青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わが国~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わからない~ ~わからなかった ~わからぬ わからぬ~ わかり~ ~わかりません ~わかる わかる~ わかれ~ わが~
わが国~
~わき わき~ ~わけ わけ~ ~わざと わざと~ ~わざわざ わざわざ~ ~わし わし~

「わが国~」 1490, 16ppm, 7009位

▼ わが国~ (621, 41.7%)

7 現在の 4 ごときは, 現状を 3 天狗に, 文化の, 文明が, 演劇が, 神, 神社仏閣に

2 [33件] ありさま, ことを, この種, ように, インテリゲンチャの, 事情を, 人々は, 作家の, 劇作家が, 劇場の, 国体を, 学者によって, 宗教は, 将来を, 小説から, 教育は, 文化を, 文明を, 新劇が, 新劇は, 新劇を, 有名な, 比に, 民間にては, 気候に, 海岸を, 状態を, 現代劇を, 現状から, 私小説家には, 識者は, 韋提希夫人が, 風習に

1 [522件 抜粋] あずさか, ありさ, いは, いわゆる, かくあるべき, かたき討, この唯物論反対哲学, ごときその, ごときアジア, ごとき一将功名, ごとき他, ごとき生物学, ごとくロシア, すこし程度, そここ, ために, どこにも, ねろとも, は之, ほかひ, ものと, やうな, やうに, ような, アカデミシャン達に, アカデミー哲学の, アカデミー派の, アーサー王物語の, インテリゲンチャにとって, インテリゲンチャも, インテリゲンチャ層は, インテリ問題提出の, ジャアナリズムに, ジャーナリズムは, ジャーナリズムも, ナイーヴな, ファシズム経済理論は, ファッシズムは, ブルジョアジーが, ブルジョア哲学の, ブルジョア哲学は, ブルジョア哲学界に, ブルジョア文化社会に, ブルジョア文壇でも, ヤマト靴の, 一ばんえらい, 一時代の, 七つの, 三都と, 上古の, 上層に, 上流社会全体の, 不利けだし, 世論に, 中学校の, 中等以上の, 主要な, 事情の, 事情は, 二倍あり, 人々が, 人の, 人は, 人民なり, 人民に, 人相は, 今日の, 他の, 伝統の, 伝統主義者を, 伝統的精神すなわち, 伝説に, 作家が, 作家達は, 保護を, 修道院に, 修道院における, 修験に, 修験巫女卜者の, 修験者の, 俳諧を, 偉い茶人, 僧侶は, 先儒, 先輩たちは, 児童の, 兵器は, 内に, 再軍備, 冠礼に, 冬期の, 出版事業は, 出版読書界を通じて, 初期の, 利害と, 剣劇の, 創作劇も, 劇作家として, 劇作家の, 劇場文化が, 劇壇に, 劇文学が, 劇文学に, 博覧会や, 印象派の, 厭世自殺を, 反宗教闘争, 古い寺院建築, 古い文化, 古い神話, 古代には, 古代宗教の, 古伝の, 古典は, 古典文学には, 古典的屋内装飾は, 古刹にて, 古墳時代と, 古墳時代の, 古彫刻, 古書について, 右に, 各宗, 各社会層, 吉田卯三郎博士の, 呪言なる, 哲学は, 哲学界を, 哲学者の, 哲学者は, 商品, 嘗ての, 噴火口では, 固有に, 国体は, 国学, 国民性の, 国粋哲学, 国粋哲学と, 国風なる, 地位を, 地球物理学者の, 地震学者が, 地震学者や, 坊さんの, 場合では, 場合は, 場合を, 声楽, 売卜と, 外交的立場を, 多くの, 大多数, 大学という, 大岡越前守とも, 大幸という, 大河たる, 大社寺, 大都会, 大黒に, 天狗と, 夫と, 女性史には, 如き劇場, 如く冬季, 妖屋談を, 妙義山を, 婚姻史では, 婦人は, 子弟を, 存亡の, 学問も, 学問中に, 学生の, 学者に, 学者は, 守り札の, 安寧秩序を, 宗教の, 宗教を, 宗教家神官僧侶を, 実情な, 実情についても, 実情を, 実情問題として, 実際で, 宮参りの, 寺院に, 寺院の, 対外政策外交を, 対支国是と, 封建は, 封建制は, 専門家から, 小説や, 少くも, 山岳に, 山川の, 山水に, 山河は, 工業拙, 左翼文化団体, 巨大なる, 市子口寄せの, 帝国大学の, 帝大及び, 