青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「わかれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

わかった~ ~わからない わからない~ ~わからなかった ~わからぬ わからぬ~ わかり~ ~わかりません ~わかる わかる~
わかれ~
わが~ わが国~ ~わき わき~ ~わけ わけ~ ~わざと わざと~ ~わざわざ わざわざ~

「わかれ~」 1202, 13ppm, 8480位

▼ わかれ~ (497, 41.3%)

16 いる 12 いて 11 いるの 10 いた 4 いたの 3 いたが, しまった, しまったの, ゐる, 半七, 来た, 私は, 行った

2 [20件] いても, いました, いるが, いるところ, うちへ, おのおの銀鱗, おりまして, きた道, しまって, しまふ, バスに, 一つは, 一方は, 伸子は, 器械の, 居る, 敵の, 来るの, 独りで, 馬琴は

1 [380件] あき家, あくる日は, あそこに, あちこちの, あばれて, あまねくひとつ地上, ある, ある者, いそぐ足音さむざむ, いたずおん, いたなつかし, いた富樫, いた感じ, いた間, いった, いった伝六, いつた夜なか, います, いますか, いますからね, いよいよ独り者, いるかの, いるから, いること, いるし, いるだけに, いると, いるので, いるのに, いるもっと, いるよう, いるらしい, いるらしかった, いる京都, いる仮屋, いる味方, いる横町, いる素一, うら庭, おうち, おたがいに狭, おのおのその, おのおの重要, おもいおもいに, おりその, おり路地, かえって行きました, かきねの, きたばかり, きぬる窓, きは, ここから, こっちへ, この方はじめて, この湖, こんどは, こんもりと, ご案内, さっさといっ, さんぜんと, しかも時勢, しまいました, しまいます, しまうか, しまうだけ, しまうなんて, しまうん, しまえと, しまったか, しまつたのである, しまつて, しまひました, しまふだけ, しまふつて云, しまふの, しまふんで, すぐ作業, すすみ合して, そうしてあの, そのへん, その一部最初, その乳母, その以来三十余年, その左, その陣地陣地, それから先, それから目, それから膝頭, それが, それぞれの, それぞれ一列横隊に, それへ, ぞくぞくと, たちどころに私, たちまち新しい, てめえだって, できるかぎり, どっちを, どやどやと, のぼる月, はや乱入, ひそかに, ひとつは, ひとまず不二屋, ひとりで, ひとり御, ひとり朝, ひとり死出の山三途の川を, ひとり町を, ひとり空の, ひとり遠く, ひとり降り, ふしぎな, ほうぼうに, また, また海, まだどっち, まづ水雷, まみえること, みれば, めいめいの, もう一つ, もどる木の実, ものものしく警戒, やすんで, やったほう, やっと, やみの, やるという, ゆかねば, ゆきました, ゆくながれ, ゆくの, わが導者, ゐた友達, ゐて, ゐなかつたの, ゐるところ, ゐるので, ゐるもの, ゐる無数, キューッと, グウグウ眠っ, パントムの, フランス船の, モーターボートは, リヨンへ, 