青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「やっ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~やがて やがて~ やく~ ~やさしい やさしい~ やさしく~ ~やすい やすい~ やたら~ ~やっ
やっ~
~やった やった~ ~やってきた ~やって来 やって来~ ~やって来た やって来た~ ~やって来る ~やっと やっと~

「やっ~」 20747, 199ppm, 510位

▼ やっ~ (18133, 87.4%)

586 いる 545 いるの 518 いた 306 下さい 258 くれ 161 いたの 159 いたが, いるん 154 いると 125 ください 122 いて 121 いること 105 みると 102 いるうち 99 いるよう 96 います 83 みて 73 おくん 71 くれと 68 いました 63 いるが, いるという, 参りました 56 しまった 55 来て 53 いるところ 52 みた 51 見て 50 みたが 49 みようと 48 みましょう, 行った 47 みよう, 見ると 46 来る 45 のけた 43 いたん, いましたが 42 みること 40 くれたまえ 39 いるので, おります, ごらんなさい, みるが, 来るの 38 くれた, 居る 37 いたこと, いるもの 34 みろ, 居ります, 居るの 33 行くの 32 みても 31 おいて, 下さいまし, 行く 30 いれば 29 いたので, いるか, おくれ, 行きました 28 きました, くれよ, みようという 27 いたよう, いるから, 行くと 26 いても, いるのに, いるわけ, くれ給え 25 いたもの, いる間, しまいました, みせる, みたいと, 呉れ, 行って 24 いたと, いった, みるつもり, 下さいよ, 行こうと 23 しまったの, しまって, 下さいな, 見ようと 22 いる人, くれて, ごらん, みる 21 いる仕事, のけたの, 御覧なさい, 自分の, 見せて, 見たが

20 [11件] くれい, くれないか, みます, みるか, もらいたい, やる, ゐる, 来ると, 見たいと, 見ましょう, 見よう

19 いるそう, 來た, 見せた

18 ある, いますよ, いるし, まいりました, もらって

17 くれると, しまえ, みようか, ゆくこと, 下さいと

16 いたかと, いますから, いますが, いるな, いる中, くれる, それを, みなければ, ゆくの, 居た

15 いる者, おりました, ちょうだい, みたの, 見た, 見るが

14 いって, いない, いるとき, いるに, みました, みましたが, 居ると, 書いて, 見せたの, 見給え

13 [14件] いたから, いながら, いるじゃ, いるよ, いるらしい, いる時, しまうと, みましょうか, みるの, 居りました, 置いて, 行くこと, 見せる, 見ること

12 [14件] いた男, いる最中, くださいまし, くれるか, しまうの, みたい, みるん, みれば, やれないこと, 出て, 生きて, 行きたいと, 行けば, 見ろ

11 いるでは, いる事, おりましたが, おりますが, のけるの, もらいたいと, 歩いて, 私が, 遊んで, 頂戴

10 [24件] いきました, いたという, いたところ, いますか, いますと, くるの, くれという, くれること, くれるの, しまう, のける, ますよ, みせた, みたくて, みたまえ, みたり, ゆけると, 一人で, 参りまして, 参ります, 暮して, 行けるよう, 見ようという, 見る

9 [29件] いただきたい, いらっしゃるん, いるだけ, いるとは, いる所, いる男, おる, くださいよ, くれませんか, みい, みたいの, みたこと, みようじゃ, もらうこと, ゆく, ゆくと, よかった, 下さいね, 下さいませんか, 下すった, 坐って, 居る者, 御覧, 私は, 行ける, 行けると, 見ても, 見ました, 見れば

8 [22件] あるの, いけるの, いた時, おれば, くれれば, くんな, みないか, やれ, やろうと, 下されば, 人を, 何か, 働いて, 半七, 私の, 置けば, 行かなければ, 見たの, 見ましょうか, 貰って, 貰ふ, 顔を

7 [43件] いく, いただきたいと, いただきたいの, いったところ, いる連中, おくれよ, おけば, おった, お目, くださいと, くださいましよ, くれん, ごらんよ, しまえば, しまったん, その上, みせるの, みたところ, みたらどう, みたん, みな, みる気, ゆきます, ゆけば, ゆけるよう, ゐるの, んだ, 下さいませ, 呉れと, 呉れる, 居て, 居るです, 帰って, 彼の, 彼は, 立って, 自分を, 行かねば, 行けないの, 行けるもの, 行こう, 見せると, 見る気

6 [50件] いいの, いくと, いたそう, いたに, いた人, いた時分, いては, いないの, いるその, いるね, いるはず, いるばかり, いる内, いる手紙, いる様子, おきながら, くださいませ, くれたの, くれました, くれるだろう, くれるよう, しまうん, しまおう, しまったが, そこに, みせたの, みせました, みせます, みようかと, みるさ, みろと, やって, やろう, ゆくという, 了った, 二人で, 來て, 寝て, 居りますから, 居るので, 居るん, 来ること, 自分は, 行きます, 見せるの, 見たいの, 見たり, 見るの, 見ろと, 黙って

5 [63件] いいか, いくこと, いける, いたし, いただきます, いただけ, いたのに, いたわけ, いつまでも, いますね, いるあいだ, いるかと, いるこの, いるだけの, いるなと, いるひと, いるんで, いる家, いる彼, おいで, おしまいなさい, おられたの, くださいな, くると, くれたので, くれまいか, ごらんに, しまったこと, まいったの, ます, みせて, みたいという, みては, もらいましょう, もらうの, もらった, ゆけそう, ゆけます, ゆけるという, ゆけるの, 下せえ, 人の, 参ったの, 参りましたもの, 参りましたよ, 口を, 彼を, 手を, 欲しい, 気を, 考えて, 行くには, 行くよう, 行く気, 行けない, 行ったの, 見せました, 見たん, 見なければ, 見るん, 見る必要, 貰いたいと, 貰おう

4 [122件] あげて, あげましょう, あったの, あとで, あるので, いい, いけない, いたか, いたかも, いたころ, いたその, いたため, いただきたいもの, いたって, いたとき, いたり, いた頃, いったの, いないが, いないと, いないので, いないよう, いないん, いらっしゃるの, いるくせ, いるけれど, いるだろう, いるつもり, いるより, いるらしかった, いる人たち, いる以上, いる位, いる光景, いる処, いる姿, いる娘, いる店, いる由, いる筈, いる老人, おくこと, おくと, おこう, おったが, おるの, くださいね, くださいましな, くれたん, くれって, くれます, くれるかね, くれるから, くれるでしょう, くれるん, ご覧なさい, しまいましょう, しまおうか, それから, それが, それで, それに, まいります, ますね, みせるから, みせるが, みせること, みなくちゃ, みましょうと, みますと, みようよ, みるかね, みるという, みるもの, みるより, もらいたいという, もらいたいもの, もらう, もらおうと, もらわなければ, ゆきました, ゆくつもり, ゆくには, ゆけるもの, ゆこう, ゆこうと, 上へ, 下さいましな, 二人の, 二人を, 元気を, 右の, 居ました, 居りましたが, 居りますので, 居るよう, 居れば, 暮らして, 机に, 来るという, 来るもの, 来るよう, 父の, 行くが, 行くため, 行くつもり, 行けるか, 行けるという, 行けるの, 見せようか, 見たい, 見たいという, 見たところ, 見た事, 見ようか, 貰うん, 貰った, 連れて, 静かに, 頂きたいと, 頂き度, 首を

