青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「ゐない~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わるく~ ~われ われ~ ~われわれ われわれ~ ~ゐ ゐ~ ~ゐた ゐた~ ~ゐない
ゐない~
~ゐなかつた ~ゐました ~ゐます ~ゐる ゐる~ ゑ~ ~ん ん~ ~んだい ~んぢ

「ゐない~」 3963, 43ppm, 2715位

▼ ゐない~ (714, 18.0%)

167 である 10937 です 27 か, だから 26 では 16 だと 14 だが 10 であります 9 ですか 7 だつた, であるが 6 ですから, を見 5 かも知れない, でした, ですが 4 を私 3 かしら, かそれとも, が残念, だな, だらうか, ぢや, ですもの, と同じ, は, は確か

2 [21件] かい, か分らぬ, がひどく物淋し, がよい, が普通, が物, さ, だか, だからな, だけれど, だし, であるから, でございます, ですね, は室生, は残念, も不思議, も気に入つた, をよい, を惜し, を知る

1 [155件] かつて阪井さん, かときく, かとさ, かとにかく暫く, かと思, かな, かもしれない, かもしれません, かゐ, か今夜, か六つ, か分らない, か努め, か古びき, か声, か息詰まる, か白い, か腰, か自分, か雛子, か默つて聽, があります, があるらしい, がうれしく, がせつない, がちよ, がはつきり, がまだ, がわかつた, がわかる, がわる, が一番気楽, が不思議, が人, が何, が何だか, が偽らぬ, が多い, が如何にも, が寧, が御, が毒酒, が氣, が淋しい, が現在, が第, が結局気楽, が過大, が違, が難, さ微塵, だからさ, だからね, だけは物, だこれ, ださうである, だすると, だそれ, だった, だつたら, だといふ, だね, だめづらし, だもの, だよ, だらう, だ従, だ最後, でありますが, であるし, であるもう, であるテーマ芸術, である泥酔, ですからね, ですし, ですよ, とでは味, と同胞, と着, なら僕, なら安心, にはツ, に気づいた, に気付いた, に盗んだ, はい, はいつたい, はその, はどう, はまことに, は下手人, は不思議ぢ, は事実, は何, は何故, は何故か, は作者, は僕達, は出来上つた石像, は勿論, は古代, は天晴れ, は室町朝, は幸せ, は弘雄ひとり, は彼一人, は感心, は成, は新約聖書, は果して, は此返事, は然るべき, は矛盾, は筆塚, は虚, は變ぢ, は遺憾, もあつ, もある, もしかた, もその, もまた, も忘れ, も横濱, も氣, も無理, も私, をい, をいつも, をよく, を不思議, を嘆い, を変, を常, を幸, を恥ぢ, を惜しい, を意外, を感じた, を手頼り, を気がつかない, を発見, を着, を知, を知つて, を確め, を示し, を義雄, を聽き知つた時, を補つたの, を見れ, を見抜い, を遺憾, 好くも, 故ゆっくり

▼ ゐない~ (275, 6.9%)

28 云ふ 9 言ふ 6 すると, すれば 5 いふ, なると, 思ひます 4 いつて, 云へる, 思つてゐた, 言つた 3 いふこと, いふ事, 云つた, 俺は, 彼は, 思ふが

2 [13件] 云ふこ, 信じて, 僕は, 思つた, 思つてゐる, 思はれた, 思ふ, 思ふ寂し, 私は, 考へた, 見えて, 言ひ, 誰が

1 [151件] あつて, あの娘, あぶないよ, い, いけない, いけません, いはれること, いふけれども, いふでは, いふので, いふのに, おちつき, お云, この病氣, したら, したら不幸此上, そつと, だめだ, つく, どうも僕等素人, なれば, はいへ, まつたく他, みへる, もつと, わかれば, テレ臭, 一そういけない, 一度見た, 不安で, 之は, 云つ, 云つた言葉に, 云つて, 云つていい, 云つても, 云つてよい, 云つて責める, 云ひ, 云ふも, 云ふんだらう, 云ふんで, 云へ, 云へば, 今でも, 仕事の, 仰し, 仰有るん, 仲, 何だか空間, 何だか置き去り, 何度も, 信じ得る根拠, 信ずる, 假定する, 先方へ, 判ると, 勉強出来なかつた, 十吉は, 危いと, 同じやう, 同様で, 同様な, 困るが, 困るね, 夢を, 大事な, 子供に, 学校が, 學校が, 家ん中が, 家族達に, 居心地の, 常に頑, 座が, 彼女は, 心細いからと, 思つた時私に, 思つた私が, 思つてよ, 思つてを, 思つて見よう, 思はせて, 思はれるが, 思はれるその, 思ふから, 思ふで, 思ふの, 思ふわ, 思ふ側, 思ふ故, 悟つた, 想像する, 感じて, 承知できなかつた, 折角楽しみ, 損だ, 放言した, 断じ, 断腸の, 断言し, 断言した, 氣の, 涙が, 田丸は, 申上げ, 番頭が, 痛いもの, 眠くて, 知つただけ, 知りながら, 私を, 窓が, 答へ, 答へて, 答へる, 終始, 絶え入りさうな, 考へねば, 考へる, 聞く山道, 胃酸過多の, 苦しくつて, 菊人形の, 見えます, 見て, 見へる, 見るべきである, 見るや, 觀念し, 解つて紺羅紗の, 言つたら, 言つた人柄でした, 言つていい, 言つてわあ, 言つて泣き出しました, 言は, 言はるべきである, 言はれ, 言はれる, 言ひ張る, 言ふと, 言ふんだらう, 話に, 調子が, 買へ, 述懐した, 都合が, 長い夜, 附合が, 高い位置

▼ ゐないこと~ (231, 5.8%)

16 はない 13 である 5 を示し 4 になる, は確か, もない 3 が分る, だ, はなかつた, を意味, を知

2 [18件] かへつて自分, がある, がわかつた, だつた, であつ, では, によつて, のない, は何と, は勿論, は彼, は明かだつた, もある, をも知つて, を告白, を心強く, を思ふ, を考へ

