青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わかり~ ~わかりません ~わかる わかる~ わかれ~ わが~ わが国~ ~わき わき~ ~わけ
わけ~
~わざと わざと~ ~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~ ~わずか わずか~ ~わたくし わたくし~

「わけ~」 30948, 334ppm, 291位

▼ わけ~ (8376, 27.1%)

2217 はない 723 もない 483 はなく 415 はありません 351 はなかっ 234 もなく 127 もあるまい 121 はなかつた 110 もなかっ 90 はなし 82 もありません 75 もなし 68 はございません 66 はあるまい 56 私は 46 あつた 44 は無い 40 も無い 36 もある, もなん 35 はなかろう 30 は決して 26 もなけれ 24 せう 19 ござります, もないでしょう, もなかろう 18 もねえ 17 もございません 16 ね, はありませぬ, はないでしょう 15 もありますまい 14 あらう, はございませぬ, も何 13 彼は, 私の 1211 これは, はありますまい 10 それが, それは, はないだろう, もないだろう, わたしは 9 ござりまする, は御座いません, 僕は 8 はありませんでした, はねえ, 私が 7 さ, は無かっ, は無く, 私たちは 6 あつて, おざる, さう, そこに, その日, はございませんでした, はござりませぬ, も無かっ 5 それを, そんなこと, は勿論, は無, は無論, もあります, もなから, 今は, 彼女は, 私も

4 [20件] あらうか, ここに, それに, そんな事, つまりは, はある, はけっして, はござらぬ, はござりませぬが, はさらさら, はむろん, は毛頭ない, もあつ, もありませんでした, も無く, 二人は, 僕が, 彼が, 彼等は, 神の

3 [32件] あなたは, おれは, ここにも, このこと, このよう, この点, これが, これも, これを, ござりまし, せうな, その頃, はないだらう, はなかったろう, はなかつたらう, はなから, は全然, へエ, もございますまい, も何ん, も御座いません, わしは, わたしが, われわれは, 今日の, 僕の, 問題は, 少しも, 急に, 我々は, 最初は, 父は

2 [106件] あつしが, あの男, お宅, かこの, がんりきの, きょうは, ここから, ここで, この先生, この頃私, こんどの, ござりましょう, さてこそ, しよう, せうか, せうが, ぜひとも9, そこへ, その晩, その点, その男, それで, そんな瘤, つまり子供, できるの, どこから, な, なしに, はお, はござんすまい, はさらに, はなくっ, はまさか, はもとより, はわたし, は少し, は毛頭, へツ, ぼくの, また何ん, まだお茶, もあり, もありませぬ, もあろう, もございます, もござらぬ, もな, もねえです, もまた, も無し, わたくしは, ペンペン草は, メダルでも, 一定の, 一旦は, 一昨日の, 三十分の面会時間を, 之が, 之を, 事実その, 二つの, 今の, 今度の, 今日は, 他に, 他の, 何の, 内儀の, 君が, 吾, 嘉村礒多の, 子供たちが, 庄吉も, 店の, 彼の, 彼らは, 心の, 我々の, 探偵物語の, 支那の, 敵も, 斯う, 曲者は, 東京の, 此の, 死刑の, 江戸中の, 然し原稿用紙自体, 犯人は, 狸は, 甘藷先生が, 田丸浩平は, 男の, 男は, 神が, 私には, 科学の, 興味を, 芝居は, 言は, 詩とは, 貴公の, 起きたの, 長い間, 隆夫の, 非常に

1 [1969件 抜粋] ああし, あつたさう, あながちまんま, あなた方が, あのよう, あの写真, あの扮裝, あの青年, あらうと, あるいは今, ある線路, あんな出来そく, いずれそのうち本, いつかお気が, いつも二十三, いよいよふたり, いろいろと, いわば半分贅沢, うやうやしくしまっ, おさよ, おつれ, おまえが, お六櫛, お奈良さま, お客様にも, お役人, お目, お遊さん, かえるの, かく申す, かたがた其の, かの馬, か哀愁, か馬, きのう汗を, げすな, こういう坊主, こうした労働, こうして思惟, ここでも, ここらが, ここ二日の, ことによる, このお方, このへん, この与次郎, この二日間, この冬, この原則, この意見, この放火事件, この旅行者, この本, この浅薄陳腐, この白老町, この興行, この話, この辺, この銘茶, こりゃやりきれません, これだけの, これによって, これ以上人氣の, こんなこと, こんなに色々, こんな台所, こんな悪事, ごくよかっ, ごりっぱ, さあ, さう思つて, さすがに, さのみに, さア, しかもこの, したがって殺人者, しまいには, すこしずつ, すっかり気持, すると昨年, せう親分, せっかく機械, そういう人物, そういう私生活, そうしたもの, そうでなけれ, そうキチンと, そこでかう, そしていつ, そのあいだ, そのお礼, そのつど拍手喝釆, そのほか, そのよう, その上ジュノウ, その初孫, その場合, その屈辱的, その弟, その数, その破屋, その虚, その邊, それから, それからの, それから文次, それだけでも, それだけ少く, それっとばかりに, それでははずかしい, それに対して, それ以来熊田邸と, そんなに態度, そんな家, たいそうり, ただカント, ただ落ちた, たれも, だから又この, ついにちびちび食い, つばめに, つまりインテリ, つまり大して, つまり自分, というの, とうとう久吉どん, とかくに, とどまるところ, と云う, どうか, どうしても公式, どうなった, どうやらアンリ親分, どちらにも, どんどん焼, なかなか世事, なしそば屋, なしまちがっても, なし今, なし心, なし青扇, なまじっかな, なんかない, ねお, ねもう, ね喜作さん, ね阿, はあります, はい, はがん, はございませんで, はござりませんが, はじめに, はなかつたろう, はねえでやす, はよもや, は尚更, は毛頭なかっ, ひとまず自分, ひまさえ, へとへとに, ほんとうに, ぼくに, まあ悪く, まことに小心, まことに苦笑, まず鰡の, またどういう, また尻, また降, まるで世界, むかし嫁に, むろん生徒, もありましょう, もういよいよどこ, もう一晩, もう己, もぐれる, もござりませぬ, もござりませぬ興, もし, もしそれ, もしわ, もし真理, もちろん下手人, もとより天賦, もないだらう, もねえけん, もまたは, も又, も嫌ってる, も御, も樹, も無え, も立派, も若, も食気, やがて洗濯屋, やつと, ゆがみを, よく考え, わが関東, わしには, わたくしも, わたしを, われわれが, インターラーケンは, オヒゲの, カメは, グウテンベルグや, シローテは, スクリインに, ダーと, ニューラの, ハやっ, バキチが, ヒサが, フッセルルは, ヘルンの, マリイの, ムリを, モークレールの, ユースタスも, レースに, ヴィユウ・コロンビエの, 一つの, 一人お, 一八三二年に, 一升飲む, 一年ばかりは, 一晩とめ, 一杯やってる, 一筆物を, 一行は, 七兵衛は, 万事は, 三原玲子の, 三笠は, 下肥えの, 与八の, 世界中の, 両国に, 中一日, 主人の, 九州から, 事が, 二人も, 二月二十四日の, 二階へ, 五段目の, 人々の, 人出入りも, 人相書も, 今まで, 今や醤買石, 今年の, 今度何か, 今日文学や, 今月は, 仕事が, 以上三作を, 企業家びっこリンプの, 休みに, 佐々記者は, 何しろ小銭, 何とも申そう, 何よりです, 何卒此際厳重, 余程怖い, 例えばお, 俊夫君は, 俳優の, 僕に, 億劫な, 入院産婦への, 全体の, 六七年春子さんは, 共産党文学青年の, 其點は, 冬の, 出入りは, 初演が, 別に検閲, 別室で, 到頭我輩, 剣を, 力に, 勢ひ, 勿論外国, 医者も, 十体の, 千駄木の, 半蔵の, 占星術の, 双方とも, 叔父は, 口上の, 右大臣家には, 吉野朝の, 同じ宿直室, 向うさんの, 否応なく, 和算家は, 唾を, 喬木のぶな, 四囲の, 国民としての, 土居三津子は, 坊主は, 壜を, 夏を, 多くは, 多少無理, 大あわてし, 大体に, 大変緊張した, 大空の, 天狗連が, 夫人は, 女の, 妖怪現象も, 始めて怪物, 子供の, 孔子は, 学術上の, 安南, 実にどうも意外, 実はその, 実際の, 実験的方法は, 家は, 家康を, 専門家の, 小さな英語辞書, 小浜魚市場における, 尾崎さん夫妻が, 屋根裏に, 山形屋の, 左らでも, 市とでも, 師弟の, 常識以下の, 平田伍三郎は, 幽霊船と, 広海屋, 康子が, 引張られて, 弾かれたが, 当時の, 役場へ, 彼女の, 往年の, 従ってまだ, 従って宝塚, 従って本当は少し, 従って観測器械, 御挨拶, 御覧の, 心理作用によりて, 怖れられ, 怪人, 悪魔が, 我々が, 我輩は, 所々に, 技術は, 折角生捕った, 持主が, 探険隊も, 故郷を, 敬意を, 文字の, 文学は, 斯く淋しく, 新聞に, 日が, 日本では, 日本を, 日野が, 早々に, 早速ピストル, 昔から, 春早々から, 時間器械による, 更には, 最も年老いた, 最後の, 有繋, 木らしい, 本当の, 条件なし, 東国方の, 林藏殿と, 森林の, 樊稠は, 次第に演ずる, 次郎兵衛こそ, 此方へ, 此間の, 歴史は, 死んだん, 殘念さうに遠くの, 殿様に, 毒消しの, 気味が悪いん, 永久無尽蔵に, 決して無作法, 法本が, 洗濯屋事件の, 浪士等は, 淀橋太郎氏と, 渦巻の, 源氏の, 濃霧で, 烈しい争論, 熊が, 父と, 父親は, 物凄い景気, 特に顛覆当時艇長以下二百名, 狼藉者を, 王女さまは, 現在では, 理論的にも, 生存競争と, 田舎の, 町奉行所から, 異論を, 病状が, 發掘に, 皇帝誘拐の, 相当の, 着物を, 短いの, 碌々に, 秀吉様へ, 私と, 秋が, 立候補十五回の, 第一義的な, 箱に, 紫鯉の, 結局あなたの, 結局山の, 結局條虫が, 絵画に, 罪を, 羽根田の, 考え込んで, 肉が, 脚本を, 自分に, 自然の, 自然科学的範疇は, 船中の, 艶子から, 芝居の, 花鳥と, 若さ, 草木は, 葉の, 薩摩の, 行政の, 裁判所における, 襁褓の, 要するに現在, 見物人よりも, 親の, 親子ともに, 観測測定も, 試楽とか, 読書は, 誰それを, 諭吉の, 谷博士の, 賢所の, 起こったか, 身体の, 輕井澤に, 近藤の, 連れて, 過去帳の, 道楽半分に, 選りに, 都へ, 重りが, 金額としては, 長野の, 陸軍中将の, 随分狆, 霞ヶ浦産でも, 音楽気の, 顎や, 飛騨の, 饗応の, 駄目, 駒吉が, 鬼が, 鴎外の, 黒田さんの

▼ わけには~ (3387, 10.9%)

262 ゆきません 227 ゆかない 199 行かない 194 いかない 111 いかなかった 107 行かなかった 99 いきません 97 ゆかなかった 78 行きません 72 ゆかぬ 60 ゆかないの 57 いかないの 50 ゆきませんでした 37 行かぬ 33 行かないの 32 いかぬ 28 行かなかつた 26 いかないが 23 參りません 22 いきませんでした 21 いかないから, ゆくまい, 行かないから 20 行かないので, 行くまい 19 いかなかったの, 参りません 16 ゆかないから 15 いかないので, いかないん, ゆかないが, 行かないが, 行きませんでした 14 まいりません, ゆきますまい, 参らぬ 13 いかなかつた, いかん, ゆかなかったの, ゆかなかつた, 行かないと 12 いくまい, 行かないん, 行かなくなった 11 いかないと, ゆかないと, 行かなかったの 10 まいりますまいか, ゆかないもの, ゆかん, 行かねえ 9 いかねえ, いきませんよ, 参りますまいか 8 ゆかないので, 参りませぬ, 行かないもの, 行かないよ, 行きませんが, 行くまいか

7 [12件] いかないし, いかないでしょう, いかないよう, いかなかったが, いかなくなった, いかんの, ゆかないし, ゆかないで, 行かないし, 行きますまいか, 行きませんから, 行くまいと

6 いかないわ, まいらぬ, ゆかなくなる, ゆかぬと, 参りませんか, 参りませんが, 行かないだろう, 行かないで, 行かないであろう, 行きませんよ

5 [16件] いかないじゃ, いかんよ, まいりませんが, まいりませんでしょうか, ゆかないこと, ゆきませぬ, 参らん, 参りますまい, 参りませんから, 参るまい, 行かなかったが, 行かなかつたの, 行かなくなる, 行かぬが, 行かねエ, 行かん

4 [24件] いかないからね, いかないという, いかないのよ, いかないよ, いかぬと, いかんな, いきませんか, いきませんので, ゆかないであろう, ゆかないでしょう, ゆかないという, ゆかないよう, ゆかないん, ゆかなかったから, ゆかなくなった, ゆかんの, ゆきませんから, ゆきませんよ, 参らない, 往かない, 行きますまい, 行きませんか, 行きませんからね, 行くめ

3 [27件] いかないかね, いかないそれ, いかないもの, いかないもん, いかんが, いかんと, いきませんから, いきませんからね, まいりませぬ, まいりませんよ, ゆかないじゃ, ゆかないでしょうか, ゆかなくなって, ゆかなくなりました, ゆかねえ, ゆきませんか, ゆきませんが, 参りませぬが, 参りませんの, 行かないこと, 行かないだろうか, 行かないでしょうか, 行かなくなったの, 行かなくなって, 行かぬから, 行かぬと, 行かぬの

2 [81件] いかずまた, いかないがね, いかないけれど, いかないな, いかないなどと, いかないね, いかないらしい, いかない事情, いかない私, いかなかつたの, いかなくなったの, いかなくなる, いかぬが, いかぬし, いかぬの, いかねえの, いかんから, いかんからね, いかんです, いきますまい, いきませんが, いきませんでしたので, いきませんね, いきませんもの, いきませんわ, いくまいか, いくまいかな, いくまいと, なりませぬ, まいりませんか, まいりませんな, まいりませんの, まいりませんので, まいるまい, ゆかず, ゆかずそれ, ゆかずまた, ゆかないそう, ゆかないだろう, ゆかないであろうと, ゆかないもん, ゆかないよ, ゆかないらしい, ゆかないわ, ゆかなかったが, ゆかなくな, ゆかなくなったの, ゆかぬところ, ゆかぬの, ゆきますまいか, ゆきませんからな, ゆきませんね, ゆくまいか, ゆくまいが, ゆくまいと, 参りませんし, 参りませんでした, 参りませんね, 往かなかった, 決してゆかない, 相成りませぬ, 行かずま, 行かないお, 行かないからと, 行かないしさ, 行かないでは, 行かないやう, 行かない筈, 行かなかったから, 行かなかったので, 行かなかったわけ, 行かなくなるの, 行かぬので, 行かねえの, 行かんから, 行かんし, 行かんと, 行かんの, 行くまいかと, 行くまいから, 行くもの