3 [229件] あとは, ありそう, いいん, いくうち, いくには, いけば, いたあの, いたもん, いたらしいが, いた仕事, いた私, いないこと, いらっしゃると, いられるの, いられるもの, いるお, いるかい, いるがね, いるそれ, いるぞ, いるでしょう, いるとか, いるとの, いるなんて, いるのね, いるのよ, いるものの, いるやつ, いるらしいん, いるわい, いる人間, いる兄, いる実験, いる少年探偵団, いる手, いる真っ最中, いる私, いる自分, いる音, いる音楽, いる頃, おいたもの, おけ, おったの, おられるよう, おりますし, おるに, お前が, お呉れ, お母さんが, お米, お金を, かいて, きれいに, くださいましね, くださいませんか, くだされ, くるかも, くるよ, くれたこと, くれとか, くれとの, くれとは, くれないと, くれぬか, くれるが, くれるね, くれるので, くれる人, くれッ, くれ頼むよ, これも, これを, ごらんと, しまいましてね, しまいます, しまうから, しまうこと, しまうつもり, しまうよ, しまえと, しまえという, しまおうと, しまったから, しまったと, しまっては, しまわなければ, しみじみと, その話, たまるもの, って, なんの, のけて, のけるもの, のけるよ, ほしい, ましたが, ますから, ますが, みせるぞ, みせると, みたいよう, みたくなった, みたけれども, みたという, みた人, みちゃ, みないかね, みますから, みますが, みませんか, みようかしら, みようかな, みよと, みるかな, みるわ, みんなが, もらいたいね, もらいたいの, もらうよう, もらおう, もらおうじゃ, もらわないと, やった, やると, やるという, やるよ, ゆきたいと, ゆきましょう, ゆくか, ゆくよう, ゆこうという, らっしゃるん, ゐるから, ゐるので, んか, んけど, 一つの, 一方の, 上げますよ, 下さいお願い, 下さるの, 下さるよう, 下され, 例の, 充分に, 別れた, 助けて, 参り, 参りましたが, 君は, 呉れませんか, 呉れ給え, 夏の, 失敗し, 家へ, 少しずつ, 少しも, 居たから, 居たが, 居たの, 居ったの, 居ます, 居られるの, 居りますと, 居ること, 居る人, 居る時, 座へ, 待って, 急に, 慣れて, 成功した, 手なず, 手に, 手紙を, 時間を, 最後の, 本を, 本当の, 来るから, 来るぞ, 来るよ, 来るん, 様子を, 欲しいと, 歩いた, 死ぬの, 泣いて, 私と, 笑って, 置いても, 聞いて, 自分が, 行きますと, 行くうち, 行くしか, 行くん, 行けそう, 行けて, 行けないから, 行けないと, 行けるから, 行けること, 行けるだろうか, 行けるん, 見せようと, 見せるので, 見せれば, 見たいもの, 見ては, 見ないか, 見ましたよ, 見ましょうと, 見ます, 見ようかな, 見るつもり, 見るに, 話して, 貰いたい, 貰います, 貰う, 貰うこと, 貰おうか, 貰わなければ, 返事を, 金を, 雪の, 馬に

2 [691件 抜粋] あいつを, あたりを, あとから, あとに, あなたの, あらわれて, ありそれら, あること, あると, あるところ, あるもの, あるん, いいと, いいという, いい気持, いきたいと, いくため, いくの, いけるか, いこうと, いそいで, いたご, いただいて, いただきたいわ, いただきとうございます, いただくの, いただけないでしょうか, いただけば, いただこうと, いたとか, いたのね, いたはず, いたよ, いたらしい様子, いたんじゃ, いたんだそう, いた事実, いた奴, いた弁護士, いた彼, いた所, いた盃, いた眼, いた老人, いっしょに, いつでも, いてさえ, いないから, いないで, いなかったと, いなければ, いましたの, いますからね, いますな, いますのよ, いません, いやがらあ, いらして, いらっしゃいます, いらっしゃるおつもり, いらっしゃること, いらっしゃるよう, いられるか, いられること, いられると, いるあの, いるいろいろ, いるかね, いるかの, いるかも, いるからね, いるけれども, いるすき, いるぜ, いるそういう, いるだけさ, いるだけで, いるだろうと, いるらしいわ, いるらしかったが, いる三人, いる二人, いる人々, いる会社, いる作業, いる側, いる同じ, いる吾輩, いる場面, いる奴, いる学校, いる弟, いる当人, いる文章, いる方, いる時分, いる李幕事, いる気, いる王, いる絵, いる芸, いる話, いる講義, いる通り, うちの, おいた, おいたが, おいでだ, おいでに, おきました, おく, おくから, おこうと, おって, おられるん, おりさえ, おりましたん, おりましょうか, おりますと, おりますので, おるうち, おるところ, お傍, お前にも, お前の, お前を, お呉んなさい, お話しし, お話を, かけて, がんばって, きょうは, くださった, くだせえよ, くらあ, くるだろうと, くるので, くれえ, くれさ, くれたから, くれたが, くれたと, くれたとても, くれたね, くれたねえ, くれたま, くれたよ, くれないかね, くれべ, くれましたよ, くれますよ, くれるし, くれるそう, くれるだろうと, くれるはず, くれるもの, くれる約束, くれ音楽, くんなん, こうやっ, ここへ, こちらに, こちらを, こっちが, これは, こんなもの, こんな事, ごらんなせ, ご貴殿, しまいたいよう, しまいには, しまうぞ, しまうという, しまうなんて, しまうので, しまったので, しまったのよ, しまふ, しまへ, しまわないと, そこへ, そのお礼, その代り, そんなこと, たって, だ, ちっとは, つか, つかあされ, つけの, どうする, どしどし, なにを, のけたが, のけたわけ, のけたん, のけること, のけるし, のけるという, のけるなどという, のけるん, のける自信, のんきな, はみますが, ふたりは, ほしいと, まいりまして, まさア, ました, ますな, みせたり, みせるん, みたいとは, みたいな, みたいのよ, みたいもの, みたくなりましたが, みたくなるの, みたそう, みただけの, みたって, みたよ, みた結果, みない, みないと, みながら, みなきゃア, みねえ, みねば, みましょうね, みますよ, みますわ, みようとは, みるから, みるだけのね, みるに, みる事, みる必要, みろという, みろよ, みんなを, み給え, もらいたいって, もらうつもり, もらうより, もらえば, もらえると, もらおうか, もらっても, や, やるから, やるの, やるん, やれという, やれない限り, ゆかねば, ゆくうち, ゆくかという, ゆくだけ, ゆくだけの, ゆくだろう, ゆく方法, ゆく気, ゆく決心, ゆけない, ゆけないと, ゆけなく全く, ゆける, ゆけるか, ゆけること, ゆけるだろう, ゆけるもん, ゆけるよ, よいか, よろしい, りっぱな, わたしが, ゐます, ゐるうち, んの, んのよ, オイチョカブの, フランスの, 一生懸命に, 一緒に, 上げたから, 下さいあの, 下さいましと, 下さいますか, 下さいよう, 下さって, 下さらんか, 下さるか, 下さると, 下されと, 下すったら, 下せえまし, 並べてるだからな, 人が, 今じゃ, 今日まで, 仕事を, 仕舞った, 休んで, 体の, 何が, 何事も, 來たんだ, 俺の, 元の, 光って, 出来ちまったもの, 出来上った商品, 前に, 参りましたの, 参りましたので, 参りません, 取って, 口も, 君と, 呉れたので, 呉れよ, 呉れると, 呉れ給, 大事に, 大成功, 失敗した, 女の, 女を, 妻の, 威張って, 娘の, 孔明の, 安心し, 家で, 家に, 家の, 富と, 寝よう, 尋ねて, 居たん, 居ても, 居られると, 居るか, 居るかと, 居るところ, 居るもの, 居るらしい, 居る方, 居る間, 川を, 帰った, 帰る, 店の, 引返す, 彼女の, 彼等は, 得意に, 御覧と, 御覧な, 御覧よ, 心からあやまる, 心の, 患者の, 愉快に, 成長する, 抱いて, 掻い繕った, 損を, 撫でて, 教えて, 書くの, 最後に, 朝の, 来るが, 来るって, 来るには, 来る一人, 来る母親, 楽しんで, 横に, 歩く, 死んで, 残ったの, 母親と, 気が, 決して損, 満足し, 演壇に, 火を, 灰を, 無事に, 無言で, 父や, 現実の, 生活し, 生活した, 田圃の, 田舎の, 留守に, 病後の, 病気し, 皆と, 皆の, 盛に, 眉を, 眼の, 禄を, 私も, 窓の, 立派に, 米の, 糸の, 縛って, 置いたが, 置くこと, 置くつもり, 置くの, 置け, 置けと, 羽織を, 背負って, 胸を, 莫大な, 蒲団の, 薪を, 行かないと, 行きたい, 行くか, 行くという, 行くところ, 行くのに, 行くもの, 行くよ, 行く事, 行く方, 行く甲斐性, 行けた, 行けたの, 行けないという, 行けないもの, 行けないん, 行けるかも, 行けるだろうと, 行ける筈, 行ける自信, 行ければ, 行ったん, 行った時, 表を, 被下, 見せたという, 見せた上, 見せます, 見せようという, 見せるからな, 見せるぞ, 見せるん, 見たいこと, 見たくて, 見た上, 見た人, 見てくれ, 見ないで, 見なくては, 見ますと, 見ませんか, 見よと, 見るさ, 見るという, 見る外, 見ろッ, 見出された限り, 訪ねて, 許宣を, 試して, 読んで, 調べさせると, 貰いましょうか, 貰うの, 貰う事, 貰ひたい, 貰わないと, 貴方を, 身を, 身体を, 近所の, 途方も, 金に, 門の, 静かな, 頂きたいの, 頂けませんでしょうか, 頂戴な, 頑張って, 頬杖を, 頭を, 饒舌ってるだ, 饒舌る, 驚かして

