青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゑ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

ゐ~ ~ゐた ゐた~ ~ゐない ゐない~ ~ゐなかつた ~ゐました ~ゐます ~ゐる ゐる~
ゑ~
~ん ん~ ~んだい ~んぢ んでした~ ~ア ア~ アイヌ~ アパート~ ~アメリカ

「ゑ~」 1460, 16ppm, 7152位

▼ ゑ~ (366, 25.1%)

5 我は, 身を 3 夕暮苦し, 夕暮重し, 私は, 雲の上の

2 [38件] いまも, この物, 一木の, 人々の, 今は, 伊藤侯の, 伯と, 伯は, 信じるの, 信仰は, 公は, 其の主義綱領, 其の利害, 其の外交上, 内心伯の, 前年内務大臣たり, 夜は, 彼は, 彼れ, 我等に, 政治上の, 政治家の, 敢て, 是れ, 時としては, 汝は, 犯罪を, 現時の, 異説多し, 立つ秋風, 立つ蟆子, 維新の, 至尊に, 若し形式的, 裸木や, 賓主の, 頗る野暮, 魑魅魍魎は

1 [268件] あたかも良き, いかなる謙遜, いつそう, いづれにてもひとりを讚むるはふたりをほむることなればなり, いづれの, うるは, お気遣ひ下されます, かいて, かくして身, かしこにては, かれら, こ, これに, これを, すこしは, すでに低き, そしてその, その喜びいよ, その文明, その罪, その青年, それで猶, それらの, それを, それ自身顯在, どこへ, どんなにいま, なりやがて, みな神の, もともと青年, わがかしこ, わが理想, わが言, わざとこ, われわれは, われ乃ちこれを, カッチアグイーダに, ダンテは, ダンテ選擇に, ベアトリーチェの, 一入こた, 一国の, 三毒五欲の, 上町と, 人ながく, 人は, 人間が, 今日の, 今日ほど, 今朝ふる, 仏祖現, 他に, 何よりも, 余計に, 作者は, 依らず, 傍行く, 僞る, 先だつて, 先生は, 其の社会的境遇, 其の社會的境遇, 其一に, 凝固した, 出た傘鉾, 切ないもの, 刻したるに, 創造の, 単に懐古的, 危げも, 却つていよ, 反射の, 反射線と, 反撥したくなる, 名人と, 君が, 吾恋めやも, 喜べ, 嘆かむに山, 国情と, 地を, 堪らえて, 墨画おもしろ, 売られも, 夜, 大きな, 大阪では, 天に, 天使の, 太陽六千マイルの, 女の, 如何なる罪, 姉を, 嫉妬鞴を, 宇宙萬物に, 定かに, 寄るべなく, 寺院は, 尊いの, 小天地想派は, 山峡の, 己が, 巻きのぼり, 師の, 幸福である, 幽かに, 彫像に, 影と, 彼の, 彼を, 彼女は, 彼此理性を, 彼等徳義を, 彼素問識霊枢識に, 彼輩は, 從つてその, 從つて神を, 心中毫も, 必須条件では, 急に, 怨を, 恋ひわたる, 恋ふる, 恋愛に, 恐しくて, 恐らくは汝, 恐るべき事, 恥入るか, 悩ゆる, 惨状を, 戀は, 我これを, 我さだかに, 我に, 我れ, 我国の, 我汝に, 我等の, 我等皆これらの, 戦きながら, 技巧の, 教会を, 文芸上にては, 文語を, 斯いふなり, 斯く, 新幸, 日本に対する, 日本の, 是は, 昼も, 時として曲事, 曼珠沙華ひたと, 最上の, 有利な, 来たこと, 来たと, 来るまれびと, 来訪する, 東に, 東南を, 枳園は, 梅蘭芳, 樹木の, 此あたりにては, 武蔵野の, 死なれた美しい, 死んで, 死後必ず, 殘る, 殺されるの, 毀譽褒貶を, 民衆は, 氣壓の, 水島家の, 汝これを, 汝の, 汝名を, 沙門と, 泣かせまつり, 浪も, 涙の, 涙のみ, 淨二七・四には, 淨火門内に, 深山つつじも, 滅ぶ, 火花といふ, 為さなかつたこと, 為し彼女ゆゑ, 燃ゆる, 父王に, 現実を, 理性より, 理解されず, 生徒が, 田中君は, 田遊びを, 異説あり, 疲勞を, 発祥した, 直ちに正しい, 直接に, 眞に, 知るべしわが, 砂や, 硝子切る, 碾石といへ, 社会人としては, 祈れど, 福なる, 種痘の, 稻田も, 穢る, 第一, 総理大臣桂伯よりも, 總理大臣桂伯よりも, 罪ある, 美しい, 翻訳的な, 耳かすごとく, 聲は, 肉体で, 肘を, 能く, 臨む群行神, 臨んだ神, 自然は, 自由党は, 自由黨は, 苛まれ衰弱, 苟くも愛慾を, 苦しいこと, 苦しめるユダヤ人, 菩提心と, 行く処, 行者の, 袴が, 裸川, 西北の, 西北を, 見じと, 親から, 許して, 誤り易し, 誰よりも, 誰人も, 貴からず, 身は, 身ひとつの, 迷ひこんだ, 途次に, 邪道と, 里言に, 量ること, 鈴さんの, 鎖されて, 関したもの, 露の, 非常に, 面変りかくや, 鞭の, 願ひ, 飛び乱, 餓ゑてゐた赤犬が, 鬱積した, 魂ここに, 鷲これにともな

