青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~りっぱ りっぱ~ ~りました ~ります ~る る~ るべき~ ~るる るる~ ~れ
れ~
れい~ れし~ れず~ ~れた れた~ れたら~ れたる~ れてる~ れない~ れなかった~

「れ~」 196817, 2038ppm, 41位

▼ れ~ (124903, 63.5%)

7129 いる 5473 いた 3811 いるの 1392 ゐる 1362 しまった 1321 いたの 1185 いること 1174 いて 1131 いるよう 926 いるが 908 ゐた 745 ゐるの 728 いると 705 あった 658 ある 652 来た 611 しまったの 572 いたが 566 いるもの 555 います 521 いるという 506 いない 496 居る 493 来て 482 いました 454 しまって 443 しまいました 421 しまつ 383 いるから 366 いるので 357 しまう 350 行った 341 あるの 318 いたこと 311 来たの 305 みると 290 いるん 275 きた 274 居るの 265 いたので, しまうの 256 あつた, いたもの 249 ゐるやう 226 いるところ 220 私は 219 来る 216 居た 215 ゐると 210 ゐたの, ゐること 204 行くの 200 おります 199 いるか 194 来るの 191 いないの, ゐて 186 ゐるが 185 來た 180 いなかった 177 いった 176 くる 169 いるに 163 見ると 161 いたから 149 いたと 147 行く 145 居ります 144 死んで, 行って 142 行つた 138 いるわけ 131 いても 130 いたよう, ならなかった, ゆく 123 いるし, きて 122 ゐるので 119 いるうち 117 みれば 116 いるのに, ゆくの, 彼は 112 それを 108 ならない 106 いたという, ゐるもの 105 いる人 104 いなければ 103 きたの, くるの, それが, 出て 102 おりました 100 いる間 97 いる事 96 あって, いるこの, ゐたが 95 ゐます 94 いたん, いますが 93 いるかという 92 いないこと, ゐるから 91 了った 90 自分の 89 了う, 居ると 88 いるその, 来ました 87 いるらしい 86 しまいます, ゐたので 85 おる, しまったので 83 ありました, いるとは, 居たの 80 しまふ, たまるもの 79 あったの, いるだけ 76 いるため, ゐない 75 しまうと 73 来たこと 72 あること 71 行ったの 70 いるかも 69 なりません, 居りました 68 いる時, 来たもの 67 いるかを 66 いたに, いるけれども, 行くよう 65 いるばかり, 帰って 64 いたし, いながら, いましたが, いるでは, しまったん, しまひました 63 しまつて, 見れば 62 あったが, いって, いる自分 60 いる点, いる者, しまったが 59 あるが, いないから, いないと, いる場合 58 いないという, そこに, 居るが, 彼の, 私の, 行くこと 56 あります, いるとき, しまったよう, ゐるん 55 いないよう, 來る 53 ならないの, 仕方が, 見て 52 おいでに 51 いる人間, しまったと, ゐたこと, 居て 50 いる女, いる筈, おりますが, ゐました, 居りますが, 眼を, 行くと 49 いたか, いるはず, しまっては, しまふの, 居ること, 行きました 48 いる男, 来たん 47 ゆくこと, ゐるところ, 居るので 46 いるとおり, しまうかも 45 いないが, いなかったの, いるかの, いる事実, ならぬ, 来ると 44 あるもの, いたり, いるであろう, 身を 43 いくの, いた時代, いるそう, しまったこと, ゐるに, ゐる事, 来たので 42 いたところ, いる処, きました, ゐないの, ゐるか, 了って, 急に 41 あるから, いては, 居るから, 歩いて, 私も 40 しまうこと, 何か 39 いるかと, いるだろう, いれば, 今は 38 あるので, いません, ゆくよう, ゐたもの, 來て, 行きます 37 いるものの, いる通り, しまうという, しまうよう, 黙って 36 いたその, いるとも, いる様子, おるの, しまったもの, それに, 人の, 来たという 35 始めて 34 いるだけに, 了ふ, 来たが 33 あると, いたかも, いたため, いたのに, いるにも, いるほど, いる所, 何の, 倒れて

32 [13件] あつて, いったの, いるお, いる人々, きたもの, ここに, しまえば, ゐたから, ゐなければ, 二人は, 今では, 彼女は, 目を

31 [15件] いたらしい, いた頃, いないもの, いるあの, いる以上, いる彼, しまったという, それは, ゐるといふ, 入って, 堪るもの, 家に, 往った, 生きて, 立って

30 いたわけ, いないので, しまうん, 居るん, 来たよう, 頭を

29 あるよう, しまうだろう, しまったから, わたしは, 他の

28 いるくらい, いる中, しまいそう, その上, ゐたやう, ゐても, 死んだの, 非常に

27 いたそう, いますから, ゐなかつた, 了つた, 二人の, 居るやう

26 いた時, いる国, おいで, これも, しまつたのである, ゐたと, ゐるのに

25 [14件] いるらしかった, これを, しまうであろう, しまうに, それから, ならなかつた, よい, ゐないこと, ゐるし, 今の, 半七, 居るもの, 死んだ, 自分は

24 いる私, おりまする, しかたが, ゐるわけ, 一緒に, 今日に, 参りました, 行くやう, 逃げて, 顔を

23 いる今日, いる日本, しまうから, その中, ゆくと, 僕は, 居る様, 後に, 気が, 気を

22 [20件] い, いく, いたとは, いるかは, いるじゃ, おった, おりそして, おりその, おりません, くると, ここへ, しばらくは, って, なかった, ゐるだけ, 例の, 口を, 自分が, 行ったが, 静かに

21 [19件] いたとき, いは, いる世界, いる最中, いる有様, いる部分, おらぬ, おりまた, すぐに, たまるもん, 姿を, 家の, 居ます, 居りましたが, 居るよう, 居る事, 往って, 来たと, 見えた

20 [16件] いたお, いた人, いるけれど, いるならば, いる家, いる状態, いる社会, いる限り, たまるか, ゐたといふ, 人間の, 出た, 泣いて, 眼が, 私が, 血を

19 [26件] ありその, いいもの, いたこの, いたならば, いた彼, いつた, いようとは, いるのみ, いる作品, いる姿, いる言葉, おりますから, おるが, ここまで, みて, ゐるばかり, 仕舞った, 女の, 居たが, 居らぬ, 平次は, 彼女の, 或る, 来た時, 此の, 行くもの

18 [25件] あわてて, いたかという, いた女, いた私, いないし, いないところ, いる時代, くるもの, さすがに, しまつてゐた, そこから, そこへ, ゐながら, 一つの, 下さりませ, 了ひました, 奥の, 居たこと, 居ました, 日本の, 来ること, 眺めて, 私たちは, 行かなければ, 足を

17 [26件] あったから, あるでは, いいの, いただけ, いなかったが, いなかったこと, いる上, いる人物, いる方, いる様, おりまして, きたが, きたので, こんどは, しまったらしい, なりませぬ, ゐる人, ゐる間, ハッと, 今度は, 家へ, 手を, 持って, 歩いた, 間も, 首を

16 [32件] あったもの, いた者, いようと, いるでしょう, いるよ, いる一人, いる土地, いる大, いる子供, いる形, いる彼女, いる気, くださりませ, しまうか, しまうもの, しまったかも, しまわなければ, なりませんでした, ゆくもの, よいもの, ゐたん, ゐるかを, ゐるこの, ゐれば, 今まで, 外へ, 多くの, 悲鳴を, 殺されて, 眠って, 立つて, 落ちて

15 [38件] あるか, いたけれども, いたはず, いた男, いないで, いまして, いますし, いますよ, いるせい, いるだけの, いるなんて, いるらしいの, いる感じ, おしまいに, おりましたが, かれは, きたこと, これは, しまうところ, しまえ, た, なるもの, ゆかなければ, ゆくという, ゆく過程, ゐた事, ゐますが, 一種の, 何を, 居たので, 居るに, 来たか, 来るよう, 東京へ, 父の, 自分も, 行く時, 驚いて

14 [40件] あったこと, あつたの, ありますが, あるに, あれ, いくよう, いたころ, いたにも, いた自分, いなかったので, いまは, いるだろうか, いるよりも, いる生活, いる訳, いる身, おまけに, しまうので, しまつた, しまふやう, そこの, その場, その家, やって来た, ゆきました, ゐたに, ゐるため, 了い, 何も, 出かけて, 妙に, 居つた, 戻って, 来ます, 来るもの, 残って, 消えて, 腹を, 行ったこと, 見える

13 [35件] あるという, いたあの, いなくて, いるかが, いるとか, いる一つ, いる位, いる本, いる部屋, おれば, これが, しまふと, その時, それで, どうする, ゐるかの, ゐるかも, ゐる人間, 人を, 來ました, 夢中に, 女は, 宙に, 後は, 心の, 敵の, 木の, 来た事, 気の, 私を, 自由な, 行くという, 誰も, 身動きも, 飛んで

12 [52件] あったので, いた間, いましたので, いますね, いるそれ, いるであろうか, いるな, いるほどの, いる二人, いる人たち, いる今, いる例, いる傾き, いる場所, いる意味, いろいろな, おって, おりそれ, きたん, くれ, ここの, しまいますよ, しまうでしょう, しまうなんて, びっくりした, ゆきます, ゆくやう, ゐるさ, ゐるでは, ゐるらしい, ゐる時, ゐる筈, 主人の, 子供の, 容易に, 寝て, 居たと, 居ない, 居りますから, 山の, 彼が, 後の, 手も, 来たり, 死んだという, 神の, 茫然と, 行きそう, 行きつつ, 行くん, 行つ, 部屋の

11 [65件] あったり, ありましたが, あるん, いい, いたかを, いたけれど, いっしょに, いないのに, いなかったと, いましたから, いるある, いるすき, いるらしいが, いる事情, いる事柄, いる多く, いる娘, いる手, いる程, いる若い, おりますので, くること, これに, ころがって, さすがの, しまいましたが, そのため, その人, はおりません, もとの, やつて, ゐたり, ゐないと, ゐなかつたの, ゐるうち, ゐるかといふ, ゐるその, ゐる様, ゐる自分, 下さいまし, 了いました, 人々は, 今日の, 今日まで, 喜んで, 困って, 家を, 少しも, 居たん, 居りまして, 居るか, 彼も, 森の, 横たわって, 死ぬの, 江戸に, 江戸へ, 無事に, 然るべきもの, 空に, 育って, 胸の, 胸を, 行くうち, 見えなくなった

10 [66件] あるだけ, あるやう, いきました, いたせい, いたであろう, いた当時, いた時分, いつまでも, いない限り, いなかったから, いようとも, いるすべて, いるとしても, いるのよ, いるゆえ, いるらしいこと, いる婦人, いる或, いる父, いる現実, いる連中, おったが, おりましたので, きたよう, くださいまし, このよう, しまいましたよ, しまうぞ, しまったか, しまったため, その夜, どこかへ, やって, ゐた筈, ゐないが, ゐないといふ, ゐるかと, ゐるけれども, ゐる場合, ゐる所, 一人の, 仰向けに, 其処に, 口の, 在る, 堪るもん, 大怪我, 居たもの, 居つて, 居るでは, 平気で, 床の, 庭の, 急いで, 息を, 来てから, 殆ん, 熱心に, 男の, 私達は, 行きましたが, 行ったと, 足の, 身に, 門を, 顔が

9 [117件] あったと, あったという, ある事, ある文字, いただけに, いたほど, いた一つ, いた日本, いた筈, いないん, いない時, いますので, いませんでした, いらっしゃるの, いるとしか, いるとの, いるほう, いるま, いる一種, いる伸子, いる何, いる光景, いる問題, いる子, いる小, いる御, いる文章, いる方法, いる現在, おせき, おりながら, おるよう, お君, お菊, きたから, こ, ここで, さうし, しかもその, しまいますから, しまうし, しまうじゃ, しまうよ, しまうわ, しまったわけ, しまひます, しまふこと, しまふだらう, そこには, だまって, なんの, はいって, ほんとうに, ぼんやりし, ゆくので, よいの, わたくしは, ゐたか, ゐては, ゐないから, ゐないやう, ゐる者, 一人も, 一時は, 中に, 中の, 之を, 二階の, 仕方なし, 仕様が, 伸子は, 何が, 余りある, 元の, 八五郎は, 即死した, 地に, 大勢の, 夫人の, 存在し, 居りその, 居りません, 居るところ, 居る人, 彼を, 心に, 慌てて, 手に, 手の, 最後に, 来たから, 来たとき, 来た人, 来ても, 来ましたが, 来るので, 横に, 母の, 氣が, 涙を, 源氏は, 相手の, 眼の, 私たちの, 私に, 穴の, 笑って, 終った, 腹の, 自然に, 船に, 行くに, 行くので, 行こうと, 行方不明に, 見えて, 近所の

8 [144件] あとを, あるきり, あるところ, いいと, いい気, いずれも, いそう, いたろう, いたんで, いた事実, いた手, いた時期, いた訳, いないため, いない場合, いなくては, いらつし, いるあいだ, いるからと, いるぞ, いるだろうと, いるといった, いるみたい, いるより, いる他, いる体, いる名, いる唯一, いる小さい, いる文学, いる物, いる矛盾, いる種々, いる証拠, いる話, いる諸, いる顔, おったの, おりますし, おるか, お前の, しまうでは, しまったじゃ, しまった形, しまつたん, しまひさ, すべての, そのあと, それらの, だれも, どこへ, なければ, ならないから, ならなかったの, ひどい目, びっくりし, ほかの, まいりました, やつと, よいと, ゐたのに, ゐた時代, ゐら, ゐるとは, ゐるのみ, ゐる樣子, ゐる私, 三人の, 三人は, 下の, 世を, 並んで, 中には, 了うのである, 二つの, 二階へ, 人々の, 人気の, 今も, 今日では, 仕舞ったの, 仕舞ふ, 僅かに, 働いて, 僕が, 光って, 前の, 前へ, 君の, 困った, 土の, 少年は, 居たから, 居た事, 居つたこと, 居るかと, 帰った, 当時の, 後も, 心にも, 手が, 新に, 春の, 暮して, 月の, 来たかという, 来るという, 次の, 歸る, 死にました, 死んだと, 気絶し, 水に, 水の, 消えた, 犬の, 生れて, 目の, 社会の, 秋の, 空の, 空を, 立派な, 素直に, 終う, 耳を, 自分に, 自由に, 船の, 血の, 行かねば, 行くところ, 行く途中, 行けば, 行ったん, 見えなかった, 話を, 貰ひ, 遊びに, 酒を, 金を, 雪の, 非常な, 頭の

7 [213件] あつたり, ありそれ, あるばかり, ある筈, いきます, いくこと, いたくらい, いただろう, いたって, いたでは, いたとおり, いたのみ, いた事が, いた事は, いた土地, いた点, いないに, いない点, いなかったし, いましたけれど, いましたし, いら, いるあらゆる, いるいろいろ, いるいわゆる, いるきり, いるこれ, いるころ, いるって, いると共に, いるには, いるふう, いるまま, いるゴーリキイ, いるフランス, いる一方, いる僕, いる地方, いる大きい, いる大きな, いる妻, いる室, いる当人, いる心, いる新しい, いる為, いる素子, いる結果, いる良人, いる身の上, おったもの, おり, おるそう, おるという, おるもの, おれは, お出でに, お帰り, お絹, きたと, きたという, きます, くるので, この家, この部屋, しまいには, しまいましたの, しまうが, しまうばかり, しまう事, しまったかと, しまったでは, しまったに, しまった事, しまっちゃ, しまつては, しまひましたよ, しまふかも, しまふので, ぜひなく, そこを, そつと, そのま, その傍, その前, それこそ, それぞれの, それも, つて, ならぬの, なろうか, ひそかに, ふらふらと, みますと, やっと, ゆくその, ゆく途中, ゆけば, よろよろと, わずかに, ゐたさ, ゐたその, ゐた頃, ゐないもの, ゐるだけの, ゐるであらう, ゐる人々, ゐる彼, ゐる男, ゐる言葉, ゐる限り, 一つは, 一同は, 一度は, 一生を, 不思議な, 世界の, 人に, 今日は, 仕舞う, 何う, 何事も, 僅に, 先生の, 入つて, 前後の, 口も, 吃驚し, 同じよう, 命を, 在るの, 坐って, 塔の, 外に, 多少の, 夜の, 娘の, 学校へ, 完全に, 少年の, 尻餅を, 居った, 居ながら, 居りますので, 居るという, 居る所, 居る時, 山を, 市に, 帰つて来た, 平次の, 床に, 庭に, 廊下を, 彼等は, 往つた, 後には, 御馳走に, 心が, 揺れて, 日の, 昔の, 暮らして, 最後の, 机の, 来たこの, 来たところ, 来たに, 来たわけ, 来た彼, 来た自分, 来ない, 来れば, 東京に, 林の, 次から, 正太は, 武蔵は, 死ぬ, 汽車に, 沈んで, 泣いた, 海に, 海の, 火の, 現われて, 目が, 眼に, 知って, 私と, 竜之, 置かれて, 耐る, 肩を, 胸が, 能く, 腹が, 船は, 苦しんで, 血だらけに, 血に, 行きましたよ, 行くばかり, 行ったもの, 行った時, 行っても, 行つたのである, 見る影, 警察へ, 返事も, 途方に, 都へ, 頭が

6 [263件] あとは, あり, ありますから, あるし, あるといふ, ある通り, いいだろう, いいよう, いその, いたかと, いたかの, いたかは, いたとしても, いたほう, いたものの, いたもん, いたらしいの, いた事, いた人々, いた位, いた彼女, いた日, いた証拠, いた通り, いったとき, いないか, いないらしい, いない事, いない処, いますか, いますと, いるうえ, いるからには, いるそれら, いるだろうが, いるであろうが, いるでしょうか, いるとかいう, いるとでも, いるほか, いるもん, いるんで, いるアメリカ, いる人達, いる仕事, いる作者, いる境遇, いる山, いる心持, いる思想, いる感情, いる条件, いる次第, いる現象, いる眼, いる社会的, いる程度, いる立場, いる美しい, いる身分, いる頃, いる風, うろうろし, おりこれ, おりしかも, おりますよう, お仙は, お松は, お銀様, かれの, くるよう, こちらの, こちらへ, この時, しまいは, しまいまして, しまいますぜ, しまひ, しまひましたが, しまふといふ, しまふん, すつかり, せっかくの, そうし, そこで, そのほう, そのままに, その女, その方, その日, その男, その跡, その顔, それには, たまるかい, だんだんと, ついには, どこへか, ならなかつたの, ならぬこと, なりませんの, ひとりで, へとへとに, ぼんやりした, みじめな, ゆくうち, よいこと, ゐたならば, ゐたらしい, ゐた私, ゐるあの, ゐるお, ゐるぢ, ゐる樣, んだ, ツて, ハツと, バラバラに, ホッと, 一般の, 七兵衛は, 世間の, 了つてゐる, 二人が, 二人とも, 京都へ, 人と, 今でも, 今に, 仕事を, 仕舞つた, 伝わって, 伸子の, 何かの, 何と, 何処へ, 余は, 來ない, 僕も, 兵馬は, 出たの, 出來, 出来たもの, 出発した, 参ります, 口に, 叫んだ, 向うの, 咲いて, 地上に, 変な, 多くは, 夜を, 天下の, 奥へ, 奧の, 女房は, 好い, 妙な, 娘は, 娘を, 子供を, 孝助は, 学校の, 小次郎は, 居たのに, 居た様, 居つたの, 居ても, 居なかつた, 居なければ, 居るけれど, 居るです, 居るのみ, 居る位, 居る樣子, 山に, 川の, 帰るの, 庭を, 弱って, 彼らの, 彼らは, 彼女を, 往くと, 往来の, 後から, 後へ, 復た, 思いも, 思い思いに, 思わず眼, 恍惚と, 戸外へ, 持つて, 散々に, 文三は, 明日の, 暫らくは, 書いたもの, 曹操の, 最初の, 来た女, 来た者, 来ては, 来るに, 東京の, 柳の, 此処に, 死んだん, 氏は, 水を, 江戸の, 波の, 涙の, 無理に, 物を, 玄関を, 生活の, 男は, 直ぐに, 知らず識ら, 立ちすくんで, 笑った, 筆を, 線香の, 聞いて, 育った, 育てられて, 胆を, 自分で, 自分でも, 自分を, 自然と, 色々の, 色の, 血だらけにな, 行かれて, 行きながら, 行くお, 行くか, 行くから, 行く事, 行ったという, 行つたのは, 街の, 表へ, 見えるの, 見に, 見るも, 身も, 輝いて, 逃げるよう, 都を, 銀の, 門の, 闇の, 降りて, 障子の, 雨の, 風に, 風の, 髪を

5 [365件] あったため, あっても, あとで, ありそこ, ありまた, あるその, あるはず, ある中, ある以上, ある手紙, いそいそと, いただろうか, いたであろうと, いたらしいこと, いた一人, いた中, いた二人, いた人たち, いた伸子, いた娘, いた心, いた所, いた様, いた言葉, いったが, いないけれども, いないこの, いないわけ, いなかったよう, いますけれども, いまでは, いやな, いよ, いらっしゃる, いるあたり, いるあなた, いるありさま, いるかに, いるからこそ, いるぜ, いるなか, いるわ, いる主人, いる二つ, いる作家, いる内容, いる区域, いる品, いる声, いる奴, いる字, いる小さな, いる巨大, いる当の, いる批評, いる狭い, いる由, いる男女, いる範囲, いる老人, いる腕, いる記事, いる関係, いる隙, おられるの, おりこの, おり今, おり従って, おること, お互いに, お綱, お藤, お通, お金を, お雪, お高, きたところ, くるから, くるであろう, こっちへ, この人, これまで, こんなところ, しまい, しまいそこ, しまいその, しまいましたので, しまうお, しまうだろうと, しまったし, しまったでしょう, しまったところ, しまったほど, しまったらもう, しまった上, しまった今日, しまった後, しまった日, しまってから, しまっても, しまつてゐ, しまひさうな, しまふで, しもう, しょんぼりと, じっとし, すごすごと, ずるずると, その下, その光, その後も, その晩, その結果, そんな事, ぞろぞろと, とんでもない, どこの, ながめて, なくなって, なにかの, ならないこと, ならないと, ならないので, なるほどと, はつと, ぽかんとし, まごまごし, ます, みたいと, もうその, やろう, ゆかねば, ゆくが, ゆくこの, ゆくでしょう, ゆくところ, ゆく人, よいでありましょう, よいであろう, よくは, わたしも, われわれの, われを, ゐたし, ゐたところ, ゐた人, ゐた彼, ゐないので, ゐましたが, ゐますから, ゐるそれ, ゐるだらう, ゐるで, ゐるとか, ゐるとき, ゐるほど, ゐるよ, ゐるらしかつ, ゐるんぢ, ゐる中, ゐる事柄, ゐる女, ゐる点, ゐる通り, ガラッ八, ポカンと, 一人で, 一方の, 一旦は, 上に, 下さいませ, 下されませ, 世の中に, 世間に, 中から, 中を, 了います, 了うた, 了つたのだ, 了ふと, 今頃は, 仕事に, 他に, 以前の, 以来の, 住んで, 体が, 余りあるであろう, 信長の, 倒れたの, 傷を, 僕の, 先に, 兎も, 入口の, 其の上, 出る, 初めて自分, 前に, 前後を, 動いて, 十二の, 博士の, 即座に, 却て, 参るの, 各, 向島の, 唇を, 城の, 声を, 外国へ, 多数の, 夢の, 大金を, 夫人は, 好きな, 妹の, 娘が, 子供は, 家が, 寂しい暮し, 少しは, 少年たちは, 居たやう, 居た時, 居た語部, 居つたと, 居ないの, 居ますが, 居りますね, 居るし, 居るといふ, 居る中, 居る男, 居る私, 居る程, 居る筈, 居る間, 居れば, 左の, 帰ったの, 帰りました, 帰る, 帰ること, 平次と, 庄太は, 建って, 引かれて, 彼等の, 御自身, 心は, 恥かしい, 息が, 我々の, 我々は, 我に, 戻つて, 折角の, 支那の, 新たに, 旅の, 早々に, 時々は, 普通の, 暗い気持, 暫くは, 書いて, 書かれて, 朝から, 村の, 来たお, 来たかと, 来たせい, 来たその, 来たらしい, 来た歴史, 来ようと, 来るから, 来るし, 来るにつれて, 来るわけ, 来る事, 樹の, 歩きながら, 殺さるべし, 殺された, 母は, 気がついて, 気も, 気絶した, 氣を, 水が, 氷の, 永遠の, 沈黙し, 海へ, 湖水の, 漂って, 玄関に, 現れて, 理解され, 生活し, 町の, 相当の, 相手に, 磐余の, 私達の, 立った, 罪に, 育ちました, 腰を, 自分たちの, 自分自身を, 自動車を, 自由の, 自由を, 船で, 苦しまぎれに, 荒草深い, 血が, 行きますと, 行くだけ, 行くであろう, 行くより, 行くわいな, 行く女, 行く自分, 行く間, 行ったか, 行ったとき, 行ったところ, 行った先, 行った家, 見ますと, 見る, 親の, 言った, 訊いた, 詩を, 謂わば, 講演に, 豹一は, 身体の, 身分に, 車に, 途中から, 途中で, 通って, 連れて, 進んで, 道を, 都に, 都の, 酒の, 野の, 閉口した, 隣の, 隣りの, 雲の, 面白くも, 顔は, 馬に, 馬鹿に, 骨の

4 [589件 抜粋] あったよう, あとの, あらねば, あるかも, あるにも, あるのに, あッと, いい気持, いい筈, いこうと, いたある, いたかが, いたことば, いたであろうが, いたとも, いたほどの, いたらどう, いたんだそう, いた上, いた事を, いた僕, いた処, いた家, いた故, いた新しい, いた生活, いた結果, いた船, いた若い, いったこと, いったもの, いないでは, いないでも, いない事実, いない所, いない時代, いない部分, いながらも, いますけれど, いよう, いようが, いらっしゃれば, いるかぎり, いるそういう, いるそば, いるただ, いるであろうと, いるなと, いるのみか, いるばかりか, いるひと, いるやつ, いるよりは, いるらしいから, いる世の中, いる事件, いる人形, いる人生, いる作家たち, いる半, いる原因, いる各種, いる地位, いる地域, いる場面, いる女中, いる如く, いる孤児, いる学者, いる室内, いる少年, いる建物, いる当時, いる折, いる故, いる数, いる模様, いる武士, いる武蔵, いる母, いる気持, いる現状, いる環境, いる生命, いる白い, いる石灰工場, いる神, いる秘密, いる第, いる舞台, いる色々, いる薄暗い, いる要素, いる貨物, いる過去, いる道, いる際, いる青年, いる顔つき, いる鳥, いろいろの, うごいて, うつかり, えの, おかめ, おしまいなすった, おったという, おらない, おらぬの, おられます, おりましょう, おりますか, おり又, お俊, お吉, お埋け, お民, お気の毒, お葉, かの女, からくも, きた理由, きましたが, きれいな, ぎょッ, くるし, くるという, くれぬか, くれば, ここを, このかた, この世の, この席, ござる, しまいましょう, しまうかと, しまうとき, しまうわけ, しまう運命, しまったあの, しまったけど, しまったけれども, しまったそう, しまったであろう, しまったり, しまった様子, しまつても, しまふに, しまわねば, そのこと, そのころ, そのそば, その側, その儘, その名, その後は, その気, その首, それからは, それと, それまでは, たうとう, たまりません, ぢれ, ついて, つても, どうでも, どうなる, どこに, どんなこと, なにも, ならないという, はじめて, はじめて自分, ひっそりと, ひとりの, ひらひらと, ほのかに, ますが, まだ間, まゐりました, みたい, みんなと, もがいて, もどって, やったん, やる, やるから, やろうと, ゆくし, ゆくであろう, ゆくでしょうか, ゆくはず, ゆくばかり, よかろう, よろめいた, れいの, わしの, わたしの, われは, ゐたかも, ゐたこの, ゐたわけ, ゐた時, ゐた者, ゐないところ, ゐなくては, ゐません, ゐよう, ゐるかに, ゐるけれど, ゐるとも, ゐるならば, ゐるにも, ゐるン, ゐる事實, ゐる人物, ゐる作家, ゐる原因, ゐる家, ゐる弟子, ゐる所以, ゐる様子, ゐる歌, ゐる状態, ゐる程, ウロウロする, ガラツ八は, フラフラと, ベッドに, ベッドの, マンは, ムッと, 一切の, 一定の, 一所に, 一日の, 一時に, 一生懸命に, 丁寧に, 上京した, 下さい, 下へ, 下りて, 不承, 了つたのである, 了つたのです, 了つたやうな, 了わ, 京の, 京都の, 仆れた, 今迄, 仕方なく, 仕舞うに, 以来は, 何でも, 何という, 何となし, 何処かへ, 何心なく, 余の, 來たんだ, 來ます, 俄かに, 俄に, 俺は, 傍の, 傍目も, 僕に, 優れた作, 兄の, 先へ, 兎に, 八五郎の, 八月の, 兵曹長は, 其の良心, 其処で, 出来るだけ, 刀を, 別の, 別室に, 利用が, 動かなくなった, 十分に, 千二は, 南の, 危い, 去年の, 取調べを, 口から, 口が, 右の, 名前を, 吾, 呼吸を, 四つの, 困ったこと, 困ること, 困るの, 国へ, 国を, 墓場の, 壁の, 声も, 変に, 多助は, 夜は, 夢中で, 大な, 大に, 大伽藍, 大坂, 天に, 夫の, 女王の, 好いよう, 宙を, 室の, 宮の, 家から, 富岡は, 小さくなっ, 尻尾を, 居たで, 居たといふ, 居たに, 居って, 居ぬ無作法, 居ましたよ, 居り, 居るお, 居るけれども, 居るのに, 居る方, 居る自分, 屋根の, 山へ, 帰つた, 帰宅, 幕府の, 平和の, 平民と, 年に, 幾度か, 座敷の, 引っ込んで, 弱った, 影を, 彼れ, 彼女が, 往くこと, 往け, 待って, 待つて, 後ろの, 従来の, 微かに, 心を, 思うよう, 思ひがけ, 急には, 悄然と, 愈, 慧心院の, 我は, 我れ, 描かれて, 故郷に, 文字春は, 日に, 日吉は, 早くも, 暫くの, 曲者の, 朝の, 木戸の, 来たばかり, 来た今日, 来た理由, 来つつ, 来ましたの, 来や, 来よう, 柄にも, 梯子段を, 橋の, 正面の, 此も, 此處へ, 歩くの, 歸つて來た, 歸り, 死ぬこと, 死ぬと, 死ぬ人, 死んだよう, 死んだ者, 水は, 沈黙した, 河の, 源次郎は, 源氏の, 火を, 灰に, 無言の, 然るべし, 父は, 父親の, 獄に, 玄関へ, 瓜の, 男が, 町内の, 畳の, 登って, 皆任地へ, 目は, 眉を, 真っ白に, 真赤に, 眼前が, 知つてゐた, 石の, 秀吉の, 窓から, 竹の, 笑いながら, 笑つた, 紅に, 納戸に, 紙の, 紫だ, 終には, 綺麗に, 置いて, 老人の, 耐へ, 聞えて, 腰から, 膝を, 自己の, 自殺した, 自身の, 花の, 草の, 虫の, 蝙蝠の, 血みどろに, 行くだろう, 行くといふ, 行くとき, 行く所, 行こう, 行ったよう, 行つてこ, 行つても, 裏の, 西の, 見えぬ, 見えました, 見ても, 見る人, 見送って, 覗いて, 言葉が, 言葉も, 訳も, 誰か, 豊世は, 買って, 賑やかに, 身うごき, 身動きの, 近くの, 返事に, 返事を, 逆に, 這, 通る, 遊んで, 道の, 道は, 道夫は, 郷里へ, 重傷を, 雨戸を, 頭に, 頸を, 顔の, 顔色を, 駅の, 駆けて, 驚きの, 驚きました, 驚ろいた, 骨を, 黙つて, 鼻の

3 [1282件 抜粋] ああいう, あたりの, あちこちと, あっちへ, あなたは, あるいて, あるかと, あるとも, ある下, ある文章, ある紙片, いいこと, いいわけ, いくと, いさ, いずに, いたそういう, いただけの, いたといった, いたよ, いたろうと, いた区域, いた囚人, いた妻, いた昔, いた矢先, いた諸, いた重吉, いったので, いつもの, いない人, いない人物, いない者, いない証拠, いなかったという, いなさるの, いましたね, いますぜ, いますわ, いまの, いやに, いらっしゃいました, いられる, いられるもの, いるお前, いるお雪ちゃん, いるけ, いるそこ, いるつもり, いるね, いるらしいので, いるらしくて, いるスリル, いるメディテーション, いるン, いる一面, いる伝説, いる個所, いる内, いる刀, いる勤労者, いる同じ, いる多, いる夥しい, いる夫, いる女たち, いる学校, いる小説, いる彼ら, いる情況, いる感覚, いる文化, いる新聞, いる旧い, いる時間, いる書類, いる機械, いる歴史的, いる水, いる画家, いる病人, いる皺, いる私達, いる精神, いる結論, いる線, いる能力, いる自分自身, いる若者, いる証, いる赤, いる身体, いる雪, いる飛騨山脈, いる黒い, うちへ, うれしかった, おげん, おぢ, おもしろい, おらなかった, おらぬもの, おらん, おりそこ, おりますゆえ, おり私, おると, おれの, お光, お前は, お國, お定, お此, お痩せなされ, お花, お角さん, お鳥, きたこの, きたり, きた女, きまりが, きょとんと, くるん, ここから, こちらを, この, この女, この歌, これまた, さう, さんざんに, しずかに, しばらく躊躇, しまいますからね, しまうため, しまうまで, しまう恐れ, しまったあと, しまったのよ, しまったら, しまった人, しまってからも, しまはなければ, しまふであらう, しまへば, しまわないよう, しよんぼりと, すべてを, そこにも, その一つ一つ, その周囲, その子, その後を, その手, その話, その間に, それでもいちいち, たじたじと, たべられて, だらりと, ちょうどその, ついにその, つてやる, とうとう死ん, ところどころに, どうなっ, どことも, ならないん, はじめて知つたの, はっと眼, ひどいめ, びつくりし, べそを, ぼくは, まいるよう, みごとに, みたり, みんなが, もう一, もつと, やっても, やらあ, ゆきそう, ゆきましたが, ゆくゆくは, ゆくん, ゆく生活, ゆく私, ゆら, よしや春秋, われに, ゐたぞ, ゐたとも, ゐないため, ゐないん, ゐるかは, ゐると共に, ゐるらしいが, ゐる事実, ゐる以外, ゐる処, ゐる大, ゐる日, ゐる有名, ゐる町, ゐる部分, カッと, クラクラと, ダンスを, ランプの, 一刻も, 一家の, 一方は, 一生消えぬ, 一週間ほど, 丈助は, 三日も, 上がって, 下さりませと, 不具者に, 丘の, 両手を, 両方の, 中央の, 主人は, 乗りし時雨, 亀吉は, 了うのだ, 事件は, 二人で, 二階から, 云った, 人が, 人は, 人格の, 今のは, 今更に, 仕舞つたと, 他を, 代りに, 以来その, 何より先, 何時までも, 作るもの, 來たり, 俯向に, 偉大なる, 傍に, 先の, 全くの, 兵部卿の, 写って, 冷たくなっ, 出し廓, 出るところ, 初めから, 初めて気, 劇場の, 動かなかった, 動きの, 十六世紀の, 千枝太郎は, 単純な, 厭, 叔母は, 取って, 召使ひ, 吃驚した, 吉原の, 向うへ, 周平は, 唖然と, 唯ひとり, 四方の, 国外に, 土手の, 地へ, 城を, 堪まる, 夕げ終り, 外の, 多大の, 大事に, 大阪へ, 太陽の, 奥さんに, 女に, 女房の, 好いか, 姉の, 嫌に, 存在する, 安心し, 客の, 家々の, 家は, 宿の, 対岸の, 小屋の, 居たらしい, 居つた事, 居ないから, 居ますから, 居らぬ樣, 居りますけれども, 居り又, 居るその, 居るだけ, 居るわけ, 居る人間, 居る日本, 居る訳, 山は, 峠の, 嶋田の, 左手の, 己れ, 帯の, 帰途に, 幸福に, 幾たびか, 幾多の, 廊下に, 廊下へ, 廣く, 張飛は, 当麻氏の, 影も, 彼女も, 往こうと, 後已む, 御前の, 心細くなった, 思い出した, 思案に, 恐縮する, 悲しくなっ, 意外な, 感謝し, 成立する, 我を, 戸を, 所謂, 指を, 捨てられて, 揚子江を, 改ため, 故郷の, 救いを, 敵を, 斜めに, 斯んな, 日々の, 日を, 日本人の, 昏倒し, 昼なお, 晩餐の, 曳かれて, 最後には, 有名な, 本当の, 朱に, 来い, 来たころ, 来たのに, 来たばかりの, 来た事実, 来た小, 来た日, 来なかった, 来ねば, 来るが, 来るばかり, 来る光りの, 東に, 松の, 枕も, 枯草が, 栄之, 森を, 横倒しに, 次郎は, 止まること, 正吉は, 正直に, 歩きました, 歯の, 死ぬる, 死ぬ気, 死んだ人, 死骸の, 残りの, 母が, 気楽に, 池の, 泣いたの, 泣寝入りに, 流れて, 浮んで, 涙ぐんで, 渠は, 滅茶, 漸と, 灯の, 無実の, 然る, 爲方が, 牢屋へ, 猫の, 王の, 生命を, 男女の, 病人の, 皆な, 目的を, 真剣に, 眼ばかり, 知らずに, 社の, 神田から, 空が, 窓に, 笑われて, 米友が, 細々と, 終って, 縁側に, 翁の, 聲も, 肩巾の, 背中も, 腕を, 自分ながら, 舟は, 色が, 芝居を, 苦笑した, 茶屋の, 落ちそう, 葉子の, 蛙の, 行かれた, 行くかを, 行くその, 行く人, 行く様子, 行く道, 行ったから, 行ったよ, 行った事, 行ってから, 行つたら, 行つてゐます, 街を, 裁判に, 裸体の, 見るからに, 見物に, 言いました, 言葉の, 説明を, 誰かが, 誰の, 貞之進は, 貰って, 起ったの, 足れりと, 跡を, 身の, 身体を, 車を, 迷惑する, 這入って, 通ると, 遊里に, 過去の, 道路に, 部屋に, 郷里に, 里つ, 野に, 長い間, 院は, 隠れて, 露の, 青山の, 静に, 面白い, 音も, 響いて, 顫え, 風邪を, 飛行の, 馬が, 馬は, 馬車に, 驚いた, 鳴って, 鼠を

2 [4070件 抜粋] あいて, あったこの, あっという, あのよう, ありありと, ありましたから, あるかを, あるだけの, ある人々, ある大きい, ある点, ある訳, あわて, いい本, いくつも, いけません, いたからでも, いたぞ, いたゆえ, いたろうこと, いた両手, いた人間, いた南緯六十度ウニデス本流以南, いた地, いた婆さん, いた思想, いた日々, いた治安維持法, いた百姓, いた肉慾描写, いた進歩的, いっさいの, いった地下街, いてね, いないとしても, いない一つ, いない現状, いなかったり, いましたの, いやかましくよし, いらっしゃるか, いるいま, いるからね, いるこういう, いるたった, いるとばかり, いるまでの, いるらしい様子, いるインド, いるソヴェト同盟, いるボート, いる一画, いる上海, いる中目黒, いる仲, いる俳優, いる元素, いる労働者, いる可能, いる命題, いる地面, いる女主人公, いる客室, いる工合, いる店, いる悲し, いる手首, いる数行, いる昔, いる最後, いる林, いる死骸, いる法, いる物理学, いる現代, いる真, いる種類, いる紳士, いる背中, いる苦悩, いる複雑, いる許, いる貴, いる辺り, いる鏡, いる雨, いる首筋, いる鼻, うつとりと, おおかみ, おったよう, おらずそして, おられたよう, おりは, おりますこと, おりますんで, おり自分, お了, お吉様, お常, お染, お目, お若, お關, かなり難儀, きたかと, きた私, くからな, くるところ, ぐったりと, ここへは, このまま, この地, この当麻, この病院, これから義理, こんな事, さきに, さらさらと, して, しばらく考え, しまいましたね, しまいもはや, しまうだけ, しまうより, しまおうという, しまったとばかり, しまった今, しまった結果, しまつてゐました, しまふばかり, しまふ自分, じいさんは, すでに危うかっ, そういうもの, そこで暇乞, そとへ, そのまた, その他の, その報い, その影, その方面, その画, その身, その頭, それでも留吉, そんなら, ただ一, だんだんその, ついふらふらと, てふてふ二つと, とじこめられて, どうかし, どれだけ, なさって, ならなかったから, なるほどそう, のち引返し, はおりませんでした, はっと気, ひどい怪我, ふいと, ふるえながら, ほつと, ぼんやりしてる, まごついて, またははあ, みようでは, もう一刻, もう気, やったこと, やはり自分, やろうか, ゆくかを, ゆくべきもの, ゆく存在, ゆく歴史, よいだけの, よろけながら, わたくしの, われも, ゐたせゐか, ゐたら承知, ゐた御, ゐないだけに, ゐなかつたから, ゐますので, ゐるくら, ゐるは, ゐる中年, ゐる国, ゐる彼女, ゐる故, ゐる氣, ゐる老人, ゐる運命, アメリカに, キリキリと, サラサラサラサラ南, ズタズタに, ツイ先刻宿元へ, ノビた, ピシピシと, ベソを, マンジリとも, 一たまり, 一人は, 一寸微笑, 一応の, 一時植木屋の, 一般に流布, 三つの, 三日目に, 上へ, 上陸, 下宿を, 不老不死の, 世に, 中, 主人と, 乳を, 了ツた, 二人を, 云つた, 五郎さんが, 京へ, 人間と, 今にも折れる, 今日来た, 仕舞った夫, 以來今日まで, 仮面の, 伏して, 位置を, 何し, 何処とも, 何處からとも, 來る思ひ, 信玄の, 倒れたところ, 元日の, 兎の, 公民の, 其が, 其儘に, 其處には, 冥王の, 出たので, 出征し, 切支丹の, 初めて納得, 別室へ, 前面へ, 動いた, 北海道の, 十手を, 半狂乱, 危ない足場, 去就に, 又感服, 取調べられた, 古市の, 右門も, 名は, 吾を, 咽び落ちる山川, 喜兵衛は, 器械の, 困りながら, 国家の, 在ること, 地面に, 堂の, 壁へ, 外からは, 夢でも, 大なる, 大地の, 大石を, 天つ, 太陽が, 女が, 好い気持, 姫君は, 婦人の, 嬉しくない, 孤獨の, 安全に, 官軍の, 室に, 宵の, 宿直室へ, 寝た, 寺から, 対立する, 小さい時分, 小学校へ, 尚主, 居た場所, 居ったそう, 居なかった, 居られた, 居りました猫, 居るだらうと, 居る其の, 居る彼, 居る由, 展開する, 岸へ, 左右の, 市外の, 帰る果報者, 平生嗜まれ, 幾らかの, 底も, 廉く借り, 引込んだ, 強ひ, 往かれたの, 後ろに, 御前に, 御覧なさい, 心ひとつに, 必死に, 忽ち留任, 思わず匕首, 恐縮した, 悪名天下に, 惡い, 愕然と, 成らなかった, 或時, 戻りました, 手紙の, 折から, 振られて, 掛合に, 攻めあぐみ, 敗走した, 散歩し, 文三が, 新しい世界, 新聞の, 旨い菓子, 映し出した色彩, 時おり隣, 暫く待つ, 書きけりただ, 月を, 木という, 本能的に, 来せえま, 来たそれら, 来たろうか, 来た原稿, 来た時代, 来た米友, 来た身, 来ましたよ, 来るその, 来るはず, 来る老人, 東京生物学会なる, 枕もとに, 染次は, 格子の, 梟の, 検挙された, 権之, 機械に, 歎く, 正論に, 此等の, 歸つた, 死には, 死ねば, 死んだ男, 残念だ, 殺され方, 比較的世間, 気が付かずに, 水の上に, 永遠に, 沢山の, 泡を, 泣く者, 派遣され, 浜松へ, 消える, 淋しかった, 渠自身も, 満身の, 漸くの, 為すこと, 無数に, 無限だ, 熊蔵は, 片手で, 特に銭形, 独逸の, 玄関まで, 現れる, 甘んじて, 生徒の, 生長した, 町と, 畳に, 病院で, 発達した, 白馬廟の, 皮肉な, 目下訊問を, 真っ赤に, 眠ったの, 着物の, 石を, 碌に, 祖父の, 秋草の, 空気の, 窒息し, 立居振舞に, 笑ったり, 算を, 約二十分, 細長く前, 結局は, 線香は, 繰り返し, 翌年の, 耳が, 聲を, 育つた癖, 腐って, 膽を, 自動車に, 船を, 芋の, 芽を, 若者の, 苫の, 草むらに, 葉子は, 薄暗くなっ, 蛇は, 衆議院議長と, 行きたいよう, 行くさ, 行くのみ, 行く夫, 行く泥沼, 行けと, 行っては, 行つて貰へる, 表に, 裏門から, 見えが, 見えない別天地, 見え止み難い, 見ゆる, 見渡すかぎり, 親方の, 記憶に, 詰問を, 調べたこと, 講堂に, 豊後の, 賃銭を, 走りながら, 足許に, 跳び上がった, 車が, 辻斬の, 返される時, 追い返された, 逃げ場に, 速力が, 遂に, 道楽し, 遺って, 酒は, 金五郎は, 鎌倉に, 長次郎は, 閉口し, 附いて, 陽炎の, 隣へ, 難儀した, 露出し, 面も, 頭から, 食事を, 餅を, 馬も, 駒井は, 骨に, 鬼怒川も, 麦畑に, 默つ

1 [36660件 抜粋] あ, あちらこちらし, あった数行, あつた紙, あばれて, ありほか, あり金堂, あるサネカズラ, ある和蘭, ある建物, ある物, ある草履, あわい臙脂, いい日本独自, いくありさ, いじめられるばかり, いたきり, いたやさしい, いたわし, いたボート競争, いた主, いた光一, いた反, いた墓地, いた官兵衛, いた広地, いた敢為, いた根気, いた清左衛門, いた盛宴, いた続きもの, いた血液的, いた迷信, いた額, いったところ, いつの間にか一, いないそんな, いない先生, いない本屋, いない高度, いなくなった, いますシライシ, いやるの, いられるが, いることども, いるであろう事, いるばかりに, いるらしい矛盾, いるインテリ小市民, いるセレベス海, いるプログラム, いる一分体操, いる不安, いる事歴, いる休み, いる八〇〇余万, いる加藤武雄氏, いる受難, いる唖, いる堀, いる大機, いる姫君, いる家老, いる山路, いる庵室, いる恍惚, いる押し花, いる日日, いる本質上, いる様式, いる水道, いる演劇アカデミイ, いる玉村宝石店, いる盧員外さん, いる私ども, いる納豆, いる腎臓, いる著しい規則正し, いる覚え, いる資本, いる道筋, いる長谷川寛, いる革命的, いろいろ僕, うおうと一声, うまうまと潜り, おうたひな, おったかが, おは, おらず理論上, おりそのあらゆる, おります例, おり好き, おり長屋, お七的, お守を, お留守中, お鈴, かくて, かれ等, きたほう, きた感じ, きた長い長い, くちなしの, くる戦況, ぐつたりして, ここまでは, この一所, この山奥, この白骨, こよい, こんな穏やか, さしも不思議, さよならさよなら, しかも新しい, しばしば柳営, しまいましたお話し, しまい去年, しまうぞって, しまう日, しまったら兵力, しまった自分, しまつて消え, しまわざるを, じっと見詰め, すこし父, すべて丸身を, そうしてそれきり, そこらの, そのつぎ, その一部最初, その前年, その子孫安倍氏, その拳, その犬, その臭気, その間かれこれ, それから熱心, それとなく二人, ぞろぞろ歩き出す, ただ一途, たといその, だんだん菌, ついそんな, つぎつぎの, つれて, とうとう受け合っ, ともすればうつらうつら, どうも好き, どんな原稿, なさけなくなる, ならなくな, なんとも言, のって, はじめて主膳, はなはだしきは, ひたすら忠勤, ひどく狭められ, ふたたび逃げられない, へこむやう, ほぼ十分間, ぽり, ますます夢, また勇氣, まだ一つ二つ, まづ水雷, みい俺は, みまかり給, むしろおちつかない, もう亜米利加, もしくは三重吉, もみの, やってきたな, やむなく居残った, ゆかしいところ, ゆくとんぼ組, ゆく形, ゆく豚, よい著述的アルバイト, よたよたと, よんどころなく引き取った, わたって, ゐたものの, ゐた加集, ゐた斎入, ゐた至醇, ゐない世界, ゐますわね, ゐるながいながい, ゐるニイチェ, ゐる俳優, ゐる土佐守, ゐる市松, ゐる日光, ゐる無数, ゐる絵, ゐる道徳, アテナイを, エスパニヤ軒の, キシさんと, グングンちかづい, シヤギリの, ゾクゾクと, デコボコの, ノビて, ヒョロ長く, プラツトホームに, ポデスタと, ラス・コルテス通の, 一々感服, 一人先へ, 一室を, 一応吟味, 一月一日は, 一篇の, 七十に, 三原隼人は, 三造が, 上高地温泉宿に, 不在を, 且つ廢ら, 中央集権化の, 主観的アイデアリズムでも, 乞食の, 了つて僅に, 二三分注意を, 二度とふたたびお目にかかる, 互によろしい, 井に, 人事不省, 仁義あり, 今度生れ変っ, 仏神, 他樹, 以来僅か三ヶ月で, 仲の町の, 伝承され, 佐渡送り, 何は, 何程厭は, 使わせて, 信子が, 候う, 傾く心, 先ず安心, 入口と, 全身灰に, 公民と, 兵部卿大塔宮護良親王様に, 其清秀の, 内道場, 冥加に, 出たある, 出来たよう, 切口には, 初めて温度, 利いた風, 割合に, 動かぬ白晝, 包囲攻撃を, 十二月二十日に, 千浪は, 卑屈に, 危うく辻堂, 去つた, 又次ぎ, 取返されるが, 叫んで, 各地の, 同時にそれ, 否とは, 命からがら逃げた, 唯纔, 喜平も, 四十面相の, 困りカタコト, 土井の, 地から, 垂らして, 場内を, 売られる時, 外神田の, 夜陰屋敷へ, 大きな鉄, 大変機嫌がよ, 大盃, 天日の, 失楽園内部の, 女子と, 妾と, 嫋かに, 季節の, 安田は, 実地の, 家中の, 富豪桔梗屋ジョアンの, 寺を, 小さなの, 小文治, 少しうとうとする, 尼寺の, 居た家柄, 居つた本, 居らっしゃるの, 居りメラメラ, 居るすぐ, 居る其外内地, 居る数々, 居る西洋, 山あるき, 岩角に, 左兵衛佐は, 帆の, 帰り後, 幅広の, 年上の, 幾団にも, 府中へ, 弁解を, 引返した, 当人は, 彼奴の, 待乳の, 後町の, 御台所の, 御開帳, 心淋しく, 快くどこ, 思い直し末虎, 思わず廊下, 恁うし, 恨めしかった, 悪徳新聞の, 惨殺死体を, 感激も, 懲役に, 戒名は, 房一は, 手術の, 投獄された, 拒否できる, 振返ったが, 掴み取られて, 支那風の, 敗走せざる, 数寄を, 文理大の, 新しく装い, 方々は, 日本で, 昇に, 星か, 時々御所, 智恵子を, 暫く突, 更に麦畑, 最高入札者の, 朝子は, 未決監の, 杉子は, 来たさすが, 来たヨーロッパ, 来た土煙, 来た所以, 来た社会機構全般, 来た近代文学, 来ますの, 来る作家本能, 来る諸種, 松並木は, 某の, 案山子の, 椿の, 横つ倒し, 次に視神経, 止むなく塵労, 此神經過敏の, 歩けなくな, 死なれて, 死んじまえば, 死滅に, 段, 母なども, 氏郷に, 水気を, 決していや, 泉殿から, 泣く如く檣頭, 流れるよう, 浮世は, 消耗しき, 添付され, 湖南へ, 滅び失せて, 漸く常, 濡れ光る, 無くなって, 無駄奉公し, 熟柿の, 父親も, 物案じなる, 狙った幸福, 玉殿の, 理解された, 生じたもの, 田主丸の, 町奉行の, 畳が, 痛く驚いた, 白い腹, 百日生き, 監獄へ, 相川に, 真は, 眼新らしい, 知行百石の, 碧玉随の, 神前に, 私まで, 種の, 空虚の, 立ちあがつた, 立往生だ, 笑われどうにか, 節度を, 約三十分, 細い野路, 結び合うその, 続々都, 縮みあがって, 美々しげ, 翌三日, 耕地として, 聽い, 育つた人間, 脾腹の, 自ら言った, 自白が, 船へは, 花散, 若手検事の, 茂太郎は, 莟にな, 落着いた, 薄い夕日, 藩の, 螺旋仕掛の, 行かれれば, 行くて, 行く大槻軍医, 行く現象, 行ったあげく, 行った様, 行つてし, 行軍や, 裕福らしい, 見えず右, 見たいやう, 見る見る腐るところ, 親しくその, 言はう, 詩人の, 誰言う, 警部の, 貰いたいん, 贈られた, 起きあがったが, 跡なき, 身が, 転がった, 辛抱ならず, 近頃では, 退り出でしを, 逃げられたのち, 透明に, 逝く, 遂に一葉, 過ぎた, 遠く退いた, 部下百六十人と共に, 采女と, 金をは, 鉄筋の, 鎮魂から, 門へ, 間者の, 陣地から, 隠れたる天才, 雪ふかき, 青いもの, 面白く親愛, 頭上の, 顫ふ, 飛行機の, 飾られて, 駄々ばかり, 驚くと, 髪の, 鳴りひびきぬ, 黒かつ

▼ れても~ (3863, 2.0%)

144 仕方が 38 私は 23 しかたが, それを 21 それは, 自分の 19 仕方の 18 よい, 彼は 16 い, いる 15 それが, 困る, 平気で 14 いい 13 いた, 僕は, 少しも, 黙って 11 いいから, 一言も, 文句は 10 よいと, 何の, 私には, 蹴られても 9 いいと 8 しようがない, 彼女は 7 いない, いるが, それに, 文句の, 私の, 返事を 6 いなかった, しかたの, すぐに, 仕様が, 困るが, 容易に, 平気な, 弁解の, 為方, 誰も

5 [11件] いいという, いるの, これを, どうする, びくとも, 人間の, 仕方は, 僕の, 大事ない, 構いません, 構わない

4 [40件] いいが, いいです, いいん, いい筈, いけないと, いたの, いつでも, いるし, おれは, かまいません, かまは, かまわない, この女, これは, こればかりは, そんなこと, つまらない, よいという, わからないよう, わたしは, 今は, 仕方あるまい, 仕方ない, 他の, 何でも, 何も, 何を, 俺の, 困るから, 困ると, 大丈夫だ, 好い, 平気です, 彼らは, 殺されても, 水を, 腹も, 自分は, 致し方が, 踏まれても

3 [36件] いいの, いないらしい, ここの, こまる, そのよう, だまって, なんの, よいもの, よかった, わしは, わたくしは, われわれの, 仕方がねえ, 何と, 厭だ, 口を, 叩かれても, 叱られても, 宜い, 差支へ, 彼女には, 是非が, 構いませぬ, 構は, 相手の, 立派に, 答えなかった, 腹が, 腹は, 致しかた, 致し方ない, 苦情は, 詰らないと, 返事が, 迷惑だ, 黙つて

2 [193件] あなたと, あなた方は, あのあぶない, あの恐ろしい, いいこと, いいし, いいじゃ, いいよう, いいわ, いいわけ, いたが, いたこと, いたし方が, いつまでも, いつも, いないでは, いないの, いないよう, いねえ者, いやな, いるだろう, おりました, お君, かしら熱く, かまいませんが, かまわないと, かまわん, かまわんが, こう器用, ここは, こっちは, このこと, この家, この男, こりずに, さしつかえない, さし支, しがみついて, しようの, すかされても, そういう人生, そういう所, そこに, その人, それだけは, それと, それらの, そんなもの, だな, ちょっと困る, つまらないから, つまらないと, どうにも, なお懲りず, ならない夫, ぼくは, まだその, まばたきを, やはり返答, やれない仕事, よいから, よいの, よいよう, よかろう, よろしい, よろしいん, よろしかろう, わたしも, ゐた, ゐるので, ダメな, ビクとも, 一言の, 不思議で, 不思議に, 不思議の, 不思議は, 不撓不屈道風の, 中, 主人の, 二度と父母, 人の, 人種が, 今日まで, 会社の, 何う, 何か, 何かに, 何だ, 何とかし, 何んとも, 倒されても, 兎に, 出て, 分らないよう, 分らない闇, 分別強く, 判らぬよう, 別に, 別に気, 到底信ずる, 力餅が, 勝彦は, 北原は, 十分に, 半眼を, 厭です, 可い, 同様に, 商人の, 困るな, 困るの, 困るので, 困るん, 大抵は, 大抵上等兵, 子供を, 宜いも, 家財と, 居る, 差支ない, 帆村は, 帰る気, 平気だった, 平気の, 役人は, 彼には, 彼の, 彼らの, 彼女の, 彼自身は, 御本人, 心ある, 必ずその, 恥しくない, 恥ずかしくない, 恥を, 恰好が, 悦びこそ, 惜しくない, 意に, 成らねば, 成上り者の, 我慢する, 擲かれ, 日本人の, 本望だ, 来た, 構わないが, 横に, 歩いて, 気が, 氣が, 決して大きな, 決して心配, 泊らないので, 満足の, 為朝は, 玄徳は, 現在の, 甘んじて, 生きて, 男は, 町人は, 痛か, 痛痒を, 目を, 相変らず働い, 相手に, 眼を, 砂山は, 社会が, 絶対に, 繋がれても, 肩に, 腹の, 致し方は, 落目の, 血が, 裏長屋に, 親分の, 解らないほど, 詮ない, 説明の, 誰でも, 起きなかった, 返す言葉, 返辞を, 遁れ, 難義, 面白くない, 頭が, 黙々として

1 [2486件 抜粋] ああ慧眼, あたしには, あとは, あの人, あの殿御, あまり体裁, あるいは古めかしい, あんまりよく, いいだろう, いいほどの, いいよ, いい愛す, いい部分, いきなり一ト鞭, いじけたり, いず近い, いたし酷く, いた夫婦仲, いっこうにかまわぬ, いつかわかる, いつもこの, いといません, いないのに, いなければ, いやだ, いよい, いると, いれば, うそ寒そう, うろたへぬ, おき, おたがいに顔, おとなしく黙っ, おりながら, お分り, お前達は, お愕きのこ, お汁, お袖, お酒, お高, かえって誤解, かまいませんから, かまひません, かまわない地域, かまわん私, がまんする, きまりの, くっついて, けがを, こ, このお, この南郡, この小説, この曹操, この部屋, この頃, これだけの, これにたいして, これ何ら, ご油断, さしつかえないこと, さそく, さア, しかも通常, しゅっこは, じいっと腹, すぐと, すぐ悲しみ, ずいぶん庇う, そういうほか, そうたくさん機械, そして流れ, そのころ, その不平, その再版, その弟, その教訓, その気, その瞬間, その結論, その質問書, それじゃあ, それでもそこ, それとて, それまで, そんなに取乱す, そんな心, たいがいびっくりは, たじろがずツルハシ, ただにこにこ, ただ常識, たちまち不滅, たましい, だなあ, ちっともうれしい, ちっとも憤った, ちゃんと佐藤先生, ぢつと, つきせぬきづな, つまらんからな, つまんねえ, できる芸, とてもわからない, とろりと, どうしてねらったら, どうしても訳, どうもいけません, どうも分らない, どが, どなられても, なお, なお半信半疑, なお書きつづけられる, なお茫然, なかなかおり, なにも, なほ艦隊運動の, ならん, なるまいぞ, なんとも弁解, にわかにおいそれとは, はいはいと, はじめに, はっきり住処, ひとの, ふしぎに, へいぜんとし, ほかの, ほんた, ぼんやり我, まごつかないよう, またすぐ, また困る, また誰, まだお, まだわからず, まだ夢中, まだ殺された, まだ足らなく思う, まるで反応, みつとも, みんな断わっ, むだだ, もうツンとも, もっとおどろき, やがては, やっぱり美しい, やはりおれ, やはり大人しく, やはり私自身, やましくない, やむを得ないだらう, やられながら, やれません, ゆくゆくの, よいだらう, よいとさえ, よい年頃, よい罵しられ, ようございます, よくな, よろしいという, わからないくらい, わからない真, わからぬ二月, わかる気遣い, わたくし一存では, われわれには, ゐないので, ゐる事, ウンウンと, グウグウねむり, サルトルは, ストウンは, チョット答えよう, ナオミは, バラックに, フウムと, ホームズは, メス皿に, 一ち, 一人として, 一切僕の, 一向に給料, 一向意, 一寸返答に, 一応は, 一生楽々, 一語も, 三年の, 上機嫌で, 不可相手国の, 不思議を, 不足のねえほど, 与茂七, 世間の, 中らぬところ, 丸刈りには, 之を, 事象の, 二年も, 互に気, 亭主は, 人は, 人氣が, 仆され, 今の, 今日では, 仕方ありません, 他に, 以前の, 伸子は, 何ごとも, 何でもかでも上場, 何ともない, 何一つ説明, 何処吹く, 余り深く, 作者の, 依然四方, 保一くんは, 俺にゃ, 倒れないやう, 働きは, 先代の, 光刺戟によ, 全く仕方, 公衆の, 其約束を, 冴えないよう, 出せない荷物, 出来ないと, 刀を, 分らないやう, 分類の, 判らぬほど, 別に不思議, 別に極り, 別段腹, 前褄, 労働の, 動かない馬, 勝手を, 十字架は, 半分くらいは, 厭うよう, 又は自分自身, 又生き上れ, 反抗も, 取巻, 口の, 只凝結, 可いと, 吉次は, 向って, 否とは, 命の, 唯々諾々として, 喋らないもの, 嘘だろう, 四方の, 困りますな, 困る金, 地下では, 城主の, 堪るまい, 変りない, 外郎売は, 夢心地で, 大した事, 大して驚ろ, 大勢を, 天を, 夫人は, 女の, 好いと, 好し忙しい諸氏, 妻としての, 威厳で, 嫌な, 孝之進は, 學習者にと, 宗門の, 宜しい, 実を, 実際どうでも, 容易な, 尊氏自身弁解の, 小手を, 尚お, 尚譫言, 尾上町に, 居るの, 屈しない, 屹度逢っ, 差支えないと, 差閊え, 席を, 帰ろうとも, 平常の, 平気に, 年ちゃんは, 底は, 引きちぎられても, 引寄せた, 強者には, 役人たちには, 彼等の, 後の, 御免だ, 御礼を, 徳の, 心中大して, 心配ない, 必ず拒絶, 忍ぶこと, 忽征人郷を, 怒りの, 怖い事, 思い出の, 性格の, 恋され, 恐らく信じられなかったであろう, 恐悦の, 恨みの, 悔いなかった, 悪どい, 悲しいこと, 惜しい気もち, 愚痴一つ洩さず, 憎まれても, 成功である, 我慢してなく, 所詮創造, 手で, 手落ちです, 打ち返す力, 抗弁の, 指を, 捜索され, 描いて, 撥を, 支那委員の, 敷く気, 文化主義の, 文學者たらん, 断わるの, 新たな, 旅空の, 日本は, 明日の, 春日なら, 時代の, 更に動揺, 曼珠沙華, 有りながら, 未だここ, 本家の, 本来の, 李四は, 来なかったり, 果して, 格別驚きは, 棄教しなかった, 構わないから, 構わないほど, 構わねえ, 槌を, 止まない, 此処を, 武蔵の, 死ぬよう, 死一等を, 残念ながら, 母に, 毎日これを, 気づかないふう, 永井は, 決してそれ, 決して口, 決して怨み, 決して気, 決して答えぬ, 決して誇張, 沈まないの, 泣きも, 泣寢入りする, 泥舟自身にも, 洪水や, 海水の, 涙ばかり, 深い純, 満足な, 滑りだしよく, 無念とも, 無理なく, 無駄だった, 然るべきであります, 片身が, 特に自分, 猶いくら, 率直に, 甚吉が, 生きてさえ, 生活の, 田園を, 疑惑を, 痛いとも, 痛くは, 白い眼, 直ぐには, 直に涙, 相手を, 眠られなくても, 矢張りあの世の, 知らさないで, 知らないわよ, 知らぬ存ぜぬと, 知りませんよ, 破れぬよう, 社会的雰囲気は, 私だけは, 科学化される, 窘ま, 端坐した, 笑つて答へ, 第二, 答える事, 答へる, 系を, 素人は, 結局美の, 総督側に, 罵られても, 羞しく, 老の, 耻とも, 聴かぬふり, 胴体だけは, 腕は, 自分で, 自分等に, 至急城門, 致方ない, 若い主人, 苦からず, 苦しゅうござらぬ, 苦笑した, 落ちついたもの, 薄氷上の, 虚無僧は, 衆に, 行く所, 袖を, 覆ひか, 見たき願い, 見付かるに, 親父から, 解らない程, 言はれ, 計が, 詩の, 詳細に, 誰であった, 誰一人異議を, 變態だ, 負けるこっち, 買は, 赤面し, 起き得なかつた自分, 跳り上っ, 身動きだ, 辛棒し, 返事も, 返辞は, 逃げ廻った後, 透徹した, 遊びに, 遮二無二お, 邪魔な, 重大な, 金公は, 長い足, 阪東小, 陽気には, 隨分浮名を, 雨が, 霧に, 非常に, 頓と, 願うので, 飲まない, 香箱の, 駄目だった, 駕籠屋は, 驚く樣子, 魂は, 鴆毒では, 默

▼ れ~ (3229, 1.6%)

72 しないかと 48 しない 47 しなかった 36 しまいかと, せぬかと 26 したが 25 しないか 24 すまいかと 15 しないかという, しまいか 14 しないだろうか, 自分の 13 私の 12 せぬ 11 しないよ, ない 10 しなかったが, しまい, 曾て 9 しないかを, わたしよ, 何うし, 此の 8 しても, 他の 7 しなかつた, するが, せぬか, それを, 之れ, 唯だ 6 お前が, したけれども, しないの, すまいかという, せぬかという, 何う, 多分に, 夫れ, 私が 5 しないであろう, しなかったか, すまいか, 人の, 何の, 實に, 彼の, 眞實です

4 [22件] したものの, しないぞ, しません, しませんが, ないの, 一種の, 主義の, 伊藤侯の, 何も, 先生の, 其樣な, 可い, 單に, 女の, 如何し, 彼が, 彼れ, 思った, 扨置き, 神の, 自分が, 遽かに

3 [60件] あるが, いさ, お前に, お前の, しないから, しないが, しないでしょうか, しないわ, しまいかという, しますまいか, しませんか, すまい, せん, ぢめた, 一つの, 一足はやく, 一途に, 不思議だ, 世を, 之を, 乞食の, 人は, 人間の, 今日は, 今朝から, 仕方が, 他に, 何うも, 口が, 君に, 固より, 始めて, 心から底, 括られて, 揃ひ, 斯くの, 木の, 本當, 根つ, 横町に, 涙が, 當時の, 知らねど, 知りながら, 祭りの, 私立の, 第二, 聞いて, 自己の, 自然の, 親方の, 誰れ, 身を, 迚も, 造作も, 首尾よく, 馬の, 馴れた事, 馴れた物, 驚いて

2 [249件] あらじ, いけないと, いたしませぬ, お前無理だ, この頃, さても, して, しないかといふ, しないかとの, しないだらうか, しないだろう, しないで, しないであろうか, しないと, しないん, しなかったであろう, しなかったの, しなかったろうか, しなかったろうと, しなかつたやう, しまいかといふ, しますが, しますまい, しませぬかな, しませんでした, しませんよ, じっと目, すたすたと, すまいと, する, せず他, せぬかといふ, そこに, そこの, それに, そんな事, ただの, とうとう女, ないか, なかった, なりなむ, はやと, ふと目, まだ, むかしの, もう一生誰, もう今, ドウした, マア私の, ランプを, 一介の, 一同を, 一度も, 三十歳前後の, 世界の, 主我的意思を以て, 久しく貴族院, 二三日妄想に, 亜米利加の, 今日の, 今迄, 他郷から, 代議士として, 任重く, 伊藤侯と, 何か, 何ぞと, 何にも, 何故に, 何時なり, 何樣に, 何物をも, 來年から, 例の, 依然商務局長たる, 倏忽手を, 傲然として, 僅に, 先生が, 先生には, 兎も, 其の主張, 其同志と共に, 内務に, 内閣を, 内閣大臣を, 出來, 初めて伊藤侯, 前の, 前田家の, 十分に, 十分自我を, 卒然沼間守一を, 即ち保守主義, 厭や, 又た, 口語の, 同じき地上, 名古屋出身たるに, 君の, 啻に外務大臣, 啻に沼南, 噴き出して, 外の, 多くの, 夢みた, 大なる, 大事を, 大喜び, 大失敗, 大隈伯を, 天性の, 如何なる理由, 妻に, 宛然たる, 宜い, 実に丈夫, 実に自由党, 実に面白い, 家の, 容易に, 封筒を, 小笠原か, 少しも, 尚ほ, 屡々不忠, 市民の, 常に犠牲者, 常に立憲大臣, 常の, 平次, 当時或, 徒らに, 必ず意思論, 思想に, 恥かし, 恰も大人群中, 悪い事, 愛蘭の, 感情の, 憐れなる, 憲法より, 或る, 手を, 支那の, 教育が, 斯う, 斯く語りつ, 新しい英字, 新内閣, 方に, 日に, 日本憲政史上に, 日本華族の, 早や, 明かに, 明らかに, 昔の, 是れ, 曰く, 更に他, 最も年少, 最も興味, 最高の, 未だ大隈伯, 本当の, 本物だ, 本統に, 村を, 案外だ, 欣一が, 正直に, 此ま, 此事態を, 此問題の, 此東京を, 此樣な, 此決議を, 此特質ある, 此處に, 此輩と, 殆ん, 殿の, 民選議院の, 氣が, 氣違ひか, 決して不可能, 決して大隈派, 無益の, 然うだ, 父の, 犯罪を以て, 珍らしい, 現代華族の, 理想を, 生れながら, 生前先生の, 生涯大事に, 男の, 町に, 画家の, 畏れ多い事, 癖に, 白縞の, 皮相の, 目を, 直に復讎的姿勢, 矛盾の, 知る, 神に, 稍, 第一期, 純然たる, 老躯を, 能く, 自分に, 自己を, 自身の, 舊來の, 茅蜩の, 華族が, 蒙古人, 虚飾に, 蜚むだり鳴い, 衆議院に, 角兵衞の, 言はれませぬ, 記者の, 詮方な, 誠に珍, 誠の, 説教師の, 談じ, 諸方から, 議長の, 貴嬢, 赤子の, 遊び暮す, 道理を, 遽に, 闇の, 雄が, 雲霞の, 非常な, 面白からう, 響に, 風俗改良の, 食べない事, 餘り

1 [1826件 抜粋] あえて旧, あとで, あの秘密, ありゃりゃんりゃん, あるよう, あれから, いかばかり憎く, いきなり板の間, いたしませんので, いまいましそう, うらぶれて, おどおどした, お出でなさい, お嬢様も, お房, かうである, かっと喉, きかぬぞ, くるりと, こうした大きなデパアトメントストーアー, この上, この時, この酒, これまで, こんなにやられた, さうは, さらに爆弾的ヌー・アイデア, しきりに悔, したでしょうが, しないかしら, しないからね, しないけれど, しないたった, しないだろうかなどと, しないであろうかと, しないですけれども, しないよう, しない辛い, しなかったけれど, しなかったですか, しなかったのにと, しなかったろうによ, しなかつたか, しなかつたで, しねえ素より, しまいかとの, しまいな, しますでしょうね, しませんから, しませんもの, しんみり言っ, すくみ上つて船首樓, すなは, するけれども, せざるかと, せぬだらうか, せぬほどに, せねど, せんか, そういっ, そつと, そのカサ, その夢, その当時私, その珍, その瞬間, その音, それが, それくらゐ, それにも, たしかに人生, たずねた, だかに, つまご, ともあれ永き, どうしても不思議, どうで, どうもしやしない, どうやら僕, どの難渋, ないかな, ないでありましょう, ないもの, なくなつ, なれの, のけものに, はや去年, びちよびちよ沈ん, ふと思いついた, ほんの偶然, またも, また雪, まだ人々, みのるが, もうすぐに, もともと全く不可能, やがて雪, やんわりと, よく知っ, アダ花が, ア何方から, ガウェーンの, チョッキの, ドウする, ハタと, ベッドに, マアどう, マア逃げる, マホメット教徒の, レッシングが, 一には, 一人前の, 一党派の, 一年間や, 一時間も, 一番藩主を, 一通の, 丁度コックス家, 丁度追, 三十七だった, 三百年来特別の, 下総の, 不性無性, 世人の, 両親の, 主人の, 久しい, 久し振りに, 之れである, 事が, 事實に, 二タ心を, 二人の, 二十餘年間國民的運動の, 二心を, 云わぬと, 井田よりも, 亡き母, 人から, 人工の, 人物の, 人間を, 今でも, 今までの, 今年は, 今明治二十四年, 今此, 仕方ない, 他国へ, 以爲らく是れ, 伝来の, 何かと云, 何です, 何を, 何事です, 何処の, 何方とも, 何時氣が, 何者だろう, 余りでは, 余談である, 作者自身だけが, 信じられると, 俳句が, 傭人にも, 僕んです, 元村, 兄樣が, 先づ歴史的と, 兎に, 全くない, 全く想像説, 全く自然法それ自身, 八年前に, 公けの, 公生活で, 共産主義の, 其の出, 其れ, 其処に, 其天職を, 其後長く, 其目的を, 其處に, 再び氣, 冬を, 出来ないから, 分かる, 別だ, 別稿, 到底苦, 削りましょうと, 前既に, 前途三千里の, 努力と, 動くもの, 勿論です, 北方式の, 十八世紀では, 単に管理人, 印度と, 即ち常, 即ち當年, 厭だ, 又召さる, 又自己, 反對黨, 口惜しがった, 只一人に, 可笑しい, 同じく問道篇, 同情と, 同船の, 吾, 呼吸せ, 唐土の, 唯一人居る, 唯今日の, 善く出来た, 四年間独居生活を, 困た今彼処, 国主の, 國の, 土地を, 坑夫などの, 報いを, 変な, 夕方學校から, 外面は, 多分少, 夜中に, 夢中に, 大いに不満, 大きな眼, 大変, 大変な, 大抵水田, 大言壮語を以て, 天地の, 失せなかつた, 奉公する, 女房では, 好い子, 好くねえ, 如何に, 妻と, 妾が, 姿を, 子供どもの, 存しない, 学校にて, 実に可笑し, 実を, 家を, 寂しそう, 寐返り, 實驗の, 専門の, 小さくな, 小屋の, 小豆まくらが, 少しく考, 少し疲れ, 少し面白い, 尚更戰爭中, 居酒屋を, 屡々結婚, 岩内に, 左様と, 巨人の, 巴里の, 常に男たち, 常に芸術, 幕府天文方の, 平然として, 年頃二十三四とも, 幾千年の, 弁解する, 引続き英国, 形容詞な, 彼女を, 後で悚然, 後年の, 御新造が, 復た, 心から親切, 必ずしも中津一藩, 忌だ, 忠平が, 快く思った, 思いついたよう, 思って, 思ふ, 急進過激党の, 恐らく彼, 恐れ入った姐さん今, 恩師吉田増藏先生の, 恰も愛, 悠々と, 悲しげ, 感じなかった, 感慨の, 態と身体, 憔悴した, 懐かしさ, 我家へ, 或は近所, 所詮死滅, 所謂異端外道に, 手の, 抑如何なる, 押込隠居と, 持ち合して, 持て生れた藩士, 擅ま, 支那に, 政府より, 政治的哲學を, 敬礼を, 文芸家の, 斯う呟いた, 斯る, 既う, 既に髪, 日本の, 日本婦人の, 早熟で, 明治二十七八年の, 星の, 時を, 普通の, 最う一生誰, 最も旧き, 最下等の, 有徳の, 木挽町三丁目の, 未だ能, 未来派の, 本來謹愼, 本当に旨し, 来るたびごと, 東名の, 松崎氏, 林総領事さんの, 柔順に, 椿ダンゴといふ, 楽屋受けも, 横文字を, 次第に真心, 歌ひ, 此の世界一の, 此処の, 此律賓の, 此眼の, 歴史的と, 死なれてから, 殆ど顔の, 母さんの, 毎日, 毛を, 気に, 気違ひか, 水飴でございます, 汚れた寢床, 決して人間, 決して私, 汽車の, 法学己れ, 浴槽を, 涙に, 深い, 済まぬ事, 満足した, 滿足した, 激しい落胆, 濱名左傳次と, 無い皿, 無職業さん, 無駄であった, 父が, 牝馬の, 物足りない, 狂人で, 独り能力のみに, 猶さき, 獨斷で, 現在の, 甚だ気, 生命という, 用の, 田舎ながら, 男です, 留つて母を, 當時盛名が, 疲れて, 発達し, 皆な, 盖し, 盛夏の, 目覚めたり, 直ちに衣服, 眞實の, 真実です, 眼を, 矢張り昔の, 知らず, 知れた事, 碌な, 社會實際の, 祖父に, 秀吉中心の, 私一人が, 私等の, 科学者の, 立憲代議政治の, 笑ひだと, 筑紫の, 紛ぎる, 素早く身, 結びつける可能性, 結構な, 総理の, 羅公如意奪, 翌日大試合, 老人が, 耶蘇の, 聞きつ, 聞くこと, 能は, 腹の, 自らの, 自分で, 自分一人が, 自家の, 自然主義の, 自由貿易論者として, 致しますまいか, 船長の, 色戀に, 若旦那と, 草は, 蒙らじと, 藁繩の, 行つた, 行水の, 西宮廣田神社の, 見えるばかり, 見ぬ, 見合せるとして, 覚えなかつた, 観音様の, 言下に, 記憶を, 詩人たらん, 誠に分らぬ, 誠に申訳, 誰が, 調味料として, 論理学の, 謀られたの, 谷風関と, 豫期し, 貴君が, 貴樣, 賢者なりとは, 起こらないの, 足の, 跳ね起きて, 身分の, 辱し, 農学己れ, 透谷の, 過つこと, 遠くから, 酔うまま, 醜き獸, 金儲けに, 銀座に, 鍋割れとも, 鏡の, 開会と共に, 間違ひなく, 閣下全く, 隠者という, 難有, 雪の, 霓博士で, 面白い, 面白い行, 鞍も, 頑として動かなかった, 顔中の, 飜訳的に, 餘事では, 驚き慌て, 高い声, 鬢の, 鰥寡孤獨の, 黒いビロウド, 黙つて

▼ れては~ (3031, 1.5%)

77 いない 49 困る 48 いなかった 47 いるが 40 ならない, 大変だ 38 いないの, 困ると 29 ならぬ 24 たまらない 19 いたが 18 困るから 17 ゐない 15 いけない, ならぬと, 堪らない 14 ゐなかつた, 困ります, 困るの 13 なりません, ゐるが, 私も 12 いけないと, たいへんだ, ゐないの, 大変と 11 いけません, ならないと, 堪らないと, 迷惑だ 10 ならないの, 如何, 如何です, 私は 9 いかがです, いても, いるけれども, 仕方が 8 いないが, いるものの, たまらないと, 困るが, 生きて 7 いるけれど, どうです, 私の, 自分の

6 [12件] いないこと, いなかったが, いなかったの, かなわない, たいへんです, どうにも, ならぬという, 困るという, 大へん, 大変である, 大變, 迚も

5 [19件] あるが, いけませんよ, いたけれど, いないよう, いるの, それこそ, たまらないから, たまりません, たまるまい, どうする, ならないこと, ッと, 一大事, 困るといふ, 居るが, 私が, 耐らない, 話に, 迷惑である

4 [29件] いかが, いた, いたの, いないから, いないぞ, いなかったよう, おれの, かなわないから, たまったもの, たまらないという, どうか, ならないという, ならなかった, ならぬ時, 叶は, 堪ま, 堪らぬから, 大変です, 大変な, 如何な, 定めしお, 彼の, 心外だ, 恥かしい, 来たが, 男の, 自分が, 踏まれたも, 面倒だ

3 [46件] いかがでございます, いかん, いたものの, いないであろうか, いないん, こまる, しない, せっかくの, たいへんである, たまらないわ, ならないもの, ゐないが, ゐなかつたの, ゐる雑草, 一と, 一大事だ, 一大事と, 一言も, 三味線の, 世間へ, 何う, 何も, 僕は, 僕も, 困りますよ, 困るので, 困るよ, 堪らぬと, 堪りません, 如何で, 如何でしょう, 居ても, 居ない, 居なかつた, 手の, 殺風景の, 法なし, 甚だ迷惑, 癪だ, 立つ瀬が, 迷惑する, 金庫の, 非常に, 面白き嘘, 面白くない, 黙って

2 [159件] あなたの, あの娘, いかがでござる, いかがでしょう, いかな, いけないし, いけないの, いけないので, いけない又, いけませんぞ, いたけれども, いないか, いないかと, いないし, いないそう, いないと, いないという, いないはず, いなかったので, いなかった筈, いまいか, いません, いませんでした, いる, いるしかし, いるだろうが, いると, いるとしても, いれど, おかしくない, お互に, かえって迷惑, こちらが, こっちが, こっちの, このまま引下, この噺, こまるの, さすがに, さすがの, すべてが, それほどに, それを, たいへんと, たまったもん, たまらないが, たまらないよう, たまらぬ, たまりませんからね, たまるもの, だめだ, ちょっと困る, つまらないと, どうかと, どうかな, どうかの, どうじゃ, どうでしょう, どうも, なお困る, なかった, ならないが, ならないそういう, ならないとでも, ならぬといふ, ならん, ならんと, なりませぬ, なるまい, なるまいと, ひつて, まずいと, まずいの, もうどうする, やかましくて, よくない, わしの, わたしも, われわれは, ゐた, ゐなかつたけれども, ゐましたが, ゐられないと, ゐるけれど, ゐるし, 下さらぬか, 事こわし, 事だ, 何と, 何んにも, 余の, 俺は, 全くたまった, 全くやり切れません, 却って困る, 可哀想でございます, 味方の, 命が, 困って, 困りますが, 困るな, 困るん, 堪えられない, 堪まったもの, 堪らぬ, 大事なり, 大抵の, 天下の, 如何でござる, 嫌も, 実に恐れ入りまする, 居ないが, 居なかった, 居ません, 居らぬ, 居りません, 屍の, 山を, 彼女も, 心外である, 心配で, 成らぬと, 折角の, 敵わ, 明日からの, 木から, 末代までの, 来たものの, 此子の, 此方が, 武士の, 武家の, 歩き居ると, 母の, 気の毒だ, 流石に, 涙を, 済むまい瓦, 猶更, 甚だ残念, 目も, 相手が, 秀吉の, 筋が, 素直に, 織り織つて, 腹が, 言葉に, 詰らぬと, 誰だ, 誰だって, 誰でも, 誰も, 農民も, 返す言葉, 途方に, 遠慮が, 都合が, 面目が

1 [1446件 抜粋] あしたから, あとで, あなたは, あまり嬉しい, ありぬ, ありますが, あわて出さずに, いいよう, いかがな, いかに巧妙, いかぬ逃げては, いかんぞ, いきる足場, いくら慣れ, いけないという, いけないわと, いけない斯, いけませんね, いささか赤面, いずれの, いず自分, いっしょに, いないかが, いないその, いないで, いないでは, いない処, いない様子, いなかったかという, いなかったであろうが, いなかったらしいと, いなかった潜在思想, いのちも, いまい, いませんが, いませんよう, いやと, いよいよ家, いよいよ明日, いられなかった, いるし, いるらしい, うちの, うるさいめんどう, おたずねだった, およそ五分間, おれは, お困りでしょう, お毒, お糸, お身達, かえってお, かえって声, かないません, かなはん, かなわぬ, かなわんという, かんじんな, くす, くだされますまい, こされて, こちらは, このまま, この后, この山街道, この秀吉, こまりますが, こまるからと, こまるとも, これから先一日, これまでの, これを, こッち, さあつと, さして取乱した, さびしいじゃ, しきりに頭, しないだろうか, しなかったけれど, しまつてゐた, じれだし父親, すまいかという, せっかく一箇月, そうも, そちらにも, そのつど, その天分, その後の, その日, その術中, そりの, それまで, それ以上居る, たいへんな, たちまち人種, たのみを, たまらないからね, たまらないので, たまらない弥生, たまらなかった, たまらぬ所以, たまらん, たまりませんし, たまるまいからな, だか, ちっとや, ちょっと粗茶, つい世, つまらないから, とてもかなわない, とても佗びしくてたまりませんし, とても坐っ, とても私達, どうかといふ, どうすれ, どうで, どうでございます, どうにも気, どうも仕方, どう面目, どなたと, どんなに堅い, どんな者, ないの, ならず日本, ならないおし, ならないぞと, ならないん, ならない人, ならない意味, ならない点, ならぬが, ならぬとばかり, ならぬので, ならぬ事, ならぬ場合, ならぬ氣, ならんからと, なりませぬぞ, なんであろう, なんと面目, ねむれない, はたはたと, はや死する, ひとたまり, ふつご, ほんたう, ほんとに困っ, まごつかざるを, またいつ, またもとの, また帰っ, また満, また變つた女, まったく明るい, まるで誘拐者, めぐりあう機会, もう悠りす, もう生き, もう私, もう遁, もとの, もはや利いた, もはや救う, やつらも, やらぬ, やりきれないよう, よくお, わからない我, わが艦隊, わしゃもたぬ, わたくし達は, わやや, ゐたが, ゐないこと, ゐないといふ, ゐない原形, ゐない筈, ゐなかつた花街一方, ゐません, ゐるけれども, アポロの, ウンザリする, ギリギリと, ズタズタに, ノンノン幽霊です, フェリクスの, ボウトは, 一トたまり, 一分立たず, 一切は, 一大事じゃ, 一大事な, 一寸困るだらう, 一日も, 一面に, 三人とも, 上に, 不可ない, 世界無比を, 両親に, 主人が, 之を, 予が, 事ある, 二年持つまい, 些少訪問者は, 人間も, 今まで, 今夜にでも, 今後の, 仕事その他種々, 他の, 仮令其現わさん, 伸子は, 佐助を, 何かの, 何とも思はず, 何を, 何事が, 何週間もの間の, 余り名誉, 作家, 使はれ, 侍でも, 信雄は, 俺だつ, 俺に, 働けぬ, 元も, 全くどうする, 全く作者クウルトリイヌ, 全く阿呆, 其の儘, 其儘には, 内蔵頭忠綱さまを, 再び良家, 凍え死にまする, 出来ないこと, 到底本意, 前後無差別に, 助からないと, 助からんの, 勝ちみは, 勝手が, 勿論いけない, 化猫よりも, 半蔵も, 危し, 危険至極でございます, 却て, 厄介者の, 参るからね, 又立ち上り, 取り返しが, 口惜しい, 句として, 可哀想でなりません, 可愛くて, 叶ひません, 叶わんぞ, 吃驚せざる, 同行の, 呉の, 呼延灼たる者なんで, 商売あがっ, 喰方に, 四隣の, 困りきるが, 困りましょうね, 困りますな, 困り入る, 困るけど, 困るここ, 困るぜ, 困るであろう, 困るよう, 困る何でも, 困る理由, 困る立場, 困る連中, 国民たる, 土蔵へ, 地下の, 執事の, 堪まり, 堪らないことに, 堪らないので, 堪らなかつたので, 堪らんからな, 堪りませんわね, 堪ッ, 外出が, 多少白石, 大むくれ, 大事露顕の, 大地へ, 大変という, 大迷惑, 天分かくも, 失意中の, 女の, 如何か, 如何と, 如何にと, 娘が, 子供を, 定めて, 実にやりきれません, 実に面目, 実質予算, 実際わっし, 家を, 容易なら, 宿直や, 寝む家, 小作など, 少し困る, 少年探偵団の, 居たが, 居ないと, 居なかつたの, 居は, 居られないの, 居りませぬ, 居るもの, 岡浪之, 差向き主人の, 己が, 帰る者, 年を, 度々の, 張合なし, 形無しだ, 彼が, 彼女は, 後日の, 御佛輪廻, 御本国, 御目, 御近所, 微笑ってばかりも, 心で, 心外であろう, 心持が, 必然大きな, 快くは, 怖い, 怖ろ, 恐多いと, 恐縮します, 恥か, 恥だろう, 恥辱ぞ, 悪いと, 惜しいこと, 惜しいと, 意外とも, 我々は, 或いは信ぜぬ, 戦場ヶ原の, 所詮自分, 手前共が, 打ちつづく桃, 折角お, 押しきれないので, 担いで, 拷問に, 捨てられ捨てられては, 損だ, 支店長たちも, 故郷恋しく, 敵わんからな, 文字吉の, 新御番詰所一同, 早速何, 是非も, 暑苦しゅうて, 有難迷惑の, 末々仕える, 本当にたまらない, 来しものの, 来たの, 来ないの, 来ますが, 東へ, 梢の, 標本が, 止めるの, 此方も, 武蔵も, 死にますまい, 死ぬより, 残る期待, 残念, 民家に, 気の毒の, 氣丈な, 汁粉屋たる, 河原の, 浅草は, 浪江様に, 浮かばれまい, 浮ばれまい, 消えて, 淋しいと, 渋面作っ, 溜まらんね, 溜らないと, 漢青年は, 灰吹を, 炭火も, 父上の, 物騒と, 獰猛極まる, 生きること, 生涯浮かばれない, 男に, 男子たる, 痛いから, 発掘事業は, 百年目ひょいと, 盛り返す群衆, 相成らぬ, 相手に, 真ぞ, 眠れるもの, 矢代も, 碌々一身の, 秀吉も, 私や, 私等は, 窮無き, 第一我輩, 第一越後屋, 答えられん, 紀霊も, 絵描き彫物師などは, 繁野友白首でも, 羽柴の, 耐った, 聞いた方, 肥前あたりで, 腹も, 自分ひとりの, 自殺する, 自由を, 興も, 舞い揚った, 芝居だ, 若い者, 苦笑する, 草も, 蒼蠅い, 虻蜂取らず, 行かないよう, 行くべき処, 行詰まっ, 見ッ, 見苦しいこと, 親分の, 言へども, 話を, 誠に情け, 誰にも, 談話が, 警察署長の, 貫一たる, 買うほう, 身の, 身体は, 転びながら, 近所が, 迷わざるを, 迷惑じゃ, 迷惑千万だ, 迷惑至極である, 逃げ足が, 逢う事, 過誤を, 道場へ, 遣り切れないと, 遺憾な, 都の, 野宿でも, 長治も, 閉口と, 開いて, 間へ, 降参も, 隠れる陰, 霊魂などという, 音を, 飛びあがるよ, 飛んだ罪, 飽きられ工夫, 馬鹿, 骨折り損でございます, 鬼柴田の, 麦が

▼ れ~ (2768, 1.4%)

27 ために 22 姿を 16 顔を 14 心に 13 心の, 心を 9 頭を 8 利潤は, 手に, 男が 7 ように, 為に, 道を 6 ないこと, やうに, ような, 中に, 妻は, 心は, 部屋へ

5 [14件] うちに, 人物を, 利潤が, 家に, 家の, 心事を, 感情を, 方へ, 為めに, 生涯を, 眼は, 貨物の, 身を, 非を

4 [32件] すべての, なかに, 人格を, 先輩に, 労働者の, 労賃の, 地代から, 外には, 差別なく, 影を, 彼れたる, 徳義は, 性格を, 意見に, 愚を, 持たざるもの, 方を, 日に, 日録なる, 欲する, 爲に, 生命を, 真実の, 眼中に, 者に, 耳にも, 肩を, 言動は, 財貨の, 資本を, 降る夜, 雇傭者の

3 [55件] あるもの, やうな, よりも宜, 上に, 下駄を, 中で, 事とては, 事榮に, 人格の, 他の, 傍に, 分前, 利潤の, 利益に, 前に, 前の, 力を, 功を, 労賃は, 勤勉や, 名は, 名を, 命を, 姿は, 存在を, 守りでも, 家庭に, 家族の, 弱点を, 意見を, 手の, 手は, 手を, 政黨に, 方に, 本心に, 欲するもの, 母さんが, 爲めに, 理想を, 理知を, 目にも, 眞價の, 真価の, 眼にも, 眼の, 立場を, 罪を, 者が, 良心に, 行動を, 言ふ, 言葉を, 資本の, 道路に

2 [267件] ありがたさ, いわゆる穀物, ことを, ため, ためだ, でも, ほかの, ゆふぐれ, アヤマチと, テーブルも, 一代記の, 一切の, 一政友が, 一軒に, 不人望, 不幸なりき, 世界は, 中を, 主張に, 主義は, 事も, 事を, 事業に, 五体を, 享楽品は, 人格, 人格が, 人格は, 人格思想は, 人物亦, 人物性格を, 今の, 仕事を, 仕業か, 仕業と, 代議士と, 以前の, 伊藤侯に, 位地より, 位地を, 位地及び, 作品に, 保守主義の, 信ぜざる所, 修むべ, 個人的資質を, 傀儡と, 元老かを, 入閣は, 全力を, 六騎が, 共同者は, 共同者若く, 内に, 冷めたさ, 凝を, 別なく, 利多く, 利潤率は, 利益と, 利益を, 到底堪, 前世紀, 剛愎は, 剛愎を, 労働の, 労働を, 労働者に, 労賃が, 労賃を, 卑怯を, 友誼心の, 取る所, 口より, 古沼, 名と, 周囲に, 四半分も, 国の, 國に, 土地に, 土地の, 地代の, 堅固な, 場で, 境遇は, 声が, 声は, 夢を, 夢想する, 大欠陥, 大疵, 大缺陷, 大醇, 大騷ぎ, 契約を, 如く, 如くに, 妻を, 姿が, 姿に, 娘と, 子に, 子は, 存在の, 安詳沈着, 家来だ, 容貌を, 屋敷へ, 工夫の, 市長たり, 平等主義に対する, 年収入を, 床の, 弱小のみを, 強力を, 強頂, 後ろで, 後藤攻撃論は, 徳を, 心には, 心にも, 思想と, 思想は, 性向に, 性格伎倆及び, 恐る, 惜しきも, 意に, 意志に, 感化力も, 感情の, 態度は, 我ま, 戸外に, 所得は, 所置に, 持てる扇子, 指命を, 損得観念だけ, 政友は, 政敵は, 政治的閲歴は, 政治論は, 政界に, 政黨も, 新内閣, 方へと, 方法は, 方面から, 日々の, 春秋尚, 時代に, 時代において, 智術を, 智識は, 望みも, 木賃宿に, 本当の, 本心なら, 本領が, 橋の, 機械を, 欲せざる, 死期を, 母を, 気分に, 気持を, 水汲場の, 求めて, 活人形の, 活動する, 混った, 演説を, 為すべき事, 無力を, 無智, 爲の, 爲る, 王国を, 現在の, 理想と, 理想は, 生活の, 生活を, 生涯は, 用意の, 疎狂, 病気に, 發明では, 目を, 目的を, 眞身の, 知る所, 神, 秘密の, 純所得, 美質と, 義務と, 耳へも, 職業を, 肺肝より, 背後に, 胸に, 胸の, 胸を, 腕を, 自ら任ずるもの, 自ら明言する, 自由党に, 自由黨に, 至らぬ事, 苦しさ, 英文について, 英語の, 著作の, 蔭, 藩閥を, 處だ, 處にも, 行動は, 街道を, 衣貌は, 表情が, 親近者の, 親近者及び, 言葉に, 言葉の, 言行には, 討論は, 誇りと, 説明せる, 財貨を, 貨物が, 資本が, 資本に, 趣味及び, 身に, 身の上を, 身分を, 農場の, 通常の, 通路と, 道の, 部屋に, 鄙野疎, 醜くさ, 野性を, 銅像は, 門前は, 間に, 間に合せなら, 雄心既に, 雇傭者は, 音が, 音は, 頬を, 頭から, 顔に, 顔色を, 風貌が, 風采にも, 風采より, 飾屋の, 魂を, 鼻の, 鼻を

1 [1670件 抜粋] ああとかいふ, あつた, あばよで, あること, あるよう, ある坊さん, ある軍隊的, いやますに, いわゆる自然的権利, うらぶれた漁家, お世辭, お盆の, からだ, くたびれで, ことじゃ, この地球上, こみちに, ささやきを, しない態度, する少年, そらの, たのしみは, ため氷に, ついたしごく, つらさ, であろうが, とき, ところへ, と問ふたら, ない不合理, ない奇妙, なし得べき, にこやかな, はしなれ, ふたつなき, ふとした疑惑, ほつかりと, みちを, もので, やうにと, ゆく路, よりも熱, わびしい安旅籠, カフエーで, センチメンタルに, ブウが, 一〇〇封度の, 一人の, 一家を, 一死が, 一番快い, 一角を, 七十封度は, 三尺で, 上体を, 下僚も, 不徳の, 与かり知らざるもの, 世でも, 世間的経験が, 並木に, 中へ, 丸い顔, 主義に対する, 乗数二五・四分の三をもって, 乙女だ, 争闘を, 事実の, 二人に, 二十一二の, 二十歳娘選り好みが, 享楽に, 人々に, 人柄を, 人達は, 今は, 仕給, 仙太だ, 代表権に, 仲間に, 休み茶屋の, 低い声, 住う, 体は, 余地なし, 作った法律, 作用である, 使用の, 便宜と, 信ずるところ, 信念を, 個性は, 借地期限満了の, 停車場を, 側面を, 傳記の, 儒人だ, 先見は, 入費凡そ四十両借金が, 全著作, 全身は, 公正なる, 内面的鬪爭は, 処という, 処も, 凱旋の, 出家前の, 出發點は, 分らぬトンマ, 別々の, 利得に, 利用しうべき, 利益には, 利益及び, 前にも, 前払を, 力が, 功績を, 努力に, 勇士の, 卑陋なる, 去つたらしい, 友達の, 収入が, 取引は, 口から, 口上で, 叫びを, 同族たる, 名人初代梅坊主の, 名誉に, 吐息を, 呑気さ加減を, 呪ひ, 命令によって, 哲理に, 営業は, 図にも, 国よりも, 国民に対する, 土地として, 地主, 地主に, 地代に, 地代を, 地位を, 城である, 場が, 場所が, 墓かと, 増加された, 声に, 変人だ, 外国人が, 大きい眦, 大事な, 大形な, 大望なる, 大騒ぎに, 天性でが, 太鼓の, 奇態な, 女が, 女は, 女等々, 好き嫌いで, 好むところはこれを人, 妹が, 妻だけが, 妻をは, 姿の, 威厳を, 婦人を, 子を, 子供の, 字, 存在に, 孤独を, 学説に, 安全燈の, 宗教に, 宗門に, 実感に, 客が, 宮に, 家だった, 家を, 家族によって, 容姿を, 容赦も, 宿直が, 富は, 實際の, 専有物に, 将来をも, 專有物に, 小さい挿話, 小戦国, 小紋を, 尽力の, 居酒屋の, 屋台に, 山脈に, 崇拜する, 工場が, 巾着銭に, 希望不安懊悩怨嗟諦め, 帰朝は, 年々の, 年來の, 幸福なる, 幻滅に, 廂を, 建物の, 弱気に, 弱身, 強情を, 形而上學的所信を, 影響を, 後ろ姿を, 御蔭である, 微笑の, 心と, 心域に, 心臟を, 快楽及び, 怒を, 思想に対し, 怠慢から, 性格に, 恰好を, 悪を, 悪徳を, 情を, 意の, 意志で, 意識, 愚し, 愛し子隱し, 愛のみの, 愴美に, 慾情の, 懐で, 我ままの, 戰鬪を, 所にか, 所得にも, 所感を, 所有物の, 所見を, 手か, 手が, 手中に, 手引きを, 手柄を, 手足ばかりを, 才の, 才能に, 払ひ, 技術を, 持て来たもの, 挙動を, 掌に, 推察です, 提言の, 支出によって, 支払が, 放つた矢, 政党に, 政黨を, 数字からは, 文無しを, 料理だ, 方は, 方帰らないでしょう, 旗じる, 日本開化小史なり, 昇格式が, 時に, 時代を, 時折り, 智惠子の, 暴威を, 書斎へ, 最善を, 月の, 月輪だった, 有の, 望むやう, 未だ嘗て見ざる, 本心だろう, 本性は, 村落へ, 枝に, 柱の, 根拠は, 桃谷村やや, 梵妻め, 棲家を, 極致なり, 楽しみらしい, 標準は, 権威の, 機略に, 欠点を, 歌が, 正当に, 此歌も, 歩き方, 歴史を, 歸朝後に, 死所として, 殻に, 母の, 毛織布と, 気まま次第で, 気附く, 水兵が, 沢の, 河岸に, 泡盛屋で, 浅慮を, 涅槃に, 淵へ, 滅びる細胞, 為す所, 為替相場に関する, 無一物に, 煎つた, 煮売屋, 爲め探せ, 片手かな, 物で, 特権を, 状態は, 狭い領域, 率いたる旧, 王国について, 現身を, 理知の, 甚太郎ただ, 生くべき, 生を, 生存の, 生年を, 生活苦が, 田圃の, 男, 男達は, 番に, 疚しいこと, 病気を, 癇癪は, 登場を, 監房の, 目的が, 目的物では, 眉間に, 真価に, 真身, 眼から, 眼を, 眼鏡に, 知人駒込の, 短所に, 確信に, 社會事業は, 祝い奥で, 神経は, 福分には, 私的の, 秘密を, 稀有な, 種類の, 穀物や, 穢多である, 空気に, 立場が, 第二, 筆は, 節奏なり, 米國公使に, 粗生生産物, 紫石街へ, 紳士は, 経済学研究が, 絵姿と, 総帥の, 缺點なりと, 美なる, 義務を, 翳を, 老齢をすら, 考えるところ, 考が, 者で, 耳が, 職務だ, 職業の, 肉体は, 肢体として, 育った環境, 胸から, 胸中で, 腹に, 自分の, 自家の, 與かり知らざる, 良さ, 色戀には, 花田橋で, 若者が, 茶や, 荷物や, 著作目録は, 葡萄酒の, 薄命な, 薹の, 處決を, 血に, 行為の, 行路に, 衣住は, 表象内容をも, 袖や, 製造財貨に対し, 要求する, 見た子供, 見当も, 見苦しさ, 親父で, 言い草じゃ, 言葉は, 計算は, 註において, 証拠が, 詩人たるを, 誇りは, 誤謬を, 論ずる所, 諸論文, 議論の, 議論奚ぞ, 財産の, 貨幣二〇磅を, 貨幣所得が, 販売が, 貯蓄力は, 資本, 資本及び, 赤坊らしい, 走るよう, 趣味を, 跡を, 身こそ, 身体の, 身辺に, 車副, 辻まで, 返事も, 追憶を, 進歩のみ, 進軍を, 運命に, 過去に, 道しるべを, 遠足は, 部分かに, 都入りの, 醜さ, 重なる理由, 野心などを, 鎮守の, 開いて, 阿魔, 降る冬, 階級を, 雄偉なる, 雨の, 雲飛びみだれ, 霊魂と, 靈魂は, 非も, 靴の, 頃は, 領土と, 頭に, 額で, 顔が, 顔は, 顔立ちを, 風習を, 食物の, 香も, 馬や, 騒ぎだけが, 髪をは, 魂までが, 鷄二は, 黨與は

▼ れたり~ (2641, 1.3%)

357 して 177 した 92 するの 50 すること 45 すると 41 する 21 しては 20 しながら 19 しても, するよう 16 したこと 15 したの 14 したが 13 しました 12 するので, 何か 11 したもの 9 するが, 蹴られたり 8 したので, しなければ, します 7 した者, するやう, する時, 打たれたり 6 した事, しちゃ, するから 5 しが, した時, しないで, するもの, する場合, 川へ, 憎まれたり, 笑われたり

4 [11件] した場合, しに, しましたが, するだけ, するという, する事, 人の, 侮辱され, 消されたり, 脅かされたり, 菓子を

3 [11件] したと, したん, だまされたり, ひどい目, 削られたり, 叩かれたり, 斬られたり, 殴られたり, 褒められたり, 足蹴に, 鶏に

2 [106件] いじめられたり, けられたり, したか, したとき, した日, した話, してさ, しない, しないよう, しながらも, しなり, しは, しましたけれども, しますと, しもの, し若松港築港問題, すかされたり, するうち, するとき, するほど, するよりも, するわけ, するん, する人, する度, する心配, する私, する資格, すれば, そうかと, そして彼, そのよう, それに, たつた一日, つきとばされたり, といへる, ときには百年後, とせむ, なんかすると, またお, また実際, もまれたり, 乳の, 云々, 人から, 倶楽部に, 傍聴人が, 其の結果, 処女の, 又ボストン美術博物館, 又風情, 口説かれたり, 可愛がられたり, 叱られたり, 地獄の, 女を, 子供たちが, 宴会つ, 家を, 尊敬され, 小言を, 後足で, 怪我を, 恨まれたり, 愚痴を, 或る, 或時, 手を, 手巾で, 撲られたり, 死刑に, 殺されたり, 水へ, 海苔の, 然れ, 焼かれたり, 牢屋へ, 監獄に, 睨まれたり, 知らない人, 石を, 突かれたり, 端唄に, 笑はれ, 絞られたり, 而し, 耳を, 脇腹を, 自分でも, 自分の, 芝居の, 薬に, 藪の, 行衛不明に, 裏が, 製鉄石炭電業電信電話等の, 話したり, 足を, 躯に, 躯へ, 軽蔑され, 追越したり, 逃げられたり, 酒を, 頭を, 顔を

1 [1290件 抜粋] あいまいに, あばれられたり, あまり気持, あるいは一時, あるいは急速, あるいは涼しい, あるいは胃袋, あるいは面白, あわてふためいて, あんな思ひ, いいよう, いざ今, いでや, いやがられたり, いろいろからかわれた, いろいろひどい, うっちゃられたり, おごらせられたり, おゆう, お使い, お礼を, お酌, かたこと, からかわれたり, きらわれたり, ここらあたりの, この上, この間から, これまでの, ごまかして, ご連枝様, さして深い, さらにはなはだしき, されど無く, されば, さんざん赤恥, しあたり, しかも日々夜, しじゅう言い寄る, したいつも, したかったのに, したくないの, したくは, したずうたい, したため, したつて, したならつまんねえと, したものの, したよう, したらしく時々, したら大変, したら非常, したろうと, したポプラ, した人間, した光景, した子供, した戀, した様々, した沢山, した犬, した痕, した臆病, した被害者, した覚えよ, した頃, しちゃあ, していっぱい, してるじゃ, してる点, しないうち, しないの, しなくては, しならむ, しますけれども, しませんでしたわ, しやを, しようもの, しんせつに, し乍ら人々, し仏教, し合って, し得るもの, し怪物, し枯膓, し草木, すぐに, すべき性質, するかについて, するけれども, するそうした, するたびごと, するだろうこれ等暴力団, するで, するに, するほどの, するや, するよろこび, するカトリック, する事實, する傾向, する可能性, する子供, する恥, する新しい, する曲りくねった小径, する様子, する気, する理由, する男, する相, する程, する者たち, せざるを, せずまったく, そういったもの, そうして一旦, そこで戦争, そしてまたその, そのため, その後も, その毎, その羈絆, その膝, それこそ, それで敏行, たたかれたり, たとえそれ, だまされなかつたり, ついて, つらい話, で, で追, とうとう獲物, とれか, どうも牧野さん, どなられたり, なぐられるよりもっとひどい目, なぞ色々な, なにつかし, なんかされ, なんか決して, はにかむふう, ひと口に, ひやかされたり, ふだん慇懃を, ほごされたり, ほとんど主従, まあ百円, まけたり, またか, またすぐ, またそれ, またはその, または急遽, また体じゅう, また信長, また危害, また吹かれ, また官民間, また彼, また恋愛, また持ち去られ, また正直, また物質上, また自分, また芝居, また麪, まるつ, むかし龍潭の, もう一軒, もぎ取られたり, やれ衣裳, ゆるゆる熟読, よそうじゃ, よろこばれたり, わが夢, アガメムノーン亦, アラスカの, オダテられ, キザな, キュテーラより, ドヤされ, ノベリスト等や, バカに, ブン殴られる, モロー彗星に, リアリティーが, 一方を, 七転八倒さよなら, 三角くじを, 下の, 不吉な, 不慮の, 中村という, 久し振りに, 事務員募集の, 云い落されたり, 人を, 人間まる, 今日こそは, 他の, 他人力, 仮監獄, 伊藤君と, 体育の, 何つかす, 何らの, 余は, 依怙地に, 信長に, 信頼されなかっ, 倚っ, 側杖を, 僅かばかりの, 儲けたり, 入れ智恵, 公儀御, 其の物を, 冷かされたり, 処置に, 切られたり, 別の, 制裁を, 刻まれたり, 前借を, 動脈へ, 半ば夢心地で, 卑俗小説が, 危ないこと, 即ち取り返, 又はその, 又は自ら, 又は鍋, 又受け取られ, 又國家, 又意外, 又捕縛, 又無理, 又雜誌スバル, 友達に, 口だけを, 叩いたり, 叩き伏せられたり, 台所から, 右左に, 同僚の, 吹かれたり, 呪われたり, 味噌汁の, 呼ばれたり, 命を, 哲学者とは, 唐草親分の, 商われて, 喧嘩を, 嘲笑され, 固より, 国民性の, 土の, 圧縮され, 地下の, 埋められたり, 外出しつづけ, 外神田一帶益々, 夜這いに, 夢に, 大久保石見守の, 大恩人, 大酒家, 失望も, 奥からの, 女中が, 奴隷に, 妊婦は, 妹を, 姙婦は, 嫌味を, 子供に, 孤独の, 學生も, 宝鏡先生の, 家財を, 寝込みを, 専門家, 小さい女の子, 小突かれたり, 尻餅を, 屈服し, 屋根へ, 山姥と, 山番とか, 工場だの, 布巾や, 平和な, 幾度と, 廃棄され, 弁証法が, 弱められたり, 強盗が, 当然な, 彼に, 往事は, 後ろから, 御用品, 心が, 忠告され, 怒られたり, 思い做され, 思はれたり, 怪しまれた, 怪人丸木に, 恋愛と, 悪口を, 悪来とも, 惡戯を, 意見を, 愛とか, 感銘し, 憲兵隊へ, 或いは半ば土, 或は寒風, 或は薄々, 或者, 所蔵され, 手伝人を, 打ち付けたり, 抓み出されたり, 投げつけられたり, 折れた下, 抜かしたり, 抱き上げられたり, 押したり, 押売と, 持ち上げられたり, 指導され, 据え付けて, 掘られたり, 採用されなかっ, 撲たれたり, 擽ったく思われ, 教へ, 散歩や, 斬りたおされた気, 新らしい, 日よう取り稼い, 旦那が, 昼は, 時にはまた, 時によっては, 暗示に, 更けて, 月が, 木材を, 本当かも, 校長が, 棚が, 概念され, 槍杖を, 横の, 欺かれたり, 正月の, 此間から, 歯を, 殆ん, 殺人が, 毒を, 汚れたり, 江戸の, 波に, 波動説が, 泣いて, 泣き落しに, 活動の, 海の, 深い谿谷, 温められたり, 漆棒で, 濱の, 火気に, 炭を, 無視され, 無駄使いなどを, 煮られたり, 爪印を, 牛の, 物を, 牽制され, 犯罪現場の, 献り来られた, 玩弄され, 瓦版の, 生に, 男の子が, 當時郷里高知縣に, 発生した, 百方手を, 皆の, 目を, 目論の, 真に之, 矢に, 矢の根石や, 石見銀山が, 碁も, 祖父母から, 神戸の, 私交に, 税金の, 突きのめされたり, 突当ったり, 窪地で, 等して, 箱や, 米軍の, 素ッ破抜かれ, 組頭に, 継母に, 線香を, 縛られたり, 罵倒され, 美味しいもの, 翻弄され, 考えられたり, 股の, 脱け, 腕を, 自鳴, 致す事, 色々な, 芝居に, 若き摂政良経, 苦労に, 茶わん屋から, 落第し, 薪に, 虫でも, 血管を, 衰弱は, 西洋人の, 西班牙人として, 見事に, 親兄弟, 角や, 計られたり, 記事に, 評判の, 話しかけられたり, 説明され, 請け合ったまま, 警官に, 議会政治の, 負け役に, 買ったばかりの, 賞牌を, 起きあがったり, 起訴され, 車の, 軽視する, 轉つ, 迂路つい, 迫害を, 追いまわされたり, 追ひだ, 追放された, 逃げる力, 逆作用, 運び出されたり, 道鏡自身も, 選挙され, 邪魔者に, 野良犬に, 鉱山へ, 長イス, 開かれたり, 関東の, 阻害され, 陥れられたり, 陽ざしの, 集ったり, 雑穀屋の, 雨や, 電車の, 露骨に, 非凡な, 靴で, 領主に, 額を, 顔貌の, 風呂に, 飛行機が, 食物と, 食糧欠乏の, 首っ玉を, 馬に, 騒ぎ立てられたり, 骨董品が, 髪毛だけで, 鳥番の, 鼻で

▼ れながら~ (2472, 1.3%)

22 歩いて 16 彼は, 私は 7 いつまでも, それに, それを 6 生きて 5 云った, 歩いた, 私達は, 立って, 而も, 自分の 4 あの悩ましき, いつか内容は, しかもその, わたしは, 二人の, 帰って, 床の, 彼女は, 藪の

3 [29件] これを, じっとそれ, その男, やって来た, 一つの, 一人の, 他の, 伸子は, 何か, 例の, 働いて, 出て, 呟いた, 外へ, 寺の, 少しも, 廊下を, 彼の, 未練も, 次の, 登って, 目を, 眼の, 眼を, 私の, 自分が, 行つてし, 酷く逆上, 頭を

2 [142件] あとから, いきなり言いだした, いつもの, いろいろの, いろいろ考えました, うす暗い海岸, お口, お品, お弓, お通, かれは, こうしてこの, このよう, しかし次第に, しずかに, しみじみと, すぐに, すごすごと, そうする, その夜, その階段, それでも口先, それでも大家, それでも屏風, それには, それは, それらの, そろそろ線路, ついて, なんの, はいって, ふたりは, もう何, わびしげに, ポカンと, 一宇の, 一応御覧, 三十分も, 上野の, 下手人の, 不思議な, 不思議に, 二人は, 云いました, 伸子の, 佐山君は, 何の, 僕は, 兀, 刀を, 前へ, 勘定を, 千世子は, 千二は, 叫ぶ, 向ふ, 君より, 喉も, 夏の, 夜の, 夢の, 妙な, 小路を, 尚民衆, 岸の, 彼等は, 彼等を, 待って, 後から, 後に, 徐かに, 心の, 心強しと, 怒りも, 急いで, 恋の, 恐しい渦, 悠々と, 悲鳴を, 意識し, 感心する, 懸命に, 戻って, 手を, 日の, 昔の, 暫くは, 暮して, 暮らして, 朝の, 村の, 椅子に, 横たわって, 死んだ, 沖の, 海の, 消えて, 混雑の, 満足し, 父の, 父は, 町の, 町を, 盛んに, 相手の, 私に, 私を, 空を, 立ち上がった, 結局一つの, 結局一行の, 絶えずその, 考へた, 耳を, 聞いて, 肩の, 肩を, 自分で, 自己を, 荷物を, 蚊帳の, 言いました, 訊いた, 話した, 赤面し, 足は, 身は, 身を, 身体を, 身体丈けは, 身軽に, 迷うて, 遂に称名念仏, 酒を, 門の, 間違いなく, 階段を, 静かな, 顎を, 驅け, 驚きの, 黙って

