青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わたくし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わけ~ ~わざと わざと~ ~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか わずか~ ~わたくし
わたくし~
~わたし わたし~ わっ~ わる~ ~わるい わるい~ ~わるく わるく~ ~われ われ~

「わたくし~」 14443, 156ppm, 684位

▼ わたくし~ (5672, 39.3%)

63 此に 51 それを 46 これを 33 自分の 28 前に 24 あなたの 20 上に, 此より 15 あなたを, 此の 14 あなたに, わたくしの 13 姑く 12 ここに 11 これまで, すぐに 10 こ, その時, 先生の, 榛軒の, 蘭軒の 9 あなたが, これに, 何の, 何も, 剃刀を, 壽阿, 抽斎の, 自分で 8 ここで, この土地, これで, 今まで, 何か, 何を, 後に, 敢て, 柏軒の 7 お雪, これらの, そこに, 急に, 或る, 曾て, 蘭軒が, 途方に 6 さう, 下に, 之を, 信じて, 妙に, 当時の, 最後に, 母の

5 [21件] いつまでも, お暇, これが, そんなこと, た, 一度も, 人の, 今これを, 例の, 其人を, 前から, 問うた, 声を, 女の, 山陽が, 思い切って, 母が, 池上が, 生きて, 知らない, 記憶し

4 [49件] あなた方が, あの人, あの方, あの時, あの男, いつもの, いよ, このまま, この時, さっきから, そこで, その間に, それから, それが, それに, とう, どうしてもこの方たち, なんでも, びっくりし, またこの, みんなに, 一人で, 云いました, 人に, 今日まで, 何と, 呆れて, 夢の, 始て, 子供の, 小さい時, 已むこ, 弟と, 心の, 思いました, 思う, 急いで, 最初から, 東京の, 母に, 気が, 池上の, 無理に, 父の, 眼を, 確かに, 童子の, 胸の, 非常に

3 [72件] あなた様の, あの子, あれを, ぎょっとし, このお, この像, この辺, こんなにかよわい, そこの, そこへ, そのとき, そのよう, その中, その頃, その顔, それだけの, そればかり, はっと思っ, もう, もうお, もうこれ, わたくしに, 一生懸命に, 二番目狂言の, 京水の, 京水池田瑞英の, 今でも, 今日の, 以上の, 傘を, 先生が, 剃刀の, 喜んで, 塩田氏の, 大急ぎで, 子供に, 家へ, 小田原の, 幸福な, 幼少の, 彼の, 彼を, 心を, 息を, 手を, 散策の, 最初の, 最早や, 朝太郎が, 未だ其書, 未だ考へない, 松田氏の, 柏軒が, 棠軒日録を, 此, 此処へ, 此書を, 池上に, 男の, 目を, 筆を, 翁の, 聞いたこと, 胸を, 自己の, 茫然と, 茶山の, 葛岡に, 蔭ながら, 進んで, 阿闍利さま, 黙って

2 [341件] あなたと, あなたに対して, あのお方, あの水兵, あの陰気, あの高い, あまりにも, あまりの, あまり困っ, あんな奴, いつに, いまこの, いろ, いろいろに, おくがた, お土産, お艶, お身, お身さま, お風呂, かう云つて, かつてこの, けっしてあやしい, ここの, ここを, このはなし, このよう, この一, この事, この作, この前, この場, この家, この寮, この年, この忘れられた, この手紙, この早い, この曲, この檻房, この物語, この白痴, この砧村, この空車, この試演, これから警察, これだけの, これでも, しんから, すっかり忘れ, その, そのこと, そのころ, その一つ, その前, その名, その声, その女, その恋愛, その手紙, その折, その方, その日, その男, その翌年, その谷間, その辺, その途端, それと, それによって, そんなもの, そんな人間, ただあなた, ただいま, ただの, たまらなくなっ, どうしたら, どうしてもお供, どうにかこうにか, どこか, どこへ, どんなにし, どんぶり持っ, なぜか, なにも, なんと云, なんにも言いませんでした, はたけや, ひとりで, びつくりいたし, ふと何, ほんた, また, またぎょっと, またそれ, またぞっと, また新しい, また更に, まもなく死ぬ, まるで夢, もうあの, もうその, もうそのまま身動き, もう人, もう寝, もう気, やつとの, ファゼーロに, 一つの, 一と, 一の, 一人の, 一種の, 一葉柳浪鏡花等の, 三十年前の, 三四十年以前の, 三津子さんと, 上の, 下谷に, 不図, 不思議な, 不思議に, 不敏に, 世間の, 中門前の, 主として洋風, 主人が, 事の, 事実を, 二三日前より, 二人の, 京に, 人が, 人を, 人車鉄道に, 人間の, 今から, 今に, 今の, 今も, 今出川の, 今少し, 今日は, 今日死ぬ, 伊沢蘭軒の, 低い声, 何うし, 何という, 何にも, 何べ, 俄かに, 保さんに, 其中に, 内心に, 初に, 初め, 初めから, 初めの, 初より, 前の, 十字架に, 占めたと, 去つて, 取るもの, 口惜しくって, 古雑誌, 右の, 和泉屋の, 哀しい太, 唯おとなしく, 唯その, 土地の, 地蔵堂へ, 墓を, 多くの, 大いにこれ, 天下の, 奥様の, 女に, 存じません, 学園の, 学殖なき, 安ん, 安宅先生の, 実家の, 客に, 家に, 家の, 家を, 容易く誤解, 小学校でも, 少くも, 少しも, 少年の, 少年を, 尚しばらく, 尚それ, 山谷の, 帰りますから, 帰ろうとは, 帳場から, 帽子を, 年も, 彼女を, 御承知, 御文, 心づきまして, 忝け, 思いますが, 思つてゐる, 思ひました, 思わずぞっとしました, 怪しい者, 恥ずかしくて, 慄然と, 慌てて, 抽斎を, 改札口を, 敷居の, 断わりました, 旅の, 既に云つた, 日本の, 早々に, 早くも, 昔の, 昨夜の, 是より, 曩に, 更めて, 曹から, 最後の, 朝から, 朝寐坊むらく, 未だこれ, 本当の, 村の, 枕に, 枯蘆の, 栄子が, 梅泉が, 梯子段を, 榛軒が, 橋の, 正直に, 此二百文を, 此書の, 此詩を, 歩きながら, 死んでから, 殆どもう, 殆ど毎日, 母上の, 毎夜下座の, 気がついて, 池田京水の, 池田宗家の, 決闘を, 涙を, 深くあなた, 清さんが, 清澄の, 渋江抽斎の, 渋江抽斎伝に, 湯河原へ, 爺さんが, 爺さんの, 牛込の, 狭い二等待合室, 猶進ん, 甚だ移り気, 生きる, 畳みかけて, 疾う, 癸亥の, 百余合の, 相当の, 相手の, 眞志屋の, 眩暈が, 眼が, 眼に, 知らなかつた, 知人の, 石に, 石の, 磯屋の, 礼を, 神田の, 穢い心, 竊と, 笑いながら, 簡単に, 群生を, 老人の, 考えます, 聞いて, 能く, 腕を, 自然の, 良人の, 良子刀自の, 色彩が, 芝の, 菅茶山の, 葛岡と, 葛岡の, 薙刀を, 蘭軒歿後の, 見て, 見るとも, 覚えず愚痴, 言葉を, 訊きました, 試に, 詩を, 誓って, 読んで, 賤しい, 走せ寄りまして, 足に, 躊躇せず, 身を, 近所の, 逸作に, 逸作の, 遊廓を, 里恵の, 重荷を, 門の, 陛下の, 雛妓が, 雛妓に, 雪が, 頓首し, 風呂敷包を, 風鐸にまで, 首を, 香以の, 驚いて, 黙して

1 [3785件 抜粋] ああこの, あっさりと, あなたさまを, あなた樣の, あの大通寺, あの深, あの笛, ありったけの, あれで, あゝとうとう, いきなり立っ, いたはる側, いつぞやお, いつまで, いつも人, いつも申しあげます, いまこころから, いま手もとに, いよいよ怖く, うごけません, えらんだの, おじぎしました, おびえる, おやこんな, お内儀さん, お姫さまの, お引受け, お起し, お願, かう思惟, かじ取りに, かつて想像, かなりひどく, かみなり様, きっとこの, きょうまでも, けさきや, こういいまし, こうした百足虫, こうなる, こう答えたい, ここらを, このお話, このさきいつ, このクラブ, この久しぶり, この八十三, この報道, この学校, この弟め, この手, この村, この湫路, この番頭, この聖観音, この記事, この金, この青年, これからさき, これから帰ります, これぞまことに渡り, これより, こんなにたのしく, こんな淋しい, ご子息レオポール君, さっきあなたに, さんざん夜店, しばらくその, しゃみせんの, すこしむっとし, すべての, そういうもの, そうで, そう諦め, そっと抜け, そのし, そのま, その不幸, その何, その品, その娘, その後から, その日地図, その歌, その煙, その畫, その童子, その苦しく, その譜, そもそもかく, それには, そろそろ安心, ただいま書く, ただ名誉, ただ父, ただ風采, たとえ西洋, たれにも, ちやんと, ついうかうか話, つめたくわらつた, とうとう無断, とって, とやかく言う, どうしてもさう思はない, どうせ変り者, どうにも腑, どうも駄目, どこまでも, どのよう, どんなに幸福, なおも母, なぜこれ, なんだかぞっとしました, なんだか蒸し, なんにも申さない, はいらないよ, はつきり眼を, ひごと, ひどく気分, ふしぎなよろこびにとざされています, ふと寿女さん, ぶるぶる震え, ほんとうに, ぼつぼつネルスキー特使閣下, またかさね, またむやみ, また両方, また官能, また空気, また覊旅, まだあの, まだまだ勉強, まだ先, まだ父, まだ見る, まるで時代, みんなにも, むしろかん, めん喰つた, もうと, もう二千年, もう十何, もう大, もう帰らなけれ, もう死ぬ, もう行っ, もし当時, もとより門弟中, やがて幕, やっと気, やはりお, ゆうべ初めて, よく椿, わざと意地, わらいました, ココミミという, スピードの, デツクの, マクシーモフです, モーニングでばかり, 一たいどう, 一体この, 一向不案内, 一度落合の, 一時外へ, 一眼見, 一週間ほど, 万千代さま, 三度目の, 上陸した, 下谷浅草の, 不断倅共の, 世界一切である, 並み並みならぬ, 主人カラバ侯爵からの, 乙亥の, 二こゑのくゎくこうを聴く, 二年間あなたの, 二首を, 交, 京都から, 人通りまばらなる, 今ここで, 今その, 今バード, 今夜も, 今後の, 今日に, 今朝は, 今立っ, 他に, 以前古い, 伊沢信平さんに, 会津屋へ, 何が, 何だか言いそびれ, 何となく残忍, 何とも知れず, 何事に, 何時もお, 余り狂歌, 侍従大納言殿の, 俄に, 修道院長の, 偉いと, 側で, 偶然東都歳事記に, 先ず, 先づ其後の, 先刻茶を, 先祖を, 入らずに, 全く誇張, 六時間の, 其供廻の, 其娘に, 其時も, 其詩を, 内へ, 再び女, 再び眼, 冷たいの, 出来るはず, 切角尋ね, 初めて笑い, 初め榛軒が, 別でし, 刻一刻に, 前述の, 加賀の, 勿論今後, 医者に, 十余年前井上唖々子を, 十四年或, 卒に, 博羅に, 去年の, 又困っ, 又赤荻由儀, 取らない, 叛逆者の, 古来の, 只今最初から, 只里恵, 吉良と, 名前が, 呉の, 和服ばかり, 唯びっくり, 唯此, 善八と, 嘗て, 嘗て正堂, 四辺はばからず, 国際病院に, 圭輔の, 地蔵坂の, 塩田と, 墨汁師に, 外から, 夙くから, 多少心, 夜どおし可, 夢中に, 大変興味を, 大田南畝が, 天にも, 太陽である, 夫婦乞食には, 奥へ, 女中の, 好きです, 妻として, 姓を, 嫌いである, 子どもの, 存じ及びませんでした, 安房へは, 宗谷海峡を, 実はこう, 宿痾に, 寒さ, 寡婦に, 寺参りに, 尋ねるの, 小村雪岱さんと, 少々焦れ, 少しはしゃいだ, 少し歩調, 少年が, 尚二三書物, 山は, 岡君の, 左うい, 巽小, 帚葉翁と共に, 帰らずには, 常泉寺に, 年が, 幼児川原に, 床の, 弁天堂の, 弟の, 強い声, 当時これを, 彼女達と, 後より, 御仏, 御身様が, 心から懺悔, 必ずしも頼氏, 念晴し, 怖いもの, 思いきって, 思つた, 思わずうそ, 思わずつぶやいた, 思わず立ち停まっ, 急がなければ, 恐れて, 悪魔なんぞ, 惟正確なる, 意を, 感じますので, 慧琳音義が, 我ながら, 或日旗本伊沢, 戸山ッ原の, 手付仕方で, 折々四, 招魂社境内の, 振返るの, 推敲の, 支那の, 教師を, 文久元年酉歳の, 断乎として, 旅程表や, 既に文壇, 既に第, 日和下駄を, 旧習に, 明治元年の, 昔手に, 是は, 時分は, 暇乞を, 暫く看経, 書き足りない部分, 曽て, 最初雇われた, 朝飯を, 未だ寓目, 未だ詳, 本当に不精, 朽廃した, 東京で, 枕には, 柏軒先生に, 格別に, 棠軒が, 棺を, 楝軒詩集に, 榛軒詩存中より, 橋場まで, 歌の, 正月と, 此を, 此人の, 此家を, 此年十二月十日に, 此年文政七年の, 此推測を以て, 此書後に, 此系図と, 此詩の, 此首に, 歴史の, 死を, 殊に人, 母と, 毎夜怠らず聴き, 毎日を, 気の, 気落ちから, 汗も, 池の, 池田錦橋の, 決して悪事, 沙翁の, 泣く泣くお, 津の, 浅草の, 海より, 深川で, 渋江伊沢等諸, 源氏物語を, 漸くに, 烈しい恐怖, 無条件に, 無駄骨を, 熟く, 爺さんに, 物心づい, 特に杏坪, 独身の, 猿に, 現世を, 理由に, 生きながら, 生涯忘れる, 町は, 略抽齋の, 病床で, 白々しくも, 百日の, 盗賊に, 直にその, 相変らず, 真菰を, 眺めの, 知つてゐる, 知ること, 祇園の, 福島県の, 種田先生が, 突然セメント, 立って, 竹生島へ, 第一茶山, 答へて, 粕壁の, 素直に, 経音義の, 緑の, 罪人でございます, 羞恥の, 老婢が, 耳に, 聞知しない, 肯きませんでした, 脚下の, 自ら, 自分では, 自宅の, 臺所の, 艦より, 花火の, 苗木を, 苦痛を, 茶人や, 荷物を, 葛飾を, 蒼夫さんを, 藤村さんの, 蘭軒詩註の, 行かせて, 行司を, 西洋に, 見ました, 覚めた意識, 言い交わした仲, 試験を, 説郛以下の, 諸君と共に, 豫て, 貴兄の, 贋唖が, 起き上がりたいの, 足を, 躓いて, 辛巳の, 近年市街と, 追いかけて, 透さず, 遂に海, 道中韻をば, 遠慮しなく, 郷人に, 釈然と, 金を, 銃声と, 錯り聞いた, 門前払いを, 関定という, 隆夫の, 雑木四五本の, 雲岡の, 霞亭に関する, 鞍馬山の, 頭が, 題簽を, 風呂場へ, 食わずに, 馬車から, 驚き, 高く呼ん, 鳥取県の, 黄泉の