一ツは, 一人にな, 一人旅を, 一人有楽町の, 一方には, 一方の, 一日泣くべき, 一軒づゝ焼けました, 七年に, 三人の, 三十年の, 三十歩また, 下る, 両方から, 両翼の, 両膝, 中国探題の, 争い群雄みな覇王を, 争うという, 争うよう, 二つの, 二人ございます, 二人連れに, 二年目の, 二年近くにも, 二日二晩の, 二軒の, 互いに区別, 五六人ほど, 人なかを, 人類と, 今では, 今度は, 仕事を, 仮名の, 伝承され, 住んで, 例の, 供に, 信長の, 備えを, 光悦と, 入った, 八門の, 共に片時, 出た言葉, 出発した, 別に一人, 前進し, 北上した, 匿れ込んだ, 厳かに, 去る, 反対し, 右へ, 右手へ, 各, 各所に, 吉例の, 向いあい以下, 呉の, 味方の, 喧嘩を, 四十面相の, 四方に, 四方の, 四段命令形には, 国へ, 園井家のへ, 城へ, 堅く守っ, 堺へ, 大広間には, 大手を, 妙なにらみあい, 孔明の, 室の, 室内を, 家さがし, 家の, 家へ, 宿命的に, 宿舎へ, 寝なけりゃならないはず, 寝室に, 尊氏の, 小太郎山へ, 居て, 居なかつた時代, 居るの, 居酒屋の, 山の, 岸へ, 峠を, 島田君の, 川上機関大尉の, 帰った, 帰りかけると, 帰りました, 平野君の, 幾島暁太郎の, 庵室を, 建てられて, 弁天島から, 引揚げを, 引込みました, 弘前, 当る者, 彼は, 後に, 後の, 後永く, 後義経の, 急な, 戦ひ共に, 戦争でも, 戸や, 押入れに, 捜索を, 搦め手方面, 故郷に, 整列し, 整然たる陣容, 新たに, 旌旗粛然と, 旗揚げを, 日曜日を, 春の, 暗闘を, 暮らさねば, 有野から, 来たひとたち, 来た官兵衛孝高, 来てから, 来ると, 杯を, 枕に, 棒だ, 槍ぶす, 権十も, 歩めば, 殊に当節, 母の, 汽車に, 沢庵が, 泊ったの, 泊らずともの, 泰造の, 津軽を, 活躍し, 流れ下って, 流れ落ちました, 流転の, 淋しいの, 淋しくっていらしった, 湖水の, 漆よりも, 火を, 片桐さんのへ, 独逸仏蘭西英吉利に, 猿人が, 玄徳らの, 由良の, 甲府の, 町へ, 發達し, 相闘う, 省線に, 真砂町の, 着席した, 砂丘の, 私ひとり石段を, 窓外を, 立ちならぶ, 立ち検分, 立った, 翌朝私は, 翻って, 自ら立つ, 自分たちの, 自分の, 自分は, 舌戦果てしも, 船の, 草の, 菜の花ざかり, 藤坂を, 行かなければ, 行きその, 行きました, 行くの, 行く汽車, 行ってから, 行動し, 行動しよう, 行方知らずも, 見えて, 見て, 討論した, 詩人の, 誰かき, 論議は, 諸の, 赤鸚鵡を, 足かけ十年ちかく, 輝きいづれもその神, 逢は, 進み合して, 進み路上, 道を, 違った所, 遠いおもかげ, 遠い人, 遠い瞳, 遠くへ, 適帰する, 都の, 醜い勢力争い, 長い入江, 長い間獨, 長く裾, 長期な, 長期戦に, 門を, 間もなくかれ, 閣議は, 陣取る, 離れては, 額を, 顕現し, 飲んで, 駈けた, 麹町へ

