青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「カント~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~アメリカ アメリカ~ イ~ イギリス~ イデオロギー~ イヤ~ インド~ エ~ オレ~ カン~
カント~
ガ~ ガス~ ガラス~ ガラッ~ ガラツ~ キリスト~ ギリシア~ クリ~ クリストフ~ コゼット~

「カント~」 1410, 15ppm, 7380位

▼ カント~ (480, 34.0%)

9 ように 6 物自体の, 立場に, 言葉を 5 先験論理学 4 考えでは, 自然哲学は, 認識論の

3 [17件] アプリオリの, アプリオリは, 主観は, 体系の, 意味に, 意識一般の, 批判主義, 批判主義の, 理性を, 直観空間の, 直観空間は, 空間は, 空間説に, 立場と, 美学の, 自然哲学の, 言葉に

2 [36件] アプリオリである, コペルニクス的転, 例証です, 倫理学の, 哲学に, 哲學の, 場合も, 天才的な, 如きは, 如きも, 宇宙開闢論も, 思想は, 批判主義を, 批判論は, 時代は, 有名な, 直観空間に, 直観空間を, 神の, 空間が, 空間の, 空間を, 空間をば, 立場の, 立場は, 範疇は, 精神に従って, 経験の, 考えたよう, 考えに, 考えは, 自然哲学が, 自然概念と, 認識論は, 説, 論文に

