青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか わずか~ ~わたくし わたくし~ ~わたし わたし~
わっ~
わる~ ~わるい わるい~ ~わるく わるく~ ~われ われ~ ~われわれ われわれ~ ~ゐ

「わっ~」 1689, 18ppm, 6277位

▼ わっ~ (512, 30.3%)

54 いた 52 いる 36 いるの 9 いたの, いて 7 いたが, いること 6 いるよう 5 います, いると, おります 4 いるので, いる寝台 3 いるばかり, いるもの, おりました, おりましたが, しまいました, 居りました, 居る, 居るの, 行った

2 [17件] いた男, いても, いました, いるでは, いるマヤコフスキー, いる姿, おりますが, くる, くるの, ござる, はいりました, みれば, 居た, 居ります, 来い, 来た, 池を

1 [248件] いたあの小さな, いたから, いたただ, いたところ, いたので, いたもの, いたり, いたキリスト, いた七福神組, いた人殺し, いた寝床, いた建物, いた時, いた訳, いた長椅子, いって, いない, いなかった, いましたので, いますと, いますね, いやん, いようとは, いらっしゃる, いるうち, いるお, いるかと, いるが, いるこの, いるそう, いるだけ, いるだけの, いるという, いるとしても, いるとは, いるには, いるのに, いるん, いるソファ, いるライオン, いる一個, いる一寸法師, いる上, いる不, いる事, いる二本, いる人間, いる今, いる光景, いる勝平, いる参木, いる国際間, いる場合, いる声, いる外, いる大きい, いる妙, いる安楽椅子, いる室, いる寝具, いる尾瀬峠, いる屍, いる川筋, いる役, いる彼女, いる心持ち, いる或, いる数人, いる数百本, いる時, いる有様, いる様, いる次第, いる死人, いる泥棒陰士, いる港, いる父, いる牛, いる物音, いる瑠璃子, いる町, いる盆地, いる磯崎恭介, いる私, いる窪地, いる筈, いる絶対的, いる者, いる者共, いる自分, いる自転車, いる芸術上, いる辛, いる通り, いる道, いる銀色, いる錆びた鉄骨, いる間, いる隣室, いる青ざめた病人, いる音, いる顔, いる顕著, いる風雨, いる高原一帯, おきたいと, おくこと, おらぬばかりか, おられる, おりながら, おりましたそう, おりまする, おりまするが, おりますると, おるが, おれど, きたとき, くださいましたので, くれた, くれた品, くれました, くれまして, くれる, くれるので, くれるほど, くれる親切, これを, ござる水戸様石置き場空屋敷, さげようと, しまう, しまうかわら, しまうと, しまったとか, しまって, じっと火, それを, たがの, たまらねえん, つないで, どうなる, はいった, はいる, また云う, また江戸, みる, みると, むりやりに, もらうこと, やったと, やったのに, やるつもり, やろうとね, ゆくと, わめいて, ガラス窓の, キッと, サヨナラと, タラタラと, ッて, ニヤリと, フランス語で, 三枝子が, 三枝子の, 下さい, 下さったり, 中二階へ, 云えば, 人の, 体を, 來た, 入り, 其のまま, 冷たく強直, 出たので, 参りましょうか, 名誉の, 向う角の, 墨色も, 子あれ, 存じて, 居たため, 居たの, 居たり, 居た下駄, 居らなかったらこれ, 居るばかり, 居る事, 居る内, 居る姿, 居る淋しい, 居る真上, 居る筈, 居ろうとも, 帰るん, 待って, 戸外へ, 旅籠屋の, 映帯, 昼寝し, 曰く燕王反, 来たもの, 来た仕事, 来なかったので, 来ること, 来るに従って, 歩行いた, 池の, 深森の, 牛を, 現われた, 現実の, 甚だしきに, 生首を, 異形の, 白銀の, 皿の, 相談しかけた, 眠ったの, 眠って, 眼を, 穴の, 窓の, 筆を, 篤と御, 育て上げた, 自分たちの, 自分の, 船頭さんは, 草が, 見付けるより, 言えば, 話しますけど, 話せば, 話合っ, 谷を, 躍り出す山女魚, 軽い鼾声, 迎えて, 逃げ隠れを, 遣って, 遣ろうと, 銃砲火薬類取締の, 長い間, 門を, 頸を, 頻りに吐い, 飲みました, 麻雀卓を

