青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わるく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わずか~ ~わたくし わたくし~ ~わたし わたし~ わっ~ わる~ ~わるい わるい~ ~わるく
わるく~
~われ われ~ ~われわれ われわれ~ ~ゐ ゐ~ ~ゐた ゐた~ ~ゐない ゐない~

「わるく~」 1676, 18ppm, 6316位

▼ わるく~ (175, 10.4%)

6 仕方が 3 ならない 2 しかたが, ならないの, もう一度見たい, 仕事を, 仕様が, 困った, 困る, 弟が

1 [150件] あちらに, あのあたり, あの城, いけませんね, いたはる雑草, いらっしゃるの, うちとけられない, お休み, お取り上げ, お帰り, お気の毒, お父様, かなりひどく, ぐちゃついたがそれを, ことにも, このごろ後釜に, ご飯が, しょうがない, しょうがなかった, しょうの, すこしにがい, すべれず閉口, すまないと, その他の, その点, たまりませんので, ちゃんと視た, つきあいにくい, ならないやっぱり, ならなかつた, なりません, はげしく痛みだした, ひょッ, ほそいすき, またぽつねんと, むっとする, やたらに, やっとこの, よく眠らず, よろこんだ風, カラを, パンを, ピアノの, ブルジヨア臭い, 一日ぶらりと, 一日も, 一時に, 一番はじめの, 丈夫な, 三輪に, 上海の, 上陸する, 下駄が, 不採用, 二メートル先も, 二度も, 二度目に, 今日お目にかかり, 今暫く, 休んだコツ, 体じゅうはれた, 体を, 何が, 何んの, 何一つ取り柄, 光線の, 八月一杯休みを, 其の異, 内に, 出かけられない由, 出来るもの, 助け合わず相手, 十時就寝励行, 千住の, 又その, 反つて子供, 口の, 台なし, 台所へ, 商法に, 喰べ, 四時, 困って, 困ること, 困るその, 困るでしょうね, 外出できず, 妙に, 定めし不都合, 実家へ, 家へ, 寝られないからと, 少しも, 山男の, 市木さんの, 年年ものが, 弱り候, 当人の, 後片づけ, 御親類, 思うよう, 患者が, 手が, 拝聴する, 持ち出せやしませんわ, 早くつかれ, 春木は, 暗々裡に, 暮から, 書けやしねえ, 朝心地よく, 本を, 歩いて, 死にそう, 死にてえくらい, 死別れ, 殿上で, 毎朝浜に, 気分が, 水を, 汗が, 汽車の, 洗えぬ, 父も, 猿の, 目の, 相当でした, 睫毛の, 私は, 聞けなかった, 背中が, 胸が, 能率の, 臥た, 自分は, 苦しいという, 苦しがっ, 落付か, 蒼いむくんだ, 行くのいや, 行けませんでした, 訊けなかつた, 身寄りの, 近よれませぬ, 迚も, 閉口し, 離縁に, 顏を, 馬車が, 駄目な

▼ わるくない~ (164, 9.8%)

93 と思います, と思う, な, のです, ものだ, 風景だ

2 [16件] かもしれない, しいいえ, じゃない, という気, ところが, と思, と思っ, と思ふ, なあ, なア, の, のだ, よ, ようだ, わ, んだ

1 [105件] おもしろい私, お天気, お疲れ, かしら, かと頻りに, かもしらん, かも知れぬ, から安心, が, がいくら, がその, がどれ, が山, が楽, が物, が私, けどあんた, けれどいや, けれどすこし, けれど人間, けれど感情, けれど方々, ことで, ことない, ことを, し, しうれしい, しお, し雑巾, じゃないです, ぢつと, ぢや, というの, というよう, ときには, ところも, とは思ふ, とみ, とわたくし, と分る, と思い, と思った, と思ひまし, と書きました, と答え, と考え, どこか, なあと思う, なと思い, な誰か一樽, ね君, のが, のだった, のである, のですぐ, のにこっち, のになぜ, のに二度, のに雷さま, のよ, ほうであった, ものだろう, ものである, ものです, や, やうだ, よう歯も, わざ, わ落, プランでしょう, 人だ, 人間だ, 入浴のか, 六畳で, 同宿の, 同宿三人めい, 坊さんも, 妓でした, 家に, 少々うるさい, 御機嫌, 心意気です, 心持に, 思いつきという, 感じです, 方法じゃ, 村町を, 桜冬木白梅紅梅枯葦枯草ことに, 気分が, 水音が, 淋しさ, 現象, 由, 町だ, 痔も, 腕でしょう, 腹も, 見本である, 話じゃ, 酒を, 酔ひつぶれ, 酔ひ方だつた, 雨でしたでしょう, 題号だ, 風景である

