青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わざと~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~わかる わかる~ わかれ~ わが~ わが国~ ~わき わき~ ~わけ わけ~ ~わざと
わざと~
~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか わずか~ ~わたくし わたくし~ ~わたし わたし~

「わざと~」 4431, 48ppm, 2436位

▼ わざとその~ (75, 1.7%)

3 手に, 顔を 2 方へ, 点に

1 [65件] ことに, ことは, ちらつく姿, つまらない浮世絵, にせの, ま, ような, ような教え, ように, 一品の, 事に, 人生の, 仲間へ, 個所を, 傍を, 儘もとに, 出張を, 前に, 反対を, 咳を, 問題には, 場に, 大きい黒い瞳, 女の, 娼家へ, 客を, 度に, 廻り途を, 弊を, 当時の, 心の, 情を, 意を, 意地を, 手紙に, 故を, 方に, 方を, 晩お前に, 枕頭を, 森の, 気もちを, 法も, 激情を, 点を, 生産力を, 男の, 男達から, 種を, 箇所を, 箱を, 背へ, 背後に, 花束を, 茶を, 菊王へは, 視線を, 話に, 話は, 質問を, 足を, 車を, 近くまで, 面を, 頭を

▼ わざと~ (50, 1.1%)

41 ように 4 ような 1 やうに, 喧嘩議事規則の, 振舞は, 渋い表情, 負傷と

▼ わざと自分~ (45, 1.0%)

2 の歩調, を苦しめた

1 [41件] からつきあたっ, から話, から金, でしりぞけ, でも気, で自分, で透き, にひどい, に不利, のあと, のだけのべ, のところ, の不作法, の側, の匕首, の古参, の名, の噺, の居間, の手, の持物, の握り拳, の机, の気持, の發育ざかり, の脇差, の腕, の腰, の草鞋, の返答, の顔, の馬, の鼻, はほか, をじらす, を包囲, を疑はせる, を虐め, を見, を貶した, を辱める

▼ わざとそれ~ (44, 1.0%)

2 がし, を封書

1 [40件] がため, だけを遠慮, と共に結いつけ, にはなん, には答えず, に乗らず, に切手, に気がつかない, に辱ぢ, に近づかなかった, に陥り込んだ, はせず, までの事件, をお, をさしひかえた, をしない, をしまっ, をその, をそのまま, をなさる, を世間, を冗談, を出さなかった, を後廻し, を心, を抑えよう, を挙げません, を撥, を止めさせる, を申し上げません, を皆, を聞かし, を聞き逃す, を見送っ, を送ろう, を避けました, を避ける, を隠し, を静か, を鶴ヶ岡

▼ わざと~ (38, 0.9%)

2 君とも

1 [36件] たくの, はずしに, ほほほ, ますは, ッたまげ, 互に寄り添う, 会いしなかったの, 借り申した膝枕, 別れの, 勝手口の, 千代に, 味方を, 声を, 延の, 教え申しません, 涌を, 留を, 皿を, 目に, 目通りを, 米の, 置きに, 考えです, 耳に, 見上げして, 計らいに, 訊ねは, 調子に, 谷と, 貸し致しませんと, 賽銭箱を, 通が, 道化て, 酒に, 駒の, 鳥の

▼ わざと大きな~ (31, 0.7%)

13 声で 3 声を 2 咳払いを

1 [13件] あくびを, 口を, 咳ばらいを, 掛声を, 掛聲を, 欠伸の, 目を, 禿を, 聲で, 足音を, 跫音を, 音が, 音を

▼ わざとそう~ (30, 0.7%)

6 して 2 するの, 言って

1 [20件] うそぶいて, お見せ, させずに, させたの, されるの, したかも, すました, するわけ, 云う夜会服, 云う風, 云って, 呼ぶことば, 尋ねて, 憎体に, 私を, 空とぼけて, 素知らぬふり, 言い変えて, 言った, 言ったまでの

▼ わざと~ (26, 0.6%)

2 を待ち

1 [24件] にこう, に仕向けました, に突き当り, のため, の人物, の名, の家, の徘徊, の意志, の方, の注意, の直接, の繁忙, の観察, の計, の青年時代, の鼻, はとぼけ, は動かず, をおどかす, をひきとめ, を井戸端, を城中, を気負わせ

▼ わざと~ (25, 0.6%)

2 をひくめ, を出し, を大きく

1 [19件] に力, の甲, の調子, をあげた, をあららげ, をかける, をたて, を低め, を作っ, を励まし, を厳粛, を和らげた, を大, を激しく, を猫撫声, を立て, を細め, を落ち着け, を高めた

▼ わざとゆっくり~ (24, 0.5%)

3 川を

1 [21件] した足取り, その帽子, とそう, と歩い, と立ちあがり, と落ちつき, はいって, カウンターの, カランから, ポンプを, 便所から, 声を, 小道を, 挨拶し, 構え込み, 構え込ん, 構え込んだ, 正面の, 草を, 話を, 足を

▼ わざと~ (23, 0.5%)

2 の名前

1 [21件] があつ, が中根氏, が囮, が病んどる, が見えない, にはそれ, には読めません, に小, に恥, に聞える, に聞こえよ, の二三歩先, の手紙, の眼, の足, の顔, は忘れた, をそんな, を愚弄, を猫, を訪ねよう

▼ わざとこんな~ (22, 0.5%)

2 ことを, 世間から, 文句を, 真似を

1 [14件] さびしい墓地, ところへ, 人泣かせを, 問を, 変装を, 帯を, 所へ, 文章それは, 気休めを, 粗末な, 裏小路を, 言葉遣, 風に, 風姿を

▼ わざとそんな~ (21, 0.5%)

5 ことを 3 事を

1 [13件] こという, ふうに, 口を, 場所を, 形に, 所で, 段取りに, 眼鏡を, 突飛な, 細工を, 言い方を, 連中を, 風に

▼ わざと~ (20, 0.5%)

7 をしかめ 3 をそむけ 1 にあて, に雪, の前, をあげず, をきつく, をそむける, をつきだし, を前, を洗, を背向け

▼ わざとこの~ (19, 0.4%)

1 [19件] ことを, マメイドの, 二人の, 人の, 国を, 城内へ, 場末に, 孤島を, 孤独な, 宇治の, 安茶屋, 巻から, 店に, 座を, 松原に, 男を, 科を, 道を, 鱗の

▼ わざと平気~ (19, 0.4%)

4 な顔 2 で歩い, を装, を装っ 1 で澄まし, で烟草, な声, な風, に笑い, らしく答えて, をよそおう, を装う, を装った

▼ わざと~ (18, 0.4%)

3 を外らせ 2 を塞い

1 [13件] につく, をしょぼしょぼ, をそむけ, をそらし, をそらせ, をふさい, をよけて頬, を動かさなかった, を反らし, を向けぬ, を外らし, を怒らせ, を閉じ

▼ わざと大きく~ (16, 0.4%)

2 吐いてるんだい

1 [14件] あざ笑った, しながら, たてながら, なさっては, 伸びを, 叫んで, 合点合点させ, 寝が, 溜息を, 瞠って, 笑うよう, 笑った, 笑ったが, 笑つて

▼ わざとあんな~ (15, 0.3%)

2 風に

1 [13件] ことを, まねを, センチメンタルな, 危いところへ, 態度を, 振りを, 無法な, 狂言を, 男の子の, 真似してん, 真似を, 青大将の, 風を

▼ わざと大声~ (15, 0.3%)

4

1 [11件] で号令, で喧嘩ばなし, で泣きだしました, で雑談, に, にやれ, に別れ, に笑いとばし, に笑つた, に雑談, 出して

▼ わざと避け~ (15, 0.3%)

2 ていた

1 [13件] てあたたか, てこの, てしない, てゐた, て人目, て他, て信州北佐久郡, て別, て東, て東京, て語, て軒, 編笠に

▼ わざとそこ~ (14, 0.3%)

1 [14件] から西南方, だけに触れない, だけ申し控え, に気, の表門, の部屋, へひっくり返った, へ移された, へ竹, へ走った, を利用, を撰ん, を通り, を通り越し

▼ わざと黙っ~ (14, 0.3%)

7 ていた 2 ている 1 てい, ていたくなった, ていました, ておいた, て席

▼ わざとこう~ (13, 0.3%)

2 して, 云って 1 きいて, たずねて, やって, 云う失礼, 云った, 伝法口調に, 刷らせたの, 言って, 頼んだの

▼ わざと~ (13, 0.3%)

2 はない

1 [11件] せうけれど, なしに, はありません, はある, はなかっ, はなく, は無い, もこう, もない, もなく, も反抗

▼ わざと~ (13, 0.3%)

2 の前

1 [11件] に入らない, をさまさせられた, をそらした, をそらす, をつぶった, をほそく, をほそめ, をみはりつ, を円く, を大きく, を細め

▼ わざと~ (13, 0.3%)

2 を別

1 [11件] でもない, なき野末, のない, の向う, の邪魔, をかえ, をひらい, を迂回, を迷わしとる, を違え, を遠廻り

▼ わざと少し~ (12, 0.3%)

1 [12件] こぼすと, しか鉱石, づつ寸法を, ばかり頸, わらいすまして, 口を, 周馬に, 声を, 滑稽に, 道ばたへ, 離れたところ, 頭を

▼ わざと~ (12, 0.3%)

2 をふれず 1 で裂いた, のとどかない, をかえ, をさしのべ, をつける, を出さない, を差入れ, を掛け, を突い, 捕りに

▼ わざと相手~ (12, 0.3%)

2 にならない 1 に話しかける, のやり, の求め, の言葉, の話, へ寄せ, をこまら, を侮辱, を睨める, を苦しませ

▼ わざと驚いた~ (12, 0.3%)

3 やうに 2 ような, 風を 1 やうな, ようすを, ように, 振りを, 顔で

▼ わざと丁寧~ (11, 0.2%)

2 に, に頭 1 な挙手, にこう, に一応, に云, に会釈, に拾い上げ, に申し

▼ わざと冷淡~ (11, 0.2%)

1 [11件] な声, な態度, な調子, にそう, に構え, に眺め, に言っ, を装, を装う, を装っ, を裝

▼ わざと返事~ (11, 0.2%)

6 をしなかった 1 の余裕, をした, をしなかつた, を控えた, を明

▼ わざと遠慮~ (11, 0.2%)

7 して 2 した 1 したん, を抜い

▼ わざとここ~ (10, 0.2%)

1 で待ち受け, で時刻, にかなり, には省く, に発表, へ廻さない, へ泊った, まで来た, まで釣り込ん, ん処

▼ わざと大袈裟~ (10, 0.2%)

1 な守護, にあくび, にきょろきょろ, にバタン, に人, に書類, に舌打ち, に頭, に駄夫, に駭

▼ わざと~ (10, 0.2%)

1 丁寧に, 催促なさり, 出席を, 挨拶を, 接待に, 考へ, 自分が, 評議の, 遠慮なさっ, 避けに

▼ わざと意地~ (10, 0.2%)

1 わるく, わるくか, わるくかかっ, わるく二人, 悪くし, 悪くする, 悪く空とぼけ, 悪く細かいこと, 悪く葉子, 悪く道

▼ わざと真面目~ (10, 0.2%)

5 な顔 1 な賛意, にこんな, に道理, を装っ, を装つて

▼ わざと~ (10, 0.2%)

4 をそびやかし 1 に脇差, へ力, をそびやかした, をならべ, を怒らし, を聳

▼ わざと~ (10, 0.2%)

1 をうっ伏せた, をすぼめ, をやつし, を以てお, を寄せ, を摺り寄せ, を横, を窶し, を退い, を避け

▼ わざと遠く~ (10, 0.2%)

1 から跫音, にどか, にばかり灯させた, のほう, の方, ひかえて, へ遁げ, を廻っ, 距れ, 離れて

▼ わざと彼女~ (9, 0.2%)

1 が言いた, といっしょ, とお, にいつごろ嫁, にきこえる, の傍, の愛嬌, の牌, はぷりつとしてみせる

▼ わざと~ (9, 0.2%)

1 がな, のつかない振, のどく, のない, の付かない, をつかっ, を利かした, を持たせ, 長く構え

▼ わざと知らん顔~ (9, 0.2%)

6 をし 1 でその, をした, をしてやった

▼ わざと笑っ~ (9, 0.2%)

2 てみせた, て見せ, て見せた 1 たり歌っ, て立ち, て見せる

▼ わざと素知らぬ~ (9, 0.2%)

3 顔を 2 振りを 1 ふうを, ふりを, 風に, 風を

▼ わざと負け~ (9, 0.2%)

2 ていた, てやる 1 てみせ, てやった, て城, て見せる, をお

▼ わざとした~ (8, 0.2%)

2 ような 1 ので金瘡, ものの, ように, んじゃ, 事で, 曲斬り

▼ わざとそうした~ (8, 0.2%)

1 のか, ので, のであった, のでした, のです, のは, もので, ものらしく

▼ わざと二人~ (8, 0.2%)

1 から離れ, に聞かせる, の乗った, の親しい, はしばらく, は歩み, を同じ, を追

▼ わざと人目~ (8, 0.2%)

2 を避けた 1 にかからない, につく, にふれる, を忍んだ, を避ける, 離れた場末

▼ わざと仰山~ (8, 0.2%)

1 なしかめっつら, な哀れ, に, にそんな, に感心, に言っ, に頭振り, らしく驚いて

▼ わざと~ (8, 0.2%)

