青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「エ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ア~ アイヌ~ アパート~ ~アメリカ アメリカ~ イ~ イギリス~ イデオロギー~ イヤ~ インド~
エ~
オレ~ カン~ カント~ ガ~ ガス~ ガラス~ ガラッ~ ガラツ~ キリスト~ ギリシア~

「エ~」 1871, 20ppm, 5700位

▼ エ~ (87, 4.6%)

314 エどうぞ, エどんな 3 んいう, んか, んの 2 んやろ, エそれは, エ御, エ私が, エ飛んだ

1 [29件] なんだら, んかて, んかと, んな, エお, エそいつは, エそんな, エちよいと, エどなた樣で, エよく, エ一生忘れやしません, エ人から, エ何か, エ何ん, エ何んなり, エ唯今硫黄附木が, エ實は, エ少し, エ成程, エ斯う, エ暫らくお待ちを, エ有難う, エ決して, エ私に, エ結構な, エ良い, エ親分さん御, エ錢形の, ツヘツ

▼ エ~ (54, 2.9%)

2 はまさか, 前が, 発音が, 音も

1 [46件] がまた途法, が聞こえた, ことなんぞ, ことは, だッ, は, はこれ, はどう, はわっ, はハテ, は何, は場ちがい, は嫌, は虫, は貴方, まん中に, ようです, ように, を一眼, ア大した, フラフを, 上に, 中を, 二類の, 先生では, 前い突きつける, 前い立ち止まっ, 前い置い, 前で, 前に, 区別は, 十月二十八日の, 周り真つ, 息子の, 感じに, 方が, 方ど, 晩で, 朝で, 朱線の, 段に, 部, 長音を, 間に, 阿母, 音が

▼ エそれ~ (42, 2.2%)

8 はもう 32 がその, が不思議, つきり, に相違, は一体

1 [21件] さえ知らず, じゃ私, だって内所, っ切り, にし, はあつし, はその, はそれ, はね暫く, は又, は大した, は小判, は本, は確か, は結構, は面白い, は驚いた, をあの, をどう, をわたし, ヨ

▼ エそんな~ (32, 1.7%)

7 ものです 4 事が, 事なら 2 ことが, 事も, 事を

1 [11件] お疑, ことなら, ことも, もので, もんです, わけは, 事だつた, 事です, 事は, 野郎が, 間拔け

▼ エ~ (31, 1.7%)

2 やきまつてるだア, ーす

1 [27件] あたるもの, ある薬, いやに, おめ, かいたよう, なつち, ヨウ, 一杯たまってた, 一杯涙溜め溜め聞い, 乗るよう, 光子さんの, 持って, 映ってて, 涙溜めはっ, 画いたよう, 薬持ちなさっ, 触れるの, 這入ったの, 這入った径路, 遇うたん, 遇うた人, 遇うの, 遇わされんよう, 遇わしといて, 遭いはったいうよう, 飲んだら大丈夫, 黙らされちゃ

▼ エ~ (30, 1.6%)

3 察しの 2 分りに

1 [25件] ぬしは, 互に若い, 人数は, 侍, 内儀さんからも, 出なネ, 千絵殿, 友達, 吉さんは, 君の, 園どん, 地蔵さま, 孃さんが, 安いこと, 安い御用, 居室まで, 師匠さま, 店で, 恥かしい, 易い御用, 梅と, 氣の, 父樣が, 留守で, 秀さんには

▼ エ~ (29, 1.5%)

1 [29件] が, がふい, がも少し, が集め来しなれ, と云, と云はず, と名乗った, と名前, にだ, に近づいた, ののど, のむくれ上るく, の仇討, の姿, の左手, の横面, の眼双, は, は云, は叩き始めた, は白痴, は笑, は答, は誰, へ即刻, へ御, も床, を見つめ, 古九谷

▼ エ~ (28, 1.5%)

1 [28件] うだ恐れ入たか, かお, か御用, か証拠品, が惡, が變, だって, だとへ, だな, ですと, と, とし, と私, なるバ, にか御用, にし, にも盗られた, の用, へ包みます, べん, ほんの惡戯, や彼ん, をし, をやらかし, をやりや, を驚いた, んなと, んなりと

▼ エあの~ (27, 1.4%)

2 娘がね

1 [25件] お玉が, お紺婆, お面, 内儀が, 多勢の, 女で, 女に, 娘が, 娘がねエ, 娘がネ, 娘は, 婆さんでも, 子が, 家なら, 怖い犬, 智慧をね, 権三ばかりは, 男の, 番頭が, 私はね, 評判の, 辻斬野郎がね, 野郎が, 野郎です, 阿魔

▼ エ~ (26, 1.4%)

6 ヤ行の

1 [20件] いい兼ね, しばしばいはれ, たしなめたが, ほって, ワ行の, 云うたがん, 分れて, 叫んだ自分, 大分違うやろ, 後の, 意地の, 発音し, 発音す, 眼エの, 知らずの, 聞いたらいい, 裸かの, 訛って, 音楽と, 願書が

▼ エ~ (26, 1.4%)