▼ わるくなっ~ (122, 7.3%)

12 てきた 8 て来た 7 ている 5 て, てきました 4 ていた 3 てしまった 2 てから何度もの, てよ, て来ました

1 [72件] たってそれ, てい, ていく, ていない, ていま, てお, てお父さん, てからいっそう, てからはよけい, てからり, てきのう, てくる, てここ, てごはん, てじき, てじっと, てそれ, てそれに, てたおれた, てつい, てついに, てつづけ, てとおらない, てとき, てどうしても, てな, てねお, てねらい, てはき, てひと晩, てぺっと, てむかむか, てむつかしい, ても悲しゅう, ても書けりゃ, てゆく, てインク, てジョウ, て九歳, て人, て今度, て前, て唾, て問い, て嘔吐, て四日め, て困ってる, て土間, て声, て家, て居ります, て床, て店, て庭園, て忽, て抜いた, て来たらしく, て林町, て歩, て気もち, て涼しい, て照れかくし, て玄関, て相談, て肩, て背中, て自室, て苦しい, て行く, て逃げる, て遂に, て金

▼ わるく~ (73, 4.4%)

7 ている 4 ていた 3 てい 2 て二階, て今, て居た

1 [53件] このごろずんずんよく, そのまま人形, たりし, たりする, て, てあと, ていつも, ています, ていらっしゃる, ているらしい, てうなだれた, てお, てからお, てからブラブラ, てしまった, てしまつて, てそうして, てその, てだまっ, てはいけません, てはいた, てはもっと, てほか, てぼくたち, てまた, てもだからといって, ても私, てゆく, てゐた, てゐる, て一しょ, て一ヵ月余り, て一週間, て中止, て千葉, て寝ました, て寝ん, て寝床, て帰った, て床, て彼女, て心配, て東京, て申しました, て臥, て自分ひとり, て見せた, て長引かし, ながらやっぱり, はせぬ, 本所の, 熱の, 高熱を

▼ わるくなる~ (68, 4.1%)

8 ような 3 のです 2 ということ, んじゃ

1 [53件] かいずれ, かどっち, かは一概に, かもしれん, から, からこの, からな, がどこ, がむけ, しお, じゃござんせん, だけだ, だけの話, って言っ, という人, という例, という漱石, といふ, とさっき, と共に理窟, と早速, と逃げだす, にきまっ, ね, ので, のでありました, のである, ので止む, のも, ばかりだ, ばかりで, ばかりであった, ばっかりで, ほど疲れる, ほど藝術, ものだ, ものと, もんです, ょうなぞっと, よ, ようでした, ように, より四年, んだ, 一方です, 世の中だろう, 事を, 初めでございました, 暑さ, 様な, 癖が, 虞れ, 証拠だ

▼ わるく~ (58, 3.5%)

9 ないが 5 ないと, なかった 4 ない 2 ないけれど, ないの

1 [31件] ありませんよ, いたしませんわ, いわないし, お取, して, しないでしょう, とりませんが, ないか, ないかな, ないかも, ないけど, ないこと, ないさ, ないし, ないぞ, ないだろう, ないでしょう, ないな, ないのに, ないもの, ないやう, ないん, ない位, なかつた, なかつたが, なく何やら, なって, ならない, なりませんが, 思うまい, 思わないと

▼ わるくする~ (53, 3.2%)

