青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゐる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~ゐ ゐ~ ~ゐた ゐた~ ~ゐない ゐない~ ~ゐなかつた ~ゐました ~ゐます ~ゐる
ゐる~
ゑ~ ~ん ん~ ~んだい ~んぢ んでした~ ~ア ア~ アイヌ~ アパート~

「ゐる~」 77743, 840ppm, 102位

▼ ゐる~ (15038, 19.3%)

1973 である 1382833 です 633 では 310 だと 309 だが 296 だから 263 でした 249231 を見 219 だつた 161 だらう 144 を見る 139 を見た 133 であるが 100 であります 98 だらうか 95 ですが 81 かも知れない 74 ですから 6662 だらうと, ぢや, であるから 56 でございます 55 でも 4944 が見えた, を私 41 が見える 38 だか, だよ, もある 37 がある, はこの 35 ですよ, を知つて 34 が目, ですか 32 ですね 31 かい, はその, を発見 30 に気がついた, を 29 かしら, かね 28 かと思ふ, を感じた 25 を見つけた 24 かもしれない 23 と同じ, は何, は誰 22 だといふ 21 だし, ですもの, はどう 20 が普通, に驚いた 19 かな, かも知れぬ, でありますが 18 ださうだ 17 かそれ 16 だらうかと, もあつ 15 かそれとも, があつ, だな, だね, は自分, を發見, を聞い, を見ました 14 かも知れません, か知ら, が多い, だけれども, でなければ, をみる, を聞く 13 が常, だけれど, だもの, に気がつく, に気づいた, を眺め, を知, を認めた 12 かどう, かわからない, か知らない, が不思議, だなと, は私, を見かけた

11 [11件] かと思つて, か自分, がそれ, が見え, だい, ださうである, であった, に反し, は事実, は僕, を知り

10 [15件] かさつ, かゐない, が好き, が氣, が眼, だった, だとは, でありますから, に気づい, らしい, をみ, を感じ, を眼, を聞いた, を見付けた

9 が見えました, だからね, だらうが, であると, にち, を彼, を感ずる, を目

8 [16件] かも知れなかつた, か判らない, がこの, が分つた, が私, が聞えた, ださ, であるか, ですけれども, に出, はお, はさ, は面白い, も無理, を幸, を知る

7 [26件] かその, か分らない, がいや, がはつきり, がよく, がわかる, が何, だつたが, であること, でしたが, ですからね, でないこと, に気が付いた, に相違, に驚く, はあの, はあれ, はそれ, はやはり, は不思議, は少し, もあります, も知らない, をぼんやり, を感じる, を聽

6 [30件] かさ, かと思, かわからなかつた, か何, が僕, が手, が癪, だぞ, だとしか, に気がつい, はただ, はまだ, はよく, は他, は全く, は彼, も, も不思議, を不思議, を傍, を気, を耳, を自分, を見つけ, を見つけました, を見付け, を見出した, を認める, を読んだ, を誰

5 [43件] かと思はれる, かと思へ, か知らん, か私, か解らない, がその, がわからない, が何となく, が厭, が大, が彼, が癖, が面白い, だからな, でありまして, でないかと, に気づき, に過ぎない, はいい, はいかにも, はそんな, は実に, は實, は或は, は既に, は明らか, は決して, もありました, もその, もゐる, も知らず, も見える, をその, をよく, を思ふ, を意識, を目撃, を知らず, を見たら, を見ます, を見れ, を見出す, を覺

4 [69件] かこの, かと云, かまるで, かもわかりません, かも知れねえ, か或は, か見, か誰, が, があります, がきこえた, がだれ, が今, が何より, が可, が気, が聞え, が苦しく, が見えます, が見られた, が飛鳥, が麻呂子山, だがね, ださうです, だらうね, でありました, であるし, であるといふ, であれば, でございますが, でございますよ, でございまする, と少し, ならば, にびつくり, にも拘はらず, に感心, はいや, はお前, はもう, は一つ, は事實, は何ん, は勿論, は大, は如何にも, は彼女, は此, は無理, は確か, は結構, もあり, も同じ, も苦痛, をお, をかれ, をきい, をはつきり, をみた, を不思議さうに, を平次, を思ひ出し, を思ひ出した, を窕子, を見かける, を見るであらう, を見附けた, を読む, を雄二

3 [115件] かえ, かしらと思ひ, かといふ, かとばかり思つて, かと思つたの, かと思はれた, かと私, かも知れん, かわからなく, かわからなくなり, か少し, か眠つて, があたり, がいかにも, がお, がふと, がわかつた, がゐる, が一番, が仕事, が何だか, が可笑しい, が如何にも, が嫌, が当然, が窺, が美奈子, が自分, が自慢, が見つ, が解らない, が面白く, が馬鹿, さア, ださうですが, ださうでその, だとも, だらうから, だらう位, であるけれども, であるそして, でございますから, でございませう, でないか, でもなかつた, とは反, に一人, に出く, に気が付きました, に気づく, に無理, に遇, に驚かれた, はい, はおれ, はこ, はさすが, はそこ, はた, はなぜ, は一人, は主人, は二上山, は俺, は兎, は前, は可, は名高い, は外, は多分, は夫, は如何, は家, は当然, は御, は必ずしも, は村, は気持, は甚だ, は皆, は神, は自分一人, は退屈, は遺憾, は間違, は首, は馬鹿, は驚いた, もあれ, もい, も亦, も何, も可愛, も氣, も淺, も無, も見ました, も面白い, やら, をあの, をお前, をそして, をぢ, をどう, を今朝, を僕, を彼等, を氣, を知らない, を考へる, を聴いた, を見つける, を見受けた, を見逃し, を読ん

2 [387件] かお, かお前, かかう, かこいつ, かこれ, かさつき, かしらとも思ふ, かそして, かそれさ, かそんな, かといふやう, かといふ疑問, かと僕, かと思つた, かと疑はれる, かと自分, かどうもよく, かまだ, かもしれなかつた, かもわからない, かも知らない, かも知れなく, かわからぬ, かわけ, か二人, か俺, か全く, か惚れ, か我々, か死ん, か気, か泣い, か皆目, か眉, か知らぬ, か立つ, か見分け, か見定め, か訣ら, があの, がいい, がいけない, がいつも, がうれしい, がさ, がすまない, がた, がだんだん, がとりわけ, がひどく, がほん, がぼんやり, がまことに, がわたし, がイヤ, が一ばん, が一匹, が一層, が事実, が二三人, が何がなし, が分つ, が反, が可笑し, が吾, が好く, が嬉し, が寂し, が寧ろ, が小さく, が少く, が少し, が平次, が彼女, が微, が怕, が急, が愉快, が慣ひで, が日想觀, が映つた, が最初, が楽し, が澤山, が燥, が目立つ, が目立つた, が矢張, が窓, が羨ましい, が義雄, が耳, が聞えました, が聽, が苦し, が蝋燭, が見られる, が覗かれた, が辛い, が通る, が遠く, が野心的, が間違つて, が青く, が面白, が風流人, が鼻, じや, だえ, だけでももう, だぜ, だその, だつて, だらうその, だらうといふ, だわ, だわかるまいなどと, だ何, だ俺, だ自分, でありますけれども, でありますと, でありませう, でありませうか, であるしかし, であるの, であるまいか, である一個, である私, でございました, でございますもの, ですけど, ですけれど, ですわ, でない, でないから, でないが, でなくて, でなく渠自身, と, といち, とがある, とけつく, とさ, とその, とそれ, とゐない, と同, と同じく, と大した, と異, と等し, と違, なら, ならこの, にちよツ, には私, にも関ら, に不思議, に今日, に似, に堪へられなく, に安心, に比べ, に比べれ, に気がつき, に気が付い, に気づかず, に気付い, に注意, に異, に見入つて, に越した, に過ぎなかつた, に過ぎません, に驚い, に驚きました, に驚嘆, はあまり, はある, はいかに, はいふ, はうれしい, はかう, はかの, はきつ, はこれ, はちよ, はとても, はどうやら, はなか, はなん, はなんと, はふしぎ, はほんの, はもつ, はもとより, はわれわれ, は一, は一番, は一體, は三十五六, は不思議ぢ, は主として, は予, は二人, は五人, は五十前後, は五郎, は人, は人間, は今日, は何者, は偶然, は八五郎, は内儀, は別に, は厭, は反, は可笑しい, は同じ, は君, は哀れ, は唯, は堀河, は壽, は多く, は大抵, は大方, は妹, は娘, は嫌, は嬉しい, は実は, は実際, は寧ろ, は小さい, は小さな, は山, は平次, は店中, は彼等, は彼自身, は必, は悪く, は愚, は我々, は或, は明, は明かで, は時間, は普通, は有難い, は本, は果して, は死んだ, は注意, は澤山, は無論, は牢獄, は物足りない, は犬, は珍しい, は男, は町内, は當時, は目, は確, は私一人, は結局, は美しい, は義雄, は自然, は良い, は記憶, は詩, は誰だい, は諏訪, は赤ン坊, は赤熱, は辛い, は近頃, は非常, は鷄, ば, ほころびて, まで見えた, もあの, もいや, もうれしい, もそれ, もまた, もまだ, もよく, も一興, も不安, も今日, も何となく, も偶然, も具合, も可笑しい, も妙, も忘れ, も悪く, も承知, も本, も気, も気づかず, も珍, も私, も見た, も諾, も變, も退屈, や川崎家舊藏, をあなた, をきいた, をこの, をちら, をながめ, をみれ, をもう, をチラ, を一つ, を一度, を三田, を下, を人, を今日, を仰ぎ見た, を何, を偶然, を別に, を可, を君, を外, を多く, を如何, を察した, を實, を少し, を少年, を引きあげ, を御, を忘れた, を悲しく, を想像, を感ぜず, を感心, を手, を拾, を指, を指摘, を横目, を樽野, を渠自身さ, を源吉, を無理, を目がけ, を眺めた, を眺めます, を知つた, を知らなかつた, を私たち, を私達, を秘か, を聞き, を聞け, を自慢, を見かけるだらう, を見るだらう, を見付ける, を見入つて, を見出し, を見出しました, を見渡す, を覗い, を覗き見る, を覚えた, を覚える, を観た, を認め, を讀ん, を讀んだ, を邪魔, を面白く, を頭

1 [2933件 抜粋] あした東京へ, かいくぶん, かが判らない, かさもなければ, かしらぢ, かしらと葉藏, かせめて, かちよ, かとあやぶむ, かといふ事さ, かときいた, かとそれ, かとばかり滝本, かとも見えた, かと先づそ, かと妙, かと弘雄, かと思はしめる, かと暗, かと狂気, かと疑問, かと聞いたら, かと言, かと速断, かなあと思, かなへえ, かはつ, かふけた, かまる, かも分らない, かよく, かわからなかった, かを忘れ, かネ, か下着, か丸切り見当, か今, か僅, か八, か分らぬ喰っついた, か別段, か咽び泣い, か大きく, か富岡, か当て, か怒つ, か愚痴, か昔, か様子, か水, か煩さ, か甚麼話, か相当, か知りませんでした, か縁側, か聽, か解らなかつた, か返事, か非常, があさましい, がありました, がいつ, がうつくしい, がかなり, がきこえる, がこ, がすぐ, がそこ, がたいそう, がつね, がどうしても, がなつかしく, がはッきりわたくし, がほとんど, がもう, がゆき子, がゐた, がツイ一重, がバラバラ, がロダン, が一番普通, が三田, が不快, が久江, が五人, が今度, が余り, が俳優, が其, が分らない, が到る, が半分, が却つて災, が可愛, が唇, が固苦しい, が夕闇, が女, が好ましく, が嫌ひで, が寂しく, が小, が平素, が彼等, が思ひ, が惜し, が感じられました, が折角, が既, が映画, が普通人, が朝, が果して, が標本, が此方, が殘念, が気づまりで, が沼田在, が済まない, が無, が特に, が珍し, が町子, が眞白, が矮林, が窮屈, が統一, が聞かれます, が肥え, が色, が薄暗く, が行列, が見ゆる, が觀賞, が解る, が身, が遊び, が重苦しく, が阿呆, が隅, が面倒, が鬼, さあんな, さ渡宋, だいつぞや, だからネ, だけど, ださうでございます, だた, だつたつけ, だつたら眼, だなど, だまた, だらうぐらゐに, だらうとお, だらうなどと, だらう其, だらう空気, だツ, だ墨, だ死ねないの, だ現代人, だ苦しい, でありお, でありよく, であるかと, であるつまり, である何しろ, である岸, である福田平八郎, である陸海軍省, であろ私, でしたら仕方, ですからなあ, ですた, ですつまり, ですもしも, です私, でなくた, でなく大袈裟, でなく自分自身, とあべこべ, とそ, とでお, とに帰着, とは別途, とよく, と一所, と何樣, と土地, と御, と意味, と生え際, と襟卷, と飛び抜けた, なぞゆき子, などは不思議, なども自信, ならさ, なら一層, なら安心, なら貴女, にお, にすぎない, にちよ, には一寸, には古文説, には純, にぶつかる, にも係, にも気づかず, にも関, に京二郎, に出会した, に困る, に堪へられなくなり, に対して此, に徴, に感謝, に本来, に気が付いただらう, に気付かない, に無, に聴き惚れ, に軽い, に釣り込まれ, に驚かされた, はあき, はあらゆる, はいつ, はうはべばかしさ, はか, はこころよ, はさつき, はす, はそれはま, はたしか, はたまらない痛々し, はとかく, はどもる, はひよつ, はぼく, はまつたく, はむづかしからうが, はやつぱし私, はりん, はイギリス, はセピア色, はバサウリューク, はロオヌ河一つ, は一番年長, は一貫, は三十七八, は不可能, は両氏, は之, は二十七八のち, は五十三篇, は人々, は今度, は仏蘭西人, は伯母さん, は何と, は何故, は作者自身, は僅か, は元, は六十, は具合, は分つ, は加部, は北京飯店, は十人くら, は南禺集, は却つて, は古い, は吉井君, は君達, は喇叭, は四日前, は土藏, は堪へられなく, は多勢, は大名, は大衆作家, は天, は奧, は女帝, は好もしい, は婦人溜所, は孫三郎さん, は客, は寂し, は専ら, は少い, は屡々, は崖, は常に, は幻, は形式, は微笑, は怖, は息, は悲劇, は愉快, は戦後, は支那民族, は敬服, は新劇当事者, は日本人, は早川水右衞門, は時代, は更に, は木綿, は朱子, は松井佐渡守, は棒, は樽野唯ひとり, は正, は此為, は殆ど, は氏, は氣臆, は江戸開府以來, は泥, は洗濯, は涙, は湖, は炯眼, は焼酎, は父, は猟師, は珍妙, は甚だしい, は田光沼, は番頭, は疲れ過ぎ, は直ぐ, は知, は確實, は禽子系, は稻, は筆, は素子, は経済問題, は美くし, は聞い, は背, は致し方, は花束, は菜の花畑, は藤原, は蛸, は街路樹, は西洋髪, は親分, は詔書式, は誤り, は貴方, は身延山, は近代, は達曾部あたり, は都会, は野草, は間, は陰惨, は難波, は面白く, は頻りに, は飽く, は駅員, は鶴, へ蠅, まで階下, もう十時, もございます, もすべて, もつまらなく, もひどく, ももう, もわかりました, もをかしい, も不自然, も人生, も先程, も初, も口, も変, も大家, も将門軍, も心苦しい, も思へ, も拙, も早い, も樂, も気がつかぬ, も沢山, も甚だ, も皮肉, も素子, も聞えました, も西鶴, も言語學者以外, も鋭く, も面白く, やそれ等, やらその, やら小屋, やアルミニウム, や太陽, や酔, よりも却つて, をあゝ, をいつも, をおぼえる, をかんじた, をさき, をすこし, をたくさん, をたより, をつひぞ聞いた, をな, をば感じ, をふと, をみてる, をも排し, をやがて, をハタ, を一尺, を下女, を久保, を人々, を仰ぐ, を作つた, を全く, を切り, を取, を吐き出す, を告げた, を喜ん, を嘆い, を夢にも, を女皇, を宥め, を小生, を左右, を引, を待ち, を忘れ, を思つて嫌, を怨むで, を惜しんだ, を感じ出した, を慰める, を戯れた, を拭ひも, を指さす, を擇つて, を暫らく, を朝, を横眼, を此間, を決して, を渡した, を無理矢理, を片寄せ, を登る, を直し, を着, を知つて私, を知りました, を禁じられた, を窓硝子, を笑, を繪, を翌, を聞きます, を聴く, を苫, を袖子, を見くらべ, を見て取る, を見のがし, を見られる, を見守り, を見掛けるだらう, を覗いた, を言, を識, を越し, を載せ, を道子, を那奴, を限り, を難, を順々, を高枕, 処女会に, 段ぢや, 良くない

▼ ゐる~ (5999, 7.7%)

465 いふこと 290 云ふ 103 いふの 88 言ふ 72 いふ事, すれば 62 思ふ 45 いふ 44 私は 43 見えて 34 思つた 33 いふので 29 彼は 28 そこへ 27 思ふと 26 いつて 24 云ふこ, 急に 23 云つても 20 思ひます, 思ふの 19 いふわけ 16 思つてゐる, 私の, 聞いて 15 いふ点, それが, 云つた, 自分の 13 いふが, 彼女は, 見て, 言は 12 いふところ, 思はれる 11 いふのに, さへ, それは, 思つてゐた, 思はれるの, 言つても 10 云は, 今度は, 僕は, 思ふが, 言つた 9 いふよりも, 一人の, 不意に, 彼の, 氣が, 考へて, 見える, 言つ 8 思ひますが, 聞いた 7 いふに, いふもの, いふ気, すると, 云へば, 信じて, 同じやう, 考へた, 考へられる

6 [16件] いふから, いふと, するならば, するの, それを, なると, 云つ, 云はれ, 何か, 思つたら, 思ふん, 感じた, 男は, 眼の, 答へ, 見るの

5 [20件] いつた風, いふん, さう, そこに, みえて, 不図, 同様に, 後から, 思うて, 思ひながら, 思へば, 私も, 義雄は, 考へる, 自然に, 色々な, 見ても, 言へ, 誰か, 音は

4 [43件] いふより, いへば, おもふ, かの女, これは, したならば, したらどんな, すぐに, する, その男, でも云, どこか, はいへ, 二人の, 云つていい, 云つてゐた, 云つてゐる, 云ひたい, 人の, 人間の, 何も, 其処に, 其処へ, 向ふ, 妙に, 心が, 思つたのは, 思はれた, 思はれて, 思ひ込んで, 思ふから, 或る, 書いて, 母は, 私には, 聽い, 自分が, 言つていい, 言はれ, 言はれる, 言へる, 門野が, 隣の

3 [65件] ある, いつたやう, いつでも, いつと, きりが, こんどは, したらその, したらそれ, しまひ, そのうち, その人, ちよつと, とう, どうした, なか, みて, やがて, 不思議な, 云はれる, 云ふより, 云へ, 云へる, 人々が, 何といふ, 例の, 傍に, 向うから, 嘘を, 女の, 女中が, 富岡は, 山の, 彼が, 彼等は, 後ろから, 思つ, 思つたのか, 思はれながら, 思はれます, 思ふわ, 教へて, 池の, 流石に, 涙が, 珍らしい, 生きて, 申して, 相手は, 知つたら, 窓の, 考へられて, 聞いた時, 見なければ, 見へて, 見られる, 言ひ, 言ひ得る, 言ふこ, 言へば, 語つた, 足が, 車夫が, 階下に, 隣りの, 青木さんが

2 [267件] あべこべに, あんたは, いつかの, いつか十二時を, いつか心は, いつた奇妙, いつた意味, いつた樣子, いつもの, いはぬばかりに, いはれるの, いひ, いふことさ, いふでは, いふほどの, いふよりは, いふ感が, いふ方, いまにも風船, いよいよ大きく, お前が, お前は, お考, お鳥, かう云, こごえて, この家, これまでの, さすがに, さまざまな, しぜん, したら自分, しよう, すぐ傍, すつかり, すつと, せられて, そ, そこらに, そこらの, その中, その別れ, その靜, その頃, その頭, それに, それまで, それも, そんな二つ, たしかに身体, だしぬけに, だん, だんだんに, ちやうど, ついうと, でも思つたの, でも思つて, でも言, とんでもない, どうしても敬服, どこからか, どこからとも, なかに一通大判, なんとなく物, なんの, はじめてその, ふいに, ふつと, また一方, まだ使, みんなが, むしろ神々しく, もうその, やがて向, やがて彼, やつと, わたしの, わたしは, エミリアンは, ヘンな, 一番安全でございます, 一種の, 丁度そこ, 下の, 下駄の, 不圖, 不思議に, 中から, 主人の, 二人とも, 二階から, 云つたのは, 云つてよい, 云ふべき, 云ふも, 五六人の, 人が, 人間は, 人間を, 今にもその, 他の, 仲, 何だかその, 何だか自分, 何ともい, 何の, 何を, 何んな, 何んの, 何事も, 信じた, 信じられて, 信じ得た人, 信ずる, 俺に, 俺は, 僕の, 判つた, 勝平は, 十分に, 台所の, 同時にその, 向うの, 君が, 呼吸が, 外から, 夢の, 大変な, 大工の, 女が, 女教師は, 好いん, 子供達が, 室の, 家の, 家中の, 寄せ來る, 常々私共の, 幾分地面, 廊下の, 後ろの, 後藤君が, 心の, 思って, 思つたから, 思つて感心した, 思つて私は, 思はないか, 思はれたが, 思はれたので, 思はれること, 思ひがけ, 思ひました, 思ひますがね, 思ふか, 思ふこと, 思ふ中, 思ふ事, 息が, 想像し, 我々の, 我等の, 扉の, 斯う, 日が, 昨日の, 暫くし, 樹明君から, 樹明君が, 此方の, 気が, 気持が, 水が, 水の, 洋服の, 海へ, 海原を, 涯の, 清二は, 清子の, 湿つぽい, 源助は, 滝本は, 煤けた天井, 父が, 父は, 物の, 犬が, 猪之, 生きること, 由子は, 畑の, 直ぐに, 直吉は, 眼が, 私が, 称して, 突然その, 窓から, 答へて, 老人の, 老人は, 考へ, 考へたの, 考へます, 考へますと, 考へる様, 耳の, 聞いたが, 聞く, 聞くと, 聽く, 肝腎の, 胸が, 自ら信じ, 自信する, 自惚れて, 船は, 芥川は, 花子は, 若い男, 落第する, 薄暗い木蔭, 虫の, 衣服の, 表から, 要次郎, 見えるな, 見たこと, 見てと, 見とを, 見ねば, 見られないこと, 見られるの, 見ること, 見れば, 言うて, 言つた方が, 言つてさ, 言つてよい, 言はれた, 言ひ得るであらう, 言ふから, 言ふけれ, 言ふと, 話された, 認めても, 説明し, 誰でも, 誰やら, 謂つた畫樣の, 謂はれる, 足音が, 身も, 近所の, 道助は, 遠くから, 遠くの, 間もなく鈴, 隣家の, 非常に, 頭の, 風の, 風邪の, 食堂の, 馬は, 駕籠の

1 [2860件 抜粋] あいつは, あたりの, あつしだ, あね, あの時, あの音響, ある怪しげ, いいだらうなどと, いかにもそんな, いかに些細, いきなり耳, いくらか親, いつか川の, いつた, いつた一種, いつた寸法, いつた梅玉, いつた誤解, いつのまに懐中, いつの間にか知春, いつぱい人, いはれて, いはれる美しい, いひませうか, いふて, いふなら簡略, いふんで, いふ訳も, いろ, うすぼんやり, うまい手懸り, おきよは, おのづとおもひ出される, お光, お客に, お月さんいくつ, お神さん, かういふふう, かねて知合, きいたので, きまつて, こいつは, このままあと, この次, この隣り, これからさき, これまでに, ごう, さもき, しきや, したの, したらとにかく, したら恐らくは, しづかな, じつと, すぐつゞいてあとから, すぐ目, すこしばかりは, するん, せまい家, そして傍, そのは, その一人一人, その儘僕, その噂, その子, その後一二年し, その描写, その梅林, その深, その畑, その背後, その顔, その黒色, それこそ, それはい, そんな五体, たしかに彼, たまらなくぞくぞく, ちやんと, ついこの, つい近く, つめたいそして, でも言つて貰, とつぜん目, とても楽しい, どうしてきわどい, どうにも僕, どうも顔, どこかに, どこやらで, どんな人間, なかなか面白い, なほさらいつそう, なるほど先, なんとなく人間離れ, はいつて, ばらばらと, ひどくひもじ, ひな子は, ふうむふうむと感心し出し, ふとその, ふと家, ふと誰, ほの, ほり新しい, ぽと, ますます大きく, またのこのこ, また勘当, また昔處女, また駅長さん, まつたく馬鹿, まるで世間, まるで子供みたい, まるで雪崩れ, みそのは, みんなは, めづらしや, もうなんとも云, もう余り余命, もう彼, もう表, やう, やがてツカツカ, やがて喇叭, やがて水, やがて音無, やつぱり可笑し, よくそれ, わかい日, わざ, ゐないでは, イダーリアの, ガラツ八の, サツマイモが, タラタラと, ツイ二三十間先, トキ子も, ハリキれる, ピエルミ氏は, ホテルの, マザーは, ヤツとの, 一ヶ所甚だ, 一層その, 一枝折つ, 一間ばかりの, 丁度干潟, 万象こんとんとして, 三味線の, 三番で, 上森が, 不図一人, 不思議な分捕, 両足が, 丸屋の, 久しぶりに, 二十歳位ゐ, 云つたつ, 云つた格です, 云つてある, 云つてよ, 云つて呼び, 云つて私に, 云ひたい人が, 云ふお, 云ふたしかな, 五人の, 京子の, 人並の, 人間詩自然が, 今向ふむき, 今朝まだ, 仕舞には, 仮定する, 伯五郎達が, 何かしら, 何だかペナイサキペナイ, 何だか血縁, 何となく慰められる, 何ともいへ, 何とも焦れつたいし, 何やら急, 何故か悲しく, 何時の間にかローラ, 何時の間にか鼻先, 余され者, 作者自身が, 便所へ, 信じないわけ, 信じる観客, 信ぜざるを, 信濃山中の, 俺も, 倦きる, 停車場の, 傍から, 兄の, 先方も, 光線が, 八五郎は, 六十年ばかり, 其の遠い, 其処の, 其看護婦が, 内山の, 冷たい焔, 刃物を, 刑事らしい, 判つたのは, 別離の, 前を, 前途千里の, 勝手の, 十七八年間馬鹿あがきの, 千枝子は, 南天堂といふ, 危ないから, 卵の, 又低い, 友達が, 反證, 古い家具類, 可愛い, 同じわけ, 同時にからだ, 同時に生物学, 名も, 向ふから一群, 吾家では, 和尚さんが, 問うた, 喜八に, 嘗ての, 四季の, 地の, 執事の, 堪らない退屈, 墓地で, 夕刻それも, 外で, 多くは, 夜中に, 大きな間違, 大勢の, 大河原が, 大間違ひだわよ, 太田咲太郎氏や, 夫人は, 奧の, 女医は, 女達, 妻の, 子供が, 存外味, 學校へも, 実におもしろい, 客が, 家ダニが, 富だ, 寝鎮まつた筈, 射ち殺すぞ, 小僧は, 小幡氏は, 少年が, 屡々立ち停つ, 山の手の, 屹度掴まる, 川の, 川筋が, 左の, 市川猿之助ニコ, 常に坊主頭, 年上では, 幻影の, 幾らか攻撃, 底に, 廊下で, 弟を, 強姦て, 影の, 彼女が, 後でとがめる, 後方から, 御家の, 必ずそれ, 忽ち, 忽ち胸, 思った, 思つたので, 思つていやに, 思つても, 思つて嫉妬し, 思つて羨し, 思つて逃げ出し, 思はせ度, 思はれないでも, 思はれるから, 思はれる人々, 思はれる馬, 思ひなしか, 思ひますまた, 思ひ成るべく奧, 思ふならもう一度, 思ふ寂し, 思ふ緊張感, 思量する, 恰も出口, 悲しくなる, 想像する, 感じてを, 感謝の, 成程, 或夜嚴重, 戸と, 手白の, 打ちあけて, 抛りこむ度, 政公の, 敬君が, 断じる, 斷わり, 日々の, 日本人は, 明日にも, 昔この, 星と, 春竹の, 時々かるい, 時には思ひ, 晴れた陽, 暫くたつ, 書く, 朝つ, 期待の, 本物の, 来世では, 松崎天民といふ, 果して困つた, 根本的に, 案外な, 梅の, 椀の, 樂しい, 横濱とは, 樹明酔来私を, 機關長が, 次第にその, 欲が, 正面の, 歳子は, 殺されさうな, 母親が, 民子は, 気付いたならなほ鎖, 水づか, 氷峰が, 汽車に, 法律上厄介な, 洗濯物を, 海の, 淋しい幸福感, 清作は, 湖の, 滝の, 漫画の, 瀧が, 無念無想蒼空の, 煩悩即, 父親の, 狂ほしく, 玄關の, 甘いもの, 甚太郎さんに, 申さなければ, 申し上げても, 番頭さんは, 疲れ切つた目, 痛切に, 白い湯気, 百貨店で, 直ぐに肩, 直前に, 県知事秘書官が, 眠くなる, 眼に, 矢張擬ひなし, 知つた顔の, 知つて腐肉の, 知らないお客, 石垣の, 確に, 神明前の, 私にも, 私達の, 稱する, 空の, 突然この, 突然一人男, 突然外, 突然東日社, 突然背後, 立つて, 竹は, 粒々辛苦といふ, 終には, 絶望に, 美の, 美緒に, 羽二重の, 考へては, 考へられる節, 考へるの, 聞いたとき, 聞かれその, 聞くから, 聴衆は, 背中に, 胸の, 腕に, 自分では, 自分も, 自然と, 自転車の, 舟木と, 芝がや, 若い侍風, 苦悶の, 茶山の, 葉を, 薄の, 蛙が, 蟋蟀が, 表へ, 襖の, 見えこの, 見えるいつたい何ん, 見え半年, 見せかけて, 見られても, 見るは, 見物は, 覺ゆれ, 言うたとて, 言つた不思議な, 言つた感じの, 言つた通人達の, 言つてゐた, 言つて貰ひ, 言ひつづけ, 言ふより, 訊くから, 話した, 認めて, 説明しよう, 誰ひとり, 謂つた表現法を, 謂ふ, 講堂の, 谷底の, 貴方と, 赤猪が, 踊り子が, 身体中が, 車屋さんか, 辻斬に, 逃げられるぞ, 逢ひたうならるる, 遅くな, 過去が, 遠い向, 遣りい, 部屋に, 酔つたとも, 金の, 鏑木が, 門口の, 間もなく彼, 間断なく, 附記し, 陽炎で, 際限も, 隣家との, 雌豹の, 雨漏りの, 電報, 霧笛の, 青野は, 靴音, 頭ばかり, 顏色も, 飛び込みたい氣, 飽きると, 馬糞が, 騷ぎ出した, 魂が, 鳥に, 鷹見が, 黒岩は

▼ ゐるやう~ (3834, 4.9%)

174 な気 172147 である 111 なもの 93 であつ 89 だつた, に見える 81 に思はれる 79 な氣 78 に見えた 61 だが, です 52 に思はれた 49 なこと 4339 でした, でも 34 な気持 32 な感じ 29 であるが 27 ですが, に思ふ 24 に思はれ 22 に思へた 21 なところ 20 な心持, にさ 19 に見え 18 になつ 17 なの 16 な, な恰好 15 に思へる 14 ですね, な氣持, に思 13 では 12 だから, だと, にも見える 11 に私 10 な事, な人, な様子, な男, に彼, に思つて, に思はれます 9 だし, ですから, な場合, な女, な態度, な錯覚, な顔, に見えました 8 でしたが, にお, に感じられた, に見えます 7 だよ, で, であった, な形, な時, な調子, な顏, にも見えた, に思ひます

6 [16件] だね, でございます, でその, な家, な心もち, な日, な者, な表情, な音, におも, にし, にみえる, にも思はれた, に感じた, に感じられる, に自分

5 [19件] だった, だつたが, だな, であ, であります, なそんな, な不安, な口調, な工合, な幻想, な心地, な気配, にな, になる, にも思はれる, に思はれました, に思へ, に感じる, に感ずる

4 [29件] す, だけれど, だぜ, で私, なその, なので, なものぢ, なもん, なわけ, な声, な大きな, な妙, な姿, な容子, な心, な快感, な生活, な自分, な若葉, な訳, な青年, な風, にこの, にしか見えない, にも見え, に云, に思ひました, に感じ, に感ぜられた

3 [35件] でございましたが, ですけれど, ですよ, でゐ, でを, で実は, で少し, なこの, なさ, なさびしい, な一種, な印象, な始末, な意味, な感, な有様, な気さ, な氣持ち, な状態, な言葉, な響き, な領域, な顏付, な顔つき, にかれ, にじ, にみえた, にも思へた, にも思へる, に夫人, に彼女, に我々, に聞える, に見せかけた, に言

2 [125件] だぞ, だとも, だなと, だわね, だ僞善, でありました, でありますが, であるから, でございますね, ですな, でならない, でなりませぬ, でゆき子, で似, で外, で見知らぬ, で足, ないや, なかたち, なことぢ, なつもり, なとき, なふう, なも, なもどかし, なパチパチボウボウつて音, な不, な不気味さ, な世界, な人々, な人間, な体, な厭, な変, な夢, な大きい, な奴, な娘, な安心, な寂し, な山, な微笑, な心細い, な情景, な懼, な木, な本, な樣子, な次第, な気分, な気持ち, な氣分, な牧雅雄君, な物憂, な田舍, な町, な真似, な眼つき, な私, な空, な空虚さ, な笑, な素振り, な聲, な色合, な艶, な若い, な貌, な遠い, な重大, な錯覺, な間, な陰鬱, な静か, な面白, な顏附, な顔色, な馬鹿げた観客, な鷹揚, にあの, にしか思へない, にしづか, にする, になり, になりました, になれ, にひつそり, にぼんやり, にもある, にもとれる, にも思はれ, にも思はれます, にも見えました, に何, に僕, に全く, に動かない, に口, に小, に心, に思つた, に思へない, に感じさせ, に振舞, に暗, に暗示, に東京, に決して, に涼しく, に無, に皮膚, に目, に空想, に考へ, に考へた, に聞えた, に自然, に苦し, に蟻, に見せかけ, に見られた, に見受けられる, に言つて, に静か, ね

1 [1019件 抜粋] すで, す男, だからと, だこの, だそして, だつたけれども, だつたらそのまま, だつたらちつとも, だに, だまた, だもの, だチップ, だ落着, でああ, であり旅空, であるそれ, である彼, でいささか, でおもしろく, でこれ, でございますが, でさちよ, でしつくりしませんが, ですからな, ですし, ですもの, でそれ, でそれに, でどうにも, でない, でなにか, でふは, でゐても, で亡者, で何とも, で切, で口惜しい, で女たち, で実際, で廊下, で恥しい, で慚愧赤面, で手の甲, で期待, で気, で物, で甚だしく, で癪, で社村, で節々, で紡錘, で聊斎志異, で肩, で落付, で見, で親しめない, で身, で陳腐, で餘程唇, で鬱陶しく, なあた, なあの, なあんな, ないまにも, なうつ, なおばあさん, なお伽話, なかすか, なから, なきのこ, なこなし, なしがない, なしん, なす, なすさまじい, なずるい, なそれ, なそわそわ, なだぶだぶ, なところが, ななつかし, なのに, なひも, なふり, なまだいくぶん, なものの, なら, なら構はず縛つて來い, なゐても, なアルバイト苦労, なオペラ, なグショグショ, なサムライ商会式, なネクタイ, なフランス, な一つ, な一丈, な一人, な一所懸命, な一番, な丈夫, な三十男, な不安げ, な不甲斐な, な不遜さ, な二人, な亭主, な人形, な人達, な他, な低い, な何かしら, な何ん, な作品, な侮蔑, な先生, な入道殿下, な其の, な冷た, な凄まじい, な切な, な動作, な匂ひと, な危, な口ぶり, な古, な品, な喜, な器具類, な土, な坊さん, な境遇, な外国語, な多才, な大, な大声, な大海, な奇怪, な奔放, な女学生, な女房たち, な好い, な姿勢, な婆さん, な子供, な実に, な容, な寒子, な寺, な小, な小説, な少し, な少年, な崇高, な巴里, な平凡, な平塚さん, な幸, な幹, な幼いなつかし, な庭, な建築, な当て, な役, な彼女, な御, な微か, な心境, な心當, な怖, な思ひが, な思ひででも, な思へば, な性分, な恐し, な恬淡さ, な恰幅, な悪い, な悲壮, な意見, な愛し, な憂欝, な憎しみ, な戰慄, な所作丈, な手軽, な批評家たち, な押しつけがましい, な捕手, な推察, な擬人的, な文学, な新しい, な日々, な明日, な春, な時代, な智, な暮し, な書き方, な有, な朝, な本棚, な村里, な果實, な柳, な格構, な案外, な楽天性, な様, な模範少年, な歌詞, な歩き振り, な母, な毒血, な気持さ, な気風, な氣勢, な氣樂, な浮かない気分, な浮ついた眞, な淋し, な淡い, な清らかさ, な湿気, な澄まし方, な濕, な無, な無邪気さ, な父親, な爽やか, な物, な物持, な物蔭, な独断, な理智, な生々し, な生きたもの, な町人, な異常, な白々し, な白晝夢, な百貨店, な目まぐるしい, な目出度い, な眸, な眼差, な眼附, な短剣, な確信, な神仙, な種々, な穏かさ, な空氣, な空間, な竹刀, な筆, な純一, な素, な緩, な美し, な考へ方, な職業, な臆病さ, な自分自身, な艶冶, な芥川龍之介, な花やか, な苛, な茫洋, な荒れ果てた建物, な莫, な落着き拂, な蒼, な薄手, な虚し, な表現力, な視線, な観, な觀, な記憶, な訝しげ, な話, な諳誦口調, な譯ぢ, な變つた表情, な責任, な賤, な赤楊, な趣き, な路上, な逆, な透明, な連中, な遊戲文學, な郷愁, な重い, な鈍い, な開放, な関係, な険悪, な隱居, な青白い, な頽廢, な顏立, な飛んでも, な馬, な馴, な點, にいは, にからかつて, にきちんと, にくねり, にこ, にこれ, にこッ, にしかみえない, にしか考へられず, にじつ, にすっと, にすべき, にすら思はれた, にそ, にその, にそれでも, にぞつと, にだれ, にぢ, にといふ主人, にとつ, にとられる, にのぼる, にはつきり, にはゆかない, には見え, には見えなかつたです, には見えますまい, にひと, にふるまつ, にほとんど, にまた, にまなざし, にみえ, にも取れます, にも思へます, にも拵, にも聞える, にも見られた, にゆら, にギラギラ, にシェークスピア戲曲, にドロシイ, にフス, にユラ, に一つ, に一匹, に三保の松原, に不吉, に中, に云つて, に京都, に人間, に伊曾, に何だか, に何時, に俺, に僞善, に冷かし, に出来る, に前後, に力, に勝彦, に匂つて, に厳か, に又は, に口元, に各, に吐き出す, に呼ぶ, に咲き満ち, に善, に四本, に地, に多く, に大地, に大袈裟, に夫婦者, に奴隷, に如何に, に妻, に子供, に存じます, に學習者, に家人, に寒, に岡山, に市長, に平次, に年毎, に彼等, に快適, に思つた地位, に思はせた, に思はなけれ, に思はれだした, に思へだした, に思へるらしい, に恐く, に想, に意, に感じだす, に感じられます, に感ぜられ, に態と, に拳, に捏造, に揺らい, に政治, に敵弾, に断定的, に新聞, に日本絵画伝統, に明滅, に春, に曲解, に木, に柱, に案外, に極, に次々, に此, に此祭り特有, に気, に水溜, に浮, に深い, に温まつ, に演劇, に煙つた海原, に片方, に現在, に生きた, に画中, に當時, に皆, に直した, に眉, に眼, に瞬き, に碁盤, に稲荷鮨, に空しい, に紙凧, に美奈子, に考へられた, に聞い, に聞え, に聳え, に聴こえる, に肌, に胸先, に自分一人, に良寛さん, に芝居全体, に苦笑, に落ち目, に蔑みき, に見うけられる, に見えるで, に見え始めた, に見せる, に見たい, に見られる, に覺, に言つたの, に言訳, に語る, に誤解, に読まれる, に赤い, に起句, に車曳, に軽, に軽蔑, に近頃, に返事, に逞しい, に重, に長い, に隠居所, に雨, に面白く, に響きます, に顔, に餘, に高い, に鳥右ヱ門, に黙つ, ふくのうへへ, 仰出されまして

▼ ゐること~ (3066, 3.9%)

88 である 50 がある 39 であらう 37 もある 35 だらう 34 もあつ 29 を知つて 27 があつ 26 か, だ 25 になる 22 は事実 20 が出, でせう 19 が多い 18 がわかる, に氣, を知 15 では, は確か 14 が分つた, だつた, でも, を感じた 13 があります, がわかつた, です, は勿論, を私 12 であるが, を忘れ, を感ずる 11 が多, であつ, は出 10 が出来なかつた, は, は私, は言, も忘れ, を発見 9 だから, だらうと, になつ, は云, は出来ない, もあり, を, を發見, を知る 8 が分る, であります, は出来なかつた, は誰, よ, を意識 7 がよく, によつて, の方, は争, を彼, を思ふ, を感じ, を教

6 [11件] が, が出来た, だが, と思ふ, にした, はない, はゐる, を意味, を注意, を示し, を見

5 [20件] ができない, がわかり, が何, だし, だと, でした, なので, になつて, に気がついた, はこの, はたしか, は前, は彼, は疑, もあります, も亦, を云, を少し, を考へ, を誰

4 [24件] がら, がわかります, が判, が彼, が必要, が果して, が自分, が訣, なの, に気, に気づい, のやう, のよろこび, は必ずしも, は知らなかつた, もあ, やら, をお, を信じ, を思ひ出した, を想像, を指摘, を知つたの, を聞いた

3 [57件] がいかにも, がお, ができた, がわかつ, が多く, が知れる, が見られる, しか解らない, そのこと, でありませう, であるから, とその, などである, なん, に, にし, にもなり, に就, に気がつきました, に気づく, に注意, はいふ, はたしかに, はなんと, は事實, は何, は作家, は否めない, は明かである, は本, は爭, は略, は知つて, は私自身, は自分, は誠に, も, も事実, も事實, も知らず, も私, をそして, をも亦, を上手, を不思議, を信じた, を初めて, を吹聴, を思はず, を痛切, を痛感, を知らない, を考へる, を聞かされ, を自覚, を見逃す, を話した

2 [185件] あ有りやしない, から言, があ, があまり, がありました, があるだらう, がうれしい, がす, がすぐ, がその, ができるだらう, がなかなか, がまた, が何うに, が出来たら, が出来ない, が出来なく, が出来る, が分かつた, が分ります, が判る, が可, が味気, が唯, が堪らなく, が夢, が好き, が感じられた, が稀, が考へられる, が苦痛, が解る, が頗る, しかわからない, そんなこと, ぞ, だらうが, だらうな, でありまた, であるし, であると, でそれ, とては夜, と云, などは忘れ, などを語, にしよう, にはじめて, には俺, にもなる, に依つ, に初めて, に変り, に就い, に平次, に於, に気がつい, に気がつくだらう, に気づいた, に気付い, に気付いた, に気付かなかつた, に気付く, に相違, に變, に間違, の, のある, のうれし, のほか, の一つ, の出来る, の外, の少い, はある, はそれ, はどんなに, はなかつた, はほん, はもう, はよく, はわかる, はわれわれ, は一つ, は上, は不可能, は今, は今更, は全く, は出来まい, は出来ません, は同情, は否定, は変り, は好き, は実に, は少し, は常に, は恐らく, は悉く, は既に, は明, は明らか, は決して, は無論, は珍, は疑はれない, は西洋, は見逃せない, は説明, は遊び, は非常, もありました, もしや, もその, もそれ, もまた, ももう, も何, も出, も多い, も容易, も彼, も知らない, をいふ, をここ, をこの, をさ, をその, をはつきり, を予想, を人, を僕, を前提, を否み, を否定, を吾, を告げた, を告白, を喜ぶ, を夢, を家康, を密告, を屡, を屡々, を彼女, を彼等, を御存じ, を忘れた, を思はせた, を思はせる, を思へ, を怪しむべきで, を悟つた, を感じる, を指します, を明, を最も, を条件, を正三, を正直, を率直, を理解, を白状, を知つた, を知らせ, を知らね, を知り, を知るであらう, を確め, を確信, を考へなけれ, を聞い, を自慢, を見た, を言, を言つて, を許された, を訴, を認めざる, を語る, を述べ, を附け, 生きて, 第二

1 [1247件 抜粋] いひか, かとぐしよ, かなあ, かまことに, からでなく, からも察し, から起つ, か變, があり得ない, がいつも, がおぼろげ, がかれ, がこんなにも, がしばしば, がた, がたま, ができなかつた, ができます, ができるであらう, がどうも, がない, がなんとなく, がま, がむづかしくなる訣, がわからぬ, がわかりませう, が一つ一つ不可思議, が一日, が不可能, が不自然, が事蹟, が何だか, が信一郎自身, が全, が出来れ, が分つ, が分るであらう, が判りました, が危険, が口惜し, が同時に, が垣根, が奇妙, が妙, が学校仲間, が察せられる, が彼女, が思はれる, が恐ろしく, が悪い, が想像, が意識, が扁理, が敵, が明かである, が昔, が最大, が案外, が残念, が注目, が激しく, が現に, が生き, が目, が示される, が素朴, が聞ける, が芸術, が草, が見え, が解, が解り, が説教, が退屈, が面白い, が馬鹿, この學務部長さん, しか出, しか解らう, すら二人, そしてその, そして文子, その青年, それだけの, だからね, だけだ, だけであつ, だけで平和, だけはたしか, だけは事実, だけは明かです, だけは疑, だけは複雑, だけは認めなけれ, だけを彼, だけ感心, だつたの, だらうか, だらうさ, だらうハドリヤヌス橋, だらう私, だろう, であ, でありました, であり更に, でいづれ暫時, でこれ, ですが, でその, でも明らか, で今更, で延喜式, で所謂真善美, で省いた本, で科学性, で隱す, ところで最近, とて腰, とはまるで, とは別に, とを除い, と動く, と同じ, と女同士, と存じます, と思ひます, と政治, と眠る, と自分, なくし, なく原物, なぞもあつ, などがながく, などが私, などだ, などでした, などにでも婦人, などにも刺戟, などに氣, などは勘定, などは知る, などもいつ, なども気付かない, などを書い, などを考へる, など判る, など思へ, ならそれ, なんかにはお, にある, においては誰, にさしたる, にされる, にする, にその, については少く, について簡単, になぜ, にならう, になるだらう, になるなら, にはもう, には何とも, には新た, には気がつかず, にひたすら, にぶつ, にも何, によって安全, により多く気, に何, に僕, に受難, に在る, に堪へ得られない, に外, に安心, に対してもこれ, に少から, に強い, に思ひ至る, に或, に極めて, に気がつかない, に気が付いた, に気づかなけれ, に気付かなけれ, に源吉, に由つて, に要領, に關, に駭, ね, のうるほ, のできる, のみが分つた, の上, の不思議さ, の出, の切な, の好き, の幸福, の惨めさ, の敏感, の無気味さ, の矛盾, の細部, の苦渋, はあ, はありません, はい, はいくら, はいろいろ, はお, はここ, はこれら, はさき, はさみしく, はじつに, はせめて, はちやう, はできません, はと言, はどうしても, はなく, ははつきり, はほ, はまことに堂々, はみんな, はもうい, はもとより, はゆるされない, はわたくし, はゐます, はシエクスピイア以上, は一昔前, は一顧, は丁香, は二人, は五十歳, は仕方, は以上, は何れ, は何千年, は作者, は俳優技術確立, は僕, は先づ例外, は其下, は分つ, は判る, は勘定, は即ち, は同君, は吾, は嘘, は変らない, は大きい, は大輪, は如何なる, は嫌, は学問, は宣命, は小説, は已む, は幾分, は当然, は心, は忍べなかつた, は悲劇, は惜しい, は愛し, は慶賀, は我慢, は房一, は敗戦後我々, は数, は方言文法, は明かで, は時々, は更に, は最早, は本当, は楽しみ, は歎賞, は此界隈, は死ん, は殉教, は民子, は注目, は渡辺氏, は無気味, は琵琶湖, は略見当, は疑ひない, は疑ふべからざる, は皆んな, は真実, は知, は知られ, は知るまい, は神, は空襲警報中, は第, は絶対, は聞きたくない, は自分等, は自明, は若い, は蔽, は表面, は角, は訣, は論ずる, は識者, は退屈, は遊びぢ, は避ける, は鉄舟居士菩提所, は随分, は面白く, は髯籠, ばかりだつた, までが神経, まで聽, もあり得る, もあるでせう, もこの, もすべて, もなく, もみんな, も何時も, も俳優, も出来なかった, も出来まい, も分つ, も勿論決して, も否めない, も変り, も宇宙, も實, も平, も御存知, も必要, も悪く, も憂鬱, も明かである, も止め, も津島, も無理, も當時, も看取, も知る, も稀, も自分, も良から, も親子, も諒解, も違, も附け, も頷ける, やあれ, やもと, や或は, や肉屋, よりはまだ, より當然期待, をあら, をいくぶん, をいつも, をおれ, をきい, をことに, をすぐ, をそれほど, をたしかめた, をちら, をついで, をどうぞ, をのどけき, をはつきり機運, をひとつ, をぶちまける, をまだ, をも, をも感ぜざる, をも看, をやがて, をわれわれ, をヨハネ, を一応, を一言附記, を世界, を予め, を云ふたの, を人々, を今更, を他, を何でも, を信じず, を信条, を兄君, を判然知, を劇壇, を君助, を吾人, を喜び, を嗅ぎつける, を奇怪, を好まない, を嫌つて此處, を學び得, を寂しく, を實行, を平次, を彼自身, を微笑み, を必要, を忘れなかつた, を思い合せ, を思ひ, を恐れる, を悔いなかつた, を悟らざる, を悟らない, を悲しまない, を愕然, を感じ初めた, を感ぜず, を感謝, を憶, を手紙, を承知, を探知, を文字, を早く, を明確, を暗に, を書いた, を望む, を期し, を棚, を欲, を殆ど意識, を段々, を気づくであらう, を注目, を滑稽, を無, を熟知, を物語つて, を瑠璃子さ, を疑ひ得ない, を皆んな, を相手, を知つた時一寸, を知らされる, を知らなかつた, を知りうるであらう, を確かめました, を示した, を神聖, を笑, を經驗, を美しく, を耳鼻科, を肯定, を自分自身, を芥川, を薄々, を褒め, を見るであらう, を見出さず, を見出す, を見抜い, を見逃し, を覚悟, を言葉, を訊出, を証拠立てた, を詩, を認めた, を認めなけれ, を語られた, を説い, を論述, を證明, を讀んだ, を跡づけ得る, を軽蔑, を返り見た, を重々承知, を除け, を餘計しどろもどろ, を黒く, 勿論の, 夥しい, 憎みながら, 是非知らせなけれ, 美しいもの

▼ ゐる~ (2697, 3.5%)

50 それは 47 これは 33 私は 19 それを 14 これが, それが, 私の 13 これも, さう, 此は 11 それも, 彼の 8 その中, 實は, 此の, 自分は 7 あれは, こ, 事実は, 彼は 6 今日は, 他の, 僕は, 其は, 宜い 5 それよりも, よい, 今は, 兎に, 古くは, 好い, 昔は

4 [16件] いい, これには, これを, それに, それより, 人の, 今の, 併し, 僕の, 兎も, 又どんな, 實に, 小鳥の, 日本の, 芥川の, 誰も

3 [30件] あれが, いづれも, かうして, これらの, さうし, しかしその, その, そのうち, それと, た, なか, よく見る, 今度の, 今日の, 何か, 元は, 其に, 其の中, 多分そんな, 大體, 如くに, 実を, 実際の, 実際は, 彼女は, 昔の, 是は, 東京の, 芥川が, 順序として

2 [117件] あの女, いざと, いつ異, いは, この人, この家, この時, この歌, これこそ, これで, さうで, さに, しかしあれ, しかしヴイナス, しかし呆然, しかし天, しかもその, そいつは, そこへ, そしてそれ, そのお, そのか, そのこと, そのため, その一つ一つ, その女, その季節, その実, その微笑, その気持, その間に, その頃, それで, それには, それにも, そんなもの, ために, どうかする, どうもその, どちらも, どの家, どれも, ほんとうは, ぼくの, まだその, もとは, もとを, わたくしは, わたしは, 一人として, 一般に, 上の, 主人の, 之を, 事實は, 人に, 人は, 人を, 人間は, 今に, 何の, 何も, 俺は, 健康な, 僕には, 其でも, 其の左手, 其れ, 其を, 内容は, 北の, 口では, 同院が, 向ふ, 君は, 土地の, 大嘘, 大部分, 実はそれ, 客間の, 宿の, 小心な, 彼には, 彼女の, 後には, 心の, 感じが, 態度は, 手前の, 故に, 斯う, 斯ん, 普通の, 本當, 果して, 柱に, 此などは, 此には, 此れ, 此中に, 母は, 生きて, 生徒等は, 私が, 私には, 私も, 腑に, 腹だけは, 自分が, 自分では, 自分の, 芥川は, 茲に, 近頃は, 近頃また, 非常に, 髯一本あるで

1 [1932件 抜粋] あいつらは, あなたは, あの喇叭, あの花, あひにく, ある応報, あれに, あんな惡, いかにし, いくらか甘い, いつもセルギウス, いづれ若, うっかりする, おじいさんはしりとり, おほか, お前さんを, お前も, お組, かういふ定義, かうした場合, かさかさとして, ぐれ違, ここでも, こちと, このお, このやう, この不老, この人道ぶり, この四五年, この大戦中, この度, この木, この歌詞, この節, この素晴, この談話, この際, この飜譯文, これなどは, これまで, こんなところ, こんな不思議, ごと, さすがは, さて世間普通, さて此, さて高, しかしこれら, しかし元, しかし単に, しかし日頃, しかし私自身, しかもなほ, しまひ, すべてさうし, そしていは, そして一応, そして白面, そのうち正, そのひとつ, その一つ, その主, その二十年, その他は, その俳句, その割, その原詩, その多, その実行, その少女, その差, その座敷, その心, その手拭, その本質, その樹, その点燈夫, その理由, その畫, その百ポンド以下, その節, その背景, その臭, その走り去つた, その重なり, その題名, その魂, それから渠, それだけ伸, それでもそこ, それでも君, それでも時代, それでも目, それでも館, それにしてもおさがり, それらの, それ程でない, そんなら, そんな源氏物語, そんな贅沢, ただ彼等, たまにな, だんだん堪へられなくなり, つい出無精, つまり小説, とても訣ら, ともかく祭り, とりわけ戸隠蕎麦, どうしても捉, どうだ, どうも朝顏有感, どうも芝居, どの經典, なかに, なぜ今日, なほ完き, なんでも, のりととは, ひところは, ふと妻, ほかの, まあ一時, まぎれも, またこの, まだどことなく肉, まだよほど實人生, まだ人間, まだ歩調, まだ花, まつたくこの, まるで眠つて, みずみずしい娘, むくれ上つた幅, もう一つ前, もし泥亀, もっと, ものの, やがてこの, やがて割愛, やがて応接間, やがて生き生きと, やはりその, やはり日本伝統的, やはり魂ふり, よくききとれない, ろくに利息, わざ, アイノ人が, エレーヌが, キチンと, クロムランクは, ソメちやんも, ドオデエには, ニツトーレコード以外の, ヘンズレエ嬢は, ラジオといふ, レヴコーが, 一を, 一人は, 一処に, 一年ばかりの, 一方は, 一本気の, 一章を, 一階から, 三つぶん三十銭づゝ九十銭だつた, 三年前江戸へ, 上山の, 下島が, 不幸に, 不氣味, 世の中にも, 中世以降の, 中央の, 主に, 之は, 乾の, 事物と, 二十三貫といふ, 五十間である, 些の, 人通りが, 仇姿ね, 今回小笠原の, 今後の, 今日では, 今聞く, 他人には, 以前この, 伊上凡骨が, 但しこれ, 何, 何でも私, 何となく冷た, 何よりも, 何アに, 何分家の, 何時とは, 何時行つて見, 余りよい, 併し乍ら形容詞, 信子の, 俺には, 個性の, 健康で, 僕が, 儀式に, 元来は, 先島では, 先祖の, 入りは, 全くの, 全体としての, 全詩壇, 兩親が, 六藝全, 其の原因, 其ほど, 其中を, 其処に, 其学風は, 其癖読まず, 其雜誌の, 内実と, 内村氏には, 内面は, 出て, 出渋つて, 分りにくい, 初めは, 初猶, 別に心配, 別刷の, 前は, 前者は, 加太の, 北極星の, 十五万の, 千部の, 半分は, 博士の, 去年二年の, 又圖書寮, 又違, 叙述的な, 古代に, 古歌, 古雅の, 可愛さうに, 各々の, 同君も, 名ばかり立派で, 名門に, 呂昇の, 味覚の, 唯見逃す, 善でも, 喫ひさしの, 嘘を, 固より, 土塀の, 埃及流の, 墓と, 夏と, 外は, 多分さうな, 夜に, 大いに気, 大体は, 大分蒸し暑い, 大抵は, 大概こんな, 大阪の, 天津からの, 夫人は, 奧底の, 女といふ, 女帝の, 好いかと, 好えだ, 好くも, 如き一見実に, 如くなれど, 如何も, 妙に, 婆さんの, 子役の, 孰れ, 安藤の, 宋時代には, 実は, 実はそんな, 実はまだ, 実は一つ事, 実は大切, 実は段々, 実は語原, 実生活の, 客としては, 家に, 富森助, 寺社雑事記時代は, 小さな言葉, 小太郎は, 少し下, 尚生命, 尠く, 岩こそ, 己れみた, 常識は, 平常単調, 幹部には, 広い意味, 序歌と, 庭のは, 弟子職は, 当に, 形式上には, 彼らは, 彼所へ, 彼等の, 後々は, 心が, 必ずや池, 思ひ出したやう, 怪しいもの, 恐らくその, 息を, 情熱が, 愛嬌笑ひ, 憐れんで, 我國の, 戲曲らしい, 手持ちの, 抒情性は, 描く対象, 故にかう, 故にまさしく, 故に人間, 故に基礎經驗, 故に缺陷, 教養は, 數多い, 文學には, 斯の, 新聞社だ, 施療の, 日に, 日暮れから, 日本精神だ, 旦那が, 昌造元服は, 明治四十一年だ, 昭和二年九月號の, 時々は, 時々葉ずれ, 晩に, 暫くする, 書く時間, 最早其頃, 有体は, 未だ十頁, 本名は, 本当は一度言葉, 東京から, 東西古今を, 松賀流は, 根が, 案外内心, 椿も, 樺色で, 正直な, 此から, 此の間市村座に, 此処から, 此客では, 此所の, 此歌には, 此處に, 此間うちは, 歸する, 殆ん, 段々調べ, 毎日瀬戸君を, 気が, 水気を, 決してヤケ, 決して同君, 法華經ばかりには, 洗ひ, 海軍は, 清の, 源平の, 瀑布の, 火野葦平が, 烈しい臭気, 然しこの, 然し出雲國造, 然し私, 熊吉の, 父に, 物資の, 特に珍, 状態は, 玉代や, 現に叔母さん, 現在葛卷が, 生來, 生活は, 用捨の, 男つ, 町の, 當時に, 療法を, 白の, 皮膚自身は, 目下彼, 直接に, 相手の, 真実に, 眠り藥が, 眼鼻だ, 矮狗位な, 硝子が, 祈りを, 神武天皇熊野入りの, 秀吉の, 私どもにはも, 秋津が, 稲穂を, 空や, 窓帷が, 竹丸の, 第四行, 糖尿病に, 素晴らしく大きな, 結局は, 結局長, 絶えず時計, 綴方が, 美しい腕, 翌年, 耳は, 肉の, 肝腎の, 肩から, 胴の, 自分たちお, 興奮し, 色彩が, 芥川に, 花時の, 芸術的には, 若し三千兩, 萬七親分ぢや, 蒟蒻粉を, 蛇が, 表面に, 褒美の, 西洋にも, 要するにその, 見終って, 親孝行で, 言は, 試みに, 誤りかと, 誰か, 誰一人この, 講義の, 貴意如何と, 貸して, 足が, 軽く口腔, 近年其等の, 近頃手許, 途中で, 進んで, 遂に視線, 遊び事の, 道といふ, 違ふ, 還りには, 醫者の, 金銭の, 錢形の, 門の, 降灰の, 隋志にも, 集團は, 電車の, 靖國丸は, 靴で, 頗る見事, 題材から, 飛んだ大伴, 餘つ, 馴れて, 高貴の, 鰹は, 鶴子さんの

▼ ゐるので~ (2516, 3.2%)

579 あつた 138 あらう 66 あらうか 61 せう 54 あつて 29 私は 19 せうか 16 それを 13 あらうと 12 それが 9 あらうが, 彼は 8 私の 7 ちよつと, 僕は 6 あらうかと, 何か 5 あツ, 父の 4 さう, せうから, せうね, それも, 人々は, 今の, 御座います, 気が

3 [17件] これは, これも, それは, なしに, 一つの, 他の, 何の, 何も, 女は, 小さい頃, 彼等は, 眼を, 私も, 私共は, 自分は, 行く, 誰も

2 [67件] あらうけれども, あらう何, あらう編笠, いろ, こ, この上, この溝, こんな岩みたい, さうし, しまひ, せうかね, せうが, せう臆病, その方, それに, それの, どうかする, どうしてもお前, なか, なんだかお, わたしは, 中, 之を, 人に, 何物も, 僕の, 別段に, 午後の, 反感も, 夏は, 妙な, 家は, 家庭用以外の, 小説の, 平次も, 平気で, 店に, 彼女は, 愈, 或晩, 手の, 昔の, 最初から, 此方から, 歴史的に, 母も, 益々臆病, 目が, 直ぐに, 硯好きの, 私が, 私たちは, 私には, 義雄は, 聞き違, 自然に, 記述し, 試みに, 話の, 誰もが, 路地一帯が, 近頃は, 遠慮し, 非常に, 驚いて, 驚き, 鼻には

1 [1250件 抜粋] あきあきした, あつたらう, あのあたり, あらうあなた, あらうといふ, あらう呼吸, あらう彼等, あらう机, あらう浮き浮き, あらう私, あらう頭, ある日, あんな風, いくらか心強, いくらでも補給, いっそ夜討, いつしかに, いつも池, いづれも, いろいろな, おあいにく, おれは, お互に, お客の, お父さま, お説教, お鳥, かなり暖い, ぐつすり寐た, こちらも, ことわること, この女, この家, この時分, この老母, これが, これで, こんなこと, こんな場合, ござります, さすがに, さへ, さらふ, しよう, すぐ分ります, すべての, せうけれども, せうペルシャ猫, せう平山平助, せう行儀, そこが, そこにも, そして彼, そのうち機會, そのとき私, その事, その光景, その反響, その古い, その土地, その天使, その態度, その日, その波, その男, その疑ひ, その縁, その聲, その道には, その長家, その青年期, そばへ, それだけ飲む, それで己, それで父, それを以て, それ迄の, そんな事, そんな態度, たつた一人, たまに三軒茶屋あたり, たれとも, だが一人, だんだん自分, ちやうど, ついでに, つい御, つかむと, つひに, つまり海辺, とうてい自分達, ときどき彼等, ともかくその, どうしたら, どうしてもこれ, どこか, どんなに巧, なかなかこの, なか子が, なほの, のりとごとの, ひとま, びつくりした, ふとなつかしい, ふらふらとして, ほつたらかして, ぼくは, まきには, まだ小さな, まるで紋付羽織, みごもつて, みんな欲し, むさくるしくは, むせか, もう二階, もし犯す, もはや人目, やがて良い, やきもきし, やはり荒雄等, やりよかっ, よくよく凝視, よく見えなかつた, よけい暑い, らくだ, わかりました, わが國, わたしも, イザと, ガクリガクリと, ゲラゲラ笑, タイタイ先生も, テンポも, ドイツ語は, ノンキな, ハーシュは, フェレル記念會を, ミツキイよりも, 一々が, 一つ試み, 一両日の, 一切求めない, 一寸不審, 一寸思ひ出し, 一寸胸, 一層さういふ, 一層三田, 一年前に, 一応は, 一段と人, 一番お, 一目見た, 一筋の, 一週間に, 丁度便所, 三つの, 三田には, 三藏は, 上手に, 不平の, 不快に, 不機嫌な, 世間には, 中止, 主人の, 之だけを, 乗らうと, 二三つ紹介する, 二三度よろめい, 二人は, 二時三時頃まで, 交代で, 亭主や, 人名地名の, 今では, 今も, 今夜の, 今年は, 今日からは, 今更手出し, 今月の, 仕合せといふ, 他から, 仲, 休めない, 何うし, 何が, 何だか案ぜられ, 何だらう, 何を, 何処に, 何木である, 何處か, 作品は, 俥は, 倦んだ自分, 傍に, 僧院から, 元気なし, 先年某, 先生の, 光線の, 兎の, 全然新しく, 六尺で, 其の大分, 其の趣, 其を, 其事実でない, 其奴等が, 其時分は, 内から, 再びお, 冷静とは, 凉しい, 出入には, 分けて, 別にそれほど強く, 別に女中, 別に木製, 別に驚き, 利を, 剃りにくく, 副詞だけ, 励磁機を, 勞は, 勤めといつては, 十分彼の, 半ばまでが, 却つて不安に, 却つて良く, 参った, 反つて, 反つて問題, 反つて氣味, 取りつく島, 口から, 古いこと, 古くから, 合流し, 名を, 吻つ, 周三の, 呪言によ, 味気ない, 呼んだ, 唯一つ, 四日目に, 困るの, 土臺石につき, 地勢は, 垣根の, 執達吏は, 堪忍強い, 場所の, 夏に, 夏分は, 外の, 外部から, 夜でなけれ, 夜分の, 夜寐られなくなる, 夜間熟睡し, 大きい聲, 大ぶ, 大急ぎで, 大抵の, 太陽神と, 夫人を, 女房の, 妖しい思ひ, 妾障子の, 始めて大, 嬉しい, 子供を, 守つてゐる, 宗教の, 家と, 家族の, 富士を, 寧ろそれ, 小作米の, 小幡も, 少く黙, 少しも, 少し穢, 尚更女, 屋根上で, 岡に, 岩波は, 嶋の, 帰るの, 常に沖辺, 平次の, 年より, 年増が, 幸ひ, 幾つかの, 幾分待心, 底の, 庭の, 廣い, 強ひ, 当局者は, 彼にも, 彼らから, 待たされても, 從順に, 御所望, 忙しい院長, 忽ちポツ, 思はずきや, 思ひの, 急に, 恐縮し, 愈々酌婦, 感心を, 應接間の, 成程, 或る, 或處, 所謂天然の, 承諾の, 提灯が, 支那の, 敵の, 文治主義法治主義の, 旅人は, 日本でも, 早くも, 早速讀ん, 明日に, 昨夜の, 時々自信, 時計の, 暗くは, 暫く扉, 暴れるの, 更に古くは, 書き附けて, 最も有望, 最高の, 有らう, 朝酒昼酒そして, 木綿の, 本気でもの, 本行, 来ないの, 東山も, 棹を, 植込みの, 極僅か, 楽に, 歌その, 此処に, 此宿に, 此處では, 殆どこら, 殆ん, 母から, 母は, 母親は, 比丘たる者は, 気に, 気にも, 気味悪く冷, 氣むづかしい男とも, 水夫は, 水野さんは, 決して出, 泊つて行く, 津浪からも, 活動家の, 消防の, 深川オペラ劇場主人は, 渡辺を以て, 滅多にこの, 滞京中に, 濡れた頬, 無言で, 照子は, 父母の, 物の, 狐が, 玄竹は, 理論としての, 甚く, 生理及び, 田毎の, 申し出る余裕, 男に, 町では, 留めも, 異色ある, 病身の, 皆が, 盃を, 目の, 直つた, 相沢知吉といふ, 眼が, 着物の, 矢張り此女で, 石に, 砂利を, 神經の, 私たちも, 私はわ, 秋に, 空と, 窕子には, 立ち留まつて, 競爭意識を, 箱根権現が, 細君は, 終日蒲團の, 絵は, 緊張する, 縁側と, 美奈子の, 聞えた山, 聽いた, 肌が, 脈と, 自ら鵬斎に, 自分で, 自分ばかり, 自己は, 自然と, 舊街道の, 舟の, 船腹に, 花が, 若しある程度以上, 若しやと, 茶屋から, 萩と, 薬物療法を, 藩政の, 蜜蜂飼養家は, 蟹は, 表の, 表装をしか, 要次郎, 見た所, 見に, 見る, 見合せた, 見降ろして, 観衆には, 言葉の, 記, 詞を, 語根の, 説明し, 誰やら, 誰れで, 讀んで, 貯はへも, 起きて, 足袋の, 踊ると, 辞つた, 近所を, 返つて帰り損つて, 迚も, 逃げること, 連れの, 遇ふ, 遍路は, 道子と共に, 遠方から, 部屋に, 酔ふと, 金が, 鉄瓶の, 鉤をは, 鎖国的平和時代が, 長吉の, 閭が, 院長を, 障子の, 隣との, 雨天には, 雪子は, 面白気, 顏が, 顏や, 顔を, 風邪ひきが, 食物は, 首まで, 香代に, 馬車だ, 馴れる迄は, 駆けて, 驚いたが, 體力が, 鶏としては, 黴菌と

▼ ゐるもの~ (1879, 2.4%)

109 である 61 がある 5942 では 35 だと, なの 32 だから, もある 25 です 24 のやう, はない 18 だが, ですから, でも 17 もあつ 15 であるが 13 か, が多い, と言 12 があつ, だつた, であつ 9 があります, であります, と見, は 8 であらう, らしい 7 であること, ならば, を 6 が多く, であるから, でなければ, と思つて, と見られる, は何, もあります 5 であ, であると, と信じ, と思はれる, なん, の中

4 [13件] がない, だよ, ですね, とすれ, と思ふ, と思へる, と見える, にとつて, に相違, はこの, もあれ, も少く, を見

3 [36件] があらう, があり, がかなり, がそれ, がゐる, が多, だね, であるといふ, である事, でさ, でせう, と思ひ, と思ひ込ん, と私, と考へられる, と見る, と認め, なので, なること, にち, に就い, のある, の声, の方, はありません, はそれ, はた, はなかつた, はなく, は他, は稀, もあり, もその, もない, を現, を見る

2 [74件] かも知れない, か否, がた, がたくさん, がなく, がよく, が他, が何, が何故, が数, が来ない, が無い, だらう, で, であるの, でこの, でございますが, ですが, でその, でそれ, でないこと, でも食べる, で今, で決して, とする, とはまるで, と云, と云つて, と思へるだらう, と想像, と考へられ, と考へる, と見え, と見ね, と見るべきであらう, と言う, と謂, に, にし, に氣, のこと, の間, はありませんでした, はあれ, はお, はございません, はそれぞれ, はたしかに, は人, は全く, は唯, は実は, は小説, は必, は手, は知らず, は第, は自分, は誰, は餘, ばかりで, もありました, もあるだらう, もなかつた, もゐた, も多い, も無い, らしいが, らしかつ, らしく僕達, をはつきり, を我々, を皆, を見出した

1 [787件 抜粋] あるひ, かういふ派手, かう見て, かそして, かと, かと呟いた, かと思つて, かもしれない, からし, からでなく, から僕, から屋上, から飛翔, かを語り, か實驗, か橋, か無い, が, があ, がいく, がいくつ, がお, がこんなに, がごく, がそんな, がたまらない, がちやん, がちらほら, がどれ, がなかなか, がなんで, がぶつつ, がまだ, がみな, がわたくし共, がゐた, がキツト幾分, がバクハツ, が一人, が一人東京, が三つ四つ, が主人, が二三, が何物, が個性, が元, が入りこん, が出土品, が勝, が勿論, が即ち, が古く, が呪, が四つ, が始終, が小, が少い, が尠, が往々, が必, が必ずしも, が急, が所謂有対自動詞, が更に, が未来永劫, が来る, が極めて, が極度, が無, が矢, が総べ, が見える, が見たら, が賢い, が質問, が進ん, が静, が非常, こそもつ, こそ宿, この幾つ, ごく少い, すらある, そして曲がりなりにも, たまたまそれ, だからな, だけが田楽, だけでも北海道四, だけにその, だけに彼女, だけはうま, だけを見る, ださうでございます, だそれ, だった, だつて, だといふ, だとさ, だとは, だとも, だのに, だらうとは, であらゆる, でありしかも, でありますが, であり一日ぢ, であり反, であり如何にも, であり而, であるか, であるかも, であるその, であるに, であるわいと, である例へば, でいつの間にか, でございまして, でございますから, ですな, ですねえ, ですよ, でだんだん, でなくては, でも喋れない, でブルジョア社會, で低級, で何, で元, で其, で勢頭神, で同時に, で多く, で平素人形, で御, で悪鬼貝, で戸外, で文学, で此, で此間, で流石, で渠等, で盲目的, で自分, で自己, で道家, で道行ぶり, で鬼, で鶴, といふもの, といへる, とおも, とが長い, とさ, としか見えない, とした, としての健康, としては築地小劇場時代, としても此, として取り, として思惟, として道教信仰, として非常, とじつに, とてもなく, とではそこ, とのみ解する, との間, とは一つ, とは一錢銅貨, とは全く, とは違, とは違つた, とばかり私, とみえる, とも云, とも取れた, とも違, と信ずる, と假定, と分つた, と判断, と変る, と安心, と思, と思はなけれ, と思はれ, と思はれます, と思ツ, と断定, と断言, と武家, と決め, と活動中, と看做され, と知つて, と空想, と考へ, と考へた, と考へられます, と考へ出した, と見えます, と見ない, と見よう, と解すべきであります, と解すべきである, と言つて, と誤解, と関連, と面, などはこの, などはやはり, などもあつ, なども尠, なのに, ならお前, ならたと, ならはつきり言, なら中実, なら人間, なら思ひ合つた二人, なら日本画, なら誰, なら途中, なるを, なんか糞喰, なんぞゐやしない, にくつつき合つて場所, にしか思はれない, について, について見ます, にとりたる, になつて, にはたいてい, にはみんな, にはもう, には二刻三刻, には亭, には時々, には腹, にまとまる, にも宮廷, にも美智子, に一番共通性, に他, に加勢, に取, に取まかれ, に学んだ, に対して, に授け, に會, に殊に, に男, に異様, に社會科學, に私, に美しい, に行つて, に試煉, に過ぎない, に過ぎぬ, のあはれ, のなか, の上, の出す, の善い, の多く, の大半, の姿, の子息, の情感, の気持, の甘い, の由, の白面, の確さ, の範圍, の若干, の薄い, の表情, の顔, の風, はあなた, はあの, はあるまい, はいつも, はいづれ, はおれ一人, はことに, はさかい, はすた, はその, はそんなに, はつねに, はないだらう, はなから, はま, はまだまだうんと, はやはり, はアーシオス, はグレー・ハウンド, はネスト, はルオー的, はロマン, は一たんさ, は一切, は一緒, は一體何, は上野山清貢, は主, は主人, は事情, は人煙, は他門, は伝承, は何と, は何もかも, は何処, は何時も, は信用, は僕, は僞善者, は先づ自由, は其の, は別段, は動く, は南部, は可, は各国, は名高い, は吾, は和気氏所伝, は國内日本, は團扇, は多く, は多分, は大伴家持, は大抵, は失敗, は孟宗, は家族, は小栗風葉, は少い, は少数, は尠い, は当時, は彼女, は必ら, は恐らくは只, は恐ろしい, は或は, は所謂三史, は春, は書籍, は書齋, は札幌, は杉善, は東洋, は森田, は櫟, は此, は此学士, は殆, は殆ど, は残らず, は氏, は決して, は深い, は澤山, は無く, は狂人, は現在われら日本人, は甚だ, は生命, は皆, は皆かく, は皆僕, は皆巫女, は直接, は知つて, は社會, は私, は築地小劇場, は美奈子, は花市君一人, は複状萼, は見る, は親, は谷崎潤一郎氏, は跡, は近代生活, は通計九人, は道具, は間違つて, は降り, は非常, は頁, は願, は飜, は骨, は鬼, ばかりだ, ばかりです, ばかりな, ばつかしだ, への漠然と, まで色々, もこれ, もたま, もなくなる, もふたり, もゐました, も二, も亦, も多, も妙, も少から, も少なから, も木村時子, も目標, も相当, も近畿地方, も道, やらさ, やらまたは, や否, や或は, や服装, や生活, や考え, よりも一層, よりも早く, よわれ, らしいの, らしい猛烈, らしくその, らしく彼, をあの, をいふ, をさぞや, をそこ, をつかまへ, をのみこん, をひつ, をみんな, をみんな鶴さん, をもう少し, ををかしい, をハッキリ, を一, を一度, を予感, を今晩, を他, を先づ, を入れ, を分析, を利用, を却, を取られる, を受け, を喚起, を国民自ら, を外国トーキー, を大, を始末, を完全, を彼等, を悪魔, を意味, を手, を打消す, を改めて, を敏感, を明るみ, を次々, を欲し, を狼狽, を現在獲得, を私, を空白, を表す, を見つめました, を見ます, を角, を訪問, を謂, を踏みつけてる, を除き, を頭, を鼠, 佇んで, 即ちその, 即ち彼自身, 即ち詩, 始めて能, 或は彼, 暗くわびしく見, 柔かい少女, 沢山角笛

▼ ゐる~ (1751, 2.3%)

455147 です 127 だから 122 だよ 65 ですよ 63 だらう 57 だが 44 だね 41 ですか 36 ですもの 33 だと, だもの 29 だぜ 26 だな, ですね 24 だぞ 22 ですが 20 ですから 19 だか, だからね 18 だけど 17 だわ, ですつて 15 だけれど 14 だつて 10 では 9 だがね 8 ですからね 7 だからな, だし 6 か, ですけど 5 だけれども, だらうと, ですがね, ですぜ 4 だといふ, だなあ, ですの 3 だえ, だからなあ, だがな, ださうだ, だぞと, だらうか, でございます, ですねえ, ですわ

2 [23件] だあれ, だお前, ださ, ださうです, だその, だそれ, だなどと, だのに, だらうね, だろ, だろう, だん, だツ, だ俺, だ汚い, だ貴様, であります, でございますが, でございますけれども, ですあなた, ですからねえ, ですけれども, でも

1 [104件] かね, だお, だおい, だお母さん, だからねえ, だからネ, だけどね, だこの, ださうだよ, ださうで, ださうですよ, だしね, だすこし, だそして, だぞう, だぞなど, だた, だった, だったかな, だつた, だつたらわれわれ, だつてさ, だつて事, だとか, だとは, だなん, だねえ, だもう一度, だよと, だらうから, だらうそんな, だらうだけど, だらうといふ, だらうねえ, だらうまさか, だらうよ, だらうハッハッハ, だらう俺, だらう困つたなあ, だらう好き, だらう実家, だらう心, だわねえ, だア, だチヨツ, だボンクラ, だ丁寧, だ三日, だ事, だ二つ, だ俵屋, だ兜町, だ八, だ勝手, だ即ち, だ困つたな, だ変, だ夜, だ天井, だ完成, だ屋守, だ早く, だ無事, だ等, だ粥, だ路地, だ近い, だ阿父さん, だ雲, だ驚異, だ骨, だ鹿, でございますから, でございますね, でございませう, ですかと, ですかねえ, ですからな, ですけども, ですけれど, ですけれどもね, ですこれ, ですしかし, ですって, ですと, ですのね, ですわね, です云, です大層, です賃仕事, でなくちや, でなくて, でねえか, でのオ, と変り, なら, ならよう, なら一般, なら何ん, なら喧嘩, なら有り難い, やおま, やおますまい, やもん

▼ ゐるから~ (1424, 1.8%)

223 である 7028 だと, です 20 であらう 11 であつ 10 であります, では 9 なの 8 私は 6 でも 5 さう, それを, だよ, でせう, 自分の 4 いけないの, して, であると, なんだ

3 [13件] お前は, その點, それぞれの, そんなこと, だつた, だといふ, だの, ぢや, で, 大丈夫だ, 妙だ, 自然に, 見て

2 [40件] あの雪, あれは, い, いいやう, いけない, いけないん, いつまでも, お前も, きつと, この車, これに, た, だらう, だらうと, でございます, でそこ, でその, 人間の, 今では, 今は, 今度は, 仕方が, 何でも, 何にも, 何を, 僕の, 僕も, 少しの, 平気で, 彼の, 彼は, 思想が, 掘るの, 朝の, 目標は, 私の, 行つて見よう, 誰に, 駄目だ, 驚いて

1 [841件 抜粋] あそこへ, あつしの, あつしは, あの中, あの部屋, あまいもの, あるひ, あんな馬鹿げた, あツ, いいの, いかに後世われわれ凡俗, いくらあいつ, いけない叔母さん, いざ嫁入り, いつもより, いづれ近い, うごいて, うつかり騙された, うなされること, おたすけだ, お前が, お前俺に, お小遣, お秀, かういふ宿, かう言, かして, かような, が尋常, きつねの, きのふ文子が, こ, ここでは, こちらは, こつちの浜辺, このまま, この上, この年, この部屋, これは, これまた, これを, さうし, さうなつたら, さからは, さぞよう燃え, ざつとわかるけれども側面に, しなかつた, すぐ来い, すぐ遁げ, すまないが, そこから, そこが, そこにも, そして運動不足, そつと, そねむ心, その上, その作品, その先, その力量一つ, その完全, その性情, その批判, その日, その日本, その歌, その結果, その花叢, その頃, それが, それぞれ実際, それでま, それで差支, それで浄瑠璃, それに向, そんなところ, そんな事, そんな卑屈, そんな無理, だう, ださうだ, だだから, だとも, だめだ, だらうが, だわ, だを, だ人間, だ平, ちつとも, つて世の中が, つて断られた, つまらないの, つまり一名同, であった, であらうぐらゐな察し, であらうとにかく, であり, でありまた, でありもし, であり魔物, であるといふ, である不幸, でかういふ最悪, でこれ, でこれから, ですよ, でせうな, でただ, でなければ, で一応, で今, で凡そ, で新, で日本文学, で東京, で私, で農村, とにかくこの, どうか会つて, どうしても精神的, どうしても駄目, どうせ誰, どう間違つて, どつ, どんなにあわて, なかなか覚え, なかなか重たく, なほ相手の, ねえ, はたから, ひと目で, ひまが, ふとどうしてこの, ほんの少し, まだ, まづ提燈, まるでそれ, まるで壁, むづかしいことも亦, もう半ば空, もう駄目, もはや諷刺, やつぱり駄目だ, やはり軍, やれるの, よく消化, よく解る, よろしく稼い, ろくなもの, わしが, わるいとも, ゑぼしちりめんなのださうです, アルコールが, エスペラントは, エラい声, カナシと, スラ, タヌキ屋の, パパは, ラ行の, 一々に, 一そう見たい, 一刻も, 一噸十八圓で, 一回だけは, 一層金, 一度戸塚, 一度訪ね, 一緒に, 一見新し, 万一今度, 三人の, 三千圓を, 三食の, 上品な, 不思議です, 不満に, 世話アない, 両親の, 並べて, 丹毒などは, 乙麻呂と, 争へ, 二三間空中に, 二人相談し, 人工呼吸を, 今さらこの, 今その, 今まで, 今中止され, 今貴下方が, 他様は, 会つて呉れない, 何うかし, 何か, 何だつて彼, 何にか, 何れも, 何んにも, 何処へ, 何處に, 何處にも, 余計そんな, 來た, 來て, 保たれて, 俺は, 値打が, 側へよ, 催促された, 僕等の, 儂ら土百姓と, 先づ採らぬ, 先刻の, 全く怪しから, 全周圍, 八五郎が, 六月一日からの, 其が, 其時まで, 其正一派の, 其處まで, 具体的な, 内へ, 再来年の, 凄まじいぢ, 出かける脱肛, 出世も, 分らないやう, 到る処, 到底結婚, 劇場の, 助けを, 努めて, 勢ひ, 十銭の, 単純に, 却つてこわい, 却て, 厄介だ, 又昔, 口外しない, 古い短冊, 可笑しい, 吃るん, 合理的な, 同村の, 向柳原, 君が, 君その, 吾家に, 呼び出して, 命けられた, 和談で, 善くない, 喫茶店に, 嘘や, 国民は, 国民学校の, 場所が, 夙く演芸化した, 多分その, 夜が, 大きにお世話, 大したこと, 大したもん, 大丈夫, 大人の, 大分にぎやかである, 天下御免の, 天津教傳來の, 太刀と, 奈良朝に, 女房のみ, 女持の, 好いん, 好機嫌, 好都合です, 妙に, 姉妹仲が, 娘の, 子, 存在の, 宇佐美の, 宜い, 宣命の, 家の, 家庭では, 容易に, 宿だ, 寄らないか, 尊いので, 少しく下, 少し凉, 屋台である, 屹度お前は, 岩野氏なら, 左に, 差支へ, 己の, 帰して, 帰りの, 帳面を, 平生は, 引いて, 引越しを, 彼女たちが, 彼女は, 彼奴を, 後でそいつ, 後に, 御用心, 御覧なさい, 心配する, 必ずや詩, 必死です, 忽ち忘れる, 怖くも, 思はず聲, 怠ける, 恐らく命とり, 恐る, 恵ちやんに, 惜別の, 愉快である, 成るべくそツ, 我ま, 我慢し, 或は出来ない, 戦はずして, 戦後の, 手すりから, 手ひどくはねつけました, 手を, 手紙を, 持つて, 探すの, 支度を, 故郷の, 散歩に, 文壇随一の, 斯うなれ, 新カナヅカイ, 旁, 日曜日だけしか, 日本みたいに, 日本側の, 早くくぐっ, 早く探し, 早く首縊つて牛肉屋, 是が, 是非ひと晩つき合つ, 是非物蔭から, 暗示は, 最小限度の, 會へと, 未だ君, 本人も, 村の, 来ないか, 東京の, 東西北の, 桂女と, 案外をとな, 棒を, 植物学的の, 此に, 此事も, 此伝説の, 殊に其様, 母は, 毒竜も, 気が, 気を, 氣が, 池へ, 泊れと, 波に, 注意を, 浮気な, 清人は, 渠も, 湯へでも, 溺れて, 溺れないだらう, 滅多に下らない, 漫然した, 瀕死の, 無暗に, 煮たもの, 爰には, 特別に, 猶更, 玄龍先生と, 現世の, 理の, 瑠璃子さんは, 生きること, 田原栗の, 田樂刺に, 申松爺さん精一杯の, 男女に, 画家の, 畳の, 當然油臭い, 病氣に, 痕形も, 皆なで, 直ぐ分る, 直ちに其の, 省く, 眠い, 着換へて, 神さまが, 神託を, 私かうし, 私など, 私自身が, 移り気が, 移住後萬治二年から, 種々の, 空だ, 立板に, 競馬場の, 約四年, 紹介し, 縁側から, 署名が, 羊羮の, 義雄も, 肉体の, 肝心の, 脚が, 自害を, 舊藩の, 色が, 若い讀者, 若しかしたら, 若し再, 英語の, 茲では, 莫迦, 落第なんて, 落飾の, 蛇いちごも, 行きにくい, 見えないかも, 見たい者, 見のがす筈, 見物人も, 見給, 親分の, 観に, 解りやしないよ, 訣つてゐる, 語學や, 語彙が, 読書には, 調べも, 調理食に, 證據と, 議論は, 讀者も, 貴方の, 赦して, 起きるが, 転載させ, 輻射量子を, 近いうち, 追従負などは, 逆に, 遊びに, 遊ぶこと, 遠い回顧, 部屋の, 郵劵を, 酒でも, 酒も, 醫師にも, 金の, 長生し, 間違ひ, 陽気で, 障子を, 隣り村, 雪影が, 青根温泉湯治中に, 面子連れ, 面白いぢ, 面白いの, 頼家に, 顏も, 餘程氣を, 馬鹿に, 馬鹿を, 駄目な, 驚くぢ, 鮎の

▼ ゐるうち~ (1234, 1.6%)

38 に私 2523 にその, にふと 20 に自分 16 に彼 11 にもう, に僕, に夜, に次第に 10 にいつ 9 にこの 8 にお, にだんだん, にとうとう, に二人 7 にそれ, につい, にまた 6 にた, にだ, にやがて, に急, に汽車, に突然 5 にいつの間にか, にやつ, に不, に何, に彼女, に段々, に眼, に間もなく 4 にいつのまにか, にどうやら, にやう, に何となく, に何時, に女, に漸く, に花, に遂

3 [28件] にあの, にいつしか, にきつ, にさ, にす, にすつかり, にそこ, にそつ, にそんな, につひ, にみんな, にゆき子, に他, に何とも, に何時しか, に出, に古い, に向う, に日, に昔, に時間, に東, に涙, に涙ぐましく, に自然, に誰, に足, に酒