▼ わかれ~ (249, 20.7%)

4 あとは 3 するのに, それで, 何も, 私は 2 するの, それでいい, どこに, よいの, 別です, 君も

1 [221件] あつしが, あなたの, あなたは, あの男, あまり人が, あんがい易々, あんぐわい長く, いいけれど, いいさ, いいと, いいの, いいので, いいわ, いいわけ, いくらか, いっそうかれ, いっそうつのっ, いっそ破壊, おおよその, おのずからまた, おもてだって, お仕事, かえって筋, からだも, きっと何とかなさる, きっと出来る, きみの, こちらの, このふしぎ, この人たち, この男, これにも, これまた, こんな酷く, ご遠慮, さきほどから, さっきからの, したがって犯人, そう出, その二百五十両, その人間, その怪力, その惡戯, その方, その次, それから各, それでその, それで十分, それで宜, それで気, それで結構, それに, それに従って, それは, それも, それらについて, それを, ただちにキニーネ, たちどころに捕縛, たまらん, だ, ぢき, できないこと, とうに私たち, とれと, どうせこんなに病身, どこで, どんなに古風, どんな態度, なおさら以, なかなかに, なかま, なぜ私, なにも, なんとか考, のそのそかえって店先, ぼくに, また水, まだいい, もういい, もうお, もうそれ, もう仔細, もう子供だまし, もう疑う, やつらは, よい, よいよい, よろしいの, わかるだけ, わかるほど, わざわざ大島氏, わたしの, わたしは, わなを, われわれが, われわれは, 一つの, 一方の, 一月近く拘留した, 一躍世界一, 下手人は, 人間が, 今すぐ, 今後は, 他家より, 仲よく暮, 何で亭主, 何んで, 俳優の, 俺達こそ, 僕は, 僕決して, 其場で, 其邊ぢや, 内々で, 凡そその, 出口を, 勇の, 動きは, 勿論けさ, 十分だった, 十分に, 千二の, 又考へ, 双方の, 取り立てを, 召捕るお, 可憐の, 同じ旅中, 君は, 問題に, 国民は, 士気は, 多少の, 多鶴子の, 大きい単, 大したもん, 失くしなんか, 好いの, 妾は, 嫌疑を, 孫三郎にか, 孫乾が, 宗助を, 尋ねて, 小林君が, 小次郎の, 当方から, 当時自分たちが, 当然彼女, 彼には, 御承認, 悠々たる, 惜しがる, 我々は, 手荒いこと, 手輕に, 打首, 持って, 損得に, 放つても, 敵も, 早く準備, 曲者は, 書いたもの, 最う子細, 案外さつ, 止めは, 気が, 汝を, 決して御, 汽車に, 津志田家の, 盗まれた真物, 直ぐに, 直ぐ樣縛つて, 直接戸を, 相場師として, 相手を, 知りたいと, 祝着, 私でも, 私の, 私も, 箱根の, 納得いたします, 結晶の, 結構だ, 結構で, 結構ぶ, 罪の, 署長の, 腹が, 自然主人を, 船から, 良え, 花火な, 苦勞を, 落ちこんで, 褒美を, 解かるほど, 許されて, 訳は, 証文の, 話は, 豹一も, 買うこと, 逃げも, 降伏しなけれ, 随分多く, 隠しだていたしませぬ, 隨分罪も, 露月町の, 面白いが, 風も, 駄目だった, 騒いでも, 黄金豹の, 黒雲五人男だ, 黒雲五人男だって

▼ わかれ~ (78, 6.5%)

3 場を, 挨拶を, 盃を 2 あいさつに, さびしさに, つらさ, 惜しきも, 歌, 歌を, 水鳥が, 糸瓜が, 言葉を

1 [51件] あるだけの, いいえ握手, くちづけに, ことばでした, ごあいさつ, ご挨拶, しるしに, しるしにと, たんぽぽひらい, はしなれ, へちまが, むしろ興たけぬ, ガザの, キッスを, 一盞を, 会釈, 光悲し, 入日の, 卵を, 場な, 場まで, 場も, 場所で, 声張りあげ, 太陽が, 形である, 御挨拶, 息を, 手紙を, 挨拶にと, 挨拶も, 日が, 時凍てたる, 暮れやすい, 杉, 涙を, 物語の, 真中を, 膳部でございます, 言葉いい, 言葉いつまでも, 言葉など, 言葉に, 言葉文字に, 謎道に, 辞を, 酒の, 際の, 雪ふる, 顔も, 飯に

▼ わかれ~ (56, 4.7%)

3 つげて, 告げた, 告げて 2 おしんで, して

1 [43件] あそばしたので, いたします, いって, おしみながら, おしむの, おゆるし下さいまし, さそふほと, したい, しと, しながら, しました, しようという, すかし見るかな, するぜ, するその, するへんろ, する一段, つげました, つげると, つげ城中いっぱい, つげ庁立白老土人病院長, なせるなり, れば, 交は, 告ぐる日, 告げながら, 告げる, 告げると, 告げ二つ, 告げ自信, 思ひ逢瀬, 思わせて, 悲まず, 惜しまれそら, 惜しみたいなどと, 惜しむをりからに, 惜しんで, 惜みなげく, 汲んで, 決定的に, 賭した大戦, 述べて, 送った