2 かもしれない, とこの, のだ, のも

1 [45件] かしら, から, からねあまり, がつらく, ことに, ことは, こと非常な, しはた, そんなに托児所, と, といけない, とおだぶつ, とかれ, とこまります, とこんな, としまい, とは知り, とわれわれ, と九時, と今に, と先生, と分裂, と千円, と地獄街道, と多忙, と小萩, と感, と来月, と根戸川, と肝要, と遣られる, と門ちがい, などとは考え, のでございます, のです, のと, のなら, のは, ばかりな, ような, わけじゃ, んだ, 事だ, 始末夏の, 機会が

▼ わるくなった~ (48, 2.9%)

3 ので, んじゃ 2 のでしょう

1 [40件] からでしょう, からもう, から向こう, から政代, が, がそれでも, がなに, が夢酔, ことは, ことを, こと沁, その他何だか, といっ, とき聖ルカに, とは言う, とみえ, と云っ, と言っ, にちがい, の, のか, のかしら, のであった, のできい, のです, のでにわかに, のは, ものか, ものです, よ, ようです, ように, わ, わけだ, わね, んだ, 時代, 点だ, 目を, 面持である

▼ わるく~ (36, 2.1%)

1 [36件] ある, おもいました, お茶わん, しなければ, それらの, とらず二番目, ないさ, ないし, ないでしょう, ないでしょうし, ないと, ないらしい, ないニュース, ない将校, なかつた, なかつた嫌, なければ, なしの, ならないで, なり得るもの, なるの, 下に, 何とも思っ, 動こうと, 噂は, 富公が, 思えて, 思ふの, 思わなかった, 感じたが, 感じて, 感じられた, 昨日の, 水泳の, 浮世は, 虫に

▼ わるくなり~ (32, 1.9%)

2 て痩せ, 気が

1 [28件] さらにさう, しだい寐られる, そうでした, そのから, その日, それが, ついに病床, どうした, どうする, はする, まさったの, 信州妻子の, 升から, 和尚さんは, 大きな十ヶ月, 子供たちは, 意識が, 方も, 更に近, 本当に残念, 気分が, 腹が, 自分のく, 自分は, 自由は, 艇内の, 薪でも, 誰も

▼ わるくした~ (23, 1.4%)

2 のか, ような

1 [19件] かあるいは, がそれでも, ことは, さうだ, というかっこう, ということ, という病院, ときソラと, のだ, のであった, のでこれから, のでせう, ので商売, のに治療, のよ, もじゃもじゃの, ものばかり, んじゃ, 予審判事は

▼ わるく~ (23, 1.4%)

1 [23件] さそうである, さそうな話し, さそうに, つたぐらゐのものである, つたのである, つて, つてからは, つてだ, つてでは, つてゐた, つてゐる, つて何處かへ, つて來た, つて來る, つて大変な, つて恐くな, つて来ます, つて永眠した, つて瞬く, つて行く, つて誰が, つて針仕事は, ッは

▼ わるくその~ (17, 1.0%)

1 [17件] お蔭で, なかに, メダルを, 兵庫様には, 宇宙塵に, 帰り途で, 床の間に, 底までも, 日雨が, 時部屋の, 晩刑部省の, 片足の, 白くれない, 糾合に, 言葉に, 重くるしい足音, 門の

▼ わるくても~ (11, 0.7%)

1 [11件] どろぼう, ほんたう, よろこんだ, バルザックの, 事実を, 公よりは, 浅草の, 生きて, 自分を, 裸で, 責任を

▼ わるく思っ~ (11, 0.7%)

4 ていた 2 ている 1 ちゃすまない, ていない, ていなかった, ておりました, てくれる

▼ わるくありません~ (9, 0.5%)

421 が額, けれどそれ, ね大工

▼ わるくさえ~ (9, 0.5%)

2 感じられて 1 なければ, なりました, なるよう, 感じた, 感じたの, 感じられ筆記, 感ずるもの

▼ わるくなかつた~ (9, 0.5%)

1 が, がそれでも, が所得, のである, やうです, 埴生一時間厚狭二時間それだけ, 子供が, 磯丸霊神社と, 近来に

▼ わるく笑っ~ (8, 0.5%)

