ (2, 0.0%)

1 で屋根板, をし

▼ ようなきらめき~ (2, 0.0%)

1 が走った, は射ださない

▼ ようなこけ~ (2, 0.0%)

1 ら葺き, 猿の

▼ ようなこせついた~ (2, 0.0%)

1 ことを, 魂胆は

▼ ようなこましゃくれた~ (2, 0.0%)

1 しかし厭味, チョビ安と

▼ ようなごとし~ (2, 0.0%)

1 て, てまで取立てる

▼ ようなさぐり~ (2, 0.0%)

1 の色, を入れる

▼ ようなささやき~ (2, 0.0%)

1 がこう, ととても

▼ ようなしなし~ (2, 0.0%)

1 ていやがる, なした

▼ ようなしゃがれた~ (2, 0.0%)

1 含み声であった, 声で

▼ ようなしらべ~ (2, 0.0%)

1 にうっとり, に乗せた

▼ ようなしれ~ (2, 0.0%)

1 ものが, 者であっ

▼ ようなしわがれた~ (2, 0.0%)

2 声で

▼ ようなじ~ (2, 0.0%)

1 かな親し, ゃがいもにあきあきしているおっかあに食べさせ

▼ ようなすまない~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ようなせきこんだ~ (2, 0.0%)

1 口ぶりで, 口調で

▼ ようなぞを~ (2, 0.0%)

1 聞かされて, 鼻紙や

▼ ようなたしなみ~ (2, 0.0%)

1 はない, を知っ

▼ ようなだ~ (2, 0.0%)

2 んだら

▼ ようなだめ~ (2, 0.0%)

1 てこんど, て進ぜる

▼ ようなったら~ (2, 0.0%)

1 あんたはんにも, 私の

▼ ようなつかみ~ (2, 0.0%)

1 かたで, どころの

▼ ようなつかれ~ (2, 0.0%)

1 が体, の凝

▼ ようなつた~ (2, 0.0%)

1 けど大した, やうな

▼ ようなで~ (2, 0.0%)

1 はない, はなく

▼ ようなとん~ (2, 0.0%)

2 きょうな

▼ ようなとんがり~ (2, 0.0%)

1 長屋の, 頭の

▼ ようなどとも~ (2, 0.0%)

1 しなかったろう, 思ひもうけなかつた

▼ ようなどの~ (2, 0.0%)

1 おもしろく見える, 祈願が

▼ ようなはにかんだ~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ようなひがみ~ (2, 0.0%)

1 も手伝っ, 心が

▼ ようなひき~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ ようなひねこびた~ (2, 0.0%)

1 熱い強烈, 顔で

▼ ようなひん曲った~ (2, 0.0%)

1 建物が, 顔に

▼ ようなふくらみ~ (2, 0.0%)

1 のある, をもっ

▼ ようなふとった~ (2, 0.0%)

1 婆さんは, 鶏が

▼ ようなふるまい~ (2, 0.0%)

1 で曾呂利, をしました

▼ ようなぶしつけ~ (2, 0.0%)

1 な動物性, な愛想

▼ ようなぼやけた~ (2, 0.0%)

1 声で, 思い出が

▼ ようなまじり~ (2, 0.0%)

2 けない

▼ ようなむくんだ~ (2, 0.0%)

1 顔つきで, 顔で

▼ ようなめぐりあわせ~ (2, 0.0%)

1 に導いた, のうえ

▼ ようなようす~ (2, 0.0%)

1 のいい, をし

▼ ようなるべく~ (2, 0.0%)

1 彼を, 早う拙僧ひとり

▼ ようなわからん~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ようなわかりきった~ (2, 0.0%)

1 ことを, 情ない問題

▼ ようなん~ (2, 0.0%)

1 のおそれ, べん

▼ ようなんぞとは~ (2, 0.0%)

1 夢さら思わなかった, 思はない

▼ ような与~ (2, 0.0%)

1 の公, 茂吉じゃ

▼ ような中り~ (2, 0.0%)

1 があり, がある

▼ ような云い知れぬ~ (2, 0.0%)

1 恐怖から, 静寂に

▼ ような云い表わし~ (2, 0.0%)

2 方は

▼ ような会い~ (2, 0.0%)

1 方こつちで避け, 方に

▼ ような似~ (2, 0.0%)

1 て非, よりのもの

▼ ような侮り~ (2, 0.0%)

1 がたい力, の色

▼ ような働き~ (2, 0.0%)

1 方だ, 方を

▼ ような働く~ (2, 0.0%)

1 婦人まで, 男女が

▼ ような光った~ (2, 0.0%)

1 二つの, 雪景色

▼ ような出過ぎた~ (2, 0.0%)

1 ことは, 真似を

▼ ような分りきった~ (2, 0.0%)

1 問題を, 心持な

▼ ような判らぬ~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような判らねえ~ (2, 0.0%)

1 ような, 話だ

▼ ような匂わしい~ (2, 0.0%)

1 優美さでした, 気品と

▼ ような取り~ (2, 0.0%)

1 止めの, 計い

▼ ような取りとめ~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ ような取り止め~ (2, 0.0%)

1 のない, もない

▼ ような叱られ~ (2, 0.0%)

1 ながらそのもの, 方を

▼ ような叱る~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような合い~ (2, 0.0%)

1 カギが, 図を

▼ ような吹け~ (2, 0.0%)

1 ばとぶ, ば飛ぶ

▼ ような吼え~ (2, 0.0%)

1 声, 声を

▼ ような呆れた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような和み~ (2, 0.0%)

1 を帯びた, 方の

▼ ような咽び~ (2, 0.0%)

1 を上げ, 声が

▼ ような咽ぶ~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような唸り~ (2, 0.0%)

1 方つまり, 方を

▼ ような唸る~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような啜~ (2, 0.0%)

1 泣きを, 音を

▼ ような喚く~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような嗄れ~ (2, 0.0%)

1 声だった, 声で

▼ ような嘲り~ (2, 0.0%)

1 の色, 笑いを

▼ ような変り~ (2, 0.0%)

1 方だった, 方では

▼ ような変わった~ (2, 0.0%)

1 かんざしもまれでした, ことを

▼ ような変わり~ (2, 0.0%)

1 方で, 方である

▼ ような尋ね~ (2, 0.0%)

2 方を

▼ ような尖った~ (2, 0.0%)

1 唇で, 鼻骸骨の

▼ ような年取った~ (2, 0.0%)

1 女の, 母親の

▼ ような年老いた~ (2, 0.0%)

1 人たちを, 人に

▼ ような廃れた~ (2, 0.0%)

1 ものに, 屋敷に

▼ ような張り詰めた~ (2, 0.0%)

1 気分に, 気持は

▼ ような弾んだ~ (2, 0.0%)

1 気に, 調子で

▼ ような役に立たない~ (2, 0.0%)

1 旧式な, 辞書を

▼ ような忘れ~ (2, 0.0%)

1 がたい言葉, ようも

▼ ような怒った~ (2, 0.0%)

1 ようすは, ような

▼ ような怒る~ (2, 0.0%)

1 ような, 声が

▼ ような怒鳴り~ (2, 0.0%)

1 声で, 声どことも

▼ ような思いいれ~ (2, 0.0%)

2 を暫時

▼ ような思い上がった~ (2, 0.0%)

1 振舞いを, 素振りを

▼ ような急がし~ (2, 0.0%)

1 さも, さを

▼ ような怯え~ (2, 0.0%)

1 ている, を募らせ

▼ ような患い~ (2, 0.0%)

1 と感覚, は先ず

▼ ような悲しむ~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような悲しん~ (2, 0.0%)

1 で泣く, で訴える

▼ ような惚れ~ (2, 0.0%)

1 方で, 方を

▼ ような慣れない~ (2, 0.0%)

1 ものが, 産室に

▼ ような慰める~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような憎みきった~ (2, 0.0%)

1 ような, 目附き

▼ ような憐れむべき~ (2, 0.0%)

1 事情に, 顔に

▼ ような憤ろし~ (2, 0.0%)

1 さに, さの

▼ ような憶え~ (2, 0.0%)

1 がありました, がある

▼ ような打ち~ (2, 0.0%)

1 かたを, 越しの

▼ ような投げた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような拠り~ (2, 0.0%)

1 どころと, どころない

▼ ような捨て~ (2, 0.0%)

1 ばち, 鉢な

▼ ような捲~ (2, 0.0%)

1 毛と, 毛に

▼ ような掘~ (2, 0.0%)

1 立小屋という, 立小屋を

▼ ような探~ (2, 0.0%)

1 光と, 海燈の

▼ ような探る~ (2, 0.0%)

1 ような, 心掏摸の

▼ ような描き~ (2, 0.0%)

1 方であった, 方は

▼ ような擦り~ (2, 0.0%)

1 減らしの, 足で

▼ ような擽~ (2, 0.0%)

1 ぐったい記事が, ぐったげなそれでいて

▼ ような擽る~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような晴れた~ (2, 0.0%)

1 日で, 日は

▼ ような書き~ (2, 0.0%)

1 っぷりで, っぷりであった

▼ ような有り得べからざる~ (2, 0.0%)

1 右曲りの, 幻想が

▼ ような棄て~ (2, 0.0%)

1 猫とが, 鉢を

▼ ような構わない~ (2, 0.0%)

1 人であった, 容子を

▼ ような殺し~ (2, 0.0%)

1 ても殺し, 方を

▼ ような気どった~ (2, 0.0%)

1 ようすで, 調子で

▼ ような気取り~ (2, 0.0%)

1 方で, 方を

▼ ような水際立った~ (2, 0.0%)

1 名案を, 清ソな

▼ ような泣い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ ような泣きじゃくり~ (2, 0.0%)

1 の声, をし

▼ ような泣きたい~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような泣き出し~ (2, 0.0%)

2 そうな

▼ ような消え~ (2, 0.0%)

1 やすい笑い, 易いよう

▼ ような湿った~ (2, 0.0%)

1 暗夜だった, 空気が

▼ ような滅入った~ (2, 0.0%)

1 ような, 気持に

▼ ような焦立たし~ (2, 0.0%)

1 さで, さを

▼ ような煮え切らない~ (2, 0.0%)

1 事は, 青年に

▼ ような熾ん~ (2, 0.0%)

1 な牡丹, な自然

▼ ような燃える~ (2, 0.0%)

1 ばかり肉感的, 眼は

▼ ような生き~ (2, 0.0%)

1 ながらの亡者, ながらの地獄

▼ ような生れ~ (2, 0.0%)

1 ながらにし, ながらの傍観者

▼ ような疑~ (2, 0.0%)

1 を毛頭, 雲が

▼ ような痩せさらばえた~ (2, 0.0%)

1 男で, 長身だ

▼ ような瘠せた~ (2, 0.0%)

1 人だった, 清らかな

▼ ような白み~ (2, 0.0%)

1 に何時, のなか

▼ ような眠っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ ような睡い~ (2, 0.0%)

1 声で, 顔を

▼ ような睨み合い~ (2, 0.0%)

1 がつづいた, が続いた

▼ ような知り~ (2, 0.0%)

1 もしない, 方で

▼ ような破れた~ (2, 0.0%)

1 木戸が, 着物を

▼ ような祈る~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような突きつめた~ (2, 0.0%)

1 気持ちに, 顔を

▼ ような窶れ~ (2, 0.0%)

1 にみえる, 方

▼ ような笑うべき~ (2, 0.0%)

1 物語を, 状態を

▼ ような笑っ~ (2, 0.0%)

1 て居る, て済ませない

▼ ような籠った~ (2, 0.0%)

1 声である, 音声

▼ ような繰~ (2, 0.0%)

2 言を

▼ ような耀き~ (2, 0.0%)

1 も熱情, を燦め

▼ ような聞えない~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような肥えた~ (2, 0.0%)

1 女で, 牛と

▼ ような肥った~ (2, 0.0%)

1 動物の, 身体を

▼ ような舞い~ (2, 0.0%)

1 ながら舞台, の手ぶり

▼ ような落ちつかない~ (2, 0.0%)

1 態度で, 眼の

▼ ような落ちつかぬ~ (2, 0.0%)

1 気持で, 面持ちを

▼ ような血走った~ (2, 0.0%)

1 眸で, 眼を

▼ ような行き詰まった~ (2, 0.0%)

1 境遇に, 心持に

▼ ような行届いた~ (2, 0.0%)

1 世話もうけ, 場所で

▼ ような裏切~ (2, 0.0%)

1 的な, 行為を

▼ ような褒め~ (2, 0.0%)

1 ことばを, 言葉や

▼ ような見えない~ (2, 0.0%)

1 ような, 力を

▼ ような見え透いた~ (2, 0.0%)

1 お世辞ゆえ, 細工だけ

▼ ような見た~ (2, 0.0%)

1 ところばかりの, ところひどく

▼ ような見得~ (2, 0.0%)

1 で, 坊が

▼ ような角張った~ (2, 0.0%)

1 ゴソニック文字で, 目の

▼ ような解らぬ~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ ような言いあらわし~ (2, 0.0%)

2 ようも

▼ ような詰まらない~ (2, 0.0%)

1 ことを, ものは

▼ ような詰まらぬ~ (2, 0.0%)

1 絵は, 贅沢を

▼ ような読み~ (2, 0.0%)

1 にくい字, にくい文字

▼ ような諦め~ (2, 0.0%)

1 とユーモア, 顔が

▼ ような走り~ (2, 0.0%)

1 方で, 方です

▼ ような轟き~ (2, 0.0%)

1 に変っ, に眼

▼ ような閃き~ (2, 0.0%)

1 をつくっ, を持った

▼ ような開いた~ (2, 0.0%)

1 のは, 口赤旗を

▼ ような間に合わせ~ (2, 0.0%)

1 の器械, の画

▼ ような降り~ (2, 0.0%)

1 方で, 方に

▼ ような際立った~ (2, 0.0%)

1 分水嶺を, 誇張的の

▼ ような離れ~ (2, 0.0%)

1 ている, 難いもの

▼ ような青ざめた~ (2, 0.0%)

1 光の, 黄色でした

▼ ような頭立った~ (2, 0.0%)

1 もの十七人に, 方々が

▼ ような食べ~ (2, 0.0%)

1 かたを, 方を

▼ ような飲んだくれ~ (2, 0.0%)

1 にはその, のば

▼ ような黙っ~ (2, 0.0%)

1 て息, て音

▼ ようにかが~ (2, 0.0%)

1 まった宅助, みこんだ間道

▼ ようにかけ~ (2, 0.0%)

1 渡された三本, 渡した麻糸

▼ ようにかべに~ (2, 0.0%)

1 せなか, 立てかけられたわけ

▼ ようにけ~ (2, 0.0%)

2 けちは

▼ ようにごったくや~ (2, 0.0%)

2 と呼ばれ

▼ ようにっていう~ (2, 0.0%)

1 ほうが, 腹だったろうと

▼ ようにつつ~ (2, 0.0%)

1 うと, ーッと

▼ ようにては~ (2, 0.0%)

1 如何で, 迷惑此上なし

▼ ようにても~ (2, 0.0%)

1 できれば, 既に結婚

▼ ようにとして~ (2, 0.0%)

1 やるのに, 来たのに

▼ ようにとだけ~ (2, 0.0%)

1 言って, 頼んで

▼ ようにとて~ (2, 0.0%)