1 [487件] あらず唯, いかずいつか継母, いかずさぞ, いかずそう, いかずだいいち, いかずどっち, いかず一方, いかず人, いかず新調, いかず日夜木, いかず最後, いかず跡, いかないか, いかないかも, いかないからな, いかないけど, いかないしよ, いかないそう, いかないそれで, いかないそれほど, いかないたって, いかないだらうさ, いかないだろう, いかないだろうか, いかないだろうと, いかないで, いかないであろう, いかないでしょうか, いかないでは, いかないところ, いかないなん, いかないまた, いかないもう, いかないやっぱり, いかないらしいよ, いかないわけ, いかないわね, いかないんで, いかない人, いかない夜, いかない弱い, いかない従つて個人, いかない性質, いかない東京, いかない様子, いかない気, いかない火, いかない破目, いかない筈, いかない訴え, いかない運命, いかなかっただろう, いかなかったであろう, いかなかったでしょう, いかなかったのよ, いかなかったろう, いかなかったろう果然, いかなかつた例へば, いかなかつた先づ明瞭, いかなくな, いかなくなったので, いかなくなったん, いかなくなって, いかなくなつ, いかなくなりました, いかぬいかぬたとえ, いかぬいま, いかぬから, いかぬけれども, いかぬしかし, いかぬであろう, いかぬでしよう, いかぬという, いかぬもの, いかぬよ, いかぬわけ, いかぬ富岡先生, いかぬ役人, いかぬ新撰隊そのもの, いかねえかね, いかねえが, いかねえし, いかねえその, いかねえぞ, いかねえだらう, いかねえもの, いかねえやな, いかねえん, いかねもん, いかんし, いかんじゃ, いかんだろ, いかんだろう, いかんで, いかんですよ, いかんなあ, いかんのね, いかんもの, いかんもんだ, いかんようにね, いかん日本人, いきますまいか, いきますまいから, いきませなん, いきませんからな, いきませんからなあ, いきませんでしょう, いきませんでしょうからね, いきませんですからね, いきませんでな, いきませんと, いきませんねえ, いきません只, いきません日本人, いきません賞め, いきまへんから, いきやせんからなあ, いくまいかと, いくまいが, いくまいじゃ, いくまいぜ, いくまいな, いくまいね, いくまいよ, いくまい拙者, いくまい立合えば, いけないの, いささか往かなかった, いよいよいかなくなっ, お互に, たのまれないでも, ちとゆくまい, とてもいきませんでございます, とても俺, とても行かず, どうしてもいきません, どうしてもゆかない, どうも行かんらしい, なおさらいかない, なおさらゆかない, なおさら往かない, なおさら行かない, なおゆかない, なかなかいかない, なかなかゆかない, なかなか入り組んだ, なかなか行かない, なかなか行かなかった, ならないからネ, ならないん, ならなかった, ならなかったので, ならん, ならんじゃ, ならん苟も, なりますまいか, なりませんよ, なりませんジャン, なるまい, まいらなくなりあちき, まいらぬ程, まいらねえ, まいらんて, まいりますまい, まいりませなん, まいりませぬか, まいりませぬが, まいりませぬでな, まいりませんでした, まいりませんでしたが, まいりませんですへい, まいりませんもう, まいりません人, まいりません何とぞ, もうゆかない, もとよりゆかず, ゆかずいろいろ, ゆかずこの, ゆかずただ, ゆかずでは, ゆかずと, ゆかずやがて, ゆかず今年, ゆかず何処, ゆかず先方, ゆかず私, ゆかず背中, ゆかず隅田, ゆかず高木, ゆかないか, ゆかないかな, ゆかないかね, ゆかないかねえ, ゆかないこれ, ゆかないぜ, ゆかないぞ, ゆかないつくばいだけは, ゆかないであろうという, ゆかないでしょうかね, ゆかないでしょう会わないという, ゆかないと共に, ゆかないね, ゆかないのよ, ゆかないはず, ゆかないほど, ゆかないまた, ゆかないよって, ゆかない事, ゆかない事ども, ゆかない事情, ゆかない人間以上, ゆかない品, ゆかない屡々, ゆかない巧さ, ゆかない当番, ゆかない性来, ゆかない意気, ゆかない様々, ゆかない立場, ゆかない苦しみ, ゆかない見よ緑, ゆかない見詰めて, ゆかなかったし, ゆかなかったと, ゆかなかったという, ゆかなかったので, ゆかなかったもの, ゆかなかった聞き方, ゆかなかつたが, ゆかなかつたので, ゆかなくさせられて, ゆかなくて, ゆかなくなったが, ゆかなくなつ, ゆかなくなり同時に, ゆかなくなると, ゆかぬお, ゆかぬかと, ゆかぬが, ゆかぬこと, ゆかぬし, ゆかぬそのうち, ゆかぬぞ, ゆかぬであろうが, ゆかぬとか, ゆかぬな, ゆかぬまさに, ゆかぬもっとも, ゆかぬゆえ, ゆかぬらしい, ゆかぬ代物, ゆかぬ信長公, ゆかぬ太閤, ゆかぬ追, ゆかねえん, ゆかんから, ゆかんからな, ゆかんからナ, ゆかんが, ゆかんじゃろう, ゆかんだろう, ゆかんて, ゆかんですからね, ゆかんですなあ, ゆかんですよ, ゆかんはず, ゆきかねます, ゆきかねる, ゆきますまいが, ゆきますまいこっち, ゆきますまい先方, ゆきますまい私, ゆきませぬが, ゆきませんけれども, ゆきませんでございますよ, ゆきませんでしたが, ゆきませんでなあ, ゆきませんもの, ゆきませんわ, ゆきませんわね, ゆきません一致, ゆきません叫び声, ゆきません推量, ゆきません道理, ゆき申さぬ, ゆくまいからな, ゆくまいからね, ゆくまいし, ゆくまいて, ゆくまいでは, ゆくまいどれ, ゆくまいね, ゆくまい云, 医師に, 却, 参らずタコ, 参らず甚だ, 参らないが, 参らないでは, 参らないの, 参らなかったよう, 参らぬからな, 参らぬからの, 参らぬぞ, 参らぬと, 参らぬの, 参らぬ仕組み, 参らぬ拙者, 参らぬ用, 参らんと, 参らんという, 参りかねる, 参りかねるの, 参りにくい, 参りま, 参りますまい単純, 参りませぬて, 参りませんお, 参りませんお気, 参りませんからなあ, 参りませんで, 参りませんでございませうか, 参りませんでしょうか, 参りませんでしょうかねえ, 参りませんと, 参りませんなれども, 参りませんので, 参りませんもともと, 参りませんゆえ, 参りませんよ, 参りませんようやっと, 参りません町人, 参るまいかの, 参るまいと, 參らぬ, 參りませぬ, 実はまだ, 実際いかない, 往かぬ, 往かぬに, 往きません, 往きませんでした, 往くまいかと, 断じてならぬ, 断じて相成りませぬ, 決してゆかぬ, 無論ゆくまい, 無論行かない, 猶行かない, 相成らぬ, 相成らん, 相成りませぬか, 笑って, 絶対に, 若といふ, 行かざれども, 行かずお, 行かずことさら少し, 行かずその後先, 行かずむしろ, 行かずやむを得ず, 行かず不承不承, 行かず信玄, 行かず吉井勇, 行かず夜, 行かず妻, 行かず幾, 行かず当時, 行かず従って, 行かず祝儀, 行かず第, 行かず鏡, 行かないか, 行かないかな, 行かないかね, 行かないかも, 行かないかナ, 行かないこれ, 行かないさ, 行かないさりとて, 行かないじゃ, 行かないせめて, 行かないそう, 行かないため, 行かないだけ, 行かないだろうボーイ長, 行かないであろうか, 行かないでしょう, 行かないという, 行かないところ, 行かないとしても, 行かないな, 行かないのよ, 行かないよう, 行かないらしいの, 行かないらしく田園都市, 行かないわ, 行かないネ, 行かないフラン, 行かない事実, 行かない事實, 行かない仕方, 行かない代物, 行かない像, 行かない天地左右, 行かない歌, 行かない男, 行かない祭司, 行かない言, 行かない運命, 行かなかったかも, 行かなかったそう, 行かなかったよう, 行かなかったん, 行かなかつたけれども, 行かなかつたし, 行かなかつたので, 行かなかつたもの, 行かなかつたよ, 行かなからうといふ, 行かなかろう, 行かなくつて, 行かなくなったなあ, 行かなくなった霧, 行かなくなつ, 行かなくなりました, 行かなくなること, 行かなん, 行かぬかな, 行かぬこと, 行かぬぞ, 行かぬだらう, 行かぬだろう, 行かぬであろう, 行かぬな, 行かぬもの, 行かぬ力肱, 行かぬ力関係, 行かぬ木村家, 行かぬ民族, 行かぬ淋しく, 行かぬ片倉, 行かねえかなあ, 行かねえだらうな, 行かねえと, 行かねえので, 行かねえよ, 行かねえ錢形, 行かんが, 行かんけれど, 行かんぞ, 行かんだろう, 行かんです, 行かんという, 行かんのさ, 行かんよ, 行きかねる, 行きそう, 行きますまいかなあ, 行きますまい現に, 行きますめ, 行きませぬ, 行きませぬ眼, 行きませんかな, 行きませんかなあ, 行きませんからな, 行きませんけれど, 行きませんしね, 行きませんです, 行きませんな, 行きませんの, 行きませんので, 行きませんや, 行きません友人, 行きません尊い, 行きゃしませんや, 行くまいかという, 行くまいかね, 行くまいが, 行くまいさ, 行くまいし, 行くまいじゃ, 行くまいという, 複雑極まる, 迚も, 違いない, 限らないかも

▼ わけ~ (2106, 6.8%)

427 ない 175 ありません 75 ないの 62 ないと 53 なかった 34 ないから 30 ありませんよ 29 ないが, 無い 24 ないじゃ, ないん 23 ございません 20 ないぢ 17 ないよ 13 ないし, ないでしょう 12 あるまい 10 あとで, ありませんが 9 ないはず, なかろう 8 ないで, ないので, 無いの, 無かった, 絶対に 7 ないさ 6 ない筈, 御座いません 5 ここに, ないという, ないのに, ねえが, 彼は, 無いぢ

4 [15件] ありませんから, こうである, ございませぬ, ないぞ, ないです, ないのよ, なかつた, ねえから, ねえの, わからないが, 彼が, 無いから, 無いじゃ, 無いと, 無かつ

3 [24件] ありませぬ, ありませんし, あるまいが, それが, それは, つかなかった, ないこと, ないぜ, ないだらう, ないだろう, ないもの, ないや, なかろうじゃ, なかろうと, なくまた, なさそう, なしそれ, ねえ, ねえよ, ねえん, ぼくにも, 少しも, 彼の, 私は

2 [60件] あの囃子, ありますまい, ありませんわ, あるまいと, あるめ, いまの, お白洲, かうだ, この老, ございますまい, そのしん, その店, つくの, ないおれ, ないからな, ないがと, ないけど, ないけれど, ないこれ, ないですからね, ないよう, ないわ, ない話し, なかったであろう, なし, なしまた, ねえそれ, ねえ足, はじめカン蛙を, 一つは, 他に, 他にも, 何である, 例の, 博士が, 娘, 存じませぬが, 左の, 後で話す, 昔から, 昔は, 火星の, 無いが, 無いし, 無いぜ, 無いので, 無いよ, 無いわ, 無いん, 無え, 知って, 知らないが, 私の, 第一, 簡単な, 自分について, 葉の, 違うが, 金属球の, 8で

1 [667件 抜粋] あなたが, あなたの, あなた自身よく, あの和田呂宋兵衛め, あの婦人, あまりにそういう, ありましょうが, あります, ありませんがね, ありませんけれども, ありませんでした, ありませんでしょう, ありませんと, ありませんのでの, ありませんもの, ありませんや, ありません二声, ありません失敗, ありません私, ありません耳, ありゃしないから, ありゃしません, ありやしないよ, あるまいな, あるまい先程, あれから, いえませんわ, いくらかわかる, いずれあと, いずれわかるだろう, いちめんな, いつも, いよいよ暗い, いわれません, おそらくここ, お判りでしょう, お前が, お咲, お母さんにも, お話しします, かような, かんたん, きかないで, きっとあの, けさ八日づけ, けれどもその, こういうわけ, こうだ, こうです, ここの, このお, このおばあさん, この世界, この先生, この国, この塚, この平田源五郎, この期, この木, この瞬間, この空い, この自動車, この長篇小説, この馬車, これからクイクイ, これだけ, これで, これは, こんなにも行動, ごくわ, ごくわずかです, ございませぬが, ございませんが, ございませんけれども, ございませんもし, ございません帝王, ございません皆んな, ございません與三郎さん, ござらぬ, ござらぬよ, さう, さっきご覧に, さっぱりわからない, しいて判ろう, しまの, しらずに, じつは身, すぐ分かります, すぐ見える, すべて僕の, ずっとあと, せぬ, そうすれ, そこに, そのため, そのままよき, そのブラッシ, その前夜, その國, その大勢, その女, その建築, その新聞, その日, その茶褐色, その鎧, そもそもロケット, それからも, それだ, それだけな, それまでは, それを, たいへん急ぐ, ただひとつ, ただドミトリイ, たちますが, たれも, だよ, だれにも, だんだんに, ちがうん, ちょいちょいいろいろかく, ちょっと簡単, ついた, つくん, つまり自然味, つまり読者, とにかく日記, どういう次第, どうしてもありえない, どうでも, どう考え, どこで, どこに, どろぼう, どんなお方, どんなこと, ないお, ないかも, ないからね, ないがな, ないがなあ, ないけれども, ないこんなに, ないしたがって, ないじ, ないそんな, ないただ, ないだろうし, ないだろうにね, ないつて, ないでしょうからな, ないでしょ兄, ないですけど, ないとな, ないなどと, ないねえ, ないまた, ないもっと, ないやね, ないゆえ, ないエジス夫人, ないッ, ないヨ, ない人違い, ない以前, ない兄哥, ない又, ない囮, ない拙者, ない毎日何, ない淺, ない私, なかったろうに, なかつたの, なかつたので, なかなか付かない, なからう, なきやう, なくこれ, なくごく, なくそれ, なくっても, なくて, なくなる, なくわれら一個, なく一人, なく不完全, なく五人, なく何かと, なく刑事, なく多く, なく安心, なく少し, なく必定, なく揚屋, なく現に, なく看板, なく私, なく自分, なく音楽, なささうに, なしいわば, なしさ, なしすぐ, なしそれに, なしよし, なし俺, なし只, なし無, なし酒, なにしろ私, なんです, ねえからなあ, ねえじゃ, ねえだ, ねえだよ, ねえだろうから, ねえや, ねえ佛, ねえ半, ねえ本, ねえ灯, ねえ碁, のみこめないの, はじめに, はっきり云えません, ほら例, まず絶対, また人一倍, まだはっきりしない, まだ一つ, まったくわかりません, むしろこの, むろんなかっ, むろん彼一流, もうなかつた, もうみなさん, もう一つ, もう少したて, もう詮索, もちろん原子力エンジン, もっともであった, もっと生々しい, もとこの, やがて人類同士, やっぱり西洋人, やはり生れ, よう噛みくだいた, よくわからない, よく分っ, よく存じ, よっぽどたってから, わかって, わからないまま, わからなくても, わからぬけれども, わからぬながら, わかりましたか, わかりますか, わかりません, わかりませんが, わがゼムリヤ号, わがロケット, わが国には, わたくしどもの, わたしたちは, わたしの, イギリスに, ウヂの, ウララ夫人に対する, キタナイという, キンギン国との, クリストフが, シェクスピアが, ジュルガルデン市街島の, スノウが, ドミトリイ・フョードロヴィッチが, ヌリノミの, ネネムは, ペガッサスが, ペルシヤ人の, ポコちゃんには, ラヴィニアの, リベディンスキーが, 一そう有りえないでしょう, 一つの, 一つを, 一向な, 一向感じない, 一昨年から, 一言も, 世の中が, 世界に, 両親はじめ親類中挙っ, 丸木が, 主として大江山捜査課長, 主人筋の, 乱世の, 二つある, 二人にだけは, 云えない, 五年くらい, 人間研究において, 今に, 今や彼, 今度俺の, 今日では, 今日は, 今話す, 他の, 他家の, 伊那丸が, 伜の, 住宅難の, 佐々から, 体の, 何か, 何であったろう, 作者ルナアルの, 侍るべし, 俺も, 僕が, 僕にも, 僕は, 先が, 先づ読者に, 先に, 光を, 光秀の, 全然ない, 兵曹長は, 内裏の, 冷酷なる, 分つとる, 分らないが, 分らなかった, 分らぬまでも, 分りますがね, 分ン, 初代伯爵の, 判って, 判らぬながらも, 前に, 前にも, 前述の, 十月初旬迄の, 千二の, 単に今, 又右手, 古典人では, 只の, 吉野の, 同じ戦力, 君に, 問題の, 四次元世界と, 固より, 土地に, 地下から, 地球の, 売って, 多くの, 夜に, 大事件, 大多根子, 大学の, 女の, 如何なる防潜網, 存じて, 富士には, 察しが, 寸毫も, 工作機械が, 帆村が, 広い大, 彼らと, 彼らを, 彼女の, 後でお, 後に, 後の, 後姿は, 従来は, 御きき下さいません, 御料からの, 徳山光は, 忍従と, 思い当りませんし, 怪人集団の, 息子の, 我々が, 我国では, 戦争の, 手前は, 手術が, 持久戦を以て, 文学は, 新エッダ, 旗本の, 日本では, 明日話します, 暗い, 有りません, 有りませんもし, 有りません烏, 有り得ないの, 本物の, 杜先生こそ, 東兵衛の, 槍の, 次の, 止めに, 此の, 死んだ仏, 毎年筑波神社の, 毫もない, 気障な, 決してない, 決して一コポオ, 沢山だ, 清洲に, 渠に, 湯屋の, 無いお前, 無いそれに, 無いだらう, 無いという, 無いもう少し, 無いやう, 無い僕, 無い検出, 無えだ, 無くあと, 無く一人, 無しいや, 無し宵, 無し明日, 父上の, 物質の, 玄関の, 珍しくも, 甚だ尤も, 生でも, 申しあげられませんわ, 畑の, 皮紙の, 知らずに, 知らないながらも, 知らないので, 知らなくても, 知りま, 石長姫を, 秀次の, 私には, 稲が, 窓の, 立たぬぞ, 立つだろう, 立つまい, 簡単です, 美しいが, 翌朝に, 聞かなきや, 聞き入れられませんでした, 腹を, 自分が, 自分で, 自分の, 自分若年でこそ, 致しますまい, 船長が, 茶道は, 菊亭家と, 蝶子おまえの, 解けたが, 解らなかつたが, 解らねえが, 解るでせう, 言うまい, 言はずに, 課長さんが, 諸君は, 貴女なら, 跡隠しの, 近代的な, 近頃この, 逃げ路を, 通りません, 遠縁の, 金魚鉢が, 鏡の, 雪子の, 雲のみねという, 雷の, 電波を, 青年の, 青梨は, 頭上の, 鼠が

▼ わけ~ (1807, 5.8%)

218160956935 がその 32 から 30 がそれ 22 がこの 20 が併 19 がしかし 16 からね 14 からである 10 と私 9 が処, わ 8 からこの, の 7 からな, がそう, が今, と思う, と思った 6 がここ, がこれ, がさて, がね, と, 親分 5 からその, から君, か私

4 [15件] かその, から私, かわからない, か自分, がただ, が同時に, が実は, が彼, が私, けれど, けれども, ということ, ね親分, わね, ネ

3 [23件] え, かこの, からこれ, からもし, から実は, か彼, か知らない, があれ, がさ, がそれにしても, がそんな, がなあ, がまだ, がもう, が之, が何, が例えば, が実際, しまた, し又, そうです, と思います, と思っ

2 [71件] か, からここ, からぜひ, からそう, からそこ, からそれ, からだ, からつまり, からどこ, からねえ, からひとつ, からぼくたち, からみんな, からもう, から今日, から僕, から博士, から無論, から自分, から領土, から9, か人間, か余り歓迎, か僕, か分らない, か判らない, か掌, か涙, か片足, か黒眼鏡, がお, がかう, がこんど, がこんな, がそこ, がとにかく, がともかく, がどうせ, がなんと, がまず, がまた, がもちろん, が一枚, が不変, が事実, が今度, が出, が折衝, が文学, が然し, が竹童, が自分, けどそれ, しそれ, ぜ, つたが, つたのだ, つたのです, というの, とこの, とその, と叔父, と合点, と彼, と思われる, わねえ, んべ, ッ, ナ, 八, 面目次第も

1 [676件 抜粋] あつしは, え鎌倉町, お前が, お神さん, お粂さん, お鳥殿, かいっこう, かお, かきっと, かこのごろ酒粕, かそのうちだんだん, かそりゃ, かたとえば, かちょっと, かとりわけはっきり, かどぎまぎ, かほんとに, かまあ, かまだ, かよく, からあの, からい, からいっそ, からいま機関部員, からうっかり, からおまえ, からおれ, からお祝い, からこいつ, からこう, からこれら, からこんな, からさあんた, からその間, からちょうど, からでございます, からという意味, からと云つて, からと話し, からどう, からどうにもこう, からどうも, からなるべく, からなん, からにげ, からねこの, からねてがら, からばん, からひとつあれ, からひとまず, からまた, からまだ, からむこう, からやがて, からよい, からカン, からファシズム, からボーシスばあさん, からモデル, からルネサンス以来, から一つ, から一切他言, から一眼, から不平満々, から乃公, から二重, から今, から作品評, から値段, から元就, から先ず, から出発, から初め, から千葉県, から却ってよく, から君たち, から四時, から地代, から夕食, から大, から大きな, から天狗岩, から夫, から如何, から嫌, から存外, から室内, から寿司屋, から封建期, から小鳥, から少し, から常識, から幸伯父, から当分お前, から当然, から彼女, から念晴, から恐らく, から患者, から憚り, から探偵小説, から料理, から日本, から明日, から時, から曹操軍, から最初, から東京全市, から正式, から此上, から無断, から物価, から生きた, から皇帝, から相当, から着せ, から石鹸, から私ひとり, から絵馬, から美, から翌日, から聴音機, から行ったら, から読者, から辛い, から遠慮, から遺族, から銀次, から間もなく, から鞘, から駅, かわかりませぬ, かわたくし, かトン子さん, かピタリ, か一文, か先生, か口, か坂口, か家, か小さい, か急, か恐しく, か恥ずかしく, か時々, か月, か松源, か歯, か気, か猫, か知らぬ, か知りません, か神主, か穴, か突然, か近頃, か鏡台, があ, があなた, があまり, があんな, がいずれ, がいま, がいよ, がおなじ, がお前さん, がお父さん, がきょう, がこ, がこうして, がこれら, がこれ以上, がしかしまた, がしかも, がじっさい, がずっと, がぜひ, がそいつ, がそうした, がそこで, がその間, がそれでは, がそれなら, がそれはと, がそんなに, がたかが, がたしかに, がたま, がだが, がつまらぬ, がつまり, がてぐす, がところが, がとに角, がどうしてどうして, がどこ, がどっち, がなぜ, がなる, がなるほど, がなんぞはからん, がまるで, がまんまと, がみんなこれら, がもうどうしても, がもし, がもともと, がもとより, がやっぱり, がわし, がわたし, がわれわれ, がウチ, がガランドウ, がサイラス・ヒクラー, がジード自身, がドレゴ, がヒルミ夫人, がファッショ運動, がプルタルコス, がマトモ, が一反, が一年中, が一方, が一般, が三元, が両者, が中, が丹波, が事, が事件, が二人, が二時, が京大学生, が人物, が今回, が今日午後前触れ, が今朝, が他方, が以前, が伊織, が住居, が体, が何事, が何処, が何百年, が借金, が兄弟, が内実, が凝っ, が凡そ, が初め, が別段, が前方, が割合, が勿論, が北進中, が単に, が口あけ, が古, が吉兵衛, が君, が唯物論, が図書係り, が地震, が夏, が夢, が大, が大病人, が奥, が女, が女三, が婆さん, が子供, が宇治山田, が小さな, が小人, が平均一人当り, が年寄り, が店, が当人, が当時, が当時彼, が彼等自身, が後見, が忽ち, が恰も, が我と, が或いは, が批評, が担当, が文化, が明日, が明治初年, が明治十年頃, が時, が最初, が未完成, が本当, が本当は, が格子, が機関士, が此処, が残務, が残念, が気の毒, が油断, が泡, が泥棒, が洗濯もの, が満, が特に, が狐, が独創, が生憎, が病院生活一ヶ月, が目的, が着衣, が知識, が石, が社会, が秀吉, が科学的理論, が第, が繩張り, が義経, が舞台, が行動監察, が要するに, が見廻した, が親分, が誰, が調べ, が農業, が長い, が長謙さん, が闘牛, が非戦論者, が頗る, が頼み, が馬春堂, が馬鹿者, が高氏, がBEHOLD, けど, けどえいや, けどもっと, けど今夜, けど大浦先生, けれどこういう, けれどしかし, けれどでも, けれどなにしろ, けれどもあらゆる, けれどもただ, けれどもとにかく, けれどもと素子, けれども今日, けれども実験, けれども柿, けれども火野葦平, けれど人間, けれど実は, けれど皆博奕, けれど私, けれど見易い, し, しああ, しいろいろ, しかしそんな, しことに, しすべて, しそう, しふたたび, しギャラ, し事実, し云, し後, し昆布, し朝倉, し病人, し私, し第, し腹, し苦悩, そうすれ, そうだ, そうで, そしてその, それだけの, それではいつ, それを, ぞ, ぞもう, だがそれ, っけね, つたな, つたのさ, つたのだろう, つたのである, つたのなら, て, で, でなん, とある, とか道楽, とききました, とこれ, とざっと, とした, とすっかり, とそんな, とひとり, とルナアル愛好者, と今, と今に, と俺, と参木, と喜ん, と妻, と尋ねた, と庄, と思い, と思ってるらしい, と息, と放蕩者, と朝日軒, と正吉, と気がつき, と気づい, と燕作, と申しまする, と考える, と考へた, と聞きただし, と聞きやした, と警察, と陽子, なあ, なと九兵衛, なと思った, なと思つて, なにぶん宜しく頼みます, なア, な五人, な八, な意気地, な足跡, ねいや, ねえ, ねええ, ねつまり, ねなにしろ, ね君, ね有難い, のに, のに伸子, のに困った, のに益軒, もう一息, もう少し詳しく, もの, ものね, よ歌, わあんた, わとジャンヌ, わねこわい, わ知らなかった, アッこれ, アルバートそこで, ッたんだ, パンよりも, ン, 中味を, 何の, 佛樣は, 僕は, 儀八, 兄貴少し, 八五郎さへ, 南風氏の, 同じくみんな朋輩, 大量生産の, 平次, 彼は, 文学的で, 時に貴方, 本人には, 治郎左衛門どの, 留さん, 相で, 私は, 立派に, 聽い, 股引で, 蜜柑畑に, 親分腹が, 親分行つて見, 詳しく話し, 」↓