2 [67件] である, にあなた, にある, にいかにも, にうつ, にうと, にこれ, にすこし, にだいぶ, にとう, にどうか, にどこ, にはやがて, にほろり, にぽつり, にセルギウス, に一度, に上, に京都, に今, に今度, に何と, に偶然, に先, に先生, に六時, に到頭, に十日, に千恵, に又, に向, に唇, に奥さん, に富岡, に少し, に左, に彼等, に後, に思ひ, に文吾, に明け, に晴れ, に次, に氣, に水, に氷峰, に涙ぐましくなつた, に病気, に相手, に私自身, に空, に窓, に第, に老, に考, に色々, に追, に遂に, に道造君, に雲, に電車, に頭, の一つ, は, はとにかく, はまだ, は安心

1 [643件 抜粋] あつしは, ある日今太郎君, いい事, いつの間にか彼, お互, お鈴, からの知己, から日本語, から果敢な, から皆んな知つて, があつ, がこの世, が僕等, このお, この娘, この小さい, その凡骨, その夏, その寺, その機會, たしか終戦時, だけはね, だけは真, だと, つい沙汰止み, で彼, とある, にあたりはだ, にあちら, にあんな, にいい, にいきなり, にいくら, にいちど, にいつかあら, にいつかコツク部屋, にいつかピカソ, にいつか僕, にいつか十字架, にいつか向方, にいつか夜, にいつか水道橋, にいつか涙, にいつか自分, にいつぞや, にいつの間にかひとりでに, にいつ知らず痩せ, にいづれ, にいや, にいろんな, にうしろ, におそろしい, におのづと瞼, におれ, にお勝手, にかう, にかく, にかへつて, にかれこれ, にか或は, にきざ, にきふ, にくろんぼ, にぐつすりとねむつた, にこんど, にこんなに, にごく, にさあ, にさく子, にさつき, にさつき診察室, にさつと, にしみ, にすぐ, にすぐまた, にそち, にぞろぞろ, にたいがい座禅, にたまらなく腥い, にてつ, にとつぜん, にとろ, にどうして, にどちら, になにか, になみ, になんだかとても, になんとも, ににわかに, にはい, にはその, にはそのうち, にはたして, にはとても, にはどうやらほのぼの, にはどれ, にはや, には何ん, には何時しか, には又, には思はぬ, には時, には深い, には着くだらう, には自然, には語りたくなかつた, には近所, にひ, にひとりでに, にひよつ, にひよつくり, にふつ, にふとう, にほのか, にぽたり, にまざ, にまじめ, にまだ, にむかし風, にむしろ, にむろん, にもうすつかり, にもの, にもまた, にも三十郎, にも山, にも平馬, にも町子, にも處刑, にも追手, にや, にやや, にやりきれなく, にゆき, によく, にりよ, にわいた, にわけ, にわたし, にわづか, にをぢ, にガソリンカー, にガマ口, にクリスマス, にツイ深間, にテルヨ, にドカン, にドシヤ降り, にバス, にフツ, にフトコロ, にブラウン夫婦, にプール, にポルト・リシュ, にメリンス屋, に一くせ, に一人, に一方, に一時, に一時止絶, に一種, に一緒, に一里, に万葉, に三人, に三千圓, に三吉, に三月, に下島, に不意, に中途, に久しい, に久米氏, に九州, に二, に二号, に五来氏, に人生, に人間, に今更, に仕度, に伊庭, に何かしら氣味惡, に何だか, に何時の間にか, に何遍白状, に來, に例, に信夫逝去, に俳句, に俺, に倉皇, に倩, に元来, に兄, に全く, に其処, に其顔, に再び, に冬村君, に凡太, に分つた, に前, に前後不覚, に前方, に勘, に勝手, に十分ぐらゐの時間, に午前, に午食, に厭世的, に厭世者, に友人, に叔母, に古代, に古賀, に可哀想, に同化, に吹き降り, に呼吸, に咲子, に問, に土地, に売り, に夕立, に夕風, に外科室, に外面, に多, に大, に大根河岸, に大概, に大理石, に大阪屋, に天才, に太田, に夫人, に奴隷解放問題, に好い, に妙, に姫, に婆さん, に嫂, に子供, に孤踏夫人, に安之助, に安知, に家出, に寂し, に寛永八年八月十四日, に少く, に少しく, に少女, に少年, に山, に山名, に山野, に己, に巳, に師走, に帰りそびれ, に年寄, に幾, に幾分, に庵平太郎, に廣い江戸中, に形勢, に彫, に彼是十分, に従来, に心, に心靈, に志賀内匠, に忠成, に忽ち, に恰度私, に患者, に悲しく, に意外, に感傷家, に感傷的, に憎しみ, に或, に或は, に房一, に手前懷, に手足腹胸首背中, に擬悪的, に放散, に文明, に新, に新橋駅, に旧い, に早, に春, に春琴, に時, に時刻, に晩, に暗く, に曙井戸, に曲者, に更に, に月日, に望遠鏡, に本, に来, に枕元, に果して, に柄, に梅子, に梨枝子, に様々, に横, に横山, に橄欖院呑草居士, に橋, に歯医者, に死ん, に死生, に気づい, に気嚢, に気持, に氣分, に水夫, に汚い, に江東橋, に沼津町, に泣きたくなる, に洋画, に海彼岸, に滑稽, に澤山, に激, に熊本, に熱, に爺さん, に片方, に狐, に猥談, に猫, に球江, に産んだ, に田中氏, に田口君急逝, に甲虫, に男爵, に町中, に病氣, に痔, に発病, に白い, に皆, に皆目, に益々, に直吉, に相州さま, に相棒, に真, に真面目, に眠つて, に着いた, に知人, に石, に禁足, に私達, に穏やか, に空想, に突き殺された, に立派, に竜頭蛇尾, に筒鳥, に約, に終, に終に, に結構, に練吉, に縦横, に纏つて行, に美しい, に義雄, に義雄自身, に羽根, に肺炎, に胃, に腹立たしく, に自, に舞台, に舟, に艸木, に若し, に若者, に苦味生さん帰宅, に英語, に蒔清, に蘇満国境戦, に行く, に西洋人, に見, に見つけた, に話, に読者, に調子づい, に請合晝頃, に貧民窟, に跡部, に路用, に身内, に近づい, に逃がし, に逃げ足, に遅く, に遇, に達二, に遠, に酒屋, に野末, に野火, に銀鼠色, に長年, に長門峡駅, に閉ざされ, に間もなく心から, に関が原, に閭, に階下, に階段, に隨所, に雄, に雨足, に電氣, に電燈, に頑固, に顔色, に風, に風向き, に飯, に馬場, に馬鹿らしく, に騒がしい, に髪, に鯛, に鳥, に鶏, に麻雀, に鼠達, のあの, の一巻, の事, の娘, の騒ぎ, はいつも, はとても, はどんな, ははなはだ, はふだん, はまだしも, はよい, はわからない, はわれら御家人, は一語, は不安, は不成績, は主人市十郎, は何だか, は何処, は何時, は出入, は命, は嚴重, は大丈夫, は差支, は庄吉, は忘れ, は新聞, は昔, は此, は此村, は深川一圓, は物静か, は生命, は睨み, は耳, は芝居, は部屋, は隨分美, は静か, ふいと, ふと手, ふと膳部, もう葬儀, も千代子, 嬉しさ, 彌八, 思ひがけ, 死んだ島村抱月氏, 段々と, 程もなく, 突然云, 遠い国

▼ ゐるところ~ (1012, 1.3%)

30 である 26 を見る 25 だつた, であつ 24 がある 1813 もある 1211 だから, へ樹明君 9 でした, へ八五郎 8 なん 7 だと, です, のもの 6 から来る, をみる 5 があつ, にある, を見た 4 があります, だが, だつたので, で, へお, を, を見

3 [18件] からさ, で彼岸, なの, なので, に, に來, の, のその, の諸, へこの, へひよつこり, へもつ, へやつ, へ樹明君来庵, へ私, もあつ, もあります, を私

2 [41件] からし, から見る, がなかなか, が多い, だつたの, だよ, であるが, でございます, でもある, にあります, にこの, による, にわが国現代文化, に原因, のあの, のある, の人々, の完全性, の彼, の或, の神, はこの, はどう, はない, はなかつた, へいきなり, へお客, へひよこ, へまた, へ來, へ出た, へ案内, へ玄関, へ表, へ隣室, またデハル, も無い, をやられた, を後ろ, を見れ, を覗き見した

1 [579件 抜粋] いかにも自信, お兄さま, か, から, からかくべつ, からこの, からそれ, からは十歩, からよく, から一様, から來, から先づ之, から全然, から出, から十吉, から大衆文學, から是非心配, から混合, から猫, から生れた, から生殖器, から私, から考へます, から覗い, から起る, から足, があり, があるでせう, がお, がない, がなかつた, がまだ, がみえ, がみえた, がみえる, がよく, がわからない, がわりに, が不意, が五ヶ所, が値打, が却つて可哀, が大, が大切, が妙, が少く, が廣太郎, が強味, が撮られ, が有る, が比較的, が物, が痛ん, が臆病馬吉ぢ, が自殺, が藥, が表, が見え, が見えました, が見られます, が露骨, その變形, だけは折々, だつて, だの, だ左様, だ腕, でありますから, でいきなり, でこれから, でこんな, でしたから, でしたが, ですといふ, ですよ, でその, ではうかと, ではその, ではない, では一度, では寢, では彼等, では新入會員等, では片手, でぷり, でもあつ, でもを闇打ち, で云つて, で互, で人間一人隱, で今日, で僕, で全く, で喋る, で女, で微か, で昔藤村, で特に, で現在, で義雄, で考へ, で與田先生, で藝文志, で謂, で遊ぶ, で駄夫, とかその, とかなど, とか銀河, と小さい, と底抜け, どう見, なぞは絵, なぞまるでもう, なぞもありました, などある, などいかにも, などは或は, などは決して, などやつぱり西洋, などを見る, など何處, など印象的, など畫, など非常, なり, なんか面白い, なんぢ, にいつも, において最もよく, にこまつ, にその, について曲つて行, にでも何時, になつて, にはきつ, には初夏, にぶらりと, にも私, にやア, によれ, にわれわれ自身, にエッダ, に一, に主, に今度, に仙境, に休み場, に何とも, に俥屋, に僕, に其壁, に出る, に勝れた, に却つて興趣, に友達, に基因, に塚越, に大, に大きな, に天上, に天狗, に存する, に實世界, に山村, に彼, に彼等, に後, に微妙, に成功調査, に戯曲的生命, に据りこ, に新, に暫く, に来, に来ました, に染吉, に武一, に氣, に水げむりがたちました, に水門, に滝本達, に照, に照子, に父, に発行所宛, に社会劇的, に私達, に空隙, に突然, に立留つた, に細雨, に老巧, に耳, に花売娘, に行つて, に觀察, に転げ込んだ, に近づい, に鬼歯朶, のいや, のこれ, のせゐか, のどんな, のどんなに, のまた, のも一人, のやう, のラアネフスカヤ, の一, の一行, の上層全部, の不思議, の人間, の先驗的記憶, の力, の原, の原因, の又, の多く, の存在, の宿命的, の少女, の彼等, の我が, の所謂武士道, の政治家, の教育, の日本人, の日本画, の根據, の梢, の田畑修一郎氏, の目, の眞, の石版画, の社會, の神的, の聯隊内, の背後的, の脚韻, の自然, の衝動, の言, の身體, の集團, の顔, の馬車, の體系, の高, はある, はある程度, はおの, はさながら, はその, はそれ, はそれら, はなん, はほんとう, はまるで, はもう, はやつぱりおばあさんだなと思, はゆき子, はよろしい, はカシモード, はニイチェ, は一向, は今, は何処, は別, は北側, は十何日, は却つて, は反, は同じ, は大した, は大概高地, は天上, は實, は平家長屋, は早稲田, は是, は此, は殆ど, は水晶盤上, は眞白, は知られず, は美しく, は解る, は近代, は高, は鴨, へかはり番こ, へぐしよ, へこれ, へど, へどう, へどうして, へどかどか, へなつかしい, へはその, へも行く, へやう, へやはり, へガラツ八, へヂヤアナリズム, へ一洵君来訪, へ一洵老来庵, へ上, へ下り, へ不意, へ今, へ伊東さん, へ來客, へ入, へ入らつし, へ入り込み, へ六時, へ六本木, へ出つく, へ勝手口, へ十七八, へ只今, へ同じ, へ名刺, へ向う, へ呉郎さん十郎さん, へ呼鈴, へ噂, へ土地, へ大きい, へ大塔宮行, へ天城更子, へ女中さん, へ妹, へ娘, へ嫁, へ学校, へ定吉, へ宿, へ小川さん, へ屋根, へ帰つて, へ役人, へ彼, へ徳山, へ戻つ, へ指月堂君来訪, へ敬君, へ敬坊来庵, へ昇汞水, へ春三郎, へ暮羊君来庵, へ最近, へ朝日, へ来ます, へ来る, へ樹明兄, へ樹明君来訪, へ此, へ気, へ油, へ源右衞門, へ溪, へ父, へ牛飼, へ特攻隊, へ甥, へ田原, へ番頭, へ當, へ碁, へ立花伯爵, へ組長, へ給仕さん, へ繼母, へ肺炎, へ若い, へ薄暗い, へ行き, へ行長, へ裏口, へ見, へ迎, へ通り掛か, へ遠い, へ酒屋さん, へ鈴江, へ長兄, へ隆法, へ雨宮紅庵, へ雪, へ電報来, へ電車, へ青木さん, へ顔なじみ, へ馬車, へ鬼カゲ, へ黎, へ黒田, までくる, までのぞきこみました, まで來, まで円天井, まで小川, まで引つ返す, まで掘, まで来た, まで来る, まで行, まで視線, まで観, まで走つ, もあらう, もあれ, もなく, も同じ, も大体僕, も少く, も私達, も背面, やら玉乗り, やサイダー, や往来, や藻, わが一族, をあの, をいきなり, をこの, をすまない, をそつ, をぢ, をひ, をまた, をもつ, をやつ, をやられたらしく, をチラ, を一寸, を丁子屋, を丹念, を主人彦四郎目, を以つて, を以て見れ, を写し, を凉, を刺された, を垣間見, を多勢, を大目付, を太一郎, を少し, を後, を思ふ, を想像, を押, を捕, を掘, を揺り起された, を撮らせた, を撮影, を書い, を最初, を検索, を椽側, を此方, を渠, を父, を狙, を現し, を當, を看過, を眼, を示し, を突き飛ばす, を突然, を繪, を背後, を見せ, を見せまい, を見つ, を見つけられ, を見られた, を見出し, を見掛けた, を親方, を觀, を触り, を警官, を讀み, を起し, を運, を運惡, を部屋ぐるみレンズ, を醫者, を門衛, を開い, 故君, 決して單, 見な

▼ ゐる~ (712, 0.9%)

34 もある 30 がある 22 である 14 のやう 129 だつた 8 があつ 7 の姿, もあつ 6 がゐる, の中 5 があります, が多い, だと, であつ, なの 4 が今, だが

3 [15件] が多く, が少く, であるが, でなければ, のこと, の上, はない, は誰, もあらう, もなく, も一人, も少く, も沢山, を見る, 多し

2 [48件] かも知れない, がたくさん, がない, がなかつた, だから, だちも, であります, です, ではなく, とど, と井戸端, と言, ならば, にち, にとつて, には, によく, に出, に向, のなか, の名, の名前, の心, の所, の気配, の生き, の群, の耳, の足音, の間, の顏, は, はその, はただ, はどう, はゐません, は一人, は少い, は少なから, は考へる, もあるだらう, もない, もなかなか, も有らう, を仙人, を救, を泊る, を見た

1 [383件] あり, あり筆, か, かう二つ, かはつきり, から時子, から聴いた, があらう, があり, がありまし, がありました, がありませう, があるだらう, があるなら, があるらしい, があれ, がかうした, がけふも, がこれ, がごたごた, がすくなく, がその, がたまたま, がとても, がどれ丈, がなぜ, がやう, がよく, がゐ, がゐます, がノールウェー, が一人, が一杯, が三人, が不思議, が串, が之, が五六人, が今日, が仰向け, が何處, が四五人, が墨絵, が外, が多, が多から, が大勢, が実に, が少い, が少から, が少し, が少な, が少なく, が幾人, が庭, が日本, が未だに, が案外, が比較的, が水沫, が甚だ, が由子自身, が男, が相, が真, が立ち止つ, が結局これ, が自分, が蕪村, が西洋, が適任, が随分, が非常, が頼もしい, さう, すらあつ, だけに, だけは神輿, ださうだ, ださうだから, ださうだが, だちだつた, だちだの, だちなどが, だちの中, だちの間, だちは, だつたさうだが, だつたの, だ相, つまり, つまり権力者, で, であ, であった, でありその, でありながら, であるから, であること, であるそして, であると, であるに, である此點, でさう, でした, でしたが, ですから, でないと, でなくては, ではなかつた, では無く, でも, でもごく, でもその, でもそれ, でもない, でもま, でも大概年譜位, でも懷, でも概して, でも無い, で何ん, で前, で無い, で現代, とか学問, とか展覧会, として君, とは何, とは可, とは思はれなかつた, とは殆ど, とを描い, と一緒, と何, と其, と同じ, と結婚, と見えた, と養育院, などが互に, などは自ら別, など家, なので, ならか, ならそんな, なんかなら, なんぞのやう, にいふ, にその, にでもきかなけれ, にとがめられず, にとつ, にはおしおき, にはか, にはとても, には何, には何かしら, には地面, には塔, には帆柱, には思はれない, には枯草, には火山現象, には疑ひ, には迷惑, にふい, にもえらい, にも恩惠, にも私, にエチ・ヂー・ウエルズ, に五十嵐力氏, に今日役所, に会つたの, に名前, に対しては罪, に対して謙遜, に對, に思はれ, に憚, に早苗, に最初, に横光利一, に片付いた, に物, に男, に短歌, に神近市子さん, に興味, に言う, に話し込み, に誰一人敢, に逢, に違, に頼ん, のあつ, のあり, のある, のうち, のところ, の一人一人, の一文, の不実, の云, の体, の作品, の健康, の働き, の動いた, の句, の声, の多い, の娘, の安らかさ, の寝言, の寝顔, の常, の店, の影, の思ひやり, の思想, の意, の意志, の愚かし, の感情, の持もの, の教, の数, の敷居, の方, の時には, の書いた, の枕もと, の様, の樣, の注意, の浴衣, の爲め, の皮, の盛名, の眼, の細君, の繪, の蔭, の許, の誰, の足, の都會思慕, の音声, の顔, はあの, はお, はざら, はずいぶん, はたまらない, はたんと, はつら, はどれ, はどんな, はどんなに, はは, はふたたび, はぼく, はみな欲望, はよく, はゐない, はボロ, は一体, は一樣, は主人, は事實, は今, は他, は何, は何時も, は先づ, は兎, は勿論, は却, は可, は存外, は寒, は尠, は幾ら, は幾人, は恐らく, は我々, は手許, は断えず, は新劇協会, は暑, は有りまし, は梅廼屋ほか, は極めて, は此方, は珍し, は甥, は申し, は異例, は皆, は目下, は私, は自分, は言, は言ふか, は賢, は道, は違, は随分, は餘, は高空, ばかりだ, ばかりである, ばかりで無い, またはそれら, までゐる, もあった, もありとい, もありました, もあります, もありません, もあるでせう, もあるまい, もあるらしい, もきれ, もなかつた, もまた, もまだ, もゐ, もゐます, もゐる, も僅か, も又, も多い, も多く, も多少, も天分優秀, も少い, も尠, も彼, も快, も意志, も手紙, も記憶, も詞, も識ら, も貧乏, も道行く, も鮮, や其, や蹴球, や電柱, よ, よりはるか, よりも芝居, らしく静か, を, をいつ, をぢ, をつかま, をわたし軽蔑, を一人, を出す, を呼込む, を唯, を怖, を感じ, を慰め, を押し別け, を死なせ, を発見, を相手, を知りません, を脅かす, を見, を見受ける, を訊ね, を起す, を追, 即ち執筆臨絹, 困らせの, 歩いて, 程落ちつきはらつ

▼ ゐる~ (703, 0.9%)

24 である 14 がある 119 もある 8 があつ, であらう, は事実, もあつ 7 が多い, であつ 6 が出, は明らか, を感じた 5 が多, でせう, になる, に氣 4 が分る, が訣, だが, だらう, に気, は出来ない, を感じ, を知つて 3 などを, にし, にした, にしよう, の外, は出, を思ふ, を知, を知る

2 [57件] か, が, があり, がその, が一つ, が二つ, が出来なく, が分つた, が分ります, が多く, が知れる, が私, が考へられる, が苦痛, だから, だけだ, だらうと, でございませう, などがあつ, などを話した, になつ, になつて, に嘴, に気がつい, に注意, の不安, の出, はあまりよく, はそれ, は云, は何, は僕, は勿論, は大抵, は彼, は暮色, は確か, も此圖, も知らない, や子供, をご存じ, を友, を思ひ, を思ひ出し, を思ひ出した, を思へ, を悟つた, を発見, を發見, を示し, を絶えず, を考へなけれ, を考へる, を聞い, を自覚, を見, を言

1 [388件] いつもさ, かと思ひやる, かと母様, かなど思ひつ, かも知れぬ, から千葉, があります, がこんなに楽々, がございます, がすぐ, がそれ, がそんなに, がたまらなかつた, がてんで, がどれ, がなかつた, がわかつ, がわかり出した, がアルフア, がチヨイ, がワザ, が一切, が不安, が不意, が何, が何で, が信じられない, が僕, が出来, が出来た, が出来ない, が出来る, が分り, が分るだらう, が判, が可能, が喜劇的, が嘘, が多かっ, が察しられる, が少し, が屡, が常住, が度々, が役所, が想, が意味, が感じられた, が教養, が既に, が明かだ, が果して, が次第に, が毎日, が気がかり, が沢山, が涙, が済まない, が激しく, が珍し, が理想, が發覺, が真実, が知れ, が知れます, が考へられた, が自分, が興味, が苦しく, が見られる, が訣つたの, が誰, が貴, が逸子, しかもお, しかも其歌, すら忘れた, それからそれ, だけで, だけは同じ, だけは明らか, だけは真実, だけは確, だけは私, だし, だつた, だといふ, だな, だろう, であるから, であるが, でく, でございますし, です, では, でほ無い, でも, でも知れる, で人, で以, で大公家, で宇宙, で有る, で未亡人, で自分, で蓋し, とする, とて不機嫌, とのみ思つて, とのみ思ひゐたる, とは何, とは全く, とを思ひ合せた, と同時に, と思ひます, と昨夜, と知つて, と背, などから考, などがよく, などであらう, などもあつ, なの, ならん, なり遺書, なん, なんか出来ない, にいまいましい, にこりかたまつ, にしたら, にしました, にしませう, になつたの, になり, にはお, にはしました, にはならぬ, には何一つ間違つた事, には大いに, には気, にひそか, にも不足, にやぶれ, によつて, にゐた, に不快, に今, に依つたら, に同意, に四年, に対していひ知らぬ, に対して淡い, に對, に就, に心付く, に或, に於, に於い, に朋輩甲斐, に此人, に気がついた, に気がつきませう, に気が付いた, に爲やう, に理由, に自分, に覺悟, に謎, に起因, のやう, の出来ない, の危険, の恐ろしい, の方, の為め, の眞, の訣, は, はあ, はあまり, はある, はいかにも, はいくらでも, はいつぞや, はさすが, はそり, はできない, はとても, はない, はなかつた, はなさけ, はまだ, はよく, はゐる, は一つ, は世の中, は主義, は之, は争, は互に, は今, は今更, は以前言, は何と, は余り, は俺達, は働く, は其服装以上, は出来ません, は分らない, は前, は占領政策, は即ち, は取り返し, は司馬遷, は唯, は喜劇, は固, は外, は子供, は容易, は少い, は己, は役者, は恐らくは, は慰め, は我我門外者, は既に, は日本, は早, は明かである, は明白, は明瞭, は期せなけれ, は朧げ, は本気, は殆ど, は殆壮年, は殆誰, は気, は氣, は無く, は猶, は現在, は真, は知るまい, は私, は考へる, は自分, は見逃がせないだらう, は誰, は豫感, は遊びぢ, まで知らない, もあまり, もあり, もあるであらう, もあるべき, もきん, もすつかり善く, もほんとう, もゆき子, も事実, も何, も何ん, も出来ません, も十分腑, も又, も国頭地方, も地名, も忘れ, も思ひ出した, も感歎, も本当に, も本気, も此図, も気紛れ, も珍しく, も瞬く, も知, も知つて, も知らぬらしく, も知れる, も考へず, やこの, やナニガシ君, や其他, や太刀作り, や對話, よりも家, を, をあかす気づかひ, をうちあける, をおも, をすぐ, をつく, をとんちんかん, をなに, をもう, をよく, を一層, を上役, を世間, を云, を云云, を今, を今度, を信じる, を分け, を判, を半分頂戴, を卑しめられた, を口, を告げ, を唱, を嗅ぎつけや, を多少, を大事, を女の子, を己, を彼女, を得, を心強く, を忘れ, を思はせた, を思はなけれ, を悟る, を想, を想像, を感じる, を感じ得る, を拒め無い, を指摘, を推断, を文字通り確信, を斷言, を明, を暗示, を望まれた, を欲, を歌うた, を正直, を氣, を無頼漢, を熱心, を理由, を痛感, を發, を知らす, を知らず, を知らない, を知り, を短く, を示した, を示す, を神, を私, を秘密, を笑, を箱根ノミウミ, を考へます, を考へれ, を聞かせたら, を自, を自分, を見た, を見て取, を見出す, を言つて, を許した, を話し, を詳しく, を説明, を誰, を近所, を述べた, を述べつ, を遲, を避けたい, を面白く, を頗る, を龍吉, 即ち僕, 少きは, 或はさ, 或る, 有り, 遣つて

▼ ゐる~ (636, 0.8%)

141 違ひない 58 相違ない 55 ちが 41 しても 34 過ぎない 16 すぎないの 12 すぎない, 過ぎなかつた 11 過ぎないの 10 違ひありません 6 すぎなかつた, 違ひなかつた 5 きまつて, 違ない 4 たへ, 反して 3 すぎないといふ, せよその, 相違なかつた, 過ぎないから, 過ぎないこと, 限る

2 [22件] しては, すぎないから, すぎないやう, すぎません, せよ不思議, 堪へない氣持, 堪へなくな, 定つて, 就いては, 忍びない, 忍びなかつた, 極つて, 相違ありません, 相違なく, 至つたのは, 過ぎないと, 過ぎないので, 過ぎないもの, 過ぎないやう, 過ぎぬでは, 違げえ, 違ひなく

1 [154件] あらずしかも, ある, あんな浮いた, い, いたる, お前は, きまつてるぢ, くらべて, してからが, しろなに, すぎないこと, すぎないだらう, すぎないと, すぎないので, すぎない暗, すぎない点, すぎぬから, すぎぬ当時, せよいきなり, せよさき, せよそこ, せよそれ, せよモオリアック, せよ二, せよ本, せよ生きて, せよ眠つて, せよ知られないこと, せよ石像, せよ細君, せよ若し, せよ近き, そうゐありません, つけて, つけても, 一人, 丁度よから, 不思議は, 串談は, 係はらず, 係らずまだ, 係らず同志, 係らず市街, 係らず現代, 値するだけの, 加へて, 十分だつた, 及ばぬもの, 及んで, 反し, 反しこの, 反しよく, 反し嫉妬, 反し新派俳優, 反し精神的, 堪へきれなくな, 堪へないこと, 堪へない気, 堪へない私, 堪へなかつた, 堪へませんな, 堪へられない日, 堪へられなくな, 大底, 嬶アは, 幕しまらず, 御本尊, 忍びられません, 怠らなかつたらう, 拘はらずからだつき, 拘はらずこの, 拘はらずその, 拘はらずそれ, 拘はらず同じ, 拘はらず多く, 拘はらず女同志, 拘はらず戯曲, 拘はらず次第に, 拘はらず独り演劇, 拘はらず現象的, 拘はらず障子一重, 拘はらず餘程いらいら, 拘らずごく, 拘らずそこ, 拘らず一方, 拘らず世間, 拘らず勝れた人, 拘らず唯, 拘らず敗戦後, 拘らず數十町, 拘らず正当, 拘らず汽車, 拘らず烈しい, 拘らず目, 拘らず相, 拘らず神前, 拘らず自分, 拘らず頻りに, 持病といふ, 於いて, 於て, 於てを, 極まつ, 止まるもの, 此方が, 殆所謂撓, 比べて, 法る, 當つて豫期以上の, 疑ひ無い, 相違あるまい, 等しいが, 等しい義雄, 絶えられず而, 繋らず第, 耐へ, 至つては, 至らぬ, 越したこと, 越した事, 足らずと, 足る小籠抔, 較べて, 近いもの, 近い佛教, 過ぎずここ, 過ぎないが, 過ぎないこの, 過ぎないで, 過ぎないとも, 過ぎないどう, 過ぎないのに, 過ぎない事, 過ぎない事実, 過ぎない場合, 過ぎない有様, 過ぎなかつたといふ, 過ぎなかつたの, 過ぎなかつた御苑, 過ぎぬ, 過ぎぬから, 過ぎぬの, 過ぎぬやう, 過ぎん, 過ぎんの, 違い無い, 違ひ, 違ひあるまい, 違ひないだらう, 違ひなから, 違ひ無い, 關はらず, 隠すは, 難じたる

▼ ゐる~ (623, 0.8%)

51 どうか 17 どうかを 13 ゐないか 11 それを 10 どうかといふ, わからない 8 どうかは 7 それは, 知らないが 5 これは, である, 分らない, 知れない, 知れないの 4 して, どうかと, 何う, 否かを

3 [15件] え, さう, それが, それも, とおも, どうかも, ゐないかは, ゐないかを, 如何に, 或ひ, 知ら, 知らと, 知らないけれど, 私には, 私は

2 [33件] あなたは, この点, しれない, そこまで, そしていつたい, そしてその, そんなこと, ちよつと, でなきや, どうかさ, どうだ, どつ, 世間は, 何様か, 分らなかつた, 判りません, 如何か, 当て, 松の木の, 死んで, 疑問だ, 知らん, 知らんと, 知れないが, 知れないと, 知れません, 知れやしない, 見に, 見当が, 解つたもの, 訣らない, 誰も, 諸君の

1 [337件] あなた一寸池を, あなどられまいと, あの男, いかに強く, いやが, お分り, お前は, お解り, かういふ問題, かういふ点, ぐらゐはちやんと知つてゐ, このさかな, この二つ, この二者, この私, これから先, これでも, これなどは, これを, ご存じぢや, ご存じで, さうし, さも, さもなければごろりと, さもなければ一方が, さもなければ常に, さもなければ甘く, ざつと考へ, しかも私, しらべて, しれないうち, しれないが, しれまい, しれません, すかし見たり, すること, そこに, そこらの, そしてそれ, そしてどんな, その, そのいづれ, その位置, その作品, その娘さん, その家, その点, その花片, その行き方, その違, その頃, その魅力, それから聽, それだけの, それぢや, それともう, それともただ一部分, それとも懷疑, それとも藥, それに, それまでは, そんな事, たつた一, だ, つかうです, つての, つまり作者, できれば, でないとひとり, でなくては, でなければ和臭, でなければ手, どうかが, どうかで, どうかな, どうかに, どうかについての, どうか知らない, どうか糺し, どこから, どこが, どの県, どれほど人生, どんな家, どんな翼, どんな風, どんな風習, なぜ又僕, なぜ明り, なんとか返事, のみならず文學そのもの, はっきりしない, ほかの, ほつき, まさか娘, またいつ, またどんな, またはちよ, また事故, また父親, また美奈子, まづ, まるつ, まるで見, みきりに, もうわかつ, もう胡麻化, もしくはある, もちやん, もとより, やつて, よく知らない, わかつたものぢ, わからず廉介, わからないと, わからないので, わからないやう, わからない時, わからない留置場, わからねえもの, わかりますか, わかりません, わかりやしません, われわれ一人一人の, ゐないかで, ゐないかと, ゐないかといふ, ゐないかといふだけ, ゐないかに, ゐないかについては, ゐないかによ, ゐないかの, カザノヴァ的な, シェイクスピイヤの, 一つ一つ細かに, 一切盆暮の, 一向にわかりません, 一向わからない, 一夜しづかに, 一寸氣, 一度故国, 一考を, 丁度模型地圖, 下に, 云ひ, 代助, 位お, 位の, 位は, 何うかと, 何かの, 何べ, 何れか, 何故に, 何方かで, 余は, 作者の, 例の, 信じられません, 俺は, 偉大なる, 僕には, 僕にも, 僕は, 僕自身では, 全くの, 八, 其点に, 分からないで, 分からないといふ, 分らないそれ, 分らないでしよう, 分らないと, 分らないの, 分らなかつたが, 分りません, 分りませんよ, 判らないどころ, 判らないやう, 判らなかつた, 判りやしません, 判るまい, 判然と, 別な, 前の, 劇作家としての, 医者は, 十日ゐる, 又その, 又は何らかの, 又は怪我, 又は現に, 取調べませう, 口が, 口の, 名前は, 君に, 君は, 否かといふ, 否かに, 否かは, 周子には, 困憊き, 地震で, 坊様に, 堪らなく悲しい, 外ながら, 多少疑問, 夢中で, 大きな垣, 大概此の, 如何かを, 威張ツて, 家は, 實質から, 尋ねて, 少くとも, 少しは, 少しも, 尽さうと, 居ないかは, 幸子にも, 店中の, 彼女には, 彼女は, 彼女自身も, 御存じない, 忘れたん, 思つた女と, 思ひ半ば, 想像が, 感じが, 憎んで, 懐中を, 或いは欠伸, 或はいまだ, 或はさ, 或はまた非常, 或は何, 或は全く, 或は其の, 或は又, 或は妾, 或は恋する, 或は故, 或は表面, 戸籍を, 推察する, 文章に, 昆虫の, 更にまた, 本音を, 果して日本的, 森なかの, 様子を, 横に, 機会が, 歌舞伎と, 此が, 此等の, 殆ど記され, 殺しても, 母は, 気にな, 汝を, 父は, 特に母親たち, 理由を, 生きて, 生活を, 生物學者には, 男といふ, 目に, 眞の, 眠るか, 矢つ, 知つてお, 知つてゐた, 知らずに, 知らないし, 知らないやう, 知らぬ, 知らぬが, 知らぬ内, 知らんが, 知り度, 知れたものぢ, 知れないやう, 知れないん, 知れない母, 知れぬ, 知れやしない角袖, 知れやしません, 石工が, 碑を, 確かな, 私も, 稀には, 筋道が, 考へたこと, 肩に, 自分で, 自分にも, 自分の, 自分は, 自然その, 自由である, 舌が, 良く見, 色に, 血に, 行方も, 褐色か, 見えないので, 見たが, 見当も, 見物だ, 親分が, 親分は, 解らないといふだけ, 解らないやう, 解らないん, 言に, 計箪, 訣らぬ, 訣る, 試して, 話しかけられて, 話して, 話せるかね, 誰か後を, 誰が, 貴方は, 邪な, 酒盛りを, 間違つてゐない, 面倒だ

▼ ゐるといふ~ (605, 0.8%)

40 やうな 16 風に 13 風な 12 風で 11 意味で 10 話で, 話を 7 噂が 6 噂を 5 やうに, 事実を, 意味である 4 一つの, 事実は, 意味では, 有様だ, 風だつた

3 [14件] ぢや, ような, 事実に, 噂だつた, 噂で, 始末な, 意味でも, 意味に, 感じが, 感じを, 有様で, 有様である, 結果に, 話な

2 [29件] ことにな, ふうに, 不快が, 事だけ, 事も, 事実だ, 事実と, 事実も, 事態な, 人の, 印象を, 噂だ, 噂の, 女は, 密告が, 幸福感に, 思想は, 感じは, 樣な, 法は, 状態で, 状態では, 絵である, 考へ方, 自信が, 評判を, 話も, 調子で, 風である

1 [345件] あの消極的平安, あの蛙, あんばいである, いかにも慘憺, いは, えらい力もち, お使ひで, お言葉, かうした多数個人, ぐらゐのことが望ましい, こ, この事実, この家, この祕密, すばらしい立派, そこが, そのこと, その心持, その誠実さ, そんなに勿体, そんなに鈍重, たくましさが, つまりは, ところが, とろ, まことに文学者, ようなあり, よく見る, よりほか, より生活, わけぢや, わけ合ひでは, エルバ島である, ギタアを, クロワチヤの, センチメントを, フザケた, ユダヤ人, 一事である, 一点だけ, 一種の, 一青年が, 一面から, 一面が, 不健全な, 不合理, 主人が, 主人の, 主人を, 主婦で, 予感が, 事がちやん, 事それを, 事だけしか, 事だけは, 事まで, 事実が, 事実そして, 事実だけは, 事実である, 事実です, 事実とは, 事実な, 事実について, 事実には, 事実の, 事実ほど, 事實は, 事實を, 二十四五の, 五十歳前後の, 人々が, 人が, 人だつた, 人で, 人でなけれ, 人に, 人は, 人程, 人達は, 仕掛け, 仕末, 他は, 伜の, 伝説が, 位では, 位の, 何らかの証拠, 作家は, 作者の, 例も, 信念を, 傳説が, 僕の, 元代議士, 公器としての, 其処の, 其秋の, 具合に, 出來, 前置, 前金で, 劍持の, 効果を, 動かしがたい, 勘定に, 十歳以前の, 南無朱鱗洞居士, 単純な, 印象だけで, 危険が, 原因は, 原理によ, 名義で, 名題の, 呪ふべき, 唯この, 喜びを, 噂さへも, 噂でございます, 噂でした, 図である, 型である, 域を, 埼玉だ, 報せが, 報知は, 場合が, 場合に, 場合の, 場合よりも, 場面, 外には, 外は, 大丈夫な, 大地主, 大運河, 天南の, 奇怪な, 女郎の, 始末で, 子供の, 安心さへ, 寃罪を, 實際生活を, 寸法かな, 対談しばらく, 専ら噂, 専門家は, 小さい女中, 小説本を, 小鐘, 屆出が, 島の, 工合である, 年配と, 幸福な, 幼稚な, 座に, 形に, 形容よりも, 彼女の, 得意な, 御本, 心持を, 思ひが, 思ひ余つた様子, 性質の, 悲哀が, 意味から, 意味からも, 意味が, 意味だ, 意味です, 意味と, 意味とは, 意味なら, 意味は, 意識が, 意識と, 意識にも, 意識によ, 意識の, 意識を, 感ありで, 感じだ, 感じで, 感じであります, 態度である, 態度は, 態度を, 戯曲家は, 所以が, 手の, 才能が, 押しも, 指摘が, 按配な, 文面だつた, 新任校長, 新聞記事を, 日本で, 日本には, 昔同, 時候でした, 景気の, 景色な, 最近の, 有様でした, 有様な, 材料, 東上送別には, 東京の, 東京市麻布區六本木の, 某家の, 極く, 極無慾, 様な, 様に, 様子で, 標に, 次第それで, 歌です, 残酷な, 気も, 気分では, 気持さへ, 気持で, 気配が, 気配を, 氣が, 氣は, 氣分の, 氣持でも, 氣色を, 汎神論的經驗の, 浸蝕谷である, 消息を, 消極的な, 清次郎の, 滝が, 特殊な, 特殊の, 状態から, 状態これさ, 状態です, 状態も, 現状です, 現象が, 現象は, 理由に, 生活の, 男装の, 異体の, 疑ひを, 相手だけでも, 眼つきである, 眼です, 矛盾に関しては, 知らせが, 知らせです, 確実な, 社会に, 福本の, 程の, 程度で, 程度の, 第十五番, 答が, 箇所を, 精神は, 絵の, 老人で, 老婆に, 老婆も, 老学徒, 考です, 考へから, 考へは, 自分が, 自覚を, 芝田要は, 落着き拂つた主人も, 血紫色の, 行り, 表象で, 見て, 見当が, 見方から, 見方さへ, 見方も, 親しい四五人, 観念から, 言葉が, 言葉は, 記事なども, 訣で, 訴へなどを, 評判だ, 詞が, 話が, 話さへ, 話だ, 話である, 話でした, 話では, 話は, 誇りを, 認識の, 説には, 諺を, 證據は, 譯には, 變り, 賢明さが, 赤蛙にと, 身勝手な, 返事を, 通知が, 野卑な, 錯覚から, 錯覚に, 間抜けな, 陀羅尼經以來日本の, 難かし, 非難は, 音羽の, 頭が, 類似感を, 風が, 風だ, 風でした, 風でも, 風にな, 風にも, 風の, 風景は, 風説を, 騒ぎで, 騒ぎなんぢ, 騷ぎが, 驚くべく羨むべき昭和二十一年, 驚く可, 驚異的な, 鮮紅色の

▼ ゐる~ (551, 0.7%)

8 に私 6 にもう, に彼, は 5 に, にその 4 にお, にそこ, にそつ, に何時かこ, に姥, に美しい, はその 3 におれ, にまた, に父, は決して, 振る

2 [22件] その人, にいつ, にだ, に多く, に女, に家, に平次, に次第に, に自ら, に自然, に見, に雲, のこと, の事, の方, の自分, はまことに, はまだ, は何だか, は吾, は少く, は私

1 [428件] あつしは, あんな気持, いつたい自分, いつもヴェランダ, からその, からゆふぐ, から今, から彼方遥, から或, から擂鉢, から陶器, がその, が何時, が厭, が大, が死, が無い, が私, が長く, こそ豪爽, このまなかひ, この動物, この男, その側, その女, その娘, だけが楽しい, だけが男, だけで, だけです, だけでも怠ける, だけとう, だけは丁度, だけは依, だけは僕, だけは悪い, だけは皆んな, だけは鳥, だけわづか, だけ借りた, だけ周三, だけ己, だけ昏睡, だけ楽しい, だけ灯し, だけ胸, だのに, であつ, でさ, でも一寸, でも五百石積, でも常に, で彼女, とか立派, にあ, にあいつ, にあたり前, にある, にいつか私, にいつか船, にいつしか, にいつの間にか, にうた, におっかさん, にお客, にかう, にかの子, にからげ, にからだ, にこつち, にこれ, にしばしば, にすぐ, にすこし, にすつかり, にすでに, にすべき, にそうつと, にそれ, にちやん, につい, にと東京, にどこ, にどん, にはじめて, にはもう, には体, には父, には砲弾, には色々, にひとり, にひよつこり, にふと, にふらふら, にまあ, にまつ青, にみんな, にむしやぶりつく, にも, にもお巡りさん, にもさ, にもだ, にもつ, にも一匹二匹, にも三條大橋, にも二, にも仲, にも刻々, にも半日, にも多く, にも天下, にも強く, にも折々, にも折折, にも支那軍, にも既に少々, にも有望, にも村人, にも櫻, にも毒, にも看護婦, にも祖母, にも赤蛙, にも鎌倉, にやつぱりあの問題, にやられたらしい, にわたし, にわれわれ, にをぢさん, にギヨツ, にサロン, にパツューク, にフト自分, にベソ, にヤツ, にルノルマン, に一人, に一度づつ座, に一度顔, に一日神, に一番, に一部, に万事, に三つ, に三厩, に下女, に不, に不景気, に不義, に世, に世の中, に世界, に中, に事柄, に二三度來, に二三度時雨, に二十, に二年ぶり, に二度, に二皿目, に二階, に五分, に井戸, に京子, に仕事, に仮に, に何, に何処, に俺, に僕, に先生, に八重, に其の, に其主君, に其気分表現, に其青年, に凜子, に出来る, に千年, に又, に取つ, に古賀, に各, に君, に吾, に団体, に土地開發會社, に土間, に地球, に坂本君, に堪らなく, に多勢, に大, に大切, に大理石, に夫人, に夫婦, に妻, に姉, に子供, に小柄, に尠, に山口孤劍君, に川下, に幾らか, に幾度くり, に床の間, に当然, に彼女, に彼女自身, に後段, に復此壱岐びと, に応接間, に念, に忽ち, に思索, に恋, に感ずる, に憤り, に或は, に房一, に押川, に撲滅, に教育, に敬意, に新しい, に新しく, に旅, に日本, に早い, に早く, に昼間, に時, に時代, に書いた, に朝晩, に本物, に机, に柳, に桃, に植ゑかへて, に構内, に様々, に樹明君, に次第, に此若者, に歩いたら, に死にたい, に段々, に母親, に汽笛一声発車, に汽車出發, に泊つたこと, に満, に激烈, に現, に町, に画家以外, に病, に癒つて了, に相州さま, に睡眠不足, に秋, に稚児輪, に立派, に素子, に經濟上, に締切, に義雄, に耳, に臺所, に舞人自ら其主, に良い, に良寛, に芥川, に若い, に若し, に行, に見た, に見る見る肖, に誰, に誰か, に誰か来, に護身用, に赤羽巖穴, に足下, に農山村, に道綱, に金太郎, に鐵, に附近, に隣り, に雌蕋, に非常, に顔, に風, に食事, に體内, に高い, に高畠, に魚, のやう, の仕草, の出來事, の少, の接待者, の時間, の煙草代コーヒー代, の緊張, はあの, はある, はある程度, はい, はいくら後, はかの, はこ, はこの, はす, はそれ, はそれでも, はそんなに, はた, はたしかに, はどう, はない, はなるべく, はやつ, はよい, はわたし, はニコリ, は一人, は三年, は不思議, は争, は五浦, は仕送り, は何, は余ツ, は兄さん, は全て, は兩方, は六千メートル, は出, は十, は各, は墮落, は姉, は始終, は孝養, は学校, は學校, は小さい, は己, は弊害, は忘れ, は忘れ去られ, は思索, は感情, は慌て, は手紙, は文化運動, は断らなけれ, は日本, は早く, は最初, は東宝, は歌舞伎, は止め度, は殺され, は河童相應, は滅茶苦茶, は烈しい, は無事平穏, は無理, は特定, は白い, は目, は矢張, は矢張駄目, は知らせ, は知吉さん, は続けなけれ, は自分, は至純, は芝居, は誠に, は足, は路, は鉄, は錠, は電気, は黙つ, ふと中川, もあんな, もうい, もそれ, もときどき, もとし子, もどうも, ももどかしい, もわたくし, も二三度京, も宮, も少し, も幾度, も彼奴, も待ちかね, も後半期, も惜しい, も此コセツト, も氷結, も絶え間, や歸途, よりも停止, を, をたまに, を左, を數, を見, を退屈, を通つて, を通り抜け, 一度激しく, 太い竪縞, 心ゆくばかり, 必ず彼, 或時, 溌溂たる

▼ ゐるのに~ (529, 0.7%)

35 氣が 23 違ひない 20 気が 14 違ひなかつた 7 私は 6 それを 4 彼は, 氣づいた 3 あんたは, さう, 對し, 自分は, 違ない

2 [26件] この人, これは, しかしとかく, それが, それでも人, そんな話, まだ下手人, ハツと, 今度は, 何だつて, 何を, 出会つた, 十七とは, 向ふ, 喜助は, 庭を, 彼の, 比ぶれ, 気附いた, 無理に, 目を, 眼を, 私たちの, 行くが, 違ひ無い, 顏を

1 [349件] あいつはずん, あたしは, あちらにも, あなたは, あの人の, あの大, あの娘, あの通り, あはて, あひま, あまりに呼吸, あまりキョロ, あまり本当, あれから, あんな木, あんまりすつとばす, いくらか気, いくら此方, いくら生み, いささか反感, いざ辿り着く, いつのまにそんなにすぎ, いつの間にか背, いつまで, いやさうぢ, うつかり, おばあさんは, おもしろが, おれのは, お前さんばかり, お前さんひとりは, お尻, お萩は, かうし, ここだけは, こちらでは, このお嬢さん, この上盗み, この冷水, この國, この境内, この寫眞, この崖下, この御, この火焔, この頃, これで, こんな女, こんな薄汚い, さうし, さすが, しかもなほ, しなくても, しびれを, すつかり, そこだけは, その上, その割, その半分, その小皿, その御, その時, その格別大声, その永い, その涙, その視線, その話, その遊び, それでもまだ, それでも未だ, それに, それらは, そんな顏, た, たいへんびつくり, ただ僕, たつた一人, だう, だまつてゐられる, ちっとも労, ちつとも, ぢつと, どういふ, どうかする, どうしてそれ, どうして登美子, どうして黙, どろんと, なほ社会の, なんだ, なんとなく心, なんの, はじめて氣, ばたばたし, ひきかへて, ひとり両道第, ひとり俳句作品だけが, ひと度壮年, ふさは, ふと目, ほんの一人, まだ松花堂供養, もう二三時間, もう變, もう飽, やつと, やはり文学, わざわざ引返した, わざわざ彼, わざわざ風波, わたくしが, われながら, ウチの, ウンザリし, ダヌンチオの, チクリと, パンパン孃といふ, ベツドからは, メリヤスの, ルビを, ワッと, 一つで, 一体何, 一同は, 一向に言葉, 一向応, 一向馬, 一寸西洋, 一度は, 一種の, 万葉に, 下島へは, 不思議と, 不思議は, 中世では, 中世の, 乙姫は, 争つて粒を, 京子は, 人々は, 人から, 今では, 今夜は, 今年の, 今度から, 仔細は, 他の, 他人の, 他所へ, 伊沢氏には, 会ひました, 体は, 何しろひどく, 何で, 何の, 何も, 何故もつ, 何故批評, 來なけれ, 例の, 例へても, 依然として同じ, 俺は, 偽印は, 僕の, 兄さんは, 児童心理の, 全体が, 出会ひました, 出合つた, 初めて気がついた, 別にここ, 勉助と, 勝手に, 卓一は, 又し, 反感と, 可也興味, 叶屋重三郎は, 君は, 君命を, 呆然と, 咽頭に, 唖然と, 善意に, 嗚呼山毛欅, 土用波の, 地方に, 地震が, 執こく, 堪へないやう, 大いに同感, 夫の, 奧さんは, 奧羽線では, 妙に, 娘さん, 孔子は, 安川に, 実際は, 寝苦しかつ, 對抗した, 對立する, 尚も意地汚く, 屑屋さんが, 屡々出会, 岡本は, 嵐は, 川舟が, 己は, 平然と鼻歌, 度膽を, 引きかへ, 引つ張り出されて, 引合はせる, 彼が, 彼らは, 待ちあぐんで, 待ちきれなくな, 後者は, 御臺所町, 心を, 怎した, 思ひ切つて, 悪縁だ, 情無い, 意地悪く, 慄毛立つ, 憎しみのみが, 我が国独り反対する, 我ながら, 或る, 手も, 文吾の, 文言では, 斜めに, 新舊, 日本人たる, 明る過ぎる, 時を, 暫くし, 更にこの, 更に期待, 更に版, 書物を, 未だに自分, 未だ叔父, 未だ子, 未だ未だ帰らう, 本人の, 桂月氏は, 案外大きな, 此の, 此は, 此爺いさん, 死んだ親父, 母親や, 毎号新聞で, 気の, 気は, 気も, 気を, 気注いた, 気附い, 気附きませんでした, 氣づく, 氣付いた, 氣附いた, 水の, 決してヤマ, 浮世絵の, 滅多な, 漸く氣, 潛り込ん, 火鉢の, 無断で, 父は, 物珍らしく, 狭い座敷ぢうに, 獨り, 理由を, 琉球では, 瑠璃子が, 甘い事, 田原は, 甲斐性が, 男であり, 男は, 異性に, 眺め入りながら, 知らずに, 知らん顔しよる, 知能は, 石などを, 石狩川の, 石田守衛の, 碌に, 社として, 福良には, 私が, 私だけ, 私の, 私ばかりは, 私ひとりは, 私一人が, 稷下の, 空は, 窓の, 笑ふと, 義雄が, 肝腎の, 脚本を, 腰を, 自分だけ, 自分だけが, 自分ながら, 自分には, 自分の, 興趣を, 苦痛だけが, 茫然と, 蝶は, 血が, 街道には, 見も, 親の, 親分は, 話が, 誰れ, 貴女は, 貴様の, 趣味の, 路上で, 輪を, 近頃は, 逢つた, 違ひありません, 遙かに, 針は, 霜に, 靈山子ほど, 面と, 顔を, 飛んでも, 騙され易い, 體が, 體驗を以て, 高木には, 鳩の

▼ ゐるだけ~ (488, 0.6%)

63 だつた, である 5620 なの 16 です 14 では 13 でした 10 なん 7 であ 6 だが 5 あつて, なので 4 だから, だと 3 で, であります, でその, でまだ, で人, で眼目, なのよ

2 [14件] だし, だつたの, だよ, ぢや, であの, でありまして, であるが, でございます, で他, で別に, で喜助, で果して, ならまだ, 始末の

1 [153件] あつてトンネル, あつて此十餘人, あとは, お伝, この方, すまないと, そこに, それだけ, それだけ一層氏, それだけ男, それを, だつたん, だね, だらう, であと, でありその, であること, であれ, でいくら, でいつ, でうまく, でお, でこちら, でこの小さな, でこまごま, でさほど, でしあは, ですから, ですぐ, ですの, ですよ, でそこ, でそれ, でそれに, でそん中, でたいした, でどう, でなか, でなく一ヶ所以上, でなく日常生活, でなるべく, でなんと, でふらふら, でほか, でまるで, でみちたりて, でもう, でやつぱり斯, でリリス, で一度, で一言, で二分ぐらゐで, で何, で何うに, で何だか, で何と, で何となく, で何時, で偉大, で僕, で光, で公然, で其外, で勿論, で十二分の苦しみ, で向方, で四邊, で国民酒場, で外, で多く, で妙, で字, で実生活, で実際, で富岡, で岩, で島, で工業的見地, で左門, で彼, で彼女, で従つて, で必, で所詮, で折々, で新, で日本, で暫時, で月, で朝, で欄間, で氣持, で源右衞門, で烟草, で理想, で申しおくれましたが, で當, で病氣, で發明, で真実, で知つて, で積つた塵埃, で突き, で縁側, で自分たち, で色彩學, で言葉, で訊いて, で話, で誰, で謝罪, で軍治, で近付いて, で部屋, で酒盛り, で醫師, で長崎, で非常, で鬱結, どことなく却つて今, なのに, ならそれ, なら清々, なんで, ねえうち, らしい, らしい合間合間, セル, 一層傷ましい, 下島老人の, 云つて見, 人一倍に, 今まで, 兵力が, 却つて子供に, 却て, 右手の, 夜と, 子が, 小判で, 常人とち, 彼は, 心は, 愛情に対する, 憎らしうござんする, 損だ, 満員繁昌だ, 炎ゆる, 私は, 穴倉の, 自分の, 露はに, 飲んで

▼ ゐる~ (467, 0.6%)

14 のやう 12 だつた 7 がある, の方 6 であつ, もある 5 でした, に 4 があつ, である, は, はない 3 ではない, でも, にこの, にその, のこと

2 [22件] からこの, だつたので, でもあつ, とさ, とは別人, と同じ, などはよく, なの, にはかへつて衆, にはその, には其の, には私, には糸嚢, には自分, に丁度, のあの, のその, の服装, の私, はた, は如何, は左

1 [330件] あのお, あの獨ソ戰, あの痕, いつもさう, いつも折々不意, いつも高村軍曹, お勝, お鳥, かだらう, からいつ, からその, からの許婚, から二三度私, から嫂, があらう, が多, が多い, が多かっ, きつとな, こそはこ, この支那蕎麥屋, この粥, しかし人々, しか安心, しもあれ, その友, その外部, その時, その格子, その聲, その路, だ, だからね, だけがまだしも, だけしか僕, だけのだましあふ, だつたの, だつて, であ, であるか, であるだけに, です, ですら, でないと, でなくては, ではあり, ではありません, ではなく, でもその, でもどうか, でもふと, でもよしんば, でもホント, でもポンピヤン・クリーム, でも人, でも何, でも何処, でも分らん, でも同じ, でも外國, でも相手, でも紀昌, でも絶えず, でも総身, でも言葉, でも貴女, でも遊び, でも遠く, でも黒坊主, でも默つて一心, で幸, で彼, で疎開先, で私一人, で薄曇, とかがほん, とは精神, とゐない, と壁, と少し, どうした, ながい年月, なぞは少し, なぞひとし, などそこ, などにはふと, などにふい, などに執念, などに父, などは傍, などは私, などは風, など向う, など後, など戸障子, なので, なんかに知らず, にあたし, にあなた, におの, にこそ始めて, にしよう, にそんなに, にでも不時, にでも實, にどうして, にのみそれ, にのみわれわれ, には, にはあんなに, にはいかなる, にはいつ, にはいつも, にはそれ, にはわざと, にはテーブル, にはド, には上着, には他, には何處, には兵隊, には困る, には富岡, には實, には山, には岩, には悪い, には歌, には決して, には獨, には現在, には疑, には空, には空気, には草, には蝶, にふと, にもいつ, にもほか, にもやられる, にもをり, にも宿, にも暗い, にも都会, にゆき子, によく, にアムブロアジヌ, にバイヲリン, にフウトウ, に一つくら, に上, に不, に事實, に二冊, に二階, に五反田, に亘, に何, に先づ耳, に医師, に古銅, に吹きおろす, に呆, に大きな, に姉さん, に娘, に婦人, に尋ね, に尚, に屡々, に左様, に座蒲団, に彼, に彼女, に後ろ, に急, に打たれる, に文吾, に書きました, に朝鮮, に村雨, に歌, に殊に, に気持, に牌樓, に町, に當つて, に當つて悟性, に發, に神, に私, に突然, に第, に聞く, に自分たち, に見える, に見る, に誰, に起つ, に遠く, に限る, に電気, に青年, のいくらか, のぢい, のひな子, のほか, のみで, のニウ, の何ん, の何倍, の内部装置, の凪いだ, の出来事, の友達, の叔父, の変, の姿, の客, の彼, の心臓, の態度, の慘めさ, の昆虫, の氏, の気持, の熱, の父, の胸, の自分, はあなた, はい, はきま, はこ, はこの, はその, はそれ, はそんなに, はともかく, はどうせ, はどこ, はなかつた, はなんとも, はひどくやさし, はまだ, はもう, はシキリ, は一人, は二人, は云, は他, は何となく, は何とも, は余, は其, は劈, は勿論, は妙, は孫, は常に, は我儘放題, は松, は殆ど, は毎晩, は決して, は無, は無論, は爐, は甲板, は神, は神聖, は綺麗, は自分, は表, は詳略, は釣り, は隨分, は面倒, は香水, は黒く柔かい, ばかりで, ひどい仕打, ふいに, ふと紅い, ほど気持, ほど自分, またお, まるきりそんな, もあつ, もあります, もうかげりかけた, もお前, もしくは死ぬ, も一服, も仲間, も何, も心, も毎, も溢, も父母, も談笑, も頭, や寝, よかい, よりはこの, よりはや, よりは雷, よりも寂しく, よりも寝, わかい巡礼さん, を好む, を狙つて, を選ぶ, を選んだ, 一層明, 丁度彼女, 不図傍, 優しい明るい目, 其の両方, 又職員室, 好んで, 思ひ切り糸, 或る, 毎土曜日, 程その, 程楽しい, 程空, 見せて, 近々と眺め乍ら, 青白い梔子

▼ ゐる~ (459, 0.6%)

16 がある 15 のやう 13 もある 11 はない, もあつ 7 があります, でも 6 にとつて, の心, はなかつた 5 があつ, は誰 4 がない, である, はありません, は無, も有らう

3 [11件] が無い, でなければ, では, なんかある, の心當, の方, は, はありやしません, は一人, は無い, もあり

2 [21件] がありました, がゐる, が多, が多い, だ, であつ, ですが, なること, にはこの, のある, の中, の仕業, の眼, の聲, はありませんでした, はあるまい, はゐない, は二人, は極めて, もありました, もなかつた

1 [256件] ありと, かと思ふ, からはじめて, からみたら, か石, があ, があるだらう, があれ, がかなり, がそれ, がなかつた, がやつ, がわし, がゐなかつた, がゐなけれ, が一通り, が三百人, が五六人, が佛, が如何なる, が幾人, が幾軒, が搗け, が文学的生活, が時たま, が未だ, が秘密, が種々, が胃, が自分, が誰, が非常, さうかとおも, すらあります, だが, だけがのんき, だけが僕, だけが出る, だと, だとは, だらうと, ちつとも, であ, であります, であり一方, であるが, であること, であると, であるといふ, であれば, でこそ, でございます, です, ですぞ, でなくては, でなく従つて, で無筆, といふ, といふ意味, とか無能力者, としてただ, として政治的交渉, として新しい, とすれ, とは較べ, と定め, と想つて, と想像, と死ん, と母, と気づい, と看るべきである, と認められた, など, などではなかつた, などにはそれぞれ, などはなかつた, などは殊に, などもあつ, なの, ならあります, なら他, なら決して, なれば, なんかありやしません, にしろ, にすぎない, にとり, にはかう, にはもはや, には何, には六七十年, には此何氣, には殆, には老衰, には錯誤, によつて完成, に会, に俺, に個條書き, に取卷かれ, に対しては或, に就, に果して, に次々, に特有, に狙, に相違, に知れない, に道, に限つて承認, に限り, に面白い, のいひである, のお, のこ, のする, のところ, のみがほんとに, のみが眞, のみでありませう, のみの喜び, の一種, の上, の不機嫌さ, の仮, の会話, の使, の偶像破壊, の在る, の多く, の如何, の娘, の子息, の家, の恐らく, の手, の朝夕, の激しく, の爲め, の生長, の目, の素姓, の耳, の胸, の見, の言, の誰, の通り, の隔膜, はあ, はあるだらう, はいづれ, はうんと, はお前さんひとり, はかうし, はこの世, はこれ, はすぐれた, はその, はなかっ, はひとり, はみな工場何十年勤續, はみんな, はもう, はもつ, はイザ, は一つ, は一人殘ら, は三人, は世間, は中世, は五人, は他, は何十人, は先づゐませんや, は全然, は其邊, は凡て, は力, は午前九時, は噴水, は外, は多分, は多勢, は大抵さ, は嫁, は家, は尠い, は心, は必ず, は悉く, は愚, は攘夷, は本, は死人, は決して, は流行, は独逸, は猶, は皆, は直ぐ, は着物, は膝, は自分, は自分以外, は芯, は苦し紛れ, は蓋し, は見当らなかつた, は部下, は金鍔次兵衛, は驢馬, ばかりが命, ばかりでございます, ばかりです, への愛情, まだ我々, も, もあります, もあれ, もいつの間にか, もない, もない淋し, もなから, もゐます, もゐる, もポツ, も一人, も一家, も京都, も多い, も大方, も少い, も少なく, も澤山, も見受けられる, も近く, や米俵, や蘇つた者, らしく眉, らしく靴, を, をいつか, をそんなに, をみんな當つて, をも, を何うしよう, を吝, を搜, を照す, を自分, を覗いた, 何しろみんないろいろ, 更にさう, 迄一齊

▼ ゐる~ (421, 0.5%)

9 それに 3 それには, もつと, 私は

2 [13件] さう, するから, するので, また手拭, また芝居, 僕の, 僕は, 女の子の, 少しも, 東京に, 男性には, 自分の, 萩の

1 [377件] あの主人, あの女, あの顏, あれだけの, あんずも, いつの, いづれみんなとゆつくり相談, いまでは, いよいよこ, うそさむい風, うつかりする, うまいもの, お前は, お富, お小遣, お此, お皆, お腹には, お萩も, お銀, お鳥, かうした事, きっと裸馬, きれても, こ, こけつまろびつ, ここに, こちらにも, こつちも, ことに私, この作者, この四五日, この春弟, この間から, こみ入らすの, これを, さうし, さとまれと, すぐ後, すでに心境的作家, するの, せまい参道, そして一体, その上弓, その上陸地, その他自然界の, その化かし, その後に, その後も, その画中, その近く, その間に, その隣, それから人, それが, それどころか我々, それにお前, それにステツキ, それに一萬兩, それに皆, それを, そんな事, たいへんな, たぶん實驗ぐらゐはやつたでせうな, たまの, だいいち真白, ちつとも, ちよろ, で退けの, どうする, どつち, どんなに私, なかには秀作, なにかし, またあの, またさう思つて, またその, またほん, また一方, また万葉, また人通り, また今度, また僕, また前, また大衆, また彼, また日本, また未來, また殻, また私, また空間, また納得, また至極, また若い, また金島氏, また隣り, また鴎外, まだ若い, まだ雨戸, まアあつ, みつたれた, もう一つ動き, もう一人, もともと貧乏, やつぱりそれに書きたく, やむなく上, やりにく, わたしが, わたしの, イチゴや, オーケストラなども, カケスが, コクトオの, コンクリートの, サラリとした, シヤツも, スイヤムも, ハンケチなど, ベルが, ペルリ一行の, ミツシヱルも, ラツキイが, 一人は, 一座の, 一方の, 丁稚小僧は, 七にも, 下の, 下女の, 且つ今日, 且眞僞の, 予科の, 事実無根と, 二人とも, 云は, 人と, 人の, 人間の, 今の, 今は, 今までも, 今夜は, 今日の, 今月は, 仕事を, 仕事場では, 他人の, 会社にも, 伯母さんの, 佐久間象山も, 何う, 何だか火事場, 何ともハヤくさり, 何事にも, 何時に, 作者である, 作者も, 借金で, 僕も, 元来人間の, 兄の, 先年物故した, 其他二三軒も, 其処に, 内容も, 凍みては, 処どころに, 前の, 前記した, 剽軽者も, 劇場の, 劍道の, 効果も, 十六歳の, 千兩箱には, 南の, 厭でも, 又, 又さ, 又墨子, 又対岸, 又此, 又此双紙, 又池, 可愛い掌, 同じやう, 呆気に, 和泉屋の, 問題自体が, 四国では, 土中に, 堀井も, 場合によ, 場所は, 変つ, 外出しない, 大丈夫だ, 大川筋の, 大西洋の, 奉公人並と, 女の, 女の子は, 女中さんは, 女工も, 姉さんは, 娘は, 娘達の, 婆さんは, 嫁入, 嫡子の, 子供も, 学問の, 宇和島の, 安来節の, 家に, 家内も, 家康らは, 富美子は, 寧ろ転校, 小さい子供たち, 小杉さんの, 小鳥は, 小麦の, 少年昌造には, 屋根の, 川田が, 幅も, 幸福だ, 床の, 度々南京虫, 弘も, 弟の, 当つて, 当人の, 形骸的な, 彼に対する, 彼の, 彼等は, 後には, 後ろには, 後家の, 後詰の, 従つて大衆の, 御藏橋の, 必ず下らなけれ, 思ひ詰めると, 怨みの, 恋愛から, 恐しい爆薬, 或る, 房一の, 手代直次郎は, 手紙を, 投機的性質を, 指も, 接骨木や, 支那人の, 故上田敏博士, 救はれない, 敢て, 数片の, 敵に, 數は, 新味を, 既にこれ, 日本で, 早く君, 明間が, 昼寝から, 時々どこ, 時々の, 時代の, 最後まで, 最近に, 月々二百円からの, 望むところ, 東京市の, 東京都への, 某木材會社, 森山は, 植附け, 楽を, 樹陰の, 橋も, 次つぎの, 此の, 死ぬ外, 殊に大政翼賛會, 殊に家光以來, 殊に意外, 殊に親身, 毛布も, 毛布もは, 水兵あがり, 汽車は, 法界節屋の, 浅草への, 涯てしも, 温帶的な, 湯宿の, 特に六ヶ, 玄也は, 現にこの, 瓶には, 甘酒屋の, 田地は, 由布岳は, 男性的の, 番頭でも, 畫人傳にも, 白い牙, 真木和泉は, 眼は, 眼も, 短い脊中, 確かに, 神田へ, 私やもう, 稀薄な, 窓掛が, 竹下の, 第一, 筋骨隆々眼光するどく, 答も, 粟に, 紫式部の, 絞め殺したに, 絵を, 編輯補助會計廣告取りなど, 義理の, 聞けば, 肺病で, 腹工合も, 自信なき, 自分だ, 自由に, 舞台も, 花柳はるみ君も, 若し真実, 若芽の, 萬更見込みの, 虻や, 蝦夷は, 西条八十には, 覺悟は, 触角は, 記憶も, 詩歌は, 語尾に, 護摩壇の, 讀むの, 貞盛も, 農事の, 農業的鎖国の, 込み合つた汽車の, 近代人としての, 遅筆寡作とは, 道が, 道人の, 道具の, 遠くの, 遲いと, 邦楽座, 郷倉氏の, 金網の, 鍵も, 長くゐる, 間部三十郎さんは, 階下の, 隣邦日本は, 電信柱の, 頭と, 顔は, 願く, 風呂なんかは, 麻繩も, 鼻緒も

▼ ゐるわけ~ (373, 0.5%)

111 では 41 でも 28 である 16 だ, です 10 だが, なの 7 であります, はない 6 なん 5 には行かない 4 であつ, であるが, ですが, でもなかつた 3 だから, だつた, だね, ですね, でその, でない, にはゆかない 2 にはいかない, には行かなかつた, にも行かず, にも行く, に行かない, は無い

1 [67件] か, がわかるでせう, が無い, さ, じや, だつたので, だと, だよ, だわね, だ立派, だ蜜柑畑, で, であ, であらう, でありますが, でかうして, でございますね, でさ, でそれ, でないの, でない自分, でなくあたり, でなくすでに, でなく唯, でなく神子田, でなく観察, でもござりませぬ, で此間, で見物人, とを聞い, にいかない, にいかぬ, にいきません, にはいかなかつた, にはいかぬ, にはいきません, にはゆかぬ, には行かぬ, には行きますまい, には行きませんでした, にもいかず, にもいかない, にもゆかなかつた, にもゆかなく, にも往かなかつた, にも描きかけ, にも行かない, にも行かなかつた, にも行かなくなる, にも行かぬ, にも行くまい, にゆかず, にゆかない, にゆかなく, にゆかぬ, に行きません, ね, のもの, はありません, はなし, はねえ, はもう, もなかつた, もなく, も實, を切実, を話しました

▼ ゐる~ (373, 0.5%)

5450 である 22 はない 16 です 15 だから 13 だが, なの 9 であるが 8 がない, だつた 7 だと 6 なのに, もない 5 だよ, なん 4 であつ, のもの, はありません, は無い 3 だし, であります, であるから

2 [14件] だな, だのに, ですが, では, なので, の, のこと, のこの, の彼女, の青年, の頭, はなかつた, もなかつた, もなく

1 [83件] がなかつた, たがね, だからと, だがと, だその, だそれ, だつたが, だつたの, だとまで, だね, だみんな, だ予, だ粹, だ自分, だ言, であると, であるといふ, であるところ, であるのに, である文学者, でございます, でしたね, ですがね, ですね, ですよ, です私, でた, でもつとも, と思ふ, なのよ, なり, になつて, ね, のあいつ, のお, のおす, のお父さん, のが, のポロポロ, の下女, の二等室, の伝蔵, の兩親, の初年兵, の参謀, の哲学者, の在り, の型, の女, の女中達, の妹, の娘, の安里, の小間使, の弟, の彼, の愛すべき, の時計, の最後, の木枯傳次, の杵太郎, の梶子, の樹木, の父親, の特殊, の琉球演劇, の男體山, の番頭清六, の當人, の相手, の知識層, の義母, の與, の虚心, の金之助, の雨宮紅庵, はありますまい, もありません, もねえ, よ, よあなた, よ鏡, 一寸きい

▼ ゐる~ (346, 0.4%)

7 の方 6 の姿 5 にとつて, の眼, は 4 の家, の顏, はこの, はそれ 3 に, に取, の目, の耳, は私, もその

2 [23件] その私, であつ, である, であるが, です, に向, のこころ, の側, の傍, の友達, の好き, の心, の感情, の手, の神経, の背後, の頭, の顔, はその, はそれでも, は一人, を見, を見る

1 [238件] から, からはよく, が, がこの, がそれ, がそんな, がなんで, が何ん, が何處, が動かす, が死んだ, が珍, が生活, が疑, が矢田津世子, が紹介, が聲, が黙, だが, だつて, であるから, であるのに, であるゆゑ, でございます, ですら, ではない, とその, とはひどく, とは露知らず, と句, と同年, と彼女, などでさ, などにはその, なんぞは羨ましく, にさ, にそんな, にそン, についてはこ, にとつ, には, にはその, にはそれほど, にはヂヤズ, には一向, には反, には境内, には時間, には漠, には白峰氏, には聴, には見当, には頓着, にもさう, にもさういふ, にもまだ, にも大変, にも時代, にも聴かせ, に何とも, に呼びかけた, に善意, に堪りかね, に手まねき, に更に, に溝, に眩し, に聞え, に若者, に話しかけ, に遠慮, のあの, のお, のその, のたべる, のため, のたより, のところ, のどんな, のふだん吸, のふと, のやう, の五体, の仇名, の仮説, の信じ, の前, の友, の名前, の周囲, の唇, の坐像, の夕暮, の妻, の子供, の存在, の寓居, の年下, の彼女, の心中, の心地, の心持, の心臓, の愚か, の愛, の感情生活, の態度, の憐れ, の或, の所有物, の手許, の振舞, の教, の是, の書齋, の最も, の有様, の枕もと, の枕許, の横顏, の氣持, の疎か, の目先, の眼先, の瞳, の知つて, の競爭者, の網膜, の考, の耳許, の肩, の背中, の臍, の裡, の言葉, の足, の足許, の蹠, の身, の面白味, の魂, はいまだに, はおそく, はこれ, はこれから, はこんな, はす, はそして, はちよ, はつい, はどう, はどれ, はねむれない, はむげ, はやつぱり父, はやむなく, はライン河, は不, は今更, は何だか, は何気ない, は倖, は全く, は出, は初めて, は十, は友, は和蕾君, は季節, は山東, は巡査, は幸福, は思ふ, は恥づかしい, は愈々, は或, は晝寢, は殆ど, は決して, は決心, は病後, は自分, は自然, は苦, は虚しく, は行為, は返答, は酒, は門外不出, は階段, ばかり何, へ馬琴, へ鶲, までうれしく, までひやりと, も, もうれし, もうれしい, もお, もかね, もだ, もゆ, も出, も叔父, も喜ん, も大根, も心, も愛, も旅, も梅雨季, も頭, をあなた, をあはれ, をじろじろ, をその, をつかま, をつかまへ, をつまらな, をなやまし疲らせ, をもうすつかり, をやはら, をゆびさし, を伴, を共犯者, を又, を寫生, を居, を岡, を彼女, を敬治君, を深夜, を窺, を見た, を見付け, を見出し, を見出す, を見降し, を訪れ

▼ ゐるかも~ (333, 0.4%)

113 知れない 25 知れません 19 しれない 18 知れぬ 16 知れないが 14 知れないと 7 知れぬと 6 知れん 5 しれないが, 知れぬが 4 しれません, 知れないの, 知れないよ 3 わからない, 知れないといふ, 知れませぬ 2 しれないと, しれませんが, わかりません, 承知し, 知れないけれども, 知れないこと, 知れないぞ, 知れなくつて, 知れねえ, 知れませんが

1 [64件] しれないけれども, しれないしかし, しれないね, しれないのに, しれんが, しれんぞ, その真, また察せられる, わからず急いで, わからない御用聞, わからぬから, わからねえぜ, わからんと, わかりませんが, 分らない, 分らないと, 分りません, 判らないつまり, 判らないもしか, 判らないよ, 容易に, 忘れがち, 忘れて, 気づかずに, 知らないでね, 知ら無え, 知れず又, 知れず変化, 知れないいづこ, 知れないから, 知れないからね, 知れないけれど, 知れないし, 知れないぜ, 知れないぞと, 知れないで, 知れないとしても, 知れないなどと, 知れないね, 知れないわ, 知れない事, 知れない急げ, 知れない死んだ古代人, 知れない潮時, 知れない点, 知れない然し, 知れない群衆, 知れない辻, 知れなかつた, 知れなかつたの, 知れぬて, 知れぬの, 知れぬ位, 知れぬ良心, 知れませんからね, 知れませんけど, 知れませんさ, 知れませんよ, 知れんが, 知れんの, 知れんよ, 知んねえよ, 考へずに, 遠方に

▼ ゐるばかり~ (330, 0.4%)

57 だつた 26 である 25 であつ 2014 なの 11 では 7 でした 6 です 4 で, なので 3 でお, で何, で決して

2 [14件] だが, ぢや, であ, であたり, であるが, でございます, でなく絶えず, でひとり, で上, で人, で何とも, で無い, なのよ, 誰も

1 [119件] じや, すっかりあの, そして其の, それで全, それも, だつたが, だつたので, だよ, だらう, だ処, だ命, だ馬券, ちらちら動く, であって, でありました, であります, である人, である時, でいつか, でいはば, でこつちから, でございましたところ, でしたが, ですわ, でそれ, でついぞ, でどんな, でな, でなく, でなくおそらく, でなくすこし, でなくその, でなくそれぞれ, でなくたぶん, でなくて, でなくほか, でなくやはり, でなくよし, でなくわれわれ, でなく一国, でなく例へば, でなく割によく, でなく各, でなく哲學, でなく唇, でなく唐, でなく多分, でなく学校経営, でなく新, でなく更に, でなく朝廷, でなく歴史上, でなく演劇, でなく澄江, でなく自分, でなく自由自体, でなく近年, でなく進んでは, でなく館内, でなし, でひげ, でも, でもう, でもつぱら女, でやはり, で一向, で一向に, で下駄, で世間, で人影, で他人, で何ひとつ, で何ん, で何時, で余計, で全部, で化石, で取合, で口, で古い, で容易, で小説, で我々, で文字一つ, で断乎, で日蔭げ, で本, で泉水, で滅多, で無く, で牛, で現, で男體山, で畜財, で睡眠, で矢張, で義男, で肚, で花, で苛立たしい心持, で葦原醜男, で足, どうしてもカムパネルラ, なら可, なら未だ, もう支那人, 一年の, 人気の, 八五郎の, 圖書館の, 夏の, 岸に, 意識百方に, 私は, 襞といふ, 見渡す隅田川, 話と, 金の, 黙つて

▼ ゐるかの~ (326, 0.4%)

143 やうに 63 やうな 29 やうで 10 やうだ 9 やうだつた 7 やうである 4 如く見える 3 女の, 様に 2 やうでした, 女が, 樣に, 観が

1 [47件] ごときあらゆる, ごとくまた, ごとく思はれるので, ごとく素晴らしく大きく, やうな喚き, やうな浮ついた, やうな話し, やうな飲んだくれ, やうにも, ように, 何方か, 問題では, 夢見顔で, 女には, 如きタフト候補, 如き意見, 如き感, 如き状態, 如き現代インテリ界, 如き腺病状態, 如き諸, 如き輩, 如くで, 如くに, 如くみえたなら, 如くデリケート, 如く傍若無人, 如く思ふけれども, 如く烈しい, 如く矢ツ, 如く見えた, 如く面白く, 心地, 感を, 慎ましき, 敬虔な, 旧正月十二日, 旺盛な, 柳家三亀松は, 様にすら, 様子で, 模様で, 樣な, 研究を, 脚どりで, 青白い顔付, 風情である

▼ ゐる~ (276, 0.4%)

12 がある 11 である 9 を見る 7 だつた 4 なの, のもの 3 から見る, であつ, であるが, では私, にある

2 [13件] から主, から派生, から見れ, があります, が多い, が見られます, では藤野さん, なん, はどこ, へは入れない, もある, をお, をそつ

1 [188件] からたよわめ, から今日僅か, から出た, から問題, から手, から水, から生じた, から生ずる, から聖ロツキユウス町, から見, から起つた, が, がありました, がありまする, がない, がやしろ, が世界, が元, が全部, が判, が好い, が既に, が書い, が眼, が見えなくなりました, が見える, が連中, だ, だけである, だけに流れ, だぞ, だった, だといふ, だ玄關前, であり其処, です, ですと, ですね, ではこれ, ではその間, では直覚的, では非常, でも察せられる, でも沙埃, で云, で只今, で有る, で母, で真赤, で神明館, と考へ, と言, なぞを私, などいかにも, などそんな, などは一つ, など買, なれど, なんぞは大黒天, にこの, にだけ一つ残つて, にはまだ, には不用, には住み付かれない, によつて, によれ, に人家, に其女, に咲い, に小さな, に従, に接し, に新古, に比べれ, に特に, に築山, に視点, に起る, の, のある, のプロレタリアート, の全, の六經, の幼弱, の文字, の爾雅, の首桶, の騒ぎ, の黒い, の黨與, はいはず, はない, はよく, は一度, は丁度, は削, は小さい, は小さな, は殆ど, は津屋崎, は石垣, は確, は蜜柑畑, は誰, は象徴主義, は随分, へ, へあの, へあんな, へその, へぬ, へびつくり, へズン, へ一人, へ五郎, へ使, へ倅, へ側, へ偶然, へ出, へ出た, へ坐らせた, へ堀, へ売り, へ家, へ幅一尺二三寸, へ役人, へ往, へ折, へ政雄, へ昭和九年, へ書生, へ来た, へ来る, へ案内, へ森川町, へ死去, へ母, へ派遣, へ湯殿, へ甥, へ私, へ給仕, へ行っ, へ裁判官警察山林官聯合, へ襲つて, へ誰, へ誰か, へ走つ, へ踏み込ん, へ蹌踉, へ近江屋, へ這入, へ門野, まで来ました, まで聞えます, もあつ, もあります, も多い, よりお前, よりもずつと古代, より推測, らしかつ, をちら, をのぞい, をみる, をわたし, をギシ, を一時君, を以てすれ, を作る, を其呪詞, を大きくふかく, を御覧, を想像, を掘, を探す, を知つて, を見, を見せる, を見れ, を見付けた, を見廻, を讀んだ, を通, 即ち砂, 守りてのみ, 迄遣

▼ ゐる~ (270, 0.3%)

47 うだ 41 うである 28 うだが 16 うです 12 うぢ 10 うですが, うですよ, うな 9 ういふ 6 うだから, うだつた, うで 5 うした, うですね 4 うであるが, うですから 2 ういふ風, うして, うだな, うだね, うですねえ, う思ふ

1 [39件] ういつた, ういつた事情, ういふところ, ういふ事, ういふ意味, ういふ混血兒たち, ういふ町, ういふ間, うだあんな, うだがと, うだそれ, うだと, うだよ, うだ又, うだ容易, うだ敬ちやん, うであります, うでこの, うでございますから, うでございますね, うですからね, うですな, うでそこ, うで下, うで伝説, うで先刻, うで名前, うで常, うで男, うで道具, うなとかと, うよ, う云つて, う言, お前は, つそく折つて, まであつ, 大概照ちやんの, 解つてゐれ

▼ ゐるその~ (261, 0.3%)

3 女の, 姿の 2 すが, 中で, 中を, 事を, 年八月二十五日の, 手を, 点が, 辺の, 顔は

1 [237件] あたりからの, あわただしい跫音, いぎたない風景, うめき声に, おそい信濃, おちんこ, お園, かげで, くすりの, くせはつきりした, くだけかた, ことが, ことは, ごつ, そばへ, どんづまりがだらだら, ま, まっ白な, むつまじさ, やうな, やうに, やはり背高, やること, テキストから, バイブルの, パッカアドの, パラソルは, ベッドの, ボロボロの, ヤキモチの, 一つが, 一つを, 一つ木に, 一行の, 万畳敷とでも, 上に, 下の, 中でも, 中に, 中の, 中央に, 中央の, 云ひ, 人々でも, 人間の, 傾斜が, 先は, 先端に, 入口の, 兩部落發生の, 共通の, 冠木門を, 冬枯の, 冷たく重い線, 処置が, 出が, 出来上つた作品は, 前の, 前へ, 原因那辺に, 又ロツペ, 友人を, 口の, 古い骨, 可笑しな, 右の, 名を, 名前を, 向に, 唇を, 唇辺に, 嘆きの, 土地の, 声は, 夕暮に, 大将を, 天鵞絨の, 夫の, 奥で, 奥州は, 女を, 女学校に, 妻にと, 妻君に, 姉らしい, 娘に, 子どもの, 子供は, 子猫は, 孤独さを, 学生と, 家には, 家の, 容子の, 山の, 山坂を, 山本さんに, 山間での, 左に, 左翼的な, 巨樹を, 帯を, 帳場の, 幸福も, 幾重もの, 建物は, 当人は, 影とともに, 思に, 性情でした, 恋心を, 恐ろしい崩壞, 息づかひが, 情味は, 意味であり, 愛蘭人の, 感情が, 手には, 指が, 指の, 指導が, 撓を, 攻撃の, 教へ, 教養が, 文化なる, 新木材, 明日に, 時の, 時代を, 最中を, 木かげの, 木の下に, 村の, 果敢なさ, 枝ぶりの, 柔かい肩, 柱頭に, 格子戸を, 梅の, 棒の, 様子から, 様子に, 様子を, 檻の, 死の, 死因は, 母を, 母親の, 水の, 水を, 流れを, 火の, 災難の, 煙草を, 物と, 物を, 現象の, 理の, 男, 男である, 癖少し, 白い手, 白い頑丈, 白浪の, 百合の, 皮を, 監房でです, 目的に, 真中や, 眼から, 瞬間もし, 矢の, 研究態度は, 破片を, 硫黄の, 種の, 筈だ, 精巧微妙な, 絵葉書を, 緊張した, 線上を, 罪半分である, 美しい妖女, 美しさ, 翼に, 老尼さま, 肉体の, 股や, 背景には, 腕と, 膝の, 自然の, 良人に, 花さへも, 若さ, 苦しさ, 苦しみには, 菓子を, 萬疊敷とでも, 葦の, 蓮池に, 蔓が, 薄汚れた, 薪に, 薪の, 観方, 角に, 角は, 言葉とを, 訴へが, 詩人が, 變化に, 貸本屋の, 邊は, 部屋は, 酒を, 鋭い余韻, 鎖を, 附近には, 限界内で, 隙に, 雰圍氣, 震動を, 音が, 頂に, 頃は, 頸を, 頼りない, 額が, 顏の, 顔の, 顔を, 鬼は, 魅力が, 鯉の, 鼈甲の

▼ ゐる~ (248, 0.3%)

108 である 6 があつ, であつ, なの 4 がある, がゐる, だつた, の眼, の顔 3 だと, であらう, でした, のやう, の心, の方, を見た

2 [19件] がなかつた, がゐた, が云, が私, だが, だらうか, です, と女, なん, にろくな, のこと, の一人, の影, の独占, の頭, の顏, もあつ, や女, をそんなに

1 [133件] か, があるだらう, がどちら, が一人, が一年, が一方, が両脚, が二人がかり, が今, が他, が偶, が即ち, が受取る, が叫び出した, が国元, が土左衞門, が在, が多い, が大分, が山田さん, が彼, が彼女, が手, が時々, が東京, が横, が若い, が鉄斎, こそその, さう, その運命, だから, だけがひと, だし, だつたの, だとも, であ, であるか, であるから, ですがね, でもなかつた, で今度横浜, で坂, で毎日新妻, で試験, といふ, とそれ, とも見えなかつた, と知り, と若い, と視線, と話, などを非常, など何處, なので, なら私, に, にかう囁やいた, にでも知己, にとつて, になつ, には妻, に何やら, に倒れ, に可, に声, に売つ, に此, に移し, に言, に話, に読まし, に関係, に雜煮, に頼ん, のうしろ, のところ, のわき, の傍, の前, の口, の声, の如き, の姿, の子供達, の実家, の後姿, の愛, の所, の投げ出した, の老, の肖像, の表情, はその, はだしぬけ, はなかつた, は今, は何十人, は俯向き, は別れた, は午過ぎ頃, は古宇, は壁一重, は居合さなかつた, は後光, は房一, は旅中, は此方, は神様, は私, は紛れ, は結婚, は良平, は蒼い, は軍治, は随分, ばかりで, へ対し, まさりの, もある, もそれから, も少く, も雇つて, をさつき, をちら, を下, を御存じ, を想像, を指し, を私, を覗き, を近頃, 同じ馬車

▼ ゐるかと~ (243, 0.3%)

44 思ふと 22 いふと 18 云ふ 10 云ふと, 思へば 9 云へば 8 いへば 5 思はれる, 思はれるやう 4 問ふ, 思はれた, 言へば 3 いふこと, いふに, 思つたら

2 [13件] 不思議に, 問うた, 問はれ, 嫉い, 思つ, 思つた, 思つてゐたら, 思ふ, 疑はれた, 疑ふ程, 私は, 見ると, 言ふ

1 [65件] いくらか浮いた, いつて, いひあたい達, いひますと, いふ事, きくから, さへ, その道の, みれば, 云つた, 云ふこ, 俺は, 入れて, 呟きたい, 問うて, 問ふと, 嘲笑した, 尋ねたところ, 心配しました, 思つたのである, 思つてちよいと, 思つてふい, 思つてよく, 思つてゐる, 思つて一寸来, 思つて何本よりも, 思つて余り馬鹿に, 思つて問う, 思つて苦笑し, 思つて頸を, 思はる, 思はれるの, 思はれるほど, 思はれるほどの, 思はれるまた, 思はれる様子, 思はれる程, 思はれる老人, 思ひますと, 思ふだけ, 思ふの, 思ふやう, 思ふ位, 思ふ程, 想像する, 探つて, 深く感激, 熊川忠範は, 申しますと, 白石が, 義雄が, 考へて, 聞いては, 聞かれた, 自問自答し, 見られた, 言つた, 言ふこ, 言ふと, 言へ, 訊いた, 詰問する, 譬へば道, 質ねました, 遠いひと

▼ ゐる~ (233, 0.3%)

144 やない 76 やありません 4 やア 2 やございません, やねえか, や無い 1 や, やらう, や無え

▼ ゐる~ (231, 0.3%)