1 [1954件 抜粋] あ, あたえられた八分目, あちらこちらを, あの椎, あらゆる異種, ある時, あッぷあッぷ, いかにもつまんな, いくらか可笑し, いささかの, いった, いつのまにか漢中, いと長き, いま取り込ん, いるの, うすら, うつらうつらし, うなって, うれしく呼吸, おいでくださいます, おとなしくつ, おれは, お助け, お妻, お母様を, お袖, かうして, かけ出しましたが, かれの, きょろきょろし, くやしそう, こ, こう云う, こせつかず才走らずどことなく, こっちへ, この世の, この妙, この怪しい, この炎日, この谷, これだけ, こんな話, さもしい卑屈, しかしもう一度, しかもおのれ, しかも一面そこ, しかも容易, しかも窃か, しきりに何やらお, しつとり, しばらく休ん, しみったれた青春, じっとあの, じっと竜太郎, すこし伏せ目, すでにそこ, せっせと堤防, そうやっ, そう言われる, そこへ, そして新聞, そのまま二人, そのものを, その一群, その下, その先, その卓, その声, その寝室, その底, その愛, その水甕, その石段, その美しい, その臼, その逞しい, その間却って, その駕籠, それでは隣り, それでもブラブラ, それでも座, それでも腕力, それでも順々, それへ, そんな事, たかを, ただ僅か, だまって, だんだん露路口, ちらちらと, ついぞ与八, つきあたり, である, とある大名小路, とうとう首, とぼとぼ歩い, どうしてもおろす, どうせ來, どうやら今日, どっしりと, なおも無心, なお景恒, なお青々, なされるまま, なぜそれ, なほ残つて居る, なんとかし, にこにこし, のたうった有様, はじめてテレ, はや馬, ひそ, ひっくりかえりそう, びしょ濡れに, ふと短い, ぶつぶついつた, ぷかぷか浮い, ぼんやりと, ぼんやり通り過ぎかけ, まお前, また君, まだその, まだ生き延びる, まっ暗に, まるで知らない, まるで身一つ, みすみす助ける, むやみに, もう一遍初さん, もし我配所, もはや生, やがて食事, やっとねえさん, やっと終い, やはりにこにこ笑っ, ゆき子は, ようやく事態, よそつぽ, よろめきよろめき現われました, わざと仄, わずか一県, わびしく営まれ, ウトウトし, キリストを, グラスゴオの, ゴー, ジイッと, ジルノルマン氏の, ステージの, ソーファーに, チビチビと, トランクに, ノズドゥリョフと, パリの, ブツブツ言った, ポロポロ涙, ロビイを, 一ぱい背中に, 一切の, 一寸法師は, 一方また求道, 一本きれいに, 一歩一歩な, 一目散に, 一行新宿駅に, 一面には, 丈の, 三千代を, 三時間ほど, 上がる時, 下つて, 不愉快に, 世を, 並んで, 丹後守の, 久光の, 九段の, 争闘の, 二人こちらを, 二十四日の, 二条の, 云つた, 五挺の, 京都に, 人々を, 人跡未踏の, 仄暗い, 今や国防, 今度は, 仰向いて, 会心の, 伸子が, 何といふ, 何年も, 何者にも, 來る, 信念的には, 倒れたまま, 兄に, 先刻道助が, 光つてゐる, 入つて, 全體, 八王子の, 六七八の, 兵馬は, 再びこの, 冬の, 処々に, 出現する, 刑場に, 別れたが, 制限されね, 前後の, 創作の, 勇敢に, 十字架を, 午睡を, 半可通な, 単調な, 原料が, 又八, 友木は, 反耶, 只一人生き残っ, 右手の, 同じ方向, 名人は, 向う岸の, 呆れるほど, 咲耶子の, 喘ぎ喘ぎ鍬, 四日の, 回想する, 土間に, 坊やが, 埃を, 塊まっ, 変つ, 外海へ, 夜どおし帆柱, 夢うつ, 大きい犬, 大きな泥龜, 大儲けを, 大和路へ, 大石先生は, 天一坊はじめ天忠左京まで, 天満の, 夫人は, 奪られた, 女看守に, 妙に, 婆さんに, 子を, 子安観世音の, 孤城の, 安らかに, 宙乗りを, 実は是, 宮の, 家庭の, 宿所の, 富岡は, 寝返りを, 小さな家, 小坂部は, 小屋の, 小生等親子を, 小躍りし, 少し熱い, 尚もポケツト, 居留地まで, 屠蘇に, 山陰地方から, 岸本は, 川長の, 左様なら, 巨大な, 帰り路に, 常に否定的, 平和な, 平河天神から, 幾度も, 底に, 庫裡の, 弁当らしい, 引き廻された揚句, 弱い音, 弾みを, 影の, 彼を, 彼方へ, 後ずさりを, 後足で, 御昼食, 微量な, 心頭を, 快い心持ち, 怖ろ, 思ううち, 思わずも, 急設された, 怪しまれるほどに, 怯えた心持ち, 恐縮し, 息が, 悄然と, 悦に, 惡夢の, 慌しく佐渡守, 我子孫の, 戸口を, 手真似を, 折々男装, 拘留され, 振返っては, 提灯を, 改札口を, 敢然として, 文六は, 斯くまでも, 新府, 既にその, 日頃の, 明るい両側, 春の, 時々振り, 晴々と, 暗黒の, 曹操の, 木の葉の, 木津の, 本多鋼鉄は, 来たとは, 松坂屋の, 果された, 根気を, 桜湯を, 森林の, 構成され, 橇の, 櫻花の, 次第に一人, 次第に生気, 歌に, 正面に, 歩いてる姿, 歩るいた, 死にもの狂い, 死んだよう, 段々興奮, 母屋の, 毎朝毎朝書き続ける, 毫も借り着, 気の, 水中にも, 永いこと机, 池袋の, 河原へ, 沼地へと, 波止塲に, 泰文の, 洞穴の, 浅井君が, 浮き沈みし, 海港の, 渉った, 湯上がりの, 溶けて, 漂う頑是, 漸く底, 澄ました顔, 瀬戸内の, 為す術, 無我の, 無造作に, 無駄な, 煩わしく暗くかなしい半生, 父岩倉公の, 片手の, 牛頭馬頭の, 犧牲者は, 猪牙舟は, 玄関を, 現われた, 現場から, 甚九郎に, 生命が, 田圃路を, 男爵は, 病気を, 白い河, 白壁町の, 白髪の, 目の, 相当早い, 真に迫った, 真相を, 眠りました, 着物の, 矢鱈に, 石の, 硝子盃を, 私たちが, 秋森家の, 窓の, 立ちすくみました, 立ち上がって, 笠の, 籐の, 紅い紐, 素早く音, 結局は, 絵筆を, 続いて, 緊と, 繿縷の, 羅の, 老い寂び, 聞く, 聴いて, 育った夫人, 脂下っ, 脳は, 腹匍いに, 自から, 自分でも, 自由で, 船員の, 良寛さんは, 艶な, 花が, 若林博士の, 苦笑し, 茫然見, 落着きの, 蒼白い顔, 薄暗くともっ, 虹の, 血の, 行く途端, 袖に, 裏山の, 覇気らしい, 見ると, 見廻った, 解しがたき, 言訳らしく答えた, 訝しさ, 詩人は, 読み続ける, 読了した, 諸国を, 豊世と, 貴方を, 赤い糸, 走った後, 起伏し, 路傍に, 踏み越えたり, 身構えを, 転げるよう, 輿論政治, 辛抱し, 近づいた, 追かけ, 逃げな, 這入って, 進んで, 遅くまで, 道子が, 遠ざかって, 遣ろうという, 部屋靴に, 酔って, 重いリュックサック, 野良犬の, 金剛山に, 針や, 長い帯, 閉された採炭場, 集まって, 雪の, 青くなっ, 静かに, 須利耶さまの, 頸垂れ, 額に, 飄々と, 食べたり, 食慾は, 首を, 駱駝の, 驚くの, 高い位置, 髪の, 鶏の, 黒光りに, 黙り込んで

▼ れ~ (2288, 1.2%)

45 なして 29 忘れて 16 して 14 見て 9 觀れ 8 奈何とも, 抱いて, 観れば 7 感じた 6 感じて, 持つて, 捨てて, 疑ふもの, 知る者, 称して, 稱し, 見れば 5 代表し, 持って, 知って, 聞いて, 認めて

4 [19件] なしたか, 不問に, 伊藤侯に, 利用する, 厭ふ, 引取り, 忘れたよう, 感じる, 批判する, 知る可, 空しゅうし, 組織し, 自己の, 表面より, 見ると, 説明する, 迎へ, 迎合し, 運用する

3 [36件] なしたの, もつて, 一世の, 他人に, 信じて, 偽って, 内に, 利用し, 前に, 助くるもの, 助けて, 外に, 後に, 托する, 捨て, 時代の, 棄て, 殺さぬ殺さぬか, 殺して, 物いはず投げ出せ, 目し, 知らざるを, 知らない, 知るもの, 知る人, 空しうし, 空しくする, 聞くと, 自覺, 蔑む眼つき, 見ること, 見出すこと, 覚えた, 言ふ, 評して, 頭に

2 [293件] あすなろの, いだくの, いは, いへば, いへり閣下, お出し, たらして, ぶらぶらと, り, ビスマークグラツドストンにも, ローウェルが, 一人の, 一小, 一時の, 中ころに, 主張し, 亡ぼす所以, 享楽する, 人才内閣といふ, 今に, 今の, 仕遂ぐる, 伊藤侯の, 伊藤系統の, 伏見鳥羽の, 伯に, 伯の, 使用されない, 使用する, 侮辱する, 保育する, 信用せざる, 傾ける事, 償ひ, 入閣せしめたる, 公の, 公表する, 出だすに, 初めに, 利するに, 利せざるを, 利用せ, 制定したる, 則らんと, 創定し, 劉坤一張之, 助長せし, 勦討する, 包みカバン, 卑うし, 卑むに, 協定する, 占領し, 受けざりき, 受け取ってから, 同化し, 同化する, 名くる, 否定する, 否認する, 味方と, 呼て, 呼で, 呼んで, 咎めて, 問ふ, 善用する, 善用すれ, 喜ばざるもの, 喰べ, 嘲けるやう, 嘲つて主義, 多と, 大隈伯が, 大隈伯に, 天下の, 嫌って, 守るも, 完成する, 実施する, 実行し, 家へ, 容れんと, 容れ第, 察すべし, 實施する, 尊重せりと, 導く, 履いて, 山県侯に, 山縣侯に, 崇拜する, 崇拝する, 巧みに, 己れ, 希うという, 度外に, 庶幾し得べし, 彼れ, 待つは, 待て, 後日の, 得たり, 徳と, 心に, 心上に, 心棒に, 忘るる, 忘れてること, 怪むものを指笑し, 恃て, 恥と, 患へ, 惜むものなかりき, 愛して, 愛するが, 愛するのみ, 感じたから, 感じるもの, 憎しみ殿を, 憎むもの, 憎むや, 我れ, 所有せり, 手首に, 打捨て給ふか, 承諾せられ, 抱いた, 抱いたこと, 抱いたの, 抱くこと, 抱くよう, 拒絶し, 拒絶せ, 招げば, 持し, 持論として, 指して, 指導する, 指揮監督する, 捕へて, 捧げて, 捨つるも, 捨てた凝り方, 排除し, 掣肘し, 掣肘する, 控制せ, 措くも, 提供し, 提議せしめざる, 支えて, 改良すべき, 改良する, 改造せ, 攻撃したる, 攻撃する, 政治上に, 教授に, 敬し, 敵と, 敵として, 敵視する, 敷ひ, 新内閣, 施して, 暗黒の, 更改する, 望みたるが, 根絶す, 模倣する, 止めようと, 正面の, 死地に, 殺すこと, 求むるの, 決すること, 消化する, 深く嫌忌, 清新なる, 濫用する, 為して, 無理に, 焼き尽すの, 熟計せざる, 爲し, 爲すこ, 父の, 犠牲に, 現時の, 生んだ雌鶏, 畏る, 畏れずして, 畏れ以, 疑ふ者, 発見された, 発見せられた, 皇室費にも, 益し, 目撃し, 目撃しつ, 督促し, 知つてゐる, 知つて尚, 知らざるもの, 知らぬ法, 知るの, 知るのみ, 知る生活, 知れり自, 確立する, 禁じ得べしと, 種々に, 端的に, 第二期, 粗放の, 粗豪, 累は, 組織したる, 組織する, 統一し, 縛り己, 罵つて, 考へて, 考へると, 耻と, 聞く前年伊藤侯, 聞く彼, 聞く第, 聞く西郷南洲翁, 腑甲斐なし, 自覚し, 苦しめて, 英雄視せん, 藩閥の, 虚うし, 行ふ, 製造する, 要するに侯, 要するに彼, 覊束する, 見させた, 見たら己, 見たり, 見ても, 見るも, 見る可, 見付けられたの, 見出したなら彼, 見破り唯一, 見破るよすがも, 覚えて, 解して, 解すべき, 解決し, 討論に, 誘ふに, 語らなければ, 語る事, 語る隙, 誠の, 誡めたるに, 説きつ, 説明しつ, 諒せよ, 論じて, 論じ或は, 論ずれば, 論責する, 講じたり, 謝絶し, 譏笑, 識り, 議院に, 讚美する, 踊らせて, 迎へんと, 迎合する, 逸せざる, 達するの, 選びて, 遺憾に, 避けむ, 閑却し, 閣下の, 閣員に, 防遏せ, 難ぜんと, 非難する, 顛倒する, 首肯する, 首領と, 高くする

1 [1301件 抜粋] あがめ我, あなたの, あまた持つ, いたして, いたわるべきでないと, いと, いやが, うかがって, おしのけ去れかなた, おしんで, お嬢様貴, お考え, かいて, かまって, きざむ, こちらへ, ころす, ご心配, さして, したいと, しないやう, しましたが, すぎて, すると, そっとベッド, そのやう, たべて, ぢつと, つけ込んで, つげると, とつて, とるなよ, なくすにゃ, なしあまり, なしけむ, なしたと, なしたり, なした様子, なしてか, なしました, なす小, なやます事, のべて, はねかへ, ひろげるころ, ぽつ, まじえた強い, また, まぬがれて, みなへ, むなしゅうし, もよおさせるの, やすめ心, よくわし, る, る者, グビリグビリと, ドッと, モ一人の, 一同に, 一枚一枚とりだし, 一読し, 三人の, 上げたいもの, 下して, 与えて, 世人に, 中心に, 乞うよう, 了解しなかつた, 争つて買ふ, 二流に, 云ったの, 亞細亞的と, 人間扱ひ, 今にも実現, 他の, 仮議長, 休めながら, 伝唱する, 低くし, 何か, 何れの, 作つたのである, 侮辱した, 信じ己, 信者に, 修正變更する, 倫理的に, 偉くさせ, 偶然の, 傍観し, 催したけれど, 傳唱する, 僵す, 先々代の, 全体から, 全廢, 公處の, 其のま, 其本所緑町の, 凝視した, 凝集さした, 出さないの, 利しあわせて, 利し併せて, 利せず人, 制したの, 劣と, 助け幸福, 勇気づけて, 勧むるを, 包む豐麗, 区別し, 卑下したがる, 去るといふ, 參考として, 又た聴きたい, 又摘み取らね, 取たもの, 取つて, 取らば, 取り人, 取るも, 取扱うに, 受けた人々, 口中へ, 口説いて, 叱咤する, 合図に, 合議體と, 否みて, 呉れようとも, 呑まんと, 呼びかけました, 呼ぶ, 呼んだ男, 命じた其の, 唯心的凡神的の, 問はず兎に, 善く云, 喜びに, 嘆く間もなく, 噛んでずた, 因縁事と, 囲める小天地, 國に, 圧しつぶした八升, 垂らして, 埋築, 塞ぎ, 壓しつけ, 士に, 変更しよう, 大事に, 大言壮語の, 大隈黨と, 失い未練, 失う寝刃, 失ふまいと, 失ふ時, 好い事, 如何に, 委ねて, 委員會に, 嫌忌する, 學問の, 守るもの, 守る最良, 安全の, 実感の, 実行する, 客に, 害し人, 容れぬから, 密語と, 實行し得る, 實行せよ, 封じるやう, 尊び昂然, 尊敬す, 小さくた, 小耳に, 尽したつもり, 山三郎が, 左の, 差出しました, 幕府老中の, 幸ひ, 弁駁し, 引きあげると, 強いて先達, 彈劾し, 彼に, 待つと, 後で二つ, 得む, 御信用下, 御覧あるべし, 微分流動の, 忌んで, 忘れたい希いが, 忘れた林和靖, 忘れなければ, 忘れること, 忘れるという, 忘れる事, 忘れ尽して, 忘れ或は, 怒った, 怒りに, 思うて, 思つて見た, 思はせる, 思ふと, 恃むのも, 恥じて, 恨んで, 悦びて, 悲しむ消極的営み, 惜しむをりからに, 愛さずに, 愛すこと, 愛する人, 愛撫する, 感じたあれ, 感じたの, 感じないでは, 感じる唯物至上派, 感じ始めた, 慕う慕うと, 慮つたから, 憎むやう, 憐れむやう, 憶ひいづる, 懐いたから, 懺悔する, 成したの, 或る, 打ち同じ, 払うという, 批評した, 抑えて, 投げうつて, 択びませぬが, 抱かせるため, 押し切つて, 拒んで, 拝さんことを, 拾ふ, 持すること, 持ち出す前, 振り廻すので, 振り返つた, 捉へる, 捨てず友, 捨てなかつた, 捲き込んで, 排斥しますれ, 採用した, 推すかは, 揃へる, 描けと, 損し, 撰ぶこと, 操縱し, 擔いで, 支うる者, 支持した, 改むべきか, 放射し, 政友会に, 政府黨と, 救うこと, 救済し, 教習し, 文明の, 斯う, 方々へ, 日本国民の, 明瞭に, 是なりとも, 普通に, 曳きながら, 書きたい一句, 會得し, 望んだは, 村の, 柱へ, 案じ餘作, 検べて, 極端に, 標準に, 横浜時代と, 次郎長が, 欺き自由黨, 欺くの, 歌ひ, 歓迎し, 正しく, 正月の, 此処に, 此方は, 歩いて, 殺しましたか, 殺す為, 気に, 求むべき, 没入させる, 活用し, 浸, 混同する, 渡して, 游嬉せし, 炮烙で, 為し是, 為すこと能, 無罪とは, 煮て, 熟視し, 爲さむとせば則ち, 爲すも, 父伯爵の, 片端から, 率いて, 現わし, 生かすため, 生じて, 生埋めに, 用ゐ, 男は, 疑ぐる, 痛みさ, 発するつもり, 発表すべく, 発見しました, 發明しませう, 發達せし, 皺らしめたり, 盗まれたの, 直様官に, 相手に, 省る, 眞理として, 眺めても, 眺めるだけに, 着たり, 睨むが, 知つた, 知つて居ります, 知らざる筈, 知らずと, 知らない強い, 知らなかつた娘, 知らぬでは, 知らぬ大, 知らぬ振舞, 知らぬ程, 知らぬ若者, 知らぬ言葉, 知りそして, 知り秀吉, 知るよう, 知れ, 知ろうと, 破つてサン, 破り外出, 破壞, 碎き風露, 示した記録, 社会に, 祖先の, 神速の, 穢ながる, 空しくしなけれ, 穿いて, 突破する, 立たしめ, 笑殺する, 箱崎町の, 約した事さ, 紅差指で, 結婚の, 縛りと, 繰返した, 罰すること, 罵ること, 習って, 考える時, 耻ぢず, 聞いた時, 聞かうと, 聞かんこと, 聞き付け喋られると, 聞く憲政党内閣組織, 聞け彼等みな目, 聯想する, 育てる剛気, 背負つてその, 脅かさうと, 自ら新, 自分は, 至って暢ンびり, 舫の, 芸術的価値から, 苦しめること, 菊池五山大窪天民との, 落すお前, 藏ひました, 衝いて, 表示する, 裏切った妻, 襲名する, 要するに立憲政友會, 見せて, 見た, 見たか, 見た夫人, 見よ, 見るが, 見るやう, 見做, 見出した, 見出すよう, 見送る, 覗くやう, 覚えながら, 観るに, 觀る, 言う, 討つ企て, 記憶し, 訪ふべく, 許さない, 許さなかつた, 訴ふべき, 証明する, 試みようと, 誇りたがらずには, 誇示する, 認めしメゲース, 語って, 語るなり, 説くもの稀也, 説けり, 読み下せば, 読んだ, 調理し, 證據に, 警護し, 讀むと, 變更しよう, 讚むとなすにやあらん繊手を, 責むるの, 責むる誘惑の, 責め夫, 貰ひ受けた, 買いたいと, 買ひ戻す, 賞翫する, 贖う者, 越へて, 跨りて, 踊つて婆ア藝者の, 踊る會社員, 蹈みつけ, 躊躇する, 軽く聞い, 軽蔑さへ, 輓かせ, 辱め仕官, 述作したる, 追つかけ, 追懐すれ, 追論, 造つた人間に, 過ぎ東, 遠からず, 選ぶべきかは, 遺れて, 還すかうした恭礼三昧, 鉈で, 鎭撫する, 開けること, 除去した, 離れて, 青色の, 鞭たん事は, 音の, 頭から, 顧み給, 飜譯した, 食はせ, 食わんと, 飲んで, 首にかけて, 騙したと, 驚かして, 黒と, 黙会して

▼ れ~ (1967, 1.0%)

41 した 31 しないのに 25 する 21 せずに 19 ある, して 18 せぬのに 16 したが, するの, ない姿 15 しなかった 12 しない 10 するが, 彼れ 9 しないで 8 したの, しないの, せぬに 7 しないに, 人も 6 しないこと, しないし, しまい, しよう, ない, なしに, 我れ 5 あった, かれも, します, するし, せず, せぬ立派, ないこと, ない事 4 いなかった, しない立派, しません, しようが, せぬ, ない方, 吾れ, 見て

3 [49件] あるが, あるので, いふ事, お前正太が, これを, こんな物, したこと, したし, しないうち, しないもの, しなかつた, しなければ, しますまい, するので, するもの, するわけ, する相手ぢ, すれば, せぬ仲, せぬ大, せねば, ないで, ない事實, ない噂, なく出, 一廻りし, 三五郎だ, 他人の, 何う, 傘屋の, 出て, 哀れと, 唯今うちの, 居は, 彼も, 思ひ寄らぬ事, 憂き世, 日がけの, 春の, 時候の, 浴びて, 片眼片足, 皆な, 知って, 知らない, 知らなかつた, 笑はずには, 蝋燭ぬすむまい, 願ふて行く

2 [98件] ありましょう, ありますが, ありません, あるから, あるの, いたしません, うるめる聲成, お前の, お月さま, したであろうが, しないいい, しないが, しない十何人, しない大, しない夫, しない奇妙奇天烈, しない方, しない程, しなかつたが, しなかつたの, しねえ, しまいと, すること, する下手人ぢ, せじ, せずむしろ, せず偉く, せず引返せば, せず遥か, せぬこと, せぬの, せぬもの, せぬ一本立, せぬ事, せぬ仕事, せぬ作品, せぬ大家, せぬ家柄, せぬ江戸一番, せぬ詮議, それに, それを, ないと, ないの, ない手酌, ない有様, ない濡衣, なき事, なく, なくなった, なさそう, まじって, ゐない, ゐなかつた, 一人は, 之を, 乗って, 亦た, 亦コンクリン博士, 亦之, 人の, 伊藤侯が, 何も, 來て, 個人として, 其筈先生の, 口にては, 同じくこれ, 居らない様, 後生顏を, 得言, 心にか, 忘れて, 手を, 来ない, 案じて, 此に, 歸れ, 殆ん, 毎年一定の, 淋しげ, 無くなった, 無言の, 狼れ, 申し合せたる如く其の, 相手に, 知りません, 知る亂暴, 知る様, 知る様外交官, 確乎たる, 自分の, 荒廃し, 蒲團か, 誰れ, 過ぎては, 道理胸に, 食みを

1 [1194件 抜粋] あったが, あって, あらで薄紫の, ありかく, あります, あり八五郎, あるしという, あるよう, あれば, あろうほどに, いたしたが, いたしましたが, いない, いない時, いなくなると, いませんの, いれては, お上品, お孃さん, かれもと小, きらいな, このこと, この時, この話し, これ一と, ご先代, されぬ, しず往来, したけど, したそう, したでは, したに, したほど, したろう, した女, しだいお, してね, しないあんな, しないくせ, しないさき, しないだろうが, しないと, しないといふ, しないらしくただ, しないわたくし, しない一個, しない人気もの, しない人間的長所, しない先ぶれ, しない医術本業, しない十手取繩, しない堅実性, しない多く, しない実証科学, しない巧者, しない当代随一, しない日本有数, しない権威, しない皿数, しない第, しない苦, しない街, しない説明, しない重臣, しなかったが, しなかったこと, しなかったという, しなかったに, しなかったので, しなかった体, しなかつた日本, しなくなつ, しねえこれ, しねえ家, しまいかと, しますが, しますまいよ, しませんや, しやしません, しようさ, しよう迷い, すく, するだろう, するでしょうが, するわけぢ, する事, する拙者, する隙, せいで, せずからだ, せずこの, せずしばらく, せずそれに, せずと, せずまた, せずバリバリ, せず一人ぼつ, せず健在健在, せず別れたので, せず前, せず同じ, せず唯, せず官兵衛, せず帯, せず弱りながらも, せず悪魔, せず捕ふべき鳥, せず欲, せず死にあこがれ, せず牢獄, せず縊, せず萎れて, せず裾, せず責め, せず逃れ切り, せず靴, せず鳥, せで油御用, せぬお, せぬが, せぬなんて, せぬユーゴ一, せぬ一家, せぬ一派, せぬ二本差し, せぬ人間一生, せぬ傍観者, せぬ公家侍, せぬ同情者, せぬ地歩, せぬ妻, せぬ屁, せぬ彼, せぬ指南番, せぬ斉国, せぬ日本, せぬ最大, せぬ武家姿, せぬ米, せぬ脳髄学, せぬ自分, せぬ草深, せぬ衣髮, せぬ達者, せね立派, せまいが, せんが, せん国民, せん眞, ぜひなかっ, そのあり, その不都合, その人々, その嫩葉, その由来, その筍, それから, それ以上は, そんなこと, ちつとも, ついにあわてだした, どうぞお, どこそこへ, ないお, ないといふ, ないとは, ないぬれ, ないソフイスト気取り, ない一路物慾, ない双, ない口論, ない国々, ない女だてら, ない宣告, ない小声, ない屍体, ない影法師, ない恰好, ない悲惨, ない手先, ない暴言, ない権幕, ない気違い状態, ない法螺, ない狂態, ない男装, ない矛盾, ない自分, ない行為, ない言い種, ない辱め, ない銀蛇, ない題材, なかった, なかろう, なき一等國, なき四位, なき海賊船, なくそして, なくて, なくののしりわめきながら, なく亡国, なく同じ, なく怒り, なく振り向い, なく望み, なく武具室, なく独り旅, なく突然, なく胸, なく貴人, なく通俗的, なされまい, なほわが, ならず恐る, ならぬお, ねえど, はつきりしませぬ, まこと, またかかる, また一役, また夜明かし癖, また盲目, まだぐつすりと眠つて, まったくなかっ, みえなん, みんなやさしい, ものを, やって来ない, やっぱり気違い, やはりそれ, やりますが, よく泣く, よく言う, わしは, ゐないで, ゐなかった, アラーウラーの, キャラコさんが, ピタゴラス自身が, 一つの, 一月や, 一理ある, 一處に, 万夫不当の, 下ること, 下宿屋の, 不思議がりは, 不愉快そうな, 不申, 不足に, 世の中の, 中央の, 主思ひ, 二五〇〇米に, 二千米に, 云った, 亡くした子供, 亦その, 亦一時自由党, 亦必然, 亦焼け, 人影の, 人間界の, 今は, 今更の, 仕ないのに, 何か, 余り殺風景, 佛典の, 作者は, 俊秀なら, 倦き, 偏に秘密, 働く者, 先ず椅子, 先刻の, 入用なり, 其の傍, 其の木綿, 其の茂み, 其国土の, 其源頭に, 出てを, 分らず仮令, 初めて神田小川町, 別々個々の, 前に, 勇気凛々今日を, 勝れた大将, 十五六歳の, 十分に, 千七百四十米の, 午前二三時頃に, 卷いた蓙, 取りたし, 口に, 古い家屋, 古来の, 可御座ん, 同じく色彩, 同じ人, 同名の, 同意は, 問題には, 嘗て見た, 国王陛下と, 土地の, 塾の, 多いの, 多分に, 大岡越前の, 大望が, 天子及び, 奇観だ, 好かろう, 妙子の, 嫌わぬもの, 嬉しく学校, 安堵姫に, 安心の, 容易ならぬ, 寝について, 小さいので, 小春の, 小皿を, 小鬢に, 尼に, 居ない, 居らないで, 山肌の, 工程の, 帝国党の, 席を, 平生の, 延びた髯, 役に立たねえから, 彼方へ, 得ず, 心を, 心配なり, 忘れたやう, 思って, 思ふまい, 怪しむ者, 恋歌めい, 恐る可, 悪くなく, 惑わされもし, 愚な, 慎しむ, 我々が, 我等の, 所謂万分一を, 所謂當代の, 手緩くなっ, 承知し, 持って, 摂生の, 支度した, 斬られも, 日本人に対する, 明日は, 昔し, 是も, 時節柄で, 暫時同僚とは, 書いて, 木綿の, 杉本さんも, 松方内閣の, 案外掃除, 極めて物質的, 極楽へと, 構うてやらにや, 欧洲式の, 欲しがるもの, 止むを, 此山の, 死ぬべき命, 殊勝に, 殿下の, 毎晩飮むといふんじやなしさ, 気づかぬとき, 気付かない北院, 気狂ひ, 水際の, 汗びっしょり, 沸かす人, 浮世に, 淋しいこと, 渠等を, 湯垢が, 火の, 無いで, 無き櫻木海軍大佐, 無意義に, 無理は, 無言博士の, 物にな, 特長ある, 現金を, 理屈ばかり, 生き過ぎて, 男子の, 番小屋建て, 當代の, 疑わずに, 病後の, 發汗に, 白くされ, 白髪の, 皆持つ, 皆汐溜から, 皆鍋, 直に彼, 相手にも, 真に結構, 真似しぬ, 着て, 着膨れた長女, 矢っ, 矢張り宿屋へ, 知ったこと, 知らないから, 知らないさ, 知らないの, 知らない年齢, 知らない庭中, 知らなくちゃ, 知らぬもの, 知らねえと, 知るもの, 知る人, 知る如く種々, 知る日露戦争, 知る通り, 破損甚しく, 確答する, 神の, 福生と, 私の, 私位の, 空虚に, 窮状に, 笹原走るた, 絶えず行程, 緞子の, 考へるには, 聞かなかったであろうその, 肝臓なら, 能く, 自から, 自然に, 至極尤, 致し方が, 興を, 良人を, 芸妓の, 苛斂誅求に, 苦に, 菊の, 薄気味悪るいギョロギョロ, 行かねば, 行く春, 行の, 袂の, 見えなかった, 見えません, 見せずすぐ, 見せず素直, 見事ならず, 見馴れたもの計り, 言は, 記録を, 証人は, 認めようと, 買ひ, 踊つた, 軽妙で, 迎へ, 逆に, 道理か, 遠方の, 金を, 錠が, 長屋で, 閉ぢ籠められ, 闇の, 隼人正が, 雨具を, 霧の, 青い顔, 靜かな沼の, 顧みる人, 颯爽たる, 食わない, 首を, 鬼怒川の, 黙って

▼ れ~ (1916, 1.0%)

48 しても 47 なって 25 反して 23 なった 21 なりました 18 なつた, 返って 17 けり 16 なるの 13 對し 12 反對 11 して 10 なること, 返つて 9 依りて, 返った 8 なったの, なると, 反対し 7 かえった 6 在ては, 對する, 答へて 5 なつて, 依て, 帰って, 非ず

4 [18件] つけても, なったあと, なったこと, なったと, なってから, 乗つて, 依つて, 克つもの, 利なれ, 反対する, 就て, 於て, 来たよう, 比すれば, 比べて, 行くよう, 行って, 見る所

3 [31件] あつて, しては, しようと, つきても, なったので, なった姫君, なった時, なっては, ならないの, なりましたから, なりました方, なるため, 三つ劣れ, 代りて, 似て, 向って, 就いて, 引わたす, 御座候へば, 心かぎりの, 思った, 打明けいふ筋, 操の, 来た, 来たの, 来て, 糸織の, 行くやう, 行った, 返ったよう, 返つた

2 [137件] ある, お前は, かえって, かえる, かえると, かちて, き, ける, けるかも, した, しないかと, しろ, しろその, ただ斃, なったが, なった日, なった時分, なっても, ならない, なりながら, なりましたの, なる, なるお, なるので, なる宮, なる方, まいりました, みる美貌, よれば, 不利なれ, 中流の, 乘じ, 人と, 付き次ぎの, 付き面白い, 代ゆる, 代らしめむとするか, 代るの, 代る可, 伴へる, 優るもの, 入れる様線, 別種の, 加ふる, 加へ, 加入したれ, 勝つの, 又た, 又先生, 又前述, 又附言, 及ばず伊藤公爵, 及ぶ者, 反すれば, 反抗を, 取つて, 同化せられ, 同情を, 同意を, 向っても, 告げて, 問ふ, 堪へざるを, 多い, 多しと, 如かざる者, 委任したる, 容喙する, 少し青く, 就ては, 属せり, 屬せり, 師事する, 干渉する, 当るの, 心を, 愛着し, 愛蘭尚書の, 感じた, 懊れ, 懐かしい友人, 戻った, 戻って, 打ち克つだけの, 掛意せずし, 揺られて, 擬するもの, 政府に, 政治的著色を, 敬服する, 最も及ぶ, 来た訪問, 来ました, 柔順なる, 比せば, 気付き後, 江戸へ, 浴するもの, 特別の, 用ひ, 異議を, 相違ない, 着手する, 私の, 立って, 紊れ, 続いて, 耳を, 聽いた, 背き得可, 腰を, 自分が, 自知, 良心の, 行くの, 行ったみたい, 襲はれ, 見せて, 記名せむこ, 訴へん, 詰る, 貰つて來た, 近かし, 返つたやう, 返ると, 逢ふて, 連れて, 過ぎたり, 過ぎない, 過ぐる, 酬ひん, 難癖を, 頼らむと, 頽れ, 類するの運動, 類する政治家, 馳せむ

1 [1101件 抜粋] あくせくする, あったという, あっても, あとを, あらざれば, あり, あり我, あるが, あるの, あるやう, ある公園, ある女子師範学校, ある日, いって, うちかけて, おのづか, お前も, かえったが, かえったらしくふー, かえってあんな, かえってから, かえって彼, かえって身ぶるい, かえりながら, かえる道, かくして, かな, きいたらいい, きわが, き是, くぐり入り, くらべば, くらべれば, ぐっと来た, けらしも, けるを, ここへ, こしたこと, この名誉, この苞腋, ころがり合った, ころころ転がりあっ, こんな古い, させた, されて, したたかキュムメルを, しなければ, しろ君, し君, すべきか, するよう, すゝめられる, せよ綿井氏, それを, たる夢なり, だツ, ちら, つかれて, つづいて, です, とるかは, どうしてよい, なすべき業, なったお, なったし, なったという, なったのに, なったもの, なったろうと, なった事, なった先, なった奥様, なった式部卿, なった忍歯王, なった方, なった書き物, なった水飴, なつたら, ならう, ならずなつかしい美し, ならないでも, ならないという, ならなかった, ならぬわけ, なりあやしい, なりいよいよ, なりさんざん, なりどうして, なりは, なりましたが, なりましたと, なりましたので, なりました後, なりました悲しみ, なりますげ, なりませう, なりァ, なり国男, なり姫君, なり憂鬱, なり若, なり非常, なるすこし, なるという, なるばかり, なるまま, なるわけ, なる兵部卿, なる大臣, なる院, なれば, ぬれたの, ひかえて, ひびいて, ふるえたが, ぶつかるだけ, まかせて, ゃよかろがって, やって来る予, やられたもの, ゆくを, よからざる, より多く, わななき, ガアドが, ジーグフリードあり, レンズで, 一寸結つて見たかつた, 一束の, 一種幽, 一面の, 上京した, 不利な, 不意の, 与ふるに, 並行した, 中つて, 主婦と, 之く, 乗つた, 乗り移らせて, 乗る人, 乘り, 乱るる, 事うる, 二人で, 云ふと, 交渉し, 亦數種, 人力車屋が, 人殺しの, 仏あり, 他の, 代り以, 会いたいて, 似たもの, 似た翼, 似寄つたこと許, 住吉の, 何で無理, 何やら鳥, 何事も, 余りお, 來しなり, 依って, 依つて儒教, 依頼つ, 個有な, 借りたるや, 倫敦では, 偽りなき, 働く動向, 優の, 優る者, 充つること, 充血した, 克つこと, 克つを, 全く関係, 六畳と, 内在する, 出たあなた様, 出た人間, 出て, 出会ふ, 利するなり, 剋って, 剥がれたん, 加らう, 労れ, 勇気の, 勤倹平和なる, 匹似すべき, 半ば法界悋氣の, 危害を, 参ったの, 又その, 及ばぬもの, 友達を, 反し其率, 反し縦令, 反対せざる, 取っては, 叛いた, 叱られて, 合ざる, 同意させ, 向い, 向く, 向ける厳し, 向つて, 向ひ, 吹いて, 吾ながら, 呼びかけた, 問うか, 喚び出される様, 四六時中です, 困うじ果て, 在った, 堕ちて, 堪へられさうに, 報ぜしめて, 変わって, 夕飯の, 女房と, 如何とも, 字を, 學ぶもの, 安心し, 宴遊し, 寂しく貴女, 富岡は, 小さい箱詰, 小声で, 少し体, 就かんと, 就ても, 属する会社, 屬する, 川が, 巴里へ, 帰せざるが, 帰ったらしく始めてニッコリ, 帰る, 帰るという, 帰る心地, 庄屋の, 引き合せて, 引換て, 引渡しの, 弾んで, 当り応じ赴くやう, 当る部分, 彼に, 彼奴教会を, 往きなさるが, 往くとて, 後に, 従つて魚の, 御亭主, 御遠方, 復った, 復る, 心臓も, 忽然吉原遊廓の, 思いました, 思い出さした, 思うか, 思うなり, 思ったもの, 思つて何も, 思ふ, 思わっしゃって, 思われました, 怯えても, 恥づべき名, 恨みあればとて, 情なきもの, 愛を, 感じ出すの, 感化され, 慣れ十分, 憧が, 應ずる, 成った頃, 成功したる, 戦かされて, 戦きつづけて, 戦慄し, 戻ったとき, 戻れよう, 手なづけ, 打たれて, 打ち跨がつて, 投げ掛ける如く, 抜けだして, 抵抗はずに, 招かんと, 持たせて, 探偵の, 接する男, 携つ, 據る, 支那人の, 教は, 敵するもの, 斃れた, 斯うし, 新聞記事を, 旦那様も, 是認せらるべき, 暮らして, 曾て, 會つた, 有つて此處, 有力者の, 服従せず, 来かかりますと, 来たご, 来たもん, 来たり, 来た人間, 来た幼児, 来る, 来るよく, 来る奴, 東葛飾一郡に, 枯草へ, 桜の, 業を, 楽まされる, 模し, 欠陥は, 次ぐの, 此室は, 歸つた, 歸りきて, 死んで, 比らべて, 気兼ねするで, 水の, 永遠に, 求むるの, 河原へ, 注意を, 海上に, 消えて, 淫れ, 清水を, 温かであった, 満たされたの, 滑って, 火を, 無条件譲与を, 無足有角, 爽やかな, 特有な, 特種の, 生れた人, 用ひた, 由つて見れ, 由りて, 男の, 疲れて, 白い小さな, 盡すは, 盲從した, 相成った時, 眺めた, 着て, 短所伴ふ, 祥雲寺の, 私共は, 空しき言葉無し, 立ちむかう勇気, 立ったので, 立体派の, 等しいもの, 答ふる, 答へる, 箱根, 簡單な, 約束された, 終るので, 縁の, 續き, 習い今回, 耶蘇だ, 聞かせん, 聞きませ, 聞けるなり, 聴かれる, 肩書を, 腐屍, 臨むも, 自信を, 自分で, 與ふる, 船底へ, 色調韻律の, 若様と, 英雄と, 萩や, 處決を, 螢が, 行かずとも, 行きて, 行くか, 行くん, 行く方, 行く相談, 行く酔狂者, 行こうと, 行ったの, 行ったよう, 行つてゐた, 襲われましたな, 見える小さい, 見られる, 見るところ, 見るやさしい, 見る例外現象, 見る偶然, 見る奇特, 見る心臓, 見る美少女, 見る良吏, 見出された, 覚えあれど, 覺え, 触れざる作家, 触れて, 言うとも, 許すこと, 註釋などを, 話して, 誘はれ出したの, 語り今, 請合って, 貧しく映る, 責めずし, 貴郎, 賜へる, 赤松, 足りたる人, 身構へる, 転動, 載つて, 近い, 近い仮説, 近い楊雄, 近かった, 近似する, 返った人々, 返つたレヴコー, 返つた教父, 返つて言, 返り周囲, 返る, 返るの, 返る生姜湯, 返ろう返ろうと, 追い着いた私, 逆ふこ, 逆らッて, 通うこと, 通った辛抱, 逢ふ, 遊歩や, 過ぎ不, 違ひなかつた, 遠かれる, 遠慮は, 適従すべき, 還りて, 重きを, 錵が, 長二私の, 間違いは, 関係せる, 關する, 阿母, 降って, 限らず藩外, 陶鑄せられ, 随ひゆく, 集れば, 電灯の, 非ずして, 面会する, 韻律の, 頓着なく, 頼れよ, 類ふべき, 飛びかかったよう, 飽きる人, 馬立ちし, 鳴く鶯, 麦種を

▼ れ~ (1850, 0.9%)

75 ある 29 あるので 24 あるから 15 あると, して 14 為めに 12 為に 11 爲めに 10 あった 9 あるの, 成功の, 爲に 8 あつた, あります, 曾て 7 出て, 多分に, 私の 6 した, 如何に 5 あるという, 十分に, 彼の, 来て, 為めなり 4 いよ, したと, そんなこと, ないとは, 今の, 爲めなり, 私は, 貧乏に, 降って

3 [38件] あつて, ありましょう, ありますから, したの, ために, ない, ないでも, なくて, 三つの, 人を, 傍に, 先に, 出ようかと, 呼んで, 喧嘩の, 困るもの, 小僧を, 幸福と, 店おろし, 彼等の, 御座んす此裂, 憎くまれ, 承知だ, 抑も, 提げて, 教へ, 映し人, 本當, 為なり, 為めには, 爲なり, 町へ, 知らう, 私立の, 聞いても, 自分の, 見ても, 親類まきで

2 [155件] あったから, あって, ありは, ありますので, あり又, あり家康, あるかも, あるが, あるし, あるため, あるとて, あるとの, いたか, お前の, こんな目, したらしい, それを, ないで, ないの, ないよう, 上の, 下院に, 世の, 丸で, 主に, 主義定見を, 久しく蜚, 事実と, 人情の, 伊藤侯の, 伊藤公爵大隈伯爵等と, 伊藤内閣と, 何と, 何に, 何も, 何を, 何処までも, 何處までも, 來て, 例の, 信望の, 免黜を, 全て事実であった, 全部で, 公人歴史の, 公平忠忱の, 其平生師父の, 内政友に, 出來, 切實なる, 初期の, 勢力の, 原因たる, 同化力の, 名の, 唯一の, 外務大臣たら, 外務大臣候補者として, 大層面白い, 女性の, 好きな, 好んで, 如きこと, 如きに, 如き人物, 如き姑息, 如く冷酷, 如く濃厚, 嫌いだ, 子供の, 宗匠を, 少しも, 岐阜の, 帷幄より, 建てたの, 彼に, 彼を, 待って, 復書を, 心術の, 惡るいだから, 感情の, 打撃を, 指導者たらざる, 政治上の, 故後藤伯, 施設を, 日本の, 時代の, 最う少し, 最も誇る, 最近何れ程, 有する特質, 本性を, 果して後藤伯, 果して能, 桜かなと, 極く, 正しいかは, 此の, 決して再現, 為のみ, 為めのみ, 無報償, 熱心なる, 爲のみ, 爲めのみ, 牛耳を, 犠牲と, 犧牲と, 発端である, 發端である, 盛名の, 監督者たる, 目的を, 真に迫った, 知るもん, 知ろうか, 矯正の, 科学に, 終ると, 終始其の, 統御の, 老夫人, 老子を, 胸に, 膝に, 自任自信の, 自分には, 自治案に, 自由党に, 自由黨に, 自負心強く, 薩派を, 處の, 衆議院の, 見に, 見掛, 言動に, 記者たる, 記者を, 読んでも, 講究を, 議長としての, 貴郎, 買って, 赫々たる, 身を, 通過を, 非常に, 餘り, 首相たりき, 首領たる, 首領と, 駒を

1 [1076件 抜粋] あったの, あっては, あらう, あらゆる惡口雜言, ありましたね, ありますもはや, ありやはり, あり今度, あり探偵小説, あるからと, あるでしょう, あるといふ, あるにも, あるよう, あるわ, ある以上, ある相当, あんなこと, あんな阿呆, いい, いえ短銃, いきうつし人数, いくらといふ, いたし刃, いつまでも, いないから, いよいよ帰国, うたハ第, おまへを, おりおりうす, お末, お馨さん, からだも, こういうこと, こっちへ, この独楽, これからの, ころしたこまどり, こんな暗い, ございます, さめない夢, したかい, したもの, したわけ, しないので, すぐ火葬場, すべての, するよう, そのおり須磨子, その人, その様, その連判状, その防衛, それぞれ好もしい, たつか, ため其の, ちとなる, つくる経帷子, とうどう屋根, どうし, どうだ, どの跋, どんな人, ないとも, ない訣, なかった, なきや, なくも, ならすお, はじめて東片町, ひくひく頬, ひどいひどいと, びちょびちょ降っ, ふつておも, ほるか, ほんとだったら, ましい事, また, また歐洲, まだなか, みつけたしん, もう主人, もとぢ, やつても, ゆるやかに, オテル・スフロオの, ガルスワーシーの, ツケ上るだ, ドストエーフスキイと, ベッドに, マリー乃ち其處の, 一たび外務參事官の, 一つ, 一代の, 一圓二圓でも, 一層深く, 一派の, 一番の, 一番初めに, 一番疑はれる, 一組来た, 一見人を, 一部分か, 丁度印度, 三十八年に, 不利な, 不思議だ, 不承知を, 不當, 世田ヶ谷騎兵聯隊から, 両手を, 主人公の, 乗用致す, 争議なんどやらかした, 事は, 事實と, 二足の, 云つた, 五つや, 亦我國, 人殺しでも, 人生の, 人間たり, 人間の, 今世界を, 今度旅から, 今日は, 仕へて, 仕業だ, 付いてるま, 以前の, 会津征伐より, 住むつもり, 体を, 何した, 何です, 何で惡, 何と申し, 何の, 何んと, 何時称え出した, 余りに容易く, 作つたのです, 使つた茶碗や, 便利な, 保證し得る, 俸禄, 借金に, 偶参政権問題とな, 僕で, 僕に, 兄貴の, 充分ある, 充分に, 先と, 光りの, 党与, 兜の, 全く売れなく, 全く自由黨員, 公爵夫人を, 其の無実, 冷笑では, 処の, 出しぬけに, 出たの, 出ての, 出る, 出来ないん, 出来なくては, 出来れば, 出迎えに, 初めに, 初期議會以來常に, 利いたの, 則ち, 前年井上条約案に, 前漢經師の, 劇しく, 助かって, 動も, 北と, 十年や, 南瓜は, 博士も, 印象深いもの, 即ち人間, 即ち余, 即ち彼, 即ち靈, 原本的實在, 厭で, 又失脚, 又新しい, 又私, 取り付けて, 受けたる害, 受け出して, 口供より, 古代の, 可いんです, 名に, 名前も, 名詞にな, 吐き出した尾籠, 哀愁と, 單に, 困ると, 土屋富之助十六歳中學二年生の, 地の, 坊主の, 垂れそう, 多きに, 夜な, 大きい, 大なる, 大勢集まっ, 大審院の, 大抵酒の, 大正二年九月二十六日の, 大膽, 大連の, 天から, 失望の, 夾快だ, 奈何した, 奈何です, 女房に, 女王樣の, 好いとか, 好きで, 如き異様, 如く体面, 如何にも苦しく怨めし, 始めでございます, 威あ, 娘では, 婚姻の, 嫩らかな, 子を, 孔子の, 安楽に, 宜かろう, 実に浮, 実際の, 家の, 容子を, 富嶽の, 實際問題に, 寺だ, 封建門閥の, 將に, 小指に, 少くとも, 屋敷に, 山腹の, 岩壁の, 巡査に, 己れで, 帰って, 幼き頃社, 店の, 廿歳の, 弄んだ上, 引続い, 引請け, 強くなつたら, 形を, 彼女に, 後に, 従なる, 御縁, 心の, 心血を, 必ずしも国庫, 忌嫌だの, 怎うし, 思うまま, 思おう時計, 性分だ, 悪るい, 想像いたしましょう, 想像しよう, 感ぜられると, 慢心すれ, 憎からう, 我々の, 我が身という, 我身に, 戰爭の, 所謂育の, 扉を, 手まねきし, 抜けて, 抱き込まれたであるまいかと, 持って, 持てる楯, 捕縄を, 探り得たる所, 損を, 放胆不, 故人の, 散歩中に, 文字である, 文章に, 斬られて, 新しい道, 日のみ, 日本人の, 日本文化といふ, 昔から, 昔は, 是である, 時政の, 暗謨尼亜, 書いたつて, 曾つて進歩黨に, 最も簡便, 最初で, 最好方便, 最高点である, 月光を, 有と, 有るの, 有名な, 本当に乞食, 本拠として, 本當の, 杜若を, 来たの, 来るとか, 松島さんの, 果てると, 植えたか, 構つてゐよう, 横浜埋立事件を以て, 橋渡で, 欠けて, 欧洲より, 正しく, 正で, 此場合では, 此頃出來た, 死ぬよう, 死んだと, 死んだん, 段々厭, 殺したの, 母なる, 毒み, 気がついた時, 気を, 気象で, 氣に, 氣象の, 永遠の, 決闘状で, 活躍すべき, 淙々と, 済むと, 済んで, 満洲, 滑り落ちる時, 漸くその, 漸次進化發展し, 濃厚である, 為ならず, 為め翁と, 無いとも, 無つた, 焼鏝を, 煩悩の, 爲である, 爲の, 爲め世間に, 爲め特に, 爽快だ, 玉の, 現はれました, 理想の, 生きた空間, 生じて, 生じるから, 生れて, 生地から, 生活力を, 用言の, 當時如何に, 病体であっ, 癖にな, 発表した, 白い程, 皆な, 皆鬚に, 皿眼で, 目にも, 眉山の, 眞の, 真実その, 真実なら, 眼で, 知つてる, 知ろ, 研究に, 祟りは, 私人の, 秘密を, 稲妻の, 空気の, 竊に, 端から, 笑えば, 第十四議会, 篠田長二畢生の, 精一杯な, 約三十分續, 納吉の, 結ばれ自分, 絶対に, 絶對に, 絶體の, 緊張した, 緒に, 總理と, 老余の, 考を, 聖書と, 肝と, 肺是れ, 能く, 膝の, 自分等に, 自然の, 自由黨を, 船頭なら, 花の, 若様を, 苦にな, 荷を, 華厳の, 蒟蒻版に, 血痰した, 行こうが, 行届いて, 襟元に, 西洋式で, 見せ場である, 見つかったので, 見られるが, 見遁, 解けないやう, 言ひます, 言ふ, 言葉には, 記録とも, 註を, 話しました, 諸人の, 謹慎に, 警察に, 變化し, 負担の, 貴さまの, 賢きを, 踊れば, 車の, 近く見えます, 退隠の, 進歩し, 進歩黨中最も, 遊楽の, 道を, 遠祖なり, 邪である, 重なったせい, 銘々共が, 門に, 降った, 降りつづき空, 降りみぞ, 降り寒, 際立つて, 雌で, 離縁らない, 青年田口の, 非常の, 面倒だ, 鞭と, 順序である, 頑固に, 頻に, 顔附は, 風呂敷ぢや, 食うと, 養ひ得たる, 首に, 馬鹿に, 麹町区の, 黨人として, 鼻に

▼ れ~ (1728, 0.9%)

18 で, なり 10 それは 8 の, 彼れ 7 彼は 6 來る 5 さう, 可い, 私は

4 [11件] きつと, それを, よい, よいの, 人を, 人間の, 則ち, 好かつ, 彼の, 自然に, 馬を

3 [19件] いい, いいじゃ, お氣, せながら, それでよい, にて候, やがて馬車, 世の, 二階座敷の, 交る, 人が, 出來, 彼等は, 時たまは, 汝等の, 神の, 縮みて, 美登利は, 自分の

2 [76件] いいがと, いいの, いづれも, え, おどろしくしろき, かの君, これを, すぐに, それも, それらの, ならぬ, のろり, ふす, またあらた, みんな落ぢる, わが宿, ダンテは, メエルハイムは, 一本減る, 中には, 二人着る, 人の, 人生の, 今の, 今は, 他の, 他を, 低級で, 何でも, 何の, 何も, 侯は, 傍から, 先生の, 兩親は, 即ち窟, 同じ事, 吾人は, 大に, 大丈夫だ, 奇怪の, 寄らないか, 少しも, 後は, 忘る, 怒る陰氣, 怖しい, 我は, 放屁の, 明らかに, 昔の, 是れ, 桂は, 歌神の, 滿足である, 潟を, 火とぞ, 爰に, 父の, 私の, 私も, 立派な, 粉の, 脚に, 虧くる, 裏の, 親切も, 誰も, 赤くなる, 遁げる, 針の, 鑚る, 阿關, 雨具の, 青年的勇気の, 顏に

1 [1385件 抜粋] あしびきの, あとが, あなたに, あの当時, あれは, いいで, いいのにと, いかならん, いくらか, いたずらに, いづれに, うしろより, えいと, おいしかろう, おしおは, おぶさるという, おもかげ, お前の, お夏, お払い箱です, お民手の物, お鳥, かくの, かつ消え, かならず打ち勝つ, かの廃藩置県以下, きっと雨, こつちから, この時, この滑稽, この集, これが, これも, これらは, こを, さと, さほどの, しあわせです, すぐ小説, すなわち怡悦, すゞしい, せいぜいな, そのたね, その上下, その十八世紀, その小児, その散じた, その概念, その犠牲者, その相手, その筆頭, その趣, それから何だ, それぞれに, それで済む, それに, それ迄, そんな苦労, たちどころにその, たちまち海, たんとドア, ちつと, つめたし, どうじゃという, どうも彼, どんな大, なりたうございます, なれが, にやアナトオル, にや失意, にや時々今にも, のぞむ戀, の好き, はや消え失せ, ひよつと, まあ二人, またどう, また何とか, まだ五十五, みを, もうそれ, もう國, もとの, やはりいわゆる, やはりドオデエ, やはり同じ, やめどころ, よいという, よい入門, よく茂る, よしさもなければ, よろしいん, わかると, わが彼, わが樂, わしには, わたくしたちは, われにも, をる, エレミヤ記二十章十四節以下の, キリストの, ゴーリキイにとって, ジャングル頭が, チッポケな, テエヌが, パツと, ヘルメース悍馬を, ホメロスの, ラサ府あるいは, 一つには, 一分間ぐらいの, 一切を, 一家の, 一応の, 一時間と, 一歩と, 一番無事な, 一行の, 丁々発止の, 七月二十四日に, 万病が, 三時過ぎ寒い, 下から, 下町生れの, 世帯を, 両氏の, 中津を, 主體, 九十四日に, 乳母を, 二人の, 二尊夫婦の, 云ふ, 五千余騎の, 五郎作は, 亡父之, 亭主案内する, 人また, 人間性の, 今し, 今より, 今戸の, 今日両性の, 今日我国民一般に, 今来た, 仲尼の, 位置に, 何とか目鼻, 何にも, 何を, 何処までも, 何處の, 依然として常に種子, 俳優の, 個人の, 倒れる細い, 偶数が, 僕は, 僧帽脹る, 元の, 元寇, 先づ危險信號の, 光は, 全く水, 八五郎は, 八歳の, 八蔵は, 六日早, 其の方, 其の記録, 其上を, 其味を, 其從者認め, 其時代の, 其生涯は, 其響は, 冷え行く, 出るだらう, 分ります斯, 別なる, 則ち告げずだ, 前に, 剛愎も, 力も, 勝つの, 包みても, 匝られる, 十幾年前芝居町なぞで, 千万有難う, 午後に, 半刻, 卓上に, 即ち上牢下牢関, 即ち空しい, 却つて形が, 原原が, 又吸う, 又日月蝕, 又退, 収まるもの, 取計いかねる, 古来世, 可いが, 可かった, 台湾総督府の, 号泣する, 叺に, 同じ谷川, 向ひより形亂, 呂氏春秋の, 味甚だ, 品異, 啼く何, 喜んで, 單に, 器分と, 四方より, 団十郎父子の, 國務益, 土曜日の, 地獄へ, 堕胎す, 壽阿, 外面は, 多くは, 夜を, 大きい, 大分他の, 大師も, 大御神は, 大概の, 大阪に, 天の, 天上もろもろの, 天地と, 天明元年春水本国広島藩の, 夫こそ, 夫の, 奇妙に, 女大学評論及び, 奴竜に, 如何なる新奇, 妹は, 姉が, 威を, 娘御, 嬢様は, 存分に, 學者も, 完全な, 宜いん, 宝剣岳の, 宥る, 寝汗した, 將來執るべき, 尊きベルナルド, 小児を, 小遣も, 少しは, 尚も盗賊, 山で, 山嶽と, 山縣系統の, 岸に, 峰に, 川に, 左舷の, 巨き, 己が, 師匠たる, 平仮名なりと, 幾らでも, 幾分の, 庭あり, 弟子が, 当時積弱の, 彼が, 彼も, 彼等の, 後なる, 從つてどんな, 御嶽山は, 心かなし, 心も, 必ずこの世, 必ずしも荒唐, 必ず二倍, 必ず其儘机, 忽ち倒, 思い次第の, 急に, 恋しちふ, 恐怖の, 恰も槍揮, 悪疾の, 想を, 意外にも, 感慨少なから, 慈愛の, 我々が, 我日本は, 我運命論者は, 戦場で, 手は, 打消しも, 持ち歸, 提に, 改革行われ, 敗れしもの, 文を, 文字を, 斯に, 新年の, 日が, 明は, 明治の, 明治維新後幾多の, 昔から, 昨冬以来だんだん, 昭和九年は, 時計とまれり, 更に次, 書生の, 最早大丈夫, 最早無し, 有情なりや, 木いちごの, 本校儀も, 来り刺す, 松風の, 果実の, 柏軒が, 柿の木に, 根據が, 検閲官が, 槍に, 横笛我れ, 橋あり, 歌に, 此一節は, 此國こそ, 此度は, 此書の, 此處に, 死ぬさ, 殆ど正気, 殺される, 母大に, 毫も美以外, 気違ひ, 汗顔の, 汝亦, 河童も, 洋傘は, 活きたる人物, 浪漫主義によ, 淋しくも, 深く踵, 渓に, 測らざる累, 漠然無意義の, 澄見の, 瀧口が, 火消ゆ, 無慙な, 無論僕, 焼岳の, 爪立ち踞め, 父母が, 爾余の, 物を, 狂を, 狹霧立ち, 現代作家の, 琉球諸島の, 甘くなります, 生きてを, 生まるる子, 甲武の, 男女三十年二十五年以下にても, 男子に, 町の, 畳三畳ばかりと, 疑いも, 痔病で, 癒る, 白檜帯は, 皆大雪と, 監獄や, 直ぐ歸, 直ちに大, 直になる, 直接に, 相当の, 眞志屋は, 眼前の, 矢張り一番怪しい, 知れつこ, 石烟管は, 社会全体に, 神は, 神秘だ, 秀林院様にも, 私たちは, 私馬より, 科擧の, 種々内幕, 究屈なる, 空氣更に, 米とれる, 細川の, 結婚も, 結構を, 經る, 編髪を, 總務委員幹事長以下の, 罪過の, 耳は, 聖フランシスと, 肉やぶれ, 能く, 脳は, 臆病な, 自も, 自分は, 自分自身は, 自然何處か, 自由黨の, 與三郎は, 舟待ちする, 色めづる若き, 花で, 花弁から, 芳之助を, 英雄と, 茶臼山美ヶ原武石峠を, 莨盆の, 落ちるやう, 藝術には, 蚊の, 蛙啼く, 蟻の, 衆人の, 褒美を, 西暦紀元八百四十年の, 見えるだろう, 見ゆる森かげ我, 観念を, 觀想の, 言ふべからず, 訳は, 試驗成績は, 誰でも, 諸君の, 貶しめ, 赤し, 足の, 足利時代は, 路上みな美人也, 身も, 軍人の, 近く屹立せる, 逆臣和泉守に, 通過する, 速やかに, 進むるほど, 遂に破, 違って, 遠からず, 酒の, 釋詁篇が, 野に, 針金は, 長命だ, 閉ぢる, 間もなく眠つてしま, 関節が, 閣下は, 阿関, 限りなき, 際限が, 隠れたるに, 雪かと, 露月既に, 非常な, 面影に, 響宛然金鈴の, 顔も, 風に, 風音の, 飛檐ある, 飢餓の, 飲む能はず, 馬琴の, 骨も, 鬪爭に, 魚いよいよ, 鮒らく世界に, 鳩山氏も, 鷄介も

▼ れども~ (1691, 0.9%)

51 彼は 35 彼れ 23 余は 17 彼の 16 是れ 15 我は 13 此の 11 こは 10 渠は 9 之を 8 公は, 吾人は, 大隈伯は 7 伯は 6 これは, 世は, 予は, 人の, 今日の, 侯は, 彼が, 彼等は, 是等の 5 われは, 不幸に, 人間の, 今は, 余の, 彼等の, 此は 4 これを, 伯の, 何の, 君の, 君は, 吾人の, 斯の

3 [11件] いや阿, そは, 人は, 他の, 何と, 余が, 彼を, 思へ, 是の, 此等の, 読者よ

2 [96件] こ, これらは, これを以て, されども, しののめきたる, その志, とられた者, また, もし道楽以上, ややあっ, 一種敬虔の, 三五郎と, 世には, 世俗の, 世間の, 世間は, 之れ, 予が, 予の, 事実は, 二人に, 人を, 人生は, 今の, 今や彼, 今や篤麿, 今日吾人の, 伊藤侯の, 伯が, 例の, 侯の, 偉人傑士は, 僕は, 公が, 公の, 其の個人的位地, 其の如何なる名義, 其の撃ちたる, 其抱負の, 又徒ら, 同一主義, 同中固, 吾人を以て, 大に, 大久保の, 大阪の, 天下の, 奈何に, 妄に, 婦人の, 子を, 小山は, 少なくとも彼, 尚一事, 幸か, 幸ひ, 当時の, 彼等を, 思へ征旅, 愛しき我が, 慈悲も, 我も, 我国に, 我政治家中にては, 抽象的理論よりも, 支那の, 政治の, 斯くの, 日本の, 是等は, 是豈, 更に大, 梅花を, 汝に, 汝は, 漢語の, 熱意は, 爰に, 独自の, 理の, 皇帝は, 皇帝自ら正, 知己の, 篤麿が, 終に彼, 自然は, 若し是, 茲に, 茶番は, 記憶せよ, 讀者よ, 財を, 貫一は, 近代の, 透谷は, 遂にその

1 [1118件 抜粋] あえて曲事, あれの, いかにせん吾人, いとど静, おのが, おのれ健かに, かくの, かのわかき, こころは, このツォイス, この人輩, この宿舎, この数篇, この日, この時, この海角, この理由, この絵本, この美服美食, この貧富, この餓, これこそは, これらの, これ国を, これ皆自然より, これ裏面の, さすが故, すでにああ, その一旦, その主, その他の, その何事, その制作中, その友愛, その唱和, その夢, その大長谷, その常に, その憐憫, その折出版届, その数, その時, その正, その流行最盛, その父母, その画風筆力, その発作, その相貌, その藩閥内閣, その起源, その重なる, その険胆辣腕, それかと, それにも, たとい実には, ついに人影, とるとは, なほ赦さざりけれ, ひとつびとつに風吹けりけり, ひねもすに, まさかは, また以上, また敵愾心, また食, もし大, よく事実, わがいたつき, わが書庫, われつひ, われら一齊に, われ既に, アカイア軍勢意を, アキルリュウスは, アーノルドの, イエスなる, キイツ云々の, コレラも, ゴンクウルは, ゾラが, ヂュウス聰明の, トルストイ伯は, ネルソンの, ピラミッド全体は, マインド, マーリンと, メリヤスの, ロココなる, 一たび顛覆党と, 一を以て, 一向に手元, 一概に教育, 万事不自由なる, 三歳児の, 上和ぎ, 上等に, 下田条約に, 不死の, 世或は, 世界に, 世間彼を, 両者ともに, 両者共, 中田氏は, 主將すべて, 之によりて, 之は, 九月通盛等の, 乳母の, 予輩の, 事実として, 事実人の, 事業を, 二つとは, 二個の, 二国交親せん, 五倫の, 亞細亞の, 人々が, 人に, 人情の, 人智は, 人生れ, 人間が, 人間は, 人間四囲の, 人間遂に, 仁を, 今これを, 今に, 今や天下我, 今夜懐にせる, 今広く, 今日斯く, 今最善, 仙女が, 仙術に関する, 仮りに, 仲哀神功の, 何が, 余はさほどに, 余を以て, 余輩は, 依然わが, 俗化する, 俺其者は, 個人は, 假り, 僕の, 僕等も, 元より, 元禄文学者の, 入歯も, 全般の, 共に銭, 其の形状, 其の文章, 其の罵詈, 其の能舞者たる, 其は, 其主人公が, 其分量大小等を, 其効果の, 其名の, 其図譜以外の, 其意なり, 其根本に, 其極致は, 其流る, 其神話を, 其罪は, 其萬葉に, 其酸甘, 内は, 凡そ宗教, 凡て是等の, 出雲神話の, 別の, 劇詩の, 勇む若人, 動物説話の, 医に, 卑俗なる, 南半球に, 南海中に, 危きを, 去て, 又あきらめ, 又火神, 双肩以て, 叔父は, 古来諸種の, 右手に, 各国の, 吉野山を以て, 同じ書, 同樣, 名誉は, 吾が形, 吾人に, 吾人詩学的の, 命運の, 唐尺使用の, 善の, 図中の, 国土の, 国家経綸の, 土偶の, 地底の, 基督の, 堺町役者共町人並商売見世等を, 外交の, 多涙, 夜遊病患者の, 大倭の, 天の, 天下眺望を以て, 天皇先に, 太陽の, 夫れ, 如何に, 妖魅せられざる, 始めより, 子は, 子規の, 學を, 宇遲の, 宗教に, 実は強請, 実際世界, 害ある, 富嶽の, 将来に, 小児の, 小生は, 小鮒釣, 少しく造化, 尚一個, 尚疑う, 尤も多く, 就中英は, 山水として, 巣に, 左列の, 巻三百四鄭和伝には, 希望の, 帝黙然たる, 常に饒舌, 常識のみが, 平ヶ岳の, 平治以降彼は, 年長ずるに, 幸徳の, 広重板画の, 張りつむる, 強き手より, 強盛, 当時この, 彼に, 彼らの, 彼ら盛り返し, 彼三派に, 彼時は, 彼等も, 待ちつる心, 後世に, 徒歩の, 得ざらん, 徳川氏に対する, 心に, 志気雄邁器識超卓常に, 怒を, 思うに, 思ひは, 思へ火, 性として, 恋愛は, 悖虐, 悪英語, 想像力なる, 愛しき我那勢命入り, 感傷の, 慧き, 憲政黨及び, 成すべき手段, 我が, 我が知り, 我らはらからは, 我國に, 我等夫婦は, 或は勇士意氣, 或国, 戦ふ為, 戰ま, 戰避け, 才子を, 撓まぬ力, 支那神仙説の, 政談演説会は, 数尺と, 敷島の, 文化初年長崎赴任の, 文学は, 文章と, 文語文を, 斯かる, 斯くも, 斯く嘲りたる, 方今の, 既に隈公, 日は, 日本現代の, 日葵が, 明治の, 明澄は, 星遷り, 春信の, 昨年よりは, 是は, 昼牟子を, 時にこれ, 時代の, 普く辛苦, 暗は, 暫らく塲景の, 曖昧模糊として, 曾て, 未だ其實, 未来永劫を, 本党, 本能以外の, 来らんと, 松下村塾に, 梁に, 極めて不幸, 槍は, 橡に, 欣弥は, 歌人皆, 正に戰勝, 此, 此上ふりては, 此両者を, 此人民の, 此島の, 此所の, 此暗合を以て, 此窪地の, 此説話が, 此説話は, 武門の, 死したるもの, 母は, 比較神話学の, 民間語源論の, 水神あり, 汝さとらず, 汝ヘクトールアキルリュウスの, 汝志を, 沙翁の, 泊以東は, 注意し, 洗礼を, 浦島説話に, 浮絵は, 海洋的の, 涙なき, 清十郎の, 渠等は, 滔々たる, 漁史は, 潮湧きぬ, 無常は, 熟化す, 熱意も, 父は, 特にその, 犯人は, 狂人の, 独り吾が, 狭山課長は, 猶医師, 王プリアモス生める, 現象有る, 理勢然ること能は, 甚六なる, 生ぜず, 生前自ら選みた, 生活の, 田口君の, 男神は, 留りて, 異しき心, 白糸は, 皆な, 皆国は, 皆理と, 皮膚は, 盾を, 真なる, 眼は, 矢疵に, 知識其物に, 研究上には, 社会は, 祖法の, 神仏儒蛮いづれ, 神女斃されし, 神話に, 神話学の, 程朱の, 空に, 竊かに, 童話に, 第三點, 簡を, 粋を, 精神の, 細君の, 絵画の, 繁を, 罪ある, 義仲は, 習慣は, 老体の, 耳に, 聴水ぬ, 胸中の, 能くそ, 自ら一種の, 自ら顧みる, 至る所, 色地縞柄なぞは, 花は, 苟くも円満なる, 若し人, 若し海洋, 若し足利時代, 若宮神主一家の, 苦しげ, 荀卿性悪を, 菅沼なる, 著作の, 薔薇は, 行政機関の, 襄は, 西班牙的潤色の, 見世物の, 親朝の, 言葉は, 試みに, 詩人と, 詩人を, 詳細氏名等は, 誠信なる, 説話と, 誰か, 誰人か, 論理痛快法度森嚴に, 諸公の, 諸地方發見, 諸王喪に, 諸般の, 讒謗罵詈を, 貧しき者, 貴下の, 賤人の, 起原を, 足蹌踉い, 軽忽, 迷宮と, 逍遙子は, 這般の, 造化も, 進歩黨が, 遂に以, 遂に奇たる, 運命の, 道也は, 道徳は, 道脇の, 酒なし, 銭を, 門下の, 開国家に, 陛下臣等が, 陸奥伯は, 隱處に, 難きを, 露国に対するの, 露國は, 須臾に, 領有せざる, 願く, 風雨簷瓦を, 首相阿部伊勢守を, 駸々たる, 高き音聲, 高級神話を以て, 鳥の, 鹿島さんの

▼ れその~ (1176, 0.6%)

22 上に 18 ために 11 下に, 中に 9 上には 8 ま, 中には 6 結果として 5 上を, 中で, 夜の, 直後に 4 おかげで, ような, 人の, 年の, 時の, 結果は, 黒いけむり

3 [14件] ことで, 上で, 中の, 二人の, 代りに, 側に, 前には, 前の, 名声は, 夜は, 度毎に, 時は, 色彩は, 言の

2 [52件] あとが, あとへ, うちに, ころ全く, さげすみが, そばに, たびに, ためか, ときは, どさくさに, なかで, はらいせに, まわりに, 一つの, 一部が, 一部は, 上から, 上の, 上へ, 上演が, 下から, 中から, 人が, 人と, 人間の, 停止を, 品により, 場で, 子は, 存在は, 学名は, 害を, 家の, 度に, 意味に, 手に, 手切金の, 拍子に, 日の, 時代の, 本質が, 次の, 死体が, 理由は, 理解に, 眼は, 結果別の, 自由さを, 舟に, 身も, 首は, 首領の

1 [889件 抜粋] あとから, あとには, あやまりが, いずれもが, うしろに, うばわれて, おのおのは, おびただしい方々, お世辞, かぐわしき才色, かわりに, ことでまで, ことを, ころの, すべてが, せつなには, せめて紫, ためには, ための, ため昔の, ため遅, たんびに, つやつやした, とおりである, ときひどく, とき家中の, なかから, なかには, なすこと, はじさ, ひとたちの, べつの, ほかに, ほか多くの, ほか筑波の, まえに, また師匠, まっくら, やはらかき, わきに, イギリス譯から, ガラスばりの, テムポに, トトコ等は, モクロミが, 一つから, 一つとして, 一とき廉子が, 一は, 一人と, 一挙一動をも, 一本を, 一点に, 一番高い, 一筋は, 三人はじぶんの, 三宝の, 上お前は, 上でも, 上は, 上一人, 上一番年上の, 上交番に, 上催眠術の, 上多大の, 上後から, 上持っ, 上明治八年及び, 上死骸を, 上爲る, 上猿轡まで, 上私は, 上胴体の, 上連日の, 上鉄砲玉の, 上離縁させられる, 下部に, 不連続線が, 中一部分は, 中央に, 中腹に, 主人公が, 予防として, 事件とは, 事実化を, 事業の, 享受は, 京風の, 人から, 人格なぞは, 人間を, 代りそこら一面に, 代わりに, 代表たちは, 代金を, 以外の, 企ては, 会合から, 伝統的な, 住民の, 作品の, 作者に, 作風の, 供養を, 価値を, 信仰を, 信任の, 俳句が, 候補地を, 借用を, 健在を, 健康が, 傍に, 傍証が, 傷口が, 傷痕を, 兄といふ, 先の, 先輩の, 先鋒五日には, 光りの, 児も, 全体で, 全身は, 全部に, 八諸侯は, 内に, 内五千フランは, 内側の, 内容について, 写真も, 出現が, 分家と, 分水嶺を, 刹那清高な, 刺激に対して, 前に, 前途に関しては, 剣を, 力に, 力強い凄まじい猛烈さ, 効果が, 動きから, 動作乱れず, 勲功を, 十日ばかり, 卑小さを, 南向きの, 原形を, 反動で, 収まる時, 叔母さんの, 口が, 各々には, 名において, 名は, 名も, 向うに, 周囲に, 周圍を, 命に, 啓示によ, 囲みの, 土地から, 土師人の, 土饅頭式陵墓の, 地上的愛の, 地位は, 地図を, 地点の, 地色は, 基本的な, 報告も, 場合呼稱そのものにおいて, 境内に, 境目の, 墓地には, 壁の, 売高は, 変化の, 夕すぐ, 外の, 外側が, 多くの, 夜五錠しか, 夜行方不明に, 天井の, 天稟の, 夫と, 奥で, 女の, 女中が, 妾に, 始末も, 姫は, 姿にて, 姿の, 子が, 学者は, 定期取引中にも, 実私, 実行が, 家への, 家中随一の, 家柄は, 寒さ, 封印で, 小兒たち, 少女は, 少量ずつが, 居城は, 屋敷跡は, 屍体は, 山は, 崖上の, 席上では, 常緑の, 幕府が, 平家も, 年産額は, 幾百部かは, 広告に, 底には, 廃墟の, 建物は, 廻廊の, 当時これを, 形状大小もしくは, 彩色は, 影響は, 彼自身を, 従属的家臣が, 従者たちも, 御殿の, 復活が, 心と共に, 心は, 心持で, 思想の, 思想傾向や, 急造の, 怪物から, 恋愛の, 悲しみを, 意味で, 意味を, 意志は, 愛憐の, 懺悔を, 成長を, 戯曲の, 所以を, 所屬や, 扉は, 手切れの, 手法が, 手長男神社は, 打撃が, 折の, 披露の, 拳銃の, 挙句星の, 揺り返しが, 損害額三百八十三万三千ドル死者四十名であった, 支那及び, 政治的社会的思想を, 故に彼ら, 教育を通して, 敵さへ, 敵討ちに, 文字の, 方からも, 方の, 方へ, 方式の, 方角に, 方面は, 旗挙公演が, 既に一部, 日が, 日には, 日常の, 日本的変種まで, 日稼ぎの, 昂い防禦精神, 春から, 時いよいよ, 時はじめて, 時三歳であった, 時分から, 時忠敬と, 時早く, 時自分も, 智萬物に, 暗殺者は, 暗示は, 暴威を, 期間が, 未亡人は, 末が, 末期の, 本来の, 果ては, 枝を, 根さえ, 棺の, 楽しみという, 槍ぶす, 様式は, 模範に, 横へ, 樹間から, 欅板の, 次葉に, 正統感は, 武士が, 死体は, 死骸は, 残りが, 殺したやつ, 毛が, 気に, 気持に, 気短な死に, 水は, 汗までが, 汽船の, 河の, 津軽領内において, 活動の, 海は, 淫猥らしい, 深い哲学的瞑想, 湯浅勢に, 漁夫を, 火に, 火の, 点で, 点においては, 無鉄砲と, 煮え立ったの, 爆発の, 片腕とか, 物凄い意味, 犠牲において, 状態が, 狡猾さと, 理性を, 瓢箪の, 生命も, 生活から, 男が, 界隈の, 疲れを, 発会式には, 発表当時には, 白い額, 百年後には, 皮膜は, 皺と, 盛時まで, 目の, 直なりし, 直接の, 相対的肥沃度または, 相異, 看護に, 真中に, 真実は, 眼球だけ, 知識も, 石の, 研究の, 神の, 神意を, 種々の, 穴は, 突きかざした, 立派さは, 端れ, 競技の, 第一, 第一条, 第十一, 筒口が, 築地の, 籠の, 粕は, 精神的な, 紙包が, 細君赤ちゃんつれ, 組先には, 経済を, 結果すべての, 結果件の, 結果学問芸術は, 結果彼れ, 結果感度が, 結果私も, 結果續い, 結果賊は, 絢爛たる, 継目が, 緊縛に, 繩尻を, 美くしく, 美で, 義龍も, 翌々年, 翌年には, 翌年の, 翌年同, 翌日には, 翌日は, 翌晩その, 翼にあたって, 耳は, 肉は, 背後に, 背景を, 腕の, 臆測の, 自然と, 興味で, 船が, 色が, 芝生は, 花に, 芸術に対する, 若侍, 苦も, 苦悶の, 葉面は, 著国憲汎論, 藝術的完成に, 虫を, 表情が, 複本は, 親密な, 言論は, 計画も, 記念の, 訴えること, 評判の, 評釈を, 語を以て, 課題の, 謀に, 象徴として, 財政を, 資金が, 赤い光, 足おそく, 足腐, 足許へ, 踵は, 身代金として, 身体は, 身自身も, 辛さ, 辺には, 辺りまだ, 返答としては, 迷信の, 連想は, 達磨翌, 遠心力でも, 選が, 遺族は, 部分の, 都度で, 都度荻窪へも, 酒その, 銃口は, 鍵は, 鎗法の, 門の, 闇の, 限りにおいては, 陵墓の, 階の, 際シャーマンを, 離屋の, 電光に, 面は, 面窶れまでが, 音を, 頃は, 頃普く, 頃松の, 題名についての, 風色にも, 養父に, 首のちに, 首手足などが, 香は, 驚き怖, 高弟として, 髪は, 麓まで

▼ れそう~ (1039, 0.5%)

93 になった 63 もない 59 な気, になっ 42 になる 31 である 3020 です 19 なので 18 なの, なもの 17 して, になり 14 になりました 12 だった 11 にもない 10 であった 9 もなかっ 8 だと, な声, な形勢, に見えた, に見える 7 なこと, にない, にもなかっ 6 な感じ 5 だが, だよ, ですが, に思われた 4 だから, な不安, な様子, になかっ, になったら

3 [11件] だし, だぞ, だねへと, ですね, なところ, な女, な所, にし, になります, に思う, に思われる

2 [36件] だけれど, だったから, だという, で, でありますが, でした, でしたから, ですから, ですぜ, でないまでも, でね, で気, なこッ, なとき, な予感, な事, な人, な人間, な場合, な帽子, な心持, な心配, な怖, な柄, な気持, な気配, な物, な目, な風圧, になってる, にもなる, に揺れ, に見えました, もありません, もなく, も無い

1 [285件] かどう, じゃろそう, すること, だからと, だけど, だけれども, だったが, だったの, だったらいつも, だったらこれ, だったわ, だったん, だった一つ, だった親たち, だわ, だ念, だ氣體, であったので, であった命, であった頭, であるが, であるけれど, でいい出しかねて, でいけないから, でいて, でことに, でご, でございまして, でございます, でしばらく, ですし, ですって, ですと, ですなあ, です助け, でそっち, でそれ, でないよう, でない場合, でない者, でなかった, でならなかった, でならなかったの, でなりません, でなんと, で下見, で不安, で今, で伸子, で何となく, で何とも, で危険, で却, で和氏, で哀, で問う, で容易, で彼, で怖かっ, で案外, で気味が悪く, で水, で眼, で考えてるところ, で行かれねえもの, とし, とばかり信じ, な, なあたりまえ, なあの, なおずおず, なおそれ, なおもしろ, なお人好し, なかたち, なくらい, なこの, なこんな, なしかも, なそこ, なその後家さん, なそれでいて, なと, なのに, なのぼり, なほど, なやわらか, なよう, なん, なんで, なタイプ, なヒヨ, な一同, な下劣, な不吉, な不気味, な世にも, な二つ, な人家, な人柄, な任意, な休み, な位置, な何, な余裕, な作品, な便所, な偉丈夫, な兇状持ち, な処, な刀, な勢い, な南京虫, な危う, な危険, な名, な哀れ, な圧迫, な型, な変てこ, な外見上, な夢, な大きな, な太棹, な奴, な妄想, な実際, な家, な岡, な工夫, な年紀, な幻覚, な広告, な強, な形, な心, な心地, な思い, な恐れ, な惧, な憂鬱, な所々, な所説, な手合い, な手懸り, な挙動, な時, な時に, な晩, な暑, な暗, な木枯し, な板囲い, な橋, な武将, な殺気, な母, な気イ, な気勢, な気強い, な気色, な気配い, な水勢, な沈着, な泣き声, な泪, な混雑, な演説, な瀑風, な焦慮, な熱海, な畑, な畔道, な白塗り, な眉山, な真に, な瞬間, な破目, な神様, な程度, な窮屈, な聲, な自分, な船, な良助, な苦痛, な蒼ざめた顔, な街灯, な観, な記事, な話, な議会政治掣肘主義, な足場, な路程, な身持, な連中, な運命, な門, な間違い, な際どい, な雲, な青い, な面白い, な顔立ち, な顔色, な馬鹿げた真似, にあえぎあえぎ, にありません, におぼえた, にさえなりました, にさえなる, にさけん, にその, になくなった, になっちゃった, になろう, にはない, にはなかっ, には見えない, にみ, にみるみる, にもなっ, にも思はれ, にも思われねえ, にも考えられよう, にも見えた, にも見えるだろう, にやっとこ, にアカシヤ, にバタ, にパクパク, に傾きかかっ, に動い, に動いた, に嫋々, に寒かっ, に居る, に思いました, に思える, に思っ, に思った, に思われました, に思われるであろう, に感じた, に感じる, に成っ, に戸, に振りみだ, に揺いだ, に撓ん, に早く, に暑かっ, に曲がり, に有りません, に気, に痛む, に砂, に見え, に見えなかった, に見受けられた, に話されました, に赭土, に車, に辛かっ, に重苦しく, に霽, に騒ぐ, に鳴り響き, ね, ねと云い, は分っ, もありませぬ, もござりませなん, もなけれ, もねえ, も無かっ, やよって, れそう, れどう, んなった, 信じても, 差別待遇は, 思ったらいよいよ, 思われる理由, 鍛えられまた

▼ れつつ~ (845, 0.4%)

83 ある 66 あるの 31 あった 26 あること 16 あるという 14 あるよう 12 あったの 10 あります, あるか, あるもの 7 あり, あるかを 6 あるが, あると, ある事 4 あつた, ある人, ある間, 彼は 3 あって, あるから, あるでは, あるなり, あるに, ある時, 蹌踉として

2 [32件] あったので, あった事, あるあらゆる, あるかという, あるであろうか, あるとき, あるドイツ, ある一方, ある事実, ある事柄, ある全, ある巌壁, ある新, ある日本, ある有力, ある点, ある社会, ある跡, ある際, くろんぼは, ここに, しかも自分, なほ厳然として, 今日に, 共々に, 椅子に, 死んで, 磨る墨, 自分の, 舞って, 進んで, 雨の

1 [434件] あったから, あったが, あったこと, あったその, あったとき, あったわが, あったクーデター, あった四月中旬, あった実証, あった岩波書店, あった時代, あった時期, あった最中, あった死体, あった目的地, あった私, あった老師, あった言説, あつて, あの世に, あの風, あやか, ありける耳元, ありしかと, ありしに, ありし或, ありし証左, ありその, ありました, ありますから, あり各種, あり我々, あり末梢的, あり西国, あるいっさい, あるうち, あるかの, あるかは, あることこれ, あること等, あるその, あるそれ, あるであろう, あるでせう, あるとの, あるので, あるのに, あるべきです, あるまで, あるも, あるものの, あるらしい, あるらしかった, あるらしく昔時人々, あるれっきとした, あるを, あるドイツ人, あるブレモン, ある一九四五年以後, ある不幸, ある中流, ある争闘, ある人々, ある人以外, ある人種, ある人間性, ある人類, ある以上, ある兵器, ある写真, ある処, ある労働者階級, ある又, ある同誌特派記者, ある吾子供ら, ある商品, ある問題, ある器具, ある国権, ある堪へ切れない心, ある墓穴, ある大衆, ある学問性, ある官吏責任問題, ある対岸, ある弁証法的唯物論, ある当の, ある彼, ある彼ら, ある心, ある怪, ある悪事, ある成長, ある或, ある戯曲, ある所, ある排中律, ある支那人, ある敗戦日本, ある教育, ある文化活動そのもの, ある文学的成果, ある新しい, ある時代, ある暴行, ある最中, ある本郷通, ある東京もの, ある栄華, ある欧洲大戦, ある歴史, ある民族自立, ある民衆そのもの, ある清葉, ある煉瓦, ある物価, ある状態, ある現在, ある現状, ある理想, ある生活, ある生産, ある男, ある秩序, ある稽古, ある稽古ぶり, ある範囲, ある組織, ある綜合芸術, ある美, ある肉塊, ある脳髄たち, ある脳髄関係, ある自覚, ある莫大, ある蜻蛉, ある街, ある表象, ある読本中, ある諸, ある貴い, ある資本主義的生産社会, ある資本主義的生産社會, ある赭, ある近代都市, ある運動, ある醜い, ある鐵道, ある関東防空, ある闘争, ある階級, ある頃, ある食堂, ある黄昏, あれだけ, あれば, おそるおそるその, かなしく両, ぐんぐん上昇, こう生き, この空気, さがし何, しいて中門, しかし市街, しかもなお, しかも今日, しきりなし, しだいに高く, しむよう躾, しむ筈, しんの, せせら笑って, そこから, そぞろに, その上, その中, その半面, その同じ闘志, その旅館, その脅迫観念, その道得を, それからそれ, それから三里, それとの, それに, それの, それらの, それを, たたかれつつ, たちまち眼, ついて行ったり, ついには, どうかし, なお, なおそれ, なおそれら, なお自分, なかなか学び得ない, はっきり主体, ぱちぱちと, ひる頃, ふくらんで, へばりついて, ほとんど何ひとつ道草, また一面, ままよと, もう一度唾液, やはり根本, ゆくもの, アジア及び, オランダ貿易を通じて, サヨの, シャッタを, スペインに, マリユスは, メキシコの, モチ竿は, ローマ文化が, 一人の, 一方には, 一時間余を, 一汁一菜半畳の, 一縷この, 一般受けは, 三つの, 下れば, 下這, 二階から, 人々は, 人は, 今年が, 他方昔ながら, 代官坂の, 以前の, 会社への, 何がな火事場, 何らの, 併び存し, 依然都ばなし, 信仰と, 倶に, 僕は, 先年亡くなっ, 光る水, 内輪は, 出て, 刻苦し, 動いて, 半時間, 半町ばかり, 又も, 口に, 口を, 口紅の, 吉隠の, 同時に南方, 向の, 吹倒された, 呵責の, 呼吸する, 呼吸も, 唇を, 善を, 土中に, 在る今日, 城内の, 墜ちて, 変化し, 夕照に, 大火輪は, 始て, 威勢よく, 学術の, 完璧な, 官邸の, 宙に, 寄らんと, 富山の, 寝ねが, 寺の, 小声で, 小説の, 尚伝統, 川越へ, 己は, 平然として, 延び上ったところ, 引き戻されるの, 引っ切り, 彼の, 待って, 御身は, 心の, 心太く, 必ずしも文学, 急ぐの, 怪しき魚, 恭しく絵巻物, 慎んで, 成人し, 成長した, 或る, 戯曲を, 手早く絵巻物, 抵抗する, 押し流されて, 描いた言わば, 揚って, 撮影室へと, 放射状に, 敢えて出発, 文化や, 文学が, 斎藤博士の, 旅から, 日が, 明治四十年十月十四日光誉春琴恵照禅定尼の, 時々の, 時々刻々に, 時々稲妻, 最前正木博士が, 月の, 有るは, 未決中無事に, 森厳と, 機械人形の, 歩いた, 死ぬ, 気の毒な, 水も, 水葬された, 永い年代, 江戸八百万石の, 沖の, 活躍し, 流れ蠢いて, 浮き泡と, 深き思い, 深まさり行く, 湖岸を, 満足し, 滅びるかに, 漂し, 激昂した, 無私無慾に, 特に九州, 犯して, 猶その, 猶人生, 獲得される, 現わ, 理解した, 生きつつ, 生きて, 生きなければ, 生きるの, 生みだす短篇, 生活を, 白昼の, 百遍二百遍三百遍と, 盲目的に, 相互に, 相当乱雑, 眞暗, 真暗な, 眺めて, 矢代は, 示される, 私は, 程遠からぬ, 立尽せり, 競馬場の, 筆を, 粛々として, 終に移すべからざる, 結局その, 絶えて, 網の, 縫ったもの, 繁栄する, 義貞は, 習い覚えた曲, 考える, 而も, 自然的時間に, 航走す, 若くし, 荼毘に, 菫の, 落ち着かない不安, 葛藤を, 葱を, 蓬摘ん, 虫など, 蛙が, 行く, 行く途中, 行っただろうと, 行はれ, 裏山を, 設定を, 詰襟の, 誰かの, 調和し, 謡いつつの, 谷川温泉の, 足早に, 躓きつつ, 軽んぜられるといふ, 轍が, 辛うじて出, 辛うじて波止場, 辛うじて阿弥陀, 連盟島の, 進展し, 進展した, 進行する, 過ぎた事, 過すの, 道誉との, 酸鼻を, 金吾も, 鈴鹿峠に, 長く水面, 電車の, 静かに, 非常に, 音楽の, 音樂的に, 頭を, 飢えと, 鶴ヶ岡の, 鷲そのものも, 黙々と夜長

▼ れてから~ (714, 0.4%)

8 後の 7 では 6 彼は, 私は 5 後は 4 急に 3 あわてて, これは, 今日まで, 案内する, 水に, 間も

2 [38件] お島, きょうで, き目, この地下, ずっと独身, そういうふう, だが, だった, だれも, である, まだ間, もう何年, 七日目の, 三十年たっ, 世間の, 二三カ月後に, 二三日の, 五日平次は, 今まで, 今日で, 以後の, 八十二年に, 助なあ, 十五年に, 四日目橋場の, 寺島新田と, 帰庵, 彼の, 後に, 歩いて, 母が, 気が, 火の, 真の, 約一年, 約一週間, 西川氏に, 長い年月

1 [584件 抜粋] あいつを, あたしは, あちらへ, あとも, あの不思議, いかなる草深い, いかな平凡, いくばくも, いくら平, いろんな事, いわばもうこの世, おいらは, おかしくなったらしい, おくみ, おそらくそれ, おまわりさんに, およそ一月余り後, およそ九十年, およそ八時間後, お互いの, お初は, お島たち, お帰り, お母様と, お皆, お糸, お花, かなりの, かなりもがいたらしいじ, かなり土人, がらりとか, きけッ, くるぶしが, こっち, こっちこんなにも, こっちステッキは, この国, この大食堂, この書, この頃自分, これまでに, ご上人様, さてどう, しきりに海, して, すぐ共産党, すぐ帝大, すっかり気, すつかり, すでに十日余り, すでに四カ月目, すでに足掛け八年, ずっと懺悔聴聞僧, ずっと昔, ずっと渋く, せっかく来た, そういう日本, そのまま父, その仲間, その奥歯, その居間, その年, その後少し, その社会的事情, その護どの, その部屋, その間まだわずか, それから安治, それが, そんなに年数, だ, だんだんに永い, ちょうど丸一年目, ちょうど二か月後, ちょっと後, ついたが, つい足, つまり四月二日, であった, であったが, であります, でさえ, です, でなければ, でも, とかく世間, どうされた, どうしても後, どうしました, なほあとに, にっこり笑った, のちの, のちも, はじめてき, はじめてそういう, はじめてほん, はじめて分った, はじめて夢, はね, ひと月ばかり, ひと間に, また上の, また現れ, まだあまり, まだいくばくも, まだやっと二日目位, まだ一二年, まだ一度, まだ一時間, まだ一月, まだ一週間, まだ五十余年, まだ五十日足らず, まだ医者, まだ日本, まだ百十年, まる二年, めぐり会う運命, もうかれこれ三年半, もうどの, もうどれくら, もうよほどに, もう一刻半, もう一年以上, もう七八年, もう七日以上, もう三十日以上, もう二年, もう二週間以上, もう五十七年, もう五十年, もう何日目, もう幾日, もう抵抗, もう長い, もとより政治, もはや三十年近く, もはや何年, やっと大きな, やっと陳君, やや自重, ようやく二十年, ようやく安心, よく見る, わずか一刻, わたくし一人の, アメリカ人に, ウトウトなさっ, オモムロに, タッタ一人に, モウ十年に, 一ト月ほどの, 一人で, 一人世帯を, 一人世帶を, 一人本村町の, 一匹の, 一層仲間入り, 一年と, 一年も, 一年を, 一年半ほど, 一度も, 一時間ばかり, 一段とその, 一箇月後の, 一緒に, 一般の, 一週間と, 七八十日位の, 七八行も, 七年の, 七日めに, 三人は, 三十三年広島の, 三十五の, 三十分以上も, 三十年この, 三十年にも, 三十年経っ, 三十年近くに, 三十有余年其間に, 三四年後に, 三四日か, 三四月を, 三宅島と, 三年に, 三日目に, 三百年も, 三菱合名だの, 三週間過ぎこの, 上京し, 世の中が, 世界の, 世間を, 両国の, 中一日, 中國, 中島五郎作に, 主人公は, 久しゅうなる, 九年目である, 九日目の, 二ツ三ツ大きく, 二ヵ月の, 二ヶ月目に, 二三時間後に, 二人で, 二人の, 二人三人子供を, 二分乃至, 二刻か, 二十分位に, 二十数年の, 二年と, 二年ほど, 二度目の, 二日, 二百數十年ベーリング大佐が, 二週間程, 二階の, 五ヵ月あまり経過した, 五六日し, 五分間余りも, 五年目に, 五日ほど, 五日めの, 五日目二月も, 亡くなられるまで, 人々の, 人間は, 今では, 今度は, 今日が, 今日は, 今日迄に, 以後は, 以後今日までの, 以来は, 以来ほんとうに, 以来初めは, 伊之助も, 伸子は, 住職の, 何を, 何年も, 何度とも, 何箇月も, 余程時日, 作家同盟は, 作者は, 例えば当時, 信心深い, 個人商人の, 僅, 僅かに, 僅か七年め, 元の, 先ず生産, 全くの, 全くべつ, 全く人間, 全線納まらず, 公然たる, 六年目の, 兵馬自身に, 其儘に, 凡そ半年足らず, 初めての, 初めて彼, 別れるそ, 加奈子が, 十ヶ月に, 十七年経った, 十三日目の, 十何日下手人の, 十八年に, 十六七年後の, 十四年世栄の, 十年目, 十年近くも, 十時間過ぎない, 千世子が, 半世紀, 半年も, 半病人同様, 却って自分ひとり, 却って長い, 去年の, 又朝, 取扱った件数八八一七件, 取越苦勞, 口に, 吠面掻く, 周子と, 命中する, 善兵衛の, 善兵衞の, 四五日目それまで, 四代に, 四十一年目兄弟が, 四年めに, 四年目に, 四時間も, 四月ばかり, 四百何十日の, 四週間を, 土師の, 地道な, 墓参の, 士族の, 士気も, 変ったの, 多少冷淡, 大きな財産, 大そう貧乏, 大ぶ, 大体どのくらい, 大変苦しまれ, 大村氏を, 大納言の, 女給仕に, 妙に, 始めてうち寛ろ, 始めてながす, 子供と, 存在が, 安土の, 官兵衛は, 実に十二年目, 実に四日目, 宵の, 宿に, 小袋ヶ岡に, 小説が, 山岳の, 山麓或は, 幸福な, 幻に, 幼い道綱, 幾年も, 幾年を, 幾度も, 座を, 弾正の, 役の, 彼も, 彼女が, 後いくばく, 後それらの, 後までも, 後守る, 従順に, 御三代, 御自分, 復の, 微かな, 心がけが, 思いきって, 思想的厄難が, 息を, 懐中には, 懲りて, 手を, 手錠磨きを, 打け, 捕へ, 政府の, 数年たつ, 新しい三つ, 新片町に, 新片町へ, 既に十年, 日が, 日本の, 早くも, 早や, 昔の, 時々見える, 更に十一年, 更に明治三十三年, 書き出すまでに, 最初の, 朝が, 未だ一度, 未だ行く, 未曾有の, 東京へ, 東京港で, 極まって, 正風の, 此方店を, 殆ど三年の, 殆ど変化が, 殆ど斷念し, 母は, 毎年十一月には, 気がついたの, 氣が, 水かさを, 水へ, 決行され, 汽車へ, 流行りだしたもの, 浅草辺を, 清十郎の, 渠に, 港, 湊川の, 漁師言葉の, 漸くお, 漸く上半身, 無聊な, 物の, 犯人が, 狎昵の, 獨歩君の, 玄石は, 理科の, 瑠美子と, 男に対して, 畑から, 略ぼ, 病の, 病院を, 発見される, 百姓自身の, 皆は, 盗難とか, 直ぐその, 直ぐ女, 相当時間, 確に, 社会主義社会建設に, 私の, 私も, 秋, 立ち交じって, 笑いが, 紀久榮の, 約一時間半, 約二十年, 約二百八十海里, 約五〇年後, 紹介した, 絞殺され, 継友が, 義太夫, 考えた事, 耕作面も, 自分の, 自活の, 自首を, 舌が, 船岡四千余石の, 船長は, 芸術の, 蒲生氏加藤氏田中氏はじめ除封削, 藤田文三さんが, 蛇を, 行かずに, 行は, 行方を, 表へ, 表面は, 解られて, 解放されました, 言語障害を, 話したよう, 読み入った, 誰と, 諸方へ, 貯めた金, 起き上がる事, 路地を, 辞去した, 近所の, 連歌は, 遅くな, 道佛二教の, 部屋を, 重兵衛, 銚子の, 鎌倉へ, 鑄掛屋の, 間もなくこの, 間もなく寄越された, 間もなく此, 間食の, 降りて, 陸地測量部の, 階上の, 雪之, 電話を, 青二の, 青楓氏の, 非人小屋の, 顔色なども, 馬に, 高橋是清が

▼ れ~ (687, 0.3%)

10 云ふ 6 我が身を 5 己れ, 思って 4 いって, いふ, 同じやう, 同時に閣下, 我が心, 相結托, 見て, 誰れ, 調和を 3 ありしに, 一むれ, 一緒に, 云ひ, 今更の, 言ふ, 身も

2 [63件] あやしみの, いふと, いふべき格別, くやしき境界, なり, もし火, わが身を, 与に, 之に, 云うて, 云は, 云ふも, 交通す, 人の, 佗し, 利害を, 勅あれ, 反対に, 同じよう, 同じ事, 同一なる, 同時に侯, 同時に其の, 同時に其智, 同時に内閣, 同時に出現, 同時に子, 同時に彼, 同時に我輩, 同時に政治的射利熱, 同時に私, 同時に第三者, 吾が心, 吾が眼, 吾が身, 吾れ, 姪との, 寒さ, 心を, 怒りとに, 思おうか, 思ふ俤, 恥の, 情感の, 愛想なく, 憎しみを, 我が胸, 我が身に, 我が顔, 我身を, 教へるで有らう, 是れ, 暗さ, 此度は, 相容れざる, 相隔離, 秘密を, 結托する, 與に, 言ひます, 言ふも, 語れる記者, 進退を

1 [478件] ありますなー, あるから, いい表裏交, いうけれど, いうて, いうても, いうよりは, いうよりも, いえば, いっしょに, いっては, いひ, いひき, いひたま, いひつ, いひまた, いひ越せど, いふなら歸, いふに, いふべきであらう, いふん, いぶかしく思う, おしてきた, おしてやけ, おして今日, おなじよう, おぼさずや, おぼしめして, おぼしめし六ツ半ごろ, おぼしめすかた, お着, お言伝, かう, かたがた中村の, かなしみと, かれたという, が彫り, これを, さりとは, しない本当, します, じっと見る, それから迷惑, それを, つとめて政治的, でしたかを, で二人, どうする, どうにも斯うに, どう見, なく, なく与えられる, なく促, なく僕, なく再, なく合図, なく御, なく日本人, なく裏切り, なく見, なく長吉, なしに, なった不運, なって, なつた, ならなければ, なりあ, なりて, なりましょう, なりみぞ, なり縁, なる, なる已上, に囚, のりたまひき, ひた, ひたすらとどめ宥め慰め, ひとしい運命, びらが, ほされて, ほして, ほり春日の, ぼとぼと町, ぽんと, みぞれ, めじひか, もう一つ, よるとの, われに, われら同志の, カニは, ペンと, マア坊との, 一所に, 三人同じ, 三度うたひ, 下宿を, 不安, 不安とに, 不安の, 与うれば, 与にか, 与ふれば, 世間話を, 両者相, 丸木舟とは, 乞ふて, 二度の, 云いさ, 云いしと, 云いし道衍, 云いたくも, 云いながら, 云うと, 云うの, 云うよりも, 云う意識, 云う智慧, 云う目的, 云う直接, 云う覚え, 云う議論, 云える, 云って, 云っても, 云つた, 云つたぢや, 云つて特に, 云つて鎌倉までの, 云はれ, 云ふなら, 云へば, 云へる, 互に合, 交った低い優しい, 交る, 交互に, 人に, 人影で, 今に残っ, 今の, 今日の, 今早朝, 仕込んだでは, 仰せられましたから, 仰つし, 会合し, 伴に, 似たもの, 似た髷, 何やら独呑込, 何れが, 俺れ, 倨傲とぞ, 偕に, 先生から, 党員との, 入念の, 全く反, 全く異, 共に紅い, 其の人, 其理を, 分き難し, 判然解らなかった, 利家も, 前項に, 動くの, 勧められて, 勸めても, 勸める, 勸め見ん, 十分察し, 反つて今, 反対な, 反對, 反映する, 古井氏は, 只管と, 叫ばれて, 叫んだ, 叫んで, 叱す, 合唱する, 同じい, 同じく, 同じくらいは, 同じく基督, 同じく詩人, 同じで, 同じであらう, 同じである, 同じに, 同じもの, 同じ世紀, 同じ心もち, 同じ灰白, 同じ程度, 同一の, 同居する, 同年齡だ, 同数に, 同時に, 同時に今度, 同時に右手, 同時に多く, 同時に女, 同時に奸魁処罰, 同時に奸魁處罰, 同時に往路巴理, 同時に歐洲, 同時に浮世絵, 同時に自ら, 同格以下に, 同様に, 同様の, 同樣, 向き合う事, 吾が嗚咽, 吾が笛, 吾が腕, 吾が血潮, 吾が詭術, 吾が髪引, 吾前を, 呑みこめば, 呼ぶこと, 呼んで, 命ずるの, 命令した, 咽喉を, 唇開きも, 唱へて, 困憊を, 固く禁ぜ, 固く禁め, 執筆し, 外へ, 夫婦約束し, 奥の, 妻とが, 妻とは, 嫌気とを, 寂しさ, 寂寥が, 密接の, 寒けがゾッと, 寒けを, 寢る, 對し, 少も, 山許り見, 岡焼, 幾年も, 座席との, 座蒲團代りの, 弱味とを, 当面の, 彼れ, 心に, 心配し, 念じ今, 念ず, 念ずる折, 念ぶつなし, 怒りと, 怒鳴り立てた遠藤, 思いしめて, 思いましたも, 思い乍ら頓, 思い朝霞, 思い浮かべては, 思い買い取りて, 思う, 思うて, 思うての, 思うにつけ, 思うもの, 思うより, 思えないもの, 思し召すだけに, 思った, 思ったから, 思ったの, 思ったら今, 思ひきや, 思ふ事, 思わずやといい, 思わば, 思われよ, 思召さばせめて, 思召さばたった, 思召され, 思召し給い, 思召す, 性質を, 悔ひ, 悩みを, 悪い虫めら, 悲しそう, 悲しみが, 悲しみの, 悲しみを, 悶着し, 愕きの声を, 感ずるや, 感附いた, 慇懃に, 憎しみが, 我が不安, 我が命, 我が咽喉, 我が唇, 我が声, 我が身へ, 我が身知れませぬ, 我が造り出した, 我が額, 我が骨, 我に, 我心に, 我身に, 我輩は, 戒められて, 戸棚がた, 戸棚がたがた明けに, 所は, 手が, 手下, 手数を, 手當り, 打付けて, 抗論する, 掛け離れた別人, 改めて引抄, 教へ, 教へるであらう, 敵は, 斜に対して, 會合し, 望みと, 木戸を, 条約改正を, 果して何方, 果して同様, 條約, 欲し, 正反対に, 此れ, 殆ど同じ, 母子し, 比べては, 気を, 決意の, 河の, 泣きしずみながら, 泣くよ, 活く, 深入りを, 湯を, 激しい憤怒, 無く探り, 焼鏝を, 煩わしさ, 燒いたんだ, 玄関番が, 生命を, 申して, 申しますよう, 申すの, 申すほか, 申すも, 申すより, 申候ほどの, 異なりたるもの, 異なるところ, 異なれり, 疑は, 疑惑が, 目に, 直角の, 相場が, 相知る, 相触著せむこ, 相觸著, 相鬩ぐ, 知ったの, 知らさぬ用心, 知らねば, 知らる, 知りて, 知ること, 知るは, 社会との, 稍や, 窓口で, 窓枠の, 立派な, 笑はれ, 等しき意志, 等しく生命, 答えける, 答えたそう, 結びついた, 絶交する, 羞恥の, 聞こし, 聞しめせ, 自ら受け渡しを, 自分の, 自由党との, 自由黨との, 興ぜし花, 艶容を, 苦しみは, 苦悶に, 蟹の, 行き違い, 行くんだい, 衣紋の, 見え居眠り, 見たけれど, 見たよう, 見やりながら, 見るしか, 見ると, 見るより, 見る心理, 見ん人, 見物し, 見立てて, 覺え, 覺つた亞尼の, 言う, 言うこと, 言うて, 言うん, 言えと, 言えば, 言った, 言って, 言っても, 言つた, 言つたのに, 言つてゐる, 言つて取り立て, 言へば, 記臆せし, 訪ねて, 詠めて, 話したかといふ, 語らんとて, 語れと, 説くの, 読む, 論ずるよう, 警めき, 赤ん坊を, 酒の, 酔いの, 酔ひとの, 関係が, 闘う反骨, 非常に, 頼むの, 顎を, 顔を, 願って, 飛んで, 馬と, 馬との, 駭き, 驚きとは, 驚きの, 驚きを, 驚ろき, 高さ, 黨員との

▼ れから~ (509, 0.3%)

12 私は 9 私が 5 して 4 先き, 其れ, 江戸に 3 彼に, 私の

2 [30件] その時, だった, である, ハッチェリー, 下ノ関に, 二年間先生には, 亜米利加に, 今度は, 僕の, 先の, 先は, 先生は, 半丁に, 半時も, 又斯, 又私, 喧嘩の, 彼は, 後とて, 後に, 後は, 後其年, 感極, 懐中の, 此本を, 江戸の, 癒り切らぬ, 舟綱橋まで, 長崎に, 願ひ

1 [405件] あのアルマン, いろ, おみゑ, お抱えに, お臀, お針に, かけ違って, かさを, かれら, きいた, ここに, この咎め, これは, すぐ嶮, するも, ずっと此, その医師, その蛾, その馬, それを, そろ, だといふ, ちょれ, であった, では, どの位, どの建築, はあわし, べら, また馬, もう一つ, やや逃げ道, エジプトの, ガルヴァニの, キキイは, サンドヰツチを, シラバクレて, ゼニを, ニオトマムまでは, ハヾトフも, ポツケツトに, マア色, モウ一歩立上る, 一二丁の, 一切の, 一同塾に, 一時間ぐらいは, 一時間程も, 一緒に, 一般の, 一週間彼は, 一里も, 三人し, 三八の, 三十二三歳の, 三四町の, 三曲合奏の, 三月経った, 上手へ, 下つてアリストテレース, 下りるお, 下谷へ, 丑之助君を, 世の中は, 中一年, 中堂此の, 中津に, 主婦や, 九八の, 二人は, 二十一日の, 二度目に, 二手に, 二日二晩と, 二月もの, 五日ほど, 亜米利加人の, 人も, 人間を, 仇打の, 仏蘭西の, 付けたやう, 以上は, 以下が, 以來御, 以来は, 伝わって, 伺って, 何うし, 何が, 何なりました, 余も, 佛教の, 信ちゃんの, 信仰に, 値を, 先ず早桶, 先に, 先も, 先何う, 先又, 先方へ, 先生逝去後の, 入る, 公使に, 其の修行者, 其の薪, 其の響け, 其年の, 其話し, 其足で, 再び出る, 再び巴里, 再引返し, 冗談に, 写真代の, 出かければ, 出來, 出掛けて, 出發, 刀の, 別の, 前, 前に, 前にも, 北海道の, 十年許り経つ, 半年ばかり, 半年も, 原書は, 又その, 又た, 又バタ, 又一人, 又一度, 又一方, 又亜米利加人, 又再三試驗, 又勝麟太郎, 又古今集, 又可笑しい, 又引返し, 又御, 又或, 又母, 又登る, 又肥後, 又自分, 又薩摩, 又鎖, 又長州征伐, 取次が, 取次業者連中は, 古川の, 古川節蔵は, 只た, 右へ, 同じ長州, 同行の, 名高い森, 吾妻橋へ, 和蘭白耳義普魯西各, 四月に, 回復し, 回覧板を, 地ならしを, 地図を, 塾中の, 墨も, 壱岐殿坂の, 外の, 多助は, 大きな瓦斯竈, 大に, 大分熱く, 大施餓鬼, 大橋を, 大詰に, 大阪は, 大阪まで, 大阪までは, 大阪湾に, 天眼天耳と, 夫れ, 奥様は, 好める斯, 姑く, 娶にでも, 学校を, 孰方へ, 宅に, 宇田川町の, 客と, 宮島を, 家の, 家督相続と, 寝ようと, 小説家は, 少しく自分, 少しその, 少し都合, 少し離れ, 屋根へ, 山蔭の, 屹度やら, 岡崎新田五町田の, 峠に, 己ア家が, 市の, 布哇を, 帰り掛けに, 幾ら呼び, 引き立てて, 当時の, 彼の, 彼方の, 後でお, 後で弁士, 後も, 後印度, 後私は, 得たもの, 得ようとして, 御坊は, 徳川親藩の, 必ず毎週一篇づゝ創作, 念の, 怕れ, 悠々と, 患者等の, 懐中し, 我れ, 或日, 手で, 振ひ落し, 捕まえられたとか, 捨てぬ先, 捨て置けませぬから, 握飯を, 攘夷論と, 支那に, 数を, 数寄屋町の, 数日の, 敵の, 斯う云った, 新橋まで, 方向を, 日本で, 日本に, 日本文字で, 明治廿九年乃木中将が, 暇を, 暖く, 暫くの, 書齋に, 最う一つ, 最う一つ之, 最早墓, 朝の, 来る毎, 東京では, 東京へ, 東京以外にも, 林藏の, 染められるの, 案じ出した苦肉の策, 植物園附近の, 楽書一切相成らぬ, 榎本, 横浜に, 次にも, 此方の, 此方も, 此方都にも, 段々と, 段々切迫, 段々話, 段々身の上話, 殺さうと, 殺しに, 母は, 民族形成の, 水の, 水夫を, 水夫共を, 水戸の, 永阪の, 汁の, 江戸市中の, 淀橋まで, 清水の, 無理やりに, 無限の, 片端から, 物価の, 物頭が, 牽くの, 狭いだらだら, 獨逸であります, 玉兎庵という, 玉造の, 甘い汁, 申上げたい, 町人の, 番丁へ, 番町の, 異しむ, 畳の, 白い湯気, 白菊の, 皆なし, 益々辛い, 直ぐに, 直ぐ又, 直に町奉行所, 真直に, 真裸体で, 眠るが, 眼だの, 破滅を, 神明前の, 私も, 私共が, 種々の, 第三次, 筆は, 箕作の, 細い道, 總て, 翌朝の, 肩に, 肩を, 脇屋を, 脱け, 膏薬を, 自分で, 自分の, 與謝野夫人に, 船に, 船場屋寿久右衛門の, 英仏両, 荒川に, 葭町の, 薔薇の, 薩摩から, 藩の, 行先に, 行灯に, 行端が, 衛生委員の, 表向きに, 袋の, 袴の, 裾を, 西の, 西へ, 親爺に, 観察した, 解放され, 証拠を, 詩人, 話は, 語り出されねば, 諸方の, 貸しても, 質問の, 足を, 踏める己, 身を, 身體を, 車を, 農園にかけて, 近所で, 近江の, 述べる事, 逃れたこと, 途中で, 運動する, 遠ざかれば, 酒を, 野の, 野菊の, 金を, 金精峠と, 鉄屋に, 長い年月, 長助が, 長屋の, 長州藩が, 門番に, 間もなく御新造様, 間もなく附添, 陸に, 雪駄を, 露京を, 露西亜を, 青い麦畑, 顔も, 風呂に, 飛び込んだの, 馬を, 駕籠に, 骨まで, 鳴き出して

▼ れそれ~ (470, 0.2%)

7 と同時に 5 がまた 4 がため 3 はそれ, をまた, を見

2 [22件] がこの, がし, がほとんど, がもと, が因, が更に, が最後, が自分, が議会, と闘っ, ならば, によってその, に伴っ, に参加, に向っ, に導かれ, に抵抗, に被害情況, は, はすでに, は小, までの人生