1 作った鉢, 手打ちうどんを

▼ ようにとのみ~ (2, 0.0%)

1 伝えたの, 祈りつづけて

▼ ようにとまで~ (2, 0.0%)

1 その間に, 仰せに

▼ ようにどたりと~ (2, 0.0%)

1 床の, 板に

▼ ようにはばかり~ (2, 0.0%)

1 なくほとばしって, なく振舞うこと

▼ ようにもな~ (2, 0.0%)

1 つてゐる, つて居り

▼ ようにや~ (2, 0.0%)

1 ッつける, ッて

▼ ようにを~ (2, 0.0%)

1 中心に, 尊敬する

▼ ようにナ~ (2, 0.0%)

1 おらアぐるッと, みんな気を

▼ ようねむれる~ (2, 0.0%)

1 こころよさ, ことは

▼ ようのねえ~ (2, 0.0%)

1 みじめな, 皺びて突張って

▼ ようばかり~ (2, 0.0%)

1 だ, です

▼ ようばっかりは~ (2, 0.0%)

1 今でも, 今思い出し

▼ ようひたすら~ (2, 0.0%)

1 脚もとに, 頼み入るの

▼ ようぶし~ (2, 0.0%)

1 ゅうじゃねえかやり, よう

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 い又, 走って

▼ ようほえる~ (2, 0.0%)

2 犬で

▼ ようほか~ (2, 0.0%)

1 のこと, の者たち

▼ ようほどに~ (2, 0.0%)

1 清浄であった, 粥なと

▼ ようほんとう~ (2, 0.0%)

1 に, の話

▼ ようみろい~ (2, 0.0%)

1 けいこ着下, この証拠

▼ ようむね~ (2, 0.0%)

1 にかき, にてをあて

▼ ようめん~ (2, 0.0%)

1 なる山県首相, な調子

▼ ようもね~ (2, 0.0%)

2 えだから

▼ ようやったら~ (2, 0.0%)

1 曝首じゃが, 此の

▼ ようやや~ (2, 0.0%)

1 撫肩ながら, 温かくなっ

▼ ようやらない~ (2, 0.0%)

1 のかい, 所も

▼ ようようよう~ (2, 0.0%)

1 と居酒屋, よいや

▼ ようよう目~ (2, 0.0%)

1 に分たるる, をあいた

▼ ようよき~ (2, 0.0%)

1 に頼む, は泣かねえ

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 て, な

▼ ようりょう~ (2, 0.0%)

2 を得ない

▼ ようわかつた~ (2, 0.0%)

1 な, ようわかつた

▼ ようわたくし~ (2, 0.0%)

1 から切に切に, は毎日毎日お祈り

▼ よう一人~ (2, 0.0%)

1 で来れた, の警官

▼ よう一緒~ (2, 0.0%)

2 に歩かん

▼ よう~ (2, 0.0%)

2 やむを得ぬ場合

▼ よう万事~ (2, 0.0%)

1 がそれ, ほどよく

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 から押しつけやる, へ上申

▼ よう下宿~ (2, 0.0%)

1 のお, の女中

▼ よう世話~ (2, 0.0%)

1 にならぬ, をする

▼ よう両手~ (2, 0.0%)

1 に握り占めた, をば上げ

▼ よう主人~ (2, 0.0%)

1 からの言いつけ, に今

▼ よう云々~ (2, 0.0%)

1 せば, と

▼ よう人民~ (2, 0.0%)

1 に命じ, に命令

▼ よう今晩~ (2, 0.0%)

2

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 言つ, 言る

▼ よう仰っし~ (2, 0.0%)

1 ゃった, ゃっておいでだった

▼ よう伺っ~ (2, 0.0%)

1 ておりまする, て立

▼ よう似合ひま~ (2, 0.0%)

1 つし, つせ

▼ よう何とか~ (2, 0.0%)

1 ならんかな, 都合してやろう

▼ よう何處~ (2, 0.0%)

2 でも皆

▼ よう作家~ (2, 0.0%)

1 としての生涯, のあり

▼ よう使~ (2, 0.0%)

1 てくれはる, の者

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 から上申, は母さん

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 この地, に申し渡されました

▼ よう八五郎兄哥~ (2, 0.0%)

1 お指図, お指圖

▼ よう再三~ (2, 0.0%)

1 の願, 使いを

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 でも夏, でも外景

▼ よう冷静~ (2, 0.0%)

1 なる学術上, な評論

▼ よう出来とる~ (2, 0.0%)

1 な, よ

▼ よう分ってる~ (2, 0.0%)

1 し安心, のん

▼ よう分つ~ (2, 0.0%)

1 てます, てをりまする

▼ よう分つとる~ (2, 0.0%)

1 が, がな

▼ よう分らぬ~ (2, 0.0%)

1 うちは, が

▼ よう分りました~ (2, 0.0%)

1 あんたの, 木の根草の根にも

▼ よう分る~ (2, 0.0%)

1 お使, が御

▼ よう分別~ (2, 0.0%)

1 して, するが

▼ よう切望~ (2, 0.0%)

2 いたします

▼ よう切符~ (2, 0.0%)

1 くれた, を頂戴

▼ よう判る~ (2, 0.0%)

1 がわし, しわし

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 に日限, へ出い

▼ よう剣術~ (2, 0.0%)

2 を教え

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 のつよ, を尽したい

▼ よう助け~ (2, 0.0%)

1 てくれ, てくん

▼ よう助力~ (2, 0.0%)

2 して

▼ よう勉強~ (2, 0.0%)

1 して, はせず

▼ よう勤め~ (2, 0.0%)

1 ておる, て帰れや言う

▼ よう十分~ (2, 0.0%)

1 にナ, に明瞭

▼ よう協力~ (2, 0.0%)

1 させて, すること

▼ よう参った~ (2, 0.0%)

1 の, のう

▼ よう又は~ (2, 0.0%)

1 世間の, 黒田五十五万石の

▼ よう及ばず~ (2, 0.0%)

1 ながらお, ながらも致します

▼ よう取り~ (2, 0.0%)

1 に御, 稼いで

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 にし, をきく

▼ よう合図~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 にかけて誓われたい, の出る

▼ よう向う~ (2, 0.0%)

1 のこと, へ引かれ

▼ よう告げ~ (2, 0.0%)

1 てください, て欲しい

▼ よう命ずる~ (2, 0.0%)

1 ことを, とそれ

▼ よう和やか~ (2, 0.0%)

1 な一時, な日和

▼ よう固く~ (2, 0.0%)

1 家を, 申しつける

▼ よう堅く~ (2, 0.0%)

1 口留めし, 御心

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 の調子, 低く語れよ

▼ よう変え~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 一は, 涙な

▼ よう大いに~ (2, 0.0%)

1 愉快に, 警戒すべきであります

▼ よう大切~ (2, 0.0%)

1 なの, に存じ奉り

▼ よう大殿~ (2, 0.0%)

1 から直々使命, のご

▼ よう天朝~ (2, 0.0%)

2 へ申上げ候者

▼ よう存じあげ~ (2, 0.0%)

1 ておる, てはおります

▼ よう存じませぬ~ (2, 0.0%)

1 がたしか, が福島様

▼ よう守っ~ (2, 0.0%)

1 ておる, て下さい

▼ よう実は~ (2, 0.0%)

1 御願に, 稽古し

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 ていろ, てよう

▼ よう寝られた~ (2, 0.0%)

1 夜が, 朝の

▼ よう導い~ (2, 0.0%)

1 てくれた, てやれ

▼ よう尽し~ (2, 0.0%)

1 てくれとる, てくれる

▼ よう尽力~ (2, 0.0%)

1 するつもり, 致しなお

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 へ洗濯, へ陥

▼ よう巧み~ (2, 0.0%)

1 に事, に首尾

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 が悪い, の昨今

▼ よう帆布~ (2, 0.0%)

1 でつつん, の小

▼ よう常陸お願い~ (2, 0.0%)

1 申し上げます, 申し上げまする

▼ よう平常~ (2, 0.0%)

1 の状態, は馬鹿

▼ よう延びよう~ (2, 0.0%)

1 として延びられない, とする

▼ よう弁え~ (2, 0.0%)

1 ておりまする, ておるであろう

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 は私, 遊の

▼ よう御覧~ (2, 0.0%)

1 じませ, なさいませ

▼ よう心から~ (2, 0.0%)

1 善意の, 神様に

▼ よう心がけ~ (2, 0.0%)

1 て今日, 春秋の

▼ よう心して~ (2, 0.0%)

1 たもれ, 川岸を

▼ よう心掛けた~ (2, 0.0%)

1 ことで, のでありました

▼ よう忘れず~ (2, 0.0%)

1 に, におる

▼ よう思い切っ~ (2, 0.0%)

1 て山名, て生活

▼ よう思われ~ (2, 0.0%)

1 てならない, 観測所小屋に

▼ よう慫慂~ (2, 0.0%)

1 して, し墺国皇帝

▼ よう懇請~ (2, 0.0%)

1 した, した結果

▼ よう懇願~ (2, 0.0%)

1 いたしまして, した筈

▼ よう懐いてる~ (2, 0.0%)

2 やろか

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 に続け, を自由

▼ よう或は~ (2, 0.0%)

1 あらざる有様, 作家という

▼ よう抱き~ (2, 0.0%)

2 まへん

▼ よう捌き~ (2, 0.0%)

1 たまい末, ながらなお

▼ よう放し~ (2, 0.0%)

1 て下さい, て頂戴

▼ よう救っ~ (2, 0.0%)

1 てもらいたい, て頂きたい

▼ よう文学~ (2, 0.0%)

1 での女, のリアリティー

▼ よう斡旋~ (2, 0.0%)

1 した席上, して

▼ よう暑い~ (2, 0.0%)

1 のに貴下, よう

▼ よう暗示~ (2, 0.0%)

1 された時, をかけた

▼ よう暮らさう~ (2, 0.0%)

2 なあ

▼ よう最う~ (2, 0.0%)

2 そんな考

▼ よう来ない~ (2, 0.0%)

1 じゃない, のが

▼ よう来ないだろう~ (2, 0.0%)

1 って, に

▼ よう来られました~ (2, 0.0%)

1 ことなんと, ね昨日

▼ よう極めて~ (2, 0.0%)

1 注意深く寝台, 豊富であっ

▼ よう極力~ (2, 0.0%)

1 気を, 説いて

▼ よう此次~ (2, 0.0%)

2 には笑

▼ よう歩き~ (2, 0.0%)

1 ながら少し, よるんでのう

▼ よう死なず~ (2, 0.0%)

2 に帰っ

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 かけて, を入れん

▼ よう注文~ (2, 0.0%)

1 したから, して

▼ よう活動~ (2, 0.0%)

1 すること, 見に

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 に, に向かった

▼ よう渋面~ (2, 0.0%)

1 つくった義兄玄正, を作る

▼ よう無事~ (2, 0.0%)

1 でいて, でもどっ

▼ よう焼け~ (2, 0.0%)

1 てゐる, をつた

▼ よう爲め~ (2, 0.0%)

1 に例年, に此處

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 が梢, も蟇

▼ よう珍しい~ (2, 0.0%)

2

▼ よう生涯~ (2, 0.0%)

1 を考え, を送る

▼ よう用意~ (2, 0.0%)

1 させて, をおこたらなかった

▼ よう申しい~ (2, 0.0%)

2 で候

▼ よう申した~ (2, 0.0%)

1 がこれ, のでございます

▼ よう申し上げ~ (2, 0.0%)

1 てみろ, てもどる

▼ よう留守~ (2, 0.0%)

1 をたのみます, をたのみまする

▼ よう発てぬ~ (2, 0.0%)

2 こちらは

▼ よう皆さま~ (2, 0.0%)

1 から伺いまする, によき

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 に身, を辷った

▼ よう直ぐ~ (2, 0.0%)

1 に帰つて, 電話で

▼ よう相成り申し~ (2, 0.0%)

2

▼ よう相成り申すべく~ (2, 0.0%)

2

▼ よう知った~ (2, 0.0%)

1 はりまっ, ナという

▼ よう知りません~ (2, 0.0%)

1 けどお, けど何

▼ よう社会~ (2, 0.0%)

1 の人, や家庭

▼ よう稼い~ (2, 0.0%)

1 でくれまし, でくれよった

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 のすき, をつけ

▼ よう~ (2, 0.0%)

2

▼ よう約束~ (2, 0.0%)

1 さえした, させました

▼ よう納得~ (2, 0.0%)

1 させた上, して

▼ よう細心~ (2, 0.0%)

1 な努力, の注意

▼ よう終生~ (2, 0.0%)

1 休止せざる, 教育を

▼ よう義経~ (2, 0.0%)

1 あらんかぎり, は特に

▼ よう老婆心~ (2, 0.0%)

1 までに一言, までに申し上げます

▼ よう考へる~ (2, 0.0%)

2 が好

▼ よう聞き~ (2, 0.0%)

1 な, まねに

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 をならし, を合わせ

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 をまげ, を突き合わせん

▼ よう自戒~ (2, 0.0%)

1 の厳粛, の生活

▼ よう致したい~ (2, 0.0%)

1 と思います, もので

▼ よう致しましょう~ (2, 0.0%)

1 と御, と請合っ

▼ よう致す~ (2, 0.0%)

1 がよい, ので人

▼ よう芝居~ (2, 0.0%)

1 を演, を覯

▼ よう落着~ (2, 0.0%)

1 いて, かせてから

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 ながらお祈り, ながら御

▼ よう行かず~ (2, 0.0%)

2 にいる

▼ よう行かん~ (2, 0.0%)

1 かも知れへん, のなら

▼ よう行届いた~ (2, 0.0%)

1 処置を, 注意を

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 もありません, もない

▼ よう表現~ (2, 0.0%)

1 する能力, で書かれたら

▼ よう見え~ (2, 0.0%)

1 たれば, て来る

▼ よう見えられた~ (2, 0.0%)

1 な, の吉備彦殿

▼ よう見えん~ (2, 0.0%)

1 がいの, というの

▼ よう見ず~ (2, 0.0%)

1 に紅い, 君枝は

▼ よう見舞う~ (2, 0.0%)

1 てこい, て呉れる

▼ よう見覚え~ (2, 0.0%)

1 ておりまする, て置きなさる

▼ よう解っ~ (2, 0.0%)

2 ております

▼ よう言うた~ (2, 0.0%)

1 があれ, な

▼ よう言わん~ (2, 0.0%)

2

▼ よう記憶~ (2, 0.0%)

1 して, に取り込む

▼ よう読者~ (2, 0.0%)

1 に願っ, も折

▼ よう調べ~ (2, 0.0%)

1 てからにし, てみん

▼ よう談合~ (2, 0.0%)

1 の上, をとげよ

▼ よう貴方~ (2, 0.0%)

1 はお嬢様, を侠客

▼ よう返事~ (2, 0.0%)

1 も出しまへな, を出さなかった

▼ よう~ (2, 0.0%)

2 がれよう

▼ よう遣っ~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行く

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 に絲目, もうんと

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 にひとり十三歳, に合

▼ よう降り~ (2, 0.0%)

1 ておい, てつたら

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 からお祈り, に陽

▼ よう陰ながら~ (2, 0.0%)

1 祈って, 祈りあげ候

▼ よう電報~ (2, 0.0%)

1 でも打っ, をし

▼ よう電話~ (2, 0.0%)