▼ ゑ~ (94, 6.4%)

74 時に, 際に 2 互み, 土用芽の, 岐れ, 為の, 爲に, 特技でも, 立ちきそ

1 [65件] ことが, この朱, ために, 一月前処女が, 万年青の, 中に, 乱れ立ち, 亂れ立ち, 今も, 仕方では, 仲間入する, 凪に, 初めに, 前に, 前後にのみ, 口実では, 夜風に, 大いなる時, 大ひなる, 始まる前, 寂しさ, 底を, 後夜さ, 恋ぞうら山し, 悲鳴が, 意味は, 愛しさ, 我は, 時と, 時には, 時は, 未醒で, 柳, 植物かなんかの, 植物の, 様な, 母の, 消えゆけば, 涙ぞ, 涙と, 深まりゆくを, 済むまで, 済むまでは, 片明り月, 狂ひ, 現役線には, 現役線へ, 生活が, 眼もて, 神事が, 神事に, 終るまで, 美しさ, 群れや, 若さぞや, 草花を, 藤を, 行事と, 行事を, 講演起る, 退学などとの, 遙けさ, 韻脚を, 頃は, 顏と

▼ ゑ~ (54, 3.7%)

4 する 3 感じながら 2 かけました, 古賀は

1 [43件] かけられるかと, のんだ, 並べ詩, 互に清い, 以つて充分, 凌いで, 出して, 出すわけ, 出せり, 叫ぶもの, 問ひた, 問ふ, 嚥む歟と, 張り上げて, 心もちはずませ, 思はせたので, 急先鋒として, 恐る, 感じ, 挙ぐるも, 挙げて, 掛けて, 描いた, 描いたもの, 求めば, 窓下の, 立てた, 立てて, 絶ち, 耳に, 聞いた西山, 聞く, 聞くこと, 聞くやう, 聞く旅商人, 聴いたこと, 聴き数日, 聴くと, 見ましたが, 見るとき, 覚えた時, 覚えて, 訴へ

▼ ゑ~ (30, 2.1%)

2 した

1 [28件] しました, します, する, よく聞こえた, ハキハキした, 一般に, 今僕の, 僕に, 兩人に, 加はつた, 可愛や, 嗄れて, 威勢よく, 幾つ続い, 急に, 手に, 来る古, 絶えた, 聞えだしたといふ, 聞えて, 聞えないの, 聞えはじめた, 聞えるもの, 聞こえた, 賑やかである, 走つて來, 起りました, 過ぎると

▼ ゑ~ (29, 2.0%)

