青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「よれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~よそ よそ~ よっぽど~ ~よほど よほど~ ~より より~ ~よる よる~ ~よれ
よれ~
~よろこび よろこび~ よろこん~ ~よろしい よろしい~ ~よろしく よろしく~ ~よん よん~ ~ら

「よれ~」 2952, 29ppm, 3996位

▼ よれ~ (2882, 97.6%)

33 彼は 31 それは 27 これは 13 人間の 9 彼の 8 それが, 彼が 7 人間は, 存在とは, 彼女は, 次の 6 少くとも, 社会は, 芸術は 5 この国, これらの, 一切の, 之は, 吾, 存在は, 物質の, 空間は

4 [20件] かれら, このよう, この辺, これが, これを, つぎの, わずかに, 一定の, 人類の, 伝吉は, 国家は, 夢は, 天皇は, 孔子の, 存在の, 彼女の, 日本の, 日本人は, 此の, 犯人は

3 [42件] ここの, この地方, すべての, その男, なんでも, もとは, ギリシアの, チェーホフの, デモーニッシュな, 一つの, 二つの, 今から, 今の, 他の, 僕の, 其時の, 出生は, 前者は, 右の, 各結婚, 君は, 地球の, 多くの, 太子の, 夫は, 女は, 宗教は, 実在は, 彼らの, 彼らは, 彼等は, 政府が, 文殊の, 死亡率は, 溺死体または, 直観空間は, 真の, 社会の, 神の, 精神の, 自分の, 隣の

2 [124件] あなたの, いずれも, ここに, このとき, この二十五日, この人, この場合, この山, この方法, この書, この樹, この頃, こは, これまた, これより, それこそ, それも, それらの, なり, もし厳重, よるほど, われわれは, イデオロギーとは, イデオロギーの, カブア青年は, カントの, ソクラテスは, プロシア及び, ヘラクレス星群を, ラムプを, 一人の, 一種の, 七十五年間は, 主人は, 之等の, 予は, 二十ポンドから, 人の, 人口は, 人生は, 今では, 今日の, 今日は, 今日よりも, 何かの, 何でも, 価値は, 修辞学は, 個人として, 倍加期間は, 借金に, 僕等の, 僕等を, 優れた個人, 公の, 凡ての, 出生の, 原子は, 古い一冊, 古代に, 哲学の, 国境委員会設定の, 国語の, 夫が, 女中の, 妹の, 妻は, 娑婆苦は, 娘は, 孔子は, 学徒や, 宇宙の, 宗教の, 客観的な, 尊氏の, 小説家は, 己の, 弁証法は, 彼らが, 意識の, 或は柱頭, 所謂, 技術とは, 控訴公判の, 政府の, 文学の, 日本は, 明治維新前の, 是等の, 普通の, 最初の, 最近の, 構想力は, 決定, 河童は, 洪水の, 物質は, 産児の, 男は, 男子の, 町役場の, 疑問の, 痴川は, 皇位は, 真理とは, 神は, 私たちの, 私の, 私は, 稚い時, 空間表象は, 第一, 範疇は, 老齢暗愚なる, 自然は, 自然科学は, 芸術の, 詩人と, 認識の, 運動は, 鎌倉時代の, 零であり, 頭から, 鰯は