2 がその, が御, は平次

1 [20件] かえ, が先, が怪我, が見付けました, が金之助, でございます, にも一向, に御用, に遊ん, の家, の昔友達, の未来, はまた, は丹波屋, は俵屋, は左官, は遲, もその, も膽, も若かつた

▼ エこれ~ (21, 1.1%)

3 はがんりき 2 ならあつし

1 [16件] がそう, がその, がねえ, が偶然, が天樹院様, が嬉しく, ですか, でもお上, でもか, で御座います, なら大丈夫, は, は眞砂町, は親分さん方, は錢形, まで気づかんじゃった

▼ エあつし~ (18, 1.0%)

1 [18件] が向島, が平次, でもそれくら, などは本, なんかその, なんか腑, にはちつ, には妙, のこと, の智惠, の物, はどうか, はまだ, は惡, は此處, は貰, も焦れ死にした, 一人きりで

▼ エ親分~ (18, 1.0%)

2 がね, はそんな

1 [14件] がやつ, が知らなかつた, が行く, にさう, の分, の方, は, はそれ, はどうか, は學, は知つて, もちよい, も人, も木遁

▼ エ何ん~ (16, 0.9%)

4 か御用

1 [12件] か合わせ, か御馳走, か氣, だ, だか, ですそれ, でも, と申し, なりと, にも盜, の變, の車

▼ エその~ (15, 0.8%)

2 通りで

1 [13件] ご浪人, やうで, 事でございます, 勇太郎より, 座布團の, 時は, 梯子は, 私の, 質屋へ, 邊だ, 野郎で, 金か, 頃は

▼ エ~ (14, 0.7%)

4 うで, うですかね 3 う言 1 うですか, う仰, う改まる

▼ エへん~ (14, 0.7%)

1 [14件] かったらそれ, けどこん, ことは, こと分ってる, こと確かでした, し, し電話, ただその, どうぞ助ける, ねん, ねんけどほんま, もん, ような, 気イや

▼ エ~ (13, 0.7%)

1 [13件] ちょっとも, どうだ, もう帰えれ, アそんな, ア是まで, 下手です, 家で, 幸福だ, 服を, 未来の, 珍らしい, 阿呆だつた, 顔こそ

▼ エ恐ろしい~ (13, 0.7%)

3 ことです, 野郎です 1 企らみです, 娘で, 娘です, 意気込みな, 智惠だ, 細工です, 野郎で

▼ エ驚きました~ (12, 0.6%)

81 な, ねこれ, ね相生町, よ

▼ エそいつ~ (11, 0.6%)

1 [11件] は, はちつ, はどうも, は危ない, は惡, は早, は本, は氣, は良い, は近, は驚いた

▼ エ~ (11, 0.6%)

10 濟みません 1 済みません

▼ エどんな~ (10, 0.5%)

4 事で 2 ことで 1 ことでございませう, わけで, 事です, 面を

▼ エよく~ (10, 0.5%)

4 存じて 2 御存じで 1 わかりました, 知つて居ます, 覺えて, 解りますだよ

▼ エ~ (10, 0.5%)

1 であつ, とマス君, と巴里唯一, に手紙, の作つた, は倭文子さん達, は偉大, は又, もマス君, を揶揄

▼ エ門さん~ (10, 0.5%)

21 がいい, がそう, のことば, のすすめ, の家, はいう, は若い, もそう

▼ エこの~ (9, 0.5%)

1 モデルに, 二階へ, 家に, 暑さ, 石井三右衞門一家の, 腹は, 通りで, 通り嚴重な, 阿魔

▼ エ~ (9, 0.5%)

42 んべ 1 つたなア, んねん, 悪気で

▼ エ~ (9, 0.5%)

1 なりと, 些か閉口, 人の, 収まり付かんよう, 合図しいしい黙っ, 物言うて, 笑いなさるの, 隠してて, 顔引き寄せ

▼ エでも~ (9, 0.5%)

1 あったん, あの娘, あまり良い, その時分, ねどうせ, 主人は, 内儀を, 店の, 本當

▼ エ~ (9, 0.5%)

2 んだ 1 ア, アよく, ア何時だろう, ア何様せ, 今日は, 僕こい, 話じゃ

▼ エ~ (9, 0.5%)

1 が転んだ, だそこ, だと, ですその, でもない, と言つて, に, もお, れが

▼ エお前~ (8, 0.4%)

2 の家 1 がその, の稽古, はお前, はそれ, は亭主持ち, は知ってる

▼ エ~ (8, 0.4%)

1 て, ておかし, てくれる, てじっと, て唇, やはらん, やツ面, ー

▼ エ~ (8, 0.4%)

2 いうこと 1 お前は, では, 何ンだ, 文学やには, 炬燵いれたる, 足拭いたげ

▼ エ何で~ (8, 0.4%)

8 すって

▼ エ~ (8, 0.4%)

5 程ね 1 程, 程へエ, 程晝寢

▼ エ~ (7, 0.4%)

1 アは, ナア, 一昨日来やがっ, 二類に, 廻ったん, 知ってるッ, 細うて

▼ エどう~ (7, 0.4%)