1 [401件] からいった, からいろいろ, からさらに, からしばらく, からすぐ, からずつとハノイ, からどう, からの辻一作, からはあの, からは偉い, からは四分五裂, からは心, からは木枝, からも蔭, から一層, から一条家, から三十五歳, から三十年, から三年目, から三日, から二年余り, から何里, から参っただ, から引き続い, から李, から親類総出, があの, がある, がいや, がお, がかえって, がかれ, がさらに, がじつによく, がただ, がちょうどよく, がところどころわざと, がどれ, がどんどん, がはじまりで, がひっくりかえっ, がひとつ, がまあ, がまるで, がもの恐ろしく, がアラビア哲学, がエーテル, が一, が一つ, が一応, が一斉, が一種, が一週間ごと, が三浦父子, が上, が不動産, が不可解不可能, が世間, が主体化, が久しく, が二人, が今, が今次大戦, が会得, が伝わり伝わっ, が例, が偶, が僕, が元, が先刻, が出征, が出来ね, が初, が動機, が古典, が問題, が噴火, が地方, が地方的, が垣, が堂内, が外景, が外部, が多少, が多数, が大, が大々的, が学界, が実に, が実践, が将軍家, が小, が崩れ, が帝国, が幻覚, が幾, が当然, が彼, が彼女, が後世, が忽ち, が息, が成功, が支配, が政治, が新人クラブ, が新聞小説, が日, が本筋, が次々, が段々, が氏, が決定的, が波, が浮藻, が物, が瓦版, が異常, が病的, が相当, が眼前, が着々, が秦, が種, が稽古座, が立派, が納得, が終る, が結成, が絞殺, が絶間, が脈管, が興味, が行われ, が訛っ, が諸, が警官, が貯, が転じ, が通じ, が門跡, が関東震災, が電車, が高層空気, が高調, が鼻, こそあなた, こそ信用, こそ失敗, じゃあ虎, だから, だけで自信, つきり, つきり好き者, つきり死骸, つきり行方不明, で間に合った, というの, といふの, とこの, としての通用性, とともにこういう, とは別に, と入れ代っ, と入れ違い, と共にその, と共に批判的精神, と共に素材, と共に身, と共に魂, と分った, と家内, と相容れない, と連接, と関連, に, においてはじめて, にかわっ, についてある, についてじつに, についてする, についての実際, について抗議, について自分, につづい, につれ, につれてヨーロッパ, には内外, には奇怪, には葡萄, には遂, には鄭和, にひどく, にふさ, にふさわしい, にまざっ, にもとづい, にもまして, にも屈しない, にも甘んじない, によってそれ, によって個人, によって平安朝, により土地, により市町商い所, にドクトル, に一脈, に交えた, に依れ, に出席, に利用, に南枝, に博労, に吉兵衛, に大綱, に実例, に宿, に対しての返事, に対してヨブ, に対して支払われる, に対して真名古, に対する囂々, に対応, に対立, に就い, に引き続い, に形式的原理, に影響, に思い思い, に慣れ, に成功, に服従, に次ぐ, に正しい, に比例, に気がつく, に江戸川乱歩氏, に献身, に相違, に眼, に祈り, に第, に管領, に紙, に続い, に胆, に脇腹, に腰かけ, に苦しみ, に血, に跋文, に載せた, に還元, に鉄砲, に銀色, に雨, に驚い, のかわり, のこと, の内部的分化, の前景気, の本質的, の現在, の白い, の部分, はさながら, はまた, はみんな彼女, はもう, はわたし, はマント, は作品行動, は十手, は千円, は実に, は尨大, は常に, は幾千, は引っかかっ, は後代, は必ず, は新婚, は決して, は深, は男, は第, は読む, は随分, は首尾, ばかりかひょっと, ばかりか下腹部, ばかりか内, ばかりで, へおおどか, へ眞野, までにすでに, までの婦人作家, まで待っ, まで身, もそう, もまた, も今, も代品, も天草, も思う, も束の間, も減っ, も駄目, よりこの, よりも小生, より一歩, より後, より御, より牛, より転じ, をあす, をいじめ, をかきました, をこらえる, をしお, をしみじみ, をその, をためつ, をどう, をなし得ない, をもっ, をも多分, をアメリカ, をフランダース, を中心, を予防, を交換条件, を今日, を全く, を再び, を出す, を刺した, を助けよう, を包ん, を取, を囲ん, を地図, を大木さん, を奪いかえす, を実証的, を尾州藩, を巻き取っ, を恥ずかしく, を想像, を意識, を愛す, を我々, を手柄, を押しひろげ, を持参, を振り払う, を掘込ん, を摸倣, を救, を日本化, を書記, を材料, を機, を水帳, を深く, を灰燼, を率直, を生活上不便, を皮切り, を目標, を真に, を着た, を祝う, を祝福, を神職, を積極的, を立聞き, を笠, を筆記, を籤引き, を素早く, を耐え忍ん, を聞い, を誤, を謄写版刷, を越えよう, を追, を追っ, を追って, を追究, を透し, を通じて漸く, を通訳, を通読, を選り分け, を防ぐ, を隣, を頭, を食い止めよう, 知られては, 迄は出羽郡

▼ れまた~ (461, 0.2%)

5 それが 4 自分でも

2 [17件] このよう, これらの, その結果, それを, ひそかに, 一二年置い, 一部は, 他の, 幾多の, 憑かれると, 或る, 明かに, 盛んに, 神仙譚として, 私が, 私は, 自分の

1 [418件] あっちへ, あの人, あらゆる地位, あらゆる野蛮, あるもの, ある人, ある時, ある朝, ある特定, ある者, いったん小田原在, いつであった, いつのまにか行, いつのまにか行われ, いつも融け合っ, いつ頃, いろいろの, おそらくは私, おそらくは種痘, おそらく不健康, おそらく先週, おとされ手紙, お房, お父さんも, お菓子が, かねて御, かの世界大戦, かわいがられるであろうと, こ, こうまで, この三周忌, この人, この地方特有, この基礎, この字, この改良, この章, この行, これによりて, これも, これを, こんども, ごく一部, さらさらざぶん, しても, しばしば未開, しばしば武士, すぐ飛び, そういうもの, そうで, そこに, そのすでにやや, そのため, その上, その人, その他の, その代価, その右側の, その周囲, その失敗, その眼, その種類, その終期, その組織, その興行, その行末, その裁判人, その解決, その間に, その電車, それと, それに, それは, それらと, それらの, たちまち町並, たとえいかなる, つい近年, ときには, のたり, はなはだしく憂鬱, ばかばかしくも, ぱったり出会っ, ひょッ, ぺしゃんこに, ほかの, ほとんどあまねく, みつかっては, もったいなくも, もっとなさろう, もっとも力強い, もとの, やがて一家族, わたし自身も, アヅマヒガンとも, エントロピーと, クロトンの, クヮ・グヮの, グラマチクスの, ソープウォーレス, チベット語で, ドロンタイムの, ハイゼンベルクなどによって, バビロンの, パリでは, ファラオの, フランス人は, ミーチャという, モスコオの, 一ノ谷や, 一世紀に, 一九二九年には, 一人前に, 一切の, 一括し, 一方では, 一昨日は, 一瞬間に, 一間前へ, 丁重で, 下向きに, 下方の, 不安でならぬ, 不審を, 両性の, 両脚を, 之に, 乙丙丁の, 了解されるだろう, 事がらによっては, 事件を, 事実さ, 事実画家は, 二人の, 二十年の, 云わば, 人が, 人の, 人を, 人口に, 人手の, 人間の, 今は, 今より, 今後講演される, 仕事かと, 以前より, 以後生れ, 伝説として, 何か, 何ものかが, 何度か, 作爲者が, 侏儒の, 偶然の, 優雅で, 先方の, 入水した, 全太陽系, 八幡神が, 六十四歳であった, 共に棲む, 兵部卿の, 其の淋しい, 写真現像も, 凸出した, 出来事の, 出生に対する, 別の, 前に, 前記の, 剣で, 劉, 労働, 労働士に, 動作や, 十三の, 千八十九人であった, 南柯吟社の, 南葛労働組合の, 単に河岸, 厚く報いられた, 叔母の, 取り止めも, 古代の, 古代神名や, 可なり, 史学雑誌編者が, 右翼としては, 各種の, 同じく愚, 同じく敵方, 同じく黙っ, 同時にある, 同時に男爵後藤新平氏, 同時に身辺, 同時に鴎外, 嗔って, 固められた伝統的思想, 固められて, 国は, 国事を, 地用, 夙く, 多くの, 夜は, 大切な, 大阪廻りの, 天台座主に, 天才を, 天王寺の, 天降りの, 太陽星雲から, 夫も, 奪取された, 如何に, 始めて実業, 姫にとって, 娘ご, 嫉視され, 孤独の, 宇宙の, 定昭公も, 実に相殺, 実際, 実際に, 実際ほとんど疑問, 実際も, 実際ヴィユウ・コロンビエ座, 実際人間, 実際嫌忌, 室内で, 家々では, 家の, 寝台の, 寺院へ, 専有せられる, 将来も, 尊大に, 小さい二人, 小さくされ, 岩井粂八の, 川童に, 帝国時代の, 常に失恋, 平井山の, 平素にも, 幸堂得知氏などが, 店舗として, 庚娘が, 引きつけられて, 弘く行われた, 当夜十時半にも, 当時物価の, 彼の, 彼自身も, 往々に, 後までも, 御両親様, 徹底的な, 必生を, 情感的な, 戸締りの, 所載の, 抜けない約束, 持参の, 捨てられ和泉式部, 改造され, 放送せらるる, 救を, 教区で, 教師からは, 散歩に, 敬って, 文書の, 新時代, 新科, 新義眞言宗, 新聞の, 旗太郎は, 既に着々実施, 日本の, 日本神話の, 是非さう方向づけ, 時々は, 時々痛い, 時に, 時には, 時には汁粉, 時には生産, 時時に, 晒されて, 智力の, 書簡の, 最も甚だしく, 木綿糸の, 未婚者の, 末枯の, 東亜とも, 極めて少数, 標準語としても, 機構改革の, 次から, 欧州の, 正確であった, 気が, 江戸の, 江戸絵と, 泣かされたの, 津田を, 浜辺へ, 深い印象, 清く元, 滅びぬ, 濕つた粘土が, 火星と, 炎の, 無二の, 無線通信ラジオ等まで, 焼き捨てられて, 父子の, 爺さんが, 片目にまで, 物体すなわち, 物質が, 物體すな, 現に今日, 現代人として, 現在の, 理解される, 生籬に, 留まって, 畠山の, 癒されも, 皆には, 真直に, 研究者としては, 社会意識の, 神, 私たちが, 私たちを, 私の, 私自身も, 租税は, 種々の, 第二, 答える方, 箸と, 米使が, 経験され, 絶えず伝来, 絹ばかり, 継母の, 続いて, 纏うの, 老中秋元喬朝に, 聞いて, 育てられたの, 脅かされた, 自国品に, 自由に, 自発的慈善による, 芸術史家を以て, 苦しめられた, 荒々しい捨身, 處女は, 行く道, 装飾的にも, 西洋の, 要らざる僭上沙汰, 見誤られたもの, 親しんだ, 観世流の, 観察者が, 解体され, 触穢, 諸所, 諸種の, 謙る事, 警戒され, 賃銀を, 資料を, 賤民の, 軍律の, 軽蔑された, 近時の, 進んで, 進歩を, 逼塞した, 選択せられる, 還元される, 部下から, 部分的には, 重蔵には, 野師の, 銅絵が, 錯誤から, 長崎に, 長平といふ, 閉じられて, 開成所でも, 陀羅尼院に, 陰険な, 際限も, 集まって, 青年団の, 音楽によ, 音樂の, 領主は, 領地をも, 頭を, 餅は, 首の, 高田の, 魏延は, 黄疸の, 黙って, 鼻をも

▼ れちゃ~ (450, 0.2%)

10 大変だ 7 ア困る 6 かなわない 5 ア私が, 困る 4 たまらない, 一言も, 困ります 3 俺も, 可哀想だ, 困るん, 我慢が, 誰だって, 間尺に

2 [28件] いません, おしまいだ, これや, たまったもん, たまりません, ちと困る, つまらない, どうもたまらねえ, やりきれないわよ, アかなわない, ア大変だ, 一生の, 事が, 俺が, 厭だ, 困りますが, 困りますよ, 困るからな, 困るが, 困るな, 困るね, 困るよ, 堪らねえ, 恥だ, 町内の, 私は, 私も, 駄目だ

1 [331件] あしたから, あたしだって, あたしは, あたし見たい, あっしの, あとの, あぶ蜂, いい娘, いい心持, いかになん, いかんぞ, いくら親御様, いけない, いけないん, いけねえ, いけません大, いないし, いねえから, いねえさ, いますよ, いやす, いやだ, いられません, おっ母さん, おりませんが, おりませんよ, おれは, おれ達の, お上が, お刀, お前達の, お家は, お父さんが, お相手, お米, お菩薩さま, お葬いも, お駒, かえって困る, かないません, かないませんからなあ, かなわないから, かなわないよ, かなわねえ, かなわねえよ, かなわん, かなわんという, かなわんねえ, きさま, こっちじゃ, こっちで, こっちも, この大石, こまりますよ, こまる, こまるじゃ, こりゃ一番危, こりゃ困る, ご家名, さだめしあと, そりゃ兄弟争議, それこそ, それじまいよ, たいへんだ, たいへんです, たいへんと, たまったもの, たまらないから, たまらないと, たまらないという, たまらないね, たまらないよ, たまらねえよ, たまらんから, たまりませんからね, たまりませんね, たまること, たまるまいよ, だめです, だめよ, ちぢみ上がっちまいますから, ちっと可哀そう, ちょいと, ったらしいや, つまらないよ, つまりません, つまりませんからね, どうにも俺ら手, どんなこと, どんなに迷惑, どんな嫁さん, ならない, ならないこと, ならぬこの, ならねえ, ならねえと, ならん, なり切れませんよ, なんにも言えない, まいって, まずいんだ, まるで恥, みっともないです, もうお, もうどうもなりません, もう今日, もう仕方, もう我慢, もう米, やりきれない, やりきれないや, やりきれない第, やりきれませんや, やりきれるもん, やり切れませんや, やれません, わざわざお話, わたし生き, わたし立つ瀬が, ァたまらねえ, ア, アあの, アあやまる, アあわない, アいかん, アいけ, アいけねえ, アいない, アうまく, アおかげが, アおれも, アかえって, アかなわねえや, アつまらない, アつまらねえ, アとても, アどうせ, アどうにも, アなら, ア一言も, ア三藏に, ア上げられねえ, ア主人の, ア二度と, ア仕様が, ア先が, ア危い, ア可哀そうよ, ア合わねえ, ア困まっ, ア困ります, ア困りやす, ア堪りません, ア外見が, ア女の, ア宿屋が, ア居ねエ, ア心持が, ア旦那様が, ア極りが, ア此の, ア死ん, ア済まねえ, ア玉なし, ア第, ア袋叩きにも, ア詰らない, ア詰らねえ, ア詰り, ア近, ア返る, ア迷惑だ, ア面倒くさい, ア高萩のに, ア鼠の, イヤだ, イヤとも, コメディーの, タマラン, ッた, ハアあか, 一と, 一文も, 三谷三次の, 上ったり, 世話あ, 世間さまに, 世間体が, 両面無くなる, 亡くなった母さん, 人間は, 仕事の, 仕事も, 何にも, 使うのに, 俺だって, 俺は, 僕たち話し, 全くたまりません, 共倒れじゃ, 助からんよ, 助かりっこ, 勘弁なら, 厄介だろう, 参るの, 可哀相だ, 叶わない, 叶わないからな, 叶わないちょっと, 叶わねえから, 合いませんから, 味噌汁が, 呼吸も, 商人は, 商売に, 喰べ, 噛み殺して, 困っちまう, 困ら, 困りますからね, 困りますね, 困るからね, 困るだろうと, 困ると, 困るよう, 困るわ, 埋らないや, 堪ま, 堪らない, 堪らないと, 堪らないもん, 堪らねえから, 堪らねえ何と, 堪んねえだ, 填ま, 増して, 売り込んだ顔, 大変, 大変でがす, 大学が, 大概肝を, 妹の, 嫉妬を, 嫌です, 実際たまらん, 少し困ります, 少し心外, 尚くやしい, 居られないだろうじゃあ, 弱いもの, 往生さ, 後片附, 御用が, 心持が, 忽ち工場, 急がしいところ, 怺え, 悪い, 悪いが, 悪い奴, 情けなくなる, 我慢を, 手を, 手緩い事, 打ちこわし, 折角保護, 損を, 敵いません, 敵う, 敵わ, 旦那様も, 時が, 死にたくも, 死んだお, 死んで, 毒よ, 気の毒だ, 気まりが, 気味が, 気恥かしい, 江戸っ子から, 浮ばれない, 物が, 物笑いだ, 玉なし, 男が, 町人が, 病院の, 癪にも, 白旗様の, 目も, 眠った気, 私が, 私たち夫婦が, 私なお, 私の, 空き腹だ, 笑ってばかりも, 精も, 罷業にも, 老先, 耻っ掻きだ, 腹も, 若旦那の, 落着い, 見すごしに, 見て, 親方, 詰まらぬと, 詰まらねえかんな, 話が, 話しづらい, 誰でも, 身体に, 近所の, 迷惑する, 迷惑だ, 逃げようにも, 遅いでは, 遊び相手が, 達者な, 銭形の, 閑斎は, 面白くない, 面目ねえ, 馬に, 馬鹿, 駄目よ, 驚くね, 魚だって, 黙って

▼ れ~ (425, 0.2%)

73 とする 25 とし 12 とした 11 がため 9 でも 7 とす 6 の花, や 54 からな, とせし 3 か, けんど, じゃない, です, と, として居る, の泉, も知れず 2 かと思ふ, でしょう, とは, と願, の今井二官, の娘, の訴人, は朋友, ばかりな, ばかりにし

1 [219件] かて, かと兢々, かと思い, かと気, かな, かにお, かの恐れ, かも知らざれ, かも知れん, からお, からおまえら, からなけだ, からなまだまだ, からの, からのう, から両人共近所, から二人分, から代わり, から俺, から太刀, から帰りがけ, から手打, から手筈通り, から直, から私, から運動, から飛ん, から鶴, か恐る, か最早, か自由詩, か金, がうつろ, がしかし, がとにかく, がな, がね, がのう, が一体, が予, が先以, が可笑し, が夜光, が大奥隠密, が奥様, が昔, が景行, が来た, が此願, が為, が為め, が無う, が牢, が相当, が行く, が通りかかれ, が長い, くらいそれ, くらいと仰し, さったとな, しねえ, ぞに薬, だべ, だろう, だろうな, であろうか, でしょ, ですかい, ですだよ, ですよ, では, でもわかっ, というの, というふう, というよう, という事, という理窟, という返事, とこそ思は, としつ, としておる, としてなお, としてほつ, としても僕, としても怨, としてる, としてゐる, として上陸, として亀山天皇, として今なほ, として会堂, として六百, として命からがら, として寒い寒い, として居らるる, として明神, として自ら, としました, とするなら, とするなり, とする如し, とせり, とて, とてかく, とてシルヴェストロ, とて会堂, とて召し, とて藤四郎, とでしょう, との大いなる, との運動, とは云, とは全く, とは思ひ, とも限らない, と両親, と云う, と云った, と仰有る, と命じ, と存じました, と思う, と思ふ, と思へ, と我, と来たら, と来とる, と柄, と欲する, と止み, と渠, と申し, と私, と自分, と茶碗, と見える, と言うなら, と言った, なえ, などということ, などとは思ひ, などと一念ここ, など思ひ煩う, ならんねん, な難, にと, にはいかなる, には北平危, には四海心, には難なく, のかい, のじゃ, のふる, のみ, のみか何度, のよなあそれから, のフェレラ, のヨ, の一ぱいさいてゐる, の前, の化けた, の厭, の口書, の問題, の徳, の教訓, の社会救済事業, の花冠, の蟹, の行動, の術, はうるさい, はお, はこれから, はみな子供好き, は余り, は口惜しく, は咄嗟, は声, は恥かし, は茗荷谷, は親切, ばかりさながら, ばかりそこ, ばかりである, ばかりでなく, ばかりになっ, ばかりにまであなた, ばかりに巡り廻る, ばかりに揺れる, ばかりの人気, ばかりの光, ばかりの恰好, ばかりの物音, ばかり肌, ばかり透き, ほどひどい, ほど美しい, もその, もふと, も手, も無益, も知るべからず, や卵, や然, よりも恩重き, をこの, をと心, をみな神, をやっ, をやりだした, を持っ, を斬り, を願, 云われん, 売られん, 淋しい気持, 能い心, 闘わねば

▼ れそして~ (352, 0.2%)

5 他の 4 それは 3 それが, 私の

2 [15件] ぐるぐると, そこから, その価値, その時, その結果, それのみが, 人口は, 利潤が, 四人の, 彼れ, 指で, 生産者が, 私は, 要素と, 貨幣は

1 [307件] あつまって, あらゆる債務者, いかなる他, いつも点火, いはば, いよいよと, いわば混合, うしろ手に, おどされ苛責, お暇, かかる労賃, かかる資本, かく拙なき, こういう感覚, ここでの, ここに, この, このこと, この人民, この噴泉, この地方, この掠奪戦, この数, この期間, この格子, この機械, この鉱山, この額, これに, これ等の, そういう心理的, そう思え, そのやう, その中央, その人, その仕事, その分量, その古屋敷, その後発達し, その時間, その智慧, その村, その極, その死, その真実, その眼つき, その論文, その輸入業者, その逝去, その間にも, それから, それと, それらは, たつた一人, たべるの, だるま船の, ついにその, ついには, どう言う, どことも, なつかしい自然, の違反, はげしくふられた, ふだんは, まだ得, まもなく啻にこの, みんなの, みんな可笑し, もし必要, もてはやされること, やがて襟, よそに, より小, らんの, イギリス軍は, エリパズは, オフェリアが, シェパードの, ジョーヌの, スペインや, スポットとして, ドンドン下の, レッテルを, 一人の, 一八二〇年には, 一切の, 一刻も, 一番よく, 一般に, 万人の, 三〇〇〇磅では, 世話された, 世間の, 中に, 中位人口と, 主として不, 久米長目という, 予審が, 事実的の, 人口を, 人民の, 人間の, 人間は, 人間社会の, 今また, 今も, 今度は, 今後こんな, 他人の, 以前に, 以前の, 何故に, 作家自身が, 使い減らされて, 価値において, 僅かな, 僕は, 先生達は, 六億近い, 六郎兵衛は, 其實際知識の, 再び雇主達, 冷たい世間, 冷めたい地面, 出て, 出版者も, 出生数は, 出発を, 利潤は, 利潤を, 前の, 労働に対する, 労働者の, 労働者は, 動けなくなったの, 単に彼ら, 同じ任務, 同じ結果, 同一の, 同情され, 同情の, 同様な, 吾, 命令を, 哲學の, 唾が, 国の, 国内における, 国内耕作者にとって, 地と, 地代は, 多くの, 大きくなっ, 大洋の, 夫が, 子供の, 安らかであった, 実に多く, 客に, 實に, 寧子は, 小突, 少くとも, 左の, 常に消費者, 平気で, 幾分よごれ, 広汎に, 引きさかれたあと, 強制する, 当該時に, 彼は, 彼らに, 彼女とは, 彼女は, 彼等の, 後者から, 快よ, 恐れられて, 惨苦と, 想像し, 意志なく, 意気地なく, 愛され親しまれるよう, 愛用され, 感覚そのものが, 感覺そのものが, 我々人間が, 我国の, 或者, 手切れだの, 投獄される, 披い, 拒まれた自分, 提出される, 支那や, 改めて帽子, 改造進化が, 教育者自身が, 散華が, 整理されてる, 新しい型, 新吉は, 早婚が, 昨日の, 普通に, 更に夫, 最も頼み, 最後に, 本体の, 梵天丸という, 楊雄石秀の, 欠乏の, 次の, 此処に, 死ねと, 残存人口が, 母親と, 毛織布は, 決定された, 泊らせて, 注がれた杯, 洗われるよう, 活動を, 流通から, 消えたり, 混乱し, 漸っと, 濃い霧, 火の手は, 為替相場は, 焼きつく, 熱愛され得た, 狸は, 獄門の, 現像後は, 現在借地人が, 現実の, 生命, 生物が, 生産物が, 甲板から, 男宮を, 疑いも, 発展した, 真実だ, 社会の, 私が, 私どもの, 私以外の, 私心あっ, 科学隆興の, 穀価が, 空転する, 空間量は, 突然形, 筒には, 米国で, 納屋衆と, 美しい女, 老人の, 自分の, 自分も, 自然科学の, 船中には, 苛酷な, 若干の, 苦痛は, 英国政府の, 荒れるに, 葡萄酒飲用者は, 薄絹製, 虚偽に, 裏切られた女, 製造される, 記録簿が, 語られるという, 誰にも, 諸生産物, 謳われた, 警察の, 財産は, 貨幣が, 資本は, 辻, 近代の, 逃げて, 過剰人口は, 道士等に, 遺棄された, 還元性が, 都合よく, 酒を, 間も, 閣下は, 雪積む, 電気的療法で, 露店を, 青鬼, 面には, 靴が, 音を, 音吐まぎれなく, 領地は, 顔が, 食料品が, 馘に

▼ れでも~ (312, 0.2%)

64 したよう 19 して 18 したかの 17 したやう 15 するよう 14 したの, すると 7 するやう 6 するかと 5 しては 4 したらどう, した日 3 したか, したもの, したらそれ, しようもの, するかの, それは

2 [21件] いいから, お前が, お前は, しそう, したこと, したと, したらたいへん, したら事, したら同職, したら大変, したら自分, したり, した後, した様, しちゃ, してはと, するの, 己れ, 私に, 私は, 鐵道が

1 [65件] あつた, おしかさん, お前寒から, お前笹づる錦の, これと, これは, これを, したのに, したら, したらいくら, したらええ, したらお寺, したらかなわないと, したらしい, したらしく急, したらその, したらという, したらとんだ, したらどんな, したらサヨ, したら不面目, したら何うしよう, したら取り返し, したら堪らないから, したら大臣, したら恥辱, したら手, したら法印, したら片, したら結果, したら綾子, したら莫迦, したら野, したん, したんぢ, した場合, した樣, した者, すること, せぬ事, やつて, 一と, 三四十円五六十冊の, 下りないか, 仕た様, 仕よう, 代つて, 何の, 何処へでも, 俺が, 僕が, 原宿から, 同じいよう, 君裏面を, 売んねえでだ山茶花, 學校へは, 彼れで, 彼等が, 彼等の, 持って, 東京育ちだ, 皆燕子花, 考えついて, 高句麗國は, 魂消んだから

▼ れ~ (243, 0.1%)

33 うな 13 うして, うで 12 うも 9 うです 7 うだ, うである, へすれ 5 うだと, うもない 3 うだが, であった 2 うであるが, うですが, うもなかつた, うもなくなつ, があった, と醜, へした, へしなけれ, へ知らぬ

1 [108件] いさきよし, いすれば, ういふ, ういふ時, うした, うする, うだよ, うだわ, うだ何と, うだ或は又, うだ白馬連峰, うだ美人, うでうかうか, うでした, うですから, うでそれ, うでなかつた, うでは, うでやはり, うで一寸, うで到底, うで口説かれさ, うで恐, うで氣味, うで水, うなお, うもないうた, うもないから, うもないぬかるみ, うもないやう, うもないわ, うもない人間, うもない以上, うもない女, うもない望, うもない男, うもない説, うもなかつたが, うもなかつたので, うもなくな, うもなく又, うよ, う氣味, おぢ, かさま, がしみじみ, がはや, が今更, が出来, が自覚, が表現, が身, しけえの, だ, っしゃる, っしゃるげな, っしゃるな, であると, とは手術台, につまされ, に堪えかね, に堪えられず, に暗然, に陶然, のほう, のよう, はこの, はすくない, は古来幾多, は芳子, は覚えさせられる, ぶらふぞ, へある, へさ, へちょっと, へなけれ, へに心, へもした, へもする, へもどう, へよく, へ可笑しく, へ感じた, へ爾, へ覚え, へ非常, までは驚かず, もあります, もなく, やら矛盾, や逗子驛頭, よ, をこの, を思った, を感じた, を感ず, を感ずる, を示さない, を考えた, を覚えた, を覚える, を認めた, んした, 交ぜて, 倒れたら介抱すべい, 悲しさ, 打てな, 知らないよ

▼ れながらも~ (243, 0.1%)

3 ともかくも, 彼は, 私は

2 [13件] お品, 両手を, 主人を, 今夜の, 信一郎は, 勇敢に, 味噌汁を, 彼の, 彼を, 彼女は, 曲者を, 自分の, 自動車に

1 [208件] あの日以来彼, あまりに言い, いい気味, いきなり大尉, いつか氷が, いつぞやの, いつでも, いまにジョン, いやでも, うつらうつらと, おじいさんの, おじと, おそらく新しい, お駒, お鳥自身, きょうまでの, きょろきょろと, ここで, この一団, この鳥形, これまで, しかしこの, じっと対峙, じっと考え, その一面, その全体, その割, その巨躯, その底, その沙門, その金, その頃, それからそれ, それが, それは, それほど驚き, それを, ただそれ, ただわが子, ただ滅茶, つい微笑, とうとう傘, ともかくそこ, どうしてまあこうも, どう想像, なお一つ, なお叫ばず, なお彼, なお心中, なお泣き止まず, なお鈍感, なかなか加減, なす術, なほ暫らくは, ひと月ふた, ほんの一部, また起きあがろう, まだ, まだ生活, まだ髪, やはりお, ゆっくりゆっくり通る, よくその, わたしは, イザこの, ガラッ八, ツツーッと, ナントナク都民に, ピサロは, ボートルレは, 一向に知能, 一度楢夫, 一方で, 一方では, 一方には, 一言一言に, 一途に, 一週間に, 万年屋は, 事変が, 事実とも, 二つの, 二十幾人の, 二階の, 五千両以上という, 人の, 人形を, 人生の, 今日では, 他の, 他方部分的には, 伊勢正へ, 体験を, 何に, 何の, 依然としてなほ今日, 先頭に, 全力を, 兵さんは, 内心は, 冬の, 冷ややかな, 勝ち誇った態度, 十字架に, 危ない断崕, 却つて收穫, 友を, 各々の, 固唾を, 地底から, 壮大な, 大人たちの, 大店の, 大村君の, 夫を, 夫婦に, 女どもの, 嫂の, 嬉しがっ, 実に快い, 宮の, 専次の, 小杉卓二は, 少しずつ, 屈せずたゆまずあえぎあえぎ道, 山上の, 平気で, 幽かに, 底流として, 廊下の, 彼らの, 彼女の, 待って, 御簾の, 心の, 心を, 思わず知らず, 性懲りも, 怪しむの, 惜むらく, 愚な, 愛情だけ, 感情や, 感服する, 慌てて, 慰めて, 戦争を, 手ぶらで, 持ち前の, 捕物小説が, 授業が, 斜面の, 日夜長助はるの名を, 日本橋築地あたりは, 昔ながらの, 時々横目, 時の, 時を, 月は, 梁から, 次第に獣的, 此の, 死は, 死力を, 死骸の, 母の, 氏の, 波を, 濡れ羽, 父の, 猶泣き止まず, 生涯の, 用の, 甲州流の, 甲斐甲斐しく病人達, 畳まで, 癒った, 白き石垣, 目さきの, 眠くて, 社會の, 神経の, 秀吉の, 私たちに, 科学精神追求を, 端なく, 第一征長軍, 紋作は, 結局関さんが, 継子を, 縄を, 聖ダミヤノ寺院の, 聴くこと, 背中へよ, 膳の, 芽を, 苦しいからとて, 血脂のべ, 負けては, 踏切の, 返すべき言葉, 這いずり回って, 鋭敏を, 関係者の, 階級的成長と, 雲霧の, 非凡の, 首にも

▼ れ~ (230, 0.1%)

10 かつた 5 能く 3 中間が, 之を, 呼んで, 来て, 買物に, 鼻緒を

2 [15件] さきに, でなければ, 一つを, 之れ, 人か, 伯を, 何か, 其の自ら, 引かして, 彼を, 復た, 本當, 果して, 此れ, 背後に

1 [167件] あげつらふ, あるいは絶無, いい人, いふ, いやどうも, うえに, お前の, お友達, お氣, かつたり, かつて, かつてこれ, かつてゐる, けなすつたか, この際, これかと, これを, さりとては, そのうち, その委員, ちょっと座, ちょっと気, なつかしや, ひが, ひとり世話し, へりしらが, へる甚之助, またちご, やうに, やられたなと, ような, わからん人間, ア, グッタリ伸び, 一つ, 一を, 一人大人を, 一人楽しみが, 一人自分の, 一声に, 一方が, 一湖を, 一種の, 一聲に, 下の, 不仕合せなら, 世間に, 之に, 人類の, 今宵その, 仕合せ能くし, 他の, 伯の, 何かの, 俺れ, 傳へ, 先に, 全くタイム, 其の変化, 其の變化, 其処に, 内の, 冷汗か, 初ゆき, 別な, 取つて行つた, 同国人が, 唖然たら, 図らん後来此人乃ち襄, 図らん此眇, 外から, 多きやの, 大いにこれ, 天賦の, 夫れ, 妻に, 妾なる, 媒は, 官辺の, 専門の, 少しお, 居や, 己れ, 己を, 帰せざら, 影と, 彼の, 彼処で, 彼等に, 心を, 応援に, 思はん, 情婦又は, 愈れる, 憎くらしけれ, 戀の, 改良を, 斯民に, 智恵を, 最善の, 最後の, 朝から, 本当の, 本物の, 来たの, 来とるん, 来ました, 来やしないか, 来客が, 此小児が, 此小兒が, 殴つて, 永久の, 泣きつく人, 流れをと, 深き韓蘇紫兼, 狐に, 独断の, 狭隘の, 生きた人間, 生き残って, 男を, 當てて, 盗伐を, 相棒が, 相談相手を, 眞孰れ, 眼前三四尺の, 知つてゐる, 知ら, 知らと, 知らむ, 知り人, 知人か, 知人に, 窃に, 窓に, 竊に, 編輯等の, 缺け, 習慣を, 耳を, 聖書に, 聞く, 自分の, 自分を, 自然の, 艇庫の, 菓子種か, 見とめけん, 言った位, 言ひ, 誤って, 謂はむ, 警察に, 追つかけ, 這入て, 連れて, 過失なから, 金の, 金主を, 金朴が, 降りる様子, 階段を, 隠したのよ, 隣人を, 震災を

▼ れ~ (202, 0.1%)

30 れが 25 れの 14 れに 5 れを 4 れと 3 れは 2 が巧み, の女, は二人, は酒宴なかば, もその, れなし

1 [109件] が今にも, が入った, が如何なる, が師, が常に, が教育, が新, が正直, が毛糸, が気絶, が無惨, が結婚, が野良, が頭, だけが診察室, としては意味, と相対, にあり, にもやはり, にも青年, によっては如何程, に凝視め, に命ぜし, に対して先入主的, に抱き寄せられた, に援助, に殺される, のあけ, のうつした, のまわり, のシヨペンハワー, の一族, の上, の原本, の叫び, の如く, の学説, の建てた, の形而上学的認識, の心, の愚鈍さ, の戯曲家的手腕, の戸口, の所業, の手助け, の文章読本, の月君, の沢, の注意, の畫策, の目, の眼差, の短所, の稟性, の窮地, の絶対論, の藩, の裸足, の製作, の諸, の進路, の邸, の部下, の部屋, の飽く, の魂, は, はうずうず, はお, はすこし, はすでに, はやっと, はやはり, はようやく, はロンドン塔, は二年, は件, は千年前, は四方, は多く, は大きな, は屈強, は廃墟, は当, は彼自身, は案内人, は沼, は滑り, は膝, は覚えず, は近, は鬼, もようやく, も一ト役, も地方的, も本陣役, も極めて, も願, れ, れかまわず引ッ, れも, れ睦まじき, れ見分ること, れ金髮, をおしのけ, を憤慨, を自殺, を見奉らん, を起し

▼ れ~ (194, 0.1%)

4 はそれ, もその 3 はこれから, はその, は憎く

2 [11件] がグロースター, にも何, の家, はタバコ, は再び, は屡々, は最早, は此樣, は自分, も川獺, も話

1 [155件] が, がすこし, がつく, がもはやどうも, がわるう, が予審, が可哀想, が大学, が家, が引用, が心, が心配, が悪う, が惡, が想像, が文字どおり, が木村君, が甲賀氏, が腰, だけ母, とし, にはいずれ, には一番大切, には本望, にも一室, に下さる, に向っ, に定められた, のする, の一身, の作歌, の処, の出世作, の努力, の古くさい, の怒り, の思いどおり, の意見, の愚作, の感官, の手, の技術, の推測, の教室, の文章, の油絵, の滞在中, の父, の生命, の留學中, の知りあい, の神聖, の筆端, の考え, の耳, の腕, の自負, の藩, の虚偽, の身体, の運命, の頭, の驚愕, の髪, は, はあなた, はあるじ, はいい, はいま, はいや, はいろいろ, はうれしい, はおどおど, はお客様, はぐうたら, はこの, はこれ, はこんな, はさらに, はすぐ, はそこ, はその間, はそんな, はできる, ははじめて, はふた, はふたたび, はめんくらった, はもちろん, はやがて, はノート, はピストル, は下, は不安, は主観, は二重, は全く, は其許様, は去る, は同, は四十日間, は夢みる, は女房, は始め, は寝, は川島先生, は彼等, は得意, は思わず, は悪者, は意気消沈, は敗戦後, は文部省, は断然, は歩かない, は毎晩, は涙, は滅多, は物置, は甲板, は目裏, は真, は短時間, は翌年, は衝動的, は起訴猶予, は追放, は逃げよう, は通訳, は道, は選ばれ, は長い, は順天堂, は頗る, は馬鹿, までがこうした, もお, もかくし, もそう, もまた, も一度, も亦, も君, も外, も座, も招かれ, も死に, も水, も看護婦, も謹ん, も非常, をユーカイ犯人, を差し向けられた, を御, を愛し

▼ れこの~ (187, 0.1%)

3 ような 2 上に, 人が, 国民が, 日の, 時は, 村を

1 [172件] うえは, お幼い, かたも, ことが, たびの, たびは, たび良媒あり, ために, ときすでに, ときなほ殘る, とき始め, ところどの, ところ大, ひとが, ひとは, ほかに, まあ馬鹿面, まま捨て置かれぬ, まま比較し, ものの, ように, サナカズラが, ラッパが, ルイ朝の, 一家も, 一語が, 三箇一室に, 上の, 上は, 上も, 不断の, 世界において, 世界の, 中央の, 主膳を, 九度山を, 争議の, 事から, 事件は, 事理に, 二つの, 二ヵ所は, 二人は, 二十四時間に, 些細な, 亡ぼされた魂, 人に, 人の, 人墓よりや, 人男子と, 作業に, 価格に, 俺に, 備前備中の, 儘全身の, 先も, 児この, 再造, 動機によって, 半分にて, 原野に, 和やかな, 品で, 問題が, 問題の, 国許の, 土地に, 地の, 地區選出の, 城の, 堤は, 報全市に, 大技巧呪術書, 天変地異は, 女から, 女は, 婦人作家が, 子に, 家族は, 小柳生, 少き人, 少女の, 居留地域は, 山奥では, 島から, 年には, 年の, 年を, 年七月二日法皇の, 年寄は, 幸, 弟孫新の, 形式の, 心事を, 思想の, 恐ろしい病気, 惜しくきよきいのち, 戸は, 折は, 斑の, 新しい問題, 新女御, 方法が, 日には, 日まで, 日も, 日以後, 日本の, 早朝の, 春の, 時を, 時代には, 書を, 月の, 有名な, 有限な, 朝, 村の, 条約を, 桟と, 模様では, 機を, 正しき人, 死骸に, 涙の, 演習が, 潔癖ばん, 火ようよう, 王國にては, 球根を, 理由から, 生活が, 男が, 画を通じて, 病気も, 発見を, 白金の, 目の, 程度の, 網の, 罪なき声かわたれ時の, 美なる, 老人は, 者よく, 膨脹せる, 花園の, 落合宿から, 訊問以後も, 記念碑が, 越後へ, 身に, 身を, 辺の, 近方, 通り役所の, 郡内では, 部屋が, 配置によって, 酒この, 野郎默れ, 錯亂この, 鎌で, 鎌もて, 鎌倉表では, 限界に, 隔離病舍にだけは, 隔離病舎にだけは, 青二才は, 頃では, 馬籠の, 馬鹿野郎, 駿馬今速かに

▼ れたる~ (184, 0.1%)

7 が如き, が如く 6 にあらず, を見る 5 がため 4 を知り, を知る 3 が故に, を見

2 [13件] がご, が如し, と同じ, にはあらざりき, にもあらん, に似, に心, に由れり, に非ずし, の例, の時, も少から, をさ

1 [113件] がごとし, が今更, が如く感ずる, が棲んだ, が為, が爲, が独り可笑, が輪, が雲形塗, とに由る, にあらずし, にあらずや, にあり, にこたえ, にぞ渠, につれな, にてかの, にてこの, にて只今大阪, には年始, にもあらず, にもせよ, にやあらん, にやこれ, にアダム, に予, に今や少しく, に候, に値偶, に又, に同じ, に在り, に書きたる, に相違, に等しく, に紛, に繩, に自殺, に辛くも, に過ぎざるなり, に過ぎざれ, に過ぎず, に過ぎずし, に非, の一事, の世界, の後, の結果偶然, の習慣, ほどの不名, ほどの不名誉, ほどの次第, ほどの身代, もその, もひとり, も同じ, も君, も奇跡的幸運, も実は, も怪しむ, も本部, も然, も社会政策, も風波, やに記憶, や如何, や或は, や明, を, をいう, をなほ, をのこなりけり, をば想, をもっ, をや, をヘルモナクス魚, を二度三度, を件, を何かと, を例, を含める, を喜び, を喜ぶ, を回想, を堪えがたく, を報ずる, を嫌, を子供等群れ, を惧, を想, を意味, を感じ, を感ず, を感ぜざる, を指せり, を欣, を深く, を父母, を発見, を着換え, を知らざりし, を知らなけれ, を知るべきなり, を纒, を見ざりき, を見し, を見れ, を見出し得ぬ, を覚え来れり, を謝す, を證, を雲, を非常

▼ れてを~ (184, 0.1%)

33 ります 13 りました 10 らぬ 8 りますが 7 らず 4 りそして, りましたが, りません, るの 3 つた, りまた, る, るので 2 りしかも, りそれ, りますから, りますので, り又

1 [75件] かしかつ, かしげな, つたか, つたかも, つたこと, つたし, つたに, つたの, つたのが, つたのであります, つたん, つた事, つた人達が, ばさんの, らなかつた, られましたが, られるが, られるで, られ自分, り, りこの, りこれ, りその, りそれぞれ, りそれで, りそれ以外, りながら, りましたし, りましたの, りました細川方, りますその, りますとは, りますな, りますんで, りませんが, りウチ, りマカオ, り二度目, り内側, り内地, り参考, り哲學, り外国劇, り女の子, り如何なる, り少く, り尚, り彼, り後期, り戸籍, り手足, り日本, り火鉢, り現世, り直, り翼賛会, り負けるべきこと, り軍隊式, り隣室, るかと, るかといふ, るから, ること, ると, るといふ, るとは, るのに, るろ, る人才, る思想, る最も, る由緒, る男, る諸種, れば

▼ れ~ (175, 0.1%)

9 おしで 4 色に 3 彼の

2 [13件] おしである, おしの, こなたなる高山, そは, ほしで, われは, 今の, 今は, 山櫨の, 我は, 渋りて, 腰ほそく, 表のみは

1 [133件] あたら松, いざはいり, えつくさず, おしさ, おししかられて, おしだ, おしでございました, おしに, おしよ, およそ幾許の, ぎもを, ここは, これかと, これとて, さる証, しからざる者, それに, なお十斤, なほ遊義門院のみ, にしは, はじめてこれ, ぶ板, ほしだ, また降る, むかし取たる, もし鼻, よく見れ, わが物, ガマズミは, ッと, 一面には, 上には, 主は, 之を, 云々物きたなく, 京都東山の, 人の, 人は, 今に, 今われら見, 今一日のび, 今回の, 今夜と, 似たるもの, 何とせん方, 余りてなどか, 冬木の, 努力は, 勇氣は, 又もや此儘御立, 及ばず, 叔母の, 古人が, 同じ道, 名は, 土塀石垣寂として, 埋骨は, 堤もつ, 多忙なる, 夜の, 大佐よ, 天なほ曇りたる, 天命の, 天城の, 夫は, 奥の, 奧の, 學士は, 宋儒の, 実も, 実体の, 実際私, 寸分の, 少しも, 少女は, 左の, 左樣も, 常に理想, 常に苦笑いせり, 年は, 彼は, 彼れ, 後陣の, 得ざるを, 得ず, 心老いせぬ, 忙しき旦那, 慇懃のかたら, 我が為, 我な, 我等は, 我舌は, 打ち込む隙, 文三は, 是は, 枝の, 機運既に, 歐人は, 此れ, 此儘別れ, 此物の, 気が, 汝らは, 汝命ぞ, 清さんなら, 瀧口口にく, 猶しばし, 理想は, 畢竟馬, 白鶴は, 目科は, 目色顏色呑みこん, 目色顔色を, 秋の, 精神上の, 細君は, 終に天下, 老婆は, 耳老い, 聴かず老, 聽か, 膚清く, 色が, 誰か, 誰も, 遠くなりゆく, 開く其花, 雑草の, 騒ぎは, 騷ぎは, 高田は, 魏の, 黒き衣

▼ れがち~ (174, 0.1%)

18 だった 13 であった 12 である 6 だが 5 です, なもの 4 だ, であつ, になる 3 だという, であるから, なの 2 だけれども, であって, であるが, なため, なので, になっ

1 [82件] だから, だからと, だったけれど, だった内儀さん, だった小木, だつた, だね, であ, であったから, であったこの, であったの, であったのに, でありその, でありました, でありましょう, であること, であるの, であるよう, である事, である人, である所, でおけら, でしたが, ですからな, ですが, でずいぶん, では, でまだ, で一時, で一貫, で多少, で新, で潮見博士, で生活そのもの, で言, な, なお玉, なか, ながらも微か, なこの, なその, なのに, なルイザ, な丹後, な乱, な人間, な人間ども, な例, な北村, な品々, な問題, な声, な小説, な川上, な心理, な文学, な時期, な有様, な柴田勝豊, な生活表現力, な皮相, な社会, な立場, な筆, な羊三, な考え方, な自然科学, な角燈, な頭脳, にきまっ, になった, になつ, に出来あがっ, に婆さん, に座, に自負, に逃げ出し, のもの, のチェーホフ, の不如意, の湿っぽい, の精神

▼ れこれ~ (174, 0.1%)

4 は御 3 に代っ, はほんの 2 に反し, は, はどんな, ばかりは姫, もまた

1 [154件] ありしむすめ, がそんなに, がたいへん, がため, がまあ, がクラム, が下, が原子, が各, が噂, が太陽, が女房, が本来, が棄教, が爲, が空間中, が肉体, が裸体, が鉱山, が香料, こそ事件, こそ龜鑑, このとおり, でいい, では冒頭, でまた, でもつ, でもともと, で三度目, で失礼, で空間時間, と一つ, と入れ, と共に事實上, と反対, と同時に, と思っ, と戦うべき, と相, と諍論ッ, と関係, なのよ, なりに嫗, にあたらない, について激しい, について諸, には僕, によってこの, によって人間, によって等しく, によつて生命, によつて社會上, によりヨオロッパ, に乗客中, に代え, に代る, に伴, に使用, に参加, に又, に反する, に四葉, に因っ, に大きい, に対して一セント, に対して客観, に応じ, に応ぜざるなり, に忠, に日, に死し, に相応, に触れ, に過ぎた, に適応, に関聯, に關, に非常, のうち, の市街, はいくら, はどうしても, はほうほう, はより, はわたくし, はオダルナイ南方, は一問一答, は一般, は今にも, は今日, は大変, は子孫, は宗太, は寒冷, は時に, は神, は茨木城, は蓄膿症, は逃げる, ほど社会, までいろいろ, までにない, までのよう, までの次郎, までの社会秩序, もすっかり, も一時, も五十日あまり漂流, も古代魚, も同じく, も尼僧, も島民, も河豚嫌い, も狼狽, も目出度い, も腕, も還る, よりその, より先, より約, をえん, をこしらえる, をもつ, をわが, をわが国, を世界各国, を内, を勝安芳, を卸し, を報告, を妨げよう, を安んずれ, を故主信長, を書きたくなりました, を棒様, を模倣, を正し, を演ずる, を目, を研究, を示した, を緒, を見る, を連絡, を遂行, 云うな, 子刻半, 未刻, 申しては, 申しましたか, 申し度くも, 言う必要, 迄は唯, 迄伸び切った

▼ れ~ (171, 0.1%)

10 人及諸の 2 しても, それが, 一段と進ん, 丁度穂高登山, 人に, 密教の, 文武官の, 曾て, 降って

1 [143件] あとから, おかしくて, おだてられる, か, かれによ, こうした論理, この名, この商売, されねば, されること, され得ると, そうある, その弁舌, その爲, その門, その間に, それに, それらの, それを通して, それ自身の, た一方, た男, た自ら, どう媒介, どう是正, もりかえす民衆, やられたでは, クレスウエル氏の, ゲーテ, ニュートン以来アインシュタインに, パリの, 一方には, 一種の, 三宅博士は, 上信上越界の, 之に, 二三日置い, 二笑亭も, 京都へ, 京都大學から, 他の, 代表される, 以前の, 何か, 何等かの, 働きそして, 僕等夫婦が, 光明皇后とも, 其の末尾, 其事実であった, 其議案が, 出るといふ, 初期微動繼續時間によ, 初版の, 区別される, 取つて歸, 取り扱われて, 取次店の, 台頭した, 品行方正と, 哲學的理解の, 図形が, 夏の, 多くの, 多少尊敬, 女が, 女の, 如何に, 媾和的なおくり, 家出までの, 対応せしめられ, 少しも, 山里にも, 巣を, 布団を, 希上候, 強調され, 待遇された, 後に, 性急の, 惹きこまれる力, 或る, 或宝石, 或時, 戦わずに, 批判され, 拾い上げられる武器, 揉まれて, 放鷹, 新しい時代精神, 日本文を, 早目, 時には存在, 暗くされた, 有が, 根岸町字芝生大和田忠太郎, 梅子嬢の, 橋の, 歡迎さる, 正統的でない, 此方へ, 母親にも, 洋食など, 活動せられた, 流行し始めた, 海洋的国民の, 満足に, 無批判, 煉丹の, 皆を, 種へ, 細密な, 肯定され, 胎息の, 自らである, 自分でも, 自分の, 自覚的に, 良人を, 著いては, 虐げられて, 血色の, 表現が, 表現された, 親に, 解釈される, 討論された, 説明される, 読まれて, 読まれるもの, 論理的判断内容, 謙信が, 蹴は, 軽く肩, 適確に, 金銭を, 金錢を, 錯誤から, 阻害され, 頑冥者流によりて, 飜訳書を, 飯菜を, 高家衆との

▼ れにも~ (147, 0.1%)

3 笑つて告げざりし, 逢ふ 2 なかった, 似て, 多少の, 思った

1 [133件] あひ, あらず只, あらず濡れた唇, あらず眼, あらず能, あらず膝, あらず赤面, い, この發見, さして劣る, そそうは, その僅か, それを, ない, なくじっと, なくゾッと, なくポーッ, なく手, なく手拭, なく身体, なったが, なるの, はっきりそうと, はっきり分っ, まして怒り, また可笑し, もう會, やらずに, やられたの, ゆるされて, わからない, わかる, 一通りは, 乗って, 了解出来る, 予想されない, 云つて呉れる, 云わなかった, 会わぬ仕来り, 似たる春, 似た精神, 何か, 何にも, 余り好かれなかつたらしい, 係らず東京市中, 係らず自分, 倦怠を, 入るべし彼, 其辺最, 出来ない, 出来ない気, 分らぬ永久, 分らんで, 分りません, 判らないくせ, 判り易く, 加はるべし, 劣らなかつた英語自慢, 勝し, 区別なく, 厭きての, 喋らず偽札, 喋らなかったし, 囘つて來ます, 容易に, 強かった, 御話し, 必ず感冒, 快適の, 思いました, 恐しくな, 戴かれずして, 拘らず彼, 拘らず朝, 指もさ, 推されず誰, 掴み得ないとの, 教わらないのに, 断言の, 本当には, 柔かな, 欲しく, 歓迎されず, 気づかれずに, 済ませぬ私, 濟ませぬ, 濟みませぬ, 為めに, 無理は, 生命を, 知つた人に, 知らさないで, 知らさなかった, 知らせて, 知らせないで, 知られず橋, 知られたくなかった, 知られたくなかつた, 知られて, 秘密を, 習いませぬ, 考案されない, 耐忍する, 胆を, 見えない, 見せたこと, 見せ不, 見られたくなかつた, 見られる事, 見咎められずどうして, 解らなかった, 言わないその, 言わなかった, 訳の, 話したくなかった, 話すこと, 認められないの, 語らず同行, 語らで世, 語りませんでした, 読まる, 読み易く, 誰れ, 負けず物事, 負けて, 負けない綺麗, 通ずるを, 逢いませんでした, 逢は, 遇は, 関係なき, 關係なき, 飽きると

▼ れ易い~ (147, 0.1%)

4 からである, のである, のは, のも, ものだ 3 ことを, もので, ものは 2 ことは, ものである, 人物も, 傾向が, 実業に, 性情の, 性質なる

1 [104件] かなりの, からでしょう, からという, からと云う, かを必然的, かを見逃し, がこの, が併, が北星, が必ずしも, が教相, けれどもその, こころの, ことである, ことに対して, こと無力な, さう, そうして保守的, その類似, ために, つまり科学研究, ですけれど, という事情, という根拠, ところが, ところで, と云, と云う, と考えた, に反し, の, のが, ので, のであります, のです, ので紫色, のには, のを, ものです, ものな, ものも, やうに, よ, ように, んです, センチメンタリズムを, ゼエムスに対して, タイプであった, 一面の, 主観的観念論の, 事を, 休暇中の, 例は, 兄は, 処とは, 危険が, 危険な, 又誤解, 商売だ, 國でありまし, 國土の, 場合さえ, 場合さへ, 場合である, 女とが, 女性たる, 字だ, 學校の, 年頃に, 弱点であった, 弱点は, 心持の, 性質から, 情の, 感情, 感情の, 手掛りを, 手段を, 曖昧な, 様です, 気の, 点に, 点は, 爲と, 状態に, 理由である, 理由を, 石炭庫の, 私は, 種類の, 空想が, 素質と, 結果に, 者だ, 聯想を, 能楽の, 芝居の, 薄弱體を, 虞が, 表現について, 言葉であります, 言葉である, 足長蚊の, 青年などは

▼ れ~ (145, 0.1%)

8 をした 5 をし 3 というもの 2 があんまり, が普通, だと, の酬い, はわたくし共, は御, を考え, を見た

1 [113件] あ水戸城内, か, から始, があくどく, があまりに, がされたく, がちっと, が又, が如何に, が已に, が帝威, が悪い, が根本, が深刻, が真直ぐ, が至つて地味, が著しゅう, が貴様, が足りなかつた, それではわたくし, ぞなど果し, だ, だった, だって丁寧, だつた, だとか, だろうと, で, であつ, でありそれ, である, でございます, でしたこと, です, ですと, でどう, でね, ではござらぬ, で大道, で普段, で普通, で有りません, で死ぬ, で立てた, で観られ, とが今, として, とすれ, と同じ, と存じまし, と演目, と酔ひ方ぐらゐ, などとのあいだ, などを知りたがっ, ならその, にある, にどんな, には悪戯, には飽き飽きし, によって音, によつて, に反抗, に同情, に多少, に対して不服, に対して父, に得, に於ける, に薄ぐろい, に遭遇, のほう, の力, の勢力, の如何, の度, の性質, の筋道, はきっと, はしない, はまことに, は不明, は二人共, は分らない, は徹底, は意外, は江戸市中, は簡単, もいや, もそう, もひとしお, ももっと, もよろしく, も傾向, や演目, をされ, をされる, をしさう, をしたらしい, をしよう, をしらべる, をし出した, をする, をながめ, をみた, を味, を形式上不満, を思いやっ, を知る, を致しました, を見, を見せる, を見る, を計算

▼ れ~ (144, 0.1%)

3 相手には, 華族の 2 はしませし, 吉が, 園の, 富の, 師匠様と, 父樣も, 絹は

1 [124件] かくは, かくも, かんには, くにちゃんも, ず, そばの, つかれらしい頬杖, つくりまで, とおりを, とつツあげ, ばばに, ほせませんよ, ほせる氣, みつめなされ, めえ, めえ等, もちやに, 上りなされ, 上人様頼まれ, 二人とも, 互に持ちつ, 互の, 人よし, 会いしたら, 供え物が, 傍には, 八重にまで, 六は, 内儀さん等家からなんぞ, 内儀さん處へは, 利巧者だ, 助けなされませ, 十夜殿, 千代は, 取次頼む, 受けを, 口は, 吉は, 困りの, 國は, 園が, 土産を, 天気の, 奥の, 好きの, 妻を, 子は, 宿には, 富, 富が, 富を, 尻が, 島からは, 市の, 引き上げなさろう, 引き返しなされ, 役所の, 待ちかねの, 心も, 心を, 恥か, 手ずからコーヘル, 手なども, 手当てを, 手紙を, 拾い下されませぬか, 書き捨てを, 歩行御, 母樣が, 気軽に, 沙汰が, 浜が, 父っ, 父っあん, 父様も, 生命は, 留さんと, 留守, 目こぼし, 祖母さまから, 神が, 祭り好きが, 稚児姿の, 穿物という, 竹困る, 筆が, 篠は, 糸は, 経ばかりよ, 綱は, 艶殿が, 花を, 若いころ, 茂登も, 葬儀の, 蘭どの, 行りなされ, 袖と, 見それ, 見なされ姫様, 見舞いの, 訪ねしないこと, 誓い遊ばしたではござりませぬか, 説教中五たび六たび編輯長を, 豊は, 賤は, 賤はけ, 身ご, 還りの, 邪魔を, 酌の, 銀は, 関は, 雪は, 霜と, 靜かに, 頼みあそばさるること, 頼みする, 頼り効い, 顔も, 食事の, 飲みくだされ遠慮, 馬に, 鳥は

▼ れ~ (136, 0.1%)

53 へ, よふ 2 てより, なんと覚え, に泰勝院殿, はその道, はぬ, は治部, は細川家, ふとも, や

1 [107件] かを閣下, が身体, くらい母上, この横文字, ぞ, てなる, てはこれ, ては云々, ては天下囂然, てふと, ても決して, てゼンチヨども, て人, て先, て初孫, て可被, て帰りたき, て御, て折り折り, て私, て隠, とも筑前, とも苦, とも英国はさ, とも覚悟, と申す, なり, にはかの, には一刻あまり, により景一, に付, に依り, に夥しき, に引き換え, に某, に相, のみいまだ, のみならず, はお, はこの, はた, はばその, はば二分, はば宜, はば昨夕罪, はば有難き, はば第, はば見送, は三斎様, は今日, は何故, は唯, は唯今治部, は奇也, は如何にも, は御国, は愈, は殊, は生まれ, ひしかば, ひて, ふお前様, へとのこと, へと泣沈む, へどもはや, へども中, へども内証, へども少, へども負, へども足下, へばお側, へばきつ, へば夜中往来, へば少しく, へば日本, へば自ら元気, へ共, べきや, べく, べしと, ほどのめづら, ま, までよそながら, もの, も夢, も無理, やしまつた, やも計り, や忽ち, よしなり, よしにて, よし也, よし伊賀, よし又, よし専ら, よし後, より存外水火中, をひたすら, を愚弟, 但し日光, 初めての, 御婦人, 御文, 御返, 故に候, 故一通り, 程に候

▼ れ~ (129, 0.1%)

6 がった, がって 5 アしない 2 がったな, むすめ, アしません, 不安は, 飴や

1 [102件] あがれくそ, あがれば, あろう, うるみ声, かぼそい白い女, がったね, がったもん, がったろう, がったん, がんのさ, ぐらも音を, こざかしい技巧, この世の中, この大, この正直者, こんこん, こんこんと, こんこん降っ, しきの, すると, そうじゃ, そのとき, その声, たそ, ねぶります, はりましたで, へたぐされとなってきている, まるで日向, みな火の, みんな叫びあ, もう國, もう血迷うた, わが家に, アしねえ, アしまい, アしめえ, アしめえと, ア為ない, ンれ, 不安の, 主従の, 乞食にまで, 亀次郎, 云って, 人間関係の, 他人でも, 信玄の, 兵ばら武士は, 兵隊の, 其の晩妙, 名残と, 問屋場の, 塙江漢も, 妥協に, 子を, 宗山, 彼も, 悲哀が, 悲哀の, 憧れを, 抑, 是やで, 横木へ, 此国に, 武家の, 河原までも, 泥棒仲間へ, 深い意味, 深川などを, 濃紅姫, 無辜の, 燃えそう, 片手の, 物共相手は, 直き, 眼も, 私などの, 竹童喉三寸の, 笑うから, 笑を, 笑止かれ, 算を, 紫食いつきゃ, 綿屑が, 繰返して, 羞恥の, 職業の, 胸の, 苦しみは, 苦悶の, 荊棘でも, 蒔絵か, 衰えたりと, 見るかげ, 見得, 貧困病苦悲痛や, 針にかはって, 陸上の, 雪まじり, 頼尚, 食べて, 馬も

▼ れそこ~ (124, 0.1%)

2 からまた, から出, なった

1 [118件] から, からいったん, からこっち, からひとり, からベットリ, からユーフラテス, から一緒, から傾斜中斷, から全, から共に, から右, から幅, から庭園, から手, から文学的随筆的批評, から旅館, から書生, から東京, から樹皮, から死体, から湿った, から火, から無限, から生じた, から白い, から私, から自分, から黒豹, がうずき走る, が丁度, が麦, では, ではいろいろ, では再び, では同一, では温度, では篝火, でもチェッコ機関銃, で写真機, で祈らせられる, で育てられる, で苦しんだ, なったからと, なったり, なった上, なった佐分利五郎次, なった傅, なった張宗昌, なった渡辺, なった蛇, なった鶏, なつた, なつた後, なつた若者, なつた蛇, に, にあった, にある, にいい, における艦隊, にしゃがん, にすき間, にどれほど, には少なくとも, には此, にまだ, にヌキサシ, に一段, に一種, に三人, に並ん, に人間, に何, に光, に党細胞, に別, に取りかたづけられ, に在る, に堅, に学び, に居る, に巨大, に幾人, に抵抗, に新しい, に新た, に永遠, に派遣, に王国, に生え, に生まれる, に発表, に紙, に蛆, に西欧, に見える, に踏み込む, に転ぶ, に非難, のイス, のマヂストレート, の主, の主人, の窓近く, の草, の華やか, はゲンノショウコ, へ家, へ行っ, へ飛びこん, もとは再任, もほとんど, やここ, をぶらぶら, を共同的精神, を出た, を破っ, を覗い

▼ れ~ (118, 0.1%)

4 はただ 3 故郷にか 2 では伴三郎, はまた, は何不自由

1 [105件] からで, から十年前, この床店, すこしで, ちょうど山坂, ではどんな, ではほとんど, では一方, では僕, では八阪社, では啄木, では国中, では圓朝, では寂, では居どころ, では根岸, では津呂港, では生れた, では秀忠公, では私, では蕩尽, では陵墓管守二, でもまだ, でも夜風, でも新年, なお頗る, にし, に至っ, の内, の四時頃, の地理, の所謂才子, の早, の爺, の禄, の自由党, の自由黨, はこんな, はその, はひたすら, はほとんど, はアスファルトさ, はボストン博物館, は何, は何処, は全く, は南洋パラオ島, は却, は同伴, は壬生, は実家, は家, は寂し, は小, は某, は残る, は民藝館, は病気, は癈兵, は自分, は貞盛, は足, は身ども, は醍醐, は闇, ふと見た, またタグチさん, また貴家, また遠く, までとは別人, までと反対, までにない, までの導体主義, まで存在, まで彼岸, まで薬袋, まで逢う, まで頭巾, もって, もなお, も伝統, も島々, も引, も猶, も行, も見世物, よりのち我汝, 云ったの, 兄も, 天路に, 夫を, 少し身体, 此賞の, 汝を, 浮藻は, 無言に, 直ぐ来い, 着いたばかり, 知ること, 立ちて, 經たる所の, 舟師率ゐ, 見聞し, 迄の来し方, 高くせられ

▼ れての~ (117, 0.1%)

6 ことである 3 ことだ

2 [11件] ことかも, ことで, ことであった, ことな, そりと, 上の, 事だ, 美しさ, 行き處, 話に, 邪曲なお

1 [86件] ありがたさ, お考え, お言葉, こと, ことかと, ことじゃ, ことだったら, ことだつた, ことだろう, ことであっ, ことでしょう, こととばかり, ことなら, ことに, この苦しみ, さわぎの, せいでした, せいらしい, その上, そりの, なかなか廓, ぼつて, ッけから, 上で, 上な, 中わけて, 事かも, 人騒がせを, 今度建立さっし, 仕事仏師も, 何百日か, 余儀ない案, 作戦かと, 使いだ, 信號命令だつたらう, 偶然な, 働きは, 処置だった, 出来事でした, 分別が, 創造では, 努力は, 動きでは, 即興であろう, 呟きに, 唄には, 大亂鬪, 大離れ, 家宝と, 帰りだったら, 帰りで, 帰り途には, 帰り途鉄道の, 帰り道であった, 帰参は, 後だつた, 後は, 後も, 御意なれ, 御決意, 御独語, 御製と, 急ぎの, 愛称である, 感興か, 戦慄を, 所業だ, 所為である, 旅で, 末では, 物云い, 犯罪では, 發展殊に, 筆の, 策である, 結果でない, 縮図じゃろう, 行き処, 行動は, 討手なる, 謙遜が, 迷妄に, 附随と, 雑談, 非常手段と, 馴れぬ船出

▼ れ自分~ (114, 0.1%)

4 でもそれ 3 でもそう 2 が安心, の退屈, は云う, は殺され, は馴, もまた, も心

1 [93件] からも自分, がされる, が割譲, が千鶴子, が好き, が独立, が腕, だけが愛されたい, だけはえらく, だけは助かった, だけを見つめなけれ, でありながら, でないほど, でもあちこち, でもやはり, でもよく, でも常々, でも深刻, で手拭, で殺した, で軽蔑, としても強い, なども女, にとって悲惨, にとって真実, には世の中, にも後悔, のからだ, の上, の仕事, の体, の信仰, の喜び, の家, の寡聞, の幻影, の心持, の思想, の怯懦, の想像, の手一つ, の手拭, の持っ, の持つ, の日々, の求め, の父, の特権, の犯し, の理想, の眼, の経験, の背後, の血, の行動, の要求, の見栄, の観た, の贋物的, の過去, の頭痛, の髪, の黒髪, はさしゑ出身, はすてられよう, はそれ, はヒラメ, は三つ, は何時, は全く, は反抗以上, は深沢君, は濤, は甚だ, は知らぬ, は罪, は追われる, は驚い, もなんと, も亦, も仕事, も大いに, も嬉い思, も意地, も我うち, も戒め, も涙, も苦しん, も離婚, も高い, をいざ, を勵, を裁い

▼ れには~ (108, 0.1%)

2 内心の, 私の, 空屋が, 身に, 黒幕が

1 [98件] あの窮屈, あるが, うけたまわって, おくつろぎ下さる, かねて, こうした汚行, こんな靜かな日, さう, それほど樸, そんなこと, ただ釣っ, つらき故郷, なんの, ゆるせ敷島, 一ヶ月前に, 一人の, 一日じゅうの, 一日中の, 一種の, 一種家庭的な, 不利である, 中, 二階の, 京都に, 今二つ, 他の, 何も, 係員や, 僕以上に, 先生も, 八つ手の, 別に歴史上, 別室の, 及びませぬよ, 反して, 反感を, 各一つ, 同苦, 君の, 和歌草稿を, 唯だ, 嘘としか, 外の, 奥へ, 女権を, 妹の, 始めから, 子供の, 安達君の, 實際稀れ, 小さい穴, 少なくとも二, 平常の, 弓矢も, 弱りました, 彼で, 彼の, 彼女が, 心置きが, 心配が, 忍びない, 意味が, 愛よりも, 我慢が, 或る, 授業料を, 描くべき自然, 政治的の, 教育の, 有らぬ親, 柳の, 栄螺が, 棚上げした, 歓喜である, 母の, 永徳に, 決して気, 深い理由, 無益である, 父親の, 片手を, 牡牛で, 理由の, 由良の, 百フィートくらいの, 種々な, 種々理由, 等しく可愛らしく覺, 答えないで, 罪も, 荷馬車から, 行われる雲助, 辟易し, 農場の, 金箔を, 雀合戦を, 驚いたらしい, 高取が

▼ れ~ (105, 0.1%)

2 今年は, 彼は, 或る, 私は

1 [97件] あの色, あんまりその, あんまりひどい, あんまりまとまり, あんまりやかましく, あんまり功, いつかな, いやだ, このよう, この一つ, この病, この間までは, さっきは, さっきまで, しまいには, そう云う, その度毎十分, その時分, その生徒, ついつい延び延び, つとめて, とにかく内容, どうせ少し真似事位, どうだろう, どんな事, ね, ぶなの, まして此処, まだ三十, もうおそい, もう少しよく考え読ん, やっぱり有難迷惑, わかってるって, 一寸さしつかえ, 一寸も, 一度位云い, 予の, 予は, 今の, 今は, 今や学生, 今や平氏, 今度は, 何となく気, 何の, 其の人, 其の意, 到底吾, 千世子の, 口に, 呉青秀の, 四月から, 図々しくなっ, 姉が, 嬉しい事, 実際軌道, 少し気, 少し離れ, 尚何, 尚現場, 山田の, 幸に, 彼が, 彼に, 彼の, 彼等も, 彼那じゃあ, 彼那奥さんの, 後れ毛を, 従兵既に悉く, 悪に, 我等同志が, 是れ, 時には伽羅千代萩, 案外で, 段々に, 水源を以て, 漸う育ち掛け, 無形の, 独り露西亜政府のみ, 田中正造など, 病的な, 私の, 種々已, 笑う時, 色の, 若しそれ, 若し遇, 行かれない, 被害民一行解散後に, 試みに, 諸君よ, 貴方に, 足下は, 身を, 金曜で, 頭が

▼ れしかも~ (104, 0.1%)

8 それが

1 [96件] お預けを, これらは, すべて大変な, そこでは, そのテクニック, その下, その中, その力, その和歌集, その地方, その始め, その対策, その散, その数, その日, その槍, その死骸, その純情, その絆, その衝突, その被害者, その見方, その部屋, その隆房, それなりの, それに, それは, それを, それ等を, そんな事, だれも, どういふ, どこも, なおそれ, なお深い, なほそれが, なほ生き, ほとんどまっ暗, もとの, われわれ業界人をまでも, キヌ子は, グルグルまき, ゴーリキイは, 一銭一厘の, 丁度日本, 世界の, 伸びようと, 何者にか, 僕という, 内と, 内容の, 凝結の, 商法の, 壽命は, 外相暗殺という, 夫は, 妙な, 家に, 家の子郎党を, 将軍家の, 少しは, 少しも, 尽きざる功徳, 左肋骨の, 忍び難い, 怒濤, 意を, 文学の, 文学らしい, 旧日本, 昨夜の, 正反対, 武名かくれ, 歴史的なる, 深刻な, 無生産的, 狩猟の, 猶天, 理由は, 目に, 目撃した, 空気の, 第三者を, 素晴らしい独自, 経済の, 翌日に, 自分から, 表面は, 豫想以上の, 軍権力も, 軍隊という, 鉄砲を, 領主こそ, 頭の, 飛び火の, 飽きるようす

▼ れ~ (102, 0.1%)

6 のもの 3 よりも 2 が集まっ, には非常, の事, の人, の社会, は先生, は色々, は躍起, を然, 食人種が

1 [73件] があちこち, が却って, が決して, に雨雪, のどの, の一, の一人一人, の事柄, の事象, の仮装, の何れ, の作, の参考, の器物, の外客, の夫婦, の家, の建築庭園, の微細, の思ひ, の打合せ, の景色, の本, の檻, の漢人, の物, の生活, の研究, の神, の神話, の結構, の肥料, の要素, の見識, の誰, の道楽, の間, の霊魂, の點, はあの, はうしろ, はさ, はまた, はみな自分, は一度, は今, は何れ, は何人, は何処, は出来た, は初め, は別れかねた, は学び, は手, は日本人, は自分達, は言葉通り, は遊ぶ, は飛騨辺り, もさう, も与らしめ, も疑問, をいと, を取り巻く, を眺め, を苦しめる, を解放, を誘ふ, を賊, を逐次, 多くの, 程の, 種族を

▼ れてからは~ (96, 0.0%)

2 奉公人を, 彼は, 碑衾町をも

1 [90件] あれの, いっそう気, いよいよ尊敬, お内儀, がぜん恐い, きっと奇蹟, この唯一, この言い回し, これと, さすがに, すつかり, すべてに, そのままロマノフ家, その困難さ, その童子, それも, それを, ただ足, ついに会わず, とてもひどく, どんなに楽, なり振りも, ほんの少し, まるでつ, まるで犬, もう小説, もう数代, もはや疑う, われわれの, オタツの, ガラリと, 一層お, 一度も, 上り下りの, 予言者の, 仕送りも, 以前から, 以前にも, 何彼に, 何時でも, 俄に, 俄然妙境, 俺も, 偏え, 其統率を, 出先でも, 千住の, 各国で, 問題は, 外に, 大和を, 天の, 婆さんを, 学校も, 実体な, 客でも, 将軍家を, 小学校も, 帝謚考元, 当所は, 彼女は, 急に, 成金を, 日は, 昼は, 時ならぬ, 晩の, 普通の, 木から, 本当の, 東慶寺は, 段々大島, 母は, 浪人者の, 父に, 物性を, 県会と, 私が, 突然戦争, 窪川稲子の, 総る, 舁いて, 落着いた, 蛆の, 誰も, 身体から, 野ネズミを, 錨を, 長らく漢学, 静さんの

▼ れ~ (94, 0.0%)

4 あらうとも 2 あつた, い, もしちや, ア困りあんすで, 宮づか, 来た

1 [78件] お茶の, この辺, さいかし, しまうがらな, しまって, しようがなかつた, せう, せうから, そばに, つかい蓑虫, なすべく此綱, なにを, なりませぬで拾い上げて, なりません, ぱつたりと杜絶する, ふたたび競技場, ふびんで, また電車, まだ七八つ, まだ彼, もうその, やがては, やるせない思い, ガタガタ震え, チベットの, ホクホクし, ホテルに, ヤ人だつ, 一文の, 一時目が, 七分は, 丸々と, 会場は, 何か, 俺なんにも, 全く今晩, 其事で, 包んで, 地方史的に, 大和朝廷の, 安心した, 宵から, 家に, 寢る, 年中行事, 店員たちの, 当分こ, 待って, 怖れ, 恨みを, 戻った時, 振り捨てる気, 春過, 来たと, 来るよしもがな, 枯れて, 栄えぬが, 死んで, 父親の, 盲腸が, 眼を, 眼袋などの, 精精稼い, 背を, 行き富士, 行はれた, 見かえす少年, 詳しくいへ, 談話對手が, 買物に, 遊んだこと, 都へ, 随分丹精, 青い顔, 静だ, 顔色が, 飢渇の, 養育院を

▼ れ勝ち~ (93, 0.0%)

6 である 4 なの, なもの 3 だった, です 2 だが, であつ, であるが, に, になっ

1 [63件] だけれども, だったの, だつた, であった, であった西欧文学, であります, であり且, であること, であるとか, であるの, であるのに, で何となく, で困りました, で土地, で朋輩, で甚だ, で通っ, となった, とのこと, なので, なのに, なん, な事, な兄, な兄上, な我々, な所謂モダーニズム, な気, な経験主義者, な自分, な鉄拳制裁, にその, になつて, になる, にのぼっ, にもと, に争っ, に会場, に前, に向こう, に嚔, に客, に家, に寄っ, に少し, に揚る, に梯子段, に機首, に獲物, に自分, に袋, に見え, に身体, に追, に逃げ出しました, のやう, のよう, の冷酷さ, の心, の自分, の運命, の関東男児, ほこった勢

▼ れかつ~ (92, 0.0%)

6 再生産 3 累積される 2 その価値, 蓄積された

1 [79件] そこでは, その分量, その貨物, それが, それに対する, はこの, はそれら, は世上, は急, は新, は硯友社, 上等品でも, 二日の, 享楽され, 人的資源を, 人類生活の, 今日は, 他の, 他国が, 代用されるであろう, 伝写の, 余も, 保存され, 利潤の, 利用の, 協会の, 卻けられ, 反撥したる, 台の, 命名せられ, 哀しんだけれども, 唱道せん, 地代の, 地代を, 声援, 好まれて, 実践せられ, 将来され, 尊んだ, 市場に, 市場の, 彼は, 彼も, 感じられて, 感心した, 憎んで, 我が実力, 手勢を, 技術と, 支出される, 教育される, 敬した, 数インチつき出した, 最も人口稠密, 最も有名, 比較され得る, 決して地代, 深められて, 生活資料以上の, 田舎紳士が, 町全体としての, 発揮せられる, 發行兼編集の, 盛んに, 積極的人口実測によって, 答えられる, 紙幣信用が, 縛ること, 自分自身の, 認められて, 諂諛し, 資本の, 輸出され, 進捗された, 錯覚を, 鍛えられて, 隠されて, 顯は, 食われる

▼ れやすい~ (89, 0.0%)

4 ということ 2 ことを, のだ, のであります, のは, もので

1 [75件] おさよ, かはり, かは自分, からだ, からである, からといっ, から婦人, から殺害, がホノルル, が石坂素道さん, くせに, けれども実際, けれど涙, ことである, ことどんどん, ことは, この作品, し, しまた, そこで一人一, ためであります, ために, という一つ, という身勝手, ところで, としたら, と思う, と言う, のである, のです, のと, のには, ひがみと, ほど私, もぜひ, ものだ, ものである, ものです, ものに, ように, タイプぢや, ブルジョア的な, 一面も, 事が, 人間に, 人間タイプの, 処で, 危急な, 善人でございました, 坂東平野の, 場所に, 女性は, 宿命の, 役人を, 情熱である, 愚かな, 方だ, 方の, 日本人意識という, 本性まで, 気質を, 点は, 犠牲と, 癖に, 真偽を, 社交的な, 立場に, 聯想を, 言葉で, 誤解を, 軍法の, 軽率な, 過去も, 青春客気の, 馬鹿の

▼ れちゃあ~ (88, 0.0%)

5 困る 3 堪ま

1 [80件] いいにくい, いけないよ, いません, おれは, お前さんの, お店, お終, かえって困っちゃう, かなわねえ, がまんできない, ここへ, こっちから, こっちが, この津, こまるん, こッち, さだめし心外, それこそ, たまらない, たまらんなあ, っしにゃ, つい鼻, つまらないから, つまらないん, どうです, どうにもしようが, どんな強情, なお尚, なんだか酒, なんにも, まったく大変, まったく家, ニラミは, 世間に, 世間に対して, 事だ, 仕様が, 他の, 余り見, 俺が, 助からねえ, 助からねえから, 勘弁が, 叶わねえ, 名乗らねえわけ, 困ります, 困るが, 困るじゃあねえか, 困るね, 土瓶も, 埋まらねえがんちゃん儀, 堪まり, 始まらねえから, 少し困る, 岐阜は, 後で始末, 御用聞き, 敵わ, 旦那に, 曝れた, 末世末代緑林仲間の, 末代までの, 本業が, 江戸っ子として, 洒落にも, 玉なし, 田圃で, 癪です, 羽も, 赤面します, 辛抱が, 返事に, 遣り切れないな, 邪魔にも, 都合の, 鐚も, 難儀だ, 面目でも, 面目ない, 面目ねえ

▼ れまで~ (87, 0.0%)

3 出て 2 あの頑是, した, であった, 以上の, 何なり, 私の, 走って

1 [70件] お約束, かかって, さりとは, して, そうしてお, そんなこと, だ, だが, だといふ, とても彼, もちこたへて, サンザ首を, 二三の, 井田が, 人々の, 倉屋敷に, 决し, 参りますと, 只の, 商家へ, 外国政府の, 實驗の, 幕府の, 引ッ張っ, 彼を, 御話し申した, 思ひ決めしまで, 思案深, 懷疑的傾向といふ, 打遣, 持って, 支那の, 断えずに, 新九郎の, 新政府, 日本では, 書林の, 来かかると, 来たので, 来て, 来ると, 来れば, 枕を, 此上ない, 歩いて, 母の, 氷河が, 申した所, 申した通り, 研究し, 私は, 緒方の, 考えたこと, 自分が, 自分の, 行くと, 行って, 行つて月を, 論理學といふ, 追ッ, 送って, 通り遣ろう, 長吉の, 長崎で, 長年鉱毒問題に, 頓と, 馬の, 駈けて, 駒を, 駕輿を

▼ れもの~ (87, 0.0%)

4 になっ, の小唄 3 だから, である, ですよ, となり 2 だ, となる, のよう

1 [61件] いはぬ像, からもう, があった, があります, がある, がうず, がございます, が狐, くさぐさ, じゃから, ぞ, だの, でありましたが, であると, でいつ, でお, ですから, でも, で私, としてダイア, として納め, となこれ, と藻一, なぞあそばし, などで生き, なの, なるに, なるべし, に, にさわる, になった, にはいった, には違い, に何, のおやじ, の中, の二三間, の仕立物, の例え, の半, の女, の本, の殺生好, の見本, の身体, の雲井竜雄, はお, は急, もたくさん, もだんだんよく, をいう, をし, を一杯, を云い, を提げ, を收め, を片づけ, を見る, を買い集め, 振られて, 見て

▼ れそれから~ (84, 0.0%)

2 もう一度問題, 一つの, 後は

1 [78件] おまわり, お酒, こっちずうっ, こんな騒動, ずっと後, それへと, どこへか, なくなると, なんという, ふたつの, ぼんやり全く他, みんないそがしく, シベリアへ, テラコッタ型の, バスの, ブラウン管による, 上は, 両種, 主人の, 五時間とは, 些とばかり, 以後には, 伊豆山権現に, 何かの, 兄の, 先き, 先に, 先まわり, 出した値, 分子数が, 動物と, 只今の, 合羽に, 和歌所が, 外の, 大変な, 奥方が, 女の, 姿を, 宝石を, 容易に, 寝室の, 少女とは, 岩戸を, 師匠は, 帰りには, 平面に, 後多少, 教えて, 教員と, 斉明天皇の, 未曾有の, 末の, 枝を, 江戸の, 漸く唇, 煙の, 煙を, 生きたところ, 留学に, 番頭に, 石造に, 神を, 童子さまを, 第五級, 臓腑を, 自分の, 自棄と, 葬儀にも, 豊多摩刑務所内の, 貨車の, 銘々の, 門から, 院長さんに, 随行の, 非常に, 食道を, 髪の毛の

▼ れどこ~ (84, 0.0%)

3 の歌 2 かで時々, の一件, の子, の宮居, の山, の度, の空, はただ, は余, もその

1 [61件] かの居候, かの山中, か一定, か屋根, か田舎, なたに, なたには, にいる, においても欲しい, にも逃げ場所, のなよびたる, の一, の一聯, の主義, の事なき, の事速, の人, の儘, の内, の原則, の地, の契り, の女子, の寺, の新説, の時顏, の景教碑, の清風明月, の王國, の球, の男生れつき, の病児, の碑, の禁, の紛爭, の良辨杉, の芭蕉, の處分, の詞, の語余, の輪, の金色, の青年, の風, はいと, はこれ, はカザール, は公卿, は役人, は我が, は未だ少し, は杜撰, は汝, は特, は習, ひしき時, へともなく, へ行く, へ行っ, まで不幸, を通っ

▼ れ~ (84, 0.0%)

3 褒美下さるべし 2 納戸町に, 自身が

1 [77件] いとまご, きげん, けらいしゅうの, こんれいが, 一族の, 三男の, 三男三七どのは, 主君に, 主君の, 乗馬御供矢大臣多く, 仕事に, 余暇と, 信頼あそばされた, 先祖の, 婦人方, 子息の, 子息は, 家宝拝見料で, 家督を, 対面を, 尋ね御, 居間にて, 希望の, 帰国に, 幼名六丸君と, 当家の, 往生の, 従軍御許あら, 心中御, 心底を, 恩は, 悩みに, 承引を, 承知の, 抂駕下され, 拝謁を, 携帯の, 政務のわ, 時節柄恐れ多き, 最期の, 最期までも, 本性どおりに, 来臨下され, 来車下され, 次勤仰つけられ, 父子いちどに, 父様の, 用船の, 目の, 目録の, 眼を, 祖先には, 祝の, 祝儀包を, 神燈の, 紋章の, 納戸色の, 結構振舞いが, 自分は, 自分一人で, 自分一人でなさりたい, 自身お迎えにも, 自身も, 褒美まで, 覽なさい, 賁臨下され, 軍艦操練所は, 運の, 都合化され, 酌の, 長寿を, 門人の, 門徒の, 隠居も, 頬を, 顔色も, 饗応も

▼ れ~ (81, 0.0%)

3 の中 2 は焼かれ, を守り, を知つて

1 [72件] から召し捕られました, がすこぶる, がすっかり, が判, が見付, が見付かりました, こぼたれて, だけでも直ぐ, でも見つけた, で私, と江戸, にあて, にい, にお, にかえって, にされ, になくなられ, に來, に在, に屏, に留め置いた, に禁錮, に突きとめ, に連れもどされ, に飛込ん, のなか, の二階, の大半, の方, の物一粒, の者, は, はいずれ, は勿論, は取りつぶされる, は断絶, は湯元, は直ぐ, は破れ, は空, へかえりたい, へは連れ込む, へ納, もお, もたてこん, もなけれ, も直ぐ, をどこ, をはしりいづれ, をも領土, を出, を出た, を出で, を失い, を奪われ, を持っ, を探し当てない, を搜, を教, を断たれた, を明け渡す, を求めよう, を留守, を白状, を與, を言, を訊き出し, を買っ, を離れ, を飛び出した, を鴨河, 栄えるとき

▼ れやがて~ (80, 0.0%)

2 それを, はそれ

1 [76件] いつと, うち開けた, おしろへ, かたまって, この実証主義批判, すごい水音, そこで, そのお宮, その全貌, その夜, その鬼, ただしんと, は些細, は何社, は大将在処, は憔悴, は荏原屋敷, ひそかな, べつの, また冬, アッサリ落, ドッと, 一つの, 一大音響とともに, 一定類型の, 一緒に, 一般の, 与えられた独房, 世も, 二年も, 二階の, 僧たちの, 其れ, 凡てが, 分裂し, 十万に, 参内し, 又我が, 同じ工塲, 善鬼の, 夜の, 姿は, 宿場の, 寒さ, 峠の, 左側に, 息子に, 抜刀を, 改まったよう, 東京朝日新聞讀賣新聞等二三の, 楊雄に, 正常に, 江戸表護送と, 泰平が, 浪に, 漂流し, 潜航艇は, 燈火が, 牛馬車の, 珠の, 理性が, 病癒えたる, 皇道主義に, 矢継早な, 私達は, 與へられた, 草の根を, 荷馬車は, 西の, 逆に, 選ばれて, 鉄幹を, 鑑眞律師の, 集金人が, 飛行服に, 高御座に

▼ れ~ (79, 0.0%)

3 も彼 2 うした, うで, うでも, か知らね, の謬見, をぐたりと爲

1 [64件] うか, う云, かうなずけ, かが立ちなおっ, かその, かない, かなす, かに引きずり, かの事情, かの処置, かは知らず, かひそひそ, か安心, か少し, か心, か気分, か眼, か立腹, か考える, がこの世, がさて, が飛ん, でも, でもずんずん, でも同じ, でも好む, といふわけ, とせん, ともいえぬ, と反省, と御礼, と思った, にかせん, にか腫物, にをッ, に対して作用, のこと, のため, の小春, の彼の, の用, の用事, の質問, はともあれ, もお, も云う, も云わず, も御, も知らず, をいわれた, をおも, をか囁く, をか憂え, をぐたりと為, をされ, をつけ, をなさつ, を不足, を以てかく, を以て免れん, を感じ, を斯く, を笑う, 若丸

▼ れやう~ (78, 0.0%)

8 とした 6 とする 2 と云, をした

1 [60件] かお, かとそれ, か嗣子ぢ, がこれ, がない, が思ふ, が棄てられ, が無い, が私, が陋, ぞ沙魚, で何ん, といふもの, といふやう, といふ出版書肆, といふ頃, とお, とし, としかけた, として, としてもしかも, としてゐる, として其の, として居る, として愛ちやん, とそんな, とどう, とはせぬ, とは思へない, とは意外, とは考へられない, とは誰, とも, とも船員, とも非道, と人目, と嬉しく, と尊敬, と少々, と平気, と殺され, と焼かれ, と私, と自分, と蹴られ, と騙され, な, なぞとは夢にも, なら私, な男, についてどう, の足りない, は, はありません, は無い, もありません, もない, も亦, や掛布團, をする

▼ れ一人~ (77, 0.0%)

2 としてこの, のところ, の小女, の私言, は残さるべし

1 [67件] が別, が勝手, が及び, が逃げ, たのしくは, でそう, でも多く, で馬, としてその, として其の, として愛ちやん, として我, として本当に, として案外, として縮み上らぬ, として草木, ならずの, になつて, には去られ, に倶移等, に克つ, に導かれ, に独特, に袖, に集め, の, の供廻り, の友達, の天下, の女, の工夫, の影, の新来者, の武士, の淋しい, の為, の男の子, の発意, の發意, の穢れ, の若い, の行員, の顔, はわざと, は一刀両断, は三階, は不意, は目, は真, は胸板, は脳天, は膝, は賀茂, は這, は道, も, も之, も生きる, や二人, を持そう, を擇, を敵, を斃, 応じなかつた, 残され寝床, 見るもの, 高しと

▼ れ~ (77, 0.0%)

3 の女房 2 のせぬ, の中

1 [70件] からされる, からわたし, が大抵, が機械, が運命, けのない, だ, だと, としての自分, となっ, ともにアッ, と自然, と鼠, にすぐれ, になりきっ, に今, に外, に対して真率, に快感, に怒られる, に知られ, に罵られる, に裏切られ, に誰何, に過ぎる, の, のことどころ, のため, のなく, の一種, の上, の世, の呼ぶ, の家, の尊敬, の小さ, の幸福, の影, の心, の慰み, の手, の昔, の気配, の潮風, の見栄みたい, の言う, の言葉, の足, の運命, は, はきのう, は倒れる, は周囲, は成るべく, は木石, は疲れ, は誰, は馬, も一様, も漂い, を守っ, を惑わす, を見, を見れ, を見下し, を都, 去れば, 各, 多かれば, 知れぬ苦労

▼ れさうな~ (74, 0.0%)

10 気が 5 氣が 2 のを, もの夫れ, んです, 気さへ, 風に

1 [49件] ので, のであつ, のよ, みどりしづくする, ものである, ものは, んで, センチメンタルな, 不安を, 人よ, 位平らな, 体を, 僕の, 僕を, 先を, 単に曖昧, 危惧の, 危険に, 名稱, 哀れな, 場合に, 大きな掌面, 大風呂敷, 家です, 小さな猿, 小さな石碑, 小山に, 御人體ぢやあ, 心配が, 恐怖を, 惧れ, 所が, 日でした, 時も, 松の, 柄では, 気も, 清や, 満員である, 物だつたら, 筈は, 筋は, 聲が, 良助の, 苦痛を, 草の, 足取りで, 雲が, 面だ

▼ れてばかり~ (74, 0.0%)

6 いた 5 いる, いるの 2 いたじゃ, いました, いるので, 斬って

1 [50件] いたから, いたせい, いただから, いたので, いたよう, いた佐吉, いた日, いては, いなければ, いましたけれど, いましたよ, います, います精, いられぬたまに, いるお, いるとは, いるよう, いる三輪, いる僕, いる家来ども, いる彼女, いる菊枝, おりましたの, おりますの, おりますよう, おる男, だ, だと, はいねえ, ゐた, ゐたが, ゐたやう, ゐたら又, ゐた伯父, ゐた悲しい, ゐて, ゐや, ゐるつて, ゐると, ゐるといふ, ゐる事, ゐる太鼓手, ゐる為め, 仕事を, 居て, 居ても, 居ります, 居るの, 帰ると, 育ったせい

▼ れちや~ (73, 0.0%)

5 大變 3 いけませんよ, つたよ 2 あつしの, ならねえ

1 [58件] あそのまま, あつしにや, あつしばかり, あんまり氣, いけないよ, いけませんは, お富, お駒, この先, この土地, さすがに, たまらない, つたけど, つたね, つたわ, つたわと, つたんで, つまんねえな, とてもやりきれない, とても堪らん, ならねえよ, ふの, ふもの, やり切れないぢ, ゐないが, をさ, をりやせん, 可哀, 可愛想ぢ, 嘸困るだらう, 困つちま, 困りますが, 困る, 困るから, 困るが, 困るこつ, 困るぜ, 困るでせう, 困るよ, 困るん, 堪らないぞ, 実際困ら, 居ません, 弱るからね, 放つて, 放つても, 歩けませんや, 浮ばれねえ, 浮ばれませんね, 浮び切れません, 溜らないわ, 甚だ困る, 生きて, 老先, 詰らんから, 賣り込んだ顏, 面白くない, 黙つて

▼ れてか~ (72, 0.0%)

2 へりみたる面, やはりここ, 急に, 敢て, 順一も

1 [62件] あるいは手, いつまでも, お松の, お爺さんに, かすかに, その雪, それとも真実和尚さん, そんな撫子, てかてかの, とにかくまた, ともすると逃げ足, はいさうな, へるさびし, まくびをもたげて, もろもろの, やはり空中, ゆき子の, りゅうどの, 一々近, 三艘とも, 中に, 争いを, 今は, 何遍も, 俄然数万騎, 光秀飲め, 入って, 入り少し, 共に息, 内地へ, 半分溶けた, 否か, 大垣あたりの, 姿を, 安土へ, 家屋敷所有地全, 家屋敷所有地全体売払つて工事費総額二千九百何十円といふ, 寄らば, 届け出たが, 後五年, 或は案内, 打捨て給, 日本人は, 止まり木, 浄瑠璃の, 渠の, 満庭, 片腹痛し些許, 眼の, 竹山は, 節も, 綱雄は, 聞えなくなった, 胸を, 船名さえ, 蟹たたきでも, 身ぶるいしました, 返事を, 門扉は, 面の, 顔に, 馬籠本陣へ

▼ れ~ (71, 0.0%)

4 が舷燈 2

1 [65件] あ, から取る, がここ, がもし, がよん, が到底, が売りし, が手, が祖國, が重い, この憂ひ, こらこれ, た, だってひとつ, には前期, にゃその, にゃ一文, に知る, の, のお, のため, の分, の同情, の大立て者, の太陽系, の奇体, の小屋, の山河, の幸い, の思想, の手, の手許, の捕物名人, の時代, の槍, の生命, の目, の省察, の誤解, はあんな, はお寺, はこの, はまったく, は不承, は彼, は日本, は日本人仲間, は昔, は決して, は真に, は金, は銭, は隊長, まあよく考え, も可愛いい, るとは, るやう, るる諸, るる近藤勇, をあざむく, を引っ, を特種, ァ, ァな, 早くいっ

▼ れ或は~ (71, 0.0%)

2 ガリバルヂーに, 一大非行なる, 空想の

1 [65件] きびしく批判, そこで, その縁, それによ, 他の, 代表せらるべき, 保存され, 個人訪問が, 僅に, 全く変更, 其反対に, 北アラスカの, 叔孫通や, 咲きも, 唐代の, 国民の, 売られて, 客観的描写と, 宴会に, 家庭内身辺の, 寄席に, 将に, 岡本綺堂氏の, 御太刀刀御, 復員に, 惑ひたりし, 愛国社を, 愛國社を, 愛情は, 或条件, 戦争が, 戰死し, 手鎖を, 排斥も, 揣摩すべき, 擧國瓜分の, 斉東野人の, 早く疲弊, 更にその, 木を, 木像などとして, 杞憂に, 欺かれ或は, 死んで, 殺戮せられ, 濃き橄欖, 然らむ, 畏怖される, 畳みて, 病死し, 相互に, 眞理に, 石壁の, 競売に, 缺け, 胴を, 脅され勢毒, 自死し, 軽蔑せられ, 逞しき奔放さ, 遠島に, 銃殺された, 雨で, 饑に, 齊東野人の

▼ れより~ (70, 0.0%)

3 一はな懸け, 人々を 2 世人彼れ, 大なる, 解散を

1 [58件] こうなさいまし, さき軒, するも, カトリヌに, モスクワ川向の, モット便利な, 三四度も, 二人友と, 二宮家と, 以來の, 以前には, 優れるには, 先き, 先には, 入りて, 出向いて, 刺すを以て, 勝れたる顕微鏡, 十勝川を, 又彼, 只眠る, 国境の, 堅固に, 外には, 外るれ, 奧に, 始まる也, 尊いもの, 層一層の, 山間の, 川を, 帯広に, 強きもの, 採りたる蕨蓬, 放ち給, 斗満迄, 日本文学史の, 最も注意, 来るもの, 活発に, 深えつ位, 獨居し, 現実の, 甚しき, 生じたる党弊, 生じたる黨弊, 疾翔と, 糊口的文学の, 袋を, 西北に, 詞は, 起りし生, 迂濶, 釧路に, 開墾し, 間道を, 院長は, 高い者

▼ れ~ (70, 0.0%)

2 なる誤謬, に可

1 [66件] かっさいを, さわぎと, さわぎに, さわぎの, ぜいで, そうな, なるは, なる由縁, なる謬, にし, にヘコミ居申候こと, に誤れり, の御, へんに, よそゆきの, クサリで, 乘部の, 人物を, 劇場の, 周章, 哀我の, 喜びで, 圈を, 地主の, 多数をもって, 女は, 好評だった, 好評を, 川端の, 弥太と, 弱りしたこと, 怒りそれが, 手術の, 昂奮の, 暮の, 永四五年ころの, 洪水の, 混乱に, 渦巻が, 玄関の, 盞が, 盥は, 神呪是れ, 祭壇が, 綿津見へ, 聲叱し, 腐りに, 膽不敵なる, 自然に, 興奮の, 舞台の, 覺寺に, 講堂の, 變な, 賑いを, 賣出し, 躁ぎのところを黒人に, 農夫たる, 野暮の, 鏡が, 降小, 音龍太郎と, 騒動だった, 騷ぎとなり醫者に, 骨折で, 體に

▼ れ~ (66, 0.0%)

2 さそうに, スイ, 彼は

1 [60件] あの女, おあい, おていさい, おろかしいルネッサンス婦人, さすぎる, さそういう, さつた前, しどろもどろの, しわがれた声, その一挿話, だれるよう, とらわれ人, なえさ, ぬれネズミ, はったとじゃろ, みじめな, やつだ, やつだった, わがこころ, ゐを, 一寸字, 亡き魂, 分れな, 卑しい仕事, 卑屈な, 又愛らしい, 奴, 奴だ, 奴です, 奴らだ, 寂しい姿, 寂しい物語, 寂しい細い声, 対照を, 小さな生きもの, 彼らの, 彼女は, 彼女への, 御不運, 情ない老人, 情の, 惨めな, 日本堤の, 明るい街路, 明日は, 死にものぐるいの, 死に方, 玉藻の, 病める十八, 痩せ方, 白髪まじり, 盛装した, 罪深いわざ, 老いた微笑, 肉の, 自惚れを, 萎れようでした, 野郎に, 騷ぐなあわてる, 黒みがかった骸骨

▼ れてでも~ (65, 0.0%)

31 いるよう 6 いるかの 4 いるの 2 いそう, ゐるやう

1 [20件] あるかの, あるやう, いたかと, いらっしゃるよう, いるかと, いるため, いるという, いるらしく息, しまったかと, それを, ゐるかの, 仕舞いそう, 仕舞う位, 出て, 居は, 居るやう, 来たん, 置かれたよう, 行くよう, 見ようと

▼ れ~ (65, 0.0%)

3 の前 2 がさめ, である, で待っ, に見る

1 [54件] かくし, かも知れない, からは枯れた, から奔, から鼻, がある, じゃない, だ, だけが黒い, だと, だよ, で, であった, であるといふ, であるらしい気, でしかない, です, で我々, で正体, というところ, とともに意, となっ, となる, とも存ずれ, と思い込ん, と言う, にあたる, にし, になる, にもあざやか, にもとまらぬ, に出, に昼間, に来, に沁みこむ, に見, のところ, の薄馬鹿, は一五六三年, は何時, は有形無形, は血ばしり, もあてられぬ, もない, もまた, も鮮, をかけ, をみはっ, を伏せ, を奪われない, を待ち, を白く, を示し, を示す

▼ れさうに~ (63, 0.0%)

19 なつて 5 なる 4 もない 3 なると 2 ない, なつたの, もなる

1 [26件] ないので, なつた時, なつて主人, なり, なりさつき, なりましたから, なり或は, なり身上, なる度, なる裸蝋燭, もござりませぬ, も思はれ, 住んで, 容易いの, 思はれた, 思はれて, 思はれぬ, 思はれると, 思ひますが, 思ふ, 成って, 成る, 揺いだ, 有りません, 見えた, 見えるの

▼ れ通し~ (63, 0.0%)

64 だった, であった 2 で, であつ, である, で色恋, なん

1 [39件] じゃあ育てっこあり, じゃございません, だと, だもの, であったある, であったの, でございます, でそれ, でただ, ではあった, ではなかっ, でほとんど, でも平, でも平気, でよ, で今日, で居, で御座います, で春風駘蕩, で此一月餘職業, で瞞, で空腹, で貧乏, で近来, というの, なので, なのに, に揺られ, に揺られた, に行こう, に馬鹿, のせい, のよう, の万七, の可憐, の夫婦, の自分, の萬七, は私

▼ れ~ (62, 0.0%)

3 なるべし, 筆やの 2 はかれら, 夢みて, 彼は

1 [50件] あり, あるもの, ある物, うき名, お前にまで, これらの, なるべく又, なるべく而, はぎなぞ, よし, よぼれた淋しい, より丸山, より俊雄, われらのわ, マリア酒盡きたる, 世にも花, 光る上衣, 冷たき心, 厳かなる, 口惜しさ, 古代の, 宿願の, 巨大なる, 彼の, 彼男は, 彼逃れ出で, 急ぎ追, 悔しさ, 悲しさ, 愛し娘, 手や, 故にや, 数多い歌, 時にか, 有名なる, 棕櫚縄つきの, 江戸末年の, 深傷, 火神の, 私は, 稚兒, 種々の, 純然歴史上の, 美しき夫人, 自然の, 良人を, 若き看護婦, 血の, 重ね, 長き文

▼ れわれ~ (62, 0.0%)

2 のよう, の知らない

1 [58件] から考えます, から観る, がさっき参詣, が一部分, が三年, が写真, が子供, が早く, が遼陽, ではいよいよ, とし, と一緒, には理解, にもなく, に厚意, に取っ, に対していちいち, に挨拶, に提供, のまどい, のアマチュア, の不幸, の世話, の威, の小屋, の意図, の感謝, の戰車, の持っ, の神経, の禍い, の素人眼, の薬, の見た, の話, は吾, は堕ちじ, は弱み, は御用, は捕吏, は木立ちの奥, は汝, は芝, は茫然, まここ, もそう, もその, もわれ, も今ごろ, も同じく, も大いに, も聞い, より男, をおどす, をこれ, を出し抜い, を忘れ, 責めずた

▼ れたりと~ (60, 0.0%)

7 雖も 5 いう 4 するも 2 いふ, すれば, 他の, 仮定せよ, 称すれども, 謂ふ

1 [32件] あれど, いいまた, いえば, いっても, いひ伝へたる, いふべきか, おぼし召され候わんこと, お怒り, 云うを, 伝ふ, 信ずるには, 信ぜら, 地団駄を, 得衛, 悲壮に, 感ずること, 憤って, 揉まれるの, 為す方, 称すること, 考ふ, 耳語き, 聞えては, 聞えれば, 聞くや, 見たるシルレル, 言ふ, 記憶す, 野原側で, 雖凡ての, 雖平民社界に, 頷きて

▼ れかた~ (59, 0.0%)

3 をし, をする 2 でわたくし

1 [51件] か, かとぞんじます, かなる, がひど, がまるで, がよく, が不愉快, が他動的, が余り, が余りに, が当然, が従来, が恨めしい, が考えられる, だと, で, である, であんなに, でご, では思召, で女主人, で生活, とあっ, との間, と体, と同時に, などのうち, に人間, に対しては根本的, に対して私たち, に対する注文, に抵抗, ねグザグザ, の多量さ, はこの, はほぼ, は一層, は尋常, は文学そのもの, は複雑, みの, も初め, も示し, も飯, をうけ, をされる, をしました, をも考えます, を可哀そう, 即ち愛し, 自體

▼ れとも~ (59, 0.0%)

2 人しらぬ, 其やうな, 思はれず唯, 折ふしは, 笑ふかしら笑はれ, 酷く疲れ

1 [47件] あらば, いえる不愍, いえる人々, いって, せぬが, つかぬ妙, つかぬ異様, なくつい, 一般の, 予は, 倉子が, 優しいとも, 免れぬ場合, 其方法たるや, 只共犯, 君は, 嗤いとも, 宗教にも, 定められない事情, 山水の, 廣く, 思える印象, 悲しみとも, 日本の, 未だ决, 此に, 氣に, 物質の, 異なりて, 相分りませぬ, 知らない彼らみんな, 知り合いの, 知れず暗殺, 知れぬ者, 義雄の, 言いません, 言はれない, 言わなかった, 話したこと, 變り, 逃げ出して, 這麼に, 違ふ, 鐘の, 餘り, 駭き, 驚きとも

▼ れ従って~ (59, 0.0%)

3

1 [56件] あらゆる労働者, この二つ, この点, すべての, その余風, その動力, その勢威, その場合, その市場価格, その生産, その表現, その限り, それだけ週期, もし穀物, より小, 一日二十四時間を, 一般人民が, 不作により, 主観そのものは, 人の, 人体の, 人口の, 価格は, 労働者に, 労賃に対する, 勇気も, 動的の, 又それ, 各袋, 国の, 地代は, 奨励が, 年結婚数は, 後世に, 探求を, 政治の, 時間が, 未知の, 欲望曲線が, 歴史に対する, 残りの, 毛織布の, 異常な, 社会的経済生活からも, 私の, 穀物に, 穀物の, 純理論, 縮小された, 自由に, 複雑な, 資本の, 道路を, 鉱山から, 革命は, 食物量は

▼ れ~ (57, 0.0%)

2 なし伯, なし内閣, なし深く貴族院, のもの, の一方, の政治家

1 [45件] から来る, なし党紀, なし四面, なし議会開設以来, なし議會開設以來, なし黨紀, に東健面, に發表, の, のあらゆる, のこと, のため, のテーブル, の一人, の一端, の一頭, の七十七王, の三十七人, の二女史, の二方, の人, の人々, の仕方, の何人, の刑務所, の区別, の半ば, の四人, の多く, の年, の建物, の患者たち, の糧車, の諸, の部分, の郵便事務, はそれ, はみな外, はフランス語, は一部, は訪れぬ, をも圧倒, を顧みる, 動物に, 絞が

▼ れさえ~ (56, 0.0%)

27 すれば 11 しなければ 2 して

1 [16件] したよう, しなかったらどんな, する, するだろう, すると, するもの, すれァ, なかったら, まじえて, 心得て, 感じられた, 最早見えなくなった, 真直であれ, 纏綿たる, 致すこと, 道を

▼ れよう~ (56, 0.0%)

7 がない 6 も知れぬ 5 もない 2 がされまい, であった, もしれぬ, もなかっ, も知れない

1 [28件] が一向に, が善く, が嘲られよう, が無い, が蹴られよう, が邪魔, ですが, なもの, なら私, なら読者諸君, な事件, に, になぜ, にもされなく, にも瞞, にも雇い, のない, の早い, の正し, の無い, はあるまい, はどう, はない, は無い, もない悲しい, もなく, もなくなった, も関係

▼ れ一方~ (56, 0.0%)

4 にはまた 2 には大, に於, は土浦, は月

1 [44件] からは千代, からは半ば, からは悪魔, がこう, が相手, が罪人, だけに口, だけ裏庭, であ, ではのんき, では同じ, では慕われる, では理性, では理論物理学上, では生産文学, では自然, で恋愛論花, ならず御, には夥しい, には小体, には訳官, に幾つ, に無情的自然観, に細い, に附け, のか, の崖, の師直, の廊下側, の枝, の縁, はその, は原, は良人, は若草山, は荒木, へ追い廻る, チェルヌイシェフスキイの, 屋の, 島内白人の, 浮浪民が, 道の, 雇人たちは, 雑作なく

▼ れ自身~ (54, 0.0%)

4 に特有 2 から理解, に於, に非ずし, は入閣, も亦

1 [40件] がさう, が本来女性的, こんな意味, である, でも恥ずかしい, で宇治, としてはきおい, なの, にそう, にと止むる, にも可笑しく, に具えた, に向, に對, に就き, のため, のペルソナ, の一生, の上, の他人, の問題, の境地, の封建性, の恥ずる心, の悲劇, の所業, の教, の歴史, の見解, の詐ら, の隠栖, は思想, は聞き手, は藪医術, も知らない, も苦しんだ, を偽, を危ぶん, を容易, を見せ始めた

▼ れあるいは~ (53, 0.0%)

1 [53件] その以前, その到る, それに, それによって, それを, クラマール墓地の, 上等の, 世の, 世襲神職の, 二束三文に, 住替えは, 依頼品を, 別の, 原料と, 吸収され, 外邦と, 嫌忌される, 子供も, 学校の, 岩の, 帰降せ, 廓より, 怨まれあるいは, 憎まれたよう, 抑制せられ, 捕えられたよう, 改造され, 散所法師, 敬遠される, 新たに, 新聞雑誌に, 書かれて, 本来東国の, 柱に, 求めて, 減殺される, 無期の, 社会的に, 種々の, 苛められあるいは, 英国に, 製作の, 覆されよう, 試験され, 身体に, 道祖神の, 違約等の, 遠流の, 長柄の, 門を, 風に, 馬の背に, 馬鹿に

▼ れそこで~ (53, 0.0%)

2 彼らは, 解剖される

1 [49件] お別れ, すぐに, すぐ聞い, その花下, それぞれ執行人の, ついに亡くなられた, めいめいの, ダルカセヴァの, 一つの, 一夜を, 三室ほど, 三日間朝から, 下地ッ児として, 二十九日つけられた, 以前の, 兇行を, 先に, 出家を, 初めて人間精神, 原田甲斐の, 厳重に, 又, 合同慰霊祭が, 夕食の, 大乱闘, 天秤棒を, 完全に, 完結し, 年を, 微かに, 忙しく現地, 思い出すも, 数杯の, 新規割当等が, 日本料理の, 流産した, 煮た烏賊, 病気に, 糾明された, 自殺し, 薔薇乳香と, 赤旗事件で, 銘々の, 除隊に, 霜の, 静かに, 頼まれて, 食ふ, 飲みはじめました

▼ れ~ (53, 0.0%)

14 くない 3 いと 2 い善報厚酬, くなかつた, くは

1 [30件] い, いこと, いと僧, いと望む, いと言, いと願った, いの, いんですよ, い事實, い念, い爲, き事, くて, くなかつたら, くなります, く候, く候云々, く女中, く待ち上候, く此, く願い上げ候, さえ思った, し, しとの, し家, を失い, 幾重にも希望, 気に入り候, 生きて, 若しこの

▼ れそうして~ (52, 0.0%)

1 [52件] あえてみずから, あらゆる膠質的浮游物, うろうろ歩きまわっ, かれより, かれら, こちらは, そのあと, その女, その特徴, その知識人, その間に, ときにはこの, シヅ子と, ダーウィン, ヘルムホルツによって, 一つの, 一生を, 三人の, 上座の, 何代と, 光の, 冷却した, 出火当初に, 地球上の, 多大の, 夜は, 大小の, 天井が, 女中等の, 実存せしめられる, 常に仏法, 強制的に, 数枝の, 暗示を, 最初からの, 最初に, 最後に, 此家に, 深刻な, 環状に, 生活状態の, 碓氷を, 竹内氏が, 自国の, 自己の, 自己を, 自然に, 蘇生した, 貴方を, 賞味され, 鉄の, 馬じ

▼ れまたは~ (52, 0.0%)

4 交換せられよう

1 [48件] これが, ごまかして, その土地, それ以上が, つかれたという, ばかされたという, より重い, 五〇〇〇磅の, 価格が, 合流し, 合金に, 大いに減少, 天災に, 好奇心から, 実に相殺, 実施された, 室より, 小農場, 弱められるの, 彼れ, 彼れである, 戦争と, 打ち棄て顧みられなかった精神現象, 支払われるあらゆる, 斬られの, 旅先で, 書かれたこと, 有識者の, 民族性が, 決定的な, 消費されないなら, 混同せられる, 減少されたなら, 無類の, 特恩を, 獲得せられる, 私の, 簷を, 絶滅された, 荒々しい生まれ, 近い頃, 速かに, 金槐和歌集とも, 除去される, 隱し覆はれる, 馬に, 駄馬の, 黙許され

▼ れ~ (52, 0.0%)

4 之れ, 閣下の

2 [14件] に亦, に信, に計る, 世人の, 他の, 伊藤侯と, 伯が, 公が, 好むで, 彼れ, 熱心なる, 逍遙子が, 閣下有終の美を, 驚く可

1 [16件] に伝うべから, に兄, に出処, に史界, に武夫, 久しく留る, 之を, 吾が天, 当世に, 憲政党に, 憲政黨に, 我儕日本人民の, 當世に, 福沢翁を, 福澤翁を, 辯を

▼ れ~ (51, 0.0%)

10 おもしれ 7 んです 2 のかい, もんか, や

1 [28件] あんちゃんだ, が君, こた, ことに, ことになりゃがった, じゃねえか, それから俺れこ, ぞきき, ぞっ, だから酔い, だろうと, で両手, とこで, な, の来る, の脳髄, は気の毒, もんだ, やだんな, 小屋掛け演劇を, 度え, 狂言が, 申しやしょう, 男だ, 病だ, 見ものアねえや, 話は, 話も

▼ れここ~ (51, 0.0%)

1 [51件] が, しばらく京都紫竹村, だけには独自, でもまた, でも沢山, でアメリカ, で弁信, で弁当, で熱い, で約, で茶菓, で謹慎, で鄭重, に, にあります, にいる, において蘭学, にまた, にも, にも一揆, にも新た, にも毎回十数人, にも聞こ, にフッサール, に一樹, に共, に初めて, に参謀総長, に又, に始め, に後, に新興, に柴進救出, に気力, に泊る, に町奉行, に移し植えられる, に終らん, に臣下, に花, に資料, の一城, へ落ち着いた, まで下っ, まで引き, まで引っ担い, まで来た, も濤音, をおせ, をどうしてどう, 暫く創作

▼ れもし~ (51, 0.0%)

1 [51件] あがめられも, いくらか, いつぱし自分, このこと, この時自殺, これが, そして又その, たわけぢ, つかり腰, なかッた, またその, また同時に, 一日が, 交誼も, 今と, 作られも, 保たれも, 信じても, 利益も, 又根づき, 又殺され, 可愛がられも, 君側にでも, 商売の, 尊敬も, 尊敬を, 得ない, 恨みは, 悲しまされても, 悲しまれて, 愛しも, 感心も, 新聞でも, 書かれても, 期待され, 木標でも, 残りなく, 浪士らが, 無いで, 産まれた子, 相互に, 神や, 窘められも, 繁栄も, 聞かれも, 行きめぐりて, 行ひもした, 酔い溺れ, 降りて, 非難も, 頼みも

▼ れ且つ~ (50, 0.0%)

2 総合される, 運用せらる, 運用せられつ

1 [44件] からかはれ, この主観そのもの, その施行期日, その本質, それからの, それが, それぞれの, それらの, ショッペンハウエル氏の, 上に, 之を, 人跡到る, 充され, 受精が, 合理的に, 夙くから, 家庭料理に, 常識的に, 引きつけられも, 彼等の, 心の, 恥ぢて, 悔いたので, 愛しました, 技術的にも, 日常生活でも, 明治の, 映畫的, 書かれるので, 検証され, 概念によって, 殘本を, 社会的に, 禍福の, 稲以外の, 紹介され, 肯定され, 見守られては, 賞玩せられ, 近頃に, 避けました, 開かれた名山, 面の, 高められて

▼ れ其の~ (50, 0.0%)

2 [11件] 上に, 他數, 伊藤侯と, 個人としての, 内閣が, 割合に, 名の, 均しく貴族的姿致, 志決して, 翌年には, 自然の

1 [28件] 一本には, 上へ, 中に, 中座光寺源三郎の, 余は, 儘死骸は, 儘退きしと, 功は, 嗜好に, 地方的傳説が, 均しく博覧, 均しく博覽多識, 大名の, 媒酌人が, 概説のみ, 櫟の, 死顔は, 為す所一, 爲す所一も, 獨得を, 筋の, 継目から, 縁なり, 翌日僕は, 脉を, 観る可, 試験や, 頃武家が

▼ れ~ (49, 0.0%)

4 があった 3 だと 2 である

1 [40件] あり, あんじに, から来る, がことに多少, が出来上った, が判らなくなり, が奉公人, さあ何ん, ずきな, だったに, だらうかと, でござる, で荒沸, と物, なんとお礼, には頭, に何, に觸, の中, の小柄等, の微細, の意保合, の筒袖, の見事, はあるだろう, は大事, は諸, もうけさして, もその, も云えず, をお伴, をすぐさま, をまことに, を慕う, を書く, を粗末, を責め, 干竿, 有難く頂戴, 足りません

▼ れ日本~ (48, 0.0%)

2 のオーコンネル, の文化

1 [44件] からはじめて, から受け継いだ, でその, でもある, でも和製, でも少なから, でも後, でも文学, としての高い, において支那, における神, における著作権法, には相応, には行われ, にもこれ, にも三つプレス, に於, に珍, に譲りわたされる, に輸出, の, の一勇士, の作家, の侵略戦争, の国語, の外交, の大国難, の女性, の帝国主義, の文学, の歴史, の歴史上, の民主主義, の社會, の素晴らしい, の美術, の近代企業, の過去, の避難坑, の青年, の飜譯家達, は人民, は其地勢, も亦

▼ れ~ (48, 0.0%)

2 でも, のこと, の功績, の水勢

1 [40件] あつて盛ん, い, お待, では, ならば, な男, にまで無理, に仕組まね, に思わぬ, に意気地, に手近く傍, に混雑, に積, に評判, に賞, の人品備, の價値, の地積, の報酬, の大家, の年頃, の漢文, の証拠, の贅澤, までにお, までにし, までには窮し, までに思う, までに篠田君, まで頼む, も無く, わからぬ話, 好く嬉しく想っ, 忌わしく恐ろしい言葉, 愛しがっ, 死んだ奥様, 無く異国, 迄に思つて, 重いの, 長い説明

▼ れよりも~ (47, 0.0%)

2 さきに, ずんと好い, 一層忍び, 夫れ

1 [39件] あとで, お前の, このトツク君, まア何様, よくしや, よく当の, よく知っ, より一層いちじるしい, 上段に, 世の中に, 二つ年上の, 前の, 剛く, 勝代が, 十二分に, 十歳ばかり, 可愛が, 唯だ, 大きいので, 學者を, 安全で, 幸福な, 強い星, 心頼みだった, 思はれぬるい, 早く仕上り, 朝が, 此の, 真先に, 私しは, 私の, 紅に, 素ば, 綺麗な, 聡明だった, 衣喰に, 解って, 賢い一人, 農家の

▼ れ~ (47, 0.0%)

3 も消え 2 にもなく

1 [42件] あって, あつて雛僧, がいっぱい, がにわかに, がよい, が動かない, にある, にしみる, には七兵衛, にもない, に他, に充ちた, に恥じた, に映つた, に沁む, に絶望, の中, の影子, の惱, の拠り, の画図, の紅眞珠, の表面, は反抗, は昂奮, は正しく, は深い, もしどろ, も消, よくなめらか, をさえ誘う, をひかれ, をまかせ, を以て氣, を叩きつけられた, を惹かれ, を汚され, を筑紫潟, を養う, 乱れて, 塞がれ迷想, 愈

▼ れてしも~ (46, 0.0%)

14 うた 2 うたから, うたと, うたんや

1 [26件] うたかも, うたが, うたけ, うたそうな, うたでは, うたとは, うたの, うたのか, うたらしい, うたわ, うた方が, うていま五人, うてさながら, うてその, うては, うてほんま, うて移住出稼, うて茫然, た, たと, たのんで, たらそれ, たらもうなんぼ, たら姉ちゃん, てて, てても

▼ れ~ (46, 0.0%)

174 えから 2 えよ, かけ持つた人, の

1 [19件] えが, えじゃ, えじゃあ, えぞ, えって, えてば, えで, えとこれ, えと思うだ, えと思え, えと思ったら, えもん, えッて, え己ア家, え御飯, であった, に頭, やた, や怖

▼ れ乍ら~ (46, 0.0%)

2 怪しと

1 [44件] いい心持, お品, こんな異常, ずーっと気象台, それで奈何, のりかえを, もお, もともすれば, もどこ, もなんとなく, もガラツ八, も二人, も兩手, も八五郎, も切り出し, も半, も危うく, も右手一つ, も大筒, も小娘, も敢然, も歓喜, も精一杯, も美しい, も長話, も頑強, も高々, も黙, 中年配, 叫んだ, 向柳原, 呑んだ煙草, 宜い, 尚も猛火, 心ならずも止め, 手厚な, 書いたやう, 歌い狂ったとも, 然も, 甚だ不服さ, 続続帰つて, 語られなかった事実, 長々と, 驚くほどの

▼ れ~ (46, 0.0%)

4 になっ, の小唄 3 となっ 2 だと

1 [33件] かもしれない, が, だ, だったが, だつたさうですが, だつて笑, であり当時, でした, ですから, でで, では私, でも妹, で中, で半三, としてこの, などがここ, なの, にされ, になった, になりおる, のお, のよう, のラレイ, の一兵卒, の六郎, の小唄みたい, の浪人共, の耕吉, の随一, は何, は尾張, よ, を集め

▼ れ今日~ (45, 0.0%)

2 の憂, よりは私

1 [41件] ある御, があぶない, つかわれる異性, ではアメリカ, では皇太子さま, では荒川放水路, という今, となった, にいたっ, に至る, のよう, のわれわれ, の中国, の大衆生活, の如く, の法律, の現実, の監獄, の読者大衆, の高等人間, はお前, はそれ, は内々, は取りわけ, は吾助, は買物, また害, までそれ, までの心配, までの斷橋的經驗, まで精神的, もかっぽ, も余, も保存, も妹, ようやく国家, 低きもの, 到著す又, 尚ほ, 搗いて, 殆ど総て

▼ れ~ (45, 0.0%)

7 ひは 4 る者, 時は 3 る時, 者は 2 るとき, るもの, る種

1 [18件] は悲しい, るいは, るものはて, る一册, る事件以上, る場合, る夜, る家, る所, る期間, る特別, る病棟, る発声, 一種の, 刺戟を, 場合には, 時代革命の, 者には

▼ れを以て~ (44, 0.0%)

2 [14件] 之れ, 伊藤侯を, 伯に, 伯は, 大隈伯を, 必ずしも冷却, 最も優れり, 東洋の, 浮浪の, 華族中の, 迫る場合, 閣下の, 閣下は, 高島一派と

1 [16件] 今の, 他人を, 始めと, 専ら力, 專ら力を, 日本国民の, 未だ経国, 未だ經國, 正しと, 毫も自由党, 毫も自由黨, 窃かに, 竊かに, 自己の, 見出さなければ, 非亞細亞的

▼ れ~ (44, 0.0%)

2 には遂に

1 [42件] かえって発表, から応援, から突かれ, ちに, なるは, について一八郎, には他, には内地, には同じ, には朝鮮人, には歌会, には端艇, にプティー・ジェルヴェー, に修辞学, に大, に扇, に真理, に継父武貞, に進ん, の世, の二式, の場合, の方, の砲塔, の見る, の部分, は全く, は父親, へ押され, へ残った, へ退く, またその, 伏見院後醍醐院の, 収繋され, 奈良天皇および, 帰って, 更に分立, 漢の, 若い妻, 許されは, 赦されて, 選ばれて

▼ れある~ (43, 0.0%)

12 ものは 3 ひは, 時は, 種の 2 ときは, 者は

1 [18件] 人々からは, 人に, 人には, 人は, 冒涜な, 土地は, 圧迫と, 地方では, 場合には, 婦人雑誌にも, 所では, 日には, 日隣室に, 瞬間には, 組織の, 荒れ馬, 部分は, 電話と

▼ れてからの~ (43, 0.0%)

2 ことは, 事である, 彼の

1 [37件] お君, お子, お話です, お霜, こと, ことじゃ, ことだ, ことで, ことであった, ことである, ことでした, ことです, その以後, まいに, 一家の, 上じゃ, 事に, 事ばかり, 五ヵ年間に, 十年間は, 可愛がり方, 周三は, 彼女の, 後の, 後醍醐は, 徳川家は, 歌だ, 特長である, 礼を, 第十九号, 膠着だった, 自分の, 藩庁は, 通夜の, 長い時間, 韮の, 顛末を

▼ れ~ (42, 0.0%)

6 二の 3 一湯呑みで 2 一の, 一等の, 四人目は

1 [27件] 一に, 一回の, 一帝国の, 一次欧州大戦で, 一流の, 一階級を, 三, 三に, 三の, 三インターナショナルの, 三第, 三等の, 二には, 二は, 二文書は, 二期生として, 二次大戦後に, 二版が, 二等の, 二部が, 二高等学院の, 五回目に, 八回日本山岳会小, 十六師団司令部附と, 十四議会に, 十四議會に, 四十五連隊の

▼ れ難い~ (42, 0.0%)

3 のである, もので, ものである

1 [33件] から其の, ことそれ丈一方, ことだ, ことは, ことを, さ直にまいれ, というの, ところが, ところに, と見抜いた, のを, ほど無制限, ものかぐらいは, ものに, ものを, 事で, 人間の, 働きを, 僕の, 剣難が, 剣難じゃ, 危険の, 存在である, 定業ででも, 心持の, 悪因縁, 百千の, 矛盾として, 種属の, 罪の, 罪過がとにも, 観測の, 離れ得ないもの

▼ れ~ (41, 0.0%)

2 れの, 下院第, 彼等を, 暇な, 熊手の

1 [31件] おこさうか, お肩掛, かし, かしこの, れに, れ主張, れ何, れ取調べたが, れ幸福, れ適切, 中宮が, 二本煙筒に, 今より, 何人ぞ, 來しかと, 學者の, 所謂嫉妬心なれ, 所謂獅子身中の, 所謂老人の, 放して, 文明開化の, 早う御, 春なる, 来しかと, 来た, 極楽界たる, 横笛が, 田舎の, 相手を, 虎髯大尉の, 野を

▼ れもう~ (41, 0.0%)

2 一人の, 一方の

1 [37件] お勢, これ以上あなたと, こんなばかばかしい, そちらへ, その頃, だめだ, とられるもの, ひどく疲れ, われらは, 一つは, 一つ貼紙が, 一人前の, 一名は, 一方は, 一日おれ, 一本の, 一歩進む, 五年ちかく, 党の, 六時であった, 十三回忌も, 四十面相は, 客たちが, 年代も, 戦争の, 死んで, 汝の, 生涯の, 矢も, 私は, 胸元まで, 自由に, 見えなくなった, 貴子は, 起つこと, 駄目だ, 鰯は

▼ れ初め~ (41, 0.0%)

125 たの 4 でお 2 たもの

1 [18件] たあかし, たこと, たよう, た一行, た日, た瑠璃子, た黒い黒い, つつ在る, であったかも, というの, に掠奪, の十二週間分, は, はほか, は一向, は体積, は蘭名ラノンケル, ましたので

▼ れ~ (41, 0.0%)

2 に報い, に非, れが, れは, れを, を殺す, を游離, を罵り

1 [25件] か海國民たる者, が作れる, が思ふ, こそはせ, にとって対象, に歸郷, に犇, に生ませ, に返っ, の血, の言葉, はその, はわが, は多大, は彼, は腸, は袖, また進むあたはざれば, も我もと毎日見物, れから, れに, れへ, れ今, を忘れ, を残し

▼ れ或いは~ (41, 0.0%)

1 [41件] それを, ディアレクティクな, 両者を, 他から, 俗事政柄に, 免除される, 努力修養すべき, 区別される, 反撥する, 合流され, 同じこと, 吹きつけられて, 夜打ち, 嫉まれた時, 実数八万とも, 川に, 或る, 所を, 手を, 技術を, 敵へ, 斬られて, 測定される, 焼かれる, 父が, 狂人が, 狐持護法胤などと, 発見された, 発見せられた, 自滅に, 自発的に, 良家の, 親類を, 遠方の, 郷国但馬に, 閉されて, 非人法師餌取, 風雲の, 首を, 首斬られ, 高笑いし

▼ れてからも~ (40, 0.0%)

2 二三度森さんは, 始終日本, 西田は

1 [34件] うるかす, お島, こいさんと, ここへ, それらの, どこへ, どこを, どんなに妾, なお滞留, まだしゃべり足りないらしく, まだ一年, まだ一生懸命自分たち, まだ暫く死んだ, もう何十年, セビロが, ヒョイと, 一日も, 二三べん, 依然として山谷, 党の, 六三郎は, 勿論別荘, 大して健康, 彼は, 持主の, 暫くは, 毎日の, 気強い母親, 町に, 身体の, 逢初町の, 顏の, 顔の, 風評の

▼ れ~ (40, 0.0%)

2 出席せられ, 湯を, 行って

1 [34件] お掛け下されい, ご遷座, 上って, 主治医の, 乗せて, 入つたら, 出ますと, 出ると, 出ろこれへ, 参って, 同行し, 向けられねば, 向って, 呼べ, 呼んで, 定紋附の, 宛てる, 宮詣り, 廻っても, 往って, 息も, 打たせ玉, 承認せしめる, 是れ, 書いて, 毎日, 結論を, 脱ける, 行かないか, 言った, 言ふ, 走り行く時, 連れて, 連れ參

▼ れさらに~ (39, 0.0%)

2 それを

1 [37件] いっぽうの, おそろしい藻, これが, その長子岡崎三郎信康, それが, はそれ, べつな, またこの, また幸徳等, ベラベラ喋舌った, 享保十八年に, 半年を, 周囲の, 国土歴史伝統文化習俗などが, 国民的な, 天稟の, 屯所から, 待ちかまえて, 後に, 悲しみを, 或る, 焙り殺されて, 無蓋貨車で, 特別危険手当とか, 犯人逮捕の, 私に対し, 笠置も, 第三, 織田家は, 肉体は, 肉体を, 自然さに, 裁判所へ, 護持院隆光の, 進んで, 進んでは, 道教の

▼ れついに~ (39, 0.0%)

2 科学の

1 [37件] このごろ見る, これを, は, はいつも, は二世, は全く, は八つざきにされてしまうところじゃった, は日中, は映画ファン, は現象そのもの, ポルトガルにおける, ロアールの, 一種異様の, 事柄の, 今日の, 入手される, 円理の, 利潤の, 動かすべからざる, 大江を, 姿を, 彼の, 怪塔ロケットにも, 悲憤の, 意外の, 成功なされた, 我が日本, 敗軍した, 梁山泊入りを, 死に至ったあの, 渭水から, 濁流と, 牡丹と, 破れかぶれの, 縄に, 行けませんでした, 追いつめられて

▼ れ~ (39, 0.0%)

2 ことの, へん, ゐら

1 [33件] いちぇ, いちど御, いっちぇ, こんなところ, さむと, じい, じい有樣と, づ悲しく, づ拂ふ, どへる, なくちゃ, に嘆き弔う, ぬが, ぬ慈悲, はつて, はりの, ひらせて, へぬあんたはん, へんから, へんが, へんがな, へんな, へんよって, もつて, れるよう, れる良人, を見る, んだ, んな, ッか, ッせん, ツかいな, 霽れ

▼ れ実に~ (39, 0.0%)

2 彼れ, 髣髴として

1 [35件] これを, なる婦人雑誌, ピールの, 一個未決の, 久しく地下, 今日を以て, 伊藤侯が, 僕が, 公益上栃木県内の, 国家の, 国民的運動の, 大日本帝国の, 嬉しいに, 官憲の, 家康の, 当世罕に, 憲法紀念館たる, 政府の, 政治家たる, 方正謹厳の, 海島国に, 涼しく造られ, 煽動家の, 私一人の, 立憲政治家の, 絶景である, 美しき覚悟, 翻訳における, 責任ある, 軽々しく聞過し, 醜奴, 閣下が, 閣下の, 難中, 驚くべし

▼ れ更に~ (39, 0.0%)

2 進んでは, 長い乾燥

1 [35件] いづれも, きびしいもみ合い, その向う, その文学的存在, それらを, またこれ, よりよい, 一切の, 七月にも, 他の, 他殺とまで, 以仁王の, 全部は, 内に, 出雲系の, 匍匐し, 半七, 夏季を, 好評を, 屍体を, 幾度も, 当城, 最高の, 江戸小石川の, 海路印度に, 無名の, 無韻の, 理想的の, 発言者の, 縞の, 芳香高く, 苦悩の, 警察の, 返事せざれ, 鉄柵を以て

▼ れかが~ (38, 0.0%)

2 云つた, 叫んだ, 囁いた

1 [32件] あるいは電報通信社, いるよう, きいた, それを, 一本櫂を, 乱雑な, 争論でも, 二十人の, 倒れて, 処置を, 出て, 分ると, 南室で, 博士邸に, 呼んで, 小説か, 庭を, 怒鳴った, 成長する, 手提蓄音器を, 明かに, 棒を, 海へ, 置き忘れて, 自分を, 製造した, 見て, 言うと, 話しの, 靴を, 馬車を, 黒い腕

▼ れてはと~ (38, 0.0%)

3 思つて無論

1 [35件] お諫め, きづかって, しきりに苦心, それを, そんな冗談, わざと勇みた, 一刀抜く, 云う懸念, 云つ, 別置き, 大変不安で, 存じわざと, 底気味の, 彼, 思いなすって, 思うて, 思えばこそ, 思ったもの, 思って, 思はず口走りて, 惧れ, 手首を, 掛念し, 斟酌し, 案じて, 気づかうさ, 澁, 知らぬ顔で, 私は, 笑止でしょう, 箪笥に, 警戒を, 長椅子の, 震え上がりまして, 頼もしげ

▼ れなん~ (38, 0.0%)

6 だが 52 だは, だもの

1 [23件] たる無能, だか, だけれども, だげに, だこんど, だそう, だと, だの, だははははは, だよ, だらう, だ樣, だ樣子, である, でもずんずん, でも東京朝日新聞社, でも石屋さん石屋さん, には今日自身, にも要らない, のお, のかんばせ, のため, の話

▼ れ~ (38, 0.0%)

3 の意味 2 けなら, けのもの, け云っ, に苦勞, の事, の運

1 [23件] が分けられた, けで, けの事, けの品, けの大勢, けの程度, けはと思う, けは厚く, けは如何, けは西洋, け多, だと, でさ, で滿足, のこと, のもの, の年, の用心, の筋道, の金, は心掛てん, は遣る, を差別

▼ れてこそ~ (37, 0.0%)

2 そのあ, 意味が

1 [33件] このお父さん, であった, はじめて瓶, またなつかしみ, もっとも相応しい, プロレタリア文学の, 仕合せだ, 候え, 健全である, 初めて国民教育, 初めて月, 初めて民藝, 初めて男, 初めて社会心, 初めて経験, 可能だろう, 大事業, 女の, 始めてプロレタリア文学, 帝です, 新しい文学, 本当に面白い, 本当の, 権威ある, 癪だ, 眞に, 真の, 真実の, 結構な, 聖者でしょ, 自然な, 西洋の, 金自身としては

▼ れ~ (37, 0.0%)

2 一種の, 思はざるのみ, 自ら自由進歩の, 面白し

1 [29件] た余, た未決, わが爲め, 一解説一事項にも, 元日なりと, 党人の, 党首として, 前と, 前節同様の, 博士の, 同じからず, 天秤棒に, 女系を, 如何に, 宗教に, 尾をすら, 差して, 我輩の, 故無き, 確かに, 窃に, 竊に, 蓋しミル, 藩に, 解す可ら, 解決し得べき, 誤りなり, 黨人の, 黨首として

▼ れ最後~ (37, 0.0%)

32 に額

1 [32件] にい, にはいくつ, にはこの大きな, には他, には味方, には殺され, には焼, には若し, にアイヌ, にフロレス, にヨーロッパ, に上州, に信仰, に忘却, に激烈, に用心深く, に私, に移された, に腰掛け, に視覚, に謡曲作者, に階段, に電燈, の別れ, の十年間, の崩壊, の身なり, は次, は野呂栄太郎, まであやまらない, までその道, をとげる

▼ れ~ (37, 0.0%)

2 につけられた

1 [35件] あれば, にしみついた, につけ, には一銭, に一糸, に付け, に余る, に彼, に沁ん, に餘る言葉, のうえ, のおき, の不孝, の廻り, の潔白, の破滅, の置き, はこう, は悪疾, は柴田勝家, は護摩, もがき, も心, を, をもっ, をゆだねる, を削い, を守る, を捐, を支えかねた, を洗, を砕かれ, を賭し, を隠さね, を隠す

▼ れしも~ (36, 0.0%)

3 必竟は

1 [33件] あまり佳い, あるべし人, いと憐, かくの, かく感ずる, これを, つゆしらず, またじつに, ややもすれば負け, ウイルヘルム侯は, クロノスの, 一時, 不思議がり, 今に方, 他生の, 全く此, 其年四十二三の, 取りのけられ鶯, 多くは, 宜なり, 強ち, 心得て, 思いの, 思うところ, 思って, 怪しきに, 真宗その, 要するに仇英一派, 見えたり, 語るの, 警戒します, 進歩に対する, 郡吏この

▼ れ即ち~ (35, 0.0%)

2 政治道徳上の

1 [33件] かの大, オメダマ, 三界無, 上野村大字船津川の, 亡國の, 人間の, 侘を, 信条也, 印度動物説話の, 古河市兵衞に, 名なり, 大和に, 天賦の, 彼に, 恋愛の, 所謂, 未来派である, 本に, 東山作左衞門が, 東西思想の, 正しき思想, 殺害の, 氏が, 沿襲の, 無残なる, 真正の, 神仙なりと, 粋の, 緑雨が, 触るる所, 記憶を, 調和の, 野人なるべし

▼ れ同時に~ (35, 0.0%)

2 人間の

1 [33件] その国, それらの, またそれ, より高い, エンゲルスは, エントロピーは, 七十三歳を, 主な, 二葉亭の, 作曲した, 出陣の, 十九世紀の, 又種々, 執事と, 好色破邪顕正と, 市町村会議員の, 当時政権を, 彼によって, 彼女から, 彼女と, 徳川方の, 恥辱を, 探題以下の, 揚子江の, 敵のを, 歌舞音曲の, 特殊な, 發賣を, 美術學校も, 習字とは, 薔薇なら, 非演劇的方法, 饗応役と

▼ れ多く~ (35, 0.0%)

4 の人

1 [31件] のそういう, のイワン, の上告, の下僚夫人たち, の不, の不幸, の兵, の厭, の友人, の友人達, の国境以内, の場合, の尊敬, の欲望, の沖縄, の犠牲, の留学生, の知られざる, の研究室, の荷物, の蒙昧, の食物, の馬, はここ, はその, は共和制, は庭木, は遊芸, も勅選, 信じられた, 聞けり

▼ れ気味~ (35, 0.0%)

5 である 3 であつ 2 になっ

1 [25件] だ, だって, であった, であったが, であること, でいけない, でいつ, でいつも, でた, でわずか, で出, となった, なその, にお, にそこ, になお, になつてこ, になり, にヨロヨロ, に伝二郎, に伸, に蹌踉, に頭, の豪傑青少年, わるく食わず

▼ れ~ (35, 0.0%)

3 にふかれ 2 に吹かれ, に吹かれる, に晒され

1 [26件] がその, と払われ, ならず, にさいなまれ, にさらされ, にさわい, にた, にもまれ, にも揉, にゆられ, によって凍らせられた, に吹, に吹かる, に吹かれ育っ, に吹きはらわれた, に打たれつ, に揺られ, に曝され, に曝された, に脅かされた, に虐げられ, に追われ, はごうごうと, はなし, は熄, や雨

▼ れという~ (34, 0.0%)

4 ものを 2 のは, ほかは, ものが

1 [24件] ことであった, ことでした, のか, のが, のだ, のに, ほかない, ものに, ものの, ものは, ものも, ような, ような弁え, わけで, 代りに, 仰せだろう, 心あたりも, 意味が, 意味では, 流儀だ, 綽名だって, 芸術上の, 越度の, 題で

▼ れとは~ (34, 0.0%)

3 なけれども 2 思さぬか, 違ふ

1 [27件] いつたものの, これ思想の, 世界大, 事変り, 云つた, 云は, 何か, 全く反, 全く反対, 反対である, 反対にて, 反對, 古哲, 唐国の, 思いませんでした, 思うが, 思え自分, 性質が, 段が, 民を, 江戸の, 無しに, 知らずに, 短い時間, 苦労人の, 見えなかつた, 調和しない

▼ れ二人~ (34, 0.0%)

2 とも家族

1 [32件] で運転台, ともかたまっ, とも合点, とも夜割合, とも袷, ぬかされして, の, の争っ, の仕手, の傳令者, の噂, の娘, の娘たち, の子, の小僧, の幼子, の男女, の美しい若い, の若者, の青侍, の骨, の魂, はお, はすつ, はひそや, はワナ, は一つ, は向, は夫, は恟, は無疵, も三人

▼ れ~ (34, 0.0%)

4 れと 3 れする中 2 れの, れ申しませんよ, れ言

1 [21件] が非, に入り, に易, は当所, もカナシ, れいふ小池, れで政府, れ一時間, れ三尺, れ二十年, れ二十間許, れ二時, れ云, れ八百円, れ八百圓, れ十年, れ半年近く, れ彼, れ申す必要, れ申す筋合, れ言寄らんと

▼ れ~ (33, 0.0%)

2 のこと, の夢幻界

1 [29件] かたまりに, とたまり, と太刀, と握り, と月, と月あまり, と眼, と騒ぎやった, どの調べ, には其説, には応能, には慰めら, には貪り, にも二, に私, の, の不思議, の判然, の町, は党, は割れた, は右, は議院操縦, は議院操縱, は高く, は黨, ひら, を撃破, 撫で撫でさせて

▼ れ彼女~ (33, 0.0%)

1 [33件] が今, が嫌い, が田万里, のお, のこと, の事, の心臓, の思う, の手, の正気, の母, の活動, の眼, の精神的平衡, の自信, の誇り, の重み, の顔, はいかなる, はつい, はなんとなく, は人間, は尚, は忘れる, は校長, は歓喜, は死, は病院, は立ち, もつい, も同じ, も拘引, を賛美

▼ れ~ (33, 0.0%)

2 ったこと, ということ

1 [29件] い坊さん, この時代, だ, だから, った勢子, でそれ, で忌々しい, で此, で落着, で誰, という心構え, となりました, と云う, ないなんて, なつて, にし, になっ, になつ, にならねえ, になり, になる, になるでしょう, のうた又野たい, の叱られ, の形, の泣き寝入り, をし, をした, をする

▼ れ~ (33, 0.0%)

19 して

1 [14件] かもわたし, て古人, て天下, もこう, もこの同じ, もその, もそれら, もそれ以上, もなお, もなぜ, も屍骸, も有限, も皆, も髪の毛

▼ れあの~ (32, 0.0%)

2 ような

1 [30件] いやしき苦役, ことなし, さわぎが, そら案内, まま戦争の, ように, ソクラテスと, 中で, 人と, 人の, 人を, 人間灰に, 国が, 娘に, 尺八の, 平和な, 怖るべき, 方も, 時あの, 最後に, 有名なる, 沼沢地の, 白象は, 第一報, 者たちに, 衆が, 装置に関する, 辺から, 辺の, 頃は

▼ れただ~ (32, 0.0%)

2 一つの, 言葉なき

1 [28件] あっけに, うしろの, その日, その観念, それが, もう庭師, わずかな, 一色の, 三つ残った, 人目に, 何が, 信ずること, 吉原新宿には, 客體相互の, 小心翼々たり, 心の, 意味も, 慶四郎の, 振顧, 歩くより, 泣かゆ, 濱邊へと, 狼狽え釈明, 肉桃色の, 芸術品としての, 蔦か, 見る三千丈, 雨露に

▼ れだけの~ (32, 0.0%)

2 ことを, 事を

1 [28件] 事で, 事柄を, 仔細ござら, 仕事は, 價値が, 古い都市, 問答では, 嘘を, 図案美術書類は, 大中り, 學問が, 宝を, 寛容の, 山や, 悪推量, 手当を, 手數が, 斟酌を, 景色である, 横文字を, 準備を, 程度だけ, 美女を, 者だ, 親切を, 言葉を, 都合が, 金を

▼ れ世間~ (32, 0.0%)

2 も亦, 決して有る

1 [28件] からは指弾, からは気の毒, からもそう, から孤立, から遮断, から除外, が注目, ではそれ, では意外, にはかげ, にもち, にも取り囃された, にも聞え, に所謂記憶術, に病苦, に顔向け, のどんな, の人, の信用, の文化, の笑いもの, の誹, の風潮, は広く, へぺこぺこ, へ顔向け, をはばかる, を憚

▼ れ~ (32, 0.0%)

2 に彼, に自由詩, に閣下

1 [26件] にわが, にピール, に一, に一大疑問, に二重, に今日, に伊藤侯, に國家, に國民的運動, に大師, に憲法紀念館, に我邦, に政府, に政治家, に方正謹嚴, に煽動家, に當世罕, に立憲政治家, に音聲, の處出立, は偶然, は大, は強, は政治上, は藩閥, 現されたといふ

▼ れ~ (32, 0.0%)

3 まで来た 2 になっ

1 [27件] ありそこ, きかむ, ださうである, であった, であるが, でない道, とも思はれる, にあった, に斃, に着い, の相談, の石, の起因, の道しるべ, は意識的, は拓かれ, は本, へきた, まで来らす, をいそぎ, をかため, をこう, を後ろ, を片側, を見, を説く, を開い

▼ れ~ (31, 0.0%)

2 がだるく, も足

1 [27件] がなかつたら, が廻った, くび, には御, にまかせ, にも抱かれた, に手, に汗, の形, は手, をあげ, をし, をつかう, を叩かれ, を坊さん, を尽くし, を引かれ, を打たれた, を折られた, を拱い, を握っ, を砕かれ, を碎かれ, ゴメに, 懷し, 横さ出し, 籠めに

▼ れ遂に~ (31, 0.0%)

1 [31件] この度当地, その一部, その年, はこの, は主要人物, は他, は帝国議会, は男波, は絶対, は翁, クリスマスを, 一年餘の, 亡べりや, 人ごとの, 僅かでも, 屈伏し, 後世見る, 所謂挾書の, 敗れた, 有名な, 殺戮に, 母を, 法律を, 波動力學として, 浜田弥兵衛と, 特赦の, 破壊へ, 解放さ, 貴族武家階級の, 遠くの, 閲覧室の

▼ れ人間~ (30, 0.0%)

2 の幸福, もこの

1 [26件] が勝手, が存在, が額, として正しく, に賢愚, の人格, の利己心, の悟性, の愛, の智慧, の本性, の根本, の歴史, の生き方, の種族, の精粋, の運命, の采, の龜鑑, は善良, は器官, は幾千年, は自由, ばなれ, を山, を救う

▼ れかに~ (29, 0.0%)

1 [29件] あるらしい或, いい加減なお, お取り替, かぶせられるもの, その嬉し, そツくり, やられたの, 云われる, 似たよう, 似てる, 偵察されてる, 合図し, 呼び立てられたやう, 射撃された, 殺された, 甘い汁, 發表しなけれ, 相違ない, 私の, 聞いたっけ, 聞た, 聽い, 見つけられて, 話したくて, 讀んで, 身を, 連れられて, 邯鄲の, 鼻の

▼ れかの~ (29, 0.0%)

2 手先に

1 [27件] いたづら, うえ, え午一月吉書, アミーと共に, ウラゴーゴルの, クレエト島の, 一方に, 児は, 口から, 吸ひ, 呼吸の, 国の, 大人下駄を, 大緋鯉, 女と, 字地に, 孫子の, 巨盗アルセーヌ・ルパンの, 御母君尼御台所さま, 持物に, 掠奪にでも, 樣に, 發議で, 砌は, 蒲団に, 言葉が, 顔に

▼ れ~ (29, 0.0%)

2 [11件] が信用, が彼, が永訣, が無事, が藩閥家, が閣下等, の如き, の最も, の歴史, は三尊中, を目

1 が党人, が従来藩閥, が從來藩閥, が旧, が舊自由黨, が黨人, の侍医

▼ れ~ (29, 0.0%)

2 がきけませぬ, に水, を探し

1 [23件] あって, からは夥しい, からは泡, から出る, かを見つけ出す, といえ, など随分, にする, にはさるぐつわ, に云われ, に銜えられた, ばし, ふさがれて, ほどによき, も利けざりけれ, や懸, をあいた, をあんぐり, をぽかんと, を啓, を嗽, を探すべく, を求め

▼ れ~ (29, 0.0%)

3 れか 2 が恩, の胃袋

1 [22件] かにうるさく, かの間違, からも頭, か俑, がどうして, が家, が相手, が造り, しも反対, だ, でも用い, にも見られる, にも開かれず, のため, の話, もおらぬ, もその, もそれ, も寄せねえ, も彼, も物, れだおいお

▼ れ~ (29, 0.0%)

2 もない

1 [27件] がやはりほぼ, が踏み越され, しかない, だ, だもの, であった故に, で清冽, という, にたしか, につきました, には種種, に来, に立った, のところ, のほとり, の中程, の堤, の間, へかかっ, へ出た, まで戻っ, まで来る, まで進ん, を, をはっきり, をふみまちがえ, を遠く

▼ れ~ (28, 0.0%)

2 つて立憲政治に, ツと

1 [24件] がつた高原, がつて, さくらどのへ, さはか, しないで, しねえかって, つと振り返る, ともかく活, はてふためい, ひて, ひに, ひまじりて, ひ乍ら, ふくらゐである, まんざらの, われにも, われわれに, 俺が, 大丈夫ぢや, 大抵世の中, 書かねえ, 沢山だ, 葬式は, 車屋の

▼ れそのまま~ (28, 0.0%)

1 [28件] の翻訳, 一緒に, 二人は, 人事不省に, 全滅し, 卒倒なされました, 又上, 呼吸を, 家を, 寂然と, 幕末に, 引き摺られるよう, 彼方へ, 御用人, 手つかずに, 捨て置かれた犠牲者, 昏, 曹操の, 未決監へ, 留置場へ, 碧い, 私は, 縛り上げられた顛倒, 自動車に, 船尾へ, 行方不明に, 起ち上がらないもの, 闇を

▼ れたりなど~ (28, 0.0%)

9 して 2 した, したが, すると, するので

1 [11件] されるが, したの, したらいさぎよく, したら始末, しては, する, する事, つまり殺人事件, 云ひこしぬ, 大問題, 致しまして

▼ れなお~ (28, 0.0%)

1 [28件] かあさんの, まだ仕止めかね, もしかしてその, わが神, 一人は, 一名として, 七十以上に, 中川清三著, 人の, 人よし, 包囲から, 原形を, 塾長室で, 大事な, 席上の, 当然の, 従弟の, 御執心, 悲しくなっ, 愛嬌も, 日さまだろう, 狂わしきまで, 病人も, 胸に, 芝居として, 説諭方等の, 農を, 重井に

▼ れ~ (28, 0.0%)

2 を開ける

1 [26件] え這入り, からシーザー, からピン, から頭, が改められた, にはつとに, にはひどく, には急い, には煌々, には煙, には眼, には福音書, には腕, に三人, に人間, に僅か, に納められた, に這入っ, のボール紙, の君, の幾つ, の意味, の方, は薄暗く, 世紀は, 景に

▼ れ~ (28, 0.0%)

1 [28件] が島村抱月, でそれ, で下枝, で保, で元, で出羽, で十冊, で国教, で国民, で大杉, で御召抱上, で日本武尊, で那須高原, なるを, の一分間, の乙, の二学年, の元, の娘, の年, の新しい, の新聞, の日, の比例, の瞬間頭, の部屋, は畑, 狂言の

▼ れ~ (28, 0.0%)

12 もなく

1 [16件] がつく, が気, が注い, なく男, に合った, のついた, の狂い, の狂うた者, みに, もなくひっくり返り, も失う, も無し, をつかい, をつけ, を利かせれ, を挫

▼ れ~ (28, 0.0%)

2 かもす隣, 醸す隣

1 [24件] うる家, が汲み交される, が疊, づかれで, づかれと, と醤油, に人生, に興ずる, に酔わされ, に醉, の席, の燗, の芳醇, の醇和, はあふれ, は山東, まで充分, も家蔵, をのませ, をよばれ, を出され, を賜う, を飲まざれ, を飲んでる

▼ れこそ~ (27, 0.0%)

5 楽しき極み

1 [22件] したが, すれこちら, すれ思, すれ決して, ゲリジム山昔サマリヤ人の, シェイクスピアの, 一大事出来と, 中, 僕が, 却て, 吾が年來, 実に国, 幸いだ, 彼女ばかり, 彼等は, 本当の, 民法第, 油断の, 神が, 経済法の, 見よが, 親友が

▼ れてさえ~ (27, 0.0%)

2 おれば

1 [25件] いっこう通じなかった, いなかったかも, いなければ, いる, いると, いるとしても, いるの, いれば, おいでに, これを, そこが, そのままが, もうガタガタ五体, やっぱりじっとしていたんだから, 京に, 人ひとり要らざる, 先生抱月氏に, 却ってマゾヒズム的, 夫人が, 居たらしい, 激しく怒った, 腋臭の, 腹を, 逃げたでは, 頼みに

▼ れなど~ (27, 0.0%)

10 して 4 した 2 したら一大事

1 [11件] いたしたら其方ども, されましたが, したらもう, したら母, した事, してから, しては, するいと, すると, ひさぐ小体, 云はれなく

▼ れにでも~ (27, 0.0%)

1 [27件] ああだろう, あること, いくらでも, ぎんは, しれ渡って, よくある, 云ひつける, 出来ます, 出来る, 出来るやう, 出来る方法, 出来得る物, 判る通り, 勝手な, 喰べ, 好かれるという, 好んで, 子供あつかひ, 強い感激, 愛好せられる, 拾へる, 疑いの, 自分の, 親切な, 起る影, 追ツ, 釣れる

▼ れ一つ~ (27, 0.0%)

2 は眼

1 [25件] がお, であること, ということ, には, にはかね, には汁, のみなる, の傳説, の卓子, の声, の形, の形態, の指導原理, の書店, の民主的, の角度, の部屋, の重大, は, は棄てられ, は縁結び, も無難, を童子, 打つて, 裁ち損ねても

▼ れ~ (27, 0.0%)

3 である

1 [24件] だ, だから, だつた, だつたの, だつたよ, であった, であつ, でございますから, です, なところ, なもの, なる妙齢, な大衆髷物小説, な息づまる世態, になった, になつ, になり, になる, に乗り込む, に見えた, に跟, の割, の生活, の運命

▼ れ~ (27, 0.0%)

3 ひて 2 ふ, ふべし

1 [20件] は, ひけり文章博士仲章, ひけり明, ひしが攝津, ひしと世, ひしは, ひしも, ひしよ, ひし満月, ひてぞ, ひ後宮後坊, ひ時に, ふと, ふに, ふは, ふべ, ふべきをば, ふべき天, ふべく候, ふ可

▼ れすぐ~ (26, 0.0%)

2 にその, 裏は

1 [22件] そのかたわら, そのとおり, その下, その合羽, その手続き, に人殺し, に姫, に正, に誰方, に運びさられ, また提灯, オーディトリアム劇場に, ヴィルダブレイへ, 一室へ, 向に, 喋らされるので, 壮烈な, 家に, 窓際に, 船を, 裁判所事務局に, 近所まで

▼ ればこそ~ (26, 0.0%)

1 [26件] おしらべ, おまえの, ここまで, しごきどろぼう, その愛情, そんな義務, どんな複雜, ほらあれ, シヽデンなり, 万事を, 信ずること, 先刻も, 名の, 唐の, 因果は, 夜あかしを, 夜更けの, 天狗道の, 山蛭の, 来ましたが, 正成も, 此の, 無終極, 目を, 羨しいんです, 隅田川上下の

▼ れ~ (26, 0.0%)

2 の端

1 [24件] から新しい, から爆破, が三尺, さりませ, つた結ひ, で, に, には奇麗, には組み合わせ撥条, にをれ, に屯め, に火, に畳み重ね, のかた, の室, の板, の段, の玄関わき, の関, は深い, を流れる, 執事とは, 顎が, 顎は

▼ れ~ (26, 0.0%)

1 [26件] がふけ, が神々しい, ぞ来れ, には盛ん, にまぎれ, に入っ, のいぶき, の十時半頃, の庭, の昆虫ども, の昆蟲ども, の空, は内職, は又, は夜, は夜もすがら, は富山市, は岸邊, は按摩, は漫才, も呪われ, も寝ず, も明け方, を日, 出て, 眠ろうとしても

▼ れ~ (26, 0.0%)

2

1 [24件] がなる, がひとり, が殺され, が湯浴, が見, であるため, ならば, なら生命, にせん, に教長, に親切, の, のはける, のゆるき, の旅, の死顔, の青い, はせめて, は叫び, は実家, は従順, は怒った, までも巻きあげられ, 子供は

▼ れ易く~ (26, 0.0%)

2 学者の

1 [24件] しかもその, てだめ, ての, て困る, て病氣, ともすれば惘然, ないといふ, なって, なつて, なる, なるであろう, 他方の, 冷気に, 又それと反, 又実際, 感化され, 既に行われた, 物に, 碁会所の, 続いて, 而し, 茶屋が, 野の, 馬鹿に

▼ れ~ (26, 0.0%)

2 と妹, にはなだめられ, の机上

1 [20件] からは女難, が狂暴, が祈祷, との間, にはカタビラ, に愛され, に背なか, に諭され, に責められ, のマリイ・アントアネット, の息子, の決心, はひとり子, は六か月, は水, までをその, もそこ, や私たち, をうらんだ, を自害

▼ れ~ (26, 0.0%)

1 [26件] かくし, がやわらかく, が少しトロリ, が細く, にま, にも聲, にカーキ色, に涙, に見えない, に見えぬ, の前, は小さく, もあや, をあげ, をくばり歩い, をさまされた, をさました, をそばだてず, をまわす, を伏せ, を引かれてた, を開いた, を開け, 凹み皮膚, 醒めさせられたもの, 醒めるばかりの

▼ れ~ (26, 0.0%)

2 の上

1 [24件] からすつ, ががっくり, が奧州, が洗われる, だけは早く, にターバン, に火, の中, の中将, の右半分, の方, の皿, の血管, はふらふら, は欠け, まで剃っ, もばさばさ, をかき, を下げず, を吹飛ばされ, を垂れ, を奪, を海底, を破り

▼ れしと~ (25, 0.0%)

3 いう 2 なん

1 [20件] あるが, かくて, きけば, するも, ほりかねて, よろこび後, 云うは, 云ふと, 伝へぬ, 信じたりと, 信ぜられたる動植, 同様なる, 思い居るか, 思ひしかども, 思ひ居る歟, 思ひ昨夜, 我を, 知り地, 聞くに, 見ゆる

▼ れだけ~ (25, 0.0%)

2 いつた, である, では

1 [19件] あると, おくん, ぐらゐにしておいて今度お, だそれ, ぢや, であるが, でございますから, 亡びて, 使へ, 待たしといて, 御客, 拔い, 拝借出来なけれ, 毀したの, 盲目な, 破った奴, 聞いて, 行る, 買うて

▼ れよりは~ (25, 0.0%)

3 花を 2 お神輿を, ふつと, 一筋に, 我が自由, 美登利といふ

1 [12件] もっと頑丈, 一歩進んだ, 又進めず, 室内復音も, 彼を, 思ふ心, 早く塔, 淡い印象, 稍長い, 細くて, 身の, 高過ぎ

▼ れ以上~ (25, 0.0%)

2 のもの

1 [23件] であつ, ででもなく, に敬服, に直ぐ, に謙遜, に賑, のかれ, の事, の何物, の分量, の効果, の問題, の大, の程度, の筆舌, の經典, はなんとも, は喋られない, は聞い, を望めない, 好箇, 持ちこたえること, 進んでは

▼ れ地蔵~ (25, 0.0%)

2 に女, は昔

1 [21件] が踊る, というの, というもの, といっ, になっ, に縛り付け, に縛り付けた, のこと, の一件, の噂, の秘密, はまた, は諸国, もだんだん, も三, も当座, を勧められました, を始め, を拝ませる, を流行らせた, を詠んだ

▼ れ~ (25, 0.0%)

2 吉は, 吉原と

1 [21件] しきが, な母家, にもされ, らしい人, らしい妙齡, らしい犯罪者, 五兵衞至極満足いたしました, 学期の, 家庭が, 将軍慶喜公に, 幕府の, 朝廷の, 発見の, 發見地の, 皇万歳だの, 羅三郎義光の, 義古, 軍は, 道徳が, 関白近衛様の, 馬鹿大将の

▼ れ~ (25, 0.0%)

4 れと

1 [21件] に始, に描かれた, の伯母, の品, の如き, の如く, の心, の窟, の通り, れする中, れだったと, れもう, れより, れ一時, れ世間, れ二十年, れ云, れ云うの, れ共に, れ開いて, を詠まれた

▼ れ自然~ (25, 0.0%)

2 に大隈伯, に馬, の景物

1 [19件] が自己, と人間, と支, と有機的, に二社, に労わり, に対して反逆, に少し, に虐げられ, に関する発見, の一隅, の匂い, の大, の愛嬌, の手, は人, は始, を原形, 同じ詩

▼ れいま~ (24, 0.0%)

1 [24件] では他人, では忍術組, では殆, では眠ろう, にもまぶた, にも落ち, のよう, の日本銀行, はさて, はすでに, は争闘, は市谷舟河原町, は府下中野, は拙者ひとり, は智識, は母, は海面, は焼け, は黒白, またこうして犯人, またイタリア, また伊那丸さまはじめ, また父, も躊躇った

▼ れ又は~ (24, 0.0%)

1 [24件] 免除された, 出揃ったもの, 否定される, 屋根の, 強要された, 得意として, 最も憎まれ, 欲を, 流れに, 猛獣の, 発展せしめられる, 破棄される, 自身調子を, 舅の, 解決され得べき, 言葉の, 試掘権が, 読売される, 論理的要素として, 迷信される, 過度に, 遮斷, 雨の, 默許された

▼ れ~ (24, 0.0%)

2 だ一時, だ巧み, だ成敗, だ政見, だ眠れる獅子, 己がま

1 [12件] だ一突, だ一身の上, だ利, だ目下, 五十歩百歩の, 孔子仁を, 惘然として, 林立する, 泣くより, 生存に, 空地を, 規に

▼ れ~ (24, 0.0%)

2 の點滴能, は干され

1 [20件] がひたひた, とは, と荘厳, ならぬ灰, につられ, にぬらした, に住ん, に浸った, に溶け込む, のお, のす, の涸れてる, の音, はさばかり, は千尋, は淀ん, は色, よ偉, を取っ, を喰ってよう

▼ れ~ (24, 0.0%)

2 に限る, のよう

1 [20件] からは親, がそこ, であった私, という, とブラブラ, にならず, には首, には騙され通し, の一疋, の児, の半分, の弱虫, の惡戯, の意気地, の身, は定めし, は陽性, をあやつり, を仆, を褒むるに一匹

▼ れ~ (24, 0.0%)

2 がな

1 [22件] かあっ, からかっと, から二十日, が悪い, が見え, が附い, されて, に日本国駆逐艦, に空, に見える, のさざ波, のない, の郭公, も見えない, を, を人々, を待ち, を縫つて蜩, を見, を見せ, を身, を高い

▼ れたる者~ (23, 0.0%)

3 にし 2 でせう

1 [18件] かならず, にあらざる, になり得る, のため, のもと, の出現, の子, は亦, は何ぞ, は大抵, は実用, は日本, は枚挙, は然様, は父, は興, を見ず, 忘れられたる者

▼ れつつも~ (23, 0.0%)

1 [23件] あくまで自分, この己, なおその, なお久しく, まだカメラ, やや勉強法, ラスキンは, 一方魏, 多勢の, 如何にも興味深, 姿を, 引越しを, 強い勢力, 当時北條民雄の, 極めてリアル, 熱心に, 猶内部, 秦漢の, 肩が, 蒸出す, 見事対岸の, 遂に実現, 魔の

▼ れ~ (23, 0.0%)

2 の変る

1 [21件] づ立ち, での明け暮れ, で昼飯, にと夕ぐれ時, にと早く, にと木戸, にと船縁, には不可解, に多, に戴宗, に汝, に立ち, に立っ, に立った, に立つた, に金, に飛び出しました, に馬, の工場, までは美麗, をいそぐ

▼ れ同じ~ (23, 0.0%)

3 ように 2 ような

1 [18件] ことが, よろこびで, 内科でも, 剽盗に, 医者でも, 原因から, 型の, 夜道を, 工場に, 年の, 復古の, 月を, 杜氏長屋の, 法則に, 老中の, 色の, 観音様に, 門人林嘉猷は

▼ れ~ (23, 0.0%)

2 が公然, が豚

1 [19件] からあざけられ, から取り巻かれ, が列, この名, で酒, と争い, と共通, を笑わせた, 不肖針作が, 人間の, 小事小件の, 文を, 此の, 殺された, 殺されたという, 汝が, 活けるは, 猶人界, 立退き老

▼ れ~ (23, 0.0%)

1 [23件] で, です, ですぜ, なあの, なる顔恰好, な男, な言, な言葉, にない, になつて, にはありません, にも無い, に思われます, に成る, に見えました, もなく, 勤めまする一日十余時間, 変らず平坦, 對づくで, 打つては, 當の, 約束しとります, 結ばれたの

▼ れあと~ (22, 0.0%)

1 [22件] からあと, からのたうち廻っ, でしかめ, でそれ, でノコ, になつ, にはただ, には一郎さんひとり, に新, に残つた円盤形, の半数, の半面, の者, はただ, は一路, は夕方, は大抵, は狭い, は皆地球自身, をつけた, を一心不乱, を家人

▼ れのみ~ (22, 0.0%)

3 一人あし曳の, 一人のぼせ 2 蓋し閣下

1 [14件] ならずいつぞや, ならず他, ならず初め, ならず彼等, ならず御, ならず現在, ならず知らじとて, わが歌, 優秀なる, 彼の, 心頼で御座いました, 擡げられた一つ, 特に信任, 申して

▼ ればか~ (22, 0.0%)

1 [22件] うして, ついえ公, と言われ, にされ, のエジプト, のギリシア古代シニカル派哲学, の国権論派, の妻, の封建, の師, の文明富強, の明眸, の當遭害, の英国, の草紙, の葵祭, の迂, の黒色, はばか, やうな, ような, ろくして

▼ ればかり~ (22, 0.0%)

4 で無く 3 で淋しく, 御馳走さまに 2 では 1 じや, でなく黒ずんだ天井, でも, で喜び, 大義人道の, 思ひ續けた, 態とつくる, 申して, 祈って, 藥箱持つ

▼ ればとて~ (22, 0.0%)

1 [22件] こんな心地, こんな忌, ゆるりと, 之を, 二人が, 今日全国中の, 勤王家の, 勤王連の, 咎め立てなるまじ, 実際浮気, 幽玄なる, 恭わ, 我親決して, 断然禁酒, 是れ, 本塾, 母なる, 自分の, 藩の, 里人は, 隣近, 食物を

▼ れ~ (22, 0.0%)

3 とする 2 は拙き

1 [17件] が心外, が爲, が爲め, その時, と思い設けし, と思ふなり, に住む, に至っ, も同じ, よりは多く, を回復, 契りし末, 如く叱った, 弱い者, 程のもの, 程はあらむ, 蹴飛ばしやら

▼ れむべ~ (22, 0.0%)

2 き自足

1 [20件] きの, きは, きものだ, きものである, き二個, き人間, き卑調, き唖児, き女子, き小さい, き性急, き悲觀, き無銭遊興者, き物腰, き男, き神経衰弱患者, き細首, くも自ら知らない, し斯, し笑うべしそんな

▼ れもが~ (22, 0.0%)

1 [22件] この古語, するよう, なつかしむ颯爽, よく知っ, 一向その, 口に, 好んで, 少壮登山家に, 心で, 必ず認めね, 感ずるらしい気, 授からぬとは, 普く知っ, 未だかつてその, 求め限り, 深い溜息, 異議なく, 相互の, 知って, 知ってるよう, 知りたがる數字, 祖母の

▼ れ少し~ (22, 0.0%)

2 用も

1 [20件] こごむと, こわれかけて, ずつ量的分析, でも早く, でも立派, のみに行った, の間, は傷, も仕事出來, も悪評, も満足, 光を, 心の, 戦く様, 血の, 誇張した, 込入った気持, 遅れて, 鉢の, 顔を

▼ れ新しい~ (22, 0.0%)

4 衣を 2 ものは

1 [16件] ものが, ハンカチの, 力新しい, 医学の, 妙齢の, 床に, 形の, 心配事に, 文学書を, 日本的外国楽が, 権利即ち, 正当な, 気分で, 神殿を, 繪についての, 葉巻に

▼ れ自ら~ (22, 0.0%)

2 進みて

1 [20件] が非常, その娘, その猛, となす, に完きもの, に於, の気分, の觀念主義, の靈, は次の間, は肱, も押し, を美化, 喜ばしく思っ, 恨み, 恨み塵, 恨み塵灰, 知る, 行く所, 頻りに解釈

▼ れその後~ (21, 0.0%)

1 [21件] いっこうに役, しばしば出遭う, でイザ, で慰め, どうなっ, に出た, に室内, の多方面, の夜, は五十年ごと, は白浪物, は自力, また何, また食わるる, もだんだんに, も永く, をつけ, 久しく絶版, 再びそれ, 各地方, 間もなく私

▼ れだって~ (21, 0.0%)

2 帰って, 知って

1 [17件] きた, こんな仕儀, そんな気持, シベリアに, 一応は, 主人格, 仁王門から, 区役所の, 口を, 堀の, 好きや, 廂の, 来た, 粗忽な, 考えて, 訪ねて, 賛成だ

▼ れてと~ (21, 0.0%)

1 [21件] いうか, いうより, いふほどの, きめるの, ついだ, なり座敷, ほろりと, ぼとぼとステーション, ぼとぼと上野, ぼとぼと歩い, 云う形, 云って, 我が迷惑顔, 涙を, 申しますが, 申しますと, 聞いても, 蠢き廻り, 言って, 言つて惡き, 言を

▼ れ~ (21, 0.0%)

3 に反し, れを

1 [15件] が為め, と取り換えられる, と対立, によって優越, に答, に關, まで例, を云, を内容, を君子, を愛す, を批判, を殺したまわ, を能くし得, を開設

▼ れ再び~ (21, 0.0%)

1 [21件] わしは, ロケットの, 世に, 南下を, 同衾を, 拾われ整理, 書き直され印刷, 格子戸の, 殺されそう, 母親を, 流通貨幣の, 現はれ, 生活へ, 用いられる, 美しき星, 葉を, 見たるは, 見ること, 身体に, 逆戻りしかけ, 都の

▼ れ必ず~ (21, 0.0%)

5 地の

1 [16件] この帝王学, 他にも, 何かの, 傑物あらん, 克服される, 南東に, 幼院を, 斬罪に, 施薬の, 曰わん船, 機あるべし, 生命を, 福は, 諸子の, 貧院を, 遠藤を

▼ れ殊に~ (21, 0.0%)

1 [21件] その郷黨篇, アメリカでは, ルイ十六世の, ルサージュの, 不遇な, 世の中の, 五月には, 仮宅, 奇峭を, 婦女に, 小姓組の, 小西行長の, 康熙帝の, 戦陣からの, 明治十年前後には, 男女の, 祖母と, 空間的像を, 築城に, 羽柴筑前守秀吉が, 面部を

▼ れ~ (21, 0.0%)

2 の踏ん

1 [19件] かろきその, がすくむ, さえわらじ, にまかせ, のガーゼ, の踏まえ, の関節, はその, は大きな, は気, は泥, は萎えた, を動かせ, を取られ, を打落され, を折られた, を止め, を縁側, を縛られた

▼ れかく~ (20, 0.0%)

1 [20件] ておのずと, ておのづと次, てロンドン, て主, て事物, て夏期, て理論甲, て舞台, とは少し, のごとき, の如く, は窮地, ゆれ心, 信ず, 囲まれし上, 御沙汰ありし, 汚る, 答える時, 語られること, 限定される

▼ れかと~ (20, 0.0%)

2 いえば, いへば, 云つて見た, 切込まれて, 言つて來る 1 したる喧嘩, 一緒に, 云えば, 喧嘩でも, 思ふと, 相談し, 考え廻すに, 考へて, 言えば, 選んだら私

▼ れ~ (20, 0.0%)

2 われで

1 [18件] ざりませぬ, ざりませぬゆえ, われに, んご, 主人が, 信任も, 危難とか, 安心なされ, 家老の, 本人も, 本名を, 機嫌も, 機嫌を, 注意なされ, 相伴を, 自分が, 自害あそばされまし, 領主は

▼ れてさ~ (20, 0.0%)

5 うして

1 [15件] あんでも, いや馬, ういふ倦怠, う言, おまけに, かさに, さあ今日, それで即日帰郷, つと白い, へたうとう, まるで腮, よくもお, アぼんぼんお, 喉が, 胴が

▼ れ~ (20, 0.0%)

2 が深く, が風俗改良

1 [16件] か之, か記憶術, が今日, が日本文学史骨, と同席, にまかせ, に向い, の今日, の信ずる, の喜ん, の死する, の眼前, はこの, は斯, は言い訳, れるもの

▼ れ~ (20, 0.0%)

3 に隣つた 2 が又, れに

1 [13件] が後代, に成就, に沿う, に隣った, に隣つた幾つ, より崩, れが, れにつれて, れを, れ方向, をはねのけ, を忠実, を拒絶

▼ れ~ (20, 0.0%)

1 [20件] か, が心, が足捷, と汝, に之, に問いまつらん, に問わん, に語る, のあらゆる, の兄, の呼び掛け, の子, の心, の都城壞, はわれ, は之, を, をおがむ, 喚んで, 語るべしこれラチオ

▼ れ~ (20, 0.0%)

1 [20件] から始め, がいしん, が子, が所謂商人根性, が死んだら, と一しょ, と兄, にも怪, に報, に弓引く, に扶, の主張, の命, の所, の死後, の眼, の考え, は頑固一徹, もその, を無

▼ れいつも~ (19, 0.0%)

2 の様, 周囲から

1 [15件] おだやかに, お側に, の如く後, の爛漫, は見る, みんなの, より広々, ランプが, 丁寧に, 困って, 家の, 抜け道を, 目の, 陳列され, 面白くな

▼ れがたい~ (19, 0.0%)

3 ことを 2 のだ, のを

1 [12件] という状況, とすれ, ものです, もんで, ような, 人種である, 御感情, 未練千万な, 気が, 汚辱を, 苦悩と, 苦痛の

▼ れすべて~ (19, 0.0%)

1 [19件] がその, が機械的同質, が目新しかっ, の主張, の働い, の出版物, の取引, の声, の変化, の敗色, の新式, の物, の生業, の男, の罪, の舟, の行動, をひっくるめ, を人類

▼ れそういう~ (19, 0.0%)

2 人たちに

1 [17件] おそろしい光景, ことが, ことは, ものが, わけでない, 一種の, 人は, 人間の, 仕事を, 意識を, 戦争を, 機会は, 特質と, 生活に, 考え方を, 雰囲気という, 面での

▼ れその間~ (19, 0.0%)

2 に泛

1 [17件] お犬様令, から皮, で互いに, においては一向に, にずっと, にも頻々, に卓抜, に吟詠, に土居先生, に床下, に心身とも, に稻, に自然, に葛西善蔵, に葭簀, に金剛杖, は氷詰

▼ れどう~ (19, 0.0%)

1 [19件] あろうと, いふ風, かこらえ, がらが, したの, したら宜, して, しやう, じゃ, だ, でこんな, でも御, でも江戸, なったか, 判断され, 寝たの, 批評されよう, 解決される, 関係する

▼ れにしか~ (19, 0.0%)

2 ない, 訪ねて

1 [15件] いないの, なかった, やって来ない電車, 家へ, 映画を, 無いであろう, 生れて, 聞えなかったが, 見あたらないし, 見えないやう, 見られないし, 見られないと, 観測されない, 載らぬ彼, 都會へ

▼ れ~ (19, 0.0%)

1 [19件] と背ろ, にいる, にと雪崩, にのべた, に倍する, に頼んだ, のとそ, の人, の建築師長エングランド, の方, の百坪, の車, よりも愛, 世紀末の, 久自身は, 国民議会議長ヴェルニョー以下二十二名嘗つては, 帝醍醐天皇様は, 觸れ, 軍張

▼ れ天下~ (19, 0.0%)

2 の富, の政務, の珍, は自ら秀吉

1 [11件] に之, に名人, の勇士術者, の大乱, の大器, の文明, の権, の臣民, の詩人, は自ら二分, 開けて

▼ れ~ (19, 0.0%)

2 の身

1 [17件] かはつれなき, とこそ思ひ, と思ふ, と計, に着し, 一方の, 人皇城の, 其試驗は, 右大将さまが, 始めて翁, 尋常の, 彼が, 彼等は, 枝雀の, 毒婦が, 決して批評, 若し彼

▼ れ既に~ (19, 0.0%)

2 此目的を

1 [17件] ノルデンショルドによ, 二年荒海を, 二度目の, 仏さまと, 出来上つて, 十数年の, 危く見えた, 実を, 情の, 校勘學の, 歪みて, 泣き出したくなって, 私も, 立派な, 行く, 道徳的に, 驚くべき發展

▼ れあらゆる~ (18, 0.0%)

1 [18件] ひどい拷問, ものに, ものの, 仕事を, 作品の, 同性に, 希望と, 惡蟲を, 打擲を, 汚れた考え, 猫への, 発見あらゆる, 虚偽の, 行動を, 赤ん坊は, 醜状を, 鑑定者の, 電磁気や

▼ れ~ (18, 0.0%)

9 もなく 1 えが, な, な乞食, な人, な唖, な話, にたたく, はいま, もなく振りあげ

▼ れといふ~ (18, 0.0%)

2 ことに, 不出來しも

1 [14件] こと一座は, この時忍び, のか, のです, もので, 一句で, 合図を, 形は, 態度を, 手紙は, 方が, 電報が, 電報を, 面々だ

▼ れと共に~ (18, 0.0%)

2 其思想の, 無遠慮なる, 生ずるを, 限りなく 1 まったく心, 地に, 大同団結は, 大同團結は, 大弊害, 天国に, 山の上には, 歌ふ, 都会の, 高原も

▼ れにくい~ (18, 0.0%)

1 [18件] おかしな動きかた, かということ, から誰, か或いは, ことである, のであります, のよ, ものだ, ものと, ようであります, 場所に, 彼等独特の, 気分の, 状態に, 独裁専制政治と, 現実的な, 環境で, 用件が

▼ れにて~ (18, 0.0%)

1 [18件] お別れ, 一先づ質問を, 万難を, 事が, 事の, 余が, 俺れ, 候ひき, 充分である, 四囲より, 安心と, 宜しゅうございます, 小虫, 批評は, 早く寐, 次第に平均, 汝は, 蕨は

▼ れほとんど~ (18, 0.0%)

1 [18件] いろはから, 中国的哲学文学の, 修理の, 全市一大, 取りみだされたほどの, 四年の, 家をも, 家族以上に, 川の, 席に, 座に, 拡散する, 機械的に, 死にかかったこと, 無一物に, 無用だ, 自由を, 見ること

▼ れほど~ (18, 0.0%)

2 働きの, 身がらの

1 [14件] では, で無けれど, なく一万五千, までにあなた, エライ人は, 別れるが, 利く手, 己の, 望んで, 気の, 深い読後, 立派なる, 苦心し, 重用せず

▼ れまだ~ (18, 0.0%)

2 その他にも

1 [16件] あれから, こんなひどく, そこい, そのほか, なに一つ持出す, 一口も, 七八人の, 人が, 他の, 何か, 八歳の, 十二三の, 検死前で, 死骸も, 若々しい母, 若くし

▼ れやすく~ (18, 0.0%)

2 なって

1 [16件] あります, その上季節, その結果, てどんな, て騙される, なる, またよく, 何か, 倒すべき相手, 同時に世界, 従って享楽, 感情に, 模倣され, 気温が, 自分の, 複雑であれ

▼ れ人々~ (18, 0.0%)

1 [18件] がそれ, が難渋, その心, に快い, に紛れ, の心, の心持, の恐怖, の生贄, はたらふく, はめいめい, は一切, は五色, は勝手, は徳川時代, は新しい, は鮨, を潤

▼ れ場所~ (18, 0.0%)

1 [18件] から離れ, が吉原田圃, で, でもあつ, とし, なの, によってはそのまま, によって囲まれ, によつて圍まれ, に使ふん, に納まつ, は実に, も判らず, をジョン, を探し出し, を探り出し, を欲, 告げたるもの

▼ れ~ (18, 0.0%)

2 を娶る

1 [16件] がにわかに, というよう, としてあます, としてえらばれる, とよばれ, にも愛, に話した, のい, はやっと, は一階, は五人, は児等, は着物, も満足, を奪われ, を顧み

▼ れ彼等~ (18, 0.0%)

2 の片, はチヤムバーレーン

1 [14件] だけの生活内, の, の収納減少, の少年時代, の斥, の活動, の舌代的, の血, の間, はすべて丁寧, はみな, はみんな, もみな, を全

▼ れ決して~ (18, 0.0%)

2 偶然の

1 [16件] お取り乱しなされぬ, そのひと, それに, どこも, 一人歩きは, 一個警官の, 単独の, 叙述的命題の, 嬉しくない, 政党の, 政黨の, 狭い見解, 見事な, 誇るべきもの, 集団の, 非愛

▼ れ~ (18, 0.0%)

4 かつた 2 仏の, 等等呪なり 1 えんだから, けなしの, 慚の, 政府的で, 明山満月寺と, 智者に, 極の, 熱池の, 等等呪, 縫天上の

▼ れ~ (18, 0.0%)

2 らば, らんや, り此, り然 1 もそれ, もそれら人工材料, もなお, も取残された, も四ヶ月, も百合ちゃん丈, も科学, らん, り余, り豈

▼ れ特に~ (18, 0.0%)

2 彼れ

1 [16件] お定め, その官庁, プロレタリア文学運動が, 事変勃発後は, 同君の, 塾員に, 山階宮殿下の, 我国では, 本党, 本黨, 民族の, 注意を, 當代の, 触穢, 阿波に関する, 領主から

▼ れ~ (18, 0.0%)

1 [18件] が磐, で頭, に踞し, のうえ, の上, の切れ, の土台, の墓, の門, の階段, は乱れた, も, をつかん, をよみ, を投げられ, を抛, を洗つて, を落す

▼ れ閣下~ (18, 0.0%)

6 の内閣 2 が伊藤侯, が政治上, にし, の宜しく, の既に, は蒲柳

▼ れさるぐつわ~ (17, 0.0%)

9 をはめられ 4 をはめられた 2 まではめられ 1 までかまされ, をかま

▼ れしか~ (17, 0.0%)

2 せば, 今これを, 何の

1 [11件] お代どのの, が分かる, どこにも, はげしく二, を知る, 否か, 売って, 彼等は, 或ひ, 斯の, 知らなかつたの

▼ れそれでも~ (17, 0.0%)

2 公は, 叱ったり

1 [13件] お怪我くら, なかなかしつっこく, ヨコシマな, 一年以上辛抱した, 三度まで, 何か, 元気を, 入場料は, 兵隊に, 吉兵衛には, 平気で, 御宥免, 若葉を

▼ れ~ (17, 0.0%)

42 やない, やよ 1 やありません, やが, やまだ, やもの, や先生, や基督, や折角, や矢ツ張り, や自分

▼ れてや~ (17, 0.0%)

2 しないかと

1 [15件] がる, がんだ, ぐらの, しない, しないこと, しないん, その受け, ひ, ひどいこと, アに, ッぱしこんな, ツとかの, 七八年前より, 彼は, 野辺の

▼ れもしくは~ (17, 0.0%)

2 反駁され得る

1 [15件] さらに痛ましい, その恩恵, 俗法師の, 修正される, 叱られるよう, 大小が, 妻を, 学者に, 少なくとも示され, 思想が, 無視された, 無視せられる, 牛馬駱駝や, 解放せられ, 間者と

▼ れもと~ (17, 0.0%)

2 の藩主

1 [15件] お世話下さる, からすらり, そのふもと, のま, の場所, の声聞, はこの, はと云, ヘポメニアス氏の, 共鳴し, 分け入り重たい, 押しかけるので, 日比谷公園に, 船長室へ, 轢らせつ

▼ れよく~ (17, 0.0%)

1 [17件] ごらん, ねんの正月, 一人で, 先王の, 分からぬほど, 占卜を, 売れる, 孝行を, 彼の, 教育され, 晴れた空, 生活的に, 生長し, 繕われた古い, 聞け, 評されて, 赤幟幾万の

▼ れをば~ (17, 0.0%)

3 あなたは 2 何として, 何の, 思はで我が, 聞くの 1 明らかに, 燒く, 矢張一種の, 莞爾とも, 長吉は, 阿關

▼ れ~ (17, 0.0%)

2 から左, の方

1 [13件] に左, に連, に避け, のイタリア人, の千八百人, の大腿, の眼, の示指, の肩, の趣, の足, へ傾く, へ左

▼ れ~ (17, 0.0%)

1 [17件] がもらった, が揺れ, で出, で出来る, につきインテリ自身, につき或いは, に入り, に宛転, に投ぜられ, に消化, に落ち, のオーケストラ, の上, の価値, を取り出し, を震い, 辷りで街道

▼ れ大きな~ (17, 0.0%)

1 [17件] ガーゼを, 世界の, 丼鉢の, 佛たちが, 力に, 口が, 噴水が, 手形が, 月一つの, 机の, 浴場が, 窓には, 竜舌蘭の, 籠に, 踊りの, 防寨の, 風呂敷を

▼ れ~ (17, 0.0%)

2 とは夢にも

1 [15件] が, が死ん, が頓, だらうあの, とこそ思え, とし, として居る, として恁, とはしない, とは思い, と干死, にもなかっ, による, をした, をする

▼ れ次に~ (17, 0.0%)

1 [17件] ただしこれ, は自分たち, ドアが, ボーブール街と, ヴェルノンの, 一週間ばかり, 二十五名の, 切手に, 別な, 商売が, 心を, 推理によって, 桜人が, 石を以て, 起りし美少年, 運転手が, 関係づけられなけれ

▼ れ~ (17, 0.0%)

2 にせし

1 [15件] から出来る, がむかっ, せるを, にした, にしたっ, により, に死ん, の叫び, の時間, の運命, れ, をする, を待つ, を怖, を賭け

▼ れ生活~ (17, 0.0%)

1 [17件] されて, せられて, とた, なり餘瀝, に必要, に淫する, のあらゆる, の便宜品, の安泰, の目標, の科学化, の軒, はいちだんと, は整頓, は芸術, もできる, を破壊

▼ れ長い~ (17, 0.0%)

1 [17件] こと預っ, すの, のには, 審議の, 小説として, 廊下を, 弁髪を, 彎曲した, 文句を, 氷柱が, 海草は, 留守中の, 縁を, 航海に, 道を, 間箱の, 間謹慎を

▼ れ~ (17, 0.0%)

1 [17件] からどう, から真っ逆さま, から谷, さえ疲れ果て, には恁, に鋤かれ, の手綱, の眼, の追福, は体じゅう, は狂い, は近畿, ばかりを笑われませんでした, へ裸馬, もいない, も四十六頭斃, をもち

▼ れおまけ~ (16, 0.0%)

2 にその

1 [14件] にあの, にウイスキイ, にパルチザン, に一方, に人殺し, に冬, に大きな, に子供, に形, に懐, に生命, に神社, に野良帰り, に鼻

▼ れことに~ (16, 0.0%)

1 [16件] その一人, その種類, よると, 仏臭を, 勝手の, 史学雑誌編者の, 各種の, 彼さえも, 感じては, 桶狭間かっせ, 武芸を, 漢字が, 甲州上野両道で, 西行の, 訓育と, 頭部が

▼ れたりも~ (16, 0.0%)

4 する 3 して 1 いたしまして, した, しなかった, するけれど, すると, するの, するのよ, するよう, する不安

▼ れとても~ (16, 0.0%)

3 行きたくて 2 伯が

1 [11件] たまらなくなりまし, 亦来世, 人の, 句の, 嬉しき物, 實は, 彼女を, 此方に, 苟くも敵の, 親子四人が, 面白かった

▼ れとの~ (16, 0.0%)

3 事に 2 間に

1 [11件] うちに, こと驚い, たまへど, 交際は, 会話が, 文意を, 相違は, 罪悪と, 関係が, 関係は, 關係は

▼ れにな~ (16, 0.0%)

3 つてから 2 つてゐた

1 [11件] つた, つたお前の, つた岩戸の, つて, つてこの, つてし, つてその, つては, つて來た, つて天下を, つて山を

▼ れわが~ (16, 0.0%)

1 [16件] こ, せわぎもこ, つまに, 友よ, 友ら懸念誠に然, 名を, 唯だ, 夫への, 學校生活なり, 家臣舟より, 憂いなりだ, 憂を, 歌虚栄に, 父の, 罪の, 長槍

▼ れ~ (16, 0.0%)

1 [16件] には捨てられ, にゆるされ, に忘れられ, に時めける, に来る, の人, の注目, の流れ, はついに, は変り, は情, もなべて, を呪, を挙げ, を毒する, を渉

▼ れ世界~ (16, 0.0%)

1 [16件] からは忘れられ, が生々, なの, に名高き, に深甚, の人口, の動き, の変化, の大勢, の学界, の學者, の楽壇, の資本市場, はそこ, はやや, を表現

▼ れ~ (16, 0.0%)

2 眼を, 腕の, 腕を 1 卿より, 岸は, 木相摩し, 眼また, 箇の, 脇から, 腋から, 艇は, 藩が, 軍とも

▼ れ全く~ (16, 0.0%)

2 忘れ去られて

1 [14件] その犯行, の無能力者, べつの, みじめな, 姿が, 忘れたる如し独り, 日本風の, 智力の, 知って, 精神の, 組織的に, 詩学派と, 逃れぬ所, 饑を

▼ れ~ (16, 0.0%)

2 の様子, への衝動

1 [12件] が見えなくなる, では酔, にすぼむ, に優り, に千歳, のこと, へは出, へ出, へ突き出た, よりは悪, をのぞい, を見る

▼ れ~ (16, 0.0%)

1 [16件] さなる, なるもの, 乘の, 亜細亜に, 供等の, 兒の, 十郎が, 十郎も, 半年の, 忌, 楽の, 窓を, 酒屋も, 銀の, 鳥ヶ島は, 麦畑も

▼ れ~ (16, 0.0%)

1 [16件] つなみ, なす悪句, にはいっ, に対する認識, に馴れた, の斜面, の空気, の裾, の鼻, また山, も河, や野, を下る, を思う, を見れ, ん中

▼ れ故郷~ (16, 0.0%)

2 に低徊

1 [14件] から親戚, で見せつけられ, となれ, なるか, にある, にと, に風邪, の大学, の播州姫路, の春, の甲府, の筑紫, へ帰っ, へ還り得た

▼ れ~ (16, 0.0%)

2 の人間的幸福, の意味

1 [12件] なりと, の, の人間生活, の暗, の融和, 与太郎様育て, 夜ふけに, 成の, 暗い木立, 暗闇の, 蒼に, 豪傑生き

▼ れ~ (16, 0.0%)

2 佛の

1 [14件] を舎, 塁は, 大名通行の, 家族は, 寺礼仏の, 将の, 帝みな京都より, 条件に, 民に, 科学部門内に, 觀念の, 軍も, 軍合せ, 関係諸

▼ れ難き~ (16, 0.0%)

1 [16件] ことにても, はこの, ものと, ものとは, を先, 事なれ, 傾きあり, 剣難あり, 愛欲を, 所望に, 日をも, 罪とは, 罪人は, 義理に, 通俗世界の, 集会なれ

▼ れそれで~ (15, 0.0%)

1 [15件] あのよう, あのロボット蠅, やはり十分読者, よからう, クルミに, ムッと, 一層景, 呆気なく勝っ, 妾は, 存分に, 心臓を, 次第にひがんだ, 片目射潰され, 観光地の, 都合五十人の

▼ れどんな~ (15, 0.0%)

2 場合にも

1 [13件] めに, ショックを, スティーム鍋が, 作品を, 利用もしくは, 動物の, 困難や, 国際性を, 惡い, 感情の, 目に, 見えない精, 非条理

▼ れながらに~ (15, 0.0%)

2 失って, 袋に

1 [11件] いふやう, しろそういう, その男, ひらりと, やつと, トロトロと, 収縮する, 啜り泣きを, 暗きうち, 知って, 門を

▼ れ~ (15, 0.0%)

3 きと 2 放しに 1 から嫌, ちま, ちまうわ, ちまうん, ぽいこと, やいッ擲ら, 不届, 待たぬか, 放しな, 退され

▼ れ一切~ (15, 0.0%)

2 の行路

1 [13件] が手づくり, の, の万葉仮名, の享楽, の人類, の反抗, の意味, の秘密, の罪, を天皇親政, を率ゆ, を自白, 食われ木魚

▼ れ~ (15, 0.0%)

2 である事

1 [13件] とし, と仰ぐ, な戦犯出版社, に倚, に黄色い, の大, の御意, の親様, 殿頭の, 父偃が, 税を, 脳者によ, 體は

▼ れ~ (15, 0.0%)

2 として曾

1 [13件] が山, が済んだ, が面倒, でございましょうか, でございませうか, で多年, といへ, なかれと, に於, のついで, の埒, は憲兵, 成る後

▼ れ初めて~ (15, 0.0%)

1 [15件] いた, いるの, おきせは, の道, ぼくも, 不興に, 住替えと, 千鶴子の, 往昔最低級の, 昼に, 来て, 法理学の, 焙り麦, 行って, 陣中で

▼ れ~ (15, 0.0%)

2 は明日

1 [13件] あるによって, が祖父, が記得, に, にかくして, に乞, に願, の手中, の画, は, はいづ, を得, を男

▼ れ~ (15, 0.0%)

1 [15件] ありて, といふもの, に咎められ, に愛される, のため, はその, は見失っ, よ, をうばわれた, をだい, を亡くし, を妻, を承知, を棄て, を殺され

▼ れ彼ら~ (15, 0.0%)

3 のため

1 [12件] に対して無意味, の一半, の不平, の人口, の感情, の技能, の指揮, の笑い, の部落, の野獣的殺戮ぶり, はよる, は五囘

▼ れ~ (15, 0.0%)

1 [15件] さえなかば, にそ, になった, には軽い白い, に体する, に白雲, の蒼, はやや, は明るかっ, は昨日, は未明, へ吹き飛ばされる, をキリキリ, を見上げ, を鳴い

▼ れ言葉~ (15, 0.0%)

1 [15件] がうまく, がきれい, が事実以上, が通ぜぬ, が限定, さえ自由, で真実化, と芸, には出さない, に出し, に籠る, のため, の意味, をさ, を知らない

▼ れ~ (15, 0.0%)

1 [15件] から頬, がお盆, が今にも, が明るく, でうなずき, と頸, には白布, に傷, の血の気, はほてり, も美しく, を両手, を仰, を打たれ, を見あわし

▼ れお前~ (14, 0.0%)

3 に弱られ 2 のお母さん 1 が行く先, にはあなた, にも意見, のよう, の讐, の静か, は下, は交換手, もうるさい

▼ れこっち~ (14, 0.0%)

1 [14件] では悪い, でも切られた, で侍史, で喰われ, で封書, で此方, の弱み, へおわれ, へひっぱられ, へ引張られし, へ来, へ行っ, へ行った, へ追われ

▼ れしばらく~ (14, 0.0%)

2 の間

1 [12件] お待ちくだされい, して, はイタリー人, ぼんやりし, 其の邸内, 手足を, 暗がりの, 茫然と, 見えなくなること, 謹慎を, 足が, 黙った

▼ れそれら~ (14, 0.0%)

2 の人々

1 [12件] がまた, が海近く, が綜合, について思い, に捧げられた, のもの, の不思議, の券, の小説集, の新, の疑問, の謎

▼ れついで~ (14, 0.0%)

1 [14件] だから, にもう, に一角, 事件が, 和束の, 小倉への, 意志細胞内に, 東京教育博物館長また, 独逸公使ケットレルも, 襲った天保, 軽蔑され, 養徳社から, 首班指名では, 高い熱

▼ れてね~ (14, 0.0%)

2 ぢけ

1 [12件] くさって, こりゃもう, しかも殺った, その中戦争, その使い, それっきりさ, どうも, ひどく間, 僕の, 私も, 行く所, 青い空

▼ れ先生~ (14, 0.0%)

1 [14件] から怒鳴られ, が大震災後, ご自身, によつて反省, に何, に待つ, に懇願, の文章, の老, の見込み, は勿論, は朝鮮人, は薩州藩, も鳥渡中座

▼ れ~ (14, 0.0%)

1 [14件] アーチ形の, 交換者において, 作家も, 個人の, 刑事交代に, 國の, 家それぞれの, 家庭の, 寺院でも, 役相応の, 組頭や, 講中の, 部分は, 隊は

▼ れ吾人~ (14, 0.0%)

1 [14件] か一般, か記憶力, が共に, が此, と同一, の人生觀, の大, の宣言, の清廉, は人間, は信条, は偏狭, は公平, は彼

▼ れ~ (14, 0.0%)

1 [14件] がフランシス, が両, が物質, が言論界, が起き, のみならず, の気, は広島, より国ニ, れならば, れは, れ其時, をおそらく, を奪われ

▼ れ常に~ (14, 0.0%)

2 人生といふ, 武士道を 1 その友人, 俗士の, 剣菱を, 半空腹, 卑下し, 圧制の, 手近な, 日と, 現実から, 紋付に

▼ れ我々~ (14, 0.0%)

1 [14件] がこれ, が本, が見る, の宴会, の生きた, の経験, の考え方, の行動, はしばらく, は刀身, は威風, は床, をも動す, 如き者

▼ れ我輩~ (14, 0.0%)

4 が閣下 2 が朝野, の所謂, の空想, は決して 1 の事, は学問独立

▼ れ文学~ (14, 0.0%)

2 の書き方

1 [12件] では山田美妙, としての位置, の創作方法, の問題, の基礎, の本道, の民主性, の現実追随, の社会性, の神様, らしい文学, を愛する

▼ れ~ (14, 0.0%)

2 あって

1 [12件] が止揚, にこの, には滑稽視, の土耳, の夕闇, の将軍綱吉, の活気, の総長, の農商務大臣陸奥宗光, をうつさず, を同, を見

▼ れ~ (14, 0.0%)

4 孝は 2 学先生の, 服着 1 は即ち, またはゼロ, 四位下に, 物に, 精は, 腹は

▼ れ~ (14, 0.0%)

1 [14件] が消え, が燃えだせ, にさえぎられ, にて焚, にて焚かれ, にもイヤ, に包まれた, に焙られ, の中, をあびせかけられた, を一つ借用, を放たれ, を放つた, を踏ん

▼ れ現在~ (14, 0.0%)

1 [14件] では世界中, では批評家, でも廊下, の何処, の報い, の大, の大事實, の天台座主, の立場, の若き, は作家, は私, は米国, は解体

▼ れ~ (14, 0.0%)

1 [14件] と与, に似る, に対しては悔悟, の分子, の如き, の栄光, の諸子, の道, や避け, を人間性, を以て心, を畏, を見る, を離れたる

▼ れ~ (14, 0.0%)

2 も知らず, 兄弟に 1 としても取捨, に喰い付いた, に近づく, の久兵衛夫婦, の仲裁, の作った, はなく, より子, 兄弟女房子供は, 兄死罪に

▼ れ間もなく~ (14, 0.0%)

2 監獄の

1 [12件] その男, 他の, 公高らしい, 前に, 大隈さんへ, 妻は, 将軍は, 百万塔の, 磔刑に, 私は, 英, 酒樽も

▼ れこんな~ (13, 0.0%)

1 [13件] うれしいこと, ことを, ところで, ところに, もので, 塩梅に, 多種の, 工合で, 急な, 愉快な, 所に, 状態に, 降って

▼ れさうになつ~ (13, 0.0%)

73 たので 2 たりし 1 たりする

▼ れさま~ (13, 0.0%)

2 はお

1 [11件] から頂きました, がみえました, ですか, とは違, ならお, の懐, は, はおそうござん, はまだ, は悪酔い, をお呼び

▼ れしもの~ (13, 0.0%)

1 [13件] ありき, あり又, およびその, なりと, はたとひ悔い, 一として, 以外に, 先この, 宮中に, 少からず, 最も多く, 歟或は, 毫も編纂者

▼ れすっかり~ (13, 0.0%)

1 [13件] さわやかな, もうろくした, ようなった, 参って, 好きに, 心をど, 忘れて, 悌を, 無害に, 瓦斯患者と, 痩せて, 退屈し, 金箔を

▼ れすでに~ (13, 0.0%)

1 [13件] 三四回も, 両軍, 使ひ果され, 奥州の, 彼の, 御覧の, 手裡に, 灰燼と, 生の, 絶命し, 観念し, 討死を, 重囲の

▼ れっぽい~ (13, 0.0%)

1 [13件] とも感じた, ようす, ような, 丹波女に, 嗚咽に, 声で, 声を, 女の, 疑問を, 節を, 表情を, 顔を, 鳩笛の

▼ れてな~ (13, 0.0%)

1 [13件] がまさ公と, ここまで, ここまでは, すまんこと, それは, つた即, わを, アッハハハ, ウロウロし, 一枚くださった, 今は, 伸したては, 宇津木兵馬が

▼ れむしろ~ (13, 0.0%)

2 この言葉

1 [11件] その信仰, よい風習, ロゴスに, ロゴスにおいてのみ, 女性的に, 意識が, 戦慄を, 朗らかに, 流行にすら, 私は, 義人として

▼ れ~ (13, 0.0%)

2 はその

1 [11件] が今, が可憐, が訊問, の意志, はうれしい, はこれ, はた, は殆, もそれ, も東京, を滅茶苦茶

▼ れ~ (13, 0.0%)

2 から拔, の上 1 から抜け出し, には同じ, には編み, の下, の中, は質, も壁, も天井, も柱

▼ れ我が~ (13, 0.0%)

1 [13件] 久し振, 友よ, 古史の, 國へも, 幼稚なる, 心は, 意に, 新なる, 日本民族中にも, 祖父伝来の, 肺も, 背を, 責て

▼ れ~ (13, 0.0%)

2 は光る

1 [11件] あればこそ, が横仆, っ葉みじん, といわず, に圧され, のいす, の上, の代り, の幹, の皮, や地割れ

▼ れ東京~ (13, 0.0%)

1 [13件] から程, から赴いた, が江戸, のお方, の小村欣一, の豊山中学, の銀座あたり, の黒田様, はもとより, へ来, へ飛び出し, を故郷, 新大坂町

▼ れ~ (13, 0.0%)

1 [13件] については院, にも詠まれ, によまれた, に心, の一団, の上, の会, の頭, はれ描かれ写されつ, はれ行, ひ寄る, もここ, 来る

▼ れ深く~ (13, 0.0%)

1 [13件] この世を, ながめた, なるほど, も美しい, 優美に, 思いやるという, 思えて, 悦懌す, 教えられるところ, 父は, 綴って, 薀蓄する, 言うを

▼ れ白い~ (13, 0.0%)

1 [13件] えぞ, ネクタイを, 丸を, 壁に, 壁は, 山百合の, 手の甲を, 旗など, 波が, 眼で, 縄の, 葉裏を, 霧に

▼ れ若い~ (13, 0.0%)

1 [13件] とき自分を, 二人にとっては, 侍は, 国民の, 女に, 女や, 妓の, 娘達によって, 家族は, 文士画家彫刻家建築師達は, 男と, 男女の, 男女は

▼ れ~ (13, 0.0%)

3 に環境 2 に人間 1 にときどき, に引返し, に彼, に我々, に文化, に有機體, に自己, に認識

▼ れいずれ~ (12, 0.0%)

2 にせよ 1 に向い, もその, も上海, も事情, も四千メートル, も地上, も日本, も百パーセント, も高名, も高度

▼ れかえって~ (12, 0.0%)

1 [12件] から読後感, この国, その残株, ほんの少し, マルセーユに, 入るとも, 失礼な, 幾倍かの, 播州を, 義経に対して, 豪雨は, 鎌倉の

▼ れからは~ (12, 0.0%)

2 千何百呎の 1 あの御坊, お前も, 其の最も, 決して他人, 決して夜中, 燈火一つ見えない, 聞かぬ気, 藩主も, 行くの, 長く葭町

▼ れそれに~ (12, 0.0%)

2 よつて, 二人の, 清二の 1 よつて獲得, よつて製作, 両博士, 加うる, 向つて, 後から

▼ れたちまち~ (12, 0.0%)

1 [12件] その集中猛火, に隠れ, われも, 今の, 仏教の, 延焼し, 播州姫路の, 燐は, 狂奔し, 破滅する, 脳裡に, 郷里である

▼ れに対して~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまりな, ことさらな, この愛, さながら盲目, ゐると, 好悪をも, 悪声を, 抱いて, 敬といふ, 深刻なる, 用いるか, 究竟の

▼ れへん~ (12, 0.0%)

2 がな 1 いうこと, いうはず, か, かと思う, な考え, のどっ, ばっかりか知れたら, やろかと, やろ思います, 思いますけど

▼ れほどの~ (12, 0.0%)

2 事を, 淵に, 良人を 1 きりやうで, 人の, 人を, 役廻りあるべき, 相違誰れ, 苦悶を

▼ れまるで~ (12, 0.0%)

2 メトロノームに 1 シノブや, ダヴィンチの, 夕立雲が, 夢を, 対数表かなんぞの, 敵味方の, 明け放したパヴィリオン, 死面を, 白樺の, 芥か

▼ れやっと~ (12, 0.0%)

1 [12件] それを, のこと, クッションが, 三七信孝丹羽長秀の, 原稿が, 四日間の, 大空へ, 此方の, 私たちの, 見開いたね, 難破船引揚業者, 面会室の

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] からさげられた, からは火, からは絶壁, から覆いかぶさった, がつて, に坐らる, に蓋, に述べた, のツチハリ, のレンズ, の廊, は秋風

▼ れ~ (12, 0.0%)

2 似と, 必要に 1 分離な, 埓の, 忍の, 成功に, 比等の, 活溌に, 申候, 知者とも

▼ れ伊藤侯~ (12, 0.0%)

2 が別に, が局面展開, が特に, の曾, は明治十七年公 1 の政友会, の政友會

▼ れ僅か~ (12, 0.0%)

1 [12件] ながらお歌, な数, に上流, に事務的処理, に奧方, に客體, の野菜畑, ばかりで, ばかりの身, 七日ほど, 五時間の, 日本人の

▼ れ国民~ (12, 0.0%)

1 [12件] がその, の之, の尤も, の思想, の意気鎖沈, の生活, の輿望, はその, は皇室, は立身, ももつ, 各

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が去った, ならざら, ならば, になる, のこと, のころ, の夜, の大気, の微風, の森林, は山, は炎天

▼ れ如何~ (12, 0.0%)

4 にし 1 とする, にこれ, に佗, に口, に密貿易, に果, に自信, に赧然

▼ れ小説~ (12, 0.0%)

2 を書い 1 が描かれ始めた, では事件, となっ, に於い, の世界, の功徳, は, は客観, も劇, を読ん

▼ れ当時~ (12, 0.0%)

2 の戦争 1 の中宮, の城閣, の学界, の慷慨家, の明星, の社会, の耳目, の言語, 同寺, 既に詩壇

▼ れ後者~ (12, 0.0%)

1 [12件] において国家, に就い, に於, は, はその後従犯人, は平塚さん, は形容詞風, は意識, は浙西學派, は貴族的, を十分, を食う

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] にかまぼこ, にこれ, にケチ, に命じ, に四十度, に帰っ, に強い, に恐ろしく, に木箱, に魅力, はすぐさま, 速力で

▼ れ手足~ (12, 0.0%)

1 [12件] などが折れ, の爪, はぐるぐる, は翠花楼, も胸元, をとられ, をば, をもがれ, をバタバタ, を宙, を砕かれる, を縛

▼ れ~ (12, 0.0%)

2 が谷 1 が暮れる, に夜, に照らされ, のめ, の暮, の暮れる, の暮れ時, も足らざるべし, も足らず, をうつし

▼ れ最も~ (12, 0.0%)

2 重大に 1 ひろい意味, 人口に, 信用され, 凡手の, 崇拝せられる, 憚る, 気の毒なる, 粗慢に, 美しく作られた, 賞讃され

▼ れ果して~ (12, 0.0%)

2 巧みに, 鞏固なる 1 その眞心, 他の, 何気なく招きたる, 偶然なりや, 充分なる, 憲政党の, 憲政黨の, 適当の

▼ れ汽車~ (12, 0.0%)

2 に乗り, の中, はうごきだし, はうごき出し 1 にのせられ, に揺られ, の進行, は悠々

▼ れ現に~ (12, 0.0%)

2 これも 1 こうして旗本屋敷, 一週三度も, 姦通罪の, 彼は, 征夷によって, 特殊部落民として, 病気で, 秋田県史蹟調査委員と, 自分の, 開かれて

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] い長じ, に恋々, に於, の弱い, の愛着, フィルムは, 不動には, 先の, 捕って, 捕つて江戸表, 牛ヶ原金萩ヶ原と, 真なり

▼ れ~ (12, 0.0%)

5 の原 2 の面立ち, は荒され 1 の稲, は実, や畠

▼ れ甲斐~ (12, 0.0%)

1 [12件] があった, があつ, があります, なき火力, には聞きとれない, のある, のあるべく, のない, の国, は立, もない, を感じた

▼ れ相手~ (12, 0.0%)

2 の方 1 から目度分別, にされなく, に伝達, に取り縋っ, に残っ, の兇手, の切, の胆略, の苦痛, を見くびった

▼ れ~ (12, 0.0%)

5 をさかれ 1 が立つ, をえぐられ, を割かれた, を咬まれ, を立てる, を裂かれ, を裂かれた

▼ れ自由~ (12, 0.0%)

1 [12件] と平和, な天地, な思想, に弁, に愉快, に歩く, に見えた, に遊び, に酒, を強要, を束縛, を略奪

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が離れ, と波止場, につんだ, の位置, の出帆時刻, の帆, の底, はどこ, はまったく, はゆるゆる, は二人, へ移っ

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が供えられ, だとか, となっ, の芯, もなき, もひどく, も捧げられ, も白地, を出, を抜い, を摘み, を盛った

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] だ, だよ, となる, に, の上, の葉, は踏みにじられ, ばかり生い茂っ, も木, をこつ, をぶらさげた, を養っ

▼ れ~ (12, 0.0%)

2 が流れ 1 でよごされ, と云, と血, にまみれ, に塗れ, に染んだ, に濡れた, のめぐり, は八方, を流し

▼ れ部屋~ (12, 0.0%)

3 の中 2 の片隅 1 がすこし, にとじこめられた, にもスチイム, のなか, の隅々, は五つほか, を出

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] でも降っ, にたたかれた, に悩み, に打たれ, に洗われるであろう, に濡れ, に痛, の夜, の様, の樣, の縞, を冒した

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] が前, と胴, にハモ, に慘毒, に綱, の痛く, をうなだれ, をつられた, を切られる, を半分, を垂れ, を斬り落され

▼ れ~ (12, 0.0%)

1 [12件] になっ, の折れる, はのけられ見る, は削られる, は郷里, まで老いぼれた, を埋められた, を抜かれ, を砕かれ, を砕かれる, を舐ぶられ, を解かれるで

▼ れいよいよ~ (11, 0.0%)

1 [11件] お二人, これで, 出立という, 塾の, 好色漢師直の, 工場へ, 御高徳, 明日は, 自分の, 設立と, 迫った真剣さ

▼ れいわゆる~ (11, 0.0%)

1 [11件] ほうほうの, もちつ, 一を, 先陣の, 大師の, 王政復古の, 第二, 耕牛戦馬金銀犀角などの, 講親とか, 電気物質観が, 飴色という

▼ れげん~ (11, 0.0%)

11

▼ れさうだつ~ (11, 0.0%)

52 たん 1 たの, たので, た樹明君, た稀大

▼ れざら~ (11, 0.0%)

3 んこと 2 ん, ん事 1 しむと, しめて, まし, むことである

▼ れとして~ (11, 0.0%)

1 [11件] 何れ千斎研究致す, 利用される, 大岡越前守様が, 常々飼侍の, 扨松木に, 時にあの, 私が, 私を, 筆執りつ, 萩原朔太郎氏の, 輝かしく地上

▼ れひとり~ (11, 0.0%)

1 [11件] うっとり心酔, でいる, のきたならしい, のピーター, のポール, の和子, は死刑, ぽっち, 得意でたまらず, 知らないもの, 落ちて

▼ れ~ (11, 0.0%)

1 [11件] い, いな, いは, えが, えたあ, えな, えなん, えに, え命, え死ぬ, かりし女

▼ れ~ (11, 0.0%)

2 生きて 1 この年, そんなこと, ちゃんと知っとる, もうそこ, 今やっと, 帰る, 殺される覚え, 知らん, 行くん

▼ れをも~ (11, 0.0%)

1 [11件] 傷つける危険, 友とめ, 同じやう, 含んで, 忘れて, 愉快に, 救ひ, 満足させ, 知られ一身, 良人に, 責めて

▼ れ一時~ (11, 0.0%)

2 の諧謔 1 でございます, にど, にどっと, に三十人, に水面, の名士, は学界, は足, 下った相場

▼ れ一種~ (11, 0.0%)

1 [11件] の, の不気味さ, の二重政府状態, の人間解放, の僞善, の獄吏, の精神上, の習慣, の行楽事, 凄壮, 言うべからざる

▼ れ三人~ (11, 0.0%)

1 [11件] の医者, の女房ら, の姫, の小さい, の武士, の潜水夫, の男, の男達, の茶, の虚弱, は人群

▼ れ人生~ (11, 0.0%)

1 [11件] との和睦, なるかな, に於, に望, に評価, の尊貴, の疑ひ, の矛盾, の約束, への希望, をその

▼ れ以前~ (11, 0.0%)

2 の廃頽生活 1 からのもの, からのアトリエ, からの種族, でなければ, となん, にはその, にまさった, は何氣, 之西遊

▼ れ以外~ (11, 0.0%)

2 の人 1 になかっ, にも少し, に求むべき, に相続, の, のため, の何人, の文学, の新芽

▼ れ~ (11, 0.0%)

2 のもの, の事理, の措置 1 にし, に考えられる, のこと, の勢, の細工

▼ れ何物~ (11, 0.0%)

21 か, かが明らか, ぞや哲学, ぞや宗教, ぞ否, ぞ宇宙, にも定着, も否定, をも見る

▼ れ~ (11, 0.0%)

41 し援軍共, た後世, て救世主, ぬ, りし, る, るの

▼ れ其処~ (11, 0.0%)

1 [11件] から大洞山, から臼, で斬られた, で石炭代り, で警官, にも誇らしげ, にベット, に人間, に設けた, より天馳, より起る

▼ れ~ (11, 0.0%)

2 より冷眼, より前途, より彼, より政治階級 1 よりその, より當時, より知るべ

▼ れ~ (11, 0.0%)

2 の月琴 1 が此処, が良人, の入浴, の身, はもはや, はもはやこれから, はコンキュー, を三人, を訪ね

▼ れ寧ろ~ (11, 0.0%)

4 侯の 2 大隈伯の 1 当時議会の, 當時議會の, 社會主義を, 自らに, 間接の

▼ れ整理~ (11, 0.0%)

1 [11件] されそこで, されたその, されたもの, された真, された美術館, されて, される, されると, され運転, せられて, せられるだけの

▼ れ~ (11, 0.0%)

2 て, てダービー内閣, てビスマーク, て大隈伯 1 て憲政党内閣時代, て憲政黨内閣時代, て歌い

▼ れ~ (11, 0.0%)

1 [11件] と一丈夫, を読む, 党の, 党自ら衰亡に, 叢書刊行の, 居学に, 知行二百石取, 門戒壇が, 體は, 黨の, 黨自ら衰亡に

▼ れ次第に~ (11, 0.0%)

2 愛ある 1 低く聞える, 分化し, 国土の, 幾派にも, 庶民階級の, 微かに, 微風に, 機械的人生観の, 芸術の

▼ れ私たち~ (11, 0.0%)

1 [11件] とそれ, にとって共通, のいる, の夢, の子供, はロンドン, は一生懸命, は二十五日, は爺, は真面目, も馬鹿

▼ れ統一~ (11, 0.0%)

4 されて 1 された, された処, された限り, されまた, されやがて, されるの, され暗示

▼ れ美しい~ (11, 0.0%)

2 蝶命短い 1 まま生涯を, リトムを, 姉さん達が, 形を, 景観を, 淡彩も, 花籠は, 話と, 話題は

▼ れ~ (11, 0.0%)

1 [11件] る日, る晩又吉, 一九三六年三月下旬まで, 三月二十二日勃然と, 二五年八月十六日に, 二年に, 五年二月土佐へ, 八六年の, 十七の, 夜に, 昭和三年には

▼ れ~ (11, 0.0%)

2 く其の 1 く一党一派, く一黨一派, く堅固, く政党, く政黨, く日, く是等, く猛虎, に得法

▼ れあなた~ (10, 0.0%)

2 の恋人 1 がここ, がその, が深い, こなたに, に対しては義, のあと, の前, は私

▼ れいい~ (10, 0.0%)

2 気に 1 から, 塩梅式に, 小説が, 服装を, 機嫌に, 気持に, 茶碗か, 髯面の

▼ れそれぞれ~ (10, 0.0%)

2 に手当 1 に分業, の位置, の占拠地, の地方, の場所, の職域, 役立って, 思ひ思ひの

▼ れちや叶~ (10, 0.0%)

6 はない 2 ひません 1 はねえ, はねえだらう

▼ れとうとう~ (10, 0.0%)

2 海中に 1 こんな恥ずかしい, ひとりの, ステージに, 一味十人悉く, 一睡も, 故郷の, 気絶し, 自分が

▼ れとにかく~ (10, 0.0%)

1 お変りの, ノートを, 一時事なきを, 三村にも, 噂の, 大網を, 慶応の, 物を, 私を, 見合いだけでも

▼ れどうしても~ (10, 0.0%)

1 一切の, 会に, 会わして, 信じさせて, 居ねえと, 思い止まること, 思ひ止まること, 書けないので, 立ちあがること, 自分は

▼ れなどは~ (10, 0.0%)

1 ない者, みじんも, アヌンチヤタを, 二度と起り, 先づ侠客の, 全く蘭書写本, 寧ろ發音的, 月並から, 独りで, 絶無だ

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 えとよ, この荒れ, 初夜過ぎ 1 えとあれア, えとお賤, ど月, 様子で

▼ れはては~ (10, 0.0%)

2 それが 1 クグツすなわち, 北海道に, 大笑いに, 案山子の, 泊めて, 甚だしく圧迫, 論理に, 首まで

▼ れもはや~ (10, 0.0%)

1 かの, この大岩壁, はげかかって, わが姿, 充分に, 押しも, 最後が, 枯死しかけ, 脳裏には, 落城は

▼ れわたし~ (10, 0.0%)

1 の体面, の心, の懐, の懐ろ, の無く, の無くなっ, の身体, はまた, は目醒時計, は自分

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 が七歳, が代, が壯時, が妻, が意, が遺跡, の外, の熱誠, は唯, を如何せん

▼ れ人民~ (10, 0.0%)

1 が掠められ, が残暴, が隷属, には憲法改正, にめぐみ, の利益, の生活, は天皇, は帰服, をし

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 の, の如き 1 によって旅, のよう, のケージー, の日本髪, の空箱, の顯

▼ れ利用~ (10, 0.0%)

4 されて 1 されたに, されてばかり, されるという, され働くもの, され理解, せられつつ

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 つた 1 ひである, ひを, ひ兩軍, ひ微笑つて, ふほとり, ふ不気味, ふ所, ふ時

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 一〇年には, 一五五三年七月二十二日マグダレナの, 一氣運の, 三年築地小劇場に, 五年には, 十一月二十九日の, 十三日ルイ十六世マリイ・アントアネット太子王女マリイ・テレーズ・シャルロット王妹マダム, 四十五年頃より, 國人諸氏に, 県に

▼ れ四方~ (10, 0.0%)

1 から押しつけられ, から雲集, には桟敷, に乱れ, に投げ散らされ, に敵対, の山々, の谷, は眞, は開け放たれ

▼ れ国家~ (10, 0.0%)

1 のため身, の人々, の公民, の権力, の警察, は何時, を安んぜられる, を経綸, を誤り, を重視

▼ れ子供~ (10, 0.0%)

1 が育つ, のうえ, のため, の悦ぶ, の愛, の時, の私, もなかっ, を抱き取った, を殺され

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 れの 1 が利口, のため, の遡る, の長, れは, れを, れ衆, を知りつ

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 は常に 1 に出, に植えたる, に面した, のほとり, の桜, はもとより, もゆっくり, を野邊

▼ れ忽ち~ (10, 0.0%)

1 ヤツといふ, 一日の, 乱歩氏は, 出で, 右舷忽ち, 急性肺炎に, 断末魔の, 若返る, 語調を, 隱る

▼ れ恐らくは~ (10, 0.0%)

2 侯を, 局面展開の, 東京市の, 閣下の 1 そこに, 死に臨んで

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 かって, からず, っていらっしゃいます, っている, って三五郎, られて, られ恐れられる丈それ, るやう, る所, る者

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 の側背 1 とも味方, ながらすさまじき, に囲まれました, の士気, の横腹, はみな, はわずか, を襲い

▼ れ易き~ (10, 0.0%)

2 に似, 性情是れなり 1 お貞, に因, ものなるや, ものなれ, 心の, 正直一図の

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 からユダヤ人, からロシア, から将軍, のもの, のエネルジー, の人, の女, の曾祖母, の馴染, 我が天

▼ れ時には~ (10, 0.0%)

1 利巧な, 危険視される, 圧搾され, 恥ずか, 政治的な, 敵役に, 気が, 眉を, 諦めの, 道を

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 では大きな, でも世話役, で飲むべき, のスリ半, の噂, の女たち, の娘達, の青少年, は一つ, は村

▼ れ死骸~ (10, 0.0%)

1 が知れん, が野, に向, の再, の揚がった, の晒し物, は曲者, は永久, は犬, も運ん

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 をむしられ 1 が, のやう, のわらべ, の人, の少女, の束髪, もそそけ, を掻き揚げ

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 ほ搭載, ほ昔者ジスレリー 1 ほ武夫, ほ武夫等, レツシングが, 古の, 暴れ狂ひ, 更疎んじられ

▼ れ理解~ (10, 0.0%)

1 さるべき現象, されること, されるため, されるの, されるほど, されるよりも, される意味内容, され易い, せられる方法, もされたらう

▼ れ破壊~ (10, 0.0%)

4 されて 1 されその, されそれに, されたの, される歴史, すること, と建設

▼ れ社会~ (10, 0.0%)

1 からは予期, から囚人, で重宝, ののけ者, の内部, の制度, の情勢, の治安, の見る, の鈍調

▼ れ種々~ (10, 0.0%)

1 うるさい取り調べ, な苦しみ, に用いられる, の俗説, の増補, の大き, の宝物, の病症, 折れ曲がって, 調べたが

▼ れ~ (10, 0.0%)

4 いて 2 けて來 1 けてゐる, けて居ります, けで, けでせう

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 がバカ, に聞え, に觸, に響き, の奥, の孔, はそがれ, も声, を掩, を放せ

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 から下, から逆, にまとっ, に琅, の骨, をつかまれ, をなでまわす, を打たれれ, 斬された知識人達, 砕けて

▼ れ評価~ (10, 0.0%)

3 されて 2 されたの 1 されなければ, されねば, されること, されるべきタイプ, され国産

▼ れ蹂躙~ (10, 0.0%)

1 されし富山, されたやう, された祖国, されつくした自分, されて, されるから, されるまま, せられた犠牲者等, せられて, られて

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 で方々, にゆられ, の上, の動搖, の輪, は忽ち, は急ぎ, も潰え, も通ずれ, を降り

▼ れ~ (10, 0.0%)

1 ちと散歩, であるけれど, で有るところ, なり, 待って, 愚身を, 或は中等市民, 新橋停車場の, 色々の, 薩州長州両国の

▼ れ迫害~ (10, 0.0%)

2 されたかを, されて 1 されその, され誹謗, され謀られて, せられ投獄, せられ殺されたる少数者, を受ける

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 に撃たれ 1 かとまごう, で蔽われ, に埋れた, の中, は烈しく, や朱, よ, 及び氷

▼ れ非常~ (10, 0.0%)

1 なる圧迫, にうろたえ, にしばしば, にみじめ, に大衆, に妙, に恐れられ, に短, に親切, の変

▼ れ~ (10, 0.0%)

2 を乱し 1 の結い, もむしられ, も香水, をふり乱した, をみだし, を切られ, を刈られ, を抜かれ

▼ れあげく~ (9, 0.0%)

2 のはて, の果, の果て 1 に何, に家屋敷, に小

▼ れあまつさえ~ (9, 0.0%)

1 すくなからぬ, なき夫, 下婢に, 中国出陣の, 州の, 左の, 帳の, 掌中の, 殺される可能

▼ れいつ~ (9, 0.0%)

1 でも出かけられる, に変らぬ, までたっ, までたつ, までもこの, までもそれ, までも動かなかつた, までも同じ, まで経っ

▼ れいろいろ~ (9, 0.0%)

1 とおそろしい, と憂き, と考え抜いた, な言語, のお話, の木の実, の歴史, の由緒つき, 王様に

▼ れぎれ~ (9, 0.0%)

1 に口笛, に息, に浮ん, に田村, に聞える, に言った, に訴, に訴え, に鳴く

▼ れさん~ (9, 0.0%)

1 ごの, しちの葉, ちょっと来, にかえっ, のよう, の人格問題, の俳句, はこの, はみえない

▼ れしたがって~ (9, 0.0%)

1 さかんに, その各種, だんだん片一方, 久しく世, 境から, 普通には, 競争も, 訴え四十七人, 食膳に

▼ れじゃ~ (9, 0.0%)

1 ありませんか, お気の毒, とても青年角力, ア私が, 二月一日から, 出して, 最う少し, 負ける事, 辛い

▼ れそのうえ~ (9, 0.0%)

1 に生長, に職工たち, に船体, シーツが, シールが, 喉へ, 姉さんみ, 笹野新三郎などの, 足まで

▼ れたった~ (9, 0.0%)

2 一人で 1 いま県役署へ, これほどの, ひとりの, 一つしか, 一つの, 一人の, 二日で

▼ れため~ (9, 0.0%)

1 その弊, にその, に一日, に仏国, に体力日, に四散, に我ら, に明々白々, に退

▼ れちょうど~ (9, 0.0%)

1 このごろの, そういうもの, その年齢, 三代軍学を, 地震が, 私共が, 闘牛の, 鳥が, 鳥カゴと

▼ れでもが~ (9, 0.0%)

4 知って 1 囚はれる, 感じる正直, 涎を, 知つてゐる, 飛び入りで

▼ れところどころ~ (9, 0.0%)

1 でパチッ, にあわい, にさまざま, には赤い, に一つ二つ, に亭みたい, に空気ぬき, 裂け目を, 見たこと

▼ れなし~ (9, 0.0%)

2 としない 1 と, とせぬ, と保険, には来ない, に基督教会, に憎む, に村長

▼ れにか~ (9, 0.0%)

3 慨つべき 2 へる, 身を 1 へると, 一人に

▼ れひどく~ (9, 0.0%)

1 すれば, 好奇心を, 妾の, 打たれた, 殴られつつ, 自分の, 衰弱し, 評判だった, 陰鬱な

▼ れぼく~ (9, 0.0%)

1 と別れる, にはもとより, の生れた, はその, はフタ付き, は勢いよく, は尚更, もまた, も駄句

▼ れまず~ (9, 0.0%)

1 にいられなかった, にいられません, にはいられない, にはいられなかった, 出所を, 口を, 安芸が, 福島の, 第一

▼ れまでに~ (9, 0.0%)

1 あのよう, するにゃ, なって, 丹精し, 出来得るだけの, 大きく成りました, 種々の, 蘊蓄される, 達しない程度

▼ れまでの~ (9, 0.0%)

2 喜びを 1 ことが, ことなれ, こと露ばかりも, やうに, ろりのろりくる, 経験で, 間には

▼ れやはり~ (9, 0.0%)

1 お館, ここで, このまま, その土地, 伊織めであった, 嫡子のみ, 孤児院で, 最初の, 縁組を

▼ れんで~ (9, 0.0%)

1 ええじゃ, かえってよい, すむ, せう, なお困る, まアよかっ, 代りの, 散らして, 移転なり

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 たい, たくなりました, てえ, て云, て有, と言つた, 不屆, 無禮者ツ, 若い女四人

▼ れ一度~ (9, 0.0%)

1 お峯, お峰, だけ自分, にしんと, は京極殿, は衝突, は軍, は随分, 団体に

▼ れ一般~ (9, 0.0%)

2 に実行, の人 1 からもそれ, にはなお, に使用, に理解, の人間

▼ れ何処~ (9, 0.0%)

1 かへ発散, からか響いた, から先, とも知れず走る, の, の者, へともなく, までも, を見

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 が又, に歸, のほう, の云う, の言, は切腹, や大, を奪われ, を片

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 かるとも, かるべく桜花, ヨーロッパの, 人民の, 人民を, 人類一致精進の, 宇宙の, 被告一同之に, 読者に

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 で, でさせ, でたるもの, でたる下枝, でたる白珠, で湖水, で眠らせ, で近江, の芽

▼ れ~ (9, 0.0%)

2 裸体の 1 は盜人, 世紀以上に, 助が, 狂乱の, 藏, 醒半夢の, 鼎の

▼ れ去る~ (9, 0.0%)

1 ところでした, ところの, ように, 一月廿四日原子力管理委員会が, 三十一年度で, 三十七年の, 二十日より, 旅人たちにとって, 者を

▼ れ地上~ (9, 0.0%)