1 [313件] いう, いった如く, いった如く自然, いつた如く二つ, いは, いふやう, いふ先驗的統覺は, いふ認識の, いわゆる, いわゆる先験論理, いわゆる直観的悟性, いわゆる自己目的, この一面的, この云わ, この点, この立場, この著述, ごときも, それからも, それと, それとの, それとは, それに対して, それは, それ等々様々に, だと, ものであった, やや正しく, ような, アプリオリスムスの, アプリオリ主義的な, アプリオリ説は, クリティシズムの, コペルニクス的テーゼに, コペルニクス的転回によって, シェマティスムスに, テレオロギー, テーゼに, 一般的考え方にとって, 不幸は, 与えた構成規定, 与えた自然哲学, 主張, 主観の, 主観主義形式主義を, 二元論と, 云い方, 云うよう, 云う通り, 云う通り形而上学的, 人格の, 人間理性乃至, 今云った, 仕事について, 仕事は, 仕事を, 任では, 体系で, 体系に, 体系にも, 何よりの, 作と, 例証した, 個性と, 倫理や, 倫理学において, 倫理学を, 倫理説は, 偏局の, 先生には, 先蹤に, 先験心理学, 先験性, 先験的, 先験的方法は, 先験的構想力, 先験的観念論, 先験的観念論なる, 先験的観念論の, 先験的論理学, 先験的論理学に, 先験的論理学は, 先験論理, 先験論的, 分析の, 分析を, 分析法は, 制限でも, 功績である, 功績と, 動力学なくし, 卓越した, 又遠く, 古典哲学が, 名づける先験的弁証法, 命題の, 哲学との, 哲学にまで, 哲学の, 哲学は, 哲学も, 哲学的方法即, 哲學と, 哲學に, 哲學は, 問題が, 啓蒙に, 四聖を, 因果律の, 図式, 場合では, 墓所, 天体進化の, 夫と, 如くに, 如く離れ離れ, 宇宙開闢説の, 宇宙開闢論, 宇宙開闢論の, 宗教哲学と, 宗教哲學, 実質的な, 実践哲学は, 実践理性の, 客観性である, 対象認識の, 弁証法, 弁証法は, 引力と, 弟子であり, 形式主義は, 形式的倫理学に, 形式的空間を, 影響の, 従来の, 心情の, 思想との, 思想を, 意味, 意味する, 意味では, 意味において, 意味に従って, 意味を, 意見は, 意識一般を, 感性的直観の, 所謂, 所謂コペルニクス的轉, 所謂デイング・アン・ウント・ヒユウル・ジヒ即ち, 所謂形式主義は, 所謂物自体は, 所謂経験乃至, 批判に, 批判主義が, 批判主義などの, 批判主義には, 批判主義之に, 批判哲学そのものも, 批判哲学の, 批判的な, 批判的自然哲学が, 批判的自然哲学と, 批判的見解の, 批判論が, 批評主義の, 批評哲学の, 批評的精神である, 排斥を, 提出した, 数学の, 敵対者の, 時間及び, 最も一般的, 本文に, 根本思想に, 根本思想を, 根本惡の, 根本的な, 根本精神に, 極く, 構成主義の, 構成主義は, 構成説が, 欲した, 正統的継承者として, 歴史哲学に関する, 段階では, 洞察した如く, 流儀によ, 深刻さが, 物自体, 物自体と, 物自体に, 物自体を, 独創的な, 独創的天才を, 理性, 理性批判, 理性批判の, 理論だろう, 理論哲學の, 用語も, 用語を, 用語例に, 百科的クリティシズムの, 目的論, 目的論が, 目的論に, 直観形式乃至, 直観空間が, 眼の, 研究家として, 神学の, 空想, 空間及び, 空間概念に対する, 空間理論を, 空間説に対しても, 空間論が, 空間論こそ, 空間論と, 空間論に, 空間論に対する, 突発的問題は, 立場を, 立派な, 第一アンティノミー, 第三批判書, 第二批判, 範疇が, 範疇で, 範疇である, 範疇も, 範疇を, 範疇論に, 範疇論の, 精神が, 精神を, 純善, 純粋幾何学の, 純粋理性批判を, 素朴な, 線を, 美学が, 義務感, 考え, 考えから, 考えた世界, 考えた処, 考えた直観空間, 考えであります, 考えでも, 考えと, 考えの, 考えを, 自己は, 自律的自由主体も, 自我は, 自我或, 自然に対する, 自然哲学からの, 自然哲学に, 自然哲学上の, 自然弁証法と, 自然形而上学が, 自然概念に, 自然概念に対する, 自然科学上の, 自然科学型の, 自由である, 自覚的自己は, 至完善の, 茲に, 著作期の, 著作特に, 行き方, 行なった分析, 見たの, 見た文化, 規範的歴史哲學または, 観念論に, 言ったよう, 言はれた, 詩的な, 認識主觀の, 認識対象と, 認識構成の, 認識論に, 誓言に, 説に, 説を, 論理とかを, 論理を, 論理学に, 論理学は, 諸範疇, 謂う処, 識った, 超絶哲学や, 超絶唯心論が, 転回が, 転回とは, 通り日々の, 道徳の, 道徳哲学を, 道徳法の, 道徳的規範を, 門徒が, 關心は, 面前に, 項を, 鳩は

▼ カント~ (194, 13.8%)