1 したい, したえ大将, だね, です, と言つて, 見たつて自害ぢ, 見ても

▼ エどうぞ~ (7, 0.4%)

3 此方へ 1 お召連れ下さいまし, 御自由, 私は, 親分方が

▼ エ~ (7, 0.4%)

2 何ですっ 1 あの多勢, では死骸, まあ暫らく, 何と, 其の様

▼ エ~ (7, 0.4%)

3 苦勞樣で 1 呼びで, 苦勞樣でございます, 親切な, 覽下さる

▼ エ驚いた~ (7, 0.4%)

31 な, ねあの, ねどうも, 野郎です

▼ エこんな~ (6, 0.3%)

1 ことを, ところに, もの, 具合に, 商賣, 田舎に

▼ エ~ (6, 0.3%)

4 やない 1 やすぐ, や無い

▼ エます~ (6, 0.3%)

41 のは, よその

▼ エ~ (6, 0.3%)

3 葉アも 1 うええ, よう画かん, 酌婦面を

▼ エ~ (6, 0.3%)

2 なら居るだが 1 から聞かされ, のほんとう, も余ツ, を殺すっ

▼ エ少し~ (6, 0.3%)

1 お酒, はね, は響きます, わけが, 約束が, 變だ

▼ エ~ (5, 0.3%)

1 エ, エなんでも, エよご, エ赤い, 故国から

▼ エから~ (5, 0.3%)

1 いって, 五字目が, 撓わせろ, 皆出し, 黙つて

▼ エそう~ (5, 0.3%)

2 ですかね 1 じゃない, なの, は思わない

▼ エ~ (5, 0.3%)

1 あんな人達, いくら零落, つまり私, ンの, 江藤さんは

▼ エもう~ (5, 0.3%)

1 そんなこと, 何遍も, 歸る, 用事は, 飲みませんとも

▼ エ~ (5, 0.3%)

1 かすめたり, さしたまま, 天より, 指して, 混同しよう

▼ エ~ (5, 0.3%)

2 したの, ぢや 1 だから

▼ エ呆れた~ (5, 0.3%)

1 ものだ, もので, もんです, 爺いだ, 話で

▼ エ~ (5, 0.3%)

3 變な 1 の男, 鞆が

▼ エ有難う~ (5, 0.3%)

3 御座います 1 ございますお蔭, 存じます

▼ エ~ (5, 0.3%)

2 の様 1 の人, の始末, の家

▼ エ貴方~ (5, 0.3%)

1 が丸部道九郎さん, ですか, の推量, は其の, は真に

▼ エ面目次第~ (5, 0.3%)

3 もありません 1 もございません, も御座いません

▼ エ飛んだ~ (5, 0.3%)

2 ことに 1 事にな, 御手數, 逆上引下げで

▼ エすると~ (4, 0.2%)

1 あの上り龍下り龍, お葉, その留守, 何んな

▼ エどこ~ (4, 0.2%)

1 に, におい, へ, へ行った

▼ エなん~ (4, 0.2%)

1 だって, だってもっと, でございますか, でも下さる

▼ エ~ (4, 0.2%)

1 アア寝たく, アア寢たく, 此頃大人にな, 米櫃の

▼ エもの~ (4, 0.2%)

1 だが, だと, はいつ, を見る

▼ エ~ (4, 0.2%)

1 が出, でどう, に由る, よそう

▼ エ~ (4, 0.2%)

1 のところ, の御託宣, 聽く, 開けますが

▼ エ今日~ (4, 0.2%)

1 は, は私, は錢形, も仕事

▼ エ~ (4, 0.2%)

2 てえ 1 え奴, え野郎

▼ エ~ (4, 0.2%)

2 がある 1 だ, だ汝

▼ エ御免~ (4, 0.2%)

1 なせえ, にお, ねえヤイ侍, 下さいまし

▼ エ承知~ (4, 0.2%)

3 しました 1 いたしました

▼ エ段音~ (4, 0.2%)

1 と合体, の次に, の母音, またはオ段音

▼ エ~ (4, 0.2%)

1 の十三日, は孝高, は父, を娶つ

▼ エ錢形~ (4, 0.2%)

4 の親分さん

▼ エいけません~ (3, 0.2%)

1 かね, かねえ, かねそれぢ

▼ エおい~ (3, 0.2%)

1 おつう, べら棒な, 何とか言

▼ エじゃ~ (3, 0.2%)

1 お話しましょう, ないよ, アとん

▼ エ~ (3, 0.2%)

1 そいじゃ, その通り, そんなこと

▼ エそれぢ~ (3, 0.2%)

1 やあつし, や行つて參, や賣

▼ エでは~ (3, 0.2%)

1 何処に, 死骸が, 行つて參ります

▼ エにあたる~ (3, 0.2%)

1 二類を, 仮名の, 種々の

▼ エひどい~ (3, 0.2%)

3 事を

▼ エやつ~ (3, 0.2%)

2 て見ませう 1 がある

▼ エエ貴方~ (3, 0.2%)