1 が毒瓦斯, に叩きつけられた, に屍體今, に横たわっ, に落ち, に輪, の霜, は寛いだ, へ仆

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 で囲まれ, になに, には絵, に対して四つ五つ鉢合せ, の一方, の一面, の大理石, を塗りかえられ, を破っ

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 が嗄れ, が震え, が高, ききとり難い, に応じ, も得, をたてる, を立て, を立てる

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 から與, つ社, つ雲, に生まれた, に背き, の, の悪戯, 高くあげられ, 高く澄み

▼ れ完成~ (9, 0.0%)

1 されたと, された成文, された時代, されつつ, されなければ, されるの, されるまでには, され或, した

▼ れ実は~ (9, 0.0%)

1 い, 偶然の, 受けられた桶, 君と, 才能の, 政治上に, 斯, 私も, 藩閥を

▼ れ実際~ (9, 0.0%)

1 に世界各地, の原因, の施設, の生活, の票, 生活において, 用いる時, 的の, 自分が

▼ れ展開~ (9, 0.0%)

2 されたよう 1 された, されて, されるか, されるという, されるとは, される必然性, して

▼ れ平次~ (9, 0.0%)

2 とガラツ八 1 とガラッ, とガラ八, の取りなし, の女房, の立場, は手, を書く

▼ れ悲しみ~ (9, 0.0%)

1 が味, つつ立ち上った, と憤り, の中, の涙, の色, も慰める, 恨みて, 泣くこと

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 い方面, しかれわたしたち, しかれ新しい, の爲, の積集, りいこた云, を去れ, を樂, を造れり

▼ れ支那~ (9, 0.0%)

1 に於ける, に至っ, のジャンク, の如く, の婦人作家, の独立性, の社会, は日本, は稍

▼ れ政治~ (9, 0.0%)

2 の要 1 がおこなわれる, と文化, と経済, にしろ, には関係, の面, も学問

▼ れ新聞~ (9, 0.0%)

1 にデカデカ, に書きたてられた, の劇評, の雜報, はトップ四段抜き, も同, を見, を読ん, を貸し

▼ れ明日~ (9, 0.0%)

1 から宿, ならば, にも洛陽, の東京, の生命, はすぐ, は家中, は恰も, 残らず拷問

▼ れ時々~ (9, 0.0%)

2 夜食を 1 なまめかしい女, は飛び散る, 之に, 地の, 大きな火箭, 汐に, 筆の

▼ れ~ (9, 0.0%)

3 の方 2 に流れ 1 に向, の一角, の海岸, へまたは

▼ れ民衆~ (9, 0.0%)

1 と名づけられる, に依つ, に多大, に最も, のもの, の一部, の怨, の教化, の文学

▼ れ江戸~ (9, 0.0%)

1 から行徳, で小野川, で蝿, に向け, に於, に来, に赴き, に送られ, の北

▼ れ~ (9, 0.0%)

3 して 1 きさ, く彼等, したと, したやう, した結果, し城塞

▼ れ秀吉~ (9, 0.0%)

1 からも五万石, に抱き込まれる, の姿, の実検, の手, は大阪, は滝川一益, は鳥取攻城中, もまた

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 と功, なき犠牲, に落され, の有る, の遺, の遺伝, をお, を得ん, 赦さる

▼ れ~ (9, 0.0%)

2 はそこ 1 が主張, が見出される, についての幾多, の主, の認識, はしき純潔, は自虐的努力

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 が騒ぐ, にも五百本入り, に波打ち, に赤い, のボタン, は涙, も腹, を叩かれ, を絞られる

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 からが, から彼, から政壇, から政府, から静, 働的に, 城も, 村の, 覺によ

▼ れ若く~ (9, 0.0%)

2 は鼎 1 は保持, は北千島, は増大, は思想, は想像, は現出, 勇力今に

▼ れ~ (9, 0.0%)

2 ふとなく 1 あげを, はむ, ひ合, ふの, ふまでも, ふわけ, ふ無からん

▼ れ読者~ (9, 0.0%)

2 よ吾人 1 から笑, が自分, の心, の読まれた, はその, は作者, は索然

▼ れ警察~ (9, 0.0%)

1 か何, でも必死, で重体, の前, の威厳, の屍体収容室, の捜査, の経済関係官, の耳

▼ れ~ (9, 0.0%)

2 が無く 1 で片, になり, に全, まうけの, も精氣, を出し, を送られ

▼ れ~ (9, 0.0%)

1 が, に包まれ, に撥, に覆われ, のかげ, の変化, の如かれ, の影, をもて

▼ れ食物~ (9, 0.0%)

1 が腐敗, としてはクカオ芋, はおそらく, は亦, も喉, や被服, をあて, を得る, を献ずれ

▼ れ黒い~ (9, 0.0%)

1 指示器が, 格子戸ご, 章の, 翼に, 蔽布が, 隈が, 靄の, 顔が, 驢に

▼ れ~ (9, 0.0%)

2 の先 1 のあ, のあたり, の下, はつぶれ, や口, をとられた, を眉

▼ れあたり~ (8, 0.0%)

1 からの遠見, が薄暗く, には朦朧, に人, の校舎講堂, はまっ, はまっ暗, は狼藉

▼ れあまり~ (8, 0.0%)

1 い, のおそろし, の侘び, の惨状, 好い心地, 幸福で, 遠走りしない, 酒の

▼ れお供~ (8, 0.0%)

3 をします 2 をしまする 1 しまする嘸, の高官, もつれられずただ

▼ れかくして~ (8, 0.0%)

1 それは, それ自身の, 全体の, 利潤率は, 失業した, 感覚は, 感覺は, 歴史科學及び

▼ れからも~ (8, 0.0%)

1 一顧も, 云われて, 侮蔑や, 反省を, 可愛がられた, 愛されるあて, 教えられない理念, 聞かないそれで

▼ れごらん~ (8, 0.0%)

31 なさい, なさいよ, なさい何, なせえ, の通り

▼ れさすが~ (8, 0.0%)

1 に人, に口惜しく, に哀れ, に小, に悲鳴, の澄, の辺見隊, 日本贔屓の

▼ れすら~ (8, 0.0%)

1 ある, なきにし, みすぼらしき此服裝, 催される, 利用する, 抱いて, 放棄したい荒れ果てた, 自覚し

▼ れたりの~ (8, 0.0%)

2 間柄 1 冬旅だった, 宿業流転を, 方で, 血腥ぐさい禁欲耐忍, 酒宴の, 間の

▼ れだんだん~ (8, 0.0%)

1 と愉快, に減じ, はつきり強く, 仏教の, 客観的, 日本軍の, 衰弱し, 調べの

▼ れっぱなし~ (8, 0.0%)

1 ては気色, である, です, でそこ, でその, でない出版, で半信半疑, で店

▼ れっぽく~ (8, 0.0%)

1 きこえて, なって, もちかけて, もちかけました, 叫んだが, 告白し, 感じた, 鳴き始めた

▼ れつい~ (8, 0.0%)

1 よんどころなくと, 一年二年とは, 五六日前神隠しに, 四年前おん年三十一で, 好きだ, 府中の, 憤然と, 立ちどまって

▼ れてのみ~ (8, 0.0%)

2 国家も 1 人々の, 初めて現実, 始めて美, 学問的業績としての, 日を, 生存し

▼ れによりて~ (8, 0.0%)

2 又た, 好個の, 柱石たるべき 1 事を, 云い現

▼ れに対する~ (8, 0.0%)

1 あてこすりの, 匡救の, 名士の, 大きな人間的抗議, 気の毒が, 記憶を, 設題は, 誠が

▼ れはじめ~ (8, 0.0%)

2 はお大 1 そうして長い, そして云う, はお, は半, は大, 徐々に感嘆

▼ れはじめて~ (8, 0.0%)

1 上流社会に, 来た事, 梅玉堂に, 民主的な, 気がついたよう, 気がついて, 烏巣の, 狼狽する

▼ ればと~ (8, 0.0%)

2 云て 1 云って, 云つて彼女に, 思ふこと, 思ふの, 早速の, 瑠璃子も

▼ れまれ~ (8, 0.0%)

2 は山片 1 た, である, であると, ながら畦つた, に聞こえる, もした

▼ れみんな~ (8, 0.0%)

1 おそれ入りましたと, が助け合っ, の血走つた, はその, は木の葉, は蟒, ふたたび話, も慾得ぬき

▼ れりや~ (8, 0.0%)

1 あらずやを, おかしな話, しないかと, しないかといふ, もういくらヂタバタ, 弱いもん, 御泊めするだ, 靡く

▼ れわれわれ~ (8, 0.0%)

1 にはおよそ, の日常生活, の行動, の遠大, はこの, はそれでも, もその, をし

▼ れ一個~ (8, 0.0%)

1 の, の世界, の山体, の平民, の意志, の有力, の私, の魔君

▼ れ中央~ (8, 0.0%)

1 に並んだ, に低く, に八層, に小さい, に武者三名, に突立, の一つ, の位牌

▼ れ主人~ (8, 0.0%)

2 の留守 1 の儲主義, の部屋, はフエデリゴ, は因業, は頭, を見送る

▼ れ互に~ (8, 0.0%)

1 何人かに, 國の, 妍を, 巧妙な, 憂苦を, 気づかなかった近接, 終局の, 胸襟を

▼ れ京都~ (8, 0.0%)

1 からの生, が久しぶり, という一, に対して一戦, に近い, の町, の雲浜, はしくじる

▼ れ人情~ (8, 0.0%)

2 の忍び 1 にからまれ, のうち, の冷めた, の常, の真, の谷

▼ れ今度~ (8, 0.0%)

1 たとえばその, という今度, の飯倉, はうんと, はお, は少し, また何, も江戸

▼ れ何事~ (8, 0.0%)

1 かこの, かと畏れ, かまた, だか, ならん, もない, も打明け談ずる, を爲

▼ れ候由~ (8, 0.0%)

2 に候 1 そこで先方, また妙, 元来右, 如何なる事, 承り大, 目出度ぞんじあげまいらせ

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 は北海道 1 から来る, には岩出山, のいず, の御, は, へ溯行

▼ れ医者~ (8, 0.0%)

2 を迎えた 1 に勧められ, に見, は彼, まで, も固く, を呼び

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 の上計, の長安, への奥州路, より言, 井戸へ, 來の, 塚は, 新聞に

▼ れ否定~ (8, 0.0%)

1 されたから, されたよう, されて, されなければ, されるであろう, されるの, される必要, され得る理智

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 を奈何 1 に計, は衷心天來, れにおいても, れ少, を如何, 知る公恙

▼ れ嘲笑~ (8, 0.0%)

2 されて, せられて 1 されようとは, されるばかり, され侮辱, をきかされる破

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 つ神 1 が乱れ, つ神名, の信用, の祭日, をおさめる, を失った

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 から一人, でさめざめ, で泣く, の冷え冷え, はしかし, を見つけ, を見つけた, を見付ける

▼ れ大勢~ (8, 0.0%)

1 にかつがれ, のベレ帽, の人, の人夫, の信者たち, の御家人たち, の者, の雇人

▼ れ天井~ (8, 0.0%)

2 の杉板 1 と襖, には大きな, に渡した, のスタッコ, は全面, も床

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 に追っかけられ, の神, の鶴代, は奉公, もつ親幾人, や女, を早く, 御お一人御座候

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 なり, のよう, の入り, の無趣味, の評判, はみな西の京, は恐怖, も芸妓

▼ れ室内~ (8, 0.0%)

1 から南京虫, に入っ, に這入っ, の一同, の装飾, はまっ, はまったく, は濛々

▼ れ家中~ (8, 0.0%)

2 を掻き廻したらしい 1 で改める, には諍闘, の吟友, の者, の重臣, の電燈

▼ れ小さい~ (8, 0.0%)

2 時から, 灰色の 1 方は, 男の子は, 規模であった, 銀の

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 ほ可也 1 その上, ほ未だ, 依然として自ら韜晦, 残んの, 永遠の, 追

▼ れ屋根~ (8, 0.0%)

1 からすべり落ち, からすべり落ちる, から飛び降り, なりし瓦落ちつもり, には大穴, の烏, は多く, よりも高い

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 に彼等, に折れ, のみ, の力, の背中, の胸, の膝頭, の袖

▼ れ支配~ (8, 0.0%)

1 された憾もあった, されて, されぬもの, されるもの, されハリウッド, され併呑, され再建, しようと

▼ れ新た~ (8, 0.0%)

3 なり 1 な祈り, にアドラツキー, に五奉行, に枢密院, に発展

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 から夏, のある, のごとき, の菜, の蒔き, の野, の霞, よ愛

▼ れ昨日~ (8, 0.0%)

2 の作品, の味方 1 のこと天気, の世, の店員, まで遠ざけられた

▼ れ未だ~ (8, 0.0%)

2 政界の 1 その真, 一子だに, 世事を, 来らぬを, 生を, 真理の

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 という小橋, に遠い, の上, の側, の近く, はどよめき, をお, を渡る

▼ れ次いで~ (8, 0.0%)

1 その源泉, 九月二日景一も, 其の部分, 十八世紀シナは, 城内に, 夏秋に, 戦国の, 旧幕時代からの

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 つもの平目, なるが, には魚介, に投げた, の彼方, は地表百分の七十三, へ放り込まれる, を渡っ

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 がぽろぽろ, っぽいつづけ, ながらに野辺送り, に洗い去られ, のこぼれる, も唾, をそ, を流す

▼ れ深い~ (8, 0.0%)

1 ところで, ひびきを, ものであった, 姿です, 姿を, 山ふかい, 感動を, 杉林の

▼ れ漸く~ (8, 0.0%)

1 七名だけ, 七歳の, 二流以下の, 帰る, 有名無実の, 生きて, 解放され, 詩壇の

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 で行商, に住まわせられ, に少女, に近い, の中, の人たち, の民家, は防空演習

▼ れ百姓~ (8, 0.0%)

2 は稼ぐ 1 のす, の労苦甚, の塗炭, の害, は草莽, ほど貴い

▼ れ直ちに~ (8, 0.0%)

1 その遍路, 与一郎様, 之を, 噴行艇を, 悪魔と, 火に, 膝を, 逆に

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 の日 1 になる, にはもう, の一夜, の冷たい, の風色, の香魚

▼ れ結婚~ (8, 0.0%)

2 して 1 しただけ, すること, する気分, に對, の自由, は往々

▼ れ絶えず~ (8, 0.0%)

1 キョトキョトと, 何事かの, 出入りする, 刺戟され, 悶えた, 病の, 移動し, 酔っ払いの

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 もゆかり 1 あって, が有れ, にチユーリツプ, のない, はさ, を断られ

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 から解き放され, はしまり, は塩漬け, は熱く, は犬, を切り取られ, を離れ, 忽ちく

▼ れ表現~ (8, 0.0%)

1 さるべきである, されなければ, されねば, されること, される時, の単純化, の必須, の決定的

▼ れ議会~ (8, 0.0%)

1 が開設, では一箇条, と調和伴行, に席, の光景, の壊血症, の意見, の腐敗

▼ れ赤い~ (8, 0.0%)

1 イルミネーションが, トマトオが, 上衣を, 封印が, 帽子の, 手絡が, 椀には, 髪の毛が

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 す百重原, て以, には月花共, に程, へ向っ, へ還幸, よりそこ, 返りを

▼ れ~ (8, 0.0%)

1 から外, から玄関, なひらきて, に立っ, の鉄, まで出来, を入る, を開けよう

▼ れ~ (8, 0.0%)

2 が微風 1 にも布, に接吻, はしっとり, を削られ, を打たれ, を打たれた

▼ れあれ~ (7, 0.0%)

1 と言え, には仲間, はわし, をいつ, 程の事, 程心, 見よ鴫澤主水

▼ れいかに~ (7, 0.0%)

1 すべての, たたかわれて, 多くの, 張飛が, 日本安らかに, 蓄積せられる, 遠い過去

▼ れいや~ (7, 0.0%)

1 がうえ, であった, でも彼, なお客, な気, もう大, 今日は

▼ れうるか~ (7, 0.0%)

2 という問題 1 という, という能力, という論難, についてはだれ, を知る

▼ れこそは~ (7, 0.0%)

2 お分り 1 しないものの, ドンキホーテいざ, 今年の, 新島守, 自分たちの

▼ れこちら~ (7, 0.0%)

1 からも罵り返し, の事情, は勘当, へおされしなけれ, へこづかれいたします, へ動かされする, へ呼ばれしました

▼ れこれから~ (7, 0.0%)

1 の登り, もたえず, も作られる, も無限, イギリスへ, 何処へ, 関家を

▼ れこれ言~ (7, 0.0%)

1 つたので, つて, はれるの, はれるやう, ふわけ, ふ筋, ふ筋合

▼ れごと~ (7, 0.0%)

1 さ, だけれど, でなく姥ごと, でも快く, をされ, をする, を勿怪の幸い

▼ れざらん~ (7, 0.0%)

2 がため 1 が為め, としても怖, とする, と欲する, やげに

▼ れしかして~ (7, 0.0%)

1 その支配, それを, またその, みな引く, 後に, 我これを, 是非とも

▼ れしばしば~ (7, 0.0%)

2 一晩中働かされる 1 あの人たち, お浜, お褒め, 図くずれ, 琵琶法師を

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 ぎこれではたまらぬとぼうとしてしまひ芝居が, つかりくさ, つかり心醉, つかり無害, つかり腐つてしまつた, つかり鬱ぎ込んで, は

▼ れすなわち~ (7, 0.0%)

1 お客を, この租税, 一年につき, 無漏, 神足を, 通俗に, 遠く国富論派

▼ れその他~ (7, 0.0%)

1 いろいろ優遇, の事務局員, の人々, の仏像, の公卿たち, の女子, の知人

▼ れだけは~ (7, 0.0%)

1 何時もお茶, 力に, 少年時代乱暴書生に, 念の, 日本国の, 私が, 私に

▼ れつぎ~ (7, 0.0%)

1 からつぎ, にこの, にはその, には涙ぐん, に十七人, に感心, の十年間

▼ れてからという~ (7, 0.0%)

3 ものは 1 もの, ものお松の, もの一度も, もの清子と

▼ れてまで~ (7, 0.0%)

1 かれを, この事件, その国情, それ者を, にこにこ笑っ, 喋りつづけて, 老躯を

▼ れてよ~ (7, 0.0%)

2 かつた 1 お母さん全く, やがて暴風雨, 空を, 閻魔だ, 飛天夜叉組とも

▼ れとわ~ (7, 0.0%)

2 が手 1 が喉, が耳, が袖, が顔, が鼻

▼ れどころ~ (7, 0.0%)

2 では, にぢ 1 などについて語り続ける, に困る, に迷っ

▼ れながらの~ (7, 0.0%)

1 そり閑と, 入浴は, 幸福感に, 海難, 船からも, 花漬売帰途は, 驚きを

▼ れなんぞ~ (7, 0.0%)

3 お前こそ, 御出世 1 見えるやう

▼ れにても~ (7, 0.0%)

1 よし源叔父, 不可なき, 事の, 同胞かと, 宜しい之, 直に離縁, 通ず

▼ ればい~ (7, 0.0%)

1 いにさ, と, と強く, の, のお, の行く, はゆる

▼ れひいては~ (7, 0.0%)

2 天下の 1 国の, 大内裏造営の, 女の, 後醍醐と, 欧州一般にまでも

▼ れひどい~ (7, 0.0%)

2 目に 1 傷を, 喀血を, 生活を, 負傷を, 責めに

▼ れふし~ (7, 0.0%)

1 が栄蔵, たる少女, だつて, でめ, の魚籠, はお礼, や畠

▼ れふと~ (7, 0.0%)

1 取りすがったもの, 差し覗い, 彼は, 気が, 稀に, 見れば, 顔を

▼ れへと~ (7, 0.0%)

1 ちび, 巧に, 果しなく, 話しつづけだ, 話を, 踏み迷うたわけ, 馬鹿

▼ れまでは~ (7, 0.0%)

1 いつたこと, 世間に, 十二里余の, 吾は, 唯暴れ, 明るい外, 随分永

▼ れむや~ (7, 0.0%)

6 うな 1 りは

▼ れ~ (7, 0.0%)

3 づかに 1 たつた大空, つと泣く, ッしょわ, ツといふ

▼ れわずか~ (7, 0.0%)

1 にそれ, に呼吸, に左右, に空, 一分間で, 三千人をもって, 東の

▼ れわたくし~ (7, 0.0%)

1 の心, の恥, の移住, はまた, は行け, は面, を文科

▼ れ一層~ (7, 0.0%)

2 明白に 1 万物が, 内的に, 深く強い確信, 直ぐにでも, 苦しい驚愕

▼ れ一枚~ (7, 0.0%)

2 を上げね 1 しか無い, の古い, は形, 立てきられた腰高障子, 脱いだら凍えて

▼ れ一部~ (7, 0.0%)

1 からは大, のもの, の新しき, の知識人, は修正, は其儘岩, 好劇家

▼ れ事実~ (7, 0.0%)

3 に於 1 ある程度まで, その通り, それだけの, まったくその

▼ れ今に~ (7, 0.0%)

2 於て 1 下人筋等と, 修覆成らず, 命は, 球磨郡の, 至つて猶

▼ れ他人~ (7, 0.0%)

1 にあな, の前, の平静, の忌, の残りもの, より一層, を信用

▼ れ使用~ (7, 0.0%)

2 されて 1 されそして, されるの, して, の器具, の範囲

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 が一番, が下座, が無名作家, と並称, はその, は敵, は赤鞘

▼ れ候事~ (7, 0.0%)

2 も可 1 つくし難く, と御, に神道, を喜ばざる, 一方ならず色々修繕

▼ れ土地~ (7, 0.0%)

1 が少数, によってはそれ, に使用, のもの, の人々, は地主, を作戦目標

▼ れ地面~ (7, 0.0%)

2 にはなにか 1 にころがされ, に転がされ, に逃げられ, までとどきました, 迄數

▼ れ多数~ (7, 0.0%)

1 によって支持, のもの, の劇場, の客, の家畜, の檀徒, の死傷者

▼ れ実現~ (7, 0.0%)

1 されさえ, されたという, されなければ, されるそして, されるまでは, されん, せられつつ

▼ れ将軍~ (7, 0.0%)

1 から慰労, に差出す, の一身, の命, の知らない, は人払い, 反り返り得意

▼ れ尊敬~ (7, 0.0%)

3 されて 1 さるべきもの, された, される自身, の念

▼ れ少しく~ (7, 0.0%)

2 修養を, 動けば 1 テレ随分, 世間の, 間違えば

▼ れ~ (7, 0.0%)

2 にお 1 と巡査, にボルゲエゼ, に傍, ひ鼓膜, をも不為合

▼ れ~ (7, 0.0%)

3 ばかりの香花 1 から出, にも特色, に素晴らしい, 亦同じ

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 うる切な, があらた, に敗れた, の二人, の眼, の苦しみ, ふる切な

▼ れ意外~ (7, 0.0%)

2 な父子, に早く 1 なる佳景, にも達, の重税

▼ れ我等~ (7, 0.0%)

1 がこの, の恐るべき, の身邊, は其子孫, は定まれる, は汝, を励ます

▼ れ戦争~ (7, 0.0%)

1 が背景, が行, というもの, になれ, の場合, の継続, は最早

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 があいた, には鍵, に鍵, のところ, の近く, もあい, を静か

▼ れ拡大~ (7, 0.0%)

3 されて 1 されただろう, された哲学的範疇, されるという, されるに

▼ れ改めて~ (7, 0.0%)

3 言ふまで 1 その説明, 彼に, 美しさ, 軍民に

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 堵に, 奉行は, 府の, 思想旧, 文芸協会の, 自由党の, 藩主も

▼ れ暫く~ (7, 0.0%)

1 たつ内, 家業に, 木蔭に, 沢に, 泣き沈みました, 無言でいらっしゃる, 養生を

▼ れ最初~ (7, 0.0%)

2 より政府 1 きわめて小さかっ, の熱烈, の皇帝アウグストゥス, の組織, は温泉風呂

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 から美しい, が倒され, の傍, の角, はへしおれ, や板敷, を切り縮め

▼ れ構成~ (7, 0.0%)

2 されて 1 が散漫, されたもの, されつつ, されるの, され得る

▼ れ止揚~ (7, 0.0%)

1 されこれ, されて, されること, されるだろうという, されるであろう, される即ち, され得ぬもの

▼ れ此方~ (7, 0.0%)

1 にも牽かれる, に遺っ, の村, は剣術, は土管, へ漂いする, へ索かれし

▼ れ残り~ (7, 0.0%)

1 が風俗壊乱, の半, の釣り手, の鴨, は一向に, は汗, は馬ぐるみ捕虜

▼ れ母親~ (7, 0.0%)

2 が再縁 1 と一緒, の時代, は川村さん, は泣いた, は親父

▼ れ氣味~ (7, 0.0%)

3 です 1 でせう, ではあ, で死んだ, に伸上つて

▼ れ流石~ (7, 0.0%)

1 に国民, に國民, に柔和, の園八郎, の奸物, の瀧口, は処女気

▼ れ淘汰~ (7, 0.0%)

1 されて, されねば, され一定共通, され洗練鍛冶, され陶冶, せられ整理, せられ色

▼ れ父親~ (7, 0.0%)

1 が描いた, だけで何, とは別れ別れ, にも十年, の手, は仲間, は通り

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 が走り, が路上, とナイフ, に助けられ, に辛かっ, の子孫, を猫

▼ れ~ (7, 0.0%)

4 を剥がれた 1 には金泥, をむしられ, を剥がれ

▼ れ研究~ (7, 0.0%)

2 されて 1 されるべきもの, せらるべきもの, の便宜, の基礎, を放棄

▼ れ~ (7, 0.0%)

2 の底, へ掴 1 と言われ, の中, をあけられた

▼ れ翌年~ (7, 0.0%)

2 の一月 1 の五月六日, の春, は進士, 両番上席, 亦ケーニヒスベルク大学

▼ れ老人~ (7, 0.0%)

1 と老婆, なき家, の伝奇的, の姿, の背後, の醜, はそこ

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 の和毛, は折られ, を払, を挫, を撃たれた, を蹴られ, 早きアキリュウス・ペーレーデース恥

▼ れ自己~ (7, 0.0%)

1 がしだいに, が他者, に対する攻撃, に對, の存在, の手, の業績

▼ れ自由党~ (7, 0.0%)

1 が大, にも反対, に在, の党勢, の無能力, もまた, をし

▼ れ~ (7, 0.0%)

3 や房 1 が美しく, は, をふるい落され, 之助

▼ れ~ (7, 0.0%)

2 が葉っぱ 1 のやう, のよう, は枝, は葉っぱ, 売りの

▼ れ裁判~ (7, 0.0%)

2 にかけられ 1 がなされた, された, になり, の結果, を受け

▼ れ評判~ (7, 0.0%)

1 が立ちますれ, になつ, のよい, のよろしく, の秀才, の美人, はあまり

▼ れ詩人~ (7, 0.0%)

2 なり 1 が討究, に艶分無し, の哲学也, は頑物, をし

▼ れ身体~ (7, 0.0%)

1 がすくん, がむずがゆく, の毒, はさっぱり, は無限, を夏, を衰弱

▼ れ身動き~ (7, 0.0%)

1 だにもならざる, のできなかった, の出來, もせず, もできない, も出来ない, も出来ぬ

▼ れ軽蔑~ (7, 0.0%)

3 されて 1 されひとり怏々, され切って, して, をされ

▼ れ遠く~ (7, 0.0%)

2 の方 1 から吹き寄せる, から見る, のパラソル, 南の, 離れて

▼ れ~ (7, 0.0%)

1 さ五十斤という, を附けられ, 景が, 景ならぬ, 禁固二年かの, 藏は, 錘と

▼ れ~ (7, 0.0%)

2 さは 1 さ七フィートばかりの, さ三尺厚, じては, ながと, 藩は

▼ れ~ (7, 0.0%)

2 せずで, せずの 1 せずという, せず焉, せず私

▼ れああ~ (6, 0.0%)

1 あのまま知らぬ顔, この人, そうか, 容子さん, 悪かった, 穿れ

▼ れあい~ (6, 0.0%)

1 の助け, もわたし, をっくる, をつれ, をよこせ, を受け取る

▼ れあたかも~ (6, 0.0%)

1 一口の, 弾で, 海風が, 珠を, 石に, 裃を

▼ れいきなり~ (6, 0.0%)

2 風呂銭に 1 キャッと, パンパンと, 卓上電燈の, 縛りつけられたらしくつい

▼ れかを~ (6, 0.0%)

1 つけとる探偵, とりもたなくては, 取らねば, 打つか, 立てて, 頼んだって

▼ れきり~ (6, 0.0%)

2 になつて 1 でないもの, でもう, になっ, 諦めて

▼ れぎわ~ (6, 0.0%)

1 にお姫さま, に先生, に妙, に子供たち三人, に村長, に魔法つかい

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 だもの, めやと, 人生か, 人生から, 人生で, 私は

▼ れこうして~ (6, 0.0%)

1 どこまでも, 何かの, 十年目に, 宇治の, 幾久しく, 立ちすくんだの

▼ れさて~ (6, 0.0%)

1 こそかく, こそ室内温度, そんなら, わが失念, 寝ると, 旅は

▼ れさまざま~ (6, 0.0%)

1 な悲劇喜劇, な種, のもの, の下民, の苦労, の講演会

▼ れしかし~ (6, 0.0%)

2 この上 1 あながちでは, あの資質, 大勢の, 遂にその

▼ れしこ~ (6, 0.0%)

1 といかばかり, とこれ, とさき, と事實, と屡々, と聖書

▼ れしそ~ (6, 0.0%)

2 のとき 1 のときゆ, の后, の外輪, の子

▼ れせめて~ (6, 0.0%)

1 この河内, これを, わが芝居道熱心, 声なと, 家名だけでも, 談話の

▼ れたりとの~ (6, 0.0%)

2 報ありし 1 傳説に, 報端なく, 説を, 電報に

▼ れだから~ (6, 0.0%)

1 くす, 彼等は, 断るにも, 死なれて, 私が, 私は

▼ れつまり~ (6, 0.0%)

1 は戦争遂行, は自分, 日本の, 競技に, 糞尿汲取請負賃に, 風化され

▼ れてが~ (6, 0.0%)

1 くりと, さりと鳴つた, つかりしたこと, つかりして, つかりしてるところ, つかりするもの

▼ れてはを~ (6, 0.0%)

1 つたけれども, らず, らぬらしく, りますが, りまする, りませんでしたわ

▼ れときには~ (6, 0.0%)

1 彼として, 放って, 放埒無慙の, 武士への, 素早い現実, 自分から

▼ れどうして~ (6, 0.0%)

1 いいの, できるかを, も分らない, 他の, 出来るかを, 外敵が

▼ れども後~ (6, 0.0%)

1 にはその, には叺, に和ぎ, は其伺, を逐, 遂に其の

▼ れなかなか~ (6, 0.0%)

1 お上手, 地位も, 多くの, 広く社会, 損な, 辛辣な

▼ れにわかに~ (6, 0.0%)

2 留さんに 1 岸からの, 幸福の, 足を, 足元に

▼ れはと~ (6, 0.0%)

1 いって, ばかりに拜伏, ばかり早速, 又問, 小女の, 駭く

▼ ればよ~ (6, 0.0%)

5 かつた 1 針の

▼ れば余~ (6, 0.0%)

2 の浮世絵 1 が大学, が弱冠, は今夜, は常に

▼ れふたたび~ (6, 0.0%)

1 ここへ, 下降しなけれ, 先生を, 国民的感情の, 宛名が, 暑い夏空

▼ れへの~ (6, 0.0%)

2 當こすり 1 場合に, 当こすり子, 恐怖な, 申し訳に

▼ れほか~ (6, 0.0%)

1 にも殿上役人, に身寄り, のいっさい, のひめ, の先生, へお

▼ れまあ~ (6, 0.0%)

3 何時から 1 勘次等にも, 噺は, 朝つ

▼ れまことに~ (6, 0.0%)

1 天朕が, 御仁慈, 心細いこと, 暮らしよい, 神威灼然たり, 立派な

▼ れまたもや~ (6, 0.0%)

2 例の 1 その封印, 大日坊は, 大空に, 自分に

▼ れまったく~ (6, 0.0%)

1 グロッキー, 別の, 孤独無援の, 武家家庭の, 自然の, 面目を

▼ れもしや~ (6, 0.0%)

1 あしないでしょう, う, うが, しない, しねえ, 今も

▼ れやら~ (6, 0.0%)

1 一人出, 分らぬ様, 昇り来る足音, 男達の, 腐敗を, 食器の

▼ れやらが~ (6, 0.0%)

3 よろしく言ふた 1 いったが, 大きな聲, 言ひ出した

▼ れようやく~ (6, 0.0%)

1 これだけ, できあがりかけてる詩, ものに, 事無き, 兄君とも, 真実の

▼ れアメリカ~ (6, 0.0%)

1 が発見, で一万一千三百, で勉強, にいた, に行き, の子供

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 い, おもしろき事, よろしいと, 又由井参政, 御便船相, 早々宿

▼ れ不安~ (6, 0.0%)

1 なく不自由, にさせられ, になっ, に狩りたてられ, の問題, を語らざる

▼ れ不幸~ (6, 0.0%)

2 にし 1 が惹起, な人々, な犠牲者, のため

▼ れ両者~ (6, 0.0%)

1 から争っ, における概念構成, の剣, はしばしば, は款, を合せれ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 ったとは, るならば, るの, るもの, れば, んぬる

▼ れ二つ~ (6, 0.0%)

2 の部屋 1 になっ, の大, の鉄, はおのおの

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 つたん, はれて, ふと無く, ふな, ふよりは, れた方

▼ れ人力車~ (6, 0.0%)

3 に乗せられた 1 で神田, に乗っ, に乘つて

▼ れ人類~ (6, 0.0%)

1 として尊重, の手, の生活, はその, は向上, は惨殺

▼ れ今や~ (6, 0.0%)

1 しずかなる, 中手の, 偽物を, 彼等は, 政府は, 腹を

▼ れ今年~ (6, 0.0%)

1 はいなご, はいよいよ, はベストテン, は批評界, まさに十八歳, 学ばずして

▼ れ今朝~ (6, 0.0%)

1 から静か, になつて息, の零時, はまた, は暗い, もまだ

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 の晩節, を侮辱 1 の勢力圈, の勢力圏

▼ れ何とも~ (6, 0.0%)

1 いえないにぎやか, いえぬ荘厳, 云えない, 思案に, 測りかねて, 痛ましい顔

▼ れ何故~ (6, 0.0%)

2 今晩は 1 にかく, に彼等, に是, 民族文学が

▼ れ候やう~ (6, 0.0%)

1 お勧め申す, なるお, にと仰聞かされ, に致し, のおん真似, 倒れては

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 の世祖, の位置, の様, は大名府, 慶八年従三位に, 祿の

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 があらわれた, と重力, と陰, に照らされ, に震え, の世界

▼ れ全体~ (6, 0.0%)

1 からすれ, と部分, の価値, の機構, の気分, の生活

▼ れ全滅~ (6, 0.0%)

1 しおわる, した小田原, するほか, に近い, の危うき, の憂き目

▼ れ全然~ (6, 0.0%)

1 ユーズーの, 事実とは, 新種の, 武士道的な, 禁酒する, 遠方の

▼ れ兵馬~ (6, 0.0%)

1 のこと, の大半, はちょっと, は城外, は増強, は相

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 紹介される, 組織され, 組織される, 組織化される, 評価され, 評価されるべき

▼ れ分配~ (6, 0.0%)

5 せられ消費 1 されるならば

▼ れ加減~ (6, 0.0%)

1 であるの, にさえなっ, になった, に転げ込んだ, の程, を見よう

▼ れ午後~ (6, 0.0%)

1 と夜, には貴紳, の三時, の閣議, は飾窓, 灼けるよう

▼ れ半分~ (6, 0.0%)

2 朽ちた葭簾 1 うわごと, にならん, は分譲, 叱られて

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 が開い, だけがひらい, に続く, の方木曾山脈, は南山, を受け

▼ れ古い~ (6, 0.0%)

1 ものは, ものばかり, 大地は, 宮殿の, 歴史を, 漢文が

▼ れ同じく~ (6, 0.0%)

1 その二版, 九十三年四月傑作, 四月には, 国際的平和を, 熱帯の, 高知県佐川村で

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 告らぬ 1 ある新旧俳優, の男, もなき, を呼ばれ

▼ れ周囲~ (6, 0.0%)

1 がすこぶる, にはやはり, の反対, の土塀, の闇, は奇麗

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 づけられた感覚, の絶える, は助かった, は惜しみません, を奪われ, を奪われた

▼ れ問題~ (6, 0.0%)

2 にされ 1 である兎, にもなった, の真, は解かれるであろう

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 にばかり暮し, に向かい, は一揆, は召, は遊佐河内守等, を囲む

▼ れ~ (6, 0.0%)

3 のよう 1 から覚めた, と現, にあらずや

▼ れ大いに~ (6, 0.0%)

1 およろこびなされ, 二人の, 安心し, 気まりが, 若い委員達, 面目を

▼ れ大事~ (6, 0.0%)

1 がられたこと, な獲物, にされ, にされる, に致らむとする処, を告げた

▼ れ大切~ (6, 0.0%)

1 なる外国, なる外國, なギャグ, にされ, にされたら, にとりまかれる

▼ れ大隈伯~ (6, 0.0%)

4 に至 2 の一派

▼ れ奨励~ (6, 0.0%)

2 されたもの 1 されて, される場合, され婦人, である又

▼ れ女房~ (6, 0.0%)

2 が鍋 1 と連れ立ち, の行方, は傷, は重

▼ れ奴隷~ (6, 0.0%)

4 の如く卑しめられた 1 が解放, の心得

▼ れ婦人~ (6, 0.0%)

1 が家事, なり, の文化, の財産上, や外国人専門, 疾く覚めよ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 になる, のお, の賣り, は良人, を持たされ, を破

▼ れ学校~ (6, 0.0%)

1 から夏休み, にむかふ, の先生たち, は追出され, も二つ三つ教, を出

▼ れ完全~ (6, 0.0%)

2 に商業化 1 な存在, な封鎖, に自己實現, に見えすい

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 を彩る 1 に戻ろう, のお, の一隅, の中

▼ れ将軍家~ (6, 0.0%)

3 もまた 1 にとつて, はいまさら, はそれ

▼ れ尊重~ (6, 0.0%)

2 されて 1 されるという, されるの, される時代, され愛好

▼ れ小紋~ (6, 0.0%)

2 の裃 1 の地味, の手甲, の着もの, の脚絆

▼ れ山々~ (6, 0.0%)

5 がなごり 1 の樹木

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 に激, の堆積, の裂目, は掘りかえされ, は白く, より岩

▼ れ帽子~ (6, 0.0%)

2 も飛ん 1 は失い, もかむ, をとっ, を奪われる

▼ れ幕府~ (6, 0.0%)

1 の特命, はその, はそれ, は朝廷, もそれ, 諸藩

▼ れ広い~ (6, 0.0%)

1 たて, 世間と, 地所を, 範囲での, 荒野を, 視界は

▼ れ御酒~ (6, 0.0%)

3 を呑, を思ひ切

▼ れ恐怖~ (6, 0.0%)

1 せられて, としりごみ, と不安, と疲労, と絶望, に圧倒

▼ れ恰も~ (6, 0.0%)

2 南面すれ 1 政権争奪の, 政權爭奪の, 盜賊に, 高度の

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 だくみ, とも言われる, の善, の外, まれて, 僕二人は

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 なり是, につきつめ, に於, に激, の重い, を破られ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 が純, と信仰, においては愛される, の揺籃, の搖籃, の言葉

▼ れ感謝~ (6, 0.0%)

1 されあの, された崇高, されるの, して, の念, の涙

▼ れ憚ら~ (6, 0.0%)

1 ずしくしく, ずひろ, ずドシドシ雑誌, ず大きな, ず思うさま, ず顫

▼ れ拙者~ (6, 0.0%)

1 お相伴, が相手, の居どころ, はまた, は一方, は其の

▼ れ放題~ (6, 0.0%)

1 にし, になつ, に育つた, のわがまま娘, のドン・ジュアン, の純血種

▼ れ政府~ (6, 0.0%)

2 を世界 1 としては非常, の費用, は国, も亦

▼ れ故に~ (6, 0.0%)

1 余は, 君は, 曖昧な, 武士一人に, 直に茲, 脳は

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 の如し 1 に在らん, の如く変化, る苦界, れ申す者

▼ れ斯く~ (6, 0.0%)

1 いへり, てだに在らん, はバルザック, も身, 見苦しき落人, 規定される

▼ れ早く~ (6, 0.0%)

1 お暇, も倒れた, 別れねば, 叡山に, 眠る, 退り居らんか

▼ れ明治~ (6, 0.0%)

1 の始め頃, の小型キャラメル, の御世, の想, の文化, の末頃

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 なお暗い, の温習, は子供, は槍術, は防備, 近い陽

▼ れ最近~ (6, 0.0%)

1 この, さらにここ, には本町一丁目, に至っ, に至り, 各営業者

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 からも引張られ, に濡れ, に照らされ, の光, の出し, の雫

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 になっ, に晩, に筆, の飯, までにはすっかり, 早く起き

▼ れ木の葉~ (6, 0.0%)

1 が吹き飛ばされた, が散りかけ, すこしで, に埋もれ, のさらさら, は落ちはじめ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 にちよこ, になっ, にのけ, に倒れ, の男爵, 文書翰翻訳の

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 にさらされ 1 に消され, のまにまに, の微か, は驚き

▼ れ洗練~ (6, 0.0%)

4 されて 1 されたもの, されれば

▼ れ流行~ (6, 0.0%)

1 して, し又, せんと, とまでは云, に感染, の一円

▼ れ消費~ (6, 0.0%)

2 せられる方法 1 せられるか, せられるの, せられる道行, の目的物

▼ れ猿轡~ (6, 0.0%)

4 をはめられ 1 をかけられ, を嵌められ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 り伊藤侯, り後, り空, り行きて, り閣下, り離れて

▼ れ現代~ (6, 0.0%)

2 の新 1 において絶頂, の女性, の家庭, の悪

▼ れ理想化~ (6, 0.0%)

1 された大阪弁, されて, され重荷, せられしヘラクレス, せられた其内容, せられて

▼ れ発展~ (6, 0.0%)

2 して 1 させられて, されるよう, し成長, せしめられて

▼ れ相当~ (6, 0.0%)

1 した証拠, に苦労, の観客, の訳, の資産, 勇名を

▼ れ私達~ (6, 0.0%)

1 だけ山, には云い知れず, の捜査陣, の運命, の過ぎた, はその

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 は閉ざされ 1 から彼, から眺める, の下, は岩疊

▼ れ~ (6, 0.0%)

3 へば 1 つちや, の浮ぼう, はるる

▼ れ~ (6, 0.0%)

2 に入れられ 1 のふた, の中, の着物, へ入れた

▼ れ粉砕~ (6, 0.0%)

2 されて 1 されました, されるべきもの, されるもの, もされた

▼ れ結局~ (6, 0.0%)

1 いいこと, その方, の果, は女, は肝心, ふと抵抗力

▼ れ翌日~ (6, 0.0%)

1 は投げ捨てられる, は釜, は静か, へわたっ, もまた, も突きかえされ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 に漂, や腰, をも抑, を半ば斧, を押され, を攫み裂かれ

▼ れ自我~ (6, 0.0%)

1 が顕, と利己, の人格, の位置, の領域, を捨てろ

▼ れ自由黨~ (6, 0.0%)

1 が大, にも反, に在, の無能力, の黨勢, をし

▼ れ舞台~ (6, 0.0%)

1 から客席, が一杯, では暴君鴈治郎, にも上, のゆか, の退屈さ

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 で田舎, につかまろう, に揉まれ, は返らずし, は間もなく, を行

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 づけられ調子, どられた, なりといふ, は黄味, をひさい, 触の

▼ れ~ (6, 0.0%)

5 は木 1 翳して

▼ れ規定~ (6, 0.0%)

4 されて 1 された一生, されるよう

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 ぞれ, のある, ばったの, も撃ち落され, をまるく, を振り

▼ れ財産~ (6, 0.0%)

1 と臓腑, の主人, はすぐ, は掠奪, は焼かれ, もなくなった

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 しめられそして, しめられたので, しめられた多く, しめられた揚句, しめられて, しめられ通し

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 につまずき, に没し, に浮き出た, に消え, のよう, の中

▼ れ闡明~ (6, 0.0%)

2 された意識, されること 1 せられますやう, せられますよう

▼ れ限り~ (6, 0.0%)

2 に成りまする 1 で物, なので, ぽかんと何, 飲まねえから

▼ れ~ (6, 0.0%)

1 なり, 人頭配下に, 想とは, 感情的として, 戦闘員である, 良心的に

▼ れ高く~ (6, 0.0%)

1 さしのばした, なり低く, 位し厚く, 挙げたる手, 梁に, 評価され

▼ れあるいはまた~ (5, 0.0%)

1 いくら歩い, この日, マトリッキスの, 充実した, 明かな意図

▼ れあッ~ (5, 0.0%)

1 けに取られた, とわれがち, と叫ぶ, と見る, と言う

▼ れ~ (5, 0.0%)

3 はゆる 1 のくち, は

▼ れいささか~ (5, 0.0%)

1 なりとも, な落度, 分別あり, 地下の, 立腹の

▼ れいつぞや~ (5, 0.0%)

3 坐敷 1 の殿中金魚籤, 同宿の

▼ れこう~ (5, 0.0%)

1 して, と思いこん, 云う自分, 云う議論, 答えると

▼ れこれら~ (5, 0.0%)

1 のイミテーション, の二つ, の人々, の声, の結果

▼ れさき~ (5, 0.0%)

1 にその, にと帰っ, に持ち出した, に進み入る, ほどからますます

▼ れさしも~ (5, 0.0%)

1 の大, の栄華, の頼朝, 大規模, 百錬を

▼ れせっかく~ (5, 0.0%)

1 の竹筒, 店に, 揮いかけた杉本氏, 期待した, 纏りかけた

▼ れぜひ~ (5, 0.0%)

1 なくしばし, なく呉, なく明石, なく郷土, 朝鮮を

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 が見えざる, とは八門, はわが, も何, を千尋

▼ れそしてまた~ (5, 0.0%)

2 加害者の 1 その一部分, その時代, 海に

▼ れそんな~ (5, 0.0%)

2 順平が 1 だれも, 話を, 道く

▼ れただちに~ (5, 0.0%)

1 別当聖尋から, 勅の, 巨万の, 彼の, 追手を

▼ れたま~ (5, 0.0%)

1 いたるわけ, には腹, はぬ, へ, へるなり

▼ れたまたま~ (5, 0.0%)

1 これを, その道の, 秀吉が, 私の, 素人畑から

▼ れたりなんか~ (5, 0.0%)

2 して 1 した後, しちゃあ, します私

▼ れちょ~ (5, 0.0%)

1 ったこと, る, るが, るけ, るごと

▼ れっ放し~ (5, 0.0%)

1 では気, で収容, で極悪無道, のまま残念, の素寒貧

▼ れてからと~ (5, 0.0%)

2 云うもの 1 いうよりは, 同じ素朴, 柴田殿の

▼ れてぞ~ (5, 0.0%)

2 ろっと 1 ゆく, ッと, 見えたり

▼ れてという~ (5, 0.0%)

1 お祝, ものは, 句や, 河原崎長十郎Мояの, 顔付きを

▼ れてまでも~ (5, 0.0%)

2 原稿を 1 あんなひと, 人の, 尽して

▼ れてわ~ (5, 0.0%)

2 づかに 1 ざとどろぼうに聞こえる, つと泣, づか四五日

▼ れとが~ (5, 0.0%)

1 あり, ある, むるものもなけれど幽霊を, 一つに, 分化し

▼ れどの~ (5, 0.0%)

1 ような, 刺傷も, 家からも, 家に, 店も

▼ れなどを~ (5, 0.0%)

1 抱いて, 済ますと, 猶研究, 直し乍ら, 説明し

▼ れなんぞは~ (5, 0.0%)

2 しない 1 一日々, 一日一日厭や, 一日一日嫌や

▼ れによって~ (5, 0.0%)

1 いろ, はじめて一心同体, 更に少年, 物思いばかりを, 纏めて

▼ れはて~ (5, 0.0%)

1 し, しこ, しらぬところ, は売られし, は嫉妬なぞ

▼ ればかりは~ (5, 0.0%)

1 奥平にも, 御自分, 生涯忘れる, 真剣, 紅葉先生一方ならず

▼ れふしども~ (5, 0.0%)

1 にはうまい, のいけない, のいつた, のこと, も怒つた

▼ れふたり~ (5, 0.0%)

1 で彼, とも二十四時間, のあいだ, の前, の恋人

▼ れまさに~ (5, 0.0%)

1 信長とは, 年老いて, 星夜の, 死刑に, 色を

▼ れまでも~ (5, 0.0%)

1 同塾生, 度度見, 有らん限り柔, 欺むかれ, 畑の

▼ れまもなく~ (5, 0.0%)

1 出て, 出家し, 大路へ, 小夜子の, 彼を

▼ れもう少し~ (5, 0.0%)

3 のところ 1 で首, ないかと

▼ れもん~ (5, 0.0%)

1 だよ, だよしんば, ですぜ, をしこたま, をもって幾度

▼ れやあ~ (5, 0.0%)

1 がって, しない, しないかと, しなかった, しねえけれど

▼ れやすかっ~ (5, 0.0%)

21 たの, たので, たよう

▼ れわし~ (5, 0.0%)

1 い姿, が引き受ける, はそれ, も地蔵尊, も見物

▼ れイリオン~ (5, 0.0%)

1 さしてつき, に二軍, に寄せ, に寄せし, に赴き

▼ れシナ~ (5, 0.0%)

1 からは主として, の外蛮金, の明朝, の港, の道光時代

▼ れ一同~ (5, 0.0%)

1 の眼, は心から, は青髪山, へ五円宛, もひたすら

▼ れ一家~ (5, 0.0%)

1 のうち, の學さ, の者, の見識, はその

▼ れ一寸~ (5, 0.0%)

1 ここへ, まごついた, よんだら一分, 押して, 見たの

▼ れ一応~ (5, 0.0%)

1 それで, の屈辱的待遇, は落着, 完成された, 掌の

▼ れ一旦~ (5, 0.0%)

2 悟る所, 書くべく算出 1 成功さへ

▼ れ一歩~ (5, 0.0%)

1 そのなか, だも, の前進, は高く, も抽象的

▼ れ一瞬~ (5, 0.0%)

1 つ, にむかっ, にむかつ, に都, の事

▼ れ一見~ (5, 0.0%)

2 豪放磊落でも 1 して, 哲学者らしく, 賑やかそうで

▼ れ一身~ (5, 0.0%)

2 に集め 1 に帰し, に持ち, を挙げ

▼ れ一面~ (5, 0.0%)

2 の広い 1 には報道陣, には消費者, に煙り渡った

▼ れ不思議~ (5, 0.0%)

1 な懐胎, な挙動, に気, の奇遇, の楽音

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 て江州, は喜びたりき, は地方人, 憎んで, 若いとき

▼ れ世に~ (5, 0.0%)

2 疎れ 1 在りし時, 夢違観音と, 歌はれ

▼ れ両手~ (5, 0.0%)

1 は杭, も両, をうしろ, を後ろ, を縛り上げられた

▼ れ主張~ (5, 0.0%)

1 が別れ, されさらに, され唱道, するとも, する思想

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 から見れ, なり, に入った, に詣り, の慈悲

▼ れ仕事~ (5, 0.0%)

2 にでかける 1 で私, の形式, の手

▼ れ代り~ (5, 0.0%)

1 にしみ, に聖女ツェツィリヤ, の女, の活き, の若い

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 が冷え, と精神, に足, の上, を四つ

▼ れ何ぞ~ (5, 0.0%)

1 と人, と畫帖, 明室と, 異と, 異僧

▼ れ作者~ (5, 0.0%)

1 と俳優, の創造, の哲學上所見, の権利, の許可

▼ れ候こと~ (5, 0.0%)

1 と信じ, に候, まことに嬉ば, もなく, ゆえその

▼ れ健康~ (5, 0.0%)

1 で快活, なる思想, の上, は保たれ, を祝っ

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 けられるのみの, けられる不安, けられる女主人公, けられ死にながら, 付いて

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 な物, に一僧, に東方ウイン, に能勢弁護士, に黄金細工

▼ れ入口~ (5, 0.0%)

1 に到る, に犬, に青い, はたった, はたつた

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 が当, が當, にされてる, の演奏, の祠

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 だから, の死骸, の鉄帽, はその, は昼夜兼行

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 がわ, に磨かれ, に貯えられ, に養われ, は敵愾

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 と雪, には恐ろしく, の木の葉, の眠り, は寒

▼ れ出版~ (5, 0.0%)

1 された小説, せられたこと, と共に世人, のむつかしい, は新しく

▼ れ到底~ (5, 0.0%)

2 忍び得べき所 1 まはり, 人間の, 閑散の

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 と体, に傷つけられ, の山, は奪われた, は氷片

▼ れ創造~ (5, 0.0%)

2 されて 1 されるとは, される道徳, の熱

▼ れ単に~ (5, 0.0%)

1 内閣の, 外部より, 服装が, 素手と, 通訳である

▼ れ単純化~ (5, 0.0%)

1 された分業, された結果, されて, され平凡化, せられた結果

▼ れ台所~ (5, 0.0%)

1 で食事, には大きな, に於ける, の戸, の揚

▼ れ右手~ (5, 0.0%)

1 には茫々, に中折帽, の中指, の敵, の石段

▼ れ合つて~ (5, 0.0%)

2 居る 1 ゐた愛情, ゐるの, ゐる浴場

▼ れ同化~ (5, 0.0%)

2 されて, される性質 1 され無秩序

▼ れ喧嘩~ (5, 0.0%)

1 だ, になっ, になった, になつて淺草, をふっかけられ

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 に個人, に内閣, に動作, に外部, に役所

▼ れ因縁~ (5, 0.0%)

2 のある 1 があっ, をざっと, を知らず

▼ れ土間~ (5, 0.0%)

1 には打水, には赤子, に立たされ, に藁, へ仰向き

▼ れ圧迫~ (5, 0.0%)

2 されて 1 が除かれた, されるよう, せられたという

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 というの, の上, の者, を二里, を踰ゆ

▼ れ多少~ (5, 0.0%)

1 とも影響, の感慨, の資本, は罪, 社會主義の

▼ れ大衆~ (5, 0.0%)

1 に君, の感情欲求, の生活, は批判, を恐怖

▼ れ天地~ (5, 0.0%)

1 の交通, の輪廻, の間, も崩れん, 見るとして

▼ れ天皇~ (5, 0.0%)

1 さえ流竄, に紀伊, の特権, の紋章, の身辺

▼ れ夫人~ (5, 0.0%)

1 が藥, が魔醉藥, と姉, に面會, は更に

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 の方 1 に隠れ, は房, へ進ん

▼ れ女子~ (5, 0.0%)

3 は男子 1 に対してのみ, 第一

▼ れ実行~ (5, 0.0%)

2 された 1 に移されかかっ, に移される, に移され始めた

▼ れ客観的~ (5, 0.0%)

1 なもの, な発展, な自身, にその, に基礎

▼ れ宣伝~ (5, 0.0%)

2 された 1 されなかなか, されねば, せられたの

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 が二心, にお, のほう, は寒, 仕へ

▼ れ家族~ (5, 0.0%)

2 の一人 1 の者, は生活, も重傷

▼ れ少なくとも~ (5, 0.0%)

1 ここ二三十年前までは, その中, ジャーナリズムの, 今ある, 表面だけは

▼ れ少年~ (5, 0.0%)

2 の時 1 は父, は眼, は豎

▼ れ巨大~ (5, 0.0%)

1 なる事業, な巌, な氷, な虫, な遺産

▼ れ已に~ (5, 0.0%)

1 其時代の, 危い, 歸國の, 知を, 解脱し

▼ れ幸福~ (5, 0.0%)

1 で恍惚, な人, な新, な生涯, は否定

▼ れ床の間~ (5, 0.0%)

1 には御, に置い, のところ, の上, の活花

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 の方 1 には安物, に出す, の大

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 の宗任, の持ち来つた, の捜索, の脇屋義助, も同じ

▼ れ弟子~ (5, 0.0%)

1 でもたくさん, と容れられ, にした, も離散, 多くその

▼ れ彼自身~ (5, 0.0%)

1 でも気, の功績, はとうとう, は越後, も誇らしく

▼ れ往来~ (5, 0.0%)

2 での遊戯 1 で火酒, の事, へ金襴

▼ れ徒ら~ (5, 0.0%)

2 に伊藤侯 1 なる思, に何事, に博洽

▼ れ必要~ (5, 0.0%)

2 に応じ 1 あらば, なシステム, のみが要求

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 れと共に 1 れられた扉, れシテ柱, ろし

▼ れ思わず~ (5, 0.0%)

1 あゝと, 口に, 息を, 戸を, 笑いだして

▼ れ恋愛~ (5, 0.0%)

1 と正義, に対する叛逆者, のため, は花, は透明

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 かしめられ 1 しめられながら, しめられ乍ら, をさらす

▼ れ悉く~ (5, 0.0%)

1 かこたちは, クサった, 失敗に, 意味あり, 此の

▼ れ意識~ (5, 0.0%)

1 されて, されるの, に陥り, の回復, は暗く

▼ れ所々~ (5, 0.0%)

1 には黄, に小さな, に築山, やさしいかたくり, を噛み切られ

▼ れ手錠~ (5, 0.0%)

2 の刑 1 をかけられ, をはめられ, をはめられた

▼ れ批評~ (5, 0.0%)

1 されたか, されるとき, される仕組み, され胴上げ, は個々人

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 でもてあそばれます, に蹴爪, の股, の間, をひろげた

▼ れ教育~ (5, 0.0%)

1 されて, によつて訓練, はこれ, は無視, も受け

▼ れ文章~ (5, 0.0%)

1 がた, にも綴られ, は冗漫, は所謂下手, は活

▼ れ日光~ (5, 0.0%)

1 が地, にさらされた, に拭われた, もさえぎられ, を山越え

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 かに何物, かに示され, かに象傳, に金錢本來, 放した観潮楼上

▼ れ時代~ (5, 0.0%)

1 から浮きあがっ, の要求, はフランス革命, は意外, も平安朝頃

▼ れ暗い~ (5, 0.0%)

1 劇場裏に, 夜道を, 朦朧たる, 永遠の, 海を

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 の下 1 に蔽われ, の中, より怖畏

▼ れ極めて~ (5, 0.0%)

1 小さい島, 楽に, 活溌である, 簡単な, 興味ある

▼ れ様々~ (5, 0.0%)

1 な現象, な紋様, に説明, の予想, の痛ましき

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 の折れた 1 が多く, に包まれ, や土

▼ れ~ (5, 0.0%)

3 の中 1 にでも入れられた, になじまない

▼ れ正式~ (5, 0.0%)

1 な結婚, のあいさつ, の交渉, の使節, の方法

▼ れ正面~ (5, 0.0%)

1 に神明, に黒板, の壁際, の奉行, の拱門

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 り内祝言, り道, るもの, れ, れ直ぐ

▼ れ死体~ (5, 0.0%)

1 となっ, と同時に, はそれ, は埋葬, をすてられた

▼ れ~ (5, 0.0%)

5 んど

▼ れ殆ど~ (5, 0.0%)

2 常務委員を 1 人間的には, 彼を, 植込の

▼ れ殺戮~ (5, 0.0%)

1 された, されたから, される事, のあら, のさなか

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 に向 1 に於い, の得意, を称し

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 を利かせれ 1 が張つて, の進まない, を以て血

▼ れ河原~ (5, 0.0%)

1 が多く, に引き上げられる, の石ころ, の隅, は渺

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 を塗られる 1 のよう, の中, を搾られた

▼ れ注意~ (5, 0.0%)

1 される傾向, すべきこと, をひかれる, を他, を自分

▼ れ滑稽~ (5, 0.0%)

2 なる 1 だと, な遊び, に思われる

▼ れ無視~ (5, 0.0%)

2 されて 1 されつつ, されバカ, せられこれ

▼ れ熱狂的~ (5, 0.0%)

2 な歓迎 1 な喝采, な雑色, に稽古

▼ れ現実~ (5, 0.0%)

1 に圧倒, の惨め, をそんなに, を知り, を観

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 を荒らされ 1 のすみ, のマンナカ, は荒され

▼ れ病院~ (5, 0.0%)

2 の帰り道 1 に来た, の玄関, へ運ばるる

▼ れ発表~ (5, 0.0%)

1 されその, された勝野金政, されて, されるに従って, と同時に

▼ れ発達~ (5, 0.0%)

1 させられた一つ, させられるから, させられるという, しつくしたあらゆる, し教育

▼ れ相州さま~ (5, 0.0%)

1 こそ何, と入道さま, にも広元さま, の下知, はかしこ

▼ れ着物~ (5, 0.0%)

1 がなけれ, は剥ぎとられ, も剥がれ, をぬがせられ, を剥がれた

▼ れ立派~ (5, 0.0%)

1 なもの, な径, な現場不在証明, に成り, に武士

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 のほう 1 がささくれ始めた, にあった, やお前先生

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 意義に 1 に知的, 神道の, 粹形相の

▼ れ終に~ (5, 0.0%)

2 伊藤侯の 1 刺客の, 有罪の, 貧苦に

▼ れ組織~ (5, 0.0%)

1 された範疇体系, されて, されるの, せられねば, 立てられた

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 兵一万五千九百, 兵三十四万と, 司令部経済科学局でも, 大将たる, 敗北の

▼ れ群集~ (5, 0.0%)

1 が堵, のあいだ, の湿気, はまたまた, は落ち着き払っ

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 先生も, 夫婦の, 画師は, 荘の, 齡の

▼ れ肉体~ (5, 0.0%)

2 の勤労 1 には五官, の敗北, の苦痛

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 や心臓, をかけ, を出し, を引出され, 裂け骨摧

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 夫人から, 夫人に, 奥様は, 年寄りの, 親分として

▼ れ英国~ (5, 0.0%)

1 では大, における最初, にもすでに, の学校, の文豪トーマス

▼ れ西~ (5, 0.0%)

1 の方, の街道口, は海, を見, 半日本

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 が夜更け, が起っ, という話, なの, は娘

▼ れ誠に~ (5, 0.0%)

1 予が, 偶然なり, 孝行な, 忝ない力, 慚愧の

▼ れ諸国~ (5, 0.0%)

1 に産所村, の商人, の地頭, の悪者退治, を巡っ

▼ れ込み~ (5, 0.0%)

1 がなかつたら, だけ何處, で持ち込んだ, で雇, をし

▼ れ近い~ (5, 0.0%)

1 ところに, 役場と, 権作の, 權作の, 野山は

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 ひまくられ, ひ越されつひに, へば, 捕の, 踪すれ

▼ れ過去~ (5, 0.0%)

1 と未来, の勇敢, の悪業, の文学, 少なくとも千数百年

▼ れ都会~ (5, 0.0%)

1 から窒息, ではまた, では市民, と農村, の空気

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 の化粧表, の横木, の鎖, の門, を以てこれ

▼ れ長老一人~ (5, 0.0%)

5 の外

▼ れ限定~ (5, 0.0%)

1 された内容, された意味, された未来, されて, されるもの

▼ れ難く~ (5, 0.0%)

1 候ふよ, 思ひて, 最も誤解, 貴公様に, 遂に死刑

▼ れ青年~ (5, 0.0%)

2 はよろめき 1 の飲酒, は肥つた紳士, は自ら

▼ れ~ (5, 0.0%)

1 から波, にかかる捲, に残る, に油汗, を打たれ

▼ れ食事~ (5, 0.0%)

1 なども三人, には毎日三度三度, に適する, の支度, を済まし

▼ れ~ (5, 0.0%)

2 は掬 1 がし, のハラワタ, の背

▼ れあつ~ (4, 0.0%)

1 たもの, た場合, て彼, といふやう

▼ れいかにも~ (4, 0.0%)

1 して, 歓を, 武将の, 田舎の

▼ れいっしょ~ (4, 0.0%)

2 に来 1 に住ん, に話

▼ れいっそ~ (4, 0.0%)

1 家を, 未練の, 気楽な, 石に

▼ れいまだに~ (4, 0.0%)

1 死骸が, 残る額, 浪江を, 血を

▼ れいわば~ (4, 0.0%)

1 宮古の, 悪鬼の, 死地の, 籍なき

▼ れおそらく~ (4, 0.0%)

1 あるひそか, その壮大, マレンゴーや, 逃れられないでしょうが

▼ れおの~ (4, 0.0%)

1 づから, づから彼等, づから相手, づから額

▼ れおれ~ (4, 0.0%)

1 の計画, も掃除, も昔, り

▼ れかしこ~ (4, 0.0%)

1 にミルト, に不, に討たれ, みながら

▼ れかつて~ (4, 0.0%)

1 のどんな, は備後守, ロシア皇帝フランス大統領ベルギー皇帝より, 繁栄せる

▼ れかなり~ (4, 0.0%)

1 に退屈, 好評でした, 忙しい生活, 拡まっ

▼ れかねて~ (4, 0.0%)

1 の皇太子, より社, 藤房卿が, 遊芸雑職を

▼ れからとも~ (4, 0.0%)

2 なく津村君 1 なく校内, なく森本先生

▼ れからの~ (4, 0.0%)

1 世の中は, 事である, 心の, 露の

▼ れがたき~ (4, 0.0%)

1 いたずらものの, たの, は個性, 痛みを

▼ れきょう~ (4, 0.0%)

1 のま, の遺蹟順礼, は静夜, また石亭

▼ れけむ~ (4, 0.0%)

1 あしひきの, お村, これより, 聲高し

▼ れこんど~ (4, 0.0%)

1 こそ息の根, の第, はみづか, は長い

▼ れさては~ (4, 0.0%)

1 弟も, 首切られる, 高貴の, 鼠の

▼ れしわ~ (4, 0.0%)

1 が兵士ばらばら, が血汐, が足もと, が離室

▼ れすこし~ (4, 0.0%)

1 急いで, 気早や, 腰を, 金も

▼ れぞと~ (4, 0.0%)

2 見ゆる大 1 云ふこ, 問うに

▼ れたとい~ (4, 0.0%)

1 へる, 一時的にも, 一時的の, 頑固に

▼ れたらしく~ (4, 0.0%)

2 見える 1 思える, 見受けるが

▼ れたりとて~ (4, 0.0%)

1 他姓を, 其の記事, 承諾すべき, 自己を

▼ れだけで~ (4, 0.0%)

1 人間の, 打ち切って, 此處の, 片付けられない

▼ れだけに~ (4, 0.0%)

1 して, 信虎は, 力を, 善い其

▼ れって~ (4, 0.0%)

2 へろれって 1 けろれって, 言いますから

▼ れづめ~ (4, 0.0%)

1 だった, で来た, で結局, に訓

▼ れてかの~ (4, 0.0%)

1 女の, 小川の, 池へ, 福なる

▼ れてからといふ~ (4, 0.0%)

2 ものは 1 もの三十の, もの何うし

▼ れてからに~ (4, 0.0%)

1 したい, して, する方, なすっては

▼ れてしか~ (4, 0.0%)

1 存在しない, 存在しなかった, 現われて, 行なわれない

▼ れてへ~ (4, 0.0%)

2 うへ 1 いこうして, ろ

▼ れてもと~ (4, 0.0%)

1 いうので, 云い居るの, 存じ私, 思って

▼ れでは~ (4, 0.0%)

2 私は 1 おれに, まんざら年枝さん

▼ れとりわけ~ (4, 0.0%)

1 おん兄のぶな, お茶, 五年全部説には, 大沢が

▼ れどうか~ (4, 0.0%)

2 すると 1 して, しなければといふ

▼ れどちら~ (4, 0.0%)

1 が先, もおく, も十四世紀, も延ばされた

▼ れどれ~ (4, 0.0%)

1 かその, が曲者, だけ和らげられ, を見

▼ れなんと~ (4, 0.0%)

2 しても 1 云て, 挨拶の

▼ れについて~ (4, 0.0%)

1 幸い木目見事の, 次の, 語らうと, 質問する

▼ れにとって~ (4, 0.0%)

1 すこしでも, 必要でない, 悲しみでない, 歩の

▼ れにのみ~ (4, 0.0%)

1 あくせくし, 拷問を, 語る胸, 集まり迷

▼ れのみは~ (4, 0.0%)

2 廣野の 1 広野の, 身を

▼ れはかなく~ (4, 0.0%)

3 成りて 1 のびて

▼ れはげしい~ (4, 0.0%)

1 不動の, 格闘の, 荒れ模様, 言葉で

▼ れひそか~ (4, 0.0%)

1 に京都, に佳人, に十字, に涙する

▼ れひたすら~ (4, 0.0%)

1 に無知, 之に, 仏道修行に, 成行きを

▼ れびと~ (4, 0.0%)

1 があり, が名のり, は皆, を人

▼ れぶり~ (4, 0.0%)

1 がほぼ, でした, をよく, を熟視

▼ れますます~ (4, 0.0%)

2 多くの 1 去勢せられ, 御機嫌

▼ れむに~ (4, 0.0%)

2 はさも 1 は惡魔, 近く静か

▼ れむよう~ (4, 0.0%)

1 に嘲った, に眺めはじめた, に見た, に言った

▼ れめいめい~ (4, 0.0%)

1 のよび名, の席, の手, の頭

▼ れもっとも~ (4, 0.0%)

1 おびただしく読まれた, 低級なる, 基本的な, 熱中する

▼ れやうもの~ (4, 0.0%)

1 ならそれ, なら呼吸, なら恐い, なら腹

▼ れやらに~ (4, 0.0%)

4 似て

▼ れやらの~ (4, 0.0%)

1 孫という, 手で, 發案で, 老女の

▼ れよい~ (4, 0.0%)

1 人間生活の, 侍を, 気持で, 若者を

▼ れわがまま~ (4, 0.0%)

1 な嘆き, に育った, に育てられ, は通り

▼ れわが国~ (4, 0.0%)

1 からもヒマラヤ, の文物制度, の河童, へは支那

▼ れわけ~ (4, 0.0%)

2 のわからない, を聞い

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 い, 何も, 喧嘩も, 貴官無理

▼ れアッ~ (4, 0.0%)

1 といい, と叫ん, と思う, と驚かされ

▼ れペン~ (4, 0.0%)

1 が震え, ではお金, とノート, を投げ

▼ れマスター~ (4, 0.0%)

1 でいい, として大通, として天下一品, の堂々たる

▼ れロンドン~ (4, 0.0%)

1 から発表, から蒐め, に送られた, へ来られたなら

▼ れ一日~ (4, 0.0%)

1 に敵味方, のあらゆる, の内, も早く

▼ れ一本~ (4, 0.0%)

1 で足りなきゃ, の刀, の狭い, の脇差

▼ れ一杯~ (4, 0.0%)

3 の般若湯 1 元気で

▼ れ一週間~ (4, 0.0%)

1 ずつの採炭高, に学習, ばかり昏酔状態, ほど家出

▼ れ丁度~ (4, 0.0%)

1 墓地の, 希臘神話の, 現世で, 自信の

▼ れ不具~ (4, 0.0%)

2 にされた 1 にまでされた, の身

▼ れ与三郎~ (4, 0.0%)

1 の, の芝居, を待つ, を得意

▼ れ世の中~ (4, 0.0%)

1 から隠棲, と云う, には歓楽, の人々

▼ れ両側~ (4, 0.0%)

1 には歩道, には紋章, の三個, の斜面

▼ れ久しく~ (4, 0.0%)

1 夢みし, 斉し, 日本に, 自然の

▼ れ事件~ (4, 0.0%)

1 が発展, の解決, は一段, は比較的

▼ れ事實~ (4, 0.0%)

3 に於 1 の異同

▼ れ二年~ (4, 0.0%)

1 たつて, の後帰英, ばかりいっしょ, ほどし

▼ れ二度~ (4, 0.0%)

1 ことわられそれでも, ほど人, までもあやうい, まで生き恥

▼ れ二階~ (4, 0.0%)

1 から妹たち, の四畳, の機械室, へはこばれる

▼ れ人とも~ (4, 0.0%)

1 にもう, に分らぬ, に思ひ, に無常

▼ れ人事不省~ (4, 0.0%)

2 に陥った 1 におちいりました, のまま済生病院

▼ れ人気~ (4, 0.0%)

1 の嵐, の険し, の高かっ, を博し

▼ れ今夜~ (4, 0.0%)

1 の奴, はこと, はどんな, はダッシー八田氏

▼ れ今後~ (4, 0.0%)

1 の半生, の新しい, は決して, は適当

▼ れ他方~ (4, 0.0%)

1 ではまた, では胴体, にはテナルディエ, 同時に自覚的

▼ れ以後~ (4, 0.0%)

1 の御, の生死, は弟, は澄

▼ れ伊藤内閣~ (4, 0.0%)

2 に欺かれたる, の大

▼ れ何不自由~ (4, 0.0%)

2 なく暮し 1 なく暮らし, なく育っ

▼ れ侮辱~ (4, 0.0%)

1 されて, されのろわれ人権, され弄ばれ嘲笑, され蹂躙

▼ れ保護~ (4, 0.0%)

1 された, されて, されなければ, されること

▼ れ信仰~ (4, 0.0%)

1 せられたの, に堅く, 及び行為, 深きもの

▼ れ個人~ (4, 0.0%)

1 としては彫工会, として認められない, のため, の権威

▼ れ候上~ (4, 0.0%)

2 は右 1 はわたくしども, は切支丹宗門

▼ れ候儀~ (4, 0.0%)

1 と推察, につき, 浅からず, 然るべく

▼ れ候間~ (4, 0.0%)

1 もとよりこれ, 今に至ってその, 如何なる仰せ, 早速馬上

▼ れ偶然~ (4, 0.0%)

2 ならむや 1 にもシンフォニー, の穴

▼ れ全身~ (4, 0.0%)

1 がふらふら, くづれかかるもののなかに, の姿勢, 次第に腫れ

▼ れ共私~ (4, 0.0%)

1 がよっぽど, が手紙, は其為, は其爲

▼ れ具体化~ (4, 0.0%)

1 された方針, されて, され活きた形態, され肉体化

▼ れ再生~ (4, 0.0%)

2 されて 1 して, せられて

▼ れ切腹~ (4, 0.0%)

1 に際して遺子, のおしたくで, を仰せ付けられたる, 致したな

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 から前, は少し, れり, をくぐり抜け

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 して, のみ, 雁の, 雷の

▼ れ別に~ (4, 0.0%)

1 伯爵の, 又東京商業會議所, 山の, 馴染の

▼ れ到頭~ (4, 0.0%)

1 一味十人悉く, 此粕谷へ, 行進の, 運命と

▼ れ刻々~ (4, 0.0%)

1 にその, に押され, 国境に, 敗兵が

▼ れ前後~ (4, 0.0%)

1 の旗本, の考, を失った, 各一面

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 とされ, に滿, を得, 無く障子

▼ れ十分~ (4, 0.0%)

1 で死ん, に注意, の共鳴, 御静養

▼ れ十年~ (4, 0.0%)

1 いきのばされたお蔭, の糟糠, も老け, 暮した

▼ れ半蔵~ (4, 0.0%)

1 と言われ, はむしろ, は不意, も脇の下

▼ れ博士~ (4, 0.0%)

1 の冷蔵室, の死亡, はいつも, 大いに閉口

▼ れ及び~ (4, 0.0%)

2 彼の 1 古沢滋の, 古澤滋の

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 き訳, くと, 惜三十八歳の, 惜二十歳の

▼ れ吟味~ (4, 0.0%)

1 されつづけて, され論議, せられる, らしい吟味

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 と倶, の孫桓, はすすん, へ向わん

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 がきっと, にはブランデー, はやや, は震え

▼ れ四人~ (4, 0.0%)

1 の妻, の男, の麻布, はそれつ

▼ れ地方~ (4, 0.0%)

1 の山持, の読者, へ足, よりは館界

▼ れ地獄~ (4, 0.0%)

1 か極楽, に蹴落された, の境, の門

▼ れ坊主~ (4, 0.0%)

2 までが陰氣 1 の読む, までが陰気

▼ れ埃及~ (4, 0.0%)

2 の唯一財源 1 なるわれ, の珠玉

▼ れ城中~ (4, 0.0%)

1 に, にはなお, の士民, の女共

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 の中, の内面, の斜面, は見えない

▼ れ変形~ (4, 0.0%)

2 されて 1 されないもの, せられ今

▼ れ夕方~ (4, 0.0%)

1 からは城全体, になつ, になる, のよう

▼ れ多勢~ (4, 0.0%)

1 の兄弟子, の怪我人, の番頭手代, の見る

▼ れ大陸~ (4, 0.0%)

1 にもかかる優れた, に遊学, の学者, の肝臓炎

▼ れ太陽~ (4, 0.0%)

1 から距, の光, の運命, や空気

▼ れ女たち~ (4, 0.0%)

2 のいい 1 からさそいかけられた, から脂粉

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 からさらに, の色, は両親, は前非

▼ れ孝助~ (4, 0.0%)

1 はおい, は呆れ, は後, は間

▼ れ孤独~ (4, 0.0%)

1 のため, の寂しみ, の感, をさびし

▼ れ宗教~ (4, 0.0%)

1 があれ丈残酷, なり, のため, の美術

▼ れ実践~ (4, 0.0%)

1 されて, されはじめた, されるであろうこの, によって是正

▼ れ家屋~ (4, 0.0%)

2 の下敷 1 が倒壊, も道路

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 さと, さの, や悲し, 原半

▼ れ尊氏~ (4, 0.0%)

1 の, の意図, の本船以下, は本陣

▼ れ小さな~ (4, 0.0%)

1 孫店を, 室の, 常緑樹と, 窓から

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 壯に, 壯將校たちの, 數者が, 者が

▼ れ山野~ (4, 0.0%)

1 では無辜, には子供, のけだもの, は裸

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 之助 1 も谷, 越えに

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 ながしニ, の島影, の役人, を宝島

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 が横, の中, の真中, を逃げ越え

▼ れ工場~ (4, 0.0%)

1 が建っ, において学校, は見違える, や農村その他

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 とともに信仰, の女三, もはじめて, をし

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 が定まっ, には主人役, には参考人, を曹家

▼ れ当人~ (4, 0.0%)

1 が二階, の屡, はかえって, もその

▼ れ当然~ (4, 0.0%)

1 に転換, ウラル号へも, 僕が, 弥生は

▼ れ征服~ (4, 0.0%)

2 されて 1 された, され人間

▼ れ後ろ~ (4, 0.0%)

1 からは攘夷家, の戸, の杉, へひっくり返る

▼ れ御覧~ (4, 0.0%)

1 なさい, なさい其の, なさりませ殿下, よ

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 た一聯 1 た夢, た大形

▼ れ復讐~ (4, 0.0%)

1 されるの, をうける, を受ける, を祈る

▼ れ徳川時代~ (4, 0.0%)

2 に至っ 1 にはこの, の町人文学

▼ れ必ら~ (4, 0.0%)

2 ず伊藤侯, ず佞者

▼ れ怪我~ (4, 0.0%)

2 をし 1 でもしたら, はしなかった

▼ れ恐ろしい~ (4, 0.0%)

1 ほど込み合ってる, 力で, 姿に, 暴力の

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 ある限り, がつまっ, も詰まる, 絶えたは

▼ れ悪魔~ (4, 0.0%)

1 のごとく, の娘, の断刀, は自由

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 ひ, ふ, ふ事, へるのみ

▼ れ感心~ (4, 0.0%)

1 させら, されて, したの, して

▼ れ戸棚~ (4, 0.0%)

1 がひとつあけっ放し, も押入れ, も箪笥, を設け

▼ れ所謂~ (4, 0.0%)

2 る強弩, る知つて言

▼ れ手紙~ (4, 0.0%)

1 が書き終られた, のきれ, は用件, を出した

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 の優劣, は得易ら

▼ れ批判~ (4, 0.0%)

1 された, された心, されなければ, の眼

▼ れ振り~ (4, 0.0%)

2 にも顔面 1 はなされた, 廻されようと

▼ れ掛り人~ (4, 0.0%)

2 とも奉公人, のお

▼ れ掠奪~ (4, 0.0%)

1 された, され家, せられストライキ, で破壊

▼ れ数人~ (4, 0.0%)

1 のハキハキ, のバーテンダー, の人々, の知友

▼ れ数日~ (4, 0.0%)

1 に亙る, のあいだ, のうち, の人気

▼ れ文字~ (4, 0.0%)

1 どほり, なども短い, の上, を奪われた

▼ れ文明~ (4, 0.0%)

1 に進み, の利器, の進歩, を前

▼ れ方々~ (4, 0.0%)

1 に赤い, の献句, も観念, 歩きまわりその

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 でさんざん, と感じ, に出た, の支度

▼ れ日本人~ (4, 0.0%)

1 に熱心, の最高, はここ, は非常

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 びけして来た, やおそれ, 稻田文學が, 稻田文學の

▼ れ早速~ (4, 0.0%)

1 さまざま作っ, ドテラ, 其達摩人形の, 医務室に

▼ れ明るい~ (4, 0.0%)

1 ランプが, 小川マクベス夫人は, 部分が, 陽射しを

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 いけんばい, かつたの, からし, さう

▼ れ時として~ (4, 0.0%)

1 は住民, は恐ろしい, は遠忌, モルトケは

▼ れ時間~ (4, 0.0%)

1 がない, にすれ, の進行, を限られ

▼ れ曰く余~ (4, 0.0%)

2 にし 1 は学習院長, は學習院長

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 がとう, たと, もせぬ, 章院には

▼ れ朝廷~ (4, 0.0%)

1 にも院, の大官, の威信, をすら意

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 の上 1 にじっくり, に向い

▼ れ東洋~ (4, 0.0%)

1 では厄介, では嫌, と西洋といづれの業, に個想なかりき

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 と枝, のよう, をひろげ, を折られ

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 から一間許, には植木鉢, に香炉がく, の上

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 なき処 1 には裸体, も林

▼ れ椅子~ (4, 0.0%)

1 にしばりつけられ, に半身, の下, は倒れ

▼ れ権威~ (4, 0.0%)

1 と呼ばれる, どころかおでん, の高い, は勝利者

▼ れ正しく~ (4, 0.0%)

1 伝承されなけれ, 描かれて, 見るべきもの, 道をと

▼ れ正に~ (4, 0.0%)

1 大誤解, 我が與, 祝福された, 館林警察署長なりと

▼ れ此処~ (4, 0.0%)

2 に陳列 1 に六尺, を何様

▼ れ武士~ (4, 0.0%)

1 という形, という特殊地位そのもの, の習慣, は天皇

▼ れ武蔵~ (4, 0.0%)

1 の体, の渋谷庄司重国, はまた, も片手

▼ れ歴史~ (4, 0.0%)

1 として信ぜられし, と云う, の新しい, は発展

▼ れ段々~ (4, 0.0%)

1 わたしは, 奥へ, 貧しくなった, 酔いが

▼ れ比較的~ (4, 0.0%)

1 暢気な, 短い年月, 閑雅な, 高い教養

▼ れ永久~ (4, 0.0%)

1 に捨てられる, の平和, の流刑, 沈んで

▼ れ永遠~ (4, 0.0%)

2 の美 1 に私たち, の地獄

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 が絹衣, さえそれ, の流れてる, を流し

▼ れ沈黙~ (4, 0.0%)

2 に居堪らなくなり出す 1 させられて, のなか

▼ れ洗煉~ (4, 0.0%)

1 された俳優, された美そのもの, されて, され詩化

▼ れ浄化~ (4, 0.0%)

2 されて 1 されようと, されると

▼ れ海上~ (4, 0.0%)

1 の交通, の清く, は後醍醐, は織田家

▼ れ海岸~ (4, 0.0%)

2 にたたきつけられ 1 に沿う, の町

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 どろ 1 の中, の終り

▼ れ激しい~ (4, 0.0%)

1 性的遊戯を, 日光に, 波に, 風が

▼ れ無数~ (4, 0.0%)

1 の使用人, の岩石, の雨燕, の電灯

▼ れ無限~ (4, 0.0%)

1 にひろがる, に動き, に発見, の闇黒

▼ れ熱い~ (4, 0.0%)

1 お詫びの, と云っ, コーヒーが, 処を

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 を鳴らし 1 にかかっ, のある

▼ れ犯人~ (4, 0.0%)

1 の逃亡, の逮捕, はエドナ, を慕

▼ れ独り~ (4, 0.0%)

1 あゝ吾, の自由, 我が吾妻村, 離れて

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 がよばれ, というところ, にはなんら, に踵

▼ れ狼狽~ (4, 0.0%)

1 さえし始めた, して, て飛び起き, へさせられ

▼ れ玄関~ (4, 0.0%)

1 に立, のところ, は日本建, を挾んだ

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 の庫中, も后, よりキリスト教騎士団, 大いに憂愁

▼ れ甚だ~ (4, 0.0%)

2 余の 1 拍子抜けが, 迷惑を

▼ れ生命~ (4, 0.0%)

1 の危險, は滅びる, も常に, 掛けた恋人

▼ れ生徒~ (4, 0.0%)

1 と呼んだ, に経書, の園芸, は自

▼ れ生死~ (4, 0.0%)

2 の問題 1 のところ, の巷

▼ れ~ (4, 0.0%)

3 の上 1 は実に

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 つきしアガメムノーン, つける, など殊に, を負

▼ れ病人~ (4, 0.0%)

1 が看護婦, と婦女子, は平癒, やあつしく

▼ れ発明~ (4, 0.0%)

1 されたもの, されて, は大衆的, は実質上大衆的

▼ れ~ (4, 0.0%)

3 立つて 1 立って

▼ れ監獄~ (4, 0.0%)

2 に入れられ 1 の高い薄暗い, へ投げ込まれ

▼ れ直義~ (4, 0.0%)

1 の陣幕, の養子, は難, は馬

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 つ先, に世, に大師, 白い鍋

▼ れ確立~ (4, 0.0%)

2 されるの 1 されて, の一歩

▼ れ祝福~ (4, 0.0%)

2 されそしてまた 1 された二人, すべきこと

▼ れ神戸~ (4, 0.0%)

1 の埠頭, の波止場, へ帰着, へ赴き

▼ れ神経~ (4, 0.0%)

1 の弱い, は鋭く, もいたん, を静か

▼ れ秩序~ (4, 0.0%)

1 が立たなかった, づけられて, もなく, を回復

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 にはぎらい, に見る, に貴, れな精力絶倫家

▼ れ立憲政治~ (4, 0.0%)

2 の内閣 1 の発達史上殆ど免, の發達史上殆ど免

▼ れ純然~ (4, 0.0%)

2 たる伊藤侯 1 たる想像, たる統制会

▼ れ組織化~ (4, 0.0%)

1 された調査方法, されて, されるそういった, されるの

▼ れ結果~ (4, 0.0%)

1 したかという, としては私たち, により, はアイマイ

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 れに 1 れにたてながら, れの

▼ れ絶對~ (4, 0.0%)

1 と相, には是非, はいづれ, は之

▼ れ絶望~ (4, 0.0%)

1 したまま無残, せざるを, に沈まざる, の安息

▼ れ維持~ (4, 0.0%)

1 されつ, されて, されるいかなる, されるが

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 にし, には飲料茶, の堤, の青

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 がかけられる, で絞め上げられ, をかけられ, 打たれて

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 の音, をちぢめ, を傷つけられた, を搏

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 なりといひ, に應, はいまだ, は益

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 に触れた, に触れる, ぬぎに, も傷

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 に, には地蔵, を拉がれ, を攫み裂かれ

▼ れ背中~ (4, 0.0%)

1 こすつたな, は焼かれ, へ雷神, を入口

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 つ節, の骨, はへし折られ, をとられ

▼ れ自分自身~ (4, 0.0%)

1 の生活, の表現, は勝利, も素直

▼ れ良人~ (4, 0.0%)

1 と私, に愛され, の機嫌, は故郷

▼ れ芝居~ (4, 0.0%)

1 では廿四孝, と思わない, は棧敷, をする

▼ れ若し~ (4, 0.0%)

1 其権を, 磔刑に, 罪過を, 酒が

▼ れ苦痛~ (4, 0.0%)

2 のあまり失神 1 から翌年, やる方

▼ れ英雄~ (4, 0.0%)

2 を尚 1 と崇められたる, は謳歌

▼ れ茫然~ (4, 0.0%)

1 とし, としてゐる, として声, として眼

▼ れ菓子~ (4, 0.0%)

1 が運ばれ, は美しい, を出し, を饗

▼ れ蓋し~ (4, 0.0%)

1 其姉の, 史上未曾有の, 正確なる, 顏師古が

▼ れ藤原~ (4, 0.0%)

4 の都

▼ れ街路~ (4, 0.0%)

1 には人通り, には皆番兵, に面し, は防寨

▼ れ衰弱~ (4, 0.0%)

1 えて, がひどく, して, とみに加はり昼夜悶々

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 には昭和十四年歿九歳 1 には天, はと見る

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 を正さね 1 には水晶, のほとり

▼ れ西洋~ (4, 0.0%)

1 では, の一派學者, の三角法, は物質文化

▼ れ討論~ (4, 0.0%)

1 された, された問題, されて, 果てしなく見えた

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 がある, なるは, は全く, を作らう

▼ れ論議~ (4, 0.0%)

2 されて 1 されそして, された

▼ れ議會~ (4, 0.0%)

1 と調和伴行, の光景, の壞血症, の腐敗

▼ れ負傷~ (4, 0.0%)

2 したる閣下 1 させられたこと, するという

▼ れ貧しい~ (4, 0.0%)

1 ゆえに, 中から, 母の, 衣食に

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 が高い, だ, ですよ, にお

▼ れ足蹴~ (4, 0.0%)

3 にされ 1 にされる

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 には泰勝院殿, は化物屋敷, へ眼, をつけられてる

▼ れ迄の~ (4, 0.0%)

1 時を, 私の, 精勤の, 自己の

▼ れ近く~ (4, 0.0%)

2 にある 1 なつた邊, の者

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 もうるさく, もおきてる, もせず, も貴公

▼ れ逍遙子~ (4, 0.0%)

1 が一味, が所謂管見, が所謂自然, が能立

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 がよけれ, が惡, の綱, よく穴

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 に加えられた, のあまり幸福, の面目, は酒

▼ れ遠い~ (4, 0.0%)

1 岸の, 微かな, 日本の, 田舎で

▼ れ遥か~ (4, 0.0%)

1 に見える, に高く, 内陸まで, 歌数の

▼ れ邪魔~ (4, 0.0%)

1 がられて, されて, だとも, にされたごとく思った

▼ れ重傷~ (4, 0.0%)

1 を負, を負いました, を負う, を負った

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 の涯, の花

▼ れ鉄道~ (4, 0.0%)

1 が実用化, は作戦上, は隆起地帯, を破壊

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 なりと言, の如く打ち曲がる, の熱湯, を詰められた

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 の筒先, をもぎ取られ, を磨い, 尖が

▼ れ長く~ (4, 0.0%)

1 使用に, 埋没すべけん, 気持よく, 父祖の

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 だまり, に輝いた, は入江, も雲

▼ れ階下~ (4, 0.0%)

1 では席上画, にひかれ, の和室, へ逃げ込んだ

▼ れ雑草~ (4, 0.0%)

1 がしげり, の中, の幹, の生い茂った

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 かつた 1 に遭った, 有存候

▼ れ難し~ (4, 0.0%)

1 いで立ち上, されば, とする, と思うべき

▼ れ電車~ (4, 0.0%)

1 はおじゃん, は市中, への路, もまた

▼ れ青い~ (4, 0.0%)

1 炎を, 煙が, 葉を, 表紙と

▼ れ非難~ (4, 0.0%)

1 されたの, されて, され責め, もされた

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 に創, に手, の皮, 喰って

▼ れ面白~ (4, 0.0%)

1 がって, そうな, の勝手, 可笑しくこの世

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 が焚かれ, たきて, の匂い, を焚い

▼ れ驚き~ (4, 0.0%)

1 しか怒り, しか驚かざる, の声, 覚めて

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 かつた, さ三丈余周囲五千米突壁上の, 持とは, 総理に

▼ れ高い~ (4, 0.0%)

1 岩に, 律動表現の, 意味の, 翻訳料を

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 に蔽, や腫れ上つた, をふりみだした, を掻き分け

▼ れ~ (4, 0.0%)

1 のこと, の棟梁, の牛馬, へ禍い

▼ れ~ (4, 0.0%)

2 の葉 1 の畑, の穂

▼ れあし~ (3, 0.0%)

2 かけ三年あまり独り 1 ません

▼ れあちこち~ (3, 0.0%)

2 の岩 1 にポツンポツン

▼ れあぶない~ (3, 0.0%)

1 ぞ, 奸計にも, 時なども

▼ れあわや~ (3, 0.0%)

1 危ういかとさえ, 大事に, 宋江や

▼ れいかなる~ (3, 0.0%)

1 意味で, 状況にも, 病ぞ

▼ れいくら~ (3, 0.0%)

1 かでもインチキ, も, 呼鈴を

▼ れいくらか~ (3, 0.0%)

1 情けなくも, 茶色っぽい, 鋭い感受性

▼ れいざ~ (3, 0.0%)

1 というとき, と云え, 合戦という

▼ れいたずらに~ (3, 0.0%)

1 卑屈に, 最上級の, 読者を

▼ れいちど~ (3, 0.0%)

1 はひそか, は気絶, は獄

▼ れいっそう~ (3, 0.0%)

1 嵌りが, 重たげに, 雄々しかった

▼ れいと~ (3, 0.0%)

1 おそき球, 心細く世, 面白げに

▼ れいまや~ (3, 0.0%)

1 モントラシェの, 泊軍三千かつて, 重態だ

▼ れおのずから~ (3, 0.0%)

1 はたらきあうこと, 南アメリカの, 芝口の

▼ れおのれ~ (3, 0.0%)

1 のみかは亡き, のみつぶやくべき, も寛仁

▼ れお力~ (3, 0.0%)

3 が親切

▼ れお茶~ (3, 0.0%)

1 とおかし, の嗜み, を一杯

▼ れお蔭~ (3, 0.0%)

1 で花嫁さん, で見物, で退屈

▼ れかは~ (3, 0.0%)

1 今日ある, 敵すべき, 見つる

▼ れからい~ (3, 0.0%)

3

▼ れからか~ (3, 0.0%)

1 それともあの世, ひ半分, 聽いた

▼ れからと~ (3, 0.0%)

1 いうこと, いうもの, 云ふも

▼ れがい~ (3, 0.0%)

1 があった, に夜っぴて, のある

▼ れがた~ (3, 0.0%)

1 さが, しか鋸山, まつたら何

▼ れがたかっ~ (3, 0.0%)

2 たろうと 1 た達成

▼ れきれい~ (3, 0.0%)

1 なかげろふに, にちりばめられ, に地均し

▼ れけれど~ (3, 0.0%)

1 行懸, 遂に十二月廿一日, 顔打背けたる

▼ れけれども~ (3, 0.0%)

1 則重, 和卿は, 鎌倉近辺の

▼ れこと~ (3, 0.0%)

1 にはお, のほか, のほか寵愛

▼ れことごとく~ (3, 0.0%)

1 不愉快なる, 潰走した, 私は

▼ れこの世~ (3, 0.0%)

1 はその, を去られ, を去りまし

▼ れごく~ (3, 0.0%)

1 微細な, 柔和な, 近いころ

▼ れさあ~ (3, 0.0%)

1 少い人願へ, 死んで, 殺せ殺して

▼ れしづか~ (3, 0.0%)

3

▼ れしとは~ (3, 0.0%)

1 まことに不思議, 到る處, 女に

▼ れしばし~ (3, 0.0%)

1 の間, はさし, 凝視を

▼ れすくなくとも~ (3, 0.0%)

1 二名の, 五カ月前から, 今日伝わっ

▼ れずいぶん~ (3, 0.0%)

1 怖い思い, 美観の, 酷い取扱い

▼ れずっと~ (3, 0.0%)

1 前の, 続いて, 膝先を

▼ れせまい~ (3, 0.0%)

1 地下道を, 畳の, 道ばたの

▼ れそうした~ (3, 0.0%)

1 ものを, 情景の, 運動の

▼ れそく~ (3, 0.0%)

1 なった人でなし, なった時, なって

▼ れそち~ (3, 0.0%)

1 の大幸, はこれ, をはじめ

▼ れそちら~ (3, 0.0%)

1 の岸, はご, を見る

▼ れそのうち~ (3, 0.0%)

1 伝家一刀の, 北側の, 婦人有権者は

▼ れそのもの~ (3, 0.0%)

1 の現実的, らしさ, 凄く咆哮

▼ れそれでは~ (3, 0.0%)

1 という, 何か, 先日の

▼ れそれなら~ (3, 0.0%)

1 ひとつ稽古しよう, よし, 自分の

▼ れそろそろ~ (3, 0.0%)

1 下り坂, 売上げも, 自壊しはじめた

▼ れたち~ (3, 0.0%)

1 が通り掛り, なあ, の工場

▼ れたとえば~ (3, 0.0%)

1 屍体の, 組合や, 鋲を

▼ れたりといふ~ (3, 0.0%)

1 事見えたる, 樺色の, 殺害の

▼ れたりは~ (3, 0.0%)

1 したこと, しないの, たかれたり

▼ れたる生~ (3, 0.0%)

1 の歡喜, の活動, の窒息

▼ れだんだんはっきり~ (3, 0.0%)

3 強くなりました

▼ れちやつたん~ (3, 0.0%)

1 だ, だから, だが

▼ れちやつて~ (3, 0.0%)

3

▼ れちやア~ (3, 0.0%)

1 もう, 困りますから, 困るとへ

▼ れちや俺~ (3, 0.0%)

1 がたまらない, の方, はお

▼ れちや可哀想~ (3, 0.0%)

1 だ, だし, です

▼ れちや大変~ (3, 0.0%)

1 だ, だから, だと

▼ れちよ~ (3, 0.0%)

1 つと愉, つと手, んがら

▼ れてかへ~ (3, 0.0%)

1 つて何も, つて來る, つて来る

▼ れてからでも~ (3, 0.0%)

1 十日には, 御主人, 昼は

▼ れてすら~ (3, 0.0%)

1 そうな, なお思う, 尚我々

▼ れてなあ~ (3, 0.0%)

1 その中, 佐々から, 東京の

▼ れてはという~ (3, 0.0%)

1 心配から, 気が, 遠慮を

▼ れてはといふ~ (3, 0.0%)

2 心配から 1 懸念から

▼ れてばかりは~ (3, 0.0%)

1 いない積, いなかった, おらぬぞ

▼ れてばっかり~ (3, 0.0%)

1 いるの, して, 居る

▼ れてめえ~ (3, 0.0%)

1 なぞとはもう, ばかりに涼しい, へんか

▼ れてもへ~ (3, 0.0%)

1 いきで, いきな, いきに

▼ れとか~ (3, 0.0%)

1 彼れ, 某が, 百メートルとか

▼ れとくに~ (3, 0.0%)

1 マリイが, 動植物に, 富士男とは

▼ れとつ~ (3, 0.0%)

1 たらわたし, た方, た筈

▼ れとどのつまり~ (3, 0.0%)

1 は世俗, は政治, 僧房の

▼ れとに~ (3, 0.0%)

1 しようかと, 充ちた現代, 押しつけ右腕

▼ れとを~ (3, 0.0%)

1 利する也, 容易に, 打ち仆

▼ れどんなに~ (3, 0.0%)

1 か苦しかっ, でも働い, 苦しめられて

▼ れなあ~ (3, 0.0%)

1 そんでも, われな, 心を

▼ れなか~ (3, 0.0%)

1 たわを, たわ者, の女

▼ れなかッ~ (3, 0.0%)

3

▼ れなかツ~ (3, 0.0%)

3

▼ れなぞ~ (3, 0.0%)

1 は一寸, は二人, 考へること

▼ れなどの~ (3, 0.0%)

2 人達に 1 爲にとは

▼ れなども~ (3, 0.0%)

1 何か, 大いにある, 絶無とは

▼ れなね~ (3, 0.0%)

1 がいが, がいだった, この姿

▼ れなるほど~ (3, 0.0%)

1 その趣, ち, 自分の

▼ れなんか~ (3, 0.0%)

1 しなかった, するもの, よく言っ

▼ れなんとなく~ (3, 0.0%)

1 まわり遠きよう, 変テコな, 重みを

▼ れにばかり~ (3, 0.0%)

3 愁らき

▼ れにゃ~ (3, 0.0%)

1 どう説明, 一晩中ぽかんと, 芝居って

▼ れのみに~ (3, 0.0%)

1 永くかなしき思惟, 限って, 限らないそれ

▼ れはい~ (3, 0.0%)

1 づちの, はば至高, よ

▼ れはさ~ (3, 0.0%)

2 も目障り 1 は誰

▼ れはた~ (3, 0.0%)

1 また泣かされる, 又報道, 大聖寺福井に

▼ れはや~ (3, 0.0%)

1 悲痛な, 手の, 掘割も

▼ れひとつ~ (3, 0.0%)

1 の可能性, の組織, ぶらぶらと

▼ れびっくり~ (3, 0.0%)

1 させられること, した様子, して

▼ れへどもど~ (3, 0.0%)

1 しながら, するより, とまごつく

▼ れほどに~ (3, 0.0%)

2 思ひ切りて 1 後々まで

▼ れほんの~ (3, 0.0%)

1 ちょっとの, 二た, 留守番の

▼ れまっ~ (3, 0.0%)

21 せん

▼ れまでと~ (3, 0.0%)

1 度胸を, 思いけん尋常, 思って

▼ れまぶしい~ (3, 0.0%)

2 光線が 1 フラッシュの

▼ れまる~ (3, 0.0%)

2 裸に 1 べき者

▼ れまんが~ (3, 0.0%)

3

▼ れみち~ (3, 0.0%)

2 にはまっ 1 のまっ

▼ れむなしく~ (3, 0.0%)

1 崩壊する, 帰って, 洞ヶ嶺に

▼ れむような微笑~ (3, 0.0%)

1 が浮かみあらわれた, にかわっ, を浮べた

▼ れめ我~ (3, 0.0%)

3 を恤

▼ れもっと~ (3, 0.0%)

1 すなお, ひどいとき, 図案化された

▼ れもとより~ (3, 0.0%)

3 箱入りの

▼ れやむなく~ (3, 0.0%)

1 その陰謀の, 浅沼稲次郎と, 礼に

▼ れやれやれ~ (3, 0.0%)

2 やれ 1 やせうめ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 ぢくれ, ひと言で, まされて

▼ れよりの~ (3, 0.0%)

2 丹精今 1 晝夜

▼ れわざわざ~ (3, 0.0%)

1 今日ここに, 夜道を, 神戸の

▼ れわれら~ (3, 0.0%)

1 の根拠地, の研究, は子

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 いいので, しねえぜ, の兵隊さん

▼ れイギリス~ (3, 0.0%)

1 ではジプシー, にもアメリカ, やアメリカ

▼ れインカ~ (3, 0.0%)

1 とその, の位, や貴族

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 るー 1

▼ れエセックス~ (3, 0.0%)

1 が古代, は傷ついた, は敗北

▼ れグルグル~ (3, 0.0%)

1 と二三度ぶん廻, まわって, 引き廻されて

▼ れコゼット~ (3, 0.0%)

1 が丁年, の方, をこき使ってる

▼ れジョバンニ~ (3, 0.0%)

3 はさっきみんな

▼ れテーブル~ (3, 0.0%)

2 の上 1 も久し振り

▼ れトラック~ (3, 0.0%)

1 につまれ, に積みこまれ, のうしろ

▼ れナポレオン~ (3, 0.0%)

1 の下, の戦闘方式, を嫉視

▼ れマリユス~ (3, 0.0%)

1 にとってはコゼット, の姿, の懇願

▼ れローマ~ (3, 0.0%)

1 で開かれた, に使, の宗教裁判

▼ れ一人私~ (3, 0.0%)

3 をば叱る

▼ れ一場~ (3, 0.0%)

2 の逸話 1 の夢

▼ れ一夜~ (3, 0.0%)

1 にし, のうち, をあかす

▼ れ一族~ (3, 0.0%)

1 にも冷眼視, の者全部, は山崎

▼ れ一生~ (3, 0.0%)

1 の事業, の面目, 捨てないでなんて

▼ れ三つ~ (3, 0.0%)

1 になつ, に裂け, の台

▼ れ三五郎~ (3, 0.0%)

3 弱りきる時

▼ れ三度目~ (3, 0.0%)

1 には逃亡, に徳川二代将軍秀忠, の鎌

▼ れ三日~ (3, 0.0%)

1 のあいだ朝昼晩, のうち, ほど休ん

▼ れ三日間~ (3, 0.0%)

2 をどこ 1 ぶっ通し

▼ れ上方~ (3, 0.0%)

1 が連年戦乱, に祖母, へせめのぼる

▼ れ上陸~ (3, 0.0%)

2 して 1 した足利勢二百余人

▼ れ不吉~ (3, 0.0%)

2 な予感 1 な知らせ

▼ れ与三~ (3, 0.0%)

2 の直 1 といったよう

▼ れ世にも~ (3, 0.0%)

1 出ず人, 浅はかなる, 美しく気高くそれ

▼ れ世人~ (3, 0.0%)

1 には文弱者, に衝動, に親しまれ

▼ れ世界的~ (3, 0.0%)

1 なニユース, な流行, にいっ

▼ れ主として~ (3, 0.0%)

1 出版者としての, 家畜や, 衣食の

▼ れ久々~ (3, 0.0%)

1 であまい, にて寢臺, の対面

▼ れ乍ら私~ (3, 0.0%)

1 の妻, は呆然, は更に

▼ れ九州~ (3, 0.0%)

1 からの, をあちこち放浪, を捨て

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 れて 1 されき人

▼ れ事物~ (3, 0.0%)

1 のジャーナリズム的理論, の優越, を観念

▼ れ二十五~ (3, 0.0%)

1 にもなる, にもなるい, の若

▼ れ二日~ (3, 0.0%)

1 おいて, つづきの, でも三日

▼ れ二本~ (3, 0.0%)

2 は炉端 1 の指

▼ れ享楽~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されたもの

▼ れ人魚~ (3, 0.0%)

3

▼ れ今にも~ (3, 0.0%)

1 そこへ, 数千数万の, 自分の

▼ れ今更~ (3, 0.0%)

1 のよう, 乞食坊主の, 引けず受ける

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 て其余沫, て其餘沫, て御

▼ れ伝統~ (3, 0.0%)

1 が甦っ, されて, を遡れ

▼ れ伸子~ (3, 0.0%)

1 の云う, は自分, は苦々しく

▼ れ何かと~ (3, 0.0%)

1 引き合, 御指導, 旧主鴻家とは

▼ れ何ん~ (3, 0.0%)

1 と申し, の疑, の關

▼ れ何人~ (3, 0.0%)

2 も異存 1 に取っ

▼ れ何故か~ (3, 0.0%)

1 身体が, 身躰が, 身體が

▼ れ例えば~ (3, 0.0%)

1 今の, 田舎の, 社会科学的認識などが

▼ れ信長~ (3, 0.0%)

1 からこういう, の出座, の部下たち

▼ れ信頼~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されること

▼ れ俳優~ (3, 0.0%)

1 ならびにそれ, には二世団十郎, は自己

▼ れ個々~ (3, 0.0%)

1 の意見, の進歩的意図, の邑里

▼ れ個性~ (3, 0.0%)

1 が無視, なき沖縄, に代る

▼ れ候よう~ (3, 0.0%)

1 にては迷惑此上, の事, 願い上げたて

▼ れ候処~ (3, 0.0%)

1 この三条, やがて愚僧二十歳, 御受取

▼ れ優遇~ (3, 0.0%)

1 されること, されるの, されるもの

▼ れ充分~ (3, 0.0%)

1 なもの, 様子は, 識見の

▼ れ先祖~ (3, 0.0%)

1 の生活, の鬼, は兄弟

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 つてゐる 1 幇者は

▼ れ全国~ (3, 0.0%)

1 に向っ, の小作争議, 第一

▼ れ八人~ (3, 0.0%)

2 のお供 1 の兵士

▼ れ兵士~ (3, 0.0%)

1 として戦場, に分配, は甘んじ

▼ れ其處~ (3, 0.0%)

1 で上皇, に無, に青々

▼ れ内部~ (3, 0.0%)

1 から同, には鉄板, に藁

▼ れ~ (3, 0.0%)

3 して

▼ れ冷たい~ (3, 0.0%)

1 まるめろの, 氷雪に, 眼で

▼ れ冷たく~ (3, 0.0%)

2 なつて 1 なって

▼ れ冷やか~ (3, 0.0%)

1 なわざと, にさえ感じられる, に定

▼ れ凡て~ (3, 0.0%)

1 のもの, の主張, を背負う

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 によっては, もあらう, を失わん

▼ れ処々~ (3, 0.0%)

1 に泥土さ, に背, は裂けたれ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 は車, をさげ, を喰

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にて殺され, は掛け, を打たれ

▼ れ切り~ (3, 0.0%)

1 で歸, はなされた, 縮められて

▼ れ刊行~ (3, 0.0%)

1 された一切経, されるという, の際

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の医者, の日, の食器棚

▼ れ制限~ (3, 0.0%)

1 されて, されること, されると

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 ち朝廷激, ち行親, ち運命

▼ れ前途~ (3, 0.0%)

1 に明るい, の大計, を憂える

▼ れ努力~ (3, 0.0%)

1 されること, に惱, は嘲笑

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 の致す 1 敵しがたし

▼ れ十八歳~ (3, 0.0%)

1 で天台座主, で徒刑場, の少年

▼ れ協力~ (3, 0.0%)

1 される, せられた民衆, の最も

▼ れ印刷~ (3, 0.0%)

1 された, されチラクラ, せられ発表

▼ れ危うく~ (3, 0.0%)

1 も恐ろしく, 川へ, 見えます

▼ れ即座~ (3, 0.0%)

1 に, に法衣, に解雇

▼ れ去年~ (3, 0.0%)

2 の秋 1 は人工衛星

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 つて艶冶を, ユダヤ主義者らからは, 民主的な

▼ れ反対~ (3, 0.0%)

1 に市場率, に藩, の側

▼ れ反抗~ (3, 0.0%)

1 されて, した労働軍, せられ蹂躙

▼ れ反映~ (3, 0.0%)

1 されたもの, されて, されるべきもの

▼ れ叡山~ (3, 0.0%)

1 でもこれ, の大, の座主

▼ れ古来~ (3, 0.0%)

1 のおみき, の山岳信仰, 多くの

▼ れ各国~ (3, 0.0%)

1 のブルジョア支配者たち, の学界, 各時代

▼ れ各地~ (3, 0.0%)

1 に移植, の僧院, の記録

▼ れ吉原田甫~ (3, 0.0%)

3 は一面

▼ れ同行~ (3, 0.0%)

2 のてま 1 すること

▼ れ君たち~ (3, 0.0%)

1 がもの, の勇気, の名

▼ れ吾が~ (3, 0.0%)

1 心は, 日本領土内には, 薔薇の

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 はね, はれた私, はれて

▼ れ味方~ (3, 0.0%)

1 にさえなお, には憎まれた, のため

▼ れ咲き~ (3, 0.0%)

2 である 1 にほふ

▼ れ商法~ (3, 0.0%)

1 の実施期, は一通り, は不幸

▼ れ困難~ (3, 0.0%)

1 となる, な問題, な立場

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に乗, に乗っ, まで入っ

▼ れ固有~ (3, 0.0%)

1 と云, の名称, の色彩

▼ れ国会~ (3, 0.0%)

1 に依り, も開設, を開く

▼ れ国内~ (3, 0.0%)

1 でも半分以上, で盛ん, で需要

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 の泊瀬 1 滅びて

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 は浄化 1 から追われた

▼ れ土蔵~ (3, 0.0%)

2 だけを残し 1 に錦絵

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の梅花, は破られ, を燒

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の中, の縁, を修理

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の外田, は弓形方, は押し倒され

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 のよう, の燒跡, をつなぐ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 となり, の周囲, の熱度一樣

▼ れ境内~ (3, 0.0%)

1 に入る, また大概旧, 狭しと

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 にすみ 1 にはいる

▼ れ外国~ (3, 0.0%)

1 からの刺激, の本, へ行っ

▼ れ多い~ (3, 0.0%)

1 となら, はなしで, 毛を

▼ れ多助~ (3, 0.0%)

1 は, は裸体, は飛立つ

▼ れ夥しい~ (3, 0.0%)

1 米を, 観客の, 金と

▼ れ大きい~ (3, 0.0%)

1 別な, 立木が, 長椅子が

▼ れ大した~ (3, 0.0%)

2 御男子樣 1 さわぎ

▼ れ大声~ (3, 0.0%)

1 に申候, 叱して, 放って

▼ れ大変~ (3, 0.0%)

2 な騒ぎ 1 な出血

▼ れ大学~ (3, 0.0%)

1 から, は新しい, を出る

▼ れ大小~ (3, 0.0%)

1 の侯伯, の区長, の差

▼ れ大河~ (3, 0.0%)

1 はその, を利用, を遡っ

▼ れ大阪~ (3, 0.0%)

1 から上京, へ流れ, へ落ち

▼ れ太子~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, の死, の遺骸

▼ れ太田~ (3, 0.0%)

1 に稽留, の金山, は一刻

▼ れ女中~ (3, 0.0%)

1 の箱屋, は立ち去っ, を奪われ

▼ れ女性~ (3, 0.0%)

1 の政治運動, の美し, はまた

▼ れ女王~ (3, 0.0%)

1 とエセックス, の治世, への怨み

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 方便なりとは 1 謀善算の

▼ れ姑息~ (3, 0.0%)

2 の計 1 なる勿

▼ れ学生~ (3, 0.0%)

1 と云う, のピッケル, の進歩

▼ れ定着~ (3, 0.0%)

1 されたこと, された男, されねば

▼ れ実験~ (3, 0.0%)

1 のようやく, を以てこれ, を試みた

▼ れ家々~ (3, 0.0%)

1 に伝, の軒先, は運動員

▼ れ寝台~ (3, 0.0%)

1 に寝かされた, の快適さ, を占領

▼ れ寮住居~ (3, 0.0%)

3 に人

▼ れ対立~ (3, 0.0%)

1 させられた存在, する処, せしめられ段階

▼ れ将門~ (3, 0.0%)

1 と相約, は恟々, もここ

▼ れ小学校~ (3, 0.0%)

1 になった, の生徒, へ上がった

▼ れ小麦~ (3, 0.0%)

1 の価格, は少し, も耕作

▼ れ尻尾~ (3, 0.0%)

2 を巻い 1 をつけた

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に, の工場, の舶来風絵看板

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の脂粉, は山, を荒川放水路

▼ れ山間~ (3, 0.0%)

1 の一小村, の僻村, の蝸

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に吹かれ死ぬ, に打たれた, の前

▼ れ左右~ (3, 0.0%)

1 が両方, され易い, へ折りまげ

▼ れ左手~ (3, 0.0%)

1 には沢山, に御, を内懐

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 の繁栄 1 の見物

▼ れ帰り~ (3, 0.0%)

1 にゆく, は上野, は霧

▼ れ平凡化~ (3, 0.0%)

3 されて

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に似ぬ, に幾度, を問われた

▼ れ年中~ (3, 0.0%)

2 の人間 1 ぴい

▼ れ幸い~ (3, 0.0%)

1 に学校, に皆さん, 数馬は

▼ れ幾たび~ (3, 0.0%)

2 となく 1 か家

▼ れ幾年~ (3, 0.0%)

1 かを牢中, も幾年, も禁錮

▼ れ幾度~ (3, 0.0%)

1 かのはげしい, か追手, も版

▼ れ床板~ (3, 0.0%)

1 が洗われ, に虚しく, の上

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にはきんらん, へ, へ行っ

▼ れ庶民~ (3, 0.0%)