1 [134件] いや寧ろ, かとも思ふ, から生じる, がありあり, がこれ, がしみ, がつまり六畳, がわかつ, がわかり, がわかりました, がわかる, が一向, が一寸, が一番, が人生, が分つ, が分りました, が分るであらう, が多い, が大きな, が屡々, が思はれた, が折々, が新劇, が明らか, が気, が目立つた, が第, が美奈子, だけが分つた, だけはたしか, だけは事実, だけは確か, だよ, だらう, だらうと, つまり各自, つまり醜い, でありました, であります, であるか, です, でせう, でも, と思つて, と思ふ, などから来る, など一向, など凡一つ, なの, にし, になつて, になり, には気付かれませんでした, にもなる, にやつ, に唯一, に悲観, に気がつきました, に気づい, に気づき, に氣, に非難, の當然, はある, はなから, はやはり, は事実, は信一郎, は先刻諸君, は分つ, は御, は房一, は明らか, は明白, は次, は確実, は稀, は誰, ばかりで, もあつ, もこ, もまた, も不思議, も判つたの, も淮南子, も知らないで, も知らなけれ, も認めざる, や自分, よ, を, をそれ, をつまり二人, をも感じ, をやがて, を万, を保証, を保證, を信じ, を信じます, を十分, を忘れ出した, を恥ぢる, を意識, を感知, を指摘, を断言, を殘念, を注意, を淋し, を物語つて, を特に, を特色, を痛感, を発見, を知り, を知りました, を知るであらう, を確かめる, を確め, を示す, を私, を經驗, を考へさせられた, を自覚, を見せかけた, を見出す, を認める, を認識, を誰, を證, を證明, 第二

▼ ゐないやう~ (196, 4.9%)

25 である 178 だが 6 な気, に見えた 5 に思はれる, に思ふ, に見える 4 です, な氣 3 だね, でした, ですが, なの, に, に思はれた 2 であつ, であります, であるが, なこと, な樣子, な顔, な風, に見えるだらう

1 [77件] すだ, すです, だけど, だし, であるから, であるだが, でございます, ですがなあ, ですけれど, ですけれども, ですね, ですよ, でその, なところ, なもの, なよい, なわびし, な世界, な人, な作品, な偶然, な儀礼, な単純, な場合, な夫人, な小高い, な心地, な心意, な性質, な悠然たる, な手垢だらけ, な文人, な有様, な森, な気さ, な沿海州, な激しい, な瑠璃子夫人, な生活態度, な當人, な真面, な瞬間, な神々しい美し, な私, な表情, な調子, な靴, な顏, な顏附, にお宮, にこの, にし, にである, にと云, にほん, にみえます, にみえる, にもでる, にやさしく, に予め, に平然と, に思はれ, に思はれます, に思ひます, に思へ, に思へた, に我々自身, に拭き取つ, に無遠慮, に私, に窃, に見えなけれ, に見えました, に見受ける, に誰, に諦め切, に頼む

▼ ゐない~ (168, 4.2%)

5 これは 2 兎に, 去年の, 晴れた空

1 [157件] あの無, い, いつかは, お雛樣, かういふ態度, かういふ話, きつと, このまま彼, この人間, この奇怪, この政治形態, この数刻, この紳士, これから二人, これも, こんな部落, さうかと云つて, さらでだに七難, しかしもつ, しかし井戸, しかし時々, そこへ, その代り, その作用, その同人会, その後まで, その後も, その理由, その美的意図, その芸術, その間に, それが, それに, それは, それを, たしか, ただこの, ただその, ただ一つ, ただ明治風, でもチラツ, とにかく今, とにかく法租界, とりわけ憎ん, どうだんつつじの, どつち, なるべくその, なんでも, ほかの, ぼくは, まさかかついだ, また少し, もはや耳, やがて俺, わが國, わたしの, バルフオア卿と, プロフエツサアといふ, 七難隱す, 三月十三日土曜の, 不幸な, 事実として, 事実はかうだつた, 二葉亭よりも, 井上の, 人々が, 人名や, 人間は, 人間観を, 今日でも, 他の, 会社員であり, 伝へ, 何でも, 何人にも, 何時までも, 何處かで, 側に, 僕の, 僕は, 兎も, 内部では, 冷静に, 前九年役, 前面の, 十七・十八・十九・二十の, 半面ぐらゐは傳へて, 可なりだ, 可なり警戒, 同人の, 土星の, 変に, 大したこと, 大概森林の, 女は, 女王も, 妻が, 宗達画風の, 常に呼吸, 庄左衞門は, 当のフランス, 形式としては, 彼が, 彼等が, 彼等の, 心底深く, 恐らくや, 悪い趣味, 愚民を, 愛情などは, 文学的には, 断篇的の, 新詩社, 日本人が, 此の, 武士の, 殊の, 殘つた, 氣持ちは, 決して真, 流れる時代, 澄江夫人が, 然し愛さず, 爾来幾春秋, 生ききつて, 番頭が, 番頭の, 當分東京へは, 盲目の, 礼儀として, 禹貢の, 私は, 私達は, 第四十五世別當尊祐, 義雄の, 自分が, 自分の, 芝居は, 若し個々, 血を, 要するに, 訣る, 評論は, 財産としては, 貴様は, 迎合に, 近い頃, 道化芝居の, 邪魔には, 酒を, 釋訓篇の, 野心的な, 鋭い爪, 附近には, 随分熱心, 電氣作用に, 齒痒く

▼ ゐないから~ (164, 4.1%)

32 である 136 だと 5 です 4 では 2 こはい, これは, だらう, であつ, なんだ, 無意味である

1 [92件] あとから, いきなり來, いつまでも, うちの, うつかりした, お前どうか, お父さんと, お茶を, ここで, こちらの, ことしは, この年, こは, これから飯, これに, しかたが, すぐに, その必要, それらは, それを, だいじや, だつた, だとか, だほん, だ人間修行, だ何, だ自己, ぢや, つてお, でせう, はつきりした, はつきり見通した, ふらつく足, またの日を, また坐, まづ此位, やられ方, ダメな, ツて, マゴつい, ラ行の, 一方には, 三益が, 不思議で, 丸吉は, 丸薬さへ, 今後も, 仮令相当, 何う, 何うだらう, 俳句や, 俺は, 出かけて, 分らない, 刈萱の, 劇壇全般に, 半九郎殺し, 吾人は, 告訴する, 味さは, 問題に, 喧嘩に, 嚴正の, 埋め合せに, 好都合だ, 委しい事, 威張つては, 家へ, 小屋も, 弟がい, 戯作者の, 文句は, 来るの, 横光君などとは, 此上用ゐる, 此手紙を, 水を, 淋しいなどと, 物足りなかった, 白鳥とは, 真暗やみ, 碌に, 自分は, 芸術の, 覚悟は, 詳しいこと, 誰か, 誰も, 質屋を, 身輕です, 遠慮なく書き, 駄目だ

▼ ゐないので~ (133, 3.4%)