3 ている 2 て, ていた 1 てそして

▼ わるく~ (7, 0.4%)

4 思いに 1 あがきなら, 取りなすっては, 聞きなすッ

▼ わるくしない~ (7, 0.4%)

2 ように 1 おて, かい, かしら, でちゃんと, でちょうだい

▼ わるく思い~ (7, 0.4%)

1 うかべた, ながらも, ながらも何, ながらも心, ながらやはり, ながらソファ, 恐れ恐れ夜回りを

▼ わるく感じ~ (7, 0.4%)

1 ていた, ている, て訊いた, ながらはにかん, ながら玄関, 少し赧, 省略し

▼ わるくすれ~ (6, 0.4%)

1 ばする, ば卑怯, ば又, ば同士, ば蚕室, ば鎌倉

▼ わるくなく~ (6, 0.4%)

1 てよ, て代理, て案外, 五月の, 石焼豆腐の, 細部に

▼ わるくなりまし~ (6, 0.4%)

3 てね 1 てだ, てとうとう, て御

▼ わるく思われ~ (5, 0.3%)

1 て, てこそこそ, てその, て出来る, ながら国土

▼ わるくなれ~ (4, 0.2%)

1 ともひそか, ばいつ, ばなるほど, ば君

▼ わるく~ (4, 0.2%)

2 の挨拶 1 の父, を呼ぶ

▼ わるく思う~ (4, 0.2%)

2 なよ 1 ことだろう, のです

▼ わるく思った~ (4, 0.2%)

1 かも知れぬ, がふと, にちがい, 筈の

▼ わるく思つて~ (4, 0.2%)

1 ゐた, ゐたか, 下さいますな, 呉れな

▼ わるく思わない~ (4, 0.2%)

2 でくれ 1 で, でください

▼ わるくあるまい~ (3, 0.2%)

1 とも思います, と思いました, と構え

▼ わるくいえ~ (3, 0.2%)

1 ばぬらりくらり, ばオポチュニスト, ば迷信

▼ わるくいっ~ (3, 0.2%)

1 てあの, ている, てはすまない

▼ わるくては~ (3, 0.2%)

1 いらっしゃられますまい, 傳造も, 庭が

▼ わるくなさらない~ (3, 0.2%)

2 ように 1 で下さい

▼ わるくなったら~ (3, 0.2%)

1 すぐとちゅうからひき, 家まで, 白田に

▼ わるくなったらしく~ (3, 0.2%)

1 その晩, とうとう頭, 宅へも

▼ わるくなつた~ (3, 0.2%)

1 かね, ことによ, ので

▼ わるくねえ~ (3, 0.2%)

1 じゃア, においだ, 筋書きだ

▼ わるくまた~ (3, 0.2%)

1 おのろけ, この家, 新たな

▼ わるくもう~ (3, 0.2%)

1 かたづけさせたに, 一月五日以来一日も, 浄瑠璃どころで

▼ わるく恐ろしく~ (3, 0.2%)

2 感じた 1 て何ん

▼ わるく感じた~ (3, 0.2%)

1 ことは, のだ, のは

▼ わるく~ (3, 0.2%)

1 があい, を伝わっ, を出さう

▼ わるく~ (3, 0.2%)

1 の母, はやけ氣味, は仕事

▼ わるく~ (3, 0.2%)

1 の紅く, の表情, を近づけ

▼ わるくいへ~ (2, 0.1%)

1 ば冷静, ば型

▼ わるくおちつい~ (2, 0.1%)

1 ていねえで, ている

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 だはらない, だはるやう

▼ わるくこの~ (2, 0.1%)

1 人の, 酒で

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 ういふところ, へ思

▼ わるくさせ~ (2, 0.1%)

1 てはと思つて, はせぬ

▼ わるくさせる~ (2, 0.1%)

1 ような, 一方だった

▼ わるくされ~ (2, 0.1%)

1 てからもう, な

▼ わるくしちゃう~ (2, 0.1%)

2 だけだ

▼ わるくすねる~ (2, 0.1%)

1 と一日位, やうな

▼ わるくそれ~ (2, 0.1%)