2 横笛の, 竹にと

1 [25件] あれは, ただ弥陀, ときどき夕, 丹の, 何の, 単色版口絵が, 囁きつ, 夜かぜに, 始まり田, 幾たびか, 我が身をば, 打つやう, 既にかすか, 此処まで, 満たされやう, 火事の, 私の, 秋の, 紛れないな, 藤澤古, 蝋燭ほどの, 言つた, 言つてまた, 道教を, 雷の

▼ ゑ~ (22, 1.5%)

3 ぬる人, をし 2 にする

1 [14件] しようと, するまでも, にけれ, にし, にするだらう, にぢゃ人, にの先生, にをする, ぬるた, ぬる物, はあなた方, はいつも, をした, をする

▼ ゑ~ (13, 0.9%)

2 は日本一

1 [11件] が四つ五つ, だとて, にたしかに, のふるさと, のほか, はむしろ, は単に, は松の木, は決して, も一つ飛入, も幾度

▼ ゑたり~ (12, 0.8%)

2 所得は 1 ほんの慰み, 叡山苔を, 團子屋の, 常には, 床の間の, 種子を, 種種様様な, 竹を, 胸を, 蟻の

▼ ゑ~ (10, 0.7%)

3 驚いて 2 お京, 母親怪しき 1 云う小説, 呼ぶこの, 懐ろ手で

▼ ゑ付け~ (9, 0.6%)

2 てある 1 たりと聞く, たる外, たる蒔繪, てゐる, て其道徳, て熱湯わかし剛勇, て見た

▼ ゑこれ~ (8, 0.5%)

1 が三度目の, だけで, はた, は主, は日本, も論議, を御, を機会

▼ ゑ~ (8, 0.5%)

1 には昼間, にも遥々, に夫婦共, に考, の大臣, の慎しみ, の村, の神遊び

▼ ゑ込ん~ (8, 0.5%)

4 である 1 であつ, でゐる, で了, で眺め

▼ ゑこの~ (7, 0.5%)

2 カチカチ山の, 瘤取り物語から 1 文章は, 本は, 温泉も

▼ ゑ付けた~ (6, 0.4%)

2 苗木の 1 から泉州城, ものである, やうな, やうに

▼ ゑ兼ね~ (6, 0.4%)

1 てお, てゐた, て喰つて, て文句, て毒, て私

▼ ゑ兼ねた~ (6, 0.4%)

2 樣子です 1 のでせう, のは, ものか, 樣子ぢや

▼ ゑ初め~ (6, 0.4%)

4 の田 1 から植ゑ了, なすつたり

▼ ゑ~ (6, 0.4%)

4 の梢 1 の成長, の風高み

▼ ゑそれ~ (5, 0.3%)

1 かと聞ゆ, が結局, はなん, は冷めたい囀りだ, もいや

▼ ゑ~ (5, 0.3%)

2 では何, には及び 1 に対

▼ ゑ~ (5, 0.3%)

1 には時勢, にも論ずる如く, に山内氏五百, の円い, の碑

▼ ゑ~ (5, 0.3%)

1 にかけ世話, はいま, ぼぞ, をどり, 易くといふ

▼ ゑ~ (5, 0.3%)

1 から口, が第, ともいふべき, を説い, 感じ方

▼ ゑ~ (5, 0.3%)

2 のもの 1 なもの, な仕事, に心

▼ ゑその~ (4, 0.3%)

1 下に, 分の, 前には, 横に

▼ ゑまう~ (4, 0.3%)

4 一度魂ご

▼ ゑ人間~ (4, 0.3%)

4 の男

▼ ゑ~ (4, 0.3%)

1 に至り, の別, までのところ, もなほ入院

▼ ゑ木草花~ (4, 0.3%)

2 が何処, が何處

▼ ゑ~ (4, 0.3%)

1 うたせけり, のこゑ, やりて, を灑ぎ草

▼ ゑ知らぬ~ (4, 0.3%)

1 ものは, 忿怒が, 氣おくれ, 涙が

▼ ゑ附け~ (4, 0.3%)