▼ わけ~ (1801, 5.8%)

137 ない 122 あるの 52 あるん 49 あって 45 わからない 35 ある 33 ありません 29 ないの 27 あつて 26 わかりません 24 わからなくなって 22 あったの 21 わからないの, わからなかった 20 ありそう, ないじゃ 19 あった, 分らない 18 ないと 17 ありさ, ちがう, 違う 14 なかった, わかりました 12 あるに, わかった, わかりませんでした 10 あるから 9 あつた, あるか 8 あると, あるもの, わからぬ, 違ふ 7 これで, つかなかった, つきません, わからなくなった

6 [13件] あります, あり相, あること, どこに, ないから, ないぢ, ないで, ないよ, わかって, わからないもの, わからなくな, わからなくなりました, 分らなかった

5 ありました, あるもん, つかない, ないが, ないん, わからないので, わからないん, わからん, 無いぢ

4 [11件] あるので, ある筈, ないでしょう, なかつた, ましく, わからずに, わからなかつた, わかりませんよ, 分って, 解らなかつた, 違うん

3 [30件] あったに, ありましてね, あるだらう, あろう, ございます, ございません, ついて, つくの, ないこと, ないので, なければ, なさそう, ねえや, わからないが, わからないけれども, わからなくなる, わかりませぬ, わかりませんが, わかるよう, 分からない, 分らないの, 分らなくなった, 分らなくなって, 分らなくなる, 分らなくなるの, 分りません, 判らなかった, 御座います, 無い, 解らない

2 [69件] あったので, あったん, あっての, ありましょうか, ありますか, ありますよ, あるが, あるだろう, あるでしょうか, あるな, あるはず, あるらしかった, あるんで, ある事, おあり, おわかり, おわかりです, ここに, ございまして, ちゃんとわかった, ついた, つかないが, つかないほど, つかなかったの, つく, ないさ, ないし, ないじ, ないもの, ないよう, なくては, わかったか, わかったよ, わからずただ, わからないじゃ, わからないで, わからないながら, わからなかったから, わからなかったが, わからなくて, わからなくなるじゃ, わからぬと, わからぬまま, わからんの, わかりませんでしたが, わかりませんわ, 分つて, 分らずに, 分らないが, 分らないん, 分らない顔, 分らなくて, 分りさ, 分りました, 分ります, 分りませんでした, 判って, 判らない, 御座いません, 有って, 有るの, 有るん, 無いから, 無いん, 私には, 解った, 違うぞ, 違うの, 違ふんだ

1 [464件] あおりな, あったから, あったとは, あったらしくと, あってか, あってな, あってね, あつたら, あつてな, あなたにも, あらう, あらうと, ありさうに, ありまして, ありましてな, ありましょう, ありますって, ありますの, ありませんからね, ありませんそんな, ありませんぞ, ありませんよ, ありませんわ, ありませんわい, あるお願い, あるかい, あるかしら, あるかと, あるからね, あるそう, あるだて, あるだよ, あるだろうと, あるって, あるつて, あるであらうか, あるでせうか, あるとは, あるなと, あるならば, あるなら話し給, あるのに, あるらしいね, あるらしく花町, あるらしく見えた, あるワ, ある人たち, ある打, ある落, ある邪魔立て, あれば, あればこそ, あろうか, あろうかと, あろうぞ, あろう彼, いささかながら, いまに, いよいよはっきりのみこめた, いよいよわからない, いるの, うがつた字句, うすら, おありでせう, おぬいさん, おわかりでしょう, お前に, ございましょう, ございませうが, ございません此處, ござらぬ, して, すぐ解った, それで漸く, そろって, たき情胸, たくして, ちがいますし, ちがい向さま, ちがうぜ, ちがうぞ, ちがうの, ちがうん, ちがって, ついたと, ついたとき, ついたので, つかずそれ, つかず業務, つかず自分, つかず骨牌, つかないから, つかないまま, つかないもの, つかないよう, つかないん, つかない位, つかなかったと, つかなかつたの, つかなくなつ, つかなくなりいっさい, つかなくなります, つかぬの, つかぬやう, つきませぬでした, つきませんでした, つきません二つ, つくか, つくけれど, つくに, つくもん, つくよう, つくらしいん, つくん, つく程度, つたえられました, できて, できるの, どうしてあらう, どうしても本質, どうしても田代, どうやら良寛さん, ないあるいは, ないかも, ないからな, ないからなあ, ないがなあ, ないじゃァ, ないそれでも, ないそんな, ないだれ, ないだろう, ないて, ないであろう, ないです, ないとい, ないという, ないなん, ないなんて, ないのに, ないのみならず, ないまるっきり, ない圓朝, ない委員長, ない早く詰めん, ない殊に, ない立所, ない紅絹裏, ない自分, なかなかみんな, なかろう, なくっちゃ, なくて, なくなって, なく戦線, なく日常生活, なく榮三郎, なく淺井朝丸, なく私, なんだかわかった, ねえじゃ, ねえだ, ねえン, のうで, のみこめなかったので, はじまってから, はじめてはっきりわかった, はっきりと, ほかに, ぼくに, ぼくには, まざまざと, ましいこと, ましく仰ゃるのを, ましく書いて, ましく言ったそう, みつからないと, もう一つ, やっとのみこめた, やっとわかりました, やっと分った, やっと少しわかっ, ようない, ようやくふたり, よくわかつた, よくわからなかった, よくわかる, よく分かります, よく判る, わかったから, わかったて, わかったでしょう, わかったの, わかったので, わかったよう, わかったらしく言, わかったらしく言い添えました, わかったろう, わかったろうね, わかっても, わかってようございましたね, わかつたらう, わかつても, わからずあっけ, わからずきょろきょろ, わからずた, わからずほとんど, わからずまごまご, わからず三根夫, わからず只, わからず呆然, わからず唯, わからず実に, わからず待機中, わからず握りかえした, わからず細君, わからず黄金, わからないから, わからないくせ, わからないけど, わからないけれど, わからないこと, わからないだけ, わからないと, わからないといった, わからないところ, わからないとともに, わからないとね, わからないなりに, わからないね, わからないのよ, わからないばからしい, わからないほど, わからないまるで, わからないや, わからないわ, わからないピン, わからない他人同士, わからない何言, わからなかったであろう, わからなかったの, わからなかったり, わからなかったん, わからなかつたけれど, わからなくつて, わからなくなったぞ, わからなくなったよ, わからなくなりおもむくところ, わからなくなりただ, わからなくなります, わからなくなるため, わからなくなるの, わからにゃ, わからぬくらい, わからぬけれども, わからぬでも, わからぬとばかり, わからぬながら, わからぬの, わからぬのに, わからぬよう, わからぬ時期, わからね, わからねえ, わからねえか, わからねえや, わからんから, わからんそう, わからんと, わからんなんて, わからんなんとも, わからんよ, わかりましたが, わかりますよ, わかりませんでしたけど, わかりませんなあ, わかりませんね, わかりませんねえ, わかりませんや, わかりゃあ, わかりゃしない, わかるか, わかるだろう, わかるであろう, わかるでせう, わかると, わかるとき, わかるに, わかるはず, わかるまいて, わかるよ, わかるん, わかれば, わかんないです, わかんねえや, わらなく, キシさんにも, ハッキリした, 三つ程に, 丸で, 今こそ, 今日は, 他にも, 付かないところ, 会得できなかった, 信じられないもの, 円目の, 出来ると, 出来るよう, 分かった, 分かったごとき心持ち, 分かったろう, 分からなかったので, 分からなくなったぞ, 分からなくなる, 分からんですが, 分かりましょう, 分かりませんでしたが, 分った, 分ったの, 分ったみたい, 分ったよう, 分ったろう, 分らず, 分らずいはれるま, 分らずボンヤリ, 分らず市十郎, 分らず這, 分らないから, 分らないじゃ, 分らないと, 分らないという, 分らないといふ, 分らないな, 分らないね, 分らない男, 分らない言葉, 分らなかったが, 分らなかったこと, 分らなかったですが, 分らなかつた, 分らなかつたですが, 分らなくって, 分らなくな, 分らなくなったのよ, 分らなくなつ, 分らなくなりました, 分らなく思って, 分らなく思つて, 分らぬやう, 分らぬ中, 分らん, 分らんが, 分らんさか, 分らんですなあ, 分りませぬ, 分りませんな, 分りませんので, 分りません私ども, 分りゃしないじゃ, 分りゃしませんよ, 分明と, 判から, 判ったと, 判つたろう, 判らずけつたい, 判らずむっと, 判らないが, 判らないという, 判らないまま, 判らなかったが, 判らなかつた, 判らなくなったからと, 判らなくなって, 判らなくなつ, 判らぬながらも, 判らぬ中, 判らねえので, 判りませんが, 判るよう, 午後という, 君にも, 君達にも, 多計代, 始めてうまく, 少しは, 少しも, 弁えられるはず, 彼には, 必要である, 急に, 明かに, 書いて, 有ってなあ, 有るに, 歌子には, 氷解いたしました, 深くわかっ, 済まぬ済まぬの, 無いの, 無えだから, 無かった, 無かつ, 無くては, 相当正しい, 相立たぬ, 知りたいの, 知りたかつた, 立たなければ, 立たんこと, 立ちますが, 立ちませんよ, 立つて, 聞きたいと, 聽きたい, 自分でも, 自分には, 自分にも, 若松屋惣七には, 見つかったよう, 解ったよう, 解ったろう, 解って, 解つた, 解つたのです, 解つたらう, 解らず辛らく, 解らないぢ, 解らないので, 解らない人間, 解らない奴, 解らなかった, 解らなかったが, 解らなかつたが, 解らなかつたので, 解らなかつた程, 解らなくな, 解らなくなった, 解らなさ, 解りました, 解りませんでした, 解りませんね, 訊きてえ, 話したくて, 読めたか, 読めたよう, 読めるよう, 追, 違いますが, 違いますぞ, 違うからな, 違うこうした, 違うさ, 違うと, 違う半蔵さま, 違って, 違つ, 違つて, 違つてゐた, 違つて来る, 違ひ, 違ふも, 長々と, 首を

▼ わけ~ (1432, 4.6%)

65 なる 64 行かない, 行かなかった 52 ゆかない 50 いかない 46 行きません 44 いかなかった 33 ゆかぬ 32 ゆきません 29 いかないの, なるの 28 ゆかなかった 26 いかなかつた, いきません 24 行かぬ 22 なって 20 ゆかないの 18 いかぬ, 行かないの 17 なります 13 行かないので 11 いかないから, して, 行かないから 10 行くまい 9 参りません 8 いかん, ゆかないから, ゆかなかつた 7 いかなかったの, 行かなかったが, 行かなかつた, 行かぬと 6 ゆかないので, 參りません, 行かないが, 行かないよ 5 いかないん, なるから, ゆかないもの, ゆかなくなった, 行かぬが, 行かねえ

4 [11件] いかないので, いかないよ, いかなくなった, いかんの, いきませんから, なった, はまゐりません, ゆかん, ゆきませんでした, ゆくまい, 行くもの

3 [21件] いかすか, いかないよう, いかないわ, いかなかったが, いかぬと, なったの, なるが, なるん, まいりません, ゆかなかったの, ゆくもの, 参らぬ, 往かなかった, 往かなかつた, 行かなかったの, 行かなくなる, 行かぬから, 行きませんから, 行きませんが, 行きませんでした, 行きませんよ

2 [51件] いかず私, いかないからと, いかないからね, いかないこと, いかないで, いかないと, いかないという, いかなかつたこと, いかなくな, いかぬこと, いかぬの, いかぬ場合, いかねえんで, いかんか, いかんから, いかんで, いかんよ, いきませんでした, いきませんね, いくまい, しようと, なつて, なりました, なりますから, なるじゃ, なるだろう, なるね, なるので, ゆかないで, ゆかないでしょう, ゆかなかったが, ゆかなくなる, ゆかぬから, ゆかぬが, ゆきませんが, 候哉, 参りませんが, 行かずその, 行かず従って, 行かないし, 行かないじゃ, 行かないと, 行かないん, 行かないシクミ, 行かなかつたの, 行かぬこと, 行かぬの, 行かねえさすが, 行かねエ, 行かんの, 行きませんでしたが

1 [345件] あいかねえ, あずかったうどん, あずかりに, あずかろうと, いかずあたし, いかずしかも, いかずそれ, いかずまた, いかずバケツ, いかず何, いかず同居人, いかず已む, いかず平常, いかないかね, いかないが, いかないさ, いかないし, いかないぞ, いかないだろう, いかないだろうし, いかないであろう, いかないところ, いかないのでね, いかないのよ, いかないもの, いかないやう, いかない事, いかない只, いかない学説, いかない性質, いかない権利, いかない隣家, いかない食べ方, いかなかったけれども, いかなかったし, いかなかったじゃ, いかなかったであろう, いかなかったので, いかなかったらしい, いかなかつたといふ, いかなかつたの, いかなかつた苦し, いかなくなったな, いかなくなって, いかなくなつ, いかなくなつたん, いかなくなりこんど, いかなくなる, いかぬかも, いかぬといふ, いかぬところ, いかぬほど, いかぬまでも, いかぬも, いかぬもの, いかぬゆえ, いかぬ悲劇的境遇, いかぬ理由, いかぬ関係, いかねえ, いかねえから, いかねえという, いかねえよ, いかへんど, いかんじゃ, いかんじや, いかんぢ, いかんでな, いかんと, いきませんか, いきませんかね, いきませんからねえ, いきませんが, いきませんや, いきませんやね, いきませんよ, いきませんわ, いきまへんがな, いきやしませんよ, いくまいかな, いくまいが, いくまいと, いくもの, けり, ございまする, ござりまする, した, した大きい, しないの, すぎなかった, ちがいない, つかった, てか唯一人, なってから, なってたのに, なってるらしいよ, なつた, ならない, ならぬ義理, ならん, なりそう, なりその, なりますからねえ, なりますの, なりまする, なりますん, なりませう, なり従って, なり終り, なるかも, なるからな, なること, なるだらう, なるだろうと, なるでしょうから, なるまい, なるよう, なるわけ, なる勝れた処, なる寂びしい花屋敷前, はまゐりますまい, はまゐりませぬ, はまゐりませんでした, まいらぬ, まいりますまい, まいりますまいか, まいりませぬ, まいりませぬの, まいりませんからと, もまゐりません, ゃあいかねえ, ゃあいかねえがまずくっ, ゃあいかねえそう, ゃいかねえ, ゃいかねえがどう, ゃいかねえが趣向を, ゃいかねえなあ江戸は, ゃいきませんからなあで, ゃめえりますまいかね, ゃゆかないし気が, やいくめえ, やゆか, ゆかずあらゆる, ゆかずそれに, ゆかずただ, ゆかず二人, ゆかず公開状, ゆかず出て, ゆかず周旋, ゆかず大正五年, ゆかず嫡男, ゆかず母親, ゆかないかねえ, ゆかないし, ゆかないそれ以外, ゆかないだけの, ゆかないぢ, ゆかないですからねえ, ゆかないと, ゆかないね, ゆかないやう, ゆかないよ, ゆかないよう, ゆかないらしかつ, ゆかない一度, ゆかない場合, ゆかない孰方, ゆかない実状, ゆかない性質, ゆかない文子, ゆかない有様, ゆかない知名, ゆかない行くところ, ゆかなかったから, ゆかなかったでしょう, ゆかなかったよう, ゆかなくなつ, ゆかなくなりわれ, ゆかなくなるだらう, ゆかぬかも, ゆかぬでは, ゆかぬと, ゆかぬの, ゆかぬ村, ゆかぬ次第, ゆかぬ理由, ゆかぬ留まれと, ゆかねえな, ゆかねえの, ゆかんかなあ, ゆかんでは, ゆきそう, ゆきませぬ, ゆきませぬが, ゆきませんからね, ゆきませんね, ゆくまいと, ゆくもん, ハまいらぬ, 今年は, 依っては, 努めて, 化して, 参らずちょッ, 参らず大, 参らぬと, 参らぬの, 参らん, 参らんぞ, 参らんでな, 参りましょうか, 参りませぬ, 参りませんから, 参りませんそう, 参りませんでした, 参りませんわ, 參らぬ, 及ぶもの, 往かない, 往かないぢ, 往かないので, 往かぬと, 往かんじゃ, 必ず何とか意味, 思えます, 成っちゃ, 操られて, 来そう, 来た, 次々問いただされ, 気がつきました, 熟する為, 相成らん, 納りました, 胃袋の, 落ちて, 行かずいよ, 行かずおのずと, 行かずお座附, 行かずかうして, 行かずそのまま, 行かずてん手古舞いし, 行かずともかく, 行かずぶらりと, 行かず一般大衆, 行かず五人組, 行かず作中, 行かず寺, 行かず番頭, 行かず皆んな, 行かず私, 行かず腕, 行かず若し, 行かず覚悟, 行かず買っといた, 行かず途中, 行かず遠く, 行かないうた, 行かないか, 行かないかね, 行かないからな, 行かないからね, 行かないけれども, 行かないこと, 行かないぜ, 行かないそれとも, 行かないだけ, 行かないだろう, 行かないだろうか, 行かないだろうと, 行かないつて云ふん, 行かないであろう, 行かないでしょう, 行かないです, 行かないといふ, 行かないや, 行かないらしいの, 行かないわ, 行かないんで, 行かないんでね, 行かない事情, 行かない場合, 行かない旨, 行かない昔, 行かない次第, 行かない筈, 行かない見世物小屋, 行かなかったから, 行かなかったであろう, 行かなかつたか, 行かなかつたが, 行かなかつたで, 行かなかつたので, 行かなかつたよ, 行かなくって, 行かなくて, 行かなくなった, 行かなくなったかと, 行かなくなったからさ, 行かなくなったの, 行かなくなって, 行かなくなりまして, 行かぬぢ, 行かぬであらう, 行かぬので, 行かぬむしろ, 行かぬらしい, 行かぬ下手, 行かぬ事, 行かぬ凡そ, 行かぬ理由, 行かぬ言葉, 行かぬ追, 行かぬ連載物, 行かねえから, 行かねえので, 行かねえ二日, 行かねえ俺, 行かねえ口, 行かん, 行かんから, 行かんこっち, 行かんこと, 行かんし, 行かんよ, 行かん奥, 行きか, 行きさうに, 行きしめえか, 行きますまい, 行きますまいよ, 行きませんか, 行きませんでしたよ, 行きませんでよく, 行きませんので, 行きませんや, 行きゃしない, 行くまいかとの, 行くめ, 行けば, 話する, 近づいた, 過ぎない, 違ひない, 預るし

