青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わが国~ ~わき わき~ ~わけ わけ~ ~わざと わざと~ ~わざわざ わざわざ~ ~わし
わし~
~わずか わずか~ ~わたくし わたくし~ ~わたし わたし~ わっ~ わる~ ~わるい わるい~

「わし~」 16432, 178ppm, 583位

▼ わし~ (4176, 25.4%)

38 わしの 33 それを 26 お前の 20 お前を 18 何も 14 お前に, ここで 13 それが, 自分の 12 君に 11 これで, これを, 気が 10 そなた, 今まで, 思う 9 お前さんの, 君を, 知って, 知らん 8 君の 6 あんたの, おまえの, た, なにも

5 [21件] いやだ, おまえに, きみを, ここに, この通り, これが, これまで, こんなところ, すぐに, そうは, どうすれ, わしは, 人間の, 何を, 子供の, 死んで, 江戸へ, 眼を, 知らぬ, 研究中だ, 賦の

4 [32件] あなたが, あれを, あんたが, おまえを, お前が, ここから, これでも, さっきから, そう思う, そこで, そのとき, そのよう, その時, それに, そんなこと, どこまでも, わしを, クラリモンドが, 人の, 今でも, 今の, 今日まで, 信じて, 八丁堀の, 少しも, 山ねこさまの, 彼女が, 最初から, 知らない, 胸が, 腹が, 見て

3 [54件] あの子, あれの, あんたを, おまえが, お前さんに, お前さんを, きみの, この国, この男, この辺, そこへ, その中, その男, ちゃんと知っ, ひそかに, もうお前, もうたくさん, もう何, もう駄目, よいが, よく知っ, わしで, 世の中の, 今その, 今夜は, 今度の, 他の, 何の, 出家では, 前から, 君が, 喧嘩を, 嘘を, 好きだ, 家へ, 帰る, 彼の, 彼奴を, 心の, 思うが, 急に, 持って, 日本の, 江戸の, 生きた人間, 目が, 考えた, 考えて, 見たの, 観る, 誓って, 責任を, 阿弥陀様の, 飛加藤の

2 [218件] あいつが, あいつより, あなたを, あなた達の, あの人, あの女, あの時, あやまりに, あれに, あわてて, あんたに, いう, いつでも, いつまでも, いまなら, いろいろと, いろんなこと, うれしい, おはる, おばば, おもうの, お前さんが, お前たちに, お前達の, お屋敷, お通さん, きっぱりと, こ, こう見え, ここの, ここを, このこと, このとおり, このへん, この前, この女, この子, この家, この年, この頃, この首, これからまた, こんどはじめて, こんなこと, こんな処, さう, しかし太陽, しや, すぐそこ, ずっと前, そうも, そちに, その女, その気持, それだけを, ただの, ただわし, たった一人, だれが, ちやんと, ちょっとした交換条件, ちよつと, てんでそんな, とうから, どうしても手づかみ, なんと言, なんにも, なんにも知りません, ぼつぼつ先, まじめに, またあの, また人間, まだそこ, まだそれ, まだ死ん, めしは, もういい, もうこの, もうだいぶ前, もう一つ重大, もう一遍, もう君たち, れ, わしが, わし自身の, クラリモンドの, 一つの, 一人で, 一体何, 一度も, 一足先に, 三十年この, 両手を, 云った, 五雷天心正法を, 人々の, 人に, 人を, 人間では, 人間を, 今から, 今この, 今これを, 今も, 今年で, 今後から, 今日の, 今日は, 他人の, 仲間の, 体が, 何うなる, 何か, 何だ, 何でも, 何ともない, 何にも, 何度と, 保証する, 信じる, 信州の, 僧院長セラピオンが, 元から, 兄の, 先刻から, 全力を, 其方に, 別にクリスチャン, 助かったの, 原士の, 去年の, 反対じゃ, 反対だ, 君と, 君等が, 呶鳴った, 命を, 四人の, 土神だ, 多くの, 夢を, 天下の, 失敗した, 始めて, 子供を, 安心した, 家に, 家内の, 寝る, 山の, 幻術を, 彼が, 彼女の, 後から, 後に, 御主人, 心臓が, 怖ろ, 思いだしたぞ, 思ったとおり, 思って, 悪い人間, 戸口の, 持宝院の, 昨夜の, 本望じゃ, 森の, 此の, 歩くよ, 死なぬ, 死なぬぞ, 死ぬ, 死ぬかも, 死ぬの, 死んでも, 殺されて, 気を, 氷の, 涙が, 火星人に, 火星兵が, 無限の, 犬を, 男だ, 相撲取りじ, 相談を, 眼が, 知らぬが, 知らぬぞ, 石に, 神に, 神の, 窓の, 美しいヒポデイミヤ姫, 自分が, 自分で, 自分を, 船長として, 若い時分, 若旦那の, 血を, 西洋の, 覚えて, 観て, 言うて, 言って, 諸君に, 足が, 躄者じゃ, 身体を, 農村の, 迷う, 違う, 鎖で, 闇の, 隠居を, 魔法の, 魔法博士だ

1 [3013件 抜粋] ああいう, あきらめて, あそこへ, あなな, あの世の, あの君様, あの方, あの菓子屋, あまりに成功, あれらの種子, あんまり暢気, いかにもし, いそがしくて, いっそ筏, いつかきみたちし, いつだって, いつもよくそう思った, いつ害されるか, いままで, いやな, いろいろの, うつちやつた譯, うんざりし, おまえという, お供でござん, お前さんたちが, お前には, お前達が, お家で, お礼の, お角, かう自問, かげの, かねて旦那様, きさま, きのうから, きみに, きょう君と, ぐらついた信仰, けっして相手, こうし, こうして静か, こう思っ, こころを, このうえ, このところ腰, この世で, この人造島, この前われわれ, この壺, この戦車, この根室, この湖水, この発明, この若者, この通り形, この間きみの, この鬼仏洞, これからすぐ人穴, これからひとり, これから公用, これから宿, これから有野村, これから自分, これも, こわくなっ, こんなダイソレ, こんな騒ぎ, さきを, さっそく人里, さわった物, しじゅう出歩かね, しなかつた, すかん, すぐ気がついた, すっかり嬉しく, すでにわし, ずいぶんくろう, せは, そういう性分, そうする, そう見, そこもとを, そのつもり, その仲間, その勝負, その場所, その巻尺, その敵討, その時彼, その母, その画家, その裏返し, その間に, そばによって, それのみを, そんなことかま, そんな悪い, たしかにそうと, ただそこ, ただ吉州, ただ殿, たった五千円, たびたびその, だしぬけに, ちかごろあんな, ちっとも気, ちゃんと知っとる, ちょっとここ, ちょっと戸棚, ついさき, つい先頃, つんぼでござる唖, とてもたくさん, ともかく北原先生, どうしてあれ, どうして今, どうなと, どうも手ばなし, どうも金, どこの, どのよう, どんなん, なかなかほんと, なるほど, なんでも, なんなり, な吾, はじめから, はっきり言います, ひたすらいつわりで, ひとり者ぢや, ふだんの, ほぼ察し, まあ常務, またし, また人造島, また此, まだそんな, まだよく研究, まだ巡査, まだ犬, まだ見ない, まるでつい今しがた, みんなめいめいに, むしろ神, もうおろし, もうこり, もうそれ, もう一ぺん長崎, もう一杯やる, もう何時もの, もう力め, もう呼吸, もう寝る, もう息, もう殺される, もう牛, もう知らん, もう腹, もう頌歌席, もったいなくも, もと大和の, やっぱり賊, やはり一人ぽっち, やるつもり, ゆうべ快く, よいこと, よくここ, よく窓, よろこび勇んで, わざとここ, わし流に, わるいこと, イ躄者じゃ, カーライルじゃと, ギクリと, クレーン係の, スキーは, ソッと, デルマの, ナポレオンの, バルチック海の, ピストルは, ベッケルという, ポンと, ルーズベルトは, ヴェニスに, 一人の, 一体耶蘇教, 一同を, 一度かう, 一廉の, 一晩ゆっくり, 一生女に, 一足が, 七八日ここに, 万全を, 三年前に, 不人情の, 不機嫌に, 与右衛門の, 世界中の, 中堂に, 主人だ, 之丈けの, 九条村へ, 争わぬ主義, 二三年托鉢を, 二十二年前の, 二度と彼女, 云いよう, 五十八回通つた揚句一年のびた, 井戸を, 人から, 人間ぢや, 今お前に, 今でこそ, 今まじめに, 今上官として, 今夜もう, 今度こそ, 今思う, 今日おまえの, 今日はじめて, 今日鋼鉄宮殿の, 今朝あなたが, 今考へ, 仏様を, 仙台の, 仲買人じゃ, 会つた, 何と, 何となし, 何もかも知っ, 何んで, 何事を, 何時も, 余程警察沙汰, 信じませんね, 偉い人, 僧侶と, 元来淡白, 先ほど, 入ろうと, 全く心, 全身鳥肌に, 八郎太殿が, 公然と, 兵隊は, 其時クラリモンドが, 再びわし, 凝視を, 出たくも, 出直して, 初め或, 到るところ, 剣の, 助手か, 勝者と, 十七八年平山先生について, 十分の手あてを, 半分は, 卑怯者でない, 即座に, 厭きなかったね, 又何度, 取引を, 叩き返し, 吉利支丹信者の, 同志を, 名探偵明智小五郎, 君たち日本人種の, 吟味役では, 命あっ, 和子を, 唯負けぬ, 喜んで, 噂によって, 四山の, 国元を, 地の, 坊っちゃんの, 城中の, 声を, 外へ, 多年奉公した, 夢にも思わなかった, 大どろぼう, 大塔, 大満足, 大胆に, 天井裏に, 太陽の, 女ぎらいだ, 女王ラーラと, 好んで, 姫路の, 嬉しく思っ, 学問として, 安南人, 宝壺を, 実に狂気, 実際いつも君, 室の, 家内にも, 寂しい人間, 察して, 専門医じゃ, 尋ねた, 少しあわてた, 少し考, 就役し, 山伏と, 岩じゃ, 左遷せられ, 帰ること, 常にクラリモンド, 平家の, 年来そういう, 幽霊が, 庭の, 弟の, 当家に, 役目柄ズッと, 彼を, 往來なし, 御免こうむる, 復讐を, 心も, 心配し, 快く殺されよう, 思いなおした, 思はずある夢幻, 思わん, 怪物に, 恐ろしさ, 恥しながら, 悦んで, 悲しい顔, 意外とは, 感心し, 憂えずには, 懸命に, 戦場で, 手品師では, 抱えて, 持参金を, 掛川へ, 救うに, 敵討を, 断言しよう, 新参で, 旅人を, 日名倉の, 日本へ, 日本語の, 早寝の, 明日微行で, 明朝いちど千早へ, 昔は, 昨日警察に, 時々大きい, 暢気者かなあ, 曲ったこと, 最後に, 最近重大な, 朝廷へは, 未だ部屋住同様, 本堂の, 村の, 来月から, 果てる, 根も, 極力それ, 構わぬが, 次の, 歌を, 正真正銘の, 此厖大な, 此状態が, 武州刎村という, 歳費を, 死ぬが, 死んだおまえ, 殺されたくは, 殺すこと, 毎日その, 毛利家の, 水泳が, 氷河鼠を, 永遠に, 決してうち, 決して朝倉先生, 河向いの, 泣いた, 泰平の, 浮かばれぬぞ, 深夜ただ一人で, 満足する, 漆雕開の, 火星に, 烏帽子折り, 無聊に, 煩悩だ, 父親では, 牧を, 特別に, 猫の, 王族だ, 理科大学の, 生まれつき不器用で, 用なし, 甲州へ, 町へ, 疲れて, 登ったこと, 皆が, 直ぐあれ, 相当に, 真物だ, 眼こそ, 睫毛の, 知っとるからな, 知らないと, 知らねえ, 知らんじゃ, 知りませんだが, 研究所に, 確証を, 祝言しません, 私の, 突貫します, 竜神の, 第三号, 細かく云, 絵の, 罪を, 羽柴家の, 老母を, 考える事, 聞きたいの, 肥へて, 腰が, 自分に, 臼だ, 船の, 芝居や, 若いときわし, 苦心の, 荒磯だ, 虫ケラだ, 行かん, 裁判所長だ, 見た, 見物の, 覚えが, 観世だ, 言っただよ, 訊きたいが, 話して, 読んで, 請け合って, 諸葛孔明, 谷を, 負けたの, 貴様たちを, 賢い人, 身に, 軽くわし, 迂闊り, 近所に, 迷わざる自己, 逃げん, 通勤者じゃ, 連日脳細胞を, 遂にそれ, 道具を, 遭った, 都督の, 酔って, 金力で, 釣りの, 鐚一文も, 長年の, 間も, 関わん, 陰謀加担者として, 雨月物語を, 電灯だけで, 静かに, 頑固な, 風呂屋で, 飯も, 馬もろとも, 馴れて, 驚ろいた, 高櫓, 魯の, 鷹匠

▼ わし~ (3160, 19.2%)

35 ような 31 ところへ 26 ために 25 顔を 19 いうこと 18 方で 17 言うこと 16 手に 15 ことを 14 家へ, 心の, 心を 13 家の 12 家は 11 心が, 心に, 手を, 方が 10 前に, 名を, 心は, 手で, 方から 9 所へ, 方は, 考えでは 8 上に, 前へ, 子だ, 志を, 知って, 言葉を 7 ように, 眼の, 眼を, 耳に, 話を, 身の, 顔が

6 [12件] ことは, ところに, ほうが, ほうで, やうな, 姿が, 弟子に, 御主人, 持って, 眼には, 背中に, 腕を

5 [18件] ことなら, ところで, 代りに, 力で, 命を, 命令に, 大事な, 姿を, 子に, 家に, 志は, 方も, 生命の, 生命は, 発明した, 眼から, 記憶に, 部下に

4 [31件] うちに, うちの, うちは, とこじゃあ, ほかには, 事を, 仕事を, 体は, 体を, 側へ, 側を, 傍に, 名は, 声が, 好きな, 子を, 子供に, 家で, 方の, 最後の, 眼は, 肩に, 胸を, 見て, 見るところ, 身に, 身体は, 身体を, 部屋へ, 顔に, 願いを

3 [71件] うちへ, けらいに, ことじゃ, して, しょうばいのやめ方, すること, ためにも, とりこに, ほうから, 一生の, 不得手な, 人民は, 仕事に, 仕事は, 仲間が, 住居へ, 処へ, 創案した, 力を, 勝手だ, 口から, 命も, 命令だ, 問いに, 外に, 外には, 女房の, 娘だ, 娘を, 子じゃ, 学説の, 室へ, 家には, 屋敷へ, 山は, 帰るまで, 弟の, 心も, 慈悲が, 手から, 手の, 指を, 方に, 方へ, 死を, 母は, 気が, 為に, 留守中に, 目から, 目に, 目には, 知ったこと, 研究の, 祖父の, 考えるところ, 血を, 言うの, 言ったこと, 言葉に, 話は, 身は, 道は, 部下が, 部屋まで, 頭の, 頼みを, 養子に, 首を, 馬に, 魔法の

2 [205件] あとから, あとに, いいこと, いる所, お嫁, からだの, けがを, こころが, ことか, ことかね, ことだ, ことで, ことばも, この符水, この胸, ご主人, したこと, すがた, する事, する通り, そばへ, ためを, つれて, ところは, ところを, はこう, ほうの, ほかに, ものだ, ものです, ものを, ヒゲを, 一家を, 一生は, 両腕, 乗って, 事業の, 云う事, 云ふ, 亡い, 亡き後は, 人造島は, 今持っ, 仕事が, 伜を, 住居を, 体に, 供を, 傍へ, 傷口に, 兄弟の, 兵学は, 前で, 前まで, 剣を, 力が, 友人が, 口からは, 口の, 名か, 名が, 味方に, 命は, 命数も, 国の, 声を, 大事に, 天命も, 女房も, 娘では, 娘に, 娘は, 子でない, 子では, 子どもまで, 子は, 子わしの, 子供の, 存じて, 宵, 家から, 家まで, 家も, 家内だ, 家内は, 家来では, 寝どこ, 寺は, 小屋へ, 居間に, 居間へ, 年齢に, 店に, 役目が, 待って, 待遇が, 得意と, 心持も, 心臓は, 志だけは, 思ひつき, 性に, 性質は, 息子の, 想像が, 意見が, 意見は, 意見を, 愚かな, 愛するモルモット, 愛を, 戦友で, 手が, 手には, 手は, 扱帯も, 持つて, 日頃の, 最期も, 村の, 来るの, 死は, 死んだ後, 母や, 気に入らんよ, 気の, 気もちは, 気持は, 父も, 父を, 父親としての, 生きて, 生涯の, 申すこと, 留守に, 番か, 病は, 目の, 目は, 目を, 眸は, 眼に, 眼見え, 知った事, 研究を, 祭にも, 科学の, 立って, 符, 罪では, 考えが, 考えて, 考えは, 考案した, 肉を, 肩を, 背に, 背中を, 胸に, 胸には, 腕の, 腰に, 臨終に, 苦心を, 血は, 親たちが, 観るところ, 言つた, 言を, 言葉が, 計画は, 許しを, 話が, 話も, 説明を, 負けだ, 貯金帳こしらえ, 足は, 身の上に, 身を, 車へ, 車を, 過失じゃ, 道が, 遺言じゃ, 邪魔を, 邸へ, 部屋に, 長男です, 霊魂の, 霊魂を, 面目が, 面目に, 面目も, 領分に, 領土は, 頭が, 頭脳は, 頸を, 顔で, 顔や, 首に, 馬も, 馬車に, 髪を