4 に私 3 に, にその, にふと, に夢, に郎女

2 [14件] にいつ, にうち, にすぐ, にそこ, にそれ, にだ, にだんだん, に一行, に何時, に次第に, に段々, に源太郎, に猛烈, に自分

1 [184件] いつかうと, からいつも, からひよろひよろ, から代表的, から小さい, から巾着一つ, から彼, だのに, で, であつ, でさも, ですから, でどうして, でま, でも思量, で三人, で修一, で公爵, で墨子, で姉, で己, で忙しく, で燈火, で聖マイケル, で舟橋聖一氏ひとり, で頭, で騒ぐ, にあ, にあんな, にいつの間にか, にいろいろ, にうちまじ, におのづと話題, におや, にかれ, にきっと, にころり, にこんな, にさかい, にしどけなく, にす, にそつ, にた, にちよいちよい話, につい, にどうか, にどうやら, にはあの, にはお, にはその, にはひとりでに, には復, には気, には種々, には自分達, にひとり懐手, にふつ, にも, にもいつか, にもう, にも存外, にも時, にやつ, にヨーロツパ, にレリイフ, に一人, に一日偶, に一條, に一羽二羽, に下人, に不思議, に不運, に両者, に五十年, に今, に何, に作中, に俄, に信一郎, に個々, に先生, に先程, に前, に十年余り, に千代松, に千八百八十二年, に半開, に又, に口ん中, に地方行き, に墓前, に変, に外国, に夜, に大人前, に実に, に宮崎, に平次, に形式, に彼女, に忽ち, に急, に悔, に意味, に扉, に手強い, に描写性, に日, に早, に晴れ, に曲りくねつた, に最初不良少年, に有, に本気, に柔らか, に樹, に次, に此, に母, に氣, に特に, に現に, に瑠璃子夫人, に男二, に發車, に目的, に相手, に眠く, に眩ん, に硝子函, に立つ, に粟田口, に美奈子, に老, に脚, に自然, に般若方等, に芝居見物, に茶の間, に誤り, に誰, に近江屋, に遙, に都會風, に酒席, に長崎, に雁, に雲, に頭, に黒人, に黒雲, の一個所, の姉, の船小屋, はいくら, はそんな, は友人, は大抵, は悲しく, は目, は穢れ, ふと遊びついで, ふと高橋虫麿, へ平次, へ正面, へ這入る, へ銅, へ鳥居, やがて折革包, を, をお, をお母さん, をかうし, をさま, をし, を一疋, を一筋, を囚人, を小さい, を帰つて, を折角, を渠獨, を肩, を観客

▼ ゐる自分~ (225, 0.3%)

20 の姿 7 を見出した 6 の心 4 を見出し 3 に気, に気がついた, に気づいた, のやう, の心持, の愚, の足, を発見, を見出す 2 にとつ, に気づい, に気付き, の中, の声, の方, の背なか, の身, を感じた

1 [143件] がいとしく, がひどく, がをかしく, が一層, が何だか, が影, が恥ぢ, が来ない, が気恥しく, が癪, が見え, が親身, が解らなかつた, が首, すら他人, だ, だけを意識, だつた, だといふ, だ利己的, であつ, であること, ではない, と, といふもの, といふ者, としては自分, と同じ, と田部, などは恐らく, なの, に, にし, にはそれ, にみとれる, にやりきれなく, に取, に少し, に感涙, に気付い, に氣, に脅える, に驚いた, の, のあた, のからだ, のこと, のこのごろ, のごとき, のそして, のその, の両足, の仲間, の体, の作, の信仰, の傍ら, の内, の友人, の名前, の大, の女房, の妹, の娘, の家, の差料, の影, の影法師, の性質上, の意氣込み, の慘め, の母親, の気待, の浅まし, の現在, の直ぐ, の眼, の神經, の立つ, の義弟某, の肉体, の肉體, の背中, の胸もと, の腹, の膝頭, の表情, の袂, の責任, の蹠, の身体, の身勝手さ, の身體, の躯, の部屋, の預り, の顏, の顔, の顔色, の馬鹿さ加減, はあまり, はこの, は何と, は全力, は命限り宇宙, は寧ろ, は幸, は生活, は自分, も, も父, よりも年, をいかにも, をこれから, をさ, をちやん, をとり, をはるか, をまだまだ, をみとめたなら, をやつ, をより, ををかしがり, をチヤホヤ, をチラリ, を古本屋, を崩, を彼, を心, を意識, を感じる, を持つ, を描き, を痛々しく, を瞶め, を知, を考へる, を自分自身, を見, を見た, を見つけた, を見つめた, を視詰めた

▼ ゐるとは~ (219, 0.3%)

32 云へ 12 言へ 5 思はない, 思はなかつた 4 思へない, 思へなかつた 3 言ひ, 限らない

2 [18件] どう云, 中, 何と云, 信じて, 少しも, 思つた, 思つてゐない, 思はないかね, 思はなかつたわ, 思はぬ, 思はれない, 思はれなかつた, 思へなかつたの, 考へられない, 考へられなかつた, 言つても, 言へる, 限つてゐない

1 [115件] いくまい婦人, いつてる, いふものの, いへ, いへそれ, いへたいへん, いへませんでしたが, いへ上, いへ九十三歳, いへ幕府, いへ鋭, うれしい幸, おもは, ぢめて, ついぞ想, どうしても思はれなかつた, どうしても思ひ切れなかつた, どうしても考へられない, どうも思はれない, ほんとうに, まあ何, ゆき子は, デタラメ千万い, 一口に, 一向気, 云つてゐる, 云は, 云はれません, 云ひ, 云ふ, 云ふも, 人に, 今でも, 今は, 今更に, 何といふ, 何と冥利, 何んといふ, 何事だ, 何事です, 信じられないいやいや, 信じられないが, 信じられないし, 信じられなかつた, 信じられません, 初耳で, 勿論い, 夢にも思はなかつた, 大自然, 如何した, 如何に, 如何にも不敏, 実際何, 宣言しなかつた, 彼等にと, 思つてゐません, 思つてを, 思はず自業自得, 思はないけれど, 思はないだらう, 思はないで, 思はなかつたああ, 思はなかつたかい, 思はなかつたといふ, 思はなかつたの, 思はぬらしかつ, 思はれない節々, 思はれない鐙, 思はれぬ, 思はれぬやう, 思はれません, 思ひたくなかつた, 思ひません, 思ひませんから, 思ひも, 思ふけれども, 思へないなか, 思へないやう, 思へない作, 思へない彼女, 思へませんが, 恐らく百年, 想ひも及ばなかつた, 想像も, 想像出來ない, 気づかれぬおもむきであつ, 決していへまい, 滑稽千万だ, 物騒千万, 知らずに, 知らない, 知らなかつたのね, 知らなかつたよ, 知らなん, 知りながらも, 知りませんが, 考へない, 考へなかつた, 考へられぬ, 聞いたが, 聞いて, 自分に, 見うけられない, 見えない, 見えぬ, 言はれない, 誰が, 誰の, 誰れ, 身づか, 限らないと, 限らないといふ, 限らないの, 限らぬ, 驚くべきこと

▼ ゐる~ (203, 0.3%)

31 である 16 に見える 1511 な気 8 です 6 になつ 5 に思はれる 4 であるが, なもの 3 だが, に見えた 2 でした, でも, な心地, な気持, にも見える, に取れた, に思へる, に考へ, に脇目

1 [79件] がはつきり, が大いに, が見たい, だし, だつたが, だ位, であります, であるから, でして, でたむつ神, で家族, な, なこの世, なものの, なもん, な下級, な事, な人, な人々, な処, な国粋, な声, な姿, な小さな, な形, な心境, な心持, な所, な文字, な村, な歌口, な気色, な石狩平原, な調子, な陰翳, な頬骨, にきこえる, にさ, にしか取れない, にしたかつた, にしよう, にたま, には見えなかつた, にもなつ, にも思はれる, にやつ, に修養, に先づ屏風絵, に内部, に唱, に宮, に思つた, に思はれ, に思はれた, に思ひます, に思ふ, に感じられた, に感じられる, に旨く, に歌, に皆言, に確か, に私, に聞える, に聞こえた, に聞こえる, に聴, に貞操, に響く, は, はあはれげ, はすさまじく, は又, は来迎藝術, は誰, をい, を想像, を眺め, を私

▼ ゐる人間~ (198, 0.3%)

64 がある, がよく, です 3 である, ならば, のやう, の姿, の眼, の顔 2 だつて, でどうか, ではなかつた, にとつて, のこめかみ, の声, はまだ

1 [148件] かといふこと, からいきなり, から給料, があつし, がいささか, がかかつ, がさぞ, がぬつ, がやむを得ず, が一番氣, が何ん, が吐き出し, が如何に, が存在, が幾人, が必要, が敬意, が最も, が東京, が歴史, が死, が滾れ, が無, が現在, が眼, が腰, が金, が銀行, が隠れ, こそまことに, だけが文化, だぜ, だとは, だよ, だらうか, であつ, でありますから, であるが, であること, でさ, でした, ですから, でなければ, でも例へば, でも兎, でも死んだらそれつ, で巧, で相手, と, といふもの, との間, とは人間, とは思へない, と云, などは何, なので, なんか惨め, なんぞに俺等, なんて仕方, なんで, について, には判らなかつた, によつて滿, に保証, に出来得べき, に対してももつ, に惡るいこと, に見えた, のいきれ, のうち, のからだ, のする, のため, のもつ, の世界, の仕業, の仲間, の光り, の商売, の奧底, の家屋, の心, の惨死図, の果敢ない, の様子, の為め, の特徴, の生活, の真面目, の素面, の腰, の裡, の身體, の集り, の頭, の顔つき, の魂, はあの, はいくらでも, はいふ, はこの世, はこれ, はさぞ, はただ, はどう, はどうして, はどの, はなくなる, はギヨツ, は之, は今日どこ, は今時, は何れ, は先づ悧巧者, は動物, は子供, は実に, は滅多, は癩患, は皆, は私, は首, ばかりなん, ばかり訪ね, への映像, もある, も亦, も四十五六, も多く, も少く, よ, よりもつねに, よりも巧妙, よりも遙, を, をここ, をのぞき込ん, を尻眼, を戸外, を押しのけ, を無惨, を生き, を眺めたなら, を突く, を脇差, を見かけなく, を観察, を軽く

▼ ゐる樣子~ (197, 0.3%)

93 です 11 でした 96 であつ, である, ですが 4 でしたが 3 だから, はたまらない, はなかつた 2 だつた, だつたが, だよ, で, なので, を見

1 [41件] があつ, がちらりと, がなかつた, がはつきり, が如何にも, が妙, が手, が自分, だが, だし, だつたけれど, だね, だ何處, でございました, でございますが, でしかも, ですよ, でど, でなか, では八五郎, でもじもじ, で何, で何かと, で何ん, で昨夜, で毛, にその, に感, に見えた, は天長節, は無い, は肉體的, は隱, もありません, もなかつた, もなく, も見えません, を少々, を看破, を私自身, を見る

▼ ゐる~ (196, 0.3%)

7 の姿 5 だ, であつ 4 がある, の顔 3 である, の人, の声, の顏

2 [11件] があつ, だが, なの, のひと, のやう, の影, の手, は神巫, をよく, を見かけた, を見た

1 [137件] あり, か, かさ, から目, が, があります, がさき, がそれ, がどうして, がどんな, がゐた, が一層, が二三人匙, が二人腹這, が云, が全く, が別, が多い, が多く目, が妙, が寢卷, が居る, が得, が怖く, が男, が自分, が衣服, が變死, が随分, さ, だつて, だて, だわ, であるから, であること, でさ, でせう, でその, ではなかつた, で其狹, で千人, で芥川, で青木さん, とがゐます, とどう, とは違, と相, と知合, と関係, と髪, などもゐ, なん, にか, にこれ, にしかみえない, に向, に安心, に就, に渡した, に謝, のこと, のごく, のみにく, のもと, の一人, の一人位, の上半身, の事, の住む, の先生, の児, の前, の名, の夢, の寝床, の弱味, の心, の心持, の敷いた, の方, の枕元, の横顔, の気持ち, の洋服, の爲め, の生活, の眼, の着物, の知らせ, の笑, の耳, の肖像, の股, の背景, の腕, の自分, の衣服, の視線, の親, の論理, の身体, の身近, の鋭い, の面影, の頬, の髷, はありませう, はいつも, はかういふ, はさちよ, はやはり, は一人, は不機嫌, は今宮, は僕, は冷然, は憂欝, は戸籍上, は男, は白い, は皆んなお多福, は矢田津世子, は見事, は賤業婦, は部屋, もゐた, も五十銭, も男, も私, やら, をもう一度, を情人, を抱き, を獸, を眺め, を私, を見ました

▼ ゐる~ (193, 0.2%)

8 文の 5 光の

2 [20件] くみには, くみは, さわの, せいの, ちかを, つさん, てんた, ふみの, 千世などを, 君さんに, 孃さんの, 定は, 定へ, 月さまの, 梶が, 町は, 神樂の, 關の, 雪が, 靜の

1 [140件] いとしいと, きまりの, きみは, きみを, さとが, さわを, すゑの, せきの, ちかの, ぢいさん, ぢさんだらう, つとり, ひまなら, べん, まつりは, めへを, もひ出せ, ゆきそれを, 三輪が, 互だ, 互ひ, 京の, 京を, 仲は, 位牌ををが, 信に, 信を, 元といふ, 光に, 光は, 兼に, 内儀さんの, 利加おばさんの, 勢との, 医者さんで, 医者さんの, 医者達の, 友達に, 吉と, 吉を, 君を, 品だ, 囃子連の, 國が, 園は, 園を, 城を, 墓なども, 夏といふ, 夏の, 好み焼を, 婆あ, 孃さんに, 富の, 小姓の, 小間使の, 島さんが, 崎を, 常は, 役人が, 扇が, 春の, 時の, 月様を, 梅の, 椀の, 母に, 比奈さんは, 比奈は, 猪野と, 猫さん, 猫さんと, 由利とかいふ, 由良ぢや, 百に, 百合を, 百姓さんに, 百姓を, 皿には, 祖父様の, 神さんに, 福の, 秋といふ, 稚子はん, 立會の, 篠といふ, 篠の, 米が, 米の, 粂さんが, 粂の, 粒の, 糸といふ, 紋だ, 紋といふ, 組に, 絹と, 絹の, 綱の, 舟も, 艶が, 花見の, 芳を, 若といふ, 茶漬に, 菊の, 菊までも, 葉の, 蝶の, 角の, 谷といふ, 豐をも, 辰の, 通さんだつた, 道でした, 道といふ, 道は, 酉に, 銀の, 隣りの, 雪と, 雪は, 霜婆さんは, 静は, 靜に, 靜は, 靜や, 首の, 香代, 駒と, 駒に, 駒の, 駒を, 魚も, 鳥に, 鳥の, 鳥は, 鳥を, 鳥をかば, 鶴を

▼ ゐる~ (190, 0.2%)

95 せう 9 せうね 8 せうが 7 あらうが, あらうこと 6 あらう, せうか 5 あらうし, せうから 3 あらうから, あらうと 2 あらう文子

1 [34件] あらうけれども, あらうな, あらうに, あらうもの, あらう不屈, あらう主婦, あらう兄, あらう向う岸, あらう女達, あらう妻, あらう月光, あらう杜鵑, あらう灯台, あらう点, あらう百合子, あらう自分, あらう辻, せうこの, せうし, せうその, せうそれ, せうそれから, せうよ, せうハヽヽ, せう云, せう仮装, せう僕, せう千駄木, せう幕府, せう秋ちやん, せう裾模様, せう身上, せう近代的, 悟空は

▼ ゐるけれども~ (170, 0.2%)

9 それは 5 これは 2 お客の, さう, その部分

1 [150件] ある時, いくぶんで, いざ現, いつもそれ, おれは, お前さんみたいな, かう言, きんは, こつち側, この, この事, この仕事, この地面, この手記, これに, これ以上書く, これ又, さうかと言つて, しかしあれ, しかし本, しかし狐狸虫類, しかも何, そこには, そしてその, その一文, その男, それが, それでもその, それ以上に, た, つねに意識, とてもあすこ, ともかくいつか, ともかくそんな, どことなく小, どこやら, どちらも, どれだけ, なんだかその, なんとなく戦争, はじめは, まだ一般市民, まだ乱れ, まだ云, まだ出来さう, まだ土地, まつたく新しく, もうと, やはり大里町子, ジャワには, 一人飲む, 一歩河筋へは, 一癖ありすぎ, 之のみが, 二条后, 些と, 人家櫛比南は, 今日は, 今見る, 他の, 信者は, 僕の, 先づ殆ど全部に, 全然人間並み, 全體, 其がも, 其れ, 其を, 其上に, 其變り, 内容は, 別に, 危険この, 又最も, 各々職域, 同時にまた, 同胞にも, 地球が, 夕頃に, 大體, 天使にと, 女房よ, 姉は, 存外本当, 学者や, 學士自身は, 実はそれ, 実は飾り, 少しでも, 尚力強い, 尤もらしく見え, 常に一刻, 幌別では, 庄内地方の, 弾力が, 彼が, 彼の, 彼は, 彼女の, 心配も, 快楽とか, 怪しからぬ, 恐らくは誤り, 意識は, 技巧といふ, 拱門と, 文学自体の, 正しくうたてと, 死体の, 毎晩黙, 比較的古い, 江戸時代の, 派手な, 物質的な, 現代の, 現在の, 現実に, 痛くは, 百度以上と, 相手が, 真偽の, 眼鼻立ちは, 神様が, 私だ, 私に, 第二, 紙上で, 結局それが, 結局講談本でしか, 緩く働く, 繁華な, 腹の, 自分が, 自分の, 自分は, 色の, 芝居の, 苦しい辛い罪悪, 裝飾の, 製法が, 要するに観念, 見ま, 読んで, 誰も, 逆に, 遂に支, 離婚しよう, 頬の, 題材も, 齊中也と

▼ ゐるため~ (167, 0.2%)

7 にその 6 であらう 5 である 4 だと, に 3 だ, にこの, に偉大 2 であ, であると, ではない, なの, にいつ, に幾分, に闇

1 [118件] か, かお, かし, かそれとも, かもしれぬ, かも知れません, かを反省, か一向もう, か一度, か三人, か何となく, か大変淑やか, か嫂, か幾分黄色味, か彼女, か普段, か白く, か石, か落ちつい, か酷く, か飽くまでも, だった, であつ, であり同時に, であること, ですが, ではなく, では決して, でもあ, でもあつ, でもあらう, でもない, にあの, にかう, にかへつて, にかへつて大層, にくる, にさう見えた, にしかも, にすぐれた, にすつかり埋ま, にせめて, にそこ, にそんな, にで, にな, になにか, にほんの, にむしろ, にもはや, にわざと, に一人, に一家, に丁度一種, に三日, に不幸, に世, に二人, に他, に何, に充血, に千頁, に卑しい, に却つて, に句, に同行, に向う, に哲學, に国民, に大人達, に実感的, に平均, に底, に彼, に我々, に或は, に所謂傑作, に昨日來, に時々, に榛名富士, に機会, に浅はか, に特に, に現在, に生じた, に生れた, に男, に画家, に皆樣, に皮張り, に益々, に科学的研究, に腹部, に自ら, に自分, に自然, に舌, に薄暗い, に訣ら, に読む, に谷, に軽便, に近年, に速い, に運動不足, に過つ, に違, に還つ, に陰, の痛み, ばかりに殊更, もあらう, もある, よりも時代, 余計綺麗, 早くから商家, 見學, 黒い姿

▼ ゐるこの~ (164, 0.2%)

5 家の 2 一群の, 人の, 女が, 家では, 義妹の, 頃の

1 [147件] あかりは, おれが, おれの, ことである, すがた, ひなか, へんの, もの悲しさ, カッフェを, ヅボンは, ノートは, ホテルは, 一隅が, 世界に, 事は, 事実を, 二三日来の, 二人と, 二人に, 二人は, 人に, 住居の, 作家たちの, 作者は, 俳優達の, 俺の, 借りた人, 優雅な, 劣惡な, 動詞に, 勝手口には, 北君位の, 原を, 友人と, 叔母に, 句の, 名優が, 周章て者, 國の, 土地に, 土地の, 土瓶の, 地下層の, 地方は, 地方も, 地面とが, 坂の, 型は, 墨絵の, 声が, 外の, 大地の, 大湖水, 女の, 女形が, 好人物に, 子供の, 學校の, 宗教家の, 家だ, 家は, 家を, 小馬, 山肌に, 度の, 廃墟では, 建物の, 怪奇小説を, 情態が, 惡趣味代は, 愉快な, 意味で, 感情に, 戦車が, 戯曲は, 手紙は, 文章は, 新しがり, 春寝つく, 時には, 時我手許より, 書翰は, 月を, 木曾の, 末娘の, 東京の, 桂月氏の, 森はちよつと, 様な, 比加根山の, 流浪人の, 海原も, 温泉宿は, 湖の, 灰色の, 点で, 猿共の, 生ひ, 生命といふ, 男の, 町の, 町は, 界隈には, 畫の, 癲癇の, 相手と, 秩序は, 種の, 空気の, 素ばらしい, 美しい若い女, 考へに, 背広は, 自我といふ, 船が, 色に, 花は, 若い女性, 若者の, 草の, 草原を, 葉藏では, 蝗の, 街道一の, 親しさ, 言葉の, 言葉を, 評は, 賢明に, 足で, 身を, 道路は, 遠い街道, 部屋の, 部屋を, 酒が, 長い長い柵, 開かずの, 陰鬱な, 青年に, 青年の, 非常時局を, 頃これ程, 駅長に, 高い気組, 魚族を, 鱒とりの

▼ ゐる~ (163, 0.2%)

5 では 4 がいい, が好い 3 がい, が多

2 [11件] がまし, がよほど, が何, が余程, が好き, だ, です, の側同志, は豚, へ, へと歩い

1 [122件] から遊び, が, があと, がいくら, がいま, がこんなに, がずつと面白, がそのもの, がふさ, がまあどんなに, がまだしも, がやつぱしわたしらしかつた, がよい, がよかつ, がよろこぶ, がよろし, がよろしい, がわるいともい, がイタリイ, が一層, が似合, が何れ, が却つて幸福, が埒, が多い, が大好き, が天下, が女, が好, が好から, が安全, が寧, が幾人, が悲壮, が愉しい, が救, が新しい, が未, が気味が悪, が気楽, が物, が痛々しく, が筋道, が見た, が見物, が親不孝, が退屈, が速い, だつた, だつたが, だと, であつ, であります, であり弁才, である, でお, ではらはら, でも, で妙, で恥しく, で莫迦, で退屈, とは大, と結婚, なら不肖私, にはそれ, には見慣れ, にも何, に大方, に引返した, に戻つた, に違, に都合, ね, のかけ, の側, の兎, の写真, の前方, の惱, の手, の目, の眼, の端, の肉, の腕, の言葉, の鍵, はありません, はその, はた, はどつちだ, はない, へあるい, へと出, へ伴, へ出, へ向, へ引き返し, へ拉せられた, へ曲, へ歩み寄つ, へ歩み寄つた, へ益々, へ眼, へ足, へ近づいた, へ進ん, へ頭, へ顏, もあります, も氣, やこれ, よりも胴上げ, をじ, をちらりと, をながめ, をゑん, を呑んだ, を見た, を見ます, 善くその

▼ ゐる様子~ (160, 0.2%)

27 であつ 17 だつた 11 である 5 だつたが 3 が見える, なり, を見る 2 がいま, だ, であるが, でした, です, でもあつ, もなく

1 [77件] かへつて, からで, があり, がありあり, がう, がた, がなにか, がはつきり解, が一角, が小母さん, が愉快, が瑠璃子, が生垣, が目, が私, が見え出し, だから, だが, だつたので, だのその, だ安心, でしたチャラピタ, ですが, でど, で其の, で安, で小走り, で微笑ん, で此, で沈湎, で湯殿, で神様, で禅師さま, で私, で近寄, どうかした, なども思ひやられ, なの, なので, に奥様, に細君, の雪子, は, はありません, はかう, はそつくり, はちやう, はなく, はみえた, は何とも, は余程, は哲学者, は天晴れ姐, は滑稽, は無い, は絵, は見えない, は誰, もなかつた, も見えない, をうしろ, をチラリ, をミトローニク氏, を冗談めかしく, を彼, を思ひ出した, を戯れ, を歌, を眺める, を眼, を知つて, を素早く, を考へる, を見, を見せまい, を見た, を見ます

▼ ゐる~ (158, 0.2%)

9 の姿 4 の眼 3 のこと, の女

2 [12件] がのし, である, にとつ, には最初, に幸福, の傍, の方, の様子, の風貌, はそんな, もまた, を見出す

1 [115件] がその, がなんと, が十一月, が手押車, が殆, だから, だつた, ではない, としてはその, とはすぐ, とを連想, と殆ど, と親し, ならとし子, にかうした, にとつて, にはあたかも, にはこの, にはそれ, には休暇, には好い, には子供, には教科書, に云, に向, に呼びかけた, に対して私, に注意, に近づい, に逢, のいふ, のすべて, のその, のところ, のバアナードシヨオ, の仕事, の体, の像, の前, の友だち, の友人たち, の友人達, の叔母, の哲學, の四歳, の妻, の家, の寢顏, の建物, の感想, の態度, の戦闘ぶり, の所謂, の手, の掌, の枕元, の横, の父, の物言, の生活, の甲斐甲斐しい, の男, の痙攣, の稍冷, の築いた, の細君, の緊張, の緑, の羊齒類植物, の耳, の肩, の腸, の苦惱, の身体, の頬, の頭, の頭上, の顔, の馬鹿, は, はその, はそれ, はどう, はどんな, はもう, はデリケート, はドア, はブツブツ, は世, は九十三歳, は奥, は妙, は孤独, は少し, は屡々, は浪花節屋, は燦爛, は目, は組合, は能, は辛うじて, れを, をたづ, を信じ, を冷やか, を切實, を力一杯, を哀ん, を思ふ, を指, を推, を発見, を眼, を見た, を起さう

▼ ゐる姿~ (157, 0.2%)

6 である, を見 3 であつ, を見た

2 [12件] がお, が見える, は, はまつたく, は仲, を, をそのまま, を往々, を眺め, を見かけた, を見る, を認め

1 [115件] かな, かれら, がうかぶ, がうつつ, がお市の方, がかならず, がここ, がちら, がまことに, がまるで, がみじめ, がよく, が僕, が小さく, が思ひ出せる, が月あかり, が浮ん, が目, が私, が素子, が苦しい, が處, が青い, が風雅, しかし後年, だ, だが, だけがはっきり, だけが頭, だつた, だと, でありました, であるに, でした, です, でもあつ, で息さ, といふもの, とともに目, などそんな, などは一層, などは見た, などを思ひ出す, にはその, には實, に何となく, に僕, に見え, のだらし, のま, のみだつた, の商標, の靜けさ, はあまりに, はいかにも, はさながら, はない, はまことに, はよい, はサトミ, は如何, は実に, は恐らく, は文楽, は時々, は未開, は本, は正視, は江戸開府以來, は目ざましい, は私, は荘厳, は萬事規模, は誠に, は謙一, は鷺, もい, も一度, も好か, や斜, よ, をあまり, をそつ, をただ, をちらりと, をどこ, をみよ子, をよく, を一つ, を写生, を寂しく, を寫させ, を少年, を彼, を得意, を思つて, を思ふ, を想像, を描い, を暫く, を横合, を発見, を私, を空想, を縁側, を見かけなかつたであらう, を視る, を路上, を遠く, を隙, を静か, を靴屋, を首, 丁度ゴム鞠, 即ちいかなる

▼ ゐるとき~ (136, 0.2%)

3 ではない, と同じ, に何 2 などは思はず, に, に私, のこと, のやう, の場合, は

1 [113件] いきなり百草園, おくみ, お惠, お糸さん, お臍, から二人, が一番好き, この二人, そのそば, その国土, その水色, その貧しい, だけが幸福, だけだ, だけは現代, だつたので, ですから, でない, でも別に, でも地震, でも急, とは打つ, なぞはまつたく, など, などは彼女, など母, など祖母, なの, なんといふ, にかかる, にその, にでもおのれ, にはあの, にはどう, にはよく, には一向, には他, には何, には外国, には害, には往来, には心中, には文字, には私, にもひ, にも房一, にも知らず, にも私, にベツド, に向, に夢, に感覺, に是等, に来, に浮ん, に狐, に直ぐ, に神泉, に經驗, に起つ, に起る, の印象, の彼, の徳次, の恰好, の氣持, の深, の癖, の色々, の説話法, はこんな, はさ, はそのもの, はとても, はどう, はひし, は二枚落, は何, は半月, は如何にも, は小さな, は屋上, は彼等, は書斎, は背中, は陳腐, は飛香落, ふいに, ふと, ふと向う, ふと思ひ付いた, ほと, ほろりと, まさにこの, まつたらお前, もありうるであらう, もう事實, もさうだつ, も傍, よりもこつち, よりもねむく, よりも二倍半, より二倍半, 丁度私, 例へば煙草, 大産業, 思ひがけ, 折角訪ね, 生じるの, 突然眼, 荒涼たる自然, 見たやう, 隣りの

▼ ゐるんぢ~ (134, 0.2%)

88 やない 13 や無い 5 やありません 4 やなく 3 やあるまい, や無 2 や, やね, や無え

1 [12件] やぞよ, やつまらなかつた, やな, やなから, やねえか, やもるまい, やア, やテレ, や全く, や天滿宮の先, や敵, や無から

▼ ゐる~ (134, 0.2%)

7 の前 4 があつ, だ 3 のこと 2 がある, で殺し, なので, の主人

1 [108件] あるところ, からは先づ眞正面, か訊い, があり, がね, が多, が大きく, が嫌ひで, が幾軒, が残, が随分, だけに構, だとも, だらうと, だ私, であつ, であるから, である時, です, ですから, ではない, では初, で板塀, で近江屋, といふ家, とか果實, と家, と申します, などはなかつた, などもあつ, などもあれ, なども売つ, など稀, なら買, なんぞ一, なんぞ此, には三人, には猫, には若く, に一つ部屋, に乾し, に二人, に入, に執達吏, に寄つてこれ, に寄寓, に帰っ, に帰つて, に当てはめ, に棒はな, に生れた, のま, のもの, の事, の二階, の側, の南, の垣, の外側, の女, の家主, の小娘, の庭, の形, の方, の牀下, の生活, の竹窓, の細君, の者, の表, の裏手, の赤い, の近く, の雨戸, はこの, はとにかく, は一軒, は二つ, は代々折口彦七, は以前, は助かりました, は古い, は可, は悉く, は極めて, は至つて稀, へあと, へむか, へ出入り, へ同居, へ手伝, へ訪ね, まで届け, もあつ, もなく, も手入, も無い, らしく掃除, をみつけました, を売れ, を建てた, を探し, を搜, を旧家七軒, を紹介, を見た, 汚くるしい書生

▼ ゐる人々~ (130, 0.2%)

2 であ, である, のある, の中, の寸暇, の眼, の間, はあの, もある

1 [112件] があつ, がある, がそれ, がどんどん, がなぜ, がまだ, がみんな私, がをり, が不思議, が多い, が居る, が思ふ, が澤山, が船, その中, その人固有, その緊張, で, であらう, でい, でそれ, とかに解し, との外, ともこの, と大勢, と較べる, にこの, にとつてさ, にとんでも, にのみ自然, にはてんで, には立会, には見えない, には非常, にまじ, にもいくら, にも是非一読, によつて行, に不快, に対して言, に對, に新鮮, の, のうち, のやう, の不安心, の世の中, の叫び, の唄声, の声, の多く, の姿, の心持, の思想, の指導, の数, の有様, の樣子, の気持ち, の浮沈, の演劇, の為, の無, の答, の誰ひとり, の頭, の顏, の顔, の顔ぶれ, の騒ぎ, はまだ, はみな娘, はみんな, はもう, はキミ子, は何れ, は何ん, は劇場, は即ち, は唯, は多少, は大抵, は子供, は宮廷, は彼, は必ず, は沢山, は無数, は空, は自然, は船, は諸々, も, もあつ, もあり, もこの, もちよい, もない, も亦, も今皆わたし, も勿論, も月, や場所, や現在真面目, よりも農村あたり, を慰め, を押し退け, を挙げよ, を病人, を眼下, を見る, 例へば裁判官

▼ ゐる場合~ (120, 0.2%)

17 が多い 7 もある 5 がある, ではない 4 が多く 3 が意外 2 が少く, ではございません, には白, の方, もあります, も亦

1 [67件] があり, がさうで, がすくなく, がよほど, が往々, が最も, が非常, こそ極度, この危険, この種, その英雄, ただ, だつたので, だと, であ, であるから, でない限り, ではなかつた, では今更, でもその, でも如何, でも決して, でも飽きたら, でも馬子, としても又, ともう, どうして実績, ならそれ, にでも睡る, には, にはそれ, にはハンドブツク, には人ごと, には其風習, には參考書, には必ずしも, には我々, には現在, にも猶, にわざ, に些, に使つて, に女, に好ん, に極めてよく, に特に, に生ずる, に翻訳, に茶入, に起つ, のほか, の妄想, はその, はちやん, は十分, は恐らく, は極めて, は讀者, もあつ, もあり, もやはり, も少く, も見受けられる, やその他, 即ち前, 又は相方, 殊に人間生活

▼ ゐるつもり~ (116, 0.1%)

1110 である 7 でも 5 だが, です, でゐた, なの 4 だつた, であつ, であるが 3 だから, であります, でゐる, なん 2 か, かも知れない, だけれど, だつたが, でゐ, なので, のケチ, はない

1 [28件] か一途, だけれども, だつたの, だよ, だらうか, だらうが, であらう, でありますが, でありますけれども, であるから, でこつちも, でございます, ですが, ですのに, ですよ, では, でニタニタ, でペダル, で來たん, で得意, なのに, にならない, のもの, の腕, の面々, は毛頭ない, もあつ, 隠して

▼ ゐる~ (114, 0.1%)

9 な氣 54 である 3 だから, であつ 2 だつたが, なこの, な心, な心地, な氣持, に脇目, に見えた

1 [76件] でありますから, でした, です若し, で實, で腰かけ, で蒸風呂, で雨, な, なおちつかぬ心, なおちつき, なこと, なの, なゐない, な不安, な事, な具合, な冷たい, な力, な古, な女, な容態, な山腹, な心安, な心持ち, な悠久さ, な愛, な感じ, な感覺, な所, な斯, な日, な明らか, な明る, な桃, な次第, な氣魂, な生活, な男, な石狩平原, な繪, な美し, な美しい, な自分たち, な苦心ぶり, な蒲團, な表情, な觀, な調子, な譯, な遊戲的, な顏, な風, な餘所餘所, に, にしよう, になつ, にみのる, にも思はれない, にも思へた, にも感ぜ, にわかる, に啼き出す, に思, に思はれ, に思はれた, に思ふ, に白ペンキ, に私, に群, に考へられる, に聞える, に見え, に見える, は手, を夢, を思つて

▼ ゐるかを~ (108, 0.1%)

5 私は, 考へて 3 見れば 2 理解する, 知つた, 知りたかつた, 示すもの, 考へると, 見るため

1 [83件] いろいろな, うすうす感じ, できるだけ自分, はつきり見極める, ひと通り調べ, みるが, もつと, よく知つて, 一応ひろく, 了解せん, 俺に, 初めから, 判断する, 君に, 味はへ, 問題と, 大いに注意, 學ぶべきであること, 実際に, 少も, 指し示すで, 指摘し, 探らうと, 推察する, 明かに, 明らかに, 書いたの, 極めてお, 正確に, 決定し, 決定する, 注意した, 疑つたの, 痛感するだらう, 発見するであらう, 發見する, 皆様自らお, 知つ, 知つた上で, 知つてわれらの, 知らうと, 知らしめる必要, 知らずに, 知らない, 知らないか, 知らないが, 知らぬもの, 知らぬ田舎, 知り悉, 知り感ずること, 知る, 知るべきである, 研究し, 示すこと, 私の, 統計によ, 考へたならば, 考へても, 考へねば, 考へること, 聞き洩したが, 聽く, 芥川さん自ら, 表すべく更にもぐもぐ, 見ずに, 見なければ, 見に, 見よ, 見よう, 見ようと, 見ると, 見拔, 見探つて, 見逃しては, 見透さうとして, 見遁, 訝つた, 試みるの, 語つてゐる, 語るであらう, 誰も, 述べ, 長々と

▼ ゐる人達~ (107, 0.1%)

5 である 2 だ, のこと, の中, の事, の眼, の顏

1 [90件] からじろじろ, があたり一杯, がある, がうようよ, がたいへん, がただ, がない, がみんな勝手, がより, がゐる, が偶, が叫んだ, が女房, が氷滑り, が漠然と, であると, でさ, ですからね, でも下等, と懇意, にさ, にとつ, にとつて, には生田長江, には社交能力, にもまた, にもやはり, に何, に出, に出会, に声, に対する彼女, に自分, の, の前, の半身, の口, の叫び聲, の名, の哄笑, の幸福, の心持, の手前, の横顔, の汗だらけ, の為め, の物, の生活, の眠り, の背後, の謂, の身の上, の顔, はあまり, はお, はその, はと云, はどんな, はない, は一人, は側, は変, は幾ら, は恐らく, は悪人ぢ, は早く, は河原町, は白鷺, は百姓, は皆僕等, は表面, は訪ね, は話す, は誰, ばかりでなく, もある, も内, も名士達, も少く, よ一度, を厭, を掻き分ける, を救ひたい念願, を火焙り, を知る, を私, を罵倒, を見, を見定める, 何より自由

▼ ゐるけれど~ (106, 0.1%)

2 それは, それらの, どうもこの, 僕の, 光が

1 [96件] あたしも, あなた同, あんまり着物, いつもだめ, おいそれとは, お面, かういふ場合, からりと, こ, この人, そこを, その事件, それが, それでもまだ, それでも國, それ以前にも, そんなもの, ただ季節の, ついさつき皆, なかなかどうしてこれ, ほんとに叔父さん, またそんな, もう死んでしまつた, もんは, 上役人の, 下品でない, 与へる物, 二十年か, 亭主に, 今に頭, 今日は, 今月は, 他の, 何だかそれ, 何とかモーロー会社, 何処へ, 佛壇の, 使へ, 個性の, 僕には, 其の後, 其よりは, 其山毛欅の, 前後左右四五丁の, 友情に, 古浄瑠璃, 向方へ, 和服と, 四五日経て, 大將, 大抵な, 大晦日には, 女は, 好機逸すべからず, 姉も, 寂しいこと, 小降りにな, 工夫ぢや, 差当り或, 彼としては, 惜しい事, 所詮本質, 挿絵を, 日は, 昔は, 智恵子には, 智惠子には, 樹明君に, 殺されるの, 気は, 海の, 炙を, 牛乳の, 玉子なりの, 田舎ツぺえでせうだから, 當然我家を, 矢張り日本の, 私が, 美緒が, 考へると, 肉体が, 背中から, 自動車, 艦長が, 花の, 若しどうしても必要, 言草が, 説経節では, 読んで, 講習が, 貧乏は, 買ふ, 買ふお, 身も, 近ごろ再版され, 違つて居ます

▼ ゐるだけの~ (104, 0.1%)

8 ことだ, ことである 7 ことな 5 ことで 4 ことです, 事は 2 こと, ことさ, ことを, ためでは, もので, 事だ, 人は, 話だ, 餘裕が

1 [50件] からくりな, ことだつた, ことでした, ことに, ことわが, こと態度も, こと戦争の, ものだつた, やうで, やうな, やうにも, ジグザグの, 事さ, 事に, 事實に, 二人の, 人に, 会合を, 体は, 作法など, 修行が, 全部の, 力さへ, 勇氣が, 吹き曝しの, 地所家屋の, 天性の, 実父で, 家な, 漁師の, 甲斐性が, 男だ, 相違な, 着物を, 私で, 端書を, 範囲で, 素直に, 細工とも, 自分が, 自分に, 若い女性, 見渡す限り, 話さ, 話である, 話です, 違ひなのである, 違ひなのに, 酒を, 鎭痛安眠の

▼ ゐるにも~ (103, 0.1%)

15 係はらず 13 関はらず 2 安心し, 息苦しい, 拘らずその, 拘らず私, 関らず

1 [65件] かかはらずその, かかはらず左側, かかはらず我々, せよこの, せよそこ, せよその, せよやはり, せよ会社勤め, せよ俺, せよ大, せよ尚, せよ決して, せよ読者, ポケツトに, 似て, 及びませぬ圓道様, 堪へぬほど, 拘はらずこの, 拘はらずそれ, 拘はらずどんな, 拘はらずコソ, 拘はらずラ・デュウゼ, 拘はらず一方, 拘はらず世間, 拘はらず二人, 拘はらず強, 拘はらず彼, 拘はらず新劇, 拘はらず日本, 拘はらず未だ, 拘はらず本当, 拘はらず毎晩十二時過ぎ, 拘はらず毛鈎, 拘はらず祝賀, 拘はらず神, 拘はらず腹の中, 拘はらず軽やか, 拘らず, 拘らずさ, 拘らずひとり, 拘らずカルチユア, 拘らず一分, 拘らず不案内さうにあちらこちら, 拘らず信仰, 拘らず内実, 拘らず右手, 拘らず屡々むしろ, 拘らず平, 拘らず当の, 拘らず彼等, 拘らず往いて, 拘らず想像, 拘らず最も, 拘らず檢事調, 拘らず歌人俳人, 拘らず田原, 拘らず自分, 拘らず自己, 拘らず舟, 拘らず蛇目傘, 拘らず證明そのもの, 拘らず返答, 拘らず魚たち, 關らず, 飽きたやう

▼ ゐる~ (101, 0.1%)

6 もある 4 がある 3 である, もあつ, を見る 2 から見る, が多い, だ, であつ

1 [74件] から今, から体格, から出, から向, から少し, から斜め, から枕, から汚れた, から海そのもの, から脱出, から話声, が厳重, が面白い, だが, だと, であらう, であると, でした, です, ですから, ですの, でせう, ではなくし, では山手, で其家, で果して, で私, とに本箱, と考へ, と考へられ, などは説経, なん, にある, にはもつ, にも女, に存, に日本古代, に来た, に林, に此, に注意, に立てる, に面会, の, の名前, はあの, はない, は一般的, は事実, は日本, は私, へまた, へ偶, へ兼, へ帰りなさる, へ幽霊, へ行き, へ迎, まで続い, もかなり, もございません, もなけれ, も多い, も有る, も沢山, や鉄兜, をあんなに, を俳小屋, を教, を漕ぎ抜ける, を発見, を見つけち, を見込ん, を逃げ出し

▼ ゐるそれ~ (94, 0.1%)

2 が唯, では勿論, に返事, はいつかカムパネルラ, を拾, を見る

1 [82件] からも私, から来る, から鈴木といつて, がうれしく, がすばらしい速, がただ一度, が俊和尚, が僕, が剥げ, が南国生れ, が奇妙, が庄吉, が愛し, が甚だ, が疎ら, が目, が私, が記憶, だから, だけでもう, だけでも夏, だけで万上, だのに, であつ, でなくても, と全く, と反対, と同じ, と寸分違, には糊, に便乗, に感動, に扁桃腺, に雨, のみの影, はあまりに, はかれ, はつねに, はまことに, はもうたしかに, は一月, は両親, は健康者, は内, は化粧, は千圓以上, は好運, は実に, は恋情沙汰, は淡い, は生活, は産む, は罰, ばかり見る, へテイリユウ膏, もよしあし, も大した, も妾, も寂しい, も非常気分, よりも松竹館, よりも気, らしいの, をあ, をく, をぢ, を何, を充分承知, を前, を如何, を姉, を揉ぎとることを, を木戸, を白菊, を知つて, を聞く, を見, を解消, を金銭, を鑑賞, を間違, 故味噌汁

▼ ゐるとも~ (94, 0.1%)

5 言へる 4 見える 3 云へる, 知らずに, 考へられる 2 云へ, 思はれる, 思へないが, 死んだとも

1 [68件] ある, いつて, いふべき右上, いへた, いへる, いへるの, うどつ, それが, つかないぼんやり, つかぬ正体, なく何, みられそれ, よろめいて, わからず, わからない, 一として, 一向見, 三軒井筒屋の, 云つてゐた, 云はれ得るであらう, 云ひ, 云へるであらう, 分らない程, 判らないほど, 大層な, 大山の, 心付かずに, 思つた, 思はない代り, 思はなかつた, 思はなかつたが, 思はなかつた誰, 思はれて, 思はれなかつた, 思はれぬ何, 思はれぬ虚洞, 思へない顔, 思へなかつた, 照れたとも, 當主は, 眠つてゐる, 知らずこれ, 知らないで, 知らぬが, 神の, 考へないから, 考へられませう, 考へること, 聞いた, 聞いて, 見えない, 見えなかつた, 見えなかつたし, 見える彼, 見られないが, 見られるの, 見るべきなの, 言はれるであらう, 言ひ, 言ひました, 言ひ得る, 言ふ, 言へは, 言へるであらう, 謂ふべき, 謂へるであらう, 限らない, 限らないもの

▼ ゐるあの~ (91, 0.1%)

2 亭主持ちの, 人は

1 [87件] あたりの, あなたまかせ, お茶には, お關, ひとの, へつぽ, ま, イギリス人です, カシミヤブーケの, ショパンの, ピリ, ロシア人の, 不気味な, 中世時代の, 人達に対する, 佐渡ヶ島で, 切なげ, 前庭の, 厩戸の, 厳く, 喜光寺の, 地方に, 型は, 執拗な, 大鎌, 奧の, 女の, 女中が, 女小説家の, 子供は, 学生だつた, 安香水, 家には, 家の, 小馬, 山櫻である, 川の, 川は, 年配で, 年長者を, 広告マンの, 御藩中, 態度である, 日の, 明るい無, 月日は, 根深い習慣, 棗の, 楽天的な, 機械である, 機械の, 永久といふ, 洗濯物, 海の, 深い眼, 温泉町, 源氏といふ, 無口な, 無数な, 熱い瞳, 田舎に, 痩た, 白い雲, 白雲の, 相州さまなど, 眼の, 積木その他の, 積木などは, 縦じ, 肥つ, 背の, 自動車です, 莫大な, 蜂も, 蟹の, 親切なおも, 親父に, 賑やかで, 輝きの, 辺を, 道ほど, 部屋が, 醜い毛虫, 鋭い眼光, 雅致の, 雛妓には, 青や

▼ ゐるかといふ~ (91, 0.1%)

29 ことを 7 ことは 6 ことが 5 やうな 4 ことも, 事を 3 ことに 2 ことである, 問題に

1 [29件] ことこれが, ことこれは, ことさ, ことさへ, ことその, ことだつた, ことであります, ことについては, ことによ, ことの, こともう, そのからくり, た, ところに, のが, のです, 事だ, 事に, 事は, 問に, 問題が, 好い例, 時間的にも, 理由を, 疑問, 疑問が, 精神を, 興味とから, 話から

▼ ゐるのみ~ (91, 0.1%)

19 である 10 であつ 9 だつた 4 では 3 なの 2 だ, であ, です

1 [40件] であと, であります, であるから, であるとは, であるの, でお, でおもしろい, でこの, でございます, でなくかへ, でなく当時狂人, でなく更に, でなく私, でなく蚤, で人通り, で俺, で凜烈, で実地, で山, で椋の木, で目, で見渡す限り, で酒そのもの, で頭, で食味, ならず, ならずこの, ならずこれ, ならずさ, ならずその, ならず亞弗利加唯一, ならず今, ならず今日, ならず又, ならず含蓄, ならず気, ならず線, ならず言葉, ならず金庫外, ならず頗る

▼ ゐる~ (82, 0.1%)

10 だから 8 である 6 です 5 だ, のもの 4 なもの 3 なの, ゐの 2 ですから, ですよ, の事

1 [32件] がとり得, が丁度, だかうして, であつ, であるから, であるし, であるなぞ, でございますから, なら一そ川, なら何, なら辞退, なん, にそこ, に名山, に考へ, に過ぎない, のお方, の島, の栄蔵, の程度, ひであるから, ひですよ, ひどかつ, ひにしか, ゐ, ゐだ況して, ゐなの, ゐならば, ゐなら是非, ゐなん, 寒い北の方, 面白い事

▼ ゐる~ (82, 0.1%)

7 であつ 5 だつた 2 にはさ, のこと

1 [66件] いただいたの, かも知れない, からここ, からの顏馴染, からよく, から主人, から先生, から宿, から小梅瓦町, から手代, から江戸中, から約束, から考へ, から聞いた, から非常, が思出, きつと, すでにすまい, だと, であった, であらう, できん, でした, でしたが, です, ですから, でせう, でなければ, でも折々, で年歯, と今, など父, に, にはもう, には一人, には上田博士, には具足, には大小, には年, には画かき, には社会, にまた, に別荘, に女, に彼, のその, の出来事, の可愛らし, の天南, の深間, の話, の顏馴染, はさう, はそれでも, はよく, は一房, は今日, は伊丹屋, は品玉使, は妻, は河上, は秀才, は簡単, は道樂, は髯, ひと秋雨

▼ ゐる~ (82, 0.1%)

9 であつ 8 だつた 4 である, を装 3 がその 2 がみえた, がみえる, を装う, を装つて

1 [46件] があり, がありあり, がある, がう, がない, がふく, が出, が吹く, であ, であり, でもある, で倒された, で客, なところ, な人物, な後肩, な所, な画家, な私, な肩つき, な表情, にうつり, にもない, にもみえた, にも思へない, に似た, に裝, に見えた, に見えました, に見える, に走り, に髪の毛, のある, の中, の身, はことに, はすこし, はない, はみえる, もない, も出, らしく立ちあがつて廊下, をし, をみせ, を見せぬ, 薫る頃

▼ ゐるより~ (81, 0.1%)

10 他に 9 他は 7 仕方が, 外に 5 外は 2 よつ, 仕樣, 他爲方, 以上の, 外ない

1 [33件] いかにも野趣, いつそ, どれだけ, ない, なんとも致方, ほかは, まあなん, みじめな, みんなで, もつと, やつた, 世界は, 京の, 人の, 仕方ない, 仕方も, 仕様が, 他には, 他両, 倍厳しく, 外なかつた, 大連へ, 妙なる, 手に, 推せば, 早く出, 烈しいに, 無邪気ぢや, 自分の, 致方は, 致方も, 連れが, 難しいかも

▼ ゐるんで~ (77, 0.1%)

29 せう 6 せうか 4 せうね 2 せうな, せうよ, 私こは, 腹が

1 [30件] いろ, こつちでも, こつちで親切, せうが, せうと, せう私, その底, それであなた, なるべくなら, びつくりしました, 僕は, 厶います, 君までも, 困つて, 困るん, 坪内君と, 大助かりだ, 実に申訳, 家の, 店中で, 引揚げ, 楽だ, 機会が, 此方で, 珍らしい, 端つこ, 籍も, 羨しくな, 遠慮した, 雨戸を

▼ ゐるとか~ (74, 0.1%)

3 云ふ 2 あくびを, そのため, ゐないとか, 又は林, 密, 此袖口が

1 [59件] あるいはひどく, さう, その他幾分は, そんなこと, そんなやう, だから一ヶ月, で迎, どこの, または汽車, また堅気, イートマンと, ボ, 何とかいふ, 何んとか, 冗談ばかり, 北の, 噂とりどりである, 大胆な, 妻に, 富山七之助が, 心配さう, 愛国婦人会の, 或は廣場, 或は縣會, 或は葉, 或は葉鶏頭, 或ひ, 或使命, 新聞に, 日本隊は, 時の, 最も大きな, 欺瞞に, 澁澤には, 特殊な, 狼に, 甚だしきは, 甚麼事にも, 生意気だ, 男子の, 看板は, 眼玉の, 石の, 礼が, 社会性が, 私は, 私松を, 粘土製の, 聞きました, 自分は, 若いとか, 葉の, 見当違ひ, 親しみ易い, 言つてゐる, 言ふ, 逗子の, 風説流, 鬼気せまる

▼ ゐる~ (74, 0.1%)

4 に暴風 3 にいつしか 2 に, にある, に何となく, に夫, の相, はまだ

1 [55件] こそどんなに, なれば, にあつ, にいつか, にえ, にこの, にし, にそんなに, にだんだん又, にどう, にやがて, にや雷獣, にモデル, に不相, に五分, に何, に何やら, に使, に僕, に半日, に同志, に喘息, に四時, に変, に夜, に女らしい, に安三, に島田, に弾, に彼, に御前, に思ひ, に急, に慣れない, に我々, に昨日, に時々, に時間, に此, に段々, に現, に皮, に私, に綺麗, に船, に藤村, に變, に買つた物, に遅く, に遠い, に面白く, の洋服屋, の相当, はそれ, は到底

▼ ゐる一人~ (70, 0.1%)

6 である 3 の人間, の娘, の年, の若い 2 であらう, の人, の女, の生徒, の男, の青年

1 [40件] がえ, だ, だから, だつた, です, では, ととうとう, にそれ, にアンドレ・ジッド, のコンミユニスト, の中年, の乞食, の乞食坊主, の作家, の半裸體, の友達, の哥薩克, の地味, の実に, の小娘, の少女, の島民女, の応募兵, の日本人, の母, の浮浪者, の老, の老人, の老婆, の若者, の西洋, の見知らぬ, の詩人, の闇商人曰く, の青年美学者, はかう, はスタンレー, は立つ, は股, は舳

▼ ゐる~ (70, 0.1%)

3 にその 2 に家屋

1 [65件] あつと, からは今や, から云, から見, その繩, にあつたかい, にあぶら, にかて, にからだ, にさ, に上, に中風, に例, に傍, に其返事, に前方, に十數年, に博士, に四月, に字, に實, に役得, に心張棒, に思切り着物, に持つ, に支那人, に於, に昔風, に更に, に村, に法螺, に消毒, に烈しい, に熱瘤, に竝, に篠町, に紙鳶, に耳, に肉, に肝腎, に腰, に腹, に自暴, に軒, に轉任當時, に道, に金, に隠居平八郎, に電氣, に鰹節, は廊堂, は普段私, ひよつと, へぬ, へ一足踏み, へ平次, へ日ごと, へ翼, へ金, をそつ, をたつた, を立派, を赤とんぼ, 反對, 近頃妾

▼ ゐるほど~ (69, 0.1%)

4 だから 3 だつた, である

1 [59件] あの時, い, いいの, この世の中, この傾向, その作品, その贋金造, それほど人間, だ, で, であると, でいのち限り, です, ですもの, でだから, でも, で国全体, なの, なのに, なギゴチ, な美しい, また当らなけれ, 一般に, 交際が, 今は, 付いてるで, 冷やかに, 古い日吉山王, 嘆かは, 土地が, 子供の, 安げに, 容易な, 寂寞である, 寛いで, 山田には, 平気で, 強か者だ, 心が, 心苦い, 怖れ, 損害が, 明らかに, 曖昧な, 気楽である, 氣の, 泌みつく, 津村が, 瀑布好きの, 無情な, 盛んな, 真の, 確かな, 私たちは, 第二義的である, 路易の, 輕捷な, 重要な, 頭の

▼ ゐる大きな~ (69, 0.1%)

2 世間といふ, 噴水盤を, 山の, 爐の, 難関な

1 [59件] カゲラ河こそは, タブの, パイプを, 丸髷の, 乳母車を, 人の, 原因は, 名札を, 問題の, 地圖を, 壺を, 室でした, 川に, 徳は, 意味, 掛軸を, 支那火鉢の, 曲線が, 木が, 枝を, 楡の, 横看板の, 樹の, 樹木等, 毬な, 池へ, 流れが, 潮流が, 火を, 煙突から, 猫が, 男で, 畫集が, 白虫だ, 皺だらけの, 石の, 種牛の, 紅い紙, 統一が, 絵が, 胃の腑が, 花瓶に, 藥種屋が, 蛇で, 蜘蛛の, 衣類に, 過ちは, 道が, 部屋が, 都会, 鍋を, 陰鬱な, 青い蓋, 青虫が, 髭の, 魚の, 魚を, 鳥が, 黒い物

▼ ゐるだけに~ (68, 0.1%)

2 この男, 向うの

1 [64件] お勝手も, かう云, きりやうも, このお預け, こんな場面, さう, じつくり, すぎない, その凄まじ, その性格, たとへ, ちっとも退屈, どこか, なか, ひと事とは, また口, また特殊, やはり一種病的, よく富豪, よく素姓, われわれを, 二十五六の, 今まで, 今正に, 件の, 何かと気, 何處かに, 僅かの, 八五郎も, 力は, 反つて僕, 口惜しくも, 古事記の, 只黙, 夜の, 大井久我之, 女の, 女将の, 妙に, 實に, 尚さら小黒, 市五郎の, 平次は, 得て, 急所々, 悪く行く, 松林氏を, 決して同一, 沈痛な, 泥んこの, 生活状態が, 町役人に, 皆私には, 私は, 聞いて, 興味は, 蕗子は, 言ふこ, 言葉も, 読者には, 足癖も, 選り好みを, 附近には, 風化の

▼ ゐる最中~ (68, 0.1%)

7 である 6 であつ 5 だつた 4 その若い 3 なの 2 だから, だが, でした, なので, なり

1 [33件] このジルコーヴィチ氏, だ, ではあり, でふりむき, でもふらふら, でも隆さん, で私, で騎手, にあの, にかうし, にもどうか, にも近所, に何, に僅か, に女, に己, に彼, に悪魔, に石垣, に私, に突然, に興奮, に近所, に道臣, に麻油, の凄まじい, はこいつ, へ錢形平次, らしく食器類, を見つけられた, バタバタと, 片ツ端, 突然僕

▼ ゐる~ (66, 0.1%)

125 だよ 4 だね, ですもの, でせう 3 だか, です, ですが, ですがね 2 だから, だけど, だぜ, だらうが, ですよ

1 [15件] だからね, だがね, ださうだね, だと, だらうけど, だわ, だわね, で, でお茶, ですか, ですからね, ですし, では, で妙子さん, で教祖

▼ ゐる~ (66, 0.1%)

7 である, に於 3 では, にある 2 がある, であらう

1 [42件] おなじ説経正本, からすれ, から呉昌碩, から見れ, が問題, が無い, が難, だ, だけで, だけの小口, だけ直す, で一つ, で一二, で一種, で尊敬, で小説的自由さ, で最近, で注意, で物言, で珍重, で稀, で興味, で西洋, などやはり, において, に思ひいたれ, に於い, に注意, に関して僕, は充分, は叙事, は同じ, は専門家その他, は旗竿, も二三, も理会, を小説, を強調, を挙げ, を見落す, 共に比類, 殊に赤裸々

▼ ゐる~ (64, 0.1%)

4 であつ 3 です 2 だから, なの, の世にも, 分つて

1 [49件] いやで, それ程の, だ, である, であるとも, である術數, で友達, なのよ, な愉快, に完成, に尚, に讀書力, のお, のこと, のぬるい, の不快, の事, の人, の心地, の想, の愛情, の文士, の時代, の最低価, の最低價, の正直者, の物識, の男, の空虚, の褒め, ゆっくり寝, わしには, 俺では, 僕らは, 叔母さんや, 取亂, 古いもの, 室の, 尊王の, 強い男, 強められ深く, 恐るべき処, 愈違, 或る, 果敢ないもの, 深い強い愛, 深刻に, 皆な, 闇としか

▼ ゐる~ (63, 0.1%)

7 がある 2 は何, もない

1 [52件] かそれ, があつ, があらう, があるだらう, がはつきり, がよく, がゐる, が一番それ, が二匹, が嫌ひなの, が斯く, が死ぬ, が気違, が珍しく, すらあの, だ, だあんまり, だつた, だと, だツ, だ不思議ぢ, だ生意気, であつ, ですから, でないと, ではない, で湿り気, とそれから, ならそいつ, なんかがゐる, に出, に相違, のやる, の冷笑, の外, は一生, は喜ん, は嫌ひだ, は愚物, は殆ど, は皆んな掛り合ひだ, は馬鹿, ばかりなん, もあつ, もゐる, も低, をひきだし, を搜, を穴, を螢籠, を見つけ, 遠慮なく便所

▼ ゐる~ (63, 0.1%)

2 だつた, です, に一軒, に出た, を見る

1 [53件] から彼, から推し, から武家, から流れ落ち, があります, がそれ, が面白い, が高い, だと, であつ, であらう, である, であるが, でしたと, でまだ, で向, で飛ん, として居た, などから石鹸泡, にくる, にのみ見られる, には大きな, にぽつりぽつり, に來, に善い, に就い, に往つて其機械, に探偵小説, に植ゑてある葵, に濃緑色, に耶蘇教信者, はありますまい, はどう, は多少, は大理石, は如何にも, は高く, へは母君, へ三藏, へ母君, へ見えなかつた, まで直, もあります, もある, よりいづる, をよぢ, を何區, を御, を描い, を描寫, を覗く, を起され, を雪道

▼ ゐる~ (61, 0.1%)

2 で火, で私

1 [57件] だと, ぢや, で, であの, でいつ, でこちら, でさつき, でそれ, でそんな, ではどう, では何だか, でまだ, でも何, でも平, でも言, でやられた, で九華, で令嬢, で何, で制服制帽, で堂々, で嶺太郎, で帶, で平, で愚痴, で木山, で此, で水, で狐拳, で破つ, で蟆口, で辻野君, で追, で金次郎, には三人, にヌーツ, に坐, に来た, に現れ, に立つ, に行つて, のやう, の人, の初島, の晩, の縁, へ真, へ金, まで身毒, もあり, をもかまはず間諜, をも忘れ, を医者, を盲滅法, を通つて他, を醫者, 齒の

▼ ゐる~ (61, 0.1%)

102 に妙, に思ふ

1 [47件] にあんな, にお, にたつた, にちつ, にひどく, にまあ, にやはり, に一方, に不思議, に人一倍, に何, に八五郎, に写真, に冷たい, に君たち, に四角, に堅く, に塚田, に女史, に娘, に存外, に学生, に巻煙草, に彼, に彼女, に思ひ, に恐ろしく, に態度丈, に戯談, に時々, に案外, に武家, に決して, に滅多, に狒退治, に申松, に相手, に真暗, に私, に自分, に金といつて, に間違ひも, に雑魚一ぴき, に非常, に鞘ごと二, に齒, は今

▼ ゐる限り~ (61, 0.1%)

2 の画家

1 [59件] この希望, そのこと, その物, その血, その鋭い, ではそれら, ではま, では全く, では夏目先生, では娘, では氏, では激しく, では簡單, では諺, でもビヨルンソン, でも九江附近, で屡, で最も, においてのみ彼, においてはちつ, においては決して, においては私, において全, に於, に於い, のこと, の先輩たち, の唄, の幸福感, の形, の思想感情, の星座, の穴倉, の空, の者, の英語, はその, はです, はどうして, はどんな, は何, は俺, は其文學, は大丈夫, は存在, は常に, は此等, は現行, は誰, まさしく蒼い, みづから神, もはやこれ以上, 到底脱却, 嘗てPCL, 寧ろあの, 寧ろ心, 徹頭徹尾辞書, 懐しい古, 絶えること

▼ ゐる~ (60, 0.1%)

3 を見 2 の姿, を下宿屋, 共にからか

1 [51件] お吉, お由利, から明らか, がもう, だから, だつて午後五時以後, である, でした, との恋, とを見くらべ, と話, なの, に手, ねあれ, のお, のこと, のひとり, のやう, の中, の唇, の子, の家, の宿, の屍, の猿轡, の繃帶, の美しい, の露, の顏, はあはれ, はこの, はとても, はない, はなん, は島田, は年恰好, は踊り, もなく, もゐる, をぢ, をみる, を再び, を呆, を呼んだ, を宥める, を弟子, を自分, を覗いた, を起し, を金, 即ち僕

▼ ゐる言葉~ (60, 0.1%)

2 からでも始, だが, であ, である, と言, の上

1 [48件] から先, があります, が可, が我々, が沢山, が統一, だから, だからと, だけれども, だつて, だといふだけ, でありますが, であるが, であるし, でいふ, ではない, で書いた, といふもの, とそれから, とは余程, と訣つて, なんていふ, に, にてこの, にも違, に感心, に真実, に精霊, に近い, のうち, の内容, の原語, はありません, はぼく, はまた, は低く, は信一郎, は幾分, は我々, は本道, は来る, ばかりである, もね, を使, を学問的, を工夫, を極端, を網羅

▼ ゐるくら~ (57, 0.1%)

8 ゐだから 7 ゐである 6 ゐで, ゐの 4 ゐだ, ゐです 2 ゐだつた, ゐであります, ゐですもの

1 [16件] ゐ, ゐい, ゐいい, ゐが, ゐだが, ゐださうだが, ゐなら何, ゐなら寧ろ, ゐなら廊下, ゐなら比呂志君, ゐなン, ゐに, ゐにしか, ゐは, ゐ僕, ゐ未だ未だこれから

▼ ゐる~ (57, 0.1%)

4 だつた 3 であらう, である 2 に何

1 [45件] かあの, か何, か周子, か赤裸, か頤, だと, だとかいふ, です, ではない, でもない, でもなけれ, と断定, どう云, にあり, にかう, にその, にだ, には何, にもさ, にポプラア以外, に其間, に出された, に出られません, に危, に却, に厭, に反, に始めそれ, に恰も, に意識不明, に散文, に日本アルプス, に欠陥, に殆ど, に演劇, に神, に私, に聡明, に英吉利文芸, に車寄せ, のみで, の発展力, ばかりで, もある, 一見腹

▼ ゐるくせ~ (56, 0.1%)

122 にひと

1 [42件] におよそ, にこの, にその, にそれでも, にてんで, にどう, にどこ, になぜ, になにもかも, にまだ, にもう, にろくに, にわし, に人, に何かと, に信子, に内, に初, に右左, に大, に妙, に履物, に御, に御用聞, に愚痴, に放課後, に方言, に未だ, に案外, に椅子, に此処, に氣持, に犬, に生きる, に眠気, に私, に若い, に視線, に親分, に都会的, に配給, に飛んだ

▼ ゐる若い~ (56, 0.1%)

3 女を 2 女の

1 [51件] お上さんの, のは, トン子は, モーニングを, 三人の, 二人を, 人たちは, 人たちを, 人の, 人達とは, 作家の, 博士が, 友達の, 友達夫婦が, 埼子が, 女が, 女に, 妻を, 娘に, 娘らしい, 婦人を, 学生と, 学者が, 小説家や, 店員だち, 手先が, 新婚者たち, 新聞記者とは, 新聞記者の, 朋輩の, 東京から, 正史編纂者の, 母親の, 熱ガスの, 男が, 男三人天道樣のせゐ, 男女の, 男性と, 者の, 自分の, 船乗りらしい, 芸妓達が, 芸者その, 芸者の, 血が, 詩人の, 青年か, 青年達に, 顔が, 駅員の, 鳥打帽をか

▼ ゐるはず~ (55, 0.1%)

10 である 64 なのに 3 だのに, はない 2 がない, だが, のもの, もない

1 [21件] だから, だつた, だつたが, であつ, であるが, であるに, です, ですが, でせう, で同氏, と今更, なり, の呪文, の旧友福代, の此歌, の河鹿, の親類縁者, の遠い, の錢形平次, はありません, は御座いません

▼ ゐる~ (55, 0.1%)

2 る物, 日の

1 [51件] はもつべき, は初め, ひは, ものそれは, るもの, るルネサンス風, る一事, る亜米利加人, る人, る会社, る偉大, る博士, る友人, る味解, る囚徒, る場所, る大, る奴, る實業家, る廓, る心持, る文明, る料理人, る根元的, る毒, る涼しい, る無力, る特色, る現在, る男, る町家, る異種性, る空地, る老人, る育馬所, る自伝風, る處, る貧乏, る貴婦人, る軒さき, る銀行, る雑誌, る鶏肉屋, 仕事に, 商事会社の, 晩などは, 晩成瀬と, 暗澹たる, 會社の, 疑問を, 高等専門学校の

▼ ゐる~ (55, 0.1%)

2 の言葉, の顔

1 [51件] からはそんな, から息子, がゐなくなる, が私, が突然, だちの様子, だつた, であつ, である, にそんな, に対して羨望, に繰, に連れられ, に違, のおだやか, の一挙一動, の上京, の傍, の声, の姿, の家, の寢顏, の態度, の手拭, の方, の格構, の爲め, の白い, の私, の秘密, の膝, の蔭, の袂, の黄色味, はいく, はとき, は可, は多分, は彼, は生れる, は私, は絲, へすがりついた, もう今, や友達, をジツ, を呼んだ, を幼時, を思ひ, を見る, を見慣れ

▼ ゐるには~ (54, 0.1%)

10 ゐるが 4 ゐた, 違ひない 3 ゐたが, ゐるの 2 ゐる, 相違ない

1 [26件] あまりに踏みつけられ, あまりに長, あやに, きものも, ちが, どう行, まことに適, ゆき子は, よい日, ゐませうて, ゐるがね, ゐるで, 今頃が, 厳密な, 及ばぬこと, 及びません身分, 季節が, 差支の, 彼の, 最も適当, 相違ありません, 相違無い, 絶えなくなつ, 義兄の, 違ひありません, 違ひなかつた

▼ ゐる次第~ (54, 0.1%)

17 である 11 であります 4 です, なの 3 だ, ですが 2 であるが, ではない 1 だが, であ, ではありません, ではある, では決して, でもあるまい, でも何, で先生

▼ ゐる~ (54, 0.1%)

11 です 97 である 6 なの 5 ではない 3 であつ 2 ではありません

1 [11件] だから, であるが, でこ, ですね, ではあるまい, でもなかつた, でも何, なん, になる, に行かなかつた, に行く

▼ ゐるだけで~ (51, 0.1%)

31 あつた

1 [20件] あらゆる満足, それを, ひっそりし, 万事うまく, 中には, 何も, 傍へは, 名は, 外界の, 彼の, 心が, 怖れず, 月の, 津軽の, 満足する, 皆な, 私は, 素裸で, 結構だ, 見える限り

▼ ゐるもん~ (51, 0.1%)

129 だから, ですから 2 かね, だ, ですね

1 [15件] かいあれ, かいと黙, かねこの, か更に, けえ, だつて, だと, だね, だねえ, です, ですか, ですからね, で来ねえ, へ守一, や

▼ ゐる二人~ (51, 0.1%)

4 の男 3 の人物 2 の学生, の聲, の青年

1 [38件] が別々, では, とも行末, にとつて, には以前, にむかつ, のところ, のアーティスト, の中学生, の同胞, の商人, の女, の娘, の婦人, の少女, の尼僧, の工夫, の年増女, の幼い, の幽霊, の影, の文章, の様子, の氣持, の男の子, の男性, の耳, の職人, の肩, の舅姑, の若い, は, も中音, をからかふ, を呼んだ, を強, を急き立て, を見比べ

▼ ゐる子供~ (51, 0.1%)

2 と云, のこと

1 [47件] があつ, がふと, が云, が人, が幸, が眼, といふもの, なの, なん, に, にとつて, に似つ, に十銭玉, に向, に近所, のため, のない, のやう, の傍, の名, の姿, の小さな, の心, の數, の方, の樣子, の生れる, の眼, の肉体, の雑誌, はなかなか, は私, は誰, も声, や様々, らしい核心, を中, を中庭, を思ひ出す, を抱, を抱い, を抱きしめ, を棕櫚, を背負つた女, を腰, を顧み, を鼻六ツ

▼ ゐる~ (50, 0.1%)

7 はなかつた 4 は貴族 3 ない, はない 2 には何, には展望

1 [29件] ありません, なかつたが, にある, にち, には, にはすべ, には何一つ, には別に, には商家, には季子, には納家, には至つて人通り, には誰, には足腰, に人, に大久保知事, に赤繪, に途, に高利, のもの, は一人, は二人, は人影, は何, は全部, は別に大して, は残らなかつた, へ出た, を見

▼ ゐる彼女~ (50, 0.1%)

2 だつた, といつ, の態度, の顔

1 [42件] が不意, が何, とはち, とは別, にはちやう, にもの, にも恥し, に何氣, に出会, に私, の夫, の姉, の姿, の心, の方, の朝, の様子, の母, の窓, の肉体, の視線, の露, はいかにも, はいくら, はいま, はさ, はふりむい, は僕, は全く, は其の, は手, は昔, は時々, への結婚, も気, をさげしむ, を会談, を哀れ, を日頃, を眺め, を聞き, を認める

▼ ゐる~ (50, 0.1%)

16 では 64 でも 2 だね, には行かなかつた, にも行かない, はなかつた

1 [16件] が胸, じや, であります, ですが, ですね, でない私, でもなかつた, になる, にはゆかなかつた, には行きません, にもゆかず, にもゆくまい, にも往かない, にも行かなかつた, にや行きやしない, を一寸

▼ ゐる有様~ (49, 0.1%)

4 である 2 だつた, であつ, であるが, を想像, を見

1 [35件] から水兵, があり, がとんと, が勝平, が室外, が望まれる, が私, が美奈子, が見える, だけれども, だよき, であ, であるから, でした, です, では到底, でもあつ, なの, にはただごと, に私, はどう, は全く, は現在, は身の毛, は近代的, や数多く, をも想像, をシツダル, を一瞥, を思ひ浮べ, を見る, を見出し, を認め, を讃美詞, 大きな舞台

▼ ゐる~ (49, 0.1%)

9 がし 6 がした 3 がします, がする, はなかつた 2 であつ

1 [23件] がしない, だ, だわね, でお茶, でしきりと, でも, で精一杯, なの, になつたの, になりません, にはどうしても, にもなれない, にもなれなかつた, にもなれますまい, の弱, の弱い, はしなかつた, もしない, もする, もなかつた, も出なく, 持つて, 遣ひは

▼ ゐるとの~ (48, 0.1%)

12 ことで 7 ことである 3 ことだ, ことだつた 2 こと, ことでした, 話

1 [17件] ことが, ことなり, ことを, こと私にも, 事, 事で, 事である, 事を, 二つである, 信仰は, 叫びを, 投書が, 疑ひから, 自惚, 話を, 話校長は, 誤解が

▼ ゐる作家~ (48, 0.1%)

4 である, もある 3 の作品 2 といふこと, のもの, の一人

1 [31件] があります, がなく, が多い, が少い, が幾人, が更に, が現代, だと, だとは, であつ, であるそこ, である場合, との従属関係位, にジャン, に久保田万太郎氏, に対しての世間的評価, に対し一口, に私, の多く, はその, は他, は実は, は少く, は少ない, は珍, もあるだらう, もあるまい, も無い, よりももう, をその, をわたし

▼ ゐる~ (48, 0.1%)

2 の姿

1 [46件] が, がここ, がふとどう, がやせる, である, と言葉, などに物漁り, なればこそ, に, につき, にはおびただしく, にヴイ・ザ・ヴイ, に分らない, に声, に少し, のため, の事, の友人, の可憐, の存在, の心地, の心持, の旧友, の枕頭, の耳, の肩, の脚, の脳髄病理, の腕, の親, の邪魔, の顔, は, はいつたい, はこの間渦福, はこれ, はどうせ, は乾涸らびた朽木, は夢, は未だ嘗て, は此, は相, も片仮名, も道子, を憐, を認め

▼ ゐる部屋~ (48, 0.1%)

3 の前 2 に彼女, の襖

1 [41件] があり, がない, だ, だつたが, だと, だよ, でした, とは反, にはどう, にゐる, に何, に出, に勝手, に帰つて, に打ち倒れ, に来, の一つ, の中, の主, の入口, の壁, の外, の方, の柱, の現, の白壁, の硝子窓, は扉, へつれ, へはもう, へやつ, へ夜來, へ徹男, へ這入, をそのまま, をば通る, を思ひ浮べた, を横目, を見せ, を覗いた, を通らなけれ

▼ ゐる~ (47, 0.1%)

2 かつた, 馬鹿

1 [43件] あなたの, いや学校, お前に, お前の, ぐらゐの返事は, こからいや, ここの, さを, しお話, その中, だけどこんな, だけど払, つかも早く, つて変へる, どうも酒, ほんとの, ツ, ハツヽヽヽ, 丈夫さうな, 二段の, 他処, 何にか, 僕達は, 可哀, 君, 君の, 吾輩は, 夜釣りの, 宇部には, 寝て, 尤も近頃, 幅の, 桐渡さんぢや, 毎晩, 気を, 生意気だつたらあり, 精一杯だ, 而も, 草の, 親分, 親爺が, 言ひ, 長吉と

▼ ゐる以上~ (47, 0.1%)

2 は, はこれ, は生き

1 [41件] さうし, ちつぽ, どうも興味, どんなやつ, にそれ, にもつ, にも莫迦げ, に世の中, に外国語, に支那, に日本, に此, に重要, のと言, のもの, はおれ, はさ, はそして, はどう, はね, は一日, は何, は余, は余程, は借地料, は只事, は廃止, は心細い, は支那起原説, は死, は詳しい, は誰, もう部屋, 其の会社, 又兄, 持つて, 最も安ら, 決して, 縦令子爵, 起したくも, 黙つたま

▼ ゐる~ (47, 0.1%)

3 の姿 2 の心, の顔

1 [40件] から三千代, から書類, がその, がまるで, が卒中, が黄金魔, と一緒, と娘, と息子, なのに, にか母, にも病名, に向, に対して何とも, に紅茶, のさびしい, のもと, の事, の字名, の急き込んだ, の横顔, の歸りか, の気, の洋名, の窶れた, の膝, の額, は, はない, は不憫, は伊津子, は何処, は何時も, は母, へまた, や母, らしい父, を最初, を見る, を覚醒

▼ ゐる小さな~ (45, 0.1%)

2 列車が, 手を, 舟の

1 [39件] いくつもの, サロンに, ホテルに, ボオイが, 三角洲に, 亀を, 動物でも, 宝石を, 家の, 寶石を, 心の, 戀人たちな, 握り拳などを, 斑紋が, 料理屋の, 木の, 櫂で, 死体を, 水の, 洋子を, 活きもの, 流で, 獣であります, 瓶を, 疣も, 私に, 舟着場二三箇所に, 花弁が, 茶器では, 草路が, 荷物の, 葉の, 谷あ, 財産などは, 赤腹の, 軸などを, 部屋に, 魚の, 鳥の

▼ ゐる部分~ (45, 0.1%)

2 のうち

1 [43件] から推測, があつ, がたつた, がわし, が何等, が全体, が尠, が目, さうし, だけが怒り狂っ, だけを一寸々, だけを君, だけを眼近く, である, と, と描かれ, と直線, なの, にぼんやり, によつて, のドア, の影, の描写, の方, の皮膚, は, はかなり, はつまり, は今, は僅, は後代, は決して, もあります, もある, も其の, より多, を多量, を大, を如何, を指す, を指摘, を探せ, を検めた

▼ ゐるきり~ (44, 0.1%)

7 だ, だつた 3 です 2 であつ, である, でした, なの

1 [19件] だよ, であるが, でうす暗い, でがらん, でしばらく, でその, でまるで, で人, で何だか, で何處, で停車場, で只, で室内, で怒り続け, で毎晩蜘蛛, で空, なので, なン, 全く死にたい

▼ ゐる~ (44, 0.1%)

2 のほとり, の上, の面, を手

1 [36件] がある, がはたしてもう, が何処, が光, その水, ですから, に口, に集, のうへではお, のお, のせ, のそこひ, の不, の中, の光, の小, の思ひ, の描写, の明るい, の波紋, の流れ, の色, の音, は夕闇, は皆違ふん, は譬へば, もす, もよかつ, も何米突若干銭, をあび, をその, を入れ, を掬ん, を節約, を見た, 溜り四五日前

▼ ゐる通り~ (44, 0.1%)

4 である 3 であるが 2 だ, でこの, に見えた

1 [31件] あんなに仕事, いつて, その戀人, であるかも, でここ, です, で頭, なかなか通, なん, な様子, な気, にである, に一直線, に二十人, に云, に云つて聽, に使つて, に呼応, に此処, に響く, の一角, の住所番地, の恰好, の次第, の路傍樹, はアスフアルト, をぶらぶら, を大丸, 常に大道, 死んでは, 軽いもの

▼ ゐるからと~ (43, 0.1%)

3 いつて, 言ふ 2 いふの, いふので, 云ふ

1 [31件] くる, オザシキがか, 一と, 云つてあの, 云つてこれでは, 云つてそれが, 云つてゆき子を, 人懐げに, 卓一は, 取次ぎが, 妹に, 御催促, 思って, 思ひながら, 梅島から, 残念さうに言つ, 父さんだ, 言つただけ, 言つてやがて, 言つてゐます, 言つて下島を, 言つて之を以て, 言つて住所と, 言つて女房伝来の, 言つて斷つた, 言つて現代の, 言つて画は, 言つて直ちに, 言つて藥用に, 謂ツて, 躊躇し

▼ ゐるそして~ (43, 0.1%)

1 [43件] あらゆる道, いつも物, おもむろに懐中時計, この二羽, さう, しづかだ, せつせ, そこには, その神経衰弱, それが, それに, それをかへて, とう, よく教, ゐねむりばかりしてたゞおせわになって, 中村大, 人々は, 今日も, 何時とは, 別れる別れたあと, 句を, 同時にとても醜い, 如何に, 妾達の, 宗教の, 時々不審さうに私, 景色の, 朗らかな, 木の, 棕梠だの, 毎晩四五人の, 汝に, 灰色を, 煮え切らぬ謎, 眼は, 私が, 私は, 結局情なく, 自分も, 自分を, 蛙が, 道を, 雪が

▼ ゐるよう~ (43, 0.1%)

2 である, な気, に思はれた, に思はれます

1 [35件] だ, だが, だね, であつ, であり単に, であるが, です, ですし, な, なの, なゆ, なゴム, な作品, な土, な思ひが, な朧おぼろ, な無邪気, な素朴, な虚脱状態, におも, にきっと, にぢ, になつ, にみえる, にも思はれる, にも見え, にも見えます, に地球上, に寂しい, に思はれる, に思へる, に種々, に見え, に見える, に詠ん

▼ ゐる~ (43, 0.1%)

6 だつた, であつ 3 である 2 けである, けの事

1 [24件] あの方, い, が違つて, さ, だ, ではなく, でもあさましく, でもこつ, でもともすれば, でもわし, でも底冷, で冷然, で満足, で荷物, で証拠, にその, に限り, のあらゆる, の人, は事實, わづか, 明るい色彩, 長い蘆, 高い草

▼ ゐる事実~ (43, 0.1%)

3 がある 2 であるのに, を指摘, を知り

1 [34件] からみ, が多々, でありませう, である, であること, でその間, で改めて, とは余りに, なの, について語らう, に今更, に就, に気がつい, に気がつかない, に顔, のなか, はみこ, は何, は僕, は早晩, ばかりでなく, をこの, をただ, をわれわれ, を一々, を僕, を再び, を挙げる, を発見, を示さう, を考へ, を考へたなら, を誰, を警戒

▼ ゐる~ (43, 0.1%)

2 にかういふ, に對

1 [39件] が歌, である, とどうして, と私, に云, に声, に対して外地, のさく子, のたけ子, のはう, の不審げ, の傍, の容姿, の弟, の後姿, の枕もと, の様子, の綾子, の血, の邦子, の邪気, の静子, の順子, はさ, は呀, は埋葬, は打ち, は昼間, や友人たち, をみあげた, をゆり起した, を伴つて, を呆れる, を呼ん, を待ち, を欺い, を見, を顧み, 或は信太

▼ ゐる~ (42, 0.1%)

2 づだ

1 [40件] あまたの, うの, うの路は, お米, しめたもの, たくら田の, だか, づである, よう, アカシヤ, グーニュウス, ヒュルタキデース・アーシオス, ペテオスの, ペーヂッポスと, ペーネレオースレーイトス, ポリュポイテース武勇の, メドーン並に, メドーン都城を, リュカーオーンの, 一ヶ月も, 三十三才, 二人の, 五郎かと, 即ちその, 可なりや, 字義より, 實に, 帝国館の, 我々日本犬だ, 旦那に, 最も易き, 正しくそれ, 死にたいか, 當然と, 疑ふべくも, 発明家の, 穩か, 言ふまで, 誰君知れる, 鮮人

▼ ゐる場所~ (42, 0.1%)

2 がある

1 [40件] か, からは別, から二米あまり, から引落, から見え, があの, がだんだん, だつた, とか位置, とては数, などどこ, に, にかう, に常に, のこと, の何処, の光景, の深, の無数, はつひ, はみんな, は別, は大きな, は寝転ぶ, は決して, は絶望的, へ急い, まで教, もあつ, も多い, を一歩, を尋ね廻つた, を意識, を振り, を教, を旦那, を考へ, を誰, を青春, を鼻先

▼ ゐるかは~ (41, 0.1%)

2 一読すれ

1 [39件] あまりにも, これと, これまでに, その国々, つきり, まつたく聞くところ, よく承知, わからない, わかる人, 不明である, 今更私, 僕は, 兎に, 判らなかつたが, 別として, 勿論彼女, 問題外として, 外へ, 如何にその, 定かに, 容易く分る, 已に自分, 彼には, 思ひ半ば, 推測する, 理解されるであらう, 疑問である, 矢張り, 知らないが, 知りません, 私に, 私の, 解らない, 解りすぎるほど, 解りますけれど, 読者自らが, 誰しもの, 誰にも, 頭腦の

▼ ゐる~ (40, 0.1%)

2 である

1 [38件] から挨拶, があつ, がうす暗い, が気, が泣き, が白く小さく, だけが余, だけれど, だつた, ではジェミエ, と顔, になつ, に見られない, ののどか, のまっ, の下, の手入れ, の秘密, はさまざま, は一時, は非常, ばかりほどよく, より他, をいつか洗つて, をぢ, をキヨロ, を其処此処, を劇, を思ひ浮べ, を挙げた, を照, を珍し, を画い, を眺めた, を見, を見た, を認めた, を首

▼ ゐる連中~ (39, 0.1%)

2 がゐた

1 [37件] がかれ, がこ, がゐる, が丁度, が人間, が取引, が小暗い, が誰, が随分, だから, である, でした, と往き来, なの, なんかも一人前, に, にとつて, には信念, には待ちくたびれ, に知らせ, のなか, の体, の協議機関, はそれ, はどんなに, は一種, は中, は五位, は何れ, は砂, も上手, も少く, をひとり, を一斉, を出し, を数, を見

▼ ゐる~ (38, 0.0%)

2 萩が

1 [36件] い門の, ジワだの, ブルジョア階級が, ブルジヨア的な, 供と, 供等, 劇場で, 動物に, 動物の, 壺を, 婢に, 婢の, 學教員の, 學教師が, 學校が, 徑から, 徑の, 徑は, 意氣な, 才子を以て, 枝を, 樽は, 流れの, 砂利の, 砂利を, 羊も, 蒸汽の, 蜘蛛なれ, 襖に, 警備地区の, 鐘の, 駅で, 鬼が, 魚が, 魚の, 魚を

▼ ゐる彼等~ (38, 0.0%)

2 の姿, を眺め

1 [34件] がどうして, が解らなかつた, と話し, にあはれ, にとつて, にはこの, には宿, にも春, に対して私, のかさなり, のこと, のつら, のみすぼらし, の上, の会話, の内容, の夏帽子, の大, の横暴, の肩, の血液, の話題, はいつか, はまことに, はめいめい, はギョツ, は互に, は少し, は必ずしも, は思はず, は満身, は田, よりも優れた, を同

▼ ゐる時分~ (38, 0.0%)

3 であつ

1 [35件] ある日何, からばたばた, からウルトラ, から怠けもの, から既に, から石, だと, であ, である, でした, です, でも何, で私, とはわけ, なので, にかう, にこの, にはよく, にはロンドン, にひとり, にひよつこり, にも度々, にやう, に書いた, に死んでしまつた, に粉, のこと, の夢, はそんなに, は黄八丈, ふらりと, まだロミオ, よくも俺, よく代, 僅か四銭

▼ ゐるさま~ (37, 0.0%)

2 を想像, を見る

1 [33件] がさながら, が傍目, が描かれ, が毎度, が皆能, が眼, が見え, が足袋, が鎖された, などがはつきり, などがをり, などをもはつきり, はなよなよ, は何とも, は到る, は幼い, は見物, も何, も半島, も灯台, も見事, やそこ, や柳, や貫之, を人, を屡々, を打, を描い, を本当, を目撃, を眼, を考へる, を至極

▼ ゐるなと~ (37, 0.0%)

5 思つた, 思ふ 3 いふこと

1 [24件] いふ感じ, そのとき, わたしは, 一郎が, 勘づいたらそれ, 各々欠伸, 己は, 心の, 思つたから, 思つたくらゐです, 思つただけ, 思つてその, 思つてよく, 思つてゐる, 思ひながら, 思ひながらも, 思ひましたので, 思ふだらう, 思ふの, 気がついた瞬間, 純造, 考へたの, 自分ながら, 言つた

▼ ゐるよりも~ (37, 0.0%)

2 生きること

1 [35件] いつそ, かうした芝居, ちよつと, まだまし, まだ評判がい, むしろし, もう少し此方, もつと, もつとずつと, もつともつと樂しみ, もつともつと深く, やはり悠然と怠け, より多く, ケチな, 俺の, 可愛いで, 堪え易, 奥さんだけ, 小樽の, 少なくなつ, 彼は, 東京へ, 歩いた方, 湯に, 無邪気ぢや, 現在の, 生活が, 目の, 稍, 結局都合が, 美しい港, 自由の, 貴方に, 遠い處, 遥かに

▼ ゐる~ (37, 0.0%)

2 の材木工場

1 [35件] からは一日, がある, だが, であつ, である, でも時々, とは似, ならば, にさりとて, に白雲, に精しい, のいろ, のよ, の中腹, の名, の姿, の容, の広告文字, の日向, の腹, の陰, の雪景色, の頂, は枯れ, へ夜番, へ立ち寄つた, へ落ち, も昔, も村, や森, を下り, を思惟, を抱い, を指した, 見た様