1 かけられてじゃのう, をかけ

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 をもった, を上げ

▼ よう願っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ています

▼ よう願わしい~ (2, 0.0%)

1 ものでございます, ものに

▼ よう~ (2, 0.0%)

1 のへやの, は落葉

▼ よう食わぬ~ (2, 0.0%)

1 人間が, 者も

▼ よう高く~ (2, 0.0%)

1 啼いて, 聳えさして

▼1* [3631件]

ようあいわかりませんけれどもその, ようあえてこのこと, ようあかりを貸せい, ようあがらなかったのです, ようあきらめる気に, ようあくまみたいなきみ, ようあげなくなったのさ, ようあし音もなく, ようあすこにいる, ようあたいをけむけむ, ようあたりはしん, ようあっちだよう, ようあと一年の春秋, ようあなたの健康, ようあなた何を考え, ようあぶないようっ, ようあぶらが乗っ, ようあまりつましくし, ようあらかじめ切にお願い申上げ, ようあらしのよう, ようあらためて山吹から, ようあらぬ方を, ようありのまま義貞と, ようありまへんさかい, ようありましね, ようありますよ, ようありゃふんとは仲間, ようあるこったのう, ようあるべきものなり, ようあれこれ考えたって, ようあわぬようと, ようあわれ博多の, ようあんたなにをリクエスト, ようあんたはんに招, ようあんまり空の, よういいつけておいた, よういいつけたのでご, よういいますよって, よういうたら実際上手, よういえしまへなんだ, よういえたもの, よういかさま得三, よういかにもお気の毒, よういくえにも正成この, よういくつだと, よういくら船が動い, よういけませんよう, よういするとイワン, よういずれにし, よういたし候わ, よういたいようと, よういたさせましてご, よういたしあり宗門につき, よういたすべく候, よういたずらが出来, よういたわってくれました, よういたわり取らせたうえさらに, よういっとるかおまえ, よういつかは本当に, よういではなかっ, よういでない終戦後の, よういならん小僧だ, よういにあたえないで, よういにたすけだせやしないよ, よういに思う者どもである, よういふて下さんした, よういまより急い, よういやさそらもう, よういやったそれでこそ, よういよいよ雑多と, よういよういよういとな, よういらいをしました, よういらっしゃいよ, よういわッし, よういわぬがよい, よういわゆる仙女が, よういわれたぞ御, ようい居るかと呼んだ, よううかと思わぬ失礼, よううけたまわって悪しい, よううしろへまわり, よううつむいている, よううまい狙いを, よううれしく悲しくただぼんやり, ようさう, ようえらい御馳走だ, ようおいで今晩は, ようおいのりをしました, ようおかまいなしで, ようおこさぬようとして, ようおこしてあげられ, ようおこる家や, ようおしえてよ, ようおしたなあ, ようおしまいなさいよ, ようおしろい焼けの素顔, ようおじゃるかな, ようおすな四万円, ようおそろひでお出かけです, ようおでこのし, ようおなりたの, ようおばけがきた, ようおまえたちか, ようおまえ様のところ, ようおまして, ようおましゃろ, ようおます腕が, ようおもわれないわけには, ようおやじさん頼んますぜ, ようおらおととい町さ行ったら, ようおらお父さんなんかにちつ, ようおれはもう, ようおわびして, ようお伝え下さい, ようお伝えおきを, ようお出まし遊ばしませ, ようお前までそんな, ようお前幾歳にお, ようお前能く己, ようお客さんの御, ようお尋ねくださらないよう, ようお座をお開き, ようお待ち申します, ようお忍びくださいました, ようお日様お遅う, ようお気をつけなさいませ, ようお父さんつてば, ようお知らせくださいました厚く, ようお笑いの多い, ようお菓子を上げる, ようお詫び申して, ようお話ができかねる, ようお越しようお越しを, ようお越し下すった, ようお送り申しあげろ, ようお達しが出ます, ようかう書くより外, ようかえって遠くの, ようかけたる水引が, ようかつう, ようかと迄思つた, ようかなそれは, ようかなりお蘭, ようかに考えるので, ようかようしかじ, ようからだは丈夫, ようからにしろその, ようかわいがったげるさかいな精, ようかんあん玉の舟和, ようかん等々であつ, ようかん餅菓子今川焼ぼったら焼, ようがしょう様子がお, ようがす聞いてお知らせ, ようがねえというもんだ, ようがんすが代, ようがんすかね, ようがんすか味噌漉に一杯五文, ようがんすか計り炭はようがんすか, ようきっと申し渡して, ようきつと, ようきのう人のいた, ようきめられている, ようきょうはばか, ようきらきら光るストオヴ, ようきれるかな, ようよ, ようくいわなき, ようくいつて聞かせた, ようくお心得ある, ようくおたのみいたしました, ようくつかま, ようくどく注意を, ようくまご, ようくまごころを以て仰ぎ奉るじゃ, ようくらしたいとお, ようくらはんか, ようくれぐれはなして, ようくれぐれも早速の合戦, よう考えて, ようぐらいは覚えるだろうが, ようぐ考えで, よう姫の, ようけれどわたしの, ようこいさんに云う, ようこげな可愛い, ようこころよく仔牛を, ようこざいましたね, ようこしらえるもんか, ようこそとほッ, ようこその声が, ようこそはと思いながら, ようこと無しに, ようことさらに当らずさわらず, ようことわりの手紙, ようこねな山, ようこの世のこと, ようこらえて黙っ, ようこらえなくなりまして少し, ようこれからすべてを, ようこれ位でやめる, ようこれ吉ってば, ようこんだけボロ, ようごく僅か覚ること, ようございますつなは疑われた, ようございます捜してみます, ようございます構いませんと断り, ようござい恐れ入りますがちょい, ようござらっせえました御参詣, ようござんすわねえそういう人, ようござんす気張っておきましょう, ようござんす目立たない片端に, ようござんす許してお, ようござんす認めましょうしかし宝石, ようござんす離しておく, ようござんせんなびた銭一文, ようごすつッこん, ようごす送ってあげやしょう, ようごとを出, ようごめんだよう, ようさしては退き, ようさせんように, ようさっと袖で, ようさっぱりなん, ようさてさて馬鹿な, ようさては駒井も, ようさね潰れた古, ようさままいる, ようさまざまな脅えが, ようさもなければあの大病, ようさらに第二, ようさりにとり, ようさりげなく云った, ようされた方が, ようされたい事でございます, ようさ私に預け, ようざますかなア, ようしいんと静まり返って, ようしかけておいた, ようしかと抑ゆる, ようしかるべくと存じ奉り, ようしきりに畳め畳めと, ようしぐれるしかししぐれ, ようしげくなりたるおりしも, ようしたいと思うとる, ようしたらどや, ようしててもあんた, ようしてやりたく路用の, ようしなはれや, ようしなければならない, ようしばしば誘いましたが, ようしばらく人を, ようしまへんでわが, ようしみじみ相談持ち掛けた, ようしめせよ燠が, ようしゃがならない時節柄, ようしゃない時代に, ようしやがン, ようしんきつか, ようぶんが, ようじきに死ぬだろう, ようじっとして, ようじゃあねえみんな怠け, ようじゃあねえか十五番地の, ようじゃがな此の, ようじゃというてたが, ようじゃァございませんか, ようじょうずに話した, ようじりじりと入口, ようじれってえ, ようすいかに, ようすかしたり説き付け, ようすぎの木さん, ようすじゃございませんか, ようすすめたのでいよいよ, ようすすめられましたが何しろ, ようすすらないでいる, ようすすりなきの袂, ようすそのまま, ようすだって書い, ようすだつたじやない, ようすだろうと考え, ようすっかり大人っぽく, ようすっぱりと吐き出し, ようすであえぎあえぎ走って行く, ようすであおのけになっ, ようすであってみれ, ようすであろうと思っ, ようすであわてるのを, ようすでいくどもこの, ようすでいたわりながら薬, ようすでうなずきましたのでカイ, ようすでおちづの, ようすでかれの話, ようすでされるとおりに, ようすでしきりに, ようすでしょうか, ようすですっくりと, ようすですねたような, ようすでたがいに顔, ようすでだまっていました, ようすでながしめに新, ようすではかられたはかられたと申し, ようすでぶきように, ようすで佇んでいた, ようすで去定の, ようすで坐ってからも話, ようすで坐り直そうとする, ようすで泣きわめいている, ようすで立ちあがる力も, ようすで笑ったりしゃべっ, ようすで聞いている, ようすで言うのでした, ようすで読んでいた, ようすで走って来た, ようすで青ざめた顔を, ようすで騒ぎだした時分離室には, ようすときたらそれこそ, ようすならめったに起きる, ようすはしっていた, ようすばやくしげみの, ようすべもある, ようすもようよう目に, ようすもございませんのに, ようすもなくそう云った, ようすもみせず笑いながら, ようすらないの, ようすらりと身, ようすわりやはっ, ようすーっと立っ, ようずいぶん苦心した, ようせいぜい尽力する, ようせきたてねばならなかった, ようせず遊ぶことばかり, ようせっかく捕った山雀, ようせつにせつになにとぞお命じくださいます, ようせねばなりませぬ, ようそうした手数まで, ようそこらにまごまご, ようそそのかしたのでご, ようそちからも呉, ようそち達ねんごろ, ようそっとそっとひとりで, ようそっぽを向い, ようそつがなく, ようそのままあんまりキノコみたいである, ようそのものの表現, ようその後どうだつたい, ようその間持ち支えて, ようそもそも竜とは, ようそれぞれておちなくはからえ, ようそれらを考え合わせる, ようそッと抜出し, ようぞいな, ようぞんじてはおりませぬ, ようぞんぶんに蹂躪, ようたくみに利用, ようたたかって来た, ようたださず伊吹へ, ようただ今当学校裁縫科, ようたちどころに坊主の, ようたちまちハッと小, ようたつた一つ心當り, ようたて僻むな, ようたのんだのです, ようたべちょる, ようたべんと, ようだあるならもうすこし飲みたい, ようだいするから, ようだいつて言いたいところ, ようだいッてなぜ, ようだが吾れ, ようだけはじゅうぶんに, ようだしなしなとし, ようだしょうばいは, ようだすな, ようだたもさ, ようだたおれている, ようだったすぎ女も, ようだったっさ, ようだったよろこびの囁き, ようだったらかれは散髪, ようだったらじぶんは, ようだったらわすれないでいます, ようだったら使うがよろしい, ようだったら帰って来る, ようだったら急いで走っ, ようだったら愛し合えない証拠だ, ようだったら憂うべきだが西, ようだったら知らしてあげる, ようだったら考えねばなりません, ようだったら言わないことに, ようだつたがにつと, ようだとおそまきながら気, ようだとびかかってきた, ようだのと何でも, ようだんだん自分という, ようだ云ってください, ようだ圧すほど水, ようだ帰るとしよう, ようだ得てみたら, ようだ急いでくれ, ようだ戻ってくる, ようだ明けてやれ, ようだ構わず行きなさるがいい, ようだ死んでしまった, ようだ焦げて残っ, ようだ煎り煮している, ようだ知っている, ようだ行きなさいすぐに, ようだ起きてい, ようちゃんの三人, ようちょっと肩を, ようちょッくら往ッて見, ようちよつくら降りて, ようちらちらと捧げ, ようちんをもつ, ようっていうのだい, ようってのさもう寝る, ようつうや何, ようつかまえられるよう, ようつかまつりたき心得に, ようつくられてある, ようつけてまいりました, ようつたえるのだ, ようつたらよう, ようつつがなくわせられたの, ようつつしんでお願いいたします, ようつつましく身を, ようつて約束なのよ, ようつて蛙奴が泣く, ようつて言つてるん, ようつて言んだから, ようつて運動が起きてる, ようつとめて笑っ, ようつぶさにお聴かせ下さらん, ようつまらん芝居を, ようつれて参ったら, ようてな目に, ようてはわるいかよ, ようてんでに何か, ようであうごとに, ようであったではない, ようであったらかまわねえからこっち, ようであったら考えなければならぬ, ようでありうる生活と, ようでありたいと思う, ようでありましたならばその, ようでありませんか, ようであり欺く本人も, ようであり歩きまわる足どりや, ようであり知っていない, ようであり知りすぎてるために, ようであり笑う時は, ようであり見る限り石ころや, ようであり頂いている, ようであるなら時代遅れの, ようであろう聞いてい, ようであわてて出, ようでいてもたっ, ようでいいたい事が, ようでいくども読みかえし, ようでいけませんなハヽヽヽヽ, ようでいじっている, ようでいそいで箱, ようでいらしてモスクワ時代, ようでいらっしゃいますのね, ようでおじゃるわ, ようでおちつくまでにはずいぶん, ようでかなわない気が, ようでかねて不快, ようでかれの性質, ようでがした, ようできいてい, ようできないのでためらっ, ようできますぜ, ようできることじゃ, ようでこわばる心持が, ようでございますかち親分さんを, ようでございますなら結構でございます, ようでございませんか, ようでござればまずまず, ようでござんしたがでは, ようでしたらかまいませんから弁信, ようでしたら送ろうと思います, ようでしたろうと思われます, ようでした別れてから十年, ようでした死ぬ覚悟なら, ようでしんが熱っぽかっ, ようですいつ頃死ぬ, ようですまぬが彼ら, ようですみてまいりましょう, ようです押し流されてしまいます, ようです気づかれなかったああよかっ, ようです翔べるものかしら, ようでたまらぬ想い出である, ようでためらいながら式部小路, ようでたれの手, ようでつまらないとかまるで, ようでつもると大きい, ようででもある, ようでですからこれ, ようでとりとめがない, ようでどかないのでございます, ようでどなりつけるのも, ようでない成り上りものの, ようでなかったらとても僕, ようでなくしなびて黄色く, ようでなくつまらぬことに, ようでなくなってしまいました, ようでなく聞かせるように, ようでなく騒いでも売れる, ようでなけりゃ本当じゃ, ようでなど簡単な, ようでなみいる女客の, ようでならなかったのだ, ようでならぬのじゃ, ようでなんねえ, ようでぬらりと滑り, ようでのうと云う, ようでのぞき見している, ようでのぼせ上がったふうで, ようではいって来る, ようではかねえような, ようではござりませぬか, ようではじまろうとし, ようでふざけている, ようでふるえるほどに壮観, ようでぶるッとして, ようでほーっと, ようでむすんだ口は, ようでもござりまして, ようでもりあがっては崩れ, ようでやしてね, ようでやすが赤い, ようでよるは長く, ようでわかってくれた, ようでわからなくだがあけすけ, ようでわからぬわからぬようで, ようでわからんのが, ようで下るので, ようで亡くなった義母も, ようで仰向きに寝た, ようで倒れかかった梯子を, ようで光ってきました, ようで出さぬが声, ようで出すとか出る, ようで分かりゃあしない, ようで分らなかった午餐を, ようで分らなくて迷う, ようで判っておらぬらしい, ようで判らないのは, ようで動かしたらぼろぼろに, ようで取乱しております, ようで古びてあんまり, ようで叩けばぼこぼこ, ようで周章て見たり途切れ, ようで命ぜられた通りに, ようで唱え馴れた経文が, ようで堪まら, ようで変わっていない, ようで変わったと思われる, ようで尖がった目の, ようで巫山戯たらしく見える, ようで巻いてはしめ, ようで従ってまた, ようで微笑まれるようである, ようで心ゆくまで見きわめた, ようで怒ったように, ようで思いだすのも, ようで思うようには, ようで思っただけでも胸, ようで急いで自分, ようで恐れ入りますがちょっと, ようで想い出すと自分, ようで打ち解ける気に, ようで打出されたいようで, ようで押しても引い, ようで断るに断り切れない, ようで明けても暮れ, ようで歪んだ高い窓, ようで死んでしまった, ようで死んだとも斬られた, ようで沈んだようで, ようで洗っても洗っ, ようで浮出してくる, ようで済まねえがいま, ようで済まんがお前, ようで熟した実は赤黒く, ようで熟れ切った女の, ようで生きた佳人の, ようで申しては如何, ようで疲れて寝る, ようで痺れるような, ようで登るので, ようで着ふくれていた, ようで穿いている, ようで立ち止まりがちに, ようで立っている, ようで立ったまますぐ, ようで笑いだしたいのになに, ようで納まった真顔である, ようで考えたことが, ようで考えれば彼, ようで考え出せなかったがふと, ようで聞く耳交す, ようで落しても転がし, ようで行って見る, ようで裂き切られた服を, ようで見ただけでも笑っ, ようで見ないような, ようで見まいとし, ようで見られたもので, ようで見違えるように, ようで親しみにくかった, ようで言っていた, ようで話している, ようで諦められぬのが, ようで買う気に, ようで走ることと, ようで起つことが, ようで跨ぐと鐙, ようで迷うにはもっ, ようで透かして見る, ようで這って夜具, ようで通りかかった誰かの, ようで違っている, ようで震える手に, ようで飛んでもない, ようで食ってみる, ようといった当時の, ようとおもふ, ようとかいふ目論見で, ようとくと申付け, ようとくに辛抱強く勉強, ようところどころに立つ, ようとしてか或はちょっと, ようとしてもからだが, ようとつかと戸外, ようとてもなかった, ようとばかり心掛けて, ようとまで一度は, ようとれるな, ようと共に何もかも押流, ようどうしてわかつた, ようどうしても女であった, ようどうぞも少し, ようどうぞそのままお通り, ようどうも長々御厄介, ようどしたえ, ようどっちからどう, ようどのような, ようなあいてが小さく, ようなあえぎをうつ, ようなあきめくらが, ようなあきらめたような, ようなあげつらいから急, ようなあげるような, ようなあざけりの調子, ようなあざけるような, ようなあせった気持に, ようなあそびになりました, ようなあてこすりの文句, ようなあてつけて言う, ようなあぶれ気分が, ようなあまえた口ぶりで, ようなあやなし方を, ようなあやまった考えを, ようなあやまりようよ, ようなあやまるような, ようなあられもない, ようなありあわせな厚意, ようなありうべからざる歴史が, ようなあり得べからざる予感に, ようなあわてふためいた異人たちが, ようなあわれなようすになっ, ようなあわれみを乞う, ようなあわれむべき不可能だろう, ようなあんべえ, ようないいがたい悪寒, ようないいかえれば諸君, ようないいつづけかたが, ようないけずな野郎, ようないそいでいる, ようないつそうなった, ようないつくしみを以て個々, ようないつわりごとを, ようないでたちですけれども脇差, ようないなずま形, ようないなそれ以上の, ようないななきで山々, ようないら立たしい心で, ようない優しさに, ようない恐ろしさを, ようない深いつつましいためいきの, ようない物足りなさを, ようない甘酸っぱいひりひりした, ようなうけ取れないような, ようなうずくような, ようなうたいかたに, ようなうねるような, ようなうらさみしい冴えた, ようなうらさびれたさむざむしい音, ようなうらないを暮靄ひとめ, ようなうらぶれた気持ちで, ようなうるおいが草鞋, ようなうるみを帯び, ようなうるんだ目で, ようなうれしなきのさけび, ようなうろんな軽業師, ようなうわずった眼や, ようなおいぼれはいく, ようなおうちゃく, ようなおおせがありました, ようなおがむような, ようなおきゃんな彼女, ようなおくれた社会である, ようなおさまり方に, ようなおさめかたであった, ようなおちついた安らかな, ようなおちつかぬ心地で, ようなおちどをした, ようなおちないような, ようなおとなびた口調で, ようなおとなびた黒ずんだ声が, ようなおとりもちが, ようなおどかしでなく一度納屋, ようなおどろいたような, ようなおどろきできょとんと, ようなおどろくべき事件でした, ようなおぬしなどからおだてられ, ようなおののいた声で, ようなおひゃらかしてしまう, ようなおびえかたです, ようなおびやかさるる晩で, ようなおぶい半纏を, ようなおぼえがない, ようなおもむきでまるきり意味, ようなおよつの白粉焼, ようなおりおりはコロコロコロ, ようなかかあ, ようなかかえ方である, ようなかかり合いはなかっ, ようなかかる振舞いにも, ようなかき消えた自然さで, ようなかけ合いをし, ようなかけ離れた返辞を, ようなかずかずの細い, ようなかたむきさえある, ようなかちきな母瀧子, ようなかったぞ, ようなかぶっていない, ようなからむような, ようなかれた笑声が, ようなかわいたその子, ようなかんじでございますわ, ようながったり落ち, ようながら面白いの, ようながらでもあるまいに, ようなきかない眼と, ようなきけんなことに, ようなきこりが気, ようなきしむような, ようなきまらないような, ようなきらっとした, ようなきらめくような, ようなきわだった興味ふかい, ようなき楽しさ, ようなくいたところへ, ようなくこわかった, ようなくしていた, ようなくすぐりと, ようなくすみにくすんだ, ようなくすんだ朱の, ようなくずれたものは, ようなくたばり損いが, ようなくたびれ工合で, ようなくだけた口調で, ようなくだらぬ客の, ようなくちょうでいった, ようなくねるような, ようなくるめく動揺を, ようなく優しくのみならずときにはすこし, ようなく快い互の, ようなく快く胸の, ようなく楽しいという, ようなく辛かった, ようなぐあいである, ようなぐずのよう, ようなけずり方を, ようなけんどんなよう, ようなげす共の, ようなげびた方言を, ようなこがらなやつです, ようなこぎゃん不幸者は, ようなこころみによって試験, ようなこころみでなくまっ向, ようなこしらへで, ようなこしらえ方を, ようなこじわがたくさん, ようなこみいった繊維や, ようなこみ上げる笑を, ようなこみ入った伴奏を, ようなこもった響きを, ようなこらえられない好奇心で, ようなこわし方だ, ようなこわばった顔に, ようなこんがらかった細い黒い線, ようなごうごうした, ようなさえずるような, ようなさげ物です, ようなささやきで彼の, ようなさざめきがいつの間にか, ようなさっさっさっさっと云う, ようなさびきったその身辺, ようなさわぎだったのに客間, ようなしおれ切った態度で, ようなしかけだったのです, ようなしかめた線が, ようなしずみきった顔を, ようなしっちゃか面子, ようなしなび方を, ようなしなびかけた人間を, ようなしなびた老人が, ようなしみったれは江戸子, ようなしめし合わせに, ようなしめつけられるような, ようなしゃがみ方を, ようなしゃくった鼻さえも, ようなしゃくれた強情な, ようなしゃべり方を, ようなしらけきったお藤, ようなしらけた気持で, ようなし悲しいかなやんぬる, ようなじらされるような, ようなじれッたい, ようなすうとした, ようなすえたような, ようなすかされた気持に, ようなすがりついて泣きたい, ようなすきとおったコブが, ようなすげえところを, ようなすさみ方を, ようなすさんだ勢いで, ようなすすんだ潜水服が, ようなすずみ台を, ようなすり切れた歯を, ようなすわりがある, ようなすんだ眼の, ようなすんだうるおいのある, ようなずぬけて巨, ようなずばぬけて大きな, ようなずばぬけた書を, ようなずば抜けて高潔, ようなずば抜けた着想だ, ようなせとぎわ, ようなせせっこましさで, ようなせちがれえし, ようなせっぱつまったもので, ようなせんような, ようなそまつな葺き, ようなぞと云つて, ようなぞめきの人々, ようなたたかいは, ようなたえなるおんせいでいらっしゃいました, ようなたえまない犯罪者の, ようなたぐるような, ようなたしなみの, ようなたしなめを言っ, ようなたしなめるような, ようなたたかいそのものの, ようなたてもののさとう菓子, ようなたとえようも, ようなたのしんでいる, ようなたべ方を, ようなためすような, ようなたわけめに, ようなたわむれのあり, ようなだいたんさで, ようなだだ白い明るみ, ようなだらけた心では, ようなちぎやかつをぎを載せ, ようなちがった形に, ようなちろちろした光が, ようなっとるとかで, ようなつッけん, ようなつかれたかおつき, ようなつきだしでさえ仕出し屋, ようなつきつめてみれ, ようなつきつめたあの痛烈, ようなつっかぶりよう, ようなつまらんことを, ようなつめよりかたで, ようなできごとが, ようなでけえ声, ようなですね楽しみ, ようなでっぱりがかならず, ようなとおった鼻すじを, ようなとがった嶺が, ようなとけるような, ようなとじこめられた屋根の, ようなとってつけた, ようなとびだした目玉が, ようなとぼけないような, ようなとぼんとした, ようなとまった古時計, ようなとり留めの, ようなとりすました顔で, ようなとりつき場の, ようなとるにも足らぬ, ようなとんがったギザギザの, ようなとんきょな事を, ようなどが一と, ようなどきまぎとした, ようなどにたぐいも, ようななえなえの手拭, ようなながしめの電波, ようななぐりあいなんだかんだと, ようななされ方ゆえしたがって, ようななまめいたポーズや, ようななま白けた面の, ようなならないような, ようななれ難い反発, ようななんどりした口調で, ようなにんげん, ようなにかわけが, ようなにごった池な, ようなにごりも見える, ようなにせの書き置き, ようなぬば玉, ようなねばったものは, ようなねらい撃を, ようなのぼせた頬の, ようなのろけを聞かされる, ようなはぎ野だった, ようなはくしゅがおこりました, ようなはじらい方であん, ようなはにかむような, ようなはねあがり女でも, ようなはりこの首, ようなはりつめた顔を, ようなはり切った皮膚を, ようなはれやかさ, ようなばけ物ごえ, ようなひからびた老婆と, ようなひきしまった顔, ようなひきつれが縦, ようなひそけさで, ようなひそやかなおずおず, ようなひた向きな, ようなひっつめでした, ようなひっかかりがある, ようなひめいをあげました, ようなひやかしだとは思った, ようなひやっとした, ようなひょうげたものの姿, ようなひらめきを見せ, ようなひるひなか, ようなひるがえりを見せた, ようなふくらむような, ようなふくれっつらにも, ようなふくれ返った人間の, ようなふさぎ方を, ようなふざけ半分の, ようなふるえごえ, ようなぶきッちょな, ようなぶしつけは, ようなぶっきら棒な, ようなぶっ切ら棒な, ようなへだてなく無造作な, ようなへんじは伸子, ようなほえ声を, ようなほがらかな声で, ようなほてりを体, ようなほめ言葉を, ようなほッたて小屋に住ん, ようなぼっこり山の, ようなまがいものらしい, ようなまげの撥先, ようなまことの学者, ようなまごついたような, ようなまじめくさった顔を, ようなまちがっている, ようなまちがった感じを, ようなまとまらなければまた, ようなまとめた文句に, ようなまるを描きつけた, ようなみいらが, ようなみだれた声で, ようなむすような, ようなむせび声昼の, ようなめりんす, ようなめくら法師を, ようなめぐり合いは恐縮, ようなもだえの中, ようなもったいねえ, ようなもつれた心持ちで, ようなもりあふれる存在だった, ようなやきもちや, ようなやじりがつい, ようなやせた顔, ようなやってつけ仕事, ようなやぶにらみの眼病, ようなやらせるような, ようなやる瀬の, ようなやるせのない, ようなやわらげられた光りにみたされ, ようなゆがんだ人工の, ようなゆくたてが, ようなゆるぎのない, ようなゆるんだ顔を, ようなよごれものと, ようなよごれた髪に, ようなよごれない姿で, ようなよるべない, ようならおちついた先を, ようならこだわらずに嫁, ようならする時は, ようならだまっていられません, ようならでは政令, ようならやってみる, ようなら助けてやろう, ようなら取押えましょうか, ようなら帰って参ります, ようなら帰りは延びる, ようなら打殺しても宜, ようなら持たないにしく, ようなら構わず縛って来い, ようなら構わないから荒らさせ, ようなら死んだのに違い, ようなら沸かしてあげろ, ようなら泊まってもよい, ようなら申し上げはいたしません, ようなら着てごらん, ようなら行って見よう, ようなら討って取ろう, ようなりとも受ける, ようなりなば涙, ようなりまして, ようなりますよ, ようなりやすやろなあ, ようなりやせんと勝, ようなるありさま, ようなるたけちりぢり, ようなろうかを歩い, ようなわかってねえような, ようなわからずやの意地わる, ようなわからなさは, ようなわかりあえるあいてとして互, ようなわかり合いそれと, ようなわかるようなうなずき, ようなわすれられた場所は, ようなわだかまりの無い, ようなわびたいような, ようなわびるような, ようなわめきで相呼応, ようなわらい声が, ようなわりい事を, ようなんぞと思って, ようなんぞも巧いんです, ような下っ引に, ような与えられたる事実を, ような世馴れた者が, ような世馴れないような, ような主立った商人に, ような乗り移らぬ気持ちを, ような乱し方が, ような乾き切った感じを, ような乾びた声の, ような云いたいことを, ような云い合いをし, ような云えば電車, ような云わないような, ような亡くなった甥の, ような付かないような, ような仰ぎ見られる感情を, ような伸びゆくさかりの, ような似たものが, ような作りやすいもの, ような使えないような, ような侮りたいような, ような侮るような, ような倒れかたで, ような傷ましい目なざし, ような傷みやすい小さな, ような傾があるかも知れない, ような傾きすぎたところが, ような僻すうの地, ような儲かるなんてえ, ような先走った民族利己主義が, ような冴えない煖炉が, ような冴え渡った声であった, ような冷えきったような, ような冷えた陽が, ような凍った雲が, ような出すぎた生意気野郎で, ような出たらめを, ような出っぱった室の, ような出来上った判断の, ような出来得るだけの対校, ような出歩きやそのほか, ような分っていない, ような分らずやで, ような分り切ったことまで, ような切って填めた, ような切りつめた日に, ような切りぬける当ての, ような切り合い果たし合いに, ような切り立った高い断崖, ような