1 [1764件 抜粋] あたま, あとにばかり, あとを, あの手紙, あらを, いい方, いうところ, いう叱言, いう闘い, いた辺り, いって, いふこと, いまお, うちには, おじいさま, おもったとおり, おる限り空身, お宮に, お皿, かくれ家, からだに, かわいい友だち, かんに, ぎりぎりの, けらいです, ここへ, ことばだ, この勘考, この白髯, この肌衣, この髷, これまでの, さいふです, した事, すみかに, せいか, そばで, たずねること, ためで, ため力を, だいじなだいじな娘, つきあいは, つくった殺人ガス放射器, でないって, とこの, ところの, とりこです, なかった, にらんだとおり八百長, はあたりまえ, はそんな, ひとりごとを, へ乗つて帰つておくれん, ぼろ靴で, もとへ, ものでない, やつた, やれるだけの, わがままを, クセと, トランクの, パンを, プライバシーを, リューマチは, 一代記を, 一味配下と, 一家は, 一生に, 一身を, 下知に, 不平は, 不徳の, 不明だ, 世界は, 世話を, 両親は, 主君が, 乳母の, 予感が, 事は, 二つの, 云うこと, 云うとおり, 五体を, 亡くなった後, 人格に, 人生は, 今やった, 今度京へ, 仏像は, 仕事場へ, 代講が, 仲何とも, 任は, 任務も, 伜の, 住まひか, 住所はな, 何よりの, 作った機械人間, 作でも, 使いで, 供に, 信じた人, 信仰する, 信念が, 信用に, 修法に, 健康を, 傷は, 働きの, 元服奉行は, 兄主, 先代も, 全財産, 兵学をも, 兵道が, 凄文句, 処置を, 刀に, 刀を, 分を, 利得に, 前身も, 創意は, 力では, 力の, 加担が, 助手を, 動きは, 務めな, 危かった, 厩から, 友だちが, 友達だ, 叔母御, 口で, 只今の, 可愛い姫, 可愛い甥, 同僚で, 同輩の, 名刺に, 名附日, 吩咐けが無理か, 味方が, 味方を, 命にも, 命令としては, 哲学な, 唸き声, 喉は, 嗜好に, 器械に, 四人, 国には, 國に, 地位として, 坐禅は, 塾は, 声の, 外弟にも, 夜着を, 大切な, 大嫌いな, 大望を, 大船禁造を, 大魔術, 天文学に関する, 奉じて, 女房だった, 好きやん, 如き一介, 如く町家, 妻で, 妻妻は, 姪の, 姿は, 娘じゃが, 婆さん牛の, 婿だ, 嫁女に, 子で, 子の, 子分で, 字引には, 孝心を, 学説は, 孫と, 宅へ, 安心の, 宝物は, 実兄の, 実権は, 客と, 家か, 家にも, 家内とを, 家常に, 家来に, 富国策が, 寝室で, 寝所も, 寢床が, 寸志の, 寺に, 小さなマリユス, 小猿め, 尾張中村にも, 屋敷に, 屋敷まで, 山に, 工場の, 巾着じゃ, 席へ, 帰りが, 帰国も, 年齢が, 幼年時代の, 店は, 庫を, 弁当じゃ, 弓矢が, 弟子で, 役儀は, 役目を, 後で, 後へ, 後楯っていう, 得心が, 御奉公, 心から, 心じゃ, 心まで, 心中を, 心意気が, 心臓の, 心苦しさ, 志したこと, 志の, 念を, 思いつめた眼, 思う通り, 思わくなぞ懸念, 性, 性分じゃ, 怯懦な, 恋は, 恩人です, 息子たちが, 悪業の, 悲願は, 意中を, 意志だ, 意気地の, 愚息は, 愛する良い, 感じ得た天命, 感化を, 憂鬱もどつ, 戯れだ, 所へは, 所有と, 手もとに, 手下に, 手紙には, 手紙を, 手落に, 手足と, 抱負が, 持ち馬, 持船で, 指の, 指図は, 探して, 推察が, 描いた絵, 政治の, 教えを, 教理要領だ, 料紙筥の, 方じゃ, 方を, 日本語の, 旨を, 昔を, 暢, 書きたいやう, 書物を, 替え玉です, 最期を, 望みが, 望みは, 本名を, 本心じゃ, 机の, 村では, 杭は, 枕を, 根性を, 植物学研究所な, 様子が, 機械を, 欲すること, 正体を, 此二面の, 死には, 死骸は, 母が, 母上は, 母親を, 気に, 気に入ったよ, 気に入らん, 気持ちが, 永年の, 決意を, 法縄に, 流儀に, 流儀姓名は, 測定した, 為一頭は, 熱情に, 父や, 父母の, 牧場の, 物好きと, 犬畜生にも, 玉手函じゃ, 甘い事, 生れる前, 生命を, 生年月日も, 生活は, 生涯にとっては, 用いる色, 用は, 田さへ, 申し訳だ, 留守には, 留守中急に, 番号だって, 病気だ, 病氣かね, 発明な, 発明は, 皮膚に, 目も, 目違いだった, 相手は, 真心に, 眸の, 眼では, 眼元が, 瞳の, 知ったこっちゃ, 知つてゐる, 知りたいの, 知己じゃ, 知行所の, 研究に, 研究室に, 研究所な, 社を, 祖父だ, 禁止に, 私心が, 秘密じゃ, 稽古は, 立場, 立場としては, 竹筒の, 答を, 精血を, 素性か, 絆だ, 総身の毛, 縄を, 罪じゃ, 罪を, 義理の, 老いた気力, 考えだした競争, 考えわし, 考え違いであったらしい, 考へは, 耳にはは, 耳は, 聟に, 職掌に, 肌襦袢を, 肚を, 育てた理財家, 胴服を, 胸の, 胸倉を, 脳の, 腕に, 腕まえ, 腹ひとつで, 膝へ, 自動車は, 自慢以上に, 舌の, 船乗り朋輩が, 若い時, 苦労の, 苦慮も, 苦衷も, 草鞋を, 荷物と, 落度, 葬式に, 蒲団へ, 藩へ, 血が, 行いに, 行くべき路, 行為の, 袂へ, 補助は, 要求する, 見た其夜, 見張りが, 見解が, 覚醒だ, 親切が, 親戚に, 親類, 親類とか, 観相に, 言い方が, 言うとおり, 言った手順どおり, 言わんこっちゃないて, 計らいで, 計略に, 記憶が, 訪ねる壬生, 許まで, 詞を, 話など, 誇りと, 説に, 調査に, 講義には, 護神じゃ, 財政ではなあ, 貧乏世帯に, 責任に, 足もとは, 足跡が, 身などに, 身の丈ほどの, 身体には, 身寄りの, 身辺を, 轡を, 迎えに, 返事は, 退屈病に, 連は, 進む道, 運も, 過りだ, 道あんな, 遠方行きを, 邸に, 部下には, 部屋の, 配下に, 野菜畠へ, 釣る鰈, 鍬は, 長兄, 間で, 防寒の, 隠居の, 霊魂に, 面を, 面目を, 領土では, 頬を, 頭では, 頭よりも, 頭脳の, 額からは, 顔かいの, 顔ばかり, 顔色を, 願望は, 食うもの, 首から, 首まで, 馬の, 駈引き, 髪の, 髭にも, 魚釣いつも, 麾下であったら

▼ わし~ (1866, 11.4%)

16 悪かった 13 行って 11 持って 9 手を, 自分で 8 お前に, お前を 7 そなた, 連れて 6 お前の, 見て 5 おまえを, それを, 代って, 何か, 教えて 4 こんなこと, ついて, 何を, 帰って, 引き受けた, 悪いの, 死んでも, 自分の, 話して

3 [22件] あの男, おまえに, ここで, ここに, ここへ, つれて, わるかった, 亡い, 代りに, 先に, 口を, 引き受けるから, 手に, 村の, 殺したの, 気が, 牧の, 留守の, 知って, 見たの, 送って, 預かる

2 [96件] あんたを, いう, いって, いなんだら誰, おふくろは, おぶって, おらんと, お前と, こういった, ここから, ここを, こと, これまでに, するから, そちへ, そんなこと, ためには, だれだか, ところに, ところへ, とらえて, どうした, なんの, ほんもの, やつて, やりませう, 一人で, 三日の, 不承知だ, 中風で, 乗って, 二つにも, 今この, 今まで, 仕事を, 伊丹城の, 借りて, 偈を, 僧侶だ, 出て, 切るぞ, 前に, 助けて, 参って, 参る, 取りに, 号令を, 君に, 君の, 堂守に, 大切に, 姿を, 家の, 家へ, 小倉へ, 居らんと, 幼少の, 引きうけた, 待つぞと, 後に, 悪い, 戻って, 握って, 書いたの, 来て, 案内し, 歌って, 死ぬと, 死んで, 生きて, 生命を, 産れ落ちた, 町へ, 目を, 眼を, 稽古を, 立派に, 背に, 行く, 行けと, 行こう, 言うこと, 言うの, 言った通り, 言って, 訪ねて, 詫びて, 話を, 貰うて, 身は, 身を, 隠居する, 頭を, 願ひ, 飛んで, 鳥なら

1 [1447件 抜粋] あいつに, あだ名の, あっという, あのやう, あの人, あの悪党, あの角, あやまる, あり合わせ, あれに, あんなにすゝめたんぢ, いいつける, いいね, いうまでも, いたが, いたならば, いった事, いつか命を, いつもその, いないと, いなくなったら皆, いま行く, いるよ, いろ, うかつじゃった, うまい工合, え, おきたと, おっては, おまえの, おりませんでしたの, お伴いたし, お前に対して, お嫁入り, お袖, お迎えに, かけよう, かねて, がんばって, きまりが, くれと, こうし, こうしてお, こうしてわざわざ, こうして国, こうして長年, ここまで, こしらえた造船所, ことを, このから, このよう, この世に, この国, この小刀, この歳, この瓶子, この盗人, この藩財, この釦, この難局, これで, これまで, これをも, こんなに云っ, こんな大, こんな片目, さう云, さっきいった, したん, して, しなくては, しようという, すきに, すぐに, するこちら, ずり落ちても, ぜひとも行かせます, そういう不良老人, そうした境地, そこへ, その事, その人々, その大次郎, その正しい, その皿, その良, そもじを, それまで, そんな弱音, ただ一つ, たべるだけ, ちょっとでも, ちょっと揉ん, ついてる, つくって, つける寺号, とこじゃ, とこへ, ところへは, とっさの, とどめを, どうして猫, どうにでも, どこから, どれほどそ, どんなにおまえ, どんな男, なつて, ねじ伏せたあの, のびのびと, はじまりました, はずすよ, ひきうける, ひつぱつて台なし, ひとつ気に, ひとりで, ふだんよくよく, ほしくて, まいれば, また出陣, まだ六波羅評定衆, まだ眠つて, みるところ, むずかしいこと, めんどうみ, もう少し若かっ, もしお前, もつと, もらったぜ, やった腕環, やらずか, やる千二百フラン, ゆうべここへ, ゆるして, よいもの, よく言いきかし, わからないな, わからぬかと, わざわざ出かけ, わるいと, ウッカリし, ギンネコ号の, クラリモンドに, チユウチユウさんの, ブロックの, メントル・テストを, ロロと, 一々立て直した, 一つ大阪で, 一分でも, 一太刀抜き打ちに, 一旦は, 一番淋しい, 一體何を, 万太郎様の, 上方で, 下りよう, 不同意, 不断から, 世間から, 主人じゃ, 乗せて, 乗れば, 事あたらしゅう, 二三考え, 二千円を, 二階へ, 云う通り, 五百円あんたが, 亡くなれば, 亭主に, 人世に, 仇じゃ, 今から, 今その, 今夜言っ, 今御, 今日ある, 今日限り抵当な, 今苦, 今言おう, 今髪を, 仕込んで, 以前に, 仮病か, 企てたこと, 伜の, 位を, 何とか小舟, 何れだけ, 何等の, 作ったロボット, 使い込んだの, 侍か, 信心家だ, 偉いため, 側について, 元気に, 先刻毛氈やら, 先登に, 公然と, 兵道家としての, 其事件に, 内々十住心論に, 再び下る, 出かけて, 出たの, 出ましたから, 出る時, 出水の, 判らぬか, 前からの, 助けた時, 助けられたいため, 助役じゃが, 動けるか, 勝ちじゃぞ, 勝手に, 北京で, 十三歳の, 十八歳の, 千ルーブル寄進した, 卒倒したら, 参ったと, 参ろう, 取りなして, 受け合って, 古龍亭, 叱られる, 吉原に, 君たちに, 吩咐けたゆえ昼間は, 呼び出されたあの, 呼んだお前, 呼んで, 命ぜられて, 命令した, 和尚ぢや, 唯今吉野を, 善隣キンギン連邦の, 喋つたなんて, 嘗て見た, 四年も, 固く注意, 国さを, 土竈の, 坐って, 変に, 外から, 夜番を, 大きな大理石, 大勝利, 大阪町人からの, 天井裏の, 太鼓判を, 奥さんの, 女帝陛下の, 好きだ, 好んで, 娘の, 嫌いだったろう, 子じゃわ, 子どもたちを, 孔明を, 宗教の, 家とは, 家を, 家賃を, 寄ろう, 寝かけてから, 尋ねて, 小坊主の, 小幡を, 少し甘えさせ過ぎた, 尾行でも, 届けて, 山城じゃ, 巡り来て, 差上げた簪, 帝位に, 師匠良忍上人も, 帰国と, 常識と, 幼年の, 引きうけたから, 引受けた課題, 張つ, 強いん, 当主と, 当分預かっ, 彼の, 待って, 御意見, 御馳走に, 心と, 心を, 必ず自首, 念を, 怖いの, 思うには, 怨んどるとでも, 恐竜を, 恩田じゃが, 悪いよう, 悪かろう, 情けないこった, 愚かを, 憎くて, 戸口を, 所へなど, 手で, 手文庫の, 手首を, 承知じゃ, 投げ捨てた屑, 担って, 持ち出した時, 持参した, 指揮を, 挽く, 捕り逃がしたあの, 捕物の, 推挙すれ, 損害を, 撰ぶ, 支那で, 救い出し丁度, 敵を, 斉彬に, 斬られよう, 斯うし, 方から, 日頃から, 早く早く, 明智を, 昔の, 昨日から, 是非美しい, 智謀を, 書いた, 書物や, 最初絵里子が, 月の, 望むの, 本気で, 来よう, 東京に, 案ずるところ, 案内しよう, 極秘に, 欠けて, 止めたのに, 正しい方, 此の間ひよつくら見附け出した, 此んでも, 此様な, 死ぬとき, 死んだなら喜ぶ人, 死んだらお前, 死んだらわし, 死骸に, 殺したとは, 母の, 気に, 水の手へ, 永徳です, 江戸表に, 河へ, 法門には, 洗うて, 流されたの, 海馬に, 添う嫁, 源家の, 火星に, 無うても, 無理借り, 爆発事件の, 父上の, 牧なら, 物を, 犯人だ, 猶引, 王先生と, 現われる, 生きてる間, 生国は, 生涯を, 用件を, 申上げ, 留守に, 畳むから, 畳代えの, 病気に, 発明した, 百姓だ, 目的を, 相手に, 真実に, 眼にも, 睡つて, 知ってるブーラール, 知らないとでも, 知らんで, 知るまいと, 知辺の, 石井山御, 研究室を, 磨らねば, 祝福し, 私立探偵殿村弘三です, 秘密に, 窒息し, 立ち上がって, 立て替へ, 童の, 糺明し, 網を, 縫つてあげよう, 罪障の, 義観じゃ, 考えたの, 考えて, 考え当てたの, 聞いたの, 聞き役に, 背負つて行く, 脳天の, 腹を, 自分を, 自身で, 舞うて, 良ければ, 若いころ井戸, 若し人身, 英語を, 落ちたこと, 薪を, 處へ, 血だらけに, 行くまで, 行った時, 袖, 西の, 見たところぢ, 見るに, 親元と, 言いきか, 言い敗れた, 言うよう, 言ったことば, 計らって, 訊いてるの, 討取った男, 許さぬ, 証人に, 話した聖母マリヤ, 誘惑する, 説明し, 誰よりも, 談合した, 諫めた, 譲ると, 負う, 負けるなんて, 貧乏人の, 貰おう, 買うよ, 賞めた, 起つの, 踊り明かして, 辻ヶ谷から, 近江へ, 逃げ出す筋, 通ると, 造ったから, 連絡する, 運勢を, 遠慮なく列座, 邸までも, 部屋へ, 配属され, 酒屋へ, 金主元で, 鎌倉へ, 開いて, 開基と, 院長の, 隠居仕事で, 音楽の, 頗る軽率, 頼みという, 頼もうという, 飜訳大, 食わないの, 飽くまで一人, 餌飼いし, 馘に, 駄法螺を, 魚釣りに