1 が丸部道九郎さん, ですか, は其の

▼ エ今夜~ (3, 0.2%)

1 こそは一人, やって, 来て

▼ エ何分~ (3, 0.2%)

1 お若い, 宜しく願, 暗かつ

▼ エ先刻~ (3, 0.2%)

1 からウヅウヅ, の方, までその

▼ エ友吉~ (3, 0.2%)

1 がやらない, と申します, と申しますだ

▼ エ合わし~ (3, 0.2%)

2 て拝む 1 て拝んだ

▼ エ怖い~ (3, 0.2%)

1 ことで, ことです, やうです

▼ エ成る~ (3, 0.2%)

2 程ね 1

▼ エ~ (3, 0.2%)

2 を出しゃ 1 はねえだろう

▼ エ手代~ (3, 0.2%)

1 の彌, の新, の良助

▼ エ~ (3, 0.2%)

1 うお出で, うなれば, うやりや

▼ エ~ (3, 0.2%)

1 では母音, ならば, の母音

▼ エ然し~ (3, 0.2%)

1 ネオイ, 之で, 愉快です

▼ エ確か~ (3, 0.2%)

1 なこと, にさう, に主人

▼ エ秀子~ (3, 0.2%)

1 の身, へ親切, を最

▼ エ貴女~ (3, 0.2%)

1 の仰有る, は怪美, は既に

▼ エ進め~ (3, 0.2%)

3

▼ エあと~ (2, 0.1%)

1 は大丈夫, は駿府

▼ エあり~ (2, 0.1%)

1 さうなこと, や下手人ぢ

▼ エいい~ (2, 0.1%)

1 とこって, んです

▼ エいう~ (2, 0.1%)

1 のや, もん習い始め

▼ エいつも~ (2, 0.1%)

1 のこと, 部屋へ

▼ エいらつ~ (2, 0.1%)

1 しやい, しやいまし

▼ エうまく~ (2, 0.1%)

1 やってるな, やつて

▼ エかみさん~ (2, 0.1%)

2 も一緒

▼ エここ~ (2, 0.1%)

1 からかいちっとも, に男

▼ エこそ~ (2, 0.1%)

1 今に, 俺の

▼ エこと~ (2, 0.1%)

1 はちっと, をちゃんと

▼ エそれで~ (2, 0.1%)

1 あつしも, 腹が

▼ エそれにしても~ (2, 0.1%)

1 あの野郎, 大層な

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 か生き, のは

▼ エちよい~ (2, 0.1%)

1 とお待ち, と待つ

▼ エつい~ (2, 0.1%)

1 て詫, て頼まれなさったら

▼ エつぶった~ (2, 0.1%)

1 なり動こ, まま強う

▼ エてる~ (2, 0.1%)

1 奴等の, 果物畑は

▼ エところ~ (2, 0.1%)

1 に待っ, を狙ってる

▼ エとの~ (2, 0.1%)

2 別に

▼ エない~ (2, 0.1%)

2 ことも

▼ エなつ~ (2, 0.1%)

2

▼ エなに~ (2, 0.1%)

1 もわたし, 知れるよ

▼ エなんで~ (2, 0.1%)

2 すって

▼ エひどく~ (2, 0.1%)

1 お疲れ, 汚れましたので

▼ エまあ~ (2, 0.1%)

1 女で, 暫らく聞い

▼ エまだ~ (2, 0.1%)

1 いけませんかね, 解らないの

▼ エまア~ (2, 0.1%)

1 そんなとこ, そんなわけ

▼ エもん~ (2, 0.1%)

1 だぜ, は仕方

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 是でも, 此夏脚気踏み出し

▼ エ~ (2, 0.1%)

2 ー身イは

▼ エわかる~ (2, 0.1%)

2 かい

▼ エわたし~ (2, 0.1%)

1 の量, 大分骨折りました

▼ エエ俺~ (2, 0.1%)

2 とは極

▼ エエ彼~ (2, 0.1%)

1 の事, の愛

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 の三つ, 前ハ

▼ エ一寸~ (2, 0.1%)

1 一ぱい, 拜見いたします

▼ エ不思議~ (2, 0.1%)

1 な人間, な天氣

▼ エ主人~ (2, 0.1%)

1 が亡くなる, はあの

▼ エ二里~ (2, 0.1%)

2 ばかりあ

▼ エ今度~ (2, 0.1%)

1 は下手人, は大丈夫

▼ エ今晩~ (2, 0.1%)

1 はお出かけ, は御

▼ エ何と~ (2, 0.1%)

1 仰せられます殿様, 仰有る

▼ エ何所~ (2, 0.1%)

1 だ直に, へ隠し

▼ エ何處~ (2, 0.1%)

1 へでも行きます, へ行く

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 てくれ, ましたが

▼ エ~ (2, 0.1%)

2 とは極

▼ エ先生~ (2, 0.1%)

1 お入り, 何ですっ

▼ エ入らつ~ (2, 0.1%)

1 しやい, しやいまし

▼ エ其の~ (2, 0.1%)

1 様な, 衣嚢は

▼ エ出来~ (2, 0.1%)