切れた感じ, ような切れつ端を, ような切れないような, ような切羽詰まった気持ばかりが, ような切詰めたくらしで, ような列べ方で, ような判じて読まね, ような判らないような, ような判り易くいえ, ような利かぬ気の, ような刺すような, ような割れるがごとき, ような割切れた楽な, ような割切れないものが, ような劈きのまに走り, ような励ますような, ような勇みをなし, ような動いたものと, ような動かして見せる, ような動かぬ剃刀の, ような動く植物であった, ような勝ち誇つた心にな, ような勝ち誇った色が, ような勝った気の, ような勝れた足の, ような勢い込んだ声で, ような勿体ぶった風情が, ような化けるような, ような去定の, ような反った太い尾, ような取って付けた, ような取らぬような, ような取りあつかいを受け, ような取りなしこれは, ような取りまき連中を, ような取り乱し方に, ような取り捲かれるような, ような取り残されたような, ような取り済し方で, ような取り澄ました態度に, ような取るにたらぬ, ような取乱した親達が, ような受けいれ方が, ような口説くような, ような古びない魅力を, ような叫びたいような, ような叫ぶ声を, ような可愛がり方では, ような吊子に, ような名づけ方である, ような吠えつく心刑事の, ような含まぬような, ような含んだような, ような吸いつくような, ような吹きたての, ような吼えるような, ような呆れている, ような呆れ返ったような, ような呟く精神は, ような周章てた常識が, ような呪っている, ような呼びかけはチンプ, ような呼び出され方で, ような和いだ所も, ような咎めるような, ような哀れむべき貧民階級の, ような問いかけには何, ような啜り泣きとなった, ような啜るような, ような喜んだような, ような喰い違いは, ような嘗め味噌が, ような嘯きを上げ, ような嘲けるような, ような嘲って笑う, ような嘲ら笑いを, ような噛みくだきを受け得る, ような噛みつくような, ような囁やき柔らかく凭れかかった, ような囃し方としか, ような困迷を, ような困って了, ような困りかたであった, ような困り切ったような, ような囲われ者でも, ような在り甲斐なし, ような在り来たりの世帯道具, ような坐敷が, ような坐り方を, ような執こさ, ような堪えられない感じが, ような堪らない体臭が, ような塗って無い, ような壊れ易いもの, ような売れ方だ, ような変ったいな, ような変らないような, ような変わり果てた父の, ような夢みている, ような夢みるような, ような太っ肘や, ような太りかた, ような奢ったことは, ような妬むような, ような威張りたがりの道楽者, ような媚びるような, ような嫉ましいほどの, ような嫉ましいような気持, ような嫉みが胸, ような嫌がられこそはしない, ような定まった工程が, ような宥めるような, ような容れものを, ような寂れ方じゃ, ような寝しずまった夜ふけに, ような寝ぼけたような, ような封じられている, ような射外すことの, ような尊び方は, ような居ても立っ, ような居たたまらぬ思いに, ような屈み方では, ような崩れやすい菓子, ような崩れた姿を, ような嵌目に, ような嵩張った衣裳を, ような巫山戯たような, ような己惚れを知らず知らず, ような巻いたものを, ような巻き舌で, ような巻きあげたような, ような弁えのある, ような引きしまったような, ような引き入れられるような, ような引き裂きがたい夢幻, ような引っ掻きがつい, ような引っ込んだしかし永久, ような弛んだ気持に, ような弱ったような, ような張ってはいる, ような張りきった光が, ような張りつめた思いが, ような張り切った感じが, ような張切った感じが, ような強がりな気持と, ような当ったようだ, ような当てこすりは我慢, ような当てないような, ような当らぬような, ような彫刀の, ような役に立って行っ, ような役に立つことも, ような待たないような, ような待ちかねたこころもちで, ような待ち切れないような, ような待ったなしの, ような待つような, ような徹った感じの, ような心ゆくばかり美しい, ような忌み嫌うような, ような忌むべき現象を, ような忘れかねるような, ような怒って乱暴, ような怒りたいような, ような思いだすたびに, ような思いつめた表情で, ような思い上がりにもなれない, ような思い上がりすぎたところが, ような思い出せないような, ような思い切つた生活で, ような思い切って非, ような思い当るような, ような思い詰めた心持で, ような思い過ごしと女, ような思う壺の, ような思ひがいたします, ような怠屈な, ような恋する人は, ような恐れるような, ような恥じ入ったような, ような恥じ入らせるような, ような恥ずべきことを, ような息づきをし, ような恵まれた農業が, ような悟らないような, ような悟りきった様子である, ような悦に入って独り手, ような悼ましい心持に, ような惑わしのうち, ような愛され方であり, ような愛する者の, ような愛でない愛を, ような慌てた真似を, ような慕うような, ような慣れた歩きつきを, ような慣れ慣れしい口を, ような憎まれものでした, ような憎みさえ感じる, ような憎むべき所業致しおった, ような憎むべき厭うべき死人同然な, ような憐れみ深い親切, ような憐れむような, ような憤るような, ような憤ろしいような感情, ような懸合いが参った, ような成り上り者とは, ような成るたけ役者も, ような戦きが幾度, ような戦わないような, ような戻かしい窮窟さを, ような手間どることも, ような打ちあけた古事を, ような打ちとけたわだかまりのない, ような打ち萎れた姿勢を, ような打って変った, ような打てば響く, ような打解けた気分に, ような扱いやすい材料, ような扱われ方を, ような抉るような, ような抉れがある, ような抑えられた情火これが, ような投げて投げ, ような折りかがみをし, ような折返したお糸, ような抜けめの, ような抱いてみたい, ような抱えたような, ような抱きしめてやりたい, ような押えつけた泣き声を, ような押えることの, ような押した調子の, ような担い棒に, ような担ぎかたを, ような拗ねて見せたい, ような招かれて来た, ような拝むような, ような拠ろない境遇の, ような持ち方を, ような持って廻った, ような持て方だ, ような指さきが柔らかい, ような挑んでくる, ような捌けた男では, ような捧げものを, ような捨てっぱちなやり方は, ような据えた眼で, ような掠れた咳し, ような探い傷が, ような掴まえどころの, ような掻かないではいられない, ような掻き傷を, ような掻き曇りを見せ, ような摘むような, ような撫で心地が, ような撮り方を, ような撲ぐられたような興奮を, ような擦れちがいの, ような擦れ違う男にたいしてさえ, ような擽いような, ような擽たいような, ような放図の, ような敗れをとった, ような整ったもので, ような敷き砂が, ような斬るような, ような斬れぶりの, ような斬合いをはじめて, ような断わりかたを, ような明かる味を, ような明けても暮れ, ような暗みや水垢, ような暴れた気持ちに, ような曲がった性格の, ような曲った片仮名が, ような書いている, ような書いた物である, ような書きだしからだらだら, ような書き散らした文字が, ような有りたけの, ような有りふれた人情も, ような有るような, ような朽ちかかった一枚の, ような来る日来る, ような枯れ林を, ような植え方ね, ような極まった思想が, ような楽しんだ心持で, ような次ぎ次ぎの必然的問題, ような欲張った計画が, ような欺かれたような, ような歌い調子を, ような歩くところさえ, ような歩けば石一つ, ような歪められたもので, ような死にかけの海老, ような死にそこないの友人, ような死ぬことの, ような死んでしまいたい, ような殺され方を, ような殺されたような, ような殺すのなぐさむ, ような殺気立った鋭さで, ような気どらない徳を, ような気どり方で, ような気色ばみで切り返した, ような沈むような光り, ような波立ちかた, ような泣き出したいような, ような洗い上げた婀娜な, ような浮かぬ顔, ような浮かれた魂を, ような浮かんだ労働組合を, ような浮く樹を, ような浮ついた高慢は, ような消えかかるような, ような涙ぐんだような, ような深まる寂しさ, ような混み方であった, ような混み入る感情に, ような渇れない進歩が, ような測り知られぬ感じを, ような湿ッぽい, ような湿いを失っ, ような湿んだ瞳を, ような満たされた心が, ような満ち足りていない, ような溜らない憂鬱だった, ような溢れる心で, ような溶けゆくような, ような溶け合いかたで, ような溺れるような, ような滴りが五ツ六ツ, ような潜んだひたむきな, ような澄みかかるものを, ような澄みきった心境で, ような澄みとおった声で, ような澄みわたった気持が, ような澄み徹った静寂な, ような澱んだ空気に, ような濁浪は, ような濁った光りではある, ような火照りになりだした, ような灼け爛れた真赤な, ような烟るものに, ような焦だたしさを, ような焦だたしい不安な, ような焦立たしいような, ような焼いた蜜柑の, ような焼かれた骨が, ような焼くような, ような焼けたり潰れ, ような煙った淡さ, ような照り方だった, ような照り映えた鮮やかさで, ような煮方は, ような熱した語気で, ような燃え立つばかりの紅い, ような燻んだ雰囲気である, ような燻んだしなびた生気の, ような爛れた女の, ような片寄りがちの, ような犯し難い真面目さ, ような犯せる罪あっ, ような狎れた一瞬間の, ような狎れ狎れしさを, ような現われ方を, ような甘えたいような, ような甘える思想ほど, ような甘やかされ大切に, ような甘やかすような, ような生えかたね, ような生きたる客観主義であるべきだった, ような生ける真理の, ような生まぬるい者まで, ような甲走った顔で, ような申し方に, ような申し渡しがあった, ような畳み石は, ような疲れ切ったような, ような病みやつれた六十ばかりの, ような痩せしょびれた小さな, ような瘠せ首を, ような白けた顔を, ような白けた冴えぬ色を, ような盗ッ人市などが, ような目ざししたが苫船, ような真面目くさった考も, ような眠ってるような, ような眠られない闇の, ような眠り湖水の, ような睡気が, ような睡くなるような, ような睡たさとで, ような睡りに落ち, ような知らず識らず, ような知らぬような, ような知らん顏を, ような磨かれた顔が, ような磨りつけるような, ような示し合わせがある, ような祈り方を, ような祝うような悲しむ, ような禿げ頭の, ような秀でたひたいを, ような積み込み過ぎたボートとしては, ような穢れたものを, ような穿ちさえありました, ような穿った説が, ような突き詰めた考えも, ような突こみ綜合性様々に, ような突っこんだ話は, ような突っ放した態で, ような突詰めた気持に, ような窪んだ表の, ような立たないような, ような立ちどまりかたであった, ような立って動かぬ, ような立ったまま居睡り, ような笑いかけるがごとき, ような笑えるような, ような笑ったような, ような築き方を, ような粘りづよさがあったかどうか, ような粘りっこい強さ, ような粘りつくような, ような納まり方で, ような紛わしい呼び方が, ような絶えざる強迫観念に, ような絶え入るような, ような総毛立つほど厭, ような締め切られた家で, ような緩めきってはいた, ような緩めたような, ような練り方を, ような練れない人間でも, ような縋りつき度いよう, ような縮まりようで, ような縮れた金髪で, ような縮れっ毛の, ような織出しの, ような纏まった美しさ, ような置き鈎を, ような罰せられたる負債を, ような羨むような, ような羽ばたきをさせ, ような老けたような, ような老ぼれと少年達, ような考える器官も, ような考え抜いた制服の, ような考え込んでいる, ような聞いてい, ような聞えもある, ような聞き込みも, ような聞き取れない騒音が, ような聴かないような, ような聴き方を, ような聴きなれた母の, ような肥っちょの, ような育ち方を, ような育てかたは, ような育てられ方を, ような脂ぎった女なんかと, ような脅えきった顔を, ような腐りやすいもの, ような腹だちの手紙, ような膨らみを持った, ような膨れた顔を, ような自惚れから柄, ような至ったような至らぬ, ような致され方それでは, ような興じ方であった, ような興醒めが洩れ, ような舞い舞い風が, ような花やいだようすを, ような芽ぶきがちらほら, ような苛め方を, ような苛立たしさと, ような苛立ちを覚えた, ような茶化すような, ような荒びた気持ちだ, ような荒みきった生活が, ような荒れ方だった, ような荒れた縁側へ, ような荒れたる場所それが, ような荒れはてた本堂の, ような荒んでボロボロ, ような荒んだ歩きかたで, ような落ちついて澄んだ, ような落ちつけない心持を, ような落ち着かない坐わりようを, ような落ち着き払ってじっと, ような落ち着き払ったその男, ような落つきがなく, ような落着き払った意地悪さを, ような葬いは夜, ような蒙古風が, ような蒸し蒸しする静かな, ような蔑んだような, ような薄れ方に, ような虐げをうけられ, ような血迷ったような, ような行かないような, ような行きさつで, ような行き暮れたところが, ような行き詰りになっ, ような行ないをしてる, ような行届きません者を, ような衒いをしますでしょう, ような衝かれたような, ような表わし方も, ような衰えた太陽が, ような裂けるような, ような要らないことを, ような見あげるような, ような見えすいた無関心, ような見えないほてりがトタン屋根, ような見すぼらしき乗物は, ような見せつけぶりでも, ような見たくないような, ような見だしの下, ような見なれた空と, ような見下げた考えなんぞは, ような見下げるような, ような見受ける所如何にも, ような見得で雲井なにがしの, ような見掛倒しの内容, ような見渡す限りの, ような見知越の, ような見知らない感動で, ような見送人の, ような見透しは世間, ような覚めたような, ような角立った事は, ような解らないのみ込みかねたものだった, ような解りよい日本語, ような触れないような, ような言いしれぬ興奮だった, ような言い知らぬ心の, ような言い知れぬ不安を, ような言うべからざる恐怖と, ような言わなかったような, ような訝かしさを, ような訣れかたを, ような詫びたいような, ような詫びるような, ような詰らなそうな, ような詰らぬ仕事を, ような話さね, ような話しかけないような, ような話しじゃがあの, ような誂え向きだ, ような誇と美し, ような認められていない, ような誓いでありましょうとも必ず, ような語りかけに対して迚, ような誤に陥った, ような誤ちがこの, ような誤まった考えを, ような読む上での, ような読めないような, ような読んで字, ような論じ方では, ような諦めたような, ような諦められないような, ような諦め切っている, ような謂い方の, ような譏りを受けるでしょう, ような貫くような, ような責め方です, ような貰ったような, ような貶したような, ような買ってもらいたい, ような買わないような, ような赤みがかった色の, ような足りねえ者には, ような跳ねた粒子形の, ような踊りはねる鋭い次, ような