▼ わたくし~ (2746, 19.0%)

47 ような, 顔を 23 ために, 家の 22 方で 21 心に 18 手を 17 家へ 16 心は, 所へ 15 ところへ 14 身に 13 心の 12 事を, 前に 11 手に, 眼に, 眼には 10 ことを, 家に 9 中に, 名を, 方を, 眼の, 胸の 8 家を, 心を, 方から, 方に, 胸に 7 上に, 姿を, 母の, 父は, 知って, 耳の, 記憶に, 身の, 部屋の, 頭の 6 ためには, 一生の, 兄の, 家は, 方へ, 目に, 目を, 耳に, 胸を, 身体が 5 ことは, 口から, 実家の, 手許には, 方でも, 申す事, 眼を, 考へでは, 耳には

4 [36件] うちの, こころは, 以て, 依怙, 名は, 夫は, 好きな, 姿が, 娘を, 子供の, 家では, 家には, 手で, 手許に, 推測は, 方が, 方は, 曾て, 父が, 父の, 生活の, 生活は, 眼は, 知つてゐる, 肉に, 肩を, 胸には, 胸は, 腕を, 袂の, 見る所, 話は, 身は, 身を, 身体は, 部屋に

3 [43件] いたして, うちに, からだは, ほうから, ほかに, ものに, 一人息子で, 一家は, 事は, 体に, 傍へ, 内から, 妹が, 家と, 工面の, 店に, 後に, 悩みを, 所に, 所蔵の, 手元には, 新に, 方の, 方も, 此に, 母が, 気が, 気の, 気持が, 気持は, 癖で, 立場が, 考えでは, 考では, 肩に, 記憶する, 話も, 詳に, 身には, 身の上に, 頼んで, 額に, 顔に

2 [179件] あとを, いたした事, いのちは, いもうと, いる檻房, うしろを, おはなし, お屋敷, お師匠様, お役, お話は, からだなどは, からだの, からだを, けなげないもう, こと, この頭, そばから, たった一人, でございます, です, はあなた, ほうの, ほうは, ほんの虫, やうな, ように, 一存で, 中なる, 乞食の, 云うこと, 人生の, 人相を, 体が, 体を, 倅の, 全身に, 前へ, 前を, 力では, 力に, 友人を, 叔父について, 同意を, 問いに, 堪忍は, 声は, 声を, 外には, 夢に, 夫です, 女の, 如きは, 如きもの, 姓は, 子どもの, 子に, 子の, 子供も, 字だ, 宅へ, 家が, 家で, 家へも, 宿へ, 尋ねるお雪ちゃん, 小屋の, 小屋は, 左の, 左を, 差上げました御, 希望を, 平和が, 店の, 店へ, 影を, 従妹の, 心が, 心より, 思って, 性には, 恋愛を, 悩を, 意中の, 愛する男, 所感を, 手元に, 掌に, 推測する, 敢て, 敬愛する, 文は, 旧著, 書を, 最近の, 最高の, 望みは, 未だ知らざる, 枕もとへ, 歩みは, 歩みを, 殺したあの, 母は, 母を, 気持に, 汲みあげるバケツ, 為めに, 父と, 父なども, 父母に, 獲た所, 生きて, 生命は, 生涯には, 生涯を, 発意では, 目の, 眺めて, 眼から, 知らざる所, 知らないこと, 知る所, 短歌作品は, 福田氏に, 立って, 粗忽で, 罪かなんぞの, 考えを, 考である, 考ふる, 耳は, 耳を, 聞きましたところ, 職業にも, 背後の, 胎内に, 胸にも, 能く, 腰から, 腹に, 自由で, 若い時分, 蔵し, 行く手に, 表情を, 袂を, 見る処, 視角の, 観察の, 解説に, 言うこと, 言う通り, 言はむ, 言を, 詞を, 詩の, 話が, 談は, 足を, 身にも, 身体に, 身体の, 述べようと, 逃げ出して, 邪推かも, 邪推でしょう, 部屋で, 部屋と, 霊は, 霊を, 額の, 顏は, 顔が, 顔には, 顔色を, 願いを, 饗庭篁村さんに, 魂を, 黄いろな

1 [1486件 抜粋] あいた方, あと継ぎの, あやまりどうぞ, ある部下, いい相手, いおうと, いのちの, いふ通りに, いもうとを, いるのに, いる窓, うたの, おとっつぁん, おぼえて, お出入り先, お小姓, お胎内, お金で, お願, かげ, かつて見た, からだな, きて, こきょう長浜, こちらへ, ことで, ことについて, ことも, この, この口, この心, この気持, この胸, この顔, こんな追憶記, さだめを, すぐれなかつた健康, せがれで, そそうです, そばへ, ぞんじ上げるところ, ためこの, ため父親に, つくった蝗, つれて, では有りません, ところなぞ, ところは, どこかの, どんなちひ, はどぎつい酸っぱ, は母方, ふだん決して, ほうです, ほうへ, ほかの, ほしいの, まだ居残, まなこを, まわりを, もって, もので, ものは, ものを, やうに, らしいけれども, わがま, わざと, アパートに, ガラスの, コートまで, ハンドバッグの, ヒアシンスを, 一人娘わたくしは, 一存にとり, 一家も, 一座の, 一族は, 一生に, 一生涯には, 一番幸福な, 一顧の, 上着の, 上高地の, 不心得の, 不調法でございます, 両腕, 両親も, 中の, 主として知ら, 主人でございます, 主人に, 乏しい見聞, 乳母の, 予想し, 事で, 事情を, 二葉亭氏から, 云ひました, 亡くなった妹, 亡父には, 京水研究は, 人並ならぬ, 仇でございます, 今問題, 代理人を, 休校に, 伝ふる, 伝記を, 住まいを, 住居は, 体は, 何處が, 作る火, 作品全体に, 來た, 信条の, 倅新之, 健康性癖境遇それらの, 側を, 傍に, 働きを, 兄でございます, 兄めが, 先へ, 先生に, 全存在, 全部を, 内を, 出入り場です, 出逢ったの, 分まで, 切に, 初めて見た, 到らなかった責任, 創作慾が, 力で, 功を, 勘の, 勤めでございます, 十六歳の, 博愛的な行ない, 参詣した, 友人で, 友人等は, 叔母いま申しました, 取入日, 受持ちに, 口からは, 口上と, 句を, 只今申した, 右に, 名が, 名の, 君を, 味噌を, 呼吸を, 命は, 咽喉を, 唇は, 商売が, 問ざまが, 問題は, 喧嘩ばかり, 嘆きの, 囲り, 在学中には, 境涯に, 墓表の, 外六人つていふ, 夜の, 夢までを, 大事は, 夫が, 夫なども, 夫婦生活の, 女でございます, 女を, 好みと, 如きとかく, 如き時運, 如き間人, 妻たるべき, 妻なども, 妻は, 姉の, 姪で, 姿も, 娘でございます, 子て, 子どもたちが, 子分の, 存在に, 宅で, 官覚に, 実子同様に, 実母と, 家からも, 家とは, 家内であります, 富士川游さんに, 寝床に, 寮から, 将来については, 尋ねて, 小さい同姓, 小さい身体, 小屋まで, 少し先, 少年時代の, 居どころが, 差図通りに, 師岡の, 常識なき, 年が, 幸福という, 幼字で, 度々見た, 庭と, 強調したい, 役割は, 往々街上, 待つて, 後へ, 御奉納物, 心から, 心でした, 心なし, 心事は, 心得違いから, 心持が, 心象は, 心願を, 志その, 忘れたところ, 思いあやまりで, 思い過しも, 思ひ違, 思索は, 性質に, 恋も, 恐ろしい落度, 恩を, 悩みの, 悪かつ, 悲しみの, 想像した, 意中に, 意志は, 意見も, 意識を, 愛人に, 感じた事, 感受能力は, 態度を, 憂慮も, 懐ろへ, 懺悔ながらに, 我儘が, 所謂誤謬は, 手なみを, 手の, 手並に, 手助に, 手療治が, 手首から, 技倆で, 投げかける流眄, 持って, 指ひとつで, 指紋を, 掌中に, 推測では, 政府は, 教訓画として, 数多くの, 文を, 方であった, 方まで, 既に屡云つた, 日頃の, 旧学園友達, 映像に, 暗い情炎, 曽祖父にあたる, 最も遺憾, 有りの, 望む程度, 未だ考へぬ, 未見の, 本意を, 来ること, 来訪を, 枕は, 架上に, 株こちらの, 案が, 検証いたしました, 様子に, 横町を, 次に一言, 歓心を, 正直な, 此年嘉永壬子の, 此疑を, 此証左を, 歩きかたは, 死がいは, 母だけは, 母も, 毎日の, 気もちも, 気分の, 気分を, 水前寺に, 求める諸行無常, 池上との, 汽車は, 泊ること, 流眄の, 浅果, 涙の, 渇きを, 漠然たる推測, 為に, 為めには, 無断の, 爪音が, 父でございます, 父などでも, 父も, 父大國主の, 物で, 犬が, 犬は, 狭い見聞, 現世の, 琵琶を, 生れた日本橋, 生れ故郷なる, 生んだ子, 生命に, 生家の, 生活には, 用に, 申したこと, 申すこと, 画とを, 畑は, 留守中室の, 番に, 疑を, 病気, 病気を, 發見である, 盃へ, 目と, 目中の, 相変らず, 相識る, 眞志屋文書より, 真実の, 眼からの, 眼にも, 着物を, 知った所, 知り合いの, 知る範囲, 知人で, 知恵では, 石面を, 祖母から, 神経に, 私案に, 秘密を, 稿本は, 立つ道端, 竹生島詣では, 第一, 筆癖と, 簪が, 精神の, 約束した, 細胞に, 結婚という, 続貂の, 縄張り内です, 美しい夢, 老いたる, 考えて, 考えは, 考え違い, 考に, 耳目に, 聞き及びは, 職業については, 肚の, 肩は, 肱を, 背中に, 胸が, 胸中には, 能楽道楽な, 腕と, 腸を, 臂を, 自由である, 自由は, 興味を, 良人です, 良人も, 若いとき, 茶の, 荷も, 萎びた袖, 薦めた志村, 藝術的經驗が, 血の, 血脈に, 行ったとき, 衣裳の, 袂は, 見ただけを, 見た最古, 見ましたの, 見検めるまま, 覚えた不安, 親戚の, 親類の, 観察も, 言い方の, 言ひたい, 言葉と, 言葉は, 記事には, 訪ねる家, 許に, 証文を, 詩で, 詩技そのものが, 誕生日にも, 誤りでございました, 説明によって, 誰だ, 識る, 責任だ, 質問に, 赤んぼうを, 足は, 足音を, 身が, 身の上から, 身の上は, 身をも, 身内に, 身心が, 身近かに, 辛さ, 近所の, 近頃書いた, 退屈を, 逗留し, 連合いは, 運命は, 道楽が, 遺書を, 邸です, 部下でございます, 部屋へ, 郷里の, 錦橋の, 鑑札が, 間も, 閲した系譜, 隣に, 難ん, 雲嶺の, 青春を, 面目が, 項にも, 頭が, 頭脳の, 頸に, 額と, 顏の, 顔かたちは, 顔とを, 顔ばかり, 顔付きを, 飛んでも, 養女と, 首すじを, 馴れ親しんだ土地, 骨, 髪が, 鬚は, 魂が, 魂は, 黒いしゃっぽから

▼ わたくし~ (1211, 8.4%)

6 自分で 5 ここへ, これを, それを, 子供の, 悪かった 4 あなたの, あなた様の, 代って, 御案内

3 [12件] あの人, ここに, 何か, 始めて, 悪いの, 悪うございました, 暮れてから, 気を, 父に, 父の, 疲れて, 見て

2 [68件] あなたと, あなたを, いいよう, いたします, おせい様, お怨み, お金の, このよう, この世に, この文, そこで, そのよう, そんなこと, みんなの, 一緒に, 今宵の, 他の, 仲橋の, 何と申, 何の, 使はずに, 信じて, 初て, 初めてこの, 初めて尋ね, 前に, 勝って, 勝つこと, 十四の, 口を, 好い加減な, 家を, 寐て, 帰って, 弱冠の, 彼の, 思い切って, 急いで, 扶け, 持って, 掃墓に, 探偵談に, 散歩した, 最初に, 東京を, 桃花坊へ, 樺太の, 橋場へ, 死んで, 殺したの, 母の, 水先案内を, 池田京水の, 無理に, 申しました, 疑ぐるの, 病気で, 病気の, 直に御, 相国寺の, 知って, 立って, 自分の, 貰いの, 身を, 重々の, 饗庭篁村さんに, 鮨の

