青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「イ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ん~ ~んだい ~んぢ んでした~ ~ア ア~ アイヌ~ アパート~ ~アメリカ アメリカ~
イ~
イギリス~ イデオロギー~ イヤ~ インド~ エ~ オレ~ カン~ カント~ ガ~ ガス~

「イ~」 1006, 11ppm, 9948位

▼ イ~ (62, 6.2%)

23 一番に 2 ウ, ウ婆さイの, 一番は, 字の, 音で, 音に

1 [27件] かたちだった, ことでした, ことなれ, ような, ツンテン, 一人が, 一番の, 事実は, 六百八十九番だった, 周りの, 夕方から, 字, 字じゃ, 字と, 字は, 字を, 字形に, 字ABCと, 方は, 段に, 見本の, 調子に, 通り鶏冠に, 部, 附いた足袋, 音と, 音も

▼ イ~ (51, 5.1%)

2 エの, ホとの

1 [47件] いいながら, いって, お婆ア, ぐるぐる廻します, こしへ, たどらせて, なれば, ウには, ウの, エを, エトと, ニとで, ヰは, 一声肩先を, 云うを, 体操を, 何か, 八つかぞえた, 八時から, 名づくる, 向うへ, 呶鳴る, 呼ばれた左官, 呼び捨てに, 呼び野猪, 呼ぶこと二, 呼んだ声, 啼いて, 堪えること, 声を, 子を, 手を, 数えて, 此奴も, 流して, 流れた, 考えてる事, 耳を, 腹を, 良人でも, 覗き込みながら, 言うの, 言ッて, 語頭以外の, 課長さんの, 追いついて, 長く尾

▼ イ~ (31, 3.1%)

7 なって 2 なりましたの

1 [22件] して, なった, なったの, なったらその, なったら何とか, なったら綿貫, なったら隠しとかれへん, なってるあんた, なってるか, なりました, なりまして, なりませんやろか, なれへんさかい, むかし洞窟が, 下郎仕えする, 会ったか, 似た奧州, 宛て, 留めて, 當つべき, 示す通り, 覚えないこと

▼ イ~ (26, 2.6%)

2 いって, ー安ウけ, 家の, 接頭語

1 [18件] いくらか, ア実に, ア誠に, エ段音と, 主格を, 余の, 入念を, 卒然と, 南無という, 合点ゆかない, 大呑込み, 御兔ぢ, 明るい真, 松原の, 用事あっ, 語勢の, 過去の, 雨さい降らな

▼ イ~ (16, 1.6%)

2

1 [14件] ている, てえらい, てお, てちょっと, ててん, てね困る, てほんま, てまし, てめった, て写真, て卑しい, て夜, て嬉し, て煽

▼ イする~ (14, 1.4%)

3 ねん, のん 1 ことも, し, しそれに, なあ, ねんし, ねんわなんにも, のんで, よってに

▼ イ~ (11, 1.1%)

2 ャんを, ャン・カ 1 ニお, ニと, ャんじゃ, ャんの, ャんも, ャン, ャン・コ

▼ イ~ (11, 1.1%)

1 [11件] けどそん, し, とか例, なもの, ねんなあ, ねんやろ, ろと, イおだてられ, ウが, 原士の, 姉ちゃん連が

▼ イちゃん~ (10, 1.0%)

1 お弾き, が今, きイちゃん, しッ, て言っ, に逢っ, の桃割れ達, の様子ッ, は婚礼, みイちゃん

▼ イ~ (10, 1.0%)

2 とウ列 1 からつかず, からウ列, から連体形ウ, とエ列, に変つて, に訛つたの, の熟語, の熟語法

▼ イ~ (9, 0.9%)

1 いてられへんと, いやはりま, その代り身體, そんな悪辣, エ粗, 君何を, 温くめた, 焼け糞半分, 遣りかけるだ

▼ イさん~ (8, 0.8%)