▼ わし~ (980, 6.0%)

10 これで 7 知って 6 それを 4 この年, そう思う, そう思っ, 此れ, 気が, 聞いて, 行く

3 [13件] いっしょに, この頃, そう思った, そう見た, 一緒に, 嬉しい, 思う, 思って, 知らない, 聞いた, 聞いたこと, 若い時分, 黙って

2 [40件] おつう, おどろいたよ, お前の, くわしいこと, ことの, これまで, こんで, しなかった, そうだ, その一人, その日, それが, それで, それは, ひそかに, もうこの, わしで, 一旦は, 一流を, 乗る, 今では, 今は, 今夜は, 今日は, 出かけよう, 同様, 君と, 困って, 存じて, 安心し, 安心した, 少しは, 死ぬ, 無事に, 男だ, 疲れた, 知らぬ, 章魚は, 胸が, 腹が

1 [810件 抜粋] ああし, あいつの, あちらへ, あなた以上に, あのお嬢さん, あの娘, あの怪しげ, あの時男の子, あの頃, あまり一徹, あれとは, あれを, あわてて, いいは, いささか斉彬, いずれは, いったん地獄, いつかもう, いつの間にかと, いつまでも, いつ何うなる, いまなほ真珠で, いろいろと, いろいろ考えた, うかといった, うれしい, うれしいこと, うれしくなる, おいぼれたもん, おそば, おまえが, おまえに, お内儀さん, お前から, お前さんさへ, お前に, お前ほどの, お客さんに, お松さんを, お正午ごろ, お祝いに, お見舞に, お身, かなり集めました, がっかりせず, きっと拝み, ぎりぎり決着, くるしいけに, こうあくせく, こうしてはおられぬ, ここに, このお, このよう, この件, この前火星, この宗旨, この町, この葡萄, この通り達者, これからちった, これから祈祷, これ息子が, こんなに早く, ごらんの, さうぢ, さうぢやつ, さっきから, さっぱりした, さる者, して, しばらくやっ, しばらく遠のい, すぐ後, すぐ追っかけ, すこしも, すでに老齢, する, せいぜい修業, せず口, ぜひその, そういう考え, そうさせる, そうと, そうとは, そう思います, そう思うとるでがす, そう案じないで, そう聞いた, そこを, そちを, そのうち, そのこと, そのつもり, そのひとり, その一つ, その中, その内輪, その場, その方, その気, その肚, その間に, その頃, そもじの, それくらいの, それに, それ盲目の, そろそろ広島, そんなに急, そんな音, たいへん幸せ, ただその, たびたび人, だいぶ御無沙汰, ちと横, ちょくちょく聞い, ちらりとあの, ついよく帰った, つい弱気, つい死, つらい, とうとう耳, どういうふう, どうやら故郷, どこかで, どちらでも, どんなにか, なつかしいやさしいお母さん, なにくそ, なんだか気, なんだか船, な奥さん, にわかに御, にんげん, はあ, はあそん, はあ二十先, はやもう悩乱, ひとつ三志様に, ひとつ諸君の, ひよつこり帰つて, びっくりした, ぶったまげやした, ほっといたした, ほとんど後悔, まいりましょう, またその, また信長公, まだようやく五十五, まだ二三年, まだ会い, まだ御, まだ血気, まだ達者, まんざらばか, まんぞくじゃ, みなさんも, みなつれあいを, むきに, もういい, もういちど鞍馬, もうここ, もうこれ, もう六十, もう年, もう年八十, もう恨みつらみ, もう生きた, もはやこの, やっと思い出した, やっぱりだめ, やっぱり旦那, やはり夢, やはり月, やられたらしいぞ, やる瀬, ゆくぞ, ようは, よう存じ上げ, よくその, よく知ってるだ, わからないが, わしに, わしの, わしもと, わし自身多くを, アッと, クリスト教徒は, ソロソロ失礼しよう, デルマの, ハムレットさまの, バッヂを, ロシア人で, 一つ欲しい, 一つ踊ろう, 一ぷく煙草が, 一乗谷の, 一人の, 一儀なく, 一度おまえ, 一度死ん, 一度西国を, 一心不乱な, 一応宮中, 一町や, 一臂の, 丁度今, 七たびでも, 上衣を, 世話効い, 世間を, 久しぶりで, 乗せて, 二百石, 云つたが, 五十を, 亡父義朝の, 京都へは, 人づてに, 人殺しなんぞを, 人無, 今それを, 今外から, 今夜から, 今度の, 今度は, 仕事の, 仲よくやって来やした, 伴れ, 何かと道, 何だか心細く, 何とかしたい, 何も, 何れ程, 信じるぞ, 信玄の, 信頼し, 俳句は, 傍杖くっ, 元来は, 兄上も, 先刻父様に, 光栄です, 入れて, 入道隠居の, 六十を, 共々欣, 共に捜し, 其積りで, 凄い運, 処分されなく, 出世する, 初めてだ, 初めてぶつかった, 初めて安心, 初めて聞いた, 到頭米一俵損, 前から, 努めて, 十年修行し, 去年の, 又八が, 又間違, 古河から, 叱らるるわ, 吉岡清十郎には, 同感だ, 名乗ろう, 名古屋の, 君には, 呆れた, 呼びに, 呼吸が, 命冥加だ, 商人に, 商売に, 嘆いて, 嚊こと因果見せ, 四十七歳はや, 困ったな, 困つちや, 地蔵尊を, 外ながら, 外に, 夢にも思わなかった, 大に, 大事に, 大股に, 大騒ぎさ, 天下の, 奈良へ, 奥へは, 女への, 好かん, 好きだ, 好じゃ, 娘の, 嫌いじゃ, 子は, 子供の, 学者に, 安心じゃ, 安心だ, 実は関東さ, 実地検証を, 寂しくて, 寝所へ, 察して, 小荷駄の, 少しいい過ぎた, 少し変, 少し惚れ, 少し腑, 尾い, 居合わせたという, 屹度助太刀しよう, 帰ります, 帰るぞ, 常に幸福, 年を, 年頃念仏, 幼い時, 弱ったよ, 弱ってしも, 張るつもり, 役儀は, 彼奴に, 後から, 後で聞いた, 御同様さま, 心から疲れた, 心が, 心やすい, 心待ちに, 心配で, 忙しい体, 応援する, 思い当たること, 思うよう, 思わなかったの, 急ぐ, 急に, 怪しい奴, 悪いこと, 悪党に, 愚痴は, 感ちがいを, 感心し, 手の, 手伝うから, 手助け致そう, 手持ちの, 手荒な, 承知やがて, 承知致し, 披見した, 新しい仕事, 旅でなけれ, 日本の, 早う隠居, 早く見たい, 明日から, 明日は, 昔の, 昨日までは, 時々出かけ, 時親先生には, 暇さえ, 書く, 最初の, 月野さんの, 朝, 本望じゃ, 本来は, 東国さ, 松陰が, 梅花堂流の, 榎本という, 構あねえ, 櫓に, 正太君の, 正直に, 此の, 此処から, 歩くの, 残ります, 殿様の, 気がつかなかったが, 永いこと船乗り, 永年地方政治では, 江戸の, 江戸へ, 決して弓, 法然上人の, 泣かずには, 泣く, 深くは, 清吉どんの, 無理には, 無言で, 牧を, 狐に, 現世を, 琵琶を, 生命の, 由縁の, 男運が, 町へ, 留守居として, 登城の, 百万の, 監獄は, 直ぐそれ, 眠るいと, 知っとる, 知っとる皆様, 知らないわけ, 知らん, 石家荘へ, 祈って, 神では, 秘呪を, 立って, 笑いたいの, 結局憑かれた, 絵かきの, 考えて, 考えるから, 考えると, 聞き及んで, 職工という, 肚が, 臍を, 自分で, 自分の, 舞おう月江, 良馬, 若い時ゃ芝居, 若宮だ, 若年から, 若返る, 苦しい, 董卓の, 藩邸で, 行くからな, 行くの, 行こかな, 行って, 見せて, 見た, 見たい立て立て, 見たぞ, 見て, 見ましたよ, 見学に, 見習おう, 覚悟を, 観念した, 言うだけの, 調所も, 諸君の, 責任を, 質問すべき, 越前守様の, 軍学習うた, 辛いが, 辛かろう, 近々京都, 近々女房, 近いうち, 近ごろ忘れ, 近頃す, 近頃は, 迷わされて, 退出する, 退屈せまい, 通夜するだ, 達磨の, 達者に, 酒の, 酔ったよう, 酔狂で, 金が, 長い間女, 長生きを, 間に, 間もなく死ぬ, 隠居を, 雲華寺のを, 青年の, 非の, 面白半分, 鞍馬から, 頭を, 顔が, 飛んだ命拾い, 飯を, 馳走に, 骨休めに, 鳥打ちかたがたあの

▼ わし~ (925, 5.6%)

85 いる 66 いた 29 いるの 14 来た 13 いるもの 12 いるよう 9 いると 8 いたが, いること 7 居る 6 いいか, います, いるが, いるところ 5 いて, いました, 云った 4 ある, いるかも, きた, くるの, 居ります, 居るの, 来る 3 いたの, いない, いるとも, きたの, くる, くれ, しまった, みると, 来たもの

2 [36件] いないよう, いるうち, いるかの, いるから, いるその, いるという, いるに, いるばかり, いる様子, おる, お目, くれと, くれる, くれるの, しまう, みても, もって, やるん, 人間に, 体を, 何か, 如来衛門は, 居ること, 居るので, 左の, 怒った, 来たです, 来ました, 来るところ, 来るの, 涙を, 私に, 笑った, 見た, 見れば, 言った

1 [508件 抜粋] あった, あったし, あって, あてども, あなたの, あります, あるくの, あるこの, あると, あるの, ある厳重, いけないだろうか, いたであろう, いたに, いたので, いたり, いた一例, いた人, いた大学生, いた女, いた女達, いた帰化人たち, いた時, いって, いないという, いないとき, いない武者, いない淡々たる, いない顔, いない高氏, いなかったから, いましたか, いまなお, いようという, いられるから, いるうえ, いるか, いるかが, いるかと, いるこの, いるごときが, いるそれ, いるだけの, いるだろう, いるつもり, いるであろうか, いるでは, いるとき, いるとの, いるとは, いるのに, いるのよ, いるほど, いるよ, いるらしい抱き人形, いるらしかった, いるん, いるフロレンス, いる一つ, いる事がら, いる事実, いる伝吉, いる博士, いる変態心理, いる外, いる孔子, いる巨頭株, いる時, いる書物, いる栗本, いる棺, いる特徴, いる瓜, いる白髪, いる羞恥, いる言葉, いる諸, いる鈴田, いろいろと, うろたえ迷う魏, おきました, おこうと, おこうはず, おしまい逃げた, おなおさんその他, おりそして, おります, おりますので, おりません, おるされど, おると, おるの, お互にまた, お勢, お辞儀した, きた切ッ, きっぱり云いました, きて, きゃんといわさなければ, き馬, くだされる, くどくどと, くるゆえん, くれそう, くれたという, くれたの, くれて, くれないとしても, くれました, くれるぞ, こう申します, こっちを, このかた, この外国人, この日, この素朴, こんな小さな同情心みたい, さいぜんの, さも不審そう, しかも新しく, しまいましたが, しまったの, しまったのよ, しまわなければ, すくんで, すでに帰ろう, せっせと只管, そうし, そこに, そのつど霧, そのなか, その壜, その変化, その皮膚, その行列, その辺, その霧, それから, ただ幸い, ちと目, つべこべ弁じ立てなかった, とんだ処, どうでも, にたにたと, ののしられて, ひざに, ひやや, ひょいとお辞儀, ほっとした, ほんとうに, ぼろぼろの, まだおどおどと, まっすぐに, みせたるゆえ, みせるだけでも, みせる感情, みそ萩を, みたいと, みたいの, みること, もらうさ, もらって, やがて一同, やって, やる何人, ゆくの, ゆくので, ゆッたりと, よいか, よいかと, よし分際, よぼよぼの, わずかに, われは, ゐたから, ゐる作品, アアリャジャンジャンと, オイ井下娘を, ゲラゲラと, ゴロリと, ズット遅れ, ソレから, ニッと, ニヤリと, ブラッケンベルグ火術の, ブルブルと, ミーチャは, ラムプを, 一世を, 一句だに, 一喝した, 一家は, 一部始終を, 三つばかりの, 三段に, 三浦政太郎という, 上から, 下駄を, 不安そうに, 世の, 乱れた蜘蛛, 了う, 予に, 二人の, 二人を, 二度目に, 二階番頭を, 云う, 云うた, 云うと, 云うの, 云ったもの, 互いにその, 互いに顔, 人々の, 他の, 以来この, 以来その, 仲裁を, 伝わって, 何たる惨, 何でも, 何とも, 働いた, 優劣が, 優雅に, 免れて, 全山, 其の儘息, 其の刃物, 其処に, 其方を, 冷い, 冷笑し, 凋れ落ちる, 出て, 出ては, 勾坂甚内を, 化けの皮を, 十二月中旬頃に, 危難から, 厩橋城内に, 反問した, 口に, 名声を, 吐き出すよう, 吾輩が, 呂布へ, 告げるの, 唾液を, 喚き返した, 喧嘩腰に, 国司へ, 園に, 堤を, 堪えしのんで, 壇上の, 壇上へ, 声を, 外出する, 多くの, 大きいところ, 大きな足, 大下の, 大得意, 天下を, 奇妙な, 奇峭な, 実行に, 家名を, 寐床から, 寒気が, 寺を, 尊き金剛道場, 小走っ, 小鼻を, 尾を, 居た, 居たもの, 居ない, 居りますが, 居るから, 居るけれども, 居るです, 居ると, 居るもの, 居る時, 居る様, 岡崎藩を, 岸につき, 帆村の, 帰った, 平気で, 平気であった, 平野屋の, 幸福な, 幾年の, 広く念仏, 床の, 庖丁を, 引くという, 強い將士, 強情にも, 弾きつ歌いつなされますので, 彼の, 彼らの, 彼を, 彼独特の, 彼等を, 後三十分で, 後退りした, 得意なる, 御覧に, 微笑した, 心もち身を, 快活な, 怒立ち雷, 性急しく, 怪しく光っ, 息の, 息を, 慟哭した, 戦い得る者, 戦うやも, 戻り高まっ, 所作に, 扱帯の, 折助どもを, 掃いて, 撰択集を, 敷居を, 文化, 斯る, 新橋の, 旅人を, 曰く, 未来の, 本国へ, 来お, 来たこと, 来たと, 来たとは, 来たの, 来た孤立本願寺, 来た言葉, 来た迄, 来て, 来ない, 来ましたが, 来ました彼女, 来るよう, 来る人, 来る以上, 来る粂吉, 来る考, 東京の, 東南に, 東照宮の, 東西を, 柳は, 椅子の, 次から, 正面に, 歩きまわります, 歩卒が, 殆ん, 気の毒そうに, 水あわを, 決して程度, 法水に, 法水を, 泣いて, 泣倒れまする, 洞穴の, 流しに, 涙の, 渓流に, 渡瀬さんの, 潤沢の, 灰色に, 無礼を, 無茶苦茶に, 物をも, 特にここ, 猛り立った, 男の, 病魔を, 白い飛沫, 皇国の, 皚々たる, 盛んに, 直ぐに, 相好を, 相手の, 相手を, 真赤な, 眩暉, 眼を, 矢の, 祝うの, 神妙に, 禅学の, 秀でたる眉, 私の, 稲妻入りの, 突然幸内, 突立上った, 立てて, 立退くと, 節制の, 糸を, 約束を, 紫や, 細く開いた, 終う, 総同盟罷工, 縁に, 縞の, 縷述する, 置いて, 老主人, 老婆を, 考え深い, 聊も, 聞えて, 聞くの, 聳えて, 聳え立った, 肌も, 脚部が, 膝を, 自分に, 良人を, 芝原へ, 芸者に, 苦しみパッ, 茂太郎の, 荒っぽい仕事, 萌黄に, 螺の, 蟇口から, 行かれようとして, 行きたいと, 行く為, 行く過程, 行ける心持, 行って, 表と, 見せるから, 見せること, 見せるなんて, 見せる処, 見たが, 見よう, 見ようか, 見ようならば, 見るからが, 親切に, 角力が, 言いました, 言いますから, 言うの, 言って, 言わなくとも, 訊いて, 説明した, 説明せず, 諌めるよう, 謹しんで, 赤い絵具, 赤い舌, 赤味を, 走って, 路を, 輝やかしい, 逆流した, 遊山が, 道庵先生の, 遣りたいと, 遣りたいもの, 重い瞼, 錦の, 鐙小屋に, 長良川博士の, 閑枝の, 闇の, 防いでも, 陣十郎は, 雌の, 雨の, 雪子と, 電撃生返り, 頂きますと, 頻に, 顔を, 顧り見ない, 飯を, 馬と, 駒井の, 鼠を