1 かを怖, でもない, にも告げられなかった, もいわなかった, も云わず, も答えなかった, も言わなかった, も説明

▼ わざと~ (8, 0.2%)

3 を利かなかった 2 を利かず 1 から白い, に出し, を閉じ

▼ わざと~ (8, 0.2%)

1 に与え, のなす, の充実, の思う, をおびき寄せた, を引き寄せる, を辱め, を近

▼ わざと~ (8, 0.2%)

1 に一人, をそらし, をそらした, を不, を前, を控えめ, を横道, を長く

▼ わざとこうして~ (7, 0.2%)

1 ほとぼりが, 何にも, 君の, 寝そべったわけ, 居るわけ, 放置し, 見せた右大臣様

▼ わざとそういう~ (7, 0.2%)

1 のであった, 意地悪を, 態度に, 様子を, 気前を, 私に, 者を

▼ わざとわかろう~ (7, 0.2%)

7 としない

▼ わざと~ (7, 0.2%)

1 に怪, のいない, の中, の気, の顔, を押し, を避けた

▼ わざと元気~ (7, 0.2%)

1 な声, に立ち働い, に起き直っ, よく, よく梯子段, らしい調子, らしく答えたが

▼ わざと~ (7, 0.2%)

3 を入れ 1 の弱い, を入れた, を抜いた, を減らし

▼ わざと反対~ (7, 0.2%)

1 なこと, に久喜, に云っ, に鎌, の側, の方向, を答えた

▼ わざと子供~ (7, 0.2%)

1 に書かせた, のやう, のよう, らしく勸め, らしく悦び, を取り, を無視

▼ わざと~ (7, 0.2%)

4 氣で 1 つく張つて挨拶, 氣な, 氣に

▼ わざと~ (7, 0.2%)

3 を向い 1 から胴, へ, を向いた, を向き

▼ わざと知らぬ顔~ (7, 0.2%)

6 をし 1 に互

▼ わざと~ (7, 0.2%)

2 ひながら 1 くぼで眺めて, はう, ひに, ひを, ふまいと

▼ わざと誇張~ (7, 0.2%)

4 して 1 した譬, した顰め面, し見せびらかそうと

▼ わざと~ (7, 0.2%)

1 にも乗らず, をでこぼこ道, をノロノロ, を呼ん, を門, を雇はず, を雇わず

▼ わざと~ (6, 0.1%)

1 あしたのかも, あした傍若無人な, あした態度を, あした目立たぬ, たまに, たまを

▼ わざとこういう~ (6, 0.1%)

1 ことを, 問題に, 物を, 質問を, 道を, 難題を

▼ わざとにも~ (6, 0.1%)

2 御評鑒 1 そうされる, そこを, 妻子の, 澁つて見せる

▼ わざと~ (6, 0.1%)

2 を選んだ 1 になっ, をえらん, を選ん, 遅く近

▼ わざと大仰~ (6, 0.1%)

1 に云った, に吹聴, に小首, に眉, に茶碗, に驚い

▼ わざと大股~ (6, 0.1%)

2 に歩い 1 にあるい, にずっと, に歩き出しました, に辻

▼ わざと微笑~ (6, 0.1%)

1 した, して, しながら, をむけ, を含む, を漏らし

▼ わざと知らない~ (6, 0.1%)

2 振りを 1 ふりを, 振りで, 顔を, 風を

▼ わざと~ (6, 0.1%)

4 を張っ 1 に手, を張り

▼ わざと落着~ (6, 0.1%)

4 いて 1 いたが, いた声

▼ わざと~ (6, 0.1%)

1 で崩す, などをぶらつかせ, のない, を入れ, を畳, を遠く

▼ わざと陽気~ (6, 0.1%)

1 なもの, な話, にいっ, になっ, に声, に騒い

▼ わざと~ (6, 0.1%)

2 を立て 1 をさせ, をたてる, をちがえ, 高く放屁

▼ わざとああ~ (5, 0.1%)

2 云って 1 した旧家町, した狂言, 書いたの

▼ わざとそっぽ~ (5, 0.1%)

2 を向い 1 へ眼, をむい, を向いた

▼ わざと下品~ (5, 0.1%)

1 な笑い方, に, にがぶがぶ, に砕け, に自分

▼ わざと下手~ (5, 0.1%)

2 な言葉 1 つ糞, に書いた, に見せた

▼ わざと主人~ (5, 0.1%)

1 からよろしく, に見せつけ, の沈黙, の眼, の顔

▼ わざと~ (5, 0.1%)

2 のこと 1 に知れない, の男, の車

▼ わざと~ (5, 0.1%)

1 っぽを, に出, に控えた, のほう, へ出た

▼ わざと~ (5, 0.1%)

1 それた試み, ぴらにどぜうを食つて見せる, 丸髷を, 跨に, 部分を

▼ わざと~ (5, 0.1%)

1 からまわつた, へおろし, へ出た, を眺めた, を見る

▼ わざと快活~ (5, 0.1%)

21 にしい, に冗談, に笑っ

▼ わざと悠々~ (5, 0.1%)

1 したりなど, たる足どり, とした, ともう, と構え

▼ わざと~ (5, 0.1%)

1 記名の, 躾な, 関心に, 雑作らし, 雜作に

▼ わざと知らん~ (5, 0.1%)

2 ふりを 1 つらを, ふりし, 顏を

▼ わざと~ (5, 0.1%)

1 をかけず, をまげ, を低く, を卑, を落ち付け

▼ わざと葉書~ (5, 0.1%)

2 にかきます, に書く 1 にした

▼ わざと見える~ (5, 0.1%)

3 ように 1 やうに, ような

▼ わざと見ない~ (5, 0.1%)

1 ために, のだ, ふりを, ように, 振りを

▼ わざと言葉~ (5, 0.1%)

1 には一言, まで常, をかけた, をはさまない, を濁し

▼ わざと足音~ (5, 0.1%)

3 を高く 1 をたて, を立て

▼ わざと~ (5, 0.1%)

1 ずきの, もあびた, をついで, を賭け, を酌み

▼ わざと~ (5, 0.1%)

2 を置い 1 のぬけた, のびのした返事, の抜けた濁

▼ わざと~ (5, 0.1%)

2 をかしげ 1 を傾げた, を出した, を縮め

▼ わざと高く~ (5, 0.1%)

1 出た, 盛り上げて, 立てそれ, 笑って, 笑つてゐた

▼ わざとあの~ (4, 0.1%)

1 地点を, 女を, 手紙を, 猿に

▼ わざとこれ~ (4, 0.1%)

1 に差し控え, をやつ, を省略, を踏襲

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 うした, う尋ね, に私, も愉快気

▼ わざとそのまま~ (4, 0.1%)

2 にし 1 にさせ, に本誌

▼ わざとつとめ~ (4, 0.1%)

2 て生やした 1 ている, てフランツ

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 うばうの, おもいも, われも, 現わし

▼ わざとほか~ (4, 0.1%)

1 に弾薬, のほう, の者, へ話

▼ わざとまじめ~ (4, 0.1%)

3 な顔 1 になり

▼ わざとやっ~ (4, 0.1%)

1 ている, てみせる, てみよう, て來

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 つくりその, つくり出て, つくり彼, つくり構

▼ わざとよそよそしく~ (4, 0.1%)

1 して, するの, 云つて桑野の, 言ったの

▼ わざと三人~ (4, 0.1%)

2 連れて 1 の刀, 並んで

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 に取り落とした, の方, をサシ廻し, 總と

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 のグラス, の刀, の方, を狙っ

▼ わざと冷然~ (4, 0.1%)

1 たる態度, としていらっしゃる, として芝居, と太柱

▼ わざと叔父~ (4, 0.1%)

1 に, に聞い, を一人, を相手

▼ わざと向う~ (4, 0.1%)

1 の事務所, の意, へ聞える, を向い

▼ わざと地味~ (4, 0.1%)

2 な方の 1 な様子, な樣子

▼ わざと外し~ (4, 0.1%)

1 てしまった, て廊下, て気, て裏表

▼ わざと大阪弁~ (4, 0.1%)

1 で, で言, をつかっ, を使っ

▼ わざと~ (4, 0.1%)

3 の方 1 を唆

▼ わざと~ (4, 0.1%)

2 を見ない 1 の側, の枕

▼ わざと~ (4, 0.1%)

2 の顔 1 にそんな, を引

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 さがしを, の宝, をぬけ出し, を留守

▼ わざと強く~ (4, 0.1%)

1 して, 反問した, 夫の, 押しつけるやう

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 から来る, の方, も向かず, を圧

▼ わざと後れ~ (4, 0.1%)

2 て顔 1 て座, ながらつい

▼ わざと~ (4, 0.1%)

2 にもない 1 で制し, を許さする

▼ わざと怒つた~ (4, 0.1%)

2 やうな 1 様子で, 樣子を

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 割ったとは, 割ったには, 割ったの, 背きて

▼ わざと時間~ (4, 0.1%)

1 におくれ, をかける, をつぶし, を消し

▼ わざと気取っ~ (4, 0.1%)

1 てあんな, てそういう, て片手あしらい, て見た

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 のつい, をつけ, を失した, を放っ

▼ わざと~ (4, 0.1%)

2 を消し 1 の影, を持たせない

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 と女, のかお, の後, の身なり

▼ わざと皮肉~ (4, 0.1%)

1 な復讐, にいい, に呟いた, を云

▼ わざと知らぬ~ (4, 0.1%)

1 ような, 振りし, 振りでも, 振りを

▼ わざと穫れない~ (4, 0.1%)

4 ふりを

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 から首, にカアテン, の外, をつくらなかった

▼ わざと繋り~ (4, 0.1%)

4 のある

▼ わざと置い~ (4, 0.1%)

1 てある, てい, てお, て出かけた

▼ わざと聞えよがし~ (4, 0.1%)

1 にいっ, に言った, の荒い, の陰口

▼ わざと芝居~ (4, 0.1%)

1 のセリフ, めかした太い, をし, をなすった

▼ わざと落し~ (4, 0.1%)

1 て汚した, て濡らし, て癖, て行った

▼ わざと落ちつい~ (4, 0.1%)

1 てのれん, て綺麗, て蠅帳, て言った

▼ わざと落ちつき~ (4, 0.1%)

3 払って 1 払いながら

▼ わざと落ち着い~ (4, 0.1%)

1 て平常, て挨拶, て申しました, て訊いた

▼ わざと~ (4, 0.1%)

2 の分らぬ 1 から行った, を向け

▼ わざと語気~ (4, 0.1%)

1 にふさわしい, をあらく, を強く, を緩め

▼ わざと負ける~ (4, 0.1%)

1 にはおよばん, ので, のは, 道理は

▼ わざと軽い~ (4, 0.1%)

2 調子で 1 戯れに, 食事を

▼ わざと軽く~ (4, 0.1%)

1 ホホと, 受けたよう, 聞きながした, 鼻の

▼ わざと遅く~ (4, 0.1%)

1 なつてお湯, 出かけたの, 帰るつもり, 行っても

▼ わざと避けた~ (4, 0.1%)

1 かと思う, ものと, ものに, ようにも

▼ わざと静か~ (4, 0.1%)

1 にいっ, に云, に木立, に病室

▼ わざと順平~ (4, 0.1%)

2 がいれた, の子

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 に実, の調子, を掻く, を支

▼ わざと~ (4, 0.1%)

1 から下りない, に踏みにじらせ, を打っ, を降り

▼ わざとあどけなく~ (3, 0.1%)

1 小首を, 気取らせた小娘, 言って

▼ わざといっ~ (3, 0.1%)

1 て, て唄, て笑っ

▼ わざとおくれ~ (3, 0.1%)

1 て小半町, て手の者三, て来る

▼ わざとかも~ (3, 0.1%)

1 しれないが, しれないわ, 知らぬが

▼ わざとこしらえた~ (3, 0.1%)

1 ものな, ティツィアン風の, 背景の

▼ わざとさけ~ (3, 0.1%)

1 ておいで, て伊勢源氏, 横の

▼ わざとさりげ~ (3, 0.1%)

1 ない声, ない様子, なく洒落

▼ わざと~ (3, 0.1%)

2 ている 1 ながら横

▼ わざとしばらく~ (3, 0.1%)

1 は徒歩, 近よらない, 黙つて

▼ わざとそういった~ (3, 0.1%)

1 のか, のだ, のである

▼ わざとそっち~ (3, 0.1%)

1 へよろける, へ逃がした, を向かない

▼ わざとそつ~ (3, 0.1%)

2 ぽを 1 としてある

▼ わざとぞんざい~ (3, 0.1%)

1 にヤツ, に扱っ, に然し

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 いうかは, はなしに, 云うの

▼ わざととぼけ~ (3, 0.1%)

1 ている, てみせた, て忠蔵

▼ わざととぼけた~ (3, 0.1%)

1 ような, ように, 顔つきで

▼ わざとどこ~ (3, 0.1%)

1 かに身, かの女, かへ喋り

▼ わざとびっくり~ (3, 0.1%)

1 した風, して, せし風

▼ わざとふざけ~ (3, 0.1%)

1 ていい, てかみあつ, て言っ

▼ わざとふざけた~ (3, 0.1%)

2 声で 1 やうに

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 いきで, いきな, うきんな

▼ わざとぼく~ (3, 0.1%)