1 [6145件 抜粋] ああだの, あげでも, あたしが, あっちこっち廻っ, あのひと, あらん限り, あるでは, ある浅井, あんなに早く, いう, いくか, いくら位貰った, いけてるが, いけるって, いそう, いたかな, いたそれ, いただきとう存じ, いただけたらと, いたな, いたらきり, いたら人, いたわりました, いた五十がらみ, いた其の, いた大貫, いた工場, いた悪い, いた最古, いた水谷準, いた石船, いた義母, いた豚みたい, いた金持, いったいあの, いつしか愛国愛土, いないであろうか, いなかったし, いましたし, いますわ, いよいよ冬, いらっしゃいますか, いらっしゃるわ, いられなくなった, いるいや, いるかについて, いるじゃァ, いるといった, いるなら大急ぎ, いるもん, いるらしい子供, いるんだい, いるデーツコエ・セロー, いるン, いる亀八, いる以外, いる僧庵生活, いる分, いる友だち, いる囲碁, いる大須賀, いる容子, いる川越屋, いる従兄, いる押し問答, いる方角, いる最中お母さん, いる松山虎夫, いる池谷医師, いる父鴎外, いる異風, いる研究所, いる竹村, いる老練, いる花環, いる証拠, いる銀さん, いる青年, いろりの, うち驚き, ええの, おいた堀田伊太夫, おいでよ, おきなさい, おくに, おくれやすか, おく別に, おそくなる, おった周術, おみ, おられた時代, おりその, おりますところ, おり主として, おるか, おるわけ, お世辞, お前さんに, お婆, お月様, お福, お貰い出来ない, かいがいしく働い, かたずを, きのうと, くたばるか, くださりまし, くだせえー, くるかしらん, くるわけ, くれい前髪姿, くれそれ, くれたまえ隆夫君, くれちかごろ, くれないかと, くれの, くれるかい, くれるならそれで, くれろと, くれ学費, くれ給えこの, くわして, けねえもの, こううながす, こちらと, この三人, この源太, これもっ, ござる, ご覧に, さて一人, しおたれ浴衣, しげしげと押しかけ, しばらく私, しまいますか, しまうが, しまうまでは, しまおうそしたら, しまったよう, しまひたいもうこ, しゅびよく, すぐ下宿人, すこし仮屋, せっかくの, そうして必ず, そしてそういう, そのあと声, その仕事, その女, その日一日, その猫, その間に, それから代数, それの, たすけなさったん, ただ証, ためしました, ちえと, ちょうど万三郎たち, つけつけ見, です, どうした, どなるの, なかなかいい, なまけもの, にこにこ笑っ, のけたこと, のけたもの, のけた黒木博士, のけるたしかに, のける人種, のけ大阪, はおらぬ, ばれたこと, ひらひらと, ふと唇, ほしいもの, ほんとか, まあ相当, まいる所, ますの, またも滞在地, また歩きだした, まっせ, みい罰は, みせますでは, みせるなに, みたあと, みたい希望, みたくなりますわ, みただけで, みたよりも, みたら成績, みた藤山, みないかという, みな無事に, みましょうだが, みようかといふ, みよう出来そう, みるって, みるよ, みる金具, みろやって, むだ骨を, もうアレト, もう終った, もらいたいです, もらいました, もらえまいか, もらったが, もらわねば, やってからの, やらう, やりましょう, やるとも, やれねえこと, ゆかなければ, ゆきづまりながら, ゆくくらい, ゆくばかり, ゆく場合, ゆけずその, ゆけない者, ゆけるだけの, ゆける性質, ゆるして, ようやく氷河, よろこんで, わが家へと, わずかばかりの, ゐたらう, ゐるだらうと, アヒルの, オダブツと, キチンと, シッカリ頼む, ソバを, テーブルに, パサパサな, ヘラヘラと, ボロの, ユッセルに, 一人いろいろの, 一冊本の, 一定の, 一廻りする, 一日ゆっくり, 一束の, 一緒の, 万事に, 三成に, 上げて, 下さいすべてお互い, 下さいました, 下さいわたし, 下さい玄関, 下さりまし, 下さるん, 下っせえよ, 不意の, 世辞る, 丸屋の, 九時五十九分の汽車で, 二七日も, 二人共真赤に, 二度も, 二階に, 五畝毎に, 今の, 今日至る, 仕舞います長々, 休み五分, 伸びちまって, 何でい, 何処までも, 來たと, 俺を, 傷から, 儲かった人, 先方へ, 全く面白かっ, 八百長でない, 内々に, 出して, 切に望んだ, 初め熟読した, 刺子の, 勇気を, 十一時六分の汽車で, 十年以上も, 半分餅を, 危険を, 参った何卒, 参りました私, 参りませんうち, 又負けた, 取戻したの, 叩き伏せて, 合戦を, 向い合った様子, 呉れたのね, 呉れました, 呉れコーヒー, 周瑜を, 命まで, 唱ってるところ, 喪は, 固く成っ, 土手下なんぞの, 城中から, 夕方は, 夜具を, 大の字なりの, 大受け, 大敗北, 天気と, 失敗する, 女中さんなし, 好評であった, 姫を, 子守歌でも, 守って, 室へ, 宿へ, 対立物の, 小さい男の子, 少し目鼻, 尻を, 居たら実業日本, 居った分, 居られない馬劇, 居ります今, 居るぞ, 居る主人, 居る心, 居る霊媒, 川長の, 布団に, 帰り支度の, 平然と笑っ, 底を, 延福寺の, 弟の, 彼が, 待遇改善を, 後結婚, 御子息, 御飯後の, 必ずそれ, 思いつめて, 恐喝取, 悲しく辛い思い, 愚民を, 成功するだろう, 戸外で, 手紙かく位, 抑えて, 押し加減, 振り返るの, 探らそう, 搗かせるの, 敏感な, 文観の, 新着の, 既に制約, 日本に, 早舟で, 昨日は, 晩酌を, 暫らくでも, 書き乍ら, 期限なし, 来あたかも, 来なさって, 来るかは, 来るでは, 来る上森, 来る巡査, 来る腹立つ, 東京じゅうの, 柵内に, 植込みの, 模写される, 欲しいなどと, 武蔵を, 死ななければ, 死んだ男, 毎夜おそく, 毎晩御, 氷の, 決してそんな, 泣きだした, 津村君神保君それから, 海に, 温和し, 火鉢に, 無精ひ, 熊谷に, 父親を, 特殊の, 猛然と突き進ん, 現にそいつ, 生き長らえて, 生花をなあ, 申し出たとしても, 疑問を, 発生し, 皆朋友の, 目茶な, 真剣に, 瞑想してる, 砂金の, 社会常識は, 神経質に, 私等風情と, 突き止めること, 立ち止り近づいて, 笑いました, 筆も, 精霊様方と, 組織の, 統一を, 縫って, 置かれぬてね, 置く必要, 老人は, 肩を, 脱出する, 自分一人二階に, 至るところ, 芸者に, 苦境を, 華々しかった, 蒼白き微笑, 行かない日本人, 行かれぬ境地, 行きたかった, 行き恭一, 行くたち, 行くより, 行く方法, 行けたわけ, 行けなかったこと, 行けますまいそれ, 行けるところ, 行ける時, 行ったのに, 衣更えの, 袷を, 見えるですか, 見せた手際, 見せますと, 見せると共に, 見せろと, 見たくないとも, 見たって, 見たら好い, 見ないうち, 見ましても, 見ようじゃ, 見るまで, 見る若しそう, 見守って, 親切に, 訊ねさしても, 話しが, 誰かを, 談話を, 豊雄を, 貫禄豊かに, 貰いました, 貰えそう, 貰おうという, 貰わない方, 質に, 路地口まで, 軒について, 返り血, 退けるが, 逃げ出す事, 通りすぎた, 進歩という, 遊んだり, 遠いあなた, 部屋の, 釣った鮎, 鍍金の, 長通と, 関羽と, 隅から, 電話じゃ, 革命博物館の, 頂きとうございます, 頂戴と, 頼んだの, 飛道具を, 飲食の, 駐在所へ, 鬼どもの, 黒くなった