▼ わし~ (646, 3.9%)

9 助けて 6 待って, 恨んで, 見て 5 して, 尋ねて 4 ばかに, 愛して, 殺そうと, 知って, 訪ねて, 連れて 3 どこへ, 信じて, 変だ, 抱いて, 捕まえて, 殺して, 殺しに, 見つめて, 迎えに

2 [26件] お父さんと, かばって, ここに, たずねて, ただの, だまさないで, 伴れ, 又太郎高氏, 呼ぶの, 尋ねるが, 山から, 怨んで, 憐れんで, 持って, 捕縛させる, 救って, 殺す気, 称めて, 縛って, 見たッ, 見ると, 見ろ, 親と, 討ちに, 鉤にかけて, 馬鹿に

1 [506件 抜粋] あいつの, あてに, あのよう, あの人たち, あの城, あの木蔭, あらゆる難儀, あるか, あんな眼, いうか, いぢくり, いっしょに, うらんで, うるさがるならわし, えらいと, おからかい, おさえて, おそって, おっかけて, おっぽ, おどかして, おどかしに, おどろかすこと, おびき寄せたな, おびやかすなんて, お前の, お召し, お客さまあつかいし, お舅父様, お見すてなさらない, かえだま, かくの, かまわんで, からかうん, からかう気, きいて, きらいな, ぐんとやっつける, こうして無事, こうやっ, ここから, ここで, この世から, この家, この島, この老ぼれ, ころして, こわい目, こわがって, こんなところ, こんなに待遇, こんなひどい, ごま化そうとしても, さかなの, さがしたと, さよう, さらって, しばって, しばるの, しんから, じらすよう, じろじろと, じろじろ見る, すぐに, すること, すれば, そうさせた, そだてて, その, そのよう, そんな手, たすけて, ただ犯人, たぶらかそうと, だましたな, だまして, だましては, だますの, だまそうと, だれだ, ちやんと, ぢつと, つけて, つけ覘って, つれて, とめたのでな, とりつつ, どうしよう, どうする, どうぞ頼む, どう思うた, どう扱った, どこかへ, なげとばしたからな, なぶろうと, なんとかしよう, にくんで, にらみつけたって, にらみつけもの, にらみながら, のけると, のせて, のろって, はじめもうほとんど, はじめ上将, はじめ長良川博士ほかに, はなして, ひっぱたきかねないばかりの, ひとりおい, ひどくいうだろう, ぺてんに, ほろぼして, またどこ, まだまだ信じ切, まだ疑っ, まほう, まるで囚人, もう一度うつ向け, もって, もてなしまた, やといなさらんか, よい手本, よく存じ, よく知っ, よく見ろ, わすれたかね, ポケツトに, 一つせいぜい, 一ばん苦しめ, 一人に, 一人置い, 一体なんと思っ, 一分間むだに, 一思いに, 一日も, 七兵衛と, 下手人とは, 不忠者として, 不愍だ, 不憫と, 主人と, 会わせたくないん, 佐々木小次郎とは, 佐渡と, 何だ, 何と思っ, 何んと, 何者ぞと, 作ったの, 使うスリッパ, 例の, 侍に, 供に, 信じないの, 信じる如くおまえ, 信じわし, 信用し, 信用しつち, 信用せよ, 側へ, 偽瞞, 兄へ, 兄者びとカミョンスキイ伯爵同様の, 先頭に, 入れまいとして, 全くの, 八ツ裂に, 再拝した, 冷笑し, 凡の, 出して, 出し抜こうと, 出せ, 分るのけえ, 切るの, 刺した, 前後を, 剥ごうと, 加護し, 助けては, 助けること, 助ける名, 励ますやう, 動かした, 匡の, 十分ご, 叔父とは, 口説きに, 叩きながら, 召捕って, 召捕るなら召捕るが, 可哀想な, 叱咤し, 吉岡の, 吉田という, 同輩かなんぞの, 呑みに, 呼ばないこと, 呼びに, 呼び回し, 呼び止めて, 呼ぶよう, 呼ぶん, 呼ぶ筈, 呼んだね, 呼んだの, 呼んだ気, 呼んで, 呼んでるの, 噛みます, 嚇したつもり, 四条の, 四涜牧龍君に, 困らせおる, 困らせずに, 売り込んで, 外へ, 多能じゃといった, 天才などと, 失脚させよう, 奴らの, 好きには, 始めこの, 始め十人ほどの, 威かして, 子供と, 守って, 安心させ, 完全に, 宙斬り, 射落さうとして, 尊びわし以上, 小町の, 少しばかり, 尾行け, 山の, 山形警部だ, 岸柳佐々木小次郎とは, 巣から, 帰して, 幕府の, 平常の, 庇い且つ, 庇った時, 引きつけて, 引きとめて, 引きとめるつもり, 引き寄せもろとも, 引っぱり出して, 引止めるやう, 役に, 役人だ, 彼女から, 待つて, 徳の, 心配し, 忘れちや, 忘れなされたと, 忘れも, 応援し, 忠諫し, 怖がらんでも, 思い違いし, 思うて, 思うならしばらく, 思えば, 怨むな, 恋の, 恐れるには, 恨みに, 恨むな, 恨むなよ, 恨んでも, 悪く言わない, 惑わせたため, 愚弄し, 憎んで, 憎んどる, 憐れみなさるとは, 憚られ, 憤らせて, 手折った浮, 手込めに, 手頃な, 手頼っ, 抛り出す本当, 抜いて, 抱きながら, 抱擁し, 押えつけたと, 押えに, 担いで, 招くやう, 拝んだり, 拷問し, 拾つていかなけれ, 持ち支, 持てはやし, 振捨てて, 捜して, 捨てて, 措いて, 揶揄いに, 搦めぬうち, 撒いたもの, 支えたの, 攻めるとは, 攻撃する, 放棄し, 救いに, 救けると, 救つて下さつた, 斬つて, 斬りたいの, 斬り損じたが, 斬ろうなどと, 日本人に, 早くし, 早く殺さぬ, 是非前線へ, 替え玉に, 本当には, 案内し, 案内しやれ, 機械人間の, 欲が, 歓ばせるつもり, 此の, 此城へ, 武士らしく死なさぬ, 武蔵と, 歩かして, 死ぬよう, 残して, 殺さずに, 殺さなかったな, 殺したから, 殺したな, 殺すこと, 殺すつもり, 殺すと, 殺すというの, 殺すわけ, 殺そうとの, 気違いだ, 泣かして, 注視し, 海中へ, 清盛の, 満足させ, 漢の, 火星で, 烏啼の, 無実の, 煩した, 父と, 父として, 牧師館に, 犬死さす, 犬死させる, 狂人に, 生かして, 生かそうと, 生き殺し, 用いて, 用いながらも, 留守番役の, 留置場へ, 畜生じゃなどと, 異国人と, 疑うよう, 盲目と, 真二つ, 真似ると, 睨みつけて, 睨むこと, 知った最初, 知つて, 知らんの, 研究し, 秀吉ずれの, 突き出すとも, 突き墜す, 突倒し, 窘めたとて, 窮地へ, 立てつづけに, 立てて, 笑わして, 絹川へ, 置いて, 罰するつもり, 罰する気, 老人だ, 老人と, 聞いて, 肴に, 脅して, 自分らの, 興がらせるため, 苛み始めた, 苛む情火, 苦しめたの, 苦しめた恐るべき, 苦しめようとして, 苦しめるの, 華雲殿の, 虐めたから, 虞氏に, 袋の, 裏切ったばかりに, 裏切って, 見かけたこと, 見かけて, 見そこなったな, 見たが, 見た人々, 見た時, 見つけたチゅうのは全体, 見つめたまま, 見てるの, 見れば, 見ろわし, 見んかい, 見失っては, 見始めた, 見慣, 見戍, 見抜いた者, 見棄て給わなかったの, 見習うな, 見習え, 見詰めて, 見逃すまい, 見違えてるん, 親じゃと, 親とも, 言いくるめようたって, 討って, 討つ, 討つよりか, 記憶え, 誘い出して, 誘うたの, 説くまえに, 諫めて, 負うて, 負ぶっ, 貫くもの, 責めて, 責めます, 責めるの, 貴邸, 赦さない, 起こせ, 起たせて, 足蹴に, 踏みにじって, 蹴落そうという, 軽蔑する, 迎えて, 迎へて, 追いかけて, 追いたてました, 追い討ちこの, 送り込む宿所, 送る気, 逃がして, 逆に, 連れ諸国, 過去に, 邀えたら, 邪魔する, 邪魔に, 酔は, 野中の, 鉤に, 鐘巻自, 間接に, 除いた四十七人, 除いて, 陥し, 陥れた勝利, 雇いに, 離れて, 離れない, 非難し, 非難する, 預れば, 頭から, 頭に, 頼って, 頼みには, 頼れ, 馬の, 馬鹿と, 驢に, 高氏とは, 鬼かの, 鼠に

▼ わし~ (620, 3.8%)

12 代って 8 なって 6 して, まかせて 5 任せて, 何の, 力を, 尾い 4 それを, ついて, 何か, 何を, 従いて, 貸して 3 くれ, 似て, 向って, 着せて, 見せて, 隠して, 黙って

2 [29件] あずけて, ある, かう云, かまわずに, くれた耳木兎, くれと, くれぬか, くれると, しようでは, つづけ, どうしろ, どこに, まかせろ, 万一の, 任して, 取っても, 報告し, 思案が, 求めるが, 添いたきゃ渡って, 渡して, 知らせるの, 礼を, 聞くの, 聞くまでも, 言って, 言わせると, 言わせれば, 話して

1 [465件] あいさつが, あいつの, あきないを, あたりを, あの侍, あらがおうとは, あるか, あるならもちろん, あんなヒョン, いい機会, いっさいを, いった言葉, いわせれば, いわないの, いわなかったこと, いわれても, うたえと, おくれよ, おしえて, おしつけるの, お世辞, お借り申させ, お分け, お命令, お書き付, お言葉, お話しなされた, お頼み, かえったばかりじゃよ, かかった, かかり合いの, かかわる事件, かなうもの, かまいなく, かまわずそうそう, かまわずやすんで, くるぞ, くれい, くれないの, くれるという, くれんか, ここの, この七名, この醜, これまで, こわくない, こんな映画, こんな葉書, さう云, させなかったの, さまで, されたを, しがみついても, しきりに絵, したところ, したところが, したらば, してからが, しては, じっと聴い, すすめて, すべてを, すゝめる, せよ今, そう思い込ませよう, その名, その壺, その罪科, その金, その関羽, そんな真似, そんな金, そんな風, たてつかせたの, たのんだ, ちょうちんを, ちょっと貸し, ついてて, つれて, できる一番, できる斉彬, ですか, とけんという, とつて, とると, とれば, どうしてそんな, どんなに心強く, どんな力, なお研究, なったお, なったが, なったこと, なっただけ, なっただけで, なったとは, なったもの, なついて, なにが, ならどうぞ, ならぬ, なられます, なら話せる筈, なりました, なりません, なる, なんにもしやしません, なんの, にじりつけるの, ねだると, のませて, のりうつって, はつがも, ひと言も, ふとんを, ふりか, ほんとうの, まかして, まかせい, また用, まだいろんな, まだ至らぬ, むかって, もうありません, もう九時, もちと, もっと敬意, ゃあそいつがほんとに信じられねえ, やかましゅう云う, やった, やって, やりましょう, よこせ, よこせと, わからぬ事, わからんと, わび入ること, ゴーゴンの, ピストルを, 一人で, 一度大坂へ, 一族の, 一案が, 一泡ふかせよう, 一番忠実の, 一策が, 一言も, 七人の, 不愉快だ, 不自由なく, 与えて, 世話を, 予告を, 二度も, 云う事, 云って, 云わせると, 京都へ, 人がましい心, 今の, 今日満足に, 仕えて, 仕える心, 仕へては, 付添うて, 代る総, 代わって, 仲裁に, 任せる, 会いたい, 会いたいという, 会いたいとは, 会いたくば, 会いに, 会う, 会って, 会ひ, 会ひたいと, 会わせなかった, 何といつた, 何も, 何らの, 佳い梨, 供養を, 係り合って, 保管させ, 偽ったか, 優って, 免じて, 兵力を, 兵法の, 出させて, 出した煙草盆, 出会って, 出来ないもの, 出来ること, 出来るだけの, 出来るならきさま, 出来る事, 出来る望, 出雲源氏の, 切り疵, 初筆の, 助けられたもの, 勝ったと, 勝つか, 勝つと, 包んで, 化けて, 十倍百倍も, 危害を, 及ばない所, 反か, 反対し, 反抗し, 反抗する, 反撥した, 取って, 取っては, 取れば, 取消させようという, 叛いた, 口を, 同意だった, 名のりを, 名指しで, 向かって, 呉れるん, 告げたいこと, 告げないの, 呼び起させたの, 命じられい, 命を, 問うの, 喧嘩を, 喰えといった, 喰って, 喰わせて, 嘘を, 噛って, 四五日暇を, 声を, 売っても, 外套の, 天文は, 天稟が, 失態が, 委しといたらええ, 委しといて, 委せとき, 委せときなさいこんな, 委せなさい, 姿を, 学ぼうと, 宗矩という, 害意を, 寄附しろ, 少し菓子, 少し言わし, 届けて, 巨男を, 帰して, 平靖号へ, 強い打撃, 彼女を, 従いてさえ, 従えわし, 従えん奴, 得点が, 御岳の, 御質問, 復しゅうを, 心から頭, 心痛を, 必要な, 忠告しよう, 怒らつるもん, 怖れ, 思い直せと, 急わし, 恐れわし, 惚れたら惚れたと, 意見し, 感謝し, 感謝しなけれ, 感謝する, 慈悲を, 慣例の, 手むかい, 手むかう, 手向う, 手向かう方法, 手当が, 手紙を, 打たれたの, 打明けて, 払わねば, 抜かしてつか, 抜かしなし, 押しつけるとは, 担がれたとでも, 拵へて, 挨拶を, 捉まつた, 捜索を, 接吻する, 掴まつて, 政道を, 救いを, 教えて, 料理される, 斬って, 斬りつけるという, 早くわし, 智力の, 暇を, 書き越すからは, 望蜀の, 来い云うて, 来ようという, 果せるお, 槍を, 権利一切を, 歩兵を, 殉じて, 殴られるよう, 毒づきおった, 求めても, 求めるほどに, 泣いて, 渡さなければ, 渡しなさいわし, 渡しわし, 湯水も, 煙草を, 献上と, 献策し, 獣を, 生きうつしな, 用という, 用の, 用は, 田圃の, 申したか, 申して, 百両の, 相談が, 相談しない, 相談する, 相談も, 相談を, 眼が, 眼を, 着物を, 知らして, 知らせれば, 知事に, 秘して, 移し植えたらわし, 立ち向って, 紙や, 素質が, 続け, 縛に, 縛られると, 考へが, 聞いて, 聞えた, 聞かして, 聞かしと, 聞かせん, 聞くこと, 聞けば, 背負い込ませる, 腹癒せが, 至るまでが, 苦労を, 落度は, 虱が, 行き逢うた折りにも, 表の, 褒めて, 要求する, 見せたいとは, 見せとくれ, 見せろ, 見られたくなかったの, 見られた事, 見倣って, 見込まれたの, 見込まれて, 覗かせて, 親切に, 言いたいの, 言うの, 言えぬ秘密, 言ったとて, 言は, 言わずに, 計ってと, 訊きに, 訊ねられてから, 討たれると, 許されるかぎり, 話されるべきじゃった, 話しかけるなんて, 話したいという, 話したらあるいは, 話しては, 話を, 説法は, 譲って, 譲る, 譲れ, 負ぶさつて下, 責任は, 貴様の, 買えと, 貸してたもらぬか, 貸しなさい, 貸せ, 貸そうという, 贈物に, 起させた, 起てと, 跟い, 辞表を, 辯解を, 返事を, 返辞を, 述べたの, 退去を, 通じて, 逢いたいと, 逢うたの, 逢おうとして, 逢つた時に, 進言し, 運んで, 道ならぬ, 道に, 遠く及ばん, 鏡を, 関わずお, 関わずに, 関係の, 附いて, 附きま, 隠しだてを, 隠れて, 隠居を, 雇われて, 面接を, 頭を, 頼まん, 頼んで, 顔を, 願いに, 食いもの, 食って, 食わせおった馳走, 養子と, 馬を, 鳴らせるかな, 麦田一八郎に