踏み心地で, ような蹴躓きをし, ような輝くばかりの美しい, ような辷り音が, ような込み入った面白い地形, ような迎え方が, ような迫ったものさえ, ような迫らない思慮ある, ような迸りを感じる, ような追い立てられるような, ような追っ立てられるような, ような追われている, ような退く息を, ような退け目を, ような送気管と, ような逃げたいような, ような逃げるような, ような逆上せた眼付を, ような透き通るような, ような透しやきの小箱, ような逐い出されたような, ような這いつくばって花, ような通ったような, ような逢いかたを, ような逢いたさへ, ような逢いたくないような, ような逢ったら困るような, ような連れられたような, ような遅れた自尊心個人的な, ような過ぎて行く, ような遠のいたような, ような遣放しの空地, ような遺詔, ような酔ったような, ような酔っ払いもなく, ような酬いをも期待, ような醒めやらぬ気持の, ような重なり合ったような, ような錆びのある, ような錆びてる字体も, ような鍛えた塩辛声で, ような閉ざされた田舎家の, ような開かないように, ような開けたところでは, ような防ぎを心, ような附けたりのよう, ような附けあがりから水, ような陰ってしめった, ような陰った日の, ような隔てない御つき合い, ような隠身術も, ような隣り近所に, ような青ざめ方でした, ような青みがかった腐れた肉が, ような静まり方で, ような面しとって妾, ような頂きに心, ような頼りきった姿に, ような願うような, ような顰め顔し, ような飛びついて抱い, ような飛び出た巌の, ような飛んだ見込み違いで, ような食いしばった口顳, ような食えない男も, ような飢えた献物盗みも, ような飲みかたであった, ような飲みっ振り, ような飲んだくれだが後悔, ような飲んだくれで喧嘩ばかりは, ような飾りあげた夢を, ような飾りたてた部屋である, ような饐えた自堕落な, ような馬鹿げさ加減とは, ような馬鹿げきった話を, ような馴れきった身振りで, ような駆落ちは, ような騒がはじまるものを, ような騒ぎだしあげくには, ような骨ばった顔を, ような骨張ったむげに, ような骨折りは全然, ような魘されている, ような鳴り方を, ような黄ばんだ瘠せた手を, ようにかけて脱いだゴム長, ようにかべをつたって, ようにがたりと退る, ようにぎわっていました, ようにくゆり出す, ようにさそうしてムク, ようにじりりと震え痺れ, ようにだけしか思われない, ようにだってできますよ, ようにってね願うん, ようにってんで十キロも, ようについてもいろいろ示唆, ようにつつとドアの, ようにというはからいが, ようにとこそ願うべきに, ようにとさえおすすめした, ようにとしか云いよう, ようにとってそいつを, ようにとってをまわす芸当, ようにとととと三つ四つよろめい, ようにとなど話した由, ようにとねもごろな, ようにとへいこういう, ようにとまでは往かなくとも, ようにとよけて通って, ようにどさっと瞼, ようになあと云われましたが, ようになどかさねがさね言いふくめた, ようになの花ば, ようになよたけ右手奥, ようになんかやって, ようになんぞできるもの, ようにねとさっぱり洗いたて, ようにはからだが, ようにばかりもいえないの, ようにぶきような, ようにへへへへとわらい続けて, ようにべちゃべちゃと, ようにほどよい所, ようにまでは怨みかけたりは, ようにまでもお松は, ようにもぞりもぞ, ようにもとよろこび確信, ようにもともすれば, ようによけたため, ようによってはとうとうと滝つぼ, ようによな上杉さんに, ようにより聞きよう, ようによるのです, ように対しては前から, ように迄は奪って, ようねなどと言うの, ようのという訳で, ようのみものをひとつ, ようのん気な, ようはえようなどにたぐい, ようはからっては貰われぬ, ようはからったのです, ようはげしくなりまさり, ようはげまして下さる, ようはしゃぐ癖に, ようはじをかいた, ようはじまってっだろ, ようはたして妻と, ようはりがねで, ようばんの, ようなげしどもは, ようひそかに彼ら, ようひと纏めに, ようひとえに御寛容, ようひとりの赤子, ようひらにおわび申しあげまする, ようひろ子にそう, ようひんでしかも, ようふいに天井板, ようふしようの投げ, ようふたたび綿入れを, ようふとい綱で, ようふれてまわんなさい, ようふわふわした夢, ようぶよぶよ透けるが, ようぷろぺらと機関の音, ようの白く, ようほせた藤の, ようほどよく美術的, ようほぼ実在の, ようほれじゃア, ようほんとに今ようようごく僅か, ようぼくからも祈ります, ようまえもってご用意, ようまがった長い足, ようまことにお座の, ようまして此の, ようまじのうた, ようまず振り出しに, ようまってて御, ようまでがただならなかった, ようまでもぎすぎすさせ, ようまとまっていなかった, ようまるでこの北野家, ようまア家に, ようみごとだみごと, ようみなさんによろしく, ようみんなの声, ようむかずそんな多鶴子, ようむげる少年の夢, ようむごたらしくきっと殺し, ようむないもんになつた體だから, ようめいにいる, ようめいめい五分十分早く店, ようめづらしい御, ようもう一度促すよう, ようもう少し考えぬよう, ようもござりませなんだ, ようもし再発したなら, ようもっとも腐心する, ようものかげをつたう, ようももの柔らか, ようやいひよウいけない, ようやう得心させて, ようやがて不安の, ようやくすがたを, ようやさしく涙に, ようやったな, ようやっと訪ねて, ようやっとるように, ようやら知れ申さず候, ようやりんさる, ようやれる西洋の, ようやれんもの, ようゆうしんじやう, ようゆえに家人, ようゆきなりの事, ようゆっくりゆっくりと塵, ようよいやよう, ようようお参りをし, ようようようようと居酒屋, ようよう人らしくなったが, ようよう切符を頂戴, ようよう勢衰えたるに今日, ようよう十ぐらいだった, ようよう十一歳の小学校生徒, ようよう家が持てた, ようよう手に入り, ようよう昨日でき上がり候間二枚さし上げ申し候, ようよう正気に返った, ようよう死に心地, ようよう物の言われる, ようよう番入りをした, ようよう粗末な稽古三味線, ようよう腎臓病と分った, ようよう自分達も用心, ようよう顔をばあげ, ようよう鮨屋を探しあてる, ようよくあんなにもふざけられた, ようよと云われたらその, ようよねときどき, ようよりいのちを, ようよろしくお取次ぎ, ようよろめきよろめき歩きながらも親, ようらしいですな, ようらんと在る, よういぼし, ようざとさはいうならむと一たびおもい, ようわかっとるですよ, ようわかつとらんでしよう, ようわからぬそれ程この, ようわからぬではない, ようわからんぢやつた, ようわかりましてご, ようわかりましたからほんなら, ようわかるがの, ようわかればなぜ, ようわざわざ制定され, ようわせた, ようわせられたわせられたのう, ようわたへを思ひ出し, ようわれらも警戒, ようわれわれで計らいまする, ようアイスアックスを引きずっ, ようアヽ好い塩梅, ようの一番, ようイヤ佛法僧に, よう今ツ, ようエビス駅長へ警告, ようオスタープ今晩は, ようガオの人々, ようガス芝浦であろうと, ようガッとあけなはれ, ようガラスをよく, ようキーンキーンと痛く, ようグッと前方, ようコポオの演出ぶり, ようコルシカ人に用心, ようコーリヤで, ようサークルの責任者, ようザラッザラッと鳴った, ようザロメに言う, ようシッと一声, ようステッキかなに, ようストーブにかけて三人, ようセルロイド板より二本, ようソロソロとしめ, ようタキノやア, ようチャンとやっ, ようチョボにつれ, ようテッド君じゃない, ようデリケートな注意, ようトリステサホホホホホホ駄目じゃない, ようドュフランにその, ようナイフを入れる, ようナオミちゃんちょっと此方, ようニタニタ笑いとが全く, ようニッコリ圓朝は, ようニュッと雨足, よう身軽で, ようバアで無頼漢, ようバクスタアとコルヴィン, ようバタバタ帆の, ようパチンと, ようパパさんにお, ようパンツシャツの用意, ようピカピカ光るきんらん, ようフライか, ようブラドフィールド駅に打電, ようボタン穴のところ, ようボタ山の月, ようマドマゼエルの許, ようモヤモヤとし, ようモルやは今日, ようモーターをかけ, ようルミーさんきっと又, ようロオペ博士に一肌脱い, ようロボットの背, ようなって, ようーいやな, よう一きわきわだった大きな, よう一そう猛稽古, よう一つさと答えなけれ, よう一ばい忠誠に励まれよ, よう一ツだよ, よう一ムチ打って, よう一丁いこうよう, よう一人歩きするよう, よう一升十銭その手入, よう一品ごとに異名, よう一寸小刀細工を, よう一層励んで, よう一心こめて, よう一心に希望し, よう一応命じて, よう一族や召使, よう一日も早く, よう一日じゅう祈って, よう一時も早く, よう一晩に三軒, よう一本盗みとったら二分, よう一本立ちの御用聞, よう一枚の落葉, よう一枚小袖の黒繻子, よう一枝ぢやない, よう一様に平に, よう一気にして, よう一点も非, よう一生けんめいにやりましょう, よう一筋二筋と糸, よう一角を騙し, よう一語一語に心, よう一身一家内の始末, よう一間ばかり間隔, よう七日になります, よう万一この申入れ, よう万事気を附け, よう万全を尽した, よう万延寺の菩提所, よう丈助も若旦那さま, よう丈夫で歸, よう三井寺の頼豪阿闍梨, よう三十両の小判, よう三日にいちど, よう上原さんは悪徳, よう上大久保を過ぎる, よう上官に申請, よう上意蒙り申候, よう上手にお, よう上洛ってみえた, よう上流の流れ, よう上申して, よう崩れた土, よう下した蔀を, よう下らなく悪化し, よう下屋門へ来る, よう下手人を探し出せ, よう下総の都賀崎, よう下駄を脱い, よう機嫌千万な, よう不安を与えまい, よう不断精進の所存, よう不浄なこと, よう不満にであう, よう与吉の家, よう且肥料にすべき, よう世にもクサクサと, よう世の中のため, よう世帯染みたがなお, よう両人の者諜, よう両替屋の主人, ように短冊, よう中だるみに四方濶, よう中国の戦陣, よう中身は白く, よう主君のお, よう主張した, ようものを, よう乗物支度させい, よう九献の盃, よう乾かして其, よう乾く朝お櫃を, よう亀さんようい, よう了簡で禁厭, ようを分け, よう事情の違いよう, よう二つ三つ息を引く, よう二上屋の棟, よう二十一匹じゃ, よう二口しかない, よう二本の矢羽, よう二点鐘の鳴ります, よう云々左の頸筋, よう云い置いて自室, よう云うつかわせということ, よう云ったもんだ, よう云わはったわ, よう云わはるけれどなんど, ようの口, よう互いにその所, よう井上へもよく, ようへ帰さず, よう亭主はあくまで, よう人どおりのまったく, よう人家の門, よう人心安定のため, よう人道と人倫, よう人間の耳, よう討ちを, よう今夕より諸事準備, よう今夜これからことし, よう今宵の本望, よう今年一ヶ年は持つ, よう今幾時だと, ようから勧め, よう仏像の飾り, よう仏果をおそれ, よう仏陀の名, よう仔細御申, ようようと, よう仕まつった者には, よう仕りたき事に, よう仕上らば嬉しい, よう仕事も出来る, よう仕切った形睨み合っ, よう仕合せなゆくすえ, よう仕向けていっ, よう仕向けられなければならない, よう仕果されよ, よう仕果したらこの度, よう仕止めましたなれど今宵, よう仕組んだ行為である, よう仕込みそれから演繹, よう仕込んでます, よう仕込んだってくれ, よう仕遂げない大手柄を, ようは菅笠, よう他日の備え, よう付いて行かない, ようを布き, よう以前にも増し, よう仰せ出されるの, よう仰せられこちら向きに, よう仰向いて眼, よう仲間の内, ようの鰐鮫, よう伊勢から出, よう伊勢崎まで往けよう, よう伊與造氏に似とる, よう伊達の一家一門, よう伏而懇願いたします, よう伏願致します, よう伐るところの, よう休み休みして, よう会いますから, よう会うのも, よう会えたな, よう会得しない, ようは親, よう伝あにいとね, よう伝えおいてもらいたい, よう伺えぬと申します, よう似せるものだ, よう似とらあいうた, よう似とるわ, よう似とろうが, よう似る我なれ, よう似合いますぞ, よう似合うとるけど言文一致, よう住吉の浦, よう佐々お前はなかなか, ようすっかりちゃんとしたら, よう何だか分りませんが, よう何とぞよしなにご奏聞, よう何はなくともお礼を, よう何らかの方法を, よう何分の御, よう何卒御願い, よう何故なさらぬ, よう余さず洩らさず記せしもあり, よう作った履故猴一たび穿き, ようし新しい, よう併せてその, よう使いを果し得ません, よう使い果たしてやろう, よう使命を帯び, ようのふしぎ, よう例えば朝体操を, よう例のを, よう依頼んだの, よう侯爵のりっぱ, よう促したということ, よう保つて鏡, よう信心したが, よう信玄の陣前, よう信者たちも又, よう修業なさらなければ, よう修法して, よう修行せねば, ようにも聴, よう俺アもう飯, よう倒れた風情に, よう値段も格安, よう傷薬が売れるだ, よう傾く頃相州鎌倉に, よう働いてくれた, よう働かしよりまっし, よう働かなくとも済む, よう働くこっちゃ, よう働らいた今日の, よう僚艇に伝えた, よう僭越ながら念, よう儀右衛門は気味悪, よう億劫でない制度, よう儲からんといひ, よう三爺, よう元気恢復に努力, ようへ諫め, よう兄さまを迎え, よう兄弟と仲よう仕合せ, よう生っ, よう先ず召仕うべし, よう先刻に老, よう先方だって人情, よう先生督促せらる, よう先輩ただ今お, よう光子さんに話してた, よう児童を補導, よう入る者が, よう入れたのか, よう入れないような, よう財産を, よう全身をよつん, よう八ツ目鰻なと, よう公儀へお, よう御始末, よう其の方が, よう其許を知っ, よう其許達仰せ合わされ拙者代り, よう兼ツつあん構ア, よう冀望を述べ, ように僅か, よう内々で下向, よう内移仰せ付けられ候, よう内聞にし, よう内輪へ極度, よう内部には段, よう円髷の高い, よう写真入りでダンサー一覧, よう冥護を垂れた, よう冴えて小松, よう冷えてゐる, よう凝るではございません, ようの真理, よう処分して, よう処置をし, よう出かけねエが若い衆位, よう出かけたのだ, よう出けてけつかる, よう出さぬおとなしい性質, よう出しおれど白井博士, よう出しますめえ, よう出しよつたもの, よう出ないで我慢, よう出家は法衣, よう出来ずさりとて政事, よう出来ないほど少ない, よう出来よつたな, よう出来んしみんな, よう出来得る限り生活の, よう出陣されたな, ようを守っ, よう分かってるのや, よう分かつてるがそい, よう分かるように, よう分ったか, よう分っとるがな, よう分らんのよ, よう分りましてご, よう分るまいて, よう分れしませんねんけど二人, よう分れしめへんねん, よう切に切にお願い申します, よう切らんのんかいな, よう切れんさかい毒, よう刈らうぜ, よう初めにはわざと, よう初心らしいこと, よう判りますが, よう別れようの一念, よう利かんでさし掛傘も, よう利きよるので薄気味, よう利く薬調合し, ようえようと, ようが