師直秀吉と, 平和と, 平均的な, 庵室に, 建築造船裁縫鍛冶機織製陶などの, 形勢を, 彫刻の, 彫刻性という, 思想をも, 思想界では, 怪談中最も, 恋歌に, 恥辱だ, 恥辱である, 情勢は, 或る, 戯曲家によ, 技術の, 技術家が, 技術家達の, 指導者達は, 指導階級殊に, 改進論派は, 政府や, 政教の, 政治が, 政治といふ, 政治は, 政治家ことに, 政治家たちが, 政界を, 政論は, 政論派は, 教会ことごとく, 教育家画家詩人ならびに, 数学の, 数学は, 数学教育史については, 文人は, 文人中で, 文人墨客たちの, 文化についても, 文化ファッシスト諸君は, 文化全体を, 文化史を, 文化水準を, 文化発達の, 文壇に, 文壇においては, 文壇は, 文学に, 文学史に, 文学史中に, 文学者が, 文学者は, 文教が, 文物の, 文物制度は, 文部省の, 新しい文学的戯曲, 新しい生活様式, 新劇俳優が, 新劇界, 新劇研究は, 新時代, 新派劇程度の, 新聞や, 新聞紙, 新聞紙と, 新聞雑誌に, 既婚未婚の, 日光の, 日曜に, 明治初期の, 明治時代だ, 昔からの, 昔の, 映画界の, 映画界や, 暖国には, 暦学は, 書に, 書店や, 書物では, 曼陀羅ならん, 曼陀羅なりと, 曾呂利咄しのごとし, 最も上手, 最も代表的, 最近の, 有力な, 有名なる, 有様に, 有為な, 木造建築の, 未来の, 本屋の, 村落僻邑に, 果実も, 某方面, 根本である, 梅の, 梅雨季の, 植物学者が, 植物界でも, 模範林制と, 歌を, 正反対, 正月元日の, 歴史に, 歴史は, 歴史家が, 歴史家には, 歴史研究が, 殯の, 殺人事件に, 民主主義は, 民主化に, 民俗である, 民俗の, 民家の, 民族教である, 民権論派は, 民衆思想は, 気象状態は, 水の, 沙翁近松は, 河童だろう, 法典を, 法学界にも, 法学者は, 法律と, 浄土宗は, 海軍飛行機の, 温度には, 演劇という, 演劇に, 演劇の, 演劇は, 演劇史に, 演劇愛好者は, 演劇界の, 演劇界は, 演劇的伝統からは, 演劇的饑饉を, 漢文では, 為政者は, 無敵駆逐艦とか, 熊沢蕃山は, 熱海に, 物らしく, 物質文化も, 特殊な, 特殊性を, 特段な, 状態は, 狂言には, 狐憑き神憑り魔憑き, 狐狸の, 王冠は, 現下の, 現代の, 現代作家は, 現代作家中特異な, 現代劇は, 現代文学に, 現代的風景で, 現在に, 現実は, 現状として, 現状に, 現状は, 生命を, 生存独立の, 生徒なり, 生産技術一般の, 産業は, 産物として, 田舎には, 田舎を, 田野を, 発展に, 発展の, 皇統連綿たる, 真宗の, 知識層が, 研究所では, 確実なる, 社会に, 社会には, 社会教育地方教育民間教育に, 社会状態に, 社会生活の, 社会的弊風で, 社会組織を, 神を, 神仏二道は, 神器だ, 神官の, 神林には, 神池神林が, 神社建築宏大ならず, 神社神林池泉は, 神話が, 神話伝説中にも, 福の神シナで, 科学や, 科学力は, 科学水準の, 科学的な, 科学的研究において, 科学者が, 科学者の, 科学者や, 移民ここに, 精進潔斎と, 純文学は, 索漏, 統一国家としての, 織物の, 義務教育なる, 習俗にも, 翻訳について, 老人または, 耕地なる, 肖像画という, 自然と, 自然の, 至る処, 興行界が, 興行界と, 舞台に, 舞踊家ならびに, 艦船には, 芝居道では, 花見か, 若い社会科学者, 英雄だ, 葬式に, 虚を, 蛇の, 衆議院は, 表現芸術に, 裁判も, 裁判官は, 裁断をも, 製艦技術が, 観光事業は, 言葉が, 言霊とを, 詩歌に, 誇りです, 誇りとも, 誇るべき大会社, 説教者の, 読者に, 誰の, 論文作家の, 諸例, 諸学者, 議会の, 護摩札の, 路傍に, 軍艦が, 軍隊が, 農業は, 農民が, 農民は, 近代的青年であった, 近代芸術が, 通信事業は, 進歩的, 運動会にて, 道徳の, 郡会医の, 郷社村社の, 都市の, 重大な, 野外とは, 鉄道では, 関心事と, 陶器は, 雪華研究の, 風俗が, 風土に, 風土の, 風景が, 風潮の, 風習賓頭盧尊者の, 風詩人は, 飛行機の, 食べものが, 食物は, 食糧事情という