▼ わし~ (452, 2.8%)

57 のは 15 のである 13 ものである 12 のだ 9 のが 7 のを, ものが, ような 6 ので, ように 5 もので, 者が 4 が, ことも, のだった, のです, ものだ, ものは 3 ことに, のであった, のであろう, ものであろう, ものでした, ものと, 一人の, 時に, 時には

2 [17件] からです, がその, がそれ, がまた, ことは, その人, ぞ, という, といっ, ところじゃ, ところを, のでした, ものだった, ものです, ものに, 代官松の, 男と

1 [218件] あとすぐ, あのイケ, あの二人, あの夜, いろいろの, お雪ちゃん, か, かと, かという, かと思う, かもしれない, からで, からであった, からにはよう, から二階, がある, があれ, がいきなり, がこれ, がこれぞ, がにこり, がやがて, が併, が俄然, が女敵退散, が宗十郎頭巾, が彼女, が旅びと, が水, が秀吉, が老, が見れ, が躓い, が頓, が髪, くらいな, ことが, ことで, ことであり, ことである, ことと, ことによって, ことを以て, さすがに, さに, さまざまの, そうで, それが, それらの, だけで, だけな, だけに過ぎません, だけの功徳, つもり, つもりで, ということ, というよう, ときには, とき勝平は, ところで, ところなど, ところに, ところの, ところは, ところも, ところを以て, とする, ともいえる, と思う, と思え, と思われる, なりで, にし, にやにや笑い, に相違, のか, のさえ, のだろう, のですっかり, ので一同, ので冬子, ので金策, のも, は高い, ばかりで, ばかりでなく, ばかりな, までで, までのよう, まま傍の, まま白い, もの, ものじゃ, ものであった, ものでございます, ものでなかった, ものとのみ, ものにも, ものも, もんです, ようであった, ようです, わ, わけじゃ, わけである, ガラッ八, ジョンドレットは, ナ, ボオイの, マタ・アリは, 一つの, 一千年前の, 一枚の, 一瞬間引き抜いた, 一種特別の, 一隊は, 七兵衛, 三色の, 上最後の, 主は, 事が, 事の, 仏像と, 以上彼の, 仮面を, 傍に, 円錐形の, 刹那であった, 刹那の, 区別が, 十四五人の, 十字架の, 単于, 古人の, 和洋折衷の, 四組の, 固く結ばれた, 場合には, 太陽は, 女が, 宇治山田の, 寺の, 小さな見物, 山科の, 岩菅の, 左手の, 廊下には, 弟子の, 形相でした, 後の, 愛子の, 感慨の, 所で, 手紙を, 撫附髪に, 数軸の, 敵打ちの, 文字は, 新らしい, 方が, 旅の, 旅人が, 時から, 時と, 時仏頂寺は, 時信子は, 時分に, 時某, 時私は, 最初の, 月が, 木曾駒ヶ岳も, 未知の, 机竜之, 栄でありました, 格子天井いったい, 様にも, 様子という, 模様の, 樹の, 歌に, 死の, 満面の, 焼岳の, 片手で, 片隅に, 現わしかた, 甚だ大きな, 甲冑が, 男が, 白い歯, 盲法師の, 石が, 石垣も, 競売で, 筋識喪失, 箱根山が, 美しい人, 老人は, 者は, 華かな人たちばかり, 蕎麦の, 覆面の, 言葉だ, 言葉である, 言葉であろう, 言葉では, 言葉な, 言葉に, 透かし燈籠を, 金公は, 長老は, 際に, 面を, 頽廃文化の, 顔, 顔色を, 鶴子は

▼ わし~ (365, 2.2%)

8 のよう 7 の方 5 の手 4 が覚え, には何 3 がよう, はこの

2 [14件] がお, がとこ, が方, の国, の家, の志, の村, の邪魔, はすっかり, はそう, はその, はキーシュ, は別に, は金

1 [303件] あこうして, あ信用, あ別に, あ存じません, あ罰, おつう, か, かっとした, かなわんわ, かまいませんわしら, があの, がうち, がこいつ, がここ, がその, がつい, がところ, がなん, がへえ, がやる, がボート, が二人, が何, が出, が喰う, が困らし, が墜, が子, が家, が年中, が役目, が後, が心, が拾う, が支部, が深く, が無下, が留守, が知っ, が考え, が聞いた, が芸事, が苛めた, が見, が証人, が部落, が顔向け, が駈け出す, こそばいもん, こそ好え, こそ彼等文字, その子供, そんな良, た, だけじゃあない, だけで, だけであける, だけで話そう, だけ別, だってなあに, だって助け, だって荒療治, でさえもふしぎ, でなくては, ではあります, でも案じられる, と, といえ, とこの, としては国民, としても杉夫, とちが, とてよく, とは眼, とは腹, とは違ってる, と同様, と子供, と当面, どつち, なんとし, なんともない, にお, にそんなに, になん, にはその, にはもう, にはゆけねえ, にはわからぬ, にはわからねえです, にはわからん, には出来ん, には向う, には年中, には確, には肉眼, には金, にも何, にも咎め, にも見, にゃわからん, にゃ何, にゃ別に, にやほんと, によい, に兵隊, に対してお, に望み, に理解, に食わした, のあきない, のいる, のうちとら並み, のおる, のお手本, のかく画, のする, のそば, のため, のところ, のほう, のほか, のやう, の一家, の一族, の仲間, の企て, の住居, の供, の兵道, の処, の出る, の労働者, の務, の命, の土地, の大, の大損, の娘, の子, の御, の心事, の思い, の思う, の所, の故郷, の構うた, の氏神, の為め, の生きてる, の生命, の田んぼ, の番, の研究會, の罪, の自動車, の芸, の若, の若い, の見込み, の話, の賭場, の身の上, の車, の道友, の郷国, の郷土, の酒, の隊長, の面目, の頃, の鼻, は, はあまり, はあんた, はいくら, はいつか, はお, はおぬしの, はきょう出発, はここ, はこれから, はさ, はじつは, はそれ, はそれぐらゐ平気, はそれぞれ, はただ, はちょうど, はどう, はどうも, はどこ, はどんなに, はひとつ, はまた, はみな, はみな旅, はみな顔色, はやっぱり, はよ, はわしら, はドイツ船, はハア, は一人, は一族, は三十どころ, は二宮先生, は五年がかり, は今日, は仕事, は他, は何, は何事, は何分, は保守主義, は修行, は働く, は兵隊, は初めて, は勅使馳走, は叫ぼう, は合点, は困っちまいまし, は大体, は大抵, は安心, は実に, は帰っ, は幼, は御用, は思ふだ, は日本, は日本軍, は染屋, は欺, は歩きつづけた, は残念, は浪人者, は無, は牢屋, は狭い, は用意, は目鼻, は種々, は能義郡, は苦労, は菊, は行こう, は言葉, は誰, は諸国, は貧乏, は道, は遠く, は隅, は集まった, ばかりで, へ下さる, まだ酒, もここ, もそんな, もどうせ, もはア, もよく, もわかっ, もキモ, もキーシュ, も何, も何処, も共々, も共に, も喜ん, も士官学校時代, も大, も子供, も実にもう, も審美的, も後悔, も慣れん, も時々, も祷る, も考え, も見物, も負けず, も貰い泣き, も迎え, も野菜位, をまっとう, をみんな, をも倒す, を初め, を大切, を怨ん, を教え, を痛めなさるだ, を結ん, を茶, を見捨てた, を追いぬい, を駆り立てる, 生きて, 若い時飛彈, 行って

▼ わしには~ (275, 1.7%)

8 わしの 5 わからない, 何の 3 それが 2 さっぱりわからん, どちらとも, ない, わかって, わからぬ, 一生に, 何にも, 少しも, 縁が, 自信が

1 [234件] あいつらの, あの人, あの設計, あまり似, あ奴, いえぬ, いっこう分らぬ, いまわし自身の, おまえの, お前を, お千代, お暇, お身, かういふ名士つて, かくして, きゅうに, こういうこと, こういう娘, こしゃくらしくてただおかしいばかりでした, このごろたのしい, このなまけ者, このよう, この四人, この御殿, この本堂, これが, これ以上の, さあ殺せ, さっぱりわからぬ, さっぱりわけ, すこしも心あたり, すこし腑, ずいぶん永い, そうとは, そうは, そう思われた, そこまでの, そなた, そのこと, その辺, その追分, それほどに, そんなもの, そんな乱暴, たいしたこと, たいていわかっ, ただそれ, ただ滑稽, ただ面白かっ, だいたい見当, ちっとばかし, ちゃんとわかっ, ちゃんと分かっ, ちゃんと分っ, ちやんと, できぬ, とてもお前, とても御, とんとわからん, どうしてええ, どうしてもお, どうしても加担人, どうでも, どうにもできない, どうもあの, どうもまるでわからん, どうも不思議, どうも此の世, どうも画, どうも肉, どうも解せん, どんなもの, ないん, なおいくら, なんだか今, なんとなく虫, なんとも歌う, はじめは, はっきりわかった, はっきり分らない, ひとりの, ふに, ほかに, まざと, まだその, まだ一同, まだ昨日, まだ運, まったくわからん, もうそんな, もう他人, もう我慢, もう金, もう鑿, もつて, やつぱし他人だ, よくわかっ, よくわからぬ, よくわかりませぬ, よく分らない, よく判っ, よく判る, よく見え, わからないの, わからないまま, わからん, わからんね, わからんのさ, わかるよう, わけが, わしだけの, わしとして, チャーンと, 一ついい, 一つお願いが, 一向お前, 一向にわかりません, 一文たり, 一日も, 一秒である, 不可能に, 不安が, 不思議でなりませぬ, 事務所の, 人の, 仁十郎, 今いう, 今それがよ, 何でも, 何も, 何もかも夢, 何より娘, 何らの, 何んの, 何時も, 使者の, 信用できない, 偉大な, 全然無関係, 其様な, 出来ない, 出来ないこと, 出来ないの, 出来ぬこと, 分って, 分らない, 分らんが, 分らんね, 分らんのう, 分りません, 分るな, 刑罰が, 判らん, 判断が, 前から, 力が, 包まず明す, 名が, 名前は, 君の, 君を, 善助一名つい, 四人の, 国王の, 大切な, 妙な, 嫁ごじゃ, 実際か, 宮方も, 家族が, 少し考げ, 川が, 強い男親, 彼の, 彼女の, 心得が, 必要な, 思いだせません, 思われて, 思われるん, 愛が, 慰めに, 憎む暇, 打ちあけて, 折々負けおる, 持って, 挨拶なし, 政治だの, 数学的な, 敵が, 東京の, 正しい言い分, 武功という, 殆ど必要, 気に入らなくも, 気楽だ, 湧かなくな, 無いの, 無限の, 牧が, 物事が, 理が, 目に, 相応しとる, 真似の, 眼に, 知れずにゃ, 石田三成が, 祟れぬので, 立たない, 竹も, 縁の, 耳が, 腑に, 自分が, 自然が, 舌が, 見えなかったどれひとつ, 見えるが, 見えん, 見当も, 見物し, 見覚えが, 解けて, 解って, 解らぬのでのう, 解らんがな, 読めた, 辛棒が, 通じない, 遠い以前, 飛べない, 魔法使いの, 鳥渡分らん

▼ わし~ (228, 1.4%)

5 だろう 4 日に 2 ことで, ことを, であろう, ように, 場所であった, 夏の, 思いを, 日を, 時を

1 [201件] けれども物, ことが, ことである, ことです, ごようす, ご機嫌, そして高踏的, でありましょう, ではない, という意味, と言わん, になっ, に若かぬ, のでない, のは, の何の, はお, ふうで, ほど, ほど見える, ほのかな, ものは, ような, アルバーノの, アンジョーラは, 一節を, 不可思議を, 中流人士的魂の, 予言だった, 事であります, 事実の, 事柄な, 仕事である, 位置にまで, 偉れた, 光は, 光よ, 内容をしか, 前面, 南方的の, 友達じゃ, 友達の, 古風な, 台ランプの, 同情心から, 名の, 名前の, 呼吸を, 和歌を, 商売から, 図が, 国に, 均斉軟らかな, 声で, 夕の, 夕暮を, 夕闇に, 夜だろう, 夜に, 夜の, 夢想だ, 夢想を, 大江に, 天気を, 天職が, 天鵞絨と, 女人な, 姫が, 姿は, 姿を, 威厳と, 娘は, 婦人の, 宝石を, 家族制度の, 容貌が, 尊いもの, 小麦の, 少女は, 幸福に, 影, 御最後, 微笑を, 心であろう, 心の, 心情と, 急坂だ, 恋愛の, 息の, 愛情を, 感情や, 我々の, 或る, 戦争に, 所作であり, 接骨木は, 日々, 日が, 日だろう, 日では, 春の, 時この, 時ふたりは, 時分を, 晩春の, 景色を, 最も豊饒, 杳かな, 柔らかい線, 桔梗色の, 楽園の, 樹の, 武子だけ, 歯並の, 死産の, 毛色に, 沈黙の, 淋しい校長先生, 深刻な, 清らかな, 温情と, 演奏だ, 灰色の, 点で, 熱狂が, 物が, 物だ, 特質は, 特質を, 現実の, 甘さ, 由なり, 白雲が, 目に, 眸が, 眼で, 瞳の, 知識とが, 磯の, 秋晴れの, 程度の, 種々の, 空の, 空気という, 立場, 筆跡である, 節奏は, 精神の, 精華を, 細い眼, 経験的な, 絵や, 美しさ, 美わしい, 習慣を, 自己嫌悪にさえ, 自然に, 色彩と, 花である, 花を, 花園を, 花崗岩を, 芸術が, 若々しい追想, 蓮華生の, 言葉とで, 調和の, 調子で, 貴族としての, 身体に, 遺憾な, 都には, 都の, 銀行の, 関係から, 関係に, 限りじゃ, 隣人愛に, 震幅を, 青い石, 静寂だった, 面わに, 靴の, 音楽でありました, 音楽に, 音楽を, 頃を, 額軽い, 顔に, 顔色を, 風が, 風に, 飼料を, 香が, 馬だろう, 馬鹿さわぎ, 騒がしい一切, 高級の, 髪を, 髯の, 魅力を

▼ わし~ (199, 1.2%)

28 一緒に 8 いっしょに 6 そなた 3 お前との, したこと, わしの 2 お前とは, どっちが, 二人で, 仲の, 同じやう, 同じよう, 同道し, 君は, 昔の

1 [130件] あって, あんたが, あんたの, いっしょにおいでくだされたい, いっしょについて, おばば, おまえとの, おまえの, おまえは, お前だけは, こうして会った, ここで, このは, この人, この島, この本堂, この者, この親類, そちと, そちとで, そちとの, そっくりじゃ, そっくりです, そっくりの, ただ二人きりいた, なった不躾, なって, ばば殿とが, まるまる赤, みずからおもえる, もう一人, ゆかぬか, 一しょに, 一体どっち, 一分一厘も, 一生涯仏様に, 一緒じゃ, 一緒には, 並んで, 久光が, 久光と, 久光とだけが, 久光とより, 二人が, 二人きりじゃ, 二人きりで, 京へ, 伊兵衛で, 伜とも, 伯父さんとで, 似寄りの, 何等異, 先駆じゃ, 光悦どのとは, 六つちがいや, 其方とは, 内匠頭の, 出逢うた後, 初めて会った, 別れて, 十人の, 半分ずつ, 博士とは, 同い年さる, 同い年ぢや, 同い年の, 同じお供, 同じ様, 同様親父も, 同郷で, 告白とによって, 啓之助とは, 善太を, 四つの, 坊ん, 天道さんと, 夫婦に, 奥さんで, 女房と, 妥協しよう, 子供が, 家内との, 寝て, 対決さし, 小林さんは, 広海屋, 張り合わずに, 彼とは, 彼女との, 彼女の, 後家さんの, 思え, 政治上の, 明智とが, 昼出る, 時田とが, 暮すの, 月丸との, 根賀地とは, 武蔵との, 母上とは, 母上を, 江戸へ, 河原の, 法印との, 特に親しい, 生活て, 生涯を, 知って, 知っては, 筑州との, 終夜激論を, 脊丈が, 蒲殿との, 行動を, 親類同然に, 話が, 話を, 調所が, 談合を, 諸君との, 身動きあらく, 遊んで, 道誉とは, 長崎屋の, 関係の, 関羽とは, 顔を, 顔渕だけかな, 黄祖とは