入れ, よう刻々と悪い, よう刻み目多く刻, よう剃ったけれ毛は, よう剃れる剃刀じゃ, よう前後のご, よう前足の間, よう前髪を掛け, よう剥げることも, よう割らしたもんだ, よう劉皇叔にすすめ, よう力めることである, よう努めなくてはなりません, よう励まし合ってゆく, よう効くということ, よう効くんでっ, よう効果を工夫, よう勅命をこうむった, よう動かざること如朽木, ようにきい, よう勘忍して, よう勝てんや, よう勢衰えたるに今日, よう勤まるもんです, よう勤めるにや勤めとるつ, よう勧めてくれた, よう勧めたので田沼め好色, よう勧告せられた, よう勧誘して, よう勧説した, よう勧請して, よう勸説せんこと, ようぐらいだった, よう十一の火山脈, よう十一歳の小学校生徒, よう十五夜が冴えり, よう十分弾力を秘めたらしい, よう十分気をつけます, よう十分注意を致しました, よう十日期限七十両万一にも, よう十時過ぎに帰っ, よう千百の見物, よう千鶴子さんに伝え, よう丁も, よう卒業しまいと, よう協定すべきを, よう即ち何所までも, ように目鼻, よう厳封のまま, よう厳重に抗議しな, よう厳重命令すべきである, よう厳重監督を要す, ようにま, よう参ってくれた, よう参られたりお, よう参りますればお, ようりませんでした, よう夜明かしか, よう友清君にいいつけた, よう反対もせず, よう叔母はくれぐれ, よう叔父の管理下, よう做し, よう取って引, よう取りはからってやる, よう取りはからわせ候間右御, よう取り付き合って恐怖, よう取り計らわせたという次第, よう取れてて, よう取扱っている, よう取計って貰いたい, よう取計らってくれるであろう, よう口ずさみ抜きは, ようっ切ろうと, よう叩いてあげます, よう召使に云いつけた, よう叮嚀に説明, ようの親方, よう司祭殿に御, よう合の子だな, よう吉次は祈っ, よう吸うたつもりで, よう呂宋兵衛の手下, よう呉服かしずいて, ようやいた, よう周玄さんが, ようるぞな, よう呼んだ女子じゃ, よう呼吸もない, ようけたりし, よう命じられている, よう命じられるにいたった, よう命ぜられたので軽率, よう和女顔へ疵, よう和気を尊ん, ようはかわい, ようを損ね, ようといざ, ようの曲げよう, よう商売道の原則, ようふて見とくん, よう啼いて親鳥子鳥, ようは急げだ, よう善いように, ようがかわく, ようみません, よう喰うであろうゆえ二三匹が, よう喰はんかといはれる, よう喰わんと走り出し, よう嗅いでみい, よう嘉六も粗筋, ようして, よう噛みくだいた上の, よう噛んでいる, ようでつつん, よう団子になとし, よう困った事だ, よう囲みの人数, よう固い御言葉, よう国庫に由っ, よう国男との間, よう国立児童出版所のやう, よう国籍はもう, よう圓馬のみは借金, ようも脚, よう坂本の諸子川, よう坊や久しぶりだなあ, よう坊主か, よう城中に仕え, よう堤防だの石垣, よう堪忍しや, よう報じてくる, よう場所を教, よう場末の一番下等, よう塩尻がたの尖, よう塩梅して, ようによせ, よう壁皴の模様, よう士道の吟味, よう売らないなんて, よう売れてさみしく, よう変えなくたってもいい, よう変わりのようじゃござんせんか, よう夏休みにはうち, よう夕闇を弾き返す, よう多く持ちはなはだしき, よう夜半まではお, よう夜闇にまぎれ, よう夥しく香料と, よう大きくなった, よう大きな図体を, よう大事にしな, よう大入りつづきであったよし, よう大切そうに披, よう大将そう来なくっ, よう大通りをすぐ, よう大高表の儀, ようも頭, よう天地の神さま, よう天恩の有難い, よう太れへんのどつせ, よう太宰さんからの御, ようは夫, よう夫人の註解, よう奇態なこと, よう奈良街道へも手, よう奥様は未だ, よう奥殿にあたって異様, よう女中に言いつけ, よう女形の身, よう如何ようにも御, ような扮装, ようにも話し, ように読め, よう姉さん御馳走さま, よう姉さんお前に寒かっ, よう姉君は御, よう姉樣お願, よう姉樣よう姉樣お願, ようの許, よう姿が隠さ, ように言い, よう婆さん又行ってる, よう婿の穿い, よう媚かしく白の紗, ようとしても証, よう子供が待つてるだらう, よう存じまして, よう存じまするが, よう存じませんが昨年, よう存じ上げておる, よう存ぜぬが見る, よう存ぜられますが, よう存ぜられますれば, よう学問は必ずしも, よう学者に為, よう学芸のもの, よう孫女こうの, よう守らない男を, よう守ッてくれた, よう安心しようと, よう宗家へ申し入れました, よういから, ようって, よう宰領せねば, よう家々によびかけた, よう家中一統へ申し渡し, よう家庭という観念, よう家財をやく, よう寂しい事おま, よう寄り附かんか, よう富さん本当にお前, ようてをり, よう寛大の御沙汰, よう寝ついております, よう寝なかったそうで, よう寝られて早う, よう寝られしまへんの, よう寝られんのでした, よう寝られん弱って弱っ, よう寝るやつ, よう寝込んでしまっ, よう寝附いたがねえ, よう寧ろ一切を, よう寫つただろ, よう寸髦の違い, よう対山の蔭, よう対手を殺します, ようを切っ, よう尊公様より厚く, よう尊氏に打勝て, よう父さん, よう小堀平治確と御願, よう小宮山の胸, よう小岩井の野原, よう小生よりは申し, よう小田原に着い, よう小説みたいなもの, よう尽力中であると, よう尾道市の図書館, よう局長には話, よう居並んで各自五分間, ようを苅り, よう山三郎が乗っ, よう山尾お詫びを申し上げます, よう山門をお, よう屹度申付け候もの也, よう島原か, よう巡査が勤まる, よう巡査ごとをしよう, よう工員を煽動, よう左手で持ち上げ, よう左様なら, よう左樣なら, よう差図をいたした, よう帆村荘六君か, よう帆綱を横木, よう希われるのみであった, ようの命, よう師匠に申しました, ようにくされ, よう帰らんのじ, よう帰るところだ, よう帰ろうってば, よう氣で, よう平家はこれから, よう平気でおすすめ, よう平生父より戒められ, よう幸い私は, よう幽かに見ゆる, よう幾らある, よう幾本かの塔, よう広がりて墨, よう座りませんからと啖呵, よう庭師を入れ, よう廻らん大分に, よう廻るように, よう弔うてやっ, よう引くほどに仰反る, よう引っ張っちゃあ, よう引っ捕えいと言う, よう引抜いている, ようを苦しめぬ, よう張り番して, よう強いて顔つくり, よう強いられている, よう強いられたものじゃが, よう弾くのやら, よう当り前に普通, よう当人に成り代り, よう当方からお願い, よう形熟と此方, よう彫ってある, よう彼らに姿, よう彼方にごろごろ, よう彼等は二羽, よう往かないでしょう月夜の, よう往かれまへん, よう待たないで急, よう待ちうけたの, よう待ってたよ, よう従七位様えらい博識, ようきかぬほど, よう御両人やけますと, よう御存じ申し訳は致しませ, よう御座ありたき事, よう御座いましたし雙方, よう御座いましょかと聞く, よう御座んしたのよ, よう御座んすよ, よう御機嫌ようと云う, よう御沙汰に候事, よう御言伝えて, よう御許様のお母様, よう御身をよく, よう御願いする, よう心がけねばならぬ, よう心づかいをする, よう心ひそかに祈っ, よう心得ぬいておりまする, よう心掛けねばならぬ, よう心掛けるように, よう心掛け通船致すべき旨, よう心細くおもわれて, よう心身を錬り, よう必ず留守し, よう忌わしい夢から, よう忍耐のうえ, よう志して何処, よう志すことを, よう忘れないだらうと思ふ, よう忘れないだろうと思う, よう忘れるんぢや, よう忘れんかったこっちゃな, よう応酬した, よう念日様のお, よう忽ち麗なおも, よう忽然として, よう思いなしか附添, よう思い切らんさかいその, よう思い込ませるように, よう思い遊ばせやこの, よう思い針を打ち込む, よう思したまいたる時文時も, よう思し召され候, よう思わず気を, よう思わせておきましょう, よう思わるるに及んだ, よう思わん者も, よう怨むがよう, ようじみて, よう恁うしようといふ悪気, ようの使い, よう恍惚となった, ようがある, よう恐いようと, よう恐入りますが貴, よう悉皆焼印の, よう悠々頸動脈を, よう悪い事の, よう悲痛な表情, よう意味がわからぬ, よう愚老にお, よう愛撫せられたりと, よう感じまして右, よう感情の在り, よう感情熱情で出来た, よう慈悲をたれ, よう慶祝にたえません, よう憶えていました, よう懇切に見, よう懇望したの, よう懸け得ずに物蔭, よう成長ようとし, よう成長開花せしむべきでありました, よう我らよりもお願い, よう我慢して, よう我等は慫慂, よう戒め置くと理髪人命, よう戸締を固め, ようつて來た, よう戻って来た, よう戻られたな, ようから闇, よう所望されて, ようのところ, よう手入れを怠らぬ, よう手前の方, よう手拭を冠せ, よう手数料は倍加, よう手筈十分に致し置きました, よう手落ちのない, よう手足も衣, よう手配りしろ, よう打電した方, よう払うてなと進ぜましょう, よう払ってないわ, よう払わない店が, ようはいよいよ, よう扱帯で褄取らぬ, よう承ってその, よう承りたれば小生, よう承わりましたが只今, よう承知して, よう折れるから, よう折角の御, よう抜かれるので気味, よう抜足をし, よう押しかこんでしまった, よう押しつけてすぐ, よう拝察いたされますが, よう拝見な, よう拵えるのです, よう持ち運んだとかぬかし, よう持ってこい, よう持っとらんやろ朝の, よう持宝院下まで送っ, よう指図をし, よう指導して, よう振向けるかこの, ようへない, ように据え, よう掘るまいと思うた, よう掛け合われてもみすみす, ようおうとしたら, よう採用されたの, よう探いてもらわっし, よう掣肘するだけに, よう接待はわざと, よう推挙しろでなくば, ようっていた, よう掴まえんのに, よう揃うておる, よう揃うたもんじゃ, よう揉ませられたものじゃった, よう描いた画多き, よう握らぬ奴は, よう撫でつけもせな, よう支えて下さい, よう支倉の奥さん, よう改めて手配し, よう放送局や新聞社, よう故郷をも慕いまし, よう敏行さーん一, ようへとくれ, よう教え追い追い穀を, よう教育されて, よう敬虔に控え, よう整いましたか, ようの心, よう敵討のお供, よう文章にいちいち, よう斉興にいい, よう料理せんかね, よう釘截鉄的に, よう斬れような, よう断りいうて, よう断わってまいれ, ようんなに, ようらしい旅仕度, よう新吉さんを帰し, よう新聞なんかお, よう方々へ頼ん, よう施術せずに, ようが出来なさる, よう旅人が迷う, よう旅行したり, よう日ごろにおいて主君, よう日光様へ願, よう日頃好みの礼装, よう旦那さま何をそんなに, ようねも守り, よう早い処で, よう早くも乾いた, よう昇降口の蓋, よう明けても暮れ, よう明りに紙, よう明日からまた早速, ようの話, よう昔日の人々, よう映ってまっ, よう映る格好を, ようの末, よう昨今備後の鞆, よう昨夜のこと, よう昨日から雪片, よう昨日でき上がり候間二枚さし上げ申し候, ようは追, よう是非とも取り急い, よう時々お目玉も, よう時にはまるで賢者, よう時刻だが, よう時間を計っ, よう普断ならば, よう晴れ曇り慈悲, ようを出し, よう暗いうちに, よう暗く見えた, よう暫くだな, よう暴虐をする, よう更にこれを, よう更めて見詰めました, よう書いておこしました, よう書いたがそれ, よう書かへんけど, よう書きつけを渡します, よう書くもんに, よう書状をもっ, よう書記に命じた, よう曼陀羅先生にお願い, よう替えも気分, よう替わりなんだ, よう最善を尽す, よう月夜の布袋, よう有り度い, よう望まれたが馬琴, よう望まれるならば山口, よう朝六時までかかっ, よう朝晩凶事なく達者, ようのかげ, よう木の下をあるい, よう木の葉のよう, よう本師より言いつけられ, よう本店のえらい, よう本当に気を, よう本気で考えられなけれ, よう本線の近く, よう朱実か, よう李陵に頼んだ, ようの出征軍人, よう村中へ触れさせた, よう来とくなはった, よう来なさったよう来なさった, よう来ましたね小倉, よう来られたなあ平田氏, ようがすくすくと, よう東向きの部屋, よう果たしたらそちと, よう果たしてお艶, ようと枝, よう枯れし白樺なる, よう柔らかい頬から, ようのかげ, ようべて見ぬ, ようの花, よう案内する老母, よう棒立ちになっ, よう椅子を立ち上がった, よう検めた上で, よう検事長らに指令, よう楽しみに致し, よう構成した, ような血相, よう様子なども心得た, ように折った, よう横ざまに身悶え, よう樹たちなんかは夏, よう機先を制し, よう機嫌とります, よう次席家老兼お側御用人, よう欧洲に於い, よう歌舞伎の一等二枚奮発, よう止めようとあせっ, よう正しい報告を, よう正しく平均せざるべからざる, よう正成伏して, よう正気に返った, ようの苦痛, よう此処切に伏而懇願, よう此所上願書を以て及上願候也, よう此方へ来, よう此段照会におよびます, よう此葦洲と此朝顔, よう武家方に尽くし, よう武蔵野を駆け飛ばし, よう歩いて賜, よう歩かんから夜, よう歩けもせん, ようも白く, よう死にたい死にたいと花, よう死にますな, よう死ぬまでもなんてそんな, よう死んでしまいます, よう死んだつていい, よう死守すること, よう殊に眼はまん, よう残るもんじゃ, よう殺してしまおう, よう殺しやれとあった, よう殿下からの命令, よう母親としての心遣い, よう毎晩呉れはりま, よう毎晩部屋の入口, よう毛嫌いして, よう氏神を念じ, よう民弥めを討っ, よう民衆の教化, よう気がついたな, よう気づいてくれた, よう気息のなか, よう気配り工夫が要る, ようがした, よう氣持で古賀幸尾, よう水戸の魁介, よう汝眼を閉じよ, よう江戸に浅田宗伯, よう江戸一といわれる, よう決めずにいます, よう決心さしたわ, よう決行致し候, よう決議をお, よう沈痛な声音, よう河底の石, よう治しよるのでウチ, よう泉下よりお祈り, よう泉子の出来る, よう泊まりやはった, ようは無い, よう法月氏か, よう波風の音, よう泣いていなされる, よう泣き笑ひらしい, よう注意清澄たる洋漆, よう洛中の実状, よう活かすようにと, よう活き活きとして見え, よう活躍しよった, よう浜名湖を通る, よう海風にあおられ, ように香っ, よう添寝をし, よう清左衛門身に代え, よう清溝の柿の木, よう清盛どのへ尼, よう済ましていられた, よう減って気持, よう減つて氣持がよう, よう渡舟はしかも, ようへ沈め, よう蔵に, ようと麗, よう溜めんとい, ようも気, ようかだ, よう演説されんこと, よう漬かったぞよ, よう漬けこんで置こう, よう潔く終るもの, ようしようと, よう激励して, よう濁り水とすべし, よう濃い闇である, ようと眼, よう灯陰灯陰と身, よう炊けた御飯で, よう炬燵から出, ようてたもった, よう焚きしめた薫香の, よう無いのは, よう無うては芸人, よう無意識の間, よう無理にいう, よう無言のうち, よう無闇に開閉, よう然し僕は, よう然るべきところは, よう焼けおったなあ, よう焼けたからおいで, よう焼けるよう水かけ, よう焼亡されて, よう煙草盆の火, よう煩悶のしよう, よう熟れてゐる, よう燃えさつ, よう燃えるほのほ, よう燈火のうつろう, ようの垢, よう父母から命ぜられ, よう父親の竹松, よう物蔭からじっと, ようを保護, よう狭い店の, ようを頭, よう玄さんと叫んだ, よう玉井が黙っとる, ようはなるべく, よう王様から通行券, よう王義明致流とやらはこんな, ようわして, よう現して見よう, ようが手, ようは無い, よう理想的にいたしました, よう理詰めにはします, よう甘く運ばせて, よう生えて住みなれ, よう生きかたが, よう生まねえだからの, よう生命は取留まり, ようひまい, よう申されたなとうとう, よう申されましたので, よう申しあげれば戦, よう申しおいて下され, よう申しきかせたので, よう申しつけてもらいたい, よう申しまいるやも知れない, よう申しましたがここ, よう申し上げたことで, よう申し上げなかった長い長いあいだ, よう申し付けて下さい, よう申し付けましてご, よう申し付けるでござりましょう, よう申し伝えまするで厶, よう申し伝えろッ, よう申し候え共つら, よう申し得ませぬようでした, よう申し残しておきました, よう申し越し参らせ候, よう申し述べ候処, よう申し遣わしたれば先刻, よう申すがよい, よう申すべくさ候え, よう申すらしいのです, よう申せしを幼心, よう申そうと思います, よう男振りと云い, よう画かんくせに, よう画けてると思いました, よう留つて呉れた, よう番入りをした, ようがわれ, よう痛いよう, よう痛くもなんとも, よう療治を一つ, よう白い姿が, よう白くなりて, ような微笑, よう皆さんお達者, よう皆家を空しゅう, よう盗まなかったのか, よう目付け出したら一緒, よう目的の一節, ようかに申された, よう直さっしゃい荷の, よう直接言葉添えありましたため, よう直観を働かせなけれ, よう相成り候以来父上ご, よう相成りおるや否や, よう相成り候わばその, よう相成るべきかと内々, よう相撲をとりました, よう相槌をうった, よう眉間にも血, ようてい, よう看護して, よう眠ったぞ, よう眠られぬ夜が, よう眠りますと念じ, よう眠るおひと, よう眠れて眼, よう眠れたけえ, よう眠れた借りて来, よう眠れなんだやろ, ようも屹, よう眼ように自然, よう眼庇しを, よう更え, よう着こなされていた, よう着た上解い, よう着ないで居た, よう睡っておられた, よう睡りもせな, よう知っちょることじゃが四五日前友田の, よう知ってたナという, よう知っといやすとおりあの, よう知っとりますで, よう知っとろうだい, よう知らぬのかも, よう知るわけも, よう知れぬ者に, よう知んねがす, よう知ッとるし, よう知事に建言, よう知行に応じ, よう短い日の, よう石屋さんぢやない, よう砂地に立って, よう砂山を下り, よう研究しよる, よう破ったふん, よう破れんからじゃ, よう確乎と申しつけた, よう磐石のごとく身じろぎ, ようだって泳げよう, ようをいう, よう社會状態を變革, よう祈ったのを, よう祈らずにはゐられない, よう祈りながらその, よう祈りあげ候時下晩秋黄落しきりに, よう祈り上げております, よう祝したのが, よう神さまにおねがい, よう神棚にあかあか, よう祷らねばならない, よう禅師にすがっ, よう禿亀相変らず, よう秀子さんどうぞ話し, よう私たちを和め, よう私兄さんとなんか, よう秘事のため, よう素速く, ようがない, よう種々これを, よう種々苦心して, よう稼ぎなさる暗いうち, ようから威嚇射撃, よう立たせて呉れ, よう立ちかねてゐる, よう立ち居振舞い羅刹のよう, よう立つ声が, よう立てなおさなければならない, よう立てぬで久しぶりで, よう立派に名乗り出, ようと交わる, よう竹槍を密か, よう竹童もきょう, よう竿の位置, よう笑いながらたのんだ, よう笑いばなしに取沙汰, よう笑うぜ, よう笑わせてくれた, よう等等親らしい愛情, よう筑前どのへお伝え, よう筒井はいいあらわせない, よう篠町からこつち, よう粉骨砕身いたすでござろう, よう粗末な稽古三味線, ようたるもの, よう粟粒ほどの血, ようが出ます, よう精出して喧嘩, よう精出すでなあ, よう精励いたしおるな, よう精念すれば, よう精神を刺激, よう素地を見る, よう素晴しい部屋, よう細々と心, よう細かく密に, よう細き息の, よう細く透るが, よう組織の内部, よう経営の安全, よう結ぶ事出, よう絡まりようである, ようやかなありったけ, ようが描けます, よう絶えずとどろと, ようの羅, ようの雲, ようかに回転, よう練習しなければ, よう縁切と云う, ように就けい, よう縛り付けて来る, よう縫えていねえ, よう織つて気立, よう織田はんよう来とく, よう繰り返して固く, よう繰返しお諫め, よう美佐はお祈り, よう義父さまにもご, よう羽目にかす, よう習慣づけられて, よう翻然なにを, よう夫や, よう老職がたの御, よううるが, よう考えたらそなた, よう考えてるんねんで, よう考えとるバイ, よう考えぬと馬鹿, よう考えられてきた, よう考えられましてございます, よう考慮して, ようを惜しい, ようにもかけない, よう耳新しい世事を, よう聞いてて御覧, よう聞いとけこの松本, よう聞いとるに, よう聞えて来る, よう聞えずの, よう聞えたかえ, よう聞かせてやる, よう聞かつしやれ, よう聞かぬが先頃, よう聞きぬ夢なる, よう聞きませぬが他日, よう聞きわけて給, よう聞き分けて下された, よう聞けっこの馬鹿娘, よう聞けよそちもはや, よう聟どのに従い, よう聴いときや, よう聴かしてもらいます, よう聴きわけてくれたなら, ようのあたり, よう肥えとるサカナ, よう肥えた魚, よう肥つた癖髮で面皰, ように負われ, よう肯かしゃれたの, よう育ててやれ, ようを蔽い, よう背後下がりに退いた, よう脂汗をにじみ出し, ようけて, よう腎助だよう, よう腎臓病と分った, ように落ちました, よう腹蔵なくお, ようを並べ, よう臙脂屋のため, よう自ら身分を尊び, よう自他を守る, よう自分達も用心, よう自動車のうしろ, よう自得いたしたとか, よう自慢なん, よう自決を致します, よう自然相成り申し候, よう自由に開放, よう自由自在に振舞っ, よう自縛に陥る, よう自身を鍛え洗われた, よう至急諸侯を, よう致させましょうがこの, よう致したく候, よう致しました方が, よう致しましたるところ書きましたる, よう致しますか然し, よう致しますれば, よう致し候えば天下, よう致すべきの処, よう致せついてはその, ようのなか, よう舞うかどう, よう舞わぬそうな, ようを手, よう船中にては余, よう船島からお, ようには必要, ようは冷淡, よう艶気のない, よう芋銭の作品, よう花子のかあ, よう芳賀博士の攷証本, よう芸名小圓太, よう若い働く婦人, よう若しまた定業, よう若しも出た時, ようりよう, よう英国にては心がけおり申し, ように懇願, ようを飲ん, よう草鞋の紐, よう荘司に慫慂, よう華美なる服装, よう付いて, よう蒲団が敷かれ, よう蒼白い光が, ようを懐, よう蓑毛を乱し, ようむらさきの, よう薄いモが, よう薦めるつもりだった, よう蘇ってきた, よう虫干しさせて, よう蚊帳を釣った, よう蜀帝国の最期, よう蝋燭を, よう蝶番もて拵え, よう蟲めがね君お早う, よう衆人に代っ, ようなして, よう行かないこいさん一人で, よう行かなくつても, よう行かはりましたなあ, よう行き来して, よう行ったら道後の, ようと立った, ようの縞, よう衣服など揃え, ようの事務室, よう表わす事まずおよそ, よう表面を粧う, よう衷心からお祈り, よう衿白粉が黒ずん, よう存候, よう裁決した涌谷, よう装置すること, よう裏手の牛小屋, よう裾捌きなり何, よう褒めておられる, よう襟半様の暖簾, よう要るなら取つとき給へ, よう見うけましたれば途中, よう見えへんけど, よう見えますがヘイ, よう見えれば愚考, よう見せておくれやした, よう見せないよ, よう見つけなかったんです, よう見つけ得ずにた, よう見といてや, よう見とがめられぬように, よう見ないで言った, よう見なかったなんて恥, よう見ゆるのじゃ, よう見られたさに, よう見られぬようと, よう見られようとつとめ, よう見ろよう, よう見んとおずおず, よう見受けましたればわたくし小平様, よう見定めが附いた, よう見届けて戴く, よう見張っておれ, よう見張りをやつ, よう見捨てないで, よう見渡す限り列の, よう見知ってる男じゃが, よう見知りおいてくれ, よう見破らんとのみ云われる, よう見詰め声涙下る, よう規則正しく返したのに, よう規尺の取り, よう覗いて云った, よう覚えぬがはや, よう覚えるすら例, よう親方の方, よう親欺して, よう親父が話しよった, よう親類一同から指名, ようておけ, よう解けまいが, よう解せぬと案じ悩ん, よう解せませんが, よう解せると思う, よう解り切ってるのにまだ, よう触れ散らすを見, よう言いつけて散会, よう言いつけられて多少, よう言いつけられたのだ, よう言いつけるのだ, よう言い伝えてくださいません, よう言い含めて出で立った, よう言い得なかったのです, よう言い置いて来た, よう言えなかったんだろう, よう言っていやがる, よう言はんくらゐ小さ, よう言わなかったが遠く, よう言葉使いにも充分, よう言語の調子, よう計った荒木に, よう計らいくだされたいと頼む, よう計らいましたのは, よう計らいましょうと父爺, よう計画しなければ, よう訊いて下された, よう訊かなんだ, よう訊かれることなど, よう討って取る, ようえたと, よう記されてはある, よう訛伝したの, ようがありません, よう設えたと言います, よう許可を得, よう許都の空, よう訴えてきた, よう評判を承る, よう詣らなかつたのだ, よう試みに進んだ, よう試験に通っ, よう詫びておい, よう詰らない事を, よう詰責したが, よう話題を細心, よう認めてあつ, ようの字, ようの武士, よう誠実に舞台, よう誤りなく東方, よう説き伏せた上堂々, よう説明して, よう読まるるがあるいは, よう読みをらん, よう読みませぬがそれでも, よう読みよるでどこか, よう読めるとじゃ, ようなどまじえ, よう論ずるは性慾顛倒, よう諦めてしまわず, よう諫争された, よう諭して帰す, よう諮っておく, よう諸事また次便, よう諸君の願望, よう諸般の整備, ようの汚名, よう講義をし, よう謝っといたさかいほな, よう謡い出ずに戻っ, よう警察で云われた, よう谷村さんの顔, よう谷間には橋, ようをふかせた, よう貝十郎押し切って, よう貞操にふれない, よう貫一さん後生だから, よう夫人振る, よう貴兄より御, よう貴女これを持つ, よう貴島に言い出した, よう貶しようとして, よう買っとくれ, よう費用は家, よう資金を運用, ようでも這入る, よう赤松勢の進退, よう起きたな, よう起きてるな, よう起さないで泣き出し, よう起ち上っていた, よう起居振舞いなどのわざとらしく, よう足まめにお, よう足下は近来某々, よう足袋は脱い, よう足音を忍ばせ, よう跨っている, よう跫音を忍ん, よう踏み固めると信じた, よう身代今の間, よう身体をかがめ, よう身動にも払われず, よう身支度をし, ようけられ育てられて, ようのうち, よう車夫さんよくお, よう軍人独特の太い, よう軍用金を蓄え置く, よう軒行燈の白い, ようい絨氈, よう軟かい截断紙も, よう輸送せねば, ようっ, よう辮髪の先, よう辰公よくやって来ただ, よう近習として召し使い遣わす, よう迫りましたところ男の, よう追いかけろッ, よう追い出してやる, よう追い剥ぎやの強姦, よう退屈なさらぬのう, よう送りましよう, よう送り込んで呉れた, よう逃げてしもたのん, よう逃げられますよう対手を, よう途中を兵, よう這入らんとしまいまし, よう這入りまへん, よう通うて行, よう通うまいという王様, よう通っていた, よう通りまする, よう通り路の中間, よう通牒を受けた, よう通達して, よう速達にいたします, よう造るはこの, よう逢えたな, よう連れ出したのう, よう進み出たが, よう進められた結果禁酒した, よう進言しこれ, よう遊ばいでなあ何, よう遊ばしたげるがな, よう遊んで来なされ, よう運動をしろ, よう過ごせぬのだ, よう達してあった, よう達者に成っ, よう遠のいて身辺, よう遠近の森, ようさなかっ, よう遥かに祈つて, よう適切なる処置, よう適当に噛合, よう遺言なさったの, よう邪魔を策し, よう部下の警官, よう部屋の中, ようの者, よう鄙意君が何事, よう酌んでおる, よう配達せねば, よう酒飮む女やいふ, よう酔うたわえ, よう重心を片足, よう重治さんにたのみました, よう重盛が計ろう, よう金しゅう早く来い, よう金十円程を御, よう金吾どうした, ようの山, よう釣るものぞ, よう鉄砲紋を張り, よう鉛筆だよ, よう銀色のどろり, よう長旅をし, よう長江の岸, よう長雨にでもなります, よう門口から声, よう開けませんねん, よう開成山に談判, よう間に合うように, よう間違いないよう, よう関心をもつ, よう闘わなければなりません, よう防いでおれ, よう母さん行っ, よう降った夜明けまで, よう降りますね風, よう降り続くことで, よう限定されそこ, よう陛下に請願, よう陰口を耳, よう陰険な仲間割れ, よう陸続と彼女達, ようから隅, よう隆夫の母親, ようをおり, よう階級的な作家, よういて, よう随分苦労し, ようを見せぬ, よう隠密にそれ, よう雑誌新版絵草紙花骨牌などを取交ぜ, よう雪見か, よう電信柱に棟, よう電気炬燵は怖い, よう帯びて, よう青い壁絨と, よう青白く冴えた面持, よう静かに縁側, よう静謐にお願い, よう面倒を見, ようの鞭, よう鞠躬如としてもっぱら, ようをさせず, よう音信不通の約束, よう音楽院のよう, よう音羽屋っ, よう響いたぢや, よう頑張れ朴沢頑張れ, よう頭巾の中, ようのひねりよう, よう頼まれてござる, よう頼みますぞ, よう頼んどいて, よう頼んどいたさかい気兼せん, よう頼宣卿への宥免状, ようから流れ落ちる, ようで書生, よう顔色を変えた, ようわくば, よう願い奉り候, よう願いあげ候, よう願いたいことは, よう願いまして然, よう願いましたがやはりもう, よう願い上げたてまつり候, よう願い上げ参らせ候, よう願い度いものでね, よう願う次第です, よう願わしく存じます, よう願出ている, よう風俗が正しく, よう風邪をお, よう颯とむら雨が, よう飛脚を立てよう, よう食い物を嗅い, よう食ったものじゃ, よう食はず膳も何, よう食べきれずにゐる, よう食べるかどうか, よう食べ物がむずかしい, よう食わずにまた, よう食事の用意, よう飮めへんの, よう飮めんやうな男, よう飼育班を編成, よう飽きもせず, よう飾磨の, よう養わんから私, ように掛け, よう首相様からお, ようつきおる, よう馴らされて来, よう騒いだり悪戯, よう高ちやんみんな三つづつ食, よう高田さんかお, ようも容, ようの結い, よう鮨屋を探しあてる, よう鰻どんぶりじゃない, よう鴻山も蔭, よう鹿子が始め, よう麁末な手術, ようの買い出し, よう黒い被を, よう黙ってカムポス, ようを捉, ようをあかされる, よう鼻孔は情熱