1 上らんし, 上りましたので

▼ エ切れる~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 とでも同, の音

▼ エ助け~ (2, 0.1%)

1 てエ, てエッ

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 かい, 六がかい

▼ エ取っ~ (2, 0.1%)

1 て, てみたら

▼ エ同じ~ (2, 0.1%)

1 事を, 町内の

▼ エ呑氣~ (2, 0.1%)

1 ですね, なもの

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 にゐた, へ持出さなき

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 は何, は余り高

▼ エ存じ~ (2, 0.1%)

1 ております, て居ります

▼ エ孫六~ (2, 0.1%)

2 と申します

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 の伊之助, は百姓

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 の弟, はその

▼ エ廻し~ (2, 0.1%)

1 て光子さん, て校長さん買収

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 の事, の愛

▼ エ彼人~ (2, 0.1%)

2 ですか

▼ エ彼女~ (2, 0.1%)

1 こそ病身, ノ胴体

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 い奴等, い野郎

▼ エ文代さん~ (2, 0.1%)

1 が, ていう

▼ エ昨夜~ (2, 0.1%)

1 は玉井家, もその

▼ エ時々~ (2, 0.1%)

1 それで, 悪戯を

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 のやう, 食べたつきり

▼ エ最早~ (2, 0.1%)

1 廃しちゃった, 廢し

▼ エ本当~ (2, 0.1%)

1 ですよ, の御

▼ エ此處~ (2, 0.1%)

1 からは別棟, には居りました

▼ エ決して~ (2, 0.1%)

1 怪しい者ぢ, 隱し

▼ エ洒落~ (2, 0.1%)

2 に泳い

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 でしょう夫, では有りません

▼ エ画く~ (2, 0.1%)

1 くらいなら, とこ見

▼ エ~ (2, 0.1%)

2 のさめる

▼ エ直ぐ~ (2, 0.1%)

1 宗之助を, 行つて來ませう

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 でございます, は田舎

▼ エ腑分け~ (2, 0.1%)

1 を, をする

▼ エ良い~ (2, 0.1%)

1 心持で, 辯解です

▼ エ若い~ (2, 0.1%)

1 時分に, 男でなき

▼ エ行きます~ (2, 0.1%)

2

▼ エ行屆~ (2, 0.1%)

1 いた野郎, きますね

▼ エ親分さん~ (2, 0.1%)

1 少し醉つて, 御近所

▼ エ誠に~ (2, 0.1%)

1 今年は, 恐れ入りました

▼ エ近い~ (2, 0.1%)

1 うちに, んです

▼ エ返しますだ~ (2, 0.1%)

2

▼ エ野郎~ (2, 0.1%)

1 が飯盛, だそう

▼ エ門町~ (2, 0.1%)

1 の六番館, の西明陽軒

▼ エ開い~ (2, 0.1%)

1 たりし, てあたりキョロキョロ

▼ エ附け~ (2, 0.1%)

1 てさ憎らしい, 文を

▼ エ~ (2, 0.1%)

1 と同音, は九州

▼ エ馬鹿~ (2, 0.1%)

1 だらう, だらう此奴

▼1* [667件]