▼ やっても~ (773, 3.7%)

37 いい 34 いいと 22 いいが 16 よい 12 いいよ 11 いいの 10 い, 間に 9 いいという 7 いいん 6 いいよう, 同じこと 5 よいと, よかろう 4 いいけれど, いいだろう, それは, よいが, 好い, 好いと 3 いいくらい, いいぜ, いいで, やらなくても, よいという, 仕方が, 喜ばない憂鬱

2 [31件] あきたり, いいし, いいぞ, いいって, いいでしょう, いいとさえ, いいわ, いけないと, いるの, うまくならない, かまわないと, すぐに, それが, よかった, アルキメデスや, 一方の, 仕様が, 何にも, 同じこった, 同じ事, 大丈夫な, 宜い, 彼は, 惜しくは, 結果は, 絶対に, 自分の, 返事が, 顔を, 駄目だ, 駄目な

1 [476件] あきること, あそこは, あとが, あなたの, あなた方と, あのほそ, あのよう, あの子, あんまり骨, いいかも, いいから, いいがね, いいぐらいには, いいこと, いいじゃ, いいそう, いいどうせ, いいな, いいなぞと, いいなどと, いいなん, いいなんて, いいね, いいはず, いいわけ, いい位さんせい, いい気, いい石, いい筈, いくらか浮く, いけない, いったい運, いつかは, いつの間にか微妙, いよいよひがむ, いられないわね, いられなかった, うけるつもり, うまく出来ない, うまく手引, ええが, ええじゃ, ええわ, おきません, おっこちるん, おらには, おれに, お前という, お前の, お礼も, かまや, かまわない, かまわないだろうか, かまわないところ, かまわなかった, かれら, がつがつと, きっと何, きみとは, くどくは, くれませんでした, ぐったりし, こうなる, こう安く, ここは, こたへが, この人, この復旧, この明る, この解釈, こらえきれないねむた, こりないで, これだ, これ以上自然に, これ面白く, こんなこと, こんなもん, ご飯を, さきの, さしつかえありますまい, さっぱり覚えない, さてそいつ, しかるべきであったという, しくじった, し方, すぐまた, すぐ乳母, すぐ倦, せいぜい五秒, そうそう容易, そのノロノロ, その切火, その効果, その心掛け, その通り, そらネズ, それでも頑固, それはかまや, そんなこと, たいしたこと, たいしておしく, だいじょうぶであろう, だめだろう, だめな, ついにできあがる, つかまらない, つまらないそれ, つまらないもの, つまらんからなあ, できそこなうよう, できないこと, できるのに, とても足りない, ともかく板, どうもうまく, どうも大した, なお取りにがす, なお子供, なお恋々, なかなか負けなかった, なかなか返事, なんの, のこのこ来る, はっきりは, ひきこなせないひとつ, まあご免, まさか貴様, または説得, また物凄い, まだダメ, まだ一回, まだ二円あまり, まだ足りないで, まるで張りあい, みねえでのっけ, むしろ汽車, むだだって, むだだろう, もう遅い, もう間に合いません, もう間に合わないだろう, もはやそれ, やっても, やっぱしシェシェ, やはりその, やはり氷晶, やはり駄目, やはり黄色かっ, ややもすればもてあます, やらいでも, やらなくっても, やりきれねえ, やるな, やれなく, やれぬもの, ゆけない時, よいいや, よいから, よいぞ, よいでは, よいとか, よいの, よいよう, よい気持, ようございます, よくって, よく効く, よごれた茶碗, よし怒鳴りつけ, よろしい, よろしいや, よろしいん, ろくな仕事, ろくに食べ, わざと, ゾンザイだった, ダメだ, ダメであった, チチチと, ツネ子との, ドアは, ピンピン生き, ヘマばかり, ベルナアルは, メソメソし, 一向それ, 一向云わん, 一向冴えない, 一寸身体, 一本くれ, 一生その道の, 万端姉サンに, 三十秒は, 三間以上は, 上手に, 中将と, 事実だけは, 些っとも, 人に, 人間に, 今の, 今ほど, 今時分女は, 何の, 何も, 何人も, 俊亮よりは, 信用しない, 俳句の, 先方に, 六十円一寸, 其れ, 内所に, 円熟しすぎ, 再びみずから草, 冷淡な, 出せまいと, 出来さえ, 出来そう, 出来るでしょう, 分らないの, 分りッこがなかった, 判らないの, 別な, 別にわるい, 別条ない, 別段主人, 利目が, 到底かたづく, 効果が, 動かなければ, 勝手です, 勿体ない, 単に酔いどれ, 危い, 却て, 原品の, 取りやしませんよ, 受けないといふ, 受け取らないで, 口を, 古学は, 召し抱えたの, 可い, 同じで, 同じである, 同じやう, 同じよう, 同じ文句, 同様な, 君たちに, 呼吸は, 命がけだ, 和尚には, 唖めが, 商業学も, 喰おうとも, 喰べ, 嘘だ, 器用な, 四囲の, 困ると, 城門の, 声を, 外国貿易に, 多分分るまい, 大したこと, 大した結果, 大丈夫かね, 大丈夫です, 大体型, 夫だけ, 失敗に, 女の子は, 好いが, 好いふう, 好いわけ, 好いん, 好い大した, 好さそう, 妻という, 嬉しがらない, 定着力が, 宜いが, 宜いのだ, 宜かろう, 宜しい, 宜しいという, 実になりません, 実らぬこころみでは, 家が, 家庫を, 小味に, 尚進ん, 居られませぬから, 居られません今, 山本が, 屹度出来た, 差し支えないと, 差支えないが, 差支えないという, 差支えは, 差支ない, 巻絹の, 常にこういう, 平気で, 幾十とおりにも, 幾度卵を, 当って, 当時窃に, 当選し, 彼には, 彼の, 彼らは, 微笑一つもらさず, 必ず不服, 必然努まらなかった, 怒らない, 思うよう, 恩義に, 悦ぶわけ, 悪い年, 悪か, 悪くは, 惜しくない, 惜しまなかったろう, 意味ない, 意味は, 感じないの, 憤と, 成功しない, 成功する, 成功せず, 我々と, 手を, 手応へ, 手毬を, 折れません, 折れやしません, 拵えて, 挨拶も, 掴み合わないから, 揚句は, 握り飯や, 損に, 損は, 損を, 放二さん, 救われなくちゃ, 文献から, 旨く美術協会, 昼頃に, 時間は, 木村が, 本家が, 来て, 来ない, 来ないこと, 来なければ, 板に, 栄螺に, 桟敷の, 構や, 構わない, 構わないさ, 構わないでしょうね, 構わないの, 構わぬという, 構わねえが, 歯が, 死にませんでしょうか, 死金同然や, 毒にも, 気に入らないと, 水辺に, 永持の, 永続きが, 決して, 決して明かない, 決して食べない, 汽車賃には, 泣き止まなかった, 渡りに, 無駄な, 物笑いそれこそ, 猿同士が, 田舎の, 田舎廻りに, 男の, 疲れるだけ, 疲れ勝ち, 皆が, 皆で, 皆彼から, 皆醜い, 目が, 目に, 目を, 真の, 研究費も, 碁を, 碌に, 礼を, 神経質に, 私の, 私よりも, 空いっぱいの, 素人ば, 組頭の, 結局は, 耳の, 聾者の, 胸は, 良いだろう, 良いと, 英語を, 荷には, 行かぬの, 行ける, 被害者の, 西瓜売り, 要領を, 見たの, 見つからなかった作用, 見まいと, 見向きも, 見込は, 詰らんのう, 誰も, 調子外れだ, 質草を, 足りそう, 足りない奴, 足りねえ位, 身柄は, 近親の, 返事も, 追いつけないんで, 追付かぬ方, 退屈だ, 送って, 途中で, 通じない, 過ぎたるは, 邪魔に, 金に, 錦木を, 長続きが, 門の, 閑人で, 間違いは, 間違う計算, 間違えるのに, 随分私, 電灯は, 霧粒は, 静かな, 非常に, 顧みない, 食いません, 食える, 食べやしません, 食べようと, 食べ物を, 食わせるだけの, 食わない, 食わなかった, 食わなかったが, 飽きない, 駄目だって, 駄目である, 駄目です, 駄目ね, 魯迅は, 鶏に, 鼻と

