青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか わずか~ ~わたくし わたくし~ ~わたし わたし~ わっ~
わる~
~わるい わるい~ ~わるく わるく~ ~われ われ~ ~われわれ われわれ~ ~ゐ ゐ~

「わる~」 1214, 13ppm, 8412位

▼ わる~ (211, 17.4%)

10 うな 8 をする 7 をし 6 をした 5 を感じた 4 を感じる 2 があった, がある, であった, である, ばかりし, をなさる, を憎んだ, を持っ

1 [155件] うだから, うで, うなり, からぶっきら, から出発, から来る, があるだろう, があるなら, がお, がこみあげ, がこみあげた, がこみ上げ, がすべて, がその, がまた, が一層, が交, が付きまとっ, が伝わっ, が先, が却って, が妙, が彼女, が思いやられます, が想像, が感じられる, が感ぜられた, が総身, が菊人形, したらあかん, したらあきまへん, じみた好奇心, する奴, せんとも, その対策, だの, で, であったわけ, でした, ですがな, ではない, でもしられてる, で下品, で云った, で気持, という, として反映, とともに夫, とのまじりあった, とは十八歳, とを味解, とを感ぜず, と何もかも, と厳粛さ, と専門, と憤り, と自我, などというもの, などのため, など忘れ, なの, なんぞし, に, にこづきまわされ, にこれ以上怺, にした, にすぐ, についてあまり, にとらわれる, にとりつかれる, にどこ, になど懸らね, になれ, にふさわしい, にふるえ, にふるえあがっ, にみんな, にもや, にもよります, にピーピーピー, に不機嫌, に背, に背筋, に落ちた, に襲, に襲われた, のため, の中, の対照, の成行, の源, の為, の爲めいふ事知つて, はいわれる, はこの, はすっかり, はずっと, はその, はやさしい, はやっと, は卑怯, は単に, は増す, は御, は忘れ, は旱天, は申す, は画家, は雨, ぱったりと, もあらわすでしょう, もこの, もようしえぬ, も彼, も感じない, やそれ, やってるの, やな, や不快, や好奇心, をおおいきれなかった, をかんじた, をさらし, をしなけれ, をなさいます, をもっ, をもっと, をやめ, をムキ出し, を与えた, を仕出す, を企らむ, を伸子, を優美, を出ない, を判断, を助長, を和らげる, を始めた, を忍ん, を思ひ, を感じさせ, を感じさせられる, を感じさせる, を指摘, を正面, を補う, を転換, を追っぱらう, 何ともいえぬ, 何と複雑, 大きさ, 御同情, 心苦しさ, 或は誠意

▼ わるそう~ (144, 11.9%)

8 な顔, にし 42 な表情, な風, にいいました, にもじもじ, に手, に笑った, に頭, に顔

1 [108件] だ, だが, だし, だったこと, だと, だという, である, でも, で何だか, で眠れずしかも, ないかにも, なて, なひそひそ, なようす, な低い, な公売, な小声, な尻ごみ, な指つき, な様子, な潜戸, な眼, な薄笑い, な身じろぎを, な針目博士, な顔つき, な顔付, にあたり, にいう, にいやそう, にくりくり, にこおろぎ, にしかし, にしかめ, にしばらく, にせせら笑い, にそう, にそこ, にそして, にだまりこくっ, にながめ, になさる, にのけた, にびっくり, にべろべろ, にほくそえみ, にほどい, にほほえん, にまた, にまぶしい, によけて行く, にガリガリ, に云った, に人, に仙二, に体, に写真, に凝視, に出, に力, に半ば, に南さん, に呟く, に和一郎, に坐る, に垂簾, に尖がった, に帯, に幅物, に引っぱりあげられた, に微笑, に微笑んだ, に手拭, に指した, に挨拶, に撫で廻した, に横, に残っ, に洗い直した, に淋しい, に溜息, に目, に瞬き, に私, に笑い, に笑いました, に笑っ, に笑ッ, に箏, に紅く, に細田, に膝, に自分, に舞台, に苦笑, に莞爾, に血書, に見える, に見つめた, に言う, に身じろぎした, に辞儀, に重なっ, に鍵, に青焼き人形, に首, に黙りこん, 故指環