▼ ゐる~ (37, 0.0%)

3 に於, に於い 2 がある, で有名

1 [27件] からうかうか, から見, がわかり, がわるい, が可笑しい, であります, です, ですぐれ, でのみ注意, でも僕, で一致, で貴重, などやはり, にある, において典型的意義, において吾, に在る, に就い, に復歸, に變, は女, は彼, もあつ, もある, や印刷, を發見, を聞かれる

▼ ゐるとしか~ (36, 0.0%)

4 思はれない, 思へなかつた 3 思へない, 考へられない 2 思はれなかつた, 思へません, 考へられないの, 見えなかつた

1 [14件] 思はなかつたのに, 思はれずもと, 思はれないこと, 思はれないやう, 思はれない愛嬌, 思はれぬや, 思ふこと, 思へない画中, 思へぬので, 感じ得られない癖, 考へない, 考へられなかつた, 見えない, 見えないやう

▼ ゐるなんて~ (36, 0.0%)

3 ことは 2 そんな卑俗

1 [31件] あたしもう, いふこと, うぬぼれるぢ, おどかすん, こんな奇怪, そんなこと, とても言, とんでもない, どうしてご, 一体諸君, 一寸不思議, 云つて何うし, 何うし, 俺が, 全くいや, 口惜しいわ, 嘘な, 図々しいぞ, 外聞が, 威張つたつて俺等が, 思はないわ, 悟りきつ, 手紙には, 気の, 氣味の, 生意気だ, 考へても, 言ふ, 誰から, 酷いや, 阿呆にも

▼ ゐる~ (36, 0.0%)

2 都會を

1 [34件] それた魂胆, スフインクスの, 事件が, 事業を, 八洲国の, 勢力を, 合唱の, 地震の, 学校では, 學生たちの, 學生の, 建築だ, 探検隊と, 料理店の, 時計の, 東京の, 柱の, 株の, 海人の, 海原では, 猿を, 瓢が, 畜生の, 番頭の, 蛸の, 街である, 親分の, 酒飲みの, 金庫は, 釜へ, 銀杏に, 銀杏も, 鍋と, 鴉それの

▼ ゐる~ (36, 0.0%)

3 の底 2 の餘裕, は怎

1 [29件] か我身, が動い, が厭, で私, と少し, にとつて, にならなけれ, になり, によつて烙印, のある, の一展開, の中, の位置, の奧, の寛ぎ, の影, の深, の美しい, の臟, はいつの間にか, は救, は知らない, は都合, も知らず, をう, を嗤つて, を目, を見, を見破る

▼ ゐる~ (35, 0.0%)

13 ひだに 2 ひだにも, ひだは

1 [18件] あいつた, たまの, はしま伝説, ひだず, ひだぢう, ひだぢゆう, ひだふと, ひだも, ひだボックスに, ひだ十吉は, ひだ夫人は, ひだ屡々, ひだ左門は, ひだ日本に, ひだ時, ひだ父は, ほげ, ツたかい

▼ ゐる~ (35, 0.0%)

1 [35件] がありませう, がある, が方々, だから, だの, であつ, であります, では何處, でも農家, なの, に入る, のアザ, のデパート, の人々, の人たち, の名, の埠頭場あたり, の太政官, の娘, の娘等, の子供, の旧い, の有様, の牛乳屋, の者達, の連中, の酒場, は却つて質, は東京近郊, へ都会, まで歸, も相当, をどり, を四十か所, を誇る

▼ ゐる人たち~ (34, 0.0%)

1 [34件] から沢山, がいく, だと, であつ, であらう, である, なぞ私たち以上, なの, にこつ, に對, のはう, の共感, の姿, の家, の考へる, はいつも, はこの, はその, はたいへん, はどうか, はみんな同志, はよく, は仏教, は実に, は彼, は心ひそか, は成る, は東京, は皆外套, は私, ほどかへつて, もある, もなるべく, を笑つて

▼ ゐる状態~ (34, 0.0%)

5 である 4 だつた 2

1 [23件] から, から思考, がわかる, が一番理想的, が窺, が誰, だとも, であつ, とい, といふもの, とは甚だよく, とを區別, と精神, に向, の中, は誠に, をいふ, を思ひ浮べ, を殆ど, を目撃, を私, を説明, を黙視

▼ ゐるこれ~ (33, 0.0%)

1 [33件] があの, がノッソリ, が一番, が大きな, が感じ, が文字通り, が行動, だけの事実, でこの, ではいけない, でもかこれ, でよい, で仏間, に反し, はおそろしい, はおばあさん, はとても, はなんと, はまた, は僕, は白面, は筆者, は違, もまた, も一年志願兵, も実に, も市井風景, も彫物師, も敏腕, も浪人者, も珍, を, を貴君

▼ ゐるものの~ (33, 0.0%)

2 封書は

1 [31件] そんな類, どこか, どつこい, まだその, ゆき子の, 之等南方離島は, 何である, 何分原因, 同時にまるで他人, 商人達に対しては, 如く奥ゆかしく, 如く奧, 実はすこぶる, 少くない, 彼が, 心には, 心の, 思はず奇怪, 或る, 掛け忘, 教授の, 時々画面, 東京へは, 極めて親密, 殆ど孤独, 疲労と, 程なく疲れた, 自分なぞ, 裏面に, 貯金帳だけは, 魂は

▼ ゐる~ (33, 0.0%)

1 [33件] から考へね, か語感, がいくら, がたくさん, がない, が多い, が間々, だと, である, として又, として自作, と言, の疱瘡, の馬太伝, の馬太傳, は, は各国, は多, は決して, は沢山, は滅多, は私, は筑前三井郡出身, もある, も多い, も段々, も間々, をあげる, を思ひだし, を挙げ出した, を知つて, を私, を私達

▼ ゐる八五郎~ (33, 0.0%)

3 に聲, の顏

1 [27件] がよく, が山谷, です, とは顏馴染, と養子, にいきなり, には内儀, には小半日, に取, の側, の叔母, の口, の心根, の男, の着物, の長, はそれ, はツイ餘計, は往來, は房楊枝, は臆, へもたれかける, をさしまねきます, を促し, を振り返る, を早く, を睨めました

▼ ゐる~ (33, 0.0%)

2 がある, だつた, である, になつ

1 [25件] が好く, が怨, が端麗, が見えるで, だけの偉丈夫, だけの幸福者, であつ, でのんき, ではありますまい, ではなかつた, で思考, で私たち, と色, などを聯想, なの, なん, によつて, の女, は如何にも, は少年, は崩れない, は詩, ばかりの棧橋, もおもしろい, をよく

▼ ゐる~ (33, 0.0%)

3 であつ 2 に, もあつ

1 [26件] がある, が二三日, が多い, ざしに, だ十二時, でした, でも画室, で室内, で市街, といふこと, など家人, にあの, にはまつたく, には遊び, に私, の使, の光, の色, はにこにこ, は一日, は京都, は到底, は少し, は讀者諸君, をみ, を思ひ

▼ ゐる~ (33, 0.0%)

6 もある 2 がある, を見つけ

1 [23件] が微か, だが, だつた, であの, であり炎, である, のほか, のやう, のゆめ, のよろし, の一つ, の動悸, の名, の姿, の模樣, の野郎, は単弁花冠, は灰色, は白く, へてふてふ, も恥ぢ, を見る, 売るくるま門

▼ ゐる~ (32, 0.0%)

2 の男

1 [30件] にはそこ, には満目, には煙草, に別様, に想, に色々, に誰, の一輪, の二点, の側, の卑劣, の女, の娘たち, の学校, の学者達, の定, の島民, の旅宿, の昆虫, の木, の牛ども, の生命, の糸, の連中, の醫者, の鼠達, はありません, はなかつた, は不可能, は斷片的

▼ ゐる~ (32, 0.0%)

6 である 2 だ, の雜誌

1 [22件] が世間, が爽やか, だが, で, であつ, であらう, でこの, とばかり思つて, について少し, のやう, の多い, の昔, の社中, の結社, は多く, は少い, は晶子さん, ばかりであるらしい, もあつ, もある, をうた, を唱

▼ ゐる~ (32, 0.0%)

1 [32件] から物, が, がある, が他, が障子襖, その物, だから, であつ, でなければ, でも, とは見えなかつた, に酒, のあはれ, の中, の元, の内容, の名, の味, の影, の性質, の重, は, はない, は別段, は惜しげ, は蜥蜴, を傍, を固定, を所有, を投げ飛ばし, を掘り出す, を膝

▼ ゐる人物~ (31, 0.0%)

2 かそれ, である

1 [27件] が呶鳴, だけが素面, だよ, であるが, でせう, でない限り, といふもの, となん, とにらん, と裸, なの, なん, にし, にせよ, にはほんとに, には定, にも性格, にやや, の, のおの, の中, の姿, の表情, は泰伯文王, は長谷川雪旦, や風景, を探りだす

▼ ゐる友人~ (31, 0.0%)

3 の一人 2 の立見君, の顔

1 [24件] からその, から長い, がこんど自分, がひとり, が私, でなければ, にきい, にこの, には少く, にもこれ, に訊ね, に送つた, の下宿, の前, の厚意, の名, の大して, の家, の弟, の影響, の辰野隆君, を尋ね, を見舞, を訪ねよう

▼ ゐる~ (31, 0.0%)

6 はない 3 がない, もございません 2 が無い, に二人, はなかつた

1 [13件] があつ, があれ, なし, にさ, にそつ, にちよい, にわれ, に絶えず, はありません, は無い, は自分, もなく, もなくなります

▼ ゐるなか~ (30, 0.0%)

4 に目 3 にたつた 2

1 [21件] からふと, でかれ, でその, で仔牛, で甥, で石崎光瑤, で自分, に, にこの, にその, にときどき, にひよつこり, に唯, に室生犀星, に此等, に私, に聞いた, へひよつくり, へ釣針, をひとりふらふら, を渉

▼ ゐる光景~ (30, 0.0%)

3 を想像

1 [27件] が, が望遠鏡, が滝, が私, が続け, が脳裡, が見え, しか浮ん, であつ, である, で僕, など想像, のみが彼, はこんな, は一寸, は今にも, は寧ろ, は歴史, は龍宮城, をこれ, をぼんやり, を凝, を吾, を回想, を想, を見かける, を認めた

▼ ゐる時代~ (30, 0.0%)

3 である 2 なの, に於

1 [23件] かういふ時代, が來, が過ぎ去つ, だから, だつた, だと, であるが, です, ではある, といふもの, なら, にはこんな, にはじめて, には教育家, には文学, の一つ, はあるまい, はない, は未だ嘗て, もめづらし, や環境, より以前, 時たまは

▼ ゐる証拠~ (30, 0.0%)

5 である 2 であります, を示す

1 [21件] だ, ださうだ, であつ, であらう, であると, です, ですよ, ですわね, ではありません, なの, なので, なん, にはた, にはならない, に大, に目, のやう, はいくら, は以上, をこの, 打てば

▼ ゐる~ (30, 0.0%)

2 の邊

1 [28件] から一人, がほん, が大体三通り, が突然, だ, だらうが, である, ではない, ともいへぬ, にち, に五六人, に横, に私, に進ん, のつ, のとある, の彼方, は昔, へもその, をあまり, を七, を其道, を勢ひよく, を固執, を塞ぐ, を左, を忘れ, を歩い

▼ ゐる青年~ (30, 0.0%)

2 の声

1 [28件] からの讃辞, がある, がそれ, がわざわざ, が来た, が農村, だつた, だと, で, であつ, で将来舞台, のこと, のため, の一人, の中, の大西, の姿, の心, の恨み, の横顔, の痛々し, の白皙, の細首, の面, の顔, や安, らしく国民服, を見上げる

▼ ゐるかに~ (29, 0.0%)

3 みえる 2 よつて, 就いて, 見える

1 [20件] あると, あるの, があり, なると, みえるが, よつて高, 一驚せざる, 世間も, 在る, 就いては, 思はれる, 極まつ, 見うけられた, 見うけられますな, 見えた, 見えたり, 見えます, 見える恋愛, 見える模索, 驚きます

▼ ゐる~ (29, 0.0%)

6 を見 3 の中, を見た 2 をみた

1 [15件] があるでせう, が一つ, だつた, であるやう, で多少なりとも, で焼豚の, と現実, のやう, のコント, の純, もある, もいだい, をみ, を見だした, を見る

▼ ゐる~ (29, 0.0%)

2 の水

1 [27件] のプール, の一番危険, の不幸, の作者, の偉大, の別荘, の大きな, の子房, の宿, の小さな, の島, の広い, の憐れ, の村, の杜松, の港, の港町, の現在, の理由, の男, の美しい, の詩集, の造型物, の面白い, の頃, の鸚鵡, れから

▼ ゐる~ (29, 0.0%)

4 と言 2 だ, の暖さ

1 [21件] だつたので, であること, であるだけ, ではあり, ではある, でもない, で若しも, なのに, なれば, にかく, にとつて, にはむかし, には何うに, には其最, には思ふ, にひ, の在所, の大事, は空, は考へ, を無上

▼ ゐる仕事~ (28, 0.0%)

1 [28件] があつ, がいかに, がわれわれ, が善, その物, だから, だつて出来, だと, でもよく, とは殆, と直接間接, には躯, に最近, に親疎, のこと, のせゐか, の上, の主題, の後半部, の性質上, の方, の本, の特有性, までを相当, もそれ, を助け, を女, を持つ

▼ ゐる感じ~ (28, 0.0%)

3 がする, だ, であつ 2 である, なの

1 [15件] がある, がするであらう, が村人, だつた, だな, です, で別れた, で困つた, とは少し, なので, には両者, のする, は前, は永遠, を一層

▼ ゐる~ (28, 0.0%)

1 [28件] から祝福, がかすか, がひどく痛, がほんの, がわなわな, が凍みる, が微か, が硬, だ, で前垂, のなか, の持主, の箸, はまだなかなか, はわな, はブル, は思はず, は無性に, は震える, へ自分, もかじかまない, をこちら, を下す, を休め, を出し, を出した, を振る, 狭い離れ

▼ ゐる白い~ (28, 0.0%)

1 [28件] そらに, ものを, ジヤムパアの, ハンケチの, 布を, 帷を, 握飯を, 旋波が, 泡を, 炭を, 物は, 箱を, 籐椅子が, 粉ぐすり, 細道をの, 舟には, 花が, 花穂も, 蒲団と, 蝋の, 道子の, 雲が, 雲にまで, 雲の, 顏を, 顔, 鳩は, 齒とを

▼ ゐる~ (27, 0.0%)

2 もゐる

1 [25件] ではさ, では他人, でも君, でも森, とは刻々, にし, の, のマツサーヂ, の世, の世の中, の人々, の奉, の宮, の幸四郎, の時代, の神道者流, の自慢, の間, はむしろ, はもう, は一言, も, も私, 死なうとして, 色々と

▼ ゐる~ (27, 0.0%)

3 の顔 2 の上

1 [22件] があつ, が夜中, とした, に, に逢, のいかにも, の判断, の判斷, の姿, の態度, の所, の方, の様子, の袖の下, の過去, の顏, の鼾, は背広, もあり, を中心, を再び, を呼ん

▼ ゐる平次~ (27, 0.0%)

2 のところ, の女房, の顏

1 [21件] からこの, だつたの, です, と倉造, にかう, にはその, には唯, には腹立たし, に一, に話しかけました, の後ろ, の氣, の若いおも, の袖, はこの, はまんざら, は八五郎, は猿屋, もあまり, も煮えこぼれる, も腹

▼ ゐる~ (27, 0.0%)

2 だと

1 [25件] かこの, かも知れぬ, か久し, か人間, か庭, か稍, か車台, か電燈, だとい, であるのに, ではなから, とぞ申す, に, にそして, に一名, に人生, に僕, に安らか, に神, に私, もあらう, 古びて, 國から, 為かなど, 生は

▼ ゐる~ (27, 0.0%)

2 の人

1 [25件] がかす, である, ですから, でちよい, でもなく, で一番, との間, なの, に居る, に立ち返, のあちこち, の壯丁仲間, の子達, の有力者達, の材料, の甍, の近く, はづれ, はまた, は少し, は朝, は猶, へ降る, まだ不自然, を知つて

▼ ゐる~ (27, 0.0%)

32 の不自由

1 [22件] から見る, がある, がこれ, がどうしても, で馬上ゆたか, に出, に出つく, のせゐだつた, の中, の先, の前, の感覚, の据つた何処, の色, は上ず, は春霞, もいつ, も神経質, をお話し, を大きく, を怖, を瞑

▼ ゐるあたり~ (26, 0.0%)

2 に小さな

1 [24件] からくすんだ, が長沼, だつた, に佇んだ, に昔, の景色, の氷, の青, はつまらない, はまだ, は地下, は山門, は感慨, は或は, は縦横, へも出かけた, へ行つて, までかの女, までも行, も与謝野氏自身, らしかったが, を中心, を手さぐり, 全くやりきれない

▼ ゐる~ (26, 0.0%)

2 見て

1 [24件] かしいさま, これも, それでもお前, ぢさんところへ, ばさん, ばさんが, ばさんも, みな神なども, んな, プーリダマスは, 好まざりき, 婦人は, 彦三郎は, 思えば, 戻る, 本然と, 示す, 笑ひき, 考へても, 背向に, 腰帯といふ, 見る人, 見れば, 見後ろ

▼ ゐる世界~ (26, 0.0%)

1 [26件] から拔, から離れた, がこ, が地上, が悲惨, だと, であ, であつ, であれば, とが彼女, と自分, など描きたく, の孤児, の幼い, は, はまる, は引裂かれ, は生き甲斐, は繪, は美しい, もまた, よりもずつと広かつ, を想像, を最善, を見せびらかしたい, を見たい

▼ ゐる~ (26, 0.0%)

2 が耳, であつ, を私

1 [20件] がかすか, がし, がした, がしました, がゴトゴト, が二三入り, が何, が微, が聞え, が聞えた, が聞えました, が響い, だつた, で喋りまくらなけれ, の如く, は私, までし, を聞いた, を聞かうで, を聞きました

▼ ゐる~ (26, 0.0%)

2 なの

1 [24件] から知らぬ, がある, が欧洲近代, だつた, であります, でありますが, である, でも内, で殊に, と分らない, と栄蔵, と殘ら, にはなほ編次, の一つ, の名, の方, の表紙, もあります, をも擧げ, を小刻み, を買, 來の, 當の, 縁譚の

▼ ゐる~ (26, 0.0%)

5 の下 3 の外

1 [18件] からちよ, から燈火, から隣家, がある, が開いた, などはひとつ, にとびつい, に向, に往つて釘, のところ, の傍, の前, の破れ, の硝子越し, の障子, を見あげた, を見上げる, を視詰め

▼ ゐる~ (26, 0.0%)

3 のやう 2 である

1 [21件] が日本語的, が海人部曲その他, だ, だと, として考へ, にとこ, には朱, に出, の姿, の形, の意味, の相当, は現代語以外, は皆, は雅馴, もある, も冷やか, も普通, をつきつめ, を少し, を略し

▼ ゐるゆき子~ (25, 0.0%)

3 の顔

1 [22件] がう, にはお, に呆れ, に対して何となく, に歩調, のけは, のそば, の変化, の平, の手, の方, の眼, の苛, の顔面, は咳止め, を抱き, を甘い, を見, を見た, を見る, を見降した, を遠く

▼ ゐる一つ~ (25, 0.0%)

2 の小さな

1 [23件] のきはめて, のごく, のサアクル, の世界, の事実, の假想現象, の分, の勢力, の原因, の器物, の大いなる, の女, の小説, の岩, の村, の種族, の製作精神, の証拠, の部屋, の郷愁, の鉄瓶, の青い, は下

▼ ゐる友達~ (25, 0.0%)

3 の一人 2 の彫刻家

1 [20件] からもどうも, から名高い, が其処, とこんな, と一昨日一日公園, には気の毒, に宛て, に話し, の中, の弟, の群, の許, の青野, は一人, へあてた, へ宛てた, へ話しかける, を慰め, を訪ね, を訪ねた

▼ ゐるほか~ (24, 0.0%)

2 なんにもない, はありません

1 [20件] その枕もと, ないつく, ない自分, ない茶, になんにも, には何, には大した, には滯在客, に手, に竹, に蘚苔類, に食べる, の坑夫達, はない, はなかつた, は一望はるか, は帽子, は春北風, は誰, もう火の手

▼ ゐる~ (24, 0.0%)

2 の姿, は私

1 [20件] がそんな, であるの, にこんな, について是非, にはとても, の, の信仰, の側, の力, の家, の心, の珍, の美しい, の詩, の證言, は, は少し, は社会, もいつ, をしか見なかつた

▼ ゐる始末~ (24, 0.0%)

65 です 2 だから, である 1 こんなの, だが, だし, であつ, であるから, でございます, ですぜ, でなう, なの

▼ ゐる母親~ (24, 0.0%)

2 もあつ, を見る

1 [20件] が一人, とおだやか, と末妹, ならそれ, に, に対して皮肉, のいのち, のお, の後ろ姿, の心根, の方, の爲め, の葬式, は内容, は彼女, もゐました, らしい女, を喚んだ, を想像, を見た

▼ ゐる老人~ (24, 0.0%)

3 がゐた 2 とその, の姿

1 [17件] だつた, である, でもう, で頭, に今日, に問いた, のこと, のやう, の不規則, の貌形, の顔, はその, は人殺し, は眼, もあつ, を思ひ出し, を相手

▼ ゐる~ (24, 0.0%)

3 がする 2 がした, が聞え, のやう

1 [15件] がをかしく, が外, が時, が湖畔, が聞える, が長閑, が霜夜, だ, だけである, だつたん, だと, とペピイ, の夕凪, も聞えました, やがて扉

▼ ゐるほどの~ (23, 0.0%)

2 子供なら, 病人では

1 [19件] それを, はたらき人で, ラウデンデライン, 中ノ, 事は, 人でありました, 余裕は, 優しい心, 内面的必要を, 和やかさな, 大洪水, 女で, 妖女といふ, 寢坊で, 支那である, 文化人だつた, 東名所で, 苦しみは, 馬鹿な

▼ ゐるよりは~ (23, 0.0%)

1 [23件] あなたの, いくらか, そんな働き, たとへ, ましだ, わり合ひ, 一つ南へ, 一時に, 今の, 低い, 余ツ程, 増だ, 外で, 好かつたと, 寧ろその, 寧ろ自分, 晝寢に, 暫しなり, 此方の, 死んだ方, 湧いて, 輕い, 面白いわ

▼ ゐるわけぢ~ (23, 0.0%)

13 やない 3 やありません 2 やある, やあるまい, や無い 1 やねえ

▼ ゐる今日~ (23, 0.0%)

1 [23件] あへ, でありながら, である, では学者, では昔, でもなほ一般, にかうした, にも行, に到つ, のこと, の代用食, の大, の文學, の現象, の私, の重大, はジャズチンドン屋, は逢, までのわれわれ, まで結局, も, も猶, 当然二つ

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

3 のため

1 [20件] うも, かのビラ, かの事情, かの屈托, かを一生懸命, か不, か張り切つた, か忘れ物, か象徴的, といふあ, といふ幸福, といふ深切, といふ題, とかいふ理髮師, とも云, とも得, にせよ, のかの, の人影, を待つ

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

4 の姿 2 の仏頂面, の方

1 [15件] か其, が死んだ, だけれど, で胸, とこの, の心持, の父親, はかう感じ, はこんな, は君, は自分, は自由, をかう, を家, を寧ろ

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

2 もあつ

1 [21件] から出版, があつ, がある, がすく, が一軒, が欧羅巴, でサミュエル, どんな路地, などがすく, などが並ん, の前, の女, の戸, の間, へ來, へ度々, まではほんの, もない, もみました, をみました, 赤い旗

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

8 がし 4 がする

1 [11件] がしません, づかひは, でゐやがる, になりません, になれない, にもなれません, の事, の拔けたやう, はない, はなかつた, もありません

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

1 [23件] が, がほえる, がゐる, だとか, である, でさ, とゐない, なんか見, には恐ろしい, に話しかけ, の声, の樣子, の頭, の顔, はたまに, は都合, へ, へころげる, へ向, もゐる, も私, よりも犬, を呼ぶ

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

2 を見あげ

1 [21件] が無い, が背景, だ, だから, である, とかと名付けられた, になつ, にも星, に泌, に響く, の上, の光, の形容, はそれ, は無し, を眺め, を眼, を見上げる, を見詰め, を覗い, を遠方

▼ ゐる~ (23, 0.0%)

3 ではない 2 だ, でもない

1 [16件] だが, である, ですが, ではなかつた, でもありません, でもあるまい, で此, なので, には行かん, にもゆかない, にも行かない, にも行くまい, に行かない, のもの, は後, は無い

▼ ゐる二階~ (22, 0.0%)

3 の書斎

1 [19件] からはあか, から庇傳, で階下, に客, のこちら, の六疊, の客人, の方, の物音, の窓, の薄い, の部屋, は南, は細い, へあ, へ月田一郎扮, へ自由, へ足音, まで聞こえ

▼ ゐる~ (22, 0.0%)

2 の中, は其等, へ這入

1 [16件] からすぐ, から二間, が暗く, すらも出ない, に入る, に入場料, に出掛け, に隣り, の三つ, の内, の前, の外, は一番奥, は天井, へと行, へ熱蒸気

▼ ゐる~ (22, 0.0%)

1 [22件] があつ, がその, が他, が目, が街燈, だから, で言つて, に無遠慮, に血, の側, はその, はゆめ, は何方, をおも, をごまかした, をちら, を思ひ浮べ, を想, を正面, を私, を義雄, を見る

▼ ゐるだけでも~ (21, 0.0%)

2 うつとりする, 何かしら安心が

1 [17件] なにかこせ, 五人は, 人殺し女の, 今までの, 何か, 女の, 小さな屋敷, 常時蝦の, 彼に, 悲しくなる, 相当に, 窮屈で, 罪障を, 美しい生き物, 貴いの, 足の, 長島は

▼ ゐる~ (21, 0.0%)

2 の事

1 [19件] がその後元気, だ, であつ, と己, に, のヒヨロ, の努力, の勸め, の後姿, の心, の淵君, の詞, の雅重, の顏, の顔, は大連, を待つ, を発見, を見る

▼ ゐる古い~ (21, 0.0%)

2 山寺が

1 [19件] かつての, ものだ, よぼ, フィルムでも, レコードで, 二本マストの, 作り方を, 受難図を, 地の, 型の, 塹濠の, 寿言な, 庫裡の, 文章は, 空樽の, 言葉とか, 記録は, 額などを, 養老院の

▼ ゐる~ (21, 0.0%)

3 である 2 があつ, であるが

1 [14件] が不思議, だつたが, である細雨, でシャヴァンヌ, どりの, なの, にはなるまい, のこと, の中緞帳, の煙草, はみっともない, は断じて, をよく, を目

▼ ゐる小さい~ (21, 0.0%)

2 凧の

1 [19件] もの, オスワルドは, 一軒屋これが, 動物などを, 喫茶店には, 太鼓の, 家が, 家を, 川, 店屋が, 引出から, 暴君と, 本棚の, 活字の, 流れだ, 籠を, 蜘蛛は, 部屋の, 鶯笛を

▼ ゐる~ (21, 0.0%)

2 のところ, の姿, の顏

1 [15件] からである, から資本, でも慰撫, の光景, の前, の嫁, の杉作, の裸身, の體, は不安, は照れ, への愛情, や, を見, を訪ねる

▼ ゐる日本~ (21, 0.0%)

2 の兵隊, の杉

1 [17件] と争, にとつ, のこと, の周囲, の女, の子供達, の実情, の少年達, の文化, の標準語, の現代, の現在, の田舎, の百貨店, の社會, の若い, 新演劇協会

▼ ゐる相手~ (21, 0.0%)

2 は子供

1 [19件] がその, がもしや, が大変頼り, と云, に深く, に添, の声, の荒削り, の見境, の言葉, の険しい, の顔, の顔つき, はいつも, は入替り, を二間, を援, を気の毒, を見やり

▼ ゐる~ (21, 0.0%)

2 が私

1 [19件] が, があり, が少く, だが, だよ, であ, である, でも集団掏摸, といふの, の面白い, は何時, らしい, をお前達, をき, をきい, をば人づて, をひどい, を宿, を書いた

▼ ゐるとしても~ (20, 0.0%)

1 [20件] この顕著, これに, しかし事実自分, せめて吾, その恋, それでは餘, それに, それは, 其は, 吾, 夜に, 尚蒲生郡, 幣束と, 彼等が, 相当な, 私は, 第一, 等しく皆, 讀書ぐらゐはもツと, 飮み

▼ ゐるひと~ (20, 0.0%)

2 がふつ

1 [18件] かどの, が可哀想, が通訳, きは, と云, など暫く, なの, にいふ, にろくな, は十九, は少ない, は金, びと, びとの, もある, もあるだらう, や黒, よ

▼ ゐるもう~ (20, 0.0%)

7 一人の 2 一つの, 一方の 1 一つに, 二分の, 振りむきも, 春だ, 筍が, 老ひぼれ, 落ちついても, 豌豆も, 餘呉の

▼ ゐる作者~ (20, 0.0%)

1 [20件] である, にお, に僕, のす, のまとも, の人間的, の名前, の實感, の底光り, の心, の態度, の目, の眼, はずいぶん, は別, は恥, は景色, は看客, は近藤元, もありますまい

▼ ゐる容子~ (20, 0.0%)

2 が眼

1 [18件] がわかる, が余りに, が浮ん, だつたが, であつ, である, でた, では多分, と云, は, は天地自然, は殆ど, までが反, もない, もなかつた, も手, も見えなかつた, を装つて

▼ ゐる~ (20, 0.0%)

2 の枝

1 [18件] から木の間, がある, がそこ, きれ竹ぎれ, である, で紫, とがさして, なの, に手, に親しみ, のやう, の片, の若芽, は漆, は無く, を, を植ゑかへる, を軽業

▼ ゐる~ (20, 0.0%)

2 の上, 角から

1 [16件] だつたら得意, であつ, に何, のあなた, のほとり, の中, の仕事, の岩, の潮, の砂原, の色, の青, の響, やその, を, を眺める

▼ ゐる~ (20, 0.0%)

2 がある, のやう, を描い

1 [14件] があつ, が示す, である, であるが, でその, ではなく, の上, の下段, の頁, をお, をそつ, をみれ, をパン位, を描かれました

▼ ゐる芥川~ (20, 0.0%)

3 のこと

1 [17件] が下島, が確, といつ, といふ人間, と微笑, のもの, の家, の寫眞, の悲し, の日記, の筆蹟, の體, をみ, をみた, を感じた, を日頃, を見

▼ ゐる~ (20, 0.0%)

32 のさ

1 [15件] がゐる, が誰, である, でもその, のあり, のまた, のやう, のよう, の事, の声, の捨て, の聲, は例, ほど前, を見出す

▼ ゐるしかし~ (19, 0.0%)

2 私の

1 [17件] その中, それが, それは, ひとたび後者, 上陸し, 世間で, 作品が, 僕はかまは, 元来のんき人種, 南風氏は, 彼に, 息子も, 感覺の, 批評の, 明日は, 私には, 自分は

▼ ゐる主人~ (19, 0.0%)

1 [19件] が私, が羨ましく, の一人娘, の凄, の口, の孫右衞門, の弟, の徳右衞門, の手, の治兵衞, の真似, の翁, の背中, の足音, は容易, は相手, もい, もそれ, らしいのに

▼ ゐる先生~ (19, 0.0%)

2 の仰有る

1 [17件] だか, だが, でその, とそれ, にお, にもこの, のお, のなに, の姿ツ, の惡, の意識, の態度, の方, の書幅, の聲, の身, は社説

▼ ゐる~ (19, 0.0%)

1 [19件] がある, が元日, ではない, などが態, などもある, の, の一人, の事, の姿, の方, の男, の顔, は中, は二人, は仰, もある, もあれ, もなかつた, も少く

▼ ゐる時間~ (19, 0.0%)

1 [19件] が少い, こそ元, だからねえ, であつ, であらう, といふの, にて誰, に對, に砧, のまどろつこしさ, の己, の方, の計算, はいつ, は極, もなく, も休日, をなほ, をよく

▼ ゐる画家~ (19, 0.0%)

1 [19件] があつ, がいかに, が判らない, であつ, であるといふ, なの, の作画上, の多い, の彼, はない, は少ない, は珍, は郵便切手, もある, もまた, も世間, も少く, を標準, を訪ね

▼ ゐる美しい~ (19, 0.0%)

2 娘の

1 [17件] 下女の, 夕霧の, 天気の, 女の, 女学生と, 娘と, 庭園を, 情景を, 点を, 町を, 目で, 芸者が, 詩集の, 道路を, 金色の, 雛の, 面から

▼ ゐる~ (19, 0.0%)

2 がする, だつた

1 [15件] がきこえ, がしました, がそれ, がだんだん, が三田, が玄關, が聞え, が聽, である, でその, でど, の聞え, は三田, をきいた, をふと

▼ ゐる~ (19, 0.0%)

2 もある

1 [17件] がある, が烈しく, だ, の匂, の失せゆけ, の廻つて作つた, の影, の白き, の色, は赤い, も, も愚助, や浅間, をながめ, を注意深く, を睨ん, 高い雲

▼ ゐる~ (19, 0.0%)

1 [19件] から一言一言, がみえた, が軽く, とすれすれ, にこの, の上, の事, の数, の禿げた, へ手, もよく, をかいた, をかがめ, をだしぬけ, を下げた, を微風, を掉, を撫でた, を目

▼ ゐるかが~ (18, 0.0%)

2 わかるの

1 [16件] はつきり判るだらう, やつぱり分つ, わからなかつた, わかります, 問題な, 土地の, 往々曖昧, 忽ち感じられる, 理解された, 直ちに読み取られる, 美奈子に, 美奈子にも, 考へまいと, 解りませう, 解る, 解るだらう

▼ ゐる~ (18, 0.0%)

2 つ引, で村

1 [14件] から水, でふち, で龜, にこの, には高い, に柔和, に舟, の人達, の椅子, の逸話, の部屋, へ自分, をのぞき込ん, 女らしいもの

▼ ゐる作品~ (18, 0.0%)

2 が多い

1 [16件] がある, である, ではない, とがある, とそれ, と見るべきだらう, に多大, に接する, のうち, の内容, の新, の紹介, の脱稿, の魅力, は昭和年代, は果して

▼ ゐる地方~ (18, 0.0%)

2 が多い, もある

1 [14件] がありました, が段々, が沢山, が皆国, が相当, である, と山村, なので, には尚, の大, の広い, の豪族, はある, もあります

▼ ゐる多く~ (18, 0.0%)

2 の男性

1 [16件] の, の不快, の事, の人, の仏人たち, の助平画家, の友, の思想, の日本, の日本人, の武士, の水藻, の率直, の男達, の画家, の詞章

▼ ゐる~ (18, 0.0%)

2 が一人

1 [16件] かすけき, が, がない, がみんな, であつ, などは汗, に挑んだ, の上, の外, の寢姿, はそもそも, もある, も下層世間, を苦しめる, 卓介が, 蜘蛛が

▼ ゐる必要~ (18, 0.0%)

4 はない

1 [14件] があつ, があり, がある, があるだらう, がない, がなく, のある, のない, はありません, はありませんでした, はあるまい, は無, もあるだらう, もない

▼ ゐる~ (18, 0.0%)

2 僧と

1 [16件] と若, 僧を, 大尉も, 夫人に, 夫婦は, 婦人が, 婦人と, 婦人を, 嫗さんを, 小使の, 尼の, 父母は, 番頭の, 紳士との, 舖でした, 舖などの

▼ ゐるお前~ (17, 0.0%)

1 [17件] がその, であらう, にその, にとつて, に賛成, のす, の事, の前, の姿, の手, の生死, の眼, の窓掛け, は少し, をぢ, を見詰め, 程さつ

▼ ゐるなど~ (17, 0.0%)

2 とてももう腸, 云ふ

1 [13件] あり得べからざる現象, いふの, そんなこと, はつきりと, 其著しき, 冬の, 多少名目上, 彼我文化の, 想ふこ, 態度の, 折々わたし, 職業軍人の, 言へば

▼ ゐる~ (17, 0.0%)

2 に, にもう, はりには

1 [11件] にも直ぐ, に今や, に何處, に向う, に時間, に疎開中, の計算, はりは, へでは仕事, へで勇, へをまがる

▼ ゐるみたい~ (17, 0.0%)

2 だつた, であつ, なのよ

1 [11件] でいやらしい, で笑ひだ, なの, な人, な口, な形, な気持, な目つき, に毎日風波, に見える, に靜

▼ ゐる二つ~ (17, 0.0%)

4 の眼

1 [13件] の, のさいころ, のシルウエット, のフエンシング・スオウルド, の大きな, の小さい, の岩, の影, の心, の湯呑茶碗, の環境, の眼球, の瞳

▼ ゐる仲間~ (17, 0.0%)

1 [17件] か, といふもの, と色々, なの, にやあんな, の手, の方, の苦しみ, の話, の顔, はいや, はこれ, は今晩, へ入, や巡査, を促した, を追

▼ ゐる~ (17, 0.0%)

1 [17件] から冷言, でたみ, で不思議, で彼女, で若い, で默つてごはん, で黙, にある, にそれ, に周子, に扮装, に若い, に通り, はいつも, へ片足, まで行つて, を通り抜け

▼ ゐる問題~ (17, 0.0%)

2 をさまざま

1 [15件] がその, だつた, である, であると, ですけれども, でもある, で取, として覺悟, の中心, の焦点, はそれでは, は信長, は必ず, やわかり, をそのまま

▼ ゐる~ (17, 0.0%)

1 [17件] があつ, などがそれ, に拷問, の一偶, の一隅, の垣, の果樹, の様, の樹立, の池, の花, へと足, へ下り, へ引き摺り出さう, もある, を見, を静か

▼ ゐる心持~ (17, 0.0%)

1 [17件] あ私, が, がある, がし, がどの, でもあらう, と同様, の平次, の方, は加減, は唯, は徃生安楽国, をきかう, を生, を知つた, を非, を須磨

▼ ゐる日本人~ (17, 0.0%)

1 [17件] がこの, が少く, が目下旅行中, などと比べ物, には愛, には西洋人, に伯爵板垣退助氏, の数, の松本氏, の生活, の精神, の絵描き, の腰掛け的, は, は懐かしい, は最も, 殊に知識層

▼ ゐる理由~ (17, 0.0%)

2 である

1 [15件] がある, がわかつた, が分つた, であらう, ではなから, はあの, はわかります, はオカッパ, は先づもつてその態度, は歌, もある, もなく, も何だか, も知つて, をなんと

▼ ゐる~ (17, 0.0%)

2 の前

1 [15件] が一つ, が薄暗い, で何, にも見えない, に見え, に見えない, に見えぬ, のま, のショボ, のシヨボ, の先, も鼻, 醒しい努力家, 醒めの, 附きに

▼ ゐるすべて~ (16, 0.0%)

5 のもの 2 の感情, の階級 1 が自業自得, であつ, の同僚, の女達, の老樹名木, の詩, 古いこと

▼ ゐるそこ~ (16, 0.0%)

1 [16件] がかへつて物, での計, にさび, にはた, にはなほ光, にもこ, に春陽会, のお爺さん, の家, の木, の老人, へ下, へ六分九厘平均位, へ帰れ, へ持つ, へ美しい

▼ ゐる~ (16, 0.0%)

1 [16件] あちらでは, おれが, がれ, こちらには, そんなもの, もう腐つ, やつぱり親と, ア, アハツヽヽ, 下品な, 何か, 何の, 判つた, 無礼者奴が, 真あたらしい, 雪空だ

▼ ゐる~ (16, 0.0%)

1 [16件] からのみ描い, から云, から見れ, だけが熱い, で二番目娘, で遊ん, にある, にはそれぞれ店先, には河骨, に古い, に寢, の人生, の六畳, は月, へ坐りました, 近い人たち

▼ ゐる其の~ (16, 0.0%)

2 洞穴が

1 [14件] ふくよかな, ツル, 一方には, 下には, 医者に, 墓は, 女は, 性質を, 朋の, 画面に, 腹の, 言葉の, 輸廓を, 面ざし

▼ ゐる婦人~ (16, 0.0%)

1 [16件] からロンドン, がある, で栗色, などが何と, の京, の曲げた, の生活, の眼, の肖像, の表情, の解放, はこの, は頻りに, も多い, も少なく, を描いた

▼ ゐる少女~ (16, 0.0%)

2 の顔, はいかにも

1 [12件] とその, の上, の写真, の姿, の姿態, の手伝, の歌, の聲, はいつも, は少し, を見つ, 鋭眼

▼ ゐる意味~ (16, 0.0%)

1 [16件] か, がない, が分りました, である, での, ではありません, とは全く, に使つた, に解した, は子供, もない, をいちいち, を取, を岩波哲學, を有し, を正当

▼ ゐる我々~ (16, 0.0%)

2 がその

1 [14件] が, が決して, が餘所目, にとつ, にとつて, には同じ, に我々自身, の實存, の小説, の間, の面相, はこの, は何ん, もその

▼ ゐる~ (16, 0.0%)

4 樣でした 3 樣です, 樣を 1 がたいやらこ, 樣から, 樣が, 樣だ, 樣ぢや, 樣な

▼ ゐる~ (16, 0.0%)

3 の中

1 [13件] が見えます, と滝本, に人声, に這入り込ん, のニンフ, の方, の流, の縁, の茂つて, は動的生活, まで来た, もす, を抜け

▼ ゐる~ (16, 0.0%)

2 のやう, のよう, の嵐 1 が天上, が見えた, でした, のなつかしく, の上, の光, の熱, の燃えあがる, は消え, を見

▼ ゐる病人~ (16, 0.0%)

2 は死ぬ

1 [14件] が, が体, くさいな, こそ実に, にちやん, にも死, に面会人, のやう, の幻想, の衰, の黒い, はまた, や半ば, を君

▼ ゐる老婆~ (16, 0.0%)

2 もありました

1 [14件] が不, が灯台, と向, と罵り, などもあつ, の後姿, の手, の独白, の聲, の顔, は食慾, もあつ, を見た, を見る

▼ ゐる自然~ (16, 0.0%)

3 の姿

1 [13件] であるか, とは余り, の中, の傾向, の惠, の手蔓, の精気, の美し, の美しい, の要求, を愛した, を表す, を見た

▼ ゐるといふだけ~ (15, 0.0%)

1 [15件] だ, である, でかうした旅, でつまり, では, でコプラ採取, で事務室, で他, で僕, で別に, で女性全般, で小生, で既に, で日本, なん

▼ ゐるのさ~ (15, 0.0%)

1 [15件] へある, へも見かける, へ不安, へ何となく, へ堪らない, へ少し, へ座, へ森野, へ止め, へ耳, へ自慢, へ舌がくツ付き氣味, へ苦しく, へ苦痛, へ見える

▼ ゐるひま~ (15, 0.0%)

2 がない, はなかつた

1 [11件] がある, が無, などはない, に, にこれから, にゆ, にわたし, に大陸, に幾組, に急い, に書い

▼ ゐるまだ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの禍, やつて, らな, 三十を, 子供いや, 小さいの, 日も, 焼けて, 若い三十二三, 若い人, 若くも, 詳しくは, 降つて, 青い時分, 頑是ない

▼ ゐる~ (15, 0.0%)

1 [15件] あり, あり明らか, おなじ事, ことして, して, ひとつの, よく調和, 一ツの, 之を, 同じぢ, 同じの生活, 同様の, 同然で, 疾う, 誰が

▼ ゐる事實~ (15, 0.0%)

2 を指摘

1 [13件] からみ, では, で宵越, と比較, によつて推測, に徴, の變化, はいなめなかつた, はしかし, はそれ, より出, をお, を擧げれ

▼ ゐる土地~ (15, 0.0%)

1 [15件] から來, があります, である, で濱松, なので, には風, に津下氏, の最後, の歴史, の靈, は二万ヘクタール位, は彼, は日光, へ勝手, を除け

▼ ゐる~ (15, 0.0%)

2 が持つ, を姉

1 [11件] が結婚, と二人, と脊髄カリエス, に聲, の内, の冨子, の家, の眼, の空虚, の耳, の胸

▼ ゐる小説~ (15, 0.0%)

1 [15件] が素敵, です, ですか, でも正に, といふの, として私, の中, の作者, の青春, はたいてい, はもとより, も間, や戯曲, を少し, を思ふ

▼ ゐる少年~ (15, 0.0%)

2 であつ

1 [13件] が彼, だつたが, だつたの, でね, ではあつ, に對, に平次, に時どき, の僕, の心, の手元, の真後ろ, よ

▼ ゐる景色~ (15, 0.0%)

1 [15件] がその, が實際, が見え, だが, である, です, などは宛然柳浪, になる, に似, に誰, は三田, もおぼろげ, をむかし, を私, を頭

▼ ゐる現在~ (15, 0.0%)

1 [15件] か, だから, でも私, にとつて絶對的, になつて, の住居, の僕, の冠着山, の彼ら, の彼女, の日本, の生活, の自分, の若い, は男患者

▼ ゐる着物~ (15, 0.0%)

2 の枚数, やら羽織

1 [11件] がもう, なんかまるで, にあべこべ, のやう, の好み, の材料, はない, は一日, まで脱い, も友人, を脱がし

▼ ゐる矢先~ (15, 0.0%)

1 [15件] きである, きなの, だ, だつたの, であつ, であるし, でございますから, にこの, にさう, にずつと先, にふと, に今, ふとした風邪ひき, へひよ, へ今度

▼ ゐる~ (15, 0.0%)

1 [15件] が横浜, が海, が見えなく, である, の中, の小, の形, の苫, はその, はもう, は少し, まかせの, を手, を負け, 全體

▼ ゐる~ (15, 0.0%)

2 の吸口

1 [13件] がある, がない, なり品物, なんて今時, に対抗, の力丈, の鎖, はどこ, は平均二千圓ぐらゐであらうといふ, は相, もふえる, を今夜, を見出し

▼ ゐる長い~ (15, 0.0%)

4 光りの 3 崎の 1 スカートを, 上衣の, 土手からの, 峡流に, 崎が, 敷石を, 木の, 路でありました

▼ ゐる~ (15, 0.0%)

2 の明る

1 [13件] あがり, がふつ, が時々, とつい, となつた, のあかるく, のうつた, の中, の滴, の降る, の音, ほど世間師, をまた

▼ ゐるせい~ (14, 0.0%)

2 でも

1 [12件] かしら酷く, かも知れない, か伊香保, か先日来腹工合, か吠える, か普段, か父, か眠れない, だ, である, で大きな, もある

▼ ゐるのよ~ (14, 0.0%)

1 [14件] お兄さん, この裁判, こんなもの, それも, だが俺, つて, パンを, 一体さ, 御飯の, 本当よ, 狡いん, 私に, 私は, 秋ちやん

▼ ゐる三人~ (14, 0.0%)

2 の助手, の客 1 があり, のマダム達, の中, の子, の從者, の男, の者, へこの, をひと, 寄ればの

▼ ゐる事柄~ (14, 0.0%)

3 である

1 [11件] が拙い, といふの, には己, にも若干民譚, のなか, の意味, は史記, は彼ら, も彼, をお前, をさも

▼ ゐる傾向~ (14, 0.0%)

3 があつ

1 [11件] がない, が強い, が無い, が窺, が著しい, だ, であります, に見える, の人, もあるでせう, をすこし

▼ ゐる~ (14, 0.0%)

1 [14件] といふ, に比べる, のある, の塊, は假説, もなく, をたより, をどれ, を存分, を弱められ, を感じず, を振りし, を次第に, 弱さ

▼ ゐる夫人~ (14, 0.0%)

1 [14件] としてはひよつ, に対して燃, の今日, の努力, の声, の教養, の生活, の美し, の美しい, の顔, の高貴, をおそるおそる, をガラス, を古い

▼ ゐる~ (14, 0.0%)

1 [14件] 一族の, 主人が, 人だ, 人に, 内意に, 客が, 家庭も, 心は, 本人は, 様子で, 浪人の, 祈祷を, 親類の, 隱居樣の

▼ ゐる~ (14, 0.0%)

1 [14件] から女中達, に一本, の九時五分, の光, の光線, の唇, の山, の日, の林, の空, の音楽, の香春, はひとし, は私

▼ ゐる父親~ (14, 0.0%)

2 が死んだ

1 [12件] がゐる, が今晩上京, が怨めし, にかぶり付い, の孫六, の孫右衞門, の意志, の眼つき, の胡麻鹽, の首根, は病氣, を見

▼ ゐる瑠璃子~ (14, 0.0%)

1 [14件] では, と女中達, にさう, にもマザ, のそれ, の心, の手, の白い, の聴覚, の薄暗, は前, は昏, も身体中, を見る

▼ ゐる美奈子~ (14, 0.0%)

3 にさ 2 の心, の耳 1 でさ, には肌寒く, の夢, はもう, は母, は胸, までが胸

▼ ゐる~ (14, 0.0%)

1 [14件] であるが, りだ, りであつ, りである, りであるが, りであるので, りでなく少しく, りでなく舞台, りで他, りで何物, りで少し, りで汽車, りで特色, りで門標

▼ ゐる~ (14, 0.0%)

1 [14件] だから, ではなかつた, でもそれに, でも別に, に, にかう, にたと, にでも私, になるべく, にもなほ, にも故に, の女, の退屈, は比較的

▼ ゐる青い~ (14, 0.0%)

3 空が

1 [11件] フロックを, ワナに, 旗は, 林檎の, 椋の木を, 水を, 着物の, 竹竿や, 衣裳を, 頭を, 髪や

▼ ゐるとでも~ (13, 0.0%)

3 いふの 2 君は, 申しませうか 1 いつた風情, いふ風, 云ひ, 思ふの, 書けば, 言ふより

▼ ゐる一本~ (13, 0.0%)

2 の草

1 [11件] になりました, の古い, の小, の撥, の木, の松, の棕梠, の樹, の紐, の繩, の長い

▼ ゐる唯一~ (13, 0.0%)

3 のもの 1 となりました, の, のミコ, の事, の事物, の尊い, の意義, の新, の方法, の親類

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

1 [13件] から来た, がある, である, でなければ, では演劇, では豊年, といふ意味, に帰る, に最も, はありやしない, は少い, は戦争, 治めて

▼ ゐる学生~ (13, 0.0%)

1 [13件] があの, が口, が夏休み, であらう, ですが, と云, と老婆, のうち, の一人, の中, の盃, の表情, はそれだけ

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

1 [13件] がない, が窺, が遠く, たらく, だ, だよ, にし, に墨, のもの, の有様, は彼, を見, を見出す

▼ ゐる所以~ (13, 0.0%)

5 である 2 のもの 1 がある, です, ではない, でもない, は彼, も共に

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

2 坊を

1 [11件] らしい油, 公の, 六さんは, 古今時代を, 教科書が, 時代の, 短歌が, 聲社である, 見世だ, 詩社の, 體制です

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

1 [13件] のかた, のこ, の先駆者, の小野昆虫跳, の日射し, の横顔, の気配, の水, の津軽平野, の真, の蛙, の雪, よ春

▼ ゐる模様~ (13, 0.0%)

2 である, でした 1 が知れた, だ, だが, だつた, だつたが, だつたので, であつ, なの, を見

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

6 の中 2 を冷し 1 がふつ, が流れ, を冷した, を覗い, を金盥

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

2 數の, 氣味な 1 拘泥な, 政府主義者と, 智と, 智や, 果花の, 氣味さよ, 職業の, 資産階級の, 邪氣な

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

2 の群

1 [11件] が疲れた, でも林, のやう, の乳房, の群れ, もそれ, をもとめた, を力まかせ, を指し, を見, を見かける

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

1 [13件] お世辞, き, だが, だつた, である, の御, もない, をうか, をうどん, をゆり起した, を僕, を教, を聞いた

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

3 の葉 2 の上 1 が歩く, ながら芹, の中, の名, の露, や木, を押し分け, を捜し

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

1 [13件] からは水蒸氣, が崩れ, に掩, のうつくし, のやう, の中, の屋, の様, の氣配, の色, やみぞ, を眺め, を輝かした

▼ ゐる風景~ (13, 0.0%)

1 [13件] であつ, である, に見惚れ, のなか, の細密描写, の繪葉書, はいかにも, はわるく, は珍重, は白紙, ばかりな, も歴史的, をその

▼ ゐる~ (13, 0.0%)

1 [13件] がゐる, だから, のやう, の名前, の手綱, の鈴われ, は気儘, は涼しかる, を急がせ, を振り返つ, を見, を見る, 之助

▼ ゐるかぎり~ (12, 0.0%)

2 は私 1 この苦悩, その日, では彼女, でも一家族揃つて, の淺草, の藤澤清造, は, はいつ, は愉し, は観じ

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

3 がた 2 がたを 1 がたが, がたで, がたは, が一元, つかりお正月気分, なは, ゐさい

▼ ゐるそば~ (12, 0.0%)

2 へ來 1 でからだ, でぢ, で読み上げ, にすわつ, に飛び, の一人, へのこのこ, へ近寄らう, を通っ, を通つて

▼ ゐるといふだけの~ (12, 0.0%)

2 ことで 1 こと, ことだ, ことを, 事しか, 事に, 全く外形的, 唄その他歴史的意義以外何等, 意味では, 意味に, 話である

▼ ゐるなどと~ (12, 0.0%)

1 [12件] いつては, はつひぞ思ひ, 云ふ, 云ふこ, 傳へられ, 思はれないやう, 甚く, 見て, 言ひふらします, 言へる, 軽蔑せられる, 輕蔑せられる

▼ ゐるふう~ (12, 0.0%)

5 であつ 2 でも 1 だつた, なそんな, なの, に彼, は少し

▼ ゐるやつ~ (12, 0.0%)

4 がある 1 が一羽, だ, でいかさま, の気, は陳, をだ, を大きな, を注射一本

▼ ゐるわたし~ (12, 0.0%)

1 [12件] から見る, でも怪異, には暫く, に声, に驚い, の耳, の肩, の胸, の船, は, はますら, を

▼ ゐる不思議~ (12, 0.0%)

1 [12件] と可憐, な伝説, な円筒, な変化, な性格, な気, な父, な状態, な生命, な画家神泉氏, な瞬間, な自分

▼ ゐる俳優~ (12, 0.0%)

1 [12件] が将来, が矢張り河原者, であるが, でなければ, に一読, のうち, の細君, は決して, は誰一人, またその, もある, を私

▼ ゐる原因~ (12, 0.0%)

2 である 1 が一つ, でもあるでせう, と見, になる, の一つ, の最も, はさ, は其處, もある, を相手

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

2 洋服の, 靴の, 靴を 1 仏で, 板塀に, 洲の, 英雄たちの, 詞章を, 雜誌は

▼ ゐる女房~ (12, 0.0%)

2 のお 1 が或, にまで頼め, に聲, の姿, の方, の私, はつい, は困つた, も同様, を慰め

▼ ゐる女達~ (12, 0.0%)

1 [12件] から聞く, が左, そしてそれ, とは誰, に何, に混つて, は一番, は何, は我々, もいつの間にか, も少く, を片端

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

2 のお 1 がたづ, が姉さん, であつ, である, と一緒, のおと, の方, の眼, も伜, を宿

▼ ゐる娘さん~ (12, 0.0%)

2 がいかにも, の手, の肩, の顔 1 の事, の傍, は裁縫, を醜業婦

▼ ゐる子供達~ (12, 0.0%)

1 [12件] が人ずく, にもはつきり, に就い, に昨日, のもの, の中, の悪戯, はたぶん, は其処, は却つて, を家, を見

▼ ゐる思想~ (12, 0.0%)

1 [12件] からもつ, で齊國, とは本, に多少, の一通り, の上, の乾物, は根本的修正, をまとめ得られる, を纒めよう, を聞い, を踏まれ

▼ ゐる恰好~ (12, 0.0%)

2 である 1 がいかにも, が源吉, が眼, です, で茫として, に片手, は, はなかなか, はコーリフラワ, を思はせる

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

3 の上 1 がしかも, の下, の名, の方, は長, ばかりを考へる, へ来た, まで及ぼす, を渡る

▼ ゐる気分~ (12, 0.0%)

2 が何, になる 1 がなんだか, が変, とでも云, と云, の高, はい, は殆ど, をぶち

▼ ゐる気持~ (12, 0.0%)

1 [12件] がはつきり私, が挫けない, だつた, であつ, のよい, はあはれ, は今, よく滞在, を強, を瑠璃子, を考へれ, を言

▼ ゐる社会~ (12, 0.0%)

2 をその 1 が日本以外, で, であります, とでも云, に皮肉, の処女, の無言, の現状, は決して, をま

▼ ゐる私自身~ (12, 0.0%)

1 [12件] が照子, に私, のやう, の姿, の影, の心象, の惨め, の方, もぢ, も知解情量, を異, を見出す

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

2 の夜 1 には山, の一日, の夕暮, の夜更け, の朗, の歌, の滿目, の真昼, の陽ざし, は匂ひだ

▼ ゐる積り~ (12, 0.0%)

2 だ, でゐる 1 かね, だけれども, であらう, である, であるが, です, で物, の男仲間

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

3 一の 1 一こんな, 一先づ文字を, 一国語と, 一高等學校に, 三に, 三の, 三軍と, 二の, 二版に

▼ ゐる細君~ (12, 0.0%)

1 [12件] が凭つて, が現れた, に, に出, の一人, の事, の妹, の方, の肩, の膝, は隣, を眼

▼ ゐる紳士~ (12, 0.0%)

2 の顔 1 が名高い, だと, といふ, に向かつ, に話し掛けました, のお客, はあんまり, は言葉, もみんな默念, をもはげしく

▼ ゐる自分自身~ (12, 0.0%)

2 の存在, を發見, を見出す 1 が自分, に比べ, のせゐに, の上, をかばふ, を見た

▼ ゐる若者~ (12, 0.0%)

1 [12件] が急, でありました, などが入り, のやう, の一人, の唇, の手, の歌, の背中, はお前, へ精一杯, を二人

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

2 れ彼 1 かに似, かに呼ばれた, かひとり, かを何物, もが私, ものどか, も彼, も悸す者, も知らない, れでもの

▼ ゐる~ (12, 0.0%)

2 のはう 1 かも, がだんだん, が時々, が良寛さん, でもジユウル, とは違ふから, の中うしろ, の小坊主達, を見, を見た

▼ ゐるあらゆる~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことを, 事物を, 人間に, 大議論, 女性の, 小径の, 從來の, 方面に, 職業の, 道具が, 静かな

▼ ゐるあれ~ (11, 0.0%)

1 [11件] がその, だけ飲ん, だよ, である, です, は或, もいい, もよし, やこれ, を一つ, を聞いた

▼ ゐるうち私~ (11, 0.0%)

1 [11件] が時間, はこんな, はさき, はしばしば, はたえ, は何となく, は光秀, は彼女, は思はず, は扁桃腺, は漸く

▼ ゐるぞと~ (11, 0.0%)

2 云はんばかりの 1 いつた風, いはぬばかりの, いふこと, いふの, 予感した, 吹聴し, 心の, 思はせぶり, 相手に

▼ ゐるとい~ (11, 0.0%)

3 へるの 2 へる 1 はるる, へない, へよう, へるだらう, へるであらう, へるであらうしかし

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] あそこで, さうさ, すると彼, ところが働蜂, どうした, むのはやしについたときし, 二三百年も, 兄さん, 助役さん, 大いに思つて, 妙に

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

2 づかの 1 あたしは, あんまり慌て, お金なんぞ, そつくりです, 御内聞, 森山さん覚えてらつ, 母さんだつて, 独りに, 私

▼ ゐるガラツ八~ (11, 0.0%)

3 の八五郎 1 に押し戻された, の後ろ, の方, の顏, はこれ以上追及, はす, は何ん, もよく

▼ ゐる一匹~ (11, 0.0%)

1 [11件] のけだもの, のしなやか, の兜蟲, の化物, の毛虫, の蜥蜴, の蝶, の螢, の蠅, の野良犬, はたいそう

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

2 の上 1 にはさまれた, に就い, の一角, の下, の中腹, の方, の頭元, へ通ずる, や畑

▼ ゐる代り~ (11, 0.0%)

1 [11件] にその, にそれ, にはいよいよ, に人間, に場所, に外, に時には, に現代作家, に生命, に芝居, に頭

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] から出直したい, だけを拾, ならなかなか, にはある, には自分等, には至極, には隨分人眼, には頭, には食べる, のこと, の金

▼ ゐる叔母~ (11, 0.0%)

1 [11件] に向, のお, の別, の前, の家, の手前, の處, はわざわざ, は十分, は夕飯, は隆造

▼ ゐる同じ~ (11, 0.0%)

1 [11件] 人であります, 伝習の, 作者の, 年格好の, 性質の, 楢の, 病人の, 組の, 色の, 青磁色の, 風体の

▼ ゐる奥さん~ (11, 0.0%)

1 [11件] だつたの, と女中さん, にだ, にとつて精神上, のこと, のやう, の前, の用心, の療養生活, はもとより, への手紙

▼ ゐる女中~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, がはやり唄, であつ, で見苦しい, などが時, に話しかけました, のお, や家族, らしいのに, を促し, を後

▼ ゐる学校~ (11, 0.0%)

1 [11件] から半, が昨日赤坂, ではテニス, で当て, の傍, の内, の制帽, の生徒達, の近所, の食堂, を二年

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] がどんな, が到る, だが, である, なの, のやう, の井戸, の岸, の様, の西岸, を飽き

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] が今, といふ川, なの, のあたり, の本流, の波, の深淵, はひつそり, は變化, へ転げた, を挾んだ

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

8 れの 1 だから, の傍, の脚

▼ ゐる広い~ (11, 0.0%)

1 [11件] アスフアルトの, 厨に, 庭では, 庶民階級の, 武蔵野の, 畑も, 花園に, 道を, 間口の, 青田が, 額と

▼ ゐる手紙~ (11, 0.0%)

2 が来ない, の上, は来ない 1 がない, であるから, と全く, のうち, を書い

▼ ゐる文章~ (11, 0.0%)

2 と言 1 が多い, だと, などから探しだした, なの, によつて, の一節, の中, を訂正, を読む

▼ ゐる新聞~ (11, 0.0%)

1 [11件] が時々, で人, の一面, の小説, の紙面, は國際的事件, や雑誌, を押売, を社, を読ん, 売りの

▼ ゐる樹木~ (11, 0.0%)

3 の姿 1 が陽, だから, のイタヤ, の一本, の向う側, の種類, は寒暖, も麓

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] か以前, か何, か左, か町, だつた, にあなた方, にニキタ, に大, に大抵, に山, もあつ

▼ ゐる生活~ (11, 0.0%)

1 [11件] と, と文化, に無理, に関係, の反映, は一刻ごと, は極めて, は決して, をし, を持つ, 断えず未来

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

2 の一つ 1 で造つたエヂプト, の円柱, の橋, の破片, の面, は二抱, よりも樹, を片端, を買

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] は何時, へがある, へさせられる, へそのもの, へである, へではない, へな, へに真偽, への落ち着く, へを安心, へを少し

▼ ゐる良人~ (11, 0.0%)

1 [11件] だと, だ幸, ならその, の前, の頭, はこの, は足, も其, も居よう, をつかまへ, を足

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

3 が鳴い 2 のこゑごゑもをはりに, の翅 1 がある, がゐる, の細い, を空

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, が灯つた, といふもの, にその, の名, の姿, の東京ぶり, の灯, の雑貨屋, の頭上, を歩く

▼ ゐる表情~ (11, 0.0%)

1 [11件] だつた, だとは, であつ, の豊かさ, の魅力, は, はこの, は何, より仕方, を描く, を浮かべ

▼ ゐる赤い~ (11, 0.0%)

2 塗櫛を 1 さくらんぼの, の白い, セルロイドの, タスキを, 口を, 浮標に, 熔岩の, 石が, 花それは

▼ ゐる間私~ (11, 0.0%)

2 はお前 1 の最も, の頭, はこの, はてれ, はなんとなく, は何度氣, は傍, は石段, は運動

▼ ゐる~ (11, 0.0%)

2 を見 1 にペルリ, に三藏, に文吾, に是等, に曲者, に私, はない, もなかつた, を窺つて體

▼ ゐるからには~ (10, 0.0%)

1 ―――――――――――――――上げる, この跫音, 何ん, 何処まで, 何日また, 偶には, 柿の, 矢張唐以後の, 神泉程度の, 金で

▼ ゐるけど~ (10, 0.0%)

1 でも近頃, まだチヤチだし, 何う, 別れる時ぐらゐ, 娘達に, 実は君, 実は近頃, 戦争中は, 白状する, 見てるだけでも

▼ ゐる~ (10, 0.0%)

2 ほらまた 1 おまけに, つと寒気, 仕かへ, 大急ぎで, 巨いやつ, 油虫めおま, 自分が, 馬鹿だ

▼ ゐるだから~ (10, 0.0%)

1 いい人間, どうにも仕方, キツパチの, 俺は, 手法的には, 旅には, 百田の, 自分も, 見たやう, 食後の

▼ ゐるとこ~ (10, 0.0%)

1 で, にそっくり, にそつくり鹽水, は好い加減, へたのむ, へのめのめ, へ給仕, へ行きました, らしい, を見た

▼ ゐると共に~ (10, 0.0%)

3 梅の 1 それが, それを, デカダンスの, 之を, 他方では, 歴史的の, 神経を

▼ ゐるなどは~ (10, 0.0%)

1 あんまり散文的, どこまで, 全く贅澤, 夢にも, 威厳を, 彼に, 思へなかつた, 朋輩の, 面白い, 頗る肯綮

▼ ゐるばかりの~ (10, 0.0%)

1 ことで, やうだ, 余である, 凡そだらしない, 気が, 氣が, 現実です, 田甫に, 私は, 自らを

▼ ゐる三田~ (10, 0.0%)

1 が冷, のうしろ, のところ, の大きな, の態度, の樣子, の部屋, は坐, は自分自身, は自然

▼ ゐる世の中~ (10, 0.0%)

4 には跡 1 だ, とは種類, にとつて, に住み, の事, の廣さ

▼ ゐる傾き~ (10, 0.0%)

2 があつ, がある 1 があ, がない, が無い, が見える, であつ, であるが

▼ ゐる写真~ (10, 0.0%)

2 を新聞 1 がある, である, でも写真, などもあつ, は此, を見かける, を見た, を載せ

▼ ゐる叔父~ (10, 0.0%)

1 が厄介ばら, に, に見つ, の創作, の墓, の声, の家, の気色, の氣色, の總兵衞

▼ ゐる~ (10, 0.0%)

4 もある 3 が多い 2 ふの 1 もあるらしい

▼ ゐる場面~ (10, 0.0%)

2 である 1 から感じる, が写され, が妙, が見えた, であつ, では一々, では説明, として

▼ ゐる~ (10, 0.0%)

1 が叮嚀, である, などちよろちよろ, のふかく, の地上, の深い, の焔たち, は抱い, は有難い, もトキ子

▼ ゐる富岡~ (10, 0.0%)

1 にゆき子, に対してゆき子, のそば, のふてぶてし, の声, の心, の心沙汰, の手, の紫色, を観察

▼ ゐる~ (10, 0.0%)

1 で五六日, にさういふ, に名刺, の先々代, の山門, の庭, の門前, は何処, へと出かけ, を教

▼ ゐる態度~ (10, 0.0%)

1 がつまり, がみえ, が彼, が根柢, こそゆかしい, でもある, に憤慨, は正しい, よろしく悠々, を取る

▼ ゐる~ (10, 0.0%)

2 だと 1 が, の名, の眼玉, の群れ, はすばらしい, を, を深い, を見た

▼ ゐる民族~ (10, 0.0%)

1 だと, とこの, とさらに, とギリシャ, の希望, の風貌, はお, は尠, は幸福, は東

▼ ゐる生命~ (10, 0.0%)

1 がかうし, だけが幸, である, であるといふ, です, とは形, に對, の不思議, の眼, もある

▼ ゐる百姓~ (10, 0.0%)

1 がやつ, が喜ん, と話, にそこ, のチェレ, の家, は田畝, は翌, もぼつぼつ, を見る

▼ ゐる程度~ (10, 0.0%)

2 の言葉 1 であるが, でございますが, で都会, に, にしか見えない, には情熱的, に従つて, の組織

▼ ゐる自身~ (10, 0.0%)

1 と水, の亡霊, の夜着, の姿, も忙中, をしんみり, を発見, を見た, を見出した, を顧

▼ ゐる良心~ (10, 0.0%)

6 を恥 1 だつたの, どころか良心, に從つて, は此

▼ ゐる芝居~ (10, 0.0%)

1 が, だから, ならただ, なるもの, に行く, の中, の科白, の見物, の賑, を真実

▼ ゐる詩人~ (10, 0.0%)

2 の心境 1 から路易, で前者, なん, にお, の手紙, の痴夢, は最も, は極力

▼ ゐる~ (10, 0.0%)

1 がある, がはり, だ, とがあり, とその, にあぶく, の上, の角度, を拾, を背けたる

▼ ゐるからこそ~ (9, 0.0%)

2 ものを 1 それだ, どんなこと, ワンダフルな, 今まで, 然うなんだ, 監獄に, 苦しむの

▼ ゐるからの~ (9, 0.0%)

1 ことだ, ことで, 世界で, 事で, 事です, 名である, 嗟嘆で, 心情であり, 自卑

▼ ゐることさ~ (9, 0.0%)

1 へある, へも當, へ出, へ出来なかつた, へ定か, へ忘れ, へ気づかずし, へ発見, へ私

▼ ゐるつて~ (9, 0.0%)

1 いふこと, いふん, いふ葉書, えぢ, えんだから, おつ, さうお, ね, はなし

▼ ゐるみんな~ (9, 0.0%)

1 が表面敬意, とそれぞれ挨拶, に報告, の不, もまた, を憤らした, を見下しました, 可愛い姿態, 喜んで

▼ ゐるやうぢ~ (9, 0.0%)

2 やない 1 や, やありません, やが, やなく, や下手人, や主人, や錢形

▼ ゐる以外~ (9, 0.0%)

1 その土地, にもつ, に人, に動い, に明確, の事, の何もの, は何処, は忘れられ

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

3 だつた 1 さ, だつたが, で, である, ながら, の兄進

▼ ゐる四人~ (9, 0.0%)

1 があつ, が裁判所, のゐる, の人足, の人達, の小さな, の弟子, の顏, の顔

▼ ゐる女の子~ (9, 0.0%)

2 を連れ 1 がせきこん, がもう, のほとり, もあつ, をちらつと, を揺り動かした, を縁先

▼ ゐる小鳥~ (9, 0.0%)

1 であります, のこと, のやう, の籠, の餌, はみんな俺, を聽, を見, を見た

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 があつ, である, ではまるで, に足, の方, の群, は青い, を摧, を見付け

▼ ゐる帽子~ (9, 0.0%)

1 に手, の上, の薔薇, の鍔, は鍔, をご存じ, をヒョイ, を右, を脱いだ

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 がある, との二つ, と同一, のため, の声, の狂亂, の理想, の足りな, をその

▼ ゐる房一~ (9, 0.0%)

2 を見つけた 1 との結婚生活, と小谷, に感じ, に気づいた, の義母, は無下, を想像

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 からに表, から偶, があつ, などフライパンひとつ, の, のやう, の姿, は何ん, 突然人像

▼ ゐる文字~ (9, 0.0%)

1 が読む, であ, なの, の正確さ, は何, は文字, を見る, を読みくだし, を読みとらう

▼ ゐる椅子~ (9, 0.0%)

2 のすぐ 1 がかすか, に座つて, に腰, の背, や穴, を手, を薦め

▼ ゐる汽車~ (9, 0.0%)

1 が曲り角, が渠, が玩具, でせう, で出, のがた, の中, の窓, の速度

▼ ゐる深い~ (9, 0.0%)

1 井戸が, 交渉を, 微笑が, 感化力の, 浪漫主義の, 淵に, 漏斗の, 眠りは, 穴から

▼ ゐる為め~ (9, 0.0%)

1 である, であるらしい, でもある, にその, に主人, に大きく, に母親, に自分, 折々は

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 がゐる, と山羊, にもやはり, の子, の年, の鬚, はお先に, ばかりである, よ

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 がお, が握手, なシヤツ一枚, に聞かし, の影, の顔, は本当に, を促し, 登場し

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 がある, と共に降服, においてはもはや, に対つて, のやう, の如く, の存在, の精髄, は

▼ ゐる私達~ (9, 0.0%)

1 にとつ, にとつて, にはなん, には物足りない, の上, の家, の小さな, の耳, も不愉快

▼ ゐる空気~ (9, 0.0%)

1 がお, といふもの, に新, のせい, の中, の青い, はだんだん, まで自分, を吸

▼ ゐる~ (9, 0.0%)

1 から物体, といふの, に筆, の上, はなん, をよく, を紙, を胸, 本半折

▼ ゐる細い~ (9, 0.0%)

1 山道をの, 川堤を, 手摺りが, 横町に, 目と, 路を, 路をも, 通りである, 電柱の

▼ ゐる證據~ (9, 0.0%)

21 であるが, であるとい, ですよ, でどうも, ではない, で有る, の品

▼ ゐる黒い~ (9, 0.0%)

1 リボンを, 夜を, 岩の, 海の, 皮外套を, 目が, 眼, 罎を, 髪を

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

6 はゆる 2

▼ ゐるいや~ (8, 0.0%)

1 これは, な病氣, メダルな, 友情で, 昨夜からの, 湯田が, 私には, 諦め得て

▼ ゐることそれ~ (8, 0.0%)

2 は一たい何 1 が即ち, に就, に此, は一たい僕, は古い, をはつきり意識

▼ ゐるさまざま~ (8, 0.0%)

1 なグルウプ, な出来事, な料理, な綺麗, な風習, の両生類, の人物, の象

▼ ゐるそれで~ (8, 0.0%)

1 あゝやつ, せめても, 困つて, 官學と, 支那の, 滅多と, 食ふ, 飯を

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 ふ, ふねて 1 いたらく, え心理, きぱきしたお安さん, こんなの

▼ ゐるといつて~ (8, 0.0%)

2 もい, もよい 1 もいい, も必ずしも, も時代, も言

▼ ゐるとして~ (8, 0.0%)

1 そいつが, その男, それを, ですね, 一人の, 其処へ, 時間的生を, 白々しい見立て書き

▼ ゐるどころか~ (8, 0.0%)

1 人並以上に, 仲, 嘗てそんな, 日露戦争の, 滝尾の, 痛快が, 私自身が, 非常に

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 すぢごと 1 きは, と本, と皮, の事実, の人物, りん

▼ ゐる一群~ (8, 0.0%)

1 が象徴派, の事物, の側, の少女たち, の新進作家たち, の海水着, の若き, もあつ

▼ ゐる中年~ (8, 0.0%)

4 の婦人 1 の事務員, の太, の女, の社員

▼ ゐる主婦~ (8, 0.0%)

1 がゐた, などに肥え, の仕事, の姿, の肉体, の背中, はペン, やその

▼ ゐる亭主~ (8, 0.0%)

1 が息子, とゆき子, に当り散らした, の処, の方, の粧, は女房, を相手

▼ ゐる余裕~ (8, 0.0%)

1 がありません, がなかつた, など失つて, なんてかなしい, はない, は勿論, もない, も無く

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 がある, が出, が来, とが支, と日々僧院, の上, の姿, の房

▼ ゐる勝平~ (8, 0.0%)

1 に尚, のよから, の傍, の方, の眼, の身体, は濁つた, を嫣然

▼ ゐる医者~ (8, 0.0%)

1 が代り, であつ, ですある, となる, の家, の言, の言葉, は配給

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 透明の 1 七が, 九郎を, 助が, 素人劇団などが, 素人劇団の, 纒を

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 である, はその, も多い, も知らぬ, 歌の, 牛も, 稱で, 稱な

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 である, であるそこで, なの, なり, のもの, の子供, の興亡, の話ぢ

▼ ゐる太陽~ (8, 0.0%)

1 が若し, だ, の, のし, の下, の浮かれ, の笑顏, の面

▼ ゐる家庭~ (8, 0.0%)

1 でかう, とはとても, に向, のため, の事情, へ世話, やさ, 乃至個人

▼ ゐる宿~ (8, 0.0%)

2 なしたち, の女中, の娘 1 である, の浴槽

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 か, がひとつ, で, なの, に現れる, の後ろ, の方, の際

▼ ゐる年寄~ (8, 0.0%)

1 が洗湯, と自分, に彼等, の百姓, の百姓たち, の馬, の鼠, を決して

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 から一羽, で次, に二つ, に金幣, に龜の子, はどう, へお, を見物人

▼ ゐる息子~ (8, 0.0%)

1 に向, の側, の弘, の授賞式, の照れ臭い, の看病, や娘, を尋ね

▼ ゐる支那人~ (8, 0.0%)

1 ありき, の姿, の店, の心持, の船顔, はどれ, をつれ, をみた

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 の仲間たち, の同志, の地圖, の奇観, の景色, の空想, の金, は極

▼ ゐる時計~ (8, 0.0%)

2 を見上げた 1 が三時, が惡, をぢ, をチラリ, を庭, を眺め

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 の上, の端 1 が何だか, に向, の傍, の前

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 の唸り声, の幹, の廣, の木の根, の枝, の根, の梢, の葉

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 といふ寡婦 1 が, だつた, のそれ, の中, をみ, を天然記念物

▼ ゐる樽野~ (8, 0.0%)

1 にとつて, の友達, の祖母, は, はオペラ, は蚊, を呼び返し, を救け降した

▼ ゐる爲め~ (8, 0.0%)

2 ばかりで 1 か或は, か言葉, だ, に小樽, に思想, のくだ

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 がある, が多い, が掲, と黒い, に現, を描い, を描いた, 描きが

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 が無, で, の皮草履, の筒, の蜻蛉, は昔, を茎, を見つける

▼ ゐる範囲~ (8, 0.0%)

1 でこれ, ではどこ, ではイタリア人モヂリアニ, ではヴィユウ・コロンビエ座, では大和法隆寺, で答, にある, を最小限度

▼ ゐる自分達~ (8, 0.0%)

1 であるやう, にとつて, のやう, の姿, の幸福, の歌, の生活, の落ちぶれ

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 から見れ, がある, がだ, でも河岸, の人々, の櫂, の油絵, の路物

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 だ, のうごかない, の中, の声, の話, は数百, を取つ, を聞く

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 あぶらの, に滲んだ, の筋, の臭, も父母, を見, を見る, を辿つ

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 に二人, に以前, に勝平, に彼女, に汽車, に聴衆, に葬式, は父

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

3 がある 2 があつ 1 があります, がない, が窺

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 が私 1 が体, が階段, に力, に感じられた, は女の子, は絶えず

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 の窓 1 がそこ, が目, なので, の外, の轍, へあわて

▼ ゐる酒場~ (8, 0.0%)

1 があつ, だつた, である, に現れた, の女, へ, へ行かう, を口

▼ ゐる間ぢ~ (8, 0.0%)

1 うは, う房一, ゆうぢ, ゆうとてつもない, ゆう村長, ゆう淋し, ゆう自在, ゆう邪魔

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

1 に二つ, のコムパートメント, の二婦人, の家, の棧敷, の部屋, の隣, の黒犬

▼ ゐる雜誌~ (8, 0.0%)

1 で彼, の七月號, はページ, をいじくり, を二三部, を借り, を出し, を態

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 の肉 1 に微笑, に煤, の紅い, はピクピク, や身體, や額

▼ ゐる餘裕~ (8, 0.0%)

3 がない 2 はない 1 がなく, などはかりそめ, を自分

▼ ゐる~ (8, 0.0%)

2 でなければ 1 が先方, で主, と魂, のやう, の落ちつく, を呼び返す

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

2 それも 1 サアサア店を, 兵隊が, 目白だ, 親分, 馬鹿

▼ ゐるそれら~ (7, 0.0%)

1 のもの, の人, の人々, の少女たち, の山々, の村, の言葉

▼ ゐるちよ~ (7, 0.0%)

1 つとおだてる, つとバタ臭い, つと目, つと神秘, つと見, んびり行乞, ん髷本多

▼ ゐるとね~ (7, 0.0%)

1 ぐしよ濡れ, どうしてどうしていよいよ盛ん, どうもそ, 兎に, 其大きな, 向ふ, 松は

▼ ゐるひとつ~ (7, 0.0%)

1 のヂェスチュア, の大きな, の心, の決定的, の状態, の綜合, の言葉

▼ ゐるまた~ (7, 0.0%)

1 このぐらゐの苦しみ, 一枚また, 何物かを, 画壇の, 畑の, 街へ, 遇ふだらう

▼ ゐるまで~ (7, 0.0%)

2 だ, なの 1 ぢや, である, なんだ

▼ ゐるものぢ~ (7, 0.0%)

4 やない 1 やありません, やで, や彼女

▼ ゐるわが~ (7, 0.0%)

1 ふところは, まぢかくに, 俳優も, 國の, 影は, 愛馬と, 築地小劇場の

▼ ゐるホテル~ (7, 0.0%)

2 の中庭 1 であ, の事, の前, へ行け, へ走つ

▼ ゐる一種~ (7, 0.0%)

1 の, の土, の宗教的, の形式, の武力, の氣概, の黙劇

▼ ゐる二三~ (7, 0.0%)

1 の土人, の外人, の実際, の月刊雑誌, の求める, の狂人, の連中

▼ ゐる会社~ (7, 0.0%)

1 では三四, に出来る, に就, の女, の用, の重役, へ出た

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 から拘引, のお, のこと, のところ, の腦髓, は六里程, は天井

▼ ゐる動物~ (7, 0.0%)

1 だと, です, と橋, と氏人, のある, は如何なる, は體力

▼ ゐる向き~ (7, 0.0%)

2 があちこち 1 あり生駒, がない, が多い, が多く, もある

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

2 次郎の, 緒子の 1 の市, 數が, 緒子は

▼ ゐる大学生~ (7, 0.0%)

1 があつ, だつた, であつ, である, であるが, の, の部屋

▼ ゐる女性~ (7, 0.0%)

1 です, と考へ, なども多く, なども案外, に対して一種, の中, の生きた

▼ ゐる子供たち~ (7, 0.0%)

1 のなか, のやう, の中, の姿, の群, も解放, を叱らう

▼ ゐる學生~ (7, 0.0%)

1 と戀, のやう, の勉強ぶり, の家, の方, の生活, もさむい

▼ ゐる寫眞~ (7, 0.0%)

1 などには眼, にかの女, のレーニン, の燒つけ, は人々, をお, を見た

▼ ゐる小川~ (7, 0.0%)

2 のほとり 1 が海, といふの, には塩, に一人, の堤

▼ ゐる居酒屋~ (7, 0.0%)

2 の娘 1 がある, とおなじ, とカフエー, を出発点, を見出した

▼ ゐる廊下~ (7, 0.0%)

1 で義雄, にきこえた, に集まり, の床, の後先, の書架, を初めて

▼ ゐる感情~ (7, 0.0%)

1 がはじめて, だけは解, の嵐, は熱情, は通じる, を一応, を喚

▼ ゐる暗い~ (7, 0.0%)

1 三疊それに, 小道へ, 嶮しい, 庭の, 廊下へ, 戰慄すべき, 道を

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 がもう, が忽ち, の光, の空, は異国的, も直ぐ, を眺め

▼ ゐる有名~ (7, 0.0%)

1 な一節, な傳説, な大河, な戯曲, な菅原道眞公, な詩人, な金貸し

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 が数年前, の仕事, の作品, の価値論, の影, の言つた意味, を訪ね

▼ ゐる浪人者~ (7, 0.0%)

21 がある, が二人, で大井久我, の大垣村右衞門, の織部鐵之助

▼ ゐる然し~ (7, 0.0%)

2 私は 1 その理屈, バックの, 僕だ, 気に, 画風の

▼ ゐる生徒~ (7, 0.0%)

1 があるらしく思はれ, が聞い, の中, は四五名, は誰一人異議, も沢山, を教室

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 の一人, の吉三郎さん, の名前, の志郎, の時たま, の清太郎, の與

▼ ゐる百姓達~ (7, 0.0%)

1 がハツキリ, が弁当, が連枷, の姿, はその, はビク, をさそつ

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

3 である 1 だ, だといふ, であるが, です嘘ぢ

▼ ゐる瞬間~ (7, 0.0%)

1 がある, がもつとも, だけは其唱, にはその, に私, は彼, は普通

▼ ゐる群衆~ (7, 0.0%)

1 から離れ, にまで自ら, の方, の眼, の耳, の頭, の顔

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

4 のあたり 1 にはどんな, の汗, を見ず

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 といふもの, との両者, のやう, の淺, の無い, の蒼い弱々しい, はいかにも

▼ ゐる色々~ (7, 0.0%)

1 な品物, な御伽噺中, な蛋白質, のもの, の主張, の仕事, の批評

▼ ゐる薔薇~ (7, 0.0%)

3 の花 1 のもの, の枝, の皮膚, は燦

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 がうんと, に與, の形, の王様, の腹, の黒い, や妙

▼ ゐる見物人~ (7, 0.0%)

1 が多い, に向, の中, の頭, はそろそろ, は此, を後

▼ ゐる親爺~ (7, 0.0%)

1 がどんな, が私, のこと, の切な, の守り本尊, の文句, を扱

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 から離れ, が極めて, などがひよつくり思ひ浮ばう, なの, についての見解, の世界, は

▼ ゐる赤ん坊~ (7, 0.0%)

1 が泣き止まない, に, のお, のそば, の小さな, は淋しい, を預る

▼ ゐる~ (7, 0.0%)

1 であつ, には時折人通り, の上, の傍, は行つて, を横ぎつて, を横町

▼ ゐる農夫~ (7, 0.0%)

2 があつ, のやう 1 の姿, よ汝, を眺め

▼ ゐる運命~ (7, 0.0%)

2 はまさに 1 である, です, に従順, の全体, の變轉

▼ ゐる長男~ (7, 0.0%)

1 である, とその, と月末, のこと, の嫁, の方, を呼び下した

▼ ゐる雑草~ (7, 0.0%)

3 の中 2 の花 1 の春, を楽しんだ

▼ ゐる雑誌~ (7, 0.0%)

1 が来, に, のページ, の同人, も久しく, をもらつた, を態

▼ ゐる電燈~ (7, 0.0%)

1 が階上, ともつた, の光, の白い, を, を仰い, を見る

▼ ゐる高い~ (7, 0.0%)

1 レースの, 傾斜の, 堤, 塀が, 大きな石造り, 大燈明, 崖の

▼ ゐるいくつ~ (6, 0.0%)

2 かの星 1 かの巴里, かの眼, かの風變, もの汽船

▼ ゐるかたち~ (6, 0.0%)

3 である 2 だつた 1 かも知れない

▼ ゐるからに~ (6, 0.0%)

2 外ならぬ 1 ほかならない, 他ならない, 他なりません, 違ひない

▼ ゐるがね~ (6, 0.0%)

1 ああ云, ごらんの, さう, そいつも, 今と, 本願寺に

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

2 やきの 1 ふの, ふもまた, ものである, ものに

▼ ゐるしかも~ (6, 0.0%)

1 それの, 南風氏の, 天鵞絨の, 常になつかしい, 庵居する, 日本アルプスで

▼ ゐるそこで~ (6, 0.0%)

1 やむを得ず泣く泣く海, マダムは, 左翼学生は, 私が, 私の, 金銭の

▼ ゐるそんな~ (6, 0.0%)

1 かたちで, ことばかり, 事, 気が, 淋し気, 遊興に

▼ ゐるつてこと~ (6, 0.0%)

2 だが 1 がある, どうしてわかつた, もある, を生き

▼ ゐるとかいふ~ (6, 0.0%)

1 ことだつた, やうな, 事を, 噂を, 意味では, 風に

▼ ゐるどう~ (6, 0.0%)

1 いふわけ, したらいい, すれば, だうまから, にもならない, 見ても

▼ ゐるどこ~ (6, 0.0%)

1 かであんな, かにひきつける, か別, か妙, か神経質, か蝋

▼ ゐるのみで~ (6, 0.0%)

1 上からは, 姿は, 愛すべきもの, 手応へが, 書籍も, 気概を

▼ ゐるばかし~ (6, 0.0%)

2 だつた 1 でなくあらゆる, で一向, で返事, なので

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

21 がるか, まねこ, 否やは, 鳥も

▼ ゐるよい~ (6, 0.0%)

1 な, 友を, 宿で, 山である, 水が, 社会生活を

▼ ゐるよりか~ (6, 0.0%)

1 どれ程, むしろ死ん, 一つ方角を, 旦那の, 蓄音機を, 鯉の

▼ ゐるわよ~ (6, 0.0%)

1 おぢさん, だけど彼処, どうぞ, 今日に, 母さんが, 顔つきと

▼ ゐる一団~ (6, 0.0%)

1 で毎月一回, の一人, の兵士, の支那職工, の桜花, の線路工

▼ ゐる事件~ (6, 0.0%)

1 がラヂオ・ドラマ向き, なぞいま, の中心, ほど, を私, 更に遠い

▼ ゐる人生~ (6, 0.0%)

1 といふもの, とは実に, の小さな, の希望, は苦痛, を舞台

▼ ゐる伯父~ (6, 0.0%)

2 が死んだ 1 がお, が出, の中, の常吉

▼ ゐる佐野松~ (6, 0.0%)

1 が憎く, と逢引, に開け, の樣子, の部屋, を殺した

▼ ゐる信吾~ (6, 0.0%)

2 の顏, の顔 1 の横顏, の横顔

▼ ゐる傍ら~ (6, 0.0%)

1 で彼, で私, で読みました, に輝子, へ朔郎, を騎馬

▼ ゐる兵隊~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 が日本, だから, の姿, の鼻先

▼ ゐる内容~ (6, 0.0%)