▼ やったり~ (741, 3.6%)

121 して 44 した 17 する 14 しました 13 するの 8 とったり 7 しながら, すること, 何か 6 したの 5 したが 4 したもの, すると 3 いろいろし, こっちへ, したこと, したので, するところ, するので, するよう, それは, 頭を

2 [21件] してから, してさ, してるの, します, しますと, するうち, するし, するもん, それに, またその, やったり, 他の, 女の, 妹の, 有り合せの, 本を, 水を, 爆発を, 耳を, 金を, 電話を

1 [415件] あっちで, あやしたり, あるいはこちら, あるいはこれ, あるいは医者, あるいは慰め, あるいは新, あるいは無理, あるいは護衛兵, ある正直, いずれは, いたしました, いたします, いったり, いつでも, いま与え, いろ, いろいろな, いろいろ介抱, いろいろ俗, いろいろ庇護, いろいろ鳥, いろんな書類, おとなしく遊ん, おまけに, お民, お菓子を, お重箱, かきを, かずかずの, からから格子, くどくど愚痴, ここへ, こすったり, こちらに, こっちに, こやしを, これやっ, ご飯を, させること, されるお, ざっと半, しただけの, したという, したもん, したらにっちもさっちも, したらダメ, した事, した安全, した間柄, してからが, しては, してる, してるうち, しないで, しないでね, しないよう, しないん, しましたけれど, しましたけれども, し出して, するかいしょう, するから, するが, するとき, するなら僕達二人, するのに, するばかり, するほか, するポイント, するロマンティック, する人, する位, する例, する奇妙, する感心, する手伝い, する気, する気持ち, する特殊, する眩し, する習慣, する者, する親たち, する音, すれば, ずいぶん恩, そっちから, そっと髪, そのお蔭, そのこと, そのな, その揚句, その次, その間サイン責めで, その韃靼人, それから社内, それが, それも, それらを, それ等から, たたんで, たびたび手紙, たらいで, つるを, できるから, で目, ときに, とったりを, とにかく相当, とんとんせ, どうやらこうやら, どんどん働く, どんな些細, なさいましたの, なさらないよう, なさる, なぞこれ見よ, なまあくび, なんかしない, なン, ねじを, はげまして, はたらきば, ひえきった男の子, ほうせん花の, ぼくらが, ぼろきれ, まあこんな, まあそんな, またさる, またちょう, またセロ, また主, また学校, また家, また少なくとも, また日, また犬, また鉄瓶, また魚, まるで嘘, みんなの, もっぱら煙霞療養, もと羊, よろけて, わざと突然手, エミイの, クリームを, クロよ, シッカリ棒杭を, シネマを, ジャムが, ジョウを, ジレットの, タバコマッチという, ダンス場へ, チャルメラを, トランプを, ドタドタあるきまわっ, ナカ, ハチ切れ, ハンカチを, ビヤホールに, ピアノで, ボットル落しを, ボンが, ボンボンの, ミルクを, リンクで, 一時に, 一朱握らせ, 一高に, 上下左右に, 下関の, 下駄を, 乳を, 二人を, 亥刻, 人の, 今度の, 仕事を, 仮装舞踏会に, 休んだり, 体を, 体操や, 体温や, 何にか, 作るまでが, 俳句を, 倉へ, 借家を, 停車場毎に, 兇状持お尋ね者なぞの, 内地から, 内緒で, 再入獄, 写本を, 写真を, 冬に, 凧の, 削節の, 労働運動に, 勝手な, 取ったり, 口で, 口笛を, 口述を, 古い毛糸, 叱ったり, 名古屋の, 呑物を, 命令を, 品物を, 喫茶で, 噛み合ったり, 器用に, 地図を, 坐り直したり, 坐を, 報告を, 増幅段数を, 夜だって, 夜食を, 大はしゃぎを, 大学生の, 大祭へ, 大騒ぎを, 天馬の, 夫の, 奥畑との, 女給の, 妥協し, 娼妓の, 子供を, 子供達に, 宝丹を, 実入りが, 家に, 家へ, 寝床を, 寝起, 小さい子, 小声で, 小女の, 小料理を, 小犬が, 山の上で, 山登りを, 巡査を, 左に, 左へ, 巫女を, 布を, 布団の, 師団司令部軍医部への, 帽子はたき落しっ, 平常から, 引掻いたり, 弥惣の, 当時日本に, 彼女たちを, 彼女の, 後の, 得意先を, 御寝所や, 御馳走を, 急ごしらえの, 恋愛を, 愛撫に, 憎みながら, 手を, 抜け毛を, 抱っこし, 拳に, 拷問に, 指さしたり, 指環を, 振ったり, 捕えられた人, 教父に, 散歩に, 数回繰返し, 日に, 日本経済を, 明日の, 晩には, 晩食には, 曇った寒い, 曲った足, 書画を, 書画骨董などを, 木の間に, 木隠, 村長を, 東京見物につれて, 枕を, 柱を, 桑苗販売などを, 楽譜を, 槍を, 機嫌の, 機嫌を, 歌を, 此方へ, 殆ん, 毎日そんな, 気を, 河へ, 治療の, 泥濘に, 注射させ, 泳いだり, 洒落を, 浪花節の, 演説を, 漫画の, 炭を, 煙草を, 熟練の, 爪を, 特にポレミック, 狐の, 甚だしいの, 甲高い悲しい声, 男の, 男大名が, 病気の, 病気上りの, 百姓どもと, 百文やっ, 皆家の, 看護に, 眼くばせ, 種々の, 稽古や, 筆墨を, 箒を, 精神統一の, 絵の, 缶詰工場に, 罐詰工場に, 置きざりに, 義弟が, 羽根を, 聞き込み, 肥料を, 背中に, 背景を, 胡麻を, 腕環や, 腹ごしらえや, 腹を, 膏薬を, 自分が, 自分の, 自分らの, 花の, 花合せを, 苦情を, 英介氏に, 草むしりに, 落ちたもの, 落人に, 葡萄酒で, 蓄音器の, 虫を, 血を, 行儀作法を, 袂のは, 製材所を, 見せたり, 見せられたり, 見合せを, 話して, 調戯っ, 論文を, 講義の, 講談で, 谷川の, 貸して, 貸本を, 蹴鞠を, 身振, 軍用犬の, 転がったり, 転げ合ったり, 近くの, 逃げ出した牡牛, 遊び人の, 運動を, 酒を, 針の, 鉄砲などを, 鍬を, 長さ三寸位, 開墾場で, 闇の, 闇討ち, 随分大事, 隠しだてし, 隣りの, 雑誌を, 雨が, 非常の, 靴下の, 顔へも, 顔馴染の, 風で, 食物を, 飴玉を, 首の, 馬の, 魚を, 麦搗唄は