5 いって 3 それを, 之を 2 ニュートンの, 人間の, 人間理性は, 吾, 太陽の, 次の, 良心を

1 [169件] いつて, いふ經驗一般, かかる道, かような, こういうふう, こう言っ, ここで, この三分, この仮定, この厳密性, この問題, この場合, この形式的直観, この概念, この点, これが, さらに彼, すでにその, すでに略, そう考えない, そこで, そこでこの, そのやう, その一例, その二律背反, その優れた, その先験的, その弁証法, その趣味判断, それ故, とうに太陽熱, どうやっ, まさに思想, まずかかる, またノア, また中心, また太陽, もう一方, もちろんこれ, もっと生きた, アリストテレスが, イギリスの, イギリス風の, デカルトと, ドイツ風の, ライプニツの, ランベルトへの, 一七五〇年に, 一七五五年に, 一個の, 一般に, 中でもその, 主張した, 主張する, 主観は, 主語的方向に, 之に, 之に対して, 事実の, 云う, 云うまでも, 云って, 人間が, 以上の, 例えば形而上学的吟味, 先験的論理学と, 先驗論理といふ, 全く失敗, 凡ゆる, 処が, 創造された, 勿論認識, 単にだから, 単に指さした, 同時に夫, 哲学に, 哲學者である, 啓蒙が, 嘗て有, 因果の, 固体か, 土星の, 外の, 多くの, 宗教哲学においては, 実にこうした, 実は可, 実は経験, 実体を, 後者を, 快楽とか, 思惟の, 意識一般と, 感性と, 感性を, 感覚の, 我々が, 或る, 教えて, 新しい角度, 日常茶飯の, 時間, 更に之, 更に彼, 書いて, 最も代表的, 最高善の, 果してヒューム, 構想力は, 権利の, 正直という, 決して今日, 注意しなかった, 注意深くも, 活力論を, 燃え切った太陽, 物質という, 物質には, 物質を, 特に之, 独り哲学界に, 現象と, 甚だ漠然と次, 病中に, 直接に, 直覚だ, 直観の, 直観を, 直観的表象に, 直観空間と, 直観空間に, 直観空間をば, 知覚の, 知覺判斷, 知識と, 知識の, 私が, 私に, 積極的に, 空間の, 空間直観と, 空間直観を, 第一, 第一批判, 第二比論, 範疇をば, 純粹悟性概念, 素晴しい, 経験という, 経験的直観と, 続けて, 考へた, 自ら省み, 自己の, 自然現象に, 自然目的と, 自然科学と, 興味を, 認識の, 認識は, 認識主観を, 誰にも, 論理学の, 進歩的な, 遊星並びに, 運動の, 道徳における, 非ユークリッド幾何学, 頭痛の

▼ カント~ (118, 8.4%)

4 空間に 3 指摘した 2 人間の, 如きもの, 感性を, 認識の

1 [103件] ありアウグスティヌス, いった如く物, こう云っ, ここから, この問題, この年, この悟性, この著述, この言葉, この認識論上, さうで, したよう, その, その哲学的, その尤, その当時, その感性論, その成立, その所謂批判期, その証明, その認識論, それに, ニュートンの, メンデルスゾーンから, 一般論理と, 一般論理に, 与えたこの, 主張する, 之とは, 他の, 何れに, 余りにも, 作りあげた認識主観, 保証した, 倫理感の, 元来又, 元祖で, 先験的という, 刑法は, 創作の, 厳密科学を, 取り上げながら, 問題に, 啓蒙に, 啓蒙による, 土星について, 天才を, 天空の, 太陽の, 太陽系の, 夫を, 妥当の, 始めて, 定言命法, 実は最初, 年来の, 形而上学として, 恐らく陥ったであろう, 恐れたやう, 感心した, 批判し, 批難しよう, 持ち出したか, 数学は, 時間及び, 曾て, 本文に, 本文の, 物そのものが, 物理的空間を, 獨斷論者と, 発狂の, 直観の, 直観は, 直観空間を以て, 私の, 空間を, 空間表象を, 第一批判, 簡単な疑う, 継起する, 考えたよう, 考えた幾何学, 自ら之を, 自分で, 自分の, 自分自身提出し, 自己の, 自然乃至, 自然界と, 自然科学に, 自然科学に対して, 良心を, 苦しんで, 蒼空の, 見た結果, 試み近頃, 説いて, 説く処, 道も, 道徳に, 道徳律を, 非ユークリッド幾何学

▼ カント~ (109, 7.7%)

28 よれば 15 於ては 11 於て 10 依ると 4 よると, 於ても 2 あっては, 帰れ, 従えば, 於けるかの

1 [29件] この点, とつて, なると, なれば, 代わって, 何等困難, 倣って, 基く認識論, 始まると, 宿題は, 従うと, 從つて手段として, 提供した, 於ける啓蒙的, 於ける実践理性, 於ける弁証法, 於ける所謂, 於ける批判, 於ける空間, 書いて, 次の, 気の毒な, 求むること, 沿って, 至るそして, 至るまで, 贈った手紙, 還ること, 集まって