1 [992件 抜粋] ああし, あとで, あなたでしたら, あなた様に, あのとき, あの木蔭, あの興行, あぶなくその, あやめたので, ある夜, あれから, あんまり元気, いい着物, いけなかったん, いたしましょう, いたずらに, いっそ中, いって, いつまでも, いつも感じ, いまごろこんな, いやわたくし, うしろの, うらやましかつ, おさせ申したこと, おそろしい二十面相, おぼえでも, お伴い申しましょう, お供を, お受合, お園, お尋ねの, お届け, お形見, お暇, お登久, お計らい申し, お話し申しあげる, お迎い, お酌, お雪, お風呂, かくも, かつてあなた, かような, きょうこちら様へ, けっして嘘, こういっ, こうして耳, こう申す, ここを, ことさらに, この人々, この家, この寺, この琵琶, この砦, この言葉, この青年, これから申し述べます, これに, こんどの, こんな夢, さいぜんあの, さきに, さよう, したこと, して, じぶん, すぐさま立て続け, すこしあきれ, ずっと育った, そういう変態, そっちを, そのありがたい, そのとき危難, その中, その使い, その割烹旅館, その境界, その年, その指, その本人, その酒石酸, それだけの, そんな時あなた, そんな気, そんな魔法, た, たった五日目, たって御, たま, だんだん説得, ちゃんと着込んでる, ちょうどある, ちょっとでも, ちょっと眼, つ, どうしてあの, どうしても不思議, どうしよう, どう致しまし, どこまでも, どんないや, どんなに上手, なおも委しく, なぜ黒田, はしつて行つた, はたらきながら, はつきりその, ひどく苦労, ひまな, ふつつかな, ふと気がつい, ふりかへ, ほの, ほんの心あたり, まいりましょうず母上, また何とか, また語る, まだとし子, まだ存在, まだ若年, むりをいってやっと, もうあの, もしそれ, ものを, やはり勝ったでしょう, やる仕事, よく仕置き, よく知っ, りゅう宮を, わざわざ廻り道, わたくし自身を, イリューシャを, サブリ小屋に, ダイアモンドを, バスで, ラディオの, 一々説明, 一しょに, 一人だけ, 一人に, 一人之を, 一件を, 一日に, 一番う, 三つの, 三十三の, 三味線を, 三田を, 不具者である, 不思議に, 不注意な, 不義を, 与助を, 世話に, 世話を, 中学生の, 中村不折さんに, 乗り馴らしました, 事実目撃した, 二人を, 二十二の, 二度目に, 二階の, 云つた, 云ひました, 五雲様に, 京都に, 人に, 人前へ, 人恋しがる, 仆れた, 今すこし, 今まで, 今世界, 今度池上に対して, 今晩町を, 今預つ, 仙人掌に, 代つて脈, 代理で, 以前の, 会わないこの, 伺って, 体例と, 何でいといましょう, 何度も, 何者である, 使ったもの, 例の, 信じてるという, 俯向い, 健康だ, 偶然枯蘆の, 傷口を, 元気を, 先ず住職, 先に, 先生を以て, 先輩知友に, 入ると, 全く実, 八橋を, 六波羅時代に, 其名を, 内々お, 内緒で, 写真器と, 刀自の, 初めてここ, 初めてオペラ館, 初めて師匠, 初めて自分自身, 初めて西田幾多郎, 初めに, 前記の, 加えられて, 加へ, 勝手に, 勤めるはず, 十三に, 十二の, 十六七の, 半ヵ月ほど, 半吉, 卑怯な, 去らうとして, 参ります, 參上し, 反復し, 口に, 只愛, 叱って, 名前さへ, 哭きわめいて, 唯一言, 善八と, 嘗て魔界, 嚥みましょう, 四日ほど, 困りますでございますよねえ, 土耳古の, 地蔵堂の, 執拗に, 墓を, 外に, 多少なりとも世間, 多少心得, 多那川について, 夜竊に, 夢に, 大ぶ, 天国へ, 奥へ, 女である, 好きで, 好んで, 姑く, 婿を, 子供心に, 学生として, 安心も, 宗の, 宝の, 宵の口に, 家へは, 家老の, 富士川氏に, 寮に, 小娘の, 小学生の, 小幡家の, 少くも, 少しばかり, 少なからぬ, 少年へ, 少時の間, 居間に, 山へ, 山祝いを, 岡の, 峯の, 川や, 巣鴨に, 差当の, 巴里の, 市民諸君の, 師匠を, 帰ったこと, 帳場へ, 年十九の, 年月に, 幼年の, 広い縁側, 座頭役で, 引き受けて, 強いの, 弾くなんぞと, 役所の, 後に, 後ろについて, 後見役に, 御主人, 御奉公, 御当地, 御物の, 心に, 忘れても, 怖ろ, 思量の, 恥と, 悩んで, 悪う御座いました, 惡う御座いました, 意気地が, 意識し, 愛して, 感じて, 感謝の, 懐しいと, 成長した, 或日偶然六阿弥陀詣, 所長にも, 手と, 手伝って, 手当てを, 払いできずに, 折々小石川, 折り入って, 招かれて, 捕えて, 捜査に, 掃部宿へ, 控えて, 推量には, 摘んだ時, 擬態で, 数年間, 文学を, 新しい手, 日本の, 早くから抱かされた, 早く押さえた, 昨夜泥酔し, 更にねつく, 書斎に, 最初あなたに, 月を, 望んだの, 期待し, 本当に回復, 来かかったので, 来る, 松島さんの, 柏軒先生の, 框に, 案外冷静, 検束の, 横浜へ, 止めるの, 正面から, 此の, 此処を, 此方を, 死にましたらこういう, 死を, 死んだら時々, 死刑を, 殺される運命, 殿上に, 殿様の, 母代わりに, 氣ち, 汚い着物, 決心した, 洗濯物を, 浮かばれません, 深い興味, 渋江氏の, 溝の, 澀江抽齋の, 火焔の, 父兄を, 片附い, 物ご, 物を, 狐に, 独居の, 猶愚図, 玄関の, 現在お, 現在出会つたのでございます, 生れて, 生糸商の, 申さずとも, 申しあげるまでも, 申しましたら美津子さん, 申しましょう, 申しますと, 申す迄も, 町の, 畢生の, 病弱な, 病気ででも, 痴でも, 発った時分, 発作で, 皆さま方の, 目を, 直接に, 真心を, 眼で, 矢先にかけて, 砂町の, 社長に, 科学者である, 突然曲者ッ, 立っても, 童子に, 篁, 粗末ながら, 精しく山陽, 紋作を, 結婚する, 継ぎました母, 罰すること, 聞けば, 肩にかけ, 背負わされました, 臆し, 自分は, 自身に, 致します, 船河原町へ, 花川戸へ, 若い男, 苦笑します, 菊塢の, 藝術よりも, 蘭人短命より, 虚礼に, 融通を, 行くと, 衣食に, 褒めると, 西瓜や, 見えるかね, 見たの, 見つけ出して, 視たところ, 触知, 言ったの, 計らって, 訪ねるその, 許しません, 話す乞食, 誤解し, 読んで, 象徴主義に, 責を, 貸して, 貼物, 起きて, 踊りを, 踏ん込んだ少し, 身體を, 近よって, 近所の, 述べるよりも, 退屈し, 逆立ちを, 通途の, 連続し, 遂行いたしました, 過去や, 遠慮する, 邪魔した, 都風に, 長官との, 長谷川二葉亭氏の, 開いたという, 関五郎と, 降りませんでも, 陰険な, 雑誌此花の, 雪に, 電報配達人の, 青ぐらい, 頂戴しました, 頻りに止むるもきかず, 飛び込んで, 館近くに, 香以の, 驚いたの, 鮨売に, 鰻に, 鷲に, 鷺市会館の

▼ わたくし~ (794, 5.5%)

7 それを 5 かねて, それに, よくは, 心配し, 知って 4 最初は, 気が, 途方に

3 [11件] そう思います, そこまでは, わたくしの, 先刻から, 及ばずながら, 呆気に, 子供の, 承知し, 生きて, 聞いて, 蔭ながら

2 [37件] あとから, これを, そう言われ, そこに, その御, その絡繹, それと, そんな気, ぞっとしました, どうしていい, びっくりしました, まことに困ります, よく存じません, 一度見物, 一生懸命で, 今それを, 今日の, 何か, 先ずそう, 先生の, 初めは, 口を, 困りました, 地面の, 大分小さな, 天気に, 母親も, 気を, 申すこと, 確かに, 立会人を, 続いて, 自分の, 行きたいわ, 見たの, 覗いて, 驚いて

1 [643件 抜粋] あなたがたを, あなた同様暫らくも, あのなか, あのよう, あの人, あの地方, あの後, あの日, あの若木, ありがたいもの, ありのままを, あるきみんな, ある場合, あれから, あれほどの, いくらか心, いただきまする, いつた, いますし, いま帰ろう, いや小野塚家代々, いよいよ困り果てました, いよいよ覚悟, いろいろ心配, うその, うちつともこはく, うちで, うなにやら, うろたえずには, おいい, おまえさんの, おめおめ引き取る, お仕え申しますまい, お供いた, お供に, お供を, お師匠さま, お手伝いを, お救い, お母, お水, お笑いぐさ, お花見, お連れ, お雪ちゃんが, お霜さん, お頼み, お願いします, かう成りましては, かなり疲れました, かの女, がっかりし, がっかりしました, きょうの, きらひに, こ, こういう静か, こうして御, こう成りまし, ここに, ここへ, こころじょうぶです, こつちの方, このシャッポ, この世には, この作, この宿舎, この男, この話, この通り気, この道, この頭, これが, これより, こんどの, こんなお婆さん, ごいっしょ, ごいっしよ, ご挨拶, さう, さように, しまいは, じつはいぶかしく, すきな, すぐに, すこしあたりたい, すっかり朗らか, ずいぶん本気, ずいぶん目, せめてこの, そうします, そうじゃ, そうな, そう思う, そう思っ, そう思った, そこで, そっちを, そのお, そのこと, その上, その事情, その人たち, その人達, その墓, その心構え, その方, その晩, その會合, その本, その煩累, その草双紙, その誓い, その通, それから, それから初めて, それでなんだか, それほどには, そんな物, そんな話, ぞんじて, だいぶ過しました, だまって, ちっとも知りませんでした, ちっと考え, ついいい, ついて, ついて行かう, つい長廣舌, でる, どういうわけ, どうかきるなら, どうせ覚悟, どうなる, どうもこんなに魚, どこかへ, どちらかと, どんなに有難く勿体なく, どんなに気丈夫, なぜか, なにか自分, なるたけ見物, なんだか可哀そう, なんだか忌々しく, なんとなく, はじめてこの世, はっといたし, ひどい荒れ, ひょんな顔, びっくり致しました, びつくりと, ふともと, ほっとしました, まあほっとし, まことに困りまし, まごつかない, またあれ, またうなづく, またお, またこの, またねむりたい, また彼, また旧, まだその, まだ堺, まだ年, まっすぐに, まるで夢, みんなの, むろん冗談, もうあきらめ, もうお前さま, もうやけくそ, もう三度, もう何処, もう十七, もう十八歳, もう参りたく, もう堪忍, もう必死, もう放っ, もう諦め, もう黙っ, もしあちら, もはや三年あまり, もらい泣きを, やっと二十六, ゆつくり, よく方々, よく知っ, よもやと, よんどころなしに, わたくしなりの, わたくしも, ゾーッと, フランス語で, ブロッケンへ, ホンノ, 一つお供に, 一つ大, 一度お目見得, 一度なら, 一度新橋演舞場, 一度見た, 一度近所の, 一旦は, 一時は, 一時逃がれの, 一杯いただこう, 一番で, 一種の, 一緒に, 一遍外で, 丁度その, 丁度通過し, 七之助さんを, 下谷に, 不孝者で, 不安心で, 不憫と, 両方の, 両親は, 主人も, 乗らうとして, 乗ろうとして, 予て知つて, 二の矢が, 二十年ほど, 二十歳の, 五ヵ月がかりの, 五年級から, 亦お礼, 亦忙し, 人が, 人の, 今さら変, 今だに, 今は, 今年の, 今日用事が, 今茶山と, 仕舞いには, 伸び上がって, 何かと不安心, 何だか不安心, 何だか変, 何だか悲しく, 何だか気, 何だか気味が悪く, 何事かと, 何分不案内, 何本と, 余の, 係り合いですから, 信仰の, 傍から, 元は, 先度の, 先生我慢し, 先頃の, 共々に, 其まま黙っ, 内々よろこん, 内々覚悟し, 出て, 出来るもの, 初めから, 初めて女, 別懇の, 前から, 加勢を, 勤めようも, 北, 十九年が, 十六に, 厄介払いを, 厳重に, 参考の, 又つづい, 叔父に, 取りあえず悔み, 可哀そうだ, 同じくこの, 同じく旅, 呆れて, 唯黙っ, 商売柄こんな, 嘘か, 困って, 困ります, 国の, 国もとから, 夙く知つてゐた, 多少は, 多年御用を, 大人びて, 大抵の, 大方そんな, 奥さまを, 奥様には, 奥様の, 女でございます, 女中たちも, 妻としての, 子供心に, 子分どもを, 存じません, 存じ寄らなん, 学問の, 安心し, 安心を, 実におどろきました, 実にがっかりしました, 実にびっくり, 実に当惑, 実に驚きました, 実は恵瓊どの, 寒さ, 将軍と, 小学校の, 少しく驚かされました, 少しも, 少し不思議, 少し倦ん, 少し思い付いた, 少し案外, 少し気持, 少し覚え, 少し起き返っ, 少し驚いた, 屈みました, 嶺松寺という, 左様かと, 左様存じまする, 幼い頃, 幾たびか, 幾分か, 度を, 引っ込みが, 引っ返して, 引返して, 当然の, 影で, 役目の, 後学の, 御招待, 御用の, 御近所, 心から念じ, 心が, 心ならず, 心に, 心配で, 心静かに, 忙が, 忙しい体, 怖いの, 怖ろ, 思いやりました, 思う, 思って, 思わず, 思わず立っ, 急ぎました, 急に, 悦びます, 惡う御座いました, 意見してやろう, 感じたこと, 慌てて, 慾が, 戻る, 手伝ふこ, 打っちゃって, 承は, 承知しません, 探して, 敏雄を, 救われたの, 数間離れた, 新らしい, 新大橋を, 新張眉香子です, 既う, 既に気がつい, 日露戰爭の, 日頃から, 早晩遂に, 明日は, 明治大正の, 暫く団子坂, 最前から, 有合, 有合う, 本当にびっくり, 本気に, 東京会館の, 楽しみに, 様子を, 正面から, 此処を, 此手紙の, 此横著者の, 武士を, 武蔵先生の, 死を, 母も, 母や, 毎日よっく申しきかせ, 毎日毎日張り合いあっ, 毎日毎日張り合ひ, 気に, 気にも, 気の毒に, 気は, 江戸時代に, 決して他人, 決して強い, 油断なく, 泣きたくなりました, 泣きました, 涙ぐまれて, 無論その, 無論御, 焦れったくなっ, 父に, 独身で, 生きかえったよう, 生の, 男であります, 町の, 疲れました御免, 病気見舞に, 登ります, 皆さんの, 皇祖神の, 直ぐに, 相合傘には, 眠りに, 睨んだの, 知らず, 知らない, 確かな, 立上つた, 竦んでばかり, 笑いながら, 笑ふ, 等閑には, 精を, 素人で, 考えて, 聞いたこと, 聴いて, 能く, 腰折れ一首詠み, 腹を, 自分が, 舞台では, 良人の, 花壇を, 英語でも, 茶碗の, 草の, 落着い, 葛岡と, 薄々察し, 薄うす, 行き着きかねますて, 表へ, 見たこと, 見物に, 言いました, 訪ねて, 詳しい話, 諸行無常に, 識って, 警句でなく, 豆太郎も, 路で, 路でない, 身を, 迂濶, 近日お, 通りかかりの, 通りがかりに, 違いません, 釣り込まれて, 長らくお世話, 随分これ, 難儀な, 雷が, 面が, 面目を, 音楽の, 顔を, 馬鹿で, 馴れて, 騒ぎだしましたら騒いでは, 驚きました, 黙っては