▼ わが国~ (193, 13.0%)

10 於て, 於ては 4 ありては, 於ても 2 あるもの, 於ける, 於ける反, 於ける新劇運動, 於ける最初, 渡来し, 生ぜんと, 紹介された, 行わるるところ, 輸入され

1 [145件] あったか, あてはめて, ありて, ありても, あるヤソ新教, ある僧侶, いたすこと, かぎらずどこ, この制度, それ以来ほとんど, とどめた, とれば, なかった, なると, ひとり天狗の, ふさわしい真実, ふるくから, まだ一つ, むまれんとおもわんものは, もし正当, やうやく, ゐた外人たち, 一という, 一人でも, 一億金すら, 亡命し, 仇を, 伝ったもの, 伝は, 伝わったの, 伝わった晩, 伝わって, 伝わり鳥, 伝来した, 伝来する, 伝来せる, 伝染し, 似たるや, 何の, 健全な, 備わるよう, 入って, 入りて, 入り人みな東西, 入るの不利, 入るは, 全く動かすべからざる, 到来する, 古くミヅチ, 古く行, 多く歓迎, 天狗談の, 如何なる種類, 存在し, 寄せて, 専門的新劇団の, 帝国議会という, 平和を, 広く紹介, 得たこと, 忠誠を, 念仏の, 拡張し, 於いて, 於いては, 於いても, 於けるもの, 於けるファシズム哲学, 於けるブルジョア哲学, 於けるプロレタリア文芸, 於けるマルクス主義, 於けるロマンティーク, 於ける二, 於ける代表者, 於ける優れた哲学者, 於ける厚生運動, 於ける反動哲学, 於ける哲学, 於ける唯物論哲学, 於ける啓蒙活動, 於ける多く, 於ける学校卒業生, 於ける戯曲壇, 於ける所謂, 於ける文壇, 於ける文学界, 於ける新劇不振, 於ける新劇俳優, 於ける新聞, 於ける既成, 於ける最も, 於ける最近, 於ける演劇, 於ける独創的発見, 於ける理論的, 於ける翻訳劇上演, 於ける西欧ヒューマニズム, 於ての, 来て, 欠けて, 歓迎されない, 正しく移し, 比べると, 法律あり, 流布せる, 渡来した, 潜入させた, 特有で, 特有な, 特異な, 現れた文学運動, 理科的精神の, 産する, 用うるも, 留まって, 発生した, 知られたばかり, 禅宗を, 移したの, 移すこと, 移すべからざるもの, 移住帰化した, 移植された, 紹介される, 紹介する, 紹介せられた, 肺患者の, 行なわれた米価調節, 行わるるもの, 行わるる吉凶鑑定法, 行われたるもの, 行われつつ, 贈ろうという, 起こったなんら, 起らんこと, 逃げ帰りとうとう, 運搬する, 適用すべからず, 適用する, 適用せん, 還って, 限るに, 類するよう, 駐在し, 高山が