▼ やっ~ (304, 1.5%)

8 言った 7 した 5 安心しました 3 してから, し結婚, 云いました

2 [15件] いった, くんなさい, しました, するの, 一と, 云った, 云って, 助けました, 安心した, 安心する, 彼は, 我慢した, 気がついたの, 気がついて, 言って

1 [245件] あのセル, あるけるぐらゐでした, いい出したの, いったいフリーダ, いって, いるだけの, おき出して, おじいさんは, かえってきた, かたわらの, くぐり抜ける事, くれ, くれやす, くれよ, くんやす, ここへ, こしらえて, させ, させたの, させる事, さっきの, したが, したの, したもの, したよ, した事, した冷たい, した土, した塊, した大人, した気持, した空気, して, しのいだ, すかして, すこし休まった, すりぬけるよう, するよう, する仕事, そういう評価, そのこと, その条件, そばの, それも, ついた, とどきしかも, どういうわけ, のぞいて, のびあがって, のびのびし, のろのろ歩き, はさんで, はっきりさせる, はっきり自覚, ほくそ笑んで, ほっとした, まあ, まあ食う, まだ三四年, まだ二十歳, みんなが, もぐりこんだの, もらったん, やんだ, ゆき着いた, わかれた, クラムから, ブランコ乗りは, ヴェリチャーニノフは, 一が, 一人の, 一人前の, 一台の, 一回出来, 一年それも, 一年たつ, 一度機会, 一息, 一方の, 一椀の, 七十余日かかっ, 三ヵ月で, 三宅島に, 三月頃から, 上陸し, 下車する, 不二子, 九〇〇メートル以上の, 予感し, 二つか, 二三疋の, 二人の, 二人は, 二十だ, 二合瓶を, 二階から, 二階にまでは, 二階へ, 云いましたが, 云い切ったという, 五六分前に, 五合桝一パイの, 五時二十五分だった, 今だ, 会うよう, 伝説的に, 何とか恰好, 作家生活に, 偶然この, 八時を, 六年間の, 出かけます, 出して, 出て, 出来て, 出来上ったの, 判明した, 到着した, 医者が, 十分か, 十回分の, 十日めだ, 及第させた, 取り止めた様子, 受ける手頭, 学校を, 完成された, 完成した, 実行しよう, 室津に, 宮門の, 寝た, 寝に, 少しは, 少しばかり, 少し我, 少し書く, 就職した, 届いた, 帯や, 帰宅し, 引きおろすこと, 引上げて, 当選した, 彫り上げた由, 彼女は, 心づかれひどく, 思い出しの, 意味を, 感づいて, 我慢し, 我慢し通した, 或程度, 手ずからお, 抑えながら, 抜け出すこと, 押えました, 捉え得と, 探しあてた土地, 放送許可が, 文使いの, 本当に目, 本当の, 来た, 来て, 楽々と, 武蔵国比企郡の, 歩いて, 殺すよう, 気がついたよう, 気がつきかけた餅屋, 江戸橋日本橋の, 泳いで, 洋燈を, 流して, 消しそれから, 深山木の, 渇望を, 満足した, 為し終えた時, 獲ること, 現在体と, 生き命, 田の, 留守に, 番場の, 療養に, 百グラムの, 着いた, 着いたの, 着くの, 知れたこと, 答えた, 答えたが, 納得しかけた, 納得したらしく, 終了し, 結実に, 考えついたん, 聖母と, 聞く, 肩の, 背すじに, 若者の, 落ちつきいま, 落ち着いて, 補給が, 西門外へ, 見おぼえの, 見つけて, 見出したその, 見附けたのよ, 解氷した, 解決, 言いました, 言ったこと, 言ってから, 討ち取ること, 許された, 許された一寸法師, 許される, 許した, 調いましたどんな, 買い求めたもの, 買えた大阪行, 起きること, 起こした, 起こしたの, 起ちあがったが, 追いついた事, 追いはらったという, 追憶の, 這い上り酔い, 通れるほど, 野宿しました, 錠が, 鎮定した, 降伏した, 離す, 頭を, 顔を, 風刺文学の, 飛び移れないの, 食べること, 鵜原館と

▼ やっては~ (195, 0.9%)

4 いけない, いたが, ならない 3 いけないと, どうか, どうだ, ならないと, ならぬ

2 [19件] あとで, いかん, いけません, いなかった, いられない, いるが, くれまいか, こなかった, それを, どうかという, どうであろう, なかった, ならないこと, まずかった, 下さるまいか, 何か, 喜んで, 来なかった, 見たが