2 がそれ 1 にも淳朴人, は自分, は訣つて了, を私

▼ ゐる凡て~ (6, 0.0%)

2 の人々 1 の好み, の好意, の物, の雰囲気

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

2 莊の 1 の彼自身, の星, 莊を, 莊守の

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 き舞台, なり上品, 哀さうな, 成り老けた顏, 洪の, 滅的時間的世界は

▼ ゐる同志~ (6, 0.0%)

1 と別れる, なん, には訣, のある, の婦人達, を発見

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 だと, だ光, の午後, の季節, の日光, は手すり

▼ ゐる多分~ (6, 0.0%)

1 こ, に舞台的, 右が, 小僧の, 明日も, 這ひあがる

▼ ゐる大きい~ (6, 0.0%)

1 ブリツキの, 寺へ, 或る, 渦巻に, 銅貨を, 鰐を

▼ ゐる大人~ (6, 0.0%)

1 なの, の愚劣さ, の根本的, の顔つき, らしく一笑, を呼び

▼ ゐる学者~ (6, 0.0%)

1 が実は, である, のイワン・マトヱエヰツチユ, の中, は案外, や思想家

▼ ゐる山々~ (6, 0.0%)

1 の彼方, の鮮, はちやう, はほんのり, もまだ, も眼下

▼ ゐる建物~ (6, 0.0%)

1 か何, があつ, にラヂーア廠舎, のある, の三階, の仕切り

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

2 ももうどんどん, を見出した 1 が魚のかげ, を見

▼ ゐる役者~ (6, 0.0%)

1 が一番, の似顔, の噂, の沢村訥子, の言葉, を作らう

▼ ゐる恋人~ (6, 0.0%)

1 の像, の家, の生温, はどんな, を見つけた, を騎士

▼ ゐる手代~ (6, 0.0%)

2 の吉三郎 1 だつた, と一緒, の榮吉, の與

▼ ゐる故郷~ (6, 0.0%)

1 の山川, の渓, の父親, の現状, の町, の藁屋

▼ ゐる文化~ (6, 0.0%)

2 の中 1 といふもの, の力, の意味, の通念

▼ ゐる時刻~ (6, 0.0%)

2 ではない 1 である, に口笛, に沼, の為

▼ ゐる書物~ (6, 0.0%)

1 とカバン, の時代, の重, は大方, は隙間, を開いた

▼ ゐる最後~ (6, 0.0%)

1 のあがき, のもの, の一枚, の七月二十二日, の二つ, の夢

▼ ゐる村人~ (6, 0.0%)

1 からまでスツカリうた, のところ, は非常, ばかりで, も多, を趣味

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 の実は, の木, の花, はない

▼ ゐる極めて~ (6, 0.0%)

1 かすかな, 多し, 少數, 無遠慮な, 異様なる, 稀薄な

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 が蘇つた, と反, の一つ, の印, をぬつ, を死ぬ

▼ ゐる氣持~ (6, 0.0%)

1 が前, だつたし, であつ, である, で勉強, になる

▼ ゐる水車~ (6, 0.0%)

1 が乾いた, であつ, の影, の翼, の音, はもう

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 いさん, いさんが, いさんで, いさんも, の半ば裸体, の姿

▼ ゐる爺さん~ (6, 0.0%)

1 がゐた, が伸び上つて, だ, なぞの話しかけ, の手, は戸惑

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 だ, だから, の側, の媼等, を見, を見れ

▼ ゐる窕子~ (6, 0.0%)

1 がさう, であるため, にもその, の眼, を幾重にも, を覗いた

▼ ゐる立派~ (6, 0.0%)

1 な御用聞, な思想, な橋, な男, な耳飾り, な貴族

▼ ゐる箇所~ (6, 0.0%)

1 があつ, だが, に来る, へ私, まで來, を開い

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 とか皿, に下り, の一番上, の竹, を背負, を脊負

▼ ゐる結果~ (6, 0.0%)

1 その存在, であらう, であると, ではない, についてこれ, 又走り読み

▼ ゐる習慣~ (6, 0.0%)

2 であつ 1 だつた, だといふ, なの, や風俗

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 が私, だ実際, の一部, は遮二無二, へはまる, を立てる

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

2 のところ, の上 1 へ顔, をく

▼ ゐる芸術~ (6, 0.0%)

1 であります, とは現実, のため, の光, の方法上, は蓄音機

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 さだつた, さでは, さ顏を, 少し誇張, 紳士を, 隱居といふ

▼ ゐる蝋燭~ (6, 0.0%)

2 の火 1 の一本, の蝋, の赤い, を受け取つ

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 になる, の名, の影, をフッ

▼ ゐる見物~ (6, 0.0%)

1 が多, して, しようかとも, に対する信頼, に登らう, も与し

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 先生の, 勞働黨の, 君子には, 問題組織者としての, 感動の, 教説殊に

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 あひ, さうい, の雪, よりは間, を虫, 美しい樹木

▼ ゐる路地~ (6, 0.0%)

1 にはどんな, に追, の興味, へ出ました, を指す, を求め

▼ ゐる身体~ (6, 0.0%)

1 が再び, が包まれる, だ都合, でどうしてそんなに, を動かせ, を起し

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 なので, に灯, のため, の香, はいよ, を呑ませた

▼ ゐる鋭い~ (6, 0.0%)

1 がゆとり, 刃物に, 刄物に, 枝さきだけを, 眼でも, 短剣の

▼ ゐる階段~ (6, 0.0%)

2 の上 1 に音, は一番人, を登つて行, を美奈子

▼ ゐる障子~ (6, 0.0%)

2 が開い 1 の内, の穴, を皆うち, を見

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 だと, の中, の奥, の立隔て, は一望何物, もす

▼ ゐる静か~ (6, 0.0%)

1 なる浅春, な少女, な晩, な物, な生温い, な町

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 が突然, になつた, の姿, の標識, も, を捕まへる

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 がそれ, がどれ, のかなしき, の一羽, の群, はし

▼ ゐる~ (6, 0.0%)

1 がゐる, が餌, にも私, のわづか, の事, も飼つて

▼ ゐるおかげ~ (5, 0.0%)

2 で何 1 でこの, で底なし, で私

▼ ゐるお母さん~ (5, 0.0%)

2 のこと 1 であつ, なん, の名前

▼ ゐるからといふ~ (5, 0.0%)

1 名目の, 報せで, 意味は, 理由だけ, 素氣も

▼ ゐるこれら~ (5, 0.0%)

1 の, の子供たち, の無法, の物, の鳥

▼ ゐるぜと~ (5, 0.0%)

2 言つて追 1 いふ, 言つてきかす, 言ひだした

▼ ゐるその間~ (5, 0.0%)

1 だに青春, には多少, に酒徳利, の事情, を道

▼ ゐるつまり~ (5, 0.0%)

1 これほど, トシ姉さんの, 団扇の, 彼れ, 脚本の

▼ ゐるところぢ~ (5, 0.0%)

21 やありません, やない, やのう

▼ ゐるなどといふ~ (5, 0.0%)

2 のは 1 こととは, ことはめつた, 人物に

▼ ゐるなどとは~ (5, 0.0%)

1 勿論云, 夢にも, 思はなくな, 思はれたくない, 知らなかつた

▼ ゐるのみか~ (5, 0.0%)

1 むしろこの, 私と, 自らも, 芳烈な, 道の

▼ ゐるまでの~ (5, 0.0%)

1 ことさ, 事だ, 如くである, 実はこの, 話です

▼ ゐるまま~ (5, 0.0%)

1 だ, で水, に, にすて, に本意

▼ ゐるものさ~ (5, 0.0%)

3 へあつ 1 へあります, へある

▼ ゐるやら~ (5, 0.0%)

1 さつ, 分らず遠方, 手紙ぐらゐで納得する, 真赤な, 講義は

▼ ゐるよと~ (5, 0.0%)

1 いふの, 知らせるやう, 言つた, 言はんばかりの, 言ふ

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

21 ていこつた, ていふ, て聞いた

▼ ゐる一個~ (5, 0.0%)

2 の物体 1 のミチシルベ, の人間, の大いなる

▼ ゐる一方~ (5, 0.0%)

1 が, では室内, では隨分いろいろ, にしつ, に彼

▼ ゐる一節~ (5, 0.0%)

1 が特に, であります, である, であるが, を讀み返し

▼ ゐる世間~ (5, 0.0%)

1 に容れられない, に對, の人々, の眼, の誤解

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 と客, なる方法, に向, の幼児, の御

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 の子, はあはれ, をそのまま, を珍し, を見た

▼ ゐる事情~ (5, 0.0%)

1 と條件, の中, をば再び, を今更, を説明

▼ ゐる事物~ (5, 0.0%)

1 の運動, は先づ, は本, は衰頽, をあたかも

▼ ゐる五郎~ (5, 0.0%)

1 と並べて, の事, の殆, の首, も熱心

▼ ゐる人形~ (5, 0.0%)

1 だから, としか思はれない, の幻, の影, を操る

▼ ゐる何だか~ (5, 0.0%)

1 そこにも, それにしても余り, それにしても餘, 分らないそれ, 寂しくて

▼ ゐる俺達~ (5, 0.0%)

1 でも往來, にとつて, の上, の好意, の誰ひとり

▼ ゐる僞善~ (5, 0.0%)

5 の花

▼ ゐる先輩~ (5, 0.0%)

1 に対する礼, の, の上長者町, の老, の話

▼ ゐる兵士~ (5, 0.0%)

1 がゐる, に訊ねた, のやう, の顏, もゐた

▼ ゐる円い~ (5, 0.0%)

1 あばたの, 月だ, 硝子玉それを, 確つかり, 窓からは

▼ ゐる冷たい~ (5, 0.0%)

1 けれど晴れ, ページ, 心の, 金貨を, 風が

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 からはこの, からもよく, としては今日, の側, よ

▼ ゐる可憐~ (5, 0.0%)

1 で快活, な女性, な娘, な異人娘, な花

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が指, ではございません, のいい, もあり, もある

▼ ゐる品物~ (5, 0.0%)

1 である, に就い, を分け, を指さし, を早く

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 がある, だつた, はない, は凄, は近頃

▼ ゐる土人~ (5, 0.0%)

1 にとり囲まれました, の子, の部落, もをり, も見えました

▼ ゐる坊主~ (5, 0.0%)

1 と云, にひとしい, のこと, の姿, や宮女

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が眼, に関してのすべて, の下, の中, の鬼火

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 に爪, のしみ, の下, を包む, を見

▼ ゐる夕刊~ (5, 0.0%)

2 と, を出し 1 の或

▼ ゐる外套~ (5, 0.0%)

1 がだいいち, と羽織, の為め, をひつぱつて, を剥い

▼ ゐる大勢~ (5, 0.0%)

1 のバルヂピエロ, の主人, の人, の人達, の女

▼ ゐる夫婦~ (5, 0.0%)

1 が卓, が失敗, の姿, の胸, の関係

▼ ゐる女たち~ (5, 0.0%)

1 がそれ, に詰め寄つた, の心, の色んな, はヴエランダ

▼ ゐる奴等~ (5, 0.0%)

1 にみせ, はいつたい, はいつ逃げ出さん, は金, は風呂

▼ ゐる如く~ (5, 0.0%)

4 も見えた 1 に将門

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

2 のお 1 が, だつて, よりは責任

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

4 の姿 1 や娘

▼ ゐる婆さん~ (5, 0.0%)

1 が脇目, なので, にステツキ, のいふ, も門野

▼ ゐる存在~ (5, 0.0%)

1 が異, でした, に対して, のある, の意味

▼ ゐる孤独~ (5, 0.0%)

2 な男 1 と自我, ななつかしい, の婆

▼ ゐる孤獨~ (5, 0.0%)

1 と悲哀, なマルテ, な胎兒, の果實, への傾向

▼ ゐる學者~ (5, 0.0%)

3 もある 1 がない, を要求

▼ ゐる家族~ (5, 0.0%)

1 がゐる, のため, のみを指す, の冷た, の方

▼ ゐる宿屋~ (5, 0.0%)

1 だつた, などもなつかしい, にも, の主人, まで辿り着く

▼ ゐる小舟~ (5, 0.0%)

2 は音 1 が友達, が帆, の楫

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 から庇, の下, は漆喰, をシヤベル, を削り

▼ ゐる巡査~ (5, 0.0%)

1 が鷄冠, のカチヤ, の姿, も時々, や駅夫

▼ ゐる工場~ (5, 0.0%)

1 の窓, の職工, の裏手, の赤い, は

▼ ゐる平凡~ (5, 0.0%)

1 な中年女, な人間, な女性, な息子夫婦, な正義感情

▼ ゐる平原~ (5, 0.0%)

4 を此足 1 と地平線

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 とつた父, とつた百姓, よりだのそれ, を取, 経た柳

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

4 の上 1 の方

▼ ゐる座敷~ (5, 0.0%)

2 の方 1 とて一つ, に坐つ, の前

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 い横通り, い浴槽, い緑, い裏庭, い間

▼ ゐる微笑~ (5, 0.0%)

1 であつ, には愛情, のかげ, の影, を弄

▼ ゐる心算~ (5, 0.0%)

1 だか, だつた, だつたらう, であつ, のあの

▼ ゐる患者~ (5, 0.0%)

1 には悉く, はそれ, は女三十二人男九十一人合計百二十三名, を治療, を眼

▼ ゐる或は~ (5, 0.0%)

1 あらくれ, 占めんと, 恋愛上の, 最もありふれ, 這入つて

▼ ゐる振り~ (5, 0.0%)

4 をし 1 をしない

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 がどうしても, と一体, ならば, の大船団, を見る

▼ ゐる新しい~ (5, 0.0%)

1 コルネツトを, 思想これが, 童話の, 試みは, 青年の

▼ ゐる明日~ (5, 0.0%)

1 からの勝負, からは犬, からは私, その勤め先, は午後

▼ ゐる昨夜~ (5, 0.0%)

1 のよい, の夢, の宿, の残り, は脱線

▼ ゐる昨日~ (5, 0.0%)

2 も今日 1 から御飯, の中村君, は防長社

▼ ゐる時私~ (5, 0.0%)

1 が今日死, はその, は不意, は何, もまた

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

2 で信吾 1 である, で何人, はめづらし

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 ちゆうに, 下段を, 古い祝詞, 尊貴, 船底の

▼ ゐる最も~ (5, 0.0%)

1 善きもの, 場所の, 大きな原因, 悲むべきものも, 有效

▼ ゐる期間~ (5, 0.0%)

1 が長い, だけでも眺め, に於, に望まれ, もう秋

▼ ゐる東京~ (5, 0.0%)

1 では年, に出られる, の奥さん, の留守宅, へ行かず

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 といふもの, に金, 夫人が, 女史が, 貴族は

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

2 の木 1 といふ柳, に, のエレメンタルス

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が一本, の堤, の実, の小, の樹

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が, が一本, の下, の深い, の蔭

▼ ゐる気配~ (5, 0.0%)

1 があつ, がする, が感じられた, であつ, もない

▼ ゐる沢山~ (5, 0.0%)

1 な岩石, の他, の囚徒たち, の毛虫, の水

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 のかけら, のかそ, の上, の音, は今にも

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が何, にもこれ, の堰, をよ, をよく

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が身, に注い, のやう, はこの, を見

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 洲兵の, 洲婦人が, 洲製粉会社は, 洲貴族の, 鉄公館の

▼ ゐる無数~ (5, 0.0%)

1 のつまらぬ, の仏像, の小さな, の群衆, の雪

▼ ゐる煙草~ (5, 0.0%)

2 の煙 1 の煙り, の花, を悉く

▼ ゐる物音~ (5, 0.0%)

1 であつ, より正確, をゆき子, を聞いた, を聞きとがめ

▼ ゐる田舍~ (5, 0.0%)

1 では空, に近い, の小, の町家, もその

▼ ゐる男たち~ (5, 0.0%)

1 の太い, の恰好, は気, は氣, を連れ

▼ ゐる男性~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に, に対しても激しい, を蠅同様

▼ ゐる番頭~ (5, 0.0%)

1 の勘七, の後ろ, の忠助, の源助, の首

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が掲, が評判, であつ, の上, を持つ

▼ ゐる病院~ (5, 0.0%)

1 に奉職, の廊下, の記憶, へ滝, へ這入る

▼ ゐる社會~ (5, 0.0%)

1 がある, なの, には何故, の中, や國家

▼ ゐる秀吉~ (5, 0.0%)

2 に比べる 1 とアパート, に事実上, は然し

▼ ゐる私たち~ (5, 0.0%)

1 に向, の去年, の姿, の頬, も草

▼ ゐる種々~ (5, 0.0%)

2 の形象 1 なる勢力, な器物, の思想

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 から自由, とゐない, の口, より現, を一日掛り

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 があつ, のそば, の間, はつまり社, や蓋

▼ ゐる綺麗~ (5, 0.0%)

1 なダンサー, な彼女, な清水, な顔, な風鈴草

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 がある, であつ, であります, は前, や本式

▼ ゐる群集~ (5, 0.0%)

1 と僧, のなか, の分量, を眺め, を見

▼ ゐる義雄~ (5, 0.0%)

1 にはそれ, には可笑し, に冗談半分, のなじみ, の肩

▼ ゐる者たち~ (5, 0.0%)

1 であつ, にまでつた, はハラハラ, を呼んだ, を驚かさない

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

2 の高い 1 のひくい, の低い, の色

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

5 の高い

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が震える, に, になすりつけた, や縄, を挙げ

▼ ゐる自動車~ (5, 0.0%)

1 がどれ, が気, のお, の運転手, へそれ

▼ ゐる苦痛~ (5, 0.0%)

1 と次第に, に何故, に堪, のため, の深

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 に雨, の, のむらがり, の無い, は余程

▼ ゐる表現~ (5, 0.0%)

1 のかつ, の中, の習慣, をその間, を必要以上

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 い友人, に對, の子供, の店, や兄姉

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 が見えない, です, の女神, を解きたい, を解くべき

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 だの山羊, のレバ, も仔豚, も寝, をはじめて

▼ ゐる趣き~ (5, 0.0%)

1 がした, が其序, の明らか, も見える, を先生

▼ ゐる身の上~ (5, 0.0%)

1 だ, でね, で僕, で馘首, 迄考へ

▼ ゐる軍艦~ (5, 0.0%)

2 や汽船 1 であ, の夢, の繪

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

31 さで, さは

▼ ゐる近所~ (5, 0.0%)

1 の人々さ, の娘, の婚礼, の建物, の衆

▼ ゐる逸子~ (5, 0.0%)

1 にはよく, にもどうか, の傍, の胸, への遠慮

▼ ゐる過去~ (5, 0.0%)

1 のため, のモデルそのもの, の人生, の文化, は生き

▼ ゐる都会~ (5, 0.0%)

1 であつ, である, と地方, に世, に憧れ

▼ ゐる醫者~ (5, 0.0%)

1 だが, の友人, の寛齋, はその, を詰

▼ ゐる野郎~ (5, 0.0%)

1 がさつき, が來, はありやしません, ばかりで, を一日

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 で開けた, は藏, をもつ, を借り, を見本

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 には, の傍ら, をまた, をトン, を潜りました

▼ ゐる間中~ (5, 0.0%)

1 この恐怖, その猫, ちつとも, はそれら, 見て

▼ ゐる間彼~ (5, 0.0%)

1 の衷, の認識, の頭, は, はしばしば

▼ ゐる関係~ (5, 0.0%)

1 から作品, から僕, から隣近所, で今度陣容, と娯楽機関

▼ ゐる離屋~ (5, 0.0%)

1 の一室, の入口, の六疊, は直ぐ, も見えます

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

1 にも読まれた, に汗, に頭痛膏, の其眉毛, の廣

▼ ゐる~ (5, 0.0%)

2 のやう 1 が死んだ, が鳴い, の声

▼ ゐるあなた~ (4, 0.0%)

1 なんぞを却つて幻, の姿, の心, は昨日

▼ ゐるいつ~ (4, 0.0%)

3 しよに 1 まで不良学生

▼ ゐるいま~ (4, 0.0%)

1 の氣持, の生活, の頭, また波

▼ ゐるいろいろ~ (4, 0.0%)

1 なものおと, の工場, の顔, の魚

▼ ゐるいろんな~ (4, 0.0%)

1 ものが, 人間の, 岩にも, 現実も

▼ ゐるおま~ (4, 0.0%)

1 への, への匂, へは全, へは瑪利亞樣

▼ ゐるおれ~ (4, 0.0%)

4 の見える

▼ ゐるかい~ (4, 0.0%)

1 あのチロル, お染, と訊い, 俺は

▼ ゐるかさ~ (4, 0.0%)

1 つぱりわからない, へ問題, へ気づかない, もなく

▼ ゐるかしらと~ (4, 0.0%)

1 ユウコフは, 思つて朝食後朝巳ちやんを, 思つて遠くから, 思ふの

▼ ゐるかとも~ (4, 0.0%)

1 思はれたの, 思はれる, 気がついたが, 聞きなさるること

▼ ゐるからかも~ (4, 0.0%)

2 しれない, 知れぬ

▼ ゐるからとて~ (4, 0.0%)

1 あかの, 今の, 大鰐温泉が, 奈良朝だ

▼ ゐるからは~ (4, 0.0%)

1 それでも鼻, そんな間, どうせ唯, 詮方が

▼ ゐるからを~ (4, 0.0%)

2 かしい 1 かしから, ちといつ

▼ ゐるけは~ (4, 0.0%)

2 ひが 1 しい山, ひがして

▼ ゐるここ~ (4, 0.0%)

1 で又, の一家, の世界, は完全

▼ ゐるすぐ~ (4, 0.0%)

1 また一昨年, ま近かな家, 出て, 歸れ

▼ ゐるそれでは~ (4, 0.0%)

1 あまりにみじめ, かうした抽象的, 美術家に, 葡萄棚の

▼ ゐるそれでも~ (4, 0.0%)

2 やつぱり生き 1 怪我の, 約を

▼ ゐるとお~ (4, 0.0%)

3 もひます 1 つし

▼ ゐるとばかり~ (4, 0.0%)

1 な濟, 思つてゐた, 思はれて, 聞いて

▼ ゐるばかりか~ (4, 0.0%)

1 その道の, 妹の, 時々に, 茶碗の

▼ ゐるばかりに~ (4, 0.0%)

1 この女, 矢張り, 私が, 自分並びに

▼ ゐるまことに~ (4, 0.0%)

1 このあたり, これや, 其中庵風景の, 粒々辛苦ああ

▼ ゐるわれ~ (4, 0.0%)

2 をストーブ 1 ながらの至らざる, の心

▼ ゐるわれわれ~ (4, 0.0%)

1 がもつ, はその, はそれ, は海

▼ ゐるカーテン~ (4, 0.0%)

1 なるもの, に両手, の奥, をたぐり寄せた

▼ ゐるバケツ~ (4, 0.0%)

1 の兩側, の柄, の縁, をガタガタ

▼ ゐるランプ~ (4, 0.0%)

1 が田, とユキ子, なの, を捧げ

▼ ゐるロシヤ~ (4, 0.0%)

1 にそれ, のこと, のインテリ婦人, の女

▼ ゐる一切~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 の事, の物

▼ ゐる一室~ (4, 0.0%)

1 だつた, にこもつ, に通されました, のさま

▼ ゐる一軒~ (4, 0.0%)

1 のシャレエ, の家, の小店, の食ひも

▼ ゐる丁稚~ (4, 0.0%)

2 に小包郵便 1 の品吉, を捕へ

▼ ゐる上着~ (4, 0.0%)

1 のひ, を引きはなし, を手, を脱い

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 二洋子の, 可知界を, 圖懸崕の, 氣味な

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 の眼, 墓制は, 流の, 眼の

▼ ゐる両手~ (4, 0.0%)

1 で胸, の間, をブル, を内側

▼ ゐる中庭~ (4, 0.0%)

2 に面し 1 の中, をみ

▼ ゐる主人公~ (4, 0.0%)

1 がよく, の友達, の気持, は痛く

▼ ゐる乞食~ (4, 0.0%)

2 の群 1 に對, や盜人

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 はばかう, ひかた, ひ分, ひ知れぬ悲しみ

▼ ゐる井戸~ (4, 0.0%)

1 でも見, の外柵, の精, は一方

▼ ゐる人さ~ (4, 0.0%)

1 つぱり何, へあります, へある, へ寒い

▼ ゐる人人~ (4, 0.0%)

1 と話, の上, の場合, は

▼ ゐる人間的~ (4, 0.0%)

2 主體 1 なデリケートさ, に恐らくは余りに

▼ ゐる他人~ (4, 0.0%)

1 がそれ, の品物, の汗, の真似

▼ ゐる以前~ (4, 0.0%)

1 から山師, に如何なる, の諸, は近隣

▼ ゐる伝説~ (4, 0.0%)

1 のひとつ, の中, の筋, の纏まつ

▼ ゐる伴人ら~ (4, 0.0%)

4 に柔和

▼ ゐる位置~ (4, 0.0%)

1 にもどうやら, のため, は達磨, を遠廻り

▼ ゐる住民~ (4, 0.0%)

1 がゐる, の一人, の心理, よりも忍耐心

▼ ゐる何故~ (4, 0.0%)

1 ならば, ならもはや, に私, 默つてゐる

▼ ゐる何物~ (4, 0.0%)

1 か, かに絶えず, かの邪魔, をも考へない

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 の中 1 である, と云

▼ ゐる信一郎~ (4, 0.0%)

1 にはそれ, には一瞥, の心, の眼

▼ ゐる信仰~ (4, 0.0%)

1 が一つ家, であり信念, である, を忘れ

▼ ゐる僕自身~ (4, 0.0%)

1 から出, がゐる, に判然, を

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 が外, にうつつ, のある, を見れ

▼ ゐる入口~ (4, 0.0%)

1 の傍, の方, の蓙, へと行

▼ ゐる全部~ (4, 0.0%)

2 を表す 1 の人間, の祝詞

▼ ゐる六郎~ (4, 0.0%)

1 だつて, の身体, の顔, を引ずり起し

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 が逆戻り, の厳粛, の日, の間

▼ ゐる劇場~ (4, 0.0%)

1 が沢山, が相当, である私, もある

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 しい写真, しさ, に向, も亦

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 とするなら, に時代, は少, を見る

▼ ゐる各々~ (4, 0.0%)

1 の事柄, の切な, の頭脳, の頭腦

▼ ゐる周三~ (4, 0.0%)

1 とお, のところ, の前, へ目

▼ ゐる商人~ (4, 0.0%)

1 と同じ, の家, は正直, を一軒一軒二人

▼ ゐる囚人~ (4, 0.0%)

1 に聞かせたら, のやう, の全部, の視線

▼ ゐる四五人~ (4, 0.0%)

1 がゐた, の者, の若者達, の食客

▼ ゐる国民~ (4, 0.0%)

1 か, のなか, の一つ, は頭

▼ ゐる地上~ (4, 0.0%)

2 には牧草 1 といふもの, の参星

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 とか橋, のよう, の影, へ行つて呼鈴

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 つ葉一つ 1 や煤, や芥

▼ ゐる境涯~ (4, 0.0%)

1 だつた, であつ, である壁一重先, なの

▼ ゐる大事~ (4, 0.0%)

2 なもの, の品

▼ ゐる太い~ (4, 0.0%)

1 ステツキを, 綱の, 腕を, 金鎖の

▼ ゐる太田~ (4, 0.0%)

1 の姿, の身體, の部屋, をきつ

▼ ゐる好い~ (4, 0.0%)

1 ところだ, 事は, 気持は, 瀧である

▼ ゐる娘たち~ (4, 0.0%)

1 であつ, の時代, は一斉, を眺める

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 な気持, な男, ひが, ひは

▼ ゐる子供ら~ (4, 0.0%)

1 のやう, の方, を押しのけ, を押しのけよう

▼ ゐる季節~ (4, 0.0%)

1 である, のうつり, の交叉点, の間

▼ ゐる学生達~ (4, 0.0%)

1 が群, であつ, も多, やシヽリイ生れ

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 やくざと, 南の, 南人と, 南人や

▼ ゐる家々~ (4, 0.0%)

1 では神, に共通, のうち, もありました

▼ ゐる家内~ (4, 0.0%)

1 がかう, が帰り, と女中, の表情

▼ ゐる家屋~ (4, 0.0%)

1 が並ん, は恐く, もあつ, やその

▼ ゐる寝台~ (4, 0.0%)

1 のそば, のわき, の外, の方

▼ ゐる小屋~ (4, 0.0%)

1 があり, の灯, へと近づいた, へ出かけ

▼ ゐる小径~ (4, 0.0%)

1 に出た, の勾配, を択つて, を見

▼ ゐる小説家~ (4, 0.0%)

1 である, の中, の方, の見逃さない

▼ ゐる小雨~ (4, 0.0%)

2 にし 1 の日, の音

▼ ゐる屋敷~ (4, 0.0%)

4 よりももつ

▼ ゐる山の端~ (4, 0.0%)

3 の峰 1 から夕靄

▼ ゐる山番~ (4, 0.0%)

1 がそんな, がツル子, が空身, は猪

▼ ゐる山脈~ (4, 0.0%)

1 とともに段々, の肌, の餘脈, は北の方

▼ ゐる山茶花~ (4, 0.0%)

2 と菊 1 のはな, の霧

▼ ゐる左手~ (4, 0.0%)

1 の何, の石, の石橋, をグツ

▼ ゐる巨大~ (4, 0.0%)

1 な梁, な生物地球, な耳, な臀部

▼ ゐる平和~ (4, 0.0%)

1 である, な気分, な阿呆, や妻

▼ ゐる幸福~ (4, 0.0%)

1 がどうして, な子, な自分, 歩いて

▼ ゐる幻術師~ (4, 0.0%)

4 のする

▼ ゐる幼い~ (4, 0.0%)

1 子供の, 有信の, 道綱とが, 顔や

▼ ゐる幾つ~ (4, 0.0%)

1 かの小説, かの島, かの酒塲, もの河

▼ ゐる幾人~ (4, 0.0%)

1 かがあつ, かの人, かの人数, もの子供

▼ ゐる弟子~ (4, 0.0%)

2 の身 1 の一人, を顧みます

▼ ゐる強い~ (4, 0.0%)

1 また微か, 力, 意欲と, 魚で

▼ ゐる当人~ (4, 0.0%)

1 が作者, が照れかくし, になる, の母

▼ ゐる形式~ (4, 0.0%)

2 の謂 1 ばかりである, を書く

▼ ゐる役人~ (4, 0.0%)

1 が一人位, には意見, のやう, の常

▼ ゐる彼方~ (4, 0.0%)

1 の丘, の森, の竹籔, の高原

▼ ゐる後姿~ (4, 0.0%)

1 がたより, が想, は何, は軒

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 で何事, の事柄, の女, の欲求

▼ ゐる性質~ (4, 0.0%)

1 が偏狭, が著明, ではない, の対局

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 がある 1 があり, もない

▼ ゐる戯曲~ (4, 0.0%)

1 といふ戯曲, と答, の科白ぢ, はほか

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 から身内, がぽん, の甲, を思ひ出した

▼ ゐる敏子~ (4, 0.0%)

2 といふ女 1 の顏, の顔

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 だけが, だけな, はたかだか千二三百種, 少い異国風

▼ ゐる新吉~ (4, 0.0%)

1 から後で, がそれ, でした, の丈

▼ ゐる新聞紙~ (4, 0.0%)

1 が社会, と血みどろ, をこれ, を覗い

▼ ゐる方向~ (4, 0.0%)

2 が逆 1 へ, を辿つ

▼ ゐる方法~ (4, 0.0%)

1 だと, に習う, をちよ, を使

▼ ゐる方面~ (4, 0.0%)

1 から這入, が最も, のある, もある

▼ ゐる旅館~ (4, 0.0%)

1 の壁, は旅館, へ尋ね, もしづか

▼ ゐる早く~ (4, 0.0%)

1 かへつてお出で, 出て, 帰つて誰かと, 洗ひなさい

▼ ゐる明り~ (4, 0.0%)

2 は太陽 1 がちらつい, の外

▼ ゐる時期~ (4, 0.0%)

1 であ, であつ, ではなく, なの

▼ ゐる木山~ (4, 0.0%)

1 と云, の姿, の顔, を昔

▼ ゐる松林~ (4, 0.0%)

1 にと, の中, の砂原, をぬけ

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 であつ, の手先, も人間, らしいもの

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 の実, の實, の芽, の葉

▼ ゐる校長~ (4, 0.0%)

2 を見 1 が漸, の進藤

▼ ゐる格構~ (4, 0.0%)

1 が可笑しい, と云, をおも, を好む

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 が満開, の枝, の種子, の青い

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 からライカ, との間, などの静か, を眺め

▼ ゐる楢雄~ (4, 0.0%)

1 の変, の横顔, の顔, を見る

▼ ゐる横顔~ (4, 0.0%)

1 が淋しい, はこの, は死人, を眺め

▼ ゐる樹明君~ (4, 0.0%)

1 だ忙しい, の側, も待つ, も来訪

▼ ゐる此二つ~ (4, 0.0%)

4 の峰

▼ ゐる毛布~ (4, 0.0%)

1 が動いた, をなほしはじめました, をピラミツド型, を貸さう

▼ ゐる水車小屋~ (4, 0.0%)

2 が立つ 1 の事, の聾唖者

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 があつ, の汀, や城址, を見

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 が他, のこと, はずつと先, や湖

▼ ゐる河童~ (4, 0.0%)

1 だの, だの剣, です, の姿

▼ ゐる浴衣~ (4, 0.0%)

1 に手, の人, は別れた, を着た

▼ ゐる海岸~ (4, 0.0%)

1 の切岸, の松原, まで突き抜ける, 近い居留地

▼ ゐる海辺~ (4, 0.0%)

1 に出る, に降りた, の寒村, の旅舎

▼ ゐる深緑~ (4, 0.0%)

4 は畝傍山

▼ ゐる温泉~ (4, 0.0%)

1 がある, に身, の煙り, の香

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 そのま, の部屋, は窓, を振り返つた

▼ ゐる演劇~ (4, 0.0%)

2 といふもの 1 といふ言葉, は娯楽

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 があります, が赤ん坊, の声, の艦隊

▼ ゐる無限~ (4, 0.0%)

1 の, の世界, の創造力, の可能性

▼ ゐる熊吉~ (4, 0.0%)

1 の樣子, の横顏, の顏, はさつと

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 孤が, 眼を, 輪の, 頬を

▼ ゐる牢屋~ (4, 0.0%)

1 がど, のキャバレー, の近, へたづ

▼ ゐる物質~ (4, 0.0%)

1 がだ, ではなから, で熱, もまた

▼ ゐる玉蜀黍~ (4, 0.0%)

3 はそば 1 の葉

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 で三千人, なの, の近く, は權勢

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 實, 實な, 實的妄執とも, 画壇にと

▼ ゐる現状~ (4, 0.0%)

1 である, と思ひ合せ, を早速, を私

▼ ゐる現象~ (4, 0.0%)

1 かと申します, で最, に就い, はどう

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 ぐさい光景に, の主, の執着, 氣の

▼ ゐる男達~ (4, 0.0%)

1 が女, だつて, とは違, はもう

▼ ゐる留守~ (4, 0.0%)

2 の間 1 だと, のとき

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 るところ, 國の, 樣な, 樣ない

▼ ゐる異様~ (4, 0.0%)

1 なもの, な光景, な現象, な風景

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 のお, の人物, の點, り前

▼ ゐる病室~ (4, 0.0%)

1 の附添, の隣室, へ用, を訪ね

▼ ゐる登子~ (4, 0.0%)

1 の君, の手, を目のあたり, を見た

▼ ゐる白人~ (4, 0.0%)

1 の夫婦, の方, の旅行者, の男女

▼ ゐる白衣~ (4, 0.0%)

1 に菅笠, の勇士達, はヴェール, は流行

▼ ゐる白雲~ (4, 0.0%)

2 を降りこめられた 1 を出合, を海上

▼ ゐる直吉~ (4, 0.0%)

1 にとつて, にはかうした, には何, をなだめ

▼ ゐる看護婦~ (4, 0.0%)

1 の白服, の顏, は聲, を頼みたい

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 つ最中 1 つ暗, 似事

▼ ゐる知人~ (4, 0.0%)

1 が話した, に誘はれ, のところ, の子

▼ ゐる知識~ (4, 0.0%)

1 だか, と云, も今, も疑問

▼ ゐる短刀~ (4, 0.0%)

1 で御, を差, を引拔, を火箸

▼ ゐる祖母~ (4, 0.0%)

1 だつた, の日頃, を引つ張る, を搖起

▼ ゐる祖父~ (4, 0.0%)

1 が一人きり, が慨歎, と同じ, のところ

▼ ゐる神經~ (4, 0.0%)

1 に感ぜられる, のやう, の助け, を持つ

▼ ゐる精霊~ (4, 0.0%)

1 が己, のやう, の一団, の呪詞

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 なるが, 文學と, 眞な, 造は

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 いろの, のテープ, の木, の濃い

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 と線, のおの, の錯雑, を直ちに

▼ ゐる者さ~ (4, 0.0%)

2 へある 1 へなかつた, へ珍

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 にも臺所, の下, の遠い, をそつ

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 働車などを, 働車の, 卑と, 轉車が

▼ ゐる舞台~ (4, 0.0%)

1 こそ惨め, だつた, の雰囲気, をた

▼ ゐる船頭~ (4, 0.0%)

1 の直, の顔, は今朝, は次第に

▼ ゐる良秀~ (4, 0.0%)

2 と, は

▼ ゐる芸術家~ (4, 0.0%)

1 で人間味, といふもの, などは芸術家, なの

▼ ゐる茶山~ (4, 0.0%)

1 がため, の心理状態, の柬牘, の許

▼ ゐる草花~ (4, 0.0%)

1 が染付けられ, は丁度, は道べり, を摘ん

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 布を 1 や名, 赤い色

▼ ゐる藝術家~ (4, 0.0%)

1 のこと, はその, は僅か, を私

▼ ゐる蘭軒~ (4, 0.0%)

1 に告げよう, の姉幾勢, は平, を布団籠

▼ ゐる蜜柑~ (4, 0.0%)

2 が凡そ 1 の花, や麦畑

▼ ゐる蜜蜂~ (4, 0.0%)

2 の鼻唄 1 のつねに, はジガ蜂

▼ ゐる蝶々~ (4, 0.0%)

1 か虫, にそこ, のやう, を毒壺

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 が出, をつかまへ, を捕へる, を見てる

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 もある 1 もあも, を知つて

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 の膝, はポロ, をはいた, を穿い

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 かの彼自身, かの男, の女, の木

▼ ゐる西~ (4, 0.0%)

1 がゐる, の對屋, の方, も東

▼ ゐる親戚~ (4, 0.0%)

1 から貰, に会, の家, へでも行

▼ ゐる親達~ (4, 0.0%)

1 とはもう, に手傳ふため, はまだ, はアメリカ

▼ ゐる誰か~ (4, 0.0%)

1 がある, のお, のため, の哲学

▼ ゐる誰彼~ (4, 0.0%)

2 は幾らか 1 が支, れを

▼ ゐる調子~ (4, 0.0%)

1 でした, です, で藤村, はまるで

▼ ゐる貫一~ (4, 0.0%)

1 の側, は露, を宮さん, を棄て

▼ ゐる貴女~ (4, 0.0%)

1 に恐ろしい, の魂, は誰, を傷

▼ ゐる赤土~ (4, 0.0%)

2 の運動場 1 の肌, を敷いた

▼ ゐる身分~ (4, 0.0%)

2 である 1 であ, の者

▼ ゐる身體~ (4, 0.0%)

1 がその, について見るなら, には何時, に對

▼ ゐる農家~ (4, 0.0%)

2 の庭 1 から上流四五丁, の一人子息

▼ ゐる農民~ (4, 0.0%)

1 が多い, とも妥協, の姿, 殊に小作人達

▼ ゐる運転手~ (4, 0.0%)

1 の手, の罪, を先頭, を再び

▼ ゐる道理~ (4, 0.0%)

1 がありません, はありません, はない, もなし

▼ ゐる郊外~ (4, 0.0%)

1 の小, の河岸, の町, の里

▼ ゐる郎女~ (4, 0.0%)

2 の様子, の樣子

▼ ゐる部落~ (4, 0.0%)

1 で敗残兵, などは何処, なん, へリヴィングストーン

▼ ゐる里子~ (4, 0.0%)

1 の生活, の膝, は返事, を娘

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 の春景色, の百合, の花, を突切つて観音寺

▼ ゐる野原~ (4, 0.0%)

2 の中 1 は念場, へ遣

▼ ゐる錢形平次~ (4, 0.0%)

1 に聲, の前, の許婚, も一應

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 を解い 1 の中程, や又は

▼ ゐる間彼女~ (4, 0.0%)

1 の方, の魚籠, は前, は如何にも

▼ ゐる間柄~ (4, 0.0%)

1 だつた, だつた上, でもたとへば, なら

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 の中, へ, もあつ, もあり

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 から犬歯, に大小種々, の方, を見た

▼ ゐる隣家~ (4, 0.0%)

1 の庭, の未だ, の畑, へ少し

▼ ゐる雪子~ (4, 0.0%)

1 だつた, の今, の實父, は盆

▼ ゐる電車~ (4, 0.0%)

1 から軽く, に彼女, に無理, や汽車

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 がある, に出合, を煙草, を飛ばし

▼ ゐる順吉~ (4, 0.0%)

1 にはきびしい, ののばしかけ, は容易, を正面

▼ ゐる風情~ (4, 0.0%)

1 だ, でした, はまさしく, はもし

▼ ゐる飛行機~ (4, 0.0%)

2 が還つ 1 の玩具, を映画

▼ ゐる馬車~ (4, 0.0%)

1 からし, の上, や歩行者, をたつた

▼ ゐる駄夫~ (4, 0.0%)

1 に温和, の様子, の眼付, を認め

▼ ゐる鴨鳥~ (4, 0.0%)

2 の声, の聲

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

2 の折紙 1 の姿, を夕方

▼ ゐる~ (4, 0.0%)

1 の姿, の孔, は尖, 厚い唇

▼ ゐる齋藤~ (4, 0.0%)

1 にそつ, の聲, を取りかこんだ, を見

▼ ゐるあつし~ (3, 0.0%)

1 の腹, を呼出す, を見つけ

▼ ゐるあまり~ (3, 0.0%)

1 よくない, モダンぶりの, 大きくない

▼ ゐるある~ (3, 0.0%)

2 ひは 1 創造機能の

▼ ゐるいつも~ (3, 0.0%)

1 の松林, 大入だ, 田舎の

▼ ゐるいとも~ (3, 0.0%)

1 健やかな, 弱き人生, 簡單な

▼ ゐるうち彼女~ (3, 0.0%)

1 がたしかに, がぽ, はおのれ

▼ ゐるおかみさん~ (3, 0.0%)

1 に無理矢理, のやり口, 迄も三田

▼ ゐるお客~ (3, 0.0%)

1 か, がゐ, は愚か

▼ ゐるお方たち~ (3, 0.0%)

2 は私たち下賤 1 に感じ

▼ ゐるお茶~ (3, 0.0%)

1 も御飯, をのむ, を持つ

▼ ゐるお蔭~ (3, 0.0%)

1 だと, でど, で懐

▼ ゐるお金~ (3, 0.0%)

1 であるけれど, を全部畳, を見

▼ ゐるかなどと~ (3, 0.0%)

1 云ふこ, 思ふ程, 私には

▼ ゐるかなり~ (3, 0.0%)

1 大きな石, 大きな絵, 成熟を

▼ ゐるかについて~ (3, 0.0%)

1 ゴンチヤロフは, 今私は, 考へること

▼ ゐるがと~ (3, 0.0%)

1 云は, 大正の, 隠居は

▼ ゐるくみ子~ (3, 0.0%)

1 の指, の樣子, を何となく

▼ ゐるこの世~ (3, 0.0%)

1 における最初, にた, の生存

▼ ゐるこんな~ (3, 0.0%)

1 事情を, 手相は, 處より

▼ ゐるごく~ (3, 0.0%)

1 普通な, 稀な, 薄い雲

▼ ゐるさくらんぼ~ (3, 0.0%)

2 熟れて 1 と間違

▼ ゐるしるし~ (3, 0.0%)

1 なの, に, に新茶

▼ ゐるすき~ (3, 0.0%)

1 とほった, にこっそり, を見

▼ ゐるその道~ (3, 0.0%)

1 の権威, を登り, を進む

▼ ゐるそれから~ (3, 0.0%)

1 こ, 何より眼, 芝居の

▼ ゐるそれだけ~ (3, 0.0%)

1 一しほ, 先に, 私も

▼ ゐるたくさん~ (3, 0.0%)

1 の小さい, の民族, の謎々

▼ ゐるだけといふ~ (3, 0.0%)

1 ことは, やうな, 奇妙な

▼ ゐるという~ (3, 0.0%)

1 たところ, ヴヰオリンを, 感じが

▼ ゐるといふか~ (3, 0.0%)

1 さう, どうもしん, 或は荒ん

▼ ゐるといふだけで~ (3, 0.0%)

1 いつまでも, 何の, 満足し

▼ ゐるともい~ (3, 0.0%)

2 へよう 1 づれにてもよしとの意

▼ ゐるとを~ (3, 0.0%)

21 ばさんらしい

▼ ゐるなぞ~ (3, 0.0%)

1 いふ空想的, は勤め人, 若い若い

▼ ゐるなるほど~ (3, 0.0%)

1 うるんで, 坂下の, 彼岸が

▼ ゐるばかりが~ (3, 0.0%)

1 感じられた, 死んだ友達, 能では

▼ ゐるほどには~ (3, 0.0%)

1 その気持ち, ないと, 気に

▼ ゐるまあ~ (3, 0.0%)

1 ざつと形容すれ, そんな事, ちやんと

▼ ゐるまるで~ (3, 0.0%)

1 お灸, 梅雨の, 豚の

▼ ゐるもの等~ (3, 0.0%)

1 のほか, の卑劣, よりもつ

▼ ゐるよく~ (3, 0.0%)

1 出来て, 花客が, 見る型

▼ ゐるよし~ (3, 0.0%)

1 であつ, を伝へた, を谷川磐雄氏

▼ ゐるアイヌ~ (3, 0.0%)

1 とは根本的, に似た, のやう

▼ ゐるアメリカ~ (3, 0.0%)

1 の, の娘, の社會心理學

▼ ゐるテーブル~ (3, 0.0%)

1 に近づいた, のそば, の前

▼ ゐるドア~ (3, 0.0%)

1 からビイル, がその, や窓

▼ ゐるビール~ (3, 0.0%)

1 が百五十円, の広告鏡, を座敷

▼ ゐるフランス人~ (3, 0.0%)

1 が経営, が自分, の物

▼ ゐるプルウスト~ (3, 0.0%)

1 のこと, の幻, の本

▼ ゐるベンチ~ (3, 0.0%)

1 のとなり, の方, の背中

▼ ゐるラヂオ~ (3, 0.0%)

1 がきこえる, が今夜, の不便

▼ ゐる一事~ (3, 0.0%)

1 から想像, である, ばかりで

▼ ゐる一同~ (3, 0.0%)

1 に向, のやかましい, の中

▼ ゐる一座~ (3, 0.0%)

1 の中, の若い, を賑

▼ ゐる一番~ (3, 0.0%)

1 古い紙, 大きいもの, 大きな誤解

▼ ゐる一組~ (3, 0.0%)

1 があつ, の男女, もある

▼ ゐる一羽~ (3, 0.0%)

1 の不死鳥, の鳶, の鴨

▼ ゐる三疊~ (3, 0.0%)

1 の棚, の部屋, へ入

▼ ゐる下男~ (3, 0.0%)

1 には何, の圓三郎, は可笑しく

▼ ゐる下駄~ (3, 0.0%)

1 のそれ, を突, を起す

▼ ゐる不可思議~ (3, 0.0%)

1 な威厳, な威嚴, の一つ

▼ ゐる不幸~ (3, 0.0%)

1 な境遇そのもの, な娘, な麥

▼ ゐる与里~ (3, 0.0%)

1 の顔, は小屋, は路傍

▼ ゐる主客~ (3, 0.0%)

2 いづれもの 1 の姿

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 はいた, は專門, を缺

▼ ゐる二三人~ (3, 0.0%)

1 が軽く, の客, はなるほど

▼ ゐる二本~ (3, 0.0%)

1 のレール, の卒塔婆, の白樺

▼ ゐる五歳~ (3, 0.0%)

2 の新 1 の幼女

▼ ゐる京子~ (3, 0.0%)

1 と漢法醫者, の顏, の顔

▼ ゐる人影~ (3, 0.0%)

1 がお母さん, が仄か, も眞夏

▼ ゐる人波~ (3, 0.0%)

1 と菊, に逆, はみんな絡

▼ ゐる人間たち~ (3, 0.0%)

1 の姿, よりはずつと神, を眺め

▼ ゐる仏蘭西人~ (3, 0.0%)

1 が見たら, の大陸魂, の妾

▼ ゐる代物~ (3, 0.0%)

1 だ, ですよ, は時間

▼ ゐる令嬢~ (3, 0.0%)

1 と称し, の遠慮, を悪漢

▼ ゐる以上これ~ (3, 0.0%)

1 は年, も同, を郵便

▼ ゐる伊東氏~ (3, 0.0%)

1 のこの, の将来, はジャナリズム

▼ ゐる佐渡~ (3, 0.0%)

1 の人, の畑野村, はうなだれ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 だから, を青年, を靠

▼ ゐる何とか~ (3, 0.0%)

1 云ふ, 曹長の, 言つた仏体だ

▼ ゐる何ん~ (3, 0.0%)

1 でも, な夢, な研究

▼ ゐる何等~ (3, 0.0%)

1 かの完全性, かの愛, かの能力

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 である, といふものはめツ, のテエマ

▼ ゐる便所~ (3, 0.0%)

1 から泌, なぞも平気, にも行かなく

▼ ゐる停車場~ (3, 0.0%)

1 で, でその, のある

▼ ゐる僅か~ (3, 0.0%)

1 の例, の隙, ばかりの品物

▼ ゐる光子~ (3, 0.0%)

1 が, がこれ位, の面立

▼ ゐる全く~ (3, 0.0%)

1 希望氏の, 文芸部, 相反した

▼ ゐる八重桜~ (3, 0.0%)

1 が娘, の梢越し, の絢爛

▼ ゐる公園~ (3, 0.0%)

1 の中, の五重塔, の木下

▼ ゐる六畳~ (3, 0.0%)

1 であつ, の前, へ火

▼ ゐる兵隊さん~ (3, 0.0%)

1 がギヨーサン居, に私, は一生

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 は天慶二年, れが, れ丈

▼ ゐる具合~ (3, 0.0%)

1 は上ン土, は世界中, は漫々

▼ ゐる内儀~ (3, 0.0%)

1 に聲, のお, の妹

▼ ゐる初夏~ (3, 0.0%)

1 の丘, の或, の朝陽

▼ ゐる利助~ (3, 0.0%)

1 があの, は勿論, を更に

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に低い, に出来, に性格

▼ ゐる劇団~ (3, 0.0%)

1 である, で今度上演, といへ

▼ ゐる努力~ (3, 0.0%)

1 が感じられない, と配慮, の一部

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 れ心, れ氣, れ神

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 であらう, ひを, まで説明

▼ ゐる十五六~ (3, 0.0%)

1 の娘, の小僧, の小間使

▼ ゐる十手~ (3, 0.0%)

1 の手前, を爪搜, 捕繩

▼ ゐる卓一~ (3, 0.0%)

1 のこと, の姿, の素朴

▼ ゐる卓子~ (3, 0.0%)

2 の上 1 が一つ

▼ ゐる印象~ (3, 0.0%)

2 はまつたく 1 を要約

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 テンポの, 文章即ち, 斉藤紫香にも

▼ ゐる叔父さん~ (3, 0.0%)

1 のうち, の後, を見

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 でそこ, のすぐ, は

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 の下 1 は妙

▼ ゐる古めかしい~ (3, 0.0%)

1 住宅風の, 台ランプが, 男な

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 地方の 1 部分に

▼ ゐる同君~ (3, 0.0%)

1 が親, には嘸, の人物紹介

▼ ゐる同心~ (3, 0.0%)

2 で此同心 1

▼ ゐる呉葉~ (3, 0.0%)

1 にもさう, にも氣持, を振り返つ

▼ ゐる周囲~ (3, 0.0%)

1 の壁, の狭, の者

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 は悉く, よむしろ, を早く

▼ ゐる哲学~ (3, 0.0%)

1 である, は現代, をも輸入

▼ ゐる哲學~ (3, 0.0%)

1 です, は, は人間

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 その楽しい, の爺さん, 手紙が

▼ ゐる喜び~ (3, 0.0%)

1 でさ, で私, にきつ

▼ ゐる土手~ (3, 0.0%)

1 に五六人, の上, の所

▼ ゐる土蔵~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の二階

▼ ゐる圭一郎~ (3, 0.0%)

1 がい, は軈て, を介ひも

▼ ゐる地べた~ (3, 0.0%)

2 を這 1 をどこ

▼ ゐる地主~ (3, 0.0%)

1 か何ん, が酒蒸溜場, の娘

▼ ゐる地所~ (3, 0.0%)

1 に井戸, の南隣, を無条件

▼ ゐる地球~ (3, 0.0%)

1 に呼びかけ, の半分, の運命

▼ ゐる坊さん~ (3, 0.0%)

1 で一風変, に頼まなけれ, のひざ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の大手, は兵粮, は清兵

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 と私, の材木屋, を遡

▼ ゐる境地~ (3, 0.0%)

1 である, として説いた, なの

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 つかた袖垣 1 がただ

▼ ゐる夕方~ (3, 0.0%)

1 だつた, の橋, の薔薇

▼ ゐる外国人~ (3, 0.0%)

1 が容易, の事, の奴等め

▼ ゐる多少~ (3, 0.0%)

1 と人, の青年, 回つてゐる

▼ ゐる大地~ (3, 0.0%)

1 が白ちやけた, の下, よ

▼ ゐる大家~ (3, 0.0%)

1 に便つて, の親爺, 諸卿

▼ ゐる大川~ (3, 0.0%)

1 に見入る, のその, より更に

▼ ゐる大工~ (3, 0.0%)

1 が一々, の家, の金五郎

▼ ゐる大師~ (3, 0.0%)

2 の顏 1 の顔

▼ ゐる大木~ (3, 0.0%)

1 の下, の幹, の有名

▼ ゐる大男~ (3, 0.0%)

1 がゐる, にとられ, の肩

▼ ゐる大阪~ (3, 0.0%)

1 その爲, とを較べ, の実業家達

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の北向き, の方, の聖像

▼ ゐる女中達~ (3, 0.0%)

1 が彼, に違, や近所

▼ ゐる女等~ (3, 0.0%)

1 の眼, の顏, もゐた

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 あさん, はその, やは青木さん

▼ ゐる婦人連~ (3, 0.0%)

1 は, は一切, を片脇

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の声, の方

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 があ, の妹, をひろひあつめます

▼ ゐる実情~ (3, 0.0%)

1 であります, ですから, を無理

▼ ゐる室内~ (3, 0.0%)

2 の大きな 1 で再び

▼ ゐる富士山~ (3, 0.0%)

1 そのとき, の姿, を見出し

▼ ゐる寒い~ (3, 0.0%)

1 ことは, 日に, 風

▼ ゐる小僧~ (3, 0.0%)

1 が眼, の後ろ姿, の顔

▼ ゐる小娘~ (3, 0.0%)

2 はその 1 を手

▼ ゐる小学校~ (3, 0.0%)

1 にまで伝, の先生, の先生二人

▼ ゐる小形~ (3, 0.0%)

2 の本 1 の角時計

▼ ゐる小役人~ (3, 0.0%)

2 だがね 1 らしい男

▼ ゐる小犬~ (3, 0.0%)

1 でもある, と仲よく, と共にこちら

▼ ゐる小石~ (3, 0.0%)

1 がいつも, であらう, の塊

▼ ゐる小路~ (3, 0.0%)

1 の右, を抜け, を眺め

▼ ゐる屋台~ (3, 0.0%)

1 のおでん屋, のオデン屋, もある

▼ ゐる屋根~ (3, 0.0%)

1 が今にも, の上, 見ゆ御

▼ ゐる屋根裏~ (3, 0.0%)

1 に大きな, のやう, の部屋

▼ ゐる山村~ (3, 0.0%)

1 が憤つた, の女の子たち, を誘ふ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 のこと, の眼, の頂

▼ ゐる岩石~ (3, 0.0%)

2 の間 1 のやう

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 つ, のかけぢ, まで共に

▼ ゐる工合~ (3, 0.0%)

1 が底, である, を云々

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 となる, の人, を去れ

▼ ゐる市街~ (3, 0.0%)

1 が見えた, は恐らく, を十五倍

▼ ゐる希望~ (3, 0.0%)

1 のやう, の明る, は過大

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

3 の殿

▼ ゐる平八郎~ (3, 0.0%)

1 と周囲, の叔父宮脇志摩, の坊主頭

▼ ゐる年寄り~ (3, 0.0%)

1 の女中, の婦人, の顏

▼ ゐる年月~ (3, 0.0%)

1 のため, はとうに, を勤務年月

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に掛け, を見, を見する

▼ ゐる幾多~ (3, 0.0%)

2 の人工的河水 1 の人

▼ ゐる幾組~ (3, 0.0%)

2 もの客 1 かの火の番

▼ ゐる広場~ (3, 0.0%)

1 かな, を指した, を通

▼ ゐる弱点~ (3, 0.0%)

1 であらう, とを区別, のやう

▼ ゐる張合~ (3, 0.0%)

1 のない, ひが, もない

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 だね, の感じ, の背後

▼ ゐる彼女等~ (3, 0.0%)

1 とも, の知らぬ, の言葉

▼ ゐる彼女自身~ (3, 0.0%)

1 が其処, の影, を見出し勝ち

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 さが, さに, さを

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に寒, 勾配を, 病人を

▼ ゐる恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 きざ, 物音が, 蝮を

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 が顔, の音, をする

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 婆の, 手段の, 趣味といふ

▼ ゐる悪魔~ (3, 0.0%)

1 が両, のやう, を仰ぎ

▼ ゐる憾み~ (3, 0.0%)

2 がある 1 はある

▼ ゐる成金~ (3, 0.0%)

1 にも人並, の吝, らしい五十男

▼ ゐる所為~ (3, 0.0%)

1 で御座います, で意外, なの

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の前, の白い, を手さぐり

▼ ゐる手芸~ (3, 0.0%)

1 の私塾, をぢ, を見

▼ ゐる提灯~ (3, 0.0%)

1 のあかり, のやう, の燈

▼ ゐる支那~ (3, 0.0%)

1 の国旗, の市街, の老婦

▼ ゐる教師~ (3, 0.0%)

1 との間, の一人, を要求

▼ ゐる敬坊~ (3, 0.0%)

1 が炬燵, は今日, も中原さん

▼ ゐる文句~ (3, 0.0%)

1 が目, だが, と言

▼ ゐる文学~ (3, 0.0%)

1 である, はすくない, 各部門

▼ ゐる新劇~ (3, 0.0%)

1 といふ枠, といふ言葉, わがこと

▼ ゐる新聞社~ (3, 0.0%)

1 が札幌, の編輯局, へ行

▼ ゐる方々~ (3, 0.0%)

1 なの, の, の手紙

▼ ゐる日本画家~ (3, 0.0%)

1 がゐるであらう, が多い, の

▼ ゐる旦那~ (3, 0.0%)

1 はあの, はよく, は細い

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 恋の, 王城の, 神社の

▼ ゐる時さ~ (3, 0.0%)

1 へある, へ嘘, へ必ず

▼ ゐる時それ~ (3, 0.0%)

1 が揺れ, を活動, を狙つてわざ

▼ ゐる時何~ (3, 0.0%)

1 うしても, のきつ, のわけ

▼ ゐる時機~ (3, 0.0%)

1 であつ, ではありません, ではない

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 だし, で暗い, には煙火見物

▼ ゐる智恵子~ (3, 0.0%)

1 の方, の歴然と, をし

▼ ゐる智惠子~ (3, 0.0%)

1 の方, の歴然と, をし

▼ ゐる書類~ (3, 0.0%)

1 であつ, に眼, の方

▼ ゐる最初~ (3, 0.0%)

1 のやらはれ, の文書, の校正刷り

▼ ゐる有力~ (3, 0.0%)

1 な件, な政党, な親日家

▼ ゐる木立~ (3, 0.0%)

2 の深い 1 の間

▼ ゐる木賃宿~ (3, 0.0%)

2 の子供 1 までは凸凹

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の一本一本, の鮮やか, は年数

▼ ゐる村長~ (3, 0.0%)

1 とはいつたい, の方, を尻目

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の尾根, の空, を向う

▼ ゐる枕元~ (3, 0.0%)

1 で俺, には土鍋, へ行つて

▼ ゐる枕頭~ (3, 0.0%)

1 に来, の夕ぐれ, へ母

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 でないなぞと, といひ, の雁首

▼ ゐる柱時計~ (3, 0.0%)

2 の下 1 が十二時

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に今日, に滑車, の

▼ ゐる梨枝子~ (3, 0.0%)

1 にそつ, のうしろ, の表情

▼ ゐる梯子段~ (3, 0.0%)

1 に足, の上, を踏み過つ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 樂東門に 1 く少数

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 の梢 1 の木蔭

▼ ゐる模樣~ (3, 0.0%)

1 だつた, であつ, である

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 から家内, に新聞紙, に長い

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

3 の木

▼ ゐる機關兵~ (3, 0.0%)

1 が三時間, の事, の姿

▼ ゐる此の世~ (3, 0.0%)

1 の無限, を大事, を粗末

▼ ゐる此処~ (3, 0.0%)

1 でさ, にミツキイ, は一体

▼ ゐる此方~ (3, 0.0%)

1 だつて口, の方, は三百九十円

▼ ゐる武器~ (3, 0.0%)

1 だ, の金槌, も手放す

▼ ゐる死体~ (3, 0.0%)

1 が眺められる, はどうも, を一つ一つ

▼ ゐる殊に~ (3, 0.0%)

1 デパートの, 若い娘, 馬の

▼ ゐる毎日~ (3, 0.0%)

1 が多く, の人間, 飲む話

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の武器, をも一緒, を持つた活き

▼ ゐる毛虫~ (3, 0.0%)

2 と同じ 1 の数

▼ ゐる民子~ (3, 0.0%)

2 が窓側 1 の手

▼ ゐる民衆~ (3, 0.0%)

1 がゐる, が皆, は今

▼ ゐる気色~ (3, 0.0%)

1 であると, も見えない, も見えなかつた

▼ ゐる氣持ち~ (3, 0.0%)

2 がよく 1 でのどか

▼ ゐる氣色~ (3, 0.0%)

1 がした, である, であると

▼ ゐる水田~ (3, 0.0%)

2 が見え初める 1 があつ

▼ ゐる水車場~ (3, 0.0%)

1 の中, の馬, や小さい

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 まで一面 1 を西

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 だ, とあつ, のやう

▼ ゐる波止場~ (3, 0.0%)

2 の向う 1 の石段

▼ ゐる洋画家~ (3, 0.0%)

1 である, に言, もある

▼ ゐる浪人~ (3, 0.0%)

1 でしたが, の寺西右京, の臼井金之輔

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 がある, には今, の方

▼ ゐる清水~ (3, 0.0%)

1 のやう, の本堂, を眺めた

▼ ゐる源吉~ (3, 0.0%)

1 にきいた, の手, はあの

▼ ゐる滝本~ (3, 0.0%)

1 の傍ら, の背後, を中心

▼ ゐる漁夫~ (3, 0.0%)

1 の帰郷, は沢山, もゐました

▼ ゐる漁家~ (3, 0.0%)

2 でどんなに 1 の小さい

▼ ゐる漁師~ (3, 0.0%)

1 の家, の年寄, の申松爺さん

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 がうす, が真直, に映る

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 つぽい 1 が眼

▼ ゐる物語~ (3, 0.0%)

1 が今昔, の冒頭, を訣ら

▼ ゐる特殊~ (3, 0.0%)

1 な一例, の例, の木

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 なども可, も見える, を思ひ浮べ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 などの影, の屍骸, を眺め

▼ ゐる独逸~ (3, 0.0%)

1 の俘虜収容所, の兵隊, の註文

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 いワク, い小川, い海

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 だ, の子孫, は不意

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 だから, だからな, であると

▼ ゐる現代~ (3, 0.0%)

1 に於ける, のわが国, の支那人

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の稻, の草, 一方甜瓜

▼ ゐる田舎~ (3, 0.0%)

1 で肩身, の人, の父

▼ ゐる田舎者~ (3, 0.0%)

1 が米, だ, に征服

▼ ゐる由緒~ (3, 0.0%)

1 のある, の正しい, 有る大屋

▼ ゐる甲斐~ (3, 0.0%)

1 ありと, が無い, にね

▼ ゐる甲虫~ (3, 0.0%)

1 の車, をつまん, を真奈ちやん

▼ ゐる男の子~ (3, 0.0%)

1 のところ, の姿, はまだ

▼ ゐる男女~ (3, 0.0%)

1 とは思はれなかつた, の姿, の群

▼ ゐる画面~ (3, 0.0%)

1 に序分義化, に於ける, の群集

▼ ゐる留吉~ (3, 0.0%)

1 である, の方, を抱い

▼ ゐる畫面~ (3, 0.0%)

2 に序分義化 1 の上

▼ ゐる異常~ (3, 0.0%)

1 な冷めたさ, な少女, な手強

▼ ゐる當時~ (3, 0.0%)

1 の修業, の消息, の科學者的

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 がありあり, が見える, だと

▼ ゐる白壁~ (3, 0.0%)

2 の土蔵 1 の寺

▼ ゐる百合子~ (3, 0.0%)

1 の姿, の断髪, の真正面

▼ ゐる百姓家~ (3, 0.0%)

1 がまばら, では足袋, の屋根

▼ ゐる目白~ (3, 0.0%)

1 のむれ, の一羽, の羽音

▼ ゐる直ぐ~ (3, 0.0%)

1 傍らに, 前で, 前では

▼ ゐる眞上~ (3, 0.0%)

1 でもつ, の紅葉, の蚊帳

▼ ゐる眼窩~ (3, 0.0%)

1 の落, は上下, や顳

▼ ゐる眼鏡~ (3, 0.0%)

1 に気がつく, の奧, をはづして

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 は神潭, は自, を大きく

▼ ゐる石原~ (3, 0.0%)

3 の利助

▼ ゐる石炭~ (3, 0.0%)

1 の上, の焔, の粉

▼ ゐる祝詞~ (3, 0.0%)

1 のやう, の最, は皆

▼ ゐる神様~ (3, 0.0%)

1 がお, のある, より仕合せ

▼ ゐる科學~ (3, 0.0%)

1 の再建, はふしぎ, を重んじなけれ

▼ ゐる秘密~ (3, 0.0%)

1 だ, ならぬ秘密, を発く

▼ ゐる秩序~ (3, 0.0%)

1 の中, の美, を維持

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の中, の穂, は米

▼ ゐる立場~ (3, 0.0%)

1 から世界, から見れ, を考へます

▼ ゐる竹藪~ (3, 0.0%)

1 とこの, のひからびた, の中

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 ふ時 1 ひ顔

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の先, も擱, を取つ

▼ ゐる箇處~ (3, 0.0%)

1 に私達, に見出される, を讀ん

▼ ゐる精神~ (3, 0.0%)

1 はなく, は善政, は実に

▼ ゐる精神的~ (3, 0.0%)

1 なもの, な何物, な財産

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の揺れ, の湊, の端

▼ ゐる納屋~ (3, 0.0%)

1 の傍ら, の方, の裏手

▼ ゐる紙屑~ (3, 0.0%)

1 が人間, のやう, をすら動かす

▼ ゐる素子~ (3, 0.0%)

1 の姿, の肉体, の髪の毛

▼ ゐる紫陽花~ (3, 0.0%)

1 のやう, の花, は泣かない

▼ ゐる継母~ (3, 0.0%)

1 の寝, の方, を見つける

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に括りつけ, の一方, をひつぱつて船

▼ ゐる綾子~ (3, 0.0%)

1 だけが彼, の, を一目

▼ ゐる縁側~ (3, 0.0%)

1 に胡座, の安楽椅子, へ出

▼ ゐる美人~ (3, 0.0%)

1 でなければ, の屏風, の許

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の中, も見た, を拔

▼ ゐる義男~ (3, 0.0%)

1 の姿, の身體, を遠く

▼ ゐる羽織~ (3, 0.0%)

1 でも着物, に一寸眼, を脱い

▼ ゐる老女~ (3, 0.0%)

1 と出, のしなび, の俳人

▼ ゐる老年~ (3, 0.0%)

1 の女, の洋画家小山正太郎氏, の運命

▼ ゐる老父~ (3, 0.0%)

1 に取, は夜, は毎日

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 して, もメール, も形

▼ ゐる職員室~ (3, 0.0%)

2 ををかしく思 1 の空気

▼ ゐる肉体~ (3, 0.0%)

1 が三十七, はひどく, は与

▼ ゐる肺病患者~ (3, 0.0%)

1 が通例死, の話し, は太田

▼ ゐる背中~ (3, 0.0%)

1 もあつ, を揉ん, を舟

▼ ゐる自ら~ (3, 0.0%)

1 の相, をさも, を強く

▼ ゐる自由~ (3, 0.0%)

1 な人間, な女, な川波

▼ ゐる花壇~ (3, 0.0%)

1 かもしくは, で薄い, のなか

▼ ゐる花嫁~ (3, 0.0%)

1 でございます, は君, を怖

▼ ゐる花子~ (3, 0.0%)

1 が反射的, の姿, は愛相

▼ ゐる若く~ (3, 0.0%)

1 て威勢, は本, も美しくも

▼ ゐる若し~ (3, 0.0%)

1 この調子, それらの, 之れ

▼ ゐる若人~ (3, 0.0%)

2 は一人殘ら 1 は一人

▼ ゐる英語~ (3, 0.0%)

1 とか仏語, のテスト, は日本人

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 の花 1 ぶ臺

▼ ゐる茶碗~ (3, 0.0%)

1 かも知れない, や箸, を倒

▼ ゐる荷物~ (3, 0.0%)

1 の中, はどうして, を見廻す

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 と大根, もたんぽぽ, や筍

▼ ゐる蒲團~ (3, 0.0%)

1 だけ流石, の上, をさう

▼ ゐる薄暗い~ (3, 0.0%)

1 中を, 冷やかな, 廊下のは

▼ ゐる藝者~ (3, 0.0%)

1 に向, の何處, をその

▼ ゐる虚無~ (3, 0.0%)

1 と一つ, に対する熱愛, の中

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 なの, ばかりを笑, をてんでに

▼ ゐる蚊帳~ (3, 0.0%)

1 に止まつ, のそば, の中

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 のみが生き, の点々, の眺め

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 のびろう, の翅, を結びつける

▼ ゐる蟋蟀~ (3, 0.0%)

1 その蜑, の声, の聲

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 であつ, との空間的説明, もゐます

▼ ゐる血液~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の純潔さ, は一時

▼ ゐる西洋~ (3, 0.0%)

1 の女, の婦人, の家庭

▼ ゐる視線~ (3, 0.0%)

1 にはたと, にゆきあたつた, の先

▼ ゐる親子~ (3, 0.0%)

1 がある, が揃, の顔

▼ ゐる記憶~ (3, 0.0%)

1 がある, の中, をもどかしく

▼ ゐる記者~ (3, 0.0%)

1 がこの, だ, は膝

▼ ゐる記録~ (3, 0.0%)

1 が既に, が最, にみ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に就い, に於い, を揺り醒ます

▼ ゐる詞句~ (3, 0.0%)

1 である, で前代, には国

▼ ゐる詞章~ (3, 0.0%)

1 といふこと, の中, を唱

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 による, もあります, もある

▼ ゐる諸君~ (3, 0.0%)

1 である, も僕等, よ向う

▼ ゐる讀者~ (3, 0.0%)

1 には非常, に對, の心理

▼ ゐる谷川~ (3, 0.0%)

1 に沿つて, のせせらぎ, の白い

▼ ゐる豊か~ (3, 0.0%)

1 なそして, な二の腕, な肉体

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 には藷, のからだ, はジャングル

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 いおべ, さ, んぼ

▼ ゐる越中屋~ (3, 0.0%)

1 といふの, の金六, を突きとめ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 が見える, が見え興味, のない

▼ ゐる踊り~ (3, 0.0%)

1 はあの, は大概, を見

▼ ゐる踊り子~ (3, 0.0%)

1 が光子, になつて, のタンバリン

▼ ゐる身心~ (3, 0.0%)

1 が水, ほがら, もさつ

▼ ゐる農村~ (3, 0.0%)

1 でその, などには二宮流, の文化

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 に汗, の梅林, を其処

▼ ゐる近く~ (3, 0.0%)

1 にお, に腰掛けた見なれぬ, に鳩

▼ ゐる途中~ (3, 0.0%)

1 が多, では傷つけられる, で彼

▼ ゐる遠い~ (3, 0.0%)

1 昔の, 郷里の, 麓に

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 とは方角がち, の記念物, へ移つて

▼ ゐる金持~ (3, 0.0%)

1 がもつ, に, の家の子

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 から外し, と塀, を手拭

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の側, の湯, の處

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 が鳴つた, が鳴る, の緒

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の棒, の音, は別種

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 のやう 1 の煙管

▼ ゐる鍛冶屋~ (3, 0.0%)

1 に対する揶揄, の家, を見つけた

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の土, の柄, は地

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 に向 1 に当

▼ ゐる長身~ (3, 0.0%)

1 の美男子, の陸軍士官, をやをら

▼ ゐる門柱~ (3, 0.0%)

2 と門柱 1 には古ぼけた

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 がぬくい, だまり, は照っ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 つ児画家, のあられ, や卵

▼ ゐる離室~ (3, 0.0%)

1 に加留多, に歌留多, の障子

▼ ゐる雨戸~ (3, 0.0%)

1 が一枚, の外, 迄が今にも

▼ ゐる雲雀~ (3, 0.0%)

1 とし聴きうら, の半分, は一口

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 あを, いいきもの, や白

▼ ゐる青竹~ (3, 0.0%)

1 によぢ, に朱傘, は和やか

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 かなひか, かな小, かな輝かしい

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

2 の肉 1 は劇

▼ ゐる顔つき~ (3, 0.0%)

1 がその, の中, をまざまざ

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 は純, や菜, を与へる

▼ ゐる養子~ (3, 0.0%)

1 が居た, の品吉, の與茂吉

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の石級, の赤み掛, 即ちヰマニ家

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の根, は誰, を見る

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 である, の建物, の架橋

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 にていづれ, の位置, をさ

▼ ゐる高橋~ (3, 0.0%)

1 が何, には乘つて, の風采

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 が前, の長い, ひろすぎる

▼ ゐる髪の毛~ (3, 0.0%)

1 はまるで, までがさながら, や睫毛

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 のやう, の出場, の目

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 の姿, の美事, や金網

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 とは違, に穀物, を眺め

▼ ゐる~ (3, 0.0%)

1 かあと一声, や電信柱, をみる

▼ ゐる麻素子さん~ (3, 0.0%)

1 と芥川夫人, の家, を一寸

▼ ゐるああ~ (2, 0.0%)

1 云つた女の, 忍び泣いて

▼ ゐるあたし~ (2, 0.0%)

1 の耳, の親愛

▼ ゐるあまりに~ (2, 0.0%)

1 恥が, 私らしい

▼ ゐるありがたい~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, ニユースで

▼ ゐるあんな~ (2, 0.0%)

1 ふうな, 格好の

▼ ゐるあゝ~ (2, 0.0%)

1 もつたいない, 云ふ

▼ ゐるいい~ (2, 0.0%)

1 匂ひだらう, 部屋は

▼ ゐるいと~ (2, 0.0%)

1 まが, まも

▼ ゐるうちそれら~ (2, 0.0%)

1 の町, の諸

▼ ゐるうち人~ (2, 0.0%)

1 の姿, 斬の

▼ ゐるうち僕~ (2, 0.0%)

1 はふつ, は突然

▼ ゐるうち野尻氏~ (2, 0.0%)

2 は何だか

▼ ゐるうるさい~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, 意気好みの

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 きぞ, 一日

▼ ゐるおめでたい~ (2, 0.0%)

1 主人が, 虚偽なんぞを

▼ ゐるおり~ (2, 0.0%)

1 かにはかまはず, かの聲

▼ ゐるお里~ (2, 0.0%)

1 といふ娘, を見

▼ ゐるかぎりそれ~ (2, 0.0%)

1 はどこ, は文化政策

▼ ゐるかちよ~ (2, 0.0%)

2 つと疑問

▼ ゐるかで~ (2, 0.0%)

1 あつて, 晴れにも

▼ ゐるかとか~ (2, 0.0%)

1 あの紺碧, いふやう

▼ ゐるかね~ (2, 0.0%)

1 も恰好, 俺と

▼ ゐるかまきり~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐるからさ~ (2, 0.0%)

1 ういふ, う云

▼ ゐるからとの~ (2, 0.0%)

1 理由で, 電話行く

▼ ゐるからね~ (2, 0.0%)

1 今だ, 君

▼ ゐるからばかり~ (2, 0.0%)

1 でなし, では

▼ ゐるかんさん~ (2, 0.0%)

1 は夜更け, は市村

▼ ゐるがといふ~ (2, 0.0%)

1 やうな, 風に

▼ ゐるきつ~ (2, 0.0%)

2 ちり合つた二枚貝である

▼ ゐるきのこ~ (2, 0.0%)

1 ははらたけ, を誰

▼ ゐるきらきら~ (2, 0.0%)

1 した雜草, する青

▼ ゐるきん~ (2, 0.0%)

1 に尋ねた, のおも

▼ ゐるけしき~ (2, 0.0%)

1 です, は何

▼ ゐるげに~ (2, 0.0%)

1 見えた, 見える

▼ ゐることくら~ (2, 0.0%)

1 ゐは, ゐ見透せないで

▼ ゐることこれ~ (2, 0.0%)

1 が, も名高い

▼ ゐることぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゐることに~ (2, 0.0%)

2 夏の

▼ ゐること以外~ (2, 0.0%)

1 には餘, の事情

▼ ゐること平素酸性~ (2, 0.0%)

2 の多い

▼ ゐること必らずし~ (2, 0.0%)

2 も近代

▼ ゐること等~ (2, 0.0%)

1 に氣, を一纏め

▼ ゐること自体~ (2, 0.0%)

1 がまるで, が中毒症状

▼ ゐること言~ (2, 0.0%)

1 ふ迄も, をまたない

▼ ゐるこれ等~ (2, 0.0%)

1 の歌, の管

▼ ゐるころ~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ ゐるさうな~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ ゐるさながら~ (2, 0.0%)

1 これらの, 南以太利の

▼ ゐるさびしい~ (2, 0.0%)

1 微笑, 色だ

▼ ゐるしか~ (2, 0.0%)

1 ないな, 他に

▼ ゐるしづ~ (2, 0.0%)

1 かなひる, が出た

▼ ゐるすゞちやん~ (2, 0.0%)

1 の目, の黒い

▼ ゐるせめて~ (2, 0.0%)

1 毎日玉子の, 野の

▼ ゐるそつ~ (2, 0.0%)

1 ちこつちの大岩, と悟空

▼ ゐるそら~ (2, 0.0%)

1 がその, がそのまま

▼ ゐるそれに~ (2, 0.0%)

1 よつて満足, 何の

▼ ゐるそれほど~ (2, 0.0%)

1 のんきで, 豐富で

▼ ゐるたか子~ (2, 0.0%)

1 の右腕, も小さい

▼ ゐるたしかに~ (2, 0.0%)

1 三百年以上の, 私は

▼ ゐるただ~ (2, 0.0%)

1 それだけの, の烏

▼ ゐるだけかも~ (2, 0.0%)

1 しれないね, 知れない

▼ ゐるだけが~ (2, 0.0%)

1 せめてもの, 能かと

▼ ゐるだけは~ (2, 0.0%)

1 お上りなさい, 女にも

▼ ゐるだに~ (2, 0.0%)

1 心苦く, 面白さうに

▼ ゐるぢやあ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ ゐるつて言~ (2, 0.0%)

1 つたらう, ふの

▼ ゐるつらい~ (2, 0.0%)

1 ことである, ね

▼ ゐるといふだけでも~ (2, 0.0%)

1 私にと, 自然の

▼ ゐるとき何~ (2, 0.0%)

1 かにつけ東京, にか變

▼ ゐるとき土百姓~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ ゐるとき彼~ (2, 0.0%)

1 に会つて, は少し

▼ ゐるとき彼等~ (2, 0.0%)

1 はどんな, を救つて

▼ ゐるとき眞~ (2, 0.0%)

1 である, であると

▼ ゐるとき私~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はお前

▼ ゐるところが~ (2, 0.0%)

1 年を, 近頃どうも少年小説

▼ ゐるところそこ~ (2, 0.0%)

1 には技巧, は葛藤

▼ ゐるとし子~ (2, 0.0%)

1 に理解, も自分

▼ ゐるとたん~ (2, 0.0%)

1 に読本, のやう

▼ ゐるとて~ (2, 0.0%)

1 どうして長男, へて

▼ ゐるとに~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐるとのみ~ (2, 0.0%)

1 思つてゐた, 思つてニヤリ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 つちがい, ぶ鼠

▼ ゐるどうも~ (2, 0.0%)

1 グウタラから, 年だ

▼ ゐるどの~ (2, 0.0%)

1 毛虫も, 石も

▼ ゐるどんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 女よりも

▼ ゐるなどの~ (2, 0.0%)

1 ことを, ニュース続々

▼ ゐるなども~ (2, 0.0%)

1 よくこの, 見え出して

▼ ゐるなんと~ (2, 0.0%)

2 いふこと

▼ ゐるにしか~ (2, 0.0%)

1 すぎない, 過ぎないの

▼ ゐるにや~ (2, 0.0%)

1 ア及ばない, ア病院が

▼ ゐるのにと~ (2, 0.0%)

1 思つた, 思ふと

▼ ゐるのね~ (2, 0.0%)

1 何うし, 畜生ツ

▼ ゐるひさ~ (2, 0.0%)

1 がねむ, が眼

▼ ゐるひとり~ (2, 0.0%)

1 が三造畫伯みたい, もの

▼ ゐるふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な状態, な球形

▼ ゐるほん~ (2, 0.0%)

1 たうにコセ, たうの

▼ ゐるほんの~ (2, 0.0%)

1 一破片でから, 半刻

▼ ゐるまん中~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ ゐるみのる~ (2, 0.0%)

1 の樣子, の足

▼ ゐるむしろ~ (2, 0.0%)

1 この種, 兩者は

▼ ゐるめいめい~ (2, 0.0%)

2 のお父さん

▼ ゐるもちろん~ (2, 0.0%)

1 月は, 腹いつ

▼ ゐるもと~ (2, 0.0%)

1 の自分, 巻煙草の

▼ ゐるもどかし~ (2, 0.0%)

1 さが, さ所在な

▼ ゐるものたち~ (2, 0.0%)

1 がゐる, はみんな笑つて

▼ ゐるもの許~ (2, 0.0%)

1 である, りであ

▼ ゐるもろもろ~ (2, 0.0%)

1 の事業, の害悪

▼ ゐるやり方~ (2, 0.0%)

1 は二人, は笑止千万

▼ ゐるゆゑ~ (2, 0.0%)

1 こんなとき, にいつ

▼ ゐるよりずつと~ (2, 0.0%)

1 深いもの, 美しい

▼ ゐるわいと~ (2, 0.0%)

1 旅人はを, 考へる許

▼ ゐるわたしたち~ (2, 0.0%)

1 の写真, の藝術的良心

▼ ゐるわたし達~ (2, 0.0%)

1 の眼, は

▼ ゐるわね~ (2, 0.0%)

1 うちの, 妾は

▼ ゐるわり~ (2, 0.0%)

1 に皺ひとつ, に私

▼ ゐるんだい~ (2, 0.0%)

1 しみつたれ, そんなところ

▼ ゐるんでね~ (2, 0.0%)

1 さうし, 仕事の

▼ ゐるイワン~ (2, 0.0%)

1 の顔, も聞い

▼ ゐるイワン君~ (2, 0.0%)

1 だつて病気, には御

▼ ゐるウメ子~ (2, 0.0%)

1 の横, は娘

▼ ゐるエコウ~ (2, 0.0%)

1 に出, の想

▼ ゐるエノケン~ (2, 0.0%)

1 がつひ, は夜

▼ ゐるカチカチ山~ (2, 0.0%)

1 の絵本, の繪本

▼ ゐるカツフエ~ (2, 0.0%)

1 にだけは一度, のすぐ

▼ ゐるガマ口~ (2, 0.0%)

1 がそこ, なので

▼ ゐるガラン~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ ゐるキンギン草~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ゐるクリスト~ (2, 0.0%)

1 の姿, の肖像

▼ ゐるゲエル~ (2, 0.0%)

1 です, の話

▼ ゐるコップ~ (2, 0.0%)

1 が置かれ, に八分目位

▼ ゐるコポオ~ (2, 0.0%)

1 と口, の処女劇作

▼ ゐるコンクリート~ (2, 0.0%)

1 になつ, の建物

▼ ゐるゴミ~ (2, 0.0%)

1 のやう, の一杯くつ

▼ ゐるサラリーマン~ (2, 0.0%)

1 の人気, 次ぎが

▼ ゐるジジ~ (2, 0.0%)

1 そのジジ, を發見

▼ ゐるセザンヌ~ (2, 0.0%)

1 の一枚, の画さ

▼ ゐるセムボビチス~ (2, 0.0%)

1 とメンケラ, は王

▼ ゐるツル子~ (2, 0.0%)

1 と, は手袋

▼ ゐるテレビン油~ (2, 0.0%)

2 のしめりであらね

▼ ゐるトタン~ (2, 0.0%)

1 で包んだ, の切れ

▼ ゐるバット~ (2, 0.0%)

1 の吸ひさし, を捨て兼ね

▼ ゐるバラツク~ (2, 0.0%)

1 の門, ももう

▼ ゐるバルカ~ (2, 0.0%)

1 の肩, の頭

▼ ゐるヒステリイ性~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ ゐるプラトン~ (2, 0.0%)

1 のソクラテス, は震

▼ ゐるペン~ (2, 0.0%)

1 の音, はさつき

▼ ゐるボタン~ (2, 0.0%)

1 は一つ, を引きちぎりました

▼ ゐるボーイ~ (2, 0.0%)

1 と押し問答, の風情

▼ ゐるボート~ (2, 0.0%)

1 が映る, や渚

▼ ゐるポオ~ (2, 0.0%)

2 やボオドレエル

▼ ゐるンぢ~ (2, 0.0%)

2 やありません

▼ ゐる一例~ (2, 0.0%)

1 であります, によつて

▼ ゐる一刹那~ (2, 0.0%)

1 どうした, に彼

▼ ゐる一家~ (2, 0.0%)

1 が住ん, に報恩

▼ ゐる一杯~ (2, 0.0%)

1 の闇, やりたいの

▼ ゐる一枚~ (2, 0.0%)

1 の皿, の精巧複雑透明

▼ ゐる一片~ (2, 0.0%)

1 の白雲, の雲

▼ ゐる一般的~ (2, 0.0%)

1 な花, な觀念

▼ ゐる一艘~ (2, 0.0%)

1 の傳馬, の新

▼ ゐる一行~ (2, 0.0%)

1 の顔, を呼び返した

▼ ゐる一角~ (2, 0.0%)

1 でどす, なの

▼ ゐる一言~ (2, 0.0%)

1 である, でいふ

▼ ゐる一部分~ (2, 0.0%)

1 が出, としか思

▼ ゐる一隅~ (2, 0.0%)

1 で若い, へ赴き

▼ ゐる一面~ (2, 0.0%)

1 がある, なかにはいろいろ

▼ ゐる丁度~ (2, 0.0%)

1 い, 海の

▼ ゐる三つ~ (2, 0.0%)

1 の小説, の死骸

▼ ゐる三つ股~ (2, 0.0%)

1 の源吉, の源吉兄哥

▼ ゐる三人娘~ (2, 0.0%)

1 が不思議, は仔細

▼ ゐる三十~ (2, 0.0%)

1 ばかりの男, 近い貴婦人

▼ ゐる三十四五~ (2, 0.0%)

1 の口, の小麦色

▼ ゐる三升~ (2, 0.0%)

1 のうち, の酒

▼ ゐる三四人~ (2, 0.0%)

1 のいづれ, の子供たち

▼ ゐる三枚~ (2, 0.0%)

1 のトランプ, の敷蒲團

▼ ゐる三田公~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, のやう

▼ ゐる三畳~ (2, 0.0%)

1 の棚, へ入

▼ ゐる三輪~ (2, 0.0%)

2 の萬七

▼ ゐる上草履~ (2, 0.0%)

1 と男物, の靜

▼ ゐる下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ゐる下腹~ (2, 0.0%)

1 の辺, の邊

▼ ゐる不安~ (2, 0.0%)

1 はその, をお

▼ ゐる不完全の~ (2, 0.0%)

2 からだ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 なの, の人々

▼ ゐる世間不知~ (2, 0.0%)

2 の母

▼ ゐる丘陵~ (2, 0.0%)

1 が具塚, の信太山

▼ ゐる両親~ (2, 0.0%)

1 やその他, や多勢

▼ ゐる中学~ (2, 0.0%)

1 の理科, は京都市

▼ ゐる中年男~ (2, 0.0%)

1 があつ, の三輪

▼ ゐる中根二等卒~ (2, 0.0%)

1 のこと, はもう

▼ ゐる主題~ (2, 0.0%)