2 てある 1 て来た, まで山

▼ ゑまた~ (3, 0.2%)

1 一本燗た, 右の, 愛情の

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

3 と驚きし

▼ ゑ付けられ~ (3, 0.2%)

2 てゐる 1 てなか

▼ ゑ凍え~ (3, 0.2%)

2 もせず 1 て死ぬる

▼ ゑ凍えし~ (3, 0.2%)

3 雀の

▼ ゑ夕暮~ (3, 0.2%)

3 悲し

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 のしづか, の厠, の木霊

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 の服従, の面相, を大勢

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 として雪, の古い, は此方家ゆゑ

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 の自殺, の鋭き, はその

▼ ゑ彼等~ (3, 0.2%)

1 の流れ, の間, は出征

▼ ゑ得る~ (3, 0.2%)

1 ことが, に至, ものは

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 へたり, へて四五輪, へられた

▼ ゑ澄みぬる~ (3, 0.2%)

2 際や 1 際よ

▼ ゑ知らず~ (3, 0.2%)

1 ぞつと, 流れて, 畏れをの

▼ ゑ竝め~ (3, 0.2%)

2 てみどり 1 ぬ道

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 が忙し, はその, や塔

▼ ゑ~ (3, 0.2%)

1 ひお, ふ, へばまことに

▼ ゑ血の道~ (3, 0.2%)

2 かい 1 かいい

▼ ゑいついつ~ (2, 0.1%)

2 とかはり

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 ききにな, 小夜に

▼ ゑおま~ (2, 0.1%)

1 への先程, への身

▼ ゑから~ (2, 0.1%)

1 出た事, 御霊

▼ ゑこんな~ (2, 0.1%)

1 おつかない, ときにこそ

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 が上, ひ臥しは

▼ ゑつい~ (2, 0.1%)

1 打遣つ, 書きもの

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 心ゆく迄の, 泣き出しさうな

▼ ゑであり~ (2, 0.1%)

1 その行動, 放屁の

▼ ゑどうか~ (2, 0.1%)

1 あの場, したらよ

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 づまつさきにおのれのからだへ釘を, づ何よりも

▼ ゑもう~ (2, 0.1%)

1 かうな, これ以上は

▼ ゑ一昨夜~ (2, 0.1%)

2 も雨上り

▼ ゑ七株八株~ (2, 0.1%)

2 また更に

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 體に, 體の

▼ ゑ二株植ゑ移し植ゑ七株八株~ (2, 0.1%)

2 また更に

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 にも反撥, をころした

▼ ゑ今朝ひえびえ~ (2, 0.1%)

2 しペン軸

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 ね世話, よいお嬢様上り

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 が株式市場, はこれ

▼ ゑ其の~ (2, 0.1%)

1 上へ, 遺功

▼ ゑ其他~ (2, 0.1%)

1 の盤, の神事

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 つたやう, つて

▼ ゑ別段~ (2, 0.1%)

2 これといふ

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 に五月処女, に授戒

▼ ゑ可愛想~ (2, 0.1%)

2 とも思ふ

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 をとふと, を桃花猫

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 にしあらね, 待つ家

▼ ゑ周旋~ (2, 0.1%)

2 して

▼ ゑ哀し~ (2, 0.1%)

2 げな

▼ ゑ墓原~ (2, 0.1%)

2 ごもりひびきゐる

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

2 づきに

▼ ゑ大勢~ (2, 0.1%)

1 して, に於

▼ ゑ宜いか~ (2, 0.1%)

2 お前が

▼ ゑ少し~ (2, 0.1%)

2 のほまち

▼ ゑ山陽~ (2, 0.1%)

1 の来り投じた, は江戸

▼ ゑ常に~ (2, 0.1%)

1 は海道, 怏々として

▼ ゑ幾月~ (2, 0.1%)

2 か心づかでありけん

▼ ゑ彼女~ (2, 0.1%)

1 との無, はこの

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 は描き居り, れの

▼ ゑ日本~ (2, 0.1%)

1 の新しい, へ來

▼ ゑ日本人~ (2, 0.1%)