▼ わたくし~ (629, 4.4%)

15 向って 7 取って, 取っては 6 しても 5 声を, 書を 4 それを, とつて, なんの, 取つて, 向かって, 教えて 3 代って, 任せて, 何か, 挨拶しました, 教へて, 見せて

2 [30件] あてたもの, いわせれば, おじぎしました, お任せ下さいません, お前の, お暇, お渡し, お申, かう云, こんなこと, それだけの, たのんだの, ついて, わたくしに, 云いました, 何の, 何を, 借した書, 免じて, 御用が, 托せられます, 教ふる, 渡して, 聞かせました, 自分だけの, 訊きました, 話して, 返して, 隠して, 音信を

1 [482件] あてた継子さん, あとさきの, あなたが, あなたの, あの時, ありありと, あります, あるかを, あるという, あるの, あれを, あんまり勿体ない, いくらかの, いたしましても, いただかして, いただきたいの, いつしよに, いつた, いわせると, うまくつとまる, おかまいなく, おさげくださいまし, おっしゃいましたそれに, おっしゃるので, おつなぎ, おぼろげながら, おまかせくださいまし, お任, お任せおき下さいます, お任せおき下さるまい, お任せなすっ, お任せ下さる, お会い, お伝え下さい, お前は, お委せ願いたい, お授, お授け下さい, お洩らし下さい, お湯へ, お知らせくだされ, お聞き, お譲り, お逢, お逢い, お金を, お隠し, お預けさせ, かういつて, かがして, かまけ切ってばかり, きく, きこえない, きまったよう, きまつたやう, くださるよう, こういう場合, こうも, こう思わせた, このよう, この四頭曳, これを, ございませんでした, ござりましょう, さう云つて注意, さう感じられたの, さう言, して, しては, しばらくお, しましても, しろ先生, すぐ参れ, すぐ来い, すすめて, すすめられて, すっかりお, すつかりあなた, すべは, すれば, すゝめた, せがむやう, せよ三上, ぜひ一度店, そのあと, そのこと, その力, その殊, その秘法, その箱, それほどな, そんな事, そんな日, そんな藝当, たわむれて, つきまとって, つみは, つれなくなりましたの, とどいただけ, どんなに楽しかっ, なにか御用, ならび, のばし, はた, ひとりむす, ふと一つ, まかせて, みんな引き揚げられ, むすめ, もうけさして, もっと仕事, よくわかりました, よこしました, わかったの, わかりませんた, わかりませんただ, わかろうはず, 一の, 一人の, 一命を, 一度見せた, 一応挨拶, 一杯飲ませ, 万端の, 三味線を, 三百両の, 下さいまし, 下さったあの, 不図, 不服を, 不相應, 与えた, 与えて, 与えてから, 与へたこと, 世話を, 並んで, 中ります, 串の, 二つも, 二面の, 云ふ, 云わせないでも, 云訳を, 亡父の, 交渉し, 京水の, 人間の, 今は, 今ふしぎ, 仕えおるもの, 仕向けて, 代わっていうかも, 仮初にも, 仰せつけ下さるのに, 会ったこと, 会ってから, 似て, 何が, 何ぞ勿体, 何もかも家の, 何処から, 何百両という, 信仰を, 借して, 借抄, 借覧を, 僻みが, 優った済勝, 兄の, 先んじて, 先刻の, 先生に対する, 先立って, 児が, 写真を, 出すやら, 出来ること, 出来るでしょうか, 出逢ったので, 分かったの, 分かって, 刑罰を, 判って, 前の, 剣の, 剥き出して, 匿われた事, 十両くれました, 十二分の粧い, 危険な, 去年の, 取っても, 取りに, 取次ぐと, 口を, 古医書, 同意しない, 名を, 名前を, 向けて, 向っては, 向島嶺松寺に, 呉れました, 呉れるよりも, 告げた, 告げた所, 告げなかつたの, 告げ又, 告げ知らせて, 呼びかけて, 命じた, 命令する, 品川に, 問いただすの, 喋りながら, 均合いませんでした, 報じて, 報告しました, 報告する, 塩田此返事は, 墓には, 売ったもの, 外所々, 大した不満, 大事な, 夫と, 失望を, 奇なる, 妻あわせ, 姉が, 安宅先生や, 安心に, 宗家の, 宛が, 宛てたもの, 宛てた継子さん, 家乗の, 寄せて, 寄らずに, 寄示し, 寄示した, 密着し, 対座する, 寿海の, 導母の, 小意地, 少々心得, 就て, 引っ張られて, 当て擦りを, 待てと, 御割愛, 御奥義, 御案内, 御用と, 御相談, 御笑談, 御親切, 御食膳, 御飯を, 御馳走し, 念を, 恥ずべく忌むべくおそるべき, 恥を, 意外な, 意趣を, 感じられた, 感ぜられます, 感動を, 慇懃を, 憐れを, 懐いて, 戻されて, 手を, 手引を, 払わせて, 承われと, 抜けみち, 抱っこなさりませ, 持たせて, 持って, 挨拶した, 捷径を, 援軍の, 教へ, 数多の, 敵が, 新に, 日頃に, 早く水, 明日の, 明渡す, 暇を, 暗く重い仕事, 暗中燈を, 望みを, 望んで, 本能の, 果して出来るでしょう, 柏軒と, 根から生え抜いた, 極まった人生観, 構わないで, 構わないよう, 歌を, 此重大なる, 殆どその, 残されましたの, 残したの, 残して, 殺されたの, 気に入らないこと, 気を, 気付かれないよう, 気附か, 水野閣老, 求めなさ過ぎます, 汗を, 江戸では, 注がれた盃, 注意を, 洗礼を, 深い印象, 渡しました, 温かい心, 火急の, 焚火で, 無名の, 無理やりおしつけなさいました, 無関心な, 父が, 父を, 物を, 狂人に関する, 琴を, 用が, 用件の, 申したの, 申し候, 申し込みましたの, 畑の, 異存の, 異常に, 目で, 目まぜする, 直接なんと, 相応わしいものでありましょう, 相談も, 相談致しました, 相違ご, 相違ございません, 相違は, 相違御座いません, 眼を, 知らせて, 確めさせました, 示した, 示したから, 示したもの, 示した其手帳, 示した所, 示すこと, 祝福を, 秋祭りが, 移しかえて, 立派な, 竹里の, 笑ふ, 笠の, 答えた書, 答えて, 素直な, 細木香以の, 結婚を, 縋って, 縋り寄りわたくし, 縋る, 罪は, 罪を, 考えさせて, 聞かして, 肉類が, 肖て, 背中を, 背負わして, 腹を, 臍の緒を, 自分で, 自分という, 花嫁候補の, 茶山の, 菓子を, 落度は, 被負, 裏手の, 西涼州郡の, 見えます, 見せに, 見せました, 見せるの, 見つけられたん, 見られたこと, 見ること, 見分けさせて, 親しくし, 親しく語る, 親しみを, 解るかしら, 觸らう, 言いたいこと, 言いました, 言いわけ, 言い知れない不安, 言い聞かせました, 言った, 言っては, 言ひました, 言わすれば, 言わせますれば, 言わせると, 訊ねました, 許しませんでした, 註文し, 詩は, 話しました, 語ったところ, 語って, 語つた, 語り出しました, 説いて, 読ませて, 請け出されたら栄, 謄写を, 譲って, 貸間の, 贈つて, 身慄いの, 身請けを, 較ぶ, 較べて, 近ごろまで, 近づくやう, 近よって, 逢いたいという, 逢って, 逢つた事を, 遅れまいと, 遠慮する, 適当な, 都合の, 酒屋への, 重要な, 重要なる, 門司新報の, 関わず文吉, 阿ねるよう, 附けば, 附添う, 限りない, 陥ち込んで, 障らないで, 雀躍り, 電話を, 霞亭の, 面と, 面白そう, 順逆共に, 預けては, 頼みました, 飛びか, 飛びかかって, 食べさせて, 香以の, 馴れなれしく声, 馴染が, 騎馬五千の, 騙されると, 魔が, 鷹を, 黄檗の, 黙って

▼ わたくし~ (586, 4.1%)

33 して 12 見て 9 連れて 5 愛して 3 きつく叱りました, 一人で, 助けて, 呼んで, 見ましたが, 見ると, 見詰めて

2 [39件] お殺し, お測り, お逃がし下さいまし, ここに, ここへ, こっそりものかげ, たずねて, だまして, とめて, とらうと, 側へ, 元へ, 取り巻いて, 召出されて, 呼ぶよう, 呼ぶ声, 大胆に, 度はずれだ, 御覽, 愛しては, 押えつけて, 掴まへて, 殺そうと, 母の, 生きながら, 疑って, 睨んで, 縛って, 置去りに, 苦しめるもの, 見つめて, 見ても, 見ながら, 訪ねて, 誘って, 誘惑する, 謙遜を, 離別なさる, 雪の