▼ カント~ (47, 3.3%)

3 の哲学, の影響 2 の手

1 [39件] およびアメリカ的考えかた, から出発, が全盛, が考えた, が隆盛, である, であるから, といい得る, と多く, によって認識論, に導かれ, に於ける, に近かっ, のいわゆる, のよう, のコーヘン, のリップス, の人達, の価値哲学, の先生, の全盛時代, の動き, の哲学者, の哲學, の意味, の或, の批判主義, の法理哲学, の発生, の認識論, の認識論的立場, の論理主義, の連中, は云う, は心理主義, は認識論, よりも現象学, を通じてカント, 特に西南学派

▼ カント~ (33, 2.3%)

2 見よ, 離れて

1 [29件] あれほど, して, 先駆した, 出立点と, 十分理解し, 崇拝しなく, 引ぱり出し, 徹底する, 思い浮べるわけ, 思い起さずには, 批判する, 批評した, 攻撃した, 救う唯一, 模写説から, 理解する, 産む事, 研究しなけれ, 研究する, 見透す線, 記念する, 訪ね其周旋, 読まねば, 読んだり, 論理主義的に, 超越する, 選んだ理由, 選んで, 離れる点

▼ カント哲学~ (33, 2.3%)

1 [33件] から出発, との接触, なぞに言ふところ, においては先験感覚論, に至っ, の一貫, の一部分, の他, の全, の固有, の学徒, の形式, の方法, の本義, の根柢, の欠点, の独断, の研究, の立場そのもの, の範疇, の美, の講義, はカント自身, は原理, は哲学, は果して真に, は科学的自己, への入門書, やヘーゲル哲学, を原理, を統一的, を聴講, を越え

▼ カント自身~ (33, 2.3%)

2 の見た

1 [31件] がいっ, がこれ程, がコペルニクス的転回, が呼んだ, が次, が特殊, ではない, にない, に於, に於ける, に理由, の云う, の云おう, の云っ, の企て, の哲学精神, の啓蒙, の実践理性, の必ずしも, の意味, の考えた, の言明, の認識理論, はその, はそんな, は夫, は少し, は本来, も云っ, 依然としてこの, 特に何

▼ カント~ (19, 1.3%)

3 考えたよう 2 これを, 亦その

1 [12件] その他の, またこの, また悟性, ランスロットも, 云う通り時間, 云って, 亦かの, 例の, 先驗的統覺は, 再びした, 知識の, 趣味判断に

▼ カント学派~ (18, 1.3%)

1 [18件] である, という名称それ自身, によれ, の, のすべて, の人々, の人達, の例, の価値哲学, の凡て, の努力, の既成的問題, の普遍妥当性, の課題, は, はカント, ばかりでない, もフッサール

▼ カントから~ (17, 1.2%)

2 リップス

1 [15件] カントによって, ドイツの, フィヒテへの, ヘーゲルに, ヘーゲルを, 一〇〇年後にかの, 出て, 出発する, 初めてヘーゲル, 受けとらねば, 始まるの, 来る文化理論, 脱落し, 遠く去った, 離れると

▼ カントによって~ (17, 1.2%)

1 [17件] このプロシア的世界市民, それが, どうやっ, 与えられた既成的, 内官の, 分解され引き締め直される, 制限された, 又自然, 基礎を, 始めて解かれる, 思惟を, 感覚が, 求められて, 現象から, 確立された, 茲に, 論理学

▼ カント~ (16, 1.1%)

2 現代の, 雖も

1 [12件] ゲーテの, ショーペンハウエルとを, シルレルとの, ニーチェとを, ハイデッガーの, フッセルル, ライプニツとの, ラインホルトとを, ラプラスとの, 同じよう, 彼との, 近代の

▼ カント~ (15, 1.1%)