1 からし, が命名, で女房, などいや, にできるなら, にはあたい, は, を

▼ イ~ (8, 0.8%)

2 エと 1 それに, はりこみましてん, サイレントし, トラックは, 張りこみましてん, 添えたの

▼ イします~ (7, 0.7%)

2 ねん, のん 1 しそう, ねんけど, ねんけどあるいは

▼ イちやん~ (7, 0.7%)

1 には見えない, に逢つて, の一生, は婚礼, も言ひたい事, を邪道, を魔道

▼ イ~ (7, 0.7%)

1 えと云う, と二十円, と突っ放す, ゥコチェ, 何が, 猫が, 茶の

▼ イない~ (7, 0.7%)

1 か, さかい競争, と, な, ねんもん, ねんよって, のん

▼ イ~ (6, 0.6%)

1 アとり, ビンビンひびい, 俺も, 単に発語, 自然に, 駈けだすなんざア

▼ イ行く~ (6, 0.6%)

1 の, のが, のん, ように, んで, 服じゃ

▼ イ~ (5, 0.5%)

1 一チ二イ, 付けなすっ, 出よ, 種や, 行きやすン

▼ イという~ (5, 0.5%)

1 のは, 声を, 字と, 所が, 音そのものを

▼ イ~ (5, 0.5%)

1 お馴染, しますねん, なかった, 一昨日大連から, 起れへん

▼ イ~ (5, 0.5%)

1 のです, のね, ものが, もよウ, んだ

▼ イ二ウ三イ~ (5, 0.5%)

1 で遣りかけるだ, ときどきパッと, と八つ, と数え, はじめるぞ

▼ イ行っ~ (5, 0.5%)

1 たりイ, てもう, ても参ちゃん参ちゃん, てやろう, て来た

▼ イから~ (4, 0.4%)

1 アまで, ウに, ハに, 光子さんに

▼ イしまし~ (4, 0.4%)

3 てん 1 て暫くもじもじ

▼ イちや~ (4, 0.4%)

2 ん貴女何 1 んぢ, んみ

▼ イ~ (4, 0.4%)

4 いた

▼ イ~ (4, 0.4%)

1 だ, として居る, と癇性, と言う

▼ イ三ン~ (4, 0.4%)

1 で左右, とひとり, の号令, の掛け声もろ

▼ イ付け~ (4, 0.4%)

2 なん 1 て能, へん

▼ イ~ (4, 0.4%)

1 キイ塊ガ雲, シタ妨害モナク到着, 恩アル祖母, 馬鹿野郎

▼ イ持っ~ (4, 0.4%)

1 て往きやす, て往く, て行きましたら, て行く

▼ イ~ (4, 0.4%)

1 ノ予ト同様, ノ姿ヲシテイタ, ヲ狙ッテ, ヲ狙ッテ颯子

▼ イ~ (4, 0.4%)

21 イコトハ本当ナンダヨ, イ痛

▼ イ~ (4, 0.4%)

21 グ良クナッテ大喜ビデ帰ッテ行ク, シ

▼ イ行き~ (4, 0.4%)

1 なはれや, まっさ, よったか, よってん

▼ イ連れ~ (4, 0.4%)

1 てゆく, て来る, て行きよった, て行っ

▼ イ~ (4, 0.4%)

1 がエ音, が来た, と合体, はその後変化

▼ イある~ (3, 0.3%)

1 ねんなあ, のん, ばっかりか光子さんみたい

▼ イきく~ (3, 0.3%)

2 が最後 1 のでつい

▼ イ~ (3, 0.3%)

21 ぢや

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 お通, よしない事, 二ウ

▼ イっと~ (3, 0.3%)

1 ニャクが, 一人が, 水に

▼ イつい~ (3, 0.3%)

1 てみたら済まん, てみます, てやおま

▼ イつけ~ (3, 0.3%)

1 しませなん, てくれ, てました

▼ イでも~ (3, 0.3%)