▼ わしたち~ (132, 0.8%)

2 はここ, はもう, を見つけた

1 [126件] があんた, があんた一人, がいくら, が一足先, が今度非常, が山の上, が引受けました, が引受けます, が悪事, が成功, が拾っ, が母親, が気がついた, が親子, が話し, が逃げだす, こそこの, だった, だっていつ, とおんなじ, と一緒, にそんなに, にたった, について来た, にはまだ, には何, には文句, に任せ, に勝てる, に委せ, に当り散らし, に挨拶, に話しかけた, に邪魔, のいい, のこと, のさっする, のため, のつらい, のもの, の下, の乗っ, の仕事, の仲間, の信心, の先生, の先祖, の兵馬, の力, の右左, の味方, の地位, の場合, の家, の家名, の希望どおり, の忠告, の意向, の方, の村, の為, の生活, の申出, の相手, の知っ, の行軍, の見, の話, の遠く, の部屋, の間, の首, は, はある, はいままで, はいま協力, はいま娘, はおまえさん, はけっして, はこう, はこり, はこれから, はこんな, はそうした, はでかける, はなに, はな同胞, はまんまと, はめいめい, はよい, はレヤチーズ, は仏合せ, は何, は先祖, は出来る, は命ぜられなけれ, は地球, は多く, は大事, は天照大神, は少々, は果して, は水中快速艇, は火星人, は無用, は申す, は絶えず, は船橋, は鷺, もここ, もこの世, もそろそろ, も心願, をお, をおどかし, をおろす, をこんなに, を恐, を振向かせ, を救う, を殺し, を照らし, を草葉, を見, を見送っ, を許し

▼ わしにも~ (106, 0.6%)

4 わからん 3 どちらとも, わからぬ 2 見えない, 覚えが

1 [92件] おくれ, おぼえが, お前ぐれえ, お手伝いを, さっぱりわからない, すこしは, すこし古今調, すこし酔わせ, そこの, その牝牛, それくらいの, それなら手段, そんな話, なれねえ事, まだはっきりきまらない, まだ分っ, やがてやってくるだろう, ようわかっ, よくわからん, よくわかる, よく察し, わかって, わかっとった, わからないがね, わからぬくらい, わしの, 一つキユビイさんの, 一番いい, 一言いっ, 不向きだ, 事の, 人間の, 今の, 便所そうじ, 傑作が, 先日来年は, 入らんがな, 分からぬが, 分らない中隊, 分らぬ, 分らん抛って, 判って, 判らんがね, 判る, 反省しなけれ, 右肩を, 名には, 大切な阿, 女の, 女心は, 家族は, 少し痛い, 少し謎, 意味が, 手が, 打ち明けられぬ事, 招待状が, 撃てるか, 撓めきれん, 春が, 是等の, 杯の, 殆ど信じる, 気にいらねえ, 猿殿に対する, 眼が, 知らせた本人ゆえ, 確とは, 禍が, 経験が, 考えが, 聞かされぬこと, 胸の, 舎弟や, 見えたぞ, 見えないが, 見分けが, 見当が, 見当は, 覚悟は, 解せん, 解らないが, 解らないの, 解らぬの, 言いおかれて, 言うだけの, 言えぬ, 説明の, 貰ふと, 貴様の, 輔佐し, 飲ませろと

▼ わし~ (101, 0.6%)

6 黒猫よ 3 知らぬ 2 あ錢, ゐた頃, 人形に, 母上は, 泣きませうに, 渡る, 知らないが

1 [78件] あの四角い, あんたつち, あんなずぼらもん嫌, おぬ, おまえを, お内儀さん其, お内儀さん嚊, お前さんの, お前は, お前達は, お芙美さん, がった奴, ここに, さびしいぞ, ぜんこの, その話, それや, それより, ちいと, どうしても思ひ切れまし, どのつ, なあに家の, なんにも, ねえと思ふだ, はあどうして, はあ嚊, ひとすぢ, ほんた, まあだ來, また坊, また大, まだ何, もう一遍熱海, もう歸, ようは知らん, わせよ, アが, アメリカは, ア芝居好きで, 一剋者だ, 万福に, 二三べ, 今日らお, 伜駿河守なれ, 判らんなう, 助かるです, 卯平ことみじめ見せてん, 君なら, 嘘な, 奴の, 威張りくさる人間, 川上の, 帰へる, 帰る, 幌かけに, 思ひますけんど, 怨めしい, 恋し, 恋ひし, 恥かしや, 昨日歸つて來た, 暮す, 朝ごはんを, 歸りませう, 気が, 父の, 爺樣に, 男, 眼の, 知らん, 知らんが, 私の, 腹が, 苦手たい, 血氣の, 身分が, 驚いた, 鯰は

▼ わしから~ (82, 0.5%)

1 [82件] あつくお礼, いうより, いおう, いわせれば, お前にも, お前への, お松の, お母さんには, お礼を, お願いします, かくすよう, ご両親, しむるものは, すすめる, ぢや, はなれること, ひきとるよう, ゆずられた大切, よく申しあげ, よく話, 一つ高大之進に, 一人に, 一同へ, 世間へ, 云ふかね, 云や, 仁田さんに, 何を, 侍女なども, 供を, 依頼し, 信長ずれに, 先ず訊く, 先だ, 先に, 冷やかに, 出さう, 半蔵に, 双方へ, 可成, 告げよう, 太守へ, 失はれた瞬間, 引, 後に, 教えて, 明朝言っ, 時折かねを, 時限爆弾の, 最も親身, 椎の, 正気を, 父上に, 王さまに, 申しあげます, 申した, 申し上げて, 白服を, 真珠の, 石舟斎様へ, 秘密を, 筆記具を, 答えても, 聞きだそうという, 行こう, 言えば, 言って, 訊いて, 話すと, 話そうか, 話を, 談じ, 身を, 迷惑を, 逃げだしたいと, 逃げて, 逃げる手段, 進んで, 遂に操人形, 遊興の, 遠ざかって, 離れろ

▼ わし~ (78, 0.5%)

3 の後 2 はこの, はまた

1 [71件] がし, が寝, が搦手, が暗い, が此市, が通りすぎる, が邪魔, が馬, と一, と一緒, に伴い, に危害, のこと, のひつくり, のよう, の仲, の周り, の寝る, の居る, の心情, の手, の歩く, の胸, の若い, の行く, の見, の親柱, の運命, の鞄, の馬, は, はお, はこんな, はそういう, はその, はどこ, はひたすら, はカナレイオ, は下, は何と, は別れなけれ, は各々, は垣, は外, は小倉組, は市門, は彼等, は最も, は残念, は犬, は皆, は目的, は貧乏人, は遂に, は鎌倉殿, は鞄狩り, もつまり, も励まされ, も旅支度, も東京, も警察, をいつ, を小さな, を小馬鹿, を怖がらない, を照, を牧場, を神, を落し, を見る, を角髻

▼ わし~ (61, 0.4%)

3 な顔 2 な姿, な様子, に眉

1 [52件] なしわが, なやさしい, なり男, なる眉, なる面色, な上目がち, な優し, な微笑, な歩調, な気もち, な目付, な眼つき, な眼差し, な色, な表情, な調子, な青年, な面持, な面色, な顔付, な鳴き声, に, にうつむい, にその, にはた, にほつれ, にまたたけ, に云う, に仰い, に優しい低い, に呟いた, に室中, に宮, に曇っ, に曇った, に注意, に浮んだ, に登っ, に目送せり, に瞬かれた, に立っ, に答えた, に老眼, に見えた, に見える, に見出されました, に言, に言った, に赧らん, に金色, に頬杖, 任せて

▼ わし~ (51, 0.3%)

1 [51件] あ報恩講, がいふ, がたらふく, がまだ, がも毎日, が城内, そんなこ, だらなあに, とは日, と共にあの, にもお互い, に子供, に担がせ, のほう, のよう, のよく, の上, の中, の主人, の方, の楽人, の眼, の行く, の顔, はこれから直ちに, はただ, はど, はどうして, はまた, は一夜, は一室, は今, は今何かしら聖礼, は出発, は気絶, は真理, は苦しい, は誠に, は貧乏人, は路, ばこらしめなさる, もあきらめるだ, もお, もおい, もはあ, も下駄, も手配, も洪水, を嫉ん, 如き老境, 見て

▼ わしながら~ (48, 0.3%)

1 [48件] いいました, こう我輩, しかし世間, しかし立っ, しかも嘘, じっとその, じっと見, それを, ぬッ, ぶるぶると, わたくしも, わめいた, ハッキリ応えた, 上ろうとも, 下りて, 云う, 云った, 侍が, 倒れて, 傍へ, 勇しく, 呟いた, 堤の, 外套を, 奥さんしっかり, 封を, 少し顔色, 左手で, 強直し, 待って, 必死に, 思って, 戸惑って, 手を, 森厳しき, 橘に, 歩み近づこう, 火鉢越に, 私は, 精霊を, 色の, 言った, 訊いた, 赤酒らしい, 遮った, 部屋中を, 銀次の, 颯爽として

▼ わし~ (40, 0.2%)

132 が, がわし, ぞ

1 [21件] から何, から外し, が姿見井戸, つたのさ, つて, つてお, ということ, とか祭文, とてそう, とて世の中, とて決して, とて父親, と思っ, のにころり, よお前さん, よさっき, よわし, よ佐々刑事, よ鍛冶倉, ッ, 市十郎だ

▼ わしども~ (37, 0.2%)

1 [37件] がこちら, が力, が来, が申しわけ, たつたいま, でも手さぐり, にこんな, にはただ, には馬車, にやそいつ, の一門, の世話, の云, の力, の口, の土地, の恋愛つてやつ, の権利行使, の要求, はこういう, はその, はた, は儲かる, は妥協, は心配, は思っ, は旅, は日本, は江戸の, は満, は甲州, は真剣, もいささか, もその, もみんな, を踏みつけ, 長い間

▼ わしづかみ~ (36, 0.2%)

25 にし 2 にした, にする 1 にしました, にしよう, につかみ出し, につかんだ, にゴクゴク, に取り出し, のよう

▼ わし~ (35, 0.2%)

3 知らん

1 [32件] あんまり商売, かなわんよ, こうだろう, こうも, これから釜石道, こんなさびしい, しが, すこし酔ってる, そういうお方, その親, つくづくこの, どういうもの, どうもそう睨む, どうも頭, どうも駕籠乗物, なかなか浪花節, なんだか少しべ, な床下, ねざめがわるいや, はずかしいわいなあ, またもう, もう生きる, やっぱり通りがかり, 好かん, 嬉しゅうて, 実は甲州無宿, 忘れて, 知らんよ, 行かぬ, 言いましたよ, 言うと, 食いたいわけ

▼ わし一人~ (33, 0.2%)

4 の力 2 じゃ, だ, で行く

1 [23件] おいて, がおめおめ, しか無い, そっとここ, で, でお前さん方, でなかなか, では, でもこの, でも他人, でやります, でゆく, で先, で往く, で戦う, で迎え, とは思わぬ, のため, のよう, の手, をいじめ, を闕所投獄, 出りやすむん

▼ わしだって~ (32, 0.2%)

2 たまには

1 [30件] あの極楽縁起, いいと, いつか応天門の, この町, これから無駄, せめてその, そういつも虱, まだ君みたい, まだ死にとうない, よく知っ, 二十二だ, 人情という, 何も, 兵法者の, 君も, 君を, 夢の, 好きでかつい, 娘が, 平和を, 木の, 注射は, 知って, 精進を, 若いころ, 若い時, 若い頃, 覚悟し, 軍務に, 黙っては

▼ わしとは~ (32, 0.2%)

2 先き

1 [30件] かねて, わかるまいが, 一方急, 三十年間謂わ, 公的にも, 初対面でなかった, 別な, 別に房枝, 別懇な, 南北に, 同格同業その, 同郷の, 妙心寺の, 実に意見, 少し違う, 思わずただ, 日頃から, 旧交も, 江戸流と, 深い御, 神様が, 縁も, 考えて, 艱難を, 若い頃, 親しい友達, 部屋住時代から, 関係の, 限らないもの, 青年時代に

▼ わし~ (31, 0.2%)

2 向って

1 [29件] かかるでは, くれぬか, さえたった, ちらと, とりいる気, 仰っしゃるのか, 会わせに, 何と嘘, 印可を, 告げおる, 囁いた, 廻って, 当りちらすの, 思い当るよう, 打ち込んで, 振向けて, 歌うの, 水を, 生き恥掻かせ, 用事が, 申しおった, 相談に, 聞いて, 訴えおる, 訴えられたの, 詫びを, 話が, 頼みとは, 黙って

▼ わし~ (29, 0.2%)

1 [29件] がその, が身, その弱々しい, として感ぜられず, と人, にで, にはこころから, に一語, に悩んだ, に殆ど不平, はいつも, はこの, は何事, は後, ばかりを記し, へ我慢すり, もあわれ, も若い, をお, をすて, を人, を尊氏, を感じ, を求めい, を求める, を現, を目標, 又この, 屈腰で

▼ わしはな~ (29, 0.2%)

2 今日は

1 [27件] おまえの, お前から, お前に, お前を, きのふお前さんに, こう見え, ここで, この上, この頃何, これからひと眠り, そう上, なんでも, アリョーシャ今日は, アレクセイさんこの世に, ストラスブールグの, 久しく褌, 事情を, 今度の, 佐賀町の, 何も, 十年この, 南朝ゆかりの, 急な, 教育課長娘を, 水松の, 皆さんもう, 通りがかりに

▼ わし自身~ (27, 0.2%)

1 [27件] がまだ, がもっともっと, が其日, が明け暮れひとり, が発表, が身, でほんもの, でも行きたい, でも調べる, で祷っ, とてそ, とて愛しい, にも大変世話, のほか, の剣, の墓石, の増上慢, の楽しみ, の為, の科, の肉体, の芸術, はここ数年前, はそういう, は騒い, も死んでる, を慚愧

▼ わし~ (26, 0.2%)

1 [26件] がいかにも, がうまく, がきわめて, が俳優, が入用, が全然, が対象的, が極めて, が足りない, だが, で, であるが, で言っ, と見れ, なりの或, に苦しみ, に過ぎない, の種類, は急速, は読者, や衣文, をされる, をしなけれ, をしよう, をする, を用いるなら

▼ わし~ (25, 0.2%)

3 訊いた

1 [22件] かつ有益, とりみだした風情, はありません, 一は, 上って, 二人の, 云いだした, 云った, 使いかけた, 入り来る, 動かして, 和らいで, 室の, 廻れ右, 引っ返した, 持って, 格子の, 袂へ, 見えて, 覚し召さば, 辞し去りたまいぬ, 霞んで

▼ わしより~ (23, 0.1%)

5 先に

1 [18件] いくらか, えらい天文学者, ずっとえらい, ほかには, よいうで, 一つ年上だった, 一足前に, 二倍は, 他に, 傲慢不遜な, 先へ, 分別が, 卑劣な, 年上かね, 気が, 経験の, 若いくせ, 貧乏な

▼ わし~ (22, 0.1%)

1 [22件] あつた, あらわした, この清水山, すらもその, まずどうやら一人前, よかったら, デレンコフに, 何ごとかが, 分る話, 判ること, 勝手に, 十分で, 大びけすぎの小酒, 大丈夫で, 掃除し, 木村さんから, 死の, 現校長, 用の, 自由に, 表現しよう, 解釈を

▼ わし~ (20, 0.1%)

1 [20件] あんなこと, ここいらで, この二三日, これでも, さっきここに, すぐそこ, そう思う, そげん卑俗きこつ知らん, それで喜ん, どうも不調法, なんでも, よか事, わざとこうして, 叩っ殺し, 嘘な, 後でなに, 惚れ込んで, 昨日通っ, 親戚みたいな, 驚かんよ

▼ わしでも~ (19, 0.1%)

2 腹が

1 [17件] いるうち, きゅうに, したよう, しちゃあ, そのあいだじゅう, そんな長い, どうにも, ないと, なかなかうまい, 云うよ, 役に立つかも, 抱きますが, 済む御用, 立ちたくなろう, 美しいおとめ, 買いたか, 馬公と

▼ わしとて~ (19, 0.1%)

1 [19件] お前と, そちが, はじめは, わが子の, 剣の, 劣らぬ天下, 喰べ, 困る, 子と共に, 恋仲の, 止めは, 武門嫌いの, 殿下の, 爪に, 生きて, 男で, 譲らんでも, 身は, 里法師じゃがな

▼ わしでは~ (17, 0.1%)

8 ない 1 ないかな, ないぞ, ないと, ないよ, ないん, なくて, なくなった, 分らん, 十六とか

▼ わしについて~ (17, 0.1%)