1 が小, に生意気

▼ わるくないです~ (2, 0.1%)

1 か, ね

▼ わるくなかったら~ (2, 0.1%)

1 お嬢さんに, 話を

▼ わるくなさる~ (2, 0.1%)

1 んじゃ, 事が

▼ わるくなつ~ (2, 0.1%)

1 たらしくてね, て行く

▼ わるくならなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばよい, ば社会

▼ わるくなりました~ (2, 0.1%)

1 がこんな, ね

▼ わるくなるほど~ (2, 0.1%)

1 きっちり半分, 暑し

▼ わるくにやりと~ (2, 0.1%)

1 して, 笑い

▼ わるくばかり~ (2, 0.1%)

1 いい立てました, 思って

▼ わるくやはり~ (2, 0.1%)

1 かえりは, 黙って

▼ わるくゆがめ~ (2, 0.1%)

1 て意地, て皮肉

▼ わるく二人~ (2, 0.1%)

1 の邪魔, は正

▼ わるく云え~ (2, 0.1%)

1 ばまあ, ば立ち腐れ

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 の肌, の頭

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 もたべず, も出来ず

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 床に, 裏の

▼ わるく坐っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 の灯火, はメクラ同然

▼ わるく~ (2, 0.1%)

2 が郷里

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 をひく, を引き

▼ わるく~ (2, 0.1%)

2 やしない

▼ わるく思わせる~ (2, 0.1%)

1 分析を, 真偽明らかでない

▼ わるく思われる~ (2, 0.1%)

1 のでした, んだ

▼ わるく感じる~ (2, 0.1%)

1 という話, ほどよく

▼ わるく持ち上げ~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ わるく散々~ (2, 0.1%)

1 な体, 苦しんだ

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 にかかった, を廻し

▼ わるく笑つて~ (2, 0.1%)

1 ばかりゐた, ゐる

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 にこびりつい, についてなかなか

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 の褪せた, を濃く

▼ わるく苦しい~ (2, 0.1%)

1 が金, 心持に

▼ わるく落ち~ (2, 0.1%)

1 付き払い出した, 付き払った

▼ わるく解釈~ (2, 0.1%)

1 するの, すれば

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 にぬられた, をはこびかね

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 をかくす, を縮めた

▼ わるく追究~ (2, 0.1%)

1 した, しなければ

▼ わるく~ (2, 0.1%)

2 が降っ

▼ わるく静か~ (2, 0.1%)

1 にうしろ, に炬燵

▼ わるく静まりかえっ~ (2, 0.1%)

1 ている, てなん

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 に觸, もこけた

▼ わるく風通し~ (2, 0.1%)

2 もよく

▼ わるく風邪~ (2, 0.1%)

1 の大, を引い

▼ わるく~ (2, 0.1%)

1 につく, を近づけ

▼1* [496件]