1 ぼんぼんの, 色けがある, 違うたんか

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 イと, イひ, イ泣い

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 さう言, なんだら, 迫らんとして

▼ イ~ (3, 0.3%)

2 い眼玉 1 い白イろい

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 恐レ, 見セタ, 見ンコトヲ

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 を馬鹿, デ虎ノ門外桜田町, ノ代名詞デス

▼ イ付い~ (3, 0.3%)

1 てたのんやったら, て何, て来

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 か甘い, の面, も娘

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 リアノゴワ, リヲシタンデハ斯ク, リヲシテヤレバイヽ

▼ イ~ (3, 0.3%)

2 ヲ通ジテ敏子 1 ヲ母ダト思ッテイル

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 イノニハ呆レル, イ人ニ向, イ睡

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 デアル, ヲシテ, ヲシテ廻ッテ

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 は云った, は例, ヘ高利ヲカシタガヨカッタ

▼ イ討つ~ (3, 0.3%)

1 といったじゃ, といった廉, と云った

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 シタソノ時ニ会所カラ大勢出テ引分ケタガソレカラ山, シタンデス, ス者ハナイニオノシ壱人バカリ刃向

▼ イ~ (3, 0.3%)

1 が舷側, しかも酒, もかけつけ

▼ イ~ (2, 0.2%)

2 用事は

▼ イぎリス~ (2, 0.2%)

1 に, のみに

▼ イこの~ (2, 0.2%)

1 ウ菜切庖丁が, 小父さんが

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 すれば, アせ

▼ イさま~ (2, 0.2%)

1 の方, 案じて

▼ イした~ (2, 0.2%)

1 いいなさいます, のん

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 けエもん, けエろ

▼ イその~ (2, 0.2%)

1 線をば, 長襦袢一枚で

▼ イそれ~ (2, 0.2%)

1 じゃ同じ, はどなた

▼ イちゃい~ (2, 0.2%)

1 人には, 娘を

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 やありません, やない

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 かなん, ウけ

▼ イついてた~ (2, 0.2%)

1 かも分れしません, に違い

▼ イといった~ (2, 0.2%)

1 のであろう, のは

▼ イなら~ (2, 0.2%)

1 それも, 私かて

▼ イには~ (2, 0.2%)

1 お梅, 既に

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 のみ, ウみ

▼ イふるわし~ (2, 0.2%)

1 て泣き, て泣きなさいます

▼ イまでが~ (2, 0.2%)

1 そのよう, 呼捨てに

▼ イやりし~ (2, 0.2%)

1 てし, て來

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 あッそれ, えッなん

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 懸ケテイル, 隠シテ冷タイ青ザメタ顔

▼ イ一チ二イ~ (2, 0.2%)

1 とぐるぐる, の調子

▼ イ二人~ (2, 0.2%)

2 ヲ監督シテイルツモリカモ知レナイガ

▼ イ便~ (2, 0.2%)

1 であるのに, の葉書

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 の三太, の迷イ児

▼ イ入れ~ (2, 0.2%)

1 て, てやる

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 ソウデアルコトヲ希望スル, レントゲンデ

▼ イ取った~ (2, 0.2%)

1 て, 様な

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 デ頤, ノ覆

▼ イ廻る~ (2, 0.2%)

2 のん

▼ イ引き剥ぐ~ (2, 0.2%)

1 やうに, ように

▼ イ悪う~ (2, 0.2%)

1 して, してて

▼ イ拾う~ (2, 0.2%)

2 てデカ

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 ノ家, ヲシタ

▼ イ暮れ~ (2, 0.2%)

1 てしまう, 掛って

▼ イ来たら~ (2, 0.2%)

2 いつでも

▼ イ構う~ (2, 0.2%)

2 もんか

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 が御, とな

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 あるいはオ段, の仮名

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 から辞典, たらじ

▼ イ行った~ (2, 0.2%)