1 に宿, に飲ませた, を逃がす

▼ わざとぼんやり~ (3, 0.1%)

1 きくと, 何かを, 清岡の

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 から探り, から開い, ッ腹に

▼ わざと事件~ (3, 0.1%)

1 の一二, を紛糾, を複雑

▼ わざと今日~ (3, 0.1%)

1 はお, は山, は畑

▼ わざと伸子~ (3, 0.1%)

1 に向っ, の大, を無視

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 声だった, 声で, 目に

▼ わざと何気ない~ (3, 0.1%)

1 眉を, 素振りを, 顔を

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 から仕向け, でうまい, を外し

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 がない, も貸し, を右

▼ わざと入口~ (3, 0.1%)

1 から見える, に坐った, の方

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 かにいい, かにいった, かに前

▼ わざと冷たく~ (3, 0.1%)

1 いった, 戯れて, 構えて

▼ わざと勝手口~ (3, 0.1%)

1 へ回, へ回っ, を開け

▼ わざと同じ~ (3, 0.1%)

1 事を, 封筒に, 様に

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 のらない, も隠し, を間違

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 を噛ん, を彼, を開け

▼ わざと問題~ (3, 0.1%)

1 にしない, の間地, を出し

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 だと, の名, を言う

▼ わざと困った~ (3, 0.1%)

2 顔を 1 ような

▼ わざと大げさ~ (3, 0.1%)

1 にした, に武蔵, に考へ

▼ わざと姿~ (3, 0.1%)

1 をかえ, をかくして, をそらした

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 に対して無, の批評, を呼ん

▼ わざと孤独~ (3, 0.1%)

1 な風, に生活, に身

▼ わざと小さな~ (3, 0.1%)

1 声で, 家に, 岩窟の

▼ わざと島田~ (3, 0.1%)

1 に結った, に結つた令嬢, の上

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 の肩, の袖口, へ取っ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 に落ち着い, を立っ, を立った

▼ わざと帽子~ (3, 0.1%)

1 に手, をとっ, を阿弥陀

▼ わざと平岡~ (3, 0.1%)

2 の机 1 にもその

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 とすれ, のうえ, を二つ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 に出かけない, の前, はあまり

▼ わざと強い~ (3, 0.1%)

2 調子で 1 のを

▼ わざと彼ら~ (3, 0.1%)

1 に体, は見, よりは一段

▼ わざと後向き~ (3, 0.1%)

1 に登り, に花立, に陣

▼ わざと忘れ~ (3, 0.1%)

2 て出た 1 て置いた

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 をきり, をはず, を殺し

▼ わざと悲し~ (3, 0.1%)

2 そうな 1 さう

▼ わざと新聞~ (3, 0.1%)

1 なぞは耳, はどれ, をあまり

▼ わざと時計~ (3, 0.1%)

1 に打ちこむ, の針, を出さなかった

▼ わざと書かない~ (3, 0.1%)

1 でおいた, のか, ので

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 のうえ, のわき, の方

▼ わざと欠伸~ (3, 0.1%)

1 をかみころした, をし, をした

▼ わざと正面~ (3, 0.1%)

1 に受けた, の参詣道, の御

▼ わざと此方~ (3, 0.1%)

2 から毀損 1 から伯母

▼ わざと歩い~ (3, 0.1%)

2 て唐花屋 1 ておかえし

▼ わざと気軽~ (3, 0.1%)

1 さうに声を, そうには, らしい態度

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 を乱暴, を差す, を捨て

▼ わざと渋い~ (3, 0.1%)

1 声で, 表情で, 顔を

▼ わざと玄関~ (3, 0.1%)

1 には出迎えなかった, の方, を開けず

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 ありそう, ゐたるなり, を作っ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 っぱくれて, ばくれ, ばくれてる

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 さう, さうに眼を, そうな

▼ わざと眼鏡~ (3, 0.1%)

3 を掛けない

▼ わざと示し~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, てやる

▼ わざと神妙~ (3, 0.1%)

1 に, にあの, に作っ

▼ わざと空々しく~ (3, 0.1%)

1 云つた, 呟いた, 外す重ね重ね

▼ わざと空とぼけ~ (3, 0.1%)

1 て, ていた, て道誉

▼ わざと笑い~ (3, 0.1%)

1 ながら, ながら朗らか, を見せる

▼ わざと簡単~ (3, 0.1%)

1 に, にし, に記す

▼ わざと約束~ (3, 0.1%)

1 の時, の時間, の期

▼ わざと老人~ (3, 0.1%)

1 じみたこと, に見せてる, ぶつて

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 にもとめない, のところ, もかさない

▼ わざと聞えない~ (3, 0.1%)

2 ふりを 1 フリを

▼ わざと背後~ (3, 0.1%)

1 から小突い, に尾, に立つ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 をぐにゃりと卸ろ, を上下, を伸し

▼ わざと自動車~ (3, 0.1%)

2 などに乗らない 1 に乗る

▼ わざと苦い~ (3, 0.1%)

3 顔を

▼ わざと荒々しく~ (3, 0.1%)

1 匙の, 廊下の, 通つて原稿の

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 の間, をつけ, を穿かず

▼ わざと話題~ (3, 0.1%)

1 をかへて, をほか, を変

▼ わざと調子~ (3, 0.1%)

1 だけ冗談, の弱い, をおろし

▼ わざと調戯~ (3, 0.1%)

1 うよう, っている, ふやう

▼ わざと負けた~ (3, 0.1%)

1 のだ, のよ, ふりを

▼ わざと遠廻り~ (3, 0.1%)

2 をし 1 に東側

▼ わざと邪慳~ (3, 0.1%)

1 に取扱った, に胴中, に良人

▼ わざと酒宴~ (3, 0.1%)

2 の最中 1 をすすめ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 の力, を為さぬ, を醒まそう

▼ わざと隠し~ (3, 0.1%)

1 ていました, ている, 立し

▼ わざと雨戸~ (3, 0.1%)

2 を引かず 1 を締切っ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 で顔, の深く, を下りた

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 ふくらせて, をやわらげ, を背けつ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 に手, のところ, をしかめ

▼ わざと~ (3, 0.1%)

1 を括った, 時の, 調子で

▼ わざと鷹揚~ (3, 0.1%)

1 な態度, な答, に

▼ わざと~ (3, 0.1%)

2 の先 1 でわらった

▼ わざとあんな大きな~ (2, 0.0%)

2 手形を

▼ わざという~ (2, 0.0%)

1 のかも, んだ

▼ わざといろいろ~ (2, 0.0%)

1 ないたずら, なこと

▼ わざとおだやか~ (2, 0.0%)

1 に, にいっ

▼ わざとおどけた~ (2, 0.0%)

1 アクセントで, 身振りを

▼ わざとおれ~ (2, 0.0%)

1 に打, に足

▼ わざとお松~ (2, 0.0%)

1 に猶予, の面

▼ わざとお知らせ~ (2, 0.0%)

1 したという, もしませんでした

▼ わざとかう~ (2, 0.0%)

1 いふ月並一句を, いふ風に

▼ わざとかくれ~ (2, 0.0%)

1 ている, 妻に

▼ わざときつく~ (2, 0.0%)

1 した眼, 云つ

▼ わざとぐずぐず~ (2, 0.0%)

1 して, にだらし

▼ わざとこうした~ (2, 0.0%)

1 なりを, 手段を

▼ わざとこっち~ (2, 0.0%)

1 に背, の怒り

▼ わざとさり気~ (2, 0.0%)

1 なく, なささうに

▼ わざとすね~ (2, 0.0%)

1 てろくに, て見せ

▼ わざとそしらぬ~ (2, 0.0%)

1 振りを, 顔を

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 かどう, とは思はれる

▼ わざとだれ~ (2, 0.0%)

1 にも知られまい, にも言わない

▼ わざとちょっぴり~ (2, 0.0%)

1 外に, 怪我を

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 かに火, らして

▼ わざとつい~ (2, 0.0%)

1 一里と, 通りの

▼ わざとつん~ (2, 0.0%)

1 として, としてこれ

▼ わざとでない~ (2, 0.0%)

1 ように, 証拠には

▼ わざとなおし~ (2, 0.0%)

1 てはやらなかった, てやらなかった

▼ わざとならず~ (2, 0.0%)

1 ふっくりし, 自然の

▼ わざとなん~ (2, 0.0%)

1 にも知らない, の仕度

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 なるべく蹙足爺, ひとしい

▼ わざとには~ (2, 0.0%)

1 自信が, 近寄らで離れたるまま

▼ わざとばかりの~ (2, 0.0%)

1 結納の, 饂飩振舞の

▼ わざとひどく~ (2, 0.0%)

1 かの女, つきあたって

▼ わざとぷりぷり~ (2, 0.0%)

2 した顔

▼ わざとまた~ (2, 0.0%)

1 そのやう, 覗き込ん

▼ わざとみたい~ (2, 0.0%)

1 な縮れ毛, にさ

▼ わざとみんな~ (2, 0.0%)

1 の期待通り, の邪魔

▼ わざとやけに~ (2, 0.0%)

1 引取って, 立上って

▼ わざとやった~ (2, 0.0%)

1 のだ, んじゃ

▼ わざとやつ~ (2, 0.0%)

1 たの, た事

▼ わざとやる~ (2, 0.0%)

1 のか, のよ

▼ わざとゆっくりゆっくり~ (2, 0.0%)

1 歩いて, 物を

▼ わざとよろけ~ (2, 0.0%)

1 て柚木, て行く

▼ わざとわからない~ (2, 0.0%)

1 ふうを, ふりを

▼ わざとわき~ (2, 0.0%)

1 にずらし, へそらした

▼ わざとわたし~ (2, 0.0%)

1 がポカン, の眼前

▼ わざとツン~ (2, 0.0%)

1 とした, と軒端

▼ わざとボタン~ (2, 0.0%)

2 を掛けず

▼ わざと一度~ (2, 0.0%)

1 ずつ余分, に運ん

▼ わざと一方~ (2, 0.0%)

1 の囲み, の腕

▼ わざと三円~ (2, 0.0%)

1 の借金, の借銭

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 きげんそう, 答

▼ わざと不思議そう~ (2, 0.0%)

1 な作り話, に見まわした

▼ わざと不機嫌~ (2, 0.0%)

1 にいった, に云

▼ わざと中軍~ (2, 0.0%)

1 へみちびき入れた, より後

▼ わざと主君~ (2, 0.0%)

1 の周囲, の墨付

▼ わざと二部屋毎~ (2, 0.0%)

2 に開き戸

▼ わざと二階~ (2, 0.0%)

1 の後方, へ聽

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 はない, ひ渋つて

▼ わざと低い~ (2, 0.0%)

1 声を, 生垣に

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の重心, を入れ

▼ わざと何とも~ (2, 0.0%)

1 答へ, 返事を

▼ わざと何気なく~ (2, 0.0%)

2 聞いた

▼ わざと作っ~ (2, 0.0%)

1 ているらしい, て見せた

▼ わざと作り笑い~ (2, 0.0%)

1 をし, をもっ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 はつれません, も連れず

▼ わざと信じた~ (2, 0.0%)

2 振りを

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 氣な, 氣よく

▼ わざと先生~ (2, 0.0%)

1 の自動車, を怒らす

▼ わざと入れ~ (2, 0.0%)

1 てよこした, て置く

▼ わざと冗談~ (2, 0.0%)

1 の調子, めかして

▼ わざと冷やか~ (2, 0.0%)

1 に, に言葉

▼ わざと冷笑~ (2, 0.0%)

1 して, を浴びせ

▼ わざと冷酷~ (2, 0.0%)

1 にあつかう, に出まし

▼ わざと冷静~ (2, 0.0%)

1 にそして, にとぼけ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の柄, をぬかず

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 を譲っ, を譲った

▼ わざと半分~ (2, 0.0%)

1 にし, 飲みかけ

▼ わざと反抗~ (2, 0.0%)

1 して, するよう

▼ わざと可笑しく~ (2, 0.0%)

1 もない, 云つたのが

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の窪地, へ曲る

▼ わざと向こう~ (2, 0.0%)

1 にとめさせた, の崖

▼ わざと向島~ (2, 0.0%)

1 の土手, へつれ

▼ わざと呆け~ (2, 0.0%)

1 て立っ, て貝原

▼ わざと味方~ (2, 0.0%)

1 の中, の弱味

▼ わざと~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ わざと問う~ (2, 0.0%)

1 てやつ, と

▼ わざと喧嘩~ (2, 0.0%)

1 をいどむ, を吹きかける

▼ わざと嗄れた~ (2, 0.0%)

1 声を, 裏聲を

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の真っ, へ誘いこん

▼ わざと塩町行~ (2, 0.0%)

2 の電車

▼ わざと多く~ (2, 0.0%)

1 のとも, の軍勢

▼ わざと大きい~ (2, 0.0%)

1 声で, 音を

▼ わざと大切~ (2, 0.0%)

1 な名, の皿

▼ わざと大勢~ (2, 0.0%)

1 つながって, の眼

▼ わざと女中~ (2, 0.0%)

1 に見られる, の来た

▼ わざと妨げる~ (2, 0.0%)

1 からです, ように

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 が私, になじり

▼ わざと孔明~ (2, 0.0%)

1 の所為, はそこら

▼ わざと家中~ (2, 0.0%)

1 にひびく, の侍

▼ わざと寄らせ~ (2, 0.0%)