1 [428件] あざけるやう, あの場, あわれと, いかばかり楽, いかばかり樂, いたわり下さる上, いつし, いつまでも, うちました, うらんで, おいたわり, おうつし, おしつぶして, おしりぞけなさろう, おどしつけこの, おどろかしたの, おなおし, おびやかしたもの, おもしろい利口, おもって, おもつ, おん大将の, お助け, お助け下さる, お呼, お尋ねに, お忘れ, お忘れでしょう, お抱, お担ぎなすった, お撃ち, お救いくださいまし, お斬りあそばし, お褒め, お見, お責め, お買いくださいまし, お辱しめ, お逃がし下さいませ, お連れください, お連れ下さる, お験, かえってしかりつける, かり立てて, ぎゅっぎゅっと締めつけ, こき使うこと, こっぴどくくすぐっ, こつそりものかげ, こづいて, このさゆり, このま, このまま船岡, こんなところ, ごらんに, ご処刑, ご覧なすった, さけようとは, さらい出して, じっとみつめ, じょうずに, そこに, そばに, それほどまでに, そんなに見つめ, たずねる人, たたき, ただ眷属中, たづね, たづねてまゐりました, だれよりも, だん, つ, つかって, つかまえて, つっつきました, つれて, つれに, とうとうここ, どうしても尼, どうしてやろう, どうしよう, どんな女, なんだって, なんに, のこして, ばかに, ば再縁させる, ぶちました, ぶち打擲, ぶって, まるで突き, まるで赤ん坊, みかねてか, みつめて, もうお, もっと傍, もてなして, もとめられわたくし, ゆすぶって, よろこばせて, わが子同様に, アパート住いの, ダシに, 一しお湖辺, 一室に, 一目見た, 万茶亭に, 上へ, 不幸だ, 不幸に, 不運の, 与えるという, 世間の, 両手に, 中に, 乗せて, 乞食の, 二人の, 井戸の, 井戸へ, 人々は, 人の, 介して, 仏蘭西の, 佐殿に, 何処へか, 侮辱, 侮辱した, 促した, 促しました, 信じて, 信じては, 信じも, 信ぜないで, 信用し, 倶楽部の, 偏愛し, 偽り者, 傍へ, 入れて, 凝視し, 利用し, 制肘し, 前に, 助け起して, 助手に, 労って, 包んだ, 十四五の, 厭, 取巻く幾つ, 叩きこんだ, 召しつかって, 召仕つ, 可愛がって, 叱して, 吉原の, 吊し上げの, 同意させました, 呼びとめて, 呼び止めて, 呼ぶ時, 呼止めた, 喜ばすの, 喜ばせるの, 嘲笑した, 嚇して, 困らせてばっかり, 囲んで, 外へ, 大変年を, 好きだった, 妻として, 始め村里, 始め鬼, 娶る時, 娶合わされさらに, 子供だ, 子供と, 安心させ, 宛が, 家の, 家へ, 寄せつけなかったらたれから, 寝苦しくさせる, 射とうと, 尋ねかつて, 尋ねずに, 導き入れました, 小舟で, 小莫迦, 少女の, 属, 川の, 巻込んで, 庇うの, 引き離して, 引っ張って, 引取っ, 引渡したまま, 当家の, 待ちかまえて, 後援し出した, 後援する, 従えて, 御存じでした, 御覧なさりまし, 御覧なすっ, 心から鮮麗, 忘れて, 思い捨てて, 思い捨てなさるほど, 思うよう, 思って, 急き立て, 恍惚と, 悦ばせて, 意外に, 意気地が, 愛しました, 感慨無量に, 慕って, 慰めて, 憎い奴, 憎んで, 懐に, 懲らして, 成立たせずた, 手招きしました, 打ちました, 抱えるよう, 抱きか, 抱きしめるじゃ, 抱き上げて, 担ぎ上げて, 拐引し, 招き寄せさ, 招くもの, 拝みました, 拝むよう, 拾いに, 振り揺がして, 捉える張番, 捕えて, 捜り出された, 揮いた, 攫まえて, 支配し, 攻撃した, 救うが, 教ふる, 散々ひどい, 敷居に, 斬ろうと, 早く死ね, 木の, 本邸へ, 来訪し, 案内し, 椅らせ, 楽しませたに, 楽ませた, 欺かなかつた, 欺し, 款待するだらう, 止めました, 正しい道, 死なして, 死ねと, 殺して, 気が, 気遣い逸作, 求められること, 汚いやつ, 汽車に, 泊めて, 泣かして, 清水山の, 渡り鳥の, 滅亡させた, 炉に, 無力に, 煖めて, 煽てないで, 特に見込ん, 独占する, 生きて, 生んだの, 産んだこと, 町はずれの, 画かきだと, 監視し, 目ざして, 目覚めながらに, 相手に, 眺めて, 眺めながら, 睨みつけるよう, 睨みつけ口角, 睨めて, 睨めます, 知って, 知ってるやう, 知つてゐます, 祝福し, 神仏のちからさえ, 積み上げさせたという, 穏かに, 突かうと, 突き墜, 窃かに, 立てて, 笹舟の, 筆誅した, 紹介し, 絶対に, 継ぐとか, 置いて, 置きます, 羨む, 老いぼれの, 老人だ, 育てて, 背中から, 背中に, 胸に, 脅かすこと, 脅しました, 脅迫しました, 腹の, 自分の, 自由結婚の, 自邸へ, 興がらせ慰めるつもり, 船に, 芸妓に, 苛めた目黒, 苛めるよう, 若しわたくし, 苦しませぬやう, 苦しめないよう, 茜さんの, 荊州へ, 蓮華草の, 補佐します, 襲うので, 見かえりました, 見かける場合, 見たいため, 見つけて, 見つめたが, 見ない空, 見なくても, 見ようとは, 見るや, 見る世の中, 見上げ眼, 見下げた男, 見付けなすったり, 見向きも, 見詰めました, 見返しましたが, 見返る人々, 視る, 親切な, 観察した, 解しわたくし, 訪うて, 訪うに, 許して, 診て, 詰責し, 誘つて下す, 説服しまし, 諫めて, 責めさいなむ, 責めます, 贋唖と, 贔屓に, 赤坂溜池の, 起さないで, 蹲ませ, 蹴とばして, 迎えて, 迎えに, 迎えるよう, 迎え入れて, 迎え納簾, 迎へ, 近付かせられるよう, 近所の, 追いかけて, 追い立てるよう, 追うの, 追放し, 追越して, 途方に, 通さずに, 通り越す, 連れに, 遇する態度, 遊びの, 遊び相手に, 遊民として, 過ぎて, 道化あつかい, 遠く使いせしめる, 遣って, 遣り過して, 避けて, 避けるよう, 邪魔に, 重んじて, 長谷の, 附いて, 陥れて, 雇って, 静めるこつ, 面白がらせ, 面談さそうという, 鞭撻し, 頤で, 頼んで, 顧る, 首に, 馬鹿に, 驚す, 鳥渡出し

▼ わたくし~ (329, 2.3%)

7 はその 6 のよう 4 の方, は 3 の商売, の目, の船, の若い, の話, の顔

2 [15件] がそれ, のところ, の家, の行く, はこの, はそいつ, はそれ, はまるで, はもう, は今, は北山, は爺, は皆, もそれ, も喜ん

1 [260件] から御, がいじくる, がお供, がここ, がその, がだんだん, がどう, がふい, がヂツクマン谷, が付い, が出あるく, が大切, が子供, が寄っ, が戴く, が捕り, が森, が楽むようにお休, が殺し, が淀橋, が矢場辰, が考える, が草木, が血, が踏み込んだ, が露西亜語, が飛び込ん, だらうと, では初めて, でもそういう, でもみんな, でも見当, と, とは一, とは違います, とも朝夕, と一しょ, と話し, と顔, には, にはよく, にはわかりませんです, には山, にもいい, にもお, にも与え, にも今更どう, にも判りません, にも思案, にも確か, に対しては禍, のお, のこの, のし, のもてあそび, のやう, のヂツクマン谷, の一家, の一座, の一番, の不遜, の丹誠, の乗つて, の事, の仕事, の僥倖, の出逢つた難儀, の同, の商売人, の地方, の夥, の娘, の家内, の寝, の店, の御, の所, の手, の捕物, の故郷, の最も, の木刀, の様子, の漁場, の災難, の生活, の秘伝, の経験, の考, の胸, の行方, の見込み, の言, の計算, の話声, の調べ, の身, の酒蔵, の間, の隠, の頭, はあちら, はあと, はいつ, はいつも, はお, はかう, はこ, はこれから, はごく, はずつと大きい, はそこ, はただ, はちっとも, はどこ, はなん, はなんと, はほ, はまいりましょう, はまだ, はまったくびくびく, はみんな一つところ, はブラン, はモスコエ, はモスコエストロオム, は一日, は主人, は云, は互に, は人車, は何, は余り, は余り優待, は例, は只, は呆れ, は呆気, は喜ん, は固く, は大きな, は安心, は寒暑, は寿海, は少し, は山気, は山道, は帰る, は常々露西亜語以外, は幸, は往々, は御存じ, は心得, は投げ出された, は抽斎先生, は捕物, は昼場, は暫く, は暴風, は木, は村, は東, は枳園先生, は柏軒先生, は此書, は歩き出し, は歩き出しました, は段々, は毎, は波頭, は流浪人, は海, は渦巻, は滿足, は火, は為合せ, は父母, は用心, は矢張り島, は知っ, は知りません, は粛然, は腹, は自分達, は茶屋, は茶番, は萱堂, は見廻しました, は諦めた, は谷, は足, は跡, は追, は這入り込ん, は避ける, は長い寒い, は風, は高輪辺, は黙, へお, へもそれからまた, へもつ, へも立寄り, へ話し, までがやれ, まるで木, もお, もおどろきました, もお供, もこの, もずいぶん, もその, もときどき, もどうにかこう, もひと汗, もみんなうっかり, もやはりそう, も一緒, も二週間, も別に, も存じ, も少しく, も川崎大師, も手, も日頃, も暫く, も真面目, も矢, も肴, も自分, も蔭, も詳しい, も長, も驚きまし, よりひと足さき, より大きく, をおいぢめ, をお召しな, をすくつ, を中橋, を助け, を呼びつけ, を掴ま, を無理, を窘める, を迎え, を連れ, 一同の, 一家が, 一家は, 俗人かう致さね, 俗人とんと, 俗人眼識が, 兄弟姉妹の, 夫婦の, 子供を, 思いませんのよ, 流浪人の, 諾威人は, 青年は, 青年を

▼ わたくしども~ (290, 2.0%)

5 はその 4 をお 3 のこと, の眼, の耳, はそれ, はもう, は失礼, ばかりで

2 [25件] がこの, が首, でもそう, にはわかりませぬ, のため, のところ, の主人, の仲間, の前, の宿, の庭, の影, の役目, の方, の来た, は, はお, はそのまま, はただ, は兼ね, は決して, へお, もよく, も御, も私

1 [210件] からあなた, があれ, がお, がそう, がその, がはじめ, がまた, が冗談, が千万枚紙幣, が大切, が拝見, が新婚, が甲府, が考えまし, が見た, が酒, こそ, こそ迷惑千万, で, でお, でこの, でさえよく, ではお, ではない, では土地, では売り払いたい, では子供, では道庵先生, でもきびしく, でもご, と同様, と違った, なぞには拝見, などにどう, にいたす, にここ, にさ, にとってで, にどうして, には, にはあと何時間, にはさっぱり, にはよく, には少し, には見当, には解りませぬ, にも思ひ思ひ, にも男子, にも罪, によい, に今日, に分らない, に取っ, に取りまし, に天国, に奥, に御意, に心配, に挨拶, に歌, に笑いかけました, に食物, の, のいたし, のおしゃべり, のかかりつけ, のこうした, のこの, のほう, のよう, の一世一代, の中, の二日分, の仕事, の力, の劣等, の古家, の召使い, の命, の商売繁昌, の如き, の娘, の子供, の子供たち, の家, の小さな, の小屋, の希望, の座敷, の役所, の御門, の心持, の恩人, の悪口, の房, の手, の控え, の敵, の流儀, の為し得る, の町, の知っ, の立つ瀬, の網, の罪障, の考え, の若い, の行く, の覗い, の親, の足音, の返事, の間がら, はあなた, はあなたがた, はあなた様, はあの, はあるきだしました, はいっしょ, はいったい, はお先に, はお願い, はくりかえし申し上げます, はこの, はご, はじつに, はた, はたった今, はどこ, はどんどん, はまた, はまっすぐ, はみな, はろうじ, はわたくしども, は一人, は久しい, は何分, は別れました, は北山, は却って, は厳粛, は失禮, は安らか, は思わず, は感涙, は戦えません, は機, は正直正銘, は殆ど, は母, は深く, は甲府, は立ちあがりました, は竹中殿, は話, は誓っ, は身分もち, は遠方, は間もなく, は電波, は食べ物, は馴れません, は鬼, ばかり残り, へおいで, へはもとより, へまでじ, へもしかと, へ向っ, へ御, へ泊っ, へ申しつけ, までも御, までも御しょう, までをそこ, まで涙, もがまん, もけっして, もここ, もこの, もその, もちょうど, もつい, ももう, も何とか, も実は, も急い, も生地, も話, も賛成, をたいへん, をとらない, をまた, をみそ, を不思議, を亡ぼそう, を休ませ, を奴隷, を始め奥, を自分自身, を苦しめよう, を見ました, を身動き, を長い, 一体どんな, 力の, 大そう, 座頭の, 紛々たる

▼ わたくしには~ (285, 2.0%)

6 それが 4 わかりません, 何が 3 出来ませんでした

2 [19件] あなたの, あの怖, そのみわけ, どうも樣子, どれほど, 人の, 人生が, 何か, 何から, 何も, 分かって, 判りませんが, 始めて, 婆あ, 実とは, 思われて, 手が, 珍らしい, 親しかった

1 [230件] あざむくこと, あなたが, あの淡々, あの畫, あんまり恐ろしい, いくら安宅先生, いつもプロフェッション, いま申し上げました, うすうすわかっ, えも, おかしく思え, およそ察し, お連れ, かえって心配, こうした言葉, こう孤独, この寺, この年, この弁舌, この心持, この犯人, この紐, これが, これまで, さっぱり訳, そう思え, その力, その女, その底, その春, その酒, そりは, それだけの, それは, それを, そんな気, たいへん勉強, だんだん寿女さん, ちっと静か, ちつとも, ちッ, できません, ときたまに, とても出来ない, とんと御用, どうしてもそんなにはっきりは, どうしても昔, どうしても本当, どうしてわたくし, どうでも, どうも様子, どうも腑, どうやら感じられた, なつかしい作品, なんとのう, のみこめぬこと, はっきりした, ばあさんが, ほとんどございません, まことに自然, またどうしても初めて, また何, また池上, まだ万葉集, まだ見ない, むしろ厭うべき, もうこの世, もう何, もう分っ, もう欲しい, もとから, もとより判ろう, もはやお, やれませんですから, よくわかります, よくわかりません, よく分かりました, よく分りません, よく判りません, よく意味, よく考える, よく見えません, わからない, わかりませぬ, わかりませぬが, わかりませぬこうして, わかりませんが, わかりませんけれど, わかりませんけれども, わかりませんでございますよ, わかりません存じませんで, わたくしが, わたくしの, ソレを, 一つの, 一刻も, 一日の, 一通りの, 三枚の, 下町育ちの, 不可能であった, 不思議でならない, 両親も, 丸で, 今作れない, 何だか嘘, 何となく白い, 何とも言えません, 何とも返事, 何の, 何もかもわからなくなりました, 何一つ隠さず, 何処という, 余計に, 信じられませんわ, 兵法などという, 其の拾遺, 出来かねますちから, 出来ませぬ, 分からなかったの, 分からぬ, 分かりませぬ, 分かりません, 分りません, 分りようは, 初めてで, 初めより, 初代瑞仙独美二世瑞仙晋京水の, 判らない, 判然しない, 刹那だけ, 前から, 勇気が, 十八に, 南米の, 単に死, 却って内部, 口も, 可笑しい自負心, 呑み込めませんでしたが, 因縁ごとの, 大層話が, 太閤殿下が, 女乞食の, 女同志として, 安心と, 家事万端を, 寝耳に, 尊い思ひ, 少しずつ, 川の, 影響を, 御機嫌を, 心に, 思えるの, 思はれたの, 思われますが, 恐ろしい衝突, 恐ろしくって, 悪らしく, 悲しくて, 想像が, 意外には, 感じられる, 推古仏の, 新顔であった, 明治の, 最も親しみ, 有り得べからざる事, 望ましいの, 東京で, 果して先生, 歌が, 母が, 母親の, 比較的感じ, 氏に, 気が, 気に入らぬ母親, 永い永いもの, 池上と, 淡い哀愁, 淡さ, 溝の, 父の, 物の, 獣の, 生きた思い, 男という, 疑問が, 直ぐに, 知り得ないの, 確かな, 空おそろしく, 考えられぬ, 耳新しく聞きなされた, 耽美主義そのものの, 聞えませぬ, 肯けた, 能くわ, 自分を, 自己の, 見えるの, 見えるよう, 見わけ, 見当が, 見慣れた馴染み, 親しいもの, 親しかつ, 解りませんけれど, 話して, 読めませんが, 讀みたくないから, 身請けの, 迚も, 逃げるみち, 都合が, 鉄漿溝の, 長太郎という, 関係の, 関心を, 降りる用, 陛下が, 陛下の, 隠して, 非常に, 面白い, 預かりきれないの, 驚きであった, 黒い尨犬