11 あつた 4 あらうか 2 あらう

1 [116件] いくらかやけ氣味, くさる, この頃, これからすぐ出かける, これから直ぐ出かける, これを, しよう, すご, せう, その点, その趣旨, それきり料理屋の, それで, それも, そろ, たよりなく, つまり, どうした, どこへ, どんなに嬉し, どんな女, なぜに, なるならば, のど乾く, ひどく間, まだ結婚, まともに, もう籠, やつと, やりにく, やりにくい, やりやう, よちよち這入, わからない, わからないが, わがもの顔, ヘドモドする, 一体君の, 一言でも, 二人は, 二時半頃に, 今は, 今度は, 今日から, 仕方が, 他日その他の, 何時来られ, 例の, 僕には, 僕は, 全く歩くべき, 出来ない, 初瀬は, 前夜少し, 厩の, 又テク, 又眞, 名人は, 向うも, 吹込は, 多少の, 多量に, 大きな陸, 大衆は, 失望し, 安心した, 富岡は, 小さな窓, 己は, 幕が, 年代的な, 広々と, 引きずつて, 当然の, 彼の, 彼も, 待つ間, 思ひの, 患者が, 打合せだけ, 新興へ, 斷定は, 日そのものが, 時に順一たち, 村松の, 東京に, 止むを, 正直な, 比較的に, 池の, 煮物の, 猪之さんは, 生活の, 真実らしく見える, 祖母や, 私が, 私の, 私は, 私達は, 紳士は, 肩身が, 腹が, 自分が, 自分で, 自由に, 記事の, 詩を, 詰り西洋, 話が, 話も, 論爭には, 赤十字の, 起きるの, 近よる, 随分退屈, 電車の

▼ ゐない~ (129, 3.3%)

14 せう 9 あらう 7 あらうか 4 せうか 3 あらうが 2 わかりません, 出て

1 [88件] あたしは, あちらこちらへ, あらうし, あらう特質, い, いつそ, おでんの, くれても, こんな時更, さ, すばらしい瞼, せうけれども, せうね, せう前, そのそば, その座り方, その生ぬるい薄い, た, たまに目, ちつたあ, ちつとは, つまらないげい, なんとか云, ひとつモダンに, ほかの, また語, まるで日, もう少しの, もつと, コスモスそよい, 一そ彼の, 一日も, 一日位の, 一種の, 互ひ, 仕事を, 偶には, 兎も, 別に, 動物園へ, 勝手に, 君は, 呉れ, 呉れると, 地は, 多くの, 多く構成の, 大きな眞鍮, 寧ろ歌, 帛を, 幽靈, 庭に, 或る, 手の甲は, 敷蒲団は, 早く, 早くいらつ, 早く寝た, 早く頂く, 早速翻文, 有り合せの, 有明の, 本を, 此方で, 歩いた方, 歸られた, 煙出しの, 犬を, 現在の, 病院の, 皆之, 矢張女中を, 私と, 私に, 秦に, 空いて, 腰を, 見なれない束髮, 講釋を, 足には, 道楽でない, 酒でも, 随分喋舌, 雨水が, 青年が, 青年紳士と, 飮んだら, 高い処

▼ ゐないといふ~ (124, 3.1%)

13 ことは 8 ことを 7 ことが 5 ことだ 4 のが 3 ことである, のは, やうな, 事が 2 ことに, やうに, 事は, 意味な, 感じが, 点で, 見方は

1 [61件] ことだから, ことだつた, ことで, ことでした, ことも, こと日本と, こと殊に, すべての, そのため, それ自らとしては, ところから, ので, のである, のに, ほこりさ, ゆとりから, わけである, んだ, んです, 一例を, 事を, 事実は, 事実を, 場合には, 外には, 大きな態度, 奇現象を, 如何にも頼り, 妙な, 孤獨さ, 当り前な, 意味か, 意味で, 意味では, 意味の, 有様, 次第で, 此方の, 歴史稀なる, 気が, 気の, 氣が, 無残な, 理由で, 理由は, 目附き, 直感が, 程だつた, 程度である, 結論で, 考へ方, 自信は, 若干の, 証拠が, 説むしろ, 返事である, 遥かな, 露骨な, 非難が, 餘裕ある, 點にばかり

▼ ゐないもの~ (103, 2.6%)

8 はない 6 である 3 ですから 2 がある, があるだらう, だ, です, でも, のやう, はございません

1 [72件] から逃れよう, があ, がこれ, が争つて, が勝つ, が少く, が強, が或, が欲し, さ, だから, だけである, だと, だ若し, でありさ, であります, であるか, であること, ですね, でせう, でたまたま, では, で人, と信じ, と見え, と見える, と諦め, な, なの, なので, なん, にはあの, には一應, に依, に悩まされ, の一人, はありますまい, はありませんでした, はございますまい, はじっと, はなかつた, はなから, はなく, はほとんど, は凡作, は吸つて却つて, は少なから, は幅, は拾つて他, は文芸, は殆ど一人, は稀, は運命的, むしろ多く, もあらう, もある, もすべて, を, をかうだ, をこんな, をその, をそれ自身, をもつ, を叔父さん, を含む, を復活, を愛し, を成し遂げた, を持つ, を求め, を認めた, 足らなさ

▼ ゐない~ (88, 2.2%)

148 だから 7 だよ, ですよ 5 だもの, です 3 だな, だね, だらうか, ですね, ですもの 2 だし, だぞ, ですか, ですから

1 [19件] だか, だからな, だからね, だからねえ, だが, だきさま達, だけど, だこの, ださうで一生懸命幾太郎, だとか, だなんて, だらう, だらうといふ, だらうねえ, だわ, だ話, ですなあ, ですの, です遠慮

▼ ゐないところ~ (52, 1.3%)

3 から来る 2 があり, がある, はなかつた

1 [43件] から思はざる, から想像, から髯, がい, が頻りに, だ, であつ, でいつそこ, でこれ, でも保健婦, でゆ, で数日, で訊きたい, で話す, にあつ, にある, にかたま, にこだ, にこの, にも歌舞伎劇, に一人, に僕, に彳, に彼, に現在, に神妙, に馬毛島, の, のこの, の余先生, はさすが, はたしかに, は無い, は絶無, へ今日, へ行かなけれ, へ行つて, へ逃れたかつた, をみる, を歩い, を見る, を見極め, 一層フランス人

▼ ゐない~ (42, 1.1%)

1 [42件] いさ, いちじ, この女, これまで, さうし, するから, それに, それ許りで, そんな話, どこか, どんな場所, やむを得ずな, 世間も, 事変が, 作品も, 俳優も, 僕は, 全く, 兵力から, 制作心理過程に, 又つくさう, 味が, 嘗て上海, 四日に, 帰り路には, 平生手許において, 彼の, 従つて何等, 持つて, 日本の, 會話も, 朝鮮も, 民間にも, 況んや, 現在の, 社會的正義の, 舌の, 茶書にも, 薄い仕切り壁, 説明する, 長谷川って, 飯も

▼ ゐない~ (41, 1.0%)

4 はない 2 に気がついた, を知

1 [33件] がない, がわかる, が多い, が間々, だ, だけは確か, だけは誰, である, です, で有る, とをごつ, には迚, に気がつく, はないだらう, は勸善懲惡主義, は實際教育, は明言, は死ぬ, は自分, は都會生活, もある, も確か, をお, をも嘆い, をも想像, を告白, を寂しく, を教, を気, を申し, を知る, を示し, を見せつけられる