1 が育て, の中, の望ん

▼ れ廊下~ (3, 0.0%)

2 の隅 1 の床

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 そうな, 声の, 聲の

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 ひて, ひられたかの, られて

▼ れ強調~ (3, 0.0%)

1 されるよう, せられて, もせられた

▼ れ当年~ (3, 0.0%)

1 の暴宰相董卓, の血戦場, 第一

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 がほんとう, でしたわ, という言葉

▼ れ往々~ (3, 0.0%)

1 それを, 大言壮語群小を, 大言壯語群小を

▼ れ後に~ (3, 0.0%)

1 その娘ベアトリス, 或いは夙, 最明寺入道に

▼ れ徒歩~ (3, 0.0%)

2 でここ 1 の供僧

▼ れ従つて~ (3, 0.0%)

1 この幾何学, この際, その濫造

▼ れ微塵~ (3, 0.0%)

1 となっ, に碎け, の雲母

▼ れ心臓~ (3, 0.0%)

1 が劇, の破れる, を刺された

▼ れ必らずし~ (3, 0.0%)

2 も温暖 1 も最初

▼ れ必然~ (3, 0.0%)

2 の趨向 1 に美

▼ れ忘却~ (3, 0.0%)

2 されて 1 された結果

▼ れ応用~ (3, 0.0%)

1 されるよう, され得ること, もされ

▼ れ思想~ (3, 0.0%)

1 にまで信念, の順当, を以て答

▼ れ怠惰~ (3, 0.0%)

1 が下層階級, な消費者, の故に

▼ れ悠々~ (3, 0.0%)

1 と, として歩い, と歩い

▼ れ悪い~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 ものらしくなっ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 まれず, みて, んで

▼ れ意志~ (3, 0.0%)

1 せられ念願, の作用, の行為

▼ れ愕然~ (3, 0.0%)

1 とし, としてそうして, として振り向く

▼ れ感傷~ (3, 0.0%)

1 し感情, に変っ, の重荷

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 えてばかり, えるの, ひて

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に望み, の業, ひに

▼ れ戰鬪~ (3, 0.0%)

1 に拙き, の技, を棄つる

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 めえた, も如何なる, も誰

▼ れ投獄~ (3, 0.0%)

1 された, される, せられ或は

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 にふれ 1 ける勿

▼ れ折角~ (3, 0.0%)

1 の竹筒, 改善の, 青みどろの

▼ れ抽象~ (3, 0.0%)

1 されたもの, された所, されて

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 なく斯ん 1 なくまた

▼ れ指導~ (3, 0.0%)

1 されねば, される, せられんこと

▼ れ提灯~ (3, 0.0%)

2 がつけられ 1 をつけた

▼ れ支持~ (3, 0.0%)

1 されて, されるとき, され月ごと

▼ れ改良~ (3, 0.0%)

1 されて, されること, される時機

▼ れ改革~ (3, 0.0%)

2 の容易 1 が叫ばれ

▼ れ政治上~ (3, 0.0%)

1 の未, の未開國, 新しい思想

▼ れ救い~ (3, 0.0%)

1 への求め, を教えられる, を求め

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 があっ, へこまれる, へられ

▼ れ散々~ (3, 0.0%)

2 な目 1 なてい

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 され維持, 護し勸王家云々, 護し勸王家元中九年八月十三日窟寺

▼ れ数多~ (3, 0.0%)

1 のニコラス, の人馬, の名士

▼ れ数年~ (3, 0.0%)

1 たって, にし, の後

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 るれば, れしを, れて

▼ れ文壇~ (3, 0.0%)

1 の見せ物, の門外, をリード

▼ れ文学者~ (3, 0.0%)

1 あるのみ, の随筆, を目

▼ れ斜め~ (3, 0.0%)

1 さす陽光, ならぬ御感悦, に対岸

▼ れ新しき~ (3, 0.0%)

1 市街は, 機能的な, 自然學を

▼ れ新鮮~ (3, 0.0%)

1 な花, な風, にされ

▼ れ日夜~ (3, 0.0%)

1 そのこと, の苦悶懊悩, 苦しくなっ

▼ れ明智~ (3, 0.0%)

1 に見張り, の姿, も小林少年

▼ れ易かっ~ (3, 0.0%)

21 たらしいが

▼ れ星氏~ (3, 0.0%)

2 の如き 1 が総理大臣

▼ れ昼食~ (3, 0.0%)

1 と他, にはきまって, は賑

▼ れ時に~ (3, 0.0%)

1 はその, 同じところ, 難解視された

▼ れ時勢~ (3, 0.0%)

1 が左傾, なるのみ, を解する

▼ れ普通~ (3, 0.0%)

1 には是, の教養, の糧食供給

▼ れ暗澹~ (3, 0.0%)

2 とした 1 と世

▼ れ書物~ (3, 0.0%)

1 でも読んだ憶え, の氾濫, や絵

▼ れ最早~ (3, 0.0%)

1 一政党を, 一政黨を, 逃れる路

▼ れ有名~ (3, 0.0%)

1 な岩見先生, な茶器, な鯰尾

▼ れ有馬~ (3, 0.0%)

1 と並ん, の御所坊, の領主

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 ひけむをおもふ時, も着た, をかえさせられ

▼ れ朝子~ (3, 0.0%)

1 はぼんやり, はやはり, は愛着

▼ れ朝鮮~ (3, 0.0%)

1 で発見, は明治四十三年八月, や満州

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 丁年囚は, 前に, 完成の

▼ れ未来~ (3, 0.0%)

1 の希望, も壊され, をふさがれてる

▼ れ本人~ (3, 0.0%)

1 の家康, はこの, もえてして

▼ れ本堂~ (3, 0.0%)

1 から長い, の前, の横手

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 つて燈を, にけれどなかなか, 目の子等によって

▼ れ東側~ (3, 0.0%)

1 の三分の二, の壁, の家

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の並木, の聳えた, の茂った

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 が高められ, につく, を並べ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 つべきぞ, は下女, は全く

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 に仰せられ 1 が如何なる

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 が木曾殿, もなき, も乾き

▼ れ案内~ (3, 0.0%)

1 なしで, の方, 致されし

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の根もと, の花, や紅葉

▼ れ梁山泊~ (3, 0.0%)

1 に繋がれ, の意気, へ行く

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に刻んだ, の前方, をもつ

▼ れ極度~ (3, 0.0%)

1 に歪められた, の恐慌, の憤り

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 では名人, に追われ, を持った

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の歯, を出す, 造る刀自

▼ れ欠点~ (3, 0.0%)

2 を暴露 1 が補われた

▼ れ欧州~ (3, 0.0%)

1 には普通, の顕著, 諸寺

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 かれるの, きの, く者

▼ れ此地~ (3, 0.0%)

1 に久しく, に居, の天日

▼ れ武器~ (3, 0.0%)

1 も次第に, を整備, を用意

▼ れ武子さん~ (3, 0.0%)

1 は婦人会, もきい, も拝謁

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 は大きな, を咬み, を染め

▼ れ殺害~ (3, 0.0%)

2 せられるほどの 1 されたの

▼ れ毎年~ (3, 0.0%)

1 のよう, の経費, 喰い込むばかり

▼ れ毎日~ (3, 0.0%)

1 こがらしが, この道, 同じこと

▼ れ毒々しい~ (3, 0.0%)

2 喜びで 1 銀色に

▼ れ毒蛇~ (3, 0.0%)

2 に膚 1 では百九十三名

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 は値, は知らされずし, 約論

▼ れ民間~ (3, 0.0%)

1 では, にも金銀, 各方面

▼ れ気分~ (3, 0.0%)

1 に左右, の情趣, もよほどよく

▼ れ気持~ (3, 0.0%)

1 がにわかに, がへん, が沈んだ

▼ れ沢山~ (3, 0.0%)

2 の草 1 の下駄

▼ れ沼津~ (3, 0.0%)

1 で降車, の千本松原, まで沼津

▼ れ法律~ (3, 0.0%)

1 により, の数, は法

▼ れ活溌~ (3, 0.0%)

1 な文学活動, に向っ, に行われなけれ

▼ れ流れ~ (3, 0.0%)

1 がきれい, に運ばれ, 流れて

▼ れ浮世~ (3, 0.0%)

1 の名聞, の裏, 離れた包装室

▼ れ~ (3, 0.0%)

3 に到る

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にも一面, のかがやき, を前

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 づかれ酒, を沸かし, を見棄てなけれ

▼ れ源氏~ (3, 0.0%)

1 と称え, の詩, は恋しかっ

▼ れ漢王三尺~ (3, 0.0%)

21 のげい

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 が直立, に迷い, のよう

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にその, に全国, に貞之進

▼ れ無え~ (3, 0.0%)

1 でも懐, のがめ, 事を

▼ れ無事~ (3, 0.0%)

1 にホテル, に見物, を祝された

▼ れ無理~ (3, 0.0%)

1 なく受納, ならぬ母, に言わせられた

▼ れ熱心~ (3, 0.0%)

1 にマッグ, にマツグ, に相槌

▼ れ熱情~ (3, 0.0%)

1 するイデヤ, と信念, の一端

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 たてた, で大地, を抜かれ

▼ れ父上~ (3, 0.0%)

1 と手, まで一緒, もあれ

▼ れ物理学~ (3, 0.0%)

1 における, へ没入, をもって規定

▼ れ特別~ (3, 0.0%)

1 な探求者, な服装, な考証

▼ れ特殊~ (3, 0.0%)

1 な民俗, な装置, において直観

▼ れ狭い~ (3, 0.0%)

1 この世界, ものと, 路次を

▼ れ猛烈~ (3, 0.0%)

2 な爆風 1 な砲撃

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 に繋がれ 1 に投ぜられ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 が其窟, に脅かされ, のよう

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の, ひしこと, ふべし

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 なり礼, にかなった扱われ, に於

▼ れ甚だしき~ (3, 0.0%)

1 に至っ, は現, 反感を

▼ れ生産物~ (3, 0.0%)

1 が生産用役, のある, の交換価値

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 がなくなる, がなくなれ, を済し

▼ れ甲州~ (3, 0.0%)

1 の信玄, へお, へ置い

▼ れ畑中~ (3, 0.0%)

3

▼ れ畢竟~ (3, 0.0%)

1 何物ぞ, 努力の, 政府と

▼ れ番頭~ (3, 0.0%)

1 の久助, の敷い, の李

▼ れ異常~ (3, 0.0%)

1 な心地, に引きし, の災禍

▼ れ異様~ (3, 0.0%)

1 な目, な苦痛, に響き

▼ れ痴人~ (3, 0.0%)

1 に嘲らる, のみ, の笑い草

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 いひげ, を音楽的, 煙りが

▼ れ白鬼~ (3, 0.0%)

3 とは名

▼ れ皇后~ (3, 0.0%)

1 にはよよと, の御, の鷹揚

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 は新郎新婦, を取らせる, 熱せよ

▼ れ直ぐ~ (3, 0.0%)

1 樣手配を, 歸れ, 筆を

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 も息, をかいた, を寄せた

▼ れ真に~ (3, 0.0%)

1 命を, 神を, 駘蕩たる

▼ れ真理~ (3, 0.0%)

1 がありのまま, に達する, に遠き

▼ れ眩惑~ (3, 0.0%)

1 された関守氏, されて, せられて

▼ れ瞬間~ (3, 0.0%)

1 にまた, に消え, 黙ったまま立

▼ れ矛盾~ (3, 0.0%)

1 ではなくし, の論法也, を露出

▼ れ石川~ (3, 0.0%)

1 の当, は呻き, は自殺

▼ れ祖母~ (3, 0.0%)

1 に伴, に導かれ, はひそか

▼ れ祖父さん~ (3, 0.0%)

3 も同じ

▼ れ神様~ (3, 0.0%)

1 の前, は神様, は警察

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 を修せざる, を造れり, 至れり

▼ れ禿首~ (3, 0.0%)

3 の者

▼ れ私ども~ (3, 0.0%)

1 にはまるで, の願い, もついに

▼ れ空想~ (3, 0.0%)

1 が抑制, の中, は活溌

▼ れ空気~ (3, 0.0%)

1 がまだ, の真中, はいつも

▼ れ立ち~ (3, 0.0%)

1 淀むしか, 留る, 腐れた標柱

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 すだれ, の皮, や雑木

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 とるといふ, の花, をお

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 せる贈遺陣, 二時間ちかく, 五千人の

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 に染ん 1 の葉ごと

▼ れ紅い~ (3, 0.0%)

1 毛布を, 紐が, 花傘を

▼ れ純化~ (3, 0.0%)

2 されて 1 されたの

▼ れ素子~ (3, 0.0%)

1 の風変り, へ届かなかった, をつついた

▼ れ絵画~ (3, 0.0%)

1 でも探, の組織, の領域

▼ れ絶え間~ (3, 0.0%)

1 なき壞滅, なき小競合い, もなく

▼ れ絶対化~ (3, 0.0%)

1 された, された部分, されるという

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の目, をもれた, 曳きに

▼ れ総て~ (3, 0.0%)

1 の上, の放埒, の日本人

▼ れ繃帯~ (3, 0.0%)

1 がされる, をし, をまかれた

▼ れ美化~ (3, 0.0%)

1 された, され中, され人影

▼ れ美術~ (3, 0.0%)

1 の功, の境, は快

▼ れ聴衆~ (3, 0.0%)

2 約百名 1 は平均六百人

▼ れ肝心~ (3, 0.0%)

2 な時計 1 の鯱

▼ れ肝臓~ (3, 0.0%)

1 の下部, をとられ, を奪われ

▼ れ腐敗~ (3, 0.0%)

1 させられたと, させられ屍毒化, せる古

▼ れ腹の中~ (3, 0.0%)

2 の赤ん坊 1 にかがまり

▼ れ興味~ (3, 0.0%)

1 の中心, の深い, を覚えます

▼ れ興奮~ (3, 0.0%)

1 させられた, させられて, し醉

▼ れ良心~ (3, 0.0%)

1 の自由, の苛責, をさえ苦しめた

▼ れ色々~ (3, 0.0%)

1 と相談, の道具, 手当を

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に埋もれ, に蒸されたる, の花

▼ れ若しくは~ (3, 0.0%)

2 捨象せらる 1 導かれずに

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 中の

▼ れ苦しみ~ (3, 0.0%)

1 から生き抜い, をまさん, 泣き罵らなければ

▼ れ荷物~ (3, 0.0%)

1 のごとく, は道路, を預け

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 るは, 付かず, 付かず疲れ眠り不足

▼ れ落着~ (3, 0.0%)

1 いたいい, かねて, く先

▼ れ葉子~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の動静, の唯一

▼ れ著者~ (3, 0.0%)

1 が明, の粗忽, は民衆

▼ れ蒲團~ (3, 0.0%)

2 へ何 1 から上半身

▼ れ蓄積~ (3, 0.0%)

2 されて 1 し増長

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 が開けられた, のない, をされ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にからまれ, にからまれてる, に蔓

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 ではない, ひすましぬ, や聯

▼ れ行末万端~ (3, 0.0%)

3 ごじゅっ

▼ れ行為~ (3, 0.0%)

1 さるべきであろうという, の成全作用, はおよそ

▼ れ衣服~ (3, 0.0%)

1 をつけ, を剥がれ, を改め

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にされた, にて母, の根株雪

▼ れ観客~ (3, 0.0%)

1 が次第に, は常に, をかぎられ

▼ れ計り~ (3, 0.0%)

2 でなく実に 1 を繰返し

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 を費す 1 して

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 れるや 1 っては正される

▼ れ識ら~ (3, 0.0%)

1 ず, ずに, ず棄て難い

▼ れ警官~ (3, 0.0%)

1 が列, のとりしらべ, をくらます

▼ れ警視庁~ (3, 0.0%)

1 からは大江山捜査課長一行, のお, や新聞社

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の底, の痕跡, を弘法

▼ れ豊か~ (3, 0.0%)

1 な家, にされた, に溶け合い

▼ れ貨幣~ (3, 0.0%)

1 の取り扱い, は充, は単に

▼ れ責任~ (3, 0.0%)

1 の道徳, を問われよう, を負

▼ れ貴族~ (3, 0.0%)

1 の家々, の少年, の私有地

▼ れ資本~ (3, 0.0%)

1 の蓄積, は回収, を増大

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 がちゃんと, に教えられる, の手

▼ れ賞讃~ (3, 0.0%)

1 されたい悲しい, されて, されるところ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 とされた, とみどり, の葡萄酒

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 個人的な, 現実化され, 階級化された

▼ れ足もと~ (3, 0.0%)

3 から鳥

▼ れ軍艦~ (3, 0.0%)

1 のフォア・キャッスル, の製造, や潜水艦

▼ れ輕蔑~ (3, 0.0%)

1 されても, されると, され切つて

▼ れ辛くも~ (3, 0.0%)

1 其の身, 怪しい誘惑, 馳せ返って

▼ れ農業~ (3, 0.0%)

2 に従事 1 は最新式

▼ れ迄は~ (3, 0.0%)

1 世間なみの, 記憶し, 辛抱し

▼ れ迄も~ (3, 0.0%)

1 数々小米と, 数々見, 能く

▼ れ近代~ (3, 0.0%)

1 に至っ, に至つて色々, の政治家

▼ れ透明~ (3, 0.0%)

1 となる, にされた, にされない

▼ れ途中~ (3, 0.0%)

1 でアイスクリイム, にも頂上, もし命

▼ れ進展~ (3, 0.0%)

1 されて, して, には固定

▼ れ進歩~ (3, 0.0%)

1 せしめられると, につれて神, の漸

▼ れ道路~ (3, 0.0%)

1 は崩れ, や橋, をうずめ

▼ れ配列~ (3, 0.0%)

2 された 1 されたもの

▼ れ酷使~ (3, 0.0%)

1 された, されて, されやがて

▼ れ重宝~ (3, 0.0%)

2 がられて 1 がられたもの

▼ れ野蛮~ (3, 0.0%)

1 と不条理, なこと, なテロ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の中, を五徳, 古渡り

▼ れ鉄砲~ (3, 0.0%)

1 の筒口, も伝わり, を打たれる

▼ れ銀子~ (3, 0.0%)

1 は少し, は当惑, もその

▼ れ鋭い~ (3, 0.0%)

1 処の, 彼女の, 眼光が

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 の音 1 にてひかれ

▼ れ関東~ (3, 0.0%)

1 での旧家, の兵, の武威

▼ れ阿鼻叫喚~ (3, 0.0%)

1 がこだま, が現出, が阿鼻叫喚

▼ れ陶冶~ (3, 0.0%)

1 されたもの, された紀律, されながら

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にうっかり, にかなしい, に宋江

▼ れ電気会社~ (3, 0.0%)

3 の前

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 にさびた, に悩む, を気遣うた

▼ れ青春~ (3, 0.0%)

1 の悦楽, の泉, はドッ

▼ れ面白く~ (3, 0.0%)

1 なくなって, 思いました, 論じた

▼ れ面目~ (3, 0.0%)

1 ないからと, を失し, 無くて

▼ れ革命~ (3, 0.0%)

1 と暴動, の原理, の氣運

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 うたれ捕縛, が風, のお仕置

▼ れ音楽~ (3, 0.0%)

1 として味わう, の遊び, を好かない

▼ れ頗る~ (3, 0.0%)

2 怪む可し 1 気持の

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 には貝殻, のまわり, を傷められ

▼ れ頼朝~ (3, 0.0%)

1 からじきじき, が幕, たるもの

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 かしめ 1 いて

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 の種, をたい, を噛め

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 と相対, にまで届けられた, より牢獄

▼ れ馬車~ (3, 0.0%)

1 に揺られ, の方, を降りたら

▼ れ馬鹿~ (3, 0.0%)

1 な詩人, にされ, を申せ

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 を消し, を盗まれた, を迎

▼ れ~ (3, 0.0%)

1 に誘われ, に魅入られた, 睡劑

▼ れ~ (3, 0.0%)

2 の生えた 1 とほこり

▼ れ鼓舞~ (3, 0.0%)

1 された博愛, されなければ, され全面的

▼ れあくる~ (2, 0.0%)

2 年から

▼ れあっという間に~ (2, 0.0%)

1 大きな水煙, 汽車が

▼ れあまた~ (2, 0.0%)

1 の人妻, の蝋燭

▼ れあんな~ (2, 0.0%)

1 のに, 風に

▼ れいか~ (2, 0.0%)

1 ような, 樣に

▼ れいかさま~ (2, 0.0%)

2 枡は

▼ れいかん~ (2, 0.0%)

1 となら, ともする

▼ れいくばく~ (2, 0.0%)

2 もなく売り尽くす

▼ れいち~ (2, 0.0%)

1 じは, も洗礼

▼ れいっさい~ (2, 0.0%)

1 が取消される, のこと

▼ れいっせいに~ (2, 0.0%)

1 さけぶ声, ねんぶつ

▼ れいったい~ (2, 0.0%)

1 どこへ, 何が

▼ れいったん~ (2, 0.0%)

1 僕の, 浪に

▼ れいつか~ (2, 0.0%)

1 はぐれてしも, また心から

▼ れいつから~ (2, 0.0%)

1 か酔, でも勉強

▼ れいのち~ (2, 0.0%)

1 は止むなく, を落した

▼ れいまだ~ (2, 0.0%)

1 一子だに, 三界を

▼ れいまにも~ (2, 0.0%)

1 何か, 嘔吐し

▼ れうち~ (2, 0.0%)

1 にはロシア, はポンプ

▼ れうとうと~ (2, 0.0%)

1 しながら, とし

▼ れうんざり~ (2, 0.0%)

1 した, した事

▼ れおかげ~ (2, 0.0%)

1 で新た, をもっ

▼ れおし~ (2, 0.0%)

1 のは, の以外

▼ れおしろ~ (2, 0.0%)

1 をあけわたし, をすき

▼ れおそろしい~ (2, 0.0%)

1 水責めに, 治安維持法をよけ

▼ れおのおの~ (2, 0.0%)

1 初版二千部くらゐ, 討ちて

▼ れおのずと~ (2, 0.0%)

1 よい食器, 倒れて

▼ れおびただしい~ (2, 0.0%)

1 死者を, 金と

▼ れおもしろい~ (2, 0.0%)

1 ことも, 合奏の

▼ れおもちゃ~ (2, 0.0%)

1 にされる, にせられる

▼ れおや~ (2, 0.0%)

1 と目, もう夜

▼ れおよそ~ (2, 0.0%)

1 得意の, 風致といふ

▼ れお湯~ (2, 0.0%)

2 ももう

▼ れお詫び~ (2, 0.0%)

1 がかなうべき, には出ます

▼ れお願い~ (2, 0.0%)

1 ですじゃ, もうす品々

▼ れかえってほっと~ (2, 0.0%)

2 した

▼ れかかる~ (2, 0.0%)

1 時は, 晴れが

▼ れかけ~ (2, 0.0%)

1 の鷄舍, を必ず

▼ れかつまた~ (2, 0.0%)

1 一同は, 泊中の

▼ れかへ~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて武骨の

▼ れかよ~ (2, 0.0%)

2

▼ れがけ~ (2, 0.0%)

1 に特高, に随分

▼ れがたがた~ (2, 0.0%)

1 した戸, とふるえだした

▼ れがたく~ (2, 0.0%)

1 また国内, ゆれやすき

▼ れがたし~ (2, 0.0%)

1 しかるに草創, との勅諚

▼ れがらがら~ (2, 0.0%)

2 と音

▼ れきちんと~ (2, 0.0%)

1 かしこまったところ, して

▼ れきつ~ (2, 0.0%)

1 た肉體, てゐる

▼ れきびしい~ (2, 0.0%)

1 仮借の, 顔つきを

▼ れぎは~ (2, 0.0%)

2 に約束

▼ れぎみ~ (2, 0.0%)

1 なの, にわが

▼ れぎらいを~ (2, 0.0%)

1 些かシムボライズ, 示したもの

▼ れくら~ (2, 0.0%)

2 ゐに

▼ れくり~ (2, 0.0%)

1 の世話, 返されて

▼ れぐいと~ (2, 0.0%)

1 引かれた, 消したところ

▼ れぐるぐる~ (2, 0.0%)

1 と櫛巻き, まきに

▼ れけに~ (2, 0.0%)

1 酔った定次郎, 醉拂つて向

▼ れこのごろ~ (2, 0.0%)

1 にない, 出ること

▼ れご免~ (2, 0.0%)

2 下され

▼ れご覧~ (2, 0.0%)

1 なさい, やっぱりそうしよう

▼ れさい~ (2, 0.0%)

1 ごに, なまる如何

▼ れさえも~ (2, 0.0%)

2 した

▼ れさぞ~ (2, 0.0%)

1 よかろ, 顕家にも

▼ れさながら~ (2, 0.0%)

1 二郎の, 血を

▼ れさも~ (2, 0.0%)

1 厳重に, 苦しそう

▼ れさりとて~ (2, 0.0%)

1 平山を, 読むべき雑誌

▼ れさんざ~ (2, 0.0%)

2 出鱈目の

▼ れさんざん~ (2, 0.0%)

1 に叱られた, 痛罵され

▼ れしかの~ (2, 0.0%)

1 如く頻りに, 観あり

▼ れしかるに~ (2, 0.0%)

1 富めるユダア人, 法則性の

▼ れしきりに~ (2, 0.0%)

1 かっせん, 涙を

▼ れしこちご~ (2, 0.0%)

2 ちを

▼ れしずか~ (2, 0.0%)

1 に固く, に御

▼ れしだいに~ (2, 0.0%)

1 暮るる, 濃くなっ

▼ れしっかり~ (2, 0.0%)

1 としばられ, 平野の

▼ れしなど~ (2, 0.0%)

1 すこぶる天慶, 語る人

▼ れしなやか~ (2, 0.0%)

1 な肢体, な背中

▼ れしば~ (2, 0.0%)

1 た弥右衛門, た羽柴

▼ れしよう~ (2, 0.0%)

1 にてからだ, にて何とも

▼ れすぐさま~ (2, 0.0%)

1 元の, 手配を

▼ れすごすご~ (2, 0.0%)

1 と当て, 立ち戻ったと

▼ れすやすや~ (2, 0.0%)

1 と平和, と眠っ

▼ れすんで~ (2, 0.0%)

1 に危うかっ, のこと

▼ れずたずた~ (2, 0.0%)

1 になった, に切りさいなまれた

▼ れずるずる~ (2, 0.0%)

1 とくっつい, と大きな

▼ れぜんたい~ (2, 0.0%)

2 に黒く

▼ れそこでまた~ (2, 0.0%)

1 だるまさんの, 日本酒を

▼ れそこはかとない~ (2, 0.0%)

2 くらし

▼ れそのかみ~ (2, 0.0%)

2

▼ れそれだけ~ (2, 0.0%)

1 一首の, 外国と

▼ れそれと~ (2, 0.0%)

1 前後として, 悪闘

▼ れそれとなく~ (2, 0.0%)

1 お顔, 仰せに

▼ れそれにまた~ (2, 0.0%)

1 無下に, 里方の

▼ れそれ以来~ (2, 0.0%)

1 かなり無理, は絶えず

▼ れそれ以来新進作家~ (2, 0.0%)

2 で私

▼ れぞくぞく~ (2, 0.0%)

2 嬉しくまた

▼ れぞに~ (2, 0.0%)

1 やれイ, 問われたら市

▼ れたこ~ (2, 0.0%)

1 なたの, ぶが

▼ れたしか~ (2, 0.0%)

1 その歿後, 此道と

▼ れたしかに~ (2, 0.0%)

1 神, 私にも

▼ れただ一人~ (2, 0.0%)

1 で納屋, 取り残されて

▼ れたまらない~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 心持に

▼ れたやすく~ (2, 0.0%)

1 夫人に, 長短が

▼ れたらし~ (2, 0.0%)

2 ゅうござります

▼ れたりさえ~ (2, 0.0%)

2 したこと

▼ れたりしも~ (2, 0.0%)

1 人我の, 強て

▼ れたりとは~ (2, 0.0%)

1 云う能わざるなり, 思ひ候はず

▼ れたる余~ (2, 0.0%)

1 の肌, は一矢酬

▼ れたる室~ (2, 0.0%)

1 である, のうち

▼ れたる木~ (2, 0.0%)

1 樵りの, 隠が

▼ れたる者ども~ (2, 0.0%)

1 の恭敬, の苦悩

▼ れだいぶ~ (2, 0.0%)

1 お目, 社会の

▼ れだが~ (2, 0.0%)

1 ジャンジャン書いた, 破局に

▼ れだけでも~ (2, 0.0%)

1 写したの, 日本が

▼ れだれ~ (2, 0.0%)

1 もしばらく, も出入り

▼ れちゃあね~ (2, 0.0%)

2 町内の

▼ れちやいかん~ (2, 0.0%)

1 という, といふ事

▼ れちやう~ (2, 0.0%)

1 よ, んで

▼ れちやこ~ (2, 0.0%)

2 ちとら

▼ れちや何~ (2, 0.0%)

1 うせ金品, にもならない

▼ れちや合~ (2, 0.0%)

1 はない, ひませんから

▼ れちや敵~ (2, 0.0%)

1 はない, ふまい

▼ れちや町内~ (2, 0.0%)

1 の人達, の十七娘

▼ れちや誰~ (2, 0.0%)

1 だつて, れだつて

▼ れちや間尺~ (2, 0.0%)

2 に合

▼ れちょっと~ (2, 0.0%)

1 立場に, 返辞にも

▼ れっきり~ (2, 0.0%)

1 であった, の生命

▼ れっぷり~ (2, 0.0%)

1 があなた様, というの

▼ れつき~ (2, 0.0%)

1 として存, の剛情

▼ れつる~ (2, 0.0%)

1 になど然, をばやがて

▼ れつる事~ (2, 0.0%)

1 の一ツ二ツ, もあり

▼ れていう~ (2, 0.0%)

1 ようは, 通りに

▼ れてかなけや~ (2, 0.0%)

2 ならないの

▼ れてさえも~ (2, 0.0%)

1 いる, 命がけで

▼ れてしもて~ (2, 0.0%)

1 えらア, しョこと

▼ れてつ~ (2, 0.0%)

1 ひに, 呉れるとか

▼ れてとにも~ (2, 0.0%)

2 かくにも

▼ れてなど~ (2, 0.0%)

1 かくは, 行くという

▼ れてなりとは~ (2, 0.0%)

2 知らねば

▼ れてねえ~ (2, 0.0%)

1 ちょっと助け, 何か

▼ れてはとの~ (2, 0.0%)

2 懸念から

▼ れてまでの~ (2, 0.0%)

1 働きでござんす, 御誠意

▼ れてもは~ (2, 0.0%)

1 ぎれのいい少し, ッと

▼ れてよりは~ (2, 0.0%)

1 昨日までも, 洗濯の

▼ れて迄も~ (2, 0.0%)

1 応援し, 愛して

▼ れでもの~ (2, 0.0%)

1 ためでない, 相ひ

▼ れとある~ (2, 0.0%)

1 のみと云う, 化粧品店の

▼ れといった~ (2, 0.0%)

1 ような, 奴は

▼ れとかく~ (2, 0.0%)

1 に気味, 肉親たちとも

▼ れときどき~ (2, 0.0%)

1 ざわめく心, 顔見あわせ

▼ れとこそ~ (2, 0.0%)

1 思え, 思え憎い

▼ れとしては~ (2, 0.0%)

1 そのお, なおさら苦しい

▼ れとでも~ (2, 0.0%)

1 いふつもり, いふで

▼ れとなり~ (2, 0.0%)

2 へは当分お客

▼ れどういう~ (2, 0.0%)

1 つづきでこんな, 風に

▼ れどうし~ (2, 0.0%)

1 な事, に刺され

▼ れどけ~ (2, 0.0%)

2 ふは

▼ れどっち~ (2, 0.0%)

1 が申し入れた, を向い

▼ れなかげ~ (2, 0.0%)

1 はまた, は立ちどまりました

▼ れながらと~ (2, 0.0%)

1 びまはらずにゐられないと言ふ, ぼとぼと山

▼ れながらとにも~ (2, 0.0%)

2 かくにも

▼ れなぜ~ (2, 0.0%)

1 あんな下らん, か両者

▼ れなつ~ (2, 0.0%)

1 た, た六人

▼ れなに~ (2, 0.0%)

1 そめて, をば切腹

▼ れなにか~ (2, 0.0%)

1 心に, 身の

▼ れなにとぞ~ (2, 0.0%)

1 ご加護, ご観念

▼ れなほ~ (2, 0.0%)

1 また世界一, 偉なる

▼ れなんとも~ (2, 0.0%)

1 いえぬこころよ, 言えないご

▼ れにおいても~ (2, 0.0%)

1 妖法に, 拍手快

▼ れにこにこ~ (2, 0.0%)

1 笑いながら, 笑ひ

▼ れにとっては~ (2, 0.0%)

1 あまりにも, 姉の

▼ れにとも~ (2, 0.0%)

1 ない救急, なく云った

▼ れにや~ (2, 0.0%)

1 打ち出されつとも, 本當

▼ れに対しては~ (2, 0.0%)

2 大いに御礼

▼ れに関する~ (2, 0.0%)

1 彼女等の, 概念的な

▼ れのち~ (2, 0.0%)

1 にはそれ, にはまた

▼ れはし~ (2, 0.0%)

1 なん, も知らる

▼ れはっきり~ (2, 0.0%)

1 した種類, 答えられなくて

▼ れはっと~ (2, 0.0%)

1 した, 目ざめて

▼ れはなやか~ (2, 0.0%)

1 な小, な紫ぼかし

▼ れはやく~ (2, 0.0%)

1 一杯の, 知らぬに

▼ ればいいん~ (2, 0.0%)

1 です, でせう

▼ ればかりが~ (2, 0.0%)

1 心配での, 正しいの

▼ ればかりの~ (2, 0.0%)

1 人数なれ, 金の

▼ ればったり~ (2, 0.0%)

1 甲板に, 落しましたは

▼ れば余等二人~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ れば内~ (2, 0.0%)

2 にも堪へず

▼ れぱらぱらぱらぱら~ (2, 0.0%)

1 ったた, つた

▼ れひたと~ (2, 0.0%)

2 両手合せ

▼ れひと~ (2, 0.0%)

1 おしに, もと草は

▼ れひとしお~ (2, 0.0%)

1 その人, 溶けるよう

▼ れひとまず~ (2, 0.0%)

1 その事件, 飛行機エレベーター脇の

▼ れひもじき~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ れふたつ~ (2, 0.0%)

1 とも孤立無援, には多く

▼ れふだん~ (2, 0.0%)

1 に内攻, の紅殻いろは

▼ れへえ~ (2, 0.0%)

2 出来まっせと

▼ れほう~ (2, 0.0%)

2 ほうの

▼ れほっと~ (2, 0.0%)

1 しました, 一と

▼ れほどまでに~ (2, 0.0%)

2 戀しい

▼ れほどまでも~ (2, 0.0%)

2 淺ま

▼ れほん~ (2, 0.0%)

1 とか嘘, との畜生たち

▼ れほんとう~ (2, 0.0%)

1 にお, の組織

▼ れほんとに~ (2, 0.0%)

1 お前さんという, 世に

▼ れぼんやり~ (2, 0.0%)

1 させられて, した眼つき

▼ れまさあ~ (2, 0.0%)

1 ね, アね

▼ れまじめ~ (2, 0.0%)

1 な課題, に勤労

▼ れまたあるいは~ (2, 0.0%)

1 毒を, 風呂に

▼ れみずから彼~ (2, 0.0%)

2 を見奉らん

▼ れみな時の~ (2, 0.0%)

2 はづみぞかし

▼ れむごい~ (2, 0.0%)

1 目に, 血煙が

▼ れむと~ (2, 0.0%)

1 恐しくと, 欲する者

▼ れむとするの時機~ (2, 0.0%)

1 に際会, に際會

▼ れむとするの非運~ (2, 0.0%)

1 に苦悩, に苦惱

▼ れむ者~ (2, 0.0%)

1 もあった, も無い

▼ れめでたく~ (2, 0.0%)

1 公職を, 家運隆昌に

▼ れもう一度~ (2, 0.0%)

1 振りかえり, 早く眠ろう

▼ れもじもじ~ (2, 0.0%)

2 恥に

▼ れもっぱら~ (2, 0.0%)

1 戦争の, 電気事業に

▼ れもののふ~ (2, 0.0%)

1 とは見なかった, を知らぬ

▼ れもの身~ (2, 0.0%)

1 に余る, は痩馬

▼ れゃ君~ (2, 0.0%)

1 がどう, が這入った

▼ れやすき~ (2, 0.0%)

1 にかかわらず, 思ひに

▼ れやっぱり~ (2, 0.0%)

1 すがすがしい心, 眼易が

▼ れやつ~ (2, 0.0%)

1 が勝て, とのこと

▼ れやむを得ず~ (2, 0.0%)

1 兄の, 大根や

▼ れやや~ (2, 0.0%)

1 小康を, 弓なりの

▼ れゆえ~ (2, 0.0%)

1 どうか行っ, 大きな声

▼ れゆるゆる~ (2, 0.0%)

1 そのこと, 石畳の

▼ れよう訳~ (2, 0.0%)

1 けはない, けもない

▼ れよき~ (2, 0.0%)

1 奉仕の, 指導者を

▼ れよくも~ (2, 0.0%)

1 あの地球, この珠

▼ れよしや~ (2, 0.0%)

2 知らしたの

▼ れよほど~ (2, 0.0%)

1 な剛気, 趣向を

▼ れらア~ (2, 0.0%)

1 この家, ね

▼ れら世界唯一~ (2, 0.0%)

2 の衛生

▼ れりつ~ (2, 0.0%)

2 の廻らない

▼ れりや世話~ (2, 0.0%)

1 あ無い, はない

▼ れりや世話ア~ (2, 0.0%)

1 ねえ, ねえね親分金貸

▼ れりや否や~ (2, 0.0%)

1 をおも, を評する

▼ れるこつちや~ (2, 0.0%)

1 ありません, 御座いません

▼ れろくな~ (2, 0.0%)

1 食物も, 飯さえ

▼ れわあ~ (2, 0.0%)

1 っと叫びたい, と叫びたい

▼ れわが子~ (2, 0.0%)

1 といえ, なり

▼ れわが身~ (2, 0.0%)

1 も捕われ, を汝

▼ れわたし自身~ (2, 0.0%)

1 がそれ, はとっく

▼ れわれ等~ (2, 0.0%)

1 にとつて, の思想

▼ れをかも~ (2, 0.0%)

2 怨むべき

▼ れをのみ~ (2, 0.0%)

1 だ, 清くする

▼ れをもって~ (2, 0.0%)

1 せられる罵倒, 当らねば

▼ れアレース~ (2, 0.0%)

1 をはた, を戰場

▼ れアンジョーラ~ (2, 0.0%)

1 の上, の命令

▼ れインド~ (2, 0.0%)

1 に植民地, の因明

▼ れ~ (2, 0.0%)

2

▼ れオデュッセウス~ (2, 0.0%)

2 は非常

▼ れカフェー~ (2, 0.0%)

1 の内幕話, の女給

▼ れギリシア~ (2, 0.0%)

1 の文化, の芸術心

▼ れクリストフ~ (2, 0.0%)

1 は四方, は逃亡

▼ れグッ~ (2, 0.0%)

1 と逆手, と頤

▼ れコロコロ~ (2, 0.0%)

2 ところがって

▼ れゴム靴~ (2, 0.0%)

1 をピチャピチャ, をピチャピチャ云

▼ れゴルフ~ (2, 0.0%)

2 ァなら

▼ れサー~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ れシュレーディンガー~ (2, 0.0%)

2 の式

▼ れショベル~ (2, 0.0%)

2 を持った

▼ れストーヴ~ (2, 0.0%)

1 の上, の中

▼ れスプリング~ (2, 0.0%)

1 の心地よい, や電池

▼ れタオル~ (2, 0.0%)

1 でさるぐつわ, も大した

▼ れダイナマイト~ (2, 0.0%)

1 が生れた, で爆破

▼ れッこ~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ れッ位無駄~ (2, 0.0%)

2 がつい

▼ れテナルディエ~ (2, 0.0%)

1 はあるいは, は捕えられるだろう

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 村役場ガラ米だの, 見れば

▼ れトルコ~ (2, 0.0%)

1 にとられ, に負け

▼ れトロイア~ (2, 0.0%)

1 に破滅, を

▼ れドクトルアンドレイエヒミチ~ (2, 0.0%)

1 は來, は来

▼ れドビュッシー~ (2, 0.0%)

1 の勝利, は始め

▼ れドンドン~ (2, 0.0%)

2 ガラガラ地軸を

▼ れニューヨーク~ (2, 0.0%)

1 に来, の暗黒界

▼ れハッ~ (2, 0.0%)

1 と思う, と気がついた

▼ れハリウッド~ (2, 0.0%)

1 のスタア, の映画会社

▼ れパッ~ (2, 0.0%)

1 と赤い, と逃げ散っ

▼ れパリー~ (2, 0.0%)

1 の各, はおごそか

▼ れビラ~ (2, 0.0%)

1 をはる, 撒き其他

▼ れピストル~ (2, 0.0%)

1 でやられ, は発射

▼ れフランス~ (2, 0.0%)

1 にあ, の法廷

▼ れベッド~ (2, 0.0%)

1 のカーテン, の上

▼ れベルト~ (2, 0.0%)

1 の唸り, は影

▼ れポスター~ (2, 0.0%)

2 と新薬

▼ れメエルハイム~ (2, 0.0%)

1 とともにゆくおり, と倶

▼ れラジオ~ (2, 0.0%)

1 の機能, は軍部

▼ れラ・エー・サント~ (2, 0.0%)

1 は奪取, は強襲

▼ れリエ~ (2, 0.0%)

1 と相愛, はダンサア

▼ れリバーノ~ (2, 0.0%)

1 よりわが, より來

▼ れ一々~ (2, 0.0%)

1 はまだ, 朝起き早

▼ れ一世~ (2, 0.0%)

1 のジャーナリズム, の崇敬

▼ れ一二~ (2, 0.0%)

1 の出版書肆, の軍憲

▼ れ一人一人~ (2, 0.0%)

1 がちゃんと, に紹介

▼ れ一人女主人~ (2, 0.0%)

1 の為め, の爲め

▼ れ一人苦~ (2, 0.0%)

2 をのがれん

▼ れ一代~ (2, 0.0%)

1 にし, の後

▼ れ一体~ (2, 0.0%)

1 どこを, は亀屋

▼ れ一個主我的意思~ (2, 0.0%)

2 の強固

▼ れ一八〇〇年~ (2, 0.0%)

1 には九, の結社禁止法

▼ れ一冊~ (2, 0.0%)

1 だけでした, の単行本

▼ れ一地方~ (2, 0.0%)

1 に於い, の主たる

▼ れ一大隈伯爵~ (2, 0.0%)

2 の如き

▼ れ一山~ (2, 0.0%)

1 にし, のこらず最期

▼ れ一度米国~ (2, 0.0%)

2 へ帰り

▼ れ一座~ (2, 0.0%)

1 は彼ら, を白けさせない

▼ れ一念解脱~ (2, 0.0%)

2 を発起

▼ れ一挙~ (2, 0.0%)

1 にし, に万物

▼ れ一時人~ (2, 0.0%)

2 を欺く

▼ れ一晩~ (2, 0.0%)

1 とまって, 泊って

▼ れ一本立~ (2, 0.0%)

2 の自衛

▼ れ一様~ (2, 0.0%)

1 に三十歳, に落ちついた

▼ れ一段~ (2, 0.0%)

1 に二人, 然るべし

▼ れ一生懸命~ (2, 0.0%)

2 の勇

▼ れ一生涯滑稽~ (2, 0.0%)

2 な罪悪感

▼ れ一箇~ (2, 0.0%)

1 の, の英霊底

▼ れ一篇~ (2, 0.0%)

2 の眼目

▼ れ一網打尽~ (2, 0.0%)

1 になさる, に捕縛

▼ れ一般人~ (2, 0.0%)

1 の江戸持込み, の見物

▼ れ一般化~ (2, 0.0%)

1 された規準的事実, されると

▼ れ一般的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に云われ

▼ れ一言~ (2, 0.0%)

1 で愚者, も言わず

▼ れ一門~ (2, 0.0%)

1 の御名, の眷族

▼ れ一頭~ (2, 0.0%)

1 の牡牛, は這い起きる

▼ れ丁寧~ (2, 0.0%)

1 なね, に猿轡

▼ れ七ツ~ (2, 0.0%)

1 の長女, の頃

▼ れ七日~ (2, 0.0%)

1 か八日, に徳川慶喜

▼ れ七月~ (2, 0.0%)

1 という身重, の太陽

▼ れ三十人~ (2, 0.0%)

1 の会員, ほどの男

▼ れ三太刀目~ (2, 0.0%)

2 にはもう

▼ れ三尺~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの白い, ばかりもある

▼ れ三年~ (2, 0.0%)

1 になった, に寺社奉行

▼ れ三日目~ (2, 0.0%)

1 になっ, に墓

▼ れ三本~ (2, 0.0%)

1 のローソク, ばかり手紙

▼ れ三河町~ (2, 0.0%)

2 で器用

▼ れ三角~ (2, 0.0%)

1 のあごひげ, の空

▼ れ上下共~ (2, 0.0%)

2 に競っ

▼ れ上座~ (2, 0.0%)

1 には忠直卿, に据

▼ れ上衣~ (2, 0.0%)

1 をしょっちゅう, を脱ぎすて

▼ れ下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ れ下拙刀~ (2, 0.0%)

2 は虎徹

▼ れ下流~ (2, 0.0%)

1 に至って, の方

▼ れ下部~ (2, 0.0%)

1 は二本, は粧飾用敷煉瓦

▼ れ下駄~ (2, 0.0%)

1 で打ち, や簪

▼ れ不埒~ (2, 0.0%)

1 な奴めッ, の奴

▼ れ不当~ (2, 0.0%)

1 に斬殺, に高く

▼ れ不意~ (2, 0.0%)

1 の襲撃, を襲われ

▼ れ不慮~ (2, 0.0%)

2 の難

▼ れ不断~ (2, 0.0%)

1 に循環, に発展

▼ れ不束~ (2, 0.0%)

1 の至, の至り

▼ れ不祥~ (2, 0.0%)

1 の宝, の第

▼ れ不自由~ (2, 0.0%)

1 するもの, なく暮し

▼ れ世上~ (2, 0.0%)

1 すでにひろく, に流布

▼ れ両脚~ (2, 0.0%)

1 はその, は宙

▼ れ両親~ (2, 0.0%)

1 も逝くなっ, や兄弟

▼ れ両足~ (2, 0.0%)

1 が地べた, もぐるぐる

▼ れ中ごろ六十余州~ (2, 0.0%)

2 に雲水

▼ れ中国~ (2, 0.0%)

1 ではしょっ, では世界及東洋文学史

▼ れ丹治~ (2, 0.0%)

1 はウン, は又

▼ れ主人夫婦~ (2, 0.0%)

1 の外, の生死

▼ れ主義~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, を以て取締ろう

▼ れ主観的~ (2, 0.0%)

1 であると, なもの

▼ れ久し~ (2, 0.0%)

1 振でお, 振でお目にかかつて

▼ れ久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に友だち, に陣地

▼ れ久し振り~ (2, 0.0%)

2 で我家

▼ れ久子~ (2, 0.0%)

1 だけが, はその

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 ち又, ち赤面

▼ れ乍ら三人~ (2, 0.0%)

2 は又

▼ れ乗馬~ (2, 0.0%)

1 にて継世門, に疲

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 ず可

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の部類, は何事

▼ れ九死~ (2, 0.0%)

2 に一生

▼ れ乞食~ (2, 0.0%)

1 から食い逃げ, のやう

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 ぶさの, まで探られなけれ

▼ れ亀山~ (2, 0.0%)

1 の守将内藤一族, は大覚寺

▼ れ了ん~ (2, 0.0%)

2

▼ れ事々~ (2, 0.0%)

1 に子供, に我々町奴

▼ れ事実そのもの~ (2, 0.0%)

2 が物語る

▼ れ事故~ (2, 0.0%)

2 により消滅

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 には上役, の浴槽

▼ れ二十分~ (2, 0.0%)

1 ばかり時間, もしない

▼ れ二十四日~ (2, 0.0%)

1 には長嶺, に帰京

▼ れ二十年~ (2, 0.0%)

1 にもなります, ばかりも前

▼ れ二時間~ (2, 0.0%)

1 ほどボンヤリ椅子, も三時間

▼ れ五八~ (2, 0.0%)

1 は大きな, 出て

▼ れ五六遍~ (2, 0.0%)

1 も嚊煙草, 曲ると

▼ れ五郎さん~ (2, 0.0%)

2 はビール

▼ れ井戸~ (2, 0.0%)

1 のついてる, までも埋めつくされた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 から鎌倉, の町

▼ れ京伝~ (2, 0.0%)

1 の食客, や馬琴

▼ れ人いきれ~ (2, 0.0%)

1 のする, の上

▼ れ人たる~ (2, 0.0%)

2 の本分

▼ れ人一倍~ (2, 0.0%)

1 の苦労, 武門の

▼ れ人共~ (2, 0.0%)

1 に免れ, に誠

▼ れ人家~ (2, 0.0%)

1 の彼方, はほとんど

▼ れ人影~ (2, 0.0%)

1 はくっきり, は桟敷

▼ れ人心~ (2, 0.0%)

1 に感化, の中

▼ れ人殺し~ (2, 0.0%)

1 だ, の悪女め

▼ れ人道~ (2, 0.0%)

1 に対抗, は現

▼ れ人間性~ (2, 0.0%)

1 の再, を忘れん

▼ れ人間社会~ (2, 0.0%)

1 から拒まれた, の良き

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 れながら, れ何度仆

▼ れ今ごろ~ (2, 0.0%)

1 はさんざん, はもう

▼ れ今宵~ (2, 0.0%)

1 は肌, 覚えて

▼ れ今月~ (2, 0.0%)

1 になっ, も三十円

▼ れ仏国~ (2, 0.0%)

1 か, の軍人

▼ れ仏壇~ (2, 0.0%)

1 の前, 又は行燈

▼ れ仏教~ (2, 0.0%)

1 に関心, の美術

▼ れ仔細~ (2, 0.0%)

1 あって, に観察

▼ れ仕方~ (2, 0.0%)

1 がなし, なしに

▼ れ他国~ (2, 0.0%)

1 に旅, の文壇

▼ れ仙台~ (2, 0.0%)

1 に往つて享保元年, へ送られ

▼ れ仙太郎~ (2, 0.0%)

1 は悄々, は頭

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 宗の, 首も

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の好い, 善く暮し

▼ れ伊太利統一後~ (2, 0.0%)

2 始めて開きたる

▼ れ伊藤大隈~ (2, 0.0%)

1 は当世, は當世

▼ れ伊藤春畝先生~ (2, 0.0%)

2 と雖

▼ れ伊豆~ (2, 0.0%)

1 の三宅島, の南端

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の目的綱領, の義

▼ れ会員~ (2, 0.0%)

1 はみんななに, 及び広く

▼ れ伝承~ (2, 0.0%)

1 されたもの, せられた時代

▼ れ伝馬町~ (2, 0.0%)

1 で永牢, へ差立て

▼ れ何たる~ (2, 0.0%)

1 惨事であろう, 芸術であろう

▼ れ何と~ (2, 0.0%)

1 なし物足りなさ, 申して

▼ れ何となく~ (2, 0.0%)

1 心浮き立ち, 物々しいところ

▼ れ何もかも~ (2, 0.0%)

1 包もうとは, 忘れて

▼ れ何ら~ (2, 0.0%)

1 か纏まった, の御

▼ れ何れ~ (2, 0.0%)

1 もよく, を選ん

▼ れ何日~ (2, 0.0%)

1 かは之, 経っても

▼ れ何時~ (2, 0.0%)

1 か大, まで経っ

▼ れ何者~ (2, 0.0%)

1 ぞ, なるぞ

▼ れ余輩~ (2, 0.0%)

1 が那珂氏, はオシナサマ

▼ れ作品~ (2, 0.0%)

1 の実践, をかき出し

▼ れ作家~ (2, 0.0%)

1 の勘, の目指す

▼ れ作物~ (2, 0.0%)

1 の中, は根こそぎ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 しながら, しまだ

▼ れ使い~ (2, 0.0%)

1 ふるされ古臭く, へ出した

▼ れ使役~ (2, 0.0%)

1 されそれ, される犬猫

▼ れ使節~ (2, 0.0%)

1 のあと, も陛下

▼ れ侍女~ (2, 0.0%)

1 の死骸, や郎党

▼ れ供奉~ (2, 0.0%)

1 の人々, の同勢

▼ れ依然~ (2, 0.0%)

1 べんたつし, 濡須の

▼ れ価値~ (2, 0.0%)

1 づけられて, を認められない

▼ れ便所~ (2, 0.0%)

1 に暫し, の脇

▼ れ保存~ (2, 0.0%)

1 が久しく, のきく

▼ れ保証~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ信任~ (2, 0.0%)

1 されて, されるもの

▼ れ信心~ (2, 0.0%)

1 の深, の深い

▼ れ信念~ (2, 0.0%)

1 に向っ, は霊界

▼ れ信濃~ (2, 0.0%)

2

▼ れ俳句~ (2, 0.0%)

1 に吟ぜられた, を他

▼ れ個人的~ (2, 0.0%)

1 な打算以外, な長い

▼ れ候ところ~ (2, 0.0%)

1 につこと, 御養生

▼ れ候仙台中納言殿~ (2, 0.0%)

2 さえ少

▼ れ候伊達権中納言殿~ (2, 0.0%)

2 の役人

▼ れ候時景一~ (2, 0.0%)

1 も剃髪, も御供

▼ れ借金サイソク~ (2, 0.0%)

2 の書状

▼ れ偉人~ (2, 0.0%)

2 を偉人

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 には巨, に今上陛下

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 を真, 瞞されつくした

▼ れ元服~ (2, 0.0%)

1 して, の席の

▼ れ元来~ (2, 0.0%)

1 小男の, 持戒者であるべき

▼ れ兄上~ (2, 0.0%)

2 と捧げ

▼ れ兄弟~ (2, 0.0%)

1 に愛され, を討たれ

▼ れ先ず~ (2, 0.0%)

1 得意の, 演説より

▼ れ先方~ (2, 0.0%)

1 から逗留, は田

▼ れ先頭~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に進み行き

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に角, に角落

▼ れ入閣~ (2, 0.0%)

1 の勧告, の勸告

▼ れ全市~ (2, 0.0%)

1 に戒厳令, は暗黒

▼ れ全部~ (2, 0.0%)

1 で十五, の者

▼ れ全集~ (2, 0.0%)

1 がほぼ, の刊行

▼ れ八幡~ (2, 0.0%)

1 あわれ軍, の杜

▼ れ公判廷~ (2, 0.0%)

1 で奮闘, の左側

▼ れ六歳~ (2, 0.0%)

1 で敵国, の孤児

▼ れ共それ~ (2, 0.0%)

1 は県庁, も女

▼ れ共に~ (2, 0.0%)

1 十六夜の, 愛し表面

▼ れ共今~ (2, 0.0%)

1 までに経験, 書かうと

▼ れ共彼~ (2, 0.0%)

1 の人, は泉

▼ れ共野良育ち~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ れ其一命~ (2, 0.0%)

1 の盡きし後, を失

▼ れ其他~ (2, 0.0%)

1 にも支那官人, の婦人達

▼ れ其伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 と大

▼ れ其動~ (2, 0.0%)

2 もすれ

▼ れ其妻~ (2, 0.0%)

1 となっ, に向い

▼ れ其尻~ (2, 0.0%)

2 から卵子

▼ れ其方~ (2, 0.0%)

1 如きの, 誠に物真似

▼ れ其時~ (2, 0.0%)

1 に特別, に胎中

▼ れ其能~ (2, 0.0%)

2 く信望

▼ れ其間~ (2, 0.0%)

1 に固定, の作用

▼ れ内容~ (2, 0.0%)

1 は形式化, をつけられた

▼ れ内攻~ (2, 0.0%)

2 し偏執

▼ れ内相~ (2, 0.0%)

2 の知る

▼ れ内省~ (2, 0.0%)

1 されたこと, を奨められる

▼ れ再三~ (2, 0.0%)

1 十字の, 堪えざる旨

▼ れ再婚~ (2, 0.0%)

1 せよと, の身

▼ れ再建~ (2, 0.0%)

1 される希望, の節賢人

▼ れ再現~ (2, 0.0%)

1 されて, されるの

▼ れ写経~ (2, 0.0%)

2 せられた簡易

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 い朝霜, き血

▼ れ冷然~ (2, 0.0%)

2 之れ

▼ れ冷笑~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 じい音を, 気敵を

▼ れ凄まじい~ (2, 0.0%)

2 血の

▼ れ凌辱~ (2, 0.0%)

1 され常に, され結局

▼ れ凡夫~ (2, 0.0%)

1 のみ, もまた

▼ れ処分~ (2, 0.0%)

1 されたその, されたという

▼ れ処刑~ (2, 0.0%)

1 さるべき宣告, せられる様

▼ れ出し~ (2, 0.0%)

1 にいった, の一本たち

▼ れ出離~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ れ分明~ (2, 0.0%)

1 に詐偽, に詐僞

▼ れ分離~ (2, 0.0%)

1 されて, され印象化

▼ れ分類~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 寝たま, 尖が

▼ れ切つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた當時, ゐるので

▼ れ切つてボンヤリ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ れ切支丹~ (2, 0.0%)

1 の迫害, の陰謀

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 ね橋, ね落とされ

▼ れ刑務所~ (2, 0.0%)

1 にいる, につながれた

▼ れ初夏~ (2, 0.0%)

1 にはクロダイ, の涼夜

▼ れ利休~ (2, 0.0%)

2 は詰らぬ

▼ れ利己心~ (2, 0.0%)

1 がこの, なしの

▼ れ制作~ (2, 0.0%)

1 された一切, のさまたげ

▼ れ刺戟~ (2, 0.0%)

1 されて, の強い

▼ れ刺激~ (2, 0.0%)

1 されて, され生

▼ れ前代~ (2, 0.0%)

2 の内閣

▼ れ前年~ (2, 0.0%)

1 の十二月, の暮

▼ れ前後不覚~ (2, 0.0%)

1 に眠, に眠っ

▼ れ割合~ (2, 0.0%)

1 ひに, 当って

▼ れ劇場~ (2, 0.0%)

1 から求められてる, の格式

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 を奪われた, 成り名

▼ れ功業~ (2, 0.0%)

2 を尚

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 なあこの

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 もない, もなかっ

▼ れ効果~ (2, 0.0%)

1 を挙げ, を高める

▼ れ動機~ (2, 0.0%)

1 づけられて, の説明

▼ れ勝手~ (2, 0.0%)

1 なこと, に身

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の皮, 合せられるところ

▼ れ区別~ (2, 0.0%)

1 されて, されなければ

▼ れ医師~ (2, 0.0%)

1 から約, に注意

▼ れ十八~ (2, 0.0%)

1 の年, までそこ

▼ れ十六世紀~ (2, 0.0%)

1 の前半, の末葉

▼ れ十字架~ (2, 0.0%)

1 にかかり, につけられた

▼ れ十月七日~ (2, 0.0%)

2 は箱根

▼ れ千古~ (2, 0.0%)

1 の痴愚, の謎

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 た, た故

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 さがり

▼ れ半歳~ (2, 0.0%)

2 ならずして

▼ れ卑怯~ (2, 0.0%)

1 であろう, なおどおど

▼ れ南方~ (2, 0.0%)

1 の島, へ扇形

▼ れ印象~ (2, 0.0%)

1 が混乱, せられて

▼ れ危く~ (2, 0.0%)

1 殺されそう, 生き残って

▼ れ危険~ (2, 0.0%)

1 に遇う, の中

▼ れ即死~ (2, 0.0%)

1 して, を遂げた

▼ れ却って~ (2, 0.0%)

1 初代の, 此方が

▼ れ却つて彼~ (2, 0.0%)

2 れの

▼ れ厚い~ (2, 0.0%)

1 石の, 苔の

▼ れ厚き~ (2, 0.0%)

2 思召を以て

▼ れ原始的~ (2, 0.0%)

1 でないから, な音楽

▼ れ厳しい~ (2, 0.0%)

1 舅に, 関東軍の

▼ れ厳粛~ (2, 0.0%)

1 な嗚咽, な淋しい

▼ れ厳重~ (2, 0.0%)

1 に尋問, を極めた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 にさ, には誤解

▼ れ友だち~ (2, 0.0%)

1 としてボダイ寺, もなくなる

▼ れ友人~ (2, 0.0%)

1 からも非常, の誰

▼ れ友達~ (2, 0.0%)

1 だなどと, を訪はん

▼ れ双手~ (2, 0.0%)

1 を傍ら, を後ろ

▼ れ双方~ (2, 0.0%)

1 の塾生, の感情

▼ れ反省~ (2, 0.0%)

1 が黒い, させられるところ

▼ れ収容~ (2, 0.0%)

2 されそれぞれ

▼ れ収容所~ (2, 0.0%)

2 に担ぎ込まれ

▼ れ叔父~ (2, 0.0%)

1 の五左衞門自身, はもちろん

▼ れ取り~ (2, 0.0%)

2 も直さず

▼ れ取捨~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ取調~ (2, 0.0%)

1 のため縄つき, を受けた

▼ れ口調~ (2, 0.0%)

1 も荒々しく, を用

▼ れ古き~ (2, 0.0%)

1 に則っ, 芝居に

▼ れ古く~ (2, 0.0%)

1 は, は単に

▼ れ古事記~ (2, 0.0%)

1 に出る, の方

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 その階段的跳躍, だ両個擅制帝国

▼ れ只今~ (2, 0.0%)

1 のところ, 御疲労

▼ れ叫喚~ (2, 0.0%)

1 の声耳, はげしく湧き起る

▼ れ叱責~ (2, 0.0%)

1 されること, されるという

▼ れ右奥~ (2, 0.0%)

2 遠く高く肩

▼ れ右往左往~ (2, 0.0%)

1 して, に逃げ惑った

▼ れ各自~ (2, 0.0%)

1 は分担, 各方向

▼ れ合成~ (2, 0.0%)

2 せられて

▼ れ吉之助様~ (2, 0.0%)

1 にお, は蘇生

▼ れ吉五郎~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ れ吉川家~ (2, 0.0%)

1 の宝物, の紋

▼ れ同地~ (2, 0.0%)

1 の県立中学校, の風習

▼ れ同志~ (2, 0.0%)

1 と申自訴者, の顔

▼ れ同胞~ (2, 0.0%)

1 の助け, の関係

▼ れ名称~ (2, 0.0%)

1 もカヒラ, をソヴェト作家協会

▼ れ名高い~ (2, 0.0%)

1 ものと, 詩人である

▼ れ向う~ (2, 0.0%)

1 では笑い物, の手

▼ れ向こう~ (2, 0.0%)

1 に立っ, 一時間の

▼ れ向上~ (2, 0.0%)

1 して, せられたもの

▼ れ君臣~ (2, 0.0%)

2 の分

▼ れ吾等~ (2, 0.0%)

1 が, もい往く

▼ れ呆け踊り痴~ (2, 0.0%)

1 けていた, けてゐた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に非, の使節

▼ れ唯一人~ (2, 0.0%)

1 の兄さ, 淋しい一室

▼ れ啻に~ (2, 0.0%)

2 大勢に

▼ れ善人~ (2, 0.0%)

1 が尊ばれる, が迫害

▼ れ善美~ (2, 0.0%)

1 をつくした, を尽した

▼ れ嗟嘆~ (2, 0.0%)

1 の声, の樅

▼ れ嘗て~ (2, 0.0%)

1 新井白石を, 汝等を

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 いだ住民, いだ話声

▼ れ囚人~ (2, 0.0%)

1 として押し込められ, と墜さる

▼ れ四十面相~ (2, 0.0%)

2 の部下

▼ れ四月~ (2, 0.0%)

1 から十一月, になっ

▼ れ四畳半~ (2, 0.0%)

1 に六畳, の上がり口

▼ れ四隅~ (2, 0.0%)

1 からは時どき, に銀金具

▼ れ固定~ (2, 0.0%)

1 された自己同一性, されて

▼ れ国務大臣~ (2, 0.0%)

2 の館

▼ れ国外~ (2, 0.0%)

1 ではヒットラー, へ追放

▼ れ國家~ (2, 0.0%)

1 は何時, を經綸

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の中, の苗床

▼ れ土煙~ (2, 0.0%)

1 にまじっ, をかむっ

▼ れ圧制~ (2, 0.0%)

1 せられて, せられ指導

▼ れ在所~ (2, 0.0%)

1 に残つて, へ身元調べ

▼ れ地下室~ (2, 0.0%)

1 にとじこめられ, は真

▼ れ地下道~ (2, 0.0%)

1 で町, を鳳凰

▼ れ地主~ (2, 0.0%)

1 は彼, は貸金

▼ れ地球~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ れ地盛り~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に嵌められ, をおしつけられ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 じみた破れ直垂一枚, にまみれた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 で厚く, を浴び

▼ れ城門~ (2, 0.0%)

1 のよう, の下

▼ れ堂々~ (2, 0.0%)

1 と生かされない, と通用

▼ れ堂舍~ (2, 0.0%)

2 をひろげ

▼ れ堂舎~ (2, 0.0%)

2 をひろげ

▼ れ報告~ (2, 0.0%)

1 されて, によって弟

▼ れ場合~ (2, 0.0%)

1 によつて, による

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に伏す, を噛む

▼ れ塵埃~ (2, 0.0%)

1 に掩, を呼吸

▼ れ墓石~ (2, 0.0%)

1 は大半損傷, も金網

▼ れ壓迫~ (2, 0.0%)

1 されつつ, されるといふ

▼ れ士気~ (2, 0.0%)

1 の沮喪, をあらためて

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 な幸福感, な臭い

▼ れ変革~ (2, 0.0%)

1 されて, されねば

▼ れ夏なか~ (2, 0.0%)

2

▼ れ夕べ~ (2, 0.0%)

1 には雲, は得体

▼ れ夕食~ (2, 0.0%)

1 の後村, をした

▼ れ外人~ (2, 0.0%)

1 が旅行, に対する迫害沙汰

▼ れ外来患者用~ (2, 0.0%)

2 のベンチ

▼ れ外界~ (2, 0.0%)

1 から洩れ入る, に表現

▼ れ外部~ (2, 0.0%)

1 からはどう, ともまったく

▼ れ外面~ (2, 0.0%)

1 だけしか書かれ, はすでに

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 之助, 右衛門が

▼ れ多分~ (2, 0.0%)

1 しめて, の利潤

▼ れ夜中~ (2, 0.0%)

1 にわかに北国, まで叩かれ

▼ れ夢中~ (2, 0.0%)

1 で食べて, になられ

▼ れ大き~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ れ大きく~ (2, 0.0%)

1 なってからも, 輪を

▼ れ大人~ (2, 0.0%)

1 の制, を馬鹿

▼ れ大佐~ (2, 0.0%)

1 はあまり, は唇

▼ れ大地~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ れ大家~ (2, 0.0%)

1 といわれ, の名作

▼ れ大山公爵~ (2, 0.0%)

2 と相談

▼ れ大川~ (2, 0.0%)

1 に鳴り響き, の涼み船

▼ れ大戸~ (2, 0.0%)

2 をおろし

▼ れ大明呪~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ れ大気~ (2, 0.0%)

1 が澄み, の中

▼ れ大砲~ (2, 0.0%)

1 は咆哮, を用

▼ れ大神呪~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ れ大臣~ (2, 0.0%)

1 には陸軍次官, を初め

▼ れ大隈板垣~ (2, 0.0%)

1 の両, の兩伯

▼ れ天上~ (2, 0.0%)

1 にある, の星

▼ れ天然~ (2, 0.0%)

1 の恩恵, の法則

▼ れ太平洋~ (2, 0.0%)

1 の方, の波間

▼ れ太祖~ (2, 0.0%)

1 が胸中, の言

▼ れ太鼓~ (2, 0.0%)

1 が鳴る, なんか担がせられ

▼ れ夫婦~ (2, 0.0%)

1 でもなけれ, はいたわり

▼ れ失望~ (2, 0.0%)

1 し切って, の第

▼ れ失業者~ (2, 0.0%)

1 というもの, も二百万

▼ れ失踪~ (2, 0.0%)

2 からの帰り

▼ れ奇妙~ (2, 0.0%)

1 に清らか, に痛く

▼ れ奕棋~ (2, 0.0%)

1 の勢, は緒

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 ぞ終に, にぞ哀念

▼ れ女児~ (2, 0.0%)

1 を持つ, を有

▼ れ好評~ (2, 0.0%)

1 のあった, を博した

▼ れ如何にも~ (2, 0.0%)

1 力なく, 残念と

▼ れ妖人ゴング~ (2, 0.0%)

1 のすみか, のたくらみ

▼ れ妖怪変化~ (2, 0.0%)

1 にも近い, 御ざんなれ

▼ れ妙解院殿~ (2, 0.0%)

2 へかの

▼ れ妥協~ (2, 0.0%)

1 させられるかの, し服従

▼ れ妻子~ (2, 0.0%)

1 も東京, も極刑

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 と私, は十三

▼ れ始めて~ (2, 0.0%)

1 今が, 多くの

▼ れ始末書~ (2, 0.0%)

1 でも取られたら, をとられ

▼ れ婉曲~ (2, 0.0%)

1 に言, に言いあらわされ過ぎ

▼ れ婦人自身~ (2, 0.0%)

1 その要求, の権利

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 になり, らしい連想

▼ れ嫌忌~ (2, 0.0%)

1 され害物視, せられて

▼ れ嬉し~ (2, 0.0%)

1 げに, そうに

▼ れ子ども~ (2, 0.0%)

1 は天涯, もとられ

▼ れ子どもたち~ (2, 0.0%)

1 には兄弟, もとりもどされる

▼ れ子供たち~ (2, 0.0%)

1 とは引き裂かれ, はみな

▼ れ子供ら~ (2, 0.0%)

1 の文化, は吹きっさらし

▼ れ子供達~ (2, 0.0%)

1 の去った, 迄つまらない

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 で読ん, を読む

▼ れ存在~ (2, 0.0%)

1 して, はそれ

▼ れ存続~ (2, 0.0%)

1 されて, され発達

▼ れ孤立~ (2, 0.0%)

1 されて, しながらも

▼ れ孤立化~ (2, 0.0%)

1 されて, し少数化

▼ れ学会~ (2, 0.0%)

2 から帰られた

▼ れ学者~ (2, 0.0%)

1 の間, までも国家

▼ れ宇宙~ (2, 0.0%)

1 の涯, の間

▼ れ安く~ (2, 0.0%)

1 できる日常品, 売りに

▼ れ安んぞ~ (2, 0.0%)

2 超然主義の

▼ れ安土~ (2, 0.0%)

1 の大奥, の町

▼ れ安定~ (2, 0.0%)

1 を与えられ, を得た

▼ れ安心~ (2, 0.0%)

1 して, の宿る

▼ れ安楽~ (2, 0.0%)

1 にのびのび, にはし

▼ れ宗教裁判~ (2, 0.0%)

1 に送られた, の訊問

▼ れ定義~ (2, 0.0%)

2 されること

▼ れ宝物~ (2, 0.0%)

1 の鏡, は盗まれた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 がもぎ取られ, の名

▼ れ実感~ (2, 0.0%)

1 としてそこ, のこもった

▼ れ実施~ (2, 0.0%)

1 さるべきもの, されて

▼ れ客たち~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ れ宮中府中~ (2, 0.0%)

2 の別明

▼ れ宮家~ (2, 0.0%)

1 は烈しい, へお

▼ れ家じゅう~ (2, 0.0%)

1 を笑わせた, 大乱脈

▼ れ家具~ (2, 0.0%)

1 に突き当っ, も磨かれ

▼ れ家畜~ (2, 0.0%)

1 は勝手, は掠奪

▼ れ家臣~ (2, 0.0%)

1 には裏切られ, の者

▼ れ家財~ (2, 0.0%)

1 を売れる, を奪おう

▼ れ容易~ (2, 0.0%)

1 ならぬ敵, なり

▼ れ宿~ (2, 0.0%)

1 とも唱門師, の女中

▼ れ寂しく~ (2, 0.0%)

1 取り残されて, 獄死し

▼ れ寂然~ (2, 0.0%)

1 としてその, として立っ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に護られ, の平均的

▼ れ富貴~ (2, 0.0%)

1 なりと, を捨て

▼ れ寝室~ (2, 0.0%)

1 に連れ込まれ, へ運ばれ

▼ れ寡婦~ (2, 0.0%)

1 となりぬべし, の生活

▼ れ實子~ (2, 0.0%)

2 にてもあら

▼ れ寫經~ (2, 0.0%)

2 せられた簡易

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 の境内

▼ れ専門~ (2, 0.0%)

1 の僧, の弾道学

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に来ら, 武は

▼ れ将士~ (2, 0.0%)

1 はもとより, は祝杯

▼ れ将来~ (2, 0.0%)

1 の文化, の自分

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 た安, に來らむとする議會

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 まれた, 奉せられて

▼ れ尋常~ (2, 0.0%)

1 の人間, の御飯

▼ れ小原~ (2, 0.0%)

1 で大難, の方

▼ れ小屋~ (2, 0.0%)

1 といわず, も空しく

▼ れ小林君~ (2, 0.0%)

1 の相談, も食事

▼ れ小次郎~ (2, 0.0%)

1 の顔, を白い

▼ れ小生~ (2, 0.0%)

1 なども田舎, に些少

▼ れ小腰~ (2, 0.0%)

2 をかがめ

▼ れ少なくも~ (2, 0.0%)

1 両方に, 大部分

▼ れ少女~ (2, 0.0%)

1 の喜び, わが手

▼ れ少数~ (2, 0.0%)

1 の土木学者, の良書

▼ れ尖鋭化~ (2, 0.0%)

1 される, する形勢

▼ れ尤も~ (2, 0.0%)

1 らしくして, 強し

▼ れ尾崎氏~ (2, 0.0%)

2 の位地

▼ れ居間~ (2, 0.0%)

2 に散らばる

▼ れ屋根廂~ (2, 0.0%)

1 の摧飛, の摧飛ばん

▼ れ屍体~ (2, 0.0%)

1 は石, を自己

▼ れ屍體~ (2, 0.0%)

1 をそこ, を離れ去れ

▼ れ展墓~ (2, 0.0%)

2 と親戚

▼ れ展覧会~ (2, 0.0%)

1 の出品, も頻りに

▼ れ屡々~ (2, 0.0%)

1 飄然と, 首を

▼ れ山の手~ (2, 0.0%)

2 の親類

▼ れ山路~ (2, 0.0%)

1 に惑, に踏み

▼ れ山路将監~ (2, 0.0%)

1 は加藤孫六, までが敵

▼ れ岩石~ (2, 0.0%)

1 という岩石, と切木株

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 は落ち, は躍り

▼ れ崩壊~ (2, 0.0%)

1 されたの, して

▼ れ巡査~ (2, 0.0%)

2 が家毎

▼ れ巣鴨~ (2, 0.0%)

2 の梅屋敷

▼ れ工員たち~ (2, 0.0%)

2 も全部着席

▼ れ工業~ (2, 0.0%)

1 に応用, も起こり

▼ れ左側~ (2, 0.0%)

1 には六つ, には未

▼ れ左様~ (2, 0.0%)

1 ならば, ならばと

▼ れ巧み~ (2, 0.0%)

1 に, に利用

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 には労働運動, の辻

▼ れ巾着~ (2, 0.0%)

2 は少し

▼ れ市中~ (2, 0.0%)

1 にも数日, をいきつく

▼ れ市場~ (2, 0.0%)

1 に出, の買出し

▼ れ市民~ (2, 0.0%)

1 の安寧維持, はまた

▼ れ布団~ (2, 0.0%)

1 の綴糸, をはねのけ

▼ れ希望~ (2, 0.0%)

1 されて, を満たせ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 をとい, 切らしゃるな

▼ れ帯刀苗字御免さし~ (2, 0.0%)

2 つづきしづめ候

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 が張られ

▼ れ幕末~ (2, 0.0%)

1 のあの, まで決して

▼ れ平和~ (2, 0.0%)

1 な時期, の使命

▼ れ平四郎~ (2, 0.0%)

1 が奸邪, の如き

▼ れ平坦~ (2, 0.0%)

1 にし, になり

▼ れ平家~ (2, 0.0%)

1 の嫡流, の者

▼ れ平常~ (2, 0.0%)

1 から孫右衛門殿, 心が

▼ れ平生氏~ (2, 0.0%)

2 を知る

▼ れ年賀~ (2, 0.0%)

2 の人

▼ れ幸不幸~ (2, 0.0%)

1 はただ, や天気模様

▼ れ幻滅~ (2, 0.0%)

2 を味

▼ れ幻燈~ (2, 0.0%)

1 のよう, の絵

▼ れ幼い~ (2, 0.0%)

1 妹の, 時腫物を

▼ れ幼き~ (2, 0.0%)

1 我を, 日より

▼ れ幾何~ (2, 0.0%)

1 かの金, もなく

▼ れ幾多~ (2, 0.0%)

1 のイーリアス, のセンチメンタル

▼ れ幾百年~ (2, 0.0%)

2 を経た

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 さは, さ三尺も

▼ れ広汎~ (2, 0.0%)

1 な反, な現実

▼ れ床几~ (2, 0.0%)

1 が畳まれた, はそこ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 だと, に無常

▼ れ度い~ (2, 0.0%)

1 という気持, の

▼ れ座敷~ (2, 0.0%)

1 から外, へ上る

▼ れ廃人~ (2, 0.0%)

1 と言われ, の待遇

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 いて, 元三年

▼ れ廿七日~ (2, 0.0%)

1 には敦賀, に至っ

▼ れ弁舌~ (2, 0.0%)

1 に驚き, の雄

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が終っ, のあらまし

▼ れ式場~ (2, 0.0%)

2 は既に

▼ れ引き~ (2, 0.0%)

1 つづいて, むしられたか

▼ れ引摺り~ (2, 0.0%)

1 まは, 上げられるよう

▼ れ引続き~ (2, 0.0%)

1 ロウマの, 陸奥

▼ れ弟さん~ (2, 0.0%)

1 もありました, も死なれた

▼ れ張店~ (2, 0.0%)

1 がなく, がなくなっ

▼ れ強い~ (2, 0.0%)

1 てこれ, 感激を以て

▼ れ強制~ (2, 0.0%)

1 され奨励, を受ける

▼ れ強奪~ (2, 0.0%)

1 された金額, せられて

▼ れ弾丸~ (2, 0.0%)

1 の勘定, の集中

▼ れ形成~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 はくっきり, も姿

▼ れ影響~ (2, 0.0%)

1 された地形的構造, され来って

▼ れ彼ら自身~ (2, 0.0%)

1 が消費, の剣

▼ れ彼方~ (2, 0.0%)

1 の農家, へ歩き

▼ れ後々~ (2, 0.0%)

1 の事心配, は流人

▼ れ後年郷里~ (2, 0.0%)

2 の家君

▼ れ後援~ (2, 0.0%)

1 されて, の意

▼ れ後頭部~ (2, 0.0%)

1 にいきなり, をひどく

▼ れ徒刑場~ (2, 0.0%)

1 が再び, では狐

▼ れ從つて~ (2, 0.0%)

1 あらゆる媒介的規定, また勞働階級解放

▼ れ御前~ (2, 0.0%)

2 において盃

▼ れ御馳走~ (2, 0.0%)

1 になつた上, になる

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 つせば, りせば

▼ れ徳川幕府~ (2, 0.0%)

1 は十五代, をひ

▼ れ心から~ (2, 0.0%)

1 共鳴する, 親しまれ可愛がられると

▼ れ心ならずも~ (2, 0.0%)

1 見舞を, 誤って

▼ れ心地~ (2, 0.0%)

1 の好い, を表す

▼ れ心細く~ (2, 0.0%)

1 て心細く, も漸

▼ れ心配~ (2, 0.0%)

1 して, にもなっ

▼ れ必ずしも~ (2, 0.0%)

1 愚に, 聖に

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が応, われて

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の緒, 返の

▼ れ忙しく~ (2, 0.0%)

1 出発の, 機敏な

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 と云え, と云っ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 れしくな, れしくなつ

▼ れ性格~ (2, 0.0%)

1 づけられたもの, は血

▼ れ性質~ (2, 0.0%)

1 は戀, も忘却

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 やかされ旅, ゆるもの

▼ れ恋人~ (2, 0.0%)

1 が愛する, には遠く

▼ れ恐く~ (2, 0.0%)

1 は政治的数学, は政治的數學

▼ れ恐らく~ (2, 0.0%)

1 一個の, 偶然には

▼ れ恐ろしく~ (2, 0.0%)

1 さえ思う, 高いもの

▼ れ息子~ (2, 0.0%)

1 とは仲, をころされ

▼ れ悪人~ (2, 0.0%)

1 だと, ながら小平

▼ れ悪漢ども~ (2, 0.0%)

1 はあゝ, も相撲取

▼ れ悪童ども~ (2, 0.0%)

2 の投げつける

▼ れ悲し~ (2, 0.0%)

1 さも, そうな

▼ れ悲しい~ (2, 0.0%)

1 人事では, 語の

▼ れ情婦~ (2, 0.0%)

1 となっ, は生きた

▼ れ情熱~ (2, 0.0%)

1 の放散, の諸相

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 たる血, 虐者として

▼ れ惨め~ (2, 0.0%)

1 な敗亡, にも

▼ れ愈々~ (2, 0.0%)

1 四月の, 検事の

▼ れ意地~ (2, 0.0%)

1 の悪い, 悪い屈辱的

▼ れ意気地~ (2, 0.0%)

1 なくよろめいた, のない

▼ れ意見~ (2, 0.0%)

1 されて, を求められた

▼ れ愚弄~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ愚痴~ (2, 0.0%)

1 と卑屈, の人

▼ れ愛刀志津三郎~ (2, 0.0%)

2 の目釘

▼ れ感じ~ (2, 0.0%)

1 悪し, 深く現われ

▼ れ感動~ (2, 0.0%)

1 されるの, した心持

▼ れ感受~ (2, 0.0%)

1 されるもの, せられし如く

▼ れ感情~ (2, 0.0%)

1 の機微, は押しつぶされ

▼ れ慾張り~ (2, 0.0%)

2 とも言われた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 るれば, を天

▼ れ憎く~ (2, 0.0%)

1 き佞者め, さえ思われる

▼ れ憲法政治~ (2, 0.0%)

2 の危機

▼ れ戀人くちびる~ (2, 0.0%)

2

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 程と一部, 程自分

▼ れ成仏~ (2, 0.0%)

1 せじという, せんもし

▼ れ成都~ (2, 0.0%)

1 にいられなくなり, の佳

▼ れ我国~ (2, 0.0%)

1 の宜しく, の文化

▼ れ我牧塲~ (2, 0.0%)

1 なるかと, に向う

▼ れ我邦~ (2, 0.0%)

1 でも, にも輸入

▼ れ戦場~ (2, 0.0%)

1 の外, へ行っ

▼ れ手当~ (2, 0.0%)

1 をくわえられ, を受けた

▼ れ手術室~ (2, 0.0%)

1 にはひる, の控室

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 鐘の

▼ れ批判的~ (2, 0.0%)

1 な眼, にとりあげられなけれ

▼ れ技術的~ (2, 0.0%)

1 な面, にも高まっ

▼ れ把握~ (2, 0.0%)

1 された喜悦, されて

▼ れ抹殺~ (2, 0.0%)

1 さるべきも, せらる

▼ れ拒絶~ (2, 0.0%)

1 された私, されて

▼ れ拘束~ (2, 0.0%)

1 さるべき人間, されて

▼ れ拷問~ (2, 0.0%)

1 のビンタ, の苦痛

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 ひあげて

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 して, 重して

▼ れ持前~ (2, 0.0%)

1 の思惟, の愛嬌

▼ れ指紋~ (2, 0.0%)

1 の隆線, をとられ

▼ れ捕縛~ (2, 0.0%)

1 された, され投獄

▼ れ捕虜~ (2, 0.0%)

1 となっ, は毎日

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 にのする, を揉み

▼ れ排星運動~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 かつてゐる, をした

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ れ描写~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ摂取~ (2, 0.0%)

1 されて, せられるの

▼ れ支那人~ (2, 0.0%)

1 があゝ, にはすぐ

▼ れ支那朝鮮~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ れ支離滅裂~ (2, 0.0%)

1 に討ち減らされ, をきわめ

▼ れ攻撃~ (2, 0.0%)

1 されてるの, を受ける

▼ れ放棄~ (2, 0.0%)

1 されて, せられ無視

▼ れ放浪~ (2, 0.0%)

1 して, と漂泊

▼ れ放逐~ (2, 0.0%)

1 されようと, され狩り

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に参与, の中枢

▼ れ政務~ (2, 0.0%)

1 の御, を譲らる

▼ れ政治的~ (2, 0.0%)

1 退隠者, 退隱者

▼ れ政治的射利~ (2, 0.0%)

2 の弊風一たび行

▼ れ政界~ (2, 0.0%)

2 の革新

▼ れ故人~ (2, 0.0%)

1 になつ, の恋し

▼ れ救済~ (2, 0.0%)

1 された自然, せられたもの

▼ れ教会~ (2, 0.0%)

1 や学校, を接収

▼ れ教区~ (2, 0.0%)

1 の援助, の課税

▼ れ教師~ (2, 0.0%)

1 には鞭撻, もやめ

▼ れ教授~ (2, 0.0%)

1 せられて, せられる諸国

▼ れ教育界~ (2, 0.0%)

1 から頻りに, から顰蹙

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 えなく, て寧処

▼ れ敬愛~ (2, 0.0%)

1 されて, される的

▼ れ数千~ (2, 0.0%)

1 の白馬, の重囲

▼ れ数学者~ (2, 0.0%)

1 が人知らず辛棒, が重んぜられた

▼ れ数年来~ (2, 0.0%)

1 この文学運動, の文学

▼ れ整備~ (2, 0.0%)

1 されるべき時期, されるもの

▼ れ敵機~ (2, 0.0%)

1 がはじめて, の攻撃

▼ れ文句~ (2, 0.0%)

2 なしに

▼ れ文法~ (2, 0.0%)

1 の樣, の間違い

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 しく牲

▼ れ料理~ (2, 0.0%)

2 や酒

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 持てる者斧

▼ れ断乎~ (2, 0.0%)

1 としてこの, として民衆

▼ れ断罪~ (2, 0.0%)

1 されるとき, まで十年

▼ れ新しく~ (2, 0.0%)

1 また再, 門下に

▼ れ新吉~ (2, 0.0%)

1 はお, は何

▼ れ新宿~ (2, 0.0%)

1 のところ, の大木戸邊

▼ れ新年~ (2, 0.0%)

2 の旦

▼ れ新橋~ (2, 0.0%)

1 の森川家, より大阪行

▼ れ新町~ (2, 0.0%)

1 の北松, の吉花

▼ れ新聞社~ (2, 0.0%)

1 でも大いに, と出版労働者

▼ れ方向~ (2, 0.0%)

1 をお, をととのえ

▼ れ方自身~ (2, 0.0%)

2 から云え

▼ れ日傭取~ (2, 0.0%)

1 に出ようたつ, のやう

▼ れ日常~ (2, 0.0%)

1 の感嘆詞, の生活

▼ れ日影~ (2, 0.0%)

2 の凹地

▼ れ日本アルプス~ (2, 0.0%)

1 に分け入っ, の重鎮

▼ れ日本語~ (2, 0.0%)

1 で演ぜられる, の発音

▼ れ日附~ (2, 0.0%)

1 が入れられ, が認められ

▼ れ日頃~ (2, 0.0%)

1 いっそう大切, この御

▼ れ旭日~ (2, 0.0%)

2 にかがやい

▼ れ明らか~ (2, 0.0%)

1 にあの, に服

▼ れ昔ながら~ (2, 0.0%)

1 の廃れかけた, の廢

▼ れ星亨氏~ (2, 0.0%)

2 なり彼

▼ れ是正~ (2, 0.0%)

1 された, されて

▼ れ是等~ (2, 0.0%)

1 の雜沓中, の領域

▼ れ是非~ (2, 0.0%)

1 せられ猶且つ, にも何

▼ れ昼時他~ (2, 0.0%)

2 の者達

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の温習, も夜

▼ れ晩年~ (2, 0.0%)

1 には聖書, をこと

▼ れ普及~ (2, 0.0%)

1 されたもの, されて

▼ れ晴れ~ (2, 0.0%)

1 と顔, の都門凱旋

▼ れ智力~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ れ智者~ (2, 0.0%)

1 は智, は未だ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 もそのまま, 近くなっ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 は兩眼, 道の

▼ れ暗示~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ暗記~ (2, 0.0%)

1 されすでに再三, の上

▼ れ暫らく~ (2, 0.0%)

1 してから, するうち

▼ れ曰く先生~ (2, 0.0%)

1 の英国憲法, の英國憲法

▼ れ曰く我~ (2, 0.0%)

2 れは

▼ れ曲者~ (2, 0.0%)

1 がゐなく, は戸

▼ れ更にもう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 一回行われる

▼ れ更ら~ (2, 0.0%)

1 にその, に樺太アイヌ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 も實, を取出し

▼ れ書院~ (2, 0.0%)

1 の, の大戸

▼ れ書面~ (2, 0.0%)

1 も沢庵, を添え

▼ れ曹操~ (2, 0.0%)

1 の中軍, はその

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 旧教の, 著名の

▼ れ最う~ (2, 0.0%)

2 いくら此子

▼ れ月代~ (2, 0.0%)

1 は百日鬘, をのばし

▼ れ月光~ (2, 0.0%)

1 に家並, に浮く

▼ れ有害~ (2, 0.0%)

2 なバイキン

▼ れ有難う~ (2, 0.0%)

1 存じました, 存じます左様

▼ れ有難く~ (2, 0.0%)

1 存上候, 御礼申し上げ

▼ れ有頂天~ (2, 0.0%)

1 の歓喜, の歡喜

▼ れ朋友~ (2, 0.0%)

1 の手前, を怖

▼ れ服装~ (2, 0.0%)

1 の選択範囲, もきびしく

▼ れ朝野~ (2, 0.0%)

2 の政治家

▼ れ朦朧~ (2, 0.0%)

1 たる満月, と四方

▼ れ木工部~ (2, 0.0%)

2 や舵輪

▼ れ木彫~ (2, 0.0%)

1 は竹内久一先生, も有名

▼ れ木魚~ (2, 0.0%)

1 に圧, の音

▼ れ未だに~ (2, 0.0%)

1 帰って, 死骸が

▼ れ本当~ (2, 0.0%)

1 か俺, のよう

▼ れ本文~ (2, 0.0%)

1 のはじめ, 第二パラグラフ

▼ れ本部~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, へ報告

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 に染まっ

▼ れ机博士~ (2, 0.0%)

1 はいっぺんに, は十分自信

▼ れ杉山衛生課長~ (2, 0.0%)

1 からその, の説明

▼ れ村松~ (2, 0.0%)

1 には凶器, は白玉

▼ れ村重~ (2, 0.0%)

1 からも誘われ, の指図

▼ れ杜絶~ (2, 0.0%)

1 した, れにしか

▼ れ条約~ (2, 0.0%)

1 によって再建, の第

▼ れ来世~ (2, 0.0%)

1 で受ける, に関わる

▼ れ松原~ (2, 0.0%)

1 と弟日娘, の藁屋

▼ れ松火~ (2, 0.0%)

1 が点され, も隠れ

▼ れ板垣伯~ (2, 0.0%)

2 は始めて

▼ れ林中~ (2, 0.0%)

1 に住む, に死に瀕す

▼ れ果たして~ (2, 0.0%)

1 孝なる, 忠なる

▼ れ枝葉~ (2, 0.0%)

1 に行手, は降灰

▼ れ染五郎~ (2, 0.0%)

2 と逢引

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 かな土, に身

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 しぼりの, の根がた

▼ れ栄子~ (2, 0.0%)

2 も呼び出された

▼ れ根神~ (2, 0.0%)

2 のあ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 から兎, のお

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 と申す, なんぞ噛

▼ れ森林~ (2, 0.0%)

1 の中, は荒らされる

▼ れ植木屋~ (2, 0.0%)

1 から粕谷, の職人

▼ れ植物学科~ (2, 0.0%)

2 は矢田部良吉先生

▼ れ検事~ (2, 0.0%)

1 に思想係, も心

▼ れ検事局~ (2, 0.0%)

1 で訊問, の堂々たる

▼ れ極力~ (2, 0.0%)

1 その智識, 栽培に

▼ れ模倣~ (2, 0.0%)

1 されるべき或, されるよう

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 として恁, をせ

▼ れ横ざま~ (2, 0.0%)

2 に長く

▼ れ横笛~ (2, 0.0%)

1 ならん, を吹いてる

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 を伺う, を失っ

▼ れ欄干越し~ (2, 0.0%)

2 に庭

▼ れ次々~ (2, 0.0%)

1 と三度, に投げ込まれた

▼ れ次第~ (2, 0.0%)

1 にて若, の花

▼ れ欧洲~ (2, 0.0%)

1 では動物, の女優

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 されして, むかれて

▼ れ欺瞞~ (2, 0.0%)

1 され遂に, に立った

▼ れ止絶~ (2, 0.0%)

2 れに

▼ れ正しい~ (2, 0.0%)

1 値段で, 春の

▼ れ正成~ (2, 0.0%)

1 が心, のこもる

▼ れ正直~ (2, 0.0%)

1 な妻, にし

▼ れ此儀~ (2, 0.0%)

1 しかと心得よ, のみは御

▼ れ此處~ (2, 0.0%)

1 にと指さす, に住まるべし

▼ れ武具~ (2, 0.0%)

1 の新調, を剥

▼ れ武装~ (2, 0.0%)

1 されること, した学生

▼ れ歩兵~ (2, 0.0%)

1 と警察隊, また騎兵

▼ れ歪曲~ (2, 0.0%)

1 された, されてるか

▼ れ歴史的~ (2, 0.0%)

1 に伝えられる, に伝承

▼ れ死地~ (2, 0.0%)

1 に勇進, に追い込まれた

▼ れ殆ど侯~ (2, 0.0%)

2 ありて

▼ れ残余~ (2, 0.0%)

1 の時間, は力つき

▼ れ残念~ (2, 0.0%)

2 でなりません

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 りの, るは

▼ れ殺人~ (2, 0.0%)

1 が行われる, はその

▼ れ毎晩~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ れ毎朝~ (2, 0.0%)

1 のよう, 御得意先

▼ れ比較~ (2, 0.0%)

1 され何かと, せられて

▼ れ毫も~ (2, 0.0%)

2 伯の

▼ れ民衆化~ (2, 0.0%)

2 され平凡化

▼ れ気の毒~ (2, 0.0%)

1 であるとも, な老

▼ れ水薬~ (2, 0.0%)

1 で含嗽, と粉薬

▼ れ水路~ (2, 0.0%)

1 もならぬ, も塞がれ

▼ れ水雷型~ (2, 0.0%)

2 の筆立

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 につけられる

▼ れ永い~ (2, 0.0%)

1 時代に, 間旅で

▼ れ永く~ (2, 0.0%)

1 物置場に, 配給に

▼ れ永劫~ (2, 0.0%)

1 に揺ぎ, の迷い

▼ れ汝ら~ (2, 0.0%)

1 が頭, に歳

▼ れ汝等~ (2, 0.0%)

1 に告げん, まさに一心に観世音菩薩

▼ れ江戸時代~ (2, 0.0%)

1 には売, のもの

▼ れ江潮~ (2, 0.0%)

2 起たず白蛇世

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の中, の周囲

▼ れ決定~ (2, 0.0%)

1 されたもの, される

▼ れ決心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ れ沖釣~ (2, 0.0%)

2 に行く

▼ れ法皇~ (2, 0.0%)

1 はローマ, もまた

▼ れ泥だらけ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ れ泰勝院殿御~ (2, 0.0%)

2 笑いなされ先

▼ れ泰然~ (2, 0.0%)

1 として梅やを大声, と新聞

▼ れ洛内~ (2, 0.0%)

1 の灯, の食糧

▼ れ活動~ (2, 0.0%)

1 せられた時代そのもの, に付随

▼ れ活用~ (2, 0.0%)

1 されて, せられたのみ

▼ れ浪士~ (2, 0.0%)

1 とされ, の一人

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ れ浮舟~ (2, 0.0%)

1 の女君, は悲しかっ

▼ れ海中~ (2, 0.0%)

1 になげこまれた, へひきこまれ

▼ れ海亀~ (2, 0.0%)

2 の甲羅

▼ れ海底~ (2, 0.0%)

1 に運び去られ, 深く没し

▼ れ海軍~ (2, 0.0%)

1 からは中身, の将官

▼ れ浸透~ (2, 0.0%)

1 して, せられること

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 残る樹間, 魂しい

▼ れ消滅~ (2, 0.0%)

1 しつつ, する

▼ れ淀屋~ (2, 0.0%)

1 の巨財, の独楽

▼ れ淋し~ (2, 0.0%)

2 さは

▼ れ淡い~ (2, 0.0%)

1 光の, 間接照明を

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 まつて, 傷を

▼ れ混乱~ (2, 0.0%)

1 させられる, されたとは

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 におみやげ, 大喜び

▼ れ清少納言~ (2, 0.0%)

1 の, も穢

▼ れ清涼~ (2, 0.0%)

1 の気, の法莚

▼ れ清淨~ (2, 0.0%)

1 に横, の月

▼ れ渇望~ (2, 0.0%)

1 される, される協力

▼ れ渋々~ (2, 0.0%)

1 ながら彼, 応じるよう

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が生涯, の胸

▼ れ渾然~ (2, 0.0%)

1 たる同化融合, とした

▼ れ湖水~ (2, 0.0%)

1 を湛えた, を見せ

▼ れ満足~ (2, 0.0%)

1 させられること, される或

▼ れ源次郎~ (2, 0.0%)

1 は忍び姿, は暫し

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が黄金, で澄みわたった

▼ れ漢帝~ (2, 0.0%)

1 の代々, を民間

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が満ち, をしりぞける

▼ れ濁り~ (2, 0.0%)

2 なき血

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 州に, 煙霧後晴

▼ れ濃い~ (2, 0.0%)

1 眉だけが, 紫と

▼ れ濛々~ (2, 0.0%)

1 と空, と雲

▼ れ火花~ (2, 0.0%)

1 が夕闇, のよう

▼ れ火鍋~ (2, 0.0%)

2 を冠ら

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 は消え

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になろう

▼ れ炭火~ (2, 0.0%)

1 のよう, をいけ

▼ れ点取虫~ (2, 0.0%)

1 のくせ, の癖

▼ れ烏帽子~ (2, 0.0%)

1 を着, を賜わっ

▼ れ無上呪~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ れ無念~ (2, 0.0%)

1 の至り, やるかた

▼ れ無意義~ (2, 0.0%)

1 の誠実, の誠實

▼ れ無慙~ (2, 0.0%)

1 なる刺客, な死

▼ れ無残~ (2, 0.0%)

1 な戦死, な死

▼ れ然し~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 肉慾の

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の出る, よ

▼ れ煙突~ (2, 0.0%)

1 からも落ちる, は斜め

▼ れ煙管~ (2, 0.0%)

1 で胸, とつてやつ

▼ れ煙草~ (2, 0.0%)

1 がす, が好き

▼ れ煽動家~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ れ熱狂~ (2, 0.0%)

1 した観客, して

▼ れ燈火~ (2, 0.0%)

1 が私, は風

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 かる, かるべき身なり

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 して, 來竹島え

▼ れ爾来~ (2, 0.0%)

1 名声は, 戯曲を

▼ れ片手~ (2, 0.0%)

1 で傷口, には倒れ

▼ れ片方~ (2, 0.0%)

1 が殘つた場合, に十人づつ

▼ れ片足~ (2, 0.0%)

1 の靴, を左側

▼ れ版権~ (2, 0.0%)

2 はモース先生自身

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 のそれ, や馬

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に投げこまれた, のよう

▼ れ牢人~ (2, 0.0%)

1 の住み, の赤壁八十馬

▼ れ牢屋~ (2, 0.0%)

1 にいれられ, へいれられた

▼ れ牢獄~ (2, 0.0%)

1 につながれる, の役員

▼ れ物価騰貴~ (2, 0.0%)

1 とその, と失業

▼ れ犠牲~ (2, 0.0%)

1 となり, を焚く

▼ れ状態~ (2, 0.0%)

1 に変っ, は回復

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 れしいの, れしく近寄って

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 につままれた, に憑かれる

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 する時, の獲物

▼ れ独特~ (2, 0.0%)

1 なそして, の一系統

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の子, をたのん

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が子守, ん坊

▼ れ獄中~ (2, 0.0%)

1 で死んだ, の人々

▼ れ獄中生活~ (2, 0.0%)

1 におかれ, をし

▼ れ獲得~ (2, 0.0%)

1 したる結果, せられる合計量

▼ れ玉垣~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ れ王民~ (2, 0.0%)

1 なり, にし

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 らしく夕餐留守, らしく波瀾

▼ れ珍しく~ (2, 0.0%)

1 一九は, 雄弁に

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 内閣書記官長安廣伴一郎氏は, 實主義のみ

▼ れ現世~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ れ現世的~ (2, 0.0%)

2 に堕落

▼ れ現状~ (2, 0.0%)

1 にひどい, に思い

▼ れ理想~ (2, 0.0%)

2 を沒却

▼ れ理論~ (2, 0.0%)

1 が出来上る, の絶対

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 がやんだ, を弾く

▼ れ瓦礫~ (2, 0.0%)

1 が掘り出され, を抛りこまれ

▼ れ生存~ (2, 0.0%)

1 に適する, を脅かされた

▼ れ生気~ (2, 0.0%)

1 を失っ, を失った

▼ れ生活感情~ (2, 0.0%)

1 も流れあっ, を圧しつけられ

▼ れ生涯~ (2, 0.0%)

1 つらい野良仕事, を神

▼ れ生産~ (2, 0.0%)

1 の義務, は低下

▼ れ生計~ (2, 0.0%)

1 の道, も破壊

▼ れ田舎~ (2, 0.0%)

1 の家, の宿屋

▼ れ田辺~ (2, 0.0%)

1 も崇拝者, 御籠城

▼ れ甲板~ (2, 0.0%)

1 に転がっ, は一面

▼ れ男爵~ (2, 0.0%)

1 をも授けられ, を授けられました

▼ れ画架~ (2, 0.0%)

2 には新

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 こみ従おうと, んでスウプ

▼ れ畑仕事~ (2, 0.0%)

2 は女

▼ れ留守~ (2, 0.0%)

1 のお母さん, をし

▼ れ留置場~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, の外

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に畝, の粟

▼ れ異人~ (2, 0.0%)

1 の伝統, の取引

▼ れ痛い~ (2, 0.0%)

1 ッと, 目に

▼ れ痛く~ (2, 0.0%)

1 恐れ悲しむ, 細君に

▼ れ療治~ (2, 0.0%)

1 の手, を済ませ

▼ れ癇張声~ (2, 0.0%)

2 に胆

▼ れ発掘~ (2, 0.0%)

1 されるかも, せる木根所々

▼ れ發達~ (2, 0.0%)

2 もするで有らう

▼ れ白き~ (2, 0.0%)

1 百合の, 荊棘の

▼ れ白布~ (2, 0.0%)

1 で巻かれた, の上

▼ れ白鳥~ (2, 0.0%)

2 の島

▼ れ百万石~ (2, 0.0%)

1 の知行, を領する

▼ れ百姓町人~ (2, 0.0%)

1 がその, でなくば

▼ れ百難~ (2, 0.0%)

1 をこえ, を共に

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 になっ, 無きの

▼ れ皇位~ (2, 0.0%)

1 にたいしての不敬, も譲っ

▼ れ皇子~ (2, 0.0%)

1 は世, は大

▼ れ皇室~ (2, 0.0%)

1 に関すること, の横

▼ れ皇帝~ (2, 0.0%)

1 が勝手口, も負傷

▼ れ皮肉~ (2, 0.0%)

1 なるドガア, になり

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が来た, の帳合

▼ れ盗賊~ (2, 0.0%)

1 の追, の道

▼ れ目玉~ (2, 0.0%)

1 の黒, を白黒

▼ れ目的~ (2, 0.0%)

1 のきめられた, は果たせる

▼ れ盲目~ (2, 0.0%)

1 となされ, になり

▼ れ直感~ (2, 0.0%)

1 される, する

▼ れ直接~ (2, 0.0%)

1 あるいは間接, 大きな影響

▼ れ相互~ (2, 0.0%)

1 の反目, の責任

▼ れ相応~ (2, 0.0%)

1 の力量人格, の勤

▼ れ相談~ (2, 0.0%)

1 できず独り, の相手

▼ れ真中~ (2, 0.0%)

1 に煙筒, に艪

▼ れ真珠~ (2, 0.0%)

1 と黄金, をちりばめられ

▼ れ真面目~ (2, 0.0%)

1 なこと, な考察

▼ れ着のみ着のまま~ (2, 0.0%)

1 のもの, 命からがらの

▼ れ矢代~ (2, 0.0%)

1 の前, は花どき

▼ れ知己~ (2, 0.0%)

1 との会食, に遇わずん

▼ れ矯正~ (2, 0.0%)

1 される, されるの

▼ れ破門~ (2, 0.0%)

1 せられた雷蔵, のよう

▼ れ硝子~ (2, 0.0%)

1 ががちゃんと, の寄集め

▼ れ確か~ (2, 0.0%)

2 に目下

▼ れ確実~ (2, 0.0%)

1 なこと, にされました

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 を投ずる, 多く燈

▼ れ礼儀~ (2, 0.0%)

1 に拘, 正しいダンス

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の講堂, も宏壯

▼ れ社交界~ (2, 0.0%)

1 から追放, の貴婦人

▼ れ社稷~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ れ神殿~ (2, 0.0%)

1 は緑, を固定

▼ れ神社~ (2, 0.0%)

1 の境内, の神体

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の後, や式

▼ れ祭壇~ (2, 0.0%)

1 があった, に向っ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 を奪われ, を減ぜられた

▼ れ私一人~ (2, 0.0%)

1 の好み, の自白

▼ れ私恩~ (2, 0.0%)

2 は以

▼ れ私達夫婦~ (2, 0.0%)

1 は古澤先生, は御

▼ れ秋山其方~ (2, 0.0%)

2 の仕業

▼ れ科学~ (2, 0.0%)

1 の国際性, は新聞紙上

▼ れ科学者~ (2, 0.0%)

1 こそは謂, としての燃焼

▼ れ秒時~ (2, 0.0%)

2 に立案

▼ れ称讃~ (2, 0.0%)

2 されること

▼ れ程よい~ (2, 0.0%)

1 滋味の, 重しが

▼ れ稗史~ (2, 0.0%)

1 の好, の絶好資料

▼ れ稽古~ (2, 0.0%)

1 に行った, をつけ

▼ れ空しく~ (2, 0.0%)

1 恨を, 月日を

▼ れ空空~ (2, 0.0%)

1 は即ち, 即ち是

▼ れ空籠~ (2, 0.0%)

1 がほうりだされ, が艀

▼ れ空腹~ (2, 0.0%)

1 した私, も忘れ

▼ れ突き~ (2, 0.0%)

1 まくられて, やられ怒涛

▼ れ突立~ (2, 0.0%)

1 たせられて, って四方

▼ れ立憲政治家~ (2, 0.0%)

2 より藩閥政治家

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に彼ら, に日本

▼ れ笑止~ (2, 0.0%)

1 ともお, の表情

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 うたれ獄, 打たれた

▼ れ笠置~ (2, 0.0%)

1 に籠り, の城

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 の葉

▼ れ箱根~ (2, 0.0%)

2 の温泉

▼ れ築城~ (2, 0.0%)

1 などという言葉, などといふ言葉

▼ れ簡単~ (2, 0.0%)

1 な言葉, な食事

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 いりに, は五分作

▼ れ米櫃~ (2, 0.0%)

1 に責められ, の米

▼ れ粗悪~ (2, 0.0%)

1 な品, な品物

▼ れ精確~ (2, 0.0%)

1 なる科学的智識, なる科學的智識

▼ れ精神~ (2, 0.0%)

1 によつて完成, のよろこび

▼ れ精神的~ (2, 0.0%)

1 にも行動的, に殺され

▼ れ精錬~ (2, 0.0%)

1 された貯蔵所, され省略化

▼ れ糧食~ (2, 0.0%)

1 は徴発, を断たれ

▼ れ系統~ (2, 0.0%)

1 づけられること, 立てて

▼ れ純粋~ (2, 0.0%)

1 に保, の天然物素

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の庵, 微中台

▼ れ細長い~ (2, 0.0%)

1 屈曲した, 而かも

▼ れ紳士~ (2, 0.0%)

1 と言われ, は一応

▼ れ紹介~ (2, 0.0%)

1 される父君, され応用

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 には電信, ひに

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の先頭, の誰

▼ れ経済的~ (2, 0.0%)

1 には日本資本, にも社会的

▼ れ統御~ (2, 0.0%)

1 されたの, されて

▼ れ絶対~ (2, 0.0%)

1 に失調, の信用

▼ れ綜合的~ (2, 0.0%)

1 な雪氷研究所, に研究

▼ れ綺麗~ (2, 0.0%)

1 な列, な物語りの

▼ れ総長~ (2, 0.0%)

2 の好意

▼ れ緑色~ (2, 0.0%)

1 の海草, の笠

▼ れ編笠~ (2, 0.0%)

1 をかぶらなけれ, を足もと

▼ れ練習~ (2, 0.0%)

2 された方式

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 か一日, に残喘

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 として病室, として鉢

▼ れ美しく~ (2, 0.0%)

1 ない娘, 頭を

▼ れ美貌~ (2, 0.0%)

1 と器用さ, はけがされ

▼ れ羨まし~ (2, 0.0%)

2 がられて

▼ れ羨望~ (2, 0.0%)

1 されて, せられた者

▼ れ義人~ (2, 0.0%)

2 若くは

▼ れ義理~ (2, 0.0%)

1 でもなけれ, の弟

▼ れ羽根~ (2, 0.0%)

1 に黒いま, を突い

▼ れ翌朝~ (2, 0.0%)

1 かねて打合せ, まで空腹

▼ れ翻訳~ (2, 0.0%)

2 されたの

▼ れ老年~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ れ考え~ (2, 0.0%)

1 は絶えず, も及ばない

▼ れ聊か~ (2, 0.0%)

1 も野心, 行悩める如き有様

▼ れ聖人~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の躓く

▼ れ肩先~ (2, 0.0%)

2 少し切り

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 で咳, ばかりになった

▼ れ胸中~ (2, 0.0%)

2 の閑日月

▼ れ脇息~ (2, 0.0%)

1 におよりあそばし, に煙草盆

▼ れ腰骨~ (2, 0.0%)

2 をいや

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 には毛, は容易

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を没せ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の下

▼ れ自らこれ~ (2, 0.0%)

1 を却, を解い

▼ れ自らスコップ~ (2, 0.0%)

2 を握っ

▼ れ自ら絵事~ (2, 0.0%)

2 の心得

▼ れ自分たち~ (2, 0.0%)

1 の伸間, の権限

▼ れ自動車~ (2, 0.0%)

1 の広い, 揺られ

▼ れ自意識~ (2, 0.0%)

1 されて, の弛緩

▼ れ自殺~ (2, 0.0%)

1 するという, する家族

▼ れ自滅~ (2, 0.0%)

1 せしめられて, を待っ

▼ れ自覚~ (2, 0.0%)

1 して, を加えられた

▼ れ自転車~ (2, 0.0%)

1 に乗っ, に乗つ

▼ れ至極~ (2, 0.0%)

1 周辺に, 陽気に

▼ れ船脚~ (2, 0.0%)

1 が加わった, は急

▼ れ艇内~ (2, 0.0%)

1 の惡分子, は空気

▼ れ艱難~ (2, 0.0%)

1 が烈しけれ, に取りまかれた

▼ れ色とりどり~ (2, 0.0%)

1 に飾られた, の寝具

▼ れ花びら~ (2, 0.0%)

1 のひらひら, をよごし

▼ れ花火~ (2, 0.0%)

1 が打ち揚げられる, ももう

▼ れ花瓶~ (2, 0.0%)

1 には花, の中

▼ れ花鳥~ (2, 0.0%)

2

▼ れ芸術~ (2, 0.0%)

1 と上品さ, を理解

▼ れ若林~ (2, 0.0%)

1 の傍, よりずっと

▼ れ若殿~ (2, 0.0%)

1 にてお, のため

▼ れ苦し~ (2, 0.0%)

1 そうな, まされても

▼ れ苦悩~ (2, 0.0%)

1 して, に扱かれ

▼ れ苦悶~ (2, 0.0%)

1 の相, の短い

▼ れ英語~ (2, 0.0%)

1 の普及, の特異性

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 も摘まね, や弁当

▼ れ草木~ (2, 0.0%)

1 が生れる, も婦人

▼ れ草花~ (2, 0.0%)

1 の配達, の香

▼ れ荒御魂勇魚~ (2, 0.0%)

2 とる子

▼ れ荘厳~ (2, 0.0%)

1 な祭壇, 正色人

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の間づめで藩譜編纂, や紫蘭

▼ れ菊亭殿~ (2, 0.0%)

2 は信濃

▼ れ菩提樹~ (2, 0.0%)

1 の下, の若い

▼ れ華やか~ (2, 0.0%)

2 な病気専門

▼ れ華族改革~ (2, 0.0%)

2 の到底

▼ れ萎縮~ (2, 0.0%)

1 した啓蒙活動, を知らない

▼ れ落魄~ (2, 0.0%)

1 した結果, して

▼ れ蒲団~ (2, 0.0%)

2 その物

▼ れ蒼蠅~ (2, 0.0%)

2 なす神神

▼ れ蕪村歿後数年~ (2, 0.0%)

2 ならずして

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 桃色の, 黄の

▼ れ薄く~ (2, 0.0%)

1 なッ, 切ったさつまいも

▼ れ薄命~ (2, 0.0%)

1 なお玉, の

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 と男女関係, はそこ

▼ れ藍玉~ (2, 0.0%)

2 の俵

▼ れ藩浪人~ (2, 0.0%)

2 若くは

▼ れ藩閥~ (2, 0.0%)

2 は三十年間我政界

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 は乱され, は乱れ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の葉, の間

▼ れ虐使~ (2, 0.0%)

1 され或は, せられる風

▼ れ虐待~ (2, 0.0%)

1 され打擲, され無視

▼ れ處ぢ~ (2, 0.0%)

1 やがあせん, やねえや

▼ れ虚偽~ (2, 0.0%)

1 がもてはやされる, の根拠

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の, の魏延

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 うごく, を逃がし

▼ れ蟹足~ (2, 0.0%)

2 はひ上る

▼ れ血汐~ (2, 0.0%)

2 の海

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 く諸侯, の上

▼ れ衆議院~ (2, 0.0%)

1 の名物尾崎学堂, の名物尾崎學堂

▼ れ行つて來~ (2, 0.0%)

2 ますと

▼ れ行燈~ (2, 0.0%)

1 の灯, も三ところ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 にはまだ, の通り

▼ れ被告~ (2, 0.0%)

1 と対決, の身

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 のひも, をはい

▼ れ装置~ (2, 0.0%)

1 が貧弱, は異国情調

▼ れ装飾~ (2, 0.0%)

1 されて, され従つて

▼ れ製造~ (2, 0.0%)

1 された新人, されて

▼ れ褒美~ (2, 0.0%)

1 にいろいろ, を取り戻された

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 の陰

▼ れ要求~ (2, 0.0%)

1 されて, を力

▼ れ見え~ (2, 0.0%)

1 しながら, なくなつ

▼ れ覚悟~ (2, 0.0%)

1 の前, をなされ

▼ れ親しく~ (2, 0.0%)

1 彼の, 曰ふところ汝らすべて身に

▼ れ親切~ (2, 0.0%)