ンまり馬鹿に, エあくことすら, エあたりめエよ, エあててみ, エあないせエ, エあなたは今, エあなた御存知でしやう, エあのどんな御用で, エあれしません, エあんなに可愛らしい癖, エあんまりひどい血, エいたか, エいたずら者ですか, エいって掛合, エいつお買入れでした, エもう出来すぎてる, エうん井上だ, エうんうん成程, エええことした, エえまア聞いて, エえらい妖艶で, エおいお賤さん其の, エおい兄い外, エおう喧嘩かい, エおばあア, エお前さんはお前さん, エお前今夜も明, エお前様煽起が, エお待ち遠さ, エお父ちゃんとお母ちゃん, エお茶人過ぎるじゃ, エお蔭樣で丸屋, エお雪さん大変とは何, エお願いたします, エかうお出で下さいまし, エかうですか, エかけて私, エかなア, エくらいのものだ, エくらんであんた, エくん飲んで, エつない俳優トルコ人, エこいつは大した, エこたあ誰, エこっちは馬鹿, エこれお前亀さん亀さんツたらお前, エごとしたつて, エさうなんで, エさまにお, エさんも帰りし, エしか喋らないですか, エしたのも, エしませんこれで, エしみったれめ, エし並んでじっと, エすこウし, エすると天童太郎, エすれば直ぐ, エそげなことです, エそそれは私, エそつくり此通りで人殺し野郎, エそりあほんと, エそれくらゐの, エそれでは何分宜しく, エそれで実は困って, エそれともどうしても娘, エそんなら何ん, エたたいてやんちゃ, エたちは一體何處, エたつた一人で, エだい働きや, エだけは特別で, エだって今窓, エちがいますかモシ, エつけたのは, エつぶってなさい, エつぶってる間に, エつぶっとれとこない, エつぶるとしてもヨ, エつまらねエ事, エヨ, エであり一方は, エですがね先月中あなた, エでんねん, エとかヤとか, エところでね親分, エともって婿を, エとを代表する, エとんだ迷惑を, エどういう訳だ, エどうしてすぐでなければ, エどうせ金儲けの, エどうも相濟, エどなた樣で, エどんの家内, エどんなどんな事でも, エなえから諦めろ, エなおめへの, エなかなかよく使いこんで, エなくったって向, エなぜ泣くの, エなと中に, エなる程, エなんて喚き出したり, エにいさんったらあれ, エにせ札だって, エにでも渡ったらど, エにはほんまに, エにはな何だらう, エはずむぜ肩, エはははははははははうッ, エばかりでも, エぱちぱちさして, エひん捻って突いたら, エびつくりいたしました, エへへという声が, エへんようにしてん, エほんの少し棒振り, エまあさういふ, エまことに相濟, エましよ, エましたんで, エまアお嫌ひ, エみやげだ, エみんな内から締つて, エみんな承知の上, エもっと私に, エやすがイヤ, エやら観世系図に, エやりますよ, エゆるいのは, エような盗賊, エよござんすとも, エよりも多く口, エお父ツちやん, エりゅうしさんりゅうしさんてえと, エわからないかね, エわからねえもんです, エわけのもの, エらつ, エんでしたか, エアア左様だ, エアヽ危うい処, エア助ったナア, エイエこれは私, エウソ嘘じゃない, エエそれは一体, エエどこに, エエなんだって, エエエディプス・コンプレックス的傾向だね, エエッなんだって, エエディプス・コンプレックス的傾向だね, エエ何何友さんそりゃなんと, エエ棺桶ですって, エエ洗濯をし, エエ貴女は既に, エオイおどかしやがる, エオイあと一時間だ, エオイ張子の虎, エカツ少シズツ歪ン, エケスセソテナヌ, エコウ剣術大名の葬式, エコウ石金め乙うきいたふう, エコリャどうなさりました, エシンを口金, エスーブニルを取出し, エソノ勢逐日熾烈, エタイムそこに一艘, エツイね借金, エとド, エドバドバなら知て, エドーブレクと妥協, エナニサアノソラお前にもこの間, エナニサ影口がどうも, エナニ些し, エナニ何か一寸, エニヤニヤ笑って, エフィニタと, エブランデートイウ妙薬ヲ見, エヘヘヘヘ今晩は, エペンペン草で一盃, エマア篤り, エモー出したの, エー晩に逢, エ一人でも動け, エ一向に見かけたこと, エ一度は必ず, エ一昨日から爾, エ一本の髪の毛, エ一杯御馳走し, エ一生忘れやしません, エ一生懸命駈けましたが, エ七輪が大事, エ三両か五両, エ三人ね, エ三円ほんとに三円, エ三千兩かいあの, エ三千子さんがちっとも, エ三年越しの身投げ狂言, エ三日前で御座いました, エ三造なら夕方, エ上がんねえよ高座, エ下手人は誰, エ下男の庄吉, エ下素な真似, エ不敬罪ですつて, エ不注意過ぎました, エ与八さんエラク御精, エ且婦女子ニ於テハ驚キ怖ルル者, エ世間一通りの事, エ丸部さん未だお, エ丸部さん今夜の女, エ丸部さん合点が行きました, エ憂ウル時ハ臣辱メラルと, エ久保本お前が下, エ乞食のお, エ了見だらう, エ二十両貯えて, エ二階に白痴