▼ ゐないのに~ (40, 1.0%)

4 気が 3 違ひない 2 すつく, 何か

1 [29件] あの鐘, ある女, いきなりそんな, お寺の, お教, ここでは, その船, やはり何, ステツプの, タツノの, フランスの, 先づ腹を, 向うは, 四百円は, 失望する, 奉公人の, 幾人もの, 感附い, 昭和七八年頃から, 氣が, 町全体家々に, 相違ない, 自己の, 花見電車は, 落胆を, 落膽且つ, 詫びも, 顏を, 顔を

▼ ゐない~ (31, 0.8%)

2 である, どうかを

1 [27件] おそらくゐる, ぎりはいつまでたつても河口へ, しれないけれども, それは, それを, たのむ, つまり道徳的, どうか, はり各, らちつ, わからない位, わからない筈, ゐると, ギャング出, ー, 只悲し, 同窓か, 夜臥床を, 子雀, 少くとも, 或はひとりでに, 濡れたところ, 知らないが, 研究すれ, 私は, 見て, 見てくれ

▼ ゐないかと~ (30, 0.8%)

1 [30件] あたりを, いつて, いふこと, いふので, お前と, 云ふと, 危ぶみながら, 周圍を, 彼は, 思つて, 思つてゐる, 思つて廣場の, 思つて見, 思はれる, 思はれるくら, 思はれる人道主義的傾向, 思はれる程, 思ふから, 思ふやう, 探した, 氣の, 然し私, 私は, 考へる, 見まわして, 見廻した, 言ふ, 言へば, 訊いた, 訊いて

▼ ゐない~ (29, 0.7%)

112 だから, である, はない

1 [12件] がなく, だが, だつた, だと, だといふかも, だわ, ですから, ですが, なの, のない, の所, は無い

▼ ゐないかも~ (28, 0.7%)

11 知れない 3 しれない, 知れません 2 知れないが 1 しれなかつた, わかりません, 知れないけど, 知れないけれども, 知れないし, 知れぬ, 知れぬが, 知れぬといふ, 知れませぬ

▼ ゐないとは~ (27, 0.7%)

4 云へ, 言へ 2 云はれない

1 [17件] いへ私自身, どうして云, 云は, 云ひ, 保証できません, 保證し, 常々僕の, 思つてゐます, 抑も, 考へられぬ, 言はれない, 言はれません, 言ひ切れません, 誰が, 限らない, 限りません, 限るまい

▼ ゐない~ (27, 0.7%)

2 には庭先

1 [25件] その赤い, である, でも喧嘩, でも時々さ, で僅, とて親, とで違, にはひどく, には一銭, には屹度欠伸, には意気地, には意氣地, には手, には用達, には隱, にやつ, に吐かれた, に民衆, はきつ, はやさしく, は一切寝台, は三田, は冬, は豚, は越前者

▼ ゐない~ (25, 0.6%)

20 やない 2 やありません, やア 1 や何

▼ ゐない~ (24, 0.6%)

9 しても 2 違ひない

1 [13件] かかはらず毎日, したところ, してからが, しろ百年, せよ牧野さん, せよ真実, 君は, 拘らずあれ, 拘らず何時かしら, 拘らず未だ, 相違ない, 近かつ, 違ひありません

▼ ゐない~ (19, 0.5%)

2 である

1 [17件] が, がある, があるなら, がゐる, だ, だつた, だわ, とも思はず, と同等, に敢, の意外, の書いた, もある, も多い, も是非此, を知りません, を見出す

▼ ゐない樣子~ (18, 0.5%)

9 です 2 でした 1 ですが, でなか, で小女, で庭, で答, で續, なので

▼ ゐないけれども~ (17, 0.4%)

1 [17件] きつと, たつた一人, どうもあの, まああがれ, 万五は, 中年から, 二本帶し, 五六里も, 人々は, 匂ひ, 大体欧米諸国は, 孤独の, 恐らくこれ, 悄然として, 此処に, 農村にだけは, 頤を

▼ ゐない~ (17, 0.4%)

3 がい

1 [14件] がいい, がこの, が助かる, が奧さん, が好い, が清々, が結構, だつた, だどう, だらうね, の犬, の盃, の自由, を前

▼ ゐない部屋~ (16, 0.4%)

1 [16件] そしてゐない, であつ, でたつた, でゆらめきゆらめき, で大きな, で死ん, なの, なのに, につれ, に二人, に例, のまんなか, の中, の壁紙, は穢い, へ飛ん

▼ ゐないため~ (15, 0.4%)

1 [15件] か, か毎朝, つつましや, であつ, である, ではない, にそれ, に人, に患者自身, に正しい, に浪費, に虚空, に饒舌, の刑罰, もう二十三

▼ ゐないわけ~ (15, 0.4%)

6 では 2 でも 1 がある, だから, だが, なの, になる, はない, は無い

▼ ゐない~ (14, 0.4%)

2 では時々, を見る 1 から見る, であるが, でいろいろ, には何, はない, へ行かなけれ, へ行きたくなる, へ行く, へ行つてみたい, もある

▼ ゐないでも~ (13, 0.3%)

2 ないが

1 [11件] ありません, おんなじこと, ない, ないと, なかつたの, なくそれ, よくなる, 好い, 好さ, 眼を, 矢張り默つて通られぬ思ひ

▼ ゐない自分~ (13, 0.3%)

2 の部屋

1 [11件] が自殺, そしてしかも天真, との差, には, のなか, の処, は単なる, を恥ぢ, を発見, を知, 磨かれて

▼ ゐない~ (12, 0.3%)

1 [12件] かそれとも, だつた, なの, にとつて, のこと, の得手勝手, の生活, の表情, は, はあらかじめ, はその, は五日

▼ ゐないけれど~ (11, 0.3%)

1 [11件] それが, 世評といふ, 事実は, 今の, 何か, 其の函, 各項目, 斯んな, 新進氣鋭の, 日々が, 矢代初瀬との

▼ ゐないつもり~ (11, 0.3%)

3 である 1 さ, だ, でございますよ, でゐ, で少し, で駆け通し, にし, の鸚鵡

▼ ゐないのみ~ (10, 0.3%)

1 で其実精神状態, ならずその, ならずそれに, ならずたまたま, ならずやう, ならず一般, ならず其背後, ならず又, ならず批判的ポーズ, ならず此頃

▼ ゐないとも~ (9, 0.2%)

3 限らない 2 云へる 1 判らない焦躁状態, 言へる, 限らないの, 限りません

▼ ゐない~ (9, 0.2%)

1 だそこ, である, ですか, な作家, な感, な扱かひ方, な気, に思はれる, に見えた

▼ ゐないこの~ (8, 0.2%)