1 [130件] いかがでござる, いかがな, いかんぞ, いかんの, いくらかの, いけないこと, いけないこんな, いけないという, いけないとも, いけないの, いけないらしいと, いけない面白, いけませんと, いけませんよ, いた, いただけませんか, いないの, いましても, いません, いられないほどの, いられないん, いられない大声, いるがいざとなればそのくらいの工面, いるけれどもね, おけない笠井, おけませんので, ぎゅうぎゅうな, くださるまいと, くれない, くれないであろうか, くれなかった, くれません誰, くれるだろうなあ, くれるな, こず鍵, しきりに手, しないか, その日一日, つまり己, どうかと, どうかの, どうじゃ, どうじゃろう, どうでしょう, ならないの, ならない事, ならなかった, ならぬそれ, ならぬぞと, ならぬと, ならん, ならんの, なりません, なれて, またぽろり, みたが, みるが, もう一つ, もったいないという, もはや五目, もらえますまいかと, やがて自分, ゆくの, ゆけた, ゆけません, イカンという, ダメです, ロクな, 一大事, 七日七日の, 三日ぐらい, 下さいませんか, 不利である, 不味い, 人目に, 何う, 何だか脳貧血, 何事も, 兄さんに, 全体が, 内気な, 又すぐ, 呉れるでしょうがね, 問題を, 多くない, 大変だ, 大変です, 奉公名儀で, 如何です, 安心が, 得々と, 思い通りの, 悔恨の, 感激の, 損だ, 新しく改良, 明日の, 暗然と, 暮らした, 本当の, 来たが, 来たものの, 来たん, 来ません, 来ませんでした, 来ませんでしたが, 母親たちの, 水を, 決して儲かる, 玉を, 男を, 目を, 眺め入った, 神経衰弱に, 絶対に, 行けそう, 行けないこと, 行けませんから, 行けんという, 行ったが, 袂へ, 見たの, 見ないが, 詰らないし, 詰らないできるだけ, 追い立てる, 逃げようと, 道庵の, 面倒だ, 顎の

▼ やってから~ (71, 0.3%)

2 でなければ

1 [69件] いいました, お話を, こう言っ, こそこそと, こっちへ, これが, さて無意味, ちょうど鼻, ちょっとの, でないと, でも, となりの, とりだして, またそれ, またつばきの下, まる五年, むしずしと, もう一度寝床, もとの, もらやいい, やっと胸, わざとかご, エレーナは, コロリと, スタスタと, ツイぞ, ボートを, 丁寧に, 三郎は, 今日まで, 仕事に, 佐々木先生に, 例の, 僕は, 八畳の, 六カ月しか, 卯兵衛の, 嘉七は, 四人で, 国男の, 妙に, 娘を, 実家へ, 室堂に, 彼は, 後の, 我々は, 探すつもり, 明け方の, 時々口, 槇子は, 狭い階段, 病人は, 真の, 立ちあがった, 繰りかえした, 肯いて, 腹いせに, 自分が, 菊村宮内に, 薬湯を, 言いました, 近代化学に, 階下に, 雪之, 青年は, 須山は, 鳥かごを, 黙って

▼ やっちゃ~ (55, 0.3%)

5 いけない 2 いけないって, いました, どうだ, 駄目だ

1 [42件] あんまりもったいない, いかれめ, いかん, いくら, いけないの, いけないやる前, いけめ, いこうが, いちば, いなさいよ, いねえん, いましょう, いますけど, いやだ, くれめ, だめです, ばの, ば通りまで, もっちゃの, るそういう, るぞ, んてった, んの, ん来る, ァいられねえ, ア, ッたんです, 下さいますまいか, 下さるまいか, 何うでしょう, 堪りません, 大いに国威, 如何です, 恥の, 損を, 笑はせ, 置けんし, 腋臭の, 言うて, 辛がって, 銅八兄哥に, 際限が

▼ やったって~ (44, 0.2%)

2 いいん

1 [42件] い, いいじゃ, いいだろう, いいと, いったい何, えの, おそいや, これからは, しかたが, そうは, それで十分, つまらないから, つまらないじゃ, どこまでもだにの, どれだけ, まさか赤裸, よさそう, わかる限度, わけかい, わけの, シェシェで, 一生涯遊ばし, 上川の, 五十歩百歩だ, 人形だの, 何が, 何し, 何にも, 出来るもの, 到底直りっこない, 勝てないのに, 又他, 同じ事, 同じ様, 大したこと, 引金の, 得意に, 成仏出来まい, 所詮駄目, 相手は, 賞められ, 鉱主から

▼ やってや~ (35, 0.2%)

9 がらあ 5 がるな 4 がら 3 がる 2 がるなあ, がるん 1 がらあれが, がらア, がるから, がるぜ, がると, がるの, がる仕事, がんナ, しない, ッと

▼ やっとの~ (20, 0.1%)

9 ことで 4 事で 2 思いで 1 ことうなずいた, ことお許しが, 事膳を, 事,人の, 我慢です

▼ やっこれ~ (13, 0.1%)

51 はたいへん, はわが, は一体, は大きな, は怪塔王, は書いた, は莫迦, は贋造紙幣

▼ やっちょ~ (10, 0.0%)

32 ります 1 りますいくらか, るなあ, るの, るやっちょ, るらしいな

▼ やっこい~ (9, 0.0%)

3 ところを 1 岩肌を, 手に, 手へ, 水さ入りたく, 汗が, 物ばかりじゃ

▼ やってこそ~ (9, 0.0%)

1 あッぱれ意気, ほんとうの, 人にも, 危険も, 彼の, 最上最後の, 本当に自由, 試験勉強だ, 面白かろう

▼ やっから~ (8, 0.0%)

2 さあ踊る, 払いは 1 あっちの, 待って, 泣くでね, 許して

▼ やってね~ (8, 0.0%)

1 いけないの, こいつを, すぐ引返し, どんなに珍しく, 一生一度半年近く春子さまと, 向うを, 帰れなんて, 羽織も

▼ やっとう~ (8, 0.0%)

2 の心得, の方 1 が出来るなら, のひと, のほう, の真似

▼ やったりなど~ (7, 0.0%)

3 して 1 した, したが, しました, しましたが

▼ やっという~ (7, 0.0%)

1 ようなさけび, 叫び声を, 声の, 懸けごえと, 掛声が, 掛声と共に, 気合いの

▼ やってさえ~ (6, 0.0%)

1 いれば, なかなかうまく, やられたという, 下されば, 発熱する, 行けば

▼ やってよ~ (6, 0.0%)

1 あの高慢ちき, おせんは, シンネンが, 化けて, 箏爪は, 親分も

▼ やっとして~ (6, 0.0%)

1 いま頼んだ, 兄さんは, 冷静に, 彼の, 明智は, 須原が

▼ やっ~ (5, 0.0%)

1 めえ, 武家, 綱じゃ, 邪魔し, 邸へ

▼ やっ~ (5, 0.0%)

5 えのけえ

▼ やっ~ (5, 0.0%)

3 いやっし 1 し, しやっし

▼ やっちゃあ~ (5, 0.0%)

1 いけないという, いられやしない, すっかりお里, 下さいますまいか, 誑しますよ

▼ やってしも~ (5, 0.0%)

3 うた 1 うたよ, うたんじゃ

▼ やっただ~ (4, 0.0%)

2 あのこ 1 そんな事, とこばむ

▼ やったりなんか~ (4, 0.0%)

1 したが, したもの, して, してるわ

▼ やってけ~ (4, 0.0%)

1 つかる, つかる柄相応, ないよ, ない人

▼ やっての~ (4, 0.0%)