▼ わが国では~ (73, 4.9%)

2 新聞雑誌に, 罪を

1 [69件] あちこちで, あまり知られ, いっこうめずらしく, このイデオロギー, この方面, これだけの, これに, これは, そういう古い, そうした方面, その傾向, それらの, それを, それ程文化, たまふりといふ, どうかと, どうしても先決問題, まだ官営, ラジオの, 一人前に, 之に, 之まで, 何か, 何は, 先づ第, 刀剣鍛冶の, 前例の, 却って生物学者, 又わが国, 各種の, 同じアイヌ種, 同様式の, 坊主の, 外国人に, 多く小山, 女神の, 如何なる船, 学問と, 学者と, 寧ろこの, 寧ろ小説家, 技術系統の, 教育の, 文学と, 文学にも, 文芸家や, 新体制下, 映画俳優と, 有史以後長期間にわたって, 有史以後長期間女性の, 植物に, 氏の, 江戸時代に, 牛馬が, 特にこの, 特に小児, 珍しい既に, 珍らしい, 現在文芸乃至, 生れ得ないもの, 紺が, 綺麗に, 耳を, 許されて, 輿論は, 農学や, 金魚飼育は, 類例の, 食糧飢餓を

▼ わが国~ (62, 4.2%)

2 いかなること, 今さかん

1 [58件] あまりにはなはだしい, あらゆる方面, いかにし, いったいどの, いつも氷, いよいよ憲政, いわゆる東洋, かくの, かつて統一戦争, こういうふう, この国土, これから先, これまでの, しからず, そうである, てには第, どんなあり, ねらわれて, はるかに, まるで原始社会, むかしから, もちろん世界, もっぱら西欧文明, もと肉食, ヤソ教国に, 一度は, 上下貴, 世界の, 今より, 今後の, 今日なお, 今日より, 他の, 代って, 伊太利軍には, 全国いたる, 全国東西を通じて, 前述の, 勝ちました, 勝ったん, 四十隻の, 大正の, 天然に, 天然物を, 実に新旧日本, 帰朝中だった, 戦争最中だ, 明治維新とともに, 最近ナチスの, 木造の, 欧米の, 歴史に, 現代に, 現在他の, 米国と, 芸術において, 貧乏国で, 首尾よく

▼ わが国~ (46, 3.1%)

2 盛んに

1 [44件] いう, この類, これを, そういう原始芸術, できるよう, はじめての, もしあれ, ヒヒと, 一流の, 之とは, 人気ある, 古く法師, 啓蒙と, 地球物理の, 奨励され, 学者の, 寅年に, 年々火災の, 広く散在, 弓を, 恐らく今, 数年前に, 普通に, 書かれたもの, 最も早く, 最も権威, 最も深く正しく, 流行する, 物質と, 理科を, 発表され, 発表された, 研究し, 社会科学と, 神様が, 祭る, 第一流, 米英の, 考へら, 色摺版画の, 軽喜劇, 鈴木清太郎藤原咲平田口, 鶏声を, 黒板が

▼ わが国でも~ (40, 2.7%)