▼ わるかつ~ (57, 4.7%)

245 たの 2 たから, たが, たね, たので

1 [20件] たかな, たかよなんだ, たがねこの, たこと, たさうですが, たその, たぞよ, たと, たところ, たな, たなにもかも, たのう, たのに, たもの, たもん, たりする, たり恥づかしい, たんです, た姻戚, た時分

▼ わる~ (56, 4.6%)

2 ある, しましょう, 目ざせども

1 [50件] あたかも毒茸, いう, いうと, いうん, いけねえから, お前の, しようじゃ, すぐの, するを, それは, たいへんでございます, ひやっと, びのおいてたからかさそつとさしそつと, びのはねにかざつたぐみのみをぞろぞろぞろぞろ, もとは, エリアヌスの, サンズイの, ムキアヌスは, 三吉は, 云うの, 今度も, 何もかもお金, 信じた遺俗, 兩方とも, 即日と, 同時に天聲, 同時に感じた, 君は, 多忙だ, 実に御, 建物の, 役場から, 忽然と広い, 思ったが, 昔から, 果実が, 殆どすべて, 河原で, 油が, 犯人は, 畜生め然し, 称へる, 綻びた処, 自分の, 舟の, 色慾ばかりさ, 言う, 間もなく死亡, 首を, 黄金埋蔵は

▼ わる~ (43, 3.5%)

32 にお, にしかし, に帰っ

1 [34件] でわざと, なお態度, な沈黙, な笑い, な笑い顔, な長い, な顏, な顔, にあ, にさわっ, につくねられ, ににわかに, に三太夫, に初めて, に坐っ, に強い, に教師, に水槽, に沈ん, に父, に眉, に眼, に私, に立ちあがっ, に笑い, に笑った, に耳, に船, に被る, に見入った, に見守っ, に訊く, に階下, の糸子

▼ わる~ (41, 3.4%)

3 であった 2 である, 嵐またもや, 男が

1 [32件] が目的, が良子, きんまく, だ, だが次, だと, でした, と云う, と共に田舎, はいい, はみな, はやめて, はマルクス主義者, は忝, は難儀, は非常, も見えた, やれ鈍物の, ようで, を制す, を後, を見た, 世や, 事を, 人間が, 勢いと, 姉娘たちと, 威張った浪子はん, 後明人事係は, 村へは, 案内人が, 陰気な

▼ わるもの~ (30, 2.5%)

2 のため, へ手

1 [26件] ありと, がやって来た, だって, だつた, ですな, でなくむしろ, では, とした, なく澄み輝く, なの, におどかされ, にだきかかえられ, につかまっ, に先手, のお姫さま, のよう, は, はそれぞれ, はぼうぼう, はもうでかけた, はわからせまい, は三, は着物, 一切農村は, 奴, 曰ク女の

▼ わる~ (29, 2.4%)

3 して 2 するの, 自動車に

1 [22件] しかけられると, したの, したり, しては, しないで, しました, すること, すると, するわけ, する武さん, たくらんで, なさろうとは, もって, 丹治は, 俟って, 側に, 剣を, 待たずそれッ, 待たず栄三郎, 見て, 見る, 試みたの

▼ わる~ (24, 2.0%)

2 云った, 逆らふ

1 [20件] いろいろの, きまつて, しても, その中, たらず, どんな誠意, なるし, 京の, 他の, 何時の間にか海水, 呼び出されて, 埋めた, 急ぐん, 斷わられず, 横紙や, 相違ない, 秀子, 私の, 見まわしながら, 連れて

▼ わるよう~ (23, 1.9%)

1 [23件] であった, であります, ですが, なもの, なもん, な事, な大, な態度, な気, な澄んだ調子, な覚え, な風, にし, になった, になる, にまた, に云い捨て, に囁いた, に思われ, に抱き下ろされ, に見える, に言葉, に近代知識人

▼ わる~ (20, 1.6%)

3 つた 2 ない

1 [15件] ありませんね, ありませんよ, あるめエ, たつともい, つたなあ, つたの, つた風は, どうかなども, ないわ, ッた, ッたよ, 事恥ずかし, 何かを, 指の, 知れないが

▼ わる~ (19, 1.6%)