2 てうっちゃる

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 をし, をせず

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 人数の, 提灯を

▼ わざと小声~ (2, 0.0%)

1 で, で軍議

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 をたかく, を据え

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の中, へ入

▼ わざと座敷~ (2, 0.0%)

1 の中, へは入らず

▼ わざと庸三~ (2, 0.0%)

1 の前, を利用

▼ わざと廊下~ (2, 0.0%)

1 の燈, を踏み鳴らし

▼ わざと延ばした~ (2, 0.0%)

2 ものと

▼ わざと廻り道~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ わざと往来~ (2, 0.0%)

1 から須永須永, を気

▼ わざと心細~ (2, 0.0%)

1 がつて, げに

▼ わざと必要以上~ (2, 0.0%)

1 に声, の大声

▼ わざと忘れた~ (2, 0.0%)

1 ふうに, フリを

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 心の, 活気に

▼ わざと念入り~ (2, 0.0%)

1 に化粧, に数

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 れるよう, ろしがっ

▼ わざと恋人~ (2, 0.0%)

1 の兄, を待つ

▼ わざと恍け~ (2, 0.0%)

1 ていた, てずる

▼ わざと意味~ (2, 0.0%)

1 ありげ, あり気

▼ わざと意地わる~ (2, 0.0%)

1 に云った, をし

▼ わざと慇懃~ (2, 0.0%)

1 にそれゆゑ, に云った

▼ わざと戦争~ (2, 0.0%)

1 の話, を起す

▼ わざと手ひどく~ (2, 0.0%)

1 投げ出したよう, 痛む薬

▼ わざと手入れ~ (2, 0.0%)

2 をしない

▼ わざと手前勝手~ (2, 0.0%)

1 にふるまう, らしい事

▼ わざと抑えた~ (2, 0.0%)

2 調子で

▼ わざと押し~ (2, 0.0%)

1 蔵し, 轉が

▼ わざと押し潰し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ わざと拍手~ (2, 0.0%)

1 をし, を送る

▼ わざと拭い~ (2, 0.0%)

2 てありません

▼ わざと持っ~ (2, 0.0%)

1 て来なかった, て行かず

▼ わざと捕手~ (2, 0.0%)

1 の手, を釣りこん

▼ わざと捕虜~ (2, 0.0%)

1 の身, を放し

▼ わざと提灯~ (2, 0.0%)

1 お仏壇, も手

▼ わざと改まった~ (2, 0.0%)

1 ような, 口調に

▼ わざと教室~ (2, 0.0%)

1 でひょうきん, をさわがす

▼ わざと~ (2, 0.0%)

2 の小さい

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 うは, う云

▼ わざと新聞社宛~ (2, 0.0%)

2 でそれ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

2 の暮

▼ わざと早口~ (2, 0.0%)

1 にぞんざい, に弓子

▼ わざと普通~ (2, 0.0%)

1 に百姓言葉, の懐中時計

▼ わざと暗い~ (2, 0.0%)

1 処に, 所を

▼ わざと暗く~ (2, 0.0%)

1 した風情, して

▼ わざと曖昧~ (2, 0.0%)

1 な申立て, に白ら

▼ わざと曲げ~ (2, 0.0%)

2 て置いた

▼ わざと書斎~ (2, 0.0%)

2 と座敷

▼ わざと曹操~ (2, 0.0%)

1 の城寨, は大喝

▼ わざと最も~ (2, 0.0%)

1 深刻な, 醜いポーズ

▼ わざと最後~ (2, 0.0%)

1 の二, を選んだ

▼ わざと木村~ (2, 0.0%)

1 と握り合わせた, に開封

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 を落し, 街道へ

▼ わざと来ない~ (2, 0.0%)

2 のか

▼ わざと格子戸~ (2, 0.0%)

1 の外, をそれ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の小径, や林

▼ わざと様子~ (2, 0.0%)

1 に現, ぶって

▼ わざと次郎~ (2, 0.0%)

2 から眼

▼ わざと民家~ (2, 0.0%)

1 に泊った, の裏

▼ わざと気づかない~ (2, 0.0%)

1 ことに, ふりを

▼ わざと気づかぬ~ (2, 0.0%)

1 振りを, 顔で

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 どつた聲, むずかしげ

▼ わざと求め~ (2, 0.0%)

1 てそんな, て邂逅

▼ わざと汚い~ (2, 0.0%)

1 ふだん着の, 恰好で

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の足跡, を附けた

▼ わざと活溌~ (2, 0.0%)

1 に, に廊下

▼ わざと淋しい~ (2, 0.0%)

1 ところを, ところ怖

▼ わざと源次郎~ (2, 0.0%)

1 の姿, の態

▼ わざと滑稽~ (2, 0.0%)

1 にロシア舞踊, に膨らませた

▼ わざと澄まし~ (2, 0.0%)

2 雑煮を

▼ わざと澄ました~ (2, 0.0%)

1 顔し, 顔で

▼ わざと濡れ~ (2, 0.0%)

1 て歩きつ, に出た

▼ わざと無造作~ (2, 0.0%)

1 に後, に襖

▼ わざと焦らす~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ わざと焦点~ (2, 0.0%)

1 をはずした, をぼかそう

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 を細めた, を遠く

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 を伸ばす, を長く

▼ わざと片手~ (2, 0.0%)

1 をズボン, を高く

▼ わざと物々し~ (2, 0.0%)

1 げな, げに

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 にワンワン, をけしかける

▼ わざと狙った~ (2, 0.0%)

1 ように, んだ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 をかぶっ, を追いました

▼ わざと生真面目~ (2, 0.0%)

2 な顔

▼ わざと~ (2, 0.0%)

2 上げません

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 から, へ入れ

▼ わざと略し~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ わざと痛い~ (2, 0.0%)

1 ことを, 所を

▼ わざと白々しく~ (2, 0.0%)

1 云つた, 声高に

▼ わざと直ぐ~ (2, 0.0%)

1 には振り返らず, 送り還したの

▼ わざと~ (2, 0.0%)

2 見え候

▼ わざと省い~ (2, 0.0%)

1 ておく, てともかく

▼ わざと看板~ (2, 0.0%)

1 は出しません, を書きかえ

▼ わざと矛盾~ (2, 0.0%)

2 する口供

▼ わざと知らせず~ (2, 0.0%)

2 においた

▼ わざと知らない振~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ わざと知らん振り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ わざと短い~ (2, 0.0%)

1 口髭を, 煙管で

▼ わざと短刀~ (2, 0.0%)

1 をすて, を傍

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 から石, を投げこん

▼ わざと秘密~ (2, 0.0%)

1 に附し, らしく帯封

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 っとぼけた, に向

▼ わざと空とぼけた~ (2, 0.0%)

1 わけで, 眼を

▼ わざと空惚け~ (2, 0.0%)

1 てその, てそんな

▼ わざと空白~ (2, 0.0%)

2 を用意

▼ わざと窓際~ (2, 0.0%)

1 に近寄っ, に近寄つ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 上らうと, 淀んで

▼ わざと端書~ (2, 0.0%)

2 を門野

▼ わざと笑顔~ (2, 0.0%)

1 をつくっ, を粧っ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 の軸, をとらない

▼ わざと箱根~ (2, 0.0%)

2 へ連れ

▼ わざと緩めよう~ (2, 0.0%)

2 として

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 をかけない, を掛けられよ

▼ わざと考え~ (2, 0.0%)

1 ていた, てみた

▼ わざと聞える~ (2, 0.0%)

1 ように, 様に

▼ わざと背中~ (2, 0.0%)

1 を向き合わせ, を轉

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 を立てた振, 立たすつもり

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 で胸, をくずし

▼ わざと自転車~ (2, 0.0%)

1 の前, を向け

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 へあて, を躍らせ

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 をそえ, 冷めて

▼ わざと若い~ (2, 0.0%)

1 声を, 彼の

▼ わざと英語~ (2, 0.0%)

1 を使っ, を用いた

▼ わざと茶碗~ (2, 0.0%)

1 の中, を読売新聞

▼ わざと落ちついた~ (2, 0.0%)

1 低い声, 風を

▼ わざと落ち着いた~ (2, 0.0%)

1 ような, 声で

▼ わざと落ち着き払っ~ (2, 0.0%)

1 て半, て訊いた

▼ わざと落第~ (2, 0.0%)

2 して

▼ わざと蓮ッ葉~ (2, 0.0%)

1 な芝居口調, にはしらせ

▼ わざと薄暗い~ (2, 0.0%)

1 行灯が, 行燈が

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 につかっ, へ廻し

▼ わざと裏口~ (2, 0.0%)

1 から清水屋, から這入り

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 て, てよい

▼ わざと見せ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ わざと見ぬ~ (2, 0.0%)

1 ふりで, ふりを

▼ わざと言う~ (2, 0.0%)

1 と, とお

▼ わざと説明~ (2, 0.0%)

1 も何, を逃げた

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 にも知られない, も買

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 くいう, く訊ねます

▼ わざと談話~ (2, 0.0%)

1 をよそ, を控え

▼ わざと貴君~ (2, 0.0%)

2 を一緒

▼ わざと質素~ (2, 0.0%)

1 な体裁, な唐桟

▼ わざと赤樫~ (2, 0.0%)

1 を用, を用いたる

▼ わざと身軽~ (2, 0.0%)

1 で扈従, で来た

▼ わざと軽蔑~ (2, 0.0%)

1 した風, の色

▼ わざと軽薄~ (2, 0.0%)

1 ないひ廻し方, な露骨

▼ わざと迂回~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ わざと返辞~ (2, 0.0%)

2 をしなかった

▼ わざと送り届け~ (2, 0.0%)

1 てやった, てよこした

▼ わざと逃がし~ (2, 0.0%)

1 てお, てその

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 に右, の言葉

▼ わざと途中~ (2, 0.0%)

1 から帰した, で手間取っ

▼ わざと通知~ (2, 0.0%)

1 せざりしに, をしない

▼ わざと遅れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て来る

▼ わざと遅れる~ (2, 0.0%)

1 ために, ので

▼ わざと遅刻~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ わざと道化~ (2, 0.0%)

1 た取り方の, の役

▼ わざと道化け~ (2, 0.0%)

2 てお前

▼ わざと違った~ (2, 0.0%)

1 形の, 鍵を

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 お遠, 退いたり

▼ わざと選ん~ (2, 0.0%)

1 でお, で歩い

▼ わざと邪魔~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ わざと間違え~ (2, 0.0%)

1 て, てかんしゃく

▼ わざと間違えた~ (2, 0.0%)

1 のか, ふりを

▼ わざと障子~ (2, 0.0%)

1 を閉め切っ, を閉め切ります

▼ わざと離れ~ (2, 0.0%)

1 て歩い, て顔

▼ わざと難渋~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ わざと雪駄~ (2, 0.0%)

2 をちゃらつかせ

▼ わざと電車路~ (2, 0.0%)

2 に付い

▼ わざと面白~ (2, 0.0%)

2 がって

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 をしかめ, を見せない

▼ わざと馬琴~ (2, 0.0%)

2 に当りちらし

▼ わざと騒い~ (2, 0.0%)

1 でいやがる, で見たい

▼ わざと驚い~ (2, 0.0%)

1 てみせた, て見せ

▼ わざと高笑い~ (2, 0.0%)

1 をし, を発した

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 には頭巾, を振り乱し

▼ わざと鳴り~ (2, 0.0%)

1 をしずめ, をひそめ

▼ わざと默つて~ (2, 0.0%)

2 ゐた

▼ わざと~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて其処を

▼ わざと黙つ~ (2, 0.0%)

1 て, ていた

▼ わざと黙殺~ (2, 0.0%)

1 したわけ, を希望

▼ わざと鼻声~ (2, 0.0%)

2 でいわれる

▼1* [2058件]