1 にも苦しい, のおかげ

▼ れ親愛~ (2, 0.0%)

1 のこころ, の情

▼ れ親戚~ (2, 0.0%)

1 の年上者, や知己

▼ れ親類~ (2, 0.0%)

1 には見放され, を害せられ

▼ れ解散~ (2, 0.0%)

1 された, を命ぜられた

▼ れ解決~ (2, 0.0%)

1 されてるよう, を見出さん

▼ れ解釈~ (2, 0.0%)

1 されたであらうか, されるため

▼ れ言い訳~ (2, 0.0%)

1 けしても, なさ

▼ れ言語~ (2, 0.0%)

1 が全く, の相違

▼ れ言論~ (2, 0.0%)

1 と出版, や出版

▼ れ計画~ (2, 0.0%)

1 されつつ, し実行

▼ れ訓練~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ記紀~ (2, 0.0%)

1 と祝詞, の記

▼ れ評價~ (2, 0.0%)

1 されるの, され推論式

▼ れ誇張~ (2, 0.0%)

1 に誇張, もされ

▼ れ誇示~ (2, 0.0%)

1 されたもの, されて

▼ れ認識~ (2, 0.0%)

1 が感情, に荒らされ

▼ れ誠実さ~ (2, 0.0%)

2 と頭

▼ れ説明~ (2, 0.0%)

1 されて, せられて

▼ れ読書~ (2, 0.0%)

1 の人, は生活

▼ れ読経~ (2, 0.0%)

1 の声, の間

▼ れ誰か~ (2, 0.0%)

1 が, が一手

▼ れ誹謗~ (2, 0.0%)

1 され嘲笑, はされ

▼ れ調子~ (2, 0.0%)

1 で, をとられ

▼ れ調節~ (2, 0.0%)

2 されて

▼ れ談論滔々~ (2, 0.0%)

2 として竭

▼ れ論破~ (2, 0.0%)

2 される

▼ れ諸家~ (2, 0.0%)

1 の執奏, の筆

▼ れ諸所~ (2, 0.0%)

1 に欝蒼, の山道

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 えらく大風一たび, はば人間

▼ れ謙抑~ (2, 0.0%)

2 の言

▼ れ謹んで~ (2, 0.0%)

1 かたわらに, 聴いて

▼ れ識見~ (2, 0.0%)

2 を論ずれ

▼ れ警官達~ (2, 0.0%)

1 には事件, は五階

▼ れ警戒~ (2, 0.0%)

2 されました

▼ れ譬へば~ (2, 0.0%)

1 急湍変じ, 急湍變

▼ れ議論~ (2, 0.0%)

1 もここ, を戰

▼ れ議院政略~ (2, 0.0%)

2 の由

▼ れ讀者~ (2, 0.0%)

1 が自分, をし

▼ れ豈極めて~ (2, 0.0%)

1 単純明白の, 單純明白の

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 のよう, や鶏

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の面, わる

▼ れ貴方~ (2, 0.0%)

1 が到底, の証言

▼ れ貴族院~ (2, 0.0%)

1 は一国, は一國

▼ れ貴様~ (2, 0.0%)

1 から一度, は何

▼ れ貴殿~ (2, 0.0%)

1 の名, は御存じ

▼ れ賃銀~ (2, 0.0%)

1 の高い, は一日三十五哥

▼ れ資本家~ (2, 0.0%)

1 の用事, や労働者

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 かである, かな夜宴

▼ れ賛成~ (2, 0.0%)

1 されて, を押しつける

▼ れ賢者~ (2, 0.0%)

2 は名

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 づけられて, を高められた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に遭う, を乞い群象

▼ れ起訴~ (2, 0.0%)

1 された, になる

▼ れ越前屋~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の長者一名, も乱兵

▼ れ趙雲~ (2, 0.0%)

1 は悠々, は高覧

▼ れ足跡~ (2, 0.0%)

1 からは何ん, が土手下

▼ れ路傍~ (2, 0.0%)

1 に投げだされた, の煮

▼ れ路用~ (2, 0.0%)

1 を奪, を奪われました

▼ れ踊り~ (2, 0.0%)

1 や長唄, 狂って

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 で蹴られた, を上げた

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 みしだかれ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 みにじられるの, みにじられる音

▼ れ身体中~ (2, 0.0%)

1 こづき廻され番兵, 腫れ上ること

▼ れ身寄り~ (2, 0.0%)

1 のない, や郎党たち

▼ れ軈て~ (2, 0.0%)

1 また新た, 又ドイツ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の神, も督率

▼ れ軍人~ (2, 0.0%)

1 はまた, はドイツ式

▼ れ軍備~ (2, 0.0%)

1 がなされるなら, は制限

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 かりき, 機関銃を

▼ れ輪廓~ (2, 0.0%)

1 の余りに, の餘

▼ れ輿~ (2, 0.0%)

1 に乗せられ, の内

▼ れ輿論~ (2, 0.0%)

1 の注目, も概ね決して

▼ れ農村~ (2, 0.0%)

1 で働き手, の文化

▼ れ迄に~ (2, 0.0%)

1 なく油, 剃髪し

▼ れ迅速~ (2, 0.0%)

1 なること神, の馬

▼ れ近ごろ~ (2, 0.0%)

1 ではここ, ではこれ

▼ れ近年~ (2, 0.0%)

1 はハイデッゲル, は東京湾

▼ れ近松~ (2, 0.0%)

2 の戯曲

▼ れ近頃~ (2, 0.0%)

1 になっ, は遠路

▼ れ返事~ (2, 0.0%)

1 が出来ず, をしない

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 はさる, はしき

▼ れ追放~ (2, 0.0%)

1 される, になった

▼ れ追跡~ (2, 0.0%)

1 されてるの, され迫害

▼ れ逃げ場~ (2, 0.0%)

1 をなくし, を失っ

▼ れ通用~ (2, 0.0%)

2 の倫理

▼ れ通路~ (2, 0.0%)

1 の他人, はすべて楽

▼ れ造化~ (2, 0.0%)

1 に納, 既に沒理想

▼ れ進化論~ (2, 0.0%)

1 の世, は實

▼ れ進退~ (2, 0.0%)

1 を如何, 谷まった

▼ れ遊び~ (2, 0.0%)

1 は厭, をし

▼ れ遊び心~ (2, 0.0%)

2 足らふと

▼ れ運動~ (2, 0.0%)

1 のため, は頓

▼ れ運営~ (2, 0.0%)

1 されその, されて

▼ れ過激~ (2, 0.0%)

1 な労働, な勞働

▼ れ道庵先生~ (2, 0.0%)

1 はいずれ, も退

▼ れ達二~ (2, 0.0%)

2 の兄さん

▼ れ達成~ (2, 0.0%)

1 されつつ, されなければ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 かな彼方, かに日本アルプス

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 卷に, 國へ

▼ れ遠慮なく~ (2, 0.0%)

1 座敷へ, 阿波太夫は

▼ れ避難~ (2, 0.0%)

1 する見物, の場所

▼ れ部落~ (2, 0.0%)

1 へ歸つた熊吉, を代表

▼ れ酔ひ~ (2, 0.0%)

2 にけり

▼ れ酷薄~ (2, 0.0%)

2 と貧窮

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 陋唾棄す

▼ れ醜く~ (2, 0.0%)

1 されて, 潰されて

▼ れ重く~ (2, 0.0%)

1 用いられて, 用いられる筈

▼ れ重力法~ (2, 0.0%)

2 の原則

▼ れ重荷~ (2, 0.0%)

1 ひくうし, を負

▼ れ野末~ (2, 0.0%)

2 を通る

▼ れ野菜~ (2, 0.0%)

1 などを金貨, もの

▼ れ金色~ (2, 0.0%)

1 のお, の四つ

▼ れ金造~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ れ釘一本~ (2, 0.0%)

1 の抜かる, の抜かるる

▼ れ釣り~ (2, 0.0%)

1 せざる者, をする

▼ れ釣竿~ (2, 0.0%)

1 だという, の尖端

▼ れ鉄管事件~ (2, 0.0%)

1 で雨宮敬次郎, に遭逢

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に餘つたの, や重箱

▼ れ銀色~ (2, 0.0%)

1 に光る, に塗った

▼ れ鋪道~ (2, 0.0%)

1 の傍, の石

▼ れ鋭く~ (2, 0.0%)

2 削られて

▼ れ鎌倉幕府~ (2, 0.0%)

1 の命運将, の聞え

▼ れ長安~ (2, 0.0%)

1 へ落ちた, を去った

▼ れ長年~ (2, 0.0%)

1 の得意, の間

▼ れ長沼智恵子~ (2, 0.0%)

1 という名, といふ名

▼ れ長者~ (2, 0.0%)

1 が供えた, の家

▼ れ門前~ (2, 0.0%)

1 で足枷, のあけび

▼ れ閑却~ (2, 0.0%)

1 された行燈, され虐待

▼ れ関係~ (2, 0.0%)

1 から物, が全く

▼ れ関羽~ (2, 0.0%)

1 の陣, は荊州

▼ れ防寨~ (2, 0.0%)

1 に積まれた, は急造

▼ れ降伏~ (2, 0.0%)

1 か抗戦, か脱出

▼ れ陛下~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 にいる, の御悩

▼ れ除け者~ (2, 0.0%)

1 にされ, にせられ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に行われ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 に投ぜられたる, はずつと遠く

▼ れ陸軍省~ (2, 0.0%)

2 に至

▼ れ~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ れ階上~ (2, 0.0%)

1 には松年先生はじめ社中, も階下

▼ れ階段~ (2, 0.0%)

1 からけり落とされ, をあがっ

▼ れ随員警察官新聞記者団合計四十名~ (2, 0.0%)

2 も前後

▼ れ障子~ (2, 0.0%)

2 の紙

▼ れ障害~ (2, 0.0%)

1 が踏切台, を踏切台

▼ れ雄花~ (2, 0.0%)

2 の花粉

▼ れ集積~ (2, 0.0%)

1 されなければ, すると

▼ れ難渋~ (2, 0.0%)

1 いたさるる旅, を致します

▼ れ電光~ (2, 0.0%)

1 におびえ, に荒され

▼ れ電灯~ (2, 0.0%)

1 があかるく, も明い

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 あるもの, に於

▼ れ霊柩車~ (2, 0.0%)

1 はまつし, はやがて次第に

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 たもつ身, のたまった

▼ れ露出~ (2, 0.0%)

1 されて, せしめられた股間

▼ れ面白い~ (2, 0.0%)

1 ものが, 芝居が

▼ れ鞍馬~ (2, 0.0%)

1 では食べつけない, に育ち

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 から頻りに, に見上げる

▼ れ順平~ (2, 0.0%)

2 は留置

▼ れ領地~ (2, 0.0%)

1 も五万石, 御返上

▼ れ頭脳~ (2, 0.0%)

1 から絞り出された, をかきまわされる

▼ れ頼み~ (2, 0.0%)

1 がいある, の綱

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 が曲つたやうに, の眉一つ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 くは, わくば

▼ れ顛倒~ (2, 0.0%)

1 されて, して

▼ れ類別~ (2, 0.0%)

1 されてる熱性混迷, され冷やか

▼ れ風呂場~ (2, 0.0%)

1 の中, の寒暖計

▼ れ風雲~ (2, 0.0%)

1 いよいよ急, の客

▼ れ飛天夜叉組~ (2, 0.0%)

1 が落ちる, 落ちると

▼ れ飛行機~ (2, 0.0%)

1 にピュー, は大きく

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 ふ, を取り

▼ れ食べ物~ (2, 0.0%)

1 にも困り, に関する論議

▼ れ食卓~ (2, 0.0%)

1 につい, に着き

▼ れ首府~ (2, 0.0%)

1 となった, をモスコー

▼ れ首相~ (2, 0.0%)

2 の知る

▼ れ香り~ (2, 0.0%)

2 は散り失せ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 けだして, け向かわれた

▼ れ馴致~ (2, 0.0%)

1 された肉体, されること

▼ れ駄目~ (2, 0.0%)

1 にされてる, になった

▼ れ駆使~ (2, 0.0%)

1 される事, され真

▼ れ駿河台~ (2, 0.0%)

1 の宿屋, の脳神経専門家

▼ れ駿馬~ (2, 0.0%)

1 の來, の威徳

▼ れ騎士~ (2, 0.0%)

1 と牛, の情熱

▼ れ高手小手~ (2, 0.0%)

1 に縛められ, に縛られ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 の脱いだ, の面

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 をならべた, 硬くし

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 には足指, の餌食

▼ れ麻布~ (2, 0.0%)

1 の親類, も多量

▼ れ麻酔薬~ (2, 0.0%)

2 をかがされ

▼ れ黄昏~ (2, 0.0%)

1 かけた夕月, の町

▼ れ黄金メダル~ (2, 0.0%)

2 は暗

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 だと, の道服

▼ れ黒き~ (2, 0.0%)

1 冬空の, 船のへ

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 けられ残るは, けられ殘

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 や太鼓, を取られた

▼ れ~ (2, 0.0%)

1 となりし, 捕るよ

▼ れ鼠小走り~ (2, 0.0%)

1 ただち, ただち隠れぬ

▼1* [10115件]