▼ わたくしたち~ (263, 1.8%)

4 とお, は神さま 3 あまり身, と一緒, の頭, は, はお 2 にそれ, の敵, の方, の運命, はしばしば, はそこ, はもう, は市来先生, は自動車, は親たち

1 [220件] から申します, がお, がどこ, が一代, が三, が住ん, が入っ, が向っ, が天下, が帰っ, が帰りかける, が庭, が柄杓, が死んだ, が池, が社会, が縫いためる, が訪ねた, が道ばた, が長浜, だけの生活, でもなかっ, と同じ, と同じこの, どれほど渇望, にお, にそれはく, になんだか, にはここ, にはさっぱり, にはもうちゃんと, には何, には共通, には知る, には見つくせない, には覚え, にも随分, に何もかも手, に勧めた, に取入っ, に当てはめ, に異国的, のあらゆる, のいま葬儀, のいる, のする, のため, のよう, の一家眷族, の一挙一動, の不用心, の云う, の交際, の仲, の傍, の卓上, の召された, の娘時代, の家, の宿, の年齢, の幸福, の影, の心, の心緒, の悲歌劇, の所作, の手, の文学, の日常生活, の日本滞在日数, の昔, の朝飯, の様子, の汽車, の生活, の目, の目的, の眼, の祖父, の空間, の端, の耳塵, の舟, の話, の身体, の身近, の運勢, の部屋, の長い, の願い, はあなた, はこういう, はこうして, はこんな, はさっさと, はそっち, はその, はその間, はそれ, はそれから, はただ, はたとへば, はなお, はなんと, はみんな漢中, はめった, はよく, はガラス戸, はステーション前, はボート, は一体, は三抱, は二人, は会津戦争, は元気, は全く, は全部, は再び, は冷たい, は初めて, は判断, は博多, は去つた, は堂内, は夜, は実際, は宿, は寝ました, は寺, は小さい, は少し, は岩, は崖, は幹, は廚子, は引きよせられる, は引き上げた, は心霊, は思い切っ, は息, は感じない, は我儘, は散文, は断り, は新入生, は旧, は早く, は望み通り, は東院堂, は森, は欠け茶碗, は次, は歓声, は歩い, は殆, は江戸, は池畔, は法隆寺, は無言, は熊本駅, は物, は神田錦町, は窓, は立つ, は紅く, は素姓, は絶望, は緋, は腋下, は蓮中庵, は薄暮, は蚊, は貴族, は農村, は近, は逢え, は野苺, は金堂, は阿弥陀浄土, は韓国嶽, は食堂, は鹿児島, は黝, ばかりそんな, ばかりでなく, への悪意, ほとほと閉口, まだこんな, まで見違え, もあなたがた, もお, もその, もとうとう, もほほえみ交わした, もボート, も三志様, も不注意, も国, も尾張, も泣き, も考えぬで, も覚一, も諦めまし, より先, をお, をおどろかす, をし, を呼び集める, を安心, を打っ, を振り, を笑わせ, を結びつけ, を見, を酷い, を離別, 生きた心地, 若いもの, 非武装者

▼ わたくし~ (154, 1.1%)

13 一緒に 5 同じよう 4 いたしましては, して 3 したこと 2 並んで, 二人ぎり広い, 列んで, 同じ馬車, 同商売, 娘とは, 致しましては, 青年との

1 [109件] あなたが, あなたとの, あの方, いい善吉, いえ, いたしましても, いへども, お会いした, お雪とは, ここで, この子ども, しましても, しまは, ふたりきりの, ふたりで, もう一人, イリューシャの, スパセニアは, ダルジンとは, フョードル・パーヴロヴィッチとの, マカロフとは, 一しょに, 一つ寝, 三つに, 三つ鼎で, 三人ビールを, 並座の, 亀吉が, 二人ぎりでほかには, 二人で, 二人のき, 云ふ, 互に相, 会見する, 兄妹に, 先生の, 入れ替って, 出会わして, 判って, 別れるとき, 同い年の, 同じく時世, 同じく魯文, 同じこと, 同じに, 同じ二十三, 同じ年頃, 同じ思立, 同じ歳, 同じ道, 同じ馬道, 同名の, 同居しよう, 同感だ, 同様四次元の, 同様未知の, 同車した, 嘉六とは, 妹の, 子たちの, 子供との, 子息の, 安宅先生へとでは, 小学校友達の, 差し向かいで, 幸次郎と, 幸次郎は, 幾つも, 座元と, 弟です, 弟を, 弟ルルとは, 彼とは, 戯れ, 押問答しました, 旦那と, 明滅し, 母とは, 池上の, 法術比べを, 火鉢の, 相似, 相対し, 結婚したい, 縁の, 考えが, 致しましても, 良人と, 若い者, 葛岡との, 行き違い, 見やぶった人, 親分乾分の, 話して, 話を, 認めて, 貴方とが, 賭を, 逢った日, 連れ立って, 逸作との, 逸作は, 違って, 限ったこと, 雖も, 雛妓との, 顔を, 鶴江の, 齢も

▼ わたくしにも~ (83, 0.6%)

2 またわけ, また相談相手, 判りませんよ, 大抵想像されない, 思ひ遣つて

1 [73件] あったん, あの子, ありやう, いまは, おぼろげながら, おめでとうと, お兄さん, お免, お話は, この俳句, さいそくさせ, さう, すすめて, そのよう, その先生方, その判断, その理屈, その精神, ちょうど同じ, とうとう琵琶, また覚悟, まだ見当, もう聞えません, よくは, よくわかります, よく分りません, よく判らない, よく判りました, よく判りませんでした, わからないの, わかり兼ねまする, 一半の, 不快で, 乗れと, 仇でございます, 今もっ, 充分判ります, 出来たけれども, 出来ませんや, 分からずに, 分かりませんの, 分ります, 判りません, 判り兼ねます, 口が, 同じよう, 大抵思いやり, 子供が, 少々考え, 少しは, 少し心あたり, 心からおめでとう, 思いやって, 悲しい一日, 成りませぬ, 折り入って, 料簡が, 末始終の, 本当の, 死の, 母親としての, 災難を, 生れながらに, 申しませぬ, 監督上ゆだ, 移って, 能く, 葛岡にも, 覚悟はござります, 親しみ深く, 責任が, 踊屋台の, 迷惑の

▼ わたくしから~ (49, 0.3%)

3 見えるの

1 [46件] あなたに, いろいろに, かくの, このかんむりをおとりあげください, こんな事, すっかり申し上げますでございます, その子細, でなく向うさま, はじめますよ, よく申し, ミーロファゼーロと, 何もかも申し上げます, 出たこと, 切に切にお願い, 十分御, 印物を, 奥様に, 女房の, 左様お, 幾重にもお願い申, 影響された, 意地悪く, 手紙でも, 殿の, 清吉に, 湿寒, 玉清観の, 申し上げましょう, 申し上げます, 申し告げても, 異議は, 直々に, 聞かして, 見ますと, 見ようと, 見れば, 言い出したこと, 話を, 貴方に, 逃げ出さない以上, 進んで, 遠いところ, 遠ざかりなさること, 金を, 離さずしみじみ, 離れ去つたといふ

▼ わたくし自身~ (46, 0.3%)

2 のため

1 [44件] うかがうこと, が, がお, がそうした, が實, が現在, が現在立会つたの, が論ずべき, その人, で葛飾時代, といたしまし, なの, についていえ, にとっては死刑, にも明言, に分からない, に向けられ, に対しては忘れ, に師, に第一義, の判断, の力, の動き, の參, の嘆息, の娘, の様子, の立ち場, の経験, の見解, の身の上話, の錯誤, はちっとも, は前, もこの, もこれ, もまじめ, も何, も幼い, も知らない, も聞いた, をあなた, を知った, 穢されたよう

▼ わたくし~ (43, 0.3%)

2 は又

1 [41件] が海辺, が行き合わせた, とちがっ, とていつも, と御, にも又, のよう, の信念, の偵察機, の大望, の復讐, の所, の手紙, の泊まっ, の注文, の為, の相乗俥, の精いっぱい, の結婚式, の通行, の霊, は, はみな乱国, はもう, はわたくし達, は一晩, は三分間後ろ向き, は人, は他国, は叔父, は心窃, は日本, は白鬚神社, は衝動, は食事, もこの, も一つ, も不思議, を励まし, を探し歩い, を掴まえよう

▼ わたくしとは~ (30, 0.2%)

2 早く起き

1 [28件] いわずあ, これからどういう, どこまでも, なすの, もう別, わたくし自身が, 一緒に, 丁度三四人の, 丹後の, 以前から, 別仕立, 只今諾威の, 同じ春, 塀を, 夫妻の, 姉妹であった, 容易に, 対坐した, 心の, 敵同士です, 敵同士の, 書信の, 沒交渉で, 相識の, 真暗な, 素からの, 親身の, 違うと

▼ わたくし一人~ (28, 0.2%)

2 では, を先

1 [24件] お名, が残ります, が発見, が置い, ださうである, でございます, です, ですわ, でむかいました, で御, で苦しん, にその, にそれ, にて充分, のこと, のところ, のみであろう, の命, の考え, の銀杏, をお仕置, を取巻い, を守っ, を悪しざま

▼ わたくし~ (24, 0.2%)

2 にお

1 [22件] がいただく, がお気, が持っ, が顔見世狂言, でご, とは夫婦約束, にご, に死ねとなら, のこと, の家, の許婚, はいかにも, はそう, は不, は変, は琴二郎様, は申しわけ, は白羽矢之助, もそれから, も同感, をお, を元

▼ わたくし共に~ (19, 0.1%)

2 取りましては, 眼を

1 [15件] おやさしく, お任せください, お教, お渡し, ひどく嚇, また報告, 別れて, 取り押えられた為, 同情し, 托しました, 肴を, 補助でも, 踏み込まれたという, 追い付かれて, 逢はせ

▼ わたくし~ (18, 0.1%)

7 ござります 2 あつた, さへ 1 お宜しかっ, ござりまする, すらうっとり, よろしかったなら, 出来そう, 善八という, 存在し

▼ わたくし~ (15, 0.1%)

1 [15件] あしなんか, 二人様の, 会いしたこと一度, 兄さまの, 兄さまのしか, 兄さまを, 八重殿の, 友だちと, 味方に, 墓を, 宅を, 父さまより, 疑い遊ばす, 花を, 食事の

▼ わたくし~ (15, 0.1%)

1 [15件] おあずけなされました, お渡し, お申しつけ, お訊ね, きこえよが, だけ参りました, 下さるお, 先刻と, 口癖に, 命じて, 尋ねました, 差出したの, 教えたでしょう, 話し申し候, 警告し

▼ わたくしこそ~ (14, 0.1%)

1 [14件] あちらへ, お目もじいたさぬ, このこと, このよう, これを, どうぞよろしくお願い, 借りたもの, 命を, 御馳走に, 感謝に, 本気には, 申しわけが, 申し後れましたが, 突然に

▼ わたくしとしては~ (14, 0.1%)

2 別にお礼

1 [12件] あなたに, これを, その当時, べつにあなた, もう少し詳しく, 今じゃ, 幸福そのものであります, 王君に, 珍らしく当った, 申し上げ悪い, 相当に, 苦しいの

▼ わたくしより~ (14, 0.1%)

2 あなたの, 六つほども, 前に 1 はって, 一つ下の, 一時間早く, 七つか, 外の, 年少の, 持てそう, 美しうございます

▼ わたくし~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, ではある, ではなく, とはくらべ, にはあらで, に利用, に手, のよう, はどうも, は人, は存じ, も今, も毎日, をいう

▼ わたくしこれ~ (13, 0.1%)

3 で失礼 1 で, でお, でもあの, で段々えらく, にて, に乘, はいたずら, はとおもいまし, まで手紙, を一元描写

▼ わたくしです~ (13, 0.1%)

621 からうっかり, からともかく, から兎, が, といった

▼ わたくしという~ (13, 0.1%)

3 ものを 2 ものが, ものの 1 ものは, 人物とも, 人間を, 女が, 者が, 者に

▼ わたくし風情~ (13, 0.1%)

2 が今更, の眼, の胸 1 が何, が古, が御, が生意気, におもらし, の力, の小唄

▼ わたくしでは~ (12, 0.1%)