2 来い

1 [15件] きたの, こい, はいって, まずまいれ, ゐさ, 何か, 剣道を, 早く上陸, 来なさい, 来る者, 来れ, 楼門の, 聞き歩いたよう, 聞き覚えでも, 通れ

▼ わしひとり~ (17, 0.1%)

1 [17件] がたま, しかなかっ, しか居ない, じや, だ, だが, でなくみんな, でやっ, で受ける, で弓, で神殿, で行っ, につつか, のもの, の命, の手, よ

▼ わしたり~ (16, 0.1%)

4 して 2 した 1 けれど泉, するの, もとより古人, 何か, 努力実益富国なんかの, 思いも, 棚を, 消えたり, 片方づかない, 隠したり

▼ わしという~ (16, 0.1%)

3 人間が

1 [13件] ものない, ものを, 万年白歯を, 人間に, 人間の, 人間は, 人間を, 年老いた男やもめ, 悪友が, 老母が, 者ない, 者にまで, 者は

▼ わしては~ (15, 0.1%)

2 いない

1 [13件] いけない, いけないし, いなかったが, いる, いるが, おらんもの, くれまいかな, くれませんでした, ならない, ならぬ, 後醍醐の, 来ないが, 見たが

▼ わし得る~ (15, 0.1%)

1 [15件] かということ, かも知れません, かを彼, というあなた, ところかくの, のである, ように, 人でない, 創作上の, 技量が, 楽器として, 無限の, 筈は, 者は, 顔面は

▼ わしばかり~ (14, 0.1%)

5 では 1 こんな恐ろしい, じゃった, でござるまい世間, でない, でなくおまえ, みんなが, わるかったで, 幸福に, 考えること

▼ わしそう~ (12, 0.1%)

1 [12件] な様子, に, にいった, にそして, に促す, に合槌, に女, に帰っ, に往来, に楓, に石油色, に答える

▼ わしにとっては~ (12, 0.1%)

1 [12件] お前が, かけ替え, この世界, この病気, たしかに適切, どうでも, 受戒の, 同じこと, 日の, 欣しく, 無念至極で, 片腕であった

▼ わしても~ (11, 0.1%)

2 それは 1 いいの, どこかで, 不思議に, 吠えかかること, 国家の, 壊わしても, 壊わし切れない, 彼女に, 構わないが

▼ わし得ない~ (11, 0.1%)

1 [11件] けれども, で終っ, ほど尊, ものが, ものである, 不満足, 尊敬の, 微妙な, 感謝を, 気持と, 讃美の

▼ わしじゃ~ (10, 0.1%)

2 よ, わしじゃ 1 おまえでは, ない, ないか, ないよ, ないん, 分らぬか

▼ わしとの~ (10, 0.1%)

1 争いは, 仲の, 仲を, 勝負に, 外悉く, 手は, 距離は, 間には, 間柄も, 関係か

▼ わしだけ~ (9, 0.1%)

3 では 1 お初穂を, じゃよ, だ, でいい, 上の, 足が

▼ わしはね~ (9, 0.1%)

1 いや都会, ごくあっさりと, そんな悪い, どうも考え, どうも考へ, イーハトヴの, 主に, 幼少の, 科学者だ

▼ わし~ (8, 0.0%)

3 わしは 1 え, おまえに, それともあいつ, それとも誰, なにものかと

▼ わしたる~ (8, 0.0%)

1 があざやか, ぞ, は松下村塾, ものも, カックーカックーという, ゼルマン卿の, 一冊を, 其の端

▼ わしつつ~ (8, 0.0%)

2 ある間 1 あった, あったの, 眼を, 雨戸を, 願えば, 高らかに

▼ わしとこ~ (8, 0.0%)

1 かて同じ, が迷惑, でも虫, にいり, に県下, はもう, へお前, へ安次

▼ わしへの~ (8, 0.0%)

1 ことだ, 供養だ, 処置では, 希望を, 用は, 礼, 腹癒せに, 面当に

▼ わしいも~ (7, 0.0%)

1 のが, ので之, のにたいする純, のに自分, ののため, のの一つ, のや珍しい

▼ わしからも~ (7, 0.0%)

1 くれぐれいっ, ほめて, よく云っ, よろしくと, 幾度も, 礼を, 贈ろう

▼ わしくし~ (7, 0.0%)

1 あるいは勤王, てなお, て内, て利潤, て同類一般, て四海波穏やか, て外患

▼ わしこそ~ (7, 0.0%)

1 うんと西行, 全く油断, 家康に, 思わず今宵, 悪魔の, 死んで, 浅慮で

▼ わしその~ (7, 0.0%)

1 半数の, 東南に, 禍の, 禿頭より, 美しい眉, 逆を, 重畳した

▼ わしとして~ (7, 0.0%)

1 どうしても手, 三人の, 云えぬ, 別に考え, 名誉でも, 真に領民, 非常な

▼ わしとても~ (7, 0.0%)

1 この家, その肚, それに, 先王ほどの, 同じ思い, 床を, 神ならぬ

▼ わしと共に~ (7, 0.0%)

1 どこか, 小柳生まで, 暮すこと, 来い, 起って, 長政殿の, 静かな

▼ わし~ (7, 0.0%)

2 のだ 1 のじゃ, のです, んざあかえつ, んざあ馬車大工の, んだ

▼ わしなどは~ (7, 0.0%)

1 いわゆる聖代, すでに老朽, まだ乳, 古びた最後, 御主人, 見向きする者, 超然じゃが

▼ わしなら~ (7, 0.0%)

1 ば荊州, もうよい, 仕合せに, 大丈夫入れるだらう, 皺腹を, 真平御免, 罪は

▼ わしまた~ (7, 0.0%)

1 その像, それを, はるかに, 二三歩いっ, 人と, 妻の, 往って

▼ わし以上~ (7, 0.0%)

1 だが, に, にならぬ, にやる, に出られん, の熱, 切れぬ仲

▼ わし~ (7, 0.0%)

1 にも分かりゃしねえ, にゃサッパリ, はカルカッタ, は昼, は田舎者, を助け, 有難てえ

▼ わしいもの~ (6, 0.0%)

1 がつけ加えられる, でありましょう, ですけれど, に思い, に思え, はことごとく

▼ わしがと~ (6, 0.0%)

2 この息子 1 いわぬほう, この牧場番, この納屋, この荷

▼ わし~ (6, 0.0%)

1 うちに, お辰, 壮夫と, 壮夫なりしか, 壮夫に, 彼の

▼ わしたい~ (6, 0.0%)

1 ところだ, と中宮, と思った, と願わない, ので日本画, 時には

▼ わしたら~ (6, 0.0%)

1 いいか, いいだろう, いいであろう, すぐ首, たちまちまわり, どうであろう

▼ わしだけの~ (6, 0.0%)

1 働きの, 秘密に, 考えかと, 考えでは, 考げえ, 言葉じゃ

▼ わしだけは~ (6, 0.0%)

1 いつまでも, 仲, 合格の, 密かに, 排印だ, 相当奥

▼ わしとしても~ (6, 0.0%)

1 具合の, 出来るだけの, 思いきれぬ, 明日生命を, 甚だ迷惑, 覚悟せざる

▼ わしなんぞは~ (6, 0.0%)

2 腹が 1 その日, どうだ, 善智識に, 書生時代から

▼ わしにゃ~ (6, 0.0%)

1 あどうして, どう教育, わからん, 判らない, 子が, 蔦さえ

▼ わしもな~ (6, 0.0%)

1 お前が, お前さんの, きょうは, ないない一日ぶん, よしよし, 長い浮世

▼ わしよりも~ (6, 0.0%)

1 そちらが, 二三寸も, 君の, 早くお, 早くから, 課長さんの

▼ わし~ (6, 0.0%)

2 とこへ 1 とこと, とこの, とこも, ところがえらい

▼ わし~ (6, 0.0%)

1 このおかみ, まだ七十五, もう自殺, 知らんけん, 第二, 錆び刀

▼ わし得た~ (6, 0.0%)

1 ところと, ものである, 偉大な, 手腕は, 気が, 覚が

▼ わし掴み~ (6, 0.0%)

3 にし 2 にする 1 に下

▼ わし難い~ (6, 0.0%)

1 ところを, ほど強い, ものが, もので, 微妙な, 考えが

▼ わしかて~ (5, 0.0%)

2 その方 1 お前の, 色狂人に, 解散賛成です

▼ わしだった~ (5, 0.0%)

1 が恭一, と言われる, のさ, のだ, のである

▼ わしてる~ (5, 0.0%)

1 つもりで, ところを, ような, 少女の, 愛国的記念塔の

▼ わしである~ (5, 0.0%)

1 か向う, ことは, ということ, としてそれから, と思っ

▼ わしとしては~ (5, 0.0%)

1 お前が, この上, もうすこしさき, 何よりも, 嬉しいが

▼ わしなど~ (5, 0.0%)

1 そういう点, もさう思ひますよ, 初めつ, 愚痴すら, 進んで

▼ わしにとって~ (5, 0.0%)

1 こんなもの, はぶきりょう, 君の, 嬉しいこと, 親しいもの

▼ わしに対して~ (5, 0.0%)

2 奸計を 1 感情を, 慈悲の, 良賈は

▼ わしまで~ (5, 0.0%)

1 さっきの, その名前, なんだかいらいら, 泣いちゃったうん, 自分の

▼ わしら人間~ (5, 0.0%)

1 が海, はどんな, はのう悪い, もあの, も一人ぼつ

▼ わしあるいは~ (4, 0.0%)

1 この偏見, 斧に, 新聞紙を, 深夜の

▼ わしかね~ (4, 0.0%)

1 わしは, わしも, わしゃ十九でござんす, 都からさ

▼ わしからは~ (4, 0.0%)

1 乳は, 何十ぺん探題へ, 金輪際口外, 鐚一文取れる

▼ わし~ (4, 0.0%)

1 や, やいや, やが, や分らん

▼ わしであった~ (4, 0.0%)

1 からまア, から自邸, が僕, はずじゃ

▼ わしでさえ~ (4, 0.0%)

1 愛憎が, 時には泣きたい, 本年三十八歳に, 道三父子には

▼ わしとが~ (4, 0.0%)

1 何ん, 家来を, 承知なら, 生涯つきあおう

▼ わしのみ~ (4, 0.0%)

2 では 1 でなく鎌倉時代, 我儘いう

▼ わしら母子~ (4, 0.0%)

1 がこれ, の前, の悪口, も加え

▼ わしら父子~ (4, 0.0%)

1 がよい, に与す, のとる, の待ってる

▼ わしをも~ (4, 0.0%)

1 仲間に, 敵と, 生死の, 生犠

▼ わし始めた~ (4, 0.0%)

1 ことに, のである, のは, もので

▼ わし題し~ (4, 0.0%)

4

▼ わし~ (3, 0.0%)

1 あの水車小屋, この郁太郎さん, 驚かんよ

▼ わしいお~ (3, 0.0%)

1 はなし, 姿を, 弟子入りについては

▼ わしいと~ (3, 0.0%)

1 いうだけ, はいい得るだろう, 思って

▼ わしかけ~ (3, 0.0%)

1 ている, て居た, 大きな決意

▼ わしからの~ (3, 0.0%)

1 お願いの, 信号により, 引出物や

▼ わしきれない~ (3, 0.0%)

1 どういっ, ほどです, 複雑な

▼ わしくも~ (3, 0.0%)

1 あり又, 御遺骸, 怖しき

▼ わしこの~ (3, 0.0%)

1 とき事実上の, 気ちがいに, 辺の

▼ わしこれ~ (3, 0.0%)

1 で失礼, に対して答, を見る

▼ わしじゃとて~ (3, 0.0%)

1 お通さん, さむらい, 父親じゃよ

▼ わしそれ~ (3, 0.0%)

1 が彼女, を実行, を見る

▼ わしそれから~ (3, 0.0%)

2 いっしょに 1 本文には

▼ わしたなら~ (3, 0.0%)

1 それは, ばこう, ばその

▼ わしてから~ (3, 0.0%)

1 でなければ, 一時間も, 可なり

▼ わしです~ (3, 0.0%)

21 かい

▼ わしとも~ (3, 0.0%)

2 少し強く 1 日ごろ仲好し

▼ わしなどの~ (3, 0.0%)

1 力で, 夢は, 徒も

▼ わしにだって~ (3, 0.0%)

1 出来るから, 分らないで, 折々には

▼ わしにとっても~ (3, 0.0%)

1 同様に, 大事な, 将門は

▼ わしに対する~ (3, 0.0%)

1 お前の, 必要な, 愛情ある

▼ わしはじめた~ (3, 0.0%)

1 のか, のであります, のである

▼ わしはなあ~ (3, 0.0%)

1 こういう, この間の, 人を

▼ わしへも~ (3, 0.0%)

1 お召集, それが, 心を

▼ わしました~ (3, 0.0%)

1 がこんど, ので母, 当の責任者

▼ わしまする~ (3, 0.0%)

1 ために, によってどうぞ, は西側

▼ わしみたい~ (3, 0.0%)

1 な乞食坊主, な唐茄子, な野暮ったい

▼ わし~ (3, 0.0%)

1 その動作嘶声, たり母, よと

▼ わしもね~ (3, 0.0%)

2 奴が 1 息子は

▼ わしゃお前さん~ (3, 0.0%)

1 から助けられた, こういうこと, のお

▼ わしよりは~ (3, 0.0%)

1 えらいに, 当世であろう, 素裸じゃな

▼ わしら百姓~ (3, 0.0%)

1 が, に肥料, は一つ

▼ わし~ (3, 0.0%)

1 どんなにし, ふんと, 今度お

▼ わし~ (3, 0.0%)

1 は自己, をし, を切れ

▼ わし~ (3, 0.0%)

1 カス, 威日輪と, 音声に

▼ わし得られる~ (3, 0.0%)

1 かもしれない, ところに, ものなら

▼ わし独り~ (3, 0.0%)

1 が知っ, の恥, はそう

▼ わし等嚊~ (3, 0.0%)

1 も死ぬ, 死んだ時, 生きてる頃

▼ わし等方~ (3, 0.0%)

1 なんぞぢ, の旦那, 見て

▼ わしあて~ (2, 0.0%)

1 にちょいちょい, の投書

▼ わしあはあ~ (2, 0.0%)

1 もうおい, 此処を

▼ わしあれ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, や

▼ わしいが~ (2, 0.0%)

1 それでもすれ違った, 寂しい

▼ わしいこ~ (2, 0.0%)

1 とな, とは儔

▼ わしいところ~ (2, 0.0%)

1 が見当らなかった, を見ます

▼ わしいのです~ (2, 0.0%)

1 が, がしかし

▼ わしうる~ (2, 0.0%)

1 のは, ものを

▼ わし~ (2, 0.0%)

1 たつや, 内儀さんにでも

▼ わしかい~ (2, 0.0%)

1 のほんま, わしは

▼ わしがっ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ わしきもの~ (2, 0.0%)

1 なるが, 生ける甲斐

▼ わしくも線~ (2, 0.0%)

2 の密意

▼ わしこそは~ (2, 0.0%)

1 この船, 悉達多

▼ わしじゃと~ (2, 0.0%)

1 思って, 申すの

▼ わしすら~ (2, 0.0%)

1 少々疲れ気味, 知らぬいや

▼ わしたく~ (2, 0.0%)

1 はない, もある

▼ わしたち三人~ (2, 0.0%)

1 が附い, だけで

▼ わしたち二人~ (2, 0.0%)

1 が庭, の子

▼ わしたち四人~ (2, 0.0%)

2 のほか

▼ わしだけしか~ (2, 0.0%)

1 ない, 知る者

▼ わしだけに~ (2, 0.0%)

1 見せい, 限ったこと

▼ わしだつ~ (2, 0.0%)

1 てあんた等, て何

▼ わしていたし~ (2, 0.0%)

1 その上, また彼

▼ わしでした~ (2, 0.0%)

1 からもうそろそろ, から右門

▼ わしでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばあの, ばうまく

▼ わしとで~ (2, 0.0%)

1 たくさん麦を, 取計らって

▼ わしとを~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 較べて

▼ わしなぞは~ (2, 0.0%)

1 どこでも, まだ足下

▼ わしなどが~ (2, 0.0%)

1 いくら言っ, 詩書礼楽に

▼ わしなどで~ (2, 0.0%)

2 代って

▼ わしなんか~ (2, 0.0%)

1 そんな, 別に都会人

▼ わしなんかは~ (2, 0.0%)

2 自由思想の

▼ わしにおいては~ (2, 0.0%)

1 存じて, 昨日の

▼ わしにたいして~ (2, 0.0%)

1 まえよりも, 礼をこそ

▼ わしにと~ (2, 0.0%)

1 いって, つては

▼ わしにばかり~ (2, 0.0%)

1 沙金を, 謝ま

▼ わしはじぶん~ (2, 0.0%)