▼ わけにも~ (1236, 4.0%)

62 行かないので 46 いかない 45 行きません 43 行かない 40 ゆかない 32 いかないので 23 ゆかないので, 行くまい 21 いかなかった 18 ゆかなかった, 行かなかった 16 ゆきません 15 行かないから, 行くめ 14 ゆくまい, 參りません 12 行かないの 11 いくまい 10 いかないし, いかないの 9 いかないから, いきません, 行かなかつた 8 ゆかないし, 参りません, 行かぬ 7 ゆかず, 行かないし, 行かないと, 行くまいが 6 ゆかないの, ゆかぬ, ゆきませんし, 行かないで, 行かなかったの, 行かねえ, 行くまいと 5 まいりません, 行かずその, 行かなかつたので

4 [16件] いかないが, いかないでしょう, いきませんでした, いくまいから, いくまいが, ゆかないから, ゆかないが, ゆかないで, ゆきませんでした, ゆくまいから, 往かないから, 行かずさうかと, 行かないが, 行かないぢ, 行かなかったが, 行くまいから

3 [20件] いかず, いかなかったの, いかなかったので, いかなかつた, いかぬ, いきませんので, いくめ, ゆかなかつた, ゆきませんから, ゆくめ, 参りませんから, 往かなかつた, 行かず平次, 行かなかつたの, 行かぬから, 行かねえので, 行きますまいが, 行きませんし, 行きませんよ, 行くまいよ

2 [49件] いかないでは, いかないね, いかなくなった, いかねえや, いかん, いかんと, いきませんから, いきませんね, いくまいし, ならぬ, なりません, まいりませぬ, まいりませんし, ゆかずと, ゆかないもの, ゆかんて, ゆきませぬ, ゆきませんしね, ゆくまいし, ゆくまいでは, ゆくまいと, 参らぬもの, 往かなかった, 行かず, 行かずと, 行かずまた, 行かず二三日, 行かず四人, 行かず地上, 行かず少し, 行かず根岸, 行かず私, 行かず第, 行かず若い, 行かないこと, 行かないじゃ, 行かないところ, 行かないん, 行かなかつたんで, 行かなくなった, 行かなくなつ, 行かぬの, 行かねえから, 行かねえが, 行きますまい, 行きませんから, 行きませんが, 行くまいぜ, 行くまいぢ

1 [390件] あらずして, いかずいや, いかずいわれるまま, いかずこれ, いかずこんな, いかずさりとて, いかずその, いかずそれ, いかずぢ, いかずつい, いかずついついそのまま, いかずつづいて, いかずとにかく, いかずともかく, いかずね, いかずぼく, いかずまあ, いかずもう, いかずわし, いかずプディング, いかず二人, いかず喋って, いかず困ったねえ, いかず困って, いかず困つて, いかず困りながらも, いかず坐って, いかず女中, いかず女子供, いかず姿, いかず実は, いかず座敷牢, いかず或, いかず折柄, いかず時々, いかず神妙, いかず義理, いかず腰, いかず自分, いかず茶の間, いかず鉄管, いかないからね, いかないからナ, いかないがね, いかないしね, いかないじゃ, いかないそこで, いかないだけ, いかないだろう, いかないで, いかないでしょうが, いかないでしょうね, いかないと, いかないよう, いかないらしかったの, いかないらしく若い, いかないん, いかない内容, いかない当然やがて, いかない筋合, いかない運命, いかなかったが, いかなかったらしい, いかなかろうじゃ, いかなくなって, いかなくなりどうにも, いかぬだろう, いかぬで, いかぬと, いかぬな, いかぬの, いかぬらしくだまつて椅子, いかねえから, いかねえそう, いかねえだらうな, いかねえだろう, いかねえだろうよ, いかねえて, いかねえよう, いかねから, いかんが, いかんじや, いかんじやろう, いかんで, いかんです, いかんの, いかんらしいな, いきましねえから, いきますまい, いきますまいからね, いきますまいしね, いきますまいしねえ, いきますまいよ, いきませんが, いきませんし, いきませんすぐ, いきませんでしたから, いきませんな, いきませんもの, いきませんよ, いきまへんしなあ, いきやしねえ, いくまいからさ, いくまいからね, いくまいここ, いくまいそう, いくまいでは, いくまいなにせ, いくまいね, いくめえそう, いくめえわ, なおさらゆかず, なって, ならずそのまま, ならずまことに, ならず静か, ならねば, なります, なりませんで程, なりませんよう, なり又, なる, なるの, なるまい, なるまいが, なんにもゆくべきで, まいらないの, まいりますまい, まいりませぬし, まいりませんが, まいりませんでしょう, まいるまいて, まいるまいな, まいるまいのう, ゆかずここ, ゆかずさりとて, ゆかずそこで, ゆかずその, ゆかずそのうち, ゆかずそのまま, ゆかずその間, ゆかずそれ, ゆかずた, ゆかずともかく, ゆかずに, ゆかずタンカ, ゆかず一同, ゆかず万一, ゆかず二人, ゆかず今年, ゆかず先方, ゆかず写経, ゆかず呼びとめる縁故, ゆかず咲, ゆかず困って, ゆかず困惑, ゆかず尻, ゆかず帰りたくないと, ゆかず打ち切るわけ, ゆかず拾い集めて, ゆかず有耶無耶, ゆかず来る奴, ゆかず板子, ゆかず森源, ゆかず殆, ゆかず沈黙, ゆかず空しく, ゆかず結局横向き, ゆかず続いて, ゆかず許せ許せと, ゆかず途方, ゆかず運, ゆかず鹹, ゆかないからね, ゆかないけれども, ゆかないこんな, ゆかないだらう, ゆかないと, ゆかないのでね, ゆかないほど, ゆかないよ, ゆかない代り, ゆかない道, ゆかなかったから, ゆかなかったであろうから, ゆかなかったん, ゆかなかつたか, ゆかなかつたから, ゆかなかつたの, ゆかなくて, ゆかなくなった, ゆかなくなったよう, ゆかなくなりました, ゆかなくなり富岡, ゆかなければ, ゆかぬから, ゆかぬが, ゆかぬでしょうただ, ゆかぬと, ゆかぬという, ゆかぬので, ゆかぬ事情, ゆかぬ者, ゆかんから, ゆかんきこうして, ゆかんでは, ゆかんよう, ゆきかねた, ゆきますまい, ゆきませんからね, ゆきませんが, ゆきませんでしたから, ゆきませんでしょう, ゆきませんでネ, ゆきませんので, ゆくまいが, ゆくまいじゃ, ゆくまいそんな, ゆくまいね, ゆくまい弓, 参らないので, 参らぬ, 参らぬので, 参りませなん, 参りませんこの, 参りませんでした, 参りませんな, 参りませんので, 参りませんへ, 参りませんよ, 参るまいが, 參らぬで, 參るまい, 小わけ, 往かない, 往くまい, 描きかけの, 本人としては, 焼くわけ, 相成りませずほとんど, 罵るわけ, 行かずお, 行かずこの, 行かずさりとて, 行かずしかし, 行かずすっかり, 行かずそう, 行かずそのまま, 行かずその間私, 行かずそれでは, 行かずただ, 行かずちよい, 行かずに, 行かずひとり, 行かずぼんやり, 行かずまことに, 行かずまして, 行かずもそもそ, 行かずもと, 行かずやや, 行かずよしんば, 行かずトボトボ, 行かずヤミ会社, 行かず一, 行かず一人, 行かず七八人, 行かず三杯, 行かず仕方, 行かず仕様こと, 行かず倒れても, 行かず停立脱帽, 行かず先, 行かず六人, 行かず別れること, 行かず勉, 行かず勧められるが, 行かず危ぶみながらも, 行かず却って, 行かず又, 行かず困った道楽, 行かず地紙, 行かず夫人, 行かず始終, 行かず娘, 行かず学問, 行かず実は, 行かず床, 行かず強いて, 行かず当座, 行かず微, 行かず思わぬ処, 行かず思案, 行かず折々, 行かず抱え主, 行かず揉み合つて, 行かず故に, 行かず断はつ, 行かず時々, 行かず暫らく, 行かず有耶無耶, 行かず次郎右衛門, 行かず此上, 行かず死ぬ決心, 行かず殊に, 行かず殺すわけ, 行かず為替, 行かず男, 行かず町駕籠, 行かず番頭, 行かず眼, 行かず福知山, 行かず素人衆, 行かず胃腸薬, 行かず蛍, 行かず裏, 行かず銀行, 行かず銘々, 行かず銭占屋, 行かず飛出したところ, 行かず飼主, 行かないしね, 行かないだろう, 行かないでしょ, 行かないでしょう, 行かないでしょうから, 行かないでしょうからね, 行かないでしょうが, 行かないでしょうさしあたり, 行かないでね, 行かないどうも, 行かないのよ, 行かないらしくいずれ, 行かないわけ, 行かないんでね, 行かない位, 行かない場合, 行かなかったと, 行かなかったので, 行かなかったもの, 行かなかったもん, 行かなかったよう, 行かなかったろう, 行かなかったろうさ, 行かなかったん, 行かなかつたから, 行かなかつたが, 行かなかつたで, 行かなかつた羞, 行かなくて, 行かなくなったと, 行かなくなって, 行かなくなりました, 行かなくなるじゃ, 行かなくなると, 行かぬが, 行かぬし, 行かぬであろう, 行かぬところ, 行かぬので, 行かねえこと, 行かねえし, 行かねえん, 行かん, 行かんからねえ, 行かんが, 行かんだろう, 行かんて, 行かんでは, 行かんの, 行かんので, 行かんのでねえ, 行かん故, 行きかねたので, 行きますまいからねえ, 行きますまいね, 行きませんか, 行きませんからね, 行きませんので, 行きませんわ, 行きませんわね, 行くまいからな, 行くまいし, 行くまいその, 行くまいで矢代さん, 行くまいという, 行くまいとにかく, 行くまい硫黄, 追い飛ばすわけ, 追ひ出す, 隨意に

▼ わけです~ (1210, 3.9%)

260105796563 から 5321 からね, がその 17 がそれ 12 ものね 11 がしかし 9 からその, がこの 8 かね 6 もの 5 がこれ, がそれでも, よ親分 4 かな, からこの, からどう, からな, がお, が私, わ, 親分 3 かねえ, からお, からどうぞ, からなかなか, から何, があの, がそこ, がどう, がまだ, が今

2 [35件] かい, かえ, からあなた, からそういう, からそんな, からもし, からやはり, からわたくし, から少し, から昔, から水, から繁昌, から若し, がある, がいま, がこういう, がそういう, がそうした, がそんな, がな, がやはり, が丁度, が原, が同時に, が彼, が血, が誰, けど, けれど, しまた, なあ, の, わね, ナ, ヨ

1 [324件] あの人たち, いつも感じる, えいつも, え何時も, お蔭で, かその, かそれ, かそれにしても, かなあ, かなお嬢さんたち, かね説明, かほんもの, からあっちこっち, からあんたがた, からいい気, からいくら, からいくらか, からいったん, からお客様, からお許し, からここ, からこれ, からしばらく, からすっかり, からすべて, からぜひ, からそれ, からたちまち, からできるだけ, からとび離れた, からどういう, からどうか, からどうしても, からどうぞあしからず, からどんなに, からねいつも, からねこういう, からね私, からの, からふれ, からまあ暫く, からまさに, からもしか, からわたくし達, からわたし, から一小隊ごと, から一層, から一概に, から一緒, から与八さん, から乱酔, から二十面相, から今, から今夜, から今度, から今後何, から例, から僕ら二人, から勿論, から司法上, から大いにのんびり, から大した, から大切, から大阪, から子供, から家, から尼様, から山岸, から師匠, から平次, から平河口, から度々, から御, から意気地, から折角, から捨児, から日本, から早い, から昼間, から晩飯, から有野村, から本来, から本艇, から標準, から次に, から此所, から氏, から演技, から火葬炉, から無理, から父, から物堅い, から甲府詰, から疑念, から百万円, から皆さん, から盗賊, から相当, から眼鏡, から私, から私たち, から第三者, から置い, から芸術家, から英語, から親子, から話中, から誰, から近頃, から運河, から道庵先生, から邪魔, から金公, から鍵, から関係者, から隣組, から風俗派, から駒井, かわたし, か皆さん, か義兄さん, があそこ, があなた, があれ, がいかに, がうち, がうっかり, がえ, がおか, がおかあさん, がおなか, がかう, がかういふ, がかえりみれ, がかの, がきっとまた, がけれども, がここ, がこちら, がこんな, がごらん, がさっぱり, がさて, がしかるに, がしたがって, がそいつ, がそう, がその後, がその間, がそも, がそれだけ, がそれで, がそれにしても, がそれら, がただ, がだんだん, がちょっと, がでも, がともかく, がどうか, がどうせ, がどうぞ, がどうも, がどこ, がね, がはた, がひとつ, がぼくたち, がもう, がもしや, がもちろん, がやっぱり, がよく, がテーマ, がトルストイ, がメグ, がルーズベルト, が一般日本, が二十一日, が二日, が京山, が今度, が今日, が何, が使っ, が先生, が兎, が全体, が博士, が危険区域, が同じ, が困った, が困つた, が土居さん, が場合, が夜, が大鳥氏, が天才的, が太夫さん, が子供, が実, が家, が寿, が平次, が店, が当の, が当人, が当時一方, が御礼, が我々男性, が批評家, が拝見, が旅中, が日常生活, が日本, が昨日, が書斎, が最も, が本人, が柄, が柔かい, が様子, が此時, が殘念乍らそれ, が水, が泰子, が無邪気, が現在, が現在われわれ, が男の子, が疑, が私ども, が私自身, が秘書たち, が美談, が聞く, が職人, が脅えた, が航空中, が要は, が警察, が越前守, が近頃, が酔ひ, が陶器, が隆夫, が隱居忠左衞門, が馬鹿, けど丁度, けど色々, けれどあなた, けれどもこれ, けれどもとにかく, けれども今, けれども役者, けれども面白い, こういう生活, この大, こんな風, さ, しそれ, しそれに, しね, し一週, し事, し事實, し心配, し私, じゃ, その時, その現実, それが, ぞ, だから一篇, つまり婦人委員会, でも私達, と訊く, どうした, どんどん連れ, どんなもの, なあ私, ねえ, ねえ旦那様, ねそれで, ね何, ね可, ね実に, ね日本, ね時々, ね現実, ね矢, ね絶えず, ね親分, ね面白かっ, ので, のどうして, のね, はじめ横に, ひところよりも, もう後, ものねえ, もの全く, よそれだけ, よほら, よまったく, よリザベタさん, よ祝言, わねえ, ネ, リザベタさん, ルビーは, レムブラントの, ワ, 一緒に, 丸善が, 佐々さん, 例えば空全体, 国外へ, 昭和十四年十月十四日の, 時代が, 父は, 私は, 第一, 自分と

▼ わけ~ (1167, 3.8%)

196 んだ 175 んです 140 のだ 133 のです 122 のである 4428 のだろう, のでしょう, のね 27 のか 20 のよ 17 んだろう, んで 16 んでございます 15 のであります 14 のであった 12 のでございます 9 ので, のでした 8 のさ, んでしょう 7 のかしら 6 のだった, のであらう 4 のであろう, んだい, んだらう 3 のでございましょう, んでし 2 のじゃ, ので土地家屋等一切, ので私, のに, んじゃ, んでげす, んでせう

1 [50件] ささうだ, さそうだ, のかい, のさと, のそれ, のであちき, のでおいら, のでおっつける, のでこれ, のでご, のでございました, のでどうか, のでどこ, のでなかなか, ので妹, ので実定, ので征夷大将軍忠文自身, ので御無沙汰, ので折, ので日本, ので猶も, ので私たち, ので結局諸君, ので船楼, ので赤十字代表, ので風邪, のにこの, のにそれ, のにそれでも, のにどういう, のに二人, のに本, のは, のよそしたら, のよ笑ひも, ものじゃ, んさね, んざいましょう, んだろ, んぢや, んであろう, んでございまし, んでございましょう, んでさ, んでした, んでしよう, んでそこ, んで噂, んで昼間, ンで

▼ わけ~ (1164, 3.8%)

57 ない 24 ないが, ないこと 23 なかった 20 なしに 16 ありません 14 わからずに 10 ないし, ないの, なく私 8 これで, なく, なく涙 7 なくそれ, なくただ 6 いわれも, ございません, ないという, ないのに, なく彼 5 なくこの, なくまた, なし, わかる 4 ないじゃ, ないので, なくそう, なくその, なく恐縮, 分からずに, 御座いません

3 [11件] ないと, ないもの, ない事, なく出, なく声, なく気, なく笑っ, なく胸, なく顔, わかるよう, 無い

2 [62件] ありませんからね, ありませんよ, あるかも, あるが, あるめ, あるん, そこに, つかない, ないから, ないといふ, ない物, ない筈, なかつた, なかろうと, なくかれ, なくこれ, なくどこ, なくまして, なく一々, なく不安, なく二番目狂言, なく切支丹, なく口, なく天窓, なく好感, なく嬉しかった, なく子分, なく客, なく宮, なく心, なく恐しく, なく感心, なく手, なく歩き, なく満足, なく眼, なく笑い, なく第, なく糺弾, なく腹, なく自分, なく葉子, なく見付かりました, なく見付かりましたよ, なく追憶, なく達する, なく長吉, なく開い, なく頬, なく飲みつづけた, なく飲ん, なく餌食, なければ, 何も, 無いのに, 無く白状, 無く私, 無く開きます, 知らずに, 聞かずに, 造作も, 道理も