▼ わかれ~ (48, 4.0%)

10 なって 2 なった

1 [36件] して, し君, なったもの, なってるの, ならなくては, なるかも, なること, なるという, なるといふ, なるなと, なるね, なるの, なろうとは, なんとおっしゃられた, ふいて, 別の, 別れて, 参った, 就て, 建って, 当って, 捕手の, 来た, 来ました, 泊って, 溺れて, 無念そうな, 狩入った, 白くし, 立って, 立札せるあり, 続いて, 臨んでも, 興味を, 転がった, 際して

▼ わかれてから~ (12, 1.0%)

1 [12件] あしかけ, まったくわかれ, もう五十年, もはや三十年近く, 一人本村町の, 一時この, 五年たっ, 早くも, 沛然と, 私は, 肉まだ, 近所の

▼ わかれ~ (9, 0.7%)

2 いへば 1 いう事, いふに, なりし世, なりに, なるやも, 相成った, 知るよしも

▼ わかれ~ (9, 0.7%)

1 かなしいが, この前, この機微, ただの, つらかった, やつぱりかなしいわかれ, 損だ, 死出の, 見る人々

▼ わかれては~ (7, 0.6%)

1 いると, ひるの, またいつ, またひとつ揚子江, 争いが, 海と, 私は

▼ わかればなし~ (7, 0.6%)

1 が出る, が持ちあがる, が決, になつ, を持ちかけられる, を持ちだした, を持ち出した

▼ わかれ~ (6, 0.5%)

1 一帆万里を, 何となくあきたらなかつた, 出来ないの, 惜しいそう, 近づいたと, 道を

▼ わかれぎわ~ (6, 0.5%)

1 にお姫さま, に先生, に妙, に子供たち三人, に村長, に魔法つかい

▼ わかれ~ (6, 0.5%)

1 いいや, だ, といっ, となる, に莢, を感じ

▼ わかれその~ (4, 0.3%)

1 一筋は, 今を, 槍を, 組先には

▼ わかれたり~ (4, 0.3%)

2 さみだるる 1 国民が, 流れるよう

▼ わかれてからの~ (4, 0.3%)

1 ことを, まいに, 彼の, 韮の

▼ わかれ一方~ (4, 0.3%)

1 の師直, の枝, は土浦, は荒木

▼ わかれまた~ (3, 0.2%)

1 歸るべく思へ, 江戸の, 集まって

▼ わかれ~ (3, 0.2%)

1 ある農村, 今夕に, 知れぬ程

▼ わかれいずれ~ (2, 0.2%)

1 も四千メートル, も高度

▼ わかれいま~ (2, 0.2%)

1 では他人, の日本銀行

▼ わかれかた~ (2, 0.2%)

1 であんなに, をし

▼ わかれぎは~ (2, 0.2%)

2 に約束

▼ わかれぞと~ (2, 0.2%)

1 登りて, 覚悟の

▼ わかれてか~ (2, 0.2%)

1 へるさびし, まくびをもたげて

▼ わかれてからも~ (2, 0.2%)

1 伸子と, 嘉七と

▼ わかれての~ (2, 0.2%)

1 働きは, 家宝と

▼ わかれても~ (2, 0.2%)

1 つきせぬきづな, わかれても

▼ わかれてを~ (2, 0.2%)

1 りその, る諸種

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 地方史的に, 大和朝廷の

▼ わかれでも~ (2, 0.2%)

2 して

▼ わかれとな~ (2, 0.2%)

1 つてゐた, つてゐる

▼ わかれにな~ (2, 0.2%)

2 つてし

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 は高く, を撃破

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 のうち, は親

▼ わかれ兄弟~ (2, 0.2%)

1 もなく, もなけれ

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 に連, の千八百人

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 みて, んで

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

2 の下

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 兵一万五千九百, 兵三十四万と

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

2 ひゆくす

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 が夜更け, が起っ

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 が近く, の心

▼ わかれ~ (2, 0.2%)

1 にうっかり, にかなしい

▼1* [140件]

わかれ書かねえ, わかれいったん僕の, わかれいまだ三界を, わかれうたげもすさまじき, わかれ互に持ちつ, わかれかのうえ, わかれぎわになってふと思い出した, わかれぎわになって興国塾の塾生たち, わかれこの母に, わかれしたがってその各種, わかれしなの椿, わかれじき床に入った, わかれせめて声なと, わかれそれがまた, わかれそれぞれ最近の様式, わかれたった今小牧を, わかれだらだら山を, わかれちゃァわるい, わかれてからというよりは, わかれてからはただの, わかれではないかと, わかれというような, わかれとして常々飼侍の, わかれとは異な, わかれともなるところ, わかれどころ苦心の入れ, わかれどちらが先, わかれにくいドリイに, わかれにしも泣く身, わかれにはたった一言, わかれにもそのいのち, わかれの碁となっ, わかれはてめや, わかればいはゆる, わかればかへつて筋が, わかればこそかえって精神力, わかればと彼女は, わかればねえなどと呟きひどく, わかれひとつひとつに葉柳, わかれひとりでいる, わかれみちに立つ, わかれむとするふるき都に, わかれめ忍剣どのもお, わかれやがて参内し, わかれよその杯, わかれわたしは目醒時計, わかれををしむより, わかれとする, わかれヤッホーヨッホーイヤホーと声, わかれ一人になつて, わかれ一組は廊下, わかれ一週の授業, わかれ一道は曹休軍, わかれ一隊は神社, わかれ七ツの頃, わかれ七条口を突破, わかれ三とせ著ふるす古ごろ, わかれ三度目に徳川二代将軍秀忠, わかれ三浦郷へ帰っ, わかれ三道から進められ, わかれ下船した後, わかれ丑三公左次郎の三人, わかれ中央に八層, わかれ争い人と人, わかれ二つはおのおの, わかれ京都という一, わかれ今宵は肌, わかれ今度は少し, わかれ作中の時代, わかれ作品をかき出し, わかれも並ん, わかれ八門の石築, わかれ八面に兵, わかれ六歳で敵国, わかれ其二すじは此處, わかれ刻々国境に, わかれ軍張, わかれへ溯行, わかれ北条安房守の斡旋, わかれ十八の年, わかれ午後の閣議, わかれ南部でわかれ, わかれ即刻蜀へ急ぐべし, わかれ去る旅人たちにとって, わかれ家それぞれの, わかれ各々蝸牛角上の, わかれ各自各方向, わかれ器物などもそれぞれ, わかれ四ほうから洋館, わかれ士気をあらためて, わかれ大きな噴水が, わかれの手一つ, わかれにかえって, わかれ寳珠花野田流山市川行徳を經, わかれ小さい機状に, わかれ山添いに埋伏, わかれ座中なんとなく騒然, わかれ建築の宏壮, わかれの呉景, わかれ弟妹にわかれ, わかれの進路, わかれ怪塔ロケットへむかいました, わかれを残し, わかれ数代帝位の争い, わかれが非常, わかれ日野ヶ峰に迎えられ, わかれ曹操はその, わかれ最上一族の勢力圏内, わかれ最後に上州, わかれ東能高郡下の主, わかれ東西二里南北五里というひろい, わかれ武官文官の抗争, わかれは大きな, わかれ河原が多く, わかれ海濱に住み, わかれ濃淡をつけ, わかれい長じ, わかれにもあざやか, わかれ稲葉の山, わかれ立出でそれ, わかれ一階級を, わかれ組長と副, わかれ自分ひとり京阪四条駅から大津, わかれ落着いたいい, わかれ藤原威夫の自動車, わかれ表現の決定的, わかれ討論果てしなく見えた, わかれ諏訪ヶ原平子山のふもと, わかれ路辻の濃霧, わかれをいそぎ, わかれ長い小説として, わかれの中, わかれ雁行の形, わかれ難い別れを, わかれ難く思ひて, わかれ雲立ちわたる不二, わかれを気遣うた, わかれ鞍馬に育ち, わかれ順吉は電車, わかれ黙々として敏捷