2 つたけど, 冗談なんか, 眼に

1 [13件] ことも, その企ら, だるまめは, ところが, ばかりかひどい, んだ, んでしょう, 嘲弄の, 女中らの, 眼つきは, 示威を, 調子でなく, 院長に

▼ わること~ (18, 1.5%)

2 に致そう, のできない

1 [14件] が出来た, が出来なかった, さ, だと, なく大義, にしましょう, に極まっ, の外, は出来ないだろう, は出来なかった, は大, もした, もせず, も大人気

▼ わる~ (17, 1.4%)

1 [17件] あり, かなんぞのよう, がある, だって上がりたいだろう, でで, につかまっ, にでも追われました, に向, のため, のためいき, ののった, の仲間, はまた, はわたくし, は山嵐, もあり, もおお

▼ わる~ (15, 1.2%)

2 をいう

1 [13件] がある, は前書, らしい放言, をいい出す, をいっ, をいった, をつぶやいた, を云う, を喋舌, を忘れ, を拝聴, を言う, を言われ

▼ わるがって~ (14, 1.2%)

1 [14件] うつむいて, じりじりと, もう帰ろう, 何度も, 大抵作家, 居たが, 居ります, 岩山の, 怖れ, 毎日ゆきしぶっ, 足音を, 邸に, 顔を, 黄色い顔

▼ わる~ (12, 1.0%)

1 [12件] つたけれど, つてゐる, つて手を, つて逃げる, つて首を, よい, 出て, 太夫貴女は, 始った, 早いか, 為たいなら, 爲たいなら

▼ わる~ (12, 1.0%)

2 くみが, くみの, な 1 から, からいや, くみじゃ, くみで, くみを, ぜ

▼ わるがっ~ (11, 0.9%)

5 ている 2 ていた 1 たりし, たりなど失礼, ています, てまるで

▼ わるさうに~ (9, 0.7%)

1 いひました, かう云つて, した, して, べろべろ嘗め, まだも, もぢ, 踏みつ, 黙つてフオーク

▼ わるとび~ (9, 0.7%)

1 がこれ, がとうとう, がわる, にお, にとうとう, はあめ, はお, はとし, はぬすんだ

▼ わる~ (9, 0.7%)

3 はない 1 で言った, というよう, にあ, に怪漢, のある, はねえだ

▼ わる者ども~ (9, 0.7%)

1 がお, がそのまま, がそれ, が酒, にひどい, にまだ, のにくいやり, の話, は無人島

▼ わるくち~ (8, 0.7%)

1 をいう, をいった, をいわなけれ, を云い, を云いかわし, を云っ, を云われる, を冗談

▼ わる者たち~ (7, 0.6%)

1 に手, の方, はいよいよ, はたる, はわあわあ, はボート, は電気鳩

▼ わる~ (6, 0.5%)

1 かというごとき, とともにその, とも急所, により或は, や身震い, 故

▼ わるという~ (5, 0.4%)

1 ことで, ような, 弱味だ, 悲惨な, 想定の

▼ わるふざけ~ (5, 0.4%)

1 て女中, はする, をけとばし, をし, 見ぐるしいじ

▼ わる~ (5, 0.4%)

2 ぞと賞め, にたにたの 1 そこに

▼ わる~ (5, 0.4%)

1 がおこった, がする, が錯雑, だ, とサモイレンコ

▼ わるあがき~ (4, 0.3%)

1 がちょっと, する余地, によった, もいい

▼ わるいくら~ (4, 0.3%)

2 ゐだぜ 1 ゐだ, ゐに

▼ わるがった~ (4, 0.3%)

1 がゴーリキイ, けど結局, 人々は, 程であった

▼ わるすぎる~ (4, 0.3%)

1 が一つ, と自己, ようです, 今日こそ

▼ わる~ (4, 0.3%)

1 厭がらせ, 意地つ, 無理に, 親切は

▼ わる~ (4, 0.3%)

1 あたかも皇族華冑, どうだろう, 仰し, 地柄なるべし

▼ わる~ (4, 0.3%)

1 する神, のうでに, 一種の, 目まじろがざる

▼ わる~ (4, 0.3%)

1 が出来た, でありますが, ですから, やまず

▼ わるいう~ (3, 0.2%)