▼ わっ~ (419, 24.8%)

12 の方 8 どもの 5 どもが, のこと 4 がこの, どもは, どもも, はすぐ 3 があの, の鑑定, はあの, はこの, はその, はただ, は鳥, をお

2 [24件] がお, がたずね, たちの, どもには, に任せ, のため, のところ, の名, の命, の家, の手下, の身体, はこう, はこれ, はそんな, はどう, はまた, はまるで, はわっ, は前, は由良, は自分, ゃい, 一人で

1 [301件] ぁ道庵で, あこれ, あそれで, あびっくり, あ嬶, あ斃, あ桃, お岩, からあんたさま, からもお願い, から且那, から取り次い, から口を, が, があんなに, がいい, がいろいろ, がお松, がきっと, がこう, がこうして, がちょっと, がどこ, がどんな, がもうちょっと, がベーリー, が一緒, が三位卿様, が使った, が侏儒, が先, が出向い, が危険, が合図, が名代, が品川, が垢すり旗下, が字, が対決, が小耳, が帰る, が引受けます, が役割, が御, が心得, が探っ, が方, が河原, が痛く, が目, が知りてえ, が確か, が立った, が臆病者, が自分, が行っ, が見ました, が識, が近所, が逃げよう, が酔っぱらっ, が隠す, が飲み過ぎ, こそよろしく, じゃございやせん, たちに関する, たちは, たち四五人が, だけなら, だけは御免, だけようよう, だってびくついた, だって商売, だって江戸じゅう, だって親方, とこの, として勝手, とホーキンズ, と久米八, と同じ, と旦那, どもでは, どもに, どもにも, どもにゃちっとも, に, にあの, にお, におっかぶせられ, におっしゃっ, につい, になにか, にはどうして, にはなんとなく, には少し, にばかり喋舌ら, にみんな, にも, にも判らねえ, にも頻りに, にゃわからねえ, に下, に下さった, に今度, に代っ, に取っ, に喋らせねえ, に御用, に手, に持たせ, に捕まり, に構わず, に毒, に知らし, に見せ, に親切, に言っ, に饗庭, に首, のいま, のした, のそば, のほう, のやった, のよう, の不馴れ, の両親, の二階, の傷, の働き, の出番, の列べ, の又聞き, の名指し, の妹, の子, の家内, の川柳, の左, の店, の役目, の後, の情婦, の所, の手助け, の推量, の暮し方, の本役, の母親, の無念, の町内, の眼, の知っ, の立場, の義務, の考える, の聞かし, の背中, の胸, の行く, の見る, の見当, の言いてえ, の言った, の詮索, の身, の近所, の逃げる, の隣り, の隣りです, の面, の領分, の首, はあっち, はあと, はあなた方, はあんた, はあんな, はいい, はお, はおっかなく, はおばさん, はお客さん, はかまや, はがんりき, はこれから, はさっき, はすっかり, はそいつ, はそこ, はそしらぬ, はそっと, はそんなに, はちゃんともう, はなんと, はね, はほか, はぽい, はまだ, はベーリー, は一旦, は七日七晩, は三河町, は上陸, は中途, は何, は元, は先刻ここ, は出来る, は初めて, は前々, は十年, は千浪様, は半, は可, は塩町, は大丈夫, は大阪東奉行所, は大阪表, は妹, は宵, は山田, は島原, は常陸, は待乳, は徳島, は思います, は思う, は急い, は悪い, は慄, は我慢, は或, は損, は旦那, は是非一度, は法廷, は災難, は現に, は生, は生得, は疾く, は眼, は睨ん, は知っ, は確か, は神尾, は神明, は程よく, は築地, は紳士, は絞首台, は聴, は能登, は臆病者, は行きがけ, は行く, は表, は見なかった, は見ません, は言下, は近所, は追, は遁げ, は道中師, は道連れ, は選ばれた, は鍵, は馬車, は馬鹿, は黙っ, も知らねえ, ゃあそんなことまっ, ゃちょっくら見舞っ, ゃった, ゃほんとうに済まねえ, や久米一, や妹, ょいわっしょいと担ぎ出した, ょいわっしょいと謂う, ょいわっしょいと銀座へ, ょいわっしょいと駈け, をあと, をこうして, をこの, をどう, をまい, を包ん, を問屋場, を案内, を物, を疑っ, を船長, を見つけ出し, を踊らせた, アご覧の, 一人の, 共は, 等にも, 等は, 風情には