1 [2213件 抜粋] 〇・〇六と, あなたを, あの名古屋城, あの美的観念, あの鼻眼鏡, あらゆる土地資源国, あるいは小説, ある地方, ある日朝, いい, いかにも女, いつも蟹, いよいよ四筋, おかしな冗談, およそ一派, おわたし, お前に, お昼の, お鳥, かかるもの, かかる習慣, かつてその, かなり凄味, かの地方, かれは, こういう小さい, こうした能狂言, ここでは, ことしの, このさっぱり, このステュディオ, この三月なかば, この事実, この低廉, この劉表, この名, この園地, この奥さん, この尊い, この差別, この恋, この新報, この月, この正師, この犯人, この生理電波, この統一, この解約, この道徳的生, この静岡, この駐在巡査, これには, これ等は, さしあたり大した, しぶきを, すっかり腸胃, せんだつてまで, そういう基礎, そうは, そう考えられる, そのへん, そのゴルボー氏, その両親, その刀, その天日鷲命, その定義, その年, その折, その時, その相手, その議論, その近隣, その飛脚, それだ, それほど非難, それ自体最高の, たいへんな, ただ呆れる, たとえ健全, ちょうど五枚, つまりは, とても妙, どうしてどうして伊賀流, どこかの, どれだけの, なお詳しく, ひろ子は, ぶっ放す, まさにソクラテス, まず霹靂火, まだ二両, まともな, むかし豊島郡石浜に, もしある, もし基督教, もし終身刑, もと山国, やはりいつも多少の, やられたの, わが國固有, わずか十五, アエネアスの, アフリカでは, アルキメデス公理と, エネルギーと, オウタハイト島の, オメガ線と, カント哲学の, キリスト教の, クロポトキンが, コルソは, サフォーク全体としては, シャール・ロアゾン氏は, シロシャクナゲは, スイカは, スポーツ青年たちだ, ソラスは, ダージリンの, ツォイスは, デュルケム及び, ドラーゲ公爵邸における, ノノは, バスティユでは, パリや, ビクトワールは, ファラデーが, フランスにおける, フロイト主義精神分析は, ブルンスウィックは, プロクネは, ヘーゲルの, ポセードーン, マルクスの, モーパッサンは, ヨーロッパ文化だけが, レヴュ放送を, ロッツェが, ワーナー博士外三名は, 一には, 一七八九年の, 一八一七年及び, 一六六三年に, 一国民は, 一対二七・四分の三であった, 一括し, 一時間約, 一段の, 一箇月につき, 一頭の, 万一老婆, 三つほど, 三両や, 三名の, 三百万両積んだ, 上州にも, 下町に, 不幸に, 不義を, 世界は, 両女, 中尾氏は, 主観の, 九州の, 事は, 二一三七七四人である, 二人の, 二川村の, 二磅一一シリング〇・三分の一ペンスであり, 五〇が, 五年でも, 亡君の, 人々は, 人も, 人口を, 人民から, 人間なる, 人類は, 今後は, 今迄, 仏教の, 仙茅の, 仮説とは, 伊達綱宗は, 伯魚の, 住民の, 体系づける, 何れも, 何等の, 作者目下の, 侍女の, 俗に, 俳書の, 個人を, 健全でない, 僕からの, 優良の, 元来矛盾は, 先に, 先祖は, 全くさき, 全く燃料, 全人口, 八月六日や, 公民の, 六月十四日の, 共和制第, 其と, 其女の, 内容を, 凡そ存在, 出来ないもの, 分子原子の, 利潤率には, 前述の, 加藤清正に, 勝義に, 北極地帯の, 十万人の, 十人とも, 千兩箱一つと, 半之丞が, 南条の, 単に物的資源, 印度の, 原作の, 厳しく思われたでしょう, 取柄といふ, 古名オギョウの, 古金二千両新, 右肺に, 各国民, 同じその眠り, 同島の, 同時に生命現象, 名聞を, 君には, 呼吸の, 哲学的理論とは, 問題は, 單に, 四萬二千册とも, 因果的必然性を以て, 固陋な, 國文學の, 土地が, 在来の, 地球上の, 垂れなせ, 基準体系の, 墓を, 売先は, 夕飯三人前も, 多摩の, 大アララット, 大体の, 大歌舞伎, 大石は, 大阪平野の, 天平九年十月二十三日大隅國大, 天文永禄の, 天皇以外の, 太政大臣の, 夫人, 奈良井邊で, 奨励金は, 女子の, 娘の, 孔子が, 存在者という, 宇野氏は, 安永八年十月一日辛亥大隅國櫻島前夜より, 官軍は, 実在そのものは, 実験的方法を, 家人の, 富の, 寧ろ今, 対手の, 尊の, 少からず, 少し皮肉, 尚お, 岡の, 崇神天皇の, 左へ, 左近が, 市内八十個の, 帝王には, 常識という, 平らかな, 平戸に, 年出生の, 幾何学は, 庸三が, 建物は, 張氏の, 当り前の, 当時に, 当時弟は, 当時門弟達は, 形態学的に, 形而上学は, 彼九郎右衛門は, 彼女らは, 従前の, 御嫡子, 徴兵忌避の, 忘れという, 急テンポに, 恰も事物, 意識が, 愚物の, 感覚とは, 憐れな, 我々, 我国においては, 戦争は, 所謂資本主義時代に, 批評を, 拝聴に, 握り飯と, 支那從來の, 政治や, 故夏目漱石先生, 教養の, 数多い江戸じゅう, 敵手の, 文化六年那賀郡黒地村の, 文学も, 文芸は, 斯うだ, 新政府, 新選組の, 既に台湾, 日本だけの, 日本国中の, 日露戦争の, 昌造は, 明和元年を以て, 明治十何年に, 昔時この, 昨夜ピンを, 普通に, 曾祖父は, 最大の, 最近この, 月及び, 有馬村で, 朝鮮へ, 未曾有の, 本艇の, 村の, 東海諸国に, 根源的である, 桜桃は, 極めて多数, 模倣に, 樹木を, 櫪と, 歌数一千三百七十六首, 正六位以下, 此地には, 武蔵自身, 歴史的なる, 死まで, 死体が, 殿, 比較的重い, 民族的宗教の, 水戸黄門が, 汝は, 決して若く, 法例という, 波動の, 津波で, 淨火は, 温度は, 源氏の, 演者自らも, 火星人は, 無邪気であり, 熟睡中に, 父君は, 物が, 物質, 物質波が, 犁が, 玄蕃允は, 現にそういう, 現在の, 現場県立高女の, 現象内で, 理想的の, 生命ある, 生活の, 生産的労働者である, 男の, 番士どもの, 當時洋書を, 病院の, 白猫は, 皇室の, 直ちにとりのぞかれ, 直観の, 相対性理論は, 相馬将門威を, 真理でも, 瞳は, 石の, 社会に, 社会現象は, 祖父様が, 神学的段階から, 神武以来代々天皇が, 神農氏は, 秀郷は, 私共は, 科学の, 秘義, 空間とは, 空間表象という, 章炳麟氏は, 第一學年, 第七ミユキ丸, 米は, 米軍に, 精神は, 紀州家では, 紙幣が, 経を, 経験科学は, 結局羽生が, 絶対的真理は, 縫は, 美作勝田郡吉野村大字美野字市場構城の, 群集とは, 耕牛は, 聖母の, 肺浸潤かなんか, 自信を, 自分も, 自然的世界の, 自由人に対し, 良心による, 芸者という, 若い死人, 若松城より, 茶の, 落城後間もなく, 蒸し物を, 藤大納言忠家, 蚯蚓の, 血縁によって, 被害者は, 西暦七世紀頃に, 見られたるもの, 観世新, 観想こそは, 記録簿が, 試合の, 該重大, 読衆は, 諸侯等は, 諸幾何学, 警察の, 豊麗な, 貧民の, 貴殿と, 赤大根の, 踊りに, 軽く動く, 農村の, 農民は, 近よる, 近藤は, 途中牛車は, 逸見多四郎と, 道徳的情操は, 遭難の, 都久夫須麻神社と, 鄭孝胥氏は, 重大な, 金木戸川の, 長い間, 関先生は, 陸海軍人等を, 隣りの, 雄は, 霊媒自身の, 靈龜四年と, 革ひもが, 音楽出版業者が, 風守が, 飯を, 饗応された, 騒擾の, 高利貸の, 魏伯陽は, 鳳仙花を, 黒子の