1 がルネッサンス期, それから映画作者

▼ ゐる久治~ (2, 0.0%)

1 と二人, の聲

▼ ゐる乞食ら~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ ゐる乞食達~ (2, 0.0%)

2 を一目

▼ ゐる也ちやん~ (2, 0.0%)

1 に立つ, を抱いた

▼ ゐる事さ~ (2, 0.0%)

1 へある, へもわからせ

▼ ゐる事務室~ (2, 0.0%)

1 の中, へ電話

▼ ゐる事業~ (2, 0.0%)

1 の進行, は代診

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 た間

▼ ゐる二個~ (2, 0.0%)

1 の大, の物体

▼ ゐる二番目~ (2, 0.0%)

1 の台, の姉

▼ ゐる二等室~ (2, 0.0%)

2 の戸

▼ ゐる五人~ (2, 0.0%)

1 の人物, の子供

▼ ゐる五六人~ (2, 0.0%)

1 の人夫, の生徒たち

▼ ゐる五十男~ (2, 0.0%)

1 だつたの, はお

▼ ゐる井師~ (2, 0.0%)

1 にお, に親しく

▼ ゐる些少~ (2, 0.0%)

1 の乘合客, の気配

▼ ゐる人たち全部~ (2, 0.0%)

1 の力, を芝居小屋

▼ ゐる人だかり~ (2, 0.0%)

1 で埋, と懷中電燈

▼ ゐる人事相談~ (2, 0.0%)

2 のお方

▼ ゐる人差指~ (2, 0.0%)

1 は活字, を伸し

▼ ゐる人種~ (2, 0.0%)

1 だから, なの

▼ ゐる人間ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゐる人間ども~ (2, 0.0%)

1 のひそか, のやう

▼ ゐる仁王~ (2, 0.0%)

1 の像, の肩

▼ ゐる仇敵~ (2, 0.0%)

1 がゐる, が笛

▼ ゐる今夜~ (2, 0.0%)

1 の宴会, も浜

▼ ゐる今朝~ (2, 0.0%)

1 の巡査, の露

▼ ゐる仔犬~ (2, 0.0%)

1 だつた, を眺め

▼ ゐる仙吉~ (2, 0.0%)

1 のところ, の目の下

▼ ゐる以上相手~ (2, 0.0%)

1 が書換, を弁

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の埃, りが

▼ ゐる伊八~ (2, 0.0%)

1 が夜中後ろ, を殺しました

▼ ゐる伊留満~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ ゐる伯母~ (2, 0.0%)

1 だけは私, に告白

▼ ゐる位ひなの~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐる低い~ (2, 0.0%)

1 屋根ばかり, 山では

▼ ゐる体験~ (2, 0.0%)

1 として, の宗教

▼ ゐる何しろ~ (2, 0.0%)

1 私が, 食ふ

▼ ゐる何もの~ (2, 0.0%)

1 かがあつ, かの羽ばたき

▼ ゐる何より~ (2, 0.0%)

1 の証拠, の證據

▼ ゐる何者~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐる作物~ (2, 0.0%)

1 などは短歌, を見る

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 し僕, し先

▼ ゐる使命~ (2, 0.0%)

1 からみ, と思はれる

▼ ゐる侘しい~ (2, 0.0%)

1 下駄が, 姿が

▼ ゐる俳句~ (2, 0.0%)

1 に季題, のリズム論はず

▼ ゐる俳諧~ (2, 0.0%)

1 とか紀行文, に就

▼ ゐる倉庫~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の方

▼ ゐる個所~ (2, 0.0%)

1 がない, を原稿用紙

▼ ゐる借財~ (2, 0.0%)

2 の証書

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 は月給八円, は月給八圓

▼ ゐる健康~ (2, 0.0%)

1 な壮年者, な家族

▼ ゐる傷口~ (2, 0.0%)

1 の黴菌, を新しく

▼ ゐる僕等~ (2, 0.0%)

1 はこんなに, を見

▼ ゐる僧侶~ (2, 0.0%)

1 とは違つて, の家

▼ ゐる儘鏡~ (2, 0.0%)

1 に写る, に寫

▼ ゐる優しい~ (2, 0.0%)

1 屍の, 獣の

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 子爵未亡人と, 氣は

▼ ゐる兄弟~ (2, 0.0%)

1 で恐らく, の妹

▼ ゐる兄弟達~ (2, 0.0%)

1 のこと, の上

▼ ゐる光景さ~ (2, 0.0%)

1 へも傍観, へ目撃

▼ ゐる光秀~ (2, 0.0%)

2 をガッカリ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 であつ, は大柄

▼ ゐる入江~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 事実の, 體どんな

▼ ゐる兩親~ (2, 0.0%)

1 のやう, を慰め

▼ ゐる八疊~ (2, 0.0%)

1 に居た, の押入

▼ ゐる六人~ (2, 0.0%)

1 に一人づゝ付添つて, の住人

▼ ゐる六疊~ (2, 0.0%)

1 の室, へ入

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の左, はさらでも

▼ ゐる兵卒~ (2, 0.0%)

1 の数, を呼びとめた

▼ ゐる兵士達~ (2, 0.0%)

2 に果して

▼ ゐる其処~ (2, 0.0%)

1 にまた, にゐる

▼ ゐる其灰~ (2, 0.0%)

2 を突く

▼ ゐる内地~ (2, 0.0%)

1 の人々, の様子

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 つこい, の中心

▼ ゐる凡太~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の姿

▼ ゐる切り~ (2, 0.0%)

1 だ, であと

▼ ゐる列車~ (2, 0.0%)

1 の下, の窓口

▼ ゐる初子~ (2, 0.0%)

1 の美しく, をヂツ

▼ ゐる初瀬~ (2, 0.0%)

1 の様子, の顔

▼ ゐる別録~ (2, 0.0%)

1 によれ, の文

▼ ゐる剥製~ (2, 0.0%)

2 の栗鼠

▼ ゐる割合~ (2, 0.0%)

2 にその

▼ ゐる創作~ (2, 0.0%)

1 に, は何

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のこと, 殊に私

▼ ゐる劇作家~ (2, 0.0%)

1 なん, も亦

▼ ゐる加野~ (2, 0.0%)

1 の現在, の苛

▼ ゐる動詞~ (2, 0.0%)

1 があり, の起源

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 から手紙, にはよつく聞えなかつた

▼ ゐる勝彦~ (2, 0.0%)

1 と云, のあさましい

▼ ゐる勞働者~ (2, 0.0%)

1 だつた, とはやつぱりちがはざるを

▼ ゐる勿論~ (2, 0.0%)

1 中産以下の, 詩とは

▼ ゐる匕首~ (2, 0.0%)

1 で突きました, は誰

▼ ゐる化物~ (2, 0.0%)

1 のやう, や頭

▼ ゐる北劍~ (2, 0.0%)

1 とたと, の状態

▼ ゐる北海道~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ ゐる北海道産~ (2, 0.0%)

1 の二人, れの

▼ ゐる医院~ (2, 0.0%)

1 の方, へ寝台俥

▼ ゐる十七八~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ ゐる十八九日許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ ゐる十字架~ (2, 0.0%)

1 の切れ端, を見出す

▼ ゐる千恵~ (2, 0.0%)

1 に気がつく, のこと

▼ ゐる千登世~ (2, 0.0%)

1 と圭一郎, に聞えぬ

▼ ゐる半分空虚~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ ゐる半身~ (2, 0.0%)

1 がある, が見えた

▼ ゐる卑し~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 へ来た, 満医科大学

▼ ゐる南京~ (2, 0.0%)

1 の同国人, の私窩子

▼ ゐる南国~ (2, 0.0%)

2 の夏

▼ ゐる南部人~ (2, 0.0%)

2 の一軒家

▼ ゐる博士~ (2, 0.0%)

1 にかう, はカルテ

▼ ゐる印刷屋~ (2, 0.0%)

1 の主人, へ祕密

▼ ゐる危険~ (2, 0.0%)

1 と疲労, を感じだした

▼ ゐる厚い~ (2, 0.0%)

1 巾の, 殻は

▼ ゐる原稿~ (2, 0.0%)

1 にも革命何事, を振り廻し

▼ ゐる反感~ (2, 0.0%)

1 が何時の間にか, の一つ

▼ ゐる古今~ (2, 0.0%)

1 の名, の戯曲

▼ ゐる古今集~ (2, 0.0%)

2 や百人一首

▼ ゐる古本屋~ (2, 0.0%)

1 へニヒリスト詩人, を一軒一軒

▼ ゐる古賀~ (2, 0.0%)

1 はしばしば, はすぐ

▼ ゐる古風~ (2, 0.0%)

1 な大きな, にひそや

▼ ゐる可愛らしい~ (2, 0.0%)

1 その花, 娘な

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の処, を見る

▼ ゐる台所~ (2, 0.0%)

1 の障子, の電燈

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のぼんがま, の手

▼ ゐる吉五郎~ (2, 0.0%)

1 に組付きました, も福松

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 國の, 語に

▼ ゐる同僚~ (2, 0.0%)

1 なの, を顧み

▼ ゐる同胞~ (2, 0.0%)

1 は多少, を射撃

▼ ゐる名題~ (2, 0.0%)

1 の名, の大

▼ ゐる名高い~ (2, 0.0%)

1 安倍仲麿の, 安部仲麿の

▼ ゐる向方~ (2, 0.0%)

1 の人, の小川

▼ ゐる向日葵~ (2, 0.0%)

1 に譬へた, の花

▼ ゐる君達~ (2, 0.0%)

1 に憐びん, の所為

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 にひびき, をしぬ

▼ ゐる吾等~ (2, 0.0%)

1 は自ら, 馴れむとすらし

▼ ゐる呉服屋~ (2, 0.0%)

1 にとつて, や小間物店

▼ ゐる周子~ (2, 0.0%)

1 と退屈さうに顔, の実家

▼ ゐる味瓜~ (2, 0.0%)

2 の黒い

▼ ゐる呼吸~ (2, 0.0%)

1 が, を苦しん

▼ ゐる和泉式部~ (2, 0.0%)

1 の美しい, の靜

▼ ゐる哀れ~ (2, 0.0%)

1 な娘, な漁村

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 がほん, を聞いた

▼ ゐる唯一人~ (2, 0.0%)

1 の者, の親身

▼ ゐる問屋~ (2, 0.0%)

2 ばかりが続い

▼ ゐる喜八~ (2, 0.0%)

1 の命, の女房

▼ ゐる喜助~ (2, 0.0%)

2 の頭

▼ ゐる嘉吉~ (2, 0.0%)

1 と並ん, のそば

▼ ゐる四つ~ (2, 0.0%)

1 の追悼記, の金魚

▼ ゐる四家町~ (2, 0.0%)

1 の教会, の教會

▼ ゐる四畳半許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ ゐる四疊半許~ (2, 0.0%)

2 りの

▼ ゐる因循~ (2, 0.0%)

1 な醫學生, な頭

▼ ゐる国語~ (2, 0.0%)

1 なの, はほか

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 いずんぐり, い環

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の上, を掘る

▼ ゐる土台~ (2, 0.0%)

1 が今にも, でもある

▼ ゐる土器~ (2, 0.0%)

1 の破片, はたいてい

▼ ゐる土地者~ (2, 0.0%)

2 の秋野

▼ ゐる土藏~ (2, 0.0%)

1 の入口, の石段

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に出会, の底

▼ ゐる地位~ (2, 0.0%)

1 に比, は恰も

▼ ゐる地勢~ (2, 0.0%)

1 で他, はちょうど

▼ ゐる地平線~ (2, 0.0%)

1 のさき, の方

▼ ゐる地形~ (2, 0.0%)

1 の脆弱, の面白

▼ ゐる地点~ (2, 0.0%)

1 なの, に立寄り

▼ ゐる地獄~ (2, 0.0%)

1 などは可笑しい, のくら

▼ ゐる地面~ (2, 0.0%)

1 の真下, は平ら

▼ ゐる坂道~ (2, 0.0%)

1 に入る, を近道

▼ ゐる坊や~ (2, 0.0%)

1 が斬り殺され, 泣くな

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の傍, の彼方

▼ ゐる城主~ (2, 0.0%)

1 の傍ら, の姿

▼ ゐる執拗さ~ (2, 0.0%)

1 であつ, でなく熱海

▼ ゐる埼子~ (2, 0.0%)

1 の後, を見る

▼ ゐる堅田~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ ゐる場合我々~ (2, 0.0%)

1 の認識, はその

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 で人質, に通学

▼ ゐる墓場~ (2, 0.0%)

1 のことなぞ目, は坊さん

▼ ゐる墓石~ (2, 0.0%)

1 に水, は賑やか

▼ ゐる変質者~ (2, 0.0%)

1 だらうと, であるかの

▼ ゐる夕日~ (2, 0.0%)

1 がおだやか, の光

▼ ゐる多勢~ (2, 0.0%)

1 の人, の小

▼ ゐる夜具~ (2, 0.0%)

1 の中, の包み

▼ ゐる夢想~ (2, 0.0%)

1 に興味, の愛人

▼ ゐる夢想家~ (2, 0.0%)

2 であつ

▼ ゐる大切~ (2, 0.0%)

1 な預りもの, に大切

▼ ゐる大名~ (2, 0.0%)

1 にあなた, の顔

▼ ゐる大広間~ (2, 0.0%)

1 には勝平, の白い

▼ ゐる大統領~ (2, 0.0%)

1 であつ, はまだ

▼ ゐる大衆~ (2, 0.0%)

1 とよばれる, に聲援

▼ ゐる大西~ (2, 0.0%)

1 の枕元, の細君

▼ ゐる大観~ (2, 0.0%)

1 に活, の個展

▼ ゐる大里町子~ (2, 0.0%)

1 の姿, を見た

▼ ゐる大阪人~ (2, 0.0%)

1 であります, はそれでも

▼ ゐる大隈侯~ (2, 0.0%)

1 の夫人綾子刀自, の顔

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の魔, も春

▼ ゐる太郎~ (2, 0.0%)

1 の背, は未だ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 にはほんのり, の一

▼ ゐる女子~ (2, 0.0%)

1 に逢, はまだ

▼ ゐる女学校~ (2, 0.0%)

1 へ行, を卒業

▼ ゐる女学生~ (2, 0.0%)

1 の一団, はかう

▼ ゐる女王~ (2, 0.0%)

1 はいは, を守つて

▼ ゐる女生徒~ (2, 0.0%)

2 には無論

▼ ゐる女給~ (2, 0.0%)

1 の二三人, は拳

▼ ゐる女衆~ (2, 0.0%)

1 なんぞこの, や畑

▼ ゐる奴ら~ (2, 0.0%)

1 のやう, を叩きのめし

▼ ゐる好人物~ (2, 0.0%)

1 の悴, の詩人

▼ ゐる妖しい~ (2, 0.0%)

1 感覚の, 画風の

▼ ゐる妖艶~ (2, 0.0%)

1 な夫人, な姿

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に好, に底

▼ ゐる妹娘~ (2, 0.0%)

1 に眼, のお

▼ ゐる妻子~ (2, 0.0%)

1 のところ, の状態

▼ ゐる姉弟~ (2, 0.0%)

2 の膝

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のお, の娘

▼ ゐる姿勢~ (2, 0.0%)

1 でありながら, で白骨

▼ ゐる威力~ (2, 0.0%)

1 があり, がその

▼ ゐる娘さんたち~ (2, 0.0%)

1 のおよそ, の工場

▼ ゐる娼婦~ (2, 0.0%)

1 に比べ, の思考

▼ ゐる婦人たち~ (2, 0.0%)

1 のレエス, や少女たち

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 かあの, なども交つて芝居

▼ ゐる嬉し~ (2, 0.0%)

1 さう, さが

▼ ゐる子ども~ (2, 0.0%)

1 の上, の尻べた

▼ ゐる子供等~ (2, 0.0%)

1 で此子供等, の中

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 がある, は唯

▼ ゐる孤独感~ (2, 0.0%)

2 がをり

▼ ゐる孫四郎~ (2, 0.0%)

1 の心事, を後ろ

▼ ゐる學校~ (2, 0.0%)

1 にはいつた, の方

▼ ゐる宇宙~ (2, 0.0%)

1 の極祕, ジーンと

▼ ゐる安東~ (2, 0.0%)

1 にも私, の鳥瞰景

▼ ゐる定吉~ (2, 0.0%)

1 といふ白い, に呼

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 と生命, を忘れ

▼ ゐる客間~ (2, 0.0%)

1 には私, に親戚

▼ ゐる室生さん~ (2, 0.0%)

1 の寒, の小説

▼ ゐる宮殿~ (2, 0.0%)

1 の秘密, を望見

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に忍び込ん, の海

▼ ゐる家康~ (2, 0.0%)

1 の眼, は二十

▼ ゐる家来~ (2, 0.0%)

1 がこの, が土井

▼ ゐる家畜~ (2, 0.0%)

1 の乳房, の眼

▼ ゐる家賃~ (2, 0.0%)

1 の催促, や酒屋

▼ ゐる寂し~ (2, 0.0%)

1 さも, さを

▼ ゐる寂しい~ (2, 0.0%)

1 光悦寺の, 風景を

▼ ゐる寄生木~ (2, 0.0%)

1 のある, も隣り

▼ ゐる密室~ (2, 0.0%)

1 から佐野松, を御身

▼ ゐる富士~ (2, 0.0%)

2 の山傍

▼ ゐる富子~ (2, 0.0%)

1 に向, をみれ

▼ ゐる富田屋~ (2, 0.0%)

2 の八千代

▼ ゐる寛大~ (2, 0.0%)

1 と云, な心

▼ ゐる寛袴~ (2, 0.0%)

1 だが, の二倍

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 がすく, に生

▼ ゐる實際~ (2, 0.0%)

1 の文字, の樣子

▼ ゐる寺内首相~ (2, 0.0%)

1 は定, は無論

▼ ゐる封建的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な要素

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 はヒポトオス, は大音

▼ ゐる尊い~ (2, 0.0%)

1 文献の, 方だ

▼ ゐる尋常科~ (2, 0.0%)

2 の新入生

▼ ゐる小児~ (2, 0.0%)

1 でもあれ, へ贈物

▼ ゐる小山洋品店~ (2, 0.0%)

1 の前, やあの

▼ ゐる小池~ (2, 0.0%)

1 の姿, の視線

▼ ゐる小生~ (2, 0.0%)

1 の魂, 意氣な

▼ ゐる小田原~ (2, 0.0%)

1 の漁師, へ赴く

▼ ゐる小雀~ (2, 0.0%)

2 をお爺さん

▼ ゐる小高い~ (2, 0.0%)

1 丘陵地, 草つ

▼ ゐる尤も~ (2, 0.0%)

1 粗悪な, 誰も

▼ ゐる屈木~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ ゐる屋敷廻り~ (2, 0.0%)

2 の石垣

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 もあり

▼ ゐる山ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゐる山の上~ (2, 0.0%)

1 にもある, にイエケルラニ

▼ ゐる山内~ (2, 0.0%)

2 に隙さ

▼ ゐる山口~ (2, 0.0%)

1 は一つ, へ近づく

▼ ゐる山山~ (2, 0.0%)

1 の景色, の逞

▼ ゐる山手~ (2, 0.0%)

1 のこの, の一劃

▼ ゐる山頂~ (2, 0.0%)

1 だけが雲, の圓

▼ ゐる岡田~ (2, 0.0%)

1 の耳, の面貌

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の中腹, の名

▼ ゐる岸壁~ (2, 0.0%)

1 の石だたみ, をも伝つた

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の絶頂, を越した

▼ ゐる島々~ (2, 0.0%)

1 のうち, はある

▼ ゐる島島~ (2, 0.0%)

1 を渡つて, を渡つてきた

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 しい坂路, しい眼

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の, の突角

▼ ゐる川添~ (2, 0.0%)

1 に出た, ひの

▼ ゐる工藤~ (2, 0.0%)

1 の後, をみかけ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の件, の手

▼ ゐる左傾的~ (2, 0.0%)

2 な批評精神

▼ ゐる巫女~ (2, 0.0%)

1 があつ, のもと

▼ ゐる巴屋~ (2, 0.0%)

1 には思ひ, の五助

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 があれ, を引つ

▼ ゐる師匠~ (2, 0.0%)

2 の眼

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 や着物, をかつら

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が広く, の広い

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のやう, を横

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の学生, 洲を

▼ ゐる平安朝~ (2, 0.0%)

1 の文学, の生活

▼ ゐる年神~ (2, 0.0%)

1 なの, の中

▼ ゐる年輩~ (2, 0.0%)

1 の不良青年, の人

▼ ゐる年長者~ (2, 0.0%)

1 が, らしい男

▼ ゐる年齢~ (2, 0.0%)

1 であつ, である

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 しを, を見た

▼ ゐる幼児~ (2, 0.0%)

1 に一刷毛, を見

▼ ゐる庄吉~ (2, 0.0%)

1 の顔, を呼

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 とあ, 御坐

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の凡そ, の方

▼ ゐる底意地~ (2, 0.0%)

2 の悪

▼ ゐる店先~ (2, 0.0%)

1 にぼろけた重, を一軒

▼ ゐる店頭~ (2, 0.0%)

1 で目, の隅

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に手習, は実に

▼ ゐる度合~ (2, 0.0%)

1 に比例, は海

▼ ゐる座布団~ (2, 0.0%)

1 にも季, の厚味

▼ ゐる庭さき~ (2, 0.0%)

1 には子供, の柘榴

▼ ゐる庭園~ (2, 0.0%)

1 を散歩, を見

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が吹きちぎられる, が吹き飛ばされた

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 には昨日三国, に野馬

▼ ゐる弟子たち~ (2, 0.0%)

2 はまるで

▼ ゐる弥生~ (2, 0.0%)

1 の後, の母

▼ ゐる強味~ (2, 0.0%)

1 がとつぜん, である

▼ ゐる当時~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の画家たち

▼ ゐる当番~ (2, 0.0%)

1 が自ら, の僧

▼ ゐる形跡~ (2, 0.0%)

1 が明らか, を感じさせる

▼ ゐる彦七~ (2, 0.0%)

1 の顔, を汚い

▼ ゐる彫像~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ゐる影法師~ (2, 0.0%)

1 とはどうも, も軽く

▼ ゐる役割~ (2, 0.0%)

1 が後世, はやはり

▼ ゐる彼自身~ (2, 0.0%)

1 が言, を見出した

▼ ゐる往還~ (2, 0.0%)

1 に櫻木, のところ

▼ ゐる從兄~ (2, 0.0%)

1 があります, の梅吉

▼ ゐる御影石~ (2, 0.0%)

1 はそのまま, を起し

▼ ゐる御用聞~ (2, 0.0%)

1 ですが, の大

▼ ゐる徳川家~ (2, 0.0%)

1 の御用畫家, の目附役竹中采女正

▼ ゐる心境~ (2, 0.0%)

1 の世界, をつくりあげ

▼ ゐる心持ち~ (2, 0.0%)

1 がこの, で解釋放言

▼ ゐる心根~ (2, 0.0%)

1 がい, のはびこる

▼ ゐる心理~ (2, 0.0%)

1 に注意, の複雑

▼ ゐる志郎~ (2, 0.0%)

2 と昌作

▼ ゐる忙しい~ (2, 0.0%)

1 時には, 爲事を

▼ ゐる快感~ (2, 0.0%)

1 を, を空想

▼ ゐる快活~ (2, 0.0%)

1 な正義観, な青年

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 ろしい

▼ ゐる怪しげ~ (2, 0.0%)

1 なホテル, な妖気

▼ ゐる怪物~ (2, 0.0%)

1 に成上つて了, の繪

▼ ゐる恋人同士~ (2, 0.0%)

1 としての二人, の邪魔

▼ ゐる恐しく~ (2, 0.0%)

1 大きな鱶, 眺望の

▼ ゐる患者達~ (2, 0.0%)

1 に報せる, は新入

▼ ゐる悲しみ~ (2, 0.0%)

1 なの, を分かち

▼ ゐる悲劇~ (2, 0.0%)

1 だとは, や喜劇

▼ ゐる情熱~ (2, 0.0%)

1 がある, でもつ

▼ ゐる惜しい~ (2, 0.0%)

1 ことには, と思ふ

▼ ゐる惡者~ (2, 0.0%)

1 でボス, を搜

▼ ゐる愉し~ (2, 0.0%)

1 さ, さが

▼ ゐる意識~ (2, 0.0%)

1 が私, を離れる

▼ ゐる愚か~ (2, 0.0%)

1 な山羊たち, な見得坊

▼ ゐる愚鈍~ (2, 0.0%)

1 な同年輩, な救

▼ ゐる愛らしい~ (2, 0.0%)

1 馬の, 鴉の

▼ ゐる感慨~ (2, 0.0%)

1 の香気, をまとめ

▼ ゐる慶應義塾~ (2, 0.0%)

1 の学生, の特徴

▼ ゐる憂鬱~ (2, 0.0%)

1 な杜, な若者

▼ ゐる懷疑~ (2, 0.0%)

1 ではない, に負う

▼ ゐる戀女房~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 程あれ, 程一ばん

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐる我我~ (2, 0.0%)

1 の體, も諸君

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の鉤, を排し

▼ ゐる所有物件~ (2, 0.0%)

1 を債權者, を取られ

▼ ゐる手の甲~ (2, 0.0%)

1 にも白粉, に落ち

▼ ゐる手前~ (2, 0.0%)

1 で更に, もあつ

▼ ゐる手合~ (2, 0.0%)

1 である, ひであるけれども

▼ ゐる手拭~ (2, 0.0%)

1 ひを, をとりのけ

▼ ゐる手藝~ (2, 0.0%)

2 をぢ

▼ ゐる批評~ (2, 0.0%)

1 が正しい, の多い

▼ ゐる批評家~ (2, 0.0%)

1 がある, が殆ど

▼ ゐる折柄~ (2, 0.0%)

1 うまく話, 第一審

▼ ゐる拳銃~ (2, 0.0%)

1 を手, 又は少年

▼ ゐる指環~ (2, 0.0%)

1 を右手, を見た

▼ ゐる按摩~ (2, 0.0%)

1 の女房, を搜

▼ ゐる描写~ (2, 0.0%)

1 はこの, を無性に

▼ ゐる插繪~ (2, 0.0%)

1 がある, のある

▼ ゐる握飯~ (2, 0.0%)

1 の白い, はころころころころころころころころ

▼ ゐる支部長~ (2, 0.0%)

2 を殺さう

▼ ゐる故に~ (2, 0.0%)

1 シパと, 仮令雨

▼ ゐる教室~ (2, 0.0%)

1 の為事, はちよ

▼ ゐる教師たち~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ ゐる教師達~ (2, 0.0%)

1 には一種異様, を見廻した

▼ ゐる教會~ (2, 0.0%)

1 に出入, の前

▼ ゐる教育~ (2, 0.0%)

1 ある青年, とか宗教

▼ ゐる数人~ (2, 0.0%)

1 などもゐる, の男女

▼ ゐる数多~ (2, 0.0%)

1 の光源, の精霊

▼ ゐる敵愾心~ (2, 0.0%)

1 の強健, をあくまでも

▼ ゐる敷石路~ (2, 0.0%)

2 を向

▼ ゐる數字~ (2, 0.0%)

1 と取られ, を此文書

▼ ゐる文士~ (2, 0.0%)

1 だつて, は笑はず

▼ ゐる文学者~ (2, 0.0%)

1 の話した, を私

▼ ゐる文學~ (2, 0.0%)

1 が其, でなくては

▼ ゐる文献~ (2, 0.0%)

1 のうち, はあ

▼ ゐる文科~ (2, 0.0%)

1 の学生, の早稲田

▼ ゐる文芸同人雑誌~ (2, 0.0%)

1 だつた, の翌月号

▼ ゐる料理場~ (2, 0.0%)

1 の窓, へ駆け込ん

▼ ゐる料理屋~ (2, 0.0%)

1 がある, の主人

▼ ゐる新入生~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ ゐる新家~ (2, 0.0%)

2 といふ家

▼ ゐる新撰組~ (2, 0.0%)

1 にとつ, は取り

▼ ゐる方角~ (2, 0.0%)

1 だか, へ向い

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の法衣, の破

▼ ゐる旅人~ (2, 0.0%)

1 が朝夕シベリヤ, の目

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の様, 見つつ

▼ ゐる日頃~ (2, 0.0%)

1 のお, の屈托

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 を密告, を白状

▼ ゐる明るい~ (2, 0.0%)

1 丘を, 野面の

▼ ゐる昔風~ (2, 0.0%)

1 な屋敷門, の門

▼ ゐる春雨~ (2, 0.0%)

1 のやう, の句

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 がき, でも薄暗い

▼ ゐる時々~ (2, 0.0%)

1 横目で, 読みたくなるの

▼ ゐる時ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ ゐる時僕~ (2, 0.0%)

1 が突然, は遙

▼ ゐる時其不用意~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ ゐる時子~ (2, 0.0%)

1 が赤い, の頬

▼ ゐる時富岡~ (2, 0.0%)

1 はゆき子, は何気なく

▼ ゐる時彼~ (2, 0.0%)

1 の作品, は記録係

▼ ゐる時義雄~ (2, 0.0%)

1 がさり, はその後會

▼ ゐる時自分~ (2, 0.0%)

1 の家, を誘惑

▼ ゐる晴代~ (2, 0.0%)

1 にちよ, の前

▼ ゐる智慧~ (2, 0.0%)

1 に及ばない, の女神

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 い夜

▼ ゐる曲者~ (2, 0.0%)

1 がある, は外

▼ ゐる書生~ (2, 0.0%)

1 が二人, ですがね

▼ ゐる書画~ (2, 0.0%)

2 は独りこれら

▼ ゐる書籍~ (2, 0.0%)

1 の最も, はそれ

▼ ゐる書齋~ (2, 0.0%)

1 の意義, を惜不發書樓

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 て父, て見た

▼ ゐる有徳~ (2, 0.0%)

1 の浪人者, の町人丁子屋善兵衞

▼ ゐる服従~ (2, 0.0%)

2 と奴隷

▼ ゐる朝庭~ (2, 0.0%)

2 の土

▼ ゐる朝日新聞~ (2, 0.0%)

1 の歌壇, の通信員

▼ ゐる木の下~ (2, 0.0%)

2 に竹

▼ ゐる木曾~ (2, 0.0%)

2 の谷

▼ ゐる木村~ (2, 0.0%)

1 に立直り, を内心

▼ ゐる木蓮~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ゐる木造~ (2, 0.0%)

1 の古びた, の小さい

▼ ゐる未知~ (2, 0.0%)

1 の女, の自然

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ ゐる本堂~ (2, 0.0%)

1 の中, の片隅

▼ ゐる本当~ (2, 0.0%)

1 の母, の田舎村

▼ ゐる本当に~ (2, 0.0%)

1 かさあ, 弱つて

▼ ゐる札幌~ (2, 0.0%)

1 のうち, の市街

▼ ゐる杯盤~ (2, 0.0%)

2 を運ん

▼ ゐる東京弁~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ ゐる東西~ (2, 0.0%)

1 の空, 両陣

▼ ゐる松の木~ (2, 0.0%)

1 がある, であ

▼ ゐる松井~ (2, 0.0%)

1 が隣室, に呼びかけた

▼ ゐる松原~ (2, 0.0%)

1 のあちら, もよかつ

▼ ゐる松原家~ (2, 0.0%)

2 の三男

▼ ゐる枕もと~ (2, 0.0%)

1 の木魚, へ持つ

▼ ゐる枯枝~ (2, 0.0%)

1 ひらふ, も寒し

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の老木, は今何

▼ ゐる某社~ (2, 0.0%)

1 の記者, の雑誌

▼ ゐる柿の木~ (2, 0.0%)

1 が白い, だのいふ物

▼ ゐる栄蔵~ (2, 0.0%)

1 であつ, の肩

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 なんぞに指, の底

▼ ゐる梅ちやん~ (2, 0.0%)

1 といふ児, といふ兒

▼ ゐる梅代~ (2, 0.0%)

1 といふ女郎, までがそれ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の上, を見上げた

▼ ゐる梯子~ (2, 0.0%)

1 に手, をさすり

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 にくつ, の上

▼ ゐる森林~ (2, 0.0%)

1 では降, の靜けさ

▼ ゐる植木屋~ (2, 0.0%)

1 の松五郎, は誰

▼ ゐる植物~ (2, 0.0%)

1 がふと, に水

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 の若葉

▼ ゐる椰子~ (2, 0.0%)

1 の木, の花

▼ ゐる椿子~ (2, 0.0%)

2 を見る

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の巨木, の手文庫

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の困難, もない

▼ ゐる楽しみ~ (2, 0.0%)

1 と体内, はない

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の肩, を僕

▼ ゐる構図~ (2, 0.0%)

1 であつ, なの

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の枝, の梢

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ ゐる標準語~ (2, 0.0%)

1 と云, への整調

▼ ゐる橘仙氏~ (2, 0.0%)

1 はそこ, は急

▼ ゐる機械~ (2, 0.0%)

1 がよう, ですよ

▼ ゐる機関車~ (2, 0.0%)

1 が五百台, ではない

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 をこつち

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の空い, の言葉

▼ ゐる次の間~ (2, 0.0%)

1 に波及, へ避難

▼ ゐる欲望~ (2, 0.0%)

1 だとは, を槇

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 三の

▼ ゐる此境地~ (2, 0.0%)

2 から不

▼ ゐる此頃~ (2, 0.0%)

1 の彼, の自分

▼ ゐる武人~ (2, 0.0%)

1 の絵, よりも戦争

▼ ゐる歴史~ (2, 0.0%)

1 であつ, の齒車

▼ ゐる母上~ (2, 0.0%)

1 と笑, や女房子

▼ ゐる母屋~ (2, 0.0%)

1 のお, は汚く

▼ ゐる毒々しく~ (2, 0.0%)

2 あぶらこい

▼ ゐる毒虫~ (2, 0.0%)

1 などがどうして, はない

▼ ゐる毛房~ (2, 0.0%)

1 だと, であります

▼ ゐる氏神様~ (2, 0.0%)

2 のお力

▼ ゐる民間伝承~ (2, 0.0%)

1 から推し, の如き

▼ ゐる気の毒~ (2, 0.0%)

1 なイワン, な身

▼ ゐる気味~ (2, 0.0%)

1 は前, もなく

▼ ゐる気安~ (2, 0.0%)

1 さで, さを

▼ ゐる氣分~ (2, 0.0%)

1 は何とも, を起させる

▼ ゐる水仙~ (2, 0.0%)

1 のかほり, はしたたか

▼ ゐる水兵~ (2, 0.0%)

1 が大勢, や將校

▼ ゐる水分~ (2, 0.0%)

1 を吸, を徐々に

▼ ゐる水族館~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の階上

▼ ゐる水色~ (2, 0.0%)

1 の舞踏服, や褐色

▼ ゐる水草~ (2, 0.0%)

1 がなんと, の間

▼ ゐる水銀~ (2, 0.0%)

1 のやう, の玉

▼ ゐる水際~ (2, 0.0%)

1 には岩躑躅, を歩い

▼ ゐる水音~ (2, 0.0%)

1 が絶えない, の暮れ

▼ ゐる永遠~ (2, 0.0%)

1 なるもの, の刑罰

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 ないもの

▼ ゐる河堤~ (2, 0.0%)

1 で漸く, の桜

▼ ゐる河馬~ (2, 0.0%)

1 の牝牡われ, の顏郷愁

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 と阿房鳥, は即ち

▼ ゐる泉水~ (2, 0.0%)

1 に鯉, の傍

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 はあるまい, はない

▼ ゐる法則~ (2, 0.0%)

1 は必然的, を必要

▼ ゐる洋服~ (2, 0.0%)

1 を着, を着た

▼ ゐる洋車~ (2, 0.0%)

1 の梶棒, もその

▼ ゐる洋館~ (2, 0.0%)

1 と短い, の内玄関

▼ ゐる洗練~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ ゐる派手~ (2, 0.0%)

1 なランプ, な黄色

▼ ゐる流し場~ (2, 0.0%)

1 の一端, を草履

▼ ゐる流れ~ (2, 0.0%)

1 かを探り, が黄色く

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ゐる海人~ (2, 0.0%)

1 の村, の村人

▼ ゐる海岸町~ (2, 0.0%)

1 の人, へ行

▼ ゐる海底~ (2, 0.0%)

1 が岩石原, だつた

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 しない大, の知れない

▼ ゐる淡水~ (2, 0.0%)

1 のやう, の川

▼ ゐる深く~ (2, 0.0%)

1 して, 埋まった紅宝玉ども

▼ ゐる淺瀬~ (2, 0.0%)

1 にザブ, の上

▼ ゐる清らか~ (2, 0.0%)

1 な姿, な雙眼

▼ ゐる清吉~ (2, 0.0%)

1 の面倒, はツイ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 には少し, は或

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 などは逆, や工藤

▼ ゐる湯殿~ (2, 0.0%)

1 が破損, へ這入

▼ ゐる満里子~ (2, 0.0%)

1 に質問, の裸型

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 であつ, を遙

▼ ゐる溪川~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ ゐる溪流~ (2, 0.0%)

1 の川下, の水路

▼ ゐる滝尾~ (2, 0.0%)

1 にそんな, の部屋

▼ ゐる滿月~ (2, 0.0%)

1 の光り, の口

▼ ゐる漁場~ (2, 0.0%)

1 からマオカ, に就中殆

▼ ゐる漁船~ (2, 0.0%)

1 に乘, の快い

▼ ゐる演劇本質論~ (2, 0.0%)

1 でいは, は

▼ ゐる漫画~ (2, 0.0%)

1 の, を自分

▼ ゐる澤山~ (2, 0.0%)

1 な孤行, の兵隊

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 があり, はなく

▼ ゐる灯火~ (2, 0.0%)

1 がなつかしい, をめがけ

▼ ゐる炬燵~ (2, 0.0%)

1 といふもの, にまで這入つ

▼ ゐる烏瓜~ (2, 0.0%)

1 で烏瓜, は二つ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が次第に, が青白く

▼ ゐる無気味~ (2, 0.0%)

1 な森林地帯, な能面

▼ ゐる無論~ (2, 0.0%)

1 病院へ, 私は

▼ ゐる焼跡~ (2, 0.0%)

1 には仮屋建て, には灯一つ

▼ ゐる煉瓦~ (2, 0.0%)

1 だたみ, や石造り

▼ ゐる煤煙~ (2, 0.0%)

1 で黒ずんだ, の街

▼ ゐる熊笹~ (2, 0.0%)

1 の丘, の中

▼ ゐる熱情~ (2, 0.0%)

1 はだ, を何ん

▼ ゐる父母~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ ゐる片手~ (2, 0.0%)

1 で門口, を胸

▼ ゐる牛共~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ ゐる牛車~ (2, 0.0%)

2 と申し

▼ ゐる牧場~ (2, 0.0%)

1 が見える, の牛飼

▼ ゐる物体~ (2, 0.0%)

1 のやう, の渦巻

▼ ゐる物置~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ ゐる特別~ (2, 0.0%)

1 な凧, の仇名

▼ ゐる状態これ~ (2, 0.0%)

2 を低能

▼ ゐる状況~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ ゐる狂人~ (2, 0.0%)

1 のすさまじい, の姿

▼ ゐる狭い~ (2, 0.0%)

1 喉を, 町へ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 の一群

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 にムシャ, の群

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 太作家である, 太女の

▼ ゐる獅子~ (2, 0.0%)

1 だ, の檻

▼ ゐる玄関~ (2, 0.0%)

1 があつ, への道

▼ ゐる玄關~ (2, 0.0%)

1 へか, を通る

▼ ゐる珈琲店~ (2, 0.0%)

1 の名前, の明り

▼ ゐる理窟~ (2, 0.0%)

1 なの, を応用

▼ ゐる環境~ (2, 0.0%)

1 であり脱, である

▼ ゐる生きもの~ (2, 0.0%)

1 に幸, の悲壮

▼ ゐる生気~ (2, 0.0%)

1 の強い, はかうし

▼ ゐる生甲斐~ (2, 0.0%)

1 のある, もあらる

▼ ゐる田圃~ (2, 0.0%)

1 の中, の間

▼ ゐる男女二人~ (2, 0.0%)

2 の雇人

▼ ゐる男爵~ (2, 0.0%)

1 は内親王, をまだ

▼ ゐる町中~ (2, 0.0%)

1 の小川等, の橋

▼ ゐる界隈~ (2, 0.0%)

1 かういふ人たち, に乞食

▼ ゐる留置場~ (2, 0.0%)

1 に入れられた, を歩き廻つた

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 や抜き残された, や拔

▼ ゐる異形身~ (2, 0.0%)

1 の霊物, を受ける

▼ ゐる當人~ (2, 0.0%)

1 のもの, の煩悶

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の下, へ油紙

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の苦痛, は科学

▼ ゐる病後~ (2, 0.0%)

2 らしい消息

▼ ゐる病気~ (2, 0.0%)

1 だが, の犬

▼ ゐる痴川~ (2, 0.0%)

1 の方, を一層

▼ ゐる登山袋~ (2, 0.0%)

1 や枝, を眼

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 つぽい, の幅広く厚く

▼ ゐる白菊~ (2, 0.0%)

1 の花, の花束

▼ ゐる百日紅~ (2, 0.0%)

1 の幹, の枝

▼ ゐる監房~ (2, 0.0%)

1 がまだ, には二年

▼ ゐる監督~ (2, 0.0%)

1 がそれ, である

▼ ゐる相撲~ (2, 0.0%)

1 の勝負, の太鼓

▼ ゐる眉山~ (2, 0.0%)

1 といふ山, の崩壞

▼ ゐる眞野~ (2, 0.0%)

1 の顏, をちら

▼ ゐる眞黒~ (2, 0.0%)

1 な土, な猫

▼ ゐる真中~ (2, 0.0%)

1 に容赦, に立つ

▼ ゐる真似~ (2, 0.0%)

1 をし, をしました

▼ ゐる真実~ (2, 0.0%)

1 の事実談, 食べること

▼ ゐる真黒~ (2, 0.0%)

1 な坑夫共, な猫

▼ ゐる眺め~ (2, 0.0%)

1 など何だか, など私

▼ ゐる瞼さ~ (2, 0.0%)

2 へ殊更

▼ ゐる矛盾~ (2, 0.0%)

1 が何時, を無

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 かい物語の, かい脇差を

▼ ゐる短い~ (2, 0.0%)

1 お経, 間

▼ ゐる短歌~ (2, 0.0%)

1 の古い, の本質

▼ ゐる石ころ~ (2, 0.0%)

1 にさ, をひろひあげ

▼ ゐる石塔~ (2, 0.0%)

1 の主, の頭

▼ ゐる石川剛造~ (2, 0.0%)

1 であらう, を先頭

▼ ゐる石段~ (2, 0.0%)

1 の上, を登り始め

▼ ゐる石膏~ (2, 0.0%)

1 のバラバラ, の破片

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 ではない, の音

▼ ゐる砂地~ (2, 0.0%)

1 に染みこん, に風

▼ ゐる砂塵~ (2, 0.0%)

2 がバラバラ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 い碧, の波

▼ ゐる社会的価値~ (2, 0.0%)

1 ともち, とも宗教

▼ ゐる祕密~ (2, 0.0%)

1 が曝露, の世界

▼ ゐる神威古潭~ (2, 0.0%)

2 の海岸

▼ ゐる神楽~ (2, 0.0%)

1 には鬼, の天蓋

▼ ゐる神田~ (2, 0.0%)

1 の事務所, の食堂

▼ ゐる神社~ (2, 0.0%)

1 でも同じ, のかなり

▼ ゐる神経~ (2, 0.0%)

1 をかき廻した, を更に

▼ ゐる神聖~ (2, 0.0%)

2 な職務

▼ ゐる福田豊四郎氏~ (2, 0.0%)

1 と殆, や吉岡堅二氏

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 れた詩篇, を見る

▼ ゐる私ども~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の心

▼ ゐる私宛~ (2, 0.0%)

1 の手紙, の署名

▼ ゐる種族~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ ゐる種類~ (2, 0.0%)

1 の人間, の大

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 しい二階

▼ ゐる空氣~ (2, 0.0%)

1 に新, の中

▼ ゐる空虚~ (2, 0.0%)

1 なの, な自分

▼ ゐる空間~ (2, 0.0%)

1 に白堊, は極度

▼ ゐる立見君~ (2, 0.0%)

2 の細君

▼ ゐる童子~ (2, 0.0%)

1 がひとり, は学校

▼ ゐる竹下~ (2, 0.0%)

1 に呼びかけた, や村井

▼ ゐる竹丸~ (2, 0.0%)

1 の蒲團, を母

▼ ゐる竹籔~ (2, 0.0%)

1 の奥, の間

▼ ゐる笑話~ (2, 0.0%)

2 であらう

▼ ゐる筈ぢ~ (2, 0.0%)

1 やない, やらうがの

▼ ゐる等身大~ (2, 0.0%)

1 の人形, の像

▼ ゐる箪笥~ (2, 0.0%)

1 と壁, も衣物

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 があつ, まはし

▼ ゐる範圍~ (2, 0.0%)

1 にも二人, やバス

▼ ゐる米粒~ (2, 0.0%)

1 ほどの透明, をついばんだ

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 でも二十歳, の色

▼ ゐる紙幣~ (2, 0.0%)

1 の一枚, をとり出し

▼ ゐる紙片~ (2, 0.0%)

1 は殆ど, を拾つて

▼ ゐる素人~ (2, 0.0%)

1 に, の私

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の女, 微内相

▼ ゐる細かい~ (2, 0.0%)

1 粉の, 粒の

▼ ゐる紺絣~ (2, 0.0%)

1 の単, の單衣

▼ ゐる経験~ (2, 0.0%)

1 などそれ, を委しく

▼ ゐる絶対~ (2, 0.0%)

1 の世界, の孤独

▼ ゐる総て~ (2, 0.0%)

1 の人, を打ち崩し

▼ ゐる線香~ (2, 0.0%)

1 くさい家, の屑

▼ ゐる縁談~ (2, 0.0%)

2 が種々

▼ ゐる繊細~ (2, 0.0%)

1 い足先, な心理的

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に首, を斷

▼ ゐる繼母~ (2, 0.0%)

1 のお, を初め

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が紙, のやう

▼ ゐる義妹~ (2, 0.0%)

1 に注文, へ

▼ ゐる義直~ (2, 0.0%)

1 の耳, を見おろした

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のため, を借す

▼ ゐる老人たち~ (2, 0.0%)

1 のやう, の話

▼ ゐる老人夫婦~ (2, 0.0%)

2 がひとつ

▼ ゐる老人達~ (2, 0.0%)

1 は定めし, を喰ひつかん

▼ ゐる老大家~ (2, 0.0%)

1 の名, を物色

▼ ゐる老母~ (2, 0.0%)

1 の姿, を蹴飛ばす

▼ ゐる者達~ (2, 0.0%)

1 が何故か, に取りかこまれた

▼ ゐる耳もと~ (2, 0.0%)

1 で午砲, に遠く

▼ ゐる聴衆~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の間

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 がゆるい, の巡査

▼ ゐる背後~ (2, 0.0%)

1 で顔, は一帯

▼ ゐる背戸~ (2, 0.0%)

2 ながら田

▼ ゐる脂油~ (2, 0.0%)

2 の球

▼ ゐる脊中~ (2, 0.0%)

1 の痛, を黄色い

▼ ゐる脚本~ (2, 0.0%)

1 が無い, だらうか

▼ ゐる自信~ (2, 0.0%)

1 は毛, を持つた

▼ ゐる與太~ (2, 0.0%)

1 と史實, はおの

▼ ゐる興味~ (2, 0.0%)

1 それからもう, も働い

▼ ゐる舊友~ (2, 0.0%)

1 に會, を訪ね

▼ ゐる良寛さん~ (2, 0.0%)

1 の何処, の顔

▼ ゐる色彩~ (2, 0.0%)

1 はあくまで, も良い

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のない, めかしさ

▼ ゐる芝生~ (2, 0.0%)

1 にはベンチ, に炎

▼ ゐる芥川さん~ (2, 0.0%)

1 にとつてさ, はどう

▼ ゐる芥川龍之介~ (2, 0.0%)

1 は本もの, は知らなかつた

▼ ゐる花吹雪~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ ゐる花市君~ (2, 0.0%)

1 であると, では

▼ ゐる芸者~ (2, 0.0%)

1 だつた, と打

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のついた, 蒸した墓

▼ ゐる若宮祭り~ (2, 0.0%)

1 と似た, は此臨時祭記

▼ ゐる若干~ (2, 0.0%)

1 の友人, の生

▼ ゐる若者達~ (2, 0.0%)

1 の姿, の救

▼ ゐる英国人~ (2, 0.0%)

1 の技師, はこの

▼ ゐる茂子~ (2, 0.0%)

1 が今, は練吉

▼ ゐる茅葺屋根~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ ゐる茨垣~ (2, 0.0%)

1 が急, の外

▼ ゐる茶の間~ (2, 0.0%)

1 で監視つき, に行

▼ ゐる茶店~ (2, 0.0%)

1 に寄つて, のおかみさん

▼ ゐる草原~ (2, 0.0%)

1 の方, の露

▼ ゐる荒野~ (2, 0.0%)

1 の空, の魂

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 を又, を踏んだら

▼ ゐる菓子~ (2, 0.0%)

1 は英国, を見る

▼ ゐる華奢~ (2, 0.0%)

1 な象牙骨, な長身

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 などが見える, のしげみ

▼ ゐる葉藏~ (2, 0.0%)

1 の顏, を見

▼ ゐる葛子~ (2, 0.0%)

1 と少年, の閃く

▼ ゐる葡萄~ (2, 0.0%)

1 の幹, の皿

▼ ゐる葡萄酒~ (2, 0.0%)

1 の殘, を

▼ ゐる蒲団~ (2, 0.0%)

1 をハギ, を敷い

▼ ゐる蓄音機~ (2, 0.0%)

1 の華やか, の蓋

▼ ゐる蔓草~ (2, 0.0%)

1 の白い, や松の木

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の芽, の若葉

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 には編集はいふ, にゐ

▼ ゐる薄い~ (2, 0.0%)

1 星の, 茶色の

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の火, を降す

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ ゐる藤村~ (2, 0.0%)

1 が羨ましい, を輕蔑

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 ではない, の竹

▼ ゐる藪柑子~ (2, 0.0%)

2 は春秋

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のある, れは

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の匂, の透明

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に辞書, は大学教授

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 を見, を覗く

▼ ゐる蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 の姿, の網

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 だから, の姿

▼ ゐる行事~ (2, 0.0%)

1 が祭り事, で極めて

▼ ゐる行李~ (2, 0.0%)

1 の中, を出した

▼ ゐる街燈~ (2, 0.0%)

1 の光線, の灯

▼ ゐる街角~ (2, 0.0%)

1 でパチ, になつ

▼ ゐる街道~ (2, 0.0%)

1 が一直線, を自分

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 を指さし, を肩

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の開いた, を絞る

▼ ゐる裕佐~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の方, を黄白

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に当, を明け

▼ ゐる西洋人~ (2, 0.0%)

1 のすべて, を見る

▼ ゐる要求~ (2, 0.0%)

1 だと, のやう

▼ ゐる見世~ (2, 0.0%)

1 へ飛ん, もあつ

▼ ゐる覚悟~ (2, 0.0%)

1 が必要, をきめ

▼ ゐる親切~ (2, 0.0%)

1 で暢気, な私

▼ ゐる親父~ (2, 0.0%)

1 や阿, を可

▼ ゐる観察~ (2, 0.0%)

1 の門, や描写

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 に葉, の酒屋

▼ ゐる言葉以外~ (2, 0.0%)

1 の何事, の言葉

▼ ゐる詩集~ (2, 0.0%)

1 のやう, はない

▼ ゐる認識~ (2, 0.0%)

1 と思想, のひとつ

▼ ゐる語原説~ (2, 0.0%)

1 は発足地, も学問

▼ ゐる語彙~ (2, 0.0%)

1 の幾倍, の関係

▼ ゐる誤解~ (2, 0.0%)

1 からひと, されたと

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 である, であるから

▼ ゐる谷村~ (2, 0.0%)

1 の態度, は別

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 がある, へかけ

▼ ゐる貧乏~ (2, 0.0%)

1 と云, な鍛冶屋

▼ ゐる貴重~ (2, 0.0%)

1 なもの, な手帳

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 が翁

▼ ゐる贅沢~ (2, 0.0%)

1 な世界, な旅人

▼ ゐる赤兒~ (2, 0.0%)

1 をお, を振り返つ

▼ ゐる超人倶楽部~ (2, 0.0%)

1 の会員, よりも遥か

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

2 があつ

▼ ゐる足音~ (2, 0.0%)

1 がする, はすこし

▼ ゐる路傍~ (2, 0.0%)

1 に立つ, の黄いろい

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の師匠, を踊る

▼ ゐる身毒~ (2, 0.0%)

1 の著しく, を見出した

▼ ゐる車寄せ~ (2, 0.0%)

1 で彼, に立つた

▼ ゐる軍治~ (2, 0.0%)

1 に卑猥, を見る

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が多く, はいくらでも

▼ ゐる農業雑誌~ (2, 0.0%)

1 に南方, を買つて

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の小さな, を見る

▼ ゐる辻堂~ (2, 0.0%)

1 の見える, へ急い

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の意味, の阿

▼ ゐる通俗性~ (2, 0.0%)

1 であり, を擁護

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 い狗, ましい綱

▼ ゐる逞しい~ (2, 0.0%)

1 寫眞で, 構えが

▼ ゐる連山~ (2, 0.0%)

1 の姿, の輪廓

▼ ゐる進級~ (2, 0.0%)

2 の喜悦

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 はない, も無

▼ ゐる道の辺~ (2, 0.0%)

2 の凄

▼ ゐる道具~ (2, 0.0%)

1 が何處, は何處

▼ ゐる道平~ (2, 0.0%)

1 の半開き, の顔

▼ ゐる道徳~ (2, 0.0%)

1 なるもの, に對

▼ ゐる道臣~ (2, 0.0%)

1 にはこんな, の居間

▼ ゐる道路~ (2, 0.0%)

1 が大きな, をいい

▼ ゐる遠く~ (2, 0.0%)

2 の畠

▼ ゐる遠方~ (2, 0.0%)

2 などを見渡した

▼ ゐる遠藤~ (2, 0.0%)

1 と失敗殆ど地, の寢言

▼ ゐる部下~ (2, 0.0%)

1 の将校たち, は剥ぎとりぬ

▼ ゐる部門~ (2, 0.0%)

1 ですね, について考へ

▼ ゐる郵便物~ (2, 0.0%)

1 の中, は来なかつた

▼ ゐる郷倉氏~ (2, 0.0%)

1 が仕事, の童話的作品

▼ ゐる都會~ (2, 0.0%)

1 の空氣, は狹

▼ ゐる都會人~ (2, 0.0%)

1 なるわたし, にし

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 さを, 惡な

▼ ゐる重吉~ (2, 0.0%)

1 といふ頭髮, の女房

▼ ゐる重大~ (2, 0.0%)

1 なこと, な内面的意義

▼ ゐる野武士軍~ (2, 0.0%)

1 の面々, の騒ぎ

▼ ゐる金之助~ (2, 0.0%)

1 を促し立て, を振り返りました

▼ ゐる金鎖~ (2, 0.0%)

1 にピラ, を指

▼ ゐる鉄柵~ (2, 0.0%)

1 にも四辺, は今に

▼ ゐる銀色~ (2, 0.0%)

1 の針, の鎧

▼ ゐる錢形~ (2, 0.0%)

2 の平次

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の中, の傍

▼ ゐる鍵屋~ (2, 0.0%)

2 の分家

▼ ゐる鑄掛屋~ (2, 0.0%)

1 の岩吉, の幸吉

▼ ゐる長い長い~ (2, 0.0%)

1 恋の, 罪の

▼ ゐる間おれ~ (2, 0.0%)

1 の眞價, の真価

▼ ゐる間もなく~ (2, 0.0%)

1 て小園さん, 平屋の

▼ ゐる間中枕もと~ (2, 0.0%)

2 に坐

▼ ゐる間僕~ (2, 0.0%)

1 と中野, は彼女

▼ ゐる間素子~ (2, 0.0%)

1 はさつき, は粕谷

▼ ゐる間自分~ (2, 0.0%)

1 のいや, の目

▼ ゐる間違~ (2, 0.0%)

2 ひの

▼ ゐる関係上~ (2, 0.0%)

1 あらゆる方面, 故ら

▼ ゐる關係上~ (2, 0.0%)

1 さう, 何時も裏

▼ ゐる附近~ (2, 0.0%)

1 には辨慶蟹, の部屋

▼ ゐる限りそれ~ (2, 0.0%)

1 はわれ, はマルクス主義文学

▼ ゐる限り人間~ (2, 0.0%)

1 は自己, らしいとは

▼ ゐる限り俺~ (2, 0.0%)

1 の弱い, の終生

▼ ゐる限り大鰐温泉~ (2, 0.0%)

2 は都会

▼ ゐる限り彼~ (2, 0.0%)

1 の思想, はいまだ

▼ ゐる限り私~ (2, 0.0%)

1 の心, は絶對

▼ ゐる限り苦痛~ (2, 0.0%)

1 は続き, を背負

▼ ゐる陰気~ (2, 0.0%)

1 なマジメ, な又

▼ ゐる陳腐~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ ゐる陸上~ (2, 0.0%)

2 の人たち

▼ ゐる隊長~ (2, 0.0%)

1 とそれ, はかう

▼ ゐる階上~ (2, 0.0%)

1 の一室, の事務官室

▼ ゐる隣人~ (2, 0.0%)

1 に対する偽善的行為, をすつ

▼ ゐる雇人等~ (2, 0.0%)

2 が皆

▼ ゐる雇女~ (2, 0.0%)

2 は濡れ縁

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のこの, や山鳥

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 の河童, の鎌切り

▼ ゐる雜草~ (2, 0.0%)

1 のどの, ばかりだつた

▼ ゐる離れ~ (2, 0.0%)

1 から蒲団, の家

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 有さに, 有さを

▼ ゐる電柱~ (2, 0.0%)

2 のつぎ

▼ ゐる霊魂~ (2, 0.0%)

1 と人間, を集

▼ ゐる露人~ (2, 0.0%)

1 の男女, の若い

▼ ゐる露店~ (2, 0.0%)

1 がありました, を見

▼ ゐる青丸~ (2, 0.0%)

2 の頭上

▼ ゐる青年たち~ (2, 0.0%)

1 に特に, の顔

▼ ゐる青木~ (2, 0.0%)

1 はおれ, は成る

▼ ゐる青空~ (2, 0.0%)

1 が魔, を視た

▼ ゐる革命~ (2, 0.0%)

1 にはこれら, の輩

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が重く, を取り上げよう

▼ ゐる音信~ (2, 0.0%)

1 が来ない, を書いた

▼ ゐる頃叔母~ (2, 0.0%)

2 から聞かされ

▼ ゐる顔付~ (2, 0.0%)

1 だつた, ではなく

▼ ゐる風俗~ (2, 0.0%)

1 への観察, をも保存

▼ ゐる風潮~ (2, 0.0%)

1 でありますから, の結果

▼ ゐる颯爽~ (2, 0.0%)

1 たるこの, たる騎士

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 ひかただ, ふや

▼ ゐる食卓~ (2, 0.0%)

1 の傍ら, の前

▼ ゐる飾り縄~ (2, 0.0%)

1 が水, を意味

▼ ゐる養母~ (2, 0.0%)

1 からお, のつて

▼ ゐる香り~ (2, 0.0%)

1 が妙, だからな

▼ ゐる香油~ (2, 0.0%)

1 はパリ生粋, よりもはるか

▼ ゐる香貫山~ (2, 0.0%)

1 といふ小松, の麓

▼ ゐる馬右エ門~ (2, 0.0%)

1 の姿, の横面

▼ ゐる馬子~ (2, 0.0%)

1 は馬, や若

▼ ゐる馬鹿~ (2, 0.0%)

1 にしねえ, はない

▼ ゐる駒ヶ岳~ (2, 0.0%)

1 の裾, の頂

▼ ゐる騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 でその, なの

▼ ゐる高利貸~ (2, 0.0%)

1 だ, と云

▼ ゐる高度国防国家建設~ (2, 0.0%)

2 とは兵備そのもの

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のながい, をやけに

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 のある, を知つて

▼ ゐる鬼百合~ (2, 0.0%)

1 のほこり, はまつたく

▼ ゐる魚族~ (2, 0.0%)

1 がある, が一度

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が置い, を玄関

▼ ゐる鴈治郎~ (2, 0.0%)

1 などもお, は可愛い

▼ ゐる鴻池~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ ゐる鵞鳥~ (2, 0.0%)

1 の群, を私

▼ ゐる鸚鵡~ (2, 0.0%)

1 の発音, は好く

▼ ゐる鹹水産~ (2, 0.0%)

1 の亀, の龜

▼ ゐる麦僊氏~ (2, 0.0%)

1 を促, を見

▼ ゐる黄色い~ (2, 0.0%)

1 灯影に, 花を

▼ ゐる黄金~ (2, 0.0%)

1 の小判, は無事

▼ ゐる黒く~ (2, 0.0%)

1 しめつた墓石, 粘土と

▼ ゐる黒岩万五~ (2, 0.0%)

1 の表情, は粕谷

▼ ゐる黒田家~ (2, 0.0%)

1 に二度, に又

▼ ゐる黒雲~ (2, 0.0%)

1 の内臓, の子分

▼ ゐる~ (2, 0.0%)

1 が猫, 思へば

▼ ゐる鼻先~ (2, 0.0%)

1 で呼吸, へ意外

▼1* [6897件]