▼ わっ~ (329, 19.5%)

17 泣き出した 16 声を 8 泣き出して, 泣き出しました 6 泣いて 5 いって, 云って, 歓声を, 泣いた, 泣きだした 4 叫んで, 泣きだして, 泣きだしました 3 言って

2 [11件] そこへ, わめいて, 喊声を, 喚きながら, 大勢の, 寄って, 歓呼の, 泣き伏した, 泣き伏す声, 泣き出しそう, 集まって

1 [212件] あがった, いうと, いちどに, いでよ, かっさいしました, けたたましく絶叫, こえを, こらえを, しゃくりあげて, すすりなく, そこで, そのまま樹, その儘, ただ口を, なきだして, なっては, はやした, はやしたてました, はやし立てました, ひときわ高く, ひと笑い, またどっと, もがく, もちあげた, よろこびの, わき立った無数, わめきながら, わらいだした, わらいだしたが, オットセイの, 一度退く, 一斉に, 一時に, 一角から, 上げると, 両手で, 並木堤を, 乱れたが, 云うて, 云うと, 云うの, 云うよう, 云う声, 云う大きな, 云う顔, 云う鬨の声, 云ったの, 云わせたい心持, 人々が, 人声に, 伏兵の, 倒れた途端, 元の, 兵は, 兵を, 其の場, 出て, 分れる, 前足で, 割れるよう, 動揺めいた, 包んで, 反撥する, 口を, 叫び出したくなって, 叫び蛮娘連, 叫ぶに, 叫ぶ声, 叫んだまま, 号泣する, 吶喊を, 呶鳴る, 唸りました, 喚き合って, 喚き立てて, 喚声が, 喝采しました, 喝采する, 喝采の, 嗚咽し, 嗤った, 囃したてるの, 囃し立て, 囃し立てて, 城門内へ, 声が, 声と, 声の, 声援を, 声旋風が, 声高く, 外へ, 大きい声, 大きな声, 大勢が, 女の, 嬰児の, 小児が, 小六, 尻を, 巡査を, 弥次馬は, 強襲し, 彼女は, 後から, 後ろから, 怯んで, 悲鳴を, 戦意を, 手放しで, 拍手が, 拍手に, 捕手の, 揚がった, 揺れ返って, 教師の, 散らかったが, 文聘は, 時々新聞, 武者声が, 泣きたいの, 泣きたいよう, 泣きだしたいの, 泣きだしたそれから, 泣きだしなにか, 泣きだしぬ, 泣きだす, 泣きながら, 泣きました, 泣き伏しそう, 泣き伏した声, 泣き倒れた, 泣き倒れました, 泣き出さずには, 泣き出さない自分, 泣き出しずっと, 泣き出したかった, 泣き出した少女時代, 泣き出しても, 泣き出しみんな, 泣き出しネネム, 泣き出しブドリ, 泣き出すお, 泣き出すこと, 泣き出すと, 泣き出す一歩手前, 泣き出す子供心, 泣き叫んで, 泣き放ちながら, 泣き立てました, 泣くほんの, 泣くよう, 泣伏しぬ, 泣出した, 泣出しぬ, 泣声も, 泣声を, 混み合って, 湧かせた, 溢れ出て, 激しく泣きだした, 濠の, 父の, 甘えるよう, 男の, 男達は, 皆それへ, 真っ黒な, 私は, 立騒ぐ, 笑いだしたもの, 笑いました, 笑い崩れる少女たち, 笑うの, 笑うやら, 笑った, 笑声を, 答えた, 箸を, 絶鳴, 総立ちに, 老先生, 腰を, 艇へ, 艫の, 血しお, 言いながら, 言ったの, 言った時, 誰からとも, 起ったとたん, 転がりながら, 転げた, 迫り于禁, 追いつつんだ, 逃げかくれる, 逃げ崩れる, 逃げ散って, 逃げ走った, 遁げる, 道も, 道を, 頭の, 飛びだして, 飛びだし野原, 館内に, 驚き一目散, 鬨の声が, 鬨の声を, 鬨を, 鳴く蚊, 黒風へ