1 かて食べられへん, はる

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 イ分ッテ来ルデアロウ, ッカケタラ皆ンナガ逃ゲ出シタソレカラ兵庫ガ勝手ノ

▼ イ附いた~ (2, 0.2%)

2

▼ イ附け~ (2, 0.2%)

1 て奉公人, て居ろ

▼ イ~ (2, 0.2%)

1 ヲシテイタガ, ヲスル

▼1* [448件]

アン, イあそこでは一時, イあったのん, イあったらこれ種に, イあんた行きはりま, イイ, イいうだ花車は, イいかなん, イいかねえって母様, イいって汝, イいらんか, イうたた寝をし, イあなたと, イええへっつい直しと, イおだてられてち, イおっ引たり, イおっさんどないし, イおつきやあれしめ, イおろして往かなけれ, イお払い物はございやせん, イお隣で泣い, イかいお世話になる, イかけて待ち, イかけさしてね, イからの約束事何事も, イきかして駕籠, イくなる気が, イこうたれて, イこりゃアお前, イこれは, イたーア, イさして前みたい, イさっぱり煙が, イしたたかな顔, イしてていつも, イしてるのん, イしねえんだ, イしましたので正直, イしましたらあの手紙, イじみて來, イじゃありませんかと, イじれったいッ, イすくんで歩かれねえ, イすまないが此處, イする云い出した人が, イずいと往って, イえへん, イそんな気狂ひ, イたさうだからき, イたすけるかーら, イたちも歩い, イだけで馴れて, イちやん的読者を欣, イちらちらして, イついたことあれへ, イつかなかったべい, イつかんけど, イつきなさったら忌ま忌ましいてならん, イつきませなんだ, イつき出して来た, イつけるよって, イつけるだんべ, イつらーアき, イうちを, イであって, イであったのか, イでしたよ, イといふ字は, イとうとう追いだされよったぜ, イとか云うが, イとかいふ字音を, イとがめてもいなさった, イときどきパッと眩しい, イとしてゐた, イとばかり人力車へ, イどうせ八百長だ, イどしたら小郷はんみたいな, イなどして, イなどというみんな言葉に, イなんぞおそれン, イなんぞをこせえて, イにあたる種々の, イにかけてはれへんさかい, インペ・イペ, イ何も, イはじめるぞは, イぴイ泣く近所, イふるった事が, イぶっても構わなえ, イほらこの幕, イぼくが知った, イましたよ, イましてエ柔こう, イませんが, イイおっさんど, イみたいなもん何, イもっと大きな声, イもつ縁かいなと, イやってるからよ, イやりと心, イやりした物が, イやりすると同時に, イよく見て, イらアね, イろい真白い, イイと, イわたし何だか夢, イわり味わうとくれやす, イわるしてんのん, イアア君ノ姿ノミ燦然, イイツシカ歳月ノ流, イエオの三つ, イエスツルゲネーフの作品, イエヘどんなもんだい, イ若イ, イガルリといふ巖, イコノ方法デ簡単ニ成功シテイルノデ, イソノツイデ又通ジタ, イソノピイピイト云ウ声ガ現ニ佐々木看護婦トベッドヲ並ベテイルコノ部屋, イソノ代償ニ三百萬圓ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, イソノ期待デ興奮シタ, イソレカラ新薬師寺, イト思ッタ途端ニコノ言葉ガ出タノデアルガ正直ヲ云ウト来テ貰イタクナイコトモナカッタ, イハア兎にも, イバチじゃ, イフウ三イとたどらせ, イマッチに換え