わるくあたしを見かけ, わるくあたりのもの, わるくあっさりあしらって, わるくあっちへゆかれない, わるくあとからあと, わるくあの向う河岸には, わるくあばたのだんな, わるくありませんでしたらといっ, わるくあわてて手, わるくいいますぜ, わるくいうもんじゃ, わるくいじのわるい, わるくいちど玄関へ挨拶, わるくいつもその直後, わるくいひますがあの, わるくいびらなくたってもいい, わるくいやらしく表現し, わるくいらっしゃるので, わるくいらつしつたんですつ, わるくいわないものは, わるくいわるる後家の, わるくうごくのだった, わるくうっ屈して, わるくうつつた, わるくうまくきこえるの, わるくおとりくださいますな, わるくおとり下さるな, わるくおまけにニーナ嬢, わるくおもいましたがこわがる, わるくおもうなおとなしくしろい, わるくおもっていた, わるくかつてゐた, わるくかいだ, わるくかかっていた, わるくかかったとせ, わるくかすかに震動, わるくかたまるばかりなん, わるくからだをわるく, わるくからんできた, わるくきまりがわるかっ, わるくきょうは自宅, わるくけちに見えた, わるくけばけばしい光沢が, わるくこぐらかって絡み付い, わるくここへ論難, わるくこれにはくさった, わるくこんがらかり耻さらしな事件が, わるくごろごろと寝転ん, わるくさせたからである, わるくさせないでグラン・ブル, わるくさっきから物陰, わるくさびていた, わるくさらされて居ります, わるくされたんです, わるくしたがって急には, わるくしたら惜しいと, わるくしつこく思いだしたり, わるくしなければよい, わるくしましたから猶々, わるくしますからね, わるくしょっちゅう力弱い, わるくじゃまもするだろう, わるくじろじろ良人の, わるくすぐ引返さうかと, わるくすこしやせたよう, わるくするでもなく, わるくずつと床に, わるくずり落ちさうに腰かけ, わるくせずつまらぬ感情を, わるくせんとも限らん, わるくそう答えて, わるくそうして墺国は, わるくそうしてまた恐しく眺め, わるくそこへ台風, わるくそこらまで這い上っ, わるくそのまま書付を, わるくそのまますっと帰って, わるくそれと逆の, わるくそれにまた身のほど知らぬ自惚れ, わるくぞんざいな言葉, わるくたって仕方, わるくだらりと幹, わるくだんだんと濃く, わるくちの歌をうたっ, わるくちやで他人, わるくつてわるくつて, わるくつらく強力に, わるくつるのです, わるくていねいすぎるほど, わるくてね仕事が, わるくてももものも, わるくでもなるの, わるくときどきぐわツと, わるくとって気, わるくとるなといわれ, わるくとれば一片, わるくどこまでもお, わるくないじやない, わるくないでしょう正子は, わるくない掃いてゐる, わるくない老いては忘れる, わるくない落ちつかせてくれる, わるくなかったからである, わるくなかなか手に, わるくなからう夜更かし, わるくながれていた, わるくなければ待っ, わるくなされたせいだ, わるくなすったということ, わるくなったらしかったがやがて, わるくなっちまうにきまって, わるくなつたわね, わるくならなけりゃあ少し, わるくなられても不思議, わるくなられるばかりです, わるくなりかかっていた, わるくなりかけたがここ, わるくなりませんでしたか, わるくなり書き了る, わるくなるくすぐりの, わるくなるだらうぢや, わるくなんでも蹴とばす, わるくにたりとほほえみを, わるくにたりにたりとやって, わるくにらみあっている, わるくはいあがってきた, わるくはかるように, わるくはしやいで, わるく藥も, わるくばつのわるい, わるくややかに, わるくひきつられながら女看守, わるくひとにさわがれ, わるくひとりの先生, わるくひねくれず高慢で, わるくひびいて来る, わるくひやりとするだらうと, わるくふさいでいた, わるくふたがぱたんとしまって, わるくほだされぬことだ, わるくほだされると自分, わるくぽつりと置い, わるくまだやって, わるくまるで似ない声, わるくみんなの鼓膜, わるくむしろキヨトンとして, わるくむづかしげになつて來るの, わるくものが或, わるくやせて閉口, わるくよく行き会う, わるくわざと彼に, わるくわたしがあやまる, わるくウフフとやるこた, わるくエスカレーターに乗り, わるくジリジリと新子, わるくステッキをつい, わるくソバカスが多く, わるくて, わるくデクノボーどもが揃っ, わるくノドチンコがひっ, わるくマリは芝居, わるくモズモズした, わるくロシヤ・スープ料理一品を食べる, わるく一々とがめ立てて, わるく一層ジリジリした, わるく一日ぢゆう黙り, わるく一日床に居た, わるく一時間おくれて, わるく一番瀬の早い, わるく一瞥の時, わるく丁度その時, わるく七分通り駄目だと, わるく三四人むれを, わるく三晩もうなった, わるく下ってゆく, わるく下手な料理人, わるく不健康なので, わるく不審なの, わるく世界に一種, わるく両方へ歪んだ, わるく丸善の横, わるく主人に見つかっ, わるく二子の池, わるくふの, わるく云うのでふたり, わるく云った連中が, わるく人々が集りはじめたら, わるく人間をからかう, わるく今にも旧の, わるく今度は安里, わるく今晩もその, わるく仕出かしてゐました, わるく他人なみに扱われ, わるく仰向けの寝相, わるく伏せている, わるくの方, わるく作者の軽佻, わるく便所の役, わるく保養のため, わるく俳諧をせず, わるく健康な感じ, わるく側杖をくっ, わるく働きかけてくる, わるくの八郎兵衛さん, わるく兄弟が争った, わるく光っていた, わるく光るのも, わるく光斑で明滅, わるく六ヶしいもの, わるく円朝の高, わるく冷淡に眺め, わるく凄く目に, わるくてゐ, わるく出るのを, わるく出口が風下, わるく出来ている, わるく刑事は思った, わるく刺戟的な赤インク, わるく刻みこまれてゐた, わるくからその, わるくを持っ, わるく劫争ばかり私, わるく動いて行つて, わるく動き人間が, わるく勝豊は病中, わるくよりの風, わるく反響する, わるく取すましたやうな, わるく取っちゃ困る, わるく取ろうとすれ, わるく受け取ってしまっ, わるくから左, わるく各々派をなし, わるく吉岡清十郎がその, わるく同棲して, わるく向側の道路, わるく向島の寮, わるく吹きちぎる日の, わるく呆気に取られ, わるく咲きかけるばかりで, わるくなどをした, わるく問題にし, わるくい殺されたの, わるく四方の壁, わるく四月の中旬頃, わるく固うございますから, わるく国許の父, わるく土曜日になっ, わるく坐り崩れてその, わるくにぶら, わるく壊れた髪を, わるく変つて来たもの, わるく変化して, わるくなど冠, わるく多きに過ぎ, わるく吹雪は, わるく大胆な議論, わるく大通りからは遥か, わるく太く見える, わるく太く長く空を, わるく奇數になつて二人並び, わるく妻妾となさん, わるくも見つけた, わるく嫉妬の眼, わるく子息宗矩も江戸表, わるく学校へ来た, わるく学校道具は縁側, わるくをあけ, わるく寄って来ました, わるく寝ころんでしきりに, わるく寝そべりながらかたわら, わるく小刻みにふるえた, わるく小柄のよう, わるく小母さんもお, わるく小諸町で病氣, わるく小雨さむい, わるく小鹿様がいったん, わるく屋敷町などは泥濘, わるく平気にし, わるく年中さがし, わるくに映つた, わるくもなかっ, わるく引き入れられそうに, わるく引止めたくもなる, わるく弱々しくそしてしゅう, わるく強情だなあ, わるく役に立てなくし, わるく待てど待て, わるく後髮を引かれる, わるく徒に多くの, わるく御座候えば, わるく忘れていた, わるく思えるのであった, わるく思ふ相手に, わるく思わせたが私, わるく思われた家主であろう, わるく思われたくない人の, わるく思われないようにね, わるく思わんでくんな, わるく思召されては, わるく急げばいそぐ, わるく怯えないので, わるく恐ろしく嬉しく悲しかった, わるく悄気ておとなしく, わるく悩んでいる, わるく悪人の数, わるく悪口をする, わるく情けなく自分で, わるく感じさせるものは, わるく感じられたのだった, わるく感じられるのだつた, わるく感じるべきかについて迷った, わるく感ずることも, わるく感情的ですな, わるく憎いようにさえ, わるく憎くらしく思ひ然るべき, わるく成って来た, わるく成績不良だった, わるく手出しする者, わるく手前勝手にエゴイズム, わるく投げこまれたのが, わるく押しつけたという訳, わるく押し黙ったままでした, わるく押し黙りながら片, わるく教育された, わるく敬四郎の顔, わるく数寄屋橋の揚屋, わるく文字面の裏, わるく文学少女らしいの, わるく料簡がこずん, わるく新聞の仕事, わるく既にあやうく見えた, わるく日曜が激しい, わるく日根野備中は居合わせなかった, わるく暗いのにその, わるく最も煮えきらぬ態度, わるく最初に生れた, わるく最後にあてられた, わるく月光を浴びた, わるく月経困難による, わるく有害瓦斯の洩れる, わるくいたんで, わるく木崎の名, わるく村人の評判, わるく来られないと云う, わるく東京中で一番, わるくにもぴったり, わるく林響に響く, わるくを向く, わるく横腹を流れる, わるく次郎の頭, わるくの抜けた, わるく死んでみたまえ, わるく殺された友人の, わるく毛唐人に対して毛ぎらいが, わるく水圧がひくく, わるく汗ばんでゐる, わるく汗ばんだ体を, わるくなくならうとも, わるく汚らしく考えた, わるく汽車に乗込ん, わるく洒落ちゃあいけ, わるく消えている, わるく淋しかった, わるく湿め湿めし, わるく溜つてゐるの, わるくかでぶるぶる, わるく火箸があたし, わるく火花をおこし, わるく火鉢を斜め, わるく点いたり消え, わるく点滅して, わるく無気味なの, わるく煤けていた, わるく照彦様のいない, わるく玉職人の親方, わるく生きている, わるく生徒間にもあまり, わるくの目, わるく見廻りの, わるく疫病神に出会つたやうに目, わるく発見した, わるく皮肉られてしまった, わるく皮膚は荒れ, わるく眞面目な顏, わるく眠りからさめた, わるくばかり大きい, わるく石塊に躓いた, わるくばって, わるく示します自分は, わるく社会の罪, わるく私たちに青い, わるく秘している, わるく窘められて屋敷, わるく窺い直している, わるく立ちまわっててがら, わるく立ち上って無意味, わるく笑いながら沖本, わるく笑う将軍も, わるく笑った泡が, わるくをとる, わるく級担任の橋本先生, わるく素氣なく取扱つて一夜後向き, わるく細君のある, わるく総毛立つような, わるくなき衆生, わるく縁側に膝, わるく繁殖著しき場所, わるく置いてある, わるく考えている, わるく考へてゐた, わるくも丹毒, わるく育たないように, わるくがわるく, わるく胸当の端, わるく脾腹をうった, わるく腥い臭気が, わるく自分を迫害, わるく自己の文学上, わるく興ざめ気味に, わるくをひそめ, わるく舎監室に押収, わるくひ戻つて, わるくのかたち, わるく若しかしたらわざと, わるく荒れ狂う波浪に, わるく落ちついた母の, わるく薄笑いしながら, わるく虚勢を張らね, わるく虚空をにらん, わるく行けばその, わるく行って居る, わるく衰えて行っ, わるく被ったまま遠慮勝に, わるく装幀も粗末, わるく見えなんに, わるく見えるのです, わるく見くらべてクスリ, わるく見るから花車婆さん, わるくがとれ, わるく言うつもりは, わるく言つてサチを離れさせる, わるく言葉は縺れ, わるく言論戦でごまかし, わるく訊いてみた, わるく評したものさえ, わるくは思ふ, わるく諦めていつぞや, わるく将を, わるく警備軍のため, わるく貴様の方, わるくっぽく光る, わるく赤い斜光に, わるく赤インキだった, わるく路子か準之助, わるく踏みはだけた棒の, わるく踏切の腕木, わるく辞してより, わるく農繁期で無理, わるく辺りへ水, わるく近所に落ちた, わるく述べ立てたと記憶, わるく追いだそうとかかりました, わるく追求した, わるく通念化されたの, わるく遠慮をせず, わるく避難民の行手, わるく郷里の岩手, わるく重なったとき又, わるく鉱泉をつける, わるく長篠の合戦, わるく閉口した, わるく開いていた, わるく防水扉はしまらない, わるくにこもった, わるく陰気な大通, わるくが流れこむ, わるくが落ち, わるく震動いたします, わるく青いその沼, わるく青洟で筒, わるく青白く眼が, わるく非常識の敵将, わるく響いたことは, わるくを石, わるくが妙, わるくがわれ, わるく食事がちゃんと, わるく飯田橋まで行っ, わるく飽和されて, わるくを取, わるく魘されるばかりか時折狂気, わるく鳴きながらまだ, わるく黄色い年齢も, わるく黒ずんでゐる, わるく黙ってるんだ