▼ わっしも~ (73, 4.3%)

2 そう思っ, そこへ, 今度は, 湧金門へ, 知って

1 [63件] あっけに, いよいよ我, いろいろ伺っ, いろいろ探っ, お供いたしましょう, きっとそれ, きょう初めて, これから八丁堀, すぐに, ずいぶん目, せいぜい気, そうしやしょう, そう思った, そこが, その近藤勇, ちっとばかり, ちっと聞き込ん, ちらりと聞き込ん, どうで, なんとかし, ふっと思い出しました, よく知っ, ホッと, 一つ儲け, 一度見た, 一時は, 人の, 今朝から, 今朝調べ, 何だか変, 初めは, 十六の, 及ばずながら, 大部屋の, 天満組の, 如才なく, 実に呆れました, 実はがっかり, 家に, 密貿易船の, 寛大に, 少しあの, 少し油断, 少し聞き込んだ, 念の, 性分でし, 指を, 新九郎様の, 最初は, 本来は, 業腹で, 楽に, 死骸を, 江戸へ, 男だ, 臥床に, 自分から, 蚤取, 行きましょうか, 見たこと, 遠慮なくやります, 金剛寺の, 面くらいましたよ

▼ わっ~ (49, 2.9%)

2 ことが

1 [47件] お言葉全部, お詫びの, かと思う, から, がこの, がそのまま颯と, がまず, がやがて, が未だ, が萩野, が言葉, きり母の, とこの, ところによって, ところは, と云う, と云っ, と見え, に依り, のであった, のです, ので心持, ので急, のね, ゆえ取調べに, ゆえ早速, ように, 上で, 上で御座いませぬ, 事が, 二等機関士の, 位です, 位の, 備前屋では, 再建論を, 処では, 動的表現界の, 時ああ, 時も, 時恐しくなりました, 現在においては, 盗人の, 筈でございます, 経験の, 話に, 越野氏も, 通りを

▼ わっ~ (31, 1.8%)

2 が持っ

1 [29件] があれ, がこっち, が在所, が妙, が待ったなし, が急い, が眠り, が落度, が裏戸, が質屋, たち仲間でも, ども但, にゃァ, に執っ, に解らず, はおや, はそこ, はどうも, は出なおし, は別に, は平気, は船大工, は関西, まァ, もそこ, も先生, も嬉し, を嚇した, 共にゃあ過ぎもの

▼ わっしゃ~ (26, 1.5%)

1 [26件] あお前さん方, あすぐ, あよ, あ一人, あ其奴, あ性分, あ江戸, あ裾野, いま言う, ここで, これから一人, それご存じの, ちっともうれし, まだ来ない, もう少しで, ア深川の, カーッと, 一足さきに, 命からがら逃げ, 命がけで, 女に, 新宿の, 気恥か, 美濃の, 親方が, 馬から

▼ わっはっ~ (25, 1.5%)

103 はわっ 2 はッ 1 はっと身, はっと高笑い, はと咽喉, はと笑い出しました, はと笑おう, はと笑った, は当, は最初, は東西東西, わはっはっ

▼ わっはっはっ~ (17, 1.0%)

6

1 [11件] はいや, はそれ, はは, はわっ, はホッホウ, は矢, もういいかげん, もう二人, わっはっはっはっ, ヤーネル君, 苦しかった

▼ わっという~ (16, 0.9%)

2 喚声が, 声が

1 [12件] さわぎのさいちゅうです, すごい感じ以外, 叫びが, 叫び声が, 喊声だけでも, 喊声と共に, 喝采で, 声に, 寮生たちの, 歓声が, 男の, 笑声だった

▼ わっしら~ (12, 0.7%)

1 [12件] がみんなほろ酔い加減, だけじゃ纒まりそう, と一緒, に渡し, の商売, の方, の船, はあの, はあんた, はちゃんと, はみんなあんた, はもし

▼ わったり~ (11, 0.7%)

4 して 1 したくないと, しちゃ, すみませんねえ, する, する毎, 憫れんだり, 陰影の

▼ わっしょ~ (8, 0.5%)

5 わっしょ 1 というときの声, という力, という地鳴り

▼ わっとばかりに~ (8, 0.5%)