ゐるあいつのこと, ゐるあかざとはめづらしいそのおひたし一皿, ゐるあかりが洩れ, ゐるあくがれであるが, ゐるあこがれに気が付いた, ゐるあしたの午ころみんな仕事, ゐるあそこまで登つて, ゐるあたたかい生き甲斐の, ゐるあたりコトリと音, ゐるあたり充分呼吸をのみこん, ゐるあちらはヂヤズ, ゐるあちらこちらの格子さき, ゐるあと五日もある, ゐるあと味の惡さ, ゐるあどけない唇に, ゐるあなた方であつ, ゐるあの大きな橋の, ゐるあの小さな白虫は, ゐるあはれなモデル, ゐるあはれ黒松属であらう, ゐるあばた面の老人, ゐるあまのじやく, ゐるありがたさを, ゐるありがたさは二人, ゐるあんなに黒い山, ゐるいかにもみづみづしい姿が, ゐるいかにも人生に, ゐるいきにも帰り, ゐるいくたりかの日本人, ゐるいぢけた小さな灌木, ゐるいつかの石膏, ゐるいつか貴方がこの, ゐるいつのまにやら無く, ゐるいつはりのない, ゐるいとこのこと, ゐるいびきの音, ゐるいやらしさだつた, ゐるはごとみたい, ゐるうえでの凝, ゐるうしろの座敷, ゐるうす暗い酒蔵の, ゐるうちいつか春になつ, ゐるうちうつかりさ, ゐるうちぐツすりと一, ゐるうちさきほどまで声, ゐるうちそれがいかにも, ゐるうちふりとばされしばらく, ゐるうちやつとそんな, ゐるうちわたしの硬, ゐるうちセッパ詰った感じ, ゐるうちドイツ語の達者, ゐるうちフェルナンデスの何, ゐるうちフト若松屋の内部, ゐるうちフト足を踏み滑らし, ゐるうちホテル・エソワイアンに泊つた最初, ゐるうちユタカの国, ゐるうちロシヤの夜襲, ゐるうち下谷の古い, ゐるうち不仕合せ同士のお, ゐるうち不幸にし, ゐるうち丹右衞門に見出され, ゐるうち二十何人だか, ゐるうち今から丁度一ヶ月前, ゐるうち会つたこと, ゐるうち何日ぞや讀んだ, ゐるうち何時か三宿, ゐるうち俺は晝寢, ゐるうち傘の先, ゐるうち千登世と深い, ゐるうち口うつしに, ゐるうち四辺の温気, ゐるうち墨汁で濁つた, ゐるうち夜はほ, ゐるうち夜なかから大風雨, ゐるうち大川を渡つた悪魔, ゐるうち奧の方, ゐるうち孔雀の世間, ゐるうち宅へ辿り着く, ゐるうち島村氏はお, ゐるうち師匠は死ん, ゐるうち広樹は急, ゐるうち彼等は房一, ゐるうち文化的に見, ゐるうち昨夜といふ昨夜, ゐるうち昨夜三尺で首, ゐるうち未墾地問題の知らせ, ゐるうち板倉屋の仕事, ゐるうち殆んど, ゐるうち海の日本, ゐるうち涙は, ゐるうち淺草の日參, ゐるうち生活上の困難, ゐるうち用もない, ゐるうち男爵家に出入り, ゐるうち病気が重体, ゐるうち発病したの, ゐるうち真弓はその, ゐるうち石のした, ゐるうち縁があつ, ゐるうち裏口から拔出, ゐるうち言葉が靜, ゐるうち話は變つて, ゐるうち豊国丸は続け, ゐるうち醉拂つた頭の中, ゐるうち限りないあはれさ, ゐるうち隱居が神明樣, ゐるうち電車が塔, ゐるうち青年の洋服, ゐるうどんやへのつ, ゐるうぶめは飛ぶ, ゐるうらやましい生き方だ, ゐるうらやましくもありがたく, ゐるうるささに長く, ゐるうれしさ, ゐるうれしい時かなしい, ゐるえびが数匹, ゐるえらい賢者で, ゐるおい山頭火しつかりしろ, ゐるおいらのお母さん, ゐるおい山頭火しつかりしろ, ゐるおかあさんもあつ, ゐるおしげなぞの理想, ゐるおしら様の如き, ゐるおそく行ったので, ゐるおとよの視線, ゐるおなじ言葉でも, ゐるおのづから頭, ゐるおのおのの思惟, ゐるおばあ樣, ゐるおばあさんしか見た, ゐるおばさんに聞いた, ゐるおびただしい雀たちが, ゐるおふくろの肩, ゐるおもひでの, ゐるおもしろいね, ゐるおやぢは, ゐるおよそいかなる團體も, ゐるおれ達をあやす, ゐるおんみの殘すその足あと, ゐるお上に暇乞, ゐるお今婆さんに, ゐるお仙を見染め, ゐるお前さんが全体何, ゐるお前達のお爺さん, ゐるお姫様の前, ゐるお婆さんを見かけた, ゐるお嬢さんがコロリンシャン, ゐるお客帳をこツそり廣げ, ゐるお客様がさつき, ゐるお宮だと, ゐるお巡りさんに局, ゐるお方はお歌, ゐるお松に訊い, ゐるお正月新年といふ, ゐるお父さんの温情, ゐるお爺さんや犬, ゐるお盆を押しかくした, ゐるお祖母さんの方, ゐるお祖父さんはこんな, ゐるお腹の横, ゐるお茶受としてはお, ゐるお詫びを云, ゐるお話をしました, ゐるお調子者の父親, ゐるお隣はお寺, ゐるかお解りにな, ゐるかからかつてやる, ゐるかぎり免かれがたい, ゐるかぎり居心地はさう, ゐるかぎり我々の持分, ゐるかぎり煩悩は人, ゐるかぎり私はそれ, ゐるかぎり芥川の風貌骨格, ゐるかくべつ拾ひたいとも, ゐるかけ蒲團のその, ゐるかげは何, ゐるかしの類, ゐるかしらんとて, ゐるかしらんつて案じない, ゐるかし子よりも爲, ゐるかすら今までに, ゐるかすらも知らなかつた, ゐるかたじけなく頂戴時雨の, ゐるかたはらで, ゐるかたはら自分の作品, ゐるかたむきでまた, ゐるかつ子もべたりと, ゐるかづ子を考へ, ゐるかとばかり森閑として, ゐるかなあ止しや, ゐるかなしみを引き出され, ゐるかなぞと考へて, ゐるかなたに恐ろしい, ゐるかなと思ひ門, ゐるかについての私の, ゐるかみさんだが, ゐるかよかまきりよ, ゐるからってそれで, ゐるからでもあらうが, ゐるからとばかりは言へ, ゐるからとも云へる, ゐるからにや一度は, ゐるからもはん的下町娘だ, ゐるかれこれ屋で, ゐるかわかつた, ゐるかをも忘れて, ゐるかんぺうを作る, ゐるかナと云つてちよいと, ゐるがかやうな, ゐるがさつぱりした敷布のか, ゐるがてんでつまらぬ, ゐるがとに角私の, ゐるがはふむしの, ゐるがもしさうだと, ゐるがらがらを振つ, ゐるがらんとした, ゐるきちがい, ゐるきのふも前, ゐるきょうは久, ゐるきらいがある, ゐるきりぎりす長い口鬚, ゐるきりガス屋さんは今朝, ゐるきり乗客の影, ゐるぎりぎりの苦悩, ゐるくつきりした横顏, ゐるぐらゐであるから誰もほんとに, ゐるぐらゐのところだなど, ゐるぐらゐの人だつた, ゐるけさも早, ゐるけどなあわしや, ゐるけどもそれも, ゐるけに安心せいや, ゐるけれどからだが, ゐるけれどねただその, ゐるけんどんの, ゐるな, ゐるげんのし, ゐるなひだ内, ゐるこいつは弱る, ゐるこういふこと, ゐるこころで, ゐるこそ愚なれ, ゐるこちらにまた, ゐるこっちも身, ゐることあちらさんの驚嘆の, ゐることぐらゐわからない乙姫ぢ, ゐることその他これに類する, ゐることつて云ふの, ゐることゆゑ一日のうち, ゐることろにある, ゐることイタリア語の用例, ゐることバックの貧しい, ゐること一寸でも動け, ゐること一年に及んだ, ゐること上記のごとくである, ゐること不平に耐えない, ゐること二霞亭が竹里, ゐること五月七月九月の芽, ゐること今日まで百号, ゐること以上に作家, ゐること位はつんと, ゐること何かがその, ゐること俳優は作者, ゐること元より言, ゐること冬の服, ゐること周圍の板壁, ゐること営利劇場の当事者, ゐること壁に懸つ, ゐること寺及び門前, ゐること小鳥が毎朝, ゐること常よりも稍多, ゐること庭の左方, ゐること彼の作品, ゐること後世地上に來, ゐること従つてマルクス主義文学の作品, ゐること急に晩年, ゐること扁桃腺まで併發, ゐること抔を思ひ起す, ゐること日本の徳川時代, ゐること明らかだと, ゐること本文の挿図, ゐること森田の父親, ゐること此が曙覧, ゐること洵にいみ, ゐること浦島子の行つた常世, ゐること清潔を愛し, ゐること滅して, ゐること演者が一種, ゐること煖爐のそば, ゐること相似通ふところがある, ゐること私が捉, ゐること糾纏のご, ゐること自己の馬面惡臭, ゐること蕪村集の如く, ゐること言葉は多少, ゐること説明の懇切, ゐること論を待たない, ゐること足の早い, ゐること酒は飮, ゐること金の出し入れ, ゐること飛鳥天平のもの, ゐること鯱こばつてゐない, ゐるこのごろの軍政, ゐるこの間などは夜中, ゐるこまかな落葉, ゐるこれから南の, ゐるこれぢや煙, ゐるこれんばかしのもの, ゐるこれ程にしてやる, ゐるころ秋子は然し, ゐるこゑが今僕, ゐるこんなに倹約し, ゐるさかい正真物に, ゐるさきに九十九里浜, ゐるさし踊このうち十六足, ゐるさつきの子供, ゐるさてもかはれ, ゐるさなかに独木舟, ゐるさらに飲むいよ, ゐるされどあかるきさざなみの銀, ゐるしかしまた象徴的気分に対して, ゐるしきりに探しま, ゐるしさ可哀, ゐるしずつと先の, ゐるしその根株, ゐるしどけない姿の, ゐるしはふたりころん, ゐるしばらくして, ゐるしぶといネルリとを, ゐるじみな一軒, ゐるすこし頭の, ゐるすこぶるさに, ゐるすでに一定の, ゐるすばやさである, ゐるすべなしひた, ゐるすべつてころんで, ゐるすると又海豚の, ゐるせい一ぱいの良識, ゐるせつかくの大挙湯山行, ゐるせまい感じも, ゐるせん子の掌, ゐるせん枝の生涯, ゐるぜでつかい溜息, ゐるは一種, ゐるそうじやが, ゐるそうして愛読者である, ゐるその他のもの, ゐるその同じ睡気, ゐるその後姿を見, ゐるその頃の美人画, ゐるそよ風は私等, ゐるそれぞれの層, ゐるそれぢや俺, ゐるそれと同樣, ゐるそれならいつそ自分, ゐるそれ故にかかる, ゐるそれ程とも思はぬ, ゐるそれ等のもの, ゐるぞいな, ゐるぞうきんを床, ゐるたけは私, ゐるたちのもの, ゐるたてがみも風通り, ゐるたなばた祭りもやはり, ゐるたねであるが, ゐるたのしい處だ, ゐるたまらない静寂だつた, ゐるためあなたの家庭, ゐるためこれを見, ゐるため一種の野趣, ゐるため何をいふ, ゐるため前方の四号病室, ゐるため前記のかんじ, ゐるため劇団の騒動, ゐるため半分の人間性, ゐるため却つて変に貧し, ゐるため彼女の痛切, ゐるため正面舞台の映画, ゐるため特別に美しく, ゐるため街へ出る, ゐるため被害が少い, ゐるため適當なもの, ゐるため針仕事はもとより, ゐるだがあなたは, ゐるだけといふから, ゐるだしの用語例, ゐるだってこんな人, ゐるだらしなく昼寝, ゐるちづ子を自分, ゐるちと早熟だ, ゐるちりばかりもつくる, ゐるぢいの顔つき, ゐるぢゃないかほんたうにお前, ゐるつい此間も, ゐるついでにもあはれいにしへ, ゐるつつじをながめ, ゐるつつましい花, ゐるつていふそれ以上のもの, ゐるつて云ふこと, ゐるつて云ふんですもの, ゐるつて此処には何人, ゐるつて法はねえ, ゐるつて留さんが言つて, ゐるつて話だらう, ゐるつまらなさ今は, ゐるつまらない青蓬が, ゐるつまり火のお婆さん, ゐるつもりぢや, ゐるつゆの味, ゐるてこでも動かぬ, ゐるでこぼこした道, ゐるでもそんな着物, ゐるといつた君に僕, ゐるといつて不平をいふ, ゐるといつて差支ない, ゐるといふうはさ, ゐるといふかの如き自覚, ゐるといふばかりなのに, ゐるとかと執拗に, ゐるとかへつて眞價が, ゐるときあなたが神, ゐるときいくらかの荷物, ゐるときお勝手の方, ゐるときお父さんがき, ゐるときそれが眞理, ゐるときどこからか差出人不明, ゐるときクロポトキンの著作, ゐるときフトお文, ゐるとき二階の笑声, ゐるとき人がたづ, ゐるとき他の民族, ゐるとき十年以上昔であるが, ゐるとき呂木は自分, ゐるとき土瓶の底, ゐるとき報せに忽ち, ゐるとき場内から遠く, ゐるとき宿銭がなく, ゐるとき寛政の四年, ゐるとき常は忘, ゐるとき彼女はその, ゐるとき我慢ができなく, ゐるとき松吉は, ゐるとき梁川は荘重, ゐるとき海軍の水泳教官, ゐるとき港に流れ着いた, ゐるとき照子は如才, ゐるとき由子が生き生き, ゐるとき皮肉なこと, ゐるとき石田三成は島左近, ゐるとき細君に, ゐるとき自分がむかし, ゐるとき自己の意志, ゐるとき藩吏千葉勘左衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, ゐるとき蝙蝠がひらひら, ゐるとき親友の夕霧, ゐるとき諸兄が酔つて, ゐるとき遊びの果, ゐるとき闇夜の海上, ゐるとき風を引い, ゐるところそれは実際何とも, ゐるところで水を, ゐるところときまつたの, ゐるところテーブルの上, ゐるところ先生はよほど, ゐるところ實にこれ, ゐるところ彼女はまさに, ゐるところ支那の好み, ゐるところ盛装をした, ゐるところ總じて, ゐるところ隣はあ, ゐるところ飽迄も淺草, ゐるとさつぱり上らないの, ゐるとずつと前の, ゐるとだけ思つてゐた, ゐるとだけに表は, ゐるとだけは言へる, ゐるとてもたよりない, ゐるとと今度は, ゐるとほどよい疲労, ゐるとまで思つてゐた, ゐるともあれ彼女は, ゐるとやら村中の, ゐるとんだ災難, ゐるどうしても今年は, ゐるどうせ私は, ゐるどうぞ親切な, ゐるどうやら霽れ, ゐるどころの騷ぎぢやない, ゐるどもあいつが, ゐるどれも醜い, ゐるどろどろの病人, ゐるどんが白い, ゐるなあ私だけ, ゐるなあなんて言ひや, ゐるなかには三月も, ゐるなか子が急, ゐるながい襟足, ゐるながいながい歩みの, ゐるなぜなら蜜蝋一般, ゐるなどに無頓着な, ゐるなにかかとも思ふ, ゐるなにものかを, ゐるなみに賑やか, ゐるなめくぢぢや, ゐるなり或ひ, ゐるなりと予妹二人を, ゐるなるたけ子を, ゐるなんとかいふ俳優, ゐるなんざそつくり怪談ものぢ, ゐるなんぞと言つたあげくが, ゐるなんぞは当節がら, ゐるなんでかなしいの, ゐるなんのなみだぞ, ゐるなんらかの型と, ゐるにぎやかなこと, ゐるにこやかに新しい, ゐるにとさきとの, ゐるによつて診, ゐるに対し詩は, ゐるに対して希望は, ゐるねぐらをさして, ゐるねと言ふと, ゐるねむの木を見つけた, ゐるのでかへりには, ゐるのでかへつて思ひ, ゐるのでからだ中, ゐるのでもしさうだと, ゐるのでをかしかつ, ゐるのにさ君ばかりは, ゐるのにね何してる, ゐるのにはツと, ゐるのによつても, ゐるのにをかしい程, ゐるのみが決して名僧, ゐるのみたいに百円, ゐるのみといつたやう, ゐるの厭になる, ゐるの相違がある, ゐるの観がある, ゐるはげしいいろを, ゐるはんのきの幹, ゐるばかしで鱚らしい, ゐるばかりしか眼に, ゐるばかりで返事を, ゐるばかりな浅猿, ゐるひさしに白い, ゐるひとででもある, ゐるひとり考へひとり, ゐるひと軍籍はくじ, ゐるひねり餠といふの, ゐるひもじきかもよ, ゐるひれに指, ゐるびんを下さい, ゐるふきのとう, ゐるふくやを呼ん, ゐるふくよかな両, ゐるふしぎさを思つて, ゐるふし踊りに大きな, ゐるふじ子の若々しい, ゐるふだんの心, ゐるふつくらとした, ゐるふと思ひつき天勝, ゐるふところを四足, ゐるふりをした, ゐるぶらぶら歩いて, ゐるへちまのはな, ゐるほうの壁, ゐるほか何も邪魔物, ゐるほか東京には身寄り, ゐるほか目標になる, ゐるほか輕躁亂舞のふう, ゐるほこりの道, ゐるほとり訪ひ來, ゐるほの暗い花も, ゐるほら穴より外, ゐるほんとはほん, ゐるほんとうにい, ゐるぼくの父, ゐるつと, ゐるまさ子の弱々しい, ゐるまして覚めて, ゐるまたは思ひこませようと, ゐるまつ最中そこへあたふた, ゐるまではよかつた, ゐるまでもないが, ゐるまま長持の蓋, ゐるまま顏をあげた, ゐるまるたなど, ゐるまるいなめらかな, ゐるまれびとの姿, ゐるまんまるい月が射しこむ, ゐるづ江も, ゐるみそののところ, ゐるみやましほがま, ゐるみやまうすゆき, ゐるみよの姿, ゐるみよ子たちの枕元, ゐるむかし住宅であつ, ゐるむくむくとむくれあ, ゐるむじなの姿を思ひ浮べる, ゐるむつかしいもので, ゐるむなしさを, ゐるめくらの男, ゐるめづらしい雪, ゐるもうだいぶ地が, ゐるもう一度来て, ゐるもしくは客間に, ゐるもつとも現象的に, ゐるものすなは, ゐるものその他色々違つた形, ゐるものその他兩股の間, ゐるものそれは死, ゐるものらにわざと, ゐるものカワラケカワラ等の如き, ゐるもの一くちに, ゐるもの一人などがかい, ゐるもの人を愛しすぎた, ゐるもの人々の着, ゐるもの儀礼をば保存, ゐるもの大勢手ぐすね引いて, ゐるもの宇宙の大きな, ゐるもの数千名はあらう, ゐるもの文獻としては, ゐるもの松だけが柱, ゐるもの確實なもの, ゐるもの私たちが愬, ゐるもの竹槍棒などを持つ, ゐるもの等々にも分けられる, ゐるもの若干を除く, ゐるもの醫者を初め, ゐるもろにといふ語, ゐるもろこしが風, ゐるもろこし畑の騒ぎ, ゐるもをかし, ゐるやうあたりはしん, ゐるやうすさへありません, ゐるやうみんなの声, ゐるやかんのなか, ゐるやけで三益, ゐるやさしい愛情に, ゐるやっぱり医者に, ゐるやとなほ丹念に, ゐるやに見えたが, ゐるやも知れぬ, ゐるやりきれない夢な, ゐるふべ, ゐるゆかしい人々も, ゐるゆきずりに僕, ゐるゆびは前, ゐるゆり籠をゆすぶ, ゐるゆゑ自分の心, ゐるよか仕方あるまい, ゐるよしみです, ゐるよなあお千代, ゐるよなんてすつかりかつがれ, ゐるよりかもつと夥しい, ゐるよりはずつと明るい生活, ゐるよりもずつと近い方, ゐるよりやまだいくら, ゐるらむ日だまりの風脇, ゐるりよを見た, ゐるるいの画, ゐるわい褒美として, ゐるわかい美しい雄狐, ゐるわかめの香, ゐるわが国現代作家の新しい, ゐるわが身は今, ゐるわたくしの手, ゐるわたくし自身をあなた, ゐるわたつみ見れば, ゐるわねえ桃太郎の, ゐるわらやしたしく, ゐるわりあいによく, ゐるわるくない風景, ゐるわれらが能楽, ゐるを以て証すること, ゐるんだい御馳走を出せ, ゐるんだい稀に朝起き, ゐるんだい阪井さんは, ゐるんぢやあないかと, ゐるアイルランド生れの二人, ゐるアカシのお母さん, ゐるアジア艦隊が香港, ゐるアッカーマン氏は, ゐるアトリエ座バチイの率, ゐるアトリヱの壁, ゐるアパツシユだつたの, ゐるアメリカインヂアンのガウン, ゐるアメリカ・インデイアンのトウテム模様, ゐるアメリカ人は毎朝味噌汁, ゐるアモレツトの小, ゐるアラビア人にしばしば, ゐるアリストテレス彼は實, ゐるアルセニイと云, ゐるアンテナにはつた氷, ゐるアンドレイエヒミチは聞く, ゐるアンバアレン群島があります, ゐるアンペラを敷いた, ゐるアンリベイル先生の余, ゐるアンリ・ルッソオと彼, ゐるアーチ形や角形, ゐるイギリスの若い, ゐるイチハツツツジダリヤ等々をもらう, ゐるイブセン物を始め, ゐるイリリヤはといふ, ゐるインキ壺に戯け, ゐるインク瓶が腹, ゐるインテリがインテリ, ゐるインテリゲンチヤの大, ゐるイーサル川は如何にも, ゐるウォターマンは実に, ゐるウラスマルを見出した, ゐるエウゲニイフエオドロヰチもゐる, ゐるエプロンですね, ゐるエミさんが服部君, ゐるエライものださ, ゐるエリセイエフ君と知り, ゐるエレヴエタアの檻, ゐるエヴ宝は盗まれ, ゐるエールの連中, ゐるオアシスからオアシス, ゐるオオケストラ・ストオルには模様, ゐるオカミサンが来, ゐるオガワはわたし, ゐるオクゲサマで和歌, ゐるオクサーナの面影, ゐるオスワルドに目, ゐるオデット・クレッシイだが, ゐるオヤヂを呆れ, ゐるオールドミスさ, ゐるカアタアといふ男, ゐるカソリン山は寂, ゐるカッフェに居ました, ゐるカッフェーはおかみさん, ゐるカフエーの女給風, ゐるカフヱの入口, ゐるカフヱーで頻, ゐるカマキリは私, ゐるカルルに手術, ゐるカルロだバンタム, ゐるカレンダアを見つけ, ゐるカロルの中, ゐるカンテラに赤く長く, ゐるカンバスがすべてまっ白, ゐるカーネギイ製鉄所に投, ゐるガクブチを見れ, ゐるガス体は今にも, ゐるガタ馬車の中, ゐるガラつ八, ゐるガラス戸を左右, ゐるガラン洞にする, ゐるキイランドなどもお, ゐるキエの肩, ゐるキクッタをおし潰し, ゐるキナ臭い中年, ゐるキャビンを提供, ゐるキリを握り, ゐるキリストと反, ゐるギラギラの世界, ゐるギリシャやローマ, ゐるギリシヤ悲劇の中途, ゐるギヴ・アンド・テイクの原則, ゐるクサンチスの心持, ゐるクヅ鉄を拾つてこれ, ゐるクミと眠つて, ゐるクリストフ・デトレェヴの死, ゐるクルマの裏側, ゐるクレエルにひかれました, ゐるクールベエらしい風景画, ゐるグエルフィと共にローマ, ゐるグラウンドなどがそつくり, ゐるグラスぢやない, ゐるグレー・ハウンドを引出し, ゐるグロモフと云, ゐるゲエテを見, ゐるコクトオですらさ, ゐるコック部屋の側, ゐるコッテエヂを見, ゐるコツプを取る, ゐるコドモ委員の方, ゐるコブラ・カベラといふ毒蛇, ゐるコメディ・フランセエズの幹部女優, ゐるコロリ病みの, ゐるコンブレエといふ田舍, ゐるコーカサスを思ひ浮べる, ゐるコーチンのとやを見, ゐるゴオガンは畫題, ゐるゴオギャンに比し, ゐるゴタゴタした部屋, ゐるゴム印の中, ゐるゴム靴の底, ゐるゴリといふ土佐ブル, ゐるゴロロボフは学士, ゐるゴンドラの舟, ゐるサドカイの徒, ゐるサドルに懸ける, ゐるサフローンといふ耳, ゐるサブチャンといふお人好し, ゐるサラのでないと, ゐるサントリウィスキーを卓上, ゐるサ貴公の手腕, ゐるシインのなか, ゐるシェイクスピアに対して寧ろ, ゐるシエクスピイアやゲエテ, ゐるシガレットを矢庭, ゐるシゲの背中, ゐるシメエルの顰め, ゐるシャクにさはる, ゐるシャルル・デュ・ボスがモオリアック論, ゐるシヤツをコールテン地, ゐるシュリーマン博士の下, ゐるシュルは東洋的, ゐるシーボルトの次, ゐるジイドの文章, ゐるジウラ王子の手, ゐるジャーナリストがむしろ最も, ゐるジヤツカルと云, ゐるジヤンクの帆, ゐるジヤンバールは信号, ゐるジヤンパーの男, ゐるジヨオジ・ベイカア氏は若い, ゐるスゲの枯れた, ゐるスタニスラウスが先頭, ゐるスタンドで横隊, ゐるステイイムの加減, ゐるステイム小さなナイト・テエブル, ゐるステテコのズボン, ゐるステンド・グラスの神經質, ゐるストウヴを焚い, ゐるストオブの火, ゐるストオヴの上, ゐるストライキがその, ゐるストロムボリが見える, ゐるストーヴの傍, ゐるスパルタのさ, ゐるスパルタ型の美男, ゐるスペクトルのやう, ゐるスペースにたいしてもその, ゐるスポオツの好き, ゐるスマートさに敬意, ゐるスモオキング・ルウムに案内, ゐるスワン孃とサン・ルウ, ゐるスワン氏の過ぎし, ゐるスーシとチューマ, ゐるズツクのバケツ, ゐるズルイ方法のため, ゐるセツ子の姿, ゐるセピヤ色のプロフイル, ゐるセメント袋の山の下, ゐるセラピス信者の耳, ゐるセンチメントが色彩, ゐるソフアは少し, ゐるソメちやんといふ色若衆, ゐるソローハとのあ, ゐるソールスベリーの廣, ゐるタイキの方, ゐるタイピストを募つ, ゐるタオルで顔, ゐるタツノの枕, ゐるタンクが早, ゐるダイヤモンドを小さい, ゐるダニーロ・ブルリバーシュもドニェープル, ゐるダブルベッドは如何にも, ゐるダリを私, ゐるチタニア妃と厳か, ゐるチビコロたちちよつとみんな, ゐるチャラピタの身, ゐるチャンベジ河のほとり, ゐるチャーナタ老龍, ゐるチヤアルズ・シユワツブ氏その人, ゐるチヤールス・ラムがある, ゐるチョコレート色の短靴, ゐるチル子と妻, ゐるヂッケンスのクリスマス, ゐるヂパングと歐洲, ゐるツイブーリャといふ哥薩克, ゐるツイ下の川原, ゐるツイ側に三疋, ゐるツナガリにつけこまれる, ゐるツヤの手元, ゐるツングスク人に売り, ゐるツンボの小母さん, ゐるテイブルのところ, ゐるテエブルのすぐ, ゐるテラスに一組, ゐるテルヨの技術, ゐるテル子を私, ゐるテントではやがて, ゐるディオニソス的な人間, ゐるディルタイの, ゐるディレツタントの魂, ゐるデスクは先代, ゐるデッサンも確か, ゐるデーモンもまた, ゐるトウルゲネフに話しかけた, ゐるトマス・クツク会社の男, ゐるトマトのひろまり, ゐるトムの枕元, ゐるトムスキイ劇団であ, ゐるトヨを覗い, ゐるトラツクが二台, ゐるトラホームぢやない, ゐるトランプの札, ゐるトリスタン・ベルナアルの名, ゐるトルコ兵たちはむろん, ゐるトルストイは学校, ゐるトロイアの族, ゐるト書に忠実, ゐるテラを, ゐるドイツの将校, ゐるドイツ人のドクトル, ゐるドイツ料理があった, ゐるドガに關, ゐるドキュメントである, ゐるドクトルのこと, ゐるドサクサに僕, ゐるドブはそれ, ゐるドリアンは急, ゐるナと自分は, ゐるナカちやんが云, ゐるナホ我々百姓は高利貸, ゐるナポレオンの方, ゐるニイチェの姿, ゐるニウの様子, ゐるニキタと云, ゐるニコライの銀灰, ゐるニナール姫はそんな, ゐるニュームのやかん, ゐるネズミさんがやつ, ゐるノドキリ氏が苦しみ始める, ゐるノルウェイ農民の言葉, ゐるノルゲ号に最後, ゐるノートの一, ゐるハイネゲーテ, ゐるハドリヤヌス橋畔でマセドニア, ゐるハネムシフナムシ等にバクテリア, ゐるハムを頬ばり, ゐるハムレット的画家に上野山清貢, ゐるハモウニカを借し, ゐるハモニカの音, ゐるハルピンの町, ゐるハンカチを出し, ゐるハンケチを自分, ゐるハンドバッグから紅棒, ゐるハンナの顔, ゐるハーモニカを二声三声, ゐるバスケツトを卓子, ゐるバツグでもやはり, ゐるバナナの房, ゐるバラ色の指, ゐるバンドで動かない, ゐるバーをたづねた, ゐるパイプをもう, ゐるパシエンカを見, ゐるパスカルの言葉, ゐるパニョオルの諷刺劇, ゐるパピニの詩的情熱, ゐるパピニさへこの, ゐるパラソルの傍, ゐるパリの紳士, ゐるパンとバナナ, ゐるヒステリ女である, ゐるヒットは出なく, ゐるヒツトラーが日本, ゐるヒナリ声でわめきたて, ゐるヒマはない, ゐるヒマ人もをら, ゐるビフテキうまさ, ゐるビラ辰つくる巧み, ゐるビルを他, ゐるビルヂングも夢, ゐるビール腹したフラマン人, ゐるピイピイの小僧子, ゐるピジヤマの前, ゐるピストルをい, ゐるピストンは其の, ゐるピナテールこそあはれ, ゐるピピアスの娥, ゐるファウスタスの後裔, ゐるフアシズムを認識, ゐるフィルムといふの, ゐるフウねずみのえり首, ゐるフエアリイ・ブツクの画, ゐるフランクの背中, ゐるフランスの領事, ゐるフランス女は子供, ゐるフランス学士院のやう, ゐるフランス文学者のいくぶん, ゐるフランス首相のそば近く, ゐるフランボーに説教, ゐるフリをし, ゐるフレゲトンあの古い, ゐるフレデリツクの方, ゐるブラウエンベルグ老人の顔, ゐるブリキの時計, ゐるブリキ職の遠山春樹, ゐるブルジユワが國民, ゐるブロッケン山をとりまい, ゐるプラタヌスの並樹, ゐるプラツトを見る, ゐるプラツトフオムのところ, ゐるプロシヤの兵器, ゐるプロセスは今更, ゐるプロフエツシヨナルの銅像, ゐるプロホル・サヰツチユの方, ゐるプロレタリア文学者は大陸, ゐるプロレタリア農民を鼓舞, ゐるプロレタリア階級の羨望, ゐるプーチヤチンへ手交, ゐるヘレナの幻, ゐるヘンリーの孫, ゐるベカにし, ゐるベツドのふち, ゐるベネットから電報, ゐるベネツト製の上等時計, ゐるベンさんの娘, ゐるペトラルカだつた, ゐるペピイの方, ゐるボスの親方, ゐるボルネオの護謨園, ゐるボロぞうきんからは, ゐるボロニユ産の小, ゐるボロリボロリと煙草, ゐるボードレエルの鑑賞眼, ゐるボードレールやヴヱルレーヌ, ゐるポオル・モオランの短篇集, ゐるポスタアが東側, ゐるポストのかげ, ゐるポプラが雨, ゐるポリテクニツクの学生, ゐるマイアム氏のスタディオ, ゐるマストの端, ゐるマダムを認め, ゐるマリアの辻, ゐるマルクス・オウレリアウス皇帝の扮装者, ゐるマルタンヴィルの鐘塔, ゐるマーリヤを見た, ゐるミトローニク氏の後姿, ゐるミノルカ種の庭鳥, ゐるミハイルアウエリヤヌヰチは何, ゐるミルクスウプのやう, ゐるミルン地震計大森地震計ガリッチン地震計パシュウィチ水平振子など其構造, ゐるミヽヅクの先生, ゐるの字, ゐるムカデを, ゐるムスカリの白い, ゐるムスメがあつ, ゐるメイ子が, ゐるメガホンを覗い, ゐるメチル・アルコールの中, ゐるメムバーを見, ゐるメリンス友禪の夜着, ゐるメンデルの報告, ゐるモオリスに, ゐるモスコオ芸術座の一行, ゐるモダンな空気, ゐるモラエスなどが特に, ゐるモレルの持つ, ゐるモーターの上, ゐるモーターボウトを借り, ゐるヤクツク地方の人家, ゐるユゥジェニイとあの, ゐるユウコフの心, ゐるユキをそ, ゐるヨタ者みたいの連中, ゐるヨハン・ボーエルを北歐, ゐるヨボヨボしたカマキリ, ゐるヨーロツパの北, ゐるライプニツにおいてはそこ, ゐるラオダマスアンテーノールの子, ゐるラクダのたてがみ, ゐるラグビイの騒々しい, ゐるラシーヌをシェイクスピア, ゐるラツキーを見る, ゐるラツパの音, ゐるラマ塔をさして, ゐるラムプは曾, ゐるラランが何, ゐるララ夫人に僕, ゐるランチ・バスケツトを彼女, ゐるランビァンの或, ゐるラ・シメエル座此の二つ, ゐるリイといふ男, ゐるリイヌ・ノロの如き, ゐるリイ氏の忰, ゐるリストの或, ゐるリボンがヒラ, ゐるリヤカーにはさまざま, ゐるリラの扉, ゐるリリシズムをかなぐり捨てる, ゐるリルケの憑かれた, ゐるリヴィエェルの悲痛, ゐるルウズヴエルト氏がずつと以前紐育州, ゐるルオーはこれら, ゐるルクゾールやカルナツク, ゐるルクリュ翁を顧み, ゐるルシジといふ河, ゐるルモンジュ家のもの, ゐるルルが誘蛾灯, ゐるルンプといふ独逸人, ゐるレエスや花, ゐるレオン・ゴズランが猿, ゐるレクトリウムを通つて, ゐるレコオドを取替へ, ゐるレコードの音楽, ゐるレジヨン・ド・ヌウルの赤い, ゐるレッシングのエミリア・ガロッチイ, ゐるレモンの粒々, ゐるレンジ窓の外, ゐるレールを跨ぐ, ゐるロケは何, ゐるロシア人の子供, ゐるロシヤ人たちが, ゐるロシヤ使節の船, ゐるロシヤ風でなく寧ろ真に, ゐるロジアアの赤箱, ゐるロスキーは旅行中一番深切, ゐるロダンは此間, ゐるロマンが却つて, ゐるロマンチツクな山頂, ゐるロータスといふ花, ゐるローランドの愛情, ゐるワイシャツの人, ゐるワシリが寝返り, ゐるヴィラまでは水田, ゐるヴイヨンの姿, ゐるヴォルプスヴェデに歸, ゐる一つまみの白毛, ゐる一つ一つの性癖, ゐる一つ木の馬吉, ゐる一ともとの松, ゐる一ばん近い島, ゐる一万円也と云, ゐる一中隊で守つて, ゐる一事実は例, ゐる一二軒の家, ゐる一人者だから, ゐる一人身の女, ゐる一体どつち, ゐる一冊の本, ゐる一册の本, ゐる一列の囃子方, ゐる一刻も早く, ゐる一劃にひつ, ゐる一區劃だけはまた, ゐる一千六百二十五メートルの岩木山, ゐる一卷分になる, ゐる一口に言, ゐる一句を思ひ出す, ゐる一名士だといふ, ゐる一向の蓮如, ゐる一味の甘, ゐる一團の山塊, ゐる一声を長く, ゐる一大事に對, ゐる一大岩塊で高山, ゐる一大教系であり其分派, ゐる一大河に架つて, ゐる一字も字, ゐる一学者があります, ゐる一客がある, ゐる一寸と先, ゐる一寸ぐらゐの小さい石斧, ゐる一寸顔を出し, ゐる一封を受取る, ゐる一将校が穏, ゐる一小隊が散, ゐる一尺余りの長, ゐる一尾の蝉, ゐる一峰をさす, ゐる一幅の絵, ゐる一幕物だが, ゐる一怪を認め, ゐる一抹の陰鬱さ, ゐる一新劇団の試演, ゐる一方作者のさう, ゐる一族の本家, ゐる一日のこと, ゐる一日一日崩れて, ゐる一日間の一切, ゐる一朱銀が三つ四つ, ゐる一条だ, ゐる一條の路, ゐる一油房を観せ, ゐる一派を今日, ゐる一派これが, ゐる一流派の學家, ゐる一浴一杯戸田駅へ急ぐ, ゐる一生の術, ゐる一町人といつてもいい, ゐる一番上の子供, ゐる一番下の滑らか, ゐる一番奧には破れ, ゐる一番弟子の徳, ゐる一番惡い血統, ゐる一疋の蠅, ゐる一癖ありさ, ゐる一章である, ゐる一端に過ぎぬ, ゐる一筋の長尾, ゐる一箇所がありました, ゐる一緒に早稲田, ゐる一脈のもの, ゐる一般の法則, ゐる一般公衆である, ゐる一葉の写真, ゐる一見将校の, ゐる一貫した人生観, ゐる一足先に菊石面, ゐる一足奥の深, ゐる一輪の花弁, ゐる一輪差を洗, ゐる一農村が年々死亡率, ゐる一部の新, ゐる一郭にあつ, ゐる一間余りの崖, ゐる一隊がわれわれ, ゐる一頭の馬, ゐる一頭だての馬車がた, ゐる一類がある, ゐる一風変つた女だ何だか, ゐる丁字路の角, ゐる丁斑魚の不, ゐる七つになる, ゐる七ツ位の子供, ゐる七ツ八ツの少年, ゐる七八軒の家, ゐる七円で二十日間, ゐる七十ばかりの白髪, ゐる七夕祭は女性的, ゐる七月の太陽, ゐる七羽の赤い, ゐる七郎のと並ん, ゐる七面鳥を見つめ, ゐる万吉老人であるから, ゐる万太郎といふの, ゐる万年筆をあげよう, ゐる万年薬局生の金井, ゐる万葉集擬似体が満, ゐる丈六の銅像, ゐる三七郎は氣, ゐる三上もさ, ゐる三上甚五郎もつ, ゐる三之助を刺した, ゐる三人連の紳士, ゐる三人連れの中年, ゐる三冊ばかりの書物, ゐる三切許りの, ゐる三十五六の醜い, ゐる三十俵取りの國原次郎, ゐる三十号のカンバス, ゐる三十郎の女房, ゐる三十間堀の河岸, ゐる三千五百石取の, ゐる三千代の方, ゐる三千余騎が腰越浦, ゐる三千雄に何, ゐる三原山の火坑, ゐる三台のコリントゲーム, ゐる三味の音, ゐる三味線の唄, ゐる三味線堀の図, ゐる三四種の歌, ゐる三坪ばかりの庭, ゐる三宅島との間, ゐる三寸ばかりの魚, ゐる三尺程も高, ゐる三岸好太郎の諸, ゐる三島の方, ゐる三幕物の戯曲, ゐる三文小説家のところ, ゐる三文詩人がゐる, ゐる三方が硝子戸, ゐる三日月の光, ゐる三木のため, ゐる三枝の裸, ゐる三毳山の形, ゐる三浦観樹老は生れつき, ゐる三田さんといふ人, ゐる三略は張良, ゐる三百五十石の旗本, ゐる三益も人気者, ゐる三芳屋はその, ゐる三谷氏のこと, ゐる三越の少年音楽隊, ゐる三軒がまた, ゐる三途の川の樣, ゐる三郎の姿, ゐる三階の段梯子, ゐる上り口から智惠子, ゐる上下左右新旧の摩擦相剋, ゐる上元が武家, ゐる上口から智恵子, ゐる上品な匂, ゐる上州のあの, ゐる上帝の思想, ゐる上建物が新しい, ゐる上月が汚, ゐる上流へ急いだ, ゐる上田敏博士を訪ねた, ゐる上私は大, ゐる上等兵の疳癪, ゐる上衣を着た, ゐる上近頃は足, ゐる上顏から胸, ゐる下僕や小使, ゐる下劣なるごろつき, ゐる下婢もゐる, ゐる下宿は見つからなかつた, ゐる下宿人達に私, ゐる下宿屋の亭主, ゐる下手人も縛れる, ゐる下水溝に落ちこんだ, ゐる下町の娘, ゐる下痢がどうして, ゐる下等社会の男女, ゐる下級吏員が苦しい, ゐる不体裁な街頭, ゐる不具なる姿, ゐる不合理や矛盾, ゐる不合理性その不合理, ゐる不在地主なども安閑, ゐる不平を酒, ゐる不徳行為はかく, ゐる不快さなどによつて, ゐる不愉快さなどは知らん振り, ゐる不折氏は顔, ゐる不敵さだが何, ゐる不明の人物, ゐる不機嫌さうな顔, ゐる不正直だ然, ゐる不気味な人体, ゐる不満はある, ゐる不潔な意志, ゐる不眠症である, ゐる不精者や利口者, ゐる不義の子, ゐる不自然きは, ゐる不自然さに平次, ゐる不自由の程度, ゐる不良少年の女, ゐる世にも不思議な, ゐる世代にあ, ゐる世帶淺ましくも, ゐる世界中の子供, ゐる世界観で踏みこん, ゐる世界觀でさ, ゐる世間師は勿論, ゐる世間的にも有名, ゐる世間的評価の印象, ゐる丘添ひの, ゐる丘陵地に目, ゐる両側に戸口, ゐる両国の拝み, ゐる両方の手, ゐる両足の感じ, ゐる中いつか会社のひける, ゐる中いつか松竹座前の大通, ゐる中の島の枯松, ゐる中の間を通らなけれ, ゐる中わたくしの身, ゐる中一員だけが, ゐる中万作は仙人, ゐる中世語或は古語, ゐる中二階から幾つ, ゐる中国山脈の表情, ゐる中夕食がすんだ, ゐる中外商業に足立忠, ゐる中大喧嘩を初めて, ゐる中央公論を一部主人, ゐる中女中が飯櫃, ゐる中學校へ演説, ゐる中山白峰氏からも手紙, ゐる中島利一郎さんはわたくし, ゐる中年以下の紳士連, ゐる中年者の御用聞三輪, ゐる中年過ぎの男, ゐる中徴兵にとられ, ゐる中心であつ, ゐる中日は過ぎ, ゐる中村吉蔵氏は他, ゐる中村星湖氏がその, ゐる中村眞一郎は野村, ゐる中村福助が去年淀川, ゐる中村芝芸雀といふ子役, ゐる中條流の使, ゐる中氣の病人, ゐる中秋山下冰壮夫, ゐる中空に張つて, ゐる中老の教師, ゐる中腹までは雑木紅葉, ゐる中行列は次第, ゐる中部東岸の村, ゐる中野の甥, ゐる中風病みの, ゐる丸い明墨を, ゐる丸の内辺の役所, ゐる丸兵といふ傘屋, ゐる丸嘉といふ土地, ゐる丸山の家, ゐる丸帯が解け, ゐる丸額の大, ゐる主たる問題が, ゐる主人丹右衞門の死骸, ゐる主張即ち眞理, ゐる主義は君一人, ゐる乃至は作り出さね, ゐる久々で麻雀, ゐる久しい間には, ゐる久保の手, ゐる久保田万太郎氏の家, ゐる久保田君は總, ゐる久助と丸吉, ゐる久吉に逢つて, ゐる久松橋といふ小さな, ゐる久板栄二郎君の力作, ゐる久米の所, ゐる乏しいペン先は, ゐる乗合の客, ゐる乗客もある, ゐる乗客たちは安心, ゐる乗手は力一ぱい, ゐる乘用車に關, ゐる乙松を伊之助, ゐる九時半だな, ゐる九月の爽やかさ, ゐる乞食坊主を見, ゐる乱れ髪の猿, ゐる乱雑な都会, ゐる乱鴉と, ゐるを椀, ゐる乳呑の子供, ゐる乳房を抑, ゐる乳母車の中, ゐる乳部の斑点, ゐる乾物屋の女, ゐるれた足音, ゐる亂倫の交, ゐる了見でもなから, ゐる予期すること, ゐる予等はいよいよ, ゐる予防の方法, ゐる事くらゐで, ゐる事ぢや, ゐる事どもをしきりに, ゐる事モイセイカが町, ゐる事一寸でも逢つて, ゐる事丈は事実, ゐる事位の地勢, ゐる事務所にきまつ, ゐる事務所主任粕谷の方, ゐる事子供の未来, ゐる事小頭を初め厭, ゐる事態の底, ゐる事故何とか此人, ゐる事柄自体に最も, ゐる事相の其重, ゐる事等を聞いた, ゐる事自体に対してこんな, ゐる事蹟の少ない, ゐる事遲き者, ゐる事項の内容, ゐる二つ三つの薩摩芋, ゐる二つ重なつたやう, ゐる二の腕の力瘤, ゐる二三人連れの女, ゐる二三十人の生徒, ゐる二三軒では, ゐる二三間先きに, ゐる二人組の一方, ゐる二匹の蠅, ゐる二十の娘, ゐる二十ぐらゐの素朴さうな娘, ゐる二十そこそこの小さな, ゐる二十九年の今日, ゐる二十五の大, ゐる二十圓だけを渡す, ゐる二十年の余, ゐる二名の子, ゐる二大藏書家といはれ, ゐる二天門あたり注連か飾り, ゐる二本差と藥種屋, ゐる二段田さあれ一面, ゐる二知人が趣味, ゐる二科会の幹部, ゐる二種のもの, ゐる二葉亭氏の面影, ゐる二藤部さんのところ, ゐる二親がどんなに, ゐる二道では跛, ゐる二間幅の路, ゐる二階六疊の窓, ゐる二階家に加野, ゐる二階建の別荘, ゐる二頭だての馬車, ゐる云々彼はチヤーム, ゐる云ひたい事のありつ, ゐる五位を連れ, ゐる五六枚のトランプ, ゐる五十くらゐの, ゐる五十三四の小肥り, ゐる五十三篇のほか, ゐる五十二三の眞, ゐる五十位に見える, ゐる五十格好の鬚男, ゐる五名のチンピラ, ゐる五時の汽車, ゐる五月雨われと皷, ゐる五枚の緑, ゐる五百人の患者, ゐる五臓六腑にしみ, ゐる五色の玉, ゐる五郎作即ち永井榮伯, ゐる五郎助と貫六, ゐる五銭玉十銭玉を一個母親, ゐる五高生に同宿, ゐる井上といふの, ゐる井戸端の女, ゐる井田一郎の指揮, ゐる亜麻いろの, ゐる亡き人のさう, ゐる亡命の露人達, ゐる亡父だ, ゐる交渉委員は解決, ゐる交番だ, ゐる交際が譬へば, ゐる京極を下, ゐる京水をし, ゐる京都には二人, ゐる亭主公の忍耐, ゐる人々娯楽と教養, ゐる人たち其もの, ゐる人といへるの, ゐる人びとは佛蘭西, ゐる人ゆゑ其稜威は精霊, ゐる人事でない気の毒さ, ゐる人二三を知つて, ゐる人像柱の破片, ゐる人力車夫にも銀座, ゐる人十五年来の友, ゐる人國記の如き, ゐる人士もある, ゐる人夫が百二三十人, ゐる人夫どもで一ぱいだつた, ゐる人形師仲間の仕業, ゐる人形芝居にはそれ, ゐる人数が減つて, ゐる人望を集めた, ゐる人柄ではありません, ゐる人民の半数, ゐる人物それが若し, ゐる人物人に怨まれる, ゐる人相の悪い, ゐる人等には愈々, ゐる人自身がその, ゐる人通りのない, ゐる人達それらを見, ゐる人達絶望したやう, ゐる人達顏を眞赤, ゐる人間さへが何ん, ゐる人間らしかつた, ゐる人間全体を指摘, ゐる人間的価値と幾分, ゐる人間群であると, ゐる人類が却つて今日, ゐる仁太郎の代り, ゐる仁明天皇の承, ゐる今それはどんなに, ゐる今になつて, ゐる今一つの家, ゐる今云ひ度, ゐる今別に着いた, ゐる今年はいろんな, ゐる今年十四歳の少年, ゐる今度とにかく二十点, ゐる今戸八幡の前, ゐる今日あなた一人だけがなほ立派, ゐる今日それぞれの専門的批評, ゐる今日今迄行衛不明, ゐる今時ランプ祭に出なけれ, ゐる今津の町, ゐる今頃はとうに, ゐるの御, ゐる仏ぢやが, ゐる仏様のす, ゐる仏軍の将士, ゐる仏間で私, ゐる仔山羊の眼, ゐる仔猫かな, ゐる仔細は氣, ゐる仕事服を穿き, ゐる仕事準備中の泥棒, ゐる仕事着も頬かぶり, ゐる他皆揃ったわけ, ゐる仙人の峡, ゐる仙波氏の視線, ゐる助には, ゐる以上おれは進ん, ゐる以上二重に出す, ゐる以上人に向, ゐる以上会ふ機会, ゐる以上会そのものの責任, ゐる以上余計な念, ゐる以上公判廷にのぞむ, ゐる以上向後に回復, ゐる以上噂を否定, ゐる以上女の方, ゐる以上対話といふもの, ゐる以上彼等はその, ゐる以上心の中, ゐる以上月並な気安め, ゐる以上未来劫の後, ゐる以上此の点, ゐる以上物の表裏, ゐる以上社會人の健康, ゐる以上私はそれ, ゐる以上自分の苦労, ゐる以上行はずにすませられる, ゐる以上解剖などといふこと, ゐる以上誰か, ゐる以上貴君はお, ゐる以上過去に於ける, ゐる以上面倒な學問, ゐる以外何処へ行っ, ゐる仮名も書かれ, ゐる仲吉を引つ括つ, ゐる仲居は客, ゐる仲居頭は意地, ゐる仲綱の子, ゐる仲通りの家具屋, ゐる任務の唯一性, ゐる企てはよく, ゐる伊三郎の樣子, ゐる伊予簾や何時, ゐる伊予簾御浜御殿の森, ゐる伊予風土記の逸文, ゐる伊太郎の眼, ゐる伊庭一家の気持, ゐる伊曾の方, ゐる伊東屋でウオタマン, ゐる伊東深水氏の場合, ゐる伊良湖の鼻, ゐる伊藤公の話, ゐる伊藤氏の, ゐる伊豆の醜状, ゐる伊豆半島の根, ゐる伊達者の使, ゐる伐木工場である, ゐる休み茶屋で私, ゐる休息があらう, ゐる休火山の中腹, ゐる休茶屋を見付け, ゐる休養して, ゐる会場風景などをよく, ゐる会社員であつ, ゐる会社員夫妻弥生の親友, ゐるの孫三郎, ゐるを指, ゐる伝承も基く, ゐる伝来の祝詞, ゐる伯林で聊城, ゐる伯母さんのところ, ゐる伯父さんが口入れ, ゐる伯鶴は, ゐる伸し切ると, ゐるの渡し, ゐる位ひであつた, ゐる位ひなら滝は安らか, ゐる位噂を集める, ゐる位天上の分子, ゐる位情實といふやう, ゐる位用のない, ゐる位顔を売つた, ゐる低い暗い雲に, ゐる低地なので, ゐる住職の教, ゐる佐々木は度々, ゐる佐伯の忠実, ゐる佐吉の態度, ゐる佐太郎あるひ, ゐる佐山某のうそ, ゐる佐治のところ, ゐる佐渡人を抽象的, ゐる佐竹を見, ゐる佐藤がその, ゐる佐賀藩が自慢, ゐる体ぢやない, ゐる体温器で勿体, ゐる何かしら名ざしやう, ゐる何と可愛い生き物, ゐる何人の母親, ゐる何処のさ, ゐる何年にも無い, ゐる何度読んでも, ゐる何時迄待った, ゐる何程かの作用, ゐる猶は, ゐる余り苟くもち, ゐる余等にとつて, ゐる余裕さへない, ゐる余韻が形式, ゐる佛寺であるが, ゐる佛軍艦を發見, ゐる作り物は江戸, ゐる作品さへ見受けられる, ゐる作家たちの中, ゐる作家精神の位, ゐる作家達を二, ゐる作戦軍の正面以外, ゐる作業物に当る, ゐる作次の一族, ゐる作男がひとり, ゐる佳人がある, ゐる來世の中, ゐる例証をわたし, ゐる侏人の一群, ゐる係りだつた, ゐる係員のシヤツ一枚, ゐる俊助が冬, ゐる俊和尚は熊本, ゐるにいふ, ゐる俗世の娘, ゐる俗物を書いた, ゐる俗語は俗語中, ゐる俘虜を見, ゐる俚諺だが, ゐる保姆さんの顔, ゐる保守的思想家自身の値踏み, ゐる保護とクロンヴエルスキイ・プロスペクト, ゐる信一には少し, ゐる信仰心を持つ, ゐる信助を認め, ゐる信州の最, ゐる信徒達に彼等, ゐる信念である, ゐる信治さんである, ゐる信用を利用, ゐるが十二三臺, ゐる修一を見つけた, ゐる俳優たちを動かされ, ゐる俳諧修行もまた, ゐる俳諧黨の活動, ゐる俺ひとりだつた, ゐる俺自身が俺, ゐるや鶴井, ゐる倉本といふ給仕, ゐる倉田百三の, ゐる個々の具体的, ゐる個人の心理現象, ゐる個処では妄り, ゐる個性の持ち味, ゐる借り二階へお, ゐる借家の庭, ゐる借金証書を発見, ゐる値打がない, ゐる値段に構はず, ゐる倶楽部へ行き, ゐる偉い医学士が, ゐる偉人といふ意味, ゐる停留場の下, ゐる停留所迄歩い, ゐる側面を単に, ゐる偽りの去勢動物, ゐる傍ら万葉振りの歌, ゐる傍ら株券の売買, ゐる傍流的なもの, ゐる傍聴席の声, ゐる傍若無人でブン, ゐるは田植, ゐる備前沖の直島, ゐる傲岸な眼, ゐる傲慢な十個, ゐる傴僂男を見る, ゐる傷痕は, ゐる傾斜のゆるい, ゐる働きぶりを見かける, ゐる働蜂よりは少し, ゐる僕らがやはり, ゐる僕唯一のオシャレ, ゐる僕達の祖先, ゐる僚船を呼びとめ, ゐる僞善者が阿諛的, ゐる僧等の飯, ゐる僧院に入, ゐる僭上らしい家, ゐる價値も單, ゐる儀式の次第書き, ゐる儀式通りに膝, ゐる儀来河内も其例, ゐる儒教の方, ゐる儒者に鈴木一郎, ゐる優しい細い眼の, ゐる優美そのものともいふべき, ゐる元気な壮丁, ゐる元気回復何でもやつ, ゐる元素として正体, ゐる兄下総の邸, ゐる兄哥に磔柱, ゐる兄妹達もやはり, ゐるを湛, ゐる先づ思切ツて背, ゐる先代のやう, ゐる先入主があつ, ゐる先妻の娘, ゐる先島の八重山, ゐる先生夢を覚まし, ゐる先生達は皆, ゐる先輩同輩を通じて私, ゐる先輩山本で増田, ゐる先達たちの面影, ゐる先頭魚となつ, ゐる光つてまたたいて, ゐる光子さんが私, ゐる光希望直線暗黒宿命ぐるぐるまひ, ゐる光景たるやたしか, ゐる光澤はいつも, ゐる光線は見えない, ゐるであつ, ゐる児島氏は奥, ゐる児玉一造氏がまだ, ゐる児童に過ぎなかつた, ゐる児童たちに向, ゐる児童劇童話劇といふもの, ゐる児童教育者でさ, ゐる児童達がさ, ゐるの領袖, ゐる全員が一応もれなく, ゐる兩手を引き退ける, ゐる兩本願寺の人々, ゐる兩眼はおそらくは, ゐる八ツ手も咲い, ゐる八五郎親分と話, ゐる八十以上の老人, ゐる八卦屋だね, ゐる八幡といふ男, ゐる八幡神の信仰, ゐる八幡神社の松林, ゐる八月の夜空, ゐる八百屋には蕗の薹, ゐる八百屋さんは, ゐる八百屋市左衞門にも亦, ゐる八稜鏡とか八花鏡, ゐる八重といふ娘, ゐる公儀御時計師廣田利右衞門, ゐる公学堂の一つ, ゐる公式はマルクス主義, ゐるといふ乞食, ゐる六つの鍵, ゐる六ヶ敷い仕事, ゐる六七軒の家, ゐる六万の平軍, ゐる六助と勘次, ゐる六十の年寄, ゐる六十あまりの老人, ゐる六尺幅の路地, ゐる六枚の続き, ゐる六歳の弟, ゐる六藏といふ金貸し, ゐる六角塔が無, ゐる共和国の一片, ゐる共愛病院と云, ゐる兵士等と同じ, ゐる兵太だが, ゐる兵庫西出町の柴屋長太夫, ゐる兵法の奧義, ゐる兵科の自慢, ゐる兵野はいとも, ゐる兵隊達がそれ, ゐる其他の絵, ゐる其太一であるかも, ゐる其巨巖に架つて, ゐる其廣告文の中, ゐる其手前には丘陵, ゐる其時の印象, ゐる其時世装の上, ゐる其曲り角の處, ゐる其等の山巒, ゐる其間に層塔, ゐる其間丈の嬉し, ゐる具足に向, ゐる兼吉さんから委細, ゐる内何処だか, ゐる内務省はなぜ, ゐる内氣らしい眼, ゐる内田を訪ね, ゐる内田博士は風呂, ゐる内界とよく, ゐる内裏の局, ゐる円るい芝生のところ, ゐる円卓子を取り囲んだ, ゐる円屋根のやう, ゐる円筒の方眼紙, ゐる円筒状の黒い, ゐる円通寺再興といふ岩戸山巌吼庵, ゐる円馬の足の黒足袋, ゐる冊子であるため, ゐる写実的方法での弱点, ゐる写真屋が云, ゐる写真版が載, ゐる冨子の妹, ゐる冬子の様子, ゐる冬山のかさ, ゐる冬日かな, ゐる冬日中畳の目, ゐる冬期の作業場, ゐる冬木が幾分, ゐる冷え冷えとして気持, ゐる冷たいふとんに, ゐる冷酷な潜在意識, ゐる冷飯草履が丁寧, ゐる艶なす, ゐる凄い沈黙から, ゐる凄惨な姿, ゐる准訓導の今井多吉, ゐる凜然たる肖像, ゐる凝然たる視線, ゐる几帳の方, ゐるゆる罪, ゐる凡そ所有ゆる, ゐる凡人の立脚地, ゐる凡夫の通念, ゐる凡庸人とのあ, ゐる処丈雨垂がぴか, ゐる処刑は決して, ゐる処女らしい含羞性, ゐる処女地を開拓, ゐるを見あげ, ゐる出し物が案外, ゐる出世しない, ゐる出島の寺, ゐる出張所の構内, ゐる出戻りのお, ゐる出来事を前, ゐる出版の校正, ゐる出版書肆の狭い, ゐる出版業者も幾人, ゐる出羽嶽わが家にチャンポン食, ゐる出雲崎と言ふところ, ゐる出鼻のところ, ゐる出齒庖丁を亭主, ゐるが恐, ゐる刄物で人, ゐる分限者ぢやない, ゐる切なさに, ゐる切れの長い, ゐる切支丹の信仰, ゐる切支丹宗徒達それをほじくり出し, ゐる切符を貸せ, ゐる刈田や枯草, ゐる刈萱が車窓, ゐる刈髯の男, ゐる刑事だなと, ゐる刑場に近づく, ゐるに向, ゐる初年兵たちを物色, ゐる初老の男, ゐるの中, ゐる判事の感情, ゐる別様の生活, ゐる別荘の傍, ゐる利休の眼, ゐる利巧な奴, ゐる利息の分, ゐる利根川の上, ゐる利根川べりの一船着場, ゐる制作刺戟を唯一, ゐる刹那は渠, ゐる刹那刹那がすべて, ゐる刹那如幻の生, ゐる剃刀を葛西氏, ゐる前任西町奉行矢部駿河守定謙, ゐる前側の鉄棒, ゐる前半の方, ゐる前年の義, ゐる前田氏の作品, ゐる前田純次の仕事, ゐる前田荻邨氏の波, ゐる前記の榮, ゐるぼこの, ゐる副詞やら訣ら, ゐる割りに見られ, ゐる割れ目があ, ゐる創立者や常任理事, ゐる劇的の脚色, ゐる劇芸術家が俳優, ゐるは甚, ゐる劍持だけであつ, ゐる力士を空想, ゐる力子が歸, ゐる力點乃ちアクセントは變, ゐる功臣の群裔, ゐるへ算, ゐる加奈陀出身の青年将校, ゐる加工のあと, ゐる加茂が煽動, ゐる加茂川べりに火刑, ゐる加藤豊治郎博士が倫敦, ゐる加集がこれ, ゐる助手かなにか, ゐる助教授の耳許, ゐる労働服や山刀, ゐる労働馬を並べ, ゐるが御, ゐる勃凸と, ゐる勇ましい形を, ゐる勇吉といふ若い, ゐる勇將達に勳章, ゐる勇敢な娘達, ゐる勉助やら女房, ゐる動作に存する, ゐる動物扱ひに, ゐる動物達の番人, ゐる勝負の腰, ゐる勞働階級の利害關係, ゐるひを, ゐる勢ひで遠藤が若い, ゐる匂ひだな世の中, ゐる化物位ではやれる, ゐるのこと, ゐる北アルプスが望まれる, ゐる北上川の渡, ゐる北井伊都子は浜甲子園, ゐる北佐渡の山, ゐる北側の町家, ゐる北冥といふの, ゐる北原さんのま, ゐる北國街道が小さな, ゐる北山公園の一部, ゐる北山習之進といふ浪人, ゐる北山静枝といふ美しい, ゐる北川浅二, ゐる北川民治氏の, ゐる北海道メールに掲載, ゐる北畠治房男の狂人, ゐる北畠男爵などはその, ゐる北隣の口達者, ゐる医学士を見, ゐる医学知識をノート, ゐる医師としての職業, ゐる十あまりの死体, ゐる十一時間半十五度小便をした, ゐる十五六人が野良, ゐる十五六位の少女, ゐる十五分の時間はその, ゐる十五分間を利用, ゐる十八の娘, ゐる十八九の田舍娘, ゐる十八才のミツキイ, ゐる十六七の古寺, ゐる十六日の夜, ゐる十六足踊大佐渡が本家, ゐる十分間の長い, ゐる十四人は詞, ゐる十太夫は心底, ゐる十幾人の妓, ゐる十幾億といふお, ゐる十時前に宿, ゐる十株の木, ゐる十畳間の蚊帳, ゐる十羽二十羽三十羽まさか風, ゐる十萬に近い, ゐる十郎の顔, ゐる十風の眼, ゐるの助, ゐる千々岩灘が一眼, ゐる千あまりの病人, ゐる千二百萬のブルジユワ, ゐる千五百石取の, ゐる千代子を納得, ゐる千代松とは互, ゐる千兩箱を一つ, ゐる千円を送つ, ゐる千差万別の奇遇, ゐる千年の歳月, ゐる千曲川の河原, ゐる千本金之丞, ゐる千葉生れの十三, ゐる午下りの景色, ゐる午前三時の若松停車場, ゐる午前五時昨夜の草鞋, ゐる午後であつ, ゐる午後一度来たといふ, ゐる午後三時過ぎ懶さ, ゐる半ば仰向いた金花, ゐる半ば頃から今, ゐる半分の方, ゐる半島の突鼻, ゐる半間の床の間, ゐる半面になかなか, ゐる卑しいものや, ゐる卑怯者はそこら, ゐる卑怯者劣敗者の心, ゐる卒都婆がどれ, ゐるのところ, ゐる協同組合の倉庫, ゐる南仏プロヴァンスの地方色, ゐる南佐渡の山, ゐる南口に十三, ゐる南向きの二階, ゐる南寮の傍, ゐる南洋へ帰つて, ゐる南洋貿易會社からの頼み, ゐる南画の危機, ゐる南禺のところ, ゐる南谿氏の事, ゐる単純な音響, ゐる単調な波動, ゐる博勞を此頃馬, ゐる博士小西重直氏は鴨河, ゐる博大な善良, ゐる卜新氏はとう, ゐる卜筮法の傳來, ゐる占ひとの本, ゐる卯女子を見やり, ゐるとも胃, ゐる印刷の契約書, ゐる印半纏の男, ゐる印度に歸つて, ゐる印税と大差, ゐるふげ, ゐる危惧のやう, ゐる刃物に, ゐる即ち女房と, ゐる厄介な男, ゐる厚母喬彦であつ, ゐるに出る, ゐる原動力は農民, ゐる原始力の純粋, ゐる原始林といふ詩集, ゐる原田の主人, ゐる原田皐月さんのお, ゐる原稿料のうち, ゐる原音之は学問, ゐるな冷酷, ゐる厭世的な無, ゐる厳しさを, ゐる参観の教師達, ゐる参道の杉並木, ゐる友だちと爭ひご, ゐる友人たちが一人, ゐる友人連はあいつ, ゐる友人達が中心, ゐる友切丸は, ゐる友吉爺やは洟水, ゐる友情の中, ゐる友翁の子, ゐる友達といつては近所, ゐる友達等は浜田, ゐる進歩性が, ゐる反対の側, ゐる叔母さんとイワン, ゐる取入れ方或は取り入れた, ゐる取締を強化, ゐる受話機を耳, ゐる受負師川崎藤五郎といふの, ゐる受驗生もある, ゐる口入師の岡本, ゐる口笛の音, ゐる口繩坂の石段, ゐる口腔からは銀色, ゐる口許火のやう, ゐる口語とを二つ, ゐる古い大きい柿の, ゐる古事記といふもの, ゐる古人の句, ゐる古代の姿, ゐる古代ノルウェイ語の辭典, ゐる古代国語とつきあはせ, ゐる古代城郭の址, ゐる古型のもの, ゐる古墳積石塚などとどう, ゐる古書を取扱, ゐる古格の言語表情, ゐる古水をかひ出さなけれ, ゐる古色蒼然として無量, ゐる古道具商の街区, ゐる叩きに踏ん張つ, ゐる只一人の親戚, ゐる叫声であつ, ゐる可哀想な娘, ゐる可愛らしくも清らか, ゐる台所口から, ゐる台湾だけであらう, ゐる台湾人の電工たち, ゐる台石の亀, ゐる史實を根據, ゐる史生見たいなもの, ゐる右手の横, ゐる右掌の指, ゐる右足の白い, ゐる各人はその, ゐる各種の観念, ゐる合羽の後姿, ゐる合衆国の立場, ゐる合資会社へ這入つた, ゐる吉さんだから, ゐる吉本の如く, ゐる吉田の大池, ゐる吉田仁磨と云, ゐる吉田傳次郎氏の一座, ゐる吉祥天女の絵像, ゐる吉良上野介みたいな顏, ゐる吉野こそ今なほ日本一, ゐる同じく束帶の, ゐる同仁会の診療班長, ゐる同伴者にまでも斯ん, ゐる同国人が拵, ゐる同士の例, ゐる同居人を尻目, ゐる同志上村と戀愛關係, ゐる同情すべきもの, ゐる同時に彼にも, ゐる同業札差の株, ゐる同種の得意, ゐる同窓だが, ゐる名ばかりの青柳, ゐる名代の惡者, ゐる名前に關心, ゐる名勝區である, ゐる名古屋へ行き, ゐる名流諸芸人たち, ゐる名馬でした, ゐる吐月峰の, ゐる向うに深い深い, ゐる向う端の部屋, ゐる向井清吉と云, ゐる向島へ寄り, ゐる向方側でしたから, ゐる君子もなく, ゐる吝嗇さ加減を見れ, ゐる否応なく, ゐる吸ひさしの煙草, ゐる吾妻屋金右衞門が昨夜誰, ゐる吾家の同人, ゐる呉服商へひと, ゐる周一は両, ゐる呪法の起原, ゐる呪詞の存在, ゐる和助が江戸, ゐる和尚のところ, ゐる和尚さんの聲, ゐる和文の活字, ゐる和歌の數首, ゐる和田から手紙, ゐる和田三造畫伯に私, ゐる和田君は泣い, ゐる和知川が西, ゐるもあつ, ゐるは僕, ゐる哀しいそのころ, ゐる哀傷の夢, ゐる哀愁感は充分, ゐる品吉は平次, ゐる品格の灯, ゐる哈爾賓での事, ゐる哲学的の思索, ゐる哲郎の手元, ゐるをみる, ゐる唐人髷の娘, ゐる唐船の巨大, ゐる唖娘の緋牡丹, ゐる唯ひとつの夢, ゐる唯一つのもの, ゐる唯物史觀の理論, ゐるのあと, ゐる唱歌者の通り, ゐる唱門師がさうである, ゐるの白く, ゐる啄木は私, ゐる賣人, ゐる商人風の人, ゐる商品のいろいろ, ゐる商売人で無ければ, ゐる商店の間, ゐる商店街の夜ふけ, ゐる商業補習学校で一夜人手, ゐるに劉, ゐる問屋町の日本橋區内, ゐる啓蒙的意義は大きい, ゐる善良なある種, ゐる喉口やよれよれ, ゐる喜劇人ばかり集まらう, ゐる喜太郎にし, ゐる喧嘩者の拳骨, ゐる喫茶店に寄つた, ゐる單衣の袂, ゐる営利主義はあらゆる, ゐる嗣二にか, ゐる嘉ッコの兄さん, ゐる嘉七と春松, ゐる嘉兵衞に對, ゐる嘉十の白い, ゐる嘉納氏は, ゐるの中, ゐる嘲笑憤怒輕蔑憎惡, ゐるを聞い, ゐるによつて, ゐる器具類はどんな, ゐる器械人形のやう, ゐる器物もある, ゐる噫たそがれ刻の霧, ゐる噫吁戯危キ乎高キ哉, ゐる噴水のやう, ゐる噴泉を守つて, ゐるの世界, ゐる噺家でも日掛け, ゐるたばね上り場, ゐる四つ手ぢやねえ, ゐる四ツ角の安全地帶, ゐる四ツ辻へ, ゐる四五本の銀杏樹, ゐる四五歳の男の子, ゐる四五軒の店屋, ゐる四十がらみのスーツ, ゐる四十くらゐの, ゐる四十人ばかりの子供たち, ゐる四十余万平方キロの土地, ゐる四十四五の近代母性型, ゐる四十女でした, ゐる四十年輩の浪人者, ゐる四十男の治八郎, ゐる四号室の情婦, ゐる四圍の地, ゐる四字に釘付け, ゐる四文錢を勘定, ゐる四月の陽気, ゐる四月半にもうめ, ゐる四枚の中, ゐる四疊半の神棚, ゐる四百字詰の原稿用紙, ゐる四貫島の方, ゐる四辻に出る, ゐる回転灯を眺め, ゐる因果の認識, ゐる団体がある, ゐる団体人の意, ゐる団体展覧会が何時, ゐる団子屋の頓馬, ゐる困難を十分, ゐる囲みを破つ, ゐる囲爐裏の火, ゐる図案ですべて, ゐる図案的のおもしろ, ゐる固有の美術, ゐる国中の古い, ゐる国光家と姻戚関係, ゐる国内の戦力増強, ゐる国号の文字, ゐる国土を海, ゐる国境性を完全, ゐる国家が何故, ゐる国家社会主義はあれ, ゐる国木田独歩の恋愛事件, ゐる国民党が鈍刀揃, ゐる国民運動なるもの, ゐる国策に反する, ゐる国芳腐心の構図, ゐる国際的な生活, ゐる国頭郡の山中, ゐる国香の家, ゐる國土は神土, ゐる國家權力がある, ゐる國松は時々, ゐる國民だから, ゐる圏線の中心点, ゐる圓三郎が目の敵, ゐる圓盤の上, ゐる圓筒状の黒い, ゐる圖ぢや, ゐる土人たちが騒ぎたち, ゐる土佐守がこんな, ゐる土居通夫氏が平素滋養, ゐる土工があつ, ゐる土手越しに一面, ゐる土方が帰つて, ゐる土木の技師, ゐる土牛の色感, ゐる土神で一人, ゐる土細工の鳩笛, ゐる土肥温泉です, ゐる土蔵造りの店, ゐる土間の方, ゐる圧しつぶされたばかりの, ゐる在野のデモクラツト, ゐる圭子の後ろへま, ゐる地くらゐ明, ゐる地上楽園はさ, ゐる地下室へ案内, ゐる地域つまり対岸, ゐる地層の深, ゐる地方人が稀, ゐる地方切つての富豪, ゐる地方文化をもう一度, ゐる地方版の一つ, ゐる地方社会に於, ゐる地梨の紅い, ゐる地理の教師, ゐる地盤そのものを再, ゐる地誌類の中, ゐる地階の竹葉, ゐる地震動の主要部, ゐるのある, ゐる坂口安吾君は数年前, ゐる坂本さんといふ女, ゐる坂本氏の作家的, ゐる坂本鉉之助を上屋敷, ゐるの娘, ゐる坊ちやんのいた, ゐる坊ちやんの手先, ゐる坊主頭竹の手桶, ゐる坊野寿山子の吟詠, ゐる坪田勝氏は若い, ゐるを見出さなけれ, ゐるりを, ゐる埃まみれのカアテン, ゐる城壁が固く, ゐる城彈三郎と知れました, ゐる城持ちの貴婦人, ゐる執達吏村長のノラ息子, ゐる基本の原則, ゐる基督の名, ゐる基礎である, ゐるの中, ゐる堀内隊長の華々しい, ゐる堀割は此, ゐる堀口と伴, ゐる堀口等の表情, ゐる堀氏を思ふ, ゐる堀江又五郎は, ゐる堀田が, ゐる堀田ラフトを掻き抱いた, ゐる堂助の方, ゐる堂塔の形, ゐる堂本の様子, ゐるさが, ゐる堅山南風氏が自然観照, ゐる堅牢な石垣, ゐる堅雪のうへで童子ども, ゐる報道や知識, ゐるがどうやら, ゐる場合さへあつ, ゐる場合それは必ずしも, ゐる場合それ等のこと, ゐる場合ぢやあ無いぞ, ゐる場合われわれの如き, ゐる場合一つ先に止める, ゐる場合以外の自分, ゐる場合君は日本, ゐる場合幸福の要求, ゐる場合私の全, ゐる場合等に比喩的, ゐる場合表現そのものが文学, ゐる場合觀念の對象, ゐる場景を想像, ゐる場末らしい町筋, ゐるの医者連, ゐるを越える, ゐるの幾枚, ゐる塔ヶ島の蔭, ゐる塔婆を引つこ, ゐる塚原さんだけはたしかに, ゐる塚田が気の毒, ゐる塚越は何處, ゐる塞外の地, ゐるの総量, ゐる塩梅だらう, ゐる塩町行の電車, ゐる塲合に張魯, ゐる塵埃を振つ, ゐる塵芥になツ, ゐる塹壕の中, ゐる境内を探した, ゐる境遇とに於, ゐる増田の後ろ姿, ゐる墨痕に, ゐる墨色の美し, ゐる壁板をぶち抜い, ゐる壓迫搾取の形, ゐる壜型の私, ゐる士人連が昔, ゐる壮士だと, ゐる壮年の身, ゐる壮麗な朝, ゐる声楽家です, ゐる壱岐の島人, ゐる壺飾りを歎賞, ゐるな沓, ゐる変名であつ, ゐる変屈な若い, ゐる変貌の後, ゐる夏子に對, ゐる夏川は裸, ゐる夏空を見上げ, ゐる夏草だつた, ゐる夏草の根が容易, ゐる夏蜜柑は酸, ゐる夕ぐれのこと, ゐる夕方私の名, ゐる夕映の空, ゐる夕暮の歌, ゐる夕暮れ美しい都, ゐる夕暮時に近い, ゐる夕月が出た, ゐる夕焼がいつ, ゐる夕立も一向に, ゐる夕闇の校庭, ゐる夕陽の中, ゐる外丹の法, ゐる外人墓地への方向, ゐる外何もない, ゐる外国人たちの中, ゐる外国語と言, ゐる外國船の形, ゐる外天地の生じたる, ゐる外来産などどんな, ゐる外構へはいかにも, ゐる外池のま, ゐる外的條件はそれ程, ゐる外目ざはりはないので朝の日光, ゐる外着物に取, ゐる外科の出張所, ゐる外集中に併せ収め, ゐる多々桜君に, ゐる多喜子のこと, ゐる多彩な心, ゐる多数の召使, ゐる多数者は常に, ゐる多田と入院患者, ゐる多田君は取りつく, ゐる夜々を經驗, ゐる夜の目には何, ゐる夜中に姉, ゐる夜半四時迄けいこ, ゐる夜店のバナナ屋, ゐる夜神楽坂署の刑事, ゐる夜空の方, ゐる夜這ひ村人達, ゐる夢中句作すること, ゐる夢心地に襲, ゐるだしい電気, ゐる夥しい人の, ゐる大きなどぶ, ゐる大二郎と閑吉, ゐる大人しさう, ゐる大仏殿がもと, ゐる大伴氏の祖先, ゐる大作の意表, ゐる大倉岳はこの, ゐる大倭宮廷の発祥時, ゐる大千世界を見つめる, ゐる大半は革命的, ゐる大原はそんな, ゐる大原野祭りで見る, ゐる大友瀬左衞門に刄向, ゐる大和の安倍村, ゐる大和北葛城郡の傍丘, ゐる大和言葉と言, ゐる大型の私, ゐる大塩に関した, ゐる大変に美しい, ゐる大学の構内, ゐる大宅氏の誤謬, ゐる大将だと, ゐる大屋の醫者, ゐる大岩の穴, ゐる大島の不断着, ゐる大工さんに訊い, ゐる大手飛車といふ匿名, ゐる大日向教と云, ゐる大村西崖が美術界切つて, ゐる大束髮を手拭, ゐる大柄な裸, ゐる大根の曲線, ゐる大根一本ぬいて, ゐる大根畑だと, ゐる大棟もこの, ゐる大森の室生さん, ゐる大槻如電氏なども実際, ゐる大気の中, ゐる大沢部落の方, ゐる大澤傳右衞門の娘, ゐる大田を引きずり出した, ゐる大石がある, ゐる大砲のやう, ゐる大磯の町, ゐる大竹藪もよく, ゐる大箱の傍, ゐる大胆と率直, ゐる大臣閣下の肖像, ゐる大蔵謙甫と同人, ゐる大西以外はまだ, ゐる大谷がやつ, ゐる大通りで生徒たち, ゐる大連の, ゐる大道を南, ゐる大道競売屋あれだよ, ゐる大野のそば, ゐる大釜をブチ, ゐる大隊の隊長, ゐる大鷲は裏籔, ゐる大黒様のいひつけです, ゐる天下の読者, ゐる天井をぼんやり, ゐる天体音楽といふこと, ゐる天使でさ, ゐる天使たちを眺め, ゐる天分をこ, ゐる天子では無い, ゐる天尊を尊ん, ゐる天幕の近所, ゐる天幕店でそこ, ゐる天氣のいい, ゐる天満橋を避け, ゐる天滿與力の何某, ゐる天狗なの, ゐる天王寺のあたり, ゐる天空があつ, ゐる天草の家船, ゐる天麩羅やもある, ゐる天龍峽の深い, ゐる太つた奥さんに訊い, ゐる太刀も頗る, ゐる太十の笑, ゐる太吉に俺, ゐる太平の姿, ゐる太平無事の平次, ゐる太洋の上, ゐる太田川がこの, ゐる太白星である, ゐる太郎兵衞が女房, ゐる太郎山はもう, ゐる太鼓手はいつか自分, ゐる夫君に笑, ゐる夫妻を助けよう, ゐる夫新三郎を搖, ゐる失業者にたいするの, ゐる奇体なワラヒ声, ゐる奇妙な効果, ゐる奇妙さについて杉村, ゐる奇怪な書物, ゐる奇術倶樂部に正式, ゐる奇観を呈し, ゐる奇跡と同じ, ゐる奈良島に私たち, ゐる奉公人の私共, ゐる奉公人達のところ, ゐる奉天以北の蒙, ゐる奔放な野心的, ゐる奥さまつて清潔で綺麗, ゐる奥地から一条, ゐる奥居町子が静, ゐる奥州も平定, ゐる奥州風波高く海運不便, ゐる奥様に或, ゐる奧多摩の峽谷, ゐる奧山半僧坊, ゐる奧樣に或, ゐる女それきりであつ, ゐる女たち同性に眼, ゐる女ぢやない, ゐる女つて冷たくて, ゐる女どもが若く, ゐる女のもあつ, ゐる女の子たちは支那, ゐる女の子達の方, ゐる女三の宮, ゐる女中さんに田舍, ゐる女主人の姿, ゐる女主人公になつて, ゐる女乞食にドルフ, ゐる女二人成功綜合力がある, ゐる女人は僕, ゐる女伝道師とが落合つた事, ゐる女優であること, ゐる女優あてに手紙, ゐる女優二人の間, ゐる女同志で自分, ゐる女子供の群, ゐる女學校を卒業, ゐる女學生を呆, ゐる女學生達の面前, ゐる女客が大分, ゐる女将の腹, ゐる女工たちの姿, ゐる女巾着切のお, ゐる女店員の心, ゐる女性像があつ, ゐる女房たちが寒い, ゐる女房ユリアが出, ゐる女房女官など, ゐる女房子供の目, ゐる女房童たちをどの, ゐる女房達が隠見, ゐる女検事から, ゐる女流情痴作家がゐる, ゐる女王蜂の知慧, ゐる女生徒たちに評判, ゐる女着物を泥棒, ゐる女給仕が殊に, ゐる女義太夫ねえ, ゐる女衒の方, ゐる女飴玉か何, ゐる奴ぢやない, ゐる好きな絵, ゐる好みだと, ゐる好事家でしかも, ゐる好奇心が募つ, ゐる如何なる素振りも, ゐる如何にも身柄の, ゐる如来像それはもう, ゐる如露を見つけた, ゐる妄言である, ゐる妙子のおも, ゐる妹たちをちら, ゐる妻君に, ゐる妻戸の外, ゐる姉さんがまだ, ゐる姉婿とがあつ, ゐる始業の鐘, ゐるなの, ゐる姫樣の繪, ゐる姿丈が記憶, ゐる姿木賃宿で煎餅蒲団, ゐる姿羊牧はゆきずり, ゐる姿裏は, ゐる娑婆界である, ゐる娘共には勿論, ゐる娘手品師のお, ゐる娘等馬車の窓, ゐる娼家の娘, ゐる婆アさんと同, ゐる婉麗な乙姫, ゐる婚期孤児になつた私, ゐる婦人クラブに寄つてコーヒー, ゐる婦人共有制の代り, ゐる婦人団体の役員仲間, ゐる子供相手が面倒, ゐる子供等相手に斯, ゐる子供等蟹のやう, ゐる子供紙のやう, ゐる子供達里から歸つて來, ゐる子分のお, ゐる子守がいつた, ゐる子守共がよつて, ゐる子安貝一つといふの, ゐる子略は百川學海, ゐる子等が, ゐる子達はあの, ゐる孔雀草の花, ゐる存外生長しない, ゐる孤ぼつちで, ゐる学問の習慣, ゐる学問上の迷信, ゐる学校音楽といふもの, ゐる学生姿の男, ゐる学科については辞書, ゐる学芸会場であつ, ゐる学術を真に, ゐる孫四郎さへも自分, ゐる孫達がお, ゐる學生さんたちのキャムプ, ゐる學生等には嫌, ゐる宇宙すべての瞬間, ゐる宇宙観の大き, ゐる宇津には決して, ゐる安らかな死顔, ゐる安並が杉枝, ゐる安兵衞の新妻, ゐる安宅式の鈍重感, ゐる安定の主要, ゐる安心が甚だ, ゐる安楽椅子の蒲団, ゐる完全に平等, ゐる完成品です, ゐるが驟雨, ゐる宏壮な病院, ゐる宗三郎が呼ばれた, ゐる宗教儀礼を宣布, ゐる宗教心の深い, ゐる宗教思想なりは決して, ゐる宗教的な性質, ゐる宗教的感情といふの, ゐる官人のやう, ゐる官制や諸, ゐる官庁や団体, ゐる官用文書の語意, ゐる官署を訪ね, ゐる官能を激しく, ゐる連と, ゐる定家假名遣と, ゐる宛名が寄贈, ゐる宜しさである, ゐる宝石が霰, ゐる宝蔵のやう, ゐる実に立派な, ゐる実は堕胎病室であり, ゐる実例であります, ゐる実川延宝と千松, ゐる実川延若にこの, ゐる実業家は好き, ゐる実状に鑑み, ゐる実際に彼, ゐる客たちが退屈, ゐる客人を見, ゐる客堂の方, ゐる客気の人, ゐる客達があつ, ゐる宣伝方法は適当, ゐる宣命及び其前型, ゐる宣教師諸君には頭, ゐる室生犀生さんが贈つた, ゐる宮城野の村, ゐる宮川権左ヱ門氏の提案, ゐる宮広は, ゐる宮本武藏を觀, ゐる宮沢か, ゐる宵の口であつ, ゐる家ぢやない, ゐる家中の者, ゐる家九官鳥を飼つて, ゐる家具類や繪, ゐる家壁隣りの, ゐる家家の屋根, ゐる家庭的情味に餓え, ゐる家持の為事, ゐる家数であるから, ゐる家族たちがそれぞれ, ゐる家族生活の風習, ゐる家族連の客, ゐる家来たちは殿様, ゐる家来共のため, ゐる家正面の入口, ゐる家母親のお, ゐる家猫がぞろ, ゐる家禽のこゑ, ゐる家筋では大晦日, ゐる家路を急ぐ, ゐる家鴨さわがしい宿, ゐるが浮ん, ゐる容貌魁梧な紳士, ゐる宿命みたいなもの, ゐる宿場町だが, ゐる宿料が一週間, ゐる宿院の二階, ゐる宿題は唯, ゐるとした, ゐる寂寥の境, ゐる寄合ひ事, ゐる寄宿舍に李堂, ゐる寄生蟲であるから, ゐる寅松では, ゐる密輸入のアメリカ版, ゐる密雲に閉ざされた, ゐる富士見越の路, ゐる富本憲吉氏が, ゐる富裕な商人, ゐる富豪にとつ, ゐる寒々とした, ゐる寒山拾得が文殊, ゐる寒村の人々, ゐる寒水石の階段, ゐる寛濶な風俗, ゐる寝巻き, ゐる寝衣姿の紳士, ゐる寡婦の妹, ゐる寢床へは何となく, ゐる寢臺の上, ゐる實例なので, ゐる實感の強, ゐる實證の一つ, ゐる寫眞屋にはいつ, ゐると生命, ゐる寶藏岳の木々, ゐる寺寺の境内, ゐる寺尾といふ同窓, ゐる寺院の肖像畫, ゐる対岸を尻眼, ゐる対照にタルホ・イナガキ, ゐる対象に向, ゐる寿司皿の寿司, ゐる寿旅館へ, ゐる寿枝の姿, ゐる専任神職とも言, ゐる専門家よりもその, ゐる将校なるもの, ゐる将棋を見, ゐる將軍吉本の愛孃美彌子, ゐる專任教諭が, ゐる尊大な人間, ゐる對屋ははつきり, ゐる對岸を見くらべ, ゐる小さい低い赤と, ゐる小さい優しい手は, ゐる小ざかしさを, ゐる小人の心持, ゐる小作農の一家族, ゐる小利口さ馬鹿さで憎むべき, ゐる小半時大原なれば, ゐる小唄で眼, ゐる小型の機械, ゐる小女のお玉, ゐる小姑と国民学校四年生, ゐる小山男爵の顔, ゐる小川町邊が戀, ゐる小布施の人並以上, ゐる小心な人物, ゐる小料理屋へ這入つ, ゐる小林彌右衞門, ゐる小林氏は電車, ゐる小林秀雄の方, ゐる小林習之進にはそんな, ゐる小柄な色, ゐる小樽の両手, ゐる小橋の一つ, ゐる小母さんの右手, ゐる小泊の港, ゐる小波のやう, ゐる小流がさ, ゐる小父さんに三分, ゐる小生意気な薬局生, ゐる小生銀座で友達, ゐる小男がグツ, ゐる小町のさ, ゐる小皺のやう, ゐる小石川の小説家田島秋夢, ゐる小禽を仰ぐ, ゐる小箱を持つ, ゐる小舎があつ, ゐる小船の上, ゐる小菅劍之助老八段, ゐる小菊ではなから, ゐる小袖を見つけた, ゐる小西の旧臣益田甚兵希, ゐる小説家芥川龍之介氏で受信人, ゐる小説戯曲でも恋愛, ゐる小説的伝記の主人公, ゐる小諸文化春秋会といふ標札, ゐる小谷と徳次, ゐる小遣ひを, ゐる小遣銭では足りない, ゐる小間使の一人, ゐる小隊長の大島少尉さ, ゐる小雨さへふりだした, ゐる小鼻のあたり, ゐる少くとも此二筋, ゐる少し廣い, ゐる少なからぬ匿, ゐる少女時代の記念品, ゐる少女達の上, ゐる少年たちの何事, ゐる少年ウオター・ロレイの絵, ゐる少年組は電車, ゐる少年臨海団といふ一つ, ゐる少年達の表情, ゐる尚書は明白, ゐる就中呑気者らしい一人, ゐるっぱねかな, ゐる尼君となつ, ゐる尾崎紅葉に用事, ゐる尾根の右側, ゐる尿の量, ゐる尿意が蜂の巣, ゐる屁理窟のやう, ゐる居住証明書ですぐ, ゐる居候上がりの彌, ゐる屈托のない, ゐる屋上の白日, ゐる屋久島さへも見よう, ゐる屋井のとこ, ゐる屋形船に詰め込んだ, ゐる屍体を, ゐる屏風を見出し, ゐる屑屋の家内, ゐる展觀ではない, ゐる山々地上の富, ゐる山ずみの静, ゐる山下がゐた, ゐる山中藤右衞門と云, ゐる山元春挙氏が石集め, ゐる山国の部落, ゐる山奥の温泉宿, ゐる山奧から牛, ゐる山容にも山色, ゐる山峰である, ゐる山崎の言葉, ゐる山嶺を仰ぐ, ゐる山巒が安曇川流域, ゐる山形は善行証, ゐる山形生れの, ゐる山彦の精, ゐる山手柿といつ, ゐる山本山正味百二十匁入りのブリキ, ゐる山桜は散, ゐる山椒魚がゐる, ゐる山櫨を観賞, ゐる山気それを胸, ゐる山海丸に乗つ, ゐる山火事警戒の赤い, ゐる山王山附近であるもとよりこれぞ, ゐる山田耕作氏には目, ゐる山畠を越し, ゐる山百合の奴, ゐる山県勇三郎氏が社主, ゐる山笑ふは, ゐる山羊髯の執達吏, ゐる山腹の下方, ゐる山葡萄を採り, ゐる山襞沢渓間の間, ゐる山谷通りの親爺, ゐる山賊を見たひ, ゐる山頭火よと自, ゐる山鳥が突然, ゐる山鳩の心, ゐる山麓の村里, ゐる屹度私は何時, ゐる屹度臍なんか無い, ゐる岐阜提灯もありあり, ゐる岡田良造の今, ゐる岡野栄氏がある, ゐる岩ぐるみ今太郎君を載せる, ゐる岩塊を検査, ゐる岩壁も上半部, ゐる岩礁の中, ゐる岩端に向き, ゐる峡谷が大きく, ゐるを言, ゐる峰巒の相, ゐる島台はあまり, ゐる島村抱月氏は気, ゐる島民の家, ゐる島民巡警への顧慮, ゐる島田の女, ゐる島臺はあまり, ゐる島谷といふ青年, ゐる峽間の嶮, ゐる崖下に転落, ゐる崖端の道, ゐる崖際の白百合, ゐるの亢奮, ゐる巌乗な半白, ゐる巌山が埋め残した, ゐる巌角の下, ゐるはヘルセツゲン, ゐるの近い, ゐる巖燕の巣, ゐる川べりで云, ゐる川上は成るべくなら, ゐる川口の小さな, ゐる川口一郎君である, ゐる川口浩氏の, ゐる川合玉堂氏などはあの, ゐる川尻の様, ゐる川岸には荷, ゐる川崎まで乘, ゐる川砂の土間, ゐる川端を歩い, ゐる川端康成の, ゐる川蒸氣がある, ゐる川路であつ, ゐる川面に黒い, ゐる巡回器を御存じ, ゐる巡査駐在所の前, ゐる巣箱の前, ゐる巣鴨大塚の町, ゐる工匠の数, ゐる工場裏の町通り, ゐる工風をこの, ゐる左側には昨日, ゐる左翼的思想の如き, ゐる左翼組合に案外, ゐる左門叔父の好奇心, ゐる巨人の脣, ゐる巨摩六郎です, ゐる巨根がカツーン映画, ゐる巨漢は逓信大臣, ゐる巨石の堆積, ゐる巨額の金, ゐるの字, ゐるにあ, ゐる已に漠然とした山山, ゐる之松, ゐる巳之吉に聲, ゐる巴旦杏の梢, ゐる市之助もとより屋號, ゐる市五郎でなければ, ゐる市井の風, ゐる市内牛込の雑誌社, ゐる市太郎老人を斬り殺し, ゐる市松と言, ゐる市民達の悦び, ゐるの簾下, ゐる希望氏とは別, ゐる希臘の哲学者ビヤス, ゐるである, ゐる帝乙歸妹の語, ゐる帝大生の勤經, ゐる師範出のインテレ, ゐる帯際の友達, ゐる帰途は近道, ゐるのやう, ゐるの文字, ゐる干支は此年享和紀元, ゐる平七も何, ゐる平二がきせる, ゐる平和清明の感じ, ゐる平場どつ, ゐる平安朝式のよりは其用途, ゐる平岡のため, ゐる平岡氏は飽きつ, ゐる平常からの馴れであり, ゐる平民社の中堅, ゐる平素の優しい, ゐる平野の中, ゐる平静さを保つ, ゐる年上のタイピスト, ゐる年代であるから, ゐる年増の醜い, ゐる年寄達に憤慨, ゐる年末の日, ゐる年譜にさ, ゐる年配であるらしかつ, ゐる年頃の子ども, ゐるな子供, ゐる幸右衞門を顧みました, ゐる幸吉の父親, ゐる幸福者にすぎない, ゐる幻覚をつづけ, ゐる幼兒のそれ, ゐる幼神があつ, ゐる幼稚な時代, ゐる幼虫は吾, ゐる幽かな醉心地, ゐる幽暗なもの, ゐる幽玄といふこと, ゐる幽霊のやう, ゐる幾千の漁色亡者, ゐる幾島が後ろ, ゐる幾時代の変改, ゐる幾松でした, ゐる幾條のれー, ゐる幾百人は平気, ゐる幾百年の黴, ゐる広い広い地平線を, ゐる広い明るい部屋だつた, ゐる広告を丹念, ゐる広告灯の光り, ゐる広告球に呆, ゐる広川和一氏といふ医学博士, ゐるの頭, ゐる庄谷の背中, ゐるの下, ゐる床板から冷, ゐる店そこにゐる, ゐる店員や客, ゐる府會議員の某, ゐる府知事の智慧袋, ゐる度々お春, ゐる度人妙經にも符, ゐる度支員外郎宋迪の事, ゐる度胸がある, ゐる座敷牢の海老錠, ゐる座談会に出席, ゐる庭石の上, ゐる庭越しに隣り, ゐる庭鳥の尻, ゐるは二十日月, ゐる庶民的な市井趣味, ゐる廃坑からあらた, ゐる廃墟のなか, ゐるが却, ゐる廉一を見つけた, ゐる廣太郎の興味, ゐる廣小路の方, ゐる廣田には何やら, ゐる延岡に櫻内, ゐる建て物で一軒建ちの, ゐる建磐龍命の靈場, ゐる建築事務所宛にこの, ゐる廿一二の少年, ゐる弁解の言葉, ゐる弓張提燈の灯, ゐるとこちら, ゐる弘仁十四年九月の, ゐる弟さんがある, ゐる弟妹等の友達, ゐる弟妹達の嬉し, ゐる弟子たる者が教, ゐる弟息子を奪, ゐる助夫婦, ゐる弥三郎の表情, ゐる弥助さんに呼びかけた, ゐる弥勒像のある, ゐるさが, ゐる弱い弱い子です, ゐる弱味が有る, ゐる弱虫だ, ゐるを自動車, ゐる張三李四の立脚地, ゐる張叔といふもの, ゐる張本人の由, ゐる張秋琴がある, ゐる張魯の勢, ゐる強情な婆さん鶏, ゐる太八, ゐる彌次馬の中, ゐる彌生を隱岐, ゐる彎曲の路, ゐる当の相手が, ゐる当り前の住宅建築, ゐる当夜の花嫁花婿, ゐる当年の, ゐる彖傳象傳などの中, ゐる形勢が明, ゐる形容詞語尾の感覚, ゐる形態上の変化, ゐる彦太郎は影法師, ゐる彫物師は他, ゐる影我は坐る, ゐる影法師連へ想, ゐる役員に云つて, ゐる役目を考へ, ゐる役者一座の一人, ゐる彼らはきまつ, ゐる彼人の吾, ゐる彼女たちの上, ゐる彼女らへ少し, ゐる彼女達は共同戰線, ゐる彼岸の理想国, ゐる彼等一日作りの漁師達, ゐる彼等自分一個の実力評価, ゐる彼處では秋, ゐる往來にも不意, ゐる往来の邪魔, ゐる往診の事, ゐる径のかどで, ゐる待合のお上, ゐる待合室の隅, ゐる律文類では枕詞一類修辞法, ゐる後ろから, ゐる後代のクリスト教的ジヤアナリスト, ゐる後家の子で少し, ゐる後藤は皆, ゐる徐六岳といふ大, ゐるを曲る, ゐるであつ, ゐる徒輩もある, ゐる従つてこれで人間, ゐる従兄と姉, ゐる従妹達と弟, ゐる従弟を訪ね, ゐる得意さうな風, ゐる從兄弟の怪しい, ゐる御仁だから, ゐる御園草四郎自称青年政事家で某, ゐる御堂だの, ゐる御嶽の中心, ゐる御新造がお, ゐる御機嫌取りの方法, ゐる御牧村に生れ, ゐる御物のこと, ゐる御身分だから, ゐる御馳走も杜絶, ゐる復元ないし, ゐる復讐の神, ゐる微かな卑下感, ゐる微塵に似た, ゐる微妙な過去, ゐる微粒の塵やう, ゐる微粒子の群, ゐる徳さんが其当主, ゐる徳利に自ら, ゐる徳太郎をもう一度, ゐる徳川家康から賜, ゐる徳川頃に如何, ゐる徳次の妻, ゐる心から画壇が, ゐる心がまへ, ゐる心さへそして, ゐる心もちがその, ゐる心地がいたしませんでした, ゐる心恋といふ言葉, ゐる心意で駆け降り, ゐる心戀といふ言葉, ゐる心持それがこの, ゐる心的現象は事實, ゐる心算ぢやない, ゐる心細さが, ゐる心細い姿です, ゐる心臓の悪い, ゐる心臟のやう, ゐる心苦しくて悩ましく, ゐる心配を拂, ゐる心靈研究會側の主, ゐる忍び返しと相, ゐる志水と辰造, ゐる志津は振り仰いだ, ゐる志緒乃の美貌, ゐる志賀内匠をおびき出し, ゐる応酬の人物, ゐる忠僕でスーシ, ゐる忠義者です, ゐる快適な姿, ゐる念仏者があ, ゐる忽ち三人ぐらゐ総理大臣が, ゐる忿怒の現, ゐる怒りを動かし, ゐる怜悧さうなや, ゐる思念がふと, ゐる思慮分別こそ彼, ゐる思索をしなく, ゐる思考が電氣分解, ゐる急ぎの原稿, ゐる急行列車の窓, ゐる急速の混雑状態, ゐる性格の持ち主, ゐる性格俳優の見, ゐる性質のもあり, ゐる怪し気な紳士, ゐる怪物僕はそれ, ゐるの唄, ゐる恋しい男の, ゐる恋心が細か, ゐる恋情を明, ゐる恋愛の歌, ゐる恋愛論に共鳴, ゐる恐しい都会, ゐる恐らく一晩中啼い, ゐる恐らくはその嘆き, ゐる恐るべき不入り気の毒の, ゐる恐れ入りだ, ゐる恐ろしく粹な, ゐる恐怖の實例, ゐる恠物もある, ゐる憎は, ゐる恩寵を知つて, ゐる恭介叔父もまだ, ゐる息苦しい廊下の, ゐる恰幅のい, ゐる悔恨がさして, ゐる患者等が坐つ, ゐる患者間にお, ゐる患部であるから, ゐる悧巧そうな黒い, ゐるしい裸婦, ゐる悪い好みが, ゐる悪人であるところが, ゐる悪党のひとり, ゐる悪戯ざかりの女, ゐる悪戯者に出会さう, ゐる悪評にかう, ゐる悲しさを, ゐる悲しい人間の, ゐる悲劇役者のプローメイシウス, ゐる悲喜劇の一齣, ゐる悲惨な境遇, ゐる悲痛な作品, ゐる悲願といふ言葉, ゐる情痴の臭味, ゐる情趣とがほどよく, ゐるひを, ゐるい場所, ゐる惡修繕だの, ゐる惡童は不意, ゐる惡趣味が鮮明, ゐる惡魔を見, ゐる惣右衞門の心情, ゐるれが, ゐる惨劇の破片, ゐる想像力を殺し, ゐる愉しい光景を, ゐる愉快を感じた, ゐるなの, ゐる意力をなくし, ゐる意圖の善惡等, ゐる意地の悪い, ゐる意欲の力, ゐる意気な格恰, ゐる意気地なしな, ゐる意義のある, ゐる意見丈拾つて讀むと, ゐるき易い, ゐる愚作者はおのれ, ゐる愚痴を滾し, ゐる愛妻の面影, ゐる愛嬌者だが, ゐる愛彦が新た, ゐる愛情の無い, ゐる愛想の好い, ゐる感動から迷, ゐる感動語の類, ゐる感受性だけだ, ゐる感想をうちあけた, ゐる感激的な場面, ゐる感覚が甦る, ゐる感覚的分類もそこ, ゐる感覺にぴんと, ゐる感覺そのものの豐富さ, ゐる感覺印象及び感動, ゐる感謝の生活, ゐる愼次が何やら, ゐる慈海らしいので, ゐる慎ましく上品な, ゐる慎次が何やら, ゐる慎重さが私, ゐる慣習的の技巧, ゐる慧光の實母, ゐる慧琳音義は元, ゐる慧苑の華厳経音義, ゐる慶喜をめぐつ, ゐる慷慨家をぼつぼつ, ゐる慾望ばかりが闇夜, ゐる憎いと思ふ, ゐる憐れな画家, ゐる憲兵等に物, ゐる懊悩のある, ゐる懐しいものである, ゐる懐ろを探, ゐる懸崖を直角, ゐるだ, ゐる戀人のやう, ゐる戎克の群, ゐる成人なんて皆, ゐる成瀬の耳, ゐる成瀬屋は蝙蝠冠兵衞, ゐる成績に偏執, ゐる我々人間はどんな, ゐる我々戀するもの, ゐる我々日本の男女, ゐる我々日本人の常, ゐる我が子の, ゐる我儘娘を看護つて, ゐる我子の肩, ゐる我我自身の無力, ゐる我等の顏, ゐる戦闘帽の星, ゐる戦闘芸術であり得ない, ゐる戯曲家も実は, ゐる戸口から外, ゐる戸棚もあつ, ゐるのすぐ, ゐる房田中へ行き, ゐる所さへあつ, ゐる所ぢやない, ゐる所丈恋しいヱネチア, ゐる所何が故に, ゐる所村でも旧家, ゐる所謂一大事がこれからどう, ゐる所謂少女歌劇などは変, ゐる所謂思慮の廻, ゐる所謂政治家實業家法律家教育者の生活, ゐる所謂浮游微生物類だ, ゐる所謂独善といふこと, ゐる所謂自称玄人画家が少く, ゐる所謂英語の慣用的, ゐる所謂落人村がある, ゐる所謂藝術家も時々, ゐる扁理のため, ゐる扇ヶ谷の川瀬, ゐる扇子にこの, ゐる扇屋丹右衞門の取卷き見たいな, ゐる扇朝の生涯, ゐる手つきが何となく, ゐる手並はたしかに, ゐる手先の運動, ゐる手前それを確かめる, ゐる手前勝手者のやう, ゐる手古奈はつまり玉成的, ゐる手型のやう, ゐる手毬を見つける, ゐる手法も凡て, ゐる手紙端書を少し, ゐる手綱を見, ゐる手習師匠の某, ゐる手腕は末, ゐる手袋のやう, ゐる手觸りの, ゐる手許へ来, ゐる手頃の年増, ゐる之助, ゐる才人ありや, ゐる才能はかう, ゐる打金をもぎ取つ, ゐる扮裝は白子屋, ゐる技師吉村彪なの, ゐる技術者として当今随一, ゐるへても, ゐるききつた花, ゐる抒情詩人がいつか劇作, ゐると思ひ上る, ゐる投網に首, ゐる折柄婦人に就い, ゐる折柄残暑どきで午後, ゐる折目のついた, ゐる折衷論の中, ゐる折角だから, ゐる抜け目のない, ゐる抜道に曲り, ゐる押借の常習犯, ゐる押川方義氏に会, ゐる拇指の裏, ゐる拍子抜けの感じ, ゐるがブル, ゐる拳骨大の石, ゐる拷問の夢, ゐるふべし, ゐる拾得と云, ゐるを眺め, ゐる指先が何, ゐる指導講座なるもの, ゐる指揮官といつた, ゐる按摩佐の市, ゐる挑發的だと, ゐる挙手の礼, ゐる捕虜の前, ゐる排水工事案を解決, ゐる掘割の明るい, ゐる掛茶屋が直ぐ, ゐる接頭語といふもの, ゐる推進器の翼, ゐる掲示板が見透し, ゐる描寫がある, ゐる提燈も見える, ゐる摂津守口村の百姓兼質屋白井孝右衛門, ゐる撞球場その階下, ゐる播州の海岸, ゐる擬声語は総て副詞的, ゐる支店長さ, ゐる支店長も面白, ゐる支考が枕もと, ゐる支那ソバや十銭, ゐる支那人巡警の影, ゐる支那人車夫のうろ, ゐる支那人通訳はいつたい, ゐる支那女の着物, ゐる支那娘がある, ゐる支那気分で無作法, ゐる支那知識層の個々, ゐる支配人は上海, ゐる支配階級へのじゆ, ゐる放浪癖も手伝, ゐる放火狂なの, ゐる放蕩山人ホーレル水でも呑みし, ゐる放送局の自動車, ゐる政党と村, ゐる政公といふ子, ゐる政兼が勅使, ゐる政府が映画, ゐる政治家である, ゐる政略的ひもはあ, ゐる故人が鳩, ゐる故作家自体の足跡, ゐる故僕はここ, ゐる故別録の體裁, ゐる故天津教流に假名, ゐる故末ながく姉妹, ゐる故空間の場合, ゐる故見方によれ, ゐる敏感な人間, ゐる敏捷な男, ゐるひの, ゐる救世軍の仕事, ゐる教会の一室, ゐる教会堂がある, ゐる教壇に立つた, ゐる教授が已に, ゐる教育家は実は, ゐる教訓を作者, ゐる教諭の撰, ゐる教頭の先生, ゐる散財か, ゐる敬君に逢う, ゐる敬意をさ, ゐる敬虔な姿, ゐる数々の寝台, ゐる数分のあひだ, ゐる数十名の一隊, ゐる数多い茶入の, ゐる数日間の気苦労, ゐる数枝の顔, ゐる敵兵の屍体, ゐる敵對的の意味, ゐる敵陣のなか, ゐる數十尺の懸崖, ゐる數字9と1, ゐる數種新聞投書歌の選評, ゐる數限りもない, ゐるを奪, ゐる文七だつたの, ゐる文人を買, ゐる文人墨客の徒, ゐる文体の種類, ゐる文体夢のやう, ゐる文化的諸条件, ゐる文化的生活を営まう, ゐる文化自体をこ, ゐる文化部門の人間, ゐる文太さんに役所, ゐる文太郎の顏, ゐる文字すべて調子の低い, ゐる文学そのものがその, ゐる文学会に出掛け, ゐる文学作品でも明日, ゐる文学座の諸君, ゐる文学書生であると, ゐる文学的な一態度, ゐる文学的教養を付けなけれ, ゐる文学者たちは決していつも, ゐる文学青年のうち, ゐる文學的教養を付けなけれ, ゐる文學者と云, ゐる文學者たちは元, ゐる文官の退職者, ゐる文展の出品画, ゐる文明が今, ゐる文書の内容, ゐる文次郎は二人, ゐる文法は誰, ゐる文献上の知識, ゐる文獻だけが全部, ゐる文芸史上の謎, ゐる文藝作品などよりも映, ゐる文藝家がある, ゐる文藝愛好者の多, ゐる斎木とかつて, ゐるのある, ゐる斑白毛の馬, ゐる料亭の広間, ゐる料理ややそば, ゐる料紙であるから, ゐるのポーズ, ゐる断末魔の声, ゐるういふ, ゐる斯んな素晴, ゐる新しがるため, ゐる新らたな, ゐる新井白石の如き, ゐる新入生たちは教室, ゐる新劇団体の何れ, ゐる新劇團へ入る, ゐる新太郎ちやんをじろじろ, ゐる新妻の心, ゐる新婚の花嫁, ゐる新宿裏の路地, ゐる新聞包みをおしつけ, ゐる新聞社主の如き, ゐる新聞編輯に関する多少, ゐる新聞記事にも多分, ゐる新聞記者諸君が狼狽, ゐる新聞附録ものらしい美人画, ゐる新聞雜誌の記者諸君丈, ゐる新造にさう, ゐる新進作家で私, ゐる新館にも二三, ゐる方言のもがり, ゐる方面それからまう, ゐる方鼎であつ, ゐる施療患者の屍體, ゐる若無人, ゐる旅人宿を叩き起し, ゐる旅客が見えません, ゐる旅籠屋は停車場, ゐる旅行の着物, ゐる旅費が切り出せない, ゐる旅館山城屋に泊つて, ゐる旋盤の上, ゐる族人が根人, ゐる旗本御家人の殺伐, ゐる旗雲の豊, ゐる既成新成の宗教, ゐる日々こそはその, ゐる日光の中, ゐる日向はあた, ゐる日向水やらう, ゐる日和を見定める, ゐる日常生活に必要, ゐる日常語によつて, ゐる日影を見つめ, ゐる日曜の晴れ, ゐる日本一と同じ, ゐる日本人異体の知れない, ゐる日本兵の間, ゐる日本兵士の大和魂, ゐる日本固有の部分, ゐる日本地図が浮んだ, ゐる日本大学の同級生, ゐる日本対世界民族対人類の問題, ゐる日本新聞なぞをゆ, ゐる日本本来のもの, ゐる日本現代の生活, ゐる日本画の本領, ゐる日本画壇の方向, ゐる日本画材料をこなす, ゐる日本的な感情, ゐる日本的鮮人は相, ゐる日本語による詩人, ゐる日本軍一角が崩れる, ゐる日本髪の娘, ゐる日比野の家, ゐる日比野士朗氏の, ゐる日活から引抜いちまったらしい, ゐる日脚に光つて, ゐる日華事変のこと, ゐる日蔭の花, ゐる日課であつ, ゐる日雇取の, ゐる旦那さまの口髭, ゐる旦那樣のこと, ゐる旧友に頼ん, ゐる旧家に頼ん, ゐる早熟さ及び異常さ, ゐる早稻田中學校が新, ゐる昆虫を殺す, ゐる昇華された肉感, ゐるの援軍, ゐる明るい赤い蝋燭の, ゐる明るく悩みなく, ゐる明器といふの, ゐる明国では日本軍, ゐる明後日の緑平, ゐる明敏な壮年中将, ゐる明方の靄, ゐる明日上森と此, ゐる明智だと, ゐる明治以前の文明, ゐる明治以後の社会, ゐる明治初期に撮つた, ゐる明治四十年九月十六日第三學年乙組芥川龍之介稽習の新年, ゐる明治大学文芸科の一部門, ゐる明治大正の市井文化, ゐる明治年代のすぐれた, ゐる明烏らしいあの, ゐる明神下の平次, ゐる易者に番號, ゐる易者似顔かきの老, ゐる昔ながらの松並木, ゐる星野門彌樣, ゐる映画常設館で争議, ゐる映画説明者も実に, ゐる春さきのころ, ゐる春さんも春さん, ゐる春日帝國ホテルもしこの, ゐる春松を指さしました, ゐる春枝夫人のため, ゐる春琴と佐助, ゐる春菊は花, ゐる春陽会国展の方, ゐる春霞である, ゐる昨今渓はいよ, ゐる昨日今日亀のこと, ゐる昨日巷で人々, ゐるはやはり, ゐる是非おいでなさい, ゐる昼さなか兵あらはれて, ゐる昼下り屋内の薄暗がり, ゐる昼間になる, ゐる時あれは長崎, ゐる時いろいろな考へごと, ゐる時おこつた炭火のやう, ゐる時くらゐ唯心的, ゐる時ここでは演習, ゐる時すなは, ゐる時せい子と同棲, ゐる時その間にはさん, ゐる時ちやうどこれ, ゐる時としてアキラメに, ゐる時に誠実と, ゐる時ほかの人たち, ゐる時みたいに, ゐる時むかし私が, ゐる時わが国の現代文学, ゐる時われわれ一行の望むところはみなおなじであつた, ゐる時イギリス憲法の特長, ゐる時エミリアンは近づい, ゐる時シンパンジイが来, ゐる時スーシ等の一行, ゐる時ズドンと微か, ゐる時ズボンの股, ゐる時ヒヨイと僕, ゐる時一人沈黙を守る, ゐる時一緒になった, ゐる時三千尺の聖ヶ岳, ゐる時上唇で鼻, ゐる時二人の神さま, ゐる時人の心, ゐる時代そのものがあの, ゐる時代小説といへ, ゐる時代後の人間, ゐる時以上心噪がしく, ゐる時以外に親しい, ゐる時何度も廃学, ゐる時分一度ふらりと, ゐる時分女学校の一年, ゐる時分宅へ療治, ゐる時分彼の父, ゐる時分毎月一回づゝ主にその, ゐる時分私と小学校時代同級, ゐる時分貴様は俺, ゐる時刻ぢやない, ゐる時加集への訪問客, ゐる時声や表情, ゐる時奥さんがお, ゐる時女中がばたばた, ゐる時女優の一人, ゐる時子守をさせられ, ゐる時定吉は別に, ゐる時家に仕事, ゐる時島原城址の中, ゐる時左から乗る, ゐる時年うへだけに, ゐる時店に姿, ゐる時弟は最期, ゐる時戦争がこれ, ゐる時扉をノツク, ゐる時批評家にさう, ゐる時折好くも, ゐる時政治家と經濟學者, ゐる時數乏介老人は冷かす, ゐる時昨夜電話をかけた, ゐる時横の方, ゐる時欧米が支那, ゐる時正三は気, ゐる時正吉は突然, ゐる時母はこんな, ゐる時水は段々, ゐる時江戸人は香夢, ゐる時牝狐は家, ゐる時猿を飼つて, ゐる時甚助が拔, ゐる時男さんの姿, ゐる時瞳が曇つて來, ゐる時祖母がやつ, ゐる時祖父が戻, ゐる時空も空気, ゐる時窕子と呉葉, ゐる時竹丸はまた, ゐる時綾や錦, ゐる時繼母がお, ゐる時色を此, ゐる時藪の蔭, ゐる時行く手の向う, ゐる時見知り顔の船頭, ゐる時誰か廊下, ゐる時豫期しない死, ゐる時酒によつぱらつて, ゐる時門番が彼, ゐる時間眞面目な活動, ゐる時集中して, ゐる時鳥がなく, ゐる晝さなか兵あらはれて, ゐる晩年の彫刻, ゐる晩年さへ決して, ゐる晩春のこと, ゐる普段はおとなしい, ゐる普遍である, ゐる普遍的妥當性を主張, ゐるもあつ, ゐる景勝の地, ゐる景致の物, ゐる晶子さんの歌, ゐる晶子歌は若い, ゐる智識も疑問, ゐるのす, ゐる暗くて狭い, ゐる暗闇ばかり縫, ゐる暗黒の大海, ゐる暫しの期間, ゐる暫らくして, ゐる暮れて動い, ゐる暴兒の所作, ゐる暴力はこれ, ゐる暴風の準備, ゐるの日, ゐる近い大, ゐる曙覧の心, ゐる曰く宿のよしあし, ゐる曲目を通じて舞そのもの, ゐる書入れの日曜日, ゐる書斎の六畳, ゐる書架を一杯以上, ゐる書状の裏, ゐる書生さんまでが羨ましく, ゐる書生たちは誰一人, ゐる書生共に四人, ゐる書籍類も大概, ゐる曽我廼家五一郎から電話, ゐる曾つて偉大であ, ゐる曾能子刀自である, ゐる最中ちよつとへま, ゐる最中ノソリと入, ゐる最中偶然にも隣室, ゐる最中兎や斯, ゐる最中夫の卯吉, ゐる最中妾のお, ゐる最中小指をちよ, ゐる最中毛むくじやらの, ゐる最中聴衆が総立ち, ゐる最低の古典, ゐる最大の原因, ゐる最大原因でもある, ゐる最小自治區とに新, ゐる最後の審判の日, ゐる最愛の妻, ゐる會社は創立後日, ゐる會計がやツ, ゐる會話は即ち, ゐる月夜雨降る, ゐる月影や砂漠, ゐる有力者である, ゐる有島生馬氏が先月末, ゐる有松英義氏がまだ, ゐる有様通りが, ゐる有為な青年男女, ゐる有益なる新聞, ゐる有限的主體, ゐるは汗, ゐる服部万十郎であつ, ゐる服部川から信貴越, ゐる朗読詩とも云, ゐる望みの影, ゐる望遠鏡を取りだし, ゐる望遠鏡一方のハンドル, ゐる朝まだきに起き出で, ゐる朝倉氏の特色, ゐる朝日がジジ, ゐる朝楯凡児氏は儀礼章, ゐる朝湯などは満員, ゐる朝私は校内, ゐる朝酒がある, ゐる朝霧にほんのり, ゐる朝風にそよぐ, ゐる朝鮮などの古墳, ゐる朝鮮人としての悪い, ゐる朝鮮女腰をかける, ゐる朝鮮美術行脚の標題, ゐる朝鮮鐘數十口のうち, ゐる朦朧とした, ゐる木々はみんな一様, ゐる木の芽や草, ゐる木乃伊よ, ゐる木像か何, ゐる木札にやつ, ゐる木材を加工, ゐる木村毅の, ゐる木村駿卿である, ゐる木枯の丘, ゐる木柵に二人, ゐる木樵のからだ, ゐる木橋をぢ, ゐる木沓を指し, ゐる木片をひろつ, ゐる木臼に腰かけ, ゐる木虱は緑色, ゐる木造町のコモヒ, ゐる木馬館と竝, ゐる発表の, ゐる未亡人であつ, ゐる未墾地二百三十萬坪ほどが天鹽, ゐる末子の行雄, ゐる末遥に地平線, ゐる本丸の記念碑, ゐる本人は大きな, ゐる本妻のお, ゐる本官連中になる, ゐる本尊の如来, ゐる本州の北端, ゐる本箱の抽出, ゐる本能の慾望, ゐる本草経が或は, ゐる本質味はひ, ゐる本郷の或, ゐる本間氏の批評, ゐる本願寺の人々, ゐる札ツキにでも, ゐる札付の放浪者, ゐる朱雀門と同じ, ゐる机座蒲團ドテラ, ゐる杉夫を盗み見, ゐる杉山三平が人夫, ゐる杉木立と青蘆, ゐる杉本友之助が頻繁, ゐる杉林に沿, ゐる杉森の屋敷, ゐる杉田に呼び掛けた, ゐる杉野や勝平, ゐる杉野子爵だつた, ゐる杉野直也が姿, ゐる李さんの如き, ゐる李花の家, ゐるは甘い, ゐるがか, ゐる材料とはならない, ゐる村なかの路, ゐる村一番の無頼漢, ゐる村井の所存, ゐる村人たちと同じ, ゐる村人達は, ゐる村木光夫がま, ゐる村村と僕, ゐる村端れの, ゐる村落を指, ゐる村落附近の山林, ゐる村里の灯火, ゐるの頭, ゐるの方, ゐる杜国と荷兮, ゐる杜若や嬉々, ゐる来月はない, ゐる東三條の邸, ゐる東三條殿の窕子, ゐる東京それが最早, ゐる東京趣味の洗練, ゐる東京郊外の借, ゐる東件の懷中, ゐる東儀鉄笛氏に誰か, ゐる東北地方の農民, ゐる東洋の作者, ゐる東洋趣味からの要求, ゐる東町奉行に出さう, ゐる杵太郎に疑ひ, ゐる松さんのところ, ゐる松下博士はモルモツト, ゐる松並木がよい, ゐる松倉至と申す, ゐる松原のはづれまでぼつぼつと, ゐる松子も声, ゐる松子さんを抱い, ゐる松尾の社, ゐる松本男爵の東京, ゐる松村は, ゐる松枝さんの家, ゐる松柏類が丁度, ゐる松次郎の相手, ゐる松江だつた, ゐる松江さんが此地, ゐる松源の流行唄, ゐる松田道夫の此年, ゐる松田道夫さんは当時, ゐる松篁の幼, ゐるには, ゐる板倉屋の娘, ゐる板囲の中, ゐる板小舎や掘返された, ゐる板敷はそれ, ゐる枇杷の花, ゐる林三郎のところ, ゐる林檎の籠, ゐる林次とか言, ゐる林野もあつ, ゐる林間野營やそれから, ゐる枚挙に遑, ゐる果してそれが, ゐる果てなる空, ゐる果心から始める, ゐる果敢ない女性だつた, ゐる果物で一度, ゐる果物屋を探し, ゐる果肉に薬味, ゐるを持つ, ゐる枝原と進藤, ゐる枝垂桜朴の若葉, ゐる枝太郎の, ゐる枯草は圧せられ, ゐる枯葦原の中, ゐる柏村次郎でもう, ゐる柏軒剃髪の日, ゐる染五郎にし, ゐる柔らかい作品を, ゐる柱形の墓石, ゐる柱鏡を見, ゐる柳原白蓮の, ゐる柳町は恐らく, ゐる柴担人ではなから, ゐる之丞, ゐる栖鳳氏も外, ゐる栗そのものは食べたい, ゐる栗原位なもの, ゐる栗山や由仁, ゐる栗毛と鹿毛, ゐる校旗棒を両手, ゐる校門が見えた, ゐる株屋の手代, ゐる栴檀の花, ゐるがある, ゐる根強い力を, ゐる根性からは決して, ゐる根気がない, ゐる根津の町, ゐる根津街巷の祭礼, ゐる格子戸の側, ゐる格式の好い, ゐる格闘だつた, ゐるは三桁, ゐるといふ老女, ゐる桂園派の欠陥, ゐる桂屋太郎兵衞の子供, ゐる桂川の白砂, ゐる桃色の花, ゐるの木, ゐるの木, ゐる桑木博士なども, ゐる桑畑か何, ゐる桜色がなかつたら, ゐる桟橋はこの, ゐる梅王を見守る, ゐる梅花会の会員, ゐる梅雨期の雨雲, ゐるの顔, ゐる棒高飛びをする, ゐる棕梠の葉, ゐる棕軒侯である, ゐる棚機祭りに漢種, ゐる棚雲に三日月, ゐる森川町新坂上の煎餅屋, ゐる森林青木が原, ゐる森枳園父子岡西養玄の往来, ゐる森田亀之助といふ人, ゐる棲架のいちばん上, ゐるももう, ゐるも河童, ゐる植字工を一人, ゐる植木屋辰五郎の女房, ゐる植民地守備隊の軍曹, ゐる植物圖鑑には多く, ゐる植物学の地味, ゐる植物實驗室の中, ゐる植物採集の胴乱, ゐる植込の中, ゐる検事は醜く, ゐる椿の大木, ゐる椿三千麿が背, ゐる椿子さんのこと, ゐる椿木瓜海棠木蓮蘇芳などと共に花好き, ゐるの中, ゐる楊柳の緑, ゐるの一樹二樹, ゐるが能, ゐる楚水といふ坊さん, ゐる楠本といふ中, ゐるの樹かげ, ゐる楢夫でした, ゐる楳園さんのお, ゐる極地のところ, ゐる極彩色のお前たち夫婦, ゐる極楽東門に向, ゐる極端に灰色, ゐる極道人は夢, ゐる楽譜を開く, ゐる概念を明瞭, ゐる概念的方法であり第, ゐる榎本吟平か, ゐるの, ゐる榛の木の直ぐ, ゐる榮屋の山, ゐる榾柮火をぢ, ゐるへでした, ゐる構圖だ, ゐる構造もわが国, ゐる様々な道具類, ゐる様ぢやありません, ゐる様子さへ見受けられた, ゐる樂しみも望み, ゐる樂みと體内の病苦, ゐる樂隊の騷, ゐる標本は三円ぐらゐだつたと記憶, ゐる標題にたまたま実に, ゐるや樫, ゐる模擬店迄出, ゐる模範的夫婦であるとは, ゐる樣子下手は下手, ゐる権力で父, ゐる権謀家も多, ゐる横井源太郎は二十八歳, ゐる横眼にちらちら, ゐる横門の間, ゐる樫材の床, ゐる樹保護の名目, ゐる樺太のこと, ゐるはまだ, ゐる橇屋とコツク, ゐる橋板を踏み鳴し, ゐるの實, ゐる橙色の女, ゐる檜物町の師匠, ゐるの木, ゐる櫻田町の北川, ゐる權之助も燕女, ゐる權八にはたまらない, ゐる權利で母君, ゐる欠陥は如何, ゐる次に他の, ゐる次兄は時々, ゐる次兄達や妹, ゐる次郎さんを無理, ゐる欣之介に対しても寧ろ, ゐる歌よみかある, ゐる歌人諸氏が最後的, ゐる歌妓とに葉書, ゐる歌詞がありました, ゐる歌詞さへ混乱, ゐる歐文はパイカ, ゐる歐米人がかかる, ゐる歐羅巴こそかなしけれ, ゐる歓喜を彼, ゐる止め金が衝突, ゐる正しく憐れな, ゐる正中に足踏み, ゐる正味の処, ゐる正夫を呼んだ, ゐる正文は殆ど息子, ゐる正月の, ゐる正直者らしい喜太郎, ゐる正確な語, ゐる正統的な演劇文化, ゐる正面の酒注台, ゐる此お婆さんを一日何處, ゐる此人の伝, ゐる此八人の門人, ゐる此土地もわれ, ゐる此地方では酔う, ゐる此女薔薇の谷, ゐる此子供は花屋, ゐる此家は折口姓, ゐる此平穏な空気, ゐる此新家庭にお, ゐる此方面の税金, ゐる此木は冬, ゐる此机の引出し, ゐる此界隈でも他, ゐる此目瘡の方言まろ, ゐる此称には貶斥, ゐる此等の人物, ゐる此老爺を蔑, ゐる此脅迫は己, ゐる此自分なの, ゐる此見習士官よりは自分, ゐる此軍国主義なるもの, ゐる此辺の消息, ゐる此青年の背丈, ゐる射郡, ゐる武一に気づいた, ゐる武士がずゐ, ゐる武官ではなくし, ゐる武家でした, ゐる武家出の許嫁, ゐる武者修業も又, ゐる武芝の従兵等, ゐる歩兵の一隊, ゐる歩廊が見る, ゐるがぬける, ゐる歴史家とても完全, ゐる歴史小説にかなり, ゐる歴史式な姿, ゐる歴史性がある, ゐる歴史的の小国, ゐる歴史的人物を拔擢, ゐる歴史的思想であります, ゐる歴史範囲の中, ゐる死に神を追, ゐる死地に於ける, ゐる死者の魂, ゐる死靈の影, ゐる死骸が, ゐる死體を考へ, ゐる殆ど僕の, ゐる残念なこと, ゐる残暑かな, ゐる残酒残肴を飲ん, ゐるか拙者, ゐるをいや, ゐる殻片の両, ゐるを脱いだ, ゐる殿上人あたりの自, ゐる殿祭場ともいふべき, ゐる母夫人は冷淡, ゐる母娘巡禮といふの, ゐる母子づれの女, ゐる母熊はこいつ, ゐる母親楽園の門, ゐる毎日此宿の孫息子, ゐる毎日毎日手紙を書い, ゐる毒牙だつた, ゐるではない, ゐる比例になつ, ゐる比良の支脈, ゐる比良岳がその, ゐる比較的立派な, ゐる比類のない, ゐる毛ものも海, ゐる毛唐は恐ろしく, ゐる毛絲の敷物, ゐる毛織の天幕, ゐる毛髮をくし, ゐるは糸, ゐる氏名を見る, ゐるも弱り, ゐる民主革命は日本人, ゐる民俗学の発生的見地, ゐる民家を見, ゐる民族別を表明, ゐる民族的な風格, ゐる民族的精神に同化, ゐる民族精神を以てすれ, ゐる民謡側では早く, ゐる気むづかしい祖父の前, ゐる気位を示し, ゐる気分内地にゐれ, ゐる気力もありません, ゐる気合ひに, ゐる気味悪い都会, ゐる気圧の中, ゐる気持ちは街, ゐる気早やな, ゐる気焔である, ゐる気狂ひ扱, ゐる気配がちやんと, ゐる気配さへ客間, ゐる氣力を失つて, ゐる氣勢を聞いた, ゐる氣味がない, ゐる氣孔の上, ゐる氣宇の爽大さ, ゐる氣易さ, ゐる氣樂な體, ゐる氣違ひに, ゐる氣配は實, ゐる水ぎはだつた姿すつきり, ゐる水上に紹介, ゐる水上住居でありますが, ゐる水之尾道の方, ゐる水力電氣會社の電燈, ゐる水夫の様子, ゐる水島のその, ゐる水平線の腰, ゐる水木要太郎氏に手紙, ゐる水江の白い, ゐる水泳が無事, ゐる水泳術の本, ゐる水源地の権利, ゐる水溜りの幾つ, ゐる水茶屋もあります, ゐる水蒸氣は疾風, ゐる水道鐵管は地震, ゐる水門のほとり, ゐる水雷か砲弾, ゐる水面を中, ゐる水飢饉の折柄, ゐる水鳥の気象, ゐる氷塊か雪, ゐる氷山みたいなもの, ゐる氷峰をつれ, ゐる氷柱が赤く, ゐる永見徳太郎の, ゐるで飯, ゐる汁液の水, ゐる汎神論的態度は本質的, ゐる汚い長屋の, ゐる汚らしい奴ばかり, ゐる汚れを拭き取つ, ゐる汚物排除は善く, ゐるの運命, ゐる汝自身の身の程, ゐるの彼方, ゐる江戸の彌次馬, ゐる江戸市井人の感懐さ, ゐる江戸時代の遊民達, ゐる池田玄俊の三男祐二, ゐる決定版が出た, ゐる決心をきめ, ゐる汽船である, ゐる汽車路に添つた街道, ゐる沈み岩の頭, ゐる沖の島の翠, ゐる沖繩縣内唯一の官幣社, ゐる沙浜に波, ゐる没常識だから, ゐる河ッぷちを暫く, ゐる河井稲子氏の, ゐる河原のふち, ゐる河原堤を溯つた, ゐる河原町の通り, ゐる河合八十次郎と相談, ゐる河岸通に主, ゐる河水を俯, ゐる河田が突然, ゐる河童たちには, ゐる河辺喜美夫が鈴木桂介, ゐる油切つて眞圓い農夫, ゐる油壺を四つ, ゐる油断大敵ですぞよ, ゐる油絵まが, ゐる油繪まが, ゐる治郎兵衛を顧みた, ゐる況んや屆書, ゐる泉鏡花先生の, ゐる法性寺入道といふことに, ゐる法華經に耳, ゐる法衣にとびついた, ゐる波子は母, ゐる波手足の硬直, ゐる波波の木乃伊, ゐる波濤が見えた, ゐる波蘭ではその, ゐる波長によつて, ゐる波頭の帯, ゐるの渚, ゐる泥棒が金目, ゐる泥海の中の島, ゐる泥溝の水, ゐる泥濘なり, ゐる泥田の蛭, ゐる泥鰌のもぢ, ゐる釋なども, ゐる注意をなさい, ゐる注意事項であるが, ゐる注目すべき精神, ゐる洋琴手のゴドヰスキ, ゐる洋画家達の群, ゐる洋盃の側, ゐる洋綴の本, ゐる洋間だつたので, ゐる洋食屋はどこ, ゐる洒落者共の一般的歡迎, ゐる洗濯屋の狭い, ゐる洗面器までも詰め込ん, ゐる洞察の鋭い, ゐる洞穴に案内, ゐる津波蕗もサルピヤ, ゐる洪天和尚はもともと, ゐるのこと, ゐる活動小屋の前, ゐる活氣が溢れ出し, ゐる活火山と區別, ゐる流木の上, ゐる流沙の涯, ゐる流浪人が群, ゐる流浪人仲間の一人, ゐる流行の人々, ゐる流転の相, ゐる猿し, ゐる浅い流れの, ゐる浅ましい光景を, ゐる浅子女史はお客, ゐる浅瀬にザブ, ゐる浅草田中町へ戻つ, ゐる浅草界隈の待合, ゐる浅野図書館は屍体収容所, ゐる浅間山麓一帯の高原, ゐる浅黄の縦横縞, ゐる浜野といふ家, ゐる浦島太郎の眼, ゐる浪五郎の船, ゐる浪人佐久間佐太郎中年者ですがね, ゐる浪人大井半之助, ゐる浪人大谷道軒の外, ゐる浪人宝生栄之丞宅, ゐる浪人暇はある, ゐる浪人瀧山誠之進に逢, ゐる浪人者佐々村佐次郎これは二十六七, ゐる浪人者庵崎數馬とその, ゐる浪打際の山, ゐる浪漫派の一友人, ゐる浪花病院がある, ゐる浪花節の寄席, ゐる浮世絵の人物, ゐる浮彫になつ, ゐる浮草のやう, ゐる浴場の霞, ゐる浴室の裡, ゐる海兵団の水兵, ゐる海拔二千五百尺の蘆, ゐる海棠の木蔭, ゐる海水はさらに, ゐる海水茶屋へ手傳, ゐる海浜に近い, ゐる海浜ホテルのテラス, ゐる海老屋の裏二階, ゐる海草の匂, ゐる海藻一つの根, ゐる海軍将校は巧, ゐる海驢のやう, ゐる海鼠でごわした, ゐる消防係りの名札, ゐる涙ぐましい風景である, ゐるとして水, ゐる淡紅色の兎, ゐる淪落の野心児, ゐる淫婦潘金蓮の妖しい, ゐる深々しい篁, ゐる深みが多い, ゐる深夜の廊下, ゐる深度といへ, ゐる深水に於い, ゐる深草乃里の肩越し, ゐる混合酒の罎, ゐる混血の美し, ゐる淺緑の蘆, ゐる淺間火山の大きな, ゐる清々しさに, ゐる清元を強, ゐる清六を途中, ゐる清友亭だつた, ゐる清少納言の繪絹, ゐる清楚な花, ゐる清治を烈しく, ゐる清親は叫んだ, ゐる清造をつれ, ゐる清野に会, ゐる渋味のある, ゐる渠等の状態, ゐる渡し守の老人, ゐる渡河点なの, ゐる渡瀬ドクトルを見る, ゐるなしい靜子, ゐる温い柔い, ゐる温厚な文学士, ゐる温味の裡, ゐる温和しい静子, ゐる温川の谷伝, ゐる温泉行きの軌道車, ゐる渭南文集には丙戌以前詩二十, ゐるの街, ゐる港それも余り, ゐる港町といふ, ゐる湖面をわたつ, ゐる湯口の音, ゐる湯檜曾といふの, ゐる湯豆腐ふいた, ゐる満々と明るい, ゐる満員電車に乗つ, ゐる満月のひかり, ゐる満足感だけは味, ゐる満開の林檎, ゐる源さんの家, ゐる源右衛門といふ男, ゐる源右衞門には態とらしく, ゐる源氏物語絵巻はいづれ, ゐる溜飲をさげよう, ゐるの水, ゐる溝ぎわの方, ゐる溝水にうつる, ゐる溪谷がある, ゐる溺死人でもあつ, ゐるかな頭, ゐる滑稽であると, ゐる滝野の姿, ゐるを掌, ゐる滿足顏だ, ゐる漁夫達の列, ゐる漁女達を後, ゐる漁師たちに訪ね, ゐる漁師達の顔, ゐる漁村風景がわれ, ゐる漆食の大戸, ゐる演出の見学, ゐる演劇愛好者の一人, ゐる演劇研究者であり殊に, ゐる演者については, ゐる漢文学の研究者, ゐる漢詩人がある, ゐる漣月君は元気, ゐる漱石よりも氣狂, ゐる潔癖さは同時に, ゐる潜水夫のうち, ゐるのやう, ゐる澄子といふ女, ゐる澄子さんとうつすり微笑, ゐる澄江はよろめかなけれ, ゐるの奥, ゐる激しさが, ゐる激しい語勢が, ゐる濁声蛙泥の面, ゐる濁流に遠い, ゐる濃い線の, ゐる濃厚なほとんど, ゐる濡縁です, ゐるには怨恨, ゐる濱吉といふ年寄, ゐる濱野といふ家, ゐる瀧壺の深, ゐる瀧浪と言, ゐる瀬川が流れ, ゐる瀬戸といふ男, ゐる瀬戸附近は無論, ゐる灌木を掴ん, ゐる灌水用の堀, ゐる灌漑用の堀割, ゐる火の見櫓を見上げる, ゐる火傷娘の真赤, ゐる火傷者を見る, ゐる火山湖の趣き, ゐる火焔の色, ゐる火皿がおま, ゐるを見詰め, ゐる灯りならば, ゐる灯火それを波, ゐる灰皿をまんなか, ゐる灼熱の真, ゐるのお話, ゐる炉端に赴いた, ゐる炊事場までも含め, ゐる炎天の砂地, ゐる炭火の上, ゐる点これまた神泉, ゐる点すべてかの踊り, ゐる点其出身の学曹, ゐる点却つて観る者, ゐる点墨の色, ゐる点字機が載, ゐる点彼の絵, ゐる点後者は同じく, ゐる点空間の分割, ゐる点等佳作を産んだ, ゐる為事が気, ゐる為事為が最近, ゐる為其便利な用語例, ゐる為替の受取, ゐる為木音也に話しかけた, ゐる為造を取巻い, ゐる烈風が峯, ゐる烏婆アのお, ゐる焚火はどう, ゐる無二の仲, ゐる無名の詩人, ゐる無常とも何とも, ゐる無常観であまりに, ゐる無意識的セクショナリズムである, ゐる無意識的行爲が僕, ゐる無明の橋, ゐる無欲てんたんに, ゐる無産有閑の余徳, ゐる無産者の大衆, ゐる無花果の葉, ゐる無茶な女, ゐる無言の, ゐる無頼漢の大川九郎, ゐる無風流気な姿, ゐる無駄な努力, ゐる焦茶色の煤煙, ゐるも教養, ゐる残りの, ゐる焼けただれた工場, ゐる焼肉をさつ, ゐる煖炉の上, ゐる煖爐の上, ゐる煖爐バツクの巾, ゐる煙硝のやう, ゐる煙突やしもで銀色, ゐる煙筒の上, ゐる煙管が少し, ゐる煙草銭もない, ゐる煤色の顔, ゐる照吉と伊太郎, ゐる照子が羨し, ゐるとは異, ゐる熊手の音, ゐる熊野は呼びたてられ, ゐる熟練のせゐと, ゐる熱型表が正面, ゐる熱帯地方の蝶, ゐる熱心な画学生, ゐる熱湯を冷した, ゐる燒嶽である, ゐる燒跡には假屋建て, ゐる燒餅やきには, ゐるが幾羽, ゐる燕尾服の紳士, ゐる燧石をも手, ゐる燭台は, ゐる燭臺を持つ, ゐる爆音を聞い, ゐるへ目見え, ゐる爐ばたの, ゐる爛酔派と荷風, ゐる爲め北海道のをん, ゐる父さんなん, ゐる父祖の血, ゐるが一, ゐる爽やかな風, ゐる片側町を通つて, ゐる片岡といふ百姓, ゐる片岡右衛門の仁吉, ゐる片意地さうな萎けた眼付, ゐる片手間にやらう, ゐる片方の眼, ゐる片瀬とは異, ゐる片田舎であたり, ゐる片肌を脱い, ゐる片足のズボン, ゐる片隅の町, ゐる牛久沼のほとり, ゐる牛乳屋の馬車, ゐる牛屋に行つて, ゐる牛肉で御飯, ゐる牛肉屋の二階, ゐる牛部屋の前, ゐる牛飼の男子, ゐる牛馬鹿などの繪, ゐるにグサ, ゐる牝牛がもの, ゐる牝猫ださうな, ゐる牡丹の花, ゐる牡蠣船の明るい, ゐる牢獄のなか, ゐる牧師さんがひとり, ゐる牧獣や家禽, ゐる物價騰貴の共通, ゐる物凄い顔が, ゐる物好きな男, ゐる物理学の泰斗内田博士, ゐる物知らずのはう, ゐる物知りのポオル叔父さん, ゐる物貰ひを, ゐる物質的な要素, ゐる物靜かな沈んだ, ゐる物體によつて, ゐる特別語彙は追加語彙, ゐる特権は僕, ゐる特權といふもの, ゐる特殊部隊に属する, ゐる特派員の報道, ゐる特色でもあります, ゐる特質は決して, ゐる犀星のところ, ゐる犬たちはユダヤ, ゐる犬殿は, ゐる犬潜りの穴, ゐる犬腹を干した, ゐる犬養木堂も書物, ゐる犬養浄人の裔, ゐる犯罪者の心理, ゐる状勢だが, ゐる狂暴性をはつきり, ゐる狂歌師か幇間みたい, ゐる狂的な雰囲気, ゐるよりも寧自由, ゐる狐火人魂鬼火天狗火などはみな生物, ゐるのやう, ゐる狡猾な笑皺, ゐる独帝は今度, ゐる独特の技工, ゐる独逸人の医学士, ゐる独逸人某は此要約, ゐる狭山は小気味, ゐる狸泥舟と共に溺れる, ゐる猛者ぞろひだ, ゐる猟人とその, ゐる猩々をあれ, ゐる之松, ゐる猫又法印の寫し, ゐる献立もどこ, ゐる猿きちがお初徳兵衛, ゐる猿みたいなもの, ゐる獄内の看守, ゐる獄死といふ言葉, ゐるであること, ゐるり者, ゐる獨房に彼, ゐる獨逸譯に依つた, ゐるは日光, ゐる獸皮舟は是, ゐる玄坊の顔, ゐる玄関先きまたは, ゐる玄鶴腰拔けの意地, ゐる率直な表現, ゐる玉屋金兵衞は五十がらみ, ゐる玉川權之助一座, ゐる玉座の階, ゐる玉石堂の主人, ゐる玉造口定番遠藤は近江三上, ゐる玉鋼製鋼会社の調査, ゐる王女を見出す, ゐる王子といふ, ゐる王子製紙会社の紙, ゐる王様の夢, ゐる玩具である, ゐる玻璃器にうつつ, ゐる珊瑚礁に大きな, ゐる珍品だから, ゐる珍景である, ゐる現下の青年たち, ゐる現代俳優の本格的養成, ゐる現代式の貸家, ゐる現代新聞の本質, ゐる現代社会をどうにか, ゐる現代語が詩語, ゐる現代風俗の広い, ゐる現場を見つ, ゐる現場さへ見つからなけれ, ゐる現実の己, ゐる現実的なもの, ゐる理學士が研究, ゐる理性は, ゐる理想に対してもた, ゐる理想的の女, ゐる理想的人間像形成の熾烈, ゐる理窟以上の事実, ゐる理解と感激, ゐる理髪師の店, ゐる理髮師の店, ゐるの師匠, ゐる琴平山がある, ゐる琴平町の蕎麥屋, ゐる琵琶によつて, ゐる瑠璃子さんに手紙, ゐる環魚洞のトンネル, ゐるから生れた, ゐるの姿, ゐるが三本, ゐる瓢箪の茶入, ゐる瓦斯の裸火, ゐる瓦斯灯の灯, ゐる瓦斯燈が三つ, ゐる瓦甍の家, ゐる甑岩へそして, ゐる誓湯誓は, ゐる甘酒屋の赤い, ゐる甘酸つぱい匂, ゐる生々しさ, ゐる生きものたちと同じ, ゐる生き物があつ, ゐる生れ付き表現の途, ゐる生前の彼女, ゐる生家の記憶, ゐる生徒たちは登校, ゐる生徒共を見廻した, ゐる生死に直面, ゐる生活力を見る, ゐる生活感覚とがぴつたりしてゐる, ゐる生活神經ではさ, ゐる生活表現の洗練, ゐる生涯の残余, ゐる生物を聯想, ゐる生物体も亦, ゐる生理上の一現象, ゐる生真面目さうなヴアンダイキ, ゐる生籬の若葉, ゐる産婦とその, ゐる産婦狐である, ゐる産所である, ゐる甥たちの姿, ゐるはない, ゐる用事をも忘れ, ゐる用法である, ゐる用語例は大体二つ, ゐる田中さんと三人, ゐる田中三郎から電話, ゐる田中氏が逢, ゐる田代は永く, ゐる田口掬汀氏がこ, ゐる田吾作椋十である, ゐる田圃路を一町許, ゐる田圃道を僕達, ゐる田地の債券石標, ゐる田地売買周旋業者である, ゐる田島屋との紛紜, ゐる田植歸りの, ゐる田楽や其系統, ゐる田楽法師の瓜生野, ゐる田溝の中, ゐる田端もやはり, ゐる田舍風の女, ゐる田舎娘を御覧, ゐる田舎暮しを同情的, ゐる田舎町に入らう, ゐる田舎路は右手, ゐる田邊がゐた, ゐる田部が好き, ゐる由いやなこと, ゐる由ちよつと立ち話, ゐる由三の根氣, ゐる由仁を汽車, ゐる由來記同樣, ゐる由兵衛奴水槽の前, ゐる由冗談じゃない, ゐる由君も僕, ゐる由子であつ, ゐる由布岳はいい, ゐる由持久戦のつもり, ゐる由藏の胸, ゐる由覚えがない, ゐる甲吉を見つけ, ゐる甲州街道をずつと富士川, ゐる甲斐国石禾に本, ゐる甲蟲は涙, ゐる申出のうち, ゐる申立を読み返し, ゐる申開きが伺ひ, ゐる男さへある, ゐる男ギンザ・パーラーへ行く, ゐる男二人の後姿, ゐる男女傭人の名前, ゐる男女老若は笑談, ゐる男子にさういふ, ゐる男押上駅で捕はれた, ゐる男杖にとり縋り, ゐる男自分ひとりのもの, ゐる男金銀を探し, ゐる町のとほり, ゐる町一番美しいスター, ゐる町人の住家, ゐる町奉行と一, ゐる町娘の姿, ゐる町役人や番太, ゐる町通りでそこ, ゐる町鑛山で食べ, ゐる町長の最上さん, ゐる画人伝の類, ゐる画伯と一緒, ゐる画家そのものは生きた, ゐる画師も少く, ゐる画架に凭れる, ゐる画次第で随分, ゐる画集をもつ, ゐる画風はあの, ゐると敬, ゐるに長々, ゐる留守中で考へて, ゐる番人の小屋, ゐる番号札制度を採用, ゐる畫家などもい, ゐる畫次第で隨分, ゐる異国での呼び名, ゐる異常好みの俗人, ゐる異形の重傷者, ゐる異性の間, ゐるの上, ゐる畳二枚を縦, ゐる當つてゐるか, ゐる當時者である, ゐる畸形は胎生学上, ゐる疊辭の解釋, ゐる疎らな生垣, ゐる疑問であります, ゐる疲れが何事, ゐる疳癪をぐつ, ゐる病人たちをはね越え, ゐる病人達だから, ゐる病友に手紙, ゐる病弱らしい男, ゐる病氣でで, ゐる病父がぼく, ゐる病舎だつた, ゐる病衣が日, ゐる病身の妻, ゐる病院服の前, ゐるさが, ゐる痛々しさに, ゐる痛みを感じ, ゐるの熊吉, ゐるつぽ, ゐる痩せぎすの悲しい, ゐる痩牛の歩み, ゐる瘋癲患者常に寐臺, ゐる瘰癧の切り痕, ゐる癇癖の筋, ゐる癩病患者をあつめ, ゐる発言者の霊力, ゐる発電所のまね, ゐる登張竹風は酒, ゐる登美子の横顏, ゐる發動機船であるの, ゐる發狂の中風患者, ゐる白い明るい光が, ゐる白くなつた八字髭, ゐる白げんげも摘んだ, ゐる白キヤラコの西洋寝間着, ゐる白地の浴衣丈, ゐる白堊の六角塔, ゐる白孔雀それから刀, ゐる白帆また波, ゐる白日の幻, ゐる白木と云, ゐる白板の中, ゐる白楊樹の姿, ゐる白浪で西, ゐる白痴の多門, ゐる白百合の花, ゐる白砂糖を峰子, ゐる白足袋の指導者, ゐる白金の縄, ゐる白銅鏡が一面, ゐる白馬に乗, ゐる白髪の主人, ゐる白髮をかきあげた, ゐる白鳥でした, ゐる白鸚鵡に餌, ゐる白鼠で着, ゐる百万石の大名, ゐる百人中九十九人の夢, ゐる百合の店, ゐる百和堂といふ店, ゐる百姓女の恰好, ゐる百貨店のお客, ゐる皆吉のせゐだよ, ゐる皆川叔茂であらう, ゐる皇太子を立て, ゐる皇室が其時, ゐる皇居だけが天が下, ゐる皮肉である, ゐるのやう, ゐる皺嗄声で, ゐるを取り出す, ゐるを取り落し, ゐる盛子白い割烹着, ゐる目付きでもなかつた, ゐる目尻くくり顎, ゐる目標に戯曲, ゐる目蓋のあ, ゐる目録學上の主義, ゐる盲目的な, ゐる助の, ゐる直ぐ下を通る, ゐる直子にはみ, ゐる直径二分くらゐの, ゐる直截峻烈大膽, ゐる相原夫人だけはまだ, ゐる相川は家, ゐる相州さまに対してお, ゐる相当の深, ゐる相手次第だと, ゐる相棒も振返, ゐる相模灘が見えた, ゐるを一寸, ゐる看守たちが少し, ゐる看守達の顏, ゐる看板が見える, ゐる看護婦長の盛り, ゐる眞實がほ, ゐる眞志屋の菓子店, ゐる眞最中飛電は帝都, ゐる眞正面に近々と, ゐる眞珠を見る, ゐる眞理が過去, ゐる眞田紐などには氣, ゐる眞田紐行商人の老爺, ゐる眞白な花, ゐる眞鍋は民政部, ゐる眞鍮の煙管, ゐる眞間にゆかり, ゐる眞髓を捉, ゐる眞鯉の背, ゐるつ最中, ゐる真下へつれ, ゐる真向ひの, ゐる真向き鳥七面鳥はまだ, ゐる真夏の海景, ゐる真弓の敵, ゐる真志保のす, ゐる真志保のかはゆい, ゐる真摯な温厚さ, ゐる真最中相手の男優, ゐる真珠の或, ゐる真理といふもの, ゐる真野松宇であらう, ゐる真鍮のホオク, ゐる真面目な唯一, ゐる真黒い自分の, ゐるたげな小さい, ゐる眠つたやうな山家, ゐる眠気には薄ら, ゐるゆいやう, ゐるには感激, ゐる眺望に於, ゐる眼それが魂, ゐる眼先に忽ち, ゐる眼小柄な身体, ゐる着想は早く, ゐる着物全部の両, ゐる睫毛の影, ゐるの上, ゐるりの, ゐるさきその, ゐる矢さきに禿安, ゐる矢來の家, ゐる矢先ちよつとした, ゐる矢先どこからともなく, ゐる矢先三宅周太郎など今年中, ゐる矢先如何でせう, ゐる矢先手代の伊三郎, ゐる矢先當の八五郎, ゐる矢先神隱しに, ゐる矢先親戚一家四人が強制疎開, ゐる矢場で娘, ゐる矢車よ, ゐる知人岬と云, ゐる知友を四五人, ゐる知己は殆, ゐる知慧なん, ゐる知識人がその, ゐる知識層の教養, ゐる矩形の中, ゐる短所ぢやない, ゐる短篇小説の作者, ゐるい灌木, ゐる矮人が己, ゐる石けん会社で大した, ゐる石亀をもらふ, ゐる石地蔵を見る, ゐる石垣の上, ゐる石崎杏隠といふ, ゐる石崖のところ, ゐる石川氏の生活, ゐる石斧あるひ, ゐる石榴の実に, ゐる石油も乏しく, ゐる石油箱の上, ゐる石清水八幡の仲秋, ゐる石狩の左舷舷側, ゐる石田が馬力, ゐる石綿枝之助, ゐる石陰のすぐ, ゐる砂ほこりが足, ゐる砂丘の同じ, ゐる砂原であれ, ゐる砂浜の正面, ゐる砒石をたつた, ゐる硝子のはこ, ゐるの銘, ゐる碑文にその, ゐる碧空に向, ゐる碧童の一連, ゐる確かさがそこ, ゐる磁石を投じ, ゐる磨きのか, ゐる磯村の堪へ忍ばね, ゐる磯馴の松, ゐるのほか, ゐる社さへある, ゐる社交的な才能, ゐる社会主義者或は無, ゐる社会的環境の性質, ゐる社員に向, ゐる社會的性質にはず, ゐる社會階級人類等々も何等, ゐる社會風潮のむしろ横着さ, ゐる社殿の中, ゐる社長から電報, ゐる社長ぶりが面白い, ゐる祇園新地の町, ゐる祈祷も後, ゐる祖先の霊, ゐる祖母岳だ西日, ゐる祖父母達を呼び起したくなる, ゐる神主等の會, ゐる神人を用, ゐる神原直造にもあつ, ゐる神園を観せたい, ゐる神女なる巫女, ゐる神妙さであつ, ゐる神子かさ, ゐる神子田初枝, ゐる神廟で祀る, ゐる神戸の宿, ゐる神田明神下の, ゐる神田通りを歩き, ゐる神社類似の家, ゐる神祕な生, ゐる神神しさを, ゐる神祠の屋根, ゐる神秘的な超, ゐる神話民族圏と相当, ゐる神道はもつ, ゐる神道関係の言葉, ゐる祭司の息子, ゐる祭礼の仮面舞踊, ゐる禁制の高札, ゐる禁酒党には云つて, ゐる福々しい老人が, ゐる福富旅館へ行き, ゐる福日紙を持つ, ゐる福松といふの, ゐる福永武彦は中村, ゐる福田君の, ゐる福田氏の線, ゐる禿がゐる, ゐる禿山の方角, ゐる禿頭の爺さん, ゐる秀ちやんの弟, ゐる私のよりははつきり, ゐる私大の学生, ゐる私窩子のやう, ゐる私立の専門学校, ゐる私等の姿, ゐる秋声老のなんとも, ゐる秋子の姿, ゐる秋山彌十, ゐる秋水といふ坊主, ゐる科学者と言つた風, ゐる科學教育そのものであること, ゐる秒針の動き, ゐる秒間にも現, ゐる秘かな意志, ゐる秦氏に此河勝, ゐる秦淮らしい心もち, ゐる秩父の速, ゐる称念寺の黄楊垣, ゐるに言葉, ゐる程それは一般化, ゐる程健康な人達, ゐる程口には云, ゐる程宗教的に又, ゐる程損になる, ゐる程缺けてゐる, ゐる稍年取つた妓が, ゐる種種雜多の詩, ゐる稱號です, ゐる稲妻に裂かれる, ゐる稲荷さんのお蔭, ゐるの品種, ゐる稻荷の祠, ゐる穂吉の処, ゐるですか, ゐる積乱雲を見る, ゐる積木を凱旋門, ゐる積極的意義を認め, ゐる積雲の下, ゐる穢い安フロック, ゐる穴倉のなか, ゐる穴八幡下に在, ゐる空地は雪, ゐる空家の二階, ゐる空想家のガラツ八, ゐる空漠とした, ゐる空色の外套, ゐる突きあたりの辺, ゐる窓下を見る, ゐる窓先から, ゐる窓外の空, ゐる窓掛けをちよ, ゐる窪地一帶には僅か, ゐる立ち姿が描かれ, ゐる立看板に美々しく, ゐる立秋の駅, ゐるを片, ゐる竜巻に向, ゐる竜巻山の嶮, ゐる竜潭と云, ゐる童顏だつた, ゐるれに, ゐる競馬だと, ゐる競馬場だつた, ゐる竹林の空, ゐる竿を両手, ゐる笑顔である, ゐるのやう, ゐる笠原を始, ゐる笠原新八郎方に往, ゐる符號の科學, ゐる第一流と呼ばれる, ゐる第三者の閑, ゐる鳴を, ゐる笹山千鶴子にあつ, ゐる筆致でまた, ゐるといふの, ゐるの道路, ゐる筋肉と関節, ゐるだとか, ゐる筑波の南, ゐる筒口からほとばしる, ゐる筒鳥といふの, ゐるだが, ゐるは行器, ゐる筮法によつて, ゐる箇処があつ, ゐる箏曲家の鈴木鼓村氏, ゐる箕輪益夫氏から態, ゐるからその, ゐるのさき, ゐる節分の月, ゐる節子の自, ゐるの竹, ゐる範囲内では, ゐる築地小劇場が創立, ゐる築山の岩, ゐる篠田水月が紅葉, ゐる篠竹を折つて, ゐる篠谷や堀口, ゐる篤學な木崎愛吉氏, ゐる簑村文學士が代選, ゐる簑虫にとつて, ゐる簑蟲を眺め, ゐる簡単服家庭服として悪く, ゐるを言ふから, ゐる籐椅子の肱掛, ゐるの向, ゐる米使アダムスとの交渉, ゐる米吉は梯子段, ゐる米国の首歌妓シユウマン・ハインク女史, ゐる米国分艦隊をし, ゐるは花粉, ゐる粉末や破片, ゐるは想像, ゐる雜な, ゐる粘土の原型, ゐる精力が張つて來, ゐる精神作用も古語, ゐる精神雰囲気は自由学園独特, ゐる精米工場に出かけた, ゐるに注がれ, ゐるが鳩の, ゐる糸子にむかひ, ゐる糸屑をお, ゐる糸瓜ういやつ, ゐる紀友の主人, ゐる紀州は和歌山市, ゐる紀州侯に向, ゐる紀貫之朝臣の, ゐる紅い一樹の, ゐる紅子の傍, ゐる紅毛の童女, ゐる紅葉した葉, ゐる紅顔十七の腕白盛り, ゐる納屋住人夫になる, ゐる納戸へ入, ゐるを誰, ゐる純粋な古代精神, ゐる純粋さは客間, ゐる紙包の嵩, ゐる紙芝居の前, ゐる紙魚に自分, ゐる紙鳶だよ, ゐる級友の背中, ゐる素人劇場の舞台, ゐる素振りが見える, ゐる素晴しいほりもの, ゐる素朴な人達, ゐる素朴さをやつ, ゐる素材が經驗, ゐる素直な子, ゐる素足にひやりと, ゐる紡車の上, ゐる索具の一杯, ゐる紫紺の海水着, ゐる紫蘇こそは最も, ゐる紫黄のきれい, ゐる細々とした, ゐる細かなふるへと, ゐる細き尾の, ゐる細引を解きはじめた, ゐる細谷川の音, ゐる細身の籐, ゐる細道をのぼつ, ゐる細部が見えなく, ゐる細長い室で, ゐる細面の顏, ゐる紳士淑女はこれ, ゐる紳士諸君に渡し, ゐるの法被, ゐる終戰後の叔父, ゐるの廣助, ゐるへも出た, ゐる組合員を何時も, ゐる組織的な政策遂行, ゐる組踊りは言語, ゐる絆創膏を貼りつけた, ゐる経巻の類ひも, ゐる経帷子の裾, ゐる経済的には僅か, ゐる経緯はあくまで, ゐる結合した心持, ゐる結婚などもこの, ゐる結婚写真を彼, ゐる結婚者が或, ゐる結局ふり代へておさまった, ゐる結局一の戦線もの, ゐる結末にはその, ゐる結果何人もその, ゐる結果外国語といへ, ゐる結果条件をつけず, ゐる給仕を呼び, ゐる給料とかんさん, ゐる給金だつて, ゐる統一に達する, ゐる統領らしいおや, ゐるのやう, ゐる絵かきは凡そ, ゐる絵具のチューブ, ゐる絶えず何かを, ゐる絶えまもない, ゐる絶壁の方, ゐる絶壁上を指さし, ゐる絶望的な金魚, ゐる絶體絶命の位置, ゐるなり紙, ゐる經師屋の吉三郎, ゐる經文が聞える, ゐる經驗などそれ, ゐる綱宗を書かう, ゐるを松風, ゐる綾足の画, ゐる綿のやう, ゐる綿毛を叮嚀, ゐる綿飴屋が割箸, ゐる緊迫感であ, ゐる緋金巾か何, ゐる緋鯉のやう, ゐる総じて異様で, ゐる総武鉄道の支線電車, ゐる総長の面前, ゐる総額二十万円に近い, ゐる緑色の瞳, ゐる緑色素といふもの, ゐる緬羊はもう, ゐる緯書の説, ゐるのそば, ゐる縁端に出た, ゐる縁臺の端, ゐるをきる, ゐる總右衞門に引, ゐる總領の吉之助, ゐる繁華な駅路, ゐる繃帯した少女, ゐる繊弱い一人, ゐる繩切れを拾, ゐる繩木枝の交錯, ゐる繪圖面はあつ, ゐるきの, ゐる弱い木, ゐる缺點がその, ゐる罫紙を指さし, ゐる罰あたりの不幸者め, ゐる罰当りには物, ゐる署長の鋭い, ゐる罵倒しながら, ゐる羅曼的な釣り橋, ゐる羅馬風の中庭, ゐるだ, ゐる美しさを, ゐる美しい丸い斑は, ゐる美事な唇, ゐる美奈子達を目がけ, ゐる美妙斎の作品, ゐる美少年杵太郎の薄化粧さ, ゐる美徳である, ゐる美男栄之丞, ゐる美術なり音楽, ゐる美術家が近頃すこぶる, ゐる美術工藝室迄行く, ゐる美術的方面を考慮, ゐる美術院一派でなくては, ゐる羞恥の念, ゐる群像が白い, ゐる群島は何処, ゐる群衆心理はそれ, ゐる群馬縣の社友生方吉次君, ゐるでは, ゐる義兄の從妹, ゐる義光の後, ゐる義理もない, ゐる義者と不義者, ゐるの全, ゐる翁さん姨さんの事, ゐる翁屋に向, ゐる翌日の試験中, ゐるなりし一, ゐる習俗が自分, ゐるがあつ, ゐる老いたる父母, ゐる老いさらぼひた媼, ゐる老人兄弟を慰め, ゐる老優に見られる, ゐる老婢に向, ゐる老巧な御用聞, ゐる老木の, ゐる老樹の森, ゐる老爺を呼びかけ, ゐる老舗などのある, ゐる老若男女のいづれ, ゐる者どもで秀郷等, ゐる者主人と妾, ゐる者以外にはない, ゐる者佛に反抗, ゐる者供には大, ゐる者俗人の好む, ゐる者多くは句勢, ゐる者寡夫となつ, ゐる者後家となつ, ゐる者机にど, ゐる者毎日毎日が苦痛, ゐる者眼ばたき, ゐる者等にとつ, ゐる者縁側の籐椅子, ゐる者腕組をし, ゐる者苦悶に壓, ゐる者頭をかかへ, ゐる耕作のよい, ゐる耳科病院で診察, ゐる耶蘇教の信者達, ゐる耶馬渓の風景, ゐる聖女はやがて, ゐる聖書の背革, ゐる聖母の乳, ゐる聞き覚えのある, ゐる聯隊副官の, ゐる聴手の肩, ゐる職人或は皮革製品, ゐる職業のやう, ゐる職業団体或は分布区域, ゐる職業婦人のこと, ゐるの老人, ゐる肉体的な無意識, ゐる肉体的要素からし, ゐる肉慾の目, ゐる肉滓に似, ゐる肉親のこと, ゐる肉體的な無意識, ゐる肖像畫の重み, ゐる肖像畫みたいなの, ゐる肝腎かなめなところ, ゐるで立つた, ゐる肥つた白い豚, ゐる肥前の土燒類, ゐる肥満したサルタン, ゐる肥滿したサルタン, ゐる肱掛に手, ゐる肺結核らしいとても, ゐる胃の腑をうるさい, ゐる背廣服も黒サアジ, ゐる背景には紅蓮の炎, ゐる背高男が目, ゐる胡瓜の花, ゐる胡麻の蠅, ゐる胸中何とはなし, ゐる胸叩きと言, ゐる胸壁に等間隔, ゐる胼胝の出来た, ゐるはざりき, ゐる能それ自体よりも実は, ゐる能力を喚び起す, ゐる脅迫の事, ゐる脇差もそれとなく, ゐる脇方能は至極, ゐる脈絡をもとめる, ゐるを挙げれ, ゐるの上, ゐる脳味噌は天辺, ゐる脳髄の上, ゐるをかける, ゐる腹いせに, ゐるに気づい, ゐる膿汁を排泄, ゐる臆病の心, ゐる臆病者暇ある時, ゐるとも思はる, ゐる臨時の施設, ゐる自分たちを見直した, ゐる自分達父娘もある, ゐる自動ポンプの音, ゐる自動車工業の克服, ゐる自己表現の欲求, ゐる自我の絶對孤獨, ゐる自然そのものが画家, ゐる自然公園では地形, ゐる自然界には平等, ゐる自然的な発展行程, ゐる自然眞營道の内容, ゐる自然石の面, ゐる自然科学的面貌にかふる, ゐる自然観察の絵, ゐる自由主義経済或は資本主義経済, ゐる自由劇場の創始者アントワアヌ, ゐる自画像と感想一枚書き, ゐる自称新人の多い, ゐる自称芸術愛好家は近頃, ゐる自覚を, ゐる自転車用の電燈, ゐるひが, ゐる臭ひであつた, ゐる至福が常に, ゐるの處, ゐる臺所で齒, ゐる臼本圭方の顔, ゐるであるが, ゐる舅姑の前, ゐる之助, ゐる與三松が見た, ゐる與三郎の巣, ゐる與八はこんな, ゐる與力の前, ゐる與力堀江又五郎のところ, ゐる興奮を力, ゐる興業師のやう, ゐる興行会社又は公共団体, ゐる舊家がつい, ゐる舊道の細徑, ゐるは狂人病棟, ゐる舞台監督専用の見, ゐる舞妓を賞め, ゐる舞田と云, ゐる舞臺の活劇, ゐる舞踏室の周囲, ゐる航海者のやう, ゐる船客の群, ゐる船客達の聲, ゐる船小屋から漁師町, ゐる船橋氏ははらはら, ゐる船舶には其存在, ゐる船頭どもはこ, ゐる船頭上がりのやくざ者, ゐる船頭達の間, ゐるはさつき, ゐる良子刀自である, ゐる良寛の名, ゐる良平に新聞紙, ゐる色彩上の自己暗示, ゐる色戀はそれ, ゐる色摺の絵本, ゐる艶麗の遊女八つ橋, ゐるとゆびわ, ゐる芋畑の丘, ゐるの中, ゐる芒原だつた, ゐる芝居氣から此作品, ゐる芝居者だよ, ゐる芝草の上, ゐる芥子人形や徳川三百年, ゐる芥川夫人をみた, ゐる芥川關係の物, ゐる芥箱には芥, ゐる花園に寝, ゐる花婿花嫁の顔, ゐる花嫁御の姿, ゐる花崗岩で地殻, ゐる花川戸に向, ゐる花月園のホテル, ゐる花模樣がまだいくらか, ゐる花環を私, ゐる花瓣であつ, ゐる花粉の塊, ゐる花聟花嫁の前, ゐる花見の群れ, ゐる花運が好い, ゐる芳公の姿, ゐる芳坊は近所, ゐる芳夫の声, ゐる芳賀君は甚だ, ゐる芳香がほのぼの, ゐる芸人もきり, ゐる芸妓を見た, ゐる芸者屋そこへ集まる, ゐるが気, ゐる苛責がそれ, ゐる若々しさに, ゐる若々しい存在です, ゐる若い美しい女, ゐる若い衆連が互, ゐる若き愛妻の, ゐる若しくは以前の, ゐる若しも其処に, ゐる若僧ですが, ゐる若旦那の吉之助, ゐる若旦那兵三郎の口, ゐる若葉が何とも, ゐるがい, ゐる苦い酒が, ゐる苦しい表情が, ゐる苦悩に耐, ゐる苦悶さうし, ゐる苦惱とまた, ゐる苧屑のやう, ゐる英佛艦隊と中立地帶, ゐる英国の方, ゐる英國はホーマー, ゐる英訳中で先づ一番完全, ゐる英詩集を取り出し, ゐる英語専門学校の話, ゐる英軍の塹壕内, ゐる英雄であるはず, ゐる茘枝のこと, ゐる茫々とした, ゐる茫漠たる怖, ゐる茱萸の樹, ゐる茶入と共に燒, ゐる茶呑茶碗は悉く, ゐる茶屋女だと, ゐる茶席である, ゐる茶目つ氣, ゐる茶色の犬, ゐる荅布の帯, ゐる草刈草取の跡, ゐる草履がペツタ, ゐる草津節をうたつ, ゐる草色のズボン, ゐる草鞋穿きで, ゐる草餅を食べる, ゐる荊棘のしげみ, ゐる荒々しい野原で, ゐる荒凉として人生, ゐる荒寞の景, ゐる荒涼たる原野の, ゐる荒物店の前, ゐる荘田の良心, ゐる荘田夫人が自分, ゐる荷風であり風景, ゐる荷馬車の休む, ゐる莊吉の家, ゐるつけて, ゐる莫迦莫迦しく苦しみ甲斐, ゐる菅公自作の木像, ゐるも三郎, ゐる菊地弥六の頭, ゐる菊次郎を擧げた, ゐる菊池のす, ゐる菊池寛氏がべつ, ゐる菌糸を少し, ゐるつ葉, ゐる菜切庖丁や葱, ゐるの葉, ゐる華僑の飲食店, ゐる華香氏は番頭, ゐる華麗な花畑, ゐるえだした, ゐる萬七親分に見せた, ゐる萬兵衞の妾, ゐる萬太郎といふの, ゐる萬葉びとと佛を製作, ゐる萬葉集の人麿, ゐる萱野夫妻が息子, ゐる落椿もありました, ゐる落着きは決して, ゐる落花を踏み躙り, ゐる落葉松の梢, ゐる落葉樹の山, ゐる落語家先代の柳家, ゐる落雷といふの, ゐる葉卷はいつの間にか, ゐる葉書のやう, ゐる物と, ゐる著書は未だ, ゐる著者は更に, ゐる葛卷久子の手紙, ゐる葡萄棚の下, ゐる董仲舒などはこの, ゐるの上, ゐる葭切のこゑはすがすがし広間, ゐる蒔繪師は均しく, ゐる蒟蒻粉問屋の新造, ゐる蒲原一人殘して, ゐる蒲地の一子, ゐる蒸汽船や瀬戸物, ゐる蒸溜人が彼, ゐる黒い顏, ゐる蒼白い横顔が, ゐるをとつ, ゐる蓑虫よ殼, ゐるの葉, ゐるが, ゐる蓮見の長男, ゐる蓴菜の茎, ゐる蔀半四郎に訊ねる, ゐる蔦井金三郎が私, ゐる蔵前の中二階, ゐるのとうのお, ゐるも大根, ゐるは反, ゐる薄ら赤い明り, ゐる薄墨の筆, ゐる薄寒い風も, ゐる薄暮から夜景, ゐる薔薇色の心, ゐる薩長と雖, ゐるに十二月, ゐるを抱く, ゐる薬屋だの八百屋, ゐる薬瓶や医療器具, ゐる薬罐の湯, ゐる藁埃をむしり, ゐる藁屋根の茶店, ゐる藁灰まで袋, ゐるの鍵, ゐる藝州域の繪圖面, ゐる藝者風の美人, ゐる藝術の爲, ゐる藤原氏の反対側, ゐる藤堂君枝ちやんです, ゐる藤尾純が待っ, ゐる藤村千代の, ゐる藤森成吉の, ゐる藤澤行きの電車, ゐる藤田の表情, ゐる藥戸棚をそつ, ゐる藪地に向, ゐるの一切れ, ゐるは忽ち, ゐる蘇我の血, ゐる蘇東坡詩集を見る, ゐる蘭丸を浜田, ゐる虎さんが爪, ゐる虎丸一行御宿の大きな, ゐる虎耳草の美しい, ゐる虎髯の不断, ゐる虔十にき, ゐる虚しさなどは, ゐる虚偽から離れ, ゐる虚構といふこと, ゐるの群, ゐる蛇の目蝶と蓙, ゐる蛇谷峰阿彌陀山などの相, ゐる蛇骨川の橋, ゐる蛙顏をのみ出し, ゐるを見, ゐる蜒蜿とした, ゐる蜜柑林の中, ゐる蜜蝋を蜂, ゐる蝋石細工の妖しい, ゐる蝋色の顏, ゐる蝙蝠傘を此時, ゐる蝙蝠座の公演, ゐるの群, ゐる蝶子の後ろ, ゐる蝸牛よ, ゐるとは全く, ゐる螢等は世人, ゐる螺状の坂径, ゐる蟇口を落した, ゐる蟲眼鏡でその, ゐる蠅蚊等々等いやはや, ゐる血潮がぶる, ゐる血痕を見た, ゐる行きが, ゐる行きずりの私, ゐる行く手の樹, ゐる行乞が出来ない, ゐる行列虫は何ん, ゐる行手に防雪林, ゐる行為にも裏, ゐる行燈の下, ゐる行状であ, ゐる術語があり, ゐる街並木や郵便箱, ゐる街中の桜並木, ゐる街路の上, ゐる街頭で街路樹, ゐる衝動の力, ゐる衝立の上, ゐる衞侯の姿, ゐる衣川といふ小川, ゐる衣服はもとより, ゐる衣物がない, ゐる衣裳は大名, ゐる衣類はその, ゐるの庭, ゐる表紙絵のつい, ゐる衷情もお, ゐる袋路地の入口, ゐる袖口のにほ, ゐる被害妄想の多い, ゐる被害妄想狂の瑞典人, ゐる裁判官連はみんな, ゐる裁判長がどうして, ゐる裁物鋏が見えなくなる, ゐる装幀よりもずつと美しい, ゐる裏庭から更に, ゐる裏木戸からこの, ゐる裏通りの私達, ゐる裏門からホテル, ゐる裝飾風なギザ, ゐる裸体に炎天, ゐる裸婦がある, ゐる裸形の像, ゐる裸樹の梢, ゐる裸體の人々, ゐる製版工場の大きな, ゐる製造主任なる從兄弟, ゐるをそろへた, ゐる複数も複数, ゐる褐色の雌, ゐる褞袍がふと, ゐるの濃紫, ゐる襟足のところ, ゐるに当る, ゐる西京の左右大文字, ゐる西伯利産の狐, ゐる西北の隅, ゐる西南の方, ゐる西原氏の詩稿, ゐる西大寺の小僧, ゐる西岸へと, ゐる西洋人たちとす, ゐる西洋劇の浪漫的トリック, ゐる西洋草花などを描かしたら, ゐる西洋館であつ, ゐる西瓜に目, ゐる西門をくぐつ, ゐる要塞地の町, ゐる要素即ち, ゐる覆面の半身, ゐる見度いな角, ゐる見張番の他, ゐる見物人たちを見, ゐる見知らぬ人にでも, ゐる見習の僧, ゐる見習士官の部屋, ゐる見識の高い, ゐる規則だ, ゐる規模が小さい, ゐる規模雄大なローマンス, ゐる親しみは直ぐ, ゐる親方が百姓, ゐる親犬のお腹, ゐる親類の子, ゐる観念に対してその, ゐる観念主義者だけがもてあそぶ, ゐる観念的な道義性, ゐる観衆の円陣, ゐるがある, ゐる觀客の氣, ゐる觀音像を仰い, ゐる角帶を締めた, ゐる角砂糖さんたちは水泳, ゐる角笛の音, ゐる解説家の頭, ゐる解釈は畢竟, ゐるひ方, ゐる言文一致創始者は小説, ゐる言葉外の方, ゐる言語が如何なる, ゐる計画で希望, ゐる計画的な画面, ゐる訓辞はまた, ゐる記事でありまして, ゐる記憶圈内に入, ゐる記者諸君の顔, ゐる訣らなくして, ゐる訳ぢやございません, ゐる診察所の二階, ゐるである, ゐる評判娘のうち, ゐる評家がある, ゐる評論家だと, ゐる詞藻を持たない, ゐる試驗官と云, ゐる詩人たちの努力, ゐる詩味は凡手, ゐる詩形の魅力, ゐる話声が聞える, ゐる話題に縋る, ゐる該博なる菊, ゐる詳しく書いた頁, ゐる誇りに満たされ, ゐる誇大性は直ちに, ゐる認識理論に注意, ゐる語り手の気に入らう, ゐる語學力ではなかなか, ゐる語根といふのはま, ゐる語気で明, ゐる語調の中, ゐるの道, ゐる説明はその, ゐる説明ぶりであ, ゐる読者も多い, ゐる読者見物諸君は存外, ゐるの連中, ゐる調和は妙, ゐる調度は無論, ゐる諏訪地方などにはこの, ゐる論敵には殆ど, ゐる論文でみる, ゐる論理の化物, ゐる論者が多い, ゐる諷刺的の雑誌, ゐる諸国の侍たち, ゐる諸子に關, ゐる諸島のうち, ゐるであらう, ゐる謙信の眼, ゐる講中の群, ゐる講和委員にその, ゐる講壇の後方, ゐる講師ならば, ゐる講義にや美学, ゐる講釈師は先代, ゐる識者も多い, ゐる警官は, ゐる警察官がナポレオン, ゐる警察署前の通り, ゐる譯ぢやない, ゐる議員の誰彼, ゐる議會に對, ゐる護謨底の足袋, ゐるり者, ゐる谷口君も加, ゐる谷合の路, ゐる谷崎氏を感じず, ゐる谷本富博士の事, ゐる谿間の崖, ゐるもこれ, ゐる豆腐を立てた, ゐる豊太郎とお, ゐる豊島与志雄の, ゐる豊麗な優し, ゐる豌豆を見よう, ゐる豚小屋に着きました, ゐる豚谷戸だの乞食谷戸, ゐる象徴的手法の影, ゐる象牙のやう, ゐる豪奢悦楽は地上, ゐるを見た, ゐるであるが, ゐる貝塚がある, ゐる貝殻を見つけました, ゐる貝殼や海草, ゐる貝細工屋の主人, ゐる負傷の痕, ゐる財産の方, ゐる財産家である, ゐる貧しさう, ゐる貧しい一村社は, ゐる貧乏人を羨ん, ゐる貧乏娘が俺ら, ゐる貨物車の影, ゐる貨車の次, ゐる貫兵衞を促し, ゐる貫太のこと, ゐる貴い陶器だ, ゐる貴公はその, ゐる貴方がそれ, ゐる貴族の大, ゐる貴族院の老, ゐる貴様にあるん, ゐる貴殿の趣味, ゐる買物風景はどこ, ゐる貸家の敷金, ゐる資本の百分の一, ゐる資本家と勞動者, ゐる資格さへない, ゐる資源は全, ゐる資産家階級の団流, ゐる資質は善良, ゐるはし, ゐる賑やかな大きな, ゐる賑やかさに気安い, ゐる賢い仕方を, ゐる質問是等は院長, ゐる質屋の通帳, ゐるを尽した, ゐる赤く爛れたむくむく, ゐる赤シャツはぼんやり, ゐる赤ン坊はこの, ゐる赤土山へさ, ゐる赤彦君の頭, ゐる赤染衞門も和泉式部, ゐる赤硝子戸うちたたきても, ゐる赤谷川の源流, ゐる赤駒の尻尾, ゐる赤鬼のやう, ゐる赤黒い血溜りに, ゐる赭ちやけた砂山とひらみつく, ゐる赭ら顔は往年, ゐる越前の国, ゐる趙景棠とその, ゐる趣味に過ぎない, ゐる足もとから山, ゐる足場一つがおくれ, ゐる足掻きであり見様, ゐる足袋屋の息子, ゐる足軽同心の家, ゐるの悪魔, ゐる跛者で眇目, ゐる跡部の手の者, ゐる路下の沼, ゐる踊子に見当, ゐる踏切が遊廓街, ゐる身の丈抜群の巡査, ゐる身持ち女を見, ゐる身方の残兵, ゐる身構へには小娘, ゐる身辺の雰囲気, ゐる身近にも茂つた, ゐるではない, ゐる車室には私達三人, ゐる車掌の声, ゐる車輪の響, ゐる車輪工場の寄宿所, ゐる車道だとか, ゐる車鋸や鋸, ゐるのズボン, ゐる軍事上の術語, ゐる軍人の外套, ゐる軍国主義の勝利, ゐる軍旗を奪, ゐる軍服姿の男, ゐる軍配は細く弱, ゐる軒下の泥溝, ゐる軒先の燈, ゐる軸物の上, ゐる浮なる, ゐる軽井沢の一望, ゐる軽便鉄道の停車場, ゐる軽気球の方, ゐる軽演劇の部類, ゐる輕便鐵道に乘, ゐる輜重輸卒も耳, ゐる輩役人役者芝居者を取卷い, ゐるの中, ゐる輪廓の大きい, ゐる輪袈裟を掛けた, ゐる輪郭がそれ, ゐる輿丁や雜人たち, ゐるは飛ぶ, ゐる辛夷の木, ゐる辛棒性がない, ゐる辯護士が来, ゐる辰三を顎, ゐる辰五郎です, ゐる農具や植木, ゐる農夫達は農閑期, ゐる農奴を買収, ゐる農婦に怒鳴り, ゐる農家鷄犬の聲, ゐる農村生活らしい食卓, ゐる農業と沈滯, ゐる農民劇の作家たち, ゐる農産部にそれぞれ半ば専属, ゐる農科大學, ゐる辺りの縁先, ゐる辺鄙な町, ゐる辻自動車に乘つた, ゐる辻野君の姿, ゐるで, ゐる近ごろの變異, ゐる近代将棋に二手損, ゐる近代的情熱を持つ, ゐる近藤博士の顔, ゐる近衛聯隊の隊附, ゐる近隣の居住者, ゐる近頃こんな愉快, ゐる迷信や風俗, ゐる分宿などが, ゐる退屈もし, ゐる退役軍人の息子, ゐる逃道は窓, ゐる逆境に對, ゐる透間の足, ゐる逓相の近藤男, ゐる這麼町から少し, ゐる通りやつぱり恐ろしい相手, ゐる通りアントワアヌの, ゐる通りゲエテのウヰルヘルム・マイステル, ゐる通りモルモン宗の本山, ゐる通り一民族の支配者等, ゐる通り主人の松魚, ゐる通り亜米利加の開祖ワシントン, ゐる通り亜米利加生れの女, ゐる通り今でも秀子, ゐる通り剣の山, ゐる通り十二単衣でぞべら, ゐる通り口が大きく, ゐる通り唐土の空, ゐる通り基督教だつて, ゐる通り巽斎の学芸, ゐる通り帝劇俳優の宗之助, ゐる通り情熱の烈しい, ゐる通り愁の陰影, ゐる通り混り気, ゐる通り秋濤は晩年神戸, ゐる通り紀州の, ゐる通り翻訳劇時代は一応, ゐる通り舞台の暗黒時代, ゐる通り船成金の一人, ゐる通り薄田泣菫氏は備中, ゐる通り赤穂浪人の一人, ゐる通り震災の火事, ゐる通り鴻の臺下, ゐる通人の生活, ゐる通信費が嵩む, ゐる通称だつた, ゐる通蔓草の花, ゐる速度が非常, ゐる造作もない, ゐる造船工場の方, ゐる連れのない, ゐる連中みんなといつ, ゐる連中嫉妬深くて, ゐる連想やイメーヂ, ゐる連歌師は目, ゐる連衆と言, ゐる週刊北星を持つ, ゐる進歩思想の商人, ゐる進歩的分子の人, ゐる進藤の部屋, ゐる進駐兵のある, ゐるれる路, ゐる遊び事が何故, ゐる遊び仲間に彼, ゐる遊仲間と彼, ゐる遊藝の外, ゐる遊里へでも駆け込む, ゐる運勢が變, ゐる運算なので, ゐる運轉手の後姿, ゐる運轉手君が數日, ゐる過ちのない, ゐる過渡期と見るべきであらう, ゐる過渡的な演技, ゐる道ばたから例, ゐる道中の話, ゐる道化の玉吉, ゐる道添ひに, ゐる達磨であつ, ゐる達磨型のもの, ゐる達者な男, ゐる洲は, ゐる遠山といふ青年, ゐる遠山ブリキ職遠山春樹の三男, ゐる遠州灘雲の峰, ゐる遠景を目前, ゐる遠田郡の安芸, ゐる遠縁の手代丸吉, ゐる遥か西北方の空, ゐる遺児たちの周囲, ゐる遺物は少く, ゐる遺骸を見, ゐる遼河の河口, ゐるは約半, ゐる那奴を売り, ゐる邪惡な目付, ゐる邪魔ツけどう, ゐる邪魔者なん, ゐるが是, ゐる邸町の生活, ゐる郡情を, ゐる厚な, ゐる郵便局長の顏, ゐる郵便箱を主人, ゐる郵券を見つけ出した, ゐる郵劵を見つけ出した, ゐる郷土にあ, ゐる郷里の山地, ゐる都和井のぶの姿, ゐる都大路には往き来, ゐる都女としてばかり作者, ゐる都市に住ん, ゐる都會的な比較的, ゐる酋長夫婦と村人達, ゐる配下の書記, ゐる配列のルーズさ, ゐる配達夫らしい中年, ゐる酒びたしの着物, ゐる酒党連中の経路, ゐる酒卓を私, ゐる酒壜がどこ, ゐる酒席の後ろ, ゐる酒徳利を順々, ゐる酒村草之進といふヤツトウ, ゐる酒精中毒者の, ゐる酒銘も長兵衛, ゐる酒飲みの友達, ゐるはされ, ゐる酔つた人がつまらない, ゐる酔ひたいの, ゐる酔漢であ, ゐる酷い凍てを, ゐる酸味は今, ゐるつぱらひの女, ゐる醉どれらしい調子, ゐる醫師や看護婦, ゐる醫科を止め, ゐる釈迦牟尼仏は絶大, ゐる釉藥がぴつたり土, ゐる釉面に氷裂, ゐるへも殊に, ゐる重い包を, ゐる重傷者のなか, ゐる重厚さが好き, ゐる重大問題ではない, ゐる重田君の宅, ゐる重苦しい記憶や, ゐる重荷をも路傍, ゐる重要な言葉, ゐる重要問題すなは, ゐる野のはづれ, ゐる野兎は, ゐる野呂は同宿, ゐる野心的な機運, ゐる野性の鶴, ゐる野村に気がついた, ゐる野村治輔君で同君, ゐる野村英夫は僕, ゐる野母崎が見えだした, ゐる野球チームなの, ゐる野生のもの, ゐる野良猫のやう, ゐる野茨の花, ゐる野菊コスモスを手折つて, ゐる野蛮な行, ゐる野路を駈け, ゐる野面を眺め, ゐるの上, ゐる金さへあれ, ゐる金之丞を振返りました, ゐる金井氏のいふ, ゐる金儲けですぜ, ゐる金兵衞の良, ゐる金具の光つた持物, ゐる金力の価値丈, ゐる金屬などを知り, ゐる金屬的灰色の空氣, ゐる金屬製の容器類, ゐる金歯を掌, ゐる金物をつくる, ゐる金眸が脾腹, ゐる金精峠との間, ゐる金紗縮緬のいぢ, ゐる金縁眼鏡の男, ゐる金色燦然たるジュパーン, ゐる金貸しをし, ゐる金費ひの, ゐる金銭の哀願, ゐる金魚で色, ゐる釜ヶ崎は, ゐる釜屋半兵衞が北新堀, ゐる釣り鐘のうなり, ゐる釣心がおこつた, ゐる釣竿は未だ, ゐる釣糸を慰み, ゐる釣銭を少し, ゐる鈍い曇りを, ゐる鈍黒の馬, ゐるのそば, ゐる鈴木はやはり, ゐる鈴虫があちら, ゐる鉄側で夫人, ゐる鉄冠子といふ仙人, ゐる鉄扉の向う側, ゐる鉄索の釣橋, ゐる鉄縁の老眼鏡, ゐる鉄辰砂の水差, ゐる鉄道線路伝ひに, ゐる鉄道部隊の晴れ, ゐる鉛筆ほどの細, ゐる鉢植の酸漿, ゐる鉦叩やが, ゐる銀原と鶴巻, ゐる銀座のやくざ, ゐる銀河が北方, ゐる銀行の京坂地方, ゐる銀行家が一時間, ゐる銅壺に突, ゐる銅線に触れ, ゐる銅脈さ, ゐる銅貨のやう, ゐる銅鑼を泉水, ゐる銘酒屋で働い, ゐるへ煙管, ゐるや鎌, ゐる鋭さであつ, ゐる鋭利なリボン鋸, ゐるなの, ゐるりと, ゐるの円筒, ゐる錯雑した関係, ゐる鍋釜を悉く, ゐる鍛冶屋さんとだけでした, ゐる鍼灸甲乙経十二巻である, ゐる鎌倉時代に近く, ゐる鎌切りを覗き込む, ゐる鎔岩流を出した, ゐる鎧姿の私, ゐる鎧戸が不気味, ゐる鎧武者の繪, ゐる鎮護詞と言, ゐる鎮魂の意味, ゐる鐘声にこもる, ゐる鐵瓶を掛け, ゐるを掴む, ゐる髮と, ゐる長剣を指さした, ゐる長十郎に取, ゐる長女さわ子とこれ, ゐる長尾宏也氏といふ霧ヶ峰スキイ場, ゐる長屋が見える, ゐる長屋のはづれ, ゐる長崎の町, ゐる長崎港に入, ゐる長崎耶蘇教会出版の, ゐる長年馬盗坊をし, ゐる長持に腰かけ, ゐる長歌のこと, ゐる長火鉢の前, ゐる長男夫妻には一切もの, ゐる長篇小説の偶然論, ゐる長篇評論の結末, ゐる長篠驛あたりからの線路, ゐる長老小早川隆景が之, ゐる長者の風格, ゐる長靴がつひぞ, ゐる門人坂上玄丈の家, ゐる門前を通, ゐる門弟たちを嘲る, ゐる門燈の光, ゐる門田朴斎は, ゐる開放地域には支那政府, ゐる開業当時の暖簾, ゐる開票場から二時間前, ゐるがない, ゐる閑かな家はもう, ゐる閑吉を見る, ゐる閑寂沖澹の趣, ゐる閑靜なビヤホオル, ゐる間々に砂ほこり, ゐる間あたりには何一ツ, ゐる間いつの世, ゐる間そこは彼, ゐる間なにをし, ゐる間みのるは鏡, ゐる間もなくやがてメイン, ゐる間アトリーでもクリップス, ゐる間ズックの運動靴, ゐる間ホテルの内外, ゐる間ワシリは煖炉, ゐる間一番興味深げ, ゐる間中僕はよく, ゐる間中彼は彼女たち, ゐる間中眼に浮かぶ, ゐる間也ちやんは寢, ゐる間二度も三度, ゐる間五年も十年, ゐる間今日のやう, ゐる間何時でも用, ゐる間佛樣の伽, ゐる間信一郎はその, ゐる間前からも後, ゐる間割合によく, ゐる間千登世は二階, ゐる間天も地, ゐる間奧さんが茶店の, ゐる間女は僕, ゐる間妹のお, ゐる間學問が全く, ゐる間御飯をたべ, ゐる間愛情の欠乏, ゐる間慟哭し絶叫, ゐる間我等の間, ゐる間抜さを憐れむ, ゐる間拔けです, ゐる間拔けさ加減を思ひ浮べた, ゐる間昌さんはその, ゐる間有つた丈の原子, ゐる間梨枝子は安里, ゐる間歇的な発熱, ゐる間母は臺所, ゐる間氣も心, ゐる間瀬を兄貴分, ゐる間父のこと, ゐる間父母の墓, ゐる間生命を司るい, ゐる間病身な妹, ゐる間看護婦は文太郎, ゐる間矢張難有, ゐる間種々な物, ゐる間絹子はその同じ, ゐる間聖フランシスの本, ゐる間葉山の別荘, ゐる間蘭軒はお, ゐる間路易はただ, ゐる間近所に常設館, ゐる間部屋一面の洋書, ゐる間附近の人達, ゐる間隔を思ひ切, ゐる関五郎の所為, ゐる関係上住民の難, ゐる関係上戯曲家志望の人達, ゐる関心がどう, ゐる関根といふ歴, ゐる関白のこと, ゐるが周圍, ゐる闘争心のおかげ, ゐる關係とは異, ゐる阪西が, ゐる防波堤の石, ゐる防空壕のところ, ゐる阿蘭陀芹を, ゐる阿部家に代替, ゐる附録で見る, ゐるを反復, ゐる限りこれも自慢, ゐる限りアスピレーシヨンは其純粹, ゐる限りペタルも足, ゐる限り万物は永久, ゐる限り不可能の要求, ゐる限り人に迫る, ゐる限り僕は悠々閑々, ゐる限り哲學し物, ゐる限り希望を持つ, ゐる限り彼等に対して主観的, ゐる限り思想の假説的性質, ゐる限り我々の判斷, ゐる限り期待が大き, ゐる限り札幌は自分, ゐる限り材料の缺乏, ゐる限り此の電車, ゐる限り紙に書いた, ゐる限り續くもの, ゐる限り自分はもう, ゐる限り舞台は奇妙, ゐる陛下とでもいつた, ゐる院内の音楽家, ゐる院長がちら, ゐる陰影も移つ, ゐる陰惨たる洞窟, ゐる陰謀に就い, ゐる陰険な急流, ゐる陶工とちが, ゐる陶本の家, ゐる陸地かほとんど, ゐる陸軍主計監の息子, ゐる険しさだつた, ゐる険相な顔付, ゐる隅田川だけを書い, ゐる階級へ, ゐる階級的場所を知つて, ゐる随伴物ではなく, ゐる随分今度のは, ゐる随行医官の名, ゐる隙間に彼女, ゐる際これを映画的魅力, ゐる際ぢやない, ゐる際われわれの力, ゐる際額面相當の印紙, ゐる隠れがの五右衛門, ゐる隠岐の島, ゐる隠者階級にはかうした, ゐる隣席の男, ゐる隣座敷の襖, ゐる隣組もある, ゐる隱居の上, ゐる隱居所の門, ゐる隱岐の離室, ゐる雀たちと共に憩う, ゐるの河童, ゐる雄蕋の花, ゐる雄風館書房の店, ゐる雄鷄の生れ變, ゐる雅歌の作者, ゐる集團的組織である, ゐる雇人の中, ゐる雌鳥は卵, ゐる雑具の謂, ゐる雑巾で蟻, ゐる雑木紅葉がだ, ゐる雑穀屋の店さき, ゐる雑談や毎月生産, ゐる雑貨商で山, ゐる雑貨店がある, ゐる雑軍西に例, ゐる雛妓の極彩色, ゐる雛子の前, ゐる雜居房は八人ぐらゐを樂, ゐる雜役たちが病み, ゐる雜木林に續, ゐる雜誌社などへ賣り付ける, ゐる雜談のあ, ゐる雜貨店で狹, ゐる離家の横手, ゐる離島ではどうか, ゐる離房めいた八畳, ゐる離縁状を書留郵便, ゐる雨空を窓硝子越し, ゐる雨風やツイ溪向う, ゐる雪ふり蟲を, ゐる雪五郎の喉, ゐる雪国の陰鬱, ゐる雪太郎が芋畑, ゐる雪柳ただ白して, ゐる雪江を尾行, ゐる雪洞を人形, ゐる雪狼の影法師, ゐる雰囲気は以上, ゐる雰囲気険悪唯事ならずと, ゐる雲奴に見え, ゐる雲水坊主位のもの, ゐるその雷, ゐる電信柱と又, ゐる電報や手紙, ゐる電報爲替が來, ゐる電子は惑星, ゐる電気灯の光, ゐる電氣時計は四時, ゐる電燈その間を流れ, ゐる電車線の一端, ゐる電車線路の向う, ゐる電車通りの方, ゐる震災前の樹木, ゐるなの, ゐる霊的な不思議, ゐる霜柱がかたい, ゐる霧笛の音, ゐる霧雲を僅か, ゐるの心隔, ゐる露助の捕鯨船, ゐる露台に両, ゐる露店市がぎつしりと, ゐる露西亜の子供, ゐる露西亞猶太人やバルカン半島邊, ゐる露語の大, ゐる露路を黙々, ゐる露路奥の母, ゐると一緒, ゐる靈岸島で汽船, ゐる靈鳥で決して, ゐる青き菜の, ゐる青くなつて寢, ゐる青じろい苹果の, ゐる青ンぶくれの, ゐる青壮年でありこの, ゐる青島から餘, ゐる青年俳優に, ゐる青年学校の, ゐる青年達を見, ゐる青服を借り, ゐる青柳といへ, ゐる青柿に眼, ゐる青栗は近き, ゐる青筋がど, ゐる青臭い若さが, ゐる青色の窓掩, ゐる青茎の不思議, ゐる青草の中, ゐる青菜は青い, ゐる静寂とそれ, ゐる静観派と客, ゐる靜けさをよく, ゐる靜寂のなか, ゐる非合法的な運動, ゐる非常時も非常時, ゐる非常時局この偉大, ゐる面々の会, ゐる面会所へ飛び込んだ, ゐる面倒な事態, ゐる面前であるといふ, ゐる面影ではひどく, ゐる面白さは, ゐる面白いに取紛れ, ゐる面福田女史に何, ゐる革命家等の新しい, ゐる革命的諸政策, ゐる革砥に巧み, ゐるの中, ゐる靴下に草履, ゐる靴磨の姿, ゐる鞍山の鉄鉱, ゐるの中, ゐる韃靼人がそ, ゐる音吉は間もなく, ゐる音声ではない, ゐる音松といふ中, ゐる音楽の聴手, ゐる音楽家や美術家, ゐる音楽研究の若, ゐる音無家の裏手, ゐる音闇に穴, ゐる韻律に酔, ゐるがあつ, ゐるにばかり目, ゐる頂上だつたので, ゐる頂上附近だけそれ, ゐる頃やつと物置, ゐる頃ドイツ大使館付武官の紹介, ゐる頃住職の肝入り, ゐる頃加藤男の計ら, ゐる頃同級生に松本, ゐる頃向島に一度, ゐる頃学校の教室, ゐる頃彼女に最初, ゐる頃旦那樣をひどく, ゐる頃早岐へ行き着いた, ゐる頃村民の負債整理, ゐる頃東京にすみ, ゐる頃毎朝早く起き, ゐる頃池坊は, ゐる頃浜に降り, ゐる頃漱石氏も京都, ゐる頃近所の喫茶店, ゐる頃飼育して, ゐる順一はもう, ゐる順序すなは, ゐる須田巡査が出, ゐる須田町の人込, ゐる須磨子はこの, ゐる頑丈な麻繩, ゐる領域が大きい, ゐる領布振山, ゐる頬髯の生えた, ゐる頭上の神楽殿, ゐる頭髪を綺麗, ゐる頭髮のモヂヤ, ゐる頸手袋をしない, ゐる頸筋に手拭, ゐる頼久太郎の事, ゐるの下, ゐる顏付ではなく, ゐる顔付きだった, ゐる顔昵懇の店員, ゐる顔色を見る, ゐる顕微鏡で僕, ゐる願はくは恥, ゐる願望であるから, ゐるは皆飜作, ゐる類のもある, ゐる類ひとは全く, ゐる類型風の物言, ゐる顯著な陰影, ゐる風光明媚の一漁村, ゐる風呂場で汗, ゐる風呂敷のやう, ゐる風呂敷包を示し, ゐる風呂敷包みに東京, ゐる風情これ初恋の面影, ゐる風景女の姿, ゐる風景画家はまことに, ゐる風格といふもの, ゐる風流といふもの, ゐる風致であつ, ゐる風船にそれ, ゐる風見迄がはつきり, ゐる風車に微か, ゐる風鈴は鳴る, ゐる飛騨をゆり起した, ゐる食事にいそいだ, ゐる食堂の方, ゐる食料品の整理, ゐる食物売の灯, ゐる食糧問題も立所, ゐる飮物を止せ, ゐる飯場を訪問, ゐる飯屋に飛込み, ゐる飲み屋にも七八回通つて, ゐる飴屋の大きな, ゐる飴玉をしやぶり, ゐる飼犬のアゾル, ゐる飾花灯の下, ゐるに, ゐる養嗣子が先刻, ゐる養父の後, ゐる養育係りの為め, ゐるは流石, ゐる餓鬼奴が, ゐるのすべて, ゐる餘地をなく, ゐる首相を初め, ゐる首領が声高らか, ゐる之助, ゐる香水の香, ゐる香煎をすゝ, ゐる馬丁のアルライ, ゐる馬來人やジャワ人, ゐる馬吉だつたの, ゐる馬喰町の大通り, ゐる馬場を無理, ゐる馬小屋に刈りためた, ゐる馬左也氏は直ぐ, ゐる馬政官の一行, ゐる馬方を声, ゐる馬橇が見えます, ゐる馬琴は依然として, ゐる馬糞の真実感, ゐる馬蝿が一匹, ゐる馬賊でもなけれ, ゐる馬車廻しまで両側, ゐる馬道の人形屋, ゐる馬酔木の花, ゐる馬鹿さ加減がをかしく, ゐる馬鹿力を出し, ゐる馬鹿話をする, ゐる駄菓子屋氷屋は大, ゐる駅長に訴, ゐる駒吉に疑, ゐる駒形の, ゐる駒次郎は平次, ゐる駱駝が唇, ゐる騎士のやう, ゐる騎士たちはだれ, ゐる騎手の眼, ゐる騎馬の巡査, ゐる騒音疾風怒濤, ゐるがしい, ゐる騷ぎでいやもう, ゐる騷ぎでさ知り合, ゐる騷音裡の靜人, ゐるの前, ゐる驛員のところ, ゐるを覗き, ゐる骨張つた手を視詰めた, ゐる骨董屋へ飛込んだ, ゐるを駕籠, ゐる體稽古着に胴, ゐる一のまん, ゐる高みの方, ゐる高井村のオヤヂ, ゐる高利の金さ, ゐる高原の季節, ゐる高名な学者, ゐる高央の面影, ゐる高島郡の平野, ゐる高慢な点, ゐる高木氏の頭, ゐる高木銀次郎が用人, ゐる高梁川の渡し場, ゐる高田浪吉君にも知らせなかつた, ゐる高等商業学校を初め, ゐる高級の女官, ゐるなぞ殆, ゐるも髮, ゐるの恰好, ゐる魂魄みたやう, ゐる魅力もその, ゐる魔法使ひの, ゐる魔窟の姐さん, ゐる魔術である, ゐる魔術性を取り除かね, ゐるとして大出來, ゐる魯艦は至つて, ゐる鮨屋のなか, ゐるかな紅葉, ゐる鮮血はまるで, ゐるを足, ゐるの鼻ツラ, ゐる鰐口の緒同様, ゐるのない, ゐるの漁場千葉県山武郡片貝村, ゐる鰹節は土佐節, ゐる鱒二の姿, ゐる鳥どもである, ゐる鳥共の中, ゐる鳥右さんでありました, ゐる鳥屋の扉, ゐる鳥打を脱い, ゐる鳥籠を入れ忘れたらしい, ゐる鳥類が驚き, ゐる鳩たちを除い, ゐる鳩時計がお, ゐる鳩谷小八郎を見付け, ゐるに僕, ゐる鳶の者とがごつ, ゐる鳶頭の銀次, ゐるの群, ゐる鴎達の影, ゐる鴨居のあたり, ゐる鴨山が今, ゐるか此方, ゐるも啼い, ゐる鶏くらゐなもの, ゐる鶏二十数羽を殺し, ゐる鶏舎などを眺め, ゐる鶴村は無論, ゐる鶴石の黒い, ゐる鶴見の花香苑, ゐるの子, ゐる鶺鴒の尾, ゐるを攫, ゐる鷄たちも同じ, ゐるの聲, ゐる鹽氣のない, ゐる鹿のやう, ゐる麒麟といふ同人雜誌, ゐる麗らかな朝, ゐるの芽, ゐる麥藁帽子の上, ゐる麦畑が既に, ゐる麹町の詩人, ゐる麺麭を, ゐる麺麭屋が焼く, ゐる麺麭屑を払, ゐるや黍, ゐる麻布の谷町, ゐる麻服がある, ゐる麻雀か玉突き, ゐる黄いろいこまかな, ゐる黄昏の道, ゐる黄枯た草, ゐる黄葉と林梢, ゐるの板塀, ゐる黒く侘しい土肌と, ゐる黒ん坊と云, ゐる黒ツぽい程, ゐる黒人だつたら極, ゐる黒檀の壁, ゐる黒竜江の岸, ゐる黒髮山といふ山, ゐる黙示録の中, ゐるの指令, ゐるの類, ゐる鼠色のよごれた, ゐる鼻さきをこの, ゐる鼻曲りのガラドウ, ゐるをたてる, ゐる龍吉に氣, ゐる龍土會の諸氏, ゐる龍太にとつて, ゐる龍華寺といふ寺, ゐる龜谷さん一家が私, ゐると1, ゐる3236号に, ゐると7, ゐるGIは私, ゐるPOP印畫を眺めた