▼ よれ~ (14, 0.5%)

1 [14件] いたそう, いった, いる, ごらん, その先, なら無え, もつれて, ゆく, ゆく一つ, 一条に, 合ッた, 居るの, 目からは, 行った

▼ よれ~ (7, 0.2%)

1 それは, アエネアスの, 制空権獲得の, 捨て売りに, 狂人だ, 聖靈は, 貪慾なる

▼ よれ~ (3, 0.1%)

1 あやぶむの, いふ, 云うよう

▼ よれかし~ (2, 0.1%)

2 と奉

▼ よれども~ (2, 0.1%)

1 淋しとも, 頼む木蔭

▼ よればかの~ (2, 0.1%)

1 カントの, キリスト教の

▼ よれ冤謫懆愁~ (2, 0.1%)

2 のあまり讒言

▼1* [38件]

よれ冷静な, よれじゃが成程, よれそういう風に, よれという色見ゆ, よれとか三尺前に, よれとのみいうて, よればこそ随分億劫, よればと書くべきところ, よればとしてこの話, よればなどととんだ利用価値, よれスリ切れた履物, よれバチがあたる, よれ上手であったし, よれ下手に下手, よれ兄妹がぐる, よれ六三郎はこうした, よれ兼輔はさ, よれ出陣して, よれ利休に限っ, よれにもよる, よれ勿体ない道学の, よれひ, よれ大ざっぱで人まかせ, よれを好む, よれのお客さま, よれに私し, よれ島便りはいつも, よれへよれ, よれ幾塩と薩摩, よれは未練, よれに衣, よれ疑心にとらわれる, よれ盗人同様の疑い, よれ短いんじゃもん, よれ程度を過ごせ, よれを主として, よれ訴え事は六波羅, よれ頼母しい