1 人物の, 別寮で, 古けた町, 建物を, 次の, 生生の, 種の, 紋付羽織の

▼ ゐない~ (8, 0.2%)

1 では畳, では私, といふもの, なんていふ, に置い, に限られ, の軒, へ初めて

▼ ゐないかといふ~ (7, 0.2%)

2 ことが 1 ことだけは, ことである, ことです, ことを, 試験を

▼ ゐないからと~ (7, 0.2%)

2 いつて 1 いふので, いふわけ, やう, 云つて確でない, 存じまして

▼ ゐないだけに~ (7, 0.2%)

1 これ以上厳しい, それにとり, ちよつと, 単純で, 女を, 本人が, 温く優

▼ ゐないとき~ (7, 0.2%)

1 でも恭一君, にはそつ, には川, に自決, に較べ, をみ, を狙つて

▼ ゐない人々~ (7, 0.2%)

1 が今一つ, が共に, によつて, に手紙, のほんの, の生活, までがそれ

▼ ゐない人間~ (7, 0.2%)

2 だから 1 のやう, はない, は足し算, は軽蔑, を不思議さうに振り

▼ ゐない憾み~ (7, 0.2%)

4 がある 1 があつ, があります, はある

▼ ゐない~ (7, 0.2%)

1 かも知れない, が多う, でも, とあつ, に於, に見せる, はひとり

▼ ゐない~ (7, 0.2%)

2 へ行つて横 1 ださうでして, です, に, へ忠一, へ行く

▼ ゐない証拠~ (7, 0.2%)

2 である 1 であります, でこれ, と言つて, に書き, に辻部長

▼ ゐないかを~ (6, 0.2%)

1 よく見定め, 感じとる精神, 知つてゐる, 確かめるため, 確かめるには, 述べたいと

▼ ゐないその~ (6, 0.2%)

1 くせ達者な, ために, もっとも適當, 地質時代の, 愚かさを, 時もさ

▼ ゐないだけ~ (6, 0.2%)

3 である 1 であること, 一層彼, 何も

▼ ゐないんで~ (6, 0.2%)

1 せうね, 一歩都会を, 一歩都會を, 愛すなんて, 湯を, 祭文の

▼ ゐない場合~ (6, 0.2%)

1 があり, が多い, にどうして, にのみ警告, もあります, もし實際私

▼ ゐない證據~ (6, 0.2%)

2 である 1 で要するに, と言つて, にはその後, に船比丘尼

▼ ゐないかの~ (5, 0.1%)

2 やうに 1 やうであります, 如くに, 違ひでは

▼ ゐないかは~ (5, 0.1%)

2 別問題 1 分らないが, 徹頭徹尾その, 此の

▼ ゐないこれ~ (5, 0.1%)

1 ではおさまらん, で一, は劇的作品, は後廻し, までもまた

▼ ゐないとか~ (5, 0.1%)

1 いつて, さう, 書いて, 栄養の, 解決が

▼ ゐない~ (5, 0.1%)

5 うだつた

▼ ゐない~ (5, 0.1%)

1 になか子, に致命的, に落付, はない, へ忠一

▼ ゐない時分~ (5, 0.1%)

1 だ, であつ, である, で霊, 晴れた九月

▼ ゐない~ (5, 0.1%)

1 である, と一, の, のため, の兄弟

▼ ゐない~ (5, 0.1%)

1 だらう, のこと, 恋を, 愚です, 腹が

▼ ゐない~ (5, 0.1%)

1 だけでも, だけでもと三階, にとうとう, にも屡々, は樹下石上

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 うして, うだ, うで身上, う言

▼ ゐないそれ~ (4, 0.1%)

1 つとめよ, はおよそ最も, はどう, よりも

▼ ゐないばかり~ (4, 0.1%)

1 でなくまだ, でなく寧ろ, でなく眩惑, でなし

▼ ゐないばかりか~ (4, 0.1%)

1 一種の, 兩隣り, 嗜好物の, 渠自身が

▼ ゐないほど~ (4, 0.1%)

1 だと, である, ですのよ, 小さな時

▼ ゐないまでも~ (4, 0.1%)

1 屹と, 心の, 決して欣ん, 決して見

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 さが, その代り家賃, どうだい八, 遠慮する

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

2 だつて 1 だ, だわ

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 けふ, どんなに罵倒, に力惜しみ, はそれ

▼ ゐない事実~ (4, 0.1%)

2 を私 1 をなんと, を指摘

▼ ゐない二人~ (4, 0.1%)

1 にとつて, のこと, の間, は今度

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 かぴつたりとしないものを, か形, か物思, を植え

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 のお, のや, の寶石感, の心根

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 が私, にとつ, のあた, はこれから

▼ ゐない様子~ (4, 0.1%)

1 である, でした, ですの, で盆暮

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 だ, である, な氣, に見えた

▼ ゐない漢語~ (4, 0.1%)

3 は使 1 を安心

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 がこの, です, に詩, へ問題

▼ ゐない~ (4, 0.1%)

1 だつた, である, なので, を見せた

▼ ゐないうち~ (3, 0.1%)

1 にその, にそれ, に彼

▼ ゐないくせ~ (3, 0.1%)

1 に俺, に子供, に疑つた

▼ ゐないくら~ (3, 0.1%)

2 ゐである 1 ゐだから

▼ ゐないけど~ (3, 0.1%)

1 そりあ, とにかくみんな, 船主側の

▼ ゐないしかし~ (3, 0.1%)

1 いくらか才気, 人気は, 翻つてその

▼ ゐないそこ~ (3, 0.1%)

1 から約, がよい, に句

▼ ゐないそして~ (3, 0.1%)

1 さう, もし僞, ウエイトレスの

▼ ゐないだけの~ (3, 0.1%)

1 ことだ, ことで, 相違だらう

▼ ゐないといふだけ~ (3, 0.1%)

2 である 1 でふらふら

▼ ゐないなと~ (3, 0.1%)

1 いふこと, 想像できた, 気がついたの

▼ ゐないにも~ (3, 0.1%)

1 せよプロレタリア的魂, 亦違, 拘らずさ

▼ ゐないはず~ (3, 0.1%)

1 だ, だつた, であつ

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

1 そんな理屈, 同樣, 同然である

▼ ゐない世界~ (3, 0.1%)

1 と云, は生活意欲, へそして

▼ ゐない人達~ (3, 0.1%)

1 のた, は何時, もゐる

▼ ゐない今日~ (3, 0.1%)

1 その私, までの有様, 早くも

▼ ゐない代り~ (3, 0.1%)

1 には強, に此等, よりおほら

▼ ゐない作品~ (3, 0.1%)

1 だから, である, をみる

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

1 であつ, で考へたい, には斜

▼ ゐない感じ~ (3, 0.1%)