1 [683件 抜粋] あって, あってね, ありそう, ありませんが, ありませんの, ありませんのに, ありませんや, ありません私, あり得ない, あること, あると, あるまい, あるまいさ, いまだにみつからない, うなずかれようという, うなずかれる, うなずけるの, おあり, お孃さん, お読み, こ, ここに, この表, こんな事, ござるまい, しなかった, そこの, それではっきり, それでほぼ, それで伸子, ちゃんと判っ, つかずそして, つかず一樣, つかないほど, つかなかった, つきだした, つきませんでしたが, ないあれ, ないか, ないからね, ないけれども, ないことぢ, ないこれ, ないそう, ないだらう, ないだろう, ないぢ, ないつもり, ないでしょう, ないなどと, ないま, ないもん, ないやう, ないよう, ない事ぢ, ない亢奮, ない人, ない冷汗, ない単なる, ない哲学, ない声, ない嬉しさ, ない小気味, ない彼, ない後悔, ない御酒宴, ない思い切った, ない悲しみ, ない業腹, ない此, ない涙, ない漢語, ない濡衣椀, ない言葉, ない話, ない貴人, ない風景, なかつたが, なかろう, なかろうし, なきこと, なくあかくな, なくあと, なくありがたかった, なくいざこざ, なくいじめる, なくいそがしかつ, なくいろ, なくいろんな, なくうつらうつら, なくうなずいた, なくうむ, なくうれしかり, なくうれしくなっ, なくうれしくなる, なくお, なくおかしい, なくおかしさ, なくおと, なくお客たち, なくかっと, なくかるく笑った, なくかわいそう, なくきつと, なくきつぱりと返事, なくぎっくりした, なくこせこせ, なくこぼれる, なくさ, なくさう思, なくさしぐむ, なくさわぎまわる, なくじっと, なくすぐ, なくすらすら, なくせめて, なくせわしそう, なくそれら, なくそろそろ, なくただちに, なくだるく物, なくて, なくできるだけ, なくときどき, なくなじめない, なくにやにや, なくにやりと, なくののしり叫んだもの, なくはじめて, なくばからしく笑った, なくひしがれ, なくふたり, なくふっと, なくふり切り千代子, なくほだされ, なくほっと, なくほどいた, なくほろほろ, なくぼんやり, なくみんな, なくむっくと, なくめくったり, なくよろこぶ, なくわかつ, なくわかるが, なくわめき合っ, なくわめき散らす, なくクルミさん, なくクルリ, なくゴタゴタ, なくスラスラ, なくゾツ, なくハッ, なくバカ, なくブリキ製, なくホツ, なく一つ宛, なく一端, なく不思議, なく両者, なく中, なく久しい間, なく争い, なく二階, なく云いました, なく云い消す, なく伝え, なく住, なく何時, なく俺, なく俺たち, なく僕, なく全身, なく其場, なく内儀, なく初夏, なく判るだらう, なく刻, なく勇みたった, なく医学塾, なく千兩箱, なく厭, なく友達, なく双方, なく取れませう, なく叫んだ, なく可愛い, なく可愛いけれどよ, なく可笑しい, なく可笑しかった, なく可笑しくなつた, なく可笑しさ, なく合点, なく向, なく吻ツ, なく哄笑, なく喜悦, なく嗤, なく嘘, なく固唾, なく圓太郎, なく坂, なく城太郎, なく塀, なく大, なく大きい声, なく大きい聲, なく大村, なく大酔, なく奥, なく好い, なく好き, なく妙, なく妥協, なく威壓, なく嬉しい気, なく嬉しがっ, なく嬉しさうにあたし, なく家族, なく寂しい感じ, なく小犬, なく嵩じ, なく帽子, なく引きずられて, なく引きつけられました, なく弾みます, なく得意さうに云, なく微笑, なく微笑ん, なく怖かった, なく怖かつ, なく思い, なく思い出します, なく思った, なく恥しくつて, なく恥ずかしくて, なく悪く批評, なく悲しくなっ, なく悲しくなる, なく悲しく聞きなす, なく愉快, なく愕然, なく感動, なく慌て, なく懐かしいの, なく懐しくなった, なく成るもの, なく我等, なく打ちふるえ, なく技師, なく抗, なく持ち替えてる, なく挫, なく捉まつ, なく捕って, なく描ける, なく擧, なく敗走, なく断念め, なく明らか, なく暮れ, なく書く, なく月, なく服装, なく棄て, なく棚, なく楽しかった, なく欝ぎ, なく歩い, なく死, なく毒舌, なく気がせ, なく水夫, なく沸き立ちつづけ, なく泣い, なく泣きたくなった, なく泣きたくなり, なく泣け, なく涙ぐまれる, なく涙する, なく淡白, なく滑稽, なく滝三郎, なく激しくなっ, なく激昂, なく火影, なく無し, なく無抵抗, なく無精, なく焦れつたく, なく照れ, なく物, なく物珍しき心地, なく犬, なく独り天地, なく猫, なく甘いか, なく甘酸っぱく涙, なく田原さん, なく甲板, なく痛々しさうに, なく癇癪筋, なく真赤, なく眼鼻, なく知れた, なく破棄, なく破産, なく空地, なく竦然, なく笑いあっ, なく笑い出し, なく節, なく簡単, なく納入, なく美しい兩眼, なく考へられ, なく聞き出しました, なく背中, なく胡麻化, なく腹立たしくなっ, なく臆病, なく花環, なく苛ら苛, なく落ちる, なく表, なく裏, なく見, なく見付, なく見付かって, なく見付かるぜ, なく見付け, なく見破るという, なく規, なく親しくなっ, なく解かれ, なく解けます, なく解ける, なく言った, なく証明, なく誘い出された, なく調子, なく豊か, なく賑やか, なく踏みにじって, なく躍る, なく身, なく逃げ, なく逆上, なく遽しさ, なく酔ひ泣き, なく酔わしめた, なく酔わせ, なく金物, なく開きました, なく開けられ, なく開けられる, なく雑然と, なく非常, なく面, なく面映ゆいやう, なく面白い長篇小説, なく鞭, なく頭, なく飜, なく飲んだ, なく駆け寄ろう, なく騒ぎた, なく騒ぐ, なく高い動悸, なく魂, なく鶴見少年, なさそう, なしそれ, なしまた, なし私, なし結局何, ならずエミ子, なんにもありゃしない, なんにも知らせない, ねえし, ねえだに, ねえでしょう, ねえのに, はっきりする, また貴様, もうわからなくなっ, よくわかっ, よくわかります, よく解る, わかった, わからずあんまり, わからずただ, わからずため息, わからずにには, わからずオドオド, わからず八五郎, わからず名残惜しい, わからず唐突, わからず戸惑, わからず気むずかしい, わからず流転, わからず答えた, わからず色事, わからず走り出した, わからず驚きあきれて, わからないこと, わからないひと, わからないまま, わからないやう, わからない事, わからない処, わからない癖, わからない色恋物, わからなく泣きたいよう, わからぬお, わからぬくせ, わからぬひと, わからぬ野次馬, わかります, わかりませんが, わかるが, わかるし, パパが, 一言, 云わず無理, 伸子に, 何か, 何にも, 分からぬ言葉, 分って, 分らず一通り想い, 分らず口, 分らず喜ぶ無意義, 分らず子, 分らないで引つ張られて, 分らぬこと, 分らぬ坊主, 分らぬ渇き, 分らぬ頷きを, 分る, 判って, 判るし, 右同様である, 呑みこめないうち, 大概は, 学問も, 察しが, 尽して, 屁も, 彼女の, 日記の, 明らかに, 有るもの, 此の, 殿が, 無いが, 無いけど, 無いこと, 無いの, 無い眠り薬, 無い衝動, 無くそれ, 無く了, 無く外れる, 無く承諾, 無く拔, 無く木, 無く歩い, 無く死ん, 無く酔, 無く開い, 無く開けられます, 無しに, 無事なるべし, 理由も, 相解ろう, 知って, 知らず胸, 知らない, 知らないなりに, 知らない娘, 知らない涙, 知り盡, 糺さず二つ三つ, 絶対に, 聞かないで, 致しません, 行かないので, 解らずに, 解らず強く, 解らず闇雲, 言はずに, 言わずに, 言わないで, 話さずいつも, 話さねえで人, 説明が, 読めた, 読者諸君にのみ, 間に

▼ わけ~ (1118, 3.6%)

195 もので 39 ないこと 36 わからぬこと 32 ものじゃ, わからないこと 27 あること 18 ものでない 12 ものだ 11 もんじゃ 10 わからないもの, わからぬもの, 分らぬこと 9 わからない言葉 8 わからぬ事 7 ものじゃあねえ, わからない事 6 ものぢや 5 ある事, ない, ない事, ない話, ものな 4 ものじゃあ, ものでなく, わからないところ, わからない悲しみ, わからない涙, わからぬ涙, 分らないこと, 物で, 解らぬこと

3 [12件] ありそう, ないもの, ものでなかった, ような, わからない夢, わからない女, わからない感情, わからない話, わからぬやつ, わからぬ言葉, 事に, 分からないこと

2 [54件] ことで, つかないよう, ない場所, ねえこと, ねえ事, ものか, ものかも, ものさ, ものだろう, ものです, ものでねえ, ものでも, ものに, ように, わからないものたち, わからないよう, わからない人間, わからない仕事, わからない叫び, わからない字, わからない怒り, わからない悲し, わからない文句, わからない機械, わからない男, わからぬさけび声, わからぬ声, わからぬ女, わからぬ寝言, わからぬ強情, わからぬ服装, わからぬ歌, わからぬ物, わからぬ生活, わからねえボウボウ山, わからんもの, わからんやう, わからんやつ, わからんよう, わからん人, わかる字, わらない, 一つ, 人に, 分らないよう, 分らない十三歳, 分らぬもの, 分らぬオッチョコチョイ, 分らぬ叫び声, 判らぬこと, 判らぬ憂愁, 口上も, 女と, 解らないこと

1 [444件] ありて, ありてかと, あるかわいい, ある仲ぢ, ある因縁, ある女, ある奴, ある子, ある歌, あろうはず, いいお, お人, こちらの, ことじゃ, ことな, ことに, ことを, ござりまし, しようが, ために, つかないいくつ, つかないとき, つかない万吉郎, つかない二つ, つかない黒影, つかぬうち, つかぬところ, つかぬ声, つかぬ直, つかぬ茫漠, つきかねるよう, つくやう, つくよう, つく一色, ところだ, ところでは, ところも, ないところ, ないやつ, ないわがまま, ない七瀬, ない仕事, ない女, ない女子, ない奴, ない子, ない子供, ない彼, ない愚痴, ない手紙, ない法師, ない私, ない稼業, ない絶望, ない話しだ, ない金, ねえこっ, ねえ物, ひとな, ぼるお山はけ, ぼるちか, もの, ものかと, ものであった, ものである, ものであろう, ものでございました, ものでございません, ものでしょう, ものでなかつた, ものでなかろう, ものでもねえ, ものや, ものを, もんぢゃない, もんぢや, やうで, やうに, わかった事がら, わかった奥ゆかしい, わかった親切, わかつた主人, わかつた小, わからない, わからないいや, わからないうち, わからないうめき声, わからないお, わからないおかし, わからないおそろし, わからないおそろしい, わからないお話, わからないこみいった機械, わからないごたごた, わからないしとを, わからないじりじり, わからないその, わからないつぶやき, わからないと, わからないとらわれ方, わからないながら, わからないならずもの, わからないの, わからないばかばかしい, わからないひとりごと, わからないほえ声, わからないみょう, わからないむしゃくしゃ, わからないやつ, わからないやや, わからないギャーッ, わからないダンス, わからない一種, わからない不幸, わからない丸い, わからない事件, わからない人, わからない人たち, わからない円形, わからない出来事, わからない匂い, わからない半可通, わからない博士, わからない口説, わからない叫び声, わからない呪文, わからない品物, わからない四次元, わからない団体, わからない場所, わからない声, わからない大きな, わからない奇声, わからない奇怪, わからない契約書, わからない宇宙塵, わからない寝言, わからない対象, わからない小僧, わからない差, わからない平, わからない幽霊林檎, わからない幾何模様, わからない弁解, わからない応対, わからない快感, わからない怪弁, わからない恐怖, わからない恐怖心, わからない感興, わからない慟哭, わからない手, わからない技法, わからない支那唄, わからない文字, わからない方言, わからない時, わからない気, わからない没論理, わからない泣き声, わからない温気, わからない激怒, わからない火星人, わからない熱, わからない爺さん, わからない猫, わからない生物, わからない疑念, わからない癇癪, わからない白い細長い, わからない目算, わからない私, わからない笑い, わからない答弁, わからない義務感, わからない考えかた, わからない者, わからない聞いたこと, わからない聲, わからない自作, わからない船, わからない苦手, わからない衰死病, わからない赤ん坊, わからない身ぶるい, わからない軽, わからない連中, わからない銅像, わからない頼もし, わからない顔, わからない駒, わからなかった用心, わからなさ, わからぬあれこれ, わからぬいのりの, わからぬいろいろ, わからぬお方, わからぬくだ, わからぬくら, わからぬくらいに, わからぬしかも, わからぬところ, わからぬどよめき, わからぬの, わからぬひとり言, わからぬひどい, わからぬほど, わからぬま, わからぬやう, わからぬやりかた, わからぬようす, わからぬわけ, わからぬをの, わからぬキャッキャッ団, わからぬゲエム, わからぬヤケクソ, わからぬ一種, わからぬ中毒, わからぬ主人, わからぬ乾盃, わからぬ云いわけ, わからぬ但し, わからぬ信号, わからぬ信号旗, わからぬ内通, わからぬ動揺, わからぬ反撥, わからぬ口, わからぬ叫声, わからぬ可笑し, わからぬ同士, わからぬ名題, わからぬ呪文, わからぬ咽喉笛, わからぬ唄, わからぬ唄歌, わからぬ唸り声, わからぬ問答, わからぬ器械, わからぬ図形, わからぬ夢語, わからぬ大きな, わからぬ奇怪, わからぬ奴, わからぬ客, わからぬ寢言, わからぬ怖, わからぬ恐怖, わからぬ悩まし, わからぬ憤怒さ, わからぬ戦りつ, わからぬ手, わからぬ手紙, わからぬ手製, わからぬ挨拶, わからぬ掛声, わからぬ文字, わからぬ方針, わからぬ暦, わからぬ権力者, わからぬ機械, わからぬ泥水みたい, わからぬ混亂, わからぬ溜息, わからぬ激しい, わからぬ熱, わからぬ状態, わからぬ神秘, わからぬ禍, わからぬ競争, わからぬ筋, わからぬ答え, わからぬ絶叫, わからぬ自負心, わからぬ荒々し, わからぬ親爺, わからぬ訓戒, わからぬ訳合い, わからぬ負け惜しみ, わからぬ身ぶるい, わからぬ返事, わからぬ透明, わからぬ道具, わからぬ銅像, わからぬ錆, わからぬ頭, わからぬ顔つき, わからぬ騒ぎ, わからぬ鼻唄, わからねえ事, わからねえ人足, わからねえ唐變木ぢ, わからねこと, わからんこと, わからんところ, わからん女, わからん層, わからん油断, わからん頭痛, わかりにくい, わかり切った大通り, わかるまで, わかんね, 一つは, 三たびが, 人間じゃ, 仕よう, 仕事を, 六ケ敷い, 分かつた男, 分からないまま, 分からないよう, 分からない恐怖, 分からない涙, 分からぬ現象, 分からぬ身, 分ったところ, 分らないいらだたし, 分らないきみょう, 分らないこんな, 分らないところ, 分らないの, 分らないゴリラ, 分らない不安, 分らない世の中, 分らない事, 分らない先生, 分らない只, 分らない名, 分らない器械, 分らない塵芥, 分らない夢, 分らない大衆, 分らない寝言, 分らない弁証法, 分らない悶える心, 分らない感情, 分らない残忍さ, 分らない気, 分らない熱, 分らない目, 分らない笑, 分らない老耄, 分らない苦しみ, 分らない表情, 分らない電報, 分らなかつたの, 分らぬ事, 分らぬ声, 分らぬ大きな, 分らぬ女, 分らぬ寂寥, 分らぬ恐怖, 分らぬ愚か者, 分らぬ所謂良心的, 分らぬ暗鬱, 分らぬ混乱, 分らぬ溜息, 分らぬ激情, 分らぬ状態, 分らぬ独り言, 分らぬ独語, 分らぬ発作, 分らぬ私ひとり, 分らぬ約束, 分らぬ絶望, 分らぬ胴, 分らぬ言葉, 分らぬ詈言, 分らぬ重, 分らぬ陰濕, 分らねえこと, 分らんこと, 分らんところ, 分らん男, 分ら無い獨言, 分るやう, 分る事, 判らないこと, 判らない哀願, 判らない要するにおそろしく, 判らぬまま, 判らぬもの, 判らぬよう, 判らぬ問答, 判らぬ変チクリン, 判らぬ妙, 判らぬ憎悪, 判らぬ所, 判らぬ男性, 判らぬ言葉, 判らぬ遺言, 判らぬ頭蓋骨, 判らん所, 判別が, 器用さも, 外出かと, 奥義に, 家な, 座長に, 御納得, 心持で, 意味は, 新聞で, 有さうな, 有りたけ, 有る事, 無い, 無い世話, 無い事, 無い仕事, 無い野郎, 無ささう, 物なら, 理由を, 相手では, 短い形, 程度によって, 第一, 若衆さえ, 若衆の, 見本だ, 解らないお, 解らないと, 解らないところ, 解らないもの, 解らない事, 解らない唄, 解らない女, 解らない小言, 解らない答弁, 解らない連中, 解らぬ不安, 解らぬ奴, 解らぬ気, 解らぬ泣言, 解らぬ独言, 解らねえ斬り合いも, 言葉, 言葉さへ, 辭を, 違ふ, 青公家, 顔つきでした

▼ わけ~ (1092, 3.5%)

8 いる 6 やる, 行くと 5 もらって, やりました, やるの 4 ある, いた, やった, やって, やること, 秀吉の, 行く

3 [12件] あげます, くれた, くれる, その中, それを, やっても, やるよ, 彼の, 歩いて, 考えて, 話して, 進んで

2 [49件] あげるよ, あちこちと, あるきました, お小夜, きょうの, ください, こんどの, こんどは, しまって, そこに, ひろぐれ, みると, もらう権利, やったの, やると, やれ, やろうと, ゆく, ゆくと, ゆくモオパッサン, ゐる, 下さいと, 今日は, 入った, 入つて, 入ると, 夜の, 天皇の, 妻の, 幾度も, 必らず, 懇意に, 来て, 林の, 気に, 涼しきもの, 熊野の, 熱心な, 竹藪の, 置いたこと, 考えること, 自分の, 行けば, 行つた, 謙信は, 警固の, 辛くも現場, 近づいて, 進んだ