1 なりを立て, なり声, もんじゃ

▼ わるかん~ (3, 0.2%)

2 べえ 1

▼ わるがってる~ (3, 0.2%)

1 から家, のである, 由すぐかえって

▼ わるがり~ (3, 0.2%)

1 て, ながら伸子, もせず

▼ わる~ (3, 0.2%)

1 え, えは, えを

▼ わるです~ (3, 0.2%)

1 ってね, ね, ねえ

▼ わるものども~ (3, 0.2%)

1 におそれられ, にやっ, のため

▼ わるわけ~ (3, 0.2%)

1 にも行かなく, にも行かねえ, に行かない

▼ わる~ (3, 0.2%)

1 で火事場, の気勢, の顔

▼ わる~ (3, 0.2%)

1 と黒い, を知らざる, を進ませた

▼ わる達者~ (3, 0.2%)

1 である, で舞台, という言葉

▼ わるいこた~ (2, 0.2%)

1 ア二つと, ア天下一品な

▼ わるいったら~ (2, 0.2%)

1 ない, ないわ

▼ わるかじゃ~ (2, 0.2%)

1 なっか, なッ

▼ わるから~ (2, 0.2%)

1 で先生, 入団六ヶ月は

▼ わるけれど~ (2, 0.2%)

1 今日は, 赤坂の

▼ わるこれ~ (2, 0.2%)

1 おおかたの, を持つ

▼ わるさ居心地~ (2, 0.2%)

1 のわるい, わるい瞬間

▼ わる~ (2, 0.2%)

1 えと二銭五厘, ふ信念

▼ わるとも~ (2, 0.2%)

1 この事実, わからなく見えたが

▼ わるべくし~ (2, 0.2%)

1 て現われなかった, て現われ出た

▼ わるほどの~ (2, 0.2%)

1 勇氣も, 重大さを

▼ わるまで~ (2, 0.2%)

1 またと, 見に

▼ わるものの~ (2, 0.2%)

1 ごますりめ, すみかの

▼ わるより~ (2, 0.2%)

1 国宝とも, 結論だけ

▼ わるわる~ (2, 0.2%)

1 ゆりおこして, 降りて

▼ わる~ (2, 0.2%)

1 大不幸, 大要件

▼ わる~ (2, 0.2%)

1 なき程, もなく

▼ わる問題~ (2, 0.2%)

1 ですから, ではない

▼ わる好み~ (2, 0.2%)

2 をする

▼ わる度胸~ (2, 0.2%)

1 をきめ込み, をすえ

▼ わる強情~ (2, 0.2%)

1 でずいぶん, な女

▼ わる~ (2, 0.2%)

1 へせめて, も宥

▼ わる~ (2, 0.2%)

1 かと思つたの, があつ

▼ わる洒落~ (2, 0.2%)

1 だと, を言つてやつ

▼ わる~ (2, 0.2%)

2

▼ わる~ (2, 0.2%)

2 なの

▼ わる足音~ (2, 0.2%)

1 がする, そんなもの

▼ わる酔い~ (2, 0.2%)

1 をし, をたのしみ

▼1* [220件]