わざとあくどい鬼の, わざとあくまで霊の, わざとあけたままに, わざとあざけってみ, わざとあざ笑うわけで, わざとあすこをえらんだ, わざとあたりを見廻し, わざとあたり前の小娘風, わざとあちら向きになっ, わざとあっさりいうて, わざとあてずに前, わざとあどけないほど無, わざとあばれてやる, わざとあまり派手, わざとあやか夫人, わざとあらぬ答えを, わざとあるいは悪意さえ, わざとあわただしく駈けあがって, わざとあわれっぽい表情, わざとあんなに空とぼけるの, わざとあゝ書いた心持, わざといいことを, わざといい放ってみる, わざというべきでしたかちょうど, わざといえば亭主, わざといかにも考え込んで, わざといかめしく往来に, わざといきおいよく上がって, わざといじらせた櫛を, わざといそいそと起ち, わざといそがず一番あとから, わざといたわるような, わざといちばんあとから帰, わざといひ盡さなかつた, わざといふことを, わざといぶかしそうに, わざといぶかって訊ねた, わざといやなもの, わざといろんな場面を, わざといわせている, わざとうそを教え, わざとうち解けた口調, わざとうるさいような, わざとうんと休むこと, わざとおいて彼, わざとおしかくしていた, わざとおだてるような, わざとおちつきを, わざとおちついて親房, わざとおとなしくして, わざとおどけてぼやかした, わざとおどろいた顔を, わざとおののく様子を, わざとおまえをからかう, わざとお仙の留守中遊び, わざとお前に見せた, わざとお前たちにわかる, わざとお呼びせずに, わざとお客の顔, わざとお家を不遇, わざとお母さんが厭, わざとお礼は申しあげません, わざとお祖母さんの方, わざとお笑いになる, わざとお返しになった, わざとお雪ちゃんに向っ, わざとかおをそむけ, わざとかくす様に, わざとかたくるしい大玄関, わざとかなしい顔を, わざとかように一統, わざとからかつてリス, わざとからかい面にいった, わざとからかったりする, わざとからからと笑っ, わざとがさがささせ, わざとがつがつするよう, わざとがぶがぶ呑んで, わざとがるしあ, わざときいてみた, わざとききかえさなかったが噂, わざときたない身なりで, わざときつねの目, わざとぎゅっと抱くの, わざとくそまじめに, わざとくそ度胸を決めた, わざとくたびれきったように, わざとくだけて, わざとくだけた感じに, わざとくやしそうに, わざとぐぐとやってそれでさよ, わざとぐずりたがるからね, わざとぐったりとし, わざとよいの, わざとこきおろす無邪気な, わざとここ数日は入り浸, わざとここ数日間の行動, わざとこごみかかって弄り, わざとこっそりと上っ, わざとことをもつれさせる, わざとことごとしく斬らせたの, わざとことば柔らかにいっ, わざとこなたの手出し, わざとこぼしておいた, わざとこれツ切り見舞つてやるまいと, わざとこわい顔を, わざと辺たちを, わざとごくごく軽うし, わざとごろりと寝て, わざとさきへやりすごす, わざとさし控えて, わざとさもおかしくって, わざとさわがぬふうを, わざとざっくばらんな風, わざとしおしおと宿直室, わざとしおれて見せる, わざとしかつめらしい顔で, わざとしかめ面なぞを, わざとしからぬ咳払いを, わざとしくじって下手くそ, わざとしくじる楽しさ, わざとしずかにきりだした, わざとしつこく云つ, わざとしなを作っ, わざとしなかったのである, わざとしなだれかかるものです, わざとしばしば擬装的な, わざとしらを切る, わざとしらないふりを, わざとしらばくれながら同じ, わざとしらばくれるように, わざとしるさで, わざとしるしばかりに一献, わざとしわがれた声で, わざとしんみりした声, わざとぶんにも, わざとじみな無地, わざとじゃないだろうと, わざとじらすんでございます, わざとじろじろ調べるよう, わざとなおに, わざとすぐ先へ, わざとすこし夜を, わざとすべての草木, わざとするように, わざとずるく構えて, わざとせし偽飾, わざとい, わざとそこここを歩きまわっ, わざとそちに真実, わざとそっとして, わざとその後をおっしゃらない, わざとそら耳を装っ, わざとそれなりに月日, わざとそろそろ馬を, わざとそんなふうに身動きも, わざとそツぽを, わざとたおれて透明人間, わざとたくさんの用事, わざとただそれを, わざとたった一そうお, わざとたてないやうに, わざとたぬきのかくれ, わざとたはれ懸るもあり, わざとたわいのない, わざとだまっています, わざとだまつて寝させて, わざとだらしない風, わざとちがえてある, わざとちぢめるやうに, わざとちやほやもてなすなか, わざとちょいと顎, わざとちょっとばかりこの, わざとちらちらと合羽, わざとつかまえられたのです, わざとつかれた隣りの人, わざとつっけんどんな口調, わざとつなぎの緒, わざとつまらなさそうな, わざとつらい目に, わざとつれなう待遇し, わざとつんけんいうと, わざとまえが, わざとていねいにいっ, わざとできぬという, わざとですかね名刺, わざとでっちあげた夢だっ, わざとでなく聞こうとしてしばらく, わざとということ, わざととびあがって, わざととらえられて警察, わざととりすまして, わざととんちんかんをいう, わざとさんと, わざとどうしたの, わざとない部屋で, わざとながらからからと, わざとながらにッこり, わざとなにもかもほうって, わざとならもっと大きく, わざとならず落しかけたる小滝あり, わざとならぬ光沢の, わざとならもつと大きく, わざとなるのである, わざとなんだか落着か, わざとなんとも言わなかった, わざとなんにもこの旦那様, わざとな改まりかたも, わざとにかいっこうにむとんちゃく, わざとにこにこ笑いながら, わざとにっこり笑った顔, わざとにやにや笑いながら, わざとにやりと笑顔を, わざとぬすませるという考え, わざとねらいをはずし, わざとのけ反るほど吃驚, わざとのぞきに來, わざとのろのろ歩いて, わざとはあはあと大息, わざとはぐらかすような, わざとはしたないダンサー口調が, わざとはずして見られる, わざとはだけて大, わざとはっきりと, わざとはつきりと, わざとはなして腰掛けた, わざとはなやかな長襦袢, わざとはにかんで頭, わざとはらはらと逃ぐ, わざとばかり菖蒲の, わざとばたばたいわせた, わざとひそかに庭, わざとひとりがかう, わざとひとり言めいて, わざとひと所切って, わざとひな子の肩, わざとひょうきんに頭, わざとひろげたように, わざとびつくりしたやう, わざとぴくつかせながら深く酒, わざとふいうちに, わざとふくれた顔を, わざとふくれっ面をし, わざとふざけるやうに, わざとふしょう不承田代も, わざとふてくされてソオファ, わざとふてくされた真似を, わざとふてねをし, わざとふてぶてしそうに, わざとふところ手をし, わざとふりうごかして, わざとふりむきもせず, わざとふるわせて見せた, わざとッきら, わざとぶつかったもので, わざとぷんと少し怒った顔つき, わざとへべれけな酔い, わざとへりくだることない, わざとほうぼうのポケット, わざとほうり出すように, わざとほころびをきらす, わざとほじくり返すような, わざとぼかしてしまった, わざとぽかんとした顔, わざととをはずした, わざとまい子にし, わざとまずでたらめに, わざとまちがえてさらった, わざとまつすぐ通つて, わざとまわりくどいいい方を, わざとまわり道して, わざとみせびらかしてゐる, わざとむかずに持っ, わざとむごい言葉を, わざとむさくるしい宿屋を, わざとむっつりして, わざとめでたい名を, わざともちろん軒燈も, わざともつれるように, わざとやさしく念を, わざとやりすごす気で, わざとやり過ごしてから, わざとやり過しておい, わざとゆうゆうになり, わざとゆき子の方, わざとゆすってゐる, わざとゆるみ敵を, わざとゆツくりして, わざとゆツくり煙を吹き, わざとよその土地, わざとよそおっている, わざとよそよそしいふうを, わざとよってき, わざとよろいのほう, わざとよろめきながら歩く, わざとよろめき立ち上り心は, わざとよろよろしながら, わざとらんぼうにいいました, わざとわからなくするのです, わざとわしの面, わざとわたし達の病棟, わざとわるくいやらしく表現し, わざとわれわれをこの, わざとイヤガラセに, わざとウクレレ持ち出して, わざとウロウロ歩いて, わざとカラーをはずし, わざとカンバンすぎを狙っ, わざとガキという表現, わざとガタピシ云わせましたけれど, わざとガラスをはらず, わざとキャッキャッはしゃいで, わざとキャリコが粗, わざとクロロフォルムの綿, わざとグッドモーニングの銀ちゃん, わざとケシかけて, わざとコップ酒など引っかけ, わざとコトコト叩いたら内, わざとコンナ乱暴な真似, わざとザビーネの注意, わざとシニカルに曲解, わざとショゲて見せたら, わざとショールをひろげ, わざとジュリアン風にふるまった, わざとジョーヌを困らす, わざとスヤスヤと小さな, わざとスリッパをばたばた, わざとソワソワしたよう, わざとタクシーの中, わざとタコスケへ伝言なぞ, わざとダイヤルを戦争裁判, わざとダムダム弾を主人, わざとチブスのイキサツ, わざとチラと閃, わざとチンカラカラカラと, わざとツヤ子を無視, わざとトボケてるの, わざとトリックを弄, わざとトンと白足袋, わざとトンチンカンを言っ, わざとトントンやるの, わざとドアをあけ, わざとドイツ語をなるべく, わざとドッカとアグラ, わざとドンと卓子, わざとニコニコしながら, わざとニッコリして, わざとニヤニヤして, わざとネクタイを外し, わざとノソノソと廊下, わざとノンビリ代官所に, わざとハンナに土曜日一日, わざとバットを転, わざとバネ仕掛を大仰, わざとバーグレーヴ夫人に自分, わざとパトロールの警官, わざとパルチザンを逃がし, わざとヒロポンにかこつけ, わざとビックリしたみたい, わざとピストルにうたれ, わざとピンで髪, わざとフランス語で, わざとフリ仮名をつけ, わざとヘタに刺す, わざとヘナチョコに曲げ, わざとペコリとオジギ, わざとポンポン抜いて, わざとマカールのそば, わざとマッチを借り, わざとマージャンをつもつ, わざとムニャムニャとしら, わざとをミ, わざとモロのそば, わざとヨソヨソしくし, わざとヨボヨボの老人, わざとラジオの音, わざとラテン語で名前, わざとリリリリリとベル, わざとレインコートを着, わざとレコードをかけ放し, わざとレツテルを隠し, わざとレーマーゲンの鉄橋, わざと一つだけ, わざと一二分まだ意識モーロー, わざと一人で行く, わざと一分間ばかりだまっ, わざと一列横隊になっ, わざと一字の増減, わざと一応かく書面仕りました, わざと一挺の輿, わざと一時捕まったから, わざと一月遅れて, わざと一本燈芯にしました, わざと一枚ずつバカ, わざと一歩進ませて, わざと一片の恩賞, わざと一町ばかり引き下っ, わざと一番を敬遠, わざと一発放って, わざと一笑して, わざと一緒にし, わざと一般乗客にまぎれこん, わざと一色が知らない, わざと一芝居うって, わざと一行のあと, わざと一語を措い, わざと一足後へ開い, わざと一通り原文のま, わざと一里半の夜道, わざと一鞭くれた, わざと一項を設けました, わざと丁度夜に, わざと七時三十分にたちます, わざと三々五々騎馬を, わざと三井寺から大, わざと三十分ほど時刻, わざと三味線を押しつけ, わざと三四日の間, わざと三時すぎにお, わざと三時間ほどもよそへま, わざと三次へ目, わざと三田の給仕役, わざと三男へ伝家, わざと三角にひねり, わざと三軒目のうち, わざと上品ぶって, わざと上機嫌な語調, わざと上段の寝台, わざと上諏訪から一つさき, わざと上野原や月見寺, わざと下らないじょうだんをしたりして家, わざと下ろさず堂々と, わざと下劣な器, わざと下妻の者, わざと下宿料滞らせて, わざと下手くそに書い, わざと下手ッ糞に書いた, わざと下手ツ糞に書いた, わざと下着の見える, わざと下野へ雑談, わざと下駄を叩き, わざと不動とし, わざと不吉な喪服, わざと不安の種, わざと不安定な陣, わざと不完全な湿布, わざと不思議がったよう, わざと不意を衝く, わざと不明瞭にした, わざと不気味そうな表情, わざと不興の舌打ち, わざと不興げに, わざと与えるために, わざとにおくれ, わざと世話が出ける, わざと両国橋の近く, わざと両方で, わざと両者の関係, わざと両親が恋しく, わざと中井から電車, わざと中津を家, わざと丸くするよう, わざと主人公らしい調子, わざと主家を浪人, わざと乗り越さずに手前, わざと乗物を浅草橋, わざと九時まで時, わざと乱していられない, わざと乱暴な言葉, わざとの出ない, わざとの頭, わざと事業という言葉, わざと二つ三つ女らしい名, わざと二三カ所穴をあけ, わざと二三ヵ所に放った, わざと二三間おくれた, わざと二二と書いた, わざと二人乗の車, わざと二十歳前の娘みたい, わざと二度ほど声, わざと二月ほど間, わざと二本の太い, わざと二等の切符, わざと云いふらしたのだろう, わざと云ったにちがい, わざと云つたのだ, わざと云わずにおいた, わざと云わなかった名前が, わざと五つの女の子, わざと五位の顔, わざと五六回行ったり, わざと五六間も引き, わざと五十銭銀貨を落し, わざと五日の後, わざと五条大橋は渡らず, わざと五条橋を避け, わざと井戸側にぶら下がっ, わざと交渉会談を停頓, わざと京阪言葉のまね, わざと人ごみの観音堂, わざと人中へ引張り出し, わざと人前で聞えよがし, わざと人家の裏, わざと人生の醜悪, わざと人間どもが迎え見, わざとぐらい短檠, わざと今ごろになっ, わざと今度は編制, わざと仏壇の蝋燭, わざと仔細らしく夜中, わざと仕事を遅滞, わざと仕立てた歌い手と, わざと他人の自動車, わざと他人行儀にいっ, わざと他所の家, わざと他方をながめ, わざと以前はこの, わざと向に, わざと仰向けに倒れ, わざと仲裁役を買っ, わざと仲間はずれにし, わざと仲間一人連れず彼女, わざと企らんで, わざと伊達のこと, わざと伊那丸さまにはお, わざと伊都子の部屋, わざと伏せておいた, わざと伏せた自分の, わざと伏目になつ, わざと休学するなどとは, わざと会わせないんだ, わざと会堂の垣, わざと会話を陰気, わざと伝法に, わざとと書いた, わざと伯母さんの嫌ひな, わざと似合わないような, わざと伽藍にははいらなかった, わざと位置の悪い, わざと低めた声や, わざと低能扱いの教育, わざと住居から遠く, わざと何んにも聞きとれなかった, わざと何事も語らず, わざと何処へか捨て, わざと何年間と思いやつれ, わざと何時もより一回分, わざと何気なき体で, わざと何氣なくその, わざと何等の筆削, わざと余して差し込ん, わざと余所で過し, わざと余所事に言, わざと余所目をし, わざと作られていた, わざと作られた薄明り, わざと作り笑ひ, わざと作り出した若い貴人, わざと作者の名, わざと使ひ母親急病, わざとのとぼけた, わざと便利な市内, わざとに噛みくだい, わざと保さんは来, わざと信じている, わざと修理大夫親信から書面, わざと俳優に三国志, わざとに教えなかった, わざと倒されやすい場所, わざと倒れている, わざと借金をした, わざと倦怠な歩き方, わざと倫理化し道徳家振り, わざと假名を書かせ, わざと偽物の御墨付, わざとに一郎妻, わざと傍目も振らず行っ, わざと傍若無人に振舞っ, わざと傍道へ外れ, わざと傲然と女たち, わざと傲語して, わざとをつける, わざと僕たちの前, わざと僕達は別々, わざと僞物の御, わざと僧侶に対しこれ, わざと僧形を避け, わざと優しい声で, わざと優しく首を, わざと元村で食事, わざと元気そうに云った, わざとの豊太郎, わざと兄さんの口吻, わざとの字, わざとの方, わざと先帝の姿, わざと先手に加わる, わざと先輩という失礼, わざと先頭になっ, わざと光子の方, わざと免役まで蒙っ, わざとの外, わざと入れたといふの, わざと入れようとしない, わざと入念の田舎武士風, わざと全く消息を, わざと八寸の延鏡, わざとにそれ, わざと兵士らへ背中, わざと兵糧隊を先陣, わざと其儘にし, わざと其名をば擧げざりき, わざと其方には行かなかつた, わざと其男の方, わざと内海達郎には通じない, わざと再現して, わざと冗談めかしく所望した, わざと冗談半分に駄目, わざと写生をし, わざと冬服である, わざと冷かしを云つて, わざと冷たい眼を, わざと冷やかそうに顔, わざと冷ややかに云った, わざと冷淡そうに短く, わざと冷笑的な調子, わざと冷言を放っ, わざと凭れか, わざと凭れかかるように, わざと出したり引込まし, わざと出したのでしょう, わざと出すような, わざと出会うように, わざと出入口のない, わざと出口に近い, わざと出来るだけ厳粛, わざと出発をのばし, わざと分らないやうな, わざと分らなくする術だろう, わざと分別くさそう, わざと分厚な材料, わざと切り口上に言っ, わざと切り崩したものらしかった, わざと切口上で答, わざと切通の方, わざとを離れ, わざと判事をつかまえ, わざとな停車場, わざと別名を用, わざと別種の歌, わざと削ったような, わざとの矢所, わざと前栽のほう, わざと前触れなしに, わざと剥がした跡は, わざと割りこむように, わざと剽軽な面, わざと力づよく追いやった, わざと力も出さずにいる, わざと助けておいた, わざと勇みたって渡された, わざと動かないで彼, わざと勘当されて, わざと勘当同様に追いやった, わざと勝ち誇らして, わざと勝手の戸, わざと勝手もとから門, わざと勢いよく数右衛門の, わざと勿体らしく云った, わざと勿體ぶった自分, わざとを堕し, わざと化されて怪, わざと化粧を目立たたせない, わざとと南, わざと北歐といはずに文學, わざと区切らせ唇を, わざと十分間も返事, わざと千世子はよけよけし, わざと千鳥足を見せ, わざと刻ぐらいは, わざと半兵衛からそういった, わざと半分頭を出し, わざと卒業生の前, わざと南太平洋などであばれ, わざと博士の気, わざと博多駅より二つ手前, わざとの上手, わざと危ぶむが如く, わざと危険に曝し, わざと原稿など書い, わざとな顔, わざと厳めしく声, わざと参観に手間どった, わざと大声で, わざと又次郎に見付けさせる, わざと友だちが上段, わざと友達としてそう, わざと對の, わざと反っている, わざと反り身になつて, わざと反問した, わざと反対側の不浄, わざと反抗的なこと, わざとつて附けた, わざと取ったという, わざと取ってつけたように高く, わざと取らなかったものか, わざと取り更えて, わざと取りのぞいておいた, わざと取り残される必要も, わざと取り澄まして再び, わざと取り繕った余裕を, わざと取り鎮めて言った, わざと取寄せた午飯の, わざと取次を断っ, わざと受け取りに行かなかつたら, わざと受太刀になった, わざと受話器を持たせる, わざと叢林の中, わざと口々に囃した, わざと口数も利かない, わざと口笛で拍子, わざと古老の威儀, わざと古臭く見せた狭い, わざと古風にし, わざとを切る, わざと周囲の, わざと召使いの者, わざと召使達を退け, わざと叮嚀に見, わざと可笑しい風を, わざと台所へ隠れ, わざと台所口からはいっ, わざと叱ったわけでした, わざと叱りつけてこう, わざと叱咤して, わざと右近を捕っ, わざと吃驚した顏, わざと一扮で, わざと同一ように母様, わざと同封して, わざと同席を遠慮, わざと同性愛の噂, わざと同情にたえない, わざと名乗らないでなれなれしく, わざと名古屋訛を真似, わざとふの, わざと向かされたように, わざとに押し付け, わざと君子には眼, わざと吹き消したのか, わざと吹き消しましたものか, わざと吹聴するよう, わざと呆れ顔を, わざと呟いたが何, わざと周章てたやうな吃り, わざと呼びにつかわした, わざと呼んで, わざと呼吸をし, わざとの親, わざと和子のする, わざと和文調に書い, わざと和睦の仲裁, わざと咳ばらいさせい庭前, わざと哀れを籠め, わざと品川へ行っ, わざと哄笑して, わざと唐木の空洞, わざと唱導文学の字面, わざと商議にも関わらず, わざと問い返して貴子, わざと問わずに戻りました, わざと問屋役人の眼, わざとをころがし, わざと喜んで従いました, わざと喜劇に翻訳, わざと喜左衛門へしらせなかった, わざと喧しく言って, わざと之助, わざと嘲る様に, わざと噛んで吐き出す, わざと囚人駕を避け, わざと四角ばって, わざと回避したの, わざと困難な方, わざと図太い態度で, わざと図太く構え共謀であろう, わざと固苦しくあたま, わざと国もとへのこし, わざと国境を押し出し, わざとひの, わざとい目, わざと土中に埋め, わざと土俵真中へ逃げ, わざと土地の言葉, わざと土塊をほうり込ん, わざと地上にむきだし, わざと地下へうつし, わざと坂道の多い, わざと坊さんの法衣, わざと垢だらけな着物, わざと執ろうとはしなかった, わざとを追い除けた, わざと堂々とのりこん, わざと堂上へもとどけ, わざと堅く立てて, わざと堅苦しくした, わざと堪えて七つ, わざと報せなかったりいろいろ, わざと場末の名, わざと塑像科をえらんだ, わざと壊したのであった, わざと声色をつくり, わざと声音を変え, わざと声高に笑った, わざと売女などを見, わざとな見当, わざと変わった真似を, わざと変則な火入れ, わざと変装を明智, わざと外国風に, わざと外戚の苗字, わざと外浜の海づたいから, わざと多言を吐かず, わざと夜一人で出かけ, わざと夜中過ぎに奥, わざと夜昼の別, わざと夜間を選び, わざと夜陰を選ん, わざと夢見心地になつて, わざと大がかりを厭い, わざと大事な事, わざと大体の希望, わざと大刀は門弟, わざと大学へは入学, わざと大意丈を抄訳, わざと大炊のひかえ, わざと大通りを避け, わざと大酔して, わざと大阪を避け, わざと大阪言葉を眞, わざと太い針を, わざと太夫に逢わず, わざと夫人の言葉, わざと夫妻父母の生活, わざと失礼いたしました, わざと奇警の語, わざとって一山, わざと奥州訛りを出し, わざと女らしく甘えた歩き方, わざと女中達にそう, わざと女共から御, わざと女連れで出かけた, わざと好事な吾妻下駄, わざと妓たちの扶, わざとな作り声, わざとを睨める, わざとと名乗らなかった, わざと威勢よく二人, わざと威厳を作った, わざと婆さんからその, わざと嫌いな蛇, わざと嫌ってそう, わざと嬉しげなる, わざと嬌態をつくる, わざと子供子供した甘ったれた調子, わざと子供等の方, わざと学校ではものいえへん, わざと孺悲にそれ, わざと安く拂ひ, わざと定紋に藤, わざと宛名は書かなかつた, わざと宝生流のため, わざとを罵り, わざと宣言したの, わざと宥めるやうに, わざと家庭を作らない, わざと家庭用に残し, わざと容赦なく突, わざと宿で車, わざと寂しくして, わざと寄せて見せた, わざと寄って来なかった, わざと寄り添ひ, わざと寄手のお, わざと富士には目, わざと返りて, わざとさう, わざと呆けた, わざと寝たふりを, わざと寝室へさし出し, わざと寝転んで花, わざと寝顔へ断り, わざと實感から遠く, わざと寶搜しの, わざと対話をやめ, わざと封建の暗, わざと将門の口, わざと尊氏を都, わざと尋ねたのである, わざと尋ねないで一人, わざと小さい声で, わざと小さく拵えたん, わざと小冠者のそち, わざと小判を一枚, わざと小夜子を怒らせる, わざと小学生のよう, わざと小屋へ火, わざと小田急には乗らず, わざと小畑のところ, わざと小皿の料理, わざと小舟の中, わざと小道の横, わざと小郷の肩, わざと小首を傾げ, わざと少く致し候処, わざと少なく評価し, わざと尻尾を巻い, わざと屋内の灯, わざと屋敷へ投げ込ませた, わざと屋敷町の人目, わざと屏風の影, わざとの背伝い, わざと山中に蟄伏, わざと山越えを選ぶ, わざとをぐらつかせ, わざと岩井村の東, わざと峰打ちにし, わざと崩れをみせ, わざとにかかる, わざと川下流の方, わざと巡査のくる, わざとからはなれ, わざと左手で書いた, わざと巫山戯てその, わざと控えて, わざと差し控えてきました, わざと差控へる, わざと巻莨を吹かしつづけた, わざと師直のそば, わざと帰りには与助, わざと帰るのを, わざとのよう, わざと幕府へ借金, わざと平たく取らずに, わざと平凡を目当, わざと平家の陣地, わざと平服に戦敗国, わざと平然として動かぬ, わざと平然たる態度を, わざと平穏を装っ, わざと平調な英語, わざとを取った, わざと年寄りらしい声, わざと年郎くんの顔, わざと幼い君一人を, わざと幽霊になっ, わざと広くはこの, わざと広げたままその, わざと庄左衛門の女, わざと店口を避け, わざとの強い, わざと延ばしておいた, わざと廻りくどく言っ, わざと廻り路までし, わざと弄る為に, わざと籠りて, わざと引き寄する, わざと引き取りに来ない, わざと引き揚げるように, わざと引き締めて見せた, わざと引っこめておいた, わざと引手茶屋を選んだ, わざと引込んでいた, わざと引返して彼等, わざと弛めておいた, わざと弥生に聞かせる, わざと弱々しい老兵軍を, わざと弱い竿を, わざと張飛の陣, わざとそうな, わざと強情を張った, わざと弾いてやる, わざと彌太郎を助け, わざと当てなかつたのだ, わざと彼方へ行く, わざと彼等の方, わざと待たして持っ, わざと待てと声, わざと律語に書き直し, わざと後れたる我を, わざと後れるように, わざと後ろへしなだれかかっ, わざと後向になつて, わざと後醍醐の叡山落ち, わざと徒歩で来た, わざと従者も多く, わざと御用の提灯, わざと御立寄りにならなかった, わざと御身には留守, わざと御飯を片づけ, わざと御馬前に参じまいった, わざと御馳走をしなかつた, わざと徴発して, わざと心持にはふれず, わざとの牡丹餅, わざと忘れ落したふりし, わざと応対に出した, わざと快活さうに言つた, わざとを押し, わざと怒って, わざと怒ったような, わざと怒らせて追, わざと怒りの声, わざと怖がって見せる, わざと思い出すまい思い出すまいとしてる, わざと思うたのでご, わざと思えないのです, わざと思えぬほど首尾一貫, わざと思ひ切つて高砂樓, わざと思へぬほど首尾一貫, わざと思わせぶりにそう, わざと思切って吝, わざと怠らせている, わざと怠らないように, わざとに思い出した, わざと急がないんだ, わざと急所を避け, わざとの大事, わざとずれば, わざと怪しく思わせるため, わざと怪しまれないように, わざと怪しみいぶかって見せた, わざと怪我をさせた, わざと怪物をおどした, わざと怪訝な顏, わざと恍けた顔を, わざと恐れおののいて云った, わざと恐れ入ったように, わざと恐ろしい顔を, わざとがるよう, わざと恥らうよう, わざとを売っ, わざとはお, わざと悠長な話し方, わざと悪いことを, わざと悪徳不正を迎え, わざと悪疾の犠牲, わざと悲痛な調子, わざと情婦を凡太, わざと惚けた顔つきを, わざと想像しつつも, わざと愉快そうに振る舞っ, わざと意地惡く困らせるの, わざと意識的な行為, わざと意趣に争っ, わざとを装っ, わざと愛嬌半分にそれ, わざと感心したよう, わざと感情を見せない, わざと感歎の様子, わざと感覚の鈍い, わざと慇懃鄭重に扱っ, わざと態度を崩さない, わざと慌てふためいて外, わざと慎しみぶかくして, わざと慎んでいる, わざと慰めるように, わざと憎々しく落着い, わざと憎まれ口を聽, わざとり掛り, わざと憔悴した態, わざとかって, わざとつた見たい, わざと戀文位は温め, わざと成効を度外, わざと成田まで行っ, わざとは知る, わざと我頬を自分, わざとる程度誇張, わざと戛然たる靴音, わざと戯けたやうに, わざと戯けるやうな, わざと戯れの様, わざとを閉づ, わざと手先の耳, わざと手段を講じ, わざと手真似までし, わざと手紙で森源, わざと手荒く唐紙を, わざと手薄にし, わざと手足を縛っ, わざと手蹟を変えた, わざと手間どるすべも, わざと打ちつけてみ, わざと打ち笑って, わざと打ち解けた調子で, わざと打明けなかつたらしいのだつた, わざと打解けて底気味, わざと払わなかったんだ, わざと技術を拙劣, わざと抑えるように, わざと抑揚の波, わざとり出して, わざと投げこんだのが, わざと投げつけるやうに, わざと投げやりな調子, わざと投げられた呼吸が, わざと投げ出したのは, わざと投げ出すやうに, わざと折り紙つけて, わざと抱えと一つ, わざと抵抗するよう, わざと抹殺しようと, わざと押問答をした, わざと押込みでもする, わざと押隠し誘われるがまま気まり, わざと抽出の鍵, わざとけ出した, わざと拗ねたのであろう, わざと拙く弾いて, わざと拙者の名, わざと招待的にぬぎすて, わざと拵えた景色の, わざと拾わせる心算で, わざと持たせてあげる, わざと持ちかけている, わざと指環をはめない, わざとつて歩いた, わざと振って歩いた, わざと振りかえって見, わざと振りたくったり手, わざと挿話的随想へ筆, わざと捌けた伝法な, わざと捕えておいた, わざと捕まるように, わざと捜しに行かない, わざと捨身の陣容, わざと捻ったお客様が, わざと捻り殘した, わざと控えさせておきました, わざと控えましたような, わざと掴ませたというのかい, わざと掴みどころなくし, わざとへたより, わざと揃えて若人輩, わざと揃えたよりは偶然, わざと描かれたうす桃色, わざと揺すつて良寛さん, わざと揺すぶったりちびた, わざと揺り起すと, わざと搦んだもの, わざと撃たれし体にて, わざと撥ね返すように, わざとき交ぜて, わざと擬筆が使っ, わざと擬装して, わざと改めたり罷め, わざと改札口で失敬, わざと放しに行く, わざと放つて置いた, わざと故郷との音信, わざと敗れては逃げ, わざとへてやつ, わざと敦賀の町, わざと数字にはこだわらない, わざと数株の稲, わざと敵中深く入る, わざと敵役に廻った, わざと斜面の中腹, わざと断って美禰子, わざと断らずに自由行動, わざと断わったのであった, わざと新聞記者をあつめ, わざと方角を換, わざと旅店を避け, わざと旗本席をさけ, わざと日傘を横, わざと日時を明示, わざと日暮れまでぶらつい, わざと日曜を選んだ, わざと日本語で, わざと旦那に負け, わざと旧習を破っ, わざと早めながら後見, わざと昂然とした, わざと明るさを, わざと明智探偵事務所のそば, わざと明言しません, わざと明記しない, わざと明闇相半して, わざと昔馴染の言, わざと星尾と同じ, わざと春ちやんの目, わざと春子の肩, わざと春隆の前, わざと昨夜も貴方, わざと時刻を間違え, わざと普通以上の力, わざと景気のいい, わざと晴れやかに機嫌, わざと暇どって逃亡者, わざと暗雲を作り, わざと曲がるように, わざと曲りくねらすのか, わざと曲者が外, わざと曲解しただけの, わざと曳かれて行く, わざとまつて, わざと書いて送らう, わざと書いたものと, わざと書かなかったといふ, わざと書中に漏らしし, わざと書体をかえ, わざと書状などひかえ, わざと曹丕の眼, わざと最下等の生活, わざとの上らない, わざと月光の射さない, わざと服装の言訳, わざとかに笑い出した, わざと朝寝をし, わざと朝廷へ提出, わざとにした, わざとにのぼらせた, わざと木の下を通る, わざと木曾の山路, わざと木津さんに聞える, わざと木深い森の, わざと本家の小栗, わざと本当にしたよう, わざと本甲蒔絵の櫛, わざとをかさね, わざと松明もともさない, わざと松本の城下, わざと松浦の拳, わざと板張りにし, わざとの中, わざとしい声, わざとの下, わざとを破っ, わざと桃林和尚の機嫌, わざとの下, わざと桟敷の前, わざと梨枝子のこと, わざと梯子昇りの速力, わざと棄てずに殆, わざと棄てたとはっきり, わざと森川森之助, わざと検事がすぐ, わざと標準語で言った, わざと標準語まがいの学生言葉, わざと標的になる, わざと大ノ局, わざと貪に, わざとの縁, わざと櫛巻か何, わざと欄干の上, わざと次ぎの部屋, わざと次の間に持ち出し, わざと欺騙の手紙, わざと歌詞を曖昧, わざと正体をぼかし, わざと正季の手もと, わざと正直に云つた方, わざと此宿に泊つたの, わざと此忠告は此方, わざと此騒乱を大きく, わざと武士の姿, わざと武張つた足どりで先, わざと武野様と改めた, わざと歪めて製作, わざと歪めたので, わざとの心棒, わざと歴史のこと, わざとを装つて, わざと死んでわたし, わざと死んだふりを, わざと死骸を引つ, わざと殊勝らしい答, わざと残し置きて窃か, わざと段違いの低い, わざと殺さぬこと, わざと殺されに行こう, わざと殺されたような, わざと殺されることなど, わざと毛描きや丹念, わざと気づかぬらしく振る舞って, わざと気どっていう, わざと気付かないやうな, わざと気取つた口ぶりを, わざと気楽げにゆっくり, わざと気違いだか, わざと氣取つた小型の屋形船, わざと氣輕に云つて笑, わざと氣輕さうにあたりを見, わざと氣違ひの, わざと水月はさけ, わざと水溜りを通る, わざとをかけた, わざとない楼, わざと汚なくして, わざと江戸っ子を使った, わざと汲み取らぬ様子を, わざと汽車を途中, わざと沈んだ調子に, わざと沈黙を守った, わざと没義道に身体, わざと油断をし, わざと油斷をした, わざと泊つたのでも, わざと泊らず海近い, わざと注射の針, わざと注意をし, わざと泰然たる源太, わざと洋杖を取り直し, わざと洋菓子の箱, わざと洋食にいたしました, わざと洗わなかったのです, わざと洞中より這, わざと津島を迂回, わざと津田の問, わざと津軽訛の言葉, わざと活字をさかさ, わざと流儀違いの和歌, わざと流行に反対, わざと浜子の部屋, わざと浜松に閑, わざと浪路をわき, わざと浮いた風で, わざと浮べて, わざと消したくらいで, わざと消灯した長, わざとをもよおし, わざと淋しがらせ乍ら, わざと淡くして, わざと淡泊にイヤ, わざと深く皺を, わざと深刻な表情, わざと深夜を選んだ, わざと深更まではなしこん, わざと清水山へ行こう, わざと渋々うけとりまずそう, わざと渋らせつつ見え隠れ, わざと渋谷の方, わざと渡さなかつたところ女車掌が, わざと湖上で死んだ, わざと源三郎をめがけ, わざと滅茶滅茶に踏, わざと滑稽化して, わざと漂流人のふうてい, わざと演者自身小首をかしげ, わざと漠然とした用語, わざと漬物樽を幾つ, わざと潔く立って, わざとのごとく, わざと澄君を訪ねない, わざと激しくゆき子は, わざと激怒を見せ, わざと激評と書いた, わざと濁った方へ, わざと濃い眉を, わざと濡色の髱, わざと灌木の蔭, わざと火縄をかくし, わざと灯りを消させた, わざと灯心を小さく, わざとを引掻き廻し, わざとを据え, わざと点けずにおいた, わざと為す無き体を, わざと無作法にする, わざと無口のよう, わざと無性髭をぼうぼう, わざと無視して, わざと無難に落し, わざと無頼な恰好, わざと焦らし抜いて御, わざとうした, わざと焼けビルの, わざとをあげ, わざと煙管で粉, わざと煙草を一本, わざと煤けた生活を, わざと熟睡の境, わざと熱心さうにこんな窮, わざと燈心の丁字, わざと燈燭の數, わざとははぶい, わざと燭光を低く, わざと燭台を遠退け, わざと爆弾を落す, わざと爬虫館の前, わざとの話, わざと眼を, わざと片意地に見合, わざと牛商人に丁寧, わざと牢獄という言葉, わざとをかるく, わざと物々しい声を, わざと物々しく宿営の, わざと物凄い声を, わざと物凄く見せるよう, わざと物置から持出した, わざと犬殺しを家業, わざと犯罪とぴったり, わざと独り言のよう, わざと独り語をいっ, わざと狭いレールの, わざと狭山様のお家, わざとく着た, わざと猛烈にやつ, わざと猫なで声で, わざと猫背になっ, わざと玄徳には冷淡, わざと玉藻のゆく, わざと珍しそうに, わざとへるやう, わざと生地をはいでみせ, わざと生酔いの擬勢, わざと産室に顔, わざと用いず吉野は, わざと用いられる場合を, わざと用事を拵ら, わざと田舎の家, わざと田舎大工に普請, わざと田舎者めかした菅笠, わざと田舎訛りを強く, わざと田辺の妻, わざとを解い, わざと甲州街道の本, わざと申しあげず爰元へ, わざと申し控えておりました, わざと男の子みたいな事, わざと町内の人目, わざと町裏の田圃路, わざと畏まってます, わざと留守の時, わざと留守宅へ電報, わざとへ響き, わざとに滑つて轉げ, わざと疑うもむりではない, わざと疑ひが晴れない, わざと疑らせてやる, わざと疲れた風を, わざと病気を重く, わざとそうに, わざと痴けた風をし, わざと痺らされて, わざと白らばっくれて, わざと白旗直八に當, わざと白昼頗る自然, わざと白粉を嫌, わざと百打の笞, わざと百目蝋燭を一本, わざとをそらせる, わざとに見える, わざと皆んなを笑, わざと盛り場の人混み, わざと盛子の気, わざと盤台を空, わざとをお, わざと目八分にささげ, わざと目的は申し上げず, わざと目的地の方, わざと目立たぬように, わざと目立つ白馬に, わざとなど連れ歩い, わざと省いたのかも, わざとを曇らし, わざと眞晝を選ん, わざと眞野のはう, わざと真っ二つに, わざと真中に置かれた, わざと真夜中を選ん, わざと真実を見よう, わざと真面目さうに人力車を見, わざと真顔になる, わざと眠つてゐるふり, わざと眠るまねし, わざと眼中に置かない, わざとてゐる, わざと着物を着換え, わざと睨んで見せる, わざとの焦点, わざと瞳光を庭, わざと知らず顏つくり, わざと知らせなかった留守宅の, わざと知らん振をした, わざと知るまいと努める, わざと知れるように, わざとかい返事, わざと短く仕立てた袴, わざと短冊だけ置い, わざと石突きの方, わざとに近い, わざと砂丘を登つて海, わざと砂利をザクザク, わざと破してしまった, わざと破つて行く, わざとに負け, わざと磊落なことば, わざと礼儀作法を破る, わざと祇園新地の揚屋, わざと神田を避け, わざと祭司長に捕えられ, わざと福岡弁で云った, わざと福村の方, わざと秀吉は仰山, わざと秀才の学生, わざと種々の放, わざと稲葉家のあと, わざとを崩した, わざと空々しい様子を, わざと空けて甘んじ, わざと空しい手を, わざと空っぽな大きな, わざと空呆けてるという, わざと空嘯いて足る, わざと空家にし, わざと空惚けた事を, わざと空気合いを一つ, わざと空空しく云つた, わざと穿かずに無紋紺地, わざと突きすすんで, わざと突きつけるやうな, わざと突き出したほど上, わざと突き當つたり, わざと突っかけて, わざと突っ放すように, わざと突当ってそれ, わざと突当りそうに, わざと突慳貪な云, わざと突然手を, わざと立ち上がり店の, わざと立ち止まつて見, わざと立ち止まってみ, わざと立ち留って聞く, わざと立って家じゅう, わざと立て膝を, わざと立去ってしまう, わざと之助, わざと端本にし, わざと端銭をこう, わざと竹さんみたいな関西訛り, わざと笑い出さなければならなかった, わざと笑みさえうかべ, わざとをぬい, わざと二房の, わざと第三者のやう, わざと筆蹟を崩した, わざとを控え, わざと答えさせたのである, わざと答えずに運動帽, わざとで金玉糖, わざと築城に対する自分, わざと簡單なハガキ, わざとを入れなかった, わざとがって, わざと粗悪品をつかまされる, わざと粗末なたべもの, わざと精神病者の数, わざと糞落ちつきに落つい, わざと紆余曲折させたもの, わざと納まったように, わざと紙入を忘れ, わざと素よみの口, わざと素ッ裸になっ, わざと素子に予告, わざと素気ない返事, わざと素足や總髮, わざと紫雲英草を種子, わざと細めてある, わざと細流をしつらえる, わざと細目にした, わざと細長い丸木舟を, わざと終りを卑下, わざと経文を声, わざと結った高髷とは, わざと結婚を急がせ, わざと絵葉書のアルバム, わざと継子を見た, わざと続いたり離れ, わざと綸巾をいただき, わざと綿貫誘い出して, わざとおどし谷, わざと縁側の隅, わざと縁起のよく, わざと縫って寄, わざとを犯し, わざと置いとくの, わざと置き忘れて行った, わざと置火燵を拵ら, わざと罵詈を加えた, わざと羅生門横町へ捨て, わざと美術批評家の頭, わざと美車金鞍をかがやかせ, わざと義経のことば, わざと義雄の困る, わざと羽生街道を迂回, わざと羽目板の際, わざと羽織を裏返し, わざと翻訳しなかったわけ, わざと訓導の, わざと考えさせるように, わざと考えたらしくいちおう高橋さん, わざと考えられていた, わざと考えるふうを, わざと聞いてひそか, わざと聞えぬふりを, わざと聞えねえ振りを, わざと聞かずにいた, わざと聞かせるかのよう, わざと聞きとがめるように, わざと聞き耳を立てました, わざと聞き違えたらしく急いで言い足した, わざと聞けがし, わざと聞こうともしませんでした, わざと聞返しながら振返る, わざとを尖らせ, わざと聴いたのだ, わざと聴かぬふりを, わざと職人言葉になった, わざと職業婦人らしくほのか, わざとえない, わざとの味, わざと肉親の写真, わざと肋膜だと, わざと肥桶を落した, わざと肩肘を張る, わざとをぶつけ, わざとにし, わざと背中合せにすわる, わざと脅しをかけ, わざと腕組みなどし, わざとを前, わざと膏薬を落し, わざと馴れたけれど, わざと膝下へ近づけ, わざとなく云った, わざと膨らましそして横目, わざと臆病に見せかけ, わざと轉車を, わざと自分らに時, わざと自堕落な口調, わざと自宅に寄宿, わざと自然科学に限定, わざと自若として, わざと自身でぶち壊そう, わざと舌ッたるくし, わざと舌打ちして, わざとのあ, わざと船じゅうに聞こえ渡る, わざとを和げ, わざと色模様の鮮明, わざと芝居がかりで云った, わざと芝生の上, わざとを細く, わざとを生けない, わざと花々しく書いたもの, わざと花入の耳, わざと花壺に見せかけ, わざと花火のあがる, わざと芳子には顔, わざと芸妓は呼ばん, わざと若々しげな, わざと若旦那の暇そう, わざと苦しそうに, わざと苦りきッた, わざと苦りきって口, わざと苦笑をかくして, わざと苫舟に身, わざと茶々の前, わざと草庵へ帰っ, わざと草深い中を, わざと荒らかに封, わざと荷車の上, わざと菜園まで下り, わざと落したのに, わざと落ち付き拂つて卷煙草を, わざと落ちた栗の, わざと落ちつきはらつて, わざと落ちつき払つたそのくせ, わざと落ち付いた調子で, わざと落つき払つて冗談さうに呟い, わざと落としていった, わざと落としたわけや, わざと落着き払って居る, わざと落着き払つて言つた, わざと落着き拂つてゐるの, わざと落葉をかき立てる, わざと落馬させたらしいので, わざと葉子を床, わざと董卓のほう, わざと葬式にも呼ばなかった, わざと蒲団から手, わざと蒼蠅そうにこう, わざと蓙巻を深く, わざと蓮っ葉にいい, わざと蔑むように, わざと蔡兄弟に怪しませる, わざとの階下, わざと蔽い隠すような, わざと蔽ったような, わざと薄くふき取った, わざと薄井のワナ, わざと薄暮の峠, わざと薄闇くした, わざと藤吉郎の名, わざとを見せ, わざと虚構な数, わざと虚陣の油断, わざと蚊帳の無い, わざと蝋マッチを一本パチン, わざと蝋燭でコーヒー, わざと蝙蝠傘はもたざりけり, わざとをとり, わざとのやう, わざと行かずにじらし, わざと行人に聞える, わざと衒っている, わざと衝突しさうな, わざと衣服や化粧, わざと衣紋を抜いた, わざと衣食住の不足, わざと表情して, わざと表玄関から上らず, わざと表門へ廻っ, わざとがみ, わざとの口, わざとの脇, わざと裁ち損って, わざと装いながら, わざと装った平気が, わざと裏門からぬけ出し, わざとにし, わざと裸体に耳打ち, わざと裸体画を選んだ, わざと複雑な大, わざとの尻尾, わざと襤褸を着, わざと西洋菓子にでもしよう, わざと覆面の刀, わざと見えないように, わざと見ずに瓜, わざと見せた小手のみ, わざと見せつけたように, わざと見せつけられたような, わざと見せつけることは, わざと見せるのは, わざと見せろと逼, わざと見たくもない, わざと見つかるやうに, わざと見つめるだけこの, わざと見はからって自分, わざと見まもったように, わざと見向かないように, わざと見本にこし, わざと見物の人, わざと見逃がして置いた, わざとを外し打つ, わざと覚えまするゆえどう, わざとらしく源氏, わざと親たちは威し, わざと親方に聞える, わざと親類書を声高, わざと観音経読誦悠然として憐笑, わざとないで, わざと角々しくやって, わざと解きすてて風邪, わざと解せんとした, わざと解らない振りを, わざと触れて行った, わざとを掛けずし, わざと言いがかりをつけ, わざと言い出してちょっと, わざと言わずにある, わざと言わないでいた, わざと言わなかったのであろう, わざと訊いてるような, わざと訊き返しながら扉, わざと訊ねますと次郎, わざと註文はしなかった, わざと評定衆のなか, わざと試しにいっ, わざと試みにクク, わざと試みられたもので, わざとを書いた, わざと詩子お姉様, わざと詮議者の眼, わざと話さないのかも, わざと話しの腰, わざと話しかけもせず, わざと話しかける同僚も, わざと誇張的に滑稽的, わざと誘いに乗った, わざと誘拐されるの, わざと語尾のにごり, わざとうるもの, わざと誤解するはず, わざと読みさしの雑誌, わざと読者の裏, わざと調戯顔に, わざと論題をせばめた, わざと諸方いずれへも一切, わざと謙遜の意, わざと議論を避け, わざと譲治さんを困らしてやろう, わざと豪快にわらっ, わざと豪華な日本風, わざと負傷して, わざと貧乏人の子供, わざと貧弱な馬, わざと貴方に感, わざと買ってもらわない, わざと赤いのを, わざと起き出でて便所, わざと起さず紅茶を, わざと起って弾雨, わざと越後を見ない, わざと足どりを千鳥, わざと足下と紀霊, わざと足利新田両家の確執, わざと足数を拾っ, わざと足早にあるき出した, わざとを大きく, わざと距離をおい, わざとから攻めかけ, わざと跣足であるいた, わざと跫音を響かせ, わざと踏みはずし助平ごころを, わざと踏むような, わざといだ, わざと身体をすりよせ, わざと身幅の狭い, わざと身悶えをし, わざと身振りをし, わざと身柄を見せ, わざと身近く引き寄せて, わざとを五里, わざと軍人テロリスト団が首相官邸, わざと軍務を怠り, わざとく受け, わざとからはずれ, わざと輪郭をくずし, わざと辛い農園へ, わざと辛くずけずけと, わざと辛らく当つた, わざと辟易したよう, わざと辱らうよう, わざと近い邸外に, わざと近づいたわけで, わざと近寄ったりわざと, わざと近寄りがたい構え, わざと近所隣りへ, わざと近近と顔, わざと近頃は双方, わざと返答を控え, わざと迷つたと云, わざと迷亭先生の方, わざと迷児になんぞおなり, わざと迷子札をつけず, わざと立てるよう, わざと追われた様を, わざと追窮しない, わざと送って来, わざと送つて来, わざと逃がした人である, わざと逃げないでこちら, わざと逃げ走るから汝ら, わざと逃したなんて言, わざと逆手を考へ, わざと逆説を弄する, わざと途中余所で聞い, わざと這入っていい, わざと通り過ぎて参りました, わざと通常の文書, わざと速力を落し, わざと造つた障害物をがたん, わざと造らせておい, わざとはなかつた, わざと連れの長岡佐渡, わざと進んでグルーシェンカ, わざと遂行する過失, わざと遅れた四月の, わざと遊びたわむれて, わざと運轉手臺から降りた, わざと過して一ノ谷, わざと過分に書く, わざと道中を別, わざと道夫さんの手, わざと道庵の筆蹟, わざと道草でもする, わざと道行きを省略, わざと道連れになった, わざと道頓堀の人混み, わざと違えて取った, わざと遠い方の, わざと遠く千本濱の方, わざと遠ざかるやうに, わざと遠巻きにその, わざと遠慮気兼をし, わざと遠方の安宅長屋, わざと遮ってしまっ, わざと選り抜いた高揚の, わざと選んだ私の, わざと避けるように, わざと邪慳そうにそれ, わざと邪険に手足, わざと邪魔そうにまわった, わざと部屋の中, わざと部屋部屋を引きちらかし, わざと部隊を離れ, わざと都内をぐるぐる, わざと都合の悪い, わざとめいた誂, わざと鄭泰のほう, わざと鄭重に名士扱い, わざと酒さかなを運ばせ, わざと酔いを誇張, わざと酔ったふりを, わざと酔っぱらおうとした, わざと酔っぱらった振りを, わざと酔っ払いじみた巻き舌で, わざと醜い顔に, わざと重々しい調子で, わざと重い背景を, わざと重病人の風, わざと金次郎様の命令, わざと金釘流に書い, わざと鉄杖をズシーン, わざとを用いた, わざと銀子のこと, わざと銀貨入を帯, わざと銭湯へでも行く, わざとに釘, わざとをかけなかった, わざとをかけ, わざとでかき回したげ, わざとの外側, わざと長い句切を, わざと長たらしく姓名を, わざと長火鉢には遠い, わざと長閑な陽, わざと門跡の中, わざと閉じて更ける, わざと閉じたようにも, わざと閉めずにきいた, わざと閉店近くの夜十一時過ぎ, わざと開けてある, わざと開けた寒いお, わざと開け放しにされ, わざと開封もしなかった, わざと閑却すること, わざと間抜けた失敗, わざと間違って呉れた, わざと間際まで知らせなかった, わざと阿彌陀に被る, わざと降りそくなった, わざと降る雪に, わざと陣前に出ず, わざと除いた語を, わざと除らぬぞ, わざと除筆すること, わざと陰膳を供, わざと陸行を選んだ, わざとを冒し, わざとに反抗, わざとの方, わざとを見せる, わざと際どい問題を, わざと隠したものらしく, わざと隠そうともせず, わざと隠語を使っ, わざと隣室へ伴っ, わざと離れた片隅に, わざと離背しようと, わざとかしい言葉, わざとを呼び出そう, わざと雪景山水を懸ける, わざと電報を打ちました, わざと電気をつけないである, わざと電気灯を消し, わざと電灯を消した, わざと電燈の野暮, わざと電話もかけない, わざと電車に乗らない, わざと露悪的に言った, わざと露骨に云った, わざと青い柿を, わざと青黒く塗りつぶして, わざと静まり返るようにも, わざと非情を顔, わざと面当てらしくそんな, わざと面白い處を, わざと面白くなく書いて, わざと靴音高く近づい, わざと音楽浴を一日一回, わざと音無しく待つこと, わざと頓狂な声, わざとをふくらまし, わざと頬冠りを, わざと頭巾をし, わざと頭文字だけにし, わざと頭脳のにぶ, わざと顏色に現す, わざと顔一杯に髪, わざと願っておれたち, わざと風変りに着, わざと風景のよい, わざと風流がった所, わざと風説を西, わざと風邪を引い, わざと風雨の中, わざと飛ばしたように, わざと食いそれで食道, わざと食って見せ, わざと食べる流浪に, わざと食卓の下, わざと食物をここ, わざと飮みつづけて, わざと飲みはじめることも, わざと飲み過した焼酎一杯が, わざと飲むので, わざとひ主, わざとを入れ, わざと餘計に醉つた, わざと馬上で通った, わざと駄夫を気, わざと駄馬を選んだ, わざとめく, わざと騒々しく机の, わざと騒がぬ体に, わざと騾馬の歩み, わざと骨折って読み, わざと高い処から, わざと高麗川をのぼっ, わざと髪結いさんの家, わざとから手, わざと魏朝廷に上表, わざとの手, わざと鮮魚や野鳥, わざとに塗りつけ, わざと鳥打帽を目深, わざと鳴物を嫌っ, わざとの歩き方, わざとを持ち出し, わざと鷹ヶ峰の麓, わざと鷺市の中, わざと黄昏刻の海岸, わざとつぽい, わざと黒いふんどし, わざと黒っぽい絹の, わざと黙った素振りを, わざと黙り続けている, わざと鼓楽を奏し, わざとの糞, わざとをかく