1 [895件 抜粋] あぐらを, あげました, あげると, あざやかに, あって, あやしげ, ありまえに, あわれ, いい伝えた, いく, いそいそ胸, いただいた, いただいて, いたわるよう, いはれて, いまの, いま永禄四年ごろは, いるこの, いるところ, いるん, いる兄, いる幸治, いる母, いる範囲, いる頭, いろいろに, うしろを, うるわしく, おいれに, およそ二時間, お上げ, お側近く奉公したまう, お宅, お母上, お許, お通, お預けと, かくの, からすに, きょうみたいな, くれたが, くれたし, くれたなら, くれたカラシ, くれて, くれないか, くれないかい, くれないの, くれますよ, くれるでしょう, くれる貴賓, くれれば, こう長く, ここには, ここは, ここらは, ここ古市は, ことし天正九年の, この京都八坂郷, この川尻, この御, この石母田外記, この通り耳, こんど義経の, さがさせて, さがして, さて一方に, しまいましたしね, しまふ, ずっと傍, ずんずん奥, そちの, その下, その前, その勢, その境界, その小高い, その玄関, その責任, その間での, たえず北, たとえば婦人, たのんで, たまたまの, ちりぢり, つかわすぞ, とりあげて, どうやら外, ぬっと室, はいって, はっきりしない, はや白く, ひとの, ふしぎな, ふらふらと, まず江南, まだ一士隊長, まんまる, みかどを, みたの, めずらしい客, めでたく和睦, もう少し奥, もしゅりのすけ勝家公, もらいさっそく, もらうこと, もらえないかね, もらえる見込み, もらおうかな, もらったこと, もらったら一緒, もらつた御飯, もらつて, やったり, やった妹, やっちまうの, やっと夜見ヶ浜, やつたり, やらうと, やらず腐りきつて, やりたかつたの, やり店, やるが, やるという, やるやう, やる根性, やる相談, やる筈, やろうかと, やろうという, ゆきますと, ゆくうち, ゆく力, よいな, よく効く, わしと, わしの, アル中の, グリーゼルが, ザワザワと, ポマードで, マル干, 一つ一つと, 一と, 一ト合戦は, 一基の, 一晩に, 一統の, 一間たらず, 三たび将門を, 三十本あまり銃剣が, 三百人もの, 上げようか, 上野の, 下さい, 下さいまし何だか, 下されと, 下りて, 下郎雑武者などは, 不自由な, 与えられるという, 世の, 世は, 世帶を, 中に, 中仙道へ, 丸根の, 主室は, 九郎判官が, 二人の, 二位どのには, 二条城の, 云々の, 互いに混同, 五人の, 亥刻半, 人知れぬ, 今年は, 今日の, 今朝の, 伊丹家の, 伝五は, 佐殿は, 何処かへ, 何處かに, 例年より, 信長には, 備さに, 元柳橋, 先頃国舅の, 免許取りの, 入つた三吉, 入口から, 兩性の, 八ツの, 八方へ, 公卿座に, 六月朔日は, 兵庫頭の, 円心は, 出て, 出色な, 初茸を, 前なる, 前身を, 勘定し, 勝つに従って, 包ませた, 匐う, 北畠信雄の, 十一歳の, 千種忠顕は, 南牧川の, 印刷し, 厳寒の, 参議の, 只今の, 可憐しい, 叱りつけそれでも, 吉岡の, 吉田, 同胞が, 呂常の, 咲耶子の, 哀傷のけものは, 唯一年もの凄い, 問題の, 問題は, 四條橋を, 国学についての, 土日月の, 地方政治に, 坊門の, 塀の, 士官候補生以上は, 多感であった, 多感な, 夢にも, 大きな目, 大喜利を, 天魔太郎と, 太郎は, 女である, 女子の, 女性の, 女院の, 好かれそう, 如何に, 姫路を, 安宅先生と, 官舎を, 実直家な, 宮の, 宿六の, 寒天凍, 尊氏などは, 尊氏は, 小倉の, 小判紙などへ, 小屋へ, 小山の, 小者部屋だの, 少年や, 居た, 屋の, 屋敷跡へ, 山崎の, 山道づたいに上野原へ, 山鳥の, 峰づたいに張宝の, 差上げなければ, 常に怪しい, 常友と, 干上り通路, 平安朝の, 平家琵琶などで, 幸いにも, 店から, 弟脇屋義助は, 強者絶対の, 当り前だ, 彦右衛門正勝には, 彼女と, 後に, 後水尾上皇, 従兄弟にあたる, 御母, 徹底的に, 心當り, 快川, 急下させ, 恐ろしかった, 情念の, 惣門の, 惨たる人, 愛国行進曲を, 懇ろに, 我慢する, 戦国期の, 手を, 拙者の, 持つて, 採点する, 探したが, 探索し, 搜しました, 政治などに, 敗軍の, 散り理性, 文学美術医化天文等に, 新九郎が, 日暮れ頃なぞには, 日本の, 日頃から, 明智家には, 昔から, 昼には, 昼めしを, 書いて, 最期の, 朝夕は, 朝廷の, 木の, 本能的な, 来た筈, 来る人, 板テーブルの, 柳の, 棚の, 横笛が, 次郎右衛門の, 歎願し, 正面から, 此頃は, 武門の, 歩き廻って, 歩く女, 殿には, 母の, 母里さんが, 民衆の, 気疲れを, 汝ら廟堂の, 河内は, 河川改修と, 法皇の, 泰平の, 流れぬ是, 浄書すみぬれ, 浮び出, 海道一の, 深い赤黒い傷跡, 淵辺伊賀守などは, 漕ぎ寄せ, 瀧の, 瀬兵衛は, 煮るには, 父が, 狭い額, 生ひ, 田楽舞とか, 申し入れてもか, 男が, 痛切な, 登り来る人影, 登り水, 發表した, 白拍子茶屋の, 皇后の, 目前には, 直線曲線円平面球体円錐体などの, 相手を, 真直ぐに, 矢の, 矢来の, 知職人の, 秀政は, 私の, 突き進むよう, 立ち上がったの, 立法行政司法の, 第一, 第十六鎮, 筥崎馬出の, 箕谷, 箱根と, 紅玉を, 細い山路, 組んだ髪, 結った髪, 綱の, 縁日や, 置きます, 美しい婦人達, 美食を, 義元の, 義貞には, 老来病後, 考えるほう, 考へて, 聞かされたばかり, 肩つきの, 背負って, 胸に, 膳立てを, 自分たちにとっては, 自身は, 興がられたの, 舷側へ, 若い中, 茶を, 草雲と, 菩薩の, 葛飾が, 蒼白く目, 藪や, 行くので, 行くほどに, 行く船, 行った, 行っても, 裏街道を, 褒めて, 西門北門南門の, 要所を, 見せるだらう, 見られるよう, 見るが, 親しき寺子友達, 解説した, 言い聞かせて, 言って, 記載の, 詮議を, 話しますが, 語られて, 語学の, 説明する, 論ずるところ, 豪邁なる, 貰いたいという, 貰い私, 貰ったこの, 貰つた清書紙の, 貰ひたいと, 賑わって, 赤でない, 走って, 走りながら, 越ゆる, 越中の, 趣味ある, 車窓に, 農民たちに, 近づく平次, 近付いて, 近年著しく, 近江伊吹には, 近頃出色の, 返答し, 述べたこと, 追って, 逃げて, 這入って, 通りかかる, 通るため, 逢ひにくる, 進ぜ度い, 進むという, 運転手風の, 道が, 道庵の, 道誉は, 還すが, 郷里の, 都督夏侯楙は, 金の, 鉄砲に関して, 長々微, 長政にとっては, 間者牢に, 阿伽, 陳宮という, 際立って, 雨の, 青年将軍の, 靜かに, 頂いて, 頼まれて, 風格が, 飛ばんため, 食べさせて, 食べようと, 馬を, 駅に, 驚きしは, 高みに, 高氏の, 髪を, 鮮やかに

▼ わけじゃ~ (919, 3.0%)

105 ない 80 ないん 42 ないが 34 ねえん 30 アない 29 ありません 23 ねえが 19 あるめ 17 ないか, ないよ 16 ありませんが, ねえ 14 ありませんよ, ないの 13 ないから 12 あるまいし, ないけれど, なし 11 あるまい, ございません 108 ございませんが, ないし, ないのよ 7 ありませんか, ござんせん, ないけど, ないでしょう, なかったの, アありません 6 なかろう 5 あるまいな, アあるまい 4 あるまいね, ないでしょうね, ね, ねえから, ねえの, 無い, 無いん

3 [15件] ありますまい, ありませんから, ありませんがね, ありませんけど, が, ないからな, ないけれども, ないこと, ないさ, ないぞ, ないと, ないんで, なかったん, アなかろ, アなし

2 [27件] ありますまいネ, ありませんけれど, ありませんの, ございませんよ, ないかね, ないがね, ないじゃ, ないぜ, ないだろう, ないだろうね, ないです, ないですか, ないはず, ないもの, ないわ, ないわよ, なかったが, なかったのよ, なくって, なくて, なしお, ねえけど, ねえし, ねえだよ, よ, アね, ア決して

1 [173件] ありますまいからね, ありますまいそれぞれ稼ぎ, ありますまいに, ありますまいね, ありませんからね, ありませんけれどね, ありませんこれから, ありませんのよ, ありませんわ, ありませんわたし, ありません今日, ありません漸く, ありません無法, あるまあ, あるまいからのう, あるまいが, あるまいしね, あるまいぜ, あるまいだから, あるまいねえ, あるまいよ, あるめいし, からあんまり, からな, から大損, から御, から道路, ございませんあの, ございませんお, ございませんおかみさん, ございませんから, ございませんけれど, ございませんどうか, ございませんどうぞ, ございません中納言, ございません侍, ございません唯もう, ございません御存じ, ございません旦那様, ございません現に, ござんすまいね, ござんすまい第, ござんせぬ, ごめいわく, しようが, そこで手前, なあ, ないいかにも, ないいわば, ないお, ないかしら, ないからね, ないけどさ, ないけどね, ないこっち, ないそっと, ないその, ないそれに, ないだろうけれど, ないだろうさ, ないでしょうか, ないでしょうけど, ないでしょう灰, ないですが, ないですもの, ないという, ないところで, ないともかく, ないな, ないので, ないひどい, ないまだ, ないナンテ, ないン, ない人, ない俺ら, ない僕, ない十七年後, ない印度, ない小説, ない相撲, ない若い, ない萬朝, ない賢くっ, ない過, ない金力, ない銭形, なかったのに, なかったろ, なかったんで, なかばってん俺と, なかろうと, なかろうどんな, なかろうね, なかッた, なくこの, なくこれ, なくただ, なくヴァイキング, なく一人前, なく今, なく初め, なしあの, なしあんなに, なしうどん, なしお前, なしかりに, なしこれ, なしする, なしそれで, なしそれに, なしそんな, なしちょッ, なしまあそう, なしまさか, なしまして, なしまるで, なしや, なしわたし, なし事務所, なし二人, なし他, なし元旦, なし勝負, なし同じ, なし天下, なし女房子供, なし女郎, なし妾, なし年貢, なし当人, なし断る, なし新しい希望, なし税金, なし腹, なし金, なし門松, ねえあの, ねえがね, ねえけれど, ねえけんど, ねえそれ, ねえどけどけ, ねえや連れ, ねえよ, ねえんで, ねえんでが, ねえ与八さん, ねえ八兄哥, ねえ十八文, ねえ友達同士, ねえ岡, ねえ府中, ねえ欣, まもなく餅, ろか, アある, アござん, アなく, アねえ, アねえか, アねえや, 決してない, 無いか, 無いが, 無いけど, 無いし, 無いだろうに, 無いですよ, 無いと, 無いの, 無い本当, 無えけん

▼ わけ~ (761, 2.5%)

89 話して 67 して 17 聞いて 15 知って 11 言って 10 話した 8 した, 聞くと, 説明し 7 いえ, 聞かせて 6 きいて, 訊くと, 話すと 5 しようと, するの, たずねると, 言へ 4 きくと, する, すると, 云って, 教えて, 考えて, 話しました

3 [12件] きかせて, しても, しながら, しました, はなして, 尋ねて, 聞きますと, 聴いて, 言え, 訊いて, 話せば, 説明した

2 [32件] いうて, いうと, いって, お話し, お話しに, お話しよ, したの, したもの, したらい, したり, しなければ, するよう, たずねました, り薄き, 云え, 告げた, 問うと, 察した, 尋ねた, 手短かに, 打ち明けて, 申し上げて, 申すな, 申せ, 糺して, 聞かして, 聞こうじゃ, 聽き, 訊ねた一人, 話したまえ, 説いて, 説明する

1 [348件] あそばされる, あそばすの, あとで, あなたが, あなたに, あなたは, あの人, いいたまえ, いいました, いいましょうか, いいませんでした, いうも, いえただ, いえば, いえ何で, いくらきい, いただいて, いってから, いま話し, いろいろ考えた, いろいろ考へ, いわないわけ, いわなければ, うまくやっ, おたがいにあばきだし, おつ, おはなし, おッ, お前知つてる, お問ひな, お妻, お嫁さん, お尋ねに, お聞かせなすっ, お聞き申します, お話しいたしました, お話ししたら, お話したら, お話しなさい, お話しよう, お話し下さらず, お話し仕りました, お話し申し, お話し申しました, きいたり, きかして, きかないよう, きかなければ, きかれた場合, ききますと, きくの, くわしく知ら, くわしく話しだしました, こう話した, こしらえて, この三人, こまかく話し, これこれです, ご存じです, さと, さとった, さとるまでには, してから, しないで, しなくては, しましたけれど, しましょう, しますと, しませんでしたが, しゃべらなかった, しらせろって, しらないので, すぐに, すっかり話しまし, するかね, するかの, するかも, するから, するすべ, するたんび, するに, するほど, するやら, する心持, する必要, すれば, せずには, そっくり云っ, そっと云い聞かせまし, それと, それに, たずねた, たずねたが, たずねたので, たずねて, たずねましたが, だれか, だれにも, だんだん話し, ちゃんと書い, ちよつと, つけました, ていねいに, なさいました, なさるの, なされば, のみこむこと, のみこんだ, はなさなければ, はなしました, はなそう, ひとつ想像し, もって, やりかけた, よく書い, よく知っ, よく説い, よろずやの, わしも, わたしに, わたしは, わびおり飯, ハッキリと, 一と, 一ばんよく, 一体だれ, 一言申し添えたい, 一通り話を, 三人に, 主婦から, 久良に, 事細かに, 云いふくめた, 云い理, 云ったのち天井, 云っても, 云つてあやまつ, 人々にも, 今ふたりに, 仰有らなかつたの, 余儀なくされ, 係長に, 信ずる長国, 充分知, 先生に, 公平に, 切実に, 初めて知った, 別の, 口取の, 只今から, 告げて, 告げると, 問うさき, 問うた, 問は, 問ふと, 問われて, 問われると, 報告し, 外から, 太田は, 家中の, 察して, 察してたも, 尋ねます, 尋ねられたの, 尋ねると, 尋ね急いで, 小父さんに, 小生は, 彼女は, 待って, 御きき, 御理解, 思い出したに, 手短に, 手紙に, 打ち開けて, 打明けて, 承りましょう, 承ろう, 拵えて, 拵へて, 持ちながら, 指図しました, 捜したところが, 敢えてよ, 散文的に, 早く知りたかった, 明白に, 曖昧に, 次の, 正直に, 母親達は, 済すと, 父は, 申しました, 申しませんでした, 申し上げると, 申せこれ, 男は, 知った, 知ったらしく, 知ってるだけに, 知つ, 知らず口論, 知らないの, 知らないふう, 知らないもの, 知らない人, 知らない見物人, 知らぬおかみ, 知らぬため, 知らぬ笠置, 知りたいと, 知りたがって, 知りたく思わせる, 知りつくし男, 知るという, 知ろうと, 知ろうとして, 私が, 突き止めたくは, 突つ込む, 立てようと, 答えては, 組み立てずには, 考えてる時, 考えるとも, 考えるよう, 聞いたら浦島, 聞いてから, 聞いても, 聞かせい, 聞かないでは, 聞かなきゃ仲裁, 聞かなきゃ安心, 聞きかえしました, 聞きたい気持, 聞きただして, 聞きただすこと, 聞きました, 聞きまして, 聞きませう, 聞き終ると, 聞き訊, 聞くんぢ, 聞く必要, 聞けば, 聞こう, 聞せて, 聴いちゃ, 聴こうという, 聽いた, 聽いたら, 聽かう, 聽きませう, 自動車が, 色々と, 若松屋惣七に, 薄々知っ, 見つけたの, 見つける, 覚りあげるお金, 言いたまえ, 言いますと, 言います小, 言いませんでした, 言うがね, 言えそれ, 言ったが, 言ったらいい, 言っては, 言つて二兩の, 言つて断る, 言つて見, 言つて見ろ, 言ひなわけを, 言わないじゃ, 言わなければ, 訊いた, 訊いても, 訊かずに, 訊かれても, 訊きたいが, 訊くにも, 訊くの, 訊ねたらその, 訊ねて, 訊ねました, 訊ねると, 試みました, 詰問し, 話さう, 話さうかね, 話さないから, 話さないと, 話さなきや, 話し, 話しおれ, 話したが, 話したこと, 話したね, 話したので, 話したら渡した, 話したら親父, 話したら貸して, 話したり, 話してから, 話しなんとか, 話しはじめました, 話しましたが, 話します, 話しますが, 話しますと, 話しませんでしたでしょか, 話し佐渡, 話し出すには, 話し十円, 話し奉公人, 話し簡単, 話し馬, 話し馬車, 話すが, 話すこと, 話すならば, 話すの, 話すよ, 話す態度, 話せ, 話せあの, 話せわけ, 話そうかね, 話そうとして, 誌し, 語った, 語って, 語りだした, 語り弾劾文, 語ると, 説明しました, 調べさせたけれど, 論じた部分, 述べた, 述べよと, 述べる, 頬あからめ

▼ わけ~ (550, 1.8%)

7 急に, 知らないが 64 私の 3 それを, 彼の, 彼は, 涙が, 非常に

2 [28件] いやに, お玉さんの, お金が, さう, しらんが, そこへ, その時, それは, みんなも, わたくしには, パッと, 二人とも, 二本の, 僕は, 僕を, 分らないが, 妙に, 年々の, 昔から, 永くわたくし, 知らんが, 私には, 私は, 考へて, 胸が, 自分でも, 釣れが, 魚の

1 [455件] ああ実に, あくどい萌黄色, あたりが, あの子, あまり同意, ある一部, あわてて, あんなに悄げ, あんな乱暴, あんまり聞きたかった, いぎりすへ, いそいで, いつからとも, いつもたいてい防毒面, いつも貧乏, うしろの, うす紫色, おそろしい刀傷, おたか, おばあさんの, おまえと, お前には, お綱, お見え, かたりと, きちんと四角, きょうは, ぐつと胸が, こいつは, ことしは, このお, このごろちっとも, このごろ馬鹿に, このところ十日, このやう, このよう, このハンカチ, この一二年, この主人, この二等大尉, この伯爵, この半年, この地蔵さん, この大学生, この床, この投網, この時みんな, この楼台, この決闘, この矢追村, この石, この秋, この近年, この阿古十郎, この雷洋丸, これが, これだけは, これに, これは, こんなに全身, さし控えなけれ, さっき八木君が, さほど気, しくしく泣きはじめました, しさいらしく小屋, したしみ, しづは, しばらくぶり, すぐに, すぐ手, すぐ退学, すこしも見えない, そうし, そこにだけ, そこには, そこの, そこまでは, そのうつくしい, そのとき, そのま, そのままに, そのまま残っ, そのアシール, そのジープ, その下腹, その事, その前, その大袈裟, その室, その工場, その店頭, その後ずっと心から, その後博士は, その教場, その日, その水兵, その火星人, その理由, その白象, その瞬間, その短冊, その途中, その頃, そりが, それから, それから彼, それだけの, それとも美姫, そんなとき彼, そんな気, たいへん怒っ, たった一人, たとえばいつも, たどたどしいながらも, たまが, たまは, だいぶ遅れ, だれにも, てつの, でもそれ, とうとう私, とつぜん地鳴り, どうも本統, どこにも, どちらからも, どんどんひろがっ, なかなか見つからない, なれたの, のどから, のぼせたよう, はっと気, ばかに, ひどくあたし, ひどく古風, ひどく好奇心, ひどく強硬, びくとも, ふとはっきり彼, ふと空, ぶつぶつと, ぷーんとへん, へんに, ぽつんと一つ皿, まぐれあたりの, また自分, まだ現われません, まっ白な, まるで稲妻, みんなしいん, みんなは, みんな女は, むくむくと, むりにそうだと思い込もう, めいめいの, めっきり肥え, もうそれ, やたらに, やれやれそれで, よく分かりません, よく判りません, わからないが, わからないので, わからぬが, わからん, わかりませんが, わかりませんでした, わたくしが, わたくしなどは, アーリヤ的である, イギリス人の, イワン, オメエが, グズグズに, サンノム老人を, ハッハッハッハッ, ハツハツハツハツ, ハルクは, ハヽヽヽヽヽ, ピストルといふ, ヘビの, ホーテンスから, ポオ助教授が, ポチは, ヨシ子ちゃんに, ヴェリチャーニノフの, 一つも, 一向に表ざた, 一寸も, 一寸不思議にも, 一寸動いた, 一度に, 一度も, 一束若白髪を, 一致しない, 万一橋番所の, 上の, 不出来だ, 不意に, 不服そうであった, 世間でも, 中途で, 九十度横に, 事務所の, 二三カ月する, 二人の, 二匹とも, 二階で, 二階の, 五十米手前で, 今に, 今の, 今夜に, 今夜の, 今度は, 今日は, 他にも, 代々続い, 住込みでは, 余の, 余りよろこばない, 余自身にも, 俄かに, 倉敷の, 偶然にも, 傘が, 僕といふ, 僕の, 僕も, 先方で, 先生が, 全くこれ, 全く駄目, 八百比丘尼は, 其の地蔵, 兼, 冬子で, 凄くて, 分らず, 分らなかったが, 初めて入学, 判らない, 判りません, 別だ, 別人の, 前の, 勝治を, 医者は, 區切る, 卒業の, 卓布の, 博士は, 受と, 口が, 古賀さんを, 吉良上野が, 同じクラス, 同じ指, 向い合って, 君が, 呆れた野郎, 周作さんの, 唇まで, 唐沢氏が, 喜助の, 地底戦車は, 城の, 夜中二階の, 大いに怒っ, 大変じだらくな, 大層高く, 天井の, 奇妙な, 始めから, 嫂が, 嫌がっ, 子が, 子供の, 存じませぬが, 存じませんが, 学芸会の, 完全に, 定子の, 実に嬉しい, 室内が, 家の, 尊氏は, 小さいとき, 小さな石, 小川の, 小柄な, 小浜兵曹長の, 小西さんは, 少しも, 少年には, 少年の, 山へ, 崔家に, 崖より, 左足首に, 左近は, 己の, 市民の, 布団が, 干潮時間や, 平中は, 平太が, 広い襟, 店の, 強気であった, 当局からは, 彼女は, 彼等は, 彼自身にも, 後ろを, 御一緒, 心の, 心中も, 心得顔で, 忘れられない印象, 恋愛の, 恐らく当人自身, 恭一や, 感心な, 所謂良家の, 扉は, 手に, 操縦室の, 救済とか, 文学だ, 新潟市には, 新聞広告を, 旅客機は, 明智はへ, 明治二十年度に, 春一本人は, 昨夜小屋から, 昨日も, 時々おそわれる, 時々この, 時折映画や, 暖く, 木曾少年が, 柳秋雲に, 柴垣は, 案内を, 棒の, 機体が, 機関銃の, 次第に右, 武術の, 殿軍の, 民衆に, 水色に, 水面が, 池上は, 洋先生と, 温泉の, 湖水の, 火葬が, 無責任な, 焼けつくよう, 照子の, 爆撃の, 父が, 父とは, 片あし, 片目が, 物音が, 猫は, 珍しくこの, 生れつきオナラが, 生活に, 田村成義翁の, 男賊は, 畏敬に, 略奪を, 白い石張り, 白人の, 白子でのみ, 白銅の, 皮膚の, 眼から, 眼の, 知ら, 知らない, 知らぬが, 知らんけれども, 知りたいん, 知りませんが, 知りませんけれど, 福岡県下は, 福運には, 私が, 私たちの, 私とは, 私より, 私を, 突如と, 立枯れに, 笑うと, 第四斥候隊, 筋の, 紀平氏を, 約一週間前, 素っ裸に, 結婚し, 絶えず彼, 縁遠いの, 縁遠くて, 美津子の, 翌日は, 老夫人, 耳鳴りみたいな, 能く, 自分には, 自分の, 自分らにも, 興福寺の, 舌の, 花籠は, 行方不明に, 襖や, 西洋人と, 西洋人夫婦が, 覚えて, 親に, 親分見, 解し得ないほど, 解らなかつたが, 誰にも, 買手が, 足が, 跳起る, 身うごき, 近ごろ御意を, 近頃は, 進路を, 邸から, 酷く羞むのであつた, 金の, 金博士は, 長い間子, 門が, 離縁した, 電灯が, 鞭の, 音が, 頭の, 頻りに腹, 飴の, 馬鹿に, 魏の, 鳥は, 鳥肌立っ, 鶴見は