2 フィヒテの, ヘーゲルの

1 [11件] その他の, エマソンを, カント主義者達に, ゲーテの, デュ・プレルの, フィヒテや, ヘエゲルや, ヘーゲルを, ライプニツの, リップスコーヘン等の, 科学者の

▼ カント主義~ (11, 0.8%)

1 [11件] が存在, であります, においては真, に属する, の名, の思想家, の意味論, は主観主義, は日本, や社会学, を以て終ってる

▼ カントにとっては~ (9, 0.6%)

1 この弁証法, 之は, 唯一な, 太陽と, 弁証法なる, 理性の, 直観空間は, 知識の, 空間とは

▼ カント~ (9, 0.6%)

1 に且つ, に著しく, の命題, の形而上学的概念, の批判主義, の構成主義, の物自体, の解明, の論理主義的

▼ カント主義者~ (8, 0.6%)

1 であったヘルムホルツ, である, であるからばかり, に加え得るであろう, の真似, はこれ, やヒューム主義者, や理想主義者達

▼ カント以後~ (8, 0.6%)

1 における天文学, にロッチェ, に現われた, のいわゆる, のドイツ哲学, の即ち, の哲學, の自然哲学

▼ カントにおいては~ (7, 0.5%)

1 ひとつの, イギリス的な, 主として知識, 同じ格, 歴史的という, 神は, 認識の

▼ カント以前~ (7, 0.5%)

2 の哲學 1 が形而上学, にも或, の形而上学, の思惟, の認識理論

▼ カントでは~ (5, 0.4%)

1 不幸にも, 個人の, 実は科学的, 經驗的な, 自発性を

▼ カント~ (5, 0.4%)

2 なる課題 1 な立場, な見方, に初め

▼ カント講座~ (5, 0.4%)

1 が聴衆, が開かれ, の聴講者, は尾道, は百名

▼ カントとの~ (4, 0.3%)

1 夫に, 差異は, 弁証法に, 論争が

▼ カントにおける~ (4, 0.3%)

1 ように, 不可知論と, 經驗の, 自我の

▼ カントにも~ (4, 0.3%)

1 またずっと, 増して, 見受けられる, 附き纏って

▼ カントによ~ (4, 0.3%)

1 つてなされた, つて根柢を, つて知的直, つて確立された

▼ カント先生~ (4, 0.3%)

1 の墓畔, の学, の郷里, の銅像

▼ カント学徒~ (4, 0.3%)

1 である田辺博士, によって独断的, によれ, の云う

▼ カント時代~ (4, 0.3%)

1 に知られ, の化学, の科学, の自然科学

▼ カント~ (4, 0.3%)

1 の, の形式的空間, の構成主義, の範疇

▼ カントにと~ (3, 0.2%)

2 つても 1 つては

▼ カントによる~ (3, 0.2%)

1 アプリオリな, ブルジョア的常識の, 真理の

▼ カントに対する~ (3, 0.2%)

1 シュトゥンプフの, 批難として, 誤解から

▼ カント主義者達~ (3, 0.2%)

1 に於, はそう, は経験的

▼ カント及び~ (3, 0.2%)

1 クロルの, ライト, 現代の

▼ カント学徒達~ (3, 0.2%)

1 が認識論, によって往々, は主張

▼ カント的立場~ (3, 0.2%)

1 から動機, でなければ, に対する批難

▼ カントおよび~ (2, 0.1%)

1 その発展者, ヘーゲルすなわち

▼ カントだった~ (2, 0.1%)

1 と云っ, と云った

▼ カントである~ (2, 0.1%)

1 がそうした, ことは

▼ カントでさえ~ (2, 0.1%)

1 この詩, 多分スウェデンボルク

▼ カントでも~ (2, 0.1%)

1 ヘーゲルでも, 其他一切の

▼ カントとは~ (2, 0.1%)

1 異って, 違ったもっと

▼ カントなどは~ (2, 0.1%)

1 啓蒙活動に, 感覚をば

▼ カントにおいて~ (2, 0.1%)