1 の井戸, の部署

▼ わしほど~ (2, 0.0%)

1 大不孝者, 長い間そこ

▼ わしもち~ (2, 0.0%)

1 と退屈, やんと

▼ わしゃもう~ (2, 0.0%)

1 若いころ, 飽きた

▼ わしゃ何~ (2, 0.0%)

1 でも好き, も知らねえ

▼ わしゃ江戸~ (2, 0.0%)

2 の下谷

▼ わしよう~ (2, 0.0%)

1 のない, もなく

▼ わしら一人~ (2, 0.0%)

1 が罪, の手

▼ わしら二人~ (2, 0.0%)

1 の四本, は軽輩

▼ わしら夫婦~ (2, 0.0%)

1 にまで迷惑, へ武蔵

▼ わしら町人~ (2, 0.0%)

1 は侍, は花

▼ わしら誰~ (2, 0.0%)

2 よりもよく

▼ わしフルト博士~ (2, 0.0%)

1 のよう, は裁判所

▼ わし一寸~ (2, 0.0%)

1 これから行っ, も知らん

▼ わし一方~ (2, 0.0%)

1 では鐘, においては攻

▼ わし以外~ (2, 0.0%)

1 には一人, にもこんな

▼ わし個人~ (2, 0.0%)

1 に関係, の悦びごと

▼ わし~ (2, 0.0%)

1 で見, 岸有れ

▼ わし同様~ (2, 0.0%)

1 すっかり老いぼれ, にいとし

▼ わし~ (2, 0.0%)

1 は動かし, を慄わし

▼ わし大喝一声~ (2, 0.0%)

1 した, するよと

▼ わし如き~ (2, 0.0%)

1 者でも, 者に

▼ わし始め~ (2, 0.0%)

1 ていた, 見たので

▼ わし~ (2, 0.0%)

1 の前, を呼ん

▼ わし~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ わし得なかった~ (2, 0.0%)

1 ということ, ところを

▼ わし得ぬ~ (2, 0.0%)

1 ものと, 冥々の

▼ わし程の~ (2, 0.0%)

2 ものの

▼ わし~ (2, 0.0%)

1 三は, 二は

▼ わし等一家~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ わし自分~ (2, 0.0%)

1 の肉体, をさえ

▼ わし裳帯~ (2, 0.0%)

1 を臍, を臍下

▼ わし達ゃ三畳~ (2, 0.0%)

2 でよ

▼ わし達二人~ (2, 0.0%)

1 は真夜中, を見た

▼ わし顫わし~ (2, 0.0%)

1 云った, 言った

▼1* [555件]

わしぁこれから廻国に出かける, わしぁどうも気のせい, わしぁ一日一杯あるいて, わしぁ今晩は水車小屋, わしぁ好きだね, わしぁ学問はなし, わしああ弟とは, わしあぐんで長い, わしあべこべに貴様, わしあやまるからこっち, わしいうるんだ眼には, わしいかにも悠々その辺, わしいが夏より秋, わしいききょう色を, わしいきなり私へ, わしいし造船所の職工, わしいつかお邪魔, わしいのと夜, わしいや厚いいや, わしいわゆる白鳳時代を, わしい後れた内容にも, わしい死よりも善い, わしい終わりを告げ, わしい話ですけれども, わしい酬いではない, わしうつちやつち, わしうるある物が, わしうるものでかえって, わしない, わしえぬ目の, わしえようとも思えない, わしおこったってしようが, わしお前の将来, わしかいなわしが居る, わしかけた婦人の, わしかしらと長い顎, わしかたはない, わしかなんぞなら知らないが, わしかもしれんな, わしがきさまに内聞, わしがちゃあんと, わしがってわしが, わしがに相違ありあんせん, わしがにやとつても, わしきこと高山植物, わしきっと詰め寄り, わしきみ手にうやうやしく, わしきれなくなってきた, わしきれますかね, わしくくらしています, わしくさえ思え, わしくさせたとしか思われません, わしくその軒下, わしくださいますよう, わしくまばたき, わしぐらゐなもんだいくらか暇, わしければなんぞお家, わしげ一つ寄せて, わしこう吼えるよう, わしここへは来ぬ, わしこちらに罠, わしこと見ると, わしこと面倒見て, わしこの間始めて, わしこれから行って, わしこんな気ちがいと, わしごと買い取りに来た, わしさらに子罕篇, わししかも数日前から, わししげっている, わししばらく躊躇し, わしじゃあわからん, わしじゃから広い世界, わしじゃが今日以後上総介広常は, わしじゃよ伯水じゃ, わしすぎて一種, わしすらがこの乞食法師, わしそこに行なわるる, わしそして大きな家族, わしその他の遊芸者, わしたがるドイツ人には, わしたこと茶釜, わしただ片々の, わしたちはじめお立会, わしたちまち一匹の, わしたちみんな連れ合うて, わしたち一家は没落, わしたち下々の者, わしたち兄弟はそう, わしたち堺の代表者, わしたち夫婦が何事, わしたち子供一同は一塊, わしたち山岳切支丹族の遠い, わしたち庶民の力, わしたち父子は曹操, わしたち科学者がおもしろ, わしたち老人ばかりで, わしたってなん, わしたつた今すしを, わしたではない, わしたとてもはや, わしたらしかった, わしたんだが, わした訴えるような, わしだけが妻子に, わしだけには解る理由, わしだちはとんだ, わしだったら他人の, わしだの笑い草だ, わしだろうじゃあない, わしちゃ不可んよ, わしちょっとの油断, わしつくされていない, わしつくされない神を, わしてからはますます酒, わしてくりょうに, わしてと云えば, わしてなそれが, わしてなあまるで村中赤痢, わしてばかりいた, わしてへへいまでも, わしであろうな, わしでございますかわし, わしでござったのじゃ, わしでない者に, わしでなかったのじゃ, わしでなくともよかろ, わしでもぞーっと, わしとおぬしの間は, わしとか猿舞わしだ, わしとさえろくに口, わしとしてはとつくに, わしとてもよう知って, わしとても亦その方, わしどうにでもなれ, わしどういう訳か, わしどおりに不動明王, わしどものとこの, わしども代表二人が社長さん, わしども家内なども申します, わしども覚えがご, わしどんな形にか, わしどんよりと拡がっ, わしなあそうじゃ, わしなお続編を, わしなかなか面白うございます, わしながらも片時と, わしなく行ったり, わしなさるだろうのと, わしなぞとは仕事の, わしなどとなったものの, わしなどとは格段の, わしなどには負けられんな, わしなどへ名乗って, わしなどもたまに一首, わしなら掘り出してみせる, わしなれば明智, わしなんかがこんなに騒ぐ, わしなんかよりずっと強う, わしなんぞ小面倒臭う, わしなんぞに土下座する, わしなんぞも今は, わしなんぼさう云つて, わしにおいてくださって, わしにくいものを, わしにさえ鑑定が, わしにすら見えた虚, わしにだけは害意を, わしにだけばちが, わしについてもまたなにか, わしにでも出来る, わしにはよか人が, わしにまでそちは, わしにやでけん, わしに対しても悪ふざけを, わしのにょうぼうと三人の, わしのやしきの, わしのるすの, わしはおぬしを, わしはおまいのおかげ, わしはかへらうつ, わしはかかかかたらんと, わしはから他愛が, わしはさのみに惜しい, わしはじめ皆目をみはっ, わしはちよつと関西, わしはと云ふと, わしはどつちでも, わしはななあ婿さんや, わしはなんて妙ちきりんな, わしはの二宮金次郎が, わしははづなは, わしはもうじゅうつかいだからきみたちにげい, わしはんのほか, わしはナお前が, わしばかりが悪人の, わしばかりの世帯ぢや, わしばかりを怨ませようとは, わしひとり十両の仕合せ, わしひとり面白おかしく旅, わしほどの芸を, わしましてコッソリ彼, わしますと己, わしませんで心の, わしませんでしたが包囲網, わしまたはめすを, わしまでが文字の, わしまでを将士の, わしまるで死人の, わしみずからカブトムシの動きかた, わしみずから征く, わしみみづくの声近づきぬ, わしむると温柔しくなったと, わしむるに余りある芸術的素質, わしめ人をし, わしめ太子としての己, わしもがつかりして, わしもちつとは書画骨董, わしもとたちまち五, わしもとつて六十六になる, わしもはや老齢だ, わしゃあねさいぜん大通寺長浜別院, わしゃあね下原宿の嘉助, わしゃあ塩竈だが, わしゃあ日清戦争に琵琶, わしゃあ江戸者だがね, わしゃあ甲府の郷士, わしゃいったいどうも身贔屓, わしゃいつでも人前で恥, わしゃおん年十六歳のときその後家, わしゃお前がまだ, わしゃお礼の言葉, わしゃこうして此頃は金刀比羅さま, わしゃこれで御免, わしゃそこに気がつかなかった, わしゃそなたが心配でならぬ, わしゃそれさえぬしが, わしゃちょうど馬を換え, わしゃどう言われても, わしゃどうしても一度罪ほろぼしのため, わしゃもう大けな糸, わしゃもう米櫃がからだ, わしゃチンコッきりだ, わしゃ一人じゃ靴, わしゃ一生の誉れ, わしゃ不便でならん, わしゃ丸焦げになる, わしゃ九十九まで, わしゃ今帰ったばっかり, わしゃ仏扱いをされる, わしゃ偉大なもの, わしゃ前から知っ, わしゃ十九でござんすよ, わしゃ厳島に行ってる, わしゃ呶鳴りつけて, わしゃ子供が生れた, わしゃ岩が鼻, わしゃ川下で, わしゃ思いまん, わしゃ業が煮え, わしゃ殿御に捨てられ, わしゃ渋団のやる, わしゃ爺さんに心当り, わしゃ腸のため, わしゃ草鞋様草鞋様と蔭, わしゃ計略をもっ, わしゃ誰かおもうて, わしゃ運だと, わしゃ酒のみじゃない, わしゃ金持ちになりたい, わしゃ頭がわるい, わしやのこの人, わしやはあ可, わしや知んねえ, わしゅうござりますれどもうお, わしゆえ隠しては, わしよく知りましねえが, わしよろよろと幾歩, わしらあんた方村民のため, わしらいままでの半分, わしらお家を憂うる, わしらここにゐる, わしらこれで農産, わしらふたりの配所奉公, わしらみたいな天保生れ, わしらん所は三十円, わしらアこの目, わしらア別にこの, わしらドイツ人をしぼり上げ, わしら一同貴殿に同情, わしら与右衛門様の前, わしら二三人の外, わしら何も知らん, わしら俗人どもの胸, わしら兄弟をとんだ, わしら先へ帰るだ, わしら処の子, わしら十人のお, わしら召使の者, わしら奉公人はいずれ, わしら子どものころ, わしら山つなみ, わしら彫金師は一, わしら方あたりぢゃ生産へだし, わしら村にいる, わしら村長と助役さん, わしら江戸から西, わしら生き残りはなん, わしら留守番の者, わしら百姓どもは玄徳さま, わしら老人はダメぢ, わしら考えようにもそったら, わしら腋の下かてこそ, わしら貧乏人はな人手, わしら軽輩が徒ら, わしをか介錯し, わしをからかつとる, わしをどつかへ, わしをよびつけないやうにちかはせるのが一とう, わしをよけて戸の, わしを以て嚆矢と, わしアお前達がこないだ長野, わしアびつくりして, わしアオショクを抱きたい, わしアッと思う, わしアリバイを作る, わしア所在なくて, わしア昨夜酒をのみすぎ, わしア死ぬる, わしオワン尊者は聾, わしディスレリーの周旋, わしフレデリック大王を著わしディスレリー, わしフーッと大きく, わしプライス博士が言及, わしとこの, わし一人きりでははかり, わし一人ぢや受け合, わし一代のお客, わし一代かぎりじゃと, わし一八七一年には帝国議会, わし一応はいうたれ, わし一歩踏み出すと, わし一節の裡, わし一身のこと, わし下僕らにも相当, わし下士の力, わし不可なるもの, わし不安の眼, わし水の, わし乗るべというよう, わし乾児が脇差し, わし二十一歳既に一家, わしつたんで, わしでもちやん, わし今日まで同地, わしに若干, わし他方においては凛乎, わして物, わし以上そなたの, わし以外何人も知らない, わしな年頃, わしの前, わしの位置, わし先生の裾, わし八〇〇容中に一容, わし兼ねて嗟息, わしに安次, わし出して国人全体, わし出らんねえ, わし出会う人毎に, わし出版した中, わし切れない頑丈な, わし初めた, わし初めて顕微鏡で, わし前古未曽有, わし卓子の端, わし博士の残した, わした描く, わしは富山, わし外物に接し, わし多くなると, わし大嫌でが, わし大股に歩き出し, わし大音にいった, わしの児, わし威嚇するよう, わし子どものとき, わし孔子の, わし孟宗の揺れ, わし守護の老女たち, わし実物大の一人, わし寄る奴当る, わし小さく格好よく引きしまった鼻, わし小児を側, わし小舟棹しつつ, わし尽すことが, わし居なくでも成つ, わし居住いを直す, わし左右に向かっ, わしれが, わし市ノ瀬というもん, わし庶民もよく, わし引っ張って来申した, わし役場から下, わし彼らの胸, わし彼方水面の波紋, わし従ってその, わし従って文学的な, わし得ざるところを, わし得たではなかろう, わし得たるものもっ, わし得ましょうや, わし得ようとも思えぬ, わし得らるる関係, わし微吟に興, わしをこめ, わし忌ま忌ましくなんねい, わし怒るときは, わし怒んでがす, わし思ってるわ, わし恐れ逃げた一点, わし慌しく画の, わし我々に怒り, わし戒壇のこと, わしへ連れ, わし所のは大, わし手品軽業というよう, わし手足を伸べ, わし抜き身をひっさげ, わし抱き起して手, わし掛合のお話, わし救って下さる, わしを草, わし文章に認めた, わし斬るの殴る, わし新聞紙を書き, わしつたんで, わし方そのものが独創性, わしかに聖書, わし春日さしつつ, わし昨日晩方通った時, わし昭和十九年五月二十五日から昭和二十年九月十日, わしだけ苦しめたら, わし時には事態の, わし月色蒼茫たる深山, わしを潜り, わし本気になっ, わし本船目指して, わしつつあった, わし来たるのを, わし来れば猴, わし栗林ですが, わし次にカメラを, わし欧米で巡査, わし此らあ蜀黍, わし気に入ったども雲, わし水色を帯び, わし水車めぐれりこの, わし決闘を挑ん, わしに解釈, わし流露させ花, わし溜息ばかり吐い, わし火事の明り, わし無しでは一日, わし爾来卒業まで, わしある蜥蜴, わしを打った, わし猛然と吼え競い立った, わしえ, わし生きている, わし申して荷, わし疳癖が高ぶっ, わし白い羽に対して, わし盗賊又は乱暴者, わし眺めに出, わし示していた, わし示したのは, わし示すと猫これ, わし社員を集め, わしを極度, わし空中へ飛, わし窪んだ所は, わし等げ斯うた物遣しあん, わし等とつさまの若い, わし等なんざ辛えも, わし等なんぼにもあ, わし等主事さんを大工頭, わし等分署へなんぞ出ん, わし等口へ出し, わし等家に居られん, わし等布れ歩くべ, わし等畑の茄子引, わし等自分ぢや什, わし等親子四人が干ぼし, わし等野郎も其内, わしが見え, わし約束誓言を堅く, わし続けたために, わし緻密の思想, わし義明は鋭く, わし老臣の制止, わし者みたいな感じ, わし職人達の作る, わしけつ潜りつし, わし個も, わし自らが神, わし自身今でも覚え, わし自身何も聴い, わし自身多くを知っとる, わし自身木下どのの人間, わし自身笠草鞋を背負わせ, わし花市場の花, わし落ち窪んで, わし蒼味がかった幽鬼, わし蜀黍隱して, わし行かして, わし行つて來あんすから, わしはひらけ, わし見る影も, わしの端, わし語らしめてくれるでしょう, わし諸子百家の学, わし赤い手甲の, わし踏込もうかと思った, わし身外みな敵のごとく, わしの馬, わし達両人の足跡, わし達兄弟は何, わし達武人にとってはあんな, わしてて, わし野獣の鼻面, わし野郎げ貰つて來た火傷, わしの方, わしの方, わし陽気な笑顔, わしから隅, わし障子をあける, わし難い重苦しい気分によって, わしかな, わしをなす, わし頬骨は高く, わし顔全体が灰色, わし飯綱の千日家, わしに巻き, わし馬盥で生首, わし駄法螺を吹く, わし高島田は面影, わし高禄を得, わしの諸, わし魘されでもし, わし鳴らざりし泉は, わし黄雲を変じ, わし黒奴が珊瑚, わし黙って莞爾, わしとあご