1 にとつて, の愛国心

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 いとくろし, を植ゑ木槲

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 に写し, の如く

▼ ゑ死んだ~ (2, 0.1%)

1 のだ, 人

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 の喜び, は汽車

▼ ゑ氣色~ (2, 0.1%)

2 には見せぬ

▼ ゑ汽車~ (2, 0.1%)

2 の笛

▼ ゑ津さん~ (2, 0.1%)

1 の生活, は即ち

▼ ゑ渇く~ (2, 0.1%)

2 者は

▼ ゑ渇し~ (2, 0.1%)

2 て居る

▼ ゑ渋る~ (2, 0.1%)

1 も, も恋

▼ ゑ湧き~ (2, 0.1%)

2 はたて

▼ ゑ滑稽笑止~ (2, 0.1%)

2 である

▼ ゑ父親~ (2, 0.1%)

2 おどろいて

▼ ゑ牡丹~ (2, 0.1%)

1 が出はじめる, をた

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

2 が婆さん

▼ ゑ申し上げ~ (2, 0.1%)

2 候へども

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 から最後, なるもの

▼ ゑ移し植ゑ七株八株~ (2, 0.1%)

2 また更に

▼ ゑ立て~ (2, 0.1%)

1 おちに, て目

▼ ゑ竝めし葱~ (2, 0.1%)

2 の秀

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 がうれし, を移し

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

2 き月夜

▼ ゑ置きし~ (2, 0.1%)

1 が固, ものなる

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 につき, を澄まし

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

2 だからね

▼ ゑ自分~ (2, 0.1%)

1 の庭, の心

▼ ゑ苦労~ (2, 0.1%)

1 する, はたえ

▼ ゑ茶山~ (2, 0.1%)

1 の目, は

▼ ゑ蘭軒~ (2, 0.1%)

1 の妻, の男

▼ ゑ西洋草花~ (2, 0.1%)

2 を培養

▼ ゑ見える~ (2, 0.1%)

2 か兄

▼ ゑ見る~ (2, 0.1%)

1 もの, 心から

▼ ゑ誠に~ (2, 0.1%)

1 困る, 残念には

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 でも自分, も彼

▼ ゑ貴君~ (2, 0.1%)

2 には聞

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

1 のほそる, をばこがすなる

▼ ゑ込んだ~ (2, 0.1%)

1 大きな杉, 跡だ

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

2 退きゆけば

▼ ゑ野天~ (2, 0.1%)

2 にひびく

▼ ゑ附けた~ (2, 0.1%)

1 ばかりの樟, 小さい部屋

▼ ゑ~ (2, 0.1%)

2 は射せど

▼ ゑ饑ゑて幾夜~ (2, 0.1%)

2 をか経

▼1* [473件]

ありがたうはござりますれど, ゑあれは緑雨様, ゑあれこれと年少, ゑいかにも美術的の, ゑいつも文庫本を, ゑいましばらく見合せよう, ゑうき世を, ゑかまほしく, ゑはしい, ゑけんのんなるべし, ゑここの思入, ゑこちらの希望, ゑこれら三つの契機, ゑつぱり, ゑさだめし御心中, ゑさらに彼等は, ゑしかとお調べ下さるべく, ゑしたがつて, ゑせつかくながら, ゑそれでは何だ, ゑそんならさうと, ゑそんな子供の, ゑたちまち愚痴つ, ゑちから強く握つた, ゑちよつと見方, ゑであるとしてその, ゑとくさを石, ゑとともに到る処, ゑなかば巫山戯けて, ゑなつかしいお顏, ゑなほの事, ゑなほさら寒さ, ゑに関するノート, ゑのみ我れ, ゑはたわれからの, ゑはん料出し候ても外, ゑひつかけは下手, ゑふかき水, ゑと, ゑほかからくる, ゑまあちよつと, ゑまだ樹は, ゑみつちりと樹木, ゑもつとも生彩に, ゑむをえないことであつたらう, ゑやをら爪立ちぬ爺, ゑより少しよかっ, ゑわたしを貰, ゑわれら如きの, ゑカラナデシコといふ, ゑクラバツク自身の肖像画, ゑシローテが常に最も, ゑデカダニスムは私, ゑプロペラの力強い, ゑベンチを設け, ゑリアリズムからの離脱, ゑロミオどのが來, ゑ一切の希望, ゑ一合附けて, ゑ一層切なく思慕, ゑ一方に十種以上, ゑ一日のうち, ゑ一時代一地方の微妙, ゑ一杯飲んで, ゑ一生どこへも行かぬ, ゑ一言の忠言, ゑ一軒の家, ゑ七人の天使群像, ゑ三味線の絃, ゑ三田の方, ゑ三百篇の註, ゑ下手に帰り, ゑ不景気時代の学校, ゑ不羈独立の精神, ゑ世上に正弘, ゑ並べてそれ, ゑ並べありて数人, ゑ主人が重病, ゑ乃至さしゑ界なる, ゑ久しく記憶に, ゑ久政も黙止, ゑ乍ら少しかすれた, ゑ乍ら原稿を書い, ゑ乍ら最初に口, ゑふまでの, ゑ予言の能力, ゑ二三人の者, ゑ五十目掛の蝋燭, ゑ今一袋は老, ゑ今日の, ゑ今日上野へまゐり只今, ゑ今更のやう, ゑ仏具を並べ, ゑ仕事はたいへん, ゑ付けますが, ゑ付けられるのである, ゑ付ける前苗の, ゑ付けんとの大胆, ゑ付け時代に迷, ゑ付け最中であつ, ゑ代地の河岸, ゑ令孃のお, ゑを委せる, ゑ何事を言, ゑ何分用意等も, ゑ何卒合力して, ゑ何方様へも番附, ゑ何等かの意味, ゑ作品にすべて, ゑ使も狩衣, ゑ俺ゃもう決して此暗, ゑ値打が低い, ゑ健康不健康はその, ゑ兄芸庵の第, ゑづこれを, ゑ先づ河水を汲み入る, ゑ先方でも気, ゑ先駆的であると, ゑにてその, ゑ兩方は茜染, ゑ公儀の役, ゑ其医方を, ゑ其稜威は精霊, ゑはストオブ, ゑ冷害に堪へる, ゑ凍えたる父母に, ゑ凍えようとする, ゑ凍れる水か, ゑ出す薬さへ, ゑ出身であると, ゑ刀剣の類, ゑ分るのだ, ゑ切つて覗き窺ひ, ゑ列車が動き出し, ゑ別に予備筒二門が, ゑ刻々の幻象, ゑひ宗教哲學, ゑ十四年に江, ゑ千たび歎きつ, ゑ半襟火事とは呼ばれる, ゑホン絵の, ゑ即ちそれの, ゑて平和, ゑな妖怪, ゑ去るを止むすべき, ゑ参照して, ゑ及び漫画の, ゑを結び, ゑ只今御愁嘆, ゑ右岸の農夫, ゑ同じ庭つくりの, ゑ名誉より説くべき, ゑ君まつ家と金字, ゑ吾妻の鶯, ゑ咲子は人, ゑなど思ひやる, ゑ唐辛苗を植ゑ, ゑをつまらせた, ゑ国民の一人, ゑ国許へ通知, ゑ国造であ, ゑ土手もはるか, ゑが嗄れ, ゑ阿彌, ゑ変哲もない, ゑの享樂場, ゑ夕焼の頃, ゑ外一篇は当時, ゑ多く歌ひぬ, ゑさかんにて, ゑ大きい方は, ゑ大きみが, ゑ大事がる, ゑ大体に通じ, ゑ大宝元年の学令, ゑ大方は御存知, ゑ天眼鏡を構, ゑ天竺牡丹と俗称, ゑ太平無事に暮らし, ゑ太郎の着物, ゑつたのかも, ゑ奔流を蹴破, ゑ女遊びをしない, ゑ如何に夜目遠目, ゑ姉さんの繁昌, ゑ始めたものだ, ゑ威しのため, ゑ孫娘の嫁入道具, ゑ守殿十二間につくり, ゑ安心して, ゑ安里とマダム・クラビンスキイ, ゑ客體面の凹凸波動, ゑ室内は一日静か, ゑ家内と妹, ゑ家茂は病, ゑ寂びて飛びあへぬかも風, ゑ寄せられてぱつと目, ゑさまたは, ゑ寒き船かな, ゑ實在者としてはそれ, ゑ専心院御所を御, ゑ小説はいくら, ゑ少しくマングハ, ゑ少年の身, ゑ居りこのあかつき, ゑ山男が巷, ゑより陸地, ゑ工人は各自, ゑむことを, ゑ幕府へは憚り, ゑ幽かにきたる, ゑ幾つかの額, ゑも寂れた, ゑには何, ゑひて, ゑ当時最古の刊本, ゑ往くも還る, ゑ待てば, ゑ詫び申す, ゑ御返事もいたし, ゑ微かにゆらぐ, ゑ忍んで行, ゑられぬ, ゑ忠宗が婚礼, ゑ忠臣が詠んだ, ゑ思ひきり冷酷に, ゑ怪我はなかつた, ゑ悠々として余生, ゑ惜しくなる命, ゑ惜しみてか藥師さま, ゑ愛し仔牛か, ゑ成身に隨, ゑ成長なり給, ゑひは, ゑ所望いたして, ゑの開閉, ゑ招いたり招かれ, ゑへた, ゑ撮影の準備, ゑ放火すべく鐵砲, ゑ故郷にて, ゑ文武両道とは職能, ゑ吉原の, ゑの疲労, ゑ日曜も祭日, ゑ日頃親しう, ゑ早速御案内, ゑ明日の日和, ゑ昨日からの飲み続け, ゑ昼食は白飯, ゑ時代にさしゑ, ゑにかつゑ, ゑへたり繩, ゑ月見草を植ゑた, ゑ朝な夕なを隣り, ゑ木槲を植ゑ躑躅, ゑ木槿の垣根, ゑ木犀を栽ゑ, ゑ来りなば死, ゑ松田家の事業, ゑも其儘, ゑ果敢なげに, ゑが不粋, ゑ柏軒所著の書, ゑには刻みたる, ゑを詠ず, ゑ我儘な, ゑしかり, ゑ榛軒は此年天保丙申, ゑを思ひ浮べる, ゑ櫓時計や遠眼鏡, ゑ欄干のない, ゑを詠んだ, ゑ精の, ゑ正月はいつも, ゑ此二書には重複, ゑ此地方の人, ゑ此魚来れば, ゑ武家はこれ, ゑ死すともなか, ゑ死にか, ゑ死にし鰐の, ゑ死ぬ気にな, ゑ死んだりカサアキ兵, ゑ死霊の近づく, ゑ殊に妙なる, ゑ残した田を, ゑ残れる也, ゑされて, ゑ母御前とおなじ, ゑ民衆自身の手, ゑを付け, ゑ気疲れてテーブル, ゑの毒, ゑ汐田は彼, ゑを頼み, ゑ決してこちら様の, ゑ泣かむ, ゑ泣きし涙と, ゑ津子の名, ゑ津子さんがほか, ゑの立つ, ゑ深き苦悶の, ゑ渇いて居た, ゑ渇き等々の, ゑ渇ゑてゐて少し年上, ゑ湧きおこるしののめどきすな, ゑ湯具といふ, ゑ湯山の餅, ゑ澄みとほる, ゑ濡れまろがりし, ゑ無分別とは知り, ゑを厭, ゑのさめはじめた, ゑ燈明供物を並べ, ゑ爛れた氏の, ゑに千手大士, ゑ蔭が, ゑ片手で幹, ゑをとぎ, ゑ物蔭から見させよう, ゑ特別な待遇, ゑ狂女なりともいひ, ゑ独活を分け, ゑける面, ゑ申す役目な, ゑ男子の方, ゑ画家として鳴らした, ゑ画家漫画家の大, ゑ界一般の低下, ゑ畢つた時には畦畔, ゑを敷き, ゑ疲れてうち, ゑ得て, ゑ瘴気冷然たり, ゑ白い歯を, ゑ白粥を焚き, ゑ益々金銭の, ゑもうちぬ, ゑ直ぐさまお越しねがひ上げ, ゑ直されると颯, ゑ直してあつた, ゑ直す指図を, ゑ直ちに上に, ゑ相手の陶醉, ゑ省略した, ゑ看護人ほどの自由, ゑ眞少女よ笑みかた, ゑ真実の事, ゑ知つてゐるが, ゑ知らん顔して, ゑ砂糖でころす, ゑ碩学鴻儒の故, ゑが疲れた, ゑ神事となつ, ゑ祭りに臨む, ゑ祭りあげてゐた, ゑ私共が貝塚, ゑにいた, ゑ種生薑を植ゑ, ゑ穏便に許し, ゑ立てぬそれがを, ゑ立てるについては父, ゑ立派に仕上, ゑがある, ゑ籐椅子に凭つた独逸, ゑ粗き朋らと, ゑはぬれ, ゑつて, ゑへて繩, ゑ終りて二人, ゑ終りたるか, ゑ結婚後歯科医の免状, ゑ絵本の画伯, ゑ絶望し敗北, ゑの毛氈, ゑ総ての人, ゑ線香を立てた, ゑ繪本の畫伯, ゑ置かんに其等, ゑ義務がこれ, ゑ義譯とす, ゑ老神まで參, ゑ考古學の上, ゑ聞けば秋, ゑ聴き倦みて, ゑ聴くものは, ゑ育つれば四方, ゑ背後にも油斷, ゑは実際, ゑ強して, ゑ自らの歌誌, ゑ自我は實, ゑ自然光俊が泣過ぎねばならぬ様, ゑ自然子供への玩具, ゑひかがやく, ゑ良人のこ, ゑ色紫の華麗, ゑ芝葛盛さんに乞う, ゑ苦勞はない, ゑ苦痛等々の感覺, ゑ茄子をつくる, ゑ茶袋とは母親, ゑの花, ゑ荷物もつく, ゑ菓子の塔柿林檎, ゑ落語の真髄, ゑ蒔きし梅の, ゑを海棠, ゑがこがれ, ゑ行きまする, ゑ行き五星を祭り, ゑ行事の一つ, ゑ行儀が悪い, ゑ西洋の者, ゑて慰み, ゑ言うても言, ゑ記憶がかすん, ゑ詩仏や鵬斎, ゑ諸侯は柏, ゑの上, ゑ豪放と云, ゑ貧乏店が閉, ゑ浴衣の, ゑは残らない, ゑ踊りのあつ, ゑ躑躅を植ゑなどして, ゑ軍人が格別威勢, ゑ込まれた蜜柑畑の, ゑ込まれる時代だ, ゑ込み煙草なんか, ゑ込めば, ゑ処同士は, ゑ送つて下さらず, ゑ通訳に由り, ゑ連ねた門構へ, ゑ連れつつ明る, ゑ遊べよと, ゑ道のりは四五町, ゑ道夫は儒, ゑひますとの, ゑ遠慮なく御ところ, ゑ遣らずに置い, ゑ都所別当が御, ゑ酒占や醸酒, ゑ重く耐へが, ゑ金持ちが羨ましい, ゑ金槐とは鎌倉右大臣, ゑ金沢文庫の零本, ゑ銃剣にて開く, ゑの背, ゑ鐘楼も浴室, ゑ長閑にきこ, ゑ閉ぢる口, ゑ關東の川筋, ゑ阿部家の如き, ゑち遣りき, ゑ雲飛は一言, ゑ零落して, ゑ青年は情念, ゑ面白くはあつ, ゑの音, ゑ頂くのなり, ゑて膳部, ゑ頭痛もぢ, ゑに天地人, ゑ飽くまで黄疸を, ゑ饑ゑて雀がふふむ, ゑ首尾よく我が, ゑもさびし, ゑ馬場の精神, ゑ高く嘶けば, ゑ即ち精神