1 芸術の, 道徳的当為としての

▼ カントにおいても~ (2, 0.1%)

1 訴えられたもの, 認識とは

▼ カント主義哲学~ (2, 0.1%)

1 などによってどう, に沿っ

▼ カント主義的~ (2, 0.1%)

1 であるが, な愚問

▼ カント學派~ (2, 0.1%)

1 によつて繼承, の有力

▼ カント従っ~ (2, 0.1%)

1 てヴィンデルバント, て又

▼ カント~ (2, 0.1%)

1 の如き, は物如

▼ カント派風~ (2, 0.1%)

1 な原始仏教解釈, の認識論

▼ カント的批判主義~ (2, 0.1%)

1 が後世, の内

▼ カント美学~ (2, 0.1%)

1 の大, よりニイチェ美学

▼ カント認識論~ (2, 0.1%)

1 の一つ, の中核

▼ カント~ (2, 0.1%)

1 に於, を読まね

▼1* [96件]

カントナンクセを, カントかとか何とかひやかしたら, カントこそ却ってドイツ, カントさらに新カント学派, カントその他においてその, カントと云っ, カントだのヘーゲルなぞといふ, カント主観に, カントであったことを, カントでさえもやはり現象, カントとかヘーゲルとかいう, カントとかについて千の, カントとに加えた批評, カントと共に主観の, カントのである, カントなどにも残って, カントなんかやるん, カントにおいてのごとく単に, カントについて書いたので, カントにとってもその認識論, カントには多少の, カントによっては自然哲学は, カントによるかの先天的な, カントに従って非科学的, カントのばあひ, カントのみならず大概, カント帰れ, カントへの一五〇〇年から, カントを以て始まると, カントを通して或る, カントゲーテシヨーペンハワーニイチエロダン等の思想, カントゲーテダーウィンラマルクファーブルダ・ヴィンチラスキンサント・ブーヴニーチェスタンダールモネなどに対する批評, カントニィチェ等古來多く, カントニウトンを生み, カントフィヒテおよびヘーゲル, カントフィヒテヘーゲルショーペンハウエルあるいはシュペングラー, カントヘーゲルケルケゴールハイデッガーサルトルなどの思想家, カントヘーゲルフッセルル等は前者, カントラプラスの名, カントレッシングロッツェ等において見る, カント一流の形態, カント並びにデュ・プレルの, カント主義的マルクス主義も, カント主義的批判哲学からは, カント主義者プランクはこの, カント主義自身から出発, カント乃至フィヒテと, カント二百年記念に際して出版, カントのラプラース, カント以來云ひ古, カント以後主観的自己の立場, カント先生在世のとき教授, カント全集の編纂委員, カントされた非, カント博士と同様, カントヘーゲルも, カント哲学そのものが哲学史, カント哲学マイノングの対象論, カント哲学以来デカルト哲学は棄てられた, カント哲学自身の中心問題, カント哲学風に解釈, カント哲學の根本問題, カント好みで拡大, カント学徒式な主観客観, カント学派的問題が惹き出される, カント学者は一七七〇年, カントな, カント批判者は云う, カント文献の内, カント曰くなどということ, カント更にはヘーゲル, カント欲シテ先ズ涙下ルナオ恐ル児孫, カント殊にフィヒテが, カント派流に縮小, カント派的であること, カント派的批判主義が文化批評, カント派運動によって又, カント理解から云っ, カント的名辞を用い, カント的唯物史観やメンガー, カント的問題を伝承, カント的啓蒙活動でなかったこと, カント的範疇を超越, カント的観念論マッハ的観念論等々という諸, カント的論理との二つ, カント的道徳観に於ける, カントが如何, カント範疇論の特異点, カントの哲学者, カント自らによってコペルニクス的, カント自身之を理論的, カント自身自然を弁証法的, カント解釈を通過, カント解釈家達のカント理解, カント認識理論の根本, カントが一様