▼ わけ~ (405, 1.3%)

175 やない 73 やありません 26 やある, やございません 22 やあるまい 19 やねえ 13 やね 11 や無い 9 やア 7 やなかつた, や御座いません 6 やなし 42 やねエ 1 やが, やご, やさうな, や云々, や無く

▼ わけである~ (398, 1.3%)

22 がそれ 16 がその 12 がこの 118 が, がこれ 6 がしかし 5 からその, が併, が私 4 から 3 がそういう, がそれでも, がとにかく, が今, のか, のだ

2 [18件] かという, からこの, からもし, から一泊, から家賃, から日本中, から私, から連句, がさ, がもし, が今日, が同時に, が彼, が断じて, が良田, ことは, という, と思います

1 [242件] あのやう, かおそらく, かということ, かとか家鶏, かと言っ, かは判らなかった, かもしれない, からあまり, からここら, からこれ以後, からこんな, からそういう, からそれほど, からそれ以上, からたとえ, からだ, からとそんな, からどんな, からなぜざっと, からまことに, からわざわざ, からヘン, から一応, から三等, から不在, から主人, から之, から人体, から今, から今さら, から仕える, から僕たち, から兄さん, から古典学者, から多少, から夫, から委託, から子供, から宮, から害, から少し, から建陀羅, から当分, から彼, から怖い, から探偵小説, から政治現象, から日本劇, から映画, から木戸前, から死別, から江戸末期, から河岸, から玄徳, から現代, から生命, から盲目飛行, から統一的, から自作, から要素, から誰, から農業, から近所, から酒, から重厚, から霊魂, か実に, か気象学者, がいざこれから, がいろいろ, がかう, がかくして, がかよう, がけれども, がこういう, がこれら, がこれ以上, がさも, がしかしながら, がしかも, がすべて, がする, がずいぶん, がそう, がそこ, がそして, がそれだけ, がそれで, がそれでは, がそれでもただ, がそれでも実は, がそれら, がただ, がでは, がとかく, がなかなかそう, がなにぶん, がなんと, がはたして, がまあ, がまず, がまた, がまだ, がもう, がやがて, がやましく, がアメリカ人, がデカルト, がパァル・バック, がピーター, がフック, が不幸, が世界全体, が世間, が両方, が中, が乗合といつて, が事, が事実, が今ここ, が今それ, が今度, が佐々, が余り, が作者, が俊成, が俳句, が偶然, が僕, が元禄時代, が先, が先づそ, が先程, が入選, が全体的, が冀城, が内, が再び, が処, が初演, が博士, が即答, が厄介, が古代, が周囲, が商品勘定, が問題, が四方木田鶴子, が因習, が大川氏, が妙, が子供, が孔明, が学期境, が宝塚スター, が実, が実際, が客観的世界, が少く, が平助, が当時, が彼女, が心, が念, が我々, が批評家, が指先, が數, が日本, が晴賢自殺, が書き手, が村, が検事, が此度これ, が気の毒, が流石, が然し, が現代, が現在, が百虫活動, が眞實, が私一個, が突然, が第, が細田氏, が組合, が結局それ, が老年, が菊五郎, が藤原氏一族, が藤吉郎, が覚悟, が語義, が諷刺, が軈て, が通例海面, が連句, が遺憾, が酔っ, が震災以後, が頭部, が食べ, が驚いた, が鮎, が鹿島丸, けれども, けれども小説家, けれど直接, ことを, この作品展, そうした政治学的予言, その人, その機会, だからこういう, という挨拶, とこう, とその, とも話, と思う, と思えます, と思っ, と自信, と見えた, などとこれ, などと命婦自身, などと私ら, のにと, やがて印半纏, ゆえもし, ゆえ長い, 事を, 今後は, 処で, 勿論会員, 我が国において, 技術が, 森林が, 点で, 然るに私, 私は, 等々, 阿部宗務院総長は

▼ わけても~ (125, 0.4%)

3 感じやすい 2 その中, 五月二十八日の

1 [118件] あいつを, あけずの, いいん, がくがくと, この, この両親, この出迎人, これからの, すぐれて, その身許, その首, それが, たしなみと, たまらない感情, つくろわぬ処女, でっかち頭, なくおまけ, ひどいの, ひどく楊弓, もっとも不愍, 不可思議の, 世話に, 主人の, 乱世下に, 五百之進などは, 人物は, 今日, 今村の, 伝右衛門が, 低俗な, 作品の, 信長の, 先刻草原の, 光って, 入り山形, 凄く見え, 判らぬ人, 勿体ない御, 半瓦, 味方から, 困らされたの, 多くご, 大好きでございます, 大石殿はの, 大酔したらしく, 奥方の, 好むもの, 姉の, 宗教界の, 将校集会所の, 小さい方, 小沢六郎三郎は, 屋根裏も, 島君の, 左様な, 巨大である, 引ッ捕え, 強い風, 後醍醐の, 従来の, 微笑ましいの, 徳川家康公以来の, 徹底し, 思ひ出すこと, 悲しむべき巾着切り, 愛くるしく少し, 憤りが, 懇意で, 旅が, 旦那に, 明日いっぱいに, 昵懇に, 暗く人, 書においては, 有名である, 木曽駒に, 村中の, 横着政治家と, 歌の, 武蔵が, 母親は, 津村信夫は, 深い, 深くそれ, 源左老人は, 熱かった, 王若水の, 環は, 疑惧, 白くふくよか, 白く見えた, 百姓の, 神殿の, 私が, 素晴らしい, 美しい娘, 自分の, 若い編集助手たち, 若い野心家達, 若くて, 苦悩が, 荒くそこ, 褒められるので, 親しい者, 誠実で, 貴方の, 透き通るやう, 金次は, 錆びも, 関白基房などは, 闊達で, 陰鬱に, 陳留の, 難事業, 静かだった, 頬や, 鬼猪殃, 鳥居甲斐守

▼ わけだった~ (103, 0.3%)

13 のです 8 んです 7 のだ, のである 6 のか, んだ 3 のでしょう 2 が, がしかし, のね

1 [47件] かと豹一, かはじき, かみなさんひとつ, かも知れない, から, からプレストン君, から仮令, から僕, から私たち, か私, か良人, がこだわらない, がこれ, がそっちこっち, がその, がその間, が一年, が不運, が世間, が今, が今度, が仮に, が作業, が処, が同時に, が女中, が彼, が浜子, が犬千代, が現在, とあっさり, とうなずいた, と思います, と思う, な, なあ, の, のかと, のかも, のが, のさ, のだろう, のであります, のでなんとも, のよ, んでしょう, ンです

▼ わけでなく~ (78, 0.3%)

2 いよ

1 [76件] あたりま, あんたに, いずれだれ, いろいろな, いわば夷子講, いわば或, おだやかな, この上, すでに北京, ずっと髯, そうず, その一日, その他に, その子, それに, それの, たいていそれら, ただこれ, ただの, ただ自分, たとえば多く, ても日本, ても現在, どうしてなかなか堅実, どこまでも, ほかに, また自分, また辰吉, また風俗, やっぱり生き, わたしに, ウインブルトンの, ドコまでも, 一人の, 一目で, 一般庶民と, 一般的に, 下総の, 不得要領の, 丑刻詣り, 人間の, 今夜も, 他に, 半世紀後, 危険な, 又震災後, 同僚などという, 同役は, 君たちさえ, 唯この, 唯そち, 唯だ, 唯だ云い, 唯肩, 城介が, 夷蛮の, 川中島は, 押入も, 文章自体の, 昔の, 此の, 氾濫する, 神子田初, 私の, 私も, 肚を, 自分の, 自分も, 裁判所が, 観察を以て, 言葉の, 造り酒屋の, 雨戸は, 食べものも, 高臺, 鮪や

▼ わけでしょう~ (73, 0.2%)

2783 から 2 かね, かねえ, な

1 [29件] かそう, かどうぞ, からそれ, かネ, か腹, が, がけっして, がそう, がそこ, が昨今私ども, が然し, が箇々, これは, し, それらの, そんなもん, そんな家, だからつまり, だから何だかごたごた, ね妙, ひとりでに動く, ツイ人間の, ナ, 森代議士の, 私たちの, 私には, 私は, 親分, 銭形の

▼ わけでございます~ (64, 0.2%)

54 か, ね 3 から 2 からね, から決して, な, ねえ, よ

1 [38件] かいっこうに, からこの, からその, からどうかあしからず, からどうぞ, からなく, からね私共, から何とぞ, から忘れよう, から旦那様, から私共, から近来, から道中こっち, か先刻, か悪い, があと, がお金, がそうした, がその, がところが, がなん, がね, が一方, が何しろ, が奥さま, が実は, が後年成長, が怖, が父上, そうし, その千五百畝, の, へえ, わね, 大乗は, 旦那様, 親分, 親分さん

▼ わけだろう~ (63, 0.2%)

22532

1 [31件] あの子, かそれ, かとの疑問, かと思います, かねえ, からわたし, か海, がこうした, がこの, がそう, がその, がどう, がねこれ, がまあ, がむろん, が自分, けれども一方, しこんど, し職能, じゃない, といっ, と子ども心, と思います, と笑った, と言った, と訝り, ねそれ, ねコーヒー, 今度は, 係りの, 私の

▼ わけでない~ (63, 0.2%)

4 ことは, のは 3 ということ 2 ことを, のだ, んだ

1 [46件] から, からいつ, からいよいよ, からし, からそういう, からだ, からと抗議, からどんな, からな, からよく, からわたし, から交, から多く, から斷定, から沿岸づたひに, から疑, から疑っ, から確実, から老師読書, から見る, がおりおり, がたしかに, が二度と, が嗅ぎつけた, けれども, ことが, こと私の, この船, それに僕, ただ嘘偽, という常識論, とすれ, と私ども, に拘らず, のが, のです, ので鳩山君, のにこれ, のになぜ, はずだ, わけに, 彼が, 彼に, 旨を, 自分に, 証拠に

▼ わけでも~ (60, 0.2%)

10 なかつた 9 なかつたが 5 なかつたの 4 あったの 3 なかつたので 2 するよう, ねえが

1 [25件] あったん, ありませんな, あるの, あるまい, して, するという, ないけど, ないけれど, ないのに, ないのよ, ないん, ない菊池氏, なかつたけれども, なかつたで, なかつたといふ, なかつたのに, なかつたやう, なかつたらうが, なかつたらしいが, なかつた詩人, ねえン, やれば, コナした, 無いけど, 聞いて

▼ わけじゃあ~ (47, 0.2%)

10 ねえが 7 ないん 3 ない 2 ありますまい, ありませんが, なしさ, ねえん

1 [19件] ありません, ありませんけど, あるめ, ございません, ございませんお前さん, ございませんから, ございませんな, ないか, ないから, ないが, ないでしょう, ないので, ない東京じゅう, ない通り, なし君ひとり, なし岡場所, ねえな, ねえや, 無かった

▼ わけであります~ (47, 0.2%)

3 がその 2 からどうか, がこの, がそれ

1 [38件] から, からそれで, からもし, から仮り, から何, から大政翼賛会文化部, から明治以前, から特に, から確実, から私, から霊魂いや幽霊, がいま, がこれら, がさすが, がしかしながら, がじつは, がすでに, がそれから, がなにしろまだ, がほん, が七兵衛, が人, が今度, が今日, が何, が併, が同時に, が実は, が慾, が第, が自分, が頼っ, けれども私, けれど最後, これなどは, どうか其點, 又逃れる, 市営建造物という

▼ わけかと~ (44, 0.1%)

4 いうと, 思って 2 いうに, いふと, 云へば, 考えて

1 [28件] いささか懐疑, いろいろ使った, おたずね, しきりに小首, そのこと, なにか, ねじこもうと, 不思議そう, 二人が, 云えば, 云ふと, 半七, 問うたらば, 問われるだろう, 寧ろ自分, 後年に, 思う, 思ったらこれ, 思つた, 想つて見た, 申しますと, 疑問も, 聞かなくても, 聞きました, 言うと, 言ひます, 訊ねて, 降蔵

▼ わけなら~ (41, 0.1%)

1 [41件] あなたの, あなたは, あの人, あの子, おいらが, ここに, こちらにも, これで, これに, そんなひで, ともかく署長, ばこの, ばさあ, ばひとつ私, ばわし, ば一日, ば今そこ, ば心配, ば格別, ば決して, ば私, ひとつその, わたくしにも, 一日も, 今夜あたり二人で, 大いに成層圏飛行, 大谷風呂で, 女を, 嫁に, 小さいながら, 御不自由, 所長に, 拙者も, 浜村屋気の毒だ, 相手の, 蟻田博士の, 親御さんも, 貸しは, 長いこと, 雪之, 静子さんは

▼ わけであり~ (39, 0.1%)

2 又是非

1 [37件] あなたが, ここに, したがってまた私, したがって門番, すくなくとも見物, そういうこと, そうして今日, そうすれ, そしてこれら, そして農村, そのこと, その動機, それが, それを, つまり話は, て世間, またこの, またしみじみ, むしろ訳詩, もしそうでない, バーバリズム乃至, 一般に, 一連の, 之に, 二人は, 今与えた, 兵馬は, 博士の, 又世界観, 又之, 従って穀物, 従って雰囲気, 支那大陸への, 改修の, 日本主義者も, 本当はただ, 村に

▼ わけ~ (39, 0.1%)

3 なる 2 思う, 申しますの

1 [32件] あまり違いは, いうこと, いって, おっしゃっても, おっしゃると, お思い, お考え, さだめて, ちがうか, てなかったけれど, なったの, なつた, なりました, なります, 云うでは, 云うべきか, 云うもの, 云うよう, 云つたら, 仔細が, 何だか分り, 念を, 思つたのが, 愚助が, 愚考いたします, 感服いたしました, 打開け, 申して, 申しますと, 申すの, 細工事が, 罵られても

▼ わけであろう~ (38, 0.1%)

232 から, と思われる

1 [11件] かと彼, か人ッ子, がこの, がそれ, がところが, が人形芝居, と倉皇, と思う, と考え, な, 好色な

▼ わけであった~ (36, 0.1%)

2 か, のだろう

1 [32件] かよく, からその, からわが, から出頭, から柳沢, がこの, がさすが, がその, がそれ, がひるがえって, がまだ, が上陸用空気服, が併, が勝, が化学, が報道化, が大将, が役所, が彼女, が忠顕, が敬二, が方法, が様々, が私, が葉子, が途端, ことが, そうな, ところ久野さんが, のかと, のだ, 松岡君も

▼ わけでし~ (34, 0.1%)

5 てな 43 てね 2 てそれ

1 [20件] てこれ, てそこ, てちょうど, てですから, てどうもはっきり, てなどうぞ, てなわたし, てな初めて, てな愚痴, てねえそれで, てねなに, てねまあ, てね公判, てのう, てへ, てまことになんともはや, てもし, て思いがけなく, て昨晩押山様, て私

▼ わけ~ (33, 0.1%)

3 て探し

1 [30件] ていた, ていただこう, ている, てかかれ, てさがし, てしまった, てその, てそれ, てたばこ屋, てでかける, てゐる, てケレンコ, て上げる, て千草さん, て各, て大童, て悪い, て持ち出す, て探させた, て探しまわっ, て方々, て皆, て研究, て花, て質問, て逮捕, て順々, て預け, ながら五束, 早くも

▼ わけ~ (33, 0.1%)

20 やない 2 やありません, や無い 1 ゃあありますめえ, ゃあるめえしなぜ, ゃあるめえし嫌なら, ゃあるめえし飼料せ, ゃあるめえねといってきいてるんだよ, ゃなかんべえに, ゃねえけんどよ, やなかつた, ア無い

▼ わけなし~ (33, 0.1%)

82 に海

1 [23件] さ, さそんな, じゃ, じゃあない, すべてわが, だって洒落, だと, だなんて, だよ, だわ, でさ, など, などとつまり, にさ, にただ, に事, に信じよう, に悲しく, に湧く, のお, のこと, 疾くに, 血判

▼ わけであっ~ (32, 0.1%)

3 てこれ, て従って 2 て之

1 [24件] て, ていい, てかかる, てこの, てその, てそれ, てほとんど, てまた, てみれ, ても不満足, てデボーリン主義, てボース, てマルクス, て今日, て単に, て各種階級, て大森義太郎氏, て存在者, て探す, て決して, て澄子, て管轄ちがい, て表面上秩序, て見れ

▼ わけにゃ~ (30, 0.1%)

4 あ行かねえ 3 いかん

1 [23件] あいかねえ, あいけなくなっ, あ行かない, あ行きません, いかず, いかず可愛, いかないね, いかねえから, いかねえよう, いかんよ, いくまいがのう, 行かずさ, 行かないぜ, 行かないんで, 行かぬから, 行かねえ, 行かねえの, 行かん, 行かんじゃ, 行きません, 行きませんが, 行くまいから, 行くめ

▼ わけでした~ (28, 0.1%)

32 から, がこの, がその

1 [19件] からいかさま, からとしたなら, から野呂式論理, が, があと, がここ, がそこ, がとにかく, がどうも, がメグ, が兵馬, が当時, が知らるる, が表, と思います, な, ね, のじゃ, 方が

▼ わけから~ (22, 0.1%)