, エ五分カ十分デ直, エ五十以テ易ヲ学ババ大過ナカルベシ, エ五萬五千兩ですか, エ些ンべ行っ, エ亥刻頃力兄哥が来, エ京大坂へ折々, エ人殺しの引合い, エ仆ルル共二君ヲ求ムル心, エ今夕今日でございますか, エ今年で五十七, エ今日ハ昨日ヨリモ一層歩キニクイ, エ仔細がある, エ他人のとは弁護士権田時介氏, エ付けなかったと, エ伊勢屋の旦那, エ伸ばしてグラス, エ何だ何れ程, エ何何友さんそりゃなんと, エ何其様でもありません, エ何其樣でもありません, エ何故親友の, エ佛樣のお守, エ使てるねん, エ使われたらなかなか魅力, エ侯爵面して, エ倉賀屋の倉松さん, エ候様取拵申立候儀ハ, エ借らんと自分, エ倫敦から, エと体, エ僕ハ颯チャント此方デ寝, エの亭主, エ元来何を, エ先生逃げ隠れはせぬ, エ先頃までもう, エ光らして監督, エ光子さんに似, エ入れるんやったら, エ入棺が始まる, エ全く驚きました, エ兩國の娘殺し, エ八五郎には違えねえ, エりゃ色々, エ其りや色々な手合, エ其品は何, エ写真ですか, エてえ, エ冷エシタ彼女ノ髪, エ出さねえか, エ出しやがっ, エ出した形に, エ出来上るつもりかいな, エ分りましたか, エ分りませんか, エ切つて了うてたらよ, エ利くッて, エ前日ですって, エ加賀町の紙問屋, エ勘三郎と申します, エ勝則が出来る, エひを, エ匂ひがしてゐよう, エ化け物侍もどうやら, エ北支に一年, エ医学士お前は忘れなさった, エ十二文ノ, エ十二文ノコウダカですか, エ十年前に亭主, エ十手の手前, エ十銭か二十銭, エ千本樣の方, エチク野郎, エ博士だって, エ厄介ですね, エッテハイナイ, エ叔母さんにうんと, エ取られてタクシー, エ口上言ひの, エ古川緑波めセヴィラのこと, エ可愛気の, エ合わすように, エ吉田樣のお, エ吊り上げて見せる, エのつく, エキノ家屋ガ一軒売リ物ニ出タノデ何トカシテソレヲ買イタイノダガソレニハ金ガ二三百萬足リナイ, エ君二銭の二百五十万倍, エ君玩具の紙幣, エ君賽転の類, エ周吉気をお, エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, エ咬まれるとはこの, エ唯今硫黄附木があります, エ問題になった, エ喜んでお, エ喜七親分は, エ四五日寝て, エをね, エ困つたことで, エ困るべえと, エ国皇帝それから国際聯盟, エ圖星で御, エ土藏の前, エ地神盲僧とは何, エつちやん, エ入らはつたん, エ場所はどこ, エの底, エ塗物の中, エして, エですなあ, エ多謝うだが, エ夜中に結び, エ大きな男でございました, エ大人小僧をつけねらっ, エ大層悟りやが, エに登り, エ天然變ズ可ラザル者ノ如ク, エ天眼通ですね, エ天道樣に照らし付けられる, エ失せた頬べたに, エ失敬な事, エ失礼ながらこの, エ奉公に樂, エ奉公人で, エ奉公人みたいなもの, エ奥の手だって, エ奥様の方, エ女世帶に構, エ如何しても, エに顫てる, エになれ, エといい, エ婆さんが鈴川源十郎, エ嬢さま只今帰りました, エ子供の人形, エ子供達の凧, エ宅助それでもこの, エ宇田川町を出る, エ宗像君この意味, エ宗匠の部屋, エ定めし心配し, エ宜しう御座いますとも, エ実に私ア驚きやした, エ寒いようだ, エ寝藁で一杯, エ舍サ這入, エ小僧に言, エ小屋が休む, エ小言云った能, エ小面倒な名前, エ小頭組合長のウインチ番, エ居りますつもりで, エ屑屋にぶつかるた, エ川波勝彌殺しに熊吉, エ左樣で御座います, エ差上げますウ剪刀剃刀磨に, エ差遣シ船手之モノ共爲習練, エ巴里のレペル先生, エ巾着切ぢやありません, エ師匠が, エ年七十七歳デ喜寿, エ年十八九歳以上ハスベテ眉ヲ剃, エ店二階に寢泊り, エ店貨は確か, エ引いたいうのん, エ引攫って逃げ出す, エ強迫騙りみた様, エの王, エ彼奴が己, エ後ですぐ困るじゃ, エ御新造様はすすめ上手, エ念入りなこと, エ怒るどころか貴, エ思いをし, エなこ, エ怪いじゃ有りません, エ怪我とは誰, エ恐ろしく考へたもの, エ悔しいあの怪美人め, エに貴, エ憎い憎いアノ女は, エ憚りながらこの中, エ戸締の無い, エ手前は八五郎, エ手前ことは江戸, エ手掛手掛は最初, エ才蔵をつれ, エ打てねえ奴だ, エ折々手紙は, エ抜けるさかいそしたら, エ賣りや, エ押掛け嫁か, エ挙げるなんぞいう, エ振り合いながら薬, エ掘り葉ア掘り聞い, エ掴んで, エ掴マッテ助ケラレル, エ揚弓の客, エ握ってて指, エ握ろいうことあの, エ損害と仰有る, エみ附いて, エ擦り擦り起されてしもてし, エぐつたいんですかねえあつし, エ支那人と思いません, エ支配人の吉三郎, エ放っといてええ, エ放っ掛けたとか云う, エ散々馬鹿を盡, エ散るだから, エ文書が, エ新六郎さんの實, エ方ガ一層激シクナル, エ方マデ似, エ方モコレホドニナルト痛ミト, エ既にですか, エ日本一の好い, エ日本橋の佐渡屋, エ旦那がお, エ旧悪を信ぜぬ, エ早く言へ, エ明日お筆さん, エの約束, エ春ニナッタラ大イニ伸ビテヤロウトイウ樹木, エ是非話せって, エ時分には散々, エ晝前に濟, エに逢, エ智慧の足り, エ暫らくお待ちを, エ書いたりピアノ, エ書いてるいうこと聞きなさっ, エ書くためでない, エ最初からこの, エ有るなら有ると言, エ未だ矢ツ張り心当りが, エ本当に何う, エ本田に依頼, エ本町二丁目の田島屋, エ杉大門が, エ杉村宝石店の, エ来たかい, エ松の内から氣, エ松村様ぢや何殿, エこうすい, エ栗飯には少し, エ根氣の良い, エ桃太郎が生れる, エを眺めた, エ梯子を引い, エ梯子乘も建前, エもおり, エ主水さん, エ棺桶ですって, エ槇町のお, エ様並ビニ衣服又ハ髪形マデ, エ権田さん二人で声, エ権田時介ですか, エの袂, エ次第に冷めと, エ此畜生云いねえ, エ此頃はもう, エ武士とこの, エ武家上がりと百姓上がり, エりを, エ段イ段あるいはオ段, エ段イ段これにつぎ, エ段オ段の仮名, エ段長音が発生, エ殺すべえと, エ殺人犯人ですって, エ母さんがやかましゅう, エ母親は又, エ母親さんと議論, エ河野ってあの, エ法ヲ犯シテ鳳駕ニ近前スル, エ洒落た千兩箱です, エ洗濯をし, エ浦子さん丸部さんが呼ん, エに沈む, エ湯島の吉, エ湯殿ですって, エみません, エ火事でも起った, エシデス, エ然して薄くも, エ焼餅焼餅といふもの, エに卷かれた, エ煙草をきらした, エ熊手をね, エは氣むづかしい方, エ父子二代の忠義者, エ爺様ようちょッくら往ッて見, エ干臺, エ物好き過ぎますね, エ物騷だね, エの死がい, エ狐猿とは, エの玩具, エ玉六さんに口上, エ甚蔵が怪我, エ生れは行徳, エ生憎でね, エ申してい, エ申付爲造立度尤長崎住居大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, エ画かんかって何時間, エ画きなおそ思て, エ画くいうても本職, エこまりました此方, エ番頭の甚助, エ痛うになる, エのせゐでね, エに口許達者, エ百姓ぢやなし, エ出入りの, エ皆んな内から締つて, エ皆自分の頑固, エ益々忌わしい根性, エ真打がお前, エ真犯人の歯型, エつ張り鎌鼬, エ矢張り干支のやう, エ知ってたらば残らず, エ知ってるか此, エヲ持チ, エにお, エ社殿の床下, エ神樣が曲者, エ秀子さん又何, エ程のことぢや, エ積んだり麁朶ア, エの皮包, エが有った, エ篠原君は, エ篠田さん大和さんに御, エのと, エ細くして, エて僕, エ結構なこと, エ給エリ但シソレニハ一ツノ条件ガアッテ毎朝午前六時ニハ必ズ起キ出デテ呪文, エ給ヒ武田四郎勝頼ガ此地ニカカラレ候折ノ持舟, エ給仕上りの野郎, エ絶交して, エ絹布のはっぴ, エ綺麗な娘, エ習いに来る, エ習いたかったら研究所いでも, エ耀やかして, エ聞けば一度, エ聾者じゃア, エが低い, エ自分ハ下半身ヲ受ケ持ッタ, エ良からぬ事, エ色男どうだ, エ色里へ来, エ花見だデバ, エ芳浜の茂太郎, エ若旦那の甲子太郎様, エ茂さアさらばだ, エ茂ちゃんだね, エで茲, エ落ちる途中で, エでしょう, エが, エ蜘蛛屋とは, エ血色の森, エ行つて見ませう, エ表具して, エてりや下民, エ見えんように, エ見舞も悔み, エ覚して後姿, エ覚まさしたらいかん思て, エ覚まして泣い, エ覚ました時にも, エ覚ましなさって, エ親分さん方御苦勞樣, エ親分今晩は, エ親爺かい, エ触れる気イも, エひ草, エは止め, エ國の, エが碁, エなこと, エ嬢にも, エ貴方何うです此癖, エ貴様ピアノひけるか, エ赤い房の, エ踏出して吹売, エ身請けをされる, エ軍歌がだんだん, エえたッ, エ辛ウジテアノ病的ニ絶倫ナ妻ニ対抗シテイル次第ダガ, エ辰三と申します, エ迷い子はお前, エ退いてすっ, エ連れて出た, エも伴, エ達者な女, エ遣わせるでもねエ, エの氣, エ醉ツて了, エ金太親分行つて見ませうか, エ金次の外, エ針箱がどう, エ鈴川主水, エ長二お前が何程物識, エ長二お前亜米利加とかで, エ門政治家では吉田茂, エ門様がお, エ門氏を委員長, エ開いた時の, エ開きながらそう, エ間抜けな面, エ間違ひ御座いません, エ関わんと仰し, エ附けるんだ, エ難イノデ佐々木, エ難有てエ, エ電燈線の線路工夫, エ非常に教えられる, エかい, エ面白くなりさ, エかうむ, エ音オ音は室町末期, エ須磨まで行つたの, エヲ直, エ顔つきだ, エ類似の音, エ風呂敷包でございますが, エ飛び入りですか, エ食い方に, エ食う奴が, エ食物が違っ, エ養蟲園ですか, エつ程, エ吊の使つた踏臺, エ首筋に痣, エ駄目なの, エ駒形の小屋, エ高輪田長三が相当, エ高間の初蔵, エがすき, エ鶏寺の近所, エ黄色いでしょ, エ黒血が溜つて, エをヨ