2 声を 1 そこへ, それへ, 拍手を, 泣き出しけり, 泣き沈む, 泣倒れました

▼ わっぱり~ (8, 0.5%)

3 を着た 2 を着 1 のポケット, の中, の古い

▼ わっても~ (6, 0.4%)

1 いない, サヨは, 人に, 居られまいから, 直ぐに, 私どもには

▼ わっしにゃ~ (5, 0.3%)

1 あまだ, あ何, 仕合せでした, 呑込めねえ, 恨めしいんで

▼ わっとばかり~ (5, 0.3%)

1 その譲, ひとりのこらず逃げだし, 寄りたか, 押しかけて, 笑い出して

▼ わっ~ (5, 0.3%)

2 ッは 1 あのいつも, わっは, わっはと

▼ わっわっ~ (5, 0.3%)

1 おうふうと, というさわぎのさいちゅうです, となっ, と呶, と後ろ

▼ わっくわっと~ (4, 0.2%)

1 あやしいこえ, いうなきごえ, 喘ぎぬいて, 鉄の

▼ わっしです~ (4, 0.2%)

1 か, かい, かわっ, セルゲイです

▼ わっちの方~ (4, 0.2%)

1 から此処, にも之, にも覚悟, も年

▼ わっちゃ~ (3, 0.2%)

1 もんだ, 座方の, 急ぎの

▼ わってから~ (3, 0.2%)

1 一同は, 何が, 私は

▼ わっはは~ (3, 0.2%)

2 わっはは 1 わっははという

▼ わっ~ (2, 0.1%)

1 わっく, わっと

▼ わっ~ (2, 0.1%)

1 と辻, わっさ

▼ わっしだった~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ わっしでございます~ (2, 0.1%)

2

▼ わっしょい~ (2, 0.1%)

1 わっしょい, 連からは

▼ わっ~ (2, 0.1%)

1 え, えて下せえやし

▼ わったいへん~ (2, 0.1%)

1 だ, だっ

▼ わった助け~ (2, 0.1%)

1 て, てくれ

▼ わっちの構え~ (2, 0.1%)

1 が崩れ, は技芸

▼ わっちの首~ (2, 0.1%)

1 がうなずいたら, を見る

▼ わっちゃあ~ (2, 0.1%)

1 極悪非道の, 親類じゅうへ

▼ わっちら~ (2, 0.1%)

1 にとっても頼み手, 三人が

▼ わっては~ (2, 0.1%)

1 いると, それを

▼ わっははは~ (2, 0.1%)

1 かわいいね, 貴様は

▼1* [70件]

わっわっッ, わっおいてけ, わっおうふうと鼻呼吸, わっないと, わっからないの, わっきれだってりっぱ, わっこいめしだの, わっわっと, わっしじゃねえ彼処, わっしだちゃ近道, わっしだ小森の屋敷, わっしですらお, わっしなら二カペイカ銅貨八枚も, わっしのうしろに三人, わっしの剃で痛けりゃどこ, わっしの病ではない, わっしばかりじゃねえみんな, わっしみてえな者, わっしゃれ声を, わっしゃ知らねえんだ, わっしらが総掛りで浪衣, わっしわっしと重厚, わっせいてどの, わっせるがいい, わったありさまで, わったって, わったら御勘弁, わっちがお迎えに来た, わっちとらも, わっちなンで, わっちなんでげす, わっちの知って, わっちのことばかりゃいなせ, わっちのような者, わっちの力で出来ますなら, わっちの懐が見えます, わっちの眼前で皎, わっちの顔を潰しやがる, わっちみてえな, わっていはすまい, わってからは本式だった, わっての頼みに, わってるじゃない, わっといった顔へ, わっとるテレンキューばっかりに, わっなにしやる, わっはっはっなるほどそれなら臭い, わっはっはっはっは, わっはと呵々大, わっははと湧き上った, わっははという声々は, わっぱりのだぶついた胸へ番号札, わっひでえ悪戯, わっわっ, わっッ待て, わっややいっ, わっわっわっおうふうと, わっわと笑って, わっわの騒ぎだ, わっわわわわっ, わっ先生だ, わって来た, わっを着, わっ待ってくれ, わっ来やがったあぶねえあぶねえ, わっがまわる, わっが来るっ, わっ胴中めころがって, わっだッ, わっ調子の薄っぺら