1 [40件] ある程度まで, こうした哲学的, すでに二百三十年前, すでに大森博士ら, それに, ヘーゲル復興が, 下人を, 之が, 今ごろ線香花火に関する, 凶事の, 古くは, 古来虎を, 唯物弁証法的創作方法という, 土俗学的の, 土橋的トーキーが, 大体その, 大和の, 大正末期ごろには, 奈良朝の, 学問, 実業家政治家の, 実際上そう, 富士山とか, 座興として, 建仁寺の, 情報局は, 文学に関して, 既に幾人, 日本主義や, 明治四十一年, 時折り, 暫く前, 欧州大戦以前には, 毎年四五月ごろは, 生産技術家乃至, 竜巻と, 自分の, 進駐軍が, 非常に, 鼠落しを

▼ わが国には~ (39, 2.6%)

2 わが国固有の

1 [37件] この三層, ずいぶん淫祀, なかった, なかつた現象, ほんた, まだなかなか多い, みられるよう, わが国独特の, ヤソ教に, レッキと, 一帝国大学あり, 上御, 主要な, 今に, 他の, 偶像を, 元来ファシズムなどという, 十三宗五十数派いろいろ, 千百年来わが, 古より, 古来神道だの, 名字拝領実名拝領という, 国法で, 帝者の, 幽霊軍隊が, 幽鬼も, 形づくられて, 政治新聞を, 教育も, 曲がったもの, 根強く存在, 比較的に, 洋館らしき, 神ながらの, 科学小説時代という, 美術界に, 過去において

▼ わが国~ (28, 1.9%)

4 して

1 [24件] みよう, みれば, 併呑せん, 勝たせねば, 守らんには, 守るが, 守るため必要, 富ますの, 富ます事, 少なくとも一旦は, 後進より, 抱きこみ併せて, 救って, 無階級, 目標に, 真の, 競争の, 見て, 訪れた, 誣いようと, 買いかぶって, 領制する, 風靡し, 風靡する

▼ わが国において~ (27, 1.8%)

2 歴史の

1 [25件] いまだ私人, これを, それの, とくに国防, ほとんど科学, もっとも憂うべき, インフレーションの, ドイツ哲学の, マルクシズムの, 一の, 一も, 人という, 全く有, 北半球の, 古来最も名高き, 国会を, 希有な, 数学に, 新論派中, 法律が, 火災特に, 神の, 紙の, 見るべからざる現象, 金五十銭ぐらいの

▼ わが国~ (20, 1.3%)

1 [20件] いきいきと, いまだ一等国, これだけ, です今, 一体いけなかった, 不利益の, 今日の, 今日一等国と, 困りきってるのに, 天下を, 太青, 完全なる, 当面し, 敗けては, 明治維新この, 特殊国たる, 現在いかなる, 石炭といつても, 露国に, 首尾よく

▼ わが国にも~ (19, 1.3%)

1 [19件] あるという, かなりの, やつと, モルモン宗あり, 一台ぐらいは, 前から, 及んで, 古来さまざま, 唯一つ, 嘗ては, 多くの, 多少伝へられ, 大そう水, 実在した, 新武器, 昔は, 知られて, 紹介された, 輸入され

▼ わが国にて~ (15, 1.0%)

2 豚を

1 [13件] いえば, いろいろつけ加えた, もっぱら行われ, 古来最も名高き, 古来海上に, 天狗の, 布施と, 狐を, 狐狸を, 瘧を, 神仏に, 見るべからざるもの, 説教に

▼ わが国における~ (14, 0.9%)

1 [14件] これらの, フランス法派の, 今日の, 住宅難が, 全色盲, 写真の, 土地所有の, 外国語の, 従来の, 文化的人民戦線樹立の, 現在の, 社会科学研究の, 科学の, 薬師すなわち

▼ わが国~ (12, 0.8%)

1 [12件] 一しょに, 事情を, 他の, 同じからず, 境遇事情を, 大いに異なる, 正反対に, 相へだたる, 貴国とは, 趣を, 隣の, 雖も

▼ わが国~ (10, 0.7%)