обедの後, れぁしないよ, れぁ子供みたいなもの, れぁ舵も取れる, れあいつには刃物責め, れあいにくのこと, れあえて心裡の, れあかの他人, れあかいものが, れあきらかに珊瑚, れあくまで吉野死守の, れあくる日佐和やま, れあそこなん, れあたしたちの赤い, れあたたかな食物, れあたふたと正月, れあたらしい國民の, れあちこち血さえ出し, れあっさりそれを, れあっちへ行っ, れあっと思う間もなく, れあっぱれ信仰を守り通した, れあとグーとなっ, れあと味のわるい, れあどけない少女と, れあなた方にじつに, れあなた自身を恐怖感, れあの大きな狸を, れあはれまれてゐる, れあまいだらしない種族, れあまりに需要が, れあみの細々, れあやふく鉄拳の雨, れあゆの産出, れあらくれすさんだ上海, れあらしに憩いあり, れあらためてその日, れありがとうござります, れありとあらゆる讒罵の, れある程度の同情, れあれこれとみじめ, れあれよあれよと興ざめ, れあわよくば天下を, れあんぐり開いた伝兵衛, れあんたごたるひと, れあんなに賞讚された, れあんばいが何とも, れあんまり見っとも, れあゝわれ汝より, れあ大成功だ, れいいえ正しい愛情, れいい加減に寝, れいかにもそうのよう, れいかばかり憎くし, れいかめしく尊い法会であった, れいくじなくへたばっ, れいく百といふ召集漏れ, れいじらしきことと, れいたく宸襟を, れいたずらに黙し, れいたましい光景を, れいちどにはっきり眼を, れいちど落馬して, れいちはやく船へ, れいちばん奥の室, れいちめんな薄, れいっこう天下の, れいつかしらうとうとと眠りこん, れいつか公認されるよう, れいつどこに合戦, れいつのまにかあのあやしい, れいつ種をまかれた, れいとおしがられて, れいとしがられるでございましょう, れいとしきテニスシャツも, れいぼし, れいまごろはあそび, れいま一つは, れいま一葉の蘆, れいま冷い密雲, れいま御覧にいれました, れいやいやそれだ, れいやしくも不思議と, れいろんなことを, れうかうかと呼出された, れうしろにはゴリラ, れうじやで, れうす笑いし, れうす暗い堂内は, れうす紅い菠薐草の, れうたげもすさまじき, れうち兜と兜, れうっかりした調子, れうつくしい蛍光が, れうつ火の奔馬達, れうつ石峨々として水急, れうなぎ屋へはいくら, れうなじはふるえ, れうばのあたり, れうまそうな, れうまいことを, れうまく出来ないので, れうめえ處, れうらみを言われる, れうらやましくさへ, れうらわかき神の, れうるさがって, れうるさくいい寄られるので, れうれしい返事を, れうろうろして, れうわぎとズボンを, れうんと収穫あり, れえ目にあっ, れおいでくだされ, れおいおい積極的な, れおおぜいで, れおかしき仲間恋い, れおかしくなりも, れおが屑の山, れおこらへなされ, れおそくなる, れおたがいに薄命な, れおだどの主従, れおちおち佇んでも, れおっかながられて, れおとといの八日, れおとなしいジョンが, れおなじように, れおのれ猿めがだましおった, れおまへがたハ, れおまえさまご自身, れおまわりさんの前, れおめおめ国へ, れおめでたい事どす, れおめでたうといひ, れおもはぬ, れおもしろく書かせ祐信長春等, れおやすみなされ, れおやま山之助, れおりから走っ, れおれたち人間は木, れおんであつ, れお上さまの御用, れお世話アして, れお互いに二人, れお仕置に会う, れお仙は加納屋, れお伽噺が生まれ, れお側にいれ, れお前等注えで, れお姫様と力, れお嬢さんの頼み, れお守りを受け, れお客はお, れお家が危, れお寺へ行った, れお改めをうけなけれ, れお櫃の蓋, れお気づきになった, れお気に入りの銀子, れお爺さんがいとしい, れお玉が行く, れお目見得以下の者, れお礼をいっ, れお話し下され, れお返しくだされ, れかいませんか, れかから間接に, れかがやかしい星の, れかぎをかける, れかげでは, れかご寅もそれ, れかさかさして, れかざしに, れかしは大木, れかしこしと定め, れかし而して, れかし限りある身, れかすかに微笑, れかぜにそよぐ, れかたじけなくも右, れかたっぱしから自動車, れかたはらの相州さま, れかた売笑婦自身の感情, れかっとなって, れかっぽれ, れかついえ公を, れかつら下の羽二重, れかでもあるとか, れかなしい古都の, れかなしかった, れかなしく燃えて, れかなたなるを, れかによって称え出された, れかに金を借りたい, れかねがね所領の, れかも判らないが, れかよわい女郎花が, れからがいよ, れからき目に, れからでも親切な, れからよかんべ, れかりに形づくられて, れかんかんに凍った, れかんぜん捻拵えてや, れかん所を押える, れがっかりして, れがと思しめし, れがにやえ, れがねえ木曾義仲が, れがばと跳ね起きざま, れがましゅう仰されては, れがよ心は, れがんがある, れがんぜないお子, れが床てゐる, れきたならしくよそよそしくまったく他人, れきっと殿へ, れきのうは更に, れきびしさうらがなし, れきびしく不心得を, れきまりのわる, れきょう一日の大難, れきよらかにされ, れきりピタンと吸ひつ, れぎっくりしゃっくりしてるから感心だと, れぎゃっという奇妙な悲鳴, れぎゃっとたおれるところを三人はすばやく, れぎらいのセザンヌが自然, れぎらぎら目を, れぎりだ, れぎれで物質生活を恵む, れぎわになってふと思い出した, れぎわになって興国塾の塾生たち, れぎんは途方, れよ, れくしゃくしゃになった, れくっきり痛いよう, れくやしい足で, れくやし泣きをしなく, れくら闇の中, れくるくるっと花, れくるりとなる, れぐさだ, れぐったりとなっ, れぐっと癪に, れぐつぐつと煮られ, れぐつと身體にや力, れぐらゐで終ります, れぐらゐにして置かう, れぐるりをとりまく, れぐわうーんと, れぐーっと体, れけいしちょうにいれられ, れけがをした, れけさはじめて子供本然, れけっきょく畝, れけの辰五郎の, れけばけばしい友禅の, れけりの木槿, れげにも尊き, れげんじゅうな取りしらべを, れげんばどのを引っ, れげ食はせる物, れはい, れこいにはお, れこいつは活, れこういう日本独特の, れこうしたことが, れこうしてまたたちまち四人, れこうゆっくりとお話, れこころで押, れここ二晩山の背後, れここ数年間翻訳探偵小説が大いに, れこそこそと玄関, れことごとに適度, れことしは娘, れことしきん作が二十一, れこなごなの灰, れこのしろをあけわたし, れこの同じ所有者に対する, れこの間それも縁, れこまごまと申され, れこもごも拝礼した, れこら主人に, れこれぞ村の, れこれら詩趣に立脚, れこれ一年にもなる, れこれ一時である, れこれ三十分になる, れこれ丑刻容易のこと, れこれ以上の生産物, れこれ八年の余, れこれ十五六年になります, れこれ午近くだろうと, れこれ四年には成る, れこれ夜が明ける, れこれ婆明日は孝助殿, れこれ小半時も頑是, れこれ年来の御, れこれ指圖をし, れころころ翻弄され, れこんにち, れこんなに愛情を, れごうごうと鳴りつづける森林, れごうんとつけ, れごこち何とも堪りません, れごはんを一粒, れごま化されて, れごらん心にやましき, れごろになら, れごろうじろやっぱり大黒さま, れごろりと転がされた, れさいすりや宜, れさいぜん仏像を, れさうかと思ふと, れさうな惨たる物語, れさうな激しさでした, れさうな重味のある, れさうになつちやヂツとして見, れさうに思つたので, れさうに水蒸氣を含んだ, れさうに犯人は完全, れささやかながらも瓦葺き, れさし当ッ, れさだかでない視線, れさっきまで部屋, れさっき左右にふられた, れさっそくおひき, れさっと自分へ, れさてそのうえで悲劇的な, れさびしい孤児に, れさむざむとした, れさむるさだめの夢を永久, れさやげど, れさようならば, れさらはれて, れさらさらと風, れさらにずっと抜かれるかと, れさらば我汝とか, れされどたとえ人手, れさろうとし, れさわがしい水す, れさんらんたれ, れさ両親の目, れさ八幡命かけて, れさ名刀さ, れさ私はうんざり, れさ馬鈴薯でもくんねえ, れざったから今日, れざまや, れざらむを望む, れざらむよはひにもあらざるものをあはれ親なし, れざらむ月に対, れしかたへにはさき, れしかと云ふ, れしかもなお文字に, れしくしくべそを, れしこそ不思議なれ, れしたたか頭を, れしだい好い加減にふわつき, れしっかと抱きすくめられて, れしとぞ珍しき名, れしとの説話も, れしとも憐れとも, れしどろもどろになつ, れしなどといひくろめしも, れしなどを始めと, れしのびこむすきまなどまったくない, れしばらくじっとして, れしぶしぶ立って, れしまいには悪い, れしみが微か, れしもが影は, れしもので天の, れしょせん室, れしょんぼりとして居た, れしらじらと夜, れしら髪をかきたれ来なる, れしりもちをつい, れしるこだん, れしわくちゃになっ, れしんしんとふり積, れし笑薬や春, れじいじいと陰, れじかに白い肩, れじき床に入った, れじき彼らは他, れじっとそれに, れじつに傷ましい, れじつは何とかして, れじまいになる, れじゃとサルは, れじゃァ参りやしょう, れじんすけと, れすいぶん考えた, れすきなまま, れすくすくと伸び無限, れすくなからず人気, れすぐ又戻って, れすこしうつらうつらして, れすすきの穂, れすっかりぐったりしおれたよう, れすっきり更新した, れすでにあらかじめ定められた目的, れすでにもう縁は, れすでに再三實地に, れすでに多少分家の, れすべて古風でなつかしい, れすべて本質は同じ, れすべて漢中にとどまる, れすべて蹄のほか, れすべて雪斎の経世, れすみに用水, れすみやかに忘れ去られる, れすみれとはこべ, れすらすら読めるから, れすらりとした, れするすると引き上げられた, れするどい痛みが, れずくめでし, れずつとその奧, れずるずるべったりに居つい, れせせこましい練習を, れせっせと針を, れせつなくむしあつくうめくは, れぜったいに外出された, れそいつをヌケヌケ, れそうしてそれから若い中尉, れそうしてまた立派に, れそうそう婆様は, れそこらはば, れそそくさと室外, れそっくりあの紅い, れそっちへ行った, れそっとその女, れそつから不承, れそのあらゆる窓から, れそのうえにまた鷲に, れそのままふらふらと登楼, れそのままグルグルと細引, れそのままフワフワと来, れそのまま少しの変化, れその他いろいろな経験, れその他外傷数ヶ所を負い死ん, れその他大小一面の傷, れその大きな胴中に, れその小さな五体が, れその後スペインや巴里, れその後ドイツに占領, れその後一年の練習, れその後二三人の手, れその後今日に至る, れその後偶然一二年間その比率, れその後公と共に大阪, れその後合せ目を白い, れその後大巻を中, れその後妻は一家, れその後小太郎山落城のま, れその後幾百年の間, れその後弾正少弼, れその後数ヶ月を経, れその後明石の濱, れその後月宮殿にて舞楽, れその後鮎川の親分, れその或者は, れその毅然たる態度にも, れその見知らぬ婦人が, れその道を求める, れその間プロレタリア文化運動全般に益々, れその間五カ月有余というの, れその間僅に西班牙, れその間私は壕, れそらをわたる, れそりゃ犬猫に, れそれからまた投げ出されて, れそれから又近頃お母様, れそれぞれみなはち切れるほど, れそれぞれ二十組位ずつ七日, れそれぞれ収容所で重労働, れそれぞれ政務を分担, れそれぞれ最近の様式, れそれぞれ浮き浮きと食べ, れそれっきり死骸も上がらなかった, れそれっきり行方知れず生きて, れそれにしても斯くまで, れそれほど悲観した, れそれゆえ一五九六年六月の末, れそれ以上にハミ, れそれ以下には下らぬ, れそれ以南の島々, れそれ以外には袖, れそれ以後のお歌, れそれ以後一本立ちで働きこみ, れそれ以来剛子はキャラ子さん, れそれ位の事, れそれ御家の格子, れそれ等でも有名, れそれ等すべてが怪奇, れそれ自身なん, れそッと中, れぞっと身ぶるいし, れたいへんな事, れたえず気絶の, れたこすずめがこ, れたこほろぎは冷えた, れたしかにそうなること, れただいま洗足を, れただし銭差合羽提灯笠袋下駄袋の, れただただこの世を, れただ中七字を埋める, れただ今御飯を, れたちゅう譚から出たらしい, れたった今小牧を, れたっとくなはれ, れたつきの惡, れたとえその主力軍, れたとへば屍体の, れたのしく希望に, れためくら同様で引返すより, れためぐりあわせではなく階級発展の歴史, れたりからだ中, れたりからかはれたり, れたりしかば母に, れたりという宇津木兵馬の, れたりとか三人の, れたりとなせるが, れたりな孔明先生, れたりなどはしませんでした, れたりなんぞする, れたりなんてわけで, れたりばかりして, れたりばっかりして, れたりや佩楯の, れたる余自身の精神, れたる史學會の大, れたる楼上の間, れたる砲列の中, れたる者二十四名負傷したるは, れたる者及忘れられたる者, れたる者有之候え, れたわいもない, れだいたったこれ, れだけが唯一の, れだけじゃ特種に, れだけと言つて耳を, れだけを考へて, れだの遠く市中, れだらだら山を, れちか頃に, れちかく奥州の, れちっとも身動きが, れちと不愍に, れちゃあの娘の, れちゃと歯を, れちゃどいつもし, れちゃんとした瓶, れちゃアんと知ってるでねえ, れちやお前だつて楽ぢ, れちやお母さんがたまらない, れちやお父さんが浮ばれない, れちやお鏡も懷劍, れちやそつぽを, れちやそれこそ物騷極, れちやたまンないからさ, れちやつたことを, れちやつたのかとも思ひました, れちやつて倒見たの, れちやつて閉口したよ, れちやなぶり殺しだ, れちやむつくり起きて, れちやんと内容, れちやア僕は實, れちやア刑務所入りの方, れちやイヤとも言, れちやツてはあんた, れちや一とたまり, れちや今日買つたばかりだ, れちや仕方が無え, れちや佛樣に對, れちや信用にもか, れちや元も子, れちや克はんあれが本当, れちや八五郎が可哀想, れちや共倒れぢや, れちや処置に窮, れちや割が合, れちや動きがとれません, れちや厭だが, れちや可哀想ぢやありません, れちや商賣人, れちや女の一分, れちや妹の手前, れちや妾は腹, れちや嫌だと, れちや恰で高土間, れちや業腹ぢやありません, れちや正直な商人, れちや此大石が皆んな, れちや此方で質素, れちや洗張り賃仕事ぢや貢ぎきれまい, れちや災難ぢやから, れちや生命が危ない, れちや申譯が無い, れちや男の方, れちや町方の名, れちや當分は店, れちや當分世間へ顏出, れちや癇に障つ, れちや癪だ今度, れちや白旗樣の前, れちや目も當, れちや砧右之助一寸納まるまい, れちや砧家は浮ぶ, れちや竿がたまらない, れちや縁起が惡い, れちや美い女, れちや腹も立たねえ, れちや若旦那の方, れちや菊次郎も清五郎, れちや華魁が浮ばれねえ, れちや萬年青も煙管, れちや落着いても, れちや處置に窮, れちや親の名, れちや迚も助かれ, れちや迷惑だ中, れちや酷えつち噺, れちや金の番人, れちや鈴川主水, れちや錢形の親分, れちや駄目だ, れちや默つてゐられません, れちょいと縁, れちょッと話, れちらとも灯火, れっきり元気には復さなかった, れっぽさや, れついにそのまま引き分れ, れついに全く消えうせたの, れつぎつぎと花, れつくづく我折っ, れつつしんでいまさアね, れつつであらうとも, れつつをりとは, れつとに公民権を, れつねに優雅な, れつねにかくるるにより, れつまらないと思はれる, れつむじを曲げ, れつめに詰められ, れつめたい水が, れつらんこそ, れつらいめを, れつらつらおもんみれば, れつわぶきの黄金, れづめだけれど結果としてはとうとう, れていっぱいに並ん, れてかと存ぜられます, れてかなはず早く, れてかはッとして, れてからが金子で, れてからこそはじめて太陽, れてからであらうと, れてからといった方が, れてからのみのは, れてきびしく排斥され, れてくらい竹やぶを, れてけふは, れてしもてわたいらは, れてぜいぜ, れてぞよぞよと息づいて, れてだけ済むもの, れてだっているわ, れてつッ立って, れててぬぐいで, れてといふ言葉は, れてとは考えられぬ, れてどない思ふたる, れてながら吉兵衛様の, れてなどはいない人間, れてなりはしたものの, れてなんかいません, れてなんぞ来たわけ, れてなんぞはいないの, れてにほふふぢ, れてねんごろに, れてはかぶとを, れてはてまえホトホト, れてばあーっと, れてばかしいたあの, れてばかりもいなかった, れてべんべ, れてべに色の, れてまでと聞くと, れてもかまひや, れてもなんぞやその社会全体, れてもねやって, れてもの思いに, れてもははあそう, れてもよかりそう, れてもわざとやつたんでなきやそんなに, れてもをらぬ, れてやらア, れてよけて通すの, れてよと俄に, れてる様が現われ, れてをかしかりき, れてん橋だきゃ流れんち, れてんてこ舞いな姿, れてナきょうは, れてワわしも, れできるだけ声を, れでもか此れ, れでもと言い張る勇気, れでもとは云ひ兼ね, れでもに振りかかるという, れでもは幻影の, れでもよかつた, れでんだし, れといへり, れとうてい商売は, れとうとうそのまま家探しを, れとうとうそれなり海の, れとかいう言葉も, れとくよりひでよし, れとさえいって, れとしいえ公はじめ佐久間, れとしても君山木が, れとぞ聞, れとったりがいる, れとつおいつ或は恨み, れとつぜん心臓麻痺で, れとても別段に幕府, れとても無論直ちに是を, れとですぐ寝入つた, れとともに借室, れとにかくずいぶん大きなもの, れとにや千代と, れとに対して妾の, れとのみよそながら祈り申され, れとばかりで素性, れともすると無感動, れともども北廓への, れとりあえず女中を, れとんだ訴えを, れとんぼですが, れどうしてのびのびした文化, れどうにか当人に, れどうやらこちらが, れどことなく汚されたもの, れどころ苦心の入れ, れどっさりの追随者, れども後漢書承宮伝, れども編末の備考, れども速に我手, れども面たり犯罪, れどやどや改札口に, れどれほど折衝した, れどんどん研究費を, れないしはお浦自身ここ, れなう其方たちの, れなおかつ強く引きしめられ, れなおかついよいよ深き情熱, れなおさら慟哭され, れなおざりのもの, れなおなお胸が, れなお又極めて有力, れなかみの箱が現れる, れながまさ公と, れながいこと流され, れながらわづか十五六町, れながらをかしさ, れなきがらは, れなくらいおやせなすっ, れなさぬ仲のお, れなつかしかりき, れなつかしい絃声を, れなつかしき杜陵の, れなと高氏は, れなというはの膏の, れなどと云われるの, れなどとは己惚れも, れなどに不愍を, れなにがしの目覚める思ひ, れなにしろ御ところ, れなほ他の事, れなほ左右の両側, れなまで寂れて, れなまでにあわてて, れなまりを気の毒, れなみなみと盛った杯, れなむ如何に, れなめくら法師がおりました, れなよ軒の, れなよとカニが, れなよなよとなつて息, れなりにも櫛, れなるべく多勢集っ, れなんざアいつも一食, れなんぞと一つ事を, れなんだか夢を, れなんだかメキメキ眼蓋が, れなんぢの諫われ, れなんていふもん, れなん倍かに引きのばされ, れなん恥かしさ, れなーんだ, れにあたる下屋廂, れにあたるかは無論問題, れにおいてあり己, れにかへさむ, れにくかった, れにさえ憫然な, れにすら何等の, れにぞ月の, れにたいする怒り方は, れにだって出来ねえこと, れにちゃにちゃして, れにつれて母上は, れにとなく語つて, れにのみに非ず, れにはかやうな, れにもとつかず一礼, れによりてこそ此處をも, れに対しての答は, れに対すると僕までが, れに従い珈琲館を, れに従う人々の, れに関しては次の, れぬかるみを辿っ, れぬきはに, れぬるいと浅し, れねえやどうせ細った, れねさざなみの列, れねじ鉢巻のあにい, れねっとりとした, れねと云はんと, れねばねばしたアスファルト, れねぶの木かげ, れねエでレール, れのかげのなか, れのたりのたり歩く恰好, れのちのち開墾せられて, れのち外國通辯方頭取となつ, れのち田村さんと共に, れのどかな町, れのなみだを, れのねえ河内山宗俊た, れのびやかにされ, れのぶなが, れのぶッ裂き羽織, れのみか御主人, れのみの浮世にては, れのバクチ場なんぞに出入り, れの佗びしい浪宅へ姿, れの化しもせ, れの厳寒の道, れの女中はそのまま, れの婦となら, れの庭先へ引きすえ, れの業一つでございます, れの碁となっ, れの肢體より, れの舎宅へ案内, れの赤電を追っかけ, れの道具も衣裝, れはあようま, れはあ小卅日にも, れはかない人々の, れはかなき人の, れはしめえけれど, れはじめ他方では, れはじめ允子は, れはじめ当時から見れ, れはじめ文の興らん, れはじめ現在ではどの, れはじめ詰所詰所ではうす, れはじめ農事関係諸団体, れはずッと西南, れはたとひ其日印刷, れはたらきがかえられ, れはだしで氷, れはちよつぴり, れはっはっはっとわらい, れはつたんや, れはてはどすんと何物かに, れはてめや, れはなはだ少なくなった, れはなみなみの人, れはなアとてもな, れはのさの, れはるか向こうの岩かげ, れはるばるとひろがっ, れはネ私の, ればいそれへ, ればかくさいじゃよ, ればかしこの崖下, ればかまどの烟, ればかようなること, ればかりはと子細も, ればかりを抱いた, ればたばたと斃, ればっかりは滅びると, ればといふ望みが, ればらばらになった, ればをり, れば余今ここに死し, れば余輩の発表, れば使ふんですから, れば声出す針, れば後が怖い, れば後ロザレの遺骸, れば後庭でやつ, れば後漢書の改刪, れば死なるによる, れば画に非, れば目を擧げ, れば立どころに討ち, れば紙のへ, れば肢を縮め, れば記實を先, れば高時公のお, れぱっと赤くなった, れぱんとまた二つ三つに割られ, れひきつづき人民戦線の, れひけをとる, れひじきくろ豆, れひっそりと眺め, れひでより公, れひでよし公, れひとえに象牙ばかりが, れひときわ高く朱色, れひとこと言葉をかわす, れひところは買手, れひとしく亡び去る, れひとしれず思いを, れひとつひとつに葉柳, れひとつ佐殿からでもいう, れひとみを定め, れひとり寢臺に醒め, れひとり怏々と日蔭者, れひとり恒景の家, れひとり藤作に会った, れひとり道心ありと, れひとり馬で歩い, れひまさえある, れひょっとしたらあの連中, れひろく読まれだしたの, れひろびろとのび, れびくとも動かない, れびっくり敗亡して, れびっこをひきひき自分のおろかさ, れびとのおとづれを忘れなかつた, れびと迎への式, れびをかけよと吩, れびんたをくわされた, れふかい暗夜を, れふかくしたもの, れふき出す血のり, れふしたちは平生浜, れふしたちのは普段着, れふし共は代官さま, れふし死の暗雲, れふた股者と, れふっと苦しい呼吸, れふらふら塔の, れふらりふらりと我家, れふり仰げば, れぶらぶらしてるより, れぶらりぶらりと天空で, れへか卷き込まれさ, れへともなく呟い, れへなんか来ないうち, れへべれけになっ, れへもわけて, れべって事だ, れべつべつの投錢, れぺたりと面形を, れほそい新月が, れほっそりした両脚, れほととぎすや白雲, れほとんど全くその自由, れほどまで鋭どく, れほのかな明るい, れほのぼのと女神, れほぼよい解決, れほら貝もふかれました, れほんとにそう思いますか, れぼくらが救助, れぼっとして, れぼつぼつ消えて, れぼーっと霞む, れぽかんとした顔, れぽろりぽろりと膝, れまごまごして, れまさきに死する, れまさしく美男には, れまさアね, れまざまざと目, れまして女の, れまたとない名器を, れまたはただ単なる流行, れまたまたいつに, れまたも涯り, れまた一方芸術的に, れまだぽんぽんと血, れまちでどの, れまっ先にくる鞍上, れまっ暗になる, れまっ白に光っ, れまっ青な柔らか, れまでとして遊びの, れまでには無かつ, れまでより好いもの, れまゆみも光村医学博士夫人, れまるいテーブルを, れまわりを小型戦車, れまんいち当人の, れまんまさえ食う, れ免しあらせ給え, れみかどは六波羅, れみさほもその, れみじめさが強く, れみずから死地を求め, れみずから決心してる一生犠牲, れみずから省るに, れみちのく以来の家士百八人, れみちみち機でも織, れみどりこなたへ君, れみなはなばなしく討死, れみな東京の支配下, れみやを抑, れみるみる焼けて, れむがごとくに自分の前, れむき出しの天井, れむごたらしく白日の, れむざんな犠牲となる, れむし暑いのか, れむずかしい言葉を, れむずと宗親さまの, れむっと胸もとに, れむというようななつかしみを感じた, れむといったような眼つきが私, れむといふ身辛く, れむとしつつ在る, れむとして助かりし公証人, れむとしてゐると云ふ報知を耳, れむとするふるき都に, れむとする平氏政府を挽回, れむとする状態に立, れむとする羊の如く, れむとする駒ヶ嶽神山冠ヶ嶽南に富士川, れむとす夫の歸らむまでは江戸, れむとせざれば日頃はさ, れむと云ふ言葉, れむと今朝も思へる, れむと匿名書を贈られた, れむと多年泣血砕心して, れむなら感覚や記憶, れむにものなき我ぞ, れむのみと聞くに, れむは広しと, れむものかふりあげし袂このまま夜, れむもののように皮肉な微笑, れむも可なるべし, れむやうに青年の姿, れむやみに, れむようなおかしみが一筋めらめらと, れむようなさげすむような顔つきをし, れむようなまた皮肉な眼つき, れむような口吻なの, れむような恩恵を施す, れむような眼を武蔵, れむような眼差を馳せた, れむようにいい慰めた, れむようになって来た, れむように典膳へいう, れむように微苦笑して, れむように我子の顔, れむように空虚な笑い声, れむりやりに名誉教授, れむろん特許は, れむをりはいまの好, れむ事を希望, れむ事切なり, れむ人もあらじ, れむ以上にどうして, れむ光にあらず, れむ地上の秩序, れむ心持は動いた, れむ是世俗の常, れむ槍は汝, れむ樣な輕蔑, れむ結構とこそ承り, れむ葱も作りて, れむ術も無し, れめいめいかっぱつに, れめちやくちやに, れめったにこちらへ, れめどこをほ, れめ何処をほ, れめ神の手われ, れもういいかげん色づいた三四人, れもうこの家, れもうこれからは時間, れもうしばしご養生, れもうとても生きて, れもうどうする術, れもうはや喧嘩の, れもうほとんど正義の, れもう前もって祝われて, れもがなと思ふ矢先, れもこそ嘆いたに, れもさっしゃらねえ, れもしそうして, れもしまた塞がれも, れもし初めている仲, れもちろんわたしも, れもっとももっとも朴直な, れもともとお気にいりの, れもと店さきへ手探り, れもな東京中央楽壇の, れものうげに, れものの気狂の, れものものしい警戒の, れもの君家へも汚辱, れもの心の日向葵, れもの猪口それに白木, れもの珍しく眺めて, れもはあ廿七, れもみぢの支那定食食ひつ, れもよひの, れもんどりを打っ, れゃあいつの気心, れゃお前に感謝, れゃちゃんと覚えとる, れゃどうして殺されるん, れゃどうも見当がつかん, れゃ一番風呂に失敬, れゃ二ツ三ツ引金を引いた, れゃ人をうち, れゃ今日こそはどう, れゃ処女でなけ, れゃ勝手に逃げだし, れゃ女の方, れゃ家へ帰ったら, れゃ希臘人が怖い, れゃ歩哨線の通過, れゃ真面目に云ってる, れゃ自分がしめ殺された, れゃ賃金は向, れゃ金鵄勲章だぞ, れやいやいとせがまれ, れやうおまけに人, れやう去年も一昨年, れやう沼の主, れやう烟草の録さん, れやう烟草屋の録さん, れやう那樣疑でも起されたら, れやう鳥も飛ば, れやかましくもなけれ, れやがてすっかり托児所そなえつけ, れやがてとうとうわれらの, れやがてどっと総くずれに, れやがてやむなく別離した, れやがてやや乱軍の, れやがて再びごみごみした, れやけ気分も手伝っ, れやさしくされ新鮮, れやすい弱い醜い性格の, れやすい弱い鈍い性質を, れやっかいにされ, れやっかい者だとて, れやっとこの宿, れやつぱり自主的な自覚, れやにわに武装を, れやむを得ずわずかの縁故, れややもすれば鳥獣族滅に, れやや暫くその紙面, れやわらかい自由な, れふ飯, れゆえ家内残らず大阪, れゆえ私は是, れゆえ緒方の書生, れゆえ藩中に居, れゆかにはじゆう, れゆがみ揺らめいて, れゆすり起すも, れゆびでおしてみると中には強い, れゆらりと駕籠の, れゆるやかに流れる, れゆゑの恋ぞうら山, れゆゑぞ原を正せ, れゆゑ惜しみてか藥師さま, れようがんます, れよかったのう, れよしんば生きて, れよそながらでも, れよってもって, れよもやそれ程の金入, れよりぞ知る戀, れよろこばしい心持が, れよろしき調和を, れらいうんと, れらんす, れら二十代のもの, れら国民の至情, れら恋の邪魔, れら自身の頸, れりっぱな一点, れりやそれで不足, れりやギイとあく, れりや俺だつて悔い, れりや本望さ夜逃げでも心中, れりや為なかろな, れりや當分小屋を休む, れりや酒蔵とお, れるこつた, れるせつの新, れろくに食物も, れわが国独得の文化, れわが輩もその, れわが輩一片の義侠, れわきめもふらず, れわけて他州者, れわけても左衛門尉義盛さまをば, れわざと秀才の, れわしげに門, れわし役場から下, れわすれがたくぞんじ上候, れわたくしどもはいっしょ, れわたしたちを不安, れわれとそれから女, れわれわれ人間の力, れわれわれ四天王のうち, れわれ俗物は寒い, れわれ四人も彼, れわれ従軍記者のあいだ, れわれ我を忘れ, れわれ文化部の担当者, れわれ知らず筆者の感情, れわれ等三人の臥房, れわれ親子も重い, れわれ警察の者, れをか恃ま, れをさえ抱き初めた, れをすら職業は, れをぞ笑ひ指さすめる, れをだに白璧の, れををしむより, れんでがすからはあ, れんでな大きに疲れました, れアそうも行くまい, れアア今日は芽, れアイテーは牝馬, れアイヌと呼ばれた, れアイヌ族の特有, れアイノと差別, れアイルランドからルウ・ラムファダ, れアイロンまでかけられ, れアウフクレーレンされるもの, れアカイアの衆, れアカデミーの問題, れアガータは最, れアキリュウス將を, れアキルリュウスの軍裝, れアクセントの強い, れアゲクは武力的, れアサマ山若くは, れアジアは千年, れアダムはヒンドスタン, れアナウンスを全文掲載, れアナーキズムとコムミュニズム, れアハヤといふ間, れアフリカ沿岸の探検, れアブラなどは殊に, れアマチュアの方, れアミアンの平和以前, れアメリカあたりからわざわざ, れアメリカ合衆国の原産, れアメリカ軍人軍属並びにこれら, れアラスカからスパゲティ, れアラユル精神病学は悉く, れアリのはいだす, れアリストテレスから多大, れアルキム島に根拠地, れアルザス・ローレイヌ州を奪, れアルテンはなぎ払われ, れアルマイトの赤い, れアレキサンダー王の乗馬ブケファルス, れアレクサンドロスわがメネラオス殺し, れアレース懲す術に馴, れアワヤ貧血を起し, れアヴェロエスの註釈, れアーチ形の暗い, れアーンチロコスに叫び, れアーントネリは殺し, れアヽ復横になつて, れア叔父さんのは自分, れア昔からある, れイカリオスに毒せられた, れイガを怖, れイギリス好みの出窓, れイギリス戦線の正面, れイギリス軍の正面, れイケドリになっ, れイスラエルの地, れイタリヤではツンガリー, れイプセンが近代劇作家, れイリは実に, れイワンは破れ靴, れインタービューがされた, れインテリゲンツィアはさながら, れインテリ階級の頽廃, れイヴはのたれ死に, れとム, れウィリヤム・パウエルの主演, れウイを飲み, れウイルソン大統領が演説, れウインチルシー伯が会長, れウェリントンも退いた, れウェーゲナーの有力, れウラジボに向かう, れウンと云っ, れウーゴモンは焼かれ, れウーンと云っ, れエキストラクトされて, れエジプトに漂到, れエジプト人の人口, れエゾ松トヾ松は紙, れエタと共にエタ年寄指揮, れエバは後, れエミイはりっぱ, れエリザはパリヤアニ中尉, れエルキュルはその, れエルナンドは第, れエレクテウムが建っ, れエヴの公平, れエヽ何をう, れエ事が出, れエ給仕上りの野郎, れオアシャカの地, れオウトミイルと馬鈴薯, れオジャンと相成った, れオモチャにされつくした, れオランダ船に引渡され, れオランダ風物の代表, れオリヴィエは読書, れオージンの, れオースタリアバワリア北アメリカなどの公使, れオーストリアにとられ, れオーソリティの光, れオール文学主義の, れカイゼル自身が国境戦, れカイファスの唾, れカイヤールの翼, れカイーノと茨, れカサコソと音, れカソリック教の宣教師, れカテリーナ・リヴォーヴナは上, れカトリック連盟に領土内, れカブトムシ王国はじまって, れカメラを向けた, れカリフォルニア大学ルーイス博士によって重水素, れカルデアの女神チャーマット, れカルーの殺害者, れカンタータ一曲が聖歌隊, れカールと名付けられた, れガス法規修正案の調査会, れガス燈はねじ曲げられ, れガス管からは現に, れガックリ首を, れガラスは破れ, れガラス天井の上, れガロウニンとフオストフ, れガヮッパ様などと敬称, れガーッと音, れガードラー砂州東端の標識, れキニーネ又キニーネ, れキヌ子同様の鴉声, れキモの小さい, れキャデイズの街, れキリキリと縛り上げられ, れキリスト信者は感傷的, れキリスト教の正しい, れキンギン国軍はやっと, れキンタマを蹴りつぶされる, れギョッとして一足, れギリシャはそれ, れギンネコ号の乗組員, れギーつといふ, れクサる, れクシャクシャに踏み潰され, れクラスの者, れクラブの実務者, れクラブ員が個人, れクラヴィホその他の戦場, れクリスチャン化された人物, れクリップでとめられた, れクリーニングされた空気, れクロッケーをする, れクロノスの末子ツォイス, れクールフェーラックは殺され, れグッタリとなっ, れグラムは銀, れグルグルグルグル渦巻く様, れグルズスキーの名, れグレースキューナード嬢のごとき, れケブリオネースと共に進む, れゲエテの, れゲンナリする, れゲーテ協会に対するバルザック協会, れゲートルを解き, れコヂ開けた二枚, れコバルトの治療, れコポオが取, れコモ湖畔の小さな, れコルドウベンセの刑務所, れコレラの流行, れコンクリートの渠底, れコンスタンチノーブル自由国と称し, れコンブフェールはひとり, れコーヒー道具が壁ぎわ, れゴクンと音, れゴシップされて, れゴムを塗った, れゴム管で横腹, れゴーリキイたちの店, れゴーリキイ自身自分の全, れサアすぐに, れサア・ジリイ・メリックとヘンリイ・カッフ, れサウルヨナタンのペリシテ人, れサシミが現れ, れサタンと呼ばるる, れサッと顔の, れサッカリンをなめ, れサルジニアの銀鉱採掘事業, れサンヂカリズムの予期, れザラの心, れザンバラ髮になつて, れシェイクスピアの孫娘, れシェストーフ的現象として実, れシエレーの一葦舟中, れシケリアに葬られし, れシックリさせられて, れシッポを垂れ, れシテ柱をまわる, れシトロンの針, れシナ思想で潤色, れシベリヤへ流刑, れシャリテの修道女会, れシャルル一世既にプーリア, れシャンデリアの光, れシュリアを南西, れショパンが即興演奏, れションボリと小さい, れシラギントワイトの, れシルレルはその, れジイドの, れジェスマスは低き, れジパングに達する, れジミーは郊外, れジャアク先生がこっち, れジャズのナンバーワンと絶讃, れジャンヌを見た, れジャヴェルとジャン, れジュスチーヌが吃り声, れジョウが二階, れジョニイ・ウォカアの広告油絵, れジョリーは殺され, れジョン少年が走り去った, れジヨバンニはさつきみんな, れジルノルマン氏の次, れスカイアイ大門の前, れスタンダールが憤った, れスチームの太い, れスティックを持てなくなった, れスティーヴンスンの名声, れステージのまるく, れストライキを企て, れストーブの四寸煙突, れスピード化されて, れスマートな身体, れスワといえ, れズラリと一列, れセイユ期の石器, れセキロウとなった, れセメントを以て固められた, れセーヌはセクアナ, れソコドキツブタチアワダツという三ツ, れソレとばかりに又, れソロかたがたは左記, れソヴェトの意識, れソヴェト同盟の労働法, れソヴェト文学史の第, れゾラやモーパッサン, れタカムラとテルミドール, れタカ子は九時ごろ, れタクシーをとる, れタジタジと二, れタタき付けられた女工, れタタキ付けられたため, れタラップのそば, れタンプルから脱出, れダアとなる, れダイタースの歿後フーゴー・リーマン, れダイヤの上底, れダイヤモンドがちりばめ, れダシに使われ, れダダ化されユーモア化, れダメス王の名, れダルになり, れダルメイダに一足, れダンスがはじまる, れダンテが女性, れチクチクするの, れチフリスへ送られた, れチベット在留のシナ人, れチャンドラの西蔵語研究, れチャーチ博士を委員長, れチャーリー中野もそれ, れチャールス二世のよう, れチュウヂュース生める息, れチュダコフの発明, れチヨは立っ, れチラクラとただ, れチラリチラリと仄か, れヂウに逃げ, れヂドが戀, れッきりでは余り, れッこれでもか, れッたいから電報, れッ切りか下ら, れッ手裏剣が飛ぶ, れッ無礼な, れッ理不尽何んの意趣, れツきりでは余り, れツイ其の言葉, れツオ駅発独蘭国境に向, れツラツラおもんみるに, れツ人間といふろ, れツ何處の何奴, れツ借金の抵當, れツ卑怯だぞ, れツ女お前が内儀, れツ度い思ひが, れツ理不盡, れテストされ淘汰, れテッド博士以下を歓迎, れテッド隊員がしきりに, れテッド隊長はびっくり, れテレ切って, れテープや花, れディドロー選集やエルヴェシウス研究, れデカダンスとも云われ, れデカダン樂派の新星グリーク, れデスクの向, れデスデモナが悲歎, れデッキへの鉄, れデパートで手織り木綿, れデモステネスやプルターク, れデルタにちがい, れトムスク県下に籍, れトルストイとほか, れトルーマンの当選, れトルーマン大統領がサイン, れトロッコが走る走る走る, れトントンと二, れトーキーに食われ, れターンと, れドイツの反動政策, れドイツ人の眼, れドイツ共産党幹部トルグラーやデミトロフ, れドイツ数学やドイツ物理学, れドイツ皇帝を始め, れドウと許, れドクタアと私, れドッとばかりに前, れドラックマンは海洋小説家, れドレゴに顔, れナッソーの連隊, れナポレオン一世が没落, れナポレオン自身の口授, れニューイングランドに於, れニワトリをのんだ, れニヴェルの道, れネオンのチューブ, れネルソン氏もこれ, れノウトル・ダムは屡々, れノスタルジーにかかり, れノドに穴, れノミに喰, れノンセンス化されて, れハイドンの無邪気, れハイヒイルの靴, れハイ左様なら, れハゲ天で食事, れハッキリした理由, れハッパ袋がさげ, れハドリア海なり, れハミ出されたの, れハムマーで殴られ, れハムレットやマクベス, れハモニカバイオリン等を弾奏, れハルトマンが個々, れハンカチのよう, れバカのバカ, れバタリと倒れた, れバタ屋が懐中電燈, れバルコニイ近い豊か, れバルザックの寝巻姿, れバルザックスタンダールドストイェフスキー等が読み直され始めた, れバルーンの浮力, れバ六月廿九日のよし, れバ小弟も外ニ人, れバ此大極丸, れバ船の事ハ伊藤先生及洪堂兄等, れパウロは無念そう, れパストゥールにその, れパツと何もかも, れパトロールカーが三台, れパプロットは焼かれ, れパラチン山の麓, れパリー中の人気, れパンシオン・ソモロフの前, れパンジエツチイの流, れパンダロス我々二人彼目がけ, れパンパン孃にわら, れパンフレットを一部, れヒダの騨, れヒットラー・ユーゲントの工作, れヒヤヒヤと吹き来る, れヒュッと喚声, れヒラキキ神社がある, れヒラヒラと人, れヒントをうけ, れビクともしない, れビクターに於, れビニール袋に入れ, れビンゼンたる分けまえでしたがね, れビール壜を陽, れピカソ辺りの表現派絵画, れピカドルは反, れピクサーノフ教授サクリーン教授などが退いた, れピヨピヨ鳴いて, れファーブルの, れフィツジェラルドの死後, れフィリッピンからの砂糖, れフィールドの片隅, れフイイーは殺され, れフォルリにいたれ, れフスタトと呼ばれ, れフト二三年前鬼子母神樣境内の茶店, れフライドマルと其子ファフニール, れフラフラと米原, れフランクを中心, れフランス人とオランダ人, れフランス土産の飾り板, れフランス語の発生地, れフランス軍はレイユ軍団, れフランス風な捲毛, れフリ廻され投げとばされて, れフリーダの味方, れフロアに進み出, れフロイスは初め, れフローアスタンドと枕元, れブウロンニュの森, れブックマン博士という人物, れブブ博士の感じ, れブランカはボツボツ, れブランドは總理衙門, れブリグスはかねて, れブリズベーン市にも新設, れブルジョアジーは, れブルジョア財産の存在, れブルブルッと身, れブレスラウに病臥中, れプラスとマイナス, れプランスノアは焼かれ, れプラーグやロンドン, れプロレタリアの陣営, れプロレタリア作家に課せられ, れヘエサヨサヨヘエサヨサヨとつづけ, れヘクトール騎兵を車上, れヘザの持っ, れヘリオポリス地方の主神ラー, れヘルンのペン, れヘロデは遂に, れヘロドトスはマツサゲテー, れヘンリーはこの, れヘーレーの憎しみ起し, れベアトリーチェはそが, れベスの陽気, れベネヴェントに近き, れベランは茹で蛸, れベリーニを初め, れベルリオーズの惨澹, れベルリンが壊滅, れベヴィスまた城将, れベーカー夫人とアメリカ, れベーコンが近世, れベートーヴェンやウェーバー, れベールをかけられる, れペンクラブの大会, れホック船やワク船, れホテル・マルノへ移される, れホテル支配人ロバアト・マギが確認, れホトホト圓朝はきょう落語家稼業, れホホ睡くても, れホームズは指紋鑑識, れボッとそこ, れボヘミア国民音楽の祖, れボロジンは, れボンヤリして, れボーイがはいっ, れボートの底, れボートルレの父, れボーナスが出る, れボーンと, れポオはヂュパン, れポコポコになっ, れポムペイの士女, れポリフェモスはみずから善意, れポンソンビーになぎ払われた, れポンチ画中の滑稽人物, れポンチ畫中の滑稽人物, れポンペの醫術書, れポーンと粉々, れマア坊に対してうしろめたい, れマグロ久やクジラ市, れマジメに実業談, れマスクをかけた, れマスター振りが目, れマストの上, れマダムというの, れマッハ主義によって物理学的, れマニラ人が一人即死, れマノノに戻った, れマホメット教國に傳つて改良, れマリアに甚大, れマルクス主義哲学の本来, れマルサスは招かれ, れミシンの糸, れミス高松などと珈琲, れムズムズする口, れムッツリした冷めたそう, れムルチてる池, れメイジ時代に至っ, れメイ・マアガレッタの虚栄心, れメッタギリに刺殺した, れメデューサの首, れメネラオス汝流せる紅血, れメルロヌス・ホルスティウスはその, れモウ一軒の家, れモノの値上り, れモラル的に質化, れモルガンも日本服, れモン・トオロン行の車, れモーツァルトから熱心, れヤキがまはつて, れヤッホーヨッホーイヤホーと声, れヤミでは自分, れヤ是はお, れユウカリ樹の下, れユーモア化されノンセンス化, れヨシエというウバ, れライオン戦車隊は火, れライプチッヒで勉強, れラグーザ玉子が老年, れラジオ聴取者が全, れラスキンが国民, れラッパーのポケット, れラテン語やフランス語, れラプンツェルを産ん, れラモアニョン旅館の上, れララと我と, れラランドは一生涯, れラレイは副, れラロでも, れランチはわき返る, れラ・ベル・アリアンスは二人, れリアリスティックな画家新井光子, れリコオルゴスは無, れリシダスの爲め, れリズムと情想, れリノリウムの床, れリファインされつつ, れリュシアン・レヴィー・クールと憐れみ, れリリツク化されて, れリングに通し, れリヴィングストーンの偉大, れリヴォフ市が赤軍, れリーヅ大學, れルネッサンスがそれ, れルネッサンス式の建築, れルバーシカだけになった, れルードルフ公は私, れレオは上意打, れレコードは音盤, れレッテルを貼られた, れレニエエが, れレーの神, れレールは突然, れロイドめがねがはねとばされ, れロオランは例, れロシアの仲介, れロシア人民教化のため, れロッジで泊め, れロベスピエールの失脚, れロープがたぐられる, れローマ人の征服民族, れローマ帝国は二分, れローリイはわたされました, れロ人の武器, れワアッと泣き, れワイシャツもズタズタ, れワッといっ, れワルサウその他の都市, れワルナは月, れワーッと押し出され, れヰルギリウスが詩, れな, れヴァイオリンの教師, れヴェニスの総督, れヴェネチアに近き, れヴェルダンを古戦場, れてエ, れ一きわ高いの, れ一しきり風に, れ一せきの軽, れ一たびはこの, れ一たび倫理学の領域外, れ一たび即興詩もて世, れ一たび神を見, れ一つ一つがそれぞれ前後二台, れ一ツは子, れ一ツ一ツが予定, れ一ツ橋の校舎, れ一ヵ年間留置場生活を経, れ一ヶ月のうち二十日余り, れ一七〇三年ゼノアを出帆, れ一七七一年には更に, れ一七七三年にはそれ, れ一七九三年のこと, れ一七八九年と比較, れ一七八二年には更に, れ一万の兵, れ一丈六尺の釈迦牟尼仏, れ一三二七年八月十日牢死した, れ一三年にはジュウル・ロマン, れ一九〇〇年舞台で成功, れ一九一二年に再び, れ一九一五年の四月, れ一九一四年以来殆ど全く中絶, れ一九三三三四年ごろから芥川賞, れ一九三三年以前の民主的文学評論, れ一九三三年四年の初め, れ一九三六年には小松清, れ一九三六年六月にはコペンハーゲン, れ一九二八年の初夏レーニングラード, れ一九年に単行本, れ一二月も怠惰, れ一二番の戯れ, れ一五〇二年に即位, れ一五一四年の四月十一日, れ一五九七年二月五日長崎の海岸, れ一五年にフォンターネ賞, れ一人万歳博多のどん, れ一人二シリングの入場料, れ一人吸ふもの, れ一人変つた服装をした, れ一人太政官の前, れ一人將來を見よう, れ一人扶持取る足軽, れ一人死の庭, れ一人死児のこと, れ一人甲板に上りたる, れ一人顔を上げる, れ一介の殺人犯, れ一入情愛を, れ一八一九年の議会, れ一八七二年にはニューヨーク, れ一八七五年に, れ一八七八年九月二十一日に最初, れ一八七四年即ち私, れ一八七四年マクマオンが大統領, れ一八三七年の夏, れ一八九〇年前後に亘つて, れ一八九一年以来国有となり, れ一八五〇年には歌劇, れ一八八六年マドリッドで出版, れ一八六六年には有名, れ一八四三年わが天保十三年, れ一六年に出版, れ一切万事舅姑の言う, れ一切事物の生滅, れ一刹那なるに, れ一千一百有餘年前宗祖弘法大師が支那海, れ一千卷の大部, れ一口に摸写, れ一句を残したまわ, れ一句これ一句春風駘蕩たる野道, れ一台の乗合馬車, れ一同書付を読み聞かせられた, れ一同火食せざること七日, れ一向わからなく思ったが, れ一味清新なる, れ一喜一憂が繰り返される, れ一喝を喰い, れ一回の休息, れ一国のため, れ一坪の青, れ一塊りと, れ一変して, れ一夏は君独り, れ一夜千金の花魁, れ一大文章たらずんば, れ一大苑囿の波上, れ一如化されて, れ一子孫五郎は湖畔, れ一定の法則, れ一定共通の形態, れ一定年限の間, れ一家そちらに引越した, れ一家四人が揃つて, れ一審の水戸地裁下妻支部, れ一寸目ばたきする, れ一寸試し五分試しに玩具, れ一寸顔を出す, れ一尋八百フランもする, れ一局地以外に伝播, れ一巡り杯を賜わった, れ一巻と四巻, れ一師一弟の別格稽古, れ一幅クロトの活畫像, れ一幅生命反乱の活画図, れ一幅生命反亂の活畫圖, れ一年ほどまた, れ一年三ヵ月の判決, れ一年三ヶ月の判決, れ一年中の塵埃, れ一年前の出来事, れ一年毎に総て, れ一年近く単身横須賀の山, れ一座七十余名の手, れ一往は疑い, れ一往理をお, れ一律化されようと, れ一戦をも交えず滅ぼされ, れ一戦争するに, れ一挙手一投足何事にし, れ一挙熊本を席捲, れ一掬の涙, れ一撃せられるよう, れ一斉検挙となった, れ一族妻子も助かるまい, れ一日中千日前新世界界隈, れ一日何合の米, れ一日近くも脱衣場, れ一日鶴見の花月園, れ一昨年のお, れ一時上ノ山へ隠れた, れ一時人口に膾炙, れ一時的なにせの, れ一時詩壇で流行, れ一時間ばかり經つて, れ一時間後上海は平穏, れ一晩土に埋められ, れ一服いたしませうか, れ一期の大事到来, れ一朱ばかり頂戴, れ一枚一枚の橋桁, れ一株の樹, れ一橋は排斥, れ一機ものこさず, れ一歩ごとに海, れ一汎には軍用, れ一泊して, れ一派は十一月二十日, れ一浴五銭ずつ取っ, れ一滴の涙, れ一物の目, れ一生お前の事, れ一生其処へ押籠め, れ一生危険にさらされ, れ一生喜捨をまき上げられる, れ一留ごとに三分五厘, れ一番がつかりした, れ一番あとから数珠, れ一番惨めな境遇, れ一疋も蠅, れ一百人あまりの人数, れ一盟四十七士の大志, れ一県の失政, れ一瞬失望のドン底, れ一神二名ということ, れ一種悲壮な恐ろしい, れ一種色替りの下女, れ一種芸術的に解せられ, れ一筋を爲, れ一箱用意して, れ一節の終り, れ一粒の玉, れ一糸と雖, れ一組は廊下, れ一絲も纏わぬ, れ一緒になっ, れ一致の第, れ一般国民には未だ, れ一般大衆にとっても仏教, れ一芸妓の厭世自殺, れ一草亭の許, れ一萬兩にも上る, れ一葉の舟, れ一藩かぎりで立て, れ一虎は勝てり, れ一行の着物, れ一袋四円の小麦粉, れ一見至極単純に, れ一触即発の危機, れ一言一行目に見えぬ, れ一言半句も疎か, れ一警官の手, れ一越調で, れ一身体にし, れ一身置き場もない, れ一輪ざしの, れ一轉して, れ一通り調べがあっ, れ一週の授業, れ一遍読まれれば, れ一道は曹休軍, れ一郎はさすが, れ一部族また一家族, れ一重に諸賢登山家, れ一門三十二党それぞれに家運, れ一間半もある, れ一陣の涼風, れ一隊は神社, れ一隻もとびだす, れ一難ごとに信念, れ一面モーツァルトやベートーヴェン, れ一顆の寶玉, れ一騎打や蛮勇, れ一體琉球に何, れに思はれた, れ丁度船に乗った, れ丁稚はひたすら, れ丁髷が無くなり始め, れ七七四十九が六十, れ七五三縄を張られ, れ七人の旗本, れ七八ねん目, れ七八人は何処, れ七兵衛を見送らなけれ, れ七兵衞さんの褞袍, れ七十にし, れ七十度内外の内陸, れ七十郎とその, れ七年に二十歳, れ七志の卷數, れ七時頃にいと, れ七月一日藤岡町合併の事発布, れ七月天皇も御, れ七条口を突破, れ七歳の六丸殿, れ七花八裂狼藉を極めた, れ七草粥にする, れ七隊に分れ, れを数える, れ万々一にもベアトリーチェ, れ万一の場合, れ万事を急い, れ万事不如意ですから, れ万事実相に明らか, れ万吉は万吉, れ万歳の声, れ万歳一升の酒, れ万歳万歳と連呼, れ万物はたゆみ, れ万目荒寥として枯れた, れ万策つきて, れ万葉集の歌, れ丈ぢや, れ丈六の仏, れの谷, れ三つ所紋の割羽織, れ三ヵ月のちの八月, れ三ヵ月間投獄された, れ三七二十一日間病院に通わなけれ, れ三万余騎の兵力, れ三人殺しの罪, れ三代目市川団蔵の自来, れ三位卿その人, れ三倍以上の借金, れ三共が一手, れ三分の二は芝生, れ三十一字を標準, れ三十一年には社, れ三十一年一月に発行, れ三十七八年の戦争, れ三十五万石我れは, れ三十六年志願兵として一ヶ年間騎兵, れ三十年も経たない, れ三十年前の不完全, れ三十幾年の長い, れ三十幾組に分れ, れ三十里も敗走, れ三千の武士, れ三千兩は戻らず, れ三千円は叔父, れ三名はあっと, れ三回と四回, れ三国峠の権, れ三太は旦那, れ三好も言葉, れ三宅島に流され, れ三宝に帰りまつらず, れ三尺五寸の小, れ三席の清之介君, れ三年前伏見屋伝七が死んだ, れ三年前江戸に呼寄せ, れ三度びそれを企てて, れ三思せよ, れ三成と山城, れ三文字屋金平夙に救世, れ三方に映り合った, れ三日三晩真実そのものの慶賀, れ三日市から宇奈月行, れ三日間マルセーユにとどまっ, れ三時には聖上, れ三月ふみせずうち, れ三条河原にひきだされ, れ三様の情緒, れ三橋はこっち, れ三河におわす, れ三浦須美吉は郷里平磯, れ三田のあ, れ三田文学茶話会に赴く, れ三番池は近頃, れ三疊臺目の茶室, れ三百代言のところ, れ三百何十両の金, れ三百何十兩の金, れ三百兩の大金, れ三百米を一瞬間, れ三百部限定であるから, れ三角州地方では最も, れ三角点は俎倉, れ三足で逃れ廻る, れ三輪の萬七, れ三造はまた, れ三道から進められ, れ三郎さんも学校, れ三重であるが, れ三門を開け, れ上がり框からすぐ, れ上がり衣裳の裾, れ上つた痩脚にぺたんことも曲ん, れ上つた秋の朝, れ上つてゐた, れ上つて珊瑚礁の岸, れ上つて空には星影, れ上り端の板敷, れ上下の歯, れ上下みなおおらかに日々, れ上下何十人の者, れ上下騒動をきわめて, れ上半分は櫛, れ上半身を朱, れ上唇は戦え, れ上大夫に対してはおだやか, れ上州間庭の樋口十郎左衛門殿, れ上杉氏と称した, れ上海に送られ, れ上海あたりでは早く, れ上田原の戦, れ上着を脱い, れ上等が八級, れ上述ごとく祖神, れ上郎氏の細君, れ上部に助役, れ上野首無しの段, れ下っ端役人は愚か, れ下加茂から嵯峨, れ下司下郎と蔑まれた, れ下宿屋から直ちに, れ下層に經部, れ下手者もその, れ下毛下総常陸等の諸国, れ下田及び函館, れ下田歌子先生が再婚, れ下田歌子女史もまだ, れ下男の次六, れ下男下婢たちにも酒肴, れ下級裁判所に差戻し, れ下総の東金, れ下船した後, れ下諏訪へかえって, れ下谷がやられ, れ下谷一番の油屋, れ下野どのもい, れ不仕合せな青年, れ不具兒となつ, れ不具者と称, れ不利な探索, れ不可思議な, れ不可抗の力, れ不可抗力の死, れ不合理と考えられる, れ不在なり, れ不如意もわかり, れ不審ながらも悦ん, れ不審訊問などを受け, れ不平なき猜忌, れ不平不満を持たれる, れ不忠の臣, れ不快な軍隊, れ不敬罪の名, れ不朽の名, れ不死不滅の冠, れ不浄門から戸外, れ不用な舊思想, れ不用意に彼女, れ不眠の苦痛, れ不粋の恋愛, れ不義の慾望, れ不自然視されて, れ不自由舎には病勢, れ不見識にもこの, れ不謹慎な口, れ不足し自由, れ不首尾に終っ, れ与一郎様の奥様, れ与三弁天小僧のあの, れ与五郎でんぐりかえしを, れ与太者と喧嘩, れ丑三公左次郎の三人, れ且それが五万分一図, れ且それらの人人, れ且人道中最大なる孝道, れ且其両者が相, れ且其生存中に於ける, れ且開發の最も, れ世々の道, れ世の中全体にその, れ世俗の空気, れ世帶は全部後添, れ世態人情の裏, れ世田ヶ谷の聯隊, れ世界じゅうの学者, れ世界プロレタリア解放のため, れ世界一のマダム, れ世界人民の生活破壊者, れ世界人類の病, れ世界史に顕著, れ世界漫遊客が必ず, れ世界生活という中, れ世界的名著として重んぜられ, れ世界的意義をもつ, れ世評もまた, れ世間ずれのした, れ世間静謐となった, れのよう, れ丘陵の背, れ両方の食堂, れ両替屋だけで, れ両極より赤道, れ両義性を排する, れ両船の船員, れ並木のおちこち, れ中の間の柱, れ中上川先生これを筆記, れ中世には転じ, れ中世此の邊, れ中世的な閉鎖性, れ中傷され脅かされながら, れ中味はカラ, れ中国全土はこれ, れ中国農業問題研究者として権威, れ中天の太陽, れ中央党部は謝罪文, れ中央局通信事務員河口鉄工場職工東京地方裁判所雇その他二三を転々, れ中央政権を争った, れ中学校師範学校の課程, れ中学生のとき, れ中宮の御, れ中将には蓮, れ中屋敷には若殿, れ中島葛島という二つ, れ中年に私, れ中書令になり, れ中根正照どの青木広次どのなど次々, れ中止されたのみ, れ中流上に足, れ中禅寺湖畔に宿つた時, れ中程の適当, れ中舎の孫, れ中華人民共和国が確立, れ中軍の寺院附近, れ中途から弥兵衛, れ中野さんは宮さま方, れ中頃排斥されその後, れ丸いかげを, れ丸くなったり, れ丸の内のある, れ丹左は林, れ丹後殿は三十五, れ丹念に暇, れ丹波は月光, れ丹波亀山の城, れ丹波国なる小野木縫殿介, れ丹羽五郎左も貴公, れ丹青の道, れ主人勝家も蔭, れ主体と主体, れ主体化されたもの, れ主催者上田敏博士から涙, れ主君は殺され, れ主婦としてこの, れ主客の歓語, れ主家は主家, れ主将伝五どのの行方, れ主将朝倉義景もこの, れ主屋と別に, れ主峰の雲, れ主席はやっと, れ主従ここで討死, れ主犯人の韋駄保, れ主観はあらゆる, れ主観的印象的に評価, れ主題化されること, れ乃ち塵芥を以て金文, れ乃ち誠を徴, れ久しい間彼が, れ久我管長より葛原, れ久松座新富座千歳座なぞの桟敷, れ乍らあちこちと小屋, れ乍らお祈りをし, れ乍らお隣の庭越し, れ乍らその間を注い, れ乍らガラツ八は離屋, れ乍らトボトボと鉄砲洲, れ乍らピュッと横ざま, れ乍ら一つもその, れ乍ら一年近い訴訟, れ乍ら一晩まんじりとも, れ乍ら三十二三の男, れ乍ら二人の姉妹, れ乍ら五台の馬車, れ乍ら伊太郎の胸, れ乍ら何んとなく, れ乍ら何時八五郎に脅かされる, れ乍ら八五郎は散々, れ乍ら其処にある, れ乍ら勞るやう, れ乍ら善吉は膳, れ乍ら嬉々として表, れ乍ら密林の闇, れ乍ら寢もやらず待つ, れ乍ら岸のあちらこちら, れ乍ら平次は訊きました, れ乍ら庭のあたり, れ乍ら彼女は酔いどれ, れ乍ら往復した, れ乍ら待機して, れ乍ら御殿の前, れ乍ら懷中の百兩, れ乍ら扇屋を出た, れ乍ら推理をすすめ, れ乍ら明治十二年発行内務省地理局の印, れ乍ら欄干の酒盛なんざ, れ乍ら此處を立去らう, れ乍ら残つてゐる事, れ乍ら母の性格, れ乍ら毎月そんなこと, れ乍ら河岸の材木置場, れ乍ら濃霧の中, れ乍ら火団を目がけ, れ乍ら熟睡して, れ乍ら犇と唇, れ乍ら自らの腑甲斐, れ乍ら自分は無, れ乍ら船から汽車, れ乍ら色々の秘術, れ乍ら芳年は此処, れ乍ら草葺の軒, れ乍ら足に胼胝, れ乍ら踏臺をし, れ乍ら逃げもならず, れ乍ら道といふ道, れ乍ら金属の表面, れ乍ら長閑に話し, れ乍ら防砦を築いた, れ乍ら防風の砂丘, れ乍ら隣の部屋, れ乍ら静かなこの, れ乍ら音も立てず, れ乍ら顔を雨粒, れ乍ら食つたんぢ, れ乍ら默つて居るわけ, れ乏しい一つ一つの, れ乗物を囲ん, れ乗組一同もまた, れ乗組員から尊敬, れ乗鞍を中心, れ乙姫様はひとり, れがつ, れ九三年には革命, れ九世紀の末葉, れ九九二年に死せり, れ九代目市川団十郎のたった, れ九分通りまでグラグラ, れ九十日間おいた, れ九坪ほどの自室, れ九州一円を風靡, れ九日は夜, れ九時二十分前に行った, れ九時過ぎに御, れ九時頃蒟蒻閻魔の縁日, れ九月に北方, れ九月二十六日に急死, れ九月十八日に津山, れ九死一生というつら, れ乞食僧は留, れ乞食同然になった, れと, れ乱刃の下, れ乱彩ぶりに悩まされ, れ乱行の悪名, れ乳母をさえ, れ乾児十二人と一緒, れ乾杯にいたっ, れ亀千代は身もだえ, れ亀鑑とされた, れ亂平いで長安, れ亂用せられたること, れ了つた時或人, れ了らず又, れ了ンぬ, れ了解されて, れ予定されて, れ予審に有罪, れ予審判事が出張, れ予審検事の皮肉, れ予期しなかった冷たい, れ予近日の飲食, れ予防に心, れ争い人と人, れ争議で示威運動, れ争闘や残虐, れ事ここにいたらしめた, れ事ごとに迫害, れ事務多端に忙殺, れ事実それに相違, れ事実上支払わないでも, れ事実秀吉の容子, れ事實それを立證, れ事態甚だ危險, れ二〇〇磅は地代, れ二たび聞くと, れ二つ仆れ死骸, れ二の橋から迎え, れ二ツの生命, れ二ヵ月の入院, れ二ヵ月後火傷のため, れ二ヶ月ぐらゐ顔もそらず, れ二ヶ月ぶりで江戸, れ二丁の斧, れ二三の友人, れ二三十分椅子にもたれた, れ二三千の西軍, れ二五年の中頃, れ二人夕食する, れ二人目の怪しい, れ二人身の豪勇, れ二六年には労働農民党, れ二刀流とか自称, れ二十インチ砲弾をはじめ数々, れ二十一でお雛様, れ二十一日将軍家右大臣御拝賀, れ二十九日を何度, れ二十五日の朝がた, れ二十人の使丁, れ二十余人の家臣, れ二十円足らずの給料, れ二十分許りお, れ二十名ほどの兵卒, れ二十四歳のとき, れ二十年ごろになる, れ二十年來鍛錬し得たる手腕, れ二十年来鍛錬し得たる手腕, れ二十日参謀を具, れ二十町許りも, れ二十間許りで生垣, れ二十面相が走りだし, れ二号活字の広告, れ二名の店員, れ二君の信仰, れ二年あまりして, れ二度と聞こえては, れ二撃で完全, れ二日あとに島, れ二日ふた晩ほどはまったく, れ二日二夜に亘る, れ二時を過ぎ, れ二月には赤さん, れ二月一日から毎週三回稽古, れ二月二十四日のフランス革命, れ二期の大統領, れ二条の院, れ二条為定らとはつねに, れ二杯目の煮え, れ二次の馳走, れ二町遲れして, れ二町隔きに, れ二番目の女, れ二疋の蛇, れ二百二十班の治療班, れ二百人からの土民, れ二者の持ち主, れ二葉亭もまた, れ二通とも霜, れ二重になつた方塔, れ二重廻も着ず, れ二間位のせせこましい, れ二陣に続い, れ云々して, れ互いにひじで, れ互にまだ性別の, れ五か条の中, れ五つ目に右手, れ五カ年計画の最初, れ五七〇名が, れ五万円の清, れ五人三人一時に亡, れ五人六人と武蔵, れ五人組強盗の始末, れ五代の唐, れ五位侍従に終っ, れ五体は粉微塵, れ五六人の俥夫, れ五六月の頃, れ五十越した与右衛門さん, れ五十年前に僕, れ五十歳のころ, れ五千兩の御, れ五号道路を越え, れ五名のお, れ五寸も積り, れ五年前は同じ, れ五年後には主要食糧生産, れ五斗入り袋は十倉, れ五日を出ず死ん, れ五時の汽車, れ五時間あまり鉄道省のパス, れ五月になる, れ五月九日付で兵部, れ五月二十二日頃にはその, れ五月十三日に千住, れ五月十日その発会式, れ五本のロウソク, れ五条大橋は朝, れ五枚蒲団の上, れ五歳ごとなる, れ五番町なるその, れ五百羅漢製作においても多大, れ五祖叛迷者に傷害, れ五臓の血, れ五色の光, れ五虎将軍の一人, れ五行自り, れ五郎三郎は妹, れ五里霧中でひき, れ五階でおろされる, れ五體のうち, れ井上玄蕃は錢形, れ井伊直弼は桜田門, れ井出家に伝わつた, れ井戸上村まで來, れの反撥, れ些事にも渾心, れ些末に拘泥, れ亜硫酸の需要, れわれるせい, れ亡命七年にし, れ亡者の熱弁, れ交通は開かれました, れ交通機関の物凄い, れ交際に日, れ交際家として牧師社会, れ交響曲詩の典型的, れ享受せられるのみ, れ享楽品が取得, れ京城の, れ京大阪堺の街, れ京太は窮地, れ京子は冷たい, れ京師の足利将軍, れ京方面から来る, れ京極も一緒, れ京極昭子さんまでがそれ, れ京橋近くの花家, れ京浜地方の住民, れ京都伏見大坂堺などで市中引き廻し, れ亭主が死んだ, れ亮作もモッコ運び, れ人ごみにまぎれ, れ人びとはわたしたち, れ人みな不審がって, れ人一たひ不幸災難, れ人倫と文化, れ人内に一, れ人別を拔, れ人前に立つ, れ人口の真, れ人夫をやとっ, れ人夫らの手, れ人工の森, れ人形が血, れ人形町は柳屋, れ人情化されて, れ人数も次第に, れ人无し三歳覿, れ人柄を見こん, れ人格を疑われ, れ人権を剥奪, れ人民生活は苦しく, れ人波に揉まれ, れ人為の破壊, れ人爲の破, れ人物の配置, れ人物自体動作自体が地, れ人生感を持っ, れ人生自身も味, れ人界の者ども, れ人畜の死傷, れ人相に至つて, れ人相どころの騒ぎ, れ人種偏見から解放, れ人肉を食す, れ人諸共に御, れ人足は駆り出され, れ人跡のない, れ人通りも少なかっ, れ人違いじゃ, れ人間らしい豊富な, れ人間平家史文化平家史の永遠性, れ人間派は新, れ人間生活に矛盾, れ人間的にも幻滅, れ人間縦心の境, れ人類文化の破壊, れ人類歴史の最大関節, れ白う急ぐ, れ仄かな月明り, れをとられる, れ仇敵の手, れ仇敵視されて, れ今ここへ迷い, れ今さら世の, れ今なほそれは破損, れ今にもユラユラと蒼空, れ今われの畏怖, れ今三分の二ほどよみ進ん, れ今入えて, れ今回和平の証, れ今土佐の政, れ今城壁去る遠し, れ今夏大岡龍男君と三人, れ今夜東京から集っ, れ今官を捨て, れ今川氏真をし, れ今平穩に去らまく, れ今年度のベストセラー, れ今度一冊の書物, れ今度一寸した感想, れ今後十数年を期し, れ今後数年巧く行ければ, れ今戸の家, れ今日われわれの, れ今日一日のこの, れ今日世界に雄飛, れ今日九五の位, れ今日十時から法医学教室, れ今日呉へ立ち帰った, れ今日地図で見る如く, れ今日始末せよそして, れ今日汝等と倶, れ今日遽かに之, れ今暁討手下ったかと, れ今更別に妻, れ今期は少数人民, れ今村がすっかり, れ今浦島の感, れ今潁州の練兵指揮, れ今生の思い出, れ今私は酔っ, れ今般外国公使の入京参朝, れ介抱され我, れ仏像を横, れ仏前に引摂結縁, れ仏国総督の不満, れ仏師の彫, れ仏教婦人会の連絡, れ仏教衰微の時代也, れ仏英協約にも決定的, れ仏蘭西巴里はゲラン会社製, れ仏蘭西近世の美術品, れ仏門に帰せし, れ仏馬祖答えて, れ仕事テーブルアイロン台と順に, れ仕官の道, れ他役免除の特権, れ他愛が無い, れ他方メジスリー川岸とフルール川岸, れ他日を期し, れ他端は木製, れ付近の他, れ仙ノ倉山の南, れ仙人となっ, れ仙千代と共に随, れ仙台侯が大阪侯, れ仙右衛門がズルズル, れ代表的文学者が社会主義文化, れ代金は疾く, れ令状執行の上身體檢査, れ以ての外の心得違, れ以上忍術家は心霊科学, れ以上果敢いとか, れ以上滞在して, れ以上發達せしむべ, れ以上確かな者, れ以下の弱者, れ以下これに準ずる, れ以下二番三番七番と二列縦隊, れ以前二十円といわれ, れ以前通り百姓をし, れ以外みな我が師也, れ以後三百年間ギリシア系のプトレマイオス王朝, れ以後先帝ということ, れ以後六年間三好三党に襲われ, れ以後殆ど十五年間に亙り, れ以来きびしい取調べ, れ以来信長の血すじ, れ以来典韋と呼ばれ, れ以来崖下の庭, れ以来彼等は此梅, れ以来私には何だか, れ以来門を閉じた, れ以為らく我れは, れ以為らく華族の腐敗今日, れ以爲らく我れは, れ以爲らく華族の腐敗今日, れ仮にして, れ仮作ものとは思わず, れ仮借もなく, れ仮初ながら知合, れ仮象とされる, れ仲人よりはもつ, れ仲間に入ろう, れの如き, れ任地では地方奉行, れ企業内の妨害分子, れ企業家で金持ち, れ企業者によっては予備, れ伊三郎と一緒, れ伊之助は勃ッ, れ伊予宇和島で出来た, れ伊佐奈も亦, れ伊川みずから此説を造っ, れ伊東の花街, れ伊與之助, れ伊藤は主として, れ伊達六十余万石と多数, れ伊達家御安泰, れ伊那丸がたはどっと, れ伏皇后にお, れ伏見桃山の麓, れ休息は些, れ会場ではフェーディン, れ会社もやめさせられる, れ会話を交し, れ会長の, れ伝手にご, れ伝播されそれ, れ伝染病の予防注射, れ伯父様に何ぞ, れ伯父樣に何ぞ, れ伴奏者下山康一が楽屋, れ伴藏は大きに, れ伸展せられると, れ但し全国の, れ但馬守に任官, れ但馬豊岡の御, れ位呑気な戦争, れ位客がとれる, れ位記では途上, れ低いつぶれた声, れ低俗に内容, れ低廉なる価格, れ住吉の大神, れ住居や衣服, れ住持さるべきもの, れ住民は洗礼, れ佐々のうち, れ佐々木道誉の城府, れ佐伯の心, れ佐兵衛を呼出し, れ佐兵衞を呼出し, れ佐原太郎兵衛尉に付, れ佐太郎を死, れ佐田のイデオロギー的飛躍, れ佐藤春夫氏が脱退, れ体重血圧を計られる, れ何かしら魅惑的な色彩, れ何くにか寄せん, れ何くれとおくがた, れ何ごとによらず, れ何さま物々しいばかりの, れ何しろ山を, れ何だとう汝ツ等, れ何で流罪に, れ何やかやとひめ, れ何カ月も何カ月, れ何十年来関係して, れ何囘も何囘, れ何奴も此奴, れ何度も母, れ何度仆されても, れ何度親子心中をねがった, れ何心なく眺める, れ何方から, れ何某の狂言師, れ何歳で強敵, れ何段かの帆, れ何番かまではお金, れ何百町歩とかの水田, れ何等の暴戻, れ何處へでも歸, れ何遍でも遣りなおしです, れ余みずからの業, れ余りの事, れ余りに又小さなる, れ余り意見はいわれなかった, れ余儀なく三年間そのまま, れ余分の飲み代, れ余念なき現時, れ余数をあつめ, れ余暇には小諸義塾, れ余波はもう, れ余程緩くりし, れ佛家の學問, れ佛容の比較的, れ佛教の所謂, れ佛蘭西兵の死骸, れ作中の時代, れ作家のより溌剌, れ作為されて, れ作者あはれとおも, れ作者自身さえ戯作, れ作藏は少し, れる勿, れ佳一のいった, れ併し乍ら政府が, れ併呑される, れ使者たち各, れ來つた情勢を見た, れ來らせて, れ來年の夏, れ例へば国立劇場へは, れ例年のごとく, れ侍たちにも, れ侍医らも控え, れ侍者小間使いなどまで付け, れぶなり, れ侘しさ堪え難い, れも小, れ供給されるの, れ供養を受, れ依頼せられて, れなるもの, れも其, れ価値判断を抹殺, れ価値尺度財と交換, れ価格の軸, れ侮蔑を受, れ侯爵は食事, れ侯自身からし, れ侵略戦争の現実, れ便ち非, れ便先考来青山人往年滬上より携, れ便利で信頼, れ便箋に封筒, れ係争中をしばらく, れ係官の厳重, れ促進展開されるよう, れにその, れ俄然戦時体制に, れ俊亮夫婦にも喜ん, れ俊夫君が肉付け, れ俗流化された後, れ俗物の私, れ俗界に堕落, れ俗論によつて, れ俘囚長たる安倍, れ保安条令によって集会一切, れ保護助成指導の方向, れ保釈出獄以来執筆は許されず, れ信二は一二度ドラム, れ信憑さるべきもの, れ信条を有する, れ信玄父子も傷つき, れ信者たちを恍惚, れ信越線開通までも繁昌, れ信長一門のさい, れ信長公からもまたなく可愛がられ, れ信長麾下の名将, れ修士も山, れ修士たちは阿蘇山, れ修正を加, れ修行をなされ, れ修辭の花, れ修道院ではアッソンプシオン長老, れ修飾されて, れ修養と共に綽々, れ俳優諸君がもう少し, れ俳諧はなお, れ俵屋は何事, れ俵藤太とも書かれ, れ俸禄も亦, れ俺たち二人は火, れ俺ら歸つて牛蒡でも拵え, れも並ん, れ個々ばらばらにきり, れ個人営業の手工業者, れ個人的意識の概念, れ個体間の競争, れ個想なり, れ倒幕の大業, れ候ことこれまた貞夫, れ候こと忝きよりは, れ候これを思え, れ候これみな先祖の勲功, れ候ころはただ, れ候ずると見申し, れ候はん又その, れ候まま花に花, れ候ものから貴意, れ候ゆゑ今日上野へまゐり只今, れ候ようお祈り申しあげ候, れ候よう大切に存じ奉り, れ候よう御座ありたき事, れ候ハ近ニ, れ候一二泊の御, れ候三斎公は景一, れ候中急病にて遷化, れ候人々は烏丸大納言資慶卿, れ候以来御夫婦, れ候侍の子孫遺恨, れ候健作も日まし, れ候儀さへ拙者, れ候儀ども一途に御国, れ候先方の申す, れ候八ヶ岳も少し, れ候句は切め, れ候哉近比杳然, れ候四郎様と申す, れ候図中鳥形の左, れ候基本と相成るべき, れ候大名衆の人質, れ候天保できの女, れ候女の肌, れ候廉を以て御, れ候形見かと思へ, れ候得ども浅手ニて候, れ候得者血少しばかり, れ候所にても, れ候文ニ私を以て利, れ候方々左記の通り, れ候方沢山日本にお, れ候日の指, れ候旨に御座候処, れ候時に至候, れ候時我目を覆ひし, れ候時景通も御供, れ候時父も剃髪, れ候時病気に而御断申上候, れ候末のこと, れ候松向寺殿の十三回忌, れ候様にと言ったら, れ候樣にと希望候儀, れ候横文字並に漢文, れ候横田清兵衛が子孫遺恨, れ候次第にて其事, れ候歟または神隠し, れ候武蔵守輝国公御嫡男, れ候段誠に憤慨泣涕, れ候為にし, れ候物品を返上, れ候由時節柄よき才覚, れ候由確と承り居り, れ候私は根西夫人, れ候節は失礼, れ候者に唯今, れ候通り一橋中納言殿御相続遊ばされ去る, れ候金百円及び御礼, れ候金高品数左之通り, れ候間おん悦び斜めならずわたくし, れ候間何者なりとも切支丹, れ候間其分御心得なさるべく, れ候間其意を得, れ候間寿庵手前より先々, れ候間小生も思わず, れ候間柵の所, れ候間直様参り申候処, れ候阿部伊勢守正弘は不, れ候高島田の姿, れるしら壁, れ倫理化せられ神殿, れ倭文子が行方不明, れして, れ偏に鴎外先生が, れ偏見を脱し, れ偕楽亭へ行き, れ停車場へ向かっ, れ健脚を踏み鳴らす, れ偶さか活きた, れ偶像にされ, れ偶然それが当っ, れ偶然城介の担当, れ偽証するよう, れ傀儡を操り, れ傍らの堆高い, れ傍聴者でいつも, れを折られ, れ備後黄葉山廉塾をあづかり, れ催眠術にでもかけられた, れ傲慢のみ残る, れ傳四郎とお, れ傷だらけの薄, れ傷口から歯, れ傷害罪として罰金千円, れ傷痍軍人や治療所関係者, れ傾城の種, れ傾斜が甚, れ僅少乍ら幕府の手當, れ働きが鈍らされた, れ像牌を作られ, れ僕等三人は同じ, れ僕自身の身の毛, れの顏, れや公卿, れ僧侶コボスと船長リヤノ, れ僧寺の制, れ僧門のわけて, れ億兆を救, れ儒学によって支那, れ儒教道徳の用語, れ儚く滅尽いたした, れ償金が支那, れ優しさに, れ優しい言葉を, れ優しきしかも猛勇, れ優婆塞一人へ襲いかかった, れ優待せられたに, れ優待条件を以て請待, れ優秀者から見捨てられた, れ優美な木々, れ優越せられかく, れ優越性を意味, れ允恭天皇は大和, れ元子さまは金, れ元弘元年八月二十四日天皇は俄, れ元良中嶋両先生, れ兄さんが二十, れ兄弟子たちにもいわれ, れ兄弟長幼并せて, れ兄瑞仙は男子, れ兄貴分に上前, れ充分尊敬せられて, れ兇器の横威, れ兇漢に襲われ, れ先ず何よりもと湯殿, れ先づ何よりもと, れ先づ世話役や選手たち, れ先代の主人わたくし, れ先代安兵衛の遺言状, れ先代安兵衞の遺言状, れ先住老僧, れ先刻ほど気, れ先導役は老中阿部豊後守, れ先帝これを能, れ先師の著書, れ先年その古墳, れ先年立派な絵, れ先生達の診断, れ先頃じゅうのもしゃもしゃ, れ光つてゐました, れ光則まで傷ついた, れ光明太后とよばれた, れ光格天皇御即位, れ光秀の横, れ光秀汝もまた, れ光電管には今, れ克子は女子大学, れ免許の御朱印, れ兎の毛で作った, れ兎角口論も, れは松川, れ児島地方に砦, れ児童なので, れの指導, れ党人に対する属僚, れ党員の苦悩煩悶, れ党員徽章が配付, れ党派の色分け, れ党生活に従属, れも失い, れ兜率の外院, れ入り口に立っ, れ入営の小豆飯, れ入場券も売出, れ入場料も高く, れ入獄して, れ入船はその, れ入道の息本間三郎, れ全体主義という合言葉, れ全員十六歳から二十五歳, れ全員毒矢で殺された, れ全寮の桜花, れ全市郷軍代表一五〇〇名来賓三〇〇名からの出席, れ全校の修身課, れ全満に蔓, れ全線にわたって破綻, れ全身塗金であったの, れ全身消毒ののち, れ全身腫れあがりて, れ全部公役に服し, れ全部藁包みにされ, れ全面的に動員, れ兩家の爭, れ兩眼また明, れ八つになり, れ八丁堀の空氣, れ八万二千の餓死者, れ八丈島に流され, れ八九年前教へをうけし, れ八分どおり白くなっ, れ八分目にする, れ八十になんなんとする, れ八十馬の眼, れ八千乃至一萬, れ八幡宮も大, れ八座の宰相, れ八手の青葉, れ八日に境, れ八月の炎天, れ八月二十八日起訴されたの, れ八月二十日の早天, れ八月以後それに従事, れ八月十二日には越後三条, れ八田は警官, れ八百円はあ, れ八百圓はあ, れ八百屋が使用, れ八百屋物の買物, れ八紘一宇の完成, れ八門の石築, れ八面に兵, れ八面玲瓏の玉芙蓉峰, れ八頭郡の佐治, れ公使館のお客さま, れ公侯伯子男と雛壇, れ公儀の御, れ公判がある, れ公務の忙しい, れ公卿専横の御, れ公園の中, れ公安の城, れ公布すること, れ公平な行為, れ公式的なもの, れ公方様へ御, れ公武の別, れ公民の戸籍, れ公然と大名, れ公私の記録, れ公胤は御, れ公表せられたらうとは, れ公認された当座, れ公領私領の差別, れ六つの壁龕, れ六ヵ月の懲役, れ六七十枚から百枚, れ六七千キロは飛行, れ六七歳の時分, れ六十数名の戦死者, れ六十歳になった, れ六名は重傷, れ六帖や新, れ六年苦行三十五歳にし, れ六日警官三名の護衞, れ六月には信長, れ六月十三日母の危篤, れ六月正造はその, れ六朝時代を經, れ六条院の春, れ六波羅殿の声がかり, れ六甲の麓, れ六疊一パイの血, れ六百の銭, れ六百年の後, れ六週乃至八週, れ共あっちこっちと逃げ廻る, れ共さだ子の婚約者, れ共たまに見る, れ共どこかああ, れ共に全く経済的な, れ共ほんとうに心からつくづく, れ共わたし達が所謂スペイン風, れ共テラテラとした, れ共一度代をはらう, れ共主人が考え, れ共之を警官, れ共亡君のおん跡目相続, れ共人をやる, れ共余は今, れ共兎に角, れ共入道相国の剛腸, れ共前にはあんな, れ共勢の迫る, れ共南側のはほんの, れ共同生活訓練といえ, れ共吾人は更に, れ共喉まで出掛っ, れ共夫が他所, れ共女ばかりで, れ共平氏が猶, れ共幾年か昔, れ共彼事を南都, れ共彼等の恐るべき, れ共後から聞く, れ共感される一つ, れ共昼に行っ, れ共東京の町中等, れ共汗と塵, れ共海とも山, れ共濁声を張りあげ, れ共犯者ということ, れ共生の誘惑, れ共生死が分らない, れ共矢っ張り縁, れ共祖母がきかない, れ共立学舎慶応義塾において英語, れ共筋だの腱, れ共総てはそれ, れ共義王に遠慮, れ共自分を偽っ, れ共行家は一筋繩, れ共資産のとぼしい, れ共通化されて, れ共骨太に堅, れ兵九郎様のお, れ兵営生活一年ばかりで, れ兵士どもも皆, れ兵庫開港問題だけが勅許, れ兵船中に休ら, れ兵部の望む, れ兵馬糧米を徴発, れ其あとには中, れ其の物に應, れ其ままホンヤクされれば, れ其むかし岩窟に, れ其上に畏く, れ其上何といっ, れ其下から長大, れ其主宰する雑誌, れ其二なり, れ其二すじは此處, れ其人の娯樂, れ其他文選等の書, れ其他歴史的に意味, れ其伝ふべき子孫, れ其儘御側用人, れ其儘扼殺されたこと, れ其内容見本のソソリ文句, れ其前半月ばかりの笹鳴き, れ其前後博奕大に行, れ其危きこと累卵の如き, れ其句切りの長短, れ其史料としての價値, れ其名も愛読書, れ其名聲は却つて此二人, れ其圈外の人, れ其土地を売られ, れ其大略を知らん, れ其奴らが懐いてる, れ其妹女を娶, れ其学自得する所, れ其実は全く, れ其年館の校正方, れ其当時の状況始末書, れ其後の事存じ, れ其後歐洲の諸, れ其從類は石, れ其御委任の為事, れ其慾のとげられぬ, れ其成規を択ん, れ其戦略巧妙にし, れ其戰略巧妙にし, れ其戰裝が剥ぎ取られる, れ其數は, れ其文が巧, れ其方どもはその, れ其方共わが妻, れ其方向は何れ, れ其時代の空氣, れ其時分から一, れ其時自分が公安委員, れ其書体も均一, れ其木綿とり垂でた枝, れ其末に, れ其横へ幾列, れ其武具と接戰, れ其法諡は一石, れ其滑稽な樣子, れ其然る所以, れ其特許状は家老連署, れ其理由の二也, れ其甲斐もなく, れ其秘宮の内に於, れ其筋からも時々, れ其結末を振, れ其結果は經濟界, れ其統治を受, れ其美名を假, れ其翌年に鯉字, れ其肉其脂野犬野鳥を飽かしめ, れ其苦惱免れじ, れ其見小にし, れ其言を受け, れ其誌銘の佚亡, れ其読者を得る, れ其負傷して, れ其身を売られつ, れ其軸を示され, れ其迹には反撥, れ其道が自然, れ其配下に雑報記者, れ其附近のみ僅か, れ其集會は自由, れ其離縁は無, れ其題目は主として, れ其風光を慕っ, れ其骨と骨, れ具足のまま, れ典拠とされた, れてその, れ内々にお, れ内々御代がわりの議, れ内儀のお, れ内典を興隆, れ内園を連れ立っ, れ内地の作家, れ内地諸所の埠頭, れ内外倉庫の主簿, れ内外隔絶挙族愁歎した時, れ内実は血, れ内心ますます得意, れ内政改革の手段, れ内村先生なども氏, れ内田五観は蘭書, れ内膳は銃弾, れ内臓などが一々, れ内蔵助の重たい, れ内親王が特別, れ内陣はクロプトン, れ内面化されねば, れ円い躑躅や, れ円き眼を, れ円め込まれて, れ円心こんなうれしい, れ円盤のよう, れ円融され開, れ再びそのまま寝に, れ再三再四版を重, れ再度の御, れ再版三版と重ね, れ写実と理想, れ写生図にある, れ写真師もまた, れ冥加とはこの, れ冥府の暗に, れ冥王の許, れ冬それを掘り上げ, れ冬まつりの前提, れ冬中あちこち歩き廻ったが, れ冬子を奪われ, れ冬山榛名の宮, れ冷却されると, れ冷汗のおのづ, れ冷視されること, れ冷酷なフーキエ・タンヴィル, れ冷静なふう, れ凄まじい惨酷な, れ凌雲衝天の猛, れ几帳面に掃除, れゆる點, れ凡そ一年半近くも蒙, れ凡そ一真理の透明, れ凡て秘密の談合, れ凡人に非, れ凡庸と云われる, れ処女に読まれん, れ処理されること, れ処理方法が段々, れと程暹, れ凱旋の喜び, れ凱旋部隊を歓迎, れだったわが, れ出世作とでも云うべき, れ出世間の道, れ出奔してからは, れ出家の身の上, れ出席する, れ出戻りの身, れ出来がよかっ, れ出獄後壯士となり, れ出産を目前, れ出発を待っ, れ出目金だなんかと, れ出立しました, れ出血がひど, れ出血性素因を生じた, れ出面たちはかけ声, れ出頭した, れ函嶺の関所, れ函館札幌根室三県がおかれ, れ刀身があらわれた, れを打たれ, れを取り復そう, れ分割された, れ分家すべき弟たち, れ分散されるの, れ分析され得るのみ, れ分析研究して, れ分科され単純化, れ分譲地のあちこち, れ分銅鎖の使い手, れ分類学はまだ, れ切つて偶まに, れ切つて呻吟くやう, れ切なさが, れ切ないのは, れ切り一度も行かなかった, れ切り千切られタタ, れ切れ切れに裂かれ, れ切口に黒い, れ切支丹軍徒を匿, れ切断されて, れ切符を買う, れ切開されそう, れ切開手術のよう, れ刈屋一城をうずめ, れ刈萱に搦, れ刑囚の身, れ刑場まで引き廻され, れ初めてやがて此国は, れ初めて真に尊崇すべき, れ初め前髪も鬢, れ初代の信者, れ初号の巻頭, れ初夜の風習, れ初日満員などというの, れ初春迫る年越し, れ初期ナロードニキー思想の残滓, れ初歩的な下手, れ初瀬は, れ判事は地面, れ判断が加えられ, れ判断力をにぶらされ, れ判斷においては何物, れ別してご懇意, れ別室に連れ, れ別懇のお, れ別段バタバタするに, れ別種な熱い, れ別荘へ移り住ん, れ別部穢麻呂と改められ, れ利刃を倒持, れ利根子がさつきあんなに, れ利根川右岸の最高峰牛ヶ岳, れ利潤を求める, れ利章の邸, れ到着しての, れ到達しなければ, れ制御せられ馴らされたイデー, れ刷毛に塵, れ刺客ではお, れ則面にも文字, れ前人已に之, れ前例なく先蹤, れ前原で宿, れ前岳またまさに, れ前川さんも良い, れ前年独逸大学に在る, れ前年獨逸大學, れ前方を睨ん, れ前橋から汽車, れ前科者やよ, れ前置詞及び助動詞, れ前者はまだ, れ前記の如く, れ前述のプラス的, れ前部砲塔を白煙, れ前駆などが多く, れ剖検された, れ剛健な中年, れ剛正にし, れ剛臆をためす, れ剣技はほとんど, れ区長に, れ剰え急に, れかるる, れ割愁二字の出処, れ創作された, れ創作方法組織方法に関する猛烈, れ創刊号の巻頭言, れ創建されて, れ創業の取るべき, れ創造力を枯渇, れ剽盗のみ, れ劇化され小説, れ劇場主及び興行者, れ劇場建築に大, れ劇的幻象の構成, れ劇運動の炬火, れを拔, れ力づよく彩られて, れ力一杯握り潰すつもり, れ力任せに演壇, れ力寿を捐, れ力強い生涯も, れ力強く生き始めた, れ力量の完全, れ功利性には福徳, れ功名を増すべき, れ之棒, れ加之にラジオ, れ加工されるかの, れ加治蛭川の両, れ加藤といふ見, れ加賀ではあの, れ助勢されること, れ助成されて, れ助手の手, れせずして, れ労作がはじまる, れ労働の姿, れ労働力を搾取, れ労働基準法が審議, れ労働時間は給料, れ労働者の平均賃銀, れ労働者一人が大体十五, れ労働者鎮圧を遂行, れ労救員もその, れとあれ, れ勅使を派し, れ勅使宿元景, れ勅諚をもっ, れと意氣, れ勇奮して, れ勇怯合せて, れ勇敢に訂正, れ勇敢聰明に保守勢力, れ勇気付けられ指導, れ勇猛なる武士, れ勇者奮い愚者, れ勇躍して, れ勉助などは言葉つき, れ勉学欲を刺戟, れ勉強はする, れもすれ, れ動作にも其, れ動揺されて, れ動顛して, れ勘八一人唯悪い, れ勘兵衛めと立ち合われる, れ勘当の身, れ勘當同樣に此道場, れ勝入のからだ, れ勝利を占め, れ勝彦さんが出征, れ勝目のほど, れ勝訴するの, れ勝負と申す, れ勝軍の気, れ募兵は, れ勢いこんで, れ勢力にも惰性, れ勢力家の意, れ勢毒を以つて, れ勤労と蓄積, れ勤労人民としての社会保護, れ勤労者はその, れ勤務は休暇, れ勤王の兵, れ勲功もある, れ勾坂甚内はずっと, れれの, れ勿体なくも只今, れ勿論その波, れ包みをひらい, れ包含されて, れ包囲され随所, れ包容せられて, れ包帯をされ, れ匆々に顔, れ化学で分析, れ化学的に分析, れ化学的分解作用で変化, れ化学者達の憤り, れ化物再び姿, れ化石したよう, れ化育せられて, れ北の方下野の東部, れ北上し東行, れ北原賢次にも改めて, れ北向きに安置, れ北国の積雪, れ北宋の書, れ北新書局というところ, れ北方の低い, れ北方越前の山野, れ北朗の芸術味, れ北条一族中では, れ北条安房守の斡旋, れ北条足利織田豊臣徳川の諸氏, れ北枕に寝た, れ北海道開発庁と北海道庁, れ北満極東方面に労農ロシア軍, れ北牧へ送られました, れ北野神社連歌会所の奉行, れ北鯱は雄, れ匠作もせずや, れ匠作さまのお, れ匡衡は少く, れ匪賊の襲来, れ匹夫の勇, れ匹夫野人下素下郎, れ医務監督から徴税代弁人, れ医学が枝葉, れ医学音楽もはじめて, れ医療に対する漠然と, れ医道天文悉曇相人, れの嚢, れ十一二歳の時, れ十一日には坪井博士, れ十一月新嘗, れ十一月二日横浜を出帆, れ十一月八日に寺社奉行, れ十一月六日の浅草中, れ十一里に亙り, れ十七年には朝, れ十七歳の時江戸, れ十七歳以上を兵役, れ十三の年, れ十三人のはだ, れ十三日間南東へ流された, れ十三絃もはんぱな稽古, れ十九年一月に完了, れ十九日まで仕事, れ十九歳ぐらいのとき, れ十二でしょう, れ十二三歳のころ, れ十二名は政略, れ十二年の刑, れ十二月二十四日にファラデー, れ十二月六日穴に吊るされ, れ十二番目の, れ十二間幅の中央道路, れ十五カペイキで手, れ十五年には横山又次郎教授, れ十五日までには全国, れ十五歳の吉益亮子嬢, れ十五節の速度, れ十人ばかりの古老, れ十人二十人づゝ毎日のやう, れ十位の男の子, れ十倍もひどく, れ十八年三月二十六日日本出版文化協会は発展的, れ十八年間監禁されて, れ十八日貴衆両院, れ十八箇月の監禁, れ十六歳の時, れ十兵衛も心, れ十兵衞も心, れ十分自他とも其, れ十分間で一年間, れ十四でそこ, れ十四世紀に職業組合, れ十四年に家, れ十四歳未満の児童, れ十坪ほどの赭土, れ十字軍がしばしば, れ十幾人が半死半生, れ十数名の警官, れ十数日たつと, れ十日の雨, れ十時間労働でしぼられ, れ十月十六日の明け方, れ十歳の年, れ十津川一帯の荘司, れ十石ヶ嶽まで行く, れ十間ばかりの街路, れ十露里さきの別, れ切られ引裂かれ腐敗, れ千々に思い乱れ, れ千一人目の兵士, れ千七百載の, れ千万なその, れ千二たちのあ, れ千五百石の旗本, れ千人をこえるであろう, れ千代が下手, れ千代松の一帳羅, れ千住老僧, れ千余人の将士, れ千八百七十四年四月十八日盛大な国葬, れ千八百五十八年になつて, れ千八百円でしめつけられ, れ千寿王もまた, れ千島アイヌなるか, れ千年經つても尚, れ千恵造に渡そう, れ千曲川の川上, れ千浪を攫われよう, れ千種は却つて, れ千草へいく, れ千葉から印旛佐原, れ千葉家の人達, れ千賀子には謎語, れ千里眼と同じ, れ千金万金と評価, れ千鳥が啼き, れ千鶴子たち二人が廊下, れ午前十時頃でもあったろう, れ午後五時三分の汽車で立つ, れ半ば赤い崖, れ半ば病気の心地, れ半ば祖母に打ち負けた, れ半地下室への階子口, れ半島におけるそれ, れ半年近くもあの, れ半日の行程, れ半月あまりも御所, れ半月あまり枕につきぬ, れ半死になっ, れ半蔵御門の近く, れ半身を坎, れ半身像を以て飾られ, れき者, れ卑しいラレイが, れ卑俗な大人, れ卑劣なる裏切者, れ卑屈になつ, れ卑猥怪奇残忍を極めた, れ卑近な一例, れ卒業後は依然, れ南アルプスの壮観, れ南京から九江, れ南京産らしい陶器, れ南京豆の空袋, れ南京陥落の大, れ南信から東美濃, れ南側にはいつの間にか, れ南国の芳醇, れ南方行きでチョン, れ南朝の皇居, れ南洋カムデン軍港に帰る, れ南洋諸島に豊富, れ南瓜の花盛り, れ南蛮宗と仏門の宗論, れ南蛮寺の番衛役, れ南部でわかれ, れ単一の規約, れ博多の柳, れ博物学の書物, れ博覧会事務長官に任, れ博覧会場におなり, れ占領された, れ占領地点には夫, れ卯の花のよう, れ卯平だら槍, れ印刷工組合の組織, れ印度で織つた, れ印度エジプトアラビヤでは古く, れ印東を仲介, れ印象化され感覚化, れいという, れ危うき命を, れ危く死者の位置, れ危な気が, れ危ないところを, れ危ふく川へ投, れ危急き命, れ危惧さるべきもの, れ危機は救われる, れ危篤のはず, れて既に, れ即位は後日, れ即刻地下六尺の暗黒, れ即刻蜀へ急ぐべし, れ即夜元の鎮台大路, れ即日芝の田村邸, れ即日蟹江は開城, れ即興詩人なり, れ却つて芸術の他, れ卵子に, れ卷土重來, れ厚く遇せられたが, れ厚板のきんみがき, れ厚着のお蔭, れ原告源護被告将門および国香, れ原士の中, れ原子は帶電, れ原子エネルギーもその, れ原子核の人工崩壊, れ原子爆弾はあの, れ原料はこの同じ, れ原田重吉は金鵄勲章, れ原稿をきかれる, れへ走っ, れ厨人の如何, れ厩橋さまは聞きおく, れ厭世に魅せられ, れ厭世家は此世, れ厭應言はさず, れ厳しきお叱, れ厳しく仕込まれた慶四郎, れ厳科に処せられる, れ厳酷に天, れ去年五月から入っ, れ去年座主を御, れ参内には内覧, れ参宿の各, れ参州街道から東海道, れ参観者達の目, れ参詣人が雑沓, れ参集国は日本, れ又之丞はよく, れ又市様と云う, れ友人たちのなか, れの手, れ反対面にはその, れ反撥する秀吉自体, れ反芻されたこと, れ収支経済もつぐなう, れ収載語彙は二十万, れ叔父上貴方が死刑, れ取巻きの研究生たち, れ取調べの中間, れくるもの, れ受け身な物わかり, れ受付が全部, れ受信者は先ず, れ受取書よどこ, れ叙情詩叙事詩戲曲の三門, れくならば, れ叡山大衆三千の心, れ叡感のあまり, れ叡覽を忝, れ口分田の制度, れ口唇を引かれ, れ口惜しがつて, れ口火は既に, れ口笛吹きて, れ口紅の色, れ古びとげとげしく木理, れ古人は九原, れ古今の戦場, れ古今文学上の英傑, れ古代アイヌの陶器, れ古典全集の解題, れ古川町の闕所屋敷, れ古御達, れ古昔陳腐の解, れ古田中氏も微醺, れ古祠を見, れ古臭くなって, れ古記録の類, れ古賀がもう, れにみちびかれ, れ叩きのめされ, れ只一人智からん, れ只今自動車は四条通, れ只時々に田園, れ召使が二人, れ叮嚀に匿, れ叮寧な陳謝状, れ可愛がる明るい, れ台員一同はお, れ史上嘗て見ない, れ右側には壁, れ右大臣の陪覧, れ右手のが副, れ右欄のそれ, れ右眼は大した, れ右舷に近く水煙, れ右見左見打, れ右議案二月末貴族院を通過, れ右近は弁, れ司令官の姿, れ司教は施療院, れ各々隊伍整ふる, れ各人各隊, れ各人各様の説, れ各党の領袖, れ各国語に訳された, れ各国領事が住みはじめた, れ各所に登山, れ各種の手数, れ各部は一巻二分冊, れ合つてこれはなか, れ合つて安らかに眠つて, れ合はんばかしにし, れ合ひと機嫌好く酒, れ合力無心を乞う, れ合法化され得るよう, れ合理化されて, れ合計四十六人の官吏, れ吉日をえらん, れ吉田総理のワン, れ吉野山では佐藤忠信, れ吊り橋を下ろさせ, れ同人大滝登志子の叙情詩, れ同伴者作家が昔, れ同伴者作家農民作家等のグループ, れ同列の人々, れ同勢は約, れ同化融合せられた先住, れ同君は当時これ, れ同君発表の, れ同士がツイ, れ同家累代の墓所, れ同年八月停職処分を受け, れ同年八月十二日甲午同族の兼有, れ同年十二月十六日開講した, れ同年十月には第, れ同情されると, れ同感だと, れ同日午後十一時ついに永眠, れ同時にいろいろの問題, れ同時になぜ今まで, れ同時に益々今日の, れ同書が広く, れ同校の授業開始, れ同棲し旅, れ同業にも顔, れ同氏はこの, れ同社の末社, れ同級生の腕節, れ同船許す, れ同調したかという, れ同輩には愛された, れ名主となった, れ名人の名, れ名前は匿, れ名古屋に来た, れ名妓によって彼女, れ名実共に春琴, れ名実ともに関東, れ名所の花一つ, れ名望一時に高まった, れ名残の宴, れ名物狼餅ほどにも感じなかった, れ名神大社にも列する, れ名誉を奪われ, れ名門豪戸競うて, れ后宮に入れ, れ向かい側にある, れ向島の墓, れ向後は, れ君らは巌谷, れ君主の位, れ君前に於い, れ君子の實, れ君様ゆゑと口元まで現, れ君臣一同愁嘆至極, れ吟味のかどがある, れ少なくとも講談, れ否やでも応, れ否運を招き致し, れ含み状によって頼朝, れ含味されなければ, れひ寄せられる奇怪, れ吸収されるもの, れ吾妻鏡所載の各, れ吾子の崇鑑, れ吾憂なり, れ吾等自ら幻影を追, れ吾輩の羨望, れ吾輩幼時迄はやつ, れっという, れ呂布の邸, れ呂方郭盛のふたり, れ呆けてゐる, れ呆然としてもう一度, れ呆然と見て, れ呈出されて, れ呉全軍は遂に何ら, れ呉蘭は敗走, れ周代の考え方, れ周囲二百八程縦横三万余里鶏鳴狗吠白日も聞え, れ周易其実は爻象, れ周辺に見あげる, れ周防の谷苔六君, れ周馬だか, れ呪縛されたこと, れの愛, れ味到されること, れ味噌なんざ, れ味気なくな, れ呻吟転輾の果死亡, れ呼び出し切り換え継ぎ直させられて, れ呼召即ち人, れ命あれや光り息づく, れ命からがら逃げ帰って, れ命がけの危ない, れ命拾いしました, れ命旦夕と知る, れ咀われもします, れを提議, れ和合と共同, れ和島丸はわずか, れ和戦の間紙一枚, れ和歌などお, れ和歌子一人に生活, れ和漢の古書, れ和田氏は日本, れ和田義盛へ再婚, れ和睦を求める, れ和解す, れ和風長壽樂を舞, れ咲枝が国府津, れの刺戟, れ咳一つ立てず手足, れ咸陽へ伸び, れは太い, れ咽喉を絞められつ, れ咽喉笛の所, れ哀れをかくす, れ哀れ散々の不覚, れ哀告の汝, れのよい広い, れ品川宿の妓楼, れ品川署の留置場, れわれようと, れ哂いものになった, れ哲学者にし, れ哲學の哲學, れ哲學者にし, れが始まり, れられるよう, れ唐丸の松, れ唐人も歌っ, れ唐崎まで通ずる, れ唐松尾の上に淡い, れ唐草模様の更紗, れ唐草権太は朱刺, れ唐衣までは着ぬ, れ唐訳の律蔵, れ唖然とし, れ唯今彼の許, れ唯物史観に基づい, れ唱歌および祈, れ唱道され宣伝, れ唸り声を出し, れ啄木鳥はとうとう, れ工業を, れ商人らは半ば, れ商品の陳列棚, れ商品化されつつ, れ商売の方, れ商家も多く, れ商業のうえ, れ商業報国会といふ新しい, れ問屋は変わる, れ問答の半ば, れ啓発され人間らしい, れ喃々と説かれた, れ善之進は驚き後, れ善人どもは親鸞, れ善光寺に詣でた, れ善処ありたい, れ善心の報い, れ善行という善行, れをえぐられ, れ喉輪に十手, れ喊聲天に入る, れ喜こぶ己, れ喜兵衛の親友, れ喜助の手, れ喧びすしかったおりあなたもまた, れ喫茶のある, れ單一なる螺旋, れ営門や幕舎, れ嗅ぎ煙草をかがされ, れ嗚呼悪かつ, れ嘆美されて, れ嘉七も無理, れ嘉應に至り, れ嘉明の子明成, れ嘉永三年鎮西の山川, れ嘉永年間またや, れ嘉門様が旅, れをつかれ, れ噂話の種, れ器官とは道具, れ器械の枠, れ器械視されて, れ器物などもそれぞれ, れ噫詩人よ詩人, れ噴水や女, れかされ, れ嚊煙草のお蔭, れ嚮導者がなくなっ, れ囃子連も張合い, れ囘答は翌, れ囚われとなっ, れ囚舎なるべく其戸, れの宮明神, れ四つ這いに, れ四つン這いに, れ四つ目に唇, れ四ほうから洋館, れ四カ月拘禁更にバンダ, れ四九年からニューヨーク, れ四二年に到っ, れ四五丁程もある, れ四五人の女給たち, れ四五十分経って, れ四五年前から中風, れ四人兄弟が私一人, れ四代目は太平洋岸サンジェゴ, れ四十三年恋愛一つせずに, れ四十九歳の生涯, れ四十八の所分, れ四十島田の恥, れ四十年来の閲歴, れ四十年間帰らざりし男, れ四十歳で死刑台, れ四号室から残り, れ四国の小豆島, れ四国老のなか, れ四奏の一組, れ四年ほど修行, れ四年目の建長三年十月二十七日, れ四日目から三日目, れ四時すぎ夕食が配られ, れ四書五経等の経書, れ四月三日にはもう, れ四月十日に桑港, れ四条や糺, れ四歳の時, れ四段となつ, れ四海同胞なり, れ四百余名の会員, れ四百数十名の婦女子, れ四箇の標的, れ四角の上, れ四谷の親類, れ四邊の壁間, れ四都悉く金, れ四隻は四散, れ四面は炎, れ四面楚歌にかこまれ, れを重ねる, れ回復されること, れ回教の大学生, れ因循なる勿, れ団体という中, れ団体間にも行なわれ, れ団十郎にも認められ, れ困憊し堕落, れ囲いの中, れ囲炉裏の大, れ囲炉裡もあり, れ図式化されて, れ固い寝床に, れ固まり成長して, れ国じゅう一面が海, れ国主という大, れ国会開設が決定, れ国境の戦線, れ国守の姉, れ国定教科書で教える, れ国家生活の精神, れ国家的祝祭を受ける, れ国府津で泥酔, れ国庫は窮乏, れ国情の危険, れ国政萎靡して, れ国札の流用はく, れ国民党は共産分子, れ国民全体も亦, れ国民学校の確乎, れ国民性の一部, れ国民生活という中, れ国民等は立身, れ国民精神総動員という名, れ国民議会が召集, れ国法の何, れ国王として合戦, れ国産であると, れ国男さんを呼ぼう, れ国芳は文久元年, れ国葬にまでなっ, れ国語の混乱, れ国語学と国語教育, れ国警青森県本部と小湊地区署, れ国財もことごとく, れ国賊とされ, れ国防費がひどく, れ国際政局に新た, れ国際間の約束, れ国際関係が正常, れ國内にも一應, れ國土の騷ぎ, れ國手を東京, れ國會に依り, れひの, れ園長先生初め先生方皆樣の行屆, れ圖らずも, れ土人独特の料理, れ土佐の人々, れ土俵全体が手, れ土台は高く, れ土地人民に関すること, れ土地在住のキリスト教徒, れ土塀や板塀, れ土壌がよく, れ土居して, れ土岐与左衛門圧迫を感じ, れ土州軍総督の深尾左馬, れ土方は内藤隼, れ土方稼業とコラ空, れ土民の手, れ土瓶絵としては一つ, れ土着の親分氷鹿, れ土石に埋められたる, れ土肌をむき出し, れ土肥の頭目, れ土蔵造りの仕事師, れ圧倒されは, れ圧抑せらるるとも, れ圧殺されようと, れ圧縮せられなおかつ, れ番いたし, れ在来の哲学, れ在留民からは異端者, れの重, れ圭介の折檻, れ地下の特別倉庫, れ地下戦車の試作, れ地下百尺二百尺の各層, れ地中に抜け穴, れ地主労働者資本家によっては消費的用役, れ地代は下落, れ地位の安全, れ地位声望いよいよ重き, れ地名辞書古絵図, れ地底の財宝, れ地性瘠せて, れ地方官は教化不十分, れ地方長官も感化, れ地理上の一空名, れ地理的にも近い, れ地理的状態の損失, れ地盤の震動, れ地酒によって四斗俵, れ地震研究所にも席, れ坂下美髪師とを等分, れ坂口さんはマヌケ, れ坂本さしてほう, れ坊ちゃん嬢ちゃんと呼ばれ, れ坊主錫杖を持つ, れ坐りもならず, れるとき, れ型付けされ日本人, れ埋立てられして, れ埋葬後既に三年, れ埋葬後三年を経過, れ城下の外, れ城中幾千のもの, れ城内へ忍び入っ, れ城内一面大根畑のよう, れ城内城下七日七夜というもの酒, れ城地亡びて, れ城外との聯絡, れ執心じゃ, れ執権の身, れ執筆者の選択, れはれたこと, れ培養せられて, れ基督様からは護られ, れをやぶられ, れ堀切へ参りたく, れ堀木にさえ見捨てられた, れ堂上には三層, れにし, れ堅められた葉, れ堅久寺もやむなく, れ堅固な城壁, れ堅気に戻れ, れかつた, れ堆積物が溪水, れ堤防決壊で人, れ堪忍第一, れ報復の遂げられる, れ報道され得る限り, れ場内に案内, れ場長も巡回, れ塔婆のぬ, れ塙二郎は国学者, れ塵中に倒れ伏す, れ塵労にもまれ, れの生徒, れ塾長は会津人, れ境土隣接して, れ墓場には月, れ墓穴の下, れ増加された曲目, れ増水した渓流, れ増減せられ或は, れ増長した計算, れつといふ, れと硯, れ墨子の兼愛, れ墨染の夕, れ墨色の荒天, れちたるつい, れ墮落させられて, れ墳墓は移され, れ墺太利バワリア北亜米利加などの公使, れ墺軍は大王, れ壁廓の四周, れ壁龕に台座, れの中, れ壊滅して, れはこわされ, れ士族は天狗, れ士民の尊敬, れ士農工商一日として安穏, れ壮年に及, れ声聞という総括的, れ声聞師と呼ばれ, れ売価が生産費, れ阿彌, れ変化される, れ変圧器の上, れ変容されたもの, れ変形遊離させられつつ, れ変態化され猟奇化, れ変更されるの, れ変質されて, れ変電所も動力室, れ夏なお白く安天一帯, れ夏のに代えられた, れ夏侯惇夏侯淵に挟撃, れに一本, れ夕月が車, れ夕茜の下, れ夕飯よ其, れ外側からはその, れ外出さえ出来ぬ, れ外国舞台にない, れ外國の臣, れ外夷親征なぞの御, れ外敵党の敬憚, れ外敵黨の敬憚, れ外来の客陸続ここ, れ外見からはほとんど, れ外遊した事, れ外道とも思せ, れ夙くその大, れ多きと云う, れ多く作為せられた器, れ多く反響せられしもの, れ多年にわたる国民的要求, れ多年不遇におかれ, れ多年其地にあ, れ多年自覚せられなかった自己, れ多年養ひ進ら, れ多彩な仕事, れ多忙のため不公平, れ多摩川砂利を踏ん, れ多数人の生活必要品, れ多欲と罵られよう, れ多毛人種の國, れ多良岳は最も, れ多角的に観察, れ多賀子を連れ, れ夜な夜な歩く夢遊病者, れ夜中過ぎに離屋, れ夜具から出る, れ夜十二時頃赤い広場, れ夜半といえ, れ夜明けの白い, れ夜明け直前の奇妙, れ夜通し眠れなかった, れ夜道も野宿, れ夜郎へ流される, れ夜飯頃倉知氏が見える, れ夢さら戀なども厭, れ夢心地の私, れ夢想にも思い, れ夥しく供養された, れ夥多の土方, れ夥間だと, れ大あむのろくもいが政治上勢力を, れ大げんかんへ来ました, れ大丈夫でござる, れ大丈夫大丈夫でご, れ大亀だの阿, れ大井米もはいっ, れ大仏の開眼供養, れ大体石清水風に庭, れ大使らの留守中, れ大公妃も私, れ大出喜平が拘引, れ大刀疵がいくら, れ大分の痛手, れ大分寂寥を感じた, れ大分私の持物, れ大区小区の区制, れ大名はいずれ, れ大味で不味い, れ大命を拝受, れ大和一国はその, れ大和河内は大, れ大喜庵はその, れ大国主神は後, れ大坂まで行幸, れ大塚の親類共, れ大夫や使部, れ大官アレオパガスから死刑, れ大将夏侯覇は馬, れ大層歓待を, れ大島の対, れ大工は指物師, れ大幅に前進, れ大広間に行った, れ大庭六郎等同道浅草へ, れ大急ぎでごはん, れ大戦に参加, れ大手を振っ, れ大抵代議士に, れ大政翼賛会に利用, れ大敗したかも, れ大日本帝国の首都, れ大明呪是れ無上呪, れ大木は切られ, れ大本営の統一指揮下, れ大枚三円で買い入れた, れ大概の女, れ大正の代, れ大正二年から大正九年, れ大正二年頃は所謂池田, れ大正八九年頃迄は三条瀑, れ大正十五年正月のこと偶, れ大正年代の東京, れ大殿の妙恵様, れ大泉兼蔵の公判, れ大洋はすべて奔流, れ大海に漂っ, れ大湊という北, れ大澤の地, れ大物主は場, れ大理石の群像, れ大男が五人, れ大社小祠は事実上仏教, れ大笑いの種, れ大粒の雨, れ大義のため, れ大膳の子, れ大船をつくらせ, れ大衆作家にも視られ, れ大行事権現として二十一社, れ大観音の横丁, れ大豆高粱其他の穀物, れ大通りには槐, れ大里町子をどうして, れ大量生産に移され, れ大間違なり, れ大阪北南組天満の三口御構, れ大阪市中を腕車, れ大阪府の甲南病院, れ大阪東雲新聞社の聘, れ大隈首相は衣冠束帯, れ大雨が降る, れ大黒屋の身上, れ天下一統人心洗濯こいねがうところ, れ天下同意の人々申, れ天下大赦の令, れ天下災害頻りに至る, れ天井板も吹きめくられ, れ天井裏を露出, れ天仙なり, れ天保十二年江戸を逐, れ天候も見定めた, れ天刑病の一種, れ天啓に触れ, れ天地開発後の国土, れ天堂に在す, れ天外より落ち来れる, れ天女なんぞと酷評, れ天子から嫌忌, れ天守をはじめ要所々々, れ天守閣の上, れ天幕が張られ, れ天平元年八月に皇后, れ天後人懲悪のため正弘, れ天恵の厚き, れ天意すでに別れ, れ天才は讃美, れ天才化されること, れ天文二十年には我が, れ天日に焼かれ, れ天日下に表彰, れ天智天皇大化改新を断行, れ天機もこと, れ天正六年に姉崎和泉守, れ天涯に遊び, れ天満の万吉, れ天災なりと言, れ天狗などとは夢, れ天皇家以前に日本, れ天皇神拝の御, れ天皇記国記を編まれ, れ天皇退位の後, れ天目山で自尽, れ天羽はまた, れ天華と名乗つて旅先, れ天覧に供せられた, れ天賦の素質, れ天質のプラス, れ天辺に二処三処ベットリ, れ天野は中和, れ天馬は大逆不慮, れ天鵞絨サヤチリメン綸子鬼羅錦織などとともに一時流行, れ天龍の山鮎, れ太い鎖の, れ太いみきのかわを, れ太一の精, れ太刀の構え, れ太刀弓などは余り, れ太刀物具に派手, れ太史慈には励まされた, れ太后もこの, れ太夫ほんの前芸, れ太宰という私, れ太平の祥, れ太田亮君の姓氏家系辞書, れ太郎左衛門殿もお, れ太閤秀吉にも認められ, れ夫人付の小間使, れ夫人彼女は孤立無援, れ夫婦二人の孤独感, れ夫婦骨肉の聖, れの始め, れ失敗とよばれ, れも亦, れ夸父日を追, れ奇形で無力, れ奇跡が今にも, れ奈何ともする能わず, れ奈良の霞, れ奈良朝に雑戸, れ奈良茶漬の御馳走, れ奉仕するよう, れ奉公人同様にコキ, れ奉天の雨, れ奉天軍の軍事顧問, れ奉行自身は白洲, れ契丹の時, れ奔命に堪ずし, れ奚んぞ哀念, れ奥さまとよばれ, れ奥さんや令嬢達, れ奥仙丈山の条, れ奥州の国府多賀城, れ奥方様のお, れ奥河内の若い, れへ運ん, れ奧州の文化, れひあひの, れ奪還されまた, れ奮起の原動力, れ奮闘せよ, れ女そのものは賣らない, れ女どもを竹, れ女の子にも騷, れ女中頭のやう, れ女中風なの, れ女人の根, れ女史の代り, れ女囚もまた, れ女団十郎と呼ばれ, れ女子どもも勤労奉仕, れ女子整備員のオバーオール姿, れ女御に明石, れ女房等にもお, れ女物ではない, れ女絵など一しょ, れ女院や尼前, れの仲間, れ奴僕生活の貧しい, れ奴隷扱いにされ, れ奴隷解放に関する詳しい, れ奸臣はびこり田野年々凶, れ好いものを, れ好からぬは, れ好きなところ, れ好日であるからには, れ好漢仇敵を愛し得る, れ好男子でさえあれ, れ好色男子得意の処, れ如何なる点において, れ如何に學説が, れ如何ようの折檻, れ如来の金色, れ如法の行者, れの二人, れに浪人, れ妄信の甚しき, れ妄動止まずんば, れ妄説詐術をもっ, れの体, れ妓女の嬌声, れ妖怪じみて, れ妖蛇婦人に変ず, れ妖術を失っ, れに前, れ妙花天に遊ぶ, れ妙行の法, れ妨げは馴, れ妹さんの御, れ妻女は偖, れ妻楊枝より重い, れ妻覓ぎの歌垣, れ姉妹たちはテーブル, れ姉娘は其後学校, れ始めの時代, れとの折合い, れ委員はワシントン, れ委員諸君のご, れ姙娠五ヵ月のこと, れには自害, れ姫君のは弁, れ姫様他のこと, れ姿は卑俗, れ姿歌妓がさす, れ姿髮が少し, れ威儀堂々として居流れ給, れ威力無上のクロニオーン, れ威嚇せられて, れ娑婆では知られぬ, れ娑羅仏廟の東, れ娘さんと母堂, れ娯楽はいよいよ, れ娯樂はいよいよ, れ娼家街のマリア, れはほどよい, れ婆様御自身, れ婆羅門の少なから, れ婆裟と地上, れ婚姻の盛儀, れ婚礼は日延, れ婚約者アンネマリーとの結婚, れ婦人ホームへ身, れ婦人代議士は三十九名, れ婦人自身何かそこ, れ婦人運動の面目, れ婦選案などは議会, れ媒人は, れ媒介されてしか, れ嫉妬と言われ, れ嫉視されその, れ嫌悪し同時にもっと, れ嫩江の畔, れ嬌妓のなまめかしい, れ嬢ッちゃん見えただろう, れ嬰児のよう, れ嬲り殺しにかけられた, れ孀婦となった, れ子々孫々流血の中, れ子供たち四人の未来, れ子供一人もうけながら, れ子供会に集つた子供たち, れ子供扱いにされ, れ子供等はそれ, れ子分は探偵, れ子女は悉く, れ子孫相つぐに, れ子持山にし, れ子等を交じえ, れ子規の歌, れはあき, れ孔明以下文武百官もみな錦, れ字餘りに, れ存亡危急の戰, れ孝女なりと仰せられ, れ孝陵の土, れ孤児園長になった, れ孤剣一路東のかたインド, れ孤影蕭然た, れ孤高だの純粋, れ学内の統一, れ学内自由主義は日に日に, れ学問が之, れ学堂の漸く, れ学業は成らず, れ学生達は入学, れ学界とは縁, れ学術の, れ孩兒も怖, れ孫伍長は軍曹, れ孫子の末, れを修め, れ學問にも餘程骨, れ學堂の漸く, れ學者は靈魂不死性, れ學者達は既に, れまで送る, れ宇佐山の城, れ宇治は思わず, れ宇治時代からの女房, れ宇田川橋の本邸, れ守備兵は全滅, れ守護され洗練, れんじ, れ安井息軒とも交わり, れ安保条約ができ, れ安保条約改定案が自民党, れ安全が計られる, れ安吉はおず, れ安房さまはじめ御一同, れ安政条約が, れ安政震火まで土地, れ安来港に集まつ, れ安眠したいと, れ安藤は實, れ安里とも毎日, れ安静を求めん, れもまた, れ宋代にいたっ, れ宋代肖像畫の傳來, れ宋儒は人民精神, れ宋元の頃, れ宋朝の贅, れ宋末の朝廷朝臣, れ宋江はただちに, れ宏大な屋敷, れ宗像博士とソフト帽, れ宗吾の幽霊, れ宗太に手鋏, れ宗室どのは水, れ宗政は従四位, れ宗政さまの身命, れ宗教文学豈に, れ宗教法人令によって宗教団体, れ宗教的色彩の濃厚さ, れ宗派的交渉の成りし, れ宗矩について其の, れ宗碩の宗祇像, れ宗重に力, れ官位の陞叙, れ官僚には警戒, れ官兵衛は眠っ, れ官吏の短い, れ官員も市民, れ官憲の手, れ官用の自動車, れ官界や政界, れ官軍と会津藩, れ定吉に押され, れ定義上に説明, れ定軍山に逃げのび, れも冬時, れ宛城に張繍, れ宛然生をよろこぶ, れ宝塚には武庫川東岸, れ宝島征伐が行なわれた, れ宝石だけがもう一度, れ宝石王玉村さん一家美術店白井さん一家はぶじすくいだされ, れ実に然らむ也, れ実地に運用, れ実子にてもあら, れ実戦にも出た, れ実用の起原, れ実行上の一致, れ実証されない仮定, れ客室と居室, れ客観主義に属する, れ客観化されたもの, れ客觀性がますます, れ客間へ這入つ, れ宣揚された処, れ宣教師館は焼かれるであろう, れ室内監禁にあった, れ室町時代にはそれ, れ室香はむら雲迷い野分, れ宦官の存する, れ宮中の定評, れ宮内省から町, れ宮古川で披露, れ宮城が廃墟, れ宮廷に仕へる, れ宮様一行はその, れ宰領の武家中根鉄太郎, れうくる, れ害物視される筈, れ家なき子に夜, れ家中奥向勤めの輩, れ家主から立退き, れ家人たちはまだ, れ家内の婢僕, れ家内中顔を見合せ, れ家名を汚し, れ家家の灯, れ家屋敷も青六, れ家庭や母性, れ家庭的に幸福, れ家康も長秀, れ家康さま信康さまそれぞれ野田の辺, れ家族一同と早川, れ家族七人と混雑, れ家来は四散, れ家督は相違, れ家禄放還金, れ家計は借金, れ家門の尊貴, れ宸襟を安, れ容赦なく苛まれ虐げられ, れ宿命悲劇の深沈, れ宿因の絶頂, れ宿屋の亭主, れ宿屋宿屋には厳しい, れ宿題から解放, れ寂寞と空白, れ寂静の地, れ寄せ手はにわかに, れ寄宿舎を焼かれ, れ寄手の軍勢, れ寄波は磯, れ寄生樹は白い, れ寄衆もつこ, れ寄衆鉄砲の玉, れ密告して, れ密告者のため, れ密房の中, れ密林に木剣, れ密集して, れ富三の継母, れ富商富農層の動き, れ富士司の病, れ富士見町へ寄り, れ富子さんの母上, れ富岳を以て名山, れ富崎佐太郎も八丁堀, れ富田氏の来られる, れ富豪が間接, れ富貴子はうっかり, れ寒い時には, れ寒からうとの, れ寒村僻地より来り, れ寛政元年に歿, れ寛永中から鎖国, れ寛蓮見事に勝, れ寝具を蹴, れ寝台自動車に乗せられ, れ寝台車で錦糸堀, れ寝巻の上, れ寝床に臥し, れ寝息も立てぬ, れ寝殿中央に御座, れ寢臺の掛布, れ實踐されるに, れ實際の施設, れ寨上に花, れに諸, れ審判に附せられた, れ審問の結果, れ審理が行われる, れ審理中であるらしく猪野, れ審美の論説, れ寫書やや容易, れ寳珠花野田流山市川行徳を經, れを一身, れ寶屋は闕所, れ寸毫も仮借, れ寺中の一名物, れ寺祖の研究, れう塘, れ対岸に沢山, れ対応するに, れ対手になっ, れ対校試合にも出場, れ対比すること, れ対照されるが, れ対空戦闘の用意, れ対立的に見られる, れ対話をしよう, れ対象化されたもの, れ寿命も短く, れを切りました, れ封印がしなおされた, れ封建差別がとりはらわれた, れ封建時代には土地, れ封建的鎖国の殻, れ専制家の事, れ専制的な制度, れ専務はその, れ専斎も嗄れた, れ射手の第, れ将来自分たちもどうにか, れ将来自分達もどうにか, れ将棋を二三番, れ将軍号まで与えられた, れ將來の望, れ將軍の御前, れ專制家の事, れ尊い人格の, れ尊める習慣, れ尊大なる御, れ尊徳精神があの, れ尊王攘夷を旗, れいで高向玄理, れ尋常事でないと, れ尋常党首の言, れ尋常芸人の輩, れ尋常黨首の言, れ導者か銜, れ小さなる光, れ小さくなつたが, れ小三郎吹込みの越後獅子, れ小使にされ, れ小児は彼方, れ小児たちに笑われませぬ, れ小刀をくれない, れ小善小仁は古, れ小型戦闘機の行動半径, れ小型機のたつた, れ小城郡古湯温泉に著き, れ小天地の圖, れ小娘覚悟をしろ, れ小山の麓, れ小径が出来, れ小日向の方, れ小暗くなったを, れ小松の中, れ小松屋へ來, れ小林少年の頬, れ小枝は飯場, れ小樽の南三十マイル, れ小櫃川の流域, れ小沼を見物, れ小瀬甫庵の繩張り, れ小父ちゃま, れ小牧は捕わる, れ小男も立花カツミ先生, れ小石川区巣鴨町に居, れ小紋風の表紙, れ小網町から高橋, れ小言をいた, れ小説戯作を以て世, れ小説自体理論と離れ, れ小諸上田を通っ, れ小豆は赤ん坊, れ小遣い余りの分, れ小野政秀はそれ, れ小野派の錚, れ小銃に装填, れ小雀女人の子, れ小頭が屍体, れ小鼻の左右, れ少々水が, れ少くとも演技力, れ少しとろとろしたと, れ少なく民衆が, れ少なければ少ない, れ少佐は失敗, れ少壮将校たちの気焔, れ少女情人らの噂, れなからざる, れ就中黒く消した, れ就中地方民自體, れ就中詳証術盛んに行われ, れ就中財政に意, れの小作小屋, れ取が, れを押し, れとなった, れ尼御台さまも相州さま, れ尽く持ち去られたとの, れ尾久の屋敷, れ尾佐竹猛氏は一體國立劇場, れ尾崎士郎室生犀星武田麟太郎諸氏の新聞小説, れ尾州まで手, れ尾州大藩によっても護られ, れ局外荷主の品, れ局後の検討, れ居住を拒まれ, れ居住地は山寄り, れ居候ことも有之, れ居常他の嗜好, れ屈強な旗本, れ屈曲した強い, れ屈服させられなければ, れ屈辱に似た, れ屋内に立ち居, れ屋外に数人, れ屋宅の作者, れ屋根裏に葺い, れ屍燒かる, れ屍骸を曝された, れ展観されて, れば重病, れ脱ぎには, れ履歴の影響, れしつ, れ山の上にぶちあたっ, れ山上より谷間, れ山中に庵, れ山人出現の事例, れ山人大に閉口, れ山口の町, れ山地の方, れ山城の思想, れ山容も烟霧, れ山寨の大男, れ山小屋の完備, れ山川の瀬, れ山川さんもほぼ, れ山本琴子だけが自分, れ山泊の一頭領, れ山添いに埋伏, れ山田清三郎林房雄その他の人々, れ山県伊藤両侯, れ山県黒田井上大山仁礼の薩長元老, れ山神の霊験, れ山縣伊藤兩侯をし, れ山縣黒田井上大山仁禮の薩長元老, れ山羊はも, れ山脈や雪原, れ山藤の蔓, れ山越えで東山道, れ山車の花, れ山鹿流の兵法, れ岡場所を轉, れ岡本かの子の作家, れ岡村柿紅氏を頼ん, れ岩波新書の一冊, れ岩瀬肥後は喀血, れ岩瀬肥後守松平伊賀守の苦請, れ岩磐を利用, れ岩窟は雪, れ岩肌の露出, れ岩越次郎左衛門や秋田加兵衛, れにたたきつけられ, れ岸辺は家屋, れの低, れ峠宗寿軒は詮議中, れ島民一般の喝采, れ島津が寵恩, れ島津氏などでは鹿児島, れ崇拜された人間, れ崇拜憧憬の念, れ崇拝せられて, れ崋山に刺戟, れ嶮難を凌ぎ, れの松, れ巌流は日頃, れ巌石に磨かれ, れの中, れ川上検事といふの, れ川上音二郎が川上座, れ川下に向, れ川北部隊長として大, れ川手邸の表門, れ川越えの, れ川那子家の御寮人, れ川面を渡っ, れ巡礼は掠奪迫害, れ巣鴨拘置所へ入った, れ工事に着手, れ工事場のどこ, れ工合に手水鉢, れ工場内へしまわれた, れ工夫し直された形, れ工業部門に参加, れ工面しなければ, れ左倉少佐がその, れ左大臣頼長は流れ, れ左樣ならばと, れ左翼の存在, れ左胸部を貫通, れ左腕には肩, れ左膳いかなる手品師, れ左衛門尉殿は討死, れ左足が背後, れ左近衛少将に任, れ左門の太刀, れ巨体が一間, れ巨富を擁し, れ巨財を汝, れ込む朝陽, れ差別せられて, れ差別撤廃が唱えられる, れ差当りての問題, れ差配の家, れ巴ヶ淵から冠者, れ巴里の城門, れ巻きかえし打すえられた, れ巻土重来の隠, れ市ヶ谷から牛込, れ市ヶ谷刑務所未決に収容, れ市内電車は秋葉神社前, れ市民党の七十九人, れ市蔵や芝鶴, れ市街は焼かれ, れ市長以下責任者が退陣, れで巻かれ, れ布局上最も重大, れ布施をしぼられ, れがあげられ, れ帆村より先, れ帆柱の下, れ帆檣を折られ, れ帆船が技術上, れで掃く, れ帝劇会館の青写真, れ帝国劇塲に徃, れ帝国芸術院というもの, れ帝國文學の創刊, れ帝政没落の見通し, れ帝王の言, れ帝自らかく国々, れ帝都全体にさしたる, れ師事した森鴎外, れ師匠ご自身, れ師匠篤信斎からも勘当, れ師範からなお, れ師範家が出来, れ師説の読み, れ師長による文化伝統, れ席上の呼び物, れ席上諸氏の演説, れ席料も高い, れつて, れ帰つたが途中アントニー, れ帰つてから昨日, れ帰つて貰ふこと, れ帰依せられ服従, れ帰納的実証的な方法, れ帰還するとき日記, れ帰雁のよう, れ帶刀御免だつたの, れ大寺の, れ常時沿海の防禦, れ常磐津などをならっ, れ常識化されて, れ常陸風土記の大櫛岡貝塚, れ幅四間長さ十間, れ幕廷のお, れ幕末物のヒーロー, れべったく, れ平凡でない却って, れ平和主義者の特攻隊, れ平和来の余沢, れ平地なりき, れ平均したところ, れ平塚さんも同様, れ平太郎様には御, れ平安朝以後の悲哀, れ平安期以前の雄大, れ平家全盛時代ほどな, れ平家物語といえ, れ平板化された進歩, れ平民たりとも, れ平気で始末, れ平治の乱, れ平然と僕は, れ平生のにぎやか, れ平生日本の国士, れ平等の選挙権, れ平謝りに詫び, れ平野国臣様に伴, れ年々に愛され, れ年々新進作家の著作, れ年々相当の収穫, れ年々結婚する者, れ年一回県庁で催される, れ年一度の大, れ年七石の御, れ年下のあたし, れ年十二立志編を作り, れ年少一片の客気, れ年少未熟の日, れ年少気鋭不尽の火恒, れ年少気鋭頭熱し意, れ年来の后, れ年貢に納め残した, れ年金をもらった, れ年頃の男達, れ幸せ過ぎるほど, れ幸兵衛の変心, れ幸子は階下, れは幹, れ幹部の八人, れ幻覚をえがく, れ幼児脊髄マヒをした, れ幽明の異, れ幽閉され給, れ幽霊の見世物, れ幽霊船は海底, れ幽鬼のよう, れ幾らかの銭, れ幾万の人, れ幾万円かの身料金, れ幾人かの同僚, れ幾何學的錯視圖を示し, れ幾千幾万の家族, れ幾棟かの神殿, れ幾箇かの檻, れ幾重にも釣り下げられて, れの総曲輪, れ広く読まれて, れ広告にはその, れ広大な別荘, れ広岡の姉上, れ広間は見ちがえる, れ庄三郎は歩い, れ庄三郎顔の色, れ庄司神戸神楽坂署の刑事ども, れのない, れ床しいてやろう, れは広く, れ底抜けにひと, れ底部から溶解, れ度々その家, れ度それにつけ, れ度たび鸚鵡の籠, れ度ほかにも五, れ度候ついでながら, れ度候流行云々など, れ度候貴兄には相, れ度候趣さてここ, れ度右御願い, れ度外に措かれる, れ度外視されて, れ度太陽と月, れ度希望する次第, れ度父上も例, れ度芸術の容易, れ座中なんとなく騒然, れ座敷牢に押しこめられ, れ座蒲団が自分, れ座頭同様の心得, れ庫裡からここ, れ庭前庭後ただ荒, れ庭木や境, れ庭男などに目, れ庭石は焦け, れ庵崎三七郎と申しました, れ康子はハッ, れ康有為は同志, れ庸三も傍, れの下, れ廃屋のよう, れ廃頽して, れ廉価を以て民間, れ廟門には豚, れ延慶と改元, れ延期派では当時, れ建久四年五月に源頼朝, れ建保三年六月に痢病, れ建具や家具, れ建前のここかしこ, れ建暦二年の八月, れ建物の粋, れ建築の宏壮, れ建築土木用の木材, れ建築場のどこ, れ建築工事はなお, れ建築材料延着のため, れ建設的意見が出, れ建造され建具, れ廻つて村中の者, れ廻り途をしなけれ, れ廻廊の内部, れ弁信によって火, れ弁士の妹夫婦, れ弁妄書に於, れ弁護士としての規定, れを撓むる, れ弊船に坐し, れ式部の所領, れを折り碎き, れ弓矢をもっ, れ弓術の如く, れ摺られた長吉, れ引き緊つた文體はルーズ, れ引っ外され続いて, れ引出物として九曜, れ引手のところ, れ引手数多の女, れ引続きなかなかよく売れたもの, れ引鉄が落ちた, れの手蹟, れ弘化四年榊原氏の臣, れ弛みを見せまい, れ弟勝兵衛も太刀, れ弟妹にわかれ, れ弟子達に小遣, れ弥助は自訴, れ弱い者には, れ之洞, れ張作霖と共に黒竜江省督軍, れ張苞岩角に頭, れ張衡なるべしと, れ張譲らの馬, れ強いて怺える, れ強右衛門奴の事, れ強姦は多く, れ強情な博士, れ強暴と折り紙, れ強烈な働き, れ強行上陸を企, れ強要せられなければ, れ彈丸盡きて, れ彌助は自訴, れ駅の, れ当の文部大臣の, れ当りては砕くる, れ当主良平が恋人, れ当人たちもそう, れ当今は喜劇, れ当代肥後守殿光尚公, れ当分このアタマ, れ当地随一の名門, れ当局の一行, れ当惑したこと, れ当方より蜂須賀彦右衛門, れ当日ただちに内田臨時首相, れ当時公民権賛成議員が多く, れ当時名声をはせた, れ当時将軍家弑逆の大, れ当時廣田弘毅さんあの総理大臣, れ当時津軽の辺, れ当時活動して, れ当時流行のたて方, れ当時男子がなかっ, れ当時議会で羽ぶり, れ当時都新聞の主筆者涙香小史君, れ当選作品はどんな, れ当面の京都帰還問題, れ形勢非なるを, れ形式だけの儀礼, れ形式化される, れ形式的に人数, れ形式礼法を以て人物, れ形式禮法を以て人物, れ形而上学となるであろう, れ彦太郎は音, れ彫刻家とは即ち, れ役場で役人, れ役夫三千あるひ, れ役料共七百石を給わっ, れ役者連にとりまかれ, れ彼ら四人だけはいる, れ彼れことに二番, れ彼処にも一塁, れ彼女らに自由, れ彼女自身もその, れ彼我ともに古代, れ彼所も寸斷, れ彼方此方の岸, れ彼是と投機事業, れ彼様穿れ此処, れ彼永遠に富み, れ彼美人を見よ, れ彼處に現, れ彼輕舸の中, れって相談, れ往時を想う, れ往時英国の某, れ往時英國の某大, れ征夷大将軍の宣旨, れ待合室で彼女たち, れ待望の米価, れ待遇されるのに, れひ今日, れ後で調査し, れ後ればせ, れ後ローマで獄死, れ後世の独立, れ後世これと同じ, れ後世曲學阿世, れ後人間に生れ, れ後史時代にいたっ, れ後國際的となり, れ後始末に追われ, れ後年この土地, れ後年電車などではて, れ後悔して, れ後日に至っ, れ後絶食して, れ後藤氏は政界, れ後醍醐もまた, れ後醍醐光厳後村上, れ後醍醐天皇の時代, れ後金槌かなんかで打ち砕かれ, れ後髪も引かれた, れ後魏から安楽公, れ後鳥羽院が隠岐, れ徐々に対象の, れ徐ろに鐘, れ徐庶字は元, れ徐忠亦創, れ徒に平安を, れ徒労のみ若し, れ徒勞のみ若し, れ徒弟から職工, れ徒罪に處, れ従つて他所行きになつ, れ従つて何等の概念, れ従五位下に叙せられ, れ従兵金方某之, れ従姉に, れ従属におかれ, れ従属者を以て冷遇, れ従来の慣例いかん, れ従軍中しばしば清廷, れ従順なる良臣, れ得三たちまち血相, れ得月へ徳山, れて何ゆゑとなく, れ從つて一般的怠惰に陷, れ從つて妨碍されて, れ從つて尠からざる辛苦, れ從つて父祖に對, れ從つて社會主義運動が障害, れ從つて貰ひも多いせゐ, れ從來支那で闕, れ從子も其中, れ從軍の命, れ御上人様頼まれも, れ御世は泰平, れ御代が代, れ御免下され, れ御前裁判を受けた, れ御名告も綱利, れ御家人の株, れ御嶽山麓に産, れ御池通車屋町の年寄役, れ御油の町, れ御用済みしだい解放されるの, れ御直段の, れ御簾の中, れ御籤の文言, れ御膳さえろくに, れ御苑を逍遥, れ御許され, れ御身の賜もの, れ御門もとざし, れ御飯やお, れ御馳走船は例, れ復何をか言はん, れ復古的再生を示し, れ復旧案が持ちあつかわれ, れ復活せられて, れ復興されつ, れ循環と看做さる, れ微々は何処, れ微妙な螺旋, れ微笑をうかべた, れ微賎の産, れ愈, れ徳山と二人, れ徳川どのまでが手, れ徳川三百年の最も, れ徳川慶喜公さへも後, れ徳川殿の御感, れ徳川氏もそれ, れ徳疵もつ足, れ徳祐帝を降し, れ徴発が行われ, れ徹底された, れ徹底的に降伏状態, れ心ざま善ならぬ人, れ心ちのいいもの, れ心得は使番, れ心得顔した婆, れ心惱むも休らひそ, れ心持よい印象, れ心持ちが全然, れ心服されて, れ心理学の講義, れ心理学者がその, れ心理学者サレエの児童研究, れ心痛すべき消息, れ心細いから惣吉, れ心臆し候哉, れ心臟の破れる, れ心覺えが, れ心豊かに幸福, れ心身ともに衰弱, れ心酔しつくして, れ心霊知識その他の普及, れしもヘブルウ, れ必然化されて, れ必然性と拘束, れ必然身の廻り, れ必竟するに, れ必竟其勝を好む, れ忌々しさに, れ忌避せられはては, れ忍男に思はれ, れ志太遠江守に三千餘騎, れ志賀の麓, れ志郎は鳥取, れられたやう, れ忙しそうに, れ忙しない誘導訊問を, れ応急の手当, れけのう存じ, れ忠孝といひ, れ忠実な蔵人, れ忠文に節刀, れ忠犬マルも電気鳩, れ忠綱さまは得々, れ快楽を願, れを押され, れ念仏のさはり, れ念孫の讀書雜志, れ念願せられて, れ忽焉として見えずなりぬ, れ怒りて我, れ怒涛の中, れ思いがけない時と, れ思いつきでする, れ思いの外の学者, れ思い入れを伴っ, れ思い出ずれば, れ思惟の諸, れ思案せざるを, れ思考の秘所, れ急ぎ此荷を, れ急斜面の深み, れ急追され和, れ急速に街, れ急進化し父, れ性來の虚弱, れ性格的なもの, れ性欲も解放, れ性残害を好む, れ性的な交渉, れ怨みを泉下, れ怨府となっ, れ怪人はおそろしい, れ怪塔ロケットが丘, れ怪塔王はおどろきました, れ怪巌蟠り峭壁, れ怱忙の日, れ恃む三木城も陥落, れ恋しさに, れ恋しき人の, れれと, れ恍惚となり, れ恍惚状態が次第に, れ恐ろしき姿を, れ恒星に関する天文学, れり致したが, れ恢復なされ, れな言論, れ恥しい目に, れ恥ずかしさの, れ恥ずかしいとは思わぬ, れ恥ずかしいおもいをし, れ恥ずかしくつらくっていつも, れ恥辱を受ける, れ恩知らずめッここで会った, れ恩赦の名, れい数千年, れ恭一と次郎, れ息の根のとまる, れ息子たちに会った, れ恵林寺のおおきな, れぼりと, れ悄然として冬空, れと悲, れ悟性によって幾多, れ患者に対しても独得, れ悩みの休まる, れ悪くいわれるのみか, れ悪ければ否定, れ悪しかれ一つの, れ悪み蔑る, れ悪事ならずば, れ悪僧其処動くな, れ悪党らしくない不手際, れ悪口を言われ, れ悪寒に似た, れ悪戯されるので, れ悪業に繋がれる, れ悪筆で辞退, れ悪罵せられなど, れ悪鬼のよう, れ悲しい怖ろしい, れ悲しくなった, れ悲傷流涕して, れ悲劇的なシチュエイション, れ悲哀と憤怒, れ悲壮な決死行, れ悲痛なぬれ仏, れ悲鳴をあげ, れ悶絶猿轡の無残, れ悽愴ことばにも尽きる, れ情ない出家を, れ情なくも門, れ情愛の深い, れ情慾の春画, れ情趣で色, れ惜しいみて, れ惜しくも無知的判断, れ惜しみなく発散, れ惟任の姓, れ惟聖人の学乎, れ惡夢のやう, れ惡意はちつ, れ惣之助は二十七歳, れ惨殺されたという, れ惨状目もあてられぬ, れ惰性に落される, れまされ責められて, れ惱ましげな姿, れ愁人ならざる, れ愁歎の世にも, れ必勝を, れ愉しみだった, れ愉快な酒宴, れ意気ますますさかん, れ意気消沈して, れ意義あるもの, れと言われ, れ愚僧を何, れ愚者の思量, れ愛しなでられて, れ愛し易く造られし魂樂しみ, れ愛友を失ひ, れ愛国主義は鼓吹, れ愛国的演説の大道, れ愛好され云々, れ愛情の肉体的, れ愛慕の情, れ愛撫されながら, れ愛玩され始めた元和あたり, れ愛読されるもの, れ愛護されて, れ愛養中二疋は死んだ, れに迫った, れ感奮が描き込まれ, れ感慨深げに, れ感慨無量の樣子, れ感服させられる, れ感歎されたの, れ感激して, れ感興は亢まり, れ感覚化され表現化, れ感觸する枝, れ感銘されたこと, れ愿藏亦捕へられた, れ慄然たる悪寒, れ慇懃の計らひ, れ態と知らぬ風, れ慎重なる態度, れはれる貴相, れ慢性的内乱となった, れ慣けた人々がある, れ慰安されるから, れ慶童は百以上, れ慶長元年赦されて, れ慾求されて, れうるところ, れ憂き人の, れ憂悶の日, れ憎い女奴ッ, れ憎しみを寄せる, れ憎悪され軽蔑, れ憚ッております, れ憤激のあまり渋滞, れ憤然安土を去っ, れ憧憬されしかも, れれむべ, れ憫然というやつ, れ憲政党との提携, れ憲法は, れに養わる, れ懇望すれば, れ應援の樂隊, れ懊悩呻吟骨身に徹した, れ懐疑的になり, れのため, れ懲役になっ, れ懶惰の肉, れ懺悔なされ, れ戀愛と接吻, れ成人いたしましたらば, れ成仏以来百千万億那由他劫, れ成功とよばれる, れ成員はどんな, れ成年者によつて假裝, れ成果を伝承, れ成熟し勝利, れ成績はますます, れ成長せしめられ得る能力, れ我々両人はその, れ我が家のよう, れ我ら小枝, れ我ら一同なんと慰める, れ我一曲の主, れ我儘一ぱいに育てられた, れ我問の本意, れ我国たるや現今戦勝後, れ我国最初のオリンピック選手, れ我国言語の特色, れ我國の宜しく, れ我安居す心づかい, れ我家の不注意, れ我少女なりしならん, れ我文壇はその, れ我文明の中, れ我有なり, れ我甥を懸念, れ我知らず光の路, れ我知らず周囲を見廻し, れ我知らず面を赧らめ, れ我等一同感謝, れ我等五者みな坐しゐたり, れ我罪障なるべし, れ我職分なりと曰, れ我記念の墳墓, れ我詞を用, れ我身体を愛し, れ我邦史家が本文, れ我領有たらば, れ我骸は海底, れ戒厳令が下った, れに出で, れ戦争挑発はしりぞけられなけれ, れ戦勝ちての後, れ戦国時代の豪傑ども, れ戦慄のだが, れ戦死者は煙, れ戦術に於, れ戦闘開始恋するすきこがれる本当に, れ戯作の低位, れ戯曲の芸術的価値, れの場, れ戰勝の光榮, れ戰場の外, れ戰慄いて, れ戰死遊ばした方さ, れ戰線では妥協説, れ戰馬に曳かれたる, れれて, れ戲曲作者はこれ, れはひっぱがされ, れ戸口のところ, れ戸籍に登録, れではない, れ所在不分明, れ所得税法を適用, れ所愛を失ふ, れ所持の金子, れ所有地の水利, れ所謂サイパンの玉砕前, れ所謂動脈血となっ, れ所謂報道価値が報道, れ所謂家庭での点, れ所謂強きを挫, れ所謂意の発達論理, れ所謂戦車壕と呼ばれる, れ所謂数なるもの, れ所謂破邪顯正の誓, れ所謂舞台度胸のある, れ所謂謹上衆と稱, れはまた, れ扇女の部屋, れ扉口という扉口, れ手下の者たち, れ手先に使われた, れ手出しもならず, れ手前の側, れ手厚く葬られた, れ手古舞まで出る, れ手品などを演じた, れ手品師と約, れ手当てをされた, れ手形は買われ, れ手拭にて鼻口, れ手拭片手にブラリ家, れ手振り面白く舞, れ手杵が純乎, れ手段たる事業, れ手続きからすっかり, れ手綱を取り, れ手討にいたします, れ手錠編笠の男, れ手長猿は人, れ手間を取っ, れ才能に恵まれ, れ才色を売る, れ打ち出し模様ある革製, れ打倒尊氏の計画, れ打擲されて, れ払暁高山の巓, れ批評家の当, れ承知して, れ承認された教育, れのほう, れ技巧の上, れ技巧化されそこ, れ技法の上, れ技術も飛躍, れ技術上の問題, れ技術家一般は生産技術家, れ技術的徳と魂, れ抑制の連続, れ抑圧の錠, れ投函されなかった, れ抗弁されたの, れ抗日は救国, れ折助の口, れ折角誘拐して, れ抜き身の武器, れ抵抗し諦めず血みどろ, れ抹消された文字, れ抹香の煙, れ遣られて, れ押しもあった, れ押勝の妻子, れ抽斎もまた, れ抽斗という抽斗, れ抽象化されたもの, れ抽象的なもの, れ拉甸人の始め, れ拍子に, れ拍手を浴び, れ拍手喝采のうち, れ拒斥さる, れいたお, れ拔群の譽れ, れ拙宅へ泊まられた, れ拙者代りに御, れ拙者眼前に現れましたで, れ拡声機にかけてホテル, れ拡大映写される, れ拭掃除も行届き, れ拱門から附近, れを痛められ, れ拳固を恐がってる, れ拵え上げられた全く, れ持主の手, れ持参金の財産目あて, れ持物も着物, れ指定された大学, れ指定校は男女共学制, れ指導力を失墜, れ指導標は立てられ, れ指揮者レーニンはこの, れ指物師は巨利, れ指示さるるや, れ挨拶して, れ振動急速な紫外線, れ挿木が容易, れ捜索される, れ掃愁の酒, れ掃除だとか, れ授業の終る, れ排斥され卑しめられるだろう, れ掛花活の薊, れ掠奪凌辱のうき, れ探偵小説好きはノックス, れ探究され必ず, れ接ぎ合され活きた暖か, れ接収役が鄭重, れ接吻する者, れ控捉せらる, れ推測の言, れ推論式で組み立てられる, れ掩護色と云われる, れ立てられ袖, れ揉みくちゃになり, れ揉手をする, れ揚句の果, れ揚句例の如く, れ揚棄されて, れ換言すれば, れ握手を交し, れ揮毫にはさ, れ揺籃時代の探偵小説界, れ損つた娘つこを, れ損刺客どもの責任, れ損失を蒙る, れ損害其他詳しい説明, れれ絞められ毒, れ搖らる, れ携帯乳児の斯く, れ携帯品の取調, れ携帶乳兒の斯く, れ搾取者が当然, れ搾取階級がなくなっ, れ摩耶は市, れ摸写小説の目的, れ撃退され彼ら, れ撒布せられた, れ撤廃される二十年末, れ播州の三木城, れ播種機でまかれた, れ播種面積が予定, れ撮影者が之, れ擁護の綱, れを守る, れ據所なく承諾, れ擬作高百石の思召料, れけられてこそ, れ擴大され優越性, れ擾乱のあと, れ支度のできた, れ支払を誓約, れ支那大陸の優秀, れ支那海の盡, れ支那火鉢には炭, れ支那算書とは初め, れ支那藝術一般の傾向, れ支配人の吉三郎, れ收容者に聞かせる, れ改刪の際, れ改変されねば, れ改宗させるため, れ改造された考, れ改進党の解党, れ改進黨の解黨, れ放射線室勤務員は一日七時間以下, れ放散されやがて, れ放浪中は土方, れ放火犯人からは煤, れ放言でもなく, れ放送所のある, れ放題馬鹿になっ, れ政七は気の毒, れ政令朝夕に改まりしか, れ政党首領として他, れ政友会に入る, れ政友會に入る, れ政治家の創作, れ政治的移民としてアムステルダム, れ政治的要求と経済的要求, れ政黨首領として他, れ故国亡主の怨, れ故意に計画的, れ敏感で単純, れ敏捷無類の猿面郎, れひなき絶望, れ救ろう助かろうとして, れ救助者達は闇, れ救助隊が編成, れ敗兵が後, れ敗戦国との劣等感, れ敗残の生, れ敗走行の夜昼, れ敗軍に及ん, れ敗退した, れ教え子たちがやって来た, れ教団の最高幹部, れ教法の提灯持, れ教育上の功, れ教訓的見地からつづられた, れ敢なきご最期, れ敢然峻拒し, れ散り散りになっ, れ散り散りばらばらになっ, れ散乱した書類, れ散文的な自由律, れ散歩すること, れ敬うた事も分り, れ敬神の念盛, れ敬遠せられる事, れ敬重の念, れ数万の観衆, れ数代帝位の争い, れ数十年間寡婦として旧家, れ数千哩を隔てた, れ数回くり返せども, れ数奇な調節, れ数学がはなはだ, れ数学的な体系, れ数年前に吉州, れ数年後にチャイコフスキー, れ数日ぶりで自分たち, れ数珠とは関係, れ数百年の久しき, れ数量は空間量, れふるの, れ整然たる形式の, れ整調された變形, れ敵国への防壁, れ敵地を略し, れ敵王の庶腹, れ敵視されて, れ敵陣地と覚しい, れ敷衍せられ走馬燈, れ數年後昌造は日本文字, れ數日分の食料, れを贈っ, れ文さんは, れ文中苔城松子雁の, れ文久二年には彦根藩, れ文人墨客の間, れ文典の教, れ文化が形成, れ文化上の偉い, れ文化価値を全く, れ文化十年九月まで獄中, れ文化材の合理的割当, れ文化機構なるもの, れ文化的教養を身, れ文句一つ云わずに, れ文壇人として認められ, れ文壇的人非人として擯斥, れ文夫さんはばったり, れ文字通り水に渇し, れ文学意識を分化, れ文学新聞に出, れ文学的に正しく, れ文学的作品の中, れ文学美術の趣味, れ文学者側からはそんな, れ文学運動についてもしばしば, れ文明十二年には大内正弘, れ文明十八年の七月, れ文明国でそれ, れ文明開化の奔流, れ文武の政, れ文武百官一万二十六人の僧侶, れ文永年間信如尼によって修補, れ文相を初め, れ文相天野貞祐は日の丸, れ文章全体の趣旨, れ文章家の巧, れ文臣なりと雖, れ文芸家協会は文学報国会, れ文芸懇話会は創立四年目, れ文芸評論らしい評論一つ, れ文荷斎どのとおなじ, れ文部大臣森有礼が刺された, れ文部省は六・三制, れを進め, れ斎宮大伯皇女, れ斑ら牛のよう, れ斑鳩宮もむろん, れ斑鳩寺すなわち法隆寺, れ料亭のお, れ料理屋なぞは見た目, れ斬り捨て御免の立場, れ斬死じゃ, れ斬殺されるの, れ斬首されて, れ斬首火刑に処すれ, れ断崖のうえ, れ断獄されるまで, れ断続の後それ, れ断腸の想, れ斯んな嬉しい, れ斯民をその, れ新三郎は肌身, れ新五郎の為, れ新人を新人, れ新刊の雑誌, れ新劇と呼ばれ, れ新協劇団や新築地劇団, れ新妻を娶る, れ新婚旅行のはじめて, れ新子は急, れ新宅のバルコニイ, れ新派は恵まれ, れ新田先生もついに, れ新興の武士団, れ新茶屋や大屋, れ新装せられた都市, れ新語辞典に出, れ新郎新婦の起居, れ新鋭の兵, れ新附の兵, れ新陳代謝を阻害, れ方ゆえしたがっては, れ方ゆゑしたが, れ方チトお恨み, れ方事毎に不審, れ方便なるを, れ方存在の取り扱われ, れ方是はまあどう, れ方様早う帰っ, れ方法と対象, れ方法的に訓練, れ方発展の仕方, れ方角違いの沙汰, れ施肥されそして, れ施行せられただけで, れ旅中の事, れ旅僧ににらまれれ, れ旅興行先で追い払われ, れ旅行も全く, れ旅装して, れ旅費には困る, れ既成政党の無, れ既成政黨の無, れ日々の攻苦, れ日々数十人の公卿, れ日々障りなくお, れ日ごと高倉を見舞っ, れ日ごろはよく, れ日の本の名物, れ日中早足に歩いた, れ日光山修覆の, れ日出子を誘っ, れ日吉の下, れ日向の財部, れ日夜身近く備えられて, れ日常化されその, れ日常思惟するところ, れ日暮れごろにとぼとぼと, れ日曜日には花やか, れ日月未だ地, れ日本ビクターは第, れ日本プロレタリア作家同盟は第, れ日本中が石屑だらけ, れ日本人民は自主, れ日本人群の日常生活, れ日本侵略の手段, れ日本化されて, れ日本国憲法は公布, れ日本国民に独立, れ日本天竺唐あらゆる神仏, れ日本左衛門の手下, れ日本教職員組合が誕生, れ日本書紀に見える, れ日本最後の仇討, れ日本演劇界を代表, れ日本独逸北米合衆国墺太利匈牙利白耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, れ日本男子の名誉, れ日本等またこれ, れ日本美の伝統, れ日本訳は既に, れ日本食の晩餐, れ日比谷映画へ入り, れ日独防共協定にイタリー, れ日給十五銭読書の自由, れ日置流の頽廃, れ日蓮が流された離れ, れ日蝕観測の結果, れ日野ヶ峰に迎えられ, れ日雇その他の労働者, れ日頃口にする, れ日頃故郷の方, れ旦那に云, れ旦那衆と立てられる, れ旧友に殴打, れ旧来の城池, れ旧観を存する, れ旧諸藩は, れ早々陣をひき, れ早くから田猟にも, れ早四郎は馬鹿, れ早川に架, れ早稲田が勝つ, れれ, れに作品活動, れ旺盛な肉体力, れ昆布屋に新人, れ昆曲の芝居, れ昇殿の口, れ明からも倭寇, れ明け方帰って, れ明け暮れ二人はいっしょ, れ明け暮れ征馬のい, れ明る過ぎるほどの, れ明るくなり簡単, れ明和四年に山県大弐, れ明方の月, れ明日入用だから, れ明日警視庁出頭の由, れ明晰に思考, れ明智探偵の監視, れ明暗を殺さず, れ明暗法や彩色法, れ明暦大火のは諸宗山無縁寺回向院, れ明治三十七年頃から数年間父, れ明治二十九年度には二萬九百八十一町村, れ明治五年に出版, れ明治五年日本政府に電報, れ明治以来の既成文学, れ明治十年の戦争, れ明治四十年の調べ, れ明治大帝大正天皇の御, れ明治文化の研究, れ明治時代の例, れ明治維新このかた, れ明石夫人の北, れ明確にされた, れ易い好い子であった, れ易く緩かなもの, れ昔乍らの豪士, れ昔日の夢, れのやう, れ星ひとつみえません, れ星人たちと二少年, れ映像となる, れ映画によって更によく, れ春団治派手の表現ゆゑ, れ春日くらすは, れ春木南湖の門, れ春水が赤崎元礼, れ春水杏坪共に齢古稀, れ昧者初心者に向, れ昨年の秋不況, れ昨日深夜にお腹, れ昨秋頃より漸次悪化, れ昭和の軍部, れ昭和三年八月十日と書い, れ昭和九年一月警察署の表, れ昭和二年の全国高等女学校長会議, れ昭和八年三月九日協和会の声明, れ昭和六年八月とうとう中巨摩郡芦安村, れ昭和文化史の上, れ是非弟子にし, れ昼なほ暗き前庭, れ昼夜を分かたず, れ昼夜見はりの番士, れ昼飯を食い, れ時あれとし, れ時イヤ我ながら馬士めい, れ時人は之, れ時折大きな影法師, れ時折作品なども発表, れ時折農民美術とも混同, れ時計も懐中物, れ時速七十キロぐらいで走りつづけ, れ時間性の完, れ時頼父の耳目, れくなるまで, れ晩周の時, れ晩春の爽やか, れ晩餐を饗, れ晩餐會や夜會, れ普仏戦争後に於ける, れ普佛戰爭後に於ける, れ普請奉行二宮太郎右衛門を助ける, れ普賛は鵞, れ普通人も往々, れ普通民からは相手, れ普通選挙が実現, れ景山公が亡くなられた, れ景象の虜, れ晴れ着をつけさせられ, れ智慧によって表現, れ智略の嚢, れ暁闇のそこここ, れなき身, れさも, れ暗い寂しい竹藪の, れ暗号室に至る, れ暗夜に灯火, れ暗殺の虞, れ暗殺者は牢獄, れ暗鬱な無口, れ暗黒の幕, れ暫し箸を, れ暫時は互いに, れるるに, れ暮六ツを合図, れ暮夜その消息, れ暴れ荒ぶ天地, れ暴力の世, れ暴力世界に投げこまれ, れ暴動のため石, れ暴行を加えられ, れ曇り空どんより濁った, れ曝露されて, れに驚絶駭絶, れふ如く汝ら聽, れ曰く是れ正に, れ曲解されること, れ曳出しという曳出し, れ更に又之に, れ書き破られて, れ書名を記憶, れ書店側とよく, れ書役が記録, れ書画骨董古文書銅器あらゆる物々しい, れ書籍御預り申候, れ書翰が偽もの, れ書談が生じ, れ書院番頭に進ん, れ書院造りの屋敷, れ曼陀羅の干, れ曾呂利本馬実は帆村探偵, れ替え玉の入れかえ, れ最下等の木賃宿, れ最大発行部数が週五, れ最大級の言葉, れ最大限度に擴大, れ最年長の老人, れ最後的に出来上った, れ最愛の妻, れ最期を遂げしめよ, れ最澄空海の如き, れ最近手を入れた, れ最近数年は半, れの散じた, れ會つてゐる間, れ會長二荒伯の英語, れ月ごとに雑誌, れ月世界上に置去り, れ月報の店, れ月曜日までも休む, れ月波の, れ月神は女性, れ月見船はおろか, れ有利な話, れ有司上帝室を尊ぶ, れ有楽町がやられ, れ有楽町駅にて警官, れ有為の士, れ有為転変の悲しみ, れ有無もいわせず, れ有無相通世間の不公平, れ有罪の宣告, れ有金五六百両が紛失, れ有金五六百兩が紛失, れ有馬左兵衛佐允純へ永, れ有馬左兵衞佐允純へ永, れ朋輩を傷つけられ, れ服従せられたりき, れ服從せられたりき, れ服罪すべきもの, れ服薬を致し, れ朔平門の外, れを碎かれた, れ朝ごとに日本, れ朝夕ニコライ堂の鐘, れ朝廷摂関家でも由々しき, れ朝廷王府の官員数千人, れ朝盛さまはその, れ朝臣でありながら, れ朝野新聞の雑録, れ朝露夕露の置き渡す, れ朝鮮人のバラック, れ期待以上の成功, れ木々の梢, れ木刻手彩色の立派, れ木曽一国の政治向き, れ木曾の空翠, れ木曾十一宿にある, れ木曾路の御, れ木理が明, れ木田は同意, れ木立にあたる深夜, れ木蘭舟の語, れ木驢というもの, れ未だ嘗て成都に, れ未明に舟, れ未来化されダダ化, れ未決中は伝告者, れ未熟な新九郎, れ未練ではござりませぬ, れ未葬もしくは既葬, れの三郎, れ末子の水野さん, れ末尾の, れ末森にある, れ末法の徒, れ末路はかなくついえ, れ本人たちが何, れ本国からの積, れ本城も墜ちん, れ本城氏も多年蒐集, れ本妻が死ん, れ本家の桟敷, れ本尊は佐渡, れ本屋に本, れ本島アイヌが竪穴, れ本州の方, れ本年は天災, れ本式の撮影, れ本当に楽しくて, れ本当にそうしたら亭主, れ本当に本当にいい気持, れ本所に住ん, れ本木も蘭學創業, れ本来セヴィーヤが本場, れ本気にて追跡, れ本然の姿, れ本町が今日, れ本社へ行き, れ本箱も縁側, れ本能化されること, れ本船に移されました, れ本艦との間, れ本郷の切通し坂, れ本郷神田辺の学生間, れ本門の戒壇, れは音, れ札幌を通り越し, れ札箱の後ろ, れ朱塗の盆, れ朱桓は単騎, れ朽葉に埋れ, れ杉山教育総監が陸軍大臣, れ杉村は思はず, れ杉田も自分, れ材料は焼跡, れ材料視され甚, れ材木のよう, れ材質のやわらかい, れ村一帯が静か, れ村上彦四郎以下八人の家臣, れ村中の若い, れ村人たちもだれ, れ村全体は貧窮, れ村落の影, れ村長の家, れにころがされ, れにしばりつけられ, れ杜戸浦に出, れ束縛されるの, れ条件反射に対して無条件反射, れ条理の立った, れ来年の花, れ来訪をすすめられた, れに縛られ, れが元気, れ東亜連邦東亜連盟が唱道, れ東京中の警察署, れ東京市中の檜葉, れ東助とヒトミ, れ東北の方向, れ東南へステップ, れ東大寺は都, れ東大研究班の調査, れ東宝の手, れ東島とも称された, れ東方はやや, れ東方亞細亞の文明, れ東海に不死, れ東海道の三島, れ東能高郡下の主, れ東西についた, れ東西二里南北五里というひろい, れ東西相離れ候ては君臣, れ東部は因幡, れかに水, れは長い, れ杵碎して, れ松代の声, れ松原そがひみ, れ松原人麥を打つ, れ松島見物でもする, れ松明が八方, れ松村はかく, れ松永の城内, れ松江紀行一篇を作り, れ松浦屋どの清左衛門どの, れ松澤の無き, れ松竹の責任者, れ松脂のにおう荒れた, れ松藏は田地, れ松風は水, れ板ばさみに会う, れ板倉侯には新, れ板敷の眞中, れ板間に映る, れ枕もとを見る, れ枕頭に私, れ林之助も直ぐ, れ林町へ来い来いせがまれる, れ果てしもあらぬ, れ果てしなき幻滅の, れ果敢い弱い, れ果敢ない御稼業, れ果敢なく朽ちはてて, れ枯枝が折られ, れ枯淡になっ, れ枯草の上, れ枳園をも識, れ架上最も塵, れ架空の権威, れ架空線はない, れは木製, れ柏木貨一郎という, れ染川や色, れ染料とされる, れ柔められたヒューマニズム, れ柔らいだ調子, れ柔道の方, れの枝, れ柳さん自身に依, れ柳原の清水山, れ柾木稲荷の祠, れ柿叟と署名, れ栃木の女囚監獄, れ栄光は引きずりおろされ, れ栄誉と殺戮, れ栄養も心身とも, れ栄養効果は上がる, れ栄養薬を食っ, れ栖む所を誤てり, れ校庭のはづれにずらりと, れ校正者は赤い, れ校舎が足りない, れ根こそぎされた自身, れ根元から首, れ根拠地西湖と大阪, れ根本から自主性, れ根柢から邪氣, れ格別そこに, れ格子の前, れ格式だおれ, れ格闘の行われた, れはちょうど, れ桂離宮のやう, れ案内者たること, れ案外はにかんだ顔, れの枝, れ桑畑の間, れ桔梗の母, れ桜井寺の角, れ桜花は模様, れ桟橋から投, れ梁山泊一同協議, れ梁川星巌が東海道, れ梅園さん絵専の中井宗太郎教授, れ梅幸の豊志賀, れ梅津においても本郷, れ梅花は狂, れ梟帥によって姫, れの先, れ梨園の眺め唯一, れ梨畑の花, れ梶棒を握っ, れ棉羊と山羊, れは始, れ棍棒の下, れ棒杭に結びつけられ, れに伏つて, れ森家のは同じ, れ森徳座という芝居小屋, れ森氏では, れ森田と夫婦, れの中, れ植松の家, れ植民地を帝国主義ブルジョアジー, れ植民地攻略が必至, れ植物学上では, れ椎茸を噛ん, れ検尿のため, れ検挙された, れ検温されやがてすっかり, れ検索されて, れ検脈致し呉れ候様, れ検討せられて, れ検閲委員会は改組, れ椰子に囲まれた, れ椿の賀, れ楊志もまた, れ楊昂自身も敢なく, れ楊雄が莽, れ楕円形を成した, れ楚囚の詩, れの森, れ楠公像の正面, れが伐られ, れ業そのもののよう, れの役目, れ極悪な悲惨, れ極楽世界に安住, れ極端に皮相的, れ楽しまされて, れ楽しい未来を, れ楽しみに頼り, れ楽器をとれ, れ楽園で亡き, れ楽屋を訪れた, れ楽屋中の者, れ楽屋口ちかく下り立つ, れ楽進に斬っ, れ概念が方法, れ概要を瞰, れの実, れ榛莽荊棘が刈り去られ, れ榛軒が激, れ槇子と秋作氏, れ槇野城に入りまし, れ構想された上, れ構成化され超, れ構造は原始的, れ槍ナギナタの十数名, れ槍奉行の大久保彦左衛門, れ様子知っては, れ様子知つては憚りながら, れ様様有効なメトオド, れの木の根もと, れしまれて, れ樂土の客, れ樂浪海中の倭, れ樋口正美と共に下谷, れ模様の冬空, れ樣ものなら夫, れ権利を奪われる, れ権現さまさえ御, れ横浜から乗船, れ横穴は横穴, れ横蔵はぶるると, れ横面を張りとばされました, れ樹上に登っ, れ樹木は震え, れ機嫌のい, れ機敏に立ち働き, れ機械は凡て用途, れ機械仕掛のあやつり, れ機械化されて, れ機械的に手, れ機関銃手がとびだし, れ機首には赤い, れ檐口の瓦, れや杉, れべられた, れ檢擧せられたる彼, れには小型, れ檣楼も破られる, れは折れ, れの姿, れ櫻花年にまれ, れ欄干は破れ, れ欠伸をし, れ欠陥であると共に, れ次子もまた, れ次平枝ぶりよきを, れ次年に侍医, れ次手に穀倉, れ次日二十三日に東京, れ次男の, れ次第式を擧げるだらう, れ次長以下各部長等, れ欣々然として処刑, れ欧洲識者の論, れ欧米人はその, れを除け, れ欲しければこそ雪, れ欲樂を習, れ欲求され把握, れ欺詐術策は人生必需, れ歇むまで敵, れ歌うたひつくして, れ歌人の保護者, れ歌六という背, れ歌子という名, れ歌川多門の実, れ歌舞伎座建築場の大きい, れ歐人間荐に珍讀, れ歐米諸國人, れ歐米人の内地旅行, れ歓迎せられ優待, れこび彼, れ止り木も元, れ止利様式の完成, れ正しさを, れ正しかるともわが, れ正午頃には雪子さん, れ正太ももちろん, れ正平十四年四月二十九日賀名生で崩御, れ正当の視点, れ正当防衛によって射殺, れ正気の沙汰, れ正統な結婚以外, れ正統変統の論, れ正義からいっ, れ正義人道より生ずる, れ正行も左右, れ正覚をとらじ, れ正造が罪, れ正金銀行に全部送達, れ正門は閂, れ正香その人, れ此たびのこと, れ此事件には到頭, れ此公園で拙, れ此土のもの, れ此家に恥, れ此文に於い, れ此方樣初夏の, れ此櫻の苗, れ此花は露, れ此返事を聞く, れ此間の大略, れ此頃再び帰郷, れ此頃年季が明け, れ武久田を召し, れ武久田大時の髑髏, れ武人として又, れ武力もなくなっ, れ武功をたたえられた, れ武勇を競う, れ武土の慣習, れ武士階級の支配, れ武官文官の抗争, れ武家に対してはもとより, れ武将戴皐は来り, れ武庫を開い, れ武揚をたすける, れ武敏と秋月寂心, れ武族に非, れ武石に到る, れ武者ぶりも聊, れ武芸の方, れ武装叛乱が開始, れを運ばれる, れ歩きをしなけれ, れ歯いされなかったかは, れ歳三は函館, れ歳月の早く立かし, れ歳除なるを, れ歴史上の事実, れ歴史時代になっ, れ歴史的意義も少く, れ歸れつてそんな, れ歸京の後, れ歸依せられ服從, れ歸國して, れ歸納的批評なり, れ歸郷を語る, れ死人のごとく横たわっ, れ死傷の数, れ死刑になっ, れ死刑囚用の重, れ死後においては土, れ死後一族共同の墓地, れ死滅の中, れ死物狂いになり, れ死生の間, れ死神を待つ, れ死者の枕許, れ死者六十余負傷者二百余を乗せ, れ死顔を見る, れ殆ど十年近く世の中から遮, れ殆ど強迫観念に苦しむ, れ殆ど既に長篇に, れ殆ど灰燼に帰し, れ殆ど茫然として居た, れ殆ど落涙した, れの外深切, れ残忍酷薄な監視人, れ殲滅にあい, れ段階性を失っ, れ殷湯の夏, れ殺害者からはまっ, れ殺害者らに取り巻かれ, れ殿よりもきつい, れ殿下へ言上, れ殿軍の勢, れ毀誉褒貶の口, れ母一人娘一人で大層苦勞, れ母上も新大阪, れ母公のお, れ母堂と二人, れ母子の後, れ母様が悪者, れ母船とラガー, れ毎会必ず衆多, れ毎回勝った団体, れ毎回四つか五つ, れ毎夜かの王, れ毎年二月五日世界の教会, れ毎年大晦日の夜, れ毎年正月元日にはこの, れ毎日昼前に復一, れ毎日朝から晩, れ毎日酒ぴん飮んだな, れ毎月必ず前妻, れ毎朝己れに, れ毎朝毎夕柏手をうっ, れ毎週二回のラジオ放送, れ毎週毎週通いつめるの, れされて, れ毒化されて, れ毒土を聚積, れ毒殺者からは緑青, れ毒飯を食わされ, れ比丘尼の蓄髪, れ比島戦線にて活躍, れ毘盧の身, れ毘首竭摩の魂魄, れ毛利家へ対し, れ毛利氏は従順, れ毛唐人とも言われた, れ毛宝は予州, れ毛布にくるまっ, れ毛皮税を課された, れ毛脛をやられ, れ毛頭嘘偽りは, れ氏子が多く, れ氏族間の闘い, れ民ぐさ千万の精霊, れ民主主義の方向, れ民主主義文学運動が着手, れ民主的な要素, れ民主的社会が形成, れ民党の不利益, れ民族とその, れ民族史によつて教育, れ民有地としての耕地, れ民法が改正, れ民法改正草案が示され, れ民衆的な方法, れ民衆的現実から遊離, れ民謡として行われ, れ民間語源論発生の第, れ民黨の不利益, れ気儘に育ちました, れ気勢頓に衰, れ気味悪がられののしられうらみ, れ気忙しそうに, れ気息奄々たる身体, れ気抜けしたよう, れ気持ちがけわしく, れ気早な人たち, れ気質化される時, れ気違い扱いにされ, れ氣儘にされ, れ氣色をかへて悲しみぬ, れ水上の藁何, れ水下に, れ水中に姿, れ水兵さんがそれ, れ水力衰うるに, れ水戸領内の郷校, れ水楊の葉, れ水沢君の車, れ水沫を飛ばし, れ水流さんにまで鉾先, れ水涸れて神威竭, れ水準も高く, れ水火を識別, れ水烟渺漫の裡, れ水牛が一頭磧, れ水盃をも仕兼ねない, れ水粒がビーカー, れ水素瓦斯は充分, れ水肌すれ, れ水茎の蹟, れ水藻が青く, れ水責の上, れ水道端の三宅様, れ水野は切腹, れ水野さんのお, れ水野越前が自ら, れ水野軍記の徒弟, れ水量が減った, れ水銀は急, れ水雷で攻められ, れ氷原は波, れ氷柱のよう, れ永く永くお物語り遊ばした, れ永久国外追放を宣告, れ永久的になる, れ永保元年三井寺焼打ちの際, れ永山東旭川にもおかれ, れ永年に亙る, れ永徳はひとり自己, れ永松氏も一文, れ永楽は非常, れ永楽帝の懼, れ永遠性は實, れ求むる者に慰安, れ干狩, れ汐風に吹かれ, れ汗牛充棟もただならぬ, れ汝彼というの, れを望む, れ江北のし, れ江南の佐々木抜関斎, れ江州日野の城主, れ江戸じゅうの家々, れ江戸中の女, れ江戸川を渡っ, れ江戸市中の唐物屋, れ江戸市民讃仰のまと, れ江戸特有の遊里情調, れ江戸自慢のひとつ, れ江水の縁, れ江湖の釣漁, れ池田という同じ, れ汲々たるの商人, れ決戦戦争への徹底, れ汽車中の衆人, れ沈吟去りも, れ沈魚落雁閉月羞花の粧いだ, れをも常, れに持っ, れ沖一面に黒い, れ沙河の日, れ沙漠に棄, れ没入されて, れ没後は榎本武揚氏, れ没後憧憶と愛着, れ没落の甲州, れ沢山歌をよまれ, れ河中に投ぜられし, れ河内殿以下人も馬, れ河北軍はなだれ, れ河口湖底に沈む, れ河霧に揺られ, れ油絵の組織, れ油薪炭は燃焼, れ治乱久しいもの, れ治兵衛の手, れ治兵衞の手, れ治安維持法によって処罰, れ治水対策がはかばかしく, れ治療怠りなかりしかど, れ治癒されなければ, れ沼南夫人と解っ, れ沿岸の海, れ沿道には女子供, れ泉沢に死なれ, れ泉石もその, れへ疎開, れ泊まりがけの訪問, れ泊りなどもなさった, れ法体の女帝, れ法信の股, れ法制上からはむしろ, れ法名を一伯, れ法廷にで, れ法律上の妻, れ法然が釈迦堂, れ法衣に荒縄, れ法隆寺が完全, れ波平かの浪華, れ波江は鏡台, れ波浪をわたる, れ波濤の頂きが, れ波瀾の激しい, れ波紋と一緒, れ波間に浮き流され, れ波風に揉まれ, れ泣きもせず, れ泣き面かきながら, れ泣く泣く新茅場町, れ泣面をし, れにま, れ泥まみれになつ, れ泥中のこの, れ泥坊鍛冶屋も受取った, れ泥棒と云, れ泥水の内, れ泥絵具が膠, れ注射をし, れ注文されてから, れ注目されるの, れ注釈されて, れ泰二君のお, れ泰博は翌年, れ泰山崩るると, れ泰軒先生不動のごとく, れ洋学を教, れ洋式医師の未だ, れ洋服が入るでしょう, れ洋風の建築, れ洋館になった, れひ上げられ身, れ洗い去られたよう, れ洗滌されてから, れ洗濯物がもう, れ洗練鍛冶されて, れ洗面器を支える, れ洛陽の文壇, れ洞窟の窮, れ津婦良沼又はツウラ沼, れ津田氏みずからしさいらしく鍋, れ津軽塗の食卓, れ津軽平野北端の湖, れ津軽郡中の南部方, れ洪水のよう, れに我日本, れ活字に組む, れ活気のない, れ派出婦になれ, れ派遣されるかの, れ流れ弾や白刃素槍, れ流人ずれがとふた, れ流人御免の御, れ流布した後, れ流水の愍, れ流転すること, れし, れ浅い紅の, れ浅ましい醜態を, れ浅利家の養子, れ浅慮にもやがて, れ浅瀬へ押し流され, れ浅草一円の氏神, れ浅草公園六区の瓢箪池, れ浅草寺へ参詣, れ浅葱地に役者, れ浅薄に価値, れ浅間大菩薩, れ浜田君などが大いに, れ浦島説話の解釈, れよする, れ浪人の味, れ浪花ぶしの, れ浪花節の三味, れ浪速あやめに助けられ, れ浮きあがって, れ浮標に使, れ浮洲に茂った, れ浮浪人の運び, れ浮浪罪で留置, れ浴客六十名のうち十五名行方不明, れ浴室外へはすこしも, れ浴衣の影, れ海人からく, れ海士郡の配所, れ海外からは之, れ海外紹介されなければ, れ海抜二〇〇米の懸崖, れ海水を音, れ海濱に住み, れ海老塚が遠ざかり, れ海老錠と閂, れ消毒され次いで, れ消火栓につながれました, れ消費的収入は第, れ消費的用役は地主, れ消費組合を基礎, れ涙ぐましき因縁により, れ涙脆くすまないすまないと, れれば, れ涸渇されて, れ涼しそうに, れ涼しくなって, れのおしろ, れ淀八幡山崎へかけ, れ淋しい漁村や, れ淋しい深い北国の, れ淋しく感じた, れ淨められて, れ淫欲を逞しゅうせ, れ深かった, れ深き谿を, れ深化されて, れ深夜に窓, れ深山に籠り, れ深川櫓下の親類共, れ深川洲崎の埋立地, れ深田や林, れ深田先生からは芸術, れい上, れふ, れ清く高き雪の, れ清さんのそれ, れ清左衛門一人に巧, れ清書がよく, れ清朝の辮髪, れ清正は熊本, れ清洲城にこもっ, れ清洲直臣の側, れ清浄の月, れ清潔にされた, れ清澄山へと預けられ, れ渇きをお, れれ, れ渋晦ならざらん, れ渋江塾は存立, れ渋江氏の本, れ渓水に耳, れ渓流に向った, れには砂, れ減つてゐた, れ渠手術を乞, れ渡船に乗じ, れ渡辺橋の断崖, れ渡辺水巴氏の曲水吟社, れ渤海國使の我が, れき同情, れ温和な気, れ温度調節器がはたらい, れ温柔郷なり, れ温泉宿らしくなくさっぱり, れ游離する時, れ渾成されるよう, れ湖上の輸送, れ湮滅せられた幸吉, れ湯川さんの仕事, れ湯漬け菓子などが皆, れを指し, れ湾曲した線, れ湿っぽい土の, れ城粛然たり, れ満座のなか, れ満月どののため, れ満潮にやっと, れ満目荒涼犬一匹生きて, れ満腔ただ忠孝の二字, れ満都の好奇心, れ溌剌たる個人, れ源光泰のため, れ源兵衞は不審, れ源叔父が家, れ源吉のもど, れ溺死した鶏, れされて, れ滅亡を速, れ滑らかな頬, れ滑川もいつしか, れ滑稽的美の趣味, れ滔々として大河, れとなっ, れ滝川勢が入っ, れ滞留両三日, れ滞米中にクロスビー, れ滿足させられること, れ滿城肅然たり, れ滿座の方々, れ漁獲の対象, れ漁獵者には島, れ漂浪して, れ漆喰でぬり固められました, れ漆色の暗, れ演出家は洋式作法, れ演劇には姦淫, れ演壇を指, れ演技の熟練, れ演繹的批評ならざらむや, れ演説をその, れ演説会のビラ, れ漠然ながらも一応, れ漠然たる曖昧の, れに於, れ漢字にはふりがな, れ漢学や漢字, れ漢王の, れ漢詩が大きな, れ漢詩文と対等, れ漫々洋々として大河, れ漬物桶を担ぎ出さない, れ漱石先生は傍ら, れっと三笠山, れ漸時に速力, れ漸次熱発甚だしく, れ漸次進歩してからは, れ潁川その他の地方, れ潜勢力を得, れ潤色せられて, れ潮來の遠い, れ潮来の遠い, れ潴水池ハ水害予防に供する, れ潺湲たる水音, れ澄江も仆, れ激励されて, れ激怒のあまり反乱, れ激情と憎, れ濁酒と唐辛子, れ濃やかな感情, れ濃淡をつけ, れまねえ, れも石, れ濡れものを掛け並べた, れ濡衣をきせられ, れ濫用された多く, れ濫費され汚されない日, れ濱田氏は愛蔵, れ濳んでゐた, れ瀑布の如き, れ瀧井君に紹介, れに游, れ瀬戸村にささやか, れ瀬田の長橋, れ火の気もない, れ火事だ, れ火刑を受けた, れ火坑の堤, れ火山の活動作用, れ火山脈の上, れ火急にご, れ火気に揚げられ, れ火消人足が棺, れ火神と土神, れ火縄の端, れ火葬場に向, れ火鉢や座蒲団, れ灯りもつけず, れ灯皿の油, れ灰色の青味, れ災厄を許されてる, れ炊事を親ら, れ炎々と燃え, れ炎暑の候, れ炭俵の中, れ炭化され灰, れ炭屋からは炭, れ点火され燃え立たせられ燦然, れ為子がそれ, れ為家は判者, れ為政者から優待, れ烈しい冬の, れ烈しく情慾を, れ烏天狗みたいな口, れ烏巣へ行く, れは烟, れ無しとはいふ可, れ無上の仏果菩提, れ無上呪是れ無, れ無事出獄して, れ無二無三逃げまわって, れ無効になっ, れ無学無識, れ無実であるという, れ無性腹を立て, れ無情の者, れ無惨となります, れ無抵抗主義の信条, れ無抵抗裡に燃やされ, れ無条件で正義派, れ無為に閉じ, れ無産社会にはそんな, れ無知にし, れ無秩序の混乱, れ無聊を慰むる, れ無茶苦茶の譚, れ無調法なりとも予, れ無辜の林, れ無限探求と公共性, れ無頓着なる観覧人, れ棄された, れ焼け野原になつて, れ焼香がすん, れ煉瓦と白堊, れ煙滅の日, れ照明されて, れ照空灯のひらめき, れ煩悩悶々とやる, れは鏡, れ熊害にかかりたる, れ熊手屋には見すみす, れ熊皮を敷物, れ熊襲を平げ, れ熊野から十津川方面, れ熔岩の迸, れ熔巖熱灰のため, れ熟睡せられしにも, れ熟睡二百年に渉, れを病む, れ熱っぽくなった広場, れ熱中が加わる, れ熱帯の門, れ熱海の十日間, れ熱病のうわ, れ熾仁親王を征討総督, れ燃料は使用, れ燗徳利は銅壺, れ燥氣強き地が或, れめく魚, れ爆発する, れ爆破されても, れ爆藥として大, れの灰, れ爛熟ししかして, れ父さんは一人, れ父上ともども毎日の奔走, れ父劉焉が封, れ父子一族の首, れ父母の膝下, れ父為義も朝議, れ父翁の面痩目, れ父自身は元, れ父親ボーフォールの棺, れ爺さんの自慢, れ爾余の輩算, れ爾後は全然, れ爾後再縁も仕らず, れ爾来しばらく行方を, れ輪に, れ片すみに捨てられ, れ片口で五杯づゝも飮ん, れ片瀬へ着く, れ片田博士に分析, れ片田舎にて気散じ, れ片腕をヘシ, れ片隅でしか生息, れ牛乳運びなどでごまかし, れ牛肉が煮られました, れ牛革の大, れ牛馬の如き, れ牛馬鶏羊などとあわせ, れ牢死するよう, れ牢番に身体, れ牧場の持主, れ牧師や県会, れ牧民官として許す, れ物乞ひの, れ物乞いにもなりかね, れ物交の品々, れ物体の問題, れ物価指数生計指数として示され, れ物定かに見えず, れ物忌の方式, れ物数ならぬ某, れ物数奇な座敷, れ物蔭に考へ, れ物資の供給, れ物質的の文明, れ特に比較的暖かい地方, れ特別母と子, れ特徴づけられて, れ特権も持ちつたえ, れ特殊化せられた物質, れ特設のお, れ特選とか推薦, れ特高警察がおかれ, れ犀川よぎり小諸, れの役目, れ犠牲者を大分, れ犬ころの遠, れ犬仲間との交, れ犬其肉を食, れ犬猫と思う, れ犬猫同然で甚だ, れ犬養首相その他が暗殺, れ犯人嫌疑者としてこちら, れ犯罪意識がひしひし, れふ如くその, れ狂い走って, れ狂い死にこの世, れ狂人とされ, れ狂人扱いにされる, れ狂信的な悲観思想, れ狂氣のやう, れ狐憑きの踊り, れ狗熊の金汝利, れ狗狼形を作, れはもの, れ狩り立てられ分散, れ独り伊藤侯の本意, れ独り屋上の暗き, れ独り忌はしき紀念, れ独り文学少女が育つ, れ独り素面のまま碌々, れ独り閣下の利益, れ独習の結果, れ独自の存在, れ独身で立ち働い, れ独逸地理学協会の紀行文庫, れ狭くなって, れ狼のと口, れ狼藉され蹂躙, れ猛々しくおわした宮様, れ猛火は数時間, れ猛獣と格闘, れ猟奇化されて, れれしくすべ, れ猥褻な性的遊戯, れ猥談と金儲け, れ之松親分, れ猪首からかけ, れ猫狸形を作, れ献納の蝋燭, れ猶も自分の, れ猶且つ支配さる, れ猿ぐつわをはめられ, れ猿楽師の身分, れ猿蟹合戦の猿, れ猿蟹合戰の猿, れ獄舎の人, れ獄裡に呻吟, れ獅子は見た, れ獅子小といえ, れ獣中最美, れ獨逸語にも譯, れ獵虎帽の年寄り, れ玄宗時代に一旦, れ玄徳はついにこう, れゐられて, れ玉の輿に乘, れ玉乗だの娘手踊, れ玉置をお, れ王プリアモスアカイアの, れ王マンフレディの命, れ王侯と言われ, れ王冠を戴き, れ王国は常に, れ王女マリイ・テレーズの認証, れ王座よりたち, れ王政復古を急ぐ, れ王政恢復後また行われた, れ王民而して, れ王羲之の孝経, れ王莽の貨泉, れ王道の道統的血統的護持者, れ王陽明の唯心論, れ玩弄せらる, れ玻璃の中, れ珍しがられ愛された時代, れ珍重され初め, れの深い, れ珠運様には別に, れ現にどうだ, れ現下の軍事, れ現今にては御物, れ現代仏教の悲哀, れ現像されたもの, れ現出して, れ現在彼の兄, れ現地での結集, れ現場まで見, れ現存して, れ現実以上の悪相, れ現時の問題, れ現時英語で雄鶏, れ現身さながら御, れ現金千二百円というもの, れ現金千円を奪われ, れの磁極, れ球突に走る, れ球突台のうしろ, れ理化学専門学校の教授, れ理性に認められた, れ理想派たり我, れ理想的な, れ理想的人物をもっ, れ理智的ばかりでなく, れ理科や医科, れ理科系統のもの, れ理路の難, れ理非をいわせぬ, れ琉球の海岸, れ琴台先生と云われる, れ琴平の大鳥居, れ琵琶三味線などもみごと, れ瑜伽の理論, れ瑞兆として高く, れ瑞寶章を賜, れ瑞雲斎は青森県, れ瑠璃の瓦, れの端, れ環境を表現, れ瓢家追善素人芝居を歌舞伎座, れ瓦屋という煎餅屋, れ瓦斯の光晃, れ瓦斯灯がひかり, れ瓦斯燈がひかり, れ甘粕憲兵大尉とその, れしいのに, れ甚しきは婦人會さ, れ甚だしくは論理, れ甚内は内, れ生々よ, れ生々しい患者の, れ生き甲斐なく淋しい一生, れ生き血を吸われ, れ生命擁護もされ, れ生国は奥羽本荘, れ生彩を失つて, れ生後五ヶ月といふ幼兒, れ生徒らはみな上着, れ生成と破壊, れ生捕りにならん, れ生新しい汽罐も, れ生死不明者等はそこ, れ生殖するもの, れ生母はその, れ生活困難を来す, れ生活範囲は制限, れ生物学の真, れ生物進化の現象, れ生産場面との結合, れ生産機關は集中, れ生産的用役は企業者, れ生田は情, れ生甲斐のある, れ生者は出帆, れ生長しつつ, れ生駒の麓, れの難易, れ産業技術が発展, れ産業開発税収増加も期待, れ甦生する所, れ用事のある, れ用意された, れ用紙割当は商工省, れ田中の肚, れ田口巡査はほお, れ田園は荒され, れ田地を売却, れ田島はぎゃっという, れ田村を飛び出し, れ田沼主殿頭, れ田畑は常に, れ田舍には兩親, れ田舎武士と云っ, れ田辺元岡邦雄石原純その他の諸氏, れ田鍋課長は再び, れ由子は無為, れ由緒の深い, れの耳, れ甲信二国は徳川家, れ甲府市の妻, れ甲斐源氏再興のため, れ甲板上の海賊等, れ甲論し乙, れ甲谷の毒牙, れ甲軍の不信, れ申し訳が無い, れ申候といひ, れ申候ことづてのみいずれ, れ申候大小一腰金子二十兩有之, れ申間敷然ルニ双方, れ男どもはひた呆れ, れ男児の醇粋, れ男兒の簡單服, れ男女どちらかの申し立て, れ男子の奴隷たる, れ男子船と女子船, れ男子青年団の方, れ男竹でお, れ町中においても芝居小屋, れ町人は自分一代限り, れ町人乘れ同船, れ町全体がただ, れ町名番地は如何, れ町地割のできた, れ町奉行所で調べられる, れ町家はなお, れ町役人も土地, れ画境に招かれるでしょう, れ画幅の所蔵者, れ画幕は氏, れ畏怖せられ羨望, れ畏敬されこの, れ畑柳家菩提寺での葬式, れ留守中と存候, れ留置されること, れ畜生以下にされ, れんぬる, れ略奪されたの, れ番人はかたく, れ番兵の命令, れ番太と呼ばれ, れ畫家に限られ, れ畫工フエデリゴと彫, れ伝すこぶる, れ異性として親しんだ, れ異質のもの, れ異邦人にし, れ異郷の旅, れ畳表を新しく, れり, れ當時は吾國開闢以來, れ當時使用せるもの, れ當時露米會社の政策, れならぬ主, れ疎らに垂れたる, れれて, れ疑惑と暗雲, れ疲れ果て別室で寝み, れより魅せられ, れ疾くに後悔, れ疾風のごとく, れ病人化された姑, れ病兒の身の上, れ病室の前, れ病弱だった彼女, れ病棟内の小, れ病死の往生際, れ病気になっ, れ病肺に苦しまされ, れ病院用の器具, れ痒くやり切れぬ, れ痔持の療治, れ痛ましげに, れ痛みに堪えず, れ痛切に感ぜられる, れ痛快なおどろきとこわ, れ痛痒いとも哀れ, れ痲痺してるよう, れと言われ, れ癌研究所へ入院, れる感じ, れ癢処に爬着, れ発動されるもの, れ発声筋の発育, れ発声装置もつながれ, れ発売を禁止, れ発射され三百米, れ発火坑を調べ, れ発熱して, れ発砲されたの, れ発育しうる土地, れ発育期を経, れ発見されるもの, れ発覚をおそれ, れ発電所で, れ発露するところ, れ登場人物と作者, れ登山用具はデパート, れ發揮されて, れ發明せられ社會, れ發熱劇甚にし, れ白く光つた, れ白らめる面, れ白井誠三郎一堪りも, れ白人監督に笞, れ白刃が私, れ白地に紅く, れ白地金襴の陣羽織, れ白日の下, れ白昼の如き光り, れ白木の三寶, れ白根の山, れ白樺が庭, れ白樺ポプラ椴松蝦夷松の林, れ白河戸郷を滅ぼす, れ白浪の戦叫, れ白熱した動き, れ白猿の余光, れ白痘満顔広額, れ白痴の猪, れ白眼ばかりが水気, れ白粉が四散, れ白翁堂は委細承知, れ白蓮の花, れ白衣の若者, れ白象無量の力, れ白酒であったの, れ白雲身をのせ, れ白頭汗を流し, れ白魚のやう, れ白鴎を師, れ白鵠は復, れ白龍の狂, れ百七八十里隔った処, れ百七十余人の前衛労働者, れ百九人の子供, れ百人ばかりの伊那, れ百人一首の, れ百余の論文, れ百余日の後, れ百合の香, れ百味具足し口, れ百官諸司袂, れ百数十万の同胞, れ百方手を尽し, れ百本杭はつまらない, れ百歩を以て五十歩, れ百濟の國, れ百物生る, れ百貨店の番頭, れ百錬千鍛の裏, れ皆他の鼻, れ皆家に妻子, れ皆感覺以上精神内部に屬, れ皆感覺思想の二種, れ皆熱の爲め, れ皆船中に横はり, れ皆道の為, れ皇別の上氏, れ皇国と各国, れ皇天の特恩, れ皇太后様御滞在中, れ皇居宮院も久ぶり, れ皮膚の色, れ益々病的であろう, れ盗難火難水災風災相ついで, れなり矣, れ盛衰記の一節, れ盛装して, れ盛裝した踊り子, れへ然, れ監房ホテルに泊らせられた, れ監禁の場所, れ監視されて, れ目さへなかつた, れ目下に見られ, れ目下海上をロンドン, れ目下綜合的で単一, れ目前にあっ, れ目尻から自分, れ目標を示され, れ目毎に脚, れ目白長者の寅五郎, れ目録學の綱領, れ盲目滅法に逃げ, れとして利根川, れ直ぐ側に黒い, れ直に東海道線の, れ直後の方法, れ直感的に疑問, れ直截な心, れ直接生産に従事, れ直接結婚を申し込まれた, れ直線に屈曲, れ直観に対比, れ相原夫人はことさら, れ相場は六〇フラン, れ相川様へ胡麻アすり, れ相模入道高時にも日ごろ, れ省略されて, れ省略化された活動用具, れ眉目艶麗の一美人, れ看守や監視ら, れ看護卒がそれ, れ看護員はいかに, れ看護婦に言われる, れ眞夜ふけにけり, れ眞直だ, れ眞間京成線路側の賣, れ真っ暗がりの, れ真似の上手, れ真先に原子爆弾, れ真先稲荷は社前, れ真夜中の前後四時間, れ真実性のない, れ真打になったら, れ真正面はコット先生, れ真知子にとって河井, れ真裸でこの, れ真赤に成っ, れ真鍮管楽器が短い, れ真青になっ, れ真黒な煙, れ眩いほどの電気, れ眩き風情あり, れ眺めに変化, れ眼上と折り, れ眼球の飛び出る, れ眼瞼の裏, れ眼鏡もとん, れ着々と新た, れ着手されたら完成, れ着衣の衣文, れ睡眠もよく, れ睦まじきもあれ, れ睦言のよう, れ瞑目せるマリア, れし討ちから, れ下せられサーカス, れを執り, れ矢君を憤慨, れ矢弾が尽き, れ矢玉の雨, れ矢田川原へお立ち出, れ矢石の中, れ矢風は氷雨, れ知つてつか, れ知らずに出たら, れ知らず顔面の筋肉, れ知り合いのうち, れ知事から直接, れ知事代理や郡長等, れ知情意の最も, れ知覚されるが, れ知識の普及, れ知識人となっ, れ知識的には表面, れ短い赤い腰巻を, れ短日月に大, れ短歌ひいては国文学, れ短篇小説の数々, れ石のだん, れ石亀は数百年, れ石井漠氏が東京, れ石塔は敷石, れ石子責めに逢っ, れ石徑を高く, れ石棺中には時服一着, れ石楠や松, れ石灰岩やラディオラリヤ板岩, れ石炭が荷役, れ石牢二箇月半の生活, れ石畳も石垣, れ石見に隠れた, れ砂ほこりにまみれ, れ砂利詰の千兩箱, れ砂嚢の被覆, れ砂場の上, れ砂村も城東区砂町, れには四角, れ研究室で論ぜられる, れ研究所の最, れ砲塔の内部, れ砲火の下, れ破れがちな微, れ破滅させられた魂, れ破砕されたその, れ破裂弾はただ, れ破風山も亦, れ硯北と書い, れ硯箱角盆などは板, れなこと, れ碑亭の中, れ碑石は風化, れ碓氷貞之助がその, れのよう, れ確乎しろツ, れ確保されて, れ確固不動の感じ, れ磨針峠を通れ, れの堅牢, れ礎石には, れなりと, れ礼式院長李容泰は禁令違反, れ礼拝されたという, れ社交的の会合, れ社会上における国民, れ社会主義の社会, れ社会制度の本, れ社会化された限り, れ社会哲学はその, れ社会問題を主題, れ社会活動がその, れ社会生活を滑っ, れ社会的に大きい, れ社内に伝はつ, れ社前の満, れ社地は勝手, れ社會の新, れ社會黨そのものも禁止, れ社界的人生などの事, れ祇園の広, れ祐泰の力持, れ祖父の多助, れ祖父母の溺愛, れ祖父祖母ゴーリキイの三人, れ祝日に忙しい, れ祝杯を挙げられる, れ祝祭が祝われ, れ神々しい威厳を, れ神がかりの精神教育, れ神之を神子, れ神事が恭しく, れ神仏を尊ん, れ神仙怪異を主, れ神仙秘伝其儘の神女, れ神像は倒され, れ神学的一致の来りし, れ神山さんの推理, れ神州は必ず, れ神戸著中村憲吉君出迎ふ, れ神格化されて, れ神楽と手踊, れ神田の兄, れ神田川の水, れ神祕は平凡化, れ神祠が立てられた, れ神秘な香料, れ神秘劇に革命精神, れ神童呼ばわりにされた, れ神算鬼謀の大将, れ神経的に唾, れ神経衰弱にならない, れ神経錯乱の表現, れ神經錯亂の表現, れ神罰をうけ, れ神聖なる記者, れ神話発達の自然, れ神通妙用という智慧, れ神霊に動か, れ神風戦闘機から長岡ガス弾, れ祭礼の世話人席, れ祭酒は汝等, れ祿を奪, れ禁庭に出入, れ禁欲等の道徳的行為, れ禁止にはなつた, れ禁錮二ヶ月に処せられた, れ禁門の番犬, れ禅定寺の石垣, れを告ぐる, れ禍いはかえって, れ禍難受くべきや, れ福山藩士で東役中, れ福島からお供, れ福島正則は鯉城, れ福徳円満諸願成就, れ福田大将が司令官, れ福田氏はその, れ禮式院長李容泰は禁令違反, れ禽どもに塒, れ禽獣道が合理視, れ禽獸なり, れ秀子に紳士, れ秀次の計画, れ秀郷一義もいはず, れ秀頼も興味, れ私たち自身やはりその, れ私たち近習の者, れ私ども百余人は出家, れ私一人此処に残っ, れ私係りは久左衛門, れ私娼には不十分, れ私率直に思つた, れ私等はハア, れ私自身に論ずべき, れ私達婦人ばかりの舫, れ秋ごろにアジア, れ秋山と内海, れ秋川夫人の遺品, れ秋頃も一度, れ科学主義の作家たち, れ科学化されきれない政治性, れ科学方面でも本多博士その他, れ科学的に整理, れ科学的認識と文学的表象, れ科學とお伽話, れ科學的手段なり, れ秒速三十米の吹雪, れ秘仏として開扉, れに掛け, れ移植された, れ稀代な名刀, れ稀少性に関して解かれ, れ稀薄になり, れ稀釈されて, れ程なく獨逸の, れ程不快な色, れ程世の中に恐ろしい, れ程人夫になりたく, れ程外觀内容のちがつた人間, れ程子供の神経, れ程意味あり価値, れ程感動するのに, れ程昔は素味, れ程残酷な事, れ程男の玩弄, れ程筋が立つ, れ程簡単に凡て, れ程結構な商売, れ程重大なる不道徳, れ税金は私, れ稚児髷に紋付振袖, れ種々策を廻らし, れ種々迷信を懐く, れ種子をば地面, れ種族の名前, れ種目は殖え, れ稲富流を併せ, れ稲葉の山, れ稿料はその, れ穀価がその, れ穀物は重, れ穀物条例の廃止, れ積年の悪風, れ積荷の用意, れ積雪分布及びその, れが擦れた, れ穴ぐらのなか, れ穴掘りばかりし, れ究明され客観的, れ究理されて, れ空き小屋にたたずみ, れ空しき屍と, れ空中戦はなお, れ空前とせられた, れ空宣伝の利き過ぎた, れ空想化された構図, れ空気イオンも至極, れ空洞になった, れ空虚に一直線, れ空間の歪み, れとして崩れ, れ突ッ走って, れ突然李儒の, れ突飛で不健康, れ窃かに穂積皇子, れ窓ぎわにある, れ窓外のしめやか, れ窓硝子は月光, れ窓窓の障子戸, れ窘窮の餘已む, れに転び, れ窮乏のドン底, れ窮屈でならなかった, れれずただ, れの赤ン坊, れ立場に困, れ立山爺岳五六岳槍ヶ岳乗鞍岳御岳と合せ, れ立往生をし, れ立憲政体もいよいよ, れ立案されて, れ立竦になりける, れ立端を失った, れ立者の似, れ竜ちやんのお守り, れ竜池の親しい, れ竜渓を自己, れ竜神の社, れ童子や水牛, れ竦毛を震ふて, れ竪穴中より間々, れ端坐をし, れ端然とひとり坐っ, れ競争者たる日興, れ競技者は間拍子, れ競艇コオスは夏, れ竹下の新た, れ竹刀の先, れ竹童をこの, れ竹竿の端, れ竹筒や瓶, れ竹籠に厚紙, れで水, れ笑い顔で帽子, れ笑ひも泪もある, れ笑嶺が満身, れ笑顔も出来なかった, れのよう, れ笛六は常に, れ笛類はすべて調子, れは正確, れ笠岡玉島の辺, れ第一人称にて記された, れ第一人者であると, れ第一線決戦主義に徹底, れ第三者より見, れ筆親み難, れ筆記の速力, れ等して数町, れ等しく弓の, れ等大建築物を, れ等級をおつけ, れ等閑にされた, れも通った, れ筋向かいの豆腐屋, れ筋肉の強健, れ筋肉圧はブラウン管, れ抜けた因循, れ筒落米拾ひし事, れ策謀にすぐれ, れ箇別的な存在, れ箕作はそこ, れ算学の外, れ算生も任, れ箝口せざる犬, れ箪笥の奥, れはそのまま, れの文句其儘, れ節度が守られる, れ節語りに東国訛り, れ範囲が非常, れ築地の癌研附属病院, れ築地房田中へ, れ築堤浚渫貯水池水門など各種, れ築山の背後, れ篠河殿といふ觸, れ簡単化されて, れ簡單にされ, れ簡潔な暗示, れの先端, れ簷頭に樹立, れを巻き, れ籠城は九月, れ籠手摺に肉, れ米倉はとりこわされ, れ米国青年が恋病らい, れ米屋とよばれ, れ米屋酒屋の掛乞, れ米軍の放送, れをはこぶ, れ粉末の一部分, れ粒々辛苦の虎の子, れ生生産物, れ粛々如として恭, れ粟屋勢も取って返した, れ粡町の必要, れも根, れ精神上の交易, れ精神界はこれ, れ精進を継続, れ攫んで, れ糧道を断たれ, れを貫い, れ糸子を孤児, れ紀伊国栖原浦に久授呂宮, れ紀州へ入っ, れ紀霊も追われ, れ約束である現世, れ紅旗白旗が打ち振られる, れ紅茶がいれられる, れ紅葉にも余り, れ紆余曲折を経た, れ紋付きの人たち, れ紋章或は家族, れ納屋衆であった, れ納戸に入れ, れ純一されて, れ純情の殿, れ純白の鶴, れ純真純美化されて, れ紙屋川の人, れ紙屑は人, れ紙袋は十個, れ紙面に穴, れ紛々と, れ紛らわしいような, れ紛失品は只, れ素ッ裸にし, れ素人をし, れ素人画が賞味, れ素地である織物, れ素女はもちろん, れ素性ははっきり, れ素早く刀の, れ素直にそれ, れ紡織されねば, れ紫メリンスの幕, れ紫地に大矢羽根絣, れ紫綬褒章を授けられた, れ細い散歩用の, れ細く小さい二つの, れ細分され自我, れ細君には罵倒, れ細民部落とも言われる, れ細片化された自我, れ紳士たちが招, れ紳士閥に吸収, れ終いには着, れ終つた頃悪戯者らしく家中, れ終つて居るもの, れ終つて彼はそ, れ終りに判こま, れ終夜水も燃, れ終戦までただ, れ終戦後にも時代, れ終戦費がそこ, れ終日泣きやまず因って, れ終日氷倉の中, れ終点で電車, れ終結せられて, れ終身刑で刑地, れが一本一本, れ組合わされた, れ組織内における小, れ組長と副, れ経世家的儒者中井竹山が山崎派, れ経営せられそれ, れ経国の大, れ経文に守られ, れ経済は保証, れ経済的政治的に専制勢力, れ経済的社会的隷従を強いられ, れ経験のない, れ結び合いあらゆる, れ結城新十郎, れ結局これも躍らされた, れ結局しどろもどろになっ, れ結局君たちの計画, れ結局幕府があなどられ, れ結局本案に付き, れ結局死滅するそれ, れ結局百姓は又, れ結局開國論者側からは, れ結晶化された無韻詩, れ結末唯豫想の語, れ結構な進物, れ絞殺され現金千円, れ絞首になる, れるところ, れ給うたは資朝卿, れ給はず積雪を蹴, れ給はんか早く, れ給はん事を, れ給ふか否か其處, れ給ふさまの, れ給ふた所又山陵, れ給仕の女中, れ給銀の借り, れ給養係マレットは宿舎, れ統制されたるこの, れの牝牛の首, れ絵の具は躍り出す, れ絵図面は独りでに, れ絶世の美人, れ絶交される事, れ絶叫される傾向, れ絶命して, れ絶命時刻も七時半, れ絶好のピクニック場, れ絶対多数をとっ, れ絶息するよう, れ絶縁されて, れ絶間なくお茶, れ經國の大, れ継子扱いにされ, れ継母の牧, れ続々有益なる, れ続行して, れ綜合され私たち, れ維新前後になつて, れ維語を用, れに物, れ綱宗も使者, れ綱宗さま御家督, れ綱紀壞ぶれ所在, れ綱雄はいまだ, れ網屋とよばれ, れ綿衣の用, れを披, れ緊張した, れ緊要なもの, れ緋鯉のせなに梅, れ総体とし, れ総力を極度, れ総勢一万二千はあった, れ総合され, れ総理大隈伯に対する信任欠乏, れ総督は信号, れ総角の姫君, れ総身の骨, れ総領の甚六, れ総領事は全身蜂の巣, れは広く, れ編中人物の行動, れ編纂せられたの, れ編者はこれ, れ端に, れ緩和されるであろう, れ緯糸に染めない, れ縁側と雨戸, れ縁日の見世物, れ縦横に振舞っ, れ縫模様の裲襠硝子戸, れ縮小されたもの, れ縲絏と囹圄, れ縷々と這, れての彼, れ總理大隈伯に對, れ繁務に逐われ, れ繁栄のあらゆる, れ繃帶を以て四肢五體, れ繊弱い情緒, れ繊維産業が非常, れ織り物や木, れ織物の染色, れ織田本軍が荒木村重, れ織部正殿はあんな, れが張り, れ繪畫彫刻だけが裝飾, れ纏綿たる愛着, れ纐纈城の水門, れ纐纈布の犠牲, れまった言葉, れ缺點のある, れや傷, れ罪悪感不健全な鼓動, れ罪惡を犯す, れ罪状を書いた, れ置時計の位置, れ罰當つたんでが, れ署長以下の険しい, れ罷免され崩壊, れ織の, れ羅馬の廃墟, れ羈旅の卒, れは殺さるる, れ美しくあやしく眺めた, れ美人番付の小結どころ, れ美代といふ女中, れ美僧で村, れ美味で栄養, れ美和子はその, れ美挙は看板, れ美濃今泉の名刹常在寺, れ美食家や異食家, れしと, れとしての人間精神, れ群像の上, れ群羊を牧, れ群臣に, れ羨しがられる為, れと望み, れ義士たちは順々, れ義昭のみは逃げのび, れ義清は生き, れ義理人情で苦しんだ, れ義経も範頼, れ義胆の同志十三名, れ義龍はその, れ羽搏き上った放楽, れ羽柴方の兵, れ羽柴秀吉さまの幾度, れ羽柴秀長殿の陣所, れ羽田の穴守, れ羽織着の中爺さん, れ羽織袴で親類, れ羽蟻が黒雲, れの居室, れ翌々年には改正, れ翌年江戸に奔, れ翌年法科大学にドイツ法科, れ翌年通商再開の嘆願, れ翌日同所を探検, れ翌日解剖に附された, れ翌月は早く, れ翌朝一緒に旅立つた, れ翌朝卯の刻御供揃い相済み, れ翌朝御札を授かっ, れひ得ざらん, れ習合せられた新来神, れ習慣づけられて, れ習慣通り僕達がそいつ, れ翠蔭しきりに美鳥, れ翫味されようと, れ翹望されたこと, れ翻案されたの, れ翻訳家として元, れ老中は属僚, れ老体でもあり, れ老大家のオルソドックス, れ老後他人の厄介, れ老木屋始まつて以來, れ老朽者をし, れ者らは両個, れ者人にいみきらわれる, れ者四五名を語らっ, れ者歯ガミを禁じえませぬ, れ耕作されたため, れ耕地が拡張, れ耳外に声, れ耶蘇ほどにはびこる, れ耶蘇舊教の儀式, れの沈默, れ聖さによって既に, れ聖マルグリート街の共同墓地, れ聖代の自由, れ聖化されて, れ聖堂の浄め, れ聖廟は荒らされ, れ聖徳太子の草創, れ聖武天皇の御代, れ聖武天皇頃の大, れ聖者たちの美しい, れ聖霊をその, れ聞怯じ見崩れ, れ聯隊に輸送, れ聰明にされた, れ聴水われを見識, れ聴衆二千ばかりだった, れ聴衆百八十名盛会であったが, れ職人の内弟子, れ職員録などをよく, れ職場を与えられ, れ職業の医者, れ職業上に精神, れ職業生活にも社会生活, れ職長並びに部下数名, れ聽くものよりすれ, れ聽衆の口々, れ肉体化されたもの, れ肉体的にも社会的, れ肉親と生活, れ肋骨も四肢, れ肌寒うなって, れ肛門を金棒, れをぬかれ, れ肢体による表現, れ肥後の山家, れ肥後守殿の御代, れ肥料として売却, れ肥料種子は土地, れ肥沃な状態, れ肩身広く浮世, れ肯定するよう, れ育成された貨物, れ肴屋には鮭, れ肺炎となり, れ肺病になっ, れを病み, れ胃嚢を圧, れ胃壁を通じて濁った, れをつぶした, れ胆ぢや, れ背後に冬子, れ背戸にあじさい, れ胡桃は銃床, れ胡瓜の茎, れ胡蝶の陣, れ胴上げされて, れ胴丸の手, れ胸先の痛く, れ胸壁がつくられた, れ胸板弦走の, れ胸突き坂の一方道, れ胸膜炎になっ, れ胸苦しいは間々, れ胸部に一点, れ能声を選ん, れ能率も上り, れのきつい, れ脂汗を浮べ, れ脂肪に包まれた, れ脅迫するの, れ脆くも軽く, れ脇本門之丞, れ脊中は燒, れ脩辞上の題目, れ脱出不可能となる, れ脱却されねば, れが死ん, れ脳髄のはいっ, れ腎臓から尿, れ腐敗堕落させられて, れ腕車に乗り, れ腫んだ足, れ腰の物お手入れ, れ腰板のない, れ腸管が切り出され, れ腹いせに銭湯, れ腹心の僅か, れ腹掻裂えて小豆飯掻出, れ腹這いに寝せられ, れ腺病質ででもあった, れにも傷, れ膝頭で尻, れは細切り, れを捲くられた, れ臀部に柱, れ臓物をかきまわされ, れ臓腑まで引きずり出された, れ臣下の女, れ臣等が以, れ臥床して, れ臨檢警官の差押, れ自ずから威厳が, れ自ずと衆人に, れ自らひとつの蒼ざめた, れ自ら一預言者なるカアライル, れ自ら人を殺す, れ自ら党首の器, れ自ら卵を煮, れ自ら名のり出て, れ自ら図書館を設立, れ<