2 であつ 1 なの

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

1 であつ, に, は彼女

▼ ゐない時代~ (3, 0.1%)

2 であるから 1 である

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

2 がし 1 がした

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

1 だつた, ではあるまい, に私

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

2 ツ暗がりに 1 の現実

▼ ゐない私たち~ (3, 0.1%)

1 だけの車, は蕎麥, を妙

▼ ゐない薄暗い~ (3, 0.1%)

1 下宿屋通りへ, 内側へ, 湯壺に

▼ ゐない~ (3, 0.1%)

2 では 1 がある

▼ ゐない部分~ (3, 0.1%)

1 がある, との画面上, は変

▼ ゐない限り~ (3, 0.1%)

1 に於, は, は四尺

▼ ゐないあと~ (2, 0.1%)

1 でどんな, でわたし

▼ ゐないあの~ (2, 0.1%)

1 午後の, 広い邸

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 氣に, 邸へは

▼ ゐないかに~ (2, 0.1%)

1 依つて, 思はれるの

▼ ゐないかねと~ (2, 0.1%)

1 尋ねた, 怒鳴つたこと

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 此処に, 障子の

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 すぐこの, 気を

▼ ゐないぞと~ (2, 0.1%)

1 いふこと, 思はる

▼ ゐないただ~ (2, 0.1%)

1 新聞に, 酸つ

▼ ゐないだらし~ (2, 0.1%)

1 なさ, なさだつた

▼ ゐないとこ~ (2, 0.1%)

1 で喚い, ひは

▼ ゐないとしても~ (2, 0.1%)

1 少くとも, 龍吉や

▼ ゐないとの~ (2, 0.1%)

1 故を, 返事で

▼ ゐないどころか~ (2, 0.1%)

1 そんじよそこ, 事に

▼ ゐないなどと~ (2, 0.1%)

1 抗弁されたら, 私は

▼ ゐないのみか~ (2, 0.1%)

1 前よりも, 自ら書かない

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

2 別として

▼ ゐないまた~ (2, 0.1%)

1 俳優に, 脱線かな

▼ ゐないもん~ (2, 0.1%)

1 だけれど, で相談

▼ ゐないよう~ (2, 0.1%)

1 すです, でありますが

▼ ゐないガラン~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 て, て私

▼ ゐない乙姫の~ (2, 0.1%)

2 からだ

▼ ゐない人物~ (2, 0.1%)

1 であつ, もゐます

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 である, ですから

▼ ゐない俳優~ (2, 0.1%)

1 によつて, の手

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 にとつ, に留意

▼ ゐない周囲~ (2, 0.1%)

1 の物, の状態

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 に生れ, はない

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 に行きたい, へ行きたい

▼ ゐない土地~ (2, 0.1%)

1 で日本人, に対しては卜居

▼ ゐない場所~ (2, 0.1%)

1 に危ない, はなかつた

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 といふ事, 然し又

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

2 は好き勝手

▼ ゐない安心~ (2, 0.1%)

1 しなさるがい, な友達

▼ ゐない家庭~ (2, 0.1%)

1 なので, は寿枝

▼ ゐない容子~ (2, 0.1%)

1 が奧, であつ

▼ ゐない宿屋~ (2, 0.1%)

2 の一室

▼ ゐない小さな~ (2, 0.1%)

1 列を, 湖水の

▼ ゐない少し~ (2, 0.1%)

1 位人が, 心細いね

▼ ゐない屏風~ (2, 0.1%)

2 がぐるり

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ ゐない巡査~ (2, 0.1%)

1 が指先, の目

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 である, であるから

▼ ゐない広い~ (2, 0.1%)

1 世界を, 部屋の

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 では自分, の部屋

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 である, の奥

▼ ゐない恨み~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ ゐない改札口~ (2, 0.1%)

2 へ行つて

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 作家が, 非人といふ

▼ ゐない日本人~ (2, 0.1%)

1 としては誰, の自分

▼ ゐない明る~ (2, 0.1%)

1 さによ, さの

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 の唱歌, の空

▼ ゐない書物~ (2, 0.1%)

1 など読み耽る, を發見

▼ ゐない有様~ (2, 0.1%)

1 であつ, なの

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 だと, でした

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 の先, を巧み

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 の中, はほんの

▼ ゐない水車小屋~ (2, 0.1%)

1 からよそ, がある

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 の様, の燃え

▼ ゐない爲め~ (2, 0.1%)

1 であります, また他

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 が悲し, は

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 のうち, を當

▼ ゐない留守~ (2, 0.1%)

1 にあの, に来

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 でもつ, の前

▼ ゐない積り~ (2, 0.1%)

1 ですが, にし

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

2 つ裸

▼ ゐない素振り~ (2, 0.1%)

1 であつ, を見せ

▼ ゐない老樹大木~ (2, 0.1%)

2 を尋ね

▼ ゐない若い~ (2, 0.1%)

1 アメリカ人らしい, 時のは

▼ ゐない茶色~ (2, 0.1%)

2 の覆ひ

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 が眼, のぬかるみ

▼ ゐない言葉~ (2, 0.1%)

1 でも使, にもなつ

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 もある, を全

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 か, でもが持合

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 ではない, に行かない

▼ ゐない連中~ (2, 0.1%)

1 があの, が多く

▼ ゐない野原~ (2, 0.1%)

1 ではなく, と同じ

▼ ゐない限り何等~ (2, 0.1%)

2 かの不思議

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 となつ, なので

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 にこはご, に赤味

▼ ゐない~ (2, 0.1%)

1 もある, を述べ

▼1* [517件]