1 [22件] きささげの, この一回, その店, それでは大久保時代, だつたらう, であった, であったらしい, であったろう, である, でご, です, では, めずらしく親類縁者, 一時僕は, 両親を, 二十九の, 伸子が, 挙国一致で, 知つたのらしい, 突然やって来た, 自分の, 銃後の

▼ わけ~ (19, 0.1%)

2 ねお

1 [17件] が正面, ぐずってばかり, した, その上火星, それに, だから自分, だもん, なにしろ温和, ねそれで, へもする, まあまかし, 一週間も, 僕は, 手が, 日本に, 貴君がね, 面白くなる

▼ わけ~ (19, 0.1%)

4 だてなく 3 だてが 2 だてなんか, だての, だて無い 1 だつとも, だてでした, だてなく力強い, だては, だてを, 今度一万両出す

▼ わけながら~ (18, 0.1%)

1 [18件] その統一運用, だらだら谷, ゆらりゆらりと登っ, ザワザワと, ペンを, 一つに, 云った, 傾斜を, 入って, 出て, 大きな髭, 武夫と, 段々畑の, 汀を, 生活し得る, 船は, 近寄って, 闇の

▼ わけ~ (15, 0.0%)

2 おまへん

1 [13件] ありませんよ, がこれ, がそこ, が運, つて来た, でうち, ないが, ないわし, ないん, ね, 口実を, 彼が, 日本へ

▼ わけ~ (12, 0.0%)

1 [12件] に似合わず, 侍が, 女の, 女ばかりが, 女ばかりなの, 気違いがね, 者おらの, 者が, 者で, 者を, 野郎だっ, 野郎に

▼ わけという~ (12, 0.0%)

8 のは 2 ことは 1 ことが, のを

▼ わけだらう~ (11, 0.0%)

41 がもう少し, がやはり何だか, その造形的, と存じます, と平, な, 私の

▼ わけでありまし~ (11, 0.0%)

2 てそういう 1 て, てかく, てこの, てその, てつまり, て一方, て憎むべき, て満蒙問題, て部下

▼ わけでは~ (11, 0.0%)

2 ないの 1 ありません, ありませんが, ない, ないか, なかつた, なかつたの, なく佛像, なく澄江, 無いの

▼ わけあい~ (10, 0.0%)

2 のもの 1 か不思議, がある, があろう, で裁判所, になっ, のある, は判りません, もわたくし

▼ わけ~ (10, 0.0%)

3 にあずかる 1 だけを標本, にあずからない, にありつい, については各国, をうけ, を受けなけれ, を得る

▼ わけでござる~ (9, 0.0%)

3 か, が 1 かな, がそれでも, がなんと

▼ わけにて~ (9, 0.0%)

1 いずれを, いろいろの, つまり日, なにとぞおい, 不思議にも, 夫婦相争っ, 師匠東雲師の, 文字を, 物事の

▼ わけにや~ (9, 0.0%)

2 ア行くまい 1 いかねえ, いかねえん, いかんで, いかんよ, いきやしない, なるまいか, 行かん

▼ わけかも~ (8, 0.0%)

4 知れない 1 しれないけれども, 知れないが, 知れぬ, 知れませんが

▼ わけする~ (8, 0.0%)

1 ことは, ことも, のかと, のでした, ように, 何物も, 情けなさそう, 考えであった

▼ わけたり~ (8, 0.0%)

1 して, すること, するの, する仕事, 一しょに, 人の, 八条猪熊で, 泥濘を

▼ わけては~ (8, 0.0%)

2 病身たり 1 伊達政宗を, 便所を, 想像のうへに, 楊の, 潜りこんで, 虱を

▼ わけでございまし~ (7, 0.0%)

51 て左衛門尉さま, て民弥殿

▼ わけ~ (7, 0.0%)

2 ないさ 1 ないが, ないぢ, ないもん, ねえ, ねえん

▼ わけ~ (7, 0.0%)

1 がある, では芸術, によつて, はい, は東京堂出版, や自分, をし

▼ わけての~ (6, 0.0%)

2 理解にも 1 お頼み, もの思ひ, 御好意, 頼みという

▼ わけなれ~ (6, 0.0%)

1 ども佐渡, ども面, ど残酷, ばむしろ, ば仲間入, ば供奉中

▼ わけなんか~ (6, 0.0%)

1 ありません, ありゃしません, ありやしないけどもね, あるもの, さっぱりわからん, ない

▼ わけはね~ (6, 0.0%)

1 あすこで, えと來, どの雑誌, ぼくの, リーズさんあの, 珍しく

▼ わけ知り~ (6, 0.0%)

1 とか言, と言, の主君日向守, の公卿輩, までがいろんな, 顔に

▼ わけだつた~ (5, 0.0%)

1 がさ, がその, ので私, んだ, んです

▼ わけでございました~ (5, 0.0%)

2 が一口 1 か, が藤堂家, が運

▼ わけでなけれ~ (5, 0.0%)

1 ども今, ばお, ばわたし, ば女, ば見栄っぱり

▼ わけない~ (5, 0.0%)

1 じゃない, ぞといっ, と思う, な釜, わ

▼ わけなどは~ (5, 0.0%)

1 しなくても, それらの, ない, 申し上げるまでも, 退屈で

▼ わけをも~ (5, 0.0%)

1 いわずただ, 云わずに, 彼女は, 知つたのである, 知ぬ

▼ わけ~ (5, 0.0%)

1 つたが, つたに, つたのだ, つて木を, つて見たい

▼ わけ隔て~ (5, 0.0%)

2 のない 1 がなく, のあり, もなくし

▼ わけ~ (4, 0.0%)

1 いなんだそう, ねえ, ひからか, ひでは

▼ わけじゃが~ (4, 0.0%)

1 きっと今夜, これチョビ安とやら, その泥棒, 思うに

▼ わけでありません~ (4, 0.0%)

1 からそれ, が被告, けえ, さかえ

▼ わけでかれ~ (4, 0.0%)

1 のおふくろさん, の身許, はその, はむこう

▼ わけでございましょう~ (4, 0.0%)

21 けれどまさしく, に

▼ わけでしたら~ (4, 0.0%)

1 いずれ後日, それでは, わたしピョートル・ヴァシーリエヴィチに, 先生大津で

▼ わけでなかった~ (4, 0.0%)

1 がそれ, し自由, のだ, のです

▼ わけで御座います~ (4, 0.0%)

2 が, ね

▼ わけとも~ (4, 0.0%)

2 知らずその 1 なくその, なくまた

▼ わけ~ (4, 0.0%)

1 えがらな, 全く, 花は, 野原の

▼ わけ~ (4, 0.0%)

2 のもの 1 で肉体的, ひが

▼ わけあり~ (3, 0.0%)

1 げな, さうに階下へ, との噂

▼ わけかた~ (3, 0.0%)

1 など感心, に性格, を覚えよう

▼ わけかという~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことであろう, 疑問が

▼ わけかな~ (3, 0.0%)

1 これからは, だがおまえ, 一年三年七年

▼ わけ~ (3, 0.0%)

1 の球根, の薬味, を小さく

▼ わけしよう~ (3, 0.0%)

2 とした 1 なんて考え

▼ わけしり~ (3, 0.0%)

1 が言った, の弟分, 苦労に

▼ わけそれ~ (3, 0.0%)

1 ですり切れる, をまた, を承りませう

▼ わけぢやあ~ (3, 0.0%)

1 ないが, ないです, ないん

▼ わけつつ~ (3, 0.0%)

1 ゆく人, 持て来たる山桃ゆゑにそのよき姥, 歩いた

▼ わけでと~ (3, 0.0%)

1 いって, 聞かれたらあの, 質問する

▼ わけとは~ (3, 0.0%)

2 どんなこと 1 全く訳

▼ わけなどを~ (3, 0.0%)

1 して, しながら, するにも

▼ わけ~ (3, 0.0%)

1 いや天下, がつかなくなっ, と角

▼ わけゆえ~ (3, 0.0%)

1 いずこ, その利分, 実は伊之助

▼ わけ~ (3, 0.0%)

1 あなたの, な, 指環を

▼ わけらしい~ (3, 0.0%)

1 し, な, の

▼ わけ~ (3, 0.0%)

2 て来た 1 でし

▼ わけがたく~ (2, 0.0%)

1 なりただ, なりぬ

▼ わけがち~ (2, 0.0%)

1 がつて, がふ

▼ わけしたら~ (2, 0.0%)

2 いいか

▼ わけじゃあねえ~ (2, 0.0%)

1 今いう, 雇われても

▼ わけだけは~ (2, 0.0%)

1 一向に分からず, 一遍ここで

▼ わけだけを~ (2, 0.0%)

1 了解する, 手取早く

▼ わけだす~ (2, 0.0%)

1 からな, な

▼ わけって~ (2, 0.0%)

1 えの, 後で

▼ わけでありました~ (2, 0.0%)

1 がちょうど, はずで

▼ わけでありましょう~ (2, 0.0%)

1 か, けれども近頃

▼ わけでかうし~ (2, 0.0%)

1 て一生懸命, て物語全体

▼ わけでござい~ (2, 0.0%)

1 まさ, まス

▼ わけでございましたら~ (2, 0.0%)

1 とりあえず間に合い, 室の

▼ わけです阿~ (2, 0.0%)

1 星様, 星樣

▼ わけで無い~ (2, 0.0%)

1 にし, んです

▼ わけで飛んだ~ (2, 0.0%)

1 不実な, 失礼でございまする

▼ わけといふ~ (2, 0.0%)

1 のを, 例な

▼ わけとばかりも~ (2, 0.0%)

1 思えない節, 思へない節

▼ わけとを~ (2, 0.0%)

1 よく説きわけ, 聞いて

▼ わけなぞ~ (2, 0.0%)

1 ありますもの, では

▼ わけなど~ (2, 0.0%)

1 ありません, 聞きとうないわい

▼ わけなどと~ (2, 0.0%)

1 やかましく肘, 我々が

▼ わけにな~ (2, 0.0%)

1 つた北海實業雜誌も, つてし

▼ わけによって~ (2, 0.0%)

1 いともあざやか, 重症であり

▼ わけのも~ (2, 0.0%)

2 ンじゃ

▼ わけはねえと~ (2, 0.0%)

1 思うん, 来た

▼ わけばかり~ (2, 0.0%)

1 でなく私, 云い足して

▼ わけばかりに~ (2, 0.0%)

1 明いて, 箸を

▼ わけまえ~ (2, 0.0%)

1 にあずからなかった, をになっ

▼ わけまた~ (2, 0.0%)

1 お前の, 私の

▼ わけまるで~ (2, 0.0%)

1 出鱈目に, 黒旋風の

▼ わけ下駄~ (2, 0.0%)

2 をはいた

▼ わけ入り~ (2, 0.0%)

1 その方面, 騒々しい新た

▼ わけ合い~ (2, 0.0%)

1 になった, になる

▼ わけ天皇~ (2, 0.0%)

2 にも生れ

▼ わけ~ (2, 0.0%)

1 に住, をさせられる

▼ わけ朝風~ (2, 0.0%)

2 の冷たい

▼ わけ板の間~ (2, 0.0%)

2 で椅子テーブル

▼ わけ~ (2, 0.0%)

1 をむすん, をわり

▼ わけ知らず~ (2, 0.0%)

1 であつ, の言葉

▼ わけ知りで~ (2, 0.0%)

1 學が, 自分を

▼ わけ~ (2, 0.0%)

1 にかじりつい, の塊

▼ わけ竹山~ (2, 0.0%)

2 に想像

▼ わけ~ (2, 0.0%)

1 一群は, 三伊達家文書巻之

▼ わけ~ (2, 0.0%)

1 であった, のよう

▼ わけ違い~ (2, 0.0%)

1 である, と申し

▼ わけ隔てなく~ (2, 0.0%)

1 快活に, 誰へも

▼ わけ~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ わけ難き~ (2, 0.0%)

1 かなしみは, 香を

▼ わけ~ (2, 0.0%)

1 のおさな, のかみならね

▼1* [318件]

わけああなんに, わけあいなのか, わけあいらしいんです, わけあかぬ山の, わけあす紐育に連れ, わけあねえからの, わけありじゃな, わけあるものなり, わけあるいは水の, わけいっていく, わけいり野生の, わけうしろでまるめる, わけえんだからね人さま, わけわかりでしょう, わけおしくま王忍穂井忍坂など, わけかからだが, わけかた質問の答えかた, わけかといふことを, わけかなと初めて気づいた, わけかなどと質問を, わけかねむやみと, わけかはわからないが, わけかまぼこのよう, わけがさがさと駈け降り, わけがたい細路を, わけがねえそう考える, わけがらはいま, わけききたいわ, わけぎのぬたも蒔絵の中, わけくらゐに, わけだ, わけければならぬ, わけこいつは無理, わけこし里の, わけこめかみのところ, わけこれを見, わけぞんじ, わけさえわかれば, わけさきほどの無礼, わけさ内乱だね, わけさ被害甚大ってわけ, わけざっとこんな筋, わけしかしそんな語り口, わけしずしずとあらわれた, わけしたところが先生, わけしたいと思つて, わけしたくないのです, わけしってるか, わけしとるぞ, わけしなさるつもりだ, わけしらずのおぼこ, わけじゃの違うまい, わけすなわち仮名遣が, わけそしてそんな状態, わけその一と, わけそれからウードレー紳士は, わけそれぞれにかつい, わけだい詳しく話し, わけださうですよ, わけだして見る, わけだったらいかにも筋, わけだったろうか, わけだなアに, わけだ出代り季節ぢや, わけだ言ってみろ, わけてかの女の, わけてさえくれたならわし, わけてでもやつた, わけてもと私を, わけであったろうまた支那日本, わけでありましたらばそれ, わけでありまするが, わけでありませぬから況や, わけであるしたがつて福田平八郎氏, わけであんめえ, わけでいつさいの, わけでかういふ不良青年兄弟の, わけでかくまで身, わけでかけ違ってお, わけでがあしてな, わけでころげ廻って逃げる, わけでございましたなら米友さんを, わけでございまするか, わけでございます殺されたその女, わけでございます習いたいは山々, わけでございませうぞい, わけでござらうの, わけでござんすで, わけでござんすいったい, わけでしたならばこちら, わけでしたらなんです, わけでしたら喜んでお, わけでしたろうか, わけでたずねて来, わけでないならばすべて, わけでなかろうかと思います, わけでなくってあるいは, わけでなくとり立てて礼讃, わけでなく亡くなった内儀さんにも, わけでなく亡くなつた内儀さんにも, わけでなく取わけ意地悪を, わけでなく帰すところ相, わけでねえからどこ, わけでひっくるめて一日八時間, わけでふとんも箪笥, わけでへッへ, わけでほむべき, わけでまつたく進退両, わけでもねえによ, わけでもねェほしい者, わけでやしてどうか, わけでやすか, わけでやむをえず短銃を, わけで云わば一つ, わけで借り倒して江戸, わけで光りを仰ぐ, わけで入ってからがなかなか, わけで出ていく, わけで出来るそばから, わけで別れることも, わけで勝ちあげた十五万法は, わけで取りも直さず, わけで喜んでゐる, わけで困る事なんか, わけで寝ていなけれ, わけで差しつおさえつやっていた, わけで引張って来た, わけで従ってそこ, わけで思い当るのは, わけで思へば一向, わけで意気込みときたらすばらしいもん, わけで押しつけられたのだ, わけで招ぜられて客殿, わけで捨て売りに売った, わけで残されたる江戸だ, わけで申しあわせてそちら, わけで知るかぎりの, わけで舐め筆の, わけで落ちついている, わけで行ってみる, わけで見るもぶ, わけで訝かしい思ひのした, わけで起きている, わけで逃げ出したような, わけで連立つて酒, わけで隣り交際も, わけで集まった醵金は, わけで頼まれた宿の, わけところがいま言った, わけどう割り振るの, わけどすよってあんたはん, わけどんどん脇道の, わけなすって, わけなぞはないと, わけなどではありませぬ, わけなども或は其辺, わけなら置いてやる, わけなるもかく, わけなんぞ有りゃしません, わけなんぞができましょう, わけにくくして, わけについてカロチ教授は, わけにばかりはいかないの, わけねえさ, わけのねエ話ヨ, わけのみならず連盟脱退後, わけはござりませぬのに親方, わけはと問えば, わけはねえとは理窟だ, わけはねエいくら柳原, わけはやこの上, わけ水に, わけばかりの疎い光り, わけひとくみの十人, わけひどくなったの, わけへだてないおものがたり, わけほどにでも女たちが, わけへがあるだらう, わけまあそれは, わけまたは杖とか, わけもござりませぬな, わけもなくむツ, わけやったら私も, わけやらゆうべからの, わけゆえ結局どこまで煩い, わけよりもそうして美佐子, わけらしくお庄, わけらしく言うと先生, わけわからずともその, わけわが導者の, わけをとつこうつ抱いて, わけねえが, わけエライ時に来た, わけニハまいらずと, わけは中山, わけ一ついわずいっこう, わけ一万円ほど東京, わけ一直線に走っ, わけ一隊は芝浦港, わけ万一滑り落ちたらどう, わけ三方四方みな好いに, わけ乍ら生得の大きな, わけ争う二人を, わけ二十分で手, わけ京都といっ, わけわかりました, わけ以上のもの, わけ仮りに作られた, わけ何んなもん, わけ佩剣を鳴らし, わけるとき, わけ兄貴どうか, わけ入って木材, わけ入らむ憂き, わけ入らねばならぬ, わけ入りひそかに鉱脈, わけ入り滝の下で長い, わけ入り腰を下し, わけ入り道なきかと, わけ入る右は, わけ入れば, わけ出る蜂の, わけ別々に生きる, わけ前者の方, わけ前額の方, わけ十五分ののち, わけ半分に産婆, わけ取りを心がける, わけ受けよ, わけ合つたぼくだから, わけ合ひだが矢張り斯, わけ合ひではない, わけ合ひとは思はない, わけ吸って居る, わけ執心なの, わけ塩胡椒をふり, わけ威張りで, わけ天ツ舟にのっ, わけと一緒, わけはその, わけ子供に食べさせ, わけ宮川の池, わけ小相さんがよかろ, わけをよじ, わけ岩腹をよぢ登つて, わけ島田邸を出発点, わけのうえ, わけのく, わけ意地悪をする, わけにもつかない, わけ憎いのであります, わけ憎くかつた, わけ懐かしいとき, わけで探り当て, わけ折角立ち寄って, わけ抜け目のない, わけ押しわけてジワリジワリ, わけに掘り出す, わけやはり第, わけうなるとけ, わけ新劇の舞台, わけ日ごろの気性, わけ明白なる理, わけ木寄師がまずかっ, わけ木立の中, わけでこの, わけ校長に聞い, わけは出かけた, わけ河原へ向った, わけのふち, わけ清川虹子が京都, わけ溝板でもたたい, わけ灌木の中, わけの廻り, わけ器量でも, わけ無しだね, わけ田中三郎のこと, わけ登ってくる, わけ知つてゐるか, わけ知らの, わけ知らせぬが可, わけ知らぬ無粋なこなさん, わけ知りらしい五十代の, わけ研究は学校, わけ秀歌という程, わけ突如あ, わけを巻く, わけ米屋酒屋へも亦, わけ羅臥雲とて清人, わけ美しいぜ, わけで聞きわけた, わけ聞かしてちょうだい, わけ聞かせてください, わけ聞きわけた一つ一つの, わけ聞きわけるのであっ, わけ聞く耳も, わけひくだりて, わけ行かん草葉の, わけ行きにけり, わけ衣裳を拡げ, わけ衣裳道楽とカルタ遊び, わけ當は, わけ親密だった友松, わけ観念ととり, わけ話しましょうね, わけに幸福, わけ踏わけやつて, わけ近頃はあまり, わけをそれだけ, わけ重なりてま, わけ重大な意見, わけ隔てないくつろぎだけに話, わけ難い調べも, わけ順序をつけ, わけ頼母が狼狽, わけをたづ, わけをたくわえ, わけ鮮麗な緑色