3 ありません 2 なかった 1 ありませんでした市民識者, いけません, かえって甲州流軍学, ございません, それが, なくして, わかりませぬ

▼ わたくしとても~ (12, 0.1%)

1 [12件] いまは, おくがた, おなごの, このうえ, このまま, こんないい, そしらぬ顔, 何気ない朝, 天地萬物の, 年齢から, 略知つては, 絶えて

▼ わたくしとの~ (12, 0.1%)

2 間に, 間には 1 三人は, 中は, 二人で, 受持で, 呼び交わす声, 漫歩は, 登つてゐる, 関係の

▼ わたくしなどは~ (12, 0.1%)

1 [12件] おりっぱ, こんなば, そんな柄, ちっとも存じませぬ, どうせお, もの, 今が, 他で, 何うにか, 木彫の, 本当に突然で, 老人と

▼ わたくしばかり~ (12, 0.1%)

5 では 2 でなくこれ 1 だらうか, でなくお, でなく三津子さん, でなく母, ではござりませなん

▼ わたくしこの~ (11, 0.1%)

2 頃は 1 お方が, たびさせる, ままお, みちを, 一ばん大切に, 人の, 人ドロボウと, 哲学といふ, 春菜で

▼ わたくし~ (11, 0.1%)

1 [11件] ちの心が, つて, つてこれは, つてご, つて分かりません, つて医としては, つて好く, つて笑つてゐたく, つて長く, つて頬べにを, とてその

▼ わたくしでございます~ (11, 0.1%)

21 あなた様に, いとしいお, からねえ, かわたくし, がんりきの, さっきから, よお, 七兵衛です, 夜分おそく

▼ わたくしにとって~ (11, 0.1%)

1 [11件] いちばん苦しい, おやと, これだけの, ちょうどその, どんな意味, なんでも, 千両万両の, 只一つ, 案外に, 真の, 解けぬ謎

▼ わたくしひとり~ (11, 0.1%)

2 でしょっ, の手 1 がこの, でしよつ, ではとても, で働い, に描く, の考え, の胸

▼ わたくしだけ~ (10, 0.1%)

3 では 1 それが, でございましたわ, でございますが, でトム, 先に, 努めて, 足尾銅山に

▼ わたくしだって~ (9, 0.1%)

1 こんな野生, その気, どうしてい, どうすれ, 人を, 八重子さんだって, 可愛い娘, 始終ここら, 腹を

▼ わたくしなぞは~ (8, 0.1%)

3 昔者です 1 これから自宅, そんな悪い, たよりすく, 数へも, 運が

▼ わたくしなら~ (8, 0.1%)

2 わたくしの 1 そんなこと, ば, ば充分, ば死にます, むろんこう告白, 汽車の

▼ わたくしにとっては~ (8, 0.1%)

1 これが, どんなに幸福, 世にある, 亡父の, 初めから, 大旅行, 怨みこそ, 相当の

▼ わたくしに対する~ (8, 0.1%)

2 母の 1 執心を, 愛です, 愛を, 用事は, 解放令を, 話の

▼ わたくしへの~ (8, 0.1%)

1 労力と, 執心です, 書状, 気休めに, 求婚を, 熱い心, 美しいお, 面会の

▼ わたくしごとき~ (7, 0.0%)

2 ものに 1 が丞相, にその, もので, ものには, を決して

▼ わたくしそんな~ (7, 0.0%)

3 女では 1 ことを, こと始め, つもりで, 方に

▼ わたくしでも~ (7, 0.0%)

1 この本, そなた, 刀が, 手の, 昔の, 育ちますもの, 若しもの

▼ わたくしなどの~ (7, 0.0%)

1 いたずらが, いること, ゐること, 棹の, 生れます前, 目には, 青年も

▼ わたくしなんぞは~ (7, 0.0%)

1 いつでも, ごらんの, 不具者の, 学生を, 御面倒, 足に, 随所に

▼ わたくしあの~ (6, 0.0%)

1 人が, 只一つ, 小舟を, 時ずっと, 赤さんには, 頃の

▼ わたくしそれ~ (6, 0.0%)

2 をき 1 で思い出しました, につきまし, をあなたさま, をはじめて

▼ わたくしたち二人~ (6, 0.0%)

1 だけ身, と雛妓, のため, の者, の話, を引き寄せ

▼ わたくしだけが~ (6, 0.0%)

1 この家, ふらふらし, 一と, 助かって, 存じて, 知って

▼ わたくしといふ~ (6, 0.0%)

2 のは, ものが 1 女を, 現象は

▼ わたくしとが~ (6, 0.0%)

2 押掛けて 1 少しばかり, 心の, 此処を, 銀座の

▼ わたくしとて~ (6, 0.0%)

1 共々胸, 憩いの, 指も, 生きて, 生き甲斐の, 百倍の

▼ わたくしなども~ (6, 0.0%)

2 そのお 1 その厭, どんなにいろじ, 旅には, 此種の

▼ わたくしに対して~ (6, 0.0%)

1 なさること, 何かは, 懸念が, 気持の, 言い添えた言葉, 詰る色

▼ わたくしあなた~ (5, 0.0%)

1 が好, にお, に隠し, に食, を信用

▼ わたくしからは~ (5, 0.0%)

1 なんとも申しあげられません, シモンズの, 利用しよう, 差し上げたこと, 申しあげられませんけれど

▼ わたくしからも~ (5, 0.0%)

1 お願いいたしまする, お願いしたい, 及ばずながら, 君へ, 言える

▼ わたくしその~ (5, 0.0%)

2 ような 1 場で, 女ドロボウと, 結果を

▼ わたくしだけの~ (5, 0.0%)

2 ことで 1 命令では, 持って, 考へは

▼ わたくしだけは~ (5, 0.0%)

1 なんとなく無気味, まだ人, 大息張で, 明晩は, 針が

▼ わたくしとしましては~ (5, 0.0%)

2 只その 1 あの我武者羅, そんな事, まるっきり見当

▼ わたくしなんか~ (5, 0.0%)

1 あてつけみたい, もう女, 何と, 出る幕, 見なくとも

▼ わたくしよりも~ (5, 0.0%)

2 悪い天気 1 あなたの, もっとびっくり, 亡くなった兄

▼ わたくしここ~ (4, 0.0%)

1 でお, に二十万円, の主人, へくる

▼ わたくしごと~ (4, 0.0%)

2 の境涯 1 でございますが, でない

▼ わたくしどう~ (4, 0.0%)

2 しようかと 1 したの, なること

▼ わたくしどうしても~ (4, 0.0%)

1 いそいで, 出て, 死ななければ, 自分の

▼ わたくし~ (4, 0.0%)

2 のでございます 1 のである, 専断を

▼ わたくしなどには~ (4, 0.0%)

1 いらっしゃるの, それらの, 全然事情, 身に

▼ わたくし~ (4, 0.0%)

1 おばさま英語の, その女, ほんとは, 先刻いただいた

▼ わたくしまで~ (4, 0.0%)

1 お沙汰, このくらい, どんなに救, 何だかこれ等

▼ わたくしもう~ (4, 0.0%)

1 あなたの, ここでは, 子供ぢゃありませんもの, 疾っ

▼ わたくしよく~ (4, 0.0%)

1 は存じませぬ, わかりませんでしたの, 存じて, 知って

▼ わたくし何だか~ (4, 0.0%)

1 前から, 寒気が, 胸騒ぎが, 落ち着かないで

▼ わたくし如き~ (4, 0.0%)

1 はお, ものが, 末輩が, 者から

▼ わたくしいつも~ (3, 0.0%)

1 あなたが, かんがえますのに, 洗濯を

▼ わたくし~ (3, 0.0%)

2 ぶんの 1 ぶんで

▼ わたくしたち親子三人信濃~ (3, 0.0%)

3 の奥

▼ わたくしちょっと~ (3, 0.0%)

1 お話を, たしなめて, 思いついただけ

▼ わたくしとで~ (3, 0.0%)

1 お預かりもうし, 二つ分けに, 同志の

▼ わたくしなりの~ (3, 0.0%)

1 仕立て方で, 気持で, 理想も

▼ わたくしなんだか~ (3, 0.0%)

1 体が, 急に, 肥って

▼ わたくしにと~ (3, 0.0%)

2 つても 1 つて忘れ

▼ わたくし~ (3, 0.0%)

2 ぜい 1 ぜいが二年三年身

▼ わたくしほんとう~ (3, 0.0%)

1 にいただく, にそう, はそんな

▼ わたくしまでが~ (3, 0.0%)

1 あまりの, おめし, 頭を

▼ わたくしみたい~ (3, 0.0%)

2 な女 1 な云

▼ わたくし~ (3, 0.0%)

1 友達の, 妻への, 嫂さまに

▼ わたくし一存~ (3, 0.0%)

1 ではお, にて今日, の信念

▼ わたくし~ (3, 0.0%)

1 この場, だから, 見て

▼ わたくし以上~ (3, 0.0%)

1 に信用, の危険, の天才

▼ わたくし個人~ (3, 0.0%)

1 としての立場, の上, の受けた

▼ わたくし全く~ (3, 0.0%)

1 あなたに, この山, 正直な

▼ わたくし共三人~ (3, 0.0%)

2 きやうだい 1 は岸

▼ わたくし安萬侶~ (3, 0.0%)

1 が申しあげます, に仰せられまし, 謹みかしこ

▼ わたくし帰る~ (3, 0.0%)

2 ことに 1 わよ

▼ わたくし当惑~ (3, 0.0%)

3 して

▼ わたくし~ (3, 0.0%)

1 一しょに, 案内を, 隠居所で

▼ わたくし自ら~ (3, 0.0%)

1 もここ, を常に, を苦笑

▼ わたくし自己~ (3, 0.0%)

1 であつ, です, は消滅

▼ わたくしあて~ (2, 0.0%)

1 のお, の恥ずかしい

▼ わたくしあんな~ (2, 0.0%)

1 ことは, 方と

▼ わたくしお話~ (2, 0.0%)

1 しなければ, 申したい事

▼ わたくしお願い~ (2, 0.0%)

1 があっ, がご

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 はりませんと, 所天の

▼ わたくしきらい~ (2, 0.0%)

1 ですわ, では

▼ わたくしこうして~ (2, 0.0%)

1 手を, 置いて

▼ わたくしこと~ (2, 0.0%)

2 も今

▼ わたくしこんな~ (2, 0.0%)

1 なごやかな良い, 気が

▼ わたくしじつに~ (2, 0.0%)

1 このと, 十年この

▼ わたくしすっかり~ (2, 0.0%)

1 はわかりません, 忘れて

▼ わたくしそういう~ (2, 0.0%)

1 ものを, 生活に

▼ わたくしただ~ (2, 0.0%)

1 もう感激, 一つ心に

▼ わたくしたち夫婦~ (2, 0.0%)

1 のもの, は永井君

▼ わたくしたち女~ (2, 0.0%)

1 の為, はなに

▼ わたくしたち母子~ (2, 0.0%)

1 が住ん, へ御

▼ わたくしだけには~ (2, 0.0%)

1 御内々, 誰一人戯談を

▼ わたくしである~ (2, 0.0%)

1 から錯, と聞かされた

▼ わたくしどこ~ (2, 0.0%)

1 へでもさっさと, も痛く

▼ わたくしどもヴァーシチカ~ (2, 0.0%)

2 と二人

▼ わたくしども夫婦~ (2, 0.0%)

1 に取っ, は新婚旅行

▼ わたくしども百姓~ (2, 0.0%)

1 はそれ, は年々戦争

▼ わたくしどんなに~ (2, 0.0%)

1 か為合せ, 恋いこがれて

▼ わたくしなぞには~ (2, 0.0%)

1 歌の, 良く呑み込み

▼ わたくしなどより~ (2, 0.0%)

1 ずっと早くからかの, 此男の

▼ わたくしなどを~ (2, 0.0%)

1 お招びになり, 差しつかわしましょうや

▼ わたくしなんぞに~ (2, 0.0%)

1 出来ませう, 勤まるもの

▼ わたくしなんぞも~ (2, 0.0%)

1 女中は, 御贔負

▼ わたくしによって~ (2, 0.0%)

1 敗北させられた, 更に

▼ わたくしに対しては~ (2, 0.0%)

1 殆ど無口, 隠棲と

▼ わたくしに関する~ (2, 0.0%)

1 ことで, ことでありますなら

▼ わたくしはず~ (2, 0.0%)

1 ゐぶん, ゐぶんしばらくぶり

▼ わたくしへも~ (2, 0.0%)

1 十年前御買被下候との, 筑前ほど

▼ わたくしほど~ (2, 0.0%)

1 不幸な, 幸福な

▼ わたくしほどの~ (2, 0.0%)

1 者が, 芸人が

▼ わたくしほんとに~ (2, 0.0%)

1 弱って, 我儘な

▼ わたくしまでも~ (2, 0.0%)

1 むかでに, 多根の

▼ わたくしもね~ (2, 0.0%)

1 こちらへ, すぐさう思

▼ わたくしゆえ~ (2, 0.0%)

1 に, にお

▼ わたくしよりか~ (2, 0.0%)

1 もつと, 太鼓を

▼ わたくしわかります~ (2, 0.0%)

1 のよ手, わ一生懸命

▼ わたくしをも~ (2, 0.0%)

1 押しこめ同様, 船に

▼ わたくしを以て~ (2, 0.0%)

1 紅葉先生と, 西鶴の

▼ わたくしポーデル博士~ (2, 0.0%)

1 であります, です

▼ わたくし一個人~ (2, 0.0%)

1 としてはその, にかぎる

▼ わたくし一家~ (2, 0.0%)

1 のため, はごらん

▼ わたくし一己~ (2, 0.0%)

1 の好悪, の経験

▼ わたくし主人~ (2, 0.0%)

1 あさいな, にかぎっ

▼ わたくし今夜~ (2, 0.0%)