2 の力, をし 1 がいかに, がかよう, にし, に見せ, の土地, はその

▼ わが国古来~ (9, 0.6%)

21 のあらゆる, のいわゆる, の文学精神, の演劇, の絵巻物, の習俗, の風習

▼ わが国においては~ (8, 0.5%)

1 この制度, たちまち飢饉, どこまでも, なかなか見えない, 全く初め, 特に困難, 甲が, 貧富の

▼ わが国独特~ (8, 0.5%)

3 の目標 1 のもの, の分け, の呼び, の性質, の独創哲学

▼ わが国においても~ (7, 0.5%)

1 このこと, せめては, だいたいこれ, どこの, 儒教の, 種々なる, 郵便電信鉄道等は

▼ わが国にては~ (7, 0.5%)

2 今日これを 1 これを, そが, 神道の, 紅葉山人が, 霊魂に

▼ わが国~ (7, 0.5%)

1 仇を, 呼び入れて, 持込まれた時, 渡航せん, 襲来した, 輸入する, 連れて

▼ わが国固有~ (7, 0.5%)

2 の風習 1 の哲学, の学問, の政治, の民衆思想, の演劇的伝統

▼ わが国などに~ (6, 0.4%)

2 於て, 於ては 1 於ける例, 見られる資本主義社会

▼ わが国での~ (5, 0.3%)

2 日想観の 1 例である, 映画芸術論には, 検閲の

▼ わが国などで~ (5, 0.3%)

1 一時流行した, 一等欠け, 一般に, 啓蒙という, 最も流行

▼ わが国従来~ (5, 0.3%)

1 の, の宗教中, の教え, の説明, の風俗

▼ わが国今日~ (4, 0.3%)

2 の勢い 1 のあり, の教育上

▼ わが国文化~ (4, 0.3%)

1 の再建, の将来, の発達, の諸

▼ わが国現代~ (4, 0.3%)

1 の, の少年たち, の戯曲作家, の所謂芸術的

▼ わが国現代文化~ (4, 0.3%)

2 の特殊性 1 の最大, の水準

▼ わが国から~ (3, 0.2%)

1 姿を, 相ついで, 遣隋使

▼ わが国などでは~ (3, 0.2%)

1 あまり重大視, ジャーナリズムと, 一般の

▼ わが国にても~ (3, 0.2%)

1 ずいぶん古代, 信教自由の, 各寺院

▼ わが国にとって~ (3, 0.2%)

1 たいへん役, 国宝的な, 最も必要

▼ わが国伝来~ (3, 0.2%)

1 の歌舞伎劇, の演劇, の風習

▼ わが国古代~ (3, 0.2%)

1 にも既に, の歌垣, の立派

▼ わが国在来~ (3, 0.2%)

1 の怪談, の文物, の演劇

▼ わが国文明~ (3, 0.2%)

1 の急, の有様, の進歩

▼ わが国特有~ (3, 0.2%)

1 の天然風景, の気象, の自然環境

▼ わが国現在~ (3, 0.2%)

1 の事実, の情勢, の裁判官

▼ わが国からは~ (2, 0.1%)

1 福島少将の, 西園寺侯が

▼ わが国でもて~ (2, 0.1%)

1 ふとりの, 囃される演芸

▼ わが国などの~ (2, 0.1%)

1 従来の, 技術家や

▼ わが国に対する~ (2, 0.1%)

1 妥当でない, 憎悪の

▼ わが国~ (2, 0.1%)

1 これに, 将来欧米の

▼ わが国よりも~ (2, 0.1%)

1 西洋の, 軽きが

▼ わが国一般~ (2, 0.1%)

1 に行なわれ, の経済事情

▼ わが国並びに~ (2, 0.1%)

2 東亜から

▼ わが国~ (2, 0.1%)

1 の情勢, は書紀

▼ わが国又は~ (2, 0.1%)