, イ一ぺん会うたなり孰方, イ一層殺して, イ一度ウ磨がせまし, イ一遍に髪の毛, イ一郎お父さんこの歌, イと声, イ下フで下方, イ下駄を一足, イ世の中になつ, イを, イ九年とやら悟った, イ了簡ではない, イ予ガ死ヌ時ハイッソ彼女ハ薄情ニ予ノコトナンゾ忘レチマッテ夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, イ二つの眼, イ二イ三ンの号令, イ二ウ三つとまで數, イ二人キリデ出, イ井戸新さ, イ人ニ向ッテコウイウ, イ人間界生死の起原, イア蚊帳取りに, イ今夜のうち, イ今日は一寸, イの目, イかなん, イ付いた時に, イ付くまでに一時間半, イ付けなさいあんた足もとが, イ以外にない, イ仲ダツタラシクテワタシタチノ忠告ナド耳ニモ入レヨウトシマセンデシタ, イ体ハ波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, イ何卒十分に, イ作ッテ之ヲ行ウヲ士大夫ト謂ウ, イ俗名ブタの子, イは是, イ僕ガ彼女ヨリモ彼女ノ母, イレテ写真フィルムポリエチレン被膜ポリエチレン成型品バケツダノマヨネーズノチューブダノト云ッタ類ヲ, イ円タク代が五十銭, イ出かけたつて可の, イ出とういやしたんだ, イ出ようかと思えます, イ出られんの, イ出サレヌオレハ一生ノウチニ無法ノ馬鹿ナコトヲシテ年月, イ出シタカラ問屋ヘ行ッテ, イ出シタカラ逢イニ来タト云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, イ出シタガ予ニモ全然ペデラスティーノ趣味ガナイトハ云エナイカモシレナイ, イ出シタヨウニ思ワレルカモシレナイガ少シ落着イテ考エテミルナラ, イ出シタラソノ取扱ガ云ウニハ今オ, イ出シタンデスガ, イ出シ次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, イ出セズ躊躇シテイルトコロヘ持ッテ来テ予ノ高飛車, イ出セナイノハ主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, イだらうが, イまあす, イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, イ切ルでイ, イ列ウ列の熟語法, イ利かしてくれた, イカラ古, イ劇場映画館等は直接災禍, イ六ヨリモ揚巻, イ勘弁して, イ勘辨して, イ勝見さんよボヤ, イ医師ハ必ズソレダケノ注意ヲ怠, イルコトハ出来ナイデアロウ, イ及ばずながら媒妁, イ及びウは, イリ立ッテ椅子ニ掛ケサセテ予ハソノ下ニ仰, イ取って歯, イ取ると風, イ可哀そうになっ, イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, イ合イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, イ合セヨ, イ合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, イヲ争ウテ, イ向こうの船, イノ冒険心ガ健ヤカニ成長スルコトヲ望ンデヰル, イ含メテ来マシタ思召次第ニナリマショウ精一郎サン大小ヲ渡シマスト云ッテ渡シタラ, イ吹き消した時, イ呉会ニ兵ヲ観, イ呑まれてしもて, イ呑まれたと見えまし, イ咎めると見え, イ喜びイとうとう追いだされよった, イばかり言っ, イ四時牛馬ヲ屠, イ場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ多羅尾ハ禿頭故ニ創ガツイタ, イ塔ナンカニ上ル時ノダンダンニアリマスナグルグル廻ッテ昇ッテ行キナガラ, イ又ハ黒イ肉, イデ云ッタ, イ声ガ洩レタ, イ大黒巡礼と申しま, イ天地開闢神話附人間の起原, イりゃア, イ姿デ, イ姿見えしません, イやア, イ宿を出る, イ寝返りしても, イニ出デ, イせえ, イ小そうて夫, イ居ッタ地主ガ或日, イ居リ候ヘバ臆病ナル輩ニハ準ズベカラズ, イ屋敷ガ建ッテイタノデソノ一部ヲ残シテ, イ屑イと流し, イ屑イお払い物はございやせん, イ通う千鳥, イノ割合, イ帰って来まし, イ帰りますよってこれ光子さん, イベッタイ包ミヲ, イ廊下ヲレントゲン室ニ連レテ行カレル, イ廻したのん, イ廻し過ぎますで, イ弁天様の御, イ弁護士カ代言人デ明治初年ニ高橋オ伝, イ弛みなさったのん, イ弛んだら又泣き出す, イテタノハ動坂三郎氏デス, イ当らあ当ら, イ当然よ密通, イノ悽惨タル隣邦, イ彼及ビ彼ノ背後ニアル心霊科学ト握手シ, イ得ズ高円寺ウロウロコーヒー飲ン, イ新調, イ必ズソノ行事ヲ厳粛ニ行ワナケレバ承知シナイデアロウ, イ思念ノ故, イ急行デ京都, イ性質ノ女, イ恥カシイイヤラシイオーソドックスデナイトコロノ痴戯ノ数々, イ恰好は万太郎, イせんとな, イ情慾ヲ掻キ立テタ後デアッタシ, イ惚レガ激シクナッテネ毎日颯子ニ叱ラレテバカリイルヨ, イがってるでがん, イ所ニイラツシヤラナイデコノ涼シイ草ノ葉ノカゲヘイラツシヤイ, イ所百万遍黒谷永観堂辺ニ杖ヲ曳イテ, イ手古奈や雪, イ手古奈綿ちもん, イ打たせるって是, イ打たねえばなん, イ投げ出したように, イ抱いてやる, イイハ分ラナイケレド顔ヤ姿ノ, イ拭くべえ, イ持ってるものは, イノ先, イ探偵小説かいて, イラサレテイル, イ文章デナシ, イんなに身体顫, イ方ガ陰性デ外ニ発セズ, イデ羽左衛門ハ熱ガ四十度, イ日ごろの信心, イ昔ハ江州商人ノ出, イ時カラ女房ナドニ始終意地悪, イ時デナクテモイヽ痛イ, イ時ニタッタ一遍ダケ奇怪ナ経験ヲシタコトガアル, イ時ハ頻尿ニナル癖ガアルガ, イ時ハノブロンヲ射シテ貰ッテ又直, イ時ハ非常ナ恐怖感, イ時分ニ何気ナク見テ置イタコトガ, イ晦ムナカレ破車汗馬ココニ業, イイ路ヲ, イのネエ, イ月日ヲ生, イ未だ十五だ, イ氣で, イてもう, イ来るのや, イ来ランソノ人東ヨリ来テ, イ案内して, イ業ニ離レ飢テ食ナク病テ薬ナク老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ去テ他国ニ流離セリ, イ楽シンデ溯江数百里, イ様ゴザイマセヌ以後ボクノ文章読マナイデ下サイ, イ樽屋の清, イ機会ヲ求メテ, イ次第ニシテ一生女郎ハ好キニ買ッテ, イ此の間抜けめ, イ歩いたのか, イ歸つて來ると, イ死んだ連中が, イ段これにつぎ, イ段ウ段に属する, イ段ウ段エ段オ段の仮名, イ段エ段では母音, イ段音の母音, イ民子はあなた, イ気デシタノデハナイカラ御免クダサイオ嬢サンニ取ッテ置キノ珍シイモノ聞カセテアゲタイト思ッタデス, イ気味の悪い, イヲ睨ン, イ沈着ける心持, イ河合女史ニ比ベルト優雅ナ体ツキ, イ泣いてゐる, イ泣き入って居る, イ泣く近所の, イ注意ヲモッテカカル人間ニ対シ適当ナ電波的保護, イ浅草をおごっ, イ浴衣着タ叔父サンガフトコロニ石ヲ一杯イレテ, イ済まんもんです, イ済むように, イ濡れた單衣を, イ無愛想ナ顔ヲシテイタ, イ爺サンゲエテ閣下モアア忘レルモノカ芥川龍之介先生ハイノチ迄, イ物ガサワッタノデ夢中デ要之助, イ物シテイタノカト彼女ノ出, イ物包ミハ提ゲテイタガ僕ノ見, イが居るち, イ生まれは, イ生揚雁もどき, イ田丸の爺イ, イ畫面デ燈台ニ燈明ガ点ッテイル図, イ痛イ寝返りしても, イ癖ニ本心ハヒネクレテ薄情極マル人間ナノデアル, イく余州, イ的行為ヲ繰, イ盗んで生, イ盛リダカラ七月末マデ居ロトイウ故世話ニモナッタカラ, イ盛リデモ彼女ハ大概足袋ヲ穿イテイル, イデ僕, イ着せたり袴ア, イリニ落チテイルヨウニ見, イ知ってるから私, イ知れん思たら, イ短調のが, イ短調作品三ノ八, イに持, イ神明様や明神様, イ神話起原説及比較神話学附言語の形式, イも着替え, イヲ得, イ空間ニ唇ガ二ツトイウ風ニシカモ極メテ鮮カナ色彩, イ立テテ外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, イ笑イ合イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, イ一其方の, イノ予ガ, イ等俄ニ阿州家ヨリ, イヲ伸バシテ傍カラパタ, イ紛れるような, イイ血管ガ異様ニ幾筋モ走, イ細帯ヲカケテ, イ彫リニスルコトナラバ普通, イ羽織ヲ着, イって煩ら, イ老爺や探し, イ者タチノ中ヘ参加スル気ニナッタ, イ者トハ好ミガ違ウノ, イ耕地ヲ, イ聞カシテ置キナサルガイイトテイジョウヲコメテ帰シタ間モナク兵庫ガ宅ヘ行ッタラ, イ聞カセタガオカシナコトニソウ思イナガラ彼女ノ足ヲシャブルコトハ一, イ聞カセテ御役, イノ場合モアルガ, イく続く, イ自己の肉体, イ致サバ怪我スル恐レアレバ, イヲ口腔デベロ, イ血管ガ異様ニ幾筋モ走ッテイルノガ認メラレル, イ行かす金あっ, イ行かなえで, イ行かんならんぞ, イ行けと顎, イ行つて来たん, イ行クト折ワルク兵庫ガ納戸ヘオレガ入ッタラ, イ衰弱してると, イ裸百貫男一匹だ, イ西瓜売りに, イヨ諸君ハ, イ触れてるのん, イはし, イ討たなえで, イ許すように, イ許せしませんのん, イ詰メテコヽニ一ツノ可能ナ方法ガアルカモ知レナイコトニ気ヅイタ, イれが, イ誰方様のウ, イヲ求ム, イ謡イ合イ軋ミ合ウ音サエモ聞ク, イ貴方に折, イ買って己, イ階級の, イの運動, イ足らず人間と人間, イヲガラ, イ掛けちゃ, イ躄者じゃーッ, イミ合ウ音サエモ聞ク, イイトイエバ軽, イヲ指, イ込ムマデモ満足ヲ求メテ已マナイデアロウ, イ退ケル, イ這入って寝, イ進まんかったらこんな話, イ進んでおられなかった, イ運転手のオ, イ遠くなって, イリガアリ, イ遣って見, イ邪推ヲスレバ予ニ疑ワレテイルコトヲ知ッテイル颯子ハ, イ酸素吸入ノ用意, イヲ求メル, イノ習慣, イ間心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, イ間老人ニ取ッ掴マッテオ相手, イ関係ヲ持ツコトハイウマデモナイ, イ附いてるからもう少し, イ附かずに云った, イ附けた方が, イ降るばいと, イ隊長は連日酒, イ音ウ音の場合, イ頃ニ似テイル, イ預けられてもいつも, イ頼まれて少し, イえるが, イ食べたか食べねえ, イ飲んで下さい, イ馬場ノムカフガワニ馬ガ行ツタ時ハオモチヤノヤウデアンナニヨクカケルノヲホシイト思ツタガソバニクルト馬ノイキガキカン車ノ煙突ノヤウニハゲシク, イなんか生やし