わるいかんがえ, わるいけだものだ, わるいこえをたて, わるいこつたがなあ, わるいってたらありゃしねえや, わるうち一行の者, わる痛わしいお, わるおのが秘命, わるおまんねぜ, わるおましたか, わるおやじがいたら, わるかぁないけど, わるかごとすっ, わるかと思うと, わるかとも疑われる, わるからは抜けて, わるがってねアルコールだって, わるがらなくても, わるがらせるに及ばず黙っ, わるがらないですむ, わるくくひちが, わるぐちを言っ, わるぐらいの人な, わるこすさう, わるさうな顔を, わるさうにそつと覗き, わるさうに一寸皿の物, わるさうに千代松の顏, わるさうに太鼓樓から二階, わるさうに笑つてからかう, わるさうに笑つて言ひました, わるさうに笑つて馬にむちをあてながら, わるさうに言つた, わるさうに醫員の方, わるさうに頭を下げた, わるさうに顔を赤く, わるさうに首を縮めた, わるさしに来, わるさったらちょうど油壺一ぱい, わるさまはわき目, わるさアするわけ, わるさ仲間道中師の伊兵衛, わるさ停年制などは組合, わるさ危ッかしさ, わるさ吐き気はどうやら, わるさ彼女の境遇, わるさ連は逸, わるじゃれをひとこと, わるすべてのもの, わるするのよ毎日, わるずれていなかった, わるその一粒種を, わるあ広小路, わるたくみをしそふ, わるたちでした, わるたびに何だか, わるたましいに, わるだくらみをし, わるだけそれだけ土煙, わるだつたらごめんなさい, わるだろう忌ま忌ましい奴だ, わるであったことを, わるでしたから何とか, わるでは無きか, わるでもその時, わるとか山羊と, わるとは驚いた奴, わるめせず, わるないいうて, わるなお針屋だの, わるなつたるいうて, わるなという心持から, わるなどとはあきれた呆痴者, わるなんて男の, わるな障わるなという心持, わるには所を, わるにも斷わり切れない, わるのに鉄の, わるのみならずその, わるばかりしました, わるびれを強, わるかりしもの, わるほどこき扱われた, わるまでに半日は, わるものここへつれ, わるもので近いところ, わるやうにする, わるゆりおこしてみ, わるらしい足の, わる笑の, わるです僕, わるピチピチと火花, わるロマンティシズムというもの, わる一定の景物, わる一種微妙な関係, わる丁寧な言葉, わるは実は, わる不思議な因縁話, わる不規則な物質的, わる世話をする, わる中甲板を血, わる乱石の中, わる事なきは希代, わる事山羊児に異ならず, わる事而已を言, わる云わないで, わる京子を頻りに, わる仕組みで十六世紀, わる代赭色の海, わる信仰に至り, わる光りになりかねない, わる光りしない時代の, わる光景が見られる, わる六尺に足らない, わるが集まっ, わる凡そ私共の, わる刺身の載せ, わる厄介物なるを, わる口文壇一般のアラさ, わる右足湖の東, わるニュアンスは, わる喋る大いに喋りまくる, わる困難をも想像, わる固まりに固まった, わる圓遊の顔, わるをかける, わる目付までをも, わる大きな闇の, わる如き堅陣は, わる小さい姿の, わる尾根の翠, わる巧者にし, わる幾多の困難, わる床几の底, わる廊下に出, わる強いもせぬ, わる影像が大理石, わる御存知の通り, わる御家人旗本のあいだ, わる心地で枕, わる心配もない, わる必然の運命, わる悪い因縁の, わる意地が併発, わる愚者としか代, わるだと, わる手力もがも, わる政治的言論活動と異, わる料簡はなく, わるはその, わる時代の絶対, わる時兼驚き還ってかの, わる時刻だったので, わる智恵の中, わる曠野を想い, わる有様となった, わる材料なの, わる東京で云え, わる校長先生の責任, わるか因果, わる止めせずともと東雲, わる武者草鞋の音, わる気味わると自分, わる気味わる石段の上, わる気質の相違, わる水陸両棲類の姿, わる泥棒なんてもの, わる流行ばかりを追う, わる深い疑問であった, わる深くも浅く, わる無残な二つ, わる煙草の煙, わるして, わる片方の足, わる物凄い大鳴門, わる用意としてま, わる疑問に悩みある, わるの前, わる知恵がわきあがっ, わる石段の上, わる硬い文鳥を, わる秘密であった, わる程こそあれ閃電, わるがじんと, わるであったの, わる範囲においてここ, わるなる理由, わる者めといっ, わる者仲間のポンちゃん, わる臭い堀に, わる色々の因数, わる若い人の, わる草鞋の音, わる葉桜の木立, わる葡萄畠や古い, わる蒼空を下, わる見世物を見, わる訊き返してみた, わる貧困の方, わる資本主義生産による無謀, わる賢い商人だった, わる赤い血, わるの音, わる距離を胸算用, わる運命の距離, わる道長上に対するの礼, わる遠山もまた, わる酢ッぱくないよう, わる里道から響く, わる重い影でも, わる金網の中, わるを挙げ, わる鉄板のよう, わる銀河にさえ, わるはこの, わる長襦袢のぽっと, わるも進む, わる降りてみれ, わるに吹き払われ, わる黒ずんだ腐れ骸骨の