ゐないああ優しいわたし, ゐないあたりの様子, ゐないあつちへ, ゐないあなたの心, ゐないはゆる, ゐないいつも内面では, ゐないいまどきフロイド主義的理解に, ゐないいろいろな話, ゐないうつけたもの, ゐないおよそ下らない浪費, ゐないお前は癇癪, ゐないかがわかると, ゐないかぎりは耳, ゐないかしらと見廻したり, ゐないかつてんでわたし, ゐないかであつた, ゐないかといふだけでどちら, ゐないかなどとひとに, ゐないかについては二人の, ゐないかによつてブルヂヨア文学と, ゐないからとて當時その, ゐないからに候, ゐないけどねとにかく見てくれ, ゐないけれどもとに角大門と, ゐないこそよいの, ゐないこと作者がその, ゐないこと従つて今夜の返事, ゐないこと肉体の関係, ゐないこと頂上まで二十数丁, ゐないこんな汚れた家業, ゐないさりとて畑の, ゐないさるにても金, ゐないしかも何処かに, ゐないしようがないから, ゐないがたで, ゐないすべての連中, ゐないそこで手の, ゐないそれで王さまが, ゐないそれらのもの, ゐないそんな頭に, ゐないたけゐないと, ゐないたしかに大きな女, ゐないたとへば彼は, ゐないため一般の定説, ゐないため事務的な連絡, ゐないだいたいさういふ, ゐないちよつと羅馬字, ゐないぢみな本を何, ゐないぢゃないかさう, ゐないって感じだ, ゐないつていふけれど, ゐないつていふ意味でよ, ゐないつていふ訳なの, ゐないつて云つたよ, ゐないでかへれたの, ゐないでよかつた, ゐないといつてもいい, ゐないとおもふ, ゐないとき彼はとつぜん, ゐないとしか考へられなかつた, ゐないとに関らず, ゐないとにかく百日の, ゐないどうした訳, ゐないながらに猶これ, ゐないなんて法は, ゐないについては何にも, ゐないよし俺の, ゐないのとたづねるのであつた, ゐないのにと冷吉は, ゐないのにも拘らず船, ゐないのよできること, ゐないはてしなく続いて, ゐないひとは, ゐないふくろふの, ゐないふわふわと浮き上, ゐないほうの手, ゐないほんのうぶな, ゐないまだ接吻を, ゐないまでである, ゐないまでのことだ, ゐないむろん私には, ゐないもうかなり肌寒いやう, ゐないもしくは到る處, ゐないもっと精神的方面の, ゐないもとの窓枠, ゐないものぢやあないです, ゐないやはり清くつつましく生きた, ゐないよく澄んで, ゐないよそのはたくさん, ゐないよと豪語する, ゐないよりはましぢ, ゐないよりやアまだしも, ゐないわかばは黒ずみ, ゐないわが一般民衆の, ゐないいいこと, ゐないんぢやからね, ゐないアムブロアジヌお婆, ゐないアメリカ何とか大学, ゐないサロンで満, ゐないシナリオが出来た, ゐないダリはセザンヌ, ゐない周吉親分, ゐないビクターなど未練, ゐないフローベールの手紙, ゐないベッドに横, ゐないボタンを丹念, ゐないマーケツトもあつ, ゐないミツキイは勿論未だ, ゐないヤケだやっつけろ, ゐないラマ塔の下, ゐないリラの緑硝子, ゐない一たびゐた者, ゐない一つの理由, ゐない一列の椅子, ゐない一室に二人, ゐない一家がその間, ゐない一枚二万五千円計二十枚五十万円, ゐない一種特別な香り, ゐない一軒家も見た, ゐない一隅に腰, ゐない一面をも彼等, ゐない三田君は特別, ゐない熱心で, ゐない不可思議を覚える, ゐない不埒なこと, ゐない不良大学生のやう, ゐない不覚が結局, ゐない不遇な作家, ゐない世間の親父, ゐないは, ゐない中途で行き止まつ, ゐない久松といつた, ゐないは参った, ゐない事丈は略慥, ゐない事件は簡單, ゐない事實をはつきり, ゐない二十一日にまた, ゐない云々の言葉, ゐない人人である, ゐない人情をのどか, ゐない人柄から辛辣, ゐない人格などは要するに, ゐない人間同士が父, ゐない今月は劇評, ゐない仕事である, ゐないの時間, ゐない仙臺醫學專門學校に入, ゐない以上せめてその, ゐない伝書鳩を籠, ゐない伝統のよ, ゐない伸子にはそれ, ゐない位ぢやありません, ゐない低い寝床が, ゐない住民の國, ゐない何となくおとなし気, ゐない何時までもこの, ゐない何萬人に一人くら, ゐない作家といふもの, ゐない作家たちの絵, ゐない作者とが相, ゐない作者曼舟氏の印象, ゐないはわれわれ, ゐないにいふ, ゐない偉大な不善, ゐない健全な生活, ゐない儀式が他, ゐない克巳ちやんもまだ, ゐない入口の方, ゐない公明正大な父, ゐない共和国自由平等の国, ゐない其中庵非常時風景いやむしろ, ゐない其處は山里, ゐない蒙古, ゐない出し物だつた, ゐない出版記念會もし, ゐない切実さがあつ, ゐないな所, ゐない剣道の会, ゐないにはよく, ゐない創作上の夢, ゐない劇団の存在, ゐない劇場で会員, ゐないれた足, ゐない動物小屋の薄暗い, ゐない動物植物及び食物, ゐない十一時近くまでやっ, ゐない半分照れながら, ゐないの上, ゐない卓一の態度, ゐない南方諸語族との比較, ゐない単調な浜, ゐないい代, ゐないてそれ, ゐない却つてそれに親しまう, ゐない厚ぼつたい手織, ゐない原因は何処, ゐない原形のま, ゐない原稿紙と見くらべ, ゐない友禪縮緬に包まれた, ゐない友達だつた, ゐない古い学生帽を, ゐない召使どもが眠らう, ゐない方面の, ゐない同人達の方, ゐないが二つ三つ行列, ゐない和歌は散文, ゐない咲子は或, ゐない哲学も芸術, ゐない唐紙を突き, ゐない問題ですね, ゐない善い考へが, ゐない器官や能力, ゐない四季咲の牡丹, ゐない国民になつて, ゐない土牛はす, ゐない地方人である, ゐない地点であるが, ゐない地震帶も多, ゐない場合アントロポロギーがこれら, ゐない場合馬鹿なこと, ゐないへ凄まじい, ゐない変つた音色が時々, ゐないに居た, ゐない多くの名詞, ゐないよりもほの暗く, ゐないのなか, ゐない大して之でも, ゐない大人の絆纏, ゐない天成の男やもめ, ゐない太田屋で酒, ゐない太鼓持なん, ゐない奇人変人狂人の作り出した, ゐない女中部屋に行き, ゐない女性たちの内助, ゐない女蕗子の場合, ゐないの照子, ゐない始末なの, ゐない娑婆に生き, ゐないの暑い, ゐない存在で多少, ゐない存在物だから, ゐない學校が甚だ, ゐない官舍の裏, ゐない実情にある, ゐない実感の伴つて, ゐない家政婦がこの, ゐない容貌を見る, ゐない寧ろ芸術家としては, ゐないの庭, ゐない小泉の消息, ゐない小舟だけが浮かん, ゐない少くとも或, ゐない尤千万な事, ゐない屋敷といふもの, ゐないのかげ, ゐないを探検, ゐない川村氏の作品, ゐない工夫ばかりしてる, ゐないなら決して, ゐないするところ, ゐない年頃だつた, ゐない幸福を頭, ゐない広く紳士の, ゐないへ僕達, ゐないは全く, ゐない弱味をはつきり, ゐない強味がある, ゐない当時の患者, ゐない彼女の夫, ゐない彼等には實際, ゐない假屋横町の, ゐない心算だよ, ゐない応接間と食堂, ゐない恋愛時代だつた, ゐない悲しさが, ゐない意味に於い, ゐないの隙間, ゐないがする, ゐない感想を書い, ゐない態度にもう, ゐないがある, ゐない懐しい世界が, ゐない我々日本人が未だ, ゐない我国の状態, ゐない我國の若い, ゐない田舎に, ゐない所爲か何となく, ゐないがうち, ゐないが絹ハンカチ, ゐないがある, ゐないといふ批評, ゐない押入を開け, ゐない挨拶の仕方, ゐない掲示を見, ゐない支那人の調査, ゐない政治家ばかりが今日, ゐない教育を受けた, ゐない敬君樹明君どうです, ゐない文章であるから, ゐない文芸は文芸, ゐない文面とまた, ゐない新鮮な沃野, ゐない方言からそれ, ゐない方面で存在, ゐない日本かと思へ, ゐない日本語における古い, ゐない日記をつけ, ゐない春のはぢめ, ゐない時々入り込んで, ゐない時それは聖女, ゐない時世だから, ゐない時代従つて享楽を, ゐない時僕のもう, ゐない時期になつて, ゐない普通の動作, ゐない智惠を持つてる, ゐない暴風雨下暗澹たる空, ゐない最高の知識, ゐない樣だ, ゐない朝湯のなか, ゐない木の下をさがす, ゐないでさ, ゐない村落はほとんど, ゐない枯木の林, ゐない架空的なもの, ゐないの實, ゐない様々な舞台芸術, ゐない模型はそれ, ゐないの格子戸, ゐない機関兵を見分ける, ゐない欧羅巴の小説家, ゐない正宗白鳥の言つて, ゐないの火葬場, ゐない此絶端の砂浜, ゐない武人の方, ゐない死貌に何, ゐない死際の苦しみ, ゐない母さまがゐない, ゐない気楽さつてものを一度, ゐないがした, ゐない氣もちである, ゐない氣持ちなン, ゐない水死人の顏, ゐない水田の中, ゐない水素瓦斯窒素瓦斯等を空氣, ゐない水面にうかん, ゐない洋書である, ゐない浜辺は沙漠, ゐない浮浪人に等しい, ゐないの齒, ゐない源吉の馬, ゐない準備もまだ, ゐない滿足を伴つて來, ゐない漆黒の顎鬚, ゐないとした, ゐない數の, ゐない焦げ茶の地味, ゐない熊吉の顏, ゐないではなから, ゐない爽快な心持, ゐない物理の頁, ゐない物質の原, ゐない特別室で毎日, ゐないとがあつ, ゐない状態は個人, ゐない狂瀾怒濤にくる, ゐないのやう, ゐないや犬, ゐない現代の日本, ゐない現状ではこれ, ゐない産婆大野登志の玄関, ゐない用事があるなら, ゐない男ぢやが, ゐない男性に突然, ゐない町まちがつた文明, ゐない町長が公の, ゐない異性に對, ゐないに美校, ゐない白くかがやいた混凝土, ゐない皆ばらばらの距離, ゐない目覺ましたばかりの, ゐない真弓のうち, ゐない真暗な隣, ゐない眠つてもゐない, ゐない眼鏡をちよこん, ゐない着古した国民服, ゐない石器を古代, ゐない石炭を探し, ゐない碇床の店先, ゐない確りするも, ゐない種類の人間, ゐないだ, ゐないとはすぐ, ゐない空白の状態, ゐない空腹に感, ゐない空虚さを焼けつく, ゐないのきのこ, ゐない筈ぢや, ゐない筒袖を着なけれ, ゐないの水, ゐないを一生, ゐない粗末な小屋, ゐない素朴は素朴, ゐない細々とした, ゐない結果であります, ゐない結果苦肉の策として考, ゐない結論を見出し, ゐない絵画に於ける, ゐない繁代は既に, ゐない繪本の雜誌, ゐない繼母のお, ゐない美しい事物に, ゐない習慣になつて, ゐないへである, ゐないも確か, ゐない肉つきを見る, ゐない肉体を冷た, ゐない能力が私, ゐないをぬ, ゐない脱衣場の中, ゐないに落ちない, ゐないのいたみ, ゐない自分さへ久保田君, ゐない自分たちの赤ん坊, ゐない自然の一角, ゐない自然人的素朴さであるそこ, ゐない自称劇作家が多い, ゐない舞台を見, ゐない舞台監督がその, ゐないなのに, ゐない船尾へ来る, ゐない芝居だつたの, ゐない花さへある, ゐない花聟に還暦, ゐない芸術はすべて瓦礫, ゐないうどを, ゐない英国に比較, ゐない草庵だつたが, ゐないでもいろ, ゐない葡萄は酸い, ゐないのからまつた, ゐないの中, ゐないの葉, ゐない薄い皮膚の, ゐないが脂, ゐない蝙蝠だつて, ゐない蝮蛇疵は大した, ゐない蝶々がいた, ゐないが夫人, ゐない衞國では已む, ゐない西原氏に一人, ゐない覚悟である, ゐない親しい人の, ゐない親達は馬鹿, ゐない観念的な言葉, ゐない観照がどうしても, ゐない許りか自分流なかき方, ゐない説明は往々, ゐない論議ばかりし, ゐない證據といへよう, ゐないをつく, ゐない貸家があつ, ゐないの事, ゐない足音が廊下, ゐない路地をお勝手, ゐない近くで今度, ゐない近所だつた, ゐない通俗社会人でもその, ゐない通知洩れと, ゐない運動帽開襟シャツの一見, ゐないであ, ゐない遠洋漁業の組織, ゐない遠縁の者, ゐないにその, ゐない部屋沢山人のゐるべくし, ゐない部落の方, ゐない酒場に仁王, ゐない酒好きで女好き, ゐない金色燦然たる神輿, ゐない鈍物同様の挨拶, ゐない銭湯にはもはや, ゐない鋼鉄の浮城, ゐない長い体が, ゐない長崎からはる, ゐない閑散な一つ時, ゐない間人間の周圍, ゐない関係上僕は一度, ゐない阪田も凡手, ゐない限りからだはびしよ濡れ, ゐない限りなほそれだけ相手, ゐない限り僕の言葉, ゐない限り問題となる, ゐない限り殆んど, ゐない限り結局ボロを曝露, ゐない限り著者の人格, ゐない限り観念を文字, ゐない限り詩に詩以外, ゐない階段は真暗, ゐないなので, ゐない雑誌に発表, ゐない離婚を妨ぐるもの, ゐない雪太郎の中学生時代, ゐない電車は狗, ゐないき出し, ゐないんぶくれ, ゐない青年の一員, ゐない青野が入, ゐないな横町, ゐない静かな草, ゐない領域のなか, ゐないとそれ, ゐないなど彼, ゐない食堂でウィスキー, ゐない香ばしく乾いた夜気, ゐないはひつそり, ゐない鳥籠に, ゐない鹽ツ辛い汁