1 わが国に, 世界を通じて

▼ わが国建国以来~ (2, 0.1%)

1 おそらく現代, の精神

▼ わが国新劇運動~ (2, 0.1%)

1 の指導者, の歴史

▼ わが国独得~ (2, 0.1%)

1 の文化, の書風

▼ わが国現今~ (2, 0.1%)

1 の宗教, の理化学全盛

▼ わが国~ (2, 0.1%)

1 の正し, の特異性

▼1* [121件]

わが国いまだ公認教の, わが国からの視察者の, わが国からもヒマラヤに, わが国がらの大いなる, わが国これと交際, わが国そのものが浄土, わが国だけでは, わが国だけがそれを, わが国だけに固有な, わが国でなければ見られない, わが国とかの国との, わが国として稀有の, わが国としてはそう沢山, わが国との合戦の, わが国とをくらべて, わが国などでも非常に, わが国などと同じである, わが国などにおいては特につつしまね, わが国なんぞあえてその, わが国においてかのミッヅル・カラッスの, わが国においてをや, わが国におけるよりはむしろ大, わが国にかけてもろもろの, わが国についてこれを, わが国についてのみ云つてゐる, わが国にとってもたったお, わが国にまで及ぶに, わが国のみならずどの, わが国はじめての恩賜賞, わが国ばかりでは, わが国ばかりに於ける事情, わが国ひとたびヤソ教を用, わが国びとは信心ぶかく, わが国への渡来が, わが国へは支那から, わが国ほど都合よく, わが国みずからの古き, わが国よく汝の, わが国よりほかに, わが国よりははるかに, わが国パン食将来の隆盛, わが国ヤソ教を用, わが国一般国民の科学力, わが国万古不変の国体, わが国三四月の春色, わが国三百年来の否三千年来, わが国上古の社会制度, わが国中世の戦闘史上, わが国二千年の伝統, わが国今後の演劇政策, わが国信仰の最古形, わが国信教の自由, わが国備前の海蛭, わが国児童のため, わが国公園中にいまだ, わが国出来の或, わが国初めての楮銭, わが国北陸道の晩秋, わが国にも田道将軍, わが国史上に一大汚点, わが国哲学界の実情, わが国唯一の現代劇, わが国商業劇場の習慣, わが国固有文化に関する研究, わが国士族以上の人, わが国大正期の文壇, わが国工芸品の粋, わが国彫刻技術の伝統, わが国徳川時代の関門, わが国の武家式事, わが国攻略を狙っ, わが国放送局の事業, わが国政党の嚆矢, わが国政教の関係, わが国発見の, わが国新劇の創始時代, わが国新劇運動これは厳密, わが国新聞発達史の一ページ, わが国日本に平和, わが国旧来の宗教, わが国映画批評家の一考, わが国最初の法典, わが国最古の金石文字, わが国有形上の文明, わが国曽有の, わが国本願寺宗のごとし, わが国東京その他各都府, わが国植物学界の権威, わが国植物書中の最も, わが国民主化に最も, わが国民族文学の上, わが国治乱の沿革, わが国演劇の現状, わが国無産階級運動の正常, わが国物質的の文明駸々, わが国特産の千代紙人形映画, わが国独立の年号, わが国現代ブルジョア哲学そのものの優秀, わが国現代作家の新しい, わが国現代文芸の興隆発達, わが国現代演劇の貧血, わが国百万の胎児, わが国百工の興隆, わが国目下の急務, わが国の漸く, わが国神仏混淆の歴史, わが国経世の士, わが国経済界の実情, わが国維新以来人の汲々孜々, わが国自由法運動の最も, わが国西南地方の山中, わが国見れば, わが国観音を拝, わが国学者の, わが国勝の, わが国貿易の輸出不振, わが国輸出のほとんど, わが国農村婦人の惨澹, わが国過去の歴史, わが国は最も, わが国鉄道の初め