1 は失礼, は思い余っ

▼ わたくし今日~ (2, 0.0%)

1 から一枚一枚, のお話し

▼ わたくし以外~ (2, 0.0%)

1 にありません, に誰

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 と思っ, もぞんじませんでした

▼ わたくし共二人~ (2, 0.0%)

1 は並ん, は木立

▼ わたくし初めて~ (2, 0.0%)

1 分りましたわ, 聞きましたわ

▼ わたくし同様~ (2, 0.0%)

1 にご, のもの

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 嫌ひ, 階段を

▼ わたくし大丈夫~ (2, 0.0%)

1 でございます, ですから

▼ わたくし夫婦~ (2, 0.0%)

2 も気

▼ わたくし好く~ (2, 0.0%)

2 存じて

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 にお, の手紙

▼ わたくし家來~ (2, 0.0%)

2 て下さい

▼ わたくし帰ります~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 がいます, といっしょ

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 にもない, の底

▼ わたくし思ふ~ (2, 0.0%)

2

▼ わたくし悪い~ (2, 0.0%)

1 こと, ことしました

▼ わたくし持っ~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 に行き暮れ, に行き暮れた

▼ わたくし昨夜~ (2, 0.0%)

1 は恐ろしい, 大きな金

▼ わたくし決して~ (2, 0.0%)

1 あやしくない, 諄う

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 が悪い, は見えず

▼ わたくし確か~ (2, 0.0%)

1 にお, に殿下

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

2 に落ちました

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 が少年, が行燈

▼ わたくし自分~ (2, 0.0%)

1 が良い, のお金

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

2 まわりに

▼ わたくし貴族団長~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ わたくし達女~ (2, 0.0%)

1 の気持, も何

▼ わたくし~ (2, 0.0%)

1 とや申すべき, のくだり

▼1* [417件]

わたくしあきらめてしまいました, わたくしあすの朝六時, わたくしあなたがたにあう, わたくしあなたたちのよう, わたくしあることを, わたくしあれや今朝, わたくしいつどこへでも, わたくしいつお姉さまのよう, わたくしいつかあなたに有名病, わたくしいまからかんがえます, わたくしいやでございますから, わたくしうかがわずにはいません, わたくしうちへ帰ります, わたくしおいとま, わたくしおしろの中, わたくしおじさまが鹿, わたくしおやっと思っ, わたくしお上づきの, わたくしお嬢様のお, わたくしお待ちしても, わたくしお祝いを申し上げたい, わたくしかの女子供女中, わたくしがかような, わたくしがさつきあのがらん, わたくしがといくら久子, わたくしがはだかで, わたくしがをりし茶, わたくしつと待つ, わたくしきっと承りまする, わたくしきつと病気, わたくしきょうはもう, わたくしぐつしより濡れて, わたくしけっして匂わせも, わたくしこう云う晩, わたくしこういうことについて, わたくしこそが世紀の, わたくしこそはこの世の, わたくしこのごろ毎晩のよう, わたくしこれから取りに, わたくしこれ以上のうれし, わたくしこんなに楽しいこと, わたくし案内いたしましょう, わたくしへ愛せ, わたくしさむらい衆の, わたくし私財を, わたくしじっとして, わたくしじつはそのうち, わたくしじまんの家来, わたくしじゃありませんか, わたくしずっと階下に, わたくしせんから知っ, わたくしそう思いますの, わたくしそのままお二階, わたくしぞっとしますわ, わたくしぞんじますけれど, わたくしたいへんあやまりました, わたくしたちこれっきりもうお, わたくしたちみんな楽しくて, わたくしたちラジオも写真機, わたくしたち中国人は先ず何より, わたくしたち中年前後の夫妻, わたくしたち二人二十一二の男, わたくしたち兄弟はそれほど, わたくしたち初め草や木の根, わたくしたち夫の甚吾, わたくしたち女中も使っ, わたくしたち女性といっ, わたくしたち宗門の友達ども, わたくしたち日本の人々, わたくしたち武人の殺, わたくしたち火事に遭いまし, わたくしたち父と引き離され, わたくしたち禅家の者, わたくしたち途中までお迎え, わたくしたんかいりましぇん, わたくしだけじゃございません, わたくしだけでござります, わたくしだけを頼りに, わたくしだったかも分りません, わたくしだっても今は, わたくしちゃんと用意が, わたくしちよつと登録, わたくしひさつき娘に, わたくしついきのうから, わたくしつれて帰りたい, わたくしであっただけに洋髪, わたくしできますことなら, わたくしできるだけのこと, わたくしでさえ眼も, わたくしでなくなつた, わたくしとして二度の, わたくしとしての詩材を, わたくしとてももはやお後, わたくしとともにこの裾野, わたくしとに定まり居り, わたくしともいいなずけの, わたくしともどもにお, わたくしとを連れて, わたくしどうしていいかさえ, わたくしどなたをだって悪く, わたくしどのように, わたくしどもみなみなおん悦び, わたくしども一同のため, わたくしども一同手わけをし, わたくしども三人がお世話, わたくしども二人がお供, わたくしども五人はある, わたくしども四人の命, わたくしども団員一同はジョージ少年, わたくしども奥女中はいづれ, わたくしども女を選り分ける, わたくしども婦人の生活, わたくしども子供を殺し, わたくしども小姓組の厩, わたくしども山伏のならい, わたくしども自分の腕, わたくしども自身を解放, わたくしども贅沢はできません, わたくしどんな気立の, わたくしなぜだか, わたくしなぞ気がつかずに, わたくしなぞがお近づく, わたくしなぞも何かに, わたくしなでふ褒めるにおいて人後, わたくしなど幸に, わたくしなどが御き, わたくしなどとも会いたがって, わたくしなどに後ろ髪を, わたくしなどよりははるかに, わたくしならぬ高時公, わたくしなら構わないわ, わたくしなり主人なりが, わたくしなる一人物の, わたくしなれませんの, わたくしなんですか, わたくしなんかにはほんとにい, わたくしなんざあ湊合なんといふ, わたくしなんぞが後の, わたくしなんぞより物事の, わたくしなんどほんとに何, わたくしなんにも考えて, わたくしにさえ仕合せが, わたくしにだけ露骨に, わたくしにだって本当ばかし, わたくしにでもお目, わたくしにとっても全然新しい, わたくしにとりておもひだ, わたくしにとりましては軽からぬ, わたくしになどもうお, わたくしにね正直に, わたくしにばかりでなく三上, わたくしにももしこ, わたくしに対しその素直, わたくしに対してだけはまるで気狂い沙汰, わたくしに対してまでも怒って, わたくしに関して一つの, わたくしのうしろからかの, わたくしのみでは, わたくしはかような, わたくしはけふの講演会, わたくしはけぶりのなか, わたくしはじつとながめ, わたくしはずつと遠いところ, わたくしはと見こう, わたくしはばたんと戸, わたくしはまがつたてつぱうだまのやうに, わたくしばかりじゃあない江戸じゅう, わたくしひとり胸を痛めました, わたくしひどく気分が, わたくしびっくりしてよ, わたくしふいと思ひました, わたくしへでござります, わたくしへは手傷も, わたくしへんなところ, わたくしほとほと感心し, わたくしほんたうに幸福, わたくしほんのその場の, わたくしまして谷の, わたくしまたあなたは, わたくしまだ札の, わたくしまだちっとも伺って, わたくしまでをもこんな悪, わたくしみんな知つて居るの, わたくしむやみにあなた, わたくしめらも忰, わたくしもうふたたび世には, わたくしもけふは, わたくしやる事は, わたくしよりは御老母様, わたくしがここ, わたくしを通して先帝の, わたくしイェルヴァ・ステーンセンと申します, わたくしオホタタネコでございます, わたくしオホミは力, わたくしカツポレを踊ります, わたくしクラーラ・オールセンと申します, わたくしサッサさんの日本語きく, わたくしゾッとしちゃいましてね, わたくしツラギのキャンプ, わたくしトオキヨオへ着く, わたくしドクトル・シュワルツコッフです, わたくしビールにしよう, わたくしフグが大好き, わたくしブレエメンの生れ, わたくしブレーメンまでまいります, わたくしムルタック・ラム・ロサです, わたくしモトからエチオピア贔屓, わたくしロシア語はできません, わたくしローレンス街に住まっ, わたくしと足あと, わたくし一つの箱, わたくし一個では, わたくし一度恋を, わたくし一日置きに, わたくし一晩ぐらいは看病, わたくし一生にこの, わたくし一身の安危, わたくし三とせ前に契る, わたくし上山さんのご, わたくし下手人でご, わたくし不思議な気, わたくし不調法を御, わたくし中国の人, わたくし中山様に毒, わたくし丸善にちよ, わたくし事老齢にてあり, わたくし二三日前からすこし, わたくし人づてにうかゞいましたのにはせんねん, わたくし人間の世界, わたくし今一生一度のよう, わたくし今晶子さんのこの, わたくし仕事のほか, わたくし以前浅草のお, わたくし以外一人のかり, わたくしに教育, わたくし何で切支丹の, わたくし何もかも言つ, わたくし何時までもここ, わたくし作って金銀廟, わたくし偶然にもう, わたくし儀金がなけれ, わたくし先日お手紙, わたくし先生とはなん, わたくし八坂登志子です, わたくし共々しあわせに, わたくし共ににっこりして, わたくし共めまでも何, わたくし共四人の命, わたくし共長沢村の御, わたくし初めから言っ, わたくし動物は何, わたくし十三歳のとき, わたくし十分注意して, わたくし半年や一年, わたくし南京町の支那料理屋, わたくし去年帰って, わたくし参ってよく, わたくし参られませんの, わたくし叔父がボストン, わたくし取り押えようとします, わたくし取押えようとします, わたくし古い方のを, わたくし可笑しくって, わたくし同様竹棒渡りをいたします, わたくし同様過去のいきさつ, わたくし同様驚異でいのち, わたくしを衝い, わたくし困りますわ, わたくし国もとでその, わたくし堪忍しません, わたくしな声, わたくし夕飯の御馳走, わたくしをみました, わたくし大切です, わたくし大変に気分, わたくし大急ぎでお知らせ, わたくし失礼して, わたくし奥様のお, わたくし姪二十六七に, わたくし始め少くとも, わたくし始め村の者ら, わたくしのニーナ, わたくしの竹, わたくしひですから, わたくし子供の時, わたくし存じあげている, わたくし孫達にはあなた, わたくし実は丁度この, わたくし実話を書く, わたくしに久しく, わたくし家神のべと申, わたくし察しまするに, わたくし小耳にはさみまし, わたくし少し頭痛が, わたくし少い時, わたくし弟女中が五人, わたくし心から厭でございます, わたくし心臓が悪い, わたくし心配して, わたくし忘れていた, わたくし思いますわ, わたくしにあらたまる, わたくし恐ろしくなりました, わたくしかし, わたくし悲しいのです, わたくし悲劇が嫌, わたくし愛している, わたくし感心して, わたくし手招きでお, わたくし手許にもかやう, わたくし持ちましては冥加, わたくし探偵小説の愛読者, わたくしでございます生きて, わたくし故国ギリシアから信用, わたくしちやんの, わたくし敏雄を抱きあげ, わたくし文藝春秋新社, わたくし斎木でございます, わたくしへ御, わたくし旅行先でお菓子, わたくし日本の方, わたくし日本詞よく駄目, わたくし日本語話すとき, わたくし明智をおくった, わたくし明智さんを廃業, わたくし昨日もあすこ, わたくし月々の遣り繰り, わたくし有明荘の下, わたくし未だあの方, わたくし本国へ通信, わたくし本当だとは, わたくし本当にわくわくしながら, わたくし杉崎でございます, わたくし杏子の入っ, わたくし東京のホテル, わたくし松山へは帰れません, わたくし松永老人に化けました, わたくし正直に申し上げた, わたくしの場, わたくし此処でほんの, わたくし此頃髪の前, わたくし死刑執行人は七本, わたくし殿下にお, わたくしあ様, わたくしになっ, わたくしをながし, わたくしながら書きます, わたくしに書いた, わたくし浜川横山おふた方, わたくしや母, わたくし父魚屋清左衛門大阪玉造のお, わたくしにて人, わたくし独り身ですもの, わたくし生れましたのよ, わたくし生命の縮まる思ひ, わたくし生国は近江, わたくし生来活き物, わたくし用事があっ, わたくし用意して, わたくし申し上げておきます, わたくし申し上げるのを, わたくしへ出よう, わたくし病気すること, わたくし痣蟹と称, わたくし白髪にはなりません, わたくしなもの, わたくしと賭, わたくし相しれる所へ, わたくし眉毛に唾, わたくし知りませんが, わたくし神仏に誓, わたくし私立探偵の, わたくし世の中に, わたくし空恐ろしゅうござります, わたくし管長は, わたくし結婚中に姙娠, わたくし続けざまに二つ三つ嚏, わたくしあつて, わたくし考えておりませんでした, わたくし考えますには足音, わたくしのここ, わたくしへ避け, わたくし腹中をお, わたくし自身一帆の風, わたくし自身半分も信じ, わたくし致しますわ, わたくし良人の申します, わたくしは下手, わたくし若しあなたの, わたくし行かなくちゃ, わたくしの家, わたくし詰らない事を, わたくし誓って偽り, わたくしか参る, わたくし責任を持ちまし, わたくし貯金は八円, わたくし貴方を狩猟, わたくし買った前から, わたくし贔屓なんかございません, わたくしが竦ん, わたくし迄も世間から, わたくし途方に暮れ, わたくし達一億のもの, わたくし達一同の視線, わたくし達三人を一緒, わたくし達二人の間, わたくし達二人二十一二の男, わたくし達人間の生き, わたくし遠いフロリダの, わたくし長い間先生の, わたくし陽気ですの, わたくしをなおします, わたくし高橋はです, わたくし高音という名, わたくしの根元, わたくしでも, わたくし鵞鳥にはどうしても