1 かえりしな, ことな, 一点ばりだった, 帰りだ

▼ やっまた~ (4, 0.0%)

1 ギンヤか, 出たな, 出て, 同志うちだ

▼ やっ~ (4, 0.0%)

1 上使か, 動座とな, 生害を, 老人

▼ やっあなた~ (3, 0.0%)

3

▼ やっこの~ (3, 0.0%)

1 男は, 者は, 野郎

▼ やっ~ (3, 0.0%)

1 と大勢, やっさ, やっさと

▼ やってか~ (3, 0.0%)

1 ぐまねをしてそして手を, ベッドの, 移民船に

▼ やっとかの~ (3, 0.0%)

1 僧を, 女の, 女は

▼ やっ~ (3, 0.0%)

1 がみえる, ぞっ, は後ろ

▼ やっ~ (3, 0.0%)

1 か来る, じゃ, だっ

▼ やっあれ~ (2, 0.0%)

1 だ, 逃がしては

▼ やっおのれ~ (2, 0.0%)

1 はっ, は武蔵

▼ やっここれ~ (2, 0.0%)

1 はいつか, はどうも

▼ やっこら~ (2, 0.0%)

2 さと

▼ やっさては~ (2, 0.0%)

1 きさ, きさま

▼ やったりと~ (2, 0.0%)

1 心に, 舌を

▼ やったりは~ (2, 0.0%)

1 して, しないよ

▼ やったりも~ (2, 0.0%)

1 して, しよう

▼ やってからに~ (2, 0.0%)

1 しないか, しよう

▼ やってからの~ (2, 0.0%)

1 ことが, 第一所作

▼ やってからは~ (2, 0.0%)

1 それにもう, 諦めたと

▼ やってからも~ (2, 0.0%)

1 婆やを, 登城の

▼ やってと~ (2, 0.0%)

1 小春の, 思う様

▼ やってな~ (2, 0.0%)

1 それで家内, それで生命

▼ やってはと~ (2, 0.0%)

1 すゝめられた, 言ってたから

▼ やってまで~ (2, 0.0%)

1 して, 読んじゃ

▼ やってめえ~ (2, 0.0%)

2

▼ やってん~ (2, 0.0%)

2 だい

▼ やっなん~ (2, 0.0%)

1 だ, だっ

▼ やっ~ (2, 0.0%)

1 か言った, をし

▼ やっ~ (2, 0.0%)

1 な運動, になっ

▼ やっ貴様~ (2, 0.0%)

1 か, は何者

▼1* [165件]

やっあいつは率八, やっあそこでも宇宙艇, やっあの無数の, やっいい図案だ, やっぬは, やっえらい噂とは, やっおまえは, やっおまえ英語がしゃべれる, やっおれは, やっお前がいた, やっお嬢様ここにおいで, やっからと言うとき, やっからな磨きあげて, やっけがお前様用でもない, やっけどよう分っ, やっこいつが, やっこいつ本物だ, やっこりゃ初めて聞いた, やっさと通ったところ, やっそれまでを, やったちでねい, やったってのよ, やったらしく見せかける為, やっちゃと自分を, やっちゃなア, やっちょーるー, やっっけるのに, やってかの論理的困難を, やってけねえと言うんで, やってさもうちっとで, やってしか実験的には, やってしもてどんな事, やってでも勝てば, やってにゃあにゃあと鳴きだしました, やってへソクリを, やってもののやや二十分, やってわッと, やっ呑気で, やっでもいいが, やっとうしろから追いつきかけた, やっとかゆを, やっとかにゃならんな, やっどうした, やっどうしてお前は, やっどうもありがとう, やっどこへ, やっいっ, やっ逃げて, やっばりそれと同じ, やっばりケンカは変, やっばり何もない, やっばり千円は大金, やっばり突きおとしたん, やっぱりああしなければこうなるのは当たりまえだと, やっぱりあいづは風の又, やっぱりあないしてるのんが淋しいて, やっぱりあのほがらかな笑顔をつづけ, やっぱりあれっ切りにし, やっぱりいけないのかいお豊さんどうしてもお前, やっぱりいらしったのですねおじいさま, やっぱりおとぎばなしなんか信じること, やっぱりおひげをにぎったきり花壇の遠く, やっぱりおめえとおなじ土地の者, やっぱりおやのかたきのところへ御えんぐみ, やっぱりおれにへけつけお世辞を使っ, やっぱりおわかりにならないでございましょうそれはまた, やっぱりかんざしは女の持ち物, やっぱりがあがあなきながらいかにもおもしろ, やっぱりきゃつは廻し者だ, やっぱりきりょうのいいのから売れて, やっぱりくげぬまへかえって来て, やっぱりくたぶれたに違いないと, やっぱりくやしいことはくやしいし腹が立つ, やっぱりけんかしてもいじっぱりの人の方, やっぱりごようすが違ういつも, やっぱりそなたには福運がついてまわっ, やっぱりそのごやごやした話し声の中, やっぱりそれこちとらがお花主の方, やっぱりそれはきれぎれの雷の音, やっぱりそれもこれもただやみくもにうれしかった同じく恋, やっぱりだまってうなずいたまま二人揃って, やっぱりちゃんとこしかけたままきろきろこっちを見て, やっぱりつならびだとこんどはお初, やっぱりてぬぐいのようなもので口から首, やっぱりどうかしてたのですよそこは時どき, やっぱりどたどたした肥っちょ, やっぱりどっちへどうするかということで先の十年, やっぱりどぶんどぶんと沈むから, やっぱりひいひい鳴って, やっぱりひとりじゃあないからそうも出来ないん, やっぱりひとりでいたほうがよかったのじゃないかしらと恐ろしい, やっぱりひょろ松の鑑定, やっぱりふふと笑って, やっぱりほんまにそんなもん飲まんなりませんの, やっぱりまけおしみづよくこんな事を考えた, やっぱりみれんはあったのだろう又五郎の消息, やっぱりもとのようにあばれさして置いた, やっぺみんなどうだ, やっり, やっまだ生きてるぞ, やっもう出おるか, やっやぁーっ, やっやや棒槍を, やっチくんねえ, やっ不覚にも睡っ, やっった, やっ五郎左に抜かれ, やっ人間か, やっ今のは, やっかっ, やっ何事だ, やっ修蔵様がっ, やっ兄貴向うへ行く, やっ八十三郎のだ弟の, やっ公卿ていの者, やっ六波羅舟か, やっ其許は, やっの手紙, やっ八っ, やっ叔父上では, やっ吉次では, やっは, やっの呂, やっ周馬め秘帖をつかん, やっ味方らしいが, やっ和殿はいつぞや, やっ大変だ人, やっ宋先生か, やっ官庫の前, やっ猿めが, やっ張卒じゃない, やっに, やっ怪しい奴が, やっ怪我人が, やっ手榴弾か爆弾, やっ捕手が廻っ, やっ明智だなっ, やっが見える, やっ昼間の野良犬, やっ最前の奴, やっ朱実じゃねえ, やっ武松だな, やっ海豹じゃない, やっだ狼, やっ病気か, やっ発止と打ちおろせ, やっ硝子天井だ, やっ先生, やっ花栄だなき, やっ蜂須賀の, やっ蝋人形の囲い場, やっ裏口が開い, やっ西側の土塀, やっ誰奴だッ, やっの音, やっ貴方は, やっだ引っ返せっ, やっ贋物だ, やっ趙雲ではない, やっ身内じゃないっ, やっ身投げだ, やっ近衛どのはいつの間に, やっだ